Asus Striker II Formula System information

Motherboard
Striker II
Formula
J3611
初版
2008年5月
Copyright © 2008 ASUSTeK COMPUTER INC. All Rights Reserved.
バックアップの目的で利用する場合を除き、本書に記載されているハードウェア・ソフトウェアを含
む、全ての内容は、ASUSTeK Computer Inc. (ASUS)の文書による許可なく、編集、転載、引用、放
送、複写、検索システムへの登録、他言語への翻訳などを行うことはできません。
以下の場合は、保証やサービスを受けることができません。
(1)ASUSが明記した方法以外で、修理、改造、交換した場合。
(2)製品のシリアル番号が読むことができない状態である場合。
ASUSは、本マニュアルについて、明示の有無にかかわらず、いかなる保証もいたしません。ASUSの
責任者、従業員、代理店は、本書の記述や本製品に起因するいかなる損害(利益の損失、ビジネス
チャンスの遺失、データの損失、業務の中断などを含む)に対して、その可能性を事前に指摘したか
どうかに関りなく、責任を負いません。
ASUSは、本マニュアルについて、明示の有無にかかわらず、いかなる保証もいたしません。ASUSの
責任者、従業員、代理����������������������������������
店���������������������������������
は、本書の記述や本製品に起因するいかなる損害(利益の損失、ビジネス
チャンスの遺失、データの損失、業務の中断などを含む)に対して、その可能性を事前に指摘したか
どうかに関りなく、責任を負いません。
本マニュアルに記載の製品名及び企業名は、登録商標や著作物として登録されている場合があり
ますが、本書では、識別、説明、及びユーザーの便宜を図るために使用しており、
これらの権利を侵
害する意図はありません。
ii
もくじ
もくじ ..............................................................................................................iii
ご注意 ............................................................................................................viii
安全上のご注意.................................................................................................ix
このマニュアルについて.......................................................................................x
Striker II Formula 仕様一覧.............................................................................xii
Chapter 1:
製品の概要
1.1
ようこそ.............................................................................................. 1-1
1.2
パッケージの内容............................................................................... 1-1
1.3
独自機能............................................................................................ 1-2
1.3.3
製品の特長.......................................................................................... 1-2
1.3.2
ROGのインテリジェントパフォーマンス & オーバークロック機能 ...................................................................... 1-5
1.3.3
ROG の独自機能................................................................................ 1-7
Chapter 2:
ハードウェア
2.1
始める前に......................................................................................... 2-1
2.2
マザーボードの概要........................................................................... 2-4
2.3
2.4
2.5
2.2.1
設置方向............................................................................................... 2-4
2.2.2
ネジ穴.................................................................................................... 2-4
2.2.3
マザーボードのレイアウト.............................................................. 2-5
2.2.4
オーディオカードのレイアウト ..................................................... 2-5
2.2.5
レイアウトの内容............................................................................... 2-6
CPU.................................................................................................... 2-8
2.3.1
CPUを取り付ける............................................................................... 2-9
2.3.2
CPUにヒートシンクとファンを取り付ける.................................2-11
2.3.3
CPUからヒートシンクとファンを取り外す..................................2-13
2.3.4
オプションファンを取り付ける.....................................................2-15
システムメモリ.................................................................................. 2-17
2.4.1
概要......................................................................................................2-17
2.4.2
メモリ構成..........................................................................................2-18
2.4.3
メモリを取り付ける.........................................................................2-22
2.4.4
メモリを取り外す.............................................................................2-22
拡張スロット..................................................................................... 2-23
2.5.1
拡張カードを取り付ける................................................................2-23
2.5.2
拡張カードを設定する...................................................................2-23
iii
もくじ
2.5.3
割り込み割り当て.............................................................................2-24
2.5.4
PCI スロット........................................................................................2-25
2.5.5
PCI Express x1 スロット.................................................................2-25
2.5.6
PCI Express x16 スロット...............................................................2-25
2.6
スライドスイッチ............................................................................... 2-27
2.7
オーディオカード、I/O シールド、LCD Poster を取り付ける............... 2-28
2.8
2.7.1
オーディオカードを取り付ける....................................................2-28
2.7.2
I/O シールドと LCD Poster を取り付ける................................2-29
コネクタ............................................................................................ 2-30
2.8.1
リアパネルコネクタ.........................................................................2-30
2.8.2
内部コネクタ.....................................................................................2-32
2.8.3
オンボードスイッチ.........................................................................2-42
Chapter 3:
3.1
3.2
コンピュータの電源をオフにする........................................................ 3-2
3.2.1
OS シャットダウン機能を使用する............................................... 3-2
3.2.2
電源スイッチのデュアル機能を使用する................................... 3-2
Chapter 4:
4.1
4.2
iv
電源をオンにする
初めて起動する.................................................................................. 3-1
BIOS セットアップ
BIOS 管理更新................................................................................... 4-1
4.1.1
ASUS Update . ................................................................................... 4-1
4.1.2
ASUS EZ Flash 2 . .............................................................................. 4-4
4.1.3
BIOS を更新する................................................................................. 4-5
4.1.4
オリジナルの BIOS ファイルを保存する..................................... 4-7
4.1.5
ASUS CrashFree BIOS 2................................................................... 4-8
BIOS 設定プログラム.......................................................................... 4-9
4.2.1
BIOSメニュー画面............................................................................4-10
4.2.2
メニューバー.....................................................................................4-10
4.2.3
ナビゲーションキー........................................................................4-11
4.2.4
メニュー..............................................................................................4-11
4.2.5
サブメニュー.....................................................................................4-11
4.2.6
構成フィールド..................................................................................4-11
4.2.7
ポップアップウィンドウ..................................................................4-12
4.2.8
ヘルプ..................................................................................................4-12
もくじ
4.3
4.4
4.5
4.6
メインメニュー................................................................................. 4-13
4.3.1
System Time [xx:xx:xx]..................................................................4-13
4.3.2
System Date [Day xx/xx/xxxx]...................................................4-13
4.3.3
Language [English]........................................................................4-13
4.3.4
Legacy Diskette A [1.44M, 3.5 in.]............................................4-13
4.3.5
Primary、IDE Master/Slave...........................................................4-14
4.3.6
SATA 1–6...........................................................................................................................4-16
4.3.7
HDD SMART Monitoring [Disabled]........................................4-17
4.3.8
Installed Memory [xxx MB].........................................................4-17
4.3.9
Usable Memory [XXX MB]...........................................................4-17
4.3.10
システム情報.....................................................................................4-17
Extreme Tweaker メニュー............................................................. 4-18
4.4.1
AI Overclock Tuner [Auto]...........................................................4-18
4.4.2
Overclocking....................................................................................4-22
4.4.3
Over Voltage.....................................................................................4-25
4.4.4
Loadline Calibration [Disabled]................................................4-27
4.4.5
NVIDIA GPU Ex [Disabled]...........................................................4-27
4.4.6
SLI-Ready Memory [Disabled]...................................................4-27
4.4.7
Voltiminder LED [ON]....................................................................4-28
4.4.8
CPU LED Selection [CPU Volt]....................................................4-28
4.4.9
NB LED Selection [NB Volt].........................................................4-28
4.4.10
SB LED Selection [SB Volt]...........................................................4-28
4.4.11
ROG Logo [Enabled]......................................................................4-28
4.4.12
ES Selection [Disabled].................................................................4-28
拡張メニュー.................................................................................... 4-29
4.5.1
AI NET2................................................................................................4-29
4.5.2
PCIPnP.................................................................................................4-30
4.5.3 オンボードデバイス設定構成......................................................4-30
電源メニュー.................................................................................... 4-34
4.6.1
4.7
ACPI Suspend Type [S1&S3].......................................................4-34
4.6.2
ACPI APIC Support [Enabled].....................................................4-34
4.6.3
APM の設定.......................................................................................4-35
4.6.4
ハードウェアモニタ.........................................................................4-36
ブートメニュー................................................................................. 4-40
もくじ
4.8
4.9
4.7.1
ブートデバイスの優先順位..........................................................4-40
4.7.2
Removable Drives..........................................................................4-41
4.7.3
Hard Disk Drives..............................................................................4-41
4.7.4
CDROM Drives.................................................................................4-41
4.7.5
ブート設定.........................................................................................4-42
4.7.6
セキュリティ.......................................................................................4-43
ツールメニュー................................................................................. 4-45
4.8.1
ASUS O.C. Profile.............................................................................4-45
4.8.2
ASUS EZ Flash 2...............................................................................4-47
終了メニュー.................................................................................... 4-48
Chapter 5:
OS をインストールする....................................................................... 5-1
5.2
サポート DVD 情報............................................................................. 5-1
5.3
5.4
vi
ソフトウェア
5.1
5.2.1
サポート DVD を実行する............................................................... 5-1
5.2.2
ドライバメニュー............................................................................... 5-2
5.2.3
ユーティリティメニュー.................................................................... 5-3
5.2.4
Make disk menu................................................................................ 5-5
5.2.5
マニュアルメニュー........................................................................... 5-6
5.2.6
ビデオメニュー................................................................................... 5-6
5.2.7
コンタクトインフォメーション........................................................ 5-7
5.2.8
その他の情報...................................................................................... 5-7
ソフトウェア情報............................................................................... 5-9
5.3.1
ASUS MyLogo3™............................................................................... 5-9
5.3.2
AI NET2................................................................................................5-11
5.3.3
AI Audio 2
(SoundMAX® High Definition Audio ユーティリティ).....5-12
5.3.4
ASUS PC Probe II.............................................................................5-21
5.3.5
ASUS AI Suite....................................................................................5-27
5.3.6 ASUS EPU ユーティリティ—AI Gear 3......................................5-29
5.3.7
ASUS AI Nap......................................................................................5-30
5.3.8
ASUS Q-Fan 2 .................................................................................5-31
5.3.9
ASUS AI Booster..............................................................................5-32
5.3.10
CPU Level Up....................................................................................5-33
RAID ............................................................................................... 5-34
もくじ
5.5
5.4.1
RAID の定義......................................................................................5-34
5.4.2
NVIDIA® RAID....................................................................................5-35
RAIDドライバディスクを作成する...................................................... 5-42
5.5.1
OS に入らずに RAID ドライバディスクを作成する...............5-42
5.5.2
RAID ドライバディスクを Windows®環境で作成する.........5-42
Chapter 6:
NVIDIA® SLI™ テクノロジサポート
6.1
概要................................................................................................... 6-1
6.2
デュアルビデオカード設定.................................................................. 6-2
6.2.1
SLI 対応ビデオカードを取り付ける............................................. 6-2
6.2.2
SLI-Ready ビデオカード2枚を取り付ける............................... 6-5
6.2.2
デバイスドライバをインストールする........................................ 6-6
6.2.4
Windows® 環境で NVIDIA® SLI™ テクノロジを有効にする... 6-6
参考:
CPU の機能
A.1
Intel® EM64T......................................................................................A-1
A.2
EIST(拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジ)......................................A-1
A.2.1
システム条件.......................................................................................A-1
A.2.2
EIST を使う...........................................................................................A-2
A.3
Intel Hyper-Threading テクノロジ...................................................A-3
A.4
デバッグコード表.............................................................................A-4
®
vii
ご注意
Federal Communications Commission Statement(原文)
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the
following two conditions:
• This device may not cause harmful interference, and
• This device must accept any interference received including interference that
may cause undesired operation.
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class
B digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed
to provide reasonable protection against harmful interference in a residential
installation. This equipment generates, uses and can radiate radio frequency
energy and, if not installed and used in accordance with manufacturer’s
instructions, may cause harmful interference to radio communications. However,
there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. If
this equipment does cause harmful interference to radio or television reception,
which can be determined by turning the equipment off and on, the user is
encouraged to try to correct the interference by one or more of the following
measures:
• Reorient or relocate the receiving antenna.
• Increase the separation between the equipment and receiver.
• Connect the equipment to an outlet on a circuit different from that to which the
receiver is connected.
• Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.
The use of shielded cables for connection of the monitor to the graphics card is
required to assure compliance with FCC regulations. Changes or modifications
to this unit not expressly approved by the party responsible for compliance
could void the user’s authority to operate this equipment.
Canadian Department of Communications Statement(原文)
This digital apparatus does not exceed the Class B limits for radio noise emissions
from digital apparatus set out in the Radio Interference Regulations of the
Canadian Department of Communications.
This class B digital apparatus complies with Canadian ICES-003.
viii
安全上のご注意
電気の取り扱い
・ 作業を行う場合は、感電防止のため、電源コードをコンセントから抜いてから行
ってください。
・ 本製品に周辺機器を接続する場合は、本製品および周辺機器の電源コードをコ
ンセントから抜いてから行ってください。可能ならば、関係するすべての機器の
電源コードをコンセントから抜いてから行ってください。
・ 本製品にケーブルを接続する場合は、電源コードをコンセントから抜いてから行
ってください。
・ 電源延長コードや特殊なアダプタを用いる場合は専門家に相談してください。こ
れらは、回路のショート等の原因になる場合があります。
・ 正しい電圧でご使用ください。ご使用になる地域の出力電力がわからない場合
は、お近くの電力会社にお尋ねください。
・ 電源装置の修理は販売代理店などに依頼してください。
操作上の注意
・ 作業を行う前に、本製品に付属のマニュアルを全て熟読してください。
・ 電源を入れる前に、ケーブルが正しく接続されていることを確認してください。また
電源コードに損傷がないことを確認してください。
・ マザーボード上にクリップやネジなどの金属を落とさないようにしてください。回
路のショート等の原因になります。
・ 埃・湿気・高温・低温を避けてください。湿気のある場所で本製品を使用しないでく
ださい。
・ 本製品は安定した場所に設置してください。
・ 本製品を修理する場合は、販売代理店などに依頼してください。
左のマークは、本製品が電気製品または電子装置であり、地域のゴミと一緒に捨て
られないことを示すマークです。廃棄の際は、地方自治体の廃棄処理に関する条例
または規則等に従ってください。
ix
このマニュアルについて
このマニュアルには、マザーボードの取り付けや構築の際に必要な情報が記してあり
ます。
マニュアルの概要
本章は以下の章から構成されています。
•
Chapter 1: 製品の概要
マザーボードの機能とサポートする新機能についての説明。
•
Chapter 2: ハードウェア
コンポーネントの取り付けに必要なハードウェアのセットアップ手順及びスイッ
チ、ジャンパとコネクタの説明。
•
Chapter 3: 電源をオンにする
電源をオンにする手順と電源をオフにする手順について。
•
Chapter 4: BIOSのセットアップ
セットアップメニューでのシステム設定の変更方法とBIOSパラメータの詳細。
•
Chapter 5: ソフトウェア
マザーボードパッケージに付属のサポートDVD の内容。
•
Chapter 6: ���������������������
NVIDIA SLI™����������
テクノロジサポート
SLI-Ready 対応 PCI Express ビデオカードを取り付手順について。
•
参考:CPU の機能
このマザーボードでサポートするCPU の各機能と技術について。
詳細情報
本書に記載できなかった最新の情報は以下で入手することができます。また、
BIOSや添付ソフトウェアの最新版があります。必要に応じてご利用ください。
1.
ASUS Webサイト(http://www.asus.co.jp/)
各国や地域に対応したサイトを設け、ASUSのハードウェア・ソフトウェア製品に関
する最新情報が満載です。
2.
追加ドキュメント
パッケージ内容によっては、追加のドキュメントが同梱されている場合がありま
す。注意事項や購入店・販売店などが追加した最新情報などです。これらは、本
書がサポートする範囲には含まれていません。
このマニュアルの表記について
本製品を正しくお取扱い頂くために以下の表記を参考にしてください。
危険/警告:本製品を取扱う上で、人体への危険を避けるための情報です。
注意:本製品を取扱う上で、コンポーネントへの損害を避けるための
情報です。
重要:本製品を取扱う上で、必要な指示です。
注記:本製品を取扱う上でのヒントと 追加情報です。
表記
<Key> < > で囲った文字は、キーボードのキーです。 例: <Enter>→Enter もしくは リターンキーを押してくだ
さい。
<Key1+Key2+Key3>
一度に2つ以上のキーを押す必要がある場合は(+)を使っ
て示しています。
例: <Ctrl+Alt+D>
Command
表記されている通りのコマンドを入力してください。 続けて[ ]で指示している文字列または値を入力してくだ
さい。
例: DOS プロンプトで、コマンドラインを入力
format A:/S
xi
Striker II Formula�����
仕様一覧
対応CPU
LGA775 ソケット:Intel
�����® Core™2 Quad / Core™2 Extreme / Core™2 Duo / Pentium® Extreme / Pentium® D / Pentium® 4�����������
の各プロセッサに対応
Intel®次世代 45nm Multi-core CPUに対応
Intel® �������������������
06/05B/05A���������
プロセッサに対応
* 詳細は www.asus.co.jp で Intel® CPU サポートリストを
ご参照ください。
チップセット
NVIDIA® nForce® 780i SLI™
システムバス周波数
1333/1066/800 MHz
対応メモリ
デュアルチャンネル メモリアーキテクチャ:
- 240 ピンメモリスロット×4:unbuffered non-ECC DDR2 1066/800/667/533MHz メモリをサポート - 最大 8 GB のシステムメモリをサポート
* ������������������������������
詳細はASUS Web サイトの最新の推奨ベンダーリスト
(QVL)をご参照ください。(www.asus.co.jp)
拡張スロット
PCIe 2.0 x16 スロット×2:NVIDIA® SLI™ テクノロジ
をサポート(ブルー:転送速度 @ x16、x16)
PCIe x16 スロット×1:
(ホワイト:転送速度 @ x16)
PCIe x1 スロット×2:PCI Express1_1(ブラック)は
オーディオスロットとしても機能
PCI 2.2 スロット×2
SLI™
NVIDIA® 3ウェイ SLI ビデオカードをサポート
(各 x16モード動作)
記憶装置
サウスブリッジのサポート内容:
- Ultra DMA 133/100/66/33×1
- Serial ATA 3 Gb/s×6
- NVIDIA® MediaShield™ RAID:RAID 0、1、0+1、5、JBOD を構築可能(Serial ATA ドライブ使用)
LAN
Dual Gigabit LAN コントローラ:AI NET2 機能搭載
チーミングテクノロジサポート
HDオーデ��
ィオ
SupremeFX II Audio Card
- ADI 1988B 8 チャンネルHD オーディオコーデック
- Noise Filter
コアキシャル / 光デジタル S/PDIF出力ポート
(バックパネル I/O)
IEEE 1394
IEEE 1394a ポート2基サポート
(ボード上とバックパネルに1基ずつ)
USB
USB 2.0 ポート×10
(ボード上に4基、バックパネルに6基)
(次項へ)
xii
Striker II Formula 仕様一覧
ROG だけの
オーバークロック機能
Extreme Tweaker
2-Phase DDR2
ROG BIOS Wallpaper
Loadline Calibration
インテリジェントオーバークロックツール:
- CPU level up
- ASUS EPU (Energy Processing Unit)
- AI Gear 3
- AI Overclocking (インテリジェントCPU周波数チューナー)
- AI Booster ユーティリティ
- O.C. Profile
Overclocking Protection:
- COP EX (Component Overheat Protection -EX)
- Voltiminder LED
- ASUS C.P.R. (CPU Parameter Recall)
ROG の独自機能
LCD Poster
オンボードスイッチ:電源/リセット/Clr CMOS
(バックパネルに搭載)
ASUS Q-Connector
ASUS Q-Fan 2
ASUS EZ Flash 2
ASUS CrashFree BIOS 2
ASUS MyLogo 3™
バックパネル I/O ポート
PS/2 キーボード (パープル)×1
S/PDIF 出力 (コアキシャル + 光デジタル)×1
IEEE1394a ×1
LAN (RJ45) ×2
USB 2.0/1.1 ×6
clr CMOS スイッチ ×1
内部 I/O コネクタ
USB 2.0 コネクタ×2:追加 USB 2.0 ポート4 基に対応
フロッピーディスクドライブコネクタ×1
IDE コネクタ×1:
(デバイス2台対応)
SATA コネクタ×6
ファンコネクタ×8:( CPU×1/ 電源×1/ ケース×3/
オプション×3)
サーマルセンサーコネクタ×3
IEEE1394a コネクタ×1
S/PDIF 出力コネクタ×1
ケース開閉検出コネクタ ×1
24ピン ATX 電源コネクタ ×1
8ピン ATX 12 V 電源コネクタ ×1
Enable/Disable Clr CMOS スライドスイッチ×1
LCD Poster コネクタ×1
システムパネル(Q-コネクタ)×1
パワーオンスイッチ ×1
リセットスイッチ ×1
(次項へ)
xiii
Striker II Formula 仕様一覧
BIOS
8 Mb Flash ROM, AWARD BIOS, PnP, DMI2.0, WfM2.0,
������������������������������������������
SM BIOS 2.4, ACPI 2.0a Multi-Language BIOS
マネージメント機能
WOL by PME, WOR by PME, Chassis Intrusion, PXE
アクセサリ
LCD Poster
ASUS オプションファン
SupremeFX II Audio Card
3 in 1 ASUS Q-Connector Kit
UltraDMA 133/100/66 ケーブル
フロッピーディスクドライブケーブル
Serial ATA ケーブル
Serial ATA 電源ケーブル
2ポート USB2.0 モジュール+IEEE1394a モジュール
I/O シールド
ケーブルタイ
3 ウェイ SLI ブリッジ
ASUS SLI ブリッジ
ユーザーマニュアル(本書)
ソフトウェア
The hottest DX10 game:
Company of Heroes—Opposing Fronts
サポートDVD:
ドライバ
ASUS PC Probe II
ASUS Update ASUS AI Suite
Futuremark® 3DMark® 06 Advanced Edition
Kaspersky Anti-Virus ソフトウェア
フォームファクタ
ATX フォームファクタ: �������������������������������
30.5 cm×24.4 cm ���������������
(��������������
12 in×9.6 in)
*製品改善のため、仕様は予告なく変更することがあります。
xiv
マザーボードの機能とサポートする新機能につ
いての説明
1
製品の概要
1
Chapter
1.1
ようこそ.............................................................................................. 1-1
1.2
パッケージの内容............................................................................... 1-1
1.3.....
独自機能............................................................................................ 1-2
ROG Striker II Formula
1.1
ようこそ
ASUS® Striker II Formula マザーボードをお買い上げいただき、ありがとうございます。
このマザーボードは多くの新機能と最新のテクノロジを提供する ASUS の高品質マザ
ーボードです。
マザーボードとハードウェアデバイスの取り付けを始める前に、パッケージの中にリス
トに掲載されている部品が揃っていることを確認してください。
1.2
パッケージの内容
マザーボードパッケージに以下のものが揃っていることを確認してください。
マザーボード
ROG Striker II Formula
I/O モジュール
USB 2.0 モジュール+IEEE 1394a モジュール
ケーブル
Ultra DMA 133/100/66 ケーブル
フロッピーディスクドライブケーブル
Serial ATA ケーブル
Serial ATA 電源ケーブル
アクセサリ
I /O シールド 3-Way
����������������
SLI bridge
ASUS SLI bridge
ASUS オプションファン
LCD Poster
SupremeFX
�����������������������
II Audio Card
3-in-1 ASUS Q-Connector Kit
ケーブルタイ
DVD/CD
ROG マザーボードサポート DVD
The hottest game:
Company of Heroes—Opposing Fronts
ドキュメント
ユーザーマニュアル(本書)
付属品が足りないときや破損しているときは、販売店にご連絡ください。
ROG Striker II Formula
1-1
1.3
独自機能
1.3.3
製品の特長
Republic of Gamers 「Republic of Gamers」への利用資格は一流のゲーマーであること。ASUSは最高のハ
ードウェアエンジニアリングとパフォーマンス、最新のアイデアを提供する。そちらが出
すのは確かなゲームのテクニック。前衛が君だ、後衛は任せろ。
「Republic of Gamers」
は無制限1本勝負、メンバーのコメントだけが勝負の判定基準。我こそはと思うゲーマ
ーは名乗りを上げろ!
Intel® Core™2 Quad / Core™2 Duo / Core™2 Extreme CPU サポート
本マザーボードは最新の Intel® Quad-core/Core™2 プロセッサ LGA775 パッケージと
Intelの次世代 45nm Multi-Core プロセッサをサポート しています。新型 Intel® Core™
マイクロアーキテクチャ技術と 1333/1066/800 MHz FSB 周波数の採用で、Intel®
Core™2 プロセッサ は Intel® Quad-core プロセッサ とともに、今最もパワフルでエネ
ルギー効率の高い CPUと言えます。
(詳細:ページ 2­‑8 参照)
NVIDIA® nForce® 780i SLI チップセット
NVIDIA® nForce 780i SLI チップセットは NVIDIA® SLI™ テクノロジをサポートしており、
1つのシステムで3つの GPU に対応することができます。このSLI サポートにより、
究極のオーバークロック性能及び完全なるゲームパフォーマンスを実現できるわけ
で、世界で最速のプラットフォームと言っても過言でありません。また、NVIDIA® nForce
780i SLI チップセットは、Serial ATA 3 Gb/s デバイス6台に対応可能です。加えて、3
つのPCI Express™ x16 スロットは NVIDIA® SLI™ をサポートしており、動作速度はいず
れも x16 モードを実現しました。USB 2.0 ポートも10基までサポート可能で、その拡張
性がより充実しました。
NVIDIA® Scalable Link Interface (SLI™) NVIDIA SLI™ (Scalable Link Interface) は PCI Express バスアーキテクチャで増幅した
バンド幅を効果的に利用。ハード/ソフトウェアで2つのGPUを効果的に動作させ、拡
張性の高いパフォーマンスを実現。
NVIDIA® 3ウェイ SLI™ (Scalable Link Interface) NVIDIA 3ウェイ SLI™ は、PCI Express 2.0 バスアーキテクチャの帯域増加と、各ハード
ウェア/ソフトウェアを活用することで、ビデオカード3枚を同時に動作させることに成
功しました。これにより、画期的なパフォーマンスを実現します。アプリケーションによっ
てはパフォーマンスが3倍になります!(詳細:Chapter 6 参照)
1-2
Chapter 1: 製品の概要
PCIe 2.0 本マザーボードは最新の PCIe 2.0 デバイスを、従来の倍の速度と帯域でサポートし、
大幅なパフォーマンスの向上に成功しました。また、PCIe 1.0 デバイスにも下位互換性
があるので安心です。
(詳細:ページ 2-25 参照)
ネイティブ DDR2 1066 メモリ サポート 最高のパフォーマンスを実現すべく、ASUSのエンジニアはDDR2 メモリの真の潜在力
を引き出すことに成功しました。DDR2 1066 モード使用時にASUS独自の技術を使用
することでFSB 1333を利用することができるため、3D グラフィックスやメモリの能力が
要求されるアプリケーションに優れたパフォーマンスを実現します。
(詳細:ページ 2-17 参照)
デュアルチャンネル DDR2 800 メモリサポート
本マザーボードは、800/667 MHz のデータ転送率の DDR2 メモリに対応。最新 3D グ
ラフィックス、マルチメディア、インターネットアプリケーションに対応できるより高速な
帯域要求を充たします。デュアルチャンネル DDR2 アーキテクチャでシステムメモリの
帯域は倍になり、システムのパフォーマンスを増強し、最高帯域12.8 GB/s で混雑時の
ボトルネックを解消します。本マザーボードでは、2つのチャンネル間のメモリサイズ
に制限がないため、異なるサイズのメモリを取り付けることができ、デュアルチャンネ
ルとシングルチャンネルを同時に動作させることが可能です。この新機能の搭載によ
り、メモリサイズをより有効に利用することができます。
(詳細: 2­‑17 参照)
ASUS Super Memspeed テクノロジ(Super MST)
ASUSはSuper Memspeed テクノロジによって、FSBクロックとメモリクロックの比率の
限界を突破することに成功しました。さらに、DDR2メモリに対する詳細なオーバーク
ロック機能を搭載し、最高のメモリパフォーマンスを提供します。Super MSTは、CPU と
メモリのオーバークロック時のボトルネックを解消することで、システムパフォーマン
スを最大限に活用し、3D グラフィックスやメモリの能力を必要とするアプリケーション
に特に優れた効果を発揮します。
(詳細 2-17 参照)
Serial ATA 3Gb/s 技術 Serial ATA (SATA) 3Gb/s ストレージ規格をベースとする次世代ハードドライブをサポ
ートしていますので、安定性が向上し、バスの帯域が倍増したことで高速データ転送を
実現。
(詳細:2-33 参照)
ROG Striker II Formula
1-3
デュアル Gigabit LAN 統合型 デュアル Gigabit LAN は、PCをネットワークゲートウェイとして動作させて、2
つの異なるネットワーク間のトラフィックをコントロールすることができます。このソリ
ューションにより、アービトレーションやレイテンシを増やすことなく、WAN から LAN
への 高速データ転送が可能になります。
(詳細:2-30 参照)
IEEE 1394a サポート
IEEE 1394a インターフェースを搭載することで、IEEE 1394a 規格と互換性のある周辺
機器(ビデオカメラ、VCR、プリンタ、TV、デジタルカメラ等)
との接続が柔軟かつ高速に
なりました。
(詳細:2-31、2-35 参照)
HD オーディオ クリアな音質をお楽しみください!オンボード8チャンネルHDオーディオ(High
Definition Audio、コードネーム Azalia)CODEC は、ハイクオリティの 192KHz/24bit
オーディオ出力、Jack-Sensing 機能、
リタスキング機能、マルチストリーミング技術に対
応。同時に複数のオーディオストリームを異なる方向に送信します。この技術により、マ
ルチチャンネルのネットワークゲーム中にヘッドフォンで会話が楽しめます。
(詳細:2-31 参照)
Green ASUS このマザーボードとパッケージは、欧州連合(EU)のRoHS指令(電気電子機器の特定
有害物質使用規制)の基準を充たしています。これは環境に優しくリサイクル可能な製
品/パッケージを提供するASUSの企業理念と合致するものです。
1-4
Chapter 1: 製品の概要
1.3.2
ROGのインテリジェントパフォーマンス & オーバークロック機能
Pin-Fin Thermal Module(ピン-フィン型サーマルモジュール) 従来の積層フィンとヒートパイプによる設計に比べ、新世代ピン -フィンサーマルデザ
インは放熱効果を向上させています。放熱 面積を増やし、境界層を取り除くことで、よ
り効率的なエアフロー を実現しています。ピンーフィンサーマルモジュールはかつて
ない ����������
効率��������
的放熱設計です。
CPU Level Up もっと高価、高性能なCPUが欲しいと思ったことはありませんか。R.O.Gの CPU Level
UpでコストをかけずにCPUをアップグレードしましょう。お望みの CPUを選ぶだけで、
あとはマザーボードが自動的にオーバークロックしてくれ ます。新たなCPUの速度と
性能を体感してください。類を見ないほど簡単な オーバークロックソリューションです。
(詳細:ページ 4-19、5-33 参照)
ASUS EPU ASUS EPU は革新的テクノロジを活用し、改良された VR レスポンスで負荷の大きさに
かかわらず、デジタル処理により CPU 電源を監視・調整します。より高いパフォーマン
スが必要なときは電源を自動的に供給し、また、比較的負荷のかからないアプリケーシ
ョンの使用中は、電源効率を 7% 向上させます。AI Gear 3 と併用することで電源効率
と節電効果が最大 20% 向上し、環境に優しいソリューションとなっています。
(詳細:ページ 5-29 参照)
2-Phase DDR2 2フェーズの電源供給回路を搭載し、安定したノイズの少ない電力をメモリに供給し
ます。各フェーズにかかる負荷は、1フェーズの電源モジュールのみの場合の半分にな
ります。
Extreme Tweaker Extreme Tweaker は周波数の調節、オーバーボルテージ用オプション、メモリタイミン
グ等を微調整し、システムを最高の状態に設定します。
(詳細:ページ 4-18 参照)
Voltiminder LED 最高のパフォーマンスを追求する中で、過電圧は重大かつリスクの伴う問題です。本マ
ザーボードの電圧警告 LED は、CPU、NB、SB、メモリの電圧状態をグリーン、イエロー、
レッドのランプで表示します。オーバークロック時に、素早く電圧をモニターすることが
できます。
(詳細:ページ 2-1~2-3 参照)
ROG Striker II Formula
1-5
Component Overheat Protection -EX (COP EX) COP EX により、オーバーヒートの心配をせず、チップセットの電圧を上げることができま
す。また、オーバーヒートしている GPU をモニターすることも可能です。COP EX により、
より自由に、制限なく最高のパフォーマンスを追求することができます。
AI Booster
ASUS AI Booster は CPU スピードをWindows 環境でオーバークロックする機能です。
BIOSを開く必要はありません。
(詳細:ページ 5-32 参照)
ASUS O.C. Profile 本マザーボードには、ASUS O.C. Profile 機能が搭載されており、複数の BIOS設定を保
存・ロードすることができます。各BIOS 設定はCMOSまたはファイルに保存することが
でき、BIOS設定の利用と共有が簡単に行えます。
(詳細:4-45 参照)
C.P.R. (CPU Parameter Recall) オーバークロック時にシステムがハングした場合、BIOSを初期設定値に自動再設定し
ます。オーバークロック設定が原因でシステムがハングした場合でも、システムケース
を開けて CMOS データをクリアする必要はありません。
チップセットの制限のため、C.P.R. 機能を利用する際は AC 電源がオフである必要
があります。
1-6
Chapter 1: 製品の概要
1.3.3
ROG の独自機能
Supreme FX II 機能 Supreme FX II は、ROG シリーズご使用のゲーマー向けに優れた HD オーディオパフ
ォーマンスをご提供します。SupremeFX II は、ゲーマーのニーズに応えるべく独自のオ
ーディオを開発しました。これにより、ゲームプレイ中の 3D 環境で敵をいち早く見つけ
ることができます。また、ゲームプレイ中の人間の声を強調する機能も搭載しているた
め、会話がより聞き取りやすくなります。
Noise Filter コンピュータのファンやエアコン等の個々の定常ノイズ (肉声ではない信号)を
検出し、録音中はそれらの音をカットします。
外部 LCD Poster 新型 LCD Poster は、POST で表示される重要な情報を外部ディスプレイで表示しま
す。システムに問題が発生すると、LCD Poster は自動的にデバイスのエラーを検出し、
POST 時にエラー内容を液晶に表示します。内容は従来のようなエラー番号ではなく、
文字列として具体的に表示されますので、問題の内容を短時間で知ることができます。
(詳細:ページ 2-29 参照)
オンボードスイッチ オーバークロック時に押すだけで、簡単にパフォーマンスの微調整できます。ピンをシ
ョートする、ジャンパの位置を切り替えるといった作業はもう不要です。
(詳細:ページ 2-42 参照)
ASUS 静音サーマルソリューション ASUS 静音サーマルソリューションはシステムをより安定させ、オーバークロック能力
を向上させます。
ファンレス設計–ヒートパイプ ASUS ファンレス設計は、マザーボード内の主な熱源からの熱を多方向に逃が
すことで、システム全体の温度を効果的に下げます。その結果、動作音は小さく
なりシステムの寿命が延びます。ASUSはこの分野で独自の研究を重ね、ヒート
パイプ、ヒートシンク、ボードのレイアウトを改良することで優れた散熱効果を実
現。特に、CPUや電源、VGA、ノースブリッジ、サウスブリッジの熱をより効果的に
下げます。
ROG Striker II Formula
1-7
ファンレス設計: - Stack Cool 2 ファンレスでゼロノイズの冷却機能です。コンポーネントから出る熱を大幅に下げま
す。本製品ではPCB (printed circuit board) 上で熱を拡散するために特殊な設計を採
用しています。
1.3.4
ASUS の特殊機能
AI Gear 3 AI Gear 3 は、
「Auto Mode」
と、
「Turbo Mode」、
「High Performance Mode」、
「Medium Power Saving Mode」、
「Max Power Saving Mode」の4つの手動モ
ードにより、CPU 周波数と vCore 電圧を自動調節することができます。AI Gear 3
はデジタル管理ですので、正確に CPU の負荷を検出しリアルタイムでCPUスピ
ードをオーバークロックします。また、負荷が低いときには電圧を下げて消費電
力を抑えます。モードの変更はOS 環境で即座で反映され、低負荷時にはCPU の
電力消費を最大 62% 抑えることができます。
AI Nap コンピュータを使用していない時、システムを最も低い電圧とノイズで動作させ
ることができます。システムをウェークしOS 環境に戻すには、マウスをクリックす
るか、キーを押すだけです。
ASUS Q-Fan 2 ASUS Q-Fan 2 テクノロジは、効果的に CPU ファンとケースファンのスピードをシス
テムの負荷に応じてコントロールし、静音低温環境を実現します。
(詳細:4-39 参照)
オプションファン 水冷クーラーまたはパッシブクーラーを利用している場合、オプションファンを追
加することができます。CPU電源モジュールやチップセット上にエアフローを作
り、システム全体の熱を効果的に逃がすことができます。
(詳細:2-15、2-16 参照)
1-8
Chapter 1: 製品の概要
ASUS MyLogo 3 この機能を使用すると、自分で選んだブートロゴを表示することができます。
(詳細:4-43 参照)
ASUS Multi-language BIOS
オプションから言語選択が可能です。特定の BIOS メニューでは、より簡単な設定
が可能になります。
(詳細:4-13 参照)
ASUS EZ DIY
ASUS EZ DIY 機能は、コンピュータのコンポーネントの取り付けや、BIOS 更新、設定デ
ータのバックアップに便利な機能が満載です。
ASUS Q-Connector ASUS Q-Connector を使用すれば、ケースフロントパネルケーブルの取り付
け/取り外しが簡単にできます。
(詳細:2-41 参照)
ASUS EZ Flash 2 OSをロードする前でも、予め設定したホットキーを押すだけでBIOSの更新が簡
単に行えます。更新の際は USB フラッシュメモリを使用します。簡単は操作で、
OS を起動する必要がなく、フロッピーディスクや OS ベースのフラッシュユーティ
リティも不要です。
(詳細:4-4、4-47 参照)
ASUS CrashFree BIOS 2 破損したBIOS データを BIOSファイルを含むマザーボードサポート DVD から 復
旧することができます。
(詳細:4-8 参照)
ROG Striker II Formula
1-9
1-10
Chapter 1: 製品の概要
システムの組み立てにおけるハードウェア
のセットアップ手順と、マザーボードのジャ
ンパやコネクタに関する説明
2
ハードウェア
2
Chapter
2.1
始める前に......................................................................................... 2-1
2.2
マザーボードの概要........................................................................... 2-4
2.3
CPU.................................................................................................... 2-8
2.4
システムメモリ.................................................................................. 2-17
2.5
拡張スロット..................................................................................... 2-23
2.6
ジャンパ........................................................................................... 2-27
2.7...................................
オーディオカード、�������������������������
I/Oシールド、LCD Poster を取り付ける................ 2-28
2.8
コネクタ............................................................................................ 2-30
ROG Striker II Formula
2.1
始める前に
マザーボードのパーツの取り付けや設定変更の前は、次の事項に注意してください。
•
各パーツを取り扱う前に、コンセントから電源プラグを抜いてください。
•
静電気による損傷を防ぐために、各パーツを取り扱う前に、静電気除去装置に
触れるなど、静電気対策をしてください。
•
ICに触れないように、各パーツは両手で端を持つようにしてください。
•
各パーツを取り外すときは、必ず静電気防止パッドの上に置くか、コンポーネン
トに付属する袋に入れてください。
•
パーツの取り付け、取り外しを行う前に、ATX電源ユニットのスイッチがOFF の
位置にあるか、電源コードが電源から抜かれていることを確認してください。
電力が供給された状態での作業は、感電、故障の原因となります。
オンボード LED
本マザーボードにはLEDが搭載されており、CPU、メモリ、ノースブリッジ、サウ
スブリッジの電圧の状態を表示します。BIOSでこれらの電圧を調節することがで
きます。また、ハードディスクドライブLEDと電源状態を表示するオンボードス
イッチが搭載されています。電圧調節に関する詳細は、セクション 4.4「Extreme
Tweaker menu」をご参照ください。
1.
CPU LED
CPU LED は CPU 電圧と CPU PLL 電圧の、2種類の電圧を表示します。表示する
電圧は BIOSで選択できます。CPU LEDの位置とLEDの定義については以下をご参
照ください。
CPU_CRAZY
CPU_HIGH
CPU_NORMAL
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA CPU LED
Normal (グリーン)
High (イエロー)
Crazy (レッド)
CPU 電圧
1.10000~1.50000
1.50625~1.69375
1.70000~
CPU PLL 電圧
1.50000~1.60000
1.62000~1.80000
1.82000~
ROG Striker II Formula
2-1
2.
メモリ LED
メモリ LED の位置とLEDの定義については以下をご参照ください。
DDR_CRAZY
DDR_HIGH
DDR_NORMAL
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA DDR LED
DRAM 電圧
3.
Normal (グリーン)
High (イエロー)
Crazy (レッド)
1.80~2.20
2.22~2.60
2.62~
ノースブリッジ/サウスブリッジ LED
ノースブリッジ/サウスブリッジ LEDには2つの異なる電圧表示があります。
ノースブリッジLEDは、NBコア電圧、またはCPU VTT 電圧のいずれかを表示
します。サウスブリッジLEDは、SBコア電圧、または 1.2V HT 電圧のいずれ
かを表示します。 表示する電圧は BIOSで選択できます。ノースブリッジ/サ
ウスブリッジ LED の位置とLEDの定義については以下をご参照ください。
NB_CRAZY
NB_HIGH
NB_NORMAL
STRIKER II FORMULA
®
SB_CRAZY
SB_HIGH
SB_NORMAL
STRIKER II FORMULA North/South Bridge LED
2-2
Normal (グリーン)
High (イエロー)
Crazy (レッド)
NB コア��
電圧
1.20~1.59
1.61~1.83
1.85~
CPU VTT��
電圧
1.20~1.40
1.42~1.60
1.62~
SB コア��
電圧
1.50~1.60
1.65~1.75
1.80~
1.2V HT ��
電圧
1.20~1.45
1.50~1.70
1.75~
Chapter 2: ハードウェア
4.
ハードディスク LED
ハードディスクの状態を表示します。ハードディスクドライブでデータの書
き込み/読み出しが行われている場合に点滅します。マザーボードにハード
ディスクドライブが接続されていない場合、またはハードディスクドライブ
が機能していない場合、LED は点灯しません。
STRIKER II FORMULA
®
HD_LED
STRIKER II FORMULA Hard Disk LED
5.
電源 LED
本マザーボードには電源 LEDとしてパワーオンスイッチが搭載されており、電
力が供給されている間は点灯します。マザーボードに各パーツを取り付け・取り外
しを行う際は、システムをOFFにし、電源ケーブルを抜いてください。下のイラスト
は、オンボードパワーオンスイッチの場所を示しています。
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA Power on switch
ROG Striker II Formula
2-3
2.2
マザーボードの概要
マザーボードを取り付ける前に、ケースの構成を調べて、マザーボードがケース
にフィットすることを確認してください。
マザーボードの取り付け、取り外しを行う前に、必ず電源コードを抜いてください。
感電、故障の原因となります。
2.2.1
設置方向
マザーボードが正しい向きでケースに取り付けられているかを確認してくださ
い。下の図のように外部ポートをケースの背面部分に合わせます。
2.2.2
ネジ穴
ネジ穴は9カ所あります。ネジ穴の位置を追わせてマザーボードをケースに固定します。
ネジをきつく締めすぎないでください。マザーボードの破損の原因となります。
この面をケースの背面に
合わせます。
STRIKER II FORMULA
®
2-4
Chapter 2: ハードウェア
2.2.3
マザーボードのレイアウト
24.5cm (9.6in)
EATX12V
CPU_FAN
LCD_CON
KB_USB56
BIOS
NVIDIA®
nForce®780iSLI™
LAN1_USB12
OPT_TEMP2
PCIEX1_1
ROG
PWR_FAN
FLOPPY
DDR_CRAZY
DDR_HIGH
DDR_NORMAL
NB_CRAZY
NB_HIGH
NB_NORMAL
PRI_IDE
OPT_FAN2
PCIEX16_1
PCIEX1_2
PCIEX16_3
88E1116
STRIKER II FORMULA
VIA
VT6308P
PCI1
NVIDIA®
CR20323V
LithiumCell
CMOSPower
nForce®570SLI™
SB_CRAZY
SB_HIGH
SB_NORMAL
®
EC
PCI2
OPT_TEMP1
OPT_TEMP3
ADH
IE1394_2
USB78
USB910
CHASSIS
PWR_SW
OPT_FAN3
RST_SW
SATA34
SATA12
Super
I/O
PCIEX16_2
OPT_FAN1
SATA56
CHA_FAN2
CHA_FAN1
CHA_FAN3
NVIDIA®
NF200
CLRTC_SW
HD_LED
88E1116
30.5cm (12.0in)
LAN2_USB34
EATXPWR
CPU_CRAZY
CPU_HIGH
CPU_NORMAL
DDR2DIMM_B2(64bit,240-pinmodule)
CLR_CMOS
E1394
DDR2DIMM_B1(64bit,240-pinmodule)
SPDIF_OUT
DDR2DIMM_A2(64bit,240-pinmodule)
LGA775
DDR2DIMM_A1(64bit,240-pinmodule)
SPDIF_O12
PANEL
リアパネルコネクタと内部コネクタの詳細については、 ページ2-30「 2.8 コネ
クタ」をご参照ください。
2.2.4
オーディオカードのレイアウト
SUPREMEFX II
Listen with Absolute HD
ROG Striker II Formula
2-5
2.2.5
レイアウトの内容
スロット
ページ
1.
DDR2 メモリスロット
2-17
2.
PCI スロット
2-25
3.
PCI Express x 1 スロット
2-25
4.���������������������
PCI Express x16 ����
スロット
2-25
ジャンパ
1.
ページ
RTC RAM のクリア(CLRTC_SW)
リアパネルコネクタ
2-27
ページ
1.
PS/2 キーボードポート(パープル)
2-30
2.
コアキシャル S/PDIF �����
�������������������
出力ポート
2-30
3.
LAN 2 (RJ-45) ポート
2-30
4.
LAN 1 (RJ-45) ポート
2-30
5.
ライン入力ポート(ライトブルー)
2-31
6.
ライン出力ポート(ライム)
2-31
7.
マイクポート(ピンク)
2-31
8.
センター/サブウーファ ポート(オレンジ)
2-31
9.
リアスピーカー出力ポート(ブラック)
2-31
10.
サイドスピーカー出力ポート(グレー)
2-31
11.
USB 2.0 ポート 1、 2、 3、 4
2-31
12.
IEEE 1394a ���
ポート
2-31
13.
Clear CMOS スイッチ
2-31
14.
光デジタル S/PDIF 出力ポート
2-31
15.
USB 2.0 ポート������
5 ���
と��6
2-31
*これらのオーディオポートは、Supreme FX II オーディオカードに搭載されています。
2-6
Chapter 2: ハードウェア
内部コネクタ
ページ
2-32
1.
フロッピーディスクドライブ コネクタ(34-1 ピン FLOPPY)
2.
IDE コネクタ(40-1 ピン PRI_IDE)
2-32
3.
Serial ATA コネクタ (7ピン SATA1-6)
2-33
4.
USB コネクタ (10-1 ピン USB78、USB910)
2-34
5.
IEEE 1394a ポートコネクタ (10-1 ピン IE1394_2)
2-35
6.
サーマルセンサーケーブルコネクタ (2ピン OPT_TEMP1/2/3)
2-35
7.
CPU、ケース、電源、オプションファンコネクタ
(4ピン CPU_FAN、3ピン CHA_FAN1-3、3ピン PWR_FAN、
3ピン OPT_FAN1-3)
2-36
8.
ケース開閉検出���������������������
����������������������������
コネクタ (4-1 ピン CHASSIS)
2-37
9.
デジタルオーディオコネクタ
(4-1 ピン SPDIF_OUT、ASUS HDMI ビデオカード用)
2-37
10.
ATX コネクタ���������������������������
(24�����������������������
ピン EATXPWR、8ピン EATX12V)
2-38
11.
ROG コネクタ (2ピン ROG)
2-39
12.
システムパネル��������������������
���������������������������
コネクタ (20-8 ピン PANEL)
2-40
オンボードスイッチ
ページ
1.
パワーオンスイッチ
2-42
2.
リセットスイッチ
2-42
ROG Striker II Formula
2-7
2.3
CPU
本マザーボードには Intel® Core™2 Quad / Core™2 Extreme / Core™2 Duo /
Pentium® D / Pentium® 4 / Pentium® Extreme 対応のLGA775 ソケットが搭載され
ています。
2-8
•
�������������������������������������
CPUを取り付ける際は、全ての電源ケーブルをコンセントから抜いてください。
•
デュアルコアCPUを取り付ける場合は、システム安定のためケースファン
ケーブルを CHA_FAN1 コネクタに接続してください。
•
マザーボードのご購入後すぐにソケットキャップがソケットに装着されてい
ることと、ソケットの接触部分が曲がっていないかを確認してください。ソケッ
トキャップが装着されていない場合や、ソケットキャップ/ソケット接触部/マザ
ーボードのコンポーネントに不足やダメージが見つかった場合は、すぐに販売
店までご連絡ください。不足やダメージが出荷及び運送が原因の場合に限り、
ASUSは修理費を負担いたします。
•
マザーボードを取り付けた後も、ソケットキャップを保存してください。ASUSは
、このソケットキャップが装着されている場合にのみ、RMA(保証サービス)を
受け付けます。
•
製品保証は、CPUやソケットキャップの間違った取り付け・取り外しや、ソケット
キャップの紛失に起因する故障及び不具合には適用されません。
Chapter 2: ハードウェア
2.3.1
CPUを取り付ける
手順
1.
マザーボードの CPU ソケットの位置を確認します。
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA CPU Socket 775
CPUを取り付ける前にCPUソケットを手前に向け、ロードレバーが向かって左側に
あることを確認してください。
2.
親指でロードレバーを押し(A)、タブから外れるまで左に動かします(B)。
タブ
A
ソケット
キャップ
ロードレバー
B
ソケットボックスのこの面を
自分の方に向けます。
ソケットピンの損傷防止のため、ソケットキャップはCPUを取り付けるまで外さな
いでください。
3.
矢印の方向に135°ほどロードレバー
を持ち上げます。
ROG Striker II Formula
2-9
4.
ロードプレートを親指と人差し指で
100°ほど持ち上げ(A)、ロードプレー
トウィンドウからソケットキャップを押
して取り外します(B)。
B
A
ロードプレート
位置合わせキー
5.
CPU に書かれている金色の
三角形がソケットの左下隅
になるようにCPUをソケット
の上に載せます。このとき、
ソケットの位置合わせキー
は、CPUの溝にぴったり合
わせる必要があります。
CPU ノッチ
金色の三角形のマーク
CPU は一方向にのみぴったり合うようになっています。CPU をソケットに無理に押
し込まないでください。ソケットのコネクタが曲がる、あるいはCPU が破損する等の
原因となります。
6.
ロードプレートを閉じ(A)、ロード
レバー(B)がタブに収まるまで押
します。
7.
デュアルコア CPUを取り付ける
場合は、システムの安定性を図
るためケースファンケーブルを
CHA_FAN1 コネクタに接続してく
ださい。
A
B
本製品は Intel® Extended Memory 64 Technology (EM64T)、Enhanced Intel
SpeedStep® Technology (EIST)、Hyper-Threading Technology を搭載した Intel®
LGA775 プロセッサをサポートしています。詳細は巻末の「参考」をご参照ください。
2-10
Chapter 2: ハードウェア
2.3.2
CPUにヒートシンクとファンを取り付ける
Intel® LGA775 プロセッサ用に、特別に設計されたヒートシンクとファンを組み合わせ
ることで、効率的な冷却を行いCPU パフォーマンスを引き出します。
•
箱入りの Intel® プロセッサを購入した場合、パッケージにはヒートシンクとファ
ンが入っています。CPU のみをお求めになった場合、Intel® が認定したマルチデ
ィレクションヒートシンクとファンを必ずご使用ください。
•
Intel® LGA775 用のヒートシンクとファンにはプッシュピンデザインが採用され
ており、取り付けの際に特別な工具は必要ありません。
•
CPUヒートシンクとファンを別々にお買い求めになった場合は、ヒートシンクと
ファンを取り付ける前に、サーマルグリースをヒートシンクまたはCPUに塗布し
てください。
CPUファンとヒートシンクを取り付ける前に、ケースにマザーボードを取り付けてく
ださい。
ヒートシンクとファンの取り付け手順
1.
4つのファスナーがマザーボードの
穴の位置と合っていることを確認し
ながら、ヒートシンクをCPUの上に置
きます。
CPUファンケーブルとCPUファン
コネクタをできるだけ近づけて、
ヒートシンクとファンを配置して
ください。
マザーボードの穴
ファスナー
溝の細い方
それぞれの留め具の溝の細い方が外側に向いていることを確認してください。(写
真は、溝に陰影を付けて強調しています)
ROG Striker II Formula
2-11
2.
対角線上にある2つのファスナーを同
時に押し下げ、ヒートシンクとファンを
正しい場所に固定します。
B
A
A
3.
A
B
B
A
B
CPUファンのケーブルをCPU_FANと表示されたマザーボード上のコネクタに接
続します。
GND
CPUFANPWR
CPUFANIN
CPUFANPWM
CPU_FAN
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA CPU fan connector
CPUファンのケーブルを必ず接続してください。ハードウェアのモニタリングエラー
が発生することがあります。
2-12
Chapter 2: ハードウェア
2.3.3
CPUからヒートシンクとファンを取り外す
手順
1. マザーボードのコネクタからCPUファン
のケーブルを抜きます。
2.
各ファスナーを左へ回します。
3.
対角線上の2つのファスナーを同時に
引き抜いて、マザーボードからヒート
シンクとファンを外します。
B
A
A
4.
A
B
B
A
B
マザーボードからヒートシンクとファ
ンを慎重に取り外します。
ROG Striker II Formula
2-13
5.
再び取り付ける際には、ファスナーを
右方向に回し、ファスナーの方向が正
しいことを確認します。
溝の細い方
再び取り付けた後には、溝の細
い方が外側を向いている必要が
あります。(写真は、溝に陰影を
付けて強調しています)
ファンの取り付けに際しては、CPUファンに付属の説明書などをお読みください。
2-14
Chapter 2: ハードウェア
2.3.4
オプションファンを取り付ける
水冷クーラーを使用している場合は、オプションファンを2台取り付けてください。
アクティブクーラーに加えてオプションファンを取り付けると、エアーフロー
が乱れ、逆効果となります。
オプションファン(正面)
1. パイプとヒートシンクの位置を確 2. 認します。
3. シンクにしっかり固定されるまで
ファンをゆっくり押し下げ、ファ
ンケーブルを接続します。
4. 溝のある方をヒートシンクに合わ
せます。
下はマザーボードにファンを取り
付けた写真です。
•
オプションのファンケーブルは OPT_FAN2 コネクタに接続します。
•
オプションファンを取り付ける際は正しく取り付けてください。誤った取
り付けは故障の原因となります。
ROG Striker II Formula
2-15
5.
もう1台のオプションファンを取り付ける手順は、手順 1 〜 4 に準じます。
6. 下の写真はオプションファンを2台
取り付けたものです。
オプションのファンケーブルは PWR_FAN コネクタに接続します。
2-16
Chapter 2: ハードウェア
2.4
システムメモリ
2.4.1
概要
本製品には、DDR 2 SDRAM に対応したメモリスロットが4つ搭載されています。
DIMM_B1
DIMM_B2
DIMM_A1
DIMM_A2
次の図は、スロットの場所を示しています。
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA
240-pin DDR2 DIMM slots
sockets
チャンネル
Channel A
Channel B
•
•
スロット
DIMM_A1 と DIMM_A2
DIMM_B1 ���������
と��������
DIMM_B2
このチップセットはメモリ周波数 DDR2 800MHz までを公式サポートしていま
す。またASUS Super Memspeed Technology の搭載により、DDR2 1066MHz
をネイティブサポート。サポートしているパターンは次の表をご参照ください。
FSB
DDR2
1333
1066*
1333
800
1333
667
1066
1066*
1066
800
1066
667
*DDR2-1066 メモリを取り付ける場合は、BIOS で「MEM(DDR), MHz」の項目
を [1066] に設定してください。詳細はセクション「4.4. Extreme Tweaker メ
ニュー」をご参照ください。
ROG Striker II Formula
2-17
2.4.2
メモリ構成
512 MB、1 GB、2 GB unbuffered non‑ECC DDR2 メモリをメモリスロットに取り付け
ることができます。
推奨メモり構成
スロット
モード
DIMM_A1
DIMM_A2
DIMM_B1
DIMM_B2
使用
–
–
–
–
–
使用
–
デュアルチャンネル (1)
使用
–
使用
–
デュアルチャンネル (2)
使用
使用
使用
使用
シングルチャンネル
•
サイズの異なるメモリを Channel A と Channel B に取り付けることができます。異なる容
量のメモリをデュアルチャンネル構成で取り付けた場合、デュアルチャンネルアクセス領
域はメモリ容量の合計値が小さい方のチャンネルに合わせて割り当てられ、サイズの大き
なメモリの超過分に関してはシングルチャンネル用に割り当てられます。
•
同じ CAS レイテンシを持つメモリを取り付けてください。またメモリは同じベンダーから
お求めになることをお勧めします。�
•
1 GB メモリを4枚取り付けた場合、アドレススペースが他の重要な機能に割り当て
られるため、システムが検出するシステムメモリは 3GB 以下になります。 Windows®
XP/Vista 32-bit OS では Physical Address Extension(PAE)をサポートしません。
•
Windows® XP/Vista 32bit OS 環境では、システムメモリが 3GB 以下になるようにメモリ構
成することをお勧めします。
•
本マザーボードは 128 Mbit のメモリチップを搭載したメモリモジュールは動作保証
致しかねます。
メモリの制限についての注記
•
チップセットの制限により、下のOSでは8 GBまでのサポートとなります。 各スロッ
トに取り付け可能なメモリは最大 2 GB です。
64-bit
Windows® XP Professional x64 Edition
Windows® Vista x64 Edition
2-18
•
旧バージョンの DDR2-800 メモリには、Intel®のOn‑Die‑Termination (ODT) 要求に適
合しないものがあり、これらのメモリが取り付けられた場合、システムはメモリの設
定を自動的にダウングレードし、メモリをDDR2-667で動作させます。 この問題が生
じた場合、メモリベンダーにODT の値をご確認ください。
•
チップセットの制限により、CL=4 のDDR2-800 メモリが取り付けられた場合、シス
テムはメモリの設定をダウングレードし、 メモリを初期設定のDDR2-667 で動作させ
ます。メモリをより低いレイテンシで動作させる場合は、メモリタイミングを手動で
調節してください。
Chapter 2: ハードウェア
メモリの QVL(推奨ベンダーリスト)
DDR2-1066MHz
SS/
DS
パーツ No
メモリサポート
A* B* C*
サイズ
ベンダー
チップ No.
512MB
KINGSTON
Heat-Sink Package
SS
KHX8500D2/512
1024MB
MICRON
Z9JKJ
SS
MT8HTF12864AY-1GAEZES
•
2048MB
MICRON
Z9JKJ
DS
MT16HTF25664AY-1GAEZES
•
1024MB
CORSAIR
Heat-Sink Package
DS
CM2X1024-8500C5
•
•
•
サイド : SS - シングルサイド DS - ダブルサイド
メモリサポート:
• A*: シングルチャンネルメモリ構成として、メモリ1枚をいずれかのスロットに取り付け
ることが可能。
• B*: 1組のデュアルチャンネルメモリ構成として、2枚1組のメモリをブルーまたは白の
いずれかのスロットに取り付けることが可能。
• C*: 2組のデュアルチャンネルメモリ構成として、4枚のメモリをブルーのスロットと白
のスロット両方に取り付けることが可能。
最新の DDR2-1066/����������
800/������
667MHz QVLは、ASUSのWebサイト
(http://www.asus.co.jp/)をご参照ください。
ROG Striker II Formula
2-19
メモリの QVL(推奨ベンダーリスト)
DDR2-800MHz
2-20
サイズ
ベンダー
チップ No.
512MB
KINGSTON
K4T51083QC
1024MB
KINGSTON
1024MB
SS/
DS
メモリサポート
A* B* C*
パーツ No
SS
KVR800D2N5/512
•
•
•
Heat-Sink Package
DS
KHX6400D2LL/1G
•
•
•
KINGSTON
Heat-Sink Package
SS
KHX6400D2LLK2/1GN
•
•
•
1024MB
KINGSTON
V59C1512804QBF25
DS
KVR800D2N5/1G
•
•
•
1024MB
KINGSTON
Heat-Sink Package
SS
KHX6400D2ULK2/1G
•
•
•
2048MB
KINGSTON
Heat-Sink Package
DS
KHX6400D2ULK2/2G
•
•
1024MB
Qimonda
HYB18T512800BF25F
DS
HYS64T128020HU-25F-B
•
•
•
1024MB
Hynix
HY5PS12821CFP-S5
DS
HYMP512U64CP8-S5
•
•
•
512MB
MICRON
D9GKX
SS
MT8HTF6464AY-80ED4
•
•
•
1024MB
MICRON
D9GKX
DS
MT16HTF12864AY-80ED4
•
•
•
1024MB
CORSAIR
Heat-Sink Package
DS
CM2X1024-6400C4
•
•
•
512MB
Crucial
Heat-Sink Package
SS
BL6464AA804.8FD
•
•
•
1024MB
Crucial
Heat-Sink Package
DS
BL12864AA804.16FD
•
•
•
1024MB
Crucial
Heat-Sink Package
DS
BL12864AL804.16FD3
•
•
•
1024MB
Crucial
Heat-Sink Package
DS
BL12864AA804.16FD3
•
•
•
1024MB
Apacer
Heat-Sink Package
DS
AHU01GE800C5K1C
•
•
•
512MB
A-DATA
AD29608A8A-25EG
SS
M2OAD6G3H3160G1E53
•
•
1024MB
A-DATA
AD26908A8A-25EG
DS
M2OAD6G3I4170I1E58
•
•
•
512MB
KINGMAX
KKA8FEIBF-HJK-25A
SS
KLDC28F-A8KI5
•
•
•
1024MB
KINGMAX
KKA8FEIBF-HJK-25A
DS
KLDD48F-ABKI5
•
•
•
512MB
Super Talent
Heat-Sink Package
SS
T800UA12C4
1024MB
Super Talent
Heat-Sink Package
DS
T800UB1GC4
•
•
1024MB
NANYA
NT5TU64M8BE-25C
DS
NT1GT64U8HB0BY-25C
•
•
•
1024MB
NANYA
NT5TU64M8CE-25D
DS
NT1GT64U8HCOBY-25D
•
•
•
512MB
PSC
A3R12E3HEF641B9A05
SS
AL6E8E63B8E1K
•
•
•
1024MB
PSC
A3R12E3HEF641B9A05
DS
AL7E8E63B-8E1K
•
•
•
256MB
TwinMOS
E2508AB-GE-E
SS
8G-24IK2-EBT
•
•
•
1024MB
Elixir
N2TU51280BE-25C
DS
M2Y1G64TU8HB0B-25C
•
•
•
•
Chapter 2: ハードウェア
メモリの QVL(推奨ベンダーリスト)
DDR2-667MHz
SS/
DS
パーツ No
メモリサポート
A* B* C*
サイズ
ベンダー
チップ No.
512MB
KINGSTON
D6408TEBGGL3U
SS
KVR667D2N5/512
•
•
256MB
KINGSTON
HYB18T256800AF3S
SS
KVR667D2N5/256
•
•
256MB
KINGSTON
6SBI2D9DCG
SS
KVR667D2N5/256
•
•
•
2048MB
KINGSTON
E1108AB-6E-E
DS
KVR667D2N5/2G
•
•
•
256MB
Qimonda
HYB18T512160BF-3S
SS
HYS64T32000HU-3S-B
•
•
•
512MB
Qimonda
HYB18T512800BF3S
SS
HYS64T64000HU-3S-B
•
•
•
1024MB
Qimonda
HYB18T512800BF3S
DS
HYS64T128020HU-3S-B
•
•
512MB
SAMSUNG
ZCE6K4T51083QC
SS
M378T6553CZ0-CE6
•
•
•
256MB
SAMSUNG
K4T51163QC-ZCE6
SS
M378T3354CZ3-CE6
•
•
•
512MB
SAMSUNG
K4T51083QC
SS
M378T6553CZ3-CE6
•
•
•
1024MB
SAMSUNG
ZCE6K4T51083QC
DS
M378T2953CZ3-CE6
•
•
•
256MB
SAMSUNG
K4T51163QE-ZCE6
SS
M378T3354EZ3-CE6
•
•
•
512MB
SAMSUNG
K4T51083QE
DS
M378T6553EZS-CE6
•
•
•
1024MB
SAMSUNG
K4T51083QE
DS
M378T2953EZ3-CE6
•
•
•
256MB
Hynix
HY5PS121621CFP-Y5
SS
HYMP532U64CP6-Y5
•
•
•
1024MB
Hynix
HY5PS12821CFP-Y5
DS
HYMP512U64CP8-Y5
•
•
•
512MB
CORSAIR
64M8CFEG
SS
VS512MB667D2
•
•
•
1024MB
CORSAIR
64M8CFEG
DS
VS1GB667D2
•
•
•
256MB
ELPIDA
E2508AB-6E-E
SS
EBE25UC8ABFA-6E-E
•
•
•
512MB
ELPIDA
E5108AE-6E-E
SS
EBE51UD8AEFA-6E-E
•
•
•
512MB
A-DATA
AD29608A8A-3EG
SS
M2OAD5G3H3166I1C52
•
•
•
1024MB
A-DATA
AD29608A8A-3EG
DS
M2OAD5G3I4176I1C52
•
•
•
2048MB
A-DATA
NT5TU128M8BJ-3C
DS
M2ONY5H3J4170I1C5Z
•
•
•
512MB
crucial
Heat-Sink Package
SS
BL6464AA663.8FD
•
•
•
1024MB
crucial
Heat-Sink Package
DS
BL12864AA663.16FD
•
•
•
1024MB
crucial
Heat-Sink Package
DS
BL12864AL664.16FD
•
•
•
1024MB
crucial
Heat-Sink Package
DS
BL12864AA663.16FD2
•
•
•
512MB
Apacer
AM4B5708GQJS7E0628F
SS
AU512E667C5KBGC
•
•
•
1024MB
Apacer
AM4B5708GQJS7E
DS
AU01GE667C5KBGC
•
•
•
256MB
Kingmax
N2TU51216AG-3C
SS
KLCB68F-36KH5
•
•
•
512MB
Kingmax
KKEA88B4LAUG-29DX
SS
KLCC28F-A8KB5
•
•
•
1024MB
Kingmax
KKEA88B4LAUG-29DX
DS
KLCD48F-A8KB5
•
•
•
512MB
Super Talent
Heat-Sink Package
SS
T6UA512C5
•
•
•
1024MB
Super Talent
Heat-Sink Package
DS
T6UB1GC5
•
•
•
2048MB
NANYA
NT5TU128M8BJ-3C
DS
NT2GT64U8HB0JY-3C
•
•
•
512MB
NANYA
NT5TU64M8BE-3C
SS
NT512T64U88B0BY-3C
•
•
•
512MB
PSC
A3R12E3GEF637BLC5N
SS
AL6E8E63B-6E1K
•
•
•
1024MB
PSC
A3R12E3GEF637BLC5N
DS
AL7E8E63B-6E1K
•
•
•
512MB
TwinMOS
TMM6208G8M30C
SS
8D-23JK5M2ETP
•
•
•
ROG Striker II Formula
•
2-21
2.4.3
メモリを取り付ける
メモリや、その他のシステムコンポーネントを追加、または取り外す前に、コンピュ
ータの電源プラグを抜いてください。プラグを差し込んだまま作業すると、マザーボ
ードとコンポーネントが破損する原因となります。
2
手順
1.
クリップを外側に押して、メモリ
スロットのロックを解除します。
2.
メモリのノッチがスロットの切れ
目に一致するように、メモリをス
ロットに合わせます。
3.
クリップが所定の場所に戻りメモ
リが正しく取り付けられるまで、
メモリをスロットにしっかり押し
込みます。
3
DDR2 メモリノッチ
1
1
ロック解除されたクリップ
2.4.4
•
DDR 2メモリは取り付ける向きがあります。間違った向きでメモリを無理
にスロットに差し込むと、メモリが損傷する原因となります。
•
DDR2 メモリのスロットは DDR メモリをサポートしていません。DDR2 メ
モリのスロットに DDR メモリを取り付けないでください。
メモリを取り外す
手順
1.
クリップを押しているとき、指でメモ
リを軽く引っぱります。無理な力を
かけてメモリを取り外すとメモリが
破損する恐れがあります。
2.
2-22
2
クリップを外側に同時に押してメモ
リのロックを解除します。
1
1
DDR2 メモリノッチ
スロットからメモリを取り外します。
Chapter 2: ハードウェア
2.5
拡張スロット
拡張カードを取り付ける場合は、このページに書かれている拡張スロットに関す
る説明をお読みください。
拡張カードの追加や取り外しを行う前は、電源コードを抜いてください。電源コー
ドを接続したまま作業をすると、負傷や、マザーボードコンポーネントの損傷の原
因となります。
2.5.1
拡張カードを取り付ける
手順
1.
拡張カードを取り付ける前に、拡張カードに付属するマニュアルを読み、カード
に必要なハードウェアの設定を行ってください。
2.
コンピュータのケースを開けます(マザーボードをケースに取り付けている場合)。
3.
カードを取り付けるスロットのブラケットを取り外します。ネジは後で使用するの
で、大切に保管してください。
4.
カードの端子部分をスロットに合わせ、カードがスロットに完全に固定されるま
でしっかり押します。
5.
カードをネジでケースに固定します。
6.
ケースを元に戻します。
2.5.2
拡張カードを設定する
拡張カードを取り付けた後、ソフトウェアの設定を行い拡張カードを使用できるようにします。
1.
システムの電源をオンにし、必要であれば BIOS の設定を変更します。BIOS の設
定に関する詳細は、Chapter 4 をご参照ください。
2.
IRQ(割り込み要求)番号をカードに合わせます。次のページの表を参照してください。
3.
拡張カード用のソフトウェアドライバをインストールします。
PCI カードを共有スロットに挿入する際は、
ドライバがIRQの共有をサポートするこ
と、または、カードが IRQ 割り当てを必要としないことを確認してください。IRQ を
要求する2つの PCI グループが対立し、システムが不安定になりカードが動作しな
くなることがあります。詳細は次項の表をご参照ください。
ROG Striker II Formula
2-23
2.5.3
割り込み割り当て
IRQ
0
1
6
8
9
10
11
12
13
14
19
20
20
21
21
22
22
23
23
標準機能
システムタイマー
キーボードコントローラ
フロッピーディスクコントローラ
システム CMOS/リアルタイムクロック
PCI ステアリング用 IRQ ホルダ
NVIDIA nForce PCI システムマネージメント
PCI ステアリング用 IRQ ホルダ
PS/2 互換マウスポート
数値データプロセッサ
プライマリ IDE チャンネル
VIA OHCI 対応 IEEE 1394 ホストコントローラ
NVIDIA ネットワークバスエミュレータ
NVIDIA nForce Serial ATA コントローラ
NVIDIA ネットワークバスエミュレータ
標準エンハンス PCI to USB ホストコントローラ
HD オーディオ用 Microsoft UAA バスドライバ
nForce Serial ATA コントローラ
nForce Serial ATA コントローラ
標準 OpenHCD USB ホストコントローラ
本マザーボード用のIRQ割り当て
PCI スロット 1
LAN (8056)
SATA (368)
LAN (8056)
PCIe x16_1
PCIe x16_2
PCIe x16_3
PCIe x1_1
PCIe x1_2
USB コントローラ 1
USB コントローラ 2
USB コントローラ3
USB コントローラ 4
USB コントローラ 5
USBコントローラ 6
USB 2.0 コントローラ 1
USB 2.0 コントローラ 2
SATA コントローラ 1
SATA コントローラ 2
2-24
A
共有
共有
共有
–
共有
共有
共有
–
共有
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
–
B
–
–
–
共有
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
C
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
共有
–
共有
–
–
D
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
–
–
–
E
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
F
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
G
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
共有
H
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
Chapter 2: ハードウェア
2.5.4
PCI スロット
LAN カード、SCSI カード、USB カード等の PCI 規格準拠のカードをサポートして
います。各スロットの位置は下の図で確認してください。
2.5.5
PCI Express x1 スロット
本マザーボードはPCI Express x1 ネットワークカード、 SCSI カード等のPCI
Express 規格準拠のカードをサポートしています。 スロットの位置は下の写真を
ご参照ください。
2.5.6
•
製品付属のオーディオカードは、なるべくブラックのPCIex1 スロットにと
りつけるようにしてください。
•
PCIe x1のデバイスを取り付ける場合は、なるべくPCIe x16 スロットではな
く、PCIe x1のスロットに取り付けてください。
PCI Express x16 スロット
本マザーボードは PCI Express 規格準拠の SLI™-ready Express x16 ビデオカード3
枚をサポート可能です。ビデオカード3枚を取り付けることで、トリプルディス
プレイが可能になります。3基の PCI Express x16 スロットのうち、ブルーの2基
は PCIe 2.0 デバイスをサポートします。
Audio/PCI Express x1 スロット
PCI Express x 16 スロット
PCI Express x 1スロット
PCI スロット
PCI Express x 16 スロット
PCI スロット
PCI Express x16 スロット
ROG Striker II Formula
2-25
2-26
•
ビデオカード1枚をプライマリ(ブルー) PCI Express x16 スロットに
取り付け、その他の PCI Express デバイスをユニバーサル (ブラック) PCI
Express x16 スロットに取り付けることをお勧めします。
•
現在、3ウェイ SLI™ モードをサポートするビデオカードは、 NVIDIA® SLI™-Ready GeForce® 8800 Ultra and GeForce® 8800 GTX だけで
す。
•
ビデオカードを2枚以上取り付ける場合は、リアケースファンをマザーボ
ードコネクタ( CHA_FAN1 または OPT_FAN1/3)に接続してください。
(詳細:ページ 2-36 参照)
•
シングルカードモードでは、パフォーマンスを上げるため、 PCI Express
x16 ビデオカードは PCIe 2.0 スロット(ブルー)のいずれかに取り付ける
ことをお勧めします。
•
SLI™ モードでは、パフォーマンスを上げるため、PCIe 2.0 スロット(ブル
ー) に PCI Express x16 ビデオカードを2枚取り付けることをお勧めしま
す。
•
NVIDIA® SLI™ モードで動作させる場合は、動作させるのに十分な電源装置
をご使用ください。(詳細:ページ 2-38 参照)
Chapter 2: ハードウェア
2.6
1.
スライドスイッチ
RTC RAM のクリア (CLRTC_SW)
このオンボードスライドスイッチは、clr CMOS スイッチを有効にするもの
です。CMOS RTC RAM のデータを消去することにより、日、時、および シ
ステム設定パラメータをクリアできます。バックパネル I/O にあるこの clr
CMOS スイッチにより、 システムパスワードなどのシステムセットアップ情
報が簡単にクリアできます。
RTC RAMをクリアする手順
1. コンピュータの電源をオフにし電源コードをコンセントから抜きます。
2. clr CMOS スイッチを押します。
3. 電源コードを差し込み、コンピュータの電源をオンにします。
4. 起動プロセスの間<Del>キーを押し、BIOS設定に入ったらデータを再
入力します。
キャップは取り外さないでください。システムの起動エラーの原因となります。
CLRTC_SW
1 2
STRIKER II FORMULA
2 3
®
Disable
Enable
(Default)
STRIKER II FORMULA Clear RTC RAM
clr CMOS スイッチの動作
システム電源状態
CMOSのクリア
G3*
S5*
S0 (DOS モード)
S0 (OS モード)
S1
S3
S4
**
*G3: +5VSB 電源無しの電源オフ (AC電力が停止 );S5: +5VSB 電源ありの電源オフ
** システムは直ちにシャットダウンします。
•
•
•
CLRTC_SW スイッチが「Disable」の位置に移動している場合、clr CMOS スイッ
チは機能しませんが、S0 モード (DOS モード)でのシャットダウン機能はまだ機
能します。
CMOSクリア後はクリアする前のBIOS 設定を再入力してください。
CPUのオーバークロックによりシステムがハングした場合は、RTCをクリ
アする必要はありません。C.P.R.(CPU Parameter Recall)機能を利用し、
システムを停止して再起動すると、BIOS は自動的にパラメータ設定を初
期設定値にリセットします。メモリタイミングまたはチップセット電圧の
オーバークロックによりシステムがハングし、電源ボタンが機能しない場
合は、clr CMOS スイッチを押すことでシステムをシャットダウンし、同時
に CMOS をクリアします。
ROG Striker II Formula
2-27
2-28
2.7
オーディオカード、I/O シールド、LCD Poster を
取り付ける
2.7.1
オーディオカードを取り付ける
1.
オーディオカードを パッケージか
ら取り出します。
2.
マザーボード上のスロットの位置
を確認します。
3.
カードコネクタとスロットの位置を 4.
合わせ、カードをスロットにしっか
り固定します。
以下はオーディオカードをマザー
ボードに取り付けた写真です。
Chapter 2: ハードウェア
2.7.2
I/O シールドと LCD Poster を取り付ける
1.
I/O シールドをケースバックパネルに取り付けます。マザーボードのバック
ポートが I/O の各開口部に収まるように向きを確認し、I/O シールドを所定
の位置に固定します。
2.
マザーボードの I/O 側とケース
バックパネルの位置を合わせ、
マザーボードをケースに取り付
けます。
I/Oシールドを取り付ける際
は、I/Oシールドの突起部分
により マザーボード側のI/O
ポートが損傷しないように注
意してください。
3.
LCD Poster のケーブルを開口部
に通し、所定の位置に取り付け
ます。
5.
右の写真はLCD Poster を設置
した例です。お好きな場所に置
き、画面をモニタしてくださ
い。
ROG Striker II Formula
4.
LCD Poster のケーブルをオンボ
ードコネクタ
(LCD_CONと表示)に接続し
ます。
2-29
3
4
Line in
2
Front-out
1
5
6
Mic in
リアパネルコネクタ
7
Cen/Sub
2.8.1
8
Rear-out
コネクタ
9
Side-out
2.8
10
clr
CMOS
15
14
13
12
11
1.
PS/2 キーボードポート
(パープル)
:PS/2 キーボード用です。
2.
コアキシャル
��������������
S/PDIF 出力ポート
�������
:コアキシャル S/PDIF �����������
ケーブルを使って外部オ
ーディオ出力デバイスを接続することができます。
3.
LAN 2(RJ-45)ポート:ネットワークハブを通して、LAN での
Gigabit 接続をサポートします。LAN ポートLEDの表示について
は、下の表を参考にしてください。
4.
LAN 1 (RJ-45)ポート:ネットワークハブを通して、LAN での
Gigabit 接続をサポートします。LAN ポートLEDの表示について
は、下の表を参考にしてください。
ACT/LINK スピード�
ACTIVITY/
SPEED
LED
LED
LINKLED
LED
LAN ���
ポート
LANport
32bit OS LAN ポート LED
Activity/Link
スピード����
LED
説明
オフ
オフ
ソフトオフモード
イエロー*
オフ
電源 オン/オフの途中
イエロー*
オレンジ
100 Mbps
* 点滅中
64bit OS LAN ポート LED
Activity/Link
スピード����
LED
説明
オフ
オフ
ソフトオフモード
イエロー*
オフ
電源 オン/オフの途中
イエロー*
オレンジ
100 Mbps
イエロー*
グリーン
1 Gbps
* 点滅中
2-30
Chapter 2: ハードウェア
5.
ライン入力ポート
�����������������
(ライトブルー)
:テープ、CD、DVDプレーヤー、またはその他の
オーディオソースを接続します。
6.
ライン出力ポート
��������������
(ライム)
:ヘッドフォンやスピーカーを接続します。4、6、8チャ
ンネルの出力設定のときは、このポートはフロントスピーカー出力になります。
7.
マイクポート
������������
(ピンク)
:マイクを接続します。�
8. センター/サブウーファポート
����������������������
(オレンジ)
:センター/サブウーファスピーカーを接続
します。
9.
リアスピーカー出力ポート
��������������������
(ブラック)
:このポートは4チャンネル、6チャンネル、
8チャンネルのオーディオ構成で使用します。
10. サイドスピーカー出力ポート
�������������������
(グレー)
:8チャンネルオーディオ構成でサイドスピ
ーカーを接続します。
2、4、6、8チャンネル構成時のオーディオポートの機能については、以下のオー
ディオ構成表を参考にしてください。
オーディオ構成表
ポート
ライトブルー
ヘッドセット
2チャンネル
ライン入力
ライム
ライン出力
ピンク
マイク入力
4チャンネル
6チャンネル
ライン入力
ライン入力
フロントスピーカー出
フロントスピーカー出力
力
8チャンネル
Line In
フロントスピーカー出
力
マイク入力
マイク入力
マイク入力
センタ/サブウーファ
オレンジ
–
–
センタ/サブウーファ
ブラック
–
リアスピーカー出力
リアスピーカー出力
リアスピーカー出力
グレー
–
–
–
サイドスピーカー出力
11. USB 2.0 ポート 1、2、3、4:USB 2.0デバイスを接続することができます。
12. IEEE 1394a ポート: オーディオ/動画デバイス、記憶装置、PC、ポータブル
デバイス等の高速接続を可能にします。
13. clr CMOS スイッチ: オーバークロックによりシステムがハングした場合、
clr CMOS スイッチを押してセットアップ情報をクリアします。
14. 光デジタル S/PDIF 出力ポート: 光デジタル S/PDIF ケーブルを使って外部オ
ーディオ出力デバイスを接続することができます。
15. USB 2.0 ポート 5 と6: USB 2.0デバイスを接続することができます。
ROG Striker II Formula
2-31
2.8.2
1.
内部コネクタ
フロッピーディスクドライブコネクタ(34-1 ピンFLOPPY)
フロッピーディスクドライブ(FDD)ケーブル用コネクタです。ケーブルの
一方をこのコネクタに挿入し、もう一方をフロッピーディスクドライブの背
面に接続します。
誤ってケーブルを接続しないように、コネクタのピン5は取り外されています。
FLOPPY
注意:
フロッピーケーブルの赤いラインと
NOTE:
Orienttheredmarkingson
thefloppyribboncabletoPIN1.
PIN1の向きを合わせてください。
PIN1
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA Floppy disk drive connector
2.
IDE コネクタ (40-1 ピン PRI_IDE)
Ultra DMA133/100/66 ケーブル用です。各 Ultra DMA 133/100/66 ケーブル
には ブルー、ブラック、グレー の3つのコネクタがあります。マザーボー
ドの IDE コネクタには ブルーを接続し、下からいずれかのモードを選択して
ください。
ドライブジャンパ設定
デバイス1台
デバイス2台
Cable-Select/ マスター
Cable-Select
デバイスのモード ケーブルコネクタ
-
ブラック
マスター
ブラック
スレーブ
グレー
マスター
マスター
ブラック/ グレー
スレーブ
スレーブ
•
誤ってケーブルを接続しないようにコネクタのピン20は取り外されています。
•
Ultra DMA 133/100/66 IDE デバイスの場合は、80ピンタイプのIDEケーブルを
使用します。
あるデバイスジャンパを「Cable-Select」に設定した場合は、他のデバイスジャンパ
も全て同じ設定にしてください。
2-32
Chapter 2: ハードウェア
PRI_IDE
NOTE:フロッピーケーブルの赤いラインと
Orienttheredmarkings
注意:
(usuallyzigzag)ontheIDE
PIN1の向きを合わせてください。
cabletoPIN1.
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA IDE connector
3.
Serial ATA コネクタ (7ピン SATA1-6)
これらコネクタは Serial ATA ケーブル用で、Serial ATA ハードディスクドライブ
に使用します。
Serial ATA HDDを取り付けると、オンボード搭載の NVIDIA® MediaShield™
RAID コントローラで RAID 0、RAID 1、RAID 0+1、RAID 5、JBOD が構築で
きます。
•
これらコネクタは初期設定で [Disabled] �����������������������
に設定されています。�������������
Standard IDE
モードでは、Serial ATA ブート/データ ハードディスクドライブをこれらのコネ
クタに接続することができます。これらのコネクタを使用して Serial ATA RAID
を構築する場合は、��������������������������������������
BIOS で [RAID Enabled] ����������������
の項目を有効にしてください。 �
詳
細はセクション 「4.5.3 オンボードデバイス設定構成」をご覧ください。
•
RAID 5 には最低3台のHDD、RAID 0+1 には最低4台のHDD、RAID 0 または
RAID 1 には 2〜4台の Serial ATA HDD をご使用ください。
•
RAID を構築する際には、セクション「5.4.2 NVIDIA® RAID」、または マザーボー
ドのサポート DVDに収録されているマニュアルをご参照ください。
SATA6
SATA4
STRIKER II FORMULA
®
SATA2
GND
RSATA_TXP6
RSATA_TXN6
GND
RSATA_RXP6
RSATA_RXN6
GND
GND
RSATA_TXP5
RSATA_TXN5
GND
RSATA_RXP5
RSATA_RXN5
GND
GND
RSATA_TXP4
RSATA_TXN4
GND
RSATA_RXP4
RSATA_RXN4
GND
GND
RSATA_TXP3
RSATA_TXN3
GND
RSATA_RXP3
RSATA_RXN3
GND
GND
RSATA_TXP2
RSATA_TXN2
GND
RSATA_RXP2
RSATA_RXN2
GND
GND
RSATA_TXP1
RSATA_TXN1
GND
RSATA_RXP1
RSATA_RXN1
GND
STRIKER II FORMULA SATA connectors
ROG Striker II Formula
SATA5
SATA3
SATA1
2-33
Serial ATA ハードディスクドライブを使用する前に、 Windows® XP Service
Pack 1 のインストールが必要です。Serial ATA RAID 機能 (RAID 0/RAID 1/RAID 5
/RAID 10)は Windows® XP 以降のOS環境でのみ利用することができます。
SATAケーブルの直角部分を SATA
デバイスに接続します。あるい
は、オンボード SATA ポートに接
続してビデオカードとの衝突を
避けることもできます。
4.
直角部分
USB コネクタ (10-1 ピン USB 78、USB 9 10)
USB+5V
USB_P8USB_P8+
GND
NC
USB+5V
USB_P10USB_P10+
GND
NC
USB 2.0 ポート用のコネクタです。USBケーブルをこれらのコネクタに接続します。こ
のコネクタは最大 480 Mbps の接続速度を持つ USB 2.0 規格に準拠しています。
USB78
USB910
USB+5V
USB_P7USB_P7+
GND
®
STRIKER II FORMULA USB 2.0 connectors
USB+5V
USB_P9USB_P9+
GND
STRIKER II FORMULA
1394 ケーブルを USB コネクタに接続しないでください。マザーボードが破損する
原因となります。
まずUSB ケーブルをASUS Q-Connector (USB、ブルー)に接続し、Q-Connector
(USB)をオンボードUSB コネクタに取り付けると接続が短時間で行えます。
2-34
Chapter 2: ハードウェア
5.
IEEE 1394a ポートコネクタ (10-1 ピン IE1394_2)
IEEE 1394a ポート用です。 IEEE 1394a ケーブルをこのコネクタに接続します。
GND
+12V
TPB1GND
TPA1-
STRIKER II FORMULA
®
IE1394_2
+12V
TPB1+
GND
TPA1+
PIN1
STRIKER II FORMULA IEEE 1394a connector
USBケーブルを IEEE 1394a コネクタに接続しないでください。マザーボードが破損
する原因となります。
まず、1394 ケーブルをASUS Q-Connector (1394、レッド)に接続し、Q-Connector
(1394) をオンボード1394 コネクタに取り付けると接続が短時間で行えます。
6.
サーマルセンサーケーブルコネクタ (2ピン OPT_TEMP1/2/3)
OPT_TEMP2
STRIKER II FORMULA
OPT_TEMP3
®
STRIKER II FORMULA
Thermal sensor cable connectors
Temperature
Ground
Temperature
Ground
OPT_TEMP1
Temperature
Ground
温度モニター用のコネクタです。サーマルセンサーケーブルをこれらコネク
タに接続し、もう一方を温度をモニターするデバイスに接続します。この機
能とオプションファン1/2/3により、より高い冷却効果が期待できます。
[OPT1/2/3 Cable Overheat Protection]に設定した場合、サーマルセンサーケー
ブルをデバイスから取り外してください。(詳細:4-38 参照)
サーマルセンサーケーブルは別売りとなっております。
ROG Striker II Formula
2-35
7.
CPU ファンコネクタ、 ケースファンコネクタ、電源ファンコネクタ、
オプションファンコネクタ
�������������������������������������������������������
(4�����������������������������������������������������
ピン���������������������������������������������������
CPU_FAN、3�����������������������������������������
ピン���������������������������������������
CHA_FAN1-3、3��������������������������
ピン������������������������
PWR_FAN、3��������������
ピン������������
OPT_FAN1-3)
各ファンコネクタは+12Vで、350 mA ~ 1000 mA (最大 24 W) またはトータル
で 1 A ~ 3.48 A (最大41.76 W) の冷却ファンをサポートします。ファンケーブルを
マザーボードのファンコネクタに接続し、各ケーブルの黒いワイヤがコネクタの
アースピンに接続されていることを確認します。
ケース内に十分な空気の流れがないと、マザーボードコンポーネントが破損する恐れが
あります。組み立ての際にはシステムの冷却ファン(吸/排気ファン)を必ず搭載してくださ
い。
また、吸/排気ファン の電源をマザーボードから取得することで、エアフローをマザー
ボード側で効果的にコントロールすることができます。
また、
これはジャンパピンではあり
ません。
ファンコネクタにジャンパキャップを取り付けないでください。
STRIKER II FORMULA
®
OPT_FAN1
OPT_FAN3
CHA_FAN2
PWR_FAN
Rotation
+12V
GND
STRIKER II FORMULA Fan connectors
2-36
OPT_FAN1
GND
+12V
Rotation
Rotation
+12V
GND
CHA_FAN2
OPT_FAN2
GND
+12V
Rotation
CHA_FAN1
CHA_FAN3
CHA_FAN1
CHA_FAN3
OPT_FAN3
Rotation
+12V
GND
GND
+12V
Rotation
OPT_FAN2
CPU_FAN
GND
+12V
Rotation
PWR_FAN
GND
CPUFANPWR
CPUFANIN
CPUFANPWM
CPU_FAN
•
CPU_FAN、CHA_FAN1–3、OPT_FAN1–3 コネクタのみがASUS Q-Fan 2 機能
に対応しています。
•
ビデオカードを2枚取り付ける場合は、システムの温度上昇を防ぐため、
ケースファンケーブルをマザーボード側の CHA_FAN1 または OPT_FAN1/3
と表示のあるコネクタに接続することをお勧めします。
Chapter 2: ハードウェア
8.
ケース開閉検出コネクタ (4-1������������
ピン���������
CHASSIS)
ケース開閉検出センサーまたはスイッチ用コネクタです。センサーまたはスイッ
チを接続してください。システムコンポーネントの取り外しや交換のときにケー
スを開けると、ケース開閉検出センサーまたはスイッチはこのコネクタに信号を
送信します。信号はその後、ケース開閉検出イベントを発行します。
STRIKER II FORMULA
®
CHASSIS
ChassisSignal
GND
+5VSB_MB
初期設定値では、
「Chassis Signal」
と
「Ground」のピンの間はジャンパキャップに
より、ショートされています。ケース開閉検出機能を使用する場合にのみ、ジャン
パを取り外してケース開閉検出センサーを接続してください。
(Default)
STRIKER II FORMULA Chassis intrusion connector
9.
デジタルオーディオコネクタ
(4-1ピン SPDIF_OUT、ASUS HDMI ビデオカード用)
このコネクタは追加のS/PDIFポート用で、 S/PDIF 出力ケーブルをこのコネ
クタに接続します。ASUS HDMI 搭載のビデオカードをご使用の場合は、
S/PDIF 出力ケーブルで HDMI カードをこのコネクタに接続してください。
SPDIF_OUT
GND
SPDIFOUT
+5V
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA
Digital audio connector
ASUS HDMI- 搭載のビデオカードと S/PDIF 出力ケーブルは別売りとなっており
ます。
ROG Striker II Formula
2-37
10. ATX 電源コネクタ (24ピン EATXPWR、8ピン EATX12V)
ATX電源プ ラグ用のコネクタです。電源プラグは正しい向きでのみ、取り付
けられるように設計されています。正しい向きでしっかりと挿し込んでくだ
さい。
+12VDC
+12VDC
+12VDC
+12VDC
EATX12V
®
STRIKER II FORMULA ATX power
2-38
+3Volts
+12Volts
+12Volts
+5VStandby
PowerOK
Ground
+5Volts
Ground
+5Volts
Ground
+3Volts
connectors
+3Volts
GND
GND
GND
GND
STRIKER II FORMULA
EATXPWR
Ground
+5Volts
+5Volts
+5Volts
-5Volts
Ground
Ground
Ground
PSON#
Ground
-12Volts
+3Volts
•
EPS12V コネクタを使用する場合は、 EATX12V コネクタのキャップを外し
てから 8 ピン EPS +12V 電源プラグに接続してください。
•
EATX12V コネクタには 8ピン EPS +12V 電源プラグのみをご使用ください。
•
システムの快適なご利用のために、 最低 400 W ATX 12 V 仕様 2.0 (または
それ以降)対応電源ユニットを使用することをお勧めします。
•
4ピン/8ピン EATX12V 電源プラグを必ず接続してください。システムが
起動しなくなります。
•
大量に電力を消費するデバイスを使用する場合は、高出力の電源ユニットの使
用をお勧めします。電源ユニットの能力が不十分だと、システムが不安定にな
る、またはシステムが起動できなくなる等の問題が発生する場合があります。
•
ご使用のシステムに最低限必要な電源が分からない場合は、
http://support.asus.com/PowerSupplyCalculator/PSCalculator.
aspx?SLanguage=en-us の「Recommended Power Supply Wattage
Calculator」をご参照ください。
•
���������������������������������������������
ATX 12 V 仕様 2.0対応(400W)の電源ユニットは、以下の条件でテストした結
果、本マザーボードの使用上問題がありません。
®
®
CPU: Intel Pentium Extreme 3.73GHz
メモリ��������������������
: 512 MB DDR2 ( ����
× ��
4)
ビデオカード����������������
: ASUS EAX1900XT
Parallel ATA デバイス: IDE ハードディスクドライブ
Serial ATA デバイス: SATA ハードディスクドライブ (2台)
光学ドライブ��������
: DVD-RW
•
ハイエンド PCI Express x16 カードを2枚使用する場合は、500W 〜
600W、またはそれ以上の電源をご使用ください。
•
3ウェイ SLI™ システムを構築する場合は、NVIDIA の Web サイト
(www.nvidia.com)上のベンダーリストでテスト済みの電源装置をご確
認ください。
Chapter 2: ハードウェア
11. ROG コネクタ (2ピン ROG)
ヒートパイプアッセンブリーのネームプレート(Republic of Gamers と表示)用の
コネクタです。ネームプレートのケーブルを接続します。システムがオンの場合、ネ
ームプレートの LED が点灯します。
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA ROG connector
ROG Striker II Formula
2-39
12. システムパネルコネクタ (20-8 ピン PANEL)
これらのコネクタはケースに付属する各機能に対応しています。
PLED-
PLED+
PLED
SPEAKER
+5V
Ground
Ground
Speaker
RESET
IDE_LED
STRIKER II FORMULA
®
Reset
Ground
PWR
Ground
IDE_LED+
IDE_LED-
PANEL
PWRSW
*RequiresanATXpowersupply.
*ATX電源が必要
STRIKER II FORMULA System panel connector
•
システム電源 LED (2 ピン PLED)
システム電源LED用です。ケース電源LEDケーブルを接続してください。システム
の電源LEDはシステムの電源をオンにすると点灯し、システムがスリープモード
に入ると点滅します。
•
HDD Activity LED (2ピン IDE_LED)
HDDActivity LED用です。HDDActivity LEDケーブルを接続してください。IDE
LEDは、データがHDDと読み書きを行っているときに点灯するか点滅します。
•
ビープ(Beep)スピーカー(4 ピン SPEAKER)
ケース取り付けのビープスピーカー用です。スピーカーはその鳴り方でシステムの
不具合を報告し、警告を発します。
•
ATX 電源ボタン/ソフトオフボタン(2 ピン PWRSW)
システムの電源ボタン用です。電源ボタンを押すとシステムの電源がオンになり
ます。また BIOSの設定によってはシステムをスリープモードまたはソフトオフモー
ドにすることができます。システムがオンになっているときに電源スイッチを押す
と、システムの電源はオフになります。
2-40
•
リセットボタン(2 ピン RESET)
ケースに付属のリセットボタン用です。システムの電源をオフにせずにシステムを
再起動します。
Chapter 2: ハードウェア
ASUS Q-Connector (システムパネル)
ASUS Q-Connector でケースフロントパネルケーブルの取り付け/取り外しが以
下の手順で簡単に行えます。下は取り付け方法です。
1.
フロントパネルケーブルを
������������
ASUS Q-Connector に接続します。
向きはQ-Connector
�������������������������
上にある表示を参考に
し、フロントパネルケーブルの表示と一致す
るように接続してください。
2.
ASUS
����������������������������
Q-Connector をシステムパネルコネク
タに取り付けます。マザーボードの表示と一
致するように取り付けてください。
3.
フロントパネル機能が有効になりました。 �
右
は Q-connector を取り付けた写真です。
ROG Striker II Formula
2-41
2.8.3
オンボードスイッチ
オンボードスイッチはむき出しのシステムを使ったパフォーマンスの調節に便利です。
システムパフォーマンスを頻繁に行うゲーマー、オーバークロッカーに配慮した機能
です。
1.
パワーオンスイッチ
パワーオンスイッチを押すと、システムがウェークアップ/電源オンになります。
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA Power on switch
2.
リセットスイッチ
リセットスイッチを押すとシステムを再起動します。
STRIKER II FORMULA
®
STRIKER II FORMULA Reset switch
2-42
Chapter 2: ハードウェア
電源をオンにする手順から、音声による
POSTメッセージ、電源をオフにする手順
3
電源をオンにする
3
Chapter
3.1
初めて起動する.................................................................................. 3-1
3.2
コンピュータの電源をオフにする........................................................ 3-2
ROG Striker II Formula
3.1
1.
2.
3.
4.
5.
初めて起動する
すべての接続が終了したら、システムケースのカバーを元に戻してください。
すべてのスイッチをオフにしてください。
電源コードをケース背面の電源コネクタに接続します。
電源コードをコンセントに接続します。
以下の順番でデバイスの電源をオンにします。
a. モニター
b. 外部デバイス類(ディジーチェインの最後のデバイスから)
c. システム電源
6.
システムの電源をオンにすると、システム前面パネルケースのシステム電源LEDが
点灯します。ATX電源装置を搭載したシステムの場合、ATX電源ボタンを押すとシ
ステムLEDが点灯します。モニターが「グリーン」規格に準拠している場合や、電
源スタンバイ機能を搭載している場合、システムの電源をオンにすると、モニター
のLEDが点灯もしくはオレンジからグリーンに切り替わります。
次にシステムは、起動時の自己診断テスト (POST) を実行します。テストを実行し
ている間、BIOSがビープ音を出すか、スクリーンにメッセージが表示されます。電
源をオンにしてから30秒以内に何も表示されない場合は、電源オンテストの失
敗です。ジャンパ設定と接続を確認してください。問題が解決されない場合は、販
売店にお問い合わせください。
7.
電源をオンにした直後に、<Delete>キーを押すとBIOS設定に入ります。Chapter
4 の指示に従ってください。
ROG Striker II Formula
3-1
3.2
コンピュータの電源をオフにする
3.2.1
OS シャットダウン機能を使用する
Windows® Vista™ ご利用の場合:
1. 2. 「スタート」
��������������������������������
ボタンをクリックし、
「シャットダウン」を選択します。
Windows
�������® がシャットダウンした後、電源装置もオフになります。
Windows® XPをご使用の場合
1. スタートボタンをクリックし、
「シャットダウン」を選択します。
2. 「電源を切る」をクリックし、コンピュータの電源をオフにします。
3.
Windows® がシャットダウンした後、電源装置がオフになります。
3.2.2
電源スイッチのデュアル機能を使用する
システムがオンになっている間、電源スイッチを押してから4秒以内に離すとシステム
はBIOS設定によりスリープモードまたはソフトオフモードに入ります。電源スイッチを
4秒以上押すと、BIOS設定には関わらず、システムはソフトオフモードに入ります。
(詳細:『4.6 電源メニュー』参照)
3-2
Chapter 3: 電源オンにする
BIOS セットアップメニューでのシステム設
定の変更方法と BIOS パラメータの詳細
4
BIOS セットアップ
4
Chapter
4.1
BIOS 管理更新................................................................................... 4-1
4.2
BIOS �������
設定プログラム.......................................................................... 4-9
4.3
メインメニュー................................................................................. 4-13
4.4
Extreme Tweaker メニュー............................................................. 4-18
4.5
拡張メニュー.................................................................................... 4-29
4.6
電源メニュー.................................................................................... 4-34
4.7
ブートメニュー................................................................................. 4-40
4.8
ツールメニュー................................................................................. 4-45
4.9
終了メニュー.................................................................................... 4-48
ROG Striker II Formula
4.1
BIOS 管理更新
次のユーティリティを使って、マザーボードのベーシックインプット/アウトプットシステ
ム(BIOS)の管理更新を行います。
1.
ASUS Update(Windows® 環境でBIOSを更新)
2.
ASUS EZ Flash 2(USB フラッシュメモリ、サポート DVD を使用し、DOS モードで
BIOS を更新)
3.
Award BIOS Flash ユーティリティ (���������������������������
USB フラッシュディスク��������������
、CD ROM �����
を使用し、
BIOSを更新)
4.
ASUS CrashFree BIOS 2(BIOS がダメージを受けた場合、サポート DVD を使用
し、BIOS を更新)
ユーティリティの詳細については、このページ以降の各説明を参照してください。
BIOS を復旧できるように、オリジナルのマザーボード BIOS ファイルを USB フラッ
シュメモリにコピーしてください。BIOS のコピーにはASUS Update または Award
BIOS Flash を使用します。
4.1.1
ASUS Update
ASUS Update は、Windows® 環境でマザーボードの BIOS を管理、保存、更新するユー
ティリティです。以下の機能を実行することができます。
•
マザーボードの BIOSファイルを保存する
•
インターネットから最新の BIOS ファイルをダウンロードする
•
最新のBIOSファイルにBIOSを更新する
•
インターネットから直接BIOSを更新する
•
BIOSのバージョン情報を表示する
このユーティリティはマザーボードに付属しているサポート DVD からインストールします。
ASUS Update でインターネットを使用した機能を使用するためには、インターネッ
ト接続が必要です。
ASUS Update をインストールする
手順
1.
光学ドライブにサポート DVD をセットします。
ドライバメニューが表示されます。
2.
Utility タブをクリックし、
「Install ASUS Update VX.XX.XX」をクリックします。
3.
ASUS Update ユーティリティがシステムにインストールされます。
ROG Striker II Formula
4-1
このユーティリティを使用してBIOS を更新する場合は、すべての Windows® アプリ
ケーションを終了してください。
インターネットを通してBIOSを更新する
手順
4-2
1.
スタートメニュー →プログラム→ASUS→ASUSUpdate→ASUSUpdate をクリック
します。ASUS Update ユーティリティを起動すると、ASUS Update メインウィンド
ウが表示されます。
2.
ドロップダウンメニューから、
「Update BIOS from the internet」
を選択し、
「Next」をクリックします。
3.
最寄りの ASUS FTPサイトを選択す
るか、
「Auto Select」をクリックし、
「Next」をクリックします。
Chapter 4: BIOSセットアップ
4.
ダウンロードしたい BIOS バージョン
を選択し、
「Next」をクリックします。
5.
画面の指示に従って、更新プロセスを
完了します。
ASUS Update ユーティリティはイ
ンターネットから最新版に更新す
ることができます。すべての機能を
利用できるように、常に最新版を
ご使用ください。
BIOSファイルからBIOSを更新する
手順
1.
スタートメニュー → プログラム → ASUS → ASUSUpdate → ASUSUpdate をク
リックして、ASUS Update ユーティリティを起動すると、ASUS Update メインウ
ィンドウが表示されます。
2.
ドロップダウンメニューから
「Update BIOS from a file」を選択
し、
「Next」をクリックします。
3.
OpenダイアログからBIOSファイルを探
し、
「Open」をクリックします。
4.
画面の指示に従い、更新プロセスを完
了します。
StrikerII
StrikerII
ROG Striker II Formula
4-3
4.1.2
ASUS EZ Flash 2
ASUS EZ Flash 2 はDOS ベースのユーティリティを使うことなく、BIOS を短時間で更新
します。このユーティリティは内蔵の BIOS チップですので、システム起動時の自己診断
テスト(POST)中に、<Alt> + <F2>を押すことで起動することができます。
EZ Flash 2 を使用して BIOS を更新する手順
1.
ASUS Webサイト(www.asus.co.jp)にアクセスして、マザーボード用の最新の
BIOS ファイルをダウンロードします。
2.
BIOS ファイルを USB フラッシュメモリに保存し、システムを再起動します。
3.
EZ Flash 2 を 起動する方法には以下の2つがあります。
(1) BIOSファイルを保存したUSBフラッシュメモリをUSBポートに挿入します。
POST 中に <Alt> + <F2> を押すと下の画面が表示されます。
ASUSTek EZ Flash 2 BIOS ROM Utility B324
FLASH TYPE: Winbond W39V080A 8Mb LPC
Current ROM
Update ROM
BOARD: STRIKER II FORMULA
BOARD: Unknown
VER: 0201
VER: Unknown
DATE: 11/05/2007
DATE: Unknown
PATH: A:\
A:
Note
4-4
[S] Save
[Tab] Switch
[Up/Down/Home/End] Move
[ESC] Exit
(2) BIOS セットアッププログラムで、Tools メニューに進み EZ Flash2 を選択し
て <Enter> を押します。
4.
[Enter] Select
<Tab> を使ってドライブを変更し<Enter> を押します。
BIOS ファイルが検出されると EZ Flash 2 がBIOS をアップデートし、システムが自
動的に再起動されます。
•
FAT 32/16 フォーマットのUSBフラッシュメモリ、ハードディスク等のデバイス
のみをサポートします。
•
BIOS を更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。
システム起動エラーの原因となります。
Chapter 4: BIOSセットアップ
4.1.3
BIOS を更新する
AwardBIOS Flash を使用して BIOS ファイルを更新する
1.
ASUS Web サイト(www.asus.co.jp)で最新の BIOS ファイルをダウンロードま
す。�������������������������������������������������
ファイル名を「StrikerII.BIN」に変更し、CD ROM または USB フラッシュメモリ
に保存します。フォーマットは FAT 16/12 を使用します。
間違った BIOS ファイルのロードを避けるため、更新済みの BIOS ファイルのみを保
存してください。
2.
Award
���������������������������������������������������������������
BIOS Flash Utility (awdflash.exe)を、サポートDVDの”Software”フォルダ
から、上記1.で最新のBIOSファイルを保存した CD ROM/ USBフラッシュディスク
にコピーしてください。
3.
4.1.2で作成したブート
����������������������������������������������
CD ROM、USB フラッシュディスクからDOS モードでシス
テムを起動してください。
4. DOSモードにおいて<X:>(Xは2.で作成したディスクに割り当てられたドライ
���������������������������������������
ブレ ター) コマンドを使い、BIOSファイルとAward Flash Utilityを保存した CD
ROM/USBフラッシュディスクに移動します。
5.
プロンプトで「awdflash」
と
タイプし<Enter>を押すと、
Award BIOS Flash Utility
画面が表示されます。
AwardBIOS Flash Utility for ASUS V1.18
(C) Phoenix Technologies Ltd. All Rights Reserved
For C55XEMCP55PXE-StrikerII-00
DATE:10/30/2007
Flash Type - PMC Pm49FL004T LPC/FWH
File Name to Program: Message: Please input File Name!
6.
「File Name to Program」
に BIOS ファイル名を入力
して<Enter>を押してくだ
さい。
AwardBIOS Flash Utility for ASUS V1.18
(C) Phoenix Technologies Ltd. All Rights Reserved
For C55XEMCP55PXE-StrikerII-00
DATE:10/30/2007
Flash Type - PMC Pm49FL004T LPC/FWH
File Name to Program: StrikerII.bin
Message: Do You Want To Save Bios (Y/N)
ROG Striker II Formula
4-5
7.
BIOS ファイルを保存する、という内容の指示が出たら、<N>を押すと、次の画面
が表示されます。
8.
ファイルが確認されると、
������������
BIOS の更新が開始されま
す。
AwardBIOS Flash Utility for ASUS V1.18
(C) Phoenix Technologies Ltd. All Rights Reserved
For C55XEMCP55PXE-StrikerII-00
DATE:10/30/2007
Flash Type - PMC Pm49FL004T LPC/FWH
File Name to Program:
StrikerII.bin
Programming Flash Memory - OFE00 OK
Write OK
No Update
Write Fail
Warning: Don’t Turn Off Power Or Reset System!
更新中にシステムをオフにしたり、
リセットしたりしないでください。
9.
「Flashing Complete」
とい
うメッセージが表示されま
す。これは BIOS の更新が完
了したことを示します。フロ
ッピーディスクを取り出し、
<F1>を押してシステムを再
起動します。
AwardBIOS Flash Utility for ASUS V1.18
(C) Phoenix Technologies Ltd. All Rights Reserved
For C55XEMCP55PXE-StrikerII-00
DATE:10/30/2007
Flash Type - PMC Pm49FL004T LPC/FWH
File Name to Program: StrikerII.bin
Flashing Complete
Press <F1> to Continue
Write OK
No Update
Write Fail
F1 Reset
4-6
Chapter 4: BIOSセットアップ
4.1.4
オリジナルの BIOS ファイルを保存する
AwardBIOS Flash を使ってオリジナルの BIOS を保存することができます。BIOS更新
時に障害を起こしたり破損したりしたときの、BIOS ファイルの復元に使用します。
CD ROM、USB フラッシュディスクに、BIOS ファイルの保存するための十分
な空き容量があることを確認してください。
AwardBIOS Flash を使ってオリジナルの BIOS を保存する
1. 2.
前セクションのステップ 1
〜 6 の手順を行ってくださ
い。
オリジナルの BIOS ファイ
ルを保存するように指示が
出たら<Y>を押すと、次の
画面が表示されます。
AwardBIOS Flash Utility for ASUS V1.18
(C) Phoenix Technologies Ltd. All Rights Reserved
For C55XEMCP55PXE-StrikerII-00
DATE:10/30/2007
Flash Type - PMC Pm49FL004T LPC/FWH
File Name to Program: 0106.bin
Save current BIOS as:
Message:
3.
「Save current BIOS as」に
BIOS ファイルのファイル名
を入力して<Enter>押しま
す。
AwardBIOS Flash Utility for ASUS V1.18
(C) Phoenix Technologies Ltd. All Rights Reserved
For C55XEMCP55PXE-StrikerII-00
DATE:10/30/2007
Flash Type - PMC Pm49FL004T LPC/FWH
File Name to Program: 0106.bin
Checksum: 810DH
Save current BIOS as: 0107.bin
Message: Please Wait!
4.
BIOS ファイルがフロッピー
ディスクに保存され、BIOS
更新プロセスに戻ります。
AwardBIOS Flash Utility for ASUS V1.18
(C) Phoenix Technologies Ltd. All Rights Reserved
For C55XEMCP55PXE-StrikerII-00
DATE:10/30/2007
Flash Type - PMC Pm49FL004T LPC/FWH
File Name to Program: 0107.bin
Now Backup System BIOS to
File!
Message: Please Wait!
ROG Striker II Formula
4-7
4.1.5
ASUS CrashFree BIOS 2
ASUS CrashFree BIOS 3 はBIOSの自動復旧ツールで、BIOS更新時に障害を起こした場
合や破損した BIOS ファイルを復旧します。破損したBIOSファイルは、BIOSファイルを
収録したサポートDVDで更新することができます。
このユーティリティを使用する前に、BIOSを収録したサポート DVD をお手元にご
用意ください。
サポート DVD から BIOS を復旧する
手順
1.
システムの電源をオンにします。
2.
サポート DVD を光学ドライブに挿入します。
3.
下のメッセージが表示され、DVDのBIOSファイルが自動的にチェックされます。
Award BootBlock BIOS v1.0
Copyright (c) 2000, Award Software, Inc.
BIOS ROM checksum error
Detecting IDE ATAPI device...
Found CDROM, try to Boot from it... Pass
BIOS が検出されると、BIOS ファイルを自動的に読み込み、破損した BIOS ファイ
ルを更新します。
Award BootBlock BIOS v1.0
Copyright (c) 2000, Award Software, Inc.
BIOS ROM checksum error
Detecting IDE ATAPI device...
4.
4-8
更新作業が完了したらシステムを再起動してください。
•
ASUS CrashFree BIOS 2 は FAT 32/16/12 フォーマットでシングルパーティショ
ンの USBフラッシュメモリのみをサポートします。デバイスサイズは 8GB 未満
である必要があります。
•
���������������������������������������
BIOS を更新している間に、システムのシャットダウンやリセットを行わないでく
ださい。システムの起動エラーの原因となります。
Chapter 4: BIOSセットアップ
4.2
BIOS 設定プログラム
本マザーボードはプログラム可能な Low-Pin Count (LPC) チップを搭載しており、
「4.1 BIOS 管理更新」で説明した付属ユーティリティを使用してBIOSの更新をするこ
とが可能です。
BIOS 設定プログラムは、マザーボードを取り付けた時や、システムの再構成をした時、
または”Run Setup”を促された時に使用します。本項では、この機能を使用してコンピ
ュータの設定をする方法を説明します。
BIOS 設定プログラムを使用するように指示されていない場合でも、コンピュータの設
定を変更することができます。例えば、セキュリティパスワード機能を有効にする、ま
たは、電源管理設定を変更することができます。これらの設定を変更するためには、コ
ンピュータがこれらの変更を認識し、LPC チップのCMOS RAMに記録できるように、
BIOS設定プログラムを使用してコンピュータの設定を変更する必要があります。
マザーボードのLPCチップにはBIOS設定プログラムが搭載されています。BIOS 設定プ
ログラムはコンピュータを起動するときに実行することができます。起動時の自己診断
テスト (POST) の間に<Del>キーを押すとBIOS 設定プログラムが起動します。
POST の終了後にBIOS 設定プログラムを実行したい場合は、<Ctrl+Alt+Delete>を押す
か、ケースのリセットボタンを押してシステムを再起動します。システムをオフにし、それ
からまたオンにすることによって再起動することもできます。ただし、
これは最初の2つの
方法が失敗した場合の最後の手段として行ってください。
BIOS 設定プログラムは簡単に使用できるように設計されています。メニュー画面から、
ナビゲーションキーを使用してさまざまなサブメニューをスクロールする、使用可能な
オプションから設定を選択することができます。
•
このマザーボードの BIOSの初期設定値はほとんどの環境で、最適なパフォー
マンスを実現できるように設定されています。BIOS 設定を変更した後システム
が不安定になったら、初期設定値をロードしてください。初期設定値に戻すに
は、終了メニューの下の「Load Setup Defaults」を選択します。
(詳細は「4.9
終了メニュー」をご参照ください)
•
本書に掲載した BIOS の画面は一例であり、実際に表示される内容と異なる場
合があります。
•
最新の BIOS はASUS Web サイト
(www.asus.co.jp)からダウンロードしてください。
ROG Striker II Formula
4-9
4.2.1
BIOSメニュー画面
メニュー
メニューバー
構成フィールド
ヘルプ
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
Boot
System Time 15 : 30 : 36
System Date Thu, Oct 30 2007
Language
[English]
Legacy Diskette A:
[1.44M, 3.5 in.]
Primary IDE Master
Primary IDE Slave
SATA 1
SATA 2
SATA 3
SATA 4
SATA 5 SATA 6 HDD SMART Monitoring
Installed Memory
Usable Memory
System Information
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
Tools
[None]
[None]
[None]
[None]
[None]
[None]
[None]
[None]
[Disabled]
1024MB
1023MB
Select Menu
Item Specific Help
Change the internal
time.
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
サブメニュー
4.2.2
Exit
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
ナビゲーションキー
メニューバー
スクリーン上部のメニューバーには、次の項目があります。
Main
基本システム設定の変更用
Extreme Tweaker オーバークロック設定の変更用
Advanced
拡張システム設定の変更用
Power
拡張電源管理(APM/ACPI)設定の変更用
Boot
システム起動設定の変更用
Tools
特殊な機能の設定オプション用
Exit 終了オプションと初期設定値のロード用
メニューバーの項目を選択するには、キーボードの右または左の矢印キーを使って項
目をハイライト表示させます。
4-10
•
BIOS 画面の図は参照用です。実際とは異なることがあります。
•
最新のBIOSはASUSのサイト (www.asus.co.jp) でダウンロードできます。
Chapter 4: BIOSセットアップ
4.2.3
ナビゲーションキー
BIOS メニュー画面の右下には、メニューの操作をするためのナビゲーションキーの説
明が表示されます。ナビゲーションキーを使用してメニューの項目を選択し、設定を変
更します。
ナビゲーションキー
機能
<F1>
「ヘルプ」画面を表示
<F5>
初期設定値をロード
<Esc>
BIOS セットアップから退出、またはサブメニューからメインメニューに
戻る
矢印キー (→ ←)
メニュー項目を選択
矢印キー (↑↓)
ハイライト表示を移動
Page Down または – (マイナス) ハイライト表示した項目の数値を下げる
Page Up または + (プラス) ハイライト表示した項目の数値を上げる
<Enter>
ハイライト表示したフィールドの選択項目を選択
<F10>
変更の保存と退出
4.2.4
メニュー
メニューバーをハイライト表示すると、そのメニューの設定項目が表示されます。例え
ば、メインを選択するとメインのメニューが表示されます。
メニューバーの他の項目(Advanced、Power、Boot、Exit)にはそれぞれメニューがあり
ます。
4.2.5
サブメニュー
サブメニューの項目の前には、黒い三角形が付いています。サブメニューを表示するため
には、項目を選択し <Enter> を押します。
4.2.6
構成フィールド
構成フィールドには設定された値が表示されます。設定の変更が可能な項目は、フィール
ドの値を変更できます。ユーザー設定できない項目は、選択することができません。
各値はカッコで囲まれており、選択するとハイライト表示されます。フィールドの値を変
更するには、選択し <Enter> を押してオプションのリストを表示させます。
ROG Striker II Formula
4-11
4.2.7
ポップアップウィンドウ
項目を選択し <Enter> を押すと、ユーザー設定可能なオプションと共にポップアップウ
ィンドウが表示されます。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
Boot
Tools
Exit
System Time 15 : 30 : 36
Select Menu
System Date Thu, Oct 30 2007
Language
[English]
Item Specific Help
Legacy Diskette A:
[1.44M, 3.5 in.]
Change the internal
Legacy Diskette A:
time.
Primary IDE Master
[None]
Disabled
.....
[
]
Primary IDE Slave
[None]
720K , 3.5
in.
..... [ ]
SATA 1
[None]
1.44M, 3.5
in.
..... [ ]
SATA 2
[None]
SATA 3
[None]
SATA 4
[None]
SATA 5 [None]
SATA 6 [None]
HDD SMART Monitoring
[Disabled]
↑↓ :Move1024MB
ENTER:Accept ESC:Abort
Installed Memory
Usable Memory
1023MB
System Information
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
ポップアップメニュー
4.2.8
ヘルプ
メニュー画面の右上には、選択した項目の簡単な説明が表示されます。
4-12
Chapter 4: BIOSセットアップ
4.3
メインメニュー
BIOS 設定プログラムに入ると、メインメニューが表示され、システム情報の概要が表
示されます。
メニュー画面の情報および操作方法については、
「4.2.1 BIOS メニュー画面」をご
参照ください。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
Boot
System Time 15 : 30 : 36
System Date Thu, Oct 30 2007
Language
[English]
Legacy Diskette A:
[1.44M, 3.5 in.]
Primary IDE Master
Primary IDE Slave
SATA 1
SATA 2
SATA 3
SATA 4
SATA 5 SATA 6 HDD SMART Monitoring
Installed Memory
Usable Memory
System Information
F1:Help
ESC: Exit
4.3.1
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
Tools
[None]
[None]
[None]
[None]
[None]
[None]
[None]
[None]
[Disabled]
1024MB
1023MB
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Change the internal
time.
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
System Time [xx:xx:xx]
システム時間を設定します。
4.3.2
System Date [Day xx/xx/xxxx]
システム日付を設定します。
4.3.3
Language [English]
BIOS で表示する言語を選択することができます。
設定オプション:[Japanese] [English] [French] [Deutsch] [Chinese (Trad.)]
[Chinese (Simp.)]
4.3.4
Legacy Diskette A [1.44M, 3.5 in.]
フロッピーディスクドライブのタイプを設定します。
設定オプション:[Disabled] [720K , 3.5 in.] [1.44M, 3.5 in.]
ROG Striker II Formula
4-13
4.3.5
Primary、IDE Master/Slave
BIOS は接続された IDE デバイスを自動的に検出します。
「Device」を選択し、
<Enter>を押すと IDE デバイスの情報が表示されます。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Primary IDE Master
Select Menu
Item Specific Help
PIO Mode
UDMA Mode
[Auto]
[Auto]
Primary IDE Master
Access Mode
[Auto]
[Auto]
Capacity
0 GB
Cylinder
Head
Sector
Transfer Mode
0
0
0
F1:Help
ESC: Exit
Set a PIO mode for the
IDE device. Mode0
through 4 successive
increase in
performance.
None
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
BIOSは、Capacity、Cylinder、 Head、Sector 、Transfer Mode)の値を自動的に検出
します。これらの項目の値をユーザーが変更することはできません。また、システムに
IDEデバイスが接続されていない場合は「N/A」
と表示されます。
PIO Mode [Auto]
PIOモードを選択します。
設定オプション:[Auto] [Mode 0] [Mode 1] [Mode 2] [Mode 3] [Mode 4]
UDMA Mode [Auto]
DMA モードを選択します。
設定オプション:[Disabled] [Auto]
Primary IDE Master/Slave [Auto]
[Auto] に設定すると自動的に IDE HDD が検出され、サブメニューの値を自動的に検
出します。HDDが前のシステムで既にフォーマットしてある場合は、間違った値を表示
することがあります。その場合は [Manual] に設定し、IDE HDD の値を手動で入力して
ください。
ドライブを取り付けていない場合は、[None] を選択します。
設定オプション:[None] [Auto] [Manual]
4-14
Chapter 4: BIOSセットアップ
Access Mode [Auto]
初期設定値の [Auto] で、IDE HDD を自動的に検出します。
「IDE Primary Master/
Slave」の項目を [Manual] に設定した場合は、この項目を[CHS] に設定します。
設定オプション:[CHS] [LBA] [Large] [Auto]
HDD の設定を行う前にドライブのメーカーから、正しい設定情報を確認してくださ
い。間違った設定によりシステムがHDDを認識できないことがあります。
Capacity
ハードディスクの容量を表示。ユーザー設定できません。
Cylinder
ハードディスクシリンダー数を表示。ユーザー設定できません。
Head
ハードディスクの読み出し/書き込みヘッド数を表示。ユーザー設定できません。
Sector
トラックごとにセクタの数を表示。ユーザー設定できません。
Transfer Mode
転送モードを表示。ユーザー設定できません。
BIOSでIDE HDD を入力したら、FDISKなどのディスクユーティリティを使って、パー
ティションで区切って新しいIDE HDDをフォーマットしてください。この作業はハー
ドディスクのデータの読み書きをするために必要です。 Primary IDE HDD のパー
ティションの設定を必ず行ってください。
ROG Striker II Formula
4-15
4.3.6
SATA 1–6
セットアップ中に BIOS は自動的に Serial ATA デバイスを検出します。デバイスを選択
し、<Enter>を押すと SATA デバイスの情報が表示されます。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
SATA 1
Extended IDE Drive
Access Mode
Capacity
0 MB
Cylinder
Head
Landing Zone
Sector
0
0
0
0
F1:Help
ESC: Exit
[Auto]
[Auto]
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
Select Menu
Item Specific Help
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Selects the type of
fixed disk connected to
the system.
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
BIOSは、Capacity、Cylinder、 Head、Landing Zone and Sector の値を自動的に検出
します。これらの項目の値は変更することはできません。また、システムに SATA デバイ
スが接続されていない場合は「0」
と表示されます。
Extended IDE Drive [Auto]
システムに接続されたハードドライブのタイプを選択。
設定オプション:[None] [Auto]
Access Mode [Auto]
セクタを設定します。
設定オプション:[Large] [Auto]
HDD の設定を行う前にドライブのメーカーから、正しい設定情報を確認してくださ
い。間違った設定によりシステムがHDDを認識できないことがあります。
Capacity
ハードディスクの容量を表示。ユーザー設定できません。
Cylinder
ハードディスクシリンダー数を表示。ユーザー設定できません。
Head
ハードディスクの読み出し/書き込みヘッド数を表示。ユーザー設定できません。 Landing Zone
トラックごとのランディングゾーンの数を表示。ユーザー設定できません。
4-16
Chapter 4: BIOSセットアップ
Sector
トラックごとにセクタの数を表示。ユーザー設定できません。
BIOSでIDE HDD を入力したら、FDISKなどのディスクユーティリティを使って、パー
ティションで区切って新しいIDE HDDをフォーマットしてください。この作業はハー
ドディスクのデータの読み書きをするために必要です。 Primary IDE HDD のパー
ティションの設定を必ず行ってください。
4.3.7
HDD SMART Monitoring [Disabled]
ハードディスクの SMART (Self-Monitoring Analysis & Reporting Technology) 機能
の設定。
設定オプション: [Disabled] [Enabled]
4.3.8
Installed Memory [xxx MB]
メモリの容量を表示。
4.3.9
Usable Memory [XXX MB]
使用可能なメモリサイズの表示。
4.3.10
システム情報
システム仕様の概要です。BIOS はさまざまな情報を自動的に検出します。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
System Information
BIOS Revision
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
0201
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Select Menu
Item Specific Help
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
BIOS revision
自動検出された BIOS 情報を表示します。
ROG Striker II Formula
4-17
4.4
Extreme Tweaker メニュー
Extreme Tweaker メニューではオーバークロックに関連する項目を設定します。
本メニューでの設定変更は、システムの誤動作の原因となることがあります。十分に
注意してください。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
x
x
x
x
AI Overclock Tuner
[Auto]
Overclock Options
Disabled
System Clocks
FSB & Memory Config
CPU Level Up
Auto
Overclocking
Over Voltage
Loadline Calibration [Disabled]
NVIDIA GPU EX [Disabled]
SLI-Ready Memory [Disabled]
Voltiminder LED
CPU LED Selection
NB LED Selection
SB LED Selection
ROG Logo
ES Selection
F1:Help
ESC: Exit
4.4.1
Boot
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Press [Enter] to
select overclock
profile.
[ON]
[CPU Volt]
[NB Volt]
[SB Volt]
[Enabled]
[Disabled]
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
AI Overclock Tuner [Auto]
CPU オーバークロックオプションを選択して、CPU 内部周波数を設定することができ
ます。
Manual
オーバークロックの値を手動で設定します。
Auto
システムに対して標準的な設定をロードします。
Standard
システムに対して標準的な設定にします。
AI Overclock
オーバークロック中にシステムを安定させる最適な値に設定しま
す。
CPU Level Up
CPU レベルを選択します。関連するパラメータは自動的に調節さ
れます。
次の項目は、
「AI Overclock Tuner 」の項目が [AI Overclock] に設定されている時
のみユーザー設定可能です。
Overclock Options [Disabled]
オーバークロックオプションを設定します。
設定オプション:[Disabled] [Overclock 5%] [Overclock 10%] [Overclock 15%]
[Overclock 20%]
4-18
Chapter 4: BIOSセットアップ
次の項目は、
「AI Overclock Tuner 」の項目が [CPU Level Up]に設定されている時
のみユーザー設定可能です。
CPU Level Up [Auto]
CPU レベルを選択します。選択した CPU レベルにより、関連するパラメータは自
動的に調節されます。
設定オプション:[Auto] [X6800] [E6850] [Crazy]
•
�������������������������������
設定オプションは、ご使用の CPU のタイプにより異なります。
•
オプション [Crazy] は、E6600 以上の CPU を使用すると表示されます。
次の項目は、
「AI Overclock Tuner 」の項目が [Manual]に設定されている時のみ
ユーザー設定可能です。
System Clocks
システム周波数に関連する設定項目です。項目を選択し <Enter> を押してください。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Extreme Tweaker
System Clocks
PCIEX16_2 Frequency (MHz)
PCIEX16_1 3 Frequency (MHz)
SPP <-> MCP Ref Clock, MHz
[100]
[100]
[Auto]
Select Menu
Item Specific Help
Set MCP55 PCIE
Overclock
PCIEX16_2 Frequency (MHz) [100]
PCIEX16_2 オーバークロック周波数を設定することができます。<+> <-> キーで
周波数を調整します。また、数字キーで数値を入力することもできます。
設定オプション:[100 MHz]~[200 MHz]
PCIEX16_1 3 Frequency (MHz) [100]
PCIEX16_1/3 オーバークロック周波数を設定することができます。<+> / <-> キ
ーまたは数字キーで数値を入力します。
設定オプション:[100 MHz]~[200 MHz]
SPP <-> MCP Ref Clock, MHz [Auto]
設定オプション:[Auto] [200.0] [200.5] [201.0] [201.5]~[500.0]
ROG Striker II Formula
4-19
FSB & Memory Config
システム周波数に関連する設定項目です。項目を選択し <Enter> を押してください。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Extreme Tweaker
FSB & Memory Config
x
x
x
CPU Level Up
FSB - Memory Clock Mode
FSB - Memory Ratio
FSB (QDR), MHz
Actual FSB (QDR), MHz
MEM (DDR), MHz
Actual MEM (DDR), MHz
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
[Auto]
[Auto]
Auto
Auto
1333.3
Auto
909.1
Select Menu
Item Specific Help
Warning: this function
belongs to
overclocking, and it
may cause instability.
Select a CPU level, and
the rest will be autoadjusted. If you want
to adjust more, set
AI Overclock Tuner to
Manual after you select
a CPU level.
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
CPU Level Up [Auto]
CPU レベルを選択します。選択した CPU レベルにより、関連するパラメータは自
動的に調節されます。
設定オプション:[Auto] [X6800] [E6850] [Crazy]
•
設定オプションは、ご使用の CPU のタイプにより異なります。
•
オプション [Crazy] は、E6600 以上の CPU を使用すると表示されます。
FSB - Memory Clock Mode [Auto]
システムクロックのモードを設定することができます。
設定オプション: [Auto] [Linked] [Unlinked]
以下の項目は、
「FSB-Memory Clock Mode」の項目を [Linked] に設定すると、ユ
ーザー設定可能になります。
FSB - Memory Ratio [Auto]
設定オプション: [Auto] [1:1] [5:4] [3:2] [Sync Mode]
FSB (QDR), MHz [1066]
CPU FSB 周波数を設定します。<+>と<-> キーで周波数を設定します。数字キー
で値を直接入力することもできます。入力範囲は 533 〜 3200 です。
「FSB (QDR), MHz」の項目は「FSB - Memory Clock Mode」を [Unlinked] に設定
した場合にもユーザー設定可能になります。
4-20
Chapter 4: BIOSセットアップ
Actual FSB (QDR), MHz
再起動時に反映される実際の周波数です。
以下の項目は、
「FSB-Memory Clock Mode」の項目を [Unlinked] に設定すると、
ユーザー設定可能になります。
MEM (DDR), MHz [800]
メモリ周波数を設定します。<+>と<-> キーで周波数を設定します。数字キーで
値を直接入力することもできます。入力範囲は 400 〜 2600 です。
Actual MEM (DDR), MHz
再起動時に反映される実際の周波数です。
ROG Striker II Formula
4-21
4.4.2
Overclocking
システム周波数に関連する設定項目です。項目を選択し <Enter> を押してください。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Extreme Tweaker
Overclocking
CPU Type
Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU
E6750 @ 2.66GHz
CPU Speed
2.66GHz
Cache RAM
4096K
CPU Multiplier
[8]
Select Menu
Item Specific Help
Memory Timing Setting
Spread Spectrum Control
CPU Internal Thermal Control
[Disabled]
Limit CPUID MaxVal
[Disabled]
Enhanced C1 (C1E)
[Disabled]
Execute Disable Bit
[Enabled]
Virtualization Technology
[Enabled]
Enhanced Intel SpeedStep(tm) Tech.[Disabled]
LDT Frequency
[5x]
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
CPU Multiplier [8]
<+>と<-> キーまたは数字キーを使用して値を入力します。入力範囲は 6 〜 50 です。
Memory Timing Setting
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Extreme Tweaker
Memory Timing Setting
tCL (CAS Latency)
tRCD
tRP
tRAS
Command Per Clock (CMD)
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
** Advanced Memory Settings **
tRRD
tRC
tWR
tWTR
tREF
tRD
tRFC
Async Latency
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Select Menu
Item Specific Help
CAS# latency (CAS# to
read data valid)
Set Memory timings
to [Optimal] to use
the value recommended
by the DIMM’s
manufacturer.
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
tCL (CAS Latency) [Auto]
設定オプション: [Auto] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
tRCD [Auto]
設定オプション: [Auto] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
tRP [Auto]
設定オプション: [Auto] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
4-22
Chapter 4: BIOSセットアップ
tRAS [Auto]
設定オプション: [Auto] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]~[31]
Command Per Clock (CMD) [Auto]
設定オプション: [Auto] [1 clock] [2 clock]
tRRD [Auto]
設定オプション: [Auto] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]~[15]
tRC [Auto]
設定オプション: [Auto] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]~[31]
tWR [Auto]
設定オプション: [Auto] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
tWTR [Auto]
設定オプション: [Auto] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]~[15]
tREF [Auto]
設定オプション: [Auto] [1] [2]
tRD [Auto]
設定オプション: [Auto] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]~[15]
tRFC [Auto]
設定オプション: [Auto] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]~[127]
Async Latency [Auto]
設定オプション: [Auto] [1.00nS] [1.25nS] [1.50nS] [1.75nS] [2.00nS] [2.25nS]
[2.50nS]
Spread Spectrum Control
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Extreme Tweaker
Spread Spectrum Control
CPU Spread Spectrum
SATA Spread Spectrum
LDT Spread Spectrum
[Auto]
[Disabled]
[Auto]
Select Menu
Item Specific Help
CPU Spread Spectrum [Auto]
設定オプション: [Disabled] [Auto]
SATA Spread Spectrum [Disabled]
設定オプション: [Disabled] [Auto]
LDT Spread Spectrum [Auto]
設定オプション: [Auto] [Disabled]
ROG Striker II Formula
4-23
CPU Internal Thermal Control [Disabled]
設定オプション: [Auto] [Disabled]
Limit CPUID MaxVal [Disabled]
[Enabled] に設定すると、拡張 CPUID 機能非対応 CPU でもレガシーオペレーティング
システムを起動することができます。
設定オプション: [Disabled] [Enabled]
Enhanced C1 (CIE) [Disabled]
C1E サポートを設定します。
設定オプション: [Enabled] [Disabled]
Execute Disable Bit [Enabled]
No-Execution Page Protection Technology を設定します。[Disabled] に設定すると
XD 機能フラグが常にゼロ(0)に戻ります。
設定オプション: [Enabled] [Disabled]
Virtualization Technology [Enabled]
Virtualization Technology は、複数の OS を同時に動作させるハードウェアプラットフ
ォームの構築を可能にします。これにより、1つのシステムを複数のシステムとして仮
想的に動作させることができます。
設定オプション: [Enabled] [Disabled]
Enhanced Intel SpeedStep(tm) Tech. [Disabled]
設定オプション: [Disabled] [Enabled]
LDT Frequency [5x]
設定オプション: [1x] [2x] [3x] [4x] [5x] [6x] [7x] [8x]
4-24
Chapter 4: BIOSセットアップ
4.4.3
Over Voltage
システム電圧に関連する設定項目です。項目を選択し <Enter> を押してください。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Extreme Tweaker
Over Voltage
CPU Voltage
Memory Voltage
1.2V HT Voltage
NB Core Voltage
SB Core Voltage
CPU VTT Voltage
CPU PLL Voltage
Bridge Core Voltage
DDRII Controller Ref Voltage
DDRII Channel A Ref Voltage
DDRII Channel B Ref Voltage
NB GTL_REF Ratio
CPU GTL_REF Ratio
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Select Menu
Item Specific Help
Set CPU VID to desired
voltage, but it will
cause other CPU power
management feature
(such as C1E, EIST, and
TM2) fail to control
CPU VID. Select [Auto]
to let CPU VID keep
original value.
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
CPU Voltage [Auto]
CPU 電圧を設定します。設定フィールドの文字列の色は、オンボード CPU LED の色と
対応し、共に電圧の状態を表します。
「CPU LED Selection」の項目を [CPU Volt] に設定
すると、オンボードCPU LED は CPU 電圧の状態を表示します。CPU LED の定義につい
てはページ 2-1 をご参照ください。
設定オプション:[Auto] [1.10000V] [1.10625V] [1.11250V] [1.11875V]
[1.12500V] [1.13125V] [1.13750V] [1.14375V] [1.15000V] [1.15625V] [1.16250V]
[1.16875V] [1.17500V] [1.18125V] [1.18750V] [1.19375V] [1.20000V] [1.20625V]
[1.21250V] [1.21875V] [1.22500V] [1.23125V] [1.23750V] [1.24375V] [1.25000V]
[1.25625V] [1.26250V] [1.26875V] [1.27500V] [1.28125V] [1.28750V] [1.29375V]
[1.30000V]~[1.87500V] [1.88125V] [1.88750V] [1.89375V] [1.90000V] [1.95000V]
[1.97500V] [2.00000V] [2.025000V] [2.05000V] [2.07500V] [2.10000V]~[2.30000V]
[2.32500V] [2.35000V] [2.37500V] [2.40000V]
CPU 電圧の設定を行う前に CPU の説明書をご参照ください。CPU 電圧の変更によ
り、CPUが損傷する、あるいはシステムが不安定になる場合があります。
Memory Voltage [Auto]
メモリ電圧を設定します。設定フィールドの文字列の色は、オンボード メモリ LED の色
と対応し、共に電圧の状態を表します。メモリ LED の定義についてはページ 2-2 をご
参照ください。
設定オプション:[Auto] [1.80V] [1.82V] [1.84V] [1.86V] [1.88V] [1.90V]~ [3.32V]
[3.34V] [3.36V] [3.38V] [3.40V]
ROG Striker II Formula
4-25
1.2V HT Voltage [Auto]
1.2V HT 電圧を設定します。設定フィールドの文字列の色は、電圧の状態を表します。
「SB LED Selection」の項目を [SB_HT Volt] に設定すると、オンボードサウスブリッジ
LEDが 1.2V HT 電圧の状態を表示します。サウスブリッジLEDの定義に関しては ペー
ジ 2-2 をご参照ください。
設定オプション:����������������������������������������������������������������
[Auto] [1.20V] [1.25V] [1.30V] [1.35V]~[1.80V] [1.85V] [1.90V]
[1.95V]
NB Core Voltage [Auto]
ノースブリッジ電圧を設定します。設定フィールドの文字列の色は、ノースブリッジ電
圧の状態を表します。
「NB LED Selection」の項目を[NB Volt]に設定すると、オンボード
ノースブリッジ LED がノースブリッジ電圧の状態を表示します。ノースブリッジ LED の
定義に関しては ページ 2-2 をご参照ください。��������������������������������
設定オプション:[Auto] [1.20V] [1.22V]
[1.24V] [1.26V]~[2.40V] [2.42V] [2.44V] [2.46V]
SB Core Voltage [Auto]
サウスブリッジ電圧を設定します。設定フィールドの文字列の色は、サウスブリッジ電
圧の状態を表します。
「SB LED Selection」の項目を[SB Volt]に設定すると、オンボード
ノースブリッジ LED がサウスブリッジ電圧の状態を表示します。サウスブリッジ LED
の定義についてはページ 2-2 をご参照ください。
設定オプション:[Auto] [1.50V] [1.55V] [1.60V] [1.65V]~[1.80V] [1.85V]
CPU VTT Voltage [Auto]
CPU VTT 電圧を選択します。構成フィールドの文字の色は電圧の状態を示しています。
「NB LED Selection」を [VTT Volt] に設定すると、オンボードノースブリッジ LED はノ
ースブリッジの電圧状態を表示します。ノースブリッジ LED の定義についてはページ
2-2 をご参照ください。
設定オプション:[Auto] [1.20V] [1.22V] [1.24V] [1.26V]~[2.40V] [2.42V] [2.44V]
[2.46V]
CPU PLL Voltage [Auto]
CPU PLL 電圧を設定します。設定フィールドの文字列の色は、オンボード CPU LED の
色と対応し、共に電圧の状態を表します。
「CPU LED」の項目を [PLL Volt] に設定する
と、オンボード CPU LED は CPU PLL 電圧の状態を表示します。CPU LED の定義につ
いてはページ 2-1 をご参照ください。
設定オプション:[Auto] [1.50V] [1.52V] [1.54V] [1.56V] [1.58V] [1.60V]~ [2.90V]
[2.92V] [2.94V] [2.96V] [2.98V] [3.00V]
Bridge Core Voltage [Auto]
PCIEX16_1 および PCIEX16_3 ブリッジ電圧を設定します。
設定オプション:��������������������������������������������������������
[Auto] [1.20V] [1.25V] [1.30V] [1.35V]~[1.50V] [1.55V]
4-26
Chapter 4: BIOSセットアップ
DDRII Controller Ref Voltage [Auto]
メモリ電圧を手動で設定できます。または、[Auto]に設定してセーフモードを適用する
ことができます。
設定オプション:[Auto] [DDR2_REF] [DDR2_REF+30mv] [DDR2_REF+20mv]
[DDR2_REF+10mv] [DDR2_REF-10mv] [DDR2_REF-20mv] [DDR2_REF-30mv]
DDRII Channel A Ref Voltage [Auto]
メモリ電圧を手動で設定できます。または、[Auto]に設定してセーフモードを適用する
ことができます。
設定オプション:[Auto] [DDR2_REF] [DDR2_REF+30mv] [DDR2_REF+20mv]
[DDR2_REF+10mv] [DDR2_REF-10mv] [DDR2_REF-20mv] [DDR2_REF-30mv]
DDRII Channel B Ref Voltage [Auto]
メモリ電圧を手動で設定できます。または、[Auto]に設定してセーフモードを適用する
ことができます。
設定オプション:[Auto] [DDR2_REF] [DDR2_REF+30mv] [DDR2_REF+20mv]
[DDR2_REF+10mv] [DDR2_REF-10mv] [DDR2_REF-20mv] [DDR2_REF-30mv]
NB GTL_REF Ratio [Auto]
設定オプション:[Auto] [0.637V] [0.625V] [0.615V] [0.604V] [0.588V] [0.577V]
[0.569V] [0.559V]
CPU GTL_REF Ratio [Auto]
設定オプション:[Auto] [0.628] [0.612] [0.600] [0.585] [0.562] [0.552] [0.542] [0.530]
4.4.4
Loadline Calibration [Disabled]
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
4.4.5
NVIDIA GPU Ex [Disabled]
最適化された NVIDIA Ex グラフィックスドライバを有効/無効にします。
設定オプション: [Auto] [Disabled]
4.4.6
SLI-Ready Memory [Disabled]
SLI-Ready メモリモジュール用の SPD プロファイルを選択することができます。設定オ
プションはユーザーが取り付けたモジュールのタイプにより異なります。
設定オプション: [Disabled] [CPUOC 0%] [CPUOC 1%]~[CPUOC 5%] [CPUOC MAX]
[Expert]
ROG Striker II Formula
4-27
4.4.7
Voltiminder LED [ON]
オンボード Voltiminder LED のオン/オフを切り替えます。
設定オプション:[ON] [OFF]
4.4.8
CPU LED Selection [CPU Volt]
オンボード CPU LED の表示を、CPU 電圧 [CPU Volt] と CPU PLL 電圧 [PLL Volt]の間
で切り替えます。
設定オプション:[CPU Volt] [PLL Volt]
4.4.9
NB LED Selection [NB Volt]
オンボードノースブリッジ LED の表示を、ノースブリッジ電圧 [NB Volt] またはFSBタ
ーミネーション電圧 [FSBT Volt]の間で切り替えます。
設定オプション:[NB Volt] [VTT Volt]
4.4.10
SB LED Selection [SB Volt]
オンボードサウスブリッジ LED の表示を、サウスブリッジ電圧 [SB Volt] と1.2V HT 電
圧 [SB_HT Volt] の間で切り替えます。
設定オプション:[SB Volt] [SB_HT Volt]
4.4.11
ROG Logo [Enabled]
この項目を [Enabled] に設定すると、ヒートパイプ上にある Republic of Gamers と表
示されたボックスが、システムの電源がオンになると点灯します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
4.4.12
ES Selection [Disabled]
設定オプション:[Disabled] [WOL Disabled] [WOL Enabled]
4-28
Chapter 4: BIOSセットアップ
4.5
拡張メニュー
CPU とシステムデバイスの設定を変更します。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
AI NET2
PCIPnP
Onboard Device Configuration
USB Configuration
F1:Help
ESC: Exit
4.5.1
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
Boot
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Press [Enter] to set.
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
AI NET2
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Advanced
AI NET2
POST Check LAN Cable [Disabled]
POST Check LAN2 Cable [Disabled]
Pair
LAN1(1-2)
LAN1(3-6)
LAN1(4-5)
LAN1(7-8)
Status
Open
Open
Open
Open
Length
N/A
N/A
N/A
N/A
LAN2(1-2)
LAN2(3-6)
LAN2(4-5)
LAN2(7-8)
Open
Open
Open
Open
N/A
N/A
N/A
N/A
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
Select Menu
Item Specific Help
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Enable or Disable LAN
cable check during
POST.
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
POST Check LAN/LAN2 Cable [Disabled]
POST で LAN/LAN2 ケーブルをチェックするかを設定することができます。
設定オプション: [Disabled] [Enabled]
ROG Striker II Formula
4-29
4.5.2
PCIPnP
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Advanced
PCIPnP
Plug & Play O/S
Primary Display Adapter
[No]
[PCI]
Select Menu
Item Specific Help
Select Yes if you are
using a Plug and Play
capable operating
system. Select No if
you need the BIOS to
configure non-boot
devices.
Plug & Play O/S [No]
[No]に設定すると、BIOS はマザーボードに接続されたデバイスの設定を自動的に行
います。Plug and Play OSをインストールした状態で [Yes] に設定すると、OSは Plug
and Play デバイスは起動に不要と設定します。
設定オプション:[No] [Yes]
Primary Display Adapter [PCI]
プライマリブートデバイスとして使用するグラフィックスコントローラを選択すること
ができます。
設定オプション:[PCI] [PCI-E]
4.5.3 オンボードデバイス設定構成
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Advanced
Onboard Device Configuration
x
IDE Function Setup
Serial-ATA Configuration
HD Audio Front Panel Support Type
Onboard 1st nVidia LAN Onboard 2nd nVidia LAN Onboard LAN Boot ROM
Onboard 1394
LCD Poster Off
LCD Poster Backlight
LCD Poster Mode
LCD Poster String
F1:Help
ESC: Exit
4-30
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
Select Menu
Item Specific Help
[Auto]
[HD Audio]
[Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
[Current Time]
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Press [Enter] to set.
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
Chapter 4: BIOSセットアップ
IDE Function Setup
サブメニューは IDE 機能の関連項目です。項目を選択し<Enter> を押して設定します。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Advanced
IDE Function Setup
OnChip IDE Channel0
IDE DMA transfer access
IDE Prefetch Mode
[Enabled]
[Enabled]
[Enabled]
Select Menu
Item Specific Help
Press [Enter] to set.
OnChip IDE Channel0 [Enabled]
Onchip IDE Channel 0 コントローラを設定します。
設定オプション: [Disabled] [Enabled]
IDE DMA transfer access [Enabled]
IDE DMA transfer access を設定します。
設定オプション: [Disabled] [Enabled]
IDE Prefetch Mode [Enabled]
IDE PIO Prefetch Mode を設定します。
設定オプション: [Disabled] [Enabled]
Serial-ATA Configuration
Serial ATA 設定を変更することができます。項目を選択し <Enter> を押してください。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Advanced
Serial-ATA Configuration
x
x
x
x
x
x
Serial-ATA Controller
RAID Enabled
SATA1
RAID
SATA2
RAID
SATA3
RAID
SATA4
RAID
SATA5
RAID
SATA6
RAID
[Enabled]
[Disabled]
Disabled
Disabled
Disabled
Disabled
Disabled
Disabled
Select Menu
Item Specific Help
Press [Enter] to
control onchip SATA
controller.
Serial-ATA Controller [Enabled]
オンボード Serial ATA コントローラを有効/無効にします。
設定オプション: [Disabled] [Enabled]
以下の項目は「Serial-ATA Controller」を有効にした場合に設定することができます。
ROG Striker II Formula
4-31
RAID Enabled [Disabled]
オンボード RAID コントローラを設定します。[Enabled] に設定すると関連項目が
ユーザー設定可能になります。
設定オプション: [Disabled] [Enabled]
SATA1/2/3/4/5/6 [Disabled]
SATA ドライブ1〜6台目 の RAID 機能を有効/無効にします。
.設定オプション: [Disabled] [Enabled]
HD Audio [Auto]
HD オーディオを設定します。
設定オプション: [Auto] [Disabled]
Front Panel Support Type [HD Audio]
フロントパネルオーディオモジュールがサポートするオーディオ標準に応じて、フロン
トパネルオーディオコネクタ (AAFP) のモードをレガシー AC`97 またはHDオーディオ
に設定することができます。
設定オプション: [AC97] [HD Audio]
Onboard 1st/2nd Nvidia LAN [Enabled]
オンボードNVIDIA®LAN コントローラを設定します。
設定オプション: [Disabled] [Enabled]
OnBoard LAN Boot ROM [Disabled]
オンボード LAN ブート ROMを設定します。
設定オプション: [Enabled] [Disabled]
Onboard 1394 [Enabled]
オンボード1394 デバイスのサポートを設定します。
設定オプション: [Disabled] [Enabled]
LCD Poster Off [Enabled]
LCD Poster の有効/無効を切り替えます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
LCD Poster Backlight [Disabled]
POSTの後の LCD Poster バックライトを設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
LCD Poster Mode [Current Time]
LCD Poster のモードを選択します。
設定オプション:[Current Time] [User String]
4-32
Chapter 4: BIOSセットアップ
次の項目は、
「LCD Poster Mode」を [User String] に設定するとユーザー設定可能
になります。
LCD Poster String
LCD Poster で表示するストリングを入力します。この項目をハイライト表示して選択
し、<Enter> を押してストリングを入力します。
USB Configuration
USB関連機能の変更をすることができます。項目を選択し <Enter> を押して設定オプ
ションを表示させてください。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Advanced
USB Configuration
USB Controller
USB Legacy support
USB2.0 Controller
[Enabled]
[Enabled]
[Enabled]
Select Menu
Item Specific Help
Enable or disable USB
1.1 and 2.0 Controller.
USB Controller [Enabled]
オンチップ USB コントローラを設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
USB Legacy Support [Enabled]
レガシーOS環境での USB デバイスのサポートを設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
USB 2.0 Controller [Enabled]
USB 2.0 コントローラを設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
ROG Striker II Formula
4-33
4.6
電源メニュー
ACPI と APM 機能の設定の変更を行います。項目を選択し、<Enter>を押すと設定オ
プションが表示されます。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
ACPI Suspend Type
ACPI APIC support
APM Configuration
Hardware Monitor
F1:Help
ESC: Exit
4.6.1
Power
Boot
[S1&S3]
Enabled
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Select the ACPI state
used for System
Suspend.
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
ACPI Suspend Type [S1&S3]
システムのサスペンドに使用される、ACPI の状態を選択します。
設定オプション:[S1 (POS)] [S3(STR)] [S1&S3]
4.6.2
ACPI APIC Support [Enabled]
アプリケーション固有の集積回路(ASIC:Application-Specific Integrated Circuit)
での 拡張構成電源インターフェース(ACPI:���������������������������������
Advanced Configuration and Power
Interface)のサポートを有効/無効にします。[Enabled]にすると、ACPI APIC の表のポ
インターが RSDT ポインターリストに含まれます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
4-34
Chapter 4: BIOSセットアップ
4.6.3
APM ���
の設定
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Power
APM Configuration
Restore on AC Power Loss
PWR Button < 4 secs
Power Up On PCI/PCIE Devices
USB Resume from S5
Power On by RTC Alarm
x Date (of Month) Alarm
x Alarm Time (hh:mm)
HPET Support
Power Up By PS/2 Keyboard
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
[Power-Off]
[Instant-Off]
[Disabled]
[Disabled]
[Disabled]
0
0 : 0 : 0
[Enabled]
[Disabled]
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Select Menu
Item Specific Help
Press [Enter] to
select whether or not
to restart the system
after AC power loss
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
Restore on AC Power Loss [Power-Off]
停電などで電力が遮断された場合の再通電時に関する設定です。
設定オプション:������������������������������������
[Power-Off] [Power-On] [Last State]�
PWR Button < 4 secs [Instant-Off]
4 秒以上電源ボタンを押した後のイベントを設定します。
設定オプション:[Suspend] [Instant-Off]
Power Up On PCI/PCIE Devices [Disabled]
PCI デバイスと NVIDIA® オンボード LAN を使用して S5 状態から PMEウェークアップ
する機能を設定します。設定オプション:[Disabled] [Enabled]
USB Resume from S5 [Disabled]
USB キーボード/マウスを使用してS5状態からレジームするかを設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Power On By RTC Alarm [Disabled]
ウェイクアップイベントを作成する RTC を設定します。この項目を [Enabled] に設定す
ると、Date (of Month) Alarm と Alarm Time (hh:mm)がユーザー設定可能になりま
す。設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Date(of Month)Alarm [XX]
アラームの日付を設定するのは、この項目をハイライト表示し、<Enter>を押してポッ
プアップメニューを表示させます。その後、数値を入力し、<Enter>を押します。なお、
[0] の定義は「毎日」です。
設定オプション:[Min=0] [Max=31]
ROG Striker II Formula
4-35
Alarm Time (hh:mm) [ X: X: X]
アラーム時間の設定
1. この項目を ハイライト表示させ <Enter> を押して時間(時)を設定します。
2.
値を入力(最小=0、最大=23) し<Enter> を押します。
3.
<TAB> を押してminute のフィールドに移動し <Enter> を押します。
4.
時間(分)の値を入力 (最小=0、最大=59)し、<Enter> を押します。
HPET Support [Enabled]
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Power On By PS/2 Keyboard [Disabled]
PS/2 キーボードでを電源オンにする機能を無効にできます。また、キーボードの特定
のキーを使用してシステムの電源をオンにできます。この機能は、+5V SB リード線で
最低1A を供給する ATX 電源を必要とします。
設定オプション:[Disabled] [Space Bar] [Ctrl-ESC] [Power Key]
4.6.4
ハードウェアモニタ
BIOSで自動的に検出されたハードウェアモニターの値を表示します。また、CPU Q-Fan
に関連する項目を変更します。<Enter>を押すと設定オプションが表示されます。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Power
Hardware Monitor
Voltage Monitor
Temperature Monitor
Fan Speed Monitor
Fan Speed Control
CPU Fan Speed Warning
F1:Help
ESC: Exit
4-36
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
Select Menu
Item Specific Help
Press [Enter] to go
to the sub-menu.
[600 RPM]
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
Chapter 4: BIOSセットアップ
Voltage Monitor
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Power
Voltage Monitor
Vcore Voltage
Memory Voltage
1.2V HT Voltage NB Voltage
SB Voltage
CPU PLL Voltage
CPU VTT Voltage
DDR2 Termination Voltage
3.3V Voltage
5V Voltage
12V Voltage
F1:Help
ESC: Exit
[ 1.32V]
[ 2.00V]
[ 1.23V]
[ 1.26V]
[ 1.50V]
[ 1.52V]
[ 1.20V]
[ 0.99V]
[ 2.89V]
[ 4.66V]
[11.64V]
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Select Menu
Item Specific Help
Press [Enter] to set.
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
Vcore, Memory, 1.2V HT, NB, SB, CPU PLL, CPU VTT, DDR2 Termination, 3.3V,
5V, 12V Voltage
VCORE の 電圧を自動的に検出して表示します。
Temperature Monitor
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Power
Temperature Monitor
CPU Temperature
30ºC
M/B Temperature
35ºC
NB Temperature
44ºC
SB Temperature
47ºC
OPT1 Temperature
0ºC
OPT2 Temperature
0ºC
OPT3 Temperature
0ºC
NB Overheat Protection
[90]
SB Overheat Protection
[90]
OPT1 Cable Overheat Protection[90]
OPT2 Cable Overheat Protection[90]
OPT3 Cable Overheat Protection[90]
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Select Menu
Item Specific Help
Set NB Over
Temperature Warning
Message.
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
CPU, M/B, NB, SB, OPT1/2/3 Temperature
オンボードハードウェアモニタが CPU、マザーボード、ノースブリッジ、サウスブ
リッジ、OPT1/2/3 ファンの温度をそれぞれ自動的に検出し表示します。この項目
はユーザー設定できません。
NB Overheat Protection; SB Overheat Protection [90]
ノースブリッジ/ サウスブリッジチップセットの温度が、設定された温度より高く
なった場合、システムは自動的にシャットダウンし、破損を防ぎます。
設定オプション:[Disabled] [70] [80] [90]
ROG Striker II Formula
4-37
OPT1/2/3 Cable Overheat Protection [90]
サーマルセンサーケーブルをマザーボードに接続してデバイス温度をモニター
する場合、設定した温度より高くなるとシステムは自動的にシャットダウンし、破
損を防ぎます。設定オプション:[Disabled] [50] [60] [70] [80] [90]
Fan Speed Monitor
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Power
Fan Speed Monitor
CPU Fan Speed
CHA_FAN1 Speed
CHA_FAN2 Speed
CHA_FAN3 Speed
OPT1 FAN Speed
OPT2 FAN Speed
OPT3 FAN Speed
PWR FAN Speed
4411
0
0
0
0
0
0
0
RPM
RPM
RPM
RPM
RPM
RPM
RPM
RPM
Select Menu
Item Specific Help
CPU FAN, CHA _FAN1/2/3, OPT1/2/3 FAN, PWR FAN Speed
CPU ファン、ケース ファン、電源 ファン、オプションファン速度を自動的に検出し
て 回転数/分(RPM)の単位で表示します。マザーボードにファンが取り付けられ
ていない場合、このフィールドには 0 と表示されます。これらの項目はユーザー
設定できません。
Fan Speed Control
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Power
Fan Speed Control
x
x
x
x
CPU FAN Control
CPU FAN Duty Cycle
CHASSIS FAN Control
CHASSIS FAN Duty Cycle
CHASSIS FAN Q-Fan Sense
OPT FAN1 Control
OPT FAN1 Duty Cycle
OPT FAN1 Target Temperature
OPT FAN2 Control
OPT FAN2 Duty Cycle
OPT FAN2 Target Temperature
OPT FAN3 Control
OPT FAN3 Duty Cycle
OPT FAN3 Target Temperature
F1:Help
ESC: Exit
4-38
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
[Duty Cycle Mode]
[100%]
[Duty Cycle Mode]
[100%]
CPU Temperature
[Duty Cycle Mode]
[100%]
40ºC/104ºF
[Duty Cycle Mode]
[100%]
40ºC/104ºF
[Duty Cycle Mode]
[100%]
40ºC/104ºF
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Select Menu
Item Specific Help
Select Fan Control
mode.
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
Chapter 4: BIOSセットアップ
CPU FAN Control [Duty Cycle Mode]
ファンコントロールモードを設定することができます。
設定オプション: [Duty Cycle Mode] [Q-FAN Mode]
CPU FAN Duty Cycle [100%]
ファンの動作を設定することができます。������
この項目は「CPU FAN Control」の項目
を [Duty Cycle Mode] に設定するとユーザー設定可能になります。
設定オプション:��������������������������������
: [60%] [70%] [80%] [90%] [100%]
CHASSIS FAN Control [Duty Cycle Mode]
ファンコントロールモードを設定することができます。
設定オプション: [Duty Cycle Mode] [Q-FAN Mode]
CHASSIS FAN Duty Cycle [100%]
ファンの動作を設定することができます。この項目は「CHASSIS FAN Control」の
項目を [Duty Cycle Mode] に設定するとユーザー設定可能になります。
設定オプション: [60%] [70%] [80%] [90%] [100%]
CHASSIS FAN Q-Fan Sense [CPU Temperature]
Q-Fan 機能で CPU/MB の温度を検出し、ファンスピードを調節することができま
す。この項目は「CHASSIS FAN Control」の項目を [Q-FAN Mode] に設定すると
ユーザー設定可能になります。
設定オプション: [CPU Temperature] [MB Temperature]
OPT FAN1/2/3 Control [Duty Cycle Mode]
ファンコントロールモードを設定することができます。
設定オプション: [Duty Cycle Mode] [Q-FAN Mode]
OPT FAN1/2/3 Duty Cycle [100%]
ファンの動作を設定することができます。この項目は「OPT FAN1/2/3 Control」の
項目を [Duty Cycle Mode] に設定するとユーザー設定可能になります。
設定オプション: [60%] [70%] [80%] [90%] [100%]
OPT Fan1/2/3 Target Temperature [40ºC/104ºF]
Q-Fan 機能で OPT Fan1/2/3 に接続した各ファンの温度を検出し、ファン速度を
調節することができます。この項目は「OPT FAN1/2/3 Control」の項目を [Q-FAN
Mode] に設定するとユーザー設定可能になります。
設定オプション: [10ºC/50ºF] [15ºC/59ºF] [20ºC/68ºF] [25ºC/77ºF] [30ºC/86ºF]
[35ºC/95ºF] [40ºC/104ºF] [45ºC/113ºF] [50ºC/122ºF] [55ºC/131ºF] [60ºC/
140ºF] [65ºC/149ºF] [70ºC/158ºF] [75ºC/167ºF] [80ºC/176ºF] [85ºC/185ºF]
この機能を利用するには、サーマルセンサー用ケーブルを OPT_TEMP1/2/3 コネク
タにそれぞれ接続する必要があります。
ROG Striker II Formula
4-39
CPU Fan Speed warning [600 RPM]
CPU ファンスピードの警告機能を設定することができます。CPU ファンのスピードが設
定値より低くなったとき、警告を出します。[Disabled] にすると、ファンが取り付けられ
ていない、または正常に動作していない場合でもこの警告を出しません。
設定オプション: [Disabled] [600 RPM] [1200 RPM] [1600 RPM]
4.7
ブートメニュー
システムをブートする際のオプションを変更します。<Enter> を押してサブメニューを
表示します。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
Boot
Boot Device Priority
Removable Drives
Hard Disk Drives
CDROM Drives
Boot Settings Configuration
Security
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Select Boot Device
Priority
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
4.7.1
ブートデバイスの優先順位
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
Boot Device Priority
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
1st
2nd
3rd
4th
Boot
Boot
Boot
Boot
Device
Device
Device
Device
[Removable]
[Hard Disk]
[CDROM]
[Disabled]
Boot
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Select Your Boot
Device Priority
1st ~ 4th Boot Device [Removable]
ブートさせるデバイスの優先順位を指定します。画面に表示されるデバイスの数は、ブ
ート可能なデバイスの数です。
設定オプション:[Removable] [Hard Disk] [CDROM] [Disabled]
4-40
Chapter 4: BIOSセットアップ
4.7.2
Removable Drives
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
Boot
Removable Drives
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
1. Floppy Disks
Use <↑> or <↓> to
select a device, then
press <+> to move it
up, or <-> to move it
down the list. Press
<ESC> to exit this
menu.
1. Floppy Disks
システムに取り付けたリムーバブルドライブを割り当てます。
4.7.3
Hard Disk Drives
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
Boot
Hard Disk Drives
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
1. SATA 1: XXXXXXXXX
Use <↑> or <↓> to
select a device, then
press <+> to move it
up, or <-> to move it
down the list. Press
<ESC> to exit this
menu.
1. 1st Master: XXXXXXXXX
システムに取り付けた HDD を割り当てます。
4.7.4
CDROM Drives
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
Boot
CDROM Drives
1. SATA 2: XXXXXXXXX
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Use <↑> or <↓> to
select a device, then
press <+> to move it
up, or <-> to move it
down the list. Press
<ESC> to exit this
menu.
1. 1st Slave: XXXXXXXXX
システムに取り付けた光学ドライブを割り当てます。
ROG Striker II Formula
4-41
4.7.5
ブート設定
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
x
x
Extreme Tweaker
Advanced
Power
Boot Settings Configuration
Boot
Tools
Case Open Warning [Enabled]
Quick Boot [Enabled]
Boot Up Floppy Seek [Disabled]
Bootup Num-Lock [On]
Typematic Rate Setting [Disabled]
Typematic Rate (Chars/Sec) 6
Typematic Delay (Msec)
250
OS Select For DRAM > 64MB[Non-OS2]
Full Screen LOGO [Enabled]
Halt On [All Errors]
F1:Help
ESC: Exit
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Press [Enter] to
enable or disable.
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
Case Open Warning [Enabled]
ケース開閉検出機能を設定します。詳細は 2.8.2「内部コネクタ」をご覧ください。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Quick Boot [Enabled]
起動中にいくつかの自己診断テスト(POST)をスキップして、システムの起動をスピー
ドアップさせます。[Disabled] に設定しているときは、BIOS はすべての POST 項目を実
行します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Boot Up Floppy Seek [Disabled]
立ち上げ時のフロッピーディスクシークを設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Bootup Num-Lock [On]
電源をオンにしたときの、NumLock の状態を選択します。
設定オプション:[Off] [On]
Typematic Rate Setting [Disabled]
キー入力レートを設定します。この項目を [Enabled] に設定すると Typematic Rate
(Chars/Sec) と Typematic Delay (Msec)を設定することができます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Typematic Rate (Chars/Sec) と Typematic Delay (Msec) は、Typematic Rate
Setting を [Enabled] に設定した場合のみ ユーザー設定可能になります。
Typematic Rate (Chars/Sec) [6]
1秒あたりの入力文字数を設定します。
設定オプション:[6] [8] [10] [12] [15] [20] [24] [30]
4-42
Chapter 4: BIOSセットアップ
Typematic Delay (Msec) [250]
2回目の入力として認識するまでの遅延時間を設定します。
設定オプション:[250] [500] [750] [1000]
OS Select for DRAM > 64MB [Non-OS2]
64 KB より大きい RAM で OS/2 を起動する場合は、この項目を [OS2] に設定してくだ
さい。
設定オプション:[Non-OS2] [OS2]
Full Screen LOGO [Enabled]
Full Screen LOGO を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
ASUS MyLogo3™機能をご利用になる場合は「Full Screen LOGO」の項目を
[Enabled] に設定してください。
BIOS Wallpaper [00%]
BIOS ウォールペーパーの透明度を設定します。
設定オプション:[00%] [25%] [50%] [75%]
Halt On [All Errors]
エラーの報告タイプを設定します。
設定オプション:[All Errors] [No Errors] [All, But Keyboard] [All, But Diskette] [All, But Disk/Key]
4.7.6
セキュリティ
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Security
Supervisor Password
User Password
Password Check
ROG Striker II Formula
Clear
Clear
[Setup]
Power
Boot
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Supervisor password
controls full access,
<Enter> to change
password.
4-43
Supervisor Password
User Password
パスワードを設定します。
手順
1. 項目を選択し<Enter>を押します。
2.
8 文字以上の英数字からなるパスワードを入力し、<Enter>を押します。
3. パスワードの確認を要求されたら、もう一度パスワードを入力し <Enter>を押し
ます。パスワードのフィールドが Set に変更されます。
パスワードをクリアする
1.
2.
パスワードフィールドを選択し<Enter> を2度押すと、下のメッセージが表示され
ます。
PASSWORD DISABLED !!!
Press any key to continue...
任意のキーを押すと、パスワードフィールドの設定が Clear に変わります。
パスワードに関する注:
Supervisor Password は、認可のないアクセスを防ぐためにBIOS セットアッププ
ログラムに入る際に要求するパスワードです。User Password は、認可のない使
用を防ぐために、システムを起動する際に要求するパスワードです。
パスワードを忘れてしまった場合
パスワードを忘れてしまった場合は、CMOS Real Time Clock (RTC) RAM を削除
することで、パスワードをクリアすることができます。パスワード情報を含む RAM
データはオンボードボタンセルバッテリで動作しています。CMOS RAM を消去す
る場合はページ2-21 の「2.6 ジャンパ」をご覧ください。
Password Check
この項目を[Setup] に設定すると、BIOS はBIOSメニューへのアクセス時に、ユーザーパ
スワードの入力を要求します。[System] に設定すると、BIOS はBIOSメニューへのアク
セス時と、システムの起動時に、ユーザーパスワードの入力を要求します。
設定オプション:[Setup] [System]
4-44
Chapter 4: BIOSセットアップ
4.8
ツールメニュー
スペシャル機能のオプションを設定します。項目を選択し <Enter> を押してサブメニ
ューを表示させます。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
Boot
ASUS O.C. Profile
ASUS EZ Flash 2
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Press [Enter] to
select
F1:Help
ESC: Exit
4.8.1
↑↓ : Select Item
→←: Select Menu
-/+: Change Value
Enter: Select SubMenu
F5: Setup Defaults
F10: Save and Exit
ASUS O.C. Profile
複数の BIOS 設定を保存/ロードすることができます。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Power
Boot
ASUS BIOS Profile
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Load BIOS Profile
Save BIOS Profile
Press [Enter] to
select
Load BIOS Profile
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Load BIOS Profile
Load from Profile 1
Load from Profile 2
Load from File
Power
Boot
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Load BIOS Profile from
Profile 1.
Load from Profile 1/2
BIOS Flash に保存したBIOS 設定をロードすることができます。<Enter> を押して
ファイルをロードしてください。
ROG Striker II Formula
4-45
Load from File
FAT32/16/12フォーマットのハードディスク/フロッピーディスク/USB フラッシュ
ディスクに保存した BIOS ファイルをロードすることができます。手順は以下の通
りです。
1. “xxx.CMO” ファイルの入った記憶装置をセットします。
2. システムをオンにします。
3. BIOS セットアップのTools メニューで「Load from File」を選択します。
<Enter> を押すとセットアップ画面が表示されます。
4. <Tab> を使ってドライブを移動し “xxx.CMO” ファイルを選択します。
<Enter> を押してファイルをロードします。
5. ロードが完了するとポップアップメッセージが表示されます。
•
同じメモリ/CPU 設定/BIOS バージョンの BIOS ファイルのみへのアップデートを
推奨します。
•
「xxx.CMO」ファイルのみロード可能です。
Save BIOS Profile
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Save BIOS Profile
Power
Boot
Tools
Save to Profile 1
Save to Profile 2
Save to File
Exit
Select Menu
Item Specific Help
Save current BIOS
Profile to Profile 1.
Save to Profle 1/2
BIOS ファイルを BIOS Flash に保存します。<Enter> を押すとファイルが保存さ
れます。
Save to File
FAT32/16/12 フォーマットの ハードディスク/フロッピーディスク/USB フラッシュ
ディスクに BIOS ファイルを保存します。手順は以下の通りです。
1. 十分な空き容量のある記憶装置をセットします。
2. システムをオンにします。
3. BIOS セットアップの Tool メニューで「Save to File」を選択し<Enter>を押す
とセットアップ画面が表示されます。
4. <Tab> を使ってドライブを移動します。ホットキーの <S> を押してファイル
を保存します。
5. ファイル名を入力し、<Enter>を押します。
6. 保存が終了するとポップアップメッセージが表示されます。
4-46
Chapter 4: BIOSセットアップ
ASUSTek O.C. Profile Utility B324
Current CMOS
BOARD: STRIKER II FORMULA
VER: 0201
DATE: 11/05/2007
Update CMOS
BOARD: Unknown
VER: Unknown
DATE: Unknown
PATH: A:\
A:
CMOS backup is done! Press any key to Exit.
Note
[Enter] Select
[Tab] Switch
[S] Save
[ESC]: Exit
[Up/Down/Home/End] Move
BIOS ファイルは “xxx.CMO“の形で保存されます。
4.8.2
ASUS EZ Flash 2
ASUS EZ Flash 2 を起動します。<Enter>を押すと、確認メッセージが表示されま
す。左右矢印キーを使って [Yes] または [No] を選択し <Enter> を押して選択を決
定します。
ASUSTek EZ Flash 2 BIOS ROM Utility B324
FLASH TYPE: Winbond W39V080A 8Mb LPC
Current ROM
Update ROM
BOARD: STRIKER II FORMULA
BOARD: Unknown
VER: 0201
VER: Unknown
DATE: 11/05/2007
DATE: Unknown
PATH: A:\
A:
Note
[Enter] Select
[S] Save
[Tab] Switch
[Up/Down/Home/End] Move
ROG Striker II Formula
[ESC] Exit
4-47
4.9
終了メニュー
BIOS 設定の保存や取り消しのほか、初期設定値の読み込みを行います。
Phoenix-AwardBIOS CMOS Setup Utility
Main
Extreme Tweaker
Advanced
Exit & Save Changes
Exit & Discard Changes
Load Setup Default
Discard Changes
Power
Boot
Tools
Exit
Select Menu
Item Specific Help
This option save data
to CMOS and exiting
the setup menu.
<Esc> を押してもこのメニューは終了しません。このメニューから終了する項目を
選択するか、<F10> を押して終了します。
Exit & Save Changes
BIOSの設定が終了したら、
「Exit menu」からこのオプションを選択し、設定をCMOS
RAM に保存して終了します。オンボード用のバックアップで搭載されているバッテリ
は、コンピュータの電源がオフになっているときでもBIOSの設定内容を保持します。こ
の項目を選択すると、確認ウィンドウが表示されます。
「YES」を選択すると、変更を保存
して終了します。
設定を保存せずに<ESC>でBIOSメニューを終了しようとすると、終了する前に変更
を保存しますかと尋ねるメッセージが表示されます。その場合は<Enter> 押して変
更を保存します。
Exit & Discard Changes
BIOSメニューで行った設定を保存したくないときに、この項目を選択します。ただし、
システムの日付、システム時間、パスワード以外の設定を変更した場合は、終了する前
に確認のメッセージが表示されます。
Load Setup Default
セットアップメニューのそれぞれの値に、初期設定値をロードします。このオプション
を選択するか、<F5> を押すと確認画面が表示されます。
「YES」を選択して初期設定値
をロードします。Exit & Save Changes を選択するか、他の変更を行ってから設定を保
存します。
Discard Changes
BIOSメニューで設定した変更を破棄し、以前保存したときの値を復元します。このオプ
ションを選択した後には、確認のメッセージが表示されます。確認のメッセージの表示
で「YES」を選択すると変更を取り消し、以前保存したときの値がロードされます。
4-48
Chapter 4: BIOSセットアップ
サポート DVD のコンテンツ
5
ソフトウェア
5
Chapter
5.1
OS をインストールする....................................................................... 5-1
5.2
サポート DVD 情報............................................................................. 5-1
5.3
ソフトウェア情報................................................................................. 5-9
5.4
RAID ............................................................................................... 5-34
5.5
RAID ドライバディスクを作成する..................................................... 5-52
ROG Striker II Formula
5.1
OS をインストールする
このマザーボードは �������
Windows® XP/64-bit XP/Vista/64-bit Vista�����������
OSをサポートしてい
ます。ハードウェアの機能を最大限に活用するために、OS を定期的にアップデートし
てください。
5.2
•
ここで説明するセットアップ手順は一例です。詳細については、OSのマニュア
ルをご参照ください。
•
互換性とシステムの安定性のために、
ドライバをインストールする前に、
Windows® 2000 Service Pack 4 または �������
Windows® XP Service Pack 2 以降のサ
ービスパック適用済みのOS であることをご確認ください。
サポート DVD 情報
マザーボードに付属のサポート DVD には、マザーボードを利用するために必要なド
ライバ、アプリケーション、ユーティリティが収録されています。
サポート DVD の内容は、予告なしに変更する場合があります。最新のものは、ASUS
Webサイト (www.asus.co.jp)でご確認ください。
5.2.1
サポート DVD を実行する
サポート DVD を光学ドライブに入れます。OSの Autorun 機能が有効になっていれば、
ドライバメニューが自動的に表示されます。
サポート DVDとマザーボー
ドの情報を表示できます。
インストールする項目を選択
Autorun が有効になっていない場合は、サポート DVD の BINフォルダから
ASSETUP.EXE を探してください。ASSETUP.EXE をダブルクリックすれば、
ドライバメ
ニューが表示されます。
ROG Striker II Formula
5-1
5.2.2
ドライバメニュー
Drivers メニューには、インストールが可能なドライバが表示されます。必要なドライバ
を上から順番にインストールしてご利用ください。
ASUS InstAll - Installation Wizard for Drivers
ASUS InstAll でドライバをインストールします。
Nvidia Chipset Driver Program
NVIDIA® nForce® 780i SLI™���������������������������������
チップセット用の NVIDIA® チップセットドライバをインスト
ールします。
ASUS EPU Driver + AI Gear 3 Utility
ASUS EPU ドライバ + AI Gear 3 ユーティリティをインストールします。
ASUS AI Suite ユーティリティの前にこのドライバをインストールします。
USB 2.0 Driver
Universal Serial Bus 2.0 (USB 2.0) ���������������
ドライバをインストールします。
5-2
Chapter 5: ソフトウェア
5.2.3
ユーティリティメニュー
マザーボードで使用できるアプリケーションやユーティリティをインストールします。
クリックすると次
のページを表示
します。
クリックすると前
のページに戻り
ます。
ASUS InstAll - Installation Wizard for Utilities
ASUS InstAll でユーティリティをインストールします。
ASUS PC Probe II
ファンスピードとCPU 温度、システム電圧を監視し、問題がある場合に警告します。この
ユーティリティを使えばコンピュータを常に正常な状態に維持することができます。
ROG Striker II Formula
5-3
ASUS Update
ASUS Web サイトから最新バージョンの BIOSをダウンロードするツールです。こ
のユーティリティを使用するにはインターネット接続が必要です。
3DMark06 Software
3Dmark06 ソフトウェアをインストールします。
ASUS AI Suite
ASUS AI Suite �����������
をインストールします。
ADOBE Acrobat Reader V7.0
PDF(Portable Document Format)ファイルの閲覧、プリントができるAdobe ®
Acrobat® Reader V7.0 をインストールします。
Microsoft DirectX 9.0c
Microsoft® DirectX 9.0c ドライバをインストールします。Microsoft DirectX® 9.0c
は、コンピュータのグラフィックスとサウンドを拡張するマルチメディアテクノロ
ジです。DirectX®はコンピュータのマルチメディア機能を向上させるので、TVや
映画、ビデオキャプチャ、ゲームをよりお楽しみいただけます。アップデートは
Microsoft Webサイト (www.microsoft.co.jp)で。
Anti-Virus Utility
コンピュータウイルスからパソコンを守ります。詳細はオンラインヘルプをご参
照ください。
InterVideo MediaOne Gallary
InterVideo Media One Gallary ユーティリティをインストールします。
WinDVD Copy5 Trial
WinDVD Copy5 Trial ユーティリティをインストールします。
Ulead PhotoImpact 12 SE
Ulead PhotoImpact 12 SE ユーティリティをインストールします。
CyberLink PowerBackup
CyberLink Powerbackup ユーティリティをインストールします。
Corel Snapfire Plus SE
Corel Snapfire Plus SE ������������������
ユーティリティをインストールします。
5-4
Chapter 5: ソフトウェア
5.2.4
Make disk menu
NVIDIA® nForce® 570 SLI™ SATA RAID���������������
ドライバディスクを作成します。
NVIDIA 32/64 bit XP/Vista SATA RAID Driver
32/64bit システム用の ������
NVIDIA®/Vista™ SATA RAID������������
ドライバを作成します。
ROG Striker II Formula
5-5
5.2.5
マニュアルメニュー
補足のユーザーマニュアルを見ることができます。
ほとんどのマニュアルファイルは PDF になっています。PDFファイルを見るには、
Utilities タブの Adobe® Acrobat® Reader V7.0 をインストールしてください。
5.2.6
ビデオメニュー
Video タブをクリックして、ビデオクリップのリストを表示します。
「Extreme OC Clip」を
クリックすると、オーバークロックの達人が、ROG マザーボードを使用して 3DMark の
世界記録を更新する様子を見ることができます。
5-6
Chapter 5: ソフトウェア
5.2.7
コンタクトインフォメーション
ASUS コンタクトインフォメーションです。また、このマニュアルの表紙裏にも記載して
あります。
5.2.8
その他の情報
画面右上のアイコンです。マザーボード、サポート DVDの内容に関する追加情報です。
マザーボード情報
マザーボードの全般仕様を表示します。
ROG Striker II Formula
5-7
DVD をブラウズする
サポート DVD のコンテンツを表示します。
(グラフィカル形式)
テクニカルサポートフォーム
Technical Support Request Form を表示。テクニカルサポートをご依頼の際に記入し
てください。
ファイルリスト
サポート DVD のコンテンツを表示します。
(テキスト形式)
5-8
Chapter 5: ソフトウェア
5.3
ソフトウェア情報
サポート DVD のほとんどのアプリケーションはウィザードを使って簡単にインストー
ルすることができます。詳細はオンラインヘルプまたはアプリケーションのReadme フ
ァイルをご参照ください。
5.3.1
ASUS MyLogo3™
ASUS MyLogo3™ で起動ロゴを設定することができます。起動ロゴとは起動時の自
己診断テスト (POST) の間に、表示される画像のことです。サポートDVD からASUS
Update ユーティリティをインストールすると自動的にASUS MyLogo3™ もインストー
ルされます。
(詳細 5.2.3「 ユーティリティメニュー」参照)
•
ASUS MyLogo3™をご利用になる前に����������������������
、���������������������
AFUDOS ユーティリティを使ってオリ
ジナルBIOSファイルのコピーを作成するか、ASUS Webサイトから最新バージ
ョンのBIOSを入手してください。
(詳細 4.1.3「BIOSを更新する 」参照)
•
ASUS MyLogo3 をご利用になる場合は、BIOS の「Full Screen Logo」の項目
を [Enabled] にしてください。
(詳細 4.7.5 「ブート設定」参照)
•
利用可能なイメージの拡張子は GIF、BMP です。
•
ファイルサイズは 150 K 未満です。
ASUS MyLogo3™ を起動する
1.
ASUS Update ユーティリティを起動します。
(詳細 4.1.1「ASUS Update 」)
2.
ドロップダウンメニューから「Options」を選択し、
「Next」をクリックします。
3.
BIOSを更新する前に起動ロゴを置き換えるために、
「Launch MyLogo」をチェッ
クして「Next」をクリックします。
4.
ドロップダウンメニューから「Update BIOS」を選択し、
「Next」をクリックします。
5.
指示に従って新しいBIOS ファイルを
検索し「Next」をクリックすると、ASUS
MyLogo3 のウィンドウが表示されま
す。
6.
左ウィンドウ枠から、起動ロゴとして使
用する、画像を含むフォルダを選択しま
す。
ROG Striker II Formula
5-9
7.
ロゴ画像が右ウィンドウ枠に表示され
たら、画像を選択してクリックし、拡大
します。
8.
Ratio box の値を選択し、画像のサイズ
を調整します。
9.
面が�������������������������������������������
ASUS Update �������������������������������
ユーティリティに戻ったら、������������������
�����������������
オリジナルのBIOSをフラッシュし
て新しい起動ロゴをロードします。
10. BIOSを更新した後、コンピュータを再起動すると、POST中に新しい起動ロゴが表
示されます。
5-10
Chapter 5: ソフトウェア
5.3.2
AI NET2
AI NET2 は Marvell® Virtual Cable Tester™ (VCT)を採用しており、VCT はケーブル診
断ユーティリティで、TDRテクノロジを使用して、LANケーブル障害とショートを報告しま
す。VCTは、外れたケーブル、ショートしているケーブル、インピーダンス不一致、ペア交
換、ペア極性問題、ペアスキュー問題を瞬時に1メートルの精度で検出し報告します。
VCT 機能は、きわめて管理が簡単で制御されたネットワークシステムを通じて、ネット
ワーキングとサポートコストを抑えています。このユーティリティはネットワークシステ
ムソフトウェアに組み込まれ、開発診断だけでなく理想的なフィールドサポートも実現
しています。
Virtual Cable Tester™を使う
手順
1.
Windows® デスクトップから、
「スタート」→「すべてのプログラム」→「Marvell」→
「Virtual Cable Tester」の順にクリックしてVCT を起動します。
2. メニューの「Virtual Cable Tester」をクリックして、下の画面を表示させます。
3. 「Run」ボタンをクリックして、ケーブルテストを実行します。
•
VCT は 、Windows® XP または Windows® Vista™ OS を使用したシステムでの
み実行可能です。
•
VCT ユーティリティが利用できるのは、Gigabit LAN ポートに接続したイーサ
ネットケーブルのみです。
•
LAN ケーブルに問題が検出されない場合は、Virtual Cable Tester™メインウィ
ンドの「Run」ボタンは無効になります。
•
OSに入る前に、システムでLANケーブルの状態をチェックしたい場合は、BIOSの
「Post Check LAN Cable」の項目を[Enabled]にします。
ROG Striker II Formula
5-11
5.3.3
AI Audio 2(SoundMAX® High Definition Audioユーティリティ)
ADI AD1988 High Definition Audio CODEC は、AudioESP™ ソフトウェア採用の
SoundMAX® オーディオを通して 8 チャンネルオーディオを提供し、PCで最高のオーデ
ィオをお楽しみいただけます。このソフトウェアは、高品質なオーディオ合成/レンダリ
ング、3D サウンドポジショニング、拡張音声入力技術を採用しています。
インストールウィザードに従って、サポートDVDから ADI AD1988A Audio Driver
をインストールし、SoundMAX® をご利用ください。
セットアップには4チャンネル、または 6チャンネル、8チャンネルスピーカが必要
です。
SoundMAX® をインストールするとタスクバーにSoundMAX®
アイコンが表示されます。
5-12
Chapter 5: ソフトウェア
A.
SoundMAX BlackHawk(AI Audio 2)
Windows® Vista OS をご使用の場合は、タスクバーから SoundMAX® BlackHawk アイ
コンをダブルクリックします。ダブルクリックすると SoundMAX® コントロールパネルが
表示されます。
Enabling AI Audio 2
電源ボタン
をクリックし、デジタル信号処理を有効にします。
AI Audio 2 は、Sonic Focus 社の新型 SoundMAX BlackHawk で、マルチメディ
アの幅がより広がります。
Fidelity Compensation
電源ボタンをクリックするとユーティリティが起動します。圧縮されたオーディオ
ストリームを圧縮前のオリジナルに近い状態に再現する際、圧縮処理の過程で
失われた本来のサウンドをオーディオ出力としてリアルに再現します。
Sound Field Expansion
AI Audio 2 はリアルなフロント/リアサウンド環境により、ステレオサウンドの領
域をマルチメディアチャンネルの領域まで拡張します。
Surround Virtualization
ステレオスピーカーまたはヘッドフォンでの使用を想定しクリアなボーカル機
能を追加しました。これによりサラウンドサウンドの仮想化を図ります。
SoundMAX BlackHawk(AI Audio 2)は Windows® Vista™ OS でのみ利用可能です。
ROG Striker II Formula
5-13
Playback Settings
再生の際の各種設定を行うには、コントロールパネル上の Playback ボタンをク
リックします。Speakers や SPDIF Interface の音量調節やオーディオのミュート
が可能です。
Preset settings
ドロップダウンメニューを展開し、DSP
(Digital Signal Processing)設定を選
択します。スライダーを移動すれば、
Voice Clarity、Dynamics、Brilliance、
Deep Bass の各値を変更することがで
きます。設定を保存するには、Save をク
リックします。設定を保存しない場合は
Reset をクリックします。
Surround settings
ステレオスピーカーの設定を変更する
ことができます。スライダーを移動して、
視聴位置や、センターチャンネルボリ
ュームを変更することができます。Test
Speakers ボタンを押すと、スピーカーテ
ストを実行することができます。
Port settings
このタブをクリックすると、スピーカー用にはリアパネルポート構成が、SPDIF
インターフェース用にはリアパネルデジタルポート構成が表示されます。
5-14
Chapter 5: ソフトウェア
Recording Settings
録音設定を変更するには、コントロールパネル上の Recording ボタンをクリック
します。スライダーを左右に移動させることで、Microphone や Line In のスピー
カーの遅延を調節することができます。
Record testing
Port settings
このタブをクリックすると、テスト録
音が実行され、サンプルをスピーカ
ーまたは SPDIF インターフェースで
再生することができます。
このタブをクリックすると、マイク
またはライン入力用のリアパネル
ポートが表示されます。
ANDREA settings
No Filtering、Speakerphone、Voice
Recording、Directional Beam 等の
エンハンストマイク入力機能を選択
することができます。
More Settings
詳細設定をするには、
をクリックします。
Equalizer
DSP プリセット周波数を全てカスタマイズ設定することができます。
ROG Striker II Formula
5-15
Speakers
Speaker Trim と Speaker Delay を調節します。
Bass
Bass management を調節します。
Preferences
ユーティリティのオプション、バージョン情報、AudioESP 等を表示します。
5-16
Chapter 5: ソフトウェア
B.
SoundMAX
Windows® XP OS をご使用の場合は、タスクバーから SoundMAX® アイコンをダブルクリ
ックします。ダブルクリックすると SoundMAX® コントロールパネルが表示されます。 Audio Setup Wizard
SoundMAX® コントロールパネルの アイコンをクリックすると、簡単にオー
ディオ設定が行えます。画面の指示に従ってHDオーディオをお楽しみください。
ROG Striker II Formula
5-17
Jack configuration
コンピュータのオーディオポートを
設定します。画面は設定したオーデ
ィオデバイスによって異なります。
Adjust speaker volume
スピーカの音量調整をします。Test
ボタンをクリックし、実際に音を聞
いて確認します。
Adjust microphone volume
マイクのボリュームを調節します。文を読むように指示が出ます。声に合わせて
AudioWizard がボリュームを調節します。
5-18
Chapter 5: ソフトウェア
Audio preferences
アイコンをクリックすると Preferences 画面へ移動します。この画面では様
々なオーディオ設定の変更が可能です。
General options
General タブをクリックして、プレイバック/レコーディングデバイスを選択し、
AudioESP™ 機能、デジタル出力の設定を切り替えます。
Listening Environment options
Listening Environment タブをクリックし、スピーカーや音響の設定、Virtual
Theater Surround 機能の切り替えが可能です。
ROG Striker II Formula
5-19
Microphone options
Microphone タブをクリックし、マイク入力設定を最適化します。
5-20
Chapter 5: ソフトウェア
5.3.4
ASUS PC Probe II
PC Probe II は、重要なコンピュータのコンポーネントを監視し、問題が検出されると
警告するユーティリティです。ファン回転数、CPU温度、システム電圧を中心に監視しま
す。PC Probe II はソフトウェアベースなので、コンピュータに電源を入れた時から監視
を開始します。このユーティリティで、コンピュータをいつでも正常に動作させることが
できます。
PC Probe II をインストールする
手順
1.
サポート DVD を光学ドライブに入れます。OSの Autorun 機能が有効になって
いれば、
ドライバインストールタブが自動的に表示されます。
Autorun が有効になっていない場合は、サポート DVD ASUS PC Probe IIフォルダか
ら setup.exe を探してください。setup.exe をダブルクリックすれば、インストールが
開始されます。
2. 「Utilities」タブ→「ASUS PC Probe II」の順にクリックします。
3.
画面の指示に従ってインストールを終了させます。
PC Probe II を起動する
インストール終了後、または Windows® デスクトップからいつでもPC Probe II を起動
することができます。
PC Probe II を Windows® デスクトップから起動させる:
「スタート」→「すべてのプログ
ラム」→「ASUS」→「PC Probe II」→「PC Probe II v1.xx.xx」の順にクリックすると、
PC Probe II のメイン画面が表示されます。
アプリケーションを起動すると、PC Probe II アイコンが Windows® タスクバーに表示さ
れます。アイコンをクリックすることで、アプリケーションを起動・終了できます。
PC Probe II ���
を使う
メインウィンドウ
PC Probe II メインウィンドウでは、
システムの現状を確認し、設定を変
更することができます。初期設定値
では Preference が表示されます。
ウィンドウ右の三角をクリックする
ことで、Preference を閉じることが
できます。
三角をクリックして
Preference を閉じる
ROG Striker II Formula
5-21
ボタン
機能
設定画面を開く
レポート画面を開く
Desktop Management Interface 画面を開く
Peripheral Component Interconnect 画面を開く
Windows Management Instrumentation 画面を開く
HDD、メモリ、CPU 使用率画面を開く
Preference 画面を表示/非表示
アプリケーションを最小化
アプリケーションを閉じる
警告センサ
システムセンサーが問題を検出すると、下の絵のようにメイン画面の右側が赤
色になります。
センサー用のモニターパネルも赤色になります。
「ハードウェアモニターパネル」
参照。
Preferences
メイン画面の Preference で使用中のアプリケ
ーションをカスタマイズすることができます。
ボックスをクリックして設定を切り替えます。
5-22
Chapter 5: ソフトウェア
ハードウェアモニターパネル
ファン回転数、CPU 温度、電圧などのシステムセンサーの現在値を表示します。
ハードウェアモニターパネルには2種類ディスプレイモードがあります:6角形 (大)と長
方形 (小)です。Preference で「Enable Monitoring Panel」の項目にチェックした場合は、
モニターパネルがデスクトップに表示されます。
長方形(小)
6角形(大)
モニターパネルの位置を変える
モニターパネルのデスクトップ上の位置を変更する場合は、
Scheme のボタンをクリックして、
リストボックスからポジションを
選択します。選択したら「OK」をクリックします。
モニターパネルを分解する
モニターパネルは、磁気効果のため全て一
緒に動きます。分解する場合は、U字型のマ
グネットアイコンをクリックします。
センサーの基準値を調節する
ボタンをクリックしてセンサーの基準
値を調節します。また、Config画面で
も設定可能です。
長方形(小)のモニターパネルでは基
準値を調節することはできません。
値を増やす
値を減らす
ROG Striker II Formula
5-23
警告センサーモニター
コンポーネントの値が基準値以外になると赤色になります。
長方形(小)
6角形(大)
WMI ����
ブラウザ
をクリックして、WMI (Windows
Management Instrumentation)ブラウ
ザを表示します。様々な Windows® 管理
情報を表示します。左側のパネルの項目
をクリックし、右側のパネルに表示させ
ます。WMI Information の(+)をクリック
して情報を表示させます。
右下の角をドラッグして画面の大きさを調節することができます。
DMI ����
ブラウザ
をクリックして、DMI (Desktop
Management Interface) ブラウザを表
示します。様々なデスクトップ/システム
情報を表示します。DMI Information の
(+)をクリックして情報を表示させます。
5-24
Chapter 5: ソフトウェア
PCI ����
ブラウザ
をクリックして、PCI (Peripheral
Component Interconnect) ブラウザを
表示します。システム上のPCI デバイス
情報を表示します。PCI Information の
(+)をクリックして情報を表示させます。
Usage
CPU、HDD空き容量、メモリ使用率をリアルタイムで表示します。
てUsage を開きます。
をクリックし
CPU
リアルタイムの CPU 使用率が線
グラフで表示されます。CPU の
Hyper­‑Threading 機能が有効に設
定されている場合は、2つの論理プ
ロセッサ用に2つの線グラフが表
示されます。
Hard Disk
HDDの使用率を表示します。パネ
ルの左側には論理ドライブが表示
されます。クリックすると右側に情
報が表示されます。円グラフのブル
ーの部分は使用領域、ピンクの部
分は空き領域です。
ROG Striker II Formula
5-25
Memory
物理メモリの使用率を表示しま
す。円グラフのブルーの部分は使
用領域、ピンクの部分は空き領域
です。.
PC Probe II ��
設定
をクリックしてセンサーの基準値を確認・調節します。
Config には2つのタブがあります:Sensor/Threshold と Preferenceです。Sensor/
Threshold タブでは、センサーを有効にし、基準値を調節します。Preference タブでは
警告センサーをカスタマイズし温度を変更します。
初期設定値をロード
変更をキャンセル
変更を適用
5-26
保存した設定をロード
設定を保存
Chapter 5: ソフトウェア
5.3.5
ASUS AI Suite
ASUS AI Suite では、AI Gear 3、AI Booster、AI Nap、Q-Fan 2、CPU Level Up の各ユー
ティリティ を簡単に起動することができます。
ASUS AI Suite ユーティリティをインストールする前に、ASUS EPU + AI Gear
3 Driver をインストールしてください。ASUS AI Suite が正しく機能しません。
AI Suite をインストールする
手順
1.
Autorun 機能が有効に設定されている場合 は、サポート DVD を光学ドライバ
にセットすると Drivers インストールタブが表示されます。
2.
Utilities タブ→ AI Suite の順にクリックします。
3.
画面の指示に従ってインストールを完了させます。
AI Suite を起動する
AI Suite をインストールしたらいつでも起動可能です。
Windows® デスクトップから AI Suite を起動する方法。
「スタート」→「すべてのプログラム」→「ASUS」→「AI Suite → AI Suite v1.xx.xx の
順にクリックすると AI Suite のメインウィンドウが表示されます。
アプリケーションを起動したら、AI Suite アイコンが Windows® タスクバー に表示され
ます。このアイコンをクリックしてアプリケーションの終了やリストアを行います。
AI Suite を使う
AI N.O.S、AI Gear 3、AI Nap、AI Booster、Q-Fan 2 アイコンをクリック、ユーティリティ
を起動します。ノーマルアイコンをクリックするとシステムがノーマル状態にリストアさ
れます。
ノーマルにリストア
AI Nap を起動
AI Gear 3 を起動
AI Booster を起動
ROG Striker II Formula
CPU Level Up�����
を起動.
Q-Fan 2 を起動
5-27
その他のボタン
メインウィンドウの右端にある
をクリックしてモニターウィンドウを開きます。
CPU/システム温度、CPU/
メモリ/PCI Express 電圧、
CPU/ケースファンスピー
ドを表示
FSB/CPU 周波数を表示
右上の
5-28
をクリックして摂氏と華氏を切り換えます。
Chapter 5: ソフトウェア
5.3.6 ASUS EPU ユーティリティ—AI Gear 3
ASUS AI Gear 3 は ASUS EPU(Energy Processing Unit)機能を活用するためのユーテ
ィリティです。操作は簡単で、4種類のパフォーマンスモードからモードを選択するだ
けで、負荷に応じてプロセッサの周波数と vCore 電圧を調節します。
ASUS AI Suite を付属のサポート DVD からインストール後、ユーティリティを起動する
には、Windows OSのタスクバーにある AI Suite アイコンをダブルクリックし、AI Suite
メイン画面で AI Gear 3 ボタンをクリックします。
AI Gear 3 の使用方法
•
各モード(ターボ、ハイパフォーマンス、節電、最大節電)のボタンをクリックし、モー
ドを選択します。ギアを移動してパフォーマンス設定を設定することもできます。
•
「キャリブレーション」をクリックし「オート」モードに切り替えると、AI Gear 3 は
CPU の負荷に応じてシステムパフォーマンスを自動的に調節します。
•
「オート」モードで「設定」ボタンをクリックすると、AI Napモードに入るまでの時
間設定ができます。
キャリブレーション
オートモード
設定
ターボモード
ハイパフォーマンスモード
節電モード
最大節電モード
ROG Striker II Formula
5-29
5.3.7
ASUS AI Nap
コンピュータを使用していない時の電源消費を最小限に抑えます。
付属のサポート DVD からAI Suite をインストール後、Windows OS のタスクバーの
AI Suite アイコンをダブルクリックし、メイン画面で AI Nap ボタンをクリックして起動
します。
確認画面で「Yes」をクリックしてください。
システム電源またはマウスボタンを押し、確認画面で「Yes」をクリックして AI Nap モー
ド から退出します。
電源ボタンの機能を「AI Nap」からシャットダウンに切り替えるには、タスクバー上
の「AI Suite」アイコンを右クリックし、
「AI Nap」を選択した後「Use power button」
をクリックしてください。
5-30
Chapter 5: ソフトウェア
5.3.8
ASUS Q-Fan 2 ASUS Q-Fan 2 機能では、CPU ファンとケースファンのパフォーマンスを適切なレベル
に設定することができます。この機能を有効にすると各ファンは温度に応じて自動的
に減速・加速します。
付属のサポートDVDから AI Suite をインストールした後、Windows® OS のタスクバー
にあるAI Suite のアイコンをダブルクリックしてこのユーティリティを起動します。次に
メイン画面にある Q-Fan 2 ボタンを押してください。
ドロップダウンメニューボタンをクリックし、CPU Q-Fan 2 または CHASSIS Q-Fan 2 を
選択してください。Enabled にチェックを入れるとこの機能が有効になります。
有効にするにはチ
ェックを入れます。
Profile リストが表示されますので、
ドロップダウンメニューボタンをクリ
ックし、選択肢からモードを1つ選択
します。
「Optimal」モードは温度に応じてフ
ァンスピードを調節します。
「Silent」モードはファンスピードを下
げ動作音を抑えます。
「Performance」モードではファンス
ピードは最速になります。
ドロップダウン
メニューボタン
Q-Fan 2モードを選択
してください。
「 Apply」ボタンをクリックし設定を保存します。
ROG Striker II Formula
5-31
5.3.9
ASUS AI Booster
ASUS AI Booster は CPU 速度を WIndows® 環境でオーバークロックします。
付属のサポートDVD から AI Suite をインストールしたら、Windows OS タスクバーの AI
Suite アイコンをダブルクリックし、
メイン画面で AI Booster ボタンをクリックし起動します。
タスクバーのオプションで初期設定値の適用や、CPU/メモリ/PCI-E 周波数の手動調
節、またオーバークロック設定の作成と適用が可能です。
5-32
Chapter 5: ソフトウェア
5.3.10
CPU Level Up
CPU Level Up アプリケーションにより、OC プロファイルプリセットを使用して、BIOSを
起動せずに、WIndows® 環境ですぐにオーバークロックすることができます。このアプリ
ケーションは、周波数、電圧、タイミングの広範囲かつ詳細な調節が可能で、プロフェッシ
ナルなレベルのオーバークロック設定を実現します。
ASUS AI Suite を付属のサポート DVD からインストール後、ユーティリティを起動する
には、Windows OSのタスクバーにある AI Suite アイコンをダブルクリックし、AI Suite
メイン画面で CPU Level Up ボタンをクリックします。
タスクバーのオプションにより、CPUレベルの選択、詳細な CPU/メモリ/PCI-E 周波数
の調節、個人のオーバークロック設定の作成・適用が可能です。
ROG Striker II Formula
5-33
5.4
RAID
本マザーボードには ������
NVIDIA® nForce® 570 SLI™��������������������������
Southbridge RAID コントローラが搭
載されており、IDE / Serial ATA ハードディスクドライブで RAID の構築が可能です。
5.4.1
RAID の定義
RAID 0 (データストライピング ):
HDDに対しパラレル方式でデータを読み/書きします。それぞれのハードディスクの役
割はシングルドライブと同じですが、転送率はアレイに参加している台数倍に上り、デ
ータへのアクセス速度を向上させます。セットアップには、最低2台のHDD(同じモデ
ル、同容量)が必要です。
RAID 1 (データミラーリング ):
1台目のドライブから、2台目のドライブに、同じデータイメージをコピーし保存しま
す。ドライブが1台破損しても、ディスクアレイマネジメントソフトウェアが、アプリケ
ーションを正常なドライブに移動することによって、完全なコピーとして残ります。シス
テム全体のデータプロテクションとフォールト・トレランスを向上させます。セットアッ
プには、最低2台の新しいHDD、または、既存のドライブと新しいドライブが必要です。
既存のドライブを使う場合、新しいドライブは既存のものと同じサイズかそれ以上であ
る必要があります。
RAID 0+1:
データストライピングとデータミラーリングをパリティ
(冗長データ)なしで結合したも
の。RAID 0 と RAID1構成のすべての利点が得られます。セットアップには、最低4台の
HDDが必要です。
RAID5:
3台以上のHDD間のデータと パリティ情報をストライピングします。利点は、HDD の
パフォーマンスの向上、フォールト・トレランス、記憶容量の増加です。データのやり取
り、相関的なデータベースのアプリケーション、企業内のリソース作成など、ビジネスに
おけるシステムの構築に最適です。セットアップには最低3台の同じHDDが必要です。
JBOD (スパニング):
Just a Bunch of Disks の略で、RAID として設定されていない HDD を使います。複数
台の HDD を、仮想的に1台のHDDのように使用します。複数台の HDD をワンパーテ
ィションで使用することが可能になります。スパニングは複数の HDD を使用すること
で得られる、フォールトトレランスや他の RAID 機能の利点はありません。
RAID 構成がされているHDD からシステムをブートする場合は、OS をインストール
時にドライバを組み込む必要があります。サポートDVDからフロッピーディスクに、
RAIDドライバをコピーしてご利用ください。
(詳細 5.5「RAID ドライバディスクの作
成」参照)
5-34
Chapter 5: ソフトウェア
5.4.2
NVIDIA® RAID
本製品の、NVIDIA® nForce® 570 SLI™ チップセットの高性能SATA RAID コントローラ
は、6つのSerial ATA チャンネルで、RAID 0、RAID 1、RAID 0+1、RAID 5、JBODをサポー
トします。
Serial ATA ハードディスクを取り付ける
本製品は、Ultra DMA 133/100/66 と Serial ATA HDD をサポートします。最適なパフォ
ーマンスのため、ディスクアレイを作成する場合は、モデル、容量が同じHDDをご使用
ください。
RAID用にSATA ハードディスクを取り付ける
1.
SATA ハードディスクをドライブベイに取り付けます。
2.
SATA データケーブルを接続します。
3.
SATA 電源ケーブルを各ドライブの電源コネクタに接続します。
RAID についての詳細は、サポートDVD の「RAID controllers user manual」をご参
照ください。
(詳細 5.2.5「マニュアルメニュー」)
BIOSでRAID を設定する
ハードディスクドライブを取り付けた後、RAIDを作成する前に、BIOSのセットアップで
RAID を設定してください。
手順
1.
システムを起動し、POST中に <Del> を押して BIOS に入ります。
2.
BIOSの「RAID Enabled」の項目を有効にしてください。
(詳細:4.5.3 オンボードデ
バイス設定構成」の「Serial-ATA Configuration」参照)
3.
RAIDとして設定するSATAドライブを[Enabled]にしてください。(詳細:4.5.3「オン
ボードデバイス設定構成」の「Serial-ATA Configuration」参照)
4.
変更を保存し退出してください。
ROG Striker II Formula
5-35
CMOSをクリアしたら、システムに RAID 設定を認識させるために NVRAID 設定をも
う一度確認してください。
NVIDIA® RAID 設定についての詳細は、サポート DVD の「NVIDIA® RAID User’s
Manual」をご覧ください。
NVIDIA® RAID ユーティリティを使う
手順
1. コンピュータを起動します。 2.
POST中に、<F10>を押してユーティリティのメインメニューを表示させます。
このセクションのRAID BIOS セットアップ画面は一例です。実際の画面とは異なる
場合があります。
NVIDIA RAID Utility Oct 5 2004
- Define a New Array RAID Mode: Striping
Striping Block:
Free Disks
Loc
Disk Model Name
Array Disks
Loc
Disk Model Name
1.0.M
1.1.M
2.0.M
2.1.M
XXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXX
Optimal
[→] Add
[←] Del
[F6] Back
[F7] Finish
[TAB] Navigate
[↑↓] Select
[ENTER] Popup
画面下の項目はナビゲーションキーです。ナビゲーションキーを使用してメニューのア
イテムを選択し、設定を変更します。
5-36
Chapter 5: ソフトウェア
RAID ボリュームを作成する
手順
1.
NVIDIA® RAID ユーティリティの Define a New Array メニューで、RAID モードを
選択して<Enter>を押すと、下のサブメニューが表示されます。
上下矢印キーを使って RAID モードを選択
し、<Enter>を押してください。
2.
<TAB>を押して「Striping Block」を選
択し<Enter>を押すと、右のサブメニ
ューが表示されます。
「Striping」か「Stripe Mirroring」を選択した場合は、RAID 0 用に上下キーを使っ
てストライプサイズを設定して<Enter>を押してください。設定可能な値は、8 KB
から 128 KB です。初期設定値は 128 KB です。値はご使用になるドライブに合わ
せて設定してください。
・8 /16 KB:ローディスク
・64 KB:標準的なディスク
・128 KB:パフォーマンスディスク
Mirroring
Striping
Stripe Mirroring
Spanning
8K ↑
16K
32K
64K
128K
Optim↓
ヒント:サーバーには低めの値、オーディオ、ビデオなどの編集用のマルチメディア
コンピュータシステムには高めの値を推奨します。
3.` <TAB>で、空きディスク領域を選択してください。左右矢印キーを使ってアレイデ
ィスクを割り当ててください。
4.
<F7> で、RAID を作成すると、次のメッセージボックスが表示されます。
Clear disk data?
[Y] YES
5.
[N] NO
選択したディスクをクリアする場合は<Y>、ディスクをクリアせずに続行する場合
は<N>を押してください。次の画面が表示されます。
RAIDドライブの全てのデータが削除されます。ご注意ください。
ROG Striker II Formula
5-37
NVIDIA RAID Utility Oct 5 2004
- Array List Boot
Id
Status
Vendor
Array Model Name
No
4
Healthy
NVIDIA
MIRROR
[Ctrl-X]Exit
[↑↓]Select
[B]Set Boot
XXX.XXG
[N]New Array
画面の下にナビゲーションキーが表示されます。
6.
<Ctrl+X>で設定を保存し退出します。
[ENTER]Detail
RAID アレイの再構築
手順
1.
上下矢印キーを使って、Array List の「RAID array」を選択し、<Enter>を押しま
す。RAID アレイの詳細が表示されます。
Array 1 : NVIDIA MIRROR XXX.XXG
- Array Detail RAID Mode: Mirroring
Striping Width: 1
Adapt
Channel
M/S
Index
Disk Model Name
Capacity
2
1
1
0
Master
Master
0
1
XXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXX
XXX.XXGB
XXX.XXGB
[R] Rebuild
5-38
Striping Block: 64K
[D] Delete
[C] Clear Disk
[ENTER] Return
Chapter 5: ソフトウェア
画面の下にナビゲーションキーが表示されます
2.
<R>を押して RAID アレイを再構築します。
Array 1 : NVIDIA MIRROR XXX.XXG
- Select Disk Inside Array RAID Mode: Mirroring
Striping Width: 1
Striping Block: 64K
Adapt
Channel
M/S
Index
Disk Model Name
Capacity
2
1
1
0
Master
Master
0
1
XXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXX
XXX.XXGB
XXX.XXGB
[↑↓] Select [F6] Back
3.
[F7] Finish
上下矢印キーを使って RAID アレイを選択し、<F7>を押すと、次の確認メッセー
ジが表示されます。
Rebuild array?
[ENTER] OK
[ESC] Cancel
4.
再構築を始める場合は<Enter>、キャンセルする場合は<Esc>を押してください。
5.
再構築が完了すると、アレイリストメニューが表示されます。
再構築を完了するには、Window® XP を起動し NVIDIA ユーティリティを起動する
必要があります。
ROG Striker II Formula
5-39
RAID アレイを削除する
手順
1.
アレイリストメニューから上下矢印キーを使って RAID アレイを選択し、
<Enter>を押すと、RAID アレイの詳細が表示されます。
Array 1 : NVIDIA MIRROR XXX.XXG
- Array Detail RAID Mode: Mirroring
Striping Width: 1
Striping Block: 64K
Adapt
Channel
M/S
Index
Disk Model Name
Capacity
2
1
1
0
Master
Master
0
1
XXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXX
XXX.XXGB
XXX.XXGB
[R] Rebuild
[D] Delete
[C] Clear Disk
[ENTER] Return
画面の下にナビゲーションキーが表示されます。
2.
RAID アレイを削除するために <D> を押すと、次の確認メッセージが表示されます。
Delete this array?
[Y] YES
3.
[N] No
削除する場合は<Y>、キャンセルする場合は<N>を押してください。
RAIDドライブの全てのデータが削除されます。ご注意ください。
4.
5-40
<Y>を押すと、新しくRAIDを作成するための画面が表示されます。
Chapter 5: ソフトウェア
データをクリアする
手順
1.
アレイリストメニューで、上下矢印キーを使って RAID アレイを選択し、
<Enter>を押すと、RAID アレイの詳細が表示されます。
Array 1 : NVIDIA MIRROR XXX.XXG
- Array Detail RAID Mode: Mirroring
Striping Width: 1
Striping Block: 64K
Adapt
Channel
M/S
Index
Disk Model Name
Capacity
2
1
1
0
Master
Master
0
1
XXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXX
XXX.XXGB
XXX.XXGB
[R] Rebuild
[D] Delete
[C] Clear Disk
[ENTER] Return
画面の下にナビゲーションキーが表示されます。
2.
<C>を押すと、次の確認メッセージが表示されます。
Clear disk data?
[Y] YES
3.
[N]
クリアする場合は<Y>、キャンセルする場合は<N>を押してください。
RAIDドライブの全てのデータが削除されます。ご注意ください。
ROG Striker II Formula
5-41
5.5
RAIDドライバディスクを作成する
Windows® XP 以降のOS をRAID に組み込まれた HDD にインストールするとき、RAID
ドライバ が入ったフロッピーディスクが必要です。Windows® Vista™ をお使いの場合
は、RAID ドライバ が入ったフロッピーディスクまたはUSBフラッシュディスクが必要
です。
5.5.1
OS に入らずに RAID ドライバディスクを作成する
手順
1. コンピュータを起動します。
2.
POST中に <Del> を押し、BIOS に入ります。
3.
光学ドライブをプライマリブートデバイスに設定します。
4.
サポート DVD を光学ドライブにセットします。
5. 設定を保存し BIOS を退出します。
6. 「Press any key to boot from the optical drive」が表示されたら、任意のキーを
押します。
7.
メニューが表示されたら <1> を押して RAID ドライバディスクを作成します。
8.
フォーマット済みのフロッピーディスクをフロッピーディスクドライブにセットし
<Enter>を押します。
画面の指示に従ってプロセスを完了させます.
9.
5.5.2
RAID ドライバディスクを Windows®環境で作成する
手順
1.
Windows®を起動します。
2.
サポート DVD を光学ドライブにセットします。
3.
「Make Disk menu」に入り
「NVIDIA 32/64 bit XP/Vista SATA RAID Driver」をク
リックしてNVIDIA® 32/64 bit XP/Vista™ SATA RAID ドライバディスクを作成しま
す。
4. フロッピーディスク/USB デバイスをフロッピーディスクドライブ/USB ポートに
挿入します。
5.
画面の指示に従ってプロセスを完了させます。
フロッピーディスクはライトプロテクトしてウィルスの攻撃からシステムを保護して
ください。
5-42
Chapter 5: ソフトウェア
Windows XPにRAID ドライバをインストールする
1.
OS のインストール中に、
「Press the F6 key to install third-party SCSI or RAID
driver」という指示が表示されます。
2.
<F6>を押し、RAID ドライバ ディスクをフロッピーディスクドライブに入れます。
3.
画面の指示に従い、インストールを完了させます。
Windows® Vista: にRAID ドライバをインストールする
1. RAID ドライバを保存したフロッピーディスクを挿入する、あるいは RAID ドライバ
を保存した USB デバイスをシステムに接続します。
2. 画面の指示に従い、インストールを完了させます。
チップセットの制限により、NVIDIA チップセットがサポートする Serial ATA ポート
は、DOSモードでは Serial 光学ディスクドライブをサポートしません。
ROG Striker II Formula
5-43
5-44
Chapter 5: ソフトウェア
NVIDIA®SLI 対応 PCI Express ビデオカード
の取り付け方法
6
NVIDIA® SLI™ テクノロジ����
サポート
6
Chapter
6.1
概要................................................................................................... 6-1
6.2
デュアルビデオカード設定.................................................................. 6-2
ROG Striker II Formula
6.1
概要
本製品は、PCI Express™ x16 ビデオカードの2枚挿しが可能な、NVIDIA® SLI™
(Scalable Link Interface) ‑ Intel® Edition 技術をサポートしています。
必要条件
•
デュアル SLI モードでは、全く同一の NVIDIA® 公認 SLI-Ready のビデオカードが
2枚必要です。
•
3ウェイ SLI モードでは、全く同一の NVIDIA® 公認 SLI-Ready のビデオカードが
3枚必要です。
•
ビデオドライバが
������������������������������������������������
NVIDIA SLI 技術対応であること。または、NVIDIA Webサイト
(www.nvidia.com) から、最新のドライバをダウンロードしてください。
•
電源装置
������������������������������������������
(PSU)が最低電源条件を満たしていること。
(詳細:2-38�������
参照) •
NVIDIA 3ウェイ SLI 技術は、�������
Windows® Vista��������������
OS のみのサポートです。
•
������������������������������������������������������
NVIDIA zone Web サイト�����������������������������������
(http://www.nzone.com) �����������
で最新の公認ビデオカー
ドと3D アプリケーションリストを確認してください。
ROG Striker II Formula
6-1
6.2
デュアルビデオカード設定
6.2.1
SLI 対応ビデオカードを取り付ける
取り付けるNVIDIA®公認 SLI 対応ビデオカードは、同一のものが2枚必要です。異な
る種類のビデオカードでは、正確に機能しません。
手順
1. ビデオカードを3枚用意します。各ビデオカードには 3ウェイ SLI ブリッジコネク
タ用のゴールドフィンガーが付いています。
ゴールドフィンガー
6-2
Chapter 6: NVIDIA® SLI™ テクノロジサポート
2. 1枚目を PCIEX16_1 スロット(ブルー)に、2枚目を PCIEX16_3 スロット(白)に、
3枚目を PCIEX16_2 スロット(ブルー)に取り付けます。カードは各スロットに正し
く挿入してください。
3.
3ウェイ SLI ブリッジコネクタを各カードのゴールドフィンガーに挿入します。コネ
クタはしっかり挿入してください。
3ウェイ SLI ブリッジコネクタ
ROG Striker II Formula
6-3
4. 電源から予備電源を3枚のビデオカードに個々に接続します。
5. VGA ケーブルまたは DVI-I ケーブルをビデオカードに接続します。
ケースファンの追加など、放熱効果のある環境の構築をお勧めします。
6-4
Chapter 6: NVIDIA® SLI™ テクノロジサポート
6.2.2
SLI-Ready ビデオカード2枚を取り付ける
1.
ビデオカード1枚を PCIEX16_1 スロット(ブルー)に取り付け、もう1枚を
PCIEX16_3 スロット(ブルー)に取り付けます。カードはしっかりスロットに固定
します。
2.
SLI コネクタを各ビデオカードのゴールドフィンガーに挿入します。コネクタはしっ
かり取り付けてください。
3. 電源から予備電源を2枚のビデオカードに個々に接続します。
4. VGA ケーブルまたは DVI-I ケーブルをビデオカードに接続します。
ケースファンの追加など、放熱効果のある環境の構築をお勧めします。
ROG Striker II Formula
6-5
6.2.2
デバイスドライバをインストールする
�����������������
ビデオカードに付属のマニュアルを参考にして、デバイスドライバをインストールして
ください。
6.2.4
•
������������������������������������������������
PCI Express ビデオドライバが NVIDIA SLI 技術対応であることを確認してくだ
さい。最新のドライバは NVIDIA Webサイト (www.nvidia.com)からダウンロー
ドすることができます。
•
システムを3ウェイ SLI モードにする場合は、3ウェイ SLI ドライバを Windows®
Vista OS 環境でインストールする必要があります。なお、NVIDIA 3ウェイ SLI テ
クノロジがサポートする OS は Windows® Vista のみです。
Windows® 環境で NVIDIA® SLI™ テクノロジを有効にする
ビデオカードとデバイスドライバをインストールしたら、Windows® Vista 環境で NVIDIA®
Control Panel を起動し、SLI 機能を有効する必要があります。
NVIDIA Control Panel を起動する
起動方法は2つあります。
(a) Windows® デスクトップ上を右クリックし、
「NVIDIA
Control Panel」を選択します。
(b) (a)で NVIDIA Control Panel が表示されない場合
は、
「Personalize」を選択します。
6-6
Chapter 6: NVIDIA® SLI™ テクノロジサポート
Personalization ウィンドウから
「Display Settings」を選択します。
ダイアログボックスから「Advanced
Settings」を選択します。
NVIDIA GeForce タブから「Start the
NVIDIA Control Panel」を選択します。
ROG Striker II Formula
6-7
5.
NVIDIA Control Panel ウィンドウが表示
されます。
SLI 設定を有効にする
ビデオカードを2枚取り付ける場合:
NVIDIA Control Panel ウィンドウから「Set SLI
Configuration」を選択します。続いて「Enable
SLI」をクリックしたら、SLI レンダーコンテンツ
を見るためのディスプレイ設定を行います。続
いて「Apply」をクリックします。
ビデオカードを3枚取り付ける場合:
6-8
1.
NVIDIA Control Panel ウィンドウから
「Set SLI Configuration」を選択し、
「
Enable 3-way NVIDIA SLI」を選択しま
す。選択したら「Apply」をクリックしま
す。
2.
「3D Settings」タブを選択し「Show
SLI Visual Indicators」の項目を有
効にします。
この項目を有効にすると、3D デモ画面
がレンダーされ、画面の左側に3ウェイ
SLI の状態を示すグリーンのバーが表示
されます。
Chapter 6: NVIDIA® SLI™ テクノロジサポート
本製品がサポートするCPU と LCD Poster
のデバッグコード表について
A
CPU の機能
A
Chapter
®
A.1
Intel EM64T......................................................................................A-1
A.2
EIST(拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジ).......................................A-1
A.3
Intel® Hyper-Threading Technology...............................................A-3
A.4
デバッグコード表.............................................................................A-4
ROG Striker II Formula
A.1
Intel® EM64T
•
本製品は 32bit OS で動作する Intel® LGA775 プロセッサをフルサポートして
います。
•
本製品にはEM64T対応の BIOS ファイルを内蔵しています。最新の BIOS ファイ
ルは ASUS の Webサイト(www.asus.co.jp/)からダウンロードすることができま
す。BIOS ファイルのアップデートについては、Chapter 4 をご参照ください。
•
EM64T の機能の詳細は、www.intel.co.jp をご参照ください。
•
Windows 64bit OS の詳細は、www.microsoft.com/japan/ をご参照ください
®
Intel® EM64T 機能を使う
手順
1.
Intel® EM64T に対応の Intel® CPU を取り付けます。
2.
64bit OS をインストールします。(Windows® Vista 64-bit Edition、Windows® XP
Professional x64 Edition)
3.
マザーボードコンポーネントとデバイス用にサポート DVD から64bit ドライバを
インストールします。
4.
拡張カード、追加デバイス用に、64bit ドライバをインストールします。
拡張カードや追加デバイスの、64bit OSへの対応については、各デバイスメーカー
のWebサイトで確認してください。
A.2
A.2.1
EIST(拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジ)
•
本製品には EIST 対応の BIOS ファイルが付属しています。最新の BIOS ファイ
ルは ASUS のWeb サイト (www.asus.co.jp) からダウンロードすることができ
ます。詳細は、Chapter 4をご参照ください。
•
EIST 機能の詳細は www.intel.com をご参照ください。
システム条件
EIST の利用には以下のシステム条件を充たしている必要があります。
•
EIST をサポートする Intel® プロセッサ
•
EIST をサポートする BIOS ファイル
•
Operating system with EIST support (Windows® Vista, Windows® XP SP2/Linux
2.6 カーネルまたはそれ以降のバージョン)
ROG Striker II Formula
A-1
A.2.2
EIST を使う
使用手順
1.
コンピュータの電源を入れ、BIOS メニューに入ります。
2.
Advanced Menu に進み、CPU Configuration をハイライト表示させ、<Enter>を
押します。
3.
Intel(R) SpeedStep Technology を [Automatic] に設定し、<Enter> を押します。
4.
<F10> を押し、設定の変更を保存して BIOS セットアップから退出します。
5.
再起動したら、デスクトップ上で右クリックし、プロパティを選択します。
6.
画面のプロパティ画面がが表示されたら、スクリーンセーバーのタブをクリック。
7.
モニター電源の項目の「電源」ボタン
をクリックし、電源オプションのプロ
パティを表示させます。
8.
電源設定の項目で、 をクリックし、
「自宅または会社のデスク」
と
「常にオ
ン」以外を選択します。
9.
適用をクリックしOKをクリックします。
10. 画面プロパティを閉じます。
電源設定を調整すると、CPUのロード
が低いとき CPU 内部周波数は僅か
に低くなります。
表示される画面や手順はOSのバージョンにより異なります。
A-2
参考: CPU の機能
A.3
Intel® Hyper-Threading テクノロジ
•
本製品は Hyper-Threading Technology に 対応した Intel® Pentium® 4
LGA775 プロセッサをサポートしています。
•
Hyper-Threading Technology は Windows® Vista/XP/Linux 2.4.x カーネル以
降のバージョンにのみ対応しています。Linux 環境では、Hyper-Threading
compiler を使用してコードを対応させます。対応していないOS をお使い
の場合は、BIOS メニューの「Hyper-Threading Techonology」の設定を
[Disabled] にしてください。
•
Windows® XP(Service Pack 1適用済みのもの)以降のOSのご使用を推奨します。
•
OS をインストールする前に、BIOS メニューで「Hyper-Threading
Technology」の設定を [Enabled] にしてください。
•
Hyper-Threading Technology の詳細は www.intel.com/info/
hyperthreading をご参照ください。
Hyper-Threading テクノロジを使う
手順
1. Hyper-Threading Technology に対応した Intel® Pentium® 4 CPU を使用してく
ださい。
2.
システムを立ち上げ、BIOS メニューに進みます。Advanced Menu で
Hyper‑Threading Technology を [Enabled] に設定してください。
Hyper­‑Threading Techonology の設定項目は、Hyper­‑Threading Techonology
に対応したCPUが使われている場合のみ表示されます。
3.
システムを再起動します。
ROG Striker II Formula
A-3
A.4
デバッグコード表
コード
CPU INIT
DET CPU
CHIPINIT
DET DRAM
DC FCODE
EFSHADOW
INIT IO
INIT HWM
CLR SCRN
INIT8042
ENABLEKB
DIS MS
R/W FSEG
DET FLASH
TESTCMOS
PRG CHIP
INIT CLK
CHECKCPU
INTRINIT
INITINT9
CPUSPEED
VGA BIOS
TESTVRAM
RESET KB
A-4
説明
CPU のイニシエーション
CMOS R/W 機能のテスト
早期チップセット初期化:
-シャドウRAMを無効化
-L2 キャッシュを無効化 -基本チップセットレジスタをプログラム
メモリを検出
-DRAMのサイズ、種類、ECCの自動検出
-L2 キャッシュの自動検出
圧縮された BIOS コードをDRAMに拡張
チップセットフックを呼び出してBIOS を E000 及び F000 シャドウ RAMに
コピー
IOデバイスを初期化
ハードウェアモニターを初期化
1. スクリーンブランクアウト
2. CMOS エラーフラグをクリア
1. 8042 インターフェースをクリア
2. 8042 セルフテストを初期化
1. Super I/O チップ用特殊キーボードコントローラのテスト
2. キーボードインターフェースを有効化
1. PS/2 マウスインターフェース(オプション)を無効化
2. キーボード 及びマウス用ポートの自動検出、続いてポート及びインター
フェーススワップ(オプション) 3. Super I/O チップのキーボード機能をチェック
F000h セグメントのシャドウをテストし、読み書き可能か調べる。テスト
に不合格の場合、スピーカーでビープ音を鳴らす
フラッシュタイプを自動検出し、ESCD 及び DMI サポートのために適切なフ
ラッシュ Read/Write コードをF000 のランタイム領域にロードする
Walking 1 のアルゴリズムを使用して、CMOS 回路のインターフェースを
チェックする。また、リアルタイムクロックの電力状態を設定し、オー
バーライドをチェックする
チップセット初期設定値をチップセットにプログラム
クロックジェネレータを初期化
ブランド名、タイプ、CPU レベル (586 または 686)を含むCPU 情報を検出
初期割り込みベクトルテーブル
INT 09 バッファの初期化
1. CPU 内部 MTRR (Pentium クラスCPU)を 0〜640K メモリアドレス用にプログ
ラム
2. Pentium クラスCPUの APIC を初期化
3. CMOS 設定に従い、初期チップセットをプログラム。
例:オンボードIDE コントローラ
4. CPU 速度を測定
5. ビデオBIOSを起動
VGA BIOSを初期化
1. 複数言語を初期化
2. BIOSロゴ、CPUの種類、CPU速度を含む情報を画面に表示
キーボード機能をチェック
参考: CPU の機能
8254TEST
8259MSK1
8259MSK2
8259TEST
COUNTMEM
MP INIT
USB INIT
TEST MEM
SHOW MP
PNP LOGO
ONBD IO
EN SETUP
MSINSTAL
CHK ACPI
EN CACHE
SET CHIP
AUTO CFG
INIT FDC
DET IDE
COM/LPT
DET FPU
CPU CHG
EZ FLASH
CPR FAIL
FAN FAIL
UCODEERR
FLOPYERR
KB ERROR
HD ERR
CMOS ERR
MS ERROR
SMARTERR
HM ERROR
AINETERR
CASEOPEN
PASSWORD
8254のテスト
チャネル1の 8259 割り込みマスクビットのテスト
チャネル2の 8259 割り込みマスクビットのテスト
8259 機能のテスト
各64K ページの最後のダブルワードをテストし、合計メモリを計算
1. M1 CPUの MTRR をプログラム 2. P6 クラス CPUのL2 キャッシュを初期化し、正しいキャッシュ可能範囲で
CPUをプログラム
3. P6 クラス CPUのAPICを初期化 4. MP プラットフォームで、各 CPU間のキャッシュ可能範囲が同一でない
場合、キャッシュ可能範囲を小さい方に調節
USBを初期化
全てのメモリをテスト (全ての拡張メモリを0にクリア)
プロセッサ数を表示 (マルチプロセッサプラットフォーム)
PnP ロゴを表示
オンボード IO デバイスを初期化
Setup ユーティリティに入ることを許可
PS/2 マウスを初期化
機能コール:INT 15h ax=E820h に対するメモリサイズ情報を作成
L2 キャッシュをオンにする
Setup 及び Auto-configuration テーブルに記載されている項目に従って
チップセットレジスタをプログラム
デバイスにリソースを割り当てる
1.フロッピーコントローラを初期化
2. 40:hardware のフロッピー関連フィールドをセットアップ
HDD、LS120、ZIP、CDROMなど全てのIDE デバイスを検出し、インストール
する
シリアルポート及びパラレルポートを検出
コプロセッサを検出し、インストール
CPU の変更があった場合に、メッセージを表示
EZ Flashの実行
CPR のエラー
ファンのエラー
UCODE のエラー
フロッピーのエラー
キーボードのエラー
HDD のエラー
CMOS のエラー
マウスのエラー
HDD スマート機能のエラー
ハードモニターのエラー
AI NET のエラー
シャーシオープンセンサーがシャーシの開閉を検出
EPA またはカスタマイズロゴをクリア
1. チップセット電力管理フックを呼び出す
2. EPA ロゴ (フルスクリーンロゴでない)に使用されたテキストを回復
3. パスワードが設定されている場合、パスワードを要求
ROG Striker II Formula
A-5
USB FINAL
INIT ROM
NUM LOCK
UPDT DMI
INT 19H
A-6
PnP ブートデバイスを初期化
1. USB 最終初期化
2. NET PC:SYSID 構造を構築
3. 画面をテキストモードに戻す
4. ACPI テーブルをメモリの先頭にセットアップする
5. ISA アダプタ ROMを呼び出す
6. IRQをPCI デバイスに割り当てる
7. APMを初期化する
8. IRQのノイズをクリアする
デバイスオプションROMの初期化
1. 夏時間をプログラムする
2. キーボード LED 及びキーリピート速度を更新する
1. MP テーブルを構築する
2. ESCDを構築し、更新する
3. CMOS Century を20h または19h に設定する
4. CMOS 時間をDOS タイムチックにロードする
5. MSIRQ ルーチンテーブルを構築する
ブート試行 (INT 19h)
参考: CPU の機能