ワイヤレス フラッシュ トランシーバー V6

ユーザー マニュアル
ワイヤレス
フラッシュ
トランシーバー
V6
2
目次
1. カクタス V6 のご紹介
4
2. 注意と警告
7
3. 主な仕様
8
4. 同梱物
9
5. 各部の名称
10
6. LCD パネル
12
7. 互換性
13
8. TTL パススルー
17
9. 使用を開始する
19
10.フラッシュ プロファイル:
選択、学習、コピー
27
11.フラッシュのトリガー
35
12.遠隔手動出力調整
37
3
13.カメラ シャッターのリリース
47
14.高度な使用法
52
15.V6 をカスタマイズする
54
16.カクタス ギアを取り付けて使用する
57
17.LED 信号ガイド
62
18.USB 接続
63
19.別売りの付属品
65
20.トラブルシューティング
66
21.ご注意
72
22.保証
75
4
1.カクタス V6 のご紹介
このたびはカクタス ワイヤレス フラッシュ トラ
ンシーバー V6 をお買い上げいただき誠にありが
とうございます。カクタス V6 は、遠隔操作によ
る出力調整でさまざまなブランドのフラッシュ搭
載カメラを操作できる、多機能型ワイヤレス フラ
ッシュ トランシーバーです。あらゆる角度、方
向、距離に光を調整できます。可能性は無限大に
広がります!
1.1
特殊な
機能
1. これまでに発売されたキヤノン、ニコン、ペ
ンタックス各社製のフラッシュでワイヤレス
の手動出力調整が可能です。
2. アナログ TTL フラッシュでフラッシュ プロ
ファイルの学習が可能です。
3. 1/10、1/3、1/2、1EV の各ステップで出
力レベルの完全な操作が可能です。
4. Lo 出力モードでは、フラッシュを発光する時
間が非常に短くなります。
5. 絶対出力モードでは、さまざまなフラッシュ
モデルの出力を同じ光量に合わせてベンチマ
ーク評価します。
6. キヤノン、ニコン、オリンパス、パナソニッ
ク、ペンタックス、富士フィルム各社製のカ
メラで TTL パススルーを単一のユニットから
実現できます。
5
7. 内蔵光トリガーにより、プリ発光トリガーが
可能です。
8. グループ制御により、最大 5 つのグループを
制御できます。
9. リレー モードでは、カメラ シャッターとフラ
ッシュを同期させてトリガーします。
10.遅延タイマーは 1 ミリ秒~ 10 秒の範囲で設
定できます。
11.オプションの電源とファームウェア更新のた
めのミニ USB ポートを搭載しています。
1.2
カクタス
V6 のコア
フラッシュ モデルにはそれぞれ個別の出力レベル
特性があります。弊社では V6 が出力レベルを精
密に調整できるように、幅広いブランドから 30
以上の人気の高いフラッシュ モデルを選んでその
プロファイルを分析しました。この独自の機能に
より、撮影者はさまざまなフラッシュ モデルのフ
ラッシュ出力を遠隔操作で調整することができま
す。異なるブランドのフラッシュモデルでも問題
ありません!
プロファイル リストに記載されていないフラッシ
ュ モデルの場合も、V6 はそのモデルのフラッシ
ュ プロファイルを学習することでモデルと連動す
ることが可能です。フラッシュ プロファイル学習
プログラムが使用できるフラッシュの詳細につい
ては、セクション 7.1.3 を参照してください。
6
フラッシュ プロファイルが内蔵されたものか
学習プログラムから入手したものかにかかわら
ず、V6 に保存されたフラッシュ プロファイルに
よって、フラッシュを操作して最大出力内であら
ゆる出力レベルを作り出すことが可能です。さら
に、フラッシュ メニューから使用できる操作以
外可能です。
1. 細かい増分スケール V6 では、フラッシュの
出力レベルをフラッシュ メニュー自体で調整
可能なレベルよりもはるかに細かい増分レベ
ルである1/10の EV ステップに調整すること
ができます(EV ステップの設定については、
セクション 12.3 を参照してください)。
2. 非常に短い発光時間 Lo 出力モードでは、V6
で標準フラッシュ出力範囲を下回る非常に低
い出力レベル(おおよそ 1/256 に等しい)
で非常に短い時間フラッシュを発光させるこ
とができます(Lo 出力を有効にする方法につ
いては、セクション 12.4 を参照してくださ
い)。
3. さまざまなフラッシュ モデルに対応した統一
された出力レベル スケール:V6 では、お使い
の環境のさまざまなフラッシュ モデルの光量
出力をベンチマーク評価して、フラッシュ モ
デルを同じ出力スケールで発光するように操
作できます(絶対出力の調整については、セ
クション 12.2 を参照してください)。
準備はよろしいでしょうか?ではこれから、V6 の
機能を詳しく見ていきましょう!
7
2.注意と警告
V6 を正しく安全にお使いいただくため、ご使用
前に下記の安全に関する注意事項をお読みくだ
さい。
1. 電池の交換や機器の接続は、機器(カクタス
の各装置、フラッシュの各装置、カメラ等)
の電源をすべて切ってから行ってください。
電池を交換するときは陽極と陰極が正しいこ
とを確認してください。電池を誤った方法で
取り付けると爆発する危険があります。
2. 保管時はトランシーバーの電源を切り、電池
を取り外してください。
3. 高温の環境(強い直射日光の下や、調理用コ
ンロ・電子レンジの付近)で長期間にわたっ
て製品を保管しないでください。
4. カクタス V6 を適切に保護されていない状態
で絶対に液体の中に浸したり強い雨にさらし
たりしないでください。
5. 可燃性のガスや蒸気がある場所で機器を操作
しないでください。
6. 解体しないでください。
7. V6 を押しつぶしたり、ハンマーで叩く、落下
させる、足で踏むなどの衝撃や力を加えたり
しないでください。
8
3.主な仕様
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
使用無線周波数:2.4 GHz
チャンネル数:16
グループ数:4
最大 1/1,000 秒のシンクロ速度に対応(カメ
ラのシンクロ速度制限も適用される)
最大実効距離:100 メートル
使用温度:-20°C ~ +50°C
カメラ電圧処理: 最大 6V
フラッシュ電圧処理: 最大 300V
外形寸法:
72mm (長さ) x 72mm (幅) x 42 mm (高さ)
重量:68g
電源出力:単三電池 2 個、3V、50mA、0.15W;
ミニ USB 2.0、直流入力 5V、500mA ~1A
電池の予想寿命:
電池寿命
(時間)
アルカリ単三
電池
1000mAh
充電式ニッケル
水素単三電池
2500mAh
TX
RX
TX
RX
LCD バックライ
ト オフ
40
21
67
34
LCD バックライ
ト オン
25
17
36
25
9
4.同梱物
V6 トランシーバー
アルバムと
ユーザー マニュアル
フラッシュ
スタンド FS-2
10
5.各部の名称
マルチシステム
シュー(メス)
テスト ボタン/
シャッター リリ
ース ボタン
LCD 表示
ランヤード
ループ
光学
センサー
グループ ボタン
X シンクロ ポート
ミニ USB ポート
モード スイッチ
11
マルチシステム
シュー(オス)
ホット シュー
ロック レバー
三脚
選択ダイヤル
OK ボタン
電池蓋
メニュー ボタン
LED 状態表示灯
12
6.LCD パネル
6.1
TX モード
電池
残量
チャンネル
グループ
出力レベル
出力レベル 増分
6.2
RX モード
選択したフラッシュ
プロファイル
出力レベル
電池
残量
出力レベ
ル増分
グループ
チャンネル
遅延タイマー
リレー モ
ード表示灯
ワイヤレ
ス感度
スレーブ
モード表示灯
13
7.互換性
カクタス V6 はワイヤレス フラッシュ トリガー
とワイヤレス リモート コントロールの両方の機
能を備えています。携帯型フラッシュとスタジ
オ用ストロボ光のどちらもトリガーすることがで
き、また、主要なフラッシュ モデルのリモート
コントロール機能にも対応しています。
7.1
フラッシ
ュとスタ
ジオ用ス
トロボ
7.1.1 カクタス RF60
カクタス V6 モジュールを内蔵したカクタス
RF60 は、V6 TX による遠隔操作とトリガーが
可能です(セクション16.1.1 を参照してくださ
い)。
7.1.2カクタス V6 にあらかじめ設定されているプ
ロファイルに対応するフラッシュ モデル
カクタス V6 では、以下の携帯型フラッシュ モデ
ルを遠隔操作することができます。
14
フラッシュ
システム
フラッシュ モデル
キヤノン
カクタス AF45C、AF50C;
キヤノン 320EX、430EX*、540EZ、
580EX*、600EX-RT;
GODOX V860C;
METZ 36AF-5、44AF-1、50AF-1、
52AF-1、58AF-1、58AF-2;
NISSIN Di866 MARK II、MG8000;
PHOTTIX STRATO;
SIGMA EF-500 DG SUPER;
YONGNUO YN568EX*;
ニコン
カクタス AF45N、AF50N;
METZ 36AF-5、44AF-1、58AF-2;
ニコン SB-24、SB-28、SB-600、
SB-700、SB-800、SB-900、SB-910;
NISSIN Di700、Di866;
SIGMA EF-500 DG SUPER;
ペンタックス
カクタス AF45P, AF50P;
METZ 36AF-5, 44AF-1, 50AF-1,
58AF-2;
ペンタックス AF 360FGZ、AF 540FGZ;
* 異なるバージョンのモデル(580EX II、580EX等)で動
作するプロファイル
7.1.3アナログTTL モードを搭載したフラッシュモデル
カクタス V6 では、アナログ TTL モードを搭載
した他のフラッシュ モデルのプロファイル、すな
わち TTL を使用したアナログ クエンチ信号を学
習できます。フラッシュに TTL モードが搭載さ
れているものの、 TTL の前の頭文字(キヤノンの
E-TTL および E-TTL II、ニコンの i-TTL およ
15
び i-TTL BL、ペンタックスの P-TTL 等)がな
い場合は、カクタス V6 でフラッシュ プロファイ
ルを学習して遠隔操作します。
7.1.4その他のフラッシュモデルとスタジオ用ストロボ
カクタス V6 では、上記以外のフラッシュ モデ
ルはすべてホット シューから、スタジオ用スト
ロボは PC シンクロ オス ポート、3.5mm または
6.35mm ポートを使用した別売りケーブルからト
リガーします(セクション 19 を参照してくださ
い)。これには高トリガー電圧の携帯型フラッシ
ュ モデル、およびトリガー電圧が 300 V 以下の
すべてのストロボ モデルが含まれます。カクタス
V6 では、これらのフラッシュとストロボを遠隔操
作で出力調整することはできません。
注意:
コネクタの陽極と陰極が逆に取り付けられてい
るフラッシュまたはストロボは カクタス V6 と
一緒に動作しません。
7.2
カメラ
カクタス V6 は、(1) 標準 ISO ホット シューま
たは (2) メス シンクロ ポート接続を搭載したほ
ぼすべてのカメラで動作します。
16
V6 をワイヤレス シャッター リリースとして使
用するには、特定のシャッター ケーブルが必要で
す。別売りの付属品の一覧は、セクション 19 を
参照してください。
7.3
フラッシュ
トリガー
7.3.1カクタス V5 および LV5
カクタス V6 はワイヤレス フラッシュ トランシ
ーバー V5 およびレーザー トリガー LV5 と互換
性があります。詳細はセクション 16.2 を参照し
てください。
7.3.2その他のフラッシュ トリガー
カクタス V6 は、カクタス V2、カクタス V2s、
カクタス V4 を含む上記以外のフラッシュ トリガ
ー モデルとは互換性がありません。
17
8.TTL パススルー
V6 トランシーバーは、TTL パススルーに対応し
たマルチシステム シューを搭載しています。
V6 は TTL 信号をワイヤレス伝送しませんが、
送信機(TX)を経由して TTL 信号をカメラから
フラッシュへ、フラッシュからカメラへ送出し
ます。
マルチシステム シューは、キヤノン、富士フィ
ルム、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン
タックス各社製のシステムによる TTL パススル
ーに対応しています。カメラとフラッシュ装置は
必ず同じ TTL システムに属するものを使用して
ください。
TTL パススルーにより、TTL フラッシュはカメラ
のホット シューに直接接続した場合と同様の動作
をします。V6 は、TTL フラッシュ システムが提
供するすべての自動機能(TTL 計測による自動フ
ラッシュ出力、AF アシスト光、後幕シンクロ、
18
高速シンクロ/FPシャッター等)に対応しなが
ら、ワイヤレス フラッシュの指揮官としての役割
を果たします。
V6 TX で TTL パススルーを有効にするには、
を 2 秒押し続けます。チャンネル表示灯があ
った左下の箇所に TTL パススルー表示灯が LCD
で表示されます。
TTL パススルー モードでは、取り付けられている
フラッシュの出力レベルを V6 TX から調整するこ
とはできません。
TTL パススルー モードを無効にするには、
を
2 秒押し続けます。TTL パススルー表示灯がチャ
ンネル表示灯の LCD に替わります。
19
9.使用を開始する
9.1
電池の取
付け
電池蓋を後方に押して電池蓋を開けます。ラッチ
を開け、陽極と陰極を間違えないように単三電池
2 個を挿入します。電池蓋を手前に押して電池蓋
を閉じます。
9.2
カメラへの
取付けとカ
メラからの
取外し
ロック解除
ロック
V6 をカメラのホット シュー取付け部に取り付け
るには:
1. V6 のロックレバーを左に回してマルチシステ
ム シュー(オス)のロックを解除します。
2. V6 をカメラのホット シューの中にスライド
させます。
3. V6 のロックレバーを右に回してマルチシステ
20
ム シュー(オス)をロックします。
4. V6 をカメラのホット シューから取り外す場
合は、ロック レバーを左に回してマルチシス
テム シュー(オス)のロックを解除します。
これ以外の方法で取り外すと、マルチシステ
ム シュー(オス)が損傷する可能性がありま
す。
注記:フラッシュをカメラのホット シューに取り
付ける場合と同様に フラッシュをV6 に取り付け
てください。フラッシュがマルチシステム シュ
ー(メス)にしっかりとロックされていない場合
は、フラッシュを半分だけロックした状態にし、
ロック用ピンがピン穴に当たるまでフラッシュを
マルチシステム シューから少しずつ後退させてみ
てください。その後、フラッシュを完全にロック
して V6 に取り付けます。
9.3
ボタンと
ダイヤル
V6 の操作盤には、さまざまな機能や設定メニ
ューに素早くアクセスできるように、[メニュー
(MENU)] ボタン
、[OK] ボタン
、および
選択ダイヤルが備わっています。
[メニュー (MENU)] ボタンから設定メニューにア
クセスします。メイン画面で、
を押すと設定
21
メニューが表示されます。メニューの任意の部分
で、
を押すと設定メニューが終了します。
[メニュー (MENU)] ボタンにはこのほかに下記の
ような使用法もあります。
–– TX モードで、
を押し続けると TTL パス
スルー モードへの移行と終了を切り替えるこ
とができます(セクション 8 を参照してくだ
さい)。
–– TX モードで、
を押しながら選択ダイヤル
を同時に回すと、V6 TX のマスター フラッシ
ュの出力レベルを変更できます(セクション
12.1.1 を参照してください)。
–– 絶対出力モード時の TX モードで、任意のグル
ープ ボタンを
と一緒に同時に押すと、そ
のグループの EV オフセットを設定できます
(セクション 12.2 を参照してください)。
[OK] ボタンには下記の 2 つの機能があります。
1. メニュー項目を入力して、設定メニューのオプ
ションを確認できます。
2. TX のメイン画面からスワップ制御(クイック
調整モード/ズーム(カクタス)モード)をに
入ったり、戻ることができます(セクション
15.2 を参照してください)。
22
選択ダイヤルは 2 方向のダイヤルで、左または
右に回すことによってさまざまな項目を簡単にス
クロールできます。ダイヤルを使用して次のこと
ができます。
1. 設定メニューで、メニュー項目やメニュー オ
プションにアクセスできます。
2. TX のメイン画面で、出力レベルを調整できま
す。
選択ダイヤルの方向はサブメニューで設定できま
す(セクション 15.1 を参照してください)。選
択ダイヤルは時計回りまたは反時計回りのどちら
にも回転方向を設定できます。
選択ダイヤルには簡易の OK ボタンとして機能
する押し込み式ボタンが内蔵されています。設定
メニューでオプションを確認する場合や、スワッ
プ制御を始めたり終了したりする場合は、
ま
たは押し込み式選択ダイヤルのどちらかを押し
ます。
23
9.4
動作モー
ドの選択
カクタス V6 は無線信号の送受信が可能なワイヤ
レス トランシーバーです。モード スイッチを正
しい位置にスライドさせて、V6 トランシーバーを
正しいモード(送信機は「TX」、受信機は
「RX」)に設定します。これにより、トランシー
バーの電源が自動的に入ります。
9.5
チャンネ
ルの設定
カクタス V6 トランシーバーは無線周波数を通
して互いに通信します。16 のチャンネルが使用
可能です。必ず V6 トランシーバーがすべて同
じチャンネルに設定されていることを確認してく
ださい。
1. TX と RX の両方を同じチャンネルに設定する
には、
を押します。LCD に <チャンネル
(CHANNEL)> と表示され、既定のチャンネル
番号が表示されます。
を押して選択ダイ
ヤルを目的のチャンネル番号に回します。他
のメニュー項目を設定するには
を押しま
す。終了するには
を押します。
2. 選択したチャンネル番号が LCD 画面に表示さ
れます。
24
9.6
グループ
の設定と
選択
V6 のグループ機能により、各 RX をグループ
A、B、C、D のいずれかに割り当て、TX 装置から
発光させるグループを選択できます。
1. すべての V6 トランシーバーを同じチャンネ
ルに設定する必要があります。
2. 各 RX 装置をグループ A、B、C、D のいずれ
かに割り当てるには、グループ ボタンを 1 つ
押します。それぞれの RX に割り当てること
ができるグループは 1 つだけです。選択した
グループの LED がオンになります。
3. グループ ボタンを 1 つまたは複数押すことに
より、TX に任意のグループの組み合わせを発
光させることができます。A、B、C、D のグル
ープを任意の組み合わせで発光させることが
できます。有効にしたグループの LED がオン
になります。
4. 特定のグループの出力レベルを変更するに
は、有効にしたグループ ボタンを押し続けま
す。グループ ボタンを素早くもう一度押す
と、グループの選択が解除されます。
25
5. V6 TX で有効にしたグルーブのグループ ボタ
ンをもう一度押すと、グループがオフになり
ます。オフ グループに設定された V6 RX 装
置は発光しません。
6. V6 では、電源をオフにしたときに TX と RX
の両方のグループ選択が記憶されます。次回
V6 の電源を入れたときに、保存された設定で
V6 が起動します。
9.7
メニュー
内の移動
V6 には設定可能なメニュー オプションが数多く
あります。
メニュー オプションを変更するには:
1.
を押して最初のメニュー項目を表示しま
す。
2. ダイヤルを右または左に回して各メニュー項
目をスクロールします。
3.
または押し込み式ボタンを 1 回押してメ
ニュー項目にアクセスします。
4. ダイヤルを右または左に回してメニュー項目
の各オプションをスクロールします。
5.
または押し込み式ボタンを 1 回押してオ
プションを選択します。メニュー項目の設定
がすぐに変更されます。
6.
を押すとメイン画面に戻ります。ダイヤル
を右または左に回すと次の項目に順番に進み
ます。
26
メニュー項目
オプション
対象モード
TX
RX
チャンネル(CHANNEL)
1-16
√
√
光学スレーブ
(OPTICAL SLAVE)
オフ(OFF)
S1 初回フラッシュ
(S1 FIRST FLASH)
S2 メイン フラッシュ
(S2 MAIN FLASH)
√
√
リレー(RELAY)
オフ(OFF)
オン(ON)
√
√
遅延(DELAY)
オフ(OFF)
設定(SET)
√
√
Lo 出力(LO POWER)
オフ(OFF)
オン(ON)
√
出力モード
(POWER MODE)
相対(RELATIVE)
絶対(ABSOLUTE)
√
EV ステップ(EV STEP)
1/10
1/3
1/2
√
フラッシュのセット
アップ
(FLASH SETUP)
スキップ(SKIP)
プロファイルをコピー
(COPY PROFILE)
学習を開始
(START LEARNING)
フラッシュ セットアッ
プをコピー
(COPY FLASH SETUP)
スキップ(SKIP)
開始(START)
√
プロファイルを選択
(CHOOSE PROFILE)
手動(MANUAL)
キヤノン(CANON)
ニコン(NIKON)
ペンタックス(PENTAX)
学習済み(LEARNED)
√
√
サブメニュー
(SUB-MENU)
LCD バックライト
(LCD BACKLIGHT)
スリープ(SLEEP)
ダイヤル方向
(DIAL DIRECTION)
スワップ制御
(SWAP CONTROL)
動作範囲
(WORKING RANGE)
工場出荷時設定にリセッ
ト(FACTORY RESET)
√
√
√
27
10.フラッシュ プロファイル: 選択、学習、およびコピー
V6 トランシーバーでは、フラッシュを操作してフ
ラッシュ プロファイルから特定の出力で発光させ
ることができます。正しいフラッシュ プロファイ
ルを得る方法は 3 つあります。
1. V6 にあらかじめ設定されているフラッシュ
プロファイルからフラッシュ プロファイルを
選択します。
2. V6 を使ってカスタムのフラッシュ プロファ
イルを学習します。
3. 学習したプロファイルを別の V6 からコピー
します。
10.1
V6 からフ
ラッシュ
プロファ
イルを選
択する
あらかじめ設定されたプロファイルのリストか
ら、フラッシュに使用するそれぞれのV6 RXに
ついて適切なフラッシュ プロファイルを選択し
ます。
1. RX モードで V6 の電源を入れます。
2.
を押し、選択ダイヤルを回して <プロファ
イルを選択> (<CHOOSE PROFILE>) に合わせ
ます。
を押します。
3. LCD にお使いのフラッシュ システム(<キヤ
ノン> (<CANON>)等)が表示されるまで選択ダ
イヤルを回します。
を押します。
28
4. LCD にお使いのフラッシュ モデル
(<580EX*>等)が表示されるまで選択ダイヤ
ルを回します。
を押します。
5. フラッシュ装置を V6 に接続します。フラッ
シュを TTL モードに切り替えます。フラッシ
ュが遠隔操作できる状態になります。選択し
たフラッシュ プロファイルは、別のフラッ
シュ プロファイルを選択するまで適用され
ます。
カメラに搭載したマスター フラッシュを V6 TX
から発光させて調整する場合は、TX モードで上
記の 2~4 のステップを実行してマスター フラ
ッシュに適切なフラッシュ プロファイルを選択し
てください。
10.2
カスタムの
フラッシュ
プロファイ
ルの学習
お使いのフラッシュ モデルがあらかじめ設定され
たプロファイル リストに含まれていないが、アナ
ログ TTL に対応している場合は、V6 を使ってフ
ラッシュ プロファイルを学習します。お使いのフ
ラッシュが V6 のフラッシュ プロファイル学習プ
ログラムに適用できることを確認してください
(セクション 7.1.3 を参照してください)。
1. RX モードで V6 のうちの 1 つの電源を入れ
ます。
2. フラッシュを V6 マルチシステム シュー(メ
ス)に設置します。暗所環境で、V6 とフラッ
シュを光沢のない白色表面から 1 メートル離
れて面した状態で配置します。
29
1M
フラッシュ
V6 RX
白色表面
3.
を押し、選択ダイヤルを回して <フラッシ
ュのセットアップ> (<FLASH SETUP>)に合わ
せます。
を押します。
4. 選択ダイヤルを回して <学習を開始> (<START
LEARNING>)に合わせます。もう一度
を
押します。
5. 正しいフラッシュ システムを選択します。
を押します。
6. <実行> (<GO>)のオプションが選択されている
状態で LCD に <フラッシュを TTL モードに
設定> (<SET FLASH TO TTL MODE>)と表示さ
れます。
7. フラッシュを TTL モードと最大ズーム レベ
ルに設定します。
を押します。
30
8. V6 がフラッシュの試験発光を 2 回行い、フ
ラッシュがフラッシュ学習プログラムに適用
できるかどうか判定します。フラッシュが適
格でない場合、LCD 画面に <フラッシュ学習
に対応していません> (<FLASH LEARNING
NOT SUPPORTED>)と表示されます。
ヒント:フラッシュと反射面の間の距離が短すぎ
る、または長すぎる可能性があります。ステッ
プ 2 の説明にしたがってフラッシュの設置場所
を変えます。また、ステップ 7 で正しいフラッ
シュ システムを選択したことを確認します。
9. フラッシュが学習プログラムに適格な場
合、LCD 画面に <最大 GN を設定> (<SET
MAX GN>)および既定番号の 45 が表示されま
す。LCD 画面にフラッシュの最大ガイドナン
バー(メートル単位)が表示されるまで選択
ダイヤルを回します。
を押します。
10.<実行> (<GO>)のオプションがハイライトさ
れた状態で LCD 画面に <手動 1/2 を設定>
(<SET MANUAL 1/2>)と表示されます。フラ
ッシュを 1/2 出力で手動モードに切り替え、
を押します。V6 が学習をしながらフラッ
シュを数回トリガーします。その間、LCD 画
面に <1/2 を学習> (<LEARNING 1/2>)と表
示されます。
31
11.プログラムが 1/2 出力の学習を終了する
と、LCD 画面に <手動 1/4 を設定> (<SET
MANUAL 1/4>)と表示されます。プログラム
が 1/128 出力までの一連の学習を終了するま
で、この手順が反復されます。
12.フラッシュが特定の出力レベルに対応してい
ない場合は、ダイヤルを回して <スキップ>
(<SKIP>)に合わせ、
を押します。プログ
ラムがその出力レベルの学習をスキップして
次のレベルに進みます。学習した出力レベル
の数が多いほど学習したプロファイルの正確
さが高まります。
13.V6 が <手動 1/128 を設定> (<SET MANUAL
1/128>)のステップでフラッシュの発光を終
了すると、LCD 画面に <TTL モードに戻る>
(<BACK TO TTL MODE>)と表示されます。
フラッシュ モードを TTL に変更し、
を
押します。V6 がさまざまな出力レベルを微
調整し、約 2~3分間何回もフラッシュを発
光させます。
14.学習が終了すると、LCD 画面に <フラッシュ
プロファイル名> (<FLASH PROFILE NAME>)
と表示されます。プロファイル名を 1~6 の
文字または数字で入力します。他のカスタム
プロファイルで使用されていない一意のプロ
ファイル名を入力してください。選択ダイヤ
ルを回して A~Z および 0~9 から選択し、
選択したすべての文字で
を押します。
32
15.LCD 画面に <プロファイルを保存しました>
(<PROFILE SAVED>)と表示されます。フラッ
シュ プロファイル学習が完了しました。
保存したフラッシュ プロファイルをプロファイル
リストから選択するには、セクション 10.1 を参
照してください。カスタム プロファイルはすべて
<プロファイルを選択> (<CHOOSE PROFILE>)のメ
ニューにあるフラッシュ システムの <学習済み>
(<LEARNED>)の項目として保存されます。
それぞれのV6 には学習プログラムから最大 15
のカスタム フラッシュ プロファイルを保存でき
ます。光出力の理論値からの偏差は 0.2 未満にし
てください。
注記:
1.フラッシュ プロファイルは、セクション
7.1.3 に記載する要件を満たしていても、
すべてのフラッシュ プロファイルを V6 で
学習できるわけではありません。
2.フラッシュ プロファイル学習を開始する場
合は、必ず新品の電池をフラッシュに取り付
けてください。
33
10.3
カスタム
のフラッシ
ュプロフ
ァイルのコ
ピー
1 つの V6 で複数のフラッシュ プロファイルの
学習を完了したら、学習したカスタム フラッシ
ュ プロファイルをすべて別の V6 ユニットにコピ
ーできます。
1. すべての V6 ユニットを同じチャンネルに設
定します。
2. 別の V6 ユニットにコピーする学習済みの全
フラッシュ プロファイルを含む V6 発信元ユ
ニットを選びます。TX モードで V6 発信元ユ
ニットの電源を入れます。
を押し、LCD に
<フラッシュ セットアップをコピー> (<COPY
FLASH SETUP>)と表示されるまで選択ダイヤ
ルを回します。
を押し、選択ダイヤルを回
して <開始> (<START>)に合わせます。もう
一度
を押します。<実行> (<GO>)のオプシ
ョンが表示された状態で LCD 画面に <RX を
プロファイルのコピーに設定> (<SET RX TO
COPY PROFILE>)と表示されます。
3. RX モードで V6 送信先ユニットの電源を入れ
ます。
を押し、選択ダイヤルを回して <フ
ラッシュのセットアップ> (<FLASH SETUP>)
に合わせます。
を押し、ダイヤルを回して
<プロファイルをコピー> (<COPY PROFILE>)
に合わせます。
を押します。LCD 画面に
<TX を待機中> (<WAITING FOR TX>)と表示
されます。
34
4. V6 発信元ユニットで、
を押して <実行>
(<GO>) を確認します。
5. ユニットがフラッシュ プロファイルのコピー
を開始します。
6. フラッシュ プロファイルがすべて V6 送信先
ユニットにコピーされると、発信元の V6 ユ
ニットに <送信を終了しました> (<FINISHED
SENDING>)と表示され、送信先の V6 ユニ
ットの LCD 画面に <コピーを終了しました>
(<FINISHED COPYING>)と表示されます。メ
ニューから別の場所に移動できます。
注記:
発信元 V6 と送信先 V6 に同一のフラッシュ プ
ロファイルが見つかった場合、そのフラッシ
ュ プロファイルはコピーされません。同じプ
ロファイル名を持つ同一でないプロファイルの
場合、プロファイルはコピーされますが、新し
く追加されたプロファイル名の最後の文字が変
更されます。
35
11.フラッシュのトリガー
さまざまなグループのフラッシュ装置を操作して
発光させるには:
1. V6 トランシーバーを正しいモード(送信機は
「TX」、受信機は「RX」)に設定します。こ
れにより、トランシーバーの電源が自動的に
入ります(セクション 9.4 を参照してくだ
さい)。
2. TX と RX の両方を同じチャンネルに設定しま
す(セクション 9.5 を参照してください)。
3. 各 RX 装置を A、B、C、D のグループのいず
れかに割り当て、TX でそのグループを有効
にします(セクション 9.6 を参照してくだ
さい)。
4. V6 RX を携帯型フラッシュまたはスタジオ用
ストロボに接続します。
5. TX で、
を完全に押下します。TX と RX
の両方の状態 LED が同時に緑点滅するはずで
す。携帯型フラッシュまたはスタジオ用スト
ロボが同時に発光します。
6. 特定のグループを試験発光させるには、グル
ープ ボタンと
を完全にかつ同時に押し
ます。
36
7. TX をカメラのホット シューに取り付けま
す。カメラにホット シューがない場合は、別
売りの PC シンクロ ケーブル(CA-200)を
使って TX をカメラに接続します。
8. カメラのシャッター リリース ボタンを押しま
す。各 RX のフラッシュがワイヤレスかつ同
期して発光します。
ヒント:V6 トランシーバーでは、遠隔出力調
整の有無にかかわらず携帯型フラッシュをト
リガーできます。出力レベルを調整せずにス
レーブ フラッシュをワイヤレスにトリガーす
る場合は、<プロファイルを選択> (<CHOOSE
PROFILE>)メニューで <手動> (<MANUAL>)の
フラッシュ システムを選択します。
37
12.遠隔手動出力調整
また、V6 はフラッシュのトリガーとは別に、フラ
ッシュの手動出力を操作できます。各 RX で、各
フラッシュを接続するための適切なフラッシュ プ
ロファイルを選択します。V6 TX でフラッシュを
操作して 1/128 から 1/1 の全出力まで発光させ
ることができます。 V6 では、ユーザーがフラッ
シュの出力を最も便利な方法で操作できるように
2 つの出力定義が提供されます。
フラッシュ装置の出力を遠隔操作するには:
1. フラッシュ装置を V6 に接続します。
2. TTL モードでフラッシュ装置の電源を入れま
す。RX モードで V6 の電源を入れます。
3.各 V6 について正しいフラッシュ プロファイ
ルを選択します。
12.1
相対出力
V6 TX では、一般のフラッシュ プロファイルと
同様、遠隔フラッシュの出力レベルを、全出力は
1/1、半分の出力は 1/2というように、相対出力
モードで全出力に対する比率で示します。TX モ
ードで V6 の電源を入れると、LCD に有効にし
たすべてのグループの相対出力レベルが表示さ
れます。
38
なお、小さな 1桁の数字は大きな出力レベルの間
の増分を示します。
12.1.1単一グループの出力調整
特定のスレーブ グループの出力レベルを調整する
方法は 2 つあります。
1. 選択したグループの出力レベルが LCD でハイ
ライトされるまでグループ ボタンを押し続け
ます。選択ダイヤルを回して目的の出力レベ
ルに合わせます。グループ ボタンを短く押し
てグループの選択を終了します。
2. ショートカット:グループ ボタンを押しながら
選択ダイヤルを同時に回します。調整が終了
したら、グループ ボタンを離します。
また、V6 TX マルチシステム シュー(メス)に
取り付けたマスター フラッシュの出力レベルも調
整できます。
39
1. TTL パススルー モードが有効になっていない
ことを確認します(セクション 8 を参照して
ください)。
2.
を押しながら選択ダイヤルを同時に回し
て、マスター フラッシュの出力レベルを変更
します。
12.1.2 複数のグループの出力調整
有効なすべてのグループの出力レベルを調整する
には、そのまま選択ダイヤルを左または右に回し
て目的の出力レベルに合わせます。
注記:マスター フラッシュの出力レベルは複数の
グループの調整による影響を受けません。
12.1.3 クイック出力調整モード
ダイヤルを左または右に 1 「クリック」回すと、
選択したグループの出力レベルが 1 ステップ上昇
または低下します。V6 の工場出荷時設定での EV
ステップは 1/3 EV です。EV ステップは、<EV
ステップ> (<EV STEP>)メニューで 1/2、1/3、
または1/10 に設定できます(セクション 12.3
を参照してください)。
40
上記よりも広い間隔で出力レベルを素早く変更
したい場合は、クイック出力調整モードを使用
します。
1. TX モード のV6 のメイン画面で、
を1
回押すとクイック出力調整モードに移行し
ます。
2. このモードで、ダイヤルをクリックするたび
に、出力レベルが最初の値をそれぞれ終点お
よび始点として1EV 上昇または低下します。
例えば、グループの出力レベルが 1/16 +3 の
場合、選択ダイヤルを 1 クリック回すと、
出力レベルが 1/8 +3 に上昇するか、または
1/32 +3 に低下します。
3. クイック変更が終了したら、
をもう一度押
してクイック出力調整モードを終了します。
それ以降は、ダイヤルを 1 クリック回すたび
に、<EV ステップ> メニューで行った設定に
したがって出力レベルが上昇または低下し
ます。
12.2
絶対出力
さまざまな最大出力を持つ複数のフラッシュの光
出力を調整する場合は、「1/4」や「1/8」などの
一般的な出力比はあまり役に立たない可能性があ
ります。ある強力なフラッシュ モデルの「1/8」
の出力が、別の弱いフラッシュ モデルの「1/4」
の出力よりも高いということもあり得ます。この
ため、V6 は EV の数値を使ってフラッシュ モデ
41
ルの最大出力から独立に絶対光量を指定できる
「絶対出力」モードを搭載しています。
下記のようにガイドナンバー単位の出力レベル
が EV 単位の絶対出力方式にスケール変更されて
います。
絶対光量
(EV 単位)
ガイド ナンバー(メートル単位)
+0.0
+0.3
+0.5
+0.7
17
58.0
64.4
69.0
73.9
16
41.0
45.5
48.8
52.3
15
29.0
32.2
34.5
36.9
14
20.5
22.7
24.4
26.1
13
14.5
16.1
17.2
18.5
12
10.3
11.4
12.2
13.0
11
7.2
8.0
8.6
9.2
10
5.1
5.7
6.1
6.6
9
3.6
4.0
4.3
4.6
8
2.6
2.8
3.0
3.2
7
1.8
2.0
2.1
2.3
6
1.3
1.4
1.5
1.6
42
絶対出力モードをセットアップする場合、V6 TX
は同じチャンネルにある各 RX 装置で選択されて
いるフラッシュ モデルを収集し、収集したフラ
ッシュ モデルを統一された光量スケールにスケ
ール変更します。下記の例に、モデル特有の相対
出力スケールを絶対出力スケールに変換する方法
を示します。
絶対光量スケー
ル(EV 単位)
全出力ガイド ナンバーがそれぞれ
異なる 4 つのフラッシュの相対光
量スケール
フラッ
シュ A
フラッ
シュ B
フラッ
シュ C
フラッ
シュ D
18
17
GN58
16
1/2
GN41
15
GN29
1/4
14
1/2
1/8
GN21
1/4
13
1/4
1/16
1/2
1/8
12
1/8
1/32
1/4
1/16
11
1/16
1/64
1/8
1/32
10
1/32
1/128
1/16
1/64
9
1/64
1/32
1/128
8
1/128
1/64
7
6
1/2
1/128
43
すべてのフラッシュを絶対出力モードで 11 EV に
設定した場合(上記の表のイタリック体の行を参
照)、フラッシュはフラッシュ自体の相対出力ス
ケールでの差にかかわらず、すべて同じ光量を放
射します。例えば、11 EV にした場合、フラッ
シュ A は 1/16 の出力に等しい光量を照射し、
フラッシュ C は 1/8 の出力に等しい光量を照射
します。
V6 システムを絶対出力モードに変更するには:
1. RX モードで遠隔 V6 の電源を入れます。それ
ぞれの V6 RX について正しいフラッシュ プ
ロファイルを選択します。
2. TX モードで指揮官としての役割を果たす V6
の電源を入れます。この V6 が RX 装置と
同じチャンネルに属していることを確認して
ください。
を押します。選択ダイヤル
を回して <出力モード> (<POWER MODE>)に
合わせ、
を押します。選択ダイヤルを回
して <絶対(セットアップ)> (<ABSOLUTE
(SETUP)>)に合わせ、
を押して確認し
ます。
3. V6 TX がV6 RX 装置からフラッシュ プロフ
ァイルを収集し、絶対出力レベル方式をセッ
トアップします。セットアップが終了する
と、LCD 表示が再びメイン画面に戻り、4 つ
のグループの絶対光量が表示されます。
44
4. 相対出力モードの場合と同様に出力レベルを
調整します(セクション 12.1 を参照して
ください)。小数点の前にあるそれぞれの数
字は 1 EV を、その後ろにある小さい数字は
1/10 EV を表します。
5. 有効になっているすべてのグループを同じ出
力レベルに設定します。スレーブを試験発光
させて、各スレーブから同じフラッシュ出力
が生み出されるか判定します。
6. 初期のセットアップが十分に正確でない場合
は、各グループの絶対出力スケールをオフセ
ットすることができます。任意のグループ ボ
タンと
を同時に押すと、そのグループの
オフセット モードに移行します。
例えば、グループ A のフラッシュ出力が同
じ絶対出力レベルにある他のグループよりも
若干強い場合は、
と
を同時に押しま
す。LCD 画面に <グループ A オフセット>
(<GROUP A OFFSET>)と表示されます。選択
ダイヤルを左または右に回して、出力スケー
ルを -1EV から 1EV に調整します。
を押
してメイン画面に戻ります。
45
注記:V6 TX の電源を切ると、絶対出力のセット
アップは保存されません。V6 TX は相対出力モー
ドで再起動します。
12.3
EV ステ
ップ
V6 TX の操作盤には、EV ステップ として1/10
EV、1/3 EV、1/2 EV の 3 つのオプションが備
わっています。設定は相対出力モードと絶対出力
モードの両方に適用されます。
EV ステップを調整するには、TX モードで V6 の
電源を入れて
を押します。選択ダイヤルを回
して <EV ステップ> (<EV STEP>)に合わせます。
を押し、ダイヤルを回して目的の増分レベル
(1/10、1/3、または 1/2)に合わせます。
を押して確認します。
注記:
1.電源を切ると選択した EV ステップが記憶さ
れ、再び電源を入れたときにその EV ステッ
プが適用されます。
2.クイック出力調整モード(セクション
12.1.3 を参照)では、設定した EV ステ
ップは 1EV ずつのステップ変化に切り替わ
ります。
46
12.4
Lo 出力
Lo 出力レベルの場合、V6 でトリガーしたフラッ
シュの相対出力はおおよそ 1/256 に等しくなり
ます。1/128 と 1/256 の出力の差はフラッシュ
メーターではほとんど検出されませんが、発光期
間が非常に短いため、稲光よりも速い瞬間を静止
画に撮影することができ、高速写真撮影に理想
的です。
Lo 出力を有効にするには:
1. TX モードで V6 の電源を入れ、
を押しま
す。選択ダイヤルを回して <Lo 出力> (<Lo
POWER>)に合わせ、
を押します。選択ダイ
ヤルを回して <オン> (<ON>)に合わせ、
を
押します。
2. Lo 出力が有効になると、Lo 出力は相対出力
モードでは 1/128 の出力よりも 1 ステップ
低い出力レベルで、絶対出力モードでは各グ
ループの最低出力よりも 1 ステップ低い出力
レベルで <Lo> として表示されます。
3. Lo 出力を無効にするには、ステップ 1 を実
行して Lo 出力メニューに入ります。選択ダ
イヤルを回して <オフ> (<OFF>)に合わせ、
を押します。
47
13.カメラ シャッター リリース
注記:
この機能を使用するには、トランシーバーとカ
メラを接続するためのシャッター リリース ケ
ーブルを別途購入して使用する必要がありま
す。シャッター リリース ケーブルは V6 トラ
ンシーバーの包装箱に同梱されていません。
13.1
基本セット
アップ
カクタス V6 をワイヤレス シャッター リリース
として使用するには、カクタス V6 トランシーバ
ーが最低 2 つ必要です。
48
1. 適切なシャッター リリース ケーブルを使って
V6 RX をカメラに接続します。
2. V6 TX と RX の両方を同じチャンネルに設定
します。V6 TX で、V6 RX に割り当てられた
グループを有効にします。
3. TX の
を半押しにして、オート フォー
カスを試します。TX と RX の両方にある状
態 LED がオレンジ色に変わり、オート フォ
ーカスの状態になったことを示します。TX の
を完全に押下してシャッター リリース
を行います。両方のトランシーバーにある状
態 LED が緑色に変わり、シャッター リリー
スができる状態になったことを示します。
13.2
バルブ モ
ード
1. カメラをバルブに設定します。
2. V6 TX の
を完全に押下します。V6 TX
と V6 RX の状態 LED が最初に緑色に変わ
り、約 2 秒後に消えます。LCD 表示に <バル
ブ モード オン> (<BULB MODE ON>)と表示さ
れます。
3. V6 RX の
を離します。これでカメラ
のシャッターが継続して開いた状態になり
ます。
4. カメラのシャッターを閉じるには、V6 TX の
を完全に押下し、再び離します。TX と
RX の両方にある緑色の状態 LED が同時に点
滅します。
49
13.3
リレー モ
ード:カメ
ラ シャッ
ター+フ
ラッシュ
V6 のリレー モードは、ワイヤレス シャッター
リリースとフラッシュ トリガー システムを連動
するための経済的な解決策です。リレー機能によ
り、トランシーバーが 3 つあればカメラとフラッ
シュ装置の両方を同時にワイヤレスに制御するこ
とができます。
1. V6 ユニットがすべて同じチャンネルに設定さ
れていることを確認します。
2. 携帯用遠隔ユニットとして使用する V6 を TX
として、その他のすべての V6 を RX として
設定します。
50
3. V6 RX の 1 つをカメラのホット シューに取
り付け、その V6 RX を適切なシャッター リ
リース ケーブル(別売り)でカメラのシャッ
ター リリース ポートに接続します。その他の
V6 RX をフラッシュ装置に接続します。
4. カメラに搭載した V6 RX で、
を押しま
す。選択ダイヤルを回して <リレー> (<RELAY>)に合わせます。
を押します。選択
ダイヤルを回して <オン> (<ON>)に合わせま
す。
を押して確定し、
を押してメイン
画面に戻ります。メイン画面にリレー モード
表示灯の <REL-C> が表示されます。
5. 携帯用の V6 TX 装置で、
を押します。選
択ダイヤルを回して <リレー> (<RELAY>)に
合わせます。
を押し、ダイヤルを <オン>
(<ON>)に合わせます。
を押し、
を押
してメイン画面に戻ります。リレー モード 表
示灯の REL がチャンネル表示灯に切り替わり
ます。
51
6. TX の
を押すことで、カメラとフラッシ
ュ装置の両方がトリガーされ、互いに同期し
ます。さらに、V6 TX を使ってフラッシュの
出力レベルを調整できます。
7. TX 装置と RX 装置 の両方のリレー モードを
終了するには、
を押し、選択ダイヤルを
回して <リレー> (<RELAY>)に合わせます。
を押し、選択ダイヤルを回して <オフ>
(<OFF>)に合わせます。
を押し、
を押
してメイン画面に戻ります。
52
14.高度な使用法
14.1
光トリガー
光トリガーは、無線信号の代わりのトリガー機構
として機能することができます。例えば、フラッ
シュ シンクロよりも早く照射されるプリ発光信
号を取り込むことは非常に有益です。プリ発光に
よってトリガーされる光トリガーを遅延タイマー
(セクション 14.2 を参照)で設定することに
より、フラッシュの正確な発光開始時間を設定で
きます。
S1 と S2 の 2 つの光トリガー モードから選択
できます。
S1:最初のプリ発光、プリ発光がない場合はメイ
ン フラッシュでトリガーします。
S2:プリ発光を無視し、メイン フラッシュでトリ
ガーします。
1. TX モードまたは RX モードで V6 の電源を入
れ、
を押し、選択ダイヤルを回して <光
学スレーブ> (<OPTICAL SLAVE>)に合わせま
す。
を押します。
2. 選択ダイヤルを回して S1 または S2 に合わ
せ、
を押します。
3. V6 RX のメイン画面に光トリガー(セクショ
ン 6.2 を参照)の状態が表示されます。
53
14.2
遅延タイ
マー
すべての V6 には、TX モードまたは RX モードで
設定できる遅延タイマーが搭載されています。遅
延タイマーにより、トリガーの応答が設定された
時間遅延します。フラッシュを先幕シンクロより
も少し遅く発光させることで、異なる照明効果を
作り出す(後幕シンクロを実現する、など)場合
は、1 ミリ秒~10 秒(9,999ms)の範囲で適切
な遅延時間を設定します。
1. TX モードまたは RX モードで V6 の電源を入
れ、
を押し、選択ダイヤルを回して <遅
延> (<DELAY>)に合わせます。
を押し
ます。
2. ダイヤルを回して <設定> (<SET>)に合わせ、
を押します。ダイヤルを回して各桁を設定
し、
を押して確定し、別の桁に進みます。
3. V6 RX のメイン画面に遅延タイマー(セクシ
ョン 6.2 を参照)の状態が表示されます。
54
15.V6 を自分に合わせてカスタ
マイズする
V6 のサブメニューで、自分のニーズに合わせてカ
スタマイズしたさまざまなオプションを設定でき
ます。
を押し、選択ダイヤルを回して <サブ
メニュー> (<SUB-MENU>)に合わせ、
を押しま
す。選択ダイヤルを再び回すと、カスタマイズし
たすべてのオプションをスクロールできます。
15.1
選択ダイ
ヤルの
方向
15.2
スワップ
制御
<ダイヤル方向> (<DIAL DIRECTION>)で、V6 の
選択ダイヤルの回転方向を <時計回り> (<CLOCKWISE>)または <反時計回り> (<ANTI-CLOCKWISE>)に設定できます。例えば、メイン画面で出力
レベルを上げるには、時計回りの設定では選択ダ
イヤルを左に回し、反時計回りの設定では選択ダ
イヤルを右に回す必要があります。
V6 TX のメイン画面で、
または押し込み式選
択ダイヤルを 1 回押すと下記のどちらかのモード
に切り替わります。
•• クイック出力調整モード <クイック出力調整>
(<QUICK POWER ADJ>): 出力調整を1EV ステ
ップに拡大します(セクション 12.1.3 を参照
してください)。
55
•• ズーム(カクタス)モード <ズーム(カクタ
ス)> (<ZOOM (CACTUS)>):
カクタス RF60(セクション 16.1.1 を参照)
のズーム レベルを調整します。
この設定は <スワップ制御> (<SWAP CONTROL>)
で行うことができます。
15.3
LCD バッ
クライト
タイマー
15.4
スリープ
タイマー
、 、選択ダイヤル、グループ ボタンを押し
たり回したりするといつでも V6 の LCD バックラ
イトが点灯します。エネルギーを節約するため、
バックライトを自動的に消すタイマー設定があり
ます。<LCD バックライト> (<LCD BACKLIGHT>)
で、<オフ> (<OFF>)、<5 秒> (<5 SECS>)、<15
秒> (<15 SECS>)、<常時点灯> (<STAY ON>)から
選択します。
ご使用後に V6 の電源を切るのを忘れた場合は、
エネルギーを節約するため、スリープ タイマーに
より指定された時間の経過後にV6 がスリープ モ
ードに切り替わります。<スリープ> (<SLEEP>)
で、<オフ> (<OFF>)、<15 分> (<15 MINS>)、
<60分> (<60 MINS>)から選択します。
V6 をスリープ モードから復帰させるには、任意
のボタンを押すか、または選択ダイヤルを 1 回回
します。また、ホット シューまたは x シンクロ
ポートからのローカル トリガーでも V6 を復帰さ
せることができます。
56
注記:ワイヤレス トリガーで V6 RX 装置を遠隔操
作で復帰させることはできません。
15.5
動作範囲
15.6
工場出荷
時設定に
リセット
V6 の動作距離は撮影目的に合わせてカスタマイ
ズできます。<動作範囲> (<WORKING RANGE>)
で、V6 TX 装置を RX 装置に近接して配置する必
要がある場合(マクロ撮影の場合等)は <ショー
ト> (<SHORT>)を選択し、通常のショットの場合
は <ロング> (<LONG>)を選択します。<ショート>
(<SHORT>)のオプションでは、V6 の最大有効距離
が約 70% 低下しますが、V6 TX 装置と RX 装置
を近接した位置に配置することによって生じる干
渉を除去できます。
V6 を最初の製造時の設定に復元し、カスタムのフ
ラッシュ プロファイルをすべて消去するには、
[工場出荷時設定にリセット] を使用します。<工
場出荷時設定にリセット> (<FACTORY RESET>)
のサブメニューで、
を押し、ダイヤルを回し
て <はい> (<YES>)に合わせます。画面に <確定?>
(<CONFIRM?>)
を押して確定します。
注記:[工場出荷時設定にリセット] により、V6 に
保存されたすべてのカスタムのフラッシュ プロフ
ァイルが消去されます。
57
16.カクタス ギアを取り付け
て使用する
V6 トランシーバーは、カクタス ワイヤレス フ
ラッシュ RF60、ワイヤレス フラッシュ トリガ
ー V5、およびレーザー トリガー LV5 と互換性
があります。
V6
V6
V5
カメラ
LV5 センサー
RF60
LV5 エミッター
V5
58
16.1
16.1.1スレーブとしての RF60
RF60
V6
RF60
カメラ
カクタス V6 モジュールを内蔵したカクタス
RF60 は、V6 TX による遠隔操作とトリガーが可
能です。
注記:
カクタス V6 では、最大 1/10 EV ステップを
指定して RF60 にステップを通信できます。こ
れに対し、RF60 では最も近い 1/3 EV ステッ
プしか表示できません。
RF60 スレーブの出力レベルを調整するには:
1. V6 と RF60 を同じチャンネルに設定します。
2. RF60 スレーブに割り当てられたグループを
V6 TX で有効にします。
59
3. V6 RX の場合と同様に各グループの出力レベ
ルを調整します。
RF60 スレーブのズームレベルを調整するには:
1. スワップ制御をズーム(カクタス)モードに
設定します(セクション 15.2 を参照してく
ださい)。
2. V6 TX のメイン画面で、
を 1 回押しま
す。有効になっている各グループのズーム レ
ベルが画面に表示されます。
3. 出力レベルを調整する場合と同様に各グルー
プのズーム レベルを調整します(セクション
12.1 を参照してください)。ズーム調整は、
単一グループの調整と複数のグループの調整
のどちらにも対応しています。
注記:V6 TX で設定したズーム レベルで V6 RX
のフラッシュのズーム レベルを調整することは
できません。
また、RF60 をその他の V6 対応 TTL フラッシ
ュと組み合わせることにより、遠隔フラッシュ
制御システムを構築することもできます。例え
ば、RF60 をグループ Aに、キヤノンの 580EX
II(V6 RX を搭載)をグループ Bに、ニコンの
SB-900(別の V6 RX を搭載)をグループ C に割
り当てます。V6 TX で全グループをトリガーし、
各グループの出力レベルを相対出力モードまたは
絶対出力モードで設定できます。
60
16.1.2 マスターとしての RF60
RF60 マスター
RF60 スレーブ
V6
カメラ
RF60 をマスターとしてカメラのホット シューに
割り当て、このRF60 に他の RF60 スレーブや V6
RX 装置をトリガーさせたり操作させたりすること
ができます。RF60 マスターで RF60 スレーブの
出力レベルやズーム レベルを調整することができ
ますが、V6 RX 装置を取り付けて使用する場合は
ズーム調整に対応していません。
61
16.2
V5 と LV5
カクタス V6 トランシーバーはカクタス V5 また
は LV5 と対になって動作し、グループ制御がなく
てもワイヤレス トリガーができます。いずれも同
じ 2.4GHz、16 チャンネルのプラットフォームに
対応しています。
V5 と LV5 はグループ制御と遠隔出力調整に対
応していないため、V6 TX では有効と判断するグ
ループにかかわらず、すべての V5 をトリガーす
るようになっています。同様に、V5 と LV5 の
どちらでも、V6 RX が割り当てられているグル
ープにかかわりなく、すべての V6 RX をトリガ
ーします。
62
17.LED 信号ガイド
状態
TX 側表示灯
フラッシュのト
リガー
シャッターのト
リガー
緑
オートフォーカスを
半押し
出力レベルコマンド
を受信しました
バルブ モードの起動
バルブ モードの停止
バッテリ低下
ファームウェア更新
モード
RX 側表示灯
緑
オレンジ色
なし
オレンジ色
緑(2 秒)
緑
赤(3 秒ごと)
赤(0.5 秒ごと)
63
18.USB 接続
V6 トランシーバーには、USB 外部電源の提供と
ファームウェア更新の 2 つの目的に使うミニ USB
ポートが搭載されています。
18.1
USB 外部
電源
また、カクタス V6 は、単三電池のほか、5V
DC、500~1,000mA の USB 外部電源デバイスで
も動作します。お使いの USB 電源デバイスの仕様
を調べて、V6 トランシーバーに適合しているかど
うか確認してください。
注記:USB 外部電源で V6 電池収納部内の充電池
を充電することはできません。
18.2
ファーム
ウェア
更新
カクタスは V6 用の新しいファームウェアを随時
リリースします。USB 接続からお使いの V6 を更
新してください。
V6 のファームウェア バージョンを調べるには、
と
を押しながら、同時に TX モードまた
は RX モードで V6 の電源を入れます。LCD 表
示に、ユニットにインストールされているファー
ムウェアのバージョンが表示されます。ボタン
を離すと、3 秒後に LCD 表示がメイン画面に戻
ります。
64
ファームウェアの更新が利用できるときにファー
ムウェアの更新を実行するには:
1. V6 の電源を切り、ユニット内にある電池を取
り外します。
2. カクタス ミニ USB ケーブル MU-1(別売り)
で V6 をコンピュータに接続します。
3.
を押しながら、同時に TX モードまたは
RX モードで V6 の電源を入れます。
4. これで V6 がファームウェア更新モードにな
りました。状態 LED が急速に赤点滅します。
ファームウェア更新プログラムが接続されて
いる V6 を認識し、アップグレードを開始し
ます。
詳細については、www.cactus-image.com/
v6.html をご覧ください。
ファームウェア更新は Microsoft Windows の
プラットフォームでのみ動作します。Mac OS に
は対応していません。
65
19.別売りの付属品
1. ワイヤレス フラッシュ RF60
2. レーザー トリガー LV5
3. シャッター リリース ケーブル
(カクタス シャッター ケーブルは、キヤノ
ン、ライカ、ミノルタ、ニコン、オリンパ
ス、パナソニック、ペンタックス、サムソ
ン、ソニー各社製のほとんどのカメラモデル
でご利用いただけます。対象モデルについて
は、弊社ホームページをご覧ください。)
4. シンクロ ケーブルとアダプタ
- PC シンクロ ケーブル CA-200
- 3.5mm プラグ ケーブル、6.35mm プラグ
アダプタ付き CA-360
5. USB から ミニ USB へのケーブル MU-1
6. ランヤード CL-1
66
20.トラブルシューティング
このセクションをお読みいただく前に、カクタス
V6 トランシーバーが(本マニュアルのセクション
8~14 の説明にしたがって)正しくセットアップ
されていることを確認してください。トラブルシ
ューティングの手順を実行した後も不具合が解決
されない場合は、お買い上げいただいた販売店ま
で直接お問い合わせください。
1.誤ったフラッシュ出力が発光する
LCD 表示
考えられる原因
解決策
RX に誤った出 RX のフラッシュ出 - セットアップで必
力レベルが表 力を制御している
ず TX を 1 つだけ
示される
TX が複数ある
使用します
- トランシーバーを
すべて別のチャン
ネルに設定します
RX に正しい出 1.選択したフラッ 正しいフラッシュ プ
力レベルが表
シュ プロファイ ロファイルを選択す
示される
ルがフラッシュ るか、または新しい
モデルに一致し フラッシュ プロファ
イルを学習します
ていない
2.フラッシュが誤 フラッシュを確認
った動作モード し、フラッシュを
(M モード等) TTL モードに設定
します
になっている
3.誤った EV オフ 問題となっているグ
セットが絶対出 ループの EV オフセ
力モードで設定 ットを確認してリセ
ットします
されている
67
2.フラッシュ プロファイルの学習に失敗する
LCD 表示
考えられる原因
解決策
フラッシュ学
習時に LCD
にエラー メ
ッセージが表
示される
1.フラッシュ モ
デルに対応して
いない
セクション 7.1.3
で、フラッシュ モ
デルがフラッシュ
プロファイル学習
に適合しているか
どうか確認してく
ださい
2.フラッシュの電
源である電池が
消耗しており、
フラッシュから
生み出される出
力が不安定で
ある
フラッシュの電池を
交換します
3.壁と V6 の距離
が近すぎるか、
または遠すぎる
-V6 とフラッシュ
を白色の壁から 1
メートル離れて面
した状態で配置し
ます
-ライト スタンド
または三脚を使っ
て V6 の位置を固
定します
4.現場周辺の環境
光が強すぎる
か、または不安
定である
弱く安定した環境光
が得られる閉鎖され
た空間でフラッシュ
学習を実行してみて
ください
68
3.フラッシュが誤って発光する(予期しないフラ
ッシュ発光が起きる)
LED が点滅し 考えられる原因
ているか?
ホット シューの状
TX:いいえ
態不良
RX:いいえ
解決策
TX:いいえ
RX:はい
(緑)
-両方のトランシー
バーを別のチャン
ネルに設定します
-近くにある別の機
器から干渉が発生
している可能性が
あるため、セット
アップする場所を
変更します
動作範囲サブメニュ
ーで <ショート>
(<SHORT>)を選択
します
1.バックグラウン
ド無線干渉
2.TX と RX のト
ランシーバーの
位置が互いに近
すぎる
3.光トリガーの電
源が入り、光ト
リガーが予期し
ない環境光によ
ってトリガーさ
れた
-ホット シューの接
触の締まり具合を
調整します
-V6 のホット シュ
ーの接触面を清潔
な布で清掃します
光トリガーはこの環
境で動作しない可能
性があるため、光ト
リガーの電源を切
ります
69
4.シンクロが遅い(フラッシュが遅れる)
解決策
LED が点滅し 考えられる原因
ているか?
TX:はい
1.シャッター速度 カメラのシャッター
(緑)
がカメラの x シ 速度を対応する最大
RX:はい
ンクロ制限より x シンクロ速度に調
整します
(緑)
も速い
2.遅延タイマーが 遅延タイマーをオフ
設定されている にするか、または遅
延タイマーを正しい
シンクロ時間に調整
します
TX または
3.電池の電力不足 電池を交換してやり
直します
RX:はい(3
秒ごとに赤)
5.フラッシュがトリガーされない、またはシャッ
ターがリリースされない
LED が点滅し 考えられる原因
ているか?
TX:いいえ
1.TX 側の電池の
RX:いいえ
接触不良、また
は電池の電力
不足
解決策
TX 側の電池を交換し
てやり直します
2.ホット シューの -ホット シューの接
状態不良
触の締まり具合を
調整します
-V6 のホット シュ
ーの接触面を清潔
な布で清掃します
70
LED が点滅し 考えられる原因
ているか?
TX:はい
1.RX 側の電池の
(緑)
接触不良、また
RX:いいえ
は電池の電気
切れ
2.チャンネルとグ
ループが一致し
ていない
3.バックグラウン
ド無線干渉
4.100m の有効範
囲を超えている
5.TX と RX のト
ランシーバーの
位置が互いに近
すぎる
解決策
RX 側の電池を交換し
てやり直します
両方のトランシーバ
ーが同じチャンネ
ルに設定されてお
り、RX に割り当てら
れたグループが TX
で有効になっている
ことを確認します
-両方のトランシー
バーを別のチャン
ネルに設定します
-近くにある別の機
器から干渉が発生
している可能性が
あるため、セット
アップする場所を
変更します
TX と RX のトラン
シーバーを互いから
100m(328 フィー
ト)以内に配置して
ください
動作範囲サブメニュ
ーで <ショート>
(<SHORT>)を選択
します
71
解決策
LED が点滅し 考えられる原因
ているか?
TX:はい
1.ホット シューの -ホット シューの接
(緑)
接触不良
触の締まり具合を
RX:はい
調整します
(緑)
-V6 のホット シュ
ーの接触面を清潔
な布で清掃します
使用しているフラッ
シュが V6 に適合し
ているかどうか確認
します(セクション
7.1 を参照してくだ
さい)
3.ケーブルの接続 -ケーブルの接続を
不良
確認します
-ケーブルを交換し
ます
4.誤ったケーブル 適切なシャッター リ
を使用している リースケーブルが使
(V6 をワイヤ 用されていることを
レス シャッター 確認します
リリースとして
使用する場合
のみ)
2.使用しているフ
ラッシュが V6
に適合してい
ない
72
21.ご注意
米国にお住まいのお客様へのご注意
連邦通信委員会(FCC)
無線周波数干渉基準書。
この機器は FCC 規則第 15 部に基づいて試験さ
れ、クラス B デジタル装置の制限に適合すること
が確認されています。この制限は、住宅設備で発
生する有害な干渉に対する合理的な保護を提供す
るために設計されています。
この機器は無線周波数エネルギーを発生させ、使
用し、放射することができるため、取扱説明書に
したがって設置と使用を行わなかった場合、この
機器が原因となって無線通信に対する有害な干渉
が発生する可能性があります。
ただし、特定の設備で干渉が発生しないという保
証はありません。
この機器が原因となって無線またはテレビの受信
に有害な干渉が発生した場合は(機器の電源を切
ってから電源を入れ直すことによって判定するこ
とができます)、下記の対策をとることによって
干渉を解消してみることをお勧めします。
73
受信アンテナの方向を変えたり設置場所を変えた
りします。
機器と受信機の距離を広げます。
受信機が接続されている回路とは別の回路にある
コンセントに機器を接続します。
販売店、または経験を有する無線/テレビ技術者
に相談します。
Harvest One Limited ならびにこのワイヤレス
フラッシュ トランシーバーの製造者は、この機器
を許可なく改造したことが原因となって発生する
無線またはテレビへのあらゆる干渉に関して責任
を負いません。そのような改造を行った場合、こ
の機器を使用するユーザーの権限が無効となる可
能性があります。
FCC ID:VAAWFTV6
中国製
この機器は FCC 規則第 15 部に適合していま
す。この機器の操作する場合は、次の 2 つの条
件を満たすものとします。(1) この機器から有害
な干渉を発生させてはなりません。(2) この機器
では、好ましくない動作が引き起こされる原因と
なる干渉を含む、受信したあらゆる干渉を受け入
れる必要があります。
74
R&TTE 適合性宣言(DOC)
私たち Harvest One Limited(9D On Shing
Industrial Building, 2-16 Wo Liu Hang
Road, Fo Tan, Hong Kong)は、私たち自身
の責任に基づき、本製品「カクタス ワイヤレス
フラッシュ トランシーバー V6」がR&TTE 指令
(1999/5/EC)の必須要件およびその他の関連要
件に適合していることを宣言します。
本製品、カクタス ワイヤレス フラッ
シュ トランシーバー V6 は EU 理事
会指令 1999/5/EC の規定に適合して
います。
バツ印が付けられた車輪付き容器は、
ヨーロッパ連合の域内ではこの製品が製
品サイクルの終了時に別途処分されなけ
ればならないことを意味します。この製
品を他の自治体指定廃棄物と一緒に処分
しないでください。
75
22.保証
下記に定める制限付き保証は、この制限付き保証
によってお買い上げいただいたカクタス ブラン
ドのワイヤレス フラッシュ トランシーバーに関
して Harvest One Limited が世界中で提供す
るものです。
お使いのカクタス ワイヤレス フラッシュ トラン
シーバーもしくはその他の内容物は、最初の包装
箱に入れて新しい状態でお客様に引き渡された場
合、次の通り、材質または仕上がりの瑕疵に対し
て保証されます。最初にお買い上げいただいた日
から 1 年間、弊社の正規販売代理店に返送され
(該当する場合)、検査の結果、瑕疵があると証
明された、瑕疵のある部品または瑕疵のあるワイ
ヤレス フラッシュ トランシーバーは、Harvest
One Limited または正規販売代理店の決定する
ところにより、新しい部品または作り直した同等
の部品を使って修理し、または新しいワイヤレ
ス フラッシュ トランシーバーと交換するものと
します。
この制限付き保証は、ワイヤレス フラッシュ
トランシーバーを適合するカメラおよびフラッシ
ュ装置と一緒に使用した場合にのみ適用されるも
76
のとします。カメラおよびフラッシュ装置につ
いて Harvest One Limited は一切責任を負い
ません。
この制限付き保証は、ワイヤレス フラッシュ ト
ランシーバーの通常の使用において生じたあらゆ
る瑕疵を対象としますが、下記の場合においては
適用されません。
(a)お客様による不正使用、誤った取扱い、不適
切な包装、改変、事故、電流変動によるワイ
ヤレス フラッシュ トランシーバーの喪失また
は損傷。
(b)カクタスのユーザー マニュアルに定める操
作、保守、または環境に関する手順を順守し
なかった場合。
(c)Harvest One Limited または正規販売代
理店以外の者が実施したサービスを受けた
場合。
(d)上記の規定を損なうことなく、水害、砂/腐
食による損傷、電池の漏洩、トランシーバー
を落下させること、擦り傷、摩耗、本体の破
損、ホット シューまたは PC ケーブルの破損
は、誤使用、不正使用、または取扱説明書に
定めるところにしたがってワイヤレス フラッ
シュ トランシーバーを使用しなかったことの
結果として生じたものと推定します。
77
上記に記載する明示的な制限付き保証の適用期間
の経過後は、商品性もしくは特定目的との適合性
の黙示的な保証を含むいかなる黙示的な保証もワ
イヤレス フラッシュ トランシーバーに適用され
ず、また、上記に記載する保証を除き、ワイヤレ
ス フラッシュ トランシーバーに関してあらゆる
人物もしくは企業が与えるその他いかなる明示的
な保証も担保も Harvest One Limited に対し
て拘束力を有しないものとします。Harvest One
Limited は、収益または利益の喪失、不便、代
替の設備もしくはサービスの費用、保管費用、デ
ータの喪失または破損、またはワイヤレス フラッ
シュ トランシーバーの使用、誤使用、または使用
することができないことが原因となって生じるそ
の他の特別損害賠償、付随的損害賠償、または派
生的損害賠償について、その申立てが準拠する法
律理論の如何にかかわらず、また Harvest One
Limited がかかる損害が生じる可能性について
報告を受けていたとしても、一切責任を負わない
ものとします。いかなる場合も、Harvest One
Limited に対して行われるあらゆる種類の回復
は、Harvest One Limited もしくはその正規販
売代理店が販売したカクタス ワイヤレス フラッ
シュ トランシーバーの購入価格の金額を超えない
ものとし、また、損害の申立てを生じさせないも
のとします。上記の規定を損なうことなく、お客
様はカクタス ワイヤレス フラッシュ トランシー
バーの使用、誤使用、または使用することができ
78
ないことによって生じる、お客様またはお客様の
財産もしくは他者または他者の財産の損失、
損傷、または傷害であって、Harvest One
Limited の過失が直接の原因でないものにつ
いて、あらゆるリスクと責任を負います。
この制限付き保証は、Harvest One Limited
の最初のご購入者、または購入された Harvest
One Limited を贈答品として送られた人物以外
の人には適用されず、お客様の独占的な救済策を
定めるものです。
本社:
HARVEST ONE LIMITED
9D ON SHING IND. BLDG.,
2-16 WO LIU HANG ROAD,
FO TAN, HONG KONG
カスタマー サービスについては、お住まいの地域
の販売店までお問い合わせください。
© HARVEST ONE LTD.2014
このマニュアルは日本語に翻訳されています。日本語
版は英語版と不一致が発生する場合は、英語版を優先
にして参照してください
79
www.cactus-image.com
Download PDF
Similar pages