はじめにお読みください

はじめにお読みください
タイプVD
(Windows® 7 Professionalインストールモデル)
(Windows® XP Professionalインストールモデル)
お買い上げいただき、まことにありがとうございます。
梱包箱を開けたら、まず本書の手順通りに操作してください。
本書では、特にことわりのない場合、
・ Windows® 7 ProfessionalをWindows 7と表記します。
・ Windows® XP Professional with SP 3 正規版(Windows® 7 Professional正規版 ダウ
ングレード)をWindows XPと表記します。
なお本書に記載のイラストはモデルにより多少異なります。
操作の流れ
1
Windows XP Professionalインストールモデルについて ....... 2
2
型番を控える ........................................................................... 3
3
添付品の確認 ........................................................................ 10
4
使用場所の決定 .................................................................... 14
5
添付品の接続 ........................................................................ 16
6
Windowsのセットアップ .................................................. 19
7
お客様登録 ............................................................................ 31
8
マニュアルの使用方法......................................................... 32
9
使用する環境の設定と上手な使い方 ................................. 35
Windows XP Professionalインストールモデルについて説明しています。
本製品の型番を控えます。
不足しているものや、破損しているものがないかを最初に確認します。
使用する場所を決めます。
使い始めるのに必要な機器を接続します。接続する前には、必ず添付の『安
全にお使いいただくために』をお読みください。
初めて電源を入れるときには、Windowsをセットアップします。
お客様の登録をします。
添付されているマニュアルの使い方について説明しています。
使用する環境や運用、管理する上で便利な機能を設定します。
10 付録 機能一覧 .................................................................... 39
仕様を一覧表にまとめています。
1
Windows XP Professional
インストールモデルについて
ライセンスについて
・ Windows XP Professionalインストールモデルをご利用になる前には、必ず添
付の『マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項』をお読みください。
・ Windows XP Professionalインストールモデルには、添付の『マイクロソフト
ソフトウェア ライセンス条項』をお読みになったお客様からのご依頼によ
り、弊社がお客様の代わりにWindows 7 Professionalのライセンス条項に付
帯するダウングレード権を行使してWindows XP Professionalをプリインス
トールしております。
Windows 7 Professionalを利用する場合
Windows XP ProfessionalインストールモデルでWindows 7 Professionalをご利
用いただくためには、本機に添付している再セットアップ用ディスク(Windows
7 Professional)を使用し、再インストールする必要があります。
詳しくは『活用ガイド 再セットアップ編』をご覧ください。
2
Windows XP Professionalインストールモデルについて
2
型番を控える
型番を控える
梱包箱のステッカーに記載されているスマートセレクション型番(15桁の型番
です)
、
またはフリーセレクション型番(フレーム型番とコンフィグオプション型
番)を、このマニュアルに控えておきます。型番は添付品の確認や、再セットアッ
プをするときに必要になりますので、必ず控えておくようにしてください。
フリーセレクション型番の場合は、型番を控えておかないと、梱包箱をなくした場合に
再セットアップに必要な情報が手元に残りません。
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
0003
PC-VXXXXXXXX
0003 PC - X - XXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
0003 PC - X - XXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
0003 PC - X - XXXXXX
VXXXX/XX model XXXXX
[型番 : PC-VXXXXXXXXXXX]
4988621367934
A
0003 PC - X - XXXXXX
K4444
左が「スマートセレクション型番」、右が「フリーセレクション型番」のステッカー
です。
スマートセレクション型番のステッカーの場合は、「スマートセレクション型番
を控える」へ、フリーセレクション型番のステッカーの場合は、p.6「フリーセレ
クション型番を控える」へ進んでください。
スマートセレクション型番を控える
スマートセレクション型番を控えます。控え終わったら、p.10「3 添付品の確認」
へ進んでください。
1. スマートセレクション型番を次の枠に控える
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
VXXXX/XX model XXXXX
[型番 : PC-VXXXXXXXXXXX]
4988621367934
A
K4444
スマートセレクション型番
型番を控える
3
❶
❷
❸ ❹ ❺ ❻ ❼
PC-V□□□GD□□□□□9
□の意味は次の通りです。
❶ モデルの種類を表しています。
✓
型 番
Y
J
モデル
VersaPro
VersaPro J
❷ CPUのクロック周波数の種類を表しています。
✓
型 番
24
クロック周波数
2.40GHz
❸ ディスプレイの種類を表しています。
✓
型 番
D
ディスプレイ
15.4型WXGA液晶ディスプレイ
❹ インストールOS、選択アプリケーションの種類を表しています。
✓
型 番
E
C
5
7
インストールOS
Windows 7 Professional
Windows XP Professional
(Windows 7 Professional
ダウングレード)
選択アプリケーション
Office Personal 2007
なし
Office Personal 2007
なし
❺ FDD、光学ドライブ、マウス、IMEの種類を表しています。
✓
型番
L
M
H
A
G
FDD
なし
光学ドライブ
マウス
USBレーザーマウス
DVDスーパーマルチドライブ USB光センサーマウス
なし
USBレーザーマウス
DVD-ROM
USB光センサーマウス
IME
なし
❻ 通信機能、合計メモリの容量、バッテリパックの種類を表しています。
✓
4
型番を控える
型番
F
G
B
X
R
T
J
H
通信機能
合計メモリ
2GB(2GB×1)
LAN&無線LAN
1GB(1GB×1)
2GB(2GB×1)
LAN
1GB(1GB×1)
バッテリパック
ニッケル水素バッテリ
リチウムイオンバッテリ
ニッケル水素バッテリ
リチウムイオンバッテリ
ニッケル水素バッテリ
リチウムイオンバッテリ
ニッケル水素バッテリ
リチウムイオンバッテリ
❼ 再セットアップ用媒体、ハードディスクの容量、保証サービスの種類を表し
ています。
✓
型番
R
X
再セットアップ用媒体
再セットアップ用媒体添付+
再セットアップ用バックアップ
イメージをHDDに格納
再セットアップ用バックアップ
イメージをHDDに格納
ハードディスク
の容量
160GB
保証サービス
なし
160GB
※ 上記の ❶ ∼ ❼ のすべての組み合わせが実現できているわけではありま
せん。
以上で「型番を控える」は完了です。
次にp.10「3 添付品の確認」へ進んでください。
型番を控える
5
フリーセレクション型番を控える
フレーム型番とコンフィグオプション型番を控えます。控え終わったら、p.10
「3 添付品の確認」へ進んでください。
1. フレーム型番を次のチェック表にチェックする
0003
フレーム型番
PC-VYXXXXXXX
0003 PC - V - XXXXXX
0003 PC - V - XXXXXX
0003 PC - V - XXXXXX
0003 PC - V - XXXXXX
❶
❷
❸
PC-V□□□GDZ□9
□の意味は次の通りです。
❶ モデルを表しています。
✓
型 番
Y
J
モデル
VersaPro
VersaPro J
❷ CPUのクロック周波数を表しています。
✓
型 番
24
25
クロック周波数
2.40GHz
2.53GHz
❸ インストールOSを表しています。
✓
型 番
C
7
6
型番を控える
インストールOS
Windows 7 Professional
Windows XP Professional
(Windows 7 Professionalダウングレード)
2. コンフィグオプション型番を次のチェック表にチェックする
0003
PC-VAXXXXXXX
0003 PC - V - XXXXXX
0003 PC - V - XXXXXX
コンフィグオプション型番
0003 PC - V - XXXXXX
0003 PC - V - XXXXXX
次のコンフィグオプション(以降、COPと略します)型番は、ご購入時に選択
したものがステッカーに記載されています。ご購入されたモデルによっては、
選択できないCOP型番があります。また、ステッカーに記載されているCOP型
番は順不同になっています。
COP型番に記載されている英数字の意味は次の通りです。
❶ PC-N-LCD5□9、PC-J-LCD5□9はディスプレイを表しています。
✓
型 番
F
W
ディスプレイ
15.6型ワイドフルHD液晶ディスプレイ
15.4型WXGA液晶ディスプレイ
❷ PC-N-H□□□□9、PC-J-H□□□□9はハードディスク/SSDの容量、
SecureRedirectorを表しています。
✓
型 番
LD16
LD64
SD32
SD16
FD64
ハードディスク/SSDの容量
160GB
64GB SSD
320GB
160GB
64GB SSD
SecureRedirector
あり
なし
❸ PC-N-M□□□□9、PC-J-M□□□□9は合計メモリの容量を表しています。
✓
型 番
DD40
AD20
DD20
AD10
4GB
2GB
2GB
1GB
合計メモリの容量
DDR3 SDRAM(2GB×2)
DDR3 SDRAM(2GB×1)
DDR3 SDRAM(1GB×2)
DDR3 SDRAM(1GB×1)
❹ PC-N-C□□□□9、PC-J-C□□□□9は光学ドライブを表しています。
✓
型 番
7DDV、XDDV
7DDS、XDDS
7DBR
光学ドライブ
DVD-ROM
DVDスーパーマルチドライブ
ブルーレイディスクドライブ
❺ PC-□-FDFDD7はFDDを表しています。
✓
型 番
N、J
FDD
USB FDD
型番を控える
7
❻ PC-N-BAA□17、PC-J-BAA□17はバッテリパックを表しています。
✓
型 番
L
N
バッテリパック
リチウムイオンバッテリ
ニッケル水素バッテリ
❼ PC-□-NWD4L9は通信機能を表しています。
✓
型 番
N、J
通信機能
無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)
❽ PC-N-KBD□□9、PC-J-KBD□□9はキーボードを表しています。
✓
型 番
LV
VA
キーボード
キーボード(タイプA)
キーボード(タイプB)
❾ PC-N-PD□□□□、PC-J-PD□□□□はマウスを表しています。
✓
型 番
DUR9
AUL7
AUS7
マウス
USBレーザーマウス
USB光センサーマウス
USBボールマウス
PC-□-FVDXF9はセキュリティ機能を表しています。
✓
型 番
N、J
セキュリティ機能
FeliCaポート
PC-N-APHV□9、PC-J-APHV□9は選択アプリケーションを表しています。
✓
型 番
E
R
T
選択アプリケーション
Office Personal 2007
Office Professional 2007
Office Personal 2007 with PowerPoint 2007
PC-N-BCD□□9、PC-J-BCD□□9は再セットアップ用媒体を表しています。
✓
型 番
W7
XP
8
型番を控える
再セットアップ用媒体
再セットアップ用ディスク
Windows 7 Professional用
再セットアップ用DVD-ROM
Windows XP Professional用
PC-N-EX□□□□、PC-J-EX□□□□は保証サービスを表しています。
✓
型 番
5HY7
5AY7
4HY7
3HY7
4DY7
3DY7
5HJ9
5AJ9
4HJ7
3HJ7
4DJ7
3DJ7
保証サービス
標準保証拡張G3
[5年間翌営業日出張修理]
引取標準保証拡張G3
[5年間引取修理]
標準保証拡張G3
[4年間翌営業日出張修理]
標準保証拡張G3
[3年間翌営業日出張修理]
動産総合保険付標準保証拡張G3
[4年間引取修理専用]
動産総合保険付標準保証拡張G3
[3年間引取修理専用]
標準保証拡張G3
(Jシリーズ用)
[5年間翌営業日出張修理]
引取標準保証拡張G3(Jシリーズ用)
[5年間引取修理]
標準保証拡張G3(Jシリーズ用)
[4年間翌営業日出張修理]
標準保証拡張G3(Jシリーズ用)
[3年間翌営業日出張修理]
動産総合保険付標準保証拡張G3(Jシリーズ用)
[4年間引取修理専用]
動産総合保険付標準保証拡張G3(Jシリーズ用)
[3年間引取修理専用]
PC-□-ATA098はIMEを表しています。
✓
型 番
N、J
IME
ATOK 2009 for Windows
以上で「型番を控える」は完了です。
次の「 3 添付品の確認」へ進んでください。
型番を控える
9
3
添付品の確認
添付品を確認する
梱包箱を開けたら、まず添付品が揃っているかどうか、このチェックリストを見
ながら確認してください。万一、添付品が足りない場合や破損していた場合は、す
ぐにご購入元にご連絡ください。
・ 梱包箱には、このチェックリストに記載されていない注意書きの紙などが入っている
場合がありますので、本機をご使用いただく前に必ずご一読ください。また、紛失しな
いよう、保管には十分気を付けてください。
・ 本機を箱から取り出すときは、マニュアル類が入っている面が下になるように、箱を
置き直してください。
❶ 箱の中身を確認する
p.3の1またはp.6の1、p.7の2の型番を参照すると、よりわかりやすくなります。
□保証書(本体梱包箱に貼り付けられています)
保証書は、ご購入元で所定事項をご記入の上、お受け取りになり、保管して
ください。保証期間中に万一故障した場合は、保証書の記載内容に基づいて
修理いたします。保証期間後の修理については、ご購入元、または当社指定
のサービス窓口にご相談ください。修理によって機能が維持できる場合は、
お客様のご要望により有償修理いたします。
□ はじめにお読みください(このマニュアルです)
10
添付品の確認
□本体
□ACアダプタ
□電源コード
□バッテリパック
□ ソフトウェアのご使用条件(お客様へのお願い)
(箱の中身を確認後必ずお読みください)
□ ソフトウェア使用条件適用一覧/添付ソフトウェアサポート窓口一覧
(箱の中身を確認後必ずお読みください)
□ アプリケーション/マニュアルディスク
またはアプリケーションCD-ROM/マニュアルCD-ROM
□ 安全にお使いいただくために
□ 活用ガイド 再セットアップ編
□ 保証規定&修理に関するご案内
Windows XPモデルの場合添付
□ 再セットアップ用ディスク(Windows 7 Professional)
□ アプリケーション/マニュアルディスク
(Windows 7 Professional)
□ マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項
アプリケーションを選択した場合添付
□ 選択アプリケーション
Microsoft® Office Personal 2007、
Microsoft® Office Personal 2007 with Microsoft® Office PowerPoint® 2007、
またはMicrosoft® Office Professional 2007
□ 2007 Office system SP1 CD-ROM
添付品は、選択アプリケーションに添付のマニュアルをご覧ください。
(p.4 1-❹、またはp.8 2- で選択アプリケーションの有無がわかります)
FDDを選択した場合添付
□ フロッピーディスクドライブ
マウスを選択した場合添付
□ マウス
再セットアップ用媒体を選択した場合添付
□ 再セットアップ用ディスク
または再セットアップ用DVD-ROM
添付品の確認
11
光学ドライブの種類でDVDスーパーマルチドライブを選択した場合添付
<Windows 7モデルの場合>
□ Roxio Creator LJB ディスク
<Windows XPモデルの場合>
□ WinDVD for NEC CD-ROM / Roxio Creator LJB CD-ROM
光学ドライブの種類でブルーレイディスクドライブを選択した場合添付
(Windows 7モデルのみ)
□ Roxio BackOnTrack LE ディスク
□ Roxio Creator LJB ディスク
光学ドライブの種類でDVD-ROMドライブを選択した場合添付
(Windows XPモデルのみ)
□ WinDVD for NEC CD-ROM
SecureRedirectorを選択した場合添付
□ SecureRedirector CD-ROM
□ SecureRedirectorモデルをお使いの方へ
セキュリティ機能を選択した場合添付
□ FeliCaポートソフトウェアディスク
ATOK 2009 for Windowsを選択した場合添付
□ ATOK 2009 for Windows CD-ROM
□ J-Sheet ユーザー登録シート
保証サービスを選択した場合添付
□ 標準保証拡張G3、引取標準保証拡張G3または動産総合保険付標準
保証拡張G3
12
添付品の確認
❷ 本体にある型番、製造番号と保証書の型番、製造番号が一致していることを確
認する
PC-VX XXX…XX
万一違っているときは、すぐにご購入元にご連絡ください。また保証書は大切
に保管しておいてください。
なお、フリーセレクション型番の場合は、フレーム型番のみが表示されています。
以上で「添付品の確認」は完了です。
次の「 4 使用場所の決定」へ進んでください。
添付品の確認
13
4
使用場所の決定
使用場所を決める
使用に適した場所
使用に適した場所は次のような場所です。
◆ 屋内
◆ 温度5℃∼ 35℃、湿度20%∼ 80%(ただし結露しないこと)
◆ 平らで十分な強度があり、落下のおそれがない(机の上など)
使用に適さない場所
次のような場所では使用しないでください。本機の故障や破損の原因となります。
◆ 磁気を発生するもの
(扇風機、スピーカなど)
や磁気を帯びているものの近く
◆ 直射日光があたる場所
◆ 暖房機の近く
◆ 薬品や液体の近く
◆ 腐食性ガス(オゾンガス)などが発生する場所
◆ テレビ、ラジオ、コードレス電話、携帯電話、他のディスプレイなどの近く
◆ 人通りが多くてぶつかる可能性がある場所
◆ ドアの開け閉めで、ドアが当たる場所
◆ ホコリが多い場所
◆ 本体背面または側面にある通風孔がふさがる場所
◆ テレビ、ラジオなどと同じACコンセントを使う場所
14
使用場所の決定
使用場所が決まったら……
使用場所が決まったら、本機の使用と添付品の接続を行います。
また、本機は精密機器ですので、慎重に取り扱ってください。乱暴な取り扱い
をすると、故障や破損の原因となります。
本機を移動するときは……
本機に接続している、すべてのケーブル、コード(電源コードなど)を取り外
してください。本機を持ち上げるときは、左右から手を入れて底面を持ってく
ださい。また、移動中に、壁などにぶつけたりすると故障や破損の原因となり
ますので、大切に取り扱ってください。
以上で「使用場所の決定」は完了です。
次の「 5 添付品の接続」へ進んでください。
使用場所の決定
15
5
添付品の接続
接続するときの注意
・ LANケーブル(別売)は接続しない、無線LAN機能はオフにする
LANケーブルは、本機を安全にネットワークに接続させるため、Windowsの
セットアップ、ファイアウォールの設定を終了させてから接続するようにし
てください。
また、無線LANモデルをお使いの場合は、無線LAN機能がオフになっている
ことを確認してください(工場出荷時の状態では、無線LAN機能はオフになっ
ています)。
・ 添付品の接続をするときは、コネクタの端子に触れない
故障の原因となります。
1. バッテリパックを取り付ける
次のイラストを見て、バッテリパックを取り付けてください。
ツメ
❷
❶
バッテリイジェクトロック
❸
ガイド
❶ バッテリイジェクトロックを矢印の方向にスライドさせ、ロックを解除する
❷ 本機にバッテリパックを取り付ける
バッテリパックのツメと本体のガイドを合わせ、カチッと音がするまでしっ
かりはめ込んでください。
取り付けるときは、バッテリパックの向きに注意してください。
16
添付品の接続
❸ バッテリイジェクトロックを矢印の方向にスライドさせ、バッテリパックを
ロックする
バッテリを取り外す際は、①バッテリイジェクトロックを矢印の方向にスライド
させ、②バッテリアンロックを矢印の方向にスライドさせ、③バッテリパックを
矢印の方向に持ち上げて取り外してください。
バッテリイジェクトロック
バッテリアンロック
添付品の接続
17
2. ACアダプタを取り付ける
・ ご購入直後は、バッテリ駆動ができないことや動作時間が短くなること、バッテリ残
量が正しく表示されないことがあります。
必ず、満充電してから使用してください。
・ Windowsのセットアップが終わるまで、ACアダプタを抜かないでください。
次のイラストを見て、本機にACアダプタ(PC-VP-WP102)を取り付けてくだ
さい。
ACアダプタを取り付けると、自動的にバッテリの充電が始まり、バッテリ充電
ランプ(
)がオレンジ色に点灯します。
バッテリが満充電されるとバッテリ充電ランプ(
)が消灯します。
❶
❸
❷
バッテリの充電状態によってはバッテリ充電ランプ(
)が点灯しない場合
があります。これはバッテリが95%以上充電されているためです。
以上で「添付品の接続」は完了です。
次の「 6 Windowsのセットアップ」へ進んでください。
18
添付品の接続
6
Windowsのセットアップ
初めて本機の電源を入れるときは、Windowsセットアップの作業が必要です。
Windowsのセットアップの途中では絶対に電源を切らないでください。作業の途中で
電源スイッチを操作したり電源コードを引き抜いたりすると、故障の原因になります。
セットアップをするときの注意
・ マニュアルに記載されている手順通りに行う
Windowsをセットアップするときは、必ずこのマニュアルに記載されている
手順を守ってください。手順を省略したり、画面で指示された以外のキーを
押したり、スイッチを操作すると、正しくセットアップできないことがあり
ます。
・ 周辺機器は接続しない
この作業が終わるまでは、
「5 添付品の接続」で接続した機器以外の周辺機器
(プリンタや増設メモリなど)の取り付けを絶対に行わないでください。これ
らの周辺機器を本機と一緒にご購入された場合は、先に「6 Windowsのセット
アップ」から「9 使用する環境の設定と上手な使い方」の作業を行った後、周
辺機器に添付のマニュアルを読んで接続や取り付けを行ってください。
・ LANケーブル(別売)は接続しない、無線LAN機能はオフにする
LANケーブルは、本機を安全にネットワークに接続させるため、Windowsの
セットアップ、ファイアウォールの設定を終了させてから接続するようにし
てください。
また、無線LANモデルをお使いの場合は、無線LAN機能がオフになっているこ
とを確認してください(工場出荷時の状態では、無線LAN機能はオフになって
います)。
・ 途中で電源を切らない
途中で画面が止まるように見えることがあっても、セットアッププログラムは
動作していることがあります。故障ではありませんので、慌てずに手順通り操
作してください。
・ セットアップ中は放置しない
Windowsのセットアップが終了し、いったん電源を切るまで、セットアップ
中でキー操作が必要な画面を含み、本機を長時間放置しないでください。
障害が発生した場合や誤って電源スイッチを押してしまった場合は、p.25「セッ
トアップ中にトラブルが発生した場合」をご覧ください。
Windowsのセットアップ
19
セットアップを始める前の準備
Windowsセットアップ中に本機を使う人の名前(ユーザー名)、コンピュータの
名前(コンピュータ名)を入力する必要があります。登録する名前を決めてお
いてください。
ユーザー名、コンピュータ名を日本語にする場合、環境依存文字など(日本語変換で一
覧に「環境依存文字」と表示される文字や記号(\ / [ ] : ¦ < > + = ; , ? * @など))を使
用するとアプリケーションによっては正しく動作しない場合がありますので、半角英
数字のみのユーザー名、コンピュータ名を入力することをおすすめします。
電源を入れる
❶ 本機の液晶ディスプレイを開く
液晶ディスプレイを開閉するときは、キーボード側の本体をしっかりと押さえてくだ
さい。また、液晶画面に力を加えないように、枠の部分を持つようにしてください。
❷ 本機の電源スイッチ( )を押す
液晶ディスプレイは、非常に高精度な技術で作られていますが、画面の一部
にドット抜け※(ごくわずかな黒い点や、常時点灯する赤、青、緑の点)が
見えることがあります。
また、見る角度によっては、色むらや明るさのむらが見えることがありま
す。 これらは、液晶ディスプレイの特性によるものであり、故障ではあり
ません。交換・返品はお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
※:社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)のガイドラインに従い、ドッ
ト抜けの割合を「付録」の「仕様一覧」に記載しています。ガイドライ
ンの詳細については、以下のWEBサイトをご覧ください。
「パソコン用液晶ディスプレイのドット抜けに関する定量的表記ガイドライン」
http://it.jeita.or.jp/perinfo/committee/pc/0503dot/index.html
20
Windowsのセットアップ
セットアップの作業手順
以降は、お買い上げいただいたオペレーティングシステムに従って、次の「1.
Windows 7のセットアップ」、またはp.23「2. Windows XPのセットアップ」に
進んでください。
1. Windows 7のセットアップ
Windows 7のセットアップを開始します。
・ これ以降は、セットアップの作業が完了するまでは、電源スイッチに絶対に手を触
れないでください。セットアップが完了する前に電源を切ると、故障の原因になり
ます。
・ ユーザー名とコンピューター名を入力する画面が表示されるまで時間がかかります。
しばらくお待ちください。
・ お使いのモニタによっては、セットアップ中に画面が一部黒く表示される箇所があ
りますが、動作上問題ありません。
・ 手順⑤の設定方法についてはネットワーク管理者にお問い合わせください。
❶ ユーザー名とコンピューター名を入力する画面が表示されたら、ユーザー名、
コンピューター名を入力し、「次へ」ボタンをクリック
ユーザー名を入力しないと、次の操作に進むことはできません。
❷ ユーザーアカウントのパスワードを設定する画面が表示されたら、パスワー
ドを入力し、「次へ」ボタンをクリック
❸「ライセンス条項をお読みになってください」と表示されたら、内容を確認する
❹ 内容を確認後、「ライセンス条項に同意します」をチェックし、「次へ」ボタ
ンをクリック
(同意しない場合セットアップは続行できません)
❺「コンピューターの保護とWindowsの機能の向上が自動的に行われるように
設定してください」と表示されたら、「推奨設定を使用します」、「重要な更新
プログラムのみインストールします」、または「後で確認します」のいずれか
を選択する
途中で何度か画面が変わり、デスクトップ画面が表示されるまでしばらくか
かります。
Windowsのセットアップ
21
❻ ❷でパスワードを設定した場合は、パスワードを入力する
❼「Windowsの設定が完了しました。」と表示されたら、「OK」ボタンをクリック
「Microsoft Office IME 2007を通常使う日本語入力システムとして設定します
か?」と表示される場合があります。表示された場合は「はい」をクリック
してください。
❽
(
「スタート」ボタン)をクリック
❾「シャットダウン」ボタンをクリック
電源が切れます。
以上で「Windows 7のセットアップ」は完了です。
p.27「セットアップ後のトラブル対策」へ進んでください。
22
Windowsのセットアップ
2. Windows XPのセットアップ
Windows XPのセットアップを開始します。
・ これ以降は、セットアップの作業が完了するまでは、電源スイッチに絶対に手を触れ
ないでください。セットアップが完了する前に電源を切ると、故障の原因になります。
・「Microsoft Windows へようこそ」
画面が表示されるまで時間がかかります。
しばらく
お待ちください。
・ お使いのモニタによっては、セットアップ中に画面が一部黒く表示される箇所があり
ますが、動作上問題ありません。
・ 手順④∼⑦の設定方法についてはネットワーク管理者にお問い合わせください。
❶「Microsoft Windows へようこそ」画面が表示されたら、「次へ」ボタンをク
リック
❷「使用許諾契約」画面を確認する
❸ 内容を確認後、「同意します」をクリックし、「次へ」ボタンをクリック
(同意しない場合セットアップは続行できません)
「自動更新を有効に
❹「コンピュータを保護してください」画面が表示されたら、
し、コンピュータの保護に役立てます」、または「後で設定します」のいずれか
を選択し、「次へ」ボタンをクリック
❺「コンピュータに名前を付けてください」画面が表示されたら、名前を入力し、
「次へ」ボタンをクリック
❻「管理者パスワードを設定してください」画面が表示されたら、管理者パス
ワードを入力し、「次へ」ボタンをクリック
❼「このコンピュータをドメインに参加させますか?」画面が表示された場合
は、「いいえ」、または「はい」を選択し、「次へ」ボタンをクリック
「省略」ボ
❽「インターネット接続を確認しています」画面が表示された場合は、
タンをクリック
❾「Microsoftにユーザ−登録する準備はできましたか?」画面が表示された場合
は、
「いいえ、
今回はユーザー登録しません」
を選択し、
「次へ」
ボタンをクリック
「このコンピュータを使うユーザーを指定してください」画面が表示された
ら、ユーザー名を入力し、「次へ」ボタンをクリック
Windowsのセットアップ
23
ユーザー名を入力しないと、次の操作に進むことはできません。なお、ここで入力し
た「ユーザー 1」の内容が、「システムのプロパティ」の「使用者」として登録されま
す。「使用者」はセットアップが完了した後には変更できません。変更するには再セッ
トアップが必要です。
「設定が完了しました」画面が表示されたら、「完了」ボタンをクリック
途中で何度か画面が変わり、デスクトップ画面が表示されるまでしばらくか
かります。
「Windowsの設定が完了しました。」と表示されたら、
「OK」ボタンをクリック
「スタート」ボタンをクリックし、「終了オプション」をクリック
「電源を切る」ボタンをクリック
電源が切れます。
以上で「Windows XPのセットアップ」は完了です。
本機を安全にネットワークに接続するために、セキュリティ環境の更新を行い
ます。p.28「LANケーブルの接続」へ進んでください。
24
Windowsのセットアップ
セットアップ中にトラブルが発生した場合
◎ 電源スイッチを押しても電源が入らない
・ 電源コードの接続が不完全であることが考えられるので、一度電源コードを
コンセントから抜き、本体と電源コードがしっかり接続されていることを確
認してから、もう一度電源コードをコンセントに差し込む
電源コードを接続し直しても電源が入らない場合は、本体の故障が考えられ
ますので、ご購入元にご相談ください。
◎ セットアップの画面が表示されない
初めて本機の電源を入れたときに、
「Press〈F1〉to resume,〈F2〉to Setup」または
「
〈F1〉
キーを押すと継続、
〈F2〉
キーを押すとセットアップを起動します。
」
と表示
された場合は、次の手順に従ってください。
❶【F2】を押す
BIOS セットアップユーティリティが表示されます。
❷【F5】、【F6】で時間(24時間形式)を設定し【Enter】を押す
時刻の値は数字キーでも入力できます。
【↑】で項目を移動し、同様に分、秒、月、日、年(西暦)を
❸【Tab】や【↓】
設定する
❹【F9】を押す
セットアップ確認の画面が表示されます。
❺「Yes」を選択し、【Enter】を押す
BIOS セットアップユーティリティが表示されます。
❻【F10】を押す
セットアップ確認の画面が表示されます。
❼「Yes」を選択し、【Enter】を押す
BIOSセットアップユーティリティが終了し、
Windowsが自動的に再起動します。
この後は、p.21「セットアップの作業手順」をご覧になり、作業を続けてください。
Windowsのセットアップ
25
◎ セットアップの途中で、誤って電源を切ってしまった
・ 電源を入れて、表示される画面をチェックする
CHKDSKが実行され、ハードディスク(またはSSD)に異常がないときは、セッ
トアップを続行することができます(CHKDSKは実行されない場合もありま
す)。
セットアップが正常に終了した後は問題なくお使いいただけます。エラー
メッセージ(「Windows エラー 回復処理」画面など)が表示された場合は、
システムを起動するためのファイルに何らかの損傷を受けた可能性がありま
す。Windowsを再セットアップするか、ご購入元にご相談ください。
再セットアップについては、
『活用ガイド 再セットアップ編』
をご覧ください。
◎ セットアップの途中でパソコンが反応しない、またはエラーメッセージが表示された
・ パソコンが反応しなかったり、エラーメッセージが表示された場合は、メッセー
ジを書き留めた後、本機の電源スイッチを4秒以上押して強制的に終了する
いったん電源を切った後で電源を入れ直す場合は、電源を切ってから5秒以上
間隔をあけて電源を入れてください。その後、上記の「電源を入れて、表示され
る画面をチェックする」をご覧ください。
本機を安全にネットワークに接続するために、セキュリティ環境の更新を行い
ます。p.28「LANケーブルの接続」へ進んでください。
26
Windowsのセットアップ
セットアップ後のトラブル対策
◎「システム修復ディスク」の作成
Windows 7モデルでは、ファイルなどの破損により、セーフモードや前回正常
起動時の構成を使用してもWindowsが正常に起動しないときに備え、あらかじ
め「システム修復ディスク」を作成することをおすすめします(「システム修復
ディスク」の機能により、正常に起動しないWindowsを修復できる場合があり
ます)。
「システム修復ディスク」の作成/使用方法は、Windowsの「ヘルプとサポート」
をご覧ください。
◎「再セットアップ用ディスク」の作成について
Windows 7 モデルではハードディスク(またはSSD)内に再セットアップ用デー
タを格納しています。
ご購入いただいたモデルがDVD-Rに書き込み可能なドライブを搭載したモデル
の場合は、再セットアップ用データを市販のDVD-Rに書き込み、
「再セットアッ
プ用ディスク」を作成することができます。
ハードディスク(またはSSD)が故障した場合、再セットアップ用データを使
用した再セットアップができなくなります。このような場合に備え、「再セット
アップ用ディスク」を作成しておくことをおすすめします。
「再セットアップ用ディスク」の作成機能については、出荷時の製品構成でのみサポー
トしており、アプリケーションのインストール、Service Packの変更、およびRoxio
Creator LJBのアップデートをする前に行ってください。
「再セットアップ用ディスク」の詳細は『活用ガイド 再セットアップ編』をご
覧ください。
◎ Windows 7 モデルでWindowsセットアップ完了後に画面が黒くなった
Windowsセットアップ完了後、15分程アイドル状態が続いたときにWindows エ
クスペリエンス インデックスが実行されます。
実行中は、電源プランが「ハイパフォーマンス」に変更され、その際にディス
プレイの電源が切れる場合があります。
本機を安全にネットワークに接続するために、セキュリティ環境の更新を行います。
次の「LANケーブルの接続」へ進んでください。
Windowsのセットアップ
27
LANケーブルの接続
1. 本機を安全にネットワークに接続するために
コンピュータウイルスやセキュリティ上の脅威を避けるためには、お客様自身が
本機のセキュリティを意識し、常に最新のセキュリティ環境に更新する必要があ
ります。
LANケーブル(別売)、および無線LANなどを使用して本機を安全にネットワー
クに接続させるために、以下の対策を行うことを強くおすすめします。
稼働中のLAN(ローカルエリアネットワーク)に接続する場合は、ネットワーク管理者
の指示に従ってLANケーブル、および無線LANなどの接続を行ってください。
❶ ファイアウォールの利用
コンピュータウイルスの中には、ネットワークに接続しただけで感染してし
まう例も確認されていますので、ファイアウォールを利用することをおすす
めします。
本機にインストールされているOSでは標準で「Windowsファイアウォール」機
能が有効になっています。
「Windowsファイアウォール」について、詳しくはWindowsの「ヘルプとサポー
ト」をご覧ください。
❷ Windows Update、またはMicrosoft Update
最新かつ重要なセキュリティの更新情報が提供されています。ネットワー
クに接続後、Windowsを最新の状態に保つために、Windows Update、または
Microsoft Updateを定期的に実施してください。
Windows Updateについて、詳しくはWindowsの「ヘルプとサポート」をご覧く
ださい。
・ Windows XPをお使いの場合は、Microsoft Updateについて、詳しくはマイ
クロソフト サポート技術情報-902296をご覧ください。
マイクロソフトのサポート技術情報について
「Microsoft Updateを利用するには」
http://support.microsoft.com/kb/902296/ja/
28
Windowsのセットアップ
❸ ウイルス対策アプリケーションの利用
本機にはウイルスを検査・駆除するアプリケーション
(ウイルスバスターTM 2009
(以降、ウイルスバスター)
)
が添付されています。
コンピュータウイルスから本機を守るために、ウイルスバスターをインス
トールすることをおすすめします。
ウイルスバスターはインストールした環境のまま使用し続けた場合、十分な
効果は得られません。日々発見される新種ウイルスに対応するためウイルス
パターンファイルを最新の状態にする必要があります。
ウイルスパターンファイルの無償提供期間はアップデート機能の有効化後、90日間
です。引き続きお使いになる場合は、ウイルスバスターを購入する必要があります。
ウイルスバスターについて、詳しくは『活用ガイド』の「アプリケーション
のインストール/アンインストール」の「ウイルスバスター」をご覧ください。
・ Windows 7のセキュリティ機能(アクションセンター)では、ファイアウォー
ルの設定、自動更新、マルウェア対策ソフトウェアの設定、インターネット
セキュリティの設定、ユーザーアカウント制御の設定など、コンピュータ上
のセキュリティに関する重要事項の状態をチェックすることができます。詳
細は、Windowsの「ヘルプとサポート」をご覧ください。
・ Windows XPのセキュリティ機能(Windows セキュリティ センター)では、
Windowsファイアウォール、Windows Updateの自動更新、ウイルス対策アプ
リケーションが有効になっているかどうかをリアルタイムで監査し、無効に
なっている場合は画面に警告を表示します。
LANケーブルを接続する場合は、次の「2. LANケーブル(別売)を接続する」へ進
んでください。
Windowsのセットアップ
29
2. LANケーブル(別売)を接続する
必要に応じて次の接続を行ってください。
稼働中のLANに接続する場合は、ネットワーク管理者の指示に従ってLANケーブルの接
続を行ってください。
LANに接続するときは、LANケーブル(別売)を使い、次の手順で接続します。
❶ 本機の電源を切り、LANケーブルのコネクタを本体のアイコン(
接続する
)に従って
❷ ハブなどのネットワーク機器に、LANケーブルのもう一方のコネクタを接続
し、本機の電源を入れる
※ LANの設定については、
『活用ガイド』の「本体の構成各部」の「タイプVD」
の「LAN機能」をご覧ください。
以上で「LANケーブルの接続」は完了です。
次の「7 お客様登録」へ進んでください。
30
Windowsのセットアップ
7
お客様登録
本製品のお客様登録はInternet Explorerの「お気に入り」メニューにある「NEC
ビジネスPC(お客様登録)」からインターネットによる登録を行ってください
(登録料、会費は無料です)。
・ VersaPro Jをお使いの場合は、デスクトップにある「NEC ビジネスPC(お客
様登録)」からでも登録することができます。
・ Windows XPでは、Microsoft社へのユーザー登録は、「ユーザー登録ウィザー
ド」で行うことができます。「スタート」ボタン→「ファイル名を指定して実
行」を選択し、「名前」に「regwiz /r」と入力してください。ユーザー登録
についての詳細はWindowsの「ヘルプとサポート」をご覧ください。
以上で「お客様登録」は完了です。
次の「 8 マニュアルの使用方法」へ進んでください。
お客様登録
31
8
マニュアルの使用方法
本機に添付、
「アプリケーション/マニュアルディスク」または「アプリケーショ
ンCD-ROM/マニュアルCD-ROM」に格納されているマニュアルを紹介します。
目的にあわせてお読みください。
また、マニュアル類はなくさないようにご注意ください。マニュアル類をなく
した場合は『活用ガイド』の「トラブル解決Q&A」の「その他」をご覧ください。
マニュアルの使用方法
●『安全にお使いいただくために』
本機を安全にお使いいただくための情報を記載しています。使用する前に必
ずお読みください。
●『活用ガイド 再セットアップ編』
ご購入いただいたOSの再セットアップ方法を記載しています。
Windows 7用(853-810602-375-A)
Windows XP用(853-810602-376-A)
本機のシステムを再セットアップするときにお読みください。
●『活用ガイド』
本機の各部の名称と機能、内蔵機器の増設方法、システム設定(BIOS設定)
について確認したいときに、アプリケーションのインストール/アンインストー
ル、ハードディスク(またはSSD)のメンテナンスをするとき、他のOSをセッ
トアップする(利用できるOSはモデルによって異なります)とき、またはトラ
ブルが起きたときにお読みください。
このマニュアルは、
「アプリケーション/マニュアルディスク」または「アプリ
ケーションCD-ROM/マニュアルCD-ROM」に格納されています。使用方法に
ついては、
p.33「
『活用ガイド』の使用方法」をご覧ください。
● 選択アプリケーションのマニュアル
Office Personal 2007、Office Personal 2007 with PowerPoint 2007、または
Office Professional 2007を選択した場合、マニュアルが添付されています(p.3
「2 型番を控える」をご覧ください)。アプリケーションを利用するときに
お読みください。
●『保証規定&修理に関するご案内』
パソコンに関する相談窓口、保証期間と保証規定の詳細内容およびQ&A、有
償保守サービス、お客様登録方法、NECの「ビジネスPC」サイトについて知
りたいときにお読みください。
32
マニュアルの使用方法
Microsoft関連製品の情報について
次のWebサイト
(Microsoft Press)
では、
一般ユーザー、
ソフトウェア開発者、
技術
者、およびネットワーク管理者用にMicrosoft関連商品を活用するための書籍や
トレーニングキットなどが紹介されています。
http://www.microsoft.com/japan/info/press/
『活用ガイド』の使用方法
『活用ガイド』を使用する場合は、次の手順で起動してご覧ください。
❶ DVD-ROMドライブ、DVDスーパーマルチドライブ、またはブルーレイディ
スクドライブ(以降、光学ドライブ)に、本機に添付の「アプリケーショ
ン/マニュアルディスク」または「アプリケーションCD-ROM/マニュアル
CD-ROM」をセットする
❷ <Windows 7の場合>
「スタート」ボタン→「コンピューター」をクリック
<Windows XPの場合>
「スタート」ボタン→「マイコンピュータ」をクリック
❸ 光学ドライブのアイコンをダブルクリック
「versapro_w7_manual」ファイル、
❹「_manual」フォルダをダブルクリックし、
または「versapro_wxp_manual」ファイルをダブルクリック
『活用ガイド』が表示されます。
・ 必要に応じて「_manual」フォルダをハードディスク(またはSSD)にコピー
してご利用ください。ネットワークを経由してはご覧になれません。
その際、フォルダ名・ファイル名などは変更しないでください。
・ Windowsが起動しなくなったなどのトラブルが発生した場合は、『活用ガイ
ド』をご覧になれません。そのため、あらかじめ「トラブル解決Q&A」を印
刷しておくと便利です。
・ NECの「ビジネスPC」サイトでは、NEC製のマニュアルを電子マニュアル化
し、ダウンロードできるサービスを行っております。
http://www.nec.co.jp/bpc/
ビジネスPCユーザサポートの「サポート情報(ダウンロード)」→ダウンロー
ドの製品マニュアルの「電子マニュアルビューア」から電子マニュアルビュー
アをご覧ください。
また、NEC PCマニュアルセンターでは、マニュアルの販売を行っています。
http://pcm.nec-dp.co.jp/
マニュアルの使用方法
33
◎ 機能説明
・「非表示」/「表示」ボタン
「非表示」ボタンをクリックすると、左にあるタブ画面が閉じます。
タブ画面が閉じると、「非表示」ボタンは「表示」ボタンに変わります。
タブ画面を表示する場合は、「表示」ボタンをクリックします。
・「戻る」ボタン
一つ前のページを表示します。
・「ホーム」ボタン
トップページに戻ります。
・「印刷」ボタン
『活用ガイド』を印刷します。
「目次」タブで表示される目次の項目を選択し、「印刷」ボタンをクリックし
ます。
・「目次」タブ
目次構成がツリーで表示されます。
本のアイコンをクリックすると、その下の構成が表示されます。
参照したい項目をクリックすると、右の画面に表示されます。
・「キーワード」タブ
設定してあるキーワード一覧からキーワードをダブルクリックします。
キーワードに該当したページが一つのときは、そのページが表示されます。
複数のページに該当している場合は、さらにページを選択する一覧が表示さ
れますので、ご覧になるページをダブルクリックします。右の画面に表示さ
れます。
・「検索」タブ
『活用ガイド』内の検索ができます。
「探したい語句を入力してください」の入力欄で、検索する語句を入力し、
「検索開始」ボタンをクリックします。該当するページの一覧が表示されます。
・「お気に入り」タブ
『活用ガイド』のページをお気に入りとして登録できます。
登録するページを表示して、「追加」ボタンをクリックします。
そのページのタイトルが「トピック」の欄に登録されます。
以上で「マニュアルの使用方法」は完了です。
次の「9 使用する環境の設定と上手な使い方」へ進んでください。
34
マニュアルの使用方法
9
使用する環境の設定と上手な使い方
本機を使用する環境や運用・管理する上で便利な機能を設定します。機能の詳細
や設定方法については、『活用ガイド』をご覧ください。
1. 最新の情報を読む
補足説明
補足説明には、本製品のご利用にあたって注意していただきたいことや、マ
ニュアルには記載されていない最新の情報について説明していますので、削
除しないでください。以下の方法でお読みください。
・『活用ガイド』を起動して「補足説明」をクリック
・「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「補足説明」をクリック
2. 複数のパーティションをご利用になる場合
Windows 7モデルでは、ハードディスク(またはSSD)
(工場出荷時の状態)で
お客様が利用可能な領域はCドライブのみの1パーティションです。
必要に応じてハードディスク(またはSSD)の領域を分割してください。
詳しくは、
『活用ガイド』の「トラブル解決Q&A」の「ハードディスク」または、
「SSD」をご覧ください。
Windows XP Professionalインストールモデルでは、ハードディスク(または
SSD)
(工場出荷時の状態)でお客様が利用可能な領域はCドライブ40GB、Dドラ
イブ残り領域すべての2パーティションとなります。
3. Windows XP Service Packについて
Windows XPにはService Pack 3がインストールされています。
お使いのモデルにより、Service Packを削除することはできますが、Service
Packを削除した場合、Service Pack、およびWindows XP 修正プログラムで修
正されていた問題が発生する可能性があります。また、Service Pack、および
Windows XP 修正プログラムで追加されていた機能が使用できなくなりますの
で、Service Packの削除には十分ご注意ください。
削除方法の詳細については
『活
用ガイド』の「アプリケーションのインストール/アンインストール」の「「Service
Pack」について」をご覧ください。
使用する環境の設定と上手な使い方
35
4. 不正使用/盗難防止について
スーパバイザ/ユーザパスワード、ハードディスクパスワード、盗難防止用ロックなど
本機には、本機の不正使用を防止する機能(スーパバイザ/ユーザパスワー
ド)、盗難にあってもハードディスク(またはSSD)のデータの漏えいを防
ぐ機能(ハードディスクパスワード)、本機や内蔵部品(メモリやハードディ
スク(またはSSD))の盗難を防止するため、錠をかける機能(盗難防止用ロッ
ク)があります。この他にも便利な機能があります。詳しくは、
『活用ガイド』
の「本体の構成各部」の「タイプVD」の「セキュリティ機能/マネジメント
機能」をご覧ください。
5. Intel SpeedStep® テクノロジーについて
Intel SpeedStep® テクノロジー
電源の種類やCPUの動作負荷によって、
動作性能を切り替えることができます。
詳しくは『活用ガイド』の「本体の構成各部」の「タイプVD」の「電源」の「省
電力機能について」をご覧ください。
6. データのバックアップの設定
データのバックアップ方法については、
『活用ガイド』の「メンテナンスと管理」
の「ハードディスクのメンテナンス」、または「SSDのメンテナンス」をご覧く
ださい。
❶ FlyFolder
データファイルをオンラインストレージやファイルサーバ、外部記憶媒体な
どに自動的にバックアップすることができます。
FlyFolderはWindows 7 Professionalをご利用の場合使用できます。詳しくは、
「アプリケーション/マニュアルディスク」の「FlyFolder¥manual」フォルダの
「FlyFolder User's Manual.pdf」をご覧ください。
❷ Roxio BackOnTrack LE
Roxio BackOnTrack LEは、BD-Rなどの対応している媒体にシステムを含め
たハードディスク(またはSSD)全体をバックアップすることができます。
万一システムが起動しなくなった場合も、比較的短時間でバックアップ時の
環境に復元し、システムを復旧させることができます。
Roxio BackOnTrack LEは、Windows 7 Professionalでブルーレイディスクド
ライブを選択した場合のみ添付されます。詳しくは、『活用ガイド』の「ア
プリケーションのインストール/アンインストール」の「Roxio BackOnTrack
LE」をご覧ください。
36
使用する環境の設定と上手な使い方
7. セキュリティの設定
❶ セキュリティチップ ユーティリティ
セキュリティチップ ユーティリティでは、電子メールの保護機能や、ファイル
とフォルダの暗号化(EFS)機能、Personal Secure Drive
(PSD)機能を利用でき
ます。
本体にハードウェア的にTPM(Trusted Platform Module)と呼ばれるセキュ
リティチップを実装し、セキュリティチップ内で暗号化や暗号化の解除、鍵
の生成をするため、強固なセキュリティ機能を持っています。
また、セキュリティチップ上に暗号キーを持つため、ハードディスク(または
SSD)を取り外して持ち出されてもデータを読みとられることはありません。
詳しくは、
『活用ガイド』の「セキュリティチップ ユーティリティ マニュアル」
をご覧ください。
❷ NASCA(NEC Authentication Agent)
NASCAは、FeliCa対応カードなど、複数の認証デバイスを使用した高度な個
人認証機能を提供します。
認証を受けていない第三者が本機を使用することを防止したり、Webサイトへ
のアクセスやアプリケーションの実行に必要な情報(パスワードなど)を自
動的に保存、入力することができます。
保存された情報は、セキュリティチップと連携することによって、安全に管
理されます。
詳しくは、「アプリケーション/マニュアルディスク」または「アプリケー
ションCD-ROM/マニュアルCD-ROM」の「NASCA」フォルダの「NASCA
User s Guide.pdf」をご覧ください。
なお、NASCAを使用できる認証デバイスは、セレクションメニューで選択し
たデバイスのみです。
❸ FeliCaカード認証機能
NASCAと連携し、FeliCaに対応したカードを利用して、Windowsログオンや
スクリーンセーバーのロック解除などを行うことができます。
なお、FeliCaカード認証機能*は、「FeliCaポート」を選択した場合のみ使用
できます。
詳しくは、
『FeliCaポートマニュアル』をご覧ください。『FeliCaポートマニュ
アル』は、「FeliCaポートソフトウェアディスク」の「f_manual」の「index.
htm」をダブルクリックすると表示されます。
*:Edy機能を搭載したFeliCaカードによる認証が可能。
使用する環境の設定と上手な使い方
37
❹ 暗号化ファイルシステム(EFS)
EFS(Encrypting File System) は、Windows 7 Professional、Windows XP
Professionalの標準ファイルシステムであるNTFSが持つファイルやフォルダ
の暗号化機能です。暗号化を行ったユーザー以外、データ復号化が行えない
ため、高いセキュリティ効果をもたらすことが可能です。
また、Windows XPモデルでは「ハードディスク暗号化ユーティリティ」を使用
することにより、暗号化ファイルシステムを簡単に設定することができます。
詳しくは、
『活用ガイド』
の「アプリケーションのインストール/アンインストー
ル」の「ハードディスク暗号化ユーティリティ」をご覧ください。
❺ ユーザーアカウント制御
Windows 7では、アプリケーションを起動したり、本機を操作しているとき
に「ユーザー アカウント制御」画面が表示されることがあります。
「ユーザー アカウント制御」は、コンピュータウイルスなどの「悪意あるソ
フトウェア」によって、本機のシステムに影響を及ぼす可能性のある操作が
行われるのを防ぐため、これらの操作がユーザーが意図して行った操作によ
るものかを確認するためのものです。
「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、表示された内容をよ
く確認し、操作を行ってください。
「ユーザー アカウント制御」画面で管理者権限を持つユーザーのパスワード入力が求め
られる場合があります。その場合は、画面の内容を確認し入力を行ってください。
詳しくはWindowsの「ヘルプとサポート」をご覧ください。
8. 上手な使い方
❶ トラブルを防止するために
本機のトラブルを予防し、効率よくマネジメントするためには、電源の入れ方/
切り方や、エラーチェックなどいくつかのポイントがあります。トラブルの予
防については、
『活用ガイド』の「トラブルの予防と解決のヒント」の「トラ
ブルの予防」をご覧ください。
❷ 本機のお手入れ
本機を安全に、快適に使用するためには、電源コードやマウスなど定期的に
お手入れが必要です。詳しくは、
『活用ガイド』の「メンテナンスと管理」の「お
手入れについて」をご覧ください。
38
使用する環境の設定と上手な使い方
10
付録 機能一覧
仕様一覧
型名*1
VY25G/D-9
VY24G/D-9
VJ25G/D-9
VJ24G/D-9
TM
®
CPU
インテル Core i5-540Mプロセッ インテル CoreTM i5-520Mプロセッ
サー*2*14
サー*2*14
クロック周波数(コア数)2.53GHz(2)
2.40GHz(2)
キャッシュ 1次
インストラクション用32KB×2/データ用32KB×2
メモリ
2次
256KB×2
3次
3MB
インテル® VT-x機能
対応
チップセット
モバイル インテル® QM57 Express チップセット
セキュリティチップ*31
TPM v1.2準拠
最大メモリ(メインメモリ)
4GB[SO-DIMMスロット×2]*28
表示機能 表示素子
15.6型ワイドTFTカラー液晶(フルHD:1,920×1,080ドット)、
15.4型ワイドTFTカラー液晶(WXGA:1,280×800ドット)から1つ選択
LCDドット抜け*23
15.6型:0.00013%以下、
15.4型:0.00017%以下
グラフィックアクセラレータ
インテル® HD グラフィックス(CPUに内蔵、デュアルディスプレイ機能*4、
スムージング機能をサポート)
ビデオRAM*5
最大250 ∼ 1,306MB
(Windows® 7の場合)、最大256MB(Windows® XP
の場合)*9
最大1,677万色(1,280×800ドット<WXGA>、1,280×768ドット
表示色
内蔵ディス WXGA
(解像度) プレイ*11 LCD
<WXGA>、
1,024×768ドット<XGA>、800×600ドット<SVGA>)
*13*46
※Windows® XPのみ、バーチャルスクリーン機能により1,600×1,200ドッ
ト<UXGA>、
1,280×1,024ドット<SXGA>表示可能
フルHD
最大1,677万色(1,920×1,080ドット<フルHD>、
LCD
1,680X1,050<WSXGA+>、
1,280×1,024ドット<SXGA>、1,440×
900ドット<WXGA+>、
1,280×800ドット<WXGA>、1,280×768ドッ
ト<WXGA>、
1,024×768ドット<XGA>、800×600ドット<SVGA>)
※Windows® XPのみ、バーチャルスクリーン機能により1,600×1,200ドッ
ト<UXGA>表示可能
最大1,677万色(1,680×1,050ドット<WSXGA+>、1,600×1,200
別売の外付 アナログ
けディスプ RGB接続時 ドット<UXGA>、
1,440×900ドット<WXGA+>、1,280×1,024ドット
レイ*12*32
<SXGA>、
1,280×800ドット<WXGA>、1,280×768ドット<WXGA>、
1,024×768ドット<XGA>、
800×600ドット<SVGA>)
HDMI接続時 最大1,677万色(1,920×1,080ドット<フルHD>、1,280×1,024ドット
*10
<SXGA>、
1,280×720ドット、1,024×768ドット<XGA>、800×600
ドット<SVGA>、
720×480ドット)
対応映像方式:1125p
(1080p)
、1125i(1080i)、750p(720p)、525p
(480p)
サウンド機能
音源/サウンド機能
インテル® High Definition Audio 準拠(最大192kHz/24ビット*48、ステレ
オPCM同時録音再生機能、
MIDI再生機能)
スピーカ/スピーカ定格 内蔵ステレオスピーカ/2.0W+2.0W
出力
サウンドチップ
RealTek社製 ALC269搭載
通信機能
LAN
1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T、Remote Power On機能標準装
備、インテル® AMT6.0対応*21
記憶装置
FDD
セレクションメニューにより選択可能
入力装置
キーボード
本体との一体型、
JIS標準配列(英数・かな)、Fnキー(ホットキー対応)、12ファ
ンクションキー・Windowsキー・アプリケーションキー・Num Lockキー・右Alt
キー・右Ctrlキー付
ワンタッチスタートボタン「ワンタッチスタートボタンの設定」*33を標準添付。
ポインティングデバイス スクロール機能付きNXパッド標準装備
IEEE1394
−
*20
®
付録 機能一覧
39
型名*1
VY25G/D-9
VY24G/D-9
VJ25G/D-9
VJ24G/D-9
5(右側面×2、左側面×2、背面×1)
−
外部ディスプレイコネクタ(アナログRGB)ミニD-sub15ピン×1、HDMI出力
端子×1*10
シリアル/パラレル
RS-232C D-sub9ピン×1、最高115.2kbps対応/セントロニクス準拠
D-sub25ピン×1
PS/2
−
通信関連
RJ45 LANコネクタ×1
サウンド
マイク入力 ステレオミニジャック×1*7(マイク入力インピーダンス 32kΩ、入力レベル
関連
100mVrms
(マイクブースト有効時は 5mVrms)、バイアス電圧 2.5V)
ヘッドフォン ステレオミニジャック×1(ヘッドフォン出力インピーダンス 16Ω-100Ω「推
出力
奨32Ω」
、出力電力 5mW/32Ω)
ライン出力 ヘッドフォン出力と共用(ライン出力レベル 1Vrms)
PCカードスロット
TypeI/II×1スロット(TypeIII使用不可)、PC Card Standard準拠、CardBus
対応
パワーマネジメント
自動または任意設定可能(CPU制御*20、HDD制御、モニタ節電機能、スリープ
状態(Windows® 7)
、スタンバイ状態(Windows® XP)、休止状態)
ECOモード
省電力設定を切り替え可能なECOボタンを装備
輝度センサー
周囲の明るさを感知し、画面の明るさを自動調節する輝度センサーを装備
電源
ニッケル水素バッテリ(DC7.2V、Typ.4000mAh*49)
(バッテリパックは消耗
(バッテ
品です)
、リチウムイオンバッテリ(DC11.1V、Typ.4000mAh*49)
リパックは消耗品です)またはAC100V±10%、50/60Hz(ACアダプタ経由)
[ACアダプタ自体は、入力電圧AC240Vまでの安全規格を取得していますが、
添付の電源コードはAC100V用(日本仕様)です。日本以外の国で使用する場
合は、別途電源コードが必要です。]
*29
約16W
(約90W)
約16W(約90W)
消費電力 (最大構成時)
※Windows® 7 Professionalの測定値
約16W
(約90W)
約16W(約90W)
消費電力*29(最大構成時)
※Windows® XP Professionalの測定値
l区分 0.00025(AAA)
エネルギー消費効率(2007年度省エネ達成 l区分 0.00023(AAA)
率)*3
※Windows® 7 Professionalの測定値
l区分 0.00025(AAA)
エネルギー消費効率(2007年度省エネ達成 l区分 0.00023(AAA)
率)*3
®
※Windows XP Professionalの測定値
電波障害対策
VCCI ClassB
外形寸法(突起部含まず)
378
(W)
×266
(D)
×40.5*6
(H)mm
質量(バッテリ含む)*8
約2.9kg
(ニッケル水素バッテリ搭載時)*25、
約2.8kg
(リチウムイオンバッテリ搭載時)*25
温湿度条件
5 ∼ 35℃、
20 ∼ 80%
(ただし結露しないこと)
ドライバ提供対象OS*17*24*27
Windows® 7 Enterprise/Professional、
Windows® XP Professional
(SP3)
主な添付品
ACアダプタ、アプリケーションCD-ROM/マニュアルCD-ROM*17*34、印刷
マニュアル類、保証書 他
インターフェイス
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
40
USB
(USB2.0)
TV-OUT端子
ディスプレイ
1 : セレクションメニューを選択した構成での型名・型番については、本書の「型番を控える」をご覧ください。
2 : ハイパースレッディング・テクノロジーに対応します。
3 : エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める複合理論性
能で除したものです。省エネ基準達成率の表示語Aは達成率100%以上200%未満、AAは達成率200%以上
500%未満、AAAは達成率500%以上を示します。
4 : 本体の液晶ディスプレイと、外付けディスプレイで、異なるデスクトップ画面を表示する機能です。
5 : ビデオRAMは、メインメモリを使用します。Windows® 7ではパソコンの動作状況により、利用可能なビデオ
RAM容量が変化します。本機のハードウェア構成、ソフトウェア構成、BIOSおよびディスプレイドライバの更新、
搭載するメインメモリの容量によって利用可能なビデオRAMの最大値が変わる場合があります。
6 : 最薄部∼最厚部の厚さです。ゴム足部などの突起部は除きます。
7 : パソコン用マイクとして市販されているコンデンサマイクやヘッドセットを推奨します。
8 : DVDスーパーマルチドライブを含みます。PCカードは未装着です。
9 : Windows® XPでは、BIOSセットアップユーティリティにて、最大1024MBまで使用する設定が可能です。
10 : Windows® XPインストールモデルでは搭載しておりません。本機で著作権保護されたコンテンツを再生し、
HDMI出力端子に接続した機器に表示する場合、接続する機器はHDCP規格に対応している必要があります。
HDCP規格に非対応の機器を接続した場合は、コンテンツの再生または表示ができません。HDMIのCEC(Consumer Electronics Control)には対応しておりません。HDMIケーブルを介した機器制御方式には対応して
おりません。HDMIケーブルは長さ1.5m以下を推奨します。ご使用の環境によっては、リフレッシュレートを
60Hz(プログレッシブ)に変更するか、解像度を低くしないと、描画性能が上がらない場合があります。本機は
アンダースキャンに対応しておりません。すべてのHDMI規格に対応した外部ディスプレイやTVでの動作確認は
しておりません。HDMI規格に対応した外部ディスプレイやTVによっては正しく表示されない場合があります。
付録 機能一覧
* 11 : 表示素子(本体液晶ディスプレイ)より低い解像度を選択した場合、拡大表示機能により、液晶画面全体に表示
可能です。拡大表示によって文字などの線の太さが不均一になることがあります。
* 12 : 本機の持つ解像度および色数の能力であり、接続するディスプレイ対応解像度、リフレッシュレートによっては
表示できない場合があります。本体の液晶ディスプレイと外付けディスプレイの同画面表示が可能です。ただし、
拡大表示機能を使用しない状態では、外付けディスプレイ全体には表示されない場合があります。
* 13 : 1,677万色表示は、グラフィックアクセラレータのディザリング機能により実現します。
* 14 : 拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジーを搭載しています。
* 17 : セレクションメニューまたは別売の拡張機器で選択可能な光学ドライブが必要です。
* 20 : 使用環境や負荷によりCPU動作スピードを変化させる制御を搭載しています。
* 21 : 無線LAN選択時に対応となります。
* 23 : ドット抜け割合の基準値はISO13406-2の基準に従って、副画素(サブピクセル)単位で計算しています。詳
細は http://www.nec.co.jp/products/bizpc/info/pc/lcddot.shtml をご参照ください。
* 24 : ドライバは本体に添付していません。http://www.nec.co.jp/bpc/ →ビジネスPCユーザサポートの「サポート
情報(ダウンロード)」→「ダウンロード」のモジュール、ドライバ欄に順次掲載します。なお、ドライバを利用
する際に、インストール/添付アプリケーションや一部の機能が使用できない等、いくつか制限事項があります。
必ずご購入前に、「ご利用前に必ずお読みください」または「インストール可能OSをご利用になる前に必ずお読
みください」をご覧になり、制限事項を確認してください
* 25 : DVD/CDドライブ非搭載時は約0.12kg、それぞれ軽くなります。
* 27 : 提供しているドライバは、( )内のService Packのバージョンにて適用手順の確認を行っているものです。別売
のOSとSevice Packをご利用される場合は別途入手が必要となります。OSとService Packのサポートは、入
手先にご相談ください。
* 28 : 最大4GBのメモリを搭載可能ですが、PCIデバイス等のメモリ領域を確保するために、すべての領域を使用するこ
とはできません。なお、装置構成によってご利用可能なメモリ容量は異なります。
* 29 : メモリ1GB、64GB SSD、DVDスーパーマルチドライブあり、15.4型LCDの構成で測定しています。
* 31 : プリインストールのWindows® 7 Professional、Windows® XP Professionalで使用可能です(再セットアッ
プ用媒体/再セットアップ用バックアップイメージを使用して再セットアップしたOSを含む)。
* 32 : HDMI接続とアナログRGB接続は同時使用できません。
* 33 : 任意のアプリケーションの起動を可能にするワンタッチスタートボタン機能を、指定されたキー(「Fn」+「1」、
「Fn」+「2」の2つ)に設定可能です。
* 34 : Windows® 7モデルでは、「アプリケーション/マニュアルディスク」を添付。
* 46 : Windows® 7では、バーチャルスクリーン機能は使用できません。
* 48 : 使用出来る量子化ビットやサンプリングレートは、OSや使用するアプリケーションなどのソフトウェアによって
異なります。
* 49 : 公称容量(実使用上でのバッテリパックの容量)を示します。
付録 機能一覧
41
◆セレクションメニュー*51
型名*1
VY25G/D-9
VY24G/D-9
VJ25G/D-9
VJ24G/D-9
再セットアップ用バックアップイメージをHDDに格納*53(Windows® 7インス
トールを選択した場合のみ*87)
&Windows® 7再セットアップ用DVD-ROM添付
(Windows® XPインストールを選択した場合のみ)*54
選択可能
再セットアップ用バックアップイメージをHDDに格納*53(Windows® 7インス
トールを選択した場合のみ*87)
&再セットアップ用DVD-ROM添付*54
表示素子
WXGA
解像度・表示色:最大1,280×800ドット・最大1,677万色
フルHD
解像度・表示色:最大1,920×1080ドット・最大1,677万色
メモリ*57
1GB(1,024MB)
DDR3-SDRAM、
PC3-8500、
1,024MB SO-DIMM×1
2GB(2,048MB)
DDR3-SDRAM、
PC3-8500、
1,024MB SO-DIMM×2*79
2GB(2,048MB)
DDR3-SDRAM、
PC3-8500、
2,048MB SO-DIMM×1
4GB(4,096MB)
DDR3-SDRAM、
PC3-8500、
2,048MB SO-DIMM×2*79
通信機能
無線LAN
(IEEE802.11 IEEE802.11a/b/g/n準拠*58、
WPA2対応、WEP対応[暗号鍵長64/128ビット
a/b/g/n)*60*83*84 (ユーザ設定鍵長40/104ビット)
]
、インテル® AMT6.0対応
キーボード
87キー
(タイプA)または90キー
(タイプB)
マウス
USBボールマウス
USBマウス(ボール式、スクロールホイール付き)
(ケーブル長:約80cm)
USBマウス光センサー USBマウス(光センサー式*85、スクロールホイール付き)
(ケーブル長:約80cm)
*85
USBレーザーマウス
USBマウス(レーザー式
、チルトホイール付き)
(ケーブル長:約80cm)
FDD
USB接続(USB1.1準拠)外付け、
3.5型、3モード(720KB/1.2MB/1.44MB)
対応*72
*56
HDD/SSD
160GB
約160GB
、
Serial ATA/300、
5,400rpm、SMART機能対応
320GB
約320GB*56、
Serial ATA/300、
5,400rpm、SMART機能対応
64GB SSD
約64GB*56、
Serial ATA/300、
SMART機能対応
光学ドライブ
DVD-ROM*105
内蔵、
CD-ROM読み込み:最大24倍速、
CD-R読み込み:最大24倍速、
CD-RW読み込
*100*101
み:最大24倍速、
DVD-ROM読み込み:最大8倍速、
DVD-Video読み込み:最大4倍速、
DVD+R
DVD-R
(1層)読み込み:最大8倍速、
DVD-R
(2層)読み込み:最大6倍速*109、
(1層)読み込み:最大8倍速、
DVD+R
(2層)読み込み:最大6倍速、
DVD-RW読み込み:
*112
最大8倍速、
DVD+RW読み込み:最大8倍速、
DVD-RAM読み込み:最大5倍速
DVDスーパーマルチ
内蔵、
CD-ROM読み込み:最大24倍速、
CD-R読み込み:最大24倍速、
CD-R書き込み:最大
*102*103*105
ドライブ
24倍速、
CD-RW読み込み:最大24倍速、
CD-RW書き換え:最大10倍速、
DVD-ROM読み
込み:最大8倍速、
DVD-Video読み込み:最大4倍速、
DVD-R
(1層)読み込み:最大8倍速、
DVD-R
(2層)読み込み:最大6倍速*109、
DVD-R
(1層)書き込み:最大8倍速*108、
DVD+R
(1層)読み込み:最大8倍速、
DVD+R
DVD-R
(2層)書き込み:最大4倍速*110、
(1層)書き込み:最大8倍速、
DVD+R
(2層)読み込み:最大6倍速、
DVD+R
(2層)書
き込み:最大4倍速、
DVD-RW読み込み:最大8倍速、
DVD-RW書き換え:最大6倍速*111、
DVD+RW読み込み:最大8倍速、
DVD+RW書き換え:最大8倍速、
DVD-RAM読み込み:最
*112
*112*113
、
DVD-RAM書き換え:最大5倍速
大5倍速
ブルーレイディスク
内蔵、
CD-ROM読み込み:最大24倍速、
CD-R読み込み:最大24倍速、
CD-R書き込み:最大
ドライブ
24倍速、
CD-RW読み込み:最大24倍速、
CD-RW書き換え:最大10倍速、
DVD-ROM読み
*102*103*104*105*106
込み:最大8倍速、
DVD-Video読み込み:最大4倍速、
DVD-R
(1層)読み込み:最大8倍速、
DVD-R
(2層)読み込み:最大6倍速*109、
DVD-R
(1層)書き込み:最大8倍速*108、
DVD+R
(1層)読み込み:最大8倍速、
DVD+R
DVD-R
(2層)書き込み:最大4倍速*110、
(1層)書き込み:最大8倍速、
DVD+R
(2層)読み込み:最大6倍速、
DVD+R
(2層)書
き込み:最大4倍速、
DVD-RW読み込み:最大8倍速、
DVD-RW書き換え:最大6倍速*111、
DVD+RW読み込み:最大8倍速、
DVD+RW書き換え:最大8倍速、
DVD-RAM読み込み:最
DVD-RAM書き換え:最大5倍速*112*113、
BD-ROM読み込み:最大6倍速、
大5倍速*112、
*114
、
BD-R
(1層)書き込み:最大6倍速*114、
BD-R
(2
BD-R
(1層)読み込み:最大6倍速
BD-R
(2層)書き込み:最大4倍速*114、
BD-RE
(1層)読
層)読み込み:最大4倍速*114、
BD-RE
(2層)読み込み:最
み込み:最大4倍速、
BD-RE
(1層)書き換え:最大2倍速*115、
大4倍速、
BD-RE
(2層)
:書き換え最大2倍速*115
セキュリティ機能 FeliCaポート*55
内蔵。
OSログオン時、スクリーンセーバ解除時などにEdy機能を搭載したFeliCa
カードによる認証が可能。
バッテリ ニッケル (JEITA ※Windows® 7 約1.4 ∼ 1.7時間(約1.5時間)
約1.4 ∼ 1.7時間(約1.5時間)
*62
*59
準拠) Professionalの
水素
測定値
※Windows® XP 約1.4 ∼ 1.7時間(約1.5時間)
約1.4 ∼ 1.7時間(約1.5時間)
Professionalの
測定値
充電時間(ON時/OFF時)約3.1時間/約3.1時間
約3.1時間/約3.1時間
リチウム (JEITA ※Windows® 7 約2.4 ∼ 2.9時間(約2.6時間)
約2.4 ∼ 2.9時間(約2.6時間)
イオン *59準拠) Professionalの
測定値
※Windows® XP 約2.4 ∼ 2.9時間(約2.6時間)
約2.4 ∼ 2.9時間(約2.6時間)
Professionalの
測定値
充電時間(ON時/OFF時)約2.2時間/約2.2時間
約2.2時間/約2.2時間
再セットアップ用 標準
データ*52
42
付録 機能一覧
* 51 : セレクションメニュー中の各オプションは単体販売を行っていません。
* 52 : セレクションによっては再セットアップ用媒体は添付されていません。再セットアップ用バックアップ媒体の購
入方法は http://nx-media.ssnet.co.jp/ をご参照ください。
* 53 : HDD内の約6GBを再セットアップ用バックアップイメージとして使用しています。これらの「再セットアップ
用バックアップイメージ」をDVD-R媒体に書き出す場合には、ご購入時にセレクションメニューでブルーレイディ
スクドライブまたはDVDスーパーマルチドライブの選択が必要です。
* 54 : 再セットアップ用DVD-ROMを使用するには、セレクションメニューまたは別売の拡張機器で選択可能な光学ド
ライブが必要です。
* 55 : プリインストールのWindows® 7 Professional、Windows® XP Professionalで使用可能です(再セットアッ
プ用媒体/再セットアップ用バックアップイメージを使用して再セットアップしたOSを含む)。
* 56 : Windows® XPインストールモデルでは40GBがNTFS、残りもNTFSでフォーマット済みです。Windows® 7モ
デルではNTFSでフォーマット済みです。また、Windows® 7インストールモデルでは約6GBを再セットアップ
用バックアップイメージとして使用しています。
* 57 : メモリを拡張する場合は、標準搭載されている増設RAMボードを取り外す必要がある場合があります。
* 58 : 接続対象機器、電波環境、周囲の障害物、設置環境、使用状況、ご使用のアプリケーションソフトウェア、
OSなどによっても通信速度、通信距離に影響する場合があります。また、IEEE802.11b/g(2.4GHz)と
IEEE802.11a(5GHz)は互換性がありません。
* 59 : <Windows® 7の場合>
JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver.1.0)に基づいて測定したバッテリ駆動時間です。
JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver.1.0)
OSはWindows® 7 Professional 正規版、メモリ1GB、SSD 64GB、DVDスーパーマルチドライブあり、ディ
スプレイにWXGA LCDを選択した構成で測定しています(その他の構成オプションは選択していない状態)。
駆動時間=(測定法a+測定法b)/2
測定法a、b <共通条件>
1) 電源プランは「バランス」を使用。
2)「電源オプション」の「プラン設定の変更」で「詳細な電源設定の変更(C)」・「バッテリ」・「バッテリ切れ
の操作」
・
「バッテリ駆動」をシャットダウンに設定。
3)「電源オプション」の「プラン設定の変更」で「詳細な電源設定の変更(C)」・「バッテリ」・「バッテリ低下
のレベル」
・
「バッテリ駆動」を0%に設定。
4)「電源オプション」の「プラン設定の変更」で「詳細な電源設定の変更(C)」・「バッテリ」・「バッテリ切れ
のレベル」
・
「バッテリ駆動」を5%に設定。
5)「電源オプション」の「プラン設定の変更」で「詳細な電源設定の変更(C)」・「バッテリ」・「バッテリ低下
の通知」
・
「バッテリ駆動」をオフに設定。
6)「電源オプション」の「プラン設定の変更」で「詳細な電源設定の変更(C)」・「バッテリ」・「バッテリ低下
の操作」
・
「バッテリ駆動」を何もしないに設定。
7)[電源オプション」の「プラン設定の編集」で「ディスプレイを暗くする」
・
「ディスプレイの電源を切る」
・
「コ
ンピューターをスリープ状態にする」をなしに設定
8) LCD輝度:測定法a に於いて20cdを下回らない値に設定。
測定法a、b共通:輝度8段階中下から1段目。
9) スクリーン セーバーを無効にする。
10)
「Windows® サイドバー」が常駐している場合は終了する。
測定法a <条件>
1) 動画再生ソフト:Windows Media® Player にて連続再生。
2)「電源オプション」の「プラン設定の変更」で「詳細な電源設定の変更(C)」・「ハードディスク」・「次の時
間が経過後ハードディスクの電源を切る」
・
「バッテリ駆動」をなしに設定。
3)「スピーカーのプロパティ」で「スピーカー」をミュートにする。
測定法b <条件>
1) デスクトップ画面の表示を行った状態で放置。
<Windows® XPの場合>
JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver.1.0)に基づいて測定したバッテリ駆動時間です。
JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver.1.0)
OSはWindows® 7 Professional 正規版、メモリ1GB、SSD 64GB、DVDスーパーマルチドライブあり、ディ
スプレイにWXGA LCDを選択した構成で測定しています(その他の構成オプションは選択していない状態)。
駆動時間=(測定法a+測定法b)/2
測定法a、b共通条件 <条件>
1)「電源オプションのプロパティ」・「アラーム」・「バッテリ低下アラーム」・チェックボックスのチェックを外
し、「バッテリ低下アラーム」を無効にする。
2)「電源オプションのプロパティ」・「アラーム」・「バッテリ切れアラーム」・チェックボックスのチェックを外
し、「バッテリ切れアラーム」を無効にする。
3) LCD輝度:測定法a に於いて20cdを下回らない値に設定。
測定法a、b共通:輝度8段階中下から1段目。
4)「画面のプロパティ」
・
「スクリーンセーバー」タブ内の「スクリーンセーバー(S)」
・
「(なし)」に設定し、ス
クリーンセーバーを無効にする。
5)「電源オプション」の「プラン設定の変更」・「バッテリ駆動」・「ディスプレイの電源を切る」/「コンピュータ
をスリープ状態にする」を共になしに設定。
付録 機能一覧
43
* 60 :
* 62 :
* 72 :
* 79 :
* 83 :
* 84 :
* 85 :
* 87 :
* 100 :
* 101 :
* 102 :
* 103 :
* 105 :
* 108 :
* 109 :
* 110 :
* 111 :
* 112 :
* 113 :
44
測定法a <条件>
1) 動画再生ソフト:Windows Media® Player にて連続再生。
2)「電源オプションのプロパティ」
・
「電源設定」タブ内の「バッテリ使用」の項目をすべて「なし」に設定。
3)「サウンドとオーディオデバイスのプロパティ」
・
「音量」
・
「デバイスの音量」
・
「ミュート(M)」のチェックボッ
クスにチェックを入れる。
測定法b <条件>
1) デスクトップ画面の表示を行った状態で放置。
2)「電源オプションのプロパティ」・「電源設定」タブ内の「バッテリ使用」の項目の「ハードディスクの電源
を切る(I)」を「3分後」に設定。他の項目は「なし」に設定。
業界団体Wi-Fi Allianceの標準規格「Wi-Fi®」認定を取得した無線LANモジュールを内蔵しています。
バッテリ駆動時間や充電時間は、ご利用状況によって記載時間と異なる場合があります。バッテリパックは消耗
品です。長時間駆動設定時、CPU動作性能はLOWモードです(インテル® Celeron® プロセッサーを除く)。
1.44MB以外(720KB/1.2MB)のフォーマットはできません。
デュアルチャネルに対応します。
理論上の最大通信速度は、送受信共に300Mbpsですが、実際のデータ転送速度を示すものではありません。接
続先のIEEE802.11n 無線LAN機器の仕様により、接続時の速度が異なります。
無線LAN(5GHz)は、IEEE802.11n(W52/W53/W56)準拠および、IEEE802.11a(W52/W53/W56)
準拠です。W52/W53/W56は社団法人 電子情報技術産業協会による表記です。詳細は http://it.jeita.or.jp/
perinfo/committee/pc/050516_5ghz/index.html をご覧ください。IEEE802.11n(W52/W53)および
IEEE802.11a(W52/W53)無線LANの使用は、電波法令により屋内に限定されます。
レーザーマウスはガラス面や鏡面の上で使用すると意図した通りに動作しない場合があります。光センサーマウ
スでは、加えて光沢のある白い面などの上で使用すると意図した通りに動作しない場合があります。その際はレー
ザーマウス、光学式マウスに対応したマウスパッドなどを別途ご用意ください。
Windows® XP Professionalインストールモデルを選択した場合、再セットアップ用媒体選択の有無に関わら
ず、再セットアップ用バックアップイメージのHDD/SSD格納はありません。
メディアの種類、フォーマット形式によっては記載の速度が出ない場合があります。
コピーコントロールCDなど、一部の音楽CDの作成および再生ができない場合があります。
書き込みツール「Roxio Creator LJB」が添付されます。
バッファアンダーランエラー防止機能付きです。
Windows® XPモデルでは、DVDビデオ再生ツール「InterVideo® WinDVD® for NEC」が添付されます。
DVD-RはDVD-R for General Ver.2.0/2.1に準拠したディスクの書き込みに対応しています。
追記モードで記録されたDVD-R(2層)ディスクの読み込みはサポートしていません。
DVD-R(2層)書き込みは、DVD-R for DL Ver.3.0に準拠したメディアの書き込みに対応しています。ただし追
記には未対応です。
DVD-RWはDVD-RW Ver.1.1/1.2に準拠したディスクの書き込みに対応しています。
DVD-RAM Ver.2.0/2.1/2.2(片面4.7GB)に準拠したディスクに対応しています。DVD-RAM Ver.1(片面
2.6GB)はサポートしていません。また、Windows® XP標準でサポートされるフォーマットはFAT32のみです。
なお、カートリッジ式のディスクは使用できませんので、カートリッジなし、あるいはディスク取り出し可能なカー
トリッジ式でディスクを取り出して使用してください。
DVD-RAM12倍速メディアの書き込みはサポートしていません。
付録 機能一覧
LAN
●規格概要
項目
準拠規格
ネットワーク形態
伝送速度
伝送路
信号伝送方式
ステーション台数
ステーション間距離/
ネットワーク経路長※
メディアアクセス制御方式
規格概要
ISO 8802-3、
IEEE802.3、
IEEE802.3u、IEEE802.3ab
スター型ネットワーク
1000BASE-T使用時:1000Mbps
100BASE-TX使用時:100Mbps
10BASE-T使用時:10Mbps
1000BASE-T使用時:UTPカテゴリ5e以上
100BASE-TX使用時:UTPカテゴリ5
10BASE-T使用時:UTPカテゴリ3または5
ベースバンド伝送方式
最大1024台/ネットワーク
1000BASE-T:最大約200m /ステーション間
100BASE-TX:最大約200m /ステーション間
10BASE-T:最大約500m /ステーション間
最大100m /セグメント
CSMA/CD方式
※:リピータの台数など、条件によって異なります。
無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)
無線 LAN(IEEE802.11a/b/g /n)は、2.4GHz無線 LAN(IEEE802.11b/g/n)規格
と5GHz無線LAN(IEEE802.11a/n)規格を切り替えて通信することができる無
線LANです。それぞれの無線LAN規格の概要は以下の通りです。
●2.4GHz無線LAN(IEEE802.11b/g)規格概要
項目
準拠規格
通信モード
変調方式
無線チャンネル
周波数帯域
セキュリティ
規格概要
IEEE802.11g、
IEEE802.11b
※4
ARIB STD-T66
IEEE802.11gモード : 54/48/36/24/18/12/9/6(Mbpsモード)※1
IEEE802.11bモード : 11/5.5/2/1(Mbpsモード)※1
OFDM方式(54/48/36/24/18/12/9/6Mbpsモード時)
DS-SS方式(11/5.5/2/1Mbpsモード時)
1 ∼ 11ch
(アクティブスキャン)
12、
13ch
(パッシブスキャン)※5
2.4GHz帯域(2.4 ∼ 2.4835GHz)
WPA-PSK
(TKIP/AES)
WPA2-PSK
(AES)
WEP
(鍵長64bit/128bit※2)
IEEE802.1X
●5GHz無線LAN(IEEE802.11a)規格概要
項目
準拠規格
通信モード
変調方式
無線チャンネル
周波数帯域
セキュリティ
規格概要
IEEE802.11a
※4
ARIB STD-T71
54/48/36/24/18/12/9/6(Mbpsモード)※1
OFDM方式
36ch、
40ch、
44ch、
48ch、
52ch、
56ch、60ch、64ch、100ch、104ch、108ch、
112ch、
116ch、
120ch、
124ch、
128ch、132ch、136ch、140ch(パッシブス
※5
キャン)
5GHz帯域(5.15 ∼ 5.35GHz、
5.47 ∼ 5.725GHz)※3
WPA-PSK
(TKIP/AES)
WPA2-PSK
(AES)
WEP
(鍵長64bit/128bit※2)
IEEE802.1X
付録 機能一覧
45
●2.4/5GHz無線LAN(IEEE802.11n)規格概要
項目
準拠規格
通信モード(送信時)
通信モード(受信時)
規格概要
IEEE802.11n、
ARIB STD-T66※4、
ARIB STD-T71※4
20MHz時:130/117/104/78/52/39/26/13(Mbpsモード)
20MHz、
Short GI有効時:144.44/130/115.56/86.67/57.78/43.33/
28.89/14.44(Mbpsモード)
40MHz時:270/243/216/162/108/81/54/27(Mbpsモード)
40MHz、
Short GI有効時:300/270/240/180/120/90/60/30(Mbpsモード)
※1
変調方式
無線チャンネル
周波数帯域
セキュリティ
OFDM方式、
MIMO方式
1 ∼ 11ch
(アクティブスキャン)
12、
13ch
(パッシブスキャン)※5
36ch、
40ch、
44ch、
48ch、
52ch、
56ch、60ch、64ch、100ch、104ch、108ch、
112ch、
116ch、
120ch、
124ch、
128ch、132ch、136ch、140ch(パッシブス
キャン)※5
2.4GHz帯域(2.4 ∼ 2.4835GHz)
5GHz帯域(5.15 ∼ 5.35GHz、
5.47 ∼ 5.725GHz)※3
WPA-PSK
(AES)
、
WPA2-PSK
(AES)
、IEEE802.1X
※1:各規格による理論的な通信速度をもとにした通信モード表記であり、実効速度とは異なります。接続対象機器、電波環
境、周囲の障害物、設置環境、使用状況、ご使用のOS、アプリケーション、ソフトウェアなどによっても、通信速度、
通信距離に影響する場合があります。
※2:ユーザーが設定可能な鍵長は、それぞれ40bit、104bitです。
※3:36ch、40ch、44ch、48ch、52ch、56ch、60ch、64chを利用したワイヤレスLANの使用は、電波法令により屋内に
限定されます。
※4:ARIBについての表記の説明は、『活用ガイド』の「本体の構成各部」の「タイプVD」の「無線LAN機能」の「使用上
のご注意」をご覧ください。
※5:パッシブスキャンのチャンネルは接続に時間がかかる場合があります。
46
付録 機能一覧
MEMO
ご注意
(1) 本書の内容の一部または全部を無断転載することは禁じられています。
(2) 本書の内容に関しては将来予告なしに変更することがあります。
(3) 本書の内容については万全を期して作成いたしましたが、万一ご不審な点や誤り、記載もれなどお気付
きのことがありましたら、ご購入元、またはNEC 121コンタクトセンターへご連絡ください。落丁、乱丁
本はお取り替えいたします。
(4) 当社では、本装置の運用を理由とする損失、逸失利益等の請求につきましては、
(3)項にかかわらずいか
なる責任も負いかねますので、あらかじめご了承ください。
(5) 本装置は、医療機器、原子力設備や機器、航空宇宙機器、輸送設備や機器など、人命に関わる設備や機器、
および高度な信頼性を必要とする設備や機器などへの組み込みや制御等の使用は意図されておりませ
ん。これら設備や機器、制御システムなどに本装置を使用され、人身事故、財産損害などが生じても、当
社はいかなる責任も負いかねます。
(6) 海外における保守・修理対応は、海外保証サービス[NEC UltraCareSM International Service]対象機種
に限り、当社の定めるサービス対象地域から日本への引取修理サービスを行います。サービスの詳細や
対象機種については、以下のホームページをご覧ください。
http://121ware.com/navigate/rescue/ultracare/jpn/index.html
(7) 本機の内蔵ハードディスク(またはSSD)にインストールされているWindows 7、Windows XPおよび
本機に添付のCD-ROM、DVD-ROMは、本機のみでご使用ください。
(8) ソフトウェアの全部または一部を著作権の許可なく複製したり、複製物を頒布したりすると、著作権の
侵害となります。
(9) ハードウェアの保守情報をセーブしています。
(10)本書に記載されている内容は、このマニュアルの制作時点のものです。お問い合わせ先の窓口、住所、電話
番号、
ホームページの内容やアドレスなどが変更されている場合があります。あらかじめご了承ください。
Microsoft、Windows、Windows Vista、Internet ExplorerおよびPowerPointは、米国 Microsoft Corporationの
米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
インテル、Intel、Celeron、Intel SpeedStepおよびインテル Coreはアメリカ合衆国およびその他の国におけ
るインテルコーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
Corel、InterVideo、WinDVDはCorel Corporationおよびその関連会社の商標または登録商標です。
2009 Corel Corporation. All Rights Reserved.
Adobe、およびReaderは合衆国およびその他の国におけるAdobe Systems Incorporatedの商標または登録
商標です。
Roxio Creator、およびBackOnTrackは、米国Sonic Solutions社の商標または登録商標です。
TRENDMICRO、およびウイルスバスターはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
Phoenixは、Phoenix Technologies Ltd.の登録商標です。
「FeliCa」は、ソニー株式会社の登録商標です。
「FeliCa」は、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
「Edy」は、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。
は、フェリカネットワークス株式会社の登録商標です。
「ATOK」は、株式会社ジャストシステムの登録商標です。
HDMI、
HDMIロゴ、
High-Definition Multime Interfaceは、
HDMI Licensing LLCの商標または登録商標です。
DeviceProtector、
SecureRedirector、およびFlyFolderはNECパーソナルプロダクツ株式会社の登録商標です。
その他、本マニュアルに記載されている会社名、商品名は各社の商標、または登録商標です。
初版 2010年 1月
©NEC Corporation,NEC Personal Products, Ltd. 2010
日本電気株式会社、NECパーソナルプロダクツ株式会社の許可なく複製、改変などを行うことはできません。
853-810602-380-A
Printed in Japan
このマニュアルは再生紙を使用しています。
*810602380A*