Motherboard
P8H77-M
PRO
J7508
第3版 第1刷
2012年6月
Copyright © 2012 ASUSTeK COMPUTER INC. All Rights Reserved.
バックアップの目的で利用する場合を除き、本書に記載されているハードウェア・ソフトウェアを含
む、全ての内容は、ASUSTeK Computer Inc. (ASUS)の文書による許可なく、編集、転載、引用、放
送、複写、検索システムへの登録、他言語への翻訳などを行うことはできません。
以下の場合は、保証やサービスを受けることができません。
(1)ASUSが明記した方法以外で、修理、改造、交換した場合。
(2)製品のシリアル番号が読むことができない状態である場合。
ASUSは、本マニュアルについて、明示の有無にかかわらず、いかなる保証もいたしません。ASUSの
責任者、従業員、代理人は、本書の記述や本製品に起因するいかなる損害(利益の損失、ビジネスチ
ャンスの遺失、データの損失、業務の中断などを含む)に対して、その可能性を事前に指摘したかど
うかに関りなく、責任を負いません。
本書の仕様や情報は、個人の使用目的にのみ提供するものです。また、予告なしに内容は変更され
ることがあり、この変更についてASUSはいかなる責任も負いません。本書およびハードウェア、ソフ
トウェアに関する不正確な内容について、ASUSは責任を負いません。
本マニュアルに記載の製品名及び企業名は、登録商標や著作物として登録されている場合がありま
すが、本書では、識別、説明、及びユーザーの便宜を図るために使用しており、これらの権利を侵害
する意図はありません。
Offer to Provide Source Code of Certain Software
This product contains copyrighted software that is licensed under the General Public License (“GPL”),
under the Lesser General Public License Version (“LGPL”) and/or other Free Open Source Software
Licenses. Such software in this product is distributed without any warranty to the extent permitted by
the applicable law. Copies of these licenses are included in this product.
Where the applicable license entitles you to the source code of such software and/or other additional
data, you may obtain it for a period of three years after our last shipment of the product, either
(1) for free by downloading it from http://support.asus.com/download
or
(2) for the cost of reproduction and shipment, which is dependent on the preferred carrier and the
location where you want to have it shipped to, by sending a request to:
ASUSTeK Computer Inc.
Legal Compliance Dept.
15 Li Te Rd.,
Beitou, Taipei 112
Taiwan
In your request please provide the name, model number and version, as stated in the About Box of the
product for which you wish to obtain the corresponding source code and your contact details so that
we can coordinate the terms and cost of shipment with you.
The source code will be distributed WITHOUT ANY WARRANTY and licensed under the same license as
the corresponding binary/object code.
This offer is valid to anyone in receipt of this information.
ASUSTeK is eager to duly provide complete source code as required under various Free Open Source
Software licenses. If however you encounter any problems in obtaining the full corresponding source
code we would be much obliged if you give us a notification to the email address gpl@asus.com,
stating the product and describing the problem (please DO NOT send large attachments such as
source code archives, etc. to this email address).
ii
もくじ
安全上のご注意.................................................................................................................vi
このマニュアルについて....................................................................................................vii
P8H77-M PRO 仕様一覧...................................................................................................ix
Chapter 1:
1.1
製品の概要
ようこそ............................................................................................................ 1-1
1.2
パッケージの内容............................................................................................. 1-1
1.3
独自機能...........................................................................................................1-2
1.3.1
製品の特長..........................................................................................................1-2
1.3.2
DIGI+ VRM Digital Power Design...............................................................1-3
1.3.3
ASUS の独自機能...............................................................................................1-4
1.3.4
ASUS静音サーマルソリューション...............................................................1-5
1.3.5
ASUS EZ DIY........................................................................................................1-5
1.3.6
その他の特別機能.............................................................................................1-6
Chapter 2:
ハードウェア
2.1
始める前に.......................................................................................................2-1
2.2
マザーボードの概要..........................................................................................2-2
2.3
2.2.1
マザーボードのレイアウト..............................................................................2-2
2.2.2
CPU.........................................................................................................................2-4
2.2.3
システムメモリー...............................................................................................2-5
2.2.4
拡張スロット.....................................................................................................2-14
2.2.5
ジャンパ.............................................................................................................2-16
2.2.6
オンボードスイッチ........................................................................................2-17
2.2.7
オンボード LED................................................................................................2-19
2.2.8
内部コネクター................................................................................................2-21
コンピューターシステムを構築する................................................................. 2-30
2.3.1
コンピューターシステムを構築する.........................................................2-30
2.3.2
CPUの取り付け................................................................................................2-31
2.3.3
CPUクーラーを取り付ける...........................................................................2-33
2.3.4
メモリーを取り付ける ..................................................................................2-35
2.3.5
マザーボードを取り付ける..........................................................................2-36
2.3.6
ATX 電源接続...................................................................................................2-38
2.3.7
SATAデバイス接続.........................................................................................2-39
2.3.8
フロント I/O コネクター................................................................................2-40
2.3.9
拡張カードを取り付け...................................................................................2-41
2.3.10
バックパネルコネクター...............................................................................2-42
2.3.11
オーディオ I/O接続.........................................................................................2-44
2.4
初めて起動する.............................................................................................. 2-46
2.5 システムの電源をオフにする.......................................................................... 2-46
iii
もくじ
Chapter 3:
UEFIとは.......................................................................................................... 3-1
3.2
UEFI BIOS Utility............................................................................................. 3-1
3.2.1
EZ Mode...............................................................................................................3-2
3.2.2
Advanced Mode................................................................................................3-3
3.3
メインメニュー................................................................................................. 3-5
3.4
Ai Tweakerメニュー......................................................................................... 3-7
3.5
アドバンスドメニュー..................................................................................... 3-13
3.5.1
CPU 設定...........................................................................................................3-14
3.5.2
PCH 設定...........................................................................................................3-16
3.5.3
SATA 設定.........................................................................................................3-17
3.5.4
システムエージェント設定...........................................................................3-18
3.5.5
USB 設定............................................................................................................3-19
3.5.6
オンボードデバイス設定構成.....................................................................3-20
3.5.7
APM.....................................................................................................................3-22
3.5.8
Network Stack.................................................................................................3-23
3.6
モニターメニュー........................................................................................... 3-23
3.7
ブートメニュー............................................................................................... 3-26
3.8
3.9
3.10
ツールメニュー............................................................................................... 3-28
3.8.1
ASUS EZ Flash 2 Utility.................................................................................3-28
3.8.2
ASUS O.C. Profile............................................................................................3-28
3.8.3
ASUS SPD Information.................................................................................3-29
終了メニュー.................................................................................................. 3-30
UEFI BIOS更新............................................................................................... 3-31
3.10.1
ASUS Update...................................................................................................3-31
3.10.2
ASUS EZ Flash 2..............................................................................................3-34
3.10.3
ASUS CrashFree BIOS 3................................................................................3-35
3.10.4
ASUS BIOS Updater.......................................................................................3-36
Chapter 4:
4.1
4.2
4.3
iv
UEFI BIOS設定
3.1
ソフトウェア
OSをインストールする...................................................................................... 4-1
サポートDVD情報............................................................................................ 4-1
4.2.1
サポートDVDを実行する.................................................................................4-1
4.2.2
ソフトウェアのユーザーマニュアルを閲覧する.......................................4-2
ソフトウェア情報............................................................................................. 4-3
4.3.1
AI Suite II..............................................................................................................4-3
4.3.2
TurboV EVO.........................................................................................................4-4
4.3.3
DIGI+ VRM...........................................................................................................4-7
4.3.4
EPU.........................................................................................................................4-9
4.3.5
FAN Xpert..........................................................................................................4-10
4.3.6
Probe II...............................................................................................................4-11
もくじ
4.4
4.5
4.3.7
USB 3.0 Boost..................................................................................................4-12
4.3.8
MyLogo2...........................................................................................................4-13
4.3.9
オーディオ構成................................................................................................4-15
Intel® 2012 Desktop Responsiveness Technology 概要.....................................4-16
4.4.1
システム要件 . .................................................................................................4-16
4.4.2
Intel® Smart Response Technology........................................................4-18
4.4.3
Intel® Rapid Start Technology..................................................................4-20
4.4.4
Intel® Smart Connect Technology..........................................................4-26
RAID.............................................................................................................. 4-28
4.5.1
4.6
SATA記憶装置を取り付ける........................................................................4-29
4.5.3
UEFI BIOSでRAIDを設定する......................................................................4-29
4.5.4
Intel® Rapid Storage Technology Option ROMユーティリティ.....4-29
RAIDドライバーディスクを作成する................................................................ 4-33
4.6.1
OSに入らずにRAIDドライバーディスクを作成する.............................4-33
4.6.2
RAIDドライバーディスクを Windows® 環境で作成する.....................4-33
4.6.3
Windows® OSインストール中にRAIDドライバーをインストールする.....4-34
4.6.4
USBフロッピーディスクドライブを使用する..........................................4-35
Chapter 5:
5.1
5.2
Chapter 6:
RAIDの定義.......................................................................................................4-28
4.5.2
マルチGPUテクノロジー
AMD CrossFireX™ テクノロジー....................................................................... 5-1
5.1.1
システム要件.......................................................................................................5-1
5.1.2
始める前に...........................................................................................................5-1
5.1.3
CrossFireX™ 対応ビデオカードを取り付ける .........................................5-2
5.1.4
デバイスドライバーをインストールする....................................................5-3
5.1.5
AMD® CrossFireX™ テクノロジーを有効にする.......................................5-3
LucidLogix Virtu MVP.................................................................................... 5-4
5.2.1
LucidLogix Virtu MVPをインストールする...............................................5-4
5.2.2
ディスプレイの設定..........................................................................................5-5
5.2.3
LucidLogix Virtu MVPの設定........................................................................5-6
付録
安全上のご注意
電気の取り扱い
•
作業を行う場合は、感電防止のため、電源コードをコンセントから抜いてから行ってください。
・ 周辺機器の取り付け・取り外しの際は、本製品および周辺機器の電源コードをコンセントか
ら抜いてから行ってください。可能ならば、関係するすべての機器の電源コードをコンセント
から抜いてから行ってください。
・ ケーブルの接続・取り外しの際は、電源コードをコンセントから抜いてから行ってください。
・ 電源延長コードや特殊なアダプターを用いる場合は専門家に相談してください。これらは、
回路のショート等の原因になる場合があります。
・ 正しい電圧でご使用ください。ご使用になる地域の出力電圧が分からない場合は、お近くの
電力会社にお尋ねください。
・ 電源装置の修理は販売代理店などに依頼してください。
・ 光デジタルS/PDIFは、光デジタルコンポーネントで、クラス1レーザー製品に分類されてい
ます。
(本機能の搭載・非搭載は製品仕様によって異なります)
不可視レーザー光です。ビームを直接見たり触れたりしないでください。
操作上の注意
•
作業を行う前に、本パッケージに付属のマニュアル及び取り付ける部品のマニュアルを全て
熟読してください。
・ 電源を入れる前に、ケーブルが正しく接続されていることを確認してください。また電源コー
ドに損傷がないことを確認してください。
・ マザーボード上にクリップやネジなどの金属を落とさないようにしてください。回路のショー
ト等の原因になります。
・ 埃・湿気・高温・低温を避けてください。湿気のある場所で本製品を使用しないでください。
・ 本製品は安定した場所に設置してください。
・ 本製品を修理する場合は、販売代理店などに依頼してください。
回収とリサイクルについて
使用済みのコンピューター、ノートパソコン等の電子機器には、環境に悪影響を与える有害物質が
含まれており、通常のゴミとして廃棄することはできません。
リサイクルによって、使用済みの製品
に使用されている金属部品、プラスチック部品、各コンポーネントは粉砕され新しい製品に再使用
されます。また、その他のコンポーネントや部品、物質も正しく処分・処理されることで、有害物質の
拡散の防止となり、環境を保護することに繋がります。
ASUSは各国の環境法等を満たし、またリサイクル従事者の作業の安全を図るよう、
環境保護に関する厳しい基準を設定しております。ASUSのリサイクルに対する姿勢は、多方面に
おいて環境保護に大きく貢献しています。
本機は電気製品または電子装置であり、地域のゴミと一緒に捨てられません。また、本機の
コンポーネントはリサイクル性を考慮した設計を採用しております。なお、廃棄の際は地域の
条例等の指示に従ってください。
本機に装着されているボタン型電池には水銀が含まれています。通常ゴミとして廃棄しないで
ください。
vi
このマニュアルについて
このマニュアルには、マザーボードの取り付けや構築の際に必要な情報が記してあります。
マニュアルの概要
本章は以下のChapter から構成されています。
•
Chapter 1:製品の概要
マザーボードの機能とサポートする新機能についての説明。
•
Chapter 2:ハードウェア
コンポーネントの取り付けに必要なハードウェアのセットアップ手順及びスイッチ、コネク
ターの説明。
•
Chapter 3:UEFI BIOS 設定
UEFI BIOS Utilityでのシステム設定の変更方法と UEFI BIOSパラメータの詳細。
•
Chapter 4:ソフトウェア
マザーボードパッケージに付属のサポートDVDとソフトウェアの内容。
•
Chapter 5: マルチGPUテクノロジー
AMD CrossFireX™のマルチGPUビデオカードの取り付けと設定方法。
•
Chapter 6: 付録
製品の規格や海外の法令についての説明。
詳細情報
本書に記載できなかった最新の情報は以下で入手することができます。また、UEFI BIOSや添付ソ
フトウェアの最新版があります。必要に応じてご利用ください。
1.
ASUSオフィシャルサイト(http://www.asus.co.jp/)
各国や地域に対応したサイトを設け、ASUSのハードウェア・ソフトウェア製品に関する最新
情報が満載です。
2.
追加ドキュメント
パッケージ内容によっては、追加のドキュメントが同梱されている場合があります。注意事項
や購入店・販売店などが追加した最新情報などです。これらは、本書がサポートする範囲に
は含まれていません。
vii
このマニュアルの表記について
本製品を正しくお取り扱い頂くために以下の表記を参考にしてください。
危険/警告:本製品を取り扱う上で、人体への危険を避けるための情報です。
注意:本製品を取り扱う上で、コンポーネントへの損害を避けるための情報です。
重要:作業を完了させるために、従わなければならない指示です。
注記:本製品を取り扱う上でのヒントと追加情報です。
表記
太字
選択するメニューや項目を表示します。
斜字
文字やフレーズを強調する時に使います。
<Key> < > で囲った文字は、キーボードのキーです。
例:<Enter>→Enter もしくはリターンキーを押してください。
<Key1+Key2+Key3>
一度に2つ以上のキーを押す必要がある場合は(+)を使って示し
ています。
例:<Ctrl+Alt+Del>
viii
P8H77-M PRO 仕様一覧
CPU
LGA1155 ソケット:
3rd/2nd Generation Intel® Core™ Processor Family
Core™ i7 / Core™ i5 / Core™ i3 、Intel® Pentium®/Celeron® プロセッサー
32nm / 22nm CPU 対応
Intel® Turbo Boost Technology 2.0 サポート*
* Intel® Turbo Boost Technology 2.0 のサポートはCPUにより異なります。
* * 詳細はASUSオフィシャルサイト(www.asus.co.jp)のCPUサポー
トリストをご参照ください。
チップセット
Intel® H77 Express チップセット
メモリー
メモリースロット×4:最大 32GB、DDR3 2200(O.C.) / 2133(O.C.) /
2000(O.C.) /1866(O.C.) / 1600 / 1333 / 1066 MHz、non-ECC、
un-buffered メモリーサポート
デュアルチャンネルメモリーアーキテクチャ
Intel® Extreme Memory Profile (XMP) サポート
*1つのスロットに8GBのメモリーを使用することで、最大32GB
までのメモリーをサポートします。
** CPUの性質により、DDR3 2133/1866 MHzのメモリーモジュール
はデフォルト設定で2000/1800 MHzとして動作します。
*** DDR3 1600MHzを超える周波数は3rd Generation Intel®
Processor Familyでのみサポートします。
拡張スロット
PCI Express 3.0 x16 スロット×1*(ブルー)
PCI Express 2.0 x16 スロット×1 (ブラック)
(最大@x4 モード、PCI Express x1 / x4 デバイスと互換)
PCI Express 2.0 x1 スロット×2
* PCI Express 3.0(Gen3)のサポートはCPUおよび拡張カードによ
り異なります。対応CPUを取り付け、対応スロットにPCI Express
3.0規格準拠の拡張カードを取り付けることで、PCI Express 3.0の
性能を発揮することができます。
グラフィックス
統合型グラフィックスプロセッサ - Intel® HD Graphicsサポート
- DisplayPort 1.1a:最大解像度2560x1600@60 Hz
- HDMI*:最大解像度1920×1200 @60Hz
-DVI-D:最大解像度 1920 x 1200 @60Hz
-VGA:最大解像度 2048 x 1536 @75Hz
-統合型グラフィックスの各機能のサポートは、ご利用のOSや
CPUなど機器の構成により異なります。
- 最大共有メモリー 1696MB
* ステレオスコピック3D(立体視)サポート
マルチGPUサポート
AMD® CrossFireX™ Technology(最大4GPU)
Lucidlogix Virtu MVP Technology*
* Lucidlogix Virtu MVP Technology のサポートは、ご利用のOSや
ビデオカードなど機器の構成により異なります。
(次項へ)
ix
P8H77-M PRO 仕様一覧
記憶装置
Intel® H77 Express チップセット:
- SATA 6Gb/s ポート(グレー)×2(RAID 0/ 1/ 5/ 10 サポート)
- SATA 3Gb/s ポート(ブルー)×4(RAID 0/ 1/ 5/ 10 サポート)
Intel® Response Technology サポート*
- Intel® Smart Response Technology
- Intel® Rapid Start Technology
- Intel® Smart Connect Technology
Marvell® PCIe SATA 6Gb/s コントローラー**
- eSATA 6Gb/s ポート×1(バックパネル)
- SATA 6Gb/s コネクター×1 (ネイビーブルー)
* Intel® Response Technology のサポートは、ご利用のOSや
機器の構成により異なります。
** Marvell® PCIe SATA 6Gb/s コントローラーのeSATAポートに
はデータドライブを取り付けることを推奨いたします。また、
ATAPIデバイスはサポートしていません。
LAN
Realtek® RTL8111F Gigabit Ethernet コントローラー
オーディオ
Realtek® ALC892 8チャンネルHD オーディオコーデック
- 192kHz/24bit ロスレスサウンド対応
- Blu-ray オーディオコンテンツ保護
-ジャック検出、マルチストリーミング、フロントパネル・ジャック
リタスキング
- 光デジタルS/PDIF出力ポート
(バックパネル)
USB
Intel® H77 Express チップセット *
- ASUS USB 3.0 Boost Turbo Mode対応
- USB 3.0ポート×2(2ポート拡張コネクタ×1基)
- USB 3.0ポート×2(ブルー:バックパネル)
Intel® H77 Express チップセット
-USB2.0ポート×10
(バックパネル×4ポート、
2ポート拡張コネクタ×3基)
*Intel® チップセットのUSB 3.0ポートは、Windows® 7でドライバー
をインストールした場合にのみUSB 3.0として動作します。
ASUSだけの機能
ASUS DIGI+ VRM
- Digital Power Control:CPUとiGPUのためのデジタル電源設計
- ASUS 4+1+1 フェーズ電源設計
ASUS EPU
- EPU、EPU スイッチ
ASUSだけのオーバークロック機能
- ASUS Network iControl
- ASUS USB 3.0 Boost
- ASUS Disk Unlocker
- 100% 高品質導電性高分子コンデンサ
- ASUS GPU Boost
- ASUS Turbo V
- ASUS MemOK!
- ASUS AI Suite II
- ASUS Low EMI
- ASUS ESD
(次項へ)
P8H77-M PRO 仕様一覧
ASUSだけの機能(続き)
ASUS Q-Design:
- ASUS Q-Shield
- ASUS Q-Slot
- ASUS Q-DIMM
- ASUS Q-Connector
ASUS 静音サーマルソリューション:
- ASUS ファンレス設計
- ASUS Fan Xpert
ASUS EZ DIY:
- ASUS UEFI BIOS EZ Mode
- ASUS CrashFree BIOS 3
- ASUS EZ Flash 2
- ASUS MyLogo 2
ASUSだけの
オーバークロック機能
Precision Tweaker 2:
- vCORE:CPU 電圧調節(0.005V 刻み)
- vCCSA: 191段階システムエージェント電圧コントロール
- vDRAM Bus: 191段階 メモリー電圧コントロール
- vPCH: 191段階 チップセット電圧コントロール
- iGPU: 127段階 iGPU 電圧コントロール
- vCPU_PLL: 1段階 CPU & PCH PLL 電圧コントロール
SFS (Stepless Frequency Selection):
- BCLK/PCIE 周波数:80MHz ~300 MHz(1MHz 刻み)
オーバークロック保護機能
- ASUS C.P.R.(CPU Parameter Recall)
バックパネル I/O ポート
PS/2 キーボード/マウスコンボポート×1
光デジタル S/PDIF 出力ポート×1
LAN (RJ-45) ポート×1
DisplayPort 出力ポート×1
HDMI出力ポート×1
DVI-D出力ポート×1
VGA 出力ポート×1
USB 2.0 ポート×4
USB 3.0 ポート×2
eSATA 6Gb/s ポート×1
オーディオ I/O ポート×6 (8チャンネル対応)
内部 I/O コネクター
USB 3.0コネクター×1:追加USBポート2基に対応
USB 2.0コネクター×3:追加USBポート6基に対応
システムパネルコネクター×1
S/PDIF 出力ヘッダー×1
SATA 3Gb/s コネクター×4 (ブルー)
SATA 6Gb/s コネクター×3 (グレー×2、ネイビーブルー×1)
フロントパネルオーディオコネクター×1 (AAFP)
CPU ファン コネクター×1 (4ピン)
ケースファン コネクター×2 (4ピン)
電源ファンコネクター ×1 (3ピン)
シリアル(COM)ポートコネクター×1
LPT コネクター×1
Clear CMOS ジャンパスイッチ×1
24ピン EATX 電源 コネクター×1
8ピン EATX 12V 電源 コネクター×1
EPU スイッチ×1
GPU スイッチ×1
MemOK! スイッチ×1
(次項へ)
xi
P8H77-M PRO 仕様一覧
UEFI BIOS機能
64 Mb Flash ROM、UEFI AMI BIOS、PnP、DMI 2.0、WfM 2.0、
SM BIOS 2.7、ACPI 2.0a、多言語BIOS、
ASUS EZ Flash 2、ASUS CrashFree BIOS 3、F12-プリントスクリーン、
F3-ショートカット、ASUS DRAM SPD Information
マネージャビリティ
WfM 2.0、DMI 2.0、WOL by PME、WOR by PME、PXE
サポート DVD
ドライバー各種
ASUS ユーティリティ各種
マニュアル各種
アンチウイルスソフトウェア(OEM体験版)
サポートOS
Windows® XP Service Pack3
Windows® 7
フォームファクター
Micro ATX フォームファクター:24.5cm×24.5cm(9.6インチ×9.6インチ)
* 製品は性能・機能向上のために、仕様およびデザインを予告なく変更する場合があります。
* EFI(UEFI) が従来のBIOSと同じ機能を持つことから、ASUSは「EFI(UEFI)を
「UEFI BIOS」
「
、BIOS」
と表記します。
xii
P8H77-M PRO 仕様一覧
ご注意
Intel®の仕様により、CPUとチップセットの一部機能はWindows® XPをサポートしておりませ
ん。
- Intel® Smart Response Technology
- Intel® Rapid Start Technology
- Intel® Smart Connect Technology
- Intel® Quick Sync Video
- Intel® InTru 3D
- Intel® Clear Video HD Technology
- Intel® Insider
- Intel® チップセットUSB 3.0*
* Intel® チップセットUSB 3.0のWindows® XP用ドライバーはIntel®より提供されておりませ
ん。
Intel® チップセットのUSB 3.0ポートはWindows® XPでUSB2.0としてのみお使いいただけ
ます。
仕様により、次の機能はWindows® XPをサポートしておりません。
- Network iControl
- LucidLogix Virtu MVP
- Intel® チップセットUSB 3.0のUSB 3.0 Boost
機能の有無は製品により異なります。
本製品はWindows® Vistaをサポートしておりません。
本製品の機能を最大限ご利用いただくために、ASUSTeK Computer Inc. はWindows® 7以降
のOSをご利用いただくことを推奨します。
• 本
製品のSATAモードはデフォルトで[IDE]に設定されています。Windows® XPで
使用する場合、SATAモードの変更は不要です。
• SATAモードはUEFI BIOS Setup Utilityの「Advanced Mode」→「Advanced」→
「SATA Configuration」→「SATA Mode Selection」で変更することができます。
xiii
xiv
Chapter 1
Chapter 1:
製品の概要
1.1
ようこそ
お買上げ頂き誠にありがとうございます。本製品は多くの新機能と最新のテクノロジを提供する
ASUSの高品質マザーボードです。
1.2
Chapter 1
マザーボードとハードウェアデバイスの取り付けを始める前に、以下のリストに従って部品がすべ
て揃っているかどうかを確認してください。
パッケージの内容
製品パッケージに以下のものが揃っていることを確認してください。
nual
User Ma
ASUS P8H77-M PRO
マザーボード
ユーザーマニュアル
サポート DVD
SATA 6Gb/s ケーブル×2
SATA 3Gb/s ケーブル×2
ASUS Q-Shield×1
2-in-1 ASUS Q-Connector kit
•
万一、付属品が足りない場合や破損していた場合は、すぐにご購入元にお申し出ください。
•
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際とは異なる場合があります。予めご
了承ください。
ASUS P8H77-M PRO
1-1
1.3
独自機能
1.3.1
製品の特長
Chapter 1
LGA1155 ソケット:3rd/2nd Generation Intel® Core™ Processor Family
Core™ i7 / Core™ i5 / Core™ i3 プロセッサー、Intel® Pentium®/Celeron® プロセッサ
ー対応
本製品はLGA1155 パッケージの3rd/2nd Generation Intel® Core™ Processor Family Core™ i7
/ Core™ i5 / Core™ i3 プロセッサー、Intel® Pentium®/Celeron® プロセッサーをサポートしていま
す。このプロセッサーは、2チャンネルのDDR3メモリーとPCI Express 3.0 16レーンをサポートし
ており、メモリーコントローラとPCI ExpressコントローラをCPUに統合することで、優れたグラフィ
ックパフォーマンスを実現します。3rd/2nd Generation Intel® Core™ Processor Family Core™ i7 /
Core™ i5 / Core™ i3 プロセッサー、Intel® Pentium®/Celeron® プロセッサーは現在世界で最も
パワフルで省電的なプロセッサーです。
Intel® H77 Express チップセット
Intel® H77 Express チップセットは、LGA1155パッケージの 3rd/2nd Generation Intel® Core™
Processor Family Core™ i7 / Core™ i5/ Core™ i3 プロセッサー、Intel® Pentium®/Celeron® プロ
セッサー をサポートする、最新のワンチップチップセットです。Intel® H77 Express チップセットは
シリアルポイントツーポイント接続を使用することでパフォーマンスを大幅に向上させ、帯域の
増加とより高い安定性を実現します。また、理論値でUSB 2.0規格の約10倍となる最大転送速度
5Gbps のUSB 3.0を4ポートサポートします。さらに、Intel® H77 Expressチップセットは 統合型グ
ラフィックス(iGPU)をサポートしているので、最新の Intel 統合型グラフィックパフォーマンスをお
楽しみ頂けます。
デュアルチャンネル DDR3 2200(O.C.)/2133(O.C.)/2000(O.C.)/1866(O.C.)
/1600/1333/1066 MHz サポート
本製品はデータ転送率 DDR3 2200(O.C.)/2133(O.C.)/2000(O.C.)/1866(O.C.)/1600/1333/1066
MHz メモリーをサポートし、最新の3Dゲーム、マルチメディア、インターネットアプリケーションと
いった高い帯域幅を必要とする用途での要件を満たします。デュアルチャンネルDDR3メモリーア
ーキテクチャーは、システムのメモリー帯域幅を拡大しパフォーマンスを向上させます。
* DDR3 1600MHzを超える周波数は3rd Generation Intel®Processor Familyでのみサポートします。
** C
PUの性質により、DDR3 2133/1866 MHzのメモリーモジュールはデフォルト設定で2000/1800 MHzとして
動作します。
PCI Express® 3.0
最新のPCI Express 規格PCI Express 3.0は、エンコード方式の改善などにより従来の約2倍の
パフォーマンスを発揮します。x16リンクでの合計帯域幅は双方向で32GB/s となり、従来PCI
Express 2.0の2倍の帯域幅となります。下位互換性を有したPCI Express 3.0 は、ユーザーに今まで
にない利便性の高い最高のパフォーマンスを提供します。
また、高度なグラフィックスパフォーマンス
や将来の拡張性を要求するユーザーにとって、なくてはならない最新のテクノロジーです。
* PCI Express 3.0(Gen3)のサポートはCPUおよび拡張カードにより異なります。対応CPUを取り付け、対応スロ
ットにPCI Express 3.0規格準拠の拡張カードを取り付けることで、PCI Express 3.0の性能を発揮することがで
きます。
S/PDIF出力(バックパネル I/Oポート)
デジタル‐アナログ変換をPC内部で行わず、デジタルデータをコアキシャルケーブル、あるいは
光ファイバーを経由して外部のデコーダに送信します(S/PDIF:SONYPHILIPSDigital Interface)。
そのため各種ノイズの影響を受けにくく、クリアなサウンドをお楽しみいただけます。
Gigabit LAN ソリューション
オンボードLANコントローラはGb LANコントローラを高度に統合したものです。ACPI 管理機能
が強化されており、効果的な電源管理により、より高度なシステムオペレーションを提供します。
1-2
Chapter 1: 製品の概要
8チャンネルHDオーディオ
Chapter 1
オンボード8チャンネルHDオーディオ(High Definition Audio、コードネームAzalia)CODECは、
ハイクオリティの 192KHz/24bitリニアPCM、オーディオジャック検出機能、ジャックリタスキング
機能に対応しています。
100% 高品質導電性高分子コンデンサ
本マザーボードは高品質導電性高分子コンデンサーを使用しています。コンポーネントの寿命を延
ばし、散熱性能を強化します。
USB 3.0 サポート
ASUSはUSB 3.0ポート追加用コネクターをフロントに設置することで、フロント・パネルとバック・
パネルの双方で使用可能にすることにより取り回しの自由度を高めました。USB 3.0の転送速度
は理論値でUSB 2.0の約10倍となり、プラグアンドプレイに対応しているので接続も非常に簡単
です。本製品は最高の接続性と転送速度を実現します。
eSATA 6Gb/s サポート
本製品は6Gb/sに対応したeSATA(External Serial ATA)をバックパネルに2ポート搭載しています。
eSATAとはパソコンに外付けハードディスクなどを接続するためのSerial ATA(SATA)インターフェー
スの一種で、転送方式や転送速度はSerial ATAに準拠しています。また、電源を落とさずに機器の
接続や切り離しができるホットプラグにも対応しています。eSATAは誤接続を防ぐため内蔵機器向
けの通常のSerial ATAとは端子の形状等が異なり、内蔵機器向けのケーブルは使用できません。
1.3.2
DIGI+ VRM Digital Power Design
DIGI+ VRMは、CPUから出力されるSVID信号(デジタル電源信号)の要求に基づいてCPUの電源制
御を処理することにより、電圧を効率的に供給します。正確な電源供給により、電力の浪費を防ぎ
CPUのVcoreへ安定した電源供給を行います。UEFI BIOSや独自インターフェースのユーティリティ
によってCPUや統合型グラフィックス電圧を調節することができます。この特許取得済みの設計に
よってパフォーマンスを最大限に引き出し、オーバークロックの可能範囲を広げます。
ASUS P8H77-M PRO
1-3
ASUS EPU
Chapter 1
シンプルで使いやすいオンボードスイッチ、またはAI Suite II ユーティリティによって世界初の
PCのリアルタイム省電力機能を有効にすることができます。現在のPCの負荷状態を検出し、自動
で効率よく電力消費を抑えることにより、システム全体のエネルギー効率を最適化します。また、
この機能は適切な電源管理を行うことでファンのノイズを軽減し、コンポーネントの寿命を
延ばします。
1.3.3
ASUS の独自機能
USB 3.0 Boost
ASUS USB 3.0 Boost は、新しいプロトコルUASP(USB Attached SCSI Protocol)をサポートしま
す。USB 3.0 Boost によって、オンボードのUSB 3.0 コントローラーに接続されたUSB 3.0 デバイス
の転送速度を最大70%向上させることができます。ASUS独自の自動検出機能やユーザーフレン
ドリーなグラフィカルなインターフェースのユーティリティによって、USB 3.0 Boost Technology
の素晴らしいパフォーマンスをお楽しみください。
Network iControl
Network iControl は、たったワンクリックの操作で現在のネットワーク状態を管理し、使用中のア
プリケーションへ優先的にネットワーク帯域を割り当てます。また、各プログラムの帯域優先度を
設定しプロファイルに保存することで、よく利用するプログラムやネットワーク帯域が必要になる
プログラムのネットワーク帯域を簡単に最適化することができます。プロファイルではプログラム
ごとに時間による制限も設定することができます。さらに、自動PPPoEネットワーク接続やTCP遅
延回避機能も備えた、使いやすいネットワークコントロールセンターです。
GPU Boost
GPU Boost は統合型グラフィックスをリアルタイムでオーバークロックし、最高のグラフィック
パフォーマンスを実現します。ユーザーフレンドリーなインターフェースで周波数と電圧の調節が
簡単に行えます。複数のオーバークロックプロファイルの管理が可能で、システムレベルのアップ
グレードを迅速に行い、安定したパフォーマンスを提供します。
MemOK!
コンピュータのアップグレードで悩みの種になるのがメモリーの互換性ですが、MemOK! が
あればもう大丈夫です。スイッチを押すだけで、メモリーの互換問題を解決し、起動エラーを未然
に防ぐことができ、システムが起動する確率を劇的に向上させることができます。
AI Suite II
ASUS AI Suite IIは使いやすいユーザーインターフェースにより、オーバークロックや電源管理、
ファンスピードの調節、電圧と温度センサーの表示、ステータスの読み込みを行うASUS独自の
各種ユーティリティの操作が簡単に行えます。また、このユーティリティ一つで各種操作が行えま
すので、複数のユーティリティを起動する煩わしさを解消します。
ASUS TurboV
ASUS Turbo Vは、OSのシャットダウンや再起動をせずにどなたでも簡単にオーバークロックがで
きる、ユーザーフレンドリーなインターフェースのユーティリティです。ASUS OC Profiles を設定す
ることにより、様々な状況に応じたオーバークロックの設定を簡単に切り替えることができます。
1-4
Chapter 1: 製品の概要
1.3.4
ASUS静音サーマルソリューション
ASUS ファンレス設計
Chapter 1
ASUSのスタイリッシュなファンレス設計は、静かなシステム環境のために最高の冷却性能を提供
します。スタイリッシュな外観だけでなく効率的に熱交換を行うことで、チップセットと電源フェー
ズ周囲の温度を低く保ちます。機能性と美しさを兼ね備えたASUSファンレス設計は最高の静音環
境と冷却性能を実現します。
マザーボードに取り付けられているヒートシンク、ヒートパイプは取り外さないでください。
部品が破損、変形し放熱効果を低下させる原因となります。
ASUS Fan Xpert
ASUS Fan Xpert は、システムの負荷と環境温度に応じて、効果的にCPUファンとケースファンの
スピードを調節することができます。予め準備されたプロファイルから設定を選択することによ
り、ファン速度を臨機応変にコントロールすることもできます。
1.3.5
ASUS EZ DIY
ASUS UEFI BIOS (EZ Mode)
ASUS のUEFI BIOSは、従来のキーボード操作だけでなくマウスでの操作も可能となったグラフィ
カルでユーザーフレンドリーなインターフェースで、詳細設定モード(Advanced mode)
と簡易設
定モード(EZ mode)を切り替えて使用することができます。ASUS UEFI BIOSは従来のMBR
(Master Boot Record)に代わるGUIDパーティションテーブル(GPT)をサポートしているので、
対応64bit オペレーティングシステム上で2.2TBを超える記憶装置の全領域を利用することがで
きます。
*GPTと16byte CDB(64bit LBA)のサポートはOSにより異なります。
ASUSだけのインターフェース
EZ Mode は多くのユーザーが頻繁にアクセスする項目が表示されます。システムパフォーマンス
設定の選択や、起動順序をドラッグ&ドロップで選択することができます。
Advanced Mode は従来のBIOSのような詳細な項目が表示され、CPUやメモリーの詳細設定な
ど複雑なシステム設定を行うことが可能です。
強化された機能
- F 12ファンクションキーを押すことによってUEFI BIOS画面のスクリーンショットを撮影し、オンボ
ードUSBポートに接続したUSBメモリーに保存することができます。設定情報の共有やトラブル
シューティングにご活用いただけます。
- F3ファンクションキーを押すことによって、ショートカットメニューを表示し頻繁にアクセスする
項目に直接移動することができます。
- ASUS DRAM SPD(Serial Presence Detect)は、迅速且つ簡単にDRAMの状況をチェックする機
能です。問題のあるメモリーを検知し、メモリーによるPOST問題を素早く解決に導きます。
ASUS Q-Design
ASUS Q-DesignはあなたのPC組み立て(DIY)をトータルサポートします。Q-LED、Q-Slot、
Q-DIMMなど、DIY作業を単純化したデザインにより、自作の作業か簡単にスピーディーに行うこ
とができます。
ASUS Q-Shield
ASUS Q-Shield は従来の「爪」をなくした設計で、取り付けが非常に簡単です。より優れた電気伝
導率により、静電気と電磁波妨害によるダメージから大切なマザーボードを守ります。
ASUS P8H77-M PRO
1-5
ASUS Q-Connector
ASUS Q-Connectorはケースのフロントパネルケーブルを簡単に取り付け/取り外しできるよう
にします。この独自モジュールにより、ケーブルの取り付けミスや配線の煩わしさといった問題を
取り除きました。
Chapter 1
ASUS EZ-Flash 2
ASUS EZ-Flash 2はフロッピーの起動ディスクやOSベースのユーティリティを使用せずに
UEFI BIOSを更新することができるユーザーフレンドリーなユーティリティです。
1.3.6
その他の特別機能
LucidLogix Virtu MVP
Lucidlogix Virtu MVP は統合型グラフィックスとビデオカード(ディスクリート・グラフィックス・
カード)を組み合わせ、素晴らしいパフォーマンスを発揮させる次世代GPU仮想化ソフトウェア
です。対応CPUと組み合わせ負荷状況に応じてグラフィックスを切り替えることにより、電力消
費を効率的に抑えながら統合型グラフィックスとビデオカードの性能を最大限に発揮させるこ
とができます。Lucidlogix Virtu MVP では2つの新しい機能(HyperFormance™、Virtual Vsync™
Technology)に加え、Intel® Quick Sync Video Technologyの対応により従来製品に比べグラフィ
ックスパフォーマンスをより高いレベルへと引き上げます。美麗な3Dムービーや高いハードウェ
アスペックを必要とする美しいグラフィックスのゲームを思う存分お楽しみください。
「HyperFormance™ Technology」は、CPU、GPU、ディスプレイ間の冗長レンダリングタスクを減
らすことによりゲームなどでの応答性能を向上させます。
「Virtual Vsync™ Technologies」は、VSync無効時に発生するティアリングを抑え、VSync有効時
にフレームレートのヘッドルームを取り払うことにより入力遅延を低減させフレームレートを大
幅に引き上げます。
* Lucidlogix Virtu MVP はWindows® 7 をサポートしています。
** CPU統合型グラフィックス機能の有無はCPUにより異なります。
DisplayPort 1.1a サポート
DisplayPortは、液晶ディスプレイなどのデジタル・ディスプレイ装置のために設計された次世代
デジタルインターフェイス規格です。ケーブル1本で最大2.7Gbps(4レーンで10.8Gbps)の高画質
デジタル映像(ハイビジョン)と高音質デジタル音声(マルチサラウンド)を伝送することできます。
また、デジタルコンテンツの著作権保護技術「HDCP」にも対応します。
ステレオスコピック3D(立体視)対応 HDMI
HDMI(High Definition Multimedia Interface)とは、主にデジタル家電やAV機器向けに策定され
たデジタル映像・音声入出力インタフェース規格です。1本のケーブルで非圧縮のデジタル映像や
マルチチャンネル音声と制御信号を合わせて伝送することができます。Blu-ray Disc™やDVDなど
のデジタルコンテンツ著作権保護技術「HDCP」をサポートしており、ステレオスコピック3D(立体
視)コンテンツにも対応しているので、対応機器を接続することで本格的な高精細3D映像をご自
宅のパソコンでいつでもお楽しみいただけます。
ErP Ready
本製品は、European Union’s Energy-related Products (ErP) 対応製品です。ErP対応製品は、エ
ネルギー消費に関して、ある一定のエネルギー効率要件を満たしている必要があります。これは
ASUSの革新的製品設計で環境に優しい、エネルギー効率の良い製品を提供することで、二酸化
炭素排出量を削減し、環境保護に努めるというASUSの企業理念と合致するものです。
1-6
Chapter 1: 製品の概要
Chapter 2
Chapter 2:
ハードウェア
2.1
始める前に
マザーボードのパーツの取り付けや設定変更の前は、次の事項に注意してください。
•
各パーツを取り扱う前に、コンセントから電源プラグを抜いてください。
•
静電気による損傷を防ぐために、各パーツを取り扱う前に、静電気除去装置に触れるな
ど、静電気対策をしてください。
•
IC部分には絶対に手を触れないように、各パーツは両手で端を持つようにしてください。
•
各パーツを取り外すときは、必ず静電気防止パッドの上に置くか、コンポーネントに付属
する袋に入れてください。
•
パーツの取り付け、取り外しを行う前に、ATX電源ユニットのスイッチをOFF の位置にし、
電源コードが電源から抜かれていることを確認してください。電力が供給された状態で
の作業は、感電、故障の原因となります。
ASUS P8H77-M PRO
2-1
2.2
マザーボードの概要
2.2.1
マザーボードのレイアウト
1
2
3
4
5
1
6
24.4cm(9.6in)
GPU_Boost
KB_USB3_34
7
8
MemOK!
DRAM_LED
EATXPWR
2
9
USB3_34
DDR3 DIMM_B2 (64bit, 240-pin module)
LAN1_USB12
DDR3 DIMM_B1 (64bit, 240-pin module)
DVI_VGA
LGA1155
Chapter 2
ESATA 6G
_USB3_12
DDR3 DIMM_A2 (64bit, 240-pin module)
EATX12V
CHA_FAN1 PWR_FAN
10
Lithium Cell
CMOS Power
AUDIO
24.4cm(9.6in)
ASM
1442
DDR3 DIMM_A1 (64bit, 240-pin module)
SPDIF_O
_HDMI
_DP
CHA_FAN2 CPU_FAN
GPU_LED
DIGI
+EPU
SATA6G_E1
SATA3G_3 SATA3G_1 SATA6G_1
Marvell®
9172
PCIEX1_1
Intel
H77
®
8Mb
BIOS
Super
I/O
PCIEX1_2
PCIEX16_1
ALC
892
EPU
SPDIF_OUT
TB_Header
LPT
COM1
USB910
USB78
USB56
22
EPU_LED
SB_PWR
CLRTC
AAFP
SATA3G_4 SATA3G_2 SATA6G_2
PCIEX16_1
P8H77-M PRO
RTL
8111F
11
12
13
14
15
PANEL
21
20
19
18
17
16
バックパネルコネクターと内部コネクターの詳細については、
「2.2.8 内部コネクター」
と
「2.3.10 バックパネルコネクター」をご参照ください。
2-2
Chapter 2: ハードウェア
コネクター/ジャンパ/スロット
ページ
1.CPUファン、ケースファン、電源ファンコネクター
(4ピンCPU_FAN、4ピンCHA_FAN1/2、3ピンPWR_FAN)
2-26
2.
ATX電源コネクター (24ピン EATXPWR、8ピン EATX12V)
2-28
3.
GPU Boost スイッチ
2-18
4.
GPU Boost LED (GPU_LED)
2-20
5.
CPUソケット:LGA1155
2-4
6.
DDR3 メモリースロット
2-5
7.
MemOK! スイッチ
2-17
8.
DRAM LED (DRAM_LED)
2-19
9.Intel® USB 3.0 コネクター (20-1 ピン USB3_34)
2-23
10.Marvell® SATA 6Gb/s コネクター
(7ピン SATA 6G_E1 [ネイビーブルー])
2-23
11.
2-18
EPU スイッチ
12.Intel® H77 SATA 6Gb/s コネクター (7ピン SATA6G_1/2 [グレー])
2-21
13.Intel® H77 SATA 3Gb/s コネクター (7ピン SATA3G_1-4、[ブルー])
2-22
14.
EPU LED(EPU LED)
2-20
15.
スタンバイ電源LED (SB_PWR)
2-19
16.
システムパネルコネクター (20-8 ピン F_PANEL)
2-29
17.
Clear CMOS ジャンパスイッチ (3ピン CLRTC)
2-16
18.
USB 2.0 コネクター(10-1 ピン USB56、USB78、USB910)
2-24
19. シリアル(COM)ポートコネクター(10-1 ピン COM1)
2-27
20.
LPT コネクター (26-1 ピン LPT )
2-26
21.
フロントパネルオーディコネクター (10-1 ピン AAFP)
2-25
22.
デジタルオーディオコネクター (4-1 ピン SPDIF_OUT)
2-24
ASUS P8H77-M PRO
Chapter 2
レイアウトの内容
2-3
2.2.2
CPU
本製品には、3rd/2nd Generation Intel® Core™ Processor Family Core™ i7 / Core™ i5 / Core™ i3
プロセッサー、Intel® Pentium®/Celeron®プロセッサー用に設計されたLGA1155 ソケットが搭載
されています。
P8H77-M PRO
Chapter 2
P8H77-M PRO CPU socket LGA1155
CPUを取り付ける際は、全ての電源ケーブルをコンセントから抜いてください。
2-4
•
本製品にはLGA1155規格対応のCPUソケットが搭載されています。LGA1155規格以外の
CPUはサポートしておりません。
•
マザーボードのご購入後すぐにソケットキャップがソケットに装着されていること、
ソケットの接触部分が曲がっていないかを確認してください。ソケットキャップが装着
されていない場合や、ソケットキャップ/ソケット接触部/マザーボードのコンポーネントに
不足やダメージが見つかった場合は、すぐに販売店までご連絡ください。不足やダメージ
が出荷及び運送が原因の場合に限り、ASUSは修理費を負担いたします。
•
マザーボードを取り付けた後も、ソケットキャップを保存してください。ASUSはこの
ソケットキャップが装着されている場合にのみ、RMA(保証サービス)を受け付けます。
•
製品保証は、CPUやソケットキャップの間違った取り付け・取り外しや、ソケット
キャップの紛失に起因する故障及び不具合には適用されません。
Chapter 2: ハードウェア
2.2.3
システムメモリー
本製品には、DDR3 メモリーに対応したメモリースロットが4基搭載されています。
DIMM_B1
DIMM_B2
DIMM_A1
DIMM_A2
DDR3メモリーはDDR2メモリーと同様の大きさですが、DDR2メモリースロットに
誤って取り付けることを防ぐため、ノッチの位置は異なります。
Chapter 2
P8H77-M PRO
P8H77-M PRO
P8H77-M
PRO 240-pin
240-pinDDR3
DDR3DIMM
DIMMsockets
Slots
推奨メモリー構成
ASUS P8H77-M PRO
2-5
メモリー構成
1GB、2GB、4GB、8GBのNon-ECCUnbufferdDDR3メモリーをメモリースロットに取り付けることができます。
Chapter 2
•
容量の異なるメモリーを Channel A と Channel Bに取り付けることができます。異なる
容量のメモリーをデュアルチャンネル構成で取り付けた場合、アクセス領域はメモリー
容量の合計値が小さい方のチャンネルに合わせて割り当てられ、容量の大きなメモリー
の超過分に関してはシングルチャンネル用に割り当てられます。
•
DDR3 1600MHzを超える周波数は3rd Generation Intel® Processor Familyでのみサポー
トします。
•
CPUの性質により、DDR3 2133/1866 MHzのメモリーモジュールはデフォルト設定で
2000/ 1800 MHzとして動作します。
•
1.65Vを超過する電圧の必要なメモリーを取り付けるとCPUが損傷することがあります。
1.65V 未満の電圧を必要とするメモリーを取り付けることをお勧めします。
•
同じCASレイテンシを持つメモリーを取り付けてください。またメモリーは同じベンダーの
ものを取り付けることをお勧めします。
•
メモリーの割り当てに関する制限により、32bit Windows® OSでは4GB以上のシステム
メモリーを取り付けても、OSが実際に利用可能な物理メモリーは4GB未満となります。
メモリーリソースを効果的にご使用いただくため、次のいずれかのメモリー構成をお勧め
します。
- Windows® 32bit OSでは、4GB未満のシステムメモリー構成にする
-4
GB以上のシステムメモリー構成では、64bit Windows® OSをインストールする
詳細はMicrosoft® のサポートサイトでご確認ください。
http://support.microsoft.com/kb/929605/ja
•
本製品は512 Mbit(64MB)以下のチップで構成されたメモリーをサポートして
いません。512 Mbit のメモリーチップを搭載したメモリーモジュールは動作保証致しかね
ます。
(メモリーチップセットの容量はMegabit で表します。8 Megabit/Mb=1 Megabyte/MB)
•
デフォルト設定のメモリー動作周波数はメモリーのSPDにより異なります。デフォルト設定
では、特定のメモリーはオーバークロックしてもメーカーが公表する値より低い値で動作
する場合があります。メーカーが公表する値、またはそれ以上の周波数で動作させる場合
は、
「3.4 Ai Tweaker メニュー」を参照し手動設定してください。
•
メモリーを4枚取り付ける場合やメモリーをオーバークロックする場合は、それに対応
可能な冷却システムが必要となります。
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 2400 MHz
2-6
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブラ
ンド
チップ No. タイミング
電圧
CORSAIR
G.SKILL
CMGTX8(XMP)
F3-19200CL11Q-16GBZHD(XMP)
SS
DS
-
-
10-12-10-27 1.65V
11-11-11-31 1.65V
G.SKILL
GEIL
KINGMAX
Transcend
Transcend
Transcend
PATRIOT
F3-19200CL9D-4GBPIS(XMP)
GET34GB2400C9DC(XMP)
FLLE88F-C8KKAA HAIS(XMP)
TX2400KLU-4GK(427652)(XMP)
TX2400KLU-4GK (381850)(XMP)
TX2400KLU-4GK(374243)(XMP)
PVV34G2400C9K(XMP)
8GB (2GBx4)
16GB
(4x4GB)
4GB (2x2GB)
2GB
2GB
4GB (2x2GB)
4GB (2x2GB)
4GB (2x2GB)
4GB (2x2GB)
DS
DS
SS
SS
SS
DS
DS
-
-
9-11-9-28
9-11-9-27
10-11-10-30
9
9
9-11-9-27
1.65V
1.65V
1.8V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
Chapter 2: ハードウェア
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 2250 MHz
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブラ
ンド
KINGMAX
KHX2250C9D3T1K2/4GX(XMP)
4GB (2x2GB) DS
-
チップ No.
タイミング 電圧
-
-
1.65V
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
•
•
•
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 2200 MHz
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブラ
ンド
チップ No.
タイミング
電圧
G.SKILL
GEIL
GEIL
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
F3-17600CL8D-4GBPS(XMP)
GET34GB2200C9DC(XMP)
GET38GB2200C9ADC(XMP)
FLKE85F-B8KJAA-FEIS(XMP)
FLKE85F-B8KHA EEIH(XMP)
FLKE85F-B8KJA FEIH(XMP)
4GB (2X2GB)
2GB
4GB
2GB
4GB (2X2GB)
4GB (2x2GB)
DS
DS
DS
DS
DS
DS
-
8-8-8-24
9-10-9-28
9-11-9-28
-
1.65V
1.65V
1.65V
1.5V-1.7V
1.5V-1.7V
-
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
Chapter 2
ベンダー
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 2133 MHz
ベンダー
パーツNo.
A-DATA
CORSAIR
AX3U2133GC2G9B-DG2(XMP)
CMT16GX3M4X2133C9(XMP
1.3)
CMT4GX3M2A2133C9(XMP)
CMT4GX3M2B2133C9(XMP)
F3-17000CL9Q-16GBZH(XMP)
CORSAIR
CORSAIR
G.SKILL
GEIL
GEIL
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
サイズ
2GB
16GB
(4x4GB)
4GB (2x2GB)
4GB (2GBx2)
16GB
(4GBx4)
GE34GB2133C9DC(XMP)
2GB
GU34GB2133C9DC(XMP)
4GB (2x2GB)
KHX2133C9AD3T1K2/4GX(XMP) 4GB (2x2GB)
KHX2133C9AD3X2K2/4GX(XMP) 4GB (2x2GB)
KHX2133C9AD3T1K4/8GX(XMP) 8GB (4x2GB)
KHX2133C9AD3T1FK4/
8GB (4x2GB)
8GX(XMP)
ASUS P8H77-M PRO
SS/ チップ
DS ブラ
ンド
チップ No.
タイミング
電圧
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
•
•
•
•
•
•
SS
DS
-
-
9-11-9-27
9-11-10-27
1.55-1.75V
1.50V
DS
DS
DS
-
-
9-10-9-24
9-10-9-27
9-11-10-28
1.65V
1.5V
1.65V
•
•
•
•
•
•
•
•
•
DS
DS
DS
DS
DS
DS
-
-
9-9-9-28
9-9-9-28
9-11-9-27
9-11-9-27
-
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
2-7
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 2000 MHz
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブラ
ンド
チップ No.
タイミング
電圧
Apacer
CORSAIR
CORSAIR
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
GEIL
KINGSTON
KINGSTON
6GB (3x2GB)
4GB (2x2GB)
6GB (3x2GB)
4GB (2GBx2)
4GB (2GBx2)
6GB (2x4GB)
4GB (2x2GB)
4GB (2x2GB)
4GB (2x2GB)
DS
SS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
-
-
9-9-9-27
10-10-10-27
8-9-8-24
9-9-9-24
9-9-9-27
6-9-6-24
9-9-9-28
-
1.65V
1.50V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
4GB (2x2GB) DS
6GB (3x2GB) DS
-
-
9
-
1.65V
1.65V
•
•
•
•
KINGSTON
Transcend
Asint
78.AAGD5.9KD(XMP)
CMZ4GX3M2A2000C10(XMP)
CMT6GX3M3A2000C8(XMP)
F3-16000CL9D-4GBFLS(XMP)
F3-16000CL9D-4GBTD(XMP)
F3-16000CL6T-6GBPIS(XMP)
GUP34GB2000C9DC(XMP)
KHX2000C9AD3T1K2/4GX(XMP)
KHX2000C9AD3W1K2/
4GX(XMP)
KHX2000C9AD3T1K2/4GX(XMP)
KHX2000C9AD3W1K3/
6GX(XMP)
KHX2000C9AD3T1K3/6GX(XMP)
TX2000KLN-8GK(XMP)
SLA302G08-ML2HB(XMP)
6GB (3x2GB) DS
8GB (2x4GB) DS
4GB
DS
HYNIX
-
1.65V
1.6V
-
•
•
•
•
•
•
•
•
PATRIOT
PVT36G2000LLK
6GB (3x2GB) DS
-
H5TQ2G83BFR
H9C
-
8-8-8-24
1.65V
•
•
•
KINGSTON
KINGSTON
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
Chapter 2
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 1866 MHz
2-8
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブラ
ンド
チップ No. タイミング
電圧
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
A-DATA
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
G.SKILL
AX3U1866PB2G8-DP2(XMP)
CMT4GX3M2A1866C9(XMP)
CMT6GX3MA1866C9(XMP)
CMZ8GX3M2A1866C9(XMP)
F3-14900CL9Q-16GBZL(XMP)
DS
DS
DS
DS
DS
-
-
8-8-8-24
9-9-9-24
9-9-9-24
9-10-9-27
9-10-9-28
1.55V-1.75V
1.65V
1.65V
1.50V
1.5V
G.SKILL
F3-14900CL10Q264GBZLD(XMP)
F3-14900CL9D-8GBXL(XMP)
F3-14900CL9Q-8GBXL(XMP)
KHX1866C9D3T1K3/3GX(XMP)
KHX1866C9D3K4/16GX(XMP)
DS
-
-
G.SKILL
G.SKILL
KINGSTON
KINGSTON
DS
DS
SS
DS
-
-
KINGSTON
KINGSTON
KHX1866C9D3T1K3/6GX(XMP)
KHX1866C11D3P1K2/8G
2GB
4GB (2x2GB)
6GB (3x2GB)
8GB (2x4GB)
16GB
(4GBx4)
64GB
(8GBx8)
8GB (2x4GB)
8GB (2GBx4)
3GB (3x1GB)
16GB
(4GBx4)
6GB (3x2GB)
8GB (4GBx2)
DS
DS
-
-
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
10-11-10-30 1.5V
•
•
•
9-10-9-28
9-9-9-24
-
1.6V
1.65V
1.65V
1.65V
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
-
1.65V
1.5V
•
•
•
•
•
•
Chapter 2: ハードウェア
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 1600 MHz
パーツNo.
サイズ
SS/
DS
チップ
ブランド
チップ No.
タイミング
電圧
A-DATA
AM2U16BC2P1
2GB
SS
A-DATA
-
AD31600E001GM(O)U3K
AX3U1600XB2G79-2X(XMP)
AM2U16BC4P2
3GB(3 x 1GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB
SS
DS
DS
A-DATA
8-8-8-24
7-9-7-21
-
1.65V-1.85V
1.55V-1.75V •
•
•
•
•
•
A-DATA
A-DATA
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
Crucial
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
GEIL
GEIL
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
8GB(2 x 4GB)
8GB(2 x 4GB)
3GB(3 x 1GB)
12GB(6 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
8GB(2 x 4GB)
8GB(2 x 4GB)
8GB(4 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
2GB(2 x 1GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
8GB(2 x 4GB)
8GB(2 x 4GB)
8GB(2 x 4GB)
16GB(4 x 4GB)
2GB
1GB
2GB
2GB
4GB(2 x 2GB)
12GB(3 x 4GB)
12GB(3 x 4GB)
DS
DS
SS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
SS
SS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
SS
DS
DS
SS
DS
DS
-
9-9-9-24
7-9-7-21
8-8-8-24
8-8-8-24
8-8-8-24
9-9-9-24
7-8-7-20
9-9-9-24
9-9-9-24
8-8-8-24
8-8-8-24
9-9-9-24
9-9-9-24
7-8-7-20
9-9-9-24
9-9-9-24
7-7-7-24
7-8-7-24
8-8-8-24
9-9-9-24
9-9-9-24
9-9-9-24
7-8-7-24
8-8-8-24
9-9-9-24
9-9-9-28
8-8-8-28
7
7
9-9-9-27
9-9-9-27
1.55V-1.75V
1.55V-1.75V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.50V
1.65V
1.5V
1.6V
1.6V
1.60V
XMP 1.35V
1.5V
1.5V~1.6V
1.6V
XMP 1.35V
1.5V
1.6V
1.6V
1.5V
1.65V
1.65V
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
AX3U1600GC4G9-2G(XMP)
AX3U1600XC4G79-2X(XMP)
TR3X3G1600C8D(XMP)
CMD12GX3M6A1600C8(XMP)
CMP4GX3M2A1600C8(XMP)
CMP4GX3M2A1600C9(XMP)
CMP4GX3M2C1600C7(XMP)
CMX4GX3M2A1600C9(XMP)
CMX4GX3M2A1600C9(XMP)
TR3X6G1600C8 G(XMP)
TR3X6G1600C8D G(XMP)
TR3X6G1600C9 G(XMP)
CMP8GX3M2A1600C9(XMP)
CMZ8GX3M2A1600C7R(XMP)
CMX8GX3M4A1600C9(XMP)
BL25664BN1608.16FF(XMP)
F3-12800CL9D-2GBNQ(XMP)
F3-12800CL7D-4GBRH(XMP)
F3-12800CL7D-4GBRM(XMP)
F3-12800CL8D-4GBRM(XMP)
F3-12800CL9D-4GBECO(XMP)
F3-12800CL9D-4GBRL(XMP)
F3-12800CL9T-6GBNQ(XMP)
F3-12800CL7D-8GBRH(XMP)
F3-12800CL8D-8GBECO(XMP)
F3-12800CL9D-8GBRL(XMP)
GET316GB1600C9QC(XMP)
GV34GB1600C8DC(XMP)
FLGD45F-B8MF7 MAEH(XMP)
FLGE85F-B8KJ9A FEIS(XMP)
FLGE85F-B8MF7 MEEH(XMP)
KHX1600C9D3P1K2/4G
KHX1600C9D3K3/12GX(XMP)
KHX1600C9D3T1BK3/
12GX(XMP)
KHX1600C9D3K4/16GX(XMP)
KHX1600C9AD3/2G
KVR1600D3N11/2G-ES
3CCD-1509A
EL1126T
3CCD-1509A
EL1126T
-
-
A-DATA
A-DATA
A-DATA
16GB(4 x 4GB) DS
2GB
DS
2GB
DS
KTC
•
•
•
•
•
•
•
•
•
KHX1600C7D3K2/4GX(XMP)
KHX1600C8D3K2/4GX(XMP)
KHX1600C8D3T1K2/4GX(XMP)
KHX1600C9D3K2/4GX(XMP)
KHX1600C9D3LK2/4GX(XMP)
KHX1600C9D3X2K2/4GX(XMP)
KHX1600C9D3T1K3/6GX(XMP)
KHX1600C9D3K3/6GX(XMP)
KHX1600C9D3T1BK3/6GX(XMP)
KHX1600C9D3K2/8GX(XMP)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
6GB(3x 2GB )
6GB(3 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
8GB(2 x 4GB)
-
11-1111-28
8
8
9
9
9-9-9-27
9
9-9-9-27
9-9-9-27
1.65V
1.65V
1.35V-1.5V
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
D1288JPND
PLD9U
-
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
XMP 1.35V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ASUS P8H77-M PRO
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
•
•
•
Chapter 2
ベンダー
•
•
•
•
•
2-9
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 1600 MHz (続き)
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/
DS
チップ
ブランド
チップ No.
タイミング
電圧
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
•
•
•
•
KINGSTON
Super
Talent
Transcend
Asint
KHX1600C9D3P1K2/8G
WA160UX6G9
8GB(2 x 4GB)
6GB(3 x 2GB)
DS
DS
-
-
9
1.5V
-
JM1600KLN-8GK
SLZ3128M8-EGJ1D(XMP)
8GB(2 x 4GB)
2GB
DS
DS
9-9-9-24
1.6V
•
•
•
•
•
•
Asint
SLA302G08-EGG1C(XMP)
4GB
DS
-
-
•
•
•
Asint
SLA302G08-EGJ1C(XMP)
4GB
DS
-
-
•
•
•
Elixir
Kingtiger
Mushkin
Mushkin
PATRIOT
SanMax
M2P2G64CB8HC9N-DG(XMP)
KTG2G1600PG3
998659(XMP)
998659(XMP)
PGS34G1600LLKA
SMD-4G68HP-16KZ
2GB
2GB
6GB(3 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB
DS
DS
DS
DS
DS
DS
Transcend TK483PCW3
Asint
3128M8GJ1D
Asint
302G08GG1C
Asint
302G08GJ1C
HYNIX
H5TQ2G83B
FR PBC
9-9-9-24
9-9-9-24
7-7-7-20
-
1.5~1.6V
1.7V
-
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
Chapter 2
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 1333 MHz
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブランド
チップ No.
タイミング
電圧
A-DATA
AD31333001GOU
1GB
SS
A-Data
-
AD3U1333C2G9
2GB
SS
A-DATA
-
-
•
•
•
A-DATA
A-DATA
AD63I1B0823EV
AM2U139C2P1
2GB
2GB
SS
SS
A-Data
ADATA
-
-
•
•
•
•
•
•
A-DATA
A-DATA
A-DATA
AX3U1333C2G9-BP
AD31333G001GOU
AXDU1333GC2G9-2G
(XMP)
2GB
3GB(3 x 1GB)
4GB(2 x 2GB)
SS
SS
SS
-
AD30908C8D-151C
E0906
3CCD1509HNA1126L
3CCA-1509A
3CCD-1509A
EL1127T
-
-
A-DATA
8-8-8-24
9-9-9-24
•
•
•
•
•
•
A-DATA
A-DATA
A-DATA
AD31333G002GMU
AD63I1C1624EV
AM2U139C4P2
2GB
4GB
4GB
DS DS A-Data
DS ADATA
8-8-8-24
-
•
•
•
•
•
•
•
•
A-DATA
Apacer
SU3U1333W8G9-B
78.A1GC6.9L1
8GB
2GB
DS ELPIDA
DS Apacer
-
-
•
•
•
•
•
•
Apacer
78.A1GC6.9L1
2GB
DS Apacer
9
-
•
•
•
Apacer
AU02GFA33C9NBGC
2GB
DS Apacer
-
-
•
•
•
Apacer
78.B1GDE.9L10C
4GB
DS Apacer
-
-
•
•
•
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CM3X1024-1333C9
TR3X3G1333C9 G
TR3X6G1333C9 G
CMD24GX3M6A1333C9
(XMP)
TW3X4G1333C9D G
CM3X4GA1333C9N2
1GB
3GB(3 x 1GB)
6GB(3 x 2GB)
24GB
(6 x 4GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB
SS
SS
SS
DS
3CCA-1509A
3CCD-1509A
EL1127T
J4208BASE-DJ-F
AM5D5808D
EWSBG
AM5D5808F
EQSBG
AM5D5808
APQSBG
AM5D5908
CEHSBG
-
1.65-1.85V
1.25V-1.35V
(low
voltage)
1.65-1.85V
-
9-9-9-24
9-9-9-24
9-9-9-24
9-9-9-24
1.60V
1.50V
1.50V
1.60V
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
9-9-9-24
9-9-9-24
1.50V
-
•
•
•
•
•
•
CMX4GX3M1A1333C9
CMD8GX3M4A1333C7
CT12864BA1339.8FF
CT25664BA1339.16FF
BL25664BN1337.16FF
(XMP)
4GB
8GB(4 x 2GB)
1GB
2GB
6GB(3 x 2GB)
DS
DS
SS
DS
DS
256MBDCJGE
LC0401136
9FF22D9KPT
9KF27D9KPT
-
9-9-9-24
7-7-7-20
9
9
7-7-7-24
1.50V
1.60V
1.65V
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
Crucial
Crucial
Crucial
2-10
-
DS DS CORSAIR
Micron
Micron
-
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
•
•
•
Chapter 2: ハードウェア
•
•
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 1333 MHz (続き)
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブランド
チップ No.
タイミング
電圧
ELPIDA
EBJ10UE8EDF0-DJ-F
1GB
SS
ELPIDA
J1108EDSE-DJ-F
-
ELPIDA
EBJ21UE8EDF0-DJ-F
2GB
DS ELPIDA
J1108EDSE-DJ-F
-
G.SKILL
1GB
SS
G.SKILL
-
-
2GB(2 x 1GB)
3GB(3 x 1GB)
SS
SS
-
-
9-9-9-24
7-7-7-18
1.5V
1.5~1.6V
4GB(2 x 2GB)
DS -
-
6GB(3 x 2GB)
DS -
-
8GB(2 x 4GB)
DS -
-
GEIL
GEIL
F3-10600CL8D-2GBHK
(XMP)
F3-10600CL9D-2GBNQ
F3-10666CL7T-3GBPK
(XMP)
F3-10666CL8D4GBECO(XMP)
F3-10666CL7T-6GBPK
(XMP)
F3-10666CL7D-8GBRH
(XMP)
GV32GB1333C9DC
GG34GB1333C9DC
1.35V
(low
voltage)
1.35V
(low
voltage)
-
2GB(2 x 1GB)
4GB(2 x 2GB)
DS DS GEIL
9-9-9-24
GL1L128M88BA12N 9-9-9-24
GEIL
GEIL
Hynix
GV34GB1333C9DC
GVP34GB1333C7DC
HMT112U6TFR8A-H9
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
1GB
DS DS SS Hynix
H5TC1G83TFRH9A
9-9-9-24
7-7-7-24
-
Hynix
Hynix
HMT325U6BFR8C-H9
HMT125U6TFR8A-H9
2GB
2GB
SS Hynix
DS Hynix
H5TQ2G83BFRH9C
H5TC1G83TFRH9A
-
Hynix
KINGMAX
HMT351U6BFR8C-H9
FLFD45F-B8KL9 NAES
4GB
1GB
DS Hynix
SS KINGMAX
KINGMAX
FLFE85F-C8KF9 CAES
2GB
SS
KINGMAX
KINGMAX
FLFE85F-C8KL9 NAES
2GB
SS
KINGMAX
KINGMAX
FLFE85F-C8KM9 NAES
2GB
SS
KINGMAX
KINGMAX
FLFE85F-B8KL9 NEES
2GB
DS KINGMAX
KINGMAX
FLFF65F-C8KL9 NEES
4GB
DS KINGMAX
KINGMAX
FLFF65F-C8KM9 NEES
4GB
DS KINGMAX
KINGSTON
1GB
SS
ELPIDA
2GB
SS
Hynix
2GB
2GB
SS
SS
Micron
ELPIDA
2GB
KINGSTON
KVR1333D3N9/1G
(low profile)
KVR1333D3N9/2G
(low profile)
KVR1333D3S8N9/2G
KVR1333D3S8N9/2G-SP
(low profile)
KVR1333D3N9/2G
(low profile)
KVR1333D3N9/2G
KVR1333D3N9/2G
KVR1333D3N9/2G-SP
(low profile)
KVR1333D3N9/2G-SP
(low profile)
KHX1333C7D3K2/4GX
(XMP)
KHX1333C9D3UK2/4GX
(XMP)
KVR1333D3N9/4G
(low profile)
KVR1333D3N9/4G
(low profile)
KVR1333D3N9/4G
H5TQ2G83BFRH9C
KKB8FNWBFGNX27A
KFC8FMFXF-DXX15A
KFC8FNLXF-DXX15A
KFC8FNMXFBXX-15A
KKB8FNWBFGNX26A
KFC8FNLXF-DXX15A
KFC8FNMXFBXX-15A
J1108BDBG-DJ-F
KINGSTON
KVR1333D3N9/4G
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
ASUS P8H77-M PRO
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
8-8-8-8-24 XMP 1.35V
•
•
•
7-7-7-18
1.5~1.6V
•
•
7-7-7-21
1.5V
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
-
1.5V
1.3V
(low
voltage)
1.5V
1.5V
1.35V
(low
voltage)
1.35V
(low
voltage)
-
•
•
•
•
•
•
-
-
•
•
•
-
-
•
•
•
-
-
•
•
•
-
-
•
•
•
-
-
•
•
•
-
-
•
•
•
9
1.5V
•
•
•
H5TQ2G83AFRH9C
9
-
•
•
IID77 D9LGK
J2108BCSE-DJ-F
-
1.5V
1.5V
•
•
•
•
•
•
DS ELPIDA
J1108BFBG-DJ-F
9
1.5V
•
•
•
2GB
2GB
2GB
DS KTC
DS ELPIDA
DS KTC
D1288JPNDPLD9U
J1108BDSE-DJ-F
D1288JEMFNGD9U
9
9
-
1.5V
1.5V
1.5V
•
•
•
•
•
•
•
•
•
2GB
DS KINGSTON
D1288JPSFPGD9U
-
1.5V
•
•
•
4GB(2 x 2GB)
DS -
-
7
1.65V
•
•
•
4GB(2 x 2GB)
DS -
-
9
XMP 1.25V
•
•
•
4GB
DS ELPIDA
J2108BCSE-DJ-F
9
1.5V
•
•
•
4GB
DS ELPIDA
J2108BCSE-DJ-F
-
1.5V
•
•
•
4GB
DS KTC
D2568JENCNGD9U
-
1.5V
•
•
•
4GB
DS Hynix
H5TQ2G83AFR
-
-
•
•
•
Chapter 2
ベンダー
2-11
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 1333 MHz (続き)
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブランド
チップ No.
タイミング
電圧
KINGSTON
KVR1333D3N9/4G-SP
(low profile)
MT4JTF12864AZ-1G4D1
MT8JTF12864AZ-1G4F1
MT8JTF25664AZ-1G4D1
MT8JTF25664AZ-1G4M1
MT16JTF25664AZ-1G4F1
MT16JTF51264AZ-1G4D1
NT4GC64B8HG0NF-CG
AL7F8G73F-DJ2
AL8F8G73F-DJ2
M378B2873FHS-CH9
M378B5773DH0-CH9
M378B5673FH0-CH9
M378B5273CH0-CH9
M378B1G73AH0-CH9
W1333UA1GH
W1333UX2G8(XMP)
W1333UB2GS
W1333UB4GS
W1333UX6GM
JM1333KLN-2G
JM1333KLN-2G
TS256MLK64V3U
PC3-10600 DDR31333 9-9-9
M2F2G64CB88B7N-CG
M2F2G64CB88D7N-CG
M2F2G64CB88G7N-CG
M2F4G64CB8HB5N-CG
M2F4G64CB8HD5N-CG
KSRPCD313332G
KSTD3PC-10600
2GB DIMM PC3-10666
4GB
DS KINGSTON
D2568JENCPGD9U
-
1.5V
1GB
1GB
2GB
2GB
2GB
4GB
4GB
1GB
2GB
1GB
2GB
2GB
4GB
8GB
1GB
2GB(2x 1GB)
2GB
4GB
6GB(3x 2GB)
2GB
2GB
2GB
1GB
SS
SS
SS
SS
DS
DS
DS
SS
DS
SS
SS
DS
DS
DS
SS
SS
DS
DS
DS
SS
SS
DS
SS
Micron
Micron
Micron
MICRON
Micron
Micron
NANYA
PSC
PSC
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
Hynix
SAMSUNG
SAMSUNG
Micron
Micron
Hynix
Micron
NANYA
OJD12D9LGQ
9FF22D9KPT
OJD12D9LGK
IJM22 D9PFJ
9KF27D9KPT
OLD22D9LGK
NT5CB256M8GN-CG
A3P1GF3FGF
A3P1GF3FGF
K4B1G0846F
K4B2G0846D
K4B1G0846F
K4B2G0846C
K4B4G0846A-HCH9
H5TQ1G83TFR
K4B1G0846F
K4B2G0846C
0BF27D9KPT
0YD77D9LGK
H5TQ2G83BZRH9C
9GF27D9KPT
NT5CB128M8DN-CF
9
9
9
8
9
9-9-9-24
-
1.5V
-
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
2GB
2GB
2GB
4GB
4GB
2GB
2GB
2GB
SS
SS
SS
DS
DS
DS
SS
DS
Elixir
Elixir
Elixir
Elixir
Elixir
PATRIOT
MICRON
SAMSUNG
-
-
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
KTG2G1333PG3
BMD32048M1333C9-1123
BMD34096M1333C9-1124
PSD31G13332H
PSD31G13332
PSD32G13332H
PG38G1333EL(XMP)
RMR1870ED48E8F-1333
RMR1870EC58E9F-1333
E304459CB1AG32Cf
SMD-4G68H1P-13HZ
SP001GBLTU133S01
2GB
2GB
4GB
1GB
1GB
2GB
8GB
2GB
4GB
4GB
4GB
1GB
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
SS
MARKVISION
MARKVISION
PATRIOT
ELPIDA
ELPIDA
RiDATA
HYNIX
NANYA
N2CB2G80BN-CG
N2CB2G80DN-CG
N2CB2G80GN-CG
N2CB2G80BN-CG
N2CB2G80DN-CG
PM128M8D385-15
PE911-125E
SEC 904 HCH9
K4B1G0846D
M3D1288P-13
M3D2568E-13
PM64M8D38U-15
J1108BDBG-DJ-F
J2108BCSE-DJ-F
N/A
H5TQ2G83BFR H9C
NT5CB128M8AN-CG
9
9-9-9-24
9
9
1.5V
-
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
SP001GBLTU133S02
1GB
SS
Elixir
N2CB1680AN-C6
9
-
•
•
•
SP002GBLTU133S02
2GB
DS Elixir
N2CB1680AN-C6
9
-
•
•
•
TMS1GB364D081-107EY
TMS1GB364D081-138EY
TMS2GB364D081-107EY
TMS2GB364D081-138EY
TMS2GB364D082-138EW
E41302GP0-73BDB
3WVS31333-2G-CNR
1GB
1GB
2GB
2GB
2GB
2GB
2GB
SS
SS
DS
DS
DS
DS
DS
U2S24D30TP-13
AM3420803-13H
7-7-7-20
8-8-8-24
7-7-7-20
8-8-8-24
8-8-8-24
-
1.5V
1.5V
1.5V
1.5V
1.5V
-
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
Chapter 2
Micron
Micron
Micron
Micron
Micron
Micron
NANYA
PSC
PSC
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
Super Talent
Super Talent
Super Talent
Super Talent
Super Talent
Transcend
Transcend
Transcend
Century
Elixir
Elixir
Elixir
Elixir
Elixir
KINGSHARE
KINGSTEK
Kingtiger
Kingtiger
MARKVISION
MARKVISION
PATRIOT
PATRIOT
PATRIOT
PATRIOT
RAMAXEL
RAMAXEL
RiDATA
SanMax
SILICON
POWER
SILICON
POWER
SILICON
POWER
TAKEMS
TAKEMS
TAKEMS
TAKEMS
TAKEMS
UMAX
WINTEC
2-12
UMAX
AMPO
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
•
•
•
Chapter 2: ハードウェア
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
P8H77-M PRO マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3 1066 MHz
ベンダー
パーツNo.
サイ
ズ
SS/ チップ
DS ブラ
ンド
チップ No.
タイミ
ング
Crucial
Crucial
ELPIDA
ELPIDA
KINGSTON
CT12864BA1067.8FF
CT25664BA1067.16FF
EBJ10UE8EDF0-AE-F
EBJ21UE8EDF0-AE-F
KVR1066D3N7/1G(low
profile)
KVR1066D3N7/2G
KVR1066D3N7/4G
MT8JTF12864AZ-1G1F1
MT16JTF25664AZ-1G1F1
2GB DIMM PC3-8500
1GB
2GB
1GB
2GB
1GB
SS
DS
SS
DS
SS
Micron
Micron
ELPIDA
ELPIDA
ELPIDA
9GF22D9KPT
9HF22D9KPT
J1108EDSE-DJ-F
J1108EDSE-DJ-F
J1108BFSE-DJ-F
7
7
7
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
4枚
•
•
•
•
•
•
1.35V(low voltage) •
•
•
1.35V(low voltage) •
•
•
1.5V
•
•
•
2GB
4GB
1GB
2GB
2GB
DS
DS
SS
DS
DS
ELPIDA
Hynix
Micron
Micron
Hynix
J1108BDSE-DJ-F
H5TQ2G83AFR
9GF22D9KPT
9HF22D9KPT
H5TQ1G83AFP G7C
7
7
7
7
-
1.5V
1.5V
-
KINGSTON
KINGSTON
Micron
Micron
Kingtiger
電圧
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
メモリー2枚:1組のデュアルチャンネルメモリー構成として2枚のメモリーをブルー
またはブラックいずれかのスロットに取り付けることが可能です。より良い
互換性のため、モジュールをA2とB2スロット(ブルー)に取り付けることを
お勧めします。
•
メモリー4枚:2組のデュアルチャンネルメモリー構成として4枚のメモリーをブルーと
ブラックのスロット両方に取り付けることが可能です。
•
Hyper DIMMのサポートはASUSのみです。
•
Hyper DIMMのサポートはご利用になるCPU個々の物理的特性に依存します。また、
Hyper DIMMを取り付ける場合は、UEFI BIOS Utilityで [X.M.P] または[D.O.C.P] 設定を
ロードしてください。
•
最新のQVLはASUSオフィシャルサイトをご覧ください。
(http://www.asus.co.jp)
ASUS P8H77-M PRO
Chapter 2
SS - シングルサイド / DS - ダブルサイド
メモリーサポート:
•
メモリー1枚:1
組のシングルチャンネルメモリー構成として1枚のメモリーを任意の
スロットに取り付けることが可能です。モジュールをA2のスロットに取り付
けることをお勧めします。
2-13
2.2.4
拡張スロット
拡張カードの追加や取り外しを行う前は、電源コードを抜いてください。電源コードを接続した
まま作業をすると、負傷や、マザーボードコンポーネントの損傷の原因となります。
DIGI
+EPU
LGA1155
Chapter 2
P8H77-M PRO
8Mb
BIOS
SB_PWR
スロット スロット説明
1
PCIEX16_1 (PCI Express 3.0 x16 スロット)ト説明
2
PCIEX1_1 (PCI Express 2.0 x1 スロット)
3
PCIEX1_2 (PCI Express 2.0 x1 スロット)
4
PCIEX16_2 (PCI Express 2.0 x16 スロット)(@x4モード)
VGA構成
2-14
PCI Express 動作モード
PCIEX16_1
PCIEX16_2
シングルVGA/PCIeカード
x16
(シングルVGA構成時推奨)
N/A
デュアルVGA/PCIe カード
x8
x4
Chapter 2: ハードウェア
パフォーマンスの観点からシングルVGAモードでは、PCI Express x16 ビデオカードを
PCIEX16_1 スロット(ブルー)に取り付けることを推奨します。
•
パフォーマンスの観点からCrossFireX™では、PCI Express x16 ビデオカードを PCIEX16_1
スロットとPCIEX16_2 スロットに取り付けることを推奨します。
•
CrossFireX™では、十分な電源装置をご用意ください。
•
複数のビデオカードを使用する場合は、熱管理の観点からケースファンを設置することを
推奨します。
•
PCI Express 3.0(Gen3)のサポートはCPUおよび拡張カードにより異なります。対応CPUを
取り付け、対応スロットにPCI Express 3.0規格準拠の拡張カードを取り付けることで、PCI
Express 3.0の性能を発揮することができます。
本マザーボード用のIRQ割り当て
LAN
Marvell 9172
PCIEX16_1
PCIEX16_2
PCIEX1_1
PCIEX1_2
Intel PCH SATA
コントローラー
HDオーディオ
USB 2.0_1
USB 2.0_2
USB 3.0
ASUS P8H77-M PRO
A
共有
–
共有
共有
–
–
B
–
–
–
–
共有
–
C
–
共有
–
–
–
–
D
–
–
–
–
–
共有
E
–
–
–
–
–
–
F
–
–
–
–
–
–
G
–
–
–
–
–
–
H
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
共有
–
–
–
–
共有
共有
–
Chapter 2
•
2-15
2.2.5
ジャンパ
Clear CMOS ジャンパスイッチ(3ピン CLRTC)
このジャンパは、CMOSのリアルタイムクロック
(RTC)RAMをクリアするものです。CMOS RTC
RAMのデータを消去することにより、日、時、およびシステム設定パラメータをクリアできます。
システムパスワードなどのシステム情報を含むCMOS RAMデータの維持は、マザーボード上の
ボタン型電池により行われています。
CLRTC
P8H77-M PRO
Chapter 2
2
2
3
Normal
(Default)
Clear RTC
P8H77-M PROClear RTC RAM
RTC RAMをクリアする手順
1. コンピュータの電源をOFFにし電源コードをコンセントから抜きます。
2. ジャンパキャップをピン 1-2( 初期設定)からピン 2-3 に移動させます。5~10秒間そのままにし
て、再びピン1-2にキャップを戻します。
3. 電源コードを差し込み、コンピュータの電源をONにします。
4. 起動プロセスの間<Del>キーを押し、UEFI BIOS Utilityを起動しデータを再入力します。
RTC RAMをクリアしている場合を除き、CLRTCジャンパのキャップは取り外さないでください。シ
ステムの起動エラーの原因となります。
• 上記の手順を踏んでもRTC RAMがクリアできない場合は、マザーボードのボタン電池を取
り外し、ジャンパの設定を行ってください。なお、クリアが終了した後は、電池を元に戻してく
ださい。
• オーバークロックによりシステムがハングアップした場合は、C.P.R.(CPU Parameter Recall)
機能をご利用いただけます。システムを停止して再起動すると、UEFI BIOSは自動的にパラメ
ータ設定をデフォルト設定値にリセットします。
2-16
Chapter 2: ハードウェア
2.2.6
オンボードスイッチ
ベアシステムまたはオープンケースシステムでの作業中に、パフォーマンスを微調整することが
できます。このスイッチはシステムパフォーマンスを頻繁に変更するオーバークロックユーザー、
ゲーマーに理想的なソリューションです。
1.
MemOK! スイッチ
Chapter 2
本製品と互換性のないメモリーを取り付けると、システムが起動せず、このスイッチの隣に
あるDRAM_LEDが点灯します。DRAM_LEDが点滅するまでこのスイッチを押し続けると、
互換性が調整され起動する確率が上がります。
P8H77-M PRO
P8H77-M PRO MemOK! switch
•
DRAM_LEDの正確な位置は、セクション「2.2.7 オンボードLED」でご参照ください。
•
DRAM_LEDはメモリーが正しく取り付けられていない場合にも点灯します。MemOK! 機能
を利用する前にシステムの電源をOFFにし、メモリーが正しく取り付けられているか確認し
てください。
•
MemOK! スイッチはWindows®™ OS 環境では機能しません。
•
調整作業中は、システムはフェイルセーフメモリー設定をロードしテストを実行します。
1つのフェイルセーフ設定のテストには約30秒かかります。テストに失敗した場合、
システムは再起動し次のフェイルセーフ設定のテストを実行します。DRAM_LEDの点滅が
速くなった場合は、異なるテストが実行されていることを示します。
•
メモリー調整を行うため、各タイミング設定のテスト実行時にシステムは自動的に
再起動します。なお、調整作業が終了しても取り付けたメモリーで起動しない場合は、
DRAM_LEDが点灯し続けます。その場合はQVLに記載のメモリーをご使用ください。
QVLは本書またはASUSオフィシャルサイトでご確認ください。
•
調整作業中にコンピューターの電源をOFFにする、またはメモリー交換するなどした
場合、システム再起動後にメモリー調整作業を続行します。調整作業を終了するには、
コンピューターの電源をOFFにし、電源コードを5秒から10秒取り外してください。
•
UEFI BIOSでのオーバークロック設定によりシステムが起動しない場合は、MemOK!
スイッチを押してシステムを起動しUEFI BIOSのデフォルト設定をロードしてください。
POSTでUEFI BIOSがデフォルト設定に復元されたことが表示されます。
•
MemOK! 機能をご利用の際は、事前にUEFI BIOSを最新バージョンに更新することをお勧
めします。最新UEFI BIOSはASUSオフィシャルサイトにて公開しております。
(http://www.asus.co.jp)
ASUS P8H77-M PRO
2-17
2.
EPU スイッチ
このスイッチを有効にすると、自動的にコンピューターの負荷を探知し、電力消費を抑え
ます。
システムパフォーマンスを最大限に発揮するためには、システム電源がOFFの時にスイッチの
ON/OFFを行うことを推奨いたします。
EPU
P8H77-M PRO
Chapter 2
P8H77-M PRO EPU switch
3.
•
スイッチの設定を有効にすると、EPUスイッチの側にあるEPU_LEDが点灯します。
EPU_LEDの正確な位置は、セクション「2.2.7 オンボードLED」をご参照ください。
•
システムが起動している状態でスイッチの設定を有効にすると、システムを次回起動した
際にEPU機能が有効になります。
•
ソフトウェアアプリケーション、UEFI BIOSによるオーバークロック、EPUスイッチ、これら
機能は同時に有効に設定することは可能ですが、システムは最後に保存・適用された設定
でのみ動作します。
GPU Boost スイッチ
このスイッチを有効にすると、統合型グラフィックス(iGPU)を自動的に高速で安定したクロ
ックスピードへ最適化します。
GPU Boost
P8H77-M PRO
P8H77-M PRO GPU Boost switch
2-18
•
スイッチの設定を有効にすると、GPUスイッチの側にあるGPU_LED が点灯します。
GPU_LEDの正確な位置は、セクション「2.2.7 オンボードLED」をご参照ください。
•
システムが起動している状態でスイッチの設定を有効にすると、システムを次回起動した
際にGPU Boost機能が有効になります。
•
TurboV Auto Tuning(TurboV EVO アプリケーション)、UEFI BIOSによるオーバークロッ
ク、GPU Boostスイッチ、これら機能は同時に有効に設定することは可能ですが、システム
は最後に保存・適用された設定でのみ動作します。
Chapter 2: ハードウェア
2.2.7
1.
オンボード LED
スタンバイ電源LED
本マザーボードにはスタンバイ電源LEDが搭載されており、電力が供給されている間は緑
のLEDが点灯します(スリープモード、ソフトオフモードも含む)。マザーボードに各パーツ
の取り付け・取り外しを行う際は、システムをOFFにし、電源ケーブルを抜いてください。下
のイラストは、オンボードLEDの場所を示しています。
SB_PWR
P8H77-M PRO
P8H77-M PRO Onboard LED
2.
OFF
Powered Off
Chapter 2
ON
Standby Power
DRAM LED
システムは起動時にPOST(Power-on Self Test)
と呼ばれる動作チェックを実行します。
POST時にメモリー周辺のチェックを行い、エラーが発見された場合DRAM_LEDが点灯
します。DRAM_LEDが点灯している場合、システムは正常に動作することができません。
DRAM_LEDは、素早くエラーを発見することができる非常に便利な機能です。
DRAM_LED
DRAM
LED
P8H77-M PRO
P8H77-M PRO DRAM LED
ASUS P8H77-M PRO
2-19
3.
EPU LED
EPUスイッチを有効にすると、EPU_LEDが点灯します。
P8H77-M PRO
EPU_LED
P8H77-M PRO EPU LED
Chapter 2
4.
GPU Boost LED
GPU Boostスイッチを有効にすると、GPU_LEDが点灯します。
GPU_LED
P8H77-M PRO
P8H77-M PRO GPU Boost LED
2-20
Chapter 2: ハードウェア
2.2.8
1.
内部コネクター
Intel H77 SATA 6Gb/s コネクター (7ピン SATA6G_1/2 [グレー])
®
SATA6G_2
SATA6G_1
GND
RSATA_RXP1
RSATA_RXN1
GND
RSATA_TXN1
RSATA_TXP1
GND
P8H77-M PRO
GND
RSATA_RXP2
RSATA_RXN2
GND
RSATA_TXN2
RSATA_TXP2
GND
SATA 6Gb/s ケーブルを使用し、SATA記憶装置を接続します。SATA 記憶装置を取り付けた
場合、オンボード Intel® H77 Express チップセットで Intel® Rapid Storage Technology を
使用し、RAIDアレイ(0、1、5、10) を構築することができます。
Chapter 2
P8H77-M PRO Intel® SATA 6.0Gb/s connectors
図はL型(直角型)を取り付ける場合
SATAケーブルをマザーボードのSATA
コネクターとSATAデバイスのSATAコネクタ
ーにしっかりと接続します。接続する際は
SATAコネクターの内部形状を確認し、
ケーブルの向きに十分ご注意ください。
•
これらコネクターはデフォルト設定で [IDE]に設定されています。SATA RAIDを構築する場
合は、UEFI BIOSの「SATA Mode Selection」を[RAID]に設定してください。詳細はセクショ
ン「3.5.3 SATA設定」をご参照ください。
•
RAIDを構築する際には、セクション「4.5 RAID」、またはマザーボードのサポート DVDに収
録されているマニュアルをご参照ください。
•
ホットプラグ機能とNCQを使用する場合は、UEFI BIOSの「SATA Mode
Selection」を[AHCI]または[RAID]に設定してください。
詳細はセクション「3.5.3 SATA設定」をご参照ください。
•
Windows® XP でSATA 記憶装置を使用する場合はService Pack3以降のサービスパックが
適応されていることをご確認ください。
ASUS P8H77-M PRO
2-21
2.
Intel® H77 SATA 3Gb/s コネクター (7ピン SATA3G_1–4 [ブルー])
SATA 3Gb/s ケーブルを使用し、SATA記憶装置と光学ドライブを接続します。SATA 記憶装
置を取り付けた場合、オンボード Intel® H77 Express チップセットで Intel® Rapid Storage
Technology を使用し、RAIDアレイ(0、1、5、10) を構築することができます。
GND
RSATA_RXP1
RSATA_RXN1
GND
RSATA_TXN1
RSATA_TXP1
GND
GND
RSATA_RXP2
RSATA_RXN2
GND
RSATA_TXN2
RSATA_TXP2
GND
SATA3G_3
SATA3G_4
GND
RSATA_RXP4
RSATA_RXN4
GND
RSATA_TXN4
RSATA_TXP4
GND
SATA3G_2
GND
RSATA_RXP3
RSATA_RXN3
GND
RSATA_TXN3
RSATA_TXP3
GND
P8H77-M PRO
SATA3G_1
Chapter 2
P8H77-M PRO Intel® SATA 3.0Gb/s connectors
2-22
•
これらコネクターはデフォルト設定で [IDE]に設定されています。SATA RAIDを構築する場
合は、UEFI BIOSの「SATA Mode Selection」を[RAID]に設定してください。詳細はセクショ
ン「3.5.3 SATA設定」をご参照ください。
•
RAIDを構築する際には、セクション「4.5 RAID」、またはマザーボードのサポート DVDに収
録されているマニュアルをご参照ください。
•
ホットプラグ機能とNCQを使用する場合は、UEFI BIOSの「SATA Mode
Selection」を[AHCI]または[RAID]に設定してください。詳細はセクション「3.5.3
SATA設定」をご参照ください。
•
Windows® XP でSATA 記憶装置を使用する場合はService Pack3以降のサービスパックが
適応されていることをご確認ください。
Chapter 2: ハードウェア
3.
Marvell® SATA 6Gb/s コネクター(7ピン SATA6G_E1[ネイビブルー])
SATA 6Gb/s ケーブルでSATA 6Gb/s 記憶装置を接続します。
SATA6G_E1
P8H77-M PRO
GND
RSATA_TXP1
RSATA_TXN1
GND
RSATA_RXP1
RSATA_RXN1
GND
4.
•
通常使用時はSATA6G_E1コネクターにはデータドライブを取り付けることを推奨します。
•
SATA記憶装置を使用する場合は、Windows® XP Service Pack 3 以降を適用済みの
Windows OSをインストールしてください。
•
ホットプラグ機能とNCQを使用する場合は、UEFI BIOSの「Marvell Storage Controller」
の項目を[AHCI Mode]にしてください。詳細はセクション「3.5.6 オンボードデバイス設定
構成」をご参照ください。
Chapter 2
P8H77-M PRO Marvell® SATA 6.0 Gb/s connectors
USB 3.0 コネクター (20-1 ピン USB3_34)
USB 3.0ポート用コネクターです。USB 3.0の転送速度は理論値でUSB 2.0の約10倍となり、
プラグアンドプレイに対応しているので接続も非常に簡単です。ご利用のPCケースやデバ
イスが9ピン+10ピンのピンヘッダに対応したUSB 3.0 デバイスの場合は、このコネクター
に接続して利用することが可能です。
USB3_34
P8H77-M PRO
P8H77-M PRO USB3.0 Front panel connector
•
USB 3.0 フロントボックス/USB 3.0 モジュールは別途お買い求めください。
•Intel® チップセットのUSB 3.0ポートは、Windows® 7でドライバーをインストールした場合
にのみUSB 3.0として動作します。
ASUS P8H77-M PRO
2-23
5.
USB 2.0 コネクター (10-1 ピン USB 5 ~ 10)
USB 2.0 ポート用のコネクターです。USBケーブルをこれらのコネクターに接続します。この
コネクターは最大 480 Mbps の接続速度を持つUSB 2.0 規格に準拠しています。
USB+5V
USB_P8USB_P8+
GND
NC
USB56
USB+5V
USB_P6USB_P6+
GND
NC
USB78
USB+5V
USB_P10USB_P10+
GND
NC
USB910
PIN 1
Chapter 2
USB+5V
USB_P5USB_P5+
GND
PIN 1
USB+5V
USB_P7USB_P7+
GND
PIN 1
USB+5V
USB_P9USB_P9+
GND
P8H77-M PRO
P8H77-M PRO USB2.0 connector
1394モジュールをUSBコネクターに接続しないでください。マザーボードが損傷する原因と
なります。
フロントパネルなどのUSBピンヘッダコネクターが個別に分かれている場合、USBピンヘッダ
コネクターをASUS Q-Connector(USB、ブルー)に接続することで脱着を容易にすることがで
きます。
USB 2.0 モジュールは別途お買い求めください。
6.
デジタルオーディオコネクターコネクター (4-1 ピン SPDIF_OUT)
SPDIFOUT
GND
P8H77-M PRO
+5V
S/PDIFポート追加用のコネクターです。S/PDIF出力モジュールを接続します。S/PDIF Out
モジュールケーブルをこのコネクターに接続し、PCケースの後方にあるスロットにモジュール
を設置します。
SPDIF_OUT
P8H77-M PRO Digital audio connector
S/PDIF出力モジュール、S/PDIF出力モジュールケーブルは別途お買い求めください。
2-24
Chapter 2: ハードウェア
7.
フロントパネルオーディオコネクター(10-1 ピン AAFP)
NC
AGND
NC
NC
SENSE2_RETUR
AGND
NC
SENSE1_RETUR
PCケースのフロントパネルオーディオI/Oモジュール用コネクターで、HDオーディオ及び
AC’97オーディオをサポートしています。オーディオ I/Oモジュールケーブルの一方をこの
コネクターに接続します。
AAFP
Legacy AC’97
compliant definition
Chapter 2
HD-audio-compliant
pin definition
PIN 1
MIC2
MICPWR
Line out_R
NC
Line out_L
P8H77-M PRO
PORT1 L
PORT1 R
PORT2 R
SENSE_SEND
PORT2 L
PIN 1
P8H77-M PRO Front panel audio connector
•
HDオーディオ機能を最大限に活用するため、HD フロントパネルオーディオモジュールを
接続することをお勧めします。
•
HDフロントパネルオーディオモジュールを接続する場合は、UEFI BIOSで「Front Panel
Type」の項目を [HD] に設定します。AC’97フロントパネルオーディオモジュールを接続
する場合は、この項目を [AC97] に設定します。デフォルト設定は [HD] に設定されてい
ます。
ASUS P8H77-M PRO
2-25
8.
CPUファン、ケースファン 、電源ファンコネクター
(4ピン CPU_FAN、4ピン CHA_FAN1/2、3ピン PWR_FAN)
ファンケーブルをマザーボードのファンコネクターに接続し、各ケーブルの黒いワイヤーが
コネクターのアースピン(GND)に接続されていることを確認します。
CHA FAN PWM
CHA FAN IN
CHA FAN PWR
GND
CPU FAN PWM
CPU FAN IN
CPU FAN PWR
GND
CHA_FAN1
PWR_FAN
Rotation
+12V
GND
CPU_FAN
CHA FAN PWM
CHA FAN IN
CHA FAN PWR
GND
CHA_FAN2
P8H77-M PRO
Chapter 2
P8H77-M PRO fan connector
PCケース内に十分な空気の流れがないと、マザーボードコンポーネントが損傷する恐れがあります。
組み立ての際にはシステムの冷却ファン(吸/排気ファン)を必ず搭載してください。
また、吸/排気
ファン の電源をマザーボードから取得することで、エアフローをマザーボード側で効果的にコントロ
ールすることができます。
また、
これはジャンパピンではありません。
ファンコネクターにジャンパ
キャップを取り付けないでください。
9.
•
CPU_FAN コネクターは、最大1A(12W)までのCPUファンをサポートます。
•
CPU_FAN、CHA_FAN1、CHA_FAN2コネクターが ASUS FAN Xpert 機能に対応しています。
•
ビデオカードを2枚以上取り付ける場合は、システムの温度上昇を防ぐためケースファン
を設置することを推奨します。
LPT コネクター (26-1 ピン LPT)
LPT(Line Printing Terminal)コネクターはプリンター等のデバイスを接続します。LPTは
IEEE 1284に準拠したIBM PC互換のパラレルポートインターフェースです。
LPT
P8H77-M PRO
GND
GND
GND
GND
GND
GND
GND
GND
SLIN#
INIT#
ERR#
AFD
SLCT
PE
BUSY
ACK#
PD7
PD6
PD5
PD4
PD3
PD2
PD1
PD0
STB#
PIN 1
P8H77-M PRO Parallel Port Connector
2-26
Chapter 2: ハードウェア
10.
シリアル(COM)ポートコネクター (10-1 ピン COM1)
シリアル(COM)ポート用です。シリアルポートモジュールのケーブルを接続し、モジュールを
バックパネルの任意のスロットに設置します。
PIN 1
DCD
TXD
GND
RTS
RI
RXD
DTR
DSR
CTS
COM1
Chapter 2
P8H77-M PRO
P8H77-M PRO Serial port (COM1) connector
シリアルポートモジュールは別途お買い求めください。
ASUS P8H77-M PRO
2-27
11.
ATX 電源コネクター(24ピン EATXPWR;8ピン EATX12V)
ATX 電源プラグ用のコネクターです。電源プラグは正しい向きでのみ、取り付けられるよう
に設計されています。正しい向きでしっかりと挿し込んでください。
+12V DC
+12V DC
+12V DC
+12V DC
EATX12V
GND
GND
GND
GND
PIN 1
P8H77-M PRO
EATXPWR
+3 Volts
+12 Volts
+12 Volts
+5V Standby
Power OK
GND
+5 Volts
GND
+5 Volts
GND
+3 Volts
+3 Volts
Chapter 2
P8H77-M PRO EATX power connectors
2-28
GND
+5 Volts
+5 Volts
+5 Volts
-5 Volts
GND
GND
GND
PSON#
GND
-12 Volts
+3 Volts
PIN 1
•
システムの快適なご利用のために、容量350W以上のATX 12V Version 2.0またはそれ以
降)規格の電源ユニットを使用することをお勧めします。
•
最小構成として[EATX12V]コネクターに4ピンのATX12Vコネクターを1基接続することで
も動作します。
•
CPUへの安定した電流を確保するために8ピンのEPS12Vコネクターを[EATX12V]に接続
することを推奨します。8ピンのEPS12Vコネクターの有無は電源ユニットにより異なりま
す。電源ユニットの仕様については、電源ユニット各メーカーまたは代理店にお問い合わ
せください。
•
大量に電力を消費するデバイスを使用する場合は、高出力の電源ユニットの使用をお勧め
します。電源ユニットの能力が不十分だと、システムが不安定になる、またはシステムが
起動できなくなる等の問題が発生する場合があります。
•
2枚のハイエンドPCI Express x16カードを使用する場合は、システム安定のため、
1000W以上の電源ユニットをご利用ください。
•
システムに最低限必要な電源が分からない場合は、
http://support.asus.com/PowerSupplyCalculator/PSCalculator.aspx?SLanguage=ja-jp
の「電源用ワット数計算機」をご参照ください。
Chapter 2: ハードウェア
12.
システムパネルコネクター (20-8 ピン PANEL)
このコネクターはPCケースに付属する各機能に対応しています。
+5V
Ground
Ground
Speaker
SPEAKER
PLED-
PLED+
PLED
PANEL
P8H77-M PRO
IDE_LED
PWRSW
Reset
Ground
PWR
Ground
IDE_LED+
IDE_LED-
PIN 1
RESET
Chapter 2
* Requires an ATX power supply
P8H77-M PRO System panel connector
•
システム電源LED(2ピン PLED)
システム電源LED用2ピンコネクターです。PCケース電源LEDケーブルを接続してください。
システムの電源LEDはシステムの電源をONにすると点灯し、システムがスリープモードに
入ると点滅します。
•
ハードディスクドライブアクティビティ LED(2ピン IDE_LED)
ハードディスクドライブアクティビティLED用2ピンコネクターです。ハードディスクドライブ
アクティビティLEDケーブルを接続してください。ハードディスクアクティビティLEDは、記憶
装置がデータの読み書きを行っているときに点灯する、または点滅します。
•
ビープスピーカー(4ピン SPEAKER)
システム警告スピーカー用4ピンコネクターです。スピーカーはその鳴り方でシステムの不
具合を報告し、警告を発します。
•
電源ボタン/ソフトオフボタン(2ピン PWRSW)
システムの電源ボタン用2ピンコネクターです。電源ボタンを押すとシステムの電源が
ONになります。OSが起動している状態で、電源スイッチを押してから4秒以内に離すと、シ
ステムはOSの設定に従いスリープモード、または休止状態、シャットダウンに移行します。
電源スイッチを4秒以上押すと、システムはOSの設定に関わらず強制的にOFFになります。
•
リセットボタン(2ピン RESET)
リセットボタン用2ピンコネクターです。システムの電源をOFFにせずにシステムを再起動し
ます。
ASUS P8H77-M PRO
2-29
2.3
コンピューターシステムを構築する
2.3.1
コンピューターシステムを構築する
Chapter 2
各種取付用ネジ
プラスドライバー
PCケース
電源ユニット
Intel LGA 1155 CPU
Intel LGA 1155 対応CPUクーラー
メモリー
SATA記憶装置
SATA光学ディスクドライブ
ビデオカード(必要に応じて)
上記の工具、コンポーネントはマザーボードのパッケージには同梱されていません。
2-30
Chapter 2: ハードウェア
2.3.2
CPUの取り付け
Chapter 2
本製品にはLGA1155規格対応のCPUソケットが搭載されています。LGA1155規格以外のCPUは
サポートしておりません。
1
A
B
2
ASUS P8H77-M PRO
2-31
3
4
C
A
Chapter 2
B
5
2-32
Chapter 2: ハードウェア
2.3.3
CPUクーラーを取り付ける
CPUクーラーを取り付ける前に、必ず
CPUにサーマルグリス(シリコン
グリス)を塗布してください。CPU
ファンによって、サーマルグリスや熱
伝導体シートなどが購入時からつい
ているものもあります。
1
Chapter 2
手順
2
A
B
B
A
3
ASUS P8H77-M PRO
4
2-33
CPUクーラーを取り外す
1
Chapter 2
2
A
B
B
A
2-34
Chapter 2: ハードウェア
2.3.4
メモリーを取り付ける
1
Chapter 2
2
3
メモリーを取り外す
B
A
ASUS P8H77-M PRO
2-35
2.3.5
マザーボードを取り付ける
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際とは異なる場合があります。マザー
ボードのレイアウトはモデルにより異なりますが、取り付け方法は同じです。
1
Chapter 2
2
2-36
Chapter 2: ハードウェア
Chapter 2
3
P8H77-M PRO
ネジはきつく締めすぎないように注意してください。
ASUS P8H77-M PRO
2-37
2.3.6
ATX 電源接続
1
Chapter 2
2
または
2-38
または
Chapter 2: ハードウェア
2.3.7
SATAデバイス接続
1
または
Chapter 2
2
または
ASUS P8H77-M PRO
2-39
2.3.8
フロント I/O コネクター
ASUS Q-Connectorを取り付ける
1
2
IDE_LED+
IDE_LED-
PWR
Ground
Chapter 2
Reset
Ground
IDE_LED
R
POWE
SW
RESET
SW
USB 2.0コネクターを取り付ける
フロントパネルオーディオコネクターを
取り付ける
AAFP
USB 2.0
USB 3.0 コネクターを取り付ける
USB 3.0
2-40
Chapter 2: ハードウェア
2.3.9
拡張カードを取り付け
Chapter 2
PCI Express x16 カードを取り付ける
PCI Express x1カードを取り付ける
ASUS P8H77-M PRO
2-41
2.3.10
バックパネルコネクター
Chapter 2
バックパネルコネクター
1. PS/2 キーボード/マウスコンボポート
7. USB 2.0 ポート 1/2/3/4
2. 光デジタルS/PDIF 出力ポート
8. Intel USB 3.0ポート1/2
3.
VGA出力ポート
9. DVI-D出力ポート
4. eSATA 6Gb/sポート
10. HDMI 出力ポート
5. LAN (RJ-45) ポート*
11. DisplayPort 出力ポート
6. オーディオ I/O ポート**
「*」、
「**」
:LANポートLEDの点灯内容とオーディオ I/O ポートの構成は次のページでご確認ください
Intel® チップセットのUSB 3.0ポートは、Windows® 7でドライバーをインストールした場合
にのみUSB 3.0として動作します。
2-42
•
各ポートにサポート外のコネクターを接続しないでください。
•
USB3.0 デバイスの機能や性能は、Windows® OS 環境で各USB3.0コントローラーのドラ
イバーをインストールした場合にのみ使用することができます。
•
USB 3.0 ポートではブートデバイスを使用することはできません。
•
USB 3.0 デバイスの優れたパフォーマンスを発揮するために、USB 3.0 デバイスはUSB 3.0
ポートに接続してください。
•
eSATAのホットプラグ機能を有効にする場合は、UEFI BIOS Utilityの「Marvell Storage
Controller」の項目を[AHCI Mode]にし、マザーボードサポートDVDから「Marvell 91xx
SATA Control Driver」をインストールしてください。
Chapter 2: ハードウェア
LAN ポート LED
アクティブリンクLED
アクティブ スピード
リンクLED LED
スピード LED
状態
説明
状態
説明
オフ
リンクなし
オフ
10 Mbps
オレンジ
リンク確立
オレンジ
100 Mbps
点滅
データ送受信中
グリーン
1 Gbps
LAN ポート
オーディオ構成表
ヘッドセット
2チャンネル
4チャンネル
6チャンネル
ライトブルー ライン入力
ライン入力
ライン入力
ライン入力
フロント
スピーカー出力
フロントスピーカー
出力
8チャンネル
ライム
ライン出力
フロント
スピーカー出力
ピンク
マイク入力
マイク入力
マイク入力
マイク入力
オレンジ
–
–
センター/
サブウーファ
センター/
サブウーファ
ブラック
–
リアスピーカー出力
グレー
–
–
ASUS P8H77-M PRO
Chapter 2
ポート
リアスピーカー出力 リアスピーカー出力
–
サイドスピーカー
出力
2-43
2.3.11
オーディオ I/O接続
オーディオ I/O ポート
ヘッドホンとマイクを接続
Chapter 2
ステレオスピーカーに接続
2.1チャンネルスピーカーに接続
2-44
Chapter 2: ハードウェア
4.1チャンネルスピーカーに接続
Chapter 2
5.1チャンネルスピーカーに接続
7.1チャンネルスピーカーに接続
ASUS P8H77-M PRO
2-45
2.4
初めて起動する
Chapter 2
1.
すべてのコンポーネントやデバイスの接続が終了したら、PCケースのカバーを元に戻して
ください。
2.
すべてのスイッチをオフにしてください。
3.
電源コードをPCケース背面の電源ユニットのコネクターに接続します。
4.
電源コードをコンセントに接続します。
5.
以下の順番でデバイスの電源をオンにします。
a.
モニター/ディスプレイ
b.
外部デバイス類(デイジーチェーンの最後のデバイスから)
c.
システム電源
6.
ATX電源のスイッチをONにし、システムの電源をONにすると、通常PCケースのシステム
電源LEDが点灯します。モニター/ディスプレイがスタンバイ状態をサポートしている場合
は、システムの電源をONにすると同時にモニター/ディスプレイは自動的にスタンバイ
状態から復帰します。
次にシステムは、起動時の自己診断テスト (POST) を実行します。テストを実行している間
に問題が確認された場合は、BIOSがビープ音を出すか、画面にメッセージが表示されま
す。システムの電源をONにしてから30秒以上経過しても画面に何も表示されない場合は、
電源オンテストの失敗です。各コンポーネントの設置状態を確認してください。問題が解決
されない場合は、販売店にお問い合わせください。
UEFI BIOS ビープ
短いビープ1回
長いビープ1回+短いビープ2回、
数秒後同じパターンで繰り返し
7.
説明
ビデオカードの検出(正常起動)
クイックブート設定が無効(正常起動)
キーボード検出エラー
メモリー検出エラー
長いビープ1回+短いビープ3回
ビデオカード検出エラー
長いビープ1回+短いビープ4回
ハードウェアエラー
システムの電源をONにした直後に、<Delete>キーを押すとUEFI BIOS Utility を起動しま
す。BIOSの設定についてはChapter 3をご参照ください。
2.5 システムの電源をオフにする
OSが起動している状態で、電源スイッチを押してから4秒以内に離すと、システムはOSの
設定に従いスリープモード、または休止状態、シャットダウンに移行します。電源スイッチ
を4秒以上押すと、システムはOSの設定に関わらず強制的にオフになります。この機能は、
OSやシステムがハングアップ(ロック)
して、通常のシステム終了作業が行えない場合にの
みご使用ください。強制終了は各コンポーネントに負担をかけます。万一の場合を除き
頻繁に強制終了をしないようご注意ください。
2-46
Chapter 2: ハードウェア
Chapter 3
Chapter 3:
3.1
UEFI BIOS設定
UEFIとは
ASUS UEFI BIOSは、従来のキーボード操作だけでなくマウスでの操作も可能となったグラフィカ
ルでユーザーフレンドリーなインターフェースです。OSを使用するのと
同じくらいに簡単に操作することができます。* EFI(UEFI)が従来のBIOSと同じ機能を持つことか
ら、ASUSはEFI(UEFI)を「UEFI BIOS」、
「BIOS」
と表記します。
UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)は、Intel 社が提唱している、従来パソコンのハー
ドウェア制御を担ってきた BIOS に代わる、OS とファームウェアのインターフェース仕様です。
UEFIは非常に高機能な最新のファームウェアで従来のBIOSと違い拡張性に富んでいます。UEFIの
設定はマザーボードのCMOS RAM(CMOS)に保存されています。通常、UEFIのデフォルト設定は
ほとんどの環境で、最適なパフォーマンスを実現できるように設定されています。以下の状況以外
では、デフォルト設定のままで使用することをお勧めします。
•
システム起動中にエラーメッセージが表示され、UEFI BIOS Utility を起動するように指示が
あった場合
•
UEFI BIOSの設定を必要とするコンポーネントをシステムに取り付けた場合
不適切な設定を行うと、システムが起動しない、または不安定になるといった症状が出ること
があります。設定を変更する際は、専門知識を持った技術者等のアドバイスを受けることを強く
お勧めします。
3.2
UEFI BIOS Utility
UEFI BIOS Utilityは、UEFI BIOS の設定を変更するためのもので、コンピューターを起動するとき
に実行することができます。起動時の自己診断テスト(POST)の間に<Del>キーを押すとUEFI
BIOS Utilityが起動します。
•
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際のものと異なる場合があります。
•
マウスでUEFI BIOS Utilityの操作を行う場合は、USBマウスをマザーボードに接続して
からシステムの電源をONにしてください。
•
設定を変更した後システムが不安定になる場合は、デフォルト設定をロードしてください。
デフォルト設定に戻すには、終了メニューの下の「Load Optimized Defaults」を選択します。
(詳細は3.9 終了メニュー」参照)
•
設定を変更した後システムが起動しなくなった場合は、CMOSクリアを実行し、マザー
ボードのリセットを行ってください。Clear CMOS ジャンパスイッチの位置は「2.2.5 ジャン
パ」をご参照ください。
•
UEFI BIOS UtilityはBluetooth デバイスには対応していません。
Chapter 3
POST終了後にUEFI BIOS Utilityを実行する場合は、<Ctrl+Alt+Delete>を押すか、ケースのリセット
ボタンを押してシステムを再起動します。また、システムの電源をOFFをOFFにし、それからまた
ONにすることによって再起動することもできます。ただし、
この方法は最初の2つの方法が失敗
した場合の最後の手段として行ってください。
本製品のUEFI BIOS Utilityはどなたでも簡単に操作できるようにデザインされています。メニュー
方式プログラムインタフェースを採用し、マウスでの操作が行える、より親しみやすく使いやすい
のUEFI BIOS Utilityです。
UEFI BIOS Utilityには、EZ Mode とAdvanced Mode の2つのモードがあります。モードの切り替
えは、Advanced Modeの終了メニュー、またはExit/Advanced Mode ボタンで行います。
ASUS P8H77-M PRO
3-1
3.2.1
EZ Mode
デフォルト設定では、UEFI BIOS Utilityを起動すると、EZ Mode 画面が表示されます。EZ Mode で
は、基本的なシステム情報の一覧が表示され、表示言語やシステムパフォーマンスモード、ブート
デバイスの優先順位などが設定できます。Advanced Mode を開くには、
「Exit/Advanced Mode」
をボタンをクリックし、
「Advanced Mode」を選択するか<F7>を押します。
UEFI BIOS Utility起動時に表示する画面は、変更可能です。詳細はセクション「3.7 ブートメニュ
ー」の「Setup Mode」をご参照ください。
UEFI BIOS Utilityでの
表示言語を選択
各ファンのスピードを表示
変更を保存せずにUEFI BIOS Utility終了、
変更を保存してシステムをリセット、
Advanced Modeを起動
CPU/マザーボード温度、CPU/5V/3.3V/12V電圧出力、
CPU/ケース/電源ファンのスピードを表示
UEFI BIOS Utility - EZ Mode
Exit/Advanced Mode
P8H77-M PRO
English
BIOS Version : 0311
CPU Type : Intel(R) Core(TM) i5-2400 CPU @ 3.10GHz
Speed : 3100 MHz
Total Memory : 1024 MB (DDR3 1033MHz)
Monday [9/13/2010]
Temperature
Voltage
CPU
+113.0ºF/+45.0ºC
CPU
1.248V
5V
MB
+75.2ºF/+40.0ºC
3.3V
3.344V
12V
5.160V
12.248V
Fan Speed
CPU_FAN
CHA_FAN2
3325RPM
N/A
CHA_FAN1
N/A
PWR_FAN
N/A
System Performance
Quiet
Chapter 3
Performance
Energy Saving
Normal
Boot Priority
Use the mouse to drag or keyboard to navigate to decide the boot priority.
Shortcut (F3)
Advanced Mode (F7)
Advanced Modeへの切り替え
Boot Menu (F8)
Power Savingモード
ブートデバイスの優先順位を選択
アクセス頻度の高い
Advanced Modeへの
ショートカット
3-2
選択したモードのシステムプロパティを表示
Default(F5)
デフォルト設定をロード
Normal モード
ASUS Optimal モード
ブートデバイスを選択
•
ブートデバイスの優先順位のオプションは、取り付けたデバイスにより異なります。
•
「Boot Menu(F8)」ボタンは、ブートデバイスがシステムに取り付けられている場合のみ
利用可能です。
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
3.2.2
Advanced Mode
Advanced Mode は上級者向けのモードで、各種詳細設定が可能です。下の図はAdvanced
Mode の表示内容の一例です。各設定項目の詳細は、本マニュアル以降の記載をご参照ください。
Advance Mode に切り替えるには「EZ Mode」で<F7>を押すか、
「Exit/Advanced Mode」メニ
ューから「Advanced Mode」を選択します。
Back ボタン
メニュー
メニューバー
ポップアップウインドウ
ヘルプ
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Back
Exit
Advanced
Monitor
Boot
Tool
Advanced\ CPU Configuration >
CPU Configuration
Includes TM1, TM2 and EMTTM
Intel(R) Core(TM) i5-2400 CPU 0 @ 3.10GHz
EM64T
Supported
Processor Speed
3100 MHz
Preocessor Stepping
206a6
Microcode Revision
Not loaded
L1 Data Cache
32 KB x 4
L1 Code Cache
32 KB x 4
L2 Cache
256 KB x 4
L3 Cache
6144 KB
Process Cores 4
Intel Adaptive
Thermal Monitor
Intel HT Technology
Supported
CPU Ratio Range
16-31
Disabled
CPU Current Ratio
31
Enabled
Enalbed
Active Processor Cores
All
Limit CPUID Maximum
Disabled
Execute Disable Bit
Enabled
Intel Virtualization Technology
Disabled
Hardware Prefetcher
Enabled
Adjacent cache Line Prefetch
Enabled
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Chapter 3
Intel Adaptive Thermal Monitor
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
構成フィールド スクロールバー
サブメニュー
ナビゲーションキー
メニューバー
画面上部のメニューバーには次の項目があり、主な設定内容は以下のとおりです。
Main
基本システム設定の変更
Ai Tweaker
オーバークロックに関する設定の変更
Advanced
拡張システム設定の変更
Monitor
システム温度、電力の状態の表示、ファンの各設定の変更
Boot
システム起動設定の変更
Tool
独自機能の設定オプション
Exit
終了オプションとデフォルト設定のロード
ASUS P8H77-M PRO
3-3
メニュー
メニューバーの各項目を選択することにより、各項目に応じた設定メニューが表示されます。例え
ば、メニューバーで「Main」を選択すると、
「Main」の設定メニューが画面に表示されます。
メニューバーのAi Tweaker、Adbanced、Monitor、Boot、Tool、Exitにも、それぞれ設定メニューが
あります。
Back ボタン
サブメニューの項目が開かれている場合にこのボタンが表示されます。マウスでこのボタンをクリ
ックするか<ESC>キーを押すと、メインメニュー、または前の画面に戻ることができます。
サブメニュー
サブメニューが含まれる項目の前には、
「>」マークが表示されます。サブメニューを表示するに
は、マウスで項目を選択するか、カーソルキーで項目を選択し、<Enter>キーを押します。
ポップアップウィンドウ
マウスで項目を選択するか、カーソルキーで項目を選択し、<Enter>キーを押すと、設定可能なオ
プションと共にポップアップウィンドウが表示されます。
スクロールバー
設定項目が画面に収まりきらない場合は、スクロールバーがメニュー画面の右側に表示されま
す。マウスや 上/下矢印キー、または <Page Up>/<Page Down> キーで、画面をスクロールする
ことができます。
ナビゲーションキー
UEFI BIOSメニュー画面の右下には、メニューの操作をするためのナビゲーションキーが表示さ
れています。表示されるナビゲーションキーに従って、各項目の設定を変更します。
Chapter 3
ヘルプ
メニュー画面の右上には、選択した項目の簡単な説明が表示されます。
構成フィールド
構成フィールドには各項目の現在設定されている状態や数値が表示されます。ユーザーによる変
更が可能でない項目は、選択することができません。
設定可能なフィールドは選択するとハイライト表示されます。フィールドの値を変更するには、
そのフィールドをマウスで選択するか、表示されるナビゲーションキーに従い数値を変更し、
<Enter>キーを押して決定します。
<F12>キーを押してUEFI BIOS画面のスクリーンショットを撮影し、USBフラッシュメモリーに保
存することができます。
3-4
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
3.3
メインメニュー
UEFI BIOS UtilityのAdvanced Mode を起動するとメインメニューでは基本的なシステム情報が
表示され、システムの日付、時間、言語、セキュリティの設定が可能です。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Exit
Advanced
Monitor
BIOS Information
BIOS Version
Build Date
ME Version
South Bridge Steppping
0311 x64
01/04/2012
8.0.0.1351
C1
CPU Information
Intel(R) Core(TM) i5-2400 CPU @ 3.10GHz
Speed
3100 MHz
Memory Information
Total Memory
Speed
1024 MB (DDR3)
1333 MHz
System Language
System Date
System Time
Access Level
Boot
Tool
Choose the system default language
English
[Mon 09/27/2010]
[16:46:15]
Administrator
> Security
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
セキュリティ
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Back
Advanced
Chapter 3
システムセキュリティ設定の変更が可能です。
Exit
Monitor
Boot
Tool
Main\ Security >
Password Description
To clear the administrator password,
key in the current password in the
Enter Current Password box,
and then press <Enter> when
prompted to create/confirm the
password.
If ONLY the Administrator's password is set,
then this only limits access to Setup and is
only asked for when entering Setup
If ONLY the User's password is set, then this
is a power on password and must be entered to
boot or enter Setup. In Setup the User will
have Administrator rights
Administrator Password
User Password
Not Installed
Not Installed
Administrator Password
User Password
•
•
パスワードを忘れた場合、CMOSクリアを実行しパスワードを削除します。Clear CMOS
ジャンパスイッチの位置はセクション「2.2.5 ジャンパ」をご参照ください。
パスワードを削除すると、画面上の「Administrator」または「User Password」の項目には
デフォルト設定の「Not Installed」
と表示されます。パスワードを再び設定すると、
「Installed」
と表示されます。
ASUS P8H77-M PRO
3-5
Administrator Password
管理者パスワードを設定した場合は、システムにアクセスする際に管理者パスワードの入力を
要求するように設定することをお勧めします。
管理者パスワードの設定手順
1.
「Administrator Password」を選択します。
2.
「Create New Password」ボックスにパスワードを入力し、<Enter>を押します。
3.
パスワードの確認のため、
「Confirm New Password」ボックスに先ほど入力したパスワー
ドと同じパスワードを入力し、<Enter>を押します。
管理者パスワードの変更手順
1.
「Administrator Password」を選択します。
2.
「Enter Current Password」ボックスに現在のパスワードを入力し、<Enter>を押します。
3.
「Create New Password」ボックスに新しいパスワードを入力し、<Enter>を押します。
4.
パスワードの確認のため、
「Confirm New Password」ボックスに先ほど入力したパスワー
ドと同じパスワードを入力し、<Enter>を押します。
管理者パスワードの消去も、管理者パスワードの変更時と同じ手順で行いますが、パスワードの
作成/確認を要求された後、なにも入力せずに<Enter>を押します。パスワード消去後は、
「Administrator Password」の項目は「Not Installed」
と表示されます。
User Password
ユーザーパスワードを設定した場合、システムにアクセスするときにユーザーパスワードを入力
する必要があります。
ユーザーパスワードの設定手順
Chapter 3
1.
「User Password」を選択します。
2.
「Create New Password」にパスワードを入力し、<Enter>を押します。
3.
パスワードの確認のため、
「Confirm New Password」ボックスに先ほど入力したパスワー
ドと同じパスワードを入力し、<Enter>を押します。
ユーザーパスワードの変更手順
1.
「User Password」を選択し、<Enter>を選択します。
2.
「Enter Current Password」に現在のパスワードを入力し、<Enter>を押します。
3.
「Create New Password」に新しいパスワードを入力し、<Enter>を押します。
4.
パスワードの確認のため、
「Confirm New Password」ボックスに先ほど入力したパスワー
ドと同じパスワードを入力し、<Enter>を押します。
ユーザーパスワードの消去も、ユーザーパスワードの変更時と同じ手順で行いますが、パスワー
ドの作成/確認を要求された後、なにも入力せずに<Enter>を押します。パスワード消去後は、
「User Password」の項目は「Not Installed」
と表示されます。
3-6
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
3.4
Ai Tweakerメニュー
オーバークロックに関連する設定を行います。
Ai Tweaker メニューで設定値を変更する際はご注意ください。不正な値を設定するとシステム
誤作動の原因となります。
このセクションの設定オプションは取り付けたCPUとメモリーにより異なります。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Main
Ai Tweaker
Exit
Advanced
Monitor
Boot
Tool
[X.M.P.] When XMP is enabled BCLK
frequency, CPU ratio and memory
parameters will be auto optimized.
Target CPU Turbo-Mode Speed: xxxxMHz
Target DRAM Speed: xxxxMHz
Ai Overclock Tuner
Auto
CPU bus speed: DRAM speed ratio mode
Auto
Memory Frequency
Auto
iGPU Max. Frequency
Auto
EPU Power Saving Mode
Disabled
> GPU Boost
> CPU Power Management
> DIGI + VRM
CPU Voltage
1.072V
Offset Mode
Offset Mode Sign
+
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Chapter 3
> DRAM Timing Control
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
画面を上下方向にスクロールさせると、画面内に収まっていない項目を表示させることができます。
CPU Offset Voltage
Auto
iGPU Voltage
Offset Mode
iGPU Offset Mode Sign
iGPU Offsest Voltage
+
Auto
DRAM Voltage
1.500V
Auto
VCCSA Voltage
0.925V
Auto
PCH Voltage
1.050V
Auto
CPU PLLVoltage
Auto
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
ASUS P8H77-M PRO
3-7
Ai Overclock Tuner [Auto]
CPUのオーバークロックオプションを選択して、CPUの内部周波数を設定することができます。
オプションは以下のとおりです。
[Auto]
[Manual]
[X.M.P.]
標準動作周波数で動作します。
バスクロックを手動で設定します。
XMP(eXtreme Memory Profile)対応メモリーのプロファイルを使用します。
XMP対応メモリーモジュールを取り付けた場合は、最適なシステムパフォーマ
ンスを得るためにこの項目を設定し、プロファイルを選択してます。
BCLK/PCIE Frequency [XXX]
この項目は「AI Overclock Tuner」を[Manual]にすると表示されます。
バスクロックを調節し、システムパフォーマンスを強化します。数値の調節は <+> <-> キーで行
います。または数字キーで直接入力します。設定範囲は1MHz刻みで80.0MHz ~ 300.0MHz です。
CPU bus speed : DRAM speed ratio mode [Auto]
システムバスクロック(ベースクロック)を設定します。メモリーバスクロックはシステムバスロック
に同期して動作します。
[Auto]
[100:100]
[100:133]
自動的に最適な値を割り当てます。
システムバスクロックを100MHzに設定します。
システムバスクロックを133MHzに設定します。
iGPU Max. Frequency [xxx]
統合型グラフィックス(iGPU)の周波数を設定します。
設定範囲はxxxxMHz (CPUにより異なる) 〜3000MHzで、50MHz刻みで調節します。数値の調節
は <+><-> キーで行います。
EPU Power Saving Mode [Disabled]
Chapter 3
省電力機能「EPU」の有効/無効を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
EPU Setting [Auto]
この項目は「EPU Power Saving MODE」を [Enabled] にすると表示され、EPU省電力モードを選
択できます。
設定オプション:[ Auto] [Light Power Saving Mode] [Medium Power Saving Mode]
[Max Power Saving Mode]
GPU Boost
iGPU 周波数を状態によって自動的に最適化します。
設定オプション:[OK] [Cancel]
DRAM Timing Control
メモリーのアクセスタイミングに関する各処理時間を設定することができます。数値の調節は
<+> <-> キーで行います。デフォルト設定に戻すには、キーボードで [auto] と入力し、<Enter>キ
ーを押します。
この項目の設定を変更するとシステムが不安定になる場合があります。不安定になった場合
は、デフォルト設定に戻してください。
3-8
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
CPU Power Management
CPUの動作倍率やEnhanced Intel SpeedStep(R)、Turbo Boostの設定をすることができます。
CPU Ratio [Auto]
非Turbo Boost時のCPU最大動作倍率を設定します。数値の調節は <+> <-> キーで行います。
設定範囲はお使いのCPUにより異なります。
Enhanced Intel SpeedStep Technology [Enabled]
CPUの負荷に応じて動作周波数や電圧を段階的に変化させることで消費電力と発熱を抑
える、拡張版 Intel SpeedStep(R) テクノロジー(EIST)の有効/無効を設定します。
[Disabled] CPUは定格速度で動作します。
[Enabled] OSが自動的にCPUの電圧とコア周波数を調節します。これにより電力消費と
発熱量を抑えることができます。
Turbo Mode [Enabled]
CPUにかかる負荷や発熱の状況に応じて動作クロックを変化させる、Intel® Turbo Boost
Technologyの有効/無効を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
次の項目はTurbo Modeを[Enabled]にすると表示されます。
Turbo Mode Parameters
Long Duration Power Limit [Auto]
Turbo Boost時の長時間の継続的な作業にかける最大消費電力(ワット)を設定します。
数値の調節は <+> <-> キーで行います。
Long Duration Maintained [Auto]
Turbo Boost時の長時間の継続的な作業にかけるTurbo Boostの目安時間を設定します。
数値の調節は <+> <-> キーで行います。
Chapter 3
Short Duration Power Limit [Auto]
Turbo Boost時の短時間の作業にかける最大消費電力(ワット)を設定します。
数値の調節は <+> <-> キーで行います。
Primary Plane Current Limit [Auto]
CPUコアに対する最大瞬時電流の電流制限値を設定します。
数値の調節は <+> <-> キーで行い、0.125A刻みで調節します。
Secondary Plane Current Limit [Auto]
統合グラフィックスコアに対する最大瞬時電流の電流制限値を設定します。
数値の調節は <+> <-> キーで行い、0.125A刻みで調節します。
DIGI+ VRM
CPU Load-Line Calibration [Auto]
CPUへの供給電圧を調節しシステム温度をコントロールします。高い値を設定することにより、電
圧の降下を防ぎオーバークロックの範囲を広げることができます。ただし、CPUとVRMからの発熱
量は増加します。この項目では、電圧の範囲を次の%で設定可能です。
0% (Regular)、25% (Medium)、50% (High)、75% (Ultra High)、100% (Extreme)
設定オプション:[Auto] [Regular] [Medium] [High] [Ultra High] [Extreme]
実際のパフォーマンスはお使いのCPUの仕様により異なります。
ASUS P8H77-M PRO
3-9
CPU Fixed Frequency [xxx]
CPU用電圧調整モジュール(VRM)の固定動作周波数を設定します。スイッチング周波数を高くす
ることでVRMの過渡応答を高めます。
数値の調節は <+> <-> キーで行います。設定範囲は200kHz〜350kHzで、50kHz刻みで調節し
ます。
CPU Power Phase Control [Standard]
動作中のCPU用電圧調整モジュール(VRM)数の制御方法を設定します。
[Standard]
[Optimized]
[Extreme]
[Manual Adjustment]
CPUの負荷に伴いフェーズコントロールします。
ASUS の最適化フェーズ調節プロファイルをロードします。
フルフェーズモードで動作します。
手動で調節することができます。
本機能を正確に使用するために、CPUクーラーやケースファンなどのサーマルモジュールを必
ず取り付けてください。
Manual Adjustment [Medium]
「Ultra Fast」を選択すると反応速度が速くなります。
「Regular」を選択すると反応速度は長くなります。
設定オプション:[Ultra Fast] [Fast] [Medium] [Regular]
CPU Power Duty Control [T.Probe]
CPU用電圧調整モジュール(VRM)の制御方法を設定します。
[T. Probe]
[Extreme]
動作中の全VRM回路の温度バランスを維持します。
動作中の全VRM回路の電流バランスを維持します。
CPU Current Capability [100%]
オーバークロック用にCPU用電圧調整モジュール(VRM)の電力供給量の範囲を設定します。高
い値を設定することにより、電力供給量が増加しオーバークロック可能な範囲が広がりますが、
VRMの消費電力は増加します。
Chapter 3
設定オプション:[100%] [110%] [120%]
CPU負荷の高い作業を行う際やオーバークロックの際は、高い値を設定することで動作の安定
性の向上を図ることができます。
iGPU Load-line Calibration [Auto]
CPU統合グラフィックス(iGPU)への供給電圧を調節しシステム温度をコントロールします。高い値
を設定することにより、電圧の降下を防ぎオーバークロックの範囲を広げることができます。ただ
し、CPUと調整モジュール(VRM)からの発熱量は増加します。
設定オプション:[Auto] [Regular] [High] [Extreme]
iGPU Current Capability [100%]
CPU統合グラフィックス(iGPU)への電力供給量の範囲を設定します。高い値を設定することによ
り、電力供給量が増加しオーバークロック可能な範囲は広がりますが、VRMの消費電力は増加します。
設定オプション:[100%] [110%] [120%]
本機能を正確に使用するために、CPUクーラーやケースファンなどのサーマルモジュールを必
ず取り付けてください。
項目によっては数字キーまたは<+> と <-> キーで数値を入力します。数値の入力を終えたら
<Enter>を押し数値を決定します。なお、デフォルト設定に戻す場合は、キーボードで [auto] と
入力し<Enter>を押します。
3-10
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
CPU Voltage [Offset Mode]
[Manual Mode]CPUコアへの供給電圧の手動で設定します。
[Offset Mode] CPU固有の基準値に対して電圧を設定します。
Offset Mode Sign [+]
この項目は「CPU Voltage」を [Offset Mode] にすると表示されます。
[+]
CPU Offset Voltageで指定した値の電圧を上げます。
[–]
CPU Offset Voltageで指定した値の電圧を下げます。
CPU Offset Voltage [Auto]
この項目は「CPU Voltage」を [Offset Mode] にすると表示され、オフセット電圧を調節し
ます。
設定範囲は 0.005V〜0.635Vで、0.005V刻みで調節します。
CPU Manual Voltage [Auto]
この項目は「CPU Voltage」の項目を[Manual Mode]に設定すると表示され、固定のCPU電圧を
設定します。設定範囲は0.800V〜1.990Vで、0.005V刻みで調節します。
CPU電圧の設定を行う前にCPUの説明書をご参照ください。設定値が高すぎるとCPUの損傷、
低すぎるとシステム不安定の原因となることがあります。
iGPU Voltage [Offset Mode]
[Manual Mode] iGPUコアへの供給電圧の手動で設定します。
[Offset Mode] iGPU固有の基準値に対して電圧を設定します。
iGPU Offset Mode Sign [+]
iGPU Offset Voltageで指定した値の電圧を上げます。
iGPU Offset Voltageで指定した値の電圧を下げます。
Chapter 3
[+] [-] iGPU Offset Voltage [Auto]
この項目は「iGPU Voltage」を [Offset Mode] にすると表示され、オフセット電圧を調節し
ます。
設定範囲は 0.005V~0.635Vで、0.005V刻みで調節します。
iGPU Manual Voltage [Auto]
この項目は「iGPU Voltage」を[Manual Mode]に設定すると表示され、固定のiGPU電圧を
設定します。
設定範囲は 0.800V〜1.990Vで、0.005V刻みで調節します。
DRAM Voltage [Auto]
メモリーの電圧を設定します。
設定範囲は 1.185V〜2.135Vで、0.005V刻みで調節します。
1.65Vを超過する電圧の必要なメモリーを取り付けるとCPUが損傷することがあります。1.65V
未満の電圧を必要とするメモリーを取り付けることをお勧めします。
ASUS P8H77-M PRO
3-11
VCCSA Voltage [Auto]
Vcore System Agent(VCCSA)電圧を設定します。
設定範囲は 0.610V〜 1.560Vで、0.005V刻みで調節します。
PCH Voltage [Auto]
プラットフォーム・コントローラー・ハブ(PCH)の電圧を設定します。
設定範囲は 0.7350V〜 1.6850Vで、0.005V刻みで調節します。
CPU PLL Voltage [Auto]
CPU内部のPLL電圧を設定します。
設定オプション:[Auto] [+0.10V]
•
各項目の数値はリスクの度合いに応じて色分けして表示されます。詳細は下の表をご参照
ください。
•
電圧を高く設定する場合は、冷却システムを増強することをお勧めします。
CPU Offset
Voltage
iGPU Mode
Voltage
DRAM Voltage
VCCSA Voltage
Chapter 3
PCH Voltage
3-12
ブラック
イエロー
ピンク
レッド
0.005V–0.065V
0.070V–0.125V
0.130V–0.185V
0.190V–0.635V
0.005V–0.035V
0.040V–0.065V
0.070V–0.095V
0.100V–0.635V
1.580V–1.650V
1.655V–1.725V
1.730V–2.135V
0.975V–1.015V
1.020V–1.060V
1.065V–1.560V
1.105V–1.155V
1.160V–1.205V
1.210V–
1.7685V
1.185V–
1.575V
0.610V–
0.970V
0.735V–
1.100V
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
3.5
アドバンスドメニュー
CPU、チップセット、オンボードデバイスなどの詳細設定の変更ができます。
アドバンスドメニューの設定変更は、システムの誤動作の原因となることがあります。設定の
変更は十分にご注意ください。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Main
Ai Tweaker
Advanced
Exit
Monitor
Boot
Tool
CPU Configuration Parameters
> CPU Configuration
> PCH Configuration
> SATA Configuration
> System Agent Configuration
> USB Configuration
> Onboard Devices Configuration
> APM
> Network Stack
Chapter 3
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
ASUS P8H77-M PRO
3-13
3.5.1
CPU 設定
CPUに関する設定をすることができます。
この画面に表示される項目は、取り付けたCPUにより異なります。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Back
Exit
Advanced
Monitor
Boot
Tool
Advanced\ CPU Configuration >
CPU Configuration
Adjust Non-Turbo Ratio
Intel(R) Core(TM) i5-2400 CPU @ 3.10GHz
EM64T
Processor Speed
Processor Stepping
Microcode Revision
L1 Data Cache
L1 Code Cache
L2 Cache
L3 Cache
Processor Cores
Intel HT Technology
CPU Ratio Range
CPU Current Ratio
Supported
3100 MHz
206a6
Not loaded
32 kB x 4
32 kB x 4
256 kB x 4
6144 kB
4
Not sSpported
16-31
31
Intel Adaptive Thermal Monitor
Enabled
Active Processor Cores
All
Limit CPUID Maximum
Disabled
Execute Disable Bit
Enabled
Intel Virtualization Technology
Enabled
Hardware Prefetcher
Enabled
Adjacent Cache Line Prefetch
Enabled
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
画面を上下方向にスクロールさせると、画面内に収まっていない項目を表示させることができます。
Chapter 3
> CPU Power Management Configuration
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
Intel Adaptive Thermal Monitor [Enabled]
Thermal Monitor 1、Thermal Monitor 2、EMTTM(Enhanced Multi Threaded Thermal
Management)を含む、Intel(R) Adaptive Thermal Monitor 機能の有効/無効を設定します。
[Enabled]
オーバーヒートしたCPUのクロックを抑えることで冷却を図ります。
[Disabled]
この機能を無効にします。
Active Processor Cores [All]
各プロセッサーパッケージで有効にするコア数を設定します。
設定オプション:[All] [1] [2] [3]
Limit CPUID Maximum [Disabled]
CPUID命令が実行されたとき、新しいCPUは3よりも大きな戻り値を返すことがあり特定のオペレ
ーティングシステムで問題を引き起こす場合があります。この項目を[有効]に設定することにより、
戻り値を3以下に制限し問題を回避します。この問題はWindowsオペレーティングシステムでは発
生いたしません。
[Enabled]
CPUID拡張機能搭載のCPUをサポートしていない場合でも、レガシーOSを起
動させます。
[Disabled]
この機能を無効にします。
3-14
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
Execute Disable Bit [Enabled]
DEP(データ実行防止)機能を持つ特定のOSと組み合わせて使用する事で、悪意のあるプログラム
が不正なメモリー領域を使用する事をハードウェア側で防ぎます。
[Enabled]
Intel(R) eXecute Disable bit (XD bit)を有効にします。
[Disabled]
この機能を無効にします。
Intel® Virtualization Technology [Disabled]
[Enabled]
[Disabled]
仮想マシン・モニター(VMM)で様々なハードウェアを使用することが可能にな
ります。
この機能を無効にします。
Hardware Prefetcher [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
L2へのデータアクセスパターンからストリームを検出した場合、メモリから
L2キャッシュにプリフェッチする、Mid-Level Cache(MLC)ストリーマー・プリ
フェッチ機能を有効にします。
この機能を無効にします。
Adjacent Cache Line Prefetch [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
隣接したキャッシュラインのプリフェッチを実行する機能を有効にします。
この機能を無効にします。
CPU Power Management Configuration
CPU Ratio [Auto]
非Turbo Boost時のCPU最大動作倍率を設定します。数値の調節は <+> <-> キーで行い
ます。設定範囲はお使いのCPUにより異なります。
Enhanced Intel SpeedStep Technology [Enabled]
CPUの負荷に応じて動作周波数や電圧を段階的に変化させることで消費電力と発熱
を抑える、拡張版 Intel SpeedStep(R) テクノロジー(EIST)の有効/無効を設定します。
[Disabled] CPUはデフォルトの速度で動作します。
[Enabled] OSでCPU速度を調節します。
Chapter 3
Turbo Mode [Enabled]
CPUにかかる負荷や発熱の状況に応じて動作クロックを変化させる、Intel® Turbo Boost
Technologyの有効/無効を設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
CPU C1E [Auto]
[Enabled] アイドル状態のCPUを休止状態にする省電力モード(C1Eステート)の
有効/無効を設定します。
[Disabled]
この機能を無効にします。
CPU C3 Report [Auto]
アイドル状態のCPUコアとバスクロック、CPUのクロック生成機を停止するディープ・スリー
プ状態の有効/無効を設定します。
CPU C6 Report [Auto]
CPUコア個々のL1/L2キャッシュ内容を破棄し、コア電圧を極限まで下げるディープ・パワー
・ダウン状態の有効/無効を設定します。
ASUS P8H77-M PRO
3-15
3.5.2
PCH 設定
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Back
Exit
Advanced
Monitor
Boot
Tool
Advanced\ PCH Configuration >
PCH Configuration
High Precision Timer
Enabled
Enabled/Disabled the High Precision
Event Timer.
> Intel(R) Rapid Start Technology
> Intel(R) Smart Connect Technology
High Precision Timer [Enabled]
高精度イベントタイマーの有効/無効を設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
Intel(R) Rapid Start Technology
Intel(R) Rapid Start Technology [Disbled]
Intel(R) Rapid Start Technologyの有効/無効を設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
次の項目は「Intel(R) Rapid Start Technology」を[Enabled] に設定すると表示さ
れます。
Chapter 3
Entry on S3 RTC Wake [Enabled]
S3ステートのシステムが、一定時間経過後S4 ステート(休止状態)へ移行する機能の有
効/無効を設定します。このモードを[Disabled]に設定すると、Windows®上の「Intel(R)
Rapid Start Technology」
と
「タイマー」はオフになります。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Entry After [10 Minutes]
この項目は「Entry on S3 RTC Wake」を[Enabled]に設定すると表示されます。S4ステー
ト(休止状態)に移行するまでのシステムアイドル時間を設定します。この設定を行うと
Windows®上のタイマー設定値は自動的に変更されます。
設定オプション:[Immediately] [1 minute] [2 minute] [5 minute] [10 minute]
[15 minute] [30 minute] [1 hour] [2 hours]
Active Page Threshold Support [Disbaled]
Intel® Rapid Start Technology を動作させるためのキャッシュ用パーティションサポートの
有効/無効を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Active Memory Threshold [x]
この項目は「Active Page Threshold Support」を[Enabled]に設定すると表示されます。
Intel® Rapid Start Technologyを実行するために必要なキャッシュ用パーティションのし
きい値をMB単位で入力します。数値を[0]に設定した場合、システムはIntel® Rapid Start
Technologyを実行するためのパーティション容量のしきい値を、現在のシステムに合わせ
て自動的にチェックします。パーティション容量がこのしきい値を下回る場合、Intel® Rapid
Start Technology はシステムで自動的に無効となります。
Intel(R) Rapid Start Technologyを使用するにはキャッシュ用パーティションの容量が搭載
メモリー容量よりも大きい必要があります。
設定オプション:[0] - [65535]
UEFI BIOS UtilityのIntel(R) Rapid Start Technology設定とWindows®上のIntel(R) Rapid Start
Technologyは、同じ設定項目を持っています。
これらの項目は最後に保存・適用された設定でのみ
システムは動作します。
3-16
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
Intel(R) Smart Connect Technology
ISCT Configuration [Disabled]
Intel(R) Smart Connect Technologyの有効/無効を設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
3.5.3
SATA 設定
UEFI BIOS Utilityの起動中は、UEFI BIOSは自動的にシステムに取り付けられたSATAデバイスを検
出します。取り付けられていない場合は、SATA Port の項目は「Not Present」
と表示されます。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Advanced
Monitor
Boot
Tool
Advanced\ SATA Configuration >
SATA Configuration
(1) IDE Mode. (2) AHCI Mode. (3)
RAID Mode.
SATA Mode Selection
AHCI
S.M.A.R.T. Status Check
Enabled
SATA 6G_1 (Gray)
Hot Plug
SATA 6G_2 (Gray)
Hot Plug
SATA 3G_3 (Blue)
Hot Plug
SATA 3G_4 (Blue)
Hot Plug
SATA 3G_5 (Blue)
Hot Plug
SATA 3G_6 (Blue)
Empty
Disabled
Empty
Disabled
Empty
Disabled
Empty
Disabled
Empty
Disabled
Empty
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Chapter 3
Back
Exit
画面を上下方向にスクロールさせると、画面内に収まっていない項目を表示させることができます。
Hot Plug
Disabled
Version 2.00.1201. Copyright (C) 2010 American Megatrends, Inc.
SATA Mode Selection [IDE]
SATAの設定を行います。
[IDE]
[AHCI]
[RAID]
SATAデバイスをIDEデバイスとして認識させます。
SATAデバイス本来の性能を発揮させます。このモードを選択することにより
ホットプラグ機能とネイティブ・コマンド・キューイング (NCQ) をサポートする
ことができます。
SATAデバイスでRAIDアレイを構築することができます。
ASUS P8H77-M PRO
3-17
S.M.A.R.T. Status Check [Enabled]
自己診断機能 S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)の有効/無効を
設定します。記憶装置で読み込み/書き込みエラーが発生すると、POST実行中に警告メッセージ
が表示されます。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
Hot Plug [Disabled]
この項目はSATA Mode Selectionを[AHCI]または[RAID]に設定すると表示されます。SATAポート
のホットプラグ機能の有効/無効を設定することができます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
3.5.4
システムエージェント設定
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Main
Back
Ai Tweaker
Advanced
Monitor
Boot
Tool
Advanced\ System Agent Configuration >
System Agent Configuration
Memory Remap Feature
Enabled
Enable or disable memory remap above
4G.
> Graphics Configuration
> NB PCIe Configuration
Memory Remap Feature [Enabled]
32bitプロセスにおいて4GB以上のアドレス空間を再割り当て(リマッピング)する機能の有効/無
効を設定します。
Chapter 3
[Enabled]
[Disabled]
この機能を有効にします。
この機能を無効にします。
Graphics Configuration
iGPUやPCIグラフィックデバイスに関する設定をすることができます。
Primary Display [Auto]
プライマリ(第1)デバイスとして使用するグラフィックコントローラーを選択します。
設定オプション:[Auto] [iGFX] [PEG]
iGPU Memory [64M]
統合グラフィックス(iGPU)用メモリーとして、メインメモリーからの割り当てを設定します。
設定オプション:[32M] [64M] [96M] [128M] ~ [448M] [480M] [512M]
Render Standby [Enabled]
画面描画などのグラフィック処理状態に応じて自動的に節電モードへ移行し消費電力を抑
えるIntel(R) Graphics Render Standby Technologyの有効/無効を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
Initiate iGPU [Enabled]
統合型グラフィックスとディスクリートグラフィックスの Lucid Virtu サポートの有効/無効を
設定します。有効に設定した場合、メインメモリーから割り当てられるiGPUメモリーサイズ
は64MBに固定されます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
3-18
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
NB PCIe Configuration
PCI Express スロットに関する設定をすることができます。
PCIEX16_1 Link Speed [Auto]
PCIEX16_1 速度を設定することができます。
設定オプション:[Auto] [Gen1] [Gen2] [Gen3]
3.5.5
USB 設定
USB関連の機能を変更することができます。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Back
Advanced
Exit
Monitor
Boot
Tool
Advanced\ USB Configuration >
USB Configuration
USB Devices:
1 Keyboard, 1 Mouse, 2 Hubs
Legacy USB Support
Legacy USB3.0 Support
Intel xHCI Mode
Enabled
Enables Legacy USB support. AUTO
option disables legacy support if no
USB devices are connected. DISABLE
option will keep USB devices
available only for EFI applications.
Enabled
Smart Auto
EHCI Hand-off
Disabled
「USB Devices」の項目には自動検出した値が表示されます。USB デバイスが検出されない
場合は「None」
と表示されます。
Legacy USB Support [Enabled]
レガシーOS用にUSBデバイスのサポートを有効にします。
USBデバイスはUEFI BIOS Utilityでのみ使用できます。
起動時にUSBデバイスを検出します。USBデバイスが検出されると、USBコント
ローラーのレガシーモードが有効になり、検出されないとレガシーUSBのサポート
は無効になります。
Chapter 3
[Enabled]
[Disabled]
[Auto]
Legacy USB3.0 Support [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
レガシーOS用にUSB 3.0デバイスのサポートを有効にします。
この機能を無効にします。
Intel xHCI Mode [Smart Auto]
[Smart Auto]
[Auto]
[Enabled]
[Disabled]
システムの状況に合わせて自動的にxHCIホストコントローラーの動作モード
を切り替えます。
自動的にxHCIホストコントローラーの動作モードを設定します。
xHCI ホストコントローラーを常に有効にします。
xHCI ホストコントローラーを無効にします。
EHCI Hand-off [Disabled]
[Enabled]
[Disabled]
ASUS P8H77-M PRO
EHCI ハンドオフ機能のないOSでも問題なく動作させることができます。
この機能を無効にします。
3-19
3.5.6
オンボードデバイス設定構成
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Back
Exit
Advanced
Monitor
Boot
Tool
Advanced\ Onboard Devices Configuration >
HD Audio controller
Enabled
Front Panel Type
HD
SPDIF Out Type
SPDIF
Marvell Storage Controller
IDE Mode
Marvell Storage OPROM
Enabled
Realtek LAN Controller
Enabled
Realtek PXE OPROM
Disabled
Enabled/Disabled Azalia HD Audio
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
> Serial Port Configuration
> Paralle Port Configuration
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
HD Audio Controller [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
Intel(R) High Definition Audio コントローラーを有効にします。
Intel(R) High Definition Audio コントローラーを無効にします。
Chapter 3
次の項目は「HD Audio Controller」を [Enabled] に設定すると表示されます。
Front Panel Type [HD]
フロントパネルオーディオモジュールがサポートするオーディオ規格により、フロントパネル
オーディオコネクター(AAFP)モードを AC’97 またはHDオーディオに設定することができます。
[HD]
[AC97]
フロントパネルオーディオコネクター(AAFP)モードをHDオーディオにします。
フロントパネルオーディオコネクター(AAFP)モードを AC’97にします。
SPDIF Out Type [SPDIF]
[SPDIF]
[HDMI]
S/PDIF端子からの出力信号を、S/PDIFモードで出力します。
S/PDIF端子からの出力信号を、HDMIモードで出力します。
Marvell Storage Controller [IDE Mode]
[Disabled]
[IDE Mode]
[AHCI Mode]
3-20
Marvell ストレージコントローラーを無効にします。
Marvell ストレージコントローラーをIDEモードに設定します。
Marvell ストレージコントローラーをAHCI モードに設定します。
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
Marvell Storage OPROM [Enabled]
この項目は前の項目を[IDE Mode]または[AHCI Mode]にすると表示されます。Marvell ストレー
ジコントローラーのオプションROMによる起動の有効/無効を設定します。
[Enabled]この機能を有効にします。
[Disabled]この機能を無効にします。
Realtek LAN Controller [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
Realtek Gigabit Ethernet コントローラーを有効にします。
このコントローラーを無効にします。
Realtek PXE OPROM [Disabled]
Realtek Gigabit Ethernet コントローラーのオプションROMによる起動の有効/無効を設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
Serial Port Configuration
この項目は、マザーボードのシリアルポートの設定を行います。
Serial Port [Enabled]
シリアルポート(COM)の有効/無効を設定します。
設定オプション:[Enabled][Disabled]
Change Settings [IO=3F8h; IRQ=4]
この項目は「Serial Port」を [Enabled] にすると表示され、シリアルポートベースアドレスを
選択することができます。
設定オプション:[IO=3F8h; IRQ=4][IO=2F8h; IRQ=3][IO=3E8h; IRQ=4][IO=2E8h; IRQ=3]
Chapter 3
Parallel Port Configuration
この項目は、マザーボードのパラレルポートの設定を行います。
Serial Port [Enabled]
Serial ポート
(COM)の有効/無効を設定します。
[Disabled] この機能を無効にします。
[Enabled] Super IOデバイスに最適な設定を選択することができます。
次の項目は「Parallel Port」を[Enabled]にすると表示されます。
Change Settings [Auto]
パラレルポートベースアドレスを選択することができます。
設定オプション:[Auto] [IO=378h; IRQ=5] [IO=378h; IRQ=5,6,7,9,10,11,12]
[IO=278h; IRQ=5,6,7,9,10,11,12] [IO=3BCh; IRQ= 5,6,7,9,10,11,12]
Device Mode [STD Printer Mode]
プリンターポートモードを変更することができます。
設定オプション:[ STD Priinter Mode] [SPP Mode] [EPP-1.9 and SPP Mode]
[EPP-1.7 and SPP Mode] [ECP Mode] [ECP and EPP 1.9 Mode]
[ECP and EPP 1.7 Mode]
ASUS P8H77-M PRO
3-21
3.5.7
APM
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Back
Advanced
Exit
Monitor
Boot
Tool
Advanced\ APM >
Restore AC Power Loss
Power On By PS/2 Keyboard
Power Off
Disabled
Power On By PCIE/PCI
Disabled
Power On By Ring
Disabled
Power On By RTC
Disabled
Allow BIOS yo switch off some power
at S5 to get the system ready for ErP
requirement. When set to Enabled, all
other PME options will be switched
off.
Restore AC Power Loss [Power Off]
[Power On]
[Power Off]
[Last State]
電力が遮断された場合、その後、通電したときは電源はONとなります。
電力が遮断された場合、その後、通電したときは電源はOFFのままとなります。
電力が遮断された場合、その後、通電したときは電源は遮断される直前の状態
に戻ります。
Power On By PS/2 Keyboard [Disabled]
[Disabled]
[Space Bar]
[Ctrl-Esc]
[Power Key]
PS/2 キーボードで電源をONにする機能を無効にします。
PS/2 キーボードのスペースキー(スペースバー)でシステムをONにします。
PS/2 キーボードの <Ctrl+Esc>キーでシステムをONにします。
PS/2 キーボードのPower キーでシステムをONにします。この機能を利用する
には、+5VSBリード線で最低1Aを供給するATX電源を必要とします。
Power On By PCIE/PCI [Disabled]
[Disabled]
Chapter 3
PCI/PCI Express デバイスが起動信号を受信した場合のウェイクアップ機能を
無効にします。
[Enabled]この機能を有効にします。
Power On By Ring [Disabled]
[Disabled]
[Enabled]
外部モデムが起動信号を受信した場合のウェイクアップ機能を無効にします。
この機能を有効にします。
Power On By RTC [Disabled]
[Disabled]
[Enabled]
3-22
RTCによるウェイクアップ機能を無効にします。
[Enabled] に設定すると、
「RTC Alarm Date (Days)」
と
「Hour/Minute/Second」
の項目がユーザー設定可能になります。
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
3.5.8
Network Stack
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Back
Exit
Advanced
Monitor
Boot
Tool
Advanced\ Network Stack >
Network Stack
Disabl Link
Allow BIOS yo switch off some power
at S5 to get the system ready for ErP
requirement. When set to Enabled, all
other PME options will be switched
off.
Network Stack [Disable Link]
ネットワークブート(PXE)の有効無効を設定します。
設定オプション:[Disable Link] [Enable]
3.6
モニターメニュー
システム温度/電源の状態が表示されます。また、ファンの各種設定変更が可能です。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Advanced
Monitor
CPU Temperature
+34ºC / +93ºF
MB Temperature
+31ºC / +87ºF
CPU Fan Speed
Boot
Tool
1717 RPM
Chassis Fan 1 Speed
N/A
Chassis Fan 2 Speed
N/A
Power Fan Speed
N/A
CPU Voltage
+1.185V
3.3V Voltage
+3.312V
5V Voltage
+5.080V
12V Voltage
+12.192V
CPU Q-Fan Control
Enabled
CPU Fan Speed Low Limit
200 RPM
CPU Fan Profile
Standard
Chapter 3
Main
Exit
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
画面を上下方向にスクロールさせると、画面内に収まっていない項目を表示させることができます。
Chassis Q-Fan Control
Enabled
Chassis Fan Speed Low Limit
600 RPM
Chassis Fan Profile
Standard
Anti Surge Support
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Enabled
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
ASUS P8H77-M PRO
3-23
CPU Temperature / MB Temperature [xxxºC/xxxºF]
オンボードハードウェアモニターはCPUの温度とマザーボードの温度を自動検出しその値を表示
します。なお、[Ignore] にすると、表示されなくなります。
CPU Fan Speed [xxxx RPM] or [Ignore] or [N/A]
Chasis Fan 1/2 Speed [xxxx RPM] or [Ignore] or [N/A]
Power Fan Speed [xxxx RPM] or [Ignore] or [N/A]
オンボードハードウェアモニターはCPUファン、ケースファン、電源ファンのスピードを自動検出
し、RPMの単位で表示します。マザーボードにファンが接続されていない場合は、[N/A] と表示さ
れます。なお、[Ignore] にすると、表示されなくなります。
CPU Voltage、3.3V Voltage、5V Voltage、12V Voltage
オンボードハードウェアモニターは電圧レギュレータを通して電圧出力を自動検出しその値を表
示します。なお、[Ignore] にすると、表示されなくなります。
Anti Surge Support [Enabled]
アンチサージ機能の有効/無効を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
CPU Q-Fan Control [Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
この機能を無効にします。
CPUファンのQ-Fanコントロール機能を有効にします。
CPU Fan Speed Low Limit [200 RPM]
この項目は「CPU Q-Fan Control」を有効にすると表示されます。CPUファンの最低回転数を設定
します。CPUファンの回転数がこの値を下回ると警告が発せられます。
設定オプション:[Ignore] [200 RPM] [300 RPM] [400 RPM] [500 RPM] [600 RPM]
Chapter 3
CPU Fan Profile [Standard]
この項目は「CPU Q-Fan Control」機能を有効にすると表示されます。CPUファンの最適な
パフォーマンスレベルを設定できます。
[Standard]温度により自動調整します。
[Silent]常時低速回転で動作します。
[Turbo]
常時最高速回転で動作します。
[Manual] 温度とデューティサイクルを手動で設定します。
次の4つの項目は「CPU Fan Profile」を [Manual] にすると表示されます。
CPU Upper Temperature [70]
CPU温度の上限値を設定します。CPUの温度がこの上限値に達すると、CPUファンは
デューティーサイクルの最大値で動作します。
設定範囲は20℃~75℃です。
CPU Fan Max. Duty Cycle(%) [100]
CPUファンのデューティーサイクルの最大値を設定します。設定値はCPU Fan Min. Duty
Cycle以上、または同じである必要があります。
設定範囲は 20%〜100%です。
3-24
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
CPU Lower Temperature [20]
CPU温度の下限値を設定します。CPUの温度がこの下限値を下回ると、CPUファンはデュ
ーティーサイクルの最小値で動作します。設定値はCPU Upper Temperature以下、また
は同じである必要があります。
設定範囲は 20℃~75℃です。
CPU Fan Min. Duty Cycle(%) [20]
CPUファンのデューティーサイクルの最小値を設定します。設定値はCPU Fan Max. Duty
Cycle以下、または同じである必要があります。
設定範囲は 0% 〜100%です。
Chassis Q-Fan Control 1/2 [Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
この機能を無効にします。
ケースファンのQ-Fanコントロール機能を有効にします。
Chassis Fan Speed Low Limit [600 RPM]
この項目は「Chassis Q-Fan Control」を有効にすると表示されます。ケースファンの最低回転数を
設定します。ケースファンの回転数がこの値を下回ると警告が発せられます。
設定オプション:[Ignore] [200 RPM] [300 RPM] [400 RPM] [500 RPM] [600 RPM]
Chassis Fan Profile [Standard]
この項目は「Chassis Q-Fan Control」機能を有効にすると表示されます。ケースファンの最
適なパフォーマンスレベルを設定できます。
[Standard]温度により自動調整します。
[Silent]常時低速回転で動作します。
[Turbo]
常時最高速回転で動作します。
[Manual] 温度とデューティサイクルを手動で設定します。
Chapter 3
次の4つの項目は「Chassis Fan Profile」を [Manual] にすると表示されます。
Chassis Upper Temperature [70]
ケース内温度の上限値を設定します。ケース内温度がこの上限値に達すると、ケースファン
はデューティーサイクルの最大値で動作します。
設定範囲は40℃~ 75℃です。
Chassis Fan Max. Duty Cycle(%) [100]
ケースファンのデューティーサイクルの最大値を設定します。設定値はChasis Fan Min.
Duty Cycle以上、または同じである必要があります。
設定範囲は 60%〜100%です。
Chassis Lower Temperature [40]
ケース内温度の下限値です。
ケース内温度がこの下限値を下回ると、ケースファンはデューティーサイクルの最小値
で動作します。
Chassis Fan Min. Duty Cycle(%) [60]
ケースファンのデューティーサイクルの最小値を設定します。設定値はChassis Fan Max.
Duty Cycle以下、または同じである必要があります。
設定範囲は 60% 〜100%です。
ASUS P8H77-M PRO
3-25
3.7
ブートメニュー
システムをブートする際のオプションを変更します。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Exit
Advanced
Monitor
Bootup NumLock State
On
Full Screen Logo
Enabled
Wait for ‘F1’ If Error
Option ROM Messages
Boot
Tool
Select the keyboard NumLock state
Enabled
Force BIOS
Setup Mode
EZ Mode
UEFI/Legacy Boot
Enable bot...
PCI ROM Priority
Legacy ROM
Boot Option Priorities
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Boot Override
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
Bootup NumLock State [On]
Chapter 3
[On]
[OFF]
システム電源ON時、キーボードのNumLock 機能をONにします。
システム電源ON時、キーボードのNumLock 機能はOFFの状態です。
Full Screen Logo [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
システム起動時のASUSロゴ画面を表示します。
システム起動時のASUSロゴ画面を表示しません。
ASUS MyLogo™ 機能をご利用になる場合は「Full Screen Logo」の項目を [Enabled] に設定し
てください。
Wait For ‘F1’ If Error [Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
この機能を無効にします。
POSTエラー発生時に<F1> を押すまでシステムを待機させます。
Option ROM Messages [Force BIOS]
[Force BIOS]
[Keep Current]
3-26
サードパーティのROMメッセージをブートシーケンス時に強制的に表示させます。
アドオンデバイスの設定に従い、サードパーティROMメッセージを表示させます。
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
Setup Mode [EZ Mode]
[Advanced Mode] UEFI BIOS Utility起動時の初期画面として、Advanced Mode を表示します。
[EZ Mode]
UEFI BIOS Utility起動時の初期画面として、EZ Mode を表示します。
UEFI/Legacy Boot [Enable both UEFI and Legacy]
[Enable both UEFI and Legacy]UEFIデバイス、またはレガシーデバイスからの起動を有効に
します。
[Disable UEFI] UEFIデバイスからの起動を無効にします。
[Disable Legacy] レガシーデバイスからの起動を無効にします。
PCI ROM Priority [Legacy ROM]
複数のPCIデバイスにオプションROM(レガシーとEFIに互換性のあるROM)が搭載されている場
合、ROMの優先順位を設定します。
設定オプション:[Legacy ROM] [EFI Compatible ROM]
Boot Option Priorities
使用可能なデバイスから、ブートデバイスの起動優先順位を指定します。画面に表示される
デバイスの数は、ブート可能なデバイスの数に依存します。
•
システム起動中にブートデバイスを選択するには、POST時に<F8> キーを押します。
•
セーフモードでWindows ® OSを起動するには、POSTの後に<F8> キーを押します。ブート
デバイスの選択画面が表示されてしまう場合は、ブートデバイスの選択画面で<ESC>キ
ーを押した後にすばや<F8>キーを押すことで詳細ブート オプションを起動することが可能
です。
Boot Override
ASUS P8H77-M PRO
Chapter 3
ブートデバイスを選択し起動します。画面に表示されるデバイスの項目の数は、システムに接続さ
れたデバイスの数により異なります。項目(デバイス)を選択すると、選択したデバイスから
システムを起動します。
3-27
3.8
ツールメニュー
ASUS独自機能の設定をします。マウスで項目を選択するか、キーボードのカーソルキーで項目を
選択し、<Enter>キーを押してサブメニューを表示させることができます。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Exit
Advanced
Monitor
Boot
Tool
Be used to update BIOS
> ASUS EZ Flash 2 Utility
> ASUS O.C. Profile
> ASUS SPD Information
3.8.1
ASUS EZ Flash 2 Utility
ASUS EZ Flash 2 Utility を起動します。<Enter>を押すと、確認メッセージが表示されます。
左右矢印キーを使って [Yes] または [No] を選択し <Enter> を押して選択を決定します。
詳細はセクション「3.10.2 ASUS EZ Flash 2 」をご参照ください。
3.8.2
ASUS O.C. Profile
複数のBIOS設定を保存して簡単に呼び出すことができます。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Chapter 3
Ai Tweaker
Main
Back
Exit
Advanced
Monitor
O.C. Profile Configuration
Setup
Setup
Setup
Setup
Setup
Setup
Setup
Setup
Profile
Profile
Profile
Profile
Profile
Profile
Profile
Profile
Boot
Tool
Tool\ ASUS O.C. Profile >
1
2
3
4
5
6
7
8
Status
Status
Status
Status
Status
Status
Status
Status
:
:
:
:
:
:
:
:
Save BIOS settings to Profile
Not
Not
Not
Not
Not
Not
Not
Not
Installed
Installed
Installed
Installed
Installed
Installed
Installed
Installed
Add Your CMOS Profile
Label
Save to Profile
1
Add Your CMOS Profile
Load from Profile
1
プロファイルが作成されていない場合、
「Setup Profile Status」には「Not Installed」
と表示さ
れます。
3-28
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
Label
保存するプロファイルのタイトルを入力します。
Save to Profile
現在の設定をプロファイルとして保存します。キーボードで1から8の数字を入力しプロファイル番
号を割り当て、<Enter>を押し「Yes」を選択します。
Load from Profile
保存したプロファイルから設定を読み込みます。プロファイルの番号をキーボードで入力し、
<Enter>を押し「Yes」を選択します。
3.8.3
•
設定をロード中はシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。システム
起動エラーの原因となります。
•
設定をロードする場合は、保存された設定の構成時と同一のハードウェア(CPU、メモリー
など)
とBIOSバージョンでのご使用をお勧めします。異なったハードウェアやBIOSバージョン
設定をロードすると、システム起動エラーやハードウェアが故障する可能性がございます。
ASUS SPD Information
DIMM Slot # [DIMM_A2]
取り付けられたメモリーモジュールのSerial Presence Detect (SPD)情報を表示します。
設定オプション:[DIMM_A1] [DIMM_A2] [DIMM_B1] [DIMM_B2]
Ai Tweaker
Main
Back
Advanced
Monitor
Boot
Chapter 3
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Tool
Tool\ ASUS SPD Information >
DIMM Slot #
Manufacturer Module Size Maximum Bandwidth Part Number Serial Number Product Week/Year
SPD Ext. JEDEC ID
Frequency(Mhz)
Voltage (V)
CAS# Lantency (tCL)
RAS# to CAS# (tRCD)
RAS# Precharge(tRP)
tRAS
tRC
tWR
tRRD
tRFC
tWTR
tRTP
tFAW
Slot 1
DIMM Slot number
Samsung
1024 MBytes
1333 Mhz
M391B2873DZ1-CH9
060369f9
50/2012
XMP
JEDEC
1333
1.500
9
9
9
24
33
10
4
74
5
5
20
Version 2.00.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
ASUS P8H77-M PRO
3-29
3.9
終了メニュー
設定の保存や取り消しのほか、デフォルト設定の読み込みを行います。終了メニューから
EZ Mode を起動することができます。
Load Optimized Defaults
それぞれの値に、デフォルト設定値をロードします。このオプションを選択するか、<F5> を押すと
確認画面が表示されます。
「YES」を選択してデフォルト設定値をロードします。
Save Changes & Reset
設定が終了したら、
「Exit」メニュ−からこのオプションを選択し、設定をCMOS RAM に保存して
終了します。このオプションを選択するか、<F10>を押すと確認画面が表示されます。
「YES」を
選択して、設定変更を保存し、UEFI BIOS Utilityを閉じます。
Chapter 3
Discard Changes & Exit
UEFI BIOS Utility で行った設定を破棄し、セットアップを終了する場合にこの項目を選択します。
このオプションを選択するか<ESC>を押すと確認画面が表示されます。
「YES」を選択して、設定変更
を保存せずに、UEFI BIOS Utilityを閉じます。
ASUS EZ Mode
EZ Mode を起動します。
Launch UEFI Shell from filesystem device
USBストレージデバイスから、EFI Shell アプリケーション(Shellx64.efi)を起動します。
3-30
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
3.10
UEFI BIOS更新
ASUSオフィシャルサイトでは、最新のUEFI BIOSバージョンを公開しております。UEFI BIOSを更新
することで、システムの安定性や互換性、パフォーマンスが上がる場合があります。ただし、UEFI
BIOS 更新にはリスクが伴います。現在のバージョンで問題がない場合は、UEFI BIOS更新を行わ
ないでください。不適切な更新は、システム起動エラーの原因となります。更新は必要な場合のみ
行い、更新の際は次の手順に従い慎重に行ってください。
本製品用の最新バージョンのBIOSファイルは、ASUSオフィシャルサイトからダウンロード可能で
す。
(http://www.asus.co.jp)
次の各ユーティリティで本製品のUEFI BIOSの更新と管理が可能です。
1.
ASUS Update:Windows® 環境でUEFI BIOS更新を行います。
2.
ASUS EZ Flash 2:USBフラッシュメモリーを使用してUEFI BIOS更新を行います。
3.
ASUS CrashFree BIOS 3:BIOSファイルが破損した場合、サポートDVDまたはUSBフラッシュ
メモリーを使用して、BIOSファイルの復旧を行います。
4.
ASUS BIOS Updater:DOS環境でサポートDVDまたはUSBフラッシュメモリーを使用して
UEFI BIOSの更新とバックアップを行います。
各ユーティリティの詳細については、本項以降の説明をご参照ください。
UEFI BIOS を復旧できるように、オリジナルのマザーボードBIOSファイルをUSBフラッシュ
メモリーにコピーしてください。UEFI BIOSのバックアップにはASUS Update またはASUS BIOS
Updater をご使用ください。
3.10.1
ASUS Update
•
インターネットから直接UEFI BIOSを更新する
•
インターネットから最新のBIOSファイルをダウンロードする
•
BIOSファイルからUEFI BIOSを更新する
•
UEFI BIOSのバージョン情報を表示する
Chapter 3
ASUS Update は、Windows® 環境でマザーボードのUEFI BIOSを管理、保存、更新するユーティリティ
です。以下の機能を実行することができます。
このユーティリティはマザーボードに付属しているサポートDVDからインストールします。
ASUS Update でインターネットを使用した機能を使用するためには、インターネット接続が
必要です。
ASUS Updateを起動する
サポートDVDからAI Suite II をインストールし、AI Suite II メインメニューバーの「Update」→
「ASUS Update」の順にクリックします。
このユーティリティを使用してUEFI BIOS を更新する場合は、すべての Windows® アプリケーション
を終了してください。
ASUS P8H77-M PRO
3-31
インターネットを通してUEFI BIOSを更新する
手順
1.
AI Suite II の「更新」から「ASUS
Update」を起動します。BIOS更新方法か
ら「BIOSをインターネットから更新」を選
択し「進む」をクリックします。
2.
BIOSファイルをダウンロードするサーバ
ーを選択し「進む」をクリックします。
ネットワークトラフィックを避けるため
に、最寄りのサーバーを選択してくださ
い。UEFI BIOSのダウングレード機能を有
効にする場合は、チェックボックスにチ
ェックを入れてください。
3.
ダウンロードしたいバージョンを選択し、
「進む」をクリックします。
Chapter 3
0311
P8H77-M PRO
1. Beta 0311
0311
01/04/2012
4.
5.
3-32
ブートロゴを変更することができます。
ブートロゴはPOSTで表示されるイメージ
です。ブートロゴを変更する場合は、
「Yes」を変更しない場合は
「No」を選択し次に進みます。
P8H77-M PRO
0311
01/04/2012
画面の指示に従って、更新プロセスを
完了します。
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
BIOSファイルからUEFI BIOSを更新する
手順
AI Suite II の「更新」から「ASUS
Update」を起動します。BIOS更新方法か
ら「ファイルからBIOSを更新」を選択し
「進む」をクリックします。
2.
「参照」をクリックするか、または自動
的に表示されるウインドウからアップデ
ートに使用するBIOSファイルを選択して
「開く」をクリックし、次に「進む」を
クリックします。
3.
システム起動時のASUSロゴ画面を変
更したい場合は「はい」を、変更せずに
BIOSを更新する場合は「いいえ」を
クリックします。
4.
画面の指示に従って、更新プロセスを
完了します。
C:\Users\English\Desktop\P8H77-M PRO.CAP
•
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際とは異なる場合があります。
•
ソフトウェアの詳細はサポートDVD、または各種ソフトウェアに収録されているマニュアル
をご参照ください。ソフトウェアマニュアルはASUSオフィシャルサイトでも公開しておりま
す。
(http://www.asus.co.jp)
ASUS P8H77-M PRO
Chapter 3
1.
3-33
3.10.2
ASUS EZ Flash 2
ASUS EZ Flash 2 は起動フロッピーディスクまたはOSベースのユーティリティを起動することなく
UEFI BIOSを短時間で更新することができます。
このユーティリティをご利用になる前に、最新のUEFI BIOSをASUSのサイトからダウンロード
してください。
(http://www.asus.co.jp)
ASUS EZ Flash 2を使用してUEFI BIOSを更新する手順
1.
最新のBIOSファイルを保存したUSBフラッシュメモリーをシステムにセットします。
2.
UEFI BIOS UtilityのAdvanced Mode を起動し、Toolメニューの「ASUS EZ Flash Utility」を
選択します。
Exit
ASUS EZ Flash 2 Utility v01.04
Flash Info
MODEL: P8H77-M PRO
VER: 0311
DATE: 01/04/2012
File Path:
Drive
Folder Info
fs0:\
fs1:\
01/04/12
10:23p
4194304
P8H77MP.CAP
Chapter 3
File Infor
MODEL:
VER:
DATE:
Help Info
[Enter] Select or Load
3-34
[Tab] Switch
[Up/Down/PageUp/PageDown/Home/End] Move
[Esc] Exit
[F2] Backup
3.
<Tab> を使ってDrive Info フィールドに切り替えます。
4.
マウス、またはカーソルキーで最新のBIOSファイルを保存したUSBフラッシュメモリーを
選択し<Enter>を押します。
5.
<Tab> を押しFolder Info フィールドに切り替えます。
6.
マウス、またはカーソルキーでBIOSファイルを選択し、<Enter>を押してUEFI BIOSの更新
を実行します。更新作業が完了したら、システムを再起動します。
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
•
FAT32/16 ファイルシステムをもつ、シングルパーティションのUSBフラッシュメモリーのみ
サポートします。
•
UEFI BIOS更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。
UEFI BIOSが破損、損傷しシステムを起動することができなくなるおそれがありま
す。UEFI BIOSアップデートに伴う不具合、動作不良、破損等に関しましては保証の
対象外となります。
UEFI BIOS更新後はシステムの互換性/安定性の観点から、必ずUEFI BIOSのデフォルト設定を
ロードしてください。ロードの際は、終了メニューの「Load Optimized Defaults」を選択します。
詳細は本マニュアル「3.9 終了メニュー」をご参照ください。
3.10.3
ASUS CrashFree BIOS 3
ASUS CrashFree BIOS 3 はUEFI BIOSの自動復旧ツールで、更新時に障害を起こした場合や破損
したBIOSファイルを復旧します。破損したBIOSファイルはサポートDVD、またはBIOSファイルを
保存したUSBフラッシュメモリーを使用して、BIOSファイルの復旧をすることができます。
• 本ユーティリティを使用する前にフラッシュメモリー内のBIOSファイルの名前を
「P8H77MP.CAP」に変更してください。
• サポートDVDに収録のBIOSファイルは最新のものではない場合もあります。最新バージョ
ンのBIOSファイルは弊社のサイトで公開しております。USBフラッシュメモリーにダウンロ
ードしてご使用ください。
(http://www.asus.co.jp)
UEFI BIOSを復旧する
1.
Chapter 3
手順
システムの電源をONにします。
2.
BIOSファイルを保存したUSBフラッシュメモリー/サポートDVDをシステムにセットします。
3.
BIOSファイルを保存したUSBフラッシュメモリー/サポートDVDの検出が始まります。検出
されると、BIOSファイルを読み込み、ASUS EZ Flash 2 が自動的に起動します。
4.
UEFI BIOS Utility でデフォルト設定をロードするように指示が表示されます。システムの
互換性/安定性の観点から、UEFI BIOSのデフォルト設定をロードすることをお勧めします。
UEFI BIOS更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。UEFI
BIOSが破損、損傷しシステムを起動することができなくなるおそれがあります。UEFI
BIOSアップデートに伴う不具合、動作不良、破損等に関しましては保証の対象外となり
ます。
ASUS P8H77-M PRO
3-35
3.10.4
ASUS BIOS Updater
ASUS BIOS Updater は、DOS環境でUEFI BIOSファイルを更新するツールです。また、使用中の
BIOSファイルのコピーも可能ですので、BIOS更新中にBIOSが作動しなくなったときやBIOSファイル
が破損したときのためにBIOSファイルのバックアップをすることが可能です。
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際とは異なる場合があります。
更新の前に
1.
サポートDVDとFAT32/16 ファイルシステムをもつ、シングルパーティションのUSBフラッシュ
メモリーを手元に準備します。
2.
最新のBIOSファイルとBIOS Updater をASUSオフィシャルサイトからダウンロードし、USBフラッ
シュメモリーに保存します。
(http://www.asus.co.jp)
3.
•
DOS環境ではNTFSはサポートしません。BIOSファイルとBIOS Updater を NTFSフォーマット
の記憶装置またはUSBフラッシュメモリーに保存しないでください。
•
BIOSファイルのサイズはフロッピーディスクの上限である1.44MB を超えるため、フロッピ
ーディスクに保存することはできません。
コンピューターをOFFにし、全てのSATA記憶装置を取り外します。
(推奨)
DOS環境でシステムを起動する
1.
最新のBIOSファイルとBIOS Updater を保存したUSBフラッシュメモリーをUSBポートに
接続します。
2.
コンピューターを起動します。POST中に <F8> を押します。続いてBoot Device Select
Menu が表示されたらサポートDVDを光学ドライブに挿入し、カーソルキーで光学ドライ
ブを選択し<Enter>を押します。
Chapter 3
Please select boot device:
SATA: XXXXXXXXXXXXXXXX
USB XXXXXXXXXXXXXXXXX
UEFI: XXXXXXXXXXXXXXXX
Enter Setup
↑ and ↓ to move selection
ENTER to select boot device
ESC to boot using defaults
3. Make Disk メニューが表示されたら、項目の番号を押し「FreeDOS command prompt」の
項目を選択します。
4.
FreeDOSプロンプトで「d:」
と入力し、<Enter> を押してドライブをDrive C(光学ドライブ)
からDrive D(USBフラッシュメモリー)に切り替えます。SATA記憶装置を接続している場合
ドライブパスは異なります。
Welcome to FreeDOS (http://www.freedos.org)!
C:\>d:
D:\>
3-36
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
BIOSファイルを更新する
手順
1.
FreeDOSプロンプトで、
「bupdater /pc /g」
と入力し、<Enter>を押します。
D:\>bupdater /pc /g
2.
次のようなBIOS Updater 画面が表示されます。
ASUSTek BIOS Updater for DOS V1.18 [2010/04/29]
Current ROM
BOARD: P8H77-M PRO
VER: 0311
DATE: 01/04/2012
Update ROM
BOARD: Unknown
VER: Unknown
DATE: Unknown
PATH: A:\
P8H77MP.CAP
A:
Note
[Enter] Select or Load
[Up/Down/Home/End] Move
3.
4194304 2012-01-04 17:30:48
[Tab] Switch
[B] Backup
[V] Drive Info
[Esc] Exit
<Tab>でフィールドを切り替え、BIOSファイルの保存されたUSBフラッシュメモリードライ
ブを選択し<Enter>を押します。次に、カーソルキーで更新に使用するBIOSファイルを選択
して<Enter>を押します。BIOS Updater は選択したBIOSファイルをチェックし、次のような
Are you sure to update BIOS?
4.
No
Chapter 3
Yes
更新を実行するには「Yes」を選択し<Enter>を押します。UEFI BIOSの更新が完了したら
<ESC>を押してBIOS Updater を閉じます。続いてコンピューターを再起動します。
BIOS更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。BIOSが破損、
損傷しシステムを起動することができなくなるおそれがあります。BIOSアップデートに
伴う不具合、動作不良、破損等に関しましては保証の対象外となります。
•
•
•
・
・
ASUS P8H77-M PRO
BIOS Updater バージョン1.30 以降では、更新が終了すると自動的にDOSプロンプトに
戻ります。
システムの互換性/安定性の観点から、更新後は必ずデフォルト設定をロードしてくださ
い。デフォルト設定のロードは「Exit」の「Load Optimized Defaults」の項目で実行します。
詳細はセクション「3.9 終了メニュー」をご参照ください。
SATA記憶装置を取り外した場合は、BIOSファイル更新後に全てのSATA記憶装置を接続し
てください。
サポートDVDからの起動時、画面に「Press Enter to boot from the DVD/CD」
と表示され
る場合は、5秒以内に<Enter>を押してください。5秒を経過するとシステムは通常の起動
デバイスからロードを開始します。
コマンドはBIOS Updater のバージョンにより異なる場合があります。詳細はASUSオフィシ
ャルサイトからダウンロードしたBIOS Updater ファイル内のテキストファイルをご確認く
ださい。
3-37
Chapter 3
3-38
Chapter 3: UEFI BIOS 設定
Chapter 4
Chapter 4:ソフトウェア
4.1
OSをインストールする
ハードウェアの機能を最大限に活用するために、OSは定期的にアップデートしてください。
・
Windows® XP では、仕様により一部機能を利用することができません。
・
本製品の機能を最大限ご利用いただくために、ASUSTeK Computer Inc.はWindows® 7以
降のOSをご利用いただくことを推奨します。
・
Windows® XPをご利用の場合は、互換性とシステムの安定性のために、
ドライバーをイン
ストールする前に、Service Pack 3以降のサービスパックが適用されていることをご確認く
ださい。
4.2
サポートDVD情報
マザーボードに付属のサポートDVDには、マザーボードを利用するために必要なドライバー、
アプリケーション、ユーティリティが収録されています。
サポートDVDの内容は、予告なしに変更する場合があります。最新のものは、ASUSオフィシャル
サイトをご参照ください。
(http://www.asus.co.jp)
4.2.1
サポートDVDを実行する
サポートDVDを光学ドライブに挿入します。OSの Autorun 機能が有効になっていれば、
ドライバ
ーメニューが自動的に表示されます。メニュータブを選択し、インストールする項目を選択してくだ
さい。
ユーティリティ
メニュー:
マザーボード
で使用できる
アプリケーショ
ンやユーティリ
ティをインスト
ールします。
インストール
する項目を選
択します。
ディスクの作成メニュ
ー:RAID/AHCI ドラ
イバーディスクを作成
します。
マニュアルメニュー:
サードパーティ製のコンポー
ネント、または各アプリケーシ
ョンのユーザーマニュアルを
閲覧することができます。
コンタクトイン
フォメーション:
ASUSコンタク
トインフォメー
ションを表示し
ます。
サポートDVDと
マザーボード
の情報を表示し
ます。
Chapter 4
ドライバーメニュー:
インストールが可能なドライバーが
表示されます。必要なドライバーを上
から順番にインストールしてご利用
ください。
次頁へ
Autorun が有効でない場合は、サポートDVDの BINフォルダからASSETUP.EXE を選択してくださ
い。ASSETUP.EXEをダブルクリックすれば、
ドライバーメニューが表示されます。
ASUS P8H77-M PRO
4-1
4.2.2
ソフトウェアのユーザーマニュアルを閲覧する
各ソフトウェアのユーザーマニュアルはサポートDVDに収録されています。次の手順に従って、
各マニュアルをご参照ください。
ユーザーマニュアルはPDFファイルで収録されています。PDFファイルを開くには、Adobe®
Readerをインストールしてください。
1.
「マニュアル」タブをクリックし、左
のリストから「ASUSマザーボードユ
ーティリティガイド」をクリックしま
す。
2.
サポートDVDのユーティリティ用
マニュアルフォルダーが表示され
ます。マニュアルを確認したいソフ
トウェアのフォルダをダブルクリッ
クします。
3.
ソフトウェアマニュアルによって
は、複数の言語のマニュアルが用
意されています。
Chapter 4
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際とは異なる場合があります。
予めご了承ください。
4-2
Chapter 4: ソフトウェア
4.3
ソフトウェア情報
サポートDVDのほとんどのアプリケーションはウィザードを使って簡単にインストールすることが
できます。詳細はオンラインヘルプまたはアプリケーションのReadmeファイルをご参照ください。
4.3.1
AI Suite II
ASUS AI Suite では各種ASUSユーティリティ を簡単に起動することができます。
AI Suite II をインストールする
手順
1.
サポートDVDを光学ドライブに入れます。OSの自動再生機能(Autorun)が有効になってい
れば、メニューウィンドウが表示されます。
2.
「ユーティリティ」タブ→「ASUS AI Suite II」の順にクリックします。
3.
画面の指示に従ってインストールを完了させます。
AI Suite IIを使う
AI Suite II はWindows®OSを起動すると自動的に起動し、AI Suite II アイコンがWindows® のタス
クトレイに表示されます。このアイコンをクリックすると、AI Suite II メインメニューバーが表示さ
れます。
各種ツールやシステムのモニタリング、マザーボード BIOS の更新、システム情報の表示、AI Suite
IIのカスタマイズ設定等がご利用いただけます。
インターフェース設定
システム情報を表示
マザーボードUEFI BIOSの更新
各センサーのモニター、
CPU周波数のモニター
各種ツール
•
Auto Tuning ボタンはTurboV EVO機能搭載モデルにのみ表示されます。
•
利用できるアプリケーションはモデルにより異なります。
•
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際とは異なる場合があります。
•
ソフトウェアの詳細は、サポートDVDに収録のユーザーマニュアル、またはASUSオフィ
シャルサイトをご参照ください。
(http://www.asus.co.jp)
ASUS P8H77-M PRO
Chapter 4
TurboV EVOのAuto Tuning モードへのショートカット
4-3
4.3.2
TurboV EVO
ASUS TurboV EVOには、CPU周波数と関連する電圧値を調節できるTurboV機能、オーバー
クロックとシステムのレベルアップが自動的にできるAuto Tuning 機能が搭載されています。
AI Suite II をサポートDVDからインストールした後、AI Suite II メインメニューバーから
「ツール」→「TurboV EVO」の順にクリックし、TurboV EVOを起動します。
フトウェアの詳細は、サポートDVDに収録のユーザーマニュアル、またはASUSオフィシャル
ソ
サイトをご参照ください。
(http://www.asus.co.jp)
TurboV
ASUS TurboVは、ベースクロック周波数、CPU電圧、DRAM バス電圧をWindows® 環境で調整する
ことができるツールです。設定変更はすぐに適用されます。
CPU電圧の調節を行う前にCPUに付属の説明書や仕様書等を必ずご確認ください。設定値が
高すぎるとCPUの損傷、低すぎるとシステム不安定の原因となることがあります。
システム安定のため、ASUS TurboVで行った設定変更はBIOSには保存されず、次回起動する際
にも適用されません。設定変更後のオーバークロック設定を保存するには、
「プロファイルを保
存」機能で設定をプロファイルとして保存し、Windows® の起動後にそのプロファイルを手動で
ロードしてください。
モード選択
プロファイルをロード
変更値
現在値
GPU Boost
拡張設定
設定をデフォル
トに戻す
現在の設定
を新しいプロ
ファイルとして
保存
電圧調節バー
設定を適用
しない
設定を適用
する
Chapter 4
4-4
Chapter 4: ソフトウェア
Advanced モードを使用する
「拡張モード」タブをクリックし、電圧の詳細設定を行います。
拡張モード
変更値
電圧調節バー
設定を適用しない
現在値
設定を適用する
設定をデフォルト
に戻す
GPU Boost
GPU Boostはより良いパフォーマンスのため統合型グラフィックスをオーバークロックします。
•ASUS GPU Boost を使用するにはサポートDVDに収録のグラフィックスドライバーをイン
ストールする必要があります。
• システム安定のため、GPU Boostで行った設定変更はBIOSには保存されず、次回起動する
際にも適用されません。設定変更後のオーバークロック設定を保存するには、
「プロファイ
ルを保存」機能で設定をプロファイルとして保存し、Windows® の起動後にそのプロファイ
ルを手動でロードしてください
1.
「GPU Boost」タブをクリックします。
2.
「iGPU Max Frequency」
と
「iGPU Voltage」を調節します。
3.
設定の変更を適用するには、
「適用」をクリックします。
設定をデフォルト
に戻す
ASUS P8H77-M PRO
Chapter 4
GPU Boost
調節バー
設定を適用
する
4-5
Auto Tuning
オーバークロック初心者にも分かりやすい設計で、安定したオーバークロック環境を実現します。
1.
•
オーバークロックの効果は、CPUモデルとシステム構成により異なります。
•
オーバーヒートによるマザーボードの故障を防ぐため、冷却システムの増強を強く
お勧めします。
「 Auto Tuning」をクリックし
「Start」をクリックします。
2.
警告メッセージを確認後、
「OK」を
クリックします。続いて自動オーバー
クロックが始まります。
3.
TurboVは自動的にCPUとメモリー
をオーバークロックし、システムを
再起動します。Windows® が起動
すると、作業完了メッセージが表示
されますので、
「OK」をクリックし設
定を終了します。
Chapter 4
4-6
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.3
DIGI+ VRM
ASUS DIGI+ VRMは、VRM電圧とCPUの周波数を調節し、安定性を強化します。また、
非常に優れた電力効率を実現し発生する熱を最小限に抑えますので、コンポーネントの 電力消
費を抑え、寿命を延ばします。
サポートDVDからAI Suite II をインストールし、AI Suite II メインメニューバーから
「ツール」→「DIGI+ VRM」の順にクリックします。
1
4
2
5
3
6
7
機 能
No.
ヘルプ
設定を適用しない
設定を適用する
説明
CPU Load-line Calibration
1
2
3
CPUへの供給電圧を調節しシステム温度をコントロールします。高い値を設定することにより、電圧
の降下を防ぎオーバークロックの範囲を広げることができます。ただし、CPUと電圧調整モジュール
(VRM)からの発熱量は増加します。
CPU Current Capability
オーバークロック用にCPUへの電力供給量を設定します。高い値を設定することにより、電圧調整モ
ジュール(VRM)の消費電力は増加します。
CPU Voltage Frequency
CPU用電圧調整モジュール(VRM)のスイッチング周波数の制御方法を設定します。スイッチング周波
数を高くすることでVRMの過渡応答を高めることができます。ただし、発熱量は増加します。
iGPU Load-line Calibration
4
5
CPU統合グラフィックス(iGPU)への供給電圧を調節しシステム温度をコントロールします。高い値を
設定することにより、電圧の降下を防ぎオーバークロックの範囲を広げることができます。ただし、
CPUとVRMからの発熱量は増加します。
iGPU Current Capability
CPU統合グラフィックス(iGPU)への電力供給量の範囲を設定します。高い値を設定することにより、
電力供給量が増加しオーバークロック可能な範囲は広がりますが、VRMの消費電力は増加します。
CPU Power Phase Control
Chapter 4
6
動作中のCPU用電圧調整モジュール(VRM)数の制御方法を設定します。システム負荷の高い状態で
稼働フェーズ数を増やすことにより、高速過渡応答と高い伝熱性能を得ることができます。システ
ム負荷の低い状態で稼働フェーズ数を減らすことにより、VRMの変換効率が向上し発熱を抑えるこ
とができます。
*CPU統合グラフィックス(iGPU)を使用している場合、この項目はデフォルトで[Extreme]に設定さ
れます。
CPU Power Duty Control
7
CPU用電圧調整モジュール(VRM)の制御方法を設定します。温度または電流、どちらを重視して制御
を行うかを選択します。電流を重視することにより、オーバークロック時に安定した動作を得ること
ができます。
ASUS P8H77-M PRO
4-7
•
実際のパフォーマンスは取り付けられたCPUとメモリーによって異なります。
•
本機能を正確に使用するために、CPUクーラーやケースファンなどのサーマルモジュール
を必ず取り付けてください。
ソフトウェアの詳細は、サポートDVDに収録のユーザーマニュアル、またはASUSオフィシャル
サイトをご参照ください。
(http://www.asus.co.jp)
Chapter 4
4-8
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.4
EPU
EPU は電力管理をアシストするツールで、システムの多様な電力要求に応えます。このユーティ
リティには複数のモードがあり、システムの消費電力を抑えることができます。
「自動」を選択する
とシステムの状態に応じてモードを自動的に選択します。また、各モードは詳細設定も可能で、
CPU周波数やGPU周波数、vCore 電圧、ファンコントロール等の設定が可能です。
EPUを起動する
サポートDVDからAI Suite II をインストールし、AI Suite II メインメニューバーの「ツール」→
「EPU」の順にクリックします。
VGA省電力エンジンが検出され
ない場合、以下のメッセージを
表示
オペレーションモード
現在のモードを表示
省電力エンジン有効時
に点灯
削減した
CO2 量を表示
*現在のCO2削減量と、
削減量トータルを
表示切り替え
現在のCPU電力
•
「EPUインストール時から計算」を選択すると、EPUをインストールした時点からのCO2削
減量が表示されます。
•
「前回のリセット時から計算」を選択すると、
「消去」ボタンをクリックしてからのCO2削減
量が表示されます。
Chapter 4
各モードの詳細設定
各モードのシステム
プロパティを表示
•ソフトウェアの詳細は、サポートDVDに収録のユーザーマニュアル、またはASUSオフィ
シャルサイトをご参照ください。
(http://www.asus.co.jp)
ASUS P8H77-M PRO
4-9
4.3.5
FAN Xpert
ASUS Fan Xpert は、システムの負荷と環境温度に応じて、効果的にCPUファンとケースファン
の速度を調節することができます。予め設定されたオプションから設定を選択することにより、
ファン速度を臨機応変にコントロールすることができます。
FAN Xpert を起動する
サポートDVDからAI Suite II をインストールし、AI Suite II メインメニューバーから「ツール」→
「Fan Xpert」の順にクリックします。
FAN Xpertを使用する
「Fan Name」の項目でファンを選択し、
「Setting」の項目で予め設定されたモードを選択します。
ファンのタイプを選択
プロファイルの選択
設定を適用
設定を適用しない
ファンの設定
•
Disable:Fan Xpert 機能を無効にします。
•
Standard:適度にファン速度を自動調節します。
•
Silent:ファンファンの設定(プロファイル)を最低限に抑え、ノイズの低減を優先させます。
•
Turbo:ファン速度を最大にし、冷却性能を優先させます。
•
User:ユーザープロファイルを定義します。
Chapter 4
ソフトウェアの詳細は、サポートDVDに収録のユーザーマニュアル、またはASUSオフィシャル
サイトをご参照ください。
(http://www.asus.co.jp)
4-10
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.6
Probe II
PC Probe II は、重要なコンピューターのコンポーネントを監視し、問題が検出されると警告する
ユーティリティです。ファン回転数、CPU温度、システム電圧を中心に監視します。このユーティリテ
ィで、コンピューターをいつでも正常に動作させることができます。
Probe IIを起動する
サポートDVDからAI Suite II をインストールし、AI Suite II メインメニューバーの「ツール」→
「Probe II」の順にクリックします。
Probe IIを設定する
電圧/温度/ファンスピードタブのいずれかをクリックし、センサーを有効にしてセンサーのしきい
値を設定します。お好み設定タブでは警告センサーの検出間隔と温度単位の変更が可能です。
設定を保存
各センサーの
デフォルトのしきい値をロード
変更を適用
Chapter 4
保存した設定を
ロード
ソフトウェアの詳細は、サポートDVDに収録のユーザーマニュアル、またはASUSオフィシャル
サイトをご参照ください。
(http://www.asus.co.jp)
ASUS P8H77-M PRO
4-11
4.3.7
USB 3.0 Boost
ASUS USB 3.0 Boost は、オンボードのUSB 3.0ポートに接続されたUSB ストレージデバイスの高速
なデータ転送を実現します。また、最新のUASP(USB Attached SCSI Protocol)をサポートします。
USB 3.0 Boots によって、簡単にUSB ストレージデバイスの転送速度を向上させることができます。
USB 3.0 Boots を起動する
サポートDVDからAI Suite II をインストールし、AI Suite II メインメニューバーから「ツール」→
「USB 3.0 Boost」の順にクリックします。
USB 3.0 Boost を設定する
1.
USB ストレージデバイスをUSB 3.0 ポートに接続します。
2.
USB 3.0 Boost は自動的に接続されたデバイスのプロパティを検出し、TurboモードとUASP
モードを切り替えます。UASPモードはUASP対応デバイスを接続した場合にのみ選択され
ます。
3.
動作モードは手動でNormalモードに切り替えることが可能です。
•
ソフトウェアの詳細は、サポートDVDに収録のユーザーマニュアル、またはASUSオフィ
シャルサイトをご参照ください(http://www.asus.co.jp)。
•Intel® チップセットのUSB 3.0ポートは、Windows® 7でドライバーをインストールした場合
にのみUSB 3.0として動作します。
•USB 3.0 Boostで向上するパフォーマンスは、取り付けられたUSB ストレージデバイスに
よって異なります。
Chapter 4
4-12
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.8
MyLogo2
MyLogo はBIOSの起動画面(ブートロゴ)を変更することのできるユーティリティです。
POST(Power-On-Self-Test)時に表示される画面をカスタマイズし、お気に入りの画像に
変更することが可能です。
MyLogoを起動する
AI Suite II をサポートDVDからインストールした後、AI Suite II メインメニューバーから「更新」→
「MyLogo」の順にクリックします。
MyLogoを使用する
ブートロゴの変更方法を選択し、
「次へ」をクリックします。
ディスクに保存されたBIOSファイルのブートロゴを変更
BIOSファイルの「参照」をクリックし、
ご使用のマザーボード用のBIOSファイルを選択します。
画像ファイルの「参照」をクリックし、使用する画像ファイルを選択して
「次へ」をクリックします。
Chapter 4
1.
2. ASUS P8H77-M PRO
4-13
3.
「自動調整」をクリックし画像を自動調整するか、調整バーをスライドさせて解像度を調節
します。
4.
「起動ロゴのプレビュー」をクリックすると、ブートロゴのプレビューを表示する事ができま
す。プレビュー画面に問題がなければ「次へ」をクリックします。
5. 「更新」をクリックすると、BIOSのブートロゴの更新が開始されます。
6.
更新完了後「はい」をクリックしシステムを再起動します。システム再起動時に起動ロゴが正
常に変更されていることを確認します。
フルスクリーンロゴの表示はBIOS設定に準じます。
Chapter 4
4-14
Chapter 4: ソフトウェア
4.3.9
オーディオ構成
本製品はRealtek® オーディオコーデックの8チャンネルオーディオをサポートしており、
またソフトウェアにより、ジャック検出機能、S/PDIF 出力サポート、割り込み機能に対応しています。
このコーデックはRealtek® 開発の UAJ® (Universal Audio Jack) テクノロジーを採用しており、全ての
ポートでこのテクノロジーをサポートしていますので、ケーブル接続エラーが起こらず、プラグアンド
プレイ対応で接続が短時間で簡単に行えます。
インストールウィザードに従って、同梱のサポートDVDからRealtek® Audio Driver をインストール
してください。
Realtek オーディオソフトウェアがインストールされると、タスク
トレイに Realtek HD Audio Manager アイコンが表示されます。
Realtek HD Audio Manager
A. Realtek HD Audio Manager:Windows 7™
®
最小化
デフォルトデバイス設定ボタン ボタン
Exit ボタン
デバイス
詳細設定
設定オプション
タブ
コネクター
設定ボタン
アナログ/デジタ
ルコネクタース
テータス
コントロール
設定ウィンドウ
インフォメー
ションボタン
B.
Realtek HD Audio Manager:Windows® XP
設定オプションタブ
Exit ボタン
最小化ボタン
Chapter 4
コントロール設定
ウィンドウ
インフォメーション
ボタン
•
ソフトウェアの詳細は、サポートDVDに収録のユーザーマニュアル、またはASUSオフィ
シャルサイトをご参照ください。
•Blu-Ray ビデオを視聴するには、デジタルコンテンツの著作権保護技術「HDCP」に対応し
たディスプレイが必要となります。
ASUS P8H77-M PRO
4-15
4.4
Intel® 2012 Desktop Responsiveness Technology 概要
Intel® 2012 Desktop Responsiveness Technology は、次の3つの要素を備えています。
•
Intel® Smart Response Technology
•
Intel® Rapid Start Technology
•
Intel® Smart Connect Technology
4.4.1
システム要件
Intel® 2012 Desktop Responsiveness Technology を使用するには、以下の要件を満たす必要が
あります。
1. CPU:
3rd/2nd Generation Intel® Core™ Processor Family
2. OS:
Windows® 7 オペレーティングシステム
3. SSD:
キャッシュドライブ用に、最低1台のIntel® Rapid Start TechnologyとIntel® Smart
Response TechnologyをサポートするSSD(ソリッドステートドライブ)
システムメモリーに対するSSDの容量やパーティションサイズについては、次のページの
SSD容量要件をご確認ください。
4. HDD:
システムドライブ用に、最低1台のHDD(ハードディスクドライブ)
5. DRAM:
8GB以下のシステムメモリー
1台のSSDでIntel® Rapid Start TechnologyとIntel® Smart Response Technologyを設定する場
合は、先にIntel® Smart Response Technologyを設定してください。
Chapter 4
4-16
Chapter 4: ソフトウェア
SSD 容量要件
SSD パーティション要件
2GB
4GB
8GB
Intel Rapid Start
2GB
4GB
8GB
Intel Smart Response
20GB
20GB
20GB
Intel® Smart Response
Intel® Rapid Start
各20GB、2GB
パーティション
(SSDサイズ>22GB)
各20GB、4GB
パーティション
(SSDサイズ>24GB)
各20GB、8GB
パーティション
(SSDサイズ>28GB)
®
機能
システムメモリー
®
•Intel® Rapid Start Technology とIntel® Smart Response Technology を設定するSSDは、別途
RAIDアレイを構築することはできません。
•メモリーの割り当てに関する制限により、32bit Windows® OSでは4GB以上のシステムメ
モリーを取り付けても、OSが実際に利用可能な物理メモリーは4GB未満となります。
•Intel® H77 Express チップセットのSATAポート(グレー、ブルー)でのみ、Intel® 2012
Desktop Responsiveness Technology をサポートします。
Chapter 4
•Intel® Rapid Start TechnologyとIntel® Smart Response Technologyの性能は、取り付け
られたSSDよって異なります。
ASUS P8H77-M PRO
4-17
4.4.2
Intel® Smart Response Technology
Intel® Smart Response Technology はIntel® Rapid Storage Technology の機能のひとつで、
SSDの領域(最小18.6GB/最大64GB)をHDDのキャッシュとして使い、HDDのパフォーマンスを
向上させる機能です。これによりデータの転送速度や読み込み時間が短縮され、不要なHDDの
回転を減らすことにより消費電力も抑えることができます。
Intel® Smart Response Technology を使用する際は、UEFI BIOSで「SATA Mode Selection」を
[RAID] に設定してください。詳細はセクション「3.5.3 SATA 設定」をご参照ください。
Intel® Smart Response Technology をインストールする
1.
サポートDVD を光学ドライブにセットします。OSの Autorun 機能が有効になっていれば、
ドライバーメニューが自動的に表示されます。
2. ドライバーのタブをクリックし、
「Intel® Rapid Storage Technology」をクリックします。
3.
画面の指示に従い、インストールを完了します。
Intel® Smart Response Technology を
使用する
Chapter 4
4-18
1.
「Intel® Rapid Storage Technology」
コントロールパネルを起動し、
「高速」を
クリックします。Intel® Smart Response
Technology 画面の「高速の有効」を
クリックします。
2.
a.ストレージシステムを高速化するために使
用するソリッドステートドライブ
(SSD)を選択します。
b. キャッシュメモリーに割り当てるサイズを
選択します。
c. 高速化するハードディスクドライブ
(HDD)またはボリュームを選択します。
d. 拡
張モード:SSDとHDDの両方にデータを
書き込む、
ライトスルー方式です。
最速モード:まずSSDにデータを書き込み、後でHDDにデータを書き出すライトバック
方式です。
Chapter 4: ソフトウェア
Intel® Smart Response Technologyを
無効にする/モードを変更する
3.
「Intel® Smart Response Technology」
コントローラーを起動し、
「Accelerate」を
クリックします。無効にする場合は
「Disable Acceleration」を選択します。
動作モードを変更する場合は、
「Change
Mode」を選択し、変更する動作モードを選
択します。
・ Intel® Smart Response Technology を使用するには以下のシステム要件を満たしている
必要があります。
-Intel® Smart Response Technology をサポートするCPUが取り付けられている。
-Windows® 7 のインストールが完了し、使用できる状態である。
-
SATAの動作モードが「RAID」モードに設定されている。
-
1組以上のSSDとHDDが接続されている。
-
SSDに最低18.6GB以上の容量がある。
-SSDとHDDがIntel® チップセットのコントロールするSATAポートに接続されている。
-Intel® Rapid Storage Technology V.10.5.0以降がインストールされている。
-
HDDがNTFS形式でフォーマットされている。
・ Intel® Smart Response Technology 使用時には以下の点にご注意ください。
-
-Intel® Smart Response Technology で高速設定可能なドライブは1ドライブ、或いは
1つのRAIDアレイのみです。
-Intel® Smart Response Technology 設定時に、SSDのパーティションテーブルは
すべて初期化され全領域がフォーマットされます。
-キャッシュ用に割り当てられるSSDの最大容量は64GBです。キャッシュ以外の領域は
通常のボリュームとして使用することが可能です。
-
-OSを復旧する、ドライバーやUEFI BIOSを更新する、SSDを取り外し交換を行う場合は
必ず事前にIntel® Smart Response Technology を無効にしてください。
-
-lntel® Smart Response Technology のパフォーマンスは取り付けたSSDにより異なり
ます。
ASUS P8H77-M PRO
SATA動作モードはRAID必須ですが、HDDの接続は1台のみでも可能です。
SSDとSSDを組み合わせて使用することはできません。
Chapter 4
Intel® Smart Response Technology のサポートはCPUにより異なります。
4-19
4.4.3
Intel® Rapid Start Technology
Intel® Rapid Start Technologyは、SSDを利用することで、休止状態からのシステムの起動を高速
化し時間の節約と省電力性能の向上を実現します。
・ この機能を使用するには、システムドライブの他に1台以上のSSDを取り付ける必要があり
ます。
・ Intel® Rapid Start Technologyを設定する前に、UEFI BIOS Utilityを起動し、
「Advanced Mode」→
「Advance」→「PCH Configuration」→「Intel(R) Rapid Start Technology」→「Intel(R) Rapid
Start Technology」を[Enabled]に設定する必要があります。
パーティションの作成
SSDを既にお使いの場合は、パーティションの作成を実行する前にデータのバックアップ
を行ってください。
1.
スタートメニューで「コンピューター」を右クリックし、
「管理」をクリックしてコンピュータ
ーの管理画面を開きます。コンピューターの管理画面で「記憶域」→「ディスクの管理」の
順に開きます。
2.
Intel® Rapid Start
Technologyのキャッシュ用
パーティションを作成する
ディスク(SSD)を選択します。
3.
ディスクにボリュームが存在
する場合は、ボリュームの拡
張/縮小でパーティションのサ
イズを変更します。
4.
SSDの初期化/フォーマットが行われていない場合:
a. パーティションを作成したいディスク上で右クリックし、
「ディスクの初期化」を選択します。
b. 未割り当てのボリュームを右クリックし、
「新しいシンプルボリューム」を作成します。
Chapter 4
ご使用のSSD容量が64GB未満で、Intel® Smart Response Technologyのキャッシュメモリーに割
り当てるサイズを「全ディスク容量」に設定されている場合は、ディスクの管理画面でSSDのボリュ
ームは表示されません。Intel® Rapid Start Technology を設定するには、Intel® Smart Response
Technologyのキャッシュメモリーに割り当てるサイズを「18.6 GB」に設定してください。
4-20
Chapter 4: ソフトウェア
5.
未割り当ての領域がシステム
メモリーと同じ値になるよう調
整します。(1GB = 1024MB)
システムメモリーサイズ(実装
メモリ)は、スタートから「コンピ
ューター」を右クリックし「プロ
パティ」を選択することで表示
することができます。
6.
スタートから「すべてのプログラ
ム」→「アクセサリ」の順にクリック
し、
「コマンドプロンプト」を起動し
ます。
7.
コマンドプロンプト上で「diskpart」
と入力し<Enter>を押します。
8. diskpartプロンプト上で「list disk」
と入力し<Enter>を押します。Intel®
Rapid Start Technologyが設定され
ているSSDのディスク番号を確認し
ます。
「select disk X」(X = ディスク番号)と入力し<Enter>を押します。
•
「X」値には、Intel® Rapid Start Technologyキャッシュ用パーティションを設定するディスクの
番号を入力します。
•
ディスクのサイズはコンピューターの管理画面でご確認ください。
9.「create partition primary」
と
入力し<Enter>を押します。これ
により、Intel® Rapid Start
Technology用にパーティ
ションが確保されます。
・
コマンドは必ず「半角英数字のみ」で入力してください。
・
コマンドはスペース(空白)を含むすべての英数字を入力してください。
・
括弧「」を入力する必要はありません。
ASUS P8H77-M PRO
Chapter 4
10. 次に、
「detail disk」
と入力
し<Enter>を押します。現在
のディスク状態が表示され
ます。システムメモリーサイ
ズと同じ容量のボリューム
の番号を確認します。
4-21
11. 「Select volume X」
(X = ボリューム番号)と入力
し<Enter>を押します。
「X」値には、Intel® Rapid Start Technologyキャッシュ用パーティションを設定するボリューム
の番号を入力します。
12a.パーティション形式がMBRの場合
「set id=84」と入力し<Enter>を押しキャッシュ用パーティションを作成します。ディスク
の管理画面で、Intel® Rapid Start Technology用パーティションは「休止パーティション」
として表示されます。
12b. パーティション形式がGPTの場合
「set id=D3BFE2DE-3DAF-11DF-BA40-E3A556D89593」
と入力し<Enter>を押し
キャッシュ用パーティションを作成します。ディスクの管理画面で、Intel® Rapid Start
Technology用パーティションは「プライマリ パーティション」
として表示されます。
ドライブ
文字は割り当てられません。
* コマンドはハイフン”-”を含むすべての英数字を入力してください。
13. Intel® Rapid Start Technology用パーティションが正しく作成されていることを確認し、シス
テムを再起動します。システムの再起動後、サポートDVDのユーティリティからIntel® Rapid
Start Technologyソフトウェアをインストールしてください。
Intel® Rapid Start Technology用パーティションはシステムを再起動しないと有効になりませ
ん。システムを再起動せずにソフトウェアのインストールや設定を行うと誤作動や故障の原因
となります。
Chapter 4
4-22
Chapter 4: ソフトウェア
OS環境でのIntel® Rapid Start Technologyの有効/無効の設定
パーティション作成後、サポートDVDのユーティリティから「Intel® Rapid Start Technology」をイン
ストールします。パーティションが正常に作成されていない場合や、UEFI BIOSの設定が正しくない
場合は、Intel® Rapid Start Technologyはインストールすることができません。
1. タスクトレイのアイコンをダブルクリックするか、または
右クリックし「設定」を選択します。
2.
有効にする場合は、ステータス「Intel® Rapid Start Technology」の「オン」をチェックし「保
存」をクリックします。無効にする場合は「オフ」をチェックし「保存」をクリックします。
オン/オフの設定
バッテリーの省 電 力モ
ードのオン/オフを設定。
この 機 能 はノートパソ
コン専用
設定変更を
キャンセル
Chapter 4
タイマーのオン/オフを設定
設定変更を保存
S4ステート(休止状態)に移行する
までのシステムアイドル時間を設
定します。
UEFI BIOS UtilityのIntel(R) Rapid Start Technology設定とWindows®上のIntel(R) Rapid Start
Technologyは、同じ設定項目を持っています。これらの項目は最後に保存・適用された設定で
のみシステムは動作します。
ASUS P8H77-M PRO
4-23
パーティションの削除
システムからIntel® Rapid Start Technologyを削除し、 Intel Rapid® Start Technologyのインスト
ール用に作成したパーティションを復旧します。
1.
Intel® Rapid Start Technologyをオフにし、スタートから「すべてのプログラム」→
「アクセサリ」の順にクリックし、
「コマンドプロンプト」を起動します。
2.コマンドプロンプト上で
「diskpart」と入力し<Enter>を
押します。
3.
diskpartプロンプト上で「list
disk」と入力し<Enter>を押しま
す。
4. Intel® Rapid Start Technologyが設
定されているSSDのディスク番号を
確認します。
「select disk X」(X = ディスク番号)を入力し<Enter>を押します。
「X」値には、Intel® Rapid Start Technologyキャッシュ用パーティションが設定されているディ
スクの番号を入力します。
5.
「list partition」
と入力し
<Enter>を押します。Typeが
OEMと表示されているパーティシ
ョンの番号を確認します。
「select partition X」(X = パーテ
ィション番号)と入力し<Enter>を
押します。
「X」値には、Intel® Rapid Start Technologyキャッシュ用パーティションが設定されている
ディスクの番号を入力します。
6.
「delete partition override」
と入力し<Enter>を押します。これにより、Intel® Rapid Start
Technologyによって確保されていたパーティションが削除されました。削除されたパーテ
ィションの部分は未割り当て状態となります。
Chapter 4
4-24
Chapter 4: ソフトウェア
7.
デスクトップから「スタート」→「コンピューター」を右クリックし、
「管理」をクリックします。
8.
「コンピューターの管理」画面で「ディスクの管
理」から、未割り当て状態のディスクでボリュー
ムの拡張や新しいシンプルボリュームを追加
することができます。
9. それぞれの作業はウィザードに従って簡
単に設定することができます。
10. 作業が完了したら、システムを再起動
します。
システム再起動後、コントロールパネル
から、プログラムのアンインストールを
起動してIntel® Rapid Start Technologyを
アンインストールします。
Chapter 4
11.
ASUS P8H77-M PRO
4-25
4.4.4
Intel® Smart Connect Technology
Intel® Smart Connect Technologyで、システムがスリープ状態のときでも、電子メール、お気に入
りのアプリケーション、ソーシャル・ネットワークが継続的かつ自動的に更新されます。
•Intel® Smart Connect Technology はWindows® Live Mail、Microsoft Outlook®、
seesmicをサポートしています。
・Intel® Smart Connect Technologyを設定する前に、UEFI BIOS Utilityを起動し、
「Advanced Mode」→「Advance」→「PCH Configuration」→「Intel® Smart Connect
Technology」→「Intel® Smart Connect Technology」を[Enabled]に設定する必要があ
ります。
Intel® Smart Connect Technologyをインストールする
1. サポートDVD を光学ドライブにセットします。OSの Autorun 機能が有効になっていれば、
ド
ライバーメニューが自動的に表示されます。
2. 「ユーティリティ」をクリックし、
「Intel® Smart Connect Technology」をクリックします。
3. 「次へ」をクリックし設定ウィザードを開始します。
4. 「使用許諾契約書に同意します」をチェ
ックし、
「次へ」をクリックします。
5. 機能をインストールする方法を選択し
「次へ」をクリックします。
6. 「インストール」をクリックし、Intel®
Smart Connect Technology ソフト
ウェアのインストールを開始します。
7. インストールが完了したら、セットアッ
プウィザードを終了するために「完了」
をクリックします。その後システムの再
起動が促されますので「はい」をクリッ
クしてシステムを再起動します。
Intel® Smart Connect Technologyを使用する
•システムをスリープ状態に移行する前に、アプリケーションやソーシャルネットワーク
プログラムを起動しログインした状態を維持してください。
Chapter 4
•Intel® Smart Connect Technologyを有効にする場合は、インターネットに接続されている
ことをご確認ください。
4-26
Chapter 4: ソフトウェア
1. スタートメニューから「すべてのプラグラム」→「Intel」→「Intel® Smart Connect
Technology」の順にクリックします。
2. 「基本設定」タブで「更新を有効にする」をクリックすることで、
「詳細設定」タブで拡張節電の
設定をすることができます。
詳細設定
ヘルプ
基本設定
更新を有効/無
効にする
すべての設定をデフォル
トにリセット
更新間隔の調整
3.更新機能を無効にするには、
「基本
設定」タブの「更新を無効にする」を
クリックします。設定をデフォルト
に戻すには、
「基本設定」タブの
「すべてをデフォルトにリセット」を
クリックします。
4.「詳細設定」タブで、更新頻度を減らし
消費電力をより節約する期間を設定し
ます。
ASUS P8H77-M PRO
Chapter 4
5.「ヘルプ」タブでは、Intel® Smart
Connect Technologyソフトウェアの
バージョン情報と、
トピック(ヘルプ情
報)を確認することができます。
4-27
4.5
RAID
本製品は、次のSATA RAID ソリューションをサポートします。
• Intel® Rapid Storage Technology によるRAIDアレイ 0/1/5/10
4.5.1
•
Windows® XPでSATA 記憶装置を使用する場合はService Pack3以降のサービスパックが
適応されていることをご確認ください。
•
トータル容量が2TB以上のRAIDアレイを起動ディスクに設定
Windows® XPの制限により、
することはできません。
トータル容量が2TB以上のRAIDアレイはデータディスクとしてご使
用ください。
•
RAIDアレイに組み込まれた記憶装置にWindows® OSをインストールする場合、RAID
ドライバーディスクを作成し、OSのインストール時にRAIDドライバーをインストールする
必要があります。詳細はセクション「4.6 RAIDドライバーディスクを作成する 」をご参照く
ださい。
RAIDの定義
RAID 0 (データストライピング):
記憶装置に対しパラレル方式でデータを読み/書きします。それぞれの記憶装置の役割はシング
ルドライブと同じですが、転送率はアレイに参加している台数倍に上り、データへのアクセス速度
を向上させます。セットアップには、最低2台の記憶装置(同じモデル、同容量)が必要です。
RAID 1 (データミラーリング):
1台目のドライブから、2台目のドライブに、同じデータイメージをコピーし保存します。ドライブ
が1台破損しても、ディスクアレイマネジメントソフトウェアが、アプリケーションを正常なドライ
ブに移動することによって、完全なコピーとして残ります。システム全体のデータプロテクションと
フォールト・トレランスを向上させます。セットアップには、最低2台の新しい記憶装置、または、
既存のドライブと新しいドライブが必要です。既存のドライブを使う場合、新しいドライブは既存
のものと同じサイズかそれ以上である必要があります。
RAID 5:
3台以上の記憶装置間のデータと パリティ情報をストライピングします。利点は、記憶装置 のパ
フォーマンスの向上、フォールト・トレランス、記憶容量の増加です。データのやり取り、相関的な
データベースのアプリケーション、企業内のリソース作成など、ビジネスにおけるシステムの構築
に最適です。セットアップには最低3台の同じ記憶装置が必要です。
RAID 10:
データストライピングとデータミラーリングをパリティ(冗長データ)なしで結合したもの。RAID
0とRAID1構成のすべての利点が得られます。セットアップには、最低4台の記憶装置が必要です。
Chapter 4
4-28
Chapter 4: ソフトウェア
4.5.2
SATA記憶装置を取り付ける
本製品は、SATA記憶装置をサポートします。最適なパフォーマンスのため、ディスクアレイを作成す
る場合は、モデル、容量が同じ記憶装置をご使用ください。
手順
1.
SATA記憶装置をドライブベイに取り付けます。
2.
SATA信号ケーブルを接続します。
3.
SATA電源ケーブルを各ドライブの電源コネクタに接続します。
4.5.3
UEFI BIOSでRAIDを設定する
RAIDを作成する前に、UEFI BIOS Utility でRAIDを設定してください。
1.
POST実行中にUEFI BIOS Utility を起動します。
2.
「Advanced Menu」で「SATA Configuration」を選択し、<Enter>を押します。
3.
「SATA Mode Selection」を [RAID] に設定します。
4.
設定の変更を保存し、UEFI BIOS Utilityを終了します。
UEFI BIOSUtility の起動方法、設定方法は Chapter 3 をご参照ください。
チップセットの制限により、SATAポートの動作モードを個別に設定することはできません。
4.5.4
Intel® Rapid Storage Technology Option ROMユーティリティ
Intel® Rapid Storage Technology Option ROMユーティリティを開く
1.
システムの電源をONにします。
2.
POST時に<Ctrl + I> を押し、メインメニューを開きます。
Intel(R) Rapid Storage Technology - Option ROM - v10.5.1.1070
Copyright(C) 2003-10 Intel Corporation. All Rights Reserved.
[ MAIN MENU ]
1. Create RAID Volume
4. Recovery Volume Options
2. Delete RAID Volume
5. Acceleration Options
3. Reset Disks to Non-RAID
6. Exit
[ DISK/VOLUME INFORMATION ]
RAID Volumes:
None defined.
Physical Devices:
Port Device Model
0
ST3160812AS
1
ST3160812AS
2
ST3160812AS
3
ST3160812AS
[↑↓]-Select
ASUS P8H77-M PRO
Serial #
9LS0HJA4
9LS0F4HL
3LS0JYL8
9LS0BJ5H
[ESC]-Exit
Size
149.0GB
149.0GB
149.0GB
149.0GB
Chapter 4
Type/Status(Vol ID)
Non-RAID Disk
Non-RAID Disk
Non-RAID Disk
Non-RAID Disk
[ENTER]-Select Menu
4-29
メニューを選択する際は画面の下に表示されるナビゲーションキーを使用します。
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際とは異なる場合があります。
本ユーティリティはRAID設定として最大4台の記憶装置をサポートします。
RAIDボリュームを作成する
RAIDセットを作成する
1.
ユーティリティメニューから「1. Create RAID Volume」を選択し、<Enter>を押します。
次のような画面が表示されます。
Intel(R) Rapid Storage Technology - Option ROM - v10.5.1.1070
Copyright(C) 2003-10 Intel Corporation. All Rights Reserved.
[ CREATE VOLUME MENU ]
Name:
RAID Level:
Disks:
Strip Size:
Capacity:
Sync:
Volume0
RAID0(Stripe)
Select Disks
128KB
0.0
GB
N/A
Create Volume
[ HELP ]
Enter a unique volume name that has no special characters and is
16 characters or less.
[↑↓]Change
[TAB]-Next
[ESC]-Previous Menu
[ENTER]-Select
2.
RAIDボリュームを入力し、<Enter>を押します。
3.
「RAID Level」の項目がハイライト表示されたら、上下キーで作成するRAIDモードを選択
し、<Enter>を押します。
4.
「Disks」の項目がハイライト表示されたら<Enter> を押し、RAIDに使用する記憶装置を
選択します。選択すると次のような画面が表示されます。
[ SELECT DISKS ]
Chapter 4
Port
0
1
2
3
Drive Model
ST3160812AS
ST3160812AS
ST3160812AS
ST3160812AS
Serial #
9LS0HJA4
9LS0F4HL
3LS0JYL8
9LS0BJ5H
Size
149.0GB
149.0GB
149.0GB
149.0GB
Status
Non-RAID
Non-RAID
Non-RAID
Non-RAID
Disk
Disk
Disk
Disk
Select 2 to 6 disks to use in creating the volume.
[↑↓]-Prev/Next [SPACE]-SelectDisk [ENTER]-Done
4-30
Chapter 4: ソフトウェア
5.
上下キーでドライブをハイライト表示させ、<Space> を押して選択します。小さな三角のマ
ークが選択したドライブを表示しています。設定を確認したら<Enter>を押します。
6.
RAID 0/10/5のいずれかを構築した場合は、上下キーでRAIDアレイのストライプのサイズを
選択し、<Enter>を押します。設定可能な値は 4 KB から 128 KB です。次の数値は各アレイ
の一般的な数値です。
RAID 0: 128KB
RAID 10: 64KB
RAID 5: 64KB
サーバーには低めの値、オーディオ、サウンドなどの編集用のマルチメディアコンピュータ
システムには高めの値をお勧めします。
7.
Capacity 項目を選択し、希望のRAIDボリューム容量を入力し <Enter> を押します。
デフォルト設定値は許容最大値です。
8.
Create Volume 項目を選択し、<Enter> を押します。続いて次のような警告メッセージが
表示されます。
WARNING: ALL DATA ON SELECTED DISKS WILL BE LOST.
Are you sure you want to create this volume? (Y/N):
RAID ボリュームを作成し、メインメニューに戻る場合は <Y> を、CREATE VOLUME
メニューに戻る場合は <N> を押してください。
Chapter 4
9.
ASUS P8H77-M PRO
4-31
RAIDセットを削除する
RAIDセットを削除すると記憶装置内のデータは全て削除されます。ご注意ください。
手順
1.
ユーティリティメニューから「2. Delete RAID Volume」を選択し <Enter> を押します。
続いて次のような画面が表示されます。
Intel(R) Rapid Storage Technology - Option ROM - v10.5.1.1070
Copyright(C) 2003-10 Intel Corporation. All Rights Reserved.
[ DELETE VOLUME MENU ]
Name
Volume0
Level
RAID0(Stripe)
Drives
2
Capacity
298.0GB
Status
Normal
Bootable
Yes
[ HELP ]
Deleting a volume will reset the disks to non-RAID.
WARNING: ALL DISK DATA WILL BE DELETED.
(This does not apply to Recovery volumes)
[↑↓]-Select
2.
[ESC]-Previous Menu
[DEL]-Delete Volume
上下矢印キーで削除するRAIDセットを選択し、<Del> を押します。続いて次のような警告
メッセージが表示されます。
[ DELETE VOLUME VERIFICATION ]
ALL DATA IN THE VOLUME WILL BE LOST!
(This does not apply to Recovery volumes)
Are you sure you want to delete volume “Volume0”? (Y/N):
3.
RAID ボリュームを削除し、メインメニューに戻る場合は <Y> を、DELETE VOLUMEに戻る
場合は <N> を押してください。
Intel® Rapid Storage Technology Option ROM ユーティリティを閉じる
手順
1.
Chapter 4
ユーティリティメニューから「Exit」を選択し <Enter> を押します。続いて次のような警告メ
ッセージが表示されます。
[ CONFIRM EXIT ]
Are you sure you want to exit? (Y/N):
2.
4-32
ユーティリティを閉じるには <Y> を、ユーティリティメニューに戻るには<N> を押します。
Chapter 4: ソフトウェア
4.6
RAIDドライバーディスクを作成する
Windows OSをRAID に組み込まれた記憶装置にインストールするとき、RAIDドライバー が入っ
たフロッピーディスクが必要です。
®
4.6.1
•
本製品にはフロッピードライブコネクターは搭載されていません。SATA RAIDドライバー
ディスク構築の際は、USBフロッピードライブをご使用ください。
•
Windows® XP の制限により、Windows® XP ではUSBフロッピーディスクドライブを認識し
ない場合があります。詳細はセクション「4.6.4 USBフロッピーディスクドライブを使用する」
をご参照ください。
OSに入らずにRAIDドライバーディスクを作成する
手順
1. コンピュータを起動します。
2.
POST中に <Del> を押し、UEFI BIOS Utility を起動します。
3.
光学ドライブをプライマリブートデバイスに設定します。
4.
サポートDVDを光学ドライブにセットします。
5.
設定を保存しUEFI BIOS Utility を終了します。
6.
「Make Disk」メニューが表示されたら、<1> を押してRAIDドライバーディスクを作成し
ます。
フォーマット済みのフロッピーディスクをフロッピーディスクドライブにセットし<Enter>を
押します。
7.
8.
画面の指示に従ってプロセスを完了させます。
4.6.2
RAIDドライバーディスクを Windows® 環境で作成する
1. Windows®を起動します。
2.
USBフロッピーディスクドライブをシステムに接続し、フロッピーディスクを入れます。
3.
サポートDVDを光学ドライブにセットします。
4.
ドライバーメニュー「ディスクの作成」タブの「Intel AHCI/RAID ドライバディスク」
をクリックしてIntel® RAIDドライバーディスクを作成します。
5. USBフロッピーディスクドライブを宛先ディスクに設定します。
6.
画面の指示に従ってプロセスを完了させます。
Chapter 4
手順
ウィルス感染していないPCで必ず作業を行い、RAIDドライバー導入用フロッピーディスク作成
後は、ライトプロテクトを実施してください。
ASUS P8H77-M PRO
4-33
4.6.3
Windows® OSインストール中にRAIDドライバーをインストールする
Windows® XPにRAIDドライバーをインストールする
1.
OSインストール中に、画面下部のステータス・ラインに「Press F6 if you need to install a
third party SCSI or RAID driver...」
と表示されたら、<F6>を押します。
2.
<S>を押してSpecify Additional Device を実行します。
3.
ステータス・ラインに「Please insert the disk labeled Manufacturer-supplied hardware
support disk into Drive A:」
と表示されたら、
ドライバーの保存されたフロッピーディスク
を挿入し<Enter>を押します。
4.
ご利用のマザーボードに適したコントローラーを選択し、
ドライバーのインストールを完了
させます。
Windows® 7™以降のOSにRAIDドライバーをインストールする
1.
2. OSのインストール中にRAIDドライバーを含んでいるメディアの読み込みを可能にするた
めに、
「ドライバの読み込み」を選択します。
RAIDドライバーを保存した USBフラッシュメモリー、またはサポートDVDをセットし、
「参照」をクリックします。
3. RAIDドライバーの保存されたパスを指定し「OK」をクリックします。
4. 画面の指示に従い、インストールを完了させます。
USBフラッシュメモリーからRAIDドライバーを読み込む場合、別のコンピューターなどでサポー
トDVDからRAIDドライバーをコピーする必要があります。
Chapter 4
4-34
Chapter 4: ソフトウェア
4.6.4
USBフロッピーディスクドライブを使用する
Windows® OSのインストール中に、RAIDドライバーをフロッピーディスクからインストールする
必要がありますが、Windows® XPの制限により、Windows® XP ではUSBフロッピーディスクドライ
ブを認識しない場合があります。
この問題を解決するには、RAIDドライバーを保存したフロッピーディスクにUSBフロッピーディス
クドライブのベンダー ID(VID)
とプロダクト ID(PID)を加える必要があります。
1.
他のコンピュータにUSBフロッピーディスクドライブを接続し、RAIDドライバーを保存した
フロッピーディスクを入れます。
2.
デスクトップ、またはスタートメニュー
の「マイコンピュータ」
アイコンを右クリ
ックし、
「管理」を選択します。
又は
3.
「デバイス マネージャ」を選択し、
「ユニバーサル シリアル バスコントローラ
ー」から「xxxxxx USB Floppy」を
右クリックし、
「プロパティ」を選択します。
USBフロッピーディスクドライブの
名称はベンダーにより異なります。
4.
「詳細」タブを選択し、ベンダーID(VID)
と
プロダクトID(PID)を確認します。
5.
RAIDドライバーディスクの内容を参照し、
ファイル「txtsetup.oem」の場所を確認
します。
ファイルをダブルクリックします。
「リストからプログラムを選択」にチェック
を入れ、
「OK」をクリックします。
ASUS P8H77-M PRO
Chapter 4
6.
4-35
7.
「メモ帳」を選択し、ファイルを開きます。
8.
[HardwareIds.scsi.iaAHCI_DesktopWorkstationServer] と
[HardwareIds.scsi.iaStor_DesktopWorkstationServer] セクションをtxtsetup.oem
ファイルで探します。
9.
次のように各セクションの下に以下の文字列をそれぞれ入力します。
id = “USB\VID_xxxx&PID_xxxx”, “usbstor”
[HardwareIds.scsi.iaAHCI_DesktopWorkstationServer]
id= “PCI\VEN_8086&DEV_1C02&CC_0106”,”iaStor”
id= “USB\VID_03EE&PID_6901”, “usbstor”
[HardwareIds.scsi.iaStor_DesktopWorkstationServer]
id= “PCI\VEN_8086&DEV_2822&CC_0104”,”iaStor”
id= “USB\VID_03EE&PID_6901”, “usbstor”
入力する文字列の内容は同じです。
VIDとPIDはご使用のUSBフロッピーディスクドライブのベンダーにより異なります。
Chapter 4
10.
4-36
変更を保存し、ファイルを閉じます。
Chapter 4: ソフトウェア
Chapter 5
Chapter 5:マルチGPUテクノロジー
5.1
AMD CrossFireX™ テクノロジー
本製品はAMD CrossFireX™ テクノロジーをサポートしており、マルチGPUビデオカードを取り付
けることができます。
5.1.1
システム要件
•
CrossFireX™ テクノロジーをデュアルモードで使用する場合は、AMD CrossFireX対応カー
ド2枚、またはCrossFireX対応デュアルGPUビデオカード1枚.
•
ビデオカードドライバーがAMD CrossFireXテクノロジーをサポートしていること。最新の
ドライバーはAMDオフィシャルサイト(http://www.amd.com)でダウンロード可能。
•
最低電源条件を満たす電源装置
5.1.2
•
熱管理の観点から、ケースファンの追加をお勧めします。
•
サポートするビデオカードの詳細は、AMD のウェブサイトでご確認ください。
始める前に
AMD CrossFireX を動作させるには、AMD CrossFireXビデオカードを取り付ける前に、システムに
インストールされているビデオカードドライバーを削除する必要があります。
手順
1.
全てのアプリケーションを閉じます。
2.
Windows® XPをご使用の場合は、
「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」の
順に開きます。
Windows® 7以降をご使用の場合は、
「コントロールパネル」→「プログラムのアン
インストール」の順に開きます。
3.
システムにインストールされているビデオカード ドライバーを選択します。
4.
Windows® XPをご使用の場合は、
「変更と削除」を選択します。
Windows® 7以降をご使用の場合は、
「アンインストール」を選択します。
5.
コンピューターをOFFにします。
ASUS P8H77-M PRO
5-1
5.1.3
CrossFireX™ 対応ビデオカードを取り付ける
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際とは異なる場合があります。ビデオカード
とマザーボードのレイアウトはモデルにより異なりますが、セットアップ手順は同じです。
Chapter 5
1.
CrossFireX対応ビデオカード2枚を手元に
準備します。
2.
両方のビデオカードをPCIEX16スロットに取
り付けます。マザーボードにPCIEX16
スロットが2基以上ある場合は、Chapter 2
でビデオカードを2枚以上取り付ける際に
推奨するPCIEX16スロットをご確認ください。
3.
各カードをしっかり取り付けます。
4.
CrossFireXブリッジケーブルを各ビデオ
カードのゴールドフィンガーに挿入します。
コネクターはしっかり取り付けます。
CrossFireX ブリッジ
(ビデオカードに付属)
5-2
5. 各ビデオカードに補助電源装置を接続し
ます。
6.
VGAケーブルまたはDVIケーブルを
ビデオカードに接続します。
ゴールドフィンガー
Chapter 5: マルチGPUテクノロジー
5.1.4
デバイスドライバーをインストールする
デバイスドライバーのインストールの詳細は、ビデオカードに付属のマニュアルをご参照
ください。
5.1.5
Chapter 5
PCI Express ビデオカードドライバーがAMD® CrossFireX™ テクノロジーをサポートしているこ
とをご確認ください。最新のドライバーはAMDオフィシャルサイト(http://www.amd.com)で
ダウンロード可能です。
AMD® CrossFireX™ テクノロジーを有効にする
ビデオカードとデバイスドライバーをセットアップしたら、Windows® OSを起動し、Catalyst™
Control Center で CrossFireX™ 機能を有効にします。
Catalyst Control Centerを起動する
手順
1. デスクトップ上で右クリックし、コンテキストメニュ
ーから「Catalyst Control Center」を選択します。
または、タスクトレイのCatalyst Control Centerアイ
コンを右クリックし「Catalyst Control Center ...」
を選択します。
2. 正しく取り付けられた複数のビデオカー
ドが検出されると、自動的に「Catalyst
Control Center セットアップ アシスタン
ト」が表示されます。続いて「移動する」を
クリックしてCatalyst Control Centerの
「AMD CrossFireX™」画面を表示させます。
3. 「AMD CrossFireX を有効にする」に
チェックがついていればCrossFireX™機能
は有効な状態です。
CrossFireX 設定を有効にする
1.Catalyst Control Centerの画面で
「ゲーム」→「ゲームパフォーマンス」→
「AMD CrossFireX™」の順にクリックします。
2.
「AMD CrossFireX を有効にする」に
チェックを し、
「適用」をクリックして
Catalyst Control Centerを閉じます。
2
3
1
4
AMD CrossFireX™の設定手順やCatalyst Control Centerの設定項目は、バージョンによって
異なる場合があります。
ASUS P8H77-M PRO
5-3
5.2
LucidLogix Virtu MVP
Chapter 5
Lucidlogix Virtu MVP は統合型グラフィックスとビデオカード(ディスクリート・グラフィックス・カ
ード)を組み合わせ、素晴らしいパフォーマンスを発揮させる次世代GPU仮想化ソフトウェアで
す。対応CPUと組み合わせ負荷状況に応じてグラフィックスを切り替えることにより、電力消費を
効率的に抑えながら統合型グラフィックスとビデオカードの性能を最大限に発揮させることがで
きます。
5.2.1
•
Lucidlogix Virtu MVP はWindows® 7 をサポートしています。
•
CPU統合型グラフィックス機能の有無はCPUにより異なります。
•
Lucidlogix Virtu MVP ソフトウェアをインストールする前に、UEFI BIOS Utilityで
以下の項目を設定してください。
•
Lucidlogix Virtu MVP は統合型グラフィックスのみで設定することができません。
対応ビデオカードの追加が必要となります。
•
Lucidlogix Virtu MVP はPCI Express x16_1スロットに取り付けられた1枚のシング
ルGPUビデオカードのみをサポートします。
•
RAIDシステム環境下でのLucidlogix Virtu MVPの使用は推奨いたしません。
•
ビデオカードは以下の型番以降のビデオカードのみをサポートします。
- NVIDIA GF 4xx/5xx series
- AMD HD5xxx/HD6xxx series
LucidLogix Virtu MVPをインストールする
手順:
1.
サポートDVD を光学ドライブにセットします。OSの Autorun 機能が有効になっていれば、
ドライバーメニューが自動的に表示されます。
2.
「ユーティリティ」タブをクリックし、
「LucidLogix Virtu MVP ソフトウェア」をクリックします。
3.
画面の指示に従いインストールを完了します。
LucidLogix Virtu MVPをインストールした後、再起動後タスクトレイにLucidLogix Virtu MVPの
アイコンが表示されます。
5-4
Chapter 5: マルチGPUテクノロジー
5.2.2
ディスプレイの設定
Chapter 5
ディスプレイを接続する映像出力インターフェースに応じて、i-Modeとd-Modeのいずれかを選
択します。
i-Mode
主に消費電力の低い3rd/2nd Generation Intel® Core™ Processor Family 統合型グラフィックス
を使用し、高負荷時には自動でビデオカード(ディスクリート・グラフィックス・カード)への切替を
行います。
マザーボードに映像出力インターフェースが存在しない場合、このi-Modeは利用することができ
ません。
プライマリとしてi-Modeを使用する場合はUEFI BIOS Utilityで「Advanced Mode」→
「Advanced」→「System Agent Congifuration」→「Graphics Configuration」→「Primary
Display」の項目を[iGPU]に設定し、映像出力ケーブルをオンボードグラフィックス(CPU統合型
グラフィックス)に接続します。
d-Mode
主として高性能なビデオカード(ディスクリート・グラフィックス・カード)を使用し、ビデオカードの
機能を最大限に発揮させることができます。高いグラフィックパフォーマンスを要求される3Dゲー
ムなどの用途に最適な設定です。、CPU統合型グラフィックスの持つ機能を使用するプログラムで
はIntel® Quick Sync Videoなどの統合型グラフィックス機能も使用することができます。
プライマリとしてd-Modeを使用する場合はUEFI BIOS Utilityで「Advanced Mode」→
「Advanced」→「System Agent Congifuration」→「Graphics Configuration」→「Primary
Display」の項目を[PCIE]に設定し、映像出力ケーブルをビデオカードに接続します。
i-Mode (マザーボードから
の映像出力)
d-Mode (ビデオカードからの映
像出力)
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際とは異なる場合があります。
ASUS P8H77-M PRO
5-5
5.2.3
LucidLogix Virtu MVPの設定
Chapter 5
Virtu MVP Control Panel によってLucidlogix Virtu MVP のパフォーマンスや各機能を設定するこ
とができます。
Virtu MVP Control Panel を開くには、タスクトレイのアイコンをダブルクリックするか、右クリックし
「Open Virtu MVP Control Panel」を選択します。
•
システムの電源をONにすると、LucidLogix Virtu MVPは自動的に有効になります。
•
タスクトレイからLucidLogix
Virtu MVP を削除したい場合は、
「Remove from
system tray」をクリックしてください。
Main
GPU仮想化のON/OFFを設定することができます。また、タスクトレイ表示やゲームやベンチマー
ク中に表示するVirtuアイコンの表示方法と位置を設定することもできます。
GPU仮想化のON/OFFを設定
デフォルト設定に戻す
5-6
タスクトレイに
アイコンを表示
Virtuアイコンの表示方法
と位置の設定
Chapter 5: マルチGPUテクノロジー
Performance
Chapter 5
HyperFormance™ TechnologyとVirtual Vsync™ TechnologiesのON/OFFを設定することができ
ます。
Hyperformance®
のON/OFFを設定
Virtual Vsync の
ON/OFFを設定
ASUS P8H77-M PRO
5-7
Chapter 5
5-8
Chapter 5: マルチGPUテクノロジー
付録
Chapter 6:付録
ご注意
Federal Communications Commission Statement
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two
conditions:
•
•
This device may not cause harmful interference.
This device must accept any interference received including interference that may cause
undesired operation.
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class B digital
device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide
reasonable protection against harmful interference in a residential installation. This
equipment generates, uses and can radiate radio frequency energy and, if not installed
and used in accordance with manufacturer’s instructions, may cause harmful interference
to radio communications. However, there is no guarantee that interference will not occur
in a particular installation. If this equipment does cause harmful interference to radio or
television reception, which can be determined by turning the equipment off and on, the user
is encouraged to try to correct the interference by one or more of the following measures:
•
Reorient or relocate the receiving antenna.
•
Connect the equipment to an outlet on a circuit different from that to which the receiver is
connected.
•
•
Increase the separation between the equipment and receiver.
Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.
The use of shielded cables for connection of the monitor to the graphics card is required
to assure compliance with FCC regulations. Changes or modifications to this unit not
expressly approved by the party responsible for compliance could void the user’s authority
to operate this equipment.
IC: Canadian Compliance Statement
Complies with the Canadian ICES-003 Class B specifications. This device complies with RSS
210 of Industry Canada. This Class B device meets all the requirements of the Canadian
interference-causing equipment regulations.
This device complies with Industry Canada license exempt RSS standard(s). Operation is
subject to the following two conditions: (1) this device may not cause interference, and (2)
this device must accept any interference, including interference that may cause undesired
operation of the device.
Cut appareil numérique de la Classe B est conforme à la norme NMB-003 du Canada.
Cet appareil numérique de la Classe B respecte toutes les exigences du Règlement sur le
matériel brouilleur du Canada.
付録
Cet appareil est conforme aux normes CNR exemptes de licence d’Industrie Canada. Le
fonctionnement est soumis aux deux conditions suivantes :
(1) cet appareil ne doit pas provoquer d’interférences et
(2) cet appareil doit accepter toute interférence, y compris celles susceptibles de provoquer
un fonctionnement non souhaité de l’appareil.
ASUS P8H77-M PRO
A-1
Canadian Department of Communications Statement
This digital apparatus does not exceed the Class B limits for radio noise emissions from
digital apparatus set out in the Radio Interference Regulations of the Canadian Department
of Communications.
This class B digital apparatus complies with Canadian ICES-003.
VCCI: Japan Compliance Statement
警告 VCCI準拠クラスB機器
(日本)
VCCI
Class B Statement
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラスB情報技
術装置です。この装置は、家庭環境で使用することを目的としていますが、この装置がラジオ
やテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。
取扱説明書に従って正しい取り扱いをして下さい。
KC: Korea Warning Statement
REACH
Complying with the REACH (Registration, Evaluation, Authorisation, and Restriction of
Chemicals) regulatory framework, we published the chemical substances in our products at
ASUS REACH website at http://csr.asus.com/english/REACH.htm.
DO NOT throw the motherboard in municipal waste. This product has been designed to
enable proper reuse of parts and recycling. This symbol of the crossed out wheeled bin
indicates that the product (electrical and electronic equipment) should not be placed in
municipal waste. Check local regulations for disposal of electronic products.
DO NOT throw the mercury-containing button cell battery in municipal waste. This symbol
of the crossed out wheeled bin indicates that the battery should not be placed in municipal
waste.
ASUS Recycling/Takeback Services
付録
ASUS recycling and takeback programs come from our commitment to the highest standards for
protecting our environment. We believe in providing solutions for you to be able to responsibly
recycle our products, batteries, other components as well as the packaging materials. Please
go to http://csr.asus.com/english/Takeback.htm for detailed recycling information in different
regions.
A-2
付録
ASUSコンタクトインフォメーション
ASUSTeK COMPUTER INC.
住所:
電話(代表)
:
ファックス(代表)
:
電子メール(代表)
:
Webサイト:
テクニカルサポート
電話:
オンラインサポート:
15 Li-Te Road, Beitou, Taipei, Taiwan 11259
+886-2-2894-3447
+886-2-2890-7798
info@asus.com.tw
www.asus.com.tw
+86-21-3842-9911
support.asus.com
ASUS COMPUTER INTERNATIONAL(アメリカ)
住所:
電話:
ファックス:
Webサイト:
テクニカルサポート
電話:
サポートファックス:
オンラインサポート:
800 Corporate Way, Fremont, CA 94539, USA
+1-510-739-3777
+1-510-608-4555
http://usa.asus.com
+1-812-282-2787
+1-812-284-0883
support.asus.com
ASUS COMPUTER GmbH(ドイツ・オーストリア)
住所:
電話:
ファックス:
Webサイト:
オンラインコンタクト:
テクニカルサポート
電話:
サポートファックス:
オンラインサポート:
Harkort Str. 21-23, D-40880 Ratingen, Germany
+49-2102-95990
+49-2102-959911
www.asus.de
www.asus.de/sales
+49-1805-010923*
+49-2102-9599-11*
support.asus.com
付録
* ドイツ国内の固定電話からは0.14ユーロ/分、携帯電話からは 0.42ユーロ/分の通話料がかか
ります。
ASUS P8H77-M PRO
A-3
Per FCC Part 2 Section 2. 1077(a)
(510)739-3777/(510)608-4555
800 Corporate Way, Fremont, CA 94539.
Asus Computer International
Signature :
Date :
Representative Person’s Name :
Jan. 06, 2012
Steve Chang / President
This device complies with part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to
the following two conditions: (1) This device may not cause harmful
interference, and (2) this device must accept any interference received,
including interference that may cause undesired operation.
Supplementary Information:
FCC Part 15, Subpart B, Unintentional Radiators
FCC Part 15, Subpart C, Intentional Radiators
FCC Part 15, Subpart E, Intentional Radiators
Model Number : P8H77-M PRO
Conforms to the following specifications:
Product Name : Motherboard
hereby declares that the product
Phone/Fax No:
Address:
Responsible Party Name:
DECLARATION OF CONFORMITY
付録
A-4
付録
Ver. 110101
Manufacturer:
HARKORT STR. 21-23, 40880 RATINGEN
GERMANY
Address, City:
Country:
P8H77-M PRO
Year to begin affixing CE marking:2012
Declaration Date: Jan. 06, 2012
CE marking
EN 62301:2005
Regulation (EC) No. 642/2009
EN 62301:2005
Regulation (EC) No. 1275/2008
Name :
Signature : __________
CEO
Jerry Shen
Position :
(EC conformity marking)
EN 62301:2005
Regulation (EC) No. 278/2009
EN 60065:2002 / A12:2011
2009/125/EC-ErP Directive
EN 60065:2002+A1:2006+A11:2008
EN 60950-1 / A12:2011
EN 301 489-1 V1.8.1(2008-04)
EN 301 489-3 V1.4.1(2002-08)
EN 301 489-4 V1.3.1(2002-08)
EN 301 489-7 V1.3.1(2005-11)
EN 301 489-9 V1.4.1(2007-11)
EN 301 489-17 V2.1.1(2009-05)
EN 301 489-24 V1.4.1(2007-09)
EN 302 326-2 V1.2.2(2007-06)
EN 302 326-3 V1.3.1(2007-09)
EN 301 357-2 V1.3.1(2006-05)
EN 302 623 V1.1.1(2009-01)
EN 55024:1998+A1:2001+A2:2003
EN 61000-3-3:2008
EN 55020:2007
EN 60950-1 / A11:2009
2006/95/EC-LVD Directive
EN 300 328 V1.7.1(2006-10)
EN 300 440-1 V1.4.1(2008-05)
EN 300 440-2 V1.2.1(2008-03)
EN 301 511 V9.0.2(2003-03)
EN 301 908-1 V3.2.1(2007-05)
EN 301 908-2 V3.2.1(2007-05)
EN 301 893 V1.4.1(2005-03)
EN 50360:2001
EN 50371:2002
EN 62311:2008
EN 50385:2002
1999/5/EC-R &TTE Directive
EN 55022:2006+A1:2007
EN 61000-3-2:2006
EN 55013:2001+A1:2003+A2:2006
2004/108/EC-EMC Directive
conform with the essential requirements of the following directives:
Model name :
Product name :
Ver. 111121
ASUS COMPUTER GmbH
Authorized representative in Europe:
Motherboard
TAIWAN
Country:
declare the following apparatus:
No. 150, LI-TE RD., PEITOU, TAIPEI 112, TAIWAN R.O.C.
Address, City:
ASUSTek COMPUTER INC.
EC Declaration of Conformity
We, the undersigned,