Motherboard
P5Q-E
J3914
初版第1刷
2008 年6月
Copyright © 2008 ASUSTeK COMPUTER INC. All Rights Reserved.
バックアップの目的で利用する場合を除き、本書に記載されているハードウェア・ソフトウェ
アを含む、全ての内容は、ASUSTeK Computer Inc. (ASUS) の文書による許可なく、編集、転載、
引用、放送、複写、検索システムへの登録、他言語への翻訳などを行うことはできません。
以下の場合は、保証やサービスを受けることができません。
(1)ASUSが明記した方法以外で、修理、改造、交換した場合。
(2) 製品のシリアル番号が読むことができない状態である場合。
ASUS は、本マニュアルについて、明示の有無にかかわらず、いかなる保証もいたしません。
ASUS の責任者、従業員、代理人は、本書の記述や本製品に起因するいかなる損害(利益の損失、
ビジネスチャンスの遺失、データの損失、業務の中断などを含む)に対して、その可能性を
事前に指摘したかどうかに関りなく、責任を負いません。
本書の仕様や情報は、個人の使用目的にのみ提供するものです。また、予告なしに内容は変
更されることがあり、この変更について ASUS はいかなる責任も負いません。本書およびハー
ドウェア、ソフトウェアに関する不正確な内容について、ASUS は責任を負いません。
本マニュアルに記載の製品名及び企業名は、登録商標や著作物として登録されている場合が
ありますが、本書では、識別、説明、及びユーザーの便宜を図るために使用しており、これ
らの権利を侵害する意図はありません。
ii
もくじ
もくじ ..............................................................................................................iii
ご注意 ............................................................................................................viii
安全上のご注意.................................................................................................ix
このマニュアルについて.......................................................................................x
P5Q-E 仕様一覧................................................................................................xii
Chapter 1:
製品の概要
1.1
ようこそ.............................................................................................. 1-1
1.2
パッケージの内容............................................................................... 1-1
1.3
独自機能............................................................................................ 1-2
1.3.1
製品の特長.......................................................................................... 1-2
1.3.2
ASUSの独自機能................................................................................ 1-3
1.3.3
ASUS インテリジェントオーバークロック機能.......................... 1-7
Chapter 2:
ハードウェア
2.1
始める前に......................................................................................... 2-1
2.2
マザーボードの概要........................................................................... 2-2
2.3
2.4
2.5
2.2.1
マザーボードのレイアウト.............................................................. 2-2
2.2.2
レイアウトの内容............................................................................... 2-3
2.2.3
設置方向............................................................................................... 2-4
2.2.4
ネジ穴.................................................................................................... 2-4
CPU.................................................................................................... 2-5
2.3.1
CPUを取り付ける............................................................................... 2-6
2.3.2
CPUにヒートシンクとファンを取り付ける...................................2-9
2.3.3
CPUからヒートシンクとファンを取り外す..................................2-10
システムメモリ.................................................................................. 2-11
2.4.1
概要......................................................................................................2-11
2.4.2
メモリ構成..........................................................................................2-12
2.4.3
メモリを取り付ける.........................................................................2-17
2.4.4
メモリを取り外す.............................................................................2-17
拡張スロット..................................................................................... 2-18
2.5.1
拡張カードを取り付ける................................................................2-18
2.5.2
拡張カードを設定する...................................................................2-18
2.5.3
割り込み割り当て.............................................................................2-19
2.5.4
PCI スロット........................................................................................2-20
iii
もくじ
2.5.5
PCI Express x1 スロット.................................................................2-20
2.5.6
PCI Express 2.0 x16 スロット........................................................2-20
2.5.7
Universal PCI Express x16 スロット...........................................2-20
2.6
ジャンパ........................................................................................... 2-22
2.7
オンボードスイッチ........................................................................... 2-24
2.8
コネクタ............................................................................................ 2-25
2.8.1
バックパネルコネクタ....................................................................2-25
2.8.2
内部コネクタ.....................................................................................2-27
2.9
初めて起動する................................................................................ 2-40
2.10
コンピュータの電源をオフにする...................................................... 2-41
2.10.1
OSシャットダウン機能を使用する..............................................2-41
2.10.2
電源スイッチのデュアル機能を使用する.................................2-41
Chapter 3:
3.1
3.2
3.3
iv
BIOSセットアップ
BIOS 管理更新................................................................................... 3-1
3.1.1
ASUS Update...................................................................................... 3-1
3.1.2
ASUS EZ Flash 2................................................................................. 3-4
3.1.3
AFUDOS................................................................................................ 3-5
BIOS設定プログラム........................................................................... 3-7
3.2.1
BIOSメニュー画面.............................................................................. 3-8
3.2.2
メニューバー....................................................................................... 3-8
3.2.3
ナビゲーションキー.......................................................................... 3-8
3.2.4
メニュー................................................................................................ 3-9
3.2.5
サブメニュー....................................................................................... 3-9
3.2.6
構成フィールド.................................................................................... 3-9
3.2.7
ポップアップウィンドウ.................................................................... 3-9
3.2.8
スクロールバー.................................................................................. 3-9
3.2.9
ヘルプ.................................................................................................... 3-9
メインメニュー................................................................................. 3-10
3.3.1
System Time [xx:xx:xx]..................................................................3-10
3.3.2
System Date [Day xx/xx/xxxx]...................................................3-10
3.3.3
Legacy Diskette A [1.44M, 3.5 in.] ...........................................3-10
3.3.4
Language [English]........................................................................3-10
3.3.5
SATA 1-6.............................................................................................3-11
3.3.6
Storage Configuration..................................................................3-12
もくじ
3.4
3.5
3.3.7
AHCI Configuration........................................................................3-13
3.3.8
システム情報.....................................................................................3-14
Ai Tweaker メニュー........................................................................ 3-15
3.4.1
Ai Overclock Tuner [Auto]...........................................................3-15
3.4.2
CPU Ratio Setting [Auto].............................................................3-16
3.4.3
FSB Strap to North Bridge [Auto].............................................3-16
3.4.4
DRAM Frequency [Auto]..............................................................3-16
3.4.5
DRAM CLK Skew on Channel A1/A2/B1/B2 [Auto]...........3-17
3.4.6
DRAM Timing Control [Auto].....................................................3-17
3.4.7
DRAM Static Read Control [Auto]............................................3-18
3.4.8
DRAM Read Training [Auto].......................................................3-19
3.4.9
MEM. OC Charger...........................................................................3-19
3.4.10
Ai Clock Twister [Auto].................................................................3-19
3.4.11
Ai Transaction Booster [Auto]....................................................3-19
3.4.12
CPU Voltage [Auto] . .....................................................................3-20
3.4.13
CPU GTL Voltage Reference(0/2) [Auto]................................3-20
3.4.14
CPU GTL Voltage Reference(1/3) [Auto]................................3-20
3.4.15
CPU PLL Voltage [Auto]................................................................3-20
3.4.16
FSB Termination Voltage [Auto]...............................................3-20
3.4.17
DRAM Voltage [Auto]....................................................................3-20
3.4.18
NB Voltage [Auto]...........................................................................3-20
3.4.19
NB GTL Voltage Reference [Auto]............................................3-21
3.4.20
SB Voltage [Auto]............................................................................3-21
3.4.21
PCIE SATA Voltage [Auto]............................................................3-21
3.4.22
Load-Line Calibration [Auto].....................................................3-21
3.4.23
CPU Spread Spectrum [Auto]....................................................3-21
3.4.24
PCIE Spread Spectrum [Auto]....................................................3-22
拡張メニュー.................................................................................... 3-23
3.5.1
TPM Configuration.........................................................................3-23
3.5.2
CPU の設定........................................................................................3-24
3.5.3
チップセット.......................................................................................3-26
3.5.4
オンボードデバイス設定構成......................................................3-27
3.5.5
USB 設定.............................................................................................3-28
3.5.6
PCIPnP.................................................................................................3-29
もくじ
3.6
3.7
3.8
3.9
電源メニュー.................................................................................... 3-30
3.6.1
Suspend Mode [Auto]...................................................................3-30
3.6.2
Repost Video on S3 Resume [No]............................................3-30
3.6.3
ACPI 2.0 Support [Disabled].......................................................3-30
3.6.4
ACPI APIC Support [Enabled].....................................................3-30
3.6.5
APMの設定........................................................................................3-31
3.6.6
ハードウェアモニタ.........................................................................3-32
ブートメニュー................................................................................. 3-34
3.7.1
ブートデバイスの優先順位..........................................................3-34
3.7.2
起動設定.............................................................................................3-35
3.7.3
セキュリティ.......................................................................................3-36
ツールメニュー................................................................................. 3-38
3.8.1
ASUS EZ Flash 2...............................................................................3-38
3.8.2
Drive Xpert Control [Auto]..........................................................3-39
3.8.3
Drive Xpert Mode Update [Last setting]...............................3-39
3.8.4
Express Gate.....................................................................................3-40
3.8.5
ASUS O.C. Profile.............................................................................3-41
3.8.6
AI Net 2...............................................................................................3-42
終了メニュー.................................................................................... 3-43
Chapter 4:
OSをインストールする........................................................................ 4-1
4.2
サポート DVD 情報............................................................................. 4-1
4.3
vi
ソフトウェア
4.1
4.2.1
サポート DVDを実行する................................................................ 4-1
4.2.2
ドライバメニュー............................................................................... 4-2
4.2.3
ユーティリティメニュー.................................................................... 4-3
4.2.4
Make Disk メニュー.......................................................................... 4-5
4.2.5
マニュアルメニュー........................................................................... 4-6
4.2.6
コンタクトインフォメーション........................................................ 4-6
4.2.7
その他の情報...................................................................................... 4-7
ソフトウェア情報............................................................................... 4-9
4.3.1
ASUS MyLogo3™............................................................................... 4-9
4.3.2
AI NET2................................................................................................4-11
4.3.3
ASUS PC Probe II.............................................................................4-12
4.3.4 ASUS AI Suite....................................................................................4-18
もくじ
4.4
4.5
4.3.5
ASUS AI Nap......................................................................................4-20
4.3.6
ASUS Fan Xpert...............................................................................4-21
4.3.7
ASUS AI Booster..............................................................................4-23
4.3.8 ASUS EPU–6 Engine.......................................................................4-24
4.3.9
ASUS AI Direct Link........................................................................4-28
4.3.10
AI Audio 2 (SoundMAX® HD オーディオユーティリティ)....4-30
4.3.11
ASUS Drive Xpert............................................................................4-39
4.3.12
ASUS Express Gate.........................................................................4-50
RAID................................................................................................ 4-60
4.4.1
RAIDの定義....................................................................................................4-60
4.4.2
Serial ATA ハードディスクを取り付ける...................................4-61
4.4.3
Intel® RAID . ......................................................................................4-61
RAID ドライバディスクを作成する..................................................... 4-69
4.5.1
OS に入らずに RAID ドライバディスクを作成する...............4-69
4.5.2
Windows® 環境で RAID ドライバディスクを作成する .......4-69
参考:
CPUの機能
A.1
Intel® EM64T......................................................................................A-1
A.2
EIST(拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジ)......................................A-1
A.3
A.2.1
システム条件.......................................................................................A-1
A.2.2
EIST を使う...........................................................................................A-2
Intel® Hyper-Threading テクノロジ................................................A-3
vii
ご注意
Federal Communications Commission Statement ����
(原文)
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the
following two conditions:
• This device may not cause harmful interference, and
• This device must accept any interference received including interference that
may cause undesired operation.
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class
B digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed
to provide reasonable protection against harmful interference in a residential
installation. This equipment generates, uses and can radiate radio frequency
energy and, if not installed and used in accordance with manufacturer’s
instructions, may cause harmful interference to radio communications. However,
there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation. If
this equipment does cause harmful interference to radio or television reception,
which can be determined by turning the equipment off and on, the user is
encouraged to try to correct the interference by one or more of the following
measures:
• Reorient or relocate the receiving antenna.
• Increase the separation between the equipment and receiver.
• Connect the equipment to an outlet on a circuit different from that to which the
receiver is connected.
• Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.
The use of shielded cables for connection of the monitor to the graphics card is
required to assure compliance with FCC regulations. Changes or modifications
to this unit not expressly approved by the party responsible for compliance
could void the user’s authority to operate this equipment.
Canadian Department of Communications Statement ����
(原文)
This digital apparatus does not exceed the Class B limits for radio noise emissions
from digital apparatus set out in the Radio Interference Regulations of the
Canadian Department of Communications.
This class B digital apparatus complies with Canadian ICES-003.
viii
安全上のご注意
電気の取り扱い
・ 作業を行う場合は、感電防止のため、電源コードをコンセントから抜いてから行っ
てください。
・ 本製品に周辺機器を接続する場合は、本製品および周辺機器の電源コードをコン
セントから抜いてから行ってください。可能ならば、関係するすべての機器の電源
コードをコンセントから抜いてから行ってください。
・ 本製品にケーブルを接続する場合は、電源コードをコンセントから抜いてから行っ
てください。
・ 電源延長コードや特殊なアダプタを用いる場合は専門家に相談してください。こ
れらは、回路のショート等の原因になる場合があります。
・ 正しい電圧でご使用ください。ご使用になる地域の出力電力がわからない場合
は、お近くの電力会社にお尋ねください。
・ 電源装置の修理は販売代理店などに依頼してください。
操作上の注意
・ 作業を行う前に、本製品に付属のマニュアルを全て熟読してください。
・ 電源を入れる前に、ケーブルが正しく接続されていることを確認してください。また
電源コードに損傷がないことを確認してください。
・ マザーボード上にクリップやネジなどの金属を落とさないようにしてください。回
路のショート等の原因になります。
・ 埃・湿気・高温・低温を避けてください。湿気のある場所で本製品を使用しないでく
ださい。
・ 本製品は安定した場所に設置してください。
・ 本製品を修理する場合は、販売代理店などに依頼してください。
左のマークは、本製品が電気製品または電子装置であり、水銀を含むボタ
ン電池を使用しており、地域のゴミと一緒に捨てられないことを示すマー
クです。廃棄の際は、地方自治体の廃棄処理に関する条例または規則等に
従って下さい。
ix
このマニュアルについて
このマニュアルには、マザーボードの取り付けや構築の際に必要な情報が記してあり
ます。
マニュアルの概要
本章は以下の章から構成されています。
•
Chapter 1:製品の概要
マザーボードの機能とサポートする新機能についての説明。
•
Chapter 2:ハードウェア
コンポーネントの取り付けに必要なハードウェアのセットアップ手順及びスイッ
チ、ジャンパとコネクタの説明。
•
Chapter 3:BIOS セットアップ
セットアップメニューでのシステム設定の変更方法とBIOSパラメータの詳細。
•
Chapter 4:ソフトウェア
マザーボードパッケージに付属のサポート����������������
DVD とソフトウェアの内容。
�����������
•
参考:CPUの機能
CPUとマザーボードがサポートする各機能について。
詳細情報
本書に記載できなかった最新の情報は以下で入手することができます。また、
BIOSや添付ソフトウェアの最新版があります。必要に応じてご利用ください。
1.
ASUS Webサイト(http://www.asus.co.jp/)
各国や地域に対応したサイトを設け、ASUSのハードウェア・ソフトウェア製品に関
する最新情報が満載です。
2.
追加ドキュメント
パッケージ内容によっては、追加のドキュメントが同梱されている場合がありま
す。注意事項や購入店・販売店などが追加した最新情報などです。これらは、本
書がサポートする範囲には含まれていません。
このマニュアルの表記について
本製品を正しくお取扱い頂くために以下の表記を参考にしてください。
危険/警告:本製品を取扱う上で、人体への危険を避けるための情報です。
注意:本製品を取扱う上で、コンポーネントへの損害を避けるための
情報です。
重要:本製品を取扱う上で、必要な指示です。
注記:本製品を取扱う上でのヒントと 追加情報です。
表記
<Key> < > で囲った文字は、キーボードのキーです。
例: <Enter>→Enter もしくは リターンキーを押してくだ
さい。
<Key1+Key2+Key3>
一度に2つ以上のキーを押す必要がある場合は(+)を使っ
て示しています。
例: <Ctrl+Alt+D>
xi
P5Q-E 仕様一覧
CPU
LGA775 ソケット:Intel® Core™2 Extreme /
Core™2 Quad / Core™2 Duo / Pentium® dual-core /
Celeron® Dual-Core / Celeron® プロセッサ対応
Intel® 05B/05A/06 プロセッサ対応
Intel® 45nm Multi-Core CPUサポート
* Intel CPUのサポート状況はwww.asus.co.jp でご確認く
ださい。
チップセット
Intel® Fast Memory Access テクノロジ搭載 Intel® P45 / ICH10R
システムバス
1600 / 1333 / 1066 / 800 MHz
メモリ
メモリ×4、最大16GB、DDR2 1200 / 1066 / 800 /
667 MHz、non-ECC、un-buffered メモリをサポート
デュアルチャンネルメモリアーキテクチャ
* 推奨メモリはwww.asus.co.jp または本書のメモリ推奨ベ
ンダーリストをご参照ください。
** Windows 32bit OSでは、システムメモリを4GB以上取り
付けても、検出されるシステムメモリは3GB未満です。
取り付けるメモリは3GB未満にすることをお勧めします。
拡張スロット
PCI Express 2.0 x16 スロット×2:ATI CrossFireX™
テクノロジを x8 モードでサポート
(PCIe x16_1 ブルー、PCIe x16_2 ブラック*)
PCI Express x16 スロット×1:最大 x4 モード(ブラック)
PCI Express x1 スロット×2
PCI スロット×2
* PCIe 2.0 x16_2 スロット(ブラック、最大 x8 リンクスピード)
マルチGPUサポート
ATI CrossFireX™ テクノロジをサポート:クアッドCrossFireX™
まで対応
記憶装置
Intel® ICH10R Southbridge:
- SATA 3.0 Gb/s ポート×6
- Intel® Matrix Storage:SATA RAID 0、1、5、10に対応
Marvell 88SE6121 Controller:
- Ultra DMA 133/100/66 ×1:PATAデバイス2台まで対応
- 外部SATA 3.0 Gb/s ポート×1(SATA On-the-Go)
Silicon Image SIL5723 Controller(Drive Xpert テクノロジ)
:
- SATA 3.0 Gb/s ポート×2
- EZ Backup、
Super Speedをサポート
LAN
デュアルGigabit LANコントローラ
Marvell® 88E8056 / 88E8001 Gigabit LANコントローラ:
AI NET2、チーミング、冗長化機能搭載
IEEE 1394
LSI® L-FW3227コントローラ:IEEE 1394a ポート2基に対応
(������������������
ボード上に1基、バックパネルに1基�
)
(次項へ)
xii
P5Q-E 仕様一覧
オーディオ
ADI® AD2000B 8チャンネルHDオーディオコーデック
- Jack-Detecting、Multi-streaming、
Front Panel Jack-Retasking をサポート
- コアキシャル/光デジタルS/PDIF �����
出力ポート
(バックパネル I/O)
- ASUS AI Audio 2
- ASUS Noise-Filtering
USB
USB 2.0 ポート×12(������������������
ボード上に6基、バックパネルに6基�
)
ASUSの独自機能
ASUS だけの機能:
- ASUS 8 Phase Power Design
(ASUS8相電源回路設計)
- ASUS Express Gate
ASUS節電ソリューション:
- ASUS EPU-6 Engine
- ASUS AI Nap
ASUS 静音サーマルソリューション:
- ASUS ����������������������
ファンレス設計���������������
:ヒートパイプソリューション
�������������
- ASUS ���������������������
ファンレス設計��������������
:Stack Cool 2
- ASUS Fan Xpert
ASUS EZ DIY:
- ASUS Drive Xpert
- ASUS DieHard BIOS
- ASUS Q-Shield
- ASUS Q-Connector
- ASUS O.C. Profile
- ASUS EZ Flash 2
- ASUS AI Direct Llink
- ASUS オンボードスイッチ
スタイリッシュな機能
ASUS MyLogo3™
ASUS だけの
オーバークロック機能
ASUS AI Booster ユーティリティ
Precision Tweaker 2:
- vCore:0.00625V刻みで CPU 電圧を調節
- vDIMM:64ステップDRAM電圧コントロール
- vChipset(N.B.)
:55ステップチップセット電圧コントロール
- vCPU PLL:64ステップCPU PLL電圧コントロール
- vFSB Termination:40ステップ電圧コントロール
SFS(Stepless Frequency Selection)
- FSB 調節(1 MHz 刻みで200MHz 〜 800MHz)
- PCI Express 周波数の調節
(1 MHz 刻みで 100MHz 〜180MHz)
オーバークロック保護機能:
- ASUS C.P.R.(CPU Parameter Recall)
(次項へ)
xiii
P5Q-E 仕様一覧
バックパネル I/O ポート
PS/2 キーボード/マウスコンボポート×1
S/PDIF 出力(コアキシャル + 光デジタル)ポート×1
�����
外部SATA ポート×1
IEEE1394a ポート×1
RJ45 ポート×2
USB 2.0/1.1 ポート×6
8チャンネルオーディオ I/O ポート
内部 I/O コネクタ
USBコネクタ×3:追加USBポート6基に対応
フロッピーディスクドライブコネクタ×1
COM コネクタ×1
IDE コネクタ×1
SATAコネクタ×6(レッド)
CPU ファンコネクタ×1
ケースファンコネクタ×3
電源ファンコネクタ×1
IEEE1394a コネクタ×1
フロントパネルオーディオコネクタ
S/PDIF 出力ヘッダー×1
ケース開閉検出コネクタ
CD オーディオ入力コネクタ
Drive Xpert SATAコネクタ(オレンジ)×2
24ピンATX 電源コネクタ
8ピン ATX 12V 電源コネクタ
������
システムパネルコネクタ (Q-Connector)
TPMコネクタ×1
電源スイッチコネクタ×1
リセットスイッチコネクタ×1
BIOS機能
16 Mb AMI BIOS、PnP、DMI 2.0、WfM 2.0、SM BIOS 2.4
マネージメント機能
WOL by PME、WOR by PME、WOR by Ring、PXE、
ケース開閉検出機能
サポートDVD
各ドライバ
ASUS Express Gate
ASUS PC Probe II
ASUS Update
ASUS AI Suite
Image-Editing Suite
アンチウイルス ソフトウェア(OEM 版)
フォームファクタ
ATXフォームファクタ:30.5 cm×24.4 cm
(12インチ×9.6インチ)
*仕様は製品改善のため、
予告なく変更することがあります。
xiv
マザーボードの機能とサポートする新機能に
ついての説明
1
製品の概要
1
Chapter
1.1
ようこそ.............................................................................................. 1-1
1.2
パッケージの内容............................................................................... 1-1
1.3
独自機能............................................................................................ 1-2
ASUS P5Q-E
1.1
ようこそ
ASUS P5Q-E マザーボードをお買い上げいただき、ありがとうございます。
®
このマザーボードは多くの新機能と最新のテクノロジを提供する ASUS の高品質マザ
ーボードです。
マザーボードとハードウェアデバイスの取り付けを始める前に、パッケージの中にリス
トに掲載されている部品が揃っていることを確認してください。
1.2
パッケージの内容
マザーボードパッケージに以下のものが揃っていることを確認してください。
マザーボード
ASUS P5Q-E
I/Oモジュール
2ポートUSB 2.0/1ポート1394(4ピン)モジュール×1
ケーブル
2ポートSerial ATA 電源ケーブル×1
Serial ATA ケーブル×6
Ultra DMA 133/100/66 ケーブル×1
フロッピーディスクドライブケーブル×1
アクセサリ
ASUS Q-Shield(I/O Shield)×1
ASUS Q-Connector Kit×1(USB、1394、システムパネル)
アプリケーションDVD
ASUSマザーボードサポート DVD
ドキュメント
ユーザーマニュアル(本書)
付属品が足りないときや破損しているときは、販売店様にご連絡ください。
ASUS P5Q-E
1-1
1.3
独自機能
1.3.1
製品の特長
Green ASUS このマザーボードとパッケージは、欧州連合(EU)のRoHS指令(電気電子機器の特定
有害物質使用規制)の基準を充たしています。これは環境に優しくリサイクル可能な製
品/パッケージを提供するASUSの企業理念と合致するものです。
Intel® Core™2 Extreme / Core™ 2 Quad / Core™2 Duo プロセッササポート
本マザーボードは最新 Intel® Core™ 2 Extreme / Core™ 2 Quad / Core™ 2 Duo プロ
セッサをLGA775 パッケージでサポートしています。FSBは1600 / 1333 / 1066 / 800
MHz でマルチタスキング、マルチメディア、オンラインゲーム等に特に威力を発揮しま
す。Intel® Core™ 2 シリーズプロセッサは現在最も強力なCPUと言えるでしょう。また、
本マザーボードは �����
Intel® 新型 45
���������������������
nm CPUもサポートしています。
(詳細:ページ 2-5 参照)
Intel P45 チップセット Intel® P45 Express チップセットはデュアルチャンネルDDR2 800 / 667 アーキテクチ
ャ、1333 / 1066 / 800 FSB、PCIe 2.0、マルチコアCPUをサポートするために開発され
た最新のチップセットです。Intel® Fast Memory Access テクノロジの採用で、メモリ帯
域をより有効に利用することが可能で、メモリアクセス遅延の低減を実現しています。
PCIe 2.0 本マザーボードは最新の PCIe 2.0 デバイスを、従来の倍の速度と帯域でサポートし、
大幅なパフォーマンスの向上に成功しました。������������������������
PCIe 1.0 デバイスにも対応しています。
(詳細:ページ 2-20、2-21 参照)
Serial ATA 3.0 Gb/s 技術と�����������������
���� SATA-On-The-Go�� ����������������
Serial ATA (SATA) 3.0 Gb/s ストレージ規格をベースとする次世代ハードドライブをサ
ポートしていますので、安定性が向上し、バスの帯域が倍増したことで高速データ転送
を実現。バックパネル I/O にある外部SATA ポート(SATA-On-The-Go)でホットプラグ
機能に対応しセットアップも簡単。写真や動画等のコンテンツを外部デバイスにバック
アップするのに便利です。
(詳細:ページ 2-26、2-29 参照)
1-2
Chapter 1: 製品の概要
デュアルギガビットLAN�� 統合型デュアルギガビットLAN設計では、PCをネットワークゲートウェイとして機能さ
せ、2つのネットワーク間のトラフィックを管理することができます。これにより、アービ
トレーション/レイテンシが増加することなく、WANからLANへの高速データ転送を実
現します。
����������������
(詳細:ページ 2-25 参照)
1.3.2
ASUSの独自機能
ASUS Express Gate Windows を起動せずにわずか5秒でインターネットにアクセス!Express Gate は
ASUS独自のマザーボード内蔵型OSで、Windows を起動しなくても、インスタントメッ
センジャー(MSN、Skype、Google talk、QQ、Yahoo)や、メールボックスの確認や、画像
閲覧が可能です。
とっさの時に役立つ便利な機能です。是非ご活用ください。
(詳細:ページ 3-40、4-50〜60 参照)
ASUS 8 Phase Power Design(ASUS8相電源回路設計)
ロングライフ&高性能!
業界最先端のASUS 8相 VRM 設計で、電源を有効利用(96%)
します。スイッチング損
失を最小限に抑え、温度を下げる低 RDS (on) MOSFET、ヒステリシスロスの少ないフェ
ライトコアチョーク、日本製伝導ポリマーキャパシタなどの高性能電源コンポーネント
により、コンポ−ネントの製品寿命が延び、電源のロスを抑えます。この結果、よりエネ
ルギー効率が高まります。
ASUS節電ソリューション
ASUSの節電ソリューションはシステムの負荷に応じて電力消費を調節し、バランスの
取れたコンピューティング環境を実現します。
ASUS EPU-6 Engine
世界初の省電力チップASUS EPUが、6エンジンタイプにバージョンアップしま
した。このバージョンアップにより、PCの負荷を検出してリアルタイムで効果的
かつ段階的に電力を抑えることで、システムの電力消費をより総合的に制御する
ことが可能になりました。各コンポーネント(CPU、ビデオカード、メモリ、チップ
セット、ハードドライブ、CPUクーラー、システムファン)に供給される電源回路を
多層化し、自動的にフェーズを切り替えることにより、システムの消費電力を緻密
に管理します。電力効率の向上、換言すればコスト削減に効果を発揮する新型
EPUは、オーバークロックユーザーに理想的な電源管理ソリューションと言えま
す。
(詳細:ページ 4-24〜27 参照)
ASUS P5Q-E
1-3
AI Nap コンピュータを使用していない時、システムを最も低い電圧とノイズで動作させ
ることができます。システムをウェークしOS 環境に戻すには、マウスをクリックす
る、または任意キーを押すだけです。
(詳細:ページ 4-20 参照)
ASUS 静音サーマルソリューション
ASUS 静音サーマルソリューションはシステムをより安定させ、オーバークロック能力
を向上させます。
ファンレス設計 - Stack Cool 2
ファンレスでゼロノイズの冷却機能です。コンポーネントから出る熱を大幅に下
げます。本製品ではPCB (printed circuit board) 上で熱を拡散するために特殊な
設計を採用しています。
ファンレス設計��������
–�������
ヒートパイプ
冷却ファンは一般的なサーマルソリューションですが、ノイズと故障の問題があ
りました。ASUS はファンレスコンセプトを押し進め、部品寿命を問題としない静
かで効果的な冷却環境をご提供致します。さらに、サイドフローファン、またはパ
ッシブクーラーを取り付けることも可能で、このヒートパイプデザインは最も確
実なファンレスサーマルソリューションと言えます。
ヒートパイプを取り外さないでください。チューブ破損の原因となります。
最高の冷却パフォーマンスを得るためにも、ICH10R サウスブリッジの保護フィルム
を剥がしてからご使用ください。
Fan Xpert
ASUS Fan Xpert は、気候条件や地理条件、システムの負荷に大きく左右される
環境温度に応じて、効果的にCPUファンとケースファンのスピードを調節すること
ができます。オプションから設定を選択することにより、ファンスピードを臨機応
変にコントロールすることができます。
(詳細:ページ 4-21 参照)
1-4
Chapter 1: 製品の概要
ASUS Crystal Sound
Skype、オンラインゲーム、ビデオ会議などの、音声に関連するアプリケーションで、音
質が向上します。
ASUS AI Audio 2
AI Audio 2 は、ピケットフェンス効果を取り込むことなく、全体のサウンドフィール
ドを拡張しバーチャルセンターチャンネルを作り出します。マルチチャンネルか
らのダウンミックスでダイアログ(会話)またはソロパフォーマンスを維持するた
め、臨場感溢れるハイクオリティオーディオを実現します。
(詳細
����������������
:ページ 4-30 参照)
Noise Filter コンピュータのファンやエアコン等の個々の定常ノイズ (肉声ではない信号)を
検出し、録音中はそれらの音をカットします。
(詳細:ページ 4-38 参照)
ASUS EZ DIY
ASUS EZ DIY 機能は、コンピュータのコンポーネントの取り付けや、BIOS 更新、設定デ
ータのバックアップに便利な機能が満載です。
ASUS Drive Xpert ASUS Drive Xpert により、
ドライバやBIOSの設定なしに、ハードディスクのデー
タ保護及び転送速度を向上させることができます。ユーザーフレンドリーなGUI
により、データのバッックアップの設定、転送速度の向上ができます。それにより、
毎日いつでもデータが保護されていることを確認できます。
(詳細:ページ 3-39、4-39、4-58 参照)
ASUS DieHard BIOS
ASUS DieHard BIOSは、メインBIOSとバックアップ用BIOSの2つのBIOSで構成
されており、メインBIOSのデータが破損した場合、バックアップ用BIOSから自動
的にデータを復旧します。DieHard BIOSなら、BIOSチップを交換する、BIOSファイ
ルを復旧するといった、煩雑な作業から解放されます。
ASUS オンボードスイッチ
オンボードスイッチならオーバークロック時に押すだけで、パフォーマンスの微
調整が可能です。従来のようなピンをショートする、ジャンパを移動するといった
操作は不要です。
(詳細:ページ 2-24 参照)
ASUS P5Q-E
1-5
ASUS AI Direct Link
AI Direct Link はネットワークケーブルを通じて大容量のデータを効率的に転送
できるため、最大 70% の時間短縮に成功しました。AI Direct Link なら、動画ファ
イル等のサイズの大きいデータの共有とバックアップが簡単に行えます。
(詳細:ページ 4-28 参照)
ASUS Q-Shield
ASUS Q-Shield は従来の「爪」をなくした設計で、取り付けが非常に簡単です。よ
り優れた電気伝導率により、����������������������
静電気と電磁波妨害によるダメージから大切なマ
ザーボードを守ります。
ASUS Q-Connector
ASUS Q-Connector を使用すれば、ケースフロントパネルケーブルの取り付
け/取り外しが簡単にできます。
(詳細:ページ 2-39 参照)
ASUS O.C. Profile
本マザーボードには、ASUS O.C. Profile 機能が搭載されており、複数の BIOS設
定を保存・ロードすることができます。各 BIOS 設定はCMOSまたはファイルに保
存することができ、BIOS設定の利用と共有が簡単に行えます。
(詳細:ページ 3-41 参照)
ASUS EZ Flash 2
OSをロードする前でも、予め設定したホットキーを押すだけでBIOSの更新が簡
単に行えます。OSベースのユーティリティやブートディスクは不要です。
(詳細:ページ 3-4 参照)
ASUS MyLogo3™
この機能を使用すると、自分で選んだブートロゴを表示することができます。
(詳細
��������������������
:ページ 3-35、4-9 参照)
1-6
Chapter 1: 製品の概要
1.3.3
ASUS ������������������
インテリジェントオーバークロック機能
AI Booster
これまで、Windows 環境でオーバークロックが設定できるユーティリティで、BIOSの起
動は不要です。
(詳細:ページ 4-23 参照)
Precision Tweaker 2 ノースブリッジ電圧、サウスブリッジ電圧、DRAM 電圧を 0.02V 刻みで調節�����
することが
でき、������������������������������
最高のオーバークロック設定をカスタマイズすることができます。
(詳細:ページ 3-20〜21 参照)
C.P.R.(CPU Parameter Recall)
オーバークロック時にシステムがハングした場合、BIOSを初期設定値に自動再設定し
ます。オーバークロックが原因でハングした場合は、シャットダウンし、再起動するだけ
です。ケースを開けてRTCデータをクリアする必要はありません。
ASUS P5Q-E
1-7
1-8
Chapter 1: 製品の概要
システムの組み立てにおけるハードウェア
のセットアップ手順と、マザーボードのジャ
ンパやコネクタに関する説明
2
ハードウェア
2
Chapter
2.1
始める前に......................................................................................... 2-1
2.2
マザーボードの概要........................................................................... 2-2
2.3
CPU.................................................................................................... 2-5
2.4
システムメモリ.................................................................................. 2-11
2.5
拡張スロット..................................................................................... 2-18
2.6
ジャンパ........................................................................................... 2-22
2.7
オンボードスイッチ........................................................................... 2-24
2.8
コネクタ............................................................................................ 2-25
2.9
初めて起動する................................................................................ 2-40
2.10
コンピュータの電源をオフにする...................................................... 2-41
ASUS P5Q-E
2.1
始める前に
マザーボードのパーツの取り付けや設定変更の前は、次の事項に注意してください。
ASUS P5Q-E
•
各パーツを取り扱う前jに、コンセントから電源プラグを抜いてください。
•
静電気による損傷を防ぐために、各パーツを取り扱う前に、静電気除去装置に
触れるなど、静電気対策をしてください。
•
ICに触れないように、各パーツは両手で端を持つようにしてください。
•
各パーツを取り外すときは、必ず静電気防止パッドの上に置くか、コンポーネン
トに付属する袋に入れてください。
•
パーツの取り付け、取り外しを行う前に、ATX電源ユニットのスイッチがOFF の
位置にあるか、電源コードが電源から抜かれていることを確認してください。
電力が供給された状態での作業は、感電、故障の原因となります。
2-1
2.2
マザーボードの概要
2.2.1
マザーボードのレイアウト
バックパネルコネクタと内部コネクタの詳細については、セクション「2.8 コネクタ」
をご参照ください。
2-2
Chapter 2: ハードウェア
2.2.2
レイアウトの内容
コネクタ/ジャンパ/スロット
ページ
1.
ATX電源コネクタ(24ピン EATXPWR、8ピン ATX12V)
2-36
2.
LGA775CPUソケット
2-6
3.
CPUファン、ケースファン、電源ファンコネクタ
(4ピン CPU_FAN; 3ピン CHA_FAN1-3; 3ピン PWR_FAN)
2-33
4.
DDR2 メモリスロット
2-11
5.
CPU/ノースブリッジオーバーボルテージ設定
(3ピン OV_CPU; 3ピンOV_NB)
2-23
6.
ケース開閉検出コネクタ(4-1ピン CHASSIS)
2-34
7.
フロッピーディスクドライブコネクタ(34-1ピン FLOPPY)
2-27
8.
ICH10R Serial ATAコネクタ [レッド](7ピン SATA1-6)
2-29
9.
IDEコネクタ(40-1ピン PRI_EIDE)
2-28
10.
SIL5723 Serial ATAコネクタ [オレンジ]
(7ピン SATA_E1;7ピン SATA_E2)
2-30
11.
Clear RTC RAM(3ピン CLRTC)
2-22
12.
システムパネルコネクタ(20-8ピン PANEL)
2-38
13.
電源/リセットスイッチ
2-24
14.
TPM コネクタ (20-1 ピン TPM)
2-27
15.
USBコネクタ(10-1ピン USB78、USB910)
2-31
16.
Serial ポートコネクタ(10-1ピン COM1)
2-34
17.
IEEE 1394a ポートコネクタ(10-1ピン IE1394_2)
2-32
18.
光学ドライブオーディオコネクタ(4ピン CD)
2-37
19.
フロントパネルオーディオコネクタ(10-1ピン AAFP)
2-35
20.
デジタルオーディオコネクタ(4-1ピン SPDIF_OUT)
2-37
ASUS P5Q-E
2-3
2.2.3
設置方向
マザーボードが正しい向きでケースに取り付けられているかを確認してくださ
い。下の図のように外部ポートをケースの背面部分に合わせます。
2.2.4
ネジ穴
ネジ穴は9カ所あります。ネジ穴の位置を追わせてマザーボードをケースに固定
します。
ネジをきつく締めすぎないでください。マザーボードの破損の原因となります。
この面をケースの背面に
合わせます。
2-4
Chapter 2: ハードウェア
2.3
CPU
本製品には Intel® Core™2 Extreme / Core™2 Quad / Core™2 Duo / Pentium® dualcore / Celeron® dual-core / Celeron® プロセッサ用に設計されたLGA775ソケット
が搭載されています。
ASUS P5Q-E
•
CPUを取り付ける際は、全ての電源ケーブルをコンセントから抜いてください�
。
•
デュアルコアCPUを取り付ける場合、システム安定のためケースファンケーブ
ルをCHA_FAN1 コネクタに接続してください。
•
チップセットの制限により、CPUはFSB 800MHz 以上のものをお勧めします。
•
マザーボードのご購入後すぐにソケットキャップがソケットに装着されてい
ることと、ソケットの接触部分が曲がっていないかを確認してください。ソケッ
トキャップが装着されていない場合や、ソケットキャップ/ソケット接触部/マザ
ーボードのコンポーネントに不足やダメージが見つかった場合は、すぐに販売
店までご連絡ください。不足やダメージが出荷及び運送が原因の場合に限り、
ASUSは修理費を負担いたします。
•
マザーボードを取り付けた後も、ソケットキャップを保存してください。
ASUSは、このソケットキャップが装着されている場合にのみ、RMA(保証サー
ビス)を受け付けます。
•
製品保証は、CPUやソケットキャップの間違った取り付け・取り外しや、ソケット
キャップの紛失に起因する故障及び不具合には適用されません。
2-5
2.3.1
CPUを取り付ける
手順
1.
マザーボードの CPU ソケットの位置を確認します。
CPUを取り付ける前にCPUソケットを手前に向け、ロードレバーが向かって左側に
あることを確認してください。
2.
親指でロードレバーを押し(A)、タブか
ら外れるまで左に動かします(B)。
タブ
A
ソケットピンの損傷防止のため、ソ
ケットキャップはCPUを取り付ける
まで外さないでください。
3.
矢印の方向に135°ほどロードレバーを
持ち上げます。
4.
ロードプレートを親指と人差し指で
100°ほど持ち上げ(4A)、ロードプレ
ートウィンドウからソケットキャップを
押して取り外します(4B)。
B
ロードレバー
ソケットキャップ
ロードプレート
4B
4A
3
2-6
Chapter 2: ハードウェア
5.�������������������
CPU に書かれている金色の三角形がソ
ケットの左下隅になるようにCPUをソ
ケットの上に載せます。このとき、ソケ
ットの位置合わせキーは、CPUの溝に
ぴったり合わせる必要があります。
CPU ノッチ
金色の三角
形のマーク
CPU は一方向にのみぴったり合う
ようになっています。CPU をソケッ
トに無理に押し込まないでくださ
い。ソケットのコネクタが曲がる、
あるいはCPU が破損する等の原因
となります。
位置合わせキー
6.
ヒートシンクを取り付けるため、サーマ
ルグリースをCPUの表面に薄く均一に
塗布します。
ヒートシンクによっては既にサーマ
ルグリスが塗布されています。その
場合はこの手順は行わず、次の手
順に進んでください。
サーマルグリスは有毒物質を含んでいます。万一目に入った場合や、肌に直接
触れた場合は洗浄後、すぐに医師の診断を受けてください。
サーマルグリスを塗布する際は指で直接塗布しないでください。サーマルグリ
スの質が落ち、冷却能力に影響が出ます。
ASUS P5Q-E
2-7
7.
ロードプレートを閉じ(A)、ロードレバ
ー(B)がタブに収まるまで押します。
A
B
本製品は Intel® Extended Memory 64 Technology(EM64T)、Enhanced Intel
SpeedStep® Technology(EIST)、Hyper-Threading Technology を搭載した Intel®
LGA775 プロセッサをサポートしています。詳細は巻末の「参考」をご参照ください。
2-8
Chapter 2: ハードウェア
2.3.2
CPUにヒートシンクとファンを取り付ける
®
Intel LGA775 プロセッサ用に、特別に設計されたヒートシンクとファンを組み合わせる
ことで、効率的な冷却を行いCPU パフォーマンスを引き出します。
•
箱入りの Intel® プロセッサを購入した場合、パッケージにはヒートシンクとファ
ンが入っています。CPU のみをお求めになった場合、Intel® が認定したマルチデ
ィレクションヒートシンクとファンを必ずご使用ください。
•�����
Intel® LGA775 用のヒートシンクとファンにはプッシュピンデザインが採用され
ており、取り付けの際に特別な工具は必要ありません。
CPUファンとヒートシンクを取り付ける前に、ケースにマザーボードを取り付けてく
ださい。
CPUヒートシンクとファンを別々にお買い求めになった場合は、ヒートシンクとファン
を取り付ける前に、サーマルグリスがヒートシンクまたはCPUに塗布されていることを
確認してください。
ヒートシンクとファンの取り付け手順
1.
2.
4つのファスナーがマザーボードの穴
の位置と合っていることを確認しな
がら、ヒートシンクをCPUの上に置き
ます。
A
B
B
対角線上にある2つのファスナーを同
時に押し下げ、ヒートシンクとファンを
正しい場所に固定します。
A
A
B
1
B
A
1
CPUファンケーブルとCPUファンコネクタをできるだけ近づけて、ヒートシンクとフ
ァンを配置してください。
ASUS P5Q-E
2-9
3.
CPUファンのケーブルをCPU_FANと表示されたマザーボード上のコネクタに接
続します。
CPUファンのケーブルを必ず接続してください。ハードウェアのモニタリングエラー
が発生することがあります。
2.3.3
CPUからヒートシンクとファンを取り外す
手順
1. 2.
3.
4.
2-10
マザーボードのコネクタからCPUファン
のケーブルを抜きます。
各ファスナーを左へ回します。
対角線上の2つのファスナーを同時に
引き抜いて、マザーボードからヒートシ
ンクとファンを外します。
A
B
B
A
A
B
B
A
マザーボードからヒートシンクとファンを慎重に取り外します。
Chapter 2: ハードウェア
2.4
システムメモリ
2.4.1
概要
本マザーボードはDDR2 デュアルインラインメモリスロットが4基搭載しています。
DDR2 メモリは DDRメモリと同じ大きさですが、DDRメモリのスロットに取り付
けることができないように、異なるノッチが付けられています。
スロットの場所は下の図でご確認ください。
Slot
チャンネル
スロット
Channel A
DIMM_A1 とDIMM_A2
Channel B
DIMM_B1 とDIMM_B2
ASUS P5Q-E
2-11
2.4.2
メモリ構成
�����
本マザーボードは以下の構成で、�����������������������������������������
512 MB、1 GB、2 GB、4GB unbuffered/non‑ECC
DDR2 メモリ����������������������
をメモリスロットに取り付けることができます。
•
サイズの異なるメモリを Channel A と Channel B に取り付けることができま
す。異なる容量のメモリをデュアルチャンネル構成で取り付けた場合、デュア
ルチャンネルアクセス領域はメモリ容量の合計値が小さい方のチャンネルに
合わせて割り当てられ、サイズの大きなメモリの超過分に関してはシングルチ
ャンネル用に割り当てられます。
•
オーバークロックのパフォーマンスの観点から、スロットはイエローのスロット
からご使用ください。
•
同じ CAS レイテンシを持つメモリを取り付けてください。またメモリは同じベ
ンダーからお求めになることをお勧めします。
•
OS Windows Vista 32bit/Windows XP 32bit では Physical Address Extension
(PAE)をサポートしないため、1 GBメモリを4枚取り付けても、システムは
3GB 未満のシステムメモリしか認識しないことがあります。
•
Windows Vista 32bit/Windows XP 32bit OSでは、合計3GB未満のシステムメ
モリを取り付けることをお勧めします。
•
本マザーボードは 128 Mb チップで構成されるメモリとダブルサイド x16 メモ
リをサポートしません。
•
以下の OS では、チップセットの制限により本マザーボードがサポート可能な
システムメモリは16GBまでです。各スロットに取り付け可能なメモリは最大4
GBです。
64-bit
®
Windows XP Professional x64 Edition
Windows® Vista x64 Edition
2-12
•
初期設定のメモリ動作周波数はメモリのSPDに左右されます。初期設定では、
特定のメモリはオーバークロックしてもメーカーが公表する値より低い値で動
作する場合があります。メーカーが公表する値またはそれ以上で動作させる場
合は、手動で周波数を調節してください。
(詳細:セクション「3.4 Ai Tweaker メニュー」参照)
•
メモリを4枚取り付ける場合やメモリをオーバークロックする場合は、そ
れに対応可能な冷却システムが必要となります。
Chapter 2: ハードウェア
P5Q-E: QVL(メモリ推奨ベンダーリスト)
DDR2-1066MHz
サイズ
ベンダー
チップNo.
CL
チップ
ブランド
SS/
DS
1GB
2GB (Kit of 2)
APACER
CORSAIR
N/A
Heat-Sink Package
N/A
APACER
5-5-5-15 N/A
DS
DS
4GB (Kit of 2)
CORSAIR
Heat-Sink Package
5-5-5-15 N/A
DS
1GB
1GB
1GB
2GB (Kit of 2)
4GB (Kit of 2)
1GB
1GB
2GB (Kit of 2)
4GB (Kit of 4)
2GB
1GB
4GB (Kit of 2)
4GB (Kit of 2)
512MB
1GB
2GB
512MB
1GB (Kit of 2)
1GB (Kit of 2)
1GB
2GB (Kit of 2)
1GB
2GB (Kit of 2)
1GB
2GB
2GB (Kit of 2)
512MB
1GB
1GB
2GB (Kit of 2)
1GB
1GB
1GB
512MB
CORSAIR
CRUCIAL
CRUCIAL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
GEIL
GEIL
GEIL
GEIL
GEIL
GEIL
GEIL
HYNIX
Hynix
KINGMAX
Kingston
Kingston
Kingston
Kingston
Kingston
Kingston
Kingston
MICRON
OCZ
OCZ
Qimonda
Qimonda
Qimonda
Transcend
Elixir
KINGBOX
mushikin
PQI
Heat-Sink Package
100258
97533
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
GL2L128M88BA25AB
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
GL2L128M88BA25AB
GL2L128M88BA25AB
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
HY5PS12821F
HY5PS12821FFP-G7
KKB8FFBXF-CFP-18A
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
E5108AJBG -1J-E
N/A
Z9JKJ
N/A
Heat-Sink Package
HYB18T 512800CF19F
HYB18T 512800CF19
HYB18T 512800CF19F
Heat-Sink Package
N2TU 51280CE-BD
N/A
N/A
Heat-Sink Package
N/A
N/A
N/A
5-5-5-15
5-5-5-15
5-5-5-15
5-5-5-15
5-5-5-15
5-5-5-15
5-5-5-15
5-5-5-15
N/A
5-5-5-15
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
DS
SS
DS
DS
DS
DS
SS
SS
SS
DS
DS
DS
DS
SS
DS
DS
SS
SS
SS
DS
DS
DS
DS
SS
DS
DS
SS
DS
DS
SS
DS
DS
DS
SS
ASUS P5Q-E
N/A
CRUCIAL
CRUCIAL
N/A
N/A
N/A
GEIL
N/A
N/A
GEIL
GEIL
N/A
N/A
HYNIX
HYNIX
KINGMAX
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
Kingston
N/A
N/A
N/A
QIMONDA
QIMONDA
N/A
N/A
ELIXIR
MICRON
N/A
PQI
パーツNo.
メモリスロットサポート
(オプション)
A*
B*
C*
78.0AG9S.9KF
•
•
Box P/N: TWIN2X2048-8500C5 •
(CM2X1024-8500C5)(EPP)
Box P/N:TWIN2X4096-8500C5DF •
•
(CM2X2048-8500C5D)(EPP)
CM2X1024-8500C5D(EPP)
•
BL12864AL1065.8FE5
•
BL12864AA1065.16FD5
•
F2-8500CL5D-2GBPK
•
•
•
F2-8500CL5D-4GBPK
•
F2-8500CL5S-1GBPK
•
•
•
GB22GB8500C5DC
•
•
GE22GB1066C5DC
•
•
GE24GB1066C5QC
•
•
GB24GB8500C5DC
•
•
GB24GB8500C5QC
•
•
GE24GB1066C5DC
•
•
GX24GB8500C5UDC
•
•
HYMP564U64FP8-G7 AB
•
•
•
HYMP 512U64FP8-G7
•
•
•
KLEE88F-B8KB5
•
KHX8500D2/ 512
•
KHX8500D2K2/1G
•
•
KHX8500D2K2/1GN(EPP)
•
•
KHX8500D2/1G
•
KHX8500D2K2/2GN(EPP)
•
KVR1066D2N7/1G
•
KVR1066D2N7K2/2G
•
MT8HTF12864AY-1GAEZES
•
•
HOCZ2RPR10662GK
•
•
•
OCZ2N1066SR2GK(EPP)
•
•
HYS64T64000EU-19F-C
•
•
•
HYS64T128020EU-1.9-C
•
•
•
HYS64T128020EU-19F-C
•
•
•
TX1066QLU-2GK
•
•
M2Y1G64TU8HC4B-BD
•
•
7YDI2
•
•
996535
•
•
PQI28500-1024DB
•
2-13
P5Q-E: QVL(メモリ推奨ベンダーリスト)
DDR2-800MHz
2-14
サイズ
ベンダー
チップNo.
CL
チップ
ブランド
SS/
DS
パーツNo.
メモリスロットサポート
(オプション)
A*
B*
C*
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
512MB
1GB
2GB
512MB
1GB
2GB
1GB
1GB
1GB
A-DATA
A-DATA
A-DATA
Apacer
Apacer
Apacer
CORSAIR
Crucial
Crucial
AD29608A8A-25EG
AD26908A8A-25EG
AD20908A8A-25EG
AM4B5708JQJS8E
AM4B5808CQJS8E
AM4B5808CQJS8E
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
5
4
4
4
N/A
N/A
A-DATA
APACER
APACER
APACER
N/A
N/A
N/A
SS
DS
DS
SS
SS
DS
DS
DS
DS
M2OAD6G3H3160G1E53
M2OAD6G3I4170I1E58
M2OAD6H3J4171Q1E52
78.91G9I.9K5
78.01GA0.9K5
78.A1GA0.9K4
CM2X1024-6400C4
BL12864AA804.16FD
BL12864AL804.16FD3
1GB
Crucial
Heat-Sink Package
4
N/A
DS
BL12864AA804.16FD3
•
•
•
1GB
1GB
1GB
1GB
4GB (Kit of 2)
4GB (Kit of 2)
4GB (Kit of 2)
2GB
2GB
2GB
2GB
2GB
512MB
1GB
512MB
1GB
2GB
512MB
512MB
1GB
1GB
1GB
1GB
2GB
512MB
1GB
1GB
2GB
2GB
2GB (Kit of 2)
4GB (Kit of 2)
2GB
2GB
2GB
512MB
1GB
1GB
4GB
2GB
512MB
1GB
1GB
1GB
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
GEIL
GEIL
GEIL
GEIL
GEIL
Hynix
Hynix
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
NANYA
NANYA
NANYA
NANYA
OCZ
OCZ
OCZ
PSC
Qimonda
Qimonda
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
Super Talent
Super Talent
Aeneon
Aeneon
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
GE24GB800C5DC
GE28GB800C5QC
GE28GB800C4QC
GE24GB800C4DC
GB24GB6400C5DC
HY5PS12821CFP-S5
HY5PS12821CFP-S5
KKA8FEIBF-HJK-25A
KKA8FEIBF-HJK-25A
KKB8FFBXF-CFA-25A
E5108AJBG-8E-E
E5108AJBG-8E-E
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
V59C1512804QBF25
E5108AJBG-8E-E
E1108ACBG-8E-E
NT5TU64M8BE-25C
NT5TU64M8BE-25C
NT5TU64M8CE-25D
NT5TU128M8CE-AC
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
A3R1GE3CFF734MAA0E
HYB18T1G800C2F-25F
HYB18T1G800C2F-2.5
K4T51083QG
K4T1G084QQ
K4T51083QG
K4T2G084QA-HCF7
K4T1G084QQ
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
AET03R25DC
AET93R25DB
N/A
N/A
N/A
N/A
4
6
5
5-5-5-15
5-5-5-15
4-4-4-12
4-4-4-12
5-5-5-15
5-5-5
5-5-5
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
4-4-4-12
N/A
N/A
N/A
N/A
5
5
N/A
5
5-4-4-15
4
5-4-4
5
5
6
6
6
6
6
6
N/A
N/A
5
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
GEIL
Hynix
Hynix
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
ELPIDA
ELPIDA
N/A
N/A
N/A
ELPIDA
ELPIDA
NANYA
NANYA
NANYA
NANYA
N/A
N/A
N/A
PSC
QIMONDA
QIMONDA
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
N/A
N/A
Aeneon
Aeneon
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
SS
DS
SS
DS
DS
SS
SS
SS
SS
DS
DS
DS
SS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
SS
SS
DS
DS
DS
SS
DS
SS
DS
F2-6400CL4D-2GBPK
F2-6400CL5D-2GBNQ
F2-6400PHU2-2GBNR
F2-6400CL4D-2GBHK
F2-6400CL4D-4GBPK
F2-6400CL6D-4GBMQ
F2-6400CL5D-4GBPQ
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
GL2L128M88BA25AB
HYMP564U64CP8-S5
HYMP512U64CP8-S5
KLDC28F-A8KI5
KLDD48F-ABKI5
KLDE88F-B8KB5
KVR800D2N5/512
KVR800D2N6/512
KHX6400D2LLK2/1GN(EPP)
KHX6400D2ULK2/1G
KVR800D2N5/1G
KVR800D2N6/1G
KVR800D2N5/2G
NT512T64U880BY-25C
NT1GT64U8HB0BY-25C
NT1GT64U8HCOBY-25D
NT2GT64U8HC0BY-AC
OCZ2P8004GK
OCZ2P800R22GK
OCZ2P8004GK
AL8E8F73C-8E1
HYS64T256020EU-25F-C2
HYS64T256020EU-2.5-C2
M378T6553GZS-CF7
M378T2863QZS-CF7
M378T2953GZ3-CF7
M378T5263AZ3-CF7
M391T5663QZ3-CF7
T800UA12C4
T800UB1GC4
AET760UD00-25DC08X
AET760UD00-25DB97X
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
Chapter 2: ハードウェア
P5Q-E: QVL(メモリ推奨ベンダーリスト)
DDR2-800MHz (続き)
サイズ
ベンダー
チップNo.
CL
チップ
ブランド
SS/DS パーツNo.
2GB
1GB
2GB
512MB
1GB
1GB
1GB
512MB
1GB
2GB
1GB
2GB
Aeneon
Asint
Asint
CENTURY
CENTURY
Elixir
Oci
Patriot
Patriot
Patriot
UMAX
UMAX
AET03R25DC
DDRII1208-GE
DDRII1208-GE
HY5PS12821BFP-S5
HY5PS12821BFP-S5
N2TU51280BE-25C
64M8PC6400
PM64M8D2BU-25EC
PM64M8D2BU-25PAC
PM128M8D2BU-25KC
U2S12D30TP-8E
U2S12D30TP-8E
5
N/A
N/A
N/A
N/A
5
5
N/A
5
5
N/A
N/A
Aeneon
Asint
Asint
Hynix
Hynix
Elixir
Jnfinity
N/A
Patriot
Patriot
UMAX
UMAX
DS
SS
DS
SS
DS
DS
DS
SS
DS
DS
DS
DS
AET860UD00-25DC08X
SLY2128M8-JGE
SLZ2128M8-JGE
28V2H8
28VOH8
M2Y1G64TU8HB0B-25C
04701G16CZ5D2A
PSD251280081
PSD21G8002
PSD22GB002
D48001GP3-63BJU
D48002GP0-73BCU
メモリスロットサポート
(オプション)
A*
B*
C*
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
P5Q-E: QVL(メモリ推奨ベンダーリスト)
DDR2-667MHz
サイズ
ベンダー
チップNo.
CL
チップ
ブランド
SS/DS パーツNo.
512MB
1GB
2GB
512MB
1GB
2GB
512MB
1GB
512MB
1GB
1GB
512MB
1GB
512MB
1GB
512MB
1GB
2GB
2GB
512MB
2GB
1GB
2GB
512MB
1GB
4GB
512MB
1GB
512MB
512MB
1GB
2GB
A-DATA
A-DATA
A-DATA
Apacer
Apacer
Apacer
CORSAIR
CORSAIR
crucial
crucial
crucial
ELPIDA
Hynix
Kingmax
Kingmax
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
NANYA
NANYA
PSC
Qimonda
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
Super Talent
Super Talent
TwinMOS
Aeneon
Aeneon
Aeneon
AD29608A8A-3EG
AD29608A8A-3EG
NT5TU128M8BJ-3C
AM4B5708JQJS7E
AM4B5808CQJS7E
AM4B5808CQJS7E
64M8CFEG
64M8CFEG
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
E5108AE-6E-E
HY5PS12821CFP-Y5
KKEA88B4LAUG-29DX
KKEA88B4LAUG-29DX
D6408TEBGGL3U
E5108AGBG-6E-E
E1108AB-6E-E
HY5PS1G831CFP-Y5
NT5TU64M8BE-3C
NT5TU128M8BJ-3C
A3R12E3JFF719A9T02
HYB18T1GB00C2F-3S
K4T51083QE
K4T51083QE
K4T2G084QA-HCE6
Heat-Sink Package
Heat-Sink Package
TMM6208G8M30C
AET93R300B
AET93R30DB
AET03F30DB
5
5
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
3
3
3
5
5
5
5
5
N/A
N/A
N/A
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
A-DATA
A-DATA
N/A
APACER
APACER
APACER
N/A
N/A
N/A
N/A
N/A
ELPIDA
Hynix
KINGMAX
KINGMAX
KINGSTON
KINGSTON
ELPIDA
Hynix
NANYA
NANYA
PSC
QIMONDA
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
N/A
N/A
TwinMOS
AENEON
AENEON
AENEON
SS
DS
DS
SS
SS
DS
SS
DS
SS
DS
DS
SS
DS
SS
DS
SS
DS
DS
DS
SS
DS
DS
DS
SS
DS
DS
SS
DS
SS
SS
DS
DS
ASUS P5Q-E
M2OAD5G3H3166I1C52
M2OAD5G3I4176I1C52
M2ONY5H3J4170I1C5Z
78.91G92.9K5
78.01G9O.9K5
78.A1G9O.9K4
VS512MB667D2
VS1GB667D2
BL6464AA663.8FD
BL12864AA663.16FD
BL12864AL664.16FD
EBE51UD8AEFA-6E-E
HYMP512U64CP8-Y5
KLCC28F-A8KB5
KLCD48F-A8KB5
KVR667D2N5/512
KVR667D2N5/1G
KVR667D2N5/2G
KVR667D2N5/2G
NT512T64U88B0BY-3C
NT2GT64U8HB0JY-3C
AL7E8E63J-6E1
HYS64T256020EU-3S-C2
M378T6553EZS-CE6
M378T2953EZ3-CE6
M378T5263AZ3-CE6
T6UA512C5
T6UB1GC5
8D-23JK5M2ETP
AET660UD00-30DB97X
AET760UD00-30B97X
AET860UD00-30DB08X
メモリスロットサポート
(オプション)
A*
B*
C*
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
2-15
P5Q-E �������������������
: QVL(メモリ推奨ベンダーリスト)
DDR2-667MHz(続き)
サイズ
ベンダー
チップNo.
CL
チップ
ブランド
SS/DS パーツNo.
512MB
1GB
512MB
1GB
1GB
512MB
1GB
512MB
1GB
1GB
2GB
Asint
Asint
CENTURY
CENTURY
Kingbox
MDT
MDT
Patriot
Patriot
UMAX
UMAX
DDRII6408-6E
DDRII1208-6E
HY5PS12821CFP-Y5
HY5PS12821CFP-Y5
EPD264082200E-4
18D51280D-30648
18D51280D-30646E
PM64M8D2BU-3KC
PM64M8D2BU-3PAC
U2S12D30TP-6E
U2S24D30TP-6E
N/A
N/A
5
5
N/A
4
4
N/A
5
N/A
N/A
Asint
Asint
Hynix
Hynix
Kingbox
MDT
MDT
N/A
Patriot
UMAX
UMAX
SS
SS
SS
DS
DS
SS
DS
SS
DS
DS
DS
SLX264M8-J6E
SLY2128M8-J6E
26V2H8
26VOH8
N/A
M512-667-8
M924-667-16
PSD251266781
PSD21G6672
D46701GP3-63BJU
D46702GP0-73BCU
メモリスロットサポート
(オプション)
A*
B*
C*
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
SS - シングルサイド / DS - ダブルサイド
メモリサポート:
• A*:シングルチャンネルメモリ構成として、1枚のモジュールを任意のスロッ
トに取り付けることが可能。
• B*:1組のデュアルチャンネルメモリ構成として、2枚1組のメモリをイエロ
ーのスロットまたはブラックのスロットに 取り付けることが可能。
• C*: 2組のデュアルチャンネルメモリ構成として、4枚のメモリをイエローと
ブラックのスロット両方に取り付けることが可能。
最新のQVLは、ASUSのWebサイト(http://www.asus.co.jp/)をご覧ください。
2-16
Chapter 2: ハードウェア
2.4.3
メモリを取り付ける
メモリや、その他のシステムコンポーネントを追加、または取り外す前に、コンピュ
ータの電源プラグを抜いてください。プラグを差し込んだまま作業すると、マザーボ
ードとコンポーネントが破損する原因となります。
2
手順
DDR2 メモリノッチ
1.
クリップを外側に押して、メモリスロ
ットのロックを解除します。
2.
メモリのノッチがスロットの切れ目に
一致するように、メモリをスロットに
合わせます。
1
1
ロック解除されたクリップ
DDR2 メモリは取り付ける向きがあります。間違った向きでメモリを無理にスロット
に差し込むと、メモリが損傷する原因となります。
3.
3
クリップが所定の場所に戻りメモリが正
しく取り付けられるまで、メモリをスロッ
トにしっかり押し込みます。
ロックされたクリップ
2.4.4
メモリを取り外す
2
手順
1.
1
クリップを外側に同時に押してメモ
リのロックを解除します。
1
DDR2 メモリノッチ
クリップを押しているとき、指でメモリを軽く引っぱります。無理な力をかけてメモリ
を取り外すとメモリが破損する恐れがあります。
2.
スロットからメモリを取り外します。
ASUS P5Q-E
2-17
2.5
拡張スロット
拡張カードを取り付ける場合は、このページに書かれている拡張スロットに関する説
明をお読みください。
拡張カードの追加や取り外しを行う前は、電源コードを抜いてください。電源コー
ドを接続したまま作業をすると、負傷や、マザーボードコンポーネントの損傷の原
因となります。
2.5.1
拡張カードを取り付ける
手順
1.
拡張カードを取り付ける前に、拡張カードに付属するマニュアルを読み、カード
に必要なハードウェアの設定を行ってください。
2.
コンピュータのケースを開けます(マザーボードをケースに取り付けている場合)。
3.
カードを取り付けるスロットのブラケットを取り外します。ネジは後で使用するの
で、大切に保管してください。
4.
カードの端子部分をスロットに合わせ、カードがスロットに完全に固定されるま
でしっかり押します。
5.
カードをネジでケースに固定します。
6.
ケースを元に戻します。
2.5.2
拡張カードを設定する
拡張カードを取り付けた後、ソフトウェアの設定を行い拡張カードを使用できるようにします。
1.
システムの電源をオンにし、必要であれば BIOS の設定を変更します。BIOS の設
定に関する詳細は、Chapter 3 をご参照ください。
2.
IRQ(割り込み要求)番号をカードに合わせます。次のページの表を参照してください。
3.
拡張カード用のソフトウェアドライバをインストールします。
PCI カードを共有スロットに挿入する際は、
ドライバがIRQの共有をサポートするこ
と、または、カードが IRQ 割り当てを必要としないことを確認してください。IRQ を
要求する2つの PCI グループが対立し、システムが不安定になりカードが動作しな
くなることがあります。詳細は次項の表をご参照ください。
2-18
Chapter 2: ハードウェア
2.5.3
割り込み割り当て
IRQ
優先順位
0
1
システムタイマー
1
2
キーボードコントローラ
標準機能
2
–
IRQ#9 にリダイレクト
4
12
通信ポート(COM1)*
5
13
ステアリング用 IRQ ホルダ*
6
14
フロッピーディスクコントローラ
7
15
予約済み
8
3
システム CMOS/リアルタイムクロック
9
4
ステアリング用 IRQ ホルダ*
10
5
ステアリング用 IRQ ホルダ*
11
6
ステアリング用 IRQ ホルダ*
12
7
予約済�
み
13
8
数値データプロセッサ
14
9
プライマリ IDE チャンネル
*上記のIRQはPCIデバイスで使用されています。
本マザーボード用のIRQ割り当て
PCIE1_1
PCIE1_2
PCIE16_1
PCIE16_2
PCIE16_3
LAN(8056)
LAN(8001)
Marvell 6121
PCI_1
PCI_2
USB コントローラ 1
USB コントローラ 2
USB コントローラ 3
USB コントローラ 4
USB コントローラ 5
USB コントローラ 6
USB2.0コントローラ 1
USB2.0コントローラ 2
SATA コントローラ 1
SATA コントローラ 2
Audio Azalia
ASUS P5Q-E
A
–
–
共有
共有
共有
–
–
共有
共有
–
–
–
–
共有
共有
–
–
–
–
–
–
B
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
C
共有
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
共有
共有
–
–
D
–
共有
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
E
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
F
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
G
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
H
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
2-19
2.5.4
PCI スロット
LAN カード、SCSI カード、USB カード等の PCI 規格準拠のカードをサポートして
います。 スロットの位置は下の写真をご参照ください。
2.5.5
PCI Express x1 スロット
本マザーボードは PCI Express x1 ネットワークカード、SCSI カードのPCI Express
規格準拠のカードをサポートしています。スロットの位置は下の写真をご参照く
ださい。
2.5.6
PCI Express 2.0 x16 スロット
本マザーボードは PCI Express 規格準拠の PCI Express 2.0 x16 ビデオカードを2枚
取り付けることができます。スロットの位置は下の写真をご参照ください。
2.5.7
Universal PCI Express x16 スロット
本マザーボードは Universal PCI Express x16 スロットを1基搭載し、その最大スピ
ードは x4 です。スロットの位置は下の写真をご参照ください。
Universal PCIe x16_3 スロット
(ブラック:最大 x4)
PCIe 2.0 x16_2 スロット
(ブラック:最大 x8)
PCI2 スロット
PCIe x1_2 スロット
PCIe 2.0 x16_1 スロット
(ブルー)
PCI1 スロット
PCIe x1_1 スロット
2-20
Chapter 2: ハードウェア
ASUS P5Q-E
•
ビデオカードを1枚のみ使用する場合は、パフォーマンスの観点からPCI
Express x16 ビデオカードをPCIe 2.0 x16_1 スロット(ブルー)に取り付け
てください。
•
CrossFireX™ モードでは、パフォーマンスの観点から PCI Express x16 ビデオ
カードをPCIe 2.0 x16_1スロット(ブルー)とPCIe 2.0 x16_2(ブラック)ス
ロットに取り付けてください。
•
3ウェイ CrossFireX™ モードでは、PCIe 2.0 x16 スロット2基とUniversal
PCIe x16 スロットをご使用ください。
•
CrossFireX™ モードで動作させる場合は、十分な電源装置をご使用くださ
い。(詳細:ページ 2-36 参照)
•
PCIe x1 スロットを1基使用すると、Universal PCI Express x16 スロット
(ブラック)のスピードは最大 x1 となります。
•
複数のビデオカードを使用する場合は熱管理の観点から、ケースファンを本マ
ザーボード側のコネクタ CHA_FAN1/2/3 に接続してください。
(詳細:ページ 2-33 参照)
2-21
2.6
1.
ジャンパ
Clear RTC RAM(3ピン CLRTC)ジャンパ
このジャンパは、CMOSのリアルタイムクロック(RTC) RAMをクリアするも
のです。CMOS RTC RAMのデータを消去することにより、日、時、およびシ
ステム設定パラメータをクリアできます。システムパスワードなどのシステ
ム情報を含むCMOS RAMデータの維持は、マザーボード上のボタン電池によ
り行われています。
RTC RAMをクリアする手順
1. コンピュータの電源をオフにし電源コードをコンセントから抜きます。
2. ジャンパキャップをピン 1-2(初期設定)からピン 2-3 に移動させます。
5~10秒間そのままにして、再びピン1-2にキャップを戻します。
3. 電源コードを差し込み、コンピュータの電源をオンにします。
4. 起動プロセスの間<D e l>キーを押し、B I O S設定に入ったらデータを再
入力します。
RTC RAM をクリアする場合を除き、CLRTCジャンパのキャップは取り外さないでく
ださい。システムの起動エラーの原因となります。
2-22
•
上記の手順を踏んでもRTC RAMがクリアできない場合は、マザーボードのボ
タン電池を取り外し、ジャンパの設定を行ってください。なお、クリアが終了し
た後は、電池を元に戻してください。
•
オーバークロックによりシステムがハングアップした場合は、C.P.R.(CPU
Parameter Recall)機能をご利用いただけます。システムを停止して再起動する
と、BIOS は自動的にパラメータ設定を初期設定値にリセットします。
•
チップセットの動作上、C.P.R. 機能を有効にするにはAC 電源はオフの状態に
する必要があります。システムを再起動する前に、電源を一度オフにしてからオ
ンにするか、電源コードを抜いてから再度接続してください。
Chapter 2: ハードウェア
2.
CPU/ノースブリッジ オーバーボルテージ設定ジャンパ(3ピン OV_CPU;3ピンOV_NB)
これらジャンパは、BIOSでのCPUとノースブリッジのオーバーボルテージの設定
に関連するジャンパです。ピン 1-2 に設定すると、この機能が有効になります。な
お、ジャンパの変更にあたっては、本項の説明をよくお読みください。
OV_CPU
OV_NB
ピン 2-3(初期設定)
最大 1.70V
最大 1.9V
ピン 1-2(OV 有効時)
最大 2.10V
最大 2.2V
•������������������������������������������
オーバーボルテージ設定用にジャンパ設定を変更する前は、3.4 Ai Tweaker
の項で記載した関連するBIOSオプションで、CPUとノースブリッジのパフ
ォーマンスを調節してください。また、このジャンパを設定変更する前
に、BIOS電圧設定を最高値にした状態でシステムが正常に機能することを
確認してください。
ASUS P5Q-E
•
CPUとノースブリッジのオーバーボルテージ設定についての詳細は、
「3.4 Ai
Tweaker」をご参照ください。
•
新型CPUを取り付けた場合は、OV_CPU ジャンパをまず初期設定の状態で起
動してください。ピン 1-2 で起動すると、システムがハングする可能性がありま
す。また、OV_CPU ジャンパの設定に誤りがありシステムエラーが発生した場
合は、コンピュータをシャットダウンしジャンパキャップをピン 2-3 に戻してく
ださい。
•
電圧を高く設定した場合は、システム安定のため冷却システムを強化すること
をお勧めします(水冷システム等)。
2-23
2.7
オンボードスイッチ
オンボードスイッチにより、ベアシステムまたはオープンケースシステムでの作
業中に、パフォーマンスを微調整することができます。このスイッチはシステム
パフォーマンスを頻繁に変更するオーバークロックユーザー、ゲーマーに理想的
なソリューションです。
2-24
1.
電源スイッチ(Power on スイッチ)
このスイッチを押すとシステムの電源がオンになります。スリープ状態の場合はシ
ステムはウェイクアップします。
2.
リセットスイッチ
このスイッチを押すと、システムが再起動します。
Chapter 2: ハードウェア
2.8
コネクタ
2.8.1
バックパネルコネクタ
1.
PS/2キーボード/マウスコンボポート:PS/2キーボード用です。
2.
コアキシャル S/PDIF 出力ポート:コアキシャル S/PDIF ケーブルを使って外部オ
ーディオ出力デバイスを接続することができます。
3.
LAN 2(RJ-45)ポート:ネットワークハブを通して、LAN での Gigabit 接続をサポ
ートします。LAN ポート LED の表示については、下の表を参考にしてください。
4.
IEEE 1394a ポート:オーディオ/動画デバイス、記憶装置、PC、ポータブルデバイ
ス等の高速接続を可能にします。
5.
LAN 1(RJ-45)ポート:ネットワークハブを通して、LAN での Gigabit 接続をサポ
ートします。LAN ポート LED の表示については、下の表を参考にしてください。
*Energy Star 4.0 をサポートするため、
このポートは WOL(Wake on LAN)機能
をサポートしていません。
LAN ポート LED
Activity Link LED
スピード LED
状態
説明
状態
説明
オフ
リンクなし
オフ
10 Mbps
オレンジ
リンク確立
オレンジ
100 Mbps
点滅
データ有効
グリーン
1 Gbps
ACT/LINK
LED
スピード�
LED
LAN ���
ポート
6. センター/サブウーファポート
(オレンジ)
:センター/サブウーファスピーカーを接続
します。
7.
リアスピーカー出力ポート
(ブラック)
:このポートは4チャンネル、6チャンネル、
8チャンネルのオーディオ構成で使用します。
8.
ライン入力ポート
(ライトブルー)
:テープ、CD、DVDプレーヤー、またはその他の
オーディオソースを接続します。
9.
ライン出力ポート
(ライム)
:ヘッドフォンやスピーカーを接続します。4、6、8チャ
ンネルの出力設定のときは、このポートはフロントスピーカー出力になります。
ASUS P5Q-E
2-25
10. マイクポート
(ピンク)
:マイクを接続します。
11. サイドスピーカー出力ポート
(グレー)
:8チャンネルオーディオ構成でサイドスピ
ーカーを接続します。
2、4、6、8チャンネル構成時のオーディオポートの機能については、下のオーデ
ィオ構成表を参考にしてください。
オーディオ構成表
ポート
ヘッドセット
2チャンネル
ライトブルー
ライン入力
ライン入力
ライン入力
ライン入力
ライム
ライン出力
フロントスピーカー
出力
フロントスピーカー出力
フロントスピーカー
出力
ピンク
マイク入力
マイク入力
マイク入力
マイク入力
–
–
センタ/サブウーファ
センタ/サブウーファ
ブラック
–
リアスピーカー出力
リアスピーカー出力
リアスピーカー出力
グレー
–
–
–
サイドスピーカー出力
オレンジ
4チャンネル
6チャンネル
8チャンネル
12. USB 2.0 ポート1と2:USB 2.0デバイスを接続することができます。
13. 外部 SATA ポート:外部 Serial ATA ハードディスクドライブを接続します。
外部SATAデバイス以外のコネクタを外部SATAポートに接続しないでください。
14. USB 2.0 ポート 3 と 4:USB 2.0デバイスを接続することができます。
15. 光デジタル S/PDIF 出力ポート:デジタル S/PDIF ケーブルを使って外部オーディ
オ出力デバイスを接続することができます。
16. USB 2.0 ポート 5 と 6:USB 2.0デバイスを接続することができます。
2-26
Chapter 2: ハードウェア
2.8.2
1.
内部コネクタ
フロッピーディスクドライブコネクタ(34-1ピン FLOPPY)
フロッピーディスクドライブ(FDD)ケーブル用コネクタです。ケーブルの一方をこ
のコネクタに挿入し、もう一方をフロッピーディスクドライブの背面に接続します。
注意: フロッピーケーブルの赤いラインと
PIN1の向きを合わせてください。
誤ってケーブルを接続しないように、コネクタのピン5は取り外されています。
2.
TPM コネクタ(20-1 ピン TPM) [オプション]
このコネクタは TPM(Trusted Platform Module)システムをサポートし、大切な
キーやデジタル認証、パスワード、データを保存します。また、TPM システムはネ
ットワークのセキュリティレベルを高め、デジタル認識を保護し、プラットフォー
ムの統合性を高めます。
TPMモジュールは別売りとなっております。
ASUS P5Q-E
2-27
3.
IDE コネクタ(40-1ピン PRI_EIDE)
Ultra DMA 133/100 ケーブル用です。各 Ultra DMA 133/100 ケーブルには ブル
ー、ブラック、グレー の3つのコネクタがあります。マザーボードの IDE コネクタ
には ブルーを接続し、下からいずれかのモードを選択してください。
注意: フロッピーケーブルの赤いラインと
PIN1の向きを合わせてください。
ドライブジャンパ設定
デバイス1台
デバイス2台
Cable-Select/ マスター
Cable-Select
デバイスのモード
ケーブルコネクタ
-
ブラック
マスター
ブラック
スレーブ
グレー
マスター
マスター
ブラック/ グレー
スレーブ
スレーブ
•
誤ってケーブルを接続しないようにコネクタのピン 20 は取り外されています。
•
Ultra DMA 133/100 IDE デバイスの場合は、80ピンタイプの IDE ケーブルを使
用します。
あるデバイスジャンパを「Cable-Select」に設定した場合は、他のデバイスジャンパ
も全て同じ設定にしてください。
2-28
Chapter 2: ハードウェア
4.
ICH10R Serial ATA コネクタ [レッド](7ピン SATA1-6)
これらコネクタは Serial ATA ケーブル用で、Serial ATA ハードディスクドライブと
光学ドライブに使用します。
Serial ATA ハードディスクドライブを接続すると、�����������
オンボード �����
Intel® ICH10R RAID
®
コントローラを通じて、�����
Intel Matrix Storage テクノロジ������������������
により���������������
RAID 0、1、5、10 を
構築することができます。
•
コネクタ SATA1–4 は初期設定で [IDE] に設定されています。これらコネクタを
��������
使用してSerial ATA RAID を構築する場合は、BIOS項目「Configure SATA as」
を [RAID] にしてください。詳細はセクション「3.3.6 ���������������������
Storage Configuration」を
ご参照ください。
•
RAID を構築する際にはセクション「4.4.3 Intel RAID」またはマザーボードのサ
ポート DVDに収録されているマニュアルをご参照ください。
•
Serial ATA ハードディスクドライブを使用する前に、Windows® XP Service
Pack 1 をインストールする必要があります。Serial ATA RAID(RAID 0/RAID
1/RAID 5/RAID 10)は Windows® XP 以降のOSでのみ構築可能です。
•
ホットプラグ機能とNCQ機能を使用する場合は、BIOS項目「Configure SATA
as」を [AHCI] に設定してください。
(詳細:セクション「3.3.6 Storage Configuration 」参照).
直角部分
SATAケーブルの直角部分を SATA デバイ
スに接続します。
あるいは、オンボード SATA ポートに接続
してビデオカードとの衝突を避けることも
できます。
ASUS P5Q-E
2-29
5.
SIL5723 Serial ATA コネクタ [オレンジ](7ピンSATA_E1;SATA_E2)
これらコネクタはSerial ATAケーブル用で、Serial ATAハードディスクドライブ
に使用します。Serial ATA ハードディスクドライブを接続すると、オンボード
Silicon Image® SIL5723 コントローラを通じて、Drive Xpert テクノロジにより EZ
Backup、Super Speed 設定を構築することができます。
SATA_E1(オレンジ、ポート 0)
注:SATAコネクタにはステッカーが添付されており、Drive Xpert 機能に使
用するSATA_E1ポートとSATA_E2ポートの図が表示されています。なお、ア
プリケーションの詳細は「4.3.11 ASUS Drive Xpert」をご参照ください。
SATA_E2(ホワイト、ポート 1)
•
SATA_E1ポート(オレンジ、ポート0)
とSATA_E2ポート(ホワイト、ポート1)に接
続できるのは、SATAハードディスクドライブだけです。ATAPI デバイスは接続
できません。
•
Drive Xpert 機能を使用する際は、必要に応じてデータのバックアップを行っ
てください。
SATA_E2(ホワイトポート1)ハードディスクのデータは全てEZ Backup のセッ
トアップ時に削除されます。
ハードディスク2台のデータは全てSuper Speed のセットアップ時に削除さ
れます。
•
Drive Xpert テクノロジを使用する前に、SATAケーブルでSATAハードディスク
ドライブを正しく取り付けたことを確認してください。
•
Drive Xpert 機能が利用できるドライブは、SATA_E1ポート(オレンジ、ポート0)
とSATA_E2ポート(ホワイト、ポート1)に接続したデータドライブのみです。
•
ハードディスク1台を [Normal Mode] に設定する場合は、SATA_E1ポート(オレ
ンジ、ポート0)に接続してください。
アプリケーションの使用方法は、
「4.3.11 ASUS Drive Xpert」をご参照ください。
2-30
Chapter 2: ハードウェア
6.
USB コネクタ(10-1ピン ���������������������������
USB 78、USB 910、USB1112_WFG�
)
USB 2.0 ポート用のコネクタです。USBケーブルをこれらのコネクタに接続します。こ
のコネクタは最大 480 Mbps の接続速度を持つ USB 2.0 規格に準拠しています。
1394 ケーブルを USB コネクタに接続しないでください。マザーボードが破損する
原因となります。
お使いのケースがフロントパネルUSBポートをサポートしている場合、フロントパ
ネルUSBケーブルをこれらコネクタに接続することができます。USBケーブルを
ASUS Q-Connector(USB、ブルー)に接続し、Q-Connector(USB)をUSBコネクタに
接続すると接続が短時間で行えます。
ASUS P5Q-E
2-31
7.
IEEE 1394a ポート コネクタ(10-1ピン IE1394_2)
IEEE 1394a ポート用です。IEEE 1394a ケーブルをこのコネクタに接続します。
USBケーブルを IEEE 1394a コネクタに接続しないでください。マザーボードが破損
する原因となります。
お使いのケースがフロントパネル IEEE1394 ポートをサポートしている場合、
FireWire/1394 ケーブルをこのコネクタに接続することができます。1394 ケーブル
をASUS Q-Connector(1394、レッド)に接続し、Q-Connector(1394)をオンボード
1394 コネクタに取り付けると接続が短時間で行えます。
2-32
Chapter 2: ハードウェア
8.
CPUファンコネクタ、ケースファンコネクタ、電源ファンコネクタ
(4ピン CPU_FAN、3ピン CHA_FAN1-3、3ピン PWR_FAN)
各ファンコネクタは+12Vで、350 mA 〜 2000 mA(最大24 W)またはトータル
で 1 A〜 7 A(最大84 W)の冷却ファンをサポートします。ファンケーブルをマザ
ーボードのファンコネクタに接続し、各ケーブルの黒いワイヤがコネクタのアー
スピンに接続されていることを確認します。
ケース内に十分な空気の流れがないと、マザーボードコンポーネントが破損する恐れが
あります。組み立ての際にはシステムの冷却ファン(吸/排気ファン)を必ず搭載してくださ
い。
また、吸/排気ファン の電源をマザーボードから取得することで、エアフローをマザー
ボード側で効果的にコントロールすることができます。
また、
これはジャンパピンではあり
ません。
ファンコネクタにジャンパキャップを取り付けないでください。
ASUS P5Q-E
•
CPU-FAN と CHA-FAN 1-3 コネクタのみが ASUS Q-FAN 2 機能に対応してい
ます。
•
ビデオカードを2枚以上取り付ける場合は、バックパネルケースファンケーブ
ルをマザーボードのコネクタCHA_FAN1、CHA_FAN2、CHA_FAN3 のいずれ
かに接続することをお勧めします。
2-33
9.
ケース開閉検出コネクタ(4-1ピン CHASSIS)
ケース開閉検出センサーまたはスイッチ用コネクタです。センサーまたはスイッ
チを接続してください。システムコンポーネントの取り外しや交換のときにケー
スを開けると、ケース開閉検出センサーまたはスイッチはこのコネクタに信号を
送信します。信号はその後、ケース開閉検出イベントを発行します。
初期設定値では、
「Chassis Signal」
と
「Ground」のピンの間はジャンパキャップに
より、ショートされています。ケース開閉検出機能を使用する場合にのみ、ジャン
パを取り外してケース開閉検出センサーを接続してください。
10. Serial ポートコネクタ(10-1ピン COM1)
Serial(COM)ポート用です。
2-34
Chapter 2: ハードウェア
11. フロントパネルオーディオコネクタ(10-1ピン AAFP)
ケースのフロントパネルオーディオI/Oモジュール用コネクタで、HDオーディオ及
びAC’97オーディオをサポートしています。オーディオ I/Oモジュールケーブルの
一方をこのコネクタに接続します。
ASUS P5Q-E
•
HD オーディオ機能を最大限に活用するため、HD フロントパネルオーディオモ
ジュールを接続することをお勧めします。
•
HDフロントパネルオーディオモジュールをこのコネクタに接続する場合は、
BIOSの「Front Panel Type」項目を [HD Audio] に設定してください。AC' 97 フ
ロントパネルオーディオモジュールを接続するには、この項目を [AC97] に設定
してください。詳細はセクション「3.5.4 オンボードデバイス設定構成」をご参照
ください。
2-35
12. ATX 電源コネクタ(24ピン EATXPWR、8ピン EATX12V)
ATX 電源プ ラグ用のコネクタです。電源プラグは正しい向きでのみ、取り付けら
れるように設計されています。正しい向きでしっかりと挿し込んでください。
2-36
•
システムの快適なご利用のために、最低 400 W ATX 12 V 仕様 2.0 (またはそ
れ以降)対応電源ユニットを使用することをお勧めします。
•
8ピン EATX12V 電源プラグを必ず接続してください。システムが起動しなくな
ります。
•
大量に電力を消費するデバイスを使用する場合は、高出力の電源ユニットの使
用をお勧めします。電源ユニットの能力が不十分だと、システムが不安定にな
る、システムが起動しなくなる等の問題が発生する場合があります。
•
ハイエンド PCI Express x16 カードを2枚使用する場合は、500W〜600W の
電源ユニットをご使用ください。
•
システムの電源要求条件が不明な場合は、以下のリンクの「電源用
ワット数計算機」を参考にしてください。
(http://support.asus.com/
PowerSupplyCalculator/PSCalculator.aspx)
Chapter 2: ハードウェア
13. 光学ドライブオーディオコネクタ(4ピン
��������
CD)
CD-ROM、TV チューナー、MPEG カード等のサウンドソースからステレオオーデ
ィオ入力を受信します。
14. デジタルオーディオコネクタ(4-1ピン SPDIF)
S/PDIFポート追加用のコネクタです。
S/PDIF出力ケーブルは別売りとなっております。
ASUS P5Q-E
2-37
15. システムパネルコネクタ(20-8ピン PANEL)
•
これらのコネクタはケースに付属する各機能に対応しています。
システム電源 LED(2 ピン PLED)
システム電源LED用です。ケース電源LEDケーブルを接続してください。システム
の電源LEDはシステムの電源をオンにすると点灯し、システムがスリープモード
に入ると点滅します。
•
HDD Activity LED(2 ピン IDE_LED)
HDDActivity LED用です。HDDActivity LEDケーブルを接続してください。IDE
LEDは、HDDでデータの読み書きが行われているときに点灯または点滅します。
•
ビープ(Beep)スピーカー(4 ピン SPEAKER)
ケース取り付けのビープスピーカー用です。スピーカーはその鳴り方でシステムの
不具合を報告し、警告を発します。
•
ATX 電源ボタン/ソフトオフボタン(2 ピン PWRSW)
システムの電源ボタン用です。電源ボタンを押すとシステムの電源がオンになり
ます。また BIOSの設定によってはシステムをスリープモードまたはソフトオフモー
ドにすることができます。システムがオンになっているときに電源スイッチを押す
と、システムの電源はオフになります。
2-38
•
リセットボタン(2 ピン RESET)
ケースに付属のリセットボタン用です。システムの電源をオフにせずにシステムを
再起動します。
Chapter 2: ハードウェア
16. ASUS Q-Connector(システムパネル)
ASUS Q-Connector でケースフロントパネルケーブルの取り付け/取り外しが以
下の手順で簡単に行えます。下は取り付け方法です。
1.
フロントパネルケーブルを
ASUS Q-Connector に接続します。
向きはQ-Connector 上にある表示を参考に
し、フロントパネルケーブルの表示と一致す
るように接続してください。
2.
ASUS Q-Connector をシステムパネルコネク
タに取り付けます。マザーボードの表示と一
致するように取り付けてください。
3.
フロントパネル機能が有効になりました。�
右
は Q-connector を取り付けた写真です。
ASUS P5Q-E
2-39
2.9
初めて起動する
1.
すべての接続が終了したら、システムケースのカバーを元に戻してください。
2.
すべてのスイッチをオフにしてください。
3.
電源コードをケース背面の電源コネクタに接続します。
4.
電源コードをコンセントに接続します。
5.
以下の順番でデバイスの電源をオンにします。
a. モニター
b. 外部デバイス類(ディジーチェインの最後のデバイスから)
c. 外部 Serial ATA デバイス
d. システム電源
6.
システムの電源をオンにすると、システム前面パネルケースのシステム電源LEDが
点灯します。ATX電源装置を搭載したシステムの場合、ATX電源ボタンを押すとシ
ステムLEDが点灯します。モニターが「グリーン」規格に準拠している場合や、電
源スタンバイ機能を搭載している場合、システムの電源をオンにすると、モニター
のLEDが点灯もしくはオレンジからグリーンに切り替わります。
次にシステムは、起動時の自己診断テスト (POST) を実行します。テストを実行し
ている間、BIOSがビープ音を出すか、スクリーンにメッセージが表示されます。電
源をオンにしてから30秒以内に何も表示されない場合は、電源オンテストの失
敗です。ジャンパ設定と接続を確認してください。問題が解決されない場合は、販
売店にお問い合わせください。
BIOS ビープ
ビープ1回
長いビープ1回+短いビープ2回、
数秒後同じパターンで繰り返し
長いビープ1回+短いビープ3回
長いビープ1回+短いビープ4回
7.
2-40
説明
VGA 検出
BIOS の「Quick Boot」設定が [Disabled] の時
キーボード未検出
メモリ未検出時
VGA 未検出時
ハードウェアモニタリング エラー
電源をオンにした直後に、<Delete>キーを押すとBIOS設定に入ります。詳細は
Chapter 3をご参照ください。
Chapter 2: ハードウェア
2.10
コンピュータの電源をオフにする
2.10.1
OSシャットダウン機能を使用する
Windows® Vista をご使用の場合:
1. 「スタート」ボタンをクリックし、
「シャットダウン」を選択します。
2. Windows® がシャットダウンした後、電源装置もオフになります。
Windows® XPをご使用の場合
1. スタートボタンをクリックし、
「シャットダウン」を選択します。
2. 「電源を切る」をクリックし、コンピュータの電源をオフにします。
3.
Windows® がシャットダウンした後、電源装置がオフになります。
2.10.2
電源スイッチのデュアル機能を使用する
システムがオンになっている間、電源スイッチを押してから4秒以内に離すとシステム
はBIOS設定によりスリープモードまたはソフトオフモードに入ります。電源スイッチを
4秒以上押すと、BIOS設定には関わらず、システムはソフトオフモードに入ります。詳細
は Chapter3の「3.6 Power Menu」をご参照ください。
ASUS P5Q-E
2-41
2-42
Chapter 2: ハードウェア
BIOS セットアップメニューでのシステム設
定の変更方法と BIOS パラメータの詳細
3
BIOSセットアップ
3
Chapter
3.1
BIOS管理更新.................................................................................... 3-1
3.2
BIOS設定プログラム........................................................................... 3-7
3.3
メインメニュー................................................................................. 3-10
3.4
Ai Tweaker ����
メニュー........................................................................ 3-15
3.5
拡張メニュー.................................................................................... 3-23
3.6
電源メニュー.................................................................................... 3-30
3.7
ブートメニュー................................................................................. 3-34
3.8
ツールメニュー................................................................................. 3-38
3.9
終了メニュー.................................................................................... 3-43
ASUS P5Q-E
3.1
BIOS 管理更新
次のユーティリティを使って、マザーボードのベーシックインプット/アウトプットシステ
ム(BIOS)の管理更新を行います。
1.
ASUS Update(Windows® 環境でBIOSを更新)
2.
ASUS EZ Flash 2(DOS環境でBIOSを更新。フロッピーディスク/USB フラッシュデ
ィスクを使用)
3.
ASUS AFUDOS(ブートフロッピーディスクを使用してBIOSを更新)
ユーティリティの詳細については、このページ以降の各説明を参照してください。
BIOS を復旧できるように、オリジナルのマザーボード BIOS ファイルをブートフロ
ッピーディスク/ USB フラッシュディスクにコピーしてください。BIOS のコピーには
ASUS Update または AFUDOS を使用します。
3.1.1
ASUS Update
ASUS Update は、Windows® 環境でマザーボードの BIOS を管理、保存、更新するユー
ティリティです。以下の機能を実行することができます。
•
マザーボードの BIOSファイルを保存する
•
インターネットから最新の BIOS ファイルをダウンロードする
•
最新のBIOSファイルにBIOSを更新する
•
インターネットから直接BIOSを更新する
•
BIOSのバージョン情報を表示する
このユーティリティはマザーボードに付属しているサポートDVD からインストールし
ます。
ASUS Update でインターネットを使用した機能を使用するためには、インターネッ
ト接続が必要です。
ASUS Update をインストールする
手順
1.
光学ドライブにサポートDVDをセットします。
ドライバメニューが表示されます。
2.
Utility タブをクリックし、
「Install ASUS Update VX.XX.XX」をクリックします。
3.
ASUS Update ユーティリティがシステムにインストールされます。
ASUS P5Q-E
3-1
このユーティリティを使用してBIOS を更新する場合は、すべての Windows® アプリ
ケーションを終了してください。
インターネットを通してBIOSを更新する
手順
1.
2.
3-2
「スタートメニュー」→「プログラム」→「ASUS」→「ASUSUpdate」→
「ASUSUpdate」をクリックします。ASUS Update ユーティリティを起動すると、
ASUS Update メインウィンドウが表示されます。
ドロップダウンメニューから、
「Update BIOS from the internet」を
選択し、
「Next」をクリックします。
3.
最寄りの ASUS FTPサイトを選択す
るか、
「Auto Select」をクリックし、
「Next」をクリックします。
Chapter 3: BIOSセットアップ
4.
ダウンロードしたい BIOS バージョン
を選択し、
「Next」をクリックします。
5.
画面の指示に従って、更新プロセスを
完了します。
ASUS Update ユーティリティはイン
ターネットから最新版に更新するこ
とができます。すべての機能を利用
できるように、常に最新版をご使用
ください。
BIOSファイルからBIOSを更新する
手順
1.
「スタートメニュー」→「プログラム」→「ASUS 」→「ASUSUpdate」→
「ASUSUpdate」をクリックして、ASUS Update ユーティリティを起動すると、
ASUS Update メインウィンドウが表示されます。
2.
ドロップダウンメニューから「Update
BIOS from a file」を選択し、
「Next」を
クリックします。
3.
OpenダイアログからBIOSファイルを
探し、
「Open」をクリックします。
4.
画面の指示に従い、更新プロセスを完
了します。
P5Q-E.ROM
P5Q-E
ASUS P5Q-E
3-3
3.1.2
ASUS EZ Flash 2
ASUS EZ Flash 2 はブートフロッピーディスクや DOS ベースのユーティリティを使うこ
となく、BIOS を短時間で更新します。このユーティリティは内蔵の BIOS チップですの
で、システム起動時の自己診断テスト(POST)中に、<Alt> + <F2>を押すことで起動す
ることができます。
EZ Flash 2 を使用して BIOS を更新する手順
1.
ASUS Webサイト(www.asus.co.jp)にアクセスして、マザーボード用の最新の
BIOS ファイルをダウンロードします。
2.
BIOS ファイルをフロッピーディスクまたは USB フラッシュメモリに保存し、シス
テムを再起動します。
3.
EZ Flash 2 を 起動する方法には以下の2つがあります。
(1) BIOS ファイルを保存したフロッピーディスク / USB フラッシュメモリを
フロッピーディスクドライブまたは USB ポートに挿入します。
POST 中に <Alt> + <F2> を押すと下の画面が表示されます。
ASUSTek EZ Flash 2 BIOS ROM Utility V3.25
FLASH TYPE: WINBOND W25P/X16
Current ROM
BOARD: P5Q-E
VER: 0306
DATE: 05/13/2008
Update ROM
BOARD: Unknown
VER: Unknown
DATE: Unknown
PATH: A:\
A:
Note
[Enter] Select or Load
[Up/Down/Home/End] Move
[Tab] Switch
[B] Backup
[V] Drive Info
[Esc] Exit
(2) BIOS セットアッププログラムで、Tools メニューに進み EZ Flash2 を選択して
<Enter> を押します。
<Tab> を使ってドライブを変更し<Enter> を押します。
4.
3-4
BIOS ファイルが検出されると EZ Flash 2 が自動的に BIOS をアップデートし、シ
ステムが再起動されます。
•
FAT 32/16 フォーマットのUSBフラッシュメモリ、フロッピーディスク等のデバ
イスのみをサポートします。
•
BIOS を更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。
システム起動エラーの原因となります。
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.1.3
AFUDOS
AFUDOS ユーティリティは、BIOS ファイルを保存したブートフロッピーディスクを使用
して、DOS 環境で BIOS ファイルを更新します。また、このユーティリティで現在の BIOS
ファイルをバックアップ用に保存しておくこともできます。
現在のBIOSをコピーする
AFUDOS ユーティリティを使用して現在の BIOS ファイルをコピーします。
•
フロッピーディスクは書き込み可能なもので、ファイルを保存するために少な
くとも 1024KB の空き容量が必要です。
•
説明で使用しているBIOS の画面は一例です。実際の BIOS 画面とは、異なる場
合があります。
1.
マザーボードサポート DVD 内に収録されたAFUDOS ユーティリティ(afudos.
exe)を ブートフロッピーディスクにコピーします。
2.
ブートフロッピーディスクからシステムを起動し、プロンプトで以下のように入力
します。
afudos /o[filename]
[filename]は自由に決めることができます。入力可能な名前は、8文字以下の英数
字のファイル名と3文字の英数字の拡張子です。
A:\>afudos /oOLDBIOS1.rom
ファイル名
3.
拡張子
<Enter>を押します。マザーボードのBIOSファイルがフロッピーディスクにコピー
されます。
A:\>afudos /oOLDBIOS1.rom
AMI Firmware Update Utility - Version 1.19(ASUS V2.07(03.11.24BB))
Copyright (C) 2002 American Megatrends, Inc. All rights reserved.
Reading flash ..... done
Write to file...... ok
A:\>
BIOS ファイルがコピーされると、DOS プロンプトに戻ります。
BIOSファイルを更新する
AFUDOSユーティリティを使用してBIOSファイルを更新する手順
1.
ASUS Web サイト(www.asus.co.jp)にアクセスして、マザーボード用の最新の BIOS
ファイルをダウンロードして、ブートフロッピーディスクに保存してください。
ASUS P5Q-E
3-5
紙などにBIOSファイル名を書きとめてください。DOSプロンプトでBIOSファイル名
を正確に入力する必要があります。
2.
マザーボードサポート DVD 内に収録されたAFUDOS ユーティリティ(afudos.
exe)を ブートフロッピーディスクにコピーします。
3.
ブートフロッピーディスクからシステムを起動し、プロンプトで以下のように入力
します。
afudos /i[filename]
[filename] は、BIOS ファイル名です。
A:\>afudos /iP5Q-E.ROM
4.
ファイルが確認されると、BIOS の更新が開始されます。
A:\>afudos /iP5Q-E.ROM
AMI Firmware Update Utility - Version 1.19(ASUS V2.07(03.11.24BB))
Copyright (C) 2002 American Megatrends, Inc. All rights reserved.
WARNING!! Do not turn off power during flash BIOS
Reading file ....... done
Reading flash ...... done
Advance Check ......
Erasing flash ...... done
Writing flash ...... 0x0008CC00 (9%)
BIOS の更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。システ
ムエラーの原因となります。
5.
BIOS の更新プロセスが完了すると、DOS プロンプトに戻ります。HDDからシステ
ムを再起動してください。
A:\>afudos /iP5Q-E.ROM
AMI Firmware Update Utility - Version 1.19(ASUS V2.07(03.11.24BB))
Copyright (C) 2002 American Megatrends, Inc. All rights reserved.
WARNING!! Do not turn off power during flash BIOS
Reading file ....... done
Reading flash ...... done
Advance Check ......
Erasing flash ...... done
Writing flash ...... done
Verifying flash .... done
Please restart your computer
A:\>
3-6
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.2
BIOS設定プログラム
本マザーボードはプログラム可能なファームウェアを搭載しており、
「3.1 BIOS 管理更
新」で説明した付属ユーティリティを使用してBIOSの更新をすることが可能です。
BIOS 設定プログラムは、マザーボードを取り付けた時や、システムの再構成をした時、
または”Run Setup”を促された時に使用します。本項では、この機能を使用してコンピ
ュータの設定をする方法を説明します。
BIOS 設定プログラムを使用するように指示されていない場合でも、コンピュータの設
定を変更することができます。例えば、セキュリティパスワード機能を有効にする、また
は、電源管理設定を変更することができます。これらの設定を変更するためには、コン
ピュータがこれらの変更を認識し、ファームウェアのCMOS RAMに記録できるように、
BIOS設定プログラムを使用してコンピュータの設定を変更する必要があります。
マザーボードのファームウェアにはBIOS設定プログラムが搭載されています。BIOS 設
定プログラムはコンピュータを起動するときに実行することができます。起動時の自己
診断テスト (POST) の間に<Del>キーを押すとBIOS 設定プログラムが起動します。
POST の終了後にBIOS 設定プログラムを実行したい場合は、<Ctrl+Alt+Delete>を押す
か、ケースのリセットボタンを押してシステムを再起動します。システムをオフにし、それ
からまたオンにすることによって再起動することもできます。ただし、
これは最初の2つの
方法が失敗した場合の最後の手段として行ってください。
BIOS 設定プログラムは簡単に使用できるように設計されています。メニュー画面から、
ナビゲーションキーを使用してさまざまなサブメニューをスクロールする、使用可能な
オプションから設定を選択することができます。
ASUS P5Q-E
•
このマザーボードの BIOSの初期設定値はほとんどの環境で、最適なパフォー
マンスを実現できるように設定されています。BIOS 設定を変更した後システム
が不安定になったら、初期設定値をロードしてください。初期設定値に戻すに
は、終了メニューの「Load Setup Defaults」を選択します。
(詳細は「3.9 終了メ
ニュー」をご参照ください)
•
本書に掲載した BIOS の画面は一例であり、実際に表示される内容と異なる場
合があります。
•
最新の BIOS はASUS Web サイト(www.asus.co.jp)からダウンロードしてください。
3-7
3.2.1
BIOSメニュー画面
メニュー
Main
メニューバー
Ai Tweaker
構成フィールド
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
System Time
System Date
Legacy Diskette A
Language
[11:55:25]
[Wed 04/16/2008]
[1.44M, 3.5 in.]
[English]
SATA1
SATA2
SATA3
SATA4
SATA5
SATA6
Storage Configuration
������������������
System Information
[Not
[Not
[Not
[Not
[Not
[Not
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
ヘルプ
Tools
Exit
Use [ENTER], [TAB]
or [SHIFT-TAB] to
select a field.
Use [+] or [-]
to configure the
System Time.
Select Screen
Select Item
Change Field
Tab
Select Field
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
+-
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
サブメニュー
3.2.2
ナビゲーションキー
メニューバー
スクリーン上部のメニューバーには次の項目があり、主な設定内容は以下のとおりです。
Main
基本システム設定の変更
Ai Tweaker
オーバークロックの設定
Advanced
拡張システム設定の変更
Power
拡張電源管理(APM/ACPI)設定の変更
Boot
システム起動設定の変更
Tools
独自機能の設定オプション
Exit
終了オプションと初期設定値のロード
メニューバーの項目を選択するには、キーボードの右または左の矢印キーを使って、
項目をハイライト表示させます。
3.2.3
ナビゲーションキー
BIOS メニュー画面の右下には、メニューの操作をするためのナビゲーションキーの説
明が表示されています。ナビゲーションキーを使用してメニューの項目を選択し、設定
を変更します。
掲載した BIOS の画面は一例であり、実際に表示される内容と異なる場合があり
ます。
3-8
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.2.4
メニュー
メニューバーをハイライト表示すると、
そのメニューの設定項目が表示されま
す。例えば、メインを選択するとメイン
のメニューが表示されます。
メニューバーの他の項目(Advanced、
Power、Boot、Exit)には、それぞれのメ
ニューがあります。
3.2.5
System Time
System Date
Floppy Diskette A
Language
SATA1
SATA2
SATA3
SATA4
SATA5
SATA6
[11:56:54]
[Wed 04/16/2008]
[1.44M, 3.5 in.]
[English]
[Not
[Not
[Not
[Not
[Not
[Not
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Storage Configuration
System Information
サブメニュー
メインのメニュー
サブメニューが含まれる項目の前には、黒い三角形が付いています。サブメニューを表
示するためには、項目を選択し <Enter> を押します。
3.2.6
構成フィールド
構成フィールドには設定された値が表示されています。設定の変更が可能な項目は、
フィールドの値を変更することができます。ユーザーによる変更が可能でない項目は、
選択することができません。
各値はカッコで囲まれており、選択するとハイライト表示されます。フィールドの値を
変更するには、選択し <Enter> を押してオプションのリストを表示させます。詳細は
「3.2.7 ポップアップウィンドウ」をご参照ください。
3.2.7
ポップアップウィンドウ
項目を選択し <Enter> を押すと、設定可能な
オプションと共にポップアップウィンドウが表
示されます。
3.2.8
スクロールバー
設定項目が画面に収まりきらない場合は、
スクロールバーがメニュー画面の右側に表
示されます。上/下矢印キー、または <Page
Up>/<Page Down> キーで、スクロールする
ことができます。
3.2.9
ポップアップウィンドウ
スクロールバー
ヘルプ
メニュー画面の右上には、選択した項目の簡単な説明が表示されます。
ASUS P5Q-E
3-9
3.3
メインメニュー
BIOS 設定プログラムに入ると、メインメニューが表示され、システム情報の概要が表
示されます。
メニュー画面の情報および操作方法については、
「3.2.1 BIOS メニュー画面」をご参
照ください。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
System Time
System Date
Legacy Diskette A
Language
[11:55:25]
[Wed 04/16/2008]
[1.44M, 3.5 in.]
[English]
SATA1
SATA2
SATA3
SATA4
SATA5
SATA6
Storage Configuration
������������������
System Information
[Not
[Not
[Not
[Not
[Not
[Not
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Tools
Exit
Use [ENTER], [TAB]
or [SHIFT-TAB] to
select a field.
Use [+] or [-] to
configure System Time.
Select Screen
Select Item
Change Field
Tab
Select Field
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
+-
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
3.3.1
System Time [xx:xx:xx]
システム時間を設定します。
3.3.2
System Date [Day xx/xx/xxxx]
システム日付を設定します。
3.3.3
Legacy Diskette A [1.44M, 3.5 in.]
フロッピーディスクドライブのタイプを設定します。
設定オプション:[Disabled] [720K , 3.5 in.] [1.44M, 3.5 in.]
3.3.4
Language [English]
BIOSで表示する言語を選択することができます。
設定オプション:[Japanese] [Chinese(BIG5)] [Chinese(GB)] [English] [German]
[Français]
3-10
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.3.5
SATA 1-6
セットアップ中に BIOS は自動的に IDE デバイスを検出します。デバイスを選択し、
<Enter>を押すと IDE デバイスの情報が表示されます。
BIOS SETUP UTILITY
Main
SATA 1
Device
: Hard Disk
Vendor
: WDC WD800JD-00LSA0
Size
: 80.0GB
LBA Mode
: Supported
Block Mode
: 16Sectors
PIO Mode
: 4
Async DMA
: MultiWord DMA-2
Ultra DMA
: Ultra DMA-5
SMART Monitoring: Supported
Type
LBA/Large Mode
Block(Multi-Sector Transfer)M
PIO Mode
DMA Mode
SMART Monitoring
32Bit Data Transfer
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Enabled]
Select the type of
device connected to
the system.
Select Screen
Select Item
Change Option
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
+-
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
BIOSは、Device、Vendor、Size、LBA Mode、Block Mode、PIO Mode、Async DMA、
Ultra DMA、SMART Monitoring の各値を自動的に検出します。これらの項目の値は変
更することはできません。また、システムに IDE デバイスが接続されていない場合は
「N/A」
と表示されます。
Type [Auto]
IDEデバイスのタイプを選択します。[Auto] に設定すると、適切な IDE デバイスタイプ
を自動的に選択します。光学ドライブを接続している場合は [CDROM] を選択します。
デバイスがZIP、LS-120、MOドライブのどれかであれば、[ARMD](ATAPI リムーバブル
メディアデバイス)を選択します。
設定オプション:[Not Installed] [Auto] [CDROM] [ARMD]
LBA/Large Mode [Auto]
LBA モードを設定します。デバイスがこのモードをサポートしている場合、[Auto]に設
定すると、LBA モードが有効になります。デバイスが LBA モードでフォーマットされて
いない場合は無効になります。
設定オプション:[Disabled] [Auto]
Block (Multi-Sector Transfer) M [Auto]
マルチセクタ転送を設定します。[Auto] に設定すると、デバイスがマルチセクタ転送
機能をサポートしていれば、デバイス間のデータ転送をマルチセクタで行います。
[Disabled] に設定すると、デバイス間のデータ転送は1セクタごとに行います。
設定オプション:[Disabled] [Auto]
PIO Mode [Auto]
PIOモードを選択します。
設定オプション:[Auto] [0] [1] [2] [3] [4]
ASUS P5Q-E
3-11
DMA Mode [Auto]
DMA モードを設定します。
設定オプション:[Auto] [SWDMA0] [SWDMA1] [SWDMA2] [MWDMA0] [MWDMA1]
[MWDMA2] [UDMA0] [UDMA1] [UDMA2] [UDMA3] [UDMA4] [UDMA5]
SMART Monitoring [Auto]
SMART(Self-Monitoring Analysis & Reporting Technology)機能の設定をします。
設定オプション:[Auto] [Disabled] [Enabled]
32Bit Data Transfer [Enabled]
32-bit データ転送を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
3.3.6
Storage Configuration
SATA デバイスの設定を変更します。設定を変更したい項目を選択し <Enter>を押し
ます。
BIOS SETUP UTILITY
Main
Storage Configuration
Options
SATA Configuraton
Configure SATA as
[Enhanced]
[IDE]
Hard Disk Write Protect
IDE Detect Time Out (Sec)
[Disabled]
[35]
Disabled
Compatible
Enhanced
SATA Configuration [Enhanced]
設定オプション:[Disabled] [Compatible] [Enhanced]
Configure SATA as [IDE]
サウスブリッジチップがサポートしている Serial ATA コネクタを設定します。
設定オプション:[IDE] [RAID] [AHCI]
3-12
•
Serial ATA ハードディスクドライブを Parallel ATA 物理記憶デバイスとして利
用する場合は、初期設定値の [IDE] を変更する必要はありません。
•
Serial ATA ハードディスクドライブでAHCI(Advanced Host Controller
Interface)を利用する場合はこの項目を [AHCI] に設定します。AHCI を有効
にすると、オンボードストレージドライバによりSerial ATA に関連する詳細機能
が有効になります。これにより、ランダムな負荷に対してドライブ内部でコマン
ドの順序を最適化できるようになるため、ストレージのパフォーマンスが向上
します。
•
Serial ATA ハードディスクドライブを使用してRAID 0、RAID 1、RAID 5、RAID
10、Intel® Matrix Storage Technology 構成を構築する場合は、この項目を
[RAID] にしてください。
Chapter 3: BIOSセットアップ
Hard Disk Write Protect [Disabled]
ハードディスクにライトプロテクトを設定します。BIOS からのアクセスしか行わ
ない場合に使用します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
IDE Detect Time Out (Sec) [35]
ATA/ATAPI デバイスの検出用にタイムアウトを設定します。
設定オプション:[0] [5] [10] [15] [20] [25] [30] [35]
3.3.7
AHCI Configuration
AHCI の設定を行います。このメニューは「IDE Configuration」のサブメニューの
「Configure SATA as」の項目を [AHCI] にすると表示されます。
BIOS SETUP UTILITY
Main
AHCI Settings
AHCI CD/DVD Boot Time out
AHCI
AHCI
AHCI
AHCI
AHCI
AHCI
Port1
Port2
Port3
Port4
Port5
Port6
[Not
[Not
[Not
[Not
[Not
[Not
[15]
Some SATA CD/DVD in
AHCI mode need to
wait ready longer.
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
AHCI CD/DVD Boot Time out [15]
ACHI CD/DVD デバイス用にブートタイムアウト時間を設定します。
設定オプション:[0] [5] [10] [15] [20] [25] [30] [35]
AHCI Port1~6 [XXXX]
SATA デバイスを自動検出しその状態を表示します。
BIOS SETUP UTILITY
Main
AHCI Port1
Device
:Not Detected
SATA Port1
SMART Monitoring
[Auto]
[Enabled]
Select the type
of devices connected
to the system.
SATA Port1 [Auto]
システムに取り付けるデバイスのタイプを選択します。
設定オプション:[Auto] [Not Installed]
SMART Monitoring [Enabled]
SMART(Self-Monitoring Analysis & Reporting Technology)機能の設定をします。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
ASUS P5Q-E
3-13
3.3.8
システム情報
システム仕様の概要です。BIOS はさまざまな情報を自動的に検出します。
BIOS SETUP UTILITY
Main
Bios Information
Version
: 0121
Build Date : 04/17/08
Processor
Type
Speed
Count
: Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU @ 3.00GHz
: 3000MHz
: 2
System Memory
Usable Size
: 1024MB
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
Bios Information
自動検出された BIOS 情報を表示します。
Processor
自動検出された CPU の仕様を表示します。
System Memory
自動検出されたシステムメモリの容量を表示します。
3-14
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.4
Ai Tweaker メニュー
Ai Tweaker メニューではオーバークロックに関連する設定を行います。
Ai Tweaker メニューで設定値を変更する際はご注意ください。不正な値を設定す
るとシステム誤作動の原因となります。
各項目の初期設定値は取り付けたCPUとメモリによって異なります。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
Tools
Exit
Configure System Performance Settings
Ai Overclock Tuner
[Auto]
CPU Ratio Setting
[Auto]
FSB Strap to North Bridge
[Auto]
DRAM Frequency
[Auto]
DRAM CLK Skew on Channel A1
[Auto]
DRAM CLK Skew on Channel A2
[Auto]
DRAM CLK Skew on Channel B1
[Auto]
DRAM CLK Skew on Channel B2
[Auto]
DRAM Timing Control
[Auto]
1st Information : 4-4-4-15-3-36-5-3
2nd Information : 8-3-5-4-6-4-6
3rd Information : 12-5-1-4-4
DRAM Static Read Control
[Auto]
DRAM Read Training
[Auto]
MEM. OC Charger
[Auto]
Ai Clock Twister
[Auto]
Ai Transaction Booster
[Auto]
C/P : B1 B2 B3 B4
Options
Manual
Auto
+-
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Change Option
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
スクロールすると残りの項目が表示されます。
LVL : 11 11 11 11
******** Please key in numbers directly! ********
CPU Voltage
[Auto]
CPU GTL Voltage Reference(0/2) [Auto]
CPU GTL Voltage Reference(1/3) [Auto]
CPU PLL Voltage
[Auto]
FSB Termination Voltage
[Auto]
DRAM Voltage
[Auto]
NB Voltage
[Auto]
NB GTL Reference
[Auto]
Select Screen
SB Voltage
[Auto]
Select Item
PCIE SATA Voltage
[Auto]
+- Change Option
*************************************************
F1 General Help
Load-Line Calibration
[Auto]
F10 Save and Exit
CPU Spread Spectrum
[Auto]
ESC Exit
PCIE Spread Spectrum
[Auto]
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
3.4.1
Ai Overclock Tuner [Auto]
CPU オーバークロックオプションを選択して、CPU 内部周波数を設定することができ
ます。下の設定オプションから1つ選択します。
Manual
オーバークロックの値を手動で設定します。
Auto
システムに対して最適な設定をロードします。
ASUS P5Q-E
3-15
3.4.2
CPU Ratio Setting [Auto]
CPU コアクロックと FSB 周波数の間の倍率を設定します。<+> と <-> キーを使って周
波数を調整してください。
設定オプション:[Auto] [06.0] [07.0] [08.0] [09.0]
次の2つの項目は、
「Ai Overclock Tuner」の項目を [Manual] にすると表示
されます。
FSB Frequency [XXX]
FSB 周波数を表示します。値は BIOS により自動検出されます。<+> と <-> キー、または
数字キーを使って周波数を調整してください。設定範囲は 200 〜 800 です。
FSB 周波数とCPU外部動作周波数
FSB周波数
FSB 1600
FSB 1333
FSB 1066
FSB 800
CPU 外部動作周波数
400 MHz
333 MHz
266 MHz
200 MHz
PCIE Frequency [Auto]
PCI Express 周波数を設定します。<+> と <-> キーで��������
値を調節します。
設定範囲は 100 〜180です。
3.4.3
FSB Strap to North Bridge [Auto]
[Auto] に設定すると、FSB 周波数と DRAM 周波数により FSB Strap が自動的に調節さ
れます。
設定オプション:[Auto] [200 MHz] [266 MHz] [333 MHz] [400 MHz]
3.4.4
DRAM Frequency [Auto]
DDR2 メモリの動作周波数を設定します。
設定オプション:[Auto] [DDR2-667 MHz] [DDR2-800 MHz] [DDR2-835MHz]
[DDR2-887 MHz] [DDR2-1002MHz] [DDR2-1066MHz] [DDR2-1111] [DDR2-1335MHz]
「DRAM Frequency」の設定オプションの数値は「FSB Frequency」の設定により
異なります。
DRAM 周波数の設定値が高すぎると、システムが不安定になる場合があります。不
安定になった場合は、設定を初期設定値に戻してください。
3-16
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.4.5
DRAM CLK Skew on Channel A1/A2/B1/B2 [Auto]
これらの設定を変更することで、DRAMのオーバークロック性能が上がる場合があります。
設定オプション:[Auto] [Advance 350ps] [Advance 300ps] [Advance 250ps]
[Advance 200ps] [Advance 150ps] [Advance 100ps] [Advance 50ps] [Normal]
[Delay 50ps] [Delay 100ps] [Delay 150ps] [Delay 200ps] [Delay 250ps]
[Delay 300ps] [Delay 350ps]
3.4.6
DRAM Timing Control [Auto]
設定オプション:[Auto] [Manual]
•
次の項目は 「DRAM Timing Control」を [Manual] にすると表示されます。
•
次のいくつかの項目の設定オプションは、実際に取り付けたメモリによって異
なります。
1st Information: 4-4-4-15-3-36-5-3
各数値はユーザーが行う次のサブ項目の設定によって異なります。
CAS# Latency [ 5 DRAM Clocks]
設定オプション:[3 DRAM Clocks] [4 DRAM Clocks] [5 DRAM Clocks]
[6 DRAM Clocks] [7 DRAM Clocks] [8 DRAM Clocks] [9 DRAM Clocks]
[10 DRAM Clocks] [11 DRAM Clocks]
DRAM RAS# to CAS# Delay [ 5 DRAM Clocks]
設定オプション:[3 DRAM Clocks] [4 DRAM Clocks] – [17 DRAM Clocks]
[18 DRAM Clocks]
DRAM RAS# Precharge [ 5 DRAM Clocks]
設定オプション:[3 DRAM Clocks] [4 DRAM Clocks] – [17 DRAM Clocks]
[18 DRAM Clocks]
DRAM RAS# Activate to Precharge Time [15 DRAM Clocks]
設定オプション:[3 DRAM Clocks] [4 DRAM Clocks] – [33 DRAM Clocks]
[34 DRAM Clocks]
RAS# to RAS# Delay [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
Row Refresh Cycle Time [Auto]
設定オプション:[Auto] [20 DRAM Clocks] [25 DRAM Clocks]
[30 DRAM Clocks] [35 DRAM Clocks] [42 DRAM Clocks]
Write Recovery Time [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
Read to Precharge Time [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
ASUS P5Q-E
3-17
2nd Information: 8-3-5-4-6-4-6
各数値はユーザーが行う次のサブ項目の設定によって異なります。
READ to WRITE Delay(S/D) [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
Write to Read Delay(S) [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
WRITE to READ Delay(D) [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
READ To READ Delay(S) [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
READ To READ Delay(D) [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
WRITE To WRITE Delay(S) [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
WRITE To WRITE Delay(D) [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
3rd Information: 12-5-1-4-4
各数値はユーザーが行う次のサブ項目の設定によって異なります。
WRITE to PRE Delay [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [31 DRAM Clocks]
READ to PRE Delay [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
PRE to PRE Delay [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [3 DRAM Clocks]
ALL PRE to ACT Delay [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
ALL PRE to REF Delay [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clocks] – [15 DRAM Clocks]
3.4.7
DRAM Static Read Control [Auto]
この項目を変更することで、DRAMのオーバークロック性能が上がる場合があります。
設定オプション:[Auto] [Disabled] [Enabled]
3-18
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.4.8
DRAM Read Training [Auto]
DRAMのデータ読み込みタイミングを最適化する設定です。この項目を [Disabled] に
するとDRAMのオーバークロック性能が向上する場合があります。
設定オプション:[Auto] [Disabled] [Enabled]
3.4.9
MEM. OC Charger
メモリオーバークロックチャージャーを設定します。この項目を [Enabled] にすると
DRAMのオーバークロック性能が向上する場合があります。
設定オプション:[Auto] [Disabled] [Enabled]
3.4.10
Ai Clock Twister [Auto]
DRAMのパフォーマンスを設定します。この項目を [Light] または [Lighter] にすする
と、DRAMの互換性が向上します。[Strong] にすると DRAM のパフォーマンスが上が
ります。
設定オプション:[Auto] [Lighter] [Light] [Moderate] [Strong] [Stronger]
3.4.11
Ai Transaction Booster [Auto]
システムパフォーマンスを設定します。
設定オプション:[Auto] [Manual]
次の2つの項目は「Ai Transaction Booster」を [Manual] にすると表示されます。
Common Performance Level [05]
数値を高く設定すると、互換性が上がり、低く設定するとパフォーマンスが上がり
ます。数値は <+> と <-> キーで調節します。入力範囲は1〜31です。
Pull-In of CHA/B PH1/2/3/4 [Disabled]
この項目を有効にすると、DRAMチャンネルA/Bのフェーズ数が1から4に増強
されます。フェーズ数はDRAM周波数とFSBストラップにより決まります。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
次項に記載の次の10つの項目は、数字キーまたは<+> と <-> キーで数値を入力し
ます。入力したら <Enter> キーを押します。なお、初期設定値に戻す場合は、文字キ
ーで [auto] と入力し<Enter>キーを押します。
ASUS P5Q-E
3-19
3.4.12
CPU Voltage [Auto]
CPU VCore 電圧を設定します。設定範囲は 0.00625V 刻みで 0.85000V〜2.10000V*
です。
3.4.13
•
「CPU Vcore Voltage」の設定を行う前にCPUの説明書をご参照ください。
設定値が高すぎるとCPUの損傷、低すぎるとシステム不安定の原因となること
があります。
•
この項目の値 [2.10000V] は「OV_CPU ジャンパ」を有効にしたときの値です。
無効にした場合の最高値は [1.70000V] です。詳細はページ 2-23の「 CPU/ノー
スブリッジ オーバーボルテージ設定ジャンパ」をご参照ください。
CPU GTL Voltage Reference(0/2) [Auto]
CPU GTL 電圧リファレンスを設定します。設定範囲は 0.005x 刻みで 0.370x 〜 0.760x で
す。この設定を変更することでCPUのオーバークロック性能が上がる場合があります。
3.4.14
CPU GTL Voltage Reference(1/3) [Auto]
CPU GTL電圧リファレンスを設定します。設定範囲は 0.005x 刻みで 0.410x 〜 0.800x で
す。この設定を変更することでCPUのオーバークロック性能が上がる場合があります。
3.4.15
CPU PLL Voltage [Auto]
CPU PLL 電圧を設定します。設定範囲は 0.02V 刻みで 1.50V 〜 2.78V です。
3.4.16
FSB Termination Voltage [Auto]
FSB ターミネーション電圧を設定します。設定範囲は 0.02V 刻みで 1.20V* 〜 1.90V です。
45nm CPUを取り付けた場合、この項目の最小値は 1.10V となります。
3.4.17
DRAM Voltage [Auto]
DRAM 電圧を設定します。設定範囲は 0.02V 刻みで 1.80V 〜 3.08Vです。
3.4.18
NB Voltage [Auto]
ノースブリッジの電圧を設定します。設定範囲は 0.02V 刻みで 1.10V 〜 2.2V* です。
3-20
Chapter 3: BIOSセットアップ
•
「NB Voltage」の値 [2.2V] は、OV_NB ジャンパを有効にしたときの値です。無
効にしたときの最大値は [1.9V] です。詳細はページ 2-23の「 CPU/ノースブリッ
ジ オーバーボルテージ設定ジャンパ」をご参照ください。
•
CPU PLL 電圧、FSB ターミネーション電圧、DRAM 電圧、ノースブリッジ電圧を
高く設定するとチップセットやCPU、メモリを損傷する場合があります。ご注意
ください。
•
CPU PLL 電圧、FSB ターミネーション電圧、DRAM 電圧、ノースブリッジ電圧の
数値のいくつかは、そのリスクの度合いに応じて色分けして表示されます。詳
細は下の表をご参照ください。
•
電圧を高く設定する場合は、冷却システムを増強することをお勧めします。
ブルー
イエロー
パープル
レッド
CPU PLL 電圧
1.50V~1.78V
1.80V~2.00V
2.02V~2.20V
2.22V~2.78V
FSB ターミネーション
電圧
1.20V~1.38V
1.40V~1.90V
N/A
N/A
DRAM 電圧
1.80V~1.98V
2.00V~2.20V
2.22V~2.40V
2.42V~3.08V
NB 電圧
1.10V~1.26V
1.28V~1.40V
1.42V~1.58V
1.60V~2.2V
3.4.19
NB GTL Voltage Reference [Auto]
ノースブリッジGTL電圧リファレンスを設定します。この数値を変更することでCPUの
オーバークロック性能が上がる場合があります。設定範囲は 0.005x 刻みで 0.370x
〜 0.760x です。
3.4.20
SB Voltage [Auto]
サウスブリッジ電圧を設定します。設定範囲は 0.10V 刻みで 1.10V 〜 1.40V です。
3.4.21
PCIE SATA Voltage [Auto]
PCI Express SATA 電圧を設定します。設定範囲は 0.10V 刻みで 1.50V 〜 1.80V です。
3.4.22
Load-Line Calibration [Auto]
CPU Load-Line モードを選択します。[Disabled] にするとインテルの仕様に基づく設
定が適用され、[Enabled] にするとCPU VDroop が直接上がります。
設定オプション:[Auto] [Disabled] [Enabled]
3.4.23
CPU Spread Spectrum [Auto]
CPUスペクトラム拡散を設定します。[Disabled] にするとFSBのオーバークロック性能
が上がり、[Auto] にするとEMI が制御されます。
設定オプション:[Auto] [Disabled]
ASUS P5Q-E
3-21
3.4.24
PCIE Spread Spectrum [Auto]
PCIEスペクトラム拡散を設定します。[Disabled] にするとPCIEのオーバークロック性能
が上がり、[Auto] にするとEMI が制御されます。
設定オプション:[Auto] [Disabled]
3-22
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.5
拡張メニュー
CPUとその他のシステムデバイスの設定を変更します。
拡張メニューの設定変更は、システムの誤動作の原因となることがあります。十分に
注意してください。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
TPM Configuration
CPU Configuration
Chipset
Onboard Devices Configuration
USB Configuration
PCIPnP
Tools
Exit
Configure CPU.
Select Screen
Select Item
Enter Go to Sub Screen
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
3.5.1
TPM Configuration
TPM (Trusted Platform Module) 機能に関する設定を行います。
「TPM Configuration」は、TPMモジュールをマザーボードに接続すると表示され
ます。
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
TPM Configuration
TCG/TPM SUPPORT
[NO]
Enable/Disable TPM
TCG (TPM 1.1/1.2)
supp in BIOS
TCG/TPM SUPPORT [YES]
TCG/TPM設定の有効/無効を切り替えます。
設定オプション:[YES] [NO]
次の項目は「TCG/TPM SUPPORT」を [YES] にすると表示されます。
Execute TPM COMMAND [Last setting]
TPMセキュリティチップの有効/無効を切り替えます。
設定オプション:[Last setting] [Disabled] [Enabled]
ASUS P5Q-E
3-23
TPM Enable / Disable Status [No State]
ユーザー設定できない項目です。
TPM Owner Status [No State]
ユーザー設定できない項目です。
TPM 機能を有効にするには、
「Execute TPM Command」を [Enabled] にし、変更を
保存してください(詳細:
「3.9 終了メニュー」参照)。システムを再起動すると、TPM
Configuration メニューは下のように表示内容が変わります。
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
TPM Configuration
Execute TPM Command
TPM Enable/Disable Status
Clearing the TPM
TPM Owner Status
[Last setting]
[Enabled]
[Press Enter]
[UnOwned]
Enable (Activate)/
Disable (Deactivate)
Command to TPM
Clearing the TPM [Press Enter]
TPMセキュリティチップに保存されたユーザー情報を削除します。<Enter>を押
すと、警告メッセージが表示されますので、矢印キーで [OK] または [Cancel] を
選択後、再度<Enter> を押してください。
[OK] を選択し「Clearing the TPM」機能を実行すると、TPMセキュリティチップに保
存されたユーザーデータは完全に削除され復旧できません。ご注意ください。
3.5.2
CPU の設定
BIOS が自動的に検出するCPU 関連の情報です。
画面に表示される項目の内容は取り付けたCPUによって異なります。
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Configure advanced CPU settings
Manufacturer:Intel
Brand String:Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU @ 3.00GHz
Frequency
:3.01GHz
FSB Speed
:1340 MHz
Cache L1
:64 KB
Cache L2
:4096 KB
Ratio Status: Unlocked (Min:06, Max:09)
Ratio Actual Value:9
CPUID
:6F9
CPU Ratio Setting
C1E Support
Max CPUID Value Limit
Intel(R) Virtualization Tech
CPU TM function
Execute Disable Bit
Intel(R) SpeedStep(TM) Tech
Intel(R) C-STATE Tech
[Auto]
[Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
[Enabled]
[Enabled]
[Enabled]
[Enabled]
Sets the ratio between
CPU Core Clock and the
FSB Frequency.
NOTE: If an invalid
ratio is set in CMOS
then actual and
setpoint values may
differ.
Select Screen
Select Item
Change Option
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
+-
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
3-24
Chapter 3: BIOSセットアップ
CPU Ratio Setting [Auto]
CPUコアクロックとFSB周波数の倍率を設定します。数値は<+> と <-> キーで設定し
ます。
設定オプション:[Auto] [06.0] [07.0] [08.0] [09.0]
C1E Support [Enabled]
Enhanced Halt State サポートの有効/無効を切り替えます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Max CPUID Value Limit [Disabled]
[Enabled]に設定すると、拡張 CPUID 機能非対応 CPU でもレガシーオペレーティング
システムを起動することができます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Intel(R) Virtualization Tech [Enabled]
Intel® Virtualization Technology はハードウェアプラットフォームで複数のOSを別々
に、かつ同時に動作させることで、1つのシステムを仮想的に複数のシステムとして動
作させます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
CPU TM function [Enabled]
オーバーヒートしたCPUのクロックを抑えることで冷却を図ります。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Execute Disable Bit [Enabled]
No-Execution Page Protection テクノロジを設定します。[Disabled] に設定すると XD
機能フラグが常にゼロ(0)に戻ります。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
次の項目は「CPU Ratio Control」を [Auto] に設定すると表示されます。
Intel(R) SpeedStep (TM) Tech [Enabled]
[Disabled] にすると、CPUは初期設定のスピードで動作します。[Enabled] にすると
CPUスピードはOSで制御されます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Intel(R) C-STATE Tech [Enabled]
Intel® C-STATE Technology を設定します。有効にすると、CPUのアイドリングが C2/C3/
C4 に設定されます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
ASUS P5Q-E
3-25
3.5.3
チップセット
チップセットの設定を変更します。項目を選択し、<Enter> を押すとサブメニューを表
示させることができます。
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Advanced Chipset Settings
WARMING: Setting wrong values in below sections
may cause system to malfunction.
Configure North Bridge
features.
North Bridge Configuration
North Bridge Chipset Configuration
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
North Bridge Chipset Configuration
Memory Remap Feature
[Enabled]
PCI MMIO Allocation: 4GB To 3328MB
Memory Hole
[Disabled]
Initiate Graphic Adapter [PEG/PCI]
ENABLE: Allow
remapping of
overlapped PCI memory
above the total
physical memory.
DISABLE: Do not allow
remapping of memory.
Memory Remap Feature [Enabled]
物理メモリ上の重複 PCI メモリのリマッピングを設定します。64bit OSをインス
トールしている場合のみ、[Enable]にしてください。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Memory Hole [Disabled]
メモリホールのモードを設定します。
設定オプション:[Disabled] [15MB-16MB]
Initiate Graphic Adapter [PEG/PCI]
プライマリブートデバイスとして使用するグラフィックスコントローラを選択します。
設定オプション:[PCI/PEG] [PEG/PCI]
3-26
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.5.4
オンボードデバイス設定構成
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Onboard Device Configuration
High Definition Audio
Front Panel Type
Marvell IDE
PCIE IDE Boot ROM
Marvell LAN1
LAN Boot ROM
Marvell LAN2
LAN Boot ROM
LSI Firewire 1394
[Enabled]
[HD Audio]
[Enabled]
[Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
Serial Port1 Address
[3F8/IRQ4]
Enable or Disable
High Definition Audio
Controller
+-
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Change Option
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
High Definition Audio [Enabled]
HD オーディオコントローラを設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
Front Panel Type [HD Audio]
この項目ではフロントパネルオーディオコネクタ(AAFP)モードを、フロントパネ
ルオーディオモジュールのサポートする規格に従って、レガシーAC‘97 または
HDオーディオに設定します。
設定オプション:[AC97] [HD Audio]
Marvell IDE [Enabled]
オンボードMarvell IDE コントローラを設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
PCIE IDE Boot ROM [Enabled]
この項目は前の項目を [Enabled] にすると表示されます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
MarvelI LAN1/2 [Enabled]
オンボードMarvell LAN ポート1/2を設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
LAN Boot ROM [Disabled]
この項目は前の項目を有効にすると表示されます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Agere Firewire 1394 [Enabled]
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
Serial Port1 Address [3F8/IRQ4]
Serial Port1 ベースアドレスを設定します。
設定オプション:[Disabled] [3F8/IRQ4] [2F8/IRQ3] [3E8/IRQ4] [2E8/IRQ3]
ASUS P5Q-E
3-27
3.5.5
USB 設定
USB関連機能の変更をすることができます。項目を選択し <Enter> を押して設定オプ
ションを表示させてください。
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
USB Configuration
Options
USB Devices Enabled:
1 Mouse
USB Functions
USB 2.0 Controller
USB 2.0 Controller Mode
BIOS EHCI Hand-off
Legacy USB Support [Enabled]
[Enabled]
[HiSpeed]
[Enabled]
[Auto]
Disabled
Enabled
Select Screen
Select Item
Change Option
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
+-
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
「USB Devices Enabled」には自動検出された値が表示されます。USBデバイスが
検出されない場合は「None」
と表示されます。
USB Functions [Enabled]
USB ホストコントローラを設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
次の項目は、
「USB Functions」を [Enabled] にすると表示されます。
USB 2.0 Controller [Enabled]
USB 2.0 コントローラを設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
USB 2.0 Controller Mode [HiSpeed]
USB 2.0 コントローラのモードを設定します。 HiSpeed (480 Mbps) または FullSpeed (12
Mbps) から選択します。
設定オプション:[FullSpeed] [HiSpeed]
「USB 2.0 Controller Mode」は「USB 2.0 Controller」を有効にすると表示され
ます。
BIOS EHCI Hand-off [Enabled]
[Enabled]に設定することによって、EHCI ハンドオフ機能のない OS でも問題なく動作
させることができます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
3-28
Chapter 3: BIOSセットアップ
Legacy USB Support [Auto]
レガシーUSB デバイスの設定。[Auto]に設定すると、起動時に USB デバイスを検出し
ます。USB デバイスが検出されると、USBコントローラのレガシーモードが有効になり、
検出されないとレガシー USB のサポートは無効になります。
設定オプション:[Disabled] [Enabled] [Auto]
3.5.6
PCIPnP
PCI/PnP デバイスの設定を変更します。
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Advanced PCI/PnP Settings
WARNING: Setting wrong values in below sections
may cause system to malfunction.
Plug And Play O/S
[No]
NO: lets the BIOS
configure all the
devices in the system.
YES: lets the
operating system
configure Plug and
Play (PnP) devices not
required for boot if
your system has a Plug
and Play operating
system.
Select Screen
Select Item
Change Option
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
+-
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
Plug And Play O/S [No]
[No] にすると、システム内の全てのデバイスはBIOSにより構成されます。[Yes] にし、
Plug and Play OSをインストールしている場合は、起動に不要な Plug and Play デバイ
スは全てOSにより構成されます。
設定オプション:[No] [Yes]
ASUS P5Q-E
3-29
3.6
電源メニュー
ACPI と APM 機能の設定の変更を行います。項目を選択し、<Enter>を押すと設定オ
プションが表示されます。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
Suspend Mode
Repost Video on S3 Resume
ACPI 2.0 Support
ACPI APIC Support
[Auto]
[No]
[Disabled]
[Enabled]
Tools
Exit
Select the ACPI state
used for System
Suspend.
APM Configuration
Hardware Monitor
Select Screen
Select Item
Change Option
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
+-
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
3.6.1
Suspend Mode [Auto]
システムのサスペンドに使用される、ACPI の状態を選択します。
設定オプション:[S1 (POS) Only] [S3 Only] [Auto]
3.6.2
Repost Video on S3 Resume [No]
S3/STR レジュームでVGA BIOS POSTを呼び出します。
設定オプション:[No] [Yes]
3.6.3
ACPI 2.0 Support [Disabled]
ACPI v2.0 基準に適合させるために、ACPI テーブルのリストを拡張します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
3.6.4
ACPI APIC Support [Enabled]
APIC が、ACPI をサポートするかどうかを設定します。[Enabled] に設定すると、ACPI
設定内のRSDT ポインタリストにAPIC テーブルのポインタが追加されます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
3-30
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.6.5
APMの設定
BIOS SETUP UTILITY
Power
APM Configuration
Restore on AC Power Loss
Power
Power
Power
Power
Power
On
On
On
On
On
[Power Off]
By RTC Alarm [Disabled]
By External Modems�����������
[Disabled]
By PCI Devices������������
[Disabled]
By PCIE Devices [Disabled]
By��������������������������
PS/2 Keyboard [Disabled]
Energy Star 4.0C Support
<Enter> to select
whether or not to
restart the system
after AC power loss.
[Disabled]
Select Screen
Select Item
Change Option
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
+-
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
Restore On AC Power Loss [Power Off]
[Power Off]に設定すると、停電などで電力が遮断された場合に再通電時に電源をオ
フにします。また、[Power On] に設定すると、再通電時に電源をオンにします。[Last
State] に設定すると、再通電時に、直前の電源状態に戻ります。
設定オプション:[Power Off] [Power On] [Last State]
Power On By RTC Alarm [Disabled]
ウェイクアップイベントを作成する RTC を設定します。この項目を [Enabled] に設定す
ると、アラームの日時がユーザー設定可能になります。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Power On By External Modems [Disabled]
コンピュータがソフトオフモードになっているときに、外部モデムが受信した場合に、
コンピュータの電源をオンにするかどうかを設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
コンピュータとアプリケーションが完全に実行するまで、データの送受信はできま
せん。従って、最初の試行では接続を行えません。コンピュータがオフになっている
間に外部モデムをオフにしてから再びオンにすると、初期ストリングがシステム電
源をオンにします。
Power On By PCI Devices [Disabled]
PCI デバイスを使用して
����������������������������������������
S5 状態から PME ウェイクアップする機能を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Power On By PCIE Devices [Disabled]
PCI Express デバイスを使用して�������������������
ウェイクアップ する機能を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
ASUS P5Q-E
3-31
Power On By PS/2 Keyboard [Disabled]
PS/2 キーボードでを電源オンにする機能を無効にできます。また、��������
キーボードの特定
のキーを使用してシステムの電源をオンにできます。この機能は、+5V SB リード線で
最低1A を供給する ATX 電源を必要とします。
設定オプション:[Disabled] [Space Bar] [Ctrl-Esc] [Power Key]
Energy Star 4.0c Support [Disabled]
Energy Star 4.0C 規格に準拠するよう、電力消費を制限する機能です。有効にすると、
S3-PS/2ウェイクアップとUSBウェイクアップ機能が無効になります。また、S4/S5Marvell LANとPS/2、USBデバイスによるウェイクアップ機能も無効になります。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
3.6.6
ハードウェアモニタ
BIOS SETUP UTILITY
Power
Hardware Monitor
CPU Temperature
MB Temperature
[47ºC/116.5ºF]
[32ºC/89.5ºF]
CPU Fan Speed
CPU Q-Fan Control
[4500RPM]
[Disabled]
Chassis
Chassis
Chassis
Chassis
[N/A]
[N/A]
[N/A]
[Disabled]
Fan 1
Fan 2
Fan 3
Q-Fan
Speed
Speed
Speed
Control
Power Fan Speed
[N/A]
CPU
3.3V
5V
12V
[ 1.304V]
[ 3.248V]
[ 5.112V]
[12.096V]
CPU Temperature
Select Screen
Select Item
Change Field
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
Voltage
Voltage
Voltage
Voltage
+-
CPU Temperature [xxxºC/xxxºF] MB Temperature [xxxºC/xxxºF]
オンボードハードウェアモニタはマザーボードとCPU温度を自動的に検出して表示し
ます。なお、[Ignored] にすると表示されなくなります。
���������������
CPU Fan Speed [xxxxRPM] or [Ignored] / [N/A]
CPUファンスピードを自動的に検出して回転数/分(RPM)の単位で表示します。マザーボ
ードにファンが取り付けられていない場合、このフィールドには [N/A] と表示されます。
CPU Q-Fan Control [Disabled]
CPU Q-Fan コントロール機能を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
次の項目は「CPU Q-Fan Control」を有効にすると表示されます。
3-32
Chapter 3: BIOSセットアップ
CPU Fan Profile [Standard]
ASUS Q-Fan のパフォーマンスレベルを設定します。[Standard] にするとCPUファ
ンをCPUの温度に応じて自動調節します。[Silent] にすると、ファンスピードを最
低限に抑え、静音環境を実現します。[Turbo] にするとCPU ファンスピードは最大
になります。
設定オプション:[Standard] [Silent] [Turbo]
Chassis Fan 1/2/3 Speed [xxxxRPM] or [Ignored] / [N/A]
ケースファンスピードを自動的に検出して回転数/分(RPM)の単位で表示します。マザ
ーボードにファンが取り付けられていない場合、このフィールドには[N/A] と表示され
ます。
Chassis Q-Fan Control [Disabled]
Chassis Q-Fan コントロール機能を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
次の項目は「Chassis Q-Fan Control」を有効にすると表示されます。
Chassis Fan Profile [Standard]
ASUS Q-Fan のパフォーマンスレベルを設定します。[Standard] にするとケースフ
ァンをケースの温度に応じて自動調節します。[Silent] にすると、ファンスピード
を最低限に抑え、静音環境を実現します。[Turbo] にするとケースファンのスピー
ドは最大になります。
設定オプション:[Standard] [Silent] [Turbo]
Power Fan Speed [xxxxRPM] or [Ignored] / [N/A]
オンボードハードウェアモニタは電源ファンのスピードを自動的に検出して表示しま
す。なお、ファンが検出されない場合は、[N/A] と表示されます。
CPU Voltage, 3.3V Voltage, 5V Voltage, 12V Voltage
オンボードハードウェアモニタはオンボード電圧レギュレーターを通過する電圧出力
を自動検出します。なお、[Ignored] にするとこの値は検出されなくなります。
ASUS P5Q-E
3-33
3.7
ブートメニュー
システムをブートする際のオプションを変更します。<Enter> を押してサブメニューを
表示します。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
Tools
Exit
Specifies the Boot
Device Priority
sequence.
Boot Settings
Boot Device Priority
Boot Settings Configuration
Security
A virtual floppy disk
drive (Floppy Drive B:
) may appear when you
set the CD-ROM drive
as the first boot
device.
Select Screen
Select Item
Enter Go to Sub Screen
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
3.7.1
ブートデバイスの優先順位
BIOS SETUP UTILITY
Boot
Boot Device Priority
1st Boot Device
2nd Boot Device
3rd Boot Device
[1st FLOPPY DRIVE]
[Hard Drive]
[ATAPI CD-ROM]
Specifies the boot
sequence from the
available devices.
A device enclosed in
parenthesis has been
disabled in the
corresponding type
menu.
Select Screen
Select Item
Change Option
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
+-
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
1st ~ xxth Boot Device [xxx Drive]
ブートさせるデバイスの優先順位を指定します。画面に表示されるデバイスの数は、ブ
ート可能なデバイスの数です。
設定オプション:[1st FLOPPY DRIVE] [Hard Drive] [ATAPI CD-ROM] [Disabled]
3-34
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.7.2
起動設定
BIOS SETUP UTILITY
Boot
Boot Settings Configuration
Quick Boot [Enabled]
Full Screen Logo
[Enabled]
AddOn ROM Display Mode
[Force BIOS]
Bootup Num-Lock
[On]
Wait for ‘F1’ if Error
[Enabled]
Hit ‘DEL’ Message Display[Enabled]
Allows BIOS to skip
certain tests while
booting. This will
decrease the time
needed to boot the
system.
Select Screen
Select Item
Change Option
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
+-
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
Quick Boot [Enabled]
起動中にいくつかの自己診断テスト(POST)をスキップして、
システムの起動をスピードアッ
プさせます。[Disabled] に設定しているときは、BIOS はすべての POST 項目を実行します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Full Screen Logo [Enabled]
フルスクリーンロゴの表示/非表示を切り替えます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
ASUS MyLogo3™ 機能をご利用になる場合は「Full Screen Logo」の項目を
[Enabled] に設定してください。
AddOn ROM Display Mode [Force BIOS]
オプション ROM に対するディスプレイのモードを設定します。
設定オプション:[Force BIOS] [Keep Current]
Bootup Num-Lock [On]
電源をオンにしたときの、NumLock の状態を選択します。
設定オプション:[Off] [On]
Wait for ‘F1’ If Error [Enabled]
[Enabled] に設定するとシステムはエラー発生時に<F1> キーを押すまで待機します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Hit ‘DEL’ Message Display [Enabled]
[Enabled] に設定すると、POST 中に「Press DEL to run Setup(Delete キーでBIOSメニ
ューを表示)」
というメッセージが表示されます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
ASUS P5Q-E
3-35
3.7.3
セキュリティ
システムセキュリティ設定の変更。項目を選択し、<Enter> を押すと設定オプションが
表示されます。
BIOS SETUP UTILITY
Boot
Security Settings
Supervisor Password
User Password
: Not Installed
: Not Installed
<Enter> to change
password.
<Enter> again to
disabled password.
Change Supervisor Password
Change User Password
Select Screen
Select Item
Enter Change
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
Change Supervisor Password
管理者パスワードの設定または変更を行います。画面上部に表示されている
「Supervisor Password」は、初期設定値は「Not Installed」になっています。パスワー
ドを設定すると、
「Installed」に変更されます。
管理者パスワードの設定手順
1.
「Change Supervisor Password」を選択し、<Enter>を押します。
2.
「password box」で、6 文字以上の英数字からなるパスワードを入力し、
<Enter>を押します。
3.
パスワードの確認を要求されたら、もう一度パスワードを入力します。
パスワードの設定が完了すると、
「Password Installed」というメッセージが表示され
ます。
管理者パスワードを変更する場合は、設定と同じ手順に従います。
管理者パスワードの消去は、
「Change Supervisor Password」を選択し、<Enter> を押
します。消去すると「Password Uninstalled」というメッセージが表示されます。
管理者パスワードを忘れた場合、CMOS リアルタイムクロック(RTC) RAM を消去し
てパスワードをクリアすることができます。RTC RAM を消去する方法については、
「2.6 ジャンパ」のページをご参照ください。
管理者パスワードを設定すると、他のセキュリティ設定を変更するための項目が表示
されます。
3-36
Chapter 3: BIOSセットアップ
BIOS SETUP UTILITY
Boot
Security Settings
Supervisor Password
User Password
: Installed
: Installed
Change Supervisor Password
User Access Level
Change User Password
Clear User Password
Password Check
<Enter> to change
password.
<Enter> again to
disabled password.
[Full Access]
[Setup]
User Access Level [Full Access]
BIOSメニューへのアクセス制限の選択。
設定オプション:[No Access] [View Only] [Limited] [Full Access]
[No Access]、BIOSメニューへのユーザーのアクセスを拒否します。
[View Only]、アクセスは許可しますが設定の変更はできません。
[Limited] 、日時など、限られた設定のみを変更することができます。
[Full Access]、すべての項目を表示、変更することができます。
Change User Password
ユーザーパスワードの設定または変更をします。画面上部に表示されている「User
Password」は初期設定値では「Not Installed」になっています。パスワードを設定する
と、
「Installed」に変更されます。
ユーザーパスワードの設定手順
1.
「Change User Password」を選択し、<Enter>を押します。
2.
「password box」で、6 文字以上の英数字からなるパスワードを入力し、
<Enter>を押します。
3.
パスワードの確認を要求されたら、もう一度パスワードを入力します。
パスワードの設定が完了すると、
「Password Installed」
というメッセージが表示されます。
ユーザーパスワードを変更する場合は、設定と同じ手順で行います。
Clear User Password
ユーザーパスワードをクリアします。
Password Check [Setup]
この項目を[Setup] に設定すると、BIOS はBIOSメニューへのアクセス時に、ユーザーパ
スワードの入力を要求します。[Always] に設定すると、BIOS はBIOSメニューへのアク
セス時と、システムの起動時に、ユーザーパスワードの入力を要求します。
設定オプション:[Setup] [Always]
ASUS P5Q-E
3-37
3.8
ツールメニュー
スペシャル機能のオプション設定をします。項目を選択し <Enter> を押してサブメニ
ューを表示させます。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
[Auto]
[Last Setting]
Express Gate
Enter OS Timer
Reset User Data
[Enabled]
[10 Seconds]
[No]
Exit
Press ENTER to run
the utility to select
and update BIOS.
This utility doesn't
support :
1.NTFS format
ASUS EZ Flash 2
Drive Xpert Control
Drive Xpert Mode Update
Tools
ASUS O.C. Profile
Ai Net 2
Select Screen
Select Item
Change Field
Enter Go to Sub Screen
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
+-
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
3.8.1
ASUS EZ Flash 2
ASUS EZ Flash 2 を起動します。<Enter>を押すと確認メッセージが表示されま
す。左右矢印キーを使って [OK] または [Cancel] を選択し <Enter> を押して選択を
決定します。詳細はページ 3-4 のセクション 3.1.2 をご参照ください。
ASUSTek EZ Flash 2 BIOS ROM Utility V3.25
FLASH TYPE: WINBOND W25P/X16
Current ROM
BOARD: P5Q-E
VER: 0306
DATE: 05/13/2008
Update ROM
BOARD: Unknown
VER: Unknown
DATE: Unknown
PATH: A:\
A:
Note
[Enter] Select or Load
[Up/Down/Home/End] Move
3-38
[Tab] Switch
[B] Backup
[V] Drive Info
[Esc] Exit
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.8.2
Drive Xpert Control [Auto]
Drive Xpert 機能に関する設定を行います。
設定オプション:[Auto] [Enabled] [Disabled]
3.8.3
Drive Xpert Mode Update [Last setting]
この項目を [Mode change] にすると、Drive Xpert の詳細設定が表示されます。
設定オプション:[Last setting] [Mode change]
Update To Super Speed [Press Enter]
「Drive Xpert Mode Update」を [Mode change] に設定するとこの項目が表示
され、Super Speed 機能が利用できるようになります。同一のSATAハードディ
スクを2台用意し、オレンジのSATAポート(SATA_E1[ポート 0])
とホワイトの
SATAポート(SATA_E2[ポート 1])に1台ずつ接続し、<Enter>キーを押します。
Update To EZ Backup [Press Enter]
「Drive Xpert Mode Update」を [Mode change] に設定するとこの項目が表
示され、EZ Backup 機能が利用できるようになります。同一のSATAハードディ
スクを2台用意し、オレンジのSATAポート(SATA_E1[ポート 0])
とホワイトの
SATAポート(SATA_E2[ポート 1])に1台ずつ接続し、<Enter>キーを押します。
•
Drive Xpert 機能を使用する際は、必要に応じてデータのバックアップを行っ
てください。
SATA_E2(ホワイト、ポート1)ハードディスクのデータは全て、EZ Backup のセ
ットアップ時に削除されます。
ハードディスク2台の元のデータは全てSuper Speed のセットアップ時に削
除されます。
•
変更が適用されるのに約5秒かかります。
•
アプリケーションの詳細は「4.3.11 ASUS Drive Xpert」をご参照ください。
Update To Normal mode [Press Enter]
この項目は「Drive Xpert Mode Update」を [Mode change] にすると表示さ
れ、オレンジのSATAポート(SATA_E1 [ポート 0])とホワイトのSATAポート
(SATA_E2 [ポート 1])を通常のSATAポートとして使用します。
ASUS P5Q-E
3-39
3.8.4
Express Gate
ASUS Express Gate 機能を設定します。この機能はASUS独自の機能で、ブラウザや
Skype 等のアプリケーションに瞬時にアクセスできる機能です。��������
詳細はセクション
「4.3.12 ASUS Express GATE」をご参照ください。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
Enter OS Timer [10 Seconds]
Express Gate のトップ画面での待機時間を設定します。この時間が経過すると、
Windows OS(または他のOS)が起動します。[Prompt User] を選択すると、ユー
ザーがアクションを起こすまで無制限に待機します。
設定オプション: [Prompt User] [1 second] [3 seconds] [5 seconds]
[10 seconds] [15 seconds] [20 seconds] [30 seconds]
Reset User Data [No]
Express Gate のユーザーデータを消去します。
設定オプション:[No] [Reset]
[Reset] を選択する場合は、次にExpress Gate を開くときにユーザーデータが
消去されますので、各設定データをBIOSに保存してください。消去されるデー
タには Express Gate の設定、ブラウザ上に保存した個人データ(ブックマーク、
Cookie、履歴など)が含まれます。これは不正なデータ設定により、Express
Gateを正常に起動できなくなる問題を防ぐのに有効な手段となります。
設定が削除されてからExpress Gate 環境に初めて入ると、設定ウィザードが起
動します。
3-40
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.8.5
ASUS O.C. Profile
複数の BIOS 設定を保存/ロードすることができます。
BIOS SETUP UTILITY
Tools
O.C. PROFILE Configuration
O.C. Profile 1 Status
O.C. Profile 2 Status
Save BIOS settings
to Profile 1
: Not Installed
: Not Installed
Save to Profile 1
Load from Profile 1
Save to Profile 2
Load from Profile 2
Start O.C. Profile
Save to Profle 1/2
BIOS ファイルを BIOS Flash に保存します。
Load from Profile 1/2
BIOS Flash に保存したBIOS 設定をロードすることができます。<Enter> を押してファ
イルをロードしてください。
Start O.C. Profile
ユーティリティを起動して CMOS を保存、ロードします。<Enter> を押してユーティリテ
ィを起動します。
ASUSTek O.C. Profile Utility V1.25
Current CMOS
BOARD: P5Q-E
VER: 0306
DATE: 05/13/2008
Restore CMOS
BOARD: Unknown
VER: Unknown
DATE: Unknown
PATH: A:\
A:
Note
•
•
ASUS P5Q-E
[Enter] Select or Load
[Tab] Switch
[V] Drive Info
[Up/Down/Home/End] Move
[B] Backup
[Esc] Exit
USB フラッシュディスクやフロッピーディスクなどのデバイスを FAT 32/16 フォ
ーマットでのみサポートします。
BIOS の更新中はシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。
システム起動エラーの原因となります。
3-41
3.8.6
AI Net 2
AI NET 2
Pair Status
BIOS SETUP UTILITY
Marvell Check LAN
cable during POST.
Length
Check Marvell LAN cable
Tools
[Disabled]
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
Check Marvell LAN Cable [Disabled]
Marvell LAN ケーブルをPOST中にチェックする機能に関する設定を行います。�
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
3-42
Chapter 3: BIOSセットアップ
3.9
終了メニュー
BIOS 設定の保存や取り消しのほか、初期設定値の読み込みを行います。
Main
Ai Tweaker
Exit Options
Exit & Save Changes
Exit & Discard Changes
Discard Changes
Load Setup Defaults
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
Tools
Exit
Exit system setup
after saving the
changes.
F10 key can be used
for this operation.
Select Screen
Select Item
Enter Go to Sub Screen
F1 General Help
F10 Save and Exit
ESC Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
<Esc> を押してもこのメニューは終了しません。
「Exit」メニューからいずれかの項
目を選択するか、<F10> を押して終了します。
Exit & Save Changes
BIOSの設定が終了したら、
「Exit」メニューからこのオプションを選択し、設定をCMOS
RAM に保存して終了します。オンボード用のバックアップで搭載されているバッテリ
は、コンピュータの電源がオフになっているときでもBIOSの設定内容を保存します。こ
の項目を選択すると、確認ウィンドウが表示されます。
「Ok」を選択すると、変更を保存
して終了します。
設定を保存せずに<ESC>でBIOSメニューを終了しようとすると、終了する前に変更
を保存しますかと尋ねるメッセージが表示されます。その場合は<Enter> 押して変
更を保存します。
Exit & Discard Changes
BIOSメニューで行った設定を保存したくないときに、この項目を選択します。ただし、
システムの日付、システム時間、パスワード以外の設定を変更した場合は、終了する前
に確認のメッセージが表示されます。
Discard Changes
BIOSメニューで設定した変更を破棄し、以前保存したときの値を復旧します。このオプ
ションを選択した後には、確認のメッセージが表示されます。確認のメッセージの表示
で「Ok」を選択すると変更を取り消し、以前保存したときの値がロードされます。
Load Setup Defaults
セットアップメニューのそれぞれの値に、初期設定値をロードします。このオプション
を選択するか、<F5> を押すと確認画面が表示されます。
「Ok」を選択して初期設定値
をロードします。Exit & Save Changes を選択するか、他の変更を行ってから設定を保
存します。
ASUS P5Q-E
3-43
3-44
Chapter 3: BIOSセットアップ
サポート DVD のコンテンツとソフトウェア
について.
4
ソフトウェア
4
Chapter
4.1
OSをインストールする........................................................................ 4-1
4.2
サポート������
DVD ��
情報............................................................................. 4-1
4.3
ソフトウェア情報................................................................................. 4-9
4.4
RAID ............................................................................................... 4-60
4.5
RAID ドライバディスクを作成する..................................................... 4-69
ASUS P5Q-E
4.1
OSをインストールする
このマザーボードは Windows® XP/ 64-bit XP/ Vista™ OSをサポートしています。ハー
ドウェアの機能を最大に活用するために、OS を定期的にアップデートしてください。
4.2
•
ここで説明するセットアップ手順は一例です。詳細については、OSのマニュア
ルをご参照ください。
•
互換性とシステムの安定性のために、
ドライバをインストールする前に、
Service Pack 2以降を適用済みのWindows® XP をお使いください。
サポート DVD 情報
マザーボードに付属の サポート DVD には、マザーボードを利用するために必要なド
ライバ、アプリケーション、ユーティリティが収録されています。
サポート DVD の内容は、予告なしに変更する場合があります。最新のものは、ASUS
Webサイト (www.asus.co.jp)でご確認ください。
4.2.1
サポート DVDを実行する
サポート DVD を光学ドライブに入れます。OSの Autorun 機能が有効になっていれば、
ドライバメニューが自動的に表示されます。
サポートDVDとマザーボー
ドの情報を表示できます。
インストールする項目を選択
Autorun が有効になっていない場合は、サポートDVD の BINフォルダから ASSETUP.
EXE を探してください。ASSETUP.EXEをダブルクリックすれば、
ドライバメニューが表
示されます。
ASUS P5Q-E
4-1
4.2.2
ドライバメニュー
ドライバメニューには、インストールが可能なドライバが表示されます。必要なドライ
バを上から順番にインストールしてご利用ください。
ASUS InstAll - Drivers Installation Wizard
Installation Wizard で各ドライバをインストールします。
Intel Chipset Inf Update Program
Intel® chipset Inf Update Program をインストールします。
SoundMAX ADI Audio Driver
SoundMAX® AD2000B オーディオドライバとアプリケーションをインストールします。
Marvell Yukon Gigabit Ethernet Driver
Marvell® Yukon Gigabit Ethernet ドライバをインストールします。
Marvell 61xx SATA Driver
Marvell® 61xx SATA ドライバをインストールします。
ASUS EPU-6 Engine
ASUS EPU-6 Engine ドライバとユーティリティをインストールします。
USB 2.0 Driver
USB 2.0 ドライバをインストールします。
4-2
Chapter 4: ソフトウェア
4.2.3
ユーティリティメニュー
マザーボードで使用できるアプリケーションやユーティリティをインストールします。
クリックすると次
の画面へ
クリックすると前
の画面へ
ASUS InstAll - Installation Wizard for Utilities
Installation Wizard で各ユーティリティをインストールします。
ASUS Update
Windows®環境で BIOS のアップデートが行えます。このユーティリティを使用するには
インターネット接続が必要です。
ASUS PC Probe II
ファンスピードとCPU 温度、システム電圧を監視し、問題がある場合に警告します。この
ユーティリティを使えばコンピュータを常に正常な状態に維持することができます。
ASUS P5Q-E
4-3
ASUS AI Suite
ASUS AI Suite をインストールします。ASUS AI Suite はオーバークロック、ファンコント
ロール、省電力、静音サーマルコントロールに関する設定ができるソフトウェアです。
ASUS AI Direct Link
AI Direct Link は大容量のデータを効率的に転送できるため、転送時間を最大70% 短
縮することに成功しました。AI Direct Link なら、動画ファイル等のサイズの大きいデー
タの共有とバックアップが簡単に行えます。
ASUS Express Gate
ASUS Express Gate アップデートアプリケーションをインストールします。
Drive Xpert
ASUS Drive Xpert ユーティリティをインストールします。
Marvell Yukon VCT Application
Marvell® Yukon Virtual Cable Tester™ (VCT) アプリケーションをインストールしま
す。このアプリケーションは TDR(Time Domain Reflectometry)テクノロジを使用し
LANケーブルのエラーとショートを診断/レポートするツールです。
Anti-Virus Utility
コンピュータウイルスからパソコン内のデータを守ります。
Adobe Acrobat Reader 8
PDF(Portable Document Format)ファイルの閲覧、プリントができるAdobe®
Acrobat® Reader V8.0 をインストールします。
Ulead Burn.Now
オーディオDVD、CD、データディスクの作成に便利な Ulead Burn.Now アプリケーショ
ンをインストールします。
Microsoft DirectX 9.0c
Microsoft® DirectX 9.0cドライバをインストールします。Microsoft DirectX® 9.0 は、
コンピュータのグラフィックスとサウンドを拡張するマルチメディアテクノロジです。
DirectX®はコンピュータのマルチメディア機能を向上させるので、TVや映画、ビデオキ
ャプチャ、ゲームをよりお楽しみいただけます。アップデートはMicrosoft Webサイト
(www.microsoft.co.jp)で。
Corel MediaOne Starter
マルチメディアデータの編集、共有、保護等の管理を行う、Corel MediaOne Starter ア
プリケーションをインストールします。
Ulead PhotoImpact 12 SE
PhotoImpact 画像編集ソフトウェアをインストールします。
4-4
Chapter 4: ソフトウェア
CyberLink PowerBackup
データのバックアップや復旧に便利なCyberLink PowerBackup ユーティリティをイン
ストールします。
Winzip 11
ファイルの圧縮/保護に便利なWinzip ユーティリティをインストールします。
4.2.4
Make Disk メニュー
Intel ICH10R/Marvell® 61xx ドライバディスクを作成します。
Intel ICH10R 32/64 bit RAID/AHCI Driver Disk
ICH10R 32/64bit RAID/AHCI ドライバディスクを作成します。
Marvell 61xx 32/64bit SATA Driver
Marvell® 61xx 32/64bit SATA ドライバディスクを作成します。
ASUS P5Q-E
4-5
4.2.5
マニュアルメニュー
サードパーティ製のコンポーネント、または各アプリケーションのユーザーマニュアル
を見ることができます。
ほとんどのマニュアルファイルは PDF になっています。PDFファイルを見るには、
UtilitiesタブのAdobe® Acrobat® Reader V7.0をインストールしてください。
4.2.6
コンタクトインフォメーション
ASUS コンタクトインフォメーション。また、このマニュアルの表紙裏にも記載してあり
ます。
4-6
Chapter 4: ソフトウェア
4.2.7
その他の情報
画面右上のアイコンです。マザーボード、サポートDVDの内容に関する追加情報です。
マザーボード情報
マザーボードの全般仕様を表示します。
DVDを参照する
サポート DVD のコンテンツを表示します。
(グラフィカル形式)
ASUS P5Q-E
4-7
テクニカルサポートフォーム
Technical Support Request Form を表示します。テクニカルサポートをご依頼の際に
記入してください。
ファイルリスト
サポート DVD のコンテンツを表示します。
(テキスト形式)
4-8
Chapter 4: ソフトウェア
4.3
ソフトウェア情報
サポートDVDのほとんどのアプリケーションはウィザードを使って簡単にインストール
することができます。詳細はオンラインヘルプまたはアプリケーションのReadme ファ
イルをご参照ください。
4.3.1
ASUS MyLogo3™
ASUS MyLogo3™ で起動ロゴを設定することができます。起動ロゴとは起動時の自
己診断テスト (POST) の間に、表示される画像のことです。サポートDVD からASUS
Update ユーティリティをインストールすると自動的に ASUS MyLogo3™もインストール
されます。
(詳細:「 4.2.3 ユーティリティメニュー」参照)
•
ASUS MyLogo3™をご利用になる前に����������������������
、���������������������
AFUDOS ユーティリティを使ってオリ
ジナルBIOSファイルのコピーを作成するか、ASUS Webサイトから最新バージ
ョンのBIOSを入手してください。
(����������
詳細:セクション「 3.1.3 AFUDOS」参照)
•
ASUS MyLogo3 をご利用になる場合は、BIOS の「Full Screen Logo」の項目
を [Enabled] にしてください。
(詳細:セクション「 3.7.2 起動設定」参照)
•
利用可能なファイル形式はGIF、 JPG、BMP です。
ASUS MyLogo3™を起動する
1.
ASUS Update ユーティリティを起動します。
�������������������������
(詳細:セクション「 3.1.1 ASUS
Update 」参照)
2.��������������
ドロップダウンメニューから「Options」を選択し、
「Next」をクリックします。
3.��������������������������
BIOSを更新する前に起動ロゴを置き換えるために、
「Launch MyLogo」をチェッ
クして「Next」をクリックします。
4.��������������
ドロップダウンメニューから「Update BIOS」を選択し、��
「
�Next」をクリックします。
5.������������������
指示に従って新しいBIOS ファイル
を検索し「Next」をクリックすると、
ASUS MyLogo3 のウィンドウが表示さ
����������
れます。
6.�����������������
左ウィンドウ枠から、起動ロゴとして
使用する、画像を含むフォルダを選
択します。
ASUS P5Q-E
4-9
7.
ロゴ画像が右ウィンドウ枠に表示され
たら、画像を選択してクリックし、拡大
します。
8.
Ratio box の値を選択し、画像のサイズ
を調整します。
9.
画面が������������������������������������������
ASUS Update ユーティリティに戻ったら、�����������������
������������������������������
オリジナルのBIOSをフラッシュ
����������������
して新しい起動ロゴをロードします。
10. BIOSを更新した後、コンピュータを再起動すると、POST中に新しい起動ロゴが表
示されます。
4-10
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.2
AI NET2
AI NET2 は Marvell® Virtual Cable Tester™ (VCT)を採用しており、VCT はケーブル診断ユ
ーティリティで、TDRテクノロジを使用して、LANケーブル障害とショートを報告します。
VCTは、外れたケーブル、ショートしているケーブル、インピーダンス不一致、ペア交換、ペ
ア極性問題、ペアスキュー問題を瞬時に1メートルの精度で検出し報告します。
VCT 機能は、きわめて管理が簡単で制御されたネットワークシステムを通じて、ネット
ワーキングとサポートコストを抑えています。このユーティリティはネットワークシステ
ムソフトウェアに組み込まれ、開発診断だけでなく理想的なフィールドサポートも実現
しています。
Virtual Cable Tester™を使う
手順
1.
Windows® デスクトップから、
「スタート」→「すべてのプログラム」→「Marvell」→
「Virtual Cable Tester」の順にクリックしてVCT を起動します。
2. メニューの「Virtual Cable Tester」をクリックして、下の画面を表示させます。
3.
「Run」ボタンをクリックして、ケーブルテストを実行します。
•�������������������������������������������
VCT ユーティリティが利用できるのは、Gigabit LAN ポートに接続したイーサ
ネットケーブルのみです。
ASUS P5Q-E
•
LAN ケーブルに問題が検出されない場合は、Virtual Cable Tester™メインウィ
ンドの「Run」ボタンは無効になります。
•
OSに入る前に、システムでLANケーブルの状態をチェックしたい場合は、BIOSの
「Post Check LAN Cable」の項目を[Enabled]にします。
4-11
4.3.3
ASUS PC Probe II
PC Probe II は、重要なコンピュータのコンポーネントを監視し、問題が検出されると
警告するユーティリティです。ファン回転数、CPU温度、システム電圧を中心に監視しま
す。PC Probe II はソフトウェアベースなので、コンピュータに電源を入れた時から監視
を開始します。このユーティリティで、コンピュータをいつでも正常に動作させること
ができます。
PC Probe II をインストールする
手順
1.
サポートDVD を光学ドライブに入れます。OSの Autorun 機能が有効になってい
れば、
ドライバインストールタブが自動的に表示されます。
Autorun が有効になっていない場合は、サポートDVDASUS PC Probe IIフォルダか
ら setup.exe を探してください。setup.exe をダブルクリックすれば、インストール
が開始されます。
2.
「Utilities」タブ→「ASUS PC Probe II」の順にクリックします。
3.
画面の指示に従ってインストールを終了させます。
PC Probe II を起動する
インストール終了後、または Windows® デスクトップからいつでもPC Probe II を起動
することができます。
PC Probe II を Windows® デスクトップから起動させる:
「スタート」→「すべてのプログ
ラム」→「ASUS」→「PC Probe II」→「PC Probe II v1.xx.xx」の順にクリックすると、
PC Probe II のメイン画面が表示されます。
アプリケーションを起動すると、PC Probe II アイコンが Windows® タスクバーに表示さ
れます。アイコンをクリックすることで、アプリケーションを起動・終了できます。
PC Probe II ���
を使う
メインウィンドウ
PC Probe II メインウィンドウでは、
システムの現状を確認し、設定を変
更することができます。初期設定値
では Preference が表示されます。
ウィンドウ右の三角をクリックする
ことで、Preference を閉じることが
できます。
三角をクリックして
Preference を閉じる
4-12
Chapter 4: ソフトウェア
ボタン
機能
設定画面を開く
レポート画面を開く
Desktop Management Interface 画面を開く
Peripheral Component Interconnect 画面を開く
Windows Management Instrumentation 画面を開く
HDD、メモリ、CPU 使用率画面を開く
Preference 画面を表示/非表示
アプリケーションを最小化
アプリケーションを閉じる
Sensor alert
警告センサ
システムセンサーが問題を検出すると、下の絵のようにメイン画面の右側が赤
色になります。
センサー用のモニターパネルも赤色になります。
「ハードウェアモニターパネル」
参照。
Preference
メイン画面の Preference で使用中のアプ
リケーションをカスタマイズすることができ
ます。ボックスをクリックして設定を切り替
えます。
ASUS P5Q-E
4-13
ハードウェアモニターパネル
ファン回転数、CPU 温度、電圧などのシステムセンサーの現在値を表示します。
ハードウェアモニターパネルには2種類ディスプレイモードがあります:6角形 (大)と
長方形 (小)です。Preference で「Enable Monitoring Panel」の項目にチェックした場合
は、モニターパネルがデスクトップに表示されます。
長方形(小)
6角形(大)
モニターパネルの位置を変える
モニターパネルのデスクトップ上の位置を変更する場合は、
Scheme のボタンをクリックして、
リストボックスからポジションを
選択します。選択したら「OK」をクリックします。
モニターパネルを分解する
モニターパネルは、磁気効果のため全て一緒に動きます。分解す
る場合は、U字型のマグネットアイコンをク
リックします。
センサーの基準値を調節する
ボタンをクリックしてセンサーの基準
値を調節します。また、Config画面で
も設定可能です。
長方形(小)のモニターパネルでは基
準値を調節することはできません。
4-14
値を増やす
値を減らす
Chapter 4: ソフトウェア
警告センサーモニター
コンポーネントの値が基準値以外になると赤色になります。
長方形(小)
6角形(大)
WMI ����
ブラウザ
をクリックして、WMI (Windows
Management Instrumentation)ブラウ
ザを表示します。様々な Windows® 管理
情報を表示します。左側のパネルの項目
をクリックし、右側のパネルに表示させ
ます。WMI Information の(+)をクリック
して情報を表示させます。
右下の角をドラッグして画面の大きさを調節することができます。
DMI ����
ブラウザ
をクリックして、DMI (Desktop
Management Interface) ブラウザを
表示します。様々なデスクトップ/システ
ム情報を表示します。DMI Information
の(+)をクリックして情報を表示させ
ます。
ASUS P5Q-E
4-15
PCI ����
ブラウザ
をクリックして、PCI (Peripheral
Component Interconnect) ブラウザを表
示します。システム上のPCI デバイス情報
を表示します。PCI Information の
(+)をクリックして情報を表示させます。
Usage
CPU、HDD空き容量、メモリ使用率をリアルタイムで表示します。
Usage を開きます。
をクリックして
CPU
リアルタイムの CPU 使用率が線
グラフで表示されます。CPU の
Hyper­‑Threading 機能が有効に設
定されている場合は、2つの論理プ
ロセッサ用に2つの線グラフが表
示されます。
Hard disk
HDDの使用率を表示します。パネ
ルの左側には論理ドライブが表示
されます。クリックすると右側に情
報が表示されます。円グラフのブル
ーの部分は使用領域、ピンクの部
分は空き領域です。
4-16
Chapter 4: ソフトウェア
Memory
物理メモリの使用率を表示しま
す。円グラフのブルーの部分は使
用領域、ピンクの部分は空き領域
です。
PC Probe II ��
設定
をクリックしてセンサーの基準値を確認・調節します。
Config には2つのタブがあります:Sensor/Threshold と Preferenceです。Sensor/
Threshold タブでは、センサーを有効にし、基準値を調節します。Preference タブでは
警告センサーをカスタマイズし温度を変更します。
初期設定値をロード
変更をキャンセル
変更を適用
ASUS P5Q-E
保存した設定をロード
設定を保存
4-17
4.3.4 ASUS AI Suite
ASUS AI Suite では、EPU—6 Engine、AI Booster、AI Nap、Fan Xpert の各ユーティリテ
ィを簡単に起動することができます。
AI Suite をインストールする
手順
1.
Autorun 機能が有効に設定されている場合 は、サポートDVD を光学ドライバに
セットすると Drivers インストールタブが表示されます。
2.
Utilities タブ→ AI Suite の順にクリックします。
3.
画面の指示に従ってインストールを完了させます。
AI Suite を起動する
AI Suite をインストールしたらいつでも起動可能です。
Windows® デスクトップから AI Suite を起動する方法。
「スタート」→「すべてのプログラム」→「ASUS」→「AI Suite → AI Suite v1.xx.xx」
の順にクリックすると AI Suite のメインウィンドウが表示されます。
アプリケーションを起動したら、AI Suite アイコンが Windows® タスクバー に表示され
ます。このアイコンをクリックしてアプリケーションの終了やリストアを行います。
AI Suite を使用する
起動するユーティリティのアイコンをクリックします。なお、Normal アイコンをクリックす
ると、システムは通常の状態にリセットされます。
通常の状態にリストア
EPU—6 Engine
を起動
AI Nap を起動
Fan Xpertを起動
AI Booster を起動
4-18
Chapter 4: ソフトウェア
その他のボタン
メインウィンドウの右端にある
をクリックしてモニターウィンドウを開きます。
CPU/システム温度、CPU/メ
モリ/PCI Express 電圧、
CPU/ケースファンスピー
ドを表示
FSB/CPU 周波数を表示
右上の
ASUS P5Q-E
をクリックして摂氏と華氏を切り換えます。
4-19
4.3.5
ASUS AI Nap
コンピュータを使用していない時の電源消費を最小限に抑えます。
このユーティリティを起動するには、付属のサポートDVD から AI Suite をインストール
後、Windows OS のタスクバーの「AI Suite アイコン」→「AI Nap ボタン」の順にクリック
してください。
確認画面で「Yes」をクリックしてください。
システム電源またはマウスボタンを押し、確認画面で「Yes」をクリックして AI Nap モー
ド から退出します。
電源ボタンの機能を「AI Nap」からシャットダウンに切り替えるには、タスクバー上
の「AI Suite」アイコンを右クリックし、
「AI Nap」を選択した後「Use power button」
をクリックしてください。
4-20
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.6
ASUS Fan Xpert
ASUS Fan Xpert は、気候条件や地理条件、システムの負荷に大きく左右される環境温
度に応じて、効果的にCPUファンとケースファンのスピードを調節することができます。
オプションから設定を選択することにより、ファンスピードを臨機応変にコントロール
することができます。
このアプリケーションはAI Suite の1つで、使用するにはAI Suite をサポートDVDか
らインストールする必要があります。インストールが終了すると、システムトレーに AI
Suite のアイコンが表示されますので、ダブルクリックし、Fan Xpert ボタンをクリック
してください。
ドロップダウンリストをクリックすると、ファンのタイプが表示されます。選択オプション
は「CPU Fan」
と
「Chassis Fan」です。
Calibration
ウインドウを表示
ファンを選択
プロファイルモード
を選択
設定を保存
ASUS P5Q-E
現在のCPU温度と、
ファンのスピードを%
で表示
ユーティリティを
キャンセル
4-21
ファンのプロファイルモード
•
Disable:Fan Xpert 機能を無効にします。
•
Standard:標準的なファンスピードに設定します。
•
Silent:ファンスピードを最低限に抑え、ノイズの低減を優先させます。
•
Turbo:ファンスピードを最大にし、冷却を優先させます。
•
Intelligent:CPUファンスピードを環境温度に応じて自動調整します。
•
Stable:CPUファンスピードを一定に保ち、スピードの切り替えによるノイズを抑
えます。ただし、温度が70ºCを超えた場合は、ファンのスピードを自動的に加速し
ます。
•
User:プロファイルをユーザー定義します。
「Chassis Fan」を選択した場合に選択できるオプションは、Disable/Standard/
Silent/Turbo のみです。
Calibration ウインドウを閉じる
ファンの回転とファンスピード(%)の
キャリブレーションを行う
4-22
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.7
ASUS AI Booster
ASUS AI Booster は CPU 速度を WIndows® 環境でオーバークロックします。
付属のサポートDVD から AI Suite をインストールしたら、Windows OS タスクバーの AI
Suite アイコンをダブルクリックし、
メイン画面で AI Booster ボタンをクリックし起動します。
タスクバーのオプションで初期設定値の適用や、CPU/メモリ/PCI-E 周波数の手動調節、
またオーバークロック設定の作成と適用が可能です。
ASUS P5Q-E
4-23
4.3.8 ASUS EPU–6 Engine
ASUS EPU–6 Engine は電力管理をアシストするツールで、システムの多様な電力要
求に応えます。このユーティリティには4つのモードがあり、システムパフォーマンスを
優先させる、あるいは省電力を優先させるといった設定が可能です。なお、
「Auto」を
選択するとシステムの状態に応じてモードを自動的に選択します。また、CPU周波数、
vCore 電圧、ファンコントロール等の設定を調節し、各モードをカスタマイズすること
もできます。
6 Engine をインストールする
手順
1.
サポートDVDを光学ドライブに入れます。お使いのPCでオートラン機能が有効
になっていれば、Drivers インストールタブが表示されます。
2.
「Drivers」タブをクリックし、続いて「ASUS EPU—6 Engine」をクリックします。
3.
以降のインストール手順は画面の指示に従ってください。
6 Engine を起動する
6 Engine を起動するには、Windows® のシステ
ムトレーに表示されるアイコンをダブルクリック
します。
初めて起動すると、右のようにキャリ
ブレーションを行うかを確認するメッ
セージが表示されます。キャリブレー
ションを行うと、システムはCPUのプ
ロパティを検出し電源管理の最適化
を行います。
キャリブレーションを行う場合は、
「Run Calibration」をクリックします。キャリブレーシ
ョンは数秒で終了し、6 Engine のメインメニューが表示されます。
4-24
Chapter 4: ソフトウェア
6 Engine メインメニュー
CPU電源と、CPUの省電力量
のトータルを表示
VGA省電力エンジンが検出さ
れない場合、以下のメッセー
ジを表示
省電力エンジン有効時に点灯
削減した
CO2 量を表示
*現在のCO2削減量
と、削減量トータルを
表示切り替え
現在のモード
を表示
Auto モード
Turbo モード
キャリブレーション
を実行
High Performance モード
Medium Power Saving モード
ユーティリティ
を終了
各モードのシステム
プロパティを表示
Max. Power Saving モード
各モードの詳細設定(詳細は次項に記載)
*• Current
をクリックすると、Renew ボタン
を押してから削減されたCO2量が表示されます。
*• Total
をクリックすると、6 Engine を起動してから�����
削減された
CO2の総量が表示されます。
ASUS P5Q-E
4-25
詳細設定
メインメニューから Advance (
) をクリックすると、各モードの設定オプ
ションが表示されます。なお、グレー表示されたオプションは設定できないオプション
です。
モードを選択
調節用スライドバー
詳細オプション
を表示
初期設定値にリセット
設定を適用
設定をキャンセル
詳細設定の設定オプション
オプションの内容は以下のとおりです。
4-26
•
CPU Frequency:CPU周波数を%単位で調節します。
•
vCore Voltage Downgrade:CPUの電力を抑えるため、CPU vCore 電圧を特定の
レベルまで引き下げます。
•
High:電圧をレベル(高)に引き下げます。
•
Medium:電圧をレベル(中)に引き下げます。
•
Small:電圧をレベル(小)に引き下げます。
•
Chipset Voltage Downgrade:チップセット電圧のオン/オフを切り替えます。
•
Turn Off hard disks:ハードディスクドライブでデータ送受信が行われなくなって
から一定時間経過すると、ハードディスクドライブをオフにします。
•
CPU Loadline:CPUロードラインを設定し、CPUの電力を抑えます。
•
Light:CPUの電力をレベル(小)に抑えます。
•
Medium:CPUの電力をレベル(中)に抑えます。
•
Heavy:CPUの電力をレベル(高)に抑えます。
Chapter 4: ソフトウェア
•
Fan Control:ファンスピードを調節し、システム電力とノイズを抑えます。
•
Quiet:CPUファンスピードを下げ、ケースファン2基の回転を止めます。
•
Slow:CPUファンとケースファンのスピードを共に下げます。
•
AI Nap Idle Time:システムがアイドリング開始後一定時間経過すると、AI Nap モ
ードに切り替えます。
下の表は、各モードの設定オプションを一覧にしたものです。
設定オプション
Turbo モード
High
Performance
モード
Medium Power
Saving モード
Maximum
Power Saving
モード
CPU Frequency
オーバークロック
+1% 〜 +30%
N/A
ダウンクロック
-1% 〜 -50%
ダウンクロック
-1% 〜 -50%
vCore Voltage
Downgrade
N/A
N/A
Small/Medium/
High
Small/Medium/
High
Chipset
Voltage
Downgrade
N/A
N/A
On/Off
On/Off
Turn Off hard disks
Never/After 3
mins–After 5
hours
Never/After 3
mins–After 5
hours
Never/After 3
mins–After 5
hours
Never/After 3
mins–After 5
hours
CPU Loadline
N/A
N/A
Light/Medium/
Heavy
Light/Medium/
Heavy
Fan Control
N/A
N/A
Keep Bios
Setting/Slow
Keep Bios
Setting/Quiet
AI Nap Idle Time
Never/After 3
mins–After 5
hours
Never/After 3
mins–After 5
hours
Never/After 3
mins–After 5
hours
Never/After 3
mins–After 5
hours
ASUS P5Q-E
4-27
4.3.9
ASUS AI Direct Link
ASUS AI Direct Link は、ネットワークケーブルを介してコンピュータ間のネットワーク
を構成するツールで、高速データ転送でファイルの共有を可能にします。ネットワーク
ケーブルでコンピュータを2台(最低1台は ASUS 製のものをご使用ください)接続
し、2台両方にユーティリティをインストールします。
•
AI Direct Link 起動の際は、Windows Firewall 以外のファイアウォールソフト
ウェアを無効にしてください。
•
10/100 LAN カードをご使用の場合、転送速度は制限されます。
AI Direct Link を使用する
受信フォルダを有効にする
1.
Windows ® タスクバーから、AI Direct Link アイコン
を右クリックし、
「Incoming folder」→「Enable incoming folder」の順にクリックします。
Windows XP Home edition の
場合は右の画面が表示されたら
「Steps of enabling file sharing」
をクリックし、その後の指示に従
ってください。
2.
他のユーザーのアクセスを制限する場
合は、
「Use my account」を選択し、ユ
ーザーネームとパスワードを設定しま
す。制限しない場合は、
「Use public account」を選択します。
セキュリティの観点から、ユーザ
ーネームとパスワードの設定をお
勧めします。
3. 「OK」をクリックすると、
「Ready for incoming」メッセ
ージが表示されます。
受信フォルダを無効にするには、
「Incoming folder」→
「Disable incoming folder」の順にクリックします。
4-28
Chapter 4: ソフトウェア
4.
AI Direct Link アイコンを右クリッ
クし、
「Incoming folder」→「Open
incoming folder」の順にクリックす
ると、
「AIDirectLinkIncoming」フォ
ルダが開きます。このフォルダに共
有するファイルを入れます。管理者
ユーザ−はこのフォルダへのフルア
クセスが可能です。
AIDirectLinkIncoming フォルダのパスは初期設定で「C:\Program Files\ASUS\AI
Direct Link」に設定されています。変更するには受信フォルダを無効にしてから、
「Incoming folder」→「Change incoming folder」の順にクリックしシステムディレ
クトリを開き、AIDirectLinkIncoming フォルダを他のディレクトリに移動します。
他のコンピュータに接続する
この機能はASUS 製品でのみ利用することができます。
1.
2.
3.
Windows ® タスクバーで AI Direct Link
アイコンを右クリックし、
「Connect」を選
択すると、次ぎの画面が表示されます。
「Refresh」をクリックします。クリックす
ると、接続されたコンピュータの検索を
開始します。
検索されたコンピュータの名前が表
示されます。
「Open」をクリックし、そ
の共有フォルダを開きます。
ASUS P5Q-E
4.
必 要 な 場 合 は 、ユ ー ザ ー ネ ー ム
とパ ス ワ ード を 入 力しま す。
「OK」をクリックし、ログインすれば
フルアクセスが可能になります。
4-29
4.3.10
AI Audio 2 (SoundMAX® HD オーディオユーティリティ)
ADI AD2000B High Definition Audio CODEC は、
���������������������
AudioESP™ ソフトウェア採用の
SoundMAX® オーディオを通して 8 チャンネルオーディオを提供し、PCで最高のオーデ
ィオをお楽しみいただけます。このソフトウェアは、高品質なオーディオ合成/レンダリ
ング、3D サウンドポジショニング、拡張音声入力技術を採用しています。
インストールウィザードに従って、サポートDVDから����������������������������
ADI AD2000B Audio Driver ��
をイ
ンストールし、SoundMAX® をご利用ください。
この設定には、4チャンネルまたは6チャンネル、8チャンネルスピーカーをご使
用ください。
SoundMAX® をインストールするとタスクバーに
SoundMAX®/ SoundMAX® BlackHawk アイコンが表示さ
れます。
4-30
Chapter 4: ソフトウェア
A.
SoundMAX BlackHawk (AI Audio 2)
Windows Vista OS をご使用の場合は、タスクバーから SoundMAX® BlackHawk アイ
コンをダブルクリックします。ダブルクリックすると SoundMAX® コントロールパネルが
表示されます。
®
Enabling AI Audio 2
電源ボタン
をクリックし、デジタル信号処理を有効にします。
AI Audio 2 は、Sonic Focus 社の新型 SoundMAX BlackHawk で、マルチメディ
アの幅がより広がります。
Fidelity Compensation
電源ボタンをクリックするとユーティリティが起動します。圧縮されたオーディオストリー
ムを圧縮前のオリジナルに近い状態に再現する際、圧縮処理の過程で失われた本来の
サウンドをオーディオ出力としてリアルに再現します。
Sound Field Expansion
AI Audio 2 はリアルなフロント/リアサウンド環境により、ステレオサウンドの領域をマ
ルチメディアチャンネルの領域まで拡張します。
Surround Virtualization
ステレオスピーカーまたはヘッドフォンでの使用を想定しクリアなボーカル機能を追加
しました。これによりサラウンドサウンドの仮想化を図ります。
SoundMAX BlackHawk(AI Audio 2)は Windows® Vista™ OS でのみ利用可
能です。
ASUS P5Q-E
4-31
Playback Settings
再生の際の各種設定を行うには、コントロールパネル上の Playback ボタンをク
リックします。Speakers や SPDIF Interface の音量調節やオーディオのミュート
が可能です。
Preset settings
ドロップダウンメニューを展開し、DSP
(Digital Signal Processing)設定を選択
します。スライダーを移動すれば、Voice
Clarity、Dynamics、Brilliance、Deep Bass
の各値を変更することができます。設定
を保存するには、Save をクリックします。
設定を保存しない場合は Reset をクリッ
クします。
Surround settings
ステレオスピーカーの設定を変更すること
ができます。スライダーを移動して、視聴位
置や、センターチャンネルボリュームを変
更することができます。Test Speakers ボタ
ンを押すと、スピーカーテストを実行する
ことができます。
Port settings
このタブをクリックすると、スピーカー用にはリアパネルポート構成が、SPDIF イ
ンターフェース用にはリアパネルデジタルポート構成が表示されます。
4-32
Chapter 4: ソフトウェア
Recording Settings
録音設定を変更するには、コントロールパネル上の Recording ボタンをクリック
します。スライダーを左右に移動させることで、Microphone や Line In のスピー
カーの遅延を調節することができます。
Record testing
Port settings
このタブをクリックすると、テスト録音が実行
このタブをクリックすると、マイクまたはラ
され、サンプルをスピーカーまたは SPDIF イン イン入力用のリアパネルポートが表示され
ターフェースで再生することができます。
ます。
ANDREA settings�
No Filtering、Speakerphone、Voice
Recording、Directional Beam 等のエンハンス
トマイク入力機能を選択することができます。
More Settings
詳細設定をするには、
をクリックします。
Equalizer
DSP プリセット周波
数を全てカスタマイ
ズ設定することがで
きます。
ASUS P5Q-E
4-33
Speakers
Speaker Trim と Speaker Delay を調節します。
Bass
Bass management を調節します。
Preferences
ユーティリティのオプション、バージョン情報、AudioESP 等を表示します。
4-34
Chapter 4: ソフトウェア
B.
SoundMAX
Windows XP OS をご使用の場合は、タスクバーから SoundMAX® アイコンをダブルク
リックします。ダブルクリックすると SoundMAX® コントロールパネルが表示されます。
®
Audio Setup Wizard
SoundMAX® コントロールパネルの
アイコンをクリックすると、簡単にオー
ディオ設定が行えます。画面の指示に従ってHDオーディオをお楽しみください。
ASUS P5Q-E
4-35
Jack configuration
Adjust speaker volume
コンピュータのオーディオポートを設定
します。画面は設定したオーディオデバイ
スによって異なります。
スピーカの音量調整をします。Test ボタ
ンをクリックし、実際に音を聞いて確認
します。
Adjust microphone volume
マイクのボリュームを調節します。文を読むように指示が出ます。声に合わせて
AudioWizard がボリュームを調節します。
4-36
Chapter 4: ソフトウェア
Audio preferences
アイコンをクリックすると Preferences 画面へ移動します。この画面では様々な
オーディオ設定の変更が可能です。
General options
General タブをクリックして、プレイバック/レコーディングデバイスを選択し、
AudioESP™ 機能、デジタル出力の設定を切り替えます。
Listening Environment options
Listening Environment タブをクリックし、スピーカーや音響の設定、Virtual Theater
Surround 機能の切り替えが可能です。
ASUS P5Q-E
4-37
Microphone options
Microphone タブをクリックし、マイク入力設定を最適化します。
Enhanced Microphone Features
Voice recording
Noise Filter 機能を有効にします。コンピュータのファンやエアコン等の個々の定
���������������������
常ノイズ (肉声ではない信号)を検出し、録音中はそれらの音をカットします。
Directional Array
マイクを向けた方向からの音のみを入力します。�������������
オンラインゲームやMSN、
Skype 等、マイクを使用する際にご利用ください。
Speaker Phone
音声のエコーを減らす能力に優れており、スピーチエンジン上での影響を最小
限にします。����������������
電話会議等にご利用ください。��
4-38
•
Directional Array と Speaker Phone 機能は ASUS
Array Mic と併用した場合のみ機能します。
•
Windows Vista をご利用の場合は手動で
Directional Array と Speaker Phone 機能を
有効にする必要があります。
「コントロールパ
ネル」→「Sound」→「Recording」タブを開
き、
「Microphone」を選択したら
「Microphone Enhancement」タブを開いて
「Array Mic 」にチェック入れてください。
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.11
ASUS Drive Xpert
ASUS Drive Xpert により、
ドライバやBIOSの設定なしに、ハードディスクのデータ保護
及び転送速度を向上させることができます。ユーザーフレンドリーなGUI により、デー
タのバッックアップの設定、転送速度の向上ができます。それにより、毎日いつでもデー
タが保護されていることを確認できます。
Serial ATAハードディスクをインストールする
Windows® 環境でDrive Xpert を使用する場合、ハードディスクを3台使用することを
お勧めします。1台はOSをインストールしたもの、他の2台はDrive Xpert 用として使用
します。
Drive Xpert 用のSerial ATA ハードディスクをセットアップする
1.
SATA ハードディスク2台をドライブベイに取り付けます。
2.
各ドライブにSATAケーブルのエンドを接続し、もう一方のエンドをSATA_E1
(オレンジ、ポート 0)と SATA_E2(ホワイト、ポート 1)コネクタにそれぞれ接続
します。SATAコネクタの位置はページ 2-30 でご確認ください。
3.
SATA電源ケーブルを各ドライブの電源コネクタに接続します。
•
パフォーマンスの観点から、ドライブは全く同一のものを使用することを強く
お勧めします。
•
SATA_E1(オレンジ、ポート 0)とSATA_E2(ホワイト、ポート1)コネクタは
ATAPI デバイスとホットプラグ機能をサポートしていません。
Windows® 環境でDrive Xpert を起動する
付属のサポートDVDからDrive Xpert をインストールし
たら、システムトレーのDrive Xpert アイコンをダブルク
リックします。続いてメイン画面が表示さ
れます。
Drive Xpert には次の2つのモードがあり
ます。
・EZ Backup
・Super Speed
ASUS P5Q-E
•
Drive Xpert 機能を使用する前に、Marvell 61xx ドライバを必ずインストールし
てください。
•
BIOSで「Drive Xpert mode」を [EZ Backup] または [Super Speed] に設定す
る際は、2台のハードディスクをSATA_E1(オレンジ、ポート 0)と SATA_E2(ホ
ワイト、ポート1)コネクタに接続してください。接続しないとフロントパネルの
HDD LEDが点滅します。
4-39
EZ Backup に設定する
このモードに設定すると、1台のハードディスクがもう1台のデータのバックアップを
自動的に行います。
•
2台のハードディスクは、未使用のものを使用することをお勧めします。
•
このセットアップを実行すると、SATA_E2(ホワイト、ポート1)コネクタに接続し
たハードディスク内のデータは全て消去されます。セットアップに際しては、�
必
要に応じてデータのバックアップを行ってください�
。
EZ Backup の設定を行う
4-40
1.
メイン画面の「EZ Backup」をクリックします。
2.
「Apply」をクリックします。
3.
続いて警告メッセージが表示されます。SATA_E2(ホワイト、ポート1)コネクタに
接続したハードディスク内のデータが消去されても差し支えない場合は、
「Ok」を
クリックしセットアップを続行します。
4.
セットアップ完了です。
「Ok」をクリック
し、システムを再起動してください。
5.
設定に成功すると、
「Drive Xpert 」アイコンがグリ
ーンになります。
Chapter 4: ソフトウェア
Super Speed �����
に設定する
このモードに設定すると、���������������������������
2台のハードディスクはデータアクセスを同時に平行して行
うため、データの転送速度が上がります。
•��������������������������������
2台のハードディスクは未使用のものを使用することをお勧めします。
•������������������������������������
このセットアップを実行すると、2台のハードディスク内のデータは全て消去さ
れます。セットアップに際しては、必要に応じてデータのバックアップを行ってく
ださい。
Super Speed の設定を行う
1.
メイン画面の「Super Speed」をクリ
ックします。
EZ Backup モードに設定している
場合は、
「Mode Change」をクリッ
クしてください。続いてメイン画
面が表示されます。
2.
「Apply」をクリックします。
3.
続いて警告メッセージが表示されます。2台のハードディスク内のデータが消去
されても差し支えない場合は、
「Ok」をクリックしセットアップを続行します。
4.
セットアップ完了です。
「Ok」をクリック
し、システムを再起動してください。
5.
設定に成功すると、
「Drive Xpert 」アイコンがグリ
ーンになります。
ハードディスクのうち1台が故障すると、両方のハードディスクのデータが消失し
ます。
ASUS P5Q-E
4-41
Normal Mode に設定する
このモードに設定すると、Drive Xpert 機能が無効になります。Drive Xpert 用の2つの
SATAコネクタは通常のオンボードSATAコネクタとして使用されます。
ハードディスクを1台 Normal Mode で使用する場合は、そのハードディスクを
SATA_E1(オレンジ、ポート 0)コネクタに接続してください。
手順
4-42
1.
「Mode Change」をクリックします。
続いてメイン画面が表示されます。
2.
「Disable」をクリックします。
3.
セットアップ完了です。
「Ok」をクリック
し、システムを再起動します。
4.
Drive Xpert 機能が無効になると Drive Xpert アイコ
ンはグレーになります。
Chapter 4: ソフトウェア
パーティションのボリューム
Super Speed を設定した後は、ハードディスクのパーティションのボリュームを設定す
る必要があります。
手順
1.
デスクトップから「マイ コンピュータ」を右クリックし、
「Manage(管理)」を選択します。
2.
「Disk Management(ディスク
の管理)」を選択します。未割り
当ての 領 域 上で 右クリックし、
「New Partition(新しいパーティ
ション)」を選択します。
「New Partition(新しいパ
ーティション)」オプションが
利用できない場合は、右の図
のように「Disk(ディスク)」
を右クリックし、
「Initialize
Disk(ディスクの初期化)」
を選択しディスクを初期化
します。
3.
「New Partition Wizard(新しいパーティションウィザード)」が表示されます。以降
の設定はウィザードの指示に従ってください。
ASUS P5Q-E
4-43
その他の機能
Schedule Drive Verify
ウインドウを開く
Event Log リストを開く
Setup Password ウインドウを開く
Firmware Update ウインドウを開く
ヘルプ
セットアップ������
ウインドウを
非表示にする
前のページへ
Schedule Drive Verify
ハードディスク検証用のスケジュールを設定することができます。設定を適用する
場合は「Ok」をクリックします。ウインドウを閉じるには「Cancel」をクリックします。
検証作業をすぐ始める場合は�
「Right Now」をクリックします。
Add / Modify / Delete
新しいスケジュールの作成、作成
したスケジュールの変更/削除を
行います。
Schedule Activity
スケジュールを日/週/月/単位で設
定します。
New Schedule
スケジュールの日時を具体的に設
定します。
Physical Drive
選択したハードディスクのスケジュールを設定します。
Scheduled
セットアップしたスケジュールの日時を表示します。
4-44
Chapter 4: ソフトウェア
Event Log
イベントログのリストを表示しま
す。イベントログはトラブルシュ
ーティングの際の手がかりとな
る場合があります。
イベントログを更新する場合は、
「Refresh」をクリックします。
画面を閉じるには「Ok」をクリッ
クします。
Setup Password
アクセスを制限するためのパス
ワードを設定します。入力したら
「Ok」をクリックします。
Firmware Update
ファームウェアの更新を行いま
す。更新するファームウェアを表
示するには「Browse」をクリック
します。
更新を実行する場合は「Update」
をクリックします。
ASUS P5Q-E
4-45
Express Gate 環境で�������������������
Drive Xpert 機能を使用する
Express Gate 環境でDrive Xpert 機能を使用することができます。この機能を使用する
にはハードディスクが2台必要です。
Express Gate 環境では、予め他のコンピュータを1台使用してExpress Gate をUSBフラ
ッシュメモリにインストールする必要があります。
手順
1.
OSがインストールしてあるコンピュータにUSBフラッシュメモリを接続します。
2.
Express Gate のインストールについては、
ページ 4-50 をご参照ください。Choose
target volume 画面が表示されたら、ター
ゲットディスクボリュームに「USB」を選択
します。
3.
USBフラッシュメモリをマザーボードに接続
します。続いてシステムを再起動し、Express
Gate を起動します。
Launching Drive Xpert
をクリックしASUS Utility パネルを開き、ASUS Utility パネルから Drive Xpert
を起動します。続いて下のようなメイン画面が表示されますので、EZ Backup また
は Super Speed を選択してください。
Drive Xpert 機能を使用する前に、ハードディスク内のデータをバックアップしてく
ださい。
4-46
•
SATA_E2(ホワイトポート1)ハードディスクのデータは全てEZ Backup のセット
アップ時に削除されます。
•
ハードディスク2台のデータは全てSuper Speed のセットアップ時に削除され
ます。
Chapter 4: ソフトウェア
EZ Backup
EZ Backup に設定する
1. メイン画面からEZ Backup をクリックします。
2. SATAケーブルと電源コードが正
しく接続されていることを確認し、
「Next」をクリックします。
3. 「Next」をクリックします。
4.
セットアップを実行する前に、
SATA_E2(ホワイト、ポート1)コ
ネクタに接続したハードディスク
内のデータをバッアップしてくだ
さい。セットアップを実行すると
データは全て消去されます。
次に「Next」をクリックします。
5. セットアップ完了です。
「OK」をク
リックし設定画面を閉じます。
ASUS P5Q-E
4-47
Super Speed
Super Speed に設定する
1.�������
メイン画面からSuper Speed をクリックします。
2.����������������
SATAケーブルと電源コードが正
しく接続されていることを確認し、
「Next」をクリックします。
3. 「Next」をクリックします。
4. セットアップを実行する前に、2
台のハードディスク内のデータを
バッアップしてください。セットア
ップを実行するとデータは全て
消去されます。
次に「Next」をクリックします。
5. セットアップ完了です。
「OK」をク
リックし設定画面を閉じます。
4-48
Chapter 4: ソフトウェア
BIOS Setup 環境で�������������������
Drive Xpert 機能を使用する
Drive Xpert 機能をBIOS Setup 環境で使用することができます。BIOS Setup
����������
����
を開くに
は起動中に<DEL>キーを押します。Drive Xpert の設定オプションは「Tools」メニュー
に表示されます。
Drive Xpert 機能を使用する際は、ハードディスク内のデータのバックアップを行っ
てください。
• EZ Backup 機能を使用すると、SATA_E2(ホワイト、ポート1)コネクタに接続し
たハードディスク内のデータは全て消去されます。
• Super Speed 機能を使用すると、2台のハードディスク内のデータは全て消去
されます。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
ASUS EZ Flash 2
Drive Xpert
Drive Xpert
Update To
Update To
Update To
Control
Mode Update
Super Speed
EZ Backup
Normal Mode
Express Gate Enter OS Timer
Reset User Data
ASUS O.C. Profile
AI Net 2
[Auto]
[Mode Change]
[Press Enter]
[Press Enter]
[Press Enter]
[Enabled]
[10 Seconds]
[No]
Tools
Exit
Press ENTER to run
the utility to select
and update BIOS.
This utility doesn't
support :
1.NTFS format
Enter
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Go to Sub Screen
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2008, American Megatrends, Inc.
Drive Xpert Control [Auto]
Drive Xpert 機能を設定します。
設定オプション:���������������������������
[Auto] [Enabled]
��������������������
[Disabled]
Drive Xpert Mode Update [Last Setting]
この項目は「Drive Xpert Control」を[Auto]または [Enabled] にすると表示されます。
この項目を [Mode Change] にすると、Drive Xpert 機能の詳細設定が表示されます。
設定オプション:[Last Setting] [Mode Change]
次の各項目は「Drive Xpert Mode Update」を [Mode Change] に設定すると表示
されます。
Update To Super Speed [Press Enter]
Super Speed 機能を使用するための項目です。全く同一のSATAハードディスクを2台用
意し、SATA_E1(オレンジ、ポート 0)
と����������������������������
SATA_E2(ホワイト、ポート1)コネクタにそれぞれ接
続し、������������������
<Enter>キーを押してください。
Update To EZ Backup [Press Enter]
EZ Backup 機能を使用するための項目です。
������������������������������������
全く同一のSATAハードディスクを2台用意
し、SATA_E1(オレンジ、ポート 0)と����������������������������
SATA_E2(ホワイト、ポート1)コネクタにそれぞれ接
続し、������������������
<Enter>キーを押してください。
Update To Normal Mode [Press Enter]
SATA_E1(オレンジ、ポート 0)
とSATA_E2(ホワイト、ポート1)コネクタを����������
通常のSATA コネ
クタとして使用します。
ハードディスクを1台 Normal Mode で使用する場合は、そのハードディスクを
SATA_E1(オレンジ、ポート 0)コネクタに接続してください。
ASUS P5Q-E
4-49
4.3.12
ASUS Express Gate
ASUS Express GateはASUS独自の機能で、ブラウザや Skype 等のアプリケーション
に瞬時にアクセスできる機能です。コンピュータの電源を入れてからわずか数秒で、
Express Gate メニューが開き、ブラウザや Skype 等の Express Gate アプリケーション
を起動することができます。
ASUS Express Gate をインストールする
•
ASUS Express Gate がサポートするのは、IDEモードのSATA HDDだけです
。
•
ASUS Express GateがサポートするHDDは、マザーボードのチップセットが制御
するオンボードSATAポートに接続したHDDのみです。オンボード拡張SATAポ
ートと外部SATAポートは全てサポート対象外です。オンボードSATAポートの
位置はChapter 2 をご参照ください。
•
ASUS Express Gate はUSB HDDとフラッシュメモリにインストールできますが、
SATA HDDにインストールした場合に比べ、ソフトウェアの動作は遅くなることが
あります。
Express Gate をコンピュータにインストールする
4-50
1.
サポートDVDを光学ドライブに入れます。コンピュータでオートラン機能が有効に
なっていれば、
「Drivers」インストールタブが表示されます。
2.
「Utilities」タブをクリックし、続いて「ASUS Express Gate Installer」をクリックし
ます。
3.
インストール用の言語を選択し、
「OK」
をクリックします。
4.
Express Gate 用のInstallShield Wizard
が表示されますので、
「Next」をクリッ
クします。
Chapter 4: ソフトウェア
5.
Express Gate をインストールするタ
ーゲットディスクのボリュームを選択
します。ハードドライブに複数のボリ
ュームが存在し、OSがインストールさ
れている場合は、Express Gate を
「Volume C」にインストールすること
をお勧めします。続いて「Next」をクリ
ックします。
6.
表示される画面の指示に従って、イン
ストールを完了します。
トップ画面
電源をオンにすると、数秒後に Express Gate
のトップ画面が表示され、ブラウザまたは
Skype を起動することができます。
また、この機能を使用せずに OS の起動
や、BIOS Setup、電源オフを選択することも
できます。
選択しないまま一定の時間が経過すると、
Express Gate は自動的に終了し OS を起動
します。カウントダウンタイマーは
「boot to OS」ボタン内に表示されます。マ
ウスやキー操作をすると、カウントダウンは止まりタイマー表示が消えます。
Express Gate 環境
Web または Skype を起動して Express Gate
環境に初めて入ると、基本設定用のウィザー
ドが起動します。この基本設定には言語や日
付、画面の解像度などが含まれます。
ASUS P5Q-E
4-51
Express Gate 環境に入ったら、画面下の LaunchBar のアイコンをクリックし、ソフトウ
ェアの起動と切り替えを行います。ウィンドウはサイズ変更と移動が可能です。ウィンド
ウを画面の前面に移動するには、ウィンドウをクリックするか、関連ソフトウェアのアイ
コンをクリックします。ウィンドウのサイズ変更は、コーナーをドラッグして調節します。
ウィンドウを移動するには、タイトルバーをドラッグします。
LaunchBar 以外にも、<Alt + Tab> キーでソフトウェアの切り替えが可能です。また、デ
スクトップ上を右クリックするとソフトウェアメニューを表示させることができます。
LaunchBar 内のソフトウェアアイコンの赤い三角は、ソフトウェアが既に起動している
ことを示し、即座にそのソフトウェアに切り替えることがきます。なお、万一ソフトウェア
が応答しない場合は、アイコンを右クリックして強制終了してください。
Express Gateのホットキー
操作に便利なホットキーを是非ご使用ください。
トップ画面
キー
機能
PAUSE/BREAK
電源オフ
ESC
OSを起動
DEL
BIOS Setup を起動
F8
起動デバイスの選択ウインドウをポップアッ
プ
Express Gate環境
4-52
キー
機能
<Alt> + <Tab>
ソフトウェアの切り替え
<Ctrl> + <Alt> + <Del>
Power-Off ダイアログボックスを表示
<Ctrl> + <Alt> + <Print Screen>
スクリーンキャプチャを画像に保存
Chapter 4: ソフトウェア
Configuration Panel(設定パネル)を使用する
この画面では各種設定ができます。
アイコンをクリックして、ツールを開きます。ツールは以下の4種類です。
•
Date and Time:タイムゾーンを含む時間設定を行います。
•
Input Method:入力言語と入力方式の設定を行います。
•
Language and Keyboard:言語とキーボードの設定を行います。
•
LaunchBar Settings:LaunchBar のカスタマイズ設定を行います(ドックする位置
や、非表示設定など)。
•
Network:インターネットへの接続方法を設定します。使用するネットワークポート
(LAN1、LAN2、無線 [オプション])を全て有効にします。LAN1 と LAN2 はコンピュ
ータ上の2つの RJ-45 ネットワークポートを指します。
•
LAN ポートの数はマザーボードのモデルによって異なります。
•
LAN ケーブルをいずれかのポートに接続すると、Express Gate は自動的にそ
のポートを使用します。
各ポートで使用する IP の種類を DHCP IP(一般的)または静的 IP から選択するこ
とができます。PPPoE と無線(オプション)には、ユーザーネーム、パスワード、SSID
などのログイン情報を設定してください。
•
Environment Settings:この機能はExpress Gate の設定およびブラウザ上に保
存した個人データ(ブックマーク、クッキー、履歴など)削除します。削除すると
、ユーザーデータは初期設定値に戻ります。
設定を削除する場合は、
「Restore System」をクリックします。クリックすると確認メ
ッセージが表示されますので、
「Yes」をクリックします。続いてシステムは再起動さ
れ、Express Gate が再び起動します。なお、万一設定データが破損した場合、こ
の機能を使用して設定を初期設定値に戻すこともできます。
設定を削除した後、初めてExpress Gate 環境に入ると設定ウィザードが起動し
ます。
ASUS P5Q-E
4-53
•
Screen Settings:最適な画面解像度を選択します。
•
Volume Control:スピーカー出力やマイク入力などの音量を調節します。
LaunchBar を使用する
LaunchBar には複数のシステムアイコンがあり、各種システム状態の表示と個人設
定を行うことができます。なお、ソフトウェア使用中に画面スペースを確保するため、
LaunchBar を自動非表示にすることも可能です。また、
ドックの表示位置を設定するこ
ともできます。
Web ブラウザを起動します。
画像編集ソフトウェア「Photo Manager」を起動します。
インスタントメッセージツール「Chat」を起動します。
「Skype」を起動します。このソフトウェアは、他のSkype ユーザーに
無料で通話ができ、また、高品質な音声コミュニケーションを提供するツー
ルです。
Configuration Panelを開きます。ここではネットワーク設定等の変更が
できます。
上記のアプリケーションから応答がなくなった場合は、そのアプリケーション
のアイコンを右クリックし、「Close」を選択して強制終了してください。
LaunchBar 右側に表示される小さなアイコンについて:
USBデバイスにアクセスしファイル管理を行うには、このアイコンをクリック
してFile Manager ウインドウを開きます。デバイスが検出されると、アイコ
ンの中に緑の矢印が表示されます。
ASUS Express Gate がサポートするファイルの移動は、SATA HDD、光学ドライ
ブ、USBドライブからのアップロードと、USBドライブへのダウンロードだけ
です。
4-54
ネットワークの状態が表示されます。ネットワークの設定も可能です。
ミュートの状態を示します。音量を変更するにはこのアイコンをクリックします。
Chapter 4: ソフトウェア
入力言語と入力方式、キーボードのショートカットキーを選択します。
(初期設定値は< Ctrl + Space >キー)
クリックして LaunchBar オプションを変更 します。
(自動非表示、
ドックする位置など)
「ASUS Utility」パネルを開きます。
「About Express Gate」を表示します。
Help を表示 します。
OS 起動、再起動、シャットダウンするための電源オプションを表示します。
このオプションは <Ctrl + Alt + Del> キーを押しても表示されます。
電源オフ
OS起動
再起動
ユーザープロファイル
を保存
Express Gate
に戻る
インターネットに接続する
インターネットに接続できない場合は以下の点を確認します。
1.
「Configuration Panel」を開きます。
Configuration Panel を開く
ASUS P5Q-E
4-55
2.
「Network」を開きます。
Network
3.
ネットワーク設定を行います。
ダイアログボックスでネットワーク設定を行います。ネットワークインターフェー
スを選択すると、そのインターフェースは即座に有効になります。
•
ホームルータにネットワークケーブルを接続する場合は(このケーブルはDSL/ケ
ーブルモデムにも接続)、LAN1 と LAN2 の両方を有効にします。Express Gate は
自動的に接続されたポート(LAN1 または LAN2)を使用します。
Express Gate の動作中にネットワークケーブルを異なるポートに接続した場合(ケ
ーブルを LAN1 から LAN2 に変更する等)、
「Refresh」ボタンを押し変更を適用する
必要があります。
•
4-56
最も一般的なのは、コンピュータに自動的にネットワーク設定(例:DHCP)を取
得させる方法です。この場合、
「Setup」をクリックして LANの設定を行う必要はあ
りません。自動取得させない場合は、
「Setup」をクリックして静的 IP 設定を手動
で行います。
Chapter 4: ソフトウェア
•
無線ネットワークが使用できる場合は、
「Setup」をクリックして、WiFi オプションを
設定します。
「Advanced Network Settings」ボックスのWiFi タブの「SSID」に
SSID(無線アクセスポイントの名前)を入力します。ユーザーの無線アクセスポイン
トにセキュリティ設定がされている場合は、「Encryption Type」フィールドのリ
ストからセキュリティアルゴリズムを選択し(例:WEPAUTO)、パスワードを入力し
ます。
「OK」をクリックし、WiFi を有効にし無線接続を構築します。
•
ルータを経由せずにネットワークケーブルを直接 DSL/ケーブルモデムに接続する
場合は、
「Setup」をクリックし「xDSL/cable dial-up」の設定を行います。この方式
は PPPoE とも呼ばれます。DSL/ケーブルモデムをコンピュータの LANポートに接
続するかを選択します。続いて、ダイヤルアップアカウント用のユーザーネームと
パスワードを入力します。
「OK」をクリックし、「xDSL/cable dial-up」を有効にし、PPPoE 接続を行います。
PPPoE が有効になると、使用するポートは自動的にチェックが外され、選択できな
くなります。
Photo Manager
Photo Manager は画像閲覧用のアプリケーションで、ハードディスクまたは外付けス
トレージデバイス(USBドングル、カードリーダー、光学ディスク)内の画像ファイ
ルの閲覧とアルバム編集ができます。ズームや回転、BGM付きスライドショーの作成、
サムネイル表示、詳細リスト、全画面表示など、機能満載です。なお、サポートしている
ファイル形式はJPEG、GIF、BMP、PNGです。詳細はオンラインヘルプをご参照く
ださい。
フォトスライドショー
ヘルプ
閲覧モード
を選択
HDD/外付けデ
バイス内の画
像フォルダを
表示
ユーザーが作
成した画像ア
ルバムを表示
画像
コントロールバー
ASUS Express Gate がサポートするHDDは、マザーボードのチップセットが制御す
るオンボードSATAポートに接続したHDDのみです。オンボード拡張SATAポート
と外部SATAポートは全てサポート対象外です。オンボードSATAポートの位置は
Chapter 2 をご参照ください。
ASUS P5Q-E
4-57
ASUS Drive Xpert を使用する
ASUS Drive Xpert なら、
ドライバのインストールやBIOSセットアップを行わなくても、
ハードディスク内のデータの保護とドライブのパフォーマンスを上げることができます
。複雑な設定は全く不要です。
ASUS Drive Xpert アプリケーションを使用する
1.
ASUS Utility パネルを開きます。
ASUS Utility パネル
4-58
2.
Drive Xpert を起動します。
3.
利用する機能をEZ Backup または Super Speed から選択します。
関連するソフトウェアの設定は、 セクション「4.3.11 ASUS Drive Xpert」を
ご参照ください。
Chapter 4: ソフトウェア
Express Gate を BIOS Setup で設定する
電源をオンにした後 <DEL> キーを押す、または Express Gate トップ画面の BIOS
Setup アイコンをクリックして BIOS セットアップを開きます。ツールメニューを開くと
Express Gate 設定が表示されます。
(詳細 3.8.2「Express Gate」参照))
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
ASUS EZ Flash 2
Express Gate
Enter OS Timer
Reset User Data
[Enabled]
[10 Seconds]
[No]
Tools
Exit
Press ENTER to run
the utility to select
and update BIOS.
This utility doesn't
support :
1.NTFS format
Express Gate をアップデートする
Express Gate はバージョン更新が可能です。新しいバージョンはASUSのWeb サイトで
定期的にリリースされ、修正や新しいアプリケーションが追加されます。なお、オリジナ
ルバージョンはサポートDVDに収録されています。
手順
1.
サポートDVDに収録のExpress Gate
セットアップファイル(実行ファイル)
をダブルクリックし、ソフトウェアの更
新を始めます。
2.
アップデートを確認するダイアログが表示されますので、
「Yes」をクリックします。
3.
続いてInstallShield Wizard が表示されますので、
「Next」をクリックします。
4.
表示される画面の指示に従って、インストールを完了します。
Express Gate を修復する
万一、Express Gate が正常に起動しなくなった場合、Express Gate を再インストール
する、または修復用のユーティリティを使用することで、正常な状態に修復することが
できます。
手順
•
「Start(スタート)」→「All Programs(す
べてのプログラム)」→「Express Gate」
→「Express Gate Installer」→「Repair
this software」の順にクリックします。
•
または、Express Gate セットアップファ
イルをダブルクリックし、
「Repair」を選
択後、
「Next」をクリックします。
ASUS P5Q-E
4-59
4.4
RAID
4.4.1
RAIDの定義
本マザーボードには Intel® ICH10R Southbridge コントローラが搭載されており、
6つの独立した Serial ATA チャンネルで RAID 0、RAID 1、RAID 10、RAID 5 を構築す
ることができます。
RAID 0(データストライピング):
ハードディスクドライブに対しパラレル方式でデータを読み/書きします。それぞれのハ
ードディスクの役割はシングルドライブと同じですが、転送率はアレイに参加している
台数倍に上り、データへのアクセス速度を向上させます。 セットアップには、最低2台
のハードディスクドライブ (同じモデル、同容量)が必要です。
RAID 1(データミラーリング): 1台目のドライブから、2台目のドライブに、同じデータイメージをコピーし保存しま
す。ドライブが1台破損しても、ディスクアレイマネジメントソフトウェアが、アプリケー
ションを正常なドライブに移動することによって、完全なコピーとして残ります。システ
ム全体のデータプロテクションとフォールト・トレランスを向上させます。セットアップ
には、最低2台の新しいハードディスクドライブ、または、既存のドライブと新しいドラ
イブが必要です。既存のドライブを使う場合、新しいドライブは既存のものと同じサイ
ズかそれ以上である必要があります。
RAID5:
3台以上のハードディスクドライブ間のデータと パリティ情報をストライピングしま
す。利点は、ハードディスクドライブ のパフォーマンスの向上、フォールト・トレランス、
記憶容量の増加です。データのやり取り、相関的なデータベースのアプリケーション、
企業内のリソース作成など、ビジネスにおけるシステムの構築に最適です。セットアップ
には最低3台の同じハードディスクドライブが必要です。
RAID 10(RAID 0+1):
データストライピングとデータミラーリングをパリティ(冗長データ)なしで結合したも
のです。RAID 0とRAID1構成の全ての利点が得られます。セットアップには、最低4台の
ハードディスクドライブが必要です。
Intel® Matrix Storage:
ICH9R チップでサポートする Intel® Matrix Storage テクノロジでは、RAID 0、RAID 1、
RAID 5、RAID 10* の構築が可能です。また、RAID セットを2つ組み合わせることで、よ
り高いパフォーマンスとフォールト・トレランス、より大きな容量を実現します(例:同
一のハードディスクドライブ2台を使用して RAID 0 と RAID 1 が構築可能)。
RAID 構成がされているハードディスクドライブ からシステムをブートする場合は、
OS をインストール時にドライバを組み込む必要があります。サポートDVDからフロ
ッピーディスクに、RAIDドライバをコピーしてご利用ください。
(詳細 4.5「RAID ドラ
イバディスクを作成する」参照)
4-60
Chapter 4: ソフトウェア
4.4.2
Serial ATA ハードディスクを取り付ける
本製品は Serial ATA ハードディスクドライブをサポートします。最適なパフォーマンス
のため、ディスクアレイを作成する場合は、モデル、容量が同じハードディスクドライブ
をご使用ください。
RAID 用にSATA ハードディスクを取り付ける手順
1.���������������������������
SATA ハードディスクをドライブベイに取り付けます。
2.������������������
SATA 信号ケーブルを接続します。
3.
SATA 電源ケーブルを各ドライブの電源コネクタに接続します。
4.4.3
Intel® RAID
本製品は、Intel® ICH10R サウスブリッジチップを通して SerialATAハードディスクドラ
イブで RAID 0、RAID 1、RAID 5、RAID 10 、Intel® Matrix Storage を構築することがで
きます。
BIOSでRAID を設定する
RAIDを作成する前に、BIOSのセットアップで、RAID を設定してください。
1.
POST中にBIOS に入ります。
2.
「Main Menu」で「 SATA Configuration」を選択し、<Enter>を押します。
3.
「Configure SATA As」を選択し、<Enter>を押し、設定オプションを表示させ
ます。
「Configure SATA As」から[RAID] を選択し、<Enter>を押します。
設定の変更を保存し、BIOS Setup から退出します。
4.
5.
BIOSへの入り方、設定方法は Chapter 3 をご参照ください。
ASUS P5Q-E
4-61
Intel® Matrix Storage Manager Option ROM ユーティリティ
Intel® Matrix Storage Manager Option ROM ユーティリティでは、Serial ATA コネク
タに接続した Serial ATA ハードディスクドライブを使用して RAID 0、RAID 1、RAID 10
(RAID 0+1)、RAID 5 セットを構築することができます。
Intel® Matrix Storage Manager Option ROM ユーティリティを開く
1.
Serial ATA ハードディスクドライブを全て取り付けます。
2.
3.
システムの電源をオンにします。
POST で<Ctrl+I> を押し、メインメニューを開きます。
Intel(R) Matrix Storage Manager Option ROM v8.0.0.1027 ICH10R wRAID5
Copyright(C) 2003-08 Intel Corporation. All Rights Reserved.
[ MAIN MENU ]
1. Create RAID Volume
3. Reset Disks to Non-RAID
2. Delete RAID Volume
4. Exit
[ DISK/VOLUME INFORMATION ]
RAID Volumes:
None defined.
Physical Disks:
Port Drive Model
0
XXXXXXXXXXX
1
XXXXXXXXXXX
2
XXXXXXXXXXX
3
XXXXXXXXXXX
[↑↓]-Select
Serial #
XXXXXXXX
XXXXXXXX
XXXXXXXX
XXXXXXXX
[ESC]-Exit
Size
XX.XXGB
XX.XXGB
XX.XXGB
XX.XXGB
Type/Status(Vol ID)
Non-RAID Disk
Non-RAID Disk
Non-RAID Disk
Non-RAID Disk
[ENTER]-Select Menu
メニューを選択する際は画面の下に表示されるナビゲーションキーを使用します。
本マニュアルに記載のRAID BIOS 画面は参照用です。実際に表示される画面とは
異なることがあります。
4-62
Chapter 4: ソフトウェア
RAID 0(ストライピング)
設定方法
1.
ユーティリティメニューから「1. Create RAID Volume」を選択し、<Enter>を押し
ます。押すと次のような画面が表示されます。
Intel(R) Matrix Storage Manager option ROM v8.0.0.1027 ICH10R wRAID5
Copyright(C) 2003-08 Intel Corporation. All Rights Reserved.
[ CREATE VOLUME MENU ]
Name:
RAID Level:
Disks:
Strip Size:
Capacity:
Volume0
RAID0(Stripe)
Select Disks
128KB
XXX
GB
Create Volume
[ HELP ]
Enter a unique volume name that has no special characters and is
16 characters or less.
[↑↓]-Change
[TAB]-Next
[ESC]-Previous Menu
[Enter]-Select
2. RAID 0 の名前を入力し、<Enter>を押します。
3.
4.
「RAID Level」の項目がハイライト表示されたら、上下キーで [RAID 0(Stripe)]
を選択し、<Enter>を押します。
「Disks」の項目がハイライト表示されたら<Enter> を押し、RAID に使用するハ
ードディスクドライブを選択します。選択すると次のような画面が表示されます。
[ SELECT DISKS ]
Port
0
1
2
3
Drive Model
XXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXX
Serial #
XXXXXXXX
XXXXXXXX
XXXXXXXX
XXXXXXXX
Size
XX.XGB
XX.XGB
XX.XGB
XX.XGB
Status
Non-RAID
Non-RAID
Non-RAID
Non-RAID
Disk
Disk
Disk
Disk
Select 2 to 6 disks to use in creating the volume.
[↑↓]-Previous/Next
5.
[SPACE]-SelectsDisk
[ENTER]-Done
上下キーでドライブをハイライト表示させ、<Space> を押して選択します。小
さな三角のマークが選択したドライブを表示しています。設定を確認したら
<Enter>を押し設定終了です。
ASUS P5Q-E
4-63
6.
上下キーでRAID 0アレイのストライプのサイズを選択し、 <Enter>を押します。
設定可能な値は 4 KB から 128 KB です。初期設定値は 128 KB です。
サーバーには低めの値、オーディオ、サウンドなどの編集用のマルチメディアコンピ
ュータシステムには高めの値をお勧めします。
7.
希望の RAID ボリューム値を入力し <Enter> を押します。初期設定値は許容最
大値です。
8. 「Creat Volume」の項目がハイライト表示されたら、<Enter> を押します。押すと
次のような警告メッセージが表示されます。
WARNING:ALL DATA ON SELECTED DISKS WILL BE LOST.
Are you sure you want to create this volume? (Y/N):
9.
4-64
RAID ボリュームを作成し、メインメニューに戻る場合は <Y> を、Create Volume
メニューに戻る場合は <N> を押してください。
Chapter 4: ソフトウェア
RAID 1(ミラーリング)
設定方法
1.
メインメニューから「1. Create RAID Volume」を選択し、<Enter> を押します。押
すと次のような画面が表示されます。
Intel(R) Matrix Storage Manager option ROM v8.0.0.1027 ICH10R wRAID5
Copyright(C) 2003-08 Intel Corporation. All Rights Reserved.
[ CREATE VOLUME MENU ]
Name:
RAID Level:
Disks:
Strip Size:
Capacity:
Volume1
RAID1(Mirror)
Select Disks
N/A
XXX
GB
Create Volume
[ HELP ]
Enter a unique volume name that has no special characters and is
16 characters or less.
[↑↓]-Change
[TAB]-Next
[ESC]-Previous Menu
[Enter]-Select
2. RAID 1 の名前を入力し、<Enter>を押します。
3.
「RAID Level」の項目がハイライト表示されたら上下キーで RAID 1(Mirror)を
選択し、<Enter> を押します。
4.
「Capacity」の項目がハイライト表示されたら、希望の RAID ボリューム容量を
入力し、<Enter> を押します。初期設定値は許容最大値です。
5.
「Create Volume」の項目がハイライト表示されたら <Enter> を押します。押す
と次のような警告メッセージが表示されます。
WARNING:ALL DATA ON SELECTED DISKS WILL BE LOST.
Are you sure you want to create this volume? (Y/N):
6.
RAID ボリュームを作成し、メインメニューに戻る場合は <Y> を、Create Volume
メニューに戻る場合は <N> を押してください。
ASUS P5Q-E
4-65
RAID 10(RAID 0+1)
設定方法
1.
メインメニューから「1. Create RAID Volume」を選択し、<Enter> を押します。
押すと次のような画面が表示されます。
Intel(R) Matrix Storage Manager option ROM v8.0.0.1027 ICH10R wRAID5
Copyright(C) 2003-08 Intel Corporation. All Rights Reserved.
[ CREATE VOLUME MENU ]
Name:
RAID Level:
Disks:
Strip Size:
Capacity:
Volume10
RAID10(RAID0+1)
Select Disks
64KB
XXX
GB
Create Volume
[ HELP ]
Enter a unique volume name that has no special characters and is
16 characters or less.
[↑↓]-Change
[TAB]-Next
[ESC]-Previous Menu
[Enter]-Select
2.
RAID 10 の名前を入力し、<Enter>を押します。
3.
「RAID Level」の項目がハイライト表示されたら上下キーで RAID 10(RAID
0+1)を選択し、<Enter> を押します。
4.
「Stripe Size」の項目がハイライト表示されたら、希望の RAID 10 アレイのストラ
イプサイズを入力し、<Enter> を押します。初期設定値は 64 KB で、設定可能範
囲は 4 KB から 64 KB です。
サーバーには低めの値、オーディオ、サウンドなどの編集用のマルチメディアコンピ
ュータシステムには高めの値を推奨します。
5.
4-66
希望のRAIDボリューム値を入力し <Enter> を押します。初期設定値は許容最大
値です。
Chapter 4: ソフトウェア
6. 「Create Volume」の項目がハイライト表示されたら <Enter> を押します。押すと
次のような警告メッセージが表示されます。
WARNING:ALL DATA ON SELECTED DISKS WILL BE LOST.
Are you sure you want to create this volume? (Y/N):
7.
RAID ボリュームを作成し、メインメニューに戻る場合は <Y> を、Create Volume
メニューに戻る場合は <N> を押してください。
RAID 5 設定方法
1.
メインメニューから「1. Create RAID Volume」を選択し、<Enter> を押します。押
すと次のような画面が表示されます。
Intel(R) Matrix Storage Manager option ROM v8.0.0.1027 ICH10R wRAID5
Copyright(C) 2003-08 Intel Corporation. All Rights Reserved.
[ CREATE VOLUME MENU ]
Name:
RAID Level:
Disks:
Strip Size:
Capacity:
Volume5
RAID5(Parity)
Select Disks
64KB
XXX
GB
Create Volume
[ HELP ]
Enter a unique volume name that has no special characters and is
16 characters or less.
[↑↓]-Change
[TAB]-Next
[ESC]-Previous Menu
[Enter]-Select
2.
RAID 5 の名前を入力し、<Enter>を押します。
3.
「RAID Level」の項目がハイライト表示されたら、上下キーで「RAID 5(Parity)」
を選択し<Enter> を押します。
ASUS P5Q-E
4-67
4. 「Disks」の項目がハイライト表示されたら<Enter> を押し、RAID に使用するハー
ドディスクドライブを選択します。選択すると次のような画面が表示されます。
[ SELECT DISKS ]
Port
0
1
2
3
Drive Model
XXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXX
Serial #
XXXXXXXX
XXXXXXXX
XXXXXXXX
XXXXXXXX
Size
XX.XGB
XX.XGB
XX.XGB
XX.XGB
Status
Non-RAID
Non-RAID
Non-RAID
Non-RAID
Disk
Disk
Disk
Disk
Select 3 to 6 disks to use in creating the volume.
[↑↓]-Previous/Next
[SPACE]-SelectsDisk
[ENTER]-Done
5.
上下キーで希望するドライブをハイライト表示させ、<Space> を押して選択し
ます。小さな三角のマークが選択したドライブを示します。設定を確認したら
<Enter>を押し設定終了です。
6.
「Stripe Size」の項目がハイライト表示されたら、上下キーでRAID5アレイのス
トライプのサイズを選択し、<Enter>を押します。初期設定値は 64 KB で、設定
可能範囲は 4 KB から 128 KB です。
サーバーには低めの値、オーディオ、ビデオなどの編集用のマルチメディアコンピュ
ータシステムには高めの値を設定します。
7.
希望の RAID ボリューム値を入力し <Enter> を押します。初期設定値は許容最
大値です。
8.
「Creat Volume」の項目がハイライト表示されたら、<Enter> を押します。押すと
次のような警告メッセージが表示されます。
WARNING:ALL DATA ON SELECTED DISKS WILL BE LOST.
Are you sure you want to create this volume? (Y/N):
9.
4-68
RAID ボリュームを作成し、メインメニューに戻る場合は <Y> を、Create Volume
メニューに戻る場合は <N> を押してください。
Chapter 4: ソフトウェア
4.5
RAID �������������
ドライバディスクを作成する
RAIDに組み込まれたハードディスクドライブ に Windows® XP/Vista をインストールす
る際は、RAID ドライバを保存したフロッピーディスクが必要です。Windows Vista をイ
ンストールする場合は、RAID ドライバを保存したフロッピーディスクまたはUSBフラッ
シュディスクが必要です。
4.5.1
OS に入らずに RAID ドライバディスクを作成する
手順
1. コンピュータを起動します。
2.
POST中に <Del> を押し、BIOS に入ります。
3.
光学ドライブをプライマリブートデバイスに設定します。
4.
サポート DVD を光学ドライブにセットします。
5.
設定を保存し BIOS を退出します。
6.
「Press any key to boot from the optical drive」が表示されたら、任意のキーを
押します。
7.
メニューが表示されたら <1> を押して RAID ドライバディスクを作成します。
8.
フォーマット済みのフロッピーディスクをフロッピーディスクドライブにセットし
<Enter>を押します。
9.
画面の指示に従ってプロセスを完了させます。
4.5.2
Windows® 環境で RAID ドライバディスクを作成する
手順
1.
Windows®を起動します。
2. サポート DVD を光学ドライブにセットします。
3. 「Make Disk menu」を開き、
「 Intel ICH10R 32/64 bit RAID Driver Disk」をクリッ
クします。
4.
フロッピーディスクドライブにフロッピーディスクをセットします。Vista の場合
は、USB フラッシュディスクを接続することもできます。
5.
画面の指示に従ってプロセスを完了させます。
フロッピーディスクはライトプロテクトしてウィルスの攻撃からシステムを保護して
ください。
ASUS P5Q-E
4-69
Windows XP に RAID ドライバをインストールする
1. OS のインストール中に「Press the F6 key to install third-party SCSI or RAID
driver」という指示が表示されます。
2.
<F6>を押し、RAID ドライバ ディスクをフロッピーディスクドライブに入れます。
3.
4.
プロンプトが表示されたら、インストールするSCSI アダプタとして
「Intel(R) SATA RAID Controller (Desktop ICH10R)」を選択します。
画面の指示に従い、インストールを完了させます。
Windows® Vista �������������������
にRAID ドライバをインストールする
1. RAID ドライバを保存したフロッピーディスクを挿入する、あるいは RAID ドライバ
を保存した USB デバイスをシステムに接続します。
2. �������������
OSのインストール中に、
「Intel(R) SATA RAID Controller (Desktop ICH10R)」を
選択します。
3. �����������������������
画面の指示に従い、インストールを完了させます。
4-70
Chapter 4: ソフトウェア
本製品がサポートするCPU について
A
CPUの機能
A
Chapter
A.1
Intel® EM64T.....................................................................................A-1
A.2
EIST(拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジ)................................A-1
A.3
Intel® Hyper-Threading テクノロジ................................................A-3
ASUS P5Q-E
A.1
Intel® EM64T
•
本製品は 32bit OS で動作する Intel® LGA775 プロセッサをフルサポートして
います。
•
本製品にはEM64T対応の BIOS ファイルを内蔵しています。最新の BIOS ファイ
ルは ASUS の Webサイト(www.asus.co.jp/)からダウンロードすることができま
す。BIOS ファイルのアップデートについては、Chapter 3 をご参照ください。
•
EM64T の機能の詳細は、www.intel.co.jp をご参照ください。
•
Windows® 64bit OS の詳細は、www.microsoft.com/japan/ をご参照ください。
Intel® EM64T 機能を使う
手順
1. Intel® EM64T に対応の Intel® CPUを取り付けます。
2.
64bit OS をインストールします。(Windows ® Vista 64bit Edition または
Windows® XP Professional x64 Edition)
3.
マザーボードコンポーネントとデバイス用にサポートDVDから 64bit ドライバを
インストールします。
4.
拡張カード、追加デバイス用に、64bit ドライバをインストールします。
拡張カードや追加デバイスの、64bit OSへの対応については、各デバイスメーカー
のWebサイトで確認してください。
A.2
A.2.1
EIST(拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジ)
•
本製品には EIST 対応の BIOS ファイルが付属しています。最新の BIOS ファイ
ルは ASUS のWeb サイト (www.asus.co.jp) からダウンロードすることができ
ます。詳細はChapter 3をご参照ください。
・
EIST 機能の詳細は www.intel.com をご参照ください。
システム条件
EIST の利用には以下のシステム条件を充たしている必要があります。
•
EIST をサポートする Intel® プロセッサ
•
EIST をサポートする BIOS ファイル
•
EIST をサポートするOS(Windows® Vista、Windows® XP SP2/Linux 2.6 カーネル
またはそれ以降のバージョン)
ASUS P5Q-E
A-1
A.2.2
EIST を使う
使用手順
1.
コンピュータの電源を入れ、BIOS メニューに入ります。
2.
Advanced Menu に進み、CPU Configuration をハイライト表示させ、<Enter>を
押します。
3.
Intel(R) SpeedStep Technology を [Automatic] に設定し、<Enter> を押します。
4.
<F10> を押し、設定の変更を保存して BIOS セットアップから退出します。
5.
再起動したら、デスクトップ上で右クリックし、プロパティを選択します。
6.
画面のプロパティ画面が表示されたら、スクリーンセーバーのタブをクリック。
7.
モニター電源の項目の「電源」ボタンをクリックし、電源オプションのプロパティ
を表示させます。
8.
電源設定の項目で、 をクリックし、
「自宅または会社のデスク」
と
「常に
オン」以外を選択します。
9.
適用をクリックしOKをクリックします。
10. 画面プロパティを閉じます。
電源設定を調整すると、CPUのロード
が低いとき CPU 内部周波数は僅か
に低くなります。
表示される画面や手順はOSのバージョンにより異なります。
A-2
参考:CPUの機能
A.3
Intel® Hyper-Threading テクノロジ
•
本製品は Hyper-Threading Technologyに 対応したIntel® Pentium® LGA775
プロセッサをサポートしています。
•
Hyper-Threading Technology は Windows® Vista/XP、Linux 2.4.x カーネル以
降のバージョンにのみ対応しています。Linux 環境では、Hyper-Threading
compiler を使用してコードを対応させます。対応していないOS をお使い
の場合は、BIOS メニューの「Hyper-Threading Techonology」の設定を
[Disabled] にしてください。
•
Windows® XP(Service Pack 1適用済みのもの)以降のOSのご使用を推奨し
ます。
•
OS をインストールする前に、BIOS メニューで「Hyper-Threading
Technology」の設定を [Enabled] にしてください。
•
Hyper-Threading Technology の詳細は www.intel.com/info/
hyperthreading をご参照ください。
Hyper-Threading テクノロジを使う
手順
1.
Hyper-Threading Technology に対応した Intel® Pentium® CPU を使用してくだ
さい。
2.
システムを立ち上げ、BIOS メニューに進みます。Advanced Menu で
Hyper‑Threading Technology を [Enabled] に設定してください。
Hyper­‑Threading Techonology の設定項目は、Hyper­‑Threading Techonology
に対応したCPUが使われている場合のみ表示されます。
3.
システムを再起動します。
ASUS P5Q-E
A-3
A-4
参考:CPUの機能