Motherboard
P7H57D-V
EVO
J5007
初版 第1刷
2010年1月
Copyright © 2010 ASUSTeK COMPUTER INC. All Rights Reserved.
バックアップの目的で利用する場合を除き、本書に記載されているハードウェア・ソフトウェアを
含む、全ての内容は、ASUSTeK Computer Inc.(ASUS)の文書による許可なく、編集、転載、引用、
放送、複写、検索システムへの登録、他言語への翻訳などを行うことはできません。
以下の場合は、保証やサービスを受けることができません。
(1)ASUSが明記した方法以外で、修理、改造、交換した場合。
(2)製品のシリアル番号が読むことができない状態である場合。
ASUSは、本マニュアルについて、明示の有無にかかわらず、いかなる保証もいたしません。
ASUSの責任者、従業員、代理人は、本書の記述や本製品に起因するいかなる損害(利益の損失、
ビジネスチャンスの遺失、データの損失、業務の中断などを含む)に対して、その可能性を事前に
指摘したかどうかに関りなく、責任を負いません。
本書の仕様や情報は、個人の使用目的にのみ提供するものです。また、予告なしに内容は変更さ
れることがあり、この変更についてASUSはいかなる責任も負いません。本書およびハードウェア、
ソフトウェアに関する不正確な内容について、ASUSは責任を負いません。
本マニュアルに記載の製品名及び企業名は、登録商標や著作物として登録されている場合が
ありますが、本書では、識別、説明、及びユーザーの便宜を図るために使用しており、これ
らの権利を侵害する意図はありません。
Offer to Provide Source Code of Certain Software
This product may contain copyrighted software that is licensed under the General Public License(“GPL”)
and under the Lesser General Public License Version(“LGPL”). The GPL and LGPL licensed code in this
product is distributed without any warranty. Copies of these licenses are included in this product.
You may obtain the complete corresponding source code(as defined in the GPL) for the GPL Software,
and/or the complete corresponding source code of the LGPL Software(with the complete machinereadable “work that uses the Library”) for a period of three years after our last shipment of the product
including the GPL Software and/or LGPL Software, which will be no earlier than December 1, 2011, either
(1) for free by downloading it from http://support.asus.com/download;
or
(2) for the cost of reproduction and shipment, which is dependent on the preferred carrier and the location
where you want to have it shipped to, by sending a request to:
ASUSTeK Computer Inc.
Legal Compliance Dept.
15 Li Te Rd.,
Beitou, Taipei 112
Taiwan
In your request please provide the name, model number and version, as stated in the About Box of the
product for which you wish to obtain the corresponding source code and your contact details so that we
can coordinate the terms and cost of shipment with you.
The source code will be distributed WITHOUT ANY WARRANTY and licensed under the same license as
the corresponding binary/object code.
This offer is valid to anyone in receipt of this information.
ASUSTeK is eager to duly provide complete source code as required under various Free Open Source
Software licenses. If however you encounter any problems in obtaining the full corresponding source code
we would be much obliged if you give us a notification to the email address gpl@asus.com, stating the
product and describing the problem(please do NOT send large attachments such as source code archives
etc to this email address).
ii
もくじ
もくじ
. ..........................................................................................................................iii
ご注意 . ........................................................................................................................viii
安全上のご注意.................................................................................................................ix
このマニュアルについて......................................................................................................x
P7H57D-V EVO 仕様一覧................................................................................................xii
Chapter 1:
製品の概要
1.1
ようこそ............................................................................................................ 1-1
1.2
パッケージの内容............................................................................................. 1-1
1.3
独自機能...........................................................................................................1-2
1.3.1
製品の特長..........................................................................................................1-2
1.3.2
ASUS Xtreme Design—Hybrid Processor...............................................1-3
1.3.3
ASUS Xtreme Design—12 Hybrid Phase*..............................................1-4
1.3.4
ASUS Xtreme Design—Hybrid OS.............................................................1-4
1.3.5
ASUSの独自機能................................................................................................1-4
Chapter 2:
ハードウェア
2.1
始める前に ..................................................................................................... 2-1
2.2
マザーボードの概要......................................................................................... 2-2
2.2.1
2.3
2.4
2.5
マザーボードのレイアウト..............................................................................2-2
2.2.2
レイアウトの内容...............................................................................................2-3
2.2.3
設置方向...............................................................................................................2-4
2.2.4
ネジ穴....................................................................................................................2-4
CPU.................................................................................................................. 2-5
2.3.1
CPUを取り付ける...............................................................................................2-5
2.3.2
CPUにヒートシンクとファンを取り付ける..................................................2-8
2.3.3
CPUからヒートシンクとファンを取り外す..................................................2-9
システムメモリー............................................................................................ 2-10
2.4.1
概要.....................................................................................................................2-10
2.4.2
メモリー構成....................................................................................................2-11
2.4.3
メモリーを取り付ける...................................................................................2-16
2.4.4
メモリーを取り外す........................................................................................2-16
拡張スロット................................................................................................... 2-17
2.5.1
拡張カードを取り付ける...............................................................................2-17
2.5.2
拡張カードを設定する..................................................................................2-17
2.5.3
割り込み割り当て............................................................................................2-18
2.5.4
PCI スロット.......................................................................................................2-19
2.5.5
PCI Express 2.0 x1 スロット.........................................................................2-19
2.5.6
PCI Express 2.0 x16 スロット.......................................................................2-19
iii
もくじ
2.6
ジャンパー..................................................................................................... 2-21
2.7
オンボードスイッチ......................................................................................... 2-23
2.8
コネクター...................................................................................................... 2-24
2.8.1
バックパネルコネクター...............................................................................2-24
2.8.2
オーディオ I/O接続.........................................................................................2-27
2.8.3
内部コネクター . .............................................................................................2-29
2.8.4.
ASUS Q-Connector(システムパネル)....................................................2-38
2.9
オンボードLED............................................................................................... 2-39
2.10
初めて起動する.............................................................................................. 2-40
2.11
コンピューターをオフにする........................................................................... 2-40
Chapter 3:
BIOSとは.......................................................................................................... 3-1
3.2
BIOSを更新する............................................................................................... 3-1
3.3
3.4
3.5
iv
BIOS Setup
3.1
3.2.1
ASUS Update......................................................................................................3-2
3.2.2
ASUS EZ Flash 2.................................................................................................3-4
3.2.3
ASUS CrashFree BIOS 3...................................................................................3-5
3.2.4
ASUS BIOS Updater..........................................................................................3-6
BIOS Setup プログラム.................................................................................... 3-9
3.3.1
BIOSメニュー画面..............................................................................................3-9
3.3.2
メニューバー.......................................................................................................3-9
3.3.3
ナビゲーションキー.......................................................................................3-10
3.3.4
メニュー.............................................................................................................3-10
3.3.5
サブメニュー....................................................................................................3-10
3.3.6
構成フィールド.................................................................................................3-10
3.3.7
ポップアップウィンドウ.................................................................................3-10
3.3.8
スクロールバー...............................................................................................3-10
3.3.9
ヘルプ.................................................................................................................3-10
メインメニュー............................................................................................... 3-11
3.4.1
SATA 1-6............................................................................................................3-11
3.4.2
記憶装置の設定..............................................................................................3-13
3.4.3
AHCI Configuration.......................................................................................3-14
3.4.4
システム情報....................................................................................................3-14
Ai Tweaker メニュー...................................................................................... 3-15
3.5.1
CPU Level UP [Auto].....................................................................................3-15
3.5.2
Ai Overclock Tuner [Auto]..........................................................................3-16
3.5.3
CPU Ratio Setting [Auto]............................................................................3-17
3.5.4
Intel(R) SpeedStep(TM) Tech [Enabled]................................................3-17
3.5.5
Intel(R) TurboMode Tech [Enabled].......................................................3-17
もくじ
3.6
3.7
3.8
3.5.6
Xtreme Phase Full Power Mode [Auto].................................................3-17
3.5.7
BCLK Frequency [XXX].................................................................................3-17
3.5.8
PCIE Frequency [XXX]..................................................................................3-17
3.5.9
DRAM Frequency [Auto].............................................................................3-17
3.5.10
QPI Frequency [Auto]..................................................................................3-17
3.5.11
ASUS/3rd Party UI Priority [ASUS Utility]..............................................3-18
3.5.12
OC Tuner [Turbo Profile].............................................................................3-18
3.5.13
Start auto tuning...........................................................................................3-18
3.5.14
DRAM Timing Control..................................................................................3-18
3.5.15
CPU Differential Amplitude [Auto].........................................................3-19
3.5.16
CPU Clock Skew [Auto]................................................................................3-19
3.5.17
CPU Voltage Mode [Offset] ......................................................................3-19
3.5.18
IMC Voltage [Auto] ......................................................................................3-20
3.5.19
DRAM Voltage [Auto]...................................................................................3-20
3.5.20
CPU PLL Voltage [Auto]...............................................................................3-20
3.5.21
PCH Voltage [Auto].......................................................................................3-20
3.5.22
iGPU Voltage [Auto].....................................................................................3-21
3.5.23
Load-Line Calibration [Auto]....................................................................3-21
3.5.24
CPU Spread Spectrum [Auto]...................................................................3-21
3.5.25
PCIE Spread Spectrum [Disabled]...........................................................3-21
拡張メニュー.................................................................................................. 3-22
3.6.1
CPUの設定........................................................................................................3-22
3.6.2
Uncore Configuration..................................................................................3-24
3.6.3
オンボードデバイス設定構成 ...................................................................3-26
3.6.4
USB設定.............................................................................................................3-27
3.6.5
PCIPnP................................................................................................................3-28
3.6.6
Intel VT-d [Disabled].....................................................................................3-28
3.6.7
T.Probe [Enabled]..........................................................................................3-28
電源メニュー.................................................................................................. 3-29
3.7.1
Suspend Mode [Auto]..................................................................................3-29
3.7.2
Repost Video on S3 Resume [No]...........................................................3-29
3.7.3
ACPI 2.0 Support [Disabled]......................................................................3-29
3.7.4
ACPI APIC Support [Enabled]....................................................................3-29
3.7.5
EuP Ready [Disabled]...................................................................................3-29
3.7.6
APMの設定.......................................................................................................3-30
3.7.7
ハードウェアモニター....................................................................................3-31
ブートメニュー............................................................................................... 3-33
3.8.1
ブートデバイスの優先順位.........................................................................3-33
3.8.2
起動設定............................................................................................................3-34
3.8.3
セキュリティ......................................................................................................3-35
もくじ
3.9
3.10
ツールメニュー............................................................................................... 3-37
3.9.1
ASUS O.C. Profile............................................................................................3-37
3.9.2
AI NET 2.............................................................................................................3-38
3.9.3
ASUS EZ Flash 2..............................................................................................3-39
3.9.4
Express Gate [Auto]......................................................................................3-39
終了メニュー.................................................................................................. 3-40
Chapter 4:
OSをインストールする...................................................................................... 4-1
4.2
サポートDVD情報............................................................................................ 4-1
4.3
4.4
4.5
4.6
vi
ソフトウェア
4.1
4.2.1
サポートDVDを実行する.................................................................................4-1
4.2.2
ソフトウェアのユーザーマニュアルを閲覧する.......................................4-2
ソフトウェア情報............................................................................................. 4-3
4.3.1
ASUS PC Probe II...............................................................................................4-3
4.3.2
ASUS AI Suite......................................................................................................4-4
4.3.3
ASUS Fan Xpert.................................................................................................4-5
4.3.4
ASUS EPU.............................................................................................................4-6
4.3.5
ASUS Express Gate...........................................................................................4-7
4.3.6
オーディオ構成...................................................................................................4-8
4.3.7 ASUS T.Probe......................................................................................................4-9
4.3.8
Intel® Extreme Tuning ユーティリティ.....................................................4-10
A
SUSだけのオーバークロックユーティリティ—TurboV EVO —..................... 4-11
4.4.1
ASUS TurboVを使用する.............................................................................4-11
4.4.2
ASUS TurboV Auto Tuning モード を使用する...................................4-12
4.4.3
ASUS TurboV GPU Boostを使用する......................................................4-13
4.4.4
CPU Level UPを使用する.............................................................................4-13
4.4.5
ASUS Turbo Key を使用する......................................................................4-14
RAID.............................................................................................................. 4-15
4.5.1
RAID の定義.....................................................................................................4-15
4.5.2
Serial ATAハードディスクを取り付ける...................................................4-16
4.5.3
BIOSでRAIDを設定する................................................................................4-16
4.5.4
Intel® Matrix Storage Manager option ROMユーティリティ..........4-16
RAIDドライバーディスクを作成する................................................................ 4-20
4.6.1
OSに入らずにRAIDドライバーディスクを作成する.............................4-20
4.6.2
RAIDドライバーディスクをWindows® 環境で作成する.....................4-20
4.6.3
Windows® OSインストール中にRAIDドライバーをインストールする.....4-20
4.6.4
USBフロッピーディスクドライブを使用する..........................................4-21
もくじ
Chapter 5:
5.1
5.2
マルチGPUテクノロジ
ATI® CrossFireX™ テクノロジ............................................................................ 5-1
5.1.1
必要条件...............................................................................................................5-1
5.1.2
始める前に...........................................................................................................5-1
5.1.3
CrossFireX™ ビデオカードを2枚取り付ける...........................................5-2
5.1.4
ATI® CrossFireX™ テクノロジを有効にする................................................5-3
NVIDIA® SLI™ テクノロジ.................................................................................. 5-4
5.2.1
必要条件...............................................................................................................5-4
5.2.2
SLI対応ビデオカードを2枚取り付ける.....................................................5-4
5.2.3
デバイスドライバーをインストールする....................................................5-5
5.2.4
NVIDIA® SLI™ テクノロジを有効にする.......................................................5-5
vii
ご注意
Federal Communications Commission Statement(原文)
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two
conditions:
•
This device may not cause harmful interference, and
•
This device must accept any interference received including interference that may cause
undesired operation.
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B
digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide
reasonable protection against harmful interference in a residential installation. This
equipment generates, uses and can radiate radio frequency energy and, if not installed
and used in accordance with manufacturer’s instructions, may cause harmful interference
to radio communications. However, there is no guarantee that interference will not occur
in a particular installation. If this equipment does cause harmful interference to radio
or television reception, which can be determined by turning the equipment off and on,
the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the following
measures:
•
Reorient or relocate the receiving antenna.
•
Increase the separation between the equipment and receiver.
•
Connect the equipment to an outlet on a circuit different from that to which the receiver is
connected.
•
Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.
The use of shielded cables for connection of the monitor to the graphics card is required
to assure compliance with FCC regulations. Changes or modifications to this unit not
expressly approved by the party responsible for compliance could void the user’s authority
to operate this equipment.
Canadian Department of Communications Statement
This digital apparatus does not exceed the Class B limits for radio noise emissions from
digital apparatus set out in the Radio Interference Regulations of the Canadian Department
of Communications.
This class B digital apparatus complies with Canadian ICES-003.
REACH
Complying with the REACH(Registration, Evaluation, Authorisation, and Restriction of
Chemicals) regulatory framework, we published the chemical substances in our products at
ASUS REACH website at http://green.asus.com/english/REACH.htm.
本機は電気製品または電子装置であり、地域のゴミと一緒に捨てられません。また、本機のコン
ポーネントはリサイクル性を考慮した設計を採用しております。なお、廃棄の際は地域の条例等
の指示に従ってください。
本機のバッテリーには水銀が含まれています。通常ゴミとして廃棄しないでください。
viii
安全上のご注意
電気の取り扱い
•
作業を行う場合は、感電防止のため、電源コードをコンセントから抜いてから行ってくださ
い。
・ 周辺機器の取り付け・取り外しの際は、本製品および周辺機器の電源コードをコンセントか
ら抜いてから行ってください。可能ならば、関係するすべての機器の電源コードをコンセント
から抜いてから行ってください。
・ ケーブルの接続・取り外しの際は、電源コードをコンセントから抜いてから行ってください。
・ 電源延長コードや特殊なアダプタを用いる場合は専門家に相談してください。これらは、回
路のショート等の原因になる場合があります。
・ 正しい電圧でご使用ください。ご使用になる地域の出力電圧が分からない場合は、お近くの
電力会社にお尋ねください。
・ 電源装置の修理は販売代理店などに依頼してください。
操作上の注意
•
作業を行う前に、本パッケージに付属のマニュアル及び取り付ける部品のマニュアルを全て
熟読してください。
・ 電源を入れる前に、ケーブルが正しく接続されていることを確認してください。また電源コー
ドに損傷がないことを確認してください。
・ マザーボード上にクリップやネジなどの金属を落とさないようにしてください。回路のショー
ト等の原因になります。
・ 埃・湿気・高温・低温を避けてください。湿気のある場所で本製品を使用しないでください。
・ 本製品は安定した場所に設置してください。
・ 本製品を修理する場合は、販売代理店などに依頼してください。
ix
このマニュアルについて
このマニュアルには、マザーボードの取り付けや構築の際に必要な情報が記してあります。
マニュアルの概要
本章は以下の章から構成されています。
•
Chapter 1:製品の概要
マザーボードの機能とサポートする新機能についての説明。
•
Chapter 2:ハードウェア
コンポーネントの取り付けに必要なハードウェアのセットアップ手順及びスイッチ、ジャン
パーとコネクターの説明。
•
Chapter 3:BIOS Setup
セットアップメニューでのシステム設定の変更方法とBIOSパラメータの詳細。
•
Chapter 4:ソフトウェア
マザーボードパッケージに付属のサポート��������������
DVD�����������
とソフトウェアの内容。
•
Chapter 5:マルチGPUテクノロジサポート
マルチATI® CrossFireX™とNVIDIA SLI™ビデオカードの取り付けと設定方法。
詳細情報
本書に記載できなかった最新の情報は以下で入手することができます。また、BIOSや添付ソフト
ウェアの最新版があります。必要に応じてご利用ください。
1.
ASUS Webサイト(http://www.asus.co.jp/)
各国や地域に対応したサイトを設け、ASUSのハードウェア・ソフトウェア製品に関する最新
情報が満載です。
2.
追加ドキュメント
パッケージ内容によっては、追加のドキュメントが同梱されている場合があります。注意事
項や購入店・販売店などが追加した最新情報などです。これらは、本書がサポートする範囲
には含まれていません。
このマニュアルの表記について
本製品を正しくお取扱い頂くために以下の表記を参考にしてください。
危険/警告:本製品を取扱う上で、人体への危険を避けるための情報です。
注意:本製品を取扱う上で、
コンポーネントへの損害を避けるための情報です。
重要:作業を完了させるために、従わなければならない指示です。
注記:本製品を取扱う上でのヒントと追加情報です。
表記
<Key> < > で囲った文字は、キーボードのキーです。
例:<Enter>→Enter もしくはリターンキーを押してください。
<Key1+Key2+Key3>
一度に2つ以上のキーを押す必要がある場合は(+)を使って示し
ています。
例:<Ctrl+Alt+Del>
xi
P7H57D-V EVO 仕様一覧
CPU
LGA1156 ソケッ
����������
ト:�����
Intel® Core™ i7 / Core™ i5 / Core™ i3/ Pentium®
プロセッサー
Intel® Turbo Boost Technology* 対応
* Intel® Turbo Boost Technology のサポートは������������
CPUの個々のSpec
に依存します。
** 詳細はASUS Web サイト(www.asus.co.jp)のCPUサポートリス
トをご参照ください。
チップセット
Intel® H57 Express チップセッ
������
ト
メモリー
メモリースロット×4:最大�������������������������������������
16GB、DDR3 2133(O.C.)* / 1600 / 1333 /1066 MHz、non-ECC、un-buffered ��������
メモリーサポート
デュアルチャンネルメモリーアーキテクチャー
Intel® Extreme Memory Profile(XMP)に対応
���
* Hyper
������������������������������������
DIMMのサポートはご利用になるCPUの個々のSpec に依
存します。特定のHyper DIMMは、チャンネル1つにつき1枚のサ
ポートとなります。
** 詳細はASUS Web サイト(www.asus.co.jp)、またはユーザーマ
ニュアルの最新の推奨ベンダーリスト(QVL)をご参照ください。
拡張スロット
PCI Express 2.0 x16 スロット×2
(シングル@x16、デュアル@ x8/x8モード)
PCI Express 2.0 x1 スロット×1(5GT/s)
PCI Express 2.0 x1 スロット×2(2.5GT/s)
PCI スロット×2
* Dual x8モードは、Intel
�����®グラフィック機能非統合型(Lynnfield)プロ
セッサーでのみサポートされます。詳細につきましては、�����
Intel® の
Webサイト(www.Intel.com)をご参照ください。
マルチGPUサポート
NVIDIA® Quad-GPU���������������������
�����������������������������
SLI™ Technology サポート
ATI® Quad-GPU CrossFireX™ Technology サポート
SLI™ モードとCrossFireX™ モードは、�����
Intel®グラフィック機能非統合型
(Lynnfield)プロセッサー使用時のみのサポートとなります。 VGA出力
マルチVGA出力サポート:HDMIポート、DVI-Dポート、RGBポート
HDMIサポート:サポート:最大解像度 1920×1200 @60Hz
DVI サポート:最大解像度 1920×1200 @60Hz
RGBサポート:最大解像度 2048×1536 @75Hz
最大共有メモリー:1748MB
記憶装置
Intel® H57 Express チップセット
- SATA 3.0 Gb/s �����
ポート×6
-Intel® Matrix Storage Technology:RAID 0、1、5、10
Marvell® ���������������������������
PCIe�����������������������
SATA 6.0 Gb/s コントローラー:
- SATA 6.0 Gb/s ポート×2(����
グレー�
)
Marvell® 88SE6111 SATA & PATAコントローラー:
- Ultra DMA 133/100/66 ×1:最大PATAデバイス2台に対応
- eSATA 3.0 Gb/s ポート×1(SATA on-the-go)
LAN
Realtek® 8112L Gigabit LAN コントローラー:AI NET2
USB
NEC USB 3.0 コントローラー:
- USB 3.0 ポート×2(��������������
ブルー:バックパネルに搭載�
)
Intel® H57 Express �������
チップセット:
-���������������������������������
USB 2.0 ポート×12(ボード上に8������������
������������������
基、バッ
����������
クパネルに4基�
)
IEEE 1394
VIA® VT6308P コントローラー:IEEE 1394a ポート2基に対応 (�������������������
ボード上に �������������
1基、����������
バックパネルに1基�
)
(次項へ)
xii
P7H57D-V EVO 仕様一覧
オーディオ
Realtek® 8�����������������
チャンネルHDオーディオコーデック
- Absolute Pitch BD192/24
- DTS Surround Sensation UltraPC
- BD a������������������������������
Audio Layer Content Protection
- Multi-streaming、Front Panel Jack-Retasking、
Jack-Detection 機能対応
����
- ����������������������������
光デジタル�����������������������
S/PDIF出力ポート(バックパネル I/O)
ASUSだけの機能
独自のPCIe x4 ブリッジチップ - 最高のパフォーマンスを実現:
- True USB 3.0 ����
サポート
- True SATA 6.0 Gb/s サポート
����
ASUS Xtreme Design
ASUS Hybrid Processor –TurboV EVO
- TurboV、Auto Tuning、CPU Level UP、Turbo Key
- GPU Boost
ASUS 12 Hybrid Phase*
- T.Probe Technology:
�����������
アクティブクーリング
- 8+3 フェーズ電源設計
��������
* 12 Hybrid Phase = 8+3 Phase x T.Probe
ASUS Hybrid OS – Express Gate
ASUS������
だけの機能:
- MemOK!
- ASUS EPU
ASUS��������������
静音サーマルソリューション:
- ASUS�����������������������������
ファンレス設計:スタイリッシュなヒートシンクソリューション
- ASUSファンレス設計�������������
:������������
Stack Cool 3
- ASUS Fan Xpert
ASUS Crystal Sound
- ASUSノイズフィルタリング
ASUS EZ DIY
- ASUS Q-Shield
- ASUS Q-Connector
- ASUS O.C. Profile
- ASUS CrashFree BIOS 3
- ASUS EZ Flash 2
- ASUS MyLogo 2™
- 多言語����
BIOS
ASUS Q-Design
ASUS Q-LED(CPU、DRAM、VGA、Boot Device LED)
ASUS Q-Slot
ASUS Q-DIMM
(次項へ)
xiii
P7H57D-V EVO 仕様一覧
ASUSだけの
オーバークロック機能
Precision Tweaker 2
- vCore:0.00625V刻みでCPU電圧を調節
- vIMC:128ステップ IMC電圧調節
- vDRAM Bus:64ステップ DRAM電圧調節
- vPCH:152ステップ チップセット電圧調節
- vCPU_PLL:32ステップ リファレンス電圧調節
- iGPU:0.0125V刻みでiGPU電圧調節
SFS(Stepless Frequency Selection)
-����������
内部ベースクロック:1 MHz 刻みで 80MHz 〜500 MHz
- PCI Express 周波数:1 MHz 刻みで100MHz 〜200MHz
オーバークロック保護機能:
- ASUS C.P.R.(CPU Parameter Recall)
バックパネル I/O ポート
PS/2 キーボードポート×1
����������������
(パープル)
光デジタル S/PDIF出力ポート×1
eSATAポート×1
HDMI 出力ポート×1
DVI 出力ポート×1
VGA出力ポート×1
IEEE 1394aポート×1
LAN(RJ-45)ポート×1
USB 3.0/2.0ポート×2(ブルー)
USB 2.0/1.1ポート×4
8チャンネルオーディオ I/Oポート
内部 I/Oコネクター
USBコネクター×4:��������������
追加������������
USBポート×8基に対応
IDEコネクター×1
SATA 6.0 Gb/sコネクター×2(グレー)
SATA 3.0 Gb/sコネクター×6(ブルー)
CPUファンコネクター ×1
ケースファンコネクター×2(4ピン×1、3ピン×1)
電源ファンコネクター×1
IEEE1394aコネクター ×1
COMコネクター ×1
フロントパネルオーディオコネクター
S/PDIF 出力ヘッダー×1
24ピンATX 電源コネクター
8ピンEATX 12V電源コネクター
システムパネル(Q-Connector)
MemOK! ボタン×1
BIOS機能
64 Mb Flash ROM、AMI BIOS、PnP、DMI 2.0、WfM 2.0、
SM BIOS 2.5、ACPI 2.0a、多言語BIOS、ASUS EZ Flash 2、
ASUS CrashFree BIOS 3
マネージメント機能
WfM 2.0、DMI 2.0、WOL by PME、WOR by PME、PXE
サポート DVD
各ドライバー
ASUS�������
ユーティリティ
ASUS Update
アンチウイルスソフトウエア(OEM版)
フォームファクター
ATX�������������������������������������
フォームファクター����������������������������
:30.5cm×24.4cm(12インチ×9.6インチ)
*製品改善のため仕様は予告なく変更することがあります。
xiv
Chapter 1
Chapter 1:
製品の概要
1.1
����
ようこそ
本マザーボードをお買い上げいただき、ありがとうございます。本マザーボードは多くの新機能と
最新のテクノロジを提供するASUSの高品質マザーボードです。
1.2
Chapter 1
マザーボードとハードウェアデバイスの取り付けを始める前に、パッケージの中にリストに掲載さ
れている部品が揃っていることを確認してください。
��������
パッケージの内容
マザーボードパッケージに以下のものが揃っていることを確認してください。
ASUS P7H57D-V EVO マザーボード
Ultra DMA 133/100/66 ケーブル×1
2ポートUSB 2.0&
1ポートeSATAモジュール×1
ASUS SLI™ ブリッジコネクター×1
Serial ATA 6.0Gb/s ケーブル×2
(6.0Gb/s 表示付き)
Serial ATA 3.0 Gb/s ケーブル×2
2イン1 ASUS Q-Connector キット×1
ASUS Q-Shield×1
nual
User Ma
ユーザーマニュアル
サポートDVD
•
付属品が足りないときや破損しているときは、販売店様にご連絡ください。
•
本マニュアルに記載のイラスト及び写真は参考用です。モデルにより実際とは異なる場合
があります。ご了承ください。
ASUS P7H57D-V EVO
1-1
1.3
独自機能
1.3.1
製品の特長
Chapter 1
Intel® LGA1156 Lynnfield / Clarkdale ��������
プロセッサー対応
本マザーボード�����������������������
は最新の�������������������
LGA1156 パッケージ������
�����������
Intel® Lynnfield / Clarkdale プロセッサーをサポ
ートしています。このプロセッサーは、メモリーとPCI Express コントローラーを統合することで、
2チャンネル(メモリー4枚)DDR3メモリーと16 PCI Express 2.0 を16レーンサポートすることが可
能で、優れたグラフィックパフォーマンスを実現します。Intel® Lynnfield / Clarkdale ������
プロセッサー
は現在もっともパワフルで省電的なプロセッサーです。
(詳細:ページ
���������������
2-5 参照)
Intel® のグラフィック機能搭載型(Clarkdale)プロセッサーをご使用の場合:
a.
PCI Express x16スロットが2基搭載されているマザーボード:
PCI Express x16_2 スロットは利用できません。
PCI Express x16_1 スロットのみの利用となります。
b.
PCI Express x16スロットが3基搭載されているマザーボード:
PCI Express x16_2 スロットは無効となり、利用できません。
PCI Express x16_1 スロットおよびPCI Express x16_3 スロットはご利用いただけます。
Intel グラフィック機能非
搭載型(Lynnfield)
プロセッサー
Intel グラフィック機能搭
載型(Clarkdale)
プロセッサー
PCI Express x16_1
○
○
PCI Express x16_2
○
×
PCI Express x16_3*
○
○
* PCI Express x16を3基搭載するマザーボードの場合
詳細は Intel® のオフィシャルサイトをご参照ください。www.intel.com
Intel® H57
Intel® H57 Express チップセットは最新のワンチップセット設計を採用し、
�������������������������������������
最新の1156ソケット�
Intel® Lynnfield / Clarkdale ��������������������
プロセッサーをサポートします。Intel
�����® H57 はシリアルポイントツーポ
������������
イント型リンクを使用することでパフォーマンスを大幅に向上させ、�������������
帯域の増加とより高い安定性
を実現します。Intel® Core™ i5 6 Series/Core™ i3 5 Series CPUは H57 Express チップセットとともに
使用することで、最新のインテル統合グラフィックスのパフォーマンスを最大限に引き出します。
Quad-GPU SLI™ & Quad-GPU CrossFireX™ ����
サポート
本マザーボードはマルチGPU搭載で、SLI™ またはCrossFireX™のいずれかを選択することができ
ます。最も強力な Intel® H57プラットフォームを搭載し、複数のGPU構成でPCIe の割り当てを最
適化します。新しいゲームスタイルをぜひ体感してください!(詳細:Chapter 5 参照)
SLI™ モードとCrossFireX™ モードは、Intel®グラフィック機能非統合型(Lynnfield)プロセッサ
�����
ー使用時のみのサポートとなります。
デュアルチャンネル����������������
DDR3 2133(O.C.) / 1600 / 1333 / 1066 ����
�������������������������
サポート
本マザーボードはデータ転送率 2133(O.C.) / 1600 / 1333 / 1066 MHz の DDR3 メモリーをサポー
トし、������������������������������������������
最新の3Dゲーム、マルチメディア、インターネットアプリケーションといった用途での高い
帯域での要求を満たします。デュアルDDR3 アーキテクチャーは、システムのメモリーの帯域を
増強し、パフォーマンスを向上させます。
����������������
(詳細:ページ 2-10 参照)
1-2
Chapter 1: 製品の概要
独自のPCIe X4 ブリッジチップ��������������
:最高のパフォーマンスを実現
Chapter 1
True USB 3.0 サポート
4.8Gbps の超高速データ転送を体感してください。USB 3.0は最新のUSB規格で、次世代の
周辺機器・コンポーネントにも対応でき、接続も簡単です。転送速度は従来比の約10倍を
実現する一方、USB 2.0 コンポーネントとの下位互換性もあります。
True Serial ATA 6.0 Gb/s サポート
次世代Serial ATA(SATA)インターフェースのサポートにより、本マザーボードは最大
6.0Gb/s のデータ転送速度を提供します。安定性やデータ検索性能も向上しており、現行の
Serial ATA 3Gb/s に比べ2倍の帯域を実現します。
(詳細:ページ2-31参照)
1.3.2
ASUS Xtreme Design—Hybrid Processor
TurboV EVO
熱狂的オーバークロッカーからビギナーまで、あらゆるレベルのオーバークロッカーが満足でき
る最適なO.C.プロセッサーです。Auto Tuning は効果的にシステムの安定性をキープしながら最
速のクロックまで持っていきます。Turbo Key はワンタッチでパフォーマンスを上げることがで
き、TurboVは上級者向けに多彩なオプションを提供します。世界記録達成も夢ではありません。
新しいCPUを購入せずにCPUをアップグレードできます。
(詳細:ページ 4-11 参照)
Auto Tuning
Auto Tuning はインテリジェントなツールで、オーバークロックを自動化し、システム全体のレベ
ルを引き上げます。安定性をテストする機能も搭載していますので、オーバークロックのビギナー
でも安定したオーバークロック設定を楽しむことができます!
GPU Boost
GPU Boost は統合型GPUをリアルタイムでオーバークロックし、最高のグラフィックパフォーマン
スを実現します。ユーザーフレンドリーなユーザーインターフェースで周波数と電圧の調節が簡
単に行えます。複数のオーバークロックプロファイルの管理が可能で、システムレベルのアップグ
レードを迅速に行い、安定したパフォーマンスを提供します。
(詳細:ページ 4-13 参照)
ASUS P7H57D-V EVO
1-3
1.3.3
ASUS Xtreme Design—12 Hybrid Phase*
T.Probe
Chapter 1
T.Probe マイクロチップは、リアルタイムで電源フェーズの負荷と温度を検出し、そのバランスを保
ちます。この機能は電源フェーズの機能を最適化し、コンポーネントの温度を抑えるため、結果コ
ンポーネントの寿命が延びます。
(���
詳細:�����������
ページ 4-9 参照)
* 12 Hybrid Phase = 8+3 Phase x T.Probe
ASUS 8+3 ��������
フェーズ電源設計
本マザーボードは新型8フェーズVRM電源設計の採用で、最新 Intel® Lynnfield / Clarkdale CPUの潜
在力を最大限に発揮させ、高い電力効率と優れたオーバークロック性能を実現します。また、高品質
電力コンポーネントが効果的にシステム温度を下げるため、コンポーネントの寿命が延びます。統
合メモリーコントローラー専用の 3フェーズ電源も搭載しています。
1.3.4
ASUS Xtreme Design—Hybrid OS
Express Gate
ASUS独自のマザーボード内蔵型OSで、Windows を起動しなくても、インターネットや各アプリケー
ションが起動できます。
(詳細:ページ 3-39、4-7 参照)
1.3.5
ASUSの独自機能
MemOK!
コンピューターのアップグレードで悩みの種になるのがメモリーの互換性ですが、MemOK! なら
もう大丈夫です。MemOK! は現在最速のメモリー起動ソリューションといっても良いでしょう。こ
のツールを使用すれば、ボタンを押すだけで、メモリーの問題を解決し、システムを起動します。
MemOK! を使用すれば、起動エラーを未然に解決し、システムが起動する確率を劇的に向上さ
せることができます。
(詳細:ページ 2-23 参照)
ASUS EPU
世界初の省電力チップASUS EPUが、�����������������������������
6エンジンバージョンに������������������
バージョンアップしました。このバージ
ョンアップにより、PCの負荷を検出してリアルタイムで効果的かつ段階的に電力を抑えることで、シ
ステムの電力消費をより総合的に制御することが可能になりました。各コンポーネント(������
CPU、��
ビデ
オカード、統合型GPU、メモリー、チップセット、HDD、CPUクーラー、
����������������������
システムファン)
��������������
に供給される
電源回路を多相化し、自動的にフェーズを切り替えることにより、システムの消費電力を緻密に管理
します。電力効率の向上、換言すればコスト削減に効果を発揮する新型EPUは、オーバークロックユ
ーザーに理想的な電源管理ソリューションと言えます。 (詳細:ページ 4-6 参照)
DTS Surround Sensation UltraPC
DTS Surround Sensation UltraPC は、より先進的な5.1サラウンド体験をご提供します。このソリ
ューションは最も一般的なPCオーディオセットを使用し、各種のサウンド補正機能を使用するこ
とを可能とします。バーチャルサラウンドはもちろん、
「バス・エンハンスメント(重低音強調)」
の採用で、より力強い低周波数バスサウンドを実現します。また、
「Dialogue Clarity(会話音強
調)」は人間の会話音を検出して強調し、大音量のBGMでも会話をクリアに再現することが可
能です。これらの技術の採用で、ホームシアターオーディオ環境がより身近に楽しめるようになり
ます。
1-4
Chapter 1: 製品の概要
ASUS静音サーマルソリューション
ASUS 静音サーマルソリューションはシステムをより安定させ、オーバークロック能力を向上させ
ます。
Chapter 1
ファンレス設計 - ヒートシンクソリューション
水晶をイメージしたヒートシンクはゼロノイズの冷却ソリューションで、静かな動作環境が
特徴です。その美しいデザインでマザーボードを引き立てるだけでなく、効果的な熱交換
方式により、チップセットと電力フェーズ領域の温度を下げます。利便性と美的感覚を絶妙
に統合させたASUSヒートシンクをぜひご堪能ください。
Fan Xpert
ASUS Fan Xpert により、気候条件や地理条件、システム負荷により変動する環境温度に
対応し、効果的にCPUファン、ケースファンをコントロールすることが可能です。ファンスピ
ードのコントロールにより、静かで適切に冷却した環境を実現します。
(詳細:ページ 4-5 参照)
ASUS EZ DIY
ASUS EZ DIY 機能は、コンピューターのコンポーネントの取り付けや、BIOS 更新、設定データの
バックアップに便利な機能が満載です。
ASUS Q-Design
ASUS Q-Design は自作をトータルサポートします。Q-LED、Q-Slot、Q-DIMM設計により、
自作が簡単スピーディーに行えます!
ASUS Q-Shield
ASUS Q-Shield の特殊な設計で取り付けが非常に簡単です。より優れた電気伝導率によ
り、���������������������������������
静電気と電磁波妨害によるダメージから大切なマザーボードを守ります。
ASUS Q-Connector
ASUS Q-Connector を使用すれば、ケースフロントパネルケーブルの取り付け/取り外しが
簡単かつ正確に短時間で行えます。
(詳細
����
:ページ
������������
2-38 参照)
ASUS EZ-Flash 2
EZ Flash 2 はユーザーフレンドリーなBIOS更新ユーティリティです。OSベースのユーティリ
ティやブートディスクは不要です。
����
(詳細:�����������
ページ 3-4 参照)
ASUS P7H57D-V EVO
1-5
Chapter 1
1-6
Chapter 1: 製品の概要
Chapter 2
Chapter 2:ハードウェア
2.1
始める前に
マザーボードのパーツの取り付けや設定変更の前は、次の事項に注意してください。
各パーツを取り扱う前に、コンセントから電源プラグを抜いてください。
•
静電気による損傷を防ぐために、各パーツを取り扱う前に、静電気除去装置に触れるな
ど、静電気対策をしてください。
•
ICに触れないように、各パーツは両手で端を持つようにしてください。
•
各パーツを取り外すときは、必ず静電気防止パッドの上に置くか、コンポーネントに付属
する袋に入れてください。
•
パーツの取り付け、取り外しを行う前に、ATX電源ユニットのスイッチがOFF の位置にあ
るか、電源コードが電源から抜かれていることを確認してください。電力が供給された状
態での作業は、感電、故障の原因となります。
Chapter 2
•
ASUS P7H57D-V EVO
2-1
2.2
マザーボードの概要
2.2.1
マザーボードのレイアウト
Chapter 2
バックパネルコネクターと内部コネクターの詳細については、本マニュアルのセクション「2.8 コ
ネクター」をご参照ください。
2-2
Chapter 2:ハードウェア
レイアウトの内容
コネクター/ジャンパー/スロット�/
ページ
1.
ATX電源(24ピン EATXPWR、8ピン EATX12V)
2-36
2.
LGA1156 CPUソケット
2-5
3.
DDR3 メモリースロット
2-10
4.
CPUファン、ケースファン、電源ファンコネクター(4ピン CPU_FAN、
4ピン CHA_FAN1、3ピン CHA_FAN2、3ピン PWR_FAN)
2-34
5.
DRAMオーバーボルテージ設定用スイッチ(OV_DRAM)
2-22
6.
MemOK! スイッチ
2-23
7.
IDEコネクター(40-1 ピン PRI_EIDE)
2-29
®
8.
Intel H57 Serial ATA 3.0 Gb/sコネクター(7ピンSATA1–6 [ブルー])
2-30
9.
システムパネルコネクター(20-8 ピン PANEL)
2-37
10.
Serial ポートコネクター(10-1 ピン COM1)
2-32
11.
Clear RTC RAM(3ピン CLRTC)
2-21
12.
USBコネクター(10-1 ピン USB78、USB910、USB1112、USB1314)
2-33
13.Marvell® Serial ATA 6.0 Gb/s コネクター
(7ピン SATA_6G_1、7ピン SATA_6G_2 [グレー])
2-31
14.
IEEE 1394a ポートコネクター(10-1 ピン IE1394_2)
2-32
15.
フロントパネルオーディオコネクター(10-1 ピン AAFP)
2-35
16.
デジタルオーディオコネクター(4-1 ピン SPDIF_OUT)
2-35
17.
スタンバイ電源LED(SB_PWR)
2-39
ASUS P7H57D-V EVO
Chapter 2
2.2.2
2-3
2.2.3
設置方向
マザーボードが正しい向きでケースに取り付けられているかを確認してください。
下の図のように外部ポートをケースの背面部分に合わせます。
2.2.4
ネジ穴
ネジ穴は9カ所あります。ネジ穴の位置を合わせてマザーボードをケースに固定します。
ネジをきつく締めすぎないでください。マザーボードの損傷の原因となります。
Chapter 2
この面をケースの背面に
合わせます。
2-4
Chapter 2:ハードウェア
2.3
CPU
本マザーボードには、Intel® Core™ i7 / Core™ i5 / Core™ i3 / Pentium® プロセッサー用に設計さ
れたLGA1156 ソケットが搭載されています。
CPUを取り付ける際は、全ての電源ケーブルをコンセントから抜いてください�
。
マザーボードのご購入後すぐにソケットキャップがソケットに装着されていること、ソ
ケットの接触部分が曲がっていないかを確認してください。ソケットキャップが装着され
ていない場合や、ソケットキャップ/ソケット接触部/マザーボードのコンポーネントに不足
やダメージが見つかった場合は、すぐに販売店までご連絡ください。不足やダメージが出
荷及び運送が原因の場合に限り、ASUSは修理費を負担いたします。
•
マザーボードを取り付けた後も、ソケットキャップを保存してください。ASUSはこのソケ
ットキャップが装着されている場合にのみ、RMA(保証サービス)を受け付けます。
•
製品保証は、CPUやソケットキャップの間違った取り付け・取り外しや、ソケットキ
ャップの紛失に起因する故障及び不具合には適用されません。
Chapter 2
2.3.1
•
CPUを取り付ける
手順
1.
マザーボードの CPUソケットの位置を確認します。
2.
親指でロードレバーを押し(A)、タブから
外れるまで右に動かします(B)。
ロードレバー
A
B
ソケットピンの損傷防止のため、ソケッ
トキャップはCPUを取り付けるまで外さ
ないでください。
ASUS P7H57D-V EVO
タブ
2-5
3.
矢印の方向にロードプレートを完全に持
ち上げます。
ロードプレート
Chapter 2
4.
タブを上に上げ、CPUソケットからソケット
キャップを取り外します。
ソケット
キャップ
タブ
5.
CPUに書かれている金色の三角形がソケッ
トの左下隅になるようにCPUをソケットの上
に載せます。このとき、ソケットの位置合わ
せキーは、CPUの溝にぴったり合わせる必要
があります。
CPU は一方向にのみぴったり合うよう
になっています。CPU をソケットに無理
に押し込まないでください。ソケットの
コネクターが曲がる、あるいはCPUが損
傷する等の原因となります。
CPUノッチ
金色の
三角形の
マーク
位置合わせキー
2-6
Chapter 2:ハードウェア
6.
ヒートシンクを取り付けるため、サーマル
グリスをCPUの表面に薄く均一に塗布しま
す。
ヒートシンクによっては既にサーマルグ
リスが塗布されています。 その場合は
この手順は行わず、次の手順に進んで
ください。
7.
ロードプレート(A)を閉じ、ロードレバー
(B)を押し下げ、ロードプレートがロック
(C)に収まるよう、所定の位置まで戻し
ます。
Chapter 2
サーマルグリスは有毒物質を含んでい
ます。万一目に入った場合や、肌に直
接触れた場合は洗浄後、すぐに医師の
診断を受けてください。
B
A
C
8.
ロードレバーがタブに収まるまで押しま
す。
ASUS P7H57D-V EVO
2-7
2.3.2
CPUにヒートシンクとファンを取り付ける
Intel® LGA1156 プロセッサー用に特別に設計されたヒートシンクとファンを組み合わせることで、
効率的な冷却を行いCPUのパフォーマンスを引き出します。
•
箱入りの Intel® プロセッサーを購入した場合、パッケージにはヒートシンクとファンが入っ
ています。CPUのみをお求めになった場合、Intel® が認定したマルチディレクションヒート
シンクとファンを必ずご使用ください。
•
Intel® LGA1156 用のヒートシンクとファンにはプッシュピンデザインが採用されており、取
り付けの際に特別な工具は必要ありません。
•
LGA1156互換のCPUヒートシンクとファンをご使用ください。LGA1156 ソケットはLGA775
ソケットとLGA1366 ソケットとはサイズが異なり互換性がありません。
CPUヒートシンクとファンを別々にお買い求めになった場合は、ヒートシンクとファンを取り付け
る前に、サーマルグリスがヒートシンクまたはCPUに塗布されていることを確認してください。
Chapter 2
組み立てに支障がない限り、CPUファンとヒートシンクを取り付ける前に、ケースにマザーボー
ドを取り付けてください。
ヒートシンクとファンの取り付け手順
1.
2.
4つのプッシュピンがマザーボードの穴の
位置と合っていることを確認しながら、ヒ
ートシンクをCPUの上に置きます。
対角線上にある2つのプッシュピンを同時
に押し下げ、ヒートシンクとファンを正しい
場所に固定します。
A
B
B
A
A
B
B
A
1
1
CPUファンケーブルとCPUファンコネクターをできるだけ近づけて、ヒートシンクとファンを
配置してください。
2-8
Chapter 2:ハードウェア
マザーボード上のCPU_FAN コネクターにCPUファン電源ケーブルを接続します。
Chapter 2
3.
ハードウエアモニタリングエラーが発生した場合は、CPUファンの接続を再度確認してくださ
い。
2.3.3
CPUからヒートシンクとファンを取り外す
手順
1. マザーボードのコネクターからCPUファンの
ケーブルを抜きます。
2.
各プッシュピンを左へ回します。
3.
対角線上の2つのプッシュピンを同時に引
き抜いて、マザーボードからヒートシンクと
ファンを外します。
4.
A
B
B
A
A
B
B
A
マザーボードからヒートシンクとファンを慎重に取り外します。
ASUS P7H57D-V EVO
2-9
2.4
システムメモリー
2.4.1
概要
本製品には、DDR3 メモリーに対応したメモリースロットが4基搭載されています。
DDR3メモリーはDDR2メモリーと同様の大きさですが、DDR2メモリースロットに誤って取り付け
ることを防ぐため、ノッチの部分は異なります。DDR3メモリーは電力消費を抑えて性能を向上さ
せます。
次の図はスロットの場所を示しています。
Chapter 2
Slots
推奨メモリー構成
メモリー1枚:
メモリーを1枚取り付ける場合は、任意のスロットをご使用ください。
(シングルチャンネルオペレーション)
メモリー2枚(デュアルチャンネルオペレーション)
:
メモリー4枚(デュアルチャンネルオペレーション)
:
2-10
Chapter 2:ハードウェア
2.4.2
メモリー構成
•
容量の異なるメモリーを Channel A と Channel Bに取り付けることができます。異なる容
量のメモリーをデュアルチャンネル構成で取り付けた場合、アクセス領域はメモリー容量
の合計値が小さい方のチャンネルに合わせて割り当てられ、容量の大きなメモリーの超
過分に関してはシングルチャンネル用に割り当てられます。
•
Intelの仕様では、X.M.P. メモリーとDDR3-1600 は各チャンネルにメモリー1枚のサポー
トです。
•
Intel CPUの仕様により、1.65Vを超過する電圧の必要なメモリーを取り付けるとCPUが損
傷することがあります。1.65V 未満の電圧を必要とするメモリーを取り付けることをお勧め
します。
•
Intel CPUの仕様により、コア周波数 2.66GのCPUがサポートする最大メモリー周波数は
DDR3-1333 です。周波数DDR3-1333以上のメモリーと2.66GのCPUを組み合わせて使用
する際は、BIOSのDRAM O.C. Profile 機能を有効にしてください。詳細はセクション「3.5.2
Ai Overclock Tuner」をご参照ください。
•
同じ CAS レイテンシを持つメモリーを取り付けてください。またメモリーは同じベンダー
からお求めになることをお勧めします。
•
メモリーの割り当てに関する制限により、32bit Windows OSでは4GB以上のシステムメ
モリーを取り付けても、OSが実際に使用できるメモリーは約3GBまたはそれ未満となり
ます。メモリーリソースを効果的にご使用いただくため、次のいずれかのメモリー構成を
お勧めします。
- Windows 32bit OSでは、3GB以下のシステムメモリー構成にする
- 4GB以上のシステムメモリー構成では、64bit Windows OSをインストールする
詳細はMicrosoft® のサポートサイトでご確認ください。
http://support.microsoft.com/kb/929605/ja
•
本マザーボードは512 Mb(64MB)以下のチップで構成されたメモリーをサポートしてい
ません。�����������������������������������������
512 Mbit のメモリーチップを搭載したメモリーモジュールは動作保証致しかねま
す。
������������������������������������������������������
(メモリーチップセットの容量はMegabit で表し、8 Megabit/Mb=1 Megabyte/MB)
Chapter 2
1GB、2GB、 4GBの unbuffered、non‑ECC DDR3メモリーをメモリースロットに取り付けることができま
す。
•�����������������������������������������
初期設定のメモリー動作周波数はメモリーのSPDに左右されます。初期設定では、特定の
メモリーはオーバークロックしてもメーカーが公表する値より低い値で動作する場合が
あります。メーカーが公表する値、またはそれ以上の周波数で動作させる場合は、
「3.5 Ai
Tweaker メニュー」を参照し手動設定してください。
•����������������������������������������
メモリーを4枚取り付ける場合やメモリーをオーバークロックする場合は、それに対応可
能な冷却システムが必要となります。
ASUS P7H57D-V EVO
2-11
P7H57D-V EVO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3-1600 MHz
メ モ リ ー ス ロ ッ ト サ ポ ー ト
(オプション)
Chapter 2
ベンダー
パーツNo.
サイズ
チ ッ プ タイミング 電圧
SS/DS チップ
ブランド No.
A-DATA
AD31600G001GMU
1GB
SS
-
-
9-9-9-24
1.65~1.85
•
•
A-DATA
AX3U1600GB1G9-AG
2GB(2 x 1GB) SS
-
-
9-9-9-24
1.65~1.85
•
•
A-DATA
AD31600E001GMU
3GB(3 x 1GB) SS
-
-
8-8-8-24
1.65-1.85
•
•
A-DATA
AX3U1600GB1G9-3G
3GB(3 x 1GB) SS
-
-
9-9-9-24
1.65~1.85
•
•
A-DATA
AX3U1600GB2G9-AG(XMP)
4GB(2 x 2GB) DS
-
-
9-9-9-24
1.65~1.85
•
•
A-DATA
AD31600F002GMU(XMP)
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
7-7-7-20
1.75-1.85
A-DATA
AX3U1600GB2G9-3G(XMP)
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
9-9-9-24
1.65~1.85
•
•
A-DATA
AX3U1600GB2G9-3G(XMP)
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
9-9-9-24
1.65~1.85
•
•
A-DATA
AX3U1600GB2G9-3G
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
9-9-9-24
1.65~1.85
•
•
CORSAIR
TR3X3G1600C8D
3GB(3 x 1GB) SS
-
-
8-8-8-24
1.65
•
•
CORSAIR
TR3X3G1600C8DVer2.1(XMP)
3GB(3 x 1GB) SS
-
-
8-8-8-24
1.65
•
•
CORSAIR
CMD4GX3M2A1600C8(XMP)
4GB(2 x 2GB) DS
-
-
8-8-8-24
1.65
•
•
CORSAIR
CMG4GX3M2A1600C7(XMP)
4GB(2 x 2GB) DS
-
-
7-7-7-20
1.65
•
•
CORSAIR
CMX4GX3M2A1600C9(XMP)
4GB(2 x 2GB) DS
-
-
9-9-9-24
1.65
•
•
CORSAIR
TR3X6G1600C8D
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
8-8-8-24
1.65
•
•
CORSAIR
TR3X6G1600C8DVer2.1(XMP)
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
8-8-8-24
1.65
•
•
CORSAIR
TR3X6G1600C9Ver2.1(XMP)
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
9-9-9-24
1.65
•
•
CORSAIR
CMD8GX3M4A1600C8(XMP)
8GB(4 x 2GB) DS
-
-
8-8-8-24
1.65
•
CORSAIR
CMX8GX3M4A1600C9(XMP)
8GB(4 x 2GB) DS
-
-
9-9-9-24
1.65
•
•
Crucial
BL25664BN1608.16FF(XMP)
2GB
DS
-
-
8-8-8-24
1.65
•
•
G.SKILL
F3-12800CL9D-2GBNQ
2GB(2 x 1GB) SS
-
-
-
1.6
•
•
G.SKILL
F3-12800CL8T-6GBPI(XMP)
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
8-8-8-21
1.6~1.65
•
•
G.SKILL
F3-12800CL9T-6GBNQ
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
9-9-9-24
1.5-1.6
•
•
GEIL
GV34GB1600C8DC
4GB(2 x 2GB) DS
-
-
8-8-8-28
1.6
•
•
KINGSTON
KHX1600C9D3K3/12GX(XMP)
12GB(3 x 4GB DS
)
-
-
-
1.65
•
KINGSTON
KHX1600C8D3K2/4GX(XMP)
4GB(2 x 2GB) DS
-
-
8
1.65
•
•
KINGSTON
KHX1600C8D3K2/4GX(XMP)
4GB(2 x 2GB) DS
-
-
8
1.65
•
•
•
KINGSTON
KHX1600C8D3T1K2/4GX(XMP) 4GB(2 x 2GB) DS
-
-
8
1.65
•
•
•
KINGSTON
KHX1600C9D3K3/6GX(XMP)
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
9
1.65
•
•
•
OCZ
OCZ3G1600LV3GK
3GB(3 x 1GB) SS
-
-
8-8-8
1.65
•
OCZ
OCZ3P1600LV3GK
3GB(3 x 1GB) SS
-
-
7-7-7
1.65
•
OCZ
OCZ3OB1600LV4GK
4GB(2 x 2GB) DS
-
-
9-9-9
1.65
•
OCZ
OCZ3P1600LV4GK
4GB(2 x 2GB) DS
-
-
7-7-7
1.65
•
•
OCZ
OCZ3X16004GK(XMP)
4GB(2 x 2GB) DS
-
-
7-7-7
1.9
•
•
OCZ
OCZ3X1600LV4GK(XMP)
4GB(2 x 2GB) DS
-
-
8-8-8
1.65
•
•
OCZ
OCZ3FXE1600C7LV6GK
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
7-7-7
1.65
•
•
OCZ
OCZ3G1600LV6GK
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
8-8-8
1.65
•
OCZ
OCZ3G1600LV6GK
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
8-8-8
1.65
•
OCZ
OCZ3X1600LV6GK(XMP)
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
8-8-8
1.65
•
•
OCZ
OCZ3X1600LV6GK(XMP)
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
8-8-8
1.65
•
•
Super Talent
WB160UX6G8(XMP)
6GB(3 x 2GB) DS
-
-
-
-
•
•
メモリー メモリー メ モ リ ー
1枚
2枚
4枚
•
•
•
•
•
•
•
•
P7H57D-V EVO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3-1333 MHz
2-12
メモリースロットサポート
(オプション)
ベンダー
パーツNo.
サイズ
S S/ チ ッ プ チップ No.
DS ブランド
タイミング
電圧
A-DATA
AD3133301GOU
1GB
SS
A-DATA
AD30908C8D-15IG
-
-
•
A-DATA
AD31333002GOU
2GB
DS A-DATA
AD30908C8D-15IG
-
-
•
•
A-DATA
AD3U1333B2G9-2
2GB
DS A-DATA
AD30908C8D-15IG
-
-
•
•
A-DATA
AX3U1333PB2G7-2P
4GB(2 x 2GB) DS -
-
7-7-7-20
1.65-1.85 •
A-DATA
AD3U1333C4G9-B
4GB
H5TQ2G83AFRH9C
1333-9-9-9-24 -
A-DATA
AD31333E002G0U
6GB(3 x 2GB) DS -
-
A-DATA
AX3U1333PB2G7-3P
6GB(3 x 2GB) DS -
-
DS Hynix
メモリー メモリー メモリー
1枚
2枚
4枚
•
•
•
•
•
•
7-7-7-20
1.65-1.85 •
•
•
7-7-7-20
1.65-1.85 •
•
•
Chapter 2:ハードウェア
P7H57D-V EVO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3-1333 MHz(続き)
パーツNo.
サイズ
CORSAIR
TR3X3G1333C9(Ver2.1)
3GB(3 x 1GB) SS
CORSAIR
CM3X1024-1333C9DHX
1GB
CORSAIR
メモリースロットサ ポ ート
(オプション)
メモリー メモリー メモリー
1枚
2枚
4枚
•
•
•
チップ No.
タイミング
電圧
-
-
9-9-9-24
1.5
DS -
-
-
1.1
•
•
BoxP/N:TWIN3X2048-1333C9 2GB(2 x 1GB) DS (CM3X1024-1333C9)Ver1.1
-
9-9-9-24
1.70
•
•
CORSAIR
CM3X2G1333C9
DS -
-
9-9-9-24
1.5
•
•
CORSAIR
BoxP/N:TW3X4G1333C9DHX
(C M3X2048-1333C9D H X) 4GB(2 x 2GB) DS Ver3.2
-
9-9-9-24
1.70
•
•
CORSAIR
TR3X6G1333C9(Ver2.1)
6GB(3 x 2GB) DS -
-
9-9-9-24
1.5
•
•
CORSAIR
CMX8GX3M4A1333C9
8GB(4 x 2GB) DS -
-
9-9-9-24
1.5
•
•
Crucial
CT12864BA1339.8FF
1GB
SS
MICRON
D9KPT
9
-
•
•
Crucial
CT12864BA1339.8SFD
1GB
SS
MICRON
MT8JF12864AY-1G4D1
-
-
•
•
•
Crucial
CT12872BA1339.9FF
1GB
SS
MICRON
D9KPT(ECC)
9
-
•
•
•
Crucial
BL25664BN1337.16FF(XMP) 2GB
DS -
-
7-7-7-24
1.65
•
•
•
Crucial
CT25664BA1339.16FF
2GB
DS MICRON
D9KPT
9
-
•
•
•
Crucial
CT25664BA1339.16SFD
2GB
DS MICRON
D9JNM
-
-
•
•
•
Crucial
CT25672BA1339.18FF
2GB
DS MICRON
D9KPT(ECC)
9
-
•
•
•
Crucial
BL25664BA1336.16SFB1
4GB(2 x 2GB) DS NA
-
6-6-6-20
1.8
•
•
•
ELPIDA
EBJ10UE8BAW0-DJ-E
1GB
SS
ELPIDA
J1108BABG-DJ-E
9
-
•
•
•
ELPIDA
EBJ10UE8BDF0-DJ-F
1GB
SS
ELPIDA
J1108BDSE-DJ-F
-
-
•
•
•
ELPIDA
EBJ10UE8EDF0-DJ-F
1GB
SS
ELPIDA
J1108EDSE-DJ-F
-
-
•
•
ELPIDA
EBJ21UE8BAW0-DJ-E
2GB
DS ELPIDA
J1108BABG-DJ-E
9
-
•
•
•
ELPIDA
EBJ21UE8BDF0-DJ-F
2GB
DS ELPIDA
J1108BDSE-DJ-F
-
-
•
•
•
ELPIDA
EBJ21UE8EDF0-DJ-F
2GB
DS ELPIDA
J1108EDSE-DJ-F
-
-
•
•
G.SKILL
F3-10600CL7D-2GBPI
2GB(2 x 1GB) SS
-
-
-
1.65
•
•
G.SKILL
F3-10600CL8D-2GBHK
2GB(2 x 1GB) SS
-
-
-
1.65
•
•
•
G.SKILL
F3-10666CL7T-6GBPK(XMP) 2GB
DS -
-
7-7-7-18
1.5-1.6
•
•
•
G.SKILL
F3-10666CL7D-4GBPI(XMP) 4GB(2 x 2GB) DS -
-
7-7-7-21
1.5
•
•
•
G.SKILL
F3-10666CL7D-4GBRH(XMP) 4GB(2 x 2GB) DS -
-
7-7-7-21
1.5
•
•
•
G.SKILL
F3-10666CL8D-4GBHK(XMP) 4GB(2 x 2GB) DS -
-
8-8-8-21
1.5-1.6
•
•
G.SKILL
F3-10666CL8D-4GBRM(XMP) 4GB(2 x 2GB) DS -
-
8-8-8-21
1.5-1.6
•
•
G.SKILL
F3-10666CL9T-6GBNQ
6GB(3 x 2GB) DS -
-
9-9-9-24
1.5
•
•
GEIL
GG34GB1333C9DC
4GB(2 x 2GB) DS GEIL
GL1L128M88BA12N
9-9-9-24
1.3
•
•
GEIL
GV34GB1333C7DC
4GB(2 x 2GB) DS -
-
7-7-7-24
1.5
•
•
Hynix
HMT112U6BFR8C-H9
1GB
SS
Hynix
H5TQ1G83BFR
9
-
•
•
•
Hynix
HMT125U6BFR8C-H9
2GB
DS Hynix
H5TQ1G83BFR
9
-
•
•
•
Hynix
HMT125U6BFR8C-H9
2GB
DS Hynix
H5TQ1G83BFRH9C
9
-
•
•
•
KINGSTON
KVR1333D3N9/2G
2GB
DS Qimonda
IDSH1G-03A1F1C-13H
9
1.5
•
•
KINGSTON
KVR1333D3N9/4G
4GB
DS SAMSUNG
K4B2G0846B-HCH9
9
1.5
•
•
MICRON
MT8JTF12864AZ-1G4F1
1GB
SS
MICRON
9FF22 D9KPT
9
-
•
•
•
MICRON
MT8JTF12864AZ-1G4F1
1GB
SS
MICRON
D9KPT
9
-
•
•
•
MICRON
MT9JSF12872AZ-1G4F1
1GB
SS
MICRON
D9KPT(ECC)
9
-
•
•
•
MICRON
MT16JF25664AZ-1G4F1
2GB
DS MICRON
D9KPT
9
-
•
•
•
MICRON
MT16JTF25664AZ-1G4F1
2GB
DS MICRON
9FF22 D9KPT
9
-
•
•
•
MICRON
MT18JSF25672AZ-1G4F1
2GB
DS MICRON
D9KPT(ECC)
9
-
•
•
•
OCZ
OCZ3RPX1333EB2GK
1GB
SS
-
-
-
-
•
•
OCZ
OCZ3RPX1333EB2GK
2GB(2 x 1GB) SS
NANYA
-
6-5-5
1.85
•
•
OCZ
OCZ3G1333LV3GK
3GB(3 x 1GB) SS
-
-
9-9-9
1.65
•
•
OCZ
OCZ3P1333LV3GK
3GB(3 x 1GB) SS
-
-
7-7-7
1.65
•
•
OCZ
OCZ3P13332GK
1GB
DS -
-
7-7-7-20
-
•
•
OCZ
OCZ3G13334GK
4GB(2 x 2GB) DS -
-
9
1.7
•
•
OCZ
OCZ3G1333ULV4GK
4GB(2 x 2GB) DS -
-
8-8-8
1.65
•
•
OCZ
OCZ3P13334GK
4GB(2 x 2GB) DS -
-
7
1.8
•
•
OCZ
OCZ3P1333LV4GK
4GB(2 x 2GB) DS -
-
7-7-7
1.65
•
•
OCZ
OCZ3RPX1333EB4GK
4GB(2 x 2GB) DS -
-
-
1.85
•
•
OCZ
OCZ3G1333LV6GK
6GB(3 x 2GB) DS -
-
9-9-9
1.65
•
•
OCZ
OCZ3P1333LV6GK
6GB(3 x 2GB) DS -
-
7-7-7
1.65
•
•
ASUS P7H57D-V EVO
2GB
•
•
Chapter 2
SS/ チップ
DS ブランド
ベンダー
•
2-13
P7H57D-V EVO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3-1333 MHz(続き)
SS/ チ ッ プ チップ No.
DS ブランド
ベンダー
パーツNo.
サイズ
OCZ
OCZX1333LV6GK(XMP)
6GB(3 x 2GB) DS NA
PSC
AL7F8G73D-DG1
1GB
SS
PSC
PSC
AL8F8G73D-DG1
2GB
SAMSUNG
M378B2873DZ1-CH9
SAMSUNG
メモリースロットサ ポ ート
(オプション)
メモリー メモリー メモリー
1枚
2枚
4枚
•
•
•
タイミング
電圧
-
8-8-8
1.6
A3P1GF3DGF
-
-
•
•
•
DS PSC
A3P1GF3DGF
-
-
•
•
•
1GB
SS
SAMSUNG
K4B1G0846D
9
-
•
•
•
M378B2873EH1-CH9
1GB
SS
SAMSUNG
K4B1G0846E
-
-
•
•
SAMSUNG
M391B2873DZ1-CH9
1GB
SS
SAMSUNG
K4B1G0846D(ECC)
9
-
•
•
SAMSUNG
M378B5673DZ1-CH9
2GB
DS SAMSUNG
K4B1G0846D
9
-
•
•
SAMSUNG
M378B5673EH1-CH9
2GB
DS SAMSUNG
K4B1G0846E
-
-
•
•
•
SAMSUNG
M391B5673DZ1-CH9
2GB
DS SAMSUNG
K4B1G0846D(ECC)
9
-
•
•
•
SAMSUNG
M378B5273BH1-CH9
4GB
DS SAMSUNG
K4B2G0846B-HCH9
9
-
•
•
•
•
Chapter 2
S u p e r W1333UX2GB(XMP)
Talent
2GB(2 x 1GB) SS
-
-
8
1.8
•
•
•
Transcend TS128MLK64V3U
1GB
SS
SAMSUNG
K4B1G0846D
9
-
•
•
•
Transcend TS256MLK64V3U
2GB
DS SAMSUNG
K4B1G0846D
9
-
•
•
Asint
SLY3128M8-EDJ
1GB
SS
Asint
DDRIII1208-DJ
-
-
•
•
Asint
SLY3128M8-EDJE
1GB
SS
ELPIDA
J1108BASE-DJ-E
-
-
•
•
Asint
SLZ3128M8-EDJ
2GB
DS Asint
DDRIII1208-DJ
-
-
•
•
Asint
SLZ3128M8-EDJE
2GB
DS ELPIDA
J1108BASE-DJ-E
-
-
•
•
ASUS
N/A
1GB
DS -
-
-
-
•
•
ATP
AQ28M64A8BJH9S
1GB
SS
SAMSUNG
K4B1G0846E
-
-
•
•
ATP
AQ28M72D8BJH9S
1GB
SS
SAMSUNG
K4B1G0846D(ECC)
-
-
•
•
ATP
AQ56M64B8BJH9S
2GB
DS SAMSUNG
K4B1G0846D
-
-
•
•
•
ATP
AQ56M72E8BJH9S
2GB
DS SAMSUNG
K4B1G0846D(ECC)
-
-
•
•
•
BUFFALO
FSX1333D3G-1G
1GB
SS
-
-
-
-
•
•
•
BUFFALO
FSH1333D3G-T3G(XMP)
3GB(3 x 1GB) SS
-
-
7-7-7-20
-
•
•
•
BUFFALO
FSX1333D3G-2G
2GB
DS -
-
-
-
•
E
K EKM324L28BP8-I13
Memory
4GB(2 x 2GB) DS -
-
9
-
•
•
Elixir
M2Y2G64CB8HA9N-CG
2GB
DS -
-
-
-
•
•
•
Patriot
PDC32G1333LLK
1GB
SS
PATRIOT
-
7
1.7
•
•
•
Patriot
PVT33G1333ELK
3GB(3 x 1GB) SS
-
-
9-9-9-24
1.65
•
•
•
Patriot
PVS34G1333ELK
4GB(2 x 2GB) DS -
-
9-9-9-24
1.5
•
•
Patriot
PVS34G1333LLK
4GB(2 x 2GB) DS -
-
7-7-7-20
1.7
•
•
Patriot
PVT36G1333ELK
6GB(3 x 2GB) DS -
-
9-9-9-24
1.65
•
•
S i l i c o n SP001GBLTU1333S01
Power
1GB
SS
NANYA
NT5CB128M8AN-CG
-
-
•
•
S i l i c o n SP001GBLTU133S02
Power
1GB
SS
S-POWER
I0YT3E0
9
-
•
•
S i l i c o n SP002GBLTU133S02
Power
2GB
DS S-POWER
I0YT3E0
9
-
•
•
•
•
•
•
P7H57D-V EVO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3-1066 MHz
2-14
メモリースロットサポート
(オプション)
ベンダー
パーツNo.
サイズ SS/DS
チップ
ブランド
チップ No.
タイミング 電圧
Crucial
CT12864BA1067.8FF
1GB
SS
MICRON
D9KPT
7
-
•
•
•
Crucial
CT12864BA1067.8SFD
1GB
SS
MICRON
D9JNL
7
-
•
•
•
Crucial
CT12872BA1067.9FF
1GB
SS
MICRON
D9KPT(ECC)
7
-
•
•
•
Crucial
CT25664BA1067.16FF
2GB
DS
MICRON
D9KPT
7
-
•
•
•
Crucial
CT25664BA1067.16SFD
2GB
DS
MICRON
D9JNL
7
-
•
•
•
Crucial
CT25672BA1067.18FF
2GB
DS
MICRON
D9KPT(ECC)
7
-
•
•
•
ELPIDA
EBJ10UE8BAW0-AE-E
1GB
SS
ELPIDA
J1108BABG-DJ-E
7
-
•
•
•
ELPIDA
EBJ10UE8EDF0-AE-F
1GB
SS
ELPIDA
J1108EDSE-DJ-F
-
-
•
•
•
ELPIDA
EBJ11RD8BAFA-AE-E
1GB
DS
ELPIDA
J5308BASE-AC-E(ECC)
7
-
•
•
•
ELPIDA
EBJ11UD8BAFA-AG-E
1GB
DS
ELPIDA
J5308BASE-AC-E
8
-
•
•
•
メ モ リ メ モ リ メモリー
ー1枚 ー2枚 4枚
Chapter 2:ハードウェア
P7H57D-V EVO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3-1066 MHz(続き)
パーツNo.
サイズ
SS/DS
チップ
ブランド
チップ No.
タイミング
電圧
ELPIDA
EBJ21UE8BAW0-AE-E
2GB
DS
ELPIDA
J1108BABG-DJ-E
7
-
ELPIDA
EBJ21UE8EDF0-AE-F
2GB
DS
ELPIDA
J1108EDSE-DJ-F
-
-
•
•
•
Hynix
HMT112U6AFP8C-G7N0
1GB
SS
HYNIX
H5TQ1G83AFPG7C
7
-
•
•
•
Hynix
HYMT112U64ZNF8-G7
1GB
SS
HYNIX
HY5TQ1G831ZNFP-G7
7
-
•
•
•
Hynix
HMT125U6AFP8C-G7N0
2GB
DS
HYNIX
H5TQ1G83AFPG7C
7
-
•
•
•
Hynix
HYMT125U64ZNF8-G7
2GB
DS
HYNIX
HY5TQ1G831ZNFP-G7
7
-
•
•
•
KINGSTON KVR1066D3N7/1G
1GB
SS
KINGSTON D1288JEKAPA7U
7
1.5
•
•
•
KINGSTON KVR1066D3N7/1G
1GB
SS
ELPIDA
-
1.5
•
•
•
KINGSTON KVR1066D3N7/2G
2GB
DS
KINGSTON D1288JEKAPGA7U
7
1.5
•
•
•
KINGSTON KVR1066D3N7/2G
2GB
DS
ELPIDA
-
1.5
•
•
•
KINGSTON KVR1066D3N7/4G
4GB
DS
SAMSUNG K4B2G0846B-HCF8
-
1.5
•
•
•
MICRON
MT8JTF12864AY-1G1D1
1GB
SS
MICRON
7VD22
7
-
•
•
•
MICRON
MT8JTF12864AZ-1G1F1
1GB
SS
MICRON
8ZF22 D9KPV
7
-
•
•
•
MICRON
MT8JTF12864AZ-1G1F1
1GB
SS
MICRON
D9KPT
7
-
•
•
•
MICRON
MT9JSF12872AZ-1G1F1
1GB
SS
MICRON
D9KPT(ECC)
7
-
•
•
•
MICRON
MT16JTF25664AY-1G1D1 2GB
DS
MICRON
7VD22
7
-
•
•
•
MICRON
MT16JTF25664AZ-1G1F1 2GB
DS
MICRON
8ZF22 D9KPV
7
-
•
•
•
MICRON
MT16JTF25664AZ-1G1F1 2GB
DS
MICRON
D9KPT
7
-
•
•
•
MICRON
MT18JSF25672AZ-1G1F1 2GB
DS
MICRON
D9KPT(ECC)
7
-
•
•
•
J1108BABG-DJ-E
J1108BABG-DJ-E
SAMSUNG M378B5273BH1-CF8
4GB
DS
SAMSUNG K4B2G0846B-HCF8
8
1.5
•
•
•
Transcend
TS256MLK64V1U
2GB
DS
ELPIDA
J1108BABG-AE-E
7
-
•
•
•
Asint
SLY3128M8-EAE
1GB
SS
Asint
DDRIII1208-AE
-
-
•
•
•
Asint
SLZ3128M8-EAE
2GB
DS
Asint
DDRIII1208-AE
-
-
•
•
•
Elixir
M2Y2G64CB8HA9N-BE
2GB
DS
-
-
-
-
•
•
•
WINTEC
3DU3191A-10
1GB
DS
Qimonda
IDSH51-03A1F1C-10F
7
-
•
•
•
Chapter 2
メモリースロットサ ポ ート
(オプション)
メモリー メモリー メモリー
1枚
2枚
4枚
•
•
•
ベンダー
SS - シングルサイド / DS - ダブルサイド
メモリーサポート:
•
メモリー1枚:1組のシングルチャンネルメモリー構成として1枚のメモリーを任意のス
ロットに取り付けることが可能。
•
メモリー2枚:1組のデュアルチャンネルメモリー構成として2枚のメモリーをブルーま
たはブラックいずれかのスロットに取り付けることが可能。
•
メモリー4枚:2組のデュアルチャンネルメモリー構成として4枚のメモリーをブルーとブ
ラックのスロット両方に取り付けることが可能。
•
Hyper DIMMのサポートはASUSのみです。
•
Hyper DIMMのサポートは、CPUの物理的性質に左右されます。
•
インテルの仕様では、DDR3-1600 メモリーは各チャンネルに1枚のサポートとなります
が、ASUSの独自機能として、DDR3-1600 メモリーを各メモリーチャンネルに2枚取り付け
ることが可能です。
•
Intel CPUの仕様により、コア周波数 2.66GのCPUがサポートする最大メモリー周波数は
DDR3-1333 です。周波数DDR3-1333以上のメモリーと2.66GのCPUを組み合わせて使用
する際は、BIOSのDRAM O.C. Profile 機能を有効にしてください。詳細はセクション「3.5.1
Ai Overclock Tuner」をご参照ください。
•
最新のQVLはASUSのWeb サイトをご覧ください。
(http://www.asus.co.jp)
ASUS P7H57D-V EVO
2-15
2.4.3
����������
メモリーを取り付ける
メモリーや、その他のシステムコンポーネントを追加、または取り外す前に、コンピューターの
電源プラグを抜いてください。プラグを差し込んだまま作業すると、マザーボードとコンポーネ
ントが損傷する原因となります。
2
手順
1.
クリップを外側に押して、メモリースロッ
トのロックを解除します。
2.
メモリーのノッチがスロットの切れ目に
一致するように、メモリーをスロットに
合わせます。
メモリーノッチ
1
Chapter 2
ロック解除されたクリップ
メモリーは取り付ける向きがあります。間違った向きでメモリーを無理にスロットに差し込む
と、メモリーが損傷する原因となります。
3.
クリップが所定の場所に戻りメモリーが正
しく取り付けられるまで、メモリーをスロッ
トにしっかり押し込みます。
3
ロックされたクリップ
2.4.4
メモリーを取り外す
手順
1.
クリップを外側に押してメモリーのロッ
クを解除します。
2
1
クリップを押しているとき、指でメモリーを軽く引っぱります。無理な力をかけてメモリーを取り
外すとメモリーが損傷する恐れがあります。
2.
2-16
スロットからメモリーを取り外します。
Chapter 2:ハードウェア
2.5
拡張スロット
拡張カードを取り付ける場合は、このページに書かれている拡張スロットに関する説明をお読み
ください。
拡張カードの追加や取り外しを行う前は、電源コードを抜いてください。電源コードを接続した
まま作業をすると、負傷や、マザーボードコンポーネントの損傷の原因となります。
2.5.1
拡張カードを取り付ける
1.
拡張カードを取り付ける前に、拡張カードに付属するマニュアルを読み、カードに必要なハ
ードウェアの設定を行ってください。
2.
コンピューターのケースを開けます(マザーボードをケースに取り付けている場合)。
3.
カードを取り付けるスロットのブラケットを取り外します。ネジは後で使用するので、大切に
保管してください。
4.
カードの端子部分をスロットに合わせ、カードがスロットに完全に固定されるまでしっかり
押します。
5.
カードをネジでケースに固定します。
6.
ケースを元に戻します。
2.5.2
Chapter 2
手順
拡張カードを設定する
拡張カードを取り付けた後、ソフトウェアの設定を行い拡張カードを使用できるようにします。
1.
システムの電源をオンにし、必要であれば BIOS の設定を変更します。BIOSの設定に関する
詳細は、Chapter3をご参照ください。
2.
IRQ(割り込み要求)番号をカードに合わせます。次ページの表をご参照ください。
3.
拡張カード用のソフトウェアドライバーをインストールします。
PCI カードを共有スロットに挿入する際は、
ドライバーが IRQの共有をサポートすること、また
は、カードが IRQ割り当てを必要としないことを確認してください。IRQを要求する2つのPCI グ
ループが対立し、システムが不安定になりカードが動作しなくなることがあります。詳細は次項
の表をご参照ください。
ASUS P7H57D-V EVO
2-17
2.5.3
��������
割り込み割り当て
標準の割り込み割り当て
IRQ
優先順位 標準機能
0
1
システムタイマー
1
2
キーボードコントローラー
2
–
IRQ#9にリダイレクト
4
12
通信ポート(COM1)*
5
13
PCI ステアリング用 IRQ ホルダ*
6
14
不使用
7
15
不使用
8
3
システムCMOS/リアルタイムクロック
Chapter 2
9
4
PCI ステアリング用 IRQ ホルダ*
10
5
PCI ステアリング用 IRQ ホルダ*
11
6
PCI ステアリング用 IRQ ホルダ*
12
7
不使用
13
8
数値データプロセッサー
14
9
プライマリ IDE チャンネル
* 上記のIRQは PCI デバイスで使用されています。
本マザーボード用のIRQ割り当て
PCIE x16_1
PCIE x16_2
PCIE x1_1
PCIE x1_2
PCIE x1_3
PCI_1
PCI_2
LAN
USB 2.0 コントローラー 1
USB 2.0 コントローラー 2
USB 3.0 コントローラー
SATA 6G コントローラー
1394 コントローラー
HDオーディオ
2-18
A
共有
共有
共有
–
共有
共有
–
共有
–
共有
共有
共有
–
–
B
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
–
–
C
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
D
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
E
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
F
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
G
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
H
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
Chapter 2:ハードウェア
2.5.4
PCI スロット
LANカード、SCSI カード、USBカード等のPCI 規格準拠のカードをサポートしています。
スロットの位置は次の写真を参考にしてください。
2.5.5
PCI Express 2.0 x1 スロット
PCI Express x1 ネットワークカード、SCSI カード等のPCI Express 規格準拠のカードを
サポートしています。スロットの位置は次の写真を参考にしてください。
2.5.6
PCI Express 2.0 x16 スロット
Chapter 2
PCI Express 規格準拠のPCI Express 2.0 x16 ビデオカードをサポートしています。スロ
ットの位置は次の写真を参考にしてください。
PCIe 2.0 x1 スロット(5GT/s)
PCI スロット 2
PCIe 2.0 x16_2 スロット
(グレー、@ x8 リンク)
PCI スロット 1
PCIe 2.0 x1_2 スロット(2.5GT/s)
PCIe 2.0 x16_1 スロット
(ブルー、シングル@ x 16、またはデュアル@ x 8 リンク)
PCIe 2.0 x1_1 スロット
(2.5GT/s)
ASUS P7H57D-V EVO
2-19
PCI Express �����
動作モード
VGA構成
PCIe x16_1
VGA/PCIe カード×1
VGA/PCIe カード×2*
x16
(������������
VGAカード1枚に推奨�
)
x8
PCIe x16_2
N/A
x8
*Dual x8、SLI、CrossFireXモードは、Intel®グラフィック機能非統合型プロセッサー使用時のみ
有効となります。
•
•
パフォーマンスの観点からシングルVGAモードでは、PCI Express x16 ビデオカードを
PCIe 2.0 x16_1 スロット(ブルー)に取り付けることを推奨します。
Chapter 2
CrossFireX™ モードまたは����������
SLI™������
モードでは、十分な電源装置をご用意ください。
����������������
(詳細:ページ 2-36 参照)
•�����������������������������������������������������������
SLI™ モードとCrossFireX™ モードは、Intel®グラフィック機能非統合型(Lynnfield)プロセ
ッサー使用時のみのサポートとなります。
•
2-20
複数のビデオカードを使用する場合は、熱管理の観点からケースファンをマザーボードコ
ネクター CHA_FAN1/2 に接続してください。
(詳細:ページ 2-34 参照)
Chapter 2:ハードウェア
2.6
1.
ジャンパー
Clear RTC RAM(3ピン CLRTC)
Chapter 2
このジャンパーは、CMOSのリアルタイムクロック(RTC)RAMをクリアするものです。CMOS
RTC RAMのデータを消去することにより、日、時、およびシステム設定パラメータをクリアで
きます。システムパスワードなどのシステム情報を含むCMOS RAMデータの維持は、マザーボ
ード上のボタン電池により行われています。
RTC RAMをクリアする手順
1. コンピューターの電源をオフにし電源コードをコンセントから抜きます。
2. ジャンパーキャップをピン 1-2(初期設定)からピン 2-3 に移動させます。5~10秒間そ
のままにして、再びピン1-2にキャップを戻します。
3. 電源コードを差し込み、コンピューターの電源をオンにします。
4. 起動プロセスの間<Del>キーを押し、BIOS設定に入ったらデータを再入力します。
RTC RAMをクリアしている場合を除き、CLRTCジャンパーのキャップは取り外さないでくださ
い。システムの起動エラーの原因となります。
• 上記の手順を踏んでもRTC RAMがクリアできない場合は、マザーボードのボタン電池を取
り外し、ジャンパーの設定を行ってください。なお、クリアが終了した後は、電池を元に戻して
ください。
• オーバークロックによりシステムがハングアップした場合は、C.P.R.(CPU Parameter Recall)
機能をご利用いただけます。システムを停止して再起動すると、BIOS は自動的にパラメータ設
定を初期設定値にリセットします。この場合、CMOSクリアの必要はありません。
•����������������������������������������������
チップセットの動作上、C.P.R. 機能を有効にするにはAC 電源はオフの状態にする必要があ
ります。システムを再起動する前に、電源を一度オフにしてからオンにするか、電源コードを
抜いてから再度接続してください。
ASUS P7H57D-V EVO
2-21
2.
DRAMオーバーボルテージ設定スイッチ(OV_DRAM)
このスイッチは、BIOSのDRAMオーバーボルテージ設定の有効/無効を設定するためのも
のです。スイッチの設定変更の際は事前に本項の記載をご参照ください。
Chapter 2
OV_DRAM
初期設定値
2.0Vまで
OV有効時(レッド) 2.5Vまで
2-22
•
電圧を高く設定するためにスイッチの設定を変更する前に����������������
、まずBIOSの項目でDRAMの
パフォーマンスを調節してください。BIOS電圧設定を最大にした場合でも、システムの機
能が良好であることを確認してからスイッチの設定を変更してください。
•
Intel CPUの仕様により、1.65Vを超過する電圧の必要なメモリーを取り付けると、CPUが損
傷することがあります。1.65V未満のメモリーを取り付けることをお勧めします。
•
高い電圧に設定した場合、システムの安定を考慮した冷却システム(水冷クーラー等)を構
築してください。
Chapter 2:ハードウェア
2.7
オンボードスイッチ
ベアシステムまたはオープンケースシステムでの作業中に、パフォーマンスを微調整することがで
きます。このスイッチはシステムパフォーマンスを頻繁に変更するオーバークロックユーザー、ゲ
ーマーに理想的なソリューションです。
MemOK! スイッチ
Chapter 2
本マザーボードと互換性のないメモリーを取り付けると、システムが起動せず、このスイッ
チの隣にあるDRAM_LEDが点灯します。DRAM_LEDが点滅するまでこのスイッチを押し続
けると、互換性が調整され、起動する確率が上がります。
•
DRAM_LEDの正確な位置は、セクション「2.9 オンボードLED」でご確認ください。
•
DRAM_LEDはメモリーが正しく取り付けられていない場合にも点灯します。MemOK! 機能
を利用する前にシステムの電源をOFFにし、メモリーを正しく取り付けてください。
•
MemOK! スイッチはWindows® OS 環境では機能しません。
•
調整作業中は、システムはフェイルセーフメモリー設定をロードしテストを実行します。1
つのフェイルセーフ設定のテストには約30秒かかります。テストに失敗した場合、システム
は再起動し次のフェイルセーフ設定のテストを実行します。DRAM_LEDの点滅が速くなっ
た場合は、異なるテストが実行されていることを示します。
•
メモリー調整を行うため、各タイミング設定のテスト実行時にシステムは自動的に再
起動します。なお、調整作業が終了しても取り付けたメモリーで起動しない場合は、
DRAM_LEDが点灯し続けます。その場合はメモリー推奨リストに記載のメモリーをご使用
ください。メモリー推奨リストは本書または弊社サイト(http://www.asus.co.jp)でご確認
ください。
•
調整作業中にコンピューターの電源をOFFにする、またはメモリー交換するなどした場
合、システム再起動後にメモリー調整作業を続行します。調整作業を終了するには、コンピ
ューターの電源をOFFにし、電源コードを5秒から10秒取り外してください。
•
BIOSでのオーバークロック設定によりシステムが起動しない場合は、MemOK! スイッチを
押してシステムを起動しBIOSの初期設定値をロードしてください。POSTでBIOSが初期設
定値に復元されたことが表示されます。
•
MemOK! 機能をご利用の際は、事前にBIOSを最新バージョンに更新することをお勧めし
ます。最新BIOSは弊社サイトにて公開しております。
(http://www.asus.co.jp)
ASUS P7H57D-V EVO
2-23
2.8
コネクター
2.8.1
バックパネルコネクター
Chapter 2
バックパネルコネクター
1. PS/2 キーボードポート(パープル)
7. HDMI 出力ポート***
2.光デジタルS/PDIF 出力ポート
8. DVI 出力ポート
3. VGA 出力ポート
9. IEEE 1394a ポート
4. USB 2.0 ポート 3 と 4
10. eSATA ポート
5. LAN(RJ-45)ポート*
11. USB 3.0 ポート 1 と 2
6. USB 2.0 ポート 1 と 2
12. オーディオ I/O ポート**
「*」、
「 **」
:LANポートとオーディオポートの定義は次項の表をご参照ください。
***:モニター/アンダースキャンの問題については、次項の注とトラブルシューティングをご参照ください。
eSATAポートにサポート外のコネクターを接続しないでください。
2-24
Chapter 2:ハードウェア
*LAN ポート LED
ACT/LINK スピード
LED
LED
アクティビティLink LED
スピード����
LED
状態
説明
状態
説明
OFF
リンクなし
OFF
10 Mbps
オレンジ
リンク確立
オレンジ
100 Mbps
点滅
データ送受信中
グリーン
1 Gbps
LANポート
ポート
ヘッドセット
2チャンネル
4チャンネル
6チャンネル
8チャンネル
ライトブルー
ライン入力
ライン入力
ライン入力
ライン入力
ライム
ライン出力
フロントスピーカー
出力
フロントスピーカー
出力
フロントスピーカー
出力
ピンク
マイク入力
マイク入力
マイク入力
マイク入力
–
センター/
サブウーファ
センター/
サブウーファ
オレンジ
–
ブラック
–
グレー
–
リアスピーカー出力 リアスピーカー出力
–
リアスピーカー出力
–
サイドスピーカー
出力
•
本マザーボードには、複数のVGA出力が搭載されており、2台のモニターを使用し
てデスクトップを拡張することが可能です。2台のモニターはオンボードVGAポー
ト、DVI-Dポート、HDMI ポートのうち、任意のポートに接続することができます。
ただし、DVI-D/HDMI デュアル出力はOS環境でだけ動作するため、POSTまたはBIOS
Setup で有効になるのはDVI-D 出力のみとなります。
•
Intel® VGAドライバーの問題により、お使いのモニターがWindows® の画面設定メニュ
ーの解像度オプションをサポートしていない場合があります。サポート外の解像度に
設定した場合、画面は正常に表示されません。この問題が発生した場合は、元の設定
に戻るまで 15秒程待機するか、システムを再起動しF8 キーを押してセーフモードで
起動してください。 セーフモードでディスプレイの解像度を800 × 600 にした後、シ
ステムを再起動してWindows® の画面設定メニューで再設定します。
•
Intel® VGAドライバーの問題により、特定のモニター解像度を選択すると、オーバース
キャン/アンダースキャンの問題が発生する場合があります。詳細は次項のトラブル
シューティングをご参照ください。
•
Blu-Ray ディスクの再生
再生のクオリティは、CPU/メモリーのスピード、DVDプレーヤー、各ドライバー等のスピー
ドと帯域に左右されます。CPU/メモリは高速/広帯域のもの、DVDプレーヤーとドライバー
は高速バージョンのものをそれぞれ使用することで、再生のクオリティを上げることができ
ます。下の例は設定例の1つです。
CPU:Intel Pentium® 2.8GHz
メモリー:DDR3-1066 2GB
再生ソフトウェア:CyberLink PowerDVD v9.0 Ultra Build 2227
•
Blu-Ray ディスクの再生にはHDCP対応のモニターをご使用ください。
•
Blu-Ray ディスクの再生には Windows® Vista™ / 7™OSが必要です。
ASUS P7H57D-V EVO
Chapter 2
** オーディオ構成表
2-25
モニターのオーバースキャン / アンダースキャンのトラブルシューティング
「Intel Graphics Accelerator Driver」をマ
ザーボードサポートDVDからインストールしま
す。
2.
Windows® システムトレイから「Intel(R)
Graphics Media Accelerator Driver」アイコン
をダブルクリックし、
「Graphics Properties」
をクリックします。
3.
「Display」→「General Settings」
→「Resolution」の順にクリックし、
「Apply」をクリックします。
4.
または、「Display」→「General
Settings」→「Scaling」→
「Customize Aspect Ratio」の順にク
リックし、「Horizontal Scaling」と
「Vertical Scaling」のスライドバーを
調節し、「Apply」をクリックします。
Chapter 2
1.
2-26
Chapter 2:ハードウェア
2.8.2
オーディオ I/O接続
オーディオ I/Oポート
Chapter 2
ヘッドホンとマイクを接続
ステレオ / 2.1チャンネルスピーカーに接続
ASUS P7H57D-V EVO
2-27
4.1 チャンネルスピーカーに接続
5.1 チャンネルスピーカーに接続
Chapter 2
7.1 チャンネルスピーカーに接続
2-28
Chapter 2:ハードウェア
2.8.3
1.
内部コネクター
IDEコネクター(40-1 ピン PRI_EIDE)
Ultra DMA 133/100/66 ケーブル用です。各Ultra DMA 133/100/66ケーブルにはブルー、グ
レー、ブラックの3つのコネクターがあります。マザーボードの IDEコネクターにはブルー
を接続し、下からいずれかのモードを選択してください。
Chapter 2
注意:IDEケーブルの赤いラ
インとPIN1の向きを合わせて
ください。
ドライブジャンパー設定
デバイスのモード ケーブルコネクター
デバイス1台
Cable-Select/ マスター
-
ブラック
デバイス2台
Cable-Select
マスター
ブラック
スレーブ
グレー
マスター
マスター
スレーブ
スレーブ
ブラックまたは
グレー
•
該当箇所がふさがれているUltra DMAケーブルに対応するため Pin 20は取り外されてい
ます。誤った方向でIDEケーブル接続を防ぐ措置です。
•
Ultra DMA 133/100/66 IDEデバイスの場合は、80 conductor IDEケーブルを使用します。
あるデバイスジャンパーを「Cable-Select」に設定した場合は、他のデバイスジャンパーも全て
同じ設定にしてください。
ASUS P7H57D-V EVO
2-29
2.
Intel® H57 Serial ATA コネクター(7ピン SATA 1-6 [ブルー])
これらコネクターは Serial ATAケーブル用で、Serial ATAハードディスクドライブと光学ディ
スクドライブに使用します。
Serial ATA HDDを取り付けた場合は、Intel® Matrix Storage Technology 対応のオンボー
ド Intel® H57チップセットを使用して、RAID 0、1、5、10を構築することができます。
Chapter 2
直角部分
SATAケーブルの直角部分をSATAデバイス
に接続します。
あるいは、オンボード SATA ポートに接続
してビデオカードとの衝突を避けることも
できます。
2-30
•
これらコネクターは初期設定で [Standard IDE mode] に設定されています。このモード
設定でSerial ATA起動用、またはデータ用のハードディスクドライブを接続できます。こ
れらのコネクターで Serial ATA RAIDセットを構築する場合は、BIOSの「Configure SATA
as」の項目を [RAID] に設定してください。詳細はセクション「3.4.2 記憶装置の設定」を
ご参照ください。
•
RAIDを構築する際には、セクション「4.5 RAID」、またはマザーボードのサポートDVDに収
録されているマニュアルをご参照ください。
•
Serial ATA HDDを使用する場合はWindows® XP Service Pack2以降のOSをインストール
する必要があります。Windows® XP Service Pack2以降のOSをご利用の場合は Serial ATA
RAIDの利用が可能です。
•
ホットプラグ機能とNCQを使用する場合は、BIOSの「Configure SATA as」の項目を
[AHCI] に設定してください。詳細はセクション「3.4.2 記憶装置の設定」をご参照くださ
い。
Chapter 2:ハードウェア
3.
Marvell® Serial ATA 6.0 Gb/sコネクター(7ピン SATA_6G_1, 7ピン SATA_6G_2 [グレー])
•
これらコネクターは初期設定で [Standard IDE mode] に設定されています。このモード設
定でSerial ATA起動用、またはデータ用のハードディスクドライブを接続できます。
•
Serial ATAをご利用の場合は、Windows® XP Service Pack 2 以降を適用済みのWindows
OSをインストールしてください。
•
ホットプラグとNCQを使用する場合、BIOSの「Marvell(R)SATA6G Controller」の項目を
[AHCI Mode] にしてください。詳細はセクション「3.6.3 オンボードデバイス設定構成 」をご
参照ください。
ASUS P7H57D-V EVO
Chapter 2
Serial ATA 6.0 Gb/s 信号ケーブルを接続します。Serial ATA 6.0 Gb/s ハードディスクドライ
ブ用です。
2-31
4.
Serial ポートコネクター(10-1 ピン COM1)
Serial(COM)ポート用です。
Chapter 2
COMモジュールは別売りとなっております。
5.
IEEE 1394a ポートコネクター(10-1 ピン IE1394_2)
IEEE 1394a ポート用です。IEEE 1394a ケーブルをこのコネクターに接続します。
USBケーブルを IEEE 1394a コネクターに接続しないでください。マザーボードが損傷する原因
となります。
IEEE 1394a モジュールは別売りとなっております。
2-32
Chapter 2:ハードウェア
6.
USBコネクター(10-1 ピン USB78; USB910; USB1112; USB1314)
Chapter 2
USB 2.0 ポート用のコネクターです。USBケーブルをこれらのコネクターに接続します。
このコネクタ
ーは最大 480 Mbps の接続速度を持つ USB 2.0 規格に準拠しています。
1394 ケーブルをUSBコネクターに接続しないでください。マザーボード故障の原因となります。
ご使用のケースがフロントパネル USBポートをサポートしている場合、����������
まず��������
フロントパネル
USB��������������������������������������������������
ケーブルをこのコネクターに接続します。USBケーブルをASUS Q-Connector(USB、ブル
ー)に接続し、Q-Connector(USB)をオンボードUSBコネクターに取り付けると接続が短時間で
行えます。
ASUS P7H57D-V EVO
2-33
7.
CPUファンコネクター、ケースファンコネクター、電源ファンコネクター
(4ピン CPU_FAN; 4ピン CHA_FAN1; 3ピン CHA_FAN2; 3ピン PWR_FAN)
ファンケーブルをマザーボードのファンコネクターに接続し、各ケーブルの黒いワイヤーが
コネクターのアースピンに接続されていることを確認します。
Chapter 2
ケース内に十分な空気の流れがないと、マザーボードコンポーネントが損傷する恐れがあります。組
み立ての際にはシステムの冷却ファン(吸/排気ファン)を必ず搭載してください。
また、吸/排気ファン
の電源をマザーボードから取得することで、エアフローをマザーボード側で効果的にコントロールす
ることができます。
また、
これはジャンパーピンではありません。
ファンコネクターにジャンパーキャッ
プを取り付けないでください。
2-34
•
CPU_FANコネクターは、ファン電力2A(24 W)までのCPUファンをサポートしています。
•
CPU_FAN、CHA_FAN 1–2コネクターのみが ASUS FAN Xpert 機能に対応しています。
•
ビデオカードを2枚取り付ける場合は、システムの温度上昇を防ぐため、リアケースファン
ケーブルをマザーボード側の CHA_FAN1 または CHA_FAN2と表示のあるコネクターに接
続することをお勧めします。
Chapter 2:ハードウェア
8.
デジタルオーディオコネクター(4-1 ピン SPDIF_OUT)
Chapter 2
S/PDIFポート追加用のコネクターです。S/PDIF出力モジュールを接続します。
S/PDIFモジュールは別売りとなっております。
9.
フロントパネルオーディオコネクター(10-1 ピン AAFP)
ケースのフロントパネルオーディオI/Oモジュール用コネクターで、HDオーディオ及びAC’
97オーディオをサポートしています。オーディオ I/Oモジュールケーブルの一方をこのコネ
クターに接続します。
•
HDオーディオ機能を最大限に活用するため、HDフロントパネルオーディオモジュールを
接続することをお勧めします。
•
HDフロントパネルオーディオモジュールを接続するには、BIOSで「Front Panel Type」の
項目を [HD Audio] に設定します。AC’97フロントパネルオーディオモジュールを接続する
には、この項目を [AC97] に設定します。AC’97フロントパネルオーディオモジュールを接
続するには、この項目を [AC97] に設定します。初期設定は [HD Audio] になっています。
ASUS P7H57D-V EVO
2-35
10.
ATX電源コネクター(24ピン EATXPWR; 8ピン EATX12V)
ATX電源プラグ用のコネクターです。電源プラグは正しい向きでのみ、取り付けられるよう
に設計されています。正しい向きでしっかりと挿し込んでください。
Chapter 2
•
容量 350W以上のATX 12 V 2.0(またはそれ以上)規格の電源ユニットを使用することをお
勧めします。
•8ピンEATX12 V電源プラグを必ず接続してください。システムが起動しなくなります。
2-36
•
大量に電力を消費するデバイスを使用する場合は、高出力の電源ユニットの使用をお勧
めします。電源ユニットの能力が不十分だと、システムが不安定になる、またはシステムが
起動できなくなる等の問題が発生する場合があります。
•
システムに最低限必要な電源が分からない場合は、http://support.asus.com/
PowerSupplyCalculator/PSCalculator.aspx?SLanguage=ja-jp の
「電源用ワット数計算機」をご参照ください。
•
2枚以上のハイエンドPCI Express x16カードを使用する場合は、システム安定のため、
1000W以上の電源ユニットをご利用ください。
Chapter 2:ハードウェア
11. システムパネルコネクター(20-8 ピン PANEL)
•
このコネクターはケースに付属する各機能に対応しています。
Chapter 2
システム電源LED(2ピン PLED)
システム電源LED用です。ケース電源LEDケーブルを接続してください。システムの電源
LEDはシステムの電源をオンにすると点灯し、システムがスリープモードに入ると点滅しま
す。
•
HDDアクティビティ LED(2ピン IDE_LED)
HDDActivity LED用です。HDDActivity LEDケーブルを接続してください。IDE LEDはHDDに
データの読み込み、書き込みが行われているときに点灯、点滅します。
•
ビープ(ビープ)スピーカー(4ピン SPEAKER)
ケース取り付けのビープスピーカー用です。スピーカーはその鳴り方でシステムの不具合を
報告し、警告を発します。
•
ATX 電源ボタン/ソフトオフボタン(2ピン PWRSW)
システムの電源ボタン用です。電源ボタンを押すとシステムの電源がオンになります。また
BIOSの設定によってはシステムをスリープモードまたはソフトオフモードにすることができ
ます。システムがオンになっているときに電源スイッチを押すと、システムの電源はオフに
なります。
•
リセットボタン(2ピン RESET)
ケースに付属のリセットボタン用です。システムの電源をオフにせずにシステムを再起動し
ます。
ASUS P7H57D-V EVO
2-37
2.8.4.
ASUS Q-Connector(システムパネル)
ASUS Q-Connector でケースフロントパネルケーブルの取り付け/取り外しが以下の手順で簡単
に行えます。下は取り付け方法です。
1.������������
フロントパネルケーブルを
ASUS Q-Connector に接続します。
���������������������������
向きはQ-Connector 上にある表示を参考にし、
フロントパネルケーブルの表示と一致するよう
に接続してください。
ケーブル先端コネクター部分の表記は、
ケースの製造元により異なります。
IDE_LED+
IDE_LED-
PWR
Ground
Chapter 2
Reset
Ground
IDE_LED
R SW
POWE
W
S
RESET
2.�����������������������������
ASUS Q-Connector をシステムパネルコネクタ
ーに取り付けます。マザーボードの表示と一致
するように取り付けてください。
3.
2-38
フロントパネル機能が有効になりました。右は
���
Q-connector を取り付けた写真です。
Chapter 2:ハードウェア
2.9
1.
オンボードLED
スタンバイ電源LED
Chapter 2
本マザーボードにはスタンバイ電源LEDが搭載されており、電力が供給されている間は緑
のLEDが点灯します(スリープモード、ソフトオフモードも含む)。マザーボードに各パーツ
の取り付け・取り外しを行う際は、システムをOFFにし、電源ケーブルを抜いてください。下
のイラストは、オンボードLEDの場所を示しています。
2.
POST State LED
POST State LEDはシステム起動中に、キーコンポーネント(CPU、DRAM、ビデオカード、
HDD)を順番にチェックします。エラーが見つかると、エラーが見つかったデバイスのLEDが
点灯し、問題が解決するまで点灯し続けます。数秒でエラーを検出する便利な機能です。
POST State LED����������������������������
はBIOSで無効にすることができます。詳細はセクション「3.8.2 起動設定」をご
参照ください。
ASUS P7H57D-V EVO
2-39
2.10
初めて起動する
Chapter 2
1.
すべての接続が終了したら、システムケースのカバーを元に戻してください。
2.
すべてのスイッチをオフにしてください。
3.
電源コードをケース背面の電源コネクターに接続します。
4.
電源コードをコンセントに接続します。
5.
以下の順番でデバイスの電源をオンにします。
a.
モニター
b.
外部デバイス類(ディジーチェインの最後のデバイスから)
c.
システム電源
6.
システムの電源をオンにすると、システム前面パネルケースのシステム電源LEDが点灯しま
す。ATX電源装置を搭載したシステムの場合、ATX電源ボタンを押すとシステムLEDが点灯
します。モニターが「グリーン」規格に準拠している場合や、電源スタンバイ機能を搭載して
いる場合、システムの電源をオンにすると、モニターのLEDが点灯もしくはオレンジからグ
リーンに切り替わります。
次にシステムは、起動時の自己診断テスト(POST)を実行します。テストを実行している間、
BIOSがビープ音を出すか、スクリーンにメッセージが表示されます。電源をオンにしてから
30秒以内に何も表示されない場合は、電源オンテストの失敗です。ジャンパー設定と接続
を確認してください。問題が解決されない場合は、販売店にお問い合わせください。
7.
BIOS ビープ
短いビープ1回
説明
VGA検出
BIOSの「Quick Boot」設定が [Disabled] の時
キーボード未検出
長いビープ1回+短いビープ2回、
数秒後同じパターンで繰り返し
長いビープ1回+短いビープ3回
メモリー未検出時
長いビープ1回+短いビープ4回
ハードウェアモニタリング エラー
VGA 未検出時
電源をオンにした直後に、<Delete>キーを押すとBIOS設定に入ります。Chapter 3の指示
に従ってください。
2.11
コンピューターをオフにする
システムがオンになっている間、電源スイッチを押してから4秒以内に離すとシステムはBIOS設
定によりスリープモードまたはソフトオフモードに入ります。電源スイッチを4秒以上押すと、
BIOS設定には関わらず、システムはソフトオフモードに入ります。
(詳細:Chapter3「3.7 電源メニュー」参照)
2-40
Chapter 2:ハードウェア
Chapter 3
Chapter 3:
3.1
BIOS Setup
BIOSとは
BIOS(Basic Input and Output System)はマザーボードCMOS内にあり、BIOSには記憶装置の構
成やオーバークロック設定、電源管理、起動デバイス等、システム起動に必要なシステムのハード
ウェア設定が保存されています。通常、BIOSの初期設定値はほとんどの環境で、最適なパフォーマ
ンスを実現できるように設定されています。以下の状況以外では、初期設定値のままで使用するこ
とをお勧めします。
•
システム起動中にエラーメッセージが表示され、BIOS Setup を起動するように指示があった
場合
•
BIOS設定を必要とするコンポーネントをシステムに取り付けた場合
不適切なBIOS設定を行うと、システムが起動しない、または不安定になるといった症状が出る
ことがあります。BIOS設定を変更する際は、専門知識を持った技術者等のアドバイスを受けるこ
とを強くお勧めします。
3.2
BIOSを更新する
ASUSのWeb サイトでは、システムの安定性や互換性、パフォーマンスを向上させるため、最新
バージョンのBIOSを公開しておりますが、BIOS更新には常にリスクが伴います。現在ご使用の
BIOSバージョンで問題がない場合は、更新の必要はありません。不適切なBIOS更新はシステム起
動エラーの原因となります。BIOS更新が必要な場合のみ、以下の手順に従い慎重に更新作業を行
ってください。
本マザーボード用の最新バージョンのBIOSファイルは、ASUS Web サイトからダウンロード可
能です。
(http://www.asus.co.jp)
1.
ASUS Update:Windows® 環境でBIOSを更新
2.
ASUS EZ Flash 2:USBフラッシュメモリーを使用してBIOSを更新
3.
ASUS CrashFree BIOS 3:BIOSファイルの破損/エラー発生時に、マザーボードサポート
DVDまたはBIOSを保存したUSBフラッシュメモリーを使用してBIOSを更新
4.
ASUS BIOS Updater:DOS環境でマザーボードサポートDVDとUSBフラッシュメモリーを
使用してBIOSファイルの更新とバックアップを実行
Chapter 3
次の各ユーティリティで本マザーボードのBIOS更新が可能です。
各ユーティリティの詳細については、本項以降の説明をご参照ください。
いつでもBIOSを復旧できるよう、オリジナルのマザーボードBIOSファイルをUSBフラッシュメ
モリーにコピーしておいてください。BIOSのコピーにはASUS Update をご使用ください。
ASUS P7H57D-V EVO
3-1
3.2.1
ASUS Update
ASUS Update は、Windows® 環境でマザーボードのBIOSの管理、保存、更新が可能です。以下の
ような機能が特長です。
•
現在使用中のBIOSファイルを保存
•
最新バージョンのBIOSファイルをダウンロード(インターネット使用)
•
予めダウンロードしたBIOSファイルへの更新
•
インターネットから直接BIOSを更新
•
BIOSのバージョン情報を参照
本ユーティリティはマザーボードに同梱のサポートDVDに収録されています。
ASUS Update を使用するには、インターネットアクセスが必要です。
ASUS Update をインストールする
手順
1.
サポートDVDを光学ドライブにセットします。
2.
メインメニューからUtilities タブをクリックし、
「Install ASUS Update VX.XX.XX」をクリック
します。
3.
ASUS Update がシステムにコピーされます。
本ユーティリティでBIOS更新を行う場合は、Windows® アプリケーションを全て閉じてから行っ
てください。
インターネットからBIOSを更新する
Chapter 3
手順
1.
3-2
Windows® デスクトップから、
「スタート」
→「プログラム」→「ASUS」→
「ASUSUpdate」→「ASUSUpdate」の順
にクリックします。続いてASUS Update
のメイン画面が表示されます。
2.��������������
ドロップダウンメニューから、
「Update BIOS from the internet」を選
択し、
「Next」をクリックします。
Chapter 3: BIOS Setup
3.
最寄りの ASUS FTPサイトを選択する
か、
「Auto Select」をクリックし、
「Next」をクリックします。
4.��������������������
ダウンロードするBIOSバージョンを選択
し、
「Next」をクリックします。
5.������������������������
画面の指示に従って、更新プロセスを完了します。
ASUS Update ユーティリティをインターネットから最新版に更新することができます。すべての
機能を利用できるよう、常に最新版をご使用ください。
BIOSファイルからBIOSを更新する
手順
2.
3.���������������������
OpenダイアログからBIOSファイルを探
Windows® デスクトップから、
「スター
し、
「Open」をクリックします。
ト」→「プログラム」→「ASUS」→
「ASUSUpdate」→「ASUSUpdate」
4.������������������
画面の指示に従い、更新プロセスを完了
の順にクリックします。続いてASUS
します。
Update のメイン画面が表示されます。
ドロップダウンメニューから
「Update BIOS from a file」を選択し、
「Next」をクリックします。
Chapter 3
1.
P7H57DVE.ROM
P7H57DVE
BIOS更新後はシステムの互換性/安
定性の観点から、必ずBIOSの初期設
定値をロードしてください。ロードの
際は、終了メニューの「Load Setup
Defaults」を選択します。詳細は本マ
ニュアル「3.10 終了メニュー」をご参
照ください。
ASUS P7H57D-V EVO
3-3
3.2.2
ASUS EZ Flash 2
ASUS EZ Flash 2 は起動フロッピーディスクやOSベースのユーティリティを使うことなく、BIOS更
新を行います。EZ Flash 2 はBIOSチップに内蔵されていますので、POSTの段階で <Alt + F2> キ
ーを押すだけで起動することができます。
このユーティリティでBIOS更新を行う前に、ASUSのWeb サイト(http://www.asus.co.jp)から
最新バージョンのBIOSをダウンロードしてください。
Flash 2 を使用してBIOSを更新する
1.
最新バージョンのBIOSファイルを保存したUSBフラッシュメモリーをシステムにセットし、以
下のいずれかの方法でEZ Flash 2 を起動します。
•
POST 中に <Alt> + <F2> を押し、次のような画面を表示させます。
•
BIOS セットアッププログラムで、Tools メニューに進み EZ Flash2 を選択して
<Enter> を押します。
ASUSTek EZ Flash 2 BIOS ROM Utility V4.10
FLASH TYPE: MXIC 25L1605A
Current ROM
BOARD: P7H57D-V EVO
VER: 0115
DATE: 11/02/2009
Update ROM
BOARD: Unknown
VER: Unknown
DATE: Unknown
PATH: A:\
A:
Chapter 3
Note
[Enter] Select or Load
[Up/Down/Home/End] Move
2.
[Tab] Switch
[B] Backup
[V] Drive Info
[Esc] Exit
<Tab> を押してドライブを切り替え、BIOSファイルを保存したドライブを指定します。
BIOSファイルが検出されると EZ Flash 2 はBIOSを更新します。更新が終了するとシステム
は自動的に再起動します。
•
USBフラッシュメモリー等のFAT 32/16 フォーマットでシングルパーティションのデバイス
をサポートします。
•
BIOS更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。システム起動
エラーの原因となります。
BIOS更新後はシステムの互換性/安定性の観点から、必ずBIOSの初期設定値をロードしてくだ
さい。ロードの際は、終了メニューの「Load Setup Defaults」を選択します。詳細は本マニュアル
「3.10 終了メニュー」をご参照ください。
3-4
Chapter 3: BIOS Setup
3.2.3
ASUS CrashFree BIOS 3
本ユーティリティはBIOS自動復旧ツールで、BIOSファイルが破損した場合やエラーが発生した場
合でも、更新作業中にBIOSを復旧することができます。更新したBIOSファイルを保存したUSBフラ
ッシュメモリーまたはマザーボードサポートDVDを使用して、破損したBIOSを更新できます。
マザーボードサポートDVDに収録のBIOSファイルは最新バージョンではない場合がありま
す。新しいBIOSファイルを使用する場合は、弊社のWeb サイトからファイルをダウンロードし、
USBフラッシュメモリーにコピーしてください。
(http://www.asus.co.jp)
BIOSを復旧する
手順
1.
システムをONにします。
2.
BIOSファイルを保存したUSBフラッシュメモリー、またはサポートDVDをシステムにセット
します。
3.
BIOSファイルを保存したデバイスの検出が始まります。検出されると、BIOSファイルを読み
込み、破損したBIOSファイルを更新します。
4.
更新が終了したら、システムをOFFにし、システムをONにします。
5.
BIOS更新後はシステムの互換性/安定性の観点から、<F2>を押して必ずBIOSの初期設定
値をロードしてください。
Chapter 3
BIOS更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。システム起動エラー
の原因となります。
ASUS P7H57D-V EVO
3-5
3.2.4
ASUS BIOS Updater
ASUS BIOS Updater は、DOS環境でBIOSファイルを更新するツールです。また、使用中のBIOSファ
イルのコピーも可能ですので、BIOS更新中にBIOSが作動しなくなったときやBIOSファイルが破損
したとき用のバックアップファイルとしても利用可能です。
本マニュアルに記載のBIOS画面は参考用です。実際のものとは異なる場合があります。ご了承
ください。
BIOS更新の前に
1.
マザーボードサポートDVDとFAT32/16 フォーマットでシングルパーティションのUSBフラ
ッシュドライブを手元に準備します。
2.
最新のBIOSファイルとBIOS Updater をASUSのWeb サイトからダウンロードし、USBフラッ
シュドライブに保存します。
(http://www.asus.co.jp)
3.
•
DOS環境ではNTFSはサポートしません。BIOSファイルとBIOS Updater を NTFSフォーマッ
トのハードディスクドライブまたはUSBフラッシュドライブに保存しないでください。
•
容量が足りないため、BIOSファイルをフロッピーディスクに保存しないでください。
コンピューターをOFFにし、全てのSATAハードディスクドライブを取り外します。
(この作業
は必須ではありませんが手順簡略化のため推奨します)
DOS環境でシステムを起動する
最新のBIOSファイルとBIOS Updater を保存したUSBフラッシュドライブをUSBポートに接
続します。
2.
コンピューターを起動します。ASUS Logo が表示されている間に <F8> を押します。続いて
BIOS Boot Device Select Menu を表示されたら、サポートDVDを光学ドライブに入れ、光
学ドライブを1番目に起動するデバイスに設定します。
Chapter 3
1.
Please select boot device:
SATA:XXXXXXXXXXXXXXXX
CDROM:XXXXXXXXXXXXXXX
USB:XXXXXXXXXXXXXXXXX
Network:XXXXXXXXXXXXX
↑ and ↓ to move selection
ENTER to select boot device
ESC to boot using defaults
3. Make Disk メニューが表示されたら、項目の番号を押し「FreeDOS command prompt」の
項目を選択します。
4.
FreeDOSプロンプトで「d:」
と入力し、<Enter> を押してドライブをDrive C(光学ドライブ)
からDrive D(USBフラッシュドライブ)に切り替えます。
Welcome to FreeDOS (http://www.freedos.org)!
C:\>d:
D:\>
3-6
Chapter 3: BIOS Setup
使用中のBIOSファイルをバックアップする
手順
USBフラッシュドライブに書き込み保護がされていないこと、十分な空き容量があることをご確
認ください。
1.
FreeDOSプロンプトで、
「bupdater /o[filename]」入力し、<Enter>を押します。
D:\>bupdater /oOLDBIOS1.rom
ファイル名
拡張子
[filename] はファイル名で、自由に決めることができます。ファイル名は8文字以下の英数
字で、拡張子は3文字以下の英数字で入力します。
2.
BIOS Updater のバックアップ画面が表示され、バックアップ作業の進行状況が表示されま
す。BIOSのバックアップが完了したら、任意キーを押してDOSプロンプトに戻ります。
ASUSTek BIOS Updater for DOS V1.00b [09/06/22]
FLASH TYPE: MXIC 25L1605A
Current ROM
BOARD: P7H57D-V EVO
VER: 0115
DATE: 11/02/2009
Update ROM
BOARD: Unknown
VER: Unknown
DATE: Unknown
PATH: A:\
Chapter 3
BIOS backup is done! Press any key to continue.
Note
Saving BIOS:
ASUS P7H57D-V EVO
3-7
BIOSファイルを更新する
手順
1.
FreeDOSプロンプトで、
「bupdater /pc /g」
と入力し、<Enter>を押します。
D:\>bupdater /pc /g
2.
次のようなBIOS Updater 画面が表示されます。
ASUSTek BIOS Updater for DOS V1.00b [09/06/22]
FLASH TYPE: MXIC 25L1605A
Current ROM
BOARD: P7H57D-V EVO
VER: 0115
DATE: 11/02/2009
Update ROM
BOARD: Unknown
VER: Unknown
DATE: Unknown
PATH: A:\
P7H57D.ROM
A:
2097152 2009-08-06 17:30:48
Note
[Enter] Select or Load
[Up/Down/Home/End] Move
3.
[Tab] Switch
[B] Backup
[V] Drive Info
[Esc] Exit
<Tab> キーで画面を切り替え、<Up/Down/Home/End> キーでBIOSファイルを選択した
ら、<Enter>を押します。BIOS Updater は選択したBIOSファイルをチェックし、次のような確
認画面が表示されます。
Chapter 3
Are you sure to update BIOS?
Yes
4.
No
BIOS更新を実行するには「Yes」を選択し<Enter>を押します。BIOS更新が完了したら
<ESC>を押してBIOS Updater を閉じます。続いてコンピューターを再起動します。
BIOS更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。システム起動エラー
の原因となります。
•
BIOS Updater バージョン1.04 以降では、BIOS更新が終了すると、DOS環境は自動的に閉
じます。
•��������������������������������������������
システムの互換性/安定性の観点から、BIOS����������������������
更新後は必ずBIOSの初期設定値をロードして
ください。ロードはBIOSメニューの「Exit」の「Load Setup Defaults」の項目で実行します。
詳細はマザーボードユーザーマニュアルのBIOSに関連する記載をご参照ください。
•
3-8
SATAハードディスクドライブを取り外した場合は、BIOSファイル更新後に全てのSATAハー
ドディスクドライブを接続してください。
Chapter 3: BIOS Setup
3.3
BIOS Setup プログラム
BIOS Setup プログラムは、BIOS項目を変更するためのもので、コンピューターを起動するときに
実行することができます。起動時の自己診断テスト(POST)の間に<Del>キーを押すとBIOS Setup
プログラムが起動します。
POST終了後にBIOS Setupプログラムを実行する場合は、<Ctrl+Alt+Delete>を押しシステムを
再起動し、POSTの段階で上記のように<Del>キーを押すか、ケースのリセットボタンを押してシ
ステムを再起動します。また、システムをOFFにし、それからまたONにすることによって再起動す
ることもできます。ただし、この方法は最初の2つの方法が失敗した場合の最後の手段として行
ってください。
BIOS Setupプログラムの使用方法は簡単です。メニュー画面から、ナビゲーションキーで各サブ
メニューをスクロールし、利用可能なオプションから設定を選択することができます。
本書に掲載したBIOS画面は参考用で、実際に表示される内容と異なる場合があります。
•
BIOS設定を変更した後にシステムが不安定になった場合は、初期設定値をロードしてくだ
さい。���������������
ロードの際は、終了メニューの「Load Setup Defaults」を選択します。詳細は本マニ
ュアル「3.10 終了メニュー」をご参照ください。
•
BIOS設定を変更した後にシステムが起動しなくなった場合は、CMOSのクリアを行い、マ
ザーボードをリセットしてください。詳細はセクション「2.7.1 バックパネルコネクター」をご
参照ください。
BIOSメニュー画面
メニューバー
メニュー
Main
Ai Tweaker
構成フィールド
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
System Time
System Date
Language
[13:51:25]
[Wed 11/04/2009]
[English]
SATA1
SATA2
SATA3
SATA4
SATA5
SATA6
[HDT722516DLA380]
[Not Detected]
[ATAPI DVD DH1]
[Not Detected]
[Not Detected]
[Not Detected]
Storage Configuration
System Information
ヘルプ
Tools
Exit
Use [ENTER], [TAB]
or [SHIFT-TAB] to
select a field.
Use [+] or [-] to
configure system Date.
←→
↑↓
+Tab
F1
F10
ESC
Chapter 3
3.3.1
•
Select Screen
Select Item
Change Field
Select Field
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
サブメニュー
3.3.2
ナビゲーションキー
メニューバー
画面上部のメニューバーには、次の表示されます。
Main
Ai Tweaker
Advanced
Power
Boot
Tools
Exit
基本システム設定を変更
オーバークロック設定を変更
拡張システム設定を変更
拡張電源管理(APM/ACPI)設定を変更
システム起動設定を変更
特別な機能の設定オプション
終了オプションを選択/初期設定値をロード
ASUS P7H57D-V EVO
3-9
3.3.3
ナビゲーションキー
BIOSメニュー画面の右下には、メニュー内で操作を行うためのナビゲーションキーの説明が表示
されます。ナビゲーションキーを使用してメニューの項目を選択し、設定を変更します。
掲載したナビゲーションキーは参考用です。実際に表示される内容と異なる場合があります。
3.3.4
メニュー
メニューバーをハイライト表示すると、そのメニューの設定項目が表示されます。例えば、メイン
を選択するとメインのメニューが表示されます。
メニューバーの他の項目
(Ai Tweaker, Advanced、Power、Boot、Tools, Exit)には、それぞれのメニューがあります。
3.3.5
サブメニュー
サブメニューが含まれる項目の前には、黒い三角形が付いています。サブメニューを表示するため
には、項目を選択し <Enter> を押します。
3.3.6
構成フィールド
構成フィールドには設定された値が表示されています。設定の変更が可能な項目は、フィールド
の値を変更することができます。ユーザーによる変更が可能でない項目は、選択することができ
ません。
各値はカッコで囲まれており、選択するとハイライト表示されます。フィールドの値を変更するに
は、選択し <Enter> を押してオプションのリストを表示させます。詳細は「3.3.7 ポップアップウィ
ンドウ」をご参照ください。
Chapter 3
3.3.7
ポップアップウィンドウ
項目を選択し <Enter> を押すと、設定可能なオ
プションと共にポップアップウィンドウが表示さ
れます。
3.3.8
Advanced
Power
Suspend Mode
ACPI Version Features
ACPI APIC support
BIOS SETUP UTILITY
Boot
Tools
Exit
[Auto]
[Disabled]
[Enabled]
Disabled
Enabled
APM Configuration
Hardware Monitor
スクロールバー
設定項目が画面に収まりきらない場合は、スク
ロールバーがメニュー画面の右側に表示されま
す。上/下矢印キー、または <Page Up>/<Page
Down> キーで、スクロールすることができます。
3.3.9
Main
Use [ENTER], [TAB] or
[SHIFT-TAB] to select
a field.
Use [+] or [-] to
configure system Time.
←→
↑↓
+-
Tab
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Change Field
Select Field
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
スクロールバー
ポップアップウィンドウ
ヘルプ
メニュー画面の右上には、選択した項目の簡単な説明が表示されます。
3-10
Chapter 3: BIOS Setup
3.4
メインメニュー
BIOS Setup プログラムに入ると、メインメニューが表示され、システム情報の概要が表示されま
す。また、各詳細設定も可能です。
メニュー画面の情報および操作方法については、
セクション「3.3.1 BIOSメニュー画面」をご参
照ください。
Main
Ai Tweaker
System Time
System Date
Language
SATA1
SATA2
SATA3
SATA4
SATA5
SATA6
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
[13:51:25]
[Wed 11/04/2009]
[English]
[HDT722516DLA380]
[Not Detected]
[ATAPI DVD DH1]
[Not Detected]
[Not Detected]
[Not Detected]
Storage Configuration
System Information
Tools
Exit
Use [ENTER], [TAB]
or [SHIFT-TAB] to
select a field.
Use [+] or [-] to
configure system Date.
←→
↑↓
+Tab
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Change Field
Select Field
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
3.4.1
SATA 1-6
BIOS Setup を起動する段階で、BIOSは自動的にSATAデバイスを検出します。各SATAデバイスに
は、それぞれサブメニューが表示されます。デバイスを選択し、<Enter>を押すとデバイスの情報
が表示されます。
SATA 1
Device
: Hard Disk
Vendor
: HDT722516DLA380
Size
: 164.7GB
LBA Mode
: Supported
Block Mode
: 16Sectors
PIO Mode
: 4
Async DMA
: MultiWord DMA-2
Ultra DMA
: Ultra DMA-6
SMART Monitoring:Supported
Type [Auto]
LBA/Large Mode [Auto]
Block(Multi-sector Transfer)M
[Auto]
PIO Mode [Auto]
DMA Mode [Auto]
SMART Monitoring [Auto]
32Bit Data Transfer [Enabled]
Chapter 3
BIOS SETUP UTILITY
Main
Select the type
of device connected
to the system.
←→
↑↓
+F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Change Field
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
BIOSは、Device、Vendor、Size、LBA Mode、Block Mode、PIO Mode、Async DMA、Ultra DMA、
SMART Monitoring の各値を自動的に検出します。これらの項目の値は変更することはできませ
ん。また、システムにSATAデバイスが接続されていない場合は「N/A」
と表示されます。
ASUS P7H57D-V EVO
3-11
Type [Auto]
取り付けたデバイスのタイプを選択します。
[Not Installed]
[Auto]
[CDROM]
[ARMD]
デバイスを取り付けていない場合は、この項目を選択します。
適切なデバイスタイプが自動的に選択されます。
CD-ROMドライブを特定して構成する場合、この項目を選択します。
デバイスがZIP、LS-120、MOドライブのいずれかである場合、[ARMD](ATAPI
リムーバブルメディアデバイス)を選択します。
この項目は「SATA1-4」でのみ表示されます。
LBA/Large Mode [Auto]
[Auto]
[Disabled]
自動的にデバイスがLBAモードをサポートしているかどうかを検出し、サポート
している場合はLBAモードが有効になります。
この機能を無効にします。
Block(Multi-Sector Transfer) M [Auto]
[Auto]
[Disabled]
[Auto] に設定すると、デバイスがマルチセクタ転送機能をサポートしていれ
ば、デバイス間のデータ転送をマルチセクタで行います。
[Disabled] に設定すると、デバイス間のデータ転送は1セクタごとに行います。
PIO Mode [Auto]
[Auto] PIO(Programmed input/output)モードを自動的に選択し、これにより
異なるデータ転送速度に対応します。
[0] [1] [2] [3] [4] PIOモードを0、1、2、3、4に設定します。
Chapter 3
DMA Mode [Auto]
DMA(Direct Memory Access)は、ハードウェアとメモリーの間のデータ転送を直接行うため、
CPUへの負荷を抑えます。
DMA モードにはSDMA(single-word DMA)、MDMA(multi-word DMA)、UDMA(Ultra DMA)が
あり、[Auto] に設定すると、DMAモードが自動的に選択されます。
SMART Monitoring [Auto]
[Auto] S.M.A.R.T(Smart Monitoring, Analysis & Reporting Technology)を自動的
に選択します。
[Enabled]S.M.A.R.T 機能を有効にします。
[Disabled]S.M.A.R.T 機能を無効にします。
32Bit Data Transfer [Enabled]
[Enabled]コントローラー��������������������������������
の設定により、ハードディスクからの2つの16bit 読み込みを1
つの32bit ダブルワード転送としてプロセッサーに転送します。これによりデー
タのやり取りの回数が減り、PCI バスがより効果的に使用されます。
[Disabled]この機能を無効にします。
3-12
Chapter 3: BIOS Setup
3.4.2
記憶装置の設定
記憶装置の設定を行います。設定を変更したい項目を選択し <Enter>を押します。
BIOS SETUP UTILITY
Main
Storage Configuration
SATA Configuration
Configure SATA as
[Enhanced]
[IDE]
Hard Disk Write Protect
IDE Detect Time Out (Sec)
[Disabled]
[35]
SATA Configuration [Enhanced]
設定オプション:[Disabled] [Compatible] [Enhanced]
Configure SATA as [IDE]
SATAの設定を行います。
「SATA Configuration」を [Enhanced] または [Compatible] に設
定すると表示されます。
[IDE]
[RAID]
[AHCI]
Serial ATAハードディスクドライブをParallel ATA物理記憶装置として使用する
際に選択します。
SATAハードディスクドライブでRAIDを構築するときに選択します。
Serial ATAハードディスクドライブでAHCI(Advanced Host Controller
Interface)を利用する場合に選択します。AHCI を有効にすると、オンボードス
トレージドライバーによりSerial ATA に関連する詳細機能が有効になります。
これにより、ランダムな負荷に対してドライブ内部でコマンドの順序を最適化
できるようになるため、ストレージのパフォーマンスが向上します。
Hard Disk Write Protect [Disabled]
[Disabled]
ハードディスクのライトプロテクトを有効にします。BIOSからのアクセス
しか行わない場合に使用します。
この機能を無効にします。
Chapter 3
[Enabled]
IDE Detect Time Out (Sec) [35]
ATA/ATAPI デバイスの検出用にタイムアウトを設定します。
設定オプション:[0] [5] [10] [15] [20] [25] [30] [35]
ASUS P7H57D-V EVO
3-13
3.4.3
AHCI Configuration
AHCI の設定を行います。このメニューは「SATA Configuration」メニューの
「Configure SATA as」の項目を[AHCI]にすると表示されます。
BIOS SETUP UTILITY
Main
AHCI Settings
SATA
SATA
SATA
SATA
SATA
SATA
Port1
Port2
Port3
Port4
Port5
Port6
[Not
[Not
[Not
[Not
[Not
[Not
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
Detected]
SATA Port1–6 [XXXX]
SATA������������������
デバイスの自動検出結果を表示します。
SATA Port1–6 [Auto]
[Auto]システムに接続したデバイスのタイプを自動的に選択します。
[Not Installed]
SATAデバイスを接続していないときに選択します。
SMART Monitoring [Enabled]
SMART(Self-Monitoring Analysis & Reporting Technology)機能の設定をします。ハードディ
スクの読み込み/書き込みエラーが発生した場合、POSTの段階で警告メッセージが表示さ
れます。
[Enabled]
[Disabled]
Chapter 3
3.4.4
SMARTモニター機能を有効にします。
SMARTモニター機能を無効にします。
システム情報
システム仕様の概要です。BIOSはCPUの仕様、システムメモリー等の情報を自動的に検出します。
Main
BIOS SETUP UTILITY
BIOS Information
BIOS Version
: 0115
BIOS Build Date : 11/02/09
EC BIOS Version : MBEC-0030
Processor
Type
: Intel(R) Core(TM) i5 CPU 3.33GHz
Speed
: 3333MHz
661 @ System Memory
Usable Size
: 925MB
3-14
Chapter 3: BIOS Setup
3.5
Ai Tweaker ����
メニュー
Ai Tweaker メニューではオーバークロックに関連する設定を行います。
Ai Tweaker メニューで設定値を変更する際はご注意ください。不正な値を設定するとシステム
誤作動の原因となります。
各項目の初期設定値は取り付けたCPUとメモリーによって異なります。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
Configure System Performance Settings
CPU Level UP
[Auto]
------------------------------------------------Ai Overclock Tuner
[Auto]
CPU Ratio Setting
[Auto]
Intel(R) SpeedStep(TM) Tech
[Enabled]
Intel(R) TurboMode Tech
[Enabled]
Xtreme Phase Full Power Mode [Auto]
DRAM Frequency
[Auto]
QPI Frequency
[Auto]
ASUS/3rd Party UI Priority
[ASUS Utility]
OC Tuner
Start auto tuning
[Turbo Profile]
CPU Differential Amplitude
CPU Clock Skew
[Auto]
[Auto]
DRAM Timing Control
Tools
Exit
Press ENTER to run the
utility to Tuner BCLK.
←→
↑↓
+F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Change Option
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
******* Please key in numbers directly! *******
CPU Voltage Mode
[Offset]
Offset Voltage
[Auto]
Current CPU Core Voltage
[ 1.128V]
IMC Voltage
[Auto]
Current IMC Voltage
[ 1.103V]
DRAM Voltage
[Auto]
Current DRAM Voltage
[ 1.506V]
CPU PLL Voltage
[Auto]
Current CPU PLL Voltage
[ 1.793V]
PCH Voltage
[Auto]
Current PCH Voltage
[ 1.046V]
iGPU Voltage
[Auto]
Current iGPU Voltage
[ 1.343V]
***********************************************
Load-Line Calibration
[Auto]
CPU Spread Spectrum
[Auto]
PCIE Spread Spectrum
[Disabled]
←→
↑↓
+F1
F10
ESC
Chapter 3
スクロールすると非表示の部分が表示されます。
Select Screen
Select Item
Change Option
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
3.5.1
CPU Level UP [Auto]
選択したCPUレベルに応じて関連するパラメータが自動的に設定されます。手動で詳細設定
する場合は、レベルを選択後「Ai Overclock Tuner」を [Manual] に設定します。
設定オプション:[Auto] [i5-670-3.46G] [Crazy-3.59G] [Crazy-3.70G]
設定オプションは取り付けたCPUにより異なります。
ASUS P7H57D-V EVO
3-15
3.5.2
Ai Overclock Tuner [Auto]
CPUオーバークロックオプションを選択して、CPU内部周波数を設定することができます。下の設
定オプションから1つ選択します。設定オプション:
Manual
オーバークロックの値を手動で設定します。
Auto
システムに対して最適な設定をロードします。
D.O.C.P
ベースクロックを変更することでDRAM周波数を上げます。
eXtreme Memory Profile(X.M.P.)に対応するメモリーモジュール
を取り付ける場合、この項目を選択してご使用のメモリーモジュー
ルがサポートするプロファイルを選択してください。システムパフ
ォーマンスが向上します。
選択したCPUレベルに応じて、関連するパラメータを自動調節し
ます。
X.M.P.
CPU Level UP
次のサブ項目の設定オプションは取り付けたCPU/メモリーにより異なります。
OC From CPU Level UP [Auto]
「Ai Overclock Tuner」を [Manual] にすると表示され、CPUレベルの選択が可能になります。選択
��
したCPUレベルに応じて、関連するパラメータを自動調節します。
DRAM O.C. Profile [DDR3-1600MHz]
Ai Overclock Tunerを [D.O.C.P.]に設定すると表示され、DRAM O.C.プロファイルを選択すること
が可能です。DRAM周波数、DRAMタイミング、DRAM電圧の設定に様々な値を適用することがで
きます。
設定オプション:������������������������������������������������������������
[DDR3-1600MHz] [DDR3-1800MHz] [DDR3-1866MHz] [DDR3-2000MHz]
[DDR3-2133MHz] [DDR3-2200MHz]
Chapter 3
DRAM周波数(MHz)
1333
1600
1600以上
CPU周波数(GHz)
2.66
自動
D.O.C.P.
D.O.C.P.
2.8
自動
自動
D.O.C.P.
2.93
自動
自動
D.O.C.P.
•
Intel® CPUの仕様より高い周波数のメモリーをご使用の際は、ASUSの独自機能
「DRAM O.C. Profile」でDRAMのオーバークロックが可能です。
•
D.O.C.P機能を適用した後にベースクロック周波数を調節し、より良いパフォーマン
スを実現してください。
eXtreme Memory Profile [High Performance]
Ai Overclock Tunerを[X.M.P.]に設定すると表示されます。ご使用のメモリーモジュールがサポー
トするX.M.P.モードを選択することが可能です。
[Disabled]
[High Performance]
[High Frequency]
メモリープロファイルを選択できません。
メモリーをハイパフォーマンスで動作させます。
メモリーを高周波数で動作させます。
X.M.Pメモリー、1600MHzメモリーを最大限に動作させるため、各メモリーチャンネルに取り付
けるメモリーは1枚にしてください。
3-16
Chapter 3: BIOS Setup
3.5.3
CPU Ratio Setting [Auto]
CPUコアクロックと��������������������������������������
ベースクロック�������������������������������
周波数の倍率を設定します。<+><->キーで数値を調整します。
数値はCPUモデルにより異なります。
3.5.4
[Enabled]
[Disabled]
3.5.5
Intel(R) SpeedStep(TM) Tech [Enabled]
CPUの周波数はOSがコントロールします。
CPUは定格周波数で動作します。
Intel(R) TurboMode Tech [Enabled]
[Enabled]��������������������������������
プロセッサーのコアを特定の条件下で定格よりも高速で動作させます。
[Disabled]
この機能を無効にします。
3.5.6
Xtreme Phase Full Power Mode [Auto]
[Auto]
自動設定を行います。.
[Enabled]��������������������������������������������
Full Power Mode を有効にし、最高のCPUオーバークロックパフォーマンスを
提供します。
次の2項目は「Ai Overclock Tuner」を [Manual]、[D.O.C.P.] または [X.M.P.] [Manual]、
[D.O.C.P.]、[X.M.P.]、[CPU Level UP] にすると表示されます。
3.5.7
BCLK Frequency [XXX]
CPU動作周波数を調節し、システムパフォーマンスを上げます。数値の調節は <+> <-> キー、ま
たは数字キーで直接入力します。設定範囲は 80 〜 500です。
PCIE Frequency [XXX]
Chapter 3
3.5.8
PCI Express 周波数を設定します。数値の調節は
��������������������������������
<+> <-> キー、または数字キーで直接入力しま
す。������������������
設定範囲は�������������
100 〜 200です。
3.5.9
DRAM Frequency [Auto]
DDR3 動作周波数を設定します。設定オプションは
���������
「BCLK Frequency」の項目の設定により異な
ります。
Intel CPUの仕様では、コア周波数 2.66GのCPUがサポートする最大メモリー周波数は
DDR3-1333 です。周波数DDR3-1333以上のメモリーと2.66GのCPUを組み合わせて使用す
る際は、BIOSのDRAM O.C. Profile 機能を有効にしてください。詳細はセクション「3.5.2 Ai
Overclock Tuner」をご参照ください。
DRAM周波数の設定値が高すぎると、システムが不安定になる場合があります。不安定になっ
た場合は、設定を初期設定値に戻してください。
3.5.10
QPI Frequency [Auto]
QPI(QuickPath Interconnect)周波数を調節します。
ASUS P7H57D-V EVO
3-17
3.5.11
ASUS/3rd Party UI Priority [ASUS Utility]
[ASUS Utility]�����������������������������������������������
ASUSユーティリティを優先して使用します(ASUS EPU、TurboV EVO等)。サー
ドパーティのOCユーティリティは機能しなくなる場合があります。
[3rd Party Utility]�����������������������������������������
サードパーティのOCユーティリティを優先して使用します(IXTU、SetFS等)。
ASUSユーティリティは起動できなくなります。
3.5.12
OC Tuner [Turbo Profile]
OC Tuner はDRAMとCPUとの電圧と周波数をオーバークロックします。通常使用する場合や、安定
したパフォーマンスを優先する場合は [Good Performance] または [Better Performance] に設定す
ることをお勧めします。オーバークロック性能を優先する場合は [Turbo Profile] を選択します。
設定オプション:[Good Performance] [Better Performance] [Turbo Profile]
Clarkdale CPUの使用時は、Turbo Profile モードだけが表示されます。他のモードはLynnfield
CPUのみのサポートです。
3.5.13
Start auto tuning
この機能で自動調整を行う場合は <Enter> を押します。約5分後にシステムは再起動し、自動調
整が終わるまで数回再起動します。自動調整が終了するとC-State 機能は無効になります。
3.5.14
DRAM Timing Control
DRAMタイミングコントロール機能を設定します。
次のいくつかの項目の設定オプションは、実際に取り付けたメモリーによって異なります。
1st Information: 7-7-7-20-4-60-8-5-20
値は、以下の項目の設定状態によって変化します:
Chapter 3
DRAM CAS# Latency [Auto]
設定オプション:[Auto] [3 DRAM Clock] [4 DRAM Clock] – [10 DRAM Clock]
[11 DRAM Clock]
DRAM RAS# to CAS# Delay [Auto]
設定オプション:[Auto] [3 DRAM Clock] [4 DRAM Clock] – [14 DRAM Clock]
[15 DRAM Clock]
DRAM RAS# PRE Time [Auto]
設定オプション:[Auto] [3 DRAM Clock] [4 DRAM Clock] – [14 DRAM Clock]
[15 DRAM Clock]
DRAM RAS# ACT Time [Auto]
設定オプション:[Auto] [3 DRAM Clock] [4 DRAM Clock] – [30 DRAM Clock]
[31 DRAM Clock]
DRAM RAS# to RAS# Delay [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clock] – [7 DRAM Clock]
DRAM REF Cycle Time [Auto]
設定オプション:[Auto] [48 DRAM Clock] [60 DRAM Clock] [72 DRAM Clock]
[82 DRAM Clock] [88 DRAM Clock] [90 DRAM Clock] [100 DRAM Clock] [110 DRAM Clock]
[114 DRAM Clock] [118 DRAM Clock] [122 DRAM Clock] [126 DRAM Clock]
[130 DRAM Clock] [134 DRAM Clock] [138 DRAM Clock] [142 DRAM Clock]
[150 DRAM Clock] [160 DRAM Clock] [170 DRAM Clock] [180 DRAM Clock]
[190 DRAM Clock] [200 DRAM Clock]
3-18
Chapter 3: BIOS Setup
DRAM WRITE Recovery Time [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clock] – [18 DRAM Clock]
DRAM READ to PRE Time [Auto]
設定オプション:[Auto] [3 DRAM Clock] – [15 DRAM Clock]
DRAM FOUR ACT WIN Time [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clock] – [63 DRAM Clock]
DRAM Timing Mode [Auto]
設定オプション:[Auto] [1N] [2N]
DRAM WRITE to READ Delay(DR) [Auto]
設定オプション:[Auto] [1 DRAM Clock] – [8 DRAM Clock]
DRAM WRITE to READ Delay(SR) [Auto]
設定オプション:[Auto] [10 DRAM Clock] – [22 DRAM Clock]
DRAM READ to WRITE Delay(S/D) [Auto]
設定オプション:[Auto] [2 DRAM Clock] – [14 DRAM Clock]
DRAM READ to READ Delay(DR) [Auto]
設定オプション:[Auto] [2 DRAM Clock] – [9 DRAM Clock]
DRAM READ to READ Delay(SR) [Auto]
設定オプション:[Auto] [4 DRAM Clock] [6 DRAM Clock]
DRAM WRITE to WRITE Delay(DR) [Auto]
設定オプション:[Auto] [2 DRAM Clock] – [9 DRAM Clock]
DRAM WRITE to WRITE Delay(SR) [Auto]
設定オプション:[Auto] [4 DRAM Clock] [6 DRAM Clock]
CPU Differential Amplitude [Auto]
Chapter 3
3.5.15
AMPの設定を変更することで、ベースクロックのオーバークロック性能が向上する場合があります。
�������������������������������
設定オプション:[Auto] [700mV] [800mV] [900mV] [1000mV]
3.5.16
CPU Clock Skew [Auto]
この項目を調節することで、ベースクロックオーバークロック性能が向上する場合があります。
設定オプション:[Auto] [Normal] [Delay 100ps]–[Delay 1500ps]
次の項目のいくつかは、数字キーまたは<+> と <-> キーで数値を入力します。入力した
ら <Enter> キーを押します。なお、初期設定値に戻す場合は、文字キーで [auto] と入力し
<Enter>キーを押します。
3.5.17
CPU Voltage Mode [Offset]
CPU電圧モードを設定します。サブ項目の内容は「CPU Voltage Mode」の設定により異なります。
設定オプション:[Offset] [Manual]
Offset Voltage [Auto]
「CPU Voltage Mode」を [Offset] にすると表示され、オフセット電圧を設定できます。
設定範囲は0.00625V 〜 0.50000Vで、0.00625V刻みで調節します。
ASUS P7H57D-V EVO
3-19
Offset Sign [-]
Offset Voltage」を [Auto] 以外に設定すると表示されます。
[+]
オフセット電圧を「+」単位で設定します。
[–]
オフセット電圧を「-」単位で設定します。
Fixed Voltage [Auto]
「CPU Voltage Mode」を [Manual] にすると表示され、CPU電圧を設定することができます。
設定範囲は 0.85V 〜 1.7Vで 0.00625V 刻みで調節します。
CPU Vcore 電圧の設定を行う前にCPUの説明書をご参照ください。設定値が高すぎるとCPUの
損傷、低すぎるとシステム不安定の原因となることがあります。
3.5.18
IMC Voltage [Auto]
CPU Integrated Memory Controller の電圧を設定します。
設定範囲は 1.1V 〜 1.9Vで、0.00625V刻みで調節します。
3.5.19
DRAM Voltage [Auto]
DRAM電圧を設定します。
設定範囲は 1.2V 〜 2.5V*で、0.0125V刻みで調節します。
•���������������
この項目の値 [2.5V] はOV_DRAMジャンパーを有効にしたときの値です。無効にした場
合の最高値は [2.0V] です。この項目はXMPメモリーを取り付けると自動的に最適化されま
す。詳細はページ 2-22「2. DRAMオーバーボルテージ設定」をご参照ください。
•�������������������������������������������������
Intel CPUの仕様により、1.65Vを超過する電圧の必要なメモリーを取り付けるとCPUが損
傷することがあります。1.65V 未満の電圧を必要とするメモリーを取り付けることをお勧め
します。
Chapter 3
3.5.20
CPU PLL Voltage [Auto]
CPU PLL 電圧を設定します。
設定範囲は 1.8V 〜 2.2Vで、0.125V刻みで調節します。
3.5.21
PCH Voltage [Auto]
Platform Controller Hub 電圧を設定します。
設定範囲は 1.05V 〜 2.0Vで、0.00625V刻みで調節します。
•�
「IMC Voltage」、
「DRAM Voltage」、
「CPU PLL Voltage」の各項目の数値はリスクの度合
いに応じて色分けして表示されます。詳細は次の表をご参照ください。
•
3-20
電圧を高く設定する場合は、冷却システムを増強することをお勧めします。
Chapter 3: BIOS Setup
ブルー
イエロー
パープル
レッド
IMC Voltage
1.10000V–
1.16875V
1.17500V–
1.22500V
1.23125V–
1.30000V
1.30625V–
1.90000V
DRAM Voltage
1.2000V–
1.5625V
1.5750V–
1.6250V
1.6375V–
1.6875V
1.7000V–
2.0000V
DRAM Voltage (OV
DRAM Enabled)
1.2000V–
1.5625V
1.5750V–
1.6250V
1.6375V–
1.6875V
1.7000V–
2.5000V
CPU PLL Voltage
1.80V–1.8625V
1.8750V–
1.9250V
1.9375V–
1.9875V
2.0000V–
2.2000V
3.5.22
iGPU Voltage [Auto]
オンボードGPUの電圧を設定します。
設定範囲は 0.5V 〜 1.75Vで、0.0125V刻みで調節します。
3.5.23
[Auto]
[Disabled]
[Enabled]
3.5.24
Load-Line Calibration [Auto]
BIOSが自動的に電圧を調節します。
インテルの仕様に従います。
CPU VDroop を抑制します。
CPU Spread Spectrum [Auto]
3.5.25
Chapter 3
[Auto]
自動設定を行います。
[Disabled]�����������������������
ベースクロックオーバークロック性能を上げます。
[Enabled]
EMI を制御します。
PCIE Spread Spectrum [Disabled]
[Auto]
自動設定を行います。
[Disabled]���������������������
PCIE オーバークロック性能を上げます。
[Enabled]
EMI を制御します。
ASUS P7H57D-V EVO
3-21
3.6
拡張メニュー
CPUとその他のシステムデバイスの設定を変更します。
拡張メニューの設定変更は、システムの誤動作の原因となることがあります。十分に注意してく
ださい。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
CPU Configuration
Uncore Configuration
Onboard Devices Configuration
USB Configuration
PCIPnP
Intel VT-d T.Probe
Tools
Exit
Configure CPU.
[Disabled]
[Enabled]
←→
↑↓
Enter
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Go to Sub Screen
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
3.6.1
CPUの設定
BIOSが自動的に検出するCPU関連の情報です。
この画面に表示される項目は、取り付けたCPUにより異なります。
Chapter 3
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Configure advanced CPU settings
Module Version:01.07
Manufacturer:Intel
Brand String:Intel(R) Core(TM) i5 CPU 661
Frequency
:3.33GHz
BCLK Speed :133MHz
Cache L1
:128 KB
Cache L2
:512 KB
Cache L3
:4096 KB
Ratio Status:Unlocked (Min:09, Max:25)
Ratio Actual Value:25
CPUID
:20652
CPU Ratio Setting
C1E Support
Hardware Prefetcher
Adjacent Cache Line Prefetch
Max CPUID Value Limit
Intel(R) Virtualization Tech
[Auto]
[Enabled]
[Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
Sets the ratio between
CPU Core Clock and the
FSB Frequency.
NOTE: If an invalid
ratio is set in CMOS
then actual and
setpoint values may
differ.
NOTE: Please key in
ratio numbers directly
←→
↑↓
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
General Help
Save and Exit
Exit
スクロールすると非表示の部分が表示されます。
CPU TM function
Execute-Disable Bit Capability
Intel(R) HT Technology
Active Processor Cores
A20M
Intel(R) SpeedStep(TM) Tech
Intel(R) TurboMode Tech
Intel(R) C-STATE Tech
C State package limit setting
[Enabled]
[Enabled]
[Enabled]
[All]
[Disabled]
[Enabled]
[Enabled]
[Enabled]
[Auto]
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
3-22
Chapter 3: BIOS Setup
CPU Ratio Setting [Auto]
CPUコアクロックと���������������������������������������
ベースクロック��������������������������������
周波数の倍率を設定します。�������������������
数値の調整は <+> <-> キーで調
節します。設定範囲はCPUモデルにより異なります。
C1E Support [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
C1E サポートを有効にします。Enhanced Halt Sate を有効にするには、この項
目を有効にします。
この機能を無効にします。
Hardware Prefetcher [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
プロセッサーがメモリーからのデータと指示を予めキャッシュに読み出してお
く機能です。この機能を有効にすると、メモリー読み込みの遅延が短縮され
ます。
この機能を無効にします。
Adjacent Cache Line Prefetch [Enabled]
[Enabled]������������������������������������
プロセッサーが、現在リクエストされたキャッシュの行と隣接するキャッシュの
行を読み込みます。
これにより、プロセッサーのリクエストに応じて次のキャッシ
ュの行を即座に読み取ることができるため、キャッシュの遅延が短縮されます。
[Disabled]
プロセッサーは現在リクエストされたキャッシュの行のみを読み込みます。
Max CPUID Value Limit [Disabled]
[Enabled]��������������������������������������
拡張CPUID機能搭載のCPUをサポートしていない場合でも、レガシーOSを起
動させます。
[Disabled]
この機能を無効にします。
Chapter 3
Intel(R) Virtualization Tech [Enabled]
[Enabled]�����
Intel® Virtualization Technology はハードウェアプラットフォームで複数の
OSを別々に、かつ同時に動作させることで、1つのシステムを仮想的に複数の
システムとして動作させます。
[Disabled]
この機能を無効にします。
CPU TM function [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
オーバーヒートしたCPUのクロックを抑えることで冷却を図ります。
この機能を無効にします。
Execute Disable Bit Capability [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
No-Execution Page Protection テクノロジを有効にします。
XD機能フラグが常にゼロ(0)に戻ります。
Intel(R) HT Technology [Enabled]
Intel Hyper-Threading Technology は Hyper-Threading 対応プロセッサーをOS環境で2つの論
理プロセッサーとして動作させることで、OSが同時に2つのスレッドを処理できるようにします。
[Enabled]
有効なコア1つにつき、スレッド2つが有効になります。
[Disabled]
有効なコア1つにつき、スレッド1つのみが有効になります。
ASUS P7H57D-V EVO
3-23
Active Processor Cores [All]
有効にするプロセッサーパッケージのCPUコア数を選択します。
設定オプション:[All] [1] [2]
A20M [Disabled]
[Enabled]
[Disabled]
レガシーOSをAPに対応可能にします。
この機能を無効にします。
Intel(R) SpeedStep(TM) Tech [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
CPUの周波数はOSによりコントロールされます。
CPUは定格周波数で動作します。
Intel(R) TurboMode Tech [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
プロセッサーのコアを特定の条件下で表示された周波数よりも高速で動作さ
せます。
この機能を無効にします。
Intel(R) C-STATE Tech [Enabled]
Intel® C-State Technology はアイドリングモードでCPUの電力をセーブします。
[Enabled]
[Disabled]
この設定はC-State Technology対応CPUを取り付ける場合にのみ有効です。
この機能を無効にします。
C State package limit setting [Auto]
Chapter 3
「Intel(R) C-STATE Tech」を [Enabled]�������������������������������
にするとこの項目が表示されます。���������������
この設定を [Auto] に
し、BIOSに自動的にCPUがサポートするC-State モードを検出させることをお勧めします。
設定オプション:[Auto] [C1] [C3] [C6]
3.6.2
Uncore Configuration
チップセットの詳細設定を行います。
Advanced
BIOS SETUP UTILITY
Uncore Configuration
IMC Type : Clarkdale
Memory Remap Feature [Enabled]
PCI MMIO Allocation: 4GB To 3072MB
CPU Enhanced Debug Function [Auto]
Initate Graphic Adapter [PEG/PCI]
iGPU Graphics Mode Select [Enabled, 32MB]
iGPU Frequency [Auto]
Current iGPU Frequency: 933 MHz
DVMT/FIXED Memory [256MB]
ENABLE: Allow
remapping of
overlapped PCI memory
above the total
physical memory.
DISABLE: Do not allow
remapping of memory.
Memory Remap Feature [Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
3-24
メモリーのリマッピングを行いません。
PCI デバイスに上書きされたシステムメモリーのセグメントを、
トータル物理メ
モリーの上にリマッピングさせます。
Chapter 3: BIOS Setup
CPU Enhanced Debug Function [Auto]
[Auto]
Intel Enhanced Debug 機能をCPUがサポートしている場合、この機能を有効
にします。
[Disabled]�������������������������������
Intel Enhanced
�������������������������
Debug 機能を無効にします。
[Enabled]
Intel Enhanced Debug 機能をサポートします。
Initate Graphic Adapter [PEG/PCI]
起動時に優先するビデオカードコントローラーを選択します。
設定オプション:[iGPU] [PCI/iGPU] [PCI/PEG] [PEG/iiGPU] [PEG/PCI]
iGPU Graphics Mode Select [Enabled, 32MB]
オンボードGPUの有効/無効、オンボードGPUのメモリー容量を選択します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled, 32MB] [Enabled, 64MB] [Enabled, 128MB]
iGPU Frequency [Auto]
オンボードGPUの周波数を設定します。
設定オプション:[Auto] [133 MHz] [167 MHz] – [1467 MHz] [1500 MHz]
DVMT/FIXED Memory [256MB]
グラフィック用として指定したメモリー領域をシステムメモリーに割り当てます。
設定オプション:[128MB] [256MB] [Maximum DVMT]
[Maximum DVMT] オプションは1 GB以上のメモリーモジュールを取り付けると表示されます。
システムメモリー
1GB 〜1.5GB未満
1.5GB 〜 2GB未満
最大グラフィックメモリー
Windows® XP
Windows® Vista™/ 7™
512MB
365MB
768MB
808MB
2GB 〜 3GB未満
1024MB
877MB
3GB 〜 4GB未満
4GB以上
—
—
1389MB
1748MB
ASUS P7H57D-V EVO
Chapter 3
本マザーボードは Intel® DVMT 5.0 Technology をサポートしており、グラフィックスの最大メ
モリーサイズの合計は、システムメモリーの合計とOSにより異なります。詳細は次の表をご参
照ください。
3-25
3.6.3
オンボードデバイス設定構成
Advanced
Onboard Devices Configuration
HDA Controller
Front Panel Type
SPDIF OUT Mode Setting
Realtek LAN
LAN Boot ROM
Onboard 1394 Controller
Marvell(R) 88SE6111 Controller
Serial Port1 Address
Marvell(R) SATA6G Controller
BIOS SETUP UTILITY
[Enabled]
[HD Audio]
[SPDIF]
[Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
[Enabled]
[3F8/IRQ4]
[IDE Mode]
Options
Enabled
Disabled
HDA Controller [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
High Definition Audio Controller��������
を有効にします。
上記のコントローラーを無効にします。
次の3項目は「HDA Controller 」を [Enabled] にすると表示されます。
Front Panel Type [HD Audio]
フロントパネルオーディオコネクター(AAFP)モードを、フロントパネルオーディオモジュー
ルのサポートする規格に従って、レガシーAC‘97 またはHDオーディオに設定します。
[AC97]
フロントパネルオーディオコネクター(AAFP)モードを AC’97にします。
[HD Audio] フロントパネルオーディオコネクター(AAFP)モードをHDオーディオにします。
SPDIF OUT Mode Setting [SPDIF]
HDMI 出力搭載のビデオカードで、SPDIF信号をSPDIF_Out ヘッダーから必要とする場合
は、HDMI オーディオ出力用にこの項目を [HDMI] にします。
Chapter 3
[SPDIF]
[HDMI]
SPDIFオーディオ出力用のオプションです。
HDMIオーディオ出力用のオプションです。
Realtek LAN [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
Realtek LAN Controllerを有効にします。
上記のコントローラーを無効にします。
LAN Boot ROM [Disabled]
上の項目を有効にすると表示されます。
[Enabled] Realtek Gigabit LAN Boot ROMを有効にします。
[Disabled] LAN Boot ROMを無効にします。
Onboard 1394 Controller [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
オンボード IEEE 1394a Controllerを有効にします。
上記のコントローラーを無効にします。
Marvell(R) 88SE6111 Controller [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
3-26
Marvell 88SE6111 Controllerを有効にします。
上記のコントローラーを無効にします。
Chapter 3: BIOS Setup
Serial Port1 Address [3F8/IRQ4]
Serial Port1 ベースアドレスを設定します。�
���������������
設定オプション:[Disabled] [3F8/IRQ4] [2F8/IRQ3] [3E8/IRQ4] [2E8/IRQ3]
Marvell(R) SATA6G Controller [IDE Mode]
Marvell SATA 6.0 Gb/s Controller の動作モードを設定します。
[Disabled]
[IDE Mode]
上記のコントローラーを無効にします。
Serial ATA ハードディスクドライブをParallel ATA�������������
物理記憶デバイスとして使用
する際にこのオプションを選択します。
[AHCI Mode]����������������������������������������������������
Serial ATAハードディスクドライブでAHCI(Advanced Host Controller
Interface)を利用する場合はこの項目を [AHCI] に設定します。AHCI を有効に
すると、オンボードストレージドライバーによりSerial ATAに関連する詳細機能
が有効になります。これにより、ランダムな負荷に対してドライブ内部でコマン
ドの順序を最適化できるようになるため、ストレージのパフォーマンスが向上
します。
3.6.4
USB設定
USB関連の機能を変更することができます。項目を選択し <Enter> を押して設定オプションを表
示させてください。
BIOS SETUP UTILITY
Options
Module Version - 2.24.5-13.4
Disabled
Enabled
USB Devices Enabled:
2 Hubs
USB Functions
Legacy USB Support
BIOS EHCI Hand-Off
[Enabled]
[Auto]
[Enabled]
Onboard USB 3.0 Controller
[Enabled]
Chapter 3
USB Configuration
Advanced
「USB Devices Enabled」の項目には自動検出した値が表示されます。USB デバイスが検出さ
れない場合は「None」
と表示されます。
USB Functions [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
USB Host Controller を有効にします。
上記のコントローラーを無効にします。
次の項目は「�������������������������������������
USB Support��������������������������
」を [Enabled] に設定すると表示されます。
Legacy USB Support [Auto]
[Auto]����������������������������������������
起動時にUSB デバイスを検出します。USB デバイスが検出されると、USBコン
トローラーのレガシーモードが有効になり、検出されないとレガシーUSB のサ
ポートは無効になります。
[Enabled]����������������������������
レガシーOS用にUSBデバイスのサポートを有効にします。
[Disabled]
この機能を無効にします。
ASUS P7H57D-V EVO
3-27
BIOS EHCI Hand-off [Enabled]
[Enabled]������������������������������������
EHCI ハンドオフ機能のないOSでも問題なく動作させることができます。
[Disabled]
この機能を無効にします。
Onboard USB 3.0 Controller [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
3.6.5
USB 3.0 Controller を有効にします。
上記のコントローラーを無効にします。
PCIPnP
PCI/PnP デバイスの設定を変更します。
Advanced
BIOS SETUP UTILITY
Advanced PCI/PnP Settings
WARNING: Setting wrong values in below sections
may cause system to malfunction.
Plug And Play O/S
[No]
Plug And Play O/S [No]
[Yes]
[No]
Chapter 3
3.6.6
[Disabled]
[Enabled]
3.6.7
[Disabled]
[Enabled]
3-28
[Yes] にし、Plug and Play OSをインストールしている場合は、起動に不要な
Plug and Play デバイスは全てOSにより構成されます。
システム内の全てのデバイスはBIOSにより構成されます。
Intel VT-d [Disabled]
「Intel Virtualization Technology for Directed I/O」を無効にします。
「Intel Virtualization Technology for Directed I/O」を有効にします。
T.Probe [Enabled]
T.Probe 機能を無効にします。
T.Probe 機能を有効にします。有効にすると、vCore 電源コンポーネントの温度
を検出し、均一化します。
Chapter 3: BIOS Setup
3.7
������
電源メニュー
ACPI とAPM機能の設定の変更を行います。項目を選択し、<Enter>を押すと設定オプションが表
示されます。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
Suspend Mode
Repost Video on S3 Resume
ACPI 2.0 Support
ACPI APIC Support
EuP Ready
Tools
[Auto]
[No]
[Disabled]
[Enabled]
[Disabled]
Exit
Select the ACPI state
used for System
Suspend.
APM Configuration
Hardware Monitor
←→
↑↓
Enter
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Go to Sub Screen
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
3.7.1
Suspend Mode [Auto]
システムのサスペンドに使用される、ACPI(Advanced Configuration and Power Interface)の状
態を選択します。
[Auto]システムで自動的にACPI サスペンドモードを設定します。
[S1 (POS) only] ACPI サスペンドモードをS1/POS(Power On Suspend)に設定します。
[S3 only]
ACPI サスペンドモードをS3/STR(Suspend To RAM)に設定します。
3.7.2
Repost Video on S3 Resume [No]
Chapter 3
S3/STR レジュームでVGA BIOS POST を呼び出すかを設定します。
[No]������������������������������������
S3/STR レジュームでVGA BIOS POST を呼び出しません。
[Yes]
S3/STR レジュームで VGA BIOS POST を呼び出します。
3.7.3
ACPI 2.0 Support [Disabled]
[Disabled]
ACPI 2.0 基準に適合させるための、ACPI テーブルのリストを拡張しません。
[Enabled]基準に適合させるために、ACPI テーブルのリストを拡張します。
3.7.4
[Disabled]
[Enabled]
3.7.5
ACPI APIC Support [Enabled]
APIC(Advanced Programmable Interrupt Controller)でのACPI(Advanced
Configuration and Power Interface)のサポートを無効にします。
RSDTポインターリストにACPI APICテーブルのポインターが追加されます。
EuP Ready [Disabled]
[Disabled]��������������������������������������������
EuP( Energy Using Products) Ready 機能を無効にします。
[Enabled]
EuPの条件を満すよう、S5 状態時になるとBIOSが特定の電源をOFFにします。
[Enabled] にすると、WOL、WO_USB、オーディオLEDとオンボードLEDの電源
がS5状態でOFFになります。
ASUS P7H57D-V EVO
3-29
3.7.6
������
APMの設定
APM Configuration
BIOS SETUP UTILITY
Power
Restore on AC Power Loss [Power Off]
Power On By RTC Alarm [Disabled]
Power On By External Modems [Disabled]
Power On By PCI Devices [Disabled]
Power On By PCIE Devices [Disabled]
Power On By��������������������������
PS/2 Keyboard [Disabled]
Options
Power Off
Power On
Last State
Restore On AC Power Loss [Power Off]
[Power On]������������������������������
電力が遮断され、その後で通電したときに電源がONになります。
[Power Off]
電力が遮断され、その後で通電したときに電源がOFFになります。
[Last State]������������������������������������
�����������������������������������
電力が遮断され、その後で通電したときに、電源は遮断される直前の状態に戻
ります。
Power On By RTC Alarm [Disabled]
[Disabled]
[Enabled]
RTCによるウェイクアップを行いません。
「RTC Alarm Date (Days) / System Time」が設定可能になり、数値の設定が
可能になります。
Power On By External Modems [Disabled]
[Disabled]�����������������������������������
コンピューターがソフトオフモードになっている状態で、外部モデムが受信し
ても、電源をONにしません。
[Enabled]
コンピューターがソフトオフモードになっている状態で、外部モデムが受信す
ると、コンピューターの電源をONにします。
Chapter 3
コンピューターとアプリケーションが完全に起動するまで、データの送受信はできません。従っ
て、最初の試行では接続を行えません。コンピューターがオフになっている間に外部モデムをオ
フにしてから再びオンにすると、初期ストリングがシステム電源をオンにします。
Power On By PCI Devices [Disabled]
[Disabled]
[Enabled]
PCI デバイスを使用したS5状態からPMEウェイクアップを行いません。
��������������������������������
PCI デバイスを使用したS5状態からPMEウェイクアップを行います。
�����������������������������������
����
この機能
を利用するには、+5V SBリード線で最低1Aを供給するATX電源を必要としま
す。
Power On By PCIE Devices [Disabled]
[Disabled]��������������������������
PCIE デバイスによるウェイクアップを行いません。
[Enabled]PCIE デバイスによるウェイクアップを行います。
Power On By PS/2 Keyboard [Disabled]
[Disabled]�������������������������������������
PS/2 キーボードの特定キーを押して電源をONにする機能��������
を無効にします。
[Enabled]
PS/2 キーボードの特定キーを押して電源をONにします。この機能を利用する
には、+5V SBリード線で最低1Aを供給するATX電源を必要とします。
3-30
Chapter 3: BIOS Setup
3.7.7
ハードウェアモニター
BIOS SETUP UTILITY
Power
Hardware Monitor
CPU Temperature(PECI)
MB Temperature
[35ºC/95ºF]
[34ºC/93ºF]
CPU Fan Speed
CPU Q-Fan Control
[3590RPM]
[Disabled]
Chassis Fan 1 Speed
Chassis Fan 2 Speed
Chassis Q-Fan Control
[N/A]
[N/A]
[Disabled]
Power Fan Speed
[N/A]
CPU
3.3V
5V
12V
[ 1.040V]
[ 3.008V]
[ 4.776V]
[11.648V]
Voltage
Voltage
Voltage
Voltage
CPU Temperature (PECI)
←→
↑↓
Enter
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Go to Sub Screen
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
CPU Temperature(PECI) / MB Temperature �������������
[xxxºC/xxxºF]
オンボードハードウェアモニターはCPU温度とマザーボードの温度を自動的に検出して表示しま
す。なお、[Ignored] にすると表示されなくなります。
CPU Fan Speed [xxxxRPM] or [Ignored] / [N/A]
Chassis Fan 1/2 Speed [xxxxRPM] or [Ignored] / [N/A]
Power Fan Speed [xxxxRPM] or [Ignored] / [N/A]
Chapter 3
オンボードハードウェアモニターはCPUファン、ケースファン、電源ファンのスピードを自動検出
し、RPMで表示します。マザーボードにファンが取り付けられていない場合、このフィールドには
[N/A] と表示されます。
CPU Q-Fan Control [Disabled]
[Disabled]
[Enabled]
CPU Q-Fan 機能を無効にします。
����������
CPU Q-Fan 機能を有効にします。
����������
CPU Fan Profile [Standard]
「CPU Q-Fan Control」を有効にすると表示され、����������������������
CPU Q-Fan のパフォーマンスを設定し
ます。
[Standard]CPUファンをCPU温度に合わせて自動的に調節します。
[Silent]CPUファン速度を最低限に抑え、静音環境を実現します。
[Turbo]
CPUファン速度は最大になります。
[Manual] ファンコントロールパラメータの詳細が可能になります。
次の4項目は「CPU Fan Profile」を [Manual] にすると表示されます。
CPU Upper Temperature [70ºC/158ºF]
CPU温度の上限を設定します。
設定オプション:[40ºC/104ºF] [50ºC/122ºF] [60ºC/140ºF] [70ºC/158ºF] [80ºC/176ºF] [90ºC/194ºF]
ASUS P7H57D-V EVO
3-31
CPU Fan Max. Duty Cycle [100%]
CPUファンの定格回転数に対する動作比率の最大値を設定します。CPU温度が上限に達すると、
CPUファンはこの項目で設定した最大値で回転します。
設定オプション:[20%] [30%] [40%] [50%] [60%] [70%] [80%] [90%] [100%]
CPU Lower Temperature [40ºC/104ºF]
CPU温度の下限を表示します。
CPU Fan Min. Duty Cycle [20%]
CPUファンの定格回転数に対する動作比率の最小値を設定します。CPU温度が40℃未満になると、
CPUファンはこの項目で設定した最小値で回転します。
設定オプション:[00%] [10%] [20%] [30%] [40%] [50%] [60%] [70%] [80%] [90%] [100%]
Chassis Q-Fan Control [Disabled]
[Disabled]
[Enabled]
Chassis Q-Fan 機能��������
を無効にします。
Chassis Q-Fan 機能��������
を有効にします。
Chassis Fan Profile [Standard]
「Chassis Q-Fan Control」�����������������������������������
を有効にすると表示され、�����������������������
Chassis Q-Fan のパフォーマンスを
設定します。
[Standard]ケースファンをケースの温度に合わせて自動的に調節します。
[Silent]���������������������������
ケースファン速度を最低限に抑え、静音環境を実現します。
[Turbo]�����������������
ケースファン速度は最大になります。
CPU Voltage, 3.3V Voltage, 5V Voltage, 12V Voltage
オンボードハードウェアモニターはオンボード電圧レギュレーターを通過する電圧出力を自動検
出します。なお、[Ignored] にするとこの値は検出されなくなります。
Chapter 3
3-32
Chapter 3: BIOS Setup
3.8
ブートメニュー
システムをブートする際のオプションを変更します。<Enter> を押してサブメニューを表示します。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
Tools
Exit
Specifies the Boot Device
Boot Priority sequence.
Boot Settings
Boot Device Priority
A virtual floppy disk
drive (Floppy Drive B:
) may appear when you
set the CD-ROM drive
as the first boot
device.
Boot Settings Configuration
Security
←→
↑↓
Enter
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Go to Sub Screen
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
3.8.1
ブートデバイスの優先順位
BIOS SETUP UTILITY
Boot
Boot Device Priority
1st Boot Device
2nd Boot Device
3rd Boot Device
[Removable Dev.]
[Hard Drive]
[ATAPI CD-ROM]
Chapter 3
1st – xxth Boot Device [Removable Dev.]
ブートさせるデバイスの優先順位を指定します。画面に表示されるデバイスの数は、
ブート可能なデバイスの数です。
設定オプション:�������������������������������������������������������
[Removable Dev.] [Hard Drive] [ATAPI CD-ROM] [Disabled]
•
システム起動中にブートデバイスを選択するには、ASUSロゴが表示されたら<F8> キーを
押します。
•
セーフモードでWindows® OSを起動するには、次のいずれかの操作を行います。
•
ASUSロゴが表示されたら<F5> キーを押します。
•
POSTの後に<F8> キーを押します。
ASUS P7H57D-V EVO
3-33
3.8.2
起動設定
BIOS SETUP UTILITY
Boot
Boot Settings Configuration
Quick Boot Full Screen Logo
AddOn ROM Display Mode
Bootup Num-Lock
Wait For ‘F1’ If Error
Hit ‘DEL’ Message Display
POST State LEDs
[Enabled]
[Enabled]
[Force BIOS]
[On]
[Enabled]
[Enabled]
[Enabled]
Allows BIOS to skip
certain tests while
booting. This will
decrease the time
needed to boot the
system.
Quick Boot [Enabled]
[Disabled]
BIOSは全ての 自己診断テスト(POST)の項目を実行します。
[Enabled]起動中にいくつかのPOST項目をスキップして、システムの起動時間を短縮します。
Full Screen Logo [Enabled]
[Enabled]
フルスクリーンロゴを表示します。
[Disabled]
フルスクリーンロゴを表示しません。
ASUS MyLogo2™ 機能をご利用になる場合は「Full Screen Logo」の項目を [Enabled] に設定
してください。
AddOn ROM Display Mode [Force BIOS]
[Force BIOS]
[Keep Current]
ブートシーケンス中に、サードパーティのROMメッセージを強制的に表示させ
ます。
サードパーティがメッセージを表示するように設定している場合のみ、ブート
シーケンス中にROMメッセージを表示させます。
Chapter 3
Bootup Num-Lock [On]
[Off]
電源をONにしたときの、NumLock 機能をOFFにします。
[On]
電源をONにしたときの、NumLock 機能をONにします。
Wait For ‘F1’ If Error [Enabled]
[Enabled]
エラー発生時に<F1> キーを押すまでシステムを待機させます。
[Disabled]
この機能を無効にします。
Hit ‘DEL’ Message Display [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
POST中に「Press DEL to run Setup(Delete キーでBIOS Setup を表示)」
という
メッセージを表示させます。
この機能を無効にします。
POST State LEDs [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
3-34
デバイスのPOST実行順にオンボードデバイスLEDが点灯します。
この機能を無効にします。
Chapter 3: BIOS Setup
3.8.3
セキュリティ
システムセキュリティ設定の変更。項目を選択し、<Enter> を押すと設定オプションが表示され
ます。
BIOS SETUP UTILITY
Boot
Security Settings
Supervisor Password
User Password
: Not Installed
: Not Installed
Change Supervisor Password
Change User Passward
<Enter> to change
password.
<Enter> again to
disable password.
Change Supervisor Password
管理者パスワードの設定または変更を行います。画面上部に表示されている「Supervisor
Password」は、初期設定値は「Not Installed」になっています。パスワードを設定すると、
「Installed」に変更されます。
管理者パスワードの設定手順
1.
「Change Supervisor Password」を選択し、<Enter>を押します。
2.
「password box」で、6 文字以内の英数字からなるパスワードを入力し、<Enter>を押
します。
3.
パスワードの確認を要求されたら、もう一度パスワードを入力します。
パスワードの設定が完了すると、
「Password Installed」というメッセージが表示されます。
管理者パスワードを変更する場合は、パスワードの設定と同じ手順で行います。
管理者パスワードの消去は、
「Change Supervisor Password」を選択し、<Enter> を押します。
消去すると「Password uninstalled」というメッセージが表示されます。
Chapter 3
管理者パスワードを忘れた場合、CMOSリアルタイムクロック
(RTC)RAMを消去してパスワード
をクリアすることができます。RTC RAMを消去する方法については、
「2.6 ジャンパー」のページ
をご参照ください。
管理者パスワードを設定すると、他のセキュリティ設定を変更するための項目が表示されます。
BIOS SETUP UTILITY
Boot
Security Settings
Supervisor Password
User Password
: Installed
: Installed
Change Supervisor Password
User Access Level
Change User Password
Clear User Password
Password Check
<Enter> to change
password.
<Enter> again to
disabled password.
[Full Access]
[Setup]
User Access Level [Full Access]
BIOS Setup へのアクセスの制限を設定します。
[No Access]
[View Only]
[Limited]
[Full Access]
BIOS Setup へのユーザーのアクセスを拒否します。
アクセスは許可しますが設定の変更はできません。
日時など、限られた設定のみを変更することができます。
全ての項目を表示、変更することができます。
ASUS P7H57D-V EVO
3-35
Change User Password
ユーザーパスワードの設定または変更をします。画面上部に表示されている「User Password」
は初期設定値では「Not Installed」になっています。パスワードを設定すると、
「Installed」に変更
されます。
ユーザーパスワードの設定手順
1.
「Change User Password」を選択し、<Enter>を押します。
2.
「password box」で、6 文字以内の英数字からなるパスワードを入力し、<Enter>を押し
ます。
3.
パスワードの確認を要求されたら、もう一度パスワードを入力します。
パスワードの設定が完了すると、
「Password Installed」
というメッセージが表示されます。
ユーザーパスワードを変更する場合は、設定と同じ手順で行います。
Clear User Password
ユーザーパスワードをクリアします。
Password Check [Setup]
[Setup]������������������������������������������
BIOS はBIOS Setup へのアクセス時に、ユーザーパスワードの入力を要求し
ます。
[Always]��������������������������������������������
BIOS はBIOS Setup へのアクセス時と、システムの起動時に、ユーザーパスワー
ドの入力を要求します。
Chapter 3
3-36
Chapter 3: BIOS Setup
3.9
ツールメニュー
本マザーボードに搭載の特殊機能の設定を行います。項目を選択し、<Enter> を押してサブメニ
ューを表示します。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
Tools
Exit
ASUS O.C. Profile
AI NET 2
ASUS EZ Flash 2
Express Gate Enter OS Timer
Reset User Data
[Auto]
[10 Seconds]
[No]
←→
↑↓
Enter
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Go to Sub Screen
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
3.9.1
ASUS O.C. Profile
複数のBIOS設定を保存/ロードすることができます。
O.C. PROFILE Configuration
O.C.
O.C.
O.C.
O.C.
O.C.
O.C.
O.C.
O.C.
Profile
Profile
Profile
Profile
Profile
Profile
Profile
Profile
1
2
3
4
5
6
7
8
Status
Status
Status
Status
Status
Status
Status
Status
:
:
:
:
:
:
:
:
Not
Not
Not
Not
Not
Not
Not
Not
Installed
Installed
Installed
Installed
Installed
Installed
Installed
Installed
Tools
Typing your profile
name, [0-9][a-z][A-Z]
are acceptable.
Chapter 3
BIOS SETUP UTILITY
Status:
Add Your CMOS Profile.
Name:
Save To:
Load CMOS Profiles.
Load From:
Start O.C. Profile
[Default-Profile]
[Uninstalled]
[Blank]
←→
↑↓
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
Add Your CMOS Profile
現在のBIOSファイルをBIOSフラッシュに保存できます。
「Name」の右のフィールドにファイル
名を入力して<Enter>を押し、
「Save to」の右のフィールドでプロファイルナンバーを選択して、
CMOS設定を保存します。
Load CMOS Profiles
BIOS Flash に保存したBIOS設定をロードすることができます。<Enter> を押してファイルを選択
します。
ASUS P7H57D-V EVO
3-37
Start O.C. Profile
ユーティリティを起動して CMOSを保存、ロードします。<Enter> を押してユーティリティを起動し
ます。
ASUSTek O.C. Profile Utility V2.10
Current CMOS
BOARD: P7H57D-V EVO
VER: 0115
DATE: 11/02/2009
Restore CMOS
BOARD: Unknown
VER: Unknown
DATE: Unknown
PATH: A:\
A:
Note
[Enter] Select or Load
[Up/Down/Home/End] Move
Chapter 3
3.9.2
[Tab] Switch
[B] Backup
[V] Drive Info
[Esc] Exit
•
このツールが利用できるのは、フロッピーディスクまたはFAT 32/16 でフォーマットされた
USBフラッシュメモリーで、シングルパーティションの場合のみです。
•
BIOSの更新中はシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。システム起動
エラーの原因となります。
•
BIOSファイル更新の際は、同一のメモリー/CPU構成でBIOSバージョンが同じBIOSファイ
ルの使用をお勧めします。
•
ロードできるのはCMOファイルのみです。
AI NET 2
BIOS SETUP UTILITY
AI NET 2
Pair Status
Tools
Length
Check Realtek LAN cable
[Disabled]
Check Realtek LAN cable [Disabled]
[Disabled]����������������������������������������
POST中にBIOSによるRealtek LANケーブルのチェックを行いません。
[Enabled]
POST中にBIOSによるRealtek LANケーブルのチェックを行います。
3-38
Chapter 3: BIOS Setup
3.9.3
ASUS EZ Flash 2
ASUS EZ Flash 2 を起動します。<Enter>を押すと、確認メッセージが表示されます。左右矢
印キーを使って [Yes] または [No] を選択し <Enter> を押して選択を決定します。
詳細はセクション「3.2.2 ASUS EZ Flash 2」をご参照ください。
3.9.4
Express Gate [Auto]
ASUS Express Gate 機能を設定します。ASUS Express Gate はブラウザや Skype 等のアプリケー
ションに瞬時にアクセスできる機能です。
設定オプション:[Enabled] [Disabled] [Auto]
Enter OS Timer [10 Seconds]
Express Gate のトップ画面での待機時間を設定します。この時間が経過すると、
Windows OS(または他のOS)が起動します。[Prompt User] を選択すると、ユーザーがアクショ
ンを起こすまで無制限に待機します。
設定オプション:[Prompt User] [1 second] [3 seconds] [5 seconds] [10
������������
seconds]
[15 seconds] [20 seconds] [30 seconds]
Reset User Data [No]
Express Gate のユーザーデータを消去します。
Chapter 3
[Reset]次にExpress Gate を開くときにユーザーデータが消去されますので、各設定
データをBIOSに保存してください。消去されるデータには Express Gate の設
定、ブラウザ上に保存した個人データ(ブックマーク、Cookie、履歴など)が含
まれます。これは不正なデータ設定により、Express Gateを正常に起動できな
くなる問題を防ぐのに有効な手段となります。
[No]Express Gate を開くときにユーザーデータを消去しません。
設定が削除されてからExpress Gate 環境に初めて入ると、設定ウィザードが起動します。
ASUS P7H57D-V EVO
3-39
3.10
終了メニュー
BIOS設定の保存や取り消しのほか、初期設定値の読み込みを行います。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
Exit Options
Exit & Save Changes
Exit & Discard Changes
Discard Changes
Load Setup Defaults
Tools
Exit
Exit system setup
after saving the
changes.
F10 key can be used
for this operation.
←→
↑↓
Enter
F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Go to Sub Screen
General Help
Save and Exit
Exit
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
<Esc> を押してもこのメニューは終了しません。終了メニューからいずれかの項目を選択する
か、<F10> を押して終了します。
Exit & Save Changes
BIOSの設定が終了したら、
「Exit menu」からこのオプションを選択し、設定をCMOS RAM に保存
して終了します。オンボード用のバックアップで搭載されているバッテリーは、コンピューターの
電源がオフになっているときでもBIOSの設定内容を保存します。この項目を選択すると、確認ウィ
ンドウが表示されます。
「OK」を選択すると、変更を保存して終了します。
Chapter 3
設定を保存せずに<ESC>でBIOSメニューを終了しようとすると、終了する前に変更を保存しま
すかと尋ねるメッセージが表示されます。その場合は<Enter> 押して変更を保存します。
Exit & Discard Changes
BIOSメニューで行った設定を保存したくないときに、この項目を選択します。ただし、システムの
日付、システム時間、パスワード以外の設定を変更した場合は、終了する前に確認のメッセージ
が表示されます。
Discard Changes
BIOSメニューで設定した変更を破棄し、以前保存したときの値を復旧します。このオプ
ションを選択した後には、確認のメッセージが表示されます。確認のメッセージの表示
で「OK」を選択すると変更を取り消し、以前保存したときの値がロードされます。
Load Setup Defaults
セットアップメニューのそれぞれの値に、初期設定値をロードします。このオプションを選択する
か、<F5> を押すと確認画面が表示されます。
「OK」を選択して初期設定値をロードします。Exit &
Save Changes を選択するか、他の変更を行ってから設定を保存します。
3-40
Chapter 3: BIOS Setup
Chapter 4
Chapter 4:ソフトウェア
4.1
OSをインストールする
このマザーボードは Windows® XP/ 64-bit XP/ Vista / 64-bit Vista / 7 / 64-bit 7 OSをサポートし
ています。ハードウェアの機能を最大限に活用するために、OSを定期的にアップデートしてくだ
さい。
4.2
•
ここで説明するセットアップ手順は一例です。詳細については、OSのマニュアルをご参照く
ださい。
•
互換性とシステムの安定性のために、
ドライバーをインストールする前に、Windows®
XPは Service Pack 2 以降のサービスパック適用済みのOSであることをご確認ください。
サポートDVD情報
マザーボードに付属のサポートDVDには、マザーボードを利用するために必要なドライバー、ア
プリケーション、ユーティリティが収録されています。
サポートDVDの内容は、予告なしに変更する場合があります。最新のものは、ASUS Webサイト
(www.asus.co.jp)でご確認ください。
4.2.1
������������
サポートDVDを実行する
サポートDVDを光学ドライブに入れます。OSの Autorun 機能が有効になっていれば、
ドライバー
メニューが自動的に表示されます。メニュータブを選択し、インストールする項目を選択してくだ
さい。
ユーティリティメニュー:
マザーボードで使用で
きるアプリケーションや
ユーティリティをインス
トールします。 インストール
する項目を選
択します。
Make disk メニュー:
RAID/AHCI ドライバー
ディスクを作成します。
マニュアルメニュー:
サードパーティ製のコンポー
ネント、または各アプリケーシ
ョンのユーザーマニュアルを
閲覧することができます。
コンタクトイン
フォメーション:
ASUSコンタクトイ
ンフォメーションを
表示します。
サポートDVDと
マザーボード
の情報を表示し
ます。
Chapter 4
ドライバーメニュー:
インストールが可能なドライバーが
表示されます。必要なドライバーを上
から順番にインストールしてご利用
ください。
Autorun が有効になっていない場合は、サポートDVDの BINフォルダからASSETUP.EXE を探して
ください。ASSETUP.EXEをダブルクリックすれば、
ドライバーメニューが表示されます。
ASUS P7H57D-V EVO
4-1
4.2.2
ソフトウェアのユーザーマニュアルを閲覧する
各ソフトウェアのユーザーマニュアルはサポートDVDに収録されています。次の手順に従って、各
マニュアルをご参照ください。
ほとんどのユーザーマニュアルはPDFファイルで収録されています。PDFファイルを開くには、
UtilitiesタブのAdobe® Acrobat® Reader をインストールしてください。
1.
「Manual」タブをクリックし、左の
リストから「ASUS Motherboard
Utility Guide」をクリックします。
2.
サポートDVDの「Manual」フォルダ
が表示されます。��������
選択したマニュア
ルのフォルダをダブルクリックしま
す。
3.
ソフトウェアマニュアルによって
は、複数の言語版が用意されてい
ます。
Chapter 4
本書に記載のスクリーンショットは参照用です。モデルにより異なるため、実際とは異なる場合
があります。ご了承ください。
4-2
Chapter 4: ソフトウェア
4.3
ソフトウェア情報
サポート����������������������������������������
DVD�������������������������������������
のほとんどのアプリケーションはウィザードを使って簡単にインストールすること
ができます。詳細はオンラインヘルプまたはアプリケーションのReadmeファイルをご参照くだ
さい。 4.3.1
ASUS PC Probe II
PC Probe II は、重要なコンピューターのコンポーネントを監視し、問題が検出されると警告する
ユーティリティです。ファン回転数、CPU温度、システム電圧を中心に監視します。PC Probe II はソ
フトウェアベースなので、コンピューターに電源を入れた時から監視を開始します。このユーティ
リティで、コンピューターをいつでも正常に動作させることができます。
PC Probe II を起動する
1.
マザーボードサポートDVDからPC Probe II をインストールします。
2.
「スタート」→「プログラム」→「ASUS」→「PC Probe II」→「PC Probe II v1.xx.xx」の順にクリ
ックすると、PC Probe II のメイン画面が表示されます。
3.
アプリケーションを起動すると、PC Probe II アイコンが Windows® タスクバーに表示されま
す。アイコンをクリックすることで、アプリケーションを起動・終了できます。
PC Probe II メイン画面
ボタン
機能
設定画面を開く
レポート画面を開く
Desktop Management Interface 画面を開く
Peripheral Component Interconnect 画面を開く
Windows Management Instrumentation 画面を開く
Chapter 4
HDD、メモリー、CPU 使用率画面を開く
Preference 画面を表示/非表示
アプリケーションを最小化
アプリケーションを閉じる
ソフトウェアについての詳細は、サポートDVDに収録のユーザーマニュアルをご参照ください。
ユーザーマニュアルはASUSのWeb サイトでも公開しております。
(http://www.asus.co.jp)
ASUS P7H57D-V EVO
4-3
4.3.2
ASUS AI Suite
ASUS AI Suite はASUS提供の各ユーティリティを簡単に起動することができます。
AI Suite を起動する
1.
マザーボードサポートDVDからAI Suite をインストールします。
2.
「スタート」→「すべてのプログラム」→「ASUS」→「AI Suite」→「AI Suite v1.xx.xx」の順にク
リックすると、AI Suite のメイン画面が表示されます。
3.��������������
AI Suite アイコン�
がシステムトレイに表示されます。
������������������������������
アプリケーションが最小化表示
されているときにこのアイコンをクリックすると、元の大きさの画面で表示されます。
AI Suite を使用する
起動するユーティリティのアイコンをクリックします。なお、Normal アイコンをクリックすると、シス
テムは通常の状態にリセットされます。
クリックすると、左図のようにモニター画面が表示され、
CPU温度やCPUの電圧、ファンスピード、CPU/FSB周
波数を表示
初期設定値にリセット
各ユーティリティ
を起動
Chapter 4
4-4
•
本書に掲載のスクリーンショットは参考用です。実際に表示されるボタンはモデルにより
異なります。
•
ソフトウェアについての詳細は、サポートDVDに収録のユーザーマニュアルをご参照くだ
さい。ユーザーマニュアルはASUSのWeb サイトでも公開しております。
(http://www.asus.co.jp)
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.3
ASUS Fan Xpert
ASUS Fan Xpert は、システムの負荷と環境温度に応じて、効果的にCPUファンとケースファンのス
ピードを調節することができます。オプションから設定を選択することにより、ファンスピードを臨
機応変にコントロールすることができます。
Fan Xpert を起動する
AI Suite をサポートDVDからインストールしたら、Fan
�����������������������
Xpert をダブルクリックします。AI Suite
アイコンをダブルクリックし AI Suite メインウインドウの Fan Xpert ボタン
をクリックし
てください。
Fan Xpert を使用する
Calibration
画面を表示
ファンを選択
プロファイルモード
を選択
設定を保存
現在のCPU温度と、
ファンのスピードを%
で表示
ユーティリティ
をキャンセル
ファンのプロファイル
Disable:Fan Xpert 機能を無効にします。
•
Standard:標準的なファンスピードに設定します。
•
Silent:ファンスピードを最低限に抑え、ノイズの低減を優先させます。
•
Turbo:ファンスピードを最大にし、冷却を優先させます。
•
Intelligent:CPUファンスピードを環境温度に応じて自動調整します。
•
Stable:CPUファンスピードを一定に保ち、スピードの切り替えによるノイズを抑えます。た
だし、温度が70ºCを超えた場合は、ファンのスピードを自動的に加速します。
•
User:プロファイルを一定の制限でユーザー定義します。
ASUS P7H57D-V EVO
Chapter 4
•
4-5
4.3.4
ASUS EPU
ASUS EPUはシステムの電力消費を総合的に制御することができるツールです。コンピューターの
現在の負荷を検出し、電力をリアルタイムで効果的に調節します。各コンポーネントのフェーズを
自動で切り替えることで、システムの強化やオーバークロックに最適の電力を供給します。
モードは以下のとおりです。
•
Turbo モード
•
High Performance ���
モード
•
Medium Power Saving ���
モード
•
Max. Power Saving ���
モード
Auto モード
を選択するとシステムの状態に応じてモードを自動的に選択します。また、各
モードの詳細設定もできます。
EPUを起動する
EPUをマザーボードサポートDVDからインストールした
ら、EPUトレイアイコンをダブルクリックします。
初めて起動すると、右のようにキャリブレーションを行う
かを確認するメッセージが表示されます。
キャリブレーションを行うと、システムは
CPUのプロパティを検出し電源管理の最適
化を行います。
キャリブレーションを行う場合は、
「Run
Calibration」をクリックします。キャリブレ
ーションは数秒で終了し、EPUのメインメニューが表示されます。
EPUメインメニュー
iGPU省電力状態
GPU Boost を使用するには、
GPU Boost ドライバーをサポー
トDVDからインストールする必要
があります。
VGA省電力エンジンが未検出の
場合、次のようなメッセージが表
示されます。
Chapter 4
4-6
•
EPUは、Intel® Clarkdale CPUを使用し、サポートDVD収録のGPU Boost ドライバーをイン
ストールすると、iGPU省電力ソリューションをサポート可能になります。
•
ソフトウェアの詳細はサポートDVDに収録のユーザーマニュアルまたは、弊社サイトをご
参照ください。
(http://www.asus.co.jp)
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.5
ASUS Express Gate
ASUS Express Gate ブラウザやSkype
��������������
、フォトアルバム等のアプリケーションに瞬時にアクセスで
������������������������
きる機能です。コンピューターの電源を入れてからわずか数秒で、Express Gate メニューが開き、
ブラウザやSkype 等のExpress Gate アプリケーションを起動することができます。
ASUS Express Gate ご利用の際の注意点
•
ASUS Express Gate は、マザーボードサポートDVDからインストールしてご使用ください。
なお、Express Gate をコンピューターにインストールする前に、Windows OSをインストー
ルする必要があります。
•
ASUS Express Gate がサポートするのは、IDEモードのSATAデバイスのみです。詳細は本
書のChapter 3 をご参照ください。
•
ASUS Express Gate がサポートするHDDは、マザーボードのチップセットが制御するオン
ボードSATAポートに接続したSATAデバイスのみです。オンボード拡張SATAポートと外部
SATAポートは全てサポート対象外です。オンボードSATAポートの位置はChapter 2 をご
参照ください。
•
ASUS Express Gate がサポートするファイル転送方式は、光学ドライブとUSBドライブから
のアップロード、USBドライブへのダウンロードのみです。
•
ASUS Express Gate はSATA HDD、USB HDD、フラッシュドライブにインストールでき、イン
ストールに必要なディスク領域は1.2GB です。USB HDDまたはフラッシュドライブにイン
ストールする場合は、コンピューターの電源をONにする前に、
ドライブを本マザーボード
のUSBポートに接続してください。
•
ディスプレイは解像度 1024 x 768 をサポートしているものをご使用ください。それ以外の
ものではASUS Express Gate は起動せずに通常のOSが直接起動します。
•
パフォーマンスの観点から、最低 1GBのシステムメモリーの使用をお勧めします。
トップ画面
コンピューターの電源をONにすると、数秒後に Express Gate のトップ画面が表示されます。
アプリケーションアイコンのいずれかを
クリックすると、Express Gate 環境に
入り、選択したアプリケーションが起動
Chapter 4
コンピューターをOFF
クリックするとOSをすぐに起動、
タイマーが「0」になるとOSが起動
•
マザーボードのBIOS Setup を起動する場合は、
トップ画面で「Exit」を押し、POSTで<Del>
キーを押します。
•
ソフトウェアの詳細については、サポートDVDに収録のユーザーマニュアルを参照する
か、Express Gate 環境で表示される
ASUS P7H57D-V EVO
をクリックしてください。
4-7
4.3.6
オーディオ構成
本マザーボードはRealtek® オーディオコーデックの8��������������������
チャンネルオーディオをサポートしており、
またソフトウェアにより、�������������������������������������������
Jack-Sensing 機能、S/PDIF 出力サポート、割り込み機能に対応していま
す。このコーデックはRealtek® 開発のUAJ® (Universal Audio Jack) テクノロジを採用しており、全て
のポートでこのテクノロジをサポートしていますので、ケーブル接続エラーが起こらず、プラグアン
ドプレイ対応で接続が短時間で簡単に行えます。
インストールウィザードに従って、サポートCD/DVDから��������
Realtek® Audio Driver をインストールし
��������
てください。
Realtek オーディオソフトウェアがインストールされると、�����
タスクバー
に��������������������������������������
Realtek HD Audio Manager アイコンが表示されます。
������������
タスクバーのSoundEffect アイコンをダブルクリックすると、
Realtek HD Audio Manager が起動します。
A.
Realtek HD Audio Manager
Realtek HD Audio Manager:Windows
���������������
Vista™
初期設定デバイス設定ボタン
最小化
ボタン
Exit ボタン
デバイス
詳細設定
設定オプション
タブ
コネクター設
定ボタン
アナログ/デジ
タルコネクタ
ーステータス
コントロール 設定
ウィンドウ
インフォメーシ
ョンボタン
B.
Realtek HD Audio Manager:Windows XP
設定オプションタブ
Chapter 4
コントロール 設定
ウィンドウ
Exit ボタン
最小化ボタン
インフォメーション
ボタン
4-8
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.7 ASUS T.Probe
オンボードT.Probe マイクロチップは電源フェーズの負荷と温度をリアルタイムで検出しそのバ
ランスを調節します。この機能により、電源フェーズの機能を最適化し、各コンポーネントを低温
度で動作させることが可能になるため、コンポーネントの寿命を延ばすことに繋がります。電源フ
ェーズの負荷と温度は、付属のT.Probe アプリケーションにより Windows® 環境でモニター可能
です。
ASUS T.Probeをインストールする
手順
1.
サポートDVDを光学ドライブに入れます。Autorun 機能が有効になっていれば、Drivers イ
ンストールタブが表示されます。
2.
「Utilities」タブを選択し、
「ASUS T.Probe」をクリックします。
3.
画面の指示に従って、インストールを実行します。
ASUS T.Probe を使用する前に
ASUS T.Probe ご使用の前に、関連するBIOS設定を行う必要があります。
1.
システム起動中のPOSTの段階で <Del> キーを押し、BIOS Setup を開きます。
2.
「Advanced」メニューから「T.Probe」を選択し、[Enabled]に設定します。
3.
BIOS設定を変更し、コンピューターを再起動します。
BIOS設定に関する詳細は、本書のBIOSに関連する項目をご参照ください。
ASUS T.Probe を使用する
Windows® システムトレイのT.Probe アイコンをクリックし、
T.Probe を起動します。
T.Probe が有効の状態で画面右上の「Power
Saving Mode」を選択すると、4フェーズモードに
切り替わります。電源フェーズの温度は徐々に中央の
AVG(平均値)に近づきます。
Chapter 4
T.Probe を有効にすると、電源フェーズの温度は徐々
に中央のAVG(平均値)に近づきます。
フェーズバーの数は、マザーボードのモデルにより異なります。
ASUS P7H57D-V EVO
4-9
4.3.8
Intel® Extreme Tuning ユーティリティ
Intel® Extreme Tuning Utility(IXTU)はオーバークロック用アシストツールです。IXTUを使用する
には、BIOSの「Ai Tweaker」タブの項目「ASUS/3rd Party UI Priority」を [3rd Party Utility] に設
定し、マザーボードサポートDVDに収録のIXTUをインストールしてください。
ASUSユーティリティ
(ASUS EPU、TurboV EVO等)を使用する場合は、BIOSで「ASUS/3rd Party
UI Priority」を [ASUS Utility] に設定します。
Main
Ai Tweaker
BIOS SETUP UTILITY
Advanced
Power
Boot
Configure System Performance Settings
CPU Level UP
[Auto]
------------------------------------------------Ai Overclock Tuner
[Auto]
CPU Ratio Setting
[Auto]
Intel(R) SpeedStep(TM) Tech
[Enabled]
Intel(R) TurboMode Tech
[Enabled]
Xtreme Phase Full Power Mode [Auto]
DRAM Frequency
[Auto]
QPI Frequency
[Auto]
ASUS/3rd Party UI Priority
[3rd Party Utility
OC Tuner Start auto tuning
DRAM Timing Control
[Turbo Profile]
Tools
Exit
Warning: this function
belongs to overclocking, and it may cause
instability.
Select a CPU level,
and the rest will be
auto-adjusted. If you
want to adjust more,
set Ai Overclock Tuner
to Manual after you
select a CPU level.
←→
↑↓
+F1
F10
ESC
Select Screen
Select Item
Change Option
General Help
Save and Exit
Exit
CPU Differential Amplitude
[Auto]
CPU Clock Skew
[Auto]
v02.61 (C)Copyright 1985-2009, American Megatrends, Inc.
IXTUを起動・使用する
「Start(スタート)」→「All Programs(すべてのプログラム)」→「Intel」→「Intel(R) Extreme
Tuning Utility」→「Intel(R) Extreme Tuning Utility」の順にクリックします。続いてIXTUメイン
画面が表示されますので、画面上の指示に従って、オーバークロックの設定と調節を行ってくだ
さい。
機能タブ
Chapter 4
ショートカットと
その説明
4-10
Chapter 4: ソフトウェア
4.4
����������������������
ASUSだけのオーバークロックユーティリティ
—TurboV EVO —
ASUS TurboV EVOのTurboV、CPU Level UP、Turbo Key—この3つのツールを使用すれば、シス
テムを効果的にオーバークロックできます。ASUS TurboV EVOは付属のサポートDVDからインス
トールできます。
TurboV EVOがインストールされると、システムトレイにTurboV EVOアイコン
が表示されます。アイコンをクリックすると、TurboV EVOコントロールパネル
が表示されます。
4.4.1
•
ソフトウェアの詳細はサポートDVDに収録のユーザーマニュアルまたは、弊社サイトをご
参照ください。
(http://www.asus.co.jp)
•
TurboV EVOが有効になっているときは、ASUS EPUは自動的にHigh Performance モード
になります。
ASUS TurboVを使用する
ASUS TurboVは、ベースクロック周波数、CPU電圧、IMC電圧、DRAM バス電圧、iGPU電圧/周波数
����������
をWindows® 環境でオーバークロックできるツールです。
�����������������������������������
���������������
設定変更はすぐに適用されます。
CPU電圧の調節�������������������������������������
を行う前にCPUの説明書をご参照ください。設定値が高すぎるとCPUの損傷、
低すぎるとシステム不安定の原因となることがあります。�.
システム安定のため、ASUS TurboV(Auto Tuning を除く)で行った設定変更はBIOSには保存さ
れず、次回起動する際にも適用されません。設定変更後のオーバークロック設定を保存するに
は、
「Save Profile」機能で設定をプロファイルとして保存し、Windows が起動したら、そのプロフ
ァイルを手動でロードしてください。
Easy モード
Manual モード
プロファイルをロード
Auto Tuning モード
現在の設定を新しいプロ
ファイルとして保存
目標値
スタートアップ値
電圧調節バー
CPU/
チップセット/
DRAM 電圧の
詳細設定
iGPU電圧と
周波数の調節
詳細設定の
表示切り替え
全てのスタートアップ
設定を復旧
Chapter 4
やり直し(全ての変
更を適用しない)
全ての変更をすぐに適用
•
GPU Boost を使用するには、GPU Boost ドライバーをマザーボードサポートDVDからイン
ストールする必要があります。
•
Set BIOSの「CPU Ratio Setting」を [Auto] にしてから、TurboV のCPU Ratio 機能をご利
用ください。
(詳細:Chapter 3 参照)
•������������������������������������������
より効果的にオーバークロック設定を行うには、まずBIOS項目の設定変更を行い、その後
TurboVで微調整を行うことをお勧めします。
ASUS P7H57D-V EVO
4-11
4.4.2
ASUS TurboV Auto Tuning モード を使用する
Auto Tuning モード は自動的にオーバークロック設定を行うモードです。次の手順に従って
TurboV EVOにシステムを検出させ、オーバークロック設定を行ってください。
1.
「Auto Tuning」タブをクリックし、
「Start」
をクリックします。オーバークロックを実行
する前に、
「More Setting」をクリックしてオ
ーバークロックのパラメータを設定するこ
とも可能です。
2.
警告メッセージを読み、
「Yes」を選択し、自
動オーバークロックを実行します。
3.
TurboVは自動的にCPUをオーバークロッ
クし、BIOS設定を保存し、システムを再起
動します。Windows が起動すると、作業完
了メッセージが表示されますので、
「OK」
をクリックし設定を終了します。
•��������������������������������������������
「Start」を押すと、システムはパフォーマンスの調整を開始し、再起動を数回行います。不
正なシステムシャットダウンを警告するメッセージが表示される場合がありますが、そのま
ま調整作業を継続してください。また調整作業中は、手動での再起動を含め、一切の操作
を行わないでください。
Chapter 4
4-12
•
自動調節されるシステムパフォーマンスの内容は、取り付けたデバイスにより異なります。
(例:CPU、DRAM)
•
自動調節機能によりシステム設定のオーバークロックを実行します(DRAM とCPUの電圧
と周波数)。オーバークロックに対応可能な冷却システムの増強をお勧めします。
•
自動調節設定はシステムBIOSに保存され、システムが自動で再起動した後に適用されま
す。
Chapter 4: ソフトウェア
4.4.3
ASUS TurboV GPU Boostを使用する
GPU Boost は統合型GPUをリアルタイムでオーバークロックし、最高のグラフィックパフォーマンス
を実現します。
TurboV Manual モードで「More Settings」を選択し、
「GPU Boost」タブをクリックしGPU Boostを
起動します。
調節バー
目標値
スタートアップ値
やり直し(全ての変
更を適用しない)
全てのスタートアップ
設定を復旧
全ての変更をすぐに適用
TurboV Easy モードでは、iGPU周波数とiGPU電圧を同時に調節できます。
4.4.4
CPU Level UPを使用する
CPU Level UPはCPUをアップグレードするツールで、オーバークロックしたいCPUレベルを選択
するだけで、自動的に各関連項目が設定されます。
1.
「CPU Level UP」タブをクリックし、オーバ
ークロックしたいCPUレベルを調節バーで
選択し、
「Apply」をクリックします。
2.
Chapter 4
CPUオプションは取り付けるCPUモデル
により異なります。
警告メッセージを読んだ後、
「Yes」をクリッ
クします。続いてCPUのアップグレード作
業が始まり、システムが再起動します。
ASUS P7H57D-V EVO
4-13
4.4.5
ASUS Turbo Key を使用する
ASUS Turbo Key は、各ホットキーをオーバークロックボタンとして使用できる機能です。簡単な
セットアップを行うだけで、ゲームや作業を中断することなくワンタッチでパフォーマンスを上げ
ることができます。
ASUS Turbo Key ������
の設定を行う
1
2
3
4
5
1.
「Turbo Key」タブをクリックします。
2.
使用するホットキーを選択します。
3.
パフォーマンスのレベルは、Turbo Key Profile を選択することで決定できます。
また、
「TurboV」タブで保存した個人プロファイルをロードすることもできます。
4.
Turbo Key OSDと状態を表示するかを選択します。
5.
設定を適用するには、
「Apply」をクリックします。
Turbo Key 機能を使用するには、割り当てたホットキーを使用します。
Chapter 4
4-14
Chapter 4: ソフトウェア
4.5
RAID
本マザーボードには Intel® H57 チップセットが搭載されており、Serial ATAハードディスクドライブ
でRAID 0、RAID 1、RAID 10、RAID 5 を構築することができます。
4.5.1
•
Serial ATA ハードディスクドライブを使用する際は、Windows® XP Service Pack 2 以降を
適用済みのOSをご使用ください。Serial ATA RAID機能を使用するには、Windows® XP SP2
以降のOSが必要となります。
•
Windows® XP / Vista の制限により、
トータル容量が2TB以上のRAIDアレイを起動ディスク
に設定することはできません。
トータル容量が2TB以上のRAIDアレイはデータディスクとし
てご使用ください。
•
RAIDアレイに組み込まれたハードディスクドライブにWindows® OSをインストールする場
合、RAIDドライバーディスクを作成し、RAIDドライバーをOSインストール中にロードする
必要があります。詳細はセクション「4.6 RAIDドライバーディスクを作成する 」をご参照くだ
さい。
RAID の定義
RAID 0���������������
(データストライピング )
:
HDDに対しパラレル方式でデータを読み/書きします。それぞれのハードディスクの役割はシング
ルドライブと同じですが、転送率はアレイに参加している台数倍に上り、データへのアクセス速度
を向上させます。セットアップには、最低2台のHDD(同じモデル、同容量)が必要です。
RAID 1(データミラーリング ):
1台目のドライブから、2台目のドライブに、同じデータイメージをコピーし保存します。ドライブ
が1台破損しても、ディスクアレイマネジメントソフトウェアが、アプリケーションを正常なドライ
ブに移動することによって、完全なコピーとして残ります。システム全体のデータプロテクションと
フォールト・トレランスを向上させます。セットアップには、最低2台の新しいHDD、または、既存の
ドライブと新しいドライブが必要です。既存のドライブを使う場合、新しいドライブは既存のもの
と同じサイズかそれ以上である必要があります。
RAID 5:3台以上のハードディスクドライブ間のデータと パリティ情報をストライピン
グします。利点は、ハードディスクドライブ のパフォーマンスの向上、フォールト・トレ
ランス、記憶容量の増加です。データのやり取り、相関的なデータベースのアプリケー
ション、企業内のリソース作成など、ビジネスにおけるシステムの構築に最適です。セッ
トアップには最低3台の同じハードディスクドライブが必要です。
RAID 10:
データストライピングとデータミラーリングをパリティ(冗長データ)なしで結合したもの。RAID
0とRAID1構成のすべての利点が得られます。セットアップには、最低4台のHDDが必要です。
Chapter 4
Intel® Matrix Storage:H57チップでサポートする Intel® Matrix Storage テクノロジでは、RAID
0、RAID 1、RAID 5、RAID 10* の構築が可能です。また、RAIDセットを2つ組み合わせることで、
より高いパフォーマンスとフォールト・トレランス、より大きな容量を実現します(例:同一のハー
ドディスクドライブ2台を使用して RAID 0 と RAID 1 が構築可能)。
ASUS P7H57D-V EVO
4-15
4.5.2
Serial ATAハードディスクを取り付ける
本製品は、Serial ATA ハードディスクをサポートします。最適なパフォーマンスのため、ディスクア
レイを作成する場合は、モデル、容量が同じハードディスクをご使用ください。
手順
1.
SATAハードディスクをドライブベイに取り付けます。
2.
SATA信号ケーブルを接続します。
3.
SATA電源ケーブルを各ドライブの電源コネクターに接続します。
4.5.3
BIOSでRAIDを設定する
RAIDを作成する前に、BIOS Setup でRAIDを設定してください。
1.
POST実行中にBIOSに入ります。
2.
「Main Menu」で「 SATA Configuration」を選択し、<Enter>を押します。
3.
「Configure SATA as」を [RAID] に設定します。
4.
設定の変更を保存し、BIOS Setup から退出します。
BIOS Setup への入り方、設定方法は Chapter 3 をご参照ください。
チップセットの制限により、SATAポートのいずれかをRAIDモードにすると、全てのSATAポート
がRAIDモードで動作します。
4.5.4
Intel® Matrix Storage Manager option ROMユーティリティ
Intel® Matrix Storage Manager option ROMユーティリティを開く
1.
システムの電源をONにします。
2.
POSTで <Ctrl+I> を押し、メインメニューを開きます。
Intel(R) Matrix Storage Manager option ROM v8.9.0.1014 PCH-D wRAID5
Copyright(C) 2003-09 Intel Corporation. All Rights Reserved.
Chapter 4
1. Create RAID Volume
2. Delete RAID Volume
RAID Volumes:
None defined.
Physical Disks:
Port Drive Model
0
ST3160812AS
1
ST3160812AS
2
ST3160812AS
3
ST3160812AS
[↑↓]-Select
4-16
[ MAIN MENU ]
3. Reset Disks to Non-RAID
4. Recovery Volume Options
5. Exit
[ DISK/VOLUME INFORMATION ]
Serial #
9LS0HJA4
9LS0F4HL
3LS0JYL8
9LS0BJ5H
[ESC]-Exit
Size
149.0GB
149.0GB
149.0GB
149.0GB
Type/Status(Vol ID)
Non-RAID Disk
Non-RAID Disk
Non-RAID Disk
Non-RAID Disk
[ENTER]-Select Menu
Chapter 4: ソフトウェア
メニューを選択する際は画面の下に表示されるナビゲーションキーを使用します。
本マニュアルに記載のRAID BIOS 画面は参照用です。実際に表示される画面とは異なることが
あります。
本ユーティリティはRAID設定として最大4台のハードディスクドライブをサポートします。
RAIDボリュームを作成する
RAIDセットを作成する
1.
ユーティリティメニューから「1. Create RAID Volume」を選択し、<Enter>を押します。押す
と次のような画面が表示されます。
Intel(R) Matrix Storage Manager option ROM v8.9.0.1014 PCH-D wRAID5
Copyright(C) 2003-09 Intel Corporation. All Rights Reserved.
[ CREATE VOLUME MENU ]
Name:
RAID Level:
Disks:
Strip Size:
Capacity:
Sync:
Volume0
RAID0(Stripe)
Select Disks
128KB
0.0
GB
N/A
Create Volume
[ HELP ]
Enter a unique volume name that has no special characters and is
16 characters or less.
[TAB]-Next
[ESC]-Previous Menu
[ENTER]-Select
2.
RAIDの名前を入力し、<Enter>を押します。
3.
「RAID Level」の項目がハイライト表示されたら、上下キーで作成するRAIDモードを選択
し、<Enter>を押します。
4.
「Disks」の項目がハイライト表示されたら<Enter> を押し、RAIDに使用するハードディス
クドライブを選択します。選択すると次のような画面が表示されます。
Port
0
1
2
3
Drive Model
ST3160812AS
ST3160812AS
ST3160812AS
ST3160812AS
[ SELECT DISKS ]
Serial #
9LS0HJA4
9LS0F4HL
3LS0JYL8
9LS0BJ5H
Size
149.0GB
149.0GB
149.0GB
149.0GB
Status
Non-RAID
Non-RAID
Non-RAID
Non-RAID
Chapter 4
[↑↓]Change
Disk
Disk
Disk
Disk
Select 2 to 6 disks to use in creating the volume.
[↑↓]-Prev/Next [SPACE]-SelectDisk [ENTER]-Done
ASUS P7H57D-V EVO
4-17
5.
上下キーでドライブをハイライト表示させ、<Space> を押して選択します。小さな三角のマ
ークが選択したドライブを表示しています。設定を確認したら<Enter>を押します。
6.
RAID 0、10、5のいずれかを構築した場合は、上下キーでRAIDアレイのストライプのサイズ
を選択し、<Enter>を押します。設定可能な値は 4 KB から 128 KB です。次の数値は各ア
レイの一般的な数値です。
RAID 0: 128KB
RAID 10: 64KB
RAID 5: 64KB
サーバーには低めの値、オーディオ、サウンドなどの編集用のマルチメディアコンピューターシ
ステムには高めの値をお勧めします。
7.
「Capacity」項目を選択したら、希望のRAIDボリューム値を入力し <Enter> を押します。初
期設定値は許容最大値です。
8.
「Create Volume」項目を選択したら、<Enter> を押します。続いて次のような警告メッセ
ージが表示されます。
WARNING: ALL DATA ON SELECTED DISKS WILL BE LOST.
Are you sure you want to create this volume? (Y/N):
9.
RAID ボリュームを作成し、メインメニューに戻る場合は <Y> を、
「CREATE VOLUME」メニ
ューに戻る場合は <N> を押してください。
Chapter 4
4-18
Chapter 4: ソフトウェア
RAIDセットを削除する
RAIDセットを削除するとハードディスクドライブ内のデータは全て削除されます。ご注意くだ
さい。
手順
1.
ユーティリティメニューから「2. Delete RAID Volume」を選択し <Enter> を押します。続い
て次のような画面が表示されます。
Intel(R) Matrix Storage Manager option ROM v8.9.0.1014 PCH-D wRAID5
Copyright(C) 2003-09 Intel Corporation. All Rights Reserved.
[ DELETE VOLUME MENU ]
Name
Volume0
Level
RAID0(Stripe)
Drives
2
Capacity
298.0GB
Status
Normal
Bootable
Yes
[ HELP ]
Deleting a volume will reset the disks to non-RAID.
WARNING: ALL DISK DATA WILL BE DELETED.
(This does not apply to Recovery volumes)
[↑↓]-Select
2.
[ESC]-Previous Menu
[DEL]-Delete Volume
上下矢印キーで削除するRAIDセットを選択し、<Del> を押します。続いて次のような警告
メッセージが表示されます。
[ DELETE VOLUME VERIFICATION ]
ALL DATA IN THE VOLUME WILL BE LOST!
(This does not apply to Recovery volumes)
Are you sure you want to delete volume “Volume0”? (Y/N):
3.
RAID ボリュームを削除し、メインメニューに戻る場合は <Y> を、
「DELETE VOLUME」メニ
ューに戻る場合は <N> を押してください。
Intel® Matrix Storage Manager を閉じる
1.
Chapter 4
手順
ユーティリティメニューから「4. Exit」を選択し <Enter> を押します。続いて次のような警告
メッセージが表示されます。
[ CONFIRM EXIT ]
Are you sure you want to exit? (Y/N):
2.
ユーティリティを閉じるには <Y> を、ユーティリティメニューに戻るには<N> を押します。
ASUS P7H57D-V EVO
4-19
4.6
������������������
RAIDド�������������
ライバーディスクを作成する
Windows XP/Vista OSをRAID
�����������������������������������������
に組み込まれたHDDにインストールするとき、RAIDドライバー が
入ったフロッピーディスクが必要です。�������
Windows® Vista™ �����������������������
OSをお使いの場合は、RAIDドライバー が入
ったフロッピーディスクまたはUSBフラッシュメモリーが必要です。
®
4.6.1
•
本マザーボードにはフロッピードライブコネクターは搭載されていません。SATA RAIDド
ライバーディスク構築の際は、USBフロッピードライブをご使用ください。
•
Windows® XP の制限により、Windows® XP ではUSBフロッピーディスクドライブを認識し
ない場合があります。詳細はセクション「4.6.4 USBフロッピーディスクドライブを使用する」
をご参照ください。
OSに入らずにRAIDドライバーディスクを作成する
手順
1. コンピューターを起動します。
2.
POST中に <Del> を押し、BIOSに入ります。
3.
光学ドライブをプライマリブートデバイスに設定します。
4.
サポートDVDを光学ドライブにセットします。
5.
設定を保存しBIOSを退出します。
6.
「Make Disk」メニューが表示されたら、<1> を押して「32/64bit Intel AHCI/RAIDドライ
バーディスク」を作成します。
フォーマット済みのフロッピーディスクをフロッピーディスクドライブにセットし<Enter>を
押します。
7.
8.
画面の指示に従ってプロセスを完了させます。
4.6.2
RAIDドライバーディスクを�������
Windows® 環境で作成する
手順
1. Windows®を起動します。
2.
USBフロッピーディスクドライブをシステムに接続し、フロッピーディスクを入れます。
3.
サポートDVDを光学ドライブにセットします。
4.
「Make Disk」メニューに入り、「Intel AHCI/RAID Driver」をクリックしてIntel® RAIDドラ
イバーディスクを作成します。
5. USBフロッピーディスクドライブを宛先ディスクに設定します。
6.
画面の指示に従ってプロセスを完了させます。
ウィルス感染していないPCで必ず作業を行い、RAIDドライバー導入用フロッピーディスク作成
後は、ライトプロテクトを実施してください。
Chapter 4
4.6.3
Windows® OSインストール中にRAIDドライバーをインストールする
Windows® XP�������������������
にRAIDドライバーをインストールする
1. OSのインストール中に、
「Press the F6 key if you need to install a third-party SCSI or
RAID driver...」
という指示が表示されます。
2. <F6>を押し、RAIDドライバーを保存したフロッピーディスクをUSBフロッピーディスクドラ
イブに入れます。
3.
4. 4-20
プロンプトが表示され�������������������������������
たら、取り付けるSCSI アダプターを選択します。ここでは必ず
「Intel(R) ICH8R/ICH9R/ICH10R/DO/PCH SATA RAID Controller」を選択してください。
画面の指示に従い、インストールを完了させます。
Chapter 4: ソフトウェア
Windows® Vista™以降のOS�������������������
にRAIDドライバーをインストールする
1. RAIDドライバーを保存したUSBフロッピーディスク/USBデバイスをシステムにセットしま
す。
2. OSのインストール中に「Intel(R) ICH8R/ICH9R/ICH10R/DO/PCH SATA RAID Controller」
を選択します。
3. 画面の指示に従い、インストールを完了させます。
4.6.4
USBフロッピーディスクドライブを使用する
Windows® OSのインストール中に、RAIDドライバーをフロッピーディスクからインストールする
必要がありますが、Windows® XPの制限により、Windows® XPではUSBフロッピーディスクドライ
ブを認識しない場合があります。
この問題を解決するには、RAIDドライバーを保存したフロッピーディスクにUSBフロッピーディス
クドライブのベンダー ID(VID)
とプロダクト ID(PID)を加える必要があります。
1.
他のコンピューターにUSBフロッピーディスクドライブを接続し、RAIDドライバーを保存し
たフロッピーディスクを入れます。
2.
デスクトップから「My Computer
(マイ コンピューター)」を右クリック
するか、スタートメニューを押し、
「Manage(管理)」を選択します。
3.
Device Manager(デバイス マネージ
ャ)」を選択し、
「Universal Serial Bus
controllers」から「xxxxxx USB Floppy」を右クリックし、
「Properties(プロパティ)」を選択しま
す。
or
USBフロッピーディスクドライブの名称
はベンダーにより異なります。
「Details(詳細)」タブを選択し、ベンダー
ID(VID)
とプロダクトID(PID)を表示させ
ます。
ASUS P7H57D-V EVO
Chapter 4
4.
4-21
5.
RAIDドライバーディスクの内容を参照し、
ファイル「txtsetup.oem」の場所を確認し
ます。
6.
ファイルをダブルクリックします。
「Select the program from a list(リスト
からプログラムを選択)」にチェックを入れ、
「OK」をクリックします。
7.
Notepad を選択し、ファイルを開きます。
8.
[HardwareIds.scsi.iaAHCI_PCH] と[HardwareIds.scsi.iastor_8R9R10RDOPCH] セクショ
ンを txtsetup.oem ファイルで探します。
9.
図のように、各セクションの下に以下の文字列をそれぞれ入力します。
id = “USB\VID_xxxx&PID_xxxx”, “usbstor”
[HardwareIds.scsi.iaAHCI_PCH]
id= “PCI\VEN_8086&DEV_3A22&CC_0106”,”iaStor”
id= “USB\VID_03EE&PID_6901”, “usbstor”
[HardwareIds.scsi.iaStor_8R9R10RDOPCH]
id= “PCI\VEN_8086&DEV_3A22&CC_0106”,”iaStor”
id= “USB\VID_03EE&PID_6901”, “usbstor”
Chapter 4
入力する文字列の内容は同じです。
VIDとPIDはベンダーにより異なります。
10.
4-22
変更を保存し、ファイルを閉じます。
Chapter 4: ソフトウェア
Chapter 5
Chapter 5:マルチGPUテクノロジ
5.1
ATI® CrossFireX™ テクノロジ
本マザーボードはATI® CrossFireX™ テクノロジを採用しており、マルチGPUビデオカードを取り付
けることができます。
5.1.1
必要条件
•
デュアルCrossFireXモード:同一の ATI® 公認CrossFireX対応カード2枚、または
CrossFireX対応デュアルGPUビデオカード1枚
•
ビデオカードドライバーがATI CrossFireXテクノロジをサポートしていること。最新のドライ
バーはAMDのWebサイト(www.amd.com)でダウンロード可能。
•
最低電源条件を満たす電源装置(詳細:Chapter 2 参照) 5.1.2
•
熱管理の観点から、ケースファンの追加をお勧めします。
•
ATI Game ウェブサイト (http://game.amd.com)で 最新のビデオカードと対応する3D ア
プリケーションリストを入手してください。
始める前に
ATI CrossFireX を動作させるには、ATI CrossFireXビデオカードを取り付ける前に、システムにイ
ンストールされているビデオカードドライバーを削除する必要があります。
手順
1.
全てのアプリケーションを閉じます。
2.
Windows XPをご使用の場合は、
「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」の順
に開きます。
Windows Vistaをご使用の場合は、
「コントロールパネル」→「プログラムと機能」の順に開
きます。
3.
システムにインストールされているビデオカード ドライバーを選択します。
4.
Windows XPをご使用の場合は、
「変更と削除」を選択します。
Windows Vistaをご使用の場合は、
「アンインストール」を選択します。
5.
コンピュータをOFFにします。
ASUS P7H57D-V EVO
5-1
5.1.3
CrossFireX™ ��������������
ビデオカードを2枚取り付ける
Chapter 5
本マニュアルに記載の写真は参照用です。ビデオカードとマザーボードのレイアウトはモデル
により異なりますが、セットアップ手順は同じです。
1.
CrossFireX�������������
対応ビデオカード2枚を手元
に準備します。�
2.����������������������
両方のビデオカードをPCIEX16スロットに
取り付けます。マザーボードにPCIEX16ス
ロットが2基以上ある場合は、Chapter 2
でビデオカードを2枚以上取り付ける際
に推奨するPCIEX16スロットをご確認くだ
さい。
3.����������������
各カードをしっかり取り付けます。
4.�����������������������
CrossFireX�������������
ブリッジコネクターを各ビデ
オカードのゴールドフィンガーに挿入しま
す。コネクターはしっかり取り付けます。
CrossFireX ブリッジ
(ビデオカードに付属)
5-2
5. 各ビデオカードに補助電源装置を接続しま
す。
6.
VGAケーブルまたはDVIケーブルを
ビデオカードに接続します。
ゴールドフィンガー
Chapter 5: マルチGPUテクノロジ
5.1.4
ATI® CrossFireX™ テクノロジを有効にする
Chapter 5
ビデオカードとデバイスドライバーをセットアップしたら、Windows® Vista™ を起動し、ATI
Catalyst™ Control Center で CrossFireX™ 機能を有効にします。
ATI Catalyst Control Center を起動する
手順
1.
デスクトップ上で右クリックし、
「Catalyst(TM)Control Center」を選択しま
す。または、システムトレイのATI アイコンを右
クリックし「Cayalist Control Center」を選択
します。
2.
複数のビデオカードが検出される
と、「Catalyst Control Center Setup
Assistant」の画面が表示されます。続
いて「Go」をクリックして、「Catalyst
Control Center Advanced View」を表示
させます。
CrossFireX 設定を有効にする
1.
Catalyst Control Center 画面で
「Graphics Settings」→
「CrossFireX」→「Configure」の順にクリ
ックします。
2.
Graphics Adapter リストからディスプレイ
用GPUとして使用するビデオカードを選択
します。
3.
「Enable CrossFireX」を選択します。
4.
「Apply」をクリックし、
「OK」をクリックし
て設定画面を閉じます。
2
3
1
4
ASUS P7H57D-V EVO
5-3
5.2
NVIDIA® SLI™ テクノロジ
本マザーボードはNVIDIA® SLI™(Scalable Link Interface)テクノロジ�������������
をサポートしており、���
マルチ
GPUビデオカードを�������������
取り付けることができます。
Chapter 5
5.2.1
必要条件
•
SLI モード:同一のNVIDIA® 公認SLI 対応のビデオカード2枚。
•
NVIDIA SLI テクノロジ対応のビデオカードドライバー。最新のドライバーはNVIDIAの
Webサイト(www.nvidia.com)でダウンロード可能。
•�������������������������������������
最低電源条件を満たす電源装置(PSU)。
(詳細
����������������
:Chapter 2 参照)
5.2.2
•
熱管理の観点から、ケースファンの追加をお勧めします。
•
NVIDIA Zone Webサイト(http://www.nzone.com)で最新の公認ビデオカードとサポー
トする3Dアプリケーションのリストをご確認ください。
SLI対応ビデオカードを2枚取り付ける
本マニュアルに記載の写真は参照用です。ビデオカードとマザーボードのレイアウトはモデル
により異なりますが、セットアップ手順は同じです。
1. SLI対応ビデオカード���������
2枚を手元に準備し
ます。
2.����������������������
両方のビデオカードをPCIEX16スロットに
取り付けます。マザーボードにPCIEX16スロ
ットが2基以上ある場合は、Chapter 2 で
ビデオカードを2枚以上取り付ける際に推
奨するPCIEX16スロットをご確認ください。
3.
5-4
各カードをしっかり取り付けます。
Chapter 5: マルチGPUテクノロジ
SLI ブリッジコネクターを各ビデオカードのゴールドフィンガーに挿入します。コネクターは
しっかり取り付けます。
5. 各ビデオカードに補助電源装置を接続します。
6.
VGAケーブルまたはDVIケーブルをビデオカードに接続します。
Chapter 5
4.
SLI ブリッジ
ゴールドフィンガー
5.2.3
デバイスドライバーをインストールする
ビデオカードに付属のマニュアルを参考にして、デバイスドライバーをインストールしてくださ
い。
PCI Express ビデオカードドライバーがNVIDIA® SLI™ テクノロジテクノロジをサポートしている
ことをご確認ください。最新のドライバーはNVIDIA Webサイト(www.nvidia.com)でダウンロ
ード可能です。
5.2.4
NVIDIA® SLI™ テクノロジを有効にする
ビデオカードとデバイスドライバーをセットアップしたら、Windows® Vista™ を起動し、NVIDIA®
Control PanelでSLI 機能を有効にします。
NVIDIA Control Panelを開く
手順
A.
デスクトップ上で右クリックし、
「NVIDIA Control Panel」を
選択します。
(手順B5 を参照)
ASUS P7H57D-V EVO
5-5
表示されない場合は、
「Personalize」を選択します。
B2.
右のような画面が表示されたら
「Display Settings」を選択します。�
Chapter 5
B1.
B3.���������������������������
Display Settings のダイアログボックス
で「Advanced Settings」をクリックし
ます。
5-6
Chapter 5: マルチGPUテクノロジ
NVIDIA GeForce タブを選択し、
「Start the NVIDIA Control Panel」をク
リックします。
B5.
NVIDIA Control Panel 画面が表示されま
す。
Chapter 5
B4.
SLI 設定を有効にする
NVIDIA Control Panel から「Set SLI
Configuration」を選択します。
「Enable SLI 」をクリックし、SLI レンダリングコ
ンテンツ用のディスプレイを設定します。設定後
「Apply」をクリックします。
ASUS P7H57D-V EVO
5-7
Chapter 5
5-8
Chapter 5: マルチGPUテクノロジ