お客様相談センター
受付時間
東日本相談室 TEL
043-297-4649 FAX 043-299-8280
西日本相談室 TEL
06-6621-4649 FAX 06-6792-5993
月曜∼土曜:午前9時∼午後6時
日曜・祝日:午前10時∼午後5時(年末年始を除く)
● 同梱のソフト(CD-ROM)についてのお問い合わせは‥
シャープAVCホットライン
受付時間
TEL
03-5396-8895
月曜∼金曜:10:00∼12:00/13:00∼17:00 (土・日曜、祝日など弊社休日は除く)
● 同梱のソフト PixLab(ピクスラボ)4.7LEのインストールキー
A2815336 ー 2642811
「お客様ご相談窓口のご案内」(175ページ)をご参照ください。
● 修理のご相談は‥
● シャープホームページ
VL-Z900 液晶デジタルビデオカメラ取扱説明書
● 製品についてのお問い合わせは‥
®
取扱説明書
液晶デジタルビデオカメラ
ブイ エル
形
名
◆ 本書は、保証書とともに、いつでも見ることができる所に必ず保存してください。
◆ 保証書は、必ず購入店名・購入日などの記入を確かめてお受け取りください。
◆ See page 192 for "Quick Start Guide in English".
04P01-MMM
Printed in Malaysia
TINSJA041WJN1B
”
ロゴは商標です。
お買い上げいただき、
まことにありがとうございました。
この取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
ご使用の前に、
「安全にお使いいただくために」
を必ずお読みください。…7ページ
大阪市阿倍野区長池町22番22号
栃木県矢板市早川町174番地
®
VL-Z900_表1-4面付.pm6
Page 1
撮
る
・
見
る
使
い
こ
な
す
編
集
す
る
•“ 〒545-8522
〒329-2193
VL-Z900
準
備
カ
ー
ド
を
使
う
http://www.sharp.co.jp/
本 社
AVシステム事業本部
ゼット
安
全
に
使
う
04.1.27, 10:44 AM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
静パ
止ソ
画コ
をン
取に
り
込
む
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
もくじ
ページ
お
使
い
に
な
る
ま
え
に
ご使用の前に必ずお読みください ・・・・・・・ 5
本書の見かた ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6
安全にお使いいただくために ・・・・・・・・・・・ 7
付属品と別売品 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18
ご使用にあたって ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19
各部のなまえとおもな機能 ・・・・・・・・・・・ 20
準
備
レンズキャップの使いかた ・・・・・・・・・・・・・・・・
ワイヤレスリモコンの使いかた ・・・・・・・・・・・・
画面について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
端子部ふたの開きかた ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
22
23
24
27
ページ
電源を入れる・切る(モードの切り換え)・・ 41
画面表示の切り換えについて ・・・・・・・・・ 42
持ちかた・かまえかた ・・・・・・・・・・・・・・・ 43
準備する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
再生する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
再生中に、見たい場所をすばやく探す
(ビデオサーチ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
画面を止めて見る(静止画再生) ・・・・・・・・・・
コマ送りで見る(コマ送り再生) ・・・・・・・・・・
スローモーションで見る(スロー再生) ・・・・
逆方向に再生する(逆再生) ・・・・・・・・・・・・・・
ボタン電池を入れる ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 29
本体にボタン電池を入れる ・・・・・・・・・・・・・・・・ 29
ワイヤレスリモコンへボタン電池を入れる ・・ 30
電源について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 31
ご家庭のコンセントで使う ・・・・・・・・・・・・・・・・ 31
バッテリーパックを使う ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 31
バッテリーパックを充電する ・・・・・・・・・・・・・・ 32
2
ビデオテープを入れる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 39
取り出すときは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 40
VL-Z900_表1-4面付.pm6
Page 2
51
51
52
53
53
53
53
撮影した映像をその場で確認する
(カメラサーチ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 54
日付・時刻を設定(修正)する ・・・・・・・・・ 33
ビデオテープを入れる ・・・・・・・・・・・・・・・ 39
準備する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45
撮影する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45
クイックにマニュアル設定したいとき ・・・・・・ 46
液晶モニターのバックライトを切る ・・・・・・・・ 47
ズームする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 47
電源の切り忘れを防止する(オートパワーオフ) ・・ 48
ヘッドホンを使う ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49
テープに静止画を撮る ・・・・・・・・・・・・・・・ 50
テープを再生する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 51
視力に合わせて視度調整をする ・・・・・・・・・・・・ 28
33
35
36
38
Use the menu screens to
adjust the various
camcorder settings.
テープに撮影する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45
撮
る
・
見
る
液晶モニターを使うときは ・・・・・・・・・・・ 27
ビューファインダーを使うときは ・・・・・ 28
はじめて設定するとき ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日付・時刻を設定し直す ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日付・時刻表示を切り換える ・・・・・・・・・・・・・・
12時間制・24時間制表示を切り換える ・・・・
Using the Menu Screens
使
い
こ
な
す
撮影するときに便利な機能を使う ・・・・・ 55
各機能を選択する操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 55
逆光の中や暗いときに補正する(逆光補正) ・・・・・・ 56
シーンの切り換わりを効果的に撮る(フェード) ・・ 57
撮影するシーンに合わせた設定にする(シーンアジャスト) ・・ 58
画面を明るくする(ファインピクチャー) ・・・・・・ 59
Operation button
Media Selection
switch
4
" メニュー "
• You can press
tion button.
(MENU) button
Power switch
1
Set to the desired camcorder mode by using the Media
Selection switch and the Power switch (see page 197).
• Steps 2 to 5 show how to change the DGTL ZOOM menu setting in Tape Camera mode.
2
Press the "メニュー"
(MENU) button to display the menu screen.
S E T T I NG 1
QK . R E T URN
W I D E MOD E
D G T L Z O OM
TAPE SPEE D
Z O OM M I C
RE T URN
S T AR T
OF F
OF F
SP
AUTO
Note:
• The menu screen does not appear during recording.
3
S E T T I NG 1
Press
or
on the
QK. RE TURN START
OF F
W I D E MOD E
Operation button to
D G T L Z O OM O F F
TAPE SPEE D SP
select the desired
AUTO
Z O OM M I C
RE T URN
menu screen ( ),
then press the center of the Operation button.
• You can press
button.
Press
or
to select the desired menu
item (DGTL ZOOM),
then press the center
of the Operation button.
, instead of the center of Operation
5
S E T T I NG 1
Q K . R E T U RN
W I D E MOD E
DG T L Z O OM OF F
TAPE SPEE D 4 0
Z O OM M I C
200
R E T URN
, instead of the center of the Opera-
Press or to select the desired menu setting (40), then press the center of the Operation button.
DG T L ZOOM
40
• You can press , instead of the center of the Operation button.
• To adjust another menu item, press or to select
“RETURN” and press the center of the Operation
button, then perform steps 3 to 5.
■ To turn off the menu screen
Press the "メニュー" (MENU) button.
Notes:
• Certain menu items are common to all camcorder modes. If the
BEEP menu item, for example, is set to “OFF” in Tape Camera
mode, it will be automatically set to “OFF” in other modes.
• The menu screen automatically turns off if no settings are made
within 5 minutes.
• Items that are not selectable are grayed out.
205
03.12.23, 4:24 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
使
い
こ
な
す
ページ
ページ
自分で自分を撮る(対面撮影)・・・・・・・・・ 60
テープ撮影時の誤操作を防ぐ(スタンバイ)・・ 82
ズームマイクを使う ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 83
LEDライトを使う ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 85
手に持って対面撮影する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 60
置いた状態または三脚に取り付けた状態で
対面撮影をするとき ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 61
録画終了部分を探す(撮影スタンバイ)・・
長時間撮影する(録画モード)・・・・・・・・・
手ブレ補正を解除する(ブレ補正)・・・・・
高画質で撮る(ワイドモード)・・・・・・・・・
62
63
63
64
ワイドモード(スクイーズ)で映像を記録する ・・ 64
音声モードを切り換える ・・・・・・・・・・・・・ 65
風音を低減して撮影する(風音低減)・・・ 66
タイムコードを表示させる ・・・・・・・・・・・ 66
タイムコードを表示させる ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 66
テレビ画面にタイムコードを出したいとき ・・ 67
カードを入れる/取り出す ・・・・・・・・・・・ 87
カ
ー
ド
を
使
う
カードを入れる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 87
カードを取り出す ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 88
画質/画像サイズを設定する ・・・・・・・・・ 88
画質を設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 88
画像サイズを設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 89
静止画を撮る(カード撮影)・・・・・・・・・・・ 89
カードに撮影する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 90
クイックにマニュアル設定したいとき ・・・・・・ 90
手動で調整する(マニュアル機能)・・・・・ 68
セルフタイマーを使う ・・・・・・・・・・・・・・・ 91
フラッシュを使って撮影する ・・・・・・・・・ 93
マニュアル機能を選択する操作 ・・・・・・・・・・・・ 68
より自然な色合いで撮る(ホワイトバランス) ・・ 70
明るさ(F値)を補正する(アイリス) ・・・・・ 71
明るさ(ゲイン値)を補正する(ゲイン) ・・ 72
シャッタースピードを切り換える(シャッター) ・・ 72
すべてオートに戻す(フルオート) ・・・・・・・・ 73
カードをフォーマットする ・・・・・・・・・・・ 95
カードごとにファイル名の連番を
リセットする(ファイルNo切換)・・・・ 97
カードを再生する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 98
手動でピントを合わせる(マニュアルフォーカス)・・ 74
オートフォーカスに戻す ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 75
テープを再生するときに便利な機能を使う ・・ 76
画面を上下反転させて再生する(画面上下反転) ・・ 76
ワイドモード(スクイーズ)の映像を再生する
(シネマ再生) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 77
赤目補正を設定する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 94
静止画を1画面表示する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 98
カード再生時の画面表示について ・・・・・・・・・ 100
ワイド記録された静止画を見る(出力切換) ・・ 100
画像を消去する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 102
1画面ずつ消去する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 102
すべて消去する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 104
録画または再生時に特殊効果をつける(演出効果)・・ 79
テレビに接続して見る ・・・・・・・・・・・・・・・ 80
VL-Z900_p003-p006.pm6
Page 3
次ページへつづく
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
3
もくじ(つづき)
カ
ー
ド
を
使
う
ページ
ページ
大切な画像を保護する(プロテクト)・・ 105
すべてのメニュー設定を初期状態に戻す ・・ 141
確認音を消したいとき ・・・・・・・・・・・・・・ 141
映像を調整する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 142
画面表示を英語にしたいとき ・・・・・・・・ 143
海外で使うとき ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 143
撮りかたの基本 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 144
バッテリーパックについて ・・・・・・・・・・ 145
フィルターやコンバージョンレンズ
を取り付けるときは ・・・・・・・・・・・・・・ 148
つゆ付き(結露)について ・・・・・・・・・・・・ 148
ヘッドの汚れについて ・・・・・・・・・・・・・・ 150
使用上のご注意 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 151
故障かな?と思ったら ・・・・・・・・・・・・・・・ 159
警告とお知らせメッセージ ・・・・・・・・・・ 165
用語の解説 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 167
仕様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 172
保証とアフターサービスについて ・・・・ 174
お客様ご相談窓口のご案内 ・・・・・・・・・・ 175
修理品引き取りサービスのご案内 ・・・・ 177
おもな機能別インデックス ・・・・・・・・・・ 179
さくいん ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 181
操作設定表示画面一覧 ・・・・・・・・・・・・・・ 183
メニュー画面一覧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 185
メニューの選びかた ・・・・・・・・・・・・・・・・ 189
6画面表示時にプロテクトする ・・・・・・・・・・・・ 105
1画面表示時にプロテクトする ・・・・・・・・・・・・ 106
静止画を連続で見る(スライドショー再生)・・ 107
プリント情報をつける(プリントマーク)・・ 109
プリントマークを設定する ・・・・・・・・・・・・・・・ 109
すべての画像のプリントマークを解除する ・・ 111
プリンタで印刷する ・・・・・・・・・・・・・・・・ 112
静止画を印刷する(ダイレクトプリント) ・・ 112
編
集
す
る
静パ
止ソ
画コ
をン
取に
り
込
む
テープ→カードにコピーする(フォトコピー)・・ 115
録画済みのテープに別の音声を追加する(アフレコ)・・ 116
アフレコした音声を聞く ・・・・・・・・・・・・ 119
本機→他の機器へダビングする ・・・・・・ 120
他の機器→本機へダビングする(外部録画)・・ 123
テレビやビデオ機器の映像をデジタルに変換する ・・ 126
パソコンにカードの画像を取り込む ・・ 128
z ソフトウェアをインストールする ・・・・・・ 128
x ピクスラボを使ってパソコンに
画像を取り込む ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 140
Quick Start Guide in English ・・・・・・・・・ 192
4
VL-Z900_p003-p006.pm6
役
立
つ
情
報
/
メ
ニ
ュ
ー
Page 4
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
ご使用の前に必ずお読みください
撮影の前には試し撮りをしましょう
撮影の前には、
必ず試し撮りをして、
正常に録画・録
音されていることを確かめましょう。
(撮影中も、ときどき正常に録画できているか再生
して確かめましょう。)
ヘッド汚れにご注意
■ ヘッドが汚れると
● 撮影時:
「ヘッドをクリーニングしてください」の警
告が表示されます。
● 再生時:下図のような画面になります。
正常な画像
ビデオヘッドが汚れているときの画像
(例)
しま状のノイズ モザイク状のノイズ 青一色の画面
■ ヘッド汚れはビデオテープに原因のある可能性が
ありますので、ヘッド汚れが発生したメーカー以
外のビデオテープ、またはシャープ製ビデオテー
プ「VR-DVM60」のご使用をおすすめします。
■ 使用する環境条件の影響を受けた場合、再生時モ
ザイク状のノイズが出る場合があります。
ヘッドが汚れやすくなるのは・・・
■ 温度の低いところから急に高いところへ移動した
ときや、湿気の多いところで使用したとき
「つゆ付き(結露)について」(148ページ)をよくお読みください。
■ 以前にヘッド汚れが発生したテープや、
傷んだテー
プを使用したとき
■ 長時間使用したとき
■ ほこり、
ちり、
砂ぼこりの多いところで使用したとき
■ 長期間使われなかったとき
液晶モニターについてのお知らせ
■ こ の よ う な と き は 、別 売 の ク リ ー ニ ン グ テ ー プ
「VR-DVMCL」を使ってヘッドをきれいにしてください。
■ クリーニングテープ使用時のご注意
• クリーニングテープの取扱説明書を必ずお読みください。
• ヘッドクリーニングをしても直らないときは、お買い
上げの販売店もしくはシャープお客様ご相談窓口にご
相談ください。
(175 ページ)
VL-Z900_p003-p006.pm6
Page 5
• 液晶モニターは非常に精密度の高い技術でつくられて
おり、
99.99%以上の有効画素がありますが0.01%以
下の画素欠けや常時点灯するものがあります。
故障ではありませんので、
あらかじめご了承ください。
これらの点はテープやカードには記録されませんので
ご安心ください。
画素欠け
(黒い点)
03.12.23, 5:08 PM
常時点灯の点
(赤や青、緑の点)
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
5
本書の見かた
®
取扱説明書
液晶デジタルビデオカメラ
ブイ エル
形
名
•“ ゼット
VL-Z900
安
全
に
使
う
準
備
撮
る
・
見
る
使
い
こ
な
す
長時間撮影する(録画モード) 手ブレ補正を解除する(ブレ補正)
準備
録画モードを「LP」に設定すると、
「SP」(標準)の約1.5倍長く
撮影できます。(画質の劣化はありません。)
• 本機を使うための準
備です。
この機能は「テープ」-「撮影」モードでご使用になれます。
撮る・見る
• 基本的な操作方法が
まとめられています。
編
集
す
る
使いこなす
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
◆ 本書は、保証書とともに、いつでも見ることができる所に必ず保存してください。
◆ 保証書は、必ず購入店名・購入日などの記入を確かめてお受け取りください。
◆ See page 192 for "Quick Start Guide in English".
• 本機を使うにあたっ
ての注意事項等です。
カ
ー
ド
を
使
う
静パ
止ソ
画コ
をン
取に
り
込
む
”
ロゴは商標です。
お買い上げいただき、
まことにありがとうございました。
この取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
ご使用の前に、
「安全にお使いいただくために」
を必ずお読みください。…7ページ
安全に使う
• 本機を使いこなすた
めの機能がまとめら
れています。
カードを使う
• カードを使っての撮
影や再生がまとめら
れています。
編集する
• 撮った画像を編集する
ための接続や設定がま
とめられています。
この機能は「テープ」-「撮影」モードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
アイコン
「
三脚に取り付けるなど、手ブレの心配がないときはブレ補正
を「切」にします。(工場出荷時は、「入」に設定されています。)
ブレ補正を「切」にしていると、自然な画像になります。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影設定
ブレ補正
音声モード
風音低減
ヘッドホン音量
もどる
SP
LP 機能項目
」→「録画モード」
設定内容
「SP」
「LP」
アイコン
「
「SP」 標準の録画モードです。撮影後にアフレコ編集を行い
たいときは、
「SP」に設定します。
「LP」 SPの約1.5倍長く撮影できます。
「LP 」モード選択時は、画面表示「入」にしたときに
「LP」表示が出ます。
使
い
こ
な
す
入
切
機能項目
」→「ブレ補正」
設定内容
「入」
「切」
「入」 ブレ補正機能が働きます。
「切」 この機能を使用したくないときは、この設定にしておき
ます。
お知らせ .....................................................................
∫ 「LP」モードで使うときは、「LP」表示のあるカセットテープでご使用
ください。表示のないテープでは、
モザイク状のノイズが出る場合が
あります。
∫ 「LP」モードで撮影・再生したとき、
使用条件や環境によって、
モザイ
ク状のノイズが出る場合があります。
∫ 「LP」モードで撮影した部分は、アフレコができません。
∫ 「LPモード使用時のご注意」
(156ページ)もあわせてご覧ください。
お知らせ .....................................................................
∫ ブレ補正が「入」になっていても、
ブレが大きすぎると、補正されない
ことがあります。
63
パソコンに静止画を
取り込む
• 同梱のソフトウエア
(CD-ROM)のパソコ
ンへのインストールの
しかた、ソフトを使っ
たカードからパソコン
への静止画の基本的な
取り込みかたを紹介し
ています。
役立つ情報/メニュー
• 本機を使うにあたっ
ての情報です。
• 機能名などから、その
機能の設定ページを
検索できます。
役立つ情報/メニュー
6
•「メニューの選びかた」
(189
ページ)
にメニューの基本的
な設定方法が書かれていま
す。
VL-Z900_p003-p006.pm6
お知らせ
• 説明している機能に関連
するお知らせを示します。
設定内容
参照ページです。
• 設定内容に関する説
明が書かれています。
アイコン ... メニュー画面で選択するアイコン(マーク)です。
機能項目 ... 選択する機能です。
設定内容 ... 機能項目の設定内容です。
メニューの選びかたは 操作手順(機能別)
• 機能を設定するために選ぶメ
ニュー項目を示しています。
Page 6
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
安
全
に
使
う
安全にお使いいただくために
ご使用の前に
•「安全にお使いいただくために」
は使う前に必ず読み、
正しく安全にご使用ください。
この取扱説明書には、
安全にお使いいただくためにい
ろいろな表示をしています。
その表示を無視して誤っ
た取り扱いをすることによって生じる内容を、
次のよ
うに区分しています。
内容をよく理解してから本文を
お読みになり、
記載事項をお守りください。
å 危険 人が死亡または重傷を負うおそ
れが高い内容を示しています。
å 警告 人が死亡または重傷を負うおそ
れがある内容を示しています。
人がけがをしたり財産に損害を
å 注意 受けるおそれがある内容を示し
ています。
図記号の意味
AAAAA
気をつける必要があることを表しています。
AA A A A A A
してはいけないことを表しています。
AA A A A A AA A
しなければならないことを表しています。
•「安全にお使いいただくために」
はビデオカメラ共通のも
のです。記載されているビデオカメラのイラストは、実
物とは異なりますので、ご了承ください。
警告
■ 煙が出ている、
変なにおいや音がす
るなどの異常状態のときはACア
ダプターを抜く
» 異常状態のまま使用すると、
火災・
感電の原因となります。
ACアダプ
ター使用時は、
ACアダプターをコ
ンセントから抜き
(バッテリーパッ
ク使用時は、
バッテリーパックを取
り外して)
、
販売店に修理をご依頼
ください。
お客様による修理は危険
ですから絶対おやめください。
» このビデオカメラやACアダプターを落と
したり、キャビネットを破損した場合は、
機器本体の電源スイッチを切りACアダプ
ター使用時は、ACアダプターをコンセン
トから抜き
(バッテリーパック使用時は、
バッテリー
パックを取り外して)、販売店にご連絡ください。そ
のまま使用すると火災・感電の原因となります。
次ページへつづく
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 7
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
7
安全にお使いいただくために(つづき)
警告
■ 不安定な場所に置かない
» ぐらついた台の上や傾いた
所など不安定な場所に置か
ないでください。落ちた
り、倒れたりして、けがの
原因となります。
■ ボタン電池は幼児の手の届かない
ところへ置く。飲み込んだとき
は、ただちに医師と相談を
■ キャビネットは絶対に開けない
» 感電の原因となりま
す。内部の点検・調
整・修理は販売店にご
依頼ください。
» このビデオカメラを分
解したり改造しないで
ください。発熱・発
火・感電・けがの原因
となります。
» ボタン電池を取り外した
場合は、誤って口に入れる
ことがないように保管し
てください。
飲み込んで胃
などに止まると大変危険
です。飲み込んだ恐れがあ
るときは、ただちに医師と
相談してください。
8
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 8
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
安
全
に
使
う
警告
■ 内部に物や水などを入れない
» このビデオカメラの開口
部
(通風孔、ビデオテープ
の挿入口など)
から内部に
金属類や燃えやすいもの
など異物を差し込んだ
り、落とし込んだりしな
いでください。火災・感
電の原因となります。
特にお子様のいるご家庭では注意してください。
» 異物や水がビデオカメラの内部に入った場合は、
電源スイッチを切りAC
アダプター使用時は、
ACアダプターをコンセ
ントから抜き(バッテ
リーパック使用時は、
バッテリーパックを取り
外して)、販売店にご連
絡ください。そのまま使
用すると火災・感電の原因となります。特にお子
様のいるご家庭では注意してください。
■ 水をかけたり、ぬらしたりしない
» 水が入ったり、
ぬらさ
ないでください。火
災・感電の原因となり
ます。
雨天、
降雪中、
海
岸、
水辺での使用は特
にご注意ください。
» 風呂、
シャワー室では
使用しないでくださ
い。火災・感電の原因
となります。
» コップ、化粧品、薬品
や水などの入った容
器を置かないでくだ
さい。こぼれたり、中
に入った場合、火災・
感電の原因となりま
す。
次ページへつづく
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 9
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
9
安全にお使いいただくために(つづき)
警告
■ ぬれた手で、ビデオカメラをさわ
らない
» 感電の原因となりま
す。
■ レンズに太陽等の強い光が進入す
る状態で長時間放置しない
» レンズの集光作用
により、火災が発
生する原因となり
ます。
■ 移動中は液晶モニターを見ない
» 自動車などの運転中
や歩行中に操作をし
たり、
画面を見ないで
ください。
けがをした
り、
交通事故を起こす
原因となります。
動き
ながら撮影するとき
は、
まわりに気をつけ
てください。
■ フラッシュやLEDライトを人(特に
乳幼児)に向けて至近距離で発光し
ない
» 目に近づけて発光すると、視力障害
を起こす原因となります。特に乳幼
児に対して1m以内の距離で発光し
ないでください。
10
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 10
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
安
全
に
使
う
注意
■ 油煙、湯気、湿気、ほこりなどが多
い場所に置かない
» 調理台や加湿器の
そばなど油煙や湯
気が当たるような
場所に置かないで
ください。火災・感
電の原因となるこ
とがあります。
» 直射日光下や発熱体のそばなど、
高温の場所で使用
したり保管しないでください。
電池の液もれ、
発熱、
破れつの原因となります。
■ お手入れのときは電源供給機器を本
機から取り外す
» 感電の原因となる
ことがあります。
■ ビデオテープ挿入口などのすきまに
手を入れない
» ビデオテープ挿入口
から、
手を入れないよ
うにしてください。
け
がの原因となること
があります。
特に小さなお子様のい
るご家庭ではご注意ください。
■ 3年に一度くらいはビデオカメラ内部
の清掃を販売店に依頼する
» 内部にほこりがたまったまま、
長い間掃
除をしないと火災や故障の原因となるこ
とがあります。
特に、
湿気の多くなる梅雨
期の前に行うと、より効果
的です。
なお、
内部掃除費用
については、販売店などに
ご相談ください。
次ページへつづく
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 11
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
11
安全にお使いいただくために(つづき)
注意
■ 液晶モニターに衝撃をあたえない
» ガラスでできてい
ますので、割れる
とけがをする恐れ
があります。
■ 重いものを置かない
» ビデオカメラの上に重いものを置か
ないでください。バランスがくずれ
て倒れたり、落下して、けがの原因
となることがあります。
■ 機器の上に乗らない
» この機器に乗らないでください。特
に、小さなお子様のいるご家庭では
ご注意ください。こわれたり、けが
の原因となることがあります。
■ 持ち運びのとき
» 移動させる場合は、必ずACアダプ
ターをコンセントから抜き、機器間
の接続コードを外したことを確認の
上、行ってください。コードが傷つ
き、火災・感電の原因となることが
あります。
■ 日中の窓を閉めきった自動車の中など、
異常に温度が高くなる場所に放置しない
» キャビネットが高
温
(約60℃以上)
に
なり、さわるとや
けどの原因となる
ことがあります。
» キャビネットや部品に悪い影響をあ
たえ、火災・感電の原因となること
があります。
12
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 12
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
注意
■ 電池を入れるときは極性表示
(プラ
ス±とマイナス—)の向きを間違
えない
» 間違えると電池の破
裂・液もれによっ
て、火災・けがや周
囲を汚損する原因と
なることがありま
す。
■ 指定以外の電池は使用しない
» 電池の破裂・液もれによって、火
災・けがや周囲を汚損する原因と
なることがあります。
安
全
に
使
う
バッテリーパックについて
危険
■ バッテリーパックの取扱いについて
» バッテリーパックを使用するとき
は、次のことを必ず守ってくださ
い。
バッテリーパックを液もれ、
発
熱、
破れつさせる原因となります。
1. 分解や改造をしたり、端子に直接
ハンダ付けしない。
2. 取り外したバッテリーパックの±
極と—極を針金・ネックレスなど
の金属類でショートさせない。
3. 直射日光の当たると
ころや自動車のダッ
シュボードなどの高
温
(60℃以上)
になる
ところに置かない。
4. 水や火の中に投入したり、加熱したりしない。
5. 専用の充電器以外は使用しない。
次ページへつづく
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 13
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
13
安全にお使いいただくために(つづき)
バッテリーパックについて
警告
■ バッテリーパックの取扱いについて
1. 持ち運ぶ際は必ず保護
袋に収納する。
2. 強い衝撃を与えたり落
下をさせない。
3. 子供の手の届くところに置かない。
4. 電子レンジや洗濯機に入れない。
» 乳幼児の手の届かない所で使用、
保管してください。
» バッテリーパック内部の液が目に
入ったときは、失明の恐れがあり
ますので、こすらずにすぐにきれ
いな水で洗った後、ただちに医師
の治療を受けてください。また、
皮膚や衣類に付着した場合には皮
膚に傷害を起こす恐れがあります
ので、ただちにきれいな水で洗い
流してください。
注意
■ バッテリーパックを充電するときに
» 充電するときは、10℃∼30℃の
範囲で使用してください。この温
度範囲以外では、バッテリーパッ
クの液もれ、発熱、破れつの原因
となることがあります。
■ 安全のため、ご使用後は
必ずバッテリーパックを
取り外し、涼しい場所に
保存する
14
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 14
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
SDメモリーカードについて
注意
■ SDメモリーカードは幼児やお子
様の手の届く所に放置しない
» 誤って口に入れるなど、思わぬ事
故の原因となることがあります。
■ SDメモリーカードを火中に投入
しない
» 破裂による火災・ケガの原因とな
ることがあります。
安
全
に
使
う
ACアダプターについて
警告
■ ACアダプターの取扱いについて
» ACアダプターは、本機以外には
接続しないでください。それ以外
のものに接続すると、火災の原因
となります。
» 本体やコードの接点部に金属類を
差し込まないでください。感電、
発熱、発火の原因となります。
■ ACアダプターは表示された電源
電圧で使用する
» 表示された電源電圧
(交流100ボル
ト∼240ボルト)
以外で使用する
と、
火災・感電の原因となります。
次ページへつづく
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 15
03.12.23, 5:08 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
15
安全にお使いいただくために(つづき)
ACアダプターについて
警告
■ ACアダプターにほこりや金属物が付
着している場合は乾いた布で取り除く
» そのままで使用すると火災・感電の原因と
なります。
■ ACアダプターのコードを破損する
ようなことはしない
16
» コードを傷つけたり、
加工したり無理に曲
げたり、
ねじったり、
引っ張ったり、
加熱した
りしないでください。
コードが破損して火
災・感電の原因となります。
» コードが傷んだら
(芯線の露出、
断線など)
販
売店に交換をご依頼ください。
そのまま使
用すると火災・感電の原因となります。
» コードの上に重いものをのせたり、
コード
が機器の下敷きにならないようにしてくだ
さい。
コードに傷がついて、
火災・感電の原因
となります。
コードの上を敷物などで覆う
ことにより、
それに気付かず、
重いものをの
せてしまうことがあります。
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 16
■ 雷が鳴り出したらACアダプターに
は触れない
» 感電の原因となります。
■ ACアダプターを使うときは
» プラグをぬれた手でさわらな
い
» プラグやコードが傷ついたま
ま使わない
» 市販の
「電子式変圧器」
は使用
しない
火災・感電・故障の原因となることが
あります。
03.12.23, 5:09 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
安
全
に
使
う
警告
■ ACアダプターは根元まで確実に差し込む
» 差し込みが不完全なときは、発熱し
たり、ほこりが付着して火災の原因
となることがあります。
» 刃にふれると感電の原因となること
があります。
■ ACアダプターを根元まで差し込んでもゆ
るみがあるときはコンセントに接続しない
» 発熱して火災の原因となることがあり
ます。販売店や電気工事店にコンセン
トの交換を依頼してください。
■ ACアダプターのコードを熱器具に
近づけない
» コードの被覆が溶けて、火災・感電
の原因となることがあります。
■ ACアダプターを抜くときはコード
を引っ張らない
» コードが傷つき火災・感電の原因とな
ることがあります。必ずA C アダプ
ターを持って抜いてください。
■ 旅行などで長時間ご使用にならない
ときは、ACアダプターを抜く
» 安全のため必ずACアダプターをコン
セントから抜いてください。
火災の原
因となることがあります。
» ご使用後やご使用にならないとき
は、安全のためACアダプターをコン
セントから抜いてください。感電、
発熱、発火の原因となることがあり
ます。
17
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 17
03.12.23, 5:09 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
付属品と別売品
» パソコンソフト(CD-ROM)※1
付属品
» ACアダプター
» レンズキャップ
「ピクスラボVer. 4.7LE」
「USBドライバ」
» レンズフード(本体装着)
» 取扱説明書(本書)
» 保証書
※1 本ソフトの取扱説明書はPDF形式でCD-ROMに収録されています。
» ワイヤレスリモコン
別売品
» バッテリーパック
別売品の詳細については、ビデオカメラ総合カタログをご
覧ください。
■アクティブバリューキット(VR-HKT9)
(VR-BLZ9)
» リモコン用ボタン電池 大
(CR2032)
» 映像/音声/S映像ケーブル
» 本体用ボタン電池 小
(CR1216)
»SDメモリーカード※2(32MB)
»レンズフィルター(偏光/レンズ保護各1枚)
»バッテリーパック(VR-BLZ9)
»ズームマイク
»バッテリーチャージャー
»ACアダプター
»ポーチ
»ストラップ
※2 SDメモリーカードは初期化(フォーマット)されていますので、その
ままご使用いただけます。
» USBケーブル
■バッテリーパック
» LEDライト
■テープ(ミニDVカセット VR-DVM60)
18
VL-Z900_p007-p019.pm6
»標準タイプ(VR-BLZ9) »長時間タイプ※3(VR-LBL120)
»長時間バッテリーパック用DCケーブル(VR-DC120Z)
※3 長時間タイプのバッテリーパック「VR-LBL120」をご使用になる
ときは、長時間バッテリーパック用DCケーブル「VR-DC120Z」
が必要です。
Page 18
03.12.23, 5:09 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
ご使用にあたって
まず、お読みください
試し撮りをしてください
» 大切な撮影(旅行・結婚式など)の場合には、かならず事前に
試し撮りをして、正常に録画・録音されていることを確かめ
てください。
» 正常に録画できないときは、別売のクリーニングテープ
「VRDVMCL」を使ってヘッドをきれいにしてください。
録画内容の補償について
» 本機、テープ、およびカードを使用中、万一これらの不具合
により、録画・録音・記録されなかった場合の内容の補償に
ついてはご容赦ください。
カードの画像について
» 他機で記録、作成した画像の本機での再生、本機で記録した
画像の他機での再生はできない場合があります。あらかじめ
お確かめください。
本機で使用できるビデオカセットは
»
マークの付いた「ミニDVカセット」です。
本機で使用できるカードは
» SDメモリーカード、マルチメディアカードです。
著作権などについて
» あなたが本機で撮影したものは、個人で楽しむなどのほか
は、著作権法上、権利者に無断で使用できません。
なお、
実演や興行、
展示物などのうちには、
個人として楽しむな
どの目的であっても撮影を制限している場合がありますので
ご注意ください。
» DPOFは、キヤノン(株)、イーストマン・コダック社、富士
写真フイルム(株)、松下電器産業(株)の商標です。
» 本機で再生できる静止画ファイルのうち「DCF」とは、(社)電
子情報技術産業協会(J E I T A )の規格「D e s i g n r u l e f o r
Camera File system」の略称です。主としてデジタルカメ
ラの画像ファイルを関連機器間で簡便に利用しあうことを目
的として制定された規格です。
ただしDCF規格は、機器間の完全な互換性を保証するもので
はありません。
本ロゴマークは、
(社)電子情報技術産業協会の
「Design rule
for Camera File system」
の規格を表す団体商標です。
»
SDロゴは商標です。
» i.LINK はソニー株式会社の商標です。
» その他の社名および商品名は、それぞれ各社の商標または登
録商標です。
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会
(VCCI)
の基準に基づくクラスB情報技術装置です。
この装置は、家庭環境で使用する
ことを目的としていますが、この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。
取扱説明書に従って正しい取り扱いをしてください。
正しい取り扱いをしても、電波の状況により、ラジオ・テレビジョン受信機の受信に影響を及ぼすことがあります。そのようなときは、
次の点にご注意ください。
● この製品をラジオ・テレビジョン受信機から充分に離してください。
● この製品とラジオ・テレビジョン受信機を別のコンセントに接続してください。
● 接続するケーブルは指定のものを使用してください。
VL-Z900_p007-p019.pm6
Page 19
03.12.23, 5:09 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
19
各部のなまえとおもな機能
アクセサリーシュー(ズームマイク/LEDライト取付部)
(83・85ページ)
液晶モニター(27ページ)
ズームレンズ
フラッシュ(93ページ)
カセット
4カセット入れ マーク(40ページ) 挿入口
(39ページ)
5テープ/カード切換スイッチ(41ページ)
カセットふた
開レバー
6スタンバイボタン(82ページ)
(39ページ)
スタンバイランプ(82ページ)
ワイヤレスリモコン受信部
(23ページ)
電源/充電ランプ(32ページ)
調光センサー
7ズームレバー
音量調整レバー
(47・52ページ)
内蔵マイク
電源スイッチ(41ページ)
ビューファインダー(28ページ)
1表示切換/設定ボタン(42ページ)
バックライトボタン(47ページ)
ハンドストラップ(43ページ)
2メニューボタン(189ページ)
3 操作ボタン
3操作ボタン
本機の大部分の操作は、
液晶モニターの操作設定表示画面
に表示される機能項目を、
操作ボタンで選択・設定します。
選択する
決定する
液晶モニター(27ページ)
バッテリーパック装着部
(31ページ)
アイカップ
バッテリー取り外しレバー(33ページ)
1 表示切換/設定ボタン
録画スタート/
ストップボタン
(46ページ)
• 動作表示や操作設定表示画面を切り換えて表示します。
バックライトボタン
• 2秒以上押すと、バックライト入←
→切ボタンとして働きます。
2 メニューボタン
20
本機のさまざまな機能を設定できるメニュー画面を表示します。
VL-Z900_p020-028.pm6
8フォトボタン
(50・89・115ページ)
Page 20
(上下左右
方向にボタ
ンを押す)
(ボタンの中
央を押す)
4 カセット入れ
マーク
テープを入れたあと、カセット入れを閉じるときにこの
マーク部を押します。
5 テープ/カード切換スイッチ
テープで撮影/再生するか、カードで撮影/再生するか
を、切り換えるときに使います。
03.12.23, 5:09 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
ボタン電池収納部(29ページ)
9ヘッドホン端子(49ページ)
準
備
0USB端子(113・132ページ)
三脚用ネジ穴(44ページ)
qDV端子(i.LINK)
(121・125・126ページ)
視度調整ツマミ(28ページ)
wAV端子
(80・120・123・126ページ)
カードふた(87ページ)
チリ取り窓カバー(155ページ)
6 スタンバイボタン
端子部ふた
0 USB端子
テープ撮影モード時はスタンバイボタンとして働きま
す。
7 ズームレバー・音量調整レバー
• 撮影時:ズームレバーとして働きます。
• 再生時:音量調整レバーとして働きます。
8 フォトボタン
USBケーブルでパソコンと接続し、カードに記録した
静止画ファイルをパソコンまたはプリンタに転送すると
きに使います。
q DV端子
(i.LINK)
• DV端子付きのビデオ機器と接続するときに使います。
※ i.LINKは、IEEE1394-1995仕様およびその拡張機能を示す呼称です。
静止画を、テープまたはカードに記録するときに使います。
• テープ撮影時:押し込むと静止画面になり、録画スター
ト/ストップボタンを押してテープに静止画を記録しま
す。
(50ページ)
• テープ再生時:静止画再生時
(53ページ)
に押し込むと、
テープからカードへ静止画をコピーします。
(115ページ)
• カード撮影時:軽く押してピントを合わせたあと、さら
に押し込んで、カードに記録します。
(89ページ)
9 ヘッドホン端子
(49ページ)
市販のヘッドホンを接続して、テープの再生音声や録音
中の音声を聞くことができます。
VL-Z900_p020-028.pm6
eDC IN端子
(31ページ)
Page 21
•
は、
i.LINKに準拠した製品に付けられるロゴマークです。
w AV端子
• AV端子とは、Audio/Video端子の略で、音声/映像端子のことです。
• テレビと接続するときに使います。
• 他のビデオ機器やオーディオ機器などの、外部機器と接
続するときに使います。
e DC IN端子
• ACアダプターのプラグを差し込みます。
• ご家庭のコンセントから電源をとるとき、
または本機に取り
付けたバッテリーパックを充電するときに使います。
次ページへつづく
03.12.23, 5:09 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
21
各部のなまえとおもな機能(つづき)
レンズキャップの使いかた
■レンズキャップのひもを取り付ける
■レンズキャップを取り付ける/取り外す
● レンズキャップは、図のように本機に取り付け(取り外し)ます。
1 レンズキャップひも取り付け部に、レンズキャップ
ひもの細い方を通す
2 できた輪の中に、レンズキャップひもの太い方を
くぐらせ、しっかり結ぶ
2
この部分をつまんで取り付け/
取り外しします。
● 撮影時は、ハンドストラップのフックに引っかけます。
1
22
VL-Z900_p020-028.pm6
Page 22
03.12.23, 5:09 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
ワイヤレスリモコンの使いかた
■ ワイヤレスリモコンを使う前に
メニュー画面で次の順に設定します。
ワイヤレスリモコン
ワイヤレスリモコン発信部
カード録画ボタン(89ページ)
カード再生ボタン(98ページ)
録画スタート/
ストップボタン(45ページ)
スローボタン(51ページ)
設定のしかたは「メニューの選びかた」を参照してください。
(189
ページ)
その他の設定1
メーカー設定
リモコン
確認音
言語選択
デモモード
もどる
再生/一時停止ボタン
(51ページ)
ズームボタン(45ページ)
早送りボタン(51ページ)
巻戻しボタン(51ページ)
再生方向(逆/正)ボタン(51ページ)
停止ボタン(51ページ)
コマ戻し/コマ送りボタン
(51ページ)
日付表示ボタン(37ページ)
\/|ボタン
(98ページ)
タイムコードボタン
(67ページ)
「
入
切
設定内容
機能項目
」→ 「リモコン」
音量調整ボタン(51ページ)
「入」
「切」
「入」リモコンを使用するとき(工場出荷時は、
「入」に設定さ
れています。)
「切」リモコンを使用しないとき(他機のリモコンによって
誤動作するときなどは、この設定にしておきます。)
ワイヤレスリモコン発信部
を本体のワイヤレスリモコ
ン受信部に向け、各ボタン
を押す
ワイヤレス
リモコン発信部
アイコン
お知らせ .....................................................................
15゜ 5m
15゜
15゜
15゜
ワイヤレス
リモコン受信部
∫ ワイヤレスリモコンを使うときは、
ワイヤレスリモコン受信部に直射日
光や照明器具の強い光が当たらないようにご注意ください。リモコン
操作のできる距離が短くなったり、
操作できなくなることがあります。
∫ ワイヤレスリモコン受信部との間に障害物がないようにご注意くださ
い。
∫ ワイヤレスリモコンの電池寿命は通常、1年が目安です。
∫ ボタン電池の取り扱いにご注意ください。(8・13ページ)
次ページへつづく
VL-Z900_p020-028.pm6
準
備
Page 23
03.12.23, 5:09 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
23
各部のなまえとおもな機能(つづき)
画面について
1 23 4
「テープ」-「 撮影」モードの画面
5 6 7 8
9
Ⅰ
o
i
u
y
LP
TC 0:00:00 録画
16bit
フェード W T Dズーム200
モノクロ
2004. 1. 1
t オート AM 0:00
60分
0
q
w
e
r
24
1 バッテリー残量表示(42 ペー
ジ)
本体収納型バッテリーパック
から電源が供給されていると
きは
「Ⅰ」
と表示され、外付け
バッテリーパックから供給さ
れているときは
「Ⅱ」と表示さ
れます。
両方のバッテリーから供給さ
」と表示さ
れているときは「Ⅰ
Ⅱ
れます。
2 タイムコード表示
(66ページ)
撮影の経過時間を表示しま
す。
VL-Z900_p020-028.pm6
3 シーンアジャスト表示(58ページ)
4 LEDライト表示(86ぺージ)
LEDライトが点灯中であること
を示します。
5 ワイドモード表示
(64ページ)
6 ブレ補正表示
(63ページ)
ブレ補正が
「入」
のとき表示さ
れます。
7 バックライト「切」表示(47ぺージ)
液晶モニターのバックライトを
「切」にしているとき表示され
ます。
Page 24
8 録画モード表示
(63ページ)
LPモード設定時に表示されま
す。
9 撮影中表示
(46ページ)
0 テープモード表示
(45ページ)
テープモードであることを示
します。
q 音声記録モード表示(65 ペー
ジ)
16bit:高音質で記録すると
きに設定します。
(16bit設定
時に表示されます。
)
w ズーム表示
(47ページ)
03.12.23, 5:09 PM
e 日付・時刻表示
(33ページ)
設定した日付・時刻を表示し
ます。
r テープ残量表示
(42ページ)
t オート表示
(73ページ)
オートモードであることを示
します。
(マニュアル撮影機能
が設定されているときは、マ
ニュアル表示になります。)
y 演出効果表示
(79ページ)
u フェード表示(57ページ)
i 逆光補正表示
(56ページ)
o ファインピクチャー表示(59
ページ)
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
「テープ」-「 再生」モードの画面
1
2
3
準
備
4
5
Ⅰ 60分 LP
r TC 0:00:00 e 音声1+2
w モノクロ ■■■■□□□□ 音量 |
6
7
8
q 2004. 1. 1
S映像 AM 0:00
/ / /
'再生 "停止 \巻戻し |早送り
9
0
1 バッテリー残量表示(42ペー
ジ)
2 テープ残量表示(42ページ)
外部録画時に表示されます。
3 タイムコード表示
(66ページ)
4 録画モード表示(63ページ)
5 テープモード表示
(51ページ)
テープモードであることを示
します。
6 再生状態表示(52ページ)
巻戻し、再生/静止、早送り
など、再生状態を記号で表示
します。
7 音量表示(52ページ)
8 フォトコピー表示(115 ペー
ジ)
静止画再生時、フォトボタン
を押し込むと表示されます。
9 日付・時刻表示(36・42ペー
ジ)
撮影した日の日付・時刻を表
示します。
0 操作ガイド表示(51ページ)
q 入力切換表示(124ページ)
映像入力の表示です。
w 演出効果表示(79ページ)
演出効果の種類を表示しま
す。
e 音声表示(119ページ)
再生している音声の種類を表
示します。
r ファインピクチャー表示(59
ページ)
次ページへつづく
VL-Z900_p020-028.pm6
Page 25
03.12.23, 5:09 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
25
各部のなまえとおもな機能(つづき)
「カード」-「 撮影」モードの画面
2 3
1
4
5
「カード」-「 再生」モードの画面(1画面表示時)
A
Ⅰ t r ロック [1280]
21/89
標準
2004. 1. 1
e オート AM 0:00
1 バッテリー残量表示(42ページ)
本体内収納型バッテリーパック
から電源が供給されているとき
は「Ⅰ」と表示され、外付けバッ
テリーパックから供給されてい
るときは「Ⅱ」と表示されます。
2 シーンアジャスト表示(58ページ)
3 LEDライト表示(86ぺージ)
4 セルフタイマー表示(92ページ)
セルフタイマー動作中は、画面
上部中央に の表示がでます。
5 ピント表示(90ページ)
ピント合わせ中は点滅し、ピ
ントが合うと点灯します。
26
VL-Z900_p020-028.pm6
1
67
8
9
0
q
w
6 フラッシュ表示(94ページ)
7フラッシュ赤目補正表示
(94ページ)
8 カードモード表示
(90ページ)
カードモードであることを
示します。
9 画像サイズ表示(89ページ)
0撮影枚数/残り枚数表示
(90ページ)
q 画質表示(88ページ)
w 日付・時刻表示(33ページ)
設定した日付・時刻を表示します。
e オート表示(73ページ)
r 逆光補正表示
(56ページ)
t ファインピクチャー表示(59ページ)
Page 26
2
3
4
Ⅰ 99 100−0001
P
[1280]
q モノクロ 1/21
標準
2004. 1. 1
AM 0:00
0 \戻し/|送り/●画面切換
1 バッテリー残量表示(42ペー
ジ)
2 プリントマーク
(111ページ)
3 静止画ファイル名表示(100
ページ)
撮影時に、自動的に付けられ
る静止画のファイル名です。
4 プロテクトマーク(106 ペー
ジ)
5 カードモード表示(100 ペー
ジ)
6 画像サイズ表示
(100ページ)
7 再生画像表示番号/記録枚
数表示(100ページ)
03.12.23, 5:09 PM
5
6
7
8
9
8 画質表示(100ページ)
9 日付・時刻表示
(36・42ペー
ジ)
撮影した日の日付・時刻を
表示します。
0 操作ガイド表示
(98ページ)
q 演出効果表示(79ページ)
演出効果の種類を表示しま
す。
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
液晶モニターを使うときは
端子部ふたの開きかた
■端子部ふたの開きかた
本体側面の液晶モニターを開いて使うことができます。
対面撮影時に画像を確認しながら撮影したいときなどに
便利です。
1
2
準
備
矢印の方向に開く
ビューファインダーは消灯し
ます。
撮影する角度によっ
て、液晶モニターの
角度を調節する
180°
90°
お知らせ .....................................................................
∫ 液晶モニターを閉じるときは、液晶モニターを垂直に戻してから、
ロックするまで確実に押し込んでください。
∫ 液晶モニターは、
必ず垂直に戻してから押し込んでください。戻す途
中で閉じると、故障の原因になります。
∫ 液晶モニターを開いた状態で無理な力を加えないでください。
∫ 液晶モニターで撮影すると、バッテリーの使用時間は、
ビューファイン
ダーでの撮影にくらべて短くなります。
∫ 液晶モニターを外側に
向けて使用することも 180°
できます。
∫ バック等に入れて持ち運ぶときは、液晶面を内側にして、液晶モニ
ターを閉じてください。
VL-Z900_p020-028.pm6
Page 27
04.1.27, 11:01 AM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
27
ビューファインダーを使うときは
撮影するときや再生映像を確認するときは、ビューファ
インダーも使うことができます。
ビューファインダーを引き出す
視力に合わせて視度調整をする
ビューファインダーの画像がはっきり見えないときに、自分
の視力に合わせて視度調整をすることができます。
お知らせ .....................................................................
∫ 液晶モニターを開いていると、
ビューファインダーに画像は出ませ
ん。ただし、
対面撮影時(61ページ)は、
液晶モニターとビューファイ
ンダーに同時に画像が出ます。
1
電源スイッチを「撮影」にする
ロックボタンを押しながら動かします。
ロックボタン
お知らせ .....................................................................
∫ ビューファインダーを使用しないときは、必ず元に戻してください。
∫ ビューファインダー内にゴミ等がはいったときには、
「ビューファイ
ンダー内のゴミを取り除きたいときは」
(155ページ)をご覧くだ
さい。
2
視度調整ツマミを動かし、ビューファインダー内
の表示などがはっきり見えるように調整する
28
VL-Z900_p020-028.pm6
Page 28
04.01.15, 09:57AM Adobe PageMaker 6.0J/PPC
ボタン電池を入れる
本体にボタン電池を入れる
ボタン電池 小(CR1216)は、日付・時刻のメモリー用電源と
して使います。
ボタン電池挿入後は、日付と時刻を設定してください。
(33ページ)
1
4
液晶モニターを閉める
準
備
■ ボタン電池を交換するときは
ペン先など先の細いものを使って、電池を取り出す
液晶モニターを開ける
バッテリーパックが入って
い るとき は バッテリー
パックを取り外します。
( 33ページ)
ボタン電池について
2
スリット部分に爪をか
けてボタン電池ふた
を外す
3
① ボタン電池 小(CR1216)を入れる
ボタン電池の±極を図のように外側にして、
ボタン電
池を入れてください。
② ボタン電池ふたを閉める
1
2
ボタン電池の取り扱いにご注意ください。
∫ ボタン電池の取り扱いについて8・13ページも合わせて
ご覧ください。
∫ ボタン電池が使えなくなったら、液がもれて故障の原因
となるおそれがありますのですぐに取り出してくださ
い。また、
もれた液に触れると肌が荒れることがありま
すので、布でふき取るなど十分に注意してください。
∫ 万一、
液もれが起こったときは、
よくふき取ってから新し
い電池を入れてください。
電池の交換時期は
∫ 通常の使用で約1年間お使いいただけます。
∫ 日常設定されている時刻が極端に遅れてきた場合には
新しいボタン電池(CR1216)と交換してください。
∫ 交換したボタン電池を廃棄する場合は、電器店などの
ボタン電池回収箱に入れてください。
次ページへつづく
VL-Z900_P029-040.pm6
Page 29
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
29
ボタン電池を入れる(つづき)
ワイヤレスリモコンへボタン電池を入れる
1
① ペン先など先の細いものでボタン電池入れ
の穴を押す
② ボタン電池入れを引き出す
ワイヤレスリモコン裏面
ボタン電池について
電池の交換時期について
∫ 通常の使用で約1年間お使いいただけます。
∫ リモコンのボタンを押しても本体が反応しなくなった場
合には、新しいボタン電池(CR2032)と交換してくだ
さい。
∫ 交換したボタン電池を廃棄する場合は、電器店などの
ボタン電池回収箱に入れてください。
1
2
同梱のボタン電池 大
2 (CR2032)
を入れる
ボタン電池の± 面を下に
入れてください。
3
ボタン電池入れをワイ
ヤレスリモコンに戻す
30
VL-Z900_P029-040.pm6
Page 30
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
電源について
本機をお使いになるには、ご家庭のコンセントから電源をと
る、またはバッテリーパックをセットする必要があります。
ご家庭のコンセントで使う
コンセントから電源をとるには、ACアダプターが必要です。
(ご購入後、
まず使ってみたいときは、
この方法で電源を
とります。)
1
本体の電源スイッチを「切」にする
2
① ACアダプターをコンセントに差し込む
② 本体のDC IN端子にDCプラグを接続する
お知らせ .....................................................................
∫ ACアダプターを安全にお使いいただくために、
「ACアダプターにつ
いて」
( 15ページ)をよくお読みください。
∫ 撮影・再生中にACアダプターを取り外さないでください。カードが読
み書きできなくなったり、
テープがヘッドに巻きついてテープを傷め
ることがあります。
∫ 付属の映像/音声/S映像ケーブルやUSBケーブルを使用するとき
は、
一度DCプラグを取り外し、
端子部ふたを開けてから接続してくだ
さい。
準
備
バッテリーパックを使う
誤作動を防ぐためです。
充電するときは、バッテリーパックをセットしてから行い
ます。
■バッテリーパックを本体内にセットする
電源/充電
ランプ
1
1
液晶モニターを開
ける
2
バッテリーパック
を矢印の方向に入
れる
2
ACアダプター
3
DCプラグ
本体の電源スイッチを「撮影」または「再生」にする
電源が入り、電源/充電ランプが緑点灯します。
次ページの手順3へつづく
VL-Z900_P029-040.pm6
Page 31
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
31
電源について(つづき)
3
① 矢印の方向に押す
「カチッ」と音がするまで確
実に押し込んでください。
② 液晶モニターを閉める
1
2
お知らせ .....................................................................
∫ バッテリーパックの取り付けが不完全な状態で液晶モニターを閉め
ると、液晶モニターが傷つくなどの原因となる場合があります。
バッテリーパックを充電する
1
本体の電源スイッチを「切」にする
∫ 電源スイッチが「撮影」または「再生」になっていると
きは充電されません。
2
充電するバッテリーパックをセットする
3
電源を切り、同梱のACアダプターをご家庭のコ
ンセントと本機に差し込む
∫ 電源/充電ランプが赤く点灯し、充電が始まります。
∫ 充電が完了すると電源/充電ランプが消灯します。
4
電源/充電ランプが消灯したら、ACアダプター
を本機とコンセントから抜く
5
バッテリーパックを取り外す( 33ページ)
お知らせ .....................................................................
∫ バッテリーパックについての大切な情報が記載されていますので、
「バッテリーパックについて」
(145ページ)をよくお読みください。
∫ 充電が済んだバッテリーパックは、本体から取り外して保管してくだ
さい。
■ 本体の電源/充電ランプについて
本体の状態によって、
ランプの色が変わります。
状態
充電中
充電完了/電源切
電源(入)
ランプ表示
赤
消灯
緑
∫ 電源/充電ランプが点滅したときは、充電がされません。お買い上げ
の販売店またはシャープお客様ご相談窓口にお問い合わせくださ
い。
電源/充電ランプ
1
2
32
ACアダプター
VL-Z900_P029-040.pm6
DCプラグ
Page 32
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
日付・時刻を設定(修正)する
■ 充電時間と連続撮影時間について
表示部
時間
充電時間
連続撮影時間
実使用時間
ビューファインダー
液晶モニター
約120分
約135分
約65分
約120分
約120分
約60分
∫ 撮影・停止の頻度、LEDライトの使用、
また寒冷地などでの使用では、
撮影時間が短くなります。
∫ 充電時間は、使い切ったバッテリーパックを充電するのに必要な時間です。
∫ 周囲の温度やバッテリーの状態によって、
充電時間が長くなることがあ
ります。ご使用の前に充電ランプが消えているか確認してください。
本機をお使いになる前に、日付・時刻を設定してください。日
付・時刻は、撮影すると自動的にデータとして記録されます。
ここでは、例として「2004年4月10日午前10時30分」の合
わせかたで説明します。
● 一度、日付・時刻を設定すると、ボタン電池の容量が残って
いる間、動作します。
操作する
ボタン
準
備
テープ/ カード
切換スイッチ
電源スイッチ
■バッテリーパックを取り外す
1
液晶モニターを開
ける
操作ボタン
メニューボタン
はじめて設定するとき
2
バッテリー取り外しレ
バーを下げた状態で
(1)、 バッテリー
パックを矢印の方向
に取り外す(2)
2
1
3
液晶モニターを閉める
1
ボタン電池を本体に取り付ける(29ページ)
2
充電されたバッテリーパック、またはACアダプ
ターを本機に取り付ける( 31ページ)
3
テープ/カード切換ス
イッチを「テープ」ま
たは「カード」にする
次ページの手順4へつづく
VL-Z900_P029-040.pm6
Page 33
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
33
日付・時刻を設定(修正)する(つづき)
4
5
7
① 電 源 スイッチを
「 撮 影 」ま た は
「再生」にする
② 液晶モニターを
開ける
電源スイッチは、ロック
ボタンを押しながら動か
します。
ロックボタン
「年」が決定され、
「月」に移動します。
日付あわせ
メニューボタンを押す
2004.01.01
AM1 0 : 0 0
液晶モニター画面にメニュー画面が表示されます。
その他の設定2
オートパワーオフ
タイムコード
タイムコード出力
12H/24H
日付表示
日付あわせ
もどる
操作ボタンの中央(または )
を押す
VL-Z900_P029-040.pm6
Page 34
8
録画ポーズ
切
切
切
12H
日時
① 操作ボタンの または を押して「月」を合
わせる
② 操作ボタンの中央(または )を押す
「月」が決定され、
「日」に移動します。
日付あわせ
2004. 1 . 1
2004. 4.01
AM0 0 : 0 0
∫ 途中で間違えたときは、操作ボタンの を押して、
直したい位置に移動させ、設定し直してください。
AM 0 : 00
'"\|選択/●決定
∫ 電源スイッチを「撮影」にした状態ではじめて日付・時刻を設
定するときは、
「日付あわせ」が選択された画面になります。
∫ メニュー画面は、
約5分間操作しないと自動的に消えます。
∫ 「日付あわせ」が選択されていないときは、
36ページ手
順3へすすんでください。
34
年表示は2004年∼2034年の範囲で設定できます。
② 操作ボタンの中央(または )を押す
例)テープ/カード切換スイッチを「テープ」にし、
電源スイッチを「撮影」モードにした場合
6
① 操作ボタンの または を押して「年」を合
わせる
9
① 操作ボタンの または を押して「日」を合
わせる
② 操作ボタンの中央(または )を押す
「日」が決定され、
「時」に移動します。
日付あわせ
2004.14.10
AM0 0 : 0 0
次ページの手順10へつづく
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
10
① 操作ボタンの または を押して「時」を合
わせる
② 操作ボタンの中央(または )を押す
「時」が決定され、
「分」に移動します。
日付あわせ
11
2004.14.10
AM1 0 : 0 0
① 操作ボタンの または を押して「分」を合
わせる
日付あわせ
2004.14.10
AM1 0 : 3 0
お知らせ .....................................................................
∫ 「秒」表示は、
「日付あわせ」の画面のみ表示されます。
∫ テープ/カード切換スイッチ(「テープ」/「カード」)と電源スイッチ
(「撮影」/「再生」)がどのモードでも日付あわせをすることができま
す。
∫ 日付・時刻が設定されていないときは、通常画面(表示「入」画面)で
日付・時刻表示が点滅で表示されます。
日付・時刻を設定し直す
1
もどる
AM10:30:00
∫ 秒まで正確に合わせたいときは、
「分」を合わせたあ
と、
時報などと同時に操作ボタンの中央を押してくだ
さい。
12
メニューボタンを押す
電源を入れる
にする
「撮影」または「再生」モード
テープ/カード切換スイッチが「テープ」/「カード」のどち
らでも設定できます。
② 操作ボタンの中央を押す
「分」が決定され、
「秒」表示が出て時計が動き始めま
す。
日付あわせ
2004.14.10
2
メニューボタンを押す
メニュー画面が表示されます。
例)テープ/カード切換スイッチを「テープ」にし、
電源スイッチを「撮影」モードにした場合
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
メニュー画面が消え、通常
画面に戻ります。
録画ポーズ
サーチ
切
切
SP
連動 '"\|選択/●決定
次ページの手順3へつづく
VL-Z900_P029-040.pm6
Page 35
準
備
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
35
日付・時刻を設定(修正)する(つづき)
3
① 操作ボタンの または を押し、
「
」
(その
他の設定2)を選ぶ
② 操作ボタンの中央(または )を押す
日付・時刻表示を切り換える
1
オートパワーオフ 切
4
切
切
12H
日時
2 0 0 4 . 4 . 30
AM10 : 30 : 05
2
日付あわせ
もどる
メニューボタンを押す
メニュー画面が表示されます。
例)テープ/カード切換スイッチを「テープ」にし、
電源スイッチを「撮影」モードにした場合
① 操作ボタンの または を押し、
「日付あわ
せ」を選ぶ
② 操作ボタンの中央(または )を押す
その他の設定2
オートパワーオフ
タイムコード
タイムコード出力
12H/24H
日付表示
「撮影」または「再生」モード
テープ/カード切換スイッチが「テープ」/「カード」のどち
らでも設定できます。
その他の設定2
タイムコード
タイムコード出力
12H/24H
日付表示
日付あわせ
もどる
電源を入れる
にする
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
切
切
切
12H
日時
2004. 4 . 30
AM10 : 30 : 10
の手順7 ∼11( 34 ∼
5 「はじめて設定するとき」
35ページ)の操作を行い、設定したい時刻に合
3
① 操作ボタンの または を押し、
「
」
(その
他の設定2)を選ぶ
② 操作ボタンの中央(または )を押す
その他の設定2
オートパワーオフ 切
わせる
6
タイムコード
タイムコード出力
12H/24H
日付表示
日付あわせ
もどる
メニューボタンを押す
メニュー画面を消します。
36
VL-Z900_P029-040.pm6
録画ポーズ
サーチ
切
切
SP
連動 切
切
12H
日時
2 0 0 4 . 4 . 30
AM10 : 30 : 05
次ページの手順4へつづく
Page 36
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
4
① 操作ボタンの または を押して、
「日付表
示」を選ぶ
② 操作ボタンの中央(または )を押す
その他の設定2
オートパワーオフ
タイムコード
タイムコード出力
12H/24H
5
切
切
切
12H
日付表示
日時
日付あわせ
もどる
2 0 0 4 . 4 . 30
AM10 : 30 :10
① 操作ボタンの または を押して希望の日付
表示設定を選ぶ
6
メニューボタンを押す
準
備
メニュー画面を消します。
お知らせ .....................................................................
∫ 日付・時刻が設定されていない状態で撮影したテープを再生したと
き、日時表示は 「−−−− . −− . −−」 になります。 また何も記
録されていない部分や、テープの傷などで日時を読みとれないとき
も 「−−−− . −− . −−」 が表示されます。
∫ 画面表示「切」のときは、
日付表示は出ません。
その他の設定2
オートパワーオフ
タイムコード
タイムコード出力
12H/24H
日付表示
日時
日付あわせ
日付のみ
もどる
切
「日時」
日付、時刻を表示します。
「日付のみ」日付のみ表示します。
「切」
日付、時刻を表示しません。
∫ リモコンの日付表示ボタンでも選択・設定できます。
押すたびに「日時」→「日付のみ」→「切」の順に切
り換わります。
② 操作ボタンの中央を押す
次ページへつづく
VL-Z900_P029-040.pm6
Page 37
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
37
日付・時刻を設定(修正)する(つづき)
12時間制・24時間制表示を切り換える
ここでは、例として24時間制表示に切り換える方法を
説明します。
1
電源を入れる
にする
3
① 操作ボタンの または を押し、
「
他の設定2)を選ぶ
② 操作ボタンの中央を押す
その他の設定2
「撮影」または「再生」モード
オートパワーオフ 切
タイムコード
タイムコード出力
12H/24H
日付表示
日付あわせ
もどる
テープ/カード切換スイッチが「テープ」/「カード」のどち
らでも設定できます。
2
メニューボタンを押す
メニュー画面が表示されます。
例)テープ/カード切換スイッチを「テープ」にし、
電源スイッチを「撮影」モードにした場合
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
録画ポーズ
サーチ
切
切
SP
連動 」
(その
4
切
切
12H
日時
2 0 0 4 . 4 . 30
AM10 : 30 : 05
「1 2 H /
① 操作ボタンの または を押し、
24H」を選ぶ
② 操作ボタンの中央を押す
その他の設定2
オートパワーオフ 切
切
タイムコード
タイムコード出力 切
12H/24H
12H
日付表示
日付あわせ
もどる
日時
2 0 0 4 . 4 . 30
AM10: 30 : 10
'"\ |選択/●決定
38
VL-Z900_P029-040.pm6
次ページの手順5へつづく
Page 38
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
ビデオテープを入れる
① 操作ボタンの または を押し、
「24H」を
選ぶ
② 操作ボタンの中央を押す
その他の設定2
オートパワーオフ
タイムコード
タイムコード出力
12H/24H
12H
日付表示
24H
日付あわせ
もどる
別売のビデオテープ(
ビデオテープを入れる
1
バッテリーパック、またはACアダプターを本機
に取り付ける( 31ページ)
2
カセットふた開レバ ー
をスライドさせたまま、
ふたを最後まで確実に
開く
∫ 「12H」を選んだとき
時刻表示が0時∼11時の表示となります。
∫ 「24H」を選んだとき
時刻表示が0時∼23時の表示となります。
準
備
カセット入れが自動的に出
てきて、開きます。
メニューボタンを押す
メニュー画面を消します。
3
ビデオテープを入
れる
テープ窓および、誤消
去防止ツマミが外側
になるように入れま
す。
誤消去防止ツマミ
SAVE
6
)が必要です。
REC
5
テープ窓
次ページの手順4へつづく
VL-Z900_P029-040.pm6
Page 39
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
39
ビデオテープを入れる(つづき)
4
大切な録画済みテープを誤って消さないために
マー
ク部を「カチッ」
と音がするまで押
し、閉める
誤消去防止ツマ
ミをスライドさ
せて、
「S A V E 」
(開く)にしてお
くと、録画ができ
なくなります。
「REC」
に戻すと、
録画可能になり
ます。
カセット入れが自動
的に収納されます。
5
カセット入れが完全に収
納されたら、ふたを閉め
る
「カチッ」と音がするまでふた
の中央を押して閉めてくださ
い。
取り出すときは
「ビデオテープを入れる」
(39ページ)の手順で
操作し、手順3で取り出す
誤消去防止ツマミ
お知らせ .....................................................................
∫ カセット入れが出てくる途中で、
ふたを閉めないでください。途中で
ふたを閉めると、
ビデオテープ保護機能が働き「テープをとり出して
ください」のメッセージが表示されます。一度ビデオテープを取り出
し、再度入れ直してください。
∫ バッテリー容量がなくなり電源が切れると、テープが取り出せませ
ん。充電したバッテリーパックと交換してください。または、ACアダ
プターを接続して取り出してください。
∫ カセット入れを閉めるとき、
電源スイッチを切り換えないでください。
∫ カセット入れに無理な力を加えないでください。
∫ 本機を下に向けてビデオテープの出し入れをしないでください。
テープを傷めることがあります。
40
VL-Z900_P029-040.pm6
Page 40
03.12.23, 5:11 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
電源を入れる・切る(モードの切り換え)
本機は、テープ/カード切換スイッチの位置と電源スイッチの
位置の組み合わせで、各モードを切り換えることができます。
テープ/カード切換スイッチ
「カード」を使うとき
「テープ」を使うとき
■本書での記載について
本書では、テープ/カード切換スイッチと電源スイッチの組
み合わせを次のように記載しています。
∫ 「テープ」
‐
「撮影」モード
テープ/カード切換スイッチ :テープ
電源スイッチ
:撮影
準
備
∫ 「テープ」
‐
「再生」モード
テープ/カード切換スイッチ :テープ
電源スイッチ
:再生
∫ 「カード」
‐
「撮影」モード
テープ/カード切換スイッチ :カード
電源スイッチ
:撮影
∫ 「カード」
‐
「再生」モード
テープ/カード切換スイッチ :カード
電源スイッチ
:再生
お知らせ .....................................................................
電源スイッチ
∫ 撮影中や再生中に、テープ/カード切換スイッチを操作しないでくだ
さい。テープに傷が付いて再生できなくなったり、
カードに記録され
ている画像データが壊れたりする原因となります。
この表示に印を合わせます
「撮影」モード
で電源が入る
「再生」モード
で電源が入る
ロックボタンを押しながら動かす
※「切」に合わせると、電源が切れます。
(ロックボタンは押さずに動かします。)
VL-Z900_P041-044.pm6
Page 41
41
03.12.23, 5:12 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
画面表示の切り換えについて
液晶モニターの情報表示を必要に応じて切り換えることがで
きます。表示切換/設定ボタンを押すごとに、情報表示が変りま
す。
操作する
ボタン
表示切換/設定
ボタン
ズ 録画 ポー
Ⅰ
表示切換/設定ボタンは、バックライトボタンもかねています。
2秒以上押し続けるとバックライトの「入/切」になりますので、
表示切換に使用するときは、ボタンを短く押してください。
■ バッテリー残量表示について
• バッテリー残量が少なくなるにつれ、
次のように変わりま
す。
0
.3
4
4. :3 0
00
2 AM 10
ト 分
オー
6 0
緑
画面表示「入」
緑
赤
操作設定表示画面
(情報表示が出る画面)
(各種設定をする画面)
Ⅰ
録画ポーズ
• バッテリー残量表示は、
電源スイッチの操作回数などで増
減することがあります。
録画ポーズ
▲前項目へ
マニュアル設定 を実行する
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
▼次項目へ
2004. 4.30
オート AM10:30
60 分
オート
60
分
'"\|選択/●決定
日付表示:撮影日時を表示します。
録画ポーズ
画面表示「切」
(映像が確認しやす
■ テープ残量表示について
• テープ残量表示は、
目安としてお使いください。
(使用す
るテープによって多少ずれる場合があります。)
• テープ残量が表示されないときは、
約10秒間程度撮影し
てください。
(本機にビデオテープを入れたままの状態で、バッテリー
パック等の電源を取り外し/取り付けしたときは、
テープ残
量はすぐに表示されません。このようなときは約10秒間程
度撮影すると、
テープ残量が表示されます。)
い画面)
バッテリー残量表示:バッテリー残量を液晶モニターでお知らせします。
42
VL-Z900_P041-044.pm6
お知らせ .....................................................................
∫ 電源を入れたときは、画面表示「入」で立ち上がります。
テープ残量表示:テープ残量を液晶モニターでお知らせします。
Page 42
03.12.23, 5:12 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
持ちかた・かまえかた
見やすい映像を撮るには、カメラを動かしすぎないようにする
ことです。ふらつかないように、安定した姿勢で撮影します。
■ ハンドストラップの使いかた
1
マイクに手が
触れないよう
にする。
体がふらつか
ないように少
し足を開く。
お知らせ .....................................................................
∫ カードモードで撮影するとき、調光センサー(フラッシュ)に指や物を
近付けない、手でふさがないようにご注意ください。フラッシュが正
常に働きません。
VL-Z900_P041-044.pm6
Page 43
2
3
① ハンドストラッ
プの カバ ーを
外す
② ハンドストラッ
プのグリップス
トラップを外す
準
備
1
2
① 本機とハンドス
トラップの間に
手を入れる
② 手が固定される
ように、グリップ
ストラップを調
整する
① ハンドストラッ
プのグリップス
トラップを戻す
② ハンドストラッ
プの カバ ーを
戻す
2
1
2
1
次ページへつづく
03.12.24, 5:54 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
43
持ちかた・かまえかた(つづき)
■ ラク撮りグリップ
(回転式ハンドグリップ)
を
使う
図のようにラク撮りグリップ(回転式ハンドグリップ)を回し
て使うことができます。
前方向に135°
まで、後方向に105°
まで回すことができま
す。
135°
まで
ラク撮りグリップ
(回転式ハンドグリップ)
105°
まで
お知らせ .....................................................................
■ 高い位置で撮る姿勢(ハイアングル)
人垣の上からモニターを見ながら
撮ることができます。
■ 低い位置で撮る姿勢(ローアングル)
片ひざをつけて下半身を安定させ
ます。
∫ 三脚に取り付けているときは、
ラク撮りグリップは回せません。
■ 三脚に取り付けるとき
44
VL-Z900_P041-044.pm6
∫ 三脚のガイドピンを前にして本
機に当たらないようにして取り付
ガイドピン けてください。
∫ ラク撮りグリッ
プを回さないで
ください。対面
状態で撮影(62
ページ)してい
る場合、映像が
上下逆に記録さ
ラク撮りグリップ
れます。
Page 44
03.12.23, 5:12 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
テープに撮影する
操作する
ボタン
お知らせ .....................................................................
バックライトボタン
ズームレバー
テープ/カード
切換スイッチ
電源スイッチ
操作ボタン
録画スタート/
ストップボタン
∫ 長時間録画したいときは、
メニュー画面で「録画モード」を「LP」にし
ます。( 63ページ)
録画時間が「SP」の1.5倍になります。
∫ 撮影後、
アフレコ編集する場合は、
「録画モード」を「SP」に設定して
ください。
ビューファインダーを使って撮影するとき
∫ 液晶モニターを閉じた状態で撮影します。
∫ ビューファインダーが暗く見える場合などに見やすくしたいときは、
明るさを調整することができます。調整は、
「ビューファー明るさ」で
行います。
( 142ページ)
∫ 「ビューファインダーを使うときは」
(28ページ)をご覧ください。
撮
る
・
見
る
|リモコンでも操作できます。
録画スタート/
ストップボタン
ズームボタン
撮影する
テープの最初から撮影するときは、15秒ほど撮影して
から本番の撮影をすることをおすすめします。再生時に
始めが欠けることを防げます。
ヒント
晴天下で撮影するときは、バックライトを消灯させても液晶モ
ニターを見ることができます。
( 47 ページ)
1
準備する
① 充電されたバッテリーパックまたはACアダプ
ターを取り付ける( 31ページ)
② ビデオテープを入れる( 39ページ)
③ レンズキャップを外す( 22ページ)
VL-Z900_P045-054.pm6
Page 45
電源を入れる
「テープ」‐「撮影」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
② 電源スイッチ:「撮影」
次ページの手順2へつづく
03.12.23, 5:12 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
45
テープに撮影する(つづき)
2
撮影待機状態のとき
録画スタート/ストップボタンを押す
撮影が始まります。
撮影が始まると、撮影中(
)表示が動き始めます。
Ⅰ
録画
撮影中表示
3
撮影をとめるときは
ストップボタンを押す
もう一度録画スタート/
録画が止まり、撮影待機状態になります。
お知らせ .....................................................................
46
∫ ビデオテープを取り出さない限り、
電源を切っても撮影した場面はき
れいにつながります。
∫ 撮影待機中は「録画ポーズ」の文字が表示されます。
∫ 撮影中は「録画」の文字が表示されます。
∫ 撮影中(
)表示は撮影可能なテープが入っていないと表示さ
れません。
∫ 画面表示はテープには記録されません。
(タイムコード、
日付・時刻は
データとして記録されます。)
∫ 液晶モニターやレンズを太陽に向けたままにすると、故障の原因に
なります。窓際や屋外に置くときはご注意ください。
∫ 撮影の前には、必ず試し撮りをして、正常に録画・録音されているこ
とを確かめましょう。
(撮影中も、ときどき正常に録画できているか、
再生して確かめましょう。)
∫ 正常に録画できないときは、別売のクリーニングテ ープ「 V R DVMCL」を使ってヘッドをきれいにしてください。
VL-Z900_P045-054.pm6
Page 46
∫ 撮影待機状態が5分以上続くと、テープ保護のため録画停止状態
(「録画ポーズ」の表示が消え、撮影待機解除)になります。
∫ 停止状態から録画スタート/ストップボタンを押したときは、
撮影が始
まるまで多少時間がかかります。
録画スタート/ストップボタンを押したところから撮影を始めたいときは、
スタンバイボタンを押して撮影待機状態(「録画ポーズ」表示)にしてか
ら、
録画スタート/ストップボタンを押すことをおすすめします。
∫ オートパワーオフ(48ページ)が「5分」または「10分」に設定されて
いるときは、
設定した時間何も操作していない状態が続くと、
電源が自
動的に切れます。
(電源が切れる1分前に警告音が鳴ります。)
クイックにマニュアル設定したいとき
1
撮影中に、操作ボタンの中央を押す
∫ クイックマニュアル設定画面が表示されます。
∫ 調整
(設定)内容については、それぞれの参照ページ
をご覧ください。
クイックマニュアル設定
録画ポーズ
フルオートにする
フルオート
フォーカス調整 | オート
オート
ホワイトバランス
オート
アイリス
オート
ゲイン
オート
シャッター
もどる
●フォーカス調整 →74ページ
●ホワイトバランス →70ページ
●アイリス →71ページ
●ゲイン →72ページ ●シャッター →72ページ
04.1.27, 2:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
液晶モニターのバックライトを切る
システム液晶モニターの採用により、晴天下ではバック
ライトを切った状態で撮影することができます。バック
ライトを切ると消費電力が低減され、バッテリーパックを
使用した場合の撮影可能時間が長くなります。
1
バックライトボタンを2秒以上押す
∫ 液晶モニターのバックライトが消えま
す。
∫ バックライトを切っているときは、画面
」マークが表示されます。
に「
録画ポーズ
ズームする
ズームレバーを動かす
少し動かすとゆっくりズームし、
さ
らに動かすと速くズームします。
T
W
ズーム
撮
る
・
見
る
倍率表示
2
小さく写る
(ズームアウト)
大きく写る
(ズームイン)
10倍を超えるズームにしたいときは(デジタルズーム)
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた」を参照してください。
(189
ページ)
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
バックライト切マーク
2
バックライトをつけるときは
もう一度、
バックライトボタンを2秒以上押す
アイコン
お知らせ .....................................................................
「
切
∼40
∼200
機能項目
設定内容
」→「デジタルズーム」
∫ 液晶モニターを閉じて、開くと、バックライトが自動的に点灯に戻りま
す。
「切」
「∼40」
「∼200」
次ページへつづく
VL-Z900_P045-054.pm6
Page 47
03.12.23, 5:12 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
47
テープに撮影する(つづき)
「切」
「デジタルズーム」が働きません。
(10倍までの
ズームが働きます。)
「∼40」 ズームが10倍を超えると、40倍までのデジタル
ズームが働きます。
「∼200」 ズームが10倍を超えると、200倍までのデジタ
ルズームが働きます。
デジタルズームを設定後、10倍を超えたズームになると、次
の表示がでます。
電源の切り忘れを防止する(オートパワーオフ)
撮影時や再生時、
無操作状態が長く続いたとき(電源を
切り忘れたときなど)、自動的に電源を切るように設定
することができます。
この機能は、すべてのモードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
W
T ■Dズーム200
その他の設定2
オートパワーオフ 切
5分
タイムコード
タイムコード出力 10分
12H/24H
日付表示
日付あわせ
もどる
デジタルズームマーク
お知らせ .....................................................................
∫ 「カード」‐「撮影」モードでは、
「テープ」「
- 撮影」モードにくらべて画角
が少し広くなります。
∫ 「カード」‐「撮影」モードでは、デジタルズームは使えません。
∫ デジタルズームのときは、画質が落ちます。(最大ズームアップのと
き、水平解像度が約95%劣化します。)
∫ リモコンのズームボタンでは、
ズームスピードは可変しません。
∫ 近くの被写体(約1.5m以内)を極端な望遠で撮ると、
ピントが合わな
いことがあります。
アイコン
「
機能項目
設定内容
」→「オートパワーオフ」 →「切」
→「5分」
→「10分」
お知らせ .....................................................................
∫ AV入力、DV入力、USB接続中は、
オートパワーオフ機能が働きませ
ん。
48
VL-Z900_P045-054.pm6
Page 48
03.12.23, 5:12 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
■ヘッドホンの音量を調整する
ヘッドホンを使う
市販のヘッドホンを接続して、撮影中や再生中の音声を
聞くことができます。
■ヘッドホンを接続する
この機能は「テープ」「
- 撮影」モードでご使用になれま
す。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影設定
ブレ補正
音声モード
風音低減
ヘッドホン音量
もどる
お知らせ .....................................................................
∫ 本機のヘッドホン端子は、ステレオミニジャック(φ3.5)です。
∫ ヘッドホンを接続するときは、音量を最小にしてください。
アイコン
「
機能項目
撮
る
・
見
る
小■■■■□□□□ 大
もどる
設定内容
」→「ヘッドホン音量」 小■■■■□□□□大
もどる
∫ ヘッドホンの音量は、
操作ボタンの または で調整します。
∫ リモコンの音量調整ボタンでも調整できます。
∫ 再生時は、本体のズームレバーで調整します。
49
VL-Z900_P045-054.pm6
Page 49
03.12.23, 5:12 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
テープに静止画を撮る
テープに静止画を撮影できます。
(音声も記録されます。)
操作する
ボタン
フォトボタン
テープ/ カード
切換スイッチ
撮影する
1
電源を入れる
2
フォトボタンを押す
3
録画スタート/ストップボタンを押す
電源スイッチ
録画スタート/
ストップボタン
|リモコンでも操作できます。
静止画面になります。
(この時点では、
まだ記録は始まって
いません。)
押すたびに、
「静止画面」⇔「通常画面」(撮影待機状態)に
切り換わります。
(ブレた映像になってしまったときなど、
やり直すことができます。)
静止画がテープに録画されます。
録画を停止するときは
も
う一度録画スタート/ストップ
ボタンを押す
カード録画ボタン
∫本 体 の フ ォ ト ボ
タンを押したと
きと同様に、静止
画面になります。
録画停止します。
(静止画面は続き
ます。)
4
録 画スタート/ ス
トップボタン
「テープ」‐「撮影」モードにする
静止画面を解除するには
もう一度フォトボタンを押す
撮影待機状態に戻ります。
お知らせ .....................................................................
∫ 静止画面状態を長時間続けることは避けてください。長時間静止画
面で撮った場合、液晶モニターに残像が現れることがあります。電源
を切って放置しておくと自然に消えます。
50
VL-Z900_P045-054.pm6
Page 50
03.12.23, 5:12 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
テープを再生する
操作する
ボタン
音量調整レバー
準備する
① バッテリーパックまたはACアダプターを取り
付ける( 31ページ)
② ビデオテープを入れる( 39ページ)
テープ/ カード
切換スイッチ
電源スイッチ
再生する
操作ボタン
|リモコンでも操作できます。
1
電源を入れる
撮
る
・
見
る
「テープ」‐「再生」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
② 電源スイッチ:「再生」
スローボタン
再生/ 一時停止
ボタン
巻戻しボタン
電源が入り、操作ガイド表示が数秒間表示されます。
早送りボタン
停止ボタン
再生方向
(逆/正)ボタン
コマ戻し/
コマ送りボタン
音量調整
ボタン
ボタンを押す
'再生/ "停止/\ 巻戻し/| 早送り
音量の調整はズームレバーです
お知らせ .....................................................................
∫ オートパワーオフ(48ページ)が「5分」または「10分」に設定され
ているときは、設定した時間何も操作していない(停止)状態が続く
と、自動的に電源が切れます。
VL-Z900_P045-054.pm6
Page 51
次ページの手順2へつづく
03.12.23, 5:13 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
51
テープを再生する(つづき)
2
操作ボタンの を押す
3
∫ テープが巻き戻されます。
∫
を押すと、早送りになります。
∫ 停止するときは、 を押します。
音声1+2
︵
つ
づ
き
︶
停止
早 送り
(||)
早送り中に 、または巻戻し中に を押し続けると、早送
り/巻戻し中の映像を確認することができます。
∫ 押している間は、ビデオサーチ画面になります。
∫ ボタンから指をはなすと、早送りまたは巻戻し状態
に戻ります。
∫ サーチ中は、音声は出ません。
3
小さくなる
大きくなる
音量
内蔵スピーカーから聞こえる音量が変わります。
\\
4
巻戻し
(\\)
音量を調整するときは
再生を止めるときは
操作ボタンの を押す
テープの最後まで再生を行う
と、テープは自動的に巻戻りま
す。
(オートリワインド機能)
お知らせ .....................................................................
ビューファインダーで再生映像を見ているときは、本機から音声が聞
こえません。
再生中に、見たい場所をすばやく探す(ビデオサーチ)
操作ボタンの を押す
再生中に操作ボタンの または を押す
∫ 再生が始まります。
∫ 再生中にもう一度 を押すと、静止画再生となりま
す。
ビデオサーチになります。
ビデオサーチ中は、音声は出ません。
| \\
音声1+2
音声1+2
|
巻戻し
サーチ
再生に戻すときは、操作ボタンの を押す
52
VL-Z900_P045-054.pm6
早 送り
サーチ
Page 52
03.12.23, 5:13 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
画面を止めて見る(静止画再生)
スローモーションで見る(スロー再生)
再生中に操作ボタンの を押す
再生中にリモコンのスローボタンを押す
映像が静止状態になります。
スロー再生中、再生方向ボタンを押して逆方向のスロー
再生と正方向のスロー再生を選ぶことができます。
音声1+2
∫ リモコンの再生/一時停止ボタンでも、静止画再生
にできます。
∫ 静止画再生が約5分以上続くと、テープ保護のため
自動的に再生状態になります。
再生に戻すときは
もう一度操作ボタンの
逆方向の
スロー再生
撮
る
・
見
る
正方向の
スロー再生
∫ スロー再生が約10分以上続くと、テープ保護のため
自動的に再生状態になります。
を押す
コマ送りで見る(コマ送り再生)
① 再生中にリモコンの再生/一時停止ボタンを
押す
② リモコンの再生方向ボタンを押す
①
逆方向に再生する(逆再生)
再生中にリモコンの再生方向ボタンを押す
②
∫ 逆再生が30分以上続くと、テープ保護のため自動的
に通常の再生に戻ります。
コマ戻し コマ送り
∫ コマ送り/コマ戻しは、45コマまで行えます。
45コマ以上コマ送り/コマ戻しすると停止します。
VL-Z900_P045-054.pm6
Page 53
53
03.12.23, 5:13 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
撮影した映像をその場で確認する(カメラサーチ)
撮影を終えた後、電源スイッチを切り換えずに撮影内容の確認
ができます。
撮影をやり直したいときに、任意の場面を探し出して、そこか
ら続けて撮影(つなぎ撮り)するときに便利な機能です。
操作する
ボタン
3
を押し続け、見たいシーンを探
押している間だけ逆方向に約5倍速で再生されます。
離すと撮影待機状態に戻ります。
テープ/カード
切換スイッチ
電源スイッチ
操作ボタンの
す
4
操作ボタンの を押し続け、映像を確認する
操作ボタン
表示切換/設定
ボタン
1
2
電源を入れる
「テープ」-「撮影」モードにする
押している間だけ通常再生されます。
(音声は出ませ
ん。)
離すと撮影待機状態に戻ります。
①テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
②電源スイッチ:「撮影」
表示切換/設定ボタンで画面表示を「入」または
「切」にする
表示切換/設定ボタンを押すたびに次のように切り換わり
ます。
(42ページ)
表示「入」→操作設定表示画面→表示「切」
↑
_____________
|
ボタンから指を離した時点が、つぎの撮影開始点になります。
お知らせ .....................................................................
∫ カメラサーチ中の音声は出ません。
∫ 操作設定表示画面にしているときは、カメラサーチはできません。
54
VL-Z900_P045-054.pm6
Page 54
03.12.23, 5:13 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
撮影するときに便利な機能を使う
本機には、撮影するときに便利な次の機能があります。
・ 逆光の中や暗いときに補正する(逆光補正)
・ 撮影するシーンの切り換わりを効果的に撮る(フェード)
・ 撮影するシーンに合わせた設定にする(シーンアジャスト)
・ 画面を明るくする(ファインピクチャー)
操作する
ボタン
操作ボタン
表示切換/設定
ボタン
各機能を選択する操作
ここでは各機能を選択する操作について説明します。
各機能の使いかた、
設定する内容、
個別の操作について
は、それぞれの参照ページをご覧ください。
電源を入れる
■テープに撮るときは
「テープ」-「撮影」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
② 電源スイッチ:「撮影」
■カードに撮るときは
「カード」-「撮影」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「カード」
② 電源スイッチ:「撮影」
VL-Z900_P055-065.pm6
Page 55
表示切換/ 設定
ボタンを押して、
操作設定表示画
面を表示させる
録画ポーズ
▲前項目へ
マニュアル設定 を実行する
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
▼次項目へ
表示切換/設定ボタン
を押すたびに次のように切り換わります。
(42ページ)
テープ/カード
切換スイッチ
電源スイッチ
1
2
表示「入」→操作設定表示画面→表示「切」
↑
3
① 操作ボタンの または を押し、設定したい
機能を反転表示させる
または を押すごと
に、右の順序で機能名
が反転表示されます。
② 操作ボタンの
中央を押す
使
い
こ
な
す
▲前項目へ
マニュアル設定
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
| 切
▼次項目へ
フェード
シーンアジャスト
演出効果
ファインピクチャー
LEDライト
機能が選択されます。
選択した機能により、
後
の操作が異なります。それぞれの参照ページをご覧ください。
●逆光補正 →
(56ページ)
●フェード →
(57ページ)
●シーンアジャスト →
(58ページ)
●ファインピクチャー →
(59ページ)
各機能の設定が完了したら手順4に進みます。
次ページの手順4へつづく
03.12.23, 5:13 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
55
撮影するときに便利な機能を使う(つづき)
4
表示切換/設定ボタンを押す
操作設定表示画面が消えます。
● 逆光のとき
操作ボタンの を押すたびに、次のように切り換わります。
「切」
逆光の中や暗いときに補正する(逆光補正)
逆光のとき(被写体の後方が明るいため被写体そのもの
が暗く映るとき)や、照明の暗いところで撮影するとき、
被写体が明るく映るように補正することができます。
この機能は「テープ」「
- 撮影」モード、
「カード」「
- 撮影」
モードでご使用になれます。
逆光補正機能を使うには
1「各機能を選択する操作」手順
録画ポーズ
マニュアル設定
フォーカス調整
オートフォーカス
▲
逆光補正
\ 入 ▲
3(55ページ)で「逆光補正」を
選択する
2 操作ボタンの または を押し
て「切」または「入」
(※逆光また
は感度アップ)を選択する
※ 撮影している状況によって、
設定
できる補正項目が異なります。
「 入 」
被写体の後方が明るすぎて被写体が暗く映るとき
に、被写体が明るく映るように補正する機能です。
● 光量不足のとき
(画面に
「ライト」
が表示されている
とき)
操作ボタンの を押すたびに、次のように切り換わります。
「切」
」
「 感度アップ
照明の暗いところで撮影するとき、被写体が明るく
映るように補正します。
設定が終わったら
表示切換/設定ボタンを押
し、操作設定表示画面を消す
画面表示を「入」にすると、設定した補正項目が画面左側に表
示されます。
56
VL-Z900_P055-065.pm6
Page 56
03.12.23, 5:13 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
■ 逆光補正を解除するには
もう一度「各機能を選択する操作」
(55ページ)で「逆光補正」を
選択した後、操作ボタンの を押して、
「切」を選択します。
お知らせ .....................................................................
「入 」に設定したときは
∫ 明るい空や反射光などで白くとんでしまう場合があります。
∫ 画面に「ライト」表示が出たときは、
「入 」は解除されます。
「感度アップ
」に設定したときは
∫ 自動的にシャッタースピードを遅くするため、
画像が流れて見えたり、
画面がザラザラした感じになることがあります。
∫ シャッタースピードを設定しているとき「感度アップ
」にすると
シャッタースピードの設定は解除されます。
∫ 光量不足が解消されると、
感度アップは解除されます。再び暗いとこ
ろにレンズを向けると「ライト」が表示されますが、
感度アップ状態に
は戻りません。もう一度「感度アップ
」に設定してください。
∫ シーンアジャストを設定した後、
「感度アップ
」にすると、
シーンア
ジャストは解除されます。
シーンの切り換わりを効果的に撮る(フェード)
作品のスタートを効果的に始めたいとき、
場面の変化を
自然に切り換えたいとき、余韻の残るラストにしたいと
きに使います。
フェードイン
フェード機能を使うには
1「各機能を選択する操作」手順
録画ポーズ
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
▲
フェード
\ 切▲
3( 55 ページ)で「フェード」を
選択した後、操作ボタンの中央
を押す
2 操作ボタンの または を押し
「入」にする
押すたびに「入」⇔「切」します。
設定が終わったら
表示切換/設定ボタンを押
し、操作設定表示画面を消す
画面表示を「入」にすると、
画面左側に「フェード」表示が出ます。
使
い
こ
な
す
●「フェード」を「入」にして録画をスタートすると...
白い画面から、徐々に映像が現れます。
(フェードイン)
●「フェード」を「入」にして録画をストップすると...
画面が徐々に白くなり、約4秒後に撮影待機状態になりま
す。
(フェードアウト)
お知らせ .....................................................................
∫ フェード機能は撮影終了後に自動的に解除されます。
∫ 撮影中に「フェード」を表示している場合、録画ストップしたときに
フェードアウトになります。
∫ 録画停止状態(「録画ポーズ」の表示なし)ではフェードが選択でき
ません。スタンバイボタンを押し、録画ポーズ状態にしてから選択設
定してください。
フェードアウト
この機能は「テープ」「
- 撮影」モードでご使用になれます。
VL-Z900_P055-065.pm6
Page 57
次ページへつづく
04.1.27, 2:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
57
撮影するときに便利な機能を使う(つづき)
撮影するシーンに合わせた設定にする(シーンアジャスト)
撮影シーンに合ったモードを選ぶだけで、
自動的に被写
体や撮影状況に適した設定に調整されます。
この機能は「テープ」「
- 撮影」モード、
「カード」「
- 撮影」
モードでご使用になれます。
シーンアジャスト機能を使うには
1「各機能を選択する操作」手順
録画ポーズ
オートフォーカス
逆光補正
フェード
▲
シーンアジャスト スポーツ
\ ▲
3(55ページ)で「シーンアジャ
スト」を選択した後、操作ボタン
の中央を押す
2 操作ボタンの または を押し
て、シーンに合ったモードを選
択する
(スポーツ)スポーツシーンなど、動きの速い被写体の
撮影に適しています。
撮影後、スロー再生や静止画再生したとき
にブレの少ない映像になります。
(イルミネーション)花火や光のパレードなど、夜の暗い場面で、
明るく光るものを撮影するとき、光の色が
白くとんでしまうのを抑えます。
(ローライト)うす暗い部屋の中など、暗い場所にいる被写
体が、明るく浮かび上がるよう調整されます。
(シャッタースピードを遅くするため、画像が
流れて見えたり、
ブレやすくなります。)
(赤ちゃん)子供の顔を撮影するとき、健康的な温かみ
のある色合いに調整されます。
シーンアジャストが設定されると、
「オート」表示が「マニュア
ル」表示になります。
設定が終わったら
表示切換/設定ボタンを押
し、操作設定表示画面を消す
画面表示を「入」にする
と 、設 定し た シ ー ン ア
ジャストモードが表示さ
れます。
録画ポーズ
(トワイライト)夕暮れどきのほの暗さや、夕焼けの色がき
れいに再現されるよう、調整されます。
(スキー)
スキー場や海辺など、背景がまぶしい場所
で撮影するとき、人物の顔などが暗くなる
のを抑えます。
(パーティー)スポットライトなど強い光が当たっている被
58
VL-Z900_P055-065.pm6
写体を撮影するとき、人物の顔などが白くと
んでしまうのを抑えます。
Page 58
マニュアル
■ シーンアジャストを解除するには
もう一度「各機能を選択する操作」の手順 3( 55 ページ)で
「シーンアジャスト」を選択した後、操作ボタンの または
を押して、
「切」を選択します。
03.12.23, 5:13 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
お知らせ .....................................................................
∫ 「イルミネーション」に設定しているときは、
オートフォーカスでピン
トが合いにくくなることがあります。そのようなときは、マニュアル
フォーカス( 74ページ)のご使用をおすすめします。
∫ 「逆光補正」を「 (感度アップ)」にしているときは、
シーンアジャ
ストは選択できません。
∫ マニュアル機能を選択しているときは、
シーンアジャストは選択でき
ません。
∫ シーンアジャストは、
「テープ」-「 撮影」モード、
「カード」-「 撮影」
モードで連動しません。
画面を明るくする(ファインピクチャー)
画像全体を明るく補正するので、
暗い部分も見やすくな
ります。
暗いところで撮影するときや、
テープ再生時、画面が暗
く感じるときに使用します。
お知らせ .....................................................................
∫ 「ファインピクチャー」機能だけでは暗いと感じる場合、
「逆光補正」
機能もあわせてお使いになれます。
( 56ページ)
「ファインピクチャー」と「逆光補正」を併用した場合、明るい空や反
射光などで白トビする場合があります。
∫ 光量が不足しているときは、
同梱のLEDライトをお使いになることも
できます。
∫ 静止画再生時は効果が得られない場合があります。
∫ ファインピクチャーは、
「撮影」モード(「テープ」-「 撮影」モードと
「カード」-「 撮影」モード)、
「テープ」-「 再生」モードで連動しませ
ん。
∫ 「テープ」「
- 再生」モードで電源を入れると、
ファインピクチャーは自
動的に「切」となります。
VL-Z900_P055-065.pm6
Page 59
この機能は以下のモードでご使用になれます。
「テープ」「
- 撮影」モード
「カード」「
- 撮影」モード
「テープ」「
- 再生」モード
ファインピクチャー機能を使うには
1「各機能を選択する操作」手順
録画ポーズ
フェード
シーンアジャスト
演出効果
▲
ファインピクチャー \ 切
3( 55 ページ)で「ファインピク
チャー」を選択した後、操作ボ
タンの中央を押す
2 操作ボタンの を押し、
ファイ
ンピクチャーのレベルを選ぶ
押すたびに「レベル1」から「レ
ベル3」までかわります。
使
い
こ
な
す
「レベル1」−「レベル2」−「レベル3」
補正(小)← → 補正(大)
「切」にするときは操作ボタン
の を押して「切」まで戻しま
す。
画面上部左側にファインピクチャーのレベルを示す「
「
」
「
」の表示が出ます。
」
設定が終わったら
表示切換/設定ボタンを押
し、操作設定表示画面を消す
画面表示を「入」にすると、設定した補正項目が画面左側に表
示されます。
59
03.12.23, 5:13 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
自分で自分を撮る(対面撮影)
液晶モニター側を180度回転させると、液晶モニターと向き
合った状態で撮影できます。手に持って自分自身を撮影した
り、家族や仲間と一緒に記念撮影ができます。
対面撮影と通常の撮影を切り換えるときは、撮影を停止させた
状態で行ってください。
■手に持って対面撮影するとき
お知らせ .....................................................................
手に持って対面撮影する
カードに撮影するときは、
「置いた状態または三脚に取り付けた状態で
対面撮影をするとき」
(61ページ)をご覧ください。
■ 手に持った対面撮影時の画面について
映像の上下方向は、
「
お知らせ .....................................................................
ビューファインダーでは、映像は見えません。
」マークで確認します。
1
電源を入れる
2
本体を図のように90°
下に
むける
3
① カメラ本体を下に向け、
レンズ部を図のように
90°
以上回転させる
「テープ」
‐
「撮影」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
② 電源スイッチ:「撮影」
テープ撮影時
T W
Ⅰ
W T
Ⅰ
「 」
上下が正しく記録されます。
カード撮影時
「 」マークが表示されてい
ないときは上下逆の映像が
記録されます。
「 」
上下逆の映像が記録されます。
60
W T
次ページの手順3の②へつづく
Ⅰ
VL-Z900_P055-065.pm6
Page 60
03.12.23, 5:13 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
② 液晶モニター
を開いて、
︵
180°
回転さ
つ
づ
せる
置いた状態または三脚に取り付けた状態
で対面撮影をするとき
3
き
︶
4
撮影する
1
電源を入れる
2
① 液晶モニターを開く
② 液晶モニターを、図のように180°
回転させる
お知らせ .....................................................................
∫ 液晶モニターを180°
回転させない状態で対面撮影したときは、
再生
時に上下が逆さになりますので注意してください。万一、誤って上下
逆さに撮影した場合は、
画面上下反転機能(76ページ)をお使いにな
ると、上下正しく再生されます。
∫ 「カード」「
- 撮影」モード(41ページ)時は、映像が上下逆に記録され
ます。
「カード」「
- 撮影」モードで対面撮影するときは、
「置いた状態
または三脚に取り付けた状態で対面撮影をするとき」
(右記)の状態
で撮影してください。
∫ 映像が自動的に反転する角度は、180°
のみ(手順3の②)です。
∫ 対面撮影すると、マニュアル設定はすべて「オート」になります。
∫ 暗い所で対面撮影した映像は、若干、
ノイズが多くなります。
∫ 手に持った対面撮影モードでは、表示切換/設定、
メニュー操作が行
えません。
∫ 対面撮影や通常の撮影状態に切り換えるときは、必ず停止状態で
行ってください。
例)通常の撮影中にレンズ部や液晶モニターを回しても、対面撮影
状態にはなりません。
■ テープに撮るときは
「テープ」‐「撮影」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
② 電源スイッチ:「撮影」
「カード」‐「撮影」モードにする
■ カードに撮るときは
① テープ/カード切換スイッチ:「カード」
② 電源スイッチ:「撮影」
2 180°
90°
1
お知らせ ..............................................................
このとき、上下方向を示す「
3
」マークは表示されません。
撮影する
液晶モニターとビューファインダーの両方で、
シーンを確
認できます。
次ページへつづく
VL-Z900_P055-065.pm6
Page 61
使
い
こ
な
す
03.12.23, 5:13 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
61
自分で自分を撮る(対面撮影)
(つづき)
録画終了部分を探す(撮影スタンバイ)
お知らせ .....................................................................
撮影を始めるとき、前回の撮影終了場面(次にスタートしたい
場面)が簡単に頭出しできます。
∫ 対面撮影では、
液晶モニターに写る映像は、鏡のように左右が反転し
ますが、記録されている映像は実際の被写体と同じになります。
∫ 映像が自動的に反転する角度は、180°
のみです。
∫ ラク撮りグリップ(回転式ハンドグリップ)を回転させないでください。
回転させると、
映像が逆に記録されます。万一、
誤って上下逆さに記録
された場合は、
画面上下反転機能(76ページ)をお使いになると、
上下
正しく再生されます。
この機能は「テープ」‐「撮影」モードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
アイコン
「
ラク撮りグリップ
(回転式ハンドグリップ)
対面状態にするときは
対面撮影中、
三脚などに取り付けて対面撮影をした後、
そのままで再生する
ことができます。
電源スイッチを
「再生」
に動かして、
再生の操
作をしてください。
対面撮影・再生の操作は
リモコンを使って操作すると便利です。
VL-Z900_P055-065.pm6
」→「撮影スタンバイ」
設定内容
「サーチ」
「切」
「切」
「サーチ」を選択し、操作ボタンの中央を押すと、画面左
上に「サーチ」表示が出て点滅し、頭出しが始まります。
頭出しが完了すると、
「スタンバイ終了」が表示さ
れ、撮影待機状態になります。
サーチをキャンセルします。
お知らせ .....................................................................
対面再生機能について
62
機能項目
「サーチ」 前回の撮影を終了した場面を自動的に頭出しします。
マークが点滅したら
異常が発生しています。撮影を中止して液晶モニターを元に
戻してから、警告内容を確認してください。
サーチ
切
∫ 「サーチ」を途中で中止するときは
「サーチ」点滅中に、再度メニュー画面の「撮影スタンバイ」を選択
し、
「切」で操作ボタンの中央を押してください。
∫ サーチ中に、
メニュー画面を消しても撮影スタンバイは働きます。
∫ 次の場合には撮影スタンバイはできません。(表示が出ません。)
∫
∫
∫
Page 62
一度テープを取り出したとき
未録画のテープのとき
テープを入れた後、一度も撮影していないとき
03.12.23, 5:14 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
長時間撮影する(録画モード) 手ブレ補正を解除する(ブレ補正)
録画モードを「LP」に設定すると、
「SP」(標準)の約1.5倍長く
撮影できます。(画質の劣化はありません。)
この機能は「テープ」-「撮影」モードでご使用になれます。
この機能は「テープ」-「撮影」モードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
アイコン
「
三脚に取り付けるなど、手ブレの心配がないときはブレ補正
を「切」にします。(工場出荷時は、「入」に設定されています。)
ブレ補正を「切」にしていると、自然な画像になります。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影設定
ブレ補正
音声モード
風音低減
ヘッドホン音量
もどる
SP
LP 機能項目
」→「録画モード」
設定内容
「SP」
「LP」
アイコン
「
「SP」 標準の録画モードです。撮影後にアフレコ編集を行い
たいときは、
「SP」に設定します。
「LP」 SPの約1.5倍長く撮影できます。
「LP 」モード選択時は、画面表示「入」にしたときに
「LP」表示が出ます。
使
い
こ
な
す
入
切
機能項目
」→「ブレ補正」
設定内容
「入」
「切」
「入」 ブレ補正機能が働きます。
「切」 この機能を使用したくないときは、この設定にしておき
ます。
お知らせ .....................................................................
∫ 「LP」モードで使うときは、「LP」表示のあるカセットテープでご使用
ください。表示のないテープでは、
モザイク状のノイズが出る場合が
あります。
∫ 「LP」モードで撮影・再生したとき、使用条件や環境によって、
モザイ
ク状のノイズが出る場合があります。
∫ 「LP」モードで撮影した部分は、アフレコができません。
∫ 「LPモード使用時のご注意」
(156ページ)もあわせてご覧ください。
お知らせ .....................................................................
∫ ブレ補正が「入」になっていても、
ブレが大きすぎると、補正されない
ことがあります。
63
VL-Z900_P055-065.pm6
Page 63
03.12.23, 5:14 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
高画質で撮る(ワイドモード)
本機では映像をワイドモード(スクイーズ※)で記録することが
できます。
ワイドモードで記録された映像をハイビジョンテレビやワイド
テレビに接続してご覧になると、16:9そのままのワイド映像
が楽しめます。
ワイドモードで記録された映像の再生方法は「ワイドモード
(スクイーズ)の映像を再生する(シネマ再生)」
(77ページ)
をご覧ください。
ワイドモード(スクイーズ)で映像を記録する
この機能は「テープ」-「撮影」モードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
アイコン
「
「切」 • 本機の液晶画面やノーマル(4:3)テレビで見ること
を目的に撮影するときは、
「切」に設定しておきます。
• 普段は、この設定にしておきます。
「入」 • 次のような場合に「入」に設定します。
○ワイドテレビ(16:9画面)でワイド映像を楽しみた
いとき
○本機の液晶画面やノーマルテレビでワイド映像を
楽しみたいとき
• 撮影時に「
」マークが表示されます。
※「スクイーズ」とは画像圧縮技術の1つです。16:9の映像を4:3の
画像サイズに圧縮して記録(スクイーズ記録)
した映像のことです。
ワイドモード「切」時の画面
ワイドモード「入」時の画面
切
入
機能項目
」→「ワイドモード」
設定内容
「切」
「入」
64
VL-Z900_P055-065.pm6
Page 64
03.12.23, 5:14 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
音声モードを切り換える
本機の音声モードには、12bitと16bitの記録方式があり、
次のようになっています。
この機能は「テープ」‐「撮影」モードでご使用になれま
す。
● 12bit 記録の音声は
「音声1」と「音声2」のチャンネルがあり、それぞれ左・右
(ステレオ)のチャンネルを持っています。
チャンネル 撮影時の記録状態 アフレコ後の記録状態
音声1
左・右
撮影時の音声
撮影時の音声
音声は記録されない アフレコ音声
音声2
左・右
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影設定
ブレ補正
音声モード
風音低減
ヘッドホン音量
もどる
(撮影時の音声はそのまま残して、別の音声を後から追加することがで
きます。)
アイコン
● 16bit 記録の音声は
「音声1」が(左)チャンネル、
「音声2」が(右)チャンネル
になり、より高音質な記録ができます。
音声1
音声2
チャンネル 撮影時の記録状態
左
撮影時の音声
右
撮影時の音声
アフレコ後の記録状態
撮影時の音声
アフレコ音声
アフレコする場合、
「音声2」に入っていた音声は消去され、アフレコ音
声になります。
「
12bit
16bit 機能項目
」→「音声モード」
使
い
こ
な
す
設定内容
「12bit」
「16bit」
「12bit」 撮影時の音声を、アフレコ後もステレオで残し
たい場合は、この設定します。
「16bit」 より高音質の音声で記録したい場合、この設定
にします。
お知らせ .....................................................................
∫ 16bit選択時は、
画面表示「入」にしたときに「16bit」の表示が出ま
す。
65
VL-Z900_P055-065.pm6
Page 65
03.12.23, 5:14 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
風音を低減して撮影する(風音低減) タイムコードを表示させる
風の強い日の遊園地などの、周囲が騒がしい所で撮影した
いときは「風音低減」を設定します。事前にテストを行い、
音声の記録状態を確認してください。
この機能は「テープ」‐「撮影」モードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影設定
ブレ補正
音声モード
風音低減
ヘッドホン音量
もどる
アイコン
「
12bit
切
入
機能項目
」→「風音低減」
タイムコードとは、動画撮影時、テープに自動的に記録され
る時間(秒単位)のことです。
画面にタイムコードを表示させて、撮影/再生の経過時間
を確認することができます。
タイムコードを表示させる
この機能は「テープ」‐「撮影」モード、「テープ」‐「再生」
モードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
その他の設定2
オートパワーオフ
切
タイムコード
タイムコード出力 入
12H/24H
日付表示
日付あわせ
もどる
設定内容
「切」
「入」
アイコン
「切」 普段はこの設定にしておきます。
「入」 風の強い日など、風の音が気になるときに設定します。
「
機能項目
」→「タイムコード」
風音による雑音(風切り音)を低減します。
設定内容
「切」
「入」
お知らせ .....................................................................
「切」 タイムコード表示を出したくないときは、この設定にして
∫ 風音低減が「入」になっていると、録音された音声が、再生のときに
多少変わって聞こえる場合があります。
「入」 タイムコード表示が出て、撮影/再生の経過時間が確認
おきます。
できます。
66
VL-Z900_P066-073.pm6
Page 66
03.12.23, 5:14 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
「切」 本機を再生側に使用してダビングするときなど、接続し
設定が終ったら
表示切換/設定ボタンを繰り返し押し、画面表示を「入」にする
と、
タイムコードが表示されます。
タイムコード表示の読みかた
TC 0 : 00 : 10 : 20
フレーム表示(再生一時停止時、コマ送り再生時)
秒
分
時
テレビ画面にタイムコードを出したいとき
この機能は「テープ」‐「撮影」モード、「テープ」‐「再生」
モードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
た機器側にタイムコード表示を出したくないときは、
こ
の設定にしておきます。
「入」 テレビに接続してご覧になるときなど、タイムコードを
テレビ画面に表示したいときは、
この設定にしておきま
す。
お知らせ .....................................................................
∫ タイムコードは、テープの途中に無記録部分があると「TC0:00:00」か
ら始まります。あとから、
このタイムコードだけを書き直すことはできま
せん。
∫ タイムコードは自由にリセットすることはできません。
∫ タイムコードを「入」に設定していても、画面表示を「切」にしている
ときは、
タイムコードは表示されません。
∫ フレームとは、再生一時停止/コマ送り再生で、1コマ(フレーム)ごと
の時間(フレーム数単位)のことです。
∫ リモコンのタイムコードボタンでも、
タイムコード表示を入/切できま
す。
使
い
こ
な
す
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
その他の設定2
オートパワーオフ
タイムコード
タイムコード出力 切
入
12H/24H
日付表示
日付あわせ
もどる
アイコン
「
VL-Z900_P066-073.pm6
機能項目
」→「タイムコード出力」
Page 67
設定内容
「切」
「入」
67
03.12.23, 5:14 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
手動で調整する(マニュアル機能)
本機では、通常、撮影のための調整をオートで行っています。
ただし、お好みにより次の機能を手動(マニュアル)で調整す
ることができます。
• 色合いの調整(ホワイトバランス)→70ページ
• 明るさ(F値)の補正(アイリス)→71ページ
• 明るさ(ゲイン値)の補正(ゲイン)→72ページ
• シャッタースピードの切り換え(シャッター)→72ページ
• 上記の機能をすべてオートに戻すこともできます。
(フルオート)
1
電源を入れる
2
表示切換/ 設定
ボタンを押して、
操作設定表示画
面を表示させる
マニュアル機能を選択する操作
ここでは各マニュアル機能を選択する操作について説
明します。機能の使いかた、設定する内容、個別の操作
については、それぞれの参照ページをご覧ください。
操作する
ボタン
テープ/カード
切換スイッチ
電源スイッチ
操作ボタン
表示切換/設定
ボタン
68
VL-Z900_P066-073.pm6
Page 68
■ テープに撮るときは
「テープ」「
- 撮影」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
② 電源スイッチ:「撮影」
■ カードに撮るときは
「カード」「
- 撮影」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「カード」
② 電源スイッチ:「撮影」
録画ポーズ
▲前項目へ
マニュアル設定 を実行する
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
▼次項目へ
表示切換/設定ボタンを押すたびに次のように切り換わり
ます。
(42ページ)
表示「入」→操作設定表示画面→表示「切」
↑
3
① 操作ボタンの
または を
押し、
「マニュ
アル設定を
実行する」を
選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
録画ポーズ
▲前項目へ
マニュアル設定 を実行する
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
▼次項目へ
03.12.23, 5:14 PM
次ページの手順4へつづく
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
4
① 操作ボタンの
または を
押し、設定し
たい機能を反
転表示させる
マニュアル設定
録画ポーズ
5
フルオートにする
フルオート
ホワイトバランス | オート
オート
アイリス
オート
ゲイン
オート
シャッター
もどる
オート
\オート/'" |選択/●決定
調整(設定)内容については、それぞれの参照ページ
をご覧ください。
●ホワイトバランス →70ページ
●アイリス →71ページ
●ゲイン →72ページ
●シャッター →72ページ
• マニュアル機能が設定されると、
「オート」
表示が
「マニュアル」表示になります。
または を
押すごとに、
反転表示が移
動します。
• マニュアル設定がされている場合、その項目を再
度選択
(反転表示)
して操作ボタンの を押すと、
オートに戻すことができます。
•
① 操作ボタンの または を押し、調整(設定)
する
② 操作ボタンの中央を押す
使
い
こ
な
す
続けて他のマニュアル機能を設定することができま
す。各機能の設定が完了したら手順6に進みます。
② 操作ボタンの中央を押す
6
表示切換/設定ボタンを押す
マニュアル設定画面が消えます。
お知らせ .....................................................................
∫ シーンアジャストを設定しているときは、マニュアル設定の選択はで
きません。
∫ マニュアル設定は、
「テープ」「
- 撮影」モード、
「カード」「
- 撮影」モー
ドで連動しません。
次ページへつづく
VL-Z900_P066-073.pm6
Page 69
04.1.27, 2:17 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
69
手動で調整する(マニュアル機能)
(つづき)
より自然な色合いで撮る
(ホワイトバランス)
撮る場所の明るさや光源に合わせて、自然な色合いで
撮ることができます。
■「ロックする」を選択するときは
白い紙などを画面いっぱいに写しながら「ロックする」を選
択し、操作ボタンの中央を押します。
「ロック」が点滅し、点灯に変わります。
ホワイトバランスを設定するには
白い紙など
1「マニュアル機能を選択する操
マニュアル設定
録画ポーズ
▲
フルオート
ホワイトバランス \ ロックする
▲
アイリス
ゲイン
シャッター
もどる
オート
'"\ |選択/●決定
作」の手順4(69ページ)で「ホ
ワイトバランス」を選択する
2 操作ボタンの または を押し
て「 オ ート 」
「屋外」
「屋内」
「ロックする」から希望の設定
を選ぶ
ロックが点滅
「オート」
「屋内」
自動的に色合いを調整します。
屋内のハロゲンランプや電球などの光源に
適しています。
「屋外」
晴れた日の屋外撮影に適しています。
「ロックする」 基準とする色合いを固定します(ホワイトバラ
ンスロック)。右側の「『ロックする』を選択す
るときは」をご覧ください。
お知らせ .....................................................................
70
設定が終ったら
表示切換/設定ボタンを押す
マニュアル設定画面が消えます。
■ ホワイトバランスをオートに戻すときは
「ホワイトバランス」を選択し
操作ボタンの を押します。
∫ 「ロック」の点滅が点灯に変わる前にカメラを動かすと「ロック」が点滅
し続けることがあります。ホワイトバランスを設定し直してください。
∫ ホワイトバランスロックで撮影中、下記の場合ホワイトバランスがず
れることがあります。このようなときは、
ホワイトバランスロックを設
定し直してください。
1. 光源が変わったとき。
2. 屋内と屋外を出入りしたとき。
VL-Z900_P066-073.pm6
Page 70
|点灯に変われば完了です。
03.12.23, 5:14 PM
マニュアル設定
録画ポーズ
フルオートにする
フルオート
ホワイトバランス | オート
オート
アイリス
オート
ゲイン
オート
シャッター
もどる
オート
\オート/'" |選択/●決定
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
明るさ(F値)を補正する(アイリス)
被写体と背景で明暗の差がありすぎるとき(逆光で撮影す
るときなど)に明るさ(F値)を補正して、
より自然な映像が
撮影できます。
■ 明るさ(アイリス)の補正をオートに戻すときは
「アイリス」を選択し操作ボタン
の を押します。
明るさ(F値)を補正するには(アイリス)
マニュアル設定
録画ポーズ
フルオート
ホワイトバランス
▲
アイリス
\ F2.0
▲
ゲイン
シャッター
もどる
マニュアル
アイリス F1.8∼F19
'"\ |選択/●決定
1「マニュアル機能を選択する操
作」の手順4(69ページ)で「ア
イリス」を選択する
2 操作ボタンの または でF値
を調整する
F1.8∼F19の範囲で15段階の調整ができます。
マニュアル設定
録画ポーズ
フルオートにする
フルオート
オート
ホワイトバランス
アイリス
| オート
オート
ゲイン
オート
シャッター
もどる
オート
\オート/'" |選択/●決定
お知らせ .....................................................................
アイリス調整のヒント
アイリス調整によって、被写体の前後をボカした効果的な撮影ができ
ます。
(被写界深度)
∫ F値を大きくすると: ピントの合っている範囲が前後に広くな
ります。
(被写界深度が深い)
∫ F値を小さくすると: ピントの合う範囲が狭くなります。
(被
写界深度が浅い)
使
い
こ
な
す
● 背景が明るすぎて被写体が黒くつぶれるとき
F値を小さくします。
● 背景に比べて被写体が明るすぎるとき
F値を大きくします。
設定が終ったら
表示切換/設定ボタンを押す
マニュアル設定画面が消えます。
次ページへつづく
VL-Z900_P066-073.pm6
Page 71
03.12.23, 5:14 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
71
手動で調整する(マニュアル機能)
(つづき)
明るさ(ゲイン値)を補正する(ゲイン)
暗い場所などでオートで撮影しているとき、
ゲイン値が
自動調整され実際より明るく写ることがあります。この
ような場合、
ゲイン値を手動で調整して撮影することが
できます。
「アイリス」と「ゲイン」の両方を調整すると、より適切
な設定ができます。
■ 明るさ
(ゲイン)
の補正をオートに戻すときは
「ゲイン」を選択し操作ボタンの
を押します。
マニュアル設定
録画ポーズ
フルオートにする
フルオート
オート
ホワイトバランス
オート
アイリス
ゲイン
| オート
オート
シャッター
もどる
オート
\オート/'" |選択/●決定
お知らせ .....................................................................
明るさ(ゲイン値)を補正するには(ゲイン)
マニュアル設定
録画ポーズ
フルオート
ホワイトバランス
▲
アイリス
\ +3dB
ゲイン
▲
シャッター
もどる
マニュアル
ゲイン 0∼+18dB
'"\ |選択/●決定
∫ 設定値を上げすぎると、画面がザラつくことがあります。
1「マニュアル機能を選択する操
作」の手順4(69ページ)で「ゲ
イン」を選択する
2 操作ボタンの または でゲイ
ン値を調整する
0dB∼+18dBの範囲で7段階の調整ができます。
● 暗い場所を忠実に撮影したいとき
ゲイン値を小さくします。
(感度を下げる)
シャッタースピードを切り換える(シャッター)
動きの早い被写体を高速電子シャッターで撮影すると、
ブレの少ない静止画やスロー再生が楽しめます。
シャッタースピードは次の範囲で切り換えることができ
ます。
「テープ」「
- 撮影」モード:
1/15∼1/10000の18段階
「カード」「
- 撮影」モード:
1/15∼1/500の10段階
● 背景が明るすぎて、被写体が黒くつぶれるとき
ゲイン値を大きくします。
(感度を上げる)
設定が終ったら
表示切換/設定ボタンを押す
マニュアル設定画面が消えます。
72
VL-Z900_P066-073.pm6
Page 72
03.12.23, 5:14 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
■シャッターをオートに戻すときは
シャッタースピード調整例
∫ 晴天下でスポーツのフォーム撮影
∫ 晴天下でスキー場での撮影
➜
1/10000秒∼
1/1000秒
∫ 薄曇天候下での屋外スポーツ撮影など
∫ 自動車などから屋外を撮影するとき
(振動による画像のブレを防ぎたい
とき)
➜
1/1000秒∼
1/250秒
∫ ND2フィルターの代わりに使用
(光量を1/2に抑えることができます)
➜ 1/100秒
∫ 蛍光灯の下で撮影していて、画面
がちらつくとき
シャッタースピードを切り換えるには(シャッター)
1「マニュアル機能を選択する
マニュアル設定
録画ポーズ
フルオート
ホワイトバランス
アイリス
ゲイン
▲
シャッター
| 1/60
▲
もどる
マニュアル シャッター 1/15∼1/10000
'"\ |選択/●決定
操作」の手順4( 69 ページ)で
「シャッター」を選択する
2 操 作ボタン の
または で
シャッタースピードを切り換え
る
撮影時のヒント
■シャッタースピードを速くすると画面が暗くなるときが
あります。
太陽光の下またはビデオライトなどの補助照明を使い、
影を少なくして明るい場所で撮影してください。
■シャッタースピードを1/30秒より遅くすると、画像が流
れて見えることがあります。
VL-Z900_P066-073.pm6
Page 73
「シャッター」を選択し操作ボタ
ンの を押します。
マニュアル設定
録画ポーズ
フルオートにする
フルオート
オート
ホワイトバランス
オート
アイリス
オート
ゲイン
シャッター
| オート
もどる
オート
\オート/'" |選択/●決定
すべてオートに戻す(フルオート)
マニュアル設定画面の機能を一度にオートに戻すこと
ができます。
使
い
こ
な
す
すべてオートに戻すには(フルオート)
1「マニュアル機能を選択する操
録画ポーズ
マニュアル設定
▲
\ フルオートにする
フルオート
▲
ホワイトバランス
アイリス
ゲイン
シャッター
もどる
作」の手順4(69ページ)で「フ
ルオート」を選択した後、操作
ボタンの中央を押す
2 操作ボタンの または で「フ
ルオートにする」を選択して、
操作ボタンの中央を押す
マニュアル設定で設定できる機能
がオートに戻ります。
お知らせ .....................................................................
∫ マニュアル設定機能のどれかが設定されていないと、
「マニュアル機
能を選択する操作」の手順4(69ページ)で「フルオート」は選択でき
ません。
03.12.23, 5:14 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
73
手動でピントを合わせる(マニュアルフォーカス)
オートでピントが合いにくい場合には、手動でピントを合わ
せることができます。
操作する
ボタン
1
電源を入れる
2
表示切換/設定ボ
タンを押して、操
作設定表示画面
を表示させる
テープ/カード
切換スイッチ
■テープに撮るときは
「テープ」「
- 撮影」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
② 電源スイッチ:「撮影」
■カードに撮るときは
「カード」「
- 撮影」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「カード」
② 電源スイッチ:「撮影」
電源スイッチ
操作ボタン
表示切換/設定
ボタン
録画ポーズ
▲前項目へ
マニュアル設定 を実行する
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
▼次項目へ
こんなときに使うと効果的です
■ 背景が明るすぎてピントが合いにくいとき。
■ 遠くの被写体が金網などと重なってピントが合わないと
き。
■ 中央に近くの被写体と遠くの被写体があり、
ピントが合わ
ないとき。
■ 平坦でコントラストのない被写体、
壁や空などでピントが合
わないとき。
■ 輝いたり、
強い光を反射して光っている被写体でピントが合
わないとき。
■ その他
∫ 横じまの被写体や斜めの被写体などでピントが合わな
いとき。
∫ 被写体が暗いとき。
74
VL-Z900_P074-086.pm6
表示切換/設定ボタンを押すたびに次のように切り換わり
ます。
(42ページ)
表示「入」→操作設定表示画面→表示「切」
↑
3
① 操作ボタンの
または を
押して「フォー
カス調 整 」 を
選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
▲前項目へ
マニュアル設定
フォーカス調整 | オート
オートフォーカス
逆光補正
▼次項目へ
次ページの手順4へつづく
Page 74
03.12.23, 5:15 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
4
操作ボタンの または でピントを合わせる
録画ポーズ
マニュアル設定
フォーカス調整 \
オートフォーカス
逆光補正
ボタン
近くの被写体にピ
ントを合わせます。
▲
▲
MF
"ボタン' /●ロック
ボタン
遠くの被写体にピントを合わせます。
∫
または から指を離すと、
ピントがロックされます。
∫ 操作ボタンの中央を押しても、ピントがロックされ
ます。
5
表示切換/ 設定
ボタンを繰り返
し押し、画 面 表
示「入」にする
Ⅰ
MF
60 分
録画ポーズ
2004. 4.30
AM10:00
お知らせ .....................................................................
ピント合わせのコツ
∫ レンズが汚れたり曇ったりしていると、
正しいピント合わせができません。
∫ ズームを望遠にしてピントを合わせると、広角にしてもピントがずれま
せん。
(広角側でピントを合わせた後、望遠にすると被写体がボケる
場合があります。)
∫ 被写体がレンズから1.5m以内にあるとピントが合わない場合があります。
このようなときは、
ズームを広角にしてからピントを合わせてください。
オートフォーカスに戻す
1
2
電源を入れる
■テープに撮るときは
「テープ」「
- 撮影」モードにする
■カードに撮るときは
「カード」「
- 撮影」モードにする
表示切換/ 設定
ボタン を 押し
て、操作設定表
示画面を表示さ
せる
∫ フォーカス調整を選び
に戻ります。
使
い
こ
な
す
録画ポーズ
▲前項目へ
マニュアル設定 を実行する
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
▼次項目へ
を押しても、オートフォーカス
・マニュアルフォーカスであることを示します。
・「MF」の表示が出ているときは、操作ボタ
ンの または でピントを合わせることがで
きます。(画面表示「切」でも操作できます。)
次ページの手順3へつづく
VL-Z900_P074-086.pm6
Page 75
03.12.23, 5:15 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
75
手動でピントを合わせる(マニュアルフォーカス)(つづき)
3
4
① 操作ボタンの
または を
押して「オート
フォーカスを
実行する」 を
選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
▲前項目へ
マニュアル設定
フォーカス調整
オートフォーカス を実行する
逆光補正
▼次項目へ
テープを再生するときに便利な機能を使う
本機には、再生するときに便利な次の機能があります。
∫ 画面を上下反転させて再生する(画面上下反転)
∫ スクイーズ記録された映像を再生する(シネマ再生)
画面を上下反転させて再生する(画面上下反転)
テープに記録されている映像を、上下逆さにして再生すること
ができます。
この機能は「テープ」-「 再生」モードでご使用になれま
す。
表示切換/設定ボタンを押す
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
再生設定
画面上下反転 を実行する
音声切換
AD変換出力
もどる
アイコン
「
1+2
切
機能項目
設定内容
」→「画面上下反転」→「実行する」
「実行する」 テープに記録された映像を上下逆さに反転し
て再生します。
■解除するときは
操作ボタンの中央を押します。
76
VL-Z900_P074-086.pm6
Page 76
04.1.27, 2:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
お知らせ .....................................................................
∫ 上下反転再生中は、コマ送り/戻し、スロー再生、演出効果、フォトコピー、逆再生は働きません。
∫ 対面撮影したシーンを再生した場合に、
通常の再生では上下が逆になって
再生されるようなときは、
画面上下反転をお使いになると、
上下正しく再生
されます。
∫ 上下反転再生モードは、
メニューは設定できません。メニューを設定
するときは、
再生を停止し(操作ボタンの中央を押し)、
上下反転再生
モードを解除してください。
ワイドモード(スクイーズ)の映像を再生する(シネマ再生)
ワイドモード(スクイーズ)で記録された映像を、16:9で再生す
ることができます。
ワイドモード(スクイーズ)で記録された映像をビューカムの
液晶モニターやノーマル(4:3)のテレビに出力して見るため
の機能です。
ワイドモード(スク
イーズ4:3)で
記録された画像
シネマ再生時
(16:9)
ワイドモード(スクイーズ)で映像を記録する方法は「高画質
で撮る(ワイドモード)」
( 64 ページ)をご覧ください。
この機能は「テープ」
‐
「再生」モードでご使用になれま
す。
1
電源を入れる
る
2
表示切換/ 設定
ボタンを 押し
て、操作設定表
示画面を表示さ
せる
3
操作ボタンの
また は
を押
し、
「シネマ再生
を実行する」を
選ぶ
4
5
音声1+2
▲前項目へ
| 標準
演出効果
ファインピクチャー
アフレコ
シネマ再生
▼次項目へ
音
▲前項目へ
演出効果
ファインピクチャー
アフレコ
シネマ再生
を実行する
▼次項目へ
操作ボタンの中央を押す
∫ 再生中は、停止状態になります。
操作ボタンの を押し再生する
16:9のサイズで映像をご覧いただけます。
(上下に黒い帯が入ります。)
画面の 上下に黒い帯が入
り、映画のような画面(横縦
比16:9)になります。
「テープ」「
- 再生」モードにす
次ページへつづく
VL-Z900_P074-086.pm6
使
い
こ
な
す
Page 77
04.1.27, 2:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
77
テープを再生するときに便利な機能を使う(つづき)
■ 解除するときは
操作ボタンの中央を押します。
■ ワイドモード(スクイーズ)
で記録された映像を
見るとき
テレビの取扱説明書もあわせてご覧ください。
また、テレビとの接続のしかたは80ページをご覧ください。
本機またはノーマル(4:3)テレビで見る場合
「シネマ再生を実行する」にします。
∫ レターボックスサイズ(上下に黒帯の付いたワイド画面)
で16:9のワイド映像が楽しめます。
ワイドテレビで見る場合
通常の再生をします。
∫ ワイドテレビで16:9の画面がそのまま楽しめるスク
イーズ映像で再生します。S1対応のテレビとS映像ケー
ブルで接続すると、オートで16:9の映像が楽しめま
す。
映像コードで接続したときは、テレビの画面サイズを手
動で切り換えてお楽しみください。
(画面サイズの切り換
えかたは、テレビの取扱説明書で確認してください。)
ワイドテレビ
4:3のテレビ
お知らせ ....................................................................................
∫ 通常の再生をした場合は、縦長の映像となります。
∫ 「スクイーズ」とは画像圧縮技術の1つです。横縦比16:9の映像を
4:3の画像サイズに圧縮して記録(スクイーズ記録)
した映像のこと
です。
∫ シネマ再生中は、コマ送り/ 戻し、スロー再生、演出効果、フォトコ
ピー、逆再生は働きません。
∫ シネマ再生した映像をDV端子から出力したときは、
元の映像信号が
そのまま出力されます。
∫ ワイドモードを「切」で記録(横縦比4:3)された映像をシネマ再生す
ると、横に伸びた映像になります。
78
VL-Z900_P074-086.pm6
Page 78
03.12.23, 5:15 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
録画または再生時に特殊効果をつける(演出効果)
再生する映像にデジタル処理をして、特殊効果(演出効果)を
加えることができます。
この機能は、以下のモードでご使用になれます。
「テープ」「
- 撮影」モード
「テープ」「
- 再生」モード
「カード」-「 再生」モード
操作する
ボタン
テープ/カード
切換スイッチ
電源スイッチ
録画スタート/
ストップボタン
操作ボタン
演出効果の設定は次のとおりです。
モノクロ
ソラリ(ソラリゼーション)
表示切換/設定
1
白黒になります。
明暗のはっきりしたイラストの
ようになります。
セピア
ネガポジ
ボタン
電源を入れる
■テープに撮るときは
る
「テープ」「
- 撮影」モードにす
■テープを再生するときは
写真のネガフィルムのように
なります。
標準
演出効果を使用しないときに設定します。
「テープ」-「 再生」モード
にする
■カードを再生するときは
古い写真風になります。
「カード」-「 再生」モード
にする
手順2以降は「テープ」「
- 再生」モードの場合です。
2
表示切換/ 設定
ボタン を 押し
て、操作設定表
示画面を表示さ
せる
音声1+2
▲前項目へ
| 標準
演出効果
ファインピクチャー
アフレコ
シネマ再生
▼次項目へ
次ページの手順3へつづく
VL-Z900_P074-086.pm6
Page 79
使
い
こ
な
す
03.12.23, 5:15 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
79
録画または再生時に特殊効果をつける(演出効果)(つづき)
3
4
5
① 操作ボタンの
または を
押し、
「演出
効果」を選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
音声1+2
▲
\ 標準
演出効果
▲
ファインピクチャー
アフレコ
シネマ再生
テレビに接続して見る
撮影した映像をテレビで見るときは、付属の映像/音声/S映像
ケーブルでテレビと本機を接続します。
再生のしかたは、液晶モニターで見るときと同じです。
ACアダプターを使うと、バッテリーの消耗を気にせず使えます。
接続する
① 操作ボタンの
演出効果
ファインピクチャー
または を
アフレコ
シネマ再生
押し、
「演出
効果」の種類
を選ぶ
② 操作ボタンの中央を押す
表示切換/設定ボタンを押す
操作設定表示画面が消えます。
▲
\ セピア
▲
は、信号の流れを
示しています。
テレビ
本機
AV端子へ
S映像入力端子へ
端子ふたを開く
映像/音声/
S映像ケーブル
(同梱)
S映像
(黄)
(白)
映像
音声左
(赤)
音声右
映像・音声
入力端子へ
80
VL-Z900_P074-086.pm6
Page 80
03.12.23, 5:15 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
お知らせ .....................................................................
∫ 音声入力端子が1つ(モノラル)のテレビやビデオの場合は、白いプ
ラグをテレビやビデオの音声入力端子に接続します。このとき赤いプ
ラグは接続しないでください。
∫ 接続する機器にS映像端子がある場合は、映像/音声/S映像ケーブ
ルのS映像ケーブルを使います。
S映像プラグは映像用のみです。音声用に映像/音声/S映像ケーブ
ルの白/赤プラグを接続する必要があります。
ワイドモード(スクイーズ)で記録したテープをワイドテレビで見る場合
∫ S1端子付ワイドテレビと本機を映像/音声/S映像ケーブルのS映像プラ
グで接続すると、
テープを再生したときテレビが自動的にワイド画面にな
り、
画面いっぱいの映像が楽しめます。
∫ 映像ケーブルで接続したときは、
テレビの画面サイズを手動で切り換
えてお楽しみください。
(画面サイズの切り換えかたは、テレビの取
扱説明書で確認してください。)
■テープを再生する
51ページ
ワイドモードで撮影されたテープを再生する場合は、
「ワ
イドモード(スクイーズ)の映像を再生する(シネマ再
生)」
(77ページ)をご覧ください。
■カードを再生する
98ページ
バッテリーで使用するときは、液晶モニターの「バックライ
ト」を「切」にしておくと節電できます。
使
い
こ
な
す
■設定のしかたは
∫ バックライトボタンを2秒以上押します。
バックライトが消灯します。
再生する
1
2
∫ バックライト消灯後、再度点灯させるには、バックライトボ
テレビの電源を入れ、ケーブルを接続した外部
入力チャンネル(「ビデオ」など)にする
タンを2秒以上押します。
ビデオ
81
VL-Z900_P074-086.pm6
Page 81
03.12.23, 5:15 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
テープ撮影時の誤操作を防ぐ(スタンバイ)
スタンバイ機能は、テープ撮影モードで働く機能です。スタン
バイ状態にすると、誤操作を防止するために、スタンバイ解除
以外の操作ができなくなります。
移動中に地面を撮影してしまうなどの誤った操作を防ぐことが
できます。
また、スタンバイ状態からは約1.5秒で録画一時停止状態へと
復帰しますので、すぐに録画を始めることができます。
操作する
ボタン
スタンバイ
ボタン
2
スタンバイボタンを2秒以
上押す
∫ 液晶モニターのバックライ
スタンバイランプ
トが消えてスタンバイラン
プが点滅し、スタンバイ状
態になると点灯します。
∫ スタンバイ解除以外のボタン操作とリモコン操作が
できなくなります。
3
スタンバイ状態を解除するときは、もう一度
スタンバイボタンを押す
約1.5秒で録画一時停止状態になります。
録画スタート/ストップボタンを押すと、
撮影が開始されま
す。
お知らせ .....................................................................
スタンバイ状態にする
1
電源を入れる
「テープ」「
- 撮影」モードにする
∫ 録画用のテープが入っていないときはスタンバイ状態になりません。
下記のときは、スタンバイ状態が解除されます。
∫ 「カード」「
- 撮影」モード・
「テープ」「
- 再生」モード・
「カード」「
- 再
生」モードにしたとき
∫ バッテリーパックを外したとき
∫ テープを取り出したとき
スタンバイ状態が5分以上続いたとき
∫ 電源が自動的に切れます。
82
VL-Z900_P074-086.pm6
Page 82
03.12.23, 5:15 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
ズームマイクを使う
別売のズームマイクを使うと、撮影している方向の音を録音し
たり、遠くの音を狙って録音したりすることができます。
3
ズームマイクを使えるように、設定する
次ページの「ズームマイクの設定をする」に進みます。
ズームマイクを取り付ける
1
ズームマイクを奥まで確実に差し込む
■ズームマイクを取り外すときは
• 固定ネジをゆるめ、取り付けと逆の方向にズームマイクを引
き抜きます。
お知らせ .....................................................................
ズームマイクをお使いになるときは、下記の点にご注意ください。
∫ ズームマイクを持ったまま持ち運びしないでください。故障の原因と
なることがあります。
∫ ズームマイクを強くねじったりしないでください。故障の原因となる
ことがあります。
2
使
い
こ
な
す
ズームマイク固定ネジを矢印の方向に回して、
確実に固定する
次ページへつづく
VL-Z900_P074-086.pm6
Page 83
03.12.23, 5:15 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
83
ズームマイクを使う(つづき)
■ズームマイク使用時の画面表示
ズームマイクの設定をする
この機能は「テープ」「
- 撮影」モードでご使用になれます。
ズームマイク使用時は、ズームに連動してズームマイク表示
が表示されます。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
アイコン
「
ズームマイク表示
連動
望遠
切
機能項目
W T ズーム 2
設定内容
Ⅰ
」→「ズームマイク」
「連動」
「望遠」
「切」
「連動」ズームレンズに連動して、自動的に最適な音声が録音
されます。レンズのズーム倍率を上げていくと、連動
して内蔵マイクとズームマイクの音声が混合され、自
然な音声が録音されます。
(ズームマイクを取り付け
ると、自動的に「連動」が設定されます。)
「望遠」遠方の音をよく拾うように固定します。
「切」 内蔵マイクに切り換えます。
W T ズーム 2
オート 60分
お知らせ .....................................................................
84
∫ 「連動」選択時に広角で撮影するときは、
内蔵マイクで録音されます。
∫ 「ズームマイク」の設定は、
ズームマイクを取り付けないと選べません。
∫ 撮影中に、ヘッドホンを使って記録される音声を聞くことができま
す。このときは、
本体でヘッドホンの音量調整はできません。リモコン
で調整してください。
VL-Z900_P074-086.pm6
Page 84
03.12.23, 5:15 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
LEDライトを使う
テープ撮影またはカード撮影のとき同梱のLEDライトを使う
と暗いところでも撮影できます。
花火大会や野外でのキャンプ、暗い室内で子供の寝顔を撮る
ときなど、光量不足のときでもきれいに撮影することができま
す。
2
LEDライト固定ネジを矢印の方向に回して、確
実に固定する
ご注意
● 至近距離でLEDライトを人に向けて発光させないでくだ
さい。
● LEDライトの有効な範囲は約1m∼2mです。
LEDライトを取り付ける
1
LEDライトを奥まで確実に差し込む
3
LEDライトを使えるように、設定する
使
い
こ
な
す
次ページの「LEDライトを設定する」に進みます。
■LEDライトを取り外すときは
• 固定ネジをゆるめ、取り付けと逆の方向にLEDライトを引き抜きます。
お知らせ .....................................................................
LEDライトをお使いになるときは、下記の点にご注意ください。
∫ LEDライトを持ったまま持ち運びしないでください。故障の原因とな
ることがあります。
∫ LEDライトを強くねじったりしないでください。故障の原因となるこ
とがあります。
∫ LEDライトをご使用時、バッテリーで撮影できる時間は短くなります。
∫ LEDライトで明るくなる範囲は限られています。画面で確認しながら
撮影してください。
∫ シャッターが「オート」
( 73ページ)で、暗い場所で撮影したときは、
シャッタースピードが遅くなるため、画像が流れて見えたり、
ざらつい
て見える場合があります。
∫ シャッタースピードが遅くなり画面が見づらいときは、マニュアル機
能でシャッターを調整してください(72ページ)。
次ページへつづく
VL-Z900_P074-086.pm6
Page 85
03.12.23, 5:15 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
85
LEDライトを使う(つづき)
LEDライトを設定する
1
電源を入れる
る
2
表示切換/設定ボ
タンを押して、操
作設定表示画面
を表示させる
「テープ」「
- 撮影」モードにす
① 操作ボタンの
または を
押して「 L E D
ライト」を選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
▲前項目へ
マニュアル設定 を実行する
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
▼次項目へ
▲前項目へ
シーンアジャスト
演出効果
ファインピクチャー
LEDライト
|切
▼次項目へ
操作ボタンの
または を押し、
「LEDライト」の
設定を選ぶ
音
シーンアジャスト
演出効果
ファインピクチャー
▲
LEDライト
\ 入▲
「入」
ライトが点灯します。
「オート」 自動で点灯・消灯します。
(暗いときには自動
的に点灯し、明るくなると自動的に消灯しま
す。
「切」
ライトを消灯します。
録画ポーズ
表示切換/設定ボタンを押すたびに次のように切り換わり
ます。
(42ページ)
表示「入」→操作設定表示画面→表示「切」
↑
3
4
5
表示切換/設定ボタンを押す
操作設定表示画面が消えます。
L E D ライト点灯中
は、画面に「
」の
表示がでます。
Ⅰ
録画ポーズ
LEDライトを装着していない場合は、
「LEDライト」を選択
することはできません。
86
VL-Z900_P074-086.pm6
Page 86
03.12.23, 5:15 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
カードを入れる/取り出す
静止画を記録するには、別売のSDメモリーカードが必要
です。
また、マルチメディアカードもご使用いただけます。
(本書では、SDメモリーカードまたはマルチメディアカー
ドを「カード」と表記しています。)
3
① カードを「カチッ」とロックするまで差し込む
∫ カードの切り欠きを図の向きに、ラベルを外側にし
て奥までしっかり差し込んでください。
∫ カードの表・裏を間違えて差し込まないよう、ご注
意ください。
② カードふたを閉める
ご注意
● カードの出し入れは必ず、本機の電源が切れていること
を確認してから行ってください。
● カードに記録中、本機の電源を切ったりカードを抜いたりしな
いでください。カードの記録データが消失したり、壊れて使え
なくなることがあります。
書き込み禁止
スイッチ
ラベル
お知らせ .....................................................................
カ
ー
ド
を
使
う
切り欠き
∫ 本機を三脚に固定しているときは、カードを入れる、
または取り出す
ことはできません。
SDメモリーカードには...
カードを入れる
1
電源を「切」にする
2
カードふたを開く
書き込み禁止スイッチがあります。
カードに記録、カードの画像を削除、
ま
たはカードをフォーマットするときは、
書き込み禁止スイッチをスライドさせ、
「LOCK」を解除してください。
大 切 なデ ータが 入って い るときは、
「LOCK」にしておくと、データが保護
されます。
解除
LOCK
次ページへつづく
VL-Z900_P087-097.pm6
Page 87
03.12.23, 5:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
87
カードを入れる/取り出す(つづき)
画質/画像サイズを設定する
お好みの画質/画像サイズを設定できます。
カードを取り出す
1
電源を「切」にしてから、カードふたを開く
2
カード底面の中央を押し、指をゆっくり離す
メニュー画面で次の順に設定します。
ロックが解除され、カードが少し出てきます。すぐに指を
離した場合、
カードが飛び出し、
カードの破損・紛失の原因
となることがあります。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
画質を設定する
この機能は「カード」「
- 撮影」モードでご使用になれます。
撮影設定
ファイルNo切換
セルフタイマー時間
標準
画質
エコノミー
画像サイズ
ファイン
フラッシュ
赤目補正
もどる
アイコン 機能項目
「
3
カードを曲げないように、まっすぐ引き抜く
4
カードふたを閉める
」→「画質」
設定内容
「標準」
「エコノミー」
「ファイン」
「標準」
標準の画質で撮影できます。
「エコノミー」 「標準」よりも撮影枚数を多くしたいときに
選びます。画質を落として撮影枚数を増や
す設定です。
「ファイン」 「標準」よりも画質を優先して撮影したいと
きに選びます。撮影枚数は減りますが、画質
が良くなる設定です。
お知らせ .....................................................................
∫ 本機以外で撮影したカードを再生すると、撮影のときの画質とは一
致しない場合があります。
88
VL-Z900_P087-097.pm6
Page 88
03.12.23, 5:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
静止画を撮る(カード撮影)
普通のカメラで写真を撮るように静止画を撮影し、カード
に記録することができます。
画像サイズを設定する
この機能は「カード」「
- 撮影」モードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
操作する
ボタン
フォトボタン
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
テープ/ カード
切換スイッチ
撮影設定
ファイルNo切換
セルフタイマー時間
画質
1280×960
画像サイズ
1280×720
フラッシュ
640×480
赤目補正
もどる
アイコン
「
機能項目
」→「画像サイズ」
電源スイッチ
設定内容
「1280×960」
「1280×720」
「640×480」
|リモコンでも操作できます。
カード録画ボタン
∫ 押すとカードに記録
カ
ー
ド
を
使
う
されます。
「1280×960」 静止画を1280×960ピクセルで記録
します。
(画面表示[1280])
「1280×720」 静止画を1280×720ピクセルで記録
します。
(画面表示[1280])
「640×480」 静止画を640×480ピクセルで記録し
ます。
(画面表示[640])
「1280×720」はワイド記録モードです。16:9の画像サイズ
で記録します。画面は16:9で表示されます(上下に黒い帯が入
ります)。
ワイド記録された静止画をテレビで見る場合は、
「ワイド記録され
た静止画を見る(出力切換)」
(100・101ページ)をご覧ください。
VL-Z900_P087-097.pm6
Page 89
ご注意
●記録中に本機の電源を切ったりカードを抜いたりしな
いでください。カードの記録デ ータが消失したり、壊
れて使えなくなることがあります。
次ページへつづく
03.12.23, 5:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
89
静止画を撮る(カード撮影)
(つづき)
カードに撮影する
4
記録中は赤く点滅します。
完了すると白に戻ります。
フォトボタンを押し込む
ヒント
A
Ⅰ
晴天下では、液晶モニターのバックライトを切った状態で撮影
することができます。バックライトボタンを2秒以上押すたび
に、バックライトが切/入します。
( 47ページ)
ロック[1280] [1280] 6/94 標準 残り枚数
撮影枚数
1
2
カードを入れる( 87ページ)
3
フォトボタンを軽く半押しする
電源を入れる
オート
数秒間静止画になり、カードに記録されます。
撮影後、続けて撮影したいときは
一度フォトボタンから指を離し、静止画が動画に戻ってか
ら、撮影してください。
「カード」
‐
「撮影」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「カード」
② 電源スイッチ:「撮影」
Ⅰ
クイックにマニュアル設定したいとき
A
ロック [1280] 5/95 標準 オート
1
撮影中に、操作ボタンの中央を押す
∫ クイックマニュアル設定画面が表示されます。
∫ 調整(設定)
内容については、それぞれの参照ページ
をご覧ください。
A
90
オートフォーカスが働き、ピントが合ったところで「ピ
ピッ」音が鳴りフォーカスが固定されます。
∫ フォーカスが
「オート」のときは、フォーカスが合う
と「 ロック 」が黄色点滅から緑点灯に変わります。
∫ フォーカスが合わなかったときは、黄色点灯になりま
す。
再度手順3を行ってフォーカスを合わせてください。
∫ 「ピピッ」音を消したいときは、メニューで確認音を
「切」にしてください。(141ページ)
VL-Z900_P087-097.pm6
Page 90
クイックマニュアル設定
フルオートにする
フルオート
フォーカス調整 | オート
オート
ホワイトバランス
オート
アイリス
オート
ゲイン
オート
シャッター
もどる
●フォーカス調整 →74ページ ●ゲイン →72ページ
●ホワイトバランス →70ページ
●アイリス →71ページ
●シャッター →72ページ
03.12.23, 5:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
セルフタイマーを使う
■撮影枚数の目安
下記の表は、32MBのSDメモリーカード使用時の目安です。
画質 エコノミー
画像サイズ
容量
標準
ファイン
640×480
32MB
755枚
419枚
250枚
1280×720 32MB
301枚
143枚
67枚
1280×960 32MB
188枚
100枚
48枚
静止画撮影のとき、
フォトボタンを押してから一定時間後に記
録する「セルフタイマー」を使用することができます。動作時
間は10秒後と2秒後から選ぶことができます。
(93ページ)
(工場出荷時は10秒後に設定されています。)
操作する
ボタン
フォトボタン
※ 画像サイズおよび画質モードが混在した場合や、撮影した画像によ
り、撮影枚数は変わります。
テープ/カード
切換スイッチ
お知らせ .....................................................................
電源スイッチ
∫ 「カード」「
- 撮影」モードでは、
「テープ」「
- 撮影」モードにくらべて画
角が少し広くなります。
∫ 画面に表示されている文字やアイコンは、
カードに記録されません。
静止画撮影時のヒント
∫ SDメモリーカード(市販品)をご使用になる場合
本機で動作確認済みのSDメモリーカードは、8MB∼128MBま
でです。128MBを超えるSDメモリーカードに関しては、動作保
証外となります。
∫ 撮影情報(Exif情報)について
本機は、
撮影日時とともに撮影したときの撮影情報(F値、
焦点距離
など)を自動的に記録しています。同梱のパソコンソフト「ピクスラ
ボVer.4.7LE」の機能で、
撮影情報を表示することができます。
∫ 蛍光灯、
水銀灯、
ナトリウム灯などの照明下で撮影するときは、
画面が
明るくなったり暗くなったりする“フリッカー現象”が起きたり、
撮影す
るタイミングによって画像の色合いが変わることがあります。
操作ボタン
メニューボタン
表示切換/設定
ボタン
操作の前に
● セルフタイマーを使うときは、本機を三脚などで水平な場
所に固定してください。
● セルフタイマー動作中に、本機の電源を切ったりカードを抜
いたりしないでください。
1
電源を入れる
「カード」
‐
「撮影」モードにする
次ページの手順2へつづく
VL-Z900_P087-097.pm6
Page 91
カ
ー
ド
を
使
う
03.12.23, 5:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
91
セルフタイマーを使う(つづき)
2
3
表示切換/ 設定
ボタン を 押し
て、操作設定表
示画面を表示さ
せる
① 操作ボタンの
または を
押し、
「セル
フタイマーを
実行する」を
選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
▲前項目へ
マニュアル設定 を実行する
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
▼次項目へ
▲前項目へ
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
セルフタイマー を実行する
▼次項目へ
[1280] 6/94 4
構図を決め、フォトボタンを押し込む
例)セルフタイマー動作時間が10秒後の場合
∫ セルフタイマーが動作し、約10秒が経過すると静止
画面になり、カードに記録されます。
セルフタイマー
セルフタイマー
∫ 撮影が終わる
マーク
動作中(点滅)
と、セルフタイ
マーが解除され
ます。
∫ 電源スイッチを
切り換えても、
セルフタイマー
は解除されま
●セルフタイマー解除
す。
∫ セルフタイマー動作時間が2秒後の場合は、画面に
「 」のマークが表示されます。また、フォトボタン
を半押しするとフォーカスがロックされます。
■ セルフタイマーを途中で止めたいときは
1もう一度フォトボタンを押し込みます。
2操作ボタンの中央を押します。
92
VL-Z900_P087-097.pm6
Page 92
03.12.23, 5:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
フラッシュを使って撮影する
■ セルフタイマーの動作時間を変更する
この機能は「カード」‐「撮影」モードでご使用になれま
す。
ご注意
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影設定
ファイルNo切換
セルフタイマー時間 10秒
画質
2秒
画像サイズ
フラッシュ
赤目補正
もどる
アイコン
「
機能項目
」→ 「セルフタイマー時間」
内蔵のフラッシュを使って、暗い場所で静止画を撮影する
ことができます。
● 至近距離でフラッシュを人に向けて発光させないでくだ
さい。
●フラッシュの光が有効な範囲は、広角・望遠とも約1m∼約
2.5mです。
この機能は「カード」「
- 撮影」モードでご使用になれま
す。
設定内容
「10秒」
「2秒」
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
撮影設定
ファイルNo切換
セルフタイマー時間
画質
画像サイズ
フラッシュ
オート
赤目補正
強制
もどる
切
「10秒」 フォトボタンを押してから10秒後に記録されま
「2秒」
す。
フォトボタンを押してから2秒後に記録されます。
フォトボタンを押し込むときの手ブレを防ぎたい
場合に設定すると便利です。
アイコン
「
機能項目
設定内容
」→ 「フラッシュ」
「オート」
「強制」
「切」
次ページへつづく
VL-Z900_P087-097.pm6
Page 93
カ
ー
ド
を
使
う
03.12.23, 5:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
93
フラッシュを使って撮影する(つづき)
「オート」 光量不足を示す「ライト表示」が表示されている
「強制」
「切」
ときに、フォトボタンに連動して発光します。
周囲の明るさに関係なく、常にフォトボタンに連動し
て発光します。
発光しません。
赤目補正を設定する
フラッシュ撮影で瞳が赤く撮影されるのを軽減したいと
きに設定します。
この機能は「カード」「
- 撮影」モードでご使用になれます。
設定が終ったら
表示切換/設定ボタンを繰り返
し押し、画面表示「入」にする
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
● 画面に下記のフラッシュの設定マークが出ます。
フラッシュの設定マーク
「オート」時:
撮影設定
ファイルNo切換
セルフタイマー時間
画質
画像サイズ
フラッシュ
赤目補正
切
もどる
入
フラッシュマーク
A
A
「強制」時:
アイコン
機能項目
設定内容
「切」時:
「
」→ 「赤目補正」
「切」
「入」
● フラッシュの充電中は、各フラッシュマークが点滅します。
● フラッシュ充電中に撮影すると、発光はしませんが、記
録はされています。
お知らせ .....................................................................
94
∫ 「テープ」「
- 撮影」モードでは、発光しません。
∫ 明るい場所で
強制発光を使うとフラッシュ効果が得られにくいこと
がありますが、
逆光状態のときは、
強制発光のご使用をおすすめします。
∫ フラッシュを使って撮影するときは、調光センサーに指や物を近づけ
ない、ふさがないようにご注意ください。
VL-Z900_P087-097.pm6
Page 94
03.12.23, 5:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
カードをフォーマットする
「切」 赤目補正機能は働きません。
「入」 フラッシュが2度発光し、赤目を軽減します。
∫ 赤目補正を「入」にすると、通常画面(画面表示
「入」
)に戻したとき「 」マークが表示されます。
赤目補正マーク
∫ 撮影時にフラッシュが2度発光します。1度目は
赤目を軽減するための予備発光です。2度目の発
光で実際に画像が記録されます。
お知らせ .....................................................................
∫ 赤目軽減の効果には個人差があります。また被写体までの距離や予
備発光を見ていないなどの条件によって、
効果が表れにくいことがあ
ります。
カードを本機やパソコンで読み書きできるようにすること
を、フォーマットといいます。
カードのフォーマットは、次のようなときに行ってください。
∫ 使用中に、カード関係の警告表示が出たとき
「カードエラー」、
「カードリードエラー」、
「カードにデー
タが書込めません」。
∫ 「カードをフォーマットしてください」と表示されたとき
∫ 市販のカードを購入後、初めて本機で使うとき
ご注意
●カードをフォーマットすると、プロテクト
(画像保護)
した画
像も含めすべてのデータが失われます。大切な画像デー
タは、フォーマットを行う前に、パソコンへ転送するなどし
て保存してください。
●フォーマットは、必ず本機で行ってください。パソコンや他
の機器でフォーマットしたカードは、本機で認識されない
ことがあります。
●フォーマット中に、電源を切ったりカードを抜いたりしない
でください。カードや本機が故障する原因となります。
バッテリーが残り少ないときは、ACアダプターをお使い
になることをおすすめします。
次ページへつづく
VL-Z900_P087-097.pm6
Page 95
03.12.23, 5:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
カ
ー
ド
を
使
う
95
カードをフォーマットする(つづき)
この機能は「カード」
‐「撮影」モード、
「カード」
‐「再生」
モードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
「フォーマットを実行する」
「フォーマット」の実行確認画面が表示されま
す。
\実行確認画面
フォーマット
全てのデータが消去されます
よろしいですか?
その他の設定2
フォーマット を実行する
オートパワーオフ
12H/24H
日付表示
日付あわせ
もどる
アイコン
「
切
12H
日時
2 0 0 4 . 4 . 30
AM10 : 30 : 05
機能項目
設定内容
」→「フォーマット」→「実行する」
お知らせ .....................................................................
いいえ
は い
操作ボタンの または で選択し、操作ボタ
ンの中央を押します。
「いいえ」 カードをフォーマットせずに、メ
「はい」
ニュー画面に戻ります。
フォーマットが開始されます。
フォーマットが完了すると、メ
ニュー画面に戻ります。
∫ 市販のSDメモリーカードやマルチメディアカードには、
サンプル画像
やイラスト・タイトル等のデータが収録されているものがあります。本
機では、
これらのデータを使用することはできません。
このようなカードをお使いになる前には、
カードをフォーマット(初期
化)
し、
データを消去することをおすすめします。
データが消去された分、多くの画像を撮影することができます。
∫ カードをフォーマットすると、撮影済みの画像も消去されてしまいま
す。大切なデータが記録されている場合は、パソコンへ転送するなど
してデータを保存してください。
(140ページ)
96
VL-Z900_P087-097.pm6
Page 96
03.12.23, 5:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
カードごとにファイル名の連番をリセットする(ファイルNo切換)
カードに静止画を記録すると、
ファイル名の末尾には自動的に
連番が付けられます。
この連番を、カードを交換しても前のカードから続く連番にす
るか、カードを交換するたびに番号をリセットする(1に戻る)
か、切り換えることができます。
この機能は「カード」「
- 撮影」モードでご使用になれま
す。
メニュー画面で次の順に設定します。
「連番」
カードを交換しても、ファイル名末尾の番号は
続きます。
(交換前のカード内のファイル末尾
番号と、交換後のカード内のファイル末尾番号
は、続き番号となります。)
DVC00001.JPG
1枚目
DVC00099.JPG
DVC00100.JPG
連番
2枚目
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
「リセット」 カードを交換すると、ファイル名末尾の番号は
撮影設定
ファイルNo切換 連番
セルフタイマー時間 リセット
画質
画像サイズ
フラッシュ
赤目補正
もどる
リセット(1に戻る)されます。
(カードごとに、
ファイル名末尾の番号は1から始まります。)
DVC00001.JPG
1枚目
アイコン
「
機能項目
」→「ファイルNo切換」
設定内容
「連番」
「リセット」
カ
ー
ド
を
使
う
DVC00099.JPG
DVC00001.JPG
1に戻る
2枚目
お知らせ .....................................................................
∫ 撮影時に「ファイルNoがいっぱいになりました」と表示されたとき
は、それ以上撮影ができません。リセットして、新しいカードまたは
フォーマット(95ページ)
したカードに撮影してください。
(撮影済み
のカードをフォーマットすると、
カード内の静止画はすべて消去され
ます。フォーマットする前に、パソコンに転送するなどして保存してく
ださい。)
VL-Z900_P087-097.pm6
Page 97
03.12.23, 5:16 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
97
カードを再生する
カードに撮影した静止画を画面いっぱいに表示することができ
ます。
(1画面表示)。
操作する
ボタン
テープ/カード
切換スイッチ
電源スイッチ
操作ボタン
|リモコンでも操作できます。
静止画を1画面表示する
1
再生したいカードを入れる
2
電源を入れる
「カード」
‐
「再生」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「カード」
② 電源スイッチ:「再生」
∫ 電源が入り、操作ガイド表示が数秒間表示されま
す。この後、カードに記録されている画像が6画
面表示されます。
∫ プリントマークが付いた画像ファイルが記録され
ているカードを入れたときは、
「再生設定中」
と表
示されて、6画面表示されるまで時間がかかる場
合があります。
カード再生ボタン
∫ 押すたびに
⇔
「1画面」
「6画面」
に切り換わります。
ボタンを押す
'上/"下/\戻し/ | 送り
●で画面切換
\/|ボタン
98
VL-Z900_P098-114.pm6
次ページの手順3へつづく
Page 98
03.12.23, 5:17 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
3
操作ボタンの 、 、 、 を押して、見たい画像
に選択枠を移動させる
5
∫ リモコンの 、 ボタンを押しても、選択枠を移動で
きます。
∫
または を押し続けると、
送り/戻しが速くなりま
1
2
3
す。
お知らせ .....................................................................
4
5
6
100-0002
4
操作ボタンの中央を押して、1画面表示にする
"1画面表示
Ⅰ 100−0002
[1280]
2/10
標準
2004. 4.30
AM10:00
\戻し/|送り/●画面切換
∫ リモコンのカード再生ボタンを押しても、1画面表
示になります。
∫ 操作ボタンの または を押すと、画像の送り/戻
しができます。
∫ 操作ボタンの または を押し続けると、送り/戻
しが速くなります。
(この操作は、画面表示
「入」
状態
で行ってください。枚数表示が変わりますので、送
り/戻しの状態がわかります。)
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 99
もう一度操作ボタンの中央を押すと、6画面表示
に戻る
∫ カード再生時の画質表示(標準・エコノミー・ファイン)について
本機以外で撮影したカードを再生したときは、記録時の画質設定と
再生時の画質表示が一致しない場合があります。
∫ パソコンで作成した画像データや他機で撮った画像データをその機
器で再生したときに、
データが壊れている症状(画面にノイズが出る、
画像が乱れているなど)がある場合は、その画像データを本機で再
生しないでください。本機で再生すると、画面に異常(縦線など)が
出る場合があります。このようなときは本機の電源を切り、
カードを
取り外してください。
(以後この画像データは本機で再生しないでく
ださい。)
∫ 画像サイズが1280×960より大きい画像(他の機器で撮影した画
像など)を再生した場合、縮小画像(サムネイル画像)で表示されま
す。
∫ 操作設定表示画面で「1画面」⇔「6画面」を切り換えることもできま
す。
1. 表示切換/設定ボタンを押し、操作設定表示を出す。
2. 操作ボタンの または で「1画面 6画面を実行する」を選
ぶ。
3. 操作ボタンの中央を押す。
Ⅰ カ
ー
ド
を
使
う
100−0002
▲前項目へ
1画面 6画面
演出効果
1画面消去
全画面消去
▼次項目へ
[1280]
2/10
を実行する
次ページへつづく
03.12.23, 5:17 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
99
カードを再生する(つづき)
カード再生時の画面表示について
ワイド記録(「1280×720」で記録)された静止画をワ
イドテレビに出力した場合、
より高画質な画像を楽しむこ
とができます。静止画をワイド記録する方法については、
「画像サイズを設定する」
(89ページ)をご覧ください。
6画面表示
1
2
3
4
5
6
'"\ |選択/●画面切換
この機能は「カード」「
- 再生」モードでご使用になれます。
100-0002
ページ1/1
標準
静止画ファイル名
表示
ワイド記録された静止画を見る
(出力切換)
画質表示
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
ページ表示
再生設定
スライドショー
プリントマーク
出力切換
もどる
1画面表示
100-0002
ノーマルテレビ
ワイドテレビ
カードモード表示
選択/ボタ 押 決定
[1280]
2/6
標準
標準
画像サイズ表示
画質表示
アイコン
「
機能項目
」→「出力切換」
設定内容
「ノーマルテレビ」
「ワイドテレビ」
\戻し/|送り/●画面切換
静止画ファイル
名表示
再生画像表示番号
/記録枚数表示
100
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 100
03.12.23, 5:17 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
「ノーマルテレビ」
4:3のテレビ
「ワイドテレビ」
ワイドテレビ
∫ ワイド記録された静止画をノーマル
(4:3)テレビで見るときの設定で
す。
∫ ノーマルテレビの画面はレター
ボックスサイズ(上下に黒い帯の
付いたワイド画面)になります。
本機の液晶画面もレターボック
スで表示されます。
∫ ワイド記録された静止画をワイド
(16:9)テレビで見るときの設
定です。高画質で楽しむことが
できます。
∫ S1 対応のテレビとS 映像ケー
ブルで接続すると、オートで16:
9 の映像が楽しめます。
映像コードで接続したときは、テ
レビの画面サイズを手動で切り
換えてお楽しみください。
(画面
サイズの切り換えかたは、テレビ
の取扱説明書で確認してくださ
い。)
本機の液晶画面では静止画は縦
長に表示されます。
お知らせ .....................................................................
∫ 「出力切換」はワイド記録(1280×720)の静止画を再生するとき
に働く機能です。
(1280×960、640×480の画像サイズでは働
きません。)
∫ ワイド記録された静止画を「ノーマルテレビ」の設定でワイドテレビ
につないだ場合も16:9の画面で楽しむことができますが、
「ワイド
テレビ」設定の方がきれいな画像で見ることができます。
∫ ワイド記録された静止画を「ワイドテレビ」の設定でノーマルテレビ
につないだ場合、静止画は縦長に表示されます。
∫ テレビへの接続方法は、
「テレビに接続して見る」
(80ページ)をご覧
ください。
カ
ー
ド
を
使
う
101
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 101
03.12.23, 5:17 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
画像を消去する
撮影に失敗した画像など不要な静止画を消去することが
できます。一度消去した画像は元に戻りません。
操作する
ボタン
テープ/カード
切換スイッチ
1画面ずつ消去する
1
電源を入れる
2
表示切換/ 設定
ボタン を 押し
て、操作設定表
示画面を表示さ
せる
電源スイッチ
操作ボタン
表示切換/設定
ボタン
ご注意
● 消去中に電源を切ったり、カードを抜いたりしないでくだ
さい。
● プロテクト(画像保護)した画像は、消去することができま
せん。プロテクトを解除してから消去してください。詳しく
は106・107ページをご覧ください。
3
① 操作ボタンの
または を
押し、
「1画面
消去を実行
する」を選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
「カード」
‐
「再生」モードにする
▲前項目へ
1画面 6画面
演出効果
1画面消去
全画面消去
▼次項目へ
▲前項目へ
1画面 6画面
演出効果
1画面消去
全画面消去
▼次項目へ
102
VL-Z900_P098-114.pm6
を実行する
を実行する
次ページの手順4へつづく
Page 102
03.12.23, 5:17 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
4
消去する画像を選ぶ
4
■ 6画面表示のとき
操作ボタンの 、
、 、 を押し、消去する画
像に画像選択枠を合わせ、操作ボタンの中央を押
します。
1
2
3
4
5
6
100-0002
ページ1/2
標準
1画面消去
'"\ |選択/●決定/表示切換 解除
1
2
3
4
5
6
1画面消去
いいえ
は い
'"選択/●決定
100-0003
標準
︵
つ
づ
き
︶
5
■ 1画面表示のとき
操作ボタンの または を押し、消去する画像を
表示させます。
100-0002
[1280]
2/10
標準
1画面消去
2004. 4.30
いいえ
AM10:00
は い
'"選択/\戻し/ | 送り/●決定
① 操作ボタンの または を押し、
「はい」を選
ぶ
消去しないときは、「いいえ」を選びます。
② 操作ボタンの中央を押す
カ
ー
ド
を
使
う
選択した画像が消去されます。
∫ 6画面表示の場合は、残った静止画が1つずつ
前に詰まります。
∫ 1画面表示の場合は、次の静止画が表示されま
す。
∫ 「いいえ」を選択したときは、消去設定が終了
し、操作設定表示画面に戻ります。
■ 続けて他の画像を消去するときは
手順4∼5を繰り返します。
次ページの手順6へつづく
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 103
03.12.23, 5:17 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
103
画像を消去する(つづき)
6画面表示の場合に、消去を終了するときは
6
表示切換/設定ボタンを押す
4
① 操作ボタンの または を押し、
「はい」を選ぶ
消去しないときは、「いいえ」を選びます。
② 操作ボタンの中央を押す
消去設定が終了します。
すべて消去する
1
2
3
電源を入れる
表示切換/ 設定
ボタン を 押し
て、操作設定表
示画面を表示さ
せる
① 操作ボタンの
または を
押し、
「全画面
消去を実行す
る」を選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
1
2
3
4
5
6
「カード」
‐
「再生」モードにする
この画面は、6画面
表示の例です。
▲前項目へ
1画面 6画面
演出効果
1画面消去
全画面消去
▼次項目へ
▲前項目へ
1画面 6画面
演出効果
1画面消去
全画面消去
▼次項目へ
を実行する
全画面消去
いいえ
は い
'"選択/●決定
100-0003
標準
プロテクト(105ページ)された画像をのぞいたすべて
の画像が消去され、消去設定が終了します。
お知らせ .....................................................................
∫ 全画面消去するときファイル数が多い場合は、
多少時間がかかります。
∫ 全画面消去をするときに、プロテクトされた画像にプリントマーク
(109ページ)が付いていた場合、
プリントマークは解除されます。
を実行する
104
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 104
03.12.23, 5:17 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
大切な画像を保護する(プロテクト)
カードに記録した大切な画像を誤って消去しないために、画像
ごとにプロテクト(保護)をかけて消去できないようにするこ
とができます。
操作する
ボタン
テープ/カード
切換スイッチ
6画面表示時にプロテクトする
1
電源を入れる
2
表示切換/ 設定
ボタン を 押し
て、操作設定表
示画面を表示さ
せる
電源スイッチ
操作ボタン
表示切換/設定
ボタン
「カード」
‐
「再生」モードにする
▲前項目へ
1画面 6画面
演出効果
1画面消去
全画面消去
▼次項目へ
3
① 操作ボタンの
または
を押し、
「プロ
テクトを実行
する」を選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
4
1
操 作 ボタン の
、 、 、
4
を 押し、プロテ
クトする画像を
プロテクト
選ぶ
ご注意
● プロテクト中に電源を切ったり、カードを抜いたりしない
でください。
● カードのフォーマットを行うと、プロテクトした画像も消去
されます。
を実行する
カ
ー
ド
を
使
う
▲前項目へ
1画面消去
全画面消去
ダイレクトプリント
を実行する
プロテクト
▼次項目へ
2
3
5
6
100-0003
次ページの手順5へつづく
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 105
03.12.23, 5:17 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
105
大切な画像を保護する(プロテクト)
(つづき)
5
1画面表示時にプロテクトする
操作ボタンの中央を押す
選択した画像がプロテクトされます。
∫ プロテクトのかかった画像にプロテクトマーク
「
」がつきます。
∫ 押すたびに「プロテクト←→プロテクト解除」とな
ります。
∫ 続けて他の画像にプロテクトをかけるときは手順
4∼5を繰り返します。
1
プロテクトしたい画像を、1画面表示にする
2
表示切換/ 設定
ボタン を 押し
て、操作設定表
示画面を表示さ
せる
プロテクトマーク
1
2
3
4
5
6
プロテクト
6
3
100-0003
表示切換/設定ボタンを押し、プロテクト設定を
終了する
」が消えます。
4
を実行する
▲前項目へ
1画面消去
全画面消去
ダイレクトプリント
を実行する
プロテクト
▼次項目へ
∫ 押すたびに「プ
ロテクト←→プ
ロテクト解除」
となります。
解除するときは
手順4 でプロテクトマーク
「
」
がついた画像を選び、手順5の操作を行う
プロテクトマーク「
① 操作ボタンの
または を
押し 、
「 プロ
テクトを実行
する」を選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
▲前項目へ
1画面 6画面
演出効果
1画面消去
全画面消去
▼次項目へ
プロテクトマーク
100-0003
[1280]
3/10
標準
表示切換/設定ボタンを押し、プロテクト設定を
終了する
106
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 106
03.12.23, 5:17 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
静止画を連続で見る(スライドショー再生)
解除するときは
プロテクトマーク
「
」
がつ
「プロテクト
いた画像を再生しておき、手順3で
解除を実行する」
を選び操作ボタンの中央を押す
操作する
ボタン
プロテクトマーク
100-0003
[1280]
3/10
標準
オート
カードに記録されている静止画を、自動で順番に再生する
ことができます。撮影内容を確認するときに便利な機能で
す。
テープ/カード
切換スイッチ
100-0003
[1280]
3/10
標準
電源スイッチ
操作ボタン
オート
プロテクトマーク「
消えます。
」が
メニューボタン
1
電源を入れる
「カード」
‐
「再生」モードにする
2
再生を始めたい画像を選ぶ
■ 6画面表示のとき
操作ボタンの
または
を押
し、再生を始め
たい画像に画像
選択枠を合わせ
ます。
1
2
3
4
5
6
100-0002
次ページの手順へつづく
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 107
03.12.23, 5:17 PM
カ
ー
ド
を
使
う
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
107
静止画を連続で見る(スライドショー再生)
(つづき)
2
︵
つ
づ
き
︶
3
4
■ 1画面表示のとき
操作ボタンの
または
を押
し、再生を始め
たい画像を表示
させます。
100−0002
[1280]
2/10
標準
標準
6
メニューボタンを押す
メニュー画面が表示されます。
① 操作ボタンの
または を
押し、
「
」
を選ぶ
② 操作ボタンの
中央または
を押す
5
操作ボタンの
また は
を押
し、
「 ス ラ イド
ショーを実行す
る」を選ぶ
再生設定
スライドショー を実行する
プリントマーク
出力切換
もどる
設定する
ノーマルテレビ
操作ボタンの中央を押す
手順2で選んだ画像からスライドショーが始まります。
スライドショー実行中に操作ボタンの中央を押すと、
スラ
イドショーは解除されます。
スライドショー
再生設定
スライドショー
プリントマーク
出力切換
もどる
実行する
設定する
ノーマルテレビ
●スライドショー終了
'"\ |選択/●決定
お知らせ .....................................................................
∫ スライドショー再生中は、
メニューの「演出効果」
(79ページ)は働き
ません。
∫ スライドショー再生は1周すると、解除されます。
∫ 画像サイズによっては、表示されている間隔が一定でない場合があ
ります。
108
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 108
03.12.23, 5:17 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
プリント情報をつける(プリントマーク)
プリントマ ークとは、カードに記 録された 静 止 画像に
DPOF(ディーポフ)と呼ばれるプリント情報を追加する機
能です。
操作する
ボタン
テープ/カード
切換スイッチ
プリントマークを設定する
1
2
電源を入れる
「カード」
‐
「再生」モードにする
メニューボタンを押す
メニュー画面が表示されます。
電源スイッチ
操作ボタン
3
メニューボタン
ご注意
●実行中に電源を切ったり、カードを抜いたりしないでくだ
さい。
4
① 操作ボタンの
または を
押し、
「
」
を選ぶ
② 操作ボタンの
中央または
を押す
再生設定
スライドショー
プリントマーク
出力切換
もどる
① 操作ボタンの
または を
押し、
「プリン
トマーク」を選
ぶ
② 操作ボタンの
中央または
を押す
実行する
設定する
ノーマルテレビ
'"\ |選択/●決定
再生設定
スライドショー
実行する
プリントマーク 設定する
出力切換
もどる
ノーマルテレビ
'"選択/ボタン押 決定
次ページの手順5へつづく
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 109
03.12.23, 7:41 PM
カ
ー
ド
を
使
う
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
109
プリント情報をつける(プリントマーク)
(つづき)
5
6
① 操作ボタンの
再生設定
また は
を押
スライドショー
プリントマーク
し、
「1画面ずつ
出力切換
もどる
設 定 」ま た は
「 全て1 枚に設
定」を選ぶ
② 操作ボタンの中央を押す
7
1画面ずつ設定
全て1枚に設定
全て0枚に設定
もどる
■「1画面ずつ設定」を選んだとき
① 操作ボタンの
、 、 、
を押し、プ
リントしたい
画像を選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
1
2
3
4
5
6
100-0005
プリントマーク
プリントマーク
0枚
100-0005
ページ1/2
標準
'"枚数/●決定
→手順7へ進みます
■「全て1枚に設定」を選んだとき
設定の確認画面が表示されます。
1
2
3
4
5
6
100-0005
プリントマーク
1枚でよろしいですか?
いいえ
標準
は い
操作ボタンの または を押し、「いいえ」または
「はい」を選び、操作ボタンの中央を押す
110
「いいえ」メニュー画面に戻ります。
「はい」 最大999画像に、1枚プリントするDPOF
情報( P マーク)が付けられ、設定が終了
します。
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 110
次ページの手順8へつづく
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
8
① 操作ボタンの または
る枚数を設定する
を押し、プリントす
∫ プリント枚数は0∼99 枚まで設定できます。
∫ 0枚に設定すると、プリントマークは解除され
ます。
② 操作ボタンの中央を押す
選んだ画像に、
設定した枚数のDPOF情報が付けられ、
プ
リントマーク P が表示されます。
プリントマーク
1
4
P
プリントマーク
2
3
5
6
100-0005
∫ 続けてプリントマークを付けるときは、手順
7、8を繰り返し設定します。
9
表示切換/設定ボタンを押し、プリントマーク設
定を終了する
すべての画像のプリントマークを解除する
①「プリントマークを設定する」の手順5で、
「全
て0枚に設定」を選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
確認画面が出ます。
1
2
3
4
5
6
100-0005
プリントマーク
0枚でよろしいですか?
いいえ
標準
は い
操作ボタンの または を押し、「いいえ」または「は
い」を選び、操作ボタンの中央を押す
「いいえ」メニュー画面に戻ります。
「はい」 すべての画像のプリントマークが解除され、
設定が終了します。
カ
ー
ド
を
使
う
お知らせ .....................................................................
∫ すでにプリントマークが999画像に付けられている場合に、
さらにプ
リントマークの設定はできません。このとき、エラーメッセージ「プリ
ントマークは999画像まで」が表示されます。
∫ プリントマークが多くの画像に設定されていると、
再生される(6画面
表示)までに時間が多少かかります。
∫ プリントマークが付いた画像ファイルが記録されているカードを入れ
たときは、
「再生設定中」と表示されて、
6画面表示されるまで時間が
かかる場合があります。
111
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 111
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
プリンタで印刷する
セイコーエプソン社製のダイレクトプリント対応のプリンタ
と本機をUSB接続して、カードに記録されている静止画を
印刷することができます(ダイレクトプリント)。パソコンを
使わないので、素早く簡単に印刷できます。
操作する
ボタン
テープ/カード
切換スイッチ
電源スイッチ
本機はPRINT Image MatchingⅡに対応しています
・PRINT Image MatchingⅡ対応プリンタでの出力およ
び対応ソフトウェアでの画像処理において、撮影時の状況
や撮影者の意図を忠実に反映させることが可能です。
※PRINT Image Matching および PRINT Image
MatchingⅡに関する著作権は、セイコーエプソン株式
会社が所有しています。
ご注意
●印刷することができるプリンタは、セイコーエプソン株式
会社のダイレクトプリント対応機のみです。
●実行中に電源を切ったり、カードを抜いたりしないでくだ
さい。
●フォトコピー(115 ページ)
した静止画は、PRINT Image
MatchingⅡには対応していません。
操作ボタン
表示切換/設定
ボタン
ダイレクトプリントを始める前に、
プリンタの電源を入れ
ておいてください。
静止画を印刷する(ダイレクトプリント)
1
電源スイッチを「切」にする
2
プリントしたい静止画が記録されているカード
をセットする
112
VL-Z900_P098-114.pm6
次ページの手順3へつづく
Page 112
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
3
本機とプリンタをUSBケーブルで接続する
同梱のUSBケーブルで、本機とプリンタを接続します。
5
4
電源を入れる
ダイレクトプリント
対応プリンタ
(セイコーエプソン社製)
「カード」
‐
「再生」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「カード」
② 電源スイッチ:「再生」
■1画面表示のとき
操作ボタンの ま
たは を押して、
ダイレクトプリン
トさせる静止画を
表示させる
100−0002
[1280]
2/10
標準
標準
2003
■6画面表示のとき
操作ボタンの 、
、 、 を押
して、ダイレクト
プリントさせる静
止画に選択枠を移
動させる
USBケーブル
∫ プリンタへの接続につ
いては、プリンタの取
扱説明書をご覧くださ
い。
ダイレクトプリントする静止画を選ぶ
6
表示切換/ 設定
ボタン を 押し
て、操作設定表
示画面を表示さ
せる
4 30
1
2
3
4
5
6
100-0002
Ⅰ 100−0002
▲前項目へ
1画面 6画面
演出効果
1画面消去
全画面消去
▼次項目へ
2/10
を実行する
次ページの手順7へつづく
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 113
03.12.23, 5:18 PM
カ
ー
ド
を
使
う
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
113
プリンタで印刷する(つづき)
7
① 操作ボタンの
または を
押し、
「ダイレ
クトプリント
を実行する」
を選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
9
▲前項目へ
演出効果
1画面消去
全画面消去
ダイレクトプリント を実行する
▼次項目へ
① 操作ボタンの
または を
押し、
「はい」
を選ぶ
② 操作ボタンの
中央を押す
3枚プリントしますか?
いいえ
はい
ダイレクトプリントが開始されます。
ダイレクトプリント
8
ダイレクトプリント
プリンタの設定を確認してください。
① 操作ボタンの
または を
押し、印刷枚
数を設定する
② 操作ボタンの
中央を押す
プリント中
ダイレクトプリント
プリント終了
ダイレクトプリント
枚数設定
'
3
"
∫ プリント中にプリントを停止したいときは、操作
ボタンの を押します。
∫ プリントが終了した後に操作ボタンの または を
押すと、手順5の画面に戻ります。
お知らせ .....................................................................
∫ 用紙サイズによっては、画像の上下がトリミングされることがありま
す。その場合は、
プリンタのトリミング設定を「切」にしてください。
詳しくはプリンタの取扱説明書をご覧ください。
∫ プリンタと接続中に「プリンタを確認してください」というメッセージ
が表示された場合は、
印刷前あるいは印刷後にUSBケーブルを一度
抜いてから再度接続してください。それでも表示される場合は、
プリ
ンタの電源を入れ直してください。
114
VL-Z900_P098-114.pm6
Page 114
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
テープ→カードにコピーする(フォトコピー)
テープの映像を静止画にしてカードに記録することができ
ます。
(記録される画像サイズは「640×480」になりま
す。)
操作する
ボタン
フォトボタン
テープ/カード
切換スイッチ
テープとカードをセットしてから、
操作を始めてください。
1
2
3
電源スイッチ
操作ボタン
操作の前に
● 本機にカードを入れてください。
● 次の場合、
フォトコピーはできません。
∫ スロー再生 ∫ ビデオサーチ ∫ 逆再生 ∫ 再生
電源を入れる
操作ボタンの
「テープ」
‐
「再生」モードにする
を押し、テープを再生する
ビデオサーチでカードに記録したいシーンを探し、その手
前から再生することをおすすめします。
カードに記録し
たいシ ーンに
なったら、操 作
ボタンの を押
す
静止画になります。
4
編
集
す
る
フォトボタンを
押す
フォトコピーが表示
され、静止画がカー
ドにコピー され ま
す。
(画面は静止画
が続きます。)
カードがセットされているときに表示さ
れます。
(フォトコピー表示)
次ページへつづく
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 115
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
115
テープ→カードにコピーする(フォトコピー)
(つづき)
再生に戻すときは
操作ボタンの を押す
お知らせ .....................................................................
∫ カードが入っていない状態でフォトボタンを押したときは、警告音が
鳴ります。
録画済みのテープに別の音声を追加する(アフレコ)
内蔵マイク、外部AV機器などを使い、録画済みのテープ
へ、ナレーションなど別の音声を追加して楽しむことがで
きます。アフレコ編集は、
「SP」モード(63ページ)で撮影
されたテープのみお使いいただけます。
撮影時の音声は...
12bit記録のとき
音声1
音声2
ワイワイ ガヤガヤ
左
右
無音声
16bit記録のとき
音声1
音声2
無音声
左
右
ワイワイ ガヤガヤ
左
撮影時の音声
右
撮影時の音声
アフレコすると
「音声2」にアフレコ音声が記録されます。
12bit記録のとき
音声1
音声2
ワイワイ ガヤガヤ
音楽や
ナレーション
左
左
右
撮影時の音声
16bit記録のとき
音声2
音声1
音楽や
ナレーション
右
アフレコ音声
ワイワイ
左
音楽や
ナレーション
右
撮影時の音声 アフレコ音声
116
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 116
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
オーディオ機器を使ってアフレコするときは
次の接続をします。
■端子・コードの色分け
音声左→白
音声右→赤
3
アフレコを始めたいシーンが来たら、操作ボタン
の を押し、静止画再生にする
4
表示切換/ 設定
ボタン を 押し
て、操作設定表
示画面を表示さ
せる
5
① 操作ボタンの
または を
押し 、
「 アフ
レコを実行す
る」を選ぶ
出力
音声右 音声左
(赤)(白)
AV端子へ
音声出力
端子へ
映像/音声/S映像ケーブル
(同梱)
アフレコ操作のしかた
1
2
電源を入れる
操作ボタンの
「テープ」
‐
「再生」モードにする
を押し、テープを再生する
ビデオサーチでアフレコしたいシーンを探し、その手前か
ら再生することをおすすめします。
音声1+2
▲前項目へ
| 標準
演出効果
ファインピクチャー
アフレコ
シネマ再生
▼次項目へ
音声1+2
▲前項目へ
演出効果
ファインピクチャー
を実行する
アフレコ
シネマ再生
▼次項目へ
編
集
す
る
「アフレコ」項目
は、
「SP」モード
で記録された
テープを静止画
再生にしないと
選択できません。
② 操作ボタンの中央を押す
次ページの手順6へつづく
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 117
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
117
録画済みのテープに別の音声を追加する(アフレコ)
(つづき)
6
操作ボタンの
を押す
アフレコ(録音)が
始まります。
7
TC 0:22:34
音声1+2
アフレコ
再度アフレコを開始したいときは、操作ボタンの
してください。
8
'スタート/"ストップ/●解除
■ 内蔵マイクを使う場合
本機の内蔵マイクに向かって音声を入れます。
■ 外部入力の場合
アフレコ開始と同時に、接続しているオーディオ機器を再
生させます。
∫ 次の部分では、アフレコが一時停止します。
12bit記録⇔16bit記録に切り換わる部分
無記録になった部分
アフレコを続けたいときは、操作ボタンの
を押します。
∫「LP」モードで記録された部分になると自動的に停止
します。
(
アフレコを停止したいときは、操作ボタンの を
押す
アフレコを終了する
操作ボタンの中央を押すと、アフレコが終了します。
お知らせ .....................................................................
∫ DV端子からのアフレコ編集はできません。
∫ 映像/音声/S映像ケーブルを接続しているときは、内蔵マイクから
音声が入りません。
∫ アフレコ編集するときは、本機で撮影したテープにアフレコすること
をおすすめします。他のデジタルビデオ機器で録画したテープにア
フレコすると、音声が正常に記録されないことがあります。
)
118
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 118
を押
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
アフレコした音声を聞く
テープを再生時に「音声切換」を設定すると、アフレコした
音声を聞くことができます。
この機能は「テープ」
‐
「再生」モードでご使用になれます。
「1」に設定すると
「音声1」に記録されている音声を
聞くことができます。
12bit記録のテープを再生したときの例
音声1
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
再生設定
画面上下反転
音声切換
AD変換出力
もどる
「
左
1+2
1
2
右
「音声2」に記録されている音声を
聞くことができます。
12bit記録のテープを再生したときの例
音声2
設定内容
」→「音声切換」
ガヤガヤ
撮影時の音声
「2」に設定すると
機能項目
アイコン
ワイワイ
「1+2」
「1」
「2」
音楽や
ナレーション
左
音楽や
ナレーション
右
アフレコ音声
「1+2」に設定すると 「音声1 」と「音声2 」に記録され
ている音声を混合して、聞くことが
できます。
設定後、通常画面に戻すと選
んだ音声が表示されます。
音声2
Ⅰ
編
集
す
る
12bit記録のテープを再生したときの例
音声表示
音声1
ワイワイ
音声2
ガヤガヤ
左
右
音楽や
ナレーション
音楽や
ナレーション
左
右
アフレコ音声
撮影時の音声
次ページへつづく
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 119
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
119
アフレコした音声を聞く(つづき)
お知らせ .....................................................................
∫ 本機は、12bit記録/16bit記録のテープのどちらでも再生できま
す。
∫ 「音声1」または「音声2」選択時は、
画面表示「切」の場合でも、その
音声表示が出ます。
∫ 音声表示の色で、
音声の記録状態(12bit/16bit)が確認できます。
1. 12bit記録→白色
2. 16bit記録→緑色
本機→他の機器へダビングする
本機で再生しながら、不要な部分をカットするなどダビング
編集をすることができます。
(他の機器→本機へダビングするときは、123ページをご
覧ください。)
本機側で入力・出力の切り換え操作は不要です。自動的に
切り換わります。
ビデオと接続するときは
同梱の映像/音声/S映像ケーブルで本機と他のビデオを接続
します。
再生側 (本機)
録画側
端子・コード
の色分け 映像 →黄
音声
(左)
→白
音声
(右)
→赤
端子部ふたを
開く
S映像入力
端子へ
AV端子へ
映像・音声
入力端子へ
映像/音声/S映像ケーブル
(同梱)
は、信号の流れを
示しています。
120
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 120
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
∫ S映像端子付きビデオの場合は、S映像プラグをビデオに接続
します。
∫ 音声入力端子が1つのビデオの場合、白色のプラグで本機と接続
します。
(赤色のプラグは接続しないでください。)
お知らせ .....................................................................
∫ 接続するビデオの機種により、端子の位置が異なります。接続するビ
デオの取扱説明書をご覧の上、接続してください。
DV端子付きAV機器と接続するときは
DV端子付きAV機器とDVケーブルでつなぐと、画質、音質の
劣化がほとんどないデジタル信号によるダビングができます。
市販または別売のDVケーブル(VR-DVC1)で本機と他の
DV端子付AV機器を接続します。
DVDレコーダーと接続する場合
再生側 (本機)
録画側
DV入力端子へ
ビデオカメラと接続する場合
DV端子へ
端子部ふたを
開く
編
集
す
る
録画側
DVケーブル
(別売)
DV端子へ
次ページへつづく
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 121
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
121
本機→他の機器へダビングする(つづき)
お知らせ .....................................................................
∫ DVケーブルでつなぐと、映像信号と音声信号、サブコードなどを伝
送することができます。
∫ DVケーブルで本機と接続できるのは1台だけです。
ダビングをする
1
再
生
側
︵
本
機
︶
2
録
画
側
︵
他
の
機
器
︶
① 本機の電源を入れる
モードにする
「テープ」
‐
「再生」
①テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
②電源スイッチ:「再生」
② 撮影済みのテープをセットする
① 接続先のビデオ機器に録画用のテープをセッ
トする
② ビデオ機器の入力を、本機を接続した外部入
力(DV入力など)に切り換える
③ 録画一時停止状態にする
3
操作ボタンの
を押す
再生がはじまります。
再
生
側
︵
本
機
︶
4
録画一時停止状態を解除し、録画を開始する
録
画
側
︵
他
の
機
器
︶
122
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 122
03.12.23, 5:18 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
他の機器→本機へダビングする(外部録画)
お知らせ .....................................................................
∫ DVケーブルで本機と接続できるのは1台だけです。
∫ 映像/音声/S映像ケーブル接続でダビング編集時、
日付表示、
タイム
コード表示がテレビ画面に表示されているときは、その表示も録画さ
れます。
∫ 編集したテープでは、つなぎめの部分で多少内容が欠ける場合がありま
す。
∫ DV接続をして、
「カメラの映像」または「本機→他の機器へダビング
した映像」をパソコンに取り込んで表示したとき、パソコンの表示エ
リアが本機の液晶モニターやテレビとは異なるため、画像の周辺に
黒帯がでることがあります。
不要なシーンをカットしてダビングするには
∫ 不要なシーンの所で、録画側(他の機器)の一時停止/静止ボタンを
押します。録画を再開するシーンになったら、
もう一度録画側(他の
機器)の一時停止/静止ボタンを押します。
∫ 不要なシーンをカットするとき、
タイムコード表示(66ページ)を使う
と便利です。このとき、
タイムコード出力は、
「切」に設定することを
おすすめします。
「入」にすると、
録画側のテープにタイムコードが記
録されます。
(映像/音声/S映像ケーブル接続時)
他のビデオカメラなどから入力し、編集(ダビング)するこ
とができます。
本機側で入力・出力の切り換え操作は不要です。自動的に
切り換わります。
映像/音声/S映像ケーブルで接続するとき
同梱の映像/音声/S映像ケーブルで、本機と他のビデオを接
続します。
は、信号の流れを
示しています。
再生側
S映像
出力端子へ
S映像
出
力
端
子
へ
■端子・コードの色分け
映像/音声/
S映像ケーブル
(同梱)
映像
音声左
編
集
す
る
音声右
映像 →黄
音声左→白
音声右→赤
映像・音声
出力端子へ
録画側
(本機)
AV端子へ
端子部ふたを開く
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 123
03.12.23, 5:18 PM
次ページへつづく
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
123
他の機器→本機へダビングする(外部録画)
(つづき)
∫ 再生側のビデオカメラがS映像出力端子付きの場合は、S映
像プラグを再生側のビデオカメラに接続します。このときは、
本機のテープ再生モードメニュー「
」
(その他の設定1)
から「入力切換」を選び、
「S映像」に設定してください。
∫ 再生側のビデオカメラに音声出力端子が1つしかない場合は、
白色のプラグを接続してください。
(赤色のプラグは接続しな
いでください。)
お知らせ .....................................................................
再生側の機器とS映像プラグで接続して本機で録画す
るときは、
「入力切換」を「S映像」に設定する
この機能は「テープ」「
- 再生」モードでご使用になれま
す。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
その他の設定1
メーカー設定
リモコン
確認音
言語選択
入力切換
もどる
∫ 信号を入力する際、本機の端子には優先順位があります。DVケーブ
ル、映像/音声/S映像ケーブルの両方を接続している場合、DV端子
が優先されます。
アイコン
「
映像
S映像
機能項目
」→「入力切換」
設定内容
「映像」
「S映像」
「S映像」を選択すると、
画面に「S映像」が表示されま
す。
(映像/音声/S映像ケーブル接続時の停止中や、
録画
待機中などに表示)
124
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 124
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
DV端子付きAV機器と接続するとき
外部録画をする
DV端子付きAV機器とDVケーブルで接続すると、デジタル信号
による画質、音質の劣化がほとんどない録画・編集ができます。
1
市販あるいは別売のDVケーブル(VR-DVC1)で本機と他の
DV端子付きAV機器を接続します。
録
画
側
︵
本
機
︶
DVDプレイヤーと接続する場合
① 本機の電源を入れる
モードにする。
「テープ」
‐
「再生」
①テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
②電源スイッチ:「再生」
② 録画用のテープをセットする
③ 録画スタート/ストップボタンを押す
録画ポーズ状態になります。
録画側 (本機)
60分
再生側
録画ポーズ
DV入出力端子へ
2
ビデオカメラと接続する場合
DV端子へ
再生側
DVケーブル
(別売)
端子部ふたを
開く
① 他の機器(再生側)に撮影済みのテープを
セットする
再
生 ② 撮影済みのテープを再生する
編
集
す
る
側
︵
他
の
機
器
︶
DV端子へ
次ページの手順3へつづく
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 125
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
125
他の機器→本機へダビングする(外部録画)
(つづき)
3
操作ボタンの
を押し、録画ポーズを解除する
録画が始まります。
60分
録画
録
画
側
︵
本
機
︶
テレビやビデオ機器の映像をデジタルに変換する
お手持ちのアナログビデオ機器から映像・音声を本機に入
力してDV端子を通して、DV端子を装備したパソコンに出
力することができます。
この機能は「テープ」「
- 再生」モードでご使用になれます。
パソコン
'ポーズ/"停止/\巻戻し/|早送り
一時停止状態にするときは
もう一度操作ボタンの を押すと一時停止状態になります。
録画を止めるとき
操作ボタンの
を押す
お知らせ .....................................................................
126
∫ 著作権保護のための信号が記録されているビデオテープは本機で録
画することができません。このようなテープを録画しようとすると液
晶モニターに「録画できません」と表示され、録画モードに入りませ
ん。なお、
ビデオカメラで撮影した映像には、著作権保護のための信
号は入りません。
∫ 編集したテープでは、つなぎ目の部分で多少内容が欠ける場合があります。
∫ 再生側のビデオ機器でビデオサーチ・スロー再生・静止画再生にした
ときや、
ノイズの多いテープを再生したときに本機で録画を行うと、
映像が正常に記録されないことがあります。
∫ リモコンを使って外部録画する場合には、
テープスタート/ストップボ
タンを押した後、再生/一時停止ボタンを押してください。
不要なシーンをカットしてダビングするには
∫ 不要なシーンの所で、
本機の操作ボタンの を押し、
録画ポーズにし
ます。録画を再開するシーンになったら、
もう一度本機の操作ボタン
の を押し、録画を再開します。
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 126
は、信号の流れを
示しています。
DVポートへ
DVケーブル
(別売)
DV端子へ
本機
テレビ/ビデオ
AV端子へ
S映像
出力
端子へ
映像・音声
出力端子へ
映像/音声/S映像ケーブル(同梱)
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
設定の前に
● 本機は、すべてのDV搭載機器との接続動作を保証する
ものではありません。
● パソコンに映像を取り込むには、映像編集ソフトが必要で
す。
● 著作権保護のための信号が記録されているソフトを再生
して本機に入力し、本機から出力された信号を録画した
り、パソコンで取り込むことはできません。
● 本機に入力される映像信号の状態によっては、正しい映
像をDV出力することができない(色消え、
ノイズが出る)
ことがあります。
● パソコンによっては、接続できないものや、接続に際して
条件付きの場合があります。くわしくは、
DV端子付きパソ
コンのメーカー、
またはDV端子搭載周辺機器のメーカー
にお問い合わせください。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
再生設定
画面上下反転
音声切換
AD変換出力
もどる
アイコン
「
■ 接続と設定が済んだら
1
電源を「テープ」
‐
「再生」モードにする
① テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
② 電源スイッチ:「再生」
電源が入ったら、停止状態のままにしておきます。
(または、
外部録画(123ページ)にしておいてもお使いいた
だけます。)
2
アナログビデオ機器で再生を始める
3
パソコンでDV編集ソフトウェアを起動し、取り込
みを始める
取り込む操作は、
お使いになるDV編集ソフトウェアによっ
て異なります。くわしくは、DV編集ソフトウェアの取扱説
明書をご覧ください。
切
入
機能項目
」→「AD変換出力」
編
集
す
る
設定内容
「切」
「入」
「切」通常は、この設定にします。
「入」アナログ映像信号をDV出力します。
127
VL-Z900_P115-127.pm6
Page 127
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
パソコンにカードの画像を取り込む
z ソフトウェアをインストールする
同梱のソフトウェア(CD-ROM)をパソコンにインス
トールしておけば、
カードに記録した画像をパソコンに
取り込むことができます。
このCD-ROMには、
「USBドライバ」と「PixLab(ピクス
ラボ)Ver.4.7LE」
(以降、ピクスラボと表記します)およ
び、その他関連ファイルが収録されています。
●「USBドライバ」は、同梱のUSBケーブルで本機と
パソコンを接続して、画像を取り込むときに必要とな
るソフトウェアです。
●「ピクスラボ」は、カードに記録された画像ファイルを
パソコンにコピーしたり、Windowsエクスプローラ
風の操作で、手軽に一覧表示することができるソフト
ウェアです。
必要なハードウェアとソフトウェア
ピクスラボを使うためには、下記のハードウェアやソフト
ウェアが必要です。
128
パソコン※1
IBM PC/AT互換(DOS/V)機
OS
» Windows® XP Home Edition/Professional 日
本語版(推奨)
» Windows® 2000 Professional 日本語版(推奨)
VL-Z900_P128-140.pm6
Page 128
» Windows® Me 日本語版
» Windows® 98 Second Edition 日本語版
CPU※2
» MMX Pentium ® 266MHz以上(Pentium ® Ⅱ
266MHz以上を推奨)
» Windows® XPの場合 Pentium®Ⅱ 300MHz以上
メモリー※2
» Windows® 98SE、Windows® Meの場合
64Mバイト以上(128Mバイト以上を推奨)
» Windows® 2000、Windows® XPの場合
128Mバイト以上(256Mバイト以上を推奨)
インストールに必要なハードディスク空き容量※3
およそ7 0 M バイト必要(ピクスラボ・M i c r o s o f t ®
DirectX ® 8.1・Microsoft ® Windows Media™
Format 7.1※4をインストール)
ディスプレイおよびビデオカード※2
解像度800×600ピクセル以上。および65,536色/
16Bit以上表示可能なもの
(16,777, 216色/24Bit以上表示可能なものを推奨)
DirectX® 8以降に対応しているビデオカード※5
サウンドカード
DirectX ® 8以降に対応したSoundBlasterまたは
SoundBlaster互換品のサウンドカードが装着されて
おり、正常に動作すること。※5
インターフェース条件
USBポートが正常に動作すること
CD-ROMドライブ
インストールのため必須
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
ソフトウェア
Windows Media™ Format 7.1※6/DirectX® 8.1※6
Microsoft® Internet Explorer 5.5以上
Adobe ® Acrobat ® Reader 4.0以上またはAdobe ®
Reader® 6(オンラインマニュアルをご覧になるために
必要です。)
※1 全てのパソコンでの動作を保証するものではありません。特に自
作機やマザーボード変更などの改造を加えているパソコンに関し
ては動作保証いたしかねますので、あらかじめご了承ください。
※2 性能・容量によっては、動作が非常に緩慢になるなど、期待通りの
性能が発揮されない場合があります。
※3 取り扱う画像ファイル容量により、更にハードディスクの空き容量
が必要となります。
※4 これらのソフトは、当製品が動作するための前提条件として全て
インストールしていただく必要があります。ただし、
すでに同等品
をインストールされている方は、
必要はありません。またこの場合
は、必要なハードディスク空き容量は、その分少なくなります。
※5 DirectX 8以降への対応については、パソコンのメーカーにお問
い合せください。また、取り込んだ動画/音声が正常に再生され
ない場合は、
最新のドライバに更新することで、
改善される場合が
あります。最新のドライバの入手方法は、パソコンのメーカーにお
問い合わせください。
※6 これらのソフトは、CD-ROMに収録されています。お使いのパソ
コンの環境により、自動的にインストールされます。
※7 当製品は、Macintosh上では動作いたしません。
※8 機能の一部には、
さらなる動作条件や前提となるソフトが必要と
なるものがあります。
電波障害自主規制について
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会
(VCCI)
基準に基づ
くクラスB情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用することを目
的としていますが、この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して
使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。取扱説明書に従
って、正しい取り扱いをしてください。
正しい取り扱いをしても、電波の状況によりラジオ・テレビジョン受信
機の受信に影響を及ぼすことがあります。そのようなときは、次の点に
ご注意ください。
● この製品をラジオ・テレビジョン受信機から充分に離してください。
● この製品とラジオ・テレビジョン受信機を別のコンセントに接続して
ください。
● 接続するケーブルは指定のものを使用してください。
著作権/お問い合わせ
● 著作権について
» Microsoft®、Windows®、Windows Media™は米国
Microsoft Corporationの米国およびその他の国におけ
る登録商標または商標です。またDirectX ® は、米国
Microsoft Corporationの商標であり、著作物です。
» Adobe®、Adobe® Reader®、Acrobat®、Acrobat®
ReaderはAdobe Systems Incorporated
(アドビシ
ステムズ社)の登録商標または商標です。
» その他の社名、および商品名は、それぞれ各社の登録
商標または商標です。
● 本ソフトウェアに関するお問い合わせ先は次の通りです。
シャープAVCホットライン 電話番号 (03)5396-8895
受付時間 10:00∼12:00/13:00∼17:00
月曜∼金曜(祝日およびシャープ所定の休日を除く)
次ページへつづく
VL-Z900_P128-140.pm6
Page 129
静パ
止ソ
画コ
をン
取に
り
込
む
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
129
パソコンにカードの画像を取り込む(つづき)
インストールする
∫ 最初にU S Bドライバ、次にピクスラボの順にインス
トールします。また、
インストールは、
一度だけ行ってく
ださい。操作のたびにインストールしなおす必要はあ
りません。
∫ Windowsの基本操作については、Windowsまたは
パソコンの取扱説明書をご覧ください。
∫ ここでは、Windows XPの画面で説明します。
∫ Windows 2000をお使いの方は、
システム管理者
(Administrator)権限でログインしてから、
インス
トールを行ってください。
∫ Windows XPをお使いの方は、
コンピュータの管理
者権限でログインしてから、
インストールを行ってくだ
さい。
■ USBドライバをインストールする
1
パソコンの電源を入れWindowsを起動しま
す。
すでにWindowsを起動していて、アプリケーションを
使用している場合は、すべて終了させてください。
2
CD-ROMを、パソコンのCD-ROMドライブに
セットします。
しばらくすると、手順3の画面が表示されます。
∫ 手順3の画面が表示されないときは、下のように操作
してください。
■しばらく待っても起動画面が開かないとき
①「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行
(R)…」を選びます。
②「R:¥SETUP.EXE」
と入力して
「OK」
ボタンをクリッ
クします。
∫ 文字は、半角で入力します。
∫「R:」
の部分には、お使いのパソコンのCD-ROMド
ライブ名を入力します。CD-ROMドライブ名につ
いては、「CD-ROMドライブ名の確認のしかた」
(139ページ)をご覧ください。
3
使用許諾契約を
お読みになって
から、本書の裏
表紙に印刷され
て い る イン ス
トールキーを入
力します。
130
VL-Z900_P128-140.pm6
次ページの手順4へつづく
Page 130
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
4 「はい」ボタンをクリックします。
ボタ
5 「USBドライバ」
ンをクリックします。
8
メッセ ージを確
認後、
「完了」ボ
タンをクリック
します。
∫ 再起動を促すメッセージが表示された場合は、必ず
再起動してから手順9に進みます。なお、Windows
XPまたはWindows 2000にインストールしている
ときは、再起動後、管理者権限でログインします。
(N )」ボ
6 「次へ
タンをクリック
します。
(N )」ボ
7 「次へ
タンをクリック
静パ
止ソ
画コ
をン
取に
り
込
む
します。
インストールが開
始されます。
インストールが終
了すると、手順8の
画面が表示されま
す。
VL-Z900_P128-140.pm6
次ページの手順9へつづく
Page 131
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
131
パソコンにカードの画像を取り込む(つづき)
■ インストールしたUSBドライバをパソコン
に認識させる
9
本機とパソコンをUSB接続します。
∫ 本機の電源を切った状態で接続してください。
本機の電源を入れる
10 ドにする
パソコンがUSBドライバを認識しているか確認
11 します。
∫ USBドライバが認識されると、パソコンは本機を新
しいドライブとして認識します。(パソコンの「マイ
コンピュータ」内に新しいドライブが表示されま
す。)
∫ 本機がパソコン上にドライブとして表示されない場
合、USBドライバは正しく認識されていません。そ
をご覧くださ
の場合は、
「困ったときは」
(136ページ)
い。
∫ OSのCD-ROMのセットを促すメッセージが表示さ
れた場合は、メッセージに従って操作します。
パソコン
USBポートへ
USBケーブル
(付属品)
USB端子へ
お知らせ .....................................................................
132
∫ 接続時、本機の電源にはACアダプターをご使用ください。
∫ パソコンのUSBポートに直接接続してください。
∫ パソコンのキーボードやモニター、
またはUSBハブのUSBポートに接
続した場合、
正しく動作しない場合があります。これら、
USBハブを経
由しての接続については、
動作保証できませんのでご了承ください。
また、
他のUSB機器と同時に接続しているときにも、
正しく機能しない
ことがあります。他のUSB機器を外してから使用してください。パソ
コン本体にUSBハブが内蔵されている場合がありますので、
詳細につ
きましては、パソコンメーカーにお問い合わせください。
∫ パソコンのUSBポートが複数個ある場合は、いつも同じところに接
続するようにしてください。他のポートに接続すると、再度USBドラ
イバのインストールが必要になる場合があります。
VL-Z900_P128-140.pm6
Page 132
「カード」
‐
「再生」モー
12
USBドライバの認識が完了した後、USBケーブ
ルを抜き、本機の電源を切ります。
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
■USB ケーブルを抜くときは
Windows 2000/Me/XP をお使いの場合
① タスクバーに表示されている「ハードウェアの取り外
し」アイコンより該当するドライブを停止してくださ
い。
②「安全に取り外すことができる」とメッセージが出て
から、USBケーブルを抜く、
またはカードを取り出し
てください。
USBケーブルの外しかたについてくわしくは、Windowsのヘルプをご覧ください。
Windows 98 をお使いの場合
① 通信していないとき(本機の画面のUSB通信中を示
すマークが停止しているとき)に、エクスプローラー
上のディスクドライブで右クリックして取り出しを実
行します。
② USBケーブルを抜く、
またはカードを取り出します。
■ ピクスラボをインストールする
∫ 説明は、Windows XP Home Editionをもとに構成
しています。
∫ すでに、
他のピクスラボがインストールされているとき
は、CD-ROMのReadme.txtをご覧になりインストー
ルを行ってください。
下記のソフトがインストールされます。
• ピクスラボブラウザVer.4.7LE
• Windows Media Format 7.1※
• Direct X 8.1※
※ すでにインストールされている場合は、
インストールされません。
13 「ピクスラボブラウザ
V e r . 4 . 7 L E 」をク
リックします。
画面が表示されないとき
は、再度CD-ROMを入
れなおしてください。
(N )」ボ
14 「次へ
タンをクリック
します。
15
インストール先のフォルダを設定します。
特に変更する必要のないときは、このまま、手順16に
進んでください。
∫ インストール先のフォルダを変更するときは、「参照
(R)...」ボタンをクリックします。インストールする
フォルダを設定する画面が表示されますので、選択
してから「OK」ボタンをクリックしてください。
次ページの手順16へつづく
VL-Z900_P128-140.pm6
Page 133
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
静パ
止ソ
画コ
をン
取に
り
込
む
133
パソコンにカードの画像を取り込む(つづき)
(N )>」
16 「次へ
ボタンをクリッ
19
クします。
17
プログラムフォルダ(プログラムアイコンを追加
するフォルダ)を設定します。
特に変更する必要のないときは、このまま、手順18に
進んでください。
∫ プログラムフォルダとは、「スタート」メニューから
ソフトを呼び出すときに表示される位置を示すもの
です。変更するときは、プログラムフォルダを直接
指定するか、既存のフォルダから選択してくださ
い。
18
「次へ(N )」ボ
タンをクリック
します。
作成するショートカットのチェックボックスに
チェックを付けます。
クリックするたびに、付いたり消えたりします。
●デスクトップにショートカットを作成する
チェックをつけると、デスクトップにピクスラボブラ
ウザを起動するショートカットアイコンが作成されま
す。
●フォルダ上の右クリックメニューにショートカットを追加
する
チェックをつけると、ピクスラボブラウザやエクスプ
ローラなどで表示されているフォルダ上で右クリック
したときに、
「ピクスラボVer4で開く」
メニューが追
加されます。「ピクスラボVer4で開く」を選択する
と、そのフォルダが開いた状態でピクスラボを起動す
ることができます。
(N )>」
20 「次へ
ボタンをクリッ
クします。
インストールが開
始されます。
Windows XPをお使いの場合は、手順22に進みます。
Windows XP以外をお使いの場合は、手順21に進みま
す。
134
VL-Z900_P128-140.pm6
次ページの手順21へつづく
Page 134
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
21
Windows Media
Format 7.1をインス
ト ールする画面が表
示 さ れ る の で 、
「 Y e s 」ボタンをク
リックします。
Windows Media Format 7.1のインストールが始ま
ります。終了すると、手順22の画面が表示されます。
完 了 」ボタン
22 「をクリックしま
す。
デスクトップ画面に、ピク
スラボのショートカットア
︵ イコンが表示されます。
22
つ
づ
き
︶ ∫ 後で再起動するときは、「いいえ、あとでコンピュー
タを再起動します。」
のオプションボタンをクリック
します。
(再起動するまで、インストールしたソフト
は使用できません。)
∫ 手順20 で「デスクトップにショートカットを作成す
る」
にチェックを入れなかったときは、ショートカッ
トアイコンは作成されません。
∫ OSのCD-ROMのセットを促すダイアログが表示さ
れたときは、OSのCD-ROMをパソコンにセットし
てください。
∫「はい、今すぐコンピュータを再起動します。」のオ
プションボタンが選ばれていないときは、このオプ
ションボタンを選んでから「完了」ボタンをクリック
します。
∫ パソコンが再起動され、ピクスラボのインストール
が終了しました。
∫ Windows XPまたはWindows 2000にインストー
ルしたときは、再起動後、必ず一度管理者権限でロ
グインします。
VL-Z900_P128-140.pm6
Page 135
静パ
止ソ
画コ
をン
取に
り
込
む
次ページへつづく
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
135
パソコンにカードの画像を取り込む(つづき)
■ Windows XPのとき
困ったときは
■ USBドライバがインストールできない。
CD-ROMをセットする前に、USBケーブルをパソコン
に差し込みませんでしたか?
CD-ROMをセットする前にUSBケーブルを差し込んだ
ときは、USBケーブルを抜いてください。その後CDROMをセットして、CD-ROMからUSBドライバをイン
ストールしてください。
■ USB接続ができない。
∫ 本機の電源が「再生」に入っていますか?
∫ 本機にメモリーカードが入っていますか? また、静止画が最低でも一枚保存されていますか?
∫ 本機のカードふたは閉じていますか?
∫ USBケーブルの一方が、本機のUSB端子に正しく接
続されていますか?
「スタート」メニューから「コントロールパネル
1 (C)
」を選びます。
アイコンをダブルク
2 「プログラムの追加と削除」
リックします。
3
PixLabをアンインストールするときは「SHARP
PixLab Browser Ver.4.7LE」をクリックしてか
ら、
「変更と削除」ボタンをクリックします。
4
メッセージを確認して「OK」ボタンをクリック
し、画面のメッセージを確認しながら操作を進め
ます。
∫ ファイルによっては、削除する/しないを選択する画
面が表示されます。削除してもよいかどうか不明な
ときは、「いいえ(N)」ボタンをクリックします。
インストールしたソフトを削除するときは
∫ Windows 2000をお使いの方は、
システム管理者
(Administrator)権限でログインしてから、行ってく
ださい。
∫ Windows XPをお使いの方は、
コンピュータの管理
者権限でログインしてから、行ってください。
5
削除が終了したら、
「OK」ボタンをクリックしま
す。
136
VL-Z900_P128-140.pm6
Page 136
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
■ Windows XP以外のとき
ト」メニューから「設定(S)」→「コント
1 「スター
ロールパネル(C)」でコントロールパネルを開
き、
「アプリケーションの追加と削除」をダブル
クリックします。
2
3
PixLabをアンインストールするときは「SHARP
PixLab Browser Ver. 4.7 LE」をクリックして
から、
「追加と削除(R)...」ボタンをクリックしま
す。
メッセージを確認して「はい(Y)」ボタンをク
リックし、画面のメッセージを確認しながら、操
作を進めます。
オンラインマニュアルを見るには
ピクスラボのオンラインマニュアルは、
Adobe Acrobat Reader 4.0以上またはAdobe Readerで表示さ
れます。
お使いのパソコンにAdobe Acrobat Reader
4.0以上またはAdobe Readerがインストールされてい
ないときは、
「Adobe Readerがインストールされていな
いときは」
(138ページ)
をご覧になり、
Adobe Readerを
インストールしてから操作してください。
下記は、Windows XPでの操作例です。
1
Windowsの「スタート」メニューをクリックす
る
∫ ファイルによっては削除する/しないを選択する画
面が表示されます。削除してもよいかどうか不明な
ときは、「いいえ(N)」ボタンをクリックします。
4
静パ
止ソ
画コ
をン
取に
り
込
む
アプリケーションの削除が完了したら「OK」ボ
タンをクリックします。
次ページの手順2へつづく
VL-Z900_P128-140.pm6
Page 137
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
137
パソコンにカードの画像を取り込む(つづき)
(P)」
‐
「PixLab Browser
2 「すべてのプログラム
Ver4」
‐
「PixLab Browser Ver4.7 LEマニュア
ル」とポインタを合わせた後、クリックする
Adobe Readerがインストールされていないときは
CD-ROMの起動画面にある「はじめにお読みください」
をクリックし、
ファイルを開いてください。ファイル中、
「(3) ピクスラボご使用上の注意事項」内の「(3-8) 取扱
説明書」にAdobe Readerのダウンロードサイトへのリ
ンクがあります。そこからAdobe Readerをダウンロー
ドしてください。
Adobe Readerが起動し、オンラインマニュアルが表示
されます。
138
VL-Z900_P128-140.pm6
Page 138
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
CD-ROMドライブ名の確認のしかた
∫ Windows XPの場合は、
「スタート」ボタンをクリック
し、
「マイコンピュータ」をクリックすることで確認でき
ます。
フォルダ構成とファイル名について
本機で記録した静止画は、下のイラストで示すように、
カードに記録されています。
DCIM ‥‥‥‥‥‥‥‥静止画ファイルのフォルダ
100SHARP
静止画像のサブフォルダです
連番号(100∼999まで、順につけられます)
本機で撮影した静止画像です
CD-ROMドライブ名
∫ Windows XP以外では、
デスクトップ上の「マイコン
ピュータ」アイコンをダブルクリックすると確認できま
す。
CD-ROMドライブ名
DVC00001.JPG
DVC00002.JPG
お知らせ .....................................................................
∫ パソコン上で本機未対応のデータをカードに記録した場合、本機で
はそのデータを認識することはできません。
∫ パソコンに保存したファイルとフォルダは、
誤って消さないようご注意
ください。
∫ 本機で記録した画像データなどは、パソコン上で削除せず、
本機で削
除するようにしてください。
∫ パソコンで、上記のフォルダ構成やファイル名を変更すると、本機で
再生することができなくなります。また、
「ピクスラボ」以外のソフト
ウェアで、編集・保存したファイルは、本機で再生できない場合があり
ます。
次ページへつづく
VL-Z900_P128-140.pm6
Page 139
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
静パ
止ソ
画コ
をン
取に
り
込
む
139
パソコンにカードの画像を取り込む(つづき)
x ピクスラボを使ってパソコンに画像を取り込む
ピクスラボを使ってカードに記録した画像をパソコン
に取り込むことができます。
●ピクスラボは、カードに記録された画像ファイルをパ
ソコンにコピーしたり、Windowsエクスプローラ風
の操作で、手軽に一覧表示することができるソフト
ウェアです。
●同梱のUSBケーブルで接続する以外にも、別売の
SDメモリーカード/マルチメディアカード用PCアダ
プター(VR-PCSDA1)でパソコンに画像を取り込
むこともできます。
画像を取り込む
1
パソコンを起動し、付属のUSBケーブルで本機
とパソコンを接続する
誤動作防止のため、本機の電源は「切」
の状態で接続し
てください。
2
本機の電源を入れる
モードにする
「カード」
‐
「再生」
① テープ/カード切換スイッチ:「カード」
② 電源スイッチ:「再生」
3
デスクトップにあるピクスラボ
ブラウザのショートカットアイ
コンをダブルクリックする
ピクスラボブラウザが起動します。
パソコンとの通信中は、本機の画
面に下の表示がでます。
通信中は、この表示
が動きます。
USB
転送中
を使って画像を取り込む
4 「ピクスラボブラウザ」
■「ピクスラボブラウザ」
の基本的な使いかたについては、
ピクスラボのオンラインマニュアルをご覧ください。
■ さらにくわしい操作方法を知りたいときは、ピクス
ラボのオンラインヘルプをご覧ください。
ご注意
本機の画面のUSB通信中を示すマークが動いていると
きは、つぎのことをお守りください。
●通信中は、USBケーブルを抜かない。
●本機の電源を切らない。
●パソコンをサスペンド・レジューム状態やスリープ状
態にしたり、電源を切らない。
●本機からカードを抜いたりしない。
140
VL-Z900_P128-140.pm6
Page 140
03.12.23, 5:19 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
すべてのメニュー設定を初期状態に戻す
確認音を消したいとき
設定した項目を、ご購入時の状態に戻す(リセットする)こ
とができます。
ボタン操作などをしたときに鳴る確認音を鳴らないように
設定することができます。
この機能は全てのモードでご使用になれます。
この機能は全てのモードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた」を参照してください。
(189ページ)
設定のしかたは「メニューの選びかた」を参照してください。
(189ページ)
例:
「テープ」「再生」
モード
メーカー設定 を実行する
リモコン
確認音
アイコン
「
例:
「テープ」「再生」
モード
その他の設定1
入
入
機能項目
設定内容
」→「メーカー設定」→「実行する」
「実行する」で決定すると、
「メーカー設定」の実行確認画面
が表示されます。
\実行確認画面
メーカー設定
その他の設定1
メーカー設定
リモコン
確認音
言語選択
入力切換
もどる
特定の項目を除き
出荷時の設定となります
よろしいですか?
アイコン
「
入
切
機能項目
」→「確認音」
設定内容
「入」
「切」
「入」操作したとき確認音が鳴ります。
「切」確認音を鳴らしません。
(警告音も鳴らなくなります。)
いいえ
は い
「いいえ」 設定内容がリセットされずに、メニュー画面に戻
ります。
設定内容がリセットされます。メーカー設定が完
了すると、メニュー画面に戻ります。
お知らせ .....................................................................
∫ 設定した項目の初期状態(工場出荷時設定)については、183∼188
「はい」
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
ページをご覧ください。
∫ 「日付あわせ」で設定した日付と時刻は、
リセットされません。
VL-Z900_P141-147.pm6
Page 141
141
03.12.23, 5:20 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
映像を調整する
周囲の状況により液晶モニターが見づらいときに、調整す
ることができます。
この機能は全てのモードでご使用になれます。
お知らせ .....................................................................
∫ 記録される映像は、液晶設定を行っても変わりません。
∫ 液晶の濃さを調整すると、
実際の記録映像と異なるイメージになりま
す。明るさの調整を中心にお使いください。
「バックライト調整」 バックライトの明るさを調整します。
「液晶明るさ」
液晶モニターの明るさを設定します。
「液晶濃さ」
液晶モニターの濃さを調整します。
「ビューファー明るさ」ビューファインダーの明るさを調整します。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
例:
「テープ」「撮影」
モード
暗■■■■□□□□明
液晶濃さ
ビューファー明るさ
もどる
淡■■■■□□□□濃
暗■■■■□□□□明
」 →「バックライト調整」
「液晶明るさ」
「液晶濃さ」
「ビューファー明るさ」
142
通常
液晶明るさ
機能項目
アイコン
「
液晶設定
バックライト調整
デモモード
設定内容
「通常」
「明るい」
暗 ■■■■ 「もどる」
淡 ■■■■ 「もどる」
暗 ■■■■ 「もどる」
明
濃
明
∫ 「液晶明るさ」
「液晶濃さ」
「ビューファー明るさ」は、
操作ボタ
ンの または で調整します。
VL-Z900_P141-147.pm6
Page 142
本機が持つ機能の一部を、液晶モニターで分かりやすく説明
するデモを見る機能です。
∫ テープを入れずに「テープ」‐「撮影」モード、
または「カー
ド」‐「撮影」モードにし、
メニューで「デモモード」を「入」
にすると、
デモモードが始まります。
∫ デモ中にテープを入れたり何か操作すると、デモが一
時中断されます。
(デモモードは「入」のままです。)
テープがない状態で何も操作しなければ、約1分後に
デモが再開されます。
∫ デモモードを「切」にしたいときは、何か操作を行いデ
モを一時中断させてから、
メニューで「デモモード」を
「切」にしてください。
デモモードは機能しません。
∫ 対面撮影時(60ページ)は、
03.12.23, 5:20 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
画面表示を英語にしたいとき 海外で使うとき
本機では、画面に表示される操作設定表示を英語にするこ
とができます。
この機能はすべてのモードでご使用になれます。
メニュー画面で次の順に設定します。
設定のしかたは「メニューの選びかた 」を参照してください。
(189ページ)
例:
「テープ」「再生」
モード
その他の設定1
メーカー設定
リモコン
確認音
アイコン
「
海外での電源コンセントの種類
電源電圧および電源コンセントの形状は、あらかじめ旅行代理
店等でご確認ください。
実行する
入
入
言語選択
を実行する
入力切換
もどる
映像
機能項目
同梱のACアダプターは、100V∼240Vに対応しており
ますので、海外でも使用することが可能です。旅行先に
よっては、電源コンセントの形状が異なりますので、地域に
合わせた変換プラグを用いて使用してください。
(変換プ
ラグは空港売店などで販売しています。)
市販の
「電子式変圧器」
は使用
しない
» ACアダプターを海外旅行者用
として市販されている「電子式
変圧器」などに接続しますと、
火災・感電・故障の原因となる
ことがあります。
注意
設定内容
」→「言語選択」→「実行する」
「実行する」で決定すると、
「言語選択」の実行確認画面が表
示されます。
海外での電源コンセントの種類
タイプ
A
B
BF
C
S
\実行確認画面
音声1+2
「日本語」
言語
日本語
ENGLISH
'"選択/●決定
言語は日本語のまま
です。
「ENGLISH」言語は英語になりま
す。
操作ボタンの または で選択し、操作ボタンの中央を押す
と、選択された言語で表示されます。
の
形
状
例
変
換
プ
ラ
グ
コ
ン
セ
ン
ト
使
用
す
る
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
不要です。
主に北米、
南米など
主にヨーロッ
パ など
主にオースト
ラリアなど
次ページへつづく
VL-Z900_P141-147.pm6
Page 143
03.12.23, 5:20 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
143
撮りかたの基本
海外で使うとき(つづき)
被写体は画面中央部にくるように撮る
主な国名と変換プラグ一覧
カナダ
アルゼンチン
コロンビア
ジャマイカ
チリ
ハイチ
パナマ
オーストラリア
グアム
タヒチ
インド
インドネシア
シンガポール
タイ
大韓民国
スリランカ
中華人民共和国
ネパール
台湾
北米
A
アメリカ合衆国
中南米
BF、C、S バハマ
A
プエルトリコ
A
ブラジル
B、C
ベネズエラ
ペルー
A
A、BF メキシコ
オセアニア
S
トンガ
A
ニュージーランド
C
フィジー
アジア
B、C
パキスタン
B、C
バングラデシュ
B、BF フィリピン
A、BF、C ベトナム
A、B、C 香港
B
マカオ
A、B、BF、C マレーシア
C
モンゴル
A
A
アイスランド
アイルランド
イギリス
イタリア
オーストリア
ギリシャ
オランダ
スイス
スウェーデン
スペイン
A
A
A、C
A
A、C
A
S
S
S
イスラエル
イラン
B、C
C
A、C、S
A、C
B、BF
B、C
B、BF、C
C
アルジェリア
エジプト
カナリア諸島
ギニア
ケニア
ヨーロッパ
C
デンマーク
C
ドイツ
B、BF ノルウェー
C
ハンガリー
C
フィンランド
C
フランス
C
ベルギー
B、C
ポーランド
C
ポルトガル
A、C
ルーマニア
中近東
C
クウェート
ヨルダン
C
アフリカ
A、BF、C ザンビア
B、BF タンザニア
C
南アフリカ共和国
モザンビーク
C
B、C
モロッコ
C
C
C
C
C
C
C
B、C
B、C
C
B、BF
B、BF
B、BF、C
C
C
144
VL-Z900_P141-147.pm6
コスタリカ
コロンビア
スリナム
セントルシア
大韓民国
台湾
チリ
ドミニカ
被写体を端にした構図でピ
ントがボケるときは、手動
でピント合わせをします。
(74ページ)
» カメラアングルは、
水平になるようにすると、
映像に安
定感がでます。
また、
ビデオカメラをあまり動かしすぎ
ないようにして撮ると、見やすい映像になります。
蛍光灯の下でテープ撮影するときは
日本と同じカラーテレビ方式
(NTSC)
を採用している国です
»
»
»
»
»
»
»
»
被写体は画面中央部に
B、C
B、BF
テレビで再生するときは、日本国内仕様のNTSC方式のテレビが必要です。
(五十音順)
» アメリカ合衆国
» エクアドル
» エルサルバドル
» カナダ
» キューバ
» グアテマラ
» グアム
» フォーカスがオートのときは、画面中央部にピントが
合います。
»
»
»
»
»
»
»
»
トリニダード・トバゴ
ニカラグア
ハイチ
パナマ
バミューダ
バルバドス
フィリピン
プエルトリコ
Page 144
»
»
»
»
»
»
»
»
蛍光灯、
水銀灯、
ナトリウム灯などの照明の下では、
画面が
明るくなったり暗くなったりするフリッカー現象が起こ
ることがあります。
ベネズエラ
ペルー
米領サモア
ボリビア
ホンジュラス
ミクロネシア
ミャンマー
メキシコ
03.12.23, 5:20 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
バッテリーパックについて
広さや長さを表現したいときや、全景を撮影した
いとき(パンニング)
バッテリーパックを安全にお使いいただくために、「安
全にお使いいただくために」をよくお読みください。
必ず
充電してからお使いください
» 充電は、必ず電源/充電ランプが消える
(満充電)
まで行っ
てください。充電途中の状態でご使用の場合、使用時間が
短くなります。
» リフレッシュ
(充電の前に放電する)
は必要ありません。
1 ま終 ずわ 、り 撮の り方 2 足を動かさず、
3 ゆっくりと
撮り始めの方向
腰を戻しな
向に上体を
向けて確認
します。
に腰を回してカ
メラを向け、撮
影をスタートし
がらカメラ
を回しま
す。
高さを表現する(チルティング)
本機を固定したま
ま上体を動かしま
す。
撮り始めと最後の
画面は、数秒間安
定した画面を撮る
とより効果的にな
ります。
チ
ル
ト
ダ
ウ
ン
» バッテリーパックは、充電して保存しても自然に放電しま
すので、使用する直前または前日頃に充電してください。
充電するときは、周囲の温度が
ます。
チ
ル
ト
ア
ッ
プ
充電は使用直前か前日くらいに
10℃∼30℃(人間が快適と感じる温度)
の範囲で充電してください
» 温度が低くなるほど充電しにくくなり、バッテリーパック
を消耗させます。
また、高温では十分な充電ができません。
» 充電中や使用中、バッテリーパックが温かくなることがあ
りますが、異常ではありません。
次ページへつづく
VL-Z900_P141-147.pm6
Page 145
03.12.23, 5:20 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
145
バッテリーパックについて(つづき)
保存するときは
使いきった状態で
バッテリーパックは使用しなくても消耗します。消耗をでき
るだけ防ぐためつぎの手順で保存してください。
① ご使用後はバッテリーパックを、必ず本体から取り外して
ください。
取り付けた状態では、本体の電源を「切」にしても、微少電
流が流れて過放電となり、充電特性が極端に悪くなる恐れ
があります。
② 保存するときは、つぎのように容量を使い切った状態で保
存してください。
バッテリーパックの容量を使い切るには、オートパワーオ
フを
「切」
にした状態で使い切ってください。
使い切ったバッテリーパックを本体から取り外し、涼しい
場所で保存してください。
(満充電、高温条件での保存は消耗を促進します。)
③ 保存するときは、バッテリーパックが収納されていた保護
袋に収納してください。
④ 半年に最低一度は必ずご使用ください。
消耗の防止になります。
使用可能な時間について
同梱のバッテリーパック
(VR-BLZ9)
表示部
時間
連続撮影時間
実使用時間
ビューファインダー
液晶モニター
約135分
約65分
約120分
約60分
充電を完了したバッテリーパックを常温25℃で使用した場合
です。
»「連続撮影時間」
は、十分に充電されたバッテリーパックを
使って、室内で固定して連続撮影した場合の時間です。
短いシーンの撮影の繰り返しでは、テープに実際に記録され
る時間は、連続使用時の約半分以下になることがあります。
»「実使用時間」
は、録画、停止、電源入/切、ズームなどを※
JEITA規格に基づき繰り返し操作したときの実撮影
(記録)
時
間の目安です。
※ JEITAとは、
(社)
電子情報技術産業協会の略称です。
» バッテリーパックは、予定撮影時間の2∼3倍分用意して
いただくと安心です。
充電したのにバッテリーパックの
使用時間が短いときは
» バッテリーパックには寿命があります。
正常に充電したバッテリーパックで使用時間が短くなって
きたときは、バッテリーパックの寿命が来ていますので、
新しいバッテリーパックをお買い求めください。
146
VL-Z900_P141-147.pm6
Page 146
03.12.23, 5:20 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
» バッテリーパックは使用していなくても時間の経過で消耗
します。
1年程度経過したバッテリーパックは保存状態により異な
りますが、使用時間が短くなります。
低温下で使用するときはバッテリーパックを
冷やさないように
» 低温下では、使用時間の合計が非常に短くなることがあり
ます。
電池は、内部で電気エネルギーを発生させるための化学反
応を起こしますが、周囲の温度が低いほど化学反応が起こ
りにくく使用時間が短くなります。
» 特に消耗したバッテリーパックの場合、冬季の低温下
(10℃
以下)
で冷えているときなどは、使用時間が極端に短くなる
特性があります。このようなときは、バッテリーパックを冷
やさないよう、内ポケットなどに入れて温めておき、使用す
る直前に本体に入れることをおすすめします。
約10℃∼30℃
(人間が快適と感じる温度)
の範囲内に温め
ておくことをおすすめします。冷えた状態に比べ長い時間
お使いいただけます。
» カイロなどをお使いの場
合は、直接バッテリーに
触れないようにご注意く
ださい。
上手な使いかた
» 断続撮影、電動ズーム、巻戻し、早送り、再生などの操作
をすると、バッテリーパックの容量が消耗しますので、そ
の分短くなります。
使用しないときはこまめに電源を切ると、バッテリーパッ
クは長持ちします。
バッテリーパックのリサイクルご協力のお願い
バッテリーパックはリチウムイオン電池を使用していま
す。
この電池は、リサイクル可能な貴重な資源です。
バッテリーパックの交換、廃棄に際しては、リサイクルに
ご協力ください。
Li-ion
リチウムイオン電池の
リサイクルマークです。
●ご使用済みのバッテリーパックは、
「当店は充電式電池
のリサイクルに協力しています。」
のステッカーを貼っ
たシャープ商品取扱いのお店へご持参ください。
●リサイクルのときは、次のことにご注意ください。
» 端子にテープを貼る
» 外装カバー
(被覆・チューブなど)
を剥がさない
» 分解しない
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
147
VL-Z900_P141-147.pm6
Page 147
03.12.23, 5:20 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
フィルターやコンバージョンレンズを取り付けるときは つゆ付き(結露)について
アクティブバリューキット
(別売品)
に付属されているレ
ンズフィルターや市販のフィルター、コンバージョンレ
ンズを取り付けるときは、レンズフードを外してから取
り付けてください。
レンズフード
つゆ付きとは
よく冷えたジュースをコップに注ぐと、コップのまわりに水滴
が付きます。
この状態を「つゆ付き(露付または結露)」といいます。ビデ
オの心臓部であるヘッドやドラムのまわりに「つゆ付き」が
おきると、テープが貼りついてテープやヘッドを傷めてし
まいます。
つゆ付きはこのようなときにおこります
アクティブバリューキットに付属のフィルターキットを取り付けるとき
1フィルターを取り付ける
2 取り外したレンズフードを
取り付ける
フィルター
» 湿気の多いところで使用したとき。
» 暖房した直後の部屋やエアコンなどの冷風が直接当た
るとき。
» 本機を寒いところから急に暖かいところへ移動したと
き。
» 冷房のきいたところから急に温度・湿度の高いところへ
移動したとき。
つゆ付きは、本機内部のヘッドドラムまわりだけでな
く、テープやレンズにもおこります
148
» 市販のフィルターや、コンバージョンレンズを取り付けると
きは、フィルター径φ30のものをご使用ください。
» 市販のフィルターをご使用の場合は、レンズフードが取り付
けられない場合があります。
» カード撮影時は、レンズフードを取り外すことをおすすめ
します。ケラレが発生する場合があります。
VL-Z900_P148-158.pm6
Page 148
» テープにつゆ付きが発生したときは、録画スタート/
ストップボタンを押してもテープが走行しないことが
あります。この場合、ビデオテープを取り出し、2時
間程度放置してからお使いください。
» レンズにつゆ付きが生じてくもったときは、しばらく
放置して、くもりが消えてからお使いください。
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
知っておいていただきたいこと
つゆ付きによるトラブルを防ぐには
» 通常、「つゆ付き」は徐々に進行します。「つゆ付き」が
始まってから10∼15分間は現象が現われないことが
あります。
» 寒冷地域では、「つゆ」
が凍結し「霜」になっていること
があります。このような場合、霜が溶けてつゆになる
までには、さらに時間がかかります。
つゆ付きがおきると
液晶モニターに「つゆが付き
ました」の文字が表示された
」マークが表示さ
あと「
れているときは、約10秒後
にビデオカメラ保護のために
自動的に電源が切れます。
» 急に暖かいところへ移動したときなどは、本機および
ビデオテープをその場所に
(場合によって異なりますが
約1時間程度)なじませてからお使いください。
急に寒いところから
(スキー場などで)
暖かい部屋に持ち
込む場合は、ビニール袋などに本機を入れておき、袋の
中の空気が部屋の温度になじんでから本機を取り出しま
す。
つゆが付きました
ビデオテープが入っているときは
テープを直ちに取り出し、カセット入れを開けたまま数時
間放置してください。
再び使うときは
数時間たってから再度、電源を入れてください。警告表示
「つゆが付きました」が出なければ、ご使用になれます。
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
お知らせ .....................................................................
∫ 「つゆが付きました」の表示や「
」マークが出ているときは、
ビデ
オテープを入れないでください。
VL-Z900_P148-158.pm6
Page 149
149
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
ヘッドの汚れについて
撮影や再生を行っているうちに下の画面のような症状が出
ることがあります。
大切な記録の前や、ヘッドの汚れの症状が出たときは、
ヘッドをクリーニングしましょう。
ビデオヘッドが汚れているときの画像
(例)
正常な画像
ヘッドをクリーニングする
クリーニングテープは、別売の「VR-DVMCL」をご使用
ください。
1
① テープ/ カード切換スイッチを「テープ」に
する
② 電源スイッチを「再生」にする
2
クリーニングテープを入れる
しま状のノイズ モザイク状のノイズ 青一色の画面
ヘッドが汚れると、次のような症状が出ます。
» 正常に撮影できない。
» 連続撮影中つなぎ撮り
部分で液晶モニターに
「ヘッドをクリーニン
グしてください」
の文
字が表示される。
» ノイズの多い再生画面になる。
» 再生中にモザイク状のノイズが出る。
3
ヘッドをクリーニング
してください
を押す
クリーニング
クリーニング中
20秒経過すると、
自動的にテープ走行を停止し、
「テープ
をとり出してください」の表示が出ます。
(走行中は、操作ボタンの を押しても停止できます。)
このようなときは、
撮影/再生の操作をいったん中断してか
ら本機の電源を切り、
テープを取り出します。
クリーニング
テープをセットして、
ヘッドをクリーニングしてください。
操作ボタンの
自動的に20秒間テープを走行します。
(このとき、
液晶モニターに「クリーニング中」の点滅表示
が出ます。)
4
クリーニングテープを取り出す
150
VL-Z900_P148-158.pm6
Page 150
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
使用上のご注意
クリーニング時のご注意
»クリーニングテープの取扱説明書をよくお読みください。
»クリーニングを続けて繰り返すには一度テープを取り出さ
ないと作動しません。
クリーニングテープを繰り返し再生すると、
ヘッドの摩耗の
原因となりますのでご注意ください。
»クリーニングテープを使っても直らないときは、
ヘッドが摩
耗していることがあります。このときは、ヘッドドラムの交
換が必要です。
お買い上げの販売店または、
シャープのお客様ご相談窓口に
ご相談ください。
(175ページ)
»クリーニングしても、再びヘッド汚れが生じる場合は、その
テープのご使用を避けてください。
お知らせ .....................................................................
∫ クリーニングテープでは、早送りや巻戻しすることはできません。
巻戻しは、
テープの終わりで自動的に実行されます。
正しく安全にお使いいただくために次のことは必ずお守り
ください。
保管場所のご注意
直射日光が当たる場所や熱器具の近くに置かない
キャビネットや部品に悪い影響を与えますのでご注意くださ
い。
極端に高温になる場所に置かない
夏期の窓を閉めきった自動車の中など異常に温度が高くなる
場所に放置すると、キャビネットが変形したり、故障の原因
になることがあります。
本機およびビデオテープの周囲が高温状態にならないよう、
十分ご注意ください。
磁気にご注意
本機に磁石・電気時計・磁石を使用したおもちゃなど、磁気
をもっているものを近づけないでください。磁気の影響を受
けて、大切な記録が損なわれたりすることがあります。
次ページへつづく
VL-Z900_P148-158.pm6
Page 151
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
151
使用上のご注意(つづき)
使用場所のご注意
強い電波や磁気の発生するところ
テレビの近く
画像や音声に悪い影響を与えることがあります。
高温や低温の場所では使用しない
周囲の温度は0℃∼40℃、湿度は30%∼80%の範囲内でお
使いください。
スキー場で使用する場合
スキー場など寒冷地でご使用のとき、本体が冷えきった状態
では、電源を入れてしばらくの間は液晶モニターが多少暗く
なる場合がありますが故障ではありません。このとき、しば
らく時間を置くか毛布などであらかじめ本体を包んでおき、
冷えきらないようにすることをおすすめします。
飛行機の中では使用しない
飛行機の中など、使用が制限または禁止されている場所で
は、使用しないでください。
事故の原因となる恐れがあります。
強い電波や磁気の発生するところ
(電波塔の近くやモーターの
そばなど)
で使用すると画像がゆがんだり、悪い影響を受ける
ことがあります。
屋外で使用する場合
雨天での使用
雨天・降雪中でのご使用の場合は、本機をぬらさないように
ご注意ください。
海辺での使用
砂浜や砂地など、砂ぼこりの多いところで使用する場合は砂な
どが内部に入らないようにしてください。砂が入ると故障の原
因となります。
152
VL-Z900_P148-158.pm6
Page 152
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
取り扱いにご注意
ふだん使わないときは
レンズを太陽に向けない
本機を使用しているいないにかかわらず、レンズを太陽に向
けないでください。
» ビデオテープとカードを取り出し、電源スイッチを「切」にし
てください。
» バッテリーパックを取り外してください。
三脚について
小型の携帯用三脚は取付けが難しいものもあり、不安定ですの
で絶対に使用しないでください。
取り扱いはていねいに
落下させたり、強い衝撃や振動を与えたりしないでくださ
い。故障の原因となります。持ち運びや移動の際にもご注意
ください。
持ち運ぶときは
他の機器との接続について
» 三脚に固定したまま持ち運ぶときは、三脚側を持って移動して
ください。
» ハンドストラップを持ってビデオカメラを持ち運ぶとき
は、落下や接触などに注意してください。
本機に接続して使用する機器の取扱説明書をよくご覧くださ
い。また、取扱説明書はいつでも見られるところに必ず保存し
ておいてください。
照明器具は離して
ビデオライトなどの照明器具を本機に近づけますと、照明器具
の熱で変型や故障の原因になります。照明器具は離してお使
いください。
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
次ページへつづく
VL-Z900_P148-158.pm6
Page 153
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
153
使用上のご注意(つづき)
殺虫剤などにご注意
キャビネットのお手入れ
キャビネットに殺虫剤など揮発性のものをかけたりしないで
ください。また、ゴムやビニール製品などを長時間接触させ
たままにしないでください。変質したり、塗装がはげるなど
の原因となります。
» キャビネットや操作パネル部分の汚れは柔らかい布で軽くふ
き取ってください。汚れがひどいときは、水でうすめた中性
洗剤にひたした布をよく絞ってふき取り、乾いた布で仕上げ
てください。
洗剤によっては、キャビネットの変色、変質、塗料がはげる
場合がありますので、目立たない所で試してから、お手入れ
することをおすすめします。
長時間ご使用にならないときは
長時間使用しないと機能に支障をきたす場合がありますの
で、ときどき電源を入れて作動させてください。
お手入れについて
液晶モニターのお手入れ
液晶モニターについた汚れなどは、電源を切った上で柔らか
い布でふいてください。柔らかい布以外でふいた場合、液晶
モニターに傷がつくことがあります。
» キャビネットの表面はプラスチックが多く使われていま
す。ベンジン・シンナーなどでふいたり、日焼け止めク
リームや、化粧品が付着すると、変質したり塗装がはげる
ことがありますのでご注意ください。
シ ンナ ー
ベ ンジ ン
レンズのお手入れ
レンズの清掃は、カメラ用のブロワーや柔らかい布で軽くふ
き取るように行ってください。傷つく恐れがあります。
154
VL-Z900_P148-158.pm6
Page 154
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
ビューファインダー内のゴミを取り除きたいときは
» ビューファインダーの清掃は、ビューファインダーを引き出し
てチリ取り窓カバーを開け、カメラ用のブロワー(市販品)
で清掃してください。
» ゴミを取り除いた後、チリ取り窓カバーは確実に閉めてく
ださい。
閉めないままビューファインダーを収納すると、ビュー
ファインダーが収納できなくなり、故障の原因となりま
す。
チリ取り窓カバー
液晶モニターの取り扱いについて
» 液晶モニターを強く押したり、強い衝撃を与えたり、固いも
ので押したりしないでください。割れたり、表示ムラが発生
したり、キズがつく場合があります。
» 液晶モニターを下にして机の上などに置かないでください。
» 汚れなどは、柔らかい布で軽くふきとるようにしてくださ
い。このとき本体の電源は「切」にしてください。
» 液晶モニターの表面および液晶モニターの周辺を押したと
き、表示ムラの発生する場合があります。
» 表示ムラが発生した場合は、電源を「切」にし約30秒ほど
放置すると自然に消えます。
蛍光管について
液晶モニターのバックライトに使用されている蛍光管には寿命
があります。(寿命の目安は、常温で連続使用約8 ,000時間
です。)モニターが暗くなったり、点灯しないときは、お買い
上げの販売店またはもよりのシャープ修理相談センター
(175ページ)にお問い合わせください。
ご使用になれるビデオカセット
» 本機はDV方式のデジタルビデオカメラです。
» 本機には、
マークのついた
「ミニDVカセット」
を使用
してください。
「LP」
モードを使い撮影するときは、LP 表
示のある
「ミニDVカセット」
をお使いください。
»
、
方式や、
、
、
、
、 、
、
、 、マイクロMV方式
のビデオカセットは使えません。
» 本機はカセットメモリー付ミニDVカセットテープの記録
再生はできますが、カセットメモリー機能は使えません。
ハイビジョン記録テープについて
» ハイビジョンで記録されたテープは、本機で再生すること
ができません。
次ページへつづく
VL-Z900_P148-158.pm6
Page 155
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
155
使用上のご注意(つづき)
LPモード使用時のご注意
「LP」
モードで撮っても画質は劣化しませんが、以下の場合に
モザイク状のノイズが出たり、正常に再生できないことがあ
ります。
» ほこりの多いところおよび、カビの発生しやすいところ
は避けてください。
» 他のデジタルビデオ機器で再生したとき。
» 他のデジタルビデオ機器で
「LP」
モード録画したテープを本
機で再生したとき。
»「LP」
モードがないデジタルビデオ機器で再生したとき。
» 磁気をもっているもの
(電気時計・磁石を使ったおもちゃ
など)
を近づけないでください。磁気の影響を受けて、大
切な記録が損なわれたりすることがあります。
ミニDVカセット使用上のご注意
» 録画済みのミニDVカセットに新しく録画すると、前の映
像と音声は自動的に消えます。
» ミニDVカセットは裏返しでは使えません。
» テープを走行させないでミニDVカセットの出し入れを繰
り返さないでください。テープがたるんでテープを傷め
る原因となります。
» ミニDVカセット裏面の穴に物を入れたりして、穴をふさ
がないようにしてください。
» 直射日光の当たるところや熱器具のそば、湿気の多いと
ころは避けてください。
» 真夏の車内や、トランク、直射日光下など、高温になる
場所に放置しないでください。
» 完全に巻き戻してからカセットケースの中に入れ、立て
て保管してください。
156
VL-Z900_P148-158.pm6
Page 156
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
» 巻取りムラのある場合は、もう一度巻き直してください。
» 落としたり、強い振動やショックを与えないでください。
著作権保護信号について
本機は、マクロビジョンコーポレーション等が所有する合衆
国特許および知的所有権によって保護された、著作権保護テ
クノロジーを搭載しています。この著作権保護テクノロジー
の使用にはマクロビジョンコーポレーションの認可が必要で
あり、同社の認可がない限りは一般家庭および特定の視聴用
に制限されています。解析
(リバースエンジニアリング)
また
は改造は禁止されています。
再生するとき
本機で再生されるビデオテープに著作権保護のための信
号が記録されている場合には、本機で再生した信号の他
機での記録が制限されることがあります。
記録するとき
著作権保護のための信号が記録されているビデオテープは
本機で録画することはできません。このようなビデオテー
プを録画しようとすると液晶モニターに
「録画できません」
の表示が現れます。
なお、ビデオカメラで撮影した画像には、著作権保護のた
めの信号は記録されません。
カードの取り扱い上のご注意
書き込み禁止スイッチ
ラベル
» ラベルは、はがさないでください。また、
ラベルの上に紙、テープなどを貼らないで
ください。
端子部
» 機器との接続部分です。指や金属などで触
れたり、汚したり傷つけたりしないよう、
ご注意ください。
カードの取り扱いに注意
» SDメモリーカードには書き込み禁止スイッチがありま
す。カードに記録、カードの画像を削除、またはカードを
フォーマットするときは、書き込み禁止スイッチをスライ
ドさせ、
「LOCK」
を解除してください。
» カードの挿入方向を確認してください。無理な挿入は避けて
ください。
次ページへつづく
VL-Z900_P148-158.pm6
Page 157
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
157
使用上のご注意(つづき)
» カードは精密部品です。分解、改造等はしないでくださ
い。また、曲げたり、強い力やショックを加えたり、落と
したり、水に濡らしたりしないでください。
» ズボンのポケットなどに入れないでください。座ったとき
など力が加わり、壊れることがあります。
» カードを火気に近づけたり、火の中に投げ込んだりしないで
ください。
» カードには寿命があります。長期間ご使用になると、新し
く記録ができなくなります。
下記の環境下での使用、保管は避けてください。
» 電気的ノイズや強い磁気が発生しやすいところ。データを
破損
(消失)
する恐れがあります。
» 直射日光のあたるところ。
» 高温・多湿のところ。
» ホコリの多いところや、砂ぼこりの立つところ。
» 腐食性のあるところ。
» 炎天下や密閉された空間等、気温の高くなるところ。
静電気に注意
» 端子部にゴミや異物を付着させたり、指で触れたり、こす
らないでください。静電気によりデータを破損
(消失)
する
恐れがあります。汚れは乾いた柔らかい布で、軽く拭き
取ってください。
» カードの持ち運びや保管は、端子部へのゴミ、ほこり、静
電気による影響を避けるため、梱包されていたときのポリ
袋
(ケース)
をご利用ください。
つゆ付き
(結露)
に注意
» 短い時間で寒暖の差の大きい場所へ移動すると、カードの
内部や外部に水滴が付くこと
(結露)
があります。結露は故
障の原因になることがありますのでご注意ください。
» カードに結露が生じたときは、水滴が自然に消えるまで、
カードを常温で放置してください。
データについて
» 大切なデータは、他のメディア(パソコンやフロッピー
ディスク、MOディスク等)
にコピーしておくなどして、別
に控えを残しておくことをおすすめします。
カードの故障、修理などにより記憶内容が消えることがあ
ります。
» データの記録中、消去中、フォーマット中は、絶対にカー
ドを取り出したり、本機の電源を切らないでください。
データを消失させたり、カードが破壊する場合がありま
す。
» カードをフォーマットすると、データが消去されます。
フォーマットするときは、カード内に大切なデータがない
ことを確認してから行ってください。
» お客様または第三者がカードの取り扱いを誤ったり、静電
気や電気的ノイズを受けたり、故障によりデータを消失し
た場合、損害について当社は一切責任を負えませんので、
あらかじめご了承ください。
158
VL-Z900_P148-158.pm6
Page 158
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
故障かな?と思ったら
この項にしたがって再点検されても症状が変わらないときは、販売店にお問い合わせください。
こんなときは
電
源
どうするの?
ページ
電源が入らないときは、一度電源スイッチ
を
「切」
にしてバッテリーパックを取り外し
てから、再びバッテリーパックを取り付
け、電源を入れ直してください。
31
32
ACアダプターは正しく接続されています
か。
ACアダプターを正しく取り付けてくださ
い。
31
バッテリーパックは充電されていますか。
充電されたバッテリーパックを取り付けて
ください。
31
32
148
本機内部がつゆ付きになっていませんか。
録画スタート/ス
トップボタンを押
しても録画スター
撮 トしない
影 電源が途中で切れ
る
中 液晶モニターが見
∼
バッテリーパックは正しく取り付けていま
すか。
∼
本機の電源が入ら
ない
ここをおたしかめください
ビデオテープの誤消去防止ツマミが開いて
いませんか。
ツマミの開いているビデオテープには、録
画・録音ができません。新しいビデオテー
プを用意するか、ツマミを閉じて撮影して
ください。
40
オートパワーオフが設定されていません
か。
電源スイッチを
「切」
にしてから、再度、電
源スイッチを
「撮影」
に動かしてください。
—
映像調整は行っていますか。
メニューの
「
(
」液晶設定)
で、各項目を見 142
やすくなるように調整してください。
バックライトが
「切」
になっていませんか。
バックライトを
「点灯」
にしてください。
づらい
47
次ページへつづく
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 159
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
159
故障かな?と思ったら(つづき)
こんなときは
オートフォーカス
が働かない
撮
影
中
ここをおたしかめください
どうするの?
ページ
フォーカスが
「マニュアル」
になっていませ
んか。
操作設定表示画面で、
「オートフォーカスを
実行する」
に設定してください。
75
被写体に近いのに、ズームアップしていま
せんか。
ズームを広角にしてください。
47
コントラスト
(明暗差)
のないもの、横じまま マニュアルフォーカスで撮影してください。
たは縦じまだけのものを撮っていませんか。
74
明るく光るものを
撮ると縦に帯状の
線が出る
背景とのコントラストが強いものを撮った
ときに出る現象で、故障ではありません。
—
テレビ画面に表示
できない
テレビの入力切換は
「ビデオ」
になっていま
すか。
テレビの入力切換ボタンで本機を接続した
外部入力端子の設定を
「ビデオ」
にします。
81
映像/音声/S映像ケーブルは正しく接続
されていますか。
映像/音声/S映像ケーブルを正しく接続
し直してください。
80
テープが早送り・巻戻しを完了していませ
んか。
テープの先頭や最後を越えて巻戻しや早送
りをすることはできません。
—
クリーニングテープを使用していません
か。
クリーニングテープでは、早送りや巻戻し
することはできません。巻戻しは、テープ
の終わりで自動的に実行されます。
150
再 巻戻し・早送りが
生 できない
中
音声が出ない
12 bit記録のテープで
「音声切換」
を
「2」
に 「1+2」
または
「1」
を選択してください。
選択していませんか。
160
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 160
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
119
こんなときは
ここをおたしかめください
どうするの?
ページ
テープを再生すると ビデオヘッドが汚れている可能性がありま
モザイクのような画 す。
面になったり消えて
しまう
何回も繰り返し使ったテープを使用してい
ませんか。
ヘッドをクリーニングする必要があります。 150
別売のミニDV用乾式クリーニングテープを
お使いください。
テープがいたんでいると、画像が正しく再
生できません。
—
テープが動かない
電源スイッチは
「再生」
になっていますか。
電源スイッチを
「再生」
にしてください。
テープ/カード切換スイッチは
「
プ)
」
になっていますか。
テープ/カード切換スイッチを
「
プ)
」
にしてください。
41
41
(テー
再
ビデオテープが入っていますか。
生
テープを再生すると 画面上下反転再生モードになっていません
中 上下が逆の映像にな か。
る
(テー
ビデオテープを入れてください。
画面上下反転再生モードを解除してくださ
い。 39
76
対面撮影したとき、画像が上下逆に記録さ
れていませんか?
画面上下反転再生モードにすると、正常な
映像がお楽しみ頂けます。
76
レンズ部を下に
(対面撮影)
状態にしていま
せんか。
レンズ部を戻してください。 60
シネマ再生を解除してください。
77
∼
78
テープを再生すると、 シネマ再生を実行していませんか。
上下に黒帯がついて
横長の映像になる
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
次ページへつづく
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 161
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
161
故障かな?と思ったら(つづき)
こんなときは
どうするの?
ページ
バッテリーが消耗
しやすい
極端に温度の低いところで使用していませ
んか。
使用直前まで、バッテリーパックを内ポ
ケットなどに入れて暖めておいてくださ
い。
147
充電は十分に行いましたか。
充電してください。
電源となるものがないと、取り出せませ
ん。
バッテリーパックを正しく取り付けてくだ
さい。
32
31
ACアダプターがコンセントから外れていま ACアダプターをコンセントに差し込んでく
せんか。
ださい。
バッテリーパックは充電されていますか。
ACアダプターをコンセントに差し込み、
ACアダプターと本機を正しく接続してくだ
さい。
31
バッテリーパックを充電するか、充電済み
のバッテリーパックと交換してください。
31
33
162
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 162
∼
バッテリーが消耗していませんか。
ビデオテープが取
り出せない
バッテリーパックを充電するか、充電済み
のバッテリーパックと交換してください。
31
33
31
電源スイッチを
「再
生」
、
「撮影」
にして
も動作しない 03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
∼
撮
影
中
・
再
生
中
ここをおたしかめください
こんなときは
ここをおたしかめください
どうするの?
ページ
—
本機を振ると、
「カ
タカタ」
と音がする
本機の機械的可動部分の構造上、音がする
ことがあります。
時計がリセット
(初
期状態)
される
ボタン電池の極性
(±—の向き)
は合ってい ボタン電池を正しく入れ直してください。
ますか。
29
ボタン電池が消耗しています。
新しいボタン電池に交換してください。
29
DVケーブル、映像/音声/S映像ケーブル
を正しく接続してください。
120
121
123
125
—
本機または他のビデ DVケーブル、映像/音声/S映像ケーブル
は正しく接続されていますか。
そ オに録画できない
の
他
著作権保護のための信号が記録されている
テープを再生していませんか。
他の機器
(ビデオな
ど)
からの映像が映
らない
故障ではありません。
ビデオテープに著作権保護のための信号が
記録されている場合には、記録が制限され
ることがあります。
123
125
接続しているケーブルとメニューの
「入力切 S映像端子で接続しているときは、メニュー 124
DVケーブル、映像/音声/S映像ケーブル
は正しく接続されていますか。
DVケーブル、映像/音声/S映像ケーブル
を正しく接続してください。
換」
で選択されているモードは、正しい組み の「入力切換」
で「S映像」
を選択します。
合わせになっていますか。
映像端子で接続しているときは、メニュー
の
「入力切換」
で
「映像」
を選択します。
表示が英語になっ
ている
英語表示に設定していませんか。
「言語選択」
を
「日本語」
に設定してくださ
い。
143
次ページへつづく
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 163
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
163
故障かな?と思ったら(つづき)
こんなときは
画像が再生できな
い
カ
ー 画像が消去できな
ド い
ここをおたしかめください
ページ
139
パソコンで、本機で作成されたフォルダ構
成やファイル名を変更していませんか。ま
たは、
「ピクスラボ」
以外のソフトウェアで
編集・保存した画像をカードに記録してい
ませんか。
画像データにプロテクトをかけていません
か。
カードがフォー
マットできない
上下逆の映像で記
録される
どうするの?
プロテクトを解除してから消去してくださ
い。
お買い上げの販売店にご相談ください。
レンズ部を下にした対面撮影では、上下逆
に撮影されます。
パソコン等の画像編集ソフトで加工してお
楽しみください。
106
107
—
—
» 本機はマイコンを使用した機器です。マイコンを使用した機器は電磁波を出しています。電磁波により他の機器に影響を
およぼしたり、本機が外部からの影響を受けて電源が入らないなど、正常に動作しないことがあります。
本機が正常に動作しない時は、本機のメニューにある「メーカー設定」(141ページ)を実行してください。また、本機か
ら電源ユニット(バッテリーパックやACアダプター、ボタン電池など)を一度取り外してから、改めてご使用ください。
164
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 164
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
警告とお知らせメッセージ
つぎのような警告表示が出たときには、説明にしたがって操作してください。
表示
意味
テープを取り出してくだ
さい
ビデオテープ保護機能が働いて
います。一度ビデオテープを取
り出し、再度入れ直してくださ
い。
つゆが付きました
→
つゆ付き状態です。つゆ付きが
なくなるまで数時間お待ちくだ
さい。(148ページ)
このマークが表示されると約10
秒後に電源が切れ、表示も消え
ます。
※テープを入れてくださ
い
→
ビデオテープが本機に入ってい
ません。(39ページ)
バッテリーを交換してく
ださい →
バッテリー残量がわずかです。
充電したバッテリーパックと交
換してください。
※ヘッドをクリーニング
してください
→クリーニング
ヘッドが汚れています。
ヘッドクリーニングをしてくだ
さい。(150ページ)
※このテープでは録画で
きません
→カセットツマミ
ビデオテープの誤消去防止ツマミが
開いているので、録画できません。
ツマミを閉じるか、テープを取り換
えてください。(39∼40ページ)
表示
意味
※テープが残り少なくな
りました
→ テープおわり
テープ残量がわずかです。
新しいビデオテープを準備して
ください。
※テープを交換してくだ
さい
→ テープおわり
テープを使い切りました。
新しいビデオテープと交換して
ください。
ランプ
ランプ(蛍光管)の寿命です。
販売店またはお客様ご相談窓口
修理相談センターにお問い合わ
せください。(175ページ)
録画できません
著作権保護のための信号が記録さ
れている画像を本機に入力し外部
録画をしようとしたときは、左の
ようなお知らせメッセージが表示
され録画することができません。
DVフォーマットでは
ありません
ハイビジョンで記録されたテー
プを本機で再生しようとする
と、左のようなお知らせメッ
セージが表示され、再生するこ
とができません。
お知らせ .....................................................................
∫ ※の警告表示については、「テープ」‐「撮影」モード時のみ表示が出ます。
∫ 「バッテリーを交換してください」の表示が出ているときにズーム操
作を行うと、すぐ電源が切れてしまう場合があります。充電済みの
バッテリーと交換してください。
次ページへつづく
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 165
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
165
警告とお知らせメッセージ(つづき)
表示
再生設定中
意味
プリントマークの付いた画像
ファイルが記録されているカー
ドがセットされています。6画
面表示されるまで時間がかかる
場合があります。
カードを入れてください
カードが入っていません。または
カードが正しく取り付けられてい
ません。カードの取り付けを確認
してください。(87ページ)
カードのメモリーがいっ
ぱいになりました
カードに空き容量がなく、記録
することができません。
消去やフォーマットをするか、
空き容量がある別のカードと交
換してください。
ファイルがありません
取り付けられているカードに
は、本機で再生できる静止画が
記録されていません。
カードエラー
カード内のデータが壊れている
か、本機で認識できないカード
が取り付けられています。
カードをフォーマットし
てください
カードのフォーマット(初期
化)が必要です。
フォーマットのしかたについて
は95ページをご覧ください。
166
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 166
表示
意味
カードが書込み禁止に
なっています
カードが書き込み禁止状態に
なっています。
データにプロテクトがか
かっています
プロテクト(保護)した画像を
消去しようとしています。
消去してもよい画像のときは、
プロテクトを解除してから消去
してください。( 1 0 6 ・ 1 0 7
ページ)
カードリードエラー
選んだ静止画データは、本機で
再生できません。
カードにデータが書込め
ません
カードかデータの不具合により、カー
ドに記録することができません。
別のカードと交換するなどしてか
ら、もう一度操作してください。
カードへの撮影はフォト
ボタンを押します
カード撮影時に間違って録画ス
タート/ストップボタンを押し
たときに表示されます。
ファイルナンバーがいっ
ぱいになりました
ファイル番号は連番で9 9 9 9999まで自動的に付けられま
す。
(それ以上は付けられません。)
メニューのファイルNoをリセッ
トに設定し新しいカードまたは
フォーマットしたカードと交換し
てください。
(97ページ)
インク残量が少なくなり
ました
プリンタのインク残量を確認し
てください。
プリンタを確認してください
プリンタの状態を確認してください。
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
用語の解説
表示
意味
プリントマークは999
画像まで
プリントマークは、999画像ま
で設定することができますが、
999画像を超えて設定しようと
したときは、この表示がでて、
設定できないことを示します。
信号が入力されていま
せん
入力信号のない(映像/音声/
S映像ケーブルが接続されてい
ない)状態で外部録画をしよう
としたときに表示されます。
対面撮影時の警告表示です。通
常撮影状態に戻して警告内容を
確認してください。
クリーニング中
E007
クリーニングテープを入れて再
生すると、表示されます。
(この表示は、警告ではありません。)
テープを取り出すとテープが傷
つく場合があります。テープを
取り出さずにお客様ご相談窓口
修理相談センター(175ページ)
にお問い合わせください。
英数字
DPOF(109ページ)
Digital Print Order Formatの略で印刷枚数の指定など
“プリントのための情報”を定めた規格のこと。
将来、
DPOF対応プリンターを使うときや、
DPOF付き画像
をプリントするサービスを行っている店を利用するとき、
静
止画像を簡単にプリントして楽しむことができます。
プリントマーク(DPOF)を付けていなくても、プリントす
ることはできます。
DV端子 (121・125・126ページ)
デジタル信号を入・出力し、高画質のダビング編集ができる端子。
i.LINK(21ページ)
i.LINK端子を持つ機器間で、映像・音声・データ信号・コントロール
信号を入出力し、他機のコントロールを行うことができる機能。
LEDライト(85ページ)
夜間の屋外や暗い室内で撮影をするときに使用すると、き
れいに撮影できます。
LP/SPモード(63ページ)
Long playing mode とStandard playing mode の略
でテープスピードモードのこと。
LPは、SPの1.5倍まで録画できます。
S1対応(81ページ)
16 :9(ワイドモード)で記録したテープを再生したと
き、S1端子付ワイドテレビと接続していると自動的にワ
イド画面サイズに変換して映像が楽しめる機能。
次ページへつづく
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 167
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
167
用語の解説(つづき)
ア行
カ行
アイリス補正(71ページ)
背景が明るすぎて被写体が黒くつぶれるときや、背景に比
べて被写体が明るすぎるとき絞りを補正する機能。
画像サイズ(89ページ)
画像の面積的な大きさのことです。
縦と横のピクセル数(画点の数)で表します。
赤目補正(94ページ)
フラッシュを使って撮影するときに、人物の瞳が赤く写っ
てしまうことを軽減する機能。
逆光補正/感度アップ(56ページ)
逆光の中や暗いところで撮影するとき、照明を加えなくて
も被写体を明るめに撮影できる機能。
アフレコ(116ページ)
撮影したテープに、後からナレーションやBGMなど別の
音声を録音する機能。
ゲイン(72ページ)
スチルカメラのフィルム感度に相当。暗い場面で忠実に撮
影したいときや逆光で撮影するときに使います。
言語選択(143ページ)
本機の画面表示を英語にすることができる機能。
(工場出
荷時は日本語表示に設定されています。)
168
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 168
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
サ行
シーンアジャスト (58ページ)
撮影シーンに合わせてモードを選ぶと、被写体や撮影状況
に合わせて色合いやシャッタースピードなどの設定を自動
的に調整する機能。「スポーツ」
「トワイライト」
「スキー」
「パーティー」
「イルミネーション」
「ローライト」
「赤ちゃん」
から選択することができます。
システム液晶モニター (47ページ)
晴天下で撮影するとき、バックライトを消しても画面が見
られる高透過アドバンストシステム液晶です。
シネマ再生 (77ページ)
ワイドモード
(スクイーズ)
で記録された映像を本機の液晶
モニターやノーマル
(4:3)テレビで再生するときに、16:
9の横縦比で再生することのできる機能。
ワイドモード
ズームアウト(イン)
(47ページ)
ズームレバーを使い被写体を徐々に遠ざけ
(近づけ)
ながら
撮影すること。
スクイーズ (64ページ)
横縦比16:9の映像を4:3に圧縮して記録(スクイーズ記
録)する技術。高品質で記録でき、ハイビジョンテレビや
ワイドテレビに接続して、迫力ある画像を楽しむことがで
きます。
スタンバイ(82ページ)
移動中に地面を撮影してしまうなどの誤操作を防いだり、
すぐに録画一時停止状態にして、その後すぐに撮影を開始
したいときに便利な機能。
スライドショー再生(107ページ)
カードに記録された静止画を、一定間隔で自動的に順次再
生する機能。
シネマ再生時
(スクイーズ・4:3)
(16:9)
で記録された画像
ズーミング (47ページ)
ズームレバーを使って広い範囲を撮影したり、一部をク
ローズアップにして撮影すること。
セルフタイマー(91ページ)
フォトボタンを押すと、一定時間後に自動的にカードに静
止画が記録される機能。
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
次ページへつづく
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 169
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
169
用語の解説(つづき)
タ行
ハ行
タイムコード(66・67ページ)
テープ上の位置を映像とともに時、分、秒、フレーム(1
フレーム約1/30秒)単位で記録する機能。
対面撮影(60ページ)
手に持って自分自身を撮影したり、三脚などに取り付けて
液晶モニターを見ながら記念撮影などをする機能。
ダイレクトプリント(112ページ)
ビデオカメラとセイコーエプソン社製ダイレクトプリント
対応のプリンタをUSB接続して、カードに記録されてい
る静止画を印刷すること。
チルティング(145ページ)
ビデオカメラを上下に(見上げたり見下ろしたりするよう
に)動かしながら撮影すること。
(高さを効果的に表現したいときに使います。)
パンニング(パン)
(145ページ)
ビデオカメラを左右に旋回するように動かしながら撮影す
ること。(風景や広い会場を撮るときなど、広さを表現し
たいときに使います。)
被写界深度(71ページ)
ピントが合った被写体を中心にして、前後にもピントが
合っている範囲があります。この範囲のことを被写界深度
といい、F値を大きくすると、ピントの合っている範囲が
前後に広くなり、これを被写界深度が深くなるといいま
す。逆にF値を小さくするとピントの合う範囲が狭くな
り、これを被写界深度が浅くなるといいます。
ファインピクチャー(59ページ)
全体の雰囲気を変えずに画面の暗い部分を明るく補正する
機能。
フェードアウト(イン)
(57ページ)
撮影終了
(開始)
時に映像と音声を徐々に弱めて
(強めて)
い
くこと。
フォーマット(初期化)
(95ページ)
カードの内容をすべて消去し、本機で使えるようにすること。
170
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 170
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
フレーム表示(67ページ)
映像の1コマ1コマに対応しているタイムコード(1フ
レーム=1コマ)。
DV方式ではフレーム単位でカウントできるので、テープ
位置の正確なカウンターとして使えます。本機のフレーム
表示は、再生一時停止やコマ送り再生のとき表示されま
す。
ラ行
レターボックスサイズ(78ページ)
横縦比16:9のワイド画面をノーマルテレビ(横縦比4:
3)で上下に黒い帯が入った状態で見ること。
プロテクト(105ページ)
カードに記録されている静止画を、過って消去しないよう
にする誤消去防止機能。
ホワイトバランス(70ページ)
ほとんどの場合は、自動で被写体を自然な色で撮影できる
ように調整できますが、夕焼けなどの赤い光源で撮影する
ときなど自動で調整しにくい場合には、ホワイトバランス
をロックします。
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
171
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 171
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
仕様
撮
■ 本体
形 名 / 品 名
電
源
消 費 電 力
(バッテリー使用時)
信 号 方 式
録 画 方 法
使 用 カ セ ッ ト
テ ー プ 速 度
録 画 時 間
巻戻し・早送り時間
映 像 入 出 力
音 声 出 力
A V 端 子
U S B 端 子
ヘッドホン端子
D V 端 子
スピーカー定格
撮影カラー方式
VL-Z900/液晶デジタルビデオカメラ
DC7.4V (バッテリー使用時)
DC10V(ACアダプター使用時)
ビューファインダー時:3.6W
液晶モニター時 :4.1W
(「テープ」‐「撮影」モード:オートフォーカ
ス合焦時、ブレ補正「入」時、バックライト
調整「通常」時)
NTSC
回転式2ヘッドヘリカルスキャン方式
マークのついたミニDVカセット
(SP) 約18.812㎜/秒 、(LP) 約12.555㎜/秒
最大90分(DVM60、LPモード記録にて)
ACアダプター使用時約180秒(DVM60にて)
1.0Vp-p75Ω不平衡、S映像端子、Y信号1.0
Vp-pクロマ信号286mVp-p (バースト信
号)75Ω不平衡
−8dBs、出力インピーダンス2.2kΩ以下
専用8ピンコネクター
mini-B(USB1.1)
ステレオミニジャック(ø3.5)
4ピンコネクター(i.LINK)
300mW
CCD補色カラー方式
像
素
子
必 要 最 低 照 度
カラーモニター
カラービューファインダー
レ
ン
ズ
フ ィ ル タ ー 径
ホワイトバランス調整
色 温 度 補 正
ア イ リ ス
フ ォ ー カ ス
画像圧縮方式/
記録フォーマット
1/4型CCD固体撮像素子、
総画素約133万
画素
(オプチカルブラック部含む)
「テープ」
「撮影」
モード(動画)時有効画素:
約69万画素
「カード」
「撮影」
モード
(静止画)
時有効画素:
約125万画素
15ルクス(F1.8/デジタルズーム「切」時)
約21.5万画素[2.5型]液晶
約11.3万画素 0.16型
光学10倍ズームレンズ(F=1.8∼2.4、
f=3.8∼38㎜)
φ30㎜
自動追尾方式(ロック)
自動ホワイトバランス(ホワイトバランスロック付き)
マルチ重点測光方式(補正可)
デジタル映像処理方式/手動切換可
静止画:JPEGベースライン準拠/JPEG
(Exif2.2)
※Design rule for Camera File system
(DCF)準拠。DCFは(社)電子情報技術
産業協会(JEITA)の規格『 Design rule
for Camera File system』の略称です。
172
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 172
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
記
録
枚
画像サイズ
640×480
数
■ ACアダプター
画質 エコノミー
容量
標準
ファイン
32MB
755枚
419枚
250枚
1280×720 32MB
301枚
143枚
67枚
1280×960 32MB
188枚
100枚
48枚
※ 画像サイズおよび画質モードが混在した場合や、
撮影した画像によ
り、
撮影可能枚数は変わります。
記 録 媒 体
許容動作温度/湿度
許 容 保 存 温 度
外 形 寸 法
本 体 質 量
撮 影 時 総 質 量
SDメモリーカード、マルチメディアカード
0℃∼40℃/30%∼80%
−20℃∼+60℃
約73㎜×約86㎜×約103㎜(幅×高さ×奥
行)
(突起部含まず)
約485g
約575g (バッテリーパック:VRBLZ9、テープ: VR-DVM60、ハンドス
トラップ、レンズフード、ボタン電池装着
時)
電
定
外
格
形
出
寸
源
力
法
AC100V−240V 50/60Hz
DC10V、0.75A
50.0㎜×27.0㎜×65.5㎜(幅×高さ×奥行)
■ バッテリーパック(VR-BLZ9)
使 用 電
公 称 電
容
最 大 外 形 寸
質
池
圧
量
法
量
リチウムイオン電池
DC7.4V
1100mAh
37.2㎜×13.9㎜×57.1㎜(幅×高さ×奥行)
約53g
製品改良のため、仕様の一部を予告なく変更することがあります。
あらかじめご了承ください。
また、本機に適合する別売品が新しく追加発売になることがありま
すので、ご購入の際には最新のカタログで適合性や在庫の有無をご
確認ください。
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 173
03.12.23, 5:21 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
173
保証とアフターサービスについて
保証書(別添)
» 保証書は「お買い上げ日・販売店名」等の記入をお確か
めのうえ、販売店から受け取ってください。
保証書は内容をよくお読みの後、大切に保存してください。
» 保証期間
お買い上げの日から1年間です。(ただし、電池等の消
耗部品は除きます。)
保証期間中でも有料になることがありますので、保証書
をよくお読みください。
保証期間が過ぎているときは
修理すれば使用できる場合には、ご希望により有料で修理さ
せていただきます。
修理料金は、技術料・部品代などで構成されています。
修理料金のしくみ
修理料金は、技術料・部品代などで構成されています。
便利メモ
補修用性能部品の保有期間
» 当社は、この液晶デジタルビデオカメラの補修用性能部
品を製造打切後、8年保有しています。
» 補修用性能部品とは、その製品の機能を維持するために
必要な部品です。
お客様へ・・・お買い上げ日・販売店名を記入されると便利です。
お買い上げ日
電話
» 修理に関するご相談ならびにご不明な点は、お買い上げ
の販売店、またはもよりのシャープお客様ご相談窓口に
お問い合わせください。(175ページ)
持込修理
»「故障かな?と思ったら」
(159ページ)
を調べてください。
それでも異常があるときは、
使用をやめて、
必ず電源プラ
グを抜いてから、
お買い上げの販売店にご連絡ください。
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 174
年
月
日
販売店名
ご不明な点や修理に関するご相談は
修理を依頼されるときは
174
保証期間中
修理に際しましては保証書をご提示ください。
保証書の規定に従って販売店が修理させていただきます。
(12345678)12345678−12345678
愛情点検
長年ご使用の
液晶デジタルビデオカメラの点検を!
こんな症状はありませんか?
» ACアダプターやコードが異常に熱い。
» コゲくさい臭いがする。
» ACアダプターのコードに深いキズや
変形がある。
» その他の異常や故障がある。
03.12.23, 5:21 PM
故障や事故防止のた
め、ACアダプターを
コンセントから抜き、
必ず販売店に点検を
ご依頼ください。な
お、点検・修理に要す
る費用は、 販売店に
ご相談ください。
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
お客様ご相談窓口のご案内
修理・お取扱い・お手入れについてのご相談ならびにご
依頼は、
お買いあげの販売店へご連絡ください。
転居や贈答品などで、保証書記載の販売店にご相談できない
場合は、下記窓口にご相談ください。
地区別窓口(サービスセンター)一覧
担当地域
北海道地区
東 北 地 区
● 製品の故障や部品のご購入に関するご相談は
…………… 修理相談センター
拠 点 名
電話番号
札幌サービスセンター 011-641-4685
仙台サービスセンター 022-288-9142
さいたまサービスセンター
048-666-7987
宇都宮サービスセンター
028-637-1179
へ
● 製品のお取扱い方法、その他ご不明な点は
…………… お客様相談センター
へ
東京テクニカルセンター 03-5692-7765
関 東 地 区
多摩サービスセンター 042-586-6059
修 理 相 談 セ ン タ ー
千葉サービスセンター 047-368-4766
● 修理相談センター(沖縄・奄美地区を除く)
■受付時間
*月曜∼土曜:午前9時∼午後6時
*日曜・祝日:午前10時∼午後5時(年末年始を除く)
横浜テクニカルセンター 045-753-4647
静岡サービスセンター 0543-44-5781
東 海 地 区
0570 - 02 - 4649
名古屋サービスセンター
当ダイヤルは、全国どこからでも一律料金でご利用いただけます。
北 陸 地 区
052-332-2623
金沢サービスセンター 076-249-2434
呼出音の前に、NTTより通話料金の目安をお知らせ致します。
京都サービスセンター 075-672-2378
(注) 携帯電話・PHSからは、下記電話におかけください。
<東日本地区>
<西日本地区>
○ 携帯電話/PHSでのご利用は .......... 一 般 電 話 043 - 299 - 3863 06 - 6792 - 5511
○ FAXを送信される場合は .................. F A X 043 - 299 - 3865 06 - 6792 - 3221
○ 沖縄・奄美地区については、右表の「那覇サービスセンター」にご連絡ください。
近 畿 地 区
中 国 地 区
◎ 持込修理および部品購入のご相談 は、上記「修理相談セン
ター」のほか、右記地区別窓口にても承っております。
四 国 地 区
■ 受付時間 *
九 州 地 区
月曜∼土曜:午前9時∼午後5時30分
(祝日など弊社休日を除く)
〔但し、沖縄・奄美地区〕は……*月曜∼金曜:午前9時∼午後5時30分
(祝日など弊社休日を除く)
大阪テクニカルセンター
06-6794-5611
郵便番号/所在地
〒063-0801
札幌市西区二十四軒1条7-3-17
〒984-0002
仙台市若林区卸町東3-1-27
〒331-0812
さいたま市北区宮原町2-107-2
〒320-0833
宇都宮市不動前4-2-41
〒114-0013
東京都北区東田端2-13-17
〒191-0003
日野市日野台5-5-4
〒270-2231
松戸市稔台295-1
〒235-0036
横浜市磯子区中原1-2-23
〒424-0067
静岡市清水鳥坂1170-1
〒454-8721
名古屋市中川区山王3-5-5
〒921-8801
石川郡野々市町御経塚町4-103
〒601-8102
京都市南区上鳥羽菅田町48
〒547-8510
大阪市平野区加美南3-7-19
神戸サービスセンター 078-453-4651
〒658-0082
神戸市東灘区魚崎北町1-6-18
広島サービスセンター 082-874-8149
〒731-0113
広島市安佐南区西原2-13-4
高松サービスセンター 087-823-4901
〒760-0065
高松市朝日町6-2-8
福岡サービスセンター 092-572-4652
沖縄・奄美
那覇サービスセンター 098-861-0866
地
区
〒816-0081
福岡市博多区井相田2-12-1
〒900-0002
那覇市曙2-10-1
次ページへつづく
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 175
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
175
お客様ご相談窓口のご案内(つづき)
お 客 様 相 談 セ ン タ ー
■受付時間 *月曜∼土曜:午前9時∼午後6時 *日曜・祝日:午前10時∼午後5時(年末年始を除く)
TEL
東日本相談室
043 - 297 - 4649
FAX
〒261-8520
千葉県千葉市美浜区中瀬1-9-2
043 - 299 - 8280
TEL
西日本相談室
06 - 6621 - 4649
FAX
〒581-8585
大阪府八尾市北亀井町3-1-72
06 - 6792 - 5993
● 所在地・電話番号などについては変更になることがありますので、その節
はご容赦願います。(03.12)
海外でのお客様ご相談窓口
1. この商品は国内仕様ですが、旅行等で海外へ携帯され万一の故障等不具合
が生じた場合、下記の弊社のサービス窓口に連絡頂きご相談ください。
付属している保証書は、日本国内のみ有効です。アフターサービスの費用
は有料となります。
2. ご相談窓口一覧(02.04)
会 社 住 電
話
番
アメリカ
名
所
号
会
住
電
社 話
番
名
所
号
ドイツ
Sharp Electronics Corporation
1300 Naperville Drive
Romeoville, Illinois 60446
U.S.A.
TEL: 1-800-237-4277/800 BE-SHARP
Sharp Electronics (Europe) GmbH
Sonninstrasse 3
20097 Hamburg
Germany
TEL: (040) 23760
イギリス
オーストラリア
Sharp Electronics (U.K.) Ltd.
Sharp House
Thorp Road, Newton Heath
Manchester, M40 5BE
U.K.
TEL: (0161) 205-2333
Sharp Corporation of Australia Pty.
Ltd.
1 Huntingwood Drive, Huntingwood
N.S.W. 2148
Australia
TEL: 1-800-807 820
シンガポール
タイ
Sharp-Roxy Sales (Singapore) Pte.
Ltd.
138 Robinson Road, #21-00, Hong
Leong Centre, Singapore 068906
TEL: 0226-1191
Sharp Thebnakorn Co., Ltd.
664, Siphraya, Road Bangrak,
Bangkok 10500, Thailand
TEL: (02) 236-0170/233-1150
上海(中国)
SHARP 夏普株式会社 中国総代表処
上海市 浦東新区 新金橋路28号
上海新金橋大厦15楼1501室
TEL: (021) 5834-2085
上記以外の地域及び相談窓口にて連絡がとれ
ない場合は下記にご連絡ください。
シャープ株式会社
商品信頼性本部 お客様相談センター
TEL: +81-6-6792-1001
FAX: +81-6-6792-0416
» 携帯される地域によっては、ご相談に応じることが困難な場合がある点ご容赦くだ
さい。
» 所在地・電話番号などは変わることがありますので、その節はご容赦願います。
176
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 176
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
修理品引き取りサービスのご案内 不具合品の訪問引き取り・修理・お届けサービス
シャープ商品の修理・お取り扱い・お手入れのご相談なら
びにご依頼は、お買い上げの販売店へお申し出ください。
なお、転居されたり贈答品などで、保証書記載の販売店
にご相談できない場合は、以下のサービスをご利用くだ
さい。
修理品引き取りサービスとは
お持込みいただける商品を、電話で修理依頼をいただき
ますと、
業務委託した宅配業者が、
お客様のご都合の良い
日時にご自宅まで訪問してお預かりし、弊社で修理完了
後、
ご自宅までお届けに伺うサービスです。
ご利用方法
「修理相談センター」にお電話でお申し込みくだ
お
申 さい。
し
0570-02-4649
込 ■ナビダイヤル
み • 受付時間
月曜∼土曜:午前9時∼午後6時
日曜/祝日:午前10時∼午後5時
年末・年始・当社指定の休日及び天災などやむをえない状
況の際は臨時に休ませていただくことがありますので予
めご了承ください。
• ナビダイヤルは全国一律料金でご利用いただけます。
• 携帯電話・PHSからはナビダイヤルを一部ご利用いた
だけません。下記の一般電話におかけください。
• ファクシミリを送信される方は、下記FAX受信専
用番号にお願いします。
■ ご利用料金
運送費
保証期間内
保証期間外
無料
1,000円+梱包資材費+代引き手数料
※梱包料を含む往復料金(税別)
東日本エリア
西日本エリア
一般電話 043-299-3863 06-6792-5511
専用FAX 043-299-3865 06-6792-3221
電話番号をお確かめの上、
お間違えのないようにおかけください。
修理料金
保証期間内
保証期間外
無料(保証書記載の「保証規定」に準じます)
有料(修理内容により異なります)
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
※保証期間内でも有料となる場合があります。詳しくは、保証書をご確認
ください。
次ページへつづく
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 177
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
177
修理品引き取りサービスのご案内(つづき)
当社指定の宅配業者(ヤマト運輸)がお引取りに
お
引 伺います。
き • お引取り時間は下記時間帯よりお選びいただくこと
取
ができます。
り
AM/12時∼14時/14時∼16時/
16時∼18時/18時∼21時
• お引取り日はご依頼日の翌日以降となります。
• 18時∼21時の時間帯は土、日、祝日は除きます。
• 交通事情などの理由によりご指定の時間にお伺いで
きない場合がございます。
※ 離島の場合は、船便等のスケジュールにより、ご訪
問できる日時が変動します。
※ 修理品は宅業者が梱包箱を持参してお伺いし梱包さ
せていただきます。
修理完了後、シャープエンジニアリング(株)より
修
理 ご連絡いたします。
・ • ご連絡時にサービス料金(修理料金+利用料)と発送日
お
をご連絡いたします。
届
け • ヤマト運輸が修理完了品をお届けに伺います。
• サービス料金(修理料金+利用料)をヤマト運輸に現金
でお支払いください。
※ 離島の場合は、船便等のスケジュールにより、ご訪
問日が変動します。
178
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 178
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
おもな機能別インデックス
■ 撮影機能
インパクトのある映像を撮るための機能
自分を入れて撮りたい
静止画を撮りたい
動きの速い被写体を撮る
徐々に出て、徐々に消える映像にしたい
映像をデジタル処理したい
横長のワイド画面にしたい
対面撮影 .....................................................................................................
静止画を撮る(テープ) .........................................................................
静止画を撮る(カード) .........................................................................
シャッタースピード調整 .........................................................................
フェード .....................................................................................................
演出効果 .....................................................................................................
ワイドモード .............................................................................................
60ページ
50ページ
89ページ
72ページ
57ページ
79ページ
64ページ
逆光補正 .....................................................................................................
ファインピクチャー .................................................................................
アイリス補正 .............................................................................................
ゲイン補正 .................................................................................................
LEDライト ................................................................................................
56ページ
59ページ
71ページ
72ページ
85ページ
明るさが気になるときの機能
どうしても逆光になってしまう
暗い画面を明るくしたい
暗い場面が不必要に明るく映ってしまう
暗いところで撮影したい
自然な映像を撮るための機能
自然な色合いで撮りたい
スポーツなどの撮影に適した設定を手軽にしたい
意図的にピントを合わせたい
ホワイトバランス ..................................................................................... 70ページ
シーンアジャスト ..................................................................................... 58ページ
マニュアルフォーカス ............................................................................. 74ページ
撮影現場で役立つ機能
ビデオカメラから離れたところで操作したい
一本のテープで長時間撮りたい
今撮った映像がうまく撮れているか確認したい
撮影中にテープを見た後、前回の撮影終了場面を頭出したい
テープの撮影時間を知りたい
ワイヤレスリモコン .................................................................................
LPモード録画 ...........................................................................................
カメラサーチ .............................................................................................
撮影スタンバイ .........................................................................................
タイムコード .............................................................................................
23ページ
63ページ
54ページ
62ページ
66ページ
次ページへつづく
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 179
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
179
おもな機能別インデックス(つづき)
■ 再生機能
いろいろな見かたをするための機能
撮影日時を確認したい
テレビの画面で見たい
映像をデジタル処理したい
日付表示 ..................................................................................................... 36ページ
テレビに接続して見る ............................................................................. 80ページ
演出効果 ..................................................................................................... 79ページ
編集機能
撮ったテープを編集したい
撮ったテープにナレーションを入れたい
ダビング ................................................................................................... 120ページ
ダビング(外部録画) ........................................................................... 123ページ
アフレコ ................................................................................................... 116ページ
180
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 180
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
さくいん
英数字
カ行
サ行
ACアダプター ......................... 31,32
AD変換出力 ................................ 126
AV端子 ................... 80,120,123,126
DPOF .......................................... 109
DV端子 ........................ 121,125,126
LEDライト .................................... 85
LPモード ....................................... 63
PRINT Image MatchingⅡ ... 112
SDメモリーカード ....................... 87
SPモード ...................................... 63
USB端子 ............................. 113,132
1画面表示 .............................. 98,100
6画面表示 .............................. 98,100
16:9 ........................................... 77
カード ............................................ 87
回転式ハンドグリップ ................. 44
外部録画 ...................................... 123
確認音 .......................................... 141
風音低減 ........................................ 66
画質 ................................................ 88
画像サイズ ..................................... 89
画像消去 ...................................... 102
カメラサーチ ................................. 54
画面 ......................................... 24~26
画面上下反転再生 ......................... 76
感度アップ ..................................... 56
逆再生 ............................................ 53
逆光補正 ........................................ 56
クリーニング ............................... 150
警告表示 ...................................... 165
ゲイン ............................................ 72
言語選択 ...................................... 143
誤消去防止ツマミ ......................... 40
コマ送り再生 ................................. 53
コンバージョンレンズ ............... 148
再生 ................................................ 51
撮影時間 ................................ 33,146
撮影スタンバイ ............................. 62
三脚 .......................................... 44,61
シーンアジャスト ......................... 58
視度調整 ........................................ 28
シネマ再生 ..................................... 77
シャッタースピード ..................... 72
充電 ................................................ 32
出力切換 ...................................... 100
ズーム ............................................ 47
ズームマイク ................................. 83
スクイーズ ............................... 64,77
スタンバイ ..................................... 82
スライドショー再生 ................... 107
スロー再生 ..................................... 53
静止画撮影 ............................... 50,89
静止画再生 ............................... 53,98
セルフタイマー ............................. 91
操作ボタン ..................................... 20
ア行
アイリス ........................................ 71
赤目補正 ........................................ 94
アクティブバリューキット . 18,148
アフレコ ...................................... 116
液晶明るさ ................................... 142
液晶濃さ ...................................... 142
演出効果 ........................................ 79
オートパワーオフ ......................... 48
オートフォーカス ......................... 75
音声切換 ...................................... 119
音声モード ..................................... 65
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 181
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
次ページへつづく
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
181
さくいん(つづき)
タ行
ハ行
タイムコード ................................. 66
対面撮影 ........................................ 60
ダイレクトプリント ................... 112
ダビング .............................. 120,123
チルティング ............................... 145
テープ/カード切換スイッチ ....... 41
テープ残量表示 ............................. 42
デジタルズーム ............................. 47
デモモード ................................... 142
電源/充電ランプ ........................... 32
電源スイッチ ................................. 41
バックライト ................................. 47
バックライト調整 ....................... 142
バッテリーパック ........... 18,31,145
バッテリー残量表示 ..................... 42
ハンドストラップ ......................... 43
パンニング ................................... 145
ピクスラボ ............................. 18,128
日付・時刻 ..................................... 33
ビデオサーチ ................................. 52
ビデオテープ ................................. 39
ビューファー明るさ ................... 142
ビューファインダー ..................... 28
表示切換/設定ボタン ................... 42
ファイルNo切換 ........................... 97
ファインピクチャー ..................... 59
フィルター ................................... 148
フェード ........................................ 57
フォーカス調整 ............................. 74
フォーマット ................................. 95
フォトコピー ............................... 115
フラッシュ ..................................... 93
プリントマーク ........................... 109
フルオート ..................................... 73
ブレ補正 ........................................ 63
プロテクト ................................... 105
ヘッドホン音量 ............................. 49
ヘッドホン端子 ............................. 49
ナ行
入力切換 ...................................... 124
182
VL-Z900_P159-182.pm6
Page 182
ボタン電池 ............................... 29,30
ホワイトバランス ......................... 70
マ行
マニュアル設定 ............................. 68
マニュアルフォーカス ................. 74
メーカー設定 ............................... 141
メニュー ............................. 185~188
ラ行
ラク撮りグリップ ......................... 44
リモコン ........................................ 23
レターボックス ..................... 78,101
レンズキャップ ............................. 22
録画モード ..................................... 63
ワ行
ワイドモード ................................. 64
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
操作設定表示画面一覧
「テープ」-「 撮影」モード操作設定表示
「テープ」-「 再生」モード操作設定表示
▲前項目へ
演出効果
ファインピクチャー
アフレコ
シネマ再生
▼次項目へ
▲前項目へ
マニュアル設定
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
▼次項目へ
'"\ |選択/●決定
'"\ |選択/●決定
フェード
シーンアジャスト
演出効果
ファインピクチャー
LEDライト
工場出荷時設定
参照ページ
マニュアル設定 ..................... 実行する ............................................ 68
フォーカス調整 ........................ オート ............................................... 74
オートフォーカス ................... 実行する ............................................ 75
逆光補正 ...................................... 切 .................................................. 56
フェード ........................................ 切 .................................................. 57
シーンアジャスト ......................... 切 .................................................. 58
演出効果 .................................... 標準 ................................................ 79
ファインピクチャー ...................... 切 .................................................. 59
LEDライト※ ................................. 切 .................................................. 86
工場出荷時設定
参照ページ
演出効果 .................................... 標準 ................................................ 79
ファインピクチャー ...................... 切 .................................................. 59
アフレコ ................................. 実行する .......................................... 116
シネマ再生 ............................. 実行する ............................................ 77
役
立
つ
情
報
/
さ
く
い
ん
※付属のLEDライトをセットしているときのみ設定できます。
次ページへつづく
VL-Z900_P183-191.pm6
Page 183
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
183
操作設定表示画面一覧(つづき)
「カード」-「 撮影」モード操作設定表示
「カード」-「 再生」モード操作設定表示
▲前項目へ
マニュアル設定
フォーカス調整
オートフォーカス
逆光補正
▼次項目へ
▲前項目へ
1画面 6画面
演出効果
1画面消去
全画面消去
▼次項目へ
'"\ |選択/●決定
'"\ |選択/●決定
セルフタイマー
シーンアジャスト
ファインピクチャー
LEDライト
ダイレクトプリント
プロテクト
工場出荷時設定
参照ページ
マニュアル設定 ..................... 実行する ............................................ 68
フォーカス調整 ........................ オート ............................................... 74
オートフォーカス ................... 実行する ............................................ 75
逆光補正 ...................................... 切 .................................................. 56
セルフタイマー ..................... 実行する ............................................ 91
シーンアジャスト ......................... 切 .................................................. 58
ファインピクチャー ...................... 切 .................................................. 59
LEDライト※ ......................................................... 切 .................................................. 86
工場出荷時設定
参照ページ
1画面 6画面 ...................... 実行する ............................................ 98
演出効果 .................................... 標準 ................................................ 79
1画面消去 ............................. 実行する .......................................... 102
全画面消去 ............................ 実行する .......................................... 104
ダイレクトプリント ................. 実行する .......................................... 112
プロテクト .............................. 実行する .......................................... 105
※付属のLEDライトをセットしているときのみ設定できます。
184
VL-Z900_P183-191.pm6
Page 184
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メニュー画面一覧
「テープ」-「 撮影」モードメニュー
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
サーチ
切
切
SP
連動
'"\ |選択/●決定
工場出荷時設定
参照ページ
(撮影機能)
撮影スタンバイ ............. サーチ ......................................... 62
ワイドモード ...................... 切 ............................................. 64
デジタルズーム ................. 切 ............................................. 47
録画モード ........................ SP ............................................ 63
ズームマイク※ ................ 連動 ........................................... 84
もどる
(撮影設定)
ブレ補正 ............................ 入 ............................................. 63
音声モード ..................... 12bit .......................................... 65
風音低減 ............................ 切 ............................................. 66
ヘッドホン音量 ... 小■■■■□□□□大 ............................ 49
もどる
(その他の設定1)
メーカー設定 .............. 実行する ...................................... 141
リモコン ............................. 入 ............................................. 23
確認音 ................................ 入 ........................................... 141
言語選択 ........................ 日本語 ........................................ 143
デモモード ......................... 切 ........................................... 142
もどる
工場出荷時設定
参照ページ
(その他の設定2)
オートパワーオフ ............. 切 ............................................. 48
タイムコード ...................... 切 ............................................. 66
タイムコード出力 .............. 切 ............................................. 67
12H/24H .................... 12H ........................................... 38
日付表示 .......................... 日時 ............................................ 36
日付あわせ ..... 2004.1.1 AM0:00 ........................... 33
もどる
(液晶設定)
バックライト調整 ........................... 通常 ......................................... 142
液晶明るさ ...... 暗■■■■□□□□明 .......................... 142
液晶濃さ .......... 淡■■■■□□□□濃 .......................... 142
ビューファー明るさ ... 暗■■■■□□□□明 .......................... 142
もどる
(もどる)
※別売のズームマイクをセットしているときのみ設定できます。
次ページへつづく
VL-Z900_P183-191.pm6
Page 185
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
役
立
つ
情
報
/
さ
く
い
ん
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
185
メニュー画面一覧(つづき)
「テープ」-「 再生」モードメニュー
再生設定
画面上下反転
音声切換
AD変換出力
もどる
実行する
1+2
切
'"\ |選択/●決定
工場出荷時設定
参照ページ
(再生設定)
画面上下反転 .............. 実行する ........................................ 76
音声切換 ......................... 1+2 ......................................... 119
AD変換出力 ...................... 切 ........................................... 127
もどる
(その他の設定1)
メーカー設定 .............. 実行する ...................................... 141
リモコン ............................. 入 ............................................. 23
確認音 ................................ 入 ........................................... 141
言語選択 ........................ 日本語 ........................................ 143
入力切換 .......................... 映像 ......................................... 124
もどる
工場出荷時設定
参照ページ
(液晶設定)
バックライト調整 ........................... 通常 ......................................... 142
液晶明るさ ...... 暗■■■■□□□□明 .......................... 142
液晶濃さ .......... 淡■■■■□□□□濃 .......................... 142
ビューファー明るさ ... 暗■■■■□□□□明 .......................... 142
もどる
(もどる)
(その他の設定2)
オートパワーオフ ............. 切 ............................................. 48
タイムコード ...................... 切 ............................................. 66
タイムコード出力 .............. 切 ............................................. 67
12H/24H .................... 12H ........................................... 38
日付表示 .......................... 日時 ............................................ 36
日付あわせ ..... 2004.1.1 AM0:00 ........................... 33
もどる
186
VL-Z900_P183-191.pm6
Page 186
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
「カード」-「 撮影」モードメニュー
撮影設定
ファイルNo切換
セルフタイマー時間
画質
画像サイズ
フラッシュ
赤目補正
もどる
連番
10秒
標準
1280×960
オート
切
'"\ |選択/●決定
工場出荷時設定
参照ページ
(撮影設定)
ファイルNo切換 .............. 連番 ........................................... 97
セルフタイマー時間 ...... 10秒 .......................................... 93
画質 .................................. 標準 ........................................... 88
画像サイズ .............. 1280×960 ................................... 89
フラッシュ ...................... オート .......................................... 93
赤目補正 ............................ 切 ............................................. 94
もどる
工場出荷時設定
参照ページ
(液晶設定)
バックライト調整 ........................... 通常 ......................................... 142
液晶明るさ ...... 暗■■■■□□□□明 .......................... 142
液晶濃さ .......... 淡■■■■□□□□濃 .......................... 142
ビューファー明るさ ... 暗■■■■□□□□明 .......................... 142
もどる
(もどる)
(その他の設定1)
メーカー設定 .............. 実行する ...................................... 141
リモコン ............................. 入 ............................................. 23
確認音 ................................ 入 ........................................... 141
言語選択 ........................ 日本語 ........................................ 143
デモモード ......................... 切 ........................................... 142
もどる
役
立
つ
情
報
/
さ
く
い
ん
(その他の設定2)
フォーマット ................. 実行する ........................................ 95
オートパワーオフ ............. 切 ............................................. 48
12H/24H .................... 12H ........................................... 38
日付表示 .......................... 日時 ............................................ 36
日付あわせ ..... 2004.1.1 AM0:00 ........................... 33
もどる
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
次ページへつづく
VL-Z900_P183-191.pm6
Page 187
03.12.23, 5:22 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
187
メニュー画面一覧(つづき)
「カード」-「 再生」モードメニュー
再生設定
スライドショー
プリントマーク
出力切換
もどる
実行する
設定する
ノーマルテレビ
'"\ |選択/●決定
工場出荷時設定
参照ページ
(再生設定)
スライドショー ............. 実行する ...................................... 107
プリントマーク ............ 設定する ...................................... 109
出力切換 ................ ノーマルテレビ ................................ 100
もどる
(その他の設定1)
メーカー設定 .............. 実行する ...................................... 141
リモコン ............................. 入 ............................................. 23
確認音 ................................ 入 ........................................... 141
言語選択 ........................ 日本語 ........................................ 143
もどる
工場出荷時設定
参照ページ
(液晶設定)
バックライト調整 ........................... 通常 ......................................... 142
液晶明るさ ...... 暗■■■■□□□□明 .......................... 142
液晶濃さ .......... 淡■■■■□□□□濃 .......................... 142
ビューファー明るさ ... 暗■■■■□□□□明 .......................... 142
もどる
(もどる)
(その他の設定2)
フォーマット ................. 実行する ........................................ 95
オートパワーオフ ............. 切 ............................................. 48
12H/24H .................... 12H ........................................... 38
日付表示 .......................... 日時 ............................................ 36
日付あわせ ..... 2004.1.1 AM0:00 ........................... 33
もどる
188
VL-Z900_P183-191.pm6
Page 188
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
メニューの選びかた
本機のいろいろな機能は、メニュー画面で設定します。こ
こでは、メニューの選択・決定のしかたについて説明しま
す。
2
メニュー画面の基本操作
操作する
ボタン
メニューボタンを押す
∫ メニュー画面が表示されます。
∫ 撮影モードで日付あわせをしていないときは、
「日付
あわせ」が選択された画面になります。(33ページ)
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
テープ/カード
切換スイッチ
サーチ
切
切
SP
連動 電源スイッチ
'"選択/ボタン押 決定
操作ボタン
1
メニューボタン
電源を入れる
■ テープに撮るときは
「テープ」-「撮影」モードにする
①テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
②電源スイッチ:「撮影」
■ カードに撮るときは
「カード」-「撮影」モードにする
①テープ/カード切換スイッチ:「カード」
②電源スイッチ:「撮影」
■ テープを再生するときは
「テープ」-「再生」モードにする
①テープ/カード切換スイッチ:「テープ」
②電源スイッチ:「再生」
「カード」-「再生」モードにする
■ カードを再生するときは
①テープ/カード切換スイッチ:「カード」
②電源スイッチ:「再生」
VL-Z900_P183-191.pm6
Page 189
3
操作ボタンの または
(例: )を選ぶ
を押し、
「アイコン」
操作を途中で止めたいときは、
「
の中央を押します。
」を選び、操作ボタン
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
サーチ
切
切
SP
連動 '"選択/ボタン押 決定
アイコン
次ページの手順4へつづく
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
役
立
つ
情
報
/
さ
く
い
ん
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
189
メニューの選びかた(つづき)
4
を選んだとき、
「○○を実行する 」と表示さ
5 「機能項目」
れた場合は手順8へ、それ以外の場合は手順6に進む
操作ボタンの中央または を押す
撮影機能
撮影スタンバイ サーチ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
切
切
SP
連動
∫ 操作ボタンの
を押すと、反転表示を前の位置に戻
すことができます。
∫ 項目がグレーで表示されている場合、その時点では設
定することができないことを示しています。
5
操作ボタンの
選ぶ
︵
つ
づ
き
︶
再生設定
スライドショー を実行する
プリントマーク
出力切換
操作を途中で止めたいときは、「もどる」を選び、
操作ボタ
ンの中央を押します。(1つ前の画面に戻ります。)
操作ボタンの中央または を押す
6 「設定内容」
を選択できます。選択された項目の文字は
通常の大きさに戻ります。
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
または を押し、
「機能項目」を
選ばれている項目は文字が大きく表示されます。
(例:
「デジタルズーム」を選ぶ)
機能項目
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
7
サーチ
切
デジタルズーム 切
録画モード
ズームマイク
もどる
設定する
ノーマルテレビ
操作ボタンの
選ぶ
切
∼40
∼200
または を押し、
「設定内容」を
(例:
「∼200」を選ぶ)
SP
連動
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
デジタルズーム
録画モード
ズームマイク
もどる
切
∼40
∼200
選択/ボタ 押 決定
設定内容
190
VL-Z900_P183-191.pm6
次ページの手順8へつづく
Page 190
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
8
お知らせ .....................................................................
操作ボタンの中央を押す
∫ メニュー画面は、約5分間操作しないと自動的に消え、通常画面に戻
ります。
∫ 手順の途中で「メニューボタン」または「表示切換/設定ボタン」を押
すとメニュー画面は終了します。
決定され、設定内容が変更されます。
撮影機能
撮影スタンバイ
ワイドモード
サーチ
切
デジタルズーム ∼200
録画モード
ズームマイク
もどる
SP
連動
他にも設定を変更したい機能があるときは、「もど
る」を選んで決定すると、手順5の状態に戻ります。
続けて設定操作をしてください。
9
メニューボタンを押す
メニュー画面が消え、通常画面に戻ります。
Ⅰ
録画ポーズ
役
立
つ
情
報
/
さ
く
い
ん
2004. 4.30
オート AM10:00
60 分
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/
これで、機能の選択・設定は完了です。
191
VL-Z900_P183-191.pm6
Page 191
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Quick Start Guide in English
Index
Preparation ......................................................... 193
Useful Features .................................................. 204
Installing the Lithium Battery .................................... 193
Attaching and Removing the Battery Pack .............. 193
Charging the Battery Pack ....................................... 194
Powering the Camcorder from an AC Outlet ........... 195
Control Buttons ......................................................... 204
Using the Mode Screens .......................................... 204
Using the Menu Screens .......................................... 205
Selecting English for
the On-screen Display .................................. 196
Turning the Power On/Off ................................. 197
Inserting and Removing a Cassette ............... 198
Inserting .................................................................... 198
Removing ................................................................. 198
Easy Camera Recording on Tape
in Full Auto Mode .......................................... 199
Tape Playback .................................................... 200
Volume Control ......................................................... 200
Still ............................................................................ 200
Inserting and Removing a Card ...................... 201
Inserting .................................................................... 201
Removing ................................................................. 201
About the Write-protect Switch ................................ 201
Card Recording .................................................. 202
Card Playback .................................................... 203
Available Operations during Full-screen Display ..... 203
192
VL-Z900_P192-204.pm6
Page 192
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Preparation
Installing the Lithium Battery
Attaching and Removing the Battery Pack
■ Installing the Memory Battery
■ Attaching
The supplied CR1216 type lithium battery is used to store
the memory of the date and time settings.
1
Make sure that the Power switch is set to "切"
(off).
2
Open the LCD monitor to a 90° angle to the
camcorder body.
3
Slide the battery pack in the direction of the
arrow with the " " mark facing out.
1
Make sure that the Power
switch is set to "切" (off).
2
Open the LCD monitor to
a 90° angle to the
camcorder body.
3
Pull out the lithium battery
cover in the direction of
the arrow.
4
Insert the smaller lithium
battery into the compartment with the + side of the
battery facing out.
5
Lithium battery cover
CR1216 type
lithium battery
Close the lithium battery cover firmly until it
clicks into place.
■ Removing the Memory Battery
Lift out the battery by using a pointed object such as the tip
of a ballpoint pen.
VL-Z900_P192-204.pm6
Page 193
" " mark
4
役
立
つ
情
報
/
さ
く
い
ん
Push the battery pack in
the direction of the arrow
until it clicks.
193
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Preparation (continued)
■ Removing
Charging the Battery Pack
1
Make sure that the Power switch is set to "切"
(off), then open the LCD monitor to a 90° angle
to the camcorder body.
2
Slide the battery release in
the direction of the arrow.
3
Take the battery pack out.
1
Attach the battery pack on the camcorder, and
make sure that the Power switch is set to "切" (off).
2
Plug the AC plug into a power outlet 1 , and insert
the DC plug into the DC IN jack of the camcorder 2.
• The "電源/充電(赤)" (POWER/CHARGE (RED)) indicator lights up red.
Battery
release
To power outlet
Notes:
194
AC plug
• BEFORE REMOVING THE BATTERY PACK, ALWAYS STOP
RECORDING OR PLAYBACK AND TURN THE POWER OFF.
Removing the battery pack while shooting or during playback
may damage the tape by causing it to wrap around the video
head drum or destroy the card, rendering it unreadable and
unwritable.
• Remove the battery pack from the camcorder if you will not use
the camcorder for a long period of time.
• Make sure that the battery pack is firmly attached during operation. If it is not, the battery pack may come off or camcorder operation may fail because of the poor contact pressure.
• To prevent damage to the battery pack when removing, be sure
to firmly hold the battery pack while pressing the release.
• Use only SHARP model VR-BLZ9 battery packs with this camcorder.
Use of other batteries may create a risk of fire or explosion.
• Before closing the LCD monitor, make sure the battery pack is
properly attached to the camcorder, otherwise the monitor may
be damaged.
VL-Z900_P192-204.pm6
"電源/充電
(赤)"
(POWER/
CHARGE
(RED))
indicator
Page 194
DC IN jack
DC plug
• The "電源/充電(赤)" (POWER/CHARGE (RED)) indicator turns off when the battery is charged.
3
Remove the DC plug from the DC IN jack, then
remove the AC adapter from the power outlet.
Notes:
• Charge the battery pack between 10°C and 30°C. The battery
pack may not charge properly at temperatures too low or too
high.
• The battery pack and AC adapter become warm during charging. This is not a malfunction.
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Powering the Camcorder from an AC Outlet
You can also power the camcorder from a power outlet by
using the supplied AC adapter.
1
Make sure that the Power switch is set to "切"
(off).
2
Plug the AC plug into a
power outlet 1, and insert
the DC plug into the DC
IN jack of the camcorder
2.
To power outlet
3
Notes:
• BEFORE REMOVING THE DC PLUG, ALWAYS STOP RECORDING OR PLAYBACK AND TURN THE POWER OFF.
Removing the DC plug while shooting or during playback may
damage the tape by causing it to wrap around the video head
drum or destroy the card, rendering it unreadable and unwritable.
• Disconnect the AC adapter from the camcorder if you will not
use the camcorder for a long period of time.
"電源/充電(赤)" (POWER/
CHARGE (RED)) indicator
DC IN jack
Hold down the Lock button and set the Power
switch to "撮影" (camera) or "再生" (playback).
役
立
つ
情
報
/
さ
く
い
ん
• The "電源/充電(赤)" (POWER/CHARGE (RED)) indicator lights up green.
195
VL-Z900_P192-204.pm6
Page 195
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Selecting English for the On-screen Display
The On-screen display language can be set to English.
This function can be used in all modes.
The following explains “Tape Playback mode” as an example.
1
4
メーカー設定 を実行する
Hold down the Lock button and set the Power
switch to "再生" (playback).
リモコン
確認音
言語選択
入力切換
もどる
Press the "メニュー" (MENU) button to display
the menu screen.
再生設定
画面上下反転
音声切換
AD変換出力
もどる
3
Press
or
to select
その他の設定1
メーカー設定
リモコン
確認音
言語選択
入力切換
もどる
入
入
日本語
映像
Press
or
to select "言語選択" (language),
then press the center of the Operation button.
• The language selection screen appears.
その他の設定1
メーカー設定
リモコン
確認音
実行する
1+2
切
6
.
実行する
入
入
言語選択
を実行する
入力切換
もどる
映像
Press
or
to select ENGLISH, then press
the center of the Operation button.
LANGUAGE
日本語
ENGLISH
実行する
入
入
日本語
映像
7
Press the "メニュー" (MENU) button to turn off
the menu screen.
196
VL-Z900_P192-204.pm6
Page 196
.
その他の設定1
5
2
Press the center of the Operation button or
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Turning the Power On/Off
This camcorder includes functions for use as both a video
camera for recording and playing back images on tapes and
as a digital still camera for recording and playing back still
images on cards. One of the following camcorder modes
needs to be set before starting any operation.
Power switch
• To turn the power off, set the Power switch to "切" (off) without pressing the Lock button.
• Do not change the camcorder mode by operating the Media Selection switch
during recording or playback, as this may cause damage to the tape or card.
Media Selection switch
OFF
Camera
mode
Notes:
Playback
mode
Lock
button
Card
Tape
■ Camcorder modes (To turn the power on)
Tape Camera mode
Tape Playback mode
For recording motion and still im- For playing back or editing motion
ages on a tape.
and still images recorded on a tape.
1 Set the Media Selection 1 Set the Media Selection
switch to
.
switch to
.
2 Hold down the Lock button 2 Hold down the Lock button
and set the Power switch
to "撮影" (camera).
Card Camera mode
and set the Power switch to
"再生" (playback).
役
立
つ
情
報
/
さ
く
い
ん
Card Playback mode
For recording still images on a card. For playing back still images re1 Set the Media Selection corded on a card.
switch to
.
1 Set the Media Selection
2 Hold down the Lock button
switch to .
and set the Power switch 2 Hold down the Lock button
and set the Power switch to
to "撮影" (camera).
"再生" (playback).
197
VL-Z900_P192-204.pm6
Page 197
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Inserting and Removing a Cassette
Inserting
1
4
Attach the power source to
the camcorder, then slide
and hold the cassette
compartment door release
as you open the cassette
compartment door.
Cassette compartment
door release
• After confirmation sound,
the cassette holder extends
and opens automatically.
3
Press the “PUSH/ 押す”
mark gently until the
cassette holder clicks
into place.
Notes:
Erasure protect tab
• The cassette holder retracts automatically.
198
VL-Z900_P192-204.pm6
Page 198
SAVE
Insert a commercially
available Mini DV cassette
fully with the window facing outwards, and with the
erasure protect tab facing
upwards.
Removing
Perform step 1 above, then take out the cassette.
REC
2
Wait for the cassette
holder to fully retract.
Close the compartment
door by pressing its center until it clicks into
place.
• Do not try to close the cassette compartment door while the cassette holder is extending or retracting.
• Be careful not to get your fingers caught in the cassette holder.
• Do not apply force to the cassette holder except when pressing
the “PUSH/押す” mark to close it.
• Do not tilt the camcorder or hold it upside down when you are
inserting or removing a cassette. It may damage the tape.
• Remove the cassette if you will not use the camcorder for a long
period of time.
• If you do not correctly close the cassette holder in step 3, the
cassette protection mechanism of the camcorder might eject the
cassette. If this happens, repeat the insertion procedure.
• Do not attempt to pick up the camcorder by the cassette compartment door.
• If the battery power is too low, you may not be able to eject the
cassette. Replace the battery pack with a fully charged one.
• You can only use Mini DV cassettes. Large DV cassettes cannot
be used. Be sure to use Mini DV cassettes with the
mark.
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Easy Camera Recording on Tape in Full Auto Mode
Media Selection
switch
Available mode:
Tape Camera
4
Press the Record Start/Stop button to begin
recording.
REC
Power
Record Start/Stop button switch
1
2
Remove the lens cap.
3
Hold down the Lock button and set the Power
switch to "撮影" (camera) .
Set the Media Selection
switch to
.
Note:
• Before recording an important scene, please perform the recording test, then playback to check if the scene was recorded
properly. If noise occurs, use a commercially available cleaning tape to clean the video heads.
Maximum continuous recording and actual recording times in Tape Camera mode
• The camcorder is now ready to record (Recording
Standby mode).
Battery
pack
VR-BLZ9
Max. continuous
recording time
LCD closed LCD open
135
120
Actual
recording time
LCD closed LCD open
65
60
PAUSE
Note:
Lock button
AU TO
6 0min
APL. 30 . 2 0 0 4
1 0 : 0 0 AM
• Using the zoom and other functions or turning the power on
and off frequently will increase power consumption. This may
result in a decrease in the actual recording time compared to
the maximum continuous recording time listed above.
役
立
つ
情
報
/
さ
く
い
ん
Note:
• If “AUTO” is not displayed at this time, set the camcorder to Full
Auto mode.
VL-Z900_P192-204.pm6
Page 199
199
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Tape Playback
Media Selection
switch
Available mode:
Tape Playback
Volume Control
Available mode:
Tape Playback
The LCD monitor screen functions as a handy playback
monitor. Nothing needs to be
connected, allowing instant onscreen playback with the sound
through the built-in speaker.
Operation button
Power
switch
1
Set the Media Selection switch to
, and set
the Power switch to "再生" (playback).
2
Press
(or ) on the Operation
button to rewind (or fast forward)
the tape to the desired point.
When the camcorder is in
Tape Playback mode, push
the Volume control to the
VOL + or - VOL side to inVolume
VOLUME
crease 1 or decrease 2
control
Decrease
Increase
the volume.
The volume level indicator
will appear on the LCD screen during adjustment only. Once
the Volume control is released, the volume level indicator
will disappear shortly afterwards.
Lock button
3
Press
to begin playback.
Note:
• If you press the Record Start/Stop button in Tape Playback mode, the “II”
mark appears and the camcorder enters Recording Standby mode. If
you do not intend to record, press
to turn the “II” mark off, then press
to begin playback. This will ensure your previous recording is not
erased.
200
■ To stop playback
Press
VL-Z900_P192-204.pm6
Still
Available mode:
Tape Playback
The still function allows you to pause in Tape Playback mode.
During Tape Playback, press
on the
Operation button.
To return to normal playback, press
again.
Notes:
• The sound is off in Still mode.
• To protect the tape, the camcorder automatically returns to normal playback if it is left in Still mode for more than 5 minutes.
.
Page 200
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Inserting and Removing a Card
You can use an SD Memory Card or a MultiMediaCard for
storing still images.
Inserting
1
Make sure that the Power switch is set to "切"
(off).
2
Open the card slot cover.
Card slot cover
3
Insert a card into the slot as
shown below, and push it in
fully.
Write-protect switch
Label
Clipped corner
4
Close the card slot cover securely.
Removing
Perform steps 1 and 2 above, push the
card and release slowly 1. Then pull the
card straight out 2 as shown below.
Notes:
• You can use only the SD Memory Card or the MultiMediaCard.
• The supplied card is preformatted for immediate use.
• Do not remove the card from the camcorder while recording
data on the card (
indicator flashes during recording). This
may delete the recorded image or damage the card.
• You cannot insert or remove the card when using a tripod.
About the Write-protect Switch
SD Memory Card has a write-protect switch. When the switch
is set to the locked position, you cannot record/delete data
or format the card. Set it to the unlocked position to record/
delete data or format the card.
Back view
Unlocked position
役
立
つ
情
報
/
さ
く
い
ん
Locked position
201
VL-Z900_P192-204.pm6
Page 201
03.12.23, 5:23 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Card Recording
Available mode:
Card Camera
6
You can take a still picture in the same way as you do with a
standard camera and record that image on the card.
"フォト"
(PHOTO) button
• The camcorder automatically focuses on the subject.
When it is set, you will hear a sound and see
mark
with green light, then the camcorder locks the focus.
mark lights up yellow.
• When camcorder locks out of focus,
Power
Zoom
control
Media
Selection
switch
[ 1280 ]
9/ 11
N ORMA L
Power
switch
7
1
2
3
4
Insert a card into the camcorder (see page 201).
Remove the lens cap.
Set the Media Selection switch to
.
Hold down the Lock button and set the Power
switch to "撮影" (camera).
Number of shots taken/remaining
[ 1280 ]
9/ 11
NORMA L
Lock button
5
Press the "フォト" (PHOTO) button fully to begin
recording.
[ 1280 ]
9/ 11
NORMA L
• The picture from the lens now displays.
202
Press the "フォト" (PHOTO) button half-way
down to focus on the subject.
Adjust the Power Zoom control to frame the
subject as you desire.
VL-Z900_P192-204.pm6
Page 202
• The
indicator flashes red while data is being recorded
on the card, and returns to white when recording completes.
• To record another image, release the "フォト"
(PHOTO) button and make sure the picture is not frozen in the monitor, then perform steps 6 and 7.
Notes:
• Recording under the light of a fluorescent, mercury, or sodium lamp
may cause flickering in the image and, depending on the timing of
the shot, may result in changes to color hue in the image.
• Set the BEEP menu item to “OFF” to turn off the focus locking sound.
• Do not turn the power off or remove the card while the
indicator is flashing in step 7.
03.12.23, 5:24 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
Card Playback
Media Selection
switch
Available mode:
Card Playback
You can play back and view
still images recorded on a
card on the LCD monitor.
Note:
• Holding down
4
or
increases the speed of motion of the selection frame.
Press the center of the Operation button.
• The selected image displays in full-screen.
Image file name
10 0 -0 00 1
Operation button
1
2
Set the Media Selection switch to
Power
switch
.
S E L E C T I MG
Hold down the Lock button and set the Power
switch to "再生" (playback).
• The images recorded on the card are displayed in a thumbnail format.
7
8
9
10
1 0 0- 0 0 1 0
PAGE 2 / 2
NORMA L
MULT I
Lock button
S E L E C T I MG F U L L
Page number/total thumbnail pages
3
C A RD
[ 1280 ]
1 / 10
NORMA L
Press , , or
move the selection frame to the
desired image.
on the Operation button to
• Each time you press
, , or , the selection frame moves
as shown on the right.
VL-Z900_P192-204.pm6
1
2
3
4
5
6
1 0 0- 0 0 0 1
PAGE 1 / 2
NORMA L
S E L E C T I MG F U L L MULT I
Page 203
F UL L
MU L T I
Playback image
number/number of
recordings
Picture quality
indicator
Available Operations during Full-screen Display
• You can display the full-screen picture of the previous or
next image by pressing or .
• When holding down or , you can search through the images on
the card. The search can be very fast, so it is recommended that
the on-screen indicators be turned on to display the image number.
• To return to a thumbnail of the images, press the center of the Operation button again.
Notes:
• You can also set in the mode screen to display the images in full screen or thumbnails.
• Depending on the amount of data for the recorded image, the
picture quality indicator displayed during playback may not match
the picture quality setting used during recording.
• The images bigger than 1280 × 960, e.g. images recorded on
other equipment, display as thumbnails, not full screen.
• Do not play back any card storing a defective image (with noise and distortion) created on other equipment. If you mistakenly play back data on such a
card, set the Power switch to OFF, remove, and never use it with this camcorder.
03.12.23, 5:24 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
役
立
つ
情
報
/
さ
く
い
ん
203
Useful Features
Control Buttons
Using the Mode Screens
Operation button
In the mode screens, you can adjust the camcorder settings
by using the Operation button.
Media Selection
switch
1
Set to the desired camcorder mode by using the Media
Selection switch and the Power switch (see page 197).
• Steps 2 to 4 show how to change the SCENE MENU setting in Tape Camera mode.
2
Power switch
" 表示切換 / 設定 "
(DISPLAY/SETTING) button
■ Operation button
Use the Operation button to select and set the desired setting.
3
"表示切換/設定" (DISPLAY/SETTING) button
Each time you press the "表示切換/設定" (DISPLAY/SETTING)
button, the screen changes as shown below.
• The example screens shown are for Tape Camera mode.
PAUSE
PAUSE
M A NU A L S E T E X E C U T E
F OCUS
AUTO F OCUS
BLC / GA I N
AU TO
6 0min
APL. 30 . 2 0 0 4
1 0 : 0 0 AM
AU TO
3 0min
SEL ECT
SET
4
Press the "表示切換/設
定" (DISPLAY/SETTING) button until the
mode screen appears.
M A NU A L S E T E X E C U T E
F OCUS
AUTO F OCUS
BLC / GA I N
Press or on the Operation button to select the
desired mode item (SCENE
MENU), then press the center of the Operation button.
AUTO F OCUS
BLC / GA I N
FADE
SC E N E M E NU OF F
Press or to select the
desired mode setting
(DUSK), then press the center of the Operation button.
AUTO F OCUS
BLC / GA I N
FADE
S C E N E M E N U DU S K
■ To turn off the mode screen
PAUSE
Press the "表示切換/設定" (DISPLAY/SETTING) button.
Note:
• Items that are not selectable are grayed out.
204
VL-Z900_P192-204.pm6
Page 204
03.12.23, 5:24 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
もくじ
ページ
お
使
い
に
な
る
ま
え
に
ご使用の前に必ずお読みください ・・・・・・・ 5
本書の見かた ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6
安全にお使いいただくために ・・・・・・・・・・・ 7
付属品と別売品 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18
ご使用にあたって ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19
各部のなまえとおもな機能 ・・・・・・・・・・・ 20
準
備
レンズキャップの使いかた ・・・・・・・・・・・・・・・・
ワイヤレスリモコンの使いかた ・・・・・・・・・・・・
画面について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
端子部ふたの開きかた ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
22
23
24
27
ページ
電源を入れる・切る(モードの切り換え)・・ 41
画面表示の切り換えについて ・・・・・・・・・ 42
持ちかた・かまえかた ・・・・・・・・・・・・・・・ 43
準備する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
再生する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
再生中に、見たい場所をすばやく探す
(ビデオサーチ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
画面を止めて見る(静止画再生) ・・・・・・・・・・
コマ送りで見る(コマ送り再生) ・・・・・・・・・・
スローモーションで見る(スロー再生) ・・・・
逆方向に再生する(逆再生) ・・・・・・・・・・・・・・
ボタン電池を入れる ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 29
本体にボタン電池を入れる ・・・・・・・・・・・・・・・・ 29
ワイヤレスリモコンへボタン電池を入れる ・・ 30
電源について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 31
ご家庭のコンセントで使う ・・・・・・・・・・・・・・・・ 31
バッテリーパックを使う ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 31
バッテリーパックを充電する ・・・・・・・・・・・・・・ 32
2
ビデオテープを入れる ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 39
取り出すときは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 40
VL-Z900_表1-4面付.pm6
Page 2
51
51
52
53
53
53
53
撮影した映像をその場で確認する
(カメラサーチ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 54
日付・時刻を設定(修正)する ・・・・・・・・・ 33
ビデオテープを入れる ・・・・・・・・・・・・・・・ 39
準備する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45
撮影する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45
クイックにマニュアル設定したいとき ・・・・・・ 46
液晶モニターのバックライトを切る ・・・・・・・・ 47
ズームする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 47
電源の切り忘れを防止する(オートパワーオフ) ・・ 48
ヘッドホンを使う ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49
テープに静止画を撮る ・・・・・・・・・・・・・・・ 50
テープを再生する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 51
視力に合わせて視度調整をする ・・・・・・・・・・・・ 28
33
35
36
38
Use the menu screens to
adjust the various
camcorder settings.
テープに撮影する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45
撮
る
・
見
る
液晶モニターを使うときは ・・・・・・・・・・・ 27
ビューファインダーを使うときは ・・・・・ 28
はじめて設定するとき ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日付・時刻を設定し直す ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日付・時刻表示を切り換える ・・・・・・・・・・・・・・
12時間制・24時間制表示を切り換える ・・・・
Using the Menu Screens
使
い
こ
な
す
撮影するときに便利な機能を使う ・・・・・ 55
各機能を選択する操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 55
逆光の中や暗いときに補正する(逆光補正) ・・・・・・ 56
シーンの切り換わりを効果的に撮る(フェード) ・・ 57
撮影するシーンに合わせた設定にする(シーンアジャスト) ・・ 58
画面を明るくする(ファインピクチャー) ・・・・・・ 59
Operation button
Media Selection
switch
4
" メニュー "
• You can press
tion button.
(MENU) button
Power switch
1
Set to the desired camcorder mode by using the Media
Selection switch and the Power switch (see page 197).
• Steps 2 to 5 show how to change the DGTL ZOOM menu setting in Tape Camera mode.
2
Press the "メニュー"
(MENU) button to display the menu screen.
S E T T I NG 1
QK . R E T URN
W I D E MOD E
D G T L Z O OM
TAPE SPEE D
Z O OM M I C
RE T URN
S T AR T
OF F
OF F
SP
AUTO
Note:
• The menu screen does not appear during recording.
3
S E T T I NG 1
Press
or
on the
QK. RE TURN START
OF F
W I D E MOD E
Operation button to
D G T L Z O OM O F F
TAPE SPEE D SP
select the desired
AUTO
Z O OM M I C
RE T URN
menu screen ( ),
then press the center of the Operation button.
• You can press
button.
Press
or
to select the desired menu
item (DGTL ZOOM),
then press the center
of the Operation button.
, instead of the center of Operation
5
S E T T I NG 1
Q K . R E T U RN
W I D E MOD E
DG T L Z O OM OF F
TAPE SPEE D 4 0
Z O OM M I C
200
R E T URN
, instead of the center of the Opera-
Press or to select the desired menu setting (40), then press the center of the Operation button.
DG T L ZOOM
40
• You can press , instead of the center of the Operation button.
• To adjust another menu item, press or to select
“RETURN” and press the center of the Operation
button, then perform steps 3 to 5.
■ To turn off the menu screen
Press the "メニュー" (MENU) button.
Notes:
• Certain menu items are common to all camcorder modes. If the
BEEP menu item, for example, is set to “OFF” in Tape Camera
mode, it will be automatically set to “OFF” in other modes.
• The menu screen automatically turns off if no settings are made
within 5 minutes.
• Items that are not selectable are grayed out.
205
03.12.23, 4:24 PM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
お客様相談センター
受付時間
東日本相談室 TEL
043-297-4649 FAX 043-299-8280
西日本相談室 TEL
06-6621-4649 FAX 06-6792-5993
月曜∼土曜:午前9時∼午後6時
日曜・祝日:午前10時∼午後5時(年末年始を除く)
● 同梱のソフト(CD-ROM)についてのお問い合わせは‥
シャープAVCホットライン
受付時間
TEL
03-5396-8895
月曜∼金曜:10:00∼12:00/13:00∼17:00 (土・日曜、祝日など弊社休日は除く)
● 同梱のソフト PixLab(ピクスラボ)4.7LEのインストールキー
A2815336 ー 2642811
「お客様ご相談窓口のご案内」(175ページ)をご参照ください。
● 修理のご相談は‥
● シャープホームページ
VL-Z900 液晶デジタルビデオカメラ取扱説明書
● 製品についてのお問い合わせは‥
®
取扱説明書
液晶デジタルビデオカメラ
ブイ エル
形
名
◆ 本書は、保証書とともに、いつでも見ることができる所に必ず保存してください。
◆ 保証書は、必ず購入店名・購入日などの記入を確かめてお受け取りください。
◆ See page 192 for "Quick Start Guide in English".
04P01-MMM
Printed in Malaysia
TINSJA041WJN1B
”
ロゴは商標です。
お買い上げいただき、
まことにありがとうございました。
この取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
ご使用の前に、
「安全にお使いいただくために」
を必ずお読みください。…7ページ
大阪市阿倍野区長池町22番22号
栃木県矢板市早川町174番地
®
VL-Z900_表1-4面付.pm6
Page 1
撮
る
・
見
る
使
い
こ
な
す
編
集
す
る
•“ 〒545-8522
〒329-2193
VL-Z900
準
備
カ
ー
ド
を
使
う
http://www.sharp.co.jp/
本 社
AVシステム事業本部
ゼット
安
全
に
使
う
04.1.27, 10:44 AM
Adobe PageMaker 6.0J/PPC
静パ
止ソ
画コ
をン
取に
り
込
む
メ役
ニ立
ュつ
ー情
報
/