ASUS Tablet ASUSキーボードドック

J10029
第3版
2014年12月
ASUS Tablet
ASUSキーボードドック
ユーザーマニュアル
T100 Series
COPYRIGHTについて
バックアップの目的で利用する場合を除き、本書に記載されているハードウェア・ソフトウェアを含む、
全ての内容は、ASUSTeK Computer Inc. (ASUS)の文書による許可なく、編集、転載、引用、放送、複写、
検索システムへの登録、他言語への翻訳などを行うことはできません。
ASUSは、本マニュアルについて、明示の有無にかかわらず、いかなる保証も行いません。ASUSの責任
者、従業員、代理人は、本書の記述や本製品に起因するいかなる損害 (利益の損失、ビジネスチャンス
の遺失、データの損失、業務の中断などを含む) に対して、その可能性を事前に指摘したかどうかに関
りなく、責任を負いません。
本マニュアルに記載の製品名及び企業名は、登録商標や著作物として登録されている場合がありま
すが、本書では、識別、説明、及びユーザーの便宜を図るために使用しており、
これらの権利を侵害す
る意図はありません。
本書の仕様や情報は、個人の使用目的にのみ提供するものです。また、内容は予告なしに 変更される
ことがあり、
この変更についてASUSはいかなる責任も負いません。本書およびハードウェア、
ソフトウェ
アに関する不正確な内容についてASUSは責任を負いません。
Copyright © 2014 ASUSTeK Computer, Inc. All Rights Reserved.
責任制限
この責任制限はASUSの、或は他の責任の不履行により、ユーザーがASUSから損害賠償を受ける権利
が生じた場合に発生します。
このようなケースが発生した場合は、ユーザーのASUSに損害賠償を請求する権利の有無にかかわら
ず、ASUSは肉体的損害 (死亡したケースを含む) と不動産及び有形動産への損害のみに賠償責任を
負います。或は、それぞれの製品の記載された協定価格を限度とし、
「Warranty Statement」のもとに
生じる法的義務の不作為または不履行に起因するいかなる実害と直接的な被害のみに対して賠償
責任を負います。
ASUSは「Warranty Statement」に基づき、不法行為または侵害行為が発生した場合と、契約に基づく
損失や損害が生じた場合及びその主張に対してのみ賠償し、責任を負います。
この責任制限は、ASUSの供給者または販売代理店にも適用されます。賠償の際は、ASUSとその供給
者及び購入した販売代理店を一集合体としてその限度額を定めており、その限度額に応じた賠償が
行われます。
以下のケースに対しては、ASUSとその供給者及び販売代理店がその可能性を指摘されている場合に
おいても、ASUSはいかなる賠償及び保証を行いません。
(1) ユーザーが第三者から請求されている申し立て
(2) ユーザーの個人情報やデータの損失
(3) 特殊、偶発的、或は間接的な損害、または 貯蓄や諸利益を含むあらゆる結果的な経済的損害
サービスとサポート
マルチ言語サポートサイトをご用意しています。英語で表示される場合は「Japan/日本語」を選択し
てください。
http://www.asus.com/support
2
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
もくじ
本マニュアルについて.............................................................................................7
このマニュアルの表記について.........................................................................8
アイコン.......................................................................................................................8
表記................................................................................................................................8
安全上の注意.............................................................................................................9
ASUS Tabletを使用する.........................................................................................9
ASUS Tabletのお手入れ.........................................................................................10
廃棄・リサイクルについて..................................................................................11
Chapter 1: ハードウェアのセットアップ
前面................................................................................................................................14
ASUS Tabletの機能..................................................................................................16
正面/背面.....................................................................................................................16
底面................................................................................................................................20
ASUSキーボードドックの機能..............................................................................21
上面................................................................................................................................21
左側................................................................................................................................23
Chapter 2: ASUS TabletとASUSキーボードドックを使用する
使用の手引き..............................................................................................................26
ASUS TabletをASUSキーボードドックにドッキングする.......................26
ASUS Tabletを充電する.........................................................................................27
ディスプレイパネルを持ち上げる....................................................................29
電源ボタンを押す....................................................................................................29
タッチスクリーンとタッチパッドの操作............................................................30
タッチスクリーンパネルでのタッチ操作......................................................30
タッチパッドの操作................................................................................................34
キーボードを使用する............................................................................................42
ホットキー..................................................................................................................42
Windows® キー.........................................................................................................43
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
3
Chapter 3: Windows® 8.1環境で使用する
初めて使用する..........................................................................................................46
Windows®UI...............................................................................................................47
スタート画面.............................................................................................................47
ホットスポット.........................................................................................................48
スタートボタン.........................................................................................................51
スタート画面をカスタマイズする....................................................................53
Windows®アプリと一緒に使用する.................................................................54
アプリの起動.............................................................................................................54
アプリの起動.............................................................................................................54
アプリのカスタマイズ...........................................................................................54
すべてのアプリ画面へのアクセス....................................................................57
チャームバー.............................................................................................................59
スナップ機能.............................................................................................................62
その他キーボードのショートカット...................................................................64
ワイヤレスネットワークへの接続........................................................................66
Wi-Fi..............................................................................................................................66
Bluetooth (特定モデルのみ)................................................................................67
航空機内での使用について..................................................................................68
有線ネットワークへの接続 (特定モデルのみ)...............................................69
動的(ダイナミック)IP/PPPoEのネットワーク接続の設定.................69
静的(スタティック)IPのネットワーク接続の設定................................70
ASUS Tabletの電源をオフにする.......................................................................71
ASUS Tabletをスリープ状態にする..................................................................71
Windows®8.1 ロック画面......................................................................................72
ロック画面の解除....................................................................................................72
ロック画面をカスタマイズする.........................................................................73
トラブルシューティング..........................................................................................75
PCのリフレッシュ...................................................................................................75
PCを初期状態に戻す...............................................................................................76
詳細オプション.........................................................................................................77
Chapter 4: FAQとヒント
安全に使用するためのヒント...............................................................................80
ハードウェアに関するFAQ.....................................................................................81
ソフトウェアに関するFAQ.....................................................................................84
4
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Chapter5: 付録
内蔵モデムの適応規格(規格/プロトコルなど原文掲載)...........................88
Overview.....................................................................................................................88
Network Compatibility Declaration........................................................................................................89
Non-Voice Equipment . ........................................................................................89
Federal Communications Commission Interference Statement.......91
Declaration of Conformity (R&TTE directive 1999/5/EC).......................92
FCC Radio Frequency (RF) Exposure Caution Statement.....................93
RF Exposure Information (SAR).........................................................................93
CE Marking..................................................................................................................94
RF Exposure information (SAR) - CE................................................................95
日本国内での無線周波数帯のご利用について............................................95
聴覚障害を防ぐため................................................................................................95
IC Radiation Exposure Statement for Canada............................................96
Déclaration d’Industrie Canada relative à l’exposition aux ondes radio ............97
Radiation Exposure Statement.........................................................................98
Déclaration d'exposition aux radiations.......................................................98
Caution.........................................................................................................................98
Avertissement...........................................................................................................99
Wireless Operation Channel for Different Domains................................100
France Restricted Wireless Frequency Bands.............................................100
UL Safety Notices.....................................................................................................102
Power Safety Requirement.................................................................................103
TV Notices...................................................................................................................103
REACH...........................................................................................................................103
Macrovision Corporation Product Notice....................................................103
Nordic Lithium Cautions (for lithium-ion batteries)................................104
Optical Drive Safety Information.....................................................................105
CTR 21 Approval (for ASUS Tablet with built-in Modem)......................106
European Union Eco-label..................................................................................108
電気・電子機器に含有される化学物質の表示について...........................108
回収とリサイクルについて.....................................................................................109
筐体のコーティングについて...............................................................................109
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
5
ASUS Mobile Dock Compatibility Table........................................................109
Regional notice for Singapore...........................................................................110
Regional notice for India......................................................................................110
Notices for removeable batteries....................................................................110
Avis concernant les batteries remplaçables...............................................110
6
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
本マニュアルについて
このマニュアルには本製品のハードウェアとソフトウェアについての
説明が記載されており、以下のChapterから構成されています
Chapter 1: ハードウェアのセットアップ
本製品のハードウェアとコンポーネントについての説明が記載
されています。
Chapter 2: ASUS TabletとASUSキーボードドックを使用する
本製品の使用方法についての説明が記載されています。
Chapter 3: Windows® 8.1環境で使用する
本製品でのWindows® 8.1の使用方法についての説明が記載さ
れています。
Chapter 4: FAQとヒント
よくある質問とその回答・ヒントが記載されています。
Chapter 5: 付録
製品の規格や海外の法令についての説明が記載されてい
ます。
注: 本書で使用されている名称は正式なものではない可能性があります。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
7
このマニュアルの表記について
本製品を正しくお取り扱いいただくため、以下の表記をご参照くだ
さい。
重要: 作業を完了するために従わなければならない事項です。
注: 作業を完了するためのヒント等の追加情報です。
警告: 作業を行う際、人体への危険を避けるため、または本機のコン
ポーネントへの損害、本機内のデータの消失を避けるために、必ず従わ
なければならない事項です。
アイコン
タスクを完了するために使 用するデバイスをアイコンで表してい
ます。
= タッチスクリーンパネルを使用します (特定モデルのみ) 。
= タッチパッドを使用します。
= キーボードを使用します。
表記
8
太字
= 選択するメニューや項目を表示します。
<>
= 操作のために押す、キーボード上のキーです。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
安全上の注意
ASUS Tabletを使用する
ASUS Tabletは5〜35℃の周辺温度でご使用くだ
さい。
入力定格はASUS Tabletの底部に記載がありま
す。ACアダプターが対応していることを確認して
ください。
ASUS Tabletの使用中は底面が熱くなります。ひ
ざの上など人体に長時間接触させて使用すると
火傷を負う恐れがあります。
破損した電源コード、アクセサリーまたはその他
の周辺機器をご使用にならないでください。
電源がオンのまま本機を持ち運ばないでくださ
い。またキャリーバッグに入れたり、カバーをした
りしないでください。通気が悪くなり故障の原因
となります。
ASUS Tabletを平らでない、不安定な場所に置か
ないでください。
ASUS TabletをX線装置(ベルトコンベアー)に通
すことは問題ありませんが、磁気センサーや磁気
ワンドはお避けください。
多くの航空会社では、電子機器の使用に対して
規定を設けています。航空機内でのASUS Tablet
の使用については、各航空会社にお問い合わせ
ください。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
9
ASUS Tabletのお手入れ
ASUS Tabletのお手入れの際は、電源を切りACア
ダプターとバッテリーパックが取り外し可能なモ
デルであればバッテリーパックも取り外してくだ
さい。清潔なスポンジまたは柔らかい布に研磨
材の含まれていない洗剤を温水で薄めたものを
数滴含ませ、汚れを拭き取ってください。最後に
乾いた布を使って余分な水分を完全に取り除い
てください。
本体のお手入れに、シンナー・ベンジンなどの化
学薬品を使用しないでください。
ASUS Tabletの上に物を置かないでください。
ASUS Tabletに強い磁気を近づけないでくだ
さい。
液体・雨・湿気を避けてください。
ASUS Tabletをホコリや汚れの多い環境下に置か
ないでください。
ASUS Tabletをガス漏れの恐れがある場所で使
用しないでください。
10
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
廃棄・リサイクルについて
本機やバッテリー (該当する場合) を一般廃棄物
として廃棄しないでください。本製品のコンポー
ネントの中にはリサイクルできるよう設計されて
いるものがあります。なお、本製品は水銀ボタン
電池を含む電子機器です。本製品を一般ゴミと
して廃棄しないでください。リサイクル、廃棄の
際は電子機器の廃棄に関する地域の条例等に
従ってください。
バッテリーを一般ゴミとして廃棄しないでくださ
い。リサイクル、廃棄の際は電子機器の廃棄に関
する地域の条例等に従ってください。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
11
12
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Chapter 1:
ハードウェアのセットアップ
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
13
前面
注:
14
•
キーボードのレイアウトはお買い上げの国や地域により異なりま
す。また、製品の外観はモデルによって異なる場合があります。
•
ASUSキーボードドックが同梱されているモデルでは、そちらとドッ
キングしてお使いいただけます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
ASUS Tablet
ASUS TabletはオプションのASUSキーボードドックと一体化し
て使用することで、ノートパソコンのように使用することも可
能です。ASUS Tabletはタッチ操作に対応しており、単独でも
使用することができます。
注: ASUS Tabletに関する詳細は、
「ASUS Tabletの機能」と
「ASUS Tabletとタッチパッドの操作」をご参照ください。
ASUS キーボードドック
キーボードドックには入力デバイスとして、タッチパッドとキー
ボードが搭載されています。
重要: ASUS TabletとASUSキーボードドックの着脱についての
詳細は、
「ASUS Tabletのドッキング」
と
「ASUS Tabletのドッキ
ング解除」をご参照ください。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
15
ASUS Tabletの機能
正面/背面
16
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
フロントカメラ
画像の撮影と動画の録画が可能です。
カメラインジケーター
内蔵型カメラの使用時に点灯します。
アンビエント・ライトセンサー
周囲の明るさに応じ、ディスプレイの明るさを調節します。
タッチスクリーンパネル
タッチスクリーンパネルは画像や動画、その他マルチメディア
ファイルの参照に卓越した視認性を発揮します。タッチ操作
対応ですので、タッチ操作でASUS Tabletを操作することがで
きます。
注: ASUS Tabletのタッチ操作については、
「Tabletを使用する」
をご参照ください。
microSDカードスロット
タブレットには microSD/microSDHC/microSDXCに対応のメ
モリーカードリーダー用スロットが内蔵されています。
オーディオスピーカー
Windows®のプログラムイベントなどのサウンドをご確認いた
だけます。
注: 特定モデルでは、搭載されているスピーカーは一個です。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
17
microUSB 2.0ポート
ASUS Tabletへの電源供給とバッテリーの充電を行います。
microHDMI ポート
microHDMI対応デバイスを接続します。なお、著作権保護技
術のひとつであるHDCP(High-bandwidth Digital Content
Protection)にも対応していますので、HD DVD、Blu-ray、著
作権保護コンテンツ等の再生も可能です。
microSIMカードスロット (LTE対応モデルのみ)
microSIMカードスロットが搭載されており、W-CDMA、LTE
ネットワーク帯域をサポートしています。
ヘッドホン出力&マイク入力コンボジャック
ASUS Tabletのオーディオ出力信号をアンプスピーカーやヘッ
ドホンに接続します。4極対応のヘッドセットを接続すること
ができます。
マイク
ビデオ会議や、ナレーション、オーディオの録音、マルチメディ
アアプリケーション等にご利用ください。
バックパネルカメラ (特定モデルのみ)
内蔵カメラにより、画像の撮影と動画の録画ができます。
バッテリーインジケーター
色でバッテリーの充電状況を表示します。表示内容は次のと
おりです。
18
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
色
状態
ホワイト
ACアダプターがASUS Tabletに接
続された状態で、バッテリーの充
電レベルは95%から100%です。
オレンジ
ACアダプターがASUS Tabletに接
続され充電を行っている状態で、
バッテリーの充電レベルは95%
未満です。
点灯しない
ACアダプターがASUS Tabletに
接続されていない状態で、バッ
テリーの充電レベルは10%から
100%です。
電源ボタン
ASUS Tabletの電源をオン、スリープモードにします。またス
リープモードからウェイクアップすることもできます。
システムからの応答がなくなった場合は、電源ボタンを約10
秒間押し、強制終了することができます。
重要: 強制終了により、保存が完了していない作業中のデータ
などは削除される場合があります。データの損失を防ぐため
定期的なシステムのバックアップを強くお勧めします。
ボリュームボタン
ASUS Tabletの音量を調整することができます。
Windows® ボタン
このボタンを押すとスタート画面に戻ります。スタート画面で
押すと、最後に使用した起動中のアプリに戻ります。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
19
底面
ドックポート
このポートにキーボードドックを接続します。接続することで、
キーボードドックのキーボード、タッチパッド、USBポート*が使
用できるようになります。
ヒンジホール
ラッチフックをこのホールに挿入し、ASUS Tabletをキーボー
ドドックに取り付けます。
* 特定モデルのみ
20
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
ASUSキーボードドックの機能
重要: ASUSキーボードドックは特定モデルのみ同梱されています。
注: キーボードのレイアウトはお買い上げの国や地域により異なり
ます。
上面
キーボード
クウォーティー(QWERTY)配列のキーボードには十分なス
トロークを持たせてあり、パームレストが付いているため快
適な操作が可能です。また、Functionキー <Fn>でのコマン
ドの実行や、Windows®へのクイックアクセス、その他マルチ
メディア機能の操作も可能です。
注: キーボードのレイアウトはお買い上げの地域により異な
ります。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
21
ラッチフック
キーボードドックにTabletを固定します。
ドックコネクター
このコネクターの上にドックポートを合わせ、キーボードドッ
クにTabletをドッキングします。
ヒンジ
キーボードドックにドッキングされているASUS Tabletを支え
るヒンジです。また、ドッキング時でもタブレットの角度を
調整することができます。
リリースボタン
キーボードドックからASUS Tabletを取り外す際に、このボタ
ンを押します。
タッチパッド
指先を使用して、カーソルを移動したり画面に表示された項
目を選択することができます。タッチパッドはマウスと同等
の機能を提供するポインティングデバイスです。
注: 詳細は「タッチパッドを使用する」をご参照ください。
22
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
左側
USB 2.0ポート*
USBポートはUSB2.0とUSB1.1の互換仕様となっており、キー
ボード、ポインティングデバイス、カメラ、ハードディスクドラ
イブ、プリンター、スキャナーなどが接続できます。USB1.1接
続は最大12Mbps、USB2.0接続は最大480Mbpsの転送速度
に対応します。
USB 3.0ポート*
このUSB 3.0ポートは、最大5 Gbpsのデータ転送速度を提供
し、USB 2.0に下位互換性があります。
* 特定モデルのみ
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
23
24
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Chapter 2:
ASUS TabletとASUSキーボード
ドックを使用する
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
25
使用の手引き
ASUS TabletをASUSキーボードドックにドッキング
する
26
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
ASUS Tabletを充電する
A. ACアダプターにmicroUSBケーブルを接続します。
B. microUSBコネクターをASUS Tabletに差し込みます。
C. 電源コンセントにACアダプターを接続します。
初めてバッテリー電源でASUS Tabletを使用する際は、8時間
程度充電してください。
注: モデルによってACアダプターの外観/仕様は異なる場合があります。
充電の際は、付属の電源アダプターを使用してください。
重要:
ACアダプターについて
•
入力電圧: 100-240V
•
入力周波数: 50-60Hz
•
定格出力電流: 2A (HDD非搭載ドック: 10W、HDD搭載ドック: 18W)
•
定格出力電圧: 5V (HDD非搭載ドック: 10W)、9V (HDD搭載ドック:
18W)
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
27
重要:
•
入出力定格はASUS Tablet本体に記載があります。ACアダプターが
対応していることをご確認ください。モデルによっては、定格出力
電流が複数設定されている場合があります。
•
ASUS Tabletの電源を初めてオンにするときは、電源アダプター
がASUS Tabletに接続されていることをご確認ください。ASUS
Tabletを電源アダプターに接続しているときは、壁面などの固定電
源コンセントの電源の使用をお勧めします。
•
ASUS Tabletを電源アダプターに接続しているときは、電源コンセ
ントや電源タップの近くでご使用ください。
•
主電源からASUS Tabletを切断するには、電源コンセントからASUS
Tabletの電源コードを抜いてください。
警告:
ASUS Tabletのバッテリーに関する警告事項をよくお読みください。
28
•
本機内蔵のバッテリーの取り外しはASUS公認の技術員のみ対応す
ることができます。
•
本機内蔵のバッテリーをお客様ご自身で取り外した、または分解し
た場合、火事または化学火傷の危険性があります。
•
取り扱いの際は警告ラベルの指示に従ってください。
•
ASUS指定以外もしくは本機付属以外のバッテリーに交換した場
合、破裂、発火、発熱の恐れがあります。
•
バッテリーを火中へ投下する、火気へ近づける、加熱する、高温状
態で放置するなどしないでください。
•
バッテリーの回路をショートさせないでください。
•
バッテリーを分解または改造しないでください。
•
変形、変色、割れ、サビ、液漏れや異臭、異音などを起こしたバッ
テリーは直ちにその使用を中止してください。
•
バッテリーは地域の条例等の指示に従ってリサイクル・処理してください。
•
バッテリーおよびその他の部品は、子供の手に届かない場所に保
管してください。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
ディスプレイパネルを持ち上げる
電源ボタンを押す
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
29
タッチスクリーンとタッチパッドの操作
プログラムの起動、ASUS Tabletの各種設定を行います。タッチスク
リーンとタッチパッドの操作方法は次のイラストと説明をご参照くだ
さい。
注: ご使用のアプリによっては、以下で紹介する操作に対応していない
場合があります。
注: 本マニュアルに記載の写真やアイコンは参照用です。タッチスクリー
ンパネルの外観はモデルにより異なります。
タッチスクリーンパネルでのタッチ操作
タッチ操作でプログラムの起動やASUS Tabletの設定を行うことがで
きます。各機能はASUS Tabletで有効にすることができます。
左側からなぞる
右側からなぞる
左側からなぞり、起動中のアプ
リを切り替えます。
画面を右側からなぞり、チャー
ムバーを起動します。
30
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
上側からなぞる
指でのスライド
•
スタート画面で、画面の上
側からなぞると、カスタマ
イズバーが表示されます。
•
起動中のアプリを上側か
らなぞると、メニューが表
示されます。
指を上下になぞると上下方向
へのスクロール、左右になぞる
と左右へのスクロールができ
ます。
ズームアウト
ズームイン
2本の指先の間隔を狭めることで
ズームアウトが可能です。
2本の指先の間隔を広げるこ
とでズームインが可能です。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
31
タップ/ダブルタップ
タップ/クリック&ホールド
•
アプリをタップし起動し
ます。
•
•
デスクトップモードでは、項
目をダブルタップして起動
します。
アプリタイルをタップした
まま移動先までドラッグ
します。
•
アプリを閉じるには、起動
中のアプリの上側をタップ
し、そのまま画面下までド
ラッグします。
32
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
上方向になぞる
下方向になぞる
スタート画面を上方向になぞり、
アプリ画面を起動します。
アプリ画面を下方向になぞ
り、スタート画面に戻ります。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
33
タッチパッドの操作
注: ご使用のアプリによっては、以下で紹介する操作に対応していない
場合があります。
ポインターの移動
タッチパッド上をクリックまたはタップした後でそのまま指をスライド
すると、画面上のポインターを移動することができます。
水平にスライド
垂直にスライド
対角線上にスライド
34
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
指1本での操作
タップ/クリック、
ダブルタップ/クリック
•
スタート画面でアプリをタップ/クリックし起動します。
•
デスクトップモードでは、アプリをダブルタップ/クリックして
起動します。
ドラッグ&ドロップ
項目をダブルタップ/クリックし、そのままスライドします。指先を
タッチパッドから離すと、ドロップされます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
35
左クリック
右クリック
•
スタート画面でアプリを
クリックし起動します。
•
•
デスクトップモードでは、
アプリをダブルタップして
起動します。
スタート画面でアプリを
右クリックし選択し、設定
バーを起動します。アプリ
上でない場合は、すべての
アプリバーが起動します。
•
デスクトップモードでこ
のボタンを使用して、右
クリックメニューを開き
ます。
36
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
上側からなぞる
•
スタート画面で、画面の上側からなぞると、すべてのアプリ
バーが表示されます。
•
起動中のアプリを上側からなぞると、メニューが表示されます。
左側からなぞる
右側からなぞる
左側からなぞり、起動中のアプリ 画面を右側からなぞり、チャー
をシャッフルします。
ムバーを起動します。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
37
指2本での操作
タップ/クリック
回転
指2本をタッチパッド上でタップ/
クリックすると、マウスの右ク
リックと同じ操作を行うことが
できます。
タッチパッド上で指2本を使用し
1本を軸にして時計回りまたは反
時計回りの円を描き、画像を回
転させます。
指2本でのスクロール(上下)
指2本でのスクロール(左右)
指2本を上下になぞると、ウイン
ドウが上下にスクロールします。
指2本で左右になぞると、ウインド
ウが左右にスクロールします。
38
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
ズームアウト
ズームイン
2本の指先の間隔を狭めること
でズームアウトが可能です。
2本の指先の間隔を広げることで
ズームインが可能です。
ドラッグ&ドロップ
項目を選択し、クリックしたままにします。もう1本の指でタッチパッ
ドを目的の方向にスライドすると、項目を別の場所に移動すること
ができます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
39
指3本での操作
上方向になぞる
左/右方向になぞる
3本の指先をタッチパッド上で上
方向にスライドし、起動中のす
べてのアプリを表示します。
3本の指先をタッチパッド上で左/
右方向にスライドし、ページのナ
ビゲートをします。
下方向になぞる
3本の指先をタッチパッド上で下方向にスライドし、デスクトップを
表示します。
重要: デフォルト設定では、指3本での操作は有効に設定されていません。
有効にするには、
「指3本での操作を有効にする」をご参照ください。
注: モデルにより操作方法が異なる場合があります。また、機能のご利
用に設定が必要な場合があります。
40
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
指3本での操作を有効にする
次の手順でタッチパッドの指3本での操作を有効にすることができ
ます。
1.
2.
デスクトップアプリを起動します。
タスクトレイの右下の
→
をタップ/ク
リックし、ASUS Smart Gestureアプリを起動し
ます。
または
3.
「3本指」で、下の各項目にチェックを入れます。
-
-実行中のアプリケーションビューの表示と
ナビゲート
-
4.
「適用」をタップし、
「OK」をタップします。
ページのナビゲート
デスクトップの表示
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
41
キーボードを使用する
ホットキー
ホットキーについて説明します。コマンドは、Function キー <Fn>を
押しながら、コマンドが表記されたキーを押して実行します。
ASUS Tabletをスリープ状態にします。
f2
機内モードのオン/オフを切り替えます。
注: 機内モード有効時は、すべてのワイヤレス接
続が無効になります。
ディスプレイの明るさを下げます。
ディスプレイの明るさを上げます。
ディスプレイパネルの電源をオフにします。
表示モードを切り替えます。
注: ASUS Tabletに外付けディスプレイが接続さ
れたときに利用できるコマンドです。
42
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
タッチパッドを有効または無効にします。
スピーカーのオン/オフを切り替えます。
スピーカーのボリュームを下げます。
スピーカーのボリュームを上げます。
Windows® キー
キーボードには以下の説明のように、2つの特別なWindows® キーが
あります。
このキーを押すと、スタート画面に戻ります。スタート
画面で押すと、最後に使用した起動中のアプリに戻り
ます。
マウスの右クリックと同じ操作を行うことができ
ます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
43
44
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Chapter 3:
Windows® 8.1環境で使用する
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
45
初めて使用する
コンピューターを初めて使用するときは、Windows® 8.1 OSの基本設
定を行う設定画面が表示されます。
設定手順
1.
ASUS Tabletの電源ボタンを押します。設定画面が表示される
ので、暫くお待ちください。
2.
ライセンス条項を読み、内容を確認します。
「同意します」を選
択します。
3.
画面上に指示に従い、次の各基本設定を行います。
•
パーソナル設定
•
オンラインに接続
•
設定
•
お使いのアカウント
4.
基本設定が完了すると、チュートリアルが表示されます。
5.
セットアップが完了すると、スタート画面が表示されます。
注: ご使用の国や地域、環境などにより、手順に差異がある場合があり
ます。その場合は、画面の指示に従って設定を進めてください。
46
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Windows®UI
Windows® アプリはWindows®8.1で使用されるタイル表示のユー
ザーインターフェースで、スタート画面から簡単にアクセス可能です。
次の各機能を利用することができます。
スタート画面
Windows®にサインイン後に表示され、Windows®アプリが表示され
ます。
Windows® アプリ
アプリはスタート画面にピン留めされており、タイル形式で表示され
ます。
注: 特定のアプリはその機能を十分活用するため、Microsoftアカウント
でのサインインが必要になる場合があります。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
47
ホットスポット
プログラムの起動、ASUS Tabletの各種設定を行います。各機能は
タッチパッドで有効にすることができます。
起動済みアプリのホットスポット
画面上のホットスポット
48
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
ホットスポット
操作
左上
マウスのポインターをこの位置まで移動
し、最近使用したアプリのサムネイルを
タップ/クリックすると、そのアプリが表示さ
れます。
複数のアプリを起動した状態で、下方向に
スライドすると、起動しているアプリが表
示されます。
左下
起動中のアプリ画面から:
マウスのポインターをこの位置まで移動
し、
をタップ/クリックすると、スター
ト画面に戻ります。
注: Windows®キー
を押しても同
様の操作が可能です。
スタート画面から:
マウスのポインターをこの位置まで移動し、
をタップ/ クリックすると、最後に使用
した起動中のアプリに戻ります。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
49
ホットスポット
操作
上側
マウスのポインターを手のアイコンに切り
替わるまで移動します。アプリをドラッグ&
ドロップし、別の場所へ移動することがで
きます。
注: このホットスポット機能は起動中のアプ
リ、またはスナップ機能を使用する場合に
のみ動作します。詳細は「Windows®アプ
リと一緒に使用する」の「スナップ機能」
をご参照ください。
右上、右下
50
マウスのポインターをこの位置まで移動す
ると、チャームバーが起動します。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
スタートボタン
Windows® 8.1 のスタートボタンを使用すれば、最近使用したアプリ
とスタート画面での切り替えが可能です。スタート画面、デスクトップ
画面、起動中のアプリ画面の左下にマウスのポインターを置くと、ス
タートボタンが表示されます。
スタート画面のスタートボタン
注: スタートボタンの実際の色は、スタート画面のディスプレイ設定に
よって異なります。
スタート画面、デスクトップ画面、起動中のアプリ画面の左
下にマウスのポインターを置くと、スタートボタンが表示さ
れます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
51
デスクトップモードのスタートボタン
コンテキストメニュー
コンテキストメニューはWindows® 8.1内の特定のプログラムに簡単
アクセスすることができます。コンテキストメニューはスタートボタンを
右クリックすると表示されます。
また、次のようなシャットダウンオプションが用意されています。
サインアウト、スリープ、シャットダウン、再起動
52
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
スタート画面をカスタマイズする
Windows® 8.1 では、
スタート画面をカスタマイズすることができます。
直接デスクトップモードを起動する、また画面上のアプリの配置をカ
スタマイズすることができます。
手順
または
1.
デスクトップモードを起動します。
2.
スタートボタン以外のタスクバー上を右クリック
し、ポップアップウィンドウを起動します。
3.
「プロパティ」をクリックし、
「ナビゲーション」
タブを選択し、ナビゲーションとスタート画面の
オプションから使用したいものを選択します。
4.
「適用」をタップ/クリックし、設定を保存し設定
画面を閉じます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
53
Windows®アプリと一緒に使用する
ASUS Tabletのタッチスクリーンパネル、タッチパッド、キーボードを使
用し、アプリの起動と終了、カスタマイズを行います。
アプリの起動
アプリをタップし起動します。
アプリの上に マウスのポインターを合わせ、左ク
リック、またはタップして起動します。
とカーソルキーでアプリを選択します。
を押すと、選択したアプリが起動します。
アプリのカスタマイズ
スタート画面上でアプリの移動、サイズ変更、ピンの解除を行うこと
ができます。次の手順で行います。
アプリの移動
アプリタイルをタップしたまま目的の場所までドラッ
グします。
アプリをダブルタップし、目的の場所までドラッグし
ます。
54
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
アプリのサイズ変更
アプリをタップ&ホールドし、カスタマイズバーを起
動し、「サイズを変更する」をタップし、アプリタイルの
サイズを選択します。
アプリ上を右クリックし、カスタマイズバーを有効にし、
「サイズを変更する」をタップし、アプリタイルのサイ
ズを選択します。
ピン留めの解除
アプリをタップ&ホールドしカスタマイズバーを起動し、
「スタート画面からピン留めを外す」 をタップします。
アプリ上を右クリックし、カスタマイズバーを有効に
し、「スタート画面からピン留めを外す」 をタップ/ク
リックします。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
55
アプリの終了
起動中のアプリの上側をタップしたまま画面下まで
ドラッグします。
1.
起動したアプリの上側にマウスのポインターを
当て、ポインターが手のアイコンになるまで待
ちます。
2.
アプリを画面下までドラッグ&ドロップし、ア
プリを終了します。
終了させるアプリの画面から
を押し
ます。
56
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
すべてのアプリ画面へのアクセス
スタート画面にピンされたアプリ以外にも、本機に搭載のASUSアプリ
等、他のアプリをすべてのアプリ画面から起動することができます。
注: 実際に表示されるアプリは、モデルによって異なる場合があります。
本マニュアルに記載の写真やアイコンは参照用です。
すべてのアプリの起動
ASUS Tabletのタッチスクリーンパネル、タッチパッドまたはキーボー
ドを使用し、すべてのアプリ画面を開きます。
スタート画面を上方向になぞり、アプリ画面を起動し
ます。
スタート画面で
スタート画面から、
ボタンをクリックします。
を押し、
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
を押します。
57
スタート画面へのアプリの追加
タッチスクリーンパネルまたはタッチパッドを使用し、スタート画面に
アプリを追加することができます。
58
1. 「すべてのアプリ」画面を開きます。
2. スタート画面にピン留めしたいアプリをタッ
プ&ホールドし、カスタマイズバーを起動し
ます。
3.
「スタート画面にピン留めする」をタップし、選
択したアプリをスタート画面にピン留めします。
1. 「すべてのアプリ」画面を開くきます。
2.
スタート画面に追加したいアプリを右クリック
します。
3.
「スタート画面にピン留めする」をタップ/クリッ
クし、選択したアプリをスタート画面にピン留
めします。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
チャームバー
チャームバーは画面右側に表示されるツールバーです。アプリケー
ションの共有などの操作やASUS Tabletのカスタマイズ設定へ簡単に
アクセスできます。
チャームバー
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
59
チャームバーの起動
注: チャームバーは起動すると、前頁の画像のように表示されます。
ASUS Tabletのタッチスクリーンパネル、タッチパッド、キーボードを使
用し、チャームバーを起動します。
画面を右側からなぞり、チャームバーを起 動し
ます。
マウスのポインターを画面右上または右下まで移動
します。
を押します。
60
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
チャームバーのコンテンツ
検索
ASUS Tablet内のファイルやアプリ、プログラムを検索
します。
共有
ソーシャルネットワークサービス(SNS)やメールなど
を使用し、アプリを共有します。
スタート
画面をスタート画面に戻します。スタート画面から使
用していたアプリに戻ることもできます。
デバイス
外付けモニターやプリンター等、ASUS Tabletと接続
したデバイスに関する操作を行います。
設定
ASUS Tabletの各種設定を行います。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
61
スナップ機能
2つのアプリケーションを同時に操作することができます。この機能を
有効にすると、スナップした際にサイドバーが表示され、ディスプレイ
を2分割します。
重要: スナップ機能の利用には、1366×768ピクセル以上の解像度が必
要です。
スナップバー
62
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
スナップを有効にする
ASUS Tabletのタッチスクリーンパネル、タッチパッド、キーボードを使
用し、スナップ機能の起動と操作を行います。
1.
アプリをタップし、起動します。
2.
アプリの上の部分をタップしたまま、スナップ
バーが表示されるまで画面の左側または右側
までドラッグします。
3.
他のアプリを起動します。
1.
アプリをタップし、起動します。
2.
マウスのポインターを画面の上側に移動し
ます。
3.
ポインターが手のアイコンに切り替わったら、
アプリをディスプレイパネルの左側/右側にド
ラッグ&ドロップします。
4.
他のアプリを起動します。
1.
アプリをタップし、起動します。
2.
と矢印キーを押し、アプリをスナップ表示
します。
3.
他のアプリを起動します。このアプリは自動的
に空のペインに配置されます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
63
その他キーボードのショートカット
次のショートカットを使用し、アプリケーションの起動やWindows®8.1
の操作が可能です。
\
スタート画面と最後に使用した起動中のアプ
リを切り替えます。
デスクトップを起動します。
デスクトップモードで「コンピューター」ウィン
ドウを起動します。
検索チャームから「ファイル」オプションを開
きます。
共有チャームを開きます。
設定チャームを開きます。
デバイスチャームを開きます。
ロック画面を有効にします。
アクティブウィンドウを最小化します。
64
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
「表示」画面を開きます。
検索チャームから「すべての場所」オプショ
ンを開きます。
「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを
開きます。
「コンピューターの簡単操作センター」を開
きます。
検索チャームから「設定」オプションを開き
ます。
スタートボタンのコンテキストメニューを開き
ます。
ナレーターの設定を開きます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
65
ワイヤレスネットワークへの接続
Wi-Fi
ASUS Tabletに搭載のWi-Fi 機能により、SNSを使用したアプリの共
有、メールの閲覧、インターネットサーフィン等がお楽しみいただけ
ます。
重要: 機内モードを有効にすると、無線接続は無効になります。Wi-Fi 接
続を使用する際は、
「機内モード」をオフにする必要があります。
Wi-Fiを有効にする
タッチスクリーンパネルまたはタッチパッドを使用し、次の手順で
ASUS Tablet に搭載のWi-Fi機能を有効にします。
1.
チャームバーを起動します。
2.
「設定」
をタップ/クリックし「Wi-Fi 機能」
をタップ/クリックします。
3.
利用可能なWi-Fi接続のリストからアクセスポイ
ントを1つ選択します。
4.
「接続」をタップ/クリックし、ネットワーク接続
を開始します。
注: Wi-Fi接続を開始するときに、セキュリティキーの入
力が求められる場合があります。
注: 特定モデルでは、5.2/5.3GHz帯をサポートする無
線LANモジュールを搭載しておりますが、電波法によ
り5.2/5.3GHz帯は屋内使用に限ります。
66
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Bluetooth (特定モデルのみ)
Bluetoothデバイス間では、ファイル転送、インターネット接続やネッ
トワーク接続の共有などが可能です。
重要: 機内モードを有効にすると、無線接続は無効になります。
Bluetooth機能を使用する際は、
「機内モード」をオフにする必要があり
ます。
Bluetooth対応デバイスとのペアリング
データ転送を可能にするために、他のBluetooth対応デバイスとASUS
Tabletのペアリングを行う必要があります。次の手順でタッチパッド
操作を行います。
1.
チャームバーを起動します。
2.
「設定」
をタップ/クリックし、
「PC設定の変
更」をタップ/クリックします。
3.
「PC設定」から「PCとデバイス」→「Bluetooth」の
順に選択し、BluetoothスライダーでBluetooth機能
をオンにします。
4.
リストからデバイスを選択し、画面の指示に従いペア
リングを行います。
注: 一部のBluetooth対応デバイスでは、ノートパソコンの
パスコードを入力するよう求められる場合があります。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
67
航空機内での使用について
機内モードを有効にすると、無線接続は無効になります。
機内モードを有効にする
1.
チャームバーを起動します。
2.
「設定」
または
をタップ/クリックします。
能」
3.
をタップ/クリックし、
「Wi-Fi機
スライドバーを右に移動し機内モードをオンに
します。
を押します。
機内モードを無効にする
1.
チャームバーを起動します。
2.
「設定」
または
能」
3.
をタップ/クリックし「Wi-Fi機
をタップ/クリックします。
スライドバーを左に移動すると無効になります。
を押します。
注: 多くの航空会社では、電子機器の使用に対して規定を設けていま
す。航空機内でのASUS Tabletの使用については、各航空会社にお問い
合わせください。
68
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
有線ネットワークへの接続 (特定モデルのみ)
ドッキング時にASUSキーボードドックのLANポートを使用し、LAN
ネットワークやブロードバンドインターネット接続等の有線ネットワー
クに接続することができます。
注: インターネット接続セットアップ時の詳細やサポートについては、
ネットワーク管理者またはインターネットサービスプロバイダ(ISP)に
ご確認ください。
設定を行うには、次の手順をご参照ください。
重要: 設定を行う前に、ネットワークケーブルで本機のLANポートとロー
カルエリアネットワークが接続されていることをご確認ください。
動的(ダイナミック)IP/PPPoEのネットワーク接続
の設定
1.
デスクトップモードを起動します。
2.
Windows®のタスクトレイから、ネットワークアイ
コン
を右クリックし、
「ネットワークと共有
センターを開く」をタップ/クリックします。
3.
ネットワークと共有センターで、
「アダプターの設
定の変更」をタップ/クリックします。
4.
LAN上で右クリックし、
「プロパティ」を選択し
ます。
5.
「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/
IPv4)」をタップ/クリックして「プロパティ」を
タップ/クリックします。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
69
6.
「IPアドレスを自動的に取得する」をタップ/ク
リックし「OK」をタップします。
注: PPPoE接続を使用する場合は、次の手順に進んでください。
7.
「ネットワークと共有センター」に戻り、
「新しい
接続またはネットワークのセットアップ」をタッ
プ/クリックします。
8.
「インターネットに接続します」をタップ/クリッ
クし「次へ」を選択します。
9.
「ブロードバンド(PPPoE)」をタップ/クリックし
ます。
10. ユーザー名、パスワード、接続名を入力し、
「接
続」をタップ/クリックします。
11.
「閉じる」をタップ/クリックし、設定を終了します。
12.
タスクトレイの
をタップ/クリックし、上の
手順で作成した接続をクリックします。
13.
ユーザー名とパスワードを入力し、
「接続」を
タップ/クリックし、インターネットへの接続を開
始します。
静的(スタティック)IPのネットワーク接続の設定
70
1.
動的IP/PPPoEのネットワーク接続の設定の手
順1~5を行います。
2
「次のIPアドレスを使う」をタップ/クリックします。
3.
ご利用のサービスプロバイダ提供のIPアドレ
ス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ
を入力します。
4.
必要に応じ、優先DNSサーバーのアドレスと代
替DNSサーバーのアドレスを入力し、
「OK」を
タップ/クリックします。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
ASUS Tabletの電源をオフにする
次のいずれかの手順でASUS Tabletの電源をオフにすることができ
ます。
•
チャームバーから「設定」
リックし、
「電源」
または
をタップ/ク
をタップ/クリックし
ます。続いて「シャットダウン」をタップし、本
機をシャットダウンします。
•
ログイン画面から「電源」
→「シャット
ダウン」の順にタップ/クリックします。
•
デスクトップモードでもASUS Tabletをシャッ
トダウンすることができます。デスクトップ
モードを起動し、<alt + f4>を押し、シャットダ
ウンウィンドウを起動します。ドロップダウン
リストから「シャットダウン」を選択し、
「OK」
を選択します。
•
システムからの応答がなくなった場合は、電源
ボタンを約4秒間押し、強制終了することがで
きます。
ASUS Tabletをスリープ状態にする
スリープモードにするには、電源ボタンを1回押します。設定によって
は、休止状態/シャットダウンに移行することもできます。
デスクトップモードを起動し、<alt + f4>を押し、
シャットダウンウィンドウを起動します。
「スリープ」
を選択し、ドロップダウンリストから「OK」を選択し
ます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
71
Windows®8.1 ロック画面
Windows®8.1 ロック画面はスリープまたは休止状態から復帰すると表
示されます。また、Windows®8.1をロックしたときにも表示されます。
ロック画面をカスタマイズすることができます。システムがロックされ
ていても、背景のスライドショーや特定のアプリをバックグランドで実
行し、簡易ステータスを表示することが可能です。
ロック画面の解除
または
72
1.
タッチパッドをタップ/クリックする、または
ASUS Tabletのキーボードの任意のキーを押し
ます。
2.
アカウントがパスワードで保護されている場
合、パスワードを入力してスタート画面を起動
します。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
ロック画面をカスタマイズする
ロック画面をカスタマイズし、選択した画像やスライドショーの表示
や、アプリの更新の表示、内蔵カメラの起動が可能です。ロック画面
の設定を変更する際は、次の記載をご参照ください。
画像の選択
1.
チャームバーから「設定」を起動します。
2.
「PC設定の変更」→「ロック画面」を選択し
ます。
3.
「ロック画面のプレビュー」で「参照」をク
リックし、ロック画面の背景として使用する画
像を選択します。
スライドショーの再生
1.
チャームバーから「設定」を起動します。
2.
「PC設定の変更」→「ロック画面」を選択し
ます。
3.
「ロック画面のプレビュー」で、
「ロック画面
でスライド ショーを再生する」のスライドバー
をスライドし「オン」にします。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
73
表示するアプリを追加する
1.
チャームバーから「設定」を起動します。
2.
「PC設定の変更」→「ロック画面」を選択し
ます。
3.
画面を下方向にスクロールし、
「ロック画面に
表示するアプリ」オプションを表示します。
4.
ステータスをロック画面に表示させたいアプ
リを追加します。
ロック画面からカメラを起動する
ロック画面を下方向になぞることで、ASUS Tabletのカメラ機能を有効
にすることができます。以下の手順で有効にします。
74
1.
チャームバーから「設定」を起動します。
2.
「PC設定の変更」→「ロック画面」を選択し
ます。
3.
画面をスクロールし「カメラ」オプションを表
示させます。
4.
スライドバーをスライドし「オン」にします。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
トラブルシューティング
POST中に
を押すと、次のトラブルシューティングのオプション
にアクセスできます。
PCのリフレッシュ、PCを初期状態に戻す、詳細オプション
PCのリフレッシュ
個人用ファイルやパーソナル設定、Windows® ストア アプリを失うこ
となく、システムをリフレッシュしたい場合は「PCのリフレッシュ」オ
プションを使用します。
POST中にアクセスする
1.
<Shift>キーを押しながら、ASUS Tabletを再起
動します。
2.
Windows®が「オプションの選択」を読み込むま
で待機し、
「トラブルシューティング」をタップ/ク
リックします。
3.
「PCのリフレッシュ」をタップ/クリックします。
4.
「PCのリフレッシュ」画面に表示されるこのオ
プションに関する説明項目を読み、
「次へ」を
タップ/クリックします。
5.
更新するアカウントをタップ/クリックします。
6.
アカウントのパスワードを入力し、
「続行」をタッ
プ/クリックします。
7.
「PCのリフレッシュ」をタップ/クリックします。
重要: ASUS Tabletのリセットを行う前に、TabletがACアダ
プターで電源に接続されていることをご確認ください。
注:ご使用環境などにより、
手順などが異なる場合があります
が、
その場合は、
画面の指示に従って設定を進めてください。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
75
PCを初期状態に戻す
重要: このオプションを実行する前に全てのデータをバックアップしてく
ださい。
「PCを初期状態に戻す」オプションを使用し、ASUS Tabletをデフォ
ルト設定にリセットします。
POST中にアクセスする
1.
<Shift>キーを押しながら、ASUS Tabletを再起
動します。
2.
Windows®が「オプションの選択」を読み込むま
で待機し、
「トラブルシューティング」をタップ/ク
リックします。
3.
「PCを初期状態に戻す」をタップ/クリックします。
4.
「PCを初期状態に戻す」画面に表示されるこの
オプションに関する説明項目を読み、
「次へ」を
タップ/クリックします。
5.
「Windowsがインストールされているドライブ
のみ」または「すべてのドライブ」のいずれかを
選択します。
6. 「ファイルの削除のみ行う」または「ドライブを完全
にクリーンアップする」のいずれかを選択します。
7. 「初期状態に戻す」をタップ/クリックします。
重要: 本機のリセットを行う前に、本機がACアダプター
で電源に接続されていることをご確認ください。
注: ご使用環境などにより、手順などが異なる場合が
ありますが、その場合は、画面の指示に従って設定を
進めてください。
76
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
詳細オプション
「詳細オプション」でASUS Tabletに搭載の追加トラブルシューティン
グオプションを実行することができます。
POST中にアクセスする
1.
<Shift>キーを押しながら、ASUS Tabletを再起
動します。
2.
Windows®が「オプションの選択」を読み込むま
で待機し、
「トラブルシューティング」をタップ/ク
リックします。
3.
「詳細オプション」をタップ/クリックします。
4.
「詳細オプション」画面で、実行するトラブル
シューティングオプションを選択します。
5.
以降の手順に従い、作業を完了します。
イメージでシステムを回復の使用
「詳細オプション」の「イメージでシステムを回復」オプションで、イ
メージファイルを使用したシステムリカバリーを実行することができ
ます。
POST中にアクセスする
1.
<Shift>キーを押しながら、ASUS Tabletを再起
動します。
2.
Windows®が「オプションの選択」を読み込むま
で待機し、
「トラブルシューティング」をタップ/ク
リックします。
3.
「詳細オプション」をタップ/クリックします。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
77
4.
詳細オプション画面で「イメージでシステムを回
復」を選択します。
5.
システムイメージファイルでリカバリーを行うア
カウントを選択します。
6.
アカウントのパスワードを入力し、
「続行」をタッ
プ/クリックします。
7.
「利用可能なシステムイメージのうち最新のも
のを使用する(推奨)」を選択し、
「次へ」をタップ
/クリックします。システムイメージが外部デバイ
スまたはDVD内にある場合は、
「システムイメー
ジを選択する」を選択することもできます。
8.
以降の手順に従い、リカバリー作業を完了します。
注: ASUS Tabletが万一動作を停止した場合に備え、
データの損失を防ぐため定期的なシステムのバック
アップを強くお勧めします。
注: ご使用環境などにより、手順などが異なる場合が
ありますが、その場合は、画面の指示に従って設定を
進めてください。
78
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Chapter 4: FAQとヒント
Chapter 4: FAQとヒント
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
79
安全に使用するためのヒント
大切なデータを守り、安全に快適にご使用いただくためのヒントを記載
しました。本製品の使用方法に関する記載と併せてお読みください。
•
Windows® Update:
定期的にWindows® Update を実行し、Windows®を最新の状態でご使
用ください。
•
ASUS Live Update:
ASUS Live UpdateはASUSが提供するユーティリティーやドライバーなど
の更新が適用できます。
•
アンチウイルスソフト:
ウイルスからパソコンや大切なデータを守りるため、ウイルス対策のソフ
トを利用しましょう。
•
強制終了・停電:
突然の電源断などによる機器の停止は問題を引き起こす可能性があり
ます。使用中はバッテリーをできる限り装着し、機器の停止時も正しい
シャットダウンをしましょう。
•
バックアップ:
本機が起動しないなど故障した際、大切なデータを取り出せなくなる可
能性があります。定期的に外付けの記憶装置などへバックアップをお取
りください。
•
環境温度:
高温となる場所でのご使用は控えてください。長期間ノートパソコンを
使用しない場合は、バッテリーを本体から取り外すことをお勧めします
(着脱可能な場合)。
•
本機のリセット:
リセットを行う際は周辺機器を周辺機器をすべて取り外し、次の項目が
すべて揃っていることをご確認ください。
-
Officeアプリなどプロダクトキーが必要な場合は、そちらのプロダ
クトキー
-
バックアップデータ
-
ログインIDとパスワード
-
インターネット接続に必要な情報
不明点がある場合は、ネットワーク管理者もしくはプロバイダーに
お問い合わせください。
80
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
ハードウェアに関するFAQ
1.
液晶ディスプレイに黒い点や、常時点灯(赤、青、緑)している点
がある
製品の品質には万全を期していますが、液晶ディスプレイには
ごくわずかですが不完全な表示(ドット抜け)が発生する場合
があります。これらは製品の品質を損なうものではありません
が、ASUSの提供する保証サービスが適用される場合がござい
ます。詳しくは、製品に同梱の保証書もしくはASUSコールセン
ターまでご連絡ください。
2.
液晶ディスプレイの色や明るさにむらがある
液晶ディスプレイの構造上、見る角度や環境により、明るさや色
にむらが見える場合があります。また、液晶ディスプレイの明る
さや色合いはモデルによって異なる場合があります。
FunctionキーまたはOSのディスプレイ設定により画面の調整
が可能です。
3.
バッテリー駆動時間を長くする方法
以下の方法を推奨します。
•
Functionキーで液晶ディスプレイの表示を暗くします。
•
Wi-Fi機能を使用しないときは Functionキーで
「機内モード」をオンにします。
•
マウスやUSB機器など、使わない周辺機器は取り外します。
•
大きな負荷がかかるアプリの使用を避けます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
81
4.
5. バッテリー状態表示ランプが点灯しない
•
ACアダプターまたは充電されたバッテリーパック(特定モデ
ルのみ)が正しく取り付けられているか確認してください。
•
ACアダプターとバッテリーパック(取り外し可能なモデルの
み)を取り外し、1分以上待ってから再度入れて起動してく
ださい。
•
それでも点灯しない場合は、コールセンターへご連絡くだ
さい。
タッチパッドが使用できない
•
を押し、タッチパッドの有効/無効の切り替え
をお試しください。
•
6.
スピーカーから音が出ない
•
82
マウスが接続されている場合は、ASUS Smart Gestureで
マウス接続時にタッチパッドが無効になる機能が有効に
なっていないか確認し、もし、有効になっている場合は、マ
ウスを取り外すか、こちらの機能を無効にしてください。
を押し、音量の調節などお試しください。
•
ご使用のアプリなどで、ミュート設定になっていないかご
確認ください。
•
ヘッドホン出力用のジャックに何か接続されていないかご
確認ください。接続されている場合は、そちらを取り外し
てください。
•
再起動し、ASUSロゴが表示されたら<F2>を押し、BIOS
のセットアップ画面に入り、
「Save & Exit」のページより
「Restore Defaults」を実施、<F10>を押し変更を保存し、
BIOSのセットアップ画面を終了してからお試しください。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
7.
消耗品の購入、ACアダプターをなくした際などの対応方法
コールセンターへご連絡、もしくはASUS Shopをご確認ください。
ASUS Shop; http://shop.asus.co.jp/
※URLは予告なく変更する可能性があります。
8. ヘッドホン出力用のジャックにヘッドホンなどを接続しても、ス
ピーカーから音が出る
「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」からオーディ
オマネージャー(モデルにより名称が異なる場合があります)に
アクセスし、設定をご確認ください。
9.
キー入力中にカーソルが移動し、正しくキー入力ができない
•
お使いのモデルがタッチパッド搭載モデルの場合は、手
のひらや洋服の袖などがタッチパッドに触れ、そのため、
カーソル移動が発生している可能性があります。
•
を押し、タッチパッドの機能を無効にし、キー
入力をお試しください。
10. 「U」、「I」、「O」などのキーをタイプすると数字が入力される
「num lock(ニューメリカルロック)が有効になっている可能性
があります。
または
(モデルによっては
)を押し、再度、目的のキーの入力をお試しください。
(num lockファンクション搭載モデルのみ)
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
83
ソフトウェアに関するFAQ
1.
2.
3. 84
電源インジケーターは点灯しているが、ドライブアクティビティ
インジケーターが点灯/点滅せず、本機が正常に起動しない
•
電源ボタンを4秒以上長押しし、電源を切り、ACアダプ
ターとバッテリーパック(特定モデルのみ)が正しく取り付け
られているか確認のうえ、再度、電源を入れてください。
•
それでも起動しない場合は、コールセンターへご連絡くだ
さい。
「Remove disks or other media. Press any key to restart」
が表示される
•
USBデバイスが接続されている場合は取り外してください。
•
光学ドライブ搭載のモデルでは、CDなどが挿入されている
場合はそちらを取り外します。
•
それでも起動しない場合は、記憶装置に何らかの問題が
発生している可能性があります。コールセンターへご連絡
ください。
起動や動作が遅い
•
お買い上げ後にインストールしたアプリなどがありましたら、
そちらの常駐の解除をお試しください。
•
リフレッシュをお試しください。なお、リフレッシュを実施
されても、個人用ファイルとパーソナル設定へは影響はあり
ませんが、お買い上げ後にインストールしたアプリなどはア
ンインストールされます(Windowsストアからインストール
したアプリは残ります)。削除されたアプリの一覧はデスク
トップに保存されます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
4.
5.
本機が起動しない/OSが起動しない
•
接続しているUSBデバイスなどをすべて取り外して、電源を
入れてください。
•
<Shift>キーを押しながら再起動します。オプションの選択
画面からトラブルシューティングを選択し、
「PCのリフレッ
シュ」や「初期状態に戻す」をお試しください。
•
機器本体の温度が上昇している場合は、過熱を防止するた
めの機能が自動的に働いてる可能性がありますので、
しば
らく待ってから再度、電源を入れてください。
•
それでも起動しない場合は、コールセンターへご連絡くだ
さい。
スリープ状態/ 休止状態から復帰しない
•
特定モデルでは、スリープ状態からの復帰には電源ボタン
を押す必要があります。電源ボタンを押してください。
•
バッテリー残量が少なくなっている、もしくは、完全に放電
している可能性があります。ACアダプターを接続し電源ボ
タンを押してください。
•
一旦、電源ボタンを4秒以上長押しし、機器を強制終了後、
電源ボタンを押し、起動してください。なお、保存していな
いデータは失われます。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
85
86
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Chapter 5: 付録
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
87
内蔵モデムの適応規格
(規格/プロトコルなど原文掲載)
The ASUS Tablet with internal modem model complies with JATE (Japan),
FCC (US, Canada, Korea, Taiwan), and CTR21. The internal modem has been
approved in accordance with Council Decision 98/482/EC for pan-European
single terminal connection to the public switched telephone network
(PSTN). However due to differences between the individual PSTNs provided
in different countries, the approval does not, of itself, give an unconditional
assurance of successful operation on every PSTN network termination point.
In the event of problems you should contact your equipment supplier in the
first instance.
Overview
On 4th August 1998 the European Council Decision regarding the CTR 21
has been published in the Official Journal of the EC. The CTR 21 applies to all
non voice terminal equipment with DTMF-dialling which is intended to be
connected to the analogue PSTN (Public Switched Telephone Network).
CTR 21 (Common Technical Regulation) for the attachment requirements for
connection to the analogue public switched telephone networks of terminal
equipment (excluding terminal equipment supporting the voice telephony
justified case service) in which network addressing, if provided, is by means
of dual tone multi-frequency signalling.
88
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Network Compatibility Declaration
Statement to be made by the manufacturer to the Notified Body and
the vendor: “This declaration will indicate the networks with which the
equipment is designed to work and any notified networks with which the
equipment may have inter-working difficulties.”
Statement to be made by the manufacturer to the user: “This declaration will
indicate the networks with which the equipment is designed to work and
any notified networks with which the equipment may have inter-working
difficulties. The manufacturer shall also associate a statement to make it
clear where network compatibility is dependent on physical and software
switch settings. It will also advise the user to contact the vendor if it is
desired to use the equipment on another network.”
Up to now the Notified Body of CETECOM issued several pan-European
approvals using CTR 21. The results are Europe’s first modems which do not
require regulatory approvals in each individual European country.
Non-Voice Equipment
Answering machines and loud-speaking telephones can be eligible as well
as modems, fax machines, auto-dialers and alarm systems. Equipment in
which the end-to-end quality of speech is controlled by regulations (e.g.
handset telephones and in some countries also cordless telephones) is
excluded.
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
89
This table shows the countries currently under the CTR21
standard.
Country
Applied
More Testing
Austria1
Yes
No
Belgium
Yes
No
Czech Republic
No
Not Applicable
Denmark1
Yes
Yes
Finland Yes
No
France
Yes
No
Germany
Yes
No
Greece
Yes
No
Hungary
No
Not Applicable
Iceland
Yes
No
Ireland
Yes
No
Italy
Still Pending
Still Pending
Israel
No
No
Lichtenstein
Yes
No
Luxemburg
Yes
No
The Netherlands1
Yes
Yes
Norway
Yes
No
Poland
No
Not Applicable
Portugal
No
Not Applicable
Spain
No
Not Applicable
Sweden
Yes
No
Switzerland
Yes
No
United Kingdom
Yes
No
90
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
This information was copied from CETECOM and is supplied without
liability. For updates to this table, you may visit http://www.cetecom.de/
technologies/ctr_21.html
1 National requirements will apply only if the equipment may use pulse
dialling (manufacturers may state in the user guide that the equipment is
only intended to support DTMF signalling, which would make any additional
testing superfluous).
In The Netherlands additional testing is required for series connection and
caller ID facilities.
Federal Communications Commission
Interference Statement
This device complies with FCC Rules Part 15. Operation is subject to the
following two conditions:
•
This device may not cause harmful interference.
•
This device must accept any interference received, including
interference that may cause undesired operation.
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a
class B digital device, pursuant to Part 15 of the Federal Communications
Commission (FCC) rules. These limits are designed to provide reasonable
protection against harmful interference in a residential installation. This
equipment generates, uses, and can radiate radio frequency energy and, if
not installed and used in accordance with the instructions, may cause harmful
interference to radio communications. However, there is no guarantee that
interference will not occur in a particular installation. If this equipment does
cause harmful interference to radio or television reception, which can be
determined by turning the equipment off and on, the user is encouraged to
try to correct the interference by one or more of the following measures:
•
Reorient or relocate the receiving antenna.
•
Increase the separation between the equipment and receiver.
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
91
•
Connect the equipment into an outlet on a circuit different from
that to which the receiver is connected.
•
Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.
WARNING! The use of a shielded-type power cord is required in order to
meet FCC emission limits and to prevent interference to the nearby radio
and television reception. It is essential that only the supplied power cord be
used. Use only shielded cables to connect I/O devices to this equipment. You
are cautioned that changes or modifications not expressly approved by the
party responsible for compliance could void your authority to operate the
equipment.
(Reprinted from the Code of Federal Regulations #47, part 15.193, 1993.
Washington DC: Office of the Federal Register, National Archives and
Records Administration, U.S. Government Printing Office.)
Declaration of Conformity (R&TTE directive
1999/5/EC)
The following items were completed and are considered relevant and
sufficient:
•
Essential requirements as in [Article 3]
•
Protection requirements for health and safety as in [Article 3.1a]
•
Testing for electric safety according to [EN 60950]
•
Protection requirements for electromagnetic compatibility in [Article
3.1b]
•
Testing for electromagnetic compatibility in [EN 301 489-1] & [EN
301 489-17]
•
Effective use of the radio spectrum as in [Article 3.2]
•
Radio test suites according to [EN 300 328-2]
92
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
FCC Radio Frequency (RF) Exposure Caution
Statement
WARNING! Any changes or modifications not expressly approved by the party
responsible for compliance could void the user’s authority to operate this
equipment. “The manufacture declares that this device is limited to Channels
1 through 11 in the 2.4GHz frequency by specified firmware controlled in the
USA.”
This equipment complies with FCC radiation exposure limits set forth for an
uncontrolled environment. To maintain compliance with FCC RF exposure
compliance requirements, please avoid direct contact to the transmitting
antenna during transmitting. End users must follow the specific operating
instructions for satisfying RF exposure compliance.
RF Exposure Information (SAR)
This device meets the government’s requirements for exposure to radio
waves. This device is designed and manufactured not to exceed the
emission limits for exposure to radio ferquency (RF) energy set by the
Federal Communications Commission of the U.S. Government.
The exposure standard employs a unit of measurement known as the
Specific Absorption Rate, or SAR. The SAR limit set by the FCC is 1.6 W/kg.
Tests for SAR are conducted using standard operating positions accepted by
the FCC with the EUT transmitting at the specified power level in different
channels.
The highest SAR values for this device, as reported to the FCC, are 1.42 W/kg
for T100TAL and 0.686 W/kg for T100TAF when placed next to the body.
The FCC has granted an Equipment Authorization for this device with all
reported SAR levels evaluated as in compliance with the FCC RF exposure
guidelines. SAR information on this device is on file with the FCC and can
be found under the Display Grant section of www.fcc.gov/eot/ea/fccid after
searching on FCC ID:
MSQ-T100TAL, MSQ-T100TAF
This transmitter must not be co-located or operating in conjunction with
any other antenna or transmitter.
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
93
CE Marking
CE marking for devices without wireless LAN/Bluetooth
The shipped version of this device complies with the requirements of the
EEC directives 2004/108/EC “Electromagnetic compatibility” and 2006/95/EC
“Low voltage directive”.
CE marking for devices with wireless LAN/ Bluetooth
This equipment complies with the requirements of Directive 1999/5/EC of
the European Parliament and Commission from 9 March, 1999 governing
Radio and Telecommunications Equipment and mutual recognition of
conformity.
The highest CE SAR values for the device are 1.42 W/kg for T100TAL and 0.686
W/kg for T100TAF.
This equipment may be operated in:
AT
BE
BG
CH
CY
CZ
DE
DK
EE
ES
FI
FR
GB
GR
HU
IE
IT
IS
LI
LT
LU
LV
MT
NL
NO
PL
PT
RO
SE
SI
SK
TR
94
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
This device have been tested to comply with the Sound Pressure Level
requirement laid down in the applicable EN 50332-1 and/or EN 50332-2
standards. Permanent hearing loss may occur if earphones or headphones
are used at high volume for prolonged periods of time.
RF Exposure information (SAR) - CE
This device meets the EU requirements (1999/519/EC) on the limitation of
exposure of the general public to electromagnetic fields by way of health
protection.
The limits are part of extensive recommendations for the protection of the
general public. These recommendations have been developed and checked
by independent scientific organizations through regular and thorough
evaluations of scientific studies. The unit of measurement for the European
Council’s recommended limit for mobile devices is the “Specific Absorption
Rate” (SAR), and the SAR limit is 2.0 W/Kg averaged over 10 gram of body
tissue. It meets the requirements of the International Commission on NonIonizing Radiation Protection (ICNIRP).
For next-to-body operation, this device has been tested and meets the
ICNRP exposure guidelines and the European Standard EN 50566 and
EN 62209-2. SAR is measured with the device directly contacted to the
body while transmitting at the highest certified output power level in all
frequency bands of the mobile device.
日本国内での無線周波数帯のご利用について
電波法により5.2/5.3GHz帯は屋内使用に限ります。
聴覚障害を防ぐため
イヤホンやヘッドホンからの過度な音圧は、難聴などの聴覚障害の
原因となる場合があります。ボリュームコントロールやイコライ
ザーを基準値以外に設定した場合、イヤホンやヘッドホンの出力電
圧が増加し音圧が高くなることがあります。ご注意ください。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
95
IC Radiation Exposure Statement for Canada
This equipment complies with IC radiation exposure limits set forth for an
uncontrolled environment. To maintain compliance with IC RF exposure
compliance requirements, please avoid direct contact to the transmitting
antenna during transmitting. End users must follow the specific operating
instructions for satisfying RF exposure compliance.
Operation is subject to the following two conditions:
•
This device may not cause interference and
•
This device must accept any interference, including interference that
may cause undesired operation of the device.
To prevent radio interference to the licensed service (i.e. co-channel Mobile
Satellite systems) this device is intended to be operated indoors and away
from windows to provide maximum shielding. Equipment (or its transmit
antenna) that is installed outdoors is subject to licensing.
This device complies with Industry Canada licence-exempt RSS standard(s).
CAN ICES-3(B)/NMB-3(B)
This device and its antenna(s) must not be co-located or operating in
conjunction with any other antenna or transmitter, except tested built-in
radios.
The IC ID for this device is 3568A-T100TAF.
96
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Déclaration d’Industrie Canada relative à l’
exposition aux ondes radio
Cet appareil est conforme aux limites d’exposition aux radiations d’Industrie
Canada définies pour un environnement non-contrôlé. Pour maintenir
la conformité avec les exigences d’exposition RF d’IC, veuillez éviter tout
contact direct avec l’antenne pendant l’émission. Les utilisateurs finaux
doivent suivre les instructions de fonctionnement spécifiques pour satisfaire
la conformité aux expositions RF.
Son utilisation est sujette aux deux conditions suivantes :
•
Cet appareil ne peut pas causer d’interférence, et
•
Cet appareil doit accepter toute interférence, y compris les
interférences qui pourraient causer un fonctionnement non
souhaité de l’appareil.
Pour éviter les interférences radio avec le service sous licence (c’est à-dire
le partage de canal avec les systèmes de téléphonie satellite), cet appareil
est destiné à être utilisé en intérieur et loin des fenêtres pour fournir un
blindage maximal. Tout appareil (ou son antenne d’émission) qui est installé
en extérieur est sujet à cette licence.
Le present appareil est conforme aux CNR d’Industrie Canada applicables
aux appareils radio exempts de licence.
CAN ICES-3(B)/NMB-3(B)
Cet appareil et son antenne ne doivent pas être situés ou fonctionner en
conjonction avec une autre antenne ou un autre émetteur, exception faites
des radios intégrées qui ont été testées.
L’identifiant Industrie Canada de cet appareil est: 3568A-T100TAF
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
97
Radiation Exposure Statement
The product comply with the Canada portable RF exposure limit set forth
for an uncontrolled environment and are safe for intended operation as
described in this manual. The further RF exposure reduction can be achieved
if the product can be kept as far as possible from the user body or set the
device to lower output power if such function is available.
Déclaration d'exposition aux radiations
Le produit est conforme aux limites d'exposition pour les appareils portables
RF pour les Etats-Unis et le Canada établies pour un environnement non
contrôlé.
Le produit est sûr pour un fonctionnement tel que décrit dans ce manuel.
La réduction aux expositions RF peut être augmentée si l'appareil peut être
conservé aussi loin que possible du corps de l'utilisateur ou que le dispositif
est réglé sur la puissance de sortie la plus faible si une telle fonction est
disponible.
Caution
(i) the device for operation in the band 5150-5250 MHz is only for indoor
use to reduce the potential for harmful interference to co-channel mobile
satellite systems;
(ii) the maximum antenna gain permitted for devices in the bands 52505350 MHz and 5470-5725 MHz shall comply with the e.i.r.p. limit; and
(iii) the maximum antenna gain permitted for devices in the band 5725-5825
MHz shall comply with the e.i.r.p. limits specified for point-to-point and non
point-to-point operation as appropriate.
(iv) Users should also be advised that high-power radars are allocated as
primary users (i.e. priority users) of the bands 5250-5350 MHz and 5650-5850
MHz and that these radars could cause interference and/or damage to LELAN devices.
98
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Avertissement
Le guide d’utilisation des dispositifs pour réseaux locaux doit inclure des
instructions précises sur les restrictions susmentionnées, notamment :
(i) les dispositifs fonctionnant dans la bande 5 150-5 250 MHz sont réservés
uniquement pour une utilisation à l’intérieur afin de réduire les risques
de brouillage préjudiciable aux systèmes de satellites mobiles utilisant les
mêmes canaux;
(ii) le gain maximal d’antenne permis pour les dispositifs utilisant les bandes
5 250-5 350 MHz et 5 470-5 725 MHz doit se conformer à la limite de p.i.r.e.;
(iii) le gain maximal d’antenne permis (pour les dispositifs utilisant la bande
5 725-5 825 MHz) doit se conformer à la limite de p.i.r.e. spécifiée pour l’
exploitation point à point et non point à point, selon le cas.
(iv) De plus, les utilisateurs devraient aussi être avisés que les utilisateurs de
radars de haute puissance sont désignés utilisateurs principaux (c.-à-d., qu’
ils ont la priorité) pour les bandes 5 250-5 350 MHz et 5 650-5 850 MHz et
que ces radars pourraient causer du brouillage et/ou des dommages aux
dispositifs LAN-EL.
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
99
Wireless Operation Channel for Different Domains
N. America
2.412-2.462 GHz
Ch01 through CH11
Japan
2.412-2.484 GHz
Ch01 through Ch14
Europe ETSI
2.412-2.472 GHz
Ch01 through Ch13
France Restricted Wireless Frequency Bands
Some areas of France have a restricted frequency band. The worst case
maximum authorized power indoors are:
•
10mW for the entire 2.4 GHz band (2400 MHz–2483.5 MHz)
•
100mW for frequencies between 2446.5 MHz and 2483.5 MHz
NOTE: Channels 10 through 13 inclusive operate in the band 2446.6 MHz to
2483.5 MHz.
There are few possibilities for outdoor use: on private property or on
the private property of public persons, use is subject to a preliminary
authorization procedure by the Ministry of Defense, with maximum
authorized power of 100mW in the 2446.5–2483.5 MHz band. Use outdoors
on public property is not permitted.
In the departments listed below, for the entire 2.4 GHz band:
•
Maximum authorized power indoors is 100mW
•
Maximum authorized power outdoors is 10mW
100
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Departments in which the use of the 2400–2483.5 MHz band is permitted
with an EIRP of less than 100mW indoors and less than 10mW outdoors:
01 Ain
02 Aisne
03 Allier
05 Hautes Alpes
08 Ardennes
09 Ariège
11 Aude
12 Aveyron
16 Charente
24 Dordogne
25 Doubs
26 Drôme
32 Gers
36 Indre
37 Indre et Loire
41 Loir et Cher
45 Loiret
50 Manche
55 Meuse
58 Nièvre
59 Nord
60 Oise
61 Orne
63 Puy du Dôme
64 Pyrénées Atlantique
66 Pyrénées Orientales
67 Bas Rhin
68 Haut Rhin
70 Haute Saône
71 Saône et Loire
75 Paris
82 Tarn et Garonne
84 Vaucluse
88 Vosges
89 Yonne
90 Territoire de Belfort
94 Val de Marne
This requirement is likely to change over time, allowing you to use your
wireless LAN card in more areas within France. Please check with ART for the
latest information (www.arcep.fr)
NOTE: Your WLAN Card transmits less than 100mW, but more than 10mW.
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
101
UL Safety Notices
Required for UL 1459 covering telecommunications (telephone) equipment
intended to be electrically connected to a telecommunication network that
has an operating voltage to ground that does not exceed 200V peak, 300V
peak-to-peak, and 105V rms, and installed or used in accordance with the
National Electrical Code (NFPA 70).
When using the ASUS Tablet modem, basic safety precautions should always
be followed to reduce the risk of fire, electric shock, and injury to persons,
including the following:
•
DO NOT use the ASUS Tablet near water, for example, near a bath
tub, wash bowl, kitchen sink or laundry tub, in a wet basement or
near a swimming pool.
•
DO NOT use the ASUS Tablet during an electrical storm. There may
be a remote risk of electric shock from lightning.
•
DO NOT use the ASUS Tablet in the vicinity of a gas leak.
Required for UL 1642 covering primary (nonrechargeable) and secondary
(rechargeable) lithium batteries for use as power sources in products. These
batteries contain metallic lithium, or a lithium alloy, or a lithium ion, and may
consist of a single electrochemical cell or two or more cells connected in
series, parallel, or both, that convert chemical energy into electrical energy
by an irreversible or reversible chemical reaction.
•
Do not dispose the ASUS Tablet battery pack in a fire, as they
may explode. Check with local codes for possible special disposal
instructions to reduce the risk of injury to persons due to fire or
explosion.
•
Do not use power adapters or batteries from other devices to reduce
the risk of injury to persons due to fire or explosion. Use only UL
certified power adapters or batteries supplied by the manufacturer
or authorized retailers.
102
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Power Safety Requirement
Products with electrical current ratings up to 6A and weighing more than
3Kg must use approved power cords greater than or equal to: H05VV-F, 3G,
0.75mm2 or H05VV-F, 2G, 0.75mm2.
TV Notices
Note to CATV System Installer—Cable distribution system should be
grounded (earthed) in accordance with ANSI/NFPA 70, the National Electrical
Code (NEC), in particular Section 820.93, Grounding of Outer Conductive
Shield of a Coaxial Cable – installation should include bonding the screen of
the coaxial cable to the earth at the building entrance.
REACH
Complying with the REACH (Registration, Evaluation, Authorization, and
Restriction of Chemicals) regulatory framework, we publish the chemical
substances in our products at ASUS REACH website at http://csr.asus.com/
english/REACH.htm.
Macrovision Corporation Product Notice
This product incorporates copyright protection technology that is protected
by method claims of certain U.S.A. patents and other intellectual property
rights owned by Macrovision Corporation and other rights owners. Use of
this copyright protection technology must be authorized by Macrovision
Corporation, and is intended for home and other limited viewing uses
only unless otherwise authorized by Macrovision Corporation . Reverse
engineering or disassembly is prohibited.
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
103
Nordic Lithium Cautions (for lithium-ion batteries)
CAUTION! Danger of explosion if battery is incorrectly replaced. Replace only
with the same or equivalent type recommended by the manufacturer. Dispose
of used batteries according to the manufacturer’s instructions. (English)
ATTENZIONE! Rischio di esplosione della batteria se sostituita in modo errato.
Sostituire la batteria con un una di tipo uguale o equivalente consigliata dalla
fabbrica. Non disperdere le batterie nell’ambiente. (Italian)
VORSICHT! Explosionsgefahr bei unsachgemäßen Austausch der Batterie. Ersatz
nur durch denselben oder einem vom Hersteller empfohlenem ähnlichen Typ.
Entsorgung gebrauchter Batterien nach Angaben des Herstellers. (German)
ADVARSELI! Lithiumbatteri - Eksplosionsfare ved fejlagtig håndtering.
Udskiftning må kun ske med batteri af samme fabrikat og type. Levér det brugte
batteri tilbage til leverandøren. (Danish)
VARNING! Explosionsfara vid felaktigt batteribyte. Använd samma batterityp
eller en ekvivalent typ som rekommenderas av apparattillverkaren. Kassera
använt batteri enligt fabrikantens instruktion. (Swedish)
VAROITUS! Paristo voi räjähtää, jos se on virheellisesti asennettu. Vaihda paristo
ainoastaan laitevalmistajan sousittelemaan tyyppiin. Hävitä käytetty paristo
valmistagan ohjeiden mukaisesti. (Finnish)
ATTENTION! Il y a danger d’explosion s’il y a remplacement incorrect de la
batterie. Remplacer uniquement avec une batterie du mêre type ou d’un type
équivalent recommandé par le constructeur. Mettre au rebut les batteries
usagées conformément aux instructions du fabricant. (French)
ADVARSEL! Eksplosjonsfare ved feilaktig skifte av batteri. Benytt samme
batteritype eller en tilsvarende type anbefalt av apparatfabrikanten. Brukte
batterier kasseres i henhold til fabrikantens instruksjoner. (Norwegian)
注意: バッテリーの交換は正しく行ってください。破裂する危険があります。交換
の際は、メーカーが指定したバッテリーをお使いください。また、廃棄の際は家
庭ゴミとまとめて捨てずに、最寄の廃棄物処理施設等に問い合わせ、バッテリー
の処分方法を確認してください。(Japanese)
ВНИМАНИЕ! При замене аккумулятора на акку
мулятор иного типа возможно его возгоран
ие. Утилизируйте аккумулятор в соответст
вии с инструкциями производителя. (Russian)
104
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
Optical Drive Safety Information
Laser Safety Information
CD-ROM Drive Safety Warning
CLASS 1 LASER PRODUCT
WARNING! To prevent exposure to the optical drive’s laser, do not attempt to
disassemble or repair the optical drive by yourself. For your safety, contact a
professional technician for assistance.
Service warning label
WARNING! INVISIBLE LASER RADIATION WHEN OPEN. DO NOT STARE INTO
BEAM OR VIEW DIRECTLY WITH OPTICAL INSTRUMENTS.
CDRH Regulations
The Center for Devices and Radiological Health (CDRH) of the U.S. Food
and Drug Administration implemented regulations for laser products on
August 2, 1976. These regulations apply to laser products manufactured
from August 1, 1976. Compliance is mandatory for products marketed in the
United States.
WARNING! Use of controls or adjustments or performance of procedures
other than those specified herein or in the laser product installation guide
may result in hazardous radiation exposure.
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
105
CTR 21 Approval (for ASUS Tablet with built-in
Modem)
Danish
Dutch
English
Finnish
French
106
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
German
Greek
Italian
Portuguese
Spanish
Japanese
本装置は、第二種情報装置 (住宅地域またはその隣接した地域において使用されるべき情報装置) で
住宅地域での電波障害防止を目的とした情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)基準に適合
しております。
しかし、本装置をラジオ、テレビジョン受信機に、近接してご使用になると、受信障害の原因とな
ることがあります。本書の説明にしたがって正しい取り扱いをしてください。
本製品を日本で使用する場合は必ず日本国モードでご使用ください。他国のモードをご使用になる
と電気通信事業法 (技術基準) に違反す行為となります。なお、ご購入時は初期値が日本国モードと
なっておりますので、そのままご利用ください。
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
107
European Union Eco-label
This ASUS Tablet has been awarded the EU Flower label, which means that
this product has the following characteristics:
1.
Decreased energy consumption during use and stand-by modes.
2.
Limited use of toxic heavy metals.
3.
Limited use of substances harmful to the environment and health.
4.
Reduction of the use of natural resources by encouraging recycling.
5.
Designed for easy upgrades and longer lifetime through providing
compatible spare parts such as batteries, power supplies, the
keyboard, the memory, and if available the CD drive or DVD drive.
6.
Reduced solid waste through takeback policy.
For more information on the EU Flower label, please visit the European
Union Eco-label website at http://www.ecolabel.eu.
電気・電子機器に含有される化学物質の表示
について
資源有効利用促進法では、JIS C 0950: 2008 (J-Moss) の定める規格
により、製造元に対し特定の電気・電子機器に含まれる化学物質の
情報提供を義務付けています。J-Moss とは、電気・電子機器に含有
される化学物質の表示に関するJIS規格の略称で、正式名称は「The
marking when content other than exemption does not exceed
reference value of percentage content (電気・電子機器の特定の化
学物質の含有表示方法) 」です。なお、この規格は2008年8月1日より
適用されています。
この規格に関する詳細情報はASUSのサイト (http://green.asus.com/
english/) に記載の「The marking when content other than exemption
does not exceed reference value of percentage content (電気・電子機
器の特定の化学物質の含有表示方法) 」をご参照ください。
108
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
回収とリサイクルについて
使用済みのコンピューター、ノートパソコン等の電子機器には、環境に悪影
響を与える有害物質が含まれており、通常のゴミとして廃棄することはでき
ません。リサイクルによって、使用済みの製品に使用されている金属部品、
プラスチック部品、各コンポーネントは粉砕され新しい製品に再使用され
ます。また、その他のコンポーネントや部品、物質も正しく処分・処理される
ことで、有害物質の拡散の防止となり、環境を保護することに繋がります。
筐体のコーティングについて
重要: 感電などを防ぐため、本機は絶縁性のあるコーティング材を使用して
います (入出力ポート搭載部分を除く) 。
ASUS Mobile Dock Compatibility Table
T100 series Model
ASUS Mobile Dock
TYPE
T100TAF/H100TAF/
Y100TAF/R104TAF
T100T Mobile Dock2/H100T Mobile Dock2/
Y100T Mobile Dock2/R104T Mobile Dock2
USB2.0
T100TAL/H100TAL/
R104TAL
T100T Mobile Dock2/H100T Mobile Dock2/
Y100T Mobile Dock2/R104T Mobile Dock2
USB2.0
T100TA/H100TA/
R104TA
T100T Mobile Dock/H100T Mobile Dock
Mobile Dock/R104T Mobile Dock
USB3.0
T100TAM/H100TAM/
R104TAM
T100T Mobile Dock/H100T Mobile Dock
Mobile Dock/R104T Mobile Dock
USB3.0
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
109
Regional notice for Singapore
Complies with
IDA Standards
DB103778
This ASUS product complies with IDA Standards.
Regional notice for India
This product complies with the “India E-waste (Management and Handling)
Rule 2011” and prohibits use of lead, mercury, hexavalent chromium,
polybrominated biphenyls(PBBs) and polybrominated diphenyl ethers
(PBDEs) in concentrations exceeding 0.1 % by weight in homogenous
materials and 0.01 % by weight in homogenous materials for cadmium,
except for the exemptions listed in Schedule-II of the Rule.
Notices for removeable batteries
•
Risk of explosion if battery is replaced by an incorrect type.
•
The battery and its component must be recycled or disposed of
properly.
Avis concernant les batteries remplaçables
•
La batterie de l’ordinateur portable peut présenter un risque d’
incendie ou de brûlure si celle-ci est retirée ou désassemblée.
•
La batterie et ses composants doivent être recyclés de façon
appropriée.
110
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
EC Declaration of Conformity
We, the undersigned,
Manufacturer:
ASUSTeK COMPUTER INC.
Address:
4F, No. 150, LI-TE Rd., PEITOU, TAIPEI 112, TAIWAN
Authorized representative in Europe:
ASUS COMPUTER GmbH
Address, City:
HARKORT STR. 21-23, 40880 RATINGEN
Country:
GERMANY
declare the following apparatus:
Product name :
Tablet
Model name :
T100TAL, H100TAL, R104TAL (Include LTE)
T100TAF, H100TAF, Y100TAF, R104TAF (WIFI only)
conform with the essential requirements of the following directives:
2004/108/EC-EMC Directive
EN 55022:2010+AC:2011
EN 61000-3-2:2006+A2:2009
EN 55013:2001+A1:2003+A2:2006
EN 55024:2010
EN 61000-3-3:2013
EN 55020:2007+A11:2011
1999/5/EC-R&TTE Directive
EN 300 328 V1.8.1(2012-06)
EN 300 440-1 V1.6.1(2010-08)
EN 300 440-2 V1.4.1(2010-08)
EN 301 511 V9.0.2(2003-03)
EN 301 908-1 V6.2.1(2013-04)
EN 301 908-2 V5.4.1(2012-12)
EN 301 908-13 V5.2.1(2011-05)
EN 301 893 V1.7.1(2012-06)
EN 302 544-2 V1.1.1(2009-01)
EN 302 623 V1.1.1(2009-01)
EN 62209-1: 2006
EN 62209-2: 2010
EN 62479:2010
EN 50566: 2013
EN 301 489-1 V1.9.2(2011-09)
EN 301 489-3 V1.6.1(2013-08)
EN 301 489-4 V1.4.1(2009-05)
EN 301 489-7 V1.3.1(2005-11)
EN 301 489-9 V1.4.1(2007-11)
EN 301 489-17 V2.2.1(2012-09)
EN 301 489-24 V1.5.1(2010-10)
EN 302 326-2 V1.2.2(2007-06)
EN 50332-1 (2000-03)
EN 50332-2 (2003-12)
EN 50360: 2001
EN 50360/A1 :2012
EN 302 291-1 V1.1.1(2005-07)
EN 302 291-2 V1.1.1(2005-07)
2006/95/EC-LVD Directive
EN 60950-1 / A12:2011
EN 60065:2002 / A12:2011
2009/125/EC-ErP Directive
Regulation (EC) No. 1275/2008
Regulation (EC) No. 278/2009
Regulation (EC) No. 642/2009
Regulation (EC) No. 617/2013
2011/65/EU-RoHS Directive
Ver. 140331
CE marking
(EC conformity marking)
Position : CEO
Name :
Jerry Shen
Declaration Date: 29/07/2014
Year to begin affixing CE marking: 2014
Signature : __________
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル
111
EC Declaration of Conformity
We, the undersigned,
Manufacturer:
ASUSTeK COMPUTER INC.
Address:
4F, No. 150, LI-TE Rd., PEITOU, TAIPEI 112, TAIWAN
Authorized representative in Europe:
ASUS COMPUTER GmbH
Address, City:
HARKORT STR. 21-23, 40880 RATINGEN
Country:
GERMANY
declare the following apparatus:
Product name :
Mobile Dock
Model name :
T100T Mobile Dock2, H100T Mobile Dock2,
Y100T Mobile Dock2, R104T Mobile Dock2
conform with the essential requirements of the following directives:
2004/108/EC-EMC Directive
EN 55022:2010+AC:2011
EN 61000-3-2:2006+A2:2009
EN 55013:2001+A1:2003+A2:2006
EN 55024:2010
EN 61000-3-3:2013
EN 55020:2007+A11:2011
1999/5/EC-R&TTE Directive
EN 300 328 V1.7.1(2006-10)
EN 300 440-1 V1.6.1(2010-08)
EN 300 440-2 V1.4.1(2010-08)
EN 301 511 V9.0.2(2003-03)
EN 301 908-1 V5.2.1(2011-05)
EN 301 908-2 V5.2.1(2011-07)
EN 301 893 V1.6.1(2011-11)
EN 302 544-2 V1.1.1(2009-01)
EN 302 623 V1.1.1(2009-01)
EN 50360:2001
EN 62479:2010
EN 50385:2002
EN 62311:2008
EN 301 489-1 V1.9.2(2011-09)
EN 301 489-3 V1.4.1(2002-08)
EN 301 489-4 V1.4.1(2009-05)
EN 301 489-7 V1.3.1(2005-11)
EN 301 489-9 V1.4.1(2007-11)
EN 301 489-17 V2.2.1(2012-09)
EN 301 489-24 V1.5.1(2010-09)
EN 302 326-2 V1.2.2(2007-06)
EN 302 326-3 V1.3.1(2007-09)
EN 301 357-2 V1.4.1(2008-11)
EN 302 291-1 V1.1.1(2005-07)
EN 302 291-2 V1.1.1(2005-07)
2006/95/EC-LVD Directive
EN 60950-1 / A12:2011
EN 60065:2002 / A12:2011
2009/125/EC-ErP Directive
Regulation (EC) No. 1275/2008
Regulation (EC) No. 278/2009
Regulation (EC) No. 642/2009
Regulation (EC) No. 617/2013
2011/65/EU-RoHS Directive
Ver. 140331
CE marking
(EC conformity marking)
Declaration Date: 29/07/2014
Year to begin affixing CE marking: 2014
112
Position :
CEO
Name :
Jerry Shen
Signature : __________
ASUS TabletとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル