ご使用の際の諸注意
・ FCC 規約
このデバイスは、 FCC Rules の Part 15 の規定に準拠し、 操作には次の 2 つの条件が適
用されます。
IA70 Motherboard
Mini-ITX Fan SBC w/ Intel ATOM
N270 1.6GHz Processor, VGA, LCD,
Giga Ethernet, Mini-PCI and PCI
Slot Interface.
User Manual Version 1.0 Japanese
1 このデバイスは、受信障害を引き起こさない。
2 このデバイスは、予想外の動作を引き起こす可能性のある障害を含めあらゆる電波を受
信する。
このデバイスはテストの結果、 FCC Rules の Part 15 に規定されたクラス A デジタル機器
の限界値に適合していることが確認されています。この限界値は、 商用環境で機器を使用し
た場合に発生する受信障害に対して適切に保護するためのものです。
このデバイスは、無線周波数エネルギーを生成し使用し、また放射することがあります。
説明書どおりに設置して使用しないと、 無線通信に対して受信
障害を及ぼすことがあります。このデバイスを住宅環境で使用す
ると、受信障害を引き起こす可能性があります。
その場合、 ユーザーは個人の負担でその障害に対処しなけれ
ばなりません。
・ 著作権
本書の内容の一部またはすべてを、用途を問わずいかなる方法においても、書面による事
前の許可なく無断で転載、翻訳、複写することを禁じます。
・ 商標について
本書に記載されているブランド名や商品名は、各企業の商標や登録商標に基づいています。
・ 免責事項
本書に記述されている全ての製品において、 将来予告なしに変更 ・ 改良される可能性が
あります。また、 特定の目的に対する適合性を保証するものではなく、 本製品のご使用にあ
たり生じたお客様の損害および第三者からのお客様に対する請求については、 弊社や販売
店などはその責任を負いません。
本書のイラストや画像は、 一部実際の商品 ・ 画像とは異なることがありますのでご了承くだ
さい。
Ⅰ
・ 保証期間
・ 注意
保証期間内 (保証書に記載された日付より1年間) に正常な使用状態において故障した場
合、 無償で修理いたします。商品に欠陥があった時には、 保証期間内であれば修理または交
換に応じます。その場合、購入時と同じ梱包状態にて元払いでの返品をお願いしております。
1. 鋭利な物や硬い物で LCD パネルに触れないでください。
2. お手入れの際、研磨剤を含んだ洗浄液やワックス、溶剤などを使用しないでください。
製品シリアルナンバーと商品発送日が 30 日以上異なる場合、 保証期間は商品発送日から
1 年間です。シリアルナンバーの見方は、左から 3 番目と 4 番目の数字が製造年を、5 番目の
アルファベットが製造月(A:10 月、B:11 月、C:12 月)を表しています。
例えば、シリアルナンバー : 1W07Axxxxxxxx は、2007 年 10 月を意味します。
・ 確認事項
2. 乾いた柔らかい布をご使用ください。
3. AC/DC アダプタは、品質面 ・ 安全面で保証されたものをご使用ください。
・ 安全措置について
ハードウェアに手を加える時は、 必ず電源プラグをコンセントから抜いてく
ださい。絶対に電源を入れたままで AC アダプタやケーブル接続をしない
でください。感電の原因となることがあります。
PC本体を解体する場合は、必ず経験のある電気技術者が行ってください。
パネル PC をご使用の前に、以下の付属品が同梱されていることをご確認ください。
○
○
○
○
IA70 マザーボード x 1
IA70 SBC ユーザーマニュアル x 1
HDD IDE ケーブル x 1
ユーザーマニュアル & ドライバ CD x 1
万が一、 上記付属品に不足物や不備がありましたら、 電源に接続する前に販売店にお問
い合せください。 CPU カードは、 必ず静電気を取ってから触れてください。電子機器はとても
静電気に弱いので、 安全のためにも静電気防止リストバンドの着用をお勧めし
ます。
電化製品は全て静電気が分散される台の上に置き、PC 本体から出した電
気部品は、静電気遮蔽用袋に保管するようにしてください。
・ カスタマーサービス
販売店またはサービスセンターにお問い合せいただく際には、以下の内容をお手元にご用意く
ださい。
○
○
○
○
○
製品シリアルナンバー
付属品
ソフトウェア(OS、バージョン、アプリケーション等)
問題の詳細
エラーメッセージ画面の内容
また、弊社のエンジニアによる無料のテクニカルサポートも平日ご利用いただけます。
弊社製品に必要なアプリケーションやインストール等についても、 電話またはメールにてご質
問を受け付けております。
Ⅱ
Ⅲ
・ 安全にご使用いただくために
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
13.
14.
15.
本製品をご使用の前に必ずこのマニュアルをお読みください。
製品に記載されている注意事項および取扱説明に従ってください。また、本書は必要に
応じてお使いいただけるよう大切に保管してください。
本製品をお手入れする際は、 必ずコンセントを抜いてから作業してください。お手入れ
は、乾いた柔らかい布を使用してください。製品を破壊する恐れがありますので、液体ま
たはスプレー洗浄剤を使用しないでください。
取り外し可能な機器については、電源から本体まで障害物がないよう配置してください。
水気のある場所で使用しないでください。
不安定な場所に置かないでください。落下は製品を破壊する恐れがあります。
キャビネットについている溝や開口部は換気口です。安全な動作を保証するため、 また
過熱を避けるため、 換気口をふさがないでください。他に安全な換気口を確保できない
限り、開口部を冷却装置や発熱部、組込み装置の近くに設置しないでください。
本製品は、 ラベルに記載されている種類の電源タイプをご使用ください。もし使用できる
電源タイプが定かでない場合は、 弊社またはお近くの電源取扱会社にお問い合わせく
ださい。
本製品は、 アース付 2 ピン電源プラグを採用しています。必ずアースを取り付けて使用
してください。
電源コード上に物を置かないでください。また、 人が歩く場所に電源コードを配置しない
でください。
本製品を長時間使用しない場合、過電による損傷を防ぐため電源を切ってください。
延長コードを使用する際は、 本製品を繋いだ後の電流が延長コードの最大電流を越え
ないように注意してください。また延長コードを挿入する壁取付コンセントの電流は、
1,500W を越えないように注意してください。
キャビネットの溝から異物を挿入しないでください。火災や感電の原因となります。また
本製品に液体をこぼさないでください。
本製品を分解 ・ 修理 ・ 改造しないでください。けがや感電の原因となり、 また保証も無
効となります。分解 ・ 修理 ・ 改造が必要な場合は、販売会社にご連絡ください。
以下の事象が発生した場合は、 すぐに電源プラグを抜き、 販売会社にお問い合わせく
ださい。
○ 電源コードまたはプラグが破損した場合
○ 液体をこぼした場合
○ 雨や水が製品内に浸入した場合
○ マニュアルどおりに操作しているのにも関わらず、正常に作動しない場合は、まずトラ
ブルシューティングを確認してください。記載がない場合は、販売店にお問い合わせ
ください。
○ 製品を落とし、キャビネットが破損した場合
○ 本製品のパフォーマンスが著しく悪化した場合、または要修理と示された場合
Ⅳ
目次
1
General Information
1
1-1 Introduction
1-2 Feature
1-3 Motherboard Specifications
1-4 function Block
1-5 Board Dimensions
1
1
2
4
5
2
6
Installations
2-1 Memory Module(DIMM) Installation
2-2 I/O Equipment Installation
2-3 Jumpers and Connectors
2-4 Jumper Setting
2-5 Connectors and PIN Assignment
6
6
8
9
12
3
20
Graphic Driver Installation
3-1 Standard CMOS Feature
20
4
26
Chipset Driver Installation
4-1 Standard CMOS Features
26
Ethernet Driver Installation
30
5-1 Introduction
5-2 Installation of Ethernet Driver
30
30
6
Audio Driver Installation
33
6-1 Introduction
6-2 Installation of Audio Driver
33
33
7
AMI BIOS Setup
35
7-1 Starting Setup
7-2 System Overview
7-3 Advanced Setting
7-4 PCI/PnP
7-5 Boot
7-6 Security
7-7 Chipset
7-8 Exit
35
36
37
58
64
68
69
73
1
General Information
1-3 Motherboard Specifications
1-1 Introduction
CPU Type
Intel Atom N270 1.6GHz Processor
この IA70 SBC は、 Intel のモバイル環境に適したデザインで Intel 945GSE North Bridge
と Intel ICH7M South Bridge が備わっています。 Intel の 945GSE プラットフォームが、
拡張性の高い最先端のエンベディッドコンピュータアプリケーションを提供します。
CPU FSB
533 MHz
CPU Socket
Intel Socket M
Chipset
Intel 945GSE / ICH7M
周辺機器との接続のため、IA70 SBC には PCI スロット、PCI-E(x1)と Mini-PCI I/O ポート、
SATA コネクタ 2 個、そしてハイスピード USB コネクタが 8 本付いています。
BIOS
AMI 4Mbit Flash
VGA
Intel GMA950 Graphic engine
このように IA70 SBC は、ゲーム、POS、KIOSK、自動制御装置、プログラムコントロールシス
テムなど、 ほとんどの産業用アプリケーションに対応できるデザインになっています。そしてこ
のコンパクトなデザインが、 今日のビジネスや産業シーンに必要なアプリケーションの厳しいパ
フォーマンス条件を柔軟に満たすことでしょう。
1-2 Feature
○
○
○
○
○
○
○
Mini-ITX Form Factor (170mm x 170mm)
Supports Intel Atom N270 1.6GHz processors
System memory up to 2GB DDR2 400/533, 1 x DIMM
Integrated Intel 945GSE + ICH7M Chipset
Intel GMA950 graphic engine Integrated 224MB shared supports VGA
Dual Gigabit Ethernet (Dual Fast Ethernet optional)
1 x PCI slot, 1 x PCIE, 1 x Mini PCI, 4 x COM, 8 x USB2.0,
1 x CF(Optional), 2 x SATA,
224MB shared with system memory
LVDS
Intel 82945GSE built in single- or Dual-channel panel
support up to 1600 x 1200, 18bit
LAN
2 x Giga LAN (Dual Realtek RTL8111B Controller)
Memory Type
1 x DDR2 DIMM socket, supports up to 2GB DDR2 400/533 SDRAM
LPC I/O
Winbond W83627EHG integrated hardware monitoring
Keyboard/Mouse
2 x PS/2 Keyboard / Mouse connectors
IDE Interface
Dual channels; supports Ultra DMA 33/66/100
Sound
Realtek ALC655 (Line-in, Line-out, Mic in)
USB
8 ports, USB 2.0 (4 x USB Connector, 4 x USB Pin-header)
EDGE
1 x +12V DC-IN Jack
Connerstors
2 x PS/2 Keyboard/Mouse connectors
3 x DB9 for COM1,COM3 & COM4
1 x VGA out connector + 1 x DB9 for COM1
2 x Gigabit LAN RJ-45 + 1 x dual USB stack connector
1 x Audio Jack for Audio (Line-in, Line-Out, Mic-in) On Board
1 x 44pins Box-header
Pin-Header
2 x SATA connector for SATAI/II 3.0 Gb/s
Connectors
1 x 10pins Pin-header for Front Panel(2x5)
1 x 3pins Pin-header for CPU fan
1 x 3pins Pin-header for System fan
1 x 8pins Pin-header for 5V/12V external power
1 x 2pins Pin-header for 5V external power
1
2
1-4 Function Block
On Board
1 x 2pins Pin-header for 12V external power
Pin-Header
1 x 4pins ATX 12V connector
Connectors
2 x 2pins Pin-header for Front Audio(with Amp.)
Atom N2701.6GHz
FSB 400
CRT
1 x 8pins Pin-header for USB 5/6(2x4)
LVDS
1 x 8pins Pin-header for USB 7/8(2x4)
1 x 10pins Pin-header for COM2(RS232)(2x5)
1 x 3pins Digital panel backlight brightness controller
1 x 7pins Digital panel backlight controller
Intel 945GSE
1600 x 1200
ATA100
DIMM x1
DDR2 533/400 Max.2GB
66MHz Hub Interface 1.5
18bit/Dual CH
1 x 40pins DF13 Connector for LVDS
ATOM N270
1.6GHz
Processor
1x IDE Host
LAN
2x1GB/s
USB
480MB/s
1 x 10pins Pin-header for DIO(2x5)
3GB/s
SATAⅡ1,SATAⅡ2
Power Connector
Input: 4-pin ATX 12V Power input
33MHz
Mini CPI
Expansion Slots
1 x PCI, 1 x PCIE, 1 x Mini-PCI
Form Factor
Mini-ITX
Dimensions
170mm x 170mm
動作環境
動作温度 : 0 ~ 60℃
Intel ICH7M
ROM FWH
Audio
RTL ALC655
Super IO
W83267EHG
Secondary IO
動作湿度 : 30 ~ 90% (結露なきこと)
適合規格 : CE, FCC, RoHS
3
4
Fintek 81216D
2
1-5 Board Dimensions
Installations
2-1 Memory Module(DIMM)Installation
IA70 マザーボードの DDR2 メモリーソケットは二重構造になっており、 DDR2 メモリータイプ
でも最大メモリ 2GB を可能にしています。
2-1.1 Installing and Removing Memory Modules
DDR2 モジュールをインストールするには、 メモリースロットをボード上に用意し、 次のステップ
に従って操作してください。
1 DDR2 モジュールのキーがメモリースロット上のモジュールと揃うように持ちます。
2 ゆっくり DDR2 モジュールを立てて押し込み、 スロットの底でクリップが DDR2 モジュール
を固定するのを確認します。
3 DDR2 モジュールを外す場合は、両手でクリップを押してください。
Lock
DDR2 Module
Lock
Lock
Lock
2-2 I/O Equipment Installation
2-2.1 12V DC-IN
マザーボードは Intel Atom N270 1.6GHz プロセッサーから電源をとる他のモジュールコン
バータを必要としません。マザーボードには 12V DC-IN ジャックを差し込むことができます。
2-2.2 PS/2 Keyboard and PS/2 Mouse
このマザーボードには PS/2 が2ヶ所付いているので、 キーボードとマウスを接続できます。エ
ンベディッドアプリケーションの場合は、 マウスは必要ありません。そして BIOS スタンダード
セットアップメニューでは、 “Halt On” の中の “All, But Keyboard” が選べるので、 エンベ
ディッドシステムを POST 停止させることなく、キーボード無しのオペレーションが可能です。
5
6
2-2.3 Serial COM ports
2-3 Jumpers and Connectors
RS-232 コネクタ3個が I/O 後方に備わっています。4個目の予備 COM ポートが RS-232
をサポートします。オプションでタッチを付けた場合、 シリアル COM ポートはシリアルかタッチ
に接続できます。オプションの COM ポートが、 ジャンパー設定から RS-232/422/485 選択
をサポートします。
COM4
COM1
LAN1
LAN2
2-2.4 Internal VGA
マザーボードの VGA ポートは CTR/LCD モニターに接続可能です。まず、 VGA ケーブル
を CTR/LCD モニタに接続し、 電源を入れます。 VGA コネクタは、 スタンダード 15-pin
D-SUB コネクターをご使用ください。
DC Jack PS/2
COM3
VGA
CF slot (Optional)
DIMM1
2-2.5 Ethernet interface
SATA2
SATA1
マザーボード内蔵の Dual Realtek RTL8111B チップセットは、 PCI 10/100/1000 Mbps
イーサネットプロトコルコンパティブルに従っているので、 主なネットワークシステムでサポートさ
れます。イーサネットポートには、スタンダード RJ-45 ジャックが 2 個あります。
IDE1
PCIE x1
2-2.6 USB ports
アダプタケーブルを通して UBS デバイス 8 個 (ピンヘッダー 4 個) がシステムに接続可能で
す。USB ポート用のアダプターがほとんどですが、 USB ポートはホットプラグイン接続を行いま
す。いずれにしても、デバイスを使う前にデバイスドライバをインストールしてください。
CON4
JP3
PANEL1
CON3
NB_FAN
CON6
2-2.7 Audio Jack (Pin-header)
デジタルオーディオ出力の Realtek ALC655 チップセットが Audio 5.1 チャンネル性能を
提供します。オーディオインターフェイスには、Mic-in、line-in、line-out が含まれます。
CON11
J4
CON10
JP5
CPU_FAN
J3
ATX12V1
J2
CON7
7
JP4
8
USB1 USB2
Audio (Optional)
2-4 Jumper Setting
2-4.1 JP1 : Clear CMOS
ジャンパーを扱うには、 先の尖ったペンチのご使用をお勧めします。万が一、 必要なアプリ
ケーションにどのハードウェア構成が適しているか迷われる場合は、 変更を加える前に、 お近
くの販売店にお問い合わせください。ほとんどのコネクションには、 スタンダードケーブルで対
応できます。
Clear CMOS を設定する前に、 電源が入っていないことを確認してください。電源を入れる
前に、ジャンパーの設定を Normal に戻すことを忘れないでください。
Default: 2 short 3
Clear CMOS
ジャンパーセッティング略図
ジャンパーショートピン1と2の場合は、 下記図右をご覧ください。
1
Function
1
Pin No.
Functions
2
2
1 Short 2
Clear CMOS
3
3
2 Short 3
Normal
2
JP4 : COM1 RS232 / RS422 / RS485 Function Selector
3
2-4.2 と共同のセッティングであれば RS-232 / 422 / 485 モードで COM1 を使うように機
器構成することができます。
Default: 1 short 2
ボードジャンパー機能表
Label
Normal
1
Note
JP1
Clear CMOS
3 x 1 header, pitch 2.0mm
JP2
CF Card Priority
3 x 1 header, pitch 2.0mm
JP4
RS232 / RS422 / RS485 Selector
2 x 3 header, pitch 2.0mm
JP5
RS232 / RS422 / RS485 Selector
3 x 4 header, pitch 2.0mm
CON5
LVDS VOLTAGE
2 x 3 header, pitch 2.0mm
Pin No.
Functions
1
2
1
2
1
2
1 Short 2
RS232
3
4
3
4
3
4
3 Short 4
RS422
5
6
5
6
5
6
5 Short 6
RS485
RS232
RS422
RS485
2-4.2 JP5 : RS232 / RS422 / RS485 Selector
JP4 と共同のセッティングであれば RS-232 / 422 / 485 モードで COM1 を使うように機器
構成することができます。
RS232
9
RS422/485
RS232
RS422/485
1
3
1
3
1-2
2-3
4
6
4
6
4-5
5-6
7
9
7
9
7-8
8-9
10
12
10
12
10 - 11
11 - 12
10
2-4.3 JP2: CF Card Priority
2-5 Connectors and Pin Assignment
Master/Slave モードで CF Card Priority を使うように JP2 を機器構成することができます。
ボードコネクター機能表
Master
1
1
Pin No.
Functions
2
2
1 Short 2
Master
3
3
2 Short 3
Slave
2-4.4 CON5: LCD Panel Voltage Select
CON5 を 3.3Volts / 5Volts / 12Volts モード作動するように機器構成することができます。
3.3 Volts
Function
Label
Slave
5 Volts
12 Volts
Pin No.
Functions
1
2
1
2
1
2
1 Short 2
3.3 Volts Selected
3
4
3
4
3
4
3 Short 4
5 Volts Selected
5
6
5
6
5
6
5 Short 6
12 Volts Selected
11
Note
CON3
LVDS LCD Output connector
DF13-40DP-1.25V
JP3
Digital panel backlight
3 x 1header, pitch 2.54mm
brightness control
CON4
Inverter connecter
7 x 1header, pitch 2.54mm
PSKBM1
PS2 Keyboard/Mouse connector
PS/2 connector
CON2
D-SUB Dual COM1/VGA Output
9pin COM / 15pin VGA
CON7
Serial port COM2
9pin COM port
CON8
D-SUB Dual serial port COM3,
9pin COM port
COM4
IDE1
IDE connector
44Pin IDE connector
USB1/2
USB Pin header
4 x 2 Pin header
NB_FAN
Fan connector
3 x 1 Pin header
CPU FAN
Fan connector
3 x 1 Pin header
PANEL1
System function connector
5 x 2header, pitch 2.0mm
J2
Front audio (Right)
1 x 2header, pitch 2.54mm
J3
Front audio (Left)
1 x 2header, pitch 2.54mm
CON10
12V External power (Yellow)
2 x 1header, pitch 2.54mm
CON11
5V External power (Red)
2 x 1header, pitch 2.54mm
J4
5V/12V External power
4 x 2header, pitch 2.54mm
CON6
Digital I/O
10pin Digital I/O function
ATX12V1
12V DC connector
2 x 2Pin connecter
CON9
12V DC connector
4Pin connecter
12
2-5.1 CON3: LVDS Connector
2-5.3 CON4: Digital Panel Backlight Control
40
39
Pin No.
2
1
1
2
SYMBOL
1
+12V
2
+12V
3
+12V
Pin No.
SYMBOL
Pin No.
SYMBOL
3
1
LCDVDD
2
LVDS_LTX0-
4
3
LCDVDD
4
LVDS_LTX0+
5
4
GND
5
LCDVDD
6
LVDS_LTX1-
6
5
Black Light Control
7
GND
8
LVDS_LTX1+
7
6
GND
9
GND
10
LVDS_LTX2-
7
Black Light EN 5V
11
GND
12
LVDS_LTX2+
13
GND
14
LVDS_LCLK-
15
GND
16
LCDS_LCLK+
17
GND
18
NC
19
GND
20
NC
2-5.4 PSKBM1: PS2 Keyboard / Mouse Connector
21
GND
22
LVDS_UTX0-
23
GND
24
LVDS_UTX0+
25
GND
26
LVDS_UTX1-
27
GND
28
LVDS_UTX1+
29
GND
30
LVDS_UTX2-
31
GND
32
LVDS_UTX2+
33
GND
34
LVDS_UCLK-
35
GND
36
LVDS_UCLK+
37
GND
38
NC
Pin No.
39
GND
40
NC
1
2-5.2 JP3: Digital Panel Backlight Brightness Control
Pin No.
1
2
3
13
SYMBOL
11
12
PS2 Mouse
10
9
8
0 1 2 4
7
5
6
9 7 8 10
6
5
PS2 Keyboard
4
11
3
2
12
1
PS/2 Keyboard
PS/2 Mouse
SYMBOL
Pin No.
SYMBOL
KDATA
11
MDATA
2
NC
12
NC
3
Ground
13
Ground
4
VCC
14
VCC
1
VCC
5
KCLK
15
MCLK
2
Black Light Control
6
NC
16
NC
3
GND
14
2-5.5 CON2: D-SUB Dual Output
2-5.7 CON8: D-SUB Dual Serial Port
シリアルポート COM1 は RS232 / RS422 / RS485 のオプションシリーズポートで、 産業用ア
プリケーションに使われます。
シリアルポート COM3 / 4 (A1 から A9 は COM3、 B1 から B9 は COM4)は、 Fintek に
サポートされています。
Pin No.
SYMBOL
Pin No.
SYMBOL
A1
FK_NDCD1
B1
FK_NDCD2
SYMBOL
Pin No.
C1
DCD4/485TXRX-
V1
R
C2
SRD4/485TXRX+
V2
G
C3
STD4/422RX+
V3
B
C4
DTR4/422RX-
V4
NA
C5
GND
V5
GND
C6
NDSRA
V6
GND
C7
NRTSA
V7
GND
C8
NCTSA
V8
GND
C9
NRIA
V9
VCC
V10
GND
v11
NA
V12
DAC_DAT0
V13
3VHSYNC0
Color
V14
3VVSYNC0
Blue
Line In
V15
DAC_SCL0
Green
Line Out
Pink
Microphone In
C1
C6
Up:9 (Male)
V1
V6
V11
Down:15 (Female)
SYMBOL
B1
Pin No.
B6
A2
FK_NSIN1
B2
FK_NSIN2
A1
A3
FK_NSOUT1
B3
FK_NSOUT2
A6
A4
FK_NDTR1
B4
FK_NDTR2
A5
GND
B5
GND
A6
FK_NDSR1
B6
FK_NDSR2
A7
FK_NRTS1
B7
FK_NRTS2
A8
FK_NCTS1
B8
FK_NCTS2
A9
FK_NRI1
B9
FK_NRI2
2-5.8 AUDIO401: Audio Jack (Pin-header)
Signal
2-5.6 CON7: Serial port COM2
Winbond I/O サポートのシリアルポート COM2 は、RS232S のみです。
Pin No.
2
1
4
3
6
5
8
7
10
9
SYMBOL
Pin No.
Pin-header
SYMBOL
2
NDSR1A
1
NDCD1A
4
NRTS1A
3
NRXD1A
6
NCTS1A
5
NTXD1A
8
NRI1A
7
NDTR1A
10
GND
9
GND
15
C1 C2 C0 C3 C4
B1 B2 B3 B4
A1 A2 A3 A4
16
C0~C4
Line In
B1~B4
Line Out
A1~A4
Mic in
2-5.9 IDE1: 44 pins IDE Connector
1
2
44
Pin No.
SYMBOL
2-5.10 USB1/2: USB Pin Header
Pin No.
USB1/2
SYMBOL
2
1
1
Reset
2
GND3
4
3
3
DD7
4
DD8
6
5
5
DD6
6
DD9
8
7
7
DD5
8
DD10
9
DD4
10
DD11
11
DD3
12
DD12
13
DD2
14
DD13
15
DD1
16
DD14
17
DD0
18
DD15
19
GND1
20
NC
21
DREQ
22
GND4
23
DIOW#
24
GND5
25
DIOR#
26
GND6
27
IO_RDYD
28
CSEL
29
DACK#
30
GND7
31
IRQ
32
IOCS16#
33
DA1
34
CBL_ID#
35
DA0
36
DA2
37
DCS#1
38
DCS#3
39
DASP#
40
GND8
41
+5V1
42
+5V2
43
GND
44
NC
Pin No.
SYMBOL
Pin No.
SYMBOL
2
USBVCC
1
USBVCC
4
USB_P6-
3
USB_P7+
6
USB_P6+
5
USB_P7+
8
GND
7
GND
2-5.11 NB_FAN1/CPU_FAN1: FAN Connector
Pin1 GND
Pin2 +12V
Pin3 SENSE
Pin1 GND
Pin2 +12V
Pin3 SENSE
CPU_FAN
NB_FAN
2-5.12 PANEL1: Front Panel System Function Connector
2
1
4
3
6
5
8
7
10
9
Pin No.
SYMBOL
Pin No.
SYMBOL
2
HD_LED+
1
PW_LED+
4
HD_LED-
3
PW_LED-
6
RT_BT1
5
PW_BT1
8
RT_BT2
7
PW_BT2
10
5VSB
9
RSEV
2-5.13 J2/J3: Front Audio
Pin1 ROUT+
Pin1 ROUT+
Pin2 ROUT-
Pin2 ROUT-
J2
17
J3
18
3
2-5.14 CON10 / CON11 / J4: External Power
Pin2 +12V
Pin1 +12V
Pin1 +12V
Pin1 VCC
Pin4 GND
Pin3 GND
Pin2 GND
Pin2 GND
Pin6 GND
Pin5 GND
Pin8 VCC
Pin7 VCC
CON11
CON10
Graphic Driver Installation
3-1 Standard CMOS Feature
IA70 マザーボードは Intel 945GSE / ICH7M コンパニオンデバイスを搭載しています。最
初に Intel グラフィックドライバをインストールすることにより、 ビデオコントローラが使えるように
なります。(VGA コンパティブル)
次の説明に従って、インストールを完了してください。
J4
2-5.15 PWIN1: DC Jack
Step1. マザーボード付属 CD を挿入し、ファイル“Graphic Driver”を開きます。
Pin1 DC_IN
Pin2 GND
Pin3 DC_IN
Pin4 GND
2-5.16 ATX12V1: 12V DC Connector
1
2
3
4
Pin No.
SYMBOL
1
Ground
2
Ground
3
+12V
4
+12V
Pin No.
SYMBOL
Pin No.
SYMBOL
2
VCC
1
GND
2-5.17 Digital I/O Connector
2
1
4
3
6
5
4
Out1
3
Out3
8
7
6
Out0
5
Out2
10
9
8
IN1
7
IN3
10
IN0
9
IN2
19
Step2. “win2K_xp1429”をクリックし、セットアップを実行します。
20
Step3. インストールを続けるため、“Next”をクリックします。
Step5. ライセンス契約に合意する場合は、“Yes”をクリックします。
Step4. インストールを続けるため、“Next”をクリックします。
Step6. “Next”をクリックします。
21
22
Step7. インストールを続けるため、“Next”をクリックします。
3-2 Panel Resolution Setting
Step1. デスクトップを右クリックして、“Properties”をクリックします。
Step2. 画面のプロパティか“Setting”を開きます。
Step8. “Yes, I want to restart this computer now” がマークされていることを確認し
“Finish”をクリックします。
Step3. “Monitor”をクリックします。
23
24
Step4. “Hide modes that this monitor cannot display”のチェックを外します。
4
Chipset Driver Installation
4-1 Standard CMOS Feature
Step1. マザーボード付属 CD を挿入し、ファイル“Chipset Driver”を開きます。
Step5. “Setting”をクリックして 32 ビット色質(Highest(32bit))を選びます。
Step2. “infinst_auto.exe”をクリックし、ドライバをインストールします。
25
26
Step3. インストールを続けるため、“Next”をクリックします。
Step5. インストールを続けるため、“Next”をクリックします。
Step4. ライセンス契約に合意する場合は、“Yes”をクリックします。
Step6. インストールを続けるため、“Next”をクリックします。
27
28
Step7. “Yes, I want to restart this computer now” がマークされていることを確認し
“Finish”をクリックします。
5
Ethernet Driver Installation
5-1 Introduction
IA70 マザーボードは Realtek RTL8111B Gigabit Ethernet コントローラを搭載し、 三倍速
イーサネットトランシーバ、 PCI Express バスコントローラ、 エンベディッドメモリ付属の三倍速
IEEE802.3 コンプライアント Media Access Comtroller (MAC) を兼備えています。最先
端 DSP テクノロジーとミックスモードシグナルテクノロジーにより、 CAT 5 UTP ケーブルや
CAT 3 UTP (10Mbps のみ) ケーブルの高速トランスミッションを可能にしています。クロス
オーバー検知や自動修正、 極性修正、 アダプティブイコライゼーション、 クロストークやエコー
解除、 タイミングリカバリ、 またはエラー修正などの機能をすべて統合することにより、 高速で
ありながらも膨大な伝達力と受信力を提供しています。
デバイスはパワーマネジメントのホストコミュニケーション用 PCI Express 1.0a バスインター
フェースをサポートし、 10/100Mbps イーサネットの IEEE802.3u 仕様と 1000Mbps イーサ
ネットの IEEE802.3ab 仕様に準拠しています。また、 自動検索機能補助をサポートし、 PCI
機器構成スペース内の PCI パワーマネジメント登録関連の自動機器構成を行います。
5-2 Installation of Ethernet Driver
イーサネットドライバをインストールする前に、 どのオペレーションシステムを IA70 マザーボー
ドで使うのか確認してください。それから下記の説明に従って、 Realtek RTL8111B LAN ドラ
イバのインストールを完了してください。
Step1. マザーボード付属 CD を挿入し、ファイル“LAN Driver”を開きます。
29
30
Step2. “Setup”をクリックし、セットアップを実行します。
Step4. インストールをするため、“install”をクリックします。
Step3. インストールを続けるため、“Next”をクリックします。
Step5. “Finish”をクリックします。
31
32
6
Audio Driver Installation
Step2. インストールを続けるため、“Next”をクリックします。
6-1 Introduction
IA70 マザーボードは ALC655 を搭載しています。 16 ビットの完全二重構造 AC’ 97Rev.
2.3 コンパティブルで PC マルチメディアシステムの 6 チャンネルオーディオ CODEC であり、
ホスト/ソフト オーディオと AMR/CNR を基にデザインされています。
6-2 Installation of Audio Driver
イーサネットドライバをインストールする前に、 どのオペレーションシステムを使うのか確認して
ください。それから下記の説明に従って、 Realtek ALC655 オーディオドライバのインストー
ルを完了してください。
Step1. マザーボード付属 CD を挿入し、 ファイル“alc655_driver”を開き、 “Setup.exe”
をクリックしてセットアップを実行します。
Step3. “Yes, I want to restart this computer now” がマークされていることを確認し
“Finish”をクリックします。
33
34
7
AMI BIOS Setup
7-2 System Overview
7-1 Starting Setup
BIOS(Basic Input / Output System)とは、ハードウェア制御プログラムのことで、ソフトウェ
アからの情報をハードウェアに伝達し認識させます。
矢印キーで System Time または System Date を選択することにより、 日時変更ができま
す。タブキーもしくは矢印キーを使ってフィールドを動かします。日付は、 月/日/年の順で
入力します。時間は、時/分/秒の順で入力します。
コンピューターの電源を入れると、まずは BIOS が起動します。POST 画面が止まり、
Press <DEL>to enter Setup
と出るので、BIOS セットアップを行うために Delete キーを押します。
BIOS セットアップユーティリティが起動すると、 メインセットアップ画面が表示されます。Main
タブを選ぶことによって、いつでもメインセットアップ画面に戻すことができます。この章では、メ
インセットアップの 2 つのオプションを説明します。
BIOS セットアップ画面は2つに分かれています。左枠には機器構成できるオプションが表示
され、青字のみ変更可能です。右枠にはキー操作説明が表示されます。
その上はメッセージ用のスペースです。左枠で選択した文字が白く表示され、 選択した項目
によって、個別メッセージが表示されることがあります。
35
36
7-3 Advanced Setting
IDE / SATA Configuration
CPU Configuration
CPU Configuration を選択して Enter をクリックします。
IDE Channel IO Master / Slave
CPU Configuration (CPU 構成) とは、 実行可能なプログラムの書き込みとは異なり、
ディップスイッチもしくは基板上のジャンパーに相当します。実行プログラムがこの機器構成を
変更することはできません。
セットアップ中、 BIOS は自動的に IDE デバイスの存在を探知します。この画面は IDE デバイ
スの自動探知状況を表示しています。
37
38
ここでは Secondary IDE Master に Hard Disk が接続されていることが分かります。
設定する IDE デバイスを選択します。
LBA(Logical Block Addressing)/ Large Mode
LBA をシリンダで使えるようにするか選択します。
Disabled 使用不可
Auto 使用可
Type
次のオプションから IDE ドライブのタイプを選択します。
インストールしない
Not Installed
適した IDE デバイスタイプを自動的に選択する
Auto
D-ROM ドライブを特に構成する
CD / DVD
ZIP ドライブや LS-120 または MO ドライブを接続している場合
ARMD
39
Block (Multi-Sector Transfer)
マルチセクタートランスファーの選択をします。
Disabled 使用不可
Auto 使用可
40
PIO Mode
S.M.A.R.T
PIO (Programmed Input / Output)のタイプを指示します。
ハードディスクに対し、 S.M.A.R.T(Self-Monitoring Analysis & Reporting Technology)
が適応するよう起動させることができます。 S.M.A.R.T とは、 ディスク状態を監視しハードディ
スクの故障を予測するユーティリティです。この機能を使うことにより、 ハードディスクが故障し
オフライン状態になる前にデータを移動させることができます。
DMA Mode
32 Bit Data Transfer
Ultra DMA のタイプを指示します。
CPU と IDE カード間の 32 bit コミュニケーションの選択をします。
Enabled 使用可
Disabled 使用不可
41
42
Super IO Configuration
Serial Port 2 Address
Serial Port 2 ベースアドレスの選択ができます。
Serial Port 1 Address
Serial Port 1 ベースアドレスの選択ができます。
Parallel Port Address
Parallel Port ベースアドレスの選択ができます。
43
44
Parallel Port Mode
Serial Port3 Address
Parallel Port のモード選択ができます。
Sereal Port3 ベースアドレスの選択ができます。
Parallel Port IRQ
Serial Port3 IRQ
Parallel Port IRQ の選択ができます。
Sereal Port IRQ の選択ができます。
45
46
Sereal Port4 Address
Hardware Health Configuration
Serial Port4 ベースアドレスの選択ができます。
内臓されたハードウェアモニタが、CPU 温度・FAN スピード・各電源電圧を自動的に感知し、
表示します。
CPUFAN Mode Setting
Sereal Port4 IRQ
CPUFAN のモードを選択できます。(ファンレスでは使いません)
Serial Port4 IRQ の選択ができます。
47
48
CPUFAN PWM Control
General ACPI Configuration
PWM Duty Cycle Control を設定できます。右ウィンドウのとおり0~64(10 進数)で設定
します。(ファンレスでは使いません)
Suspend Mode
ACPI Configuration
ACPI 機能の省エネモードを決めます。もしシステムが ACPI をサポートしている場合は、 こ
の画面にてスタンバイモードを S1(POS)または S3(STR)に選択できます。
49
50
S1(POS)は、 低電力スリープモードです。この場合、 システム内容が失われることなく(CPU
またはチップセット)ハードウェアがすべて保管します。
S3(STR)も低電力スリープモードですが、 通常のハードウェア構成では省エネのため消される
電力をそのままにして、 システム構成や開いているアプリケーション、 またはファイルの情報を
メインメモリーに保管できるようにしています。メモリに保管された情報は Wake Up 状態にな
るような動作があり次第、元の状態に戻されます。
Advanced ACPI Configuration
ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) 2.0 の仕様に、 テーブルを
加えることができます。
Report Video on S3 Resume
S3 モードから復帰した際、ビデオカードを初期化するかどうかを決めます。
ACPI Version Features
ACPI V1.0、ACPI V2.0、ACPI V3.0 から適用する規格を選択します
51
52
ACPI APIC Support
Headless mode
ACPI サポートを ASIC (Application-Specific integrated Circuit) で使えるようにする
か選択できます。使えるよう Enabled を選んだ場合、 ACPI APIC テーブルポインタが
RSDT ポインタリストに加えられます。
キーボードやモニター無しで使う場合の設定で、通常は Disabled です。
AMI OEMB Table
USB Configuration
RSDT(Root System Description Table)に OEMB Table の情報も加える設定です。
53
54
Legacy USB Support
USB 2.0 Controller Mode
USB デバイスをレガシー OS でサポートできるようにするかどうか選べます。 Auto に設定す
ると、 システムが再起動した時 USB デバイスの存在を確認します。USB デバイスが認識され
ると、 USB コントローラーレガシーモードが使えるようになり、 また、 認識されない場合、 レガ
シー USB サポートは使えません。
USB2.0 コントローラを FullSpeed(12Mbps)か、HiSpeed(480bps)に構成します。
BIOS EHCI Hand-Off
Port 64/60 Emulation
I/O ポートの 60h/64h エミュレーションを有効にし、 USB を正式にサポートしない OS で USB
機器を使用可能にする設定。
55
ECHI Hand-Off 機能なしのオペレーションシステムをサポートします
56
Hotplay USB FDD Support
7-4 PCI/PnP
ダミー FDD のデバイスが作成され、後で FDD をホットプラグすることができます。
Auto オプションは、USB の FDD が存在する場合のみ、このダミーのデバイスを作成します。
PCI/PnP メニューでは、PCI/PnP デバイスのアドバンスセッティングを変更できます。
IRQ や DMA チャンネルリソースを PCI/PnP 又はレガシー ISA デバイスにセットしたり、 レガ
シー ISA デバイスをメモリーサイズブロックにセットしたりできます。
Clear NVRAM
システム起動の間、NVRAM をクリアします。
57
58
Plug & Play O/S
Allocate IRQ to PCI VGA
No を選んだ場合、BIOS がシステムのデバイス全てを構成します。
Yes を選び Plug & Play O/S をインストールした場合、 O/S は起動に必要ない Plug &
Play デバイスを構成します。
Yes を選んだ場合、 PCI VGA カードの IRQ 要求に応じて IRQ を PCI VGA カードに割り当
てます。No の場合は、要求があっても割り当てません。
Palette Snooping
PCI Latency Timer
PCI デバイスタイマーに、待ち時間の登録ができます。
59
Enabled を選んだ場合、 Palette Snooping 機能が働き、 ISA グラフィックデバイスがシス
テムにインストールされていて正確に機能できることを PCI デバイスに伝達します。
60
PCI IDE BusMaster
IRQ3,4,5,7,9,10,11,14,15
BIOS は、PCI BusMaster を使って IDE デバイスの読み込みと書き込みをします。
PCI/PnP または Legacy ISA デバイスで使用可能な IRQ を特定します。
DMA Channel 0,1,3,5,6,7
OffBoard PCI/ISA IDE Card
DMA Channel PCI/PMP 機能を特定します。
PCI スロット番号の設定ができます。
61
62
7-5 Boot
Reserved Memory Size
メモリブロックのサイズを設定しレガシー ISA デバイスを確保します。
Boot Setting Configuration
Quick Boot
Enabled を選んだ場合、 BIOS は可能な POST を省略し、 システム起動にかかる時間を減
らします。Disabled では、BIOS はすべての POST 項目を行います。
63
64
Quiet Boot
Boot up Num-Lock
通常の POST メッセージまたは OEM ロゴの表示設定をします。
起動時の Num-Lock 状態を On にするか Off にするか設定できます。
AddOn ROM Display Mode
オンボードで搭載されているデバイスのオプション ROM 情報の表示設定をします。
Wait for ‘F1’ If Error
Enabled に設定した場合、システムはエラーが生じた際、F1 キーが押されるのを待ちます。
65
66
7-6 Security
Boot Device Priority
BIOS セットアップメニューの Security 設定画面を開きます。パスワードやウイルス対策に関
することなど、 セキュリティオプションが全て載っています。下記のサブメニューへは、 項目を
選び Enter キーを押します。
○
○
Change Supervisor Password
Boot sector Virus protection
= 起動セクターに書き込みを行うプログラムがある場合、警告します。
Boot デバイスの優先順位を選びます。
例えば、 OS のリカバリを行うために USB 接続の外付け CD/DVD-Drive で Boot させたい
場合は、この”1st Boot Device ”にそのデバイスを指定します。
67
68
7-7 Chipset
DVMT Mode Select
North Bridge Configuration
アクティブシステムメモリモードを選択します。
Video Function Configuration
DVMT/FIXED Memory
ビデオメモリに使われる DVMT/FIXED システムメモリの大きさを指定します。
69
70
Boot Display Device
South Bridge Configuration
Auto/VGA/VGA+DVI/DVI–Prefer の中から、起動ディスプレイデバイスを選びます。
Restore on AC Power Loss
Power On にすると通電した時に PC が起動するようになります。
71
72
7-8 Exit
Discard Changes
この Exit 画面では、BIOS の設定変更を保存するかどうか決めることができます。
変更した設定を保存せずに以前の設定に戻したい時に、 このオプションを選びます。確認画
面が出てくるので OK を選ぶと変更が保存されずに前回保存した状態に戻ります。
Discard Changes and Exit
Load Optimal Defaults
セットアッププログラムで行った変更設定を保存しない時だけ、このオプションを選びます。
System Time や System Date、 パスワード以外に変更を加えた時は、 確認画面が出てく
るので保存しない場合は OK を選びセットアップを終了します。
パラメーターを適切なデフォルト値にすることができます。このオプションか<F5>キーを押す
と確認画面が現れるので、OK で最適デフォルト値にします。
その後、必要があれば他の変更を行い、Save Change and Exit で終了します。
73
74