Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex)

Sun StorageTek™ 4 Gb FC Dual Port
ExpressModule HBA (Emulex)
ユーザーマニュアル
HBA Model SG-XPCIE2FC-EB4-Z
Sun Microsystems, Inc.
www.sun.com
Part No. 820-1285-10
2007 年 3 月, Revision A
コメントの送付: http://www.sun.com/hwdocs/feedback
Copyright 2007 Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara, California 95054, U.S.A. All rights reserved.
米国 Sun Microsystems, Inc. (以下、米国 Sun Microsystems 社とします) は、本書に記述されている技術に関する知的所有権を有しています。こ
れら知的所有権には、http://www.sun.com/patents に掲載されているひとつまたは複数の米国特許、および米国ならびにその他の国におけるひ
とつまたは複数の特許または出願中の特許が含まれています。
本書およびそれに付属する製品は著作権法により保護されており、その使用、複製、頒布および逆コンパイルを制限するライセンスのもと
において頒布されます。サン・マイクロシステムズ株式会社の書面による事前の許可なく、本製品および本書のいかなる部分も、いかなる
方法によっても複製することが禁じられます。
本製品のフォント技術を含む第三者のソフトウェアは、著作権法により保護されており、提供者からライセンスを受けているものです。
本製品の一部は、カリフォルニア大学からライセンスされている Berkeley BSD システムに基づいていることがあります。UNIX は、X/Open
Company Limited が独占的にライセンスしている米国ならびに他の国における登録商標です。
本製品は、株式会社モリサワからライセンス供与されたリュウミン L-KL (Ryumin-Light) および中ゴシック BBB (GothicBBB-Medium) のフォ
ント・データを含んでいます。
本製品に含まれる HG 明朝 L と HG ゴシック B は、株式会社リコーがリョービイマジクス株式会社からライセンス供与されたタイプフェー
スマスタをもとに作成されたものです。平成明朝体 W3 は、株式会社リコーが財団法人 日本規格協会 文字フォント開発・普及センターから
ライセンス供与されたタイプフェースマスタをもとに作成されたものです。また、HG 明朝 L と HG ゴシック B の補助漢字部分は、平成明
朝体W3 の補助漢字を使用しています。なお、フォントとして無断複製することは禁止されています。
Sun、Sun Microsystems、Java、AnswerBook2、docs.sun.com、StorEdge、Java、Sun Blade、ExpressModule、SunVTS、StorageTek、FlexLine
は、米国およびその他の国における米国 Sun Microsystems 社の商標もしくは登録商標です。サンのロゴマークおよび Solaris は、米国 Sun
Microsystems 社の登録商標です。
すべての SPARC 商標は、米国 SPARC International, Inc. のライセンスを受けて使用している同社の米国およびその他の国における商標または
登録商標です。SPARC 商標が付いた製品は、米国 Sun Microsystems 社が開発したアーキテクチャーに基づくものです。
OPENLOOK、OpenBoot、JLE は、サン・マイクロシステムズ株式会社の登録商標です。
ATOK は、株式会社ジャストシステムの登録商標です。ATOK8 は、株式会社ジャストシステムの著作物であり、ATOK8 にかかる著作権そ
の他の権利は、すべて株式会社ジャストシステムに帰属します。ATOK Server/ATOK12 は、株式会社ジャストシステムの著作物であり、
ATOK Server/ATOK12 にかかる著作権その他の権利は、株式会社ジャストシステムおよび各権利者に帰属します。
本書で参照されている製品やサービスに関しては、該当する会社または組織に直接お問い合わせください。
OPEN LOOK および Sun™ Graphical User Interface は、米国 Sun Microsystems 社が自社のユーザーおよびライセンス実施権者向けに開発しまし
た。米国 Sun Microsystems 社は、コンピュータ産業用のビジュアルまたは グラフィカル・ユーザーインタフェースの概念の研究開発におけ
る米国 Xerox 社の先駆者としての成果を認めるものです。米国 Sun Microsystems 社は米国 Xerox 社から Xerox Graphical User Interface の非独占
的ライセンスを取得しており、このライセンスは米国 Sun Microsystems 社のライセンス実施権者にも適用されます。
U.S. Government Rights—Commercial use. Government users are subject to the Sun Microsystems, Inc. standard license agreement and applicable provisions
of the FAR and its supplements.
本書は、「現状のまま」をベースとして提供され、商品性、特定目的への適合性または第三者の権利の非侵害の黙示の保証を含みそれに限
定されない、明示的であるか黙示的であるかを問わない、なんらの保証も行われないものとします。
本書には、技術的な誤りまたは誤植のある可能性があります。また、本書に記載された情報には、定期的に変更が行われ、かかる変更は本
書の最新版に反映されます。さらに、米国サンまたは日本サンは、本書に記載された製品またはプログラムを、予告なく改良または変更す
ることがあります。
本製品が、外国為替および外国貿易管理法 (外為法) に定められる戦略物資等 (貨物または役務) に該当する場合、本製品を輸出または日本国
外へ持ち出す際には、サン・マイクロシステムズ株式会社の事前の書面による承諾を得ることのほか、外為法および関連法規に基づく輸出
手続き、また場合によっては、米国商務省または米国所轄官庁の許可を得ることが必要です。
原典:
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA From Emulex User's Guide
Part No: 819-7784-10
Revision A
Please
Recycle
目次
はじめに
1.
ix
HBA の概要
1
HBA の機能および仕様
1
2
システムの相互運用性
ホストプラットフォームのサポート
3
3
ストレージシステムのサポート
3
ファイバチャネルスイッチのサポート
オペレーティングシステムの要件
2.
4
ハードウェアの取り付けおよび取り外し
5
ESD の順守および取り扱いに関する注意事項
ハードウェアの取り付け
5
6
▼
HBA を取り付ける
6
▼
光ケーブルを接続する
▼
電源を入れる
▼
取り付けが適切かどうかを確認する (Solaris の場合)
▼
接続されたストレージを確認する (Solaris の場合)
7
9
HBA のホットプラグ操作の構成
ハードウェアの取り外し
11
11
12
12
iii
3.
▼
HBA のアテンションボタンを使用した HBA の取り外しを準備する
▼
HBA のホットプラグによる取り外しを準備する (Solaris の場合)
▼
HBA ハードウェアを取り外す
HBA ソフトウェアのインストール
13
15
15
Red Hat および SUSE Linux OS でのソフトウェアのインストール
▼
Linux OS に HBA ソフトウェアをインストールする
Windows Server 2003 でのソフトウェアのインストール
▼
ご使用にあたって
16
16
17
Windows Server 2003 にソフトウェアをインストールする
構成および診断ユーティリティー
4.
13
15
Solaris OS のドライバソフトウェア
Solaris の診断サポート
17
18
19
x64/x86 版 Solaris 10 オペレーティングシステム
19
Red Hat Enterprise Linux 4 および SUSE Linux Enterprise Server 9 システム
Windows Server 2003 オペレーティングシステム
A.
20
適合に関する宣言、適合規制条件、および安全のための注意事項
Declaration of Conformity
安全のための注意事項
21
23
25
Regulatory Compliance Statements
iv
13
29
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
19
図目次
図 2-1
HBA のラッチ
7
図 2-2
光ケーブルの接続
図 2-3
LED およびアテンションボタン
8
10
v
vi
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
表目次
表 1-1
HBA の機能および仕様
1
表 1-2
プラットフォームおよびオペレーティングシステムのサポート
表 1-3
サポートされるオペレーティングシステムのバージョン
表 2-1
光ケーブルの仕様
表 2-2
LED インジケータの状態の定義
3
4
8
9
vii
viii
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
はじめに
このマニュアルでは、Sun StorageTek™ 4 Gb FC Dual Port ExpressModule™ Host Bus
Adapter の取り付けおよび取り外し方法について説明します。また、ドライバのバー
ジョンの確認方法および必要なパッチのインストール方法についても説明します。こ
のマニュアルは、技術者、システム管理者、アプリケーションサービスプロバイダ
(ASP)、およびハードウェアの障害追跡や交換についての高度な経験を持つユーザー
を対象としています。
マニュアルの構成
第 1 章では、製品の概要を説明し、HBA をサポートするさまざまなオペレーティン
グシステム、ホストプラットフォーム、スイッチ、およびストレージシステムの一覧
を示します。
第 2 章では、HBA の取り付けおよび取り外し方法について説明します。
第 3 章では、HBA のドライバおよびパッチをダウンロードしてインストールする方
法について説明します。
第 4 章では、前の章に関する最新の補足情報について説明します。
付録 A では、必要な製品の安全のための注意事項を示します。
ix
UNIX コマンド
このマニュアルには、システムの停止、システムの起動、およびデバイスの構成など
に使用する基本的な UNIX® コマンドと操作手順に関する説明は含まれていない可能
性があります。これらについては、以下を参照してください。
■
使用しているシステムに付属のソフトウェアマニュアル
■
下記にある Solaris™ オペレーティングシステムのマニュアル
http://docs.sun.com
シェルプロンプトについて
x
シェル
プロンプト
UNIX の C シェル
machine_name%
UNIX の Bourne シェルと Korn シェル
$
スーパーユーザー (シェルの種類を問わない)
#
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
書体と記号について
書体または記号*
意味
例
AaBbCc123
コマンド名、ファイル名、ディレ
クトリ名、画面上のコンピュータ
出力、コード例。
.login ファイルを編集します。
ls -a を実行します。
% You have mail.
AaBbCc123
ユーザーが入力する文字を、画面
上のコンピュータ出力と区別して
表します。
% su
Password:
AaBbCc123
コマンド行の可変部分。実際の名
前や値と置き換えてください。
rm filename と入力します。
『』
参照する書名を示します。
『Solaris ユーザーマニュアル』
「」
参照する章、節、または、強調す
る語を示します。
第 6 章「データの管理」を参照。
この操作ができるのは「スーパー
ユーザー」だけです。
\
枠で囲まれたコード例で、テキス
トがページ行幅を超える場合に、
継続を示します。
% grep ‘^#define \
XV_VERSION_STRING’
* 使用しているブラウザにより、これらの設定と異なって表示される場合があります。
関連マニュアル
オンラインのマニュアルは、次の URL で参照できます。
http://docs.sun.com/source/819-0139/
タイトル
Part No.
『Solaris Fibre Channel and Storage Multipathing Administration Guide』
819-0139
はじめに
xi
マニュアル、サポート、およびトレーニ
ング
Sun のサービス
URL
マニュアル
http://jp.sun.com/documentation/
サポート
http://jp.sun.com/support/
トレーニング
http://jp.sun.com/training/
Sun 以外の Web サイト
このマニュアルで紹介する Sun 以外の Web サイトが使用可能かどうかについては、
Sun は責任を負いません。このようなサイトやリソース上、またはこれらを経由して
利用できるコンテンツ、広告、製品、またはその他の資料についても、Sun は保証し
ておらず、法的責任を負いません。また、このようなサイトやリソース上、またはこ
れらを経由して利用できるコンテンツ、商品、サービスの使用や、それらへの依存に
関連して発生した実際の損害や損失、またはその申し立てについても、Sun は一切の
責任を負いません。
コメントをお寄せください
マニュアルの品質改善のため、お客様からのご意見およびご要望をお待ちしておりま
す。コメントは下記よりお送りください。
http://www.sun.com/hwdocs/feedback
ご意見をお寄せいただく際には、下記のタイトルと Part No. を記載してください。
『Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュア
ル』、Part No. 820-1285-10
xii
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
Sun の技術サポート
この製品のインストールまたは使用時にサポートが必要になった場合は、ご購入先に
問い合わせるか、または次の URL にアクセスしてください。
http://www.sun.com/service/contacting/
はじめに
xiii
xiv
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
第1章
HBA の概要
この章では、Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule Host Bus Adapter (HBA)
の基本的な概要について説明します。また、この章では、この HBA をサポートする
さまざまなオペレーティングシステム、ホストプラットフォーム、ストレージ、およ
びインフラストラクチャー構成についても説明します。この章は、次の項目で構成さ
れます。
■
1 ページの「HBA の機能および仕様」
■
2 ページの「システムの相互運用性」
■
4 ページの「オペレーティングシステムの要件」
HBA の機能および仕様
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (SG-XPCIE2FC-EB4-Z) は、4
レーン (物理的には 8 レーン) の PCI Express バスをファイバチャネル (FC) 光メディ
アバスに接続する、シングル幅の ExpressModule バス拡張ボードで構成されていま
す。この HBA は、イニシエータとしてもターゲットとしても動作可能です。ボード
上では、4.25 Gbps で動作する 2 つの独立した FC バスがサポートされています。ま
た、2.125 Gbps および 1.0625 Gbps のデバイスとの下位互換性もあります。
表 1-1 に、この HBA の機能の一覧を示します。
表 1-1
HBA の機能および仕様
機能
説明
PCI コネクタ
8つ
PCI の信号環境
PCI Express (4 つ) (4 つのアクティブレーン)
PCI の転送速度 (最大)
PCI Express の第 1 世代 (2.5 Gbps) の 4 倍
1
表 1-1
HBA の機能および仕様 (続き)
機能
説明
FC バスの数
2つ
サポートされるデバイスの数
FC ループごとに 126 のデバイス、ファブリックモードで
510 のデバイス
FC バスの種類 (外部)
ファイバ光メディア、短波長、マルチモードファイバ
(400-M5- SN-S)
FC の転送速度
ポートごとに最大 400 MBps、半二重
ポートごとに最大 800 MBps、全二重
RAM
ポートごとにパリティー保護された 1.5M バイト
BIOS ROM
現場でプログラム可能な 4M バイトのフラッシュ ROM (1
つ)
NVRAM
現場でプログラム可能な 2K バイトの EEPROM (1 つ)
外部コネクタ
LC 型コネクタ付きマルチモード光スモールフォームファ
クタ (SFF) (2 つ)
FC ケーブルの最大長
1 Gbps: 50/125 µm コアファイバ使用時は 500 m
62.5/125 µm コアファイバ使用時は 300 m
2 Gbps: 50/125 µm コアファイバ使用時は 300 m
62.5/125 µm コアファイバ使用時は 150 m
4 Gbps: 50/125 µm コアファイバ使用時は 150 m
62.5/125 µm コアファイバ使用時は 70 m
LED インジケータ
フロントパネル上で状態インジケータとして使用する、
チャネルごとの 2 つの LED (黄色および緑色)
ホットスワップ機能をサポートする、フロントパネル上
の電源 LED、アテンション LED、およびプッシュボタン
フォームファクタ
PCI ExpressModule、シングル幅
システムの相互運用性
このセクションでは、HBA の異種 FC ネットワーク設計と互換性のある、選択され
たプラットフォーム、ストレージシステム、およびスイッチに関する情報を示しま
す。このセクションでは、次の項目について説明します。
2
■
3 ページの「ホストプラットフォームのサポート」
■
3 ページの「ストレージシステムのサポート」
■
3 ページの「ファイバチャネルスイッチのサポート」
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
ホストプラットフォームのサポート
HBA は、表 1-2 に示すプラットフォームおよびオペレーティングシステム (OS) でサ
ポートされます。
表 1-2
プラットフォームおよびオペレーティングシステムのサポート
プラットフォーム
サポートされる OS
Sun Blade™ 8000 シリーズのモジュラシステム
Sun Solaris、Linux、および Windows
この HBA を取り付けることができるように、システムの ExpressModule スロットが
使用可能である必要があります。
ストレージシステムのサポート
HBA は、次のストレージシステムをサポートしています。
■
Sun StorEdge™ 3510 および 3511 FC アレイ
■
Sun StorEdge 6020 および 6120 アレイ
■
Sun StorEdge 6130 アレイ
■
Sun StorageTek 6140 アレイ
■
Sun StorageTek 6540 アレイ
■
Sun StorageTek FlexLine™ 380 ストレージシステム
■
Sun StorEdge 6320 システム
■
ファイバチャネル/LVD 内部ブリッジを備えた Sun StorEdge L25 および L100 テー
プライブラリ
■
LVD SCSI 対応ファイバチャネルカードを備えた Sun StorEdge C4 テープライブラ
リ
■
Sun StorEdge L500 テープライブラリ
■
Sun StorEdge L180、L700 テープライブラリ
■
Sun StorEdge L5500、L8500 テープライブラリ
ファイバチャネルスイッチのサポート
HBA がサポートされている FC スイッチを次に示します。
■
2 Gb QLogic SANbox 5200 スイッチ
■
4 Gb QLogic SANbox 5600 および 5602 スタッカブル FC スイッチ
■
2 Gb Brocade SilkWorm 3200 および 3800 スイッチ
第1章
HBA の概要
3
■
2 Gb Brocade SilkWorm 3250 および 3850 スイッチ
■
2 Gb Brocade SilkWorm 3900 スイッチ
■
2 Gb Brocade SilkWorm 12000 および 24000 コアファブリックスイッチ
■
4 Gb Brocade SilkWorm 4100 スイッチ
■
4 Gb Brocade SilkWorm 48000 および 200E スイッチ
■
2 Gb McDATA Sphereon 4300 スイッチ
■
2 Gb McDATA Sphereon 4500 スイッチ
■
4 Gb McDATA Sphereon 4400 および 4700 スイッチ
オペレーティングシステムの要件
この HBA を使用するには、表 1-3 に示すバージョンのオペレーティングシステム
(OS) が必要です。
表 1-3
サポートされるオペレーティングシステムのバージョン
オペレーティング
システム
サポートされるバージョン
Linux
Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 4 Update 3 (x32 版、x64 版)
Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 4 Update 4 (x32 版、x64 版)
SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 9 SP3 (x64 版)
Solaris (x64 版)
Solaris 10 Update 3、2、または 1、および最新のパッチ1 119131 と
120223
Solaris 10、最新のパッチ 119255、119131、および 120223 に加えて、
パッケージ2 SUNWemlxs と SUNWemlxu
Solaris (SPARC 版)
Solaris 10 Update 3、2、または 1、および最新のパッチ 119130 と
120222
Solaris 10、最新のパッチ 119254、119130、および 120222 に加えて、
パッケージ SUNWemlxs と SUNWemlxu
Windows
Windows Server 2003 Enterprise Edition (x64 版)
Windows Server 2003 Standard Edition (x64 版)
Windows Server 2003 Enterprise Edition (x86 版) SP1
Windows Server 2003 Standard Edition (x86 版) SP1
1 パッチは、http://sunsolve.sun.com から入手できます。
2 パッケージは、Sun ダウンロードセンター (SDLC) から入手できます。
4
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
第2章
ハードウェアの取り付けおよび取り
外し
この章では、HBA の取り付けおよび取り外しに必要な作業について説明します。詳
細な手順は、使用しているシステムの設置マニュアルまたはサービスマニュアルを参
照してください。
この章は、次の項目で構成されます。
■
5 ページの「ESD の順守および取り扱いに関する注意事項」
■
6 ページの「ハードウェアの取り付け」
■
11 ページの「取り付けが適切かどうかを確認する (Solaris の場合)」
■
12 ページの「ハードウェアの取り外し」
ESD の順守および取り扱いに関する注
意事項
注意 – 取り扱いの不注意または静電放電 (ESD) によって、HBA が損傷する可能性が
あります。静電気に弱い部品が損傷しないように、HBA は常に注意して扱ってくだ
さい。
ESD に関連する損傷の可能性を最小限に抑えるため、ワークステーションの静電気
防止用マットと ESD 用リストストラップの両方を使用することを強くお勧めしま
す。ESD 用リストストラップは、信頼できる電気店、または Sun からパーツ番号
#250-1007 で入手できます。ESD 関連の問題が発生しないように、次の注意事項を確
認してください。
■
システムに取り付ける準備ができるまで、HBA は専用の静電気防止袋に入れたま
まにしておいてください。
5
■
HBA を取り扱うときは、必ず正しく装着およびアースされたリストストラップや
その他の適切な ESD 保護を使用して、適切な方法で ESD がアースされていること
を確認してください。
■
HBA を取り扱うときは、PCB の端を持ちます。コネクタの部分を持たないでくだ
さい。
■
HBA を静電気防止袋から取り出したら、適切にアースされた静電気防止面に置い
てください。
ハードウェアの取り付け
ハードウェアの取り付け作業には、次の一般的な手順が含まれます。
■
HBA を取り付ける
■
光ケーブルを接続する
■
電源を入れる
次のセクションでは、これらの手順について詳細に説明します。
▼ HBA を取り付ける
1. 静電気防止用ストラップを着用します (5 ページの「ESD の順守および取り扱いに関
する注意事項」を参照)。
2. 使用しているシステムの設置マニュアルまたはサービスマニュアルを参照して、HBA
を取り付ける適切な ExpressModule スロットを確認します。
6
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
3. プラスチック製のタブを押し下げて ExpressModule のラッチを解除し、レバーを引
いて ExpressModule のフロントパネルとほぼ垂直になる位置まで下げます。
プラスチック製の
タブ
ラッチ
図 2-1
HBA のラッチ
4. 対象のスロットに HBA を挿入します。挿入中に、レバーの下側の突起部分がシャー
シの金属板に接触しないように注意してください。
5. HBA をスロットにほぼ完全に挿入したら、レバーを押し戻して完全に閉じます。レ
バーの突起によって、HBA が完全に所定の位置に収まります。
▼ 光ケーブルを接続する
注 – HBA が類似するまたは互換性のある別のファイバチャネル (FC) 製品に接続さ
れ、マルチモード対マルチモードになっていないかぎり、光接続での通常のデータ転
送は HBA では許可されません。
第2章
ハードウェアの取り付けおよび取り外し
7
短波長レーザーに対応した、表 2-1 に示す仕様に準拠するマルチモードの光ファイバ
ケーブルを使用してください。
表 2-1
光ケーブルの仕様
光ファイバケーブル
最大の長さ
最小の長さ
コネクタ
62.5/125 µm (マルチモード)
300 m (1.0625 Gbps)
150 m (2.125 Gbps)
70 m (4.25 Gbps)
2m
LC
50/125 µm (マルチモード)
500 m (1.0625 Gbps)
300 m (2.125 Gbps)
150 m (4.25 Gbps)
2m
LC
光ケーブルを接続する際は、次の手順に従ってください。
1. 光ファイバケーブルを HBA の LC コネクタに接続します (図 2-2 を参照)。
図 2-2
光ケーブルの接続
2. ケーブルのもう一方の端を FC デバイスに接続します。
8
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
光ケーブルを HBA に接続すると、システムの電源を入れる準備の完了です。すでに
システムの電源が入っている場合は、12 ページの「HBA のホットプラグ操作の構
成」に進んでください。
▼ 電源を入れる
1. HBA がシステムにしっかりと取り付けられていることを確認します。
2. 適切な光ケーブルが接続されていることを確認します。
3. 使用しているシステムの設置マニュアルまたはサービスマニュアルを参照して、シス
テムのブレードの電源投入方法を確認します
4. 表 2-2 を参照して、電源投入時自己診断 (POST) の結果に対する発光ダイオード
(LED) の状態を確認します。
表 2-2 に、LED インジケータの組み合わせを示します。LED の位置は、図 2-3 で確
認してください。ポートごとに対応する LED セットが用意されているため、動作状
態を視覚的に確認できます。
表 2-2
LED インジケータの状態の定義
緑色の LED
黄色の LED
状態
点灯
1 回の高速点滅
1 Gb の接続速度 - 正常な動作状態、接続確立
点灯
2 回の高速点滅
2 Gb の接続速度 - 正常な動作状態、接続確立
点灯
3 回の高速点滅
4 Gb の接続速度 - 正常な動作状態、接続確立
消灯
消灯
ウェイクアップ障害 (ボードの故障)
消灯
点灯
POST 障害 (ボードの故障)
消灯
ゆっくり点滅
ウェイクアップ障害の監視
消灯
高速点滅
POST 中の障害
消灯
点滅
POST 処理が進行中
点灯
消灯
機能中の障害
点灯
点灯
機能中の障害
ゆっくり点滅
消灯
正常 - 接続停止
ゆっくり点滅
点灯
未定義
ゆっくり点滅
ゆっくり点滅
ダウンロードのためオフライン
ゆっくり点滅
高速点滅
制限付きのオフラインモード (再起動待ち)
ゆっくり点滅
点滅
制限付きのオフラインモード、テスト動作中
第2章
ハードウェアの取り付けおよび取り外し
9
LED インジケータ
電源 LED
アテンションボタン
アテンション LED
図 2-3
10
LED およびアテンションボタン
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
▼ 取り付けが適切かどうかを確認する (Solaris の場
合)
1. 次のように cfgadm コマンドを使用して、HBA が適切に取り付けられているかどう
かを確認します。
cfgadm
HBA が適切に取り付けられて接続されている場合は、次のような出力が表示される
はずです。
Ap_Id
c3
c4
pcie5
Type
fc
fc
fibre/hp
Receptacle
connected
connected
connected
Occupant
configured
configured
configured
Condition
ok
ok
ok
2. HBA アダプタが、未構成または未接続と表示された場合は、cfgadm -c
configure コマンドを使用してアダプタを構成します。
▼ 接続されたストレージを確認する (Solaris の場合)
1. 次のように cfgadm コマンドを使用して、接続されたストレージを確認します。
cfgadm -al
HBA が適切に取り付けられ、ストレージが正しく接続されている場合は、次のよう
な出力が表示されるはずです。この例では、HBA アダプタの 1 つのポートが、ファ
ブリックスイッチを介してディスクアレイの 2 つのポートに接続されています。
Ap_Id
c3
c3::200600a0b816005e
c3::200700a0b816005e
c4
pcie5
Type
fc-fabric
disk
disk
fc
fibre/hp
Receptacle
connected
connected
connected
connected
connected
Occupant
Condition
configured
unknown
configured
unknown
configured
unknown
unconfigured unknown
configured
ok
2. アダプタが未構成と表示された場合は、cfgadm -c configure コマンドを使用し
てアダプタを構成します。
第2章
ハードウェアの取り付けおよび取り外し
11
HBA のホットプラグ操作の構成
1. HBA のフロントパネルの下部近くにある緑色の電源 LED インジケータを確認しま
す。
電源 LED インジケータの状態は次のとおりです。
LED の状態
意味
取り外し状態
消灯
HBA に電源が供給されていませ
ん。
取り外すことができます。または
HBA の構成が必要です。
点滅
ホットプラグ操作が進行中です。
HBA を取り外すことはできません。
緑色の点灯
HBA が適切に構成されています。
取り外すことはできません。
2. 緑色の電源インジケータが点灯していない場合は、HBA のフロントパネルの下部近
くにあるアテンションボタンを短い時間押します。
緑色の電源 LED がおよそ 5 秒間点滅してから点灯し、HBA が正常に構成されたこと
を示します。
操作を取り消すには、点滅が止まる前にアテンションボタンをもう一度押してくださ
い。
ハードウェアの取り外し
次の手順では、HBA の取り外しに必要な作業について説明します。HBA アダプタの
取り外し手順の詳細は、使用しているシステムの設置マニュアルまたはサービスマ
ニュアルを参照してください。
ハードウェアの取り外し作業には、次の一般的な手順が含まれます。
1. オペレーティングシステムを停止してサーバーブレードの電源を切断するか、ま
たは次のいずれかを使用して HBA のホットプラグによる取り外しの準備をします
■
HBA のアテンションボタン
■
Solaris OS
2. HBA ハードウェアを取り外します
12
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
▼ HBA のアテンションボタンを使用した HBA の取
り外しを準備する
1. HBA のフロントパネルの下部近くにあるアテンションボタンを押して離します。
ボタンの近くにある緑色のアテンション LED がおよそ 5 秒間点滅して、HBA の取り
外し準備が行われていることを示します。
操作を中止するには、LED の点滅が止まる前にボタンをもう一度押します。
2. アテンション LED が消灯したら、HBA を取り外します。
▼ HBA のホットプラグによる取り外しを準備する
(Solaris の場合)
先にオペレーティングシステムを停止して関連するサーバーブレードの電源を切断す
る手順を実行しないで、HBA を取り外す場合は、先に次の手順を実行して HBA を取
り外す準備をすることができます。
1. cfgadm コマンドを使用して、取り外す HBA を確認します。
Ap_Id
pcie5
pcie6
Type
fibre/hp
fibre/hp
Receptacle
connected
connected
Occupant
configured
configured
Condition
ok
ok
2. cfgadm -c unconfigure コマンドを使用して、HBA の接続ポイントの ID
(Ap_Id) を構成解除します。
3. cfgadm -c disconnect コマンドを使用して、HBA を取り外す準備を行います。
点滅している電源インジケータ LED は、HBA を取り外す準備が行われていることを
示します。電源インジケータ LED が消灯すると、HBA を取り外す準備ができたこと
を示します。
▼ HBA ハードウェアを取り外す
● HBA のラッチを押し下げて HBA の固定を解除し、HBA を取り出せるようにラッチ
を手前に引き下げます。
これで、HBA を容易に取り外すことができるはずです。
第2章
ハードウェアの取り付けおよび取り外し
13
14
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
第3章
HBA ソフトウェアのインストール
ハードウェアの取り付けが完了し、コンピュータに電源を入れたら、使用しているオ
ペレーティングシステムごとにこの章に示されている手順に従って、HBA ドライバ
およびインストール内容に必要なほかのユーティリティーをインストールします。
この章は、次の項目で構成されます。
■
15 ページの「Solaris OS のドライバソフトウェア」
■
16 ページの「Red Hat および SUSE Linux OS でのソフトウェアのインストール」
■
17 ページの「Windows Server 2003 でのソフトウェアのインストール」
■
18 ページの「構成および診断ユーティリティー」
Solaris OS のドライバソフトウェア
Solaris OS の HBA ドライバは、Solaris 10 Update 1 release に含まれています。サポー
トされる最小バージョンの x64/x86 版 Solaris システムでは、HBA をサポートするた
めに追加のパッチまたはパッケージをインストールする必要はありません。
Solaris の診断サポート
HBA の診断サポートは、Version 6.3 以降の SunVTS™ ソフトウェアに含まれていま
す。SunVTS は、Solaris OS Update 3 release に含まれています。また、次の URL から
ダウンロードすることもできます。
http://www.sun.com/oem/products/vts
emlxtest ユーティリティーでは、次の機能がサポートされています。
■
接続性の検証
■
ファームウェアバージョンおよびチェックサムのテスト
15
■
自己診断
■
ループバックテスト
■
外部
■
内部、シングルビット
■
内部、10 ビット
■
メールボックス
Red Hat および SUSE Linux OS でのソ
フトウェアのインストール
サポートされる最小バージョンの Linux は、HBA をサポートするために更新する必
要はありません。
診断サポートのために、Linux ドライバの再構築が必要になる場合があります。Linux
用のドライバを再構築する前に、使用するハードディスクに必要な Linux オペレー
ティングシステム (OS) をインストールしておいてください。ドライバおよびユー
ティリティーは、Emulex 社の Sun 用サポートサイトからダウンロードできます。
▼ Linux OS に HBA ソフトウェアをインストールす
る
ドライバおよび管理ユーティリティーは、Emulex 社の Sun 用サポートサイトからダ
ウンロードできます。
1. Emulex 社の次の Sun 用サポートサイトにアクセスします。
http://www.emulex.com/sun/support/em-e11000.jsp
2. Sun StorageTek のセクションを探して、インストールする HBA のモデル番号 (SGXPCIE2FC-EB4-Z) をクリックします。
3. Linux 用ドライバのセクションを探して、「Download」リンクをクリックし、ドラ
イバファイルをローカルのファイルシステムにコピーします。
4. 「Download」リンクをクリックして、管理ユーティリティーをローカルのファイル
システムにコピーします。
5. 「Manual」リンクをクリックして PDF 形式のマニュアルをコピーし、マニュアルの
インストール手順および構成手順に従います。
16
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
6. 「Manual」の PDF アイコンをクリックして、インストール、構成、および障害追跡
に関する情報をダウンロードします。
7. Emulex ドライバおよびユーティリティーのユーザーマニュアルに従って、Linux ド
ライバをインストールします。
8. Emulex ドライバおよびユーティリティーのユーザーマニュアルに従って、管理ユー
ティリティーをインストールします。
Windows Server 2003 でのソフトウェア
のインストール
Windows Server 2003 OS の HBA ドライバおよびアプリケーションキットは、Emulex
社の Sun 用サポートサイトからダウンロードできます。
▼ Windows Server 2003 にソフトウェアをインス
トールする
次の手順に従って、ドライバおよびオートパイロットインストーラをダウンロードし
ます。
1. Emulex 社の次の Sun 用サポートサイトにアクセスします。
http://www.emulex.com/sun/support/em-e11000.jsp
2. Windows 用ドライバのセクションを探します。
3. 「Download」アイコンをクリックして、ドライバキットをダウンロードします。
4. 「Manual」の PDF アイコンをクリックして、Windows OS 用のインストールマニュ
アルをダウンロードします。
5. インストールマニュアルに従って、Windows OS 用のドライバおよび管理ユーティリ
ティーをインストールします。
第3章
HBA ソフトウェアのインストール
17
構成および診断ユーティリティー
HBAnywhere 遠隔管理ユーティリティーまたは lputil コマンド行インタフェース
(CLI) ユーティリティーを使用して、HBA を構成します。これらのユーティリティー
は Linux および Windows OS で使用可能で、次の機能をサポートしています。
■
ローカルホストと遠隔ホスト、ホストバスアダプタ (HBA)、ターゲット、および
LUN の検出
■
HBA のリセット
■
HBA ドライバのパラメータの設定
■
ファームウェアの更新
■
システム BIOS の有効化または無効化
■
HBA での診断テストの実行
■
帯域外 HBA の管理
■
ローカルの HBA および帯域内の遠隔 HBA の管理
HBAnywhere および lputil ユーティリティーの使用に関する詳細は、Emulex 社の
Linux または Windows OS 用のユーザーマニュアルを参照してください。
18
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
第4章
ご使用にあたって
この章では、このマニュアルの前の章に関する最新の補足情報について説明します。
この章は、次の項目で構成されます。
■
19 ページの「x64/x86 版 Solaris 10 オペレーティングシステム」
■
19 ページの「Red Hat Enterprise Linux 4 および SUSE Linux Enterprise Server 9 シス
テム」
■
20 ページの「Windows Server 2003 オペレーティングシステム」
x64/x86 版 Solaris 10 オペレーティング
システム
x64/x86 版 Solaris 10 オペレーティングシステムに関連する既知の問題またはバグは
ありません。
Red Hat Enterprise Linux 4 および SUSE
Linux Enterprise Server 9 システム
Linux ドライバに関する既知の問題については、Emulex 社のドライバのマニュアルを
参照してください。
19
Windows Server 2003 オペレーティング
システム
Windows OS ドライバに関する既知の問題については、Emulex 社のドライバのマニュ
アルを参照してください。
20
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
付録 A
適合に関する宣言、適合規制条件、
および安全のための注意事項
この付録では、Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule Host Bus Adapter に適
用される次の情報を示します。
■
23 ページの「Declaration of Conformity」
■
25 ページの「安全のための注意事項」
■
29 ページの「Regulatory Compliance Statements」
21
22
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
<<
Declaration of Conformity
Compliance Model Number:
375-3386-XX
Product Family Name:
Sun StorageTek PCIe 4GB FC EM HBA
EMC
USA - FCC Class A
This equipment complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two conditions:
1) This equipment may not cause harmful interference.
2) This equipment must accept any interference that may cause undesired operation.
Manufactured by Emulex Corporation
European Union
This equipment complies with the following requirements of the EMC Directive 89/336/EEC:
As Information Technology Equipment (ITE) Class A per (as applicable):
EN 55022:1994 +A1:1995 +A2:1997Class A
EN 61000-3-2:2000
Pass
EN 61000-3-3:1995 +A1:2001
Pass
EN 55024:1998 +A1: 2001 +A2:2003 Required Limits:
IEC 61000-4-2
4 kV (Direct), 8 kV (Air)
IEC 61000-4-3
3 V/m
IEC 61000-4-4
1 kV AC Power Lines, 0.5 kV Signal and DC Power Lines
IEC 61000-4-5
1 kV AC Line-Line and Outdoor Signal Lines, 2 kV AC Line-Gnd, 0.5 kV DC Power Lines
IEC 61000-4-6
3V
IEC 61000-4-8
1 A/m
IEC 61000-4-11
Pass
Safety
This equipment complies with the following requirements of Low Voltage Directive 73/23/EEC:
EC Type Examination Certificates:
EN 60950-1:2001, 1st Edition
GS Certificate No.
IEC 60950-1:2001, 1st Edition
CB Scheme Certificate No. US-TUVR-3410
Evaluated to all CB Countries
UL and cUL/CSA 60950-1:2001, CSA C22.2 No. 60950-00
File: E157779
vol. X3
Sec.
Supplementary Information: This equipment was tested and complies with all the requirements for the CE Mark.
This equipment complies with the Restriction of Hazardous Substances (RoHS) directive 2002/95/EC.
______________________/S/____________________
Dennis P. Symanski
Worldwide Compliance Office
Sun Microsystems, Inc.
4150 Network Circle, MPK15-102
Santa Clara, CA 95054, USA
Tel: 650-786-3255
Fax: 650-786-3723
DATE
_____________________/S/___________________
Donald Cameron
DATE
Program Manager/Quality Systems
Sun Microsystems Scotland, Limited
Blackness Road, Phase I, Main Bldg
Springfield, EH49 7LR
Scotland, United Kingdom
Tel: +44 1 506 672 539
Fax: +44 1 506 670 011
23
24
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
安全のための注意事項
装置の電源スイッチの種類に応じて、以下のいずれかの記
号を使用しています。
作業を開始する前に、この章を必ずお読みください。以下
では、Sun Microsystems, Inc. の製品を安全に取り扱ってい
ただくための注意事項について説明しています。
オン – システムに AC 電源を供給します。
取り扱いの注意
オフ – システムへの AC 電源の供給を停止し
ます。
システムを設置する場合には、次のことに注意してくださ
い。
■
■
■
装置上に記載されている注意事項や取り扱い方法に
従ってください。
ご使用の電源の電圧や周波数が、装置の電気定格表示
と一致していることを確認してください。
装置の開口部に物を差し込まないでください。内部は
高電圧になります。金属など導体を入れるとショート
して、発火、感電、装置の損傷の原因となることがあ
ります。
スタンバイ – システムはスタンバイモードに
なっています。
装置の改造
装置に対して機械的または電気的な改造をしないでくださ
い。Sun Microsystems, Inc. は、改造された Sun 製品に対し
て一切の責任を負いません。
記号について
このマニュアルでは、以下の記号を使用しています。
注意 – 事故や装置故障が発生する危険性があ
ります。指示に従ってください。
注意 – 表面は高温です。触れないでくださ
い。火傷をする危険性があります。
Sun 製品の設置場所
注意 – Sun 製品の開口部を塞いだり覆ったりし
ないでください。また、Sun 製品の近くに放熱
機器を置かないでください。このガイドライン
に従わないと、Sun 製品が過熱し、信頼性が損
なわれる可能性があります。
騒音の水準
注意 – 高電圧です。感電や怪我を防ぐため、
説明に従ってください。
次の騒音放出は、動作時およびアイドリング時で重み付け
された値で、ISO 9296 に従って報告されています。
測定値および環境
LwAd (1B = 10 dB)
25ºC 以下
8.0 B
最大周辺温度
8.4 B
LpAm バイスタンダ
25ºC 以下
66 dB
最大周辺温度
69 dB
25
SELV 対応
I/O 接続の安全状態は、SELV (Safety Extra Low Voltage) の
条件を満たしています。
注意 – 複数の電源コードを使用する製品の場
合、システムの電源供給を完全に停止するに
は、すべての電源コードを外す必要がありま
す。
電源コードの接続
注意 – Sun 製品は、アースされた中性線 (DC
電源の製品ではアースされた帰線) を持つ電力
系を使用する設計になっています。それ以外の
電源に Sun 製品を接続すると、感電や故障の
原因になります。建物に供給されている電力の
種類がわからない場合は、施設の管理者または
有資格の技術者に問い合わせてください。
注意 – 必ずしもすべての電源コードの定格電
流が同じではありません。装置に付属の電源
コードを他の製品や用途に使用しないでくださ
い。家庭用の延長コードには過負荷保護がない
ため、コンピュータ用として使用できません。
家庭用延長コードを Sun 製品に接続しないで
ください。
電池に関する警告
注意 – 電池は、誤操作や不適切な交換により
爆発する危険があります。交換可能な電池を備
えたシステムでは、製品のサービスマニュアル
の指示に従って、必ず同じメーカーの同じ種類
の電池か、メーカーが推奨する同等の種類の電
池と交換してください。電池の分解やシステム
外での充電はしないでください。電池を火の中
に投入しないでください。処分の際には、メー
カーの指示および各地域で定められている法規
に従って適切に処理してください。Sun の
CPU ボード上にあるリアルタイムクロックに
は、リチウム電池が埋め込まれています。ユー
ザー自身でこのリチウム電池を交換することは
できません。
システム本体のカバー
カード、メモリー、内部記憶装置を追加するためには、
Sun のシステム本体のカバーを取り外す必要があります。
作業後は、必ずカバーをもとどおりに取り付けてから、電
源を入れてください。
次の警告は、スタンバイ電源スイッチのある装置にのみ適
用されます。
注意 – カバーを閉じてから電源を入れてくだ
さい。Sun 製品をカバーを開けたまま使用する
のは危険です。 傷害や故障の原因になりま
す。
注意 – この製品の電源スイッチは、スタンバ
イ型の装置としてのみ機能します。システムの
電源を完全に切るためには、電源プラグを抜い
てください。設置場所の近くのアースされた電
源コンセントに電源プラグを差し込んでくださ
い。システムシャーシから電源装置が取り外さ
れた状態で、電源コードを接続しないでくださ
い。
次の警告は、複数の電源コードを使用する装置にのみ適用
されます。
26
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
ラックシステムに関する警告
CD および DVD 装置
次の警告は、ラックおよびラック搭載型のシステムに適用
されます。
以下の注意事項は、CD、DVD、およびその他の光磁気装
置に適用されます。
注意 – 安全性を考慮して、装置は常に下から
順に取り付けてください。まず、ラックのもっ
とも低い位置に装置を取り付けてから、その上
に順にシステムを取り付けていきます。
注意 – このマニュアルに記載されていない操
作を行うと、有害な電波や光線が漏れる可能性
があります。
注意 – 装置の取り付け作業中にラックが倒れ
ないように、必ずラックの転倒防止バーを使用
してください。
注意 – ラック内の動作時の温度が過度に上昇
することを防ぐため、最高温度が製品の定格周
囲温度を超えないようにしてください。
注意 – 通気の減少によって動作時の温度が過
度に上昇することを防ぐため、装置が安全に動
作するために必要な通気量を確保する必要があ
ります。
レーザー規定適合について
Sun 製品は、レーザー規定クラス 1 に準拠するレーザー技
術を使用しています。
Class 1 Laser Product
Luokan 1 Laserlaite
Klasse 1 Laser Apparat
Laser Klasse 1
安全のための注意事項
27
28
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
Regulatory Compliance Statements
Sun の製品には、次の適合規制条件のクラスが明記されています。
•
•
•
•
米連邦通信委員会 (FCC) — アメリカ合衆国
カナダ政府通産省デジタル機器工業規格 (ICES-003) — カナダ
情報処理装置等電波障害自主規制協議会 (VCCI) — 日本
台湾経済部標準検験局 (BSMI) — 台湾
本装置を設置する前に、装置に記載されているマークに従って、該当する節をよくお読みください。
FCC Class A Notice
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two conditions:
1. This device may not cause harmful interference.
2. This device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation.
Note: This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A digital device, pursuant to Part 15 of the FCC
Rules. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference when the equipment is operated in a
commercial environment. This equipment generates, uses, and can radiate radio frequency energy, and if it is not installed and used in
accordance with the instruction manual, it may cause harmful interference to radio communications. Operation of this equipment in a
residential area is likely to cause harmful interference, in which case the user will be required to correct the interference at his own expense.
Modifications: Any modifications made to this device that are not approved by Sun Microsystems, Inc. may void the authority granted to
the user by the FCC to operate this equipment.
ICES-003 Class A Notice - Avis NMB-003, Classe A
This Class A digital apparatus complies with Canadian ICES-003.
Cet appareil numérique de la classe A est conforme à la norme NMB-003 du Canada.
29
BSMI Class A Notice
The following statement is applicable to products shipped to Taiwan and marked as Class A on the product compliance
label.
D33728
30
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月
CCC Class A Notice
The following statement is applicable to products shipped to China and marked with “Class A” on the product’s compliance label.
Korean MIC Class A Statement
Regulatory Compliance Statements
31
32
Sun StorageTek 4 Gb FC Dual Port ExpressModule HBA (Emulex) ユーザーマニュアル • 2007 年 3 月