for
Owner’s Manual
V509080 R1 1 IP 12
01 03 500 CP Printed in Japan
E
FCC INFORMATION (U.S.A.)
1. IMPORTANT NOTICE: DO NOT MODIFY THIS UNIT! This product, when installed as indicated in the instructions contained in this manual, meets FCC
requirements. Modifications not expressly approved by Yamaha may void your authority, granted by the FCC, to use the product.
2. IMPORTANT: When connecting this product to accessories and/or another product use only high quality shielded cables. Cable/s supplied with this product MUST
be used. Follow all installation instructions. Failure to follow instructions could void your FCC authorization to use this product in the USA.
3. NOTE: This product has been tested and found to comply with the requirements listed in FCC Regulations, Part 15 for Class “B” digital devices. Compliance with
these requirements provides a reasonable level of assurance that your use of this product in a residential environment will not result in harmful interference with
other electronic devices. This equipment generates/uses radio frequencies and, if not installed and used according to the instructions found in the users manual, may
cause interference harmful to the operation of other electronic devices. Compliance with FCC regulations does not guarantee that interference will not occur in all
installations. If this product is found to be the source of interference, which can be determined by turning the unit “OFF” and “ON”, please try to eliminate the
problem by using one of the following measures: Relocate either this product or the device that is being affected by the interference. Utilize power outlets that are on
different branch (circuit breaker or fuse) circuits or install AC line filter/s. In the case of radio or TV interference, relocate/reorient the antenna. If the antenna lead-in
is 300 ohm ribbon lead, change the lead-in to coaxial type cable. If these corrective measures do not produce satisfactory results, please contact the local retailer
authorized to distribute this type of product. If you can not locate the appropriate retailer, please contact Yamaha Corporation of America, Electronic Service
Division, 6600 Orangethorpe Ave, Buena Park, CA 90620
The above statements apply ONLY to those products distributed by Yamaha Corporation of America or its subsidiaries.
WARNING: THIS APPARATUS MUST BE EARTHED
IMPORTANT
THE WIRES IN THIS MAINS LEAD ARE COLOURED IN
ACCORDANCE WITH THE FOLLOWING CODE:
GREEN-AND-YELLOW :
EARTH
BLUE :
NEUTRAL
BROWN :
LIVE
As the colours of the wires in the mains lead of this apparatus may
not correspond with the coloured markings identifying the terminals in
your plug, proceed as follows:
The wire which is coloured GREEN and YELLOW must be
connected to the terminal in the plug which is marked by the letter E
or by the safety earth symbol
or coloured GREEN and YELLOW.
The wire which is coloured BLUE must be connected to the terminal
which is marked with the letter N or coloured BLACK.
The wire which is coloured BROWN must be connected to the
terminal which is marked with the letter L or coloured RED.
* This applies only to products distributed by YAMAHA KEMBLE
MUSIC (U.K.) LTD.
■ Precautions
• Do not place a container with liquid or small metal
objects on top of this unit. Liquid or metal objects
inside this unit are a fire and electrical shock hazard.
• Connect the power cord only to an AC outlet of the
type stated in this Owner’s Manual or as marked on
the power supply unit. Failure to do so is a fire and
electrical shock hazard.
• Do not locate the power supply unit in a place subject
to excessive heat or in direct sunlight. This could be a
fire hazard.
• Do not place the power supply unit in a place subject
to excessive humidity or dust. This could be a fire and
electrical shock hazard.
• Do not allow water to enter this unit or allow the unit
to become wet. Fire or electrical shock may result.
• Do not plug several devices into the same AC outlet.
This may overload the AC outlet, and could be a fire
and electrical shock hazard. It may also affect the performance of some equipment.
• Do not place heavy objects on the power cord. A damaged power cord is a potential fire and electrical shock
hazard.
• If the power cord is damaged (i.e., cut or a bare wire is
exposed), ask your dealer for a replacement. Using the
power supply unit in this condition is a fire and shock
hazard.
• Be sure to ground the unit to avoid the risk of electrical shock
• Do not scratch, bend, twist, pull, or heat the power
cord. A damaged power cord is a fire and electrical
shock hazard.
• Do not touch the power plug with wet hands. Doing
so is a potential electrical shock hazard.
2
• Hold the power cord plug when disconnecting from
an AC outlet. Never pull the cord. Damaging the
power cord in this way is a potential fire and electrical
shock hazard.
• Do not place small metal objects on top of the power
supply unit. Metal objects inside the power supply
unit are a fire and electrical shock hazard.
• Do not block the power supply unit ventilation slots.
The power supply unit has ventilation slots at the
front and rear to prevent the internal temperature
from rising. Blocked ventilation slots are a fire hazard.
• Leave a reasonable amount of free-air space around
the power supply unit.
Operating Notes
• The power must be turned on/off using the POWER
switch of this unit. Do not turn the power on/off by
plugging in the power cable, or by using a power strip
or circuit breaker. Doing so may cause malfunctions.
• Do not rapidly turn on and off the POWER switch of
this unit. Doing so may cause excessive current to
damage the system. You must allow at least five seconds to elapse between power-on and power-off.
Rack Mounting Caution
If the unit is rack mounted and transported regularly,
for example, when on a tour, we recommend that the
rear of the unit be supported by fitting a pair metal
brackets, one each side. The following drawing provides the information necessary to make such brackets.
Note that only one bracket is shown here and the
bracket for the other side must be bent in the opposite
direction.
• If the power supply unit is to be rack mounted, leave
at least 10 cm free above the top panel and behind the
rear panel. When the power supply unit is in use,
remove the rear of the rack, or open its ventilation
slots to prevent overheating, which could be a fire
hazard.
• Do not try to modify the power supply unit. This
could be a fire and electrical shock hazard.
2-R2
• The power supply unit operating temperature is
between 10˚C and 35˚C (58˚F and 95˚F).
• If you notice any abnormality—such as smoke, odor,
or noise—turn off the power supply unit immediately.
Remove the power cord from the AC outlet. Confirm
that the abnormality is no longer present. Consult
your dealer for repair. Using the power supply unit in
this condition is a fire and shock hazard.
(82.1)
76.2
86.5
44.45
200
R2
134
3.1
R5
0
8
12
0
7.5
14.5
0
5.9
4- ø 6.5
20.5
31.75
36.5
• If a foreign object or water gets inside the power supply unit, turn it off immediately. Remove the power
cord from the AC outlet. Consult your dealer for
repair. Using the power supply unit in this condition
is a fire and electrical shock hazard.
2-R2
t = 1.6
• If you plan not to use the power supply unit for a long
period of time, remove the power cord from the AC
outlet. Leaving the power supply unit connected is a
fire hazard.
• Do not use benzene, thinner, cleaning detergent, or a
chemical cloth to clean the power supply unit. Use
only a soft, dry cloth.
• The power supply unit uses high-frequency digital circuits that may cause interference on radios and televisions placed close to it. If interference does occur,
relocate the affected equipment.
• The power supply unit is equipped with the ground
connector to avoid the risk of electrical shock.
Be sure to ground the unit before you insert the power
plug into an AC outlet.
If the power cord has three pins and the ground connector on the AC outlet is grounded, the unit will be
grounded effectively.
3
Thank you for choosing the PW1D, a power supply unit designed for the CS1D Yamaha control surface.
To install the unit, please select a location with good ventilation. Do not block the front panel or rear panel
or you may restrict fan air flow. Be sure to use the included special cable to connect the unit to the
CS1D. Never use other cables to connect these units.
■ Front
panel
1
POWER
ON
OFF
■ Rear
panel
2
3
DC OUTPUT
CONNECT
AC IN
DISCON
4
A POWER ON/OFF switch and indicator
After connecting the PW1D to the CS1D using the
included cable, turn this switch on to supply power to
the CS1D.
clockwise to connect the cable, and turn it counterclockwise to disconnect the cable.
D Ground connector
B AC IN connector
Connect the included power cable here. Affix the
power cable plug using the attached screws so that the
cable will not be unplugged accidentally.
C DC OUTPUT connector
Use this connector to connect the PW1D to the CS1D
to supply power to the CS1D. Turn the cable plug
Be sure to ground the unit to avoid the risk of electrical
shock before you insert the power plug into an AC outlet.
This product comes with a 3-pin power cord. If the
ground connector of the AC outlet has already been
grounded, the unit will be grounded effectively by
using the 3-pin power cord.
Grounding the unit is also effective for preventing
hum and other noise.
■ Specifications
Power supply
Power consumption
USA and Canada : 120 V, 60 Hz
Others : 230 V, 50 Hz
USA and Canada : 400 W, 450 VA
Others : 400 W
DC Output Voltage
CS1D connected : 60V, 12V
DC Output Current
CS1D connected, 60V : 5A
CS1D connected, 12V : 0.5A
4
Dimensions (W × H × D)
480 mm × 97.5 mm × 368.5 mm
Weight
9.6 kg
Operating temperature
10 – 35˚C
Cooling fan speed
always fixed
Accessories
dedicated connection cable 3.6m × 1, power cable 2.5 m × 1
■ DC
OUTPUT connector pin assignment
Pin No.
■ DC
Function
Pin No.
Function
1
+60 V
15
GND
2
+60 V
16
GND
3
FRAME GND
17
GND
4
+60 V
18
GND
5
+60 V
19
GND
6
+60 V
20
GND
7
+60 V
21
N.C
8
+60 V
22
+12 V
9
+60 V
23
DETECT A
10
+60 V
24
GND
11
GND
25
DETECT B
12
GND
26
CAUTION (+)
13
GND
27
CAUTION (–)
14
GND
Output connector
DC OUTPUT
3
2
7
12
18
11
17
23
1
6
5
10
16
22
4
9
15
21
25
8
14
20
13
19
24
27
26
368.5
355.0
■ Dimensions
9.5
97.5
88
480
unit: mm
• Specifications and appearance are subject to change without notice for improvement.
• For European Model
Purchaser/User information specified in EN55103-1 and EN55103-2.
Inrush Current: 40A
Conformed Environment: E1, E2, E3 and E4.
5
YAMAHA CORPORATION
Pro Audio & Digital Musical Instrument Division
P.O. Box 3, Hamamatsu, 430-8651, Japan
for
取扱説明書
J
! 安全上のご注意 ―安全にお使いいただくため―
安全にお使いいただくため、ご使用の前にこの
「安全上のご注意」をよくお読みください。
またお読みになったあと、いつでも見られるところに必ず保存してください。
絵表示 この取扱説明書および製品への表示では、製品を安全に
正しくお使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産への
損害を未然に防止するために、いろいろな絵表示をしています。
内容をよく理解してから本文をお読みください。
絵表示の例
:注意(危険・警告を含む)を促す事項
:決しておこなってはいけない禁止事項
:必ずおこなっていただく強制事項
プラグをコンセント
から抜け
警告
この欄に記載されている事項を無視して、誤った取扱いをすると、人が死亡または重傷を負う
可能性があります。
設置されるとき
●
●
●
この機器はAC100V専用です。それ以外の電
源(AC200V、船舶の直流電源など)では使
用しないでください。火災・感電の原因とな
ります。
この機器に水が入ったり、機器がぬれたりし
ないようご注意ください。火災・感電の原因
となります。雨天・降雪時や海岸・水辺での
使用はとくにご注意ください。
電源コードの上に重い物をのせないでくださ
い。コードに傷が付くと、火災・感電の原因
となります。とくに、敷物などで覆われた
コードに気付かずに重い物を載せたり、コー
ドが本機の下敷きになることのないよう、十
分にご注意ください。
●
●
分解禁止
●
2
この機器の上に水などの入った容器や小さな
金属物を置かないでください。こぼれたり、
中に入ったりすると、火災・感電の原因にな
ります。
電源コードを傷つけたり、加工したり、無理
に曲げたり、ねじったり、引っ張ったり、加
熱したりしないでください。コードが破損し
て、火災・感電の原因になります。
この機器の裏ぶたやカバーは絶対に外さない
でください。感電の原因になります。
内部の点検・整備・修理が必要と思われると
きは、販売店にご依頼ください。
この機器を改造しないでください。火災・感
電の原因となります。
●
雷が鳴りだしたら、早めに機器本体の電源ス
イッチを切り、電源プラグをコンセントから
抜いてください。
●
落雷のおそれがあるとき、電源プラグが接続
されたままならば、電源プラグには触れない
でください。感電の原因となります。
プラグをコンセント
から抜け
接触禁止
使用中に異常が発生したとき
ご使用になるとき
●
アース線を接続する
●
断線・芯線の露出など、電源コードが傷んだ
ら、販売店に交換をご依頼ください。そのま
まで使用すると、火災・感電の原因となりま
す。
●
万一、この機器を落としたり、キャビネット
を破損した場合は、電源スイッチを切り電源
プラグをコンセントから抜いて販売店にご連
絡ください。そのまま使用すると、火災・感
電の原因となります。
●
煙が出ている、変なにおいや音がするなどの
異常がみとめられたときや、内部に水などの
異物が入った場合は、すぐに電源スイッチを
切り、電源プラグをコンセントから抜いてく
ださい。そのあと、販売店にご連絡くださ
い。異常状態のままで使用すると、火災・感
電の原因となります。
プラグをコンセント
から抜け
プラグをコンセント
から抜け
注意
この欄に記載されている事項を無視して、誤った取扱いをすると、人が傷害を負ったり、物的
損害が発生したりする可能性があります。
設置されるとき
●
●
●
電源プラグを抜くときは、電源コードを引っ
張らず、必ずプラグを持ってください。コー
ドを引っ張ると、電源コードが傷ついて、火
災・感電の原因となることがあります。
濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでく
ださい。感電の原因となることがあります。
この機器の通風孔をふさがないでください。
内部の温度上昇を防ぐため、この機器のケー
スの前後部には通風孔があけてあります。通
風孔がふさがると内部に熱がこもり、火災の
原因となることがあります。
とくに次のような使い方は避けてください。
・ 機器をあお向けや横倒し、逆さまにする。
・ 本箱や押し入れなど、専用ラック以外の風
通しの悪い狭いところに押し込める。
・ テーブルクロスを掛けたり、じゅうたんや
布団の上に置いて使用する。
アース線を接続する
●
オーディオラックなどに入れるときは、放熱
をよくするために、壁や他の機器との間に隙
間をとってください。隙間の大きさは、背面
では10cm、天面では10cm以上必要です。
さらにラックの背面を開放するか、もしくは
ラックの背面に相当の通風孔を開けてくださ
い。
放熱が不十分だと内部に熱がこもり、火災の
原因となることがあります。
●
本機には感電防止のため、専用のアース端子
が設けられています。
電源プラグをコンセントに挿入する前に確実
に大地アースを施してください。
3 芯電源コードの場合にはコンセント側の
アース端子が大地と接地されていれば上記と
同じ効果があります。
! 使用上のご注意 ―正しくお使いいただくため―
他の電気機器への影響について
◆ この機器のデジタル回路から発生するわずかな雑音が、近
くのラジオやテレビに入る可能性があります。そのような
ときは、両者を少し離してください。
電源の投入について
◆ 電源のオン/オフは、必ず本機のPOWERスイッチで行っ
てください。電源コードの抜き差し、OAタップのスイッ
チ、ブレーカのスイッチなどでオン/オフはしないでくだ
さい。故障の原因となることがあります。
◆ 本機のPOWERスイッチを素早くオン/オフしないでくだ
さい。過大電圧により本機が損傷する場合があります。オ
フからオンする間隔は、最低5秒間はとって行ってくださ
い。
2-R2
ラックマウント時のご注意
ツアーなどでラックマウントしたまま頻繁に運搬される場
合には図のような金具を製作して本機のリア部を支えてく
ださい。
尚、本図は片側の金具の形状を示したものですので本図と
対称形状のものを同時に製作ください。
2-R2
(82.1)
76.2
86.5
44.45
200
R2
134
3.1
R5
0
8
12
0
7.5
14.5
36.5
0
5.9
4- ø 6.5 孔
20.5
31.75
t = 1.6
3
この度はヤマハパワーサプライPW1Dをお買い上げいただきありがとうございます。
PW1Dは、
コントロールサーフェスCS1D専用の電源ユニットです。
設置に際しては放熱の良い場所をお選びください。特にフロントパネル、
リアパネルは強制ファンによる空気の通
り道となっていますので、ふさがないよう注意してください。
また、CS1Dとの結線には
付属の専用ケーブルを必ずお使いください。付属の専用ケーブル以外では結線しないでください。
■
フロントパネル
1
POWER
ON
OFF
■
リアパネル
2
3
DC OUTPUT
CONNECT
AC IN
DISCON
4
1 POWER ON/OFFスイッチ、インジケーター
付属の専用ケーブルを使用してCS1Dとの結線終了後、
こ
のスイッチをONすることにより、CS1Dに電源を供給するこ
とが可能となります。
2 AC IN コネクター
4
CS1Dと本機を接続し、CS1Dに電源を供給するための端
子です。
右回しで接続、左回しで取りはずしできます。
4 アース端子
付属の電源コードを接続します。電源コードが誤って抜け
ないようコネクターの金具で確実に固定してください。
■
3 DC OUTPUT端子
仕様
感電防止のため、電源プラグをコンセントに挿入する前に
確実に大地アースを施してください。
本機には3芯電源コードを付属しています。
この場合には
コンセント側のアース端子が大地と接地されていれば上記
と同じ効果があります。
ハムや雑音防止のためにも有効です。
電源
100V, 50/60Hz
消費電力
350W
DC出力電圧
CS1D接続時:60V, 12V
DC出力電流
CS1D接続時 60V:5A
CS1D接続時 12V:0.5A
外形寸法(W×H×D)
480mm×97.5mm×368.5mm
重量
9.6kg
動作環境
10 ∼35℃
冷却ファンスピード
常時固定
付属品
専用接続ケーブル 3.6m×1本、電源コード 2.5m×1本、アダプター1個
DC OUTPUT端子のピン配列
Pin No.
機能
Pin No.
機能
1
+60V
15
GND
2
+60V
16
GND
3
FRAME GND
17
GND
4
+60V
18
GND
5
+60V
19
GND
6
+60V
20
GND
7
+60V
21
N.C
8
+60V
22
+12V
9
+60V
23
DETECT A
10
+60V
24
GND
11
GND
25
DETECT B
12
GND
26
CAUTION(+)
13
GND
27
CAUTION(−)
14
GND
DC OUTPUT端子
DC OUTPUT
3
2
7
12
18
11
17
23
1
6
5
10
16
22
21
25
8
14
20
13
19
24
27
26
寸法図
355.0
■
4
9
15
368.5
■
9.5
97.5
88
480
単位:mm
・ 仕様および外観は改良のため予告なく変更することがあります。
・ 高調波ガイドライン適合品
5
サービスについて
■ 保証書
■ 調整・故障の修理
この商品には保証書がついています。販売店でお渡ししてい
ますから、
ご住所・お名前・お買上げ年月日・販売店名など所定
事項の記入および記載内容をおたしかめのうえ、大切に保管し
てください。
保証書は当社がお客様に保証期間内の無償サービスをお約
束するもので、
この商品の保証期間はお買上げ日より1年です。
保証期間内の転居や、
ご贈答用に購入された場合などで、記
載事項の変更が必要なときは、事前・事後を問わずお買上げ販
売店かお客様ご相談窓口、
またはヤマハ電気音響製品サービス
拠点へご連絡ください。継続してサービスできるように手配いた
します。
「故障かな?」
と思われる症状のときは、
この説明書をもう一度
よくお読みになり、電源・接続・操作などをおたしかめください。
そ
れでもなお改善されないときには、お買上げ販売店へご連絡く
ださい。調整・修理いたします。
調整・修理にさいしては保証書をご用意ください。保証規定に
より、調整・修理サービスをいたします。
また、故障した製品をお
持ちいただくか、サービスにお伺いするのかも保証書に書かれ
ています。
修理サービスは保証期間が過ぎた後も引き続きおこなわれ、
そのための補修用性能部品が用意されています。性能部品とは
製品の機能を維持するために不可欠な部品のことをいい、PA製
品ではその最低保有期間は製造打切後8年です。
この期間は通
商産業省の指導によるものです。
■ 損害に対する責任
この商品
(搭載プログラムを含む)
の使用または使用不能に
より、お客様に生じた損害
(事業利益の損失、事業の中断、事業
情報の損失、
その他の特別損失や逸失利益)
については、当社は
一切その責任を負わないものとします。
また、如何なる場合でも、
当社が負担する損害賠償額は、お客様がお支払になったこの商
品の代価相当額をもって、
その上限とします。
■ お客様ご相談窓口
ヤマハPA製品にかんするご質問・ご相談は下記のお客様ご
相談窓口へ、アフターサービスについてのお問合わせはヤマハ
電気音響製品サービス拠点へおよせください。
●お客様ご相談窓口 : PA製品に対するお問合せ窓口
ヤマハ・プロオーディオ・インフォメーションセンター
Tel: 03-5791-7678 Fax: 03-5488-5085(電話受付=祝祭日を除く月∼金/11:00∼19:00)
E-mail: painfo@post.yamaha.co.jp
●営業窓口
PA・DMI事業部 PE営業部
P A 北海道営業所
P A 仙台営業所
P A 東京事業所
P A 名古屋営業所
P A 大阪事業所
P A 九州営業所
本社国内営業一課
☎ 011-512-6106
☎ 022-222-6214
☎ 03-5488-5480
☎ 052-232-5744
☎ 06-6647-8359
☎ 092-412-5556
☎ 053-460-2455
〒064-8543
〒980-0804
〒108-8568
〒460-8588
〒556-0011
〒812-8508
〒430-8650
札幌市中央区南十条西1-1-50 ヤマハセンター内
仙台市青葉区大町2-2-10 住友生命青葉通りビル
東京都港区高輪2丁目17-11
名古屋市中区錦1-18-28
大阪市浪速区難波中1-13-17 なんば辻本ニッセイビル
福岡市博多区博多駅前2-11-4
浜松市中沢町10-1
●ヤマハ電気音響製品サービス拠点 : 修理受付および修理品お預かり窓口
北海道サービスステーション
仙 台サービスステーション
首都圏サービスセンター
浜 松サービスステーション
名古屋サービスセンター
大 阪サービスセンター
四 国サービスステーション
広 島サービスステーション
九 州サービスステーション
本 社/CSセンター
☎ 011-512-6108
☎ 022-236-0249
☎ 044-434-3100
☎ 053-465-6711
☎ 052-652-2230
☎ 06-6877-5262
☎ 087-822-3045
☎ 082-874-3787
☎ 092-472-2134
☎ 053-465-1158
〒064-8543
〒984-0015
〒211-0025
〒435-0016
〒454-0058
〒565-0803
〒760-0029
〒731-0113
〒812-8508
〒435-0016
札幌市中央区南十条西1-1-50 ヤマハセンター内
仙台市若林区卸町5-7 仙台卸商共同配送センター 3F
川崎市中原区木月1184
浜松市和田町200 ヤマハ(株)和田工場6号館2階
名古屋市中川区玉川町2-1-2 ヤマハ(株)名古屋流通センター3F
吹田市新芦屋下1-16 ヤマハ(株)千里丘センター内
高松市丸亀町8-7 (株)ヤマハミュージック神戸 高松店内
広島市安佐南区西原6-14-14
福岡市博多区博多駅前2-11-4
浜松市和田町200 ヤマハ(株)和田工場6号館2階
※ 所在地・電話番号などは変更されることがあります。
※ 2001年1月現在
PA・DMI事業部 PE営業部 ☎ 053-460-2455
〒430-8650 浜松市中沢町10-1