Acronis True Image 8.0 ユーザーズガイド

True Image 8.0
ユーザーズ ガイド
Copyright @ 2000-2004 Acronis, Inc. All rights reserved. "Acronis" and Acronis logo
are registered trademarks of Acronis, Inc. "True Image” and the True Image logo
are registered trademarks of Acronis, Inc.
Linux は Linus Torvalds 氏の登録商標です。
OS/2 は IBM Corporation の登録商標です。
UNIX は The Open Group の登録商標です。
Windows および MS-DOS は Microsoft Corporation の登録商標です。
ユーザーズ ガイドに掲載されている商標や著作権は、すべてそれぞれ各社に所有権がありま
す。
著作権者の明示的許可なく本書ユーザーズ ガイドを修正したものを販売することは禁じられ
ています。
著作権者の事前の許可がない限り、商用目的で書籍の体裁をとる作品または派生的作品を
販売させることは禁じられています。
本書は現状のまま使用されることを前提としており、商品性の黙示の保証および特定目的適
合性または非違反性の保証など、すべての明示的もしくは黙示的条件、表示および保証を一
切行いません。ただし、この免責条項が法的に無効とされる場合はこの限りではありません。
目次
第 1 章 はじめに............................................................................. 7
1.1
1.2
1.3
1.4
Acronis True Image について .............................................................. 7
Acronis True Image 8.0 の新機能........................................................ 8
ディスク イメージについて ................................................................. 8
ソフトウェアの使用条項と使用条件 .................................................. 10
第 2 章 インストールおよび操作 .................................................... 11
2.1
2.2
2.3
2.4
2.5
同梱の内容物........................................................................................11
システム要件........................................................................................11
Acronis True Image のインストール ................................................. 12
Acronis True Image の実行................................................................ 12
プログラムの削除 ............................................................................... 13
第 3 章 プログラムの概要 ............................................................. 14
3.1
メイン プログラム ウィンドウ.......................................................... 14
プログラム メニュー......................................................................................16
ステータス バー.............................................................................................17
タスク トレイのアイコン...............................................................................17
ディスクおよびパーティションの情報 ...........................................................17
3.2
Acronis セキュア ゾーン................................................................... 18
Acronis セキュア
Acronis セキュア
Acronis セキュア
Acronis セキュア
3.3
ゾーンの作成.....................................................................19
ゾーンのサイズ変更 ..........................................................21
ゾーンのイメージの削除 ...................................................22
ゾーンの削除.....................................................................22
Acronis リカバリ マネージャ ............................................................ 24
第 4 章 ディスク(パーティション)イメージの作成............................. 25
4.1
4.2
4.3
パーティションの選択 ........................................................................ 25
イメージ作成場所の選択 .................................................................... 26
イメージ モードの選択 ...................................................................... 28
増分イメージの作成........................................................................................29
4.4
4.5
4.6
4.7
4.8
4.9
イメージ ファイル サイズの選択 ...................................................... 30
データ圧縮レベルの選択 .................................................................... 32
パスワードを使用したイメージの保護............................................... 33
コメントの入力 ................................................................................... 34
イメージ作成スクリプト .................................................................... 35
イメージ作成の優先順位の選択.......................................................... 36
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
3
第 5 章 イメージからのディスク(パーティション)の復元................... 37
5.1
5.2
5.3
5.4
5.5
5.6
5.7
5.8
5.9
5.10
5.11
復元するイメージの選択 .................................................................... 37
復元前のイメージの整合性チェック .................................................. 39
復元するパーティションの選択.......................................................... 40
復元する場所の選択............................................................................ 41
パーティションの種類の選択 ............................................................. 42
ファイル システムの選択................................................................... 43
復元するパーティション サイズの選択 ............................................. 44
パーティションへの文字の割り当て .................................................. 46
ファイル システムの整合性チェック ................................................ 47
同一セッション中での複数パーティションの復元............................. 48
復元スクリプト ................................................................................... 49
第 6 章 個々のファイルの参照および復元 ..................................... 50
6.1
仮想ディスクの接続............................................................................ 51
イメージの選択...............................................................................................51
接続するパーティションの選択と文字の割り当て .........................................52
6.2
仮想ディスクの切断............................................................................ 53
第 7 章 新しいディスクへのシステムの転送 ................................... 54
7.1
7.2
7.3
概要 ..................................................................................................... 54
安全のために....................................................................................... 55
転送の実行 .......................................................................................... 56
転送モードの選択 ...........................................................................................56
移行元ディスクの選択 ....................................................................................57
移行先ディスクの選択 ....................................................................................58
空ではない移行先ディスク.............................................................................59
元のディスクおよび新しいディスクのパーティション レイアウト ..............60
元のディスク データ......................................................................................60
元のディスク データの消去 ...........................................................................62
パーティション転送方法の選択......................................................................63
元のディスクのパーティショニング...............................................................64
元のディスクおよび新しいディスクのパーティション レイアウト ..............65
クローン作成スクリプト ................................................................................66
7.4
手動パーティショニングによるクローン作成.................................... 67
元のディスクおよび新しいディスクのパーティション レイアウト ..............67
4
目次
第 8 章 新しいハード ディスクの追加............................................. 69
8.1
8.2
8.3
ハードディスクの選択 ........................................................................ 70
新しいパーティションの作成 ............................................................. 71
ディスク追加スクリプト .................................................................... 72
第 9 章 タスクのスケジュール管理................................................. 73
9.1
スケジュール管理するタスクの作成 .................................................. 74
パーティションの選択 ....................................................................................74
タスク実行間隔の選択 ....................................................................................75
日単位での実行の設定 ....................................................................................76
週単位での実行の設定 ....................................................................................78
月単位での実行の設定 ....................................................................................79
1 回だけの実行の設定.....................................................................................80
ユーザー名の入力 ...........................................................................................81
スケジュール管理するタスクの作成完了 .......................................................82
9.2
スケジュール管理されたタスクの管理............................................... 82
第 10 章 そのほかの操作 ............................................................... 83
10.1 イメージのチェック............................................................................ 83
チェックするイメージの選択 .........................................................................83
10.2 ブータブル メディアの作成 ............................................................... 85
10.3 ログの表示 .......................................................................................... 86
第 11 章 トラブルシューティング ...................................................... 88
11.1 Acronis True Image の修復................................................................ 88
11.2 よく寄せられる質問............................................................................ 88
11.3 テクニカル サポート.......................................................................... 93
付録 A
A.1
A.2
パーティションおよびファイル システム .............................. 94
ハード ディスクのパーティション .................................................... 94
ファイル システム ............................................................................. 95
FAT16.............................................................................................................95
FAT32.............................................................................................................96
NTFS..............................................................................................................96
Linux Ext2 .....................................................................................................97
Linux Ext3 .....................................................................................................97
Linux ReiserFS..............................................................................................97
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
5
付録 B
B.1
ハード ディスクおよび BIOS セットアップ............................ 98
コンピュータへのハード ディスクの設置 ......................................... 98
一般的なハード ディスクの設置方法.............................................................98
マザーボードのソケット、IDE ケーブル、および電源ケーブル ...................99
設置モードとジャンパ ..................................................................................100
B.2
BIOS ................................................................................................. 101
セットアップ ユーティリティ .....................................................................102
Standard CMOS Setup メニュー ................................................................103
起動シーケンスの調整 – Advanced CMOS Setup メニュー .......................105
AwardBIOS ..................................................................................................106
ハード ディスクの初期化エラー.................................................................. 112
6
目次
第1章 はじめに
1.1
Acronis True Image について
Acronis True Image は、バックアップに関連して発生するすべての問題を解決し、コン
ピュータ上のあらゆる情報の安全性を保証します。
Acronis True Image では、すべてのオペレーティング システム、アプリケーションと構成ファ
イル、ソフトウェア更新情報、個人設定をはじめ、所有するすべてのデータの正確なハード
ディスク イメージを作成できます。
情報にアクセスできなくなったり、システム操作に影響を与えたりするような障害が発生した場
合、または誤って必要なファイルを削除してしまった場合に、システムや失われたデータを簡
単に復元できます。
ほかのバックアップ アプリケーションとは異なり、バックアップ対象のファイルやフォルダを選択
する必要はありません。Acronis True Image の場合、ディスク上のすべてのデータが保存さ
れます。このため、Acronis True Image は、ほかの同様のアプリケーションよりもシンプル、か
つ高速です。
ローカルのハード ドライブ、ネットワーク ドライブ、または IDE、SCSI、FireWire(IEEE1394)、USB(1.0、1.1 および 2.0)、PC カード(以前の PCMCIA)といった各種インターフェ
イス、および CD-R/RW、追記型 DVD、MO、Iomega Zip、Iomega Jazz ドライブをなどのリ
ムーバブル メディア ドライブなど、ほとんどの PC ストレージ デバイスにイメージを保存でき
ます。
必要なときはいつでも、パーティションや失われたデータをイメージから復元できます。イメージ
を仮想ドライブとして接続し、その内容を参照して、指定したファイルをハード ディスクに取り
出すことも可能です。
Acronis が開発し、Acronis True Image に実装した独自の技術により、同様の製品では通
常必要とされている再起動を行わなくても、セクタ単位で正確なディスク イメージを作成したり、
Windows 上から直接内容を復元したりできるようになりました。
新しいハード ディスク ドライブを設置する場合に Acronis True Image では、オペレーティ
ング システム、アプリケーション、文書、個人設定などの情報を数分で元のハード ディスクか
ら転送できます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
7
ウィザードとわかりやすい Windows XP ライクのインターフェイスが提供されているため、より
簡単に作業できます。いくつかの簡単な質問に答えるだけで、Acronis True Image がすべ
ての作業を実行します。
1.2
Acronis True Image 8.0 の新機能
Acronis True Image 8.0 に搭載された新機能は次のとおりです。
• イメージ作成処理の優先順位の調整
• イメージからのページング ファイル/サスペンド状態ファイルの除外によるイメージ
ファイル サイズの縮小
• 復元前のパーティション/ディスク イメージの整合性チェック
• 復元後のパーティション/ディスク ファイル システムの整合性チェック
• ログの表示
• 2 種類(完全版とセーフ版)の起動ディスクまたはブータブル CD-R/RW が作成可能
• インターフェイスの改善およびパフォーマンスの向上
1.3
ディスク イメージについて
ディスク(パーティション)イメージとは、ディスクに格納されたあらゆる情報のコピーが保存され
るファイルです。イメージには、インストールされているオペレーティング システム、すべてのプ
ログラム、およびすべての文書と設定が保存されます。
これらの情報を定期的にバックアップすることにより、システムの障害やコンピュータの誤動作
が発生した場合にデータの損失を防ぐことができます。
デフォルトでは、Acronis True Image のイメージ ファイルには拡張子「.tib」が付けられ、複
数のパーティションまたはディスクのイメージを保存できます。
パーティションが大きい場合、またはディスクが複数の場合は、イメージ ファイルのサイズが非
常に大きくなる可能性があります。イメージ ファイルが大きくなった場合は、元のイメージを複
数のファイルに分割できます。単一イメージを複数のリムーバブル メディアに分けて書き込む
こともできます。複数の CD に分割された単一イメージを、「スパン ボリューム」と呼ぶ場合もあ
ります。
8
第 1 章 はじめに
Acronis True Image では、増分イメージを作成できます。.
増分イメージには、前回の完全イメージまたは増分イメージの作成以降に変更されたハード
ディスク セクタのデータのみが保存されます。このため増分イメージは完全イメージに比べて
サイズが非常に小さく、より短い時間で作成できます。ただし、増分イメージにはディスク(パー
ティション)のすべての情報が保存されていないため、復元には複数のイメージが必要になりま
す。これには、現在の増分イメージおよび少なくとも 1 つの以前のイメージ、または理想として
は、以前のすべての増分イメージおよび最初の完全イメージが必要です。特定の復元に必要
なイメージの正確な数は、イメージ作成とイメージ作成の間に変更されるデータ量に応じて変
化するため、予測できません。
増分イメージは完全イメージに比べてサイズがはるかに小さく、非常に短時間で作成できるた
め、頻繁に作成することができます。増分イメージを頻繁に作成しておくと、比較的短時間で
簡単にディスク(パーティション)を復元できます。完全イメージのみを使用する場合は、増分イ
メージに比べてはるかに多くの時間とディスク領域(最大 10 倍)が必要になります。
ディスクをデフラグした後で作成される増分イメージは、通常に比べかなり大きなサイズになり
ます。これは、デフラグ プログラムによってディスク上のファイルの位置が変更され、増分イ
メージにこれらの変更が反映されるためです。
完全イメージの代わりに増分イメージを使用すれば、復元内容に柔軟性を持たせることができ
ます。増分イメージは作成にかかる時間も短く、使用するディスク領域も十分の一程度にまで
小さくなります。
Acronis True Image では、サポートしている種類のパーティションについて、データが格納
されているハード ディスク部分のみを保存します。これにより、イメージ ファイル サイズが縮
小され、作成と復元が迅速化されます。
パーティション イメージには、(隠しファイル、システム ファイルなどの)属性に関係なくすべ
てのファイルとフォルダ、ブート レコード、ファイル アロケーション テーブル(FAT)、および
ルートなどが保存されます。
ディスク イメージには、マスタ ブート レコード(MBR)を持つトラック 0 のほか、すべてのディ
スク パーティションのイメージが保存されます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
9
1.4
ソフトウェアの使用条項と使用条件
Acronis True Image ソフトウェアの使用条件は、本パッケージに同梱されている「補足説明
書」に記載されています。同封のユーザー登録カードは、お客様が Acronis True Image を
正規にご購入いただき、お客様ご自身のシステム上でご使用いただけることを確認するもので
す。ユーザー登録カードには個別の登録番号が記載されています。
このソフトウェアを違法に使用または頒布した場合は起訴の対象となります。
10
第 1 章 はじめに
第2章 インストールおよび操作
2.1
同梱の内容物
Acronis True Image システム パッケージには、次のものが同梱されています。
• インストール 用 CD-ROM
• ユーザーズ ガイド(本書)
• 補足説明書
• ユーザー登録カード
2.2
システム要件
Acronis True Image には、次のハードウェアが必要です。
• Pentium または互換 CPU を備えたコンピュータ
• 64MB の RAM
• フロッピー ディスク ドライブまたは CD-ROM ドライブ
• VGA モニタ
• マウス(推奨)
• イメージ ファイル用のハード ディスク空き領域
CD-ROM ドライブは Acronis True Image のインストールに必要です。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
11
2.3
Acronis True Image のインストール
Acronis True Image を Windows 上にインストールするには、次の手順を実行してください。
1. インストール CD を CD-ROM ドライブに挿入してください。
2. 画面の指示に従ってください。
3. インストール オプションを選択して、Acronis True Image のファイルをハード ディスクに
コピーすると、起動ディスクまたはブータブル CD-R/RW の作成を求めるメッセージが表示
されます(パッケージ製品を購入した場合は、インストール CD がブータブル CD のため、
この手順を省略できます)。Windows の場合、Acronis True Image がディスク イメージ
を作成しているときに、起動ディスクからイメージの復元が必要になることがあります。この
ため、起動ディスクの作成を強くお勧めします。ただし、起動ディスクは、インストールの終
了後でも作成可能です。
Acronis True Image のインストールが完了したら、インストール CD を CD-ROM ドライブか
ら取り出し、コンピュータを再起動してください。
2.4
Acronis True Image の実行
通常は、[スタート]→[すべてのプログラム]→[Acronis]→[True Image]→[Acronis
True Image]の順に選択すると、Windows から Acronis True Image を実行できます。これ
により、画面に Acronis True Image のメイン プログラム ウィンドウが表示されます。
何らかの理由でオペレーティング システムが起動しない場合は、Acronis リカバリ マネー
ジャを実行してください。ただし、このソフトウェアは事前にインストールしておく必要があります。
インストール方法の詳細については、3.3「Acronis リカバリ マネージャ」を参照してください。こ
のプログラムを有効化するには、コンピュータの起動中、 F11 キーを押す操作を求めるメッ
セージが表示されている間に F11 キーを押してください。Acronis True Image がスタンドア
ロン モードで実行され、前回作成したイメージまたは Acronis セキュア ゾーンのイメージから
ディスクを復元できるようになります。
ディスク データが完全に破損しているためにシステムを起動できない場合(または、Acronis
リカバリ マネージャをインストールしていない場合)は、パッケージ製品に同梱されているイン
ストール CD またはインストール時に作成したブータブル メディアを使用してください。インス
トール CD またはブータブル メディアを使用すると、Acronis True Image が自動的にロード
され、破損したパーティションを復元できるようになります。
12
第 2 章 インストールおよび操作
2.5
プログラムの削除
コンピュータから Acronis True Image を削除するには、[すべてのプログラム]メニューで、
[Acronis]→[True Image]→[Acronis True Image のアンインストール]の順に選択して
ください。プログラムの削除を確認するダイアログ ボックスが表示されます。 はい をクリックする
と、Acronis True Image が完全に削除されます。削除の完了後に、コンピュータの再起動が
必要になる場合があります。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
13
第3章 プログラムの概要
3.1
メイン プログラム ウィンドウ
メイン プログラム ウィンドウは、メニュー、ツールバー、および 2 つの部分に分けられた
Windows XP エクスプローラ ライクなインターフェイスで構成されています。右側のメイン
ウィンドウには操作アイコンが、左側のタスク バーにはそのアイコンの機能に関する説明、代
表的な操作、および追加のツールが表示されます。
メイン プログラム ウィンドウ
左側のタスク バーには、メニュー、ツールバー、およびメニュー項目と内容が表示されるため、
より簡単に操作できます。
14
第 3 章 プログラムの概要
操作の選択(クリック)には複数の方法があります。たとえば、操作に対応するアイコンをダブル
クリックする方法、[操作]メニューから[開始]を選択する方法、[操作]ウィンドウから該当する
操作を選択する方法、タスク バーの[開始]をクリックする方法、ツールバーの[開始]をクリック
する方法などがあります。
メイン ウィンドウには、操作アイコンが次の 3 つのグループに分かれて表示されます。
[ディスク イメージの作成]グループには、以下に示すディスク イメージ操作のアイコンが表
示されます。
• [イメージの作成] – ディスク(パーティション)イメージを作成します。
• [イメージの復元] – 作成したイメージからディスク(パーティション)を復元します。
• [イメージの参照] – ディスク イメージを仮想ドライブとして接続し、表示します。
• [イメージの切断] – 接続されている仮想ドライブを切断します。
[新しいディスクの配置]グループには、新しいディスク ドライブを設置するときに必要な操作
のアイコンが表示されます。
• [ディスクのクローン作成] – 元のディスクから新しいディスクへ、オペレーティング シ
ステム、アプリケーション、およびデータを転送します。
• [新しいディスクの追加] – 元のドライブにオペレーティング システムとアプリケーショ
ンを残したまま、データ ストレージ用のディスクを追加します。
[タスク]グループには、最初、1 つの操作のアイコンのみが表示されます。
• [タスクのスケジュールを作成] – 指定された時刻または定期的にディスク(パーティ
ション)イメージを作成または復元するようにスケジュール管理されたタスクを作成しま
す。
スケジュール管理するタスクを作成すると、そのアイコンが[タスク]グループに追加されます。
スケジュールされた操作の数だけ、グループ アイコンが表示されます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
15
プログラム メニュー
プログラム メニュー行には、[操作]、[表示]、[ツール]、および[ヘルプ]が表示されます。
[操作]メニューは、操作アイコンまたはスケジュール管理されたタスクのいずれかを選択すると、
表示が変更されます。操作アイコンを選択した場合は、選択した操作を実行するための[開
始]のみが表示されます。タスクのスケジュール管理方法については、第 9 章を参照してくださ
い。
• [編集] – 選択されたタスクを編集します。スケジュール管理されたタスクを選択した
場合にのみ表示されます。
• [スケジュール] – 選択されたタスクのスケジュールを作成します。スケジュール管理
されたタスクを選択した場合にのみ表示されます。
• [削除] – 選択されたタスクを削除します。スケジュール管理されたタスクを選択した
場合にのみ表示されます。
• [名前の変更] – 選択されたタスクの名前を変更します。スケジュール管理されたタス
クを選択した場合にのみ表示されます。
[表示]メニューには、プログラム ウィンドウの外観を管理するための項目が表示されます。
• [ツールバー] – ツールバーのアイコンの表示/非表示を切り替え、アイコンの大きさ
を変更し、テキストラベルの表示/非表示を切り替えます。
• [タスク バー] – 左側の標準タスク パネルの表示/非表示を切り替えます。
• [ステータス バー] – ステータス バーの表示/非表示を切り替えます。
• [最新の情報に更新] – メイン プログラム ウィンドウに表示される情報を最新の状態
にします。
[ツール]メニューには次の項目が表示されます。
• [Acronis セキュア ゾーンの管理] – ディスク(パーティション)イメージを格納するた
めのディスク上に特別な非表示のシステム パーティションを作成します。
• [Acronis リカバリ マネージャの有効化] – リカバリ マネージャを有効にします。
• [イメージのチェック] – ディスク(パーティション)の整合性チェックを実行します。
• [ブータブル メディアの作成] – ブータブル メディアの作成を実行します。
• [ログの表示] – ログを表示したウィンドウを開きます。
• [オプション] - フォントを設定します。
16
第 3 章 プログラムの概要
[ヘルプ]メニューを選択すると Acronis True Image ユーザーズ ガイド(本書)が表示されま
す。
ステータス バー
メイン ウィンドウの下部には、2 つの部分に分けられたステータス バーが表示され、左側には
選択した操作の簡単な説明が表示され、右側にはイメージ処理の進行状況と結果が表示され
ます。
処理の進行状況が表示された行をダブルクリックすると、処理の進行状況が示されたウィンドウ
が開きます。処理の結果をダブルクリックすると、ログが表示されたウィンドウが開きます(「ログ
の表示」を参照してください)。
タスク トレイのアイコン
ディスク イメージの作成処理が実行されている間、タスク バーの右側の時計が表示されてい
る部分には、特別なインジケータ アイコンが表示されます。このアイコンの上にカーソルを置く
と、処理の進行状況を示すツールのヒントが表示されます。このアイコンは、メイン プログラム
ウィンドウを開いていなくても表示されます。また、スケジュール管理されたタスクがバックグラウ
ンドで実行されているときにも表示されます。
ディスクおよびパーティションの情報
各種のウィザードに表示されるすべての設定項目のうち、ディスクに関する設定およびデータ
の表示形式は変更が可能です。
画面の右側には、[アイコンの整理]、[詳細の選択]、および選択した項目のプロパティを表
示する[プロパティ]の 3 つのアイコンが表示されます([プロパティ]は、オブジェクトを右クリッ
クすると表示されるコンテキスト メニューにも表示されます)。
特定の列を基準にしてメッセージを並べ替えるには、その列のヘッダーをクリックしてください。
逆の順番に並べ替えるには、もう一度ヘッダーをクリックしてください。または、[アイコンの整
理]をクリックして並べ替えの基準にする列を選択してください。
表示する列を選択するには、ヘッダー行を右クリックするか、[詳細の選択]をクリックしてくださ
い。すると、表示する列にフラグが付きます。
[プロパティ]をクリックすると、選択したパーティションまたはディスクのプロパティ ウィンドウが
表示されます。
このウィンドウは 2 つのパネルで構成されています。左側のパネルにはプロパティのツリーが、
右側のパネルには選択したプロパティの詳細な説明が表示されます。ディスク情報にはディス
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
17
クの物理的なパラメータ(接続の種類、デバイスの種類、サイズなど)が含まれ、パーティション
情報にはパーティションの物理的なパラメータ(セクタ、場所など)と論理的なパラメータ(ファイ
ル システム、空き領域、割り当てられている文字など)の両方が含まれます。
列の境界をマウスでドラッグすると、列の幅を変更できます。
3.2
Acronis セキュア ゾーン
Acronis セキュア ゾーンは、ディスク、またはパーティションのイメージを格納するための、特
別な非表示のシステム パーティションです。イメージを安全に保護することを目的としており、
通常のアプリケーションではこのパーティションにアクセスできません。
Acronis セキュア ゾーンを作成すると、コンピュータのすべての PC ディスクがイメージの作成
と復元用に利用できるようになり、ゾーンの一覧が表示されます。
Acronis セキュア ゾーンは、主として Acronis リカバリ マネージャでの使用を目的としていま
す(次を参照してください)。このゾーンには、イメージとデータの両方を格納できます。
Acronis セキュア ゾーンは、主に手動または自動でディスク イメージを安全に作成および復
元することを目的に作られています。このため、ディスクに空き領域があればいつでもそれをイ
メージの作成に使用できます。十分な空き領域がない場合は、領域を確保するために最も古
いイメージから順に削除されます。
つまり、ディスク イメージを簡単に自動作成でき(第 9 章を参照してください)、ゾーンのオー
バーフローに関する問題を考慮する必要はありません。
増分イメージを作成すると、Acronis セキュア ゾーンの空き領域がなくなる場合があります
(「第 1 章 はじめに」を参照してください)。これは、復元には最初の(完全な)イメージが必要
なため、プログラムがこのイメージを削除できないことが原因です。そのため、増分イメージを
作成する場合は定期的にゾーンの空き領域を確認し、必要に応じてゾーンを拡大するか基
本イメージを再作成する必要があります。
代替の増分イメージを作成することはお勧めしません。複数のディスク(パーティション)の増
分イメージを作成する必要がある場合は、これらの操作を 1 つにまとめてください。
Acronis セキュア ゾーンは任意のローカル ハード ディスクに配置できます。ゾーンは、未割
り当て領域があればその領域に作成され、なければパーティションの空き領域に作成されます。
1 台のコンピュータに配置できる Acronis セキュア ゾーンは 1 つのみです。別のディスク上
にセキュア ゾーンを作成するには、最初に既存のセキュア ゾーンを削除する必要があります。
18
第 3 章 プログラムの概要
十分な空き領域がある場合は、同じディスク(パーティション)にディスク(パーティション)イメー
ジを格納できますが、CD、DVD、Zip ディスクなどのリムーバブル メディア、別のハード ディ
スク、またはネットワーク ドライブにイメージを書き込むことをお勧めします。イメージを同じ
パーティションに作成する唯一の理由として(Acronis セキュア ゾーンにイメージを作成する
場合を除く)、ローカルのセカンダリ バックアップとしてのイメージの使用が挙げられます。この
バックアップは、損傷したファイルの復元に使用することができます。(ディスクが物理的に損傷
した場合は、同じパーティションに格納されているイメージにはアクセスできなくなることにご注
意ください)。
メニューの[Acronis セキュア ゾーンの管理]をクリックすると、すべてのローカル ハード ドラ
イブにある Acronis セキュア ゾーンが検索されます。セキュア ゾーンが見つかると、セキュ
ア ゾーンを削除またはサイズ変更するためのウィザード画面が表示されます。また、セキュア
ゾーンが見つからない場合は、ゾーンの作成が求められます。
Acronis セキュア ゾーンを作成するにあたって、そのサイズを見積もる必要があります。サイ
ズを見積もるには、イメージの作成を開始し、Acronis セキュア ゾーンにイメージを作成する
ディスクとパーティションを選択してください。圧縮レベルの段階で、推定のイメージ サイズが
表示されます。このサイズの 1.5 倍程度を見積もってください。別のアプリケーションをインス
トールしたり、増分イメージを作成したりする予定がある場合は、セキュア ゾーンのサイズをさ
らに増やしてください。
Acronis セキュア ゾーンの作成
複数のディスクが設置されている場合は、Acronis セキュア ゾーンの作成先となるハード
ディスクを選択してください。
Acronis セキュア ゾーンの作成に使用する領域を含むパーティションを選択してください。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
19
Acronis セキュア ゾーンのサイズを入力するか、スライダをドラッグしてください。
次のウィンドウに、Acronis セキュア ゾーン作成スクリプトが表示されます。このスクリプトには、
パーティション(ディスク)に対して実行される操作が一覧形式で説明されています。
実行 をクリックすると、Acronis True Image によって Acronis セキュア ゾーンの作成が開始
されます。表示されているウィンドウに進行状況が示されます。必要な場合は、 キャンセル を
クリックすると、Acronis セキュア ゾーンの作成を中止できます。ただし、作成スクリプトは実行
中の処理が終了した後に初めてキャンセルされます。
Acronis セキュア ゾーンの作成には数分以上かかる場合があります。すべての処理が完了
するまでお待ちください。
20
第 3 章 プログラムの概要
Acronis セキュア ゾーンのサイズ変更
ウィザードにメッセージが表示されたら、[Acronis セキュア ゾーンの管理]を選択してくださ
い。
Acronis セキュア ゾーンの拡大または縮小を選択してください。より大きな領域をイメージの
作成用に確保するには、領域を拡大する必要があります。パーティションに十分な空き領域が
ない場合は、逆に Acronis セキュア ゾーンを縮小してください。
この選択を行った後、Acronis セキュア ゾーンの拡大に使用する空き領域を含むパーティ
ション、または Acronis セキュア ゾーンを縮小して空き領域を確保する先のパーティションを
選択してください。
Acronis セキュア ゾーンの新しいサイズを設定してください。
次のウィンドウに、Acronis セキュア ゾーンのサイズ変更スクリプトが表示されます。このスクリ
プトには、パーティション(ディスク)に対して実行される操作が一覧形式で簡単に説明されて
います。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
21
実行 をクリックすると、Acronis True Image によって Acronis セキュア ゾーンのサイズ変更
が開始されます。表示されているウィンドウに進行状況が示されます。
必要な場合は、 キャンセル をクリックすると、Acronis セキュア ゾーンのサイズ変更を中止で
きます。ただし、サイズ変更スクリプトは実行中の処理が終了した後でキャンセルされます。
Acronis セキュア ゾーンのサイズ変更には数分以上かかる場合があります。すべての処理が
完了するまでお待ちください。
Acronis セキュア ゾーンのイメージの削除
Acronis セキュア ゾーンに保存されたイメージは、必要に応じて自動的に削除されます。
Acronis True Image では、次の方法で Acronis セキュア ゾーンを削除します。
• Acronis セキュア ゾーンにイメージを作成するために充分な空き領域がない場合、
Acronis True Image は最も古い完全イメージとこのイメージの増分バックアップ イ
メージをすべて削除します。
• 完全イメージが 1 つとこのイメージの増分バックアップ イメージしかなく、完全バック
アップが進行中の場合は、この唯一のバックアップとこのイメージの増分バックアップ
イメージが削除されます。
• それ以外の場合(完全イメージが 1 つしかなく、増分バックアップが進行中の場合)、
空き領域エラーが表示されます。この場合は、完全イメージを作成するか、または
Acronis セキュア ゾーンのサイズを拡大する必要があります。
Acronis セキュア ゾーンの管理ウィザードの 2 ページ目で Acronis セキュア ゾーンの空き
領域の残りの容量をいつでも確認できます。
Acronis セキュア ゾーンの削除
ウィザードにメッセージが表示されたら、[Acronis セキュア ゾーンの削除]を選択してくださ
い。
次に、Acronis セキュア ゾーンの削除によって確保された空き領域を追加するパーティション
を選択してください。
22
第 3 章 プログラムの概要
次のウィンドウに、Acronis セキュア ゾーンを削除するスクリプトが表示されます。このスクリプ
トには、パーティション(ディスク)に対して実行される操作が一覧形式で簡単に説明されていま
す。
実行 をクリックすると、Acronis True Image によって Acronis セキュア ゾーンの削除が開始
され、進行状況が表示されているウィンドウに示されます。必要な場合は、 キャンセル をクリッ
クすると、Acronis セキュア ゾーンの削除を中止できます。ただし、削除スクリプトは実行中の
処理が終了した後でキャンセルされます。
Acronis セキュア ゾーンの削除には数分以上かかる場合があります。すべての処理が完了
するまでお待ちください。
Acronis セキュア ゾーンを削除すると、有効になっている Acronis リカバリ マネージャは自
動的に無効になり、Acronis セキュア ゾーンに格納されているすべてのイメージが消去され
ます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
23
3.3
Acronis リカバリ マネージャ
Acronis True Image は、オペレーティング システムをロードせずにプログラムを実行する
Acronis リカバリ マネージャを備えています。この機能は、何らかの理由で Windows がロー
ドされない場合に役立ちます。この機能を実行すると、Acronis True Image を単独で実行し、
損傷したパーティションをイメージから復元できます。
Acronis リカバリ マネージャを使用するには(有効になっている必要があります)、コンピュー
タを起動し、“Press F11 for Acronis Startup Recovery Manager”というメッセージが表示
されたら F11 キーを押してください。 F11 キーを押すと、完全版とわずかに異なるスタンドア
ロン版の Acronis True Image が起動されます。損傷したパーティションの復元方法につい
ては、第 5 章「イメージからのディスク(パーティション)の復元」を参照してください。
注意:スタンドアロンの Acronis True Image で使用されるドライブ文字は、Windows と異な
る場合があります。
Acronis リカバリ マネージャを有効にするには、[Acronis リカバリ マネージャの有効化]を
クリックしてください。
Acronis リカバリ マネージャが機能するには、Acronis セキュア ゾーンが必要です。Acronis
セキュア ゾーンがない場合は、セキュア ゾーン作成ウィザードが実行されます(「Acronis セ
キュア ゾーンの作成」を参照してください)。この処理の実行中に、Acronis リカバリ マネー
ジャもインストールされます。
コンピュータ上に Acronis セキュア ゾーンがある場合は、即座に Acronis リカバリ マネー
ジャが有効になります。
Acronis リカバリ マネージャが有効になっていると、MBR(マスタ ブート レコード)は自身の
ブート コードで上書きされます。サード パーティーのブート マネージャがインストールされ
ている場合は、リカバリ マネージャを有効にした後でそのブート マネージャを再度有効にす
る必要があります。Linux ローダー(LiLo や GRUB など)の場合は、Acronis リカバリ マ
ネージャを有効にする前に、MBR ではなく Linux ルート(またはブート)パーティション
ブート レコードへのローダーのインストールを考慮してください。
24
第 3 章 プログラムの概要
第4章 ディスク(パーティション)イメージの作成
ディスク(パーティション)イメージの作成とは、コンピュータに格納されているすべてのデータを
バックアップすることです。ディスク全体のイメージの作成を実行すると、障害が発生したコン
ピュータにデータを復元できるほかに、ハード ディスク データの損失も防ぐことができます。
4.1
パーティションの選択
[イメージを作成するパーティションの選択]ウィンドウに、コンピュータのハード ディスク レイ
アウトが表示されます。パーティションにフラグを付けてパーティションを選択してください。ディ
スクそのものにフラグを付けると、イメージの作成元としてすべてのパーティションが選択されま
す。1つまたは複数のハード ディスクを選択したり、パーティションとハード ディスクを任意に
組み合わせたりすることも可能です。
ディスクおよびパーティションのレイアウト
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
25
パーティションまたはディスク、あるいはその両方を選択したら、 次へ をクリックしてください。
パーティションやディスクが選択されていない場合、このボタンは無効になっています。
4.2
イメージ作成場所の選択
次の中から、作成先となるストレージ デバイス上の場所を指定してください。
• Acronis セキュア ゾーン(3.2 「Acronis セキュア ゾーン」を参照してください)
• ハード ディスク
• ネットワーク ディスク
• CD-R/RW、DVD±R/RW、DVD-RAM、Iomega Zip、Iomega Jazz などのリムーバ
ブル メディア ドライブ
DVD ディスクに直接イメージを書き込むには、Roxio DirectCD、Ahead InCD などの、
DVD UDF 形式のレコーディング ソフトウェアがインストールされている必要があります。
26
第 4 章 ディスク(パーティション)イメージの作成
イメージ アーカイブの保存先の設定
ディスク ツリーからイメージの作成先となる場所を選択してください。続いて[ファイル名]
フィールドに、イメージ ファイルの名前を入力してください。Acronis セキュア ゾーンを選択
する場合は、名前を入力する必要はありません。
すでに同じ名前が付けられたイメージ ファイルが存在する場合、上書きするかどうかをたずね
るメッセージが表示されます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
27
4.3
イメージ モードの選択
この段階で、完全イメージを作成するか、増分イメージを作成するかを指定してください。
イメージ モードの選択
完全イメージにはすべてのハード ディスク データが保存されるため、大きな領域が必要です。
Acronis True Image では、スワップ ファイル情報(Windows 98/Me では win386.swp、
Windows NT/2000/XP では pagefile.sys)または hiberfil.sys(コンピュータがサスペンド
状態にあるときに RAM の内容を保持するファイル)はイメージに含まれていません。これによ
り、イメージ サイズは大幅に縮小され、より短時間でイメージを作成できるようになります。
28
第 4 章 ディスク(パーティション)イメージの作成
増分イメージには、前回の完全イメージまたは増分イメージの作成後に変更された部分につい
てのデータのみが保存されます。通常はサイズが比較的小さいのでイメージの作成は短時間
で完了します。
増分イメージのサイズは、前回のイメージの種類に関係はなく、前回のイメージの作成後に行
われた変更内容によって異なります。
前回の完全イメージの作成後にハード ディスクをデフラグした場合、増分イメージは完全イ
メージと同程度のサイズになる可能性があります。
したがって、指定したディスクの完全イメージを作成する前に、ハード ディスクをデフラグする
ことをお勧めします。
このため、最初にディスク(パーティション)イメージを作成する場合は、完全モードを選択する
必要があります。
すでに完全イメージを作成済みの場合は、増分イメージの作成をお勧めします。
増分イメージの作成
増分イメージを作成するには、次の手順を実行してください。
• [イメージ アーカイブの保存先の設定]ウィンドウのディレクトリ ツリーで元の完全ディ
スク イメージ ファイルを選択し、[次へ]をクリックしてください。
• 増分バックアップを作成済みの場合は、ディレクトリ ツリーで最後に作成した増分イ
メージを選択してください。
• イメージ アーカイブが CD などのリムーバブル メディアに格納されている場合は、最
後に作成した CD を挿入し、イメージの作成ウィザードの指示に従ってください。
(完全イメージおよび増分イメージの作成に関するポリシーを持つことをお勧めします。たとえ
ば、完全ファイルは 1 か月ごと、増分イメージは 1 週ごとに作成するといったポリシーです)。
すべてのイメージ ファイルが一緒に保存されている場合、プログラムはこれらを 1 つのイメー
ジとして認識するため、選択するファイルについて考慮する必要はありません。複数のリムーバ
ブル ディスクに分けてファイルを保存している場合は、最後に作成したイメージ ファイルを選
択しないと、復元する際に問題が発生する可能性があります。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
29
4.4
イメージ ファイル サイズの選択
ここでは、単一ファイルを作成するか、またはファイルを同じサイズの小さいイメージに分割す
るかを指定してください。
[自動]を選択すると、どちらの方法を使用するかが Acronis True Image によって毎回判断
されます。選択したディスクに十分な領域がある場合は、単一イメージ ファイルが作成されま
す。
十分な領域がない場合には、Acronis True Image は警告メッセージを表示して、ユーザー
からの指示を待ちます。ある程度の空き領域を追加してそのまま継続するか、いったん
Acronis True Image を終了し、空き領域を確保してから再実行してください。
イメージ ファイル サイズの選択
リムーバブル メディアを使用している場合は、イメージのファイルのサイズは自動的に設定さ
れ、変更することはできません。
30
第 4 章 ディスク(パーティション)イメージの作成
FAT16 および FAT32 ファイル システムには、最大ファイル サイズに制限があります。
FAT16 の制限は 2GB、FAT32 は 4GB です。FAT32 は、現在ユーザーに最もよく使用さ
れているファイル システムです。一方で、現在のハード ディスクは 160GB を超える容量を
持っています。このため、イメージ ファイルがすぐにこの制限を超える可能性があります。この
場合は、Acronis True Image によって自動的にイメージが複数のファイルに分割されます。
1 つのイメージを自動的に CD-R/RW または DVD±R/RW、DVD-RAM に作成する必要が
ある場合、メディアがいっぱいになると Acronis True Image から新しいディスクの挿入が求
められます。
[固定サイズ]を選択して必要なサイズを入力するか、ドロップ ダウン リストからサイズを選択
することにより、イメージ ファイルのサイズを固定することもできます。デフォルトでは、バイト単
位で値が設定されますが、KB または MB を使用することもできます。
ハード ディスク ドライブにイメージ ファイルを格納する際に、イメージ ファイルを複数のボ
リュームに分割することもできます。後で、これらのファイルを CD-R/RW ディスクまたは DVD
±R/RW、DVD-RAM ディスクに簡単に転送できます。CD-R/RW または DVD±R/RW、
DVD-RAM に直接イメージを作成すると、ハード ディスクに作成する場合に比べ、かなり時
間がかかることがあります。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
31
4.5
データ圧縮レベルの選択
次に、作成するイメージのデータ圧縮レベルを選択してください。
[なし]を選択すると、すべてのデータがそのままイメージ ファイルに転送されるため、イメージ
のサイズが大きくなります。反対に、最大の圧縮率を指定すると、プログラムのパフォーマンス
が低下し、イメージの作成に時間がかかる場合があります。
イメージ データ圧縮レベルの選択
最適なデータ圧縮レベルは、ディスク(パーティション)ファイルの種類に応じて異なります。
一般的には、[通常]のままにしておくことをお勧めします。イメージをできる限り早く作成する
必要がある場合は、最低の圧縮率を選択してください。また、リムーバブル メディアにイメージ
を書き込む場合は、最高の圧縮率を選択してください。
32
第 4 章 ディスク(パーティション)イメージの作成
4.6
パスワードを使用したイメージの保護
イメージアーカイブはパスワードで保護できます。第三者によるパーティション(ディスク)の復
元を防ぐには、ウィザードの[イメージ アーカイブの保護]ページでパスワードとパスワードの
確認入力をして、パスワードを設定してください。パスワードは、簡単に推測されないようにする
ために、8 文字以上の記号、文字(大文字と小文字を組み合わせることをお勧めします)、およ
び数字で構成してください。
パスワードによるイメージの保護
パスワードで保護されたイメージからデータを復元する場合、Acronis True Image では、特
別なウィンドウでパスワードの入力を求め、正しいパスワードを入力したユーザーのみにアクセ
スを許可します。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
33
4.7
コメントの入力
[イメージ アーカイブのコメント]ウィザード ページでは、アーカイブ ファイルにコメントを付け
ることができます。コンピュータとそのユーザー、ハード ディスク、パーティション データ、イ
メージ作成時刻、および特性や条件に関するコメントを付け加えることができます。
イメージ アーカイブのコメント
できるだけ詳細なコメントを入力することをお勧めします。コメントが入力されていないと、たとえ
ば、イメージ ファイルを取り違えて誤ったシステム パーティションを復元してしまう可能性があ
ります。
34
第 4 章 ディスク(パーティション)イメージの作成
4.8
イメージ作成スクリプト
次のウィンドウには、ディスクまたはパーティションのイメージ作成スクリプトが表示されます。こ
のスクリプトには、実行される操作が一覧形式で説明されています。
イメージ作成スクリプト
Acronis True Image は、この段階ではまだアーカイブ ファイルでのパーティション(ディス
ク)イメージ作成操作を何も実行していません。最初にパーティション(ディスク)イメージ作成ス
クリプトが作成され、次にそのスクリプトが実行されます。
実行 をクリックすると、Acronis True Image によってイメージの作成が開始され、処理の開始
ウィンドウに進行状況が表示されます。 キャンセル をクリックすると、この処理を中断できます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
35
隠す をクリックして進行状況のウィンドウを閉じることもできます。別の操作を開始したり、メイン
プログラム ウィンドウを閉じたりしても、イメージの作成は続行されます。メイン プログラム ウィ
ンドウを閉じた場合、プログラムは引き続きバックグラウンドで実行されますが、イメージが作成
されると自動的に終了します。さらにいくつかのイメージ作成操作を指示すると、これらの指示
は待ち行列に入れられ、現在実行中の操作が終わると実行されます。
現在実行中の操作を示すアイコンと、待ち行列に入れられた操作を示すアイコンが、メイン プ
ログラム ウィンドウの下部に表示されます。
1 つのイメージを複数のリムーバブル メディアに分割して書き込む場合は、復元の際にイ
メージを順番通りに挿入できるように、メディアに番号を記入しておいてください。
4.9
イメージ作成の優先順位の選択
イメージの作成を開始すると、アイコンがタスク トレイに表示されます(このガイドの「プログラム
の概要」を参照してください)。
このインジケータをクリックすると、イメージ作成の優先順位を選択するメニュー(低、通常、高)
が表示されます。
デフォルトでは[通常]が選択されています。
36
第 4 章 ディスク(パーティション)イメージの作成
第5章 イメージからのディスク(パーティション)の復元
前述のように(「2.4 Acronis True Image の実行」を参照してください)、Acronis True
Image は複数の方法でディスクを復元できます。ただし、通常使用するディスクの復元方法は
1 つのみです。
Windows 上でディスクを復元し、Windows をロードできない場合にのみ、通常の復元方法
以外の方法を使用することをお勧めします。
Acronis True Image の起動ディスク(たとえば、ブータブル CD)が邪魔をして、イメージが格
納されたほかの CD を使用できなくなることはありません。Acronis True Image 全体がメモリ
にロードされるため、ブータブル CD を取り出してイメージ ディスクを挿入できます。
イメージからパーティションを復元するには、このパーティションに対する Acronis True
Image の排他的アクセスを可能にする必要があります。つまり、このプログラムを実行している
間、ほかのアプリケーションが対象のパーティションにアクセスできないようにする必要がありま
す。パーティションをブロックできないことを示すメッセージが表示される場合は、そのディスク
を使用しているアプリケーションを終了してから再開してください。そのディスクを使用している
アプリケーションが何か分からない場合は、すべてのアプリケーションを終了してください。
5.1
復元するイメージの選択
復元したいパーティションのイメージが保存されているファイルをツリーから探して選択してくだ
さい。ファイルを選択すると、選択したファイルの名前が[ファイル名]フィールドに表示され、
次へ が有効になります。このイメージが Acronis セキュア ゾーンにある場合は、そのセキュア
ゾーンを選択し、次の手順でイメージを選択してください。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
37
復元するイメージの選択
CD-R/RW などのリムーバブル メディアからイメージを復元する場合は、まず最後に作成し
た CD-R/RW を挿入し、以降はイメージの復元ウィザードの指示に従ってください。
イメージにコメントを付けておくと、復元対象として正しいイメージが選択されているかどうかを
確認できます。このコメントはウィンドウの右側の部分に表示されます。保護されているイメージ
の場合、パスワードを入力しなくてもこのコメントは表示されます。ただし、保護されているイメー
ジの内容を表示するには、パスワードの入力が必要です。
イメージがパスワードで保護されている場合、Acronis True Image ではパスワードの入力が
求められます。正しいパスワードが入力されるまで、 次へ は有効になりません。
増分イメージからディスク(パーティション)を復元する場合は、現在のイメージのほかに、少な
くとも前回の増分イメージを 1 つ(できればすべて)と、最初の完全イメージが必要です。イ
メージの正確な数は、次のイメージ作成までに変更されるディスクの内容に応じて異なりま
す。
38
第 5 章 イメージからのディスク(パーティション)の復元
5.2
復元前のイメージの整合性チェック
イメージを復元する前に、Acronis True Image ではその整合性をチェックすることができます。
これを行うには、イメージの復元ウィザードの[復元前にアーカイブを確認する]ページで[イ
メージ アーカイブをチェックします]をオンにしてください。
復元前のイメージの整合性チェック
Acronis True Image では、デフォルトでは無効になっています。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
39
5.3
復元するパーティションの選択
次の図に示すように、1 つのファイル内に、複数のパーティションの各イメージ、または複数の
ディスクの各イメージが保存されている場合があります。
復元するパーティションの選択
1 回の復元セッション中に、複数のパーティションまたはディスクを順に復元できます。ディスク
を 1 つ選択してそのパラメータを設定します。復元するパーティションまたはディスクごとにこの
操作を繰り返してください。
必要なパーティションを選択して、 次へ をクリックしてください。
40
第 5 章 イメージからのディスク(パーティション)の復元
5.4
復元する場所の選択
通常は、イメージを作成したパーティションと同じパーティションにイメージを復元してください。
しかし、イメージを別のパーティションに復元することも可能です。復元先のパーティションには、
少なくとも圧縮されていないイメージ データと同じサイズが必要です。
イメージの復元先パーティションの選択
復元先のパーティションに格納されているすべてのデータは、イメージ データで置き換えら
れるため、復元先に必要なデータが存在しないことを確認する必要があります。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
41
5.5
パーティションの種類の選択
多くの場合は必要がありませんが、パーティションを復元する際に、パーティションの種類を変
更できます。
この操作が必要になる理由を理解するために、損傷したディスク上の同じプライマリ パーティ
ションにオペレーティング システムとデータの両方が格納されている場合を想定してみます。
この場合、独自のパーティションとオペレーティング システムを備えた別のハード ディスクに、
バックアップからパーティションを復元する必要があります。
パーティションの種類の選択
データのみが必要な場合は、別のプライマリ パーティションを作成する必要はありません。こ
の場合は、パーティションを論理パーティションとして復元することで、データのみにアクセスし
ます。
42
第 5 章 イメージからのディスク(パーティション)の復元
一方、システム パーティションとして復元するには、パーティションの種類に[プライマリ]を選
択する必要があります。また、そのパーティションからオペレーティング システムをロードする
場合には、同様に[アクティブ]を選択してください。
オペレーティング システムがインストールされていないパーティションに対して[アクティブ]を
選択すると、コンピュータを起動できなくなるのでご注意ください。
5.6
ファイル システムの選択
パーティションのファイル システムの変更が必要になることはほとんどありませんが、必要と
なった場合は復元時に変更できます。
ファイル システムの選択
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
43
古い小容量の FAT16 ディスクから新しいディスクにパーティションを復元する場合を想定して
みます。FAT16 は効率が悪く、大容量のハード ディスクでは設定できない場合もあります。こ
れは、FAT16 がサポートするファイルが最大でも 2GB までのため、ファイル システムを変え
なければ、この制限を超える容量のディスクに 2GB の FAT16 パーティションを復元できない
からです。
このような場合は、適切な設定をすることにより、FAT16 から FAT32 にファイル システムを変
更することができます。
ただし、FAT32 をサポートしていないオペレーティング システムがあることにも注意が必要で
す。MS-DOS、Windows 95、および Windows NT 3.x、4.x は FAT32 をサポートしていな
いため、パーティションを復元してそのファイル システムを変更すると動作不能になります。通
常、このような場合は、FAT16 パーティションのみに復元されます。
ただし、新しいオペレーティング システムでは、FAT16 パーティションを FAT32-へ簡単に変
換できます。
オペレーティング システムの概要については、付録 A で説明しています。
5.7
復元するパーティション サイズの選択
復元時に、パーティションの構成とサイズの変更が必要になる場合があります。Acronis True
Image は、このような状況にも柔軟に対応しています。
パーティションまたはパーティション境界をマウスでドラッグするか、該当するフィールドに対応
する値を入力すると、パーティションのサイズおよび場所を変更できます。
44
第 5 章 イメージからのディスク(パーティション)の復元
パーティションのサイズおよび場所の選択
既存のパーティション間でディスク領域を再配分するためには、パーティションのサイズと場
所の変更が必要になる場合があります。この場合、縮小するパーティションを最初に復元して
ください。
このような変更方法は、ハード ディスクのイメージを作成し、そのイメージをより大きなパー
ティションを持つ新しいディスクに復元することでディスクのクローンを作成する場合に役立ち
ます。このようなクローン作成は、2 台目のハード ディスクをコンピュータに接続できない場合
に使用されます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
45
5.8
パーティションへの文字の割り当て
Windows では文字を使用してディスクとパーティションを識別します。使用する文字はロード
時に自動的に割り当てられます。
Windows NT/2000/XP では、Acronis True Image では、復元するパーティション(論理
ディスク)に未使用の任意の文字が割り当てられます。文字を割り当てる場合は、[復元する
パーティションに論理ドライブ文字を割り当てます]を選択してください。このスイッチを設定し
ないと、復元するパーティションに文字が割り当てられないため、オペレーティング システム上
からパーティションが見えなくなります。Windows 9x/Me では文字が自動的に割り当てられる
ため、この手順は省略されます。
パーティションへの未使用文字の割り当て
注意:FAT および NTFS 以外の、Windows がアクセスできないパーティションには文字を割
り当てないでください。
46
第 5 章 イメージからのディスク(パーティション)の復元
5.9
ファイル システムの整合性チェック
Windows NT/2000/XP でイメージからディスク/パーティションを復元するとき、Acronis True
Image はそのファイル システムの整合性をチェックすることができます。
これを行うには、イメージの復元ウィザードの[復元後にファイルシステムをチェックする]ペー
ジで[復元後にファイルシステムをチェックします]をオンにしてください。
復元後のファイル システムの整合性チェック
Acronis True Image では、デフォルトでは無効になっています。
FAT16/32 および NTFS ファイル システムの整合性のみチェックすることができます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
47
5.10
同一セッション中での複数パーティションの復元
1 つのセッション中に複数のパーティションを復元できます。複数のパーティションの復元を実
行するには、[別の領域の選択]ウィンドウで[別のパーティションまたはハード ディスク ドラ
イブを復元します]を選択し、 次へ をクリックしてください。
操作実行中での別パーティションの復元
次へ をクリックすると、再度パーティション選択のウィンドウが表示されます。前述の操作を繰り
返してください。
1 つのディスク(パーティション)のみを復元する場合、または必要なパーティションがすべて選
択済みの場合は、[別のパーティションまたはハード ディスク ドライブを復元しません]を選
択して、 次へ をクリックしてください。
48
第 5 章 イメージからのディスク(パーティション)の復元
5.11
復元スクリプト
次のウィンドウに、ディスクまたはパーティションのイメージ復元スクリプトが表示されます。この
スクリプトには、実行される操作が一覧形式で説明されています。
復元のシナリオ
実行 をクリックすると、Acronis True Image によってイメージの復元が開始され、処理の開始
ウィンドウに進行状況が表示されます。 キャンセル をクリックすると、復元は行われません。
ただし、復元実行中は、イメージから復元しようとしたパーティションが削除され、その領域は未
割り当て状態になるため、注意する必要があります。復元が正常に終了しない場合も同様の結
果になります。「削除された」パーティションを復元するには、再度パーティションをイメージから
復元してください。
復元が完了すると、復元の結果に関するメッセージが表示されます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
49
第6章 個々のファイルの参照および復元
個々のファイルを参照および復元するために、Acronis True Image では、イメージを仮想ド
ライブとして接続することができます。これにより、物理ドライブと同じようにイメージにアクセス
できます。これは次のことを意味します。
• 固有の文字が割り当てられた新しいディスクがドライブ一覧に表示される。
• Windows エクスプローラやそのほかのファイル マネージャを使用して、物理ディスク
やパーティション上にある場合と同じようにイメージ ファイルを参照できる。
• 必要なファイルまたはフォルダを検索して、仮想ディスクから実際のディスクにコピーで
きる。
注意:接続された仮想ドライブは読み取り専用のため、内容は変更できません。
50
第 6 章 個々のファイルの参照および復元
6.1
仮想ディスクの接続
[イメージの参照]を使用して、イメージを仮想ディスクとして接続し、最初のウィザード ウィンド
ウで 次へ をクリックしてください。
イメージの選択
次のウィンドウで、仮想ディスクとして接続するイメージを指定してください。
接続するイメージの選択
選択したイメージ ファイルがパスワードで保護されていない場合は、イメージのコメントと、保
存されているパーティションの一覧がすぐに表示されます。ファイルがパスワードで保護されて
いる場合は、コメントのみが表示されます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
51
接続するパーティションの選択と文字の割り当て
仮想ディスクとして接続するパーティションを選択してください。ただし、ディスク全体を接続す
ることはできません。
接続するパーティションの選択
接続するディスクに割り当てる文字は、[選択したパーティションのドライブ文字]ドロップダウン
リストから選択することができます。
次のウィンドウに、ディスク接続スクリプトが表示されます。このスクリプトには、ディスク接続のた
めの操作が説明されています。 実行 をクリックすると、イメージが仮想ディスクとして接続されま
す。
ディスクが接続されると、Windows エクスプローラで、仮想ディスクの内容が表示されます。
Windows エクスプローラまたは同様のファイル マネージャを使用して、仮想ディスクから実際
のディスクにファイル(またはフォルダ)を簡単にコピーできます。
52
第 6 章 個々のファイルの参照および復元
6.2
仮想ディスクの切断
必要なファイルおよびフォルダをすべてコピーしたら、仮想ディスクを切断することをお勧めし
ます。ただし、コンピュータの電源を切ると、仮想ディスクは表示されなくなります。
仮想ディスクを切断するには、マイコンピュータにある仮想ディスクのアイコンを、右クリックして
[切断]を選択してください。
また、Acronis True Image メイン ウィンドウで[イメージの切断]をクリックしても、ディスクを切
断できます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
53
第7章 新しいディスクへのシステムの転送
7.1
概要
多くの場合、コンピュータの使用に従ってハード ディスクの容量が不足してきます。データ用
の領域がなくなった場合は、次の章で説明するように、データ ストレージ専用に別のディスク
を追加することができます。
一方で、ハード ディスク上に割り当てられたオペレーティング システムとインストール済みア
プリケーション用の領域が不足すると、ソフトウェアを更新できなくなります。この場合は、システ
ムを大容量のハード ディスクに移行する必要があります。
システムを移行するには、まずコンピュータにディスクを設置してください。この作業は比較的
簡単ですが、ディスクの設置には専門知識が必要なため、慣れた方が作業することをお勧めし
ます。この作業を実行する場合は、付録 B を参照してください。
コンピュータに別のハード ディスク用のベイがない場合は、一時的に CD-ROM を取り外し
てディスクを設置することができます。この方法も使用できない場合は、ハード ディスクのイ
メージを作成し、より大きなパーティションを持つ新しいハード ディスクにそのイメージを復元
することでハード ディスクのクローンを作成してください。
自動と手動の 2 つの転送モードを使用できます。
自動モードでは、いくつかの簡単な操作を行うだけで、パーティション、フォルダ、およびファイ
ルを含むすべてのデータが新しいディスクに転送することができます。元のディスクが起動ディ
スクだった場合は、新しいディスクが起動ディスクになります。
2つのディスクの相違は、新しいディスクのパーティションの方が大きい、という点のみです。イ
ンストールされているオペレーティング システム、データ、ディスク ラベル、設定、ソフトウェア
などをはじめ、そのほかディスク上にあるすべてのものが同じです。
自動モードでは、データの転送のみが実行されます。つまり、このプログラムでは、新しいディ
スクへの元のディスク レイアウトの複製しか行われません。このほかの作業を行うには、クロー
ン作成パラメータに関する追加の質問に回答する必要があります。
54
第 7 章 新しいディスクへのシステムの転送
手動モードで実行すると、さまざまなデータ転送に対応できます。
1. パーティションおよびデータの転送方法を次の中から選択することができます。
• 現状のまま。
• 新しいディスク領域を移行先のサイズにあわせて配分する。
• 新しいディスク領域を手動で配分する。
2. 元のディスクに対して実行する操作を次の中から選択することができます。
• 元のディスク上にパーティション(およびデータ)を残す。
• 元のディスクからすべての情報を削除する。
• 元のディスクに新しいパーティションを作成する(古い情報はすべて削除)。
以下に示すすべてのスクリーンショットには、損傷したパーティションに対して、白抜きの X が
示された赤い丸印が左上隅に表示されます。クローン作成を開始する前に、オペレーティン
グ システムの該当するツールを使用し、ディスクに対してこのようなエラーの有無をチェックし
てください。
7.2
安全のために
次の点に注意してください。転送の実行中、電源が切れたり、誤って リセット ボタンを押した
りすると、処理は完了されません。その場合には、再度パーティションを作成してフォーマット
するか、ハード ディスクのクローンを作成する必要があります。
元のディスク データの読み取りのみが行われている場合(パーティションの変更またはサイズ
変更を行わない場合)、元のディスクのデータは失われません。
ただし、新しいディスクにデータが正しく転送され、新しいディスクからコンピュータを起動して
すべてのアプリケーションが動作することを確認するまでは、元のディスクからデータを削除し
ないことをお勧めします。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
55
7.3
転送の実行
転送モードの選択
開始画面に続いて、転送モードの選択ウィンドウが表示されます。
転送モードの選択
ほとんどの場合で自動モードを使用することをお勧めします。手動モードは、ディスク パーティ
ション レイアウトの変更を必要とする場合に役立ちます。
プログラムが、パーティションが作成されているディスクと作成されていないディスクの 2 つの
ディスクを検出すると、プログラムは、パーティションが作成されているディスクを移行元ディスク、
作成されていないディスクを移行先ディスクとして自動的に認識するため、次の 2 つの手順が
省略されます。
56
第 7 章 新しいディスクへのシステムの転送
移行元ディスクの選択
プログラムがパーティションを持つ複数のディスクを検出すると、移行元(すなわち、古いデー
タ ディスク)の指定を求めるメッセージが表示されます。
このウィンドウに表示される情報(ディスク番号、容量、ラベル、パーティション、およびファイル
システムの情報)を参照して、移行元と移行先を判断してください。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
57
移行先ディスクの選択
移行元ディスクを選択したら、ディスクの情報をコピーする移行先ディスクを選択してください。
前の画面で移行先として選択したディスクは淡色表示され、選択できないようになっています。
パーティションが作成されてないディスクがどちらか一方の場合は、プログラムが自動的にそ
のディスクを移行先と認識し、この手順は省略されます。
58
第 7 章 新しいディスクへのシステムの転送
空ではない移行先ディスク
ここで、移行先ディスクが空いているかどうかがプログラムによって確認されます。空いていな
い場合は、移行先ディスクにデータが格納されている可能性のあるパーティションが見つかっ
たことを示す、空ではない移行先または追加されるハードディスクのウィンドウが表示されます。
既存のパーティション削除後に続行可能な操作
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
59
次のいずれかを選択してください。
• [移行先または追加されるハード ディスクのパーティションを削除] – クローン作成
時に既存のパーティションがすべて削除され、そのデータがすべて消去されます。
• [パーティションを削除しない] – 既存のパーティションは削除されませんが、クローン
作成操作が中断されます。この場合は操作をキャンセルし、別のディスクの選択に戻っ
てください。
続行するには、最初のオプションを選択して 次へ をクリックしてください。
この時点では、実際の変更やデータ消去は行われません。ここで行われるのは、クローン作
成スクリプトの作成のみです。スクリプトが作成された後、 実行 をクリックした場合にのみ、す
べての変更が適用されます。
元のディスクおよび新しいディスクのパーティション レイアウト
前の画面で自動モードを選択した場合、以下の手順は自動的に実行されます。移行元ディス
ク(パーティションと未割り当て領域)と移行先ディスクのレイアウトに関する情報が、図表形式
(四角形)でウィンドウに表示されます。
ディスク番号とともに、パーティション番号、ボリューム ラベル(たとえば、SYSTEM)、ファイル
システム(たとえば、FAT16、FAT32)、MB 単位のパーティション サイズなどの追加情報が
表示されます。パーティションの種類(プライマリ、論理)と未割り当て領域は、それぞれ異なる
色で表示されます。
次の画面にクローン作成スクリプトが表示されます。
元のディスク データ
手動モードを選択している場合は、元のディスクの処理方法の選択を求めるメッセージが表示
されます。
• [新しいパーティション レイアウトの作成] – 既存のすべてのパーティションとその
データが削除されます(ただし、これらは新しいディスクにクローン作成されるため失わ
れることはありません)。
• [データの保持] – 元のディスクのパーティションおよびデータがそのまま残されます。
• [データの消去] – 元のディスクからパーティション(およびデータ)が削除されます。
60
第 7 章 新しいディスクへのシステムの転送
元のディスクを売却または譲渡する場合は、ディスクの中にある情報が不正に使用されるのを
防止するため、ディスクの内容をすべて消去することをお勧めします。
このディスクをデータ ストレージ用として使用する場合、新しいパーティション レイアウトを作
成できます。この場合、ディスクはクローン作成の完了直後から使用できます。
古いデータは後でも削除できるため、不測の事態に対処できるように、元のディスク データは
そのまま残しておくことをお勧めします。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
61
元のディスク データの消去
前の手順で元のディスク データの消去を選択した場合は、消去方法を選択してください。
• [クイック] – すべてのデータを 1 工程で消去します
• [通常] – データの消去を複数の工程に分けて実行します(データ消去保証付き)
[通常]は実行に時間がかかりますが、特殊な装置を使用してもデータの修復は不可能になり
ます。
[クイック]は安全性が低下しますが、ほとんどの場合この方法でも十分です。
62
第 7 章 新しいディスクへのシステムの転送
パーティション転送方法の選択
Acronis True Image で提供されているデータ転送方法は次の 3 種類です。
• [現状のまま]
• [移行先にあわせる] – 新しいディスクの領域が、移行先のサイズにあわせて配分され
ます。
• [手動] – 新しいサイズとそのほかのパラメータを独自に指定します。
[現状のまま]を選択して情報を転送すると、同じサイズ、種類、ファイル システムおよびラベ
ルが指定された新しいパーティションが、元のディスクごとに作成されます。元のディスクで未
使用の領域は未割り当てになります。未割り当て領域は、将来、新しいパーティションを作成し
たり、Acronis Partition Expert, Acronis Disk Director Suite などの特別なツールを使用
して、既存のパーティションを拡張したりするために使用できます。
通常、[現状のまま]でデータを転送すると、新しいディスクに未割り当て領域が多く残るため、
お勧めできません。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
63
移行先にあわせてデータを転送すると、各パーティションが、元のディスク容量と新しいディス
ク容量の比率に応じて拡張されます。
[現状のまま]を転送方法として使用すると、Acronis True Image では、サポートされていな
いファイル システムおよび損傷したファイル システムも転送されます。
FAT16 のパーティションはサイズに 2GB の制限があるため、拡張される比率もほかに比べて
小さくなります。
選択した組み合わせに応じて、元のディスクのパーティショニング ウィンドウまたはディスク
パーティション レイアウト ウィンドウのいずれかが表示されます(以下を参照してください)。
元のディスクのパーティショニング
前の手順で[新しいパーティション レイアウトの作成]を選択した場合、ここで元のディスクの
パーティションを再作成してください。
この手順の実行中に、現在のディスク パーティション レイアウトが表示されます。ディスク領域
は、最初、すべて未割り当ての状態になっています。新しいパーティションを作成すると、この
状態が変化します。
必要な手順が完了すると、新しいパーティションが追加されます。別のパーティションを作成す
る場合は、これらの手順を繰り返してください。
パーティションの設定を間違えた場合は、 戻る をクリックしてやり直してください。
必要なパーティションの作成が終了したら、[新しいパーティションを未割り当て領域に作成]
チェック ボックスをオフにして、 次へ をクリックしてください。
64
第 7 章 新しいディスクへのシステムの転送
元のディスクおよび新しいディスクのパーティション レイアウト
次のウィンドウに、移行元ハード ディスク、およびそのパーティションと未割り当て領域を示す
四角形、および新しいディスク レイアウトが表示されます。
ハード ディスク番号とともに、パーティション番号、ボリューム ラベル(たとえば、SYSTEM)、
ファイル システム(たとえば、FAT16、FAT32)、MB 単位のパーティション サイズなども表示
されます。パーティションの各種類(プライマリ、論理)と未割り当て領域は、それぞれ異なる色
で表示されます。
ハード ディスクのクローン モードで手動によるパーティション作成を選択した場合は、パー
ティション レイアウトの表示方法が異なります。この方法を使用したパーティショニングについ
ては次に説明します。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
65
クローン作成スクリプト
次のウィンドウに、ディスク クローン作成スクリプトが表示されます。このスクリプトには、パー
ティションに対して実行される操作が一覧形式で簡単に説明されています。
ディスク パーティショニング スクリプト
実行 をクリックすると、Acronis True Image によって新しいディスクへ、元のディスクのクロー
ン作成が開始され、ウィンドウに進行状況が表示されます。 キャンセル をクリックすると、この
処理を中断できます。キャンセルした場合は、新しいディスクのパーティションを再作成して
フォーマットするか、クローン作成手順を繰り返してください。
操作が完了すると、結果のメッセージが表示されます。
66
第 7 章 新しいディスクへのシステムの転送
7.4
手動パーティショニングによるクローン作成
元のディスクおよび新しいディスクのパーティション レイアウト
[手動]を転送方法として選択すると、新しいディスク上のパーティション サイズを変更できるよ
うになります。デフォルトでは、2 つのディスク(移行元と移行先)の容量の比率に応じて、サイ
ズが設定されています。
次のウィンドウに、移行元ハード ディスク、およびそのパーティションと未割り当て領域を示す
四角形、および新しいディスク レイアウトが表示されます。
ハード ディスク番号とともに、パーティション番号、ボリューム ラベル(たとえば、SYSTEM)、
ファイル システム(たとえば、FAT16、FAT32)、MB 単位のパーティション サイズなどが表
示されます。パーティションの各種類(プライマリ、論理)と未割り当て領域は、それぞれ異なる
色で表示されます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
67
いずれかのパーティションをサイズ変更するには、[レイアウト変更を行う]チェック ボックスを
オンにしてください。パーティション レイアウトの構成に問題がなくなったら、このチェック ボッ
クスをオフにしてください(オンになっている場合)。 次へ をクリックすると、クローン作成スクリプ
ト ウィンドウが表示されます。
注意:このウィンドウで 戻る をクリックすると、サイズと場所の変更内容がすべてリセットされる
ため、再度指定し直してください。
最初に、サイズ変更するパーティションを選択してください。選択したパーティションに、赤い下
線が表示されます。
次の手順で、パーティションのサイズおよび場所を変更してください。
[前方の未割り当て領域]、[パーティション サイズ]、[後方の未割り当て領域]の各フィール
ドに値を入力するか、パーティション境界またはパーティション自体をドラッグすると、パーティ
ションのサイズおよび場所を変更できます。
パーティション境界にマウス カーソルを置くと、左右に矢印が付いた縦の二重線に変化します。
この二重線をドラッグすると、パーティションのサイズを拡大または縮小できます。パーティショ
ン上にマウス カーソルを置くと、4 方向の矢印に変わり、パーティションを左右に移動できるよ
うになります(未割り当ての領域が近くにある場合)。
新しい場所とサイズを設定したら、 次へ をクリックしてください。すると 2 つ前の手順、パーティ
ション レイアウトに戻ります。目的のレイアウトになるまでには、さらにいくつかのパーティション
について、サイズと場所の変更が必要になる場合があります。
68
第 7 章 新しいディスクへのシステムの転送
第8章 新しいハード ディスクの追加
データ用に十分なハード ディスク領域がない場合は、古いハード ディスクを新しい大容量の
ハード ディスクに交換するか(新しいディスクへのデータ転送については前の章で説明してい
ます)、古いハード ディスクをシステム用に残してデータ保存専用の新しいハード ディスクを
追加します。コンピュータに別のハード ディスクを追加するスペースがある場合は、ハード
ディスク ドライブを追加する方が、ハード ディスクのクローンを作成するよりも簡単です。
新しいハード ディスクを追加するには、まずコンピュータにハード ディスクを設置する必要が
あります。この作業は比較的簡単ですが、ハード ディスクの設置には専門知識が必要なため、
慣れた方が作業することをお勧めします。この作業を実行する場合は、作業の前に付録 B を
参照してください。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
69
8.1
ハードディスクの選択
コンピュータに追加したハード ディスクを選択してください。
プログラムが新しいハード ディスクを自動的に検出した場合、このウィンドウは表示されない
場合があります。その場合は、「新しいパーティションの作成」に進んでください。
新しいハード ディスクに既にパーティションが存在する場合は、まず、そのパーティションを削
除する必要があります。
[移行先または追加されるハードディスクのパーティションを削除]を選択し、 次へ をクリックし
て先へ進んでください。
70
第 8 章 新しいハード ディスクの追加
8.2
新しいパーティションの作成
次の画面に、現在のパーティション レイアウトが表示されます。ディスク領域は、最初、すべて
未割り当ての状態になっています。新しいパーティションを追加すると、この状態が変化します。
パーティションを作成するには、[新しいパーティションを未割り当て領域に作成]チェック ボッ
クスをオンにして 次へ をクリックし、パーティション作成ウィザードに従って必要な手順を実行し
てください。
パーティショニングの設定に間違いがある場合は、 戻る をクリックして手順をやり直してくださ
い。
必要なパーティション レイアウトの作成が終了したら、[新しいパーティションを未割り当て領
域に作成]チェック ボックスをオフにして、 次へ をクリックしてください。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
71
8.3
ディスク追加スクリプト
次のウィンドウに、ディスク追加スクリプトが表示されます。このスクリプトには、パーティション
(ディスク)に対して実行される操作が一覧形式で簡単に説明されています。
ディスク イメージ作成スクリプト
実行 をクリックすると、Acronis True Image によって新しいパーティションの作成とフォーマッ
トが開始され、処理の開始ウィンドウに進行状況が表示されます。
キャンセル をクリックすると、この処理を中断できます。キャンセルした場合は、新しいディスク
のパーティションを再作成してフォーマットするか、ディスク追加手順を繰り返してください。
操作が完了すると、結果のメッセージが表示されます。
72
第 8 章 新しいハード ディスクの追加
第9章 タスクのスケジュール管理
Acronis True Image では、作成したタスクをスケジュール管理できます。そのため、最後に
ディスク イメージを作成した日付を覚えておく必要はありません。これにより、データの安全性
を確保することができます。
また、複数のタスクを個別にスケジュール管理できます。
たとえば、作業文書を毎日イメージ作成するタスク、アプリケーション ディスクを週単位でのみ
バックアップするタスクなどを作成できます。これにより、イメージ作成操作の回数が減り、ほぼ
同じデータ安全性が確保されます。
タスクをスケジュール管理するには、Acronis True Image のスケジューラを使用します。
[タスクのスケジュール作成]ウィザードを実行して、スケジュール管理する新しいタスクを作成
してください。タスクの作成が終了すると、メイン ウィンドウにタスクのアイコンが追加表示され
ます。
前に作成したタスクを編集するには、ツールバーの[編集]をクリックするか、タスクを右クリック
して[編集]を選択してください。編集は、追加と同じ方法で行ってください。
タスクを削除するには、対象のタスクを選択してツールバーの[削除]をクリックするか、タスクを
右クリックして[削除]を選択してください。
スケジュール管理されたタスクの実行中にエラーが発生すると、次回 Acronis True Image
実行時の警告として、白抜きの X が示された赤い丸印がアイコンとともに表示されます。エ
ラーの発生したタスクを選択すると、ウィンドウの左側に簡単なエラーの説明が表示されます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
73
9.1
スケジュール管理するタスクの作成
パーティションの選択
[イメージを作成するパーティションの選択]ウィンドウに、現在のパーティション レイアウトが表
示されます。パーティションを選択するには、該当するチェック ボックスをオンにしてください。
すべてのディスク パーティションを選択するには、該当するディスクのチェック ボックスをオン
にしてください。これにより、そのディスクに関連するすべてのパーティションが選択されます。
また、1 つ以上のハード ディスク、またはディスクとパーティションを任意に組み合わせて選択
することもできます。
パーティションまたはディスク、あるいはその両方を選択したら、 次へ をクリックしてください。少
なくとも 1 つのパーティションまたはディスクが選択されるまで、このボタンは無効になっていま
す。
このほかのパラメータは、イメージの作成に関する第 4 章の説明と同じ方法で設定してください。
74
第 9 章 タスクのスケジュール管理
タスク実行間隔の選択
イメージ パラメータを設定したら、タスクの実行間隔を選択してください。
• [日単位] – 日単位で指定した時刻にタスクが実行されます。
• [週単位] – 週単位、または任意の週の指定した日付と時刻にタスクが実行されます。
• [月単位] – 月単位で指定した日付と時刻にタスクが実行されます。
• [1 回だけ] – 指定した日付と時刻に 1 回だけタスクが実行されます。
• [コンピュータの起動時] – オペレーティング システムの起動時にタスクが実行されます。
• [ログオン時] – オペレーティング システムへのログ時にタスクが実行されます。
• [コンピュータのシャットダウン時] – シャットダウンまたは再起動の前に毎回タスクが
実行されます。
• [ログオフ時] – オペレーティング システムのログオフ時にタスクが実行されます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
75
• [自動的に開始しない] – タスクは実行されません。このオプションを選択すると、設
定されたタスクの実行を無効にすることができます。
オペレーティング システムによっては、一部のオプションが使用できない場合があります。
日単位での実行の設定
日単位での実行を選択した場合は、さらにいくつかパラメータを指定する必要があります。最
初に、[開始時刻](時と分)を設定してください。
[タスクの実行間隔]グループで、タスクを実行する日を選択してください。
• [毎日]
• [平日]
• [間隔 х 日] – 数日に 1 回タスクを実行する場合に設定します(間隔を指定してく
ださい)。
76
第 9 章 タスクのスケジュール管理
指定された時刻にコンピュータの電源が切れている場合でも、タスクを実行できます。これを実
行するには、[選択した時刻にコンピュータの電源が切られていたときにのみ、コンピュータの
再起動時にタスクを実行する]チェック ボックスをオンにしてください。この場合は、次回の起
動時にタスクが実行されます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
77
週単位での実行の設定
週単位での実行を選択した場合は、さらにいくつかパラメータを指定する必要があります。
最初に、[開始時刻](時と分)を設定してください。
[間隔 × 週間に 1 回]で、間隔を指定してください(毎週、任意の週に 1 回など)。
タスクを実行する曜日のチェック ボックスをオンにしてください。
指定された時刻にコンピュータの電源が切れている場合でも、タスクを実行できます。これを実
行するには、[選択した時刻にコンピュータの電源が切られていたときにのみ、コンピュータの
再起動時にタスクを実行する]チェック ボックスをオンにしてください。この場合は、次回の起
動時にタスクが実行されます。
78
第 9 章 タスクのスケジュール管理
月単位での実行の設定
月単位での実行を選択した場合は、さらにいくつかパラメータを指定する必要があります。最
初に、[開始時刻](時と分)を設定してください。
[このタスクを実行]グループで、タスクを実行する日を選択してください。
• [実行日] – 指定した日にタスクが実行されます。
• [間隔 <指定日>] – 指定した曜日にタスクが実行されます(たとえば、第 2 火曜日、
第 4 金曜日など)。曜日はドロップ ダウン リストから選択してください。
指定された時刻にコンピュータの電源が切れている場合でも、タスクを実行できます。これを実
行するには、[選択した時刻にコンピュータの電源が切られていたときにのみ、コンピュータの
再起動時にタスクを実行する]チェック ボックスをオンにしてください。この場合は、次回の起
動時にタスクが実行されます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
79
1 回だけの実行の設定
1 回だけの実行を選択した場合は、さらにいくつかパラメータを指定する必要があります。
最初に[開始時刻](時と分)、次に[開始日]を設定してください。
指定された時刻にコンピュータの電源が切れている場合でも、タスクを実行できます。これを実
行するには、[選択した時刻にコンピュータの電源が切られていたときにのみ、コンピュータの
再起動時にタスクを実行する]チェック ボックスをオンにてください。この場合は、次回の起動
時にタスクが実行されます。
80
第 9 章 タスクのスケジュール管理
ユーザー名の入力
Windows NT/2000/XP の場合、実行するタスクを作成したユーザーの名前を指定する必要
があります。名前を指定しないと、スケジュール管理されたタスクを実行できません。
一番上のフィールドにユーザー名を入力してください。また、下 2 つのフィールドに同じパス
ワードを 2 回入力してください。
Windows 95/98/Me では、ウィンドウの表示が異なります。これらのオペレーティング システ
ムでは、ネットワーク デバイスへアクセスする場合にのみ、ユーザー名とパスワードの入力が
必要となります。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
81
スケジュール管理するタスクの作成完了
これで、スケジュール管理するタスクの作成が完了しました。確認のため、設定したタスクの詳
細がウィザード画面に表示されます。
ウィザードを終了してメイン ウィンドウに戻るには、 完了 をクリックしてください。作成されたタス
クには、「新しいタスク」という名前が付けらます。必要に応じて適切な名前に変更してください。
9.2
スケジュール管理されたタスクの管理
メイン ウィンドウでタスクを選択すると、左側の部分に詳細が表示されます。[操作]メニューと
ツールバーが拡張し、[編集]、[スケジュール]、[削除]、および[名前の変更]のアイコンが
表示されます。
[名前の変更]を選択すると、タスクの名前を変更できます。
[削除]を選択すると、確認画面が表示された後、選択したタスクが削除されます。
[編集]を選択すると、タスクのパラメータを変更できます。編集は、次の 2 つの例外を除き、作
成と同じ方法で実行できます。
編集の場合はデフォルト値ではなく指定したパラメータ値が表示されるため、値を再入力する
必要がありません。
また、編集の場合はスケジュールの変更後にイメージ作成の実行順序の指定が求められます。
つまり、タスク実行の間隔および時刻を変更しなくても(変更も可能です)、場所などのイメージ
作成パラメータを変更できます。
間隔と時刻のみを変更する場合は、[スケジュール]を選択してください。この場合は、イメージ
の設定はそのままで、スケジュール部分のみを変更できます。
82
第 9 章 タスクのスケジュール管理
第10章 そのほかの操作
10.1
イメージのチェック
イメージが損傷していないことを確認するには、イメージの整合性をチェックしてください。整合
性をチェックするには、[ツール]グループ(表示されていない場合は拡張してください)で[イ
メージのチェック]を選択するか、ツールバーの[イメージのチェック]を選択してください。する
と、最初のウィザード ウィンドウが表示されます。
次へ をクリックして先へ進んでください。
チェックするイメージの選択
このウィンドウには、ハード ディスクなどの各種のドライブをはじめ、接続されているストレージ
デバイスがすべて一覧表示されます。Windows エクスプローラで、チェックするイメージ ファ
イルを見つけて選択してください。
イメージ ファイルを選択すると、[ファイル名]フィールドに名前が表示され、 次へ が有効にな
ります。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
83
実行 をクリックして先へ進んでください。すると、新しいウィンドウに進行状況が表示されます。
キャンセル をクリックするとチェックを中止できます。
チェックが完了すると、結果のメッセージが表示されます。
84
第 10 章 そのほかの操作
10.2
ブータブル メディアの作成
場合によっては、Acronis True Image の実行に、ブータブルのフロッピー ディスクまたは
ブータブル CD を使用する必要がある場合があります。たとえば、コンピュータが正常に起動
しない場合などです。
インストール時またはインストール後にブータブル メディアを作成することもできます。
インストール後にブータブル メディアを作成する場合は、空の CD-R/RW であれば 1 枚、
フォーマット済みフロッピー ディスクであれば 6 枚(セーフ版の場合は 3 枚)、または Zip ドラ
イブなど、コンピュータで起動可能なそのほかの任意のメディアが必要です。
ツールバーまたはメイン ウィンドウの左側にある[ブータブル メディアの作成]をクリックするか、
[ツール]メニューの[ブータブル メディアの作成]を選択してください。
[スタート]メニューから、[すべてのプログラム] → [Acronis] → [True Image] →
[ブータブル メディア ビルダ]の順に選択すると、Acronis True Image をロードしなくても
ブータブル メディアを作成できます。
ブータブル メディア ウィザードが表示され、完全版またはセーフ版の選択を求められます。
セーフ版には、USB、PC カード(以前の PCMCIA)、または SCSI 用のドライバが搭載され
ていません。完全版が動作しない場合にのみ使用してください。
起動ディスクを作成したら、ラベルを付けて安全な場所に保管してください。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
85
10.3
ログの表示
Acronis True Image では、ログを表示できます。この画面には、障害の原因などをはじめ、
スケジュール管理されたイメージ作成の結果に関する情報が表示されます。ログは、パーティ
ション(ディスク)イメージの作成操作に対してのみ作成されます。
ログ ウィンドウを表示するには、ツールバーまたは[ツール]メニューの[ログの表示]を選択し
てください。
ログ表示ウィンドウは 2 つのパネルで構成され、左側にログの一覧、右側に選択したログの内
容が表示されます。
86
第 10 章 そのほかの操作
左側のパネルには、最大 50 件のログを表示されます。50 件を超える場合は、右矢印および
左矢印で示されたボタンをクリックすると一覧を参照できます。
ログを削除するには、削除するログを選択して[削除]をクリックしてください。
エラーが発生して処理が中断された場合は、白抜きの X が示された赤い丸印が該当するログ
に表示されます。
右側のウィンドウには、選択したログに記録されている各処理の一覧が表示されます。一覧表
示用のパラメータを設定すると、特定の種類または特定の列のメッセージのみを表示したり、ま
たは一覧の並び順を選択したりすることができます。
特定の列を基準にメッセージを並べ替えるには、その列のヘッダーをクリックするか(再度クリッ
クすると逆の順序に並べ替えられます)、[アイコンの整理](右から 2 番目)をクリックして目的
の列を選択してください。
表示する列を選択するには、ヘッダー行を右クリックするか、[詳細の選択]をクリックしてくださ
い。
左側に表示される 3 つのボタンで、メッセージ フィルタを制御できます。白抜きの X が示され
た赤い丸印を選択すると、メッセージにフィルタが適用され、エラー メッセージのみが表示さ
れます。感嘆符が示された黄色の三角印をクリックすると、警告メッセージのみが表示されます。
白抜きの「i」が示された青い丸印を選択すると、通知メッセージのみが表示されます。
列の境界をマウスでドラッグすると、列の幅を変更することもできます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
87
第11章 トラブルシューティング
11.1
Acronis True Image の修復
Acronis True Image の実行が中断されたり、エラーが発生したりする場合は、プログラムの
ファイルが破損している可能性があります。この問題を解決するには、プログラムを修復する必
要があります。プログラムを修復するには、もう一度インストーラを実行してください。すると、コ
ンピュータ上の Acronis True Image が検出され、修復(更新)または削除の選択を求める
メッセージが表示されます。
[Acronis True Image の修復/アップグレード]をクリックし、 実行をクリックしてください。
11.2
よく寄せられる質問
Q1: Linux がインストールされているコンピュータで Acronis True Image を使用する方法
を教えてください。
A1: Acronis True Image では、Ext2、Ext3、ReiserFS など、一般的に使用されている
Linux ファイル システムをサポートしています。
Acronis True Image は、インストールされているオペレーティング システムに関係なく、特別
なブータブルのフロッピー ディスクまたはブータブル CD から実行できます。
この方法で起動すると、Linux ベースのコンピュータ上でディスク(パーティション)イメージの
作成または復元といった操作を実行できるようになります。
Q2 :Acronis True Image がバックアップの保存用にサポートしているストレージ デバイス
は何ですか。
A2 : パ ー テ ィ シ ョ ン の バ ッ ク ア ッ プ は 、 ハ ー ド デ ィ ス ク 、 お よ び Windows 98/Ме/NT
4/2000/XP がサポートする各種のストレージ デバイスに作成できます。
88
第 11 章 トラブルシューティング
Q3 : イメージ ファイル サイズを指定する目的は何ですか。
A3 : コンピュータのハード ディスクは最も高速で最も効率の高いストレージ デバイスです。コ
ンピュータのハード ディスクを使用した場合、CD-R/RW やそのほかのデバイスに書き込むよ
りも、きわめて高速にディスク(パーティション)イメージを書き込むことができます。イメージ ボ
リュームのサイズを 600~650MB に指定した場合、イメージ ファイルをすぐにハード ディスク
に作成し、後で CD-R/RW メディアに書き込むことができます。この方法を使用すると、タスク
全体をより短時間で実行できます。
Q4 : Acronis True Image をブータブルのフロッピー ディスクまたはブータブル CD から
ロードした場合、どのデバイスからシステム パーティションを復元できますか。
A4 : Acronis True Image は、接続されているハード ディスクだけでなく、IDE、SCSI、
FireWire(IEEE-1394)、USB(1.0、1.1、2.0)、PC カード(PCMCIA)といった各種のイン
ターフェイス、および CD-ROM、CD-R/RW、MO、Iomega Zip、Jaz などのデバイスをサ
ポートしています。
Q5 : Easy CD Creator バージョン 4.x および 5.0 を使用した場合、Acronis True Image
に影響はありますか。
A5 : Easy CD Creator バージョン 4.x および 5.0 を使用すると、製造元の Roxio がサポート
を終了している Take Two®バックアップ ユーティリティの旧バージョンが自動的にインストー
ルされます。Acronis True Image 8.0 では、このユーティリティを検出すると、イメージの作成
を開始するときに次のメッセージを表示します。
[現在実行中のアプリケーションが使用しているか、不正なセクタを含んでいるため、論理ドラ
イブ C:のイメージを作成できません。]
Easy CD Creator をバージョン 5.1 以降に更新し、Take Two®は完全に削除することをお勧
めします。
詳細については、www.roxio.co.jp/support/download/ecdc5/ecdc535.html の注意事項を
参照してください。
Q6 : Acronis True Image 8.0 は Norton GoBack と互換性がありますか。
A6: Acronis True Image 8.0 は、Windows 上で動作する Norton GoBack と互換性があり
ます。ブータブル メディアから Acronis True Image 8.0 をロードする場合は、最初に
Norton GoBack を無効にする必要があります。
復元時にハード ディスクから Norton GoBack が削除されることに注意してください。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
89
Q7: CD-R/RW ディスクにイメージを作成しましたが、作成したイメージを参照しようとすると、
イメージを仮想ディスクとして接続できないという内容のメッセージが Acronis True Image
から表示されます。
A7: Acronis True Image の現在のバージョンは、すべてのイメージ ファイルが同じ場所にあ
る場合にのみ接続できます。イメージが複数の CD-R/RW またはハード ディスク上にある場
合は、ハード ディスク上の 1 つのフォルダにすべてのイメージ ファイルをコピーする必要があ
ります。
増分イメージの場合は、前に作成したすべての増分イメージと最初の完全イメージが必要です。
Q8: ネットワーク ドライブ上にあるイメージからパーティション(ディスク)を復元するために、
起動ディスクから Acronis True Image を実行しましたが、必要なコンピュータが見つかりま
せんでした。
A8: [ネットワーク コンピュータ]に少なくとも 1 台のコンピュータが表示されている場合は、
ファイル名の行に必要なコンピュータのアドレスを「¥¥computer¥folder」のように入力し、ア
クセスを試してください。
[マイ コンピュータ]にネットワーク アイコンが表示されない場合は、ネットワークに問題がある
か、Acronis True Image が間違ったドライバを使用しようとしています。弊社パーソナル サ
ポート センター(support-ps@proton.co.jp)にお問い合わせください。
Q9: ネットワーク ドライブ上にあるイメージからパーティション(ディスク)を復元するために、
起動ディスクから Acronis True Image を実行しましたが、ユーザー名とパスワードの入力
を求める画面だけが繰り返し表示されます。対処法を教えてください。
A9: ネットワークにドメイン コントローラが設置されている場合などには、ユーザーの前にサー
バー名またはドメイン名を指定する必要があります。ユーザー名を「SERVER¥USER」または
「DOMAIN¥USER」のようにして入力してください。
Q10: Windows 上でイメージの作成を試みると、[現在実行中のアプリケーションが使用して
いるか、不正なセクタを含んでいるため、論理ドライブ C:のイメージを作成できません。]とい
うエラー メッセージが表示されました。この場合の「D:」は論理ディスクを表します。
A10: ご使用の論理ディスクに不良セクタが存在する可能性があります。ディスク表面全体を
調べてみることをお勧めします。Windows 98/Me の場合は、スキャンディスクを実行すると、
ディスク全体をチェックできます。Windows NT/2000/XP の場合は、コマンド行に「chkdsk
/R D:」と入力して再起動してください。
90
第 11 章 トラブルシューティング
Q11: 別のハードウェアが搭載されたコンピュータに Windows XP、NT、または 2000 をク
ローン作成または転送するには、どのような準備が必要ですか。
A11: 別のコンピュータに Windows をクローン作成または転送する前に、そのコンピュータに
Microsoft System Preparation Tool(sysprep)を入手する必要があります。この理由につ
いては、Microsoft サポート技術情報の文書番号 298491 で次のように説明されています。
「インストール済みの Windows 2000 を複製する際の問題の 1 つに、クローン作成される各コ
ンピュータが、元のコンピュータと同じセキュリティ ID(SID)およびコンピュータ名を持つことが
挙げられます。このため、クローン作成されたコンピュータが、1 つのワークグループまたはドメ
イン内で正しく動作できない場合があります。この問題を解決するには、管理者が System
Preparation Tool(Sysprep.exe)を使用して、コンピュータ名や SID など、そのコンピュータ
固有の構成設定を削除する必要があります。」 この問題は、Windows NT 4.0 および
Windows XP にも関連するため、これらのオペレーティング システムにも同様の方法で対処
する必要があります。
Microsoft System Preparation Tool は、www.microsoft.com からダウンロードするか、
Windows XP インストール CD の deploy.cab から入手できます。
別のコンピュータにハード ディスクをクローン作成または転送するための準備について、手順
の概要を次に示します。
1. Acronis True Image メニューから該当するウィザードを使用して、ブータブル メディアを
作成してください。
2. sysprep.exe を実行してください。次にコマンド行に次のパラメータを指定してください。
-nosidgen – 元のディスクからすべてのデータを削除する場合または元のディスクと新
しいディスクを異なるコンピュータで同時には使用しない場合、あるいはその両方の場
合に指定します。
-mini – 別のハードウェアが搭載されたコンピュータにオペレーティング システムを転
送する場合に指定します。
3. Acronis True Image の起動ディスクをドライブに挿入し、プログラムをロードして、準備し
たディスクのイメージを作成してください。
4. コンピュータに新しいディスクを設置するか、新しいコンピュータからイメージにアクセスで
きるようにしてください。
5. 再度起動ディスクから起動し、新しいディスクまたは新しいコンピュータにイメージを復元し
てください。
6. 再起動してください。
Windows NT 4.0/2000/XP について提供されている Microsoft の sysprep 関連文書を参
照することをお勧めします。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
91
Q12: Acronis True Image のイメージを DVD ディスクに書き込む方法を教えてください。
A12: Acronis True Image は、DVD UDF 形式のレコーディング ソフトウェアがインストール
されている場合に、Windows 上で DVD ディスクにイメージを書き込むことができます。フォー
マット済みの DVD ディスクを使用してください。現在、少なくとも次の DVD レコーディング ソ
フトウェアがサポートされています。
• Roxio Drag-to-Disc – Roxio Easy CD Creator のオプション コンポーネント
• Ahead InCD – Ahead Nero Burning Rom ユーザーは Nero Web サイトから無料
で入手可能(通常は Nero に同梱)
• Sonic DLA とそのすべての OEM バージョン(たとえば、HP DLA、Veritas DLA)
• Pinnacle InstantCD/DVD
通常は、ほかの DVD UDF 形式の書き込みレコーディング ソフトウェアもすべてサポートされ
ていますが、上に示したアプリケーションは、Acronis によって Acronis True Image との互
換性がテスト済みです。
Acronis True Image で DVD へのイメージのレコーディングを可能にするには、次の手順を
実行する必要があります。
• DVD UDF 形式のレコーディング ソフトウェアをインストールしてください。
• DVD ディスクをフォーマットしてください。
• Acronis True Image を実行し、フォーマット済みの DVD ディスクを DVD+RW また
は DVD-RW ドライブに挿入してイメージを作成してください。これ以外の操作は必要
ありません。
DVD ディスクに格納されたイメージの復元は、Windows 環境下、および Acronis True
Image を起動ディスクからロードした場合に実行できます。
DVD ディスクにイメージを書き込む方法はほかにもあります。Acronis True Image でハード
ディスクにイメージを作成した後、インストールされている DVD レコーディング アプリケーショ
ンを使用して DVD ディスクにイメージを書き込むことができます。このようなディスクからのイ
メージの復元は、Windows 環境下、および Acronis True Image をブータブル メディアから
ロードした場合に実行できます。
92
第 11 章 トラブルシューティング
11.3
テクニカル サポート
Acronis では、正規に Acronis True Image を購入していただいたお客様に対し、電子メー
ルおよび電話によるテクニカル サポートを無償で提供しています。インストール時または操作
時の問題を本書や readme.txt ファイルを読んで解決できない場合は、弊社パーソナルサ
ポートセンターまで電子メールまたは電話でご連絡ください。
パーソナルサポートセンターにご連絡いただく前に、ユーザー登録していただく必要がありま
す。ユーザー登録は弊社 HP(http://www.proton.co.jp/personal/) から行うことができます。
または、製品パッケージ同封されているユーザー登録カードに必要事項を記入の上、ご返送
いただくと行うことができます。
パーソナルサポートセンターに電子メールをお送りいただく場合は、Acronis True Image に
添付されている登録カードに記載された、本製品の製品シリアル番号をお知らせください。こ
の番号は、合計 25 の文字と数字で構成され、5 文字ごとにハイフンで区切られています。
詳細については(http://www.proton.co.jp/personal/)を参照してください。
パーソナルサポートセンター:
TEL: 03-5460-9015(土・日・祝祭日を除く 9:00~18:00)
E-mail:support-ps@proton.co.jp
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
93
付録A パーティションおよびファイル システム
A.1
ハード ディスクのパーティション
1 台のコンピュータに複数のオペレーティング システムをインストールしたり、1 つの物理ディ
スク ドライブを複数の「論理」ディスク ドライブに分割したりする仕組みをパーティショニングと
いいます。
パーティショニングは特別なアプリケーションを使用して実行します。MS-DOS と Windows
では、FDISK と Disk Administrator を使用します。
パーティショニング プログラムには次の機能があります。
• プライマリ パーティションを作成する。
• 複数の論理ディスクに分割できる単一の拡張パーティションを作成する。
• アクティブ パーティションを設定する(単一のプライマリ パーティションにのみ適用)。
ハード ディスク上のパーティションに関する情報は、パーティション テーブルと呼ばれる特
別なディスク領域(シリンダ 0、ヘッド 0、セクタ 1)に格納されます。このセクタは、MBR(マス
タ ブート レコード)と呼ばれます。
物理ハード ディスクに構成できるパーティションは最大 4 個です。この制限は、4 つの文字
列のみに適用されるパーティション テーブルによるものです。ただし、これはコンピュータに
インストールできるオペレーティング システムが最大で 4 種類に制限されることを示している
わけではありません。実際に、ディスク マネージャと呼ばれる既存のアプリケーションは、ディ
スク上ではるかに多くのオペレーティング システムをサポートしています。
94
付録 A パーティションおよびファイル システム
A.2
ファイル システム
オペレーティング システムがパーティション上の一部の種類のファイル システムをサポートす
ることにより、ユーザーはデータを操作できます。
すべてのファイル システムが、データの格納と管理に必要な構造を備えています。これらの構
造は通常、オペレーティング システムのブート セクタ、フォルダ、およびファイルで構成され
ています。ファイル システムの基本的な機能は次のとおりです。
• 使用中および未使用のディスク領域を管理する(不良セクタが存在する場合はこれも
管理する)。
• フォルダ名とファイル名をサポートする。
• ディスク上のファイルの物理的な場所を管理する。
オペレーティング システムによって、使用するファイル システムが異なります。1 種類のファイ
ル システムしか扱うことのできないオペレーティング システムもあれば、複数の種類のファイ
ル システムを扱うことが可能なオペレーティング システムもあります。最も広く使用されている
ファイル システムのいくつかを以下に示します。
FAT16
FAT16 ファイル システムは、DOS(DR-DOS、MS-DOS、PC-DOS、PTS-DOS など)、
Windows 98/Me、および Windows NT/2000/XP といったオペレーティング システムで広く
使用され、これ以外のほとんどのシステムでもサポートされています。
FAT16 の主な機能に、ファイル アロケーション テーブル(FAT)とクラスタがあります。FAT
はファイル システムの中核的な機能です。データの安全性を高めるために、単一のディスク
上に FAT のコピーを複数持つことができます(通常は 2 つ)。クラスタは FAT16 ファイル シ
ステムにおける最小のデータ ストレージ単位です。1 つのクラスタは、決まった数のセクタで構
成されます。FAT は空きクラスタと不良クラスタに関する情報を格納し、ファイルが格納される
クラスタの定義も行います。
FAT16 ファイル システムは、クラスタ数が最大 65,507、クラスタ サイズが最大 32KB に制限
されているため、最大サイズは 2GB になります(Windows NT/2000/XP は最大 4GB のパー
ティションで最大 64KB のクラスタをサポート)。通常は最小クラスタ サイズを使用し、クラスタ
数 65,507 の制限内でできるだけ多くのクラスタを構成します。パーティションが大きくなると、
クラスタ サイズも大きくなります。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
95
通常、クラスタ サイズが大きいと、無駄になるディスク領域も多くなります。クラスタ サイズが
32KB または 64KB の場合でも、1バイトのデータで 1 つのクラスタが占有される可能性があ
ります。
ほかの多くのファイル システムと同様、FAT16 にもルート フォルダがあります。ただし、ほか
のファイル システムとは異なり、FAT16 のルート フォルダは特別な場所に格納され、サイズ
も制限されています(標準のフォーマットで作成されるルート フォルダに格納できるファイルや
フォルダの数は最大 512 です)。
初期の FAT16 にはファイル名に制限がありました。ファイル名に使用できたのは、最長 8 文
字までの名前のほか、ドットと 3 文字の拡張子のみでした。ただし、Windows 95 および
Windows NT でロング ファイル ネームがサポートされ、この制約が回避されています。OS/2
でもロング ファイル ネームがサポートされますが、その方法は異なります。
FAT32
FAT32 ファイル システムは Windows 95 OSR2 で導入されました。このファイル システムは、
Windows 98/Me/2000/XP でもサポートされています。FAT32 は FAT16 を発展させたファ
イル システムです。FAT16 との主な相違点は、クラスタを 28 ビットで管理する点、および
ルート フォルダがより柔軟になり、サイズに制限がなくなった点です。FAT32 が導入された理
由は、8GB を超える大容量ハード ディスクのサポートと、現在も Windows 98/Me がベース
にしている MS-DOS に、これ以上複雑なファイル システムを実装できなくなったことにありま
す。
FAT32 の最大ディスク サイズは 2TB です(1TB は 1024GB に相当します)。
NTFS
NTFS は、Windows NT/2000/XP の主要なファイル システムです。その構造は公開されて
い な い た め 、 NTFS を 完 全 に サ ポ ー ト す る オ ペ レ ー テ ィ ン グ シ ス テ ム は Windows
NT/2000/XP 以外にありません。NTFS の主な構造は、MFT(マスタ ファイル テーブル)で
す。NTFS は、MFT の重要部分のコピーを格納し、データの損傷や損失の可能性を減らしま
す。ほかの NTFS データ構造はすべて特別なファイルです。NTFS は NT File System の
略称です。
FAT と同様、NTFS はクラスタを使用してファイルを格納しますが、クラスタ サイズはパーティ
ション サイズに左右されません。NTFS は 64 ビット ファイル システムで、Unicode を使用し
てファイル名を格納します。また、ジャーナリング(耐障害性)ファイル システムであり、圧縮と
暗号化もサポートします。
フォルダ内のファイルには、ファイル検索を高速化するためのインデックスが付けられます。
96
付録 A パーティションおよびファイル システム
Linux Ext2
Ext2 は、Linux オペレーティング システムで主に使用されるファイル システムの 1 つです。
Ext2 は 32 ビット ファイル システムで、最大サイズは 16TB です。ファイルを記述する主な
データ構造は i ノードです。すべての i ノードを含むテーブルを格納する場所を、事前(フォー
マット時)に割り当てる必要があります。
Linux Ext3
Ext3 は、Linux オペレーティング システムのバージョン 7.2 で正式に導入された、Red Hat
Linux のジャーナリング ファイル システムです。Linux Ext2 との上位および下位互換性が
あります。複数のジャーナリング モードを備え、32 ビットと 64 ビットの両方のアーキテクチャで、
プラットフォームに依存しない幅広い互換性を実現します。
Linux ReiserFS
ReiserFS は 2001 年に正式に Linux に導入されました。ReiserFS では、Ext2 の多くの弱
点が解消されています。ReiserFS は、64 ビットのジャーナリング ファイル システムで、デー
タの下部構造の領域を動的に割り当てます。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
97
付録B ハード ディスクおよび BIOS セットアップ
この付録では、ハード ディスクの機構に関する詳細な情報、情報がディスクに格納されるまで
の流れ、ディスクをコンピュータに取り付けてマザーボードに接続する方法、BIOS でのディス
クの構成、パーティションとファイル システム、およびオペレーティング システムとディスクとの
相互作用について説明します。
B.1
コンピュータへのハード ディスクの設置
一般的なハード ディスクの設置方法
新しい IDE ハード ディスクを設置するには、次の手順を実行する必要があります。作業を開
始する前にコンピュータの電源を切ってください。
1. 新しいハード ディスクをスレーブとして構成するために、コントローラのボードにジャンパを
正しく取り付けます。通常、ディスク ドライブには、ジャンパを正しく取り付ける方法が示さ
れた図がドライブに貼られています。
2. コンピュータを開き、専用のホルダを使用して新しいハード ディスクを 3.5 インチまたは
5.25 インチ スロットに挿入します。ディスクをネジでしっかり固定します。
3. 電源ケーブルを新しいハード ディスクに差し込みます(黒 2 本、黄 1 本、赤 1 本から成る
4 芯ケーブル。このケーブルは決まった向きでしか取り付けられません)。
4. 40 芯または 80 芯のフラット ケーブルをハード ディスクとマザーボードのソケットに差し込
みます(差し込みに関する規則については後で説明します)。ディスク ドライブのコネクタ
部分またはコネクタの付近には 1 番ピンを表す印が付いています。フラット ケーブルの一
端は、1 番ピン用に芯が 1 本だけ赤くなっています。ケーブルがコネクタに正しく差し込ま
れていることを確認してください。また、ケーブルの多くは、1 方向にしか差し込めないよう
に、「切り欠き」が付けられています。
5. コンピュータの電源を入れ、コンピュータの起動時に画面に表示されるキーを押して
BIOS のセットアップ画面に入ります。
6. 設 置 し た ハ ー ド デ ィ ス ク を 、 type 、 cylinder 、 heads 、 sectors 、 mode ( ま た は
translation mode)などのパラメータを設定して構成するか(パラメータの情報はハード
ディスクのケースに記載されています)、あるいは BIOS の IDE 自動検出ユーティリティを
使用して自動的に構成します。
98
付録 B ハード ディスクおよび BIOS セットアップ
7. 起動シーケンスを A:、C:、CD-ROM、またはそのほかに設定します。シーケンスは
Acronis True Image のコピーが格納されている場所によって異なります。ブータブルの
フロッピー ディスクがある場合は、このフロッピー ディスクがシーケンスの最初になるよう
に設定します。CD 上にある場合は、起動シーケンスが CD-ROM から始まるようにしま
す。
8. BIOS セットアップを終了し、変更を保存します。Acronis True Image は、再起動後に自
動的に開始されます。
9. Acronis True Image を使用し、ウィザードの質問に答えてハード ディスクを構成します。
10. 作業が完了したらコンピュータの電源を切り、ディスクを起動用にする場合は、ディスク上
のジャンパをマスタ位置に設定します(ディスクを追加のデータ ストレージとして設置する
場合は、スレーブ位置のままにします)。
マザーボードのソケット、IDE ケーブル、および電源ケーブル
マザーボードには、ハード ディスクを接続できる、プライマリ IDE とセカンダリ IDE の 2 つの
スロットがあります。
IDE(Integrated Drive Electronics)インターフェイスを備えたハード ディスクは、マーキン
グされた 40 芯または 80 芯のフラットケーブル経由でマザーボードに接続されます。ケーブル
芯線のうちの 1 本は赤色です。
各ソケットには 2 台の IDE ハード ディスクを接続できます。つまり、この種のハード ディスク
はコンピュータに最大 4 台設置できます(各 IDE ケーブルには 3 つのプラグがあります。2 つ
はハード ディスク用で、1 つはマザーボード ソケット用です)。
前で説明したように、IDE ケーブル プラグは通常、ソケットに決まった向きでしか接続できな
いように設計されています。通常、ケーブル プラグのピンホールは 1 つが埋められており、埋
められたホールに対応する部分のピンがマザーボード ソケットから取り除かれているため、
ケーブルを間違った向きで差し込むことはできません。
ケーブルのプラグ側に突起があり、ハード ディスクのソケットやマザーボードのソケットにくぼ
みがある場合もあります。この場合も、ハード ディスクとマザーボードを接続する際の向きは 1
つのみになります。
以前のプラグはこのように設計されていなかったため、「IDE ケーブルをハード ディスク ソ
ケットに接続する際は、マーク付きの芯線が電源ケーブルに最も近くなるようにする、つまり
マーク付きの芯線をソケットの 1 番ピンに接続する。」という経験則がありました。ケーブルとマ
ザーボードの接続にも同様の経験則が使用されていました。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
99
ケーブルがハード ディスクまたはマザーボードと正しく接続されていないからといって、必ずし
もディスクやマザーボードの電子機器部分が損傷するわけではありません。単に、ハードディス
クが BIOS によって検出されなかったり初期化されなかったりするだけです。
以前のハード ディスク、特に古いハード ディスクには、接続を間違えるとドライブの電子機
器部分が損傷するモデルもありました。
ここではすべての種類のハード ディスクについては説明しません。現在、最も広く普及して
いるハード ディスクは、IDE または SCSI インターフェイスを備えたものです。IDE ハード
ディスクとは異なり、SCSI ハード ディスクは 6~14 台をコンピュータに設置できます。ただ
し、これらを接続するにはホスト アダプタと呼ばれる特別な SCSI コントローラが必要です。
SCSI ハード ディスクは、通常はパーソナル コンピュータ(ワークステーション)では使用され
ず、ほとんどの場合サーバーで使用されます。
IDE ケーブルとは別に、4 芯の電源ケーブルをハード ディスクに接続する必要があります。こ
のケーブルは、決まった向きでしか差し込むことができません。
設置モードとジャンパ
ハード ディスクは、マスタまたはスレーブとしてコンピュータ内に設置できます。ハード ディス
クの設置モードは、ジャンパと呼ばれるハード ディスク上の特別なコネクタの位置によって決
まります。
ジャンパは、ハード ディスクの電子基盤上か、ハード ディスクとマザーボードを接続するため
の特別なソケットに存在し、
通常は取り付け位置を示すマークが付いたステッカーがドライブに貼られています。典型的な
マークは、DS、SP、CS、および PK です。
それぞれのジャンパ位置は、ハード ディスクの次に示す特定の設置モードに対応します。
• DS – マスタ/工場出荷値。
• SP – スレーブ(またはジャンパ不要)。
• CS – マスタ/スレーブのケーブル選択。ハード ディスクの用途は、マザーボードとの
物理的な位置関係によって決定されます。
• PK – ジャンパのパーキング位置。既存の構成でジャンパが不要な場合に、ジャンパ
を配置できる位置です。
ジャンパをマスタ位置に設定したディスクは、BIOS(Basic Input/Output System)によって
起動用として扱われます。
100
付録 B ハード ディスクおよび BIOS セットアップ
同じケーブルに接続した複数のハード ディスクのジャンパを、マスタ/スレーブのケーブル選
択の位置に配置できます。この場合、BIOS は、IDE ケーブルに接続されているディスクの中
で、マザーボードに近いほうのディスクを「マスタ」と見なします。
残念ながら、ハード ディスクのマークは標準化されていません。ご使用のハード ディスクの
マーキングが上述のものと異なる場合もよくあります。さらに、旧式のハード ディスクの場合
は、1 つではなく 2 つのジャンパによって用途が定義されることがあります。ハード ディスクを
コンピュータに設置する前に、マーキングについてよく調べてください。
ハード ディスクをマザーボードに物理的に接続し、ハード ディスクが機能するようジャンパを
正しく設定しただけではまだ不充分です。マザーボードの BIOS で、ハード ディスクを適切に
構成する必要があります。
B.2
BIOS
コンピュータの電源を入れると、オペレーティング システムのスプラッシュ画面が表示される前
に、何行もの短いテキスト メッセージが表示されることがあります。これらのメッセージは、
BIOS に属し、プロセッサによって実行される POST(Power-On Self Test)プログラムによっ
て出力されるものです。
BIOS(Basic Input/Output System)は、コンピュータのマザーボード上の不揮発メモリ チッ
プ(ROM または Flash BIOS)に常駐するプログラムで、コンピュータの重要な要素です。各
BIOS バージョンは、プロセッサ、メモリ、統合デバイスといったマザーボード上のコンポーネン
トすべての特性をすべて「認識」します。BIOS バージョンはマザーボードの製造元によって提
供されます。
BIOS の主な機能は次のとおりです。
• POST でプロセッサ、メモリ、および入出力デバイスをチェックする。
• ソフトウェアによって管理されるマザーボードのすべての部分を初期構成する。
• オペレーティング システム(OS)の起動プロセスを初期化する。
コンピュータには膨大な数のコンポーネントがありますが、その中の外部メモリ サブシステム
(ハード ディスク ドライブ、フロッピー ディスク ドライブ、CD-ROM ドライブ、DVD などのデ
バイスを制御)について、初期構成が必要です。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
101
セットアップ ユーティリティ
BIOS には、コンピュータの初期構成を行うための組み込みのセットアップ ユーティリティがあ
ります。セットアップ ユーティリティ画面を表示するには、コンピュータの電源をオンにした直後
に開始される POST シーケンス中に、BIOS によって異なる特定のキーの組み合わせ( Del 、
F1 、 Ctrl+Alt+Esc 、 Ctrl+Esc など)を押す必要があります。通常は起動テスト中に、必
要なキーの組み合わせを示すメッセージが表示されます。このキーの組み合わせを押すと、
BIOS に組み込まれているセットアップ ユーティリティのメニューが表示されます。
メニューの外観、メニューに表示される項目と項目名は、BIOS の製造元によって異なります。
コ ン ピ ュ ー タ マ ザ ー ボ ー ド 用 の BIOS の 製 造 元 と し て 最 も よ く 知 ら れ て い る の は 、
Award/Phoenix と AMI です。また、標準セットアップのメニュー項目に関しては BIOS ごと
の違いはほとんどありませんが、拡張セットアップの項目は、コンピュータおよび BIOS バー
ジョンによって大幅に異なります。
ここでは、ハード ディスクの初期構成に関する一般原則、および AwardBIOS での構成(サ
ンプル)を示します。
Dell、Hewlett-Packard といったコンピュータの大手製造元は、自社でマザーボードを製造
し、独自の BIOS バージョンを開発しています。必ずコンピュータに付属しているマニュアル
を参照し、指示に従って適切に BIOS を構成してください。
102
付録 B ハード ディスクおよび BIOS セットアップ
Standard CMOS Setup メニュー
Standard CMOS Setup メニューのパラメータは通常、ハード ディスクのジオメトリを定義しま
す。コンピュータにインストールされている個々のハード ディスクに対し、以下のパラメータ(お
よび値)を使用できます。
パラメータ
Type
値
1~47、Not
Installed、
Auto
目的
Type「0」または「Not Installed」は、ハード ディスクがイ
ンストールされていない場合に(そのハード ディスクをア
ンインストールするために)使用され、Type「47」は、ユー
ザー定義のパラメータ、または IDE 自動検出ユーティリ
ティによって検出されるパラメータ用に予約されていま
す。
「Auto」値は、起動シーケンス中の IDE ディスク パラ
メータの自動検出を可能にします。
Cylinder(Cyl) 1-65535
ハード ディスク上のシリンダの数。IDE ディスクの場合
は、シリンダの論理番号が指定されます。
1-16
Heads(Hd)
ハード ディスク上のヘッドの数。IDE ディスクの場合は、
ヘッドの論理番号が指定されます。
1-63
Sectors(Sec)
ハード ディスクのトラックあたりのセクタ数。IDE ディスク
の場合は、セクタの論理番号が指定されます。
Size
MB
MB 単位のディスク容量。次の式に従って計算されます。
(Capacity)
サイズ=(Cyl × Hds × Sct × 512) / 1024 / 1024.
Normal/LBA セクタ アドレスの変換方法。
Mode
/ Large/Auto
(Translation
Method)
たとえば、Acronis True Image の主な機能を実際に示すために、QuantumTM FireballTM
TM1700A ハード ディスクを使用した例を以下に示します。このハード ディスクのパラメータ
は次の値を持ちます。
パラメータ
Type
Cylinder(Cyl)
Heads(Hd)
Sectors(Sec)
Mode
CHS
Maximum LBA Capacity
値
Auto
827
64
63
Auto
1,707MB
1,707MB
BIOS セットアップでは、Type パラメータを User Type HDD(ユーザー定義の種類)に設定
できます。その場合は、Translation Mode パラメータの値も指定する必要があります。指定
できる値は「Auto」/「Normal」/「LBA」/「Large」です。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
103
Translation Mode は、セクタ アドレスの変換方法を表します。このパラメータが使用される
ようになったのは、BIOS バージョンでディスクの最大アドレス容量が 504MB(1024 シリンダ
× 16 ヘッド × 63 セクタ × 512 バイト)に制限されていたためです。この制限の適用を避ける
方法は 2 つあります。物理セクタ アドレスから論理セクタ アドレス(LBA)に切り替える方法
と、計算によってアドレス指定されたセクタ(シリンダ)の数を減らし、ヘッドの数を増やす方法
です。後者は Large Disk(Large)と呼ばれます。最も簡単なのは、Translation Mode パ
ラメータの値を「Auto」に設定する方法です。
マザーボードに複数のハード ディスクを接続しているが、いくつかは当面使用しない、という
場合は、これらのディスクの Type を「Not Installed」に設定する必要があります。
ハード ディスクのパラメータは、ハード ディスクの製造元がケースに記載している情報を頼り
に手動で設定できます。ただし、最新の BIOS バージョンには通常、IDE 自動検出ユーティリ
ティが組み込まれており、これを実行するとより簡単に設定できます。
IDE 自動検出ユーティリティは、個別の BIOS メニュー項目となっている場合もあれば、
Standard CMOS Setup メニューに組み込まれている場合もあります。
付録 B の内容に注意してください。この章では、物理的なハード ディスク構造の一般的な詳
細が説明されています。組み込みの IDE ハード ディスク コントローラは、物理的なディスク
構造を隠ぺいします。その結果、マザーボードの BIOS は、論理的なシリンダ、ヘッド、およ
びセクタを「認識」します。ここではこの問題については詳しく説明しませんが、このことを知っ
ておくと役に立つ場合があります。
104
付録 B ハード ディスクおよび BIOS セットアップ
起動シーケンスの調整 – Advanced CMOS Setup メニュー
BIOS メニューには通常、Standard CMOS Setup とは別に、Advanced CMOS Setup 項
目があります。この項目で、C:、A:、CD-ROM の起動シーケンスを調整できます。
起動シーケンスの管理は、AMI BIOS、AWARDBIOS、およびハードウェアの大手製造元
など、BIOS バージョンごとに異なることに注意してください。
数年前のオペレーティング システムの起動シーケンスは、BIOS にハードコーディングされて
いました。オペレーティン グシステムは、フロッピー ディスク(ドライブ A:)からも、ハード ディ
スク C:からも起動可能で、BIOS は外部ドライブをクエリする際に、ドライブ A:が準備できてい
る場合はフロッピー ディスクからオペレーティング システムの起動を試み、ドライブが準備で
きていない場合またはフロッピー ディスクにシステム領域がない場合は、ハード ディスク C:か
らオペレーティング システムの起動を試みる、というシーケンスを使用していました。
現在の BIOS では、フロッピー ディスクとハード ディスクだけでなく、CD-ROM、DVD、およ
びそのほかのデバイスからオペレーティング システムを起動できます。コンピュータに C:、D:、
E:、および F:のラベルが付いた複数のハード ディスクが設置されている場合は、起動シーケ
ンスを調整することにより、オペレーティング システムをたとえば E:から起動するように設定で
きます。この場合、起動シーケンスを、E:、CD-ROM、A:、C:、D:のように設定する必要があり
ます。
これは、起動シーケンスの一覧にある最初のディスクから起動が実行されることを意味するも
のではありません。単に、オペレーティング システムを起動する最初の試みがこのディスクか
ら行われることを意味します。ディスク E:にオペレーティング システムがない場合や、E:が非
アクティブの場合もあります。この場合、BIOS は一覧に記載された次のドライブをクエリしま
す。起動中に発生する可能性のあるエラーについては、「ハード ディスクの初期化エラー」を
参照してください。
BIOS は、IDE コントローラに接続されている順序(プライマリ マスタ、プライマリ スレーブ、セ
カンダリ マスタ、セカンダリ スレーブの順)に従ってディスクを列挙し、次に SCSI ハードディ
スクを列挙します。
BIOS セットアップで起動シーケンスを変更した場合、この順序は崩れます。たとえば、起動を
ハード ディスク E:から実行するよう指定した場合、通常の環境では 3 番目になるハード ディ
スク(一般的にはセカンダリ マスタ)から認識が開始されます。
コンピュータにハード ディスクを設置し、BIOS で構成すると、コンピュータ(またはマザーボー
ド)はそのディスクの存在と主なパラメータを「認識」するようになります。ただし、オペレーティン
グ システムがハード ディスクを操作するためにはまだ十分ではありません。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
105
AwardBIOS
AwardBIOS でのハード ディスクの構成例を以下に示します。
Celeron、Pentium II~III、および AMD-K6/K7 プロセッサ用のマザーボードにハード
ディスクを構成するための一般的な AwardBIOS の[Main]メニューは、次のようになっていま
す。
AwardBIOS セットアップ ユーティリティ
Main
Advanced
System Time
System Date
Legacy Diskette A
Legacy Diskette B
Floppy 3 Mode
Support
Power
[16:16:35]
[01/10/2001]
[1.44M, 3.5in]
[None]
[Disabled]
Primary Master
Primary Slave
Secondary Master
Secondary Slave
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
Language
Supervisor Password
User Password
Halt On
[English]
[Disabled]
[Disabled]
[All but
Disk/Keyboard]
[Disabled]
Installed Memory
106
F1
Help
↓
Esc
Exit
←→
Select
Item
Select
Menu
-/+
Enter
Boot
Exit
Item Specific Help:
<Enter> to go to submenu.
Change
Values
Select
Sub-Menu
付録 B ハード ディスクおよび BIOS セットアップ
F5
Setup Defaults
F10
Save and Exit
Primary Master 行を選択し、 Enter キーを押して次のような画面に移動します。
AwardBIOS セットアップ ユーティリティ
Main
Primary Master [Auto]
Type
[Auto]
Item Specific Help:
<Enter> to select the type
of the IDE drive.
[User Type HDD] allows
you to set each entry on
your own.
Warning:Ultra DMA Mode
3/4/5 can be enabled only
when BIOS detects
Shielded 80-pin cable.
F1
Help
↓
Esc
Exit
←→
Select
Item
Select
Menu
-/+
Enter
Change
Values
Select
Sub-Menu
F5
Setup Defaults
F10
Save and Exit
Type パラメータの値(この場合は[Auto])を選択して Enter キーを押し、このパラメータに
設定できる値の一覧を開きます。例を次に示します。
None
Auto
User Type HDD
CD-ROM
LS-120
ZIP-100
MO
Other ATAPI Device
↑ キーと ↓ キーを使用して User Type HDD 値を選択し、 Enter キーを押して次の画面に
移動します。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
107
AwardBIOS セットアップ ユーティリティ
Main
Primary Master [User Type HDD]
Item Specific Help:
Type
Translation Mode
[User Type HDD]
[LBA]
<Enter> to select the type
of the IDE drive.
Cylinders
Head
Sector
CHS Capacity
Maximum LBA
Capacity
[………0]
[……0]
[…0]
0MB
0MB
[User Type HDD] allows
you to set each entry on
your own.
Multi Sector Transfer
SMART Monitoring
PIO Mode
Ultra DMA Mode
[Maximum]
[Disabled]
[4]
[5]
F1
Help
↓
Esc
Exit
←→
Select
Item
Select
Menu
-/+
Enter
Warning:Ultra DMA Mode
3/4/5 can be enabled only
when BIOS detects
Shielded 80-pin cable.
Change
Values
Select
Sub-Menu
F5
Setup Defaults
F10 Save and Exit
Translation Mode、Cylinders、Head、および Sector といったパラメータの値(ハード ディ
スクのケースに記載されている値)を入力して、BIOS でのハード ディスクの初期構成を完了
します。
Translation Mode パラメータには、次の値を設定できます。
LBA
Large
Normal
Match Partition Table
Manual
新しいバージョンの AwardBIOS メニューには[Boot]項目があります。起動シーケンスを調
整するための[Boot]メニュー画面は、次のようになっています。
108
付録 B ハード ディスクおよび BIOS セットアップ
AwardBIOS セットアップ ユーティリティ
Main
Advanced
1. ATAPI CD-ROM
2. Removable Device
3. IDE Hard Drive
4. Other Boot Drive
Plug & Play O/S
Boot Virus Detection
Quick Power On Selef
Test
Boot up Floppy Seek
Full Screen Logo
F1
Help
↓
Esc
Exit
←→
Power
Boot
Exit
[None]
Boot Sequence
[Legacy Floppy]
[IBM-DTLA-307020] <Enter> to select the
[Disabled]
device To Select the boot
sequence, use up or down
[No]
Arrow.
[Enabled]
[Enabled]
Press <+> to move the
[Enabled]
[Enabled]
Select
Item
Select
Menu
-/+
Enter
Device up the list, or
<-> to move it down
the list.
Change
Values
Select
Sub-Menu
F5
Setup Defaults
F10 Save and Exit
[3. IDE Hard Drive]項目の右側のフィールドを選択して Enter キーを押すと、コンピュー
タに接続されて BIOS により検出されたすべてのハード ディスクの一覧が、[Disabled]行の
下に表示されます。表示例を次に示します。
Disabled
Quantum FireBALL_1700A
IBM-DTLA-307020
Quantum FireBALL_1700A
画面の左上隅にあるデバイスの一覧は、BIOS が起動ディスクを探す際、最初に CD-ROM
(1. ATAPI CD-ROM)をクエリすることを意味しますが、現在の構成では CD-ROM はありま
せん。BIOS は次にフロッピー ディスク ドライブ(2. Removble Device)をクエリします。どち
らのディスクにもオペレーティング システムが含まれていない場合にのみ、BIOS は一覧から
選択されたハード ディスク(3. IDE Hard Drive)をクエリします。
一覧から項目を選択するには ↑ キーと ↓ キーを使用し、一覧上のデバイスを上下に移動する
には + キーまたは - キーを使用します。これにより、起動シーケンスが変更されます。起動
シーケンスの選択例を次に示します。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
109
AwardBIOS セットアップ ユーティリティ
Main
Advanced
1. Removable Device
2. ATAPI CD-ROM
3. IDE Hard Drive
4. Other Boot Drive
Plug & Play O/S
Boot Virus Detection
Quick Power On Selef
Test
Boot up Floppy Seek
Full Screen Logo
F1
Help
↓
Esc
Exit
←→
Select
Item
Select
Menu
Boot
Exit
Power
[Legacy Floppy]
Boot Sequence
[None]
[IBM-DTLA-307020] <Enter> to select the
[Disabled]
device To Select the boot
sequence, use up or down
[No]
Arrow.
[Enabled]
[Enabled]
Press <+> to move the
[Enabled]
[Enabled]
-/+
Enter
Device up the list, or
<-> to move it down
the list.
Change
Values
Select
Sub-Menu
F5
Setup Defaults
F10 Save and Exit
指定されたパラメータを設定した後、 ← キーと → キーを使用して[Exit]メニュー項目を選択し
ます。指定したパラメータの保存を求めるメッセージに従い、設定内容を保存します。
Pentium、Pentium Pro(上述のプロセッサより旧式のプロセッサ)、および AMD-K5/K6 プ
ロセッサのマザーボード用 AwardBIOS の場合、Standard CMOS Setup 画面は次のよう
になります。
110
付録 B ハード ディスクおよび BIOS セットアップ
ROM PCI/ISA BIOS (2A69JA2A)
STANDARD CMOS SETUP
AWARD SOFTWARE, INC.
Date (mm:dd:yy)
Time (hh:mm:ss)
: Fri,
: 11:
May
33:
HARD DISKS
Primary Master
Primary Slave
Secondary Master
Secondary Slave
:
:
:
:
:
SIZE
TYPE
Auto
Auto
None
None
15
53
0
0
0
0
CYLS HEAD PRECOMP LANDZ SECTOR MODE
0
0
0
0
0
Auto
0
0
0
0
0
Auto
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
Drive A :1.44 M
Drive B :None
Base Memory:
Extended Memory:
Other Memory:
Total Memory:
Video
:EGA/VG
Halt On:All Errors
ESC :Quit
F1 :Help
1998
↓ → ←:
(Shift) F2
Select Item
Change Color
0K
0K
512K
512K
PU/PD/+/- :Modify
Type パラメータの値には、「Auto」、「Not Installed」、または「User Defined」を指定できま
す。「User Defined」を指定した場合、ハード ディスクのケース上の記載に従って、そのほか
のパラメータ値(MODE 以外)を手動で指定する必要があります。
MODE パラメータと LANDZ パラメータの用途については、上記の注で説明しています。
PRECOMP パラメータはいわゆるプリコンペンセーション パラメータで、古いハード ディス
ク(MFM および RLL)の場合にのみ大きな意味を持ちます。IDE ディスクはこのパラメータ
を無視します。
以前の BIOS バージョンでは、起動シーケンスは Boot Sequence 行の BIOS FEATURES
Setup セクションで設定され、C:、A:、CD-ROM:または CD-ROM:、C:、A:などの最も標準的
な起動シーケンスを選択できました。
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
111
ハード ディスクの初期化エラー
デバイスは、通常は正常に初期化されますが、エラーが発生する場合もあります。ハード ディ
スク関連の典型的なエラーは、次のメッセージによって報告されます。
PRESS A KEY TO REBOOT
このエラー メッセージは、ハード ディスク初期化中のエラーと直接の関係はありません。ただ
し、たとえば起動プログラムがハード ディスク上にオペレーティング システムを見つけられな
い場合、またはハード ディスクのプライマリ パーティションがアクティブとして設定されていな
い場合に表示されます。
DISK BOOT FAILURE,
INSERT SYSTEM DISK AND
PRESS ENTER
このメッセージは、起動プログラムがフロッピーやハード ディスク、CD-ROM などの利用可能
な起動用デバイスを見つけられない場合に表示されます。
C:DRIVE ERROR
C:DRIVE FAILURE
ERROR ENCOUNTERED
INITIALIZATION HARD DRIVE
このメッセージは、ディスク C:にアクセスできない場合に表示されます。ディスクが機能してい
ることを確認できた場合、このエラー メッセージは次の設定/接続が間違っていることが原因で
発生したと考えられます。
• BIOS セットアップにおけるハード ディスクのパラメータ
• コントローラのジャンパ(マスタ/スレーブ)
• インターフェイス ケーブル
デバイスが故障しているか、ハード ディスクがフォーマットされていない可能性もあります。
112
付録 B ハード ディスクおよび BIOS セットアップ
Acronis True Image 8.0 ユーザーズ ガイド
2005 年 4 月 28 日
著作
発行所
第 1 版発行
(非売品)
Acronis, Inc.
株式会社プロトン
東京都新宿区百人町 1-22-17
©2000-2004
Printed in Japan
Acronis、Inc.
落丁、乱丁はお取り替えいたします。