総合お問い合わせ先
〈ドコモ インフォメーションセンター〉
故障お問い合わせ先
■ドコモの携帯電話からの場合
■ドコモの携帯電話からの場合
151
(局番なしの)
(無料)
113
(局番なしの)
(無料)
※一般電話などからはご利用になれません。
※一般電話などからはご利用になれません。
■一般電話などからの場合 ■一般電話などからの場合 0120-800-000
0120-800-000
※一部の IP 電話からは接続できない場合があります。
受付時間 24 時間(年中無休)
※一部の IP 電話からは接続できない場合があります。
受付時間 午前9:00∼午後8:00(年中無休)
●番号をよくご確認の上、お間違いのないようにおかけください。
●各種手続き、故障・アフターサービスについては、上記お問い合わせ先にご連絡いただくか、ドコモホームページ、iモードサイトにてお近くの
ドコモショップなどにお問い合わせください。
ドコモホームページ http://www.nttdocomo.co.jp/ iモードサイト iMenu⇒お客様サポート⇒ドコモショップ
海外での故障について
〈ネットワークオペレーションセンター〉
(24 時間受付)
ドコモの携帯電話からの場合
ドコモの携帯電話からの場合
滞在国の国際電話
滞在国の国際電話
*
*
(無料)
(無料)
アクセス番号
アクセス番号
* 一般電話などでかけた場合には、日本向け通話料がかかります。
* 一般電話などでかけた場合には、日本向け通話料がかかります。
ご利用の場合は +81-3-6718-1414 でつながります。
※N-05Cから、
ご利用の場合は +81-3-6832-6600 でつながります。 ※N-05Cから、
(「+」
は
「0」
ボタンを1秒以上押します。)
(「+」
は
「0」
ボタンを1秒以上押します。)
-81-3-6718-1414
-81-3-6832-6600
一般電話などからの場合
-8000120-0151
ユニバーサルナンバー用
国際識別番号
11.6
-8005931-8600*
バーコード:N01CT1
’ 11.6
’
11.6(1版)
MDT-000156-JAA0 N
取扱説明書
* 滞在国内通話料などがかかる場合があります。
※主要国の国際電話アクセス番号/ユニバーサルナンバー用国際識別番号
については、
ドコモの『国際サービスホームページ』
をご覧ください。
●紛失・盗難などにあわれたら、速やかに利用中断手続きをお取りください。
●お客様が購入された FOMA 端末に故障が発生した場合は、
ご帰国後にドコモ指定の故障取扱窓口へご持参ください。
DIC 2484
取扱説明書
〈ユニバーサルナンバー〉
*
* 滞在国内通話料などがかかる場合があります。
※主要国の国際電話アクセス番号/ユニバーサルナンバー用国際識別番号
については、
ドコモの『国際サービスホームページ』
をご覧ください。
K
N-05C
一般電話などからの場合
〈ユニバーサルナンバー〉
ユニバーサルナンバー用
国際識別番号
N-05C
海外での紛失、
盗難、
精算などについて
〈ドコモ インフォメーションセンター〉
(24 時間受付)
N-05C (薄型和文1版) H1H4
このたびは、
「docomo SMART series N-05C」をお買い上げいただきまして、まこと
にありがとうございます。
N-05C をご利用の前に、本書をご覧になり、正しくお取り扱いください。
ご契約内容の確認・変更、各種サービスのお申込、各種資料請求をオンライン上で承っております。
N-05Cの操作説明について
N-05C の操作は、本書のほかに、「使いかたガイド」(本 FOMA 端末に搭載)や「取扱説明書(詳細版)」
(PDF ファイル)で説明しています。
■ 「取扱説明書」
(本書)
:画面の表示内容や基本的な機能の操作について説明します。
■ 「使いかたガイド」(本 FOMA 端末に搭載):よく使われる機能の概要や操作について説明します。
N-05C の待受画面で Iis「便利ツール」s「使いかたガイド」
■ 「取扱説明書(詳細版)」(PDF ファイル):すべての機能の詳しい案内や操作について説明します。
パソコンから : ドコモのホームページでダウンロード
http://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/manual/download/index.html
※ 本書の最新情報もダウンロードできます。なお、URL および掲載内容については、将来予告なしに変
更することがあります。
本体付属品について
■ 本体付属品
iモードから i Menu ⇒お客様サポート⇒お申込・お手続き⇒各種お申込・お手続き パケット通信料無料
⇒各種お申込・お手続き
パソコンから My docomo(http://www.mydocomo.com/)
※ iモードからご利用になる場合、「ネットワーク暗証番号」が必要となります。
※ iモードからご利用になる場合のパケット通信料は無料です。海外からのアクセスの場合は有料となります。
※ パソコンからご利用になる場合、「docomo ID /パスワード」が必要となります。
※「ネットワーク暗証番号」および「docomo ID /パスワード」をお持ちでない方・お忘れの方は取扱説明書
裏面の「総合お問い合わせ先」にご相談ください。
※ ご契約内容によってはご利用になれない場合があります。
※ システムメンテナンスなどにより、ご利用になれない場合があります。
マナーもいっしょに携帯しましょう
公共の場所で携帯電話をご利用の際は周囲へ
の心くばりを忘れずに。
こんな場合は必ず電源を切りましょう
■ 使用禁止の場所にいる場合
・航空機内、病院内や電車などの優先席付近では、必
ず携帯電話の電源を切ってください。
N-05C
(保証書、リアカバー N52 含む)
N-05C 取扱説明書(本書)
電池パック N26
卓上ホルダ N33
■ 本 FOMA 端末に対応したオプション品について→ P.90
本書のご使用にあたって
・ 本書では「N-05C」を「FOMA 端末」と表記させていただいております。
・ FOMA カード(緑色・白色)をご利用のお客様は、本書内に記載している「ドコモ UIM カード」は
「FOMA カード」と読み替えてください。
・ 本書の手順や画面は、主に本体色「WHITE」のお買い上げ時の設定で記載しています。また、本書では、画面を
見やすくするために「待受画面」の設定を「OFF」にした状態で、背景を白、文字を黒にして記載しています。
・ 本書に記載している画面およびイラストはイメージです。実際の製品とは異なる場合があります。
・ 本書の内容の一部、または全部を無断転載することは、禁止されています。
こんな場合は公共モードに設定しましょう
■ 運転中の場合
・運転中の携帯電話を手で保持しての使用は罰則の対
象となります。傷病者の救護または公共の安全の維
持など、やむを得ない場合を除きます。
■ 劇場・映画館・美術館など、公共の場所にいる場合
ドコモの環境への取り組み
取扱説明書の薄型化
本書では、基本的な機能の操作について説明するこ
とにより、取扱説明書の薄型化を図り、紙の使用量
を削減いたしました。
よく使われる機能や詳しい説明については、使いか
たガイド(本 FOMA 端末に搭載)やドコモのホーム
ページでご確認いただけます。
携帯電話の回収・リサイクル
携帯電話・PHS 事業者は、環境を保護し
貴重な資源を再利用するためにお客さま
が不要となってお持ちになる電話機・電
池・充電器をブランド・メーカー問わず
左記マークのあるお店で回収し、リサイ
クルを行っております。お近くのドコモ
ショップへお持ちください。
プライバシーに配慮しましょう
カメラ付き携帯電話を利用して撮影や画像送信を
行う際は、プライバシーなどにご配慮ください。
・この印刷物はリサイクルに配慮して製本されています。
不要となった際は、回収・リサイクルに出しましょう。
目次
FOMA 端末について.....................2
N-05C でできること.....................3
各部の名称と機能 .........................4
安全上のご注意(必ずお守りください)...6
防水/防塵性能 ..........................17
はじめに
事前の準備..................................21
画面の説明..................................25
文字入力 .....................................32
音/画面設定 ..............................34
ロック/セキュリティ ................39
基本の操作
電話 ............................................44
メール .........................................51
電話帳 .........................................55
つながる
iモード/フルブラウザ ............56
iチャネル..................................59
地図/ GPS .................................60
しらべる
カメラ .........................................62
ワンセグ .....................................65
iアプリ/iウィジェット ........70
iモーション・ムービー ............71
たのしむ
おサイフケータイ .......................72
iコンシェル ..............................73
便利ツール..................................74
データ管理..................................77
より便利に
サポート .....................................82
付録 ............................................91
English(Quick Manual)..... 103
索引 ......................................... 110
その他
Music .........................................67
P.1
P.21
P.44
P.56
P.62
P.72
P.82
1
FOMA 端末について
はじめに
・ N-05C は、W-CDMA・GSM/GPRS・無線 LAN 方式に対応しています。
・ FOMA 端末は無線を使用しているため、トンネル・地下・建物の中などで電波の届かないところ、
屋外でも電波の弱いところおよび FOMA サービスエリア外ではご使用になれません。また、高層
ビル・マンションなどの高層階で見晴らしのよい場所であってもご使用になれない場合がありま
す。なお、電波が強くアンテナマークが 3 本表示されている状態で、移動せずに使用している場合
でも通話が切れる場合がありますので、ご了承ください。
・ FOMA 端末は電波を利用している関係上、第三者により通話を傍受されるケースもないとはいえ
ません。しかし、W-CDMA・GSM/GPRS 方式では秘話機能をすべての通話について自動的にサポー
トしますので、第三者が受信機で傍受したとしても、ただの雑音としか聞きとれません。
・ FOMA 端末は、音声をデジタル信号に変換して無線による通信を行っていることから、電波状態
の悪いところへ移動するなど送信されてきたデジタル信号を正確に復元することができない場合
には、実際の音声と異なって聞こえる場合があります。
・ お客様ご自身で FOMA 端末に登録された情報内容(電話帳、スケジュール、メモ、伝言メモ、音
声メモなど)は、別にメモを取るなどして保管してくださるようお願いします。FOMA 端末の故
障や修理、機種変更やその他の取り扱いなどによって、万が一、登録された情報内容が消失して
しまうことがあっても、当社としては責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
・ 大切なデータは microSD カードに保存することをおすすめします。また、パソコンをお持ちの場
合は、ドコモケータイ datalink を利用して電話帳やメール、スケジュールなどの情報をパソコン
に転送・保管できます。
・ お客様は SSL / TLS をご自身の判断と責任においてご利用することを承諾するものとします。お
客様による SSL / TLS のご利用にあたり、ドコモおよび別掲の認証会社はお客様に対し SSL /
TLS の安全性などに関し何ら保証を行うものではなく、万が一何らかの損害が発生したとしても一
切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。認証会社:日本ベリサイン株式会社、サ
イバートラスト株式会社、GMO グローバルサイン株式会社、RSA セキュリティ株式会社、セコム
トラストシステムズ株式会社、株式会社コモドジャパン、Entrust, Inc.、Go Daddy, Inc.
・ この FOMA 端末は、FOMA プラスエリアおよび FOMA ハイスピードエリアに対応しております。
・ 本書は、ドコモ UIM カードをご使用の場合で記載しています。
■ SIM ロック解除について
本 FOMA 端末は SIM ロック解除に対応しています。SIM ロックを解除すると他社の SIM カードを使用す
ることができます。
・ SIM ロック解除は、ドコモショップで受付をしております。
・ 別途 SIM ロック解除手数料がかかります。
・ 他社の SIM カードをご使用になる場合、ご利用になれるサービス、機能などが制限されます。当社では、
一切の動作保証はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
・ SIM ロック解除に関する詳細については、ドコモのホームページをご確認ください。
2
N-05C でできること
はじめに
防水/防塵性能
P.17
外部接続端子キャップを閉じ、リアカバーをしっかりと取り付けた状態で IPX5、IPX8 の防水
性能と IP5X の防塵性能を有しています。雨の中や風呂場、プールサイドなどで電話したり、メー
ルを送受信したりできます。また、水深 1.5m までの水中でカメラ撮影が約 30 分間できます。
使いかたガイド
P.31
使いたい機能の操作方法を FOMA 端末で確認できる便利な機能です。お手元に取扱説明書がな
くても、すぐに調べられます。
eco モード
P.38
ディスプレイの明るさなどを調整することにより、電池の消費を抑えることができる機能です。
また、電池残量に応じて自動で eco モードを ON にすることができます。
声の宅配便
P.44
音声電話でメッセージを預かり、相手にメッセージを預かっていることを SMS で通知するサー
ビスです。また、相手が再生すると、メッセージが再生されたことを SMS でお知らせします。
電話をかけるのと同じように簡単な操作で、メッセージを預けたり、再生することができます。
カメラ
P.62
有効画素数約 810 万画素の CMOS で、8M サイズ(2,448 × 3,264 ドット)の大画像もクイック
ショットで次々と撮影できます。ほかにも自動シーン判定、スピードムービーなどカンタンキレ
イに写真が撮れる機能を搭載しています。
iコンシェル
P.73
執事やコンシェルジュのように、お客様の生活をサポートするサービスです。お客様のさまざまなデータ
(お住まいのエリア情報、メモ、スケジュール、トルカ、電話帳など)をお預かりし、メモやスケジュー
ルの内容、生活エリアやお客様の居場所、趣味嗜好にあわせた情報を適切なタイミングでお届けします。
Wi-Fi
P.76
Wi-Fi 接続で自宅のブロードバンド回線を利用して高速パケット通信をご利用いただけます。
また、アクセスポイント(親機)としてゲーム機などとアクセス可能です。
3
各部の名称と機能
はじめに
着信イルミネーション/充電ランプ/撮影認識ランプ
マルチファンクションボタン
f / g:上/下ボタン
・ カーソルや表示内容などを上
下方向へ移動します。
・ iウィジェット画面/電話帳検索
メニュー画面を表示します。
h / j:左/右ボタン
・ カーソルを左右方向へ移動します。
・ 着信履歴/リダイヤルを表示します。
d:決定ボタン
・ ファンクション表示の内容を
実行します。
i ボタン
メインメニューを表示します。
o ボタン
メールメニューを表示します。
受話口/スピーカ
相手の声はここから聞こえます。
照度センサー
明るさを感知します。手で覆っ
たり、シールを貼らないでく
ださい。
ディスプレイ(タッチパネル)
J メインメニューボタン
メインメニューを表示します。
u ボタン
静止画撮影画面を表示します。
p ボタン
i Menu を表示します。
ダイヤルボタン
電話番号や文字を入力します。
t 戻る(クリア)ボタン/
iチャネルボタン
・ 操作を 1 つ前の状態に戻し
たり、入力した文字を削除
します。
・ iチャネルを表示します。
w /公共(ドライブモード)ボタン
公共モードに設定します。
q /マナーボタン
r 開始ボタン
通話を開始します。
y 電源/終了/応答保留ボタン
送話口/マイク
<イヤホンのご利用について>
別売の外部接続端子対応のイヤホンを接続し
てください。なお、外部接続端子に非対応の
イヤホンをご利用になる場合には、別売の変
換アダプタを接続してご利用ください。
外部接続端子用 ステレオイヤホンマイク 01(別売)接続例
ACアダプタ
(充電)
およびステレオイヤホンマイク 01(イヤホンマイク
端子)の差込口が共通となっております。
ステレオイヤホン
マイク 01
ACアダプタ
4
着信イルミネーション/充電ランプ/
撮影認識ランプ
カメラ
充電端子
リアカバー
はじめに
FOMA アンテナ/ GPS アンテナ
アンテナは、本体に内蔵されて
います。アンテナ付近を手で覆
うと品質に影響を及ぼす場合が
あります。
赤外線ポート
e マーク
IC カード読み取りやi C 通信が
できます。
microSD カードスロット(内部)
ワンセグアンテナ
止まるまで
伸ばす
無理に力を
加えずに方向
を変える
ストラップ取付穴
外部接続端子
充電時およびイヤホン接続時な
どに使用する統合端子です。
AC ア ダ プ タ( 別 売 )、DC ア ダ
プ タ( 別 売 )、FOMA 充 電 機 能
付 USB 接続ケーブル 02(別売)、
ステレオイヤホンマイク 01(別
売)などを接続します。
ワンセグアンテナを収納するには、
ワンセグ
アンテナの下の方を止まるまで押し入れます。
N 画面ロックボタン/ MULTI ボタン
・ 閉じたときの誤動作を防ぎ
ます。
・ TASK MENU 画面を表示しま
す。
5
安全上のご注意(必ずお守りください)
はじめに
n ご使用の前に、この「安全上のご注意」をよく
お読みの上、正しくお使いください。また、お
読みになった後は大切に保管してください。
n ここに示した注意事項は、お使いになる人や、他の
人への危害、財産への損害を未然に防ぐための内容
を記載していますので、必ずお守りください。
n 次の表示の区分は、表示内容を守らず、誤った
使用をした場合に生じる危害や損害の程度を説
明しています。
危険
この表示は、取り扱いを誤った場合、
「死亡または重傷を負う危険が切迫し
て生じることが想定される」内容です。
警告
この表示は、取り扱いを誤った場合、
「死亡または重傷を負う可能性が想
定される」内容です。
注意
この表示は、取り扱いを誤った場合、
「軽傷を負う可能性が想定される場
合、および、物的損害の発生が想定
される」内容です。
電源プラグ
を抜く
1. FOMA端末、電池パック、アダプタ、卓上ホルダ、
ドコモUIMカードの取り扱いについて(共通)・・・・・ P.6
2. FOMA 端末の取り扱いについて・・・・・・・・・・・・・ P.7
3. 電池パックの取り扱いについて・・・・・・・・・・・・・・・P.9
4. アダプタ、卓上ホルダの取り扱いについて・・・ P.10
5. ドコモ UIM カードの取り扱いについて・・・・・・ P.11
6. 医用電気機器近くでの取り扱いについて・・・・・・・ P.11
1. FOMA端末、電池パック、アダプタ、卓上ホルダ、
ドコモUIMカードの取り扱いについて(共通)
危険
火のそば、直射日光の当たる場所、炎天下の車内な
どの高温の場所で使用、保管、放置しないでください。
禁止
禁止
水濡れ禁止
6
火災、やけど、けがの原因となります。
電子レンジなどの加熱調理機器や高圧容器に
入れないでください。
分解してはいけないことを示す記号です。
禁止
濡れた手で扱ってはいけないことを示
す記号です。
分解禁止
分解禁止
濡れ手禁止
電源プラグをコンセントから抜いてい
ただくことを示す記号です。
n 「安全上のご注意」は、下記の項目に分けて説明しています。
n 次の絵表示の区分は、お守りいただく内容を説
明しています。
禁止(してはいけないこと)を示します。
指示に基づく行為の強制(必ず実行し
ていただくこと)を示します。
指示
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
分解、改造をしないでください。
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
水や飲料水、ペットの尿などで濡らさないでください。
水がかかる場所で使用したり、水に濡らし
たりしてはいけないことを示す記号です。
水濡れ禁止
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
防水性能については下記をご参照ください。
→ P.17「防水/防塵性能」
指示
注意
FOMA 端末に使用する電池パックおよびア
ダプタは、NTT ドコモが指定したものを使
用してください。
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
警告
禁止
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
禁止
充電端子や外部接続端子に導電性異物(金属
片、鉛筆の芯など)を接触させないでください。
また、内部に入れないでください。
禁止
指示
火災、やけどの原因となります。
ガソリンスタンドなど引火性ガスが発生する
場所に立ち入る場合は必ず事前に FOMA 端
末の電源を切り、充電をしている場合は中止
してください。
ガスに引火する恐れがあります。
ガソリンスタンド構内などでおサイフケータイ
をご使用になる際は必ず事前に電源を切った状
態で使用してください(IC カードロックを設定
されている場合にはロックを解除した上で電源
をお切りください)。
指示
禁止
火災、やけど、感電の原因となります。
指示
子供が使用する場合は、保護者が取り扱いの方
法を教えてください。また、使用中においても、
指示どおりに使用しているかをご確認ください。
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
使用中や充電中に、布団などで覆ったり、包
んだりしないでください。
使用中、充電中、保管時に、異臭、発熱、変
色、変形など、いままでと異なるときは、直
ちに次の作業を行ってください。
・ 電 源 プ ラ グ を コ ン セ ン ト や シ ガ ー ラ イ
ターソケットから抜く。
・ FOMA 端末の電源を切る。
・ 電池パックを FOMA 端末から取り外す。
落下して、けがの原因となります。
湿気やほこりの多い場所や高温になる場所には、
保管しないでください。
強い衝撃を与えたり、投げ付けたりしないで
ください。
禁止
はじめに
ぐらついた台の上や傾いた場所など、不安定
な場所には置かないでください。
けがなどの原因となります。
乳幼児の手の届かない場所に保管してください。
指示
誤って飲み込んだり、けがなどの原因となった
りします。
指示
FOMA端末をアダプタに接続した状態で長
時間連続使用される場合には特にご注意くだ
さい。
充電しながらiアプリやテレビ電話、ワンセグ
視聴などを長時間行うと FOMA 端末や電池パッ
ク・アダプタの温度が高くなることがあります。
温度の高い部分に直接長時間触れるとお客様の
体質や体調によっては肌に赤みやかゆみ、かぶ
れなどが生じたり、低温やけどの原因となった
りする恐れがあります。
2. FOMA 端末の取り扱いについて
警告
赤外線ポートを目に向けて送信しないでください。
目に悪影響を及ぼす原因となります。
禁止
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
禁止
赤外線通信使用時に、赤外線ポートを赤外線
装置のついた家電製品などに向けて操作しな
いでください。
赤外線装置の誤動作により、事故の原因となります。
7
禁止
はじめに
FOMA端末内のドコモUIMカード挿入口や
microSDカードスロットに水などの液体や
金属片、燃えやすいものなどの異物を入れな
いでください。
高精度な制御や微弱な信号を取り扱う電子機器の
近くでは、FOMA 端末の電源を切ってください。
指示
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
指示
指示
航空機内や病院など、使用を禁止された区域
では、FOMA 端末の電源を切ってください。
電子機器や医用電気機器に悪影響を及ぼす原因
となります。なお、自動的に電源が入る機能を
設定している場合は、設定を解除してから電源
を切ってください。
医療機関内における使用については各医療機関
の指示に従ってください。
航空機内での使用などの禁止行為をした場合、
法令により罰せられます。ただし、電波を出さ
ない設定にすることなどで、機内で携帯電話が
使用できる場合には、航空会社の指示に従って
ご使用ください。
指示
注意
禁止
8
心臓に悪影響を及ぼす原因となります。
指示
医用電気機器などを装着している場合は、医用
電気機器メーカもしくは販売業者に、電波によ
る影響についてご確認の上ご使用ください。
ディスプレイの表面に、落下や衝撃などによ
り破損した場合の安全性確保を目的(強化ガ
ラスの飛散防止)とする保護フィルムがあり
ます。この保護フィルムは無理にはがしたり、
傷つけたりしないでください。
保護フィルムをはがして使用した場合、ディスプレイ
が破損したときに、けがの原因となることがあります。
心臓の弱い方は、着信バイブレータ(振動)
や着信音量の設定に注意してください。
指示
万が一、ディスプレイ部やカメラのレンズを
破損した際には、割れたガラスや露出した
FOMA 端末の内部にご注意ください。
ディスプレイ部には保護フィルム、カメラのレンズの
表面にはプラスチックパネルを使用し、ガラスが飛散
りにくい構造となっておりますが、誤って割れた破損
部や露出部に触れますと、けがの原因となります。
ハンズフリーに設定して通話する際や、着信音が
鳴っているときなどは、必ず FOMA 端末を耳か
ら離してください。また、イヤホンマイクなどを
FOMA 端末に装着し、ゲームや音楽再生をする
場合は、適度なボリュームに調節してください。
音量が大きすぎると難聴の原因となります。また、
周囲の音が聞こえにくいと、事故の原因となります。
電子機器が誤動作するなどの悪影響を及ぼす原
因となります。
※ご注意いただきたい電子機器の例
補聴器、植込み型心臓ペースメーカおよび植込
み型除細動器、その他の医用電気機器、火災報
知器、自動ドア、その他の自動制御機器など。
植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除細
動器、その他の医用電気機器をご使用される方
は、当該の各医用電気機器メーカもしくは販売
業者に電波による影響についてご確認ください。
アンテナ、ストラップなどを持って FOMA
端末を振り回さないでください。
禁止
本人や他の人に当たり、けがなどの事故の原因となります。
FOMA 端末が破損したまま使用しないでく
ださい。
医用電気機器などに悪影響を及ぼす原因となります。
禁止
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
禁止
モーションセンサーのご使用にあたっては、必
ず周囲の安全を確認し、FOMA端末をしっか
りと握り、必要以上に振り回さないでください。
けがなどの事故の原因となります。
禁止
危険
誤ってディスプレイを破損し、液晶が漏れた
場合には、顔や手などの皮膚につけないでく
ださい。
禁止
禁止
指示
指示
お客様の体質や体調によっては、かゆみ、か
ぶれ、湿疹などが生じることがあります。異
状が生じた場合は、直ちに使用をやめ、医師
の診療を受けてください。
指示
禁止
指示
けがなどの事故の原因となります。
視力低下の原因となります。
表示
電池の種類
Li-ion00
リチウムイオン電池
電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因と
なります。
電池パック内部の液体などが目の中に入った
ときは、こすらず、すぐにきれいな水で洗っ
た後、直ちに医師の診療を受けてください。
失明の原因となります。
警告
落下による変形や傷などの異常が見られた場合は、
絶対に使用しないでください。
禁止
3. 電池パックの取り扱いについて
n 電池パックのラベルに記載されている表示により、電
池の種類をご確認ください。
電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因と
なります。
釘を刺したり、ハンマーで叩いたり、踏みつ
けたりしないでください。
ディスプレイを見る際は、十分明るい場所で、画
面からある程度の距離をとってご使用ください。
指示
電池パックを FOMA 端末に取り付けるときは、
電池パックの向きを確かめ、うまく取り付けでき
ない場合は、無理に取り付けないでください。
火の中に投下しないでください。
禁止
各箇所の材質について→ P.12「材質一覧」
FOMA 端末を開閉する際は、指やストラッ
プなどを挟まないようご注意ください。
電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因となります。
電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因となります。
自動車内で使用する場合、自動車メーカもし
くは販売業者に、電波による影響についてご
確認の上ご使用ください。
車種によっては、まれに車載電子機器に悪影響
を及ぼす原因となりますので、その場合は直ち
に使用を中止してください。
はじめに
失明や皮膚に傷害を起こす原因となります。液
晶が目や口に入った場合には、すぐにきれいな
水で洗い流し、直ちに医師の診断を受けてくだ
さい。
また、皮膚や衣類に付着した場合は、すぐにア
ルコールなどで拭き取り、石鹸で水洗いしてく
ださい。
端子に針金などの金属類を接触させないでくだ
さい。また、金属製ネックレスなどと一緒に持
ち運んだり、保管したりしないでください。
指示
電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因と
なります。
電池パックが漏液したり、異臭がしたりするときは、
直ちに使用をやめて火気から遠ざけてください。
漏液した液体に引火し、発火、破裂の原因となります。
ペットが電池パックに噛みつかないようご注
意ください。
指示
電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因と
なります。
9
注意
一般のゴミと一緒に捨てないでください。
はじめに
禁止
発火、環境破壊の原因となります。不要となった電
池パックは、端子にテープなどを貼り、絶縁してか
らドコモショップなど窓口にお持ちいただくか、回
収を行っている市町村の指示に従ってください。
濡れた電池パックを使用したり充電したりし
ないでください。
禁止
火災、やけど、感電の原因となります。
アダプタのコードの上に重いものをのせない
でください。
禁止
火災、やけど、感電の原因となります。
禁止
コンセントに AC アダプタを抜き差しすると
きは、金属製ストラップなどの金属類を接触
させないでください。
電池パックの発火、破裂、発熱、漏液の原因と
なります。
電池パック内部の液体などが漏れた場合は、
顔や手などの皮膚につけないでください。
指示
禁止
失明や皮膚に傷害を起こす原因となります。液
体などが目や口に入った場合や、皮膚や衣類に
付着した場合は、すぐにきれいな水で洗い流し
てください。また、目や口に入った場合は、洗
浄後直ちに医師の診断を受けてください。
4. アダプタ、卓上ホルダの取り扱いについて
警告
禁止
濡れ手禁止
指示
火災、やけど、感電の原因となります。
AC アダプタや卓上ホルダは、風呂場などの
湿気の多い場所では使用しないでください。
指示
火災、やけど、感電の原因となります。
雷が鳴り出したら、アダプタには触れないで
ください。
禁止
10
感電の原因となります。
火災、やけど、感電の原因となります。
指定の電源、電圧で使用してください。また、
海外で充電する場合は、海外で使用可能な
AC アダプタで充電してください。
誤った電圧で使用すると火災、やけど、感電の
原因となります。
ACアダプタ:AC100V
DCアダプタ:DC12V・24V
(マイナスアース車専用)
海外で使用可能なACアダプタ:AC100V ~ 240V
(家庭用交流コンセントのみに接続すること)
DCアダプタのヒューズが万が一切れた場合
は、必ず指定のヒューズを使用してください。
火災、やけど、感電の原因となります。
DCアダプタはマイナスアース車専用です。
プラスアース車には使用しないでください。
禁止
火災、やけど、感電の原因となります。
濡れた手でアダプタのコード、卓上ホルダ、
コンセントに触れないでください。
アダプタのコードが傷んだら使用しないでく
ださい。
禁止
コンセントやシガーライターソケットにつな
いだ状態で充電端子をショートさせないでく
ださい。また、充電端子に手や指など、身体
の一部を触れさせないでください。
火災、やけど、感電の原因となります。指定ヒュー
ズに関しては、個別の取扱説明書でご確認くださ
い。
電源プラグについたほこりは、拭き取ってく
ださい。
指示
火災、やけど、感電の原因となります。
警告
AC アダプタをコンセントに差し込むときは、確
実に差し込んでください。
指示
電源プラグをコンセントやシガーライターソ
ケットから抜く場合は、アダプタのコードを
無理に引っ張らず、アダプタを持って抜いて
ください。
医療機関の屋内では次のことを守って使用し
てください。
指示
火災、やけど、感電の原因となります。
電源プラグ
を抜く
電源プラグ
を抜く
電源プラグ
を抜く
長時間使用しない場合は、電源プラグをコン
セントやシガーライターソケットから抜いて
ください。
火災、やけど、感電の原因となります。
万が一、水などの液体が入った場合は、直ち
にコンセントやシガーライターソケットから
電源プラグを抜いてください。
火災、やけど、感電の原因となります。
指示
お手入れの際は、電源プラグをコンセントや
シガーライターソケットから抜いて行ってく
ださい。
指示
注意
けがの原因となります。
6. 医用電気機器近くでの取り扱いに
ついて
n 本記載の内容は「医用電気機器への電波の影響
を防止するための携帯電話端末等の使用に関す
る指針」(電波環境協議会)に準ずる。
満員電車の中など混雑した場所では、付近に
植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除
細動器を装着している方がいる可能性があり
ますので、FOMA 端末の電源を切ってくだ
さい。
植込み型心臓ペースメーカおよび植込み型除
細動器を装着されている場合は、装着部から
FOMA 端末は 22cm 以上離して携行および
使用してください。
電波により植込み型心臓ペースメーカおよび植
込み型除細動器の作動に悪影響を及ぼす原因と
なります。
ドコモUIMカードを取り外す際は切断面にご
注意ください。
指示
◦手術室、集中治療室(ICU)
、冠状動脈疾患監
視病室(CCU)には FOMA 端末を持ち込ま
ないでください。
◦病棟内では、FOMA 端末の電源を切ってく
ださい。
◦ロビーなどであっても付近に医用電気機器
がある場合は、FOMA 端末の電源を切って
ください。
◦医療機関が個々に使用禁止、持ち込み禁止な
どの場所を定めている場合は、その医療機関
の指示に従ってください。
◦自動的に電源が入る機能が設定されている
場合は、設定を解除してから、電源を切っ
てください。
電波により植込み型心臓ペースメーカおよび植
込み型除細動器の作動に悪影響を及ぼす原因と
なります。
火災、やけど、感電の原因となります。
5. ドコモ UIM カードの取り扱いにつ
いて
はじめに
指示
火災、やけど、感電の原因となります。
指示
自宅療養などにより医療機関の外で、植込み
型心臓ペースメーカおよび植込み型除細動器
以外の医用電気機器を使用される場合には、
電波による影響について個別に医用電気機器
メーカなどにご確認ください。
電波により医用電気機器の作動に悪影響を及ぼ
す原因となります。
11
■ 材質一覧
はじめに
使用箇所
ディスプレイ側 側面
ディスプレイ側 背面
ディスプレイ側 背面
(キャップ部)
外装ケース
ボタン側 側面
ボタン側 背面
リアカバー
スライドバネ
ディスプレイパネル
受話口/スピーカパネル
カメラパネル
カメラ周囲パネル
決定ボタン
ボタン
画面ロックボタン/ MULTI ボタン
その他のボタン
ボタン周囲シート
メインメニューボタン周囲パネル
本体
外部接続端子キャップ
止水部
充電端子
ストラップ取り付けピン
上段および中段
下段
根元ヒンジ部
先端キャップ
ワンセグアンテナ
ワンセグアンテナ収納筒
ワンセグアンテナ固定部
ネジ
PC 樹脂
材質
表面処理
ステンレス合金
※1
塗装
PC 樹脂
UV コーティング
ナイロン樹脂
※1
UV コーティング
ステンレス合金
ニッケルメッキ
強化ガラス
飛散防止フィルム、ハードコート
ステンレス合金
塗装
アクリル樹脂
ハードコート
PC 樹脂
※1
PC 樹脂
アルミ蒸着、UV コーティング
PC 樹脂
※2
PC 樹脂
UV コーティング
PET 樹脂
ハードコート
PC 樹脂
UV コーティング
PC 樹脂、ポリエステル系熱可塑性エラストマー ※ 1
PC 樹脂、シリコーンゴム
−
ステンレス合金
金メッキ
ステンレス合金
※3
ステンレス合金
−
ニッケルチタン合金
−
ステンレス合金
−
ABS 樹脂
−
PP 樹脂
−
亜鉛ダイカスト
ニッケルメッキ
ステンレス合金
−
金属部:ステンレス合金
金属部:ニッケルメッキ
収納面
樹脂部:ナイロン樹脂
樹脂部:−
電池パック収納部
ドコモ UIM カードカバー ステンレス合金
ニッケルメッキ
microSD カードスロットカバー ステンレス合金
−
電池端子コネクタ本体
ナイロン樹脂
−
電池端子
端子部
チタン銅
金メッキ
樹脂部:PC 樹脂
電池パック本体
−
電池パック
ラベル:PET 樹脂
端子部
ガラスエポキシ樹脂
金メッキ
※ 1:本体色 WHITE は「UV コーティング」
、
BLACK は「ウレタン塗装」、PURPLE は「すず蒸着、UV コーティング」です。
※ 2:本体色 WHITE、BLACK は「UV コーティング」
、PURPLE は「すず蒸着、UV コーティング」です。
※ 3:本体色 BLACK、PURPLE は「ニッケルメッキ」
、WHITE は表面処理をしておりません。
12
PC 樹脂、シリコーンゴム
取り扱い上のご注意
⿟⿟‌N-05C は防水/防塵性能を有しておりますが、FOMA
端末内部に水や粉塵を侵入させたり、付属品、オプショ
ン品に水や粉塵を付着させたりしないでください。
FOMA 端末についてのお願い
⿟⿟‌タ ッチパネルの表面を強く押したり、爪やボールペン、
ピンなど先の尖ったもので操作したりしないでください。
タッチパネルが破損する原因となります。
電池パック、アダプタ、卓上ホルダ、ドコモ UIM カー ⿟⿟極端な高温、低温は避けてください。
温度は 5℃~ 40℃(ただし、36℃以上は風呂場など
ドは防水/防塵性能を有しておりません。風呂場など
での一時的な使用に限る)、湿度は 45%~ 85%の範
の湿気の多い場所でのご使用や、雨などがかかること
囲でご使用ください。
はおやめください。また身に付けている場合、汗によ
る湿気により内部が腐食し故障の原因となります。調 ⿟⿟‌一般の電話機やテレビ・ラジオなどをお使いになっ
査の結果、これらの水濡れによる故障と判明した場合、
ている近くで使用すると、悪影響を及ぼす原因とな
保証対象外となり修理できないことがありますので、
りますので、なるべく離れた場所でご使用ください。
あらかじめご了承ください。なお、保証対象外ですの
⿟⿟お客様ご自身で FOMA 端末に登録された情報内
で修理を実施できる場合でも有料修理となります。
⿟⿟お手入れは乾いた柔らかい布(めがね拭きなど)
で拭いてください。
容は、別にメモを取るなどして保管してくださる
ようお願いします。
万が一登録された情報内容が消失してしまうことが
⿠⿠ 乾いた布などで強く擦ると、ディスプレイに傷が
あっても、当社としては責任を負いかねますのであら
つく場合があります。
かじめご了承ください。
⿠⿠ ディスプレイに水滴や汚れなどが付着したまま放置
⿟⿟FOMA 端末を落としたり、衝撃を与えたりしない
すると、シミになることがあります。
でください。
⿠⿠ ‌アルコール、シンナー、ベンジン、洗剤などで拭くと、
故障、破損の原因となります。
印刷が消えたり、色があせたりすることがあります。
⿟⿟端子は時々乾いた綿棒などで清掃してください。
⿟⿟外部接続端子(イヤホンマイク端子)に外部接続
機器を接続する際に斜めに差したり、差した状態
端子が汚れていると接触が悪くなり、電源が切れたり
で引っ張ったりしないでください。
充電不十分の原因となったりしますので、端子を乾い
故障、破損の原因となります。
た綿棒などで拭いてください。
また、清掃する際には端子の破損に十分ご注意ください。 ⿟⿟ストラップなどを挟んだまま、FOMA 端末を閉じ
⿟⿟‌エアコンの吹き出し口の近くに置かないでください。
急激な温度の変化により結露し、内部が腐食し故障の
原因となります。
⿟⿟FOMA 端末や電池パックなどに無理な力がかか
らないように使用してください。
多くのものが詰まった荷物の中に入れたり、衣類のポ
ケットに入れて座ったりするとディスプレイ、内部基
板、電池パックなどの破損、故障の原因となります。
また、外部接続機器を外部接続端子(イヤホンマイク
端子)に差した状態の場合、コネクタ破損、故障の原
因となります。
⿟⿟ディスプレイは金属などで擦ったり引っかいたり
しないでください。
傷つくことがあり故障、破損の原因となります。
ないでください。
故障、破損の原因となります。
⿟⿟使用中、充電中、FOMA 端末は温かくなりますが、
異常ではありません。そのままご使用ください。
⿟⿟‌カメラを直射日光の当たる場所に放置しないでください。
素子の退色・焼付きを起こす場合があります。
⿟⿟通 常 は 外 部 接 続 端 子( イ ヤ ホ ン マ イ ク 端 子 )
キャップを閉じた状態でご使用ください。
ほこり、水などが入り故障の原因となります。
⿟⿟リアカバーを外したまま使用しないでください。
電池パックが外れたり、故障、破損の原因となったりします。
⿟⿟受話口/スピーカ部分に鋭利な硬いものを入れな
いでください。
FOMA 端末の故障、破損の原因となります。
13
はじめに
共通のお願い
⿟⿟電池パック、アダプタに添付されている個別の取
扱説明書をよくお読みください。
はじめに
⿟⿟‌FOMA 端末を開いたときにできる、ディスプレイ アダプタについてのお願い
背面部のすきまに異物などを入れないでください。
⿟⿟充電は、適正な周囲温度(5℃~ 35℃)の場所
火災、感電、故障の原因となります。
で行ってください。
ボタンのある面に、極端に厚みのあるシールなど
⿟⿟
⿟⿟次のような場所では、充電しないでください。
を貼らないでください。
故障、破損、誤動作の原因となります。
⿟⿟FOMA 端末のディスプレイ部分の背面に、ラベル
やシールなどを貼らないでください。
FOMA 端 末 を 開 閉 す る 際 に ラ ベ ル や シ ー ル な ど が
引っかかり、故障、破損の原因となります。
⿟⿟充電中、アダプタが温かくなることがありますが、
異常ではありません。そのままご使用ください。
⿟⿟DC アダプタを使用して充電する場合は、自動車の
エンジンを切ったまま使用しないでください。
データの消失、故障の原因となります。
⿟⿟抜け防止機構のあるコンセントをご使用の場合、
そのコンセントの取扱説明書に従ってください。
⿟⿟強い衝撃を与えないでください。また、充電端子
を変形させないでください。
⿟⿟microSD カードの使用中は、microSD カードを
取り外したり、FOMA 端末の電源を切ったりしな
いでください。
⿟⿟磁気カードなどを FOMA 端末に近づけたり、挟
んだりしないでください。
キャッシュカード、クレジットカード、テレホンカー
ド、フロッピーディスクなどの磁気データが消えてし
まうことがあります。
⿟⿟FOMA 端末に磁気を帯びたものを近づけないで
ください。
強い磁気を近づけると誤動作の原因となります。
電池パックについてのお願い
⿟⿟電池パックは消耗品です。
使用状態などによって異なりますが、十分に充電して
も使用時間が極端に短くなったときは電池パックの交
換時期です。指定の新しい電池パックをお買い求めく
ださい。
⿟⿟充電は、適正な周囲温度(5℃~ 35℃)の場所
で行ってください。
⿟⿟電池パックの使用時間は、使用環境や電池パック
の劣化度により異なります。
⿟⿟‌電 池パックの使用条件により、寿命が近づくにつれて
電池パックが膨れる場合がありますが問題ありません。
⿟⿟‌電池パックを保管される場合は、次の点にご注意ください。
14
⿠⿠ 湿気、ほこり、振動の多い場所
⿠⿠ 一般の電話機やテレビ・ラジオなどの近く
自動車のバッテリーを消耗させる原因となります。
故障の原因となります。
⿟⿟‌卓上ホルダのスタンドを収める場合は、指やアダ
プタのコードなどを挟まないようご注意ください。
けがなどの事故や破損の原因となります。
ドコモ UIM カードについてのお願い
⿟⿟ドコモ UIM カードの取り付け/取り外しには、必
要以上に力を入れないでください。
⿟⿟‌他の IC カードリーダー/ライターなどにドコモ UIM
カードを挿入して使用した結果として故障した場合
は、お客様の責任となりますので、ご注意ください。
⿟⿟IC 部分はいつもきれいな状態でご使用ください。
⿟⿟お手入れは、乾いた柔らかい布(めがね拭きなど)
で拭いてください。
⿟⿟お客様ご自身で、ドコモ UIM カードに登録された
情報内容は、別にメモを取るなどして保管してく
ださるようお願いします。
万が一登録された情報内容が消失してしまうことが
あっても、当社としては責任を負いかねますのであら
かじめご了承ください。
⿠⿠ フル充電状態(充電完了後すぐの状態)での保管
⿟⿟環境保全のため、不要になったドコモ UIM カード
⿠⿠ 電池残量なしの状態(本体の電源が入らない程消
はドコモショップなど窓口にお持ちください。
費している状態)での保管
IC を傷つけたり、不用意に触れたり、ショートさ
電池パックの性能や寿命を低下させる原因となります。 ⿟⿟
せたりしないでください。
保管に適した電池残量は、目安として電池アイコン表示が 2
データの消失、故障の原因となります。
本、または残量が 40 パーセント程度の状態をお勧めします。
⿟⿟ドコモ UIM カードを落としたり、衝撃を与えたり
しないでください。
故障の原因となります。
故障の原因となります。
⿟⿟ドコモ UIM カードにラベルやシールなどを貼った
状態で、FOMA 端末に取り付けないでください。
故障の原因となります。
Bluetooth® 機能を使用する場合のお願い
⿟⿟‌FOMA 端末は、Bluetooth 機能を使用した通信時のセ
キュリティとして、Bluetooth 標準規格に準拠したセキュ
リティ機能に対応しておりますが、設定内容などによって
セキュリティが十分でない場合があります。Bluetooth
機能を使用した通信を行う際にはご注意ください。
⿟⿟Bluetooth 機能を使用した通信時にデータや情報
の漏洩が発生しましても、責任を負いかねますの
で、あらかじめご了承ください。
⿟⿟‌FOMA 端末では、ヘッドセット、ハンズフリー、オーディ
オ、ダイヤルアップ通信、オブジェクトプッシュ、シリ
アルポートを利用できます。また、オーディオではオー
ディオ/ビデオリモートコントロールも利用できる場合
があります。(対応している Bluetooth 機器のみ)
⿟⿟周波数帯について
FOMA 端末の Bluetooth 機能が使用する周波数帯は
次のとおりです。
2.4
FH
1
:2400MHz 帯を使用する無線設備を表
します。
:変 調方式が FH-SS 方式であることを示
します。
:想 定される与干渉距離が 10m 以下であ
ることを示します。
:
2400MHz ~ 2483.5MHz の全帯域を
使用し、かつ移動体識別装置の帯域を回
避不可であることを意味します。
本製品の使用周波数帯では、電子レンジなどの家電製品
や産業・科学・医療用機器のほか、工場の製造ラインな
どで使用される免許を要する移動体識別用構内無線局、
免許を要しない特定小電力無線局、アマチュア無線局な
ど(以下「他の無線局」と略します)が運用されています。
1. 本製品を使用する前に、近くで「他の無線局」が
運用されていないことを確認してください。
2. 万が一、本製品と「他の無線局」との間に電波干渉
が発生した場合には、速やかに使用場所を変えるか、
「電源を切る」など電波干渉を避けてください。
3. その他、ご不明な点につきましては、取扱説明書裏面
の「総合お問い合わせ先」までお問い合わせください。
はじめに
⿟⿟ドコモ UIM カードを曲げたり、重いものをのせた
りしないでください。
n Bluetooth 機器使用上の注意事項
無線 LAN(WLAN)についてのお願い
⿟⿟‌無 線 LAN(WLAN)は、電波を利用して情報のやり
取りを行うため、電波の届く範囲であれば自由に LAN
接続できる利点があります。その反面、セキュリティ
の設定を行っていないときは、悪意ある第三者に通信
内容を盗み見られたり、不正に侵入されてしまう可能
性があります。お客様の判断と責任において、セキュ
リティの設定を行い、使用することを推奨します。
⿟⿟無線 LAN について
電気製品・AV・OA 機器などの磁気を帯びているところ
や電磁波が発生しているところで使用しないでください。
⿠⿠ 磁気や電気雑音の影響を受けると雑音が大きくなっ
たり、通信ができなくなることがあります(特に電
子レンジ使用時には影響を受けることがあります)。
⿠⿠ テレビ、ラジオなどに近いと受信障害の原因となっ
たり、テレビ画面が乱れることがあります。
⿠⿠ 近くに複数の無線 LAN アクセスポイントが存在
し、同じチャンネルを使用していると、正しく検
索できない場合があります。
⿟⿟周波数帯について
WLAN 搭載機器が使用する周波数帯は、端末本体の電池パック
挿入部に記載されています。ラベルの見かたは次のとおりです。
① ② ③④
⑤
15
① 2.4
はじめに
:2400MHz 帯を使用する無線設備を
表します。
② DS
:変 調方式が DS-SS 方式であること
を示します。
③ OF
:変調方式が OFDM 方式であることを
示します。
④ 4
:想定される与干渉距離が40m以下で
あることを示します。
⑤
:
2400MHz ~ 2483.5MHz の 全 帯
域を使用し、かつ移動体識別装置の
帯域を回避可能であることを意味し
ます。
利用可能なチャンネルは国により異なります。
⿠⿠
航空機内の使用は、事前に各航空会社へご確認く
⿠⿠
ださい。
⿠⿠ WLAN を海外で利用する場合、ご利用の国によっ
ては使用場所などが制限されている場合がありま
す。その場合は、その国の使用可能周波数、法規
制などの条件を確認の上、ご利用ください。
n 2.4GHz 機器使用上の注意事項
WLAN 搭載機器の使用周波数帯では、電子レンジな
どの家電製品や産業・科学・医療用機器のほか工場の
製造ラインなどで使用されている移動体識別用の構内
無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線
局(免許を要しない無線局)ならびにアマチュア無線
局(免許を要する無線局)が運用されています。
1. この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内
無線局および特定小電力無線局ならびにアマチュア無
線局が運用されていないことを確認してください。
2. 万が一、この機器から移動体識別用の構内無線局
に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合に
は、速やかに使用周波数を変更するかご利用を中
断していただいた上で、取扱説明書裏面の「総合
お問い合わせ先」までお問い合わせいただき、混
信回避のための処置など(例えば、パーティショ
ンの設置など)についてご相談ください。
3. その他、この機器から移動体識別用の特定小電力
無線局あるいはアマチュア無線局に対して電波干
渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが
起きたときは、取扱説明書裏面の「総合お問い合
わせ先」までお問い合わせください。
16
FeliCa リーダー/ライターについて
⿟⿟FOMA 端末の FeliCa リーダー/ライター機能
は、無線局の免許を要しない微弱電波を使用して
います。
⿟⿟使 用 周 波 数 は 13.56MHz 帯 で す。 周 囲 で 他 の
リーダー/ライターをご使用の場合、十分に離し
てお使いください。また、他の同一周波数帯を使
用の無線局が近くにないことを確認してお使いく
ださい。
注意
⿟⿟改造された FOMA 端末は絶対に使用しないでく
ださい。改造した機器を使用した場合は電波法に
抵触します。
FOMA 端末は、電波法に基づく特定無線設備の技術
基準適合証明などを受けており、その証として「技適
マーク 」が FOMA 端末の銘版シールに表示されて
おります。FOMA 端末のネジを外して内部の改造を
行った場合、技術基準適合証明などが無効となります。
技術基準適合証明などが無効となった状態で使用する
と、電波法に抵触しますので、絶対に使用されないよ
うにお願いいたします。
⿟⿟自動車などを運転中の使用にはご注意ください。
運転中の携帯電話を手で保持しての使用は罰則の対象
となります。ただし、傷病者の救護または公共の安全
の維持など、やむを得ない場合は対象外となります。
⿟⿟Bluetooth 機能は日本国内で使用してください。
FOMA 端末の Bluetooth 機能は日本国内での無線規
格に準拠し認定を取得しています。海外でご使用にな
ると罰せられることがあります。
⿟⿟FeliCa リーダー/ライター機能は日本国内で使
用してください。
FOMA 端末の FeliCa リーダー/ライター機能は日本
国内での無線規格に準拠しています。海外でご使用に
なると罰せられることがあります。
⿟⿟‌IC カード認証機能は日本国内で使用してください。
FOMA 端末の IC カード認証機能は日本国内での無線
規格に準拠し認定を取得しています。海外でご使用に
なると罰せられることがあります。
防水/防塵性能
※ 1:IPX5 とは、内径 6.3mm の注水ノズルを使用し、約 3m の距離から 12.5 リットル/分の水を最低 3 分間
注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、電話機としての機能を有することを意味します。
※ 2:IPX8 とは、常温で水道水の水深 1.5m のところに N-05C を沈め、約 30 分間放置後に取り出したときに電話
機としての機能を有することかつ、水中に沈めている約 30 分間は、カメラが使用できることを意味します。
※ 3:IP5X とは、保護度合いを指し、直径 75 μ m 以下の塵埃(じんあい)が入った装置に電話機を 8 時間
入れてかくはんさせ、取り出したときに電話機の機能を有し、かつ安全を維持することを意味します。
・ 雨の中で傘をささずに通話、ワンセグ視聴ができます(1 時間の雨量が 20mm 程度)。
・ 手が濡れているときや FOMA 端末に水滴がついているときは、リアカバーの取り付け/取
り外し、外部接続端子キャップの開閉はしないでください。
・ 洗面器などに張った常温の水道水につけて、静かに振り洗いをしたり、蛇口から弱めに流
れる水道水を当てながら手で洗うことができます。
※ リアカバーをしっかり取り付けた状態で、外部接続端子キャップが開かないように押さ
えたまま洗ってください。
※ 洗うときは、ブラシやスポンジ、せっけん、洗剤などは使用しないでください。
※ 送話口/マイクや受話口/スピーカに蛇口の水を直接当てないでください。
・ 塩水や海水がかかったり、泥や土などが付着した場合には、すぐに洗い流してください。
乾燥して固まると、汚れが落ちにくくなり、傷や故障の原因となります。
・ 風呂場で使用できます。ただし、湯船には浸けないでください。
※ 温泉やせっけん、洗剤、入浴剤の入った水には絶対に浸けないでください。
※ 風呂場での長時間のご使用はお避けください。
ご利用にあたって
・ ご使用前に、外部接続端子キャップ、リアカバーをしっかり閉じ、完全に装着している状
態にしてください。微細なゴミ(微細な繊維、髪の毛、砂など)がわずかでも挟まると水
や粉塵の侵入の原因となります。
・ 次のイラストのように、常温の水以外の液体などをかけたり浸けないでください。
<例>
せっけん/洗剤/入浴剤
海水
温泉
17
はじめに
N-05C は、外部接続端子キャップを閉じ、リアカバーをしっかりと取り付けた状態で
IPX5 ※ 1、IPX8 ※ 2 の防水性能と、IP5X ※ 3 の防塵性能を有しています。
外部接続端子キャップの開けかた/閉じかた
はじめに
■開けかた
ミゾに指などをかけて矢印の方向に開けてく
ださい。
■閉じかた
矢印の方向にしっかりと押し、取り付けます。
ミゾ
リアカバーの取り付けかた/取り外しかた
■取り外しかた
FOMA 端末を手に持ち、ミゾに指などをかけ
て、無理な力を加えないよう矢印の方向にリ
アカバーを取り外してください。
■取り付けかた
リアカバーのツメを FOMA 端末のミゾに差し
込み、①の方向に取り付け、②の方向にしっ
かりと押し、取り付ける
ミゾ
ミゾ
18
ツメ
部分をしっかりと押し、
FOMA端末とすきまがない
ことを確認してください。
・リアカバーを取り外すときは、水抜き(P.20)を行い、FOMA 端末の水分をよく拭き取ってください。
・リアカバーを取り付けるときは、リアカバー周辺(特にゴムパッキン)にゴミや汚れが付着してい
ないことを確認してください。
・リアカバーを確実に取り付けないと水や粉塵の侵入の恐れがあります。
・リアカバーを取り付ける際は、ドコモ UIM カードや microSD カード、電池パックが確実に取り
付けられていることを確認してください。ドコモ UIM カードや microSD カードの挿入が不十分だ
と、電池パックがドコモ UIM カードや microSD カードに乗り上げ、リアカバーを取り付けた際に、
FOMA 端末とリアカバーの間にすきまが生じて防水/防塵性能を損なう場合があります。
防水・防塵性能を維持するため、異常の有無にかかわらず必ず 2 年に 1 回、部品の交換が必要となります。
部品の交換は FOMA 端末をお預かりして有料にて承ります。ドコモ指定の故障取扱窓口にお持ちください。
・ 外部接続端子キャップまたはリアカバーが開いている状態で水などの液体がかかった場
合、内部に液体が入り、感電や故障の原因となります。そのまま使用せずに電源を切り、
電池パックを外した状態でドコモ指定の故障取扱窓口へご連絡ください。
・ 外部接続端子キャップ、リアカバーのゴムパッキンは防水/防塵性能を維持する上で重要
な役割を担っています。はがしたり傷つけたりしないでください。また、ゴミが付着しな
いようにしてください。
外部接続端子キャップ、リアカバーのゴムパッキンが傷ついたり、変形した場合は、ドコ
モ指定の故障取扱窓口にてお取り替えください。
・ 外部接続端子キャップやリアカバーのすきまに、先の尖ったものを差し込まないでくださ
い。ゴムパッキンが傷つき、水や粉塵の侵入の原因となることがあります。
・ リアカバーが破損した場合は、リアカバーを交換してください。破損箇所から内部に水が
入り、感電や電池の腐食などの故障の原因となります。
・ 水滴が付着したまま放置しないでください。寒冷地では凍結し、故障の原因となります。
・ 結露防止のため、寒い場所から風呂場などへは FOMA 端末が常温になってから持ち込んでください。
・ 規定(→ P.17)以上の強い水流(たとえば、蛇口やシャワーから肌に当てて痛みを感じるほどの強さの水
流)を直接当てないでください。N-05C は IPX5 の防水性能を有しておりますが、故障の原因となります。
・ 洗濯機などで洗わないでください。
・ 付属品、オプション品は防水/防塵性能を有しておりません。付属の卓上ホルダに FOMA
端末を差し込んだ状態でワンセグ視聴などをする場合、AC アダプタを接続していない状
態でも、風呂場、シャワー室、台所、洗面所などの水周りでは使用しないでください。
・ 熱湯に浸けたり、サウナで使用したり、温風(ドライヤーなど)を当てたりしないでください。
・ 送話口/マイク、受話口/スピーカなどを綿棒や尖ったものでつつかないでください。防
水/防塵性能が損なわれることがあります。
・ 濡れたまま放置しないでください。電源端子がショートする恐れがあります。
・ FOMA 端末は水に浮きません。
・ 落下させないでください。傷の発生などにより防水/防塵性能の劣化を招くことがあります。
・ 送話口/マイク、受話口/スピーカに水滴を残さないでください。水滴が付着していると
受話音やメロディ音などが小さくなり、音質が悪くなったり、カメラ利用時に駆動音が鳴
る場合があります。このような場合は、水抜きを行うことで元に戻ります。
・ 実際の使用にあたって、すべての状況での動作を保証するものではありません。また、調
査の結果、お客様のお取り扱いの不備による故障と判明した場合、保証の対象外となります。
19
はじめに
重要事項
水に濡れたときの水抜きについて
はじめに
FOMA 端末を水に濡らした場合、必ず下記の手順で水抜きを行ってください。
・ 送話口/マイクや受話口/スピーカに水滴が付着していると受話音やメロディ音などが小
さくなり、音質が悪くなる場合があります。その場合、以下の手順で水抜きを行い、その
後十分に自然乾燥させることで元に戻ります。
❶ FOMA 端末表面の水分 ❷ FOMA 端末をしっかりと持 ❸ 送話口/マイク、受話口/ス
を乾いた清潔な布など
ち、20 回程度水滴が飛ばな
ピーカ、ボタン、スライド部な
くなるまで振る
でよく拭き取る
どのすきまに溜まった水は、乾
いた清潔な布などに FOMA 端
末を軽く押し当てて拭き取る
※ すきまに溜まった水分を綿
棒などで直接拭き取らない
でください。
<送話口/マイク、受話口/
スピーカの水抜き>
❹ FOMA 端末から出てきた水分を乾いた清潔な布などで
十分に拭き取る
※ 水を拭き取った後に本体内部に水滴が残っている場
合は、水が染み出ることがあります。
充電のときは
付属品、オプション品は防水/防塵性能を有していません。充電時、および充電後
には必ず次の点を確認してください。
・ FOMA 端末が濡れていないか確認してください。水に濡れた後はよく水抜きをして、乾いた清潔な布
20
などで拭き取ってから、付属の卓上ホルダに差し込んだり、外部接続端子キャップを開いてください。
・ 外部接続端子キャップを開いて充電した場合、充電後はしっかりとキャップを閉じてください。
外部接続端子からの水や粉塵の侵入を防ぐため、卓上ホルダを使用して充電することをおすす
めします。
※ FOMA 端末が濡れている状態では絶対に充電しないでください。
※ 濡れた手で AC アダプタ、卓上ホルダに触れないでください。感電の原因となります。
※ AC アダプタ、卓上ホルダは、水のかからない状態で使用してください。風呂場、シャワー
室、台所、洗面所などの水周りで使用しないでください。火災や感電の原因となります。
事前の準備
ドコモ UIM カード・電池パックの取り付けかた
をお持ちの場合には、ドコモショップ窓口にてお取替えください。
❶ リアカバーを取り外す(→ P.18)
❷ ドコモ UIM カードを取り付ける
ドコモ UIM カードの金色の IC 面を下にして、ドコモ
UIM カード挿入口に固定されるまで①の方向へ奥ま
で差し込みます。
切り欠き
IC
ドコモUIMカード
ドコモUIMカード
挿入口
金色のICが見えて
いる面を下にする
❸ 電池パックを取り付ける
「 」と書かれている面を上にして、電池パックと
FOMA 端末の金属端子が合うように②の方向に取
り付けて、③の方向へはめ込みます。
❹ リアカバーを取り付ける(→ P.18)
21
基本の操作
ドコモ UIM カードや電池パックの取り付け、取り外しは、電源を切ってから行って
ください。また、FOMA 端末を閉じた状態で手で持ったまま行ってください。
・ ドコモ UIM カードは、お客様の電話番号などの情報が記録されている IC カードです。
・ 本 FOMA 端末では、FOMA カード(青色)はご使用できません。FOMA カード(青色)
充電のしかた
充電にかかる時間や連続して通話できる時間は、
「主な仕様」
(→ P.95)
をご覧ください。
・ 電池パック、AC アダプタ、付属の卓上ホルダは防水/防塵性能を有していません。FOMA
基本の操作
端末が濡れている状態では絶対に充電しないでください。
・ 外部接続端子からの水や粉塵の侵入を防ぐため、卓上ホルダを使用して充電することをおす
すめします。
・ 充電を開始すると、充電ランプが点灯します。充電ランプが消灯すれば充電は終了です。
(フル充電)
卓上ホルダを使って充電する
❶ AC アダプタ(別売)のコネクタを付属の卓上ホル
ダ背面の端子に水平に差し込む
突起レバー
矢印の表記面
を上にする
❷ AC アダプタのプラグをコンセントに差し込む
❶
❸ 卓上ホルダを押さえながら、FOMA 端末を①の方
向に差し込み、②の方向にしっかりと取り付ける
・ 取り付ける際は、ストラップなどをはさまないよう
にご注意ください。
コネクタ
AC100V
コンセント
❹ 充電が終わったら、卓上ホルダを押さえながら
FOMA 端末を取り付けた時と逆の手順で取り外す
❷
プラグ
❸
充電ランプ
卓上ホルダ N33
FOMA
ACアダプタ
01/02
ACアダプタを使って充電する
❶ 外部接続端子の端子キャップを開け(→ P.18)、AC
アダプタのコネクタを外部接続端子に水平に差し
込む
❷ AC アダプタのプラグをコンセントに差し込む
❸ 充電が終わったら、リリースボタンを押しながら
AC アダプタのコネクタを FOMA 端末から水平に引
き抜き、AC アダプタのプラグはコンセントから抜
く
22
AC100V
コンセント
❷
プラグ
FOMA
ACアダプタ
01/02
コネクタ
充電ランプ
❶
端子
キャップ
リリース
ボタン 矢印の表記面
を上にする
電源を入れる
❶ y を 1 秒以上押します。
d
基本の操作
待受画面
■ 初期設定画面が表示された場合
お買い上げ後はじめて電源を入れた後は、初期設定画面が表示されます。
■ 電源を切る場合
y を 2 秒以上押します。
初期設定を行う
お買い上げ後はじめて電源を入れたときは、初期設定として「時
刻補正」「端末暗証番号の変更」「ボタン確認音」などの設定画面
が表示されます。
・初期設定ではこのほかに、時差補正、文字サイズ、位置提供を設定できます。
・すべての機能を設定すると、以後電源を入れたときに初期設定の画面は表示されなくなります。
23
相手に自分の電話番号を通知する
電話をかけたときにお客様の電話番号(発信者番号)を相手の電話機(ディスプレ
イ)へ表示させるかどうかを設定します。
❶ is「電話機能」s「発着信・通話設定」s「発信者番号通知」
基本の操作
s「設定」s「通知する」または「通知しない」
・発信者番号通知をお願いする旨のガイダンスが聞こえた場合は、発信者番号通知を設定するか
186 を付けてからおかけ直しください。
自分の電話番号を確認する
プロフィール画面でお客様のドコモ UIM カードに登録されている電話番号(自局番
号)と機種名を確認できます。
❶ is「プロフィール」
is0 でも確認できます。
・プロフィール画面には、お買い上げ時は電話番号のみ登録されています。
メールアドレスは直接入力するか、iモードから次の手順で自動的に取得できます。
プロフィール画面でUu[編集]s端末暗証番号を入力s <メールアドレス>
s「自動取得」siモードに接続され、メールアドレスが <メールアドレス> 欄に自動的に
入力されるsUu[完了] の順に操作します。
・メールアドレスの変更方法については、『ご利用ガイドブック(iモード< FOMA >編)』をご覧
ください。
24
画面の説明
ディスプレイ・アイコンの見かた
電池残量(目安)
:十分残っています。
:充電してください。
電波受信レベル
・ FOMA
強
弱
・ Wi-Fi
強
基本の操作
ディスプレイに表示されるマーク( 、 、 など)をアイコンといいます。
アイコンは、FOMA 端末の状態や受信状況などを示しています。
■ FOMA 端末の状態を示すアイコン
画面上部には FOMA 端末の状態を示すアイコンが表示されます。
:バイブレータ設定中
:着信音消去
:マナーモード設定中
:公共モード(ドライブモー
ド)設定中
:アラーム設定中
弱
/
: FOMA / Wi-Fi の電波が届
かないところ
:iモード中
:未読メールあり
:音声通話中
:音声電話/テレビ電話の
留守番メッセージ件数
:テレビ電話伝言メモの件数
:eco モード設定中
:自動キーロック中
:USB ケーブル接続時で、通
信モード中
:ダイヤルロック中
:iコンシェルの新着インフォメーションあり
:マルチタスク起動中
:Bluetooth 電源オン(点灯)
:microSD カード取り付け時
・ここでは主なアイコンを説明しています。アイコンの
名称は、Iis「本体設定 」s「画面・ディスプレ
イ」s「表示アイコン説明」で確認できます。
25
■ お知らせアイコンとデスクトップアイコン
画面中央には受信状況を知らせるお知らせアイコンが表示されます。デスクトップアイコンを貼り
付けて、アイコンから機能を呼び出したりすることもできます。
基本の操作
お知らせアイコン(例)
: 不在着信あり
: 伝言メモあり
: テレビ電話伝言メモあり
: 留守番電話あり
: 新着メールあり
デスクトップアイコン(例)
: スケジュール
: ボイスレコーダー
: 使いかたガイド
: ワンセグ視聴
ファンクションの表示
→ P.28
・お知らせアイコンやデスクトップアイコンは、待受画面 sXd でアイコンを選択してそれぞ
れの機能を呼び出すことができます。
26
メインメニューの見かた
FOMA 端末の各種機能はメインメニューから選択できます。
・ メインメニューは「スタンダード」の表示で記載しています。
基本の操作
メール
: メール機能を表示します。
iモード /web: iモード、フルブラウザのメニューを表示します。
iアプリ
: iアプリメニューを表示します。
カメラ /TV/MUSIC: カメラ、ミュージックプレーヤー、Music&Video チャ
ネル、ワンセグのメニューを表示します。
データ BOX : データ BOX のフォルダを表示します。
便利ツール : 便利な機能を表示します。
: 電話帳や発着信履歴などの電話機能を表示します。
電話機能
本体設定
: FOMA 端末の設定メニューを表示します。
地図 / 海外 : GPS や海外設定メニューを表示します。
iコンシェル : iコンシェル画面を表示します。
プロフィール : ドコモ UIM カードの自局番号などを表示します。
おサイフケータイ : IC カードやトルカなどの設定メニューを表示します。
p[オリジナル]:オリジナルメニューを表示します。
■ メインメニューのデザインを変更する
メ イ ン メ ニ ュ ー の デ ザ イ ン( 背 景 や ア イ コ ン な ど の 表 示 ス タ イ ル ) を 変 更 で き ま す。
「Stream Line」∼「スタンダード」、「シンプル」、「オリジナルテーマ」、「きせかえツール」
から選択します。
❶ is u[きせかえ]s デザインを選択
27
ボタン操作
画面には i、d、u、o、p に対応するソフトキー(ファンクション表示)と
b に対応する方向アイコンが表示されます。これらのアイコンは、対応するボタン
が使用できるときのみ表示されます。
基本の操作
ファンクションボタンに割り当てられている機能を実行する
■ 主な表示例とボタンの割り当て
❶
❹❷
❺
❻
❸
❶ には[サブメニュー][閉][MENU]などが表示されます。
❷ には[選択][確定][再生][発信]などが表示されます。
❸ には[設定][編集][完了][デモ][送信][新規]などが表
示されます。
❹ には[戻る][microSD][←設定]などが表示されます。
❺ には[切替][削除][設定→]などが表示されます。
❻ には上下左右に移動またはスクロールできる方向のアイコン
(
)が表示されます。b を押すと、その方向に移動また
はスクロールします。
メニュー操作
FOMA 端末の各種機能は、待受画面で i を押して表示されるメインメニューから選
択できます。
❶ isb で反転表示を移動して d[選択]s 表示されるメニューを 順次選択
28
i
b
d
s
s
s
・メインメニュー表示中に 15 秒以上ボタンを押さなかった場合、メインメニューを終了して、
元の画面に戻ります。
サブメニュー が表示されているときは
i
s
基本の操作
i ボタンを押すと登録や編集、削除など、その画面で操作できる機能が表示されます。
表示されているサブメニューの配下にさ
らにメニューがある場合、「 」が表示
されます。
29
タッチパネルの使いかた
本 FOMA 端末のディスプレイはタッチパネルになっています。指で直接画面に触れ
てさまざまな操作ができます。
タッチパネル利用上のご注意
基本の操作
タッチパネルは指で軽く触れるように設計されています。指で強く押したり、先が尖った
もの(爪/ボールペン/ピンなど)を押し付けないでください。
次の場合はタッチパネルに触れても動作しないことがあります。
また、誤動作の原因となりますのでご注意ください。
• 手袋をしたままでの操作
• タッチパネルが濡れたままでの操作
• 爪の先での操作
• 指が汗や水などで濡れた状態での操作
• 異物を操作面に乗せたままでの操作
• 水中での操作
• 保護シートやシールなどを貼っての操作
■ 項目選択や実行する場合
アイコン、パレット、タッチボタン、項目などを指で直接タッチして選
択します。
■ スクロールバーなどを調整したり、項目を選んだまま画面をスク
ロールする場合
項目やアイコンにタッチしながら上下や左右に指をスライドさせます。
音量調節もできます。
■ 前後の項目がある場合
ディスプレイを指で上下にすばやくスライドしながら指を離すと画面を
スクロールできます。
■ 画像表示画面などの場合
画面に親指と人差し指をおき、2 本の指をスライドさせて指を広げたり、
狭めたりすると指の間隔に合わせ拡大/縮小表示させることができます。
30
音声クイック起動を利用する
待受画面から音声で機能を呼び出して実行することができます。利用したい機能が
メニューのどこにあるのかわからないときや、利用したい機能をすばやく起動させ
たいときに利用します。
基本の操作
❶ 待受画面で r(1 秒以上)s「それではどうぞ ★★音声受付中★★」
と表示されたら、10 秒以内で送話口/マイクに機能のキーワードを話しか
ける
・起動する機能が特定できない場合は、「使いかたガイド」で候補を検索します。
・音声を認識しづらい場合は下記に注意してお話してみてください。
- 少し大きな声でお話しいただくか、送話口/マイクに近づいてお話してみてください。
- 音声入力開始時をはっきりとお話いただくと認識しやすくなります。
・ご利用になる環境や話し方によって認識結果が異なる場合があります。
使いかたガイドを利用する
知りたい機能があるときは、「使いかたガイド」で操作方法を確認できます。
お手元に取扱説明書がないときにすぐに調べられます。
❶ is「便利ツール」s「使いかたガイド」
❷ キーワードを入力または探す方法を選択
使いかたガイド画面
31
文字入力
文字入力のしかた
電話帳登録やメール、スケジュールの作成時などに文字を入力します。
基本の操作
① 入力モードの切り替え
文字を入力する画面で
o[文字切替]を押すと、
文字種切替画面が表示さ
れます。
文字種切替画面
② 文字の入力
各ダイヤルボタンを繰り返し
押して、割り当てられている
文字を入力します。
〈例〉2 を押すと ・・・
漢字ひらがな入力の場合
「か→き→く→け→こ」
カナ入力の場合
「カ→キ→ク→ケ→コ→ 2」
英字入力の場合
「a → b → c → A → B → C → 2」
数字入力の場合
「2」
③ 文字の変換
文字を入力したら、漢字や
カナに変更します。
g:予測候補の表示
b:候補から選択
p:漢字などに変換
vで変換範囲を変更
u:英数カナへ変換
d:確定
■ そのほかのボタン操作
Wt:文字の削除
Ww:改行の入力や小文字/大文字の切り替え、濁点/半濁点の入力をします。
Wr:同じボタンに割り当てられた 1 つ前の読みに戻ります。
Wr(1 秒以上):文字の貼り付け・切り取りなどの操作を 1 つ前の状態に戻します。
Pp:絵文字や記号を連続して入力したり、顔文字や URL を入力します。
一覧表示中は、Ii またはUu を押してタブ表示を切り替えることができます。
32
文字を入力してみましょう
<例:「秋のキャンプ」と入力する>
ひらがなを入力
2を2回
1を1回
あ
き
2を2回
8を1回
wを1回
0を3回
6を3回
の
や
ん
wを2回
き
sgで予測候補にカーソルを
移動し、bで予測候補を選択
sd[確定]
基本の操作
5を5回
小文字変換
ふ
゜
(半濁点)
デコメ絵文字®、デコメ®ピクチャを入力する
デコメ絵文字 ®、デコメ ® ピクチャとは、動く絵文字をはじめ一定の条件を満たす画像のこと
です。
メール本文入力画面で p[絵記]を押し、i または u で「デコメ」または「デコメピクチャ」
タブを表示します。次に b で囲み枠を移動し d[選択]を押すとデコメ絵文字 ®、デコメ ®
ピクチャが入力されます。
「デコメ」タブでは q を押すと、カテゴリ別のデコメ絵文字 ® 入力画面が表示されます。
[カテゴリ分類]
顔文字・ 絵文字
表情・気持ち
装飾
ハート・キラキラ
天気・季節
移動・生活
食べ物
キャラクター
文字
[その他のボタン操作]
i[←切替]:前のカテゴリを表示
u[切替→]:次のカテゴリを表示
o[ページ▲]:前のページに移動
p[ページ▼]:次のページに移動
w:microSD のデコメ絵文字 ® と本体のデコメ絵文字 ® を切り替え
q:カテゴリ別のデコメ絵文字 ® を表示/カテゴリ一覧を表示
t:デコメ絵文字 ®、デコメ ® ピクチャ入力の終了
33
音/画面設定
着信音を変える
FOMA電話の着信音を変更する
基本の操作
❶ is「本体設定」s「音/バイブ/マナー」s「着信音選択」
s「FOMA 電話」s「着信音」s「メロディ」s 着信音を選択
・メロディやiモーション、着うた ®、着うたフル ® など着信音に設定できるものもあります。
iモーションを設定すると、映像も再生されます。
※「着うた」「着うたフル」は株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの登録商標です。
着信音の音量を調節する
FOMA電話の着信音量を調節する
❶ is「本体設定」s「音/バイブ/マナー」s「着信音量」
s「FOMA 電話」sc で音量を調節して、d[確定]
バイブレータを設定する
FOMA電話がかかってきたときにバイブレータを振動させる
❶ is「本体設定」s「音/バイブ/マナー」s「バイブレータ設定」
s「FOMA 電話」s 振動パターンを選択
34
マナーモードを利用する
ボタン操作 1 つで、着信音やボタン確認音などの音がスピーカから流れないように設
定できます。マナーモード設定中でも、カメラのシャッター音/オートフォーカス
ロック完了音、動画撮影やボイスレコーダーの開始音/終了音/一時停止音は鳴り
ます。
待受画面に
基本の操作
❶ 待受画面で q(1 秒以上)
が表示されます。
■ 解除する場合
待受画面で q(1 秒以上)
ボタンを押したときの音を消す
❶ is「本体設定」s「音/バイブ/マナー」s「その他音設定」
s「ボタン確認音」s「OFF」
画面の設定を変える
待受画面の表示を変える
❶ is「本体設定」s「画面・ディスプレイ」s「待受画面設定」
s「待受画面」s 画像を選択
ディスプレイの明るさを変える
画面やボタンの照明動作を設定したり、明るさの調節をしたりします。
❶ is「本体設定」s「照明・イルミネーション」s「照明設定」s
項目を選択
35
周りの人からディスプレイを見えにくくする
プライバシーアングルを設定すると、周囲から画面が見えにくくなります。
設定中は、待受画面に
❶ 8(1 秒以上)
が表示されます。
■ 解除する場合
基本の操作
8(1 秒以上)
・文字編集中などの機能を利用中にプライバシーアングルの設定や解除ができない場合があります。
メニューの表示を変える
❶ is「本体設定」s「画面・ディスプレイ」s「メニュー画面設定」
s 項目を選択
文字の設定を変える
❶ 待受画面で 7(1 秒以上)s「フォント選択」s フォルダを選択 s
項目(フォント)を反転表示 su[設定]s「太さ」で文字の太さを選
択 s「文字サイズ」で文字のサイズを選択
マチキャラの設定を変える
マチキャラを設定すると待受画面にキャラクタが表示され、iコンシェルのインフォメーショ
ン、不在着信/新着メール/未読メールなどのお知らせをします。
❶ is「本体設定」s「画面・ディスプレイ」s「マチキャラ設定」 s「表示設定」s「ON」
❷ フォルダを選択 s マチキャラを選択 su[設定]
・待受画面にiアプリを設定している場合は、マチキャラを同時設定できません。
36
きせかえツールを設定する
画面や着信音など、FOMA 端末のさまざまなデザインを一括設定します。
❶ is「本体設定」s「画面・ディスプレイ」s「きせかえツール設定」
s フォルダを選択
基本の操作
❷ 項目を反転 su[一括設定]s「YES」
・きせかえツールを利用してメニュー画面のデザインを変更した場合、メニューの種類に
よっては、使用頻度に合わせてメニュー構成が変わるものがあります。
着信時の着信イルミネーションを変える
音声電話、テレビ電話の着信があったときや、メール、メッセージ R / F、iコンシェ
ルのインフォメーションを受信したときの着信イルミネーションの点滅色や点滅パ
ターンを設定します。
FOMA電話の着信イルミネーションを変更する
❶ is「本体設定」s「照明・イルミネーション」s「イルミネーション
設定」s「着信イルミネーション」s「着信イルミネーション選択」
s「FOMA 電話」
❷ 色を選択 sts「パターン設定」s パターンを選択
・指定した電話番号やメールアドレス、グループからの着信それぞれに点滅色を設定すること
もできます。
■ 電話帳に点滅色を設定する場合
I [サブメニュー]s「設定」s「個別着信音/画像」s 設定したい
電話帳詳細画面で i
項目のタブを選択 s「イルミネーション設定」の順に操作します。
37
不在着信や新着メールを着信イルミネーションで確認する
着信イルミネーションを点滅させ続けるか点滅させないかを設定します。
着信イルミネーションを設定する
基本の操作
❶ is「本体設定」s「照明・イルミネーション」s「イルミネーショ
ン設定」s「着信イルミネーション」s「不在お知らせ」s「ON」また
は「OFF」
着信イルミネーションで確認する
不在着信や新着メール(iモードメール、メッセージ R / F、エリアメール、SMS)があると、
着信イルミネーションが点滅し続けてお知らせします。
eco モードを設定する
eco モードに設定すると、電池の消費を抑えるような設定に一括で変更されます。電
池の残量を節約したいときに有効です。
❶ 5(1 秒以上)
■ 解除する場合
5(1 秒以上)
ecoモード自動起動設定
電池残量が一定の量より多いか少ないかによって、自動で eco モードを起動/解除します。
❶ is「本体設定」s「電池」s「eco モード自動起動設定」
❷「ON」s「電池残量」s 残量を選択 su[完了]
38
ロック/セキュリティ
各種暗証番号について
FOMA 端末には、便利にお使いいただくための各種機能に暗証番号の必要なものが
基本の操作
あります。
端末暗証番号
■ お買い上げ時:0000
データの全削除や設定変更などに必要な暗証番号です。
お客様ご自身で番号を変更できます。
is「本体設定」s「ロック・セキュリティ」s「端末暗証番号変更」s 現在の端末暗
証番号を入力 s 新しい 4 ∼ 8 桁の端末暗証番号を入力 s「YES」の順に操作します。
ネットワーク暗証番号
■ ご契約時に任意の番号を設定
ドコモショップまたはドコモ インフォメーションセンターや「お客様サポート」でのご注文
受付時に契約者ご本人を確認させていただく際や各種ネットワークサービスご利用時などに
必要な数字 4 桁の番号です。
お客様ご自身で番号を変更できます。iモードから、
ps「お客様サポート」s「各種設定(確認・変更・利用)」s「ネットワーク暗証番号
変更」で変更できます。
iモードパスワード
■ ご契約時:0000
マイメニューの登録・削除、メッセージサービス、iモードの有料サービスのお申し込み・
解約などを行う際に必要です。
お客様ご自身で番号を変更できます。iモードから、
ps「お客様サポート」s「各種設定(確認・変更・利用)」s「iモードパスワード変
更」で変更できます。
39
PIN1コード・PIN2コード
■ ご契約時:0000
基本の操作
ドコモ UIM カードに設定する暗証番号です。PIN1 コードは、第三者による無断使用を防ぐた
め、ドコモ UIM カードを FOMA 端末に差し込むたびに、または FOMA 端末の電源を入れるた
びに入力する 4 ∼ 8 桁の番号です。PIN2 コードは、積算料金リセット、ユーザ証明書利用時
や発行申請を行うときなどに使用する 4 ∼ 8 桁の番号です。3 回連続して誤った PIN1 コード
/ PIN2 コードを入力した場合は、PIN1 コード/ PIN2 コードがロックされて使えなくなりま
す(入力可能な残りの回数が画面に表示されます)。正しい PIN1 コード/ PIN2 コードを入
力すると入力可能な回数が 3 回に戻ります。
お客様ご自身で番号を変更できます。
is「本体設定」s「ロック・セキュリティ」s「UIM(FOMA)カード設定」s 端末
暗証番号を入力 s「PIN1 コード変更」または「PIN2 コード変更」s 現在の PIN コードを
入力 s 新しい PIN コードを入力 s 確認のため、もう一度新しい PIN コードを入力の順に
操作します。
・ PIN1 コードを変更する場合、「PIN1 コード入力設定」を「ON」に設定してご使用ください。
PINロック解除コード
PIN ロック解除コードは、PIN1 コード、PIN2 コードがロックされた状態を解除するための 8
桁の番号です。なお、お客様ご自身では変更することができません。
・ PIN ロック解除コードの入力を 10 回連続して失敗すると、ドコモ UIM カードがロックさ
れます。その場合は、ドコモショップ窓口までお問い合わせください。
■ 各種暗証番号に関するご注意
・ 設定する暗証番号は「生年月日」「電話番号の一部」「所在地番号や部屋番号」「1111」「1234」な
どの他人にわかりやすい番号はお避けください。また、設定した暗証番号はメモを取るなどして
お忘れにならないようお気をつけください。
・ 暗証番号は、他人に知られないように十分ご注意ください。万が一暗証番号が他人に知られ悪用
された場合、その損害については、当社は一切の責任を負いかねます。
・ 各種暗証番号を忘れてしまった場合は、契約者ご本人であることが確認できる書類(運転免許証
など)や FOMA 端末、ドコモ UIM カードをドコモショップ窓口までご持参いただく必要がありま
す。詳しくは取扱説明書裏面の「総合お問い合わせ先」までご相談ください。
・ PIN ロック解除コードは、ドコモショップでご契約時にお渡しする契約申込書(お客様控え)に記
載されています。ドコモショップ以外でご契約されたお客様は、契約者ご本人であることが確認
できる書類(運転免許証など)とドコモ UIM カードをドコモショップ窓口までご持参いただくか、
取扱説明書裏面の「総合お問い合わせ先」までご相談ください。
40
各種ロック機能
本 FOMA 端末では、以下のようなロックをかけてお客様の大切な情報を守ります。
ロックの種類
ほかの人が使用できないよ
うに端末をロックします。
電源を切っても解除されま
せん。
FOMA 端末を紛失した際な
おまかせ
ロック
オリジナル
ロック
IC カード
ロック
自動キー
ロック
どに、ドコモにお電話でご
連絡いただくだけで、電話
帳などの個人データやおサ
イフケータイの IC カード機
能にロックをかけることが
できます。
メールや電話帳などの個人
情報を利用する機能にロッ
クをかけて、ほかの人にそ
れらの情報を見られたり、
不正に書き換えられたりす
ることを防ぎます。
設定方法
設定する:is「本体設定」s「ロック・セキュ
リティ」s「ロック」s 端末暗証番号を入力 s「ダ
イヤルロック」
基本の操作
ダイヤル
ロック
機能
解除する:ダイヤルロック設定中画面で端末暗証番
号を入力 sd
・端末暗証番号の入力に 5 回続けて失敗すると、FOMA
端末の電源が切れます。
おまかせロックの設定/解除
0120-524-360 受付時間24時間(年中無休)
※ 一部のIP電話からは接続できない場合があります。
※ パソコンなどでMy docomoのサイトからも設定/解除ができます。
・おまかせロックの詳細については、『ご利用ガイド
ブック(基本編)』をご覧ください。
設定する:is「本体設定」s「ロック・セキュ
リティ」s「ロック」s 端末暗証番号を入力 s オ
リジナルロックの項目を選択
解除する:is「本体設定」s「ロック・セキュ
リティ」s「ロック」s 端末暗証番号を入力
s「OFF」
ほかの人に IC カード機能
(おサイフケータイやトルカ
設定する:待受画面で 3(1 秒以上)
取得など)を無断で使われ
解除する:待受画面で 3(1 秒以上)s 端末暗
ることを防ぐために、IC カー
証番号を入力
ド機能をロックします。
FOMA 端末を閉じたときや、
設定する:is「本体設定」s「ロック・セキュ
電源を切ったとき、FOMA
リティ」s「自動キーロック」s 端末暗証番号を入
端末を何も操作しない状態
力 s 設定する項目を選択 su[完了]
が一定時間経ったときに、
ボタン操作できないように
一時解除する:自動キーロック設定中画面で端末暗
自動的にロックをかけます。 証番号を入力 sd
41
ロックの種類
機能
FOMA 端末がタッチスタイ
ルでディスプレイが消灯す
ロックバー
るときに、タッチパネルが
設定
誤操作しないように自動的
にロックをかけます。
設定方法
設定する:is「本体設定」s「ロック・セキュ
リティ」s「ロックバー設定」s「ON」
一時解除する:タッチスタイルでディスプレイ消灯
中 sNs ロックバーの をすばやく右端までスラ
イドさせる
基本の操作
電話の着信制限をする
発信者番号のわからない電話を受けない
電話番号を通知してこない音声電話やテレビ電話の着信を許可するか、拒否するかを非通知理由ごとに設定します。
❶ is「本体設定」s「ロック・セキュリティ」s「着信拒否設定」
❷ 端末暗証番号を入力s「非通知設定」∼「Wi-Fi 発番号なし」から選択s 「許可」または「拒否」
「許可」を選択した場合は、「着信音」と「着信画面」を設定できます。
・設定には非通知理由ごとに以下の種類があります。
- 非通知設定
: 発信者側の設定により発信者番号を通知しないで発信してきた場合。
- 公衆電話
: 公衆電話などから発信してきた場合。
- 通知不可能
: 海外からの着信や一般電話から各種転送サービスを経由しての着信な
ど、発信者番号を通知できない相手から発信してきた場合。
- Wi-Fi 発番号なし : 電話番号を通知しないで発信してきた Wi-Fi 音声電話の場合。
電話帳未登録の相手からの電話を受けない
電話帳に登録されていない電話番号からの着信を許可するか、拒否するかを設定します。
❶ is「本体設定」s「ロック・セキュリティ」s「着信拒否設定」
❷ 端末暗証番号を入力 s「登録外着信拒否」s「許可」または「拒否」
42
・相手が電話番号を通知してきた場合のみ有効です。
「番号通知お願いサービス」および本機能の「非通知設定」などもあわせて設定することをおすすめします。
お買い上げ時の状態に戻す
各機能の設定をリセットする
各機能の設定をお買い上げ時の設定内容に戻します。設定リセットされる機能について、詳し
くは「メニュー一覧」(→ P.91)をご覧ください。
基本の操作
「端末初期化」と「設定リセット」は異なります。間違えないようにしてください。間違
えて「端末初期化」を行うと、ご購入後に登録したデータもすべて削除されます。
❶ is「本体設定」s「その他設定」s「設定リセット」s 端末暗証番
号を入力 s「YES」
登録データを一括して削除する
登録されているデータを削除し、各機能の設定内容をお買い上げ時の状態に戻します。
「端末初期化」を行うと、電話帳やメールなどの個人データ、ダウンロードした画像やメ
ロディ、iアプリ、ウィジェットアプリ、PDF データ、カメラで撮影した写真(静止画)
や動画、各種履歴や情報など、お客様の大切なデータ、履歴、情報がすべて削除されます(保
護されているデータも削除されます)。
❶ is「本体設定」s「その他設定」s「端末初期化」s 端末暗証番号
を入力 s「YES」s「YES」
・お買い上げ時に登録されているデータは削除されません。ただし、iD設定アプリ以外のお
サイフケータイ対応iアプリは削除されることがあります。また、お買い上げ時に登録され
ているiアプリやウィジェットアプリをバージョンアップした場合や一度削除して再度ダウ
ンロードした場合、そのデータは削除されます。
・ドコモ UIM カードや microSD カードに保存、登録、設定されているデータは削除されません。
・
「端末初期化」を行うときは、電池をフル充電しておいてください。電池残量が不十分の場合
は、初期化できないことがあります。
・
「端末初期化」を行っているときは、電源を切らないでください。
43
電話
電話/テレビ電話をかける
N-05C には内側カメラがないため、テレビ電話で相手に送信する画像は代替画像
(キャラ電)または外側カメラの映像になります。
電話番号を入力して電話をかける
つながる
❶ 市外局番から電話番号を入力して r(音声電話)/ u(テレビ電話)
❷ 通話が終了したら y
電話帳から電話をかける
あらかじめ電話帳に相手の電話番号を登録しておきます。(→ P.55)
❶ g(電話帳検索)で検索条件を選択して電話帳を検索 s b で電話帳を
選択して r(音声電話)/ u(1 秒以上)(テレビ電話)
リダイヤル/着信履歴を利用して電話をかける
❶ j(リダイヤル)/ h(着信履歴)で相手を選択して r(音声電話)/ u(テレビ電話)
声の宅配便を利用する
声でメッセージを録音し、相手へお届けするサービスです。
❶ 相手の電話番号を入力して o[声宅配]
❷ ガイダンスに従い、メッセージを録音
相手に声の宅配便のお知らせ通知が届きます。
■ 声の宅配便を再生する場合
録音通知 SMS 詳細画面で「再生」s「YES」
is「電話機能」s「声の宅配便」s「メッセージ再生」s「YES」でも再生できます。
44
国際電話をかける
日本から国際電話をかけるときは WORLD CALL を利用します。
・ WORLD CALL についてのご不明な点は、取扱説明書裏面の「総合お問い合わせ先」まで
お問い合わせください。
❶ 010s 国番号 s 地域番号(市外局番)s 相手の電話番号 sr(音
声電話)/ u(テレビ電話)
❷ 通話が終了したら y
つながる
・地域番号(市外局番)が「0」ではじまる場合には、
「0」を除いてダイヤルしてください。ただし、
イタリアなど一部の国・地域では「0」が必要な場合があります。
・海外から電話をかけることもできます。(→ P.48)
電話/テレビ電話を受ける
電話がかかってくると、着信音が鳴り、着信イルミネーションが点滅します。
❶ 電話がかかってきたら r または d[通話]/[代替画像]
テレビ電話は代替画像でのみ受けることができます。
❷ 通話が終了したら y
相手の声の大きさを変える
❶ is「電話機能」s「発着信・通話設定」s「通話中詳細設定」
s「受話音量」sc で調節 sd[確定]
・通話中の場合は、Xc で調節できます。
45
電話に出られないとき
伝言メモを設定する
音声電話やテレビ電話に出られないときに、かけてきた相手の用件をお客様に代わって
FOMA 端末に録音/録画します。
❶ is「電話機能」s「伝言メモ/音声メモ」s「伝言メモ設定」s
「ON」s「電話」または「テレビ電話」s 項目を選択
❷ 呼出時間(000 ∼ 120 秒の 3 桁)を入力
つながる
■ 伝言メモ設定を「ON」に設定中に電話がかかってくると
設定した時間を経過すると伝言メモが起動します。録音/録画中に音声電話/テレビ電話に
出る場合は、r を押します。
■ 伝言メモを再生する場合
待受画面で ds「
」(伝言メモあり)/「
」(テレビ電話伝言メモあり)s項目を選択
公共モード(ドライブモード)を設定する
公共モード(ドライブモード)を設定すると、運転中もしくは通話を控える必要のある場所(電車、
バス、映画館など)にいて電話に出られない旨のガイダンスが相手に流れ、自動的に電話を終了します。
❶ 待受画面で w(1 秒以上)
待受画面に が表示されます。
■ 解除する場合
待受画面で w(1 秒以上)
公共モード(電源OFF)を設定する
FOMA 端末の電源を切らなければならない場合は、公共モード(電源 OFF)を設定すると、
相手には電源を切る必要がある場所(病院、飛行機、電車の優先席付近など)にいるため電
話に出られないことを通知するガイダンスが流れ、自動的に電話を終了します。
❶ w25251sr
■ 解除する場合
w25250sr
46
各種ネットワークサービスを利用する
■ 利用できるネットワークサービス
FOMA 端末では、次のようなドコモのネットワークサービスをご利用いただけます。
・ サービスエリア外や電波の届かない場所ではネットワークサービスはご利用できません。
・ 詳しくは『ご利用ガイドブック(ネットワークサービス編)』をご覧ください。
・ お申し込み、お問い合わせについては、取扱説明書裏面の「総合お問い合わせ先」までお問い合わせください。
2in1
公共モード(ドライブモード)
公共モード(電源 OFF)
OFFICEED
メロディコール
声の宅配便
お申し込み
要
不要
要
要
不要
不要
不要
要
不要
要
要
不要
不要
要
要
不要
月額使用料
有料
無料
有料
無料
無料
無料
無料
有料
無料
有料
有料
無料
無料
有料
有料
無料
つながる
サービス名称
留守番電話サービス
電源 OFF・圏外時着信お知らせサービス
キャッチホン
転送でんわサービス
迷惑電話ストップサービス
発信者番号通知サービス
番号通知お願いサービス
デュアルネットワークサービス
英語ガイダンス
マルチナンバー
・ 「OFFICEED」 の 詳 細 に つ い て は、 ド コ モ の 法 人 向 け サ イ ト(http://www.docomo.biz/html/
service/officeed/)をご確認ください。
留守番電話サービスを設定する
❶ is「電話機能」s「留守番電話サービス」s 項目を選択
キャッチホンを設定する
❶ is「電話機能」s「その他ネットワークサービス」s「キャッチホン」s項目を選択
転送でんわサービスを設定する
❶ is「電話機能」s「その他ネットワークサービス」s「転送でんわ」s 項目を選択
47
緊急通報
警察への通報
消防・救急への通報
海上での通報
緊急通報
電話番号
110
119
118
つながる
・ 本 FOMA 端末は、「緊急通報位置通知」に対応しております。110 番、119 番、118 番などの緊急通報
をかけた場合、発信場所の情報(位置情報)が自動的に警察機関などの緊急通報受理機関に通知され
ます。お客様の発信場所や電波の受信状況により、緊急通報受理機関が正確な位置を確認できないこ
とがあります。位置情報を通知した場合には、待受画面に通報した緊急通報受理機関の名称が表示さ
れます。なお、「184」を付加してダイヤルするなど、通話ごとに非通知とした場合は、位置情報と電
話番号は通知されませんが、緊急通報受理機関が人命の保護などの事由から、必要であると判断した
場合は、お客様の設定によらず、機関側が位置情報と電話番号を取得することがあります。また、「緊
急通報位置通知」の導入地域 / 導入時期については、各緊急通報受理機関の準備状況により異なります。
・ FOMA 端末から 110 番、119 番、118 番通報の際は、携帯電話からかけていることと、警察・消
防機関側から確認などの電話をする場合があるため、電話番号を伝え、明確に現在地を伝えてく
ださい。また、通報は途中で通話が切れないように移動せず通報し、通報後はすぐに電源を切らず、
10 分程度は着信のできる状態にしておいてください。
・ かけた地域により、管轄の消防署・警察署に接続されない場合があります。
・ FOMA 端末から 110 番、119 番、118 番へテレビ電話発信した場合は、自動的に音声電話発信となります。
海外で利用する
海外で電話をかけるには国際ローミング(WORLD WING)を利用します。
■ 国際ローミング(WORLD WING)とは、日本国内で使用している FOMA 端末を電話番号やメールアド
レスはそのままに、ドコモと提携している海外通信事業者のサービスエリアで利用いただけるサービスで
す。音声電話、SMS、iモードメールは設定の変更なくご利用になれます。
■ 対応エリアについて
本 FOMA 端末は 3G ネットワークおよび GSM / GPRS ネットワークのサービスエリアでご利用いただけま
す。また、3G850MHz に対応した国・地域でもご利用いただけます。ご利用可能エリアをご確認ください。
■ 海外で本 FOMA 端末をご利用いただく前に、以下をあわせてご覧ください。
-『ご利用ガイドブック(国際サービス編)』
- ドコモの『国際サービスホームページ』
- データ BOX の「マイドキュメント」にプリインストールされている「海外ご利用ガイド」
■ おしらせ
・ 国番号・国際電話アクセス番号・ユニバーサルナンバー用国際識別番号・接続可能な国・地域お
よび海外通信事業者は、『ご利用ガイドブック(国際サービス編)』またはドコモの『国際サービ
スホームページ』をご確認ください。
・ 海外でのご利用料金(通話料、パケット通信料)は、日本国内とは異なります。
48
海外で利用できるサービス
主な通信サービス
GSM/GPRS
GSM
○
○
○
テレビ電話 ※ 1
○
×
×
SMS ※ 2
○
○
○
iモード ※ 3
○
○
×
iモードメール
○
○
×
iチャネル ※ 3 ※ 4
○
○
×
iコンシェル ※ 5
○
○
×
iウィジェット ※ 6
○
○
×
パソコンと接続して行うパケット通信
○
○
×
GPS の現在地確認 ※ 7
○
○
×
※ 1 : 2in1 利用時は B ナンバーでの発信はできません。マルチナンバー利用時は付加番号での発信はできま
せん。
※ 2 : 宛先が FOMA 端末の場合は、日本国内と同様に相手の電話番号をそのまま入力します。
※ 3 : iモード海外利用設定が必要となります。
※ 4 : iチャネル海外利用設定が必要となります。ベーシックチャネルの情報の自動更新もパケット通信料
がかかります。(日本国内ではiチャネル利用料に含まれます)。
※ 5 : iコンシェルの海外利用設定が必要となります。インフォメーションを受信するごとにパケット通信
料がかかります
※ 6 : iウィジェット海外利用設定が必要となります。iウィジェット画面を表示すると複数のウィジェッ
トアプリが通信する場合があり、この場合、1 通信ごとにパケット通信料がかかります。
※ 7 : GPS 測位(現在地確認)は無料です。ただし、位置情報から地図を表示した場合などはパケット通信
料がかかります。
・接続する海外通信事業者やネットワークにより利用できないサービスがあります。
49
つながる
3G
音声電話 ※ 1
滞在国外に電話をかける
❶ 待受画面で 0(1 秒以上)で+を入力 s 国番号 s 地域番号(市外局番)
s 相手の電話番号 sr(音声電話)/ u(テレビ電話)
❷ 通話が終了したら y
・日本に国際電話をかける場合は、国番号に「81」を入力してください。
・地域番号(市外局番)が「0」で始まる場合には、「0」を除いて入力してください。ただし、イ
タリアなど一部の国・地域におかけになるときは「0」が必要な場合があります。
つながる
滞在国内に電話をかける
❶ 地域番号(市外局番)s 相手の電話番号 sr(音声電話)/ u(テ
レビ電話)
❷ 通話が終了したら y
海外にいる WORLD WING 利用者に電話をかける
海外で「WORLD WING」利用中の相手に電話をかけるときは、滞在国内外にかかわらず、日
本への国際電話として(国番号に「81」(日本)をダイヤル)電話をかけます。
❶ 待受画面で 0(1 秒以上)で+を入力 s81s 先頭の「0」を除
いた携帯電話番号 sr(音声電話)/ u(テレビ電話)
❷ 通話が終了したら y
50
メール
iモードを契約するだけで、iモード端末間はもちろん、インターネットを経由して
e-mail のやりとりができます。テキスト本文に加えて、合計 2M バイト以内のファイ
ル(写真や動画ファイルなど)を 10 個まで添付することができます(ファイルサイ
ズによって、最大ファイル数は変動します)。また、デコメール ® にも対応しており、
メール本文の文字の色、大きさや背景色を変えられるほか、デコメ絵文字 ® も使えて、
簡単に表現力豊かなメールを送ることができます。さらにメッセージや画像を挿入し
た Flash 画像のデコメアニメ ® にも対応しております。
・ iモードメールの詳細については『ご利用ガイドブック(iモード< FOMA >編)』をご覧ください。
❶ oso[新規メール]s各項目を入力
❷ u[送信]
宛先(メールアドレス)
タイトル
■ ファイルを添付する場合
新規メール画面で「
s ファイルを選択
<添付ファイル追加>」
つながる
iモードメールを送信する
本文
新規メール画面
・iモードメール添付できるファイルの種類は、次のようになります。
- 静止画、画像
- SWF 形式の Flash 画像
- 動画、iモーション
- メロディ
- PDF データ
- microSD カード内のドキュメント
- トルカ、トルカ(詳細)
- 電話帳のデータ
- プロフィールの登録データ
- スケジュールまたはメモの登録データ
- Bookmark
- microSD カード内の SD その他ファイル
- ムービー※
※:ムービーが添付された受信メールを転送するときにのみ、添付して送信することがで
きます。
51
デコメール ® /デコメアニメ ® を送信する
■ デコメール ®
iモードメール本文の文字色
やサイズを変える、動きをつ
け る な ど 各 種 の 装 飾( デ コ
レーション)をつけることで
表現力豊かなメールにしたも
のです。
デコメール®を送信する
つながる
❶ メール本文入力画面で r
❷ b でデコレーションメニューを選
択してメールを作成 su[送信]
■ デコメアニメ ®
デコメアニメ ® テンプレート
を利用し、メッセージや画像
を挿入した Flash 画像を使っ
た表現力豊かなメールサービ
スです。
:文字色の変更
:文字サイズの変更
:挿入する画像の選択
:文字を点滅
:入力した文字や装飾を
1 つ前の状態に戻す
デコメアニメ®を送信する
など
❶ os「新規デコメアニメ作成」s 宛先、題名を入力 s「
<新規入
力>」s デコメアニメ ® テンプレートを選択 su[確定]
❷ 文字入力欄を選択して本文を編集 su[完了]su[送信]
・あらかじめレイアウトや装飾が決まっているテンプレートを利用すると、簡単にデコメー
ル ® /デコメアニメ ® が作成できます。
o
? s「デコメテンプレート」s「デコメール」または「デコメアニメ」の順に操作します。
受信したiモードメールを見る
FOMA 端末が圏内にあるときは、iモードセンターから自動的にiモードメールが
送られてきます。
・iモードメールを受信すると待受画面に未読アイコン「 」が表示されます。
52
❶ os「受信 BOX」s フォルダを
選択 s iモードメールを選択
iモードメールに返信する
d
s
受信メール一覧画面
❶ 受信メール一覧画面または受信メール詳細画面でu[
]sメールを作成su[送信]
]を 1 秒以上押します。
つながる
・元の文章を引用して返信するには、Uu[
受信メール詳細画面
iモードメールが届いているか問い合わせる
iモードセンターに問い合わせると、保管されているiモードメールやメッセージを受信することができます。
❶ 待受画面で o(1秒以上)
iモードメールを振り分ける
メールアドレスや題名など、あらかじめ条件を設定し、自動的に指定したフォルダにメールを振り分けることができます。
❶ 送信 BOX /受信 BOX フォルダ一覧画面で振り分け先のフォルダを反転
si[サブメニュー]s「自動振分け設定」s 自動振分けを設定
緊急速報「エリアメール」
■ エリアメールとは
気象庁から配信される緊急情報などを受信することができるサービスです。
FOMA 端末が圏内にあるときは、自動的にエリアメールが送られてきます。
・ iモードを契約しなくても、エリアメールは受信できます。
・ 下記のような場合は、受信設定にかかわらずエリアメールの受信はできません。
- 電源 OFF 時
-「 」時
- 音声電話中
- テレビ電話中
- 国際ローミング中
- おまかせロック中
- セルフモード設定中
- 赤外線/i C / Bluetooth 通信中
- 通信モードを Wi-Fi シングルモードに設定中 - メモリリフレッシュの実行中
53
■ エリアメールを受信すると
エリアメールを受信すると専用のブザー音または着信音が鳴り、画面の上部に「
されます。
」が表示
エリアメールを設定する
❶ os「メール設定」s「緊急速報「エリアメール」設定」s 項目を選択
SMS を利用する
ドコモの携帯電話どうし、またはドコモ以外の海外通信事業者のお客様との間で、
携帯電話番号を宛先とした SMS のやりとりができます。
つながる
・ ご利用可能な国および海外通信事業者については『ご利用ガイドブック(国際サービス
編)』またはドコモの『国際サービスホームページ』をご覧ください。
SMSを送信する
❶ os「新規 SMS 作成」s 各項目
宛先(電話番号)
を入力 su[送信]
本文
新規 SMS 画面
・SMS では画像などのファイル添付はできません。
受信したSMSを見る
SMS 受信時の動作はiモードメールを受信したときと同じです。また、最大保存件数や、受
信メールの保存領域がいっぱいになったときの動作も同じです。
❶ os「受信 BOX」s フォルダを選択 sSMS を選択
SMSが届いているか問い合わせる
FOMA 端末が受信できなかった SMS は、SMS センターに保管されます。SMS センターに問
い合わせると、保管されている SMS を受信できます。
❶ os「SMS 問合せ」
54
電話帳
電話帳に登録する
FOMA 端末では、さまざまな機能を設定できる FOMA 端末の電話帳とほかの FOMA 端末でも
使うことのできるドコモ UIM カードの電話帳の 2 種類の電話帳があります。
電話番号/メールアドレスなどを登録する
「名前」を入力しないと電話帳の登録ができません。
前、フリガナを入力 s 各項目を入力して u[完了]
リダイヤル/着信履歴から電話帳に登録する
❶ 電話のリダイヤル/着信履歴画面で i[サブメニュー]s「電話帳登録」
s「本体」または「UIM(FOMA)カード」s「新規登録」s 各項目を
入力して u[完了]
電話帳を修正する
登録済みの電話帳に、電話番号やメールアドレス、登録内容の追加や修正ができます。
FOMA端末に登録済みの電話帳を修正する
❶ 電話帳詳細画面で i[サブメニュー]s「編集」s 追加や変更したい項
目を修正 su[完了]s「YES」
電話帳を削除する
❶ 電話帳詳細画面で i[サブメニュー]s「削除」s 項目を選択
s「YES」
55
つながる
❶ 待受画面で g(1 秒以上)s「本体」または「UIM(FOMA)カード」s 名
iモード/フルブラウザ
しらべる
56
■iモード
iモードでは、iモード対応端末のディスプレイを利用して、サイト接続、インターネット接続、iモー
ドメールなどのオンラインサービスをご利用いただけます。
・ iモードはお申し込みが必要な有料サービスです。
・ iモードの詳細については、『ご利用ガイドブック(iモード< FOMA >編)』をご覧ください。
・ サイトやインターネット上のホームページの内容は、一般に著作権法で保護されています。これ
らのサイトやインターネットホームページからiモード対応端末に取り込んだ文章や画像などの
データを、個人として楽しむ以外に、著作権者の許可なく一部あるいは全部をそのまま、または
改変して販売、再配布することはできません。
・ 別のドコモ UIM カードに差し替えたり、ドコモ UIM カードを未挿入のまま電源を入れた場合、機
種によってサイトから取り込んだ静止画、動画、メロディやメールで送受信した添付ファイル(静
止画、動画、メロディなど)、「画面メモ」および「メッセージ R / F」などを表示、再生できません。
・ ドコモ UIM カードにより表示、再生が制限されているファイルが待受画面や着信音などに設定さ
れている場合、別のドコモ UIM カードに差し替えたり、ドコモ UIM カードを未挿入のまま電源を
入れると、お買い上げ時の設定内容で動作します。
■フルブラウザ
パソコン向けに作成されたサイトやインターネットホームページをフルブラウザの機能を利用して閲覧し
ます。
・ 画像を多く含むホームページの閲覧、データのダウンロードなど、データ量の多い通信を行うと、
通信料金が高額になりますので、ご注意ください。
・ パケット通信料の詳細については、『ご利用ガイドブック(iモード< FOMA >編)』をご覧くだ
さい。
・ 1 ページあたりフルブラウザは最大 1.5M バイト表示できます。
■「みんな N らんど」
i Menu の中のサイト「みんな N らんど」から、FOMA 端末で利用できるiアプリ、
辞書、デコメール ® テンプレートなどのデータファイルをダウンロードできます。
・ デスクトップアイコンの「 」(みんな N らんど)を選択→ P.26
・ Pps「メニューリスト」s「ケータイ電話メーカー」s「みんな N らんど」 サイト接続用 QR
コード
iモードサイトを表示する
❶p
http://docomo.xxxx.xxxxx
http://docomo.xxxx.xxxxx
通信中は「 」が点滅し、iモードのサービスを受
けているとき(iモード中)は「 」が点滅します。
通信中画面
接続画面
パソコン向けのホームページを表示する
❶ is「iモード/ web」s「フルブラウザホーム」
・Wi-Fi を使用してフルブラウザを利用することができます。Wi-Fi から FOMA のネットワークに切り替えるとパケット通
信料がかかります。また、FOMA のネットワークに切り替えた場合、自動的に Wi-Fi には戻りませんのでご注意ください。
iモードブラウザとフルブラウザは料金体系が異なります。切り替えの際にはご注意ください。
❶ iモードで表示したサイトやインターネットホームページ画面si[サブメニュー]
s「フルブラウザ」s「フルブラウザ切替」s「YES」または「YES(以後確認しない)」
■ フルブラウザからiモードブラウザに切り替える場合
フルブラウザで表示したページ si[サブメニュー]s「iモードブラウザ」s「iモードブラウザ切替」
サイトの見かたと操作
①
②
③
④
① タブ
• 表示しているページのタイトルを表示(タイトルがない場合
は、URL を表示)
• 同時に開いているページの数に合わせ、タブも表示
② スクロールバー:表示しているフルブラウザページの現在位置
③ フルブラウザでインターネット接続中に表示
④ クイック検索
57
しらべる
ブラウザを切り替える
押した方向にリンクを移動
しながらスクロールします。
前のページに戻ります。
次のページに進みます。
※r を押すと、o[ページ▲]/
p[ページ▼]で、画面単位で上
方向または下方向にスクロールし
ます。
よく見るサイトを登録する
❶ iモードやフルブラウザで表示したインターネットホームページ画面
si[サブメニュー]s「Bookmark」s「Bookmark 登録」
s「OK」s フォルダを選択 s「OK」
■ Bookmark を表示する場合
is「iモード/ web」s「Bookmark」sフォルダを選択sBookmark を選択
しらべる
ページの内容を保存する
❶ iモードやフルブラウザで表示したインターネットホームページ画面
si[サブメニュー]s「画面メモ」s「画面メモ保存」s 保存先を
選択 s「YES」または「表示のみ保存」s「OK」
■ 画面メモを表示する場合
is「iモード/ web」s「画面メモ」s 保存先を選択 s 画面メモを選択
・Bookmark はiモードとフルブラウザ合わせて最大 200 件登録できます。
・画面メモはiモードとフルブラウザ合わせて最大 250 件保存できます。
・サイト側が画面メモ保存不可の指定をしている場合など、画面メモに保存できない場合が
あります。
58
iチャネル
ニュースや天気などの情報がiチャネル対応端末に配信されるサービスです。自動的に受信した最新の情
報が待受画面にテロップとして流れます。
「ベーシックチャネル」・・・ ドコモが提供するチャネルです。配信される情報の自動更新時にパケット通信
料はかかりません。
「おこのみチャネル」・・・IP(情報サービス提供者)が提供するチャネルです。
配信される情報の自動更新時に別途パケット通信料がかかります。
※「ベーシックチャネル」「おこのみチャネル」共に、詳細情報を閲覧する場合は別途パケット通信
料がかかりますのでご注意ください。
※ 海外でご利用の場合は、自動更新・詳細情報の閲覧共にパケット通信料がかかり、国内でのパケッ
ト通信料と異なります。
※ iチャネルはお申し込みが必要な有料サービスです(お申し込みにはiモード契約が必要です)。
・ iチャネルの詳細については『ご利用ガイドブック(iモード< FOMA >編)』をご覧ください。
しらべる
iチャネルを表示する
iチャネルをご契約された場合、情報を受信したタイミングで待受画面に情報がテ
ロップ表示されます。
❶ 待受画面で t
59
地図/ GPS
• FOMA 端末の故障、誤動作、または停電などの外部要因(電池切れを含む)によって、測位(通信)
•
•
•
・
結果の確認などの機会を逸したために生じた損害などの純粋経済損害については、当社は一切その責
任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
FOMA 端末は、航空機、車両、人などの航法装置として使用できません。そのため、位置情報を
利用して航法を行うことによる損害が発生しても、当社は一切その責任を負いかねますので、あ
らかじめご了承ください。
FOMA 端末は、高精度の測量用 GPS としては使用できません。そのため、位置の誤差による損害
が発生しても、当社は一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
GPS は米国国防総省により運営されていますので、米国の国防上の都合により、GPS の電波の状態
がコントロール(精度の劣化、電波の停止など)されることがあります。
FOMA 端末が圏外のときは、現在地確認を除き、GPS 機能をご利用いただけません。
地図を見る/ナビを利用する
GPS 対応iアプリを起動して地図を表示したり、ナビを利用します。
しらべる
❶ is「地図/海外」s「地図」または「ナビ」
自分のいる場所を確認する
現在、自分がいる場所を測位して、位置情報を取得します。取得した位置情報を使って現在
地を地図に表示したり、地図・GPS アプリを利用することができます。
❶ is「地図/海外」s「現在地確認/通知」s「現在地確認」
測位レベル
★★★:ほぼ正確な位置情報です(誤差がおおむね 50m 未満)。
★★☆:比較的正確な位置情報です(誤差がおおむね 300m 未満)。
★☆☆:おおよその位置情報です(誤差がおおむね 300m 以上)。
測位レベルは周囲の電波状況などにより実際とは異なる場合があります。
・現在地確認をしたときのパケット通信料は無料です。ただし位置情報から地図を表示した
場合などは、別途パケット通信料がかかります。
60
オート GPS を利用する
オート GPS を利用すると、自分がいる場所に合わせて様々なサービスを受けることができます。
・ オート GPS 機能のご利用にあたっては、GPS サービス提供者やドコモのホームページなどでの
お知らせをご確認ください。また、これらのサービスの利用は有料となる場合があります。
・ 位置情報の送信にはパケット通信料がかかる場合があります。
・ お客様のご利用状況によっては、定期的に通信を行うことにより、FOMA 端末の消費電力
が増加しますのであらかじめご了承ください。
オートGPS機能を設定する
❶ is「地図/海外」s「地図・GPS 設定/履歴」s「オート GPS」
s「オート GPS 動作設定」s「ON」s 歩幅を入力
定します。位置情報をドコモに自動送信することで、iコンシェルまたはドコモが提供する
各種サービスと連動したサービスを受けることができます。
・ 各種サービスは別途お申し込みや利用設定が必要です。
・ そのほかのサービスで利用するには、各iアプリからオート GPS サービス情報を設定してください。
❶ is「地図/海外」s「地図・GPS 設定/履歴」s「オート GPS」
s「ドコモ提供サービス設定」s「利用する」s「OK」
・電池残量が低下した場合、オート GPS 機能を自動的に停止し、電池の消費量を抑えること
を優先するように設定できます。
Iis「地図/海外」s「地図・GPS 設定/履歴」s「オート GPS」s「低電力時動作設
定」s「停止する」s「OK」の順に操作します。
61
しらべる
ドコモが提供するサービスを設定する
オート GPS 機能により測位された位置情報を、定期的にドコモに自動送信するかどうかを設
カメラ
撮影画面の見かたと操作
コミュニケーションスタイルで撮影する
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
たのしむ
62
① 保存可能枚数/保存容量表示
⑤ ズーム状態表示
⑨ 画面表示向き
⑬ 撮影時間
⑧
⑨
⑩
⑪
⑫
静止画撮影画面
② 保存先
⑥ サブメニューの各種設定状態
⑩ 画質
⑭ 撮影状態表示
⑬
②
⑭
①
⑨
⑮
⑯
⑪
⑫
⑤
⑥
⑦
動画撮影画面
③ 撮影モード表示
⑦ ボタン操作ガイダンス
⑪ ホワイトバランス
⑮ 音声設定
④ フォーカス枠
⑧ 顔選択モード
⑫ セルフタイマー
⑯ 画質/音質
■ コミュニケーションスタイルでの主なボタン操作
d:シャッター
i:サブメニュー
o:静止画/動画切替
g:オートフォーカスロック
p:メディアスビューア起動
h / j:ズーム(広角)/ズーム(望遠)
2:シーン
3:オートフォーカス
1:カメラモード
5:明るさ
6:手ブレ補正
4:サイズ
9:アイコン表示切替
7:ISO 感度(静止画)/ファイルサイズ(動画) 8:その他
0:ヘルプ
q:ISO 感度の切替
w:標準/クイックショット切替
タッチスタイルで撮影する
タッチスタイルでは、静止画撮影画面/動画撮影画面の
をタッチするとパレットが表示
され、タッチ操作でさまざまな撮影条件を設定することができます。
①
②
③
タッチ操作画面
① 戻る/確定
② 機能
機能名をタッチすると、それぞれの機能の設定パレットが
表示されます。
③ 各種設定
ここに表示されていない機能の設定パレットを表示します。
静止画/動画を撮影する
静止画を撮影する
❶ us カメラを被写体に向け d[シャッター]sd[保存]
クイックショットで撮影した場合は、自動で保存されます。
たのしむ
動画を撮影する
❶ us 静止画撮影画面で o[
]s カメラを被写体に向け d[録画
開始]s 撮影を終了するには d[録画終了]sd[保存]
・レンズを直射日光に向けて放置しないでください。素子の退色・焼付きを起こすことがあります。
・電池残量が少ないときは、撮影した静止画や動画を保存できない場合があります。
63
撮影した静止画/動画を見る
撮影した静止画はデータ BOX 内の「マイピクチャ」に、動画は「iモーション・ムー
ビー」に保存されます。静止画/動画は待受画面などに設定することができます。
データBOXから静止画/動画を見る
❶ is「データ BOX」s「マイピクチャ」または「iモーション・ムー
ビー」s「カメラ」sb で画像を選択
■ 撮影中に画像を見る場合
静止画撮影画面/動画撮影画面で p[
]
・撮影した静止画は、次の操作で待受画面などに設定できます。
静止画確認画面で Ii[サブメニュー]s「ピクチャ貼付」s 設定する画面を選択の順に操作
します。
たのしむ
さまざまな方法で撮影する
❶ 静止画撮影画面/動画撮影画面で i[サブメニュー]s「カメラモード」
64
s カメラモードを選択
ワンセグ
ワンセグのご利用にあたって
たのしむ
ワンセグは、テレビ放送事業者(放送局)などにより提供されるサービスです。映像、音声の受信には通
信料がかかりません。なお、NHK の受信料については、NHK にお問い合わせください。
※「データ放送サイト」「iモードサイト」などを閲覧する場合は、パケット通信料がかかります。
サイトによっては、ご利用になるために情報料が必要なもの(iモード有料サイト)があります。
※「ワンセグ」サービスの詳細については、下記ホームページなどでご確認ください。
社団法人 デジタル放送推進協会
パソコン : http://www.dpa.or.jp/
iモード : http://www.dpa.or.jp/1seg/k/
■ 放送波について
ワンセグは、放送サービスの 1 つであり、FOMA サービスとは異なる電波(放送波)を受信しています。
次のような場所では、受信状態が悪くなったり、受信できなくなったりする場合があります。
・ 放送波が送信される電波塔から離れている場所
・ 山間部やビルの陰など
・ トンネル、地下、建物内の奥まった場所など
※ 受信状態を良くするためには、ワンセグアンテナを十分伸ばしてください。また、アンテナの向きを変
えたり、場所を移動したりすることで受信状態が良くなることがあります。
■ 電池残量について
電池残量が少ないときにワンセグを利用しようとすると、起動するかどうかの確認画面が表示されます。
また、視聴中や録画中に電池残量が少なくなると、電池残量警告音が鳴り、視聴または録画を終了するか
どうかの確認画面が表示されます。
・ 「電池少量時録画設定」が「録画を継続する」に設定されている場合、録画中に電池残量警告音は
鳴りません。
・ 確認画面で約 1 分間何も操作しないと、自動的にワンセグが終了します。
■ はじめてワンセグを利用する場合の画面表示
お買い上げ後、はじめてワンセグを利用する場合、免責事項の確認画面が表示されます。
Xd[OK]を押したあとに表示される確認画面で「NO」を選択すると、以降同様の確認画面は表示されま
せん。
65
チャンネルを設定する
はじめてワンセグをご利用になるときや地域を移動したときなどには、チャンネル設定を行います。
❶ is「カメラ/ TV / MUSIC」s「ワンセグ」s「チャンネル設定」
s「地域選択」s 地域や都道府県を選択 s「YES」
■ 放送局を自動検索してチャンネルリストを登録する場合
is「カメラ/ TV / MUSIC」s「ワンセグ」s「チャンネル設定」s「自動チャンネル
設定」s「YES」s「YES」s タイトルを入力
ワンセグを見る
❶ is「カメラ/ TV / MUSIC」s「ワンセグ」s「ワンセグ視聴」
視聴画面の見かたと操作
①
たのしむ
②
ワンセグ視聴
画面
③
① 映像 ② 字幕 ③ 画面のモードや状態などを表示
c:音量調節
v:順送り選局
t:消音(ミュート)
0 ∼ 9、q、w:ワンタッチ選局
d:視聴中に押すと静止画録画、視聴中に 1 秒以上押すとビデオ録
画開始、ビデオ録画中に押すと録画停止(録画したビデオは
microSD カードに保存されます)
r:番組情報表示、画面表示切替(縦画面表示のみ)
ワンセグの視聴/録画を予約する
❶ is「カメラ/ TV / MUSIC」s「ワンセグ」s「視聴予約リスト」ま
たは「録画予約リスト」su[新規]s 各項目を入力 su[完了]
録画したビデオを再生する
❶ is「データ BOX」s「ワンセグ」s「ビデオ」s ビデオを選択
66
Music
Music&Video チャネルについて
たのしむ
Music&Video チャネルとは、事前にお好みの音楽番組などを設定するだけで、夜間に最大 2 時間程度まで
の番組が自動配信されるサービスです。また、最大 1 時間程度の高画質な動画番組を楽しむこともできます。
番組は定期的に更新され、配信された番組は通勤や通学中など好きな時間に楽しむことができます。
■ Music&Video チャネルのご利用にあたって
・ Music&Video チャネルはお申し込みが必要な有料サービスです(お申し込みにはiモード契約お
よびiモードパケット定額サービス契約が必要です)。
・ Music&Video チャネルのサービス利用料のほかに、番組によって別途情報料がかかる場合があり
ます。
・ Music&Video チャネルにご契約いただいたあと、Music&Video チャネル非対応の FOMA 端末に
ドコモ UIM カードを差し替えた場合、Music&Video チャネルはご利用いただけません。ただし、
Music&Video チャネルを解約されない限りサービス利用料がかかりますのでご注意ください。
・ 国際ローミング中は番組設定や取得は行えません※。海外へお出かけの際は、事前に番組の配信を
停止してください。また、帰国された際は、番組の配信を再開してください。
※:国際ローミング中に番組設定や取得を行おうとした場合、iモード接続を行うためパケット通信
料がかかりますので、ご注意ください。
・ Music&Video チャネルで番組を聴きながらメールやiモードサイトの表示などをすることができ
ます ( バックグラウンド再生 )。ただし、動画番組ではできません。
・ Music&Video チャネルの詳細については、『ご利用ガイドブック(iモード< FOMA >編)』をご
覧ください。
67
番組を設定する
利用したい番組を事前に設定し、夜間に番組データを自動的に取得します。一度に
設定できる番組の数は 2 つです。
❶ is「カメラ/ TV / MUSIC」s「Music&Video チャネル」s「番組設定」
s 画面の指示に従って番組を設定
・番組を設定するときは、Music&Video チャネル番組提供サイトへのマイメニュー登録が必
要な場合もあります。
番組を再生する
❶ is「カメラ/ TV / MUSIC」s「Music&Video チャネル」s 番組を選択
サイトから着うたフル ® をダウンロードする
たのしむ
❶ 着うたフル ® が取得可能なサイトで着うたフル ® を選択 s「保存」
s「YES」s 保存先フォルダを選択
音楽データを再生する
iモードサイトやフルブラウザから取得した着うたフル ® や、WMA データを再生す
ることができます。
・ WMA データの詳細については「使いかたガイド」を参照してください。
is「 便 利 ツ ー ル 」s「 使 い か た ガ イ ド 」s「 機 能 一 覧 検 索 」s「 カ メ ラ / TV /
MUSIC」s「ミュージックプレーヤー」s「再生できる音楽データ」s「WMA データについて」
・ パソコンから microSD カード内の「PRIVATE/NEC/MUSIC」フォルダに WMA データをコ
ピーすることで音楽を鑑賞できます。
❶ is「カメラ/ TV / MUSIC」s「ミュージックプレーヤー」s「全
68
曲」s 楽曲を選択
・再生制限付きの番組、楽曲もあります。再生回数、再生期間、再生期限のいずれかに
制限がある番組、楽曲は、タイトルの先頭に「 」「 」が表示されます。再生できる
期間が制限されている番組、楽曲は、期間前や期間後には再生できません。
・約 30 秒以上電池パックを外した状態が続くと、FOMA 端末で保持している日付時刻情報が
リセットされることがあります。その場合、再生期間や再生期限が決められている番組、楽
曲については、再生することができません。
・5M バイトを超える着うたフル ® やサイズが不明の着うたフル ® は取得できません。
ミュージックプレーヤー画面の見かたと操作
①
⑦
画像
トラック
タイトル
アーティスト名
再生経過時間(分:秒)/全体の長さ(分:秒)
リピート状態/音質(イコライザ)など
音響効果適用
音量(レベル 0 ∼ 25)
⑧
たのしむ
②
③
④
⑤
⑥
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
d:一時停止/再生を再開
c:音量調節
h:先頭から再生、先頭から 3 秒以内に押した場合は前の曲を再生
j:次の曲を再生
:
スキップ戻し
h(1 秒以上)
:
スキップ送り
j(1 秒以上)
u:停止
o:曲リストを表示
p:BGM 再生
69
iアプリ/iウィジェット
iアプリとは、iモード対応携帯電話用のソフトです。iモードサイトからさまざまなソフトをダウンロー
ドすれば、自動的に株価や天気情報などを更新させたり、ネットワークに接続していない状態でもゲーム
を楽しんだり、FOMA 端末をより便利にご利用いただけます。さらに、リアルタイム通信やiアプリコー
ルを用いた、多人数でのオンライン通信が可能なiアプリオンラインにも対応しており、対戦ゲームや
チャットアプリなども楽しむことができます。また、iアプリにはiウィジェット対応のものがあります。
・ 海外でご利用の場合は、国内でのパケット通信料と異なります。
・ iアプリによってはご利用に通信料がかかる場合があります。
iウィジェットとは電卓・時計や、メモ帳、株価情報など頻繁に利用する任意のコンテンツおよびツー
ル(ウィジェットアプリ)に簡単にアクセスすることができる便利な機能です。iウィジェット画面
には複数のウィジェットアプリ(最大 8 個)を貼り付けることができ、iウィジェット画面を表示す
るだけで、複数のアプリを一度に楽しむことができます。
さらに使いたいウィジェットアプリを選択すれば、より詳細な情報を取得することもできます。ウィ
ジェットアプリはサイトからダウンロードすることにより、追加することが可能です。
・ iウィジェット画面を表示すると、複数のウィジェットアプリが通信することがあります。
・ 詳細情報を閲覧する場合は別途パケット通信料がかかります。
・ iアプリ、iウィジェットの詳細については『ご利用ガイドブック(iモード< FOMA >編)』をご覧ください。
iアプリを起動する
たのしむ
❶ 待受画面で p(1 秒以上)s ソフトを選択
サイトからアプリをダウンロードする
iモードのサイトから、最大約 2M バイトのiアプリやウィジェットアプリのソフトをダウンロードできます。
❶ iアプリ、ウィジェットアプリがダウンロード可能なサイトでソフトを選択 s「YES」
・iアプリとウィジェットアプリは合わせて最大 200 件保存できます。
ウィジェットアプリを起動する
70
❶ 待受画面で fs ウィジェットアプリを選択
iモーション・ムービー
iモーションは、映像や音声、音楽のデータです。iモーション対応サイトから FOMA 端末にダウンロー
ドします。インターネット上のポータル系サイトや動画専門サイトなどで提供されているさまざまなムー
ビーをダウンロード、再生できます。
※ ムービーのダウンロード、ストリーミング時には容量の大きいデータを受信する可能性があります。容
量制限のないストリーミングタイプなど、送受信データが大きい場合はパケット通信料が高額になりま
すのでご注意ください。
・ パケット通信料および料金プランの詳細については、『ご利用ガイドブック(iモード< FOMA >
編)』をご覧ください。
iモーション・ムービーを取得する
❶ iモーションがダウンロード可能なサイトからiモーション・ムービーを選
択 s 保存が可能な場合は「保存」s「YES」s フォルダを選択
たのしむ
■ ダウンロードの種類
・ ストリーミングタイプ:ダウンロードと同時に再生されます。
・ 標準タイプ(ダウンロードタイプ):ダウンロードが完了するとダウンロード画面が表示され、
データの再生、保存などの選択ができます。
iモーション・ムービーを再生する
❶ is「データ BOX」s「iモーション・ムービー」s フォルダを選択 s 動画を選択
■ ライセンス(WMDRM(Windows Media digital rights management))について
・ライセンスにより保護されたムービーで再生できるのはストリーミングタイプのみです。
ライセンスに保護されたダウンロードタイプのムービーは非対応です。
・ムービーのライセンス設定によってはムービーの再生ができない場合があります。
71
おサイフケータイ
おサイフケータイ/トルカについて
より便利に
■ おサイフケータイ
おサイフケータイは、IC カードが搭載されておりお店などの読み取り機に FOMA 端末をかざすだけで、
お支払いやクーポン券、スタンプラリーなどがご利用いただける機能です。
さらに、読み取り機に FOMA 端末をかざしてサイトやホームページにアクセスしたり、通信を利用し
て最新のクーポン券の入手、電子マネーの入金や利用状況の確認などができます。また、安心してご
利用いただけるよう、セキュリティ* 1 も充実しています。おサイフケータイの詳細については『ご利用
ガイドブック(iモード< FOMA >編)』をご覧ください。
※ おサイフケータイ対応サービスをご利用いただくには、必要に応じておサイフケータイ対応サイ
ト* 2 よりおサイフケータイ対応 iアプリをダウンロード後、設定を行ってください。なお、サー
ビスによりおサイフケータイ対応iアプリのダウンロードが不要なものもあります。
* 1 : おまかせロック、IC カードロックをご利用いただけます。(→ P.41)
* 2 :Pps「メニューリスト」s「【生活情報】おサイフケータイ」
・ FOMA 端末の故障により、IC カード内データ(電子マネー、ポイントなど含む)が消失・変化し
てしまう場合があります(修理時など、FOMA 端末をお預かりする場合は、データが残った状態
でお預かりすることができませんので、原則データをお客様自身で消去していただきます)。デー
タの再発行や復元、一時的なお預かりや移し替えなどのサポートは、i C お引っこしサービスによ
る移し替えを除き、おサイフケータイ対応サービス提供者にご確認ください。重要なデータにつ
いては必ずバックアップサービスのあるサービスをご利用ください。
・ 故障、機種変更など、いかなる場合であっても、IC カード内データが消失・変化、その他おサイ
フケータイ対応サービスに関して生じた損害について、当社としては責任を負いかねます。
・ FOMA 端末の盗難、紛失時は、すぐにご利用のおサイフケータイ対応サービス提供者に対応方法
をお問い合わせください。
■ トルカ
トルカとは、おサイフケータイで取得できる電子カードで、チラシやレストランカード、クーポン券
などの用途で便利にご利用いただけます。トルカは読み取り機やサイト、データ放送などから取得が
可能で、メールや赤外線通信、iC通信、microSD カードを使って簡単に交換できます。
・ トルカの詳細は『ご利用ガイドブック(iモード< FOMA >編)』をご覧ください。
おサイフケータイを利用する
FOMA 端末の e マークを読み取り機にかざし、電子マネーとし
て支払いに利用したり、乗車券の代わりなどとしてご利用できます。
・ 電源が入っていないときや電池残量が少なくなってからも、e マーク
を読み取り機にかざして IC カード機能をご利用いただくことができます。
72
マークを読み取り機の読み取り部にかざす
iコンシェル
iコンシェルとは、執事やコンシェルジュのように、お客様の生活をサポートするサービスです。お客様
のさまざまなデータ(お住まいのエリア情報、メモ、スケジュール、トルカ、電話帳など)をお預かりし、
メモやスケジュールの内容、生活エリアやお客様の居場所、趣味嗜好にあわせた情報を適切なタイミング
でお届けします。FOMA 端末に保存されたメモやスケジュール、ToDo に対して、関連する情報をお伝えし
たり、スケジュールやトルカを自動で最新の情報に更新したり、電話帳にお店の営業時間などの役立つ情
報を自動で追加したりもします。また、お預かりしているスケジュールや画像を友達や家族などのグルー
プと共有することができます。お預かりしている画像は簡単にプリントすることもできます。iコンシェ
ルの情報は、待受画面上でマチキャラ(待受画面上のキャラクター)がお知らせします。
■ iコンシェルのご利用にあたって
・ iコンシェルはお申し込みが必要な有料サービスです(お申し込みにはiモードの契約が必要です)。
・ ケータイデータお預かりサービスのご契約をされていないお客様が、iコンシェルを新たにご契約にな
る場合、同時にケータイデータお預かりサービスにもご契約いただいたことになります。
・ コンテンツ(インフォメーション、iスケジュールなど)によっては、iコンシェルの月額使用料のほ
かに、別途情報料がかかる場合があります。
・ インフォメーションの受信には一部を除いて別途パケット通信料がかかります。
・ 詳細情報のご利用には別途パケット通信料がかかります。
・ 国際ローミングサービスご利用の際は、受信・詳細情報の閲覧共にパケット通信料がかかります。また、
海外でご利用の場合は、国内でのパケット通信料と異なります。
・ iコンシェルを海外でご利用になる場合は海外利用設定が必要となります。
・ iスケジュール/メモ/トルカ/電話帳の自動更新時には別途パケット通信料がかかります。
・ iコンシェルの詳細は『ご利用ガイドブック(iモード< FOMA >編)』をご覧ください。
インフォメーションを受信する
アイコン
❶ 待受画面 s ポップアップメッセージを選択
iコンシェルを表示する
❶ is「iコンシェル」
より便利に
インフォメーションを受信すると、画面の上部に
「 」が表示されます。
ポップアップ
メッセージ
「ひつじのしつじくん ®」
©NTT DOCOMO
73
便利ツール
スケジュールを利用する
スケジュールを登録しておくと、設定した日時にアラーム音が鳴り、アラームメッ
セージとアニメーションで登録した内容をお知らせします。
❶ is「便利ツール」s「スケジュール」s 日付を選択 si[サブメ
ニュー]s「新規登録」s 各項目を入力 su[完了]
アラームを利用する
❶ is「便利ツール」s「アラーム」s アラームを選択 su[編集]
s 各項目を入力 su[完了]
バーコードリーダーを利用する
カメラを利用し JAN コード、QR コードを読み取ります。
・FOMA 端末が揺れたりしないようにしっかり持って操作してください。
・バーコードを読み取るときは、カメラをバーコードから約 10cm 離してください。
❶ i s「便利ツール」s「バーコードリーダー」s バーコードを認識
より便利に
範囲に表示すると自動的に読み取り開始 si[サブメニュー]s「登
録」s「YES」s「OK」
・JAN コード
右の JAN コードを FOMA 端末で読み取ると「4942857113068」
と表示されます。
・QR コード
右の QR コードを FOMA 端末で読み取ると「株式会社 NTT ドコモ」
と表示されます。
74
Bluetooth 機能を利用する
Bluetooth 機器をFOMA端末に登録する
使用したい Bluetooth 機器が未登録のときは、Bluetooth 機器を登録します。Bluetooth 機
器は 10 件まで登録できます。登録したい Bluetooth 機器は、あらかじめ登録待機状態にして
おきます。
❶ is「便利ツール」s「next」s「Bluetooth」s「登録機器リスト」
s「YES」s「OK」s 登録する Bluetooth 機器を選択 s「YES」
sBluetooth パスキーを入力 s「確定」
Bluetooth 機器と接続する
登録した Bluetooth を利用してワイヤレスで接続し、通話をしたり音楽を聴いたりできます。
❶ is「便利ツール」s「next」s「Bluetooth」s「登録機器リスト」
s 接続する Bluetooth 機器を選択 s サービスを選択
■ さまざまな機器と接続するには
ヘッドセットやハンズフリーで通話するには「ヘッドセット」または「ハンズフリー」を選
択します。オーディオ機器で再生するには「オーディオ」を、ワイヤレスで Bluetooth 対応
パソコンなどと接続するには「ダイヤルアップ」を選択します。
Bluetooth 接続でデータを送受信する
Bluetooth 通信機能を搭載したほかの Bluetooth 機器との間で電話帳や受信メールなどの
より便利に
データを送受信します。相手側の機器によっては送受信できないデータがあります。
❶ 送信したいデータを 1 件表示して i[サブメニュー]s「データ送信」
s「Bluetooth 送信」s 相手側の機器を受信状態にする sBluetooth
機器を選択 s「YES」
■ データを 1 件受信する場合
is「便利ツール」s「next」s「Bluetooth」s「Bluetooth 受信」s「受信」s
相手の Bluetooth 機器からデータ送信 s「YES」
75
Wi-Fi を利用する
自宅のブロードバンド回線や外出先のアクセスポイントを使って、高速無線 LAN 通信でさまざまな機能をご利用できます。
■ Wi-Fi 音声電話
Wi-Fi 音声電話の発着信(内線、外線)ができます。
■ iモード
Wi-Fi のネットワークを経由してiモードのサイトに接続できます。
※ホームUのご契約が必要です。ホームUは、ご自宅などのブロードバンド環境を利用して、FOMA 端末でおトク
な通話と、高速パケット通信をご利用いただけるサービスです。外出先では従来どおり、FOMA をご利用いただ
けます。ホームUでご利用いただく場合は、ホームUウェブサイト(http://www.homeu.jp/)をご覧ください。
また、ホームUに関する設定や接続方法については、『ご利用ガイドブック(ホームU編)』をご覧ください。
■ フルブラウザ
Wi-Fi のネットワークを経由してインターネットのサイトに接続できます。
アクセスポイントモードを利用する
N-05C を Wi-Fi アクセスポイント(親機)とすることで、Wi-Fi 対応機器(子機)でインター
ネットに接続したり、ゲーム対戦などのサービスを利用できるようになります。
・ アクセスポイントモードを利用するには、mopera U などのインターネットサービスプロバイダとの契約が必要になります。
<利用イメージ : ゲーム機の場合>
対戦ゲームなど
FOMAネットワーク
(mopera Uなどのプロバイダ)
(親機)
Wi-Fi接続
アクセスポイントモード
(子機)
対戦ゲームなど
❶ is「便利ツール」s「next」s「Wi-Fi」s「アクセスポイントモード」s項目を選択
より便利に
76
クライアントモードを利用する
N-05C をクライアント(子機)として、ホームUなどの Wi-Fi アクセスポイントに接続することで、
Wi-Fi 経由で音声電話を利用したり、iモードやインターネットを高速に閲覧・利用することができます。
❶ is「便利ツール」s「next」s「Wi-Fi」s「クライアントモード」s項目を選択
・設定など、その他詳細については「使いかたガイド」(Iis「便利ツール」s「使いかたガイド」
s「機能一覧検索」s「便利な機能」s「クライアントモード」)またはパソコンで「NEC カシ
オモバイルコミュニケーションズの製品ページ:(http://www.n-keitai.com/)」を参照してください。
データ管理
microSD カードを利用する
本 FOMA 端末では市販の 2G バイトまでの microSD カード、32G バイトまでの microSDHC カードに対応
しています(2011 年 6 月現在)。
・ フ ォ ー マ ッ ト は 必 ず N-05C で 行 っ て く だ さ い。 ほ か の 端 末 や パ ソ コ ン で フ ォ ー マ ッ ト し た
microSD カードは、使用できないことがあります。
・ microSD カードの製造メーカや容量など、最新の動作確認情報については下記のサイトをご覧く
ださい。また、掲載されている microSD カード以外については、動作しない場合がありますので
ご注意ください。
- iモードから(「みんなNらんど」への接続のしかた)
・デスクトップアイコンの「 」
(みんな N らんど)を選択→ P.26
・Pps「メニューリスト」s「ケータイ電話メーカー」s「みんな N らんど」
- パソコンから
http://www.n-keitai.com/
なお、掲載されている情報は動作確認の結果であり、すべての動作を保証するものではありません
ので、あらかじめご了承ください。
・ microSD カードは FOMA 端末の電源を切った状態で取り付け/取り外しを行ってください。
・ microSD カードにラベルやシールを貼らないでください。
・ microSD カードに保存されたデータは、バックアップを取るなどして別に保管してくださるよう
お願いします。万が一、保存されたデータが消失または変化しても、当社としては責任を負いか
ねますのであらかじめご了承ください。
microSDカードを取り付ける/取り外す
77
より便利に
❶ リアカバーを取り外す
❷ 金属のカバーを「OPEN」の矢印の方向にスライドさせて持ち上げる
カバーを持ち上げる際は、FOMA 端末の金属端子部分に触れないようにご注意ください。
また、カバーをスライドする際に、強い力をかけないようにご注意ください(カバーが破
損したり手や指を傷つける恐れがあります)。
❸ microSD カードの金属端子面を手前にして、ゆっくりレールに
沿ってまっすぐ差し込む
取り外す場合、microSD カードをまっすぐにゆっくりと引き抜
いて取り出します。
❹ 金属のカバーを閉じ「LOCK」の矢印の方向にスライドさせて
ロックする
カバーがうまく閉じない場合は、いったんカバーを持ち上げて、
microSD カードが正しくレールにはまっているか、また奥まで
差し込まれているかを確認してください。
❺ リアカバーを取り付ける
microSD カードを取り付け後、電源を入れると、「 」が表示
されます。
レール
レール
microSDカード
の金属端子面
microSDカードをフォーマットする
microSD カードのフォーマットを行うと、microSD カードの内容がすべて消去されますのでご注意ください。
❶ is「便利ツール」s「microSD」s「microSD データ参照」
si[サブメニュー]s「microSD フォーマット」s 端末暗証番号
を入力 s「YES」
microSDカードのデータを表示する
<例:電話帳を表示する>
より便利に
❶ is「便利ツール」s「microSD」s「microSD データ参照」
s「電話帳」s ファイルを選択 s データを選択
データをmicroSDカードへコピーする
<例:電話帳を microSD カードへコピーする>
❶ 電話帳一覧画面で i[サブメニュー]s「データコピー」s「microSD
へコピー」s コピー方法を選択
78
データをFOMA端末へコピーする
<例:電話帳を FOMA 端末へコピーする>
❶ is「便利ツール」s「microSD」s「microSD データ参照」s
「電話帳」s ファイルを反転 si[サブメニュー]s「本体へ追加コ
ピー」または「本体へ上書コピー」s コピー方法を選択 s 端末暗証番
号を入力 s「YES」
データをmicroSDカードにバックアップする
すでに microSD カード内にバックアップされたデータが存在する場合は、そのデータは
上書きされますのでご注意ください。
❶ is「便利ツール」s「microSD」s「バックアップ/復元」s
「microSD へバックアップ」s 端末暗証番号を入力 s「YES」
microSDカードのデータをFOMA端末で利用できるようにする
パソコンなどから microSD カードにデータを保存す
るときに、「IMPORT」フォルダにデータを保存する
と、自動的に FOMA 端末で利用可能なファイル名に
変更し、microSD カード内の適切なフォルダに振り
分けることができます。
PRIVATE
NEC
IMPORT
「IMPORT」
フォルダにデータ
を保存する
より便利に
❶ is「便利ツール」s「microSD」s「ファイル一括取り込み」s
「YES」s 結果を確認して u[完了]
79
・一括取り込みが可能なファイルの種類は、次のようになります。()内は拡張子です。
- 静止画(JPG、GIF、SWF、JPEG ※ 1)
- 動画(ASF、3GP、SDV、MP4、WAX、ASX、WMV、WMX)
- 音楽データ(WMA)
- メロディ(MLD、SMF、MID、MIDI ※ 2)
- トルカ(TRC)
- デコメアニメ ® テンプレート(VGT)
- PDF(PDF)
- ドキュメント(DOC、XLS、PPT、PPTX、DOCX、XLSX、TXT)
- 文字入力学習データ(IPM)
- ユーザ辞書(SVD)
- 現在地通知(LSC)
- 電話帳(VCF)
- カレンダー(VCS)
- 受信メール、保存メール、送信メール(VMG)
- フリーメモ(VNT ※ 3)
- Bookmark(VBM)
※ 1:取り込み後は拡張子が「JPG」に変わります。DCF 規格ファイルは「DCIM」フォルダ
配下に、それ以外は「PRIVATE / DOCOMO / STILL」フォルダに移動されます。
※ 2:取り込み後は拡張子が「MID」に変わります。
※ 3:N-05C で作成したメモにはスケジュールも含まれ、VCS となります。
赤外線通信を利用してデータを送受信する
赤外線通信機能を搭載したほかの機器との間で電話帳や受信メールなどのデータを転送します。
・ 相手側の機器を受信状態にしてください。
・ 相手側の機器によっては送受信できないデータがあります。
・ 本 FOMA 端末は IrMC ™ 1.1 規格に準拠しています。
より便利に
■ データを 1 件送信する
<例:電話帳のデータを 1 件送信する>
赤外線ポート
❶ 送信したいデータの画面で i[サブメニュー]
約20cm以内
❷ 赤外線ポートを相手側の機器の赤外線ポートに向ける s「YES」
中心から
±15°
以内
s「データ送信」s「赤外線送信」
■ データを 1 件受信する場合
is「便利ツール」s「赤外線受信」s「受信」s 赤外線ポートを相手側の機器の赤外
線ポートに向けて受信 s 受信が完了したら「YES」
80
i C 通信を利用してデータを送受信する
i C 通信とは、FOMA 端末とほかの FOMA 端末を重ね合わせるだけで、電話帳など
のデータを送受信できる機能です。
・ 相手側の機器によっては送受信できないデータがあります。
■ データを 1 件送信する
<例:電話帳のデータを 1 件送信する>
❶ 送信したいデータの画面で i[サブメニュー]s「デー
タ送信」s「i C 送信」
❷ 相手の FOMA 端末の e マークを重ね合わせる s「YES」
■ データを 1 件受信する場合
相手の FOMA 端末と e マークを重ね合わせる s 相手の FOMA 端末からデータ送信の操作を行う
パソコンと接続する
FOMA 端末とパソコンを接続して、microSD カード内の WMA データや画像などをやりと
りすることができます。また、インターネットに接続して、データ通信を行うこともできます。
より便利に
・FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02(別売)または FOMA USB 接続ケーブル(別売)が必要です。
・データ通信を行うには、「FOMA 通信設定ファイル」(ドライバ)をインストールする必要が
あります。詳しくは「パソコン接続マニュアル」をご覧ください。「FOMA 通信設定ファイ
ル」と「パソコン接続マニュアル」は、ドコモのホームページからダウンロードできます。
http://www.nttdocomo.co.jp/support/
ドコモ コネクションマネージャ
「ドコモ コネクションマネージャ」は、ドコモのデータ通信を行うのに便利なソフトウェアです。
・ お客さまのご契約状況に応じた、パソコン設定を簡単に行うことができます。また、料金
カウンタ機能でデータ通信量や利用金額の目安を確認することもできます。詳しくは、ド
コモのホームページをご覧ください。
http://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/application/service/connection_manager/
81
サポート
故障かな?と思ったら
・ まずはじめに、ソフトウェアを更新する必要があるかをチェックして、必要な場合にはソ
フトウェアを更新してください。(→ P.87)
・ 気になる症状のチェック項目を確認しても症状が改善されないときは、取扱説明書裏面の
「故障お問い合わせ先」または、ドコモ指定の故障取扱窓口までお気軽にご相談ください。
FOMA 端末の電源が入らない
● 電池パックが正しく取り付けられていますか。→ P.21
● 電池切れになっていませんか。→ P.22
充電ができない(充電ランプが点灯しない/点滅する)
● FOMA 端末に電池パックが正しく取り付けられていますか。→ P.21
● アダプタの電源プラグがコンセントまたはシガーライターソケットに正しく差し込まれ
ていますか。→ P.22
● アダプタと FOMA 端末が正しく取り付けられていますか(AC アダプタ(別売)をお使い
のとき、AC アダプタのコネクタが FOMA 端末または付属の卓上ホルダにしっかりと接続
されていますか)。→ P.22
● 卓上ホルダを使用する場合、FOMA 端末の充電端子は汚れていませんか。汚れたときは、
端子部分を乾いた綿棒などで拭いてください。→ P.22
● 充電しながら通話や通信、その他機能の操作を長時間行うと、FOMA 端末の温度が上昇
して、電池アイコンが点滅している状態で、充電ランプが消える場合があります。その
場合は、FOMA 端末の温度が下がってから再度充電を行ってください。→ P.22
● ご使用の状況により充電が途中で停止する場合があります。使用しているすべての機能
を終了してから再度充電を行ってください。
操作中・充電中に熱くなる
その他
82
● 操作中や充電中、また、充電しながらiアプリやテレビ電話、ワンセグ視聴などを長時間
行った場合などには、FOMA 端末や電池パック、アダプタが温かくなることがありますが、
安全上問題ありませんので、そのままご使用ください。
電池の使用時間が短い
● 圏外の状態で長時間放置されるようなことはありませんか。
圏外時は通信可能な状態にできるよう電波を探すため、より多くの電力を消費しています。
● 電池パックの使用時間は、使用環境や劣化度により異なります。
● 電池パックは消耗品です。充電を繰り返すごとに、1回で使える時間が次第に短くなっ
ていきます。十分に充電しても購入時に比べて使用時間が極端に短くなった場合は、指
定の電池パックをお買い求めください。
何もしないのに電源が切れる、再起動する
● 電池パックの端子が汚れていると接触が悪くなり、電源が切れることがあります。汚れ
たときは、電池パックの端子を乾いた綿棒などで拭いてください。
ボタンやタッチパネルの操作ができない
● 磁気を帯びた製品に FOMA 端末を近づけると、ボタンやタッチの操作が正しくできなくなる
ことがあります。磁気から FOMA 端末を離してご使用ください。
● ダイヤルロック/おまかせロックを設定していませんか。→ P.41
● 自動キーロック中ではありませんか。→ P.41
●「タッチパネル有効設定」を「OFF」に設定していませんか。
● タッチパネル操作の自動ロックを「ON」にしていませんか。→ P.42
ドコモ UIM カードが認識されない
● ドコモ UIM カードを正しい向きで挿入していますか。→ P.21
● FOMA カード(青色)を挿入していませんか。→ P.21
時計がずれる
● 長い間電源を入れた状態にしていると時計がずれる場合があります。自動時刻時差補正
が設定されているかを確認し、電波のよい場所で電源を入れ直してください。
その他
83
ダイヤルボタンを押しても発信できない
●「発信・メール送信」の「ダイヤル発信」がオリジナルロック中ではありませんか。→ P.41
● 自動キーロック中ではありませんか。→ P.41
● 指定発信制限設定中ではありませんか。
● ダイヤルロックを設定していませんか。→ P.41
● セルフモードを設定していませんか。
通話ができない(場所を移動しても「 」の表示が消えない、電波の状
態は悪くないのに発信または着信ができない)
● 電源を入れ直すか、電池パックまたはドコモ UIM カードを入れ直してください。
● 電波の性質により、 ∼ を表示している状態でも発信や着信ができない場合があります。
場所を移動してかけ直してください。
● 指定着信拒否、指定着信許可など着信制限を設定していませんか。
● 電波の混み具合により、多くの人が集まる場所では電話やメールが混み合い、つながり
にくい場合があります。その場合は「しばらくお待ちください」と表示され、話中音が
流れます。場所を移動するか、時間をずらしてかけ直してください。
おサイフケータイが使えない
● FOMA 端末の e マークがある位置を読み取り機にかざしていますか。
● IC カードロック、ダイヤルロックやおまかせロックを設定していませんか。
● 電池パックを取り外すと、おサイフケータイの機能は利用できなくなります。
保証とアフターサービス
保証について
その他
84
・ FOMA 端末をお買い上げいただくと、保証書が付いていますので、必ずお受け取りくださ
い。記載内容および「販売店名・お買い上げ日」などの記載事項をお確かめの上、大切に
保管してください。必要事項が記載されていない場合は、すぐにお買い上げいただいた販
売店へお申し付けください。無料保証期間は、お買い上げ日より 1 年間です。
・ この製品は付属品を含め、改良のため予告なく製品の全部または一部を変更することがあ
りますので、あらかじめご了承ください。
アフターサービスについて
● 調子が悪い場合
修理を依頼される前に、本書または本 FOMA 端末に搭載の「使いかたガイド」の 「故障か
な ? と思ったら」をご覧になってお調べください。それでも調子がよくないときは、取扱
説明書裏面の「故障お問い合わせ先」にご連絡の上、ご相談ください。
● お問い合わせの結果、修理が必要な場合
ドコモ指定の故障取扱窓口にご持参いただきます。ただし、故障取扱窓口の営業時間内の
受付となります。なお、故障の状態によっては修理に日数がかかる場合がございますので、
あらかじめご了承ください。
・ 保証期間内は
- 保証書の規定に基づき無料で修理を行います。
- 故障修理を実施の際は、必ず保証書をお持ちください。保証期間内であっても保証書の
提示がないもの、お客様のお取り扱い不良(液晶・コネクタなどの破損)による故障・
損傷などは有料修理となります。
- ドコモの指定以外の機器および消耗品の使用に起因する故障は、保証期間内であっても
有料修理となります。
・ 以下の場合は、修理できないことがあります。
- 故障取扱窓口にて水濡れと判断した場合(例:水濡れシールが反応している場合)
- お預かり検査の結果、水濡れ、結露・汗などによる腐食が発見された場合や内部の基板
が破損・変形していた場合(外部接続端子(イヤホンマイク端子)・液晶などの破損や
筐体亀裂の場合においても修理ができない可能性があります)
※ 修理を実施できる場合でも保証対象外になりますので有料修理となります。
・ 保証期間が過ぎたときは
ご要望により有料修理いたします。
・ 部品の保有期間は
FOMA 端末の補修用性能部品(機能を維持するために必要な部品)の最低保有期間は、製
造打切り後 6 年間を基本としております。ただし、故障箇所によっては修理部品の不足な
どにより修理ができない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
お願い
その他
● FOMA 端末および付属品の改造はおやめください。
・ 改造の内容によっては故障修理をお断りする場合があります。以下のような場合は改造と
みなされる場合があります。
- 液晶部やボタン部にシールなどを貼る
- 接着剤などにより FOMA 端末に装飾を施す
- 外装などをドコモ純正品以外のものに交換するなど
・ 改造が原因による故障・損傷の場合は、保証期間内であっても有料修理となります。
85
● FOMA 端末に貼付されている銘版シールは、はがさないでください。
銘版シールの内容が確認できないときは、技術基準適合の判断ができないため、故障修理
をお受けできない場合がありますので、ご注意願います。
● 各種機能の設定などの情報は、FOMA 端末の故障・修理やその他お取り扱いによってクリ
ア(リセット)される場合があります。お手数をおかけしますが、この場合は再度設定を
行ってくださるようお願いいたします。
● 修 理 を 実 施 し た 場 合 に は、 故 障 箇 所 に 関 係 な く、Wi-Fi 用 の MAC ア ド レ ス お よ び
Bluetooth アドレスが変更される場合があります。
● FOMA 端末の下記の箇所に磁気を発生する部品を使用しています。キャッシュカードなど
磁気の影響を受けやすいものを近づけますとカードが使えなくなることがありますので、
ご注意ください。
使用箇所 : 受話口/スピーカ、メインメニューボタンの右横付近
● 本 FOMA 端末は防水性能を有しておりますが、FOMA 端末内部が濡れたり湿気を帯びて
しまった場合は、すぐに電源を切って電池パックを外し、お早めに故障取扱窓口へご来店
ください。ただし、FOMA 端末の状態によって修理できないことがあります。
iモード故障診断サイト
ご利用中の FOMA 端末において、メール送受信や画像・メロディのダウンロードな
どが正常に動作しているかを、お客様ご自身でご確認いただけます。ご確認の結果、
故障と思われる場合は、取扱説明書裏面の「故障お問い合わせ先」までお問い合わ
せください。
■「iモード故障診断サイト」への接続方法
ps「お知らせ」s「サポート情報」s「お問い合わせ」s
「故障・電波状況お問い合わせ先」s「iモード故障診断」
・ 海外でのご利用は有料となります。
サイト接続用 QR コード
その他
86
ソフトウェア更新
FOMA 端末のソフトウェアを更新する必要があるかどうかネットワークに接続してチェックし、必要な場
合にはパケット通信を使ってソフトウェアの一部をダウンロードし、ソフトウェアを更新する機能です。
ソフトウェア更新が必要な場合は、ドコモのホームページおよびi Menu の「お客様サポート」にてご案
内いたします。更新方法には「自動更新」、「即時更新」、「予約更新」の 3 つの方法があります。
※ ソフトウェア更新は、FOMA 端末に登録された電話帳、カメラ画像、ダウンロードデータなどの
データを残したまま行うことができますが、お客様の FOMA 端末の状態(故障・破損・水濡れな
ど)によってはデータの保護ができない場合がございますので、あらかじめご了承ください。必
要なデータはバックアップを取っていただくことをおすすめします。ただしダウンロードデータ
などバックアップが取れないデータがありますので、あらかじめご了承ください。
■ ご利用にあたって
・ ソフトウェア更新中は電池パックを外さないでください。更新に失敗することがあります。
・ ソフトウェア更新を行う際は、電池をフル充電しておいてください。
・ ソフトウェア更新(ダウンロード、書換え)には時間がかかることがあります。
・ ソフトウェア更新中は、電話の発信、着信、各種通信機能および、その他機能を利用できません(ダ
ウンロード中は音声着信が可能です)。
・ ソフトウェア更新は、電波が強く、アンテナマークが 3 本表示されている状態で、移動せずに実行
することをおすすめします。ソフトウェアダウンロード中に電波状態が悪くなったり、ダウンロー
ドが中止された場合は、再度電波状態の良い場所でソフトウェア更新を行ってください。
・ ソフトウェア更新の際、お客様の FOMA 端末固有の情報(機種や製造番号など)が、自動的にサー
バ(当社が管理するソフトウェア更新用サーバ)に送信されます。当社は送信された情報を、ソ
フトウェア更新以外の目的には利用いたしません。
・ ソフトウェア更新に失敗した場合、「書換え失敗しました」と表示され、一切の操作ができなくな
ります。その場合には、大変お手数ですがドコモ指定の故障取扱窓口までお越しいただきますよ
うお願いいたします。
アイコンからソフトウェアを更新する
待受画面に表示された
す。
(更新お知らせアイコン)を選択してソフトウェアを更新しま
❶ 更新お知らせアイコンを選択 s「はい」s 端末暗証番号を入力
ソフトウェア更新が必要かどうかがチェックされます。
その他
❷ チェックの結果が表示される
87
■「更新が必要です」と表示された場合
すぐにソフトウェアを更新する場合は、「今すぐ更新」を選択するとソフトウェアのダウン
ロードが開始されます。あとで更新する場合は「予約」を選択し、希望日時を設定します。
■「更新は必要ありません このままご利用ください」と表示された場合
そのまま FOMA 端末をご使用ください。
メニューからソフトウェアを更新する
メインメニューからソフトウェアを更新します。
❶ is「本体設定」s「その他設定」s「ソフトウェア更新」
❷ 端末暗証番号を入力 s「更新実行」
ソフトウェア更新が必要かどうかがチェックされます。「アイコンからソフトウェアを更新す
る」の操作 2 へ進みます。
スキャン機能
FOMA 端末に取り込んだデータやプログラムについて、データを検知して、障害を引き起こす可能性を含
むデータの削除やアプリケーションの起動を中止します。
・ スキャン機能は、ホームページの閲覧やメール受信などの際に FOMA 端末に何らかの障害を引き
起こすデータの侵入から一定の防衛手段を提供する機能です。各障害に対応したパターンデータ
が FOMA 端末にダウンロードされていない場合、または各障害に対応したパターンデータが存在
しない場合、本機能にて障害などの発生を防ぐことができませんのであらかじめご了承ください。
パターンデータ更新
まずはじめに、パターンデータの更新を行い、パターンデータを最新にしてください。
その他
❶ is「本体設定」s「ロック・セキュリティ」s「スキャン機能」
s「パターンデータ更新」s「YES」s「YES」s「OK」
88
スキャン結果の表示
■ スキャンされた問題要素の表示について
以下の問題を検出しました
問題要素名1
問題要素名2
問題要素名3
問題要素名4
問題要素名5
他XXXX件
スキャン機能で検出された問題要素の名前の一覧がレベルの高いものから順
に 5 件まで表示されます。
問題要素が 6 件以上検出された場合は、6 件目以降の問題要素名は省略され
ます。
戻る
■ スキャン結果の表示について
警告レベル 0
警告レベル 1
警告レベル 2
警告レベル 3
警告レベル 4
正常に動作できない
場合があります
正常に動作できない
場合があります
動作を中止しますか?
正常に動作できない
場合があるため
終了します
正常に動作できない
場合があります
データを削除しますか?
正常に動作できないため
データを削除します
[OK]:動作を継続[YES]:動作を中 [OK]:動作を中止[YES]:データを [OK]:データを削
止して終了
して終了
削除して終了
除して終了
[NO]:動作を継
[NO]:動作を中
続
止して終了
その他
89
オプション・関連機器
FOMA 端末にさまざまな別売りのオプション機器を組み合わせることで、パーソナ
ルからビジネスまでさらに幅広い用途に対応できます。なお、地域によってはお取
り扱いしていない商品もあります。
詳しくは、ドコモショップなど窓口へお問い合わせください。
また、オプションの詳細については各機器の取扱説明書などをご覧ください。
・ イヤホンマイク 01
・ ステレオイヤホンマイク 01
・ イヤホン変換アダプタ 01
・ スイッチ付イヤホンマイク P001 ※ 1 / P002 ※ 1
・ ステレオイヤホンセット P001 ※ 1
・ イヤホンジャック変換アダプタ P001
・ 平型スイッチ付イヤホンマイク P01 ※ 2 / P02 ※ 2
・ 平型ステレオイヤホンセット P01 ※ 2
・ Bluetooth ヘッドセット F01 ※ 3
・ Bluetooth ヘッドセット用 AC アダプタ F01
・ ワイヤレスイヤホンセット P01 / 02
・ 骨伝導レシーバマイク 01 ※ 2 / 02
・ FOMA USB 接続ケーブル※ 4
・ FOMA AC アダプタ 01 ※ 5 / 02 ※ 5
・ FOMA 乾電池アダプタ 01
・ キャリングケース L 01
・ キャリングケース 02
・ FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02 ※ 4
・ FOMA 補助充電アダプタ 01 / 02 / 03
・ 車載ハンズフリーキット 01 ※ 6
・ FOMA 車載ハンズフリー接続ケーブル 01
・ データ通信アダプタ N01
・ FOMA 室内用補助アンテナ※ 7
・ FOMA 室内用補助アンテナ(スタンドタイプ)※ 7
・ 車内ホルダ 01 ※ 8
・ FOMA 海外兼用 AC アダプタ 01 ※ 5
・ FOMA DC アダプタ 01 / 02
・ 外部接続端子用イヤホン変換アダプタ 01
・ 卓上ホルダ N33
・ 電池パック N26
・ リアカバー N52
・ FOMA eco ソーラーパネル 01
その他
※ 1: N-05C と接続するには、イヤホンジャック変換アダプタ P001、外部接続端子用イヤホン変換アダプ
タ 01 が必要です。
※ 2: N-05C と接続するには、外部接続端子用イヤホン変換アダプタ 01 が必要です。
※ 3: Bluetooth ヘッドセット用 AC アダプタ F01 が必要です。
※ 4: USB HUB を使用すると、正常に動作しない場合があります。
※ 5: AC アダプタでの充電方法について→ P.22
※ 6: N-05C を充電するためには、FOMA 車載ハンズフリー接続ケーブル 01 が必要です。
※ 7: 日本国内で使用してください。
※ 8: N-05C を車内ホルダに取り付ける際は、「車内ホルダ 01 取扱説明書」に記載されている使用方法②の
表「5 段目」に取り付けてください。
90
付録
メニュー一覧
の項目は、「設定リセット」を行うと、お買い上げ時の設定に戻ります。
・
の項目には、お買い上げ時の設定(またはお買い上げ時の状態)に戻らない機能が含まれて
いる場合があります。
大項目
メール
大項目
モード/ web
中項目
Menu・検索
Bookmark
画面メモ
サイト閲覧履歴
URL 入力
iチャネル
アプリ
小項目
URL 入力
URL 入力履歴
iチャネル一覧
テロップ表示設定
iチャネル初期化
モード/ web 設定
モードブラウザ設定
フルブラウザ設定
共通設定
モード設定確認
モード設定リセット
ワンタッチマルチウィンドウ
フルブラウザホーム
ソフト一覧(本体)
アプリ(microSD)
アプリコール履歴
アプリ実行情報
アプリ設定
自動起動設定
ソフト情報表示設定
iウィジェット
海外利用設定
iウィジェット
効果音設定
オート GPS 優先設定
アプリコール機能設定
アプリ音量設定
アプリ音優先設定
その他
中項目
小項目
受信 BOX
送信 BOX
保存 BOX
送受信 BOX
新規メール作成
新規デコメアニメ作成
デコメテンプレート
新規 SMS 作成
メール/メッセージ問合せ
メール選択受信
SMS 問合せ
メール設定
受信設定
表示設定
冒頭文/署名設定
定型文/単語登録
BOX ロック
メール/メッセージ
問合せ設定
メール返信引用設定
アドレス・迷惑
メール設定
編集時自動保存設定
メール読み上げ設定
感情/キーワード
お知らせ
SMS 設定
緊急速報「エリア
メール」設定
メール設定確認
メール設定リセット
91
大項目
アプリ
カメラ/ TV /
MUSIC
データ BOX
その他
92
便利ツール
中項目
アプリ設定
小項目
照明設定
省電力設定
バイブレータ
アプリ設定確認
カメラ
静止画撮影
動画撮影
アートフォトモード
顔登録(アルバム用)
バーコードリーダー
メディアスビューア
ワンセグ
ワンセグ視聴
番組表
視聴予約リスト
録画予約リスト
予約録画結果
テレビリンク
チャンネルリスト選択
チャンネル設定
ユーザ設定
ミュージックプレーヤー
Music&Video チャネル
マイピクチャ
ミュージック
Music&Video チャネル
モーション・ムービー
メロディ
コンテンツパッケージ
マイドキュメント
きせかえツール
マチキャラ
ワンセグ
キャラ電
ドキュメントビューア
フォント
SD その他ファイル
全検索履歴
バーコードリーダー
電卓
アラーム
赤外線受信
大項目
便利ツール
中項目
スケジュール
メモ
メディアスビューア
ボイスレコーダー
電子辞書
小項目
microSD
ケータイデータお預かりサービス
使いかたガイド
Enjoy Exercise
ライフヒストリービューア
カンタンデータ転送
Bluetooth
DLNA
Wi-Fi
電話機能
おしゃべり機能
定型文/単語登録 定型文
単語登録
ダウンロード辞書
ドコモへのお問合せ
電話帳
電話帳検索
電話帳登録
UIM(FOMA)カー
ド操作
電話帳設定・確認
電話帳画像転送
直デン
伝言メモ/音声メモ メモの再生/消去
テレビ電話メモの
再生/消去
音声メモ録音
伝言メモ設定
発着信履歴
発信履歴
着信履歴
リダイヤル
発着信・通話設定 迷惑電話ストップ
番号通知お願い
サービス
発信者番号通知
通話中の着信動作
発信詳細設定
大項目
電話機能
中項目
小項目
発着信・通話設定 着信詳細設定
通話中詳細設定
イヤホン機能設定
着信拒否設定
ツータッチダイヤル設定
着信通知
Wi-Fi 番号通知設定
(TTC-SIP 設定時
のみに有効)
テレビ電話設定
受信画質設定
画像選択
音声自動再発信
テレビ電話切替機
能通知
ハンズフリー切替
パケット通信中着
信設定
通話時間・料金
通話時間・料金
通話料金通知
積算リセット
積算料金自動
リセット
声の宅配便
2in1
留守番電話サービス
メロディコール
その他ネットワーク 転送でんわ
サービス
キャッチホン
英語ガイダンス
遠隔操作設定
マルチナンバー
デュアルネットワーク
追加サービス
OFFICEED
画面・ディスプレイ きせかえツール設定
待受画面設定
カラーテーマ設定
各種画面設定
マチキャラ設定
ソフトキー
中項目
小項目
画面・ディスプレイ オリジナルメニュー
メニュー画面設定
ピクチャ表示設定
表示アイコン説明
表示アイコン設定
プライバシーアングル
充電中ディスプレイ
表示画質モード設定
クイックインフォ設定
インフォメーショ
ン表示設定
音/バイブ/マナー 着信音量
着信音選択
その他音設定
バイブレータ設定
マナーモード設定
ステレオ・3D サ
ウンド設定
マチキャラおしゃ
べり設定
照明・イルミネー 照明設定
ション
イルミネーション設定
文字表示/入力
フォント設定
文字入力機能
時計
Select language
メイン時計設定
サブ時計設定
待受時計表示
自動電源 ON
自動電源 OFF
ロック・セキュリティ ロック
自動キーロック
ロックバー設定
シークレット
着信拒否設定
端末暗証番号変更
IC カード認証設定
UIM(FOMA)カード設定
スキャン機能
IC カードロック設定
その他
本体設定
大項目
本体設定
93
大項目
本体設定
電池
中項目
外部接続
小項目
eco モード
eco モード自動起
動設定
電池残量
USB モード
Bluetooth
イヤホンマイク
Wi-Fi
その他設定
地図/海外
その他
94
地図
ナビ
イマドコサーチ
インターホン機能
フェムトセル
ボタンカスタマイ
ズ設定
スライド設定
タッチパネル有効設定
画面縦横自動切替
アラーム通知設定
セルフモード
メモリリフレッシュ
設定リセット
端末初期化
ソフトウェア更新
クイック検索接続
先設定
イマドコかんたん
サーチ
イマドコサーチ
iエリアー周辺情報ー
GPS アプリ一覧
現在地確認/通知 現在地確認
現在地通知
地図 ・GPS 設定/ 位置履歴
履歴
地図設定
GPS ボタン設定
位置提供設定
オート GPS
測位モード設定
現在地通知先登録
サービス利用設定
大項目
地図/海外
中項目
小項目
地図 ・GPS 設定/ サービス利用/接
履歴
続先設定
イルミネーション/
鳴動音設定
海外ネットワーク 3G / GSM 切替
サーチ
ネットワークサー
チ設定
優先ネットワーク設定
オペレータ名表示設定
在圏状態表示
再検索アイコン表
示設定
海外設定
お問合せ(海外)
サブ時計設定
ローミング時着信規制
ローミング着信通知
ローミングガイダンス
国際ダイヤルアシ
スト
モードサービス
利用設定
メール/メッセー
ジ利用設定
ネットワークサービス
海外ご利用ガイド
iコンシェル
プロフィール
おサイフケータイ IC カード一覧
DCMX
トルカ
IC カードロック
設定
設定
IC オーナー確認
IC オーナー変更
モードで探す
IC カードロック
電源 OFF 時 IC
ロック設定
オートロック設定
トルカ設定
放送トルカ取得設定
IC カード通知設定
主な仕様
本 体
その他
品名
N-05C
サイズ(閉じているとき)
高さ約 115mm ×幅約 52mm ×厚さ約 14.7mm(最厚部約 16.3mm)
質量
約 133g(電池パック装着時)
連続待受時間 FOMA シングルモード [FOMA / 3G]
静止時(「自動」設定時※ 1) :約 700 時間
移動時(「3G」設定時※ 1) :約 520 時間
移動時(「自動」設定時※ 1) :約 470 時間
[GSM]
静止時(「自動」設定時※ 1) :約 310 時間
Wi-Fi シングルモード 通常プロファイル
:約 510 時間
ホームUプロファイル
:約 430 時間
DUAL モード
通常プロファイル
:約 350 時間
ホームUプロファイル
:約 280 時間
連続通話時間 FOMA 音声電話
[FOMA / 3G]
音声電話時
:約 240 分
テレビ電話時 :約 100 分
[GSM]
音声電話時
:約 240 分
Wi-Fi 音声電話
通常プロファイル
パワーセーブ OFF 時
:約 500 分
パワーセーブ ON(Legacy)時
:約 1,040 分
パワーセーブ ON(U-APSD)時 :約 1,040 分
ホームUプロファイル 約 470 分
充電時間
AC アダプタ:約 130 分 DC アダプタ:約 130 分
ワンセグ視聴時間
約 300 分(ワンセグ eco モード時:約 380 分)
ディスプレイ 方式
TFT 16,777,216 色
サイズ
約 3.4inch
画素数
409,920 画素(480 × 854 ドット)
撮像素子
種類
CMOS
サイズ
1/3.2inch
有効画素数
約 810 万画素
カメラ部
記録画素数(最大時) 約 800 万画素
ズーム(デジタル) 最大約 32.0 倍
記録部
静止画記録枚数
最大約 1,300 枚※ 2
静止画連続撮影
5 ∼ 108 枚※ 3
静止画ファイル形式 JPEG
動画録画時間
本体保存時:約 83 秒※ 4
microSD カード(2G バイト)保存時:約 120 分※ 4
動画ファイル形式
MP4
ワンセグ録画時間
microSD カード(2G バイト)保存時:最大約 640 分(合計)※ 5
95
音楽再生
連続再生時間
iモーション
着うたフル ®
SD-Audio
Windows Media Audio(WMA)ファイル
Music&Video チャネル
保存容量
無線 LAN ※ 10
着うた ®・着うたフル ®
方式
約 540 分※ 6
約 1,800 分※ 6 ※ 7
約 1,800 分※ 6 ※ 7
約 1,920 分※ 7
約 2,160 分(音声)※ 7
約 540 分(動画)
約 202M バイト※ 8 ※ 9
IEEE802.11b、IEEE802.11g、IEEE802.11n(2.4GHz)準拠
※ 1: ネ ッ ト ワ ー ク の 接 続 切 り 替 え 設 定 は、「3G /
GSM 切替」で行います。
※ 2: サイズ= QVGA(320 × 240)、画質=ファイン
(ファイルサイズ= 25K バイト)の場合です。
※ 3: サイズによって異なります。
※ 4: 以下の条件での 1 件あたりの録画時間です。
<本体>
サイズ= VGA(640 × 480)、画質/音質=標準、
ファイルサイズ= 10MB、音声設定= ON
< microSD カード(2G バイト)>
サイズ= VGA(640 × 480)、画質/音質=標準、
ファイルサイズ=無制限、音声設定= ON
※ 5:
※ 6:
※ 7:
※ 8:
放送局、番組によって最大録画時間は異なります。
ファイル形式= AAC 形式
バックグラウンド再生対応
着うた ® としては、シークレットフォルダには別
途最大約 10M バイトの保存容量があります。
※ 9: 画像、iモーション、メロディ、PDF データ、画
面メモ、ミュージック、Music&Video チャネル、
きせかえツール、マチキャラ、インターネット動
画、トルカ、iアプリ、フォント、コンテンツパッ
ケージと共有
※ 10:本製品の無線 LAN は Wi-Fi 認証を取得しています。
電池パック
品名
使用電池
電池パック N26
リチウムイオン電池
公称電圧
公称容量
DC 3.8V
880mAh
FOMA端末の主な保存・登録・保護件数
電話帳
ワンセグ
種別
スケジュール
その他
メール
(SMS とiモードメール
の合計)
96
iアプリ
静止画
動画/iモーション
きせかえツール
着うたフル ®
テレビリンク
視聴予約
録画予約
スケジュール
休日
受信メール
送信メール
保存メール
保存・登録可能件数
最大 1,000 ※ 1
50
100
100
2,500 ※ 2
100
最大 2,500 ※ 3 ※ 4 ※ 5
最大 1,000 ※ 3 ※ 4
最大 200 ※ 3
最大 200 ※ 3(メール連動型iアプリは 5)
最大 3,500 ※ 3 ※ 6 ※ 7
最大 3,500 ※ 3 ※ 6 ※ 8
最大 3,500 ※ 3 ※ 6
約 67 ※ 3 ※ 9
保護可能件数
−
−
−
−
−
−
最大 2,500 ※ 3
最大 500 ※ 3
−
−
−
−
−
−
※ 1: 50 件までドコモ UIM カードに保存できます。
※ 2: iスケジュールを含みます。
※ 3: データ量によって実際に保存・登録、保護できる
件数が少なくなる場合があります。
※ 4: SMS の場合は、さらに受信メールと送信メールを合
わせて 20 件までドコモ UIM カードに保存できます。
※ 5:「メール」フォルダに保存されている
「NEW iモーション!」のメール件数を含みます。
※ 6: お買い上げ時に登録されているデータを含みます。
※ 7: シークレットフォルダには別途最大 250 件保存できます。
※ 8: シークレットフォルダには別途最大 10 件保存できます。
※ 9: 1 曲のサイズを 3M バイトとした場合の保存件数です。
携帯電話機の比吸収率(SAR)
携帯電話機の比吸収率(SAR)について
この機種 N-05C の携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収に関する技術基準および電波防護の国際ガイ
ドラインに適合しています。
この携帯電話機は、国が定めた電波の人体吸収に関する技術基準 ※ 1 ならびに、これと同等な国際ガイドラ
インが推奨する電波防護の許容値を遵守するよう設計されています。この国際ガイドラインは世界保健機関
(WHO)と協力関係にある国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が定めたものであり、その許容値は使
用者の年齢や健康状況に関係なく十分な安全率を含んでいます。
国の技術基準および国際ガイドラインは電波防護の許容値を人体頭部に吸収される電波の平均エネルギー
量を表す比吸収率(SAR:Specific Absorption Rate)で定めており、 携帯電話機に対する SAR の許容値
は 2.0W/kg です。この携帯電話機の側頭部における SAR の最大値は 0.255W/kg です。個々の製品によって
SAR に多少の差異が生じることもありますが、いずれも許容値を満足しています。
携帯電話機は、携帯電話基地局との通信に必要な最低限の送信電力になるよう設計されているため、実際に
通話している状態では、通常 SAR はより小さい値となります。一般的には、基地局からの距離が近いほど、
携帯電話機の出力は小さくなります。
この携帯電話機は、側頭部以外の位置でも使用可能です。NTT ドコモ推奨のキャリングケース等のアクセ
サリを用いて携帯電話機を身体に装着して使用することで、この携帯電話機は電波防護の国際ガイドライン
を満足します。※ 2 NTT ドコモ推奨のキャリングケース等のアクセサリをご使用にならない場合には、身
体から 1.5 センチ以上の距離に携帯電話機を固定でき、金属部分の含まれていない製品をご使用ください。
世界保健機関は、モバイル機器の使用に関して、現在の科学情報では人体への悪影響は確認されていないと
表明しています。もし個人的に心配であれば、通話時間を抑えたり、頭部や体から携帯電話機を離して使用
することが出来るハンズフリー用機器を利用しても良いとしています。
さらに詳しい情報をお知りになりたい場合には世界保健機関のホームページをご参照ください。
その他
http://www.who.int/docstore/peh-emf/publications/facts_press/fact_japanese.htm
SAR について、さらに詳しい情報をお知りになりたい方は、下記のホームページをご参照ください。
総務省のホームページ http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/ele/index.htm
社団法人電波産業会のホームページ http://www.arib-emf.org/index02.html
ドコモのホームページ http://www.nttdocomo.co.jp/product/sar/
NEC カシオモバイルコミュニケーションズのホームページ http://www.n-keitai.com/lineup/sar/
※ 1: 技術基準については、電波法関連省令(無線設備規則第 14 条の2)で規定されています。
※ 2: 携帯電話機本体を側頭部以外でご使用になる場合の SAR の測定法については、平成 22 年 3 月に国際
規格(IEC62209-2)が制定されましたが、国の技術基準については、情報通信審議会情報通信技術
分科会に設置された電波利用環境委員会にて審議している段階です。(平成 23 年 6 月現在)
97
Radio Frequency (RF) Signals
THIS MODEL PHONE MEETS THE U.S. GOVERNMENT'S REQUIREMENTS FOR EXPOSURE TO RADIO WAVES.
Your wireless phone contains a radio transmitter and receiver. Your phone is designed and manufactured
not to exceed the emission limits for exposure to radio frequency (RF) energy set by the Federal
Communications Commission of the U.S. Government. These limits are part of comprehensive guidelines
and establish permitted levels of RF energy for the general population. The guidelines are based on
standards that were developed by independent scientific organizations through periodic and thorough
evaluation of scientific studies.
The exposure standard for wireless mobile phones employs a unit of measurement known as the Specific
Absorption Rate (SAR). The SAR limit set by the FCC is 1.6 W/kg.* Tests for SAR are conducted using
standard operating positions accepted by the FCC with the phone transmitting at its highest certified
power level in all tested frequency bands. Although the SAR is determined at the highest certified power
level, the actual SAR level of the phone while operating can be well below the maximum value. This is
because the phone is designed to operate at multiple power levels so as to use only the power required
to reach the network. In general, the closer you are to a wireless base station antenna, the lower the
output.
Before a phone model is available for sale to the public, it must be tested and certified to the FCC
that it does not exceed the limit established by the U.S. government-adopted requirement for safe
exposure. The tests are performed on position and locations (for example, at the ear and worn on the
body) as required by FCC for each model. The highest SAR value for this model phone as reported to
the FCC when tested for use at the ear is 0.25 W/kg, and when worn on the body, is 0.45 W/kg. (Bodyworn measurements differ among phone models, depending upon available accessories and FCC
requirements). While there may be differences between the SAR levels of various phones and at various
positions, they all meet the U.S. government requirement.
The FCC has granted an Equipment Authorization for this model phone with all reported SAR levels
evaluated as in compliance with the FCC RF exposure guidelines. SAR information on this model phone is
on file with the FCC and can be found under the Display Grant section at https://gullfoss2.fcc.gov/oetcf/
eas/reports/GenericSearch.cfm after search on FCC ID A98-JZW0935.
For body worn operation, this phone has been tested and meets the FCC RF exposure guidelines when
used with an accessory designated for this product or when used with an accessory that contains no
metal and that positions the handset a minimum of 1.5 cm from the body.
Non-compliance with the above restrictions may result in violation of FCC RF Exposure guidelines.
*
In the United States, the SAR limit for wireless mobile phones used by the public is 1.6 watts/kg (W/kg) averaged over
one gram of tissue. SAR values may vary depending upon national reporting requirements and the network band.
その他
FCC Regulations
This mobile phone complies with part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two
conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any
interference received, including interference that may cause undesired operation.
This mobile phone has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital device,
98
pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide reasonable protection against
harmful interference in a residential installation.
This equipment generates, uses and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in
accordance with the instructions, may cause harmful interference to radio communications. However,
there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation; if this equipment does
cause harmful interference to radio or television reception, which can be determined by turning the
equipment off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the
following measures:
・ Reorient or relocate the receiving antenna.
・ Increase the separation between the equipment and receiver.
・ Connect the equipment into an outlet on a circuit different from that to which the receiver is
connected.
・ Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.
Changes or modifications not expressly approved by the party responsible for compliance could void the
user's authority to operate the equipment.
Declaration of Conformity
The product“N-05C”is declared to conform with the essential requirements of European Union Directive
1999/5/EC Radio and Telecommunications Terminal Equipment Directive 3.1 (a), 3.1 (b) and 3.2.
The Declaration of Conformity can be found on http://www.n-keitai.com/lineup/index.html (Japanese only).
This mobile phone complies with the EU requirements for exposure to radio waves.
Your mobile phone is a radio transceiver, designed and manufactured not to exceed the SAR*
limits** for exposure to radio-frequency (RF) energy, which SAR* value, when tested for compliance
against the standard was 0.345 W/kg. While there may be differences between the SAR* levels of
various phones and at various positions, they all meet*** the EU requirements for RF exposure.
*
**
***
The exposure standard for mobile phones employs a unit of measurement known as the Specific Absorption
Rate, or SAR.
The SAR limit for mobile phones used by the public is 2.0 watts/kilogram (W/kg) averaged over ten grams of
tissue, recommended by The Council of the European Union. The limit incorporates a substantial margin of
safety to give additional protection for the public and to account for any variations in measurements.
Tests for SAR have been conducted using standard operating positions with the phone transmitting at its
highest certified power level in all tested frequency bands. Although the SAR is determined at the highest
certified power level, the actual SAR level of the phone while operating can be well below the maximum value.
This is because the phone is designed to operate at multiple power levels so as to use only the power required
to reach the network. In general, the closer you are to a base station antenna, the lower the power output.
本製品および付属品は、日本輸出管理規制(
「外国為替及び外国貿易法」およびその関連法令)の適用を受け
る場合があります。本製品および付属品を輸出する場合は、お客様の責任および費用負担において必要となる
手続きをお取りください。詳しい手続きについては、経済産業省へお問い合わせください。
99
その他
輸出管理規制
知的財産権
著作権・肖像権について
お客様が本製品を利用して撮影またはインターネット上
のホームページからのダウンロード等により取得した文
章、画像、音楽、ソフトウェアなど第三者が著作権を有
するコンテンツは、私的使用目的の複製や引用など著作
権法上認められた場合を除き、著作権者に無断で複製、
改変、公衆送信等することはできません。
実演や興行、展示物などには、私的使用目的であっても
撮影または録音を制限している場合がありますのでご注
意ください。
また、お客様が本製品を利用して本人の同意なしに他人
の肖像を撮影したり、撮影した他人の肖像を本人の同意
なしにインターネット上のホームページに掲載するなど
して不特定多数に公開することは、肖像権を侵害するお
それがありますのでお控えください。
商標について
その他
・ 「FOMA」「声の宅配便」「ホームU」「iモード」「iアプリ」
「 i モ ー シ ョ ン 」「 i コ ン シ ェ ル 」「 i ウ ィ ジ ェ ッ ト 」
「 i ア プ リ コ ー ル 」「 i ス ケ ジ ュ ー ル 」「 デ コ メ ー ル ®」
「デコメ ®」「デコメ絵文字 ®」「デコメアニメ ®」「キャラ電」
「トルカ」「ケータイデータお預かりサービス」「おまかせ
ロ ッ ク 」「mopera U」「WORLD CALL」「 デ ュ ア ル ネ ッ
ト ワ ー ク 」「 i チ ャ ネ ル 」「 お サ イ フ ケ ー タ イ 」「DCMX」
「 セ キ ュ リ テ ィ ス キ ャ ン 」「 i エ リ ア 」「WORLD WING」
「公共モード」「メッセージ F」「マルチナンバー」「イマドコ
サーチ」「イマドコかんたんサーチ」「iCお引っこしサー
ビ ス 」「 マ チ キ ャ ラ 」「OFFICEED」「2in1」「Music&Video
チャネル」「メロディコール」「エリアメール」「きせかえ
ツール」「docomo SMART series」および「iC」ロゴは
NTT ドコモの商標または登録商標です。
・ キャッチホンは日本電信電話株式会社の登録商標です。
・ McAfee®、 マ カ フ ィ ー ® は 米 国 法 人 McAfee,Inc. ま
たはその関係会社の米国またはその他の国における
登録商標です。
・ Powered by JBlend ™ Copyright
100
2002-2011 Aplix Corporation.
All rights reserved. JBlend および
JBlend に関連する商標は、日本およ
びその他の国における株式会社アプリックス
の商標または登録商標です。
・
はフェリカネットワークス株式会社の登録商標です。
・ QR コードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
・ microSDHC ロゴは SD-3C, LLC の商標です。
・ 「バザールでござーる」は日本電気株式会社の商標ま
たは登録商標です。
・ 「ピクトマジック」「感情お知らせメール」「みんな N
らんど」「ライフヒストリービューア」「クイックイン
フォ」「タッチスタイル」「コミュニケーションスタイ
ル」「メディアスビューア」「フォト文字クリエイター」
「Enjoy Exercise」「SP-VIEW」「 ク イ ッ ク シ ョ ッ ト 」
「Quick Shot」「アートフォト」「なめらかワンセグ」
は NEC カシオモバイルコミュニケーションズ株式会社
の商標または登録商標です。
・ QuickTime は、米国および他の国々で登録された米
国 Apple Inc. の登録商標です。
・ Microsoft® および Windows®、Windows Media®、Windows
Vista® は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他
の国における商標または登録商標です。
・ T9® は Nuance Communications, Inc.,
および米国その他の国における Nuance
所有法人の商標または登録商標です。
・ Powered By Mascot Capsule®/Micro3D Edition ™
MASCOT CAPSULE® は株式会社エイチアイの登録商
標です。
・ PhotoSolid®、MovieSolid®、QuickPanorama® お
よびロゴマークは、株式会社モルフォの日本ならび
にその他の国における登録商標または商標です。
・ IrSimple ™、IrSimpleShot ™、IrSS ™、
OBEX ™は Infrared Data Association の
商標です。
・ Google は、Google Inc. の登録商標です。
・ 「CROSS YOU」は、ソニー株式会社の商標です。
・ Wi-Fi®、Wi-Fi Alliance®、WMM®、WPA®、Wi-Fi ロゴ、
Wi-Fi CERTIFIED ロゴおよび Wi-Fi Protected Setup
ロゴは Wi-Fi Alliance の登録商標です。
・ Wi-Fi CERTIFIED ™ お よ び Wi-Fi Protected Setup ™
は Wi-Fi Alliance の商標です。
・ らくらく無線スタートは NEC アクセステクニカ株式
会社の登録商標です。
・
および、AOSSTM は株式会社バッファロー
の商標です。
・ DLNA、DLNA 認 証 ロ ゴ は Digital Living Network
Alliance の登録商標あるいは認定マークです。
・ その他本文中に記載されている会社名および商品名
は、各社の商標または登録商標です。
その他
・ 本製品は、MPEG-4 Visual Patent Portfolio License
に基づきライセンスされており、お客様が個人的か
つ非営利目的において以下に記載する場合において
のみ使用することが認められています。
- MPEG-4 Visual の 規 格 に 準 拠 す る 動 画( 以 下、
MPEG-4 Video)を記録する場合
- 個人的かつ非営利的活動に従事する消費者によっ
て記録された MPEG-4 Video を再生する場合
- MPEG-LA よりライセンスをうけた提供者により
提供された MPEG-4 Video を再生する場合
プロモーション、社内用、営利目的などその他の用
途に使用する場合には、米国法人 MPEG LA, LLC に
お問い合わせください。
・ FeliCa は、ソニー株式会社が開発した非接触 IC カードの技
術方式です。FeliCa は、ソニー株式会社の登録商標です。
・ 本製品は Adobe Systems Incorporated の Adobe®
Flash® Player、Adobe® Flash® Lite® および Adobe
Reader® Mobile テクノロジーを搭載しています。
Adobe Flash Player Copyright© 1996-2011 Adobe
Systems Incorporated. All rights reserved.
Adobe Flash Lite Copyright© 2003-2011 Adobe
Systems Incorporated. All rights reserved.
Adobe Reader Mobile Copyright© 19932011 Adobe Systems Incorporated. All rights
reserved.
Adobe、Adobe Reader、Flash、および Flash Lite は
Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)
の米国ならびにその他の国における登録商標
または商標です。
Copyright© 2011 ACCESS CO.,
LTD. All rights reserved.
・ 本製品の一部分に Independent JPEG Group が開発し
たモジュールが含まれています。
・ 本製品は、株式会社 ACCESS の IrFront を搭載しています。
IrFront は、日本国、米国、および
その他の国における株式会社 ACCESS
の登録商標または商標です。
・ The IrDA® Feature Trademark is owned by the Infrared
Data Association and used under license therefrom.
・ 文字変換は、オムロンソフトウェア株式会社の iWnn
を使用しています。
iWnn©OMRON SOFTWARE Co., Ltd. 2008-2011 All
Rights Reserved.
・「AXIS フォント」は株式会社アクシスの登録商標で
す。また、「AXIS」フォントは タイププロジェクト
株式会社が制作したフォントです。
・ ドルビーラボラトリーズからの実施権に基づき製造
されています。Dolby、ドルビー及びダブル D 記号
はドルビーラボラトリーズの商標です。
・ この製品は Audyssey からのライセンスに基づいて
製造されています。Audyssey 社の技術は米国と各国
の特許で保護されています。
2002 年に設立された Audyssey は、プロ用と民生用
のオーディオ研究に基づいたイコライゼーション技
術の業界リーダーです。
・ ハイパークリアボイスは SRS Labs, Inc.
よりライセンスされた SRS VIP+ 技術に
基づき製品化されています。
SRS、VIP+、および
記号は SRS Labs, Inc. の商標です。
・ SRS TruSpeed ™は、元の音程を保持
しつつ、録音内容の再生速度を変える
ことができます。
101
その他
・ コンテンツ所有者は、
WMDRM(Windows Media digital rights management)
技術によって著作権を含む知的財産を保護しています。本製
品は、WMDRM ソフトウェアを使用して WMDRM 保護コン
テンツにアクセスします。WMDRM ソフトウェアがコンテン
ツを保護できない場合、保護コンテンツを再生またはコピー
するために必要なソフトウェアの WMDRM 機能を無効にす
るよう、コンテンツ所有者は Microsoft に要求することがで
きます。無効にすることで保護コンテンツ以外のコンテンツ
が影響を受けることはありません。保護コンテンツを利用す
るためにライセンスをダウンロードする場合、Microsoft が
ライセンスに無効化リストを含める場合がありますのであら
かじめご了承ください。コンテンツ所有者はコンテンツへの
アクセスに際し、WMDRM のアップグレードを要求するこ
とがあります。アップグレードを拒否した場合、アップグレー
ドを必要とするコンテンツへのアクセスはできません。
・ 本製品は、株式会社 ACCESS の NetFront Browser、
NetFront Document Viewer、NetFront Sync
Client を搭載しています。ACCESS、ACCESS ロゴ、
NetFront は、日本国、米国、およびその他の国にお
ける株式会社 ACCESS の登録商標
または商標です。
・ 本製品には GNU General Public License(GPL)、GNU
Lesser General Public License(LGPL)その他に基づ
きライセンスされるソフトウェアが含まれています。
当該ソフトウェアに関する詳細はメニュー→「データ
BOX」→「マイドキュメント」→「iモード」→「GPL/
LGPL ライセンス説明」をご参照ください。
・ 本製品に搭載している HMM 音声合成エンジンは、
修正 BSD ライセンスを使用しています。
その他
The HMM-Based Speech Synthesis System (HTS)
hts_engine API developed by HTS Working Group
http://hts-engine.sourceforge.net/
Copyright © 2001-2010 Nagoya Institute of
Technology, Department of Computer Science 20012008 Tokyo Institute of Technology, Interdisciplinary
Graduate School of Science and Engineering
All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms,
with or without modification, are permitted provided
that the following conditions are met:
- Redistributions of source code must retain the
above copyright notice, this list of conditions and
the following disclaimer.
- Redistributions in binary form must reproduce the
above copyright notice, this list of conditions and
the following disclaimer in the documentation and/
or other materials provided with the distribution.
- Neither the name of the HTS working group nor the
names of its contributors may be used to endorse
or promote products derived from this software
without specific prior written permission.
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE COPYRIGHT HOLDERS AND
CONTRIBUTORS "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES,
INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF
MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE
ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE COPYRIGHT OWNER OR
CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL,
SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING,
BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS
OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS
INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF
LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT
(INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT
OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY
OF SUCH DAMAGE.
・ 本製品は、データ放送 BML ブラウザとして、株式会社
ACCESS の NetFront DTV Profile Wireless Edition を搭載
102
しています。
本製品は、放送コンテンツ起動機能として、株式会社
ACCESS の Media:/ メディアコロン仕様を採用しています。
Copyright© 1996-2011 ACCESS CO., LTD.ACCESS、
NetFront 及び Media:/ メディアコロンは、株式会社
ACCESS の日本国またはその他の国における商標または登
録商標です。
・ 本製品は、株式会社 ACCESS の NetFront Living
Connect を搭載しています。
・ フレーム補間機能には株式会社モルフォの
FrameSolidTM を採用しております。FrameSolidTM は
株式会社モルフォの商標です。
・ Bluetooth とそのロゴマークは、Bluetooth SIG, INC の登録商
標で、株式会社 NTT ドコモはライセンスを受けて使用していま
す。その他の商標および名称はそれぞれの所有者に帰属します。
・ 本製品はジェスチャーテックの技術を搭載しております。
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
Copyright ©2006-2011, GestureTek, Inc.All Rights Reserved.
©2010 Q Entertainment Inc.
©2004 BANDAI/NBGI
©Primeworks/catalyst mobile
©ATR-Trek Co.,Ltd.
©MTI Ltd.
©2010 Google - 地図データ ©2010 ZENRIN
© 駅探
©1986-2010 NBGI
©2004-2010 NBGI
© タカラトミーエンタメディア
© 赤塚不二夫 / ぴえろ
© タツノコプロ
©TOMY
TM & ©Felix the Cat Productions, Inc. All Rights Reserved
©DAIKIN.H.T., 2000
©SUGAR
©2010 CMP/CP
©1999-2011 CYBIRD
Windowsの表記について
・ 本書では各 OS(日本語版)を次のように略して表記
しています。
- Windows 7 は、Microsoft® Windows® 7(Starter、
Home Basic、Home Premium、Professional、
Enterprise、Ultimate)の略です。
- Windows Vista は、Windows Vista®(Home
Basic、Home Premium、Business、Enterprise、
Ultimate)の略です。
- Windows XP は、Microsoft® Windows® XP
Professional operating system または Microsoft®
Windows® XP Home Edition operating system
の略です。
English(Quick Manual)
Illumination/Charge lamp/
Recording indicator
Display (Touchpanel)
J key
Display the Main Menu
Earpiece/Speaker
Illuminance sensor*
* Do not cover with a finger
or a sticker.
u key
Start the Camera
Multi-function keys
p key
Display the iMenu
i key
Display the Main Menu
t Back (Clear) key/
i-Channel key
Return to the previous step
Delete entered characters
Display the i-Channel
o key
Display the Mail Menu
r Start key
Make/Answer calls
y Power/End/Hold key
Dial keys
Enter phone numbers, characters
and numbers
q /Manner key
w /Public mode (Drive mode) key
Mouthpiece/Microphone
FOMA antenna/GPS antenna
Antenna is built-in. Do not cover the antenna part with
your hands. Doing so may affect the signal quality.
N Screen lock/MULTI key
Set Public mode (Drive mode)
Camera
Illumination/
Charge lamp/
Recording indicator
Lock key operations when
the FOMA terminal is
closed
Display the task change
screen
Infrared data port
microSD card slot
(inside)
その他
e mark
1Seg antenna
Charging terminal
103
Adding to phonebook
① i ➜“TEL function”➜“Phonebook”➜“Add to
phonebook”
● To add data from Received calls
On the standby screen ➜ h ➜ Select Received
calls ➜ i (Submenu) ➜“Add to phonebook”
● To add data from Redial
On the standby screen ➜ j ➜ Select Redial ➜
i (Submenu) ➜“Add to phonebook”
② Select the destination ➜ Enter a name ➜ Check the
reading of the name ➜ d (Set)
③ Select items and enter them
その他
Group (01 - 19, No group)
<Group> ➜ Select a group
Phone number (up to 5)
<Phone number> ➜ Enter phone number
➜ Select an icon
Mail address (up to 5)
<Mail address> ➜ Enter mail address ➜
Select an icon
Address
<Address> ➜ Enter zip code ➜ Enter address
Location information
<Loc. info> ➜ Add location information
Birthday
<Birthday> ➜ Enter birthday ➜ Set reminder
Memorandums
<Memo> ➜ Enter memo
Image
<Image> ➜ Take a photo or select an image
Chara-den
<Chara-den> ➜ Select Chara-den
Memory number (000 - 999)
➜ Enter memory No.
④ u (Finish)
Only name, reading, group, phone number and mail
address can be added to a UIM.
104
Editing/Deleting phonebook data
■ Edit phonebook data
Open the Phonebook detail screen ➜ i (Submenu)
➜“Edit”➜ Edit the items if necessary ➜ u (Finish)
➜“YES”(For the UIM, press u (Finish) and select
“Overwrite”➜“YES”)
■ Delete phonebook data
Open the Phonebook list screen ➜ i (Submenu) ➜
“Delete”➜“Delete this”➜“YES”
Entering text
■ Text entry (edit) screen
Text entry area
Operation guidance area
Information display area
■ Input mode
… Kanji/Hiragana
… Number
… Katakana … Kuten code
… Alphabet
■ Switch text entry modes
o (Chrct) (1 second or longer)
■
■
■
■
The modes switch as follows:
5-touch ➜ 2-touch ➜ T9 input
Enter dakuten, han-dakuten
w (once or more)
Enter punctuation marks
q (once or more)
Switch to kanji/hiragana, katakana, alphabet or number mode
o ➜ Select input mode
Enter pictograms, symbols, face marks, URL
p (PI・SB) ➜ Press i or u to change tabs ➜
Select pictograms, etc. (In case of pictograms or
symbols, press t after entering)
■ Clear character
Use b to move the cursor to the character to clear ➜ t
■ Enter space
j (Only when the cursor is at the end of the text)
■ Insert a line feed
w
g (Only when the cursor is at the end of the text)
■ Switch the upper case/lower case of entered text
w
Entering“携帯”on Memo
■ Memo entry (edit) screen
i ➜“Tool”➜“Memo”➜ u (New) ➜“詳細”➜ Select
input mode ➜ Activate Kanji/Hiragana input mode ➜
け ➜ 2 four times, い ➜ 1 twice,
た ➜ 4 once, い ➜ 1 twice
■ Text conversion
p (CHG) ➜ c ➜ b ➜ Select“携帯”from the candidates
Camera
■ Photo mode
i ➜“CAMERA/TV/MUSIC”➜“Camera”➜“Still image
shooting”➜ d (Shoot) ➜ d (Save)
■ Continuous shot
i ➜“CAMERA/TV/MUSIC”➜“Camera”➜“Still image
shooting”➜ i (Submenu) ➜“Continuous shot”➜
d (Cont.) ➜ p (Save) ➜ Select saving method
setting”➜“Select area”➜ Select an area ➜ Select
prefecture ➜“YES”
■ Switch the channel list
i ➜“CAMERA/TV/MUSIC”➜“1Seg”➜“Channel
list”➜ Select a channel list
■ Watch 1Seg
i ➜“CAMERA/TV/MUSIC”➜“1Seg”➜“Activate 1Seg”
■ Record 1Seg
Press d (1 second or longer) while watching 1Seg: record 1Seg
Press d while recording 1Seg : stop recording
Press d while watching 1Seg : capture 1Seg
Viewing photo, Playing moving picture/melody
■ Display a photo
i ➜“Data box”➜“My picture”➜ Select folder ➜ Select photo
■ Play a moving picture
i ➜“Data box”➜“i-motion/Movie”➜ Select
folder ➜ Select moving picture
■ Play melody
i ➜“Data box”➜“Melody”➜ Select folder ➜ Select melody
Using the music player
■ Play music
i ➜“Data box”➜“MUSIC”➜ Select folder ➜
Highlight a track ➜ u (Play)
Making/Receiving videophone calls
■ Make a videophone call
Enter a phone number ➜ u (V.phone) ➜ Press y after talking
1Seg
■ Register channel list
i ➜“CAMERA/TV/MUSIC”➜“1Seg”➜“Channel
Receive a videophone call
When the ring tone sounds and the incoming call lamp
flashes, press r or d (Subst.) ➜ Press y after talking
During a call
u : Switch handsfree (ON/OFF)
その他
■
■ Movie mode
i ➜“CAMERA/TV/MUSIC”➜“Camera”➜“Movie shooting”
➜ d (Record) ➜ d (Stop) ➜ d (Save)
■
105
Check new messages
i-mode mail
o (1 second or longer)
Composing/Sending i-mode mail
Network Services
Address
Subject
Voice mail Service
■ Activate
i ➜“TEL function”➜“Voice mail service”➜“Activate”
➜“YES”➜“YES”➜ Enter the ring time (seconds)
■ Deactivate
i ➜“TEL function”➜“Voice mail service”➜
“Deactivate”➜“YES”
■ Play messages
i ➜“TEL function”➜“Voice mail service”➜“Play
messages”➜“Play (voice call)”or“Play (videophone)”➜
“YES”➜ Follow the voice instructions
Message
■ Open the New mail screen
o ➜ o (New mail)
■ Enter an address
“
<No address>”➜ Enter an address
■ Enter a subject
“
<No subject>”➜ Enter a subject
■ Enter the main text
“
<No message>”➜ Enter the main text
Call waiting
■ Send mail
u (Send)
■ Activate
i ➜“TEL function”➜“Other network serv.”➜“Call
waiting”➜“Activate”➜“YES”
Attaching files
■ Deactivate
document, ToruCa, or other data
i ➜“TEL function”➜“Other network serv.”➜“Call
waiting”➜“Deactivate”➜“YES”
Open the New mail screen ➜“
<Add att. file>”
➜ Select an item ➜ Select a folder ➜ Select data
■ Answer another incoming call
Press r to switch to incoming call
Receiving i-mode mail
To switch the calls, press r.
■ Attach an image, i-motion, melody, PDF,
“
”flashes ➜ Received results screen appears ➜ Select“
”
Other mail functions
■ Reply to mail
その他
Open mail to reply to ➜ u (Reply) ➜“
”➜
Enter main text ➜ u (Send)
■ Forward mail
Open mail to forward ➜ i (Submenu) ➜“Reply/Forward”➜
“Forward”➜“
”➜ Enter a mail address ➜ u (Send)
106
Call forwarding Service
■ Activate
i ➜“TEL function”➜“Other network serv.”➜“Call
forwarding”➜“Activate”➜ Set a forwarding number
and the ring time, then select“Activate”➜“YES”
■ Deactivate
i ➜“TEL function”➜“Other network serv.”➜
“Call forwarding”➜“Deactivate”➜“YES”
Emergency call
Emergency call
Police emergency
Fire brigade/Ambulance
emergency
Maritime distress call
Phone number
110
119
118
: eco mode“ON”
: Auto-key lock“ON”
: USB cable connected in Communication mode
For Overseas Use
Making a call
107
その他
Making a call to outside your destination country
• Depending on the area you are calling from, you may not (including Japan)
be connected with the nearest police or fire department. ■ Make a call by dialing from the country code
On the standby screen, dial + (0 (1 second or
Main icons
longer)) ➜ Country code* ➜ Area code (City code) ➜
The other party's phone number ➜ r or
Icon display area
u (V.phone)
* The country code for Japan is“81”.
Making a local call in the country of stay
: Battery level
Dial the other party's phone number ➜ r or u (V.phone)
: FOMA signal strength
Receiving a call
: Wi-Fi signal strength
When you receive a voice/videophone call, press r.
After returning to Japan
: Appears when you are out of FOMA/Wi-Fi
When you return to Japan and turn on the power, the
service area
network will be automatically searched and connected to
the FOMA network (DOCOMO).
: i-mode in progress
■ Re-search the connectable operator
: Unread mail
i ➜“Map/Overseas”➜“Overseas NW search”➜
: During a voice call
“Network search setting”➜“Network re-search”
: Dial lock
When select“Manual”, select an operator.
: i-concier information
: Using Multitask
: Bluetooth
: microSD card inserted
: Vibrator set
: Ring volume set to“Silent”
: Manner mode set
: Public mode (Drive mode) set
: Alarm set
: Voice Mail message
: Record VP message set
Inquiries
General Inquiries <docomo
Information Center>
0120-005-250 (toll free)
* Service available in: English, Portuguese,
Chinese, Spanish, Korean.
* Unavailable from part of IP phones.
(Business hours : 9:00a.m. to 8:00p.m.)
■ From DOCOMO mobile phones
(In Japanese only)
(No prefix) 151 (toll free)
* Unavailable from land-line phones, etc.
(Business hours : 9:00a.m. to 8:00p.m.(open all year round))
■ From land-line phones
(In Japanese only)
0120-800-000 (toll free)
* Unavailable from part of IP phones.
(Business hours : 9:00a.m. to 8:00p.m.(open all year round))
Repairs
■ From DOCOMO mobile phones
(In Japanese only)
(No prefix) 113 (toll free)
* Unavailable from land-line phones, etc.
(Business hours : 24 hours(open all year round))
■ From land-line phones
(In Japanese only)
0120-800-000 (toll free)
* Unavailable from part of IP phones.
(Business hours : 24 hours(open all year round))
Lost & Stolen
■ Omakase Lock
• Charges will incur for application for Omakase
Lock.
Application is free if made at the same time as
application for service suspension or during
service suspension.
Set/Release Omakase Lock
0120-524-360
(Business hours : 24 hours(open all year round))
(In Japanese only)
* Unavailable from part of IP phones.
* Omakase Lock can be set/released from the My
docomo site on a PC, etc.
その他
● Please confirm the phone number before you dial.
● For Applications or Repairs and After-Sales Service, please contact the above-mentioned information center
108
or the docomo shop etc. near you on the NTT DOCOMO website or the i-mode site.
sNTT DOCOMO website http://www.nttdocomo.co.jp/english/
si-mode site iMenu ⇒お客様サポート (User support) ⇒ドコモショップ (docomo Shop)
* In Japanese only
Loss or theft of FOMA terminal or
payment of cumulative cost overseas
<docomo Information Center>
(available 24 hours a day)
■ From DOCOMO mobile phones
International call access code for the
country you stay
-81-3-6832-6600* (toll free)
* You are charged a call fee to Japan when calling
from a land-line phone, etc.
* If you use N-05C, you should dial the number +81-36832-6600 (to enter“+”, press and hold the“0”key
for at least one second).
■ From land-line phones
<Universal number>
Universal number international prefix
-8000120-0151*
* You might be charged a domestic call fee
according to the call rate for the country you
stay.
* For international call access codes for major countries
and universal number international prefix, refer to
DOCOMO International Services website.
Failures encountered overseas
<Network Support and Operation Center>
(available 24 hours a day)
■ From DOCOMO mobile phones
International call access code for the
country you stay
-81-3-6718-1414* (toll free)
* You are charged a call fee to Japan when calling
from a land-line phone, etc.
* If you use N-05C, you should dial the number +81-36718-1414 (to enter“+”, press and hold the“0”key
for at least one second).
■ From land-line phones
<Universal number>
Universal number international prefix
-8005931-8600*
* You might be charged a domestic call fee
according to the call rate for the country you
stay.
* For international call access codes for major countries
and universal number international prefix, refer to
DOCOMO International Services website.
● If you lose your FOMA terminal or have it stolen, immediately take the steps necessary for suspending the
use of the FOMA terminal.
● If the FOMA terminal you purchased is damaged, bring your FOMA terminal to a repair counter specified
by DOCOMO after returning to Japan.
その他
109
索引
あ
アイコンの見かた ....................................................... 25
アダプタ ..................................................................... 10
アフターサービス ....................................................... 85
アラーム ..................................................................... 74
暗証番号 ..................................................................... 39
安全上のご注意 .............................................................6
エリアメール .............................................................. 53
おサイフケータイ
おサイフケータイ .........................................................72
トルカ..............................................................................72
お知らせアイコン ....................................................... 26
オプション・関連機器 ................................................ 90
おまかせロック .......................................................... 41
オリジナルロック ....................................................... 41
音声クイック起動 ....................................................... 31
か
海外利用 ..................................................................... 48
各部の名称と機能 ..........................................................4
カメラ
静止画撮影 .....................................................................63
動画撮影..........................................................................63
きせかえツール .......................................................... 37
キャッチホン .............................................................. 47
緊急速報「エリアメール」.......................................... 53
公共モード(電源 OFF)............................................. 46
公共モード(ドライブモード)................................... 46
声の宅配便.................................................................. 44
国際電話 ..................................................................... 45
国際ローミング .......................................................... 48
故障かな?と思ったら ................................................ 82
さ
その他
材質一覧 ..................................................................... 12
再生
iモーション .................................................................71
Music&Video チャネル ...............................................68
音楽データ .....................................................................68
ビデオ..............................................................................66
ムービー..........................................................................71
110
再生制限 ..................................................................... 69
自局番号表示 .............................................................. 24
自動キーロック .......................................................... 41
自動受信(メール)..................................................... 52
充電 ............................................................................ 22
充電(防水/防塵について)....................................... 20
受信レベル(電波の強さ).......................................... 25
受話音量 ..................................................................... 45
仕様
電池パック .....................................................................96
保存・登録・保護件数 .................................................96
本体 ..................................................................................95
照明設定 ..................................................................... 35
初期設定 ..................................................................... 23
スキャン機能 .............................................................. 88
スキャン結果表示 .........................................................89
パターンデータ更新 .....................................................88
スケジュール .............................................................. 74
静止画撮影.................................................................. 63
赤外線通信.................................................................. 80
セキュリティスキャン(スキャン機能)..................... 89
設定リセット .............................................................. 43
ソフトウェア更新
アイコンから .................................................................87
メニューから .................................................................88
た
ダイヤルロック .......................................................... 41
ダウンロード
iアプリ..........................................................................70
iモーション .................................................................71
Music&Video チャネル ...............................................67
ウィジェットアプリ .....................................................70
着うたフル ® ...................................................................68
ムービー..........................................................................71
卓上ホルダ.................................................................. 22
タッチパネル .............................................................. 30
端末暗証番号 .............................................................. 39
端末初期化.................................................................. 43
地図 ............................................................................ 60
ドコモ UIM カード
取り扱い..........................................................................14
取り付け..........................................................................21
取り扱い上のご注意 ................................................... 13
トルカ ......................................................................... 72
な
ネットワーク暗証番号 ................................................ 39
ネットワークサービス ................................................ 47
は
バイブレータの設定 ................................................... 34
パソコンと接続する ................................................... 81
パターンデータ更新 ................................................... 88
発信者番号通知 .......................................................... 24
バーコードリーダー ................................................... 74
比吸収率(SAR)......................................................... 97
不在お知らせ .............................................................. 38
プライバシーアングル ................................................ 36
フルブラウザ
Bookmark ......................................................................58
画面メモ..........................................................................58
サイトの見かたと操作 .................................................57
プロフィール .............................................................. 24
防水/防塵性能 .......................................................... 17
保証 ............................................................................ 84
ボタン操作
iモード/フルブラウザ .............................................57
カメラ..............................................................................62
画面 ..................................................................................28
ミュージックプレーヤー .............................................69
文字入力..........................................................................32
ワンセグ..........................................................................66
ボタンの音を消す ....................................................... 35
ホームU ..................................................................... 76
ま
待受画面設定 .............................................................. 35
マチキャラを変える ................................................... 36
マナーモードの設定 ................................................... 35
ミュージック
音楽データを再生する .................................................68
ミュージックプレーヤー ............................................ 69
みんな N らんど .......................................................... 56
ムービー ..................................................................... 71
111
その他
知的財産権
商標 ............................................................................... 100
著作権・肖像権 .......................................................... 100
着うたフル ® ............................................................... 68
着信イルミネーション ................................................ 37
着信イルミネーションで確認 ..................................... 38
着信音 ......................................................................... 34
着信音量 ..................................................................... 34
着信拒否設定 .............................................................. 42
着信履歴 ..................................................................... 44
使いかたガイド .......................................................... 31
ディスプレイの見かた ................................................ 25
デコメアニメ ® ............................................................ 52
デコメ絵文字 ®・デコメ ® ピクチャ ............................ 33
デコメール ® ............................................................... 52
デスクトップアイコン ................................................ 26
テレビ電話
受ける..............................................................................45
海外利用..........................................................................49
かける..............................................................................44
伝言メモ設定 .............................................................. 46
転送でんわ.................................................................. 47
電池残量 ..................................................................... 25
電池パック
取り扱い............................................................................ 9
取り付け..........................................................................21
電波の強さ(受信レベル).......................................... 25
電話
受ける..............................................................................45
海外で利用する .............................................................48
海外にいる相手にかける .............................................45
電話帳からかける .........................................................44
電話番号を入力してかける .........................................44
リダイヤル/着信履歴からかける .............................44
電話帳
削除 ..................................................................................55
修正 ..................................................................................55
登録 ..................................................................................55
電話に出られないとき
公共モード(電源 OFF)...............................................46
公共モード(ドライブモード)...................................46
伝言メモ..........................................................................46
電話番号確認(自分)................................................. 24
動画撮影 ..................................................................... 63
登録外着信拒否 .......................................................... 42
ムービー(カメラ)..................................................... 62
メインメニュー
メインメニューの変更 .................................................27
メインメニューの見かた .............................................27
メニューの表示を変える .............................................36
メニュー一覧 .............................................................. 91
メール ......................................................................... 51
メールアドレスの自動取得 ........................................ 24
文字サイズ.................................................................. 36
文字入力 ..................................................................... 32
や
輸出管理規制 .............................................................. 99
ら
リダイヤル.................................................................. 44
留守番電話サービス ................................................... 47
ロック機能.................................................................. 41
ロック/セキュリティ
IC カードロック .............................................................41
おまかせロック .............................................................41
オリジナルロック .........................................................41
自動キーロック .............................................................41
ダイヤルロック .............................................................41
ロックバー設定 .............................................................42
ロックバー設定 .......................................................... 42
わ
ワンセグ ..................................................................... 65
英数字
その他
AC アダプタ ................................................................ 22
Bluetooth.................................................................. 75
接続 ..................................................................................75
注意事項..........................................................................15
データ送受信 .................................................................75
登録 ..................................................................................75
Bookmark ................................................................. 58
eco モード .................................................................. 38
FeliCa
おサイフケータイ .........................................................72
FOMA 端末の取り扱い ..................................................7
GPS ............................................................................ 60
オート GPS .....................................................................61
現在地確認 .....................................................................60
112
IC カードロック .......................................................... 41
i C 通信 ..................................................................... 81
iアプリ ..................................................................... 70
iウィジェット .......................................................... 70
iコンシェル .............................................................. 73
iチャネル.................................................................. 59
iモーション .............................................................. 71
iモード ..................................................................... 56
iモードサイトの表示 .................................................57
画面メモ..........................................................................58
iモード故障診断サイト ............................................ 86
iモードパスワード ................................................... 39
iモードメール
受信 ..................................................................................52
送信 ..................................................................................51
デコメアニメ ® ...............................................................52
デコメール ® ...................................................................52
問合せ..............................................................................53
ファイル添付 .................................................................51
返信 ..................................................................................53
JAN コード ................................................................. 74
microSD カード
取り付け/取り外し .....................................................77
利用 ..................................................................................77
Music&Video チャネル ............................................. 67
PIN コード(PIN1 / PIN2)...................................... 40
PIN ロック解除コード ................................................ 40
QR コード ................................................................... 74
Quick Manual ......................................................... 103
SMS ............................................................................ 54
Wi-Fi........................................................................... 76
アクセスポイントモード .............................................76
クライアントモード .....................................................76
注意事項..........................................................................15
WMA .......................................................................... 68
WORLD CALL ............................................................ 45
WORLD WING ........................................................... 48
このたびは、
「docomo SMART series N-05C」をお買い上げいただきまして、まこと
にありがとうございます。
N-05C をご利用の前に、本書をご覧になり、正しくお取り扱いください。
ご契約内容の確認・変更、各種サービスのお申込、各種資料請求をオンライン上で承っております。
N-05Cの操作説明について
N-05C の操作は、本書のほかに、「使いかたガイド」(本 FOMA 端末に搭載)や「取扱説明書(詳細版)」
(PDF ファイル)で説明しています。
■ 「取扱説明書」
(本書)
:画面の表示内容や基本的な機能の操作について説明します。
■ 「使いかたガイド」(本 FOMA 端末に搭載):よく使われる機能の概要や操作について説明します。
N-05C の待受画面で Iis「便利ツール」s「使いかたガイド」
■ 「取扱説明書(詳細版)」(PDF ファイル):すべての機能の詳しい案内や操作について説明します。
パソコンから : ドコモのホームページでダウンロード
http://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/manual/download/index.html
※ 本書の最新情報もダウンロードできます。なお、URL および掲載内容については、将来予告なしに変
更することがあります。
本体付属品について
■ 本体付属品
iモードから i Menu ⇒お客様サポート⇒お申込・お手続き⇒各種お申込・お手続き パケット通信料無料
⇒各種お申込・お手続き
パソコンから My docomo(http://www.mydocomo.com/)
※ iモードからご利用になる場合、「ネットワーク暗証番号」が必要となります。
※ iモードからご利用になる場合のパケット通信料は無料です。海外からのアクセスの場合は有料となります。
※ パソコンからご利用になる場合、「docomo ID /パスワード」が必要となります。
※「ネットワーク暗証番号」および「docomo ID /パスワード」をお持ちでない方・お忘れの方は取扱説明書
裏面の「総合お問い合わせ先」にご相談ください。
※ ご契約内容によってはご利用になれない場合があります。
※ システムメンテナンスなどにより、ご利用になれない場合があります。
マナーもいっしょに携帯しましょう
公共の場所で携帯電話をご利用の際は周囲へ
の心くばりを忘れずに。
こんな場合は必ず電源を切りましょう
■ 使用禁止の場所にいる場合
・航空機内、病院内や電車などの優先席付近では、必
ず携帯電話の電源を切ってください。
N-05C
(保証書、リアカバー N52 含む)
N-05C 取扱説明書(本書)
電池パック N26
卓上ホルダ N33
■ 本 FOMA 端末に対応したオプション品について→ P.90
本書のご使用にあたって
・ 本書では「N-05C」を「FOMA 端末」と表記させていただいております。
・ FOMA カード(緑色・白色)をご利用のお客様は、本書内に記載している「ドコモ UIM カード」は
「FOMA カード」と読み替えてください。
・ 本書の手順や画面は、主に本体色「WHITE」のお買い上げ時の設定で記載しています。また、本書では、画面を
見やすくするために「待受画面」の設定を「OFF」にした状態で、背景を白、文字を黒にして記載しています。
・ 本書に記載している画面およびイラストはイメージです。実際の製品とは異なる場合があります。
・ 本書の内容の一部、または全部を無断転載することは、禁止されています。
こんな場合は公共モードに設定しましょう
■ 運転中の場合
・運転中の携帯電話を手で保持しての使用は罰則の対
象となります。傷病者の救護または公共の安全の維
持など、やむを得ない場合を除きます。
■ 劇場・映画館・美術館など、公共の場所にいる場合
ドコモの環境への取り組み
取扱説明書の薄型化
本書では、基本的な機能の操作について説明するこ
とにより、取扱説明書の薄型化を図り、紙の使用量
を削減いたしました。
よく使われる機能や詳しい説明については、使いか
たガイド(本 FOMA 端末に搭載)やドコモのホーム
ページでご確認いただけます。
携帯電話の回収・リサイクル
携帯電話・PHS 事業者は、環境を保護し
貴重な資源を再利用するためにお客さま
が不要となってお持ちになる電話機・電
池・充電器をブランド・メーカー問わず
左記マークのあるお店で回収し、リサイ
クルを行っております。お近くのドコモ
ショップへお持ちください。
プライバシーに配慮しましょう
カメラ付き携帯電話を利用して撮影や画像送信を
行う際は、プライバシーなどにご配慮ください。
・この印刷物はリサイクルに配慮して製本されています。
不要となった際は、回収・リサイクルに出しましょう。
総合お問い合わせ先
〈ドコモ インフォメーションセンター〉
故障お問い合わせ先
■ドコモの携帯電話からの場合
■ドコモの携帯電話からの場合
151
(局番なしの)
(無料)
113
(局番なしの)
(無料)
※一般電話などからはご利用になれません。
※一般電話などからはご利用になれません。
■一般電話などからの場合 ■一般電話などからの場合 0120-800-000
0120-800-000
※一部の IP 電話からは接続できない場合があります。
受付時間 24 時間(年中無休)
※一部の IP 電話からは接続できない場合があります。
受付時間 午前9:00∼午後8:00(年中無休)
●番号をよくご確認の上、お間違いのないようにおかけください。
●各種手続き、故障・アフターサービスについては、上記お問い合わせ先にご連絡いただくか、ドコモホームページ、iモードサイトにてお近くの
ドコモショップなどにお問い合わせください。
ドコモホームページ http://www.nttdocomo.co.jp/ iモードサイト iMenu⇒お客様サポート⇒ドコモショップ
海外での故障について
〈ネットワークオペレーションセンター〉
(24 時間受付)
ドコモの携帯電話からの場合
ドコモの携帯電話からの場合
滞在国の国際電話
滞在国の国際電話
*
*
(無料)
(無料)
アクセス番号
アクセス番号
* 一般電話などでかけた場合には、日本向け通話料がかかります。
* 一般電話などでかけた場合には、日本向け通話料がかかります。
ご利用の場合は +81-3-6718-1414 でつながります。
※N-05Cから、
ご利用の場合は +81-3-6832-6600 でつながります。 ※N-05Cから、
(「+」
は
「0」
ボタンを1秒以上押します。)
(「+」
は
「0」
ボタンを1秒以上押します。)
-81-3-6718-1414
-81-3-6832-6600
一般電話などからの場合
-8000120-0151
ユニバーサルナンバー用
国際識別番号
11.6
-8005931-8600*
バーコード:N05CT2
’ 11.6
’
11.6(2版)
MDT-000156-JAA0 T
取扱説明書
* 滞在国内通話料などがかかる場合があります。
※主要国の国際電話アクセス番号/ユニバーサルナンバー用国際識別番号
については、
ドコモの『国際サービスホームページ』
をご覧ください。
●紛失・盗難などにあわれたら、速やかに利用中断手続きをお取りください。
●お客様が購入された FOMA 端末に故障が発生した場合は、
ご帰国後にドコモ指定の故障取扱窓口へご持参ください。
DIC 2484
取扱説明書
〈ユニバーサルナンバー〉
*
* 滞在国内通話料などがかかる場合があります。
※主要国の国際電話アクセス番号/ユニバーサルナンバー用国際識別番号
については、
ドコモの『国際サービスホームページ』
をご覧ください。
K
N-05C
一般電話などからの場合
〈ユニバーサルナンバー〉
ユニバーサルナンバー用
国際識別番号
N-05C
海外での紛失、
盗難、
精算などについて
〈ドコモ インフォメーションセンター〉
(24 時間受付)
N-05C (薄型和文2版) H1H4
N-05C
パソコン接続マニュアル
データ通信..................................................................................
ご使用になる前に .....................................................................
手順を確認する ..........................................................................
FOMA通信設定ファイル(ドライバ)をインストールする.......
Bluetooth 通信を準備する ......................................................
Wi-Fi 機能対応パソコンに接続する .........................................
ドコモ コネクションマネージャ..............................................
設定した通信を実行する...........................................................
ダイヤルアップネットワークの設定 .............................................
ダイヤルアップの設定を行う .....................................................
AT コマンド一覧 ........................................................................
1
4
5
9
13
15
16
21
22
29
38
パソコン接続マニュアルについて
本マニュアルでは、N-05C でデータ通信をする際に必要な事項についての説明をはじめ、「FOMA 通
信設定ファイル」「ドコモ コネクションマネージャ」のインストール方法などを説明しています。
お使いの環境によっては操作手順や画面が一部異なる場合があります。
データ通信
FOMA端末から利用できるデータ通信
FOMA 端末とパソコンを接続して利用できるデータ通信は、データ転送(OBEXTM 通信)
、パ
ケット通信と 64K データ通信に分類されます。
データ転送(OBEXTM 通信)
画像や電話帳、メールなどのデータを、他の FOMA 端末やパソコンなどとの間で送受信します。
FOMA 端末
パソコン
赤外線通信
iC 通信
N-05C
Bluetooth 通信
N-05C
FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02
microSDカード
ドコモケータイ datalink
パソコン
パケット通信
送受信されたデータ量に応じて課金され※ 1、FOMA ハイスピードエリアでは受信最大 7.2Mbps ※ 2、送信
最大 5.7Mbps ※ 2 の高速通信を行うことができます。通信環境や混雑状況の影響により通信速度が変化す
るベストエフォート方式による提供です。少ないデータ量を高速でやりとりするのに適しています。
a ドコモの PDA「sigmarion Ⅲ」でパケット通信をご利用のときは、通信速度が遅くなる場合があります。
ハイスピードエリア対応の高速通信には対応しておりません。
FOMA ネットワークに接続された社内 LANにアクセスすることもできます。
ドコモのインターネット接続サービス「mopera U」など、FOMA パケット通信対応アクセスポイントを利
用します。
FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02(別売)や Bluetooth 通信※ 3、Wi-Fi 接続を使ってパソコンと接
続したり、専用ケーブルで PDA と接続することにより通信を行います。
※ 1:データ量の大きいファイルの送受信を行った場合、通信料金が高額になりますのでご注意ください。
※ 2:技術規格上の最大値であり、実際の通信速度は、ネットワークの混み具合や通信環境により異なりま
す。また、FOMA ハイスピードエリア外や HIGH-SPEEDに対応していないアクセスポイントに接続
するとき、またはドコモの PDA「sigmarion Ⅲ」など HIGH-SPEED に対応していない機器をご利
用の場合、通信速度が遅くなる場合があります。
※ 3:Bluetooth 接続 の 場 合 、FOMA 端 末 の 通 信 速 度 は ハ イ ス ピ ー ド 用 の 通 信 速 度 に な り ま す が 、
Bluetooth 機器間の通信速度に限界があるため、最大速度では通信できない場合があります。
FOMA 充電機能付USB
接続ケーブル 02
1
64K データ通信
データ量に関係なく、接続された時間に応じて課金されます。
ドコモのインターネット接続サービス「mopera U」などの FOMA 64K データ通信対応アクセスポイント、
または ISDN同期 64K アクセスポイントを利用します。
FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02 や Bluetooth通信を使ってパソコンと接続したり、専用ケーブル
で PDA と接続することにより通信を行います。
※長時間にわたる接続を行った場合、通信料金が高額になりますのでご注意ください。
FOMA 充電機能付USB
接続ケーブル 02
おしらせ
d 海外やFOMAサービスエリア外では、パケット通信は受信最大384kbps、送信最大 64kbpsとなります。
d 海外でパケット通信を行う場合は、IP接続で通信を行ってください(PPP 接続ではパケット通信できません)。
d Wi-Fi 接続を利用してパケット通信を行う場合は、PPP 接続で通信を行ってください(IP 接続ではパケット通
信できません)。
d 海外で64K データ通信はご利用になれません。
2
ご利用にあたっての留意点
インターネットサービスプロバイダの利用料について
インターネットを利用する場合は、ご利用になるインターネットサービスプロバイダに対する利用料が必要
となる場合があります。この利用料は、FOMA サービスの利用料とは別に直接インターネットサービスプロ
バイダにお支払いいただきます。利用料の詳しい内容については、ご利用のインターネットサービスプロバ
イダにお問い合わせください。
ドコモのインターネット接続サービス「mopera U」をご利用いただけます。「mopera U」をご利用いた
だく場合は、お申し込みが必要(有料)となります。
接続先(インターネットサービスプロバイダなど)の設定について
パケット通信と 64K データ通信では接続先が異なります。パケット通信を行うときはパケット通信対応の
接続先、64K データ通信を行うときは FOMA 64K データ通信、または ISDN 同期 64K 対応の接続先をご
利用ください。
a DoPaのアクセスポイントには接続できません。
a moperaのサービス内容および接続設定方法については moperaのホームページをご覧ください。
http://www.mopera.net/mopera/index.html
ネットワークアクセス時のユーザ認証について
接続先によっては、接続時にユーザ認証(ID とパスワード)が必要な場合があります。その場合は、通信ソ
フト(ダイヤルアップネットワーク)で ID とパスワードを入力して接続してください。IDとパスワードは接
続先のインターネットサービスプロバイダまたは接続先のネットワーク管理者から付与されます。詳しい内
容については、インターネットサービスプロバイダまたは接続先のネットワーク管理者にお問い合わせくだ
さい。
ブラウザ利用時のアクセス認証について
パソコンのブラウザで FirstPass対応サイトを利用する時のアクセス認証では FirstPass(ユーザ証明書)
が必要です。ドコモのホームページから FirstPass PC ソフトをダウンロードし、インストール、設定を
行ってください。詳しくはドコモのホームページをご覧ください。
パケット通信および64Kデータ通信の条件について
FOMA 端末で通信を行うには、次の条件が必要です(日本国内で通信を行う場合です)。
a FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02(別売)を利用できるパソコンであること。
a FOMA サービスエリア内であること。
a パケット通信の場合は接続先が FOMA のパケット通信に対応していること。
a 64K データ通信の場合は接続先が FOMA 64K データ通信、または ISDN同期 64K に対応していること。
ただし、上記の条件が整っていても、基地局が混雑していたり、電波状態が悪かったりする場合は通信でき
ないことがあります。
3
ご使用になる前に
動作環境
データ通信を利用するためのパソコンの動作環境は以下のとおりです。
パソコン本体
a PC/AT互換機
a FOMA 充電機能付USB 接続ケーブル 02(別売)を使用する場合:USB ポート(Universal
Serial Bus Specification Rev1.1/2.0 準拠)
a Bluetooth 通信を使用する場合:Bluetooth標準規格 Ver.1.1、Ver.1.2 または Ver.2.0+EDR
準拠(ダイヤルアップネットワーキングプロファイル)
a Wi-Fi 接続を使用する場合:無線LAN標準規格IEEE 802.11b またはIEEE 802.11g準拠
a ディスプレイ解像度800 ×600 ドット、High Color(65,536 色)以上を推奨
※ドコモ コネクションマネージャは1,024×600ドット以上
(1,024×768ドット以上を推奨)
OS ※1
a Windows XP(日本語版)
a Windows Vista(32 ビット/64 ビット)(日本語版)
a Windows 7(32 ビット /64 ビット)
(日本語版)
必要メモリ※2
a
a
a
a
Windows
Windows
Windows
Windows
XP:128Mバイト以上
Vista:512Mバイト以上
7(32 ビット)
:1G バイト以上
7(64 ビット)
:2G バイト以上
ハードディスク容量※2 a 5Mバイト以上の空き容量
※ドコモ コネクションマネージャは 10Mバイト以上の空き容量
※1 : OS のアップグレードや追加・変更した環境での動作は保証いたしかねます。
※2 : パソコンのシステム構成によって異なることがあります。
d 動作環境の最新情報については、ドコモのホームページにてご確認ください。
d ドコモ コネクションマネージャを利用するための動作環境はInternet Explorer 6.0以上、
メールソフトは「Windowsメー
ル」、および「Outlook Express 6.0」です。
おしらせ
d FOMA端末をドコモの PDA「sigmarionⅢ」と接続してデータ通信を行うことができます。
d FOMA端末は、Remote Wakeup には対応していません。
d FOMA端末は、FAX通信には対応していません。
必要な機器
FOMA 端末とパソコン以外に以下のハードウェア、ソフトウェアを使います。
a「FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02」
(別売)または「FOMA USB 接続ケーブル」(別売)※ 1
a「FOMA 通信設定ファイル」(ドライバ)※ 2
※ 1 : USB 接続の場合
※2 : ドコモのホームページからダウンロードしてください。
おしらせ
d USBケーブルは専用の「FOMA 充電機能付USB 接続ケーブル 02」または「FOMA USB接続ケーブル」を
お買い求めください。パソコン用の USBケーブルはコネクタ部の形状が異なるため使用できません。
d USB HUBを使用すると、正常に動作しない場合があります。
4
手順を確認する
データ通信ではダイヤルアップ接続によって、FOMA データ通信に対応したインターネット
サービスプロバイダや LAN に接続できます。
d FOMA 通信設定ファイルは、FOMA 端末とパソコンを FOMA 充電機能付 USB接続ケーブル 02
(別売)で接続して、パケット通信、64K データ通信やデータ転送(OBEXTM 通信)を行うとき
に必要なソフトウェア(ドライバ)です。FOMA 通信設定ファイルをインストールすることで、
Windows に各ドライバが組み込まれます。
ドコモ コネクションマネージャを使うと、パケット通信、64K データ通信の設定やダイヤルアッ
プ作成を簡単に行うことができます。
設定完了までの流れ
■ データ転送(OBEXTM 通信)の場合
FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02 をご利用になる場合には、「FOMA 通信設定ファイ
ル」(ドライバ)をインストールしてください。
「FOMA 通信設定ファイル」
(ドライバ)を
ダウンロード、インストールする※
ドコモのホームページからダウンロードし、インストールします。
データ転送
※:ドコモケータイ datalink もインストールしてください。
5
■ パケット通信/ 64Kデータ通信の場合
USB 接続の場合
Bluetooth接続の場合
パソコンと FOMA 端末を Bluetooth 通信
でワイヤレス接続する(P.13)
FOMA 通信設定ファイル(ドライバ)の
ダウンロード、インストール/パソコン
との接続
a FOMA 通信設定ファイルをドコモのホームページか
らダウンロードし、インストールします。→ P.9
a パソコンとFOMA端末をFOMA 充電機能付USB接続
ケーブル 02(別売)で接続します。→ P.7
インストール後の確認をする(P.11)
モデムを確認する(P.13)
<「ドコモ コネクションマネージャ」を使っ
て接続先の設定をする場合>
<「ドコモ コネクションマネージャ」
を使わない場合>
ドコモのホームページから「ドコモ コ
ネクションマネージャ」をダウンロード
してインストールする
a ドコモ コネクションマネージャを使えるようにしま
す。「ドコモ コネクションマネージャをインストール
する」→P.18
設定する
設定する
a「ドコモ コネクションマネージャ」を使わずに通信
の設定をします。→ P.22
a mopera U ※
a その他のプロバイダ
接続と切断
接続と切断
a 接続します。→ P.21
a 切断します。→ P.21
a 接続します。→ P.36
a 切断します。→ P.37
※: FOMA 端末とパソコンを接続してインターネットをするには、ブロードバンド接続等に対応した「mopera U」
(お申し
込み必要)が便利です。使用した月だけ月額使用料がかかるプランもございます。
詳しくはドコモのホームページをご覧ください。
Wi-Fi 接続の場合(パケット通信のみ)
FOMA 端末をアクセスポイントモードにする
a 詳細については、FOMA端末の取扱説明書をご覧ください。
設定する(P.15)
接続と切断
6
USB モードを「通信モード」にする
d パソコンに取り付ける前に設定してください。
d Bluetooth 接続や Wi-Fi 接続を利用する場合は、設定を行う必要はありません。
1
iX「本体設定」X「外部接続」X「USB モード」X「通信モード」
取り付け方法
FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02(別売)の取り付け方法について説明します。
FOMA 充電機能付USB
接続ケーブル 02
1
2
FOMA端末の外部接続端子の端子キャップを開ける
3
FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02 の USB コネクタを、パソコン
の USB 端子に接続する
FOMA端末の外部接続端子の向きを確認して、FOMA 充電機能付 USB 接
続ケーブル 02 の外部接続コネクタを水平に「カチッ」と音がするまで差
し込む
FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02 を接続すると FOMA 端末に「
」が表示されます。
おしらせ
d FOMA 端末に表示される「
」は、FOMA 通信設定ファイルのインストールを行い、パソコンとの接続が認識された
ときに表示されます。
7
取り外し方法
FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02(別売)の取り外し方法について説明します。
1
パソコンの USB 端子から FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02 を引
き抜く
2
3
FOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02の外部接続コネクタのリリース
ボタンを押しながら、水平に引き抜く
FOMA端末の外部接続端子の端子キャップを閉じる
おしらせ
d FOMA 充電機能付 USB接続ケーブル 02の取り付け・取り外しを連続して行うと、FOMA 端末がパソコンに
正しく認識できなくなることがありますので間隔をおいて行ってください。
d 通信の切断・誤動作・データ消失の原因となるため、データ通信中にFOMA 充電機能付 USB接続ケーブル 02
の取り外しは行わないでください。
d FOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02の外部接続コネクタをFOMA端末の外部接続端子から引き抜くとき
は、コネクタのリリースボタンを押しながら引き抜いてください。無理に引っ張ろうとすると故障の原因とな
ります。
8
FOMA 通信設定ファイル(ドライバ)をインス
トールする
ここでは、FOMA通信設定ファイル(ドライバ)のインストール手順を説明します。
d FOMA 通信設定ファイルをインストールする前に、他のプログラムが実行中でないことを確認し、
実行中のプログラムがある場合には終了してください。※
d FOMA通信設定ファイルのインストールを行う場合は、必ずパソコンの管理者権限を持ったユー
ザアカウントで行ってください。それ以外のアカウントでインストールを行うとエラーとなる場
合があります。パソコンの管理者権限の設定操作については、各パソコンメーカ、マイクロソフ
ト社にお問い合わせください。
d FOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02を使用して接続するとき以外は、FOMA通信設定ファイ
ルをインストールする必要はありません。
※:ウイルス対策ソフトを含む、Windows 上に常駐しているソフトも終了してください。
例:タスクバーに表示されているアイコンをクリックし、
「閉じる」または「終了」をクリックし
ます。
1
ドコモのホームページで、FOMA通信設定ファイル(ドライバ)ダウンロード
のページにアクセスする
http://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/application/foma/com_set/driver/
smart/n05c/index.html にアクセスしてください。
2
使用許諾契約書を確認し、同意する場合は「N-05C通信設定ファイル(ドライ
バ)ダウンロード」の「同意する」をクリックする
■「ファイルのダウンロード−セキュリティの警告」画面が表示された場合
「保存」をクリックする
3
4
ファイルの保存先を指定し、ダウンロードする
ダウンロードした「n-05c_driver.exe」をダブルクリックし、
「実行」を
クリックする
画面の指示に従ってファイルの展開先を指定します。
5
操作 4 で作成されたフォルダ「n-05c_driver」内の「ReadMe.txt」を
確認し、ご利用のパソコンの OS に合ったインストールファイルをダブル
クリックする
6
ユーザーアカウント制御画面が表示されたら、Windows 7 の場合は「は
い」を、Windows Vista の場合は「続行」をクリックする
Windows XP の場合、ユーザーアカウント制御画面は表示されません。
7 「ドライバインストール」をクリッ
クする
インストールがはじまります。
9
8
右の画面が表示されたら、
「OK」を
クリックする
タイトルバーの表示は、ご利用のパソコンのOS
によって異なります。
FOMA 端末の電源を入れて、FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02
9 (別売)を
FOMA 端末に接続する
充電機能付 USB 接続ケーブル 02 をパソコンの USB 端子に接続
10 FOMA
する
パソコンのタスクバーのインジケータにメッセージが表示され、インストールがはじまります。メッ
セージをクリックしてインストールの進行状況を表示します。
11
右の画面が表示された場合は、
「閉
じる」をクリックする
4 種類のドライバが表示されていれば、ドライ
バのインストールは終了です。
「インストールし
たドライバを確認する」(P.11)に進みます。
10
インストールしたドライバを確認する
FOMA 通信設定ファイル(ドライバ)が正しくインストールされていることを確認します。
ここでは Windows 7を例にして説明します。
1「
」→「コントロールパネル」を選択
Windows XP の場合
「スタート」→「コントロールパネル」を選択
2
コントロールパネル内の「システムとセキュリティ」を開く
Windows Vista の場合
コントロールパネル内の「システムとメンテナンス」を開く
Windows XP の場合
「パフォーマンスとメンテナンス」から「システム」アイコンをクリックする
3 「デバイスマネージャー」を選択
ユーザーアカウント制御画面が表示されたら、
「はい」をクリックします。
Windows Vista の場合
「デバイスマネージャ」を選択
ユーザーアカウント制御画面が表示されたら、
「続行」をクリックします。
Windows XP の場合
「ハードウェア」タブをクリックし、
「デバイスマネージャ」をクリックする
4
各 デ バ イス を ク リ ック し て イ ンス
トールされたドライバ名を確認する
「ポート(COM と LPT)」、「モデム」、
「ユニバー
サルシリアルバスコントローラー」※または「USB
(Universal Serial Bus)コントローラー」※の下
にすべてのドライバ名が表示されていることを確
認します。
※:Windows Vistaおよび Windows XP では、
「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」ま
たは「USB(Universal Serial Bus)コント
ローラ」と表示されます。
デバイス名
ドライバ名
ポート(COMと LPT)
a FOMA N05C Command Port
a FOMA N05C OBEX Port
モデム
a FOMA N05C
ユニバーサルシリアルバスコントローラーまたは
USB (Universal Serial Bus)コントローラー
a FOMA N05C
おしらせ
d 上記の確認を行った際、すべてのドライバ名が表示されない場合は、アンインストール(P.12)の手順に従っ
て FOMA 通信設定ファイルを削除してから、再度インストールしてください。
11
FOMA通信設定ファイル(ドライバ)をアンインストールする
ドライバのアンインストールが必要な場合(ドライバをバージョンアップする場合など)は、
以下の手順で行ってください。ここでは Windows 7 と Windows Vistaを例にしてアンイン
ストールを説明します。
d FOMA端末とパソコンを接続している状態では、アンインストールを実行できません。
d FOMA通信設定ファイルのアンインストールを行う場合は、必ずパソコンの管理者権限を持った
ユーザアカウントで行ってください。それ以外のアカウントでアンインストールを行うとエラー
となる場合があります。パソコンの管理者権限の設定操作については、各パソコンメーカ、マイ
クロソフト社にお問い合わせください。
1
2
FOMA 端末とパソコンが FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02(別
売)で接続されている場合は、FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02
を取り外す
Windows の「プログラムと機能」を起動する
「
」→「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」をクリックする
Windows XP の場合
「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」をクリックする
N05C USB」を選択して「アンインストールと変更」をクリッ
3 「FOMA
クする
Windows XP の場合
「FOMA N05C USB」を選択
4
ユーザーアカウント制御画面が表示されたら、Windows 7 の場合は「は
い」を、Windows Vista の場合は「続行」をクリックする
Windows XP の場合
「変更と削除」をクリックする
Windows XP の場合、ユーザーアカウント制御画面は表示されません。
5 「OK」をクリックしてアンインストールする
6 「はい」をクリックして Windows を再起動する
アンインストールを中止する場合は「キャンセル」をクリックします。
以上でアンインストールは終了です。
「いいえ」をクリックした場合は、手動で再起動をしてください。
おしらせ
d Windowsの「プログラムと機能」に「FOMA N05C USB」が表示されていない場合は、次のように操作を
してください。
① FOMA 通信設定ファイル(ドライバ)インストール時に作成したフォルダ「n-05c_driver」を開く
② Windows 7(32 ビット)の場合は「N-05C_driver」→「N05C_Win7_32」フォルダを開く
Windows 7(64 ビット)の場合は「N-05C_driver」→「N05C_Win7_64」フォルダを開く
Windows Vista(32 ビット)の場合は「N-05C_driver」→「N05C_WinVista32」フォルダを開く
Windows Vista(64 ビット)の場合は「N-05C_driver」→「N05C_WinVista64」フォルダを開く
Windows XP の場合は「N-05C_driver」→「N05C_Win_XP」フォルダを開く
③「n05c_un.exe」※をダブルクリックする
※:お使いのパソコンの設定によっては「n05c_un」と表示されることがあります。
12
Bluetooth 通信を準備する
Bluetooth 通信対応パソコンと FOMA 端末をワイヤレス接続し、データ通信を行います。
パソコンをFOMA端末に登録し接続する
はじめて FOMA 端末に接続するパソコンの場合、パソコンを FOMA 端末に登録します。
1
iX「便利ツール」X「Bluetooth」X「ダイヤルアップ登録待機」
2
パソコンから Bluetooth デバイスの検索と機器登録を行う
3
4
FOMA端末に機器登録するかどうかのメッセージが表示されたら「YES」
FOMA 端末が接続待機状態となり、ディスプレイに「 (青色)
」が点灯します。
約 5 分間接続がなかった場合は、自動的に接続待機は解除されます。
FOMA 端末が接続待機中に、パソコンで機器登録を行ってください。
パソコンの操作方法については、ご使用のパソコンの取扱説明書をご覧ください(ご覧になる取扱説
明書によっては、「検索」の代わりに「探索」または「サーチ」、「機器登録」の代わりに「ペアリング」と
表記されています)。
Bluetooth パスキーを入力
パソコンが機器登録され、パソコンと FOMA 端末がワイヤレスで接続されます。接続が完了すると
ディスプレイに「 (青色)」が点滅します。
■ 登録済のパソコンと接続する場合
FOMA 端末から「ダイヤルアップ登録待機」を選択後、パソコンから接続操作を行うと、FOMA
端末に接続できます。
「便利ツール」の「Bluetooth」から「接続待機」を選択し、
「ダイヤルアップ」を接続待機状
態にしているときにパソコンから接続操作を行った場合も接続可能です。
モデムを確認する
通信の設定を行う前に、ご使用になるモデム名やダイヤルアップ接続用に設定された COM
ポート番号を確認します。
1「
」→「コントロールパネル」を選択
Windows XP の場合
「スタート」→「コントロールパネル」を選択
2
コントロールパネル内の「システムとセキュリティ」を開く
Windows Vista の場合
コントロールパネル内の「システムとメンテナンス」を開く
Windows XP の場合
「パフォーマンスとメンテナンス」から「システム」アイコンをクリックする
13
3 「デバイスマネージャー」を選択する
ユーザーアカウント制御画面が表示されたら、
「はい」をクリックします。
Windows Vista の場合
「デバイスマネージャ」を選択する
ユーザーアカウント制御画面が表示されたら、
「続行」をクリックします。
Windows XP の場合
「ハードウェア」タブをクリックし、
「デバイスマネージャ」をクリックする
4
各デバイスをクリックしてモデム名または COM ポート番号を確認する
「ポート(COM と LPT)
」、「モデム」の下にモデム名または COM ポート番号が表示されています。
ダイヤルアップの接続待機を停止する
接続中のダイヤルアップ通信サービスを停止します。
1
2
iX「便利ツール」X「Bluetooth」X「接続待機」
ダイヤルアップのチェックを外す Xu[ 完了 ]
14
Wi-Fi機能対応パソコンに接続する
FOMA 端末をアクセスポイントとすることで、Wi-Fi 機能対応パソコンと Wi-Fi 接続しパケッ
ト通信を行うことができます。
d あらかじめ FOMA 端末をアクセスポイントモードにしておく必要があります。アクセスポイント
モードにする方法やアクセスポイントモード設定については、FOMA 端末の取扱説明書をご覧く
ださい。
<例:Windows 7 の場合>
1 「 」→「コントロールパネル」を選択
2 「ネットワークとインターネット」→「ネットワークの状態とタスクの表
示」を選択
3 「ワイヤレスネットワークの管理」を
クリックする
4 「追加」をクリックする
5 「ネットワークプロファイルを手動で作成します」を選択する
、
「セキュリティ
6 「ネットワーク名」
の種類」に、N-05Cに設定されて
いる ESSID、セキュリティ方式を
それぞれ設定し、
「次へ」をクリッ
クする
「セキュリティの種類」の「WPA2- パーソナ
ル」は「WPA2-PSK」と同じ意味です。
N-05C に暗号化機能が設定されている場合
「暗号化の種類」、
「セキュリティキー」を N05C と同じ設定にします。
7 「閉じる」をクリックする
15
ドコモ コネクションマネージャ
「ドコモ コネクションマネージャ」は、定額データ通信および従量データ通信を行うのに便利
なソフトウェアです。mopera Uのお申し込みや、お客様のご契約状況に応じたパソコンの設
定を簡単に行うことができます。
また、料金カウンタ機能でデータ通信量や利用金額の目安を確認することもできます。
※
料金 カ ウ ン タ
接続/切断ボ タ ン
※: 初期設定では表示されません。詳しくは「ドコモ コネクションマネージャのヘルプ」をご覧ください。
本書では、ドコモ コネクションマネージャのインストール方法までをご案内いたします。
FOMA 端末を使ってインターネットに接続するためには、サービスおよびデータ通信に対応し
たインターネットサービスプロバイダ(mopera U など)のご契約が必要です。詳しくはドコ
モのホームページをご覧ください。
従量データ通信(iモードパケット定額サービスなど含む)のご利用について
「パケット通信」を利用して画像を含むサイトやインターネットホームページの閲覧、ファイルのダウンロー
ドなどのデータ量の多い通信を行うと、通信料が高額となりますのでご注意ください。
なお、本 FOMA 端末をパソコンなどに USB 接続ケーブルで接続してデータ通信を行う場合は、FOMA のパ
ケット定額サービス「パケ・ホーダイ」、
「パケ・ホーダイフル」の定額対象外通信となりますのでご注意く
ださい。
定額データプランのご利用について
定額データプランを利用するには、定額データ通信に対応した料金プランやインターネットサービスプロバ
イダのご契約が必要です。詳しくはドコモのホームページをご覧ください。
mopera のご利用について
接続設定方法については mopera のホームページをご覧ください。
http://www.mopera.net/mopera/support/index.html
16
ドコモ コネクションマネージャをインストールする前に
d ドコモ コネクションマネージャをインストールする前に、以下を確認してください。
① FOMA 端末と FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02(別売)または FOMA USB 接続ケー
ブル(別売)を用意する
②サービスおよびインターネットサービスプロバイダの契約内容を確認する
③ドコモ コネクションマネージャ以外の接続ソフトがインストールされている場合は、必要に応
じて自動的に起動しないように設定を変更する
「ドコモ コネクションマネージャ以外の接続ソフトのご利用について」→ P.17
d Internet Explorer の設定について
ドコモ コネクションマネージャをインストールする前に、Internet Explorer のインターネットオプ
ションで、接続の設定をしてください。
Explorer を起動し、
「ツール」→「インターネットオプション」
1 Internet
を開く
「ダイヤル
2 「接続」タブをクリックし、
しない」を選択する
3 「OK」をクリックする
d ドコモ コネクションマネージャ以外の接続ソフトのご利用について
d ドコモ コネクションマネージャには、以下のソフトと同様の機能が搭載されているため、以下の
ソフトを同時にご利用いただく必要はありません。必要に応じて、起動しない設定への変更やア
ンインストールを実施してください。
■同時にご利用いただく必要のないソフト
a mopera U かんたんスタート
a U かんたん接続設定ソフト
a FOMA PC設定ソフト
a FOMA バイトカウンタ
d ドコモ コネクションマネージャで Mzone(ドコモ公衆無線LAN サービス)を利用する場合は、以
下の公衆無線 LAN 接続ソフトをアンインストールしてください。以下のソフトを同時にインス
トールした場合、ドコモ コネクションマネージャでの Mzone接続はご利用いただけません。
a U 公衆無線LAN ユーティリティソフト
a ドコモ公衆無線 LAN ユーティリティソフト
a ドコモ公衆無線 LAN ユーティリティプログラム
17
おしらせ
d Windows XPで、MSXML6・Wireless LAN APIが環境にない場合は、ドコモ コネクションマネージャをイ
ンストールする前に、それらをインストールする必要があります。インストール時に確認の画面が表示された
ときは「Install」をクリックして、MSXML6・Wireless LAN API をインストールしてください。
MSXML6・Wireless LAN APIのインストール完了後、Windows を再起動すると、自動的にドコモ コネク
ションマネージャのインストールがはじまります。
ドコモ コネクションマネージャをインストールする
d「ドコモ コネクションマネージャ」のインストールを行う場合は、必ずパソコンの管理者権限を持っ
たユーザアカウントで行ってください。それ以外のアカウントでインストールを行うとエラーとなる
場合があります。パソコンの管理者権限の設定操作については、各パソコンメーカ、マイクロソフト
社にお問い合わせください。
d インストールを開始する前に、現在使用中または常駐している他のプログラムがないことを確認
してください。使用中のプログラムがあった場合は、終了してからインストールを行ってくださ
い。
1
ドコモのホームページで、ドコモ コネクションマネージャのページにア
クセスする
http://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/application/service/connection_manager/
にアクセスしてください。
2
3
画面の説明に従って、ご利用のパソコンに合った OS のページに進む
使用許諾契約書を確認し、同意する場合は「ダウンロード」の「同意する」
をクリックする
■「ファイルのダウンロード−セキュリティの警告」画面が表示された場合
「実行」をクリックする
4
ダウンロードしたファイルを実行し、ユーザーアカウント制御画面が表示
されたら、Windows 7 の場合は「はい」を、Windows Vista の場合は
「続行」をクリックする
Windows XP の場合、ユーザーアカウント制御画面は表示されません。すぐにセットアッププログ
ラムが起動します。
Windows 7 の場合
Windows Vista の場合
18
5 「次へ」をクリックする
6
注 意 事項 を 確 認し、「次 へ」を ク
リックする
7
使用許諾契約書の内容を確認の
上、契約内容に同意する場合は「使
用許諾契約の条項に同意します」
を選択し、
「次へ」をクリックする
8
インストール先を確認し、「次へ」
をクリックする
変更がある場合は「変更」をクリックし、任意
のインストール先を指定して「次へ」をクリッ
クしてください。
19
9 「インストール」をクリックする
10 「完了」をクリックする
ドコモ コネクションマネージャを起動する
1
ドコモ コネクションマネージャを開く
2
設定ウィザードに従い設定を行う
「 」または「スタート」→「すべてのプログラム」→「NTT DOCOMO」→「ドコモ コネク
ションマネージャ」→「ドコモ コネクションマネージャ」の順に開く
はじめて起動したときには、自動的に設定ウィ
ザードが表示されます。
以降はソフトの案内に従って操作・設定をする
ことで、インターネットに接続する準備が整い
ます。
詳しくは「ドコモ コネクションマネージャ 操
作マニュアル」をご覧ください。
20
設定した通信を実行する
1
2
ドコモ コネクションマネージャを開く
「ドコモ コネクションマネージャを起動する」→ P.20
目的の通信の種類のタブをクリックし、「接続する」をクリックする
詳しくは「ドコモ コネクションマネージャ 操作マニュアル」をご覧ください。
接続できない場合は、「ダイヤルアップネットワークの設定」(P.22)、
「ダイヤルアップの設定を行
う」(P.29)を確認してください。
d パケット通信中には、通信状態によってFOMA 端末にアイコンが表示されます。
(通信中、データ送信中)
(通信中、データ受信中)
(通信中、データ送受信なし)
(発信中、または切断中)
(着信中、または切断中)
d 64Kデータ通信中には、FOMA 端末に「
」が表示されます。
おしらせ
d FOMA 充電機能付 USB接続ケーブル 02(別売)でデータ通信をする場合、異なるFOMA 端末を接続すると
きは、再度、FOMA通信設定ファイル(ドライバ)のインストールが必要となります。
切断のしかた
インターネットブラウザやメールソフトを終了しただけでは、通信は切断されません。
通信をご利用にならない場合は、必ず以下の操作で通信を切断してください。
ドコモ コネクションマネージャから
1 「切断する」をクリックする
2 「OK」をクリックする
おしらせ
d OSアップデートなどにおいて自動更新を設定していると、自動的にソフトウェアが更新され、パケット通信料
が高額となる場合がございますのでご注意ください。
d パソコンに表示される通信速度は、実際の通信速度とは異なる場合があります。
21
ダイヤルアップネットワークの設定
ドコモ コネクションマネージャを使わずに、パケット通信/ 64K データ通信のダイヤルアッ
プ接続の設定を行う方法について説明します。以下のような流れになります。
d 64Kデータ通信を行う場合は「ダイヤルアップネットワークの設定」は不要です。
「ダイヤルアッ
プの設定を行う」(P.29)に進んでください。
AT コマンドについて
d AT コマンドとは、モデム制御用のコマンドです。FOMA 端末は AT コマンドに準拠し、さらに拡
張コマンドの一部や独自の AT コマンドをサポートしています。
d AT コマンドを入力することによって、「データ通信」や FOMA 端末の詳細な設定、設定内容の確
認(表示)をすることができます。
COMポートを確認する
接続先(APN)の設定を行う場合、FOMA 通信設定ファイル(ドライバ)のインストール後
に組み込まれた「FOMA N05C」(モデム)に割り当てられた COM ポート番号を指定する必
要があります。ここでは COM ポート番号の確認方法について説明します。ここで確認した
COM ポートは接続先(APN)の設定(P.25)で使用します。
d 準備
ここでは FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02 を利用した場合を例にして説明します。
Bluetooth 通信で接続する場合は P.13 を参照してください。
1
2
FOMA端末とFOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02(別売)を接続する
FOMA端末の電源を入れてFOMA端末と接続したFOMA 充電機能付USB
接続ケーブル 02 をパソコンに接続する
d Windows 7 で COM ポートを確認する場合
1 「 」→「コントロールパネル」を開く
2 コントロールパネル内の「デバイスとプリンターの表示」を開く
SMART series N-05C」を右クリックして、
「モデムの設定」
3 「docomo
を選択する
「市外局番/エリアコード」を入
4 「所在地情報」画面が表示された場合は、
力して「OK」をクリックする
22
デ ム」タ ブ を ク リ ッ ク し て
5 「モ
「FOMA N05C」の「接続先」欄の
COM ポートを確認し、
「OK」をク
リックする
Bluetooth 通信でワイヤレス接続する場合は、
ご使用のBluetoothリンク経由標準モデムまた
は Bluetooth 機 器 メ ー カ が 提 供 し て い る
Bluetooth モデムの「接続先」欄の COM ポー
ト番号を確認してください。
確認した COM ポート番号は、接続先(APN)
の設定(P.25)で使用します。
画面に表示される内容および COM ポートの番
号は、お使いのパソコンによって異なります。
d Windows Vista で COM ポートを確認する場合
1 「 」→「コントロールパネル」を開く
2 コントロールパネル内の「ハードウェアとサウンド」→「電話とモデムの
オプション」を開く
「市外局番/エリアコード」を入
3 「所在地情報」画面が表示された場合は、
力して「OK」をクリックする
デ ム」タ ブ を ク リ ッ ク し て
4 「モ
「FOMA N05C」の「接続先」欄の
COM ポートを確認し、
「OK」をク
リックする
Bluetooth 通信でワイヤレス接続する場合は、
ご使用のBluetoothリンク経由標準モデムまた
は Bluetooth 機 器 メ ー カ が 提 供 し て い る
Bluetooth モデムの「接続先」欄の COM ポー
ト番号を確認してください。
確認した COM ポート番号は、接続先(APN)
の設定(P.25)で使用します。
画面に表示される内容および COM ポートの番
号は、お使いのパソコンによって異なります。
23
d Windows XPで COM ポートを確認する場合
1 「スタート」→「コントロールパネ
ル」を開く
2
コントロールパネル内の「プリン
タとその他のハードウェア」から、
「電話とモデムのオプション」を開
く
「市外局番/エリアコード」を入
3 「所在地情報」画面が表示された場合は、
力して「OK」をクリックする
デ ム」タ ブ を ク リ ッ ク し て
4 「モ
「FOMA N05C」の「接続先」欄の
COMポートを確認し、
「OK」をク
リックする
Bluetooth 通信でワイヤレス接続する場合は、
ご使用のBluetoothリンク経由標準モデムまた
は Bluetooth 機 器 メ ー カ が 提 供 し て い る
Bluetooth モデムの「接続先」欄の COM ポー
ト番号を確認してください。
確認した COM ポート番号は、接続先(APN)
の設定(P.25)で使用します。
画面に表示される内容および COM ポートの番
号は、お使いのパソコンによって異なります。
24
接続先(APN)を設定する
お買い上げ時
cid1:mopera.ne.jp(PPP)
cid2:mopera.net(PPP) cid3:mopera.net(IP)
cid4:mpr.ex-pkt.net(PPP) cid5 ∼10:設定なし
設定を行うためには、AT コマンドを入力するための通信ソフトが必要です。ここでは Windows
XP 標準添付の「ハイパーターミナル」を使った設定方法を説明します。
d Windows 7およびWindows Vistaは「ハイパーターミナル」に対応していません。Windows 7お
よびWindows Vistaの場合は、Windows 7およびWindows Vista対応のソフトを使って設定して
ください(ご使用になるソフトの設定方法に従ってください)
。
接続先について<APN/cid>
d パケット通信の接続先には、64K データ通信と異なり、電話番号を使用しません。接続には電話
番号の代わりに APN を設定して接続します。
d APN 設定とは、パソコンからパケット通信用の電話帳を登録するようなもので、登録するときは、
1 から 10 の登録番号(cid)を付与して登録し、その登録番号(cid)を接続先番号の一部として
使用します。お買い上げ時、cid1 には mopera の接続先(APN)
「mopera.ne.jp」が、cid2、3
にはmopera Uの接続先(APN)
「mopera.net」が、
cid4にはmopera Uの接続先(APN)
「mpr.expkt.net」が登録されていますので、cid5∼ 10 に接続先(APN)を設定してください。※ 1
d APN は「cid(1 ∼10までの管理番号)」によって管理されます。接続する接続先番号を「* 99
***< cid番号>#」とすると cid番号の接続先に接続します。
d mopera に接続する場合は接続先番号を「* 99 ***1#」に、mopera U に接続する場合は、
「*
99 *** 3#」にすると、簡単に moperaまたは mopera U を利用することができます。※ 2
d APN 設定は、携帯電話に相手先情報(電話番号など)を登録するのと同じように接続先を FOMA
端末に登録します。携帯電話の電話帳と比較すると以下のようになります。
APN設定
登録するデータ
APN
cid
電話帳のメモリ番号
─
登録のしかた
携帯電話の電話帳
電話番号
相手の名前
パソコンを使って登録する
○(ドコモ コネクションマネージャ
などを使用)
携帯電話を使って登録する
×(確認もできません)
○
cid を指定して接続
電話帳から検索してかける
使いかた
─
○(専用ソフトが必要)
FOMA 端末のダイヤルボタンから
直接電話番号を入力してかける
d 登録した cidはダイヤルアップ接続設定での接続番号となります。
d mopera U または mopera以外の接続先(APN)については、インターネットサービスプロバイ
ダまたはネットワーク管理者にお問い合わせください。
※1:「ダイヤルアップネットワーク」の電話番号欄に APN を入力して接続するのではなく、FOMA 端末側に接続先(イン
ターネットサービスプロバイダ)についてあらかじめ APN設定を行います。
※2: 他のインターネットサービスプロバイダなどに接続する場合は、APN を設定し、cid の 5 ∼ 10 番に登録してください。
<例:Windows XP で FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02 を利用する場合>
1 FOMA端末とFOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02(別売)を接続する
充電機能付USB
2 FOMA端末の電源を入れてFOMA端末と接続したFOMA
接続ケーブル 02 をパソコンに接続する
パソコンで、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→
3 「通信」→「ハイパーターミナル」をクリックしてハイパーターミナルを
起動する
「はい」をクリック
4 「今後、このメッセージを表示しない」をチェックし、
する
25
5 「名前」欄に任意の名前を入力し、
「OK」をクリックする
ここでは例として「sample」と入力します。
から「FOMA N05C」を
6 「接続方法」
選択し、「OK」をクリックする
接続画面が表示されるので、
「キャンセル」をク
リックする
「FOMA N05C」のCOM ポートを選択できる
場合
COM ポートのプロパティが表示されるので
「OK」をクリックする
ここでは例として「COM3」を選択します。
実 際 に「接 続 方 法」で 選 択 す る「FOMA
N05C」の COM ポート番号は、
「COM ポー
トを確認する」
(P.22)を参照して確認して
ください。
「FOMA N05C」のCOM ポートを選択できな
い場合
「キャンセル」をクリックして「接続の設定」
画面を閉じ、以下の操作を行ってください。
(1)「ファイル」→「プロパティ」を選択
(2)「sample のプロパティ」画面の「接続の
設定」タブの「接続方法」欄で「FOMA
N05C」を選択
(3)「国 / 地域番号と市外局番を使う」の
チェックを外す
(4)「OK」をクリックする
26
7
接続先(APN)を入力し、 を押す
AT+CGDCONT=<cid>,“PDP_type”
,“APN”
の形式で入力する
< cid>:5 ∼10までのうち任意の番号を入力
する
すでに cid が設定してある場合は設定が上書き
されますので注意してください。
“PDP_type”
: “PPP”または“IP”と入力し
ます。
“APN”: 接続先(APN)を“ ”で囲んで入力
します。
「OK」と表示されれば、接続先(APN)の設定
は完了です。
例:cid の 5 番に XXX.abc という APN を設定
する場合
AT+CGDCONT=5,"PPP","XXX.abc"
と入力します。
「ファイル」メニューを開き、
「ハイ
8 「OK」と表示されることを確認し、
パーターミナルの終了」をクリックしてハイパーターミナルを終了する
「“sample”と名前付けされた接続を保存しますか?」と表示されますが、とくに保存する必要はあ
りません。
おしらせ
d P.27の操作 7以降、
「ハイパーターミナル」で入力した ATコマンドが表示されないことがあります。このよう
なときは、ATE1
と入力すれば、以降に入力する ATコマンドが表示されるようになります。
d ATコマンドで接続先(APN)設定をリセットする場合
・ リセットを行った場合、cid=1 の接続先(APN)設定が「mopera.ne.jp」(初期値)に、cid=2、3 の接続先(APN)設
定が「mopera.net」(初期値)に、cid=4 の接続先(APN)設定が「mpr.ex-pkt.net」(初期値)に戻り、cid=5 ∼10
の設定は未登録となります。
<入力方法>
AT+ CGDCONT= (すべての cidをリセットする場合)
AT+ CGDCONT=〈cid〉 (特定の cidのみリセットする場合)
d ATコマンドで接続先(APN)設定を確認する場合
・ 現在の設定内容を表示させます。
<入力方法>
AT+CGDCONT?
発信者番号の通知/非通知を設定する
d パケット通信を行うときに、通知/非通知設定(接続先にお客様の発信者番号を通知する、しな
いの設定)を行うことができます。発信者番号はお客様の大切な情報なので、通知する際には十
分にご注意ください。
d 発信者番号の通知/非通知設定は、ダイヤルアップ接続を行う前にAT コマンドで設定できます。
d 発信者番号の通知/非通知、または「設定なし」
(初期値)に戻すには* DGPIR コマンド(P.39)
で設定します。
1 「ハイパーターミナル」を起動する
ハイパーターミナルの起動方法については、
「接続先(APN)を設定する」
(P.25)を参照してくだ
さい。
27
2
パケット通信時の発信者番号の通
知(186)/非通知(184)を設
定する
「AT * DGPIR=<n>」の形式で入力します。
発信/着信応答のときに自動的に184(非通知)
を付ける場合
AT * DGPIR=1
と入力する
発信/着信応答のときに自動的に 186(通知)
を付ける場合
AT * DGPIR=2
と入力する
3 「OK」と表示されることを確認し、
「ファイル」メニューの「ハイパー
ターミナルの終了」をクリックす
る
おしらせ
d ドコモのインターネット接続サービス mopera Uまたはmoperaをご利用になる場合は、発信者番号を「通知」
に設定する必要があります。
ダイヤルアップネットワークでの 186(通知)/ 184(非通知)設定について
ダイヤルアップネットワークの設定でも、接続先の番号に 186 / 184 を付けることができます。
* DGPIR コマンド、ダイヤルアップネットワークの設定の両方で 186 / 184 の設定を行った場合、以下
のようになります。
ダイヤルアップネットワー
クの設定(cid = 1 の場合)
* 99 *** 1#
184 *99 ***1#
* DGPIR コマンドによる
通知/非通知設定
発信者番号の
通知/非通知
設定なし
通知
非通知
非通知
通知
通知
設定なし
非通知(ダイヤルアップネットワークの通知 184
が優先される)
非通知
通知
設定なし
186 *99 ***1#
通知(ダイヤルアップネットワークの通知 186 が
優先される)
非通知
通知
28
ダイヤルアップの設定を行う
d ここではパケット通信で mopera U に接続する場合を例に説明しています。
d パケット通信で接続する場合、mopera U では「* 99 *** 3#」、mopera では「* 99 ***
1#」を接続先の電話番号に入力してください。64K データ通信で接続する場合、mopera U では
「* 8701」
、mopera では「* 9601」を接続先の電話番号に入力してください。
Windows 7でダイヤルアップの設定を行う
1 「 」→「コントロールパネル」を選択
2 「ネットワークとインターネット」→「ネットワークの状態とタスクの表
示」を選択
3 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックする
「次へ」をクリッ
4 「ダイヤルアップ接続をセットアップします」を選択し、
クする
5 モデムの選択画面が表示された場
合は、
「FOMA N05C モデム」を
クリックする
Bluetooth 通信でワイヤレス接続する場合は、ご
使用の Bluetooth リンク経由標準モデムまたは
Bluetooth機器メーカが提供しているBluetooth
モデムをクリックしてください。
モデムの選択画面は、複数のモデムが存在する
ときのみ表示されます。
6 「ダイヤルアップの電話番号」欄を
選択し、接続先の番号を入力する
mopera Uまたは moperaの場合は、ユーザー
名・パスワードについては空欄のままでも接続
できます。
mopera Uまたはmopera以外のプロバイダに
接続する場合は、右の画面のように「ユーザー
名」、「パスワード」欄にプロバイダまたはネッ
トワーク管理者から指定されたユーザー名とパ
スワードを入力してください。
画面はパケット通信でmopera Uへ接続する場
合の例です。
7 「接続」をクリックし、「スキップ」をクリックする
8 「閉じる」をクリックする
ここではすぐに接続せずに設定の確認のみ行います。
29
9 コントロールパネルの「ネットワークとインターネット」→「ネットワー
クの状態とタスクの表示」→「ネットワークに接続」をクリックする
10 作成したダイヤルアップのアイコンを右クリック
し、「プロパティ」をクリックする
11 「全般」タブで設定を確認する
パソコンに 2 台以上のモデムが接続されている
場合
FOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02で
接続しているときは、
「接続の方法」欄で「モ
デム− FOMA N05C」のみにチェックが付
いていることを確認します。
Bluetooth 通信でワイヤレス接続している
ときは、「接続の方法」欄で「モデム−ご使
用の Bluetooth リンク経由標準モデムまた
は Bluetooth 機 器 メ ー カ が 提 供 し て い る
Bluetoothモデムの名前」のみにチェックが
付いていることを確認します。
チェックが付いていない場合には、チェック
を付けます。
「ダイヤル情報を使う」にチェックが付いていな
いことを確認します。チェックが付いている場
合には、チェックを外します。
12 「ネットワーク」タブをクリックし
て、各種設定を行う
「この接続は次の項目を使用します」欄は、
「イ
ンターネット プロトコル バージョン 4(TCP/
IPv4)」のみにチェックを付けます。
13 「オプション」タブをクリックし、「PPP 設定」をクリックする
30
すべてのチェックを外し、
「OK」を
14 クリックする
15 「OK」をクリックする
16
Windows Vista でダイヤルアップの設定を行う
1 「 」→「接続先」を開く
2 「接続またはネットワークをセットアップします」をクリックする
「次へ」をクリッ
3 「ダイヤルアップ接続をセットアップします」を選択し、
クする
4 モデムの選択画面が表示された場
合は、
「FOMA N05C モデム」を
クリックする
Bluetooth 通信でワイヤレス接続する場合は、ご
使用の Bluetooth リンク経由標準モデムまたは
Bluetooth機器メーカが提供しているBluetooth
モデムをクリックしてください。
モデムの選択画面は、複数のモデムが存在する
ときのみ表示されます。
5 「ダイヤルアップの電話番号」欄を
選択し、接続先の番号を入力する
mopera Uまたは moperaの場合は、ユーザー
名・パスワードについては空欄のままでも接続
できます。
mopera Uまたはmopera以外のプロバイダに
接続する場合は、右の画面のように「ユーザー
名」、「パスワード」欄にプロバイダまたはネッ
トワーク管理者から指定されたユーザー名とパ
スワードを入力してください。
画面はパケット通信でmopera Uへ接続する場
合の例です。
6 「接続」をクリックし、「スキップ」をクリックする
7 「接続をセットアップします」をクリックし、「閉じる」をクリックする
ここではすぐに接続せずに設定の確認のみ行います。
31
8 「 」→「接続先」を開く
9 作成したダイヤルアップのアイコ
ンを右クリックし、
「プロパティ」
をクリックする
10 「全般」タブで設定を確認する
パソコンに 2 台以上のモデムが接続されている
場合
FOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02で
接続しているときは、
「接続の方法」欄で「モ
デム− FOMA N05C」のみにチェックが付
いていることを確認します。
Bluetooth 通信でワイヤレス接続している
ときは、「接続の方法」欄で「モデム−ご使
用の Bluetooth リンク経由標準モデムまた
は Bluetooth 機 器 メ ー カ が 提 供 し て い る
Bluetoothモデムの名前」のみにチェックが
付いていることを確認します。
チェックが付いていない場合には、チェック
を付けます。
「ダイヤル情報を使う」にチェックが付いていな
いことを確認します。チェックが付いている場
合には、チェックを外します。
11 「ネットワーク」タブをクリックし
て、各種設定を行う
「この接続は次の項目を使用します」欄は、
「イ
ンターネット プロトコル バージョン 4(TCP/
IPv4)」のみにチェックを付けます。ご利用に
なるプロバイダの指示がある場合は、
「QoS パ
ケットスケジューラ」および、その他の項目に
チェックを付けます。
32
12 「オプション」タブをクリックし、「PPP 設定」をクリックする
すべてのチェックを外し、
「OK」を
13 クリックする
14 「OK」をクリックする
Windows XP でダイヤルアップの設定を行う
1 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「通信」→「新
しい接続ウィザード」の順に開く
2 「新しい接続ウィザード」画面が表
示されたら、
「次へ」をクリックす
る
3 「インターネットに接続する」を選択し、「次へ」をクリックする
4 「接続を手動でセットアップする」を選択し、「次へ」をクリックする
「次へ」をクリッ
5 「ダイヤルアップモデムを使用して接続する」を選択し、
クする
画面が表示された
6 「デバイスの選択」
場合は、
「モデム−FOMA N05C
(COMx)
」のみを選択し、
「次へ」を
クリックする
Bluetooth 通信でワイヤレス接続する場合は、ご
使用の Bluetooth リンク経由標準モデムまたは
Bluetooth機器メーカが提供しているBluetooth
モデムのみを選択してください。
「デバイスの選択」画面は、複数のモデムが存在
するときのみ表示されます。
(COMx)は、
「COM ポートを確認する」
(P.22)
で表示されるCOM ポートの番号です。
33
名」欄に任意の名前を入力し、
7 「ISP
「次へ」をクリックする
8 「電話番号」欄に接続先の番号を入
力し、「次へ」をクリックする
画面はパケット通信でmopera Uへ接続する場
合の例です。
9 「次へ」をクリックする
mopera Uまたは moperaの場合は、ユーザー
名・パスワードについては空欄のままでも接続
できます。
mopera Uまたはmopera以外のプロバイダに
接続する場合は、右の画面のように「ユーザー
名」、「パスワード」、「パスワードの確認入力」
欄にプロバイダまたはネットワーク管理者から
指定されたユーザー名とパスワードを入力して
ください。
10 「完了」をクリックする
新しく作成した接続ウィザードが表示されま
す。
11 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「通信」→
「ネットワーク接続」を開く
34
12 作成したダイヤルアップのアイコ
ン を 選 択 し て、「フ ァ イ ル」メ
ニューの「プロパティ」を開く
13 「全般」タブで設定を確認する
パソコンに2 台以上のモデムが接続されている
場合
FOMA 充電機能付USB接続ケーブル 02で
接続しているときは、「接続方法」欄で「モ
デム− FOMA N05C」のみにチェックが付
いていることを確認します。
Bluetooth 通信でワイヤレス接続している
ときは、「接続方法」欄で「モデム−ご使用
の Bluetoothリンク経由標準モデムまたは
Bluetooth機器メーカが提供している
Bluetoothモデムの名前」のみにチェックが
付いていることを確認します。
チェックが付いていない場合には、チェック
を付けます。
「ダイヤル情報を使う」にチェックが付いていな
いことを確認します。チェックが付いている場
合には、チェックを外します。
画面はパケット通信で mopera Uへ接続する場合の例です。
14 「ネットワーク」タブをクリックし
て、各種設定を行う
「呼び出すダイヤルアップサーバーの種類」欄
は、「PPP:Windows 95/98/NT4/2000,
Internet」を選択します。
「この接続は次の項目を使用します」欄は、
「イ
ンターネットプロトコル(TCP/IP)」を選択し
ます。「QoS パケットスケジューラ」は設定変
更ができませんので、そのままにしておいてく
ださい。
15 「設定」をクリックする
すべてのチェックを外し、
「OK」を
16 クリックする
14 の画面に戻るので「OK」
17 操作
をクリックする
35
ダイヤルアップ接続を実行する
ここでは、設定したダイヤルアップを使って、パケット通信のダイヤルアップ接続をする方法につい
て説明しています。
<例:Windows 7で FOMA 充電機能付 USB ケーブル 02を利用する場合>
1
FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02(別売)で FOMA 端末とパソコ
ンを接続する
「取り付け方法」→ P.7
2 「 」→「コントロールパネル」→「インターネットへの接続」を開く
「次へ」をクリッ
3 接続先を選択して
クする
4
内 容 を 確 認 し、「ダ イ ヤ ル」を ク
リックする
右の画面は mopera U に接続する場合の例で
す。mopera Uまたは moperaの場合は、ユー
ザー名・パスワードについては空欄のままでも
接続できます。
<接続中の状態を示す画面が表示されます>
この間にユーザー名、パスワードの確認など
のログオン処理が行われます。
36
<接続の完了>
接続が完了し、接続完了画面が表示された場合は、
「閉じる」をクリックしてください(OS によっ
てはデスクトップ右下のタスクバーのインジケータから、接続したことを通知するメッセージが
数秒間表示されます)。
ブラウザソフトを起動してサイトやインターネットホームページを閲覧したり、電子メールなど
を利用できます。
接続できない場合は、
「ダイヤルアップネットワークの設定」
(P.22)、
「ダイヤルアップの設定を
行う」
(P.29)を再度確認してください。
通信状態については、P.21 を参照してください。
切断のしかた
インターネットブラウザを終了しただけでは、通信回線が切断されない場合があります。以下の操作
で確実に切断してください。ここでは Windows 7を例に説明します。
1
2
タスクトレイのダイヤルアップアイコンをクリックする
インターネット接続の状態画面が表示されます。
接続中の項目を選択し、
「切断」をクリックする
おしらせ
d パソコンに表示される通信速度は実際の通信速度とは異なる場合があります。
こんなときは
d ネットワークに接続できない(ダイヤルアップ接続ができない)場合は、まず以下の項目につい
て確認してください。
現 象
「N-05C」がパソコン上で
認識できない
相手先に接続できない
チェックする箇所
・ お使いのパソコンが動作環境(P.4)を満たしているかを確認してください。
・ FOMA 端末がパソコンに接続され、電源が入っているか確認してください。
< FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02(別売)を使用する場合>
・ FOMA 通信設定ファイル(ドライバ)がインストールされているか確認してください。
・ FOMA 充電機能付 USB 接続ケーブル 02(別売)がしっかりと接続されていることを確
認してください。
・ USB モード(P.7)が「通信モード」になっているか確認してください。
<Bluetooth通信を使用する場合>
・ Bluetooth機器がダイヤルアップ通信サービスで接続されているかを確認してください。
・ ID(ユーザー名)やパスワードの設定が正しいかどうか確認してください。
・ 接続先が発信者番号の通知を要求する場合は、電話番号に「184」を付加していないかど
うかを確認してください。
・ モデムのプロパティで「フロー制御を使う」にチェックが付いていることを確認してくだ
さい。
・ 接続先のAPN が正しいかどうかを確認してください。
・ 上記の確認を行っても相手先に接続できない場合は、インターネットサービスプロバイダ
またはネットワーク管理者に設定方法などについてご相談ください。
37
AT コマンド一覧
FOMA端末から使用できるAT コマンド
d AT コマンド一覧では、以下の略を使用しています。
[& F] :AT&Fコマンドで設定が初期化されるコマンドです。
[& W] :AT&W コマンドで設定が保存されるコマンドです。ATZ コマンドで設定値を呼び戻すこ
とができます。
d 外部機器から発信・AT コマンド発信を行った場合、Aモード/デュアルモードのときは A ナンバー
で、B モードのときは Bナンバーで発信します。
モデムポートコマンド一覧
FOMA N05C(モデム)で使用できるコマンドです。
d Bluetooth 接続で実行する場合、「:」の後ろに半角スペースが付いてリザルトが表示されます。
AT コマンド
概要
パラメータ/ 説明
コマンド実行例
A/
直前に実行したコマンドを −
再 実 行 し ま す。ま た キ ャ
リッジリターンは不要で
す。
AT
−
本コマンドの後に本一覧表のコマンドを付 AT
加することで、FOMA端末のモデム機能を制 OK
御することができます。
※ AT のみ入力した場合でも OK が応答され
ます。
AT%V
FOMA端末のバージョンを
表示します。
−
AT&Cn
DTEへの回路CD信号の動作 n = 0: CD は常に ON
条件を選択します。
n = 1: CDは相手モデムのキャリアに応じ
て変化する(初期値)
[&F] [&W]
AT&Dn
[&F] [&W]
AT&En
[&F] [&W]
A/
OK
AT%V
Ver1.00
OK
DTE から受け取る回路 ER n = 0: ER の状態を無視する(常に ON とみ AT&D1
信号がON /OFF遷移した
なす)
OK
ときの動作を選択します。 n = 1: ER が ON から OFF に変わると、オ
ンラインコマンド状態になる
n = 2: ER が ON から OFF に変わると回線を
切断し、オフラインコマンド状態にな
る(初期値)
接続時の速度表示の仕様を n = 0: 無線区間通信速度を表示する
n = 1: DTE シリアル通信速度を表示する
選択します。
(初期値)
AT&Fn
すべてのレジスタを工場出 n = 0 のみ指定可能(省略可)
荷時の設定値に戻します。
通信中に本コマンドが入力
された場合、回線切断処理
を行います。
AT&Sn
DTEへ出力するデータセッ n = 0: DR は常にON(初期値)
トレディ信号の制御を設定 n = 1: DR は回線接続時(通信呼確立時)に
ON
します。
[&F] [&W]
AT&C1
OK
38
AT&E0
OK
(オフラインモード時)
AT&F
OK
AT&F?
ERROR
AT&F= ?
ERROR
(オンラインコマンドモード時)
AT&F
NO CARRIER
(オフラインモードへ移行)
AT&S0
OK
AT コマンド
概要
パラメータ/ 説明
コマンド実行例
AT&Wn
現在の設定値を記憶しま
す。
n = 0 のみ指定可能(省略可)
AT&W0
OK
AT&W
OK
AT&W?
ERROR
AT&W=?
ERROR
AT* DANTE
FOMA端末の電波の受信レ
ベルを表示します。
0:FOMA 端末の電波の受信レベルが圏外と
表示される状態
1:FOMA端末の電波の受信レベルが 0本
または 1 本の状態
2:FOMA 端末の電波の受信レベルが 2 本の
状態
3:FOMA 端末の電波の受信レベルが 3 本の
状態
AT*DANTE
* DANTE:3
OK
AT* DANTE = ?
* DANTE:(0-3)
OK
AT*DGANSM=n
パケット着信呼に対する着 n = 0: 着信拒否設定(AT * DGARL)および着
信拒否/許可設定のモード
信許可設定(AT *DGAPL)を無効にす
を設定します。本コマンド
る(初期値)
による設定は、設定コマン n = 1: 着信拒否設定を有効にする
ド入力後のパケット通信着 n = 2: 着信許可設定を有効にする
信 呼 に 対 し 有 効 と な り ま AT* DGANSM?
す。
: 現在の設定値を表示する
AT*DGANSM=0
OK
AT* DGANSM?
*DGANSM:0
OK
AT*DGAPL=n [,cid]
パケット着信呼に対して着 n = 0: <cid> で定義された APN を着信許
信許可を 行うAPNを 設 定
可リストに追加する
します。APNの設定は、
n = 1: <cid> で定義された APN を着信許
+CGDCONT
可リストから削除する
で定義された <cid> パ ラ <cid> が省略された場合には、
すべてのcid
メータを用います。
に適用する
AT* DGAPL?
: 着信許可リストを表示する
AT*DGAPL =0,5
OK
AT*DGAPL?
*DGAPL:1
OK
AT*DGAPL =1
OK
AT*DGAPL?
OK
AT*DGARL=n [,cid]
パケット着信呼に対して着 n = 0 :<cid> で定義された APN を着信拒
信拒否を 行うAPNを 設 定
否リストに追加する
します。APN設定は、
n = 1 :<cid> で定義された APN を着信拒
+CGDCONT
否リストから削除する
で定義された <cid> パ ラ <cid> が省略された場合には、
すべてのcid
メータを用います。
に適用する
AT* DGARL?
: 着信拒否リストを表示する
AT*DGARL =0,5
OK
AT*DGARL?
*DGARL:1
OK
AT*DGARL =1
OK
AT*DGARL?
OK
AT*DGPIR=n
AT*DRPW
本 コ マ ン ド の 設 定 は、パ
ケット通信の発信時、着信
時の通知・非通知設定が有
効となります。
ダイヤルアップネットワー
クでの設定でも、接続先の
番号に186(通知)/184
(非通知)を付けることがで
きます(P.27)
。
FOMA端末の受信電力指標
値を表示します。
n = 0: APNをそのまま使用する(初期値) AT*DGPIR =0
n = 1: APNに“184”を付加して使用す OK
る(常に非通知)
AT*DGPIR?
n = 2: APNに“186”を付加して使用す *DGPIR:0
る(常に通知)
AT* DGPIR?
: 現在の設定値を表示する
OK
−
AT* DRPW
*DRPW:0
OK
AT*DRPW=?
*DRPW:(0-75)
OK
AT+CAOC
現在の課金値の問い合わせ −
を行います。
AT+CAOC
+CAOC:"000014"
OK
39
概要
パラメータ/ 説明
コマンド実行例
AT+CBC
AT コマンド
FOMA端末の電池残量を表
示します。
リザルト:+CBC:<bcs>,<bcl>
bcs:
0: 電池パックから電源が供給されている
1: 電池パックから電源が供給されていない
2: FOMA 端末に電池パックが接続されて
いない
3: 電源供給エラーにより FOMA 端末から
の発信不可
bcl:
0: 電池残量なし、または電池パック未接続
1 ∼ 100:電池残量あり
AT+CBC
+CBC:0,70
OK
AT+CBC?
ERROR
AT+CBC=?
+CBC:(0-3),(0-100)
OK
AT+CBST
利用するベアラサービスを 書式:AT+CBST=<n>,1,0
n =116:64,000 bps(bit transparent)
切り替えます。
(初期値)
n =134:64,000 bps (multimedia)
AT+CBST=134,1,0
OK
AT+CBST?
+CBST:134,1,0
OK
AT+CBST=?
+CBST:(116,134),
(1),(0)
OK
着信時に、着サブアドレス n = 0: 着サブアドレスを通知しない ( 初期
値)
を通知するかどうかを設定
します。マルチナンバー契 n = 1: 着サブアドレスを通知する
約状態を問い合わせます。
AT+CDIP?
: 現在の設定値を表示する
+CDIP:n,m
m = 0:マルチナンバー未契約
m = 1:マルチナンバー契約中
m = 2:不明
AT+CDIP=0
OK
直前の呼の切断理由を表示
します。
AT+CEER
+CEER:36
OK
[&F] [&W]
AT+CDIP=n
[&F] [&W]
AT+CEER
リザルト:+CEER:<report>
report:切断理由一覧(P.51)
AT+CDIP?
+CDIP:0,1
OK
AT+CGDCONT
パ ケ ッ ト 発 信 時 の 接 続 先 P.48
(APN)を設定します。
P.48
AT+CGEQMIN
PPP パケット通信確立時 P.48
にネットワーク側から通知
されるQoS(サービス品質)
を許容するかどうかの判定
基準値を登録します。
P.48
AT+CGEQREQ
PPP パケット通信の発信 P.49
時にネットワークへ要求す
るQoS(サービス品質)を
設定します。
P.49
AT+CGMR
FOMA端末のバージョンを
表示します。
AT+CGMR
12345XXXXXXXXXXX
OK
AT+CGREG=n
ネットワーク登録状態を通 n = 0: 通知なし(初期値)
AT+CGREG=1
知するかどうかを設定しま n = 1: 通知あり
OK(通知ありに設定)
す。
圏内・圏外が切り替わったときに通 AT+CGREG?
応答される通知により圏内
+CGREG:1,0
知する
/圏外を表示します。
OK
AT+CGREG?
AT+CGREG=?
: 現在の設定値を表示する
+CGREG:(0,1)
+CGREG:<n>,<stat>
n :設定値
OK
stat:
(圏外)
0:パケット圏外
1:パケット圏内
(圏 外 か ら 圏 内 に 移 動
4:不明
した場合)
5:パケット圏内
+CGREG:1
[&F] [&W]
AT+CGSN
FOMA端末の製造番号を表
示します。
−
−
AT+CGSN
12345XXXXXXXXXXX
OK
40
AT コマンド
AT+CLIP=n
概要
パラメータ/ 説明
64Kデー タ通信 の着 信 時 n = 0: リザルトを出さない ( 初期値 )
に、相手の発信番号をパソ n = 1: リザルトを出す
コンに表示できます。
AT+CLIP?
: 現在の設定値を表示する
+CLIP:n,m
m = 0:発信時に相手に番号を通知しない
NW設定
m = 1:発信時に相手に番号を通知する NW
設定
m = 2:不明
[&F] [&W]
AT+CLIR=n
64Kデー タ通信 の発 信 時
に、電話番号を相手に通知
するかどうかを設定しま
す。
n = 0: CLIRサービスの契約に従う
n = 1: 通話相手に番号発信しない
n = 2: 通話相手に番号発信する ( 初期値 )
AT+CLIR?
: 現在の設定値を表示する
+CLIR:n,m
m =0: CLIRは起動していない(常時通知)
m = 1:CLIRは起動している(常時非通知)
m = 2:不明
m = 3:CLIRテンポラリーモード(非通知デ
フォルト )
m = 4:CLIRテンポラリーモード (通知デ
フォルト )
AT+CMEE=n
[&F] [&W]
AT+CNUM
コマンド実行例
AT+CLIP=0
OK
AT+CLIP?
+CLIP:0,1
OK
(+CLIP=1 設定時に着
信)
RING
+CLIP:
"090XXXXXXXX",177,"
123",136
AT+CLIR=0
OK
AT+CLIR?
+CLIR:0,1
OK
AT+CLIR=?
+CLIR:(0-2)
OK
FOMA端末のエラーレポー n = 0: ERROR リザルトを用いる(初期値)
ト の 有 無 の 設 定 を 行 い ま n = 1: +CME
ERROR:<err> リザルト
す。
コードを使用し、<err> は数値を用
いる
n = 2 :+CME
ERROR:<err> リザルト
コードを使用し、<err> は文字を用
いる
AT+CMEE?:現在の設定値を表示する
右記は FOMA端末や接続に異常がある場
合のコマンドの実行例です。
AT+CMEE=0
OK
AT+CNUM
ERROR
AT+CMEE=1
OK
AT+CNUM
+CME ERROR:10
AT+CMEE=2
OK
AT+CNUM
+CME ERROR リザルトコードは以下の +CME ERROR:SIM
とおりです。
not inserted
1:no connection to phone
10:SIM not inserted
15:SIM wrong
16:incorrect password
100:unknown
FOMA端末の自局番号を表 リザルト:+CNUM:,<number>,<type>
示します。
number:電話番号
type : 129 または145
129 : 国際アクセスコード+を含まない
145 : 国際アクセスコード+を含む
41
AT+CNUM
+CNUM:,"+8190XX
XXXXXX",145
OK
AT コマンド
AT+COPS
概要
パラメータ/ 説明
接続する通信事業者を選択 書式:AT+COPS=<mode>,2,<oper>
します。
mode=0:オート(自動的にネットワーク
を検索して通信事業者を切り替
える)
mode=1:マニュアル(<oper> に指定さ
れた通信事業者に接続する)
mode=2:通信事業者との接続を解除(切
断)する
mode=3:マッピングを行わない
mode=4:マニュアルオート(<oper> に
指定された通信事業者に接続で
きなかった場合に「オート」の
処理を行う)
コマンド実行例
AT+COPS=0
OK
AT+COPS?
+COPS:0
OK
AT+COPS=?
+COPS:(2,,,"44F00
1"),(3,,,"44F002"),,(
0,1,3),(2)
OK
<oper> は国番号(MCC)とネットワーク
番号(MNC)からなる 16 進数の値で示す。
書式は以下のとおりです。
Digit 1 of MCC・・・octet 1 bits 1 to 4.
Digit 2 of MCC・・・octet 1 bits 5 to 8.
Digit 3 of MCC・・・octet 2 bits 1 to 4.
Digit 3 of MNC・・・octet 2 bits 5 to 8.
Digit 2 of MNC・・・octet 3 bits 5 to 8.
AT+CPAS
FOMA端末への制御信号が リザルト:+CPAS: <pas>
使用できるかどうかを表示
します。
pas:
0: FOMA端末への制御信号の送受信が可能
1: FOMA 端末への制御信号の送受信が不
可能
2: 不明(制御信号の送受信は保証されない)
3: FOMA 端末への制御信号の送受信が可
能、かつ着信中
4: FOMA 端末への制御信号の送受信が可
能、かつ通信中
42
AT+CPAS
+CPAS:0
OK
AT+CPAS?
ERROR
AT+CPAS=?
+CPAS:(0-4)
AT コマンド
AT+CPIN
概要
FOMA端末にPINコードを
入力します。
パラメータ/ 説明
コマンド実行例
書式 : AT+CPIN="<pin>","<newpin>"
(+CPIN?入力時に、+CPIN:
本コマンドは AT+CPIN? を入力して READYが応答される状態)
応答されるリザルトコードの状態に AT+CPIN="1234"
よって FOMA 端末のPIN 1コード、 ERROR
PIN2 コー ドおよび PIN ロッ ク解除
コードを入力するためのコマンドで (+CPIN?入力時に、+CPIN:
す。
READYが応答される状態)
画面にてPINコード入力やPINロック AT+CPIN="12345678",
解除コードを要求されている場合で "1234"
も、AT+CPIN?入力時のリザルトコー ERROR
ドの状態によって本コマンドを利用
してPIN入力ができない場合がありま (+CPIN?入力時に、+CPIN:
す。PINコード変更を目的として本コマ SIM PINが応答される状態)
ンドを使用しないでください。<pin>と AT+CPIN="1234"
OK
<newpin>は" "で囲んでください。
AT+CPIN? のリザルト
+CPIN:READY:PIN1 コード、 (+CPIN?入力時に、+CPIN:
PIN2 コード、PIN1 ロック解除コー SIM PUK が応答される状態
ド、PIN2 ロック解除コードが入力 :PIN1ロック状態)
できない状態
AT+CPIN="12345678",
+CPIN:SIM PIN:PIN1 入力待ち "1234"
状態
OK
+CPIN:SIM PIN2:PIN2 入力待ち
状態
(+CPIN?入力時に、+CPIN:
+CPIN:SIM PUK:PIN1 ロック状 SIM PUK2が応答される状
態(PIN1 ロック解除コード入力可) 態:PIN2ロック状態)
+CPIN:SIM PUK2:PIN2 ロック AT+CPIN="12345678",
状態(PIN2 ロック解除コード入力 "1234"
可)
OK
右記は PIN コード「1234」、PIN
ロック解除コード「12345678」 AT+CPIN?
の入力例です。
+CPIN:READY
OK
AT+CPIN=?
OK
AT+CR=n
[&F] [&W]
AT+CRC=n
回線接続時にCONNECTの n = 0: 表示しない(初期値)
リザルトコードを表示する n = 1: 表示する
前に、ベアラサービス種別 <serv> : パケット通信を意味する
を表示します。
“GPRS”のみ表示する
(回線種別により“SYNC”,
“AV64K”を表示)
AT+CR?
:現在の設定値を表示する
着信時に拡張リザルトコー n = 0: +CRINGを使用しない(初期値)
ドを使用するかどうかを設 n = 1: +CRING.<type> を使用する
定します。
+CRING の書式は以下のとおりです。
+CRING:SYNC
+CRING:AV64K
: GPRS “PPP”,,,“<APN>”
AT+CRC?
: 現在の設定値を表示する
[&F] [&W]
43
AT+CR =1
OK
ATD *99 ***1#
+CR :GPRS
CONNECT
AT+CRC=0
OK
AT+CRC?
+CRC :0
OK
(PPPoverUD 着信時)
+CRING:SYNC
(AV64K 着信時)
+CRING:AV64K
(PPPパケット着信時)
+ C R I N G :G P R S
“PPP”,,,
“〈APN〉
”
AT コマンド
AT+CREG=n
[&F] [&W]
AT+CUSD
概要
パラメータ/ 説明
コマンド実行例
圏内・圏外情報の表示に関 n = 0: 通知なし(初期値)
AT+CREG=1
するリザルト表示の有無を n = 1: 通知あり
OK
圏内・圏外が切り替わったときに通 (通知ありに設定)
設定します。
知する
a OSによっては設定でき
AT+CREG?
AT+CREG?
ない場合があります。
: 現在の設定値を表示する
+CREG :1,0
+CREG : <n>,<stat>
OK
n :設定値
(圏外)
stat :
(圏 外 か ら 圏 内 に 移 動
0 : 音声圏外
した場合)
1 : 音声圏内
+CREG :1
4 : 不明
5 :音声圏内
付 加 サ ー ビ ス 等 に 関 し、 書式:AT+CUSD=<n>,"<str>"[,0]
ネットワークの設定を変
更、設定内容の問い合わせ n = 0: 中間リザルト
<m>[<str>,<dcs>]を送出しな
を行います。
い(初期値)
n = 1: 中間リザルト
<m>[<str>,<dcs>]を送出する
中間リザルト:
m = 0:設定完了
m = 1:ネットワークから情報要求あり。
str
[&F] [&W]
: 0 ∼9、#、*のみ使用可能。
<str> は""で囲む
AT+CUSD=0,
"xxxxxxxxx"
OK
AT+CUSD=1,"*148
* 1 * 0000#",0
+CUSD:0,"148*7#",0
OK
AT+CUSD?
+CUSD:0
OK
AT+CUSD =?
+CUSD:(0,1)
OK
AT+FCLASS=n
[&F] [&W]
FOMA端末がサポートする
通信種別を設定します。
n = 0: データのみサポート(初期値)
AT+FCLASS=0
OK
AT+GCAP
FOMA 端末のAT コマンド
のサポート範囲を表示しま
す。
リザルト:+GCAP:<area>,<area>,<area>
area:
+CGSM :GSMコマンドの一部またはす
べてがサポートされている
+FCLASS:+FCLASS コマンドがサポー
トされている
+W
:+W コマンドがサポートされて
いる
AT+GCAP
+GCAP:+CGSM,+F
CLASS,+W
−
AT+GMI
NEC
OK
AT+GMI
メーカ名を表示します。
OK
AT+GMM
FOMA 端末の製品名
(FOMA N05C)を表示し
ます。
−
AT+GMM
FOMA N05C
OK
AT+GMR
FOMA端末のバージョンを
表示します。
−
AT+GMR
Ver1.00
OK
AT+IFC=n,m
フロー制御方式を選択しま n : DCE by DTE
m : DTE by DCE
す。
0: フロー制御なし
1: XON/ XOFF フロー制御
2: RS / CS(RTS/CTS)フロー制御
初期値は n,m =2,2
AT+IFC?:現在の設定値を表示する
AT+IFC=2,2
OK
AT+IFC?
+IFC:2,2
OK
AT+IFC=?
+IFC:(0,1,2),(0,1,2)
[&F] [&W]
AT+WS46
OK
FOMA端末の無線通信モー
ドを表示します。
12:GSM/ GPRS 固定モード
22:3G 固定モード
25:Autoモード
44
AT+WS46?
25
OK
AT コマンド
概要
パラメータ/ 説明
コマンド実行例
AT¥S
現在設定されている各コマ −
ンド、S レジスタの内容を
表示します。
AT¥Vn
接続時の応答コード仕様を n = 0: 拡張リザルトコードを使用しない AT¥V0
選択します。
(初期値)
OK
n = 1: 拡張リザルトコードを使用する
[&F] [&W]
AT¥S
E1 Q0 V1 X4 &C1
&D2 &S0 &E1 ¥V0
S000=000
S002=043
S003=013
S004=010
S005=008
S006=005
S007=060
S008=003
S010=001
S030=000
S103=001
S104=001
OK
ATA
FOMA端末が着信したモー −
ドに従って着信処理を行い
ます。
ATD
FOMA 端末に対して パ ラ ATD *99 ***<cid># :パケット通信 <パケット通信 >
メータ、ダイヤルパラメー <cid> 1 ∼ 10:+ CGDCONT 設定した ATD *99 ***1#
タの指定に従って自動発信
APN を表す
CONNECT
処理を行います。
ATEn
[&F] [&W]
RING
ATA
CONNECT
AT+CBST=116,1,0 設定時
ATD< 電話番号> :64K 通信
<64K 通信>
AT+CBST=116,1,0
OK
ATD090XXXXXXXX
CONNECT
AT+CBST=134,1,0 設定時
ATD< 電話番号> :AV64K 通信
<AV64K 通信>
AT+CBST=134,1,0
OK
ATD090XXXXXXXX
CONNECT
コ マ ン ド モ ー ド に お い て n = 0 :エコーバックなし
DTEに対するエコーバック n = 1 :エコーバックあり(初期値)
の有無を指定します。
ATE1
OK
ATHn
FOMA 端末に対してオ ン
フック動作を行います。
n = 0 :回線を切断する(省略可)
ATIn
認識コードを表示します。
ATI0
n = 0:「NTT DoCoMo」を表示する
n = 1: 製品名を表示する(+GMM と同じ) NTT DoCoMo
n = 2: FOMA端末のバージョンを表示す OK
る(+GMR と同じ)
(パケット通信中)
+++
OK
ATH
NO CARRIER
ATI1
FOMA N05C
n = 3: ACMP 信号の各要素を表示する
n = 4: FOMA端末の有する通信機能の詳 OK
細を表示する
ATOn
ATQn
[&F] [&W]
ATS0=n
通信中にオンラインコマン
ドモードから、オンライン
データモードに戻ります。
n = 0: オンラインコマンドモードからオン ATO
ラインデータモードに戻す(省略可) CONNECT
DTEへのリザルトコードを n = 0 :リザルトコードを表示する(初期値) ATQ0
表示するかどうか設定しま n = 1 :リザルトコードを表示しない
OK
す。
ATQ1
(このとき、OK は応答
されません)
FOMA端末が自動着信する n = 0 :自動着信しない(初期値)
までの呼び出し回数を設定 n = 1- 255: 指定したリング回数で自動着
します。
信する
ATS0?:現在の設定値を表示する
[&F] [&W]
45
ATS0=0
OK
ATS0?
000
OK
AT コマンド
ATS2=n
概要
パラメータ/ 説明
ATS2=43
OK
ATS2?
043
OK
キャリッジリターン(CR) n = 13 :初期値(n = 13 のみ指定可)
キャラクタの設定を行いま ATS3? :現在の設定値を表示する
す。
ATS3=13
OK
ATS3?
013
OK
ラインフィード(LF)キャ n = 10 : 初期値(n = 10 のみ指定可)
ラクタの設定を行います。 ATS4? : 現在の設定値を表示する
ATS4=10
OK
ATS4?
010
OK
バックスペース(BS)キャ n = 8 : 初期値(n = 8のみ指定可)
ラクタの設定を行います。 ATS5? : 現在の設定値を表示する
ATS5=8
OK
ATS5?
008
OK
ダイヤルするまでのポーズ 本コマンドは設定できますが、動作はいたし
時間(秒)を設定します。 ません。
ATS6=5
OK
ATS6?
005
OK
ATS6 =?
ERROR
カンマダイヤルによるポー 本コマンドは設定できますが、動作はいたし
ズ時間(秒)を設定します。 ません。
ATS8=3
OK
ATS8?
003
OK
ATS8 =?
ERROR
[&F]
ATS3=n
[&F]
ATS4=n
[&F]
ATS5=n
[&F]
ATS6=n
[&F]
ATS8=n
[&F]
ATS10=n
自動切断遅延時間設定
(1/10 秒)
本コマンドは設定できますが、動作はいたし
ません。
[&F][&W]
ATS30=n
コマンド実行例
エスケープキャラクタの設 n = 43 : 初期値
n = 127: エスケープ処理は無効
定を行います。
ATS2? : 現在の設定値を表示する
ユーザデータの送受信がな n = 0: 不活動タイマオフ ( 初期値 )
い場合、この時間で切断し n = 0 ∼ 255
ます。
n は分単位で設定します。
ATS10=1
OK
ATS10?
001
OK
ATS10 =?
ERROR
ATS30=0
OK
ATS30?
000
OK
ATS30=?
ERROR
[&F]
ATS103=n
着サブアドレスキャラクタ n = 0: *
を設定します。
n = 1: /(初期値)
n = 2: ¥(¥マークあるいはバックスラッ
シュ)
ATS103=0
OK
ATS103?
000
OK
ATS103=?
ERROR
[&F]
46
AT コマンド
ATS104=n
概要
パラメータ/ 説明
発サブアドレスキャラクタ n = 0: #
n = 1: %(初期値)
を設定します。
n = 2: &
コマンド実行例
ATS104=0
OK
ATS104?
000
OK
ATS104=?
ERROR
[&F]
ATVn
すべてのリザルトコードを n = 0: リザルトコードを数値で返送する
ATV1
数字表記または英文字表記 n = 1: リザルトコードを文字で返送する OK
に設定します。
(初期値)
[&F] [&W]
ATXn
[&F] [&W]
接続時のCONNECT表示に n = 0: ダイ ヤルトーン 検出なし、ビジ ー ATX1
速度表示の有無を設定しま
トーン検出なし、速度表示なし
OK
n = 1: ダイ ヤルトーン 検出なし、ビジ ー
す。
トーン検出なし、速度表示あり
また、ビジートーン、ダイ
ヤルトーンの検出を行いま n = 2: ダイ ヤルトーン 検出あり、ビジ ー
トーン検出なし、速度表示あり
す。
n = 3: ダイ ヤルトーン 検出なし、ビジ ー
トーン検出あり、速度表示あり
n = 4: ダイ ヤルトーン 検出あり、ビジ ー
トーン検出あり、速度表示あり
(初期値)
ATZ
設定を不揮発メモリの内容 −
にリセットします。
通信中に本コマンドが入力
された場合、回線切断処理
を行います。
(オ ン ラ イ ン コ マ ン ド
モード時)
ATZ
NO CARRIER
(オ フ ラ イ ン コ マ ン ド
モード時)
ATZ
OK
+++
オンラインデータモードの −
とき、エスケープシーケン
スが実行されると回線を切
断することなくオンライン
コマンド状態に移ります。
(オンラインデータモード)
+++(表示は見えない)
OK
47
d AT コマンドの補足説明
■ 動作しないコマンド
以下のコマンドは、エラーにはなりませんがコマンドの動作はしません。
・ ATT(トーン設定)
・ ATP(パルス設定)
■ コマンド名:+CGDCONT=[ パラメータ ]
・概要
パケット発信時の接続先(APN)の設定を行います。
本コマンドは設定コマンドですが、&W により書き込まれる不揮発メモリには記憶されません。&F、Zによるリ
セットも行われません。
・書式
+CGDCONT=[ <cid>[ ,"<PDP_type>"[ ,"<APN>"] ] ]
・パラメータ説明
パケット発信時の接続先(APN)を設定します。設定例は以下のコマンド実行例を参照してください。
<cid> ※ 1: 1 ∼10
<PDP_type> ※ 2: PPPまたは IP
<APN> ※ 3: 任意
※ 1:<cid> は、FOMA 端末内に登録するパケット通信での接続先(APN)を管理する番号です。FOMA端末で
は1∼10が登録できます。<cid>=1 にはmopera.ne.jpが、<cid>=2、3 には mopera.net が、<cid>=4
には mpr.ex-pkt.net が初期値として登録されていますので、cidは 5∼ 10に設定します。
※ 2:<PDP_type> は、接続方式です。FOMA 端末は PPP または IP を指定できます。<cid>=1、2、4 には
PPP が、<cid>=3には IPが初期値として登録されています。なお、アクセスポイントモードの接続先とし
て使用する場合は PPPを指定します。
※ 3:<APN> は、接続先を示す接続先ごとの任意の文字列です。
・パラメータを省略した場合の動作
+CGDCONT=:すべての<cid> に対し初期値を設定します。
+CGDCONT=<cid>:指定された <cid>を初期値に設定します。
+CGDCONT=?:設定可能な値のリスト値を表示します。
+CGDCONT?:現在の設定を表示します。
・コマンド実行例
abc という APN名を登録する場合のコマンド(cidが 5の場合)
AT+CGDCONT=5,"PPP","abc"
OK
■ コマンド名:+CGEQMIN=[ パラメータ ]
・概要
PPP パケット通信確立時にネットワーク側から通知されるQoS(サービス品質)を許容するかどうかの判定基準
値を登録します。
設定パターンは、以下のコマンド実行例に記載されている4 パターンが設定できます。
本コマンドは設定コマンドですが、&W により書き込まれる不揮発メモリには記憶されません。&F、Zによるリ
セットも行われません。
・書式
+CGEQMIN=[<cid>[ ,,<Maximum bitrate UL>[ ,<Maximum bitrate DL>] ] ]
・パラメータ説明
<cid> ※ 1 : 1∼ 10
<Maximum bitrate UL> ※ 2: なし(初期値)または 5,760
<Maximum bitrate DL> ※ 2: なし(初期値)または 7,232
※ 1:<cid> は、FOMA 端末内に登録するパケット通信での接続先(APN)を管理する番号です。
※ 2:<Maximum bitrate UL>および<Maximum bitrate DL>は、FOMA端末と基地局間の上りおよび下り
最大通信速度 [kbps] の設定です。なし(初期値)の場合はすべての速度を許容しますが、5,760 および
7,232 を設定した場合はこれらの値以外での速度の接続は許容しないため、パケット通信がつながらない場
合がありますのでご注意ください。
・パラメータを省略した場合の動作
+CGEQMIN= :すべての <cid>に対し初期値を設定します。
+CGEQMIN=<cid>:指定された<cid> を初期値に設定します。
+CGEQMIN=?:設定可能な値のリスト値を表示します。
+CGEQMIN?:現在の設定を表示します。
48
・コマンド実行例
以下の4 パターンのみ設定できます。
(1)の設定が各cid に初期値として設定されています。
(1) 上り /下りすべての速度を許容する場合のコマンド(cid が5 の場合)
AT+CGEQMIN=5
OK
(2) 上り 5,760kbps/ 下り 7,232kbpsの速度のみ許容する場合のコマンド(cid が6 の場合)
AT+CGEQMIN=6,,5760,7232
OK
(3) 上り 5,760kbps/ 下りはすべての速度を許容する場合のコマンド(cid が 7の場合)
AT+CGEQMIN=7,,5760
OK
(4) 上りすべての速度 /下り7,232kbps の速度のみ許容する場合のコマンド(cidが 8の場合)
AT+CGEQMIN=8,,,7232
OK
■ コマンド名:+CGEQREQ=[ パラメータ ]
・概要
PPP パケット通信の発信時にネットワークへ要求する QoS(サービス品質)を設定します。
設定は以下のコマンド実行例に記載されている1 パターンのみで初期値としても設定されています。
本コマンドは設定コマンドですが、&W により書き込まれる不揮発メモリには記憶されません。&F、Zによるリ
セットも行われません。
・書式
+CGEQREQ=[<cid>]
・パラメータ説明
<cid> ※:1 ∼10
※: <cid>は、FOMA端末内に登録するパケット通信での接続先(APN)を管理する番号です。
・パラメータを省略した場合の動作
+CGEQREQ=:すべての <cid>に対し初期値を設定します。
+CGEQREQ=<cid>:指定された<cid> を初期値に設定します。
+CGEQREQ=?:設定可能な値のリスト値を表示します。
+CGEQREQ?:現在の設定を表示します。
・コマンド実行例
以下の1 パターンのみ設定できます。各cidに初期値として設定されています。
上り5,760kbps/ 下り 7,232kbpsの速度で接続を要求する場合のコマンド(cid が 5の場合)
AT+CGEQREQ=5
OK
モデムポートコマンドの設定値の保存について
AT +CGDCONT コマンドによる接続先(APN)設定(P.25)、AT+CGEQMIN /AT +CGEQREQ コマンドに
よる QoS 設定、AT * DGAPL / AT * DGARL / AT * DGANSM コマンドによる着信許可・拒否設定、AT *
DGPIRコマンドによるパケット通信の番号通知/非通知の設定およびAT+CLIRコマンドによる64Kデータ通信発
信時の番号通知/非通知の設定を除き、ATコマンドによる設定は、FOMA端末の電源 OFF/ ON時に初期化されて
しまいますので、ご注意ください。なお、
[&W]が付いているコマンドについては、設定後に
AT&W
と入力することにより保存できます。このとき、
[&W]が付いている他の設定値も同時に保存されます。これらの
値は、電源OFF /ON後であっても、
ATZ
と入力することにより、設定値を呼び戻すことができます。
49
リザルトコード
■ データ通信に関するリザルトコード
数字表示
文字表示
意 味
0
OK
正常に実行しました。
1
CONNECT
相手と接続しました。
2
RING
着信が来ています。
3
NO CARRIER
回線が切断されました。
4
ERROR
コマンドを受け付けることができません。
6
NO DIALTONE
ダイヤルトーンの検出ができません。
7
BUSY
話中音検出中です。
8
NO ANSWER
接続完了タイムアウト。
100
RESTRICTION
ネットワークが規制中です。
101
DELAYED
リダイヤル発信規制中です。
■ 拡張リザルトコード
・ &E0 の時
数字表示
文字表示
意 味
122
CONNECT 64000
FOMA 端末−基地局間速度64,000bpsで接続しました。
125
CONNECT 384000
FOMA 端末−基地局間速度384,000bpsで接続しました。
133
CONNECT 3648000
FOMA 端末−基地局間速度 3,648,000bps で接続しました。
135
CONNECT 7232000
FOMA 端末−基地局間速度 7,232,000bps で接続しました。
・ &E1 の時
数字表示
文字表示
意 味
5
CONNECT 1200
FOMA端末−PC間速度1,200bpsで接続しました。
10
CONNECT 2400
FOMA端末−PC間速度2,400bpsで接続しました。
11
CONNECT 4800
FOMA端末−PC間速度4,800bpsで接続しました。
13
CONNECT 7200
FOMA端末−PC間速度7,200bpsで接続しました。
12
CONNECT 9600
FOMA端末−PC間速度9,600bpsで接続しました。
15
CONNECT 14400
FOMA端末−PC間速度14,400bpsで接続しました。
16
CONNECT 19200
FOMA端末−PC間速度 19,200bpsで接続しました。
17
CONNECT 38400
FOMA端末−PC間速度 38,400bpsで接続しました。
18
CONNECT 57600
FOMA端末−PC間速度 57,600bpsで接続しました。
19
CONNECT 115200
FOMA端末−PC間速度 115,200bpsで接続しました。
20
CONNECT 230400
FOMA端末−PC間速度 230,400bpsで接続しました。
21
CONNECT 460800
FOMA端末−PC間速度 460,800bpsで接続しました。
■ 通信プロトコルリザルトコード
数字表示
文字表示
意 味
1
PPPoverUD
PPPoverUD で接続(BC=UDI、+CBST=116,1,0)
3
AV64K
AV(テレビ電話)[64K] で接続
5
PACKET
パケットで接続
おしらせ
d ATVn コマンド(P.47)が n =1 に設定されている場合には文字表示形式(初期値)、n =0 に設定されている
場合には数字表示形式でリザルトコードが表示されます。
d 従来の RS-232C で接続するモデムとの互換性を保つため通信速度の表示はしますが、FOMA端末−PC間は
FOMA 充電機能付USB 接続ケーブル 02(別売)やBluetooth 通信で接続されているため、実際の接続速度
と異なります。
d 「 RESTRICTION」
(数字表示:100)が表示された場合には、通信ネットワークが混雑しています。しばらく
してから接続し直してください。
50
リザルトコードの表示例
■ ATX0 が設定されている場合
AT¥Vn コマンド(P.45)の設定に関係なく接続完了の際にCONNECT のみの表示となります。
文字表示例: ATD *99 *** 1#
CONNECT
数字表示例: ATD *99 *** 1#
1
■ ATX1 が設定されている場合
・ATX1、AT¥V0 が設定されている場合(初期値)
接続完了のときに、CONNECT <FOMA 端末− PC間の速度> の書式で表示します。
文字表示例: ATD *99 *** 1#
CONNECT 460800
数字表示例: ATD *99 *** 1#
1 21
・ATX1、AT¥V1 が設定されている場合※
接続完了のときに、以下の書式で表示します。
CONNECT <FOMA 端末−PC 間の速度> PACKET < 接続先 APN> / < 上り方向(FOMA 端末→無線基地局間)
の最高速度> / <下り方向(FOMA端末←無線基地局間)の最高速度 >
以下の例は、mopera.ne.jpに、送信最大 5,440kbps、受信最大 7,232kbps で接続したことを表します。
文字表示例: ATD *99 *** 1#
CONNECT 460800 PACKET mopera.ne.jp/5440/7232
数字表示例: ATD *99 *** 1#
1 21 5
※: ATX1、AT¥V1 を同時に設定した場合、ダイヤルアップ接続が正しく行えない場合があります。AT¥V0 だ
けでのご利用をおすすめします。
切断理由一覧
■ パケット通信
値
理 由
26
27
APNが存在しないか、もしくは正しくありません。
30
ネットワークより切断されました。
33
要求したサービスオプションは申し込まれていません。
36
正常に切断されました。
■ 64K データ通信
値
1
理 由
指定した番号は存在しません。
16
正常に切断されました。
17
相手側が通信中のため、通信ができません。
18
発信しましたが、指定時間内に応答がありませんでした。
19
相手側が呼び出し中のため通信ができません。
21
相手側が通信を拒否しました。
63
ネットワークのサービスおよびオプションが有効ではありません。
65
提供されていない伝達能力を指定しました。
88
端末属性の異なる端末に発信したか、または着信を受けました。
51
区点コード一覧
区点コード一覧
<区点コード一覧の見かた>
最初に「区点 1∼ 3桁目」の数字を入力してから、次に「区点 4桁目」の数字を入力します。
d 区点コード一覧の表示は、実際の見えかたが異なるものがあります。
区点
1∼3桁目 0
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
026
027
028
029
1
2
区点4桁目
3 4 5 6
、 。 , .・
゛゜´`¨^
ゝゞ〃仝々 /\∼‖|…
”( )〔 〕[
〉《 》「 」『
−±×÷=≠
∞∴♂♀°′
¢£%#& ○●◎◇
◆□■△▲▽
←↑↓〓
∈
⊃∪∩
∧∨¬⇒⇔
(スペース)
!
ヾ
‐
“
〈
+
≧
$
★
→
⊂
7
8
:;
 ̄_
〇ー
‥‘
]{
』【
<>
″℃
@§
区点
9 1∼3桁目 0
?
ヽ
―
’
}
】
≦
¥
☆
▼※〒
∋⊆⊇
∀∃
∠⊥͡∂∇≡≒≪≫√
∽∝∵∫∬
ʼn♯♭♪†‡¶
⃝
1
2
3
区点4桁目
4 5 6
7
8
区点
9 1∼3桁目 0
075
076
077
078
б
к
ф
ю
080
081
082
083
─│┌┐┘└├┬┤
┴┼━┃┏┓┛┗┣┳
┫┻╋┠┯┨┷┿┝┰
┥┸╂
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
вгдеёжзий
лмнопрсту
хцчшщъыьэ
я
③④⑤⑥⑦⑧⑨
⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲
ⅢⅣⅤⅥⅦⅧⅨ
㌔㌢㍍㌘㌧㌃㌶
㌦㌣㌫㍊㌻㎜㎝
㏄㎡
平成 № ㏍ TEL ㊤
㊥㊦㊧㊨㈱㈲㈹㍾㍽㍼
≒≡∫∮∑
∟⊿
∵
⑩
⑳
Ⅹ
㍑
㎞
①
⑪
Ⅰ
㍗
㎎
②
⑫
Ⅱ
㍉
㌍
㎏
あ
031
032
033
034
035
036
037
038
039
040
041
042
043
044
045
046
047
048
0 1 2 3
4 5 6 7 8 9
ABC
H I J K LM
R STUVW
a
fghijk
pqrstu
z
ぁあぃいぅ
おかがきぎく
ごさざしじす
ぞただちぢっ
とどなにぬね
ひびぴふぶぷ
ぼぽまみむめ
ゆょよらりる
ゐゑをん
D
N
X
b
l
v
E
O
Y
c
m
w
F
P
Z
d
n
x
G
Q
e
o
y
う
ぐ
ず
つ
の
へ
も
れ
ぇ
け
せ
づ
は
べ
ゃ
ろ
え
げ
ぜ
て
ば
ぺ
や
ゎ
ぉ
こ
そ
で
ぱ
ほ
ゅ
わ
160
161
162
163
164
葵
梓
鮎
鞍
亜
茜
圧
或
杏
唖
穐
斡
粟
娃
悪
扱
袷
阿
握
宛
安
以
惟
緯
域
芋
淫
陰
伊
意
胃
育
鰯
胤
隠
位
慰
萎
郁
允
蔭
韻
哀
渥
姐
庵
愛
旭
虻
按
挨
葦
飴
暗
姶
芦
絢
案
逢
鯵
綾
闇
偉
椅
謂
一
咽
囲
為
違
壱
員
夷
畏
遺
溢
因
委
異
医
逸
姻
い
164
165
166
167
168
169
170
威
移
井
稲
引
尉
維
亥
茨
飲
院
依
易
衣
磯
印
吋
う
170
171
172
173
右宇烏羽
迂雨卯鵜窺丑碓臼渦嘘
唄欝蔚鰻姥厩浦瓜閏噂
云運雲
え
ァ
カ
サ
タ
ド
ビ
ポ
ョ
ヱ
ア
ガ
ザ
ダ
ナ
ピ
マ
ヨ
ヲ
ィ
キ
シ
チ
ニ
フ
ミ
ラ
ン
イ
ギ
ジ
ヂ
ヌ
ブ
ム
リ
ヴ
ゥ
ク
ス
ッ
ネ
プ
メ
ル
ヵ
ウ
グ
ズ
ツ
ノ
ヘ
モ
レ
ヶ
ェ
ケ
セ
ヅ
ハ
ベ
ャ
ロ
エ
ゲ
ゼ
テ
バ
ペ
ヤ
ヮ
ォ
コ
ソ
デ
パ
ホ
ュ
ワ
050
051
052
053
054
055
056
057
058
オ
ゴ
ゾ
ト
ヒ
ボ
ユ
ヰ
060
061
062
063
064
065
ΑΒΓΔ
ΚΛΜΝΞ
ΦΧΨΩ
αβ
θικλμ
στυφχ
070
071
072
073
074
АБВГДЕЁЖЗ
ИЙКЛМНОПРС
ТУФХЦЧШЩЪЫ
ЬЭЮЯ
а
ΕΖΗΘΙ
ΟΠΡΣΤ
173
174
175
176
177
178
曳
衛
閲
掩
艶
栄
詠
榎
援
苑
永
鋭
厭
沿
薗
荏
泳
液
円
演
遠
餌
洩
疫
園
炎
鉛
叡
瑛
益
堰
焔
鴛
営
盈
駅
奄
煙
塩
嬰
穎
悦
宴
燕
影
頴
謁
延
猿
映
英
越
怨
縁
178
179
180
181
182
凹央
押
鴎黄
牡乙
奥
旺
岡
俺
往
横
沖
卸
於汚甥
応
欧殴王翁襖鴬
荻億屋憶臆桶
恩温穏音
蟹
慨
馨
拡
赫
顎
恰
叶
噛
勘
幹
款
竿
諌
舘
贋
区点4桁目
4 5 6
1
2
3
開
概
蛙
撹
較
掛
括
椛
鴨
粥
勧
患
歓
管
貫
丸
雁
階
涯
垣
格
郭
笠
活
樺
栢
刈
巻
感
汗
簡
還
含
頑
貝
碍
柿
核
閣
樫
渇
鞄
茅
苅
喚
慣
漢
緩
鑑
岸
顔
182
183
184
185
186
187
188
189
190
仮
家
禍
蝦
我
介
恢
何
寡
禾
課
牙
会
懐
魁
伽
科
稼
嘩
画
解
戒
晦
価
暇
箇
貨
臥
回
拐
械
佳
果
花
迦
芽
塊
改
海
1
加
架
苛
過
蛾
壊
凱
蓋
蛎
殻
隔
橿
滑
株
萱
瓦
堪
憾
澗
缶
間
巌
願
7
8
9
劾
街
鈎
獲
革
梶
葛
兜
外
該
劃
確
学
鰍
褐
竃
咳
鎧
嚇
穫
岳
潟
轄
蒲
害
骸
各
覚
楽
割
且
釜
崖
浬
廓
角
額
喝
鰹
鎌
乾
姦
換
潅
翰
閑
玩
侃
完
敢
環
肝
関
癌
冠
官
柑
甘
艦
陥
眼
寒
寛
桓
監
莞
韓
岩
刊
干
棺
看
観
館
翫
き
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
基奇嬉
旗既期
機帰
紀徽規
鬼亀偽
犠疑祇
吉吃喫
客脚虐
宮弓急
究窮笈
巨拒拠
禦魚亨
供侠
卿叫喬
挟教橋
蕎郷鏡
業局曲
巾錦斤
芹菌衿
寄
棋
毅
記
儀
義
桔
逆
救
級
挙
享
僑
境
況
響
極
欣
襟
岐
棄
気
貴
妓
蟻
橘
丘
朽
糾
渠
京
兇
峡
狂
饗
玉
欽
謹
企伎危喜器
希幾忌揮机
汽
起
宜
誼
詰
久
求
給
虚
畿
軌
戯
議
砧
仇
汲
旧
許
祈
輝
技
掬
杵
休
泣
牛
距
季
飢
擬
菊
黍
及
灸
去
鋸
稀
騎
欺
鞠
却
吸
球
居
漁
競
強
狭
驚
桐
琴
近
共
彊
矯
仰
粁
禁
金
凶
怯
胸
凝
僅
禽
吟
協
恐
脅
尭
勤
筋
銀
匡
恭
興
暁
均
緊
く
226
227
228
229
230
231
232
倶句区狗
駒具愚虞
串櫛釧屑
掘窟沓
栗繰桑鍬
郡
玖
喰
屈
靴
勲
卦
型
敬
罫
芸
欠
倦
憲
検
肩見
鹸元
絃舷
係
径
渓
蛍
劇
穴
券
捲
犬
軒
幻
限
お
九
矩苦躯駆駈
空偶寓遇隅
轡窪熊隈粂
君薫訓群軍
け
か
γδεζη
νξοπρ
ψω
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
可
歌
茄
霞
賀
廻
嘉
河
荷
蚊
雅
快
下
夏
火
華
俄
餓
怪
化
嫁
珂
菓
峨
駕
悔
灰界皆絵芥
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
珪
携
繋
鶏
傑
倹
建
袈
契
景
茎
迎
決
健
懸
権
謙
原
言
祁
形
桂
荊
鯨
潔
兼
拳
牽
賢
厳
諺
傾
恵
畦
計
戟
結
剣
刑
慶
稽
詣
撃
血
喧
兄
慧
系
警
激
訣
圏
啓
憩
経
軽
隙
月
堅
圭
掲
継
頚
桁
件
嫌
献研硯絹県
遣鍵険顕験
弦減源玄現
こ
243
244
乎個古呼固
姑孤己庫弧戸故枯湖狐
区点
1∼3桁目 0
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
1
2
区点4桁目
3 4 5 6
袴
鼓
悟
鯉
勾
后
巷
控
洪
紘
荒
鋼
合
国
惚
此
昆
股
五
梧
交
厚
喉
幸
攻
浩
絞
行
閤
壕
穀
骨
頃
根
胡
互
檎
佼
口
坑
広
昂
港
綱
衡
降
拷
酷
狛
今
梱
菰
伍
瑚
侯
向
垢
庚
晃
溝
耕
講
項
濠
鵠
込
困
混
叉
鎖
塞
采
際
榊
搾
笹
察
鯖捌
惨撒
讃賛
唆
裟
妻
犀
剤
肴
昨
匙
拶
錆
散
酸
嵯
坐
宰
砕
在
咲
朔
冊
撮
鮫
桟
餐
左
座
彩
砦
材
崎
柵
刷
擦
皿
燦
斬
糊
顧
御
乞
効
巧
拘
江
紅
航
砿
号
告
忽
昏
7
8
区点
9 1∼3桁目 0
虎
午
碁
候
誇
呉
語
倖
跨
吾
誤
光
鈷
娯
護
公
雇
後
醐
功
好
康
更
甲
考
貢
香
豪
黒
孔
弘
杭
皇
肯
購
高
轟
獄
孝
恒
校
硬
肱
郊
鴻
麹
漉
宏
慌
梗
稿
腔
酵
剛
克
腰
工
抗
構
糠
膏
鉱
劫
刻
甑
坤墾婚恨懇
痕紺艮魂
さ
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
佐
詐
哉
災
載
堺
咋
鮭
沙
催
栽
細
冴
鷺
索
瑳
再
歳
菜
坂
作
錯
些
砂
最
済
裁
阪
削
桜
差
挫
才
祭
罪
埼
窄
査
債
採
斎
財
碕
策
札
晒
珊
暫
殺薩雑皐
三傘参山
産算纂蚕
残
し
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
使
子
施
紙
諮
字
耳
軸
湿
屡
社
尺
惹
腫
綬
終
輯
従
夙
述
旬
醇
署
恕
妾
彰
松
照
紹
詳
丈
情
醸
蝕
心
疹
身
尋
刺
屍
旨
紫
資
寺
次
自
宍
漆
蕊
紗
杓
主
趣
需
宗
繍
週
戎
宿
俊
楯
順
書
鋤
勝
娼
承
梢
症
肖
象
丞
擾
錠
拭
辱
慎
真
辛
甚
司
市
枝
肢
賜
慈
滋
蒔
雫
疾
縞
者
灼
取
酒
囚
就
習
酋
柔
淑
峻
殉
処
薯
除
匠
宵
抄
樟
省
菖
賞
乗
条
嘱
植
尻
振
神
進
尽
史
師
止
脂
雌
持
治
辞
七
質
舎
謝
爵
守
首
収
州
臭
酬
汁
祝
春
淳
初
藷
傷
升
将
招
樵
硝
蒋
醤
冗
杖
埴
殖
伸
新
秦
針
腎
嗣
志
死
至
飼
時
爾
汐
叱
実
写
車
酌
手
儒
周
修
舟
集
渋
縮
瞬
準
所
諸
償
召
小
掌
沼
礁
蕉
鉦
剰
浄
飾
燭
信
晋
紳
震
訊
四
思
氏
視
歯
士
指
獅
詞
事
仕
始
支
祉
詩
似
仔
姉
孜
私
試
侍
伺
姿
斯
糸
誌
児
璽
鹿
執
蔀
射
遮
釈
朱
受
痔
式
失
篠
捨
蛇
錫
殊
呪
磁
識
嫉
偲
赦
邪
若
狩
寿
示
鴫
室
柴
斜
借
寂
珠
授
而
竺
悉
芝
煮
勺
弱
種
樹
愁
蒐
醜
獣
粛
竣
潤
暑
助
拾
衆
什
縦
塾
舜
盾
曙
叙
洲
襲
住
重
熟
駿
純
渚
女
秀
讐
充
銃
出
准
巡
庶
序
秋
蹴
十
叔
術
循
遵
緒
徐
哨
少
捷
消
祥
衝
鍾
城
状
商
尚
昇
渉
称
裳
鐘
場
畳
唱
庄
昌
湘
章
訟
障
壌
穣
嘗
床
昭
焼
笑
証
鞘
嬢
蒸
奨
廠
晶
焦
粧
詔
上
常
譲
織
侵
森
臣
人
迅
職
唇
榛
芯
仁
陣
色
娠
浸
薪
刃
靭
触
寝
深
親
塵
食
審
申
診
壬
1
2
区点4桁目
3 4 5 6
7
8
区点
9 1∼3桁目 0
す
315
316
317
318
319
320
須
炊
瑞
椙
笥諏
逗吹垂帥推水
衰遂酔錐錘随
数枢趨雛据杉
裾
酢
睡
髄
菅
澄
図
粋
崇
頗
摺
厨
翠
嵩
雀
寸
姓
正
誠
隻
績
摂
仙
撰
旋
繊
選遷
全禅
征
清
誓
席
脊
折
先
栓
穿
羨
銭
繕
性
牲
請
惜
責
設
千
栴
箭
腺
銑
膳
世
成
生
逝
戚
赤
窃
占
泉
線
舛
閃
糎
曽
組
倉
捜
漕
草
霜
狙
訴
壮
挿
争
葬
像
蔵
測
其
疏
阻
奏
掻
痩
蒼
増
贈
足
揃
疎
遡
爽
操
相
藻
憎
造
速
存
せ
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
勢
栖
西
脆
籍
接
蝉
扇
煽
瀬
政
盛
醒
斥
跡
節
宣
浅
畝
整
精
青
昔
蹟
説
専
洗
是
星
聖
静
析
碩
雪
尖
染
凄
晴
声
斉
石
切
絶
川
潜
制
棲
製
税
積
拙
舌
戦
煎
船薦詮賎践
鮮前善漸然
そ
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
楚
蘇
喪
掃
燥
荘
騒
臓
捉束
卒袖
噌
礎
鼠
宋
早
窓
装
塑
祖
僧
層
曹
糟
走
岨
租
創
匝
巣
総
送
措
粗
双
惣
槍
綜
遭
曾
素
叢
想
槽
聡
鎗
促側則即息
俗属賊族続
孫尊損村遜
た
343
344
345
346
347
348
349
350
351
352
353
354
他
柁
岱
腿
台
宅
諾
棚
担
綻
暖
多
舵
帯
苔
大
托
茸
叩
谷
探
耽
檀
太
楕
待
袋
第
択
凧
但
狸
旦
胆
段
汰
陀
怠
貸
醍
拓
蛸
達
鱈
歎
蛋
男
詑
駄
態
退
題
沢
只
辰
樽
淡
誕
談
唾
騨
戴
逮
鷹
濯
堕
体
替
隊
滝
琢
妥
堆
泰
黛
瀧
託
惰
対
滞
鯛
卓
鐸
打
耐
胎
代
啄
濁
奪
誰
湛
鍛
脱
丹
炭
団
巽
単
短
壇
竪
嘆
端
弾
辿
坦
箪
断
値
致
秩
昼
瀦
知
蜘
窒
柱
猪
地
遅
茶
注
苧
弛
馳
嫡
虫
著
恥
築
着
衷
貯
張
眺
長
鎮
彫徴懲挑
聴脹腸蝶
頂鳥勅捗
陳
ち
354
355
356
357
358
359
360
361
362
363
智
畜
中
註
丁
池
竹
仲
酎
兆
帖
暢朝
調諜
直朕
痴
筑
宙
鋳
凋
帳
潮
超
沈
稚
蓄
忠
駐
喋
庁
牒
跳
珍
置
逐
抽
樗
寵
弔
町
銚
賃
つ
363
364
365
366
津墜椎
槌追鎚痛通塚栂掴槻佃
漬柘辻蔦綴鍔椿潰坪壷
嬬紬爪吊釣鶴
366
367
368
369
370
371
372
373
剃貞呈堤
悌抵挺提
艇訂諦蹄
邸鄭釘
的笛適鏑
鉄典填天
転顛点伝
て
定
梯
逓
鼎
溺
展
殿
亭低停偵
帝底庭廷弟
汀碇禎程締
泥
哲
店
澱
摘
徹
添
田
擢敵滴
撤轍迭
纏甜貼
電
と
373
374
375
376
兎吐
堵塗妬屠徒斗杜渡登菟
賭途都鍍砥砺努度土奴
怒倒党冬凍刀唐塔塘套
2
1
2
区点4桁目
3 4 5 6
投
灯
到
討
闘
童
涜
凸
屯
7
8
9
377
378
379
380
381
382
383
384
385
386
宕島嶋悼
盗淘湯涛
答筒糖統
董蕩藤
鐙陶頭騰
憧撞洞瞳
鴇匿得徳
独読栃橡
寅酉瀞噸
頓呑曇鈍
搭東桃梼棟
燈当痘祷等
386
387
388
奈那内乍凪薙
謎灘捺鍋楢馴縄畷南楠
軟難汝
388
389
390
二尼弐迩匂賑肉
虹廿日乳入
如尿韮任妊忍認
謄
働
胴
特
突
惇
豆
動
萄
督
椴
敦
踏
同
道
禿
届
沌
逃
堂
銅
篤
鳶
豚
透
導
峠
毒
苫
遁
な
に
ぬ∼の
390
391
392
393
濡禰
祢寧葱猫熱年念捻撚燃
粘乃廼之埜嚢悩濃納能
脳膿農覗蚤
は
393
394
395
396
397
398
399
400
401
402
403
404
405
波
拝
倍
陪
柏
爆
畑
抜
半
犯
頒
派
排
培
這
泊
縛
函
畠
筏
反
班
飯
琶
敗
媒
蝿
白
莫
箱
八
閥
叛
畔
挽
破
杯
梅
秤
箔
駁
硲
鉢
鳩
帆
繁
晩
婆
盃
楳
矧
粕
麦
箸
溌
噺
搬
般
番
否
泌
費
毘
鼻
弼
謬
豹
鰭
瓶
妃
疲
避
琵
柊
必
俵
廟
品
庇
皮
非
眉
稗
畢
彪
描
彬
彼
碑
飛
美
匹
筆
標
病
斌
不
扶
譜
葡
復
腹
分
紛
付
敷
負
蕪
幅
複
吻
雰
埠
斧
賦
部
服
覆
噴
文
巴
罵
牌
煤
萩
舶
把
芭
背
狽
伯
薄
播
馬
肺
買
剥
迫
覇
俳
輩
売
博
曝
杷
廃
配
賠
拍
漠
肇
発
塙
斑
藩
盤
筈
醗
蛤
板
販
磐
櫨
髪
隼
氾
範
蕃
幡
伐
伴
汎
釆
蛮
肌
罰
判
版
煩
ひ
405
406
407
408
409
410
411
412
413
414
415
卑
比
誹
枇
肘
百
評
蛭
敏
匪
悲扉批披斐
秘緋罷肥被
樋簸備尾微
疋
逼
氷
秒
浜
髭
桧
漂
苗
瀕
彦
姫
瓢
錨
貧
膝
媛
票
鋲
賓
菱
紐
表
蒜
頻
婦
浮
阜
楓
富
父
附
風
冨
符
侮
葺
布
腐
撫
蕗
ふ
415
416
417
418
419
420
421
422
府
膚
武
伏
怖
芙
舞
副
福
物鮒
粉糞
夫
普
赴
封
淵弗払沸仏
墳憤扮焚奮
聞
へ
422
423
424
425
426
丙
幣平弊柄並蔽閉
僻壁癖碧別瞥蔑
片篇編辺返遍便
鞭
併
陛
箆
勉
兵
米
偏
娩
塀
頁
変
弁
ほ
426
427
428
429
430
431
432
433
434
435
436
穂
俸
抱
蜂
亡
望
鉾
牧
本
保
募
包
捧
法
褒
傍
某
防
睦
翻
舗
墓
呆
放
泡
訪
剖
棒
吠
穆
凡
鋪
慕
報
方
烹
豊
坊
冒
頬
釦
盆
圃
戊
奉
朋
砲
邦
妨
紡
北
勃
捕歩甫補輔
暮母簿菩倣
宝峰峯崩庖
縫
鋒
帽
肪
僕
没
胞
飽
忘
膨
卜
殆
芳
鳳
忙
謀
墨
堀
萌
鵬
房
貌
撲
幌
蓬
乏
暴
貿
朴
奔
区点
1∼3桁目 0
1
2
区点4桁目
3 4 5 6
7
8
区点
9 1∼3桁目 0
ま
436
437
438
439
440
摩磨魔麻埋妹
昧枚毎哩槙幕膜枕鮪柾
鱒桝亦俣又抹末沫迄侭
繭麿万慢満
漫蔓
440
441
味未魅巳箕岬密
蜜湊蓑稔脈妙粍民眠
み
む
務
441
442
夢無牟矛霧鵡椋婿娘
442
443
444
冥
名命明盟迷銘鳴姪牝滅
免棉綿緬面麺
め
も
444
445
446
447
摸模茂妄
孟毛猛盲網耗蒙儲木黙
目杢勿餅尤戻籾貰問悶
紋門匁
や
447
448
449
也冶夜爺耶野弥
矢厄役約薬訳躍靖柳薮
鑓
449
450
451
452
愉
諭
悠憂
祐裕
ゆ
愈
輸
揖
誘
油
唯
有
遊
癒
佑優勇友宥幽
柚湧涌猶猷由
邑郵雄融夕
よ
予
幼妖容庸
洋溶熔用
謡踊遥陽
翌翼淀
452
453
454
455
456
余
揚
窯
養
456
457
458
羅
螺裸来莱頼雷洛絡落酪
乱卵嵐欄濫藍蘭覧
与
揺
羊
慾
誉
擁
耀
抑
輿
曜
葉
欲
預
楊
蓉
沃
傭
様
要
浴
ら
り
458
459
460
461
462
463
464
465
利吏
履李
痢
葎掠
隆竜
両凌
糧良
厘林
梨
裏
略
龍
寮
諒
淋
理
裡
劉
侶
料
遼
燐
璃
里
流
慮
梁
量
琳
瑠
嶺
齢
漣
涙
玲
歴
簾
連
累
礼
列
練
錬
類令伶例冷励
苓鈴隷零霊麗
劣烈裂廉恋憐
聯
離
溜
旅
涼
陵
臨
陸
琉
虜
猟
領
輪
律
留
了
療
力
隣
率
硫
亮
瞭
緑
鱗
立
粒
僚
稜
倫
麟
る∼れ
466
467
468
469
470
塁
怜
暦
煉
蓮
ろ
470
471
472
473
呂魯櫓炉賂路
露労婁廊弄朗楼榔浪漏
牢狼篭老聾蝋郎六麓禄
肋録論
473
474
475
倭和話歪賄脇惑
枠鷲亙亘鰐詫藁蕨椀湾
碗腕
わ
480
481
482
483
484
485
486
487
488
489
490
乖
亟
仂
佝
侑
俑
倅
偃
傀
弌
乘
亠
仗
佗
佯
俚
伜
假
傚
僉
丐
亂
亢
仞
佇
來
俐
俶
會
傅
僊
丕
亅
亰
仭
佶
侖
俤
倡
偕
傴
傳
个
豫
亳
仟
侈
儘
俥
倩
偐
傲
僂
丱
亊
亶
价
侏
俔
倚
倬
偈
丶
舒
从
伉
侘
俟
倨
俾
做
丼
弍
仍
佚
佻
俎
倔
俯
偖
丿
于
仄
估
佩
俘
倪
們
偬
乂
亞
仆
佛
佰
俛
倥
倆
偸
僖僞僥僭僣
491
492
493
494
495
496
497
498
499
500
501
502
503
504
505
506
507
508
509
510
511
512
513
514
515
516
517
518
519
520
521
522
523
524
525
526
527
528
529
530
531
532
533
534
535
536
537
538
539
540
541
542
543
544
545
546
547
548
549
550
551
552
553
554
555
556
557
558
559
560
561
562
563
564
565
566
僮
儡
兢
冏
冫
几
刎
剞
劒
勣
甸
匸
卮
厰
叭
吩
咒
咥
唔
售
咯
喩
嘔
嘴
嚀
嚼
囹
圷
坿
埔
堡
墟
壗
壻
夭
奢
姜
婀
嫋
嬌
孀
學
寔
寳
尹
岑
峇
崗
嵌
嶢
巓
帑
幟
廁
廬
彜
彎
徃
徠
悳
怕
恊
悁
惠
愆
愍
愴
慴
憇
区点4桁目
4 5 6
1
2
3
價
儺
竸
冑
决
處
刧
剔
剱
辧
勦
匍
區
夘
厶
叺
吝
呻
咬
咫
哽
啜
喊
喇
嗷
嘶
嚊
囁
圀
圈
圸
垉
埒
塢
墫
壙
壼
夲
奠
奸
妍
婬
嫂
嬋
孑
斈
寐
尅
屁
屐
岔
峙
嵜
嵒
嶝
巒
帛
幢
廂
廖
廱
弋
弯
徂
徨
忿
怫
恆
悍
悄
惓
惶
愎
愽
慯
憬
僵
儷
兩
冓
冱
凩
刪
剪
劈
劬
飭
匐
卆
卻
參
吁
呎
咀
哄
哂
哮
啅
喟
喨
嘖
嘲
嚠
囃
囿
國
坎
垓
埓
塋
墺
壘
壽
夸
奧
妁
姙
婉
媽
嬖
孕
孺
寤
將
屆
屏
妛
峩
崟
嵎
嶬
巖
帶
幤
廈
廣
廳
弑
彑
彿
徭
怡
怦
恍
惧
悛
悴
惷
慇
慂
慥
憔
儉
儼
兪
冕
冲
凭
刮
剴
劑
劭
勠
匏
卅
卷
簒
吽
咏
呶
哈
咤
哭
啖
啻
嗚
嗾
嘸
嚔
囀
圄
圍
圻
垠
堊
塰
壞
壥
夂
夾
奬
妝
姚
娵
嫣
嬲
孚
宀
實
專
屎
孱
岫
峽
崛
嵋
嶮
巛
帷
幇
廐
廝
廰
弖
彖
徊
徼
恠
怏
恣
悃
悖
忰
愀
愾
慄
慱
憚
儁
儻
兮
冖
冰
凰
刳
剩
辨
劼
勳
匕
丗
厂
雙
呀
呵
咄
咨
咾
哺
啗
啾
嗅
嗽
噫
嚏
囈
圉
圓
址
垳
埖
毀
墻
壜
夊
竒
奩
佞
娥
娶
嫗
嫐
孛
它
寢
對
屓
屬
岻
峺
崑
嵬
嶽
巫
幄
幵
廏
廚
廴
弩
彗
很
忖
怙
怺
恃
悚
悗
悽
惴
愨
慳
慟
憊
3
7
8
区点
9 1∼3桁目 0
儂
儿
冀
冤
况
凵
刹
剳
儖
兀
冂
冦
冽
凾
剏
剿
儕
兒
囘
冢
凅
刄
剄
剽
儔
兌
册
冩
凉
刋
剋
劍
儚
兔
冉
冪
凛
刔
剌
劔
劵
勵
匚
卉
厖
叟
听
咎
咐
勁
勸
匣
卍
厠
曼
吭
呟
咆
勍
勹
匯
凖
厦
燮
吼
呱
哇
勗
匆
匱
卞
厥
叮
吮
呷
咢
勞
匈
匳
卩
厮
叨
吶
呰
咸
咼
哢
唸
喘
嗟
嘛
噤
嚥
囎
哘
唹
唳
喞
嗄
嗹
嘯
嚮
囑
哥
啀
啝
單
嗜
噎
噬
嚶
囓
哦
啣
喙
啼
嗤
噐
噪
嚴
囗
唏
啌
喀
喃
嗔
營
嚆
囂
囮
團
坏
垤
埣
塒
墸
壤
夐
奕
圖
坩
垪
堋
堽
墮
壟
夛
奐
嗇
埀
垰
堙
塹
壅
壯
梦
奎
圜
垈
埃
堝
墅
壓
壺
夥
奚
圦
坡
埆
塲
墹
壑
壹
夬
奘
侫
娟
婢
嫦
嬪
孥
宦
寞
尓
妣
娑
婪
嫩
嬶
孩
宸
寥
尠
妲
娜
媚
嫖
嬾
孰
寃
寫
尢
姆
娉
媼
嫺
孃
孳
寇
寰
尨
姨
娚
媾
嫻
孅
孵
寉
寶
尸
屮
岶
峭
崔
嵳
嶐
已
幃
并
乢
岼
嶌
崢
嵶
嶷
巵
幀
幺
屶
岷
峪
崚
嶇
嶼
帋
幎
麼
屹
峅
崋
崙
嶄
巉
帚
幗
广
岌
岾
崕
崘
嶂
巍
帙
幔
庠
廛
廸
弭
彙
徑
忻
怐
恚
恤
廢
廾
弸
彡
徇
忤
怩
恁
恂
廡
弃
彁
彭
從
忸
怎
恪
恬
廨
弉
彈
彳
徙
忱
怱
恷
恫
廩
彝
彌
彷
徘
忝
怛
恟
恙
悒
惆
惺
愧
慷
慝
憑
悧
悵
愃
慊
慘
慓
憫
悋
惘
愡
愿
慙
慵
憮
惡
慍
惻
愼
慚
憙
懌
悸
愕
惱
愬
慫
憖
懊
567
568
569
570
571
572
573
574
575
576
577
578
579
580
581
582
583
584
585
586
587
588
589
590
591
592
593
594
595
596
597
598
599
600
601
602
603
604
605
606
607
608
609
610
611
612
613
614
615
616
617
618
619
620
621
622
623
624
625
626
627
628
629
630
631
632
633
634
635
636
637
638
639
640
641
642
1
2
3
区点4桁目
4 5 6
應懷懈懃
懣懶懺懴
戉戍戌戔
戞戡截
扞扣扛扠
抓抖拔抃
拆擔拈拜
挌拮拱挧
捍搜捏掖
掉掟掵捫
揉插揶揄
攝搗搨搏
撓撥撩撈
據擒擅
舉擠擡抬
擺攀擽攘
攵攷收攸
敞敝敲數
斷旃旆旁
旡旱杲昊
昜晏晄晉
晟晢晰暃
曁暹曉暾
曄暸曖
曵曷朏朖
朶杁朸朷
枉杰枩杼
枷柯枴柬
柢柮枹柎
桀桍栲桎
梟梏梭梔
梵梠梺椏
椢椦棡椌
棔棧棕
棹棠棯椨
楷楜楸楫
楙椰楡楞
榿槁槓榾
榧樮榑榠
樛槿權槹
樔槫樊樒
樶橸橇橢
檍檠檄檢
檗蘗檻
櫑櫟檪櫚
欖鬱欟欸
歉歐歙歔
殀殄殃殍
殯殲殱殳
毬毫毳毯
氣汞汕汢
汾汨汳沒
泅泝沮沱
沺泛泯
洽洸洙洵
浚浹浙涎
涵淇淦涸
淅淺淙淤
渙湲湟渾
湃渺湎渤
滉溷滓溽
溥滂溟潁
滲漱滯漲
漾漓滷
潛濳潭澂
澳澣澡澤
濔濘濱濮
瀏濾瀛瀚
瀲灑灣炙
炮烟烋烝
煕熈煦煢
熕熨熬燗
燠燬燧燵
燹燿爍
爲爻爼爿
犂犁犇犒
懆
懿
戛
戮
扨
抔
拌
挂
掎
捩
搖
摧
撼
擇
擣
攜
畋
斂
旄
昃
晁
暈
暼
曚
朞
杆
杪
枳
柆
梳
條
梍
棍
椶
椪
楔
楝
槎
榜
槲
櫁
橙
檣
櫃
櫪
欷
歛
殘
殷
麾
汪
沐
沾
泙
洳
涕
淆
淕
渣
滿
溯
漑
滌
澆
潼
澹
濛
潴
炒
烙
煌
熹
燼
爐
牀
犖
7
8
9
憺懋罹懍懦
懽懼懾戀戈
戰
扼
拗
拊
挈
掀
掾
搴
摯
戲
抂
拑
拂
拯
掫
揩
搆
摶
戳
抉
抻
拇
拵
捶
揀
搓
摎
扁
找
拏
抛
捐
掣
揆
搦
攪
扎
抒
拿
拉
挾
掏
揣
搶
撕
撻
擯
攅
效
斃
旌
旻
晞
暎
擘
攬
攤
敖
變
旒
杳
晝
暉
擂
擶
攣
敕
斛
旛
昵
晤
暄
擱
擴
攫
敍
斟
旙
昶
晧
暘
擧
擲
攴
敘
斫
无
昴
晨
暝
曠
朦
杞
枌
柩
柧
栫
梛
桾
昿
朧
杠
枋
枸
檜
桙
梃
椁
曦
霸
杙
枦
柤
栞
档
檮
棊
曩
朮
杣
枡
柞
框
桷
梹
椈
曰
朿
杤
枅
柝
栩
桿
桴
棘
椒
椚
楾
榁
寨
榕
槧
樣
橦
椄
椣
楮
楪
槊
榴
樅
樓
橈
棗
椡
椹
榲
槝
槞
榱
橄
樸
棣
棆
楴
榮
榻
槨
樞
樌
樢
椥
楹
椽
槐
槃
樂
槭
橲
檐
櫂
櫻
盜
歟
殕
殼
氈
沂
泄
檸
欅
欹
歡
殞
毆
氓
沍
泱
檳
蘖
飮
歸
殤
毋
气
沚
泓
檬
櫺
歇
歹
殪
毓
氛
沁
沽
櫞
欒
歃
歿
殫
毟
氤
沛
泗
泪
洒
濤
淬
淪
湫
渝
滄
灌
洟
洌
涅
淞
淮
渫
游
溲
滬
衍
浣
淹
淌
渭
湶
溂
滔
滸
洶
涓
渕
淨
湮
湍
溪
滕
滾
洫
浤
渊
淒
渮
渟
溘
溏
漿
潺
潘
濆
瀉
瀝
炯
焉
煖
熾
潸
澎
澪
瀋
瀘
烱
烽
煬
燒
澁
澑
濟
濺
瀟
炬
焜
熏
燉
澀
濂
濕
瀑
瀰
炸
焙
燻
燔
潯
潦
濬
瀁
瀾
炳
煥
熄
燎
爛爨爭爬爰
牆牋牘牴牾
犢犧犹犲狃
区点
1∼3桁目 0
643
644
645
646
647
648
649
650
651
652
653
654
655
656
657
658
659
660
661
662
663
664
665
666
667
668
669
670
671
672
673
674
675
676
677
678
679
680
681
682
683
684
685
686
687
688
689
690
691
692
693
694
695
696
697
698
699
700
701
702
703
704
705
706
707
708
709
710
711
712
713
714
715
716
717
718
狆
猗
獎
獺
琅
瑁
璧
瓷
甦
畩
疊
痃
痣
瘋
瘰
癩
皖
盍
眈
眸
瞎
瞽
砌
碚
碾
礫
禊
秕
稟
穢
窖
竊
竦
笞
筧
箚
箴
簇
簟
籘
粭
粽
糲
紵
經
緇
緘
縡
縵
繙
辮
纎
罟
羇
羮
翦
耙
聚
聿
胛
脛
腦
膣
臂
臠
舍
艝
艷
苣
1
狄
猊
獏
珈
瑯
瑜
瓊
瓠
甄
甬
畤
疉
疵
痞
瘍
瘻
癪
癲
皓
盖
眇
睇
瞋
瞻
砒
碌
碼
磧
祀
禝
秧
禀
穩
窩
竍
竭
笵
筺
筰
箋
篆
簓
簷
籟
粢
糀
糴
紂
絆
綉
綽
緝
縒
縹
繚
繿
纛
罅
罠
羌
羶
翩
耜
聟
肄
胥
脩
隋
腴
腟
膺
臧
舐
艚
艸
苟
2
区点4桁目
3 4 5 6
狎狒狢
猜猖猝
默獗獪
玳珎玻
琥珸琲
瑩瑰瑣
瓏瓔珱
瓣瓧瓩
甃甅甌
甼畄畍
畧畫畭
疂疔疚
疽疸疼
痾痿痼
瘉瘟瘧
癇癈癆
癧癬癰
癶癸發
皙皚皰
盒盞盡
眄眩眤
睚睨睫
瞑瞠瞞
矇矍矗
礦砠礪
碣碵碪
磅磊磬
磚磽磴
祠祗祟
禧齋禪
秬秡秣
稱稻稾
龝穰穹
竈窰窶
竏竕竓
竰笂笏
笨笶筐
笄筍笋
筱筬筮
箒箏筝
篝篩簑
篳篷簗
簫簽籌
籤籖籥
粫粡粨
糅糂糘
糶糺紆
紜紕紊
絳絖絎
絛綏絽
綫總綢
緤緞緻
縱縟縉
繃縷縲
繹繪繩
纈纉續
纜缸缺
罌罍罎
罨罩罧
羔羞羝
羸譱翅
翳翹飜
耡耨耿
聢聨聳
肆肅肛
胙胝胄
脣脯腋
腆脾腓
膃膈膊
膓膩膰
臉臍臑
臺臻臾
舖舩舫
艟艤艢
艾芍芒
苒苴苳
狠
猴
獨
珀
琺
瑪
狡
猯
獰
珥
瑕
瑶
7
8
狹
猩
獸
珮
琿
瑾
狷
猥
獵
珞
瑟
璋
区点
9 1∼3桁目 0
倏
猾
獻
璢
瑙
璞
瓮
甎
畊
畸
疝
疱
瘁
瘠
癜
瓲
甍
畉
當
疥
痍
痰
瘡
癘
瓰
甕
畛
疆
疣
痊
痺
瘢
癡
瓱
甓
畆
疇
痂
痒
痲
瘤
癢
瓸
甞
畚
畴
疳
痙
痳
瘴
癨
皀
皴
盥
眞
睛
瞰
矚
硅
碯
皃
皸
盧
眥
睥
瞶
矜
碎
磑
皈
皹
盪
眦
睿
瞹
矣
硴
磆
皋
皺
蘯
眛
睾
瞿
矮
碆
磋
皎
盂
盻
眷
睹
瞼
矼
硼
磔
礇
祚
禮
稈
稷
穽
竅
站
笊
礒
祕
禳
稍
穃
窈
竄
竚
笆
礑
祓
禹
稘
穗
窗
窿
竝
笳
礙
祺
禺
稙
穉
窕
邃
竡
笘
礬
祿
秉
稠
穡
窘
竇
竢
笙
筌
箝
箙
簔
簍
籃
籬
粳
糒
筅
箘
篋
篦
篶
籔
籵
粲
糜
筵
箟
篁
篥
簣
籏
粃
粱
糢
筥
箍
篌
籠
簧
籀
粐
粮
鬻
筴
箜
篏
簀
簪
籐
粤
粹
糯
絅
絲
綛
綯
緲
縋
縺
繼
纒
絋
絨
綺
緜
緡
縢
繧
繻
纐
紮
絮
綮
綸
縅
繆
繝
纃
纓
紲
絏
綣
綟
縊
繦
繖
緕
纔
紿
絣
綵
綰
縣
縻
繞
繽
纖
罐
罸
羚
翆
耆
耻
聲
肓
胚
网
羂
羣
翊
耄
聊
聰
肚
胖
罕
羆
羯
翕
耋
聆
聶
肭
脉
罔
羃
羲
翔
耒
聒
聹
冐
胯
罘
羈
羹
翡
耘
聘
聽
肬
胱
腑
膀
膵
臙
舁
舸
艨
芫
苺
胼
膂
膾
臘
舂
舳
艪
芟
莓
腱
膠
膸
臈
舅
艀
艫
芻
范
腮
膕
膽
臚
與
艙
舮
芬
苻
腥
膤
臀
臟
舊
艘
艱
苡
苹
719
720
721
722
723
724
725
726
727
728
729
730
731
732
733
734
735
736
737
738
739
740
741
742
743
744
745
746
747
748
749
750
751
752
753
754
755
756
757
758
759
760
761
762
763
764
765
766
767
768
769
770
771
772
773
774
775
776
777
778
779
780
781
782
783
784
785
786
787
788
789
790
791
792
793
794
1
2
3
区点4桁目
4 5 6
7
8
区点
9 1∼3桁目 0
苞茆苜茉苙
茵茴茖茲茱荀茹荐荅
茯茫茗茘莅莚莪莟莢莖
茣莎莇莊荼莵荳荵莠莉
莨菴萓菫菎菽萃菘萋菁
菷萇菠菲萍萢萠莽萸蔆
菻葭萪萼蕚蒄葷葫蒭葮
蒂葩葆萬葯葹萵蓊葢蒹
蒿蒟蓙蓍蒻蓚蓐蓁蓆蓖
蒡蔡蓿蓴蔗蔘蔬蔟蔕蔔
蓼蕀蕣蕘蕈
蕁蘂蕋蕕薀薤薈薑薊
薨蕭薔薛藪薇薜蕷蕾薐
藉薺藏薹藐藕藝藥藜藹
蘊蘓蘋藾藺蘆蘢蘚蘰蘿
虍乕虔號虧虱蚓蚣蚩蚪
蚋蚌蚶蚯蛄蛆蚰蛉蠣蚫
蛔蛞蛩蛬蛟蛛蛯蜒蜆蜈
蜀蜃蛻蜑蜉蜍蛹蜊蜴蜿
蜷蜻蜥蜩蜚蝠蝟蝸蝌蝎
蝴蝗蝨蝮蝙
蝓蝣蝪蠅螢螟螂螯蟋
螽蟀蟐雖螫蟄螳蟇蟆螻
蟯蟲蟠蠏蠍蟾蟶蟷蠎蟒
蠑蠖蠕蠢蠡蠱蠶蠹蠧蠻
衄衂衒衙衞衢衫袁衾袞
衵衽袵衲袂袗袒袮袙袢
袍袤袰袿袱裃裄裔裘裙
裝裹褂裼裴裨裲褄褌褊
褓襃褞褥褪褫襁襄褻褶
褸襌褝襠襞
襦襤襭襪襯襴襷襾覃
覈覊覓覘覡覩覦覬覯覲
覺覽覿觀觚觜觝觧觴觸
訃訖訐訌訛訝訥訶詁詛
詒詆詈詼詭詬詢誅誂誄
誨誡誑誥誦誚誣諄諍諂
諚諫諳諧諤諱謔諠諢諷
諞諛謌謇謚諡謖謐謗謠
謳鞫謦謫謾謨譁譌譏譎
證譖譛譚譫
譟譬譯譴譽讀讌讎讒
讓讖讙讚谺豁谿豈豌豎
豐豕豢豬豸豺貂貉貅貊
貍貎貔豼貘戝貭貪貽貲
貳貮貶賈賁賤賣賚賽賺
賻贄贅贊贇贏贍贐齎贓
賍贔贖赧赭赱赳趁趙跂
趾趺跏跚跖跌跛跋跪跫
跟跣跼踈踉跿踝踞踐踟
蹂踵踰踴蹊
蹇蹉蹌蹐蹈蹙蹤蹠踪
蹣蹕蹶蹲蹼躁躇躅躄躋
躊躓躑躔躙躪躡躬躰軆
躱躾軅軈軋軛軣軼軻軫
軾輊輅輕輒輙輓輜輟輛
輌輦輳輻輹轅轂輾轌轉
轆轎轗轜轢轣轤辜辟辣
辭辯辷迚迥迢迪迯邇迴
逅迹迺逑逕逡逍逞逖逋
逧逶逵逹迸
遏遐遑遒逎遉逾遖遘
遞遨遯遶隨遲邂遽邁邀
邊邉邏邨邯邱邵郢郤扈
郛鄂鄒鄙鄲鄰酊酖酘酣
酥酩酳酲醋醉醂醢醫醯
醪醵醴醺釀釁釉釋釐釖
釟釡釛釼釵釶鈞釿鈔鈬
鈕鈑鉞鉗鉅鉉鉤鉈銕鈿
鉋鉐銜銖銓銛鉚鋏銹銷
鋩錏鋺鍄錮
錙錢錚錣錺錵錻鍜鍠
鍼鍮鍖鎰鎬鎭鎔鎹鏖鏗
鏨鏥鏘鏃鏝鏐鏈鏤鐚鐔
鐓鐃鐇鐐鐶鐫鐵鐡鐺鑁
鑒鑄鑛鑠鑢鑞鑪鈩鑰鑵
4
795
796
797
798
799
800
801
802
803
804
805
806
807
808
809
810
811
812
813
814
815
816
817
818
819
820
821
822
823
824
825
826
827
828
829
830
831
832
833
834
835
836
837
838
839
840
鑷
閔
閹
關
陏
險
雋
霈
霹
靤
靺
鞴
韶
顏
飆
餞
饐
馮
駲
驅
驢
髏
髫
鬨
魎
鮠
鯣
鰔
鰛
鱠
鴃
鵁
鶫
鶸
鷯
麋
麭
黠
黽
齔
齲
1
2
鑽
閖
閾
闡
陋
陝
隧
雉
霓
霽
靦
鞆
韃
韵
顋
顱
飩
餤
饋
馼
駻
驂
驥
髑
髮
髻
鬩
魑
鮨
鯢
鰉
鰥
鱧
鴆
鴿
鵝
鵯
鶺
鷽
麌
靡
黥
鼇
齣
齶
堯
鑚
閘
闊
闥
陷
陟
隱
雍
霎
霾
靨
鞋
韆
頏
顫
顴
飫
餠
饑
駟
駸
驀
驤
髓
髴
鬆
鬪
魘
鮴
鯤
鰓
鰤
鱶
鴪
鴾
鵞
鵺
鷆
鸚
麒
黌
黨
鼈
齟
龕
槇
区点4桁目
3 4 5 6
鑼
閙
濶
闢
陜
陦
隲
襍
霑
靄
勒
鞏
韈
頌
顯
顳
餃
餬
饒
駛
騁
驃
驩
體
髱
鬘
鬮
魴
鯀
鯔
鰌
鰡
鱸
鴦
鵆
鵤
鶚
鷏
鸛
麕
黎
黯
皷
齠
龜
遙
鑾
閠
闃
阡
陞
陲
隰
雜
霏
靆
靫
鞐
韋
頸
顰
颪
餉
餮
饌
駝
騏
騾
驫
髞
髷
鬚
鬯
鮓
鯊
鯡
鰆
鰰
鳧
鶯
鵈
鵑
鶤
鷂
鸞
麑
黏
黴
鼕
齡
龠
瑤
7
8
9
钁
閨
闍
阨
鑿
閧
闌
阮
閂
閭
闕
阯
閇
閼
闔
陂
閊
閻
闖
陌
陬
隴
霍
霖
靈
靱
鞜
韜
頤
隍
隶
雕
霙
靂
靹
鞨
韭
頡
隘
隸
雹
霤
靉
鞅
鞦
齏
頷
隕
隹
霄
霪
靜
靼
鞣
韲
頽
隗
雎
霆
霰
靠
鞁
鞳
竟
顆
颯
餒
餽
饕
駘
騅
驕
驪
髟
颱
餔
餾
馗
駑
駢
驍
骭
髢
颶
餘
饂
馘
駭
騙
驛
骰
髣
飄
餡
饉
馥
駮
騫
驗
骼
髦
飃
餝
饅
馭
駱
騷
驟
髀
髯
鬟
鬲
鮃
鮹
鰺
鰈
鱇
鳬
鴣
鬢
魄
鮑
鯆
鯲
鰒
鰲
鳰
鴟
鬣
魃
鮖
鯏
鯱
鰊
鱆
鴉
鵄
鬥
魏
鮗
鯑
鯰
鰄
鰾
鴈
鴕
鬧
魍
鮟
鯒
鰕
鰮
鱚
鳫
鴒
鵐
鶩
鷙
鹵
麝
黐
黶
鼡
齦
鵙
鶲
鷓
鹹
麥
黔
黷
鼬
齧
鵲
鷄
鷸
鹽
麩
黜
黹
鼾
齬
鶉
鷁
鷦
麁
麸
點
黻
齊
齪
鶇
鶻
鷭
麈
麪
黝
黼
齒
齷