日本語 DECprint Supervisor V2.1 システム・マネージャズ・ガイド

日本語 Compaq DECprint Supervisor
(DCPS) for OpenVMS
システム・マネージャーズ・ガイド
AA–PZDCD–TE
2002 年 8 月
本書は,システム特権を持つシステムの保守担当者 (システム管理者,
データ・センター・オペレータ,アプリケーション・プログラマ) が,
DECprint Supervisor プリンティング・システムを PostScript プリンタ
のユーザ用にカスタマイズしてプリンティング・サービスを提供する方
法について説明します。また, PostScript プリンティングでの一般的な
問題,およびその対処法についても説明します。
オペレーティング・システム:
日本語 OpenVMS Alpha オペレーティ
ング・システム V6.2, V7.2-2, V7.3,
V7.3-1
日本語 OpenVMS VAX オペレーティン
グ・システム V5.5-2, V7.2, V7.3
ソフトウェア・バージョン:
コンパックコンピュータ株式会社
日本語 Compaq DECprint Supervisor
V2.1 for OpenVMS
2002 年 8 月
本書の著作権はコンパックコンピュータ株式会社が保有しており,本書中の解説および図,
表はコンパックの文書による許可なしに,その全体または一部を,いかなる場合にも再版あ
るいは複製することを禁じます。
また,本書に記載されている事項は,予告なく変更されることがありますので,あらかじめ
ご承知おきください。万一,本書の記述に誤りがあった場合でも,コンパックは一切その責
任を負いかねます。
本書で解説するソフトウェア (対象ソフトウェア) は,所定のライセンス契約が締結された場
合に限り,その使用あるいは複製が許可されます。
© Compaq Information Technologies Group, L.P.
Compaq, Compaq ロゴ, Alpha, DCPS, DECnet, OpenVMS, VAX および VMS
は, Compaq Information Technologies Group, L.P. の商標です。
Microsoft および Windows は米国 Microsoft 社の商標です。
このドキュメントに記載されているその他の会社名および製品名は,各社の商標または登録
商標です。
本書は,日本語 VAX DOCUMENT V 2.1を用いて作成しています。
目次
まえがき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1
2
xiii
DECprint Supervisor の概要
1.1
DECprint Supervisor ソフトウェアの目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1–1
1.2
DECprint Supervisor ソフトウェアの構成要素 .
1.2.1
プリント・シンビオント . . . . . . . . . .
1.2.2
装置制御ライブラリ . . . . . . . . . . . . .
1.2.3
トランスレータ . . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
1–4
1–5
1–6
1–7
PrintServer 以外のプリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.1.1
ネットワーク・プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.1.1.1
raw TCP/IP プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.1.1.2
LAT プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.1.1.2.1
LAT アクセスのためのプリンタの構
成...........................
2.1.1.2.2
DECserver LAT ポート属性の設定 . . .
2.1.1.2.3
LAT 構成ファイルの編集 . . . . . . . . . .
2.1.1.2.4
通信速度の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.1.1.3
AppleTalk プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.1.2
直接接続のシリアル・プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.1.3
一般情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.1.3.1
対象のプリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.1.3.2
プリンタの時間切れの値の設定 . . . . . . . . . . . . . . .
2.1.3.3
プリンタ・パスワードの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.1.3.4
プリンタ名の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2–1
2–2
2–3
2–4
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
プリンタの設定
2.1
2.2
DIGITAL PrintServer プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2.2.1
PrintServer TCP/IP ネットワーク・ノードの定義 . . . . . . . . .
2.2.2
PrintServer DECnet ネットワーク・ノードの定義 . . . . . . . . .
2.2.3
PrintServer クライアント・セットアップ・ファイルの削
除.............................................
2–4
2–5
2–8
2–10
2–10
2–10
2–11
2–11
2–12
2–13
2–13
2–14
2–14
2–15
2–15
iii
3
プリント・キューの作成と変更
3.1
初めてソフトウェアをインストールする場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3–1
3.2
DECprint プリンティング・サービス・ソフトウェア (CPS) からのアッ
プグレードの場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3–1
3.3
3.4
iv
実行キューの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.3.1
実行キューの名前の指定 (P1) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.3.2
プリンタ装置名の指定 (P2) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.3.2.1
TCP/IP ネットワークに接続し raw TCP/IP ソケッ
トを使用しているプリンタの場合 . . . . . . . . . . . . . .
3.3.2.2
LAT ネットワーク接続あるいは直接接続のプリンタ
である場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.3.2.3
TCP/IP ネットワークを使用した PrintServer プリ
ンタである場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.3.2.4
DECnet ネットワークを使用した PrintServer プリ
ンタである場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.3.2.5
AppleTalk ネットワークを使用したプリンタである
場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.3.3
ライブラリ論理名の指定 (P3) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.3.4
キューに対する省略時の PRINT コマンド・パラメータの割り
当て (P4) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.3.5
省略時のキュー属性の指定 (P5) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.3.6
シリアル・プリンタの通信速度の設定 (P6) . . . . . . . . . . . . . . .
3.3.7
キューに対する SET DEVICE 修飾子の指定 (P7) . . . . . . . . . .
3.3.8
キュー初期化時の SET VERIFY の有効化 (P8) . . . . . . . . . . . .
実行キューの動作のカスタマイズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.4.1
マルチストリーム・プロセスとしての DCPS の稼動 . . . . . . . .
3.4.1.1
マルチストリームを稼動している場合のプリント・
キューの管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.4.1.2
マルチストリームを稼動している場合の DCPS 環境
の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.4.1.3
DCPS$MAX_STREAMS に対する適切な値の決
定.....................................
3.4.2
ジョブ起動時の "Busy"状態のプリンタへの割り込み . . . . . . . .
3.4.3
ジョブ起動時の PostScript 同期の制限 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3.4.4
シンビオント・プロセスのワーキング・セットの削除 . . . . . . .
3.4.5
OPCOM メッセージ USERNOTFOUND の制限 . . . . . . . . . . .
3.4.6
A4 ランドスケープでの古い ANSI トランスレータのページ・
サイズの使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3–2
3–4
3–4
3–6
3–7
3–7
3–8
3–8
3–9
3–9
3–10
3–12
3–12
3–12
3–13
3–13
3–14
3–14
3–15
3–16
3–16
3–17
3–18
3–18
3.5
ジェネリック・キューの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3–19
3.6
キュー定義の変更の有効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3–20
3.7
4
5
プリンティング・システムのテスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3–22
自動的なデータ・タイプの検出
4.1
DCPS による自動的なデータ・タイプの検出方法 . . . . . . . . . . . . . . . . .
4–1
4.2
データ・タイプの自動検出の設定方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4.2.1
ファイル拡張子とデータ・タイプの対応付け . . . . . . . . . . . . . .
4.2.2
システムおよびキューの省略時のテキスト・データ・タイプの
指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4.2.3
ユーザがデータ・タイプの検出を制御する方法 . . . . . . . . . . . .
4–2
4–2
4–4
4–5
プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作
5.1
プリント・ジョブの状態の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–1
5.2
プリント・ジョブの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–2
5.3
保留状態のプリント・ジョブの保留解除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–3
5.4
プリント・ジョブの転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5.4.1
待ち状態のプリント・ジョブを別のキューに再登録する操
作.............................................
5.4.2
現在印刷中のジョブを別のキューに移動する操作 . . . . . . . . . .
5.4.3
キュー内のすべてのプリント・ジョブを別のキューへ移動する
操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–4
5–4
5–4
5.5
プリント・ジョブの属性の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–5
5.6
キューの表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–6
5.7
キューの一時停止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–6
5.8
キューの起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–7
5.9
キュー属性の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–8
5.10
キューのクローズとオープン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–9
5.11
キューの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–9
5.12
"Stalled"状態のキューへの応答 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–10
5.13
キュー・マネージャの停止と起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–11
5–5
v
6
7
vi
セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定
6.1
セパレータ・ページとは何か . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6–1
6.2
ジョブ・セパレータ・ページの有効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6.2.1
トレーラ・ページのエラー・メッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . .
6.2.2
ジョブ・トレーラ・ページの禁止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6.2.3
ジョブ・バースト・ページおよびジョブ・フラグ・ページ用の
特別な給紙トレイの指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6–2
6–4
6–4
6–5
6.3
ファイル・セパレータ・ページの有効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6–8
6.4
セパレータ・ページへのシステム・メッセージの追加 . . . . . . . . . . . . . .
6–10
6.5
Extended File Specifications . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6–11
6.6
ジョブ・ログ・ページの指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6–11
6.7
ファイル・エラー・ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6–11
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
7.1
セットアップ・モジュールの概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7–1
7.2
セットアップ・モジュールの位置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7.2.1
カスタム・セットアップ・モジュールの位置 . . . . . . . . . . . . . .
7.2.2
セットアップ・モジュールの内容の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . .
7–1
7–2
7–3
7.3
カスタム・セットアップ・モジュールの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7–4
7.4
装置制御ライブラリの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7.4.1
ライブラリへのセットアップ・モジュールの登録 . . . . . . . . . .
7.4.2
ライブラリ検索リストの指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7.4.3
キューを起動するために必要な装置制御ライブラリ . . . . . . . . .
7.4.4
アップグレード時のカスタム・セットアップ・モジュールの保
存.............................................
7–4
7–5
7–6
7–8
7.5
プリント・ジョブへのセットアップ・モジュールの指定 . . . . . . . . . . . .
7–9
7.6
永続的な PostScript 資源のロード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7–10
7.7
PCL および Proprinter プリント・ジョブ用の省略時の文字セットの変
更....................................................
7–11
7.8
セットアップ・モジュールを使用したプリンタ解像度の指定 . . . . . . . . .
7–13
7.9
セットアップ・モジュールを使用した DECimage パラメータの変更 . . .
7–14
7.10
フォント・カートリッジ・エミュレーションのアクセスの提供 . . . . . . .
7–16
7.11
装置制御ライブラリのキャッシュ機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7–17
7–8
7.12
8
9
識別されないプリンタへの印刷 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7–18
フォーム定義の作成および保守
8.1
セットアップ・モジュールとフォームとの対応 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8–1
8.2
フォームとプリント・キューとの対応付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8–3
8.3
ANSI ファイル用のフォーム定義の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8–3
8.4
フォームおよびその属性の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8–5
8.5
フォームの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8–5
8.6
省略時の ANSI フォーム定義の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8–6
ユーザに対するプリンタ資源の料金請求
9.1
DECprint Supervisor ソフトウェアによるアカウンティング情報 . . . . . .
9–1
9.2
ジョブ・コントローラが記録するアカウンティング情報 . . . . . . . . . . . .
9.2.1
ジョブ・コントローラが空白のままにしておくアカウンティン
グ・フィールド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9.2.2
ジョブ・コントローラが 0 に設定するアカウンティング・フィ
ールド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9–2
9.3
DCPS ページ・カウントの正確さ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9–4
9.4
機械的なページ・カウンタとの互換性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9–5
9–4
9–4
10 プリンタ固有の情報
10.1
Apple LaserWriter Plus プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.1.1 LPS$PERSISTENT_RESOURCES の未サポート . . . . . . . . . .
10–1
10–1
10.2
Compaq Laser Printer LN16 および GENICOM microLaser 170 . . . . . . .
10.2.1 プリンタ構成の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.2 LAT および AppleTalk 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10–1
10–1
10–2
10.3
Compaq Laser Printer LN32 および LNM40; GENICOM Intelliprint mL,
LN および microLaser シリーズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.3.1 プリンタ構成の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.3.1.1 言語識別モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.3.1.2 プリンタ設定によりキューが停止することがあ
る.....................................
10.3.2 LAT および AppleTalk の構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.3.3 TCPware 使用時にキューが異常終了する . . . . . . . . . . . . . . . .
10–3
10–3
10–3
10–3
10–4
10–4
vii
10.4
DIGITAL Colorwriter LSR 2000 プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.4.1 raw TCP/IP では動作しない NIC . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10–5
10–5
10.5
DIGITAL DECcolorwriter 1000 プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.5.1 プリンタ固有のセットアップ・ファイル . . . . . . . . . . . . . . . . .
10–5
10–5
10.6
DIGITAL DEClaser 3500 プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.6.1 ジョブが "Starting"状態のままとなること . . . . . . . . . . .
10.6.2 通信プロトコルとネイティブ PCL サポートとの相互関係
10.6.3 raw TCP/IP で動作しない NIC . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
10–6
10–6
10–7
10–7
10.7
DIGITAL DEClaser 5100 プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.7.1 NIC 上で EtherTalk プロトコルが利用できないネイティブ
PCL . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.7.2 raw TCP/IP で動作しない NIC . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.7.3 フォントのダウンロードと削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.7.4 エラー・ページ機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10–7
10–7
10–8
10–8
10–8
10.8
DIGITAL Laser Printer LN15+ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.8.1 プリンタ構成の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10–9
10–9
10.9
DIGITAL Laser Printer LN17+ps . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.9.1 ジョブが "Starting"状態のままとなること . . . . .
10.9.2 不正確な用紙枚数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.9.3 フォントのダウンロードと削除 . . . . . . . . . . . . . .
10.9.4 色の違うセパレータ・ページとトレイの切り換え
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
10–9
.
10–9
. 10–10
. 10–10
. 10–11
10.10 DIGITAL Laser Printer LN20 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.10.1 不正確な用紙枚数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10–11
10–11
10.11 DIGITAL Laser Printer LN40 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.11.1 不正確な用紙枚数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10–11
10–11
10.12 Compaq および DIGITAL Laser Printer LNC02 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–12
10.12.1 最小のファームウェア・バージョン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–12
10.12.2 不正確な用紙枚数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–12
10.13 DIGITAL PrintServer 17 プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–12
10.13.1 色の違うセパレータ・ページとトレイの切り換え . . . . . . . . . . 10–12
10.14 HP LaserJet IIID プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–13
10.14.1 ジョブが "Starting"状態のままとなること . . . . . . . . . . . . . . . 10–13
10.14.2 両面印刷時の不正確な用紙枚数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–14
10.15 HP LaserJet IIISi プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–14
10.15.1 ネイティブな PCL ジョブにおける不正確な用紙枚数 . . . . . . . . 10–14
10.15.2 両面印刷時の不正確な用紙枚数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–14
10.16 HP LaserJet 4SiMX プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–14
viii
10.16.1 両面印刷時の不正確な用紙枚数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–14
10.17 HP LaserJet 5M プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–15
10.17.1 給紙トレイ選択時の問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–15
10.17.2 両面印刷時の不正確な用紙枚数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–15
10.18 HP LaserJet 5SiMX プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.18.1 次のトレイへのジョブ・トレーラ・ページ印刷 . . . . .
10.18.2 用紙に対するメモリ不足: 利用不能なトレイ . . . . . . .
10.18.3 用紙に対するメモリ不足: サポートされない両面印刷 .
10.18.4 両面印刷時の用紙枚数の誤り . . . . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
10–15
10–15
10–16
10–16
10–16
10.19 HP LaserJet 4000, 4050 および 5000 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–16
10.19.1 最小のファームウェア・バージョン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–16
10.20 HP LaserJet 8000, 8100 および 8150 . . . . .
10.20.1 オプションのメールボックス . . . . .
10.20.2 キューの起動に関する問題 . . . . . . .
10.20.3 最小のファームウェア・バージョン
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
10–17
10–17
10–17
10–17
10.21 HP LaserJet 9000 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–17
10.21.1 オプションのホチキス止め機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–18
10.22 HP XL300 プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–18
10.22.1 通信に関連する問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–18
10.23 Lexmark Optra Rt+ プリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–18
10.23.1 トレイのリンクと INPUT_TRAY . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–18
10.24 Lexmark Optra S, Optra T および T シリーズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–19
10.24.1 キューの起動に関する問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–19
10.25 Tektronix Phaser . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–19
10.25.1 プリンタ構成の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–19
11 問題の解決方法
raw TCP/IP プリンタで出力できないときの処置 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.1.1 raw TCP/IP または LAT キューでのジョブの "Starting"状
態.............................................
11.1.2 raw TCP/IP キューでのジョブの "Starting"状態 . . . . . . . . . . .
11.1.3 raw TCP/IP キューの接続の切断 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.1.4 使用不能な raw TCP/IP プリンタについての NOT_READY 警
告メッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11–2
11–2
11–3
11.2
PrintServer プリンタで印刷できないときの処置 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11–4
11.3
シリアル・プリンタで印刷できないときの処置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11–5
11.1
11–1
11–4
ix
ローカルに接続されたシリアル・プリンタが印刷を開始しない
ときの処置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ローカルに接続されたシリアル・プリンタが印刷を停止したと
きの処置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
LAT プリンタで印刷できないときの処置 . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.3.3.1 プリンタを制御するホストの判断方法 . . . . . . . . . .
11.3.3.2 プリンタ通信に関する問題の解決 . . . . . . . . . . . . . .
11.3.3.3 一般的な LAT エラー・メッセージ . . . . . . . . . . . . .
シリアル・プリンタでのログイン対話の禁止 . . . . . . . . . . . . . .
11–11
11–13
11–14
11–17
11–18
11–21
11.4
印刷速度が期待される速度より遅い場合の処置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11–22
11.5
レイアップ定義ファイルを見つけることができないときの処置 . . . . . . .
11–23
11.6
印刷結果が予想と異なる場合の処置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.6.1 省略時のキュー・パラメータが有効でないときの処置 . . . . . . .
11.6.2 ファイル・データ・タイプが認識されないときの処置 . . . . . . .
11–24
11–24
11–25
11.3.1
11.3.2
11.3.3
11.3.4
11–6
A プリンティング・システム管理コマンド
A.1
管理コマンドの概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
A–1
A.2
DCPS での SET PRINTER コマンドの使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
A–3
B DCPS で使用する論理名
C フォントのダウンロードと削除
D DECprint Supervisor (DCPS) および DECprint プリンティング・サ
ービス (CPS)
D.1
DCPS/CPS の共存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–1
D.2
CPS から DCPS へのアップグレード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–1
D.3
接頭語 DCPS$ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–2
D.4
スタートアップ・ファイル・コンバータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–3
D.5
ジェネリック・キューは不要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–4
D.6
ベージの拡大/縮小 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–4
D.7
PostScript レベル 2 プリンタに対するレイアップとレイアップの修
正....................................................
D–4
PRINT コマンド・ラインでのレイアップ・オプション . . . . . . . . . . . . .
D–5
D.8
x
ページ・サイズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–5
D.10 代替トレイからのセパレータ・ページの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–5
D.11 到達不可能な PrintServer の停止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–6
D.12 1 行目の重ね書き . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–6
D.13 ストール時間切れ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–6
D.14 ジョブのキューへの再登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–6
D.15 ストリーム・ファイルの読み込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–7
D.16 コピーは新しい用紙で開始 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–7
D.17 ジェネリック・キューの再起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–7
D.18 Proprinter トランスレータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–7
D.19 DCPS および PATHWORKS ライブラリ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–8
D.20 Macintosh および PC ファイルの印刷 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–8
D.21 Colormate PS のカラー機能の改善 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–8
D.22 セキュリティ・メッセージの印刷 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
D–9
D.9
E ドキュメンテーション・キットの構成
索引
例
3–1
3–2
3–3
7–1
8–1
raw TCP/IPプリンタの実行キュー・エントリの作成 .
PrintServer プリンタの実行キュー・エントリの作成
ジェネリック・キューの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
装置制御ライブラリの検索リスト . . . . . . . . . . . . . . .
フォーム定義の例, CONFIDENTIAL . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
3–2
3–3
3–19
7–6
8–2
xi
図
1–1
6–1
6–2
DECprint Supervisor ソフトウェアの構成要素 . . . . . . . . . . . . . . . . .
ジョブ・バースト・ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ファイル・フラグ・ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2–1
2–2
3–1
3–2
3–3
3–4
5–1
6–1
7–1
7–2
7–3
7–4
8–1
10–1
10–2
10–3
A–1
A–2
DECserver のポート属性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2–6
プリンタが要求する DECserver のポート属性 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2–7
実行キューに対するパラメータ値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3–3
raw TCP/IP ポート番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3–6
ジェネリック・キューのパラメータ値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3–19
異なるデータ・タイプに対応した IVP ファイル . . . . . . . . . . . . . . . .
3–22
キューを表示するためのコマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5–6
トレイ番号の値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6–6
プリンタ解像度のセットアップ・モジュール . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7–13
DECimage の有効化および無効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7–14
DECimage セットアップ・モジュール — 複合パラメータ . . . . . . . . .
7–15
DECimage セットアップ・モジュール — 個別パラメータ . . . . . . . . .
7–15
ANSI ファイル用の DEFINE/FORM 修飾子 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8–4
有効な言語識別構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10–3
LN15 の構成の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10–9
Tektronix Phaser 構成設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10–19
キュー管理コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
A–1
DECprint Supervisor キューに対応する SET PRINTER の修飾
子..................................................
A–4
DCPS の論理名 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
B–2
1–5
6–2
6–9
表
B–1
xii
まえがき
対象読者
本書は, DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアをインストールしたプ
リンティング・システムを管理する OpenVMS システム管理者と,データ・セン
ター・オペレータを対象にしています。本書を参照すれば,プリント・キューを作
成および変更し,プリント・ジョブとプリント・キューを管理し,ユーザの必要条
件を満足するようにプリンティング環境を設定することができます。
本書はまた,フォーム定義,セットアップ・モジュール,およびレイアップ定義
ファイルを使用してプリンティング・システムを設定する高度なユーザや,アプ
リケーション・プログラマも対象にしています。ユーザがプリンティング・シス
テムの機能をアクセスする方法については,『日本語 DECprint Supervisor for
OpenVMS ユーザーズ・ガイド』を参照してください。
DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアがまだインストールされていな
い場合には,『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS インストレーション・
ガイド』を参照してください。
注意
本書は,標準版『Compaq DECprint Supervisor for OpenVMS System
Manager’s Guide』の翻訳版であり,日本語 PostScript プリンタに関する
記述は含まれていません。英文マニュアルにある DEClaser プリンタ,
ScriptPrinter および LN03 イメージ・プリンタに関する記述は削除して
いませんが,これらに対応する日本語製品は存在していません。また,
SoftFonts 製品についても,同様に日本語版は存在していません。現在サ
ポートされている日本語 PostScript プリンタおよび今後サポートされるハ
ードウェア/ソフトウェアの変更,追加に関しては,その時点での『ソフト
ウェア機能仕様書 (SPD)』および『リリース・ノート』を参照してくださ
い。
xiii
表記法
本書では次の表記法を使用します。
xiv
表記法
意味
大文字
大文字は DCL コマンド,修飾子,およびパラメータを示します。
イタリック体
コマンドの例で使用されているイタリック体の文字は,適切な単語また
は値に置き換えなければならないことを示します。
太字
太字は PostScript オペレータまたはエラー・メッセージの接頭辞文字
列です。オンライン表示の場合には,例で使用されている太字は,プロ
シージャの一部として入力しなければならない文字を示します。
[ ]
大括弧は省略可能な項目を囲むために使用します。
Ctrl/x
このシンボルは制御キー・シーケンスを示します。 Ctrl キーを押した
状態で, x によって示される別のキーを押さなければなりません。
Return
このシンボルは Return キーを押さなければならないことを示します。
『 』
二重括弧は,参照する書籍名を示します。
1
DECprint Supervisor の概要
1.1
DECprint Supervisor ソフトウェアの目的
DECprint Supervisor ソフトウェアを使用することにより, ネットワークに接続さ
れた PostScript プリンタの使用および管理が可能となります。たとえば,ユーザ
は次のことが可能となります。
• ユーザ独自のドキュメントの印刷,両面印刷,給紙トレイの選択
• 出力するファイルを変更することなく出力ドキュメントを変更することによ
る,用紙の節約およびカスタム・ドキュメントの作成
• PostScript プリンタへの異なるタイプのファイルの出力
• OpenVMS Alpha および VAX オペレーティング・システム,パーソナル・コン
ピュータ (PC), Macintosh システムからのプリンタへのアクセス
システム管理者は次のものを準備することにより,プリンティング・システムを使
用しやすくすることができます。
• 省略時のキュー属性
たとえば両面印刷などの特定のパラメータをユーザは指定する必要がなくなり
ます。
• セットアップ・モジュール
これらのモジュールは装置制御ライブラリに格納され,プリント・ジョブの印
刷環境を変更するために使用されます。
• フォーム定義
プリント属性を指定したり,セットアップ・モジュールを含むことにより,ユ
ーザが簡単に特定のプリント・ジョブの属性を指定できるようにします。
DECprint Supervisor の概要 1–1
• レイアップ定義ファイル
プリント・ジョブを用紙に印刷する形式を変更するために作成します。
注意
DCPS V2.0 から, DCPS-OPEN および DCPS-PLUS のライセンスは必要
ありません。現在, DCPS のすべての機能を使用する権利は, OpenVMS
オペレーティング・システムのライセンスに含まれています。
DCPS では,次の機能も提供します。
• ドキュメントのフォーマット
DCPS を使用すると,ユーザは次のことが可能になります。
次のコマンドを使用した,物理的な用紙サイズに適合したページ・サイズへ
の変換。
$ PRINT/PARAMETERS=(PAGE_SIZE=n,SHEET_SIZE=m) file-spec
次のコマンドを使用した,ファイル出力時のページ・レイアップ処理の指
定。
$ PRINT/PARAMETERS=(LAYUP=option=value)
次のいずれかのコマンドを使用した,用紙の節約。
$ PRINT/PARAMETERS=(PAGE_LIMIT="n,m")
$ PRINT/PARAMETERS=(NUMBER_UP=n)
SHEET_COUNTパラメータを指定した,ソートされない複数のコピーの出
力。
/SETUP 修飾子を指定した,あらゆるタイプの装置制御モジュールの使用。
ANSI モジュールの場合は制御シーケンスを含み, PCL モジュールの場合
はバイナリ・フォント・データを含む可能性があります。
• データ・タイプの変換
DCPS により,次のデータ・タイプのファイルを出力することができます。
PCL 4 (Printer Control Language) ファイル
1–2 DECprint Supervisor の概要
Hewlett-Packard LaserJet IID での出力に使用
Proprinter ファイル
IBM Proprinter XL24 での出力に使用
ReGIS グラフィックス・ファイル (白黒出力のみ)
TEKTRONIX ファイル
TEKTRONIX 4010/4014 での出力に使用
ASCII テキスト・ファイル
行番号,ページ・ヘッダ,背景にグレイ・バーとホワイト・バーを交互に表
示
DDIF (DIGITAL Document Interchange Format)
2 値イメージ・ファイル
• 自動データ・タイプ検出
ほとんどの場合,ユーザは出力ファイルのデータ・タイプを指定する必要はあ
りません。 DCPS は,サポートされているデータ・タイプのファイルを識別
し,出力する前に自動的に PostScript に変換します。
DCPS では,テキスト・データ (ANSI, PCL, Proprinter データ) および
PostScript データの両方を含むファイルを出力することができます。たとえ
ば, PostScript ファイルを含む電子メール・メッセージを出力することができ
ます。ユーザはデータ・タイプを指定することなく, プリント・ジョブをキュー
に登録することができます。 DECprint Supervisor ソフトウェアはテキスト・
ファイルとして出力を開始し,自動的に PostScript への変換を識別してファイ
ルを正しく出力します。
ユーザが独自に作成したファイルを識別して出力するようにプリンティング・
システムをカスタマイズするための情報については,第 4 章を参照してくださ
い。
DCPS のバージョン
現在システムで実行されている DCPS ソフトウェアのバージョンは,ジョブおよ
びファイルのセパレータ・ページに印刷されるほか,論理名 DCPS$VERSION に
も出力されます。 DCPS$VERSION が定義されていない場合, DCPS はそのシス
テムで起動されていません。
DECprint Supervisor の概要 1–3
1.2
DECprint Supervisor ソフトウェアの構成要素
DECprint Supervisor ソフトウェアは次の要素で構成されています。
• プリント・シンビオント
プリンタに割り当てられた OpenVMS プリント・キューからのプリント要求を
処理します。
• キュー管理サービス
第 5 章を参照してください。
• データ・タイプ・トランスレータ
PostScript 以外のファイルを PostScript 装置で印刷できるように変換します。
• ファイルの印刷方法を変更するセットアップ・モジュールを登録した装置制御
ライブラリ
第 7 章を参照してください。
DECprint Supervisor シンビオントは OpenVMS プリント・シンビオントである
PRTSMB の代わりに使用されます。ソフトウェアは実行可能イメージ・ファイ
ル,テキスト,およびヘルプ・ファイルから構成されます。
図 1–1 は,プリント・ジョブが OpenVMS システムで作成され,プリンタに送信
される処理を示しています。
1–4 DECprint Supervisor の概要
図 1–1 DECprint Supervisor ソフトウェアの構成要素
DCL
PRINT
DECprint Supervisor
MLO-009640
この後の各項では, DECprint Supervisor プリンティング・システムのソフトウ
ェア構成要素について説明します。
1.2.1
プリント・シンビオント
ユーザは DCL の PRINT コマンドを使用してジョブをプリンタに送信するか,ま
たは OpenVMS システム・サービス・コール SYS$SNDJBC を発行するアプリケ
ーション・プログラムを使用してジョブをプリンタに送信します。プリント・シン
DECprint Supervisor の概要 1–5
ビオントはプリント・ジョブを管理します。 DECprint Supervisor ソフトウェア
は次の操作を実行します。
• 資源の管理
• プリンタへの制御データの送信
• プリンタへのデータ・ファイルの送信
• プリンタの進捗状況の監視
• プリンタの状態の報告
• 例外状態の処理
たとえば,ユーザが次の PRINT コマンドを入力したとします。
$ PRINT/QUEUE=POST3/NOTIFY THORNTON.TXT
PRINT コマンド行はシステム・サービス・コールに変換され,ジョブ・コントロ
ーラに送信されます。引数はジョブ・コントローラ・データ構造に変換され,その
後,処理のためにシンビオントに渡されます。シンビオントは処理した引数とファ
イル・データをプリンタに送信し,プリント・ジョブの状態を示すメッセージを表
示して,ユーザに通知します。
PRINT コマンドとその修飾子についての説明は『日本語 DECprint Supervisor
for OpenVMS ユーザーズ・ガイド』を参照してください。
1.2.2
装置制御ライブラリ
装置制御ライブラリはセットアップ・モジュールを登録した OpenVMS テキス
ト・ライブラリです。シンビオントは装置制御ライブラリに登録されているモ
ジュールを使用して,さまざまな PRINT パラメータを実現します。 DECprint
Supervisor ソフトウェアは, PRINT コマンド行に指定された修飾子またはプリン
ト・キューに割り当てられている修飾子に応じて,適切なモジュールを取り出し,
そのモジュールをデータ・ストリームに挿入します。
1–6 DECprint Supervisor の概要
また,装置制御ライブラリには,シンビオントが自動的には使用しないモジュール
も登録されています。これらの一部のモジュールには PostScript プロシージャが
登録されており,たとえば,プリント・ジョブにエラー処理プログラムを追加した
り,代替文字エンコーディングを認識するように findfont プロシージャを拡張した
りするために使用します。詳しくは『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド』を参照してください。
各システムで使用するために独自のセットアップ・モジュールを作成することもで
きます。セットアップ・モジュールを作成する場合には,それらのモジュールは
DCPS$DEVCTL ライブラリ以外の装置制御ライブラリに登録しなければなりませ
ん。第 7 章の説明に従って装置制御ライブラリを作成し, DCPS$STARTUP.COM
に定義されている装置制御ライブラリ検索リストに,新しいライブラリを追加して
ください。
独自のセットアップ・モジュールを登録するためにシステム固有の装置制御ライブ
ラリを作成した場合,ライブラリの内容は DECprint Supervisor ソフトウェアの
現在のバージョンから次のバージョンに移行したときは,そのまま保存されます。
標準装置制御ライブラリ, DCPS$DEVCTL は新しいものに置き換えられます。
1.2.3
トランスレータ
プリント・ジョブが PostScript 以外のプリント・ファイルをキューに登録した
場合には,シンビオントはトランスレータを起動し,ユーザの入力ファイルを
PostScript に変換します (各ファイル・タイプを印刷するためにプリンティング・
システムを設定する方法については,第 4 章を参照してください)。
DECprint Supervisor ソフトウェアはファイルのデータ・タイプを自動的に検出で
きるため, PRINT コマンド行にデータ・タイプを指定する必要はありません。印
刷のために PostScript に変換する操作は自動的に実行されます。ジェネリック・
プリント・キューに省略時のデータ・タイプを定義しておく必要はありません。
システム管理者は省略時のデータ・タイプをジェネリック・プリント・キューに対
応づけることができ,このようにすれば,ユーザはジェネリック・キュー名を指定
するだけでファイルを印刷できます。詳しくは第 3 章を参照してください。
DECprint Supervisor の概要 1–7
DCPS がファイルのデータ・タイプを正しく識別しない場合は,次のように,コマ
ンド行にデータ・タイプを指定することができます。
$ PRINT MYFILE.MEM /PARAMETERS=DATA_TYPE=ANSI
$ PRINT MYFILE.POST /PARAMETERS=DATA_TYPE=POSTSCRIPT
1–8 DECprint Supervisor の概要
2
プリンタの設定
DECprint Supervisor を初めてインストールする場合,または新しいプリンタをイ
ンストールする場合は,この章を参照してください。既存のプリンタの設定を変更
する場合も,この章が役立ちます。次の節では, DECprint Supervisor を使用し
てプリンタを作動させる方法を説明します。
PrintServer 以外のプリンタ
第 2.1 節
DIGITAL PrintServer プリンタ
第 2.2 節
注意
すでに日本語 DECprint Supervisor キューが存在するプリンタの設定を変
更する場合は,まずSTOP /QUEUE /NEXT,またはSTOP /QUEUE /RESETコマン
ドを使用して,関連のキューを停止する必要があります。
2.1
PrintServer 以外のプリンタ
DIGITAL PrintServer プリンタ以外の PostScript プリンタは,複数の方法で
OpenVMS システムに接続することができます。
• プリンタに双方向 raw TCP/IP, LAT,または AppleTalk プロトコルをサポー
トするネットワーク・インタフェース・カード (NIC) がある場合,ネットワー
ク経由でプリンタと通信することができます。
• プリンタがシリアル接続を使用している場合,プリンタを直接 OpenVMS シス
テムに接続するかプリント・サーバまたはターミナル・サーバに接続して,ネ
ットワーク経由でプリンタと通信することができます。
プリンタの設定 2–1
• プリンタが双方向 Centronics パラレル接続を使用している場合,プリント・サ
ーバまたはターミナル・サーバに接続して,ネットワーク経由でプリンタと通
信することができます。
プリンタがネットワーク経由で接続されている場合,複数のシステムがプリンタに
アクセスすることができます。
DECprint Supervisor ソフトウェアで使用できる装置は,『ソフトウェア仕様書
(SPD)』に記載されています。
注意
DCPS では, OpenVMS システムとプリンタの間の通信パス全体が双方向
でなければなりません。ネットワーク・プリンタについては,この通信パ
スにプリンタとネットワーク装置の間の通信だけでなく,ネットワーク装
置と OpenVMS システムの間の接続も含まれます。 LAT や AppleTalk のネ
ットワーク装置およびシリアル・インタフェースは,通常,双方向通信を
提供します。プリンタ,ターミナル・サーバ,またはプリント・サーバ上
の raw TCP/IPネットワーク装置,およびパラレル・ポートは,この必要条
件を満たさない場合があります。 DCPS ソフトウェアは,プリンタから
OpenVMS システムに,ステータス・メッセージやその他の情報を送信で
きない接続では作動しません。
2.1.1
ネットワーク・プリンタ
プリンタは,ネットワーク・インタフェース・カード (NIC) が用意されているか,
ターミナル・サーバのプリント・サーバ経由でネットワークにアクセスできます。
プリンタは,次の場合にネットワーク・プリンタとして構成できます。
• プリンタが NIC,プリント・サーバ,またはターミナル・サーバに接続されて
いる。
• プリンタを使用しているすべてのホスト・システムで, DECprint Supervisor
ソフトウェアが稼動している。いずれかのホスト・システムが他の手段でプリ
ンタにアクセスする場合は,プリンタ・システムが失敗することがある。
2–2 プリンタの設定
ネットワーク・プリンタは,次のように動作します。
• プリンタが,複数のシステムで使用できる。
• プリンタの集中アカウンティング処理は行われない。それぞれのシステムがそ
のシステムで実行される印刷について,別々のアカウンティング情報を管理す
る。
• DECprint Supervisor ソフトウェアを実行する複数のシステムが同じプリンタ
について競合する。
• プリンタの集中プリント・キューは存在しない。そのため,次のことが生じ
る。
SHOW QUEUE コマンドは,ネットワーク上の他のノードにあるキューは
表示しない。
システムは,プリント・ジョブのスケジューリングもネットワーク上のプリ
ンタやノードの間の負荷分散も行わない。
2.1.1.1 raw TCP/IP プリンタ
raw TCP/IPは, TCP データ・ストリームを別途解釈することなく,TCP/IPプロ
トコルを直接使用するネットワーク・プロトコルです。これは,多くのネットワー
ク・インタフェース・カード (NIC),プリント・サーバ,およびターミナル・サー
バによってサポートされています。
この他, CPAP (Common Printer Access Protocol), LPD,および Telnet のよ
うに,TCP/IPの上位レイヤーのプリンタ・プロトコルがあります。 DCPS は,
CPAP を使用して, DIGITAL PrintServer プリンタと通信を行います。
注意
DCPS は, Telnet も LPD プロトコルもサポートしません。
raw TCP/IPを使用してプリンタと通信を行うには,プリンタに接続するために使
用する NIC,プリント・サーバ,またはターミナル・サーバが, raw TCP/IPポ
ートを提供する必要があります。さらに,この raw TCP/IPポートが,プリンタと
OpenVMS システムの間の双方向通信をサポートしなければなりません。 DCPS
は, DEClaser 3500 や 5100 の NIC, RapidPrint 200,および XIO スロット
プリンタの設定 2–3
(MIO ではなく) でプリンタとインタフェースする Hewlett-Packard JetDirect カ
ードで見られるような単方向ポートでは動作しません。
TCP/IP経由でプリンタと通信できるようにするには,その IP アドレスを定義す
る必要があります。また,アドレスに名前を関連づけることもできます。プリ
ンタの IP アドレスの設定については,プリンタのドキュメントを参照してくだ
さい。 OpenVMS システムのTCP/IP環境の構成については, Compaq TCP/IP
Services for OpenVMS, Process Software MultiNet for OpenVMS,または
Process Software TCPware のドキュメントを参照してください。
プリンタがプリント・サーバまたはターミナル・サーバによって接続されている
場合,サーバの IP アドレスを構成する必要があります。また,プリンタとサー
バの間の接続も構成しなければなりません (たとえば, LAT プリンタの場合,第
2.1.1.2.2 項の説明と同様の設定が必要になることがあります)。ネットワークおよ
びプリンタのインタフェースの構成については,ターミナル・サーバまたはプリン
タ・サーバのドキュメントを参照してください。
2.1.1.2 LAT プリンタ
2.1.1.2.1 LAT アクセスのためのプリンタの構成
シリアル・プリンタを LAT
によって Ethernet に接続されるネットワーク・プリンタとして構成するには,次
の設定を変更します。
1. ターミナル・サーバ経由で接続されたシリアル・プリンタを使用している場
合,必要なポート属性およびサーバ属性をプリンタに設定します (DECserver
装置については,第 2.1.1.2.2 項を参照してください)。
2. SYS$STARTUP:LAT$SYSTARTUP.COM に必要な変更を行います (第
2.1.1.2.3 項を参照してください)。
3. 通信速度を設定します (第 2.1.1.2.4 項を参照してください)。
プリンタのパスワードとプリンタ名も変更できます。これらの変更はオプション
で,第 2.1.3.3 項および第 2.1.3.4 項で説明されています。
2–4 プリンタの設定
2.1.1.2.2 DECserver LAT ポート属性の設定
注意
ここでは, DECserver 以外の LAT 装置を構成する手順については説明しま
せんが,多くの LAT 装置が DECserver 装置で使用されるものと同じコマン
ドを使用します。詳細については, NIC,ターミナル・サーバ,またはプ
リントサーバのオンライン・ヘルプその他のドキュメントを参照してくだ
さい。
DECserver のポート属性を変更するには, DECserver 装置での特権が必要です。
特権を持っている場合は, DEFINE PORT および SET PORT コマンドを使用し
ます。
DEFINE コマンドは,サーバのパーマネント・データベースにおけるポート属性
を変更します。変更内容は,次にそのポートでログインするまで有効になりませ
ん。
SET コマンドは,その場で有効になりますが,現在のセッションについてのみ,
ポート属性を変更できます。たとえば, (DECserver 200 で) PORT_6 の INPUT
SPEED および OUTPUT SPEED を 19200 ボーに変更するには,コンソール・サ
ーバ・マネージャから次のコマンドを入力します。
LOCAL> SET PRIVILEGED
PASSWORD> password
LOCAL> SET PORT 6 SPEED 19200
LOCAL> DEFINE PORT 6 SPEED 19200
注意
LAT を使用する場合, DECprint Supervisor には,このためのサンプル・
コマンド・ファイルが用意されています。このコマンド・ファイルは,タ
ーミナル・サーバ・マネージャ (TSM) を使用して, DECserver の属性を設
定し,データを TSM データベースに記録します (TSM というソフトウェア
製品は,弊社から別途入手してください)。コマンド・ファイルは,次のと
おりです。
プリンタの設定 2–5
SYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]DCPS$CONFIG-PRINTER-PORT.COM
このコマンド・ファイルは, DECserver 100, DECserver 200,および
DECserver 500 装置について,属性の例を示します。
DECserver 装置のコマンドおよび手続きについての詳細は, DECserver の管理ガ
イドを参照してください。
DECserver のポート属性がプリンタの設定と一致していることを確認します。
表 2–1 および表 2–2 に,プリンタの設定と一致する必要がある DECserver のポー
ト属性を示します
表 2–1 DECserver のポート属性
キャラクタ・サイズ
8
パリティ
なし
入力速度
9600
出力速度
9600
キュー・リミットを 0 に設定していないことを確認します。 0 に設定すると,キュ
ー登録ができなくなります。
2–6 プリンタの設定
表 2–2 プリンタが要求する DECserver のポート属性
属性
省略時の設定
ACCESS
REMOTE
AUTOBAUD
DISABLED
AUTOCONNECT
DISABLED
AUTOPROMPT
DISABLED
BREAK
DISABLED
BROADCAST
DISABLED
FLOW CONTROL
INPUT FLOW CONTROL
XON
1
ENABLED
OUTPUT FLOW CONTROL1
ENABLED
INACTIVITY LOGOUT
DISABLED
LOSS NOTIFICATION
DISABLED
MESSAGE CODES
DISABLED
QUEUING
ENABLED
VERIFICATION
DISABLED
1
DECserver 500 サーバでサポートされていない属性。
プリンタの設定 2–7
注意
DECserver 装置の多くのバージョンでは, QUEUING はポート属性ではな
くサーバ属性で,省略時の値は ENABLED です。
2.1.1.2.3 LAT 構成ファイルの編集
LAT 構成ファイル (SYS$STARTUP:
LAT$SYSTARTUP.COM) は,ホスト・ノード・サービス属性を定義します。プリ
ント・キューを起動する前に, LAT ドライバが動作しており,ポートが利用可能
であることを確認します。
注意
この項で参照するコマンドは, LATCP コマンドです。 LATCP コマンド
についての詳細は,『OpenVMS System Management Utilities Reference
Manual』を参照してください。
1. LAT$SYSTARTUP.COM を編集して次のコマンドを追加し,プリンタをサポー
トするホスト・ノード (サービス・ノード) 上にアプリケーション・ポートを作
成します。
$ CREATE PORT LTAd:/NOLOG/APPLICATION
このコマンド形式では,dのアプリケーション・ポートの数を指定します。これ
は, 1 ∼ 9999 までの一意の数でなければなりません。
注意
LTA 装置は,常にプリンタ専用というわけではなく,他の装置と共有する
こともあります。他の装置から LTA 装置への接続は,優先順位が最も低い
ポートの間で動的に確立されます。プリンタに大きなポート番号を割り当
てると,そのポートをプリンタ用に確保しやすくなり,他の装置への接続
から生じる干渉を避けることができます。
2–8 プリンタの設定
2. LAT$SYSTARTUP.COM で,次のコマンドを追加して,アプリケーション・ポ
ートをサーバ上のリモート・ポートに関連づけます。
$ SET PORT LTAd:/NODE=server_name/PORT=port_name/QUEUE/APPLICATION
このコマンド形式では,次の値を指定します。
LTAd:
アプリケーション・ポート名
server_name
LAT 装置に割り当てる名前
port_name
LAT 装置のポート名
次の例は, LTA9000: というアプリケーション・ポートを LN03RDS: という名
前のリモート DECserver 200 の PORT_7 に関連づけます。
$ SET PORT LTA9000:/NODE=LN03RDS/PORT=PORT_7/QUEUE/APPLICATION
LAT 装置が印刷サービス専用であれば,プリンタ用の LAT 接続を
DCPS$STARTUP.COM ファイルで定義することができます。これによ
り,すべての情報が 1 つのファイルに存在するので,構成についての問題解決
が容易になります。ただし, LAT 装置がプリンタ以外の装置も同時にサポート
する場合は,ポートを LAT$SYSTARTUP.COM ファイルに定義する必要があ
ります。
3. LAT 接続を正しく行うためには,次のリストのグループが,少なくとも 1 つの
LAT グループを共通に持っていることを確認する必要があります。
• LAT ポート上の許可されたグループおよび現在のグループ
• サービス・ノード上の有効なグループ
これらのグループが正しく設定されていない場合,プリント・ジョブをキュー
に登録したときに,次のエラー・メッセージが出力されます。
%DCPS-E-LRJACCESSDENIED, Access denied
LATCP コマンドを使用して,必要な LAT グループ指定を含めることができま
す。詳細については,『OpenVMS System Management Utilities Reference
Manual』を参照してください。
注意
この情報は, DECserver 90L には不要です。
プリンタの設定 2–9
2.1.1.2.4 通信速度の設定
シリアル・プリンタの通信速度が省略時の値 (9600
ボー) に設定されていることを確認します。これとは異なるボー・レートでプリン
タを作動させる場合は,次の手続きを使用します。
プリンタが DECserver 装置上にある場合,次の手順に従います。
1. プリンタを適切なボー・レートに設定します (プリンタのインストレーション・
ガイドを参照してください)。
2. DECserver の通信速度を設定します (ターミナル・サーバのインストレーショ
ン・ガイドを参照してください)。
3. プリンタの電源を投入します。プリンタが電源投入テスト・ページを印刷する
のを待って,そのテスト・ページの内容が行った設定どおりであることを確認
します。
2.1.1.3 AppleTalk プリンタ
プリンタを AppleTalk ネットワークで使用する場合, AppleTalk ネットワークに
おけるプリンタのアドレスは,通常,プリンタの PostScript プリンタ名になりま
す。複数のプリンタが同じプリンタ名を持ち, AppleTalk ネットワークの同じゾ
ーンにある場合,これらのプリンタの実際のノード名は,プリンタの電源が投入
された順序に依存します。同じ製品タイプのプリンタは,明示的に変更されない
限り,プリンタ名が同じになります。したがって,プリンタがネットワーク上で,
一意にかつ一貫して識別されるようにするには,プリンタのプリンタ名を変更す
る必要があります。プリンタの名前の変更は,プリンタや DOS/V マシンまたは
Macintosh に付属のツールを使用して行います。
2.1.2
直接接続のシリアル・プリンタ
プリンタと OpenVMS システムが通信できるためには,プリンタとシステムのシ
リアル・インタフェースのボー・レートを同じ値に設定する必要があります。ま
た,プリンタを 8 ビット・キャラクタ,パリティなしに設定します。
注意
ボー・レートに省略時の 9600 ボー以外を選択する場合,次の制限を考慮
する必要があります。
2–10 プリンタの設定
• OpenVMS のドライバは, 3600 および 7200 のボー・レートはサポー
トしません。
• DMZ32 シリーズ・インタフェースのリビジョン E 以下では,ボー・レ
ートを 4800 以下に設定する必要があります。
• 選択した速度が誤っている場合,プリンタが動作しなかったり,突然停
止したりすることがあります。
プリンタのシリアル・インタフェースについての詳細は,プリンタのインストレー
ション・ガイドを参照してください。必要な変更を行ったら,プリンタの電源をい
ったん切断して,再度投入します。次に,テスト・ページを手動で印刷し,印刷さ
れた設定と行った設定が一致することを確認します。
OpenVMS システムのシリアル・インタフェースのボー・レートは,第 3.3.6 項に
説明するように,対応する DCPS プリント・キューを設定するとき,P6に値を指
定して設定します。
注意
CSA0: (VAXstation II および VAXstation II/GPX システム上のプリンタ・ポ
ート 0) は,シリアル・プリンタ用にサポートされるインタフェースではあ
りません。
DECconnect シリアル・ケーブルを使用している場合, DEClaser プリンタ
に H8571–E アダプタが必要なことがあります。詳細については,プリン
タのインストレーション・ガイドを参照してください。
2.1.3
一般情報
2.1.3.1 対象のプリンタ
DCPS は,多くの PostScript プリンタで使用することができます。 DECprint
Supervisor ソフトウェアがサポートするプリンタのリストについては, SPD を参
照してください。 SPD に記載されていないプリンタについても,サポートなしの
形態で DCPS を使用できる可能性があります (第 7.12 節を参照してください)。
プリンタの設定 2–11
サードパーティのプリンタを使用する前に,次の手順を行います。
• プリンタで PostScript オプションが必要な場合は,それをインストールしま
す。
• PostScript 印刷用に,最小限必要な容量のメモリをインストールします。
リーガル・サイズの用紙への印刷,または両面印刷には,基本構成より多くのメモ
リが必要です。最小限の必要条件については,プリンタのマニュアルを参照してく
ださい。
2.1.3.2 プリンタの時間切れの値の設定
プリンタは,指定された一定時間データを受信しないと,強制終了することがあり
ます。できるだけ時間切れの値を 0 に変更して,タイムアウトしないようにしてく
ださい。
時間切れの値は,プリンタのオペレーターズ・ガイドに記載されているように,フ
ロント・パネルによって設定できる場合もあります。
また, PostScript オペレータsetdefaulttimeoutsで時間切れの値を変更することも
できます。標準ファイル, SYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]LPS$SET_
TIMEOUT.PS を修正して,時間切れの値を 0 に変更します。 DATA_
TYPE=POSTSCRIPT パラメータを使用してこのファイルを印刷し,プリンタ
の不揮発性メモリを 0 に変更し,これにより,プリンタの時間切れ条件を回避しま
す。
ファイルを PostScript ジョブとして印刷するようキューに登録するには,次のコ
マンドを使用します。
$ PRINT/QUEUE=queuename/PARAMETER=(DATA_TYPE=POSTSCRIPT) LPS$SET_TIMEOUT.PS
プリント・ジョブが処理されると,ページが印刷されて,時間切れの値が正しく変
更されたことが示されます。
2–12 プリンタの設定
2.1.3.3 プリンタ・パスワードの変更
PostScript プリンタには,一定の機能へのアクセスを制約するためのパスワードが
あります。プリンタのパスワードは,省略時の値から変更することができます。シ
リアル・プリンタの場合は,現在のパスワードと新しいパスワードが入ったプリン
ト・ジョブをキューに登録します。プリンタのパスワードを変更する方法について
の詳細は,『PostScript Printers Programmer’s Supplement』を参照してくださ
い。
ScriptPrinter の省略時のパスワードは (LN03R) で,これには括弧が必要です。
DEClaser プリンタの省略時のパスワードは 0 (数字のゼロ) で,括弧は付きませ
ん。プリンタのパスワードを省略時の値から変更すると,プリンタ・パスワードを
ANSI ファイルとセパレータ・ページの PostScript プロローグに持続的にロードす
る必要があるので,プリント・ジョブを印刷するのに時間がかかることがありま
す。
2.1.3.4 プリンタ名の設定
一部のシステム・メッセージには,プリンタ名が入っています。一意のプリンタ名
を設定していない場合,これらのメッセージに,省略時のプリンタ名が表示され
ます。 ScriptPrinter プリンタの省略時のプリンタ名は LN03R です。 DEClaser
プリンタの省略時のプリンタ名は, DEClaser です。たとえば,名前を変更してい
ない DEClaser プリンタでは,次のメッセージに省略時のプリンタ名が反映されま
す。
%DCPS-I-TRAYSUBST, Output will be delivered to the only tray on DEClaser
DEClaser プリンタの名前を SNUFFY に変更すると,同じエラー・メッセージに
新しい一意のプリンタ名が反映されます。
%DCPS-I-TRAYSUBST, Output will be delivered to the only tray on SNUFFY
PrintServer 以外のプリンタでは,プリンタ名がプリンタの不揮発性メモリに格納
されています。プリンタ名を設定するには, SYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.
DCPS]にあるファイルLPS$SET_PRINTER_NAME.PSのコピーを編集して,名前
とパスワードを書き入れます。プリンタ名は 31 文字以下です。
プリンタの設定 2–13
次に,このファイルを PostScript ジョブとして印刷するようキューに登録しま
す。
$ PRINT/QUEUE=queuename /PARAMETER=(DATA_TYPE=POSTSCRIPT) LPS$SET_PRINTER_NAME.PS
一意の名前が必要なそれぞれのプリンタについて, LPS$SET_PRINTER_
NAME.PS のコピーを編集し,キューに登録します。
2.2
DIGITAL PrintServer プリンタ
DIGITAL PrintServer プリンタはネットワーク・プリンタです。これらを
DECprint Supervisor が動作している OpenVMS システムで作動させるには,
OpenVMS DECnet, Compaq TCP/IP Services for OpenVMS, Process Software
MultiNet for OpenVMS または Process Software TCPware for OpenVMS ソフト
ウェアが必要です。
注意
DECprint Supervisor を開始する前に, PrintServer プリンタ上で
PrintServer ソフトウェアが実行されていることを確認します。
ユーザは,次の手続きにより,TCP/IPおよび DECnet 経由で, DIGITAL
PrintServer プリンタと通信することができます。
2.2.1
PrintServer TCP/IP ネットワーク・ノードの定義
TCP/IP経由で DIGITAL PrintServer プリンタと通信を行うには,その前にプリン
タに IP アドレスを割り当てる必要があります。また,アドレスに名前を関連づけ
ることもできます。
プリンタの IP アドレスの設定についての詳細は, PrintServer のドキュメント
を参照してください。 OpenVMS システムのTCP/IP環境についての詳細は,
Compaq TCP/IP Services for OpenVMS, Process Software MultiNet for
2–14 プリンタの設定
OpenVMS または Process Software TCPware for OpenVMS のドキュメントを参
照してください。
2.2.2
PrintServer DECnet ネットワーク・ノードの定義
DECnet 経由で DIGITAL PrintServer プリンタと通信を行うには,その前にプリ
ンタに DECnet アドレスを割り当てる必要があります。また,アドレスに名前を関
連づけることもできます。
プリンタの DECnet アドレスの設定についての詳細は, PrintServer のドキュメン
トを参照してください。
プリンタの DECnet アドレスに関連づけるには, DECnet フェーズ IV ソフトウェ
アを実行している場合には NCP コマンドを, DECnet-Plus (以前の DECnet/OSI)
を実行している場合には DECNET_REGISTER コマンドを使用します。ノード名
およびこれらのコマンドについての詳細は, OpenVMS DECnet ドキュメントを
参照してください。
2.2.3
PrintServer クライアント・セットアップ・ファイルの削除
既存の LPS$STARTUP.COM ファイルがもしあれば,それは今後使用するこ
とはなく, DECprint Supervisor とも互換性がありません。このファイルは,
DCPS$STARTUP.COM を編集した後削除します。このファイルを削除するには,
次の手続きに従います。
注意
実行キューを削除する前に,ジェネリック・キューをすべて削除します。
1. STOP/QUEUE/RESET コマンドで既存のプリント・キューを停止します。
2. 既存の PrintServer プリント・キューを削除します。
3. PrintServer プリンタについて,新しいプリント・キューを DCPS$STARTUP.
COM に追加します。
プリンタの設定 2–15
4. LPS$STARTUP.COM ファイルにカスタマイズされた定義がある場合,変更内
容を SYS$STARTUP:DCPS$STARTUP.COM にコピーします。
5. SYS$MANAGER:SYSTARTUP_VMS.COM を編集し, SYS$MANAGER:
LPS$STARTUP.COM への参照を削除します。
6. LPS$STARTUP.COM を削除します。このファイルおよび PrintServer での印
刷に必要でなくなった他のファイルを次のコマンドファイルを使用して削除し
ます。 SYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]DCPS$DELETE-LPSCLIENT.COM
2–16 プリンタの設定
3
プリント・キューの作成と変更
この章では,プリンティング・システムの起動およびテストについて説明します。
注意
キューを作成する前に,システム・キュー・マネージャが起動しているこ
とを確認してください。
3.1
初めてソフトウェアをインストールする場合
初めてインストレーションを行う場合は,スタートアップ・テンプレート・ファイ
ルを使用してキューを設定するようにします。次のようにプリンタ・スタートアッ
プ・テンプレート・ファイルをコピーしてください。
$ COPY SYS$COMMON:[SYS$STARTUP]DCPS$STARTUP.TEMPLATE $_ SYS$COMMON:[SYS$STARTUP].COM
3.2
DECprint プリンティング・サービス・ソフトウェア (CPS)
からのアップグレードの場合
DECprint プリンティング・サービス (CPS) は, DECprint Supervisor (DCPS) に
先行するソフトウェアです。 CPS から DCPS へアップグレードしている場合は,
詳細について第 D.2 節を参照してください。
プリント・キューの作成と変更 3–1
3.3
実行キューの設定
各 PostScript プリンタに対して実行キューを作成しなければなりません。実行キ
ューはジョブの処理をスケジューリングし,プリンタにプリント・ジョブの実行を
要求します。実行キューは特定のプリンタに対応しています。
実行キューを作成する場合は,キュー名および省略時のパラメータ値などキューに
ついての情報を入力します。例 3–1 に, raw TCP/IPプリンタの実行キューの作成
例を示します。例 3–2 に, PrintServer プリンタの実行キューの作成例を示しま
す。これらのコマンドは, DCPS$STARTUP.COM に記述されます。
例 3–1 raw TCP/IPプリンタの実行キュー・エントリの作成
$ @SYS$STARTUP:DCPS$EXECUTION_QUEUE
2UP "IP_RAWTCP/lnm40.my.com" DCPS_LIB "NUMBER_UP=2" "/DEFAULT=(FLAG,FORM=MYFORM)" "" "" ""
!
!
!
!
!
!
!
!
P1
P2
P3
P4
P5
P6
P7
P8
-
Execution queue name
Interconnect protocol/device name
Logical name for library(ies)
Default queue parameters
Default queue qualifiers
Communication speed (serial only)
Device characteristics
Verify on/off
このキューは 2UP という名前で, lnm40.my.com という名前のプリンタに対して
raw TCP/IP を使用します。このキューから印刷されるジョブは, 1 枚の用紙に 2
ページ印刷され,フラグ・ページが付けられて,フォーム MYFORM のコードが
組み込まれます。
3–2 プリント・キューの作成と変更
例 3–2 PrintServer プリンタの実行キュー・エントリの作成
$ @SYS$STARTUP:DCPS$EXECUTION_QUEUE
LPS20$BULL09 "DECNET/BULL09" DCPS_LIB "SIDES=2" "" "" "" ""
!
!
!
!
!
!
!
!
P1
P2
P3
P4
P5
P6
P7
P8
-
Execution queue name
Interconnect protocol/device name
Logical name for library(ies)
Default queue parameters
Default queue qualifiers
Communication speed (serial only)
Device characteristics
Verify on/off
このキューは LPS20$BULL09 という名前で, BULL09 という名前の
PrintServer プリンタに対して DECnet を使用します。このキューから印刷さ
れるジョブはデュプレックス (両面印刷) で印刷されます。
注意
実行キューを起動する前に,必要なソフトウェアが起動されるようにシス
テムを構成してください。たとえば,ネットワーク・プリンタの場合は,
対応する TCP/IP, LAT, DECnet, AppleTalk, PrintServer Supporting
Host ソフトウェアが起動していることを確認してください。
直接 DCPS$EXECUTION_QUEUE.COM を起動していて,
DCPS$STARTUP.COM に同様のコマンドを追加していない場合,
OpenVMS システムをリブートするといくつかの DCPS キューが動作
しない可能性があります。
以降の各項では, DCPS$EXECUTION_QUEUE.COM に記述する情報の各項目
について説明し,概略を表 3–1 に示します。
表 3–1 実行キューに対するパラメータ値
パラメータ
値
P1 (必須)
実行キューの名前
P2 (必須)
以下のすべてまたは一部を含むプリンタ・デバイスの記述
(次ページに続く)
プリント・キューの作成と変更 3–3
表 3–1 (続き) 実行キューに対するパラメータ値
パラメータ
値
ノード名—OpenVMS Cluster 内にあり, DCPS キューを実行するシステムを指
定したい場合
インターコネクト・プロトコル
ポート番号—raw TCP/IPプリンタの場合
AppleTalk ゾーン—AppleTalk プリンタの場合,ゾーン名は必須
AppleTalk プリンタ・タイプ – AppleTalk プリンタの場合,プリンタ・タイプは必
須
P3 (必須)
デバイス制御ライブラリを指す論理名
P4 (オプション)
省略時のキューのパラメータ
P5 (オプション)
省略時のキューの修飾子
P6 (オプション)
通信速度 (直接接続のシリアル・デバイスの場合のみ)
P7 (オプション)
デバイス特性
P8 (オプション)
デバッグ用の検査設定
3.3.1
実行キューの名前の指定 (P1)
キュー名は 1 ∼ 31 文字の長さであり,使用できる文字は英字の大文字と小文字,
数字,ドル記号 ($),およびアンダースコア (_) です。キュー名では少なくとも 1 文
字の英字を使用しなければならず,スペースを使用することはできません。
3.3.2
プリンタ装置名の指定 (P2)
プリンタ装置名には,プリンタにアクセスするために使用する接続方法および装
置,ならびにその装置が存在する VMScluster メンバ・ノードを指定します。
次の形式で装置名を指定します。
node::"interconnect/interconnect_specific_device_address"
• nodeは,キューが起動される VMScluster メンバ名です。 OpenVMS システム
がクラスタのメンバでない場合は,node::を省略することができます。
3–4 プリント・キューの作成と変更
• interconnectは接続タイプです。次のものを指定することができます。
プリンタの接続形態
指定
参照項
raw TCP/IP ソケットで接続したプリンタ
IP_RAWTCP
第 3.3.2.1 項
直接接続あるいは LAT で接続したプリンタ
SERIAL
第 3.3.2.2 項
CPAP プロトコルおよび TCP/IP を使用し,
TCP/IP で接続された PrintServer プリンタ
IP_CPAP
第 3.3.2.4 項
CPAP プロトコルおよび DECnet を使用し,
DECnet で接続された PrintServer プリンタ
DECNET
第 3.3.2.3 項
EtherTalk および LocalTalk プロトコルで接続
したプリンタ
APPLETALK
第 3.3.2.5 項
• interconnect_specific_device_addressはプリンタの実際のアドレスです。
CPAP (Common Printer Access Protocol), LPD, Telnet を含め, TCP/IP に基
づいたその他のプロトコルが存在します。 DCPS は CPAP を使用して DIGITAL
PrintServer プリンタと通信します。 DCPS は LPD および Telnet は使用しませ
ん。
raw TCP/IP を使用してプリンタと通信するには,プリンタをネットワークに接
続するために使用している NIC,プリント・サーバ,ターミナル・サーバが raw
TCP/IP ポートを持っている必要があります。さらに,その raw TCP/IP ポートが
プリンタと OpenVMS システム間の双方向通信をサポートしている必要がありま
す。 DCPS は単方向ポートでは動作しません。 DEClaser 3500 および 5100 プリ
ンタの NIC, RapidPrint 200 および 500,プリンタと (MIO スロットではなく)
XIO スロットを経由してインタフェースを行う HP JetDirect カードなどは単方向
ポートです。
注意
デバイス指定構文では, 39 文字よりも長いデバイス名を指定する
ことができます。 39 文字より長いデバイス名は,/ON 修飾子の
値について‘‘DCPS$’’として表示されます。デバイス名は,論理名
DCPS$queuename_DEVICE_NAME に保存されます。
プリント・キューの作成と変更 3–5
3.3.2.1 TCP/IP ネットワークに接続し raw TCP/IP ソケットを使用しているプリン
タの場合
次の形式で装置情報を入力してください。
"IP_RAWTCP/address:port"
addressは,名前表記あるいは数値表記による NIC,プリント・サーバ,ターミナ
ル・サーバの IP アドレスです。
portは,ネットワーク装置の raw TCP ポート番号です。使用するポート番号につ
いては, NIC,プリント・サーバ,ターミナル・サーバの IP アドレスのドキュメ
ントを参照してください。表 3–2 に,よく使用されるいくつかの装置に対するポ
ート番号を示します。
表 3–2 raw TCP/IP ポート番号
20nn
2501
3001
6869
9100
DECserver ターミナル・サーバ,‘‘nn’’は物理ポート番号
DIGITAL LN17ps および DIGITAL Laser Printer LN17+ps
Emulex NICs
DIGITAL Laser Printer LN15 および LN15+
DIGITAL RapidPrint 500 プリント・サーバ
Compaq Laser Printer LNC02
DIGITAL Laser Printer LN20, LN40 および LNC02
Compaq Laser Printer LN16, LN32 および LNM40
GENICOM Intelliprint mL, LN および microLaser プリンタ
GENICOM RapidPrint MPS100 プリント・サーバ
HP LaserJet プリンタ
IBM InfoPrint プリンタ
Lexmark C, Optra S, Optra T および W シリーズ・プリンタ
Tektronix Phaser プリンタ
Xerox DocuPrint N プリンタ
HP JetDirect, Lexmark および XCD プリント・サーバ
たとえば raw TCP/IP プリンタについては,次のいずれかで指定することができま
す。
3–6 プリント・キューの作成と変更
"IP_RAWTCP/lnm40.my.org:9100"
"IP_RAWTCP/8.9.10.11:9100"
注意
プリンタに間違ったポート番号を指定した場合, DCPS はそのプリンタと
通信することができません。しかし,プリンタのビジー状態あるいはオフ
ライン状態などとの区別ができないため,ポート番号が間違っていること
は通知されません。
3.3.2.2 LAT ネットワーク接続あるいは直接接続のプリンタである場合
シリアル・プリンタについては,次の形式を使用してください。
プリンタの接続形態
形式
説明
ローカル・シリアル・ライン
‘‘SERIAL/Txyn’’
xはプリンタのタイプ・コード,yはコントローラ
名,nはホスト・システムのユニット番号です。
LAT ポート
‘‘SERIAL/LTAn’’
nはホスト・システムのユニット番号です。
注意
SET TERMINAL および SET DEVICE コマンドは,シリアル・プリンタの
プリンタ名を変換します。コマンドがプリンタ名を変換しないように,プ
リンタ名の前にアンダースコア (_) を付けてください。
3.3.2.3 TCP/IP ネットワークを使用した PrintServer プリンタである場合
次の形式で装置情報を入力してください。
"IP_CPAP/address"
addressは,名前表記あるいは数値表記のいずれかの形式による DIGITAL
PrintServer プリンタの IP アドレスです。
たとえば PrintServer TCP/IP ノードは,次のいずれかで指定することができま
す。
"IP_CPAP/garmnd.dsg.dec.com"
"IP_CPAP/16.128.144.11"
プリント・キューの作成と変更 3–7
3.3.2.4 DECnet ネットワークを使用した PrintServer プリンタである場合
次の形式で装置情報を入力してください。
"DECNET/nodename"
addressは, DIGITAL PrintServer プリンタの DECnet ノード名です。
たとえば PrintServer DECnet ノードは,次のように指定することができます。
"DECNET/GARMND"
3.3.2.5 AppleTalk ネットワークを使用したプリンタである場合
AppleTalk ネットワークに接続されたプリンタを,プリンティング・システム
に組み込むことができます。 AppleTalk プリンタをネットワークで共有する
には, DCPS キューが起動されているノードで PATHWORKS for OpenVMS
(Macintosh) ソフトウェアを稼動しておかなければなりません。
次の形式で装置情報を入力してください。
"APPLETALK/printername@zone@type"
• printernameは,プリンタに割り当てられた AppleTalk ノード名です。これは
PostScript プリンタ名です。この値は必ず指定しなければなりません。
• zoneは,プリンタが存在するゾーンです。この値は省略可能です。省略時の設
定は,プリント・キューが起動されている OpenVMS システムのネットワー
ク・セグメントの AppleTalk ゾーンです。
• typeは,プリンタに対するアクセス機能を指定します。この値は省略可能で
す。一般的に,この値はLaserWriterです。
printernameだけが必要である場合, P2 の情報は"APPLETALK/printername"となり
ます。
AppleTalk プリンタは,次のいずれかの形式で指定することができます。
"APPLETALK/Paul’s Printer"
"APPLETALK/Paul’s Printer@MRO"
"APPLETALK/Paul’s Printer@MRO@LaserWriter"
3–8 プリント・キューの作成と変更
3.3.3
ライブラリ論理名の指定 (P3)
標準装置制御ライブラリの名前は DCPS$DEVCTL です。このパラメータを指定し
なかった場合には,この DCPS$DEVCTL が省略時のライブラリ名として使用され
ます。装置制御ライブラリの作成および装置制御ライブラリ論理名の定義について
の詳細は,第 7 章を参照してください。
3.3.4
キューに対する省略時の PRINT コマンド・パラメータの割り当て
(P4)
キューに対応させて省略時の PRINT コマンド・パラメータを指定することができ
ます。任意の PRINT パラメータをキューに対応させることができます。特定の
キューにプリント・ジョブを出力する際に, PRINT コマンド行に異なるパラメ
ータ値を指定していない場合は,省略時の PRINT パラメータが使用されます。
PRINT コマンド行で指定されたパラメータ値は,省略時のキュー・パラメータを
無効とします。
次の例に示すように,省略時の PRINT パラメータは引用符で囲んでください。
$ @SYS$STARTUP:DCPS$EXECUTION_QUEUE 2UP "SERIAL/TTB4:" DCPS_LIB "SIDES=2"
!
!
!
!
P1
P2
P3
P4
-
Execution queue name
Interconnect protocol/Device name
Logical name for library(ies)
Default queue parameters
DECprint Supervisor の PRINT パラメータの優先順位
PRINT コマンドの/PARAMETERS 修飾子によって設定されるパラメータは,キュ
ーに対して設定された省略時の値より優先されます。 DECprint Supervisor は,
次に示す優先順位に従って省略時のパラメータ値を使用します。
1. PRINT コマンドで指定したパラメータ
2. ジェネリック・キューの省略時の設定
3. 実行キューの省略時の設定
4. DCPS ソフトウェアに組み込まれている省略時の設定
DATA_TYPE=AUTOMATIC
プリント・キューの作成と変更 3–9
INPUT_TRAY=プリンタ固有の値1
LAYUP_DEFINITION=省略時のレイアップ定義ファイルなし
MESSAGES=NOMESSAGES
NUMBER_UP=0
OUTPUT_TRAY=プリンタ固有の値1
PAGE_LIMIT=制限なし
PAGE_ORIENTATION=PORTRAIT
PAGE_SIZE=(SHEET_SIZE と同じ)
NOPUNCH
SHEET_COUNT=1
SHEET_SIZE=プリンタ固有の値1
SIDES=プリンタ固有の値1
STAPLE=NONE
TAB=NOTAB
一部のパラメータ値はプリンタ・ハードウェアによって制御され, DECprint
Supervisor ソフトウェア以外の手段によって設定されます。 DIGITAL
PrintServer プリンタは PrintServer ソフトウェアの影響を受けます。その他
のプリンタは,プリンタ制御パネルあるいはスイッチによって制御されます。
3.3.5
省略時のキュー属性の指定 (P5)
省略時のキュー属性に追加する値あるいは上書きする値を指定することができま
す。これらの修飾子の設定には,INITIALIZE/QUEUEコマンドを使用しないで,
キュー定義に記述してください。
省略時の設定では,プリンタ・スタートアップ・コマンド・プロシージャは次の
INITIALIZE/QUEUE コマンドの修飾子を使用してプリント・キューを作成しま
す。
• /SEPARATE=(BURST,TRAILER,NORESET)
1
これらの設定はプリンタの PostScript インタプリタの設定に応じて異なります。
3–10 プリント・キューの作成と変更
/SEPARATE 修飾子はジョブ・セパレータ・ページを指定するために使用しま
す。省略時の設定は次のとおりです。
ジョブ・バースト・ページの印刷
ジョブ・トレーラ・ページの印刷
リセット・モジュールをプリント・ジョブの間で送信しません
(NORESET)。この設定は PrintServer クライアント・ソフトウェアか
らアップグレードしたシステムとの互換性を維持するために使用されます。
• /FORM_MOUNTED=DCPS$DEFAULT
この修飾子により,プリンタにマウントされる省略時のフォーム定義を指定す
ることができます。 ANSI ジョブのみの省略時のフォームは DCPS$DEFAULT
です。/FORM_MOUNTED修飾子を使用してフォーム定義を指定する場合に
は,/DEFAULT 修飾子にも同じフォーム定義を指定してください。
• /DEFAULT=(NOFEED)
/DEFAULT 修飾子は,省略時の PRINT 修飾子を指定します。標準キュー定義
では,プリント・ジョブに対して省略時の設定として NOFEED が定義されて
います。ユーザはこのコマンド行を変更して,任意の修飾子を追加することが
できます。たとえば,フォーム定義が必要な場合に,ジョブの印刷に適用され
るユーザ独自のフォームを指定することができます。
/DEFAULT=(FORM=MYFORM,NOFEED)
/DEFAULT 修飾子を指定する場合は, FORM キーワードと NOFEED キー
ワードを必ず指定してください。これらのキーワードを指定しないと,値は
OpenVMS の省略時の設定に戻され, DECprint Supervisor ソフトウェアとの
互換性がなくなります。
注意
キュー定義に複数の修飾子を指定する場合は,値を引用符で囲むようにし
てください。
プリント・キューの作成と変更 3–11
3.3.6
シリアル・プリンタの通信速度の設定 (P6)
OpenVMS システムに直接接続されているシリアル・プリンタの通信速度を設定す
ることができます。このパラメータがブランクの場合,省略時の設定は 9600 ボー
です。通信速度を変更するには,ヌル文字列 (‘‘’’) の代わりに‘‘19200’’のように指定
します。ネットワーク接続を使用するプリンタについては,このパラメータは無視
されます。
3.3.7
キューに対する SET DEVICE 修飾子の指定 (P7)
キューに対する SET DEVICE コマンドの修飾子を指定することができます。たと
えば,プリンタでエラー・ログ機能を有効にする場合は,次の文字列を指定しま
す。
"/ERROR_LOGGING"
上記の設定により,プリンタから通知されるすべてのエラー・メッセージはエラ
ー・ログ・ファイル SYS$ERRORLOG:ERRLOG.SYS に記録されます。このファ
イルは ANALYZE/ERROR コマンドを使用して読むことができます。
このパラメータはシリアル・プリンタに対してのみ有効です。
3.3.8
キュー初期化時の SET VERIFY の有効化 (P8)
DCPS$EXECUTION_QUEUE.COM コマンド・プロシージャに対して SET
VERIFY コマンドを有効にすることができます。ログ・ファイルのサイズとコンソ
ール・ログのサイズを節約するために,省略時の設定は NOVERIFY です。p8の値
が 1 の場合は SET VERIFY が有効となり,プリンタ・スタートアップ・ファイル
の問題を特定するために役立ちます (SET [NO]VERIFY コマンドについての詳細
は,『OpenVMS DCL Dictionary』を参照してください)。
3–12 プリント・キューの作成と変更
3.4
実行キューの動作のカスタマイズ
数多くの方法で, DCPS プリント・シンビオントおよび対応する実行キューの動
作を変更することができます。いくつかの方法については,この節に記述されてい
ます。その他のオプションについては,変更方法の一般的なガイドライントととも
に付録 B に一覧されています。いくつかのカスマイズはすべての DCPS キューに
適用され,その他のカスタマイズは特定のキューにだけ適用されます。
3.4.1
マルチストリーム・プロセスとしての DCPS の稼動
DCPS の様々な機能を実装するために DECthreads を使用しています。
DECthreads を使用するプロセスは実行できるスレッドがないか定期的に判断
します。ジョブが1つも印刷されていない時でも,実行できるスレッドがないかど
うかを確かめるため DCPS プロセスは動作します。システム上に多くの DCPS キ
ューが存在する場合は,すべてのプロセスのスケジューリングと定期的な動作が非
常に大きく CPU 時間を消費する可能性があります。この問題は, DCPS をマルチ
ストリーム・プロセスとして実行し,稼動させなければならないシンビオント・プ
ロセスの数を削減することによって解決できます。
マルチストリームを稼動している場合, 1 つの DCPS プロセスは複数の DCPS 実
行キューを稼動することができます。現在のすべてのプロセスが指定されたキュー
(‘‘ストリーム’’) の最大数をサポートしている場合を除き, DCPS プリント・キュー
が起動されるたびに新しい DCPS プロセスが起動することはありません。 DCPS
シンビオント・プロセスがサポートするキューの数は,そのプロセスが起動される
場合の論理名 DCPS$MAX_STREAMS の値によって決定されます。
DCPS は, DCPS シンビオント・プロセス当たり最大 32 実行キューをサポー
トするように構成することができます。 DCPS シンビオント・プロセス当たり
のキューの数の指定には,論理名 DCPS$MAX_STREAMS が使用されます。こ
の論理名を定義するには, DCPS$STARTUP.COM ファイル (テンプレートが
DCPS$STARTUP.TEMPLATE として提供されています) に次のコマンドを記述
し,プロセス当たりに使用するキューの数を代入してください。論理名を定義しな
い場合, DCPS はただ 1 つの実行キューをサポートします。
$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$MAX_STREAMS max-number
プリント・キューの作成と変更 3–13
DCPS$STARTUP.COM ファイルを実行してこの論理名を定義し, DCPS をマル
チストリーム・プロセスとしてキューを起動します。
DCPS プロセスは,そのプロセスに対応しているすべてのキューが停止した場合に
かぎり終了します。
3.4.1.1 マルチストリームを稼動している場合のプリント・キューの管理
OpenVMS キュー・マネージャは,シンビオント・プロセスの作成および停止のタ
イミングを制御します。一般的に,新しい DCPS シンビオント・プロセスは,既
存のすべての DCPS シンビオント・プロセス内に未使用のストリームがない場合
に作成されます。
1 つの DCPS シンビオント・プロセスがサポートするプリント・キューは,キュ
ーが起動された順番,およびその後のキューの停止 (STOP /QUEUE /RESETあるい
はSTOP /QUEUE /NEXT) ならびにキューの起動 (START /QUEUE) によって決定されま
す。 DCPS は,キューのプロセス ID を識別する 1 つの論理名を定義します (第 5.8
節)。この論理名を使用して,そのキューをサポートしているプロセスおよび同一
プロセスでサポートされている 1 組のキューを判定することができます。
あまり発生することではありませんが,同一プロセスでサポートされるキューであ
るために, 1 つのキューで発生する問題が別のキューに存在する問題の結果である
場合があります。問題を特定するには, 1 つのキュー上の 1 つのジョブの状態を調
べるだけでは十分ではありません。その DCPS プロセスでサポートされているす
べてのキュー上の第 1 ジョブの状態を調べる必要があります。
DCPS キューを,そのキューをサポートしている DCPS プロセスを停止すること
によって停止してはなりません。STOP /IDENTIFICATIONを使用して DCPS シンビオ
ント・プロセスが停止すると,そのプロセスがサポートしているすべてのキューが
停止します。
3.4.1.2 マルチストリームを稼動している場合の DCPS 環境の変更
単一ストリームの DCPS シンビオント・プロセスについては,変更する内容にも
よりますが, DCPS 論理名および DCPS 環境のその他の状態を変更した場合,対
応したキューについてSTOP /QUEUE /RESETコマンド,続いてSTART /QUEUEコマンド
を実行するまでは,その変更は有効となりません。
3–14 プリント・キューの作成と変更
マルチストリーム・プロセスに対応した単一の DCPS キューについての動作を変
更するには,そのシンビオント・プロセスに対応したすべての DCPS キューを停
止した後に再起動して,変更を有効とする必要があります。これは,環境のいくつ
かの状態は DCPS シンビオント・プロセスが起動した場合にかぎって決定され,
対応するすべてのキューが停止するまでそのシンビオント・プロセスが停止しない
ためです。
3.4.1.3 DCPS$MAX_STREAMS に対する適切な値の決定
DCPS シンビオント・プロセスあたりの適切なキューの数を決定する際に,考慮す
べきいくつかの要因があります。
• 1つのプロセス当たりが扱うキューの数を増やせば DCPS が専有するプロセ
ス・スロットの数は減少します。これによりプロセス・スロットを多く解放す
ることができます。 DCPS シンビオント・プロセスの数を削減することによ
り,定期的に実行しなければならない DECthreads プロセスの数が減り,シス
テム・パフォーマンスを向上させることができます。
• 日本語 DECprint Supervisor プロセスは複数の実行キューをサポートするよう
に構成することができますが, DCPS は1度に1つのファイルしか変換 (トラ
ンスレート) できません。トランスレータの競合を回避するため,プロセス中の
ストリーム (キュー) が,すでに使用中のトランスレータを必要とするようにな
ったとき,そのストリームのトランスレータは別のテンポラリ・プロセス中で
スタートします。このことは,ユーザ・サイトで主に1つのトランスレータを
集中的に使用する場合や, DCPS のキューが常にビジーになっているような場
合には,システムのパフォーマスンスに望ましくない影響があります。こよう
な場合には,パフォーマンス低下を防ぐために論理名 DCPS$MAX_STREAMS
に,より小さな数値を設定します。
• 「1つのプロセスが処理するキュー数」に設定できる最大値は 32 です。これは
OpenVMS キュー・マネージャの制限による上限です。
• 複数のプリント・キューを実行する DECprint Supervisor プロセスは,単一障
害点となる恐れがあります。スーパバイザ・プロセスが障害を起こした際,ま
たはプロセスを明示的に停止させた場合,複数のキューに影響を与えます。
プリント・キューの作成と変更 3–15
3.4.2
ジョブ起動時の "Busy"状態のプリンタへの割り込み
通常 DCPS は, raw TCP/IP, LAT,シリアル・プリンタのいずれかに新しいジ
ョブを送信する前に,そのプリンタが "Idle"状態となるまで待ちます。これは,
DECserver 装置あるいはその他のネットワーク・ターミナル・サーバを介して
接続しているプリンタを, DCPS キュー, LATSYM キュー, Windows および
UNIX ホストなどで共有することができるネットワーク環境で本質的に重要なこと
です。
バージョン 1.2 より前のバージョンでは, DCPS はアグレッシブ同期シーケンスを
使用してプリンタの PostScript インタプリタの制御を取得していました。この方
式は DCPS のみの環境では正しく動作していましたが,複数のホスト環境では,
プリント・ジョブが別のシステムによって出力が完了しないうちに終了させられて
しまう場合がありました。
別のキュー上のジョブを起動することで 1 つのキュー上の不正な PostScript ジョ
ブを強制終了させるという DCPS の以前の動作を期待している場合は,次のよう
なシステム全体で有効な論理名を定義することによってアグレッシブ方式の動作を
復元することができます。
$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queuename_INTERRUPT_WHEN_BUSY TRUE
3.4.3
ジョブ起動時の PostScript 同期の制限
DCPS は, PostScript インタプリタと同期して raw TCP/IP, LAT,シリアル・
プリンタ上のジョブを起動することにより,インタプリタがコマンドを受け付ける
準備ができていることを保証しています。ただし,いくつかの PostScript は同期
制御文字を常に識別できる状態にあるとはかぎりません。特に, PCL などの付加
的なプリンタ言語をサポートしているいくつかのプリンタの場合,特定の状況で
はこのシーケンスに正しく対応することができません。たとえば DEClaser 3500
が PS/PCL 識別モードである場合, DCPS がそのシリアル・ポートに Ctrl/T 文字
を送信すると,間違って PCL モードに切り替わります。このプリンタは続いて
PostScript モードを抜けて応答しなくなり,プリント・ジョブは "Starting"状態と
なります。
3–16 プリント・キューの作成と変更
論理名を定義することにより, raw TCP/IP, LAT,シリアル接続を使用するプリ
ンタについて, DCPS シンビオントが通常の同期シーケンスの使用を避けること
ができます。 raw TCP/IP, LAT,シリアル接続以外で接続されたプリンタを使用
している場合,この論理名はなんらの影響も与えません。プリンタ固有の情報につ
いては,第 10 章を参照してください。
プリンタ・キューの同期シーケンスを無効とするには,次のコマンドを使用しま
す。
$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queuename_NO_SYNC TRUE
最近のほとんどのシリアル接続プリンタについては,同期手順を行わないことが問
題となることは一般的にありません。これは,インタプリタがデータを受け付けら
れる状態にない場合,このようなプリンタはフロー制御を使用してデータ受信を待
つことができるからです。ただし,ボー・レートあるいはストップ・ビットなどの
通信パラメータが正しく設定されていない場合は,プリンタが不要なものを出力し
てジョブを消失する可能性があります。また,構成によっては,プリンタのデー
タ・ケーブルが接続されていない場合,あるいはプリンタの電源が落ちている場
合,プリント・ジョブが消失する可能性があります。
3.4.4
シンビオント・プロセスのワーキング・セットの削除
DCPS シンビオントがアイドル状態のまま一定の時間が経過すると,システム資源
を節約するためにそのワーキング・セットを削除します。この遅延時間は,多くの
作業要求がある場合にシステムがプログラムを物理メモリに保持したままでいるこ
とを避けるためです。
省略時の設定では, DCPS は 10 分間のアイドル状態の後にそのワーキング・セッ
トを削除します。必要に応じてシステム全体で有効な論理名を定義することで,こ
の値を増やすことができます。
$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$PURGE_TIME "0 hh:mm:ss.00"
ここでhh:mm:ss.00は,必要な遅延時間を指定する OpenVMS のデルタ時間です。
この値が省略時の値である 10 秒よりも小さい場合は,省略時の値が使用されま
す。
プリント・キューの作成と変更 3–17
3.4.5
OPCOM メッセージ USERNOTFOUND の制限
利用者登録ファイル (UAF) が複数ある OpenVMS クラスタで DCPS が実行されて
いる場合,プリント・ジョブをキューに登録しているユーザが DCPS キューを実
行しているシステムに UAF レコードを持っていない可能性があります。 DCPS は
ジョブを印刷しますが, USERNOTFOUND というオペレータ・メッセージを発
行します。
%%%%%%%%%%% OPCOM 1-MAR-2002 18:43:55.87 %%%%%%%%%%%
Message from user SYSTEM on LITERA
Queue SHARIE: %DCPS-W-USERNOTFOUND, user name FOO not found, no log files created
-RMS-E-RNF, record not found
ユーザ名を見つけることができないため, DCPS はMESSAGES=KEEPあるい
はMESSAGES=PRINTパラメータ要求を実行することができません。
すべてのジョブについて,この OPCOM メッセージが表示されないようにするに
は, 1 つのプリント・キューについてメッセージを抑制したいか,あるいはすべて
のキューについてメッセージを抑制したいかによって,次のいずれかの論理名を定
義します。
$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queuename_IGNORE_UNKNOWN_USER TRUE
$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$IGNORE_UNKNOWN_USER TRUE
3.4.6
A4 ランドスケープでの古い ANSI トランスレータのページ・サイズ
の使用
DCPS V1.1A よりも前のすべての ANSI トランスレータのバージョンでは, A4
用紙にランドスケープ・モードで 66 行のテキストを出力する場合に問題がありま
す。特定のプリンタでは, A4 用紙を使用した場合,印字領域が平均よりも若干小
さいため,PAGE_SIZE=A4,PAGE_ORIENTATION=LANDSCAPEというプリント修飾子を使
用すると, 66 行目が消失するか途中で切れてしまいます。
現在 ANSI トランスレータは, A4 用紙にランドスケープ・モードで 66 行のテキ
ストを正しく出力することができます。この修正には,使用されているフォントの
行間のスペースの変更 (SGR 15), A4 用紙での最大印字領域の訂正が含まれます。
3–18 プリント・キューの作成と変更
古いトランスレータの動作に依存したあらかじめ用意されたフォームを使用してい
る場合は,次の DCPS 論理名を定義することにより以前の動作に戻すことができ
ます。
$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queuename_OLD_ANSI_PAGE_SIZES TRUE
3.5
ジェネリック・キューの設定
ジェネリック・キューは特定のプリンタに対応付けられたものではなく,実行キュ
ーに対応しているものです。ジェネリック・キューを複数の実行キューに対応付け
ておくと,プリント・ジョブを複数のキューに分散することができます。また,特
定の DECprint Supervisor 機能をプリント・ジョブに対応させるためにジェネリ
ック・キューを使用することもできます。ジェネリック・キューは省略可能です。
例 3–3 に,レイアップ定義ファイルを使用した出力用のジェネリック・キューの
設定方法を示しています。このジェネリック・キューは, 2 つの ScriptPrinter の
実行キューのいずれかにプリント・ジョブを送信します。
例 3–3 ジェネリック・キューの設定
$ @SYS$STARTUP:DCPS$GENERIC_QUEUE DRAFT_DOCS "LN03R_TTB4,LN03R_TTB7" "LAYUP=LPS$SINGLEHOLES"
! P1 - Generic queue name
! P2 - Execution queue name(s)
! P3 - Default queue parameters
表 3–3 ジェネリック・キューのパラメータ値
パラメータ
値
P1 (必須)
ジェネリック・キュー名です。
例 3–3 では,DRAFT_DOCSがプリント・ジョブを送信するジェネリック・キューで
す。
(次ページに続く)
プリント・キューの作成と変更 3–19
表 3–3 (続き) ジェネリック・キューのパラメータ値
パラメータ
値
P2 (必須)
ジェネリック・キューがジョブを送信する実行キュー名です。各ジェネリック・キュ
ーの定義について,少なくとも 1 つの実行キューを指定しなければなりません。
例 3–3 では,ジェネリック・キューはプリント・ジョブをLN03R_TTB4およ
びLN03R_TTB7という 2 つの実行キューに送信します。
P3 (省略可能)
省略時の PRINT 修飾子です。
例 3–3 では,LAYUP=LPS$SINGLEHOLESがジェネリック・キューの省略時のレイ
アップ定義を提供します。
P4 (省略可能)
INITIALIZE/QUEUE 修飾子の指定です。
P5 (省略可能)
SET VERIFY コマンドの設定です。省略時の設定は SET NOVERIFY です。
3.6
キュー定義の変更の有効化
DCPS$STARTUP.COM ファイルを作成または変更した場合,新しいキュー定義を
使用するために DECprint Supervisor に加えた変更を有効としなければなりませ
ん。変更結果を有効とするには,システムを停止させた後に再起動するか,または
次の方法で DCPS$STARTUP.COM ファイルを実行してください。
1. 変更したプリント・キューを停止させます。修飾子を加えたキューがマルチス
トリーム・シンビオント上で起動されている場合は,同一のシンビオントを使
用しているすべてのキューを停止させます (第 3.4.1.2 項を参照してください)。
各プリント・キューに対して次のコマンドを実行して,キューを停止させま
す。
$ STOP /QUEUE /NEXT queuename
2. システム・スタートアップ・ファイル SYS$MANAGER:SYSTARTUP_
VMS.COM を編集して, DCPS$STARTUP.COM を起動するコマンドを記入し
ます。
システム・スタートアップ・ファイル内に次のコマンドが含まれていることを
確認します。
$ @SYS$STARTUP:DCPS$STARTUP
3–20 プリント・キューの作成と変更
システム・スタートアップ・ファイル内に上記のコマンドが含まれていない場
合は,次のガイドラインに従ってこのコマンドを追加してください。
• TCP/IP を使用しているプリンタの場合は, TCP/IP を起動する行より後に
コマンドを追加します。
• LAT を使用しているプリンタの場合は, LAT を起動する行より後にコマン
ドを追加します。
• AppleTalk を使用しているプリンタの場合は, AppleTalk を起動する行よ
り後にコマンドを追加します。
• DECnet を使用しているプリンタの場合は, STARTNET.COM を起動する
行より後にコマンドを追加します。キューを起動する前に, PrintServer ホ
スト・システム上で PrintServer ソフトウェアが稼動している必要がありま
す。
• システム・スタートアップ・ファイルに LPS$STARTUP.COM を起動する
コマンドが記述されている場合は,これを DCPS$STARTUP.COM を起動
するコマンドに置き換えてください。
• DECprint Printing Services (CPS) をアップグレードしている場合は,シ
ステム・スタートアップ・ファイルから CPS$STARTUP.COM を起動する
コマンドを削除してください。
3. プリンタ・スタートアップ・コマンド・ファイルを実行します。
$ @SYS$STARTUP:DCPS$STARTUP
キューが VMScluster システム上にある場合は,上記のコマンドをクラスタ内のす
べてのノードから実行しなければなりません。
プリンタ・スタートアップ・コマンド・ファイルによってプリント・キューが起動
されます。新しいキュー定義をテストする場合は,第 3.7 節を参照してください。
プリント・キューの作成と変更 3–21
3.7
プリンティング・システムのテスト
注意
IVP (@SYS$TEST:DCPS$IVP) を実行しても,プリンタには影響を与えませ
ん。
SYS$COMMON:[SYSTEST.DCPS]にある IVP ファイルを出力することで,プリ
ンティング・システムをテストすることができます。 IVP ファイルは, DCPS が
サポートするデータ・タイプに対応しています。表 3–4 に IVP ファイルの一覧を
示します。
表 3–4 異なるデータ・タイプに対応した IVP ファイル
ファイル名
ファイル・タイプ
DCPS$IVP_ANSI.DAT
ASCII ファイル
DCPS$IVP_LIST.DAT
単純な ASCII
DCPS$IVP_PCL.DAT
PCL Level 4 ファイル
DCPS$IVP_POST.DAT
PostScript ファイル
DCPS$IVP_PROPRINTER.DAT
Proprinter ファイル
DCPS$IVP_REGIS.DAT
ReGIS ファイル
DCPS$IVP_TEK4014.DAT
Tektronix 4010/4014 ファイル
DCPS はファイルのデータ・タイプを自動的に検出することができます。コマンド
行にデータ・タイプを指定する必要がなくなります。たとえば,次の PRINT コマ
ンドを実行することができます。
$ PRINT/QUEUE=queuename/NOTIFY DCPS$IVP_data-type.DAT
プリント・キューが特定のデータ・タイプに対応している場合,あるいは LIST デ
ータ・タイプをテストしている場合は,ファイルのデータ・タイプを指定してくだ
さい。
3–22 プリント・キューの作成と変更
たとえば DCPS$IVP_POST.DAT を出力する場合は,次の PRINT コマンドを使用
します。
$ PRINT /QUEUE=queuename /PARAMETERS=DATA_TYPE=POSTSCRIPT /NOTIFY SYS$COMMON:[SYSTEST.DCPS]DCPS$IVP_POST.DAT
プリント・キューの作成と変更 3–23
4
自動的なデータ・タイプの検出
DECprint Supervisor ソフトウェアは印刷するファイルのデータ・タイプを自動的
に検出できます。この章では,データ・タイプを自動的に検出するようにプリンテ
ィング・システムを設定する方法について説明します。
4.1
DCPS による自動的なデータ・タイプの検出方法
データ・タイプを指定しないでプリント・ジョブをキューに登録し,プリント・
キューに省略時のデータ・タイプが割り当てられていない場合, DCPS はプリン
ト・ジョブの各ファイルを調べ,ファイルの内容またはファイル名のファイル・タ
イプからファイルのデータ・タイプを判断します。
DECprint Supervisor ソフトウェアがこれらの方法によってファイルのデータ・タ
イプを判断できない場合には,そのファイルはテキスト・ファイルとして印刷され
ます。 DECprint Supervisor ソフトウェアのインストレーションによってシステ
ムに設定される,省略時のテキスト・ファイルのデータ・タイプは ANSI です。
さらに,ファイルがテキスト・ファイルとして印刷される場合には, DECprint
Supervisor ソフトウェアはテキストの後の PostScript データを検出できます。し
たがって,テキストの後に PostScript データが続くファイルを正しく印刷できま
す。
ファイルのデータ・タイプを判断する処理は,プリント・ジョブ内の各ファイルに
対して繰り返されます。したがって, 1 つのプリント・ジョブに異なるファイル・
タイプを含むことができます。
自動的なデータ・タイプの検出 4–1
4.2
データ・タイプの自動検出の設定方法
DECprint Supervisor ソフトウェアが印刷するファイルのデータ・タイプを判断す
る方法は,システム管理者が制御できます。次のことを指定できます。
• ファイル・タイプとデータ・タイプを対応付けることができます。省略時のフ
ァイル・タイプのデータ・ファイルを変更して,ファイル・タイプとそれに対
応するデータ・タイプの標準リストを追加または変更することができます。第
4.2.1 項を参照してください。
• DCPS がファイルのデータ・タイプを判断できない場合に使用される省略時の
テキスト・データ・タイプを指定することができます。システム全体で有効な
省略時の設定,およびキュー固有の省略時のテキスト・データ・タイプを指定
することができます。第 4.2.2 項を参照してください。
必要に応じて,省略時のデータ・タイプを定義したジェネリック・キューを作成
し,このキューに登録される各ファイルがこのデータ・タイプであると指定する
こともできます。キューの省略時のデータ・タイプを変更できるのは,ユーザが
PRINT コマンドに指定するパラメータだけです。
4.2.1
ファイル拡張子とデータ・タイプの対応付け
DECprint Supervisor ソフトウェアでは,データ・タイプとファイル拡張子の対応
関係を定義するために,データ・ファイルを使用します。システムのファイル拡張
子とそれに対応するデータ・タイプを登録したローカル・データ・ファイルを作成
することができます。
1. システム固有のデータ・ファイルを使用しない場合には,ソフトウェアで提供
されているサンプル・ファイルを使用してください。次のコマンドを使用し
て,ファイル拡張子を変更してコピーします。
$ COPY
_From: SYS$LIBRARY:DCPS$FILE_EXTENSION_DATA_TYPE.DAT_DEFAULT
_To: SYS$COMMON:[SYSLIB]DCPS$FILE_EXTENSION_DATA_TYPE.DAT
4–2 自動的なデータ・タイプの検出
.DAT ファイルが可変長形式あるいはストリーム形式でない場合,キューの起動
時に DCPS がそのファイルを読み込むことができません。 OPCOM がエラーを
通知し,そのシンビオント・プロセスは終了します。.DAT ファイルを正しい形
式で保存し, DCPS$STARTUP.COM ファイルを使用してプリンティング・シ
ステムを再起動しなければなりません。
2. このファイルを編集します。ファイルには,データ・タイプ名とそれに対応す
るファイル拡張子をリストして記述します。次の例を参照してください。
POSTSCRIPT:
EPS
EPSF
POST
PS
;
この例では,.EPS,.EPSF,.POST,.PS というファイル拡張子のファイルが
PostScript ファイルとして処理されることを指定しています。
システム固有のファイル拡張子を追加したり,すでに定義されているファイル
拡張子をローカルな意味に変更することも可能です。
AUTOMATIC を除き,正しい値であれば, DATA_TYPE の値としてどの値も
指定できます。データ・タイプ名を短く省略することはできません。指定でき
るデータ・タイプ名は次のとおりです。
ANSI
ASCII
DDIF
LIST
PCL
POSTSCRIPT
PROPRINTER
REGIS
TEK4014
自動的なデータ・タイプの検出 4–3
4.2.2
システムおよびキューの省略時のテキスト・データ・タイプの指定
システム全体で有効な省略時のテキスト・データ・タイプと,キュー固有の省略時
のテキスト・データ・タイプを指定することができます。 DCPS がファイルのデ
ータ・タイプを判断できない場合には,そのファイルはユーザが指定した省略時の
テキスト・データ・タイプとして処理されます。
システムの省略時のテキスト・データ・タイプは ANSI です。通常 ANSI ファイル
ではなく, PCL, Proprinter テキスト・ファイルを印刷している場合は,この省
略時の設定を ANSI から PCL, Proprinter のいずれかに変更しなければなりませ
ん。
省略時のテキスト・データ・タイプを定義するには,次の論理名のどちらか一方ま
たは両方を定義します。
• DCPS$DEFAULT_TRANSLATOR はシステム全体で有効な省略時のテキス
ト・データ・タイプを決定します。
システム全体で有効な省略時のテキスト・データ・タイプを定義するには,次
のコマンドを使用します。
$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE DCPS$DEFAULT_TRANSLATOR text_data_type
• DCPS$queuename_DEFAULT_TRANSLATOR は,キュー固有の省略時のデ
ータ・タイプを指定します。
キュー固有の省略時のテキスト・データ・タイプを定義するには,次のコマン
ドを使用します。
$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE DCPS$queuename_DEFAULT_TRANSLATOR text-data-type
text-data-typeに対して指定できる値と,省略時のテキスト・データ・タイプの対
応は次のとおりです。
• ANSI (省略時の値)
• PCL
• PROPRINTER
データ・タイプ名を短く省略することはできません。
4–4 自動的なデータ・タイプの検出
システム全体で有効なデータ・タイプがキュー固有のデータ・タイプと異なる場合
は,キュー固有のテキスト・データ・タイプが優先されます。
特定のキューを PATHWORKS クライアントが使用する場合には,キュー固有の論
理名を設定しておくと便利です。たとえば, PC から印刷されるテキスト・ファイ
ルが PCL ファイルであるとします。次の例では, PATHWORKS という名前のキ
ューに対して省略時のテキスト・データ・タイプとして PCL を設定する方法を示
しています。
$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE DCPS$PATHWORKS_DEFAULT_TRANSLATOR PCL
DECprint Supervisor ソフトウェアは, PATHWORKS キューに送信された各フ
ァイルごとにファイルのデータ・タイプを判断しようとします。ファイル・デー
タ・タイプを判断できない場合には,そのファイルは PCL ファイルとして処理さ
れます。ファイルに PCL テキストと PostScript データが登録されている場合で
も,そのファイルは正しく印刷されます。
4.2.3
ユーザがデータ・タイプの検出を制御する方法
プリント・ジョブが自動的なデータ・タイプ検出機能によって処理される方法は,
ユーザが次のことを指定することにより制御できます。
• PRINT コマンドの/PARAMETERS=DATA_TYPE パラメータに指定するデー
タ・タイプ
このパラメータは自動的なデータ・タイプの検出を無効にします。ただし,
DDIF ファイル・タグがついたファイルは,データ・タイプ指定の影響を受け
ません。ファイルに DDIF タグが登録されており,明示的に別のデータ・タイ
プを指定した場合には,そのファイルは印刷されません。その場合には,次の
エラー・メッセージが表示され, DECprint Supervisor ソフトウェアはプリン
ト・ジョブの次のファイルの処理を継続します。
INVDDIFDATA, Invalid DDIF data, flushing to end of file
• PRINT パラメータによる自動的なデータ・タイプ検出
/PARAMETERS=DATA_TYPE=AUTOMATIC[=text-data-type]
自動的なデータ・タイプの検出 4–5
ユーザは/PARAMETERS=DATA_TYPE=AUTOMATIC 修飾子を指定すること
により,自動的なデータ・タイプ検出を指定できます (たとえば,プリント・キ
ューに省略時のデータ・タイプが割り当てられている場合)。
ユーザが DATA_TYPE=AUTOMATIC パラメータに省略時のテキスト・デー
タ・タイプ (text-data-type) を指定した場合には, DECprint Supervisor ソフ
トウェアはプリント・ファイルのデータ・タイプを判断できないときに,その
指定をファイルのデータ・タイプであると解釈します。
text-data-type の値は省略可能です。省略時の設定については,第 4.2.2 項を参
照してください。
DECprint Supervisor ソフトウェアは,省略時のテキスト・データ・タイプの
後に PostScript データが続くファイルを印刷できます。たとえば, PCL テキ
ストから始まり,その後に PostScript データの続くファイルを印刷しなければ
ならない場合には,ユーザは次の PRINT コマンドを使用して省略時のテキス
ト・データ・タイプを PCL に設定できます。
$ PRINT/QUEUE=PS20$A10 PIC.MSG/PARAMETERS=(DATA_TYPE=AUTOMATIC=PCL)
この機能は電子メール・システムで作成されたファイルを印刷するときに役立
ちます。たとえば,メール・システムを使用して他のユーザから送信された
PostScript ファイルの先頭にテキスト・メッセージ・ヘッダがあり,その後に
PostScript データが付加されている場合には,このファイルを印刷できます。
4–6 自動的なデータ・タイプの検出
5
プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作
この章では,プリント・ジョブ,プリント・キュー,キュー・マネージャを管理し
制御するためのコマンドについて説明します。
この章で説明する一部のコマンドでは,特権が必要です。
5.1
プリント・ジョブの状態の表示
SHOW ENTRY コマンドを使用すれば,プリント・ジョブの状態を表示できま
す。このコマンドを使用して自分のプリント・ジョブを表示する場合には,特権は
必要ありません。しかし,他のユーザのプリント・ジョブを表示する場合は,特権
が必要です。
SHOW ENTRY コマンドはすべての自分のプリント・ジョブを表示します。別の
ユーザのプリント・ジョブの状態を表示するには, SHOW ENTRY コマンドにジ
ョブ番号を指定しなければなりません。あるいは,/USER 修飾子を使用してユー
ザを指定しなければなりません。ジョブ番号は, PRINT コマンドを入力したとき
に送信されるメッセージに表示されます。次に示すように, SHOW QUEUE/ALL
コマンドを使用すれば,指定したキューに登録されているすべてのプリント・ジョ
ブのジョブ番号を表示できます。
$ SHOW QUEUE/ALL PS40$A12
Printer queue PS40$A12, busy, on LEVEL::PS40, mounted form DCPS$DEFAULT
(stock=DEFAULT)
Entry Jobname
----- ------304
MEMO
Username
-------MSMITH
Blocks Status
------ -----5 Printing
プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作 5–1
特定のプリント・ジョブに関する情報を表示するには, SHOW ENTRY/FULL コ
マンドを使用します。次の例を参照してください。
$ SHOW ENTRY 304/FULL
Entry Jobname
Username
Blocks Status
----- ------------------- -----304 MEMO
MSMITH
5 Printing
On busy printer queue PS40$A12
Submitted 14-MAR-2002 10:41
/FORM=DCPS$DEFAULT (stock=DEFAULT) /NOTIFY
/PRIORITY=100
File: _$1$DUA10:[MSMITH]MEMO.TXT;1 (printing)
注意
ファイルの印刷がプリンタで実際にまだ開始されていない場合でも,プリ
ント・ジョブの状態として "Printing"と表示されることがあります。
5.2
プリント・ジョブの削除
プリント・ジョブは DELETE/ENTRY コマンドを使用して削除できます。このコ
マンドは特権を必要としません。したがって,プリント・ジョブの所有者は必要に
応じてこのコマンドを使用し,自分のプリント・ジョブを削除できます。しかし,
別のユーザのプリント・ジョブを削除する場合は,特権が必要です。
DELETE/ENTRY コマンドは引数としてプリント・ジョブ番号を受け付けます。
次の例を参照してください。
$ DELETE/ENTRY=569
このコマンドでは,プリント・ジョブ 569 が削除されます。プリント・ジョブが正
しく削除されると,そのことを示すメッセージが出力されます。
プリント・ジョブが終了する方法は, DELETE/ENTRY コマンドを入力したとき
にプリント・ジョブがどの状態であったかに応じて異なります。
5–2 プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作
DELETE/ENTRY コマンドを入
力したときの状態
5.3
DECprint Supervisor ソフトウェアの動作
プリント・ジョブが印刷を実
行している場合
数秒後にプリント・ジョブは停止する。プリンタはバッフ
ァに格納されているデータを印刷し,要求されたジョブ・
トレーラ・ページとジョブ・ログ・ページも印刷する。
この時点で, SHOW QUEUE コマンドはジョブの状態を
Aborting (強制終了) として表示する。
ネットワーク・プリンタとの
接続を確立する前
印刷はまったく実行されない。
接続が確立された後
ジョブ・トレーラ・ページが印刷され,プリント・ジョブ
を削除したことを示すメッセージも表示される。
ジョブ・バースト・ページま
たはジョブ・フラグ・ページ
を印刷する前
ジョブ・バースト・ページまたはジョブ・フラグ・ページ
は印刷されない。しかし,ジョブ・トレーラ・ページとジ
ョブ・ログ・ページを印刷するようにキューを設定した場
合には,これらのページは印刷される。
保留状態のプリント・ジョブの保留解除
プリント・ジョブが保留状態 (Holding) の場合には,印刷のために保留を解除しな
ければなりません。ユーザは PRINT/AFTER コマンドを使用してジョブを保留状
態に設定できます。一方,ユーザまたはシステム管理者は SET ENTRY/HOLD コ
マンドを使用してプリント・ジョブを保留状態に設定できます。
プリント・ジョブの保留を解除し,印刷を実行するには, SET ENTRY
/RELEASE コマンドを使用します。 SET ENTRY コマンドにはジョブ番号を
指定しなければなりません。自分でキューに登録したプリント・ジョブの保留を解
除する場合には,このコマンドを実行するために特権は必要ありません。他のユー
ザのプリント・ジョブの保留を解除するには,特権が必要です。
次の例を参照してください。
$ SET ENTRY/RELEASE 569
この例では,保留状態に設定されているプリント・ジョブ 569 が,印刷のために保
留解除されます。
プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作 5–3
5.4
プリント・ジョブの転送
この節では, 1 つ以上のプリント・ジョブのプリント・キューの変更について説明
します。
5.4.1
待ち状態のプリント・ジョブを別のキューに再登録する操作
まだ印刷を開始していないプリント・ジョブは SET ENTRY/REQUEUE コマンド
を使用して別のキューに再登録できます。特権のないユーザは,そのユーザがキュ
ーに登録したプリント・ジョブだけを移動できます。特権を持つユーザの場合に
は,印刷をまだ開始していないすべてのプリント・ジョブを別のキューに移動でき
ます。 SET ENTRY コマンドにはジョブ・エントリ番号を指定しなければなりま
せん。/REQUEUE 修飾子には新しいプリント・キューの名前を指定しなければな
りません。次の例を参照してください。
$ SET ENTRY/REQUEUE=POSTSCRIPT$DUPLEX 596
このコマンドはジョブ 596 のプリント・キューを変更します。プリント・ジョブは
POSTSCRIPT$DUPLEX キューに送信されます。
5.4.2
現在印刷中のジョブを別のキューに移動する操作
プリンタで問題が発生したために,プリント・ジョブを最後まで正しく実行できな
い場合には,プリント・ジョブを別のプリンタに移動できます。プリント・ジョブ
を別のプリント・キューに送信するには,STOP/QUEUE/REQUEUEコマンドを
使用します。このコマンドには,元のキュー名と新しいキュー名をどちらも指定し
なければなりません。次の例を参照してください。
$ STOP/QUEUE/REQUEUE=POSTSCRIPT$DUPLEX POSTSCRIPT$SIMPLEX
この例では, POSTSCRIPT$SIMPLEX キューで現在印刷中のプリン
ト・ジョブが停止され, POSTSCRIPT$DUPLEX に移動されます。
POSTSCRIPT$SIMPLEX キューは停止されず,キューに登録されている次の
ジョブの印刷を継続します。
5–4 プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作
5.4.3
キュー内のすべてのプリント・ジョブを別のキューへ移動する操作
ASSIGN/MERGE コマンドを使用すれば,特定のキューに登録されているすべて
のプリント・ジョブと,そのキューに後で登録されたプリント・ジョブを別のキュ
ーに送信することを指定できます。 ASSIGN/MERGE コマンドを実行するには,
特権が必要です。元のキュー名と新しいキュー名をどちらも指定しなければなりま
せん。次の例を参照してください。
1. 現在のプリント・ジョブが終了した後で, STOP/QUEUE/NEXT コマンドを使
用して誤動作するプリント・キューを停止します。
2. STOP/QUEUE/REQUEUE コマンドを使用してプリント・ジョブを別のキュ
ーに移動します。
3. ASSIGN/MERGE コマンドを使用して待ち状態のすべてのプリント・ジョブ
と将来キューに登録されるプリント・ジョブをすべて,別のキューに移動しま
す。次の例を参照してください。
$ STOP/QUEUE/NEXT PRINTER$NOTABLE
$ STOP/QUEUE/REQUEUE=PRINTER$ABLE PRINTER$NOTABLE
$ ASSIGN/MERGE PRINTER$ABLE PRINTER$NOTABLE
5.5
プリント・ジョブの属性の変更
SET ENTRY コマンドを使用すれば,ユーザは待ち状態のプリント・ジョブの属性
を変更できます。すでに印刷を開始したプリント・ジョブを変更することはできま
せん。特権がある場合には,他のユーザがキューに登録したプリント・ジョブの属
性も変更できます。 SET ENTRY コマンドにはジョブ番号を指定しなければなら
ず,また, 1 つ以上の PRINT コマンド修飾子を指定できます。付録 A を参照して
ください。次の例を参照してください。
$ SET ENTRY 596/PARAMETERS=PAGE_ORIENTATION=LANDSCAPE
この例は,ポートレート (縦長) 方向の印刷からランドスケープ (横長) 方向の印刷
に印刷の方向を変更するときに役立ちます。元のプリント・ジョブに PRINT パラ
メータが定義されていた場合には, SET ENTRY/PARAMETERS コマンドを使用
して PRINT パラメータを変更するときに,もともと定義されていたパラメータを
プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作 5–5
指定しなければなりません。 PRINT パラメータを再度指定しなかった場合には,
SET ENTRY コマンドに指定されていないパラメータ値に対しては,プリント・ジ
ョブを印刷するときに省略時のパラメータ値が使用されます。
5.6
キューの表示
SHOW QUEUE コマンドを使用すれば,プリント・キューを表示できます。その
とき,キューの状態,属性,およびキューに登録されているプリント・ジョブも表
示できます。キューのセキュリティ情報あるいは別のユーザのプリント・ジョブを
表示しない場合は,このコマンドを実行するための特権は必要ありません。
特定のキューを表示する場合はキュー名を指定します。すべてのキューを表示する
場合は, SHOW QUEUE コマンドでキュー名を省略します。キューに関する情報
を表示するには,表 5–1 に示すコマンドを使用します。
表 5–1 キューを表示するためのコマンド
5.7
表示の対象
入力するコマンド
すべてのプリント・キューとバッチ・キューの名
前と説明
SHOW QUEUE
すべてのプリント・キューの名前
SHOW QUEUE/DEVICE=PRINTER
すべてのキューに登録されているすべてのジョブ
SHOW QUEUE/ALL
指定したキューに登録されているすべてのジョブ
SHOW QUEUE/ALL queue-name
すべてのキューの属性
SHOW QUEUE/FULL
特定のキューの属性
SHOW QUEUE/FULL queue-name
キューの一時停止
キューを一時停止するには, STOP/QUEUE コマンドを使用します。 STOP
/QUEUE コマンドを使用するには,特権が必要であり,キュー名を指定しなけれ
ばなりません。
5–6 プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作
STOP/QUEUE/NEXT コマンドを使用すれば,現在のプリント・ジョブが終了し
た後でキューを一時停止できます。このコマンドを使用すれば,キューを一時停止
する前に現在印刷中のジョブを終了できます。次の例を参照してください。
$ STOP/QUEUE/NEXT PS$A4
このコマンドは現在のジョブが印刷を終了した後, PS$A4 キューを一時停止しま
す。
現在のジョブが終了するのを待たずにキューを一時停止しなければならない場合に
は, STOP/QUEUE/RESET コマンドを使用します。次の例を参照してください。
$ STOP/QUEUE/RESET PS$A4
このコマンドは PS$A4 キューを一時停止し,印刷をただちに中止します。
注意
シリアル接続あるいは raw TCP/IP 接続で通信に問題が発生した場合,シ
ンビオントはプリンタとの接続を切断する前に最大 4 秒応答を待ちます。
したがって,STOP/QUEUE/RESETコマンドを実行した直後には,その装置が
開放されない場合があります。
STOP/QUEUE 修飾子についての詳細は,付録 A を参照してください。
5.8
キューの起動
STOP/QUEUE コマンドを使用して一時停止したプリント・キューを再起動す
るには, START/QUEUE コマンドを使用します。 DCPS$STARTUP.COM
でプリント・キューを変更した場合には,第 3.6 節の説明に従って,
DCPS$STARTUP.COM ファイルを実行することにより,キューを再起動し
なければなりません。
たとえば,プリント・キュー PS40$A15 を再起動するには,次のコマンドを使用
します。
プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作 5–7
$ START/QUEUE PS40$A15
キューを停止したときに印刷されていたプリント・ジョブが中断された場合には,
キューを再起動することにより,そのプリント・ジョブが再起動されます。
論理名 DCPS$queuename_PID は,シンビオントの起動時に定義されます。これ
によりシステム管理者はどのシンビオントが特定のキューに割り当てられているか
を判定することができ,特にマルチストリーム・シンビオントを使用する場合に有
用です。第 3.4.1 項を参照してください。
注意
DCPS キューが起動する場合,キューが起動しない可能性を低くするため
に,シンビオントは直ちにプリンタに接続しません。これはシステムのブ
ート時にキューを起動する際に,ブート・プロセスの遅延あるいはエラー
を避けるために特に重要です。 DCPS がキューのジョブの処理を開始する
まで, DCPS はプリンタの状態およびその接続状態を判定しません。
5.9
キュー属性の変更
プリント・キューの属性は SET QUEUE コマンドを使用して変更できます。こ
のコマンドを使用してキュー属性を変更する場合には, DCPS$STARTUP.COM
ファイルを変更し,変更結果を永久的に設定しなければなりません。この操作を
実行しなかった場合には,プリンティング・システムを再起動したときに, SET
QUEUE コマンドによって設定したキュー属性は失われ, DCPS$STARTUP.COM
に定義されているキュー属性が有効になります。
SET QUEUE コマンドに指定できる修飾子は付録 A に示すとおりです。一部のプ
リント・キュー属性は SET QUEUE コマンドでは設定できません。
次のコマンドは PS$DRAFT キューに登録するプリント・ジョブを, 1000 ブロッ
ク以下のジョブに制限します。
$ SET QUEUE PS$DRAFT/BLOCK_LIMIT=1000
5–8 プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作
SET QUEUE コマンドを実行するには,特権が必要です。また,キュー名と適切
な修飾子も指定しなければなりません。
5.10
キューのクローズとオープン
ユーザがプリント・ジョブをキューに登録することを禁止しなければならない場合
には, SET QUEUE/CLOSE コマンドを使用してキューをクローズします。この
コマンドを実行するには特権が必要であり,キュー名を指定しなければなりませ
ん。次の例を参照してください。
$ SET QUEUE/CLOSE PS$A4
このコマンドを入力した後, PS$A4 キューはクローズされ,ユーザはプリント・
ジョブをこのキューに登録できなくなります。ただし,キューに現在登録されてい
るプリント・ジョブは正しく実行されます。クローズしたプリント・キューは次の
コマンドを使用してオープンできます。
$ SET QUEUE/OPEN PS$A4
5.11
キューの削除
プリント・キューは DELETE/QUEUE コマンドを使用して削除できます。このコ
マンドを使用するには,特権が必要です。 DECprint Supervisor キューを削除す
るには,次の操作を実行します。
1. SHOW QUEUE/FULLコマンドを使用してキューを表示することにより,削除
するキューに実行中のジェネリック・キューが対応づけられていないかどうか
を確認します。削除するキューにジェネリック・キューが対応づけられている
場合には,最初にジェネリック・キューを削除してください。
2. STOP/QUEUE/NEXT コマンドを使用してキューを停止します。キューを削除
する前に,プリンタで印刷が停止するまで待ってください。
3. キューに現在登録されているすべてのプリント・ジョブとそのキューに将来登
録されるプリント・ジョブは, ASSIGN/MERGE コマンドを使用して別のキュ
ーに移動します (第 5.4.3 項を参照)。
プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作 5–9
4. DELETE/QUEUE コマンドを使用してキューを削除します。このコマンドに引
数としてキュー名を指定してください。たとえば,次のコマンドは PS$A4 キュ
ーを削除し,そのキューで待ち状態のプリント・ジョブも削除します。
$ DELETE/QUEUE PS$A4
キューを永久に削除するには, DCPS$STARTUP.COM ファイルも変更しなけれ
ばなりません。この操作を実行しなかった場合には,プリンティング・システムを
再起動するときに,削除したプリント・キューが再び定義されます。
5.12
"Stalled"状態のキューへの応答
DECprint Supervisor が,指定された時間内にプリンタから情報を受信しなかった
場合には,プリンタは "Stalled"状態として報告されます。 "Stalled"状態になるま
での時間切れの値を超えると,次のメッセージが表示されます。
PRINTERSTALLED, Printer printer-name is stalled
"Stalled"状態となる時間切れの値は次の論理名に割り当てることができます。
$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE DCPS$queuename_STALL_TIME "0 hh:mm:ss.00"
ここでhh:mm:ss.00は,時間切れとなる時間を指定する OpneVMS のデルタ時間で
す。
ストール状態となる時間切れの値は 4 分に設定されています。この値は変更しない
でください。
プリンタが "Stalled"状態になったことを示すメッセージを受信した場合には,処
置が必要かどうかを判断しなければなりません。 "Stalled"状態を示すメッセージ
がネットワーク接続されたプリンタ (たとえば PrintServer プリンタ) から送信され
た場合には, "Stalled"状態メッセージはおそらく,ネットワーク通信が終了して
から次の通信が開始されるまで長い時間が経過したことを示す可能性が高く,した
がって "Stalled"状態を示すメッセージは無視してもかまいません。
5–10 プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作
しかし, "Stalled"状態を示すメッセージの後に他のプリンタ関連メッセージを受
信した場合には,このように長い時間が経過する理由として別の理由が考えられま
す。プリンタで紙切れが発生したか,または紙詰まりが発生した可能性がありま
す。したがって,プリント・キューが "Stalled"状態となった場合には, OPCOM
メッセージを調べ,プリンタの状態がその前に報告されていないかどうかを確認し
なければなりません。詳細は,第 11 章を参照してください。
DCPS は,キューが "Stalled"状態となった理由を示す,システム全体で有効な論
理名を一時的に定義することも可能です。この論理名を調べるには,実行キューが
稼動しているシステムで次のコマンドを実行します。キューが VMScluster 上にあ
る場合は,適当なクラスタ・メンバを使用してください。
$ SHOW LOGICAL DCPS$queuename_STALLED
5.13
キュー・マネージャの停止と起動
システムでキューに関するすべての処理を停止および起動するには,キュー・マネ
ージャを停止および起動します。システム・シャットダウン・プロシージャとスタ
ートアップ・プロシージャはこれらの操作を自動的に実行します。キュー・マネー
ジャを停止および起動するためのコマンドでは,特権が必要です。
キュー・マネージャは次のコマンドを使用して停止できます。
$ STOP/QUEUE/MANAGER/CLUSTER
キュー・マネージャを起動できる状態になった場合には,次のコマンドを入力して
ください。
$ START/QUEUE/MANAGER
プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作 5–11
6
セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ペー
ジの指定
6.1
セパレータ・ページとは何か
セパレータ・ページは,プリント・ジョブの先頭および最後に印刷される用紙で
す。セパレータ・ページには, 次のものがあります。
• バースト・ページ - プリント・ジョブの先頭に印刷されます。
• フラグ・ページ - プリント・ジョブの先頭に印刷されます。
• トレーラ・ページ - プリント・ジョブの最後に印刷されます。
ジョブ・フラグ・ページはジョブ・バースト・ページに似ていますが,枠が印刷
されません。ジョブ・トレーラ・ページはジョブ・フラグ・ページに似ています
が,上部に‘‘END OF JOB’’というメッセージとジョブに関する付加的な情報 (たと
えば,どのような PRINT 修飾子が使用されたか,および何枚の用紙が印刷された
かなどの情報) が印刷されます。ファイル・セパレータ・ページは類似した形式で
あることで相互に区別されます。また,ジョブ・セパレータ・ページとは,ファイ
ル固有の情報 (たとえば,ファイル指定,ファイル・サイズ,修正日付) があること
によって区別されます。
各ジョブについてセパレータ・ページを有効とすることもできますし,プリント・
ジョブ内の各ファイルについてセパレータ・ページを有効とすることもできます。
以降の各節でその方法を説明します。
セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定 6–1
6.2
ジョブ・セパレータ・ページの有効化
ジョブのセパレータ・ページは,各プリント・ジョブを分離します。図 6–1 にジ
ョブ・セパレータ・ページの 1 つのタイプであるジョブ・バースト・ページを示し
ます。
図 6–1 ジョブ・バースト・ページ
This is the value of the PSM$ANNOUNCE system logical.
Note: this is text from the job's /NOTE qualifier
DAN::SYSTEM
JOB 713
EXAMPLE
Owner UIC:
Account:
[SYSTEM]
SYSTEM
Priority:
Submit queue:
Submitted:
Printer queue:
Printer device:
Started:
100
DANS_PRINTER
30?MAY?1997 22:54
DANS_PRINTER
"IP_RawTCP/ln17ps.my.org:2501"
30?MAY?1997 22:58
Digital Equipment Corporation
OpenVMS VAX V6.1
LN17ps Dan's Printer
DECprint Supervisor V1.4
6–2 セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定
システム管理者は DCPS$STARTUP.COM ファイルを編集することでジョブ・セ
パレータ・ページを有効あるいは無効とすることができます。一般ユーザはこの設
定を無効とすることはできません。
次に示すように, DCPS$STARTUP.COM 内の実行キュー・エントリのパラメー
タ 5 に/SEPARATE 修飾子を入力します。
@sys$startup:dcps$execution_queue DCPS_TTB4 ! P1
"SERIAL/TTB4" ! P2
DCPS_LIB ! P3
"" ! P4
"/SEPARATE=(BURST,NOFLAG,TRAILER)"
! P5
-
Execution queue name
Device name
Logical name for /LIBRARY
Default queue parameters
- Default queue qualifiers
注意:
• いくつかの別の OpenVMS プリント・シンビオントについてはジョブ・バース
ト・ページがジョブ・フラグ・ページを意味することはありますが, DCPS に
ついてはジョブ・バースト・ページがジョブ・フラグ・ページを意味すること
はありません。
• たとえば次のように, SET QUEUE コマンドを使用してジョブ・セパレー
タ・ページを一時的に指定することができます。
$ SET QUEUE /SEPARATE=(BURST,NOFLAG,TRAILER) queuename
• ジョブ・セパレータ・ページは, PRINT/PARAMETERS コマンドあるいは出
力されている PostScript ファイルで設定されているパラメータによって影響を
受けることはありません。このページは,ユーザ・ジョブのコンテキストでは
なく,プリンタの省略時の PostScript コンテキストを使用します。
• セパレータ・ページを無効に設定している場合であっても,プリント・ジョブ
でエラーが発生した場合は, DCPS はジョブ・トレーラ・ページを出力しま
す。ジョブ・トレーラ・ページには,プリンタ・ジョブのエラーについてのメ
ッセージが出力されます。
セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定 6–3
6.2.1
トレーラ・ページのエラー・メッセージ
プリント・ジョブにエラーがある場合には,プリント・ジョブの何が問題なのかを
ユーザが判断するのに役立つメッセージが項目番号 17 と共に出力されます。次の
例はこれらのメッセージを示しています。
28-MAR-2002 11:03 %DCPS-I-TRAYSUBST, Output will be delivered to the
only tray on printer-name
28-MAR-2002 11:03 %DCPS-W-INVACC, invalidaccess: Attempt to access
restricted object or capability - offending command is get
プリント・ジョブに対して PRINT コマンドに/NOTIFY を指定した場合には,こ
れらのメッセージはユーザのターミナルにも表示されます。
次のメッセージはジョブ・トレーラ・ページには印刷されません。
• 開始メッセージと終了メッセージ
• 紙切れなどのハードウェア・プリンタ・エラー・メッセージ
• 通信に関連するメッセージ
• プリンタ内の資源を管理するためにソフトウェアが使用するメッセージ
6.2.2
ジョブ・トレーラ・ページの禁止
第 6.2 節および第 6.2.1 項で説明したように,キューに/SEPARATE=TRAILERが指定さ
れていない場合であっても,ジョブにエラーが発生した場合,通常 DCPS はジョ
ブ・トレーラ・ページを出力します。高価な媒体に出力している場合,特に通知さ
れるエラーが重要でない場合などは,この動作は望ましくないことがあります。
ジョブにエラーが発生した場合でも DCPS がジョブ・トレーラ・ページを出力す
ることを禁止するには,システム全体で有効な次の論理名を定義してください。
6–4 セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定
$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queuename_SUPPRESS_JOBTRAILER 1
注意
上記の設定をして DCPS を使用すると,重要な問題が発生した場合の自己
診断が難しくなります。メッセージを禁止するよりも,問題を解決する方
を優先することを推奨します。
6.2.3
ジョブ・バースト・ページおよびジョブ・フラグ・ページ用の特別
な給紙トレイの指定
高価な媒体や特殊な媒体にジョブを印刷する場合には,ジョブ・フラグ・ページと
ジョブ・バースト・ページを特殊な給紙トレイから印刷することが適切な場合があ
ります。この機能はまた,プリント・ジョブを分離するために色の違う用紙を指定
するときも役立ちます。
ジョブ・フラグ・ページおよびジョブ・バースト・ページに特殊な給紙トレイを指
定することができます。次のコマンドを使用して,論理名を定義してください。
$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queuename_SEPARATOR_TRAY n
このコマンドで,queuenameは実行キュー名で,nは PostScript の給紙トレイ番号
です。トレイ番号はプリンタ・モデル固有の番号であり,プリンタのオーナーズ・
マニュアルに記載されています。この機能はすべてのプリンタで動作するとは限り
ません。特に, PostScript Level 1 setpapertrayオペレータで給紙トレイを選択し
ないプリンタでは動作しないかも知れません。
Compaq および DIGITAL プリンタについての値は,次のとおりです。
セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定 6–5
表 6–1 トレイ番号の値
プリンタ
トレイ
トレイ番号
Compaq Laser Printer LN16
上段トレイ
0
下段トレイ
1
マルチパーパ
ス・トレイ
3
マルチパーパ
ス・トレイ
0
トレイ 1
1
トレイ 2
2
トレイ 3
3
トレイ 4
4
トレイ 5
5
エンベロープ・
フィーダ
6
上段トレイ
1
下段トレイ
5
マルチパーパ
ス・トレイ
0
給紙カセット
1
手差し
0
下段トレイ
1
上段トレイ
2
エンベロープ・
フィーダ
3
マルチパーパ
ス・トレイ
0
上段トレイ
1
下段トレイ
2
大容量トレイ
3
上段トレイ
0
Compaq Laser Printer LN32 および LNM40
Compaq および DIGITAL Laser Printer
LNC02
DEClaser 1150 および 1152
DEClaser 2150 および 2250
DEClaser 3250
DEClaser 3500
(次ページに続く)
6–6 セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定
表 6–1 (続き) トレイ番号の値
プリンタ
DEClaser 5100
DIGITAL Colorwriter 1000
DIGITAL Colorwriter LSR 2000 および 2000+
DIGITAL Laser Printer LN15 および LN15+
DIGITAL LN17ps および Laser Printer
LN17+ps
DIGITAL Laser Printer LN20
DIGITAL Laser Printer LN40
トレイ
トレイ番号
下段トレイ
2
マルチパーパ
ス・トレイ
3
マルチパーパ
ス・トレイ
0
上段トレイ
1
下段トレイ
2
上段トレイ
0
下段トレイ
1
上段トレイ
1
下段トレイ
2
上段トレイ
0
下段トレイ
1
マルチパーパ
ス・トレイ
3
メイン
0
マルチパーパ
ス・トレイ
1
下段トレイ 1
2
下段トレイ 2
3
エンベロープ・
フィーダ
4
マルチパーパ
ス・トレイ
1
上段トレイ
2
下段トレイ
5
上段トレイ
1
中段トレイ
2
下段トレイ
3
(次ページに続く)
セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定 6–7
表 6–1 (続き) トレイ番号の値
プリンタ
DIGITAL PrintServer 17 および 17/600
DIGITAL PrintServer 20, 32, 32plusおよび 40
6.3
トレイ
トレイ番号
LCIT
5
上段トレイ
1
下段トレイ
2
上段トレイ
1
下段トレイ
2
LCIT
3
ファイル・セパレータ・ページの有効化
ファイル・セパレータ・ページは,プリント・ジョブ内の各ファイルを分離しま
す。図 6–2 に,ファイル・フラグ・ページの例を示します。
6–8 セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定
図 6–2 ファイル・フラグ・ページ
This is the value of the PSM$ANNOUNCE system logical.
Note: this is text from the job's /NOTE qualifier
DAN::SYSTEM
JOB 713
EXAMPLE.PS;2
File:
_DAN$DKA0:[SYS0.SYSMGR]EXAMPLE.PS;2
Last Modified: 15?APR?1995 14:02
Owner UIC:
[SYSTEM]
Length:
Longest record:
Priority:
Submit queue:
Submitted:
Printer queue:
Printer device:
1 block
40 bytes
100
DANS_PRINTER
30?MAY?1997 22:54
DANS_PRINTER
"IP_RawTCP/ln17ps.my.org:2501"
Digital Equipment Corporation
OpenVMS VAX V6.1
LN17ps Dan's Printer
DECprint Supervisor V1.4
省略時のファイル・セパレータ・ページを有効にするには,次のように設定しま
す。
• 実行キューの場合には,パラメータp5に/DEFAULT=(file-separation-page) を
指定します。
• ジェネリック・キューの場合には,パラメータp4に/DEFAULT=(fileseparation-page) を指定します。
セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定 6–9
ユーザは PRINT コマンドに/[NO]FLAG,/[NO]BURST,/[NO]TRAILER 修飾子
を指定することにより,キューに対する省略時のファイル・フラグ属性,ファイ
ル・バースト属性,ファイル・トレーラ属性を変更することができます。
次の例では,ジョブ内の各ファイルの先頭にフラグ・ページが印刷され,最後にト
レーラ・ページが印刷されます。
$ PRINT /FLAG=ALL /TRAILER=ALL FILE1.PS,FILE2.PS,FILE3.PS
注意
PAGE_LIMIT パラメータを PRINT コマンドで使用した場合や,プリント・
ジョブが途中で終了した場合には,ファイル・フラグ・ページとファイ
ル・トレーラ・ページは印刷されないことがあります。
6.4
セパレータ・ページへのシステム・メッセージの追加
システムで出力されるすべてのジョブのジョブ・バースト・ページ,ジョブ・フラ
グ・ページ,ジョブ・トレーラ・ページ,およびファイル・バースト・ページ,フ
ァイル・フラグ・ページ,ファイル・トレーラ・ページの先頭にシステム・メッセ
ージを追加することができます。次の例に,その方法を示します。
$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM PSM$ANNOUNCE "Computer Services Group"
この例では,論理名 PSM$ANNOUNCE が現在‘‘Computer Services Group’’と定
義されていることを示しています。
注意
PSM$ANNOUNCE 論理名は, DCPS シンビオントだけでなく,その他の
シンビオント (たとえば LATSYM) でも使用されます。 PSM$ANNOUNCE
を再定義した場合は,その他のシンビオントにも影響を与えます。
6–10 セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定
6.5
Extended File Specifications
DCPS は, ODS-5 ボリュームおよび深いディレクトリ構造を含む Extended File
Specifications を使用したシステムをサポートします。
ODS-5 ボリューム上の任意のディレクトリ内の任意のファイルをプリンタに出力
することができます。 ODS-5 ボリューム上のファイルは長いディレクトリ名やフ
ァイル名を持つことがあるため,ファイル名は,ファイル・セパレータ・ページお
よび LIST トランスレータを使用した出力で切り捨てられる場合があります。ファ
イル名が切り捨てられた場合は,省略記号 (...) によって示されます。
注意
日本語のファイル名は,セパレータ・ページでは^U エスケープ表現で印刷
されるため,日本語では読めません。
6.6
ジョブ・ログ・ページの指定
ジョブ・ログ・ページは任意に印刷されるページであり,プリント・ジョブに関す
る情報と,プリント・ジョブで発生したメッセージが印刷されます。ジョブ・ロ
グ・ページを印刷するには, PRINT コマンドに MESSAGES=PRINT パラメータ
を指定します。ジョブ・ログ・ページを印刷する場合には,ジョブ・トレーラ・ペ
ージの前に印刷されます。ジョブ・トレーラ・ページを印刷しない場合には,ジョ
ブ・ログ・ページはジョブの最後のページになります。
6.7
ファイル・エラー・ページ
プリント・ジョブが印刷を開始したときにソフトウェアがプリント・ファイルにア
クセスすることができない場合,ファイル・エラー・ページが印刷され,プリン
ト・ジョブ内に次のファイルがある場合,ソフトウェアはそのファイルを継続して
印刷します。
セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定 6–11
ファイル・エラー・ページには次の情報が印刷されます。
• ファイル・ログ・ページ・バナー
• クライアント・ノード名とユーザ名
• ジョブ番号
• ファイル識別 (ファイル名,ファイル拡張子,およびバージョンのみ)
• ファイル指定 (完全なファイル指定)
• メッセージ領域
6–12 セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定
7
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラ
リの作成
7.1
セットアップ・モジュールの概要
セットアップ・モジュールは,プリント・ジョブの文書の外観を修正したりプリン
ト・ジョブ内の命令を再定義する命令を含むファイルです。
PRINT コマンドの/SETUP 修飾子を指定することで,プリント・ジョブにセット
アップ・モジュールを含めることができます。次の例では, 600 dpi の解像度を指
定するセットアップ・モジュールを使用しています。
$ PRINT/QUEUE=LPS32$2SIDES/SETUP=RES_600X600 IMAGE.PS
フォーム (第 8 章を参照) を使用することで,プリント・ジョブに暗黙のうちにセッ
トアップ・モジュールを含めることもできます。
7.2
セットアップ・モジュールの位置
DECprint Supervisor には各種のセットアップ・モジュールが組み込まれており,
インストレーション時に次の装置制御ライブラリに置かれます。
SYS$LIBRARY:DCPS$DEVCTL.TLB
セットアップ・モジュールの一覧を表示するには,次のコマンドを使用します。
$ LIBRARY/LIST SYS$LIBRARY:DCPS$DEVCTL.TLB
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成 7–1
次の例のようなセットアップ・モジュールの一覧が表示されます。
DCW1000_DISPLAY
DCW1000_ENHANCED
DCW1000_HIGHRES
LPS$$APPLE360_INITPSDEVICE
LPS$$APPLE360_SETINPUTTRAY
RES_1200X1200
RES_1200X600
注意
セットアップ・モジュールあるいは装置制御モジュールを変更してはなり
ません。
いくつかのセットアップ・モジュールは特定のプリンタ専用に作成されていま
す。これらのセットアップ・モジュールは,そのファイル名にプリンタ名が含ま
れています。たとえば,セットアップ・モジュールの DL3500_RET_DARK は,
DEClaser 3500 プリンタ用です。
注意
標準で提供される装置制御ライブラリの内容を変更してはなりません。
7.2.1
カスタム・セットアップ・モジュールの位置
カスタム・セットアップ・モジュールは特殊な装置制御ライブラリにまとめ
て,.TLB (テキスト・ライブラリ) ファイルという名前で SYS$LIBRARY に置か
れなければなりません。次のコマンドは, SYS$LIBRARY にあるすべてのテキ
スト・ライブラリの一覧を表示します。どのサブセットが DCPS で使用される特
殊な装置制御ライブラリであるかを判定するには,システムの DCPS プリント・
キューの/LIBRARY 修飾子に対応したライブラリおよびライブラリ検索リスト
と.TLB ファイル名との関係を調べてください。
$ DIRECTORY SYS$LIBRARY:*.TLB
7–2 セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
7.2.2
セットアップ・モジュールの内容の表示
セットアップ・モジュールに含まれている命令を見るには,次の手順に従ってくだ
さい。
1. 装置制御ライブラリからセットアップ・モジュールを抽出します。次の例で
は, DCPS$DEVCTL.TLB からセットアップ・モジュール DI_ON を抽出し,
ユーザ・ディレクトリでファイル名を MYSETUP.TXT に変更します。
$ LIBRARY/EXTRACT=(DI_ON)/OUT=MYSETUP SYS$LIBRARY:DCPS$DEVCTL.TLB
2. TYPE コマンドあるいはエディタを使用して,そのファイルの内容を表示させ
ます。
$ TYPE MYSETUP.TXT
このセットアップ・モジュール DI_ON は DECimage を有効とするもので,次
の命令を含んでいます。
%!
% ~~~~~~~~~~ DI_on ~~~~~~~~~~
statusdict begin false setDECimage end
systemdict /languagelevel known {languagelevel} {1} ifelse
2 ge {currentpagedevice /Install get exec} if
statusdict begin true setDECimage end
% ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
注意
いくつかのセットアップ・モジュールは, TYPE コマンドを使用しても表
示することのできないエスケープ・シーケンスあるいはグラフィックスを
含んでいる場合があります。そのようなモジュールについては,抽出した
ファイルに対して DUMP/RECORD コマンドを実行することができます。
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成 7–3
7.3
カスタム・セットアップ・モジュールの作成
異なるデータ・タイプを持つプリント・ジョブに影響を与えるセットアップ・モジ
ュールを作成することができます。いくつかのセットアップ・モジュールは ANSI
プリント・ジョブを処理し,別のものは PostScript ジョブに影響を与えます。サ
ポートする任意のデータ・タイプについてのセットアップ・モジュールを作成する
ことができます。
注意:
• PCL あるいは Proprinter セットアップ・モジュールの各行末にキャリッジ制御
文字を必要とする場合は,セットアップ・モジュール・ファイルを作成する際
にマニュアル操作でキャリッジ制御文字を追加してください (セットアップ・モ
ジュールにはフォントおよびラスタ・グラフィックスなどのようにバイナリ・
データを含む可能性があるため, PCL および Proprinter セットアップ・モジ
ュールはキャリッジ制御文字では改行しません)。
• ANSI セットアップ・モジュールを使用するときに,セットアップ・モジュー
ルによって何かが印刷されることになる場合は,データ・ファイルの前で改ペ
ージが実行されます。
7.4
装置制御ライブラリの作成
ユーザがセットアップ・モジュールをアクセスできるように設定するには,装置制
御ライブラリを作成し,モジュールをそのライブラリに登録しなければなりませ
ん。各データ・タイプのセットアップ・モジュールに対して異なるライブラリを使
用してください。異なるデータ・タイプのセットアップ・モジュールを同じライブ
ラリに登録しないでください。 ANSI, PCL, Proprinter, PostScript ファイル
のためのライブラリを作成することができます。
注意
セットアップ・モジュールを標準的な DCPS$DEVCTL ライブラリに登録
してはなりません。 DECprint Supervisor ソフトウェアをアップグレード
した場合, DCPS$DEVCTL ライブラリに登録されたカスタム・セットア
ップ・モジュールは削除されるからです。
7–4 セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
セットアップ・モジュールを登録するライブラリを作成するには,次のコマンドを
使用します。
$ LIBRARY/CREATE/TEXT SYS$COMMON:[SYSLIB]library-name.TLB
ライブラリの名前としてlibrary-nameを指定してください。
次のコマンドは固有の PostScript セットアップ・モジュールを登録するために,
PS1 という新しい PostScript 装置制御ライブラリを作成します。
$ LIBRARY/CREATE/TEXT SYS$COMMON:[SYSLIB]PS1.TLB
詳細は,『OpenVMS Command Definition, Librarian and Message Utilities
Manual』を参照してください。
7.4.1
ライブラリへのセットアップ・モジュールの登録
セットアップ・モジュールを装置制御ライブラリに登録するには,次のコマンドを
使用します。
$ LIBRARY/INSERT SYS$LIBRARY:library-name.TLB module-name
このコマンドに次の情報を指定してください。
library-name
ライブラリの名前
module-name
セットアップ・モジュールの名前
次のコマンドは, CONFIDENTIAL.PS という PostScript セットアップ・モジュ
ールを PS1.TLB という PostScript 装置制御ライブラリに登録し,セットアップ・
モジュールの名前を CONFIDENTIAL として指定します。
$ LIBRARY/INSERT SYS$LIBRARY:PS1.TLB CONFIDENTIAL.PS
次のコマンドは, A4_PAGE.TXT という ANSI セットアップ・モジュールを
ANSI1.TLB という ANSI 装置制御ライブラリに登録し,セットアップ・モジュー
ルの名前を A4_PAGE に設定します。
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成 7–5
$ LIBRARY/INSERT SYS$LIBRARY:ANSI1.TLB A4_PAGE.TXT
7.4.2
ライブラリ検索リストの指定
装置制御ライブラリが複数ある場合には, SYS$STARTUP:DCPS$STARTUP.COM
内のライブラリの検索リストを設定しなければなりません。検索リストは検索する
装置制御ライブラリと検索順序を指定します。
例 7–1 に,装置制御ライブラリの検索リストを示します。
例 7–1 装置制御ライブラリの検索リスト
$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE/NOLOG DCPS_LIB DCPS$DEVCTL,"PS1/DATA_TYPE=POSTSCRIPT","ANSI1/DATA_TYPE=ANSI",PS2
例 7–1 では,ソフトウェアは次の動作をします。
1. 標準装置制御ライブラリDCPS$DEVCTLから必要なセットアップ・モジュール
および/SETUP あるいは/FORM で指定されたセットアップ・モジュールを検索
します。
2. PostScript ライブラリPS1から,標準装置制御ライブラリで見つからなかった
指定されたセットアップ・モジュールを検索します (PostScript セットアップ・
モジュールは任意のタイプのファイルで使用されるため,セットアップ・モジ
ュールの検索時には PostScript 装置制御ライブラリは常に検索されます)。
3. プリント・ジョブが ANSI である場合,ANSI1と呼ばれるライブラリから検索
されます。
4. プリント・ジョブが ANSI 以外のデータ・タイプである場合, ANSI1 ライブラ
リではなく PostScript ライブラリのPS2から検索されます。
7–6 セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
ライブラリ論理名および検索リストを定義するには,次の手順にしたがってくださ
い。
1. DCPS$STARTUP.COM を編集して,次の行を追加します。
コマンド行
例
$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE/NOLOG logical-name search-list
$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE/NOLOG DCPS_LIB DCPS$DEVCTL,"PS1/DATA_TYPE=POSTSCRIPT","ANSI1/DATA_TYPE=ANSI",PS2
コマンド行には,次の情報を記述します。
logical-name:
ライブラリ名のリストに展開される論理名を使用します。この論理名は実行キ
ューの定義 (パラメータp3) にも指定しなければなりません。
search-list:
検索するライブラリのリストを追加します。ライブラリを追加する場合は,次
のガイドラインを使用してください。
• 最も効率的な出力のために,リストの最初に標準装置制御ライブラリ
DCPS$DEVCTL を指定します。
ライブラリ検索リストに DCPS$DEVCTL が含まれていない場合,シンビ
オントが停止して次のエラー・メッセージが通知されます。
REQMODNOTFOUND, Required device control module module-name not found
• すべてのライブラリ名が SYS$LIBRARY に登録されていることを確認しま
す。
• すべてのライブラリ名のファイル拡張子が.TLB であることを確認します。
• /DATA_TYPE 修飾子を指定する各ライブラリに対して,ライブラリ名と修
飾子を引用符で囲みます。/DATA_TYPE 修飾子を使用しない場合には,ラ
イブラリ名を引用符で囲む必要はありません。ライブラリの省略時のデー
タ・タイプは PostScript です。
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成 7–7
• 同じ機能を実行し,同じ名前を持つ ANSI モジュールと PostScript モジュ
ールが登録されている場合には, ANSI ジョブの省略時の設定としてどちら
のモジュールが適切であるかを判断します。
ANSI ジョブの省略時の設定を PostScript にする場合は, PostScript 装置
制御ライブラリを ANSI ライブラリの前に登録します。 ANSI ジョブの省略
時の設定を ANSI にする場合は, ANSI ライブラリを PostScript ライブラ
リの前に登録します。
2. 新しいライブラリを有効とするには,実行キューを停止させた後に再起動しま
す (既存のライブラリにセットアップ・モジュールを追加した場合は,キューを
再初期化する必要はありません)。
7.4.3
キューを起動するために必要な装置制御ライブラリ
キューを起動するには,キュー用に指定されたすべての装置制御ライブラリが存
在していなければなりません。たとえば,次の論理名でキューが定義されている
場合は, SYS$LIBRARY:DCPS$DEVCTL.TLB, SYS$LIBRARY:ANSI.TLB,
SYS$LIBRARY:PS.TLB のすべてのライブラリがテキスト・ライブラリとして存在
している必要があります。
$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE DCPS_LIB DCPS$DEVCTL, "ANSI/DATA_TYPE=ANSI", "PS/DATA_TYPE=POSTSCRIPT"
7.4.4
アップグレード時のカスタム・セットアップ・モジュールの保存
DECprint Supervisor ソフトウェアをインストールすると,提供される装置制御
ライブラリ DCPS$DEVCTL.TLB の新しいバージョンが作成されます。ソフト
ウェアのインストレーション時に古いファイルをパージした場合,装置制御ライ
ブラリの以前のコピーは削除されます (詳細は『日本語 DECprint Supervisor for
OpenVMS インストレーション・ガイド』を参照してください)。
7–8 セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
カスタム・セットアップ・モジュールを追加する場合には,新しいライブラリを作
成し,そのライブラリをライブラリ検索リストで参照するようにしてください。こ
のようにすれば,プリンティング・ソフトウェアをアップグレードする際に,カス
タム・セットアップ・モジュールを保存することができます。
DECprint プリンティング・サービスまたは PrintServer クライアント・ソフトウェ
アのアップグレード
DECprint プリンティング・サービス・ソフトウェアまたは PrintServer クライ
アント・ソフトウェアは固有の装置制御ライブラリ (CPS$DEVCTL.TLB および
LPS$DEVCTL.TLB) を持っています。 DECprint Supervisor にアップグレードし
た場合は, CPS$および LPS$装置制御ライブラリは使用されなくなります。これ
らのライブラリのいずれかにカスタム・セットアップ・モジュールが含まれている
場合は,必要なモジユールを新しいライブラリに登録し,装置制御ライブラリ検索
リストにそのライブラリを指定してください。
7.5
プリント・ジョブへのセットアップ・モジュールの指定
PRINT コマンドで/SETUP 修飾子を使用することで,セットアップ・モジュール
を指定することができます。
/SETUP 修飾子を使用してプリント・ジョブに ANSI セットアップ・モジュールを
指定するには,次のコマンド形式を使用してください。
$ PRINT/QUEUE=queue-name/SETUP=your-module-name print-file.TXT
間違ったコマンドを入力した場合,ファイルが印刷されるまでその間違いは検出さ
れません。ソフトウェアが直ちに間違いを検出できるようにするには,フォームに
セットアップ・モジュールを含めるようにします。その命令については,第 8 章を
参照してください。
一般ユーザが頻繁にセットアップ・モジュールにアクセスする場合は,セットアッ
プ・モジュールを特定のキューに対応させることにより,そのキューに登録された
すべてのプリント・ジョブが自動的にそのセットアップ・モジュールを使用して出
力されるようにすることができます。その命令については,第 8 章を参照してくだ
さい。
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成 7–9
7.6
永続的な PostScript 資源のロード
注意
この機能はデスクトップ・プリンタのみに適用されます。 PrintServer プリ
ンタについては, PrintServer ソフトウェアを使用して資源が永続的にロー
ドされます。
すべてのプリント・ジョブについて PostScript コードをダウンロードすると,印
刷性能に悪い影響を与える可能性があります。この問題を解消するために,プリン
タに常駐するモジュールをロードしておくことができます。
デスクトップ・プリンタには LPS$PERSISTENT_RESOURCES モジュールが永
続的にロードされます。永続的な PostScript モジュールを作成するには,次の手
順にしたがってください。
1. 次のコマンドを使用して,ユーザ固有の PostScript セットアップ・モジュール
用の新しい装置制御ライブラリを作成します。
$ LIBRARY/CREATE/TEXT SYS$COMMON:[SYSLIB]library-name.TLB
2. SYS$STARTUP:DCPS$STARTUP.COM ファイルを編集して,検索リストに
新しい装置制御ライブラリを登録します。 DCPS スタートアップ・ファイルに
次のコマンドを記入します。
$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE/NOLOG DCPS_LIB DCPS$DEVCTL, "library-name/DATA=POST"
3. そのセットアップ・モジュールをロードする各 PostScript プリンタ用の実
行キューの定義のパラメータ 3 に,装置制御検索リスト論理名として論理名
DCPS_LIB が記入されていることを確認します。
4. DCPS$STARTUP.COM ファイルを保存します。
5. 変更の影響を受けるプリンタについての各キューに STOP/QUEUE/RESET コ
マンドを実行してキューを停止します。
6. 新しい DCPS$STARTUP.COM ファイルを実行します。
7–10 セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
7. 2 つのプリント・ジョブを各プリンタに送信してプリント・キューをテストし
ます。プリンタに最初に送信されるプリント・ジョブについて,セットアッ
プ・モジュールがロードされます。第 2 のプリント・ジョブにもその設定が同
様に有効である必要があります。
警告
永続的なセットアップ機能の間違った使用法により,問題が発生する可能
性があります。この機能を使用する場合は,次の事項に注意してくださ
い。
• 永続的にロードすることができるのは, PostScript セットアップ・モジ
ュールだけです。別のデータ・タイプを永続的にロードすることはでき
ません。
• セットアップ・モジュールがプリンタの仮想メモリを超える可能性があ
ります。プリンタの異なるモジュールは異なる容量を持っています。た
とえば,あまりに多くのフォントを持ったセットアップ・モジュールは
プリンタの容量を超えてしまう可能性があります。
• ネットワーク内の複数のノードから共有ネットワーク・プリンタを使用
することができます。印刷結果が異なることがないように,そのプリン
タにアクセスするすべてのノードから同一のセットアップ・モジュー
ルがロードされることを確認してください。異なるセットアップ・モ
ジュールをロードする必要がある場合は,各プリント・ジョブについ
て/SETUP あるいは/FORM 修飾子のいずれかを使用してください。
• 永続的にロードされるセットアップ・モジュール内の不正な PostScript
コードは,予測できない解析困難な結果を生じます。また,プリンタの
電源が落とされるまでコードがプリンタ内にそのまま存在するため,異
なるシステムからのプリント・ジョブが異常終了して予測できない結果
となり,問題の原因を特定することができなくなります。
7.7
PCL および Proprinter プリント・ジョブ用の省略時の文字
セットの変更
PCL ファイルの省略時の文字セットは Roman-8 です。 Proprinter ファイルの省
略時の文字セットはコード・セット 437,文字セット 1 です。省略時の文字セット
を変更するには,次の手順にしたがってください。
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成 7–11
1. PCL セットアップ・モジュール, Proprinter モジュール, PostScrpit モジュ
ールのそれぞれについて 1 つの装置制御ライブラリを作成します。次のコマン
ドを使用してください。
$ LIBRARY/CREATE/TEXT SYS$COMMON:[SYSLIB]PCL_LIB
$ LIBRARY/CREATE/TEXT SYS$COMMON:[SYSLIB]PRO_LIB
$ LIBRARY/CREATE/TEXT SYS$COMMON:[SYSLIB]PS_LIB
2. 次のように, DCPS$STARTUP.COM を編集してこれらのライブラリを登録し
ます。
DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE/NOLOG DCPS_LIB DCPS$DEVCTL,
"PCL_LIB/DATA=PCL",
"PRO_LIB/DATA=PRO",
PS_LIB)
PostScript 装置制御ライブラリ (PS_LIB) は検索リストの最後に登録されなけ
ればなりません。
3. 次のセットアップ・モジュールを作成します。
• DEF_CHAR_SET.PCL ファイルは, PC-8 デンマーク語/ノルウェー語の文
字セットを選択します。
<ESC>!‘1P<ESC>(11U<ESC>!‘0P
<ESC>はエスケープ文字 (10 進数の 27) と置き換えます。
• DEF_CHAR_SET.PRO ファイルはコード・ページ 850 を選択します。
<ESC>‘<ETX><NUL><CR>R<ETX>
<ESC>はエスケープ文字 (10 進数の 27) と置き換えます。
<ETX>は etx 文字 (10 進数の 3) と置き換えます。
<NULL>は null 文字 (10 進数の 0) と置き換えます。
<CR>は改行文字 (10 進数の 13) と置き換えます。
• DEF_CHAR_SET.PS PostScript ファイルは, PCL でも Proprinter でもな
い出力ファイルで使用されます。
7–12 セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
4. これらのモジュールを,次の例に示すように LIBRARY コマンドを使用して適
当な装置制御ライブラリ内に置きます。
$ LIBRARY/INSERT/TEXT
SYS$COMMON:[SYSLIB]PCL_LIB DEF_CHAR_SET.PCL
$ LIBRARY/INSERT/TEXT
SYS$COMMON:[SYSLIB]PRO_LIB DEF_CHAR_SET.PRO
$ LIBRARY/INSERT/TEXT
SYS$COMMON:[SYSLIB]PS_LIB DEF_CHAR_SET.PS
5. セットアップ・モジュールとして DEF_CHAR_SET を含むフォーム定義を作
成します。次のように,このフォームをプリンタの実行キューに対応させるこ
とができます。
$ DEFINE/FORM DEF_CHAR_SET form_number /SETUP=DEF_CHAR_SET/STOCK=DEFAULT
キューに対するこの変更を永続的なものとするために, DCPS$STARTUP.COM
ファイルの実行キュー定義にこのフォームを指定します。
7.8
セットアップ・モジュールを使用したプリンタ解像度の指
定
次のセットアップ・モジュールを使用すると, PostScript レベル 2 プリンタの解
像度を操作することができます。
表 7–1 プリンタ解像度のセットアップ・モジュール
セットアップ・モジュール
説明
RES_300X300
横 300 dpi,縦 300 dpi
RES_600X300
横 600 dpi,縦 300 dpi
RES_600X600
横 600 dpi,縦 600 dpi (省略時の設定)
RES_1200X600
横 1200 dpi,縦 600 dpi
RES_1200X1200
横 1200 dpi,縦 1200 dpi
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成 7–13
注意
すべての解像度がすべてのプリンタでサポートされているわけではありま
せん。指定した解像度での印刷ができないことをプリンタに通知させるに
は, PRINT コマンドに/NOTIFY スイッチを指定します。指定された解像
度での印刷ができない場合は,プリンタはそれよりも低い解像度で印刷を
行います。
7.9
セットアップ・モジュールを使用した DECimage パラメー
タの変更
次に示すセットアップ・モジュールは DECimage を起動したり, DECimage パラ
メータを変更するためのものです。次のように分類されています。
DECimage の有効化および無効化
次のセットアップ・モジュールは現在のパラメータ値はそのままの状態で,
DECimage を on あるいは off に切り替えます。別の DECimage セットアップ・
モジュールを使用している場合は,このモジュールを使用する必要はありませ
ん。 DECimage セットアップ・モジュールは,現在のプリント・ジョブに対して
DECimage を自動的に起動します。
表 7–2 DECimage の有効化および無効化
セットアップ・モジュール
説明
DI_ON
DECimage を ON に切り替えます
DI_OFF
DECimage を OFF に切り替えます
複合パラメータ
次のセットアップ・モジュールは, 2 つの DECimage パラメータを同時に調整し
ます。
7–14 セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
表 7–3 DECimage セットアップ・モジュール — 複合パラメータ
セットアップ・モジュール
説明
DI_HICONTRAST
Punch0 = 0.2, Punch1 = 0.8
DI_LOCONTRAST
Punch0 = -.1, Punch1 = 1.1
DI_BRIGHTER
Punch0 = -.2, Punch1 = 0.8
DI_DARKER
Punch0 = 0.2, Punch1 = 1.2
DI_NORMAL
Punch0 = 0, Punch1 = 1
個別パラメータ
次のセットアップ・モジュールのいずれかを指定した場合,特定のパラメータ以外
のすべてのパラメータは,省略時の設定値あるいは別のセットアップ・モジュール
で最後に修正された値のままの状態となります。このセットアップ・モジュールは
順序に影響されません。したがって, PRINT コマンド行にどの順序で指定しても
かまいません。
表 7–4 DECimage セットアップ・モジュール — 個別パラメータ
セットアップ・モジュール
説明
DI_PUNCH0_0
Punch0 = 0
DI_PUNCH0_0P1
Punch0 = 0.1
DI_PUNCH0_0P2
Punch0 = 0.2
DI_PUNCH0_M0P1
Punch0 = -.1
DI_PUNCH0_M0P2
Punch0 = -.2
DI_PUNCH1_1
Punch1 = 1
DI_PUNCH1_0P8
Punch1 = 0.8
DI_PUNCH1_0P9
Punch1 = 0.9
DI_PUNCH1_1P1
Punch1 = 1.1
DI_PUNCH1_1P2
Punch1 = 1.2
DI_SHARP_0P5
Sharpness = 0.5
DI_SHARP_1
Sharpness = 1.0
DI_SHARP_1P5
Sharpness = 1.5
DI_SHARP_2
Sharpness = 2.0
DI_SHARP_2P5
Sharpness = 2.5
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成 7–15
DECimage セットアップ・モジュールの例
次の例では,鮮明度を増し,グレイ・レベルにシフトさせています。
$ PRINT/NOTIFY/QUEUE=queue/SETUP=(DI_SHARP_2,DI_DARKER) filename
7.10
フォント・カートリッジ・エミュレーションのアクセス
の提供
DECprint Supervisor ソフトウェアでは,物理的なフォント・カートリ
ッジのエミュレーション機能が準備されています。 PRINT コマンドの
FONTS_USED パラメータを使用すれば,テキスト・ライブラリ・ファイル
SYS$LIBRARY:CPS$ANSI_FONTS.TLB から取り出すソフト・フォント・モジュ
ールを 1 つあるいは複数指定することができます。
この機能は ANSI ファイルに対してのみ使用でき,弊社の ANSI プリンタに印刷す
るためにフォント・カートリッジを必要とする文書をサポートしています。これら
のプリンタの場合と同様に,文書には適切なフォントを選択するエスケープ・シー
ケンスが含まれていなくてはなりません。
注意
DECprint Supervisor ソフトウェア・プロダクトにはソフト・フォント・モ
ジュールは含まれていません。ソフト・フォント・キットは弊社から個別
に取得することができます。
1 つあるいは複数の省略時のソフト・フォント・モジュールをプリント・キュー
に対応付けることによって,パラメータを PRINT コマンド行に指定する必要がな
くなります。たとえば, CGTRIUM24_ISO1 をキューの省略時のソフト・フォン
ト・モジュールとして設定するには, DCPS$STARTUP.COM に次の行を指定し
ます。
FONTS_USED=CGTRIUM24_ISO1
(実行キュー定義のp4あるいはジェネリック・キュー定義のp3にこの行を追加しま
す。)
7–16 セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
ユーザにとって便利なように,ソフト・フォント・モジュールを組み合わせて指定
できますが,その場合には,より多くのディスク空間が必要となり,ロード時間も
長くなります。たとえば,ユーザが 3 つのすべての DEC Multinational CG Times
ソフト・フォント・モジュールをロードしなければならない場合には,次のコマン
ド・シーケンスを使用して新しいモジュールを作成します。
$ LIBRARY SYS$LIBRARY:CPS$ANSI_FONTS.TLB/EXTRACT=CGTIMES8-10-12_MCS
$ LIBRARY SYS$LIBRARY:CPS$ANSI_FONTS.TLB/EXTRACT=CGTIMES14-18_MCS
$ LIBRARY SYS$LIBRARY:CPS$ANSI_FONTS.TLB/EXTRACT=CGTIMES24_MCS
$ COPY CGTIMES8-10-12_MCS.TXT,CGTIMES14-18_MCS.TXT,CGTIMES24_MCS.TXT ALLCGTIMES_MCS.TXT
$ LIBRARY/INSERT SYS$LIBRARY:CPS$ANSI_FONTS.TLB ALLCGTIMES_MCS.TXT
このようにしておけば,ユーザはプリント・パラメータ FONTS_
USED=ALLCGTIMES_MCS を使用して,新しいモジュールを指定すること
ができます。
7.11
装置制御ライブラリのキャッシュ機能
DCPS には,一般的に使用される特定の PostScript 装置制御モジュールの検索を
最適化する装置制御ライブラリのキャッシュ機能が含まれています。
キャッシュ機能は LPS$$で始まる名前を持つモジュールを,最初に要求された場
合だけ読み込まれるようにします。このモジュールはシンビオントのキャッシュに
置かれます。キューをリセットするかシステムを再起動するまでは,以降のジョブ
はこのモジュールに迅速にアクセスすることができます。これにより主要な装置制
御ライブラリへのアクセスを最小にし, CPU 時間を節約し,ディスクの動作を軽
減させることができます。
省略時の設定では,装置制御ライブラリのキャッシュ機能は無効となっています。
特定のキューに対して装置制御ライブラリのキャッシュ機能を有効とするには,そ
のプリント・キューを起動する前に次のコマンドを実行してください。
$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE DCPS$queuename_DEVCTL_CACHE 1
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成 7–17
装置制御ライブラリ・モジュールをキャッシングすることにより,シンビオント
が消費する CPU 時間を 17%軽減することができます。シンビオントでの I/O 処理
も, 50%軽減されます。
システム論理名 DCPS$DEVCTL_CACHE (キュー名指定なし) を定義すること
で,そのシステム上のすべての DCPS プリント実行キューに対して装置制御ライ
ブラリのキャッシュ機能を有効とすることができます。
7.12
識別されないプリンタへの印刷
DCPS ソフトウェアは,ジョブを印刷する前にプリンタの製品名を取得します。
DCPS ソフトウェアはこの製品名を使用して,特定のプリンタに固有の装置制御モ
ジュールを選択してダウンロードします。
DCPS ソフトウェアが識別できない製品名を持つプリンタを DCPS ソフトウェ
アで使用している場合,製品名は省略時の‘‘UNRECOGNIZED’’となり, DCPS
ソフトウェアはその名前に対応した装置制御モジュールをダウンロードしま
す。この構成はサポートされていませんが,その装置に印刷するだけであれば
UNRECOGNIZED に対応したモジュールで十分な場合があります。
必要に応じてシステム管理者は,サポートされていないプリンタの特性に影響
を与えることなく,対応する装置制御モジュールを修正することができます。
LPS$$UNRECOGNIZED モジュール内のコメントの記述に従い, PostScript に
ついての知識およびプリンタの仕様を使用し,類似したプリンタがある場合はその
装置制御モジュールを調べることにより,システム管理者はそのプリンタの給紙お
よび用紙サイズ選択を動作させることができます。
注意
識別されないプリンタを DCPS で使用すること,および
LPS$$UNRECOGNIZED 装置制御モジュールの使用あるいは修正について
弊社はサポートしておりません。また弊社は, DCPS の異なるバージョン
についても,そのモジュールの内容およびインタフェースが同一であるこ
とを保証しておりません。
7–18 セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成
装置制御モジュールは,次の装置制御ライブラリに置かれています。
SYS$COMMON:[SYSLIB]DCPS$DEVCTL.TLB
識別されないプリンタに対応した装置制御モジュールは次のとおりです。
LPS$$UNRECOGNIZED_INITPSDEVICE
LPS$$UNRECOGNIZED_SETCONTEXT
LPS$$UNRECOGNIZED_SETINPUTTRAY
LPS$$UNRECOGNIZED_SETOUTPUTTRAY
特定のプリンタ用にこれらのモジュールを修正した場合は,常にユーザ固有の装置
制御ライブラリに修正したモジュールを登録しなければなりません (第 7.4 節を参
照)。
セットアップ・モジュールおよび装置制御ライブラリの作成 7–19
8
フォーム定義の作成および保守
管理者はフォーム定義を作成することができます。一般ユーザはこのフォーム定義
を PRINT コマンドに含めることにより,ファイルの印刷の外観を修正することが
できます。フォーム定義では,プリント・ジョブを印刷する用紙のタイプ,幅,長
さ,マージン,および長いテキスト行を途中で切り詰めるか改行するかどうか,お
よび暗黙にプリンタに送信するセットアップ・モジュールなど,プリント・ジョブ
についてのいくつかの属性を指定することができます。
PRINT コマンドで不明なフォーム名を指定した場合, DECprint Supervisor は直
ちにそれを通知します。逆に, PRINT コマンドで不明なセットアップ・モジュー
ルを指定した場合, DECprint Supervisor はそのジョブの印刷を開始し,そのセ
ットアップ・モジュールにアクセスする必要が発生するまで,その問題を通知する
ことはありません。
フォームの作成,保守,削除を行うコマンドを実行するにはオペレータ特権が必要
です。
8.1
セットアップ・モジュールとフォームとの対応
セットアップ・モジュールをフォームと対応させるには, DEFINE/FORM コマン
ドで/SETUP 修飾子を指定します。
例 8–1 では, PRIVATE と呼ばれるセットアップ・モジュールを使用する
CONFIDENTIAL と呼ばれるフォームを定義しています。
フォーム定義の作成および保守 8–1
例 8–1 フォーム定義の例, CONFIDENTIAL
$ DEFINE/FORM CONFIDENTIAL 101/DESCRIPTION="prints the word CONFIDENTIAL on each page"/STOCK=DEFAULT/SETUP=PRIVATE
フォームを定義する場合は,次の修飾子と情報を指定してください。
• フォーム名:
定義するフォームに割り当てる名前を指定します。名前は 1 ∼ 31 の文字列で,
少なくとも 1 文字のアルファベットを指定しなければなりません。
• フォーム番号:
定義しようとしているフォームの番号を指定します。
• /DESCRIPTION:
一般ユーザがそのフォームの動作を理解できるように,そのフォームについて
の説明を追加することができます。これは,省略可能です。
• /STOCK:
このフォームを起動する場合に,プリンタ内に装着されていなければならない
媒体の名前を指定します。指定する媒体は,プリンタ内の媒体と一致しなけれ
ばなりません。一致しない場合には,ユーザが指定した用紙を装着するか,あ
るいはキュー定義が変更されるまで,ジョブはキュー内で保留状態となりま
す。プリンタ内の任意の媒体を使用する場合は, DEFAULT パラメータを使用
してください。
• /SETUP:
フォームに対応させるセットアップ・モジュール名を指定します。
注意
セットアップ・モジュールが存在しているかどうかは,そのフォームが実
際に使用されるまでチェックされません。
8–2 フォーム定義の作成および保守
8.2
フォームとプリント・キューとの対応付け
一般ユーザが特定のセットアップ・モジュールを頻繁に起動する場合は,そのセッ
トアップ・モジュールをフォームに対応させ,そのフォームをキューに対応させる
ことができます。この方法により,そのキューに登録されたプリント・ジョブは,
自動的に対応するセットアップ・モジュールを使用することができます。フォーム
をキューに対応するには,次の手順に従ってください。
1. 第 8.1 節で説明したように,セットアップ・モジュールをフォームに対応させ
ます。
2. 次のように DCPS$STARTUP.COM のパラメータ 5 (p5) を編集して,フォーム
を実行キューに対応させます。
• /FORM_MOUNTED 修飾子を使用して,キューに対応させるフォームの名
前を指定します。
• /DEFAULT=FORM=form-name修飾子を指定して,ユーザがフォームを指
定しない場合であっても,すべてのジョブがこのフォームを使用するように
します。
次は, CONFIDENTIAL と呼ばれるフォームを XLR8 と呼ばれる実行キュー
に対応させる例です。
$ @SYS$STARTUP:EXECUTION_QUEUE.COM XLR8!P1 - Execution queue name
"DECNET/XLR8" !P2 - Device name
DCPS_LIB !P3 - Logical name for /LIBRARY
"" !P4 - Not used
"/FORM_MOUNTED=CONFIDENTIAL/DEFAULT=(FORM=CONFIDENTIAL,NOFEED)"
!P5 - Queue default qualifiers
8.3
ANSI ファイル用のフォーム定義の作成
ANSI ファイル用のフォームを定義する場合は,ページ・レイアウトに影響を与え
る各種の修飾子を使用することができます。たとえば,次のコマンドは,トップ・
マージンが 6 で左マージンが 10 である CENTER というフォームを定義します。
$ DEFINE/FORM /MARGIN=(TOP=6,LEFT=10) CENTER 3
フォーム定義の作成および保守 8–3
ANSI ファイル用のフォーム定義にかぎり,表 8–1 の修飾子を使用することができ
ます。
表 8–1 ANSI ファイル用の DEFINE/FORM 修飾子
修飾子
機能
/LENGTH=n
各ページの長さを行数で指定します。
/MARGIN=keyword=n
マージンを設定します。
次のキーワードのいずれかあるいは複数を指定するこ
とができます。
TOP=n
BOTTOM=m
RIGHT=y
LEFT=z
複数のマージン・キーワードを指定する場合は,次の
ようにそれぞれを括弧で囲みます。
/MARGIN=(TOP=n,BOTTOM=m)
/PAGE_SETUP=module
ジョブの各ページにページ・セットアップ・モジュー
ルを指定します。
/[NO]TRUNCATE
ページ幅に適合しない長い行を途中で切り詰めます。
/WIDTH=n
ページ幅を文字数で指定します。
/[NO]WRAP
ページ幅よりも長い行を次の行に改行します。
注意:
• 上記のフォーム定義は ANSI ファイルにかぎり有効です。別のタイプのファイ
ルは,上記の属性についての内部制御を持っているからです。
• フォーム定義に/NOWRAP および/NOTRUNCATE の両方を含めることによ
り,ソフトウェアによる長い行の改行あるいは途中での切り詰めを防ぐことが
できます。
8–4 フォーム定義の作成および保守
8.4
フォームおよびその属性の表示
次のコマンドを使用すると,システムにすでに存在しているフォームを表示するこ
とができます。
$ SHOW QUEUE/FORM
次のようにフォーム定義が表示されます。
Form name
--------A4_12 (stock=PLAIN_PAPER)
A4_LPT_GRAY (stock=PLAIN_PAPER)
A4_LPT_PLAIN (stock=PLAIN_PAPER)
BOOT_CHART (stock=DEFAULT)
BSS$LANDSCAPE (stock=DEFAULT)
BSS$PORTRAIT (stock=DEFAULT)
Number
-----1129
1118
1119
37
3301
3302
Description
----------A4 12-Pitch with margins
A4 DP line printer with gray bars
A4 Plain DP line printer format
BOOT_CHART
BSS Specific Landscape
BSS Specific Portrait
SHOW QUEUE/FORM/FULL コマンドを使用することで,フォームの属性を表示
することができます。たとえば,次のコマンドは DCPS$DEFAULT の属性を表示
します。
$ SHOW QUEUE/FORM/FULL DCPS$DEFAULT
Form name
Number Description
-------------- ----------DCPS$DEFAULT (stock=DEFAULT)
1115 DCPS default
/LENGTH=66 /STOCK=DEFAULT /TRUNCATE /WIDTH=80
8.5
フォームの削除
フォーム定義をシステムのフォーム・テーブルから削除するには, DELETE
/FORM コマンドを使用します。このコマンドの形式は次のとおりです。
$ DELETE/FORM form-name
フォーム定義の作成および保守 8–5
このコマンドには form-name を指定してください。これは,使用中のフォームに
割り当てた名前です。
DELETE/FORM コマンドを使用する前に,SHOW QUEUE/FULL/ALLコマンド
を実行してください。フォームに対する参照は動作中のプリント・キューの属性と
して存在するか,またはプリント要求に対する修飾子として存在します。まだ参照
されているフォームを削除しようとした場合には,そのことが通知され,フォーム
は削除されません (付録 A を参照してください)。
8.6
省略時の ANSI フォーム定義の使用
PRINT コマンドでフォーム定義を省略し,次の修飾子のいずれかを指定した場
合,日本語 DECprint Supervisor は ANSI ファイルを省略時のフォーム定義であ
る DCPS$DEFAULT とリンクします。
/HEADER
/SPACE
/PARAMETERS=[NO]TAB
8–6 フォーム定義の作成および保守
9
ユーザに対するプリンタ資源の料金請求
この章では, DECprint Supervisor ソフトウェアによって OpenVMS アカウンテ
ィング・ファイルに出力されるアカウンティング情報について説明します。
OpenVMS アカウンティング・ユーティリティはシステム資源の使用に関する情報
を SYS$MANAGER:ACCOUNTING.DAT ファイルから読み込みます。 DECprint
Supervisor ソフトウェアはプリンタの使用状況に関する情報をこのファイルに記
録します。 OpenVMS アカウンティング・ユーティリティについての詳しい説明
は『OpenVMS System Management Utilities Reference Manual』を参照してく
ださい。
9.1
DECprint Supervisor ソフトウェアによるアカウンティング
情報
プリント・シンビオントは各プリント・ジョブごとにアカウンティング・ファイル
に次の情報を記録します。
• 印刷したページ数
印刷した用紙の枚数です。 NUMBER_UP パラメータを使用して 1 枚の用紙に
複数のページを印刷する場合には,このフィールドには印刷した論理ページの
数ではなく,印刷した用紙の枚数が記録されます。印刷した用紙の枚数には,
セパレータ (フラグ,トレーラ,およびバースト)・ページも含まれます。ユー
ザまたはシステム・オペレータがプリント・ジョブを削除した場合には,この
情報はジョブが終了する前に印刷されたページ数を示します。
アカウンティング・ファイルおよび DCPS のトレーラ・ページに示される値
は,すべてのプリンタについて正しいとは言えません。詳細については第 9.3
節以下を参照してください。
ユーザに対するプリンタ資源の料金請求 9–1
• ソースからの読み込み (Get) の回数
これは,プリント・ジョブですべてのファイルから RMS の‘‘get’’を実行した回
数 (読み込んだレコード数) です。
• QIO 書き込み (write) の回数
これは,各ジョブでプリンタに対して実行した QIO ‘‘write’’の回数です。
プリント・ジョブが正常終了した場合には,プリント・シンビオントは特定の
アカウンティング・データ・フィールドをアカウンティング・ログ・ファイル
に記録することを,ジョブ・コントローラに要求します。正常終了したジョブ
とDELETE/ENTRYコマンドによって終了したジョブの場合には,アカウンティン
グ・ファイルには次のメッセージも記録されます。
%SYSTEM-S-NORMAL, normal successful completion
プリント・ジョブが異常終了した場合には,プリント・シンビオントがアカウンテ
ィング・ログに記録する情報は,不完全になる可能性があります。このようなジョ
ブを除外するには,正常終了状態メッセージを受信したジョブだけを数えます。次
の場合には,ジョブは異常終了します。
• STOP/QUEUE/RESET コマンドの実行
• シンビオントのクラッシュ
• プリンタのクラッシュ
• ネットワーク接続の切断
9.2
ジョブ・コントローラが記録するアカウンティング情報
ジョブ・コントローラはプリント・ジョブに関して次の情報をアカウンティング・
ファイルに記録します。
• Username
プリント・ジョブをキューに登録したユーザのユーザ名。
• Account
プリント・ジョブをキューに登録したユーザのアカウント名。
9–2 ユーザに対するプリンタ資源の料金請求
• UIC (ユーザ識別コード)
プリント・ジョブをキューに登録したユーザの UIC。
• Process ID
プリント・ジョブをキューに登録したユーザのプロセス ID。
• Start Time
プリント・ジョブが装置キューの先頭に到達した時刻 (これは必ずしもプリン
ト・ジョブが実際に印刷を開始した時刻と一致しません)。
• Finish Time
ジョブが印刷を終了した時刻。
• Elapsed Time
ジョブが印刷を実行するのに必要とした時間 (終了時刻−開始時刻)。
• Priority
プリント・ジョブのキュー優先順位。
• Final Status Code
プリント・ジョブの終了状態。正常終了の場合の状態コードは 00040001 で
す。
• Queue Entry
キュー・エントリ番号。これはプリント・ジョブ番号です。この例では,ジョ
ブ番号は 222 です。
$ PRINT/QUEUE=LN03R$SCRIPT4/NOTIFY TEST.MEM
Job TEST (queue LN03R$SCRIPT4, entry 222) started on queue SCRIPT4
• Queue Name
プリント装置キューの名前。
• Queue Job
ジョブ・フラグ・ページに印刷されるプリント・ジョブ名。
• Final Status Text = F$MESSAGE
ユーザに対するプリンタ資源の料金請求 9–3
最終状態コードを示すテキスト。正常終了したジョブのテキストは次のとおり
です。
%JBC-S-NORMAL, Normal successful completion
9.2.1
ジョブ・コントローラが空白のままにしておくアカウンティング・
フィールド
ジョブ・コントローラはプリント・ジョブに対して,アカウンティング・ファイル
の次のフィールドを空白にします。
• Owner ID
• Terminal Name
• Remote Node Name
• Remote ID
9.2.2
ジョブ・コントローラが 0 に設定するアカウンティング・フィール
ド
ジョブ・コントローラはプリント・ジョブに対してアカウンティング・ファイルの
次のフィールドを 0 に設定します。
• Privilege <31–00>
• Privilege <63–32>
9.3
DCPS ページ・カウントの正確さ
DCPS によりアカウンティング・ファイルおよび DCPS のトレーラ・ページに報
告されるページ・カウントは,プリンタから返される情報に依存しています。いく
つかのプリンタでは,異なる方法を使用するため,正確な情報が報告されません。
• ページ数のカウント vs 印刷面のカウント
物理的な用紙をカウントするプリンタもあれば,イメージや印刷面をカウント
するプリンタもあります。
9–4 ユーザに対するプリンタ資源の料金請求
• ページをカウントするタイミング
プリンタによって翻訳されたページをカウントするプリンタもあれば,物理的
に出力されたページをカウントするプリンタもあります。
DCPS によって報告されるページ・カウントを正確なものにするには,プリンタ
は,プリンタによって翻訳された物理シートをカウントする必要があります。以下
に特記するプリンタを除き, DCPS でサポートされている Compaq, DIGITAL お
よび GENICOM のすべてのプリンタは,この要件に従っているため,正しい情報
を DCPS に送信します。
他のプリンタは,正しいアカウンティング情報を提供していることが保証されてい
ません。また,以下に示す Compaq および DIGITAL のプリンタも正しいアカウン
ティング情報を提供していません。
Compaq Laser Printer LN20
Compaq Laser Printer LN40
Compaq Laser Printer LNC02
DIGITAL Laser Printer LNC02
9.4
機械的なページ・カウンタとの互換性
PrintServer プリンタには機械的なページ・カウンタがあります。
このページ・カウンタは, PostScript の pagecount オペレータを通じてアクセス
できるカウンタとは異なります。
• 機械的なページ・カウンタは,プリンタが製造されてから印刷したすべての用
紙の枚数を数えます。
• PostScript ページ・カウンタはコントローラが印刷した用紙の枚数を数えま
す。
通常の方法で使用している場合には,どちらのカウンタも同じ割合で増加します
が,これらの 2 つのカウンタの値はかなり違う可能性があります。プリンタのテス
ト・ページはプリンタのテスト・ボタンを押すことにより印刷されます。機械的な
カウンタではこのページも記録されますが, PostScript カウンタでは記録されま
ユーザに対するプリンタ資源の料金請求 9–5
せん。また,部品の交換によってカウンタが影響を受けることがあります。たとえ
ば,コントローラの不揮発性メモリを交換すると, PostScript カウンタはリセッ
トされますが,機械的なカウンタは変化しません。
2 種類のカウンタは異なるイベントを記録するため,それぞれ異なる目的で使用し
なければなりません。
• PostScript プログラム内で印刷された用紙の枚数を判断する場合には,
PostScript カウンタを使用します。
• プリンタの使用状況を追跡する場合は,機械的なカウンタを使用します。
9–6 ユーザに対するプリンタ資源の料金請求
10
プリンタ固有の情報
この章は,特定のプリンタで DCPS を使用する場合の管理に関する情報を提供し
ます。一般ユーザに有用なプリンタ固有の情報は,このマニュアルではなく『日本
語 DECprint Supervisor for OpenVMS ユーザーズ・ガイド』で提供されていま
す。また,『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS リリース・ノート』に
も,プリンタ固有の情報が記載されています。
10.1
Apple LaserWriter Plus プリンタ
10.1.1
LPS$PERSISTENT_RESOURCES の未サポート
デスクトップ・プリンタ用の, PostScript サーバ・ループの外側で
LPS$PERSISTENT_RESOURCES モジュールをロードする DCPS 機能は,
LaserWriter Plus ではサポートされていません。
10.2
Compaq Laser Printer LN16 および GENICOM microLaser
170
10.2.1
プリンタ構成の設定
DCPS では,プリンタの PERSONALITY を POSTSCRIPT に設定する必要があり
ます。 PERSONALITY が AUTO または PCL に設定されていると, DCPS のジョ
ブは "Starting"状態のままになり,印刷されません。この設定は,プリンタ・コン
ソールの CONFIG メニューにあります。
PERSONALITY を POSTSCRIPT に設定しても, Windows PC から送られた
PCL ジョブを正しく印刷することができます。
プリンタ固有の情報 10–1
10.2.2
LAT および AppleTalk 構成
DCPS キューで使用する LAT 装置を作成するには, LATCP 修飾子に次のいずれ
かの値のセットを使用することができます。
• /NODE=nodename /PORT=PORT_1
• /SERVICE=service
nodenameはプリンタの NIC ノード名で,serviceはプリンタの有効なサービスの
名前です。これらの値は,プリンタの NIC のステータス・ページから,あるいは
Telnet または LAT 経由で NIC にログインすることにより,取得することができま
す。たとえば,次のコマンドは,プリンタの NIC のノード名が PRQ_00001F であ
ることを示しています。
Local_4> show server
NET16 Version V1.0/1(990126)
Hardware Addr: 00-50-27-00-00-1f
Ident String: NET16
Uptime:
Name/Nodenum:
23:17:07
PRQ_00001F/ 0
AppleTalk を使用する DCPS キューを作成するには,サービス名を使用する必要
があります。省略時のサービスの1つを使用し,それを変更するか,あるいは自身
のサービスを作成することができます。次は, LAT および AppleTalk の両方で使
用できるサービスの一例です。この例では, DCPS_LN16 が AppleTalk 名です。
Local_4> list service dcps_ln16
Service: DCPS_LN16
Rating: N/A
Characteristics:
Ident: DCPS Compaq Laser Printer LN16
Ports: 1
Queueing Binary Rtel Connections AppleTalk
Lat
SOJ: <none>
EOJ: <none>
Enabled Groups: 0
AppleTalk サービスの作成は注意して行ってください。複数のプリンタで同じサー
ビス名を作成すると,複数のプリンタがネットワークで同じ AppleTalk 名を使用
することになります。
10–2 プリンタ固有の情報
プリンタ・サービスの特性を設定する方法についての詳細は,プリンタの
『Ethernet Network Interface Card (NIC) Reference Manual』を参照してくだ
さい。
10.3
Compaq Laser Printer LN32 および LNM40; GENICOM
Intelliprint mL, LN および microLaser シリーズ
注意
この節の説明は, GENICOM microLaser 170 プリンタには適用されませ
ん。
10.3.1
プリンタ構成の設定
10.3.1.1 言語識別モード
プリンタが PostScript モードまたは自動言語識別モードの場合, DCPS はこれら
のプリンタに印刷することができます。 INTERPRETER および FORMAT 設定が
表 10–1 に記述されているとおりに設定されていることを確認してください。これ
らの値は,プリンタのコンソールの INTERFACE メニューで設定されます。
表 10–1 有効な言語識別構成
プリンタ設定
プリンタ・モード
インタプリタ
フォーマット
PostScript/PCL 検出
Auto Switch
Raw
PostScript
PostScript
Normal
10.3.1.2 プリンタ設定によりキューが停止することがある
プリンタの Delayed Output Close 設定の工場出荷時の省略時の値で, DCPS キ
ューが停止することがあります。省略時の値は OFF であり,これは, 1 つのジョ
ブの印刷を早く終わらせて次のジョブの印刷を開始させるようにプリンタを制御
して,性能を向上させることを意図したものです。ただし, DCPS 以外の環境か
らも印刷する場合は,この値により DCPS キューが停止することがあります。し
プリンタ固有の情報 10–3
たがって,複数の環境から印刷する場合は,この値を ON に設定してください。
DCPS からだけ印刷する場合には, Delayed Output Close の値を OFF のままに
しておいてもかまいません。
Delayed Output Close の設定は,プリンタのコンソールで INTERFACE メニュー
の NETWORK セクションにDELAY OUT CLOSEとして示されます。3
10.3.2
LAT および AppleTalk の構成
LAT および AppleTalk のキューの構成についての詳細は,第 10.2.2 項を参照して
ください。
10.3.3
TCPware 使用時にキューが異常終了する
これらのプリンタで TCPware を使用している場合,画面上に多数のユーザデー
タ・メッセージを受信し,次のような OPCOM メッセージを表示してキューが異
常終了することがあります。
%%%%%%%%%%% OPCOM 21-APR-1999 15:09:53.22 %%%%%%%%%%%
Message from user SYSTEM on ZIPPY
Queue LN32_RAW: %DCPS-F-EXQUOTA, process quota exceeded
この問題は, TCPware V5.3-3 とネットワーク・ファームウェア V1.0/4 (990323)
を実行している場合に生じることがあります。この問題を回避するには,システム
管理者は次のいずれかの手順を実行する必要があります。
• 次の TCPware コマンドを発行する。
$ NETCU STOP /TCP
$ NETCU START /TCP /NOPATH_MTU_DISCOVERY
• TCPwareTCPware をバージョン V5.3-3 より新しいものにアップグレードす
る。
• TCPware パッチ・キット DRIVERS_V533P020 を適用する。
• プリンタのネットワーク・ファームウェアをアップグレードする。
3
この設定は, LN32 および LNM40 プリンタでバージョン 3.03 より以前のファームウェアを使用している場合
には表示されません。
10–4 プリンタ固有の情報
10.4
DIGITAL Colorwriter LSR 2000 プリンタ
10.4.1
raw TCP/IP では動作しない NIC
NIC が raw TCP/IP 通信をサポートしないため, DCPS は raw TCP/IP 接続経由
で Colorwriter LSR 2000 NIC と通信することができません。
DCPS が Colorwriter LSR 2000 と通信することができるネットワーク・プロトコ
ルは AppleTalk のみです。
10.5
DIGITAL DECcolorwriter 1000 プリンタ
10.5.1
プリンタ固有のセットアップ・ファイル
次の表に示すファイルを使用してプリンタの状態を永続的に変更した場合,それ以
降,プリンタの電源を切断して再度投入するまでの間,使用中のシステムあるいは
ネットワーク上の別のシステムからプリンタが受信するすべてのジョブに影響を与
えます。これらのファイルは, SYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]デ
ィレクトリに置かれています。
セットアップ・ファイル
説明
DCW1000_CONFIG.PS
プリンタの時間切れの値を設定します。
DCW1000_DEVPARAM.PS
シリアル・ポートの構成を変更します。
DCW1000_STARTPG.PS
スタート・ページを有効にします。
DCW1000_NOSTRTPG.PS
スタート・ページを無効にします。
DCW1000_PRNTCNFG.PS
ソフトウェアが選択する情報ページを有効にします。
DCW1000_PSCRIPT.PS
PostScript へのポートを変更し,すべてのポートを省
略時の設定にします。
注意
• DCW1000_DEVPARAM.PSファイルをプリンタに送信すると,通信設定が変
更されてキューがハングします。キューに対して STOP/RESET コマンドを実
行し,プリンタが接続されている DECserver またはその他の LAT 装置での対
プリンタ固有の情報 10–5
応する設定を変更しなければなりません。また,プリンタが PostScript モード
であることを確認してください。
• 省略時の設定では,プリンタの背面の DIP スイッチが下の位置に設定されてい
ます。これは,シリアル・インタフェースが調整可能であること,および色補
正が設定されていないことを示します。工場出荷時の省略時の設定は, 9600
ボー, 8 ビット,パリティなしです。セットアップ・ファイルと DIP スイッチ
との相互関係についての詳細は, DECcolorwriter 1000 のドキュメントを参照
してください。
• プリンタの現在の構成を確認するには, DIP スイッチ 4 の位置を下から上に切
り換え,続いて下に切り換えます (他の 3 つの DIP スイッチは下の位置のまま
とします)。プリンタが構成ページを印刷します。プリンタが PostScript モード
で稼動していることを確認してください。
10.6
DIGITAL DEClaser 3500 プリンタ
10.6.1
ジョブが "Starting"状態のままとなること
DCPS を DEClaser 3500 プリンタのオプションのシリアル・ポートで使用する場
合,ジョブが "Starting"状態のままとなる可能性があります。この場合,次のオプ
ションのいずれか 1 つを選択する必要があります。
1. プリンタを PostScript モードにロックします (フロント・パネルで Serial,
Printer Type = STD PostScript に設定します)。 DCPS$queuename_NO_
SYNC 論理名を使用してはなりません。このモードでは,プリンタが PJL シ
ーケンスに応答しないので,ネイティブ PCL を使用することはできません。
PCL 4 トランスレータを強制的に使用するには,第 10.7.1 項に説明されている
対処法を使用する必要があります。
2. シリアル・ポートの言語識別モードを Automatic に設定し (フロント・パネル
で, Serial, Printer Type = PS/PCL Sensing に設定し),第 3.4.3 項で説明さ
れているように DCPS$queuename_NO_SYNC 論理名を定義します。このモー
ドでは,プリンタは PJL シーケンスに応答し,データ・ストリームに示される
とおりにネイティブ PCL 5 または PostScript に切り換えます。
10–6 プリンタ固有の情報
10.6.2
通信プロトコルとネイティブ PCL サポートとの相互関係
オプションのネットワーク・カードは,ネイティブ PCL への切り換えをサポート
しますが,プロトコルを自動識別に設定する必要があります。
10.6.3
raw TCP/IP で動作しない NIC
NIC が双方向 TCP/IP 通信をサポートしていないため, DCPS は raw TCP/IP 接
続経由でプリンタと通信することができません。
代わりに,プリンタをプリント・サーバ (たとえば, Rapidprint 500) またはター
ミナル・サーバに接続し, LAT 接続を使用することが可能です。
10.7
DIGITAL DEClaser 5100 プリンタ
10.7.1
NIC 上で EtherTalk プロトコルが利用できないネイティブ PCL
ネットワーク・インタフェース・カード (NIC) の問題により, DCPS は
EtherTalk の使用時にプリンタをネイティブ PCL に切り換えることができま
せん。この場合,次のエラーが表示されます。
%DCPS-W-UNDEF, undefined: Name not known - offending command is <1B>
%DCPS-E-FLUSHING, Rest of Job (to EOJ) will be ignored
部分的な解決策は, DCPS$STARTUP.COM にキューを作成する場合
に,PAGE_LIMIT=999999という省略時のプリント・ジョブ・パラメータを指定
することです。このパラメータにより,すべての PCL ファイルが強制的に PCL ト
ランスレータを経由して印刷されます。ただし, PCL トランスレータは PCL 5 で
はなく PCL 4 です。
プリンタ固有の情報 10–7
10.7.2
raw TCP/IP で動作しない NIC
NIC が双方向 TCP/IP 通信をサポートしていないため, DCPS は raw TCP/IP 接
続経由でプリンタと通信することができません。
代わりに,プリンタをプリント・サーバ (たとえば, Rapidprint 500) またはター
ミナル・サーバに接続し, LAT 接続を使用することが可能です。
10.7.3
フォントのダウンロードと削除
DEClaser 5100 プリンタのオプションのハード・ドライブからのフォントのダウ
ンロード,またはフォントの削除を行うことができます。これには,付録 C で説
明する FONT_DOWNLOADER.COM プロシージャを使用します。
10.7.4
エラー・ページ機能
DEClaser 5100 プリンタには, PostScript インタプリタでエラーが発生した場合
に,現在の用紙を排紙してから PostScript エラー情報用紙を印刷する機能があり
ます。この機能は PostScript の問題を解析するための強力な手段ですが,次の理
由から日常的に使用することは推奨できません。
• ユーザがプリント・ジョブを強制終了するためにDELETE/ENTRYを入力すると,
PostScript エラー・ページが印刷されます。
• プリンタがレディ状態でないうちに,ジョブをシリアル・ポート経由でキュー
に登録すると,給紙あるいは紙詰まりなどを解消した後にレディ状態となった
場合, PostScript エラー・ページが印刷されます。
DCPS でプリント・キューを起動する前に, DEClaser 5100 のフロント・パネ
ルで,‘‘Print Errors’’という機能を無効にする必要があります。この機能は,
PostScript の問題を解析する場合にのみ有効としてください。
‘‘Limitcheck’’エラーのためにジョブが印刷に失敗した場合,エラー・メッセージの
一部に‘‘page protection required’’と表示されていないかどうかを確認してくださ
い。このエラー表示は,バンディング障害によりジョブが異常終了したことを意味
します。
10–8 プリンタ固有の情報
10.8
DIGITAL Laser Printer LN15+
DIGITAL Laser Printer LN15+ は, DIGITAL Laser Printer LN15 のアップグレ
ード機種です。 DCPS ドキュメントの DIGITAL Laser Printer LN15 に関する記
述は, DIGITAL Laser Printer LN15+ についても適用されます。
10.8.1
プリンタ構成の設定
DCPS では, LN15+ 属性を特定の値に設定する必要があります。表 10–2 で説明
する値に設定されていない場合, DPCS のジョブは "Starting"状態のままになり,
印刷されません。
表 10–2 LN15 の構成の設定
10.9
設定
値
設定方法
ドキュメント
PERSONALITY
PS
プリンタ・コンソール
の CONFIG メニュー
『LN15 User Manual』
NPAP MODE
OFF
プリンタ・コンソール
の PARALLEL メニュ
ー
『LN15 User Manual』
PORT 1
BITRONICS
ENABLED
Ethernet カード管理
『RapidPrint 600 Print
Server Installation Guide』
DIGITAL Laser Printer LN17+ps
DIGITAL Laser Printer LN17+ps は, LN17ps プリンタのアップグレード機種
です。 DCPS ドキュメントの DIGITAL Laser Printer LN17ps についての記述は
DIGITAL Laser Printer LN17+ps についても適用されます。
10.9.1
ジョブが "Starting"状態のままとなること
raw TCP/IP または LAT 接続の LN17+ps プリンタで DCPS を使用する場合,対応
する DCPS プリント・ジョブが "Starting"状態のままとなる可能性があります。
プリンタ固有の情報 10–9
Ethernet ポートを設定して PostScript 言語を使用し,自動言語識別機能を
無効にするか,第 11.1.1 項で説明されているように,対応するキュー用に
DCPS$queuename_NO_SYNC システム論理名を定義しなければなりません。
• プリンタが Ethernet ポートから受け取るプリント・ジョブが,すべて DCPS
からのジョブである場合 (たとえば,プリンタのネイティブな PCL 5e インタプ
リタを使用する PCL ジョブである場合),次の操作を実行します。
プリンタの Ethernet ポートのシステム言語を PostScript にし,言語識別機能
を無効にします。これらの設定は,『LN17ps User Guide』で説明されている
ように,プリンタ・コンソールのインタフェース・メニューで変更することが
できます。
• プリンタが Ethernet ポートから受け取るプリント・ジョブのいずれにも
PostScript データが含まれておらず (たとえば, PCL または ASCII データが入
っていて), DCPS から送信されたデータでない場合は,次の操作を実行しま
す。
プリンタの言語識別機能を有効にします。第 11.1.1 項で説明されているよう
に,対応するキュー用に DCPS$queuename_NO_SYNC システム論理名を定義
します。
10.9.2
不正確な用紙枚数
LN17+ps プリンタの制限のため,ジョブ・トレーラ・ページと OpenVMS アカウ
ンティング・ファイルで報告される用紙の枚数が数枚少ない場合があります。現在
のところ対処方は報告されていません。
10.9.3
フォントのダウンロードと削除
LN17+ps のオプションのハード・ドライブからのフォントのダウンロードまた
はフォントの削除を行うことができます。これには,付録 C で説明する FONT_
DOWNLOADER.COM プロシージャを使用します。
10–10 プリンタ固有の情報
10.9.4
色の違うセパレータ・ページとトレイの切り換え
LN17+ps は,指定されたトレイが空になったときに,給紙トレイを切り換える
ことができます。省略時には,トレイの切り換えは無効になっています。現在,
DCPS$queuename_SEPARATOR_PAGE 論理名を使用して色の違うセパレータ・
ページを指定している場合,トレイの切り換えが無効になっていることを確認した
方がよいでしょう。
トレイの切り換えを無効にするには,プリンタ・コンソールの PostScript メニュ
ーを使用します。詳細については,『LN17ps User Guide』を参照してください。
DCPS$queuename_SEPARATOR_PAGE 論理名の値には,次の PostScript トレイ
番号のいずれかを使用します。
0
1
2
3
メイン・トレイ
フロント・トレイ
下段トレイ 1
下段トレイ 2
10.10
DIGITAL Laser Printer LN20
10.10.1
不正確な用紙枚数
LN20 プリンタの制限のため,ジョブ・トレーラ・ページと OpenVMS アカウンテ
ィング・ファイルで報告される用紙の枚数が誤っていることがあります。現在のと
ころ対処法は報告されていませんが, LN20 はプリンタの使用状況を追跡するため
に使用できるアカウンティング機能を持っています。
10.11
DIGITAL Laser Printer LN40
10.11.1
不正確な用紙枚数
LN40 プリンタの制限のため,ジョブ・トレーラ・ページと OpenVMS アカウンテ
ィング・ファイルで報告される用紙の枚数が誤っていることがあります。現在のと
ころ対処法は報告されていませんが, LN40 はプリンタの使用状況を追跡するため
に使用できるアカウンティング機能を持っています。
プリンタ固有の情報 10–11
10.12
Compaq および DIGITAL Laser Printer LNC02
10.12.1
最小のファームウェア・バージョン
DCPS の raw TCP/IP プロトコルで LNC02 を使用するには,プリンタがファーム
ウェア・バージョンSystem Release 1.1.1, Revision 3.11以上を使用する必要があ
ります。このファームウェアのバージョン番号は,プリンタのスタートアップ・ペ
ージに表示されます。
不正確な用紙枚数
10.12.2
LNC20 プリンタの制限のため,ジョブ・トレーラ・ページと OpenVMS アカウン
ティング・ファイルで報告される用紙の枚数が誤っていることがあります。現在の
ところ対処法は報告されていませんが, LNC20 はプリンタの使用状況を追跡する
ために使用できるアカウンティング機能を持っています。
10.13
DIGITAL PrintServer 17 プリンタ
10.13.1
色の違うセパレータ・ページとトレイの切り換え
PrintServer ソフトウェア,バージョン 5.0 は, PrintServer 17 シリーズのプリン
タに,給紙トレイのフェイルオーバ機能を追加します。この機能により,プリンタ
は,指定されたトレイが空になったときに,同じサイズのメディアが入っている別
の給紙トレイに自動的に切り換えることができます。この機能は,省略時に有効に
設定されています。
現在,色の違うフラグ・ページを使用している場合は,この機能を無効にした方が
よいでしょう。給紙トレイのフェイルオーバを無効にするには,次の操作を実行し
ます。
1.
LPS$SUPPORT:LPSDEFAULTS.<printer name>を編集します。
10–12 プリンタ固有の情報
2. /TraySwitch パラメタを検索します。
/TraySwitch true % 給紙トレイのフェイルオーバを制御します。
% false = 無効
% true = 有効
3. TraySwitch パラメータの値を,‘‘true’’から‘‘false’’に変更します。 PostScript は
大文字小文字を区別します。有効な値は‘‘true’’または‘‘false’’のみです。
/TraySwitch false % 給紙トレイのフェイルオーバを制御します。
% false = 無効
% true = 有効
4. リモート・コンソール機能で RECONFIGURE コマンドを入力して,変更内容
を有効にします。
$ MCR LPS$CONSOLE <printer name>
LPS> PRIV
Password: <password>
LPS> RECONFIG
LPS> EXIT
詳細については,『DEC PrintServer Supporting Host Software for OpenVMS
Management Guide』を参照してください。
10.14
HP LaserJet IIID プリンタ
10.14.1
ジョブが "Starting"状態のままとなること
論理名 DCPS$queuename_NO_SYNC を使用することにより, PostScript レベル
2 カートリッジを使用して HP LaserJet IIID プリンタに印刷する際の,報告され
ている問題を解決することができます。このカートリッジには,ホストに送信する
状態メッセージを破壊するという既知の問題があります。これにより, DCPS が
同期シーケンスを使用しようとすると,ジョブが "Starting"状態で停止してしまう
ことがあります。詳細については,第 3.4.3 項を参照してください。
プリンタ固有の情報 10–13
10.14.2
両面印刷時の不正確な用紙枚数
HP LaserJet IIID,その他いくつかの HP LaserJet プリンタは,内部的に物理
シートを数えるのではなく,イメージ処理されたページを数えます。したがっ
て,トレーラ・ページの‘‘Sheets printed’’のデータは,処理されたイメージの
数を反映します。たとえば,バースト・ページとトレーラ・ページが有効で,
/PARAMETERS=(SIDES=2)を指定した 6 ページのプリント・ジョブは, 5 ページしか
印刷されていない場合でも‘‘Sheets printed’’は 8 ページと表示されます。
10.15
HP LaserJet IIISi プリンタ
10.15.1
ネイティブな PCL ジョブにおける不正確な用紙枚数
HP LaserJet IIISi プリンタは,ネイティブな PCL ファイルの印刷時に用紙の枚数
を数えません。トレーラ・ページと OpenVMS アカウンティング・システムのい
ずれにおいても,ジョブの終わりに報告される枚数は,ジョブ・セパレータ・ペー
ジのように, PostScript モードで印刷された用紙のみです。現在のところ対処法
は報告されていません。
10.15.2
両面印刷時の不正確な用紙枚数
HP LaserJet IIISi プリンタは,用紙の枚数について,第 10.14.2 項と同じように
動作します。
10.16
HP LaserJet 4SiMX プリンタ
10.16.1
両面印刷時の不正確な用紙枚数
HP LaserJet 4SiMX プリンタは,用紙の枚数について,第 10.14.2 項と同じよう
に動作します。
10–14 プリンタ固有の情報
10.17
HP LaserJet 5M プリンタ
10.17.1
給紙トレイ選択時の問題
DCPS は, HP LaserJet 5M について,INPUT_TRAYパラメータの明示的な値
を無視して,他の給紙トレイの用紙を使用することがあります。 DCPS はま
た,トレイ 1が空の場合,それが標準トレイであっても TRAY_1 が利用可能でない
と報告することがあります。
これらの問題はともに,対象のトレイが空かそれ以外の理由で利用できない場合
に,プリンタが他の給紙トレイを選択しようと試みることに関連しています。これ
らの問題を回避するには,HP 5Mコンソールを使用して,トレイ 1が‘‘カセット’’で
あることを指定し,利用可能な給紙トレイのうち, 1 つを除く他のトレイを全部ロ
ックアウトします。詳細については,プリンタのユーザ・マニュアルを参照してく
ださい。
10.17.2
両面印刷時の不正確な用紙枚数
HP LaserJet 5M プリンタは,用紙の枚数について,第 10.14.2 項と同じように動
作します。
10.18
HP LaserJet 5SiMX プリンタ
10.18.1
次のトレイへのジョブ・トレーラ・ページ印刷
ネットワーク管理者が,プリンタに付属の管理ソフトウェアを使用して,メールボ
ックス・トレイを‘‘ジョブ・セパレータ・モード’’にすると, DCPS ジョブ・ログ・
ページおよびトレーラ・ページは,ジョブの他の部分とは別に,次のトレイに印刷
されます。
プリンタ固有の情報 10–15
10.18.2
用紙に対するメモリ不足: 利用不能なトレイ
現在のメモリ構成では印刷することができない用紙サイズが給紙トレイに装着され
た場合, DCPS はトレイが利用不能であると報告します (メモリの必要条件につい
ては, HP5SiMX のユーザーズ・ガイドを参照してください)。
10.18.3
用紙に対するメモリ不足: サポートされない両面印刷
現在のメモリ構成では両面印刷することができない用紙サイズが給紙トレイに装着
された場合, DCPS は両面印刷がサポートされていないと報告します (メモリの必
要条件については, HP5SiMX のユーザーズ・ガイドを参照してください)。
10.18.4
両面印刷時の用紙枚数の誤り
HP LaserJet 5SiMX プリンタは,用紙の枚数について,第 10.14.2 項と同じよう
に動作します。
10.19
HP LaserJet 4000, 4050 および 5000
10.19.1
最小のファームウェア・バージョン
DCPS から HP LaserJet 4000 または 5000 プリンタを使用するには,プリンタで
ファームウェア・バージョン19980714 MB3.68以上を使用している必要がありま
す。 HP LaserJet 4050 プリンタを使用するには,プリンタでファームウェア・バ
ージョン19991030 MB6.30以上を使用していることを推奨します。以前のバージ
ョンのファームウェアでは, DCPS ANSI トランスレータの使用時に,印刷誤り
や,文字が印刷されないといった問題が生じることがあります。特に,ランドス
ケープ方向や NUMBER_UP でジョブを印刷する際にこのような問題が生じるこ
とがあります。このファームウェア・バージョン番号は,プリンタの構成ページ
にFirmware Datecodeとして表示されます。
プリンタでこれより古いバージョンのファームウェアを使用している場合は, HP
に連絡して適切なバージョンを要求してください。新しいファームウェアは,
SIMM として送付され,プリンタに装着するようになっています。
10–16 プリンタ固有の情報
10.20
HP LaserJet 8000, 8100 および 8150
10.20.1
オプションのメールボックス
HP LaserJet 8000 プリンタのオプション設定に応じて, DCPS は,このプリンタ
のオプション・メールボックス・ビンに, 1 から 5, 1 から 7,または 1 から 8 の
いずれかの番号を付けます。これは,ビン側面のプラスティックに刻印された数
字に一致します。これに対し,プリンタのコンソールでは,これらのビンに 2 か
ら 9 の番号を付けて参照します。使用しているプリンタ・モデルの番号付け,およ
び異なるオプションと構成によるトレイの目的についての詳細は,『HP LaserJet
User Guide』を参照してください。
10.20.2
キューの起動に関する問題
このシリーズのいくつかのモデルでは, DCPS ジョブを開始できないことがあり
ます。この問題を解決するには,プリンタを PostScript モードに設定するか,ま
たは DCPS の PostScript の同期化を抑制します。詳細については,第 11.1.1 項を
参照してください。
10.20.3
最小のファームウェア・バージョン
DCPS から HP LaserJet 8000 プリンタを使用するには,プリンタでファームウェ
ア・バージョン19980610 MB4.28以上を使用している必要があります。このファ
ームウェア・バージョン番号は,プリンタの構成ページにFirmware Datecodeとし
て表示されます。
プリンタでこれより古いバージョンのファームウェアを使用している場合は, HP
に連絡して適切なバージョンを要求してください。新しいファームウェアは,
SIMM として送付され,プリンタに装着するようになっています。
10.21
HP LaserJet 9000
プリンタ固有の情報 10–17
10.21.1
オプションのホチキス止め機能
HP LaserJet 9000 のオプションのフィニッシャに含まれている排紙トレイの
STACKER および STAPLER は,同じ物理トレイを参照します。
STAPLER トレイに出力する場合,プリンタは省略時の設定により,省略時のホチ
キス止め位置にホチキス止めをして出力します。
ホチキス止め機能を指定する推奨方法は, DCPS パラメータの STAPLE を使用
することです。このパラメータでは, 4 つの異なるホチキス止めの位置が提供
されており,ホチキス止め位置を決定する際にページの向きが考慮されます。
したがって, STAPLE パラメータで出力のホチキス止めを指定する場合には,
OUTPUT_TRAY=STACKER を使用します。
10.22
HP XL300 プリンタ
10.22.1
通信に関連する問題
XL300 プリンタが, XL300 プリンタに印刷されるファイルに,クイック・サクセ
ションから返された複数のユーザ・データ・メッセージが含まれている場合,メッ
セージの一部が失われたり,誤って返されたりすることがあります。また,場合に
よっては, DECprint Supervisor が返すメッセージが誤って伝達されることがあ
ります。これにより,ユーザの端末に誤ったメッセージが返されます (/NOTIFY が
設定されている場合)。そうでない場合,ジョブは正しく印刷されます。
10.23
Lexmark Optra Rt+ プリンタ
10.23.1
トレイのリンクと INPUT_TRAY
プリンタ・コンソールによってトレイのリンクが有効になっている場合,リンクさ
れたトレイは, INPUT_TRAY パラメータを使用して個別に選択することができま
せん。 INPUT_TRAY パラメータでリンクされたトレイを指定すると,それ自体の
アルゴリズムに従って,リンクされたトレイのいずれかが選択されます。
10–18 プリンタ固有の情報
10.24
Lexmark Optra S, Optra T および T シリーズ
10.24.1
キューの起動に関する問題
Lexmark Optra S, Optra T および T シリーズのいくつかのモデルでは, DCPS
ジョブを開始できないことがあります。この問題を解決するには,プリンタを
PostScript モードに設定するか,または DCPS の PostScript の同期化を抑制しま
す。詳細については,第 11.1.1 項を参照してください。
10.25
Tektronix Phaser
10.25.1
プリンタ構成の設定
DCPS から Phaser プリンタを使用する場合は,次の AppSocket 設定を変更する必
要があります。
表 10–3 Tektronix Phaser 構成設定
AppSocket 設定
値
Interpreter または Language
PostScript
Filtering
Interpreter-Based
プリンタ固有の情報 10–19
11
問題の解決方法
この章では,次に示すようなプリンタ・システムで発生したエラーを診断し,問題
を解決するための方法について説明します。
PRINT コマンド行に/NOTIFY 修飾子を指定した場合には,プリンタで問題が発生
すると,情報がユーザのターミナルに表示されます。この情報が問題の原因を示す
こともあります。
また,プリント・ジョブから出力されるジョブ・トレーラ・ページも確認してくだ
さい。このページには,印刷中に作成されたメッセージの一部が出力されます。プ
リント・ファイルに問題がある場合には,ファイル・エラー・ページに示されます
(第 6.7 節を参照)。
プリンティング・システムで問題が発生した場合には,コンソールの出力または
OPERATOR.LOG ファイルを調べ,オペレータ通信マネージャ (OPCOM) メッセ
ージが出力されていないかどうかを確認してください。ターミナルで OPCOM が
実行されていない場合には, REPLY/ENABLE を使用して PRINTER メッセージ
と CENTRAL メッセージを有効に設定してください。その後,シンビオントを再
起動し,ジョブを再度印刷します。このようにすれば,関連メッセージを確認でき
ます。この操作を実行するには, OPER 特権が必要です。プリンタ・メッセージ
については『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS ユーザーズ・ガイド』を
参照してください。
11.1
raw TCP/IP プリンタで出力できないときの処置
問題の解決方法 11–1
11.1.1
raw TCP/IP または LAT キューでのジョブの "Starting"状態
ほとんどのプリンタは DCPS ジョブの冒頭で PostScript 同期化コマンドに応答し
ますが,応答しないプリンタもあります。あるキューのすべてのジョブが Starting
状態のままの場合には,次のいずれかの処置を講ずる必要があります。
• プリンタの言語設定を変更する
ほとんどの場合,プリンタの言語識別モードを, PostScript と PCL の自動識
別ではなく, PostScript に設定すると,この問題は解決されます。適切なポー
トに対して言語を変更する手順については,ご使用のプリンタのドキュメント
を参照してください。これが,この問題を回避するための推奨方法です。
• NO_SYNC 論理名を定義する
プリンタの設定を変更しても問題が解決されない場合には,論理名
DCPS$queuename_NO_SYNC を定義し,キューを再起動することによ
り, DCPS に PostScript 同期化コマンドをスキップするように通知することが
できます。これは,組み込みネットワーク・インタフェース・カード (NIC) 上
で raw TCP/IPまたは LAT 接続を使用するプリンタで機能します。他の相互接
続を経由して接続されているプリンタを使用している場合には,何の効果もあ
りません。詳細については,第 3.4.3 項を参照してください。
11.1.2
raw TCP/IP キューでのジョブの "Starting"状態
raw TCP/IP 接続を使用する DCPS キューを設定する際にプリンタに不正な
TCP ポート番号を指定した場合,そのキューに出力したプリント・ジョブは
"Starting"状態のままとなります。これは, DCPS がネットワーク障害とプリンタ
のビジー状態あるいはオフライン状態を区別できないため, DCPS がユーザによ
る不正なポート番号指定であるかどうかを判断することができないことが原因で
す。
これ以外の理由によっても raw TCP/IP キュー内のプリント・ジョブが
"Starting"状態のままとなる場合があることに注意してください。
11–2 問題の解決方法
プリンタ,ネットワーク・インタフェース・カード,プリント・サーバ,ターミナ
ル・サーバのドキュメントをチェックし,正しい TCP ポート番号を使用している
ことを確認してください。 TCP ポート番号については,表 3–2 にも記述されてい
ます。
11.1.3
raw TCP/IP キューの接続の切断
raw TCP/IP 接続を使用している場合,長いプリント・ジョブについては
CONTERMINATED エラーが発生する可能性があります。単一のファイルか
ら構成されるジョブあるいはプリンタのネイティブ PostScript 互換機能のみを使
用している場合 (たとえば,ネイティブ PCL を使用しない場合) は,このエラーは
ジョブの最後で発生する傾向があり, (キューに対してトレーラを指定している場
合) トレーラ・ページは出力されず, (プリント・ジョブのアカウンティング機能を
有効としている場合) アカウンティング情報は消失します。これ以外のジョブにつ
いてはジョブの中間で発生する可能性があり,トレーラ・ページと同様に以降のド
キュメントは出力されず, (プリント・ジョブのアカウンティング機能を有効とし
ている場合) アカウンティング情報は消失します。 DCPS は中断されたジョブを再
度キューに登録して "Holding"状態とし,ユーザによる問題解決後に再度そのジョ
ブを出力できるようにします。
HP JetDirect カードを含むいくつかのネットワーク・デバイスでは,指定された
時間内にホスト・システムから入力を受け取らない場合には, TCP/IP 接続が切断
されます。これは,ホスト・ソフトウェアによるデバイスの専有を防ぐための機能
です。ただし DCPS は,プリンタが PostScript から別のネイティブ・プリンタ言
語に切り替える場合,あるいはトレーラ・ページの出力およびアカウンティング情
報の収集を行う場合,その前に出力したドキュメントをプリンタが出力したことと
いう通知を受け取るまで待ちます。この場合はたとえプリンタがビジー状態であっ
ても,指定されたタイムアウト時間が経過するまで, NIC は DCPS からのそれ以
上の入力を受け取ることができません。
NIC の TCP/IP アイドル・タイムアウト時間の変更が可能である場合は,タイムア
ウトを無効とすること,あるいはタイムアウト時間を長くすることによってこの問
題を回避することができます。 NIC のドキュメントをチェックして,これが可能
であるかどうか,また可能であればその方法を確認してください。続いて,必要な
問題の解決方法 11–3
出力が得られないため,キューに再登録されたジョブを解除し,キューに再登録さ
れているその他のジョブを削除してください。
重要なのはジョブのサイズではなく,その処理にかかる時間であることに注意して
ください。たとえば,非常に小さな PostScript プログラムであっても,出力に非
常に長い時間がかかる場合があります。このため,どの程度のタイムアウト時間が
適当であるのかを予想することは一般的に困難です。
11.1.4
使用不能な raw TCP/IP プリンタについての NOT_READY 警告メッ
セージ
raw TCP/IP 接続を使用するプリンタのキューにジョブを登録した際に,そのプリ
ンタがビジー状態あるいはオフライン状態である場合は,そのプリンタについて
NOT_READY 警告メッセージが表示されます。プリンタがビジー状態にあること
が確実である場合は,このメッセージを無視することができます。 DCPS は,プ
リンタがビジー状態であるか,オフライン状態であるか,その他の理由により使用
不能であるかを区別することができません。
11.2
PrintServer プリンタで印刷できないときの処置
ここに示す問題解決手順は, PrintServer プリンタで DECprint Supervisor ソフ
トウェアをインストールするときに発生するエラーを診断するのに役立ちます。
プリンタで印刷が実行されない場合には, OPCOM メッセージを確認してくださ
い。問題の原因がただちに判断できない場合には,次の方法でキュー属性を確認し
てください。
1. 次のインストラクションを実行し, PrintServer 装置キューの名前を指定しま
す。
$ SHOW QUEUE queue-name/FULL
たとえば, VIPER ノードの LPS40$FANG という PrintServer 装置キューのキ
ュー属性は次のように表示されます。
11–4 問題の解決方法
$ SHOW QUEUE LPS40$FANG/FULL
Printer queue LPS40$FANG, on VIPER::FANG, mounted form DCPS$$FORM
(stock=DEFAULT)
/BASE_PRIORITY=4 /FORM=DCPS$DEFAULT /LIBRARY=DCPS_LIB /OWNER=[SYSTEM]
/PROCESSOR=DCPS$SMB /PROTECTION=(S:E,O:D,G:R,W:W) /SCHEDULE=(NOSIZE)
/SEPARATE=(FLAG,TRAILER)
$
2. キュー属性が DCPS$STARTUP.COM に記録されている属性と一致しない場合
には,装置キューおよびそのキューを示すすべてのジェネリック・キューを削
除してください。その後, DCPS$STARTUP.COM ファイルを実行します。
DCPS$STARTUP は SYS$STARTUP: に登録されています。次の例を参照して
ください。
$
$
$
$
$
$
$
STOP/RESET/QUEUE generic-queue-1
STOP/RESET/QUEUE other-generic-queues
STOP/RESET/QUEUE pserver-name
DELETE/QUEUE generic-queue-1
DELETE/QUEUE other-generic-queues
DELETE/QUEUE pserver-name
@SYS$STARTUP:DCPS$STARTUP
キュー属性を再度確認してください。キュー属性が正しいのに,ジョブが
印刷されない場合には,『DEC PrintServer Supporting Host Software for
OpenVMS Management Guide』を参照してください。
11.3
シリアル・プリンタで印刷できないときの処置
OPCOM メッセージを調べ, NOTREADY を示すメッセージがプリンタから出力
されていないかどうかを確認してください。このメッセージは,プリンタがシステ
ムからの問い合わせを確認できないことを示します。次のことを調べてください。
• 通信ラインまたはケーブルが正しく接続されているかどうか
• ポートの通信速度の設定が正しいかどうか
• スイッチの設定またはフロント・パネルの設定が正しいかどうか
• 通信ラインに雑音が多すぎるため,プリンタからの応答が失われていないかど
うか
問題の解決方法 11–5
• プリンタに電源が供給されているかどうか
• コネクタが故障していないかどうかと,コネクタの種類が誤っていないかどう
か
• 1 文字のビット数とパリティが誤っていないかどうか
11.3.1
ローカルに接続されたシリアル・プリンタが印刷を開始しないとき
の処置
この項の説明は,ローカル・ラインに接続された任意のシリアル・プリンタを対象
にしています。
ステップ 1: テスト・ページの印刷
オーナーズ・マニュアルの指示に従って,プリンタのテスト・ページをマニュアル
操作で印刷します。
テスト・ページが出力された場合には,ステップ 2 に進み,プリンタのハードウェ
ア構成とソフトウェア構成を確認してください。プリンタでテスト・ページが出力
されない場合には,次の手順でプリンタ・ハードウェアを調べてください。
• 電源は投入されているか?
• プリンタはオンライン状態か?
• プリント・エンジンはどのような状態か?
ステップ 2: プリンタのハードウェア構成とソフトウェア構成を確認する
プリンタの構成と,そのプリンタに関係するソフトウェアの設定は同じでなければ
なりません。設定が一致するかどうかを確認するには,印刷されたサマリ・シート
を調べ,ソフトウェアの設定がプリンタの設定と一致するかどうかを確認します。
• 用紙サイズ
• 通信速度: 9600 ボー (または適切な通信速度)
• 8 ビット,パリティなし (必須)
• フロー・コントロール
これらの設定の変更方法については,プリンタのオーナーズ・マニュアルを参照し
てください。
11–6 問題の解決方法
ターミナル装置のノードで次のコマンドを入力することにより,ターミナル装置属
性を確認してください。
$ SHOW TERMINAL device-name[:]
ターミナル装置のノードで次のコマンドを入力することにより,ターミナル装置属
性を確認してください。
次の属性を確認してください。
• 8 ビット
• パリティ: なし
• 入力速度: 9600 ボー
• 出力速度: 9600 ボー
サマリ・シートとターミナルの設定は同じでなければなりません。
プリンタ・インタフェースが異なる速度で動作する場合には,プリンタの設定と装
置属性を同じ状態に設定しなければなりません。
プリンタがホストに直接接続されている場合には, DCPS$STARTUP.COM の通
信速度の設定を確認してください。実行キュー定義のパラメータ p6 に通信速度
を入力しなかった場合には,スタートアップ・プロシージャはプリンタの速度を
9600 ボーに設定します。省略時の設定の変更方法については『OpenVMS DCL
Dictionary』を参照してください。
プリンタがローカル・エリア Ethernet に LAT 装置で接続されている場合には,第
11.3.3 項を参照してください。
設定が一致しているのに,ジョブが印刷を実行しない場合には,ステップ 3 に進ん
でください。
問題の解決方法 11–7
ステップ 3: 通信ソフトウェアを確認する
装置にデータを直接送信することにより,通信機器の動作をテストしてください。
この操作を実行するには,キューを一時停止しておかなければなりません (第 5.7
節を参照)。
この操作を実行するには,装置をスプールしないようにしなければなりません。装
置がスプールされている場合には,次のコマンドを入力してください。
$ SET DEVICE LTAnnnn:/NOSPOOL
通信設定をテストするには,プリンタに SET HOST/DTE コマンドを入力します。
次の例に示すコマンドを使用してください。
$ SET HOST/DTE LTA9092:
Connection established, type ^\ to exit
Ctrl/T
%%[ status: idle ]%%
Ctrl/T を押した後,%%[Status: description]%%という形式でメッセージが出力さ
れます。このメッセージを受信した場合には,プリンタとの接続は正しく確立さ
れ,動作していると考えられます。
この種のメッセージが表示されない場合には,次の例に示すコマンドを入力してく
ださい。
^\
$ COPY TT: LTA9092:
showpage
Ctrl/Z
$
接続が正しければ,プリンタから用紙が排出されるはずです。用紙が排出されない
場合には,プリンタとの接続に問題があります。この場合には,通信ケーブルを調
べてください。その後,最初の例に示したコマンドを再度実行してください。
COPY コマンドは正しく実行されたものの, SET HOST コマンドが正しく実行さ
れない場合には,プリンタからホスト・ノードへの通信ケーブルに問題がないかど
うかを確認してください。
11–8 問題の解決方法
ステップ 4: DCPS$STARTUP.COM を確認する
DCPS$STARTUP.COM ファイルがプリント・キューの必要条件を正しく反映して
いるかどうか,および変更結果がプリンタにとって適切であるかどうかを確認して
ください。プリンタの実行キューの属性を確認するには,次のコマンドを入力し,
プリンタの実行キューの名前を指定します。
$ SHOW QUEUE/FULL exec-queue-name
たとえば, EDEN ホストの TXA1_LN03R というプリンタ実行キューの属性は次
のように表示されます。
$ SHOW QUEUE/FULL TXA1_LN03R
Printer queue TXA1_LN03R, on EDEN::TXA1:
/BASE_PRIORITY=4 /FORM=DCPS$DEFAULT /LIBRARY=DCPS_LIB /OWNER=[SYSTEM]
/PROCESSOR=DCPS$SMB /PROTECTION=(S:E,O:D,G:R,W:W) /SCHEDULE=(NOSIZE)
/SEPARATE=(BURST,TRAILER)
$
特に,次のことを確認してください。
• /PROCESSOR=DCPS$SMB であるかどうかを確認してください。
• /FORM=DCPS$DEFAULT であるかどうか,または DCPS$STARTUP.COM
を変更した結果と一致するかどうかを確認してください。プリンタがフォーム
定義に従って印刷を実行できるかどうかを確認してください。
• /LIBRARY 修飾子の値が DCPS$STARTUP.COM のパラメータp3の値と同じで
あるかどうかと,この値が論理名の場合,その論理名が定義されているかどう
かを確認してください。
キュー属性が DCPS$STARTUP.COM に定義されている値と一致しない場合に
は,プリンタの実行キューを停止してください。
次に, DCPS$STARTUP.COM ファイルを実行してください。次の例を参照して
ください。
$ @SYS$STARTUP:DCPS$STARTUP
問題の解決方法 11–9
実行キューの属性を再度確認してください。属性が正しいのに,ジョブがまだ印刷
を実行しない場合には,ステップ 5 に進んでください。
ステップ 5: キューの論理名を確認する
DCPS$STARTUP.COM ファイルでキューに割り当てた省略時のパラメータの値,
つまり,実行キュー定義のパラメータ p4 の値と,ジェネリック・キュー定義のパ
ラメータ p3 の値を確認してください。
$ SHOW LOGICAL DCPS$queuename_PARAMETER
ステップ 6: キューの構成を確認する
DCPS$STARTUP.COM に指定した値は正しいかどうかは確認されず,適切な
OpenVMS コマンドとユーティリティに単にパラメータとして渡されるだけで
す。したがって, OpenVMS コマンドとユーティリティはエラーを検出し,直接
報告します。次の DCL コマンドから出力されるエラー・メッセージについての
説明は,『OpenVMS System Messages: Companion Guide for Help Message
Users』を参照してください。
• INITIALIZE/QUEUE
• SET TERMINAL
• SET DEVICE
注意
DCL コマンド・プロシージャをデバッグし,情報をファイルに記録するに
は,次のコマンドを使用します。
$ SET HOST 0/LOG
$ SET VERIFY
また, DCPS$STARTUP.COM で実行キュー定義のパラメータp8の値を 1
に設定しておけば,自動的な記録が可能です。
11–10 問題の解決方法
11.3.2
ローカルに接続されたシリアル・プリンタが印刷を停止したときの
処置
プリンタが印刷を停止した場合には,次の処置を実行してください。
• プリンタで必ずこのエラーが発生する場合には,第 11.3.1 項に示した処置を実
行してください。
• プリンタでこのエラーがときどき発生する場合には,この項に示す処置を実行
してください。
PRINT コマンド,コンソール出力,および OPCOM ログからの通知メッセージも
含めて,すべてのメッセージを確認した後,問題の原因が明らかにならない場合に
は,ステップ 1 に進んでください。
ステップ 1: IVP データ・シートを印刷する
SYS$COMMON:[SYSTEST.DCPS]から次のインストレーション検証プロシージャ
(IVP)・ファイルを印刷してください。
DCPS$IVP_ANSI.DAT
DCPS$IVP_POST.DAT
DCPS$IVP_REGIS.DAT
DCPS$IVP_TEK4014.DAT
DCPS$IVP_PCL.DAT
DCPS$IVP_PROPRINTER.DAT
ファイル名のアンダースコアの後に示されている,適切な DATA_TYPE パラ
メータ値を各ファイルに対して使用してください。たとえば, DCPS$IVP_
REGIS.DAT を印刷するには,次の PRINT コマンドを使用します。
$ PRINT/QUEUE=queue-name/PARAMETERS=(DATA_TYPE=REGIS)/NOTIFY SYS$COMMON:[SYSTEST.DCPS]DCPS$IVP_REGIS.DAT
ファイルが印刷されない場合には,ステップ 2 に進み,ファイルにユーザ・エラー
がないかどうかを確認してください。
問題の解決方法 11–11
IVP ファイルのいずれかが印刷されない場合には,次のコマンドを使用して,トラ
ンスレータ実行ファイルが存在するかどうかを確認してください。
$ DIR SYS$SHARE:TRN$*.*
Directory SYS$COMMON:[SYSLIB]
TRN$ANSI_PS.EXE;
TRN$DDIF_PS.EXE;
TRN$TEK4014_PS.EXE; TRN$PCL_PS.EXE;
TRN$REGIS_PS.EXE;
TRN$PROPRINTER_PS.EXE;
Total of 6 files.
正しいファイルが存在する場合には,ステップ 2 に進んでください。
ファイルがない場合には, DECprint Supervisor ソフトウェアを再度インストー
ルしてください。
ステップ 2: ファイルにユーザ・エラーがないかどうかを確認する
特定のファイルが正しく印刷されない場合には,プリント・ジョブから出力された
トレーラ・ページを調べ,問題の原因を示すメッセージが出力されていないかどう
かを確認してください。エラー・メッセージの説明とエラーからの回復方法につい
ては,『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS ユーザーズ・ガイド』を参照
してください。
ファイルが PostScript ファイルの場合には,エラーは PostScript ファイル自体
にあるか,またはその PostScript ファイルを作成したアプリケーションにありま
す。弊社から提供されたアプリケーションを使用している場合には, Software
Performance Report (SPR) を提出してください。
ファイルが PostScript ファイル以外の場合には,エラーは変換処理にあります。
弊社が提供したトランスレータを使用している場合には, Software Performance
Report を提出してください。
プリンタとホストの間のシリアル通信ケーブルが切断され,後で再接続されたとき
は,場合によっては,プリンタで実際に何も実行されていないのに,アクティブ・
プリント・ジョブが‘‘ Printing ’’という状態を表示することもあります。この場合
には,プリンタの電源を切断し,再投入した後,正しく実行されなかったプリン
ト・ジョブをキューに再登録してください。
11–12 問題の解決方法
注意
プリンタをホストに再接続する場合には,プリンタの電源を一度切断した
後,再投入してください。プリンタの電源を切断した後,再投入すれば,
プリント・シンビオントとプリンタの間の同期が正しくとられます。
11.3.3
LAT プリンタで印刷できないときの処置
ネットワーク環境では,複数の別々に管理されるシステムが同じプリンタをアクセ
スできます。したがって,プリンタで印刷できない場合,どのノードがプリンタを
制御しているかを判断しなければなりません。
この後の項では,ネットワーク環境のプリンタで発生した問題を解決する方法につ
いて説明します。
1. プリンタを制御するノードの判断:
• プリンティング・ノードを判断する
• LAT ノード名およびポート名を判断する
• ポートおよびシステム・サーバ名を確認する
• プリンタを制御しているホストを判断する
2. プリンタで発生した問題の解決:
• ポート属性を確認する
• 第 11.3.1 項に示した処置を実行する
3. 問題解決のためのその他のヒント:
• NOTREADY 状態
• 共通のエラー・メッセージとそのメッセージが出力される原因
問題の解決方法 11–13
11.3.3.1 プリンタを制御するホストの判断方法
別のノードがプリンタをアクセスしている場合や,プリンタが印刷を停止した直後
は,ネットワーク・プリンタで印刷を実行できないことがあります。どのホストが
プリンタを制御しているかを判断するには,次の操作を実行してください。
ステップ 1: プリンティング・ノードを判断する
どのノードがプリンタを動かしているかを判断するには,次のコマンドを入力し,
使用するプリント・キューの名前を指定します。
$ SHOW QUEUE/FULL queue-name
次の表示例の 1 行目から, FIERY がプリンタを動かしているノードであり,
LTA546 がプリント・キューに対応するアプリケーション・ポートであることを判
断できます。
Printer queue LN03R3, on FIERY::LTA546, mounted form DCPS$DEFAULT
(stock=DEFAULT)
/BASE_PRIORITY=4 /FORM=DCPS$DEFAULT (stock=DEFAULT)
/NOENABLE_GENERIC /LIBRARY=DCPS_LIB lowercase /OWNER=[SYSTEM]
/PROCESSOR=DCPS$SMB /PROTECTION=(S:E,O:D,G:R,W:W) /SCHEDULE=(NOSIZE)
/SEPARATE=(BURST,TRAILER)
$
プリンタを動かしているノード (FIERY) でステップ 2 とステップ 3 を実行してく
ださい。
ステップ 2: プリンタが接続されている LAT ノード名とポート名を判断する
LAT スタートアップ・ファイル (SYS$STARTUP:LAT$SYSTARTUP.COM) を調
べてください。 SET PORT コマンドは,アプリケーション・ポート (LTAd) をサ
ーバ (/SERVER=server_name) の特定のポート (/PORT=port_name) と対応付けま
す。
CREATE PORT LTA546: /NOLOG /APPLICATION
! LN03R3
SET PORT LTA546: /APPLICATION /QUEUE /NODE=TAS204 /PORT=PORT_7
注意
ポートはキューイングを許可した状態 (/QUEUE) に設定し,アプリケーシ
ョン・ポート (/APPLICATION) として設定しなければなりません。
11–14 問題の解決方法
SYSTARTUP_VMS.COM に LAT$STARTUP.COM が指定されているかどう
かを確認してください。
ステップ 3: ポートおよびサーバ・システム名を確認する
ポートおよびサーバ・システムの設定は SYS$STARTUP:LAT$SYSTARTUP.COM
に指定した設定と同じです。 LATCP SHOW PORT コマンドを使用して,アプリ
ケーション・ポート (LTAd) を調べてください。次の例を参照してください。
$ RUN SYS$SYSTEM:LATCP
LCP>SHOW PORT lta546
Local Port Name = LTA546: application
Specified Remote Node Name = TAS204
Specified Remote Port Name = PORT_7
Actual Remote Node Name = TAS204
Actual Remote Port Name = PORT_7
Link Name = LAT$LINK
ステップ 4: どのホストがプリンタを制御しているかを判断する
DECserver に直接接続されているターミナルにログインするか,またはネットワ
ークを介して LAT 装置に接続することにより,どのホストがプリンタを制御して
いるかを判断できます。 DECserver ポートを直接アクセスできる場合には,ステ
ップ 4B に進んでください。
ステップ 4A: LAT 装置に接続する
ネットワークを介して DECserver 装置に接続する場合には, Network Control
Program (NCP) または Terminal Server Manager (TSM) を使用します。
NCP を使用するには,次のコマンドを使用します。
• サービス・サーキットの種類を判断するには (たとえば, UNA–0 または
QNA–0),次のコマンドを使用します。
$ MCR NCP
NCP> SHOW KNOWN CIRCUITS
• 48 ビットの Ethernet アドレスを判断するには (たとえば, 08–00–2B–05–C7–
05),次のコマンドを使用します。
問題の解決方法 11–15
$ MCR LATCP
LCP> SHOW NODE server-name
たとえば, TAS200PSSA の Ethernet アドレスを判断するには,次のコマンド
を入力します。
LCP> SHOW NODE TAS200PSSA
Node Name: TAS200PSSA
Node State: Reachable
Node Ident: LN03R V2.0 DECServer 200
Incoming Connections:
Enabled
Circuit Timer (msec):
Multicast Timer (msec):
Service Groups:
Service Name
BURNET
LAT Protocol Version: 5.1
Address: 08-00-2B-05-C7-05
80
30
15, 31-32 99
Status
Available
Rating
0
Identification
この例では, Ethernet アドレスとして 08-00-2B-05-C7-05 が表示されます。
次のコマンドを入力し,サービス・サーキット名と Ethernet アドレスを指定す
ることにより, LAT ノードに接続できます。
$ MCR NCP
NCP> CONNECT VIA service-circuit PHYSICAL ADDRESS nn-nn-nn-nn-nn-nn
NCP CONNECT コマンドを入力した後,シャープ記号 (#) プロンプトが表示され
るまで, Return キーを押してください。このプロンプトが表示された後,パスワー
ド (ACCESS) を入力すると, Local>というプロンプトが表示されます。
#
username: username
Local>
ステップ 4B: LAT コンソールを使用する場合
接続を確立し, LAT コンソールにログインした後,次のコマンドを入力してくだ
さい。
Local> SET PRIVILEGED
Password>
Local> SHOW SESSIONS PORT_7
11–16 問題の解決方法
省略時のパスワードは SYSTEM です。
次の例では, DECserver 200 で SHOW SESSIONS PORT コマンドを使用してい
ます。この結果,リモート・システム HAILEY がポート 7 を制御していることが
わかります。
Local> SHOW SESSIONS PORT 7
Port 7: (Remote)
Connected
-Session 1: Hailey
Connected
Current Session 1
Pasthru
システムで TSM ソフトウェアが実行されている場合には,次のコマンドを入力し
てください。
$ RUN SYS$SYSTEM:TSM$MAIN
TSM> USE SERVER tas204
TSM> SET PRIVILEGED
Password>
TSM> SHOW SESSIONS PORT_7
注意
TSM プログラムを実行するには, TSM 管理ディレクトリ・ファイルを読
み込むことができなければならず,また, OPER 特権が必要です。詳しく
は『Guide to Terminal Server Manager』を参照してください。
11.3.3.2 プリンタ通信に関する問題の解決
どのシステムがプリンタ・ポートを制御しているかを判断した後,次の操作を実行
してください。
ステップ 1: ポート属性を確認する
LAT ポート属性を『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS インストレーシ
ョン・ガイド』に示した属性と比較してください。ポート属性を表示するには,
Local>プロンプトまたは TSM>プロンプトに対して SHOW PORT コマンドを入力
します。
問題の解決方法 11–17
ステップ 2: 第 11.3.1 項に示した処置を実行する
以下に示す適切な項の処置に従ってください。
• 新しいプリンタの場合,第 11.3.1 項
• 印刷を停止したプリンタの場合,第 11.3.2 項
これらの処置に従っても,プリンタで印刷できない場合には,ステップ 3 に進んで
ください。
ステップ 3: LAT ポートの制御権を再度獲得する
プリンタに接続されているポートを制御するシンビオント・プロセスを切断しなけ
ればならないことがあります。たとえば,シンビオント・ソフトウェアのサポート
されないバージョンがポートの制御権を獲得した場合には,シンビオント・プロセ
スは切断されない可能性があります。この場合には,次のコマンドを使用してシン
ビオント・プロセスを切断してください。
Local> SET PRIVILEGED
Password>
Local> LOGOUT PORT port_number
このコマンドを実行するには, LAT ノードで特権が必要です。
11.3.3.3 一般的な LAT エラー・メッセージ
次の一覧は,ネットワーク環境で一般的に出力される可能性のあるエラー・メッセ
ージを示しています。エラー・メッセージの先頭は DCPS$です。重大度レベルは
示されません。メッセージは ident-string のアルファベット順にならべられていま
す (エラー・メッセージの形式についての説明は,『日本語 DECprint Supervisor
for OpenVMS ユーザーズ・ガイド』を参照してください)。
DCPS$_CONAPPLICATION, Connection request is not to a LAT applications
port
説明: このメッセージは通常, LAT ポートがアプリケーション・ポートとして
確保されておらず,プリンタから要求されたポートに別の装置が接続されてい
るときに出力されます。 LAT 構成ファイル LAT$SYSTARTUP.COM には,次
のような行が指定されていなければならず,/APPLICATION パラメータも指
定されていなければなりません。
SET PORT LTAnnn:/NODE=server-name/PORT=port-name/QUEUE/APPLICATION
11–18 問題の解決方法
この問題を解決するには,プリンタに対して現在より大きいポート番号を指定
してください。
DCPS$_CONTERMINATED, Connection abnormally terminated
説明: このメッセージは, LAT ノードとの通信が中断されたときに発生しま
す。この結果,キューは停止します。次のことを確認してください。
• 電源が LAT 装置に供給されているかどうか。
• プリンタ・ポートからログオフしていないかどうか。
• LAT 装置から Ethernet ケーブルへのすべての接続が正しく動作している
かどうか。
DCPS$_CONTIMEOUT, Connection timed out, server not available, or
incorrect server name specified
説明: このメッセージは,サーバ名が認識されないときに出力されます。この
問題はユーザ・ターミナルとプリンタ・ポートが衝突することを示します。
プリンタ・ポートに接続されているサーバの名前が正しいかどうかを確認
してください。 LAT 構成ファイル LAT$SYSTARTUP.COM に指定したサ
ーバ名と LAT 装置のサーバ名とが一致するかどうかを確認してください。
LAT$SYSTARTUP.COM には次のような行が登録されていなければなりませ
ん。
SET PORT LTAxxx:/NODE=server_name/PORT=port_name/QUEUE/APPLICATION
プリンタ・ポートに対応するサーバ名を確認するには, SHOW PORT コマン
ドを使用します。
Local> SHOW PORT port-name
DCPS$_LRJACCESSDENIED, Access denied
説明: このメッセージは通常, LAT$SYSTARTUP.COM に指定したグルー
プ・コードがプリンタに接続されている LAT 装置のグループと一致しないと
きに出力されます。この場合,プリンタ・ソフトウェアは LAT ポートをアク
セスできません。 LAT 構成ファイル (LAT$SYSTARTUP.COM) には次のよう
な行が登録されていなければなりません。
問題の解決方法 11–19
SET NODE/GROUP=group-list/ENABLE
LAT$SYSTARTUP.COM に設定されているグループ,/GROUP=group-list を
LAT 装置の設定 (SHOW PORT コマンド) と比較してください。
DCPS$_LRJDELETED, Queue entry deleted by server
説明: このメッセージは,誰かがマニュアル操作で LAT 装置との接続を終了し
たときに出力されます。
DCPS$_LRJILLEGAL, Illegal request parameter
説明: このメッセージは, LAT で内部エラーが発生したことを示します。
Software Performance Report を提出してください。
DCPS$_LRJINUSE, Port or service in use
説明: このメッセージは通常,キュー・パラメータ (/QUEUE) を有効にした状
態で port-name が設定されていない場合や,またはキュー・リミットが小さす
ぎるときに, LAT ポートに出力されます。 LAT 装置で次のコマンドを入力し
てください。
SET PORT port-name QUEUE ENABLE
DCPS$_LRJNAMEUNKNOWN, Port Name is unknown
説明: このメッセージは, LAT 構成ファイル (LAT$SYSTARTUP.COM) に指
定したポート名がサーバで認識されないときに出力されます。 LAT 構成ファ
イル (LAT$SYSTARTUP.COM) に指定したポート名と,サーバに割り当てた
プリンタ・ポート名を比較してください。 LAT$SYSTARTUP.COM には次の
ような行が登録されていなければなりません。
SET PORT LTAnnn:/NODE=server-name/PORT=port-name/QUEUE/APPLICATION
次のコマンドを入力することにより,サーバに対応するプリンタ・ポートの名
前を確認してください。
Local> SHOW PORT port-number
11–20 問題の解決方法
DCPS$_LRJNOTOFFERED, Service is not offered on the requested port
説明: このメッセージは通常, LAT ポートでアクセス・モードが REMOTE
に設定されていないときに出力されます。次に示すように, SET コマンドと
DEFINE コマンドを使用して,ポートのアクセス・モードを設定してくださ
い。
Local> SET PORT port-number ACCESS REMOTE
Local> DEFINE PORT port-number ACCESS REMOTE
注意
詳しくは『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS ユーザーズ・ガイ
ド』を参照するか,または LAT 装置の問題解決の手引きを参照してくださ
い。
11.3.4
シリアル・プリンタでのログイン対話の禁止
シリアル・プリンタでは,電源投入時の初期化を実行するときに,ホスト・シ
ステムに余分なデータを送信します。 OpenVMS オペレーティング・システ
ムは通常,ターミナル装置からのデータをログイン要求として解釈します。
DCPS$STARTUP.COM はホスト・システムですべてのプリンタ・ターミナル装置
の SECURE_SERVER ターミナル属性を設定します。 SECURE_SERVER が設定
されている場合には, OpenVMS ホストとプリンタは,終了しない可能性のある
ログイン時の対話を実行しません。
ログイン時の対話を実行しないようにするには,以下の手続きを行うことにより,
ターミナル装置の属性を設定します。
1. SYSGEN AUTOCONFIGURE
2. SYSTARTUP_VMS
3. DCPS$EXECUTION_QUEUE.COM
AUTOCONFIGURE は SYSGEN パラメータを使用して,システムのすべての
ターミナル装置に省略時のターミナル属性を設定します。 SYSGEN によって
SECURE_SERVER が設定されている場合には,ログイン時の対話に関する問
問題の解決方法 11–21
題が発生することはありません。この属性を設定するための SYSGEN パラメ
ータは TTY_DEFCHAR2 です。 SYSGEN パラメータの設定についての説明は
『OpenVMS System Management Utilities Reference Manual』を参照してくだ
さい。
システム・スタートアップ・プロシージャもターミナル属性を設定する可能性があ
ります。このコマンド・ファイルはプリンタ・セットアップ・ファイルより前に実
行されるため, SYSTARTUP_VMS ファイル内でプリンタ・ターミナル装置に対
して SECURE_SERVER が設定されている場合には,ログイン時の対話に関する
問題が発生する可能性はさらに低くなります。
DCPS$EXECUTION_QUEUE.COM (プリンタ実行キュー・コマンド・ファイル)
は,省略時の設定により,プリンタ・ターミナル装置の SECURE_SERVER ター
ミナル属性を設定します。このファイルはソフトウェア・キットに添付されていま
す。
プリンタがローカル・エリア Ethernet 内の LAT 装置で構成されている場合には,
LAT ポートとプリンタのターミナル・サーバ属性を設定することにより,ログイ
ン時の対話をできるだけ少なくしてください。 LAT ポート属性については『日本
語 DECprint Supervisor for OpenVMS インストレーション・ガイド』を参照して
ください。
11.4
印刷速度が期待される速度より遅い場合の処置
印刷速度が低下するのは次のいずれかの理由によります。
• アプリケーションが複雑なテキスト・ジョブを印刷しているため
• 複雑な PostScript ジョブを印刷しているため
• テキスト・トランスレータ・プロローグの情報が正しく一致しないため
• プリンタ・パスワードが省略時の設定から変更されたため
(『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS インストレーション・ガイド』
を参照)
11–22 問題の解決方法
複雑なテキスト・ジョブとして,ダウンロードされた多くのフォントを 1 ページで
使用するジョブや,外字を多く印刷するジョブがあります。このようなジョブは常
に長い印刷時間を必要とします。
シリアル・プリンタでテキスト・ジョブの印刷の前に約 30 秒の遅延時間が必ずあ
るときは,テキスト・トランスレータとプリント・ジョブの間でテキスト・トラン
スレータ・プロローグが一致しないと考えることができます。この場合には,シリ
アル・プリンタの電源を切断した後,再度投入し,適切なプロローグを常駐させて
ください。最初のテキスト・ジョブはプロローグのロードのために遅延しますが,
2 番目以降のテキスト・ジョブはプロローグをロードする必要がないため,これま
でより効率よく印刷されます。
異なるバージョンの印刷システムを実行している複数のノードにプリンタが接続さ
れている場合には,プリンタの電源を切断した後,再度投入しても, 30 秒の遅延
時間が発生します。プリンタに最初に接続されたノードは,プロローグを常駐させ
ます。他のノードのプリント・ジョブは,毎回プロローグをロードしなければなり
ません。この場合,遅延時間が発生しないようにするには,各ノードで DECprint
Supervisor ソフトウェアの同じバージョンを実行しなければなりません。
11.5
レイアップ定義ファイルを見つけることができないときの
処置
DECprint Supervisor ソフトウェアは,次のサンプル・レイアップ定義ファイルを
論理名 DCPS$LAYUP で指定されているロケーションに登録します。
LPS$HOLES.LUP
LPS$SINGLEHOLES.LUP
LPS$DOUBLEHOLES.LUP
LPS$NUP.LUP
COLOR-PRINTER-FULL-PAGE.LUP
PROPRINTER-FULL-PAGE.LUP
問題の解決方法 11–23
レイアップ・ディレクトリ論理名である DCPS$LAYUP が
SYS$SYSDEVICE:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]を示すか,またはクラスタ内の
すべてのノードで.LUP ファイルが登録されているディレクトリを示すことを確認
してください。
11.6
印刷結果が予想と異なる場合の処置
DECprint Supervisor ソフトウェアは,プリント・パラメータの指定やプリント・
ジョブ属性の指定に問題がある場合でも,すべてのプリント・ジョブのすべてのフ
ァイルを印刷しようとします。省略時のパラメータにエラーのあるプリント・キュ
ーもファイルを印刷できますが,第 11.6.1 項で説明するように,プリント・パラメ
ータはすべて無効になり,問題のあることを示すメッセージが出力されます。
誤ったデータ・タイプ・トランスレータを使用してファイルが印刷される場合に
は,ファイルのデータ・タイプは DECprint Supervisor ソフトウェアによって正
しく判断されていないことになります。自動的なデータ・タイプ検出機能に関する
問題の解決方法については,第 11.6.2 項を参照してください。
11.6.1
省略時のキュー・パラメータが有効でないときの処置
DCPS$STARTUP.COM にパラメータを誤って入力した場合には,そのプリント・
キューに送信したプリント・ジョブは印刷されますが,誤りのあるパラメータとそ
の後に続くパラメータはプリント・ジョブに適用されません。
誤ったプリント・パラメータがキュー定義に指定されている場合には,印刷システ
ムはエラー・メッセージを出力します。このメッセージは画面に表示され,関連す
るキューに送信された各プリント・ジョブのジョブ・トレーラ・ページにも印刷さ
れます。処理されないパラメータの値は省略時の設定になります。
次の例では, 2 番目のパラメータ, PAGE_ORIENTATION の引数に余分な L が
指定されています。したがって,プリンティング・システムは 3 番目のパラメー
タ, NUMBER_UP=2 を無視し,最初のパラメータ, SHEET_SIZE=B だけが処
理されます。
11–24 問題の解決方法
@sys$startup:dcps$generic_queue ! Landscape queue
DCPS$WIDE$PRINT ! P1 - Generic queue name
TEK4014_TTB4 ! P2 - /GENERIC = execution queues
"SHEET_SIZE=B,PAGE_ORIENTATION=LLANDSCAPE,NUMBER_UP=2"
! P3 - Default queue parameter
! P3 - Default queue parameter
このキューに登録されたすべてのプリント・ジョブに対して,次のようなエラー・
メッセージが画面に表示され,ジョブ・トレーラ・ページのメッセージ・セクショ
ンにも同じメッセージが印刷されます。
10-MAR-2002 15:21 %DCPS-E-PARSYNERR, Syntax error in the /PARAMETERS
qualifier at or near PAGE_ORIENTATION=LLANDSCAPE
11.6.2
ファイル・データ・タイプが認識されないときの処置
DECprint Supervisor ソフトウェアがファイルのデータ・タイプを正しく判断
できない場合には,ユーザは DATA_TYPE パラメータを明示的に指定できま
す。必要な場合には,ジェネリック・キューに対して特定のデータ・タイプを
設定できます。このキューを使用して印刷されるファイルはすべて,指定され
たデータ・タイプになります。ただし,ユーザが DATA_TYPE パラメータを使
用して明示的に別のデータ・タイプを指定した場合は例外です。ユーザはまた,
DATA_TYPE=AUTOMATIC パラメータを指定することにより,自動的なデー
タ・タイプの検出を明示的に指定することもできます。
自動的なデータ・タイプ検出機能は,ファイルのデータ・タイプを判断するために
次のことを確認します。
1. PRINT の DATA_TYPE パラメータの値
2. DCPS$STARTUP.COM ファイルに指定されたキューの省略時のデータ・タイ
プ
3. OpenVMS ファイル・タグ (たとえば, DDIF stored_semantics タグ)
4. ファイルの内容
5. ファイル拡張子
問題の解決方法 11–25
DECprint Supervisor ソフトウェアがこれらの要素からファイルのデータ・タイプ
を判断できない場合には,省略時のテキスト・データ・タイプが使用されます。省
略時のテキスト・データ・タイプの設定については,第 4.2.2 項を参照してくださ
い。省略時のテキスト・データ・タイプが使用される場合には, PostScript デー
タの前にテキストが付加されていてもかまいません。このようなファイルも正しく
印刷されます。しかし, PostScript データの後に追加テキストがある場合には,
ファイルは正しく印刷されません。この場合には,ファイルを編集し,テキスト・
データと PostScript データを別々のファイルとして印刷しなければなりません。
しかし一般に,データ・タイプを判断できるようにするために,ユーザがファイル
の内容を変更したり,ファイル拡張子を変更することは望ましくありません。この
ような場合には,ファイルを作成するアプリケーションを確認し,必要に応じてア
プリケーションを変更してください。また,システム管理者はシステム固有のファ
イル拡張子とデータ・タイプを関連づけるためのシステム固有のデータ・ファイ
ル,省略時のテキスト・データ・タイプ,または省略時のデータ・タイプを割り当
てたジェネリック・キューを作成することもできます。
11–26 問題の解決方法
A
プリンティング・システム管理コマンド
標準の OpenVMS DCL コマンドを使用して, DECprint Supervisor のキュー,ジ
ョブ,関連するシステム資源を管理することができます。
注意
管理コマンドはそのコマンドを実行したシステムだけに影響を与えます。
ネットワーク・プリンタは,独自のキュー,ジョブ,フォーム等を持つそ
の他のシステムに対しても同様のサービスを提供することができます。
A.1
管理コマンドの概要
表 A–1 は,プリント・キューを管理するために使用するコマンドの概要を
示しています。これらのコマンドについての詳しい説明は『OpenVMS DCL
Dictionary』を参照してください。
表 A–1 キュー管理コマンド
コマンド
機能
ASSIGN /MERGE
ジョブを 1 つのキューから削除し,別の既存の
キューに移動します。
ASSIGN /QUEUE
論理キューを実行キューに割り当てます。
DEASSIGN /QUEUE
論理キューの割り当てを解除し,論理キューを
停止します。
DEFINE /CHARACTERISTIC
キュー属性名と番号を定義します。
(次ページに続く)
プリンティング・システム管理コマンド A–1
表 A–1 (続き) キュー管理コマンド
コマンド
機能
DEFINE /FORM
プリンタ・フォーム名,番号,および属性を定
義します。
DELETE /CHARACTERISTIC
キュー属性の定義を削除します。
DELETE /ENTRY
1 つ以上のジョブ・エントリをキューから削除
します。
DELETE /FORM
フォームの定義を削除します。
DELETE /QUEUE
キューを削除します。
INITIALIZE /QUEUE
このコマンドを DECprint Supervisor ソフト
ウェアに対して使用することは望ましくありま
せん。
SET ENTRY
キューに登録されていて,まだ実行されていな
いジョブの属性を変更または削除します。
SET QUEUE
キューの状態と属性を変更します。
SET QUEUE /ENTRY
このコマンドは同じ機能を実行する SET
ENTRY コマンドに変更されました。今後は
SET ENTRY コマンドを使用することが望まし
いです。
SET QUEUE /RETAIN
プリント・ジョブが正常終了したか,またはエ
ラーによって終了した後,プリント・ジョブを
削除しません。
SHOW ENTRY
プリント・ジョブに関する情報を表示します。
SHOW QUEUE
キューとジョブに関する情報を表示します。
SHOW QUEUE /CHARACTERISTICS
キューで使用できるキュー属性名と番号に関す
る情報を表示します。
SHOW QUEUE /FORM
システムで定義されているフォームの名前と番
号を表示します。
START /QUEUE
キューを起動または再起動します。
START /QUEUE /MANAGER
システム・キュー・マネージャを起動し,キュ
ー・ファイルをオープンします。
STOP /QUEUE
実行キューを一時停止します。
STOP /QUEUE /ABORT
実行中のプリント・ジョブを停止させますが,
キューは停止しません。
(次ページに続く)
A–2 プリンティング・システム管理コマンド
表 A–1 (続き) キュー管理コマンド
A.2
コマンド
機能
STOP /QUEUE /MANAGER
システム・キュー・マネージャを停止し,ジョ
ブ・キュー・ファイルをクローズします。
STOP /QUEUE /NEXT
現在のジョブの印刷が終了した後,キューを停
止させます。
STOP /QUEUE /REQUEUE
実行中のプリント・ジョブを停止し,そのジョ
ブを指定されたキューに移動しますが,キュー
は停止しません。
STOP /QUEUE /RESET
キューをただちに停止し,制御をシステムに戻
します。
DCPS での SET PRINTER コマンドの使用
PostScript プリンタは DECprint Supervisor ソフトウェアによって制御されるた
め, DCL の SET PRINTER コマンドは DECprint Supervisor 環境では意味があ
りません。 DECprint Supervisor を使用する場合のプリント・ジョブ属性は,他
の手段で設定および表示されます。
DECprint Supervisor のプリント・ジョブ属性は次の要素によって決定されます。
1. ジョブ・データに組み込まれているパラメータ
2. PRINT コマンドの/PARAMETERS 修飾子に指定したパラメータ
3. DEFINE /FORM 修飾子
4. PrintServer プリンタの場合には, PrintServer 構成データベースに登録され
ている省略時のパラメータ
5. DCPS$STARTUP.COM ファイルに定義されている省略時のキュー・パラメー
タ
ここに示した項目 1, 2, 3 は,処理するジョブの種類に応じて, PostScript イ
ンタプリタまたはデータ構文トランスレータによって制御されます。項目 4 は,
『DEC PrintServer Supporting Host Software for OpenVMS Management
プリンティング・システム管理コマンド A–3
Guide』で説明する PrintServer サーバ管理インタフェースによって制御されま
す。
表 A–2 は, SET PRINTER コマンドの修飾子と DECprint Supervisor プリンテ
ィング・システムでの対応する制御機能を示しています。
表 A–2 DECprint Supervisor キューに対応する SET PRINTER の修飾子
SET PRINTER の修飾子
対応する制御機能
/CR
キャリッジ・リターン文字の挿入は現在のデータ・タイプ・ト
ランスレータによって制御されます。
/FALLBACK
DEC マルチナショナル文字の変換は現在のフォントによって
制御されます。文字が指定されたフォントに存在しない場合に
は,フォント・エラー文字が印刷されます。
/FF
機械的なフォーム・フィードは現在のデータ・タイプ・トラン
スレータまたは PostScript インタプリタによって制御されま
す。
/LOWERCASE
DECprint Supervisor プリンタは小文字プリンタであると解釈
されます。したがって,小文字を大文字に変換する処理は実行
されません。
/PAGE
各ページに印刷される行数はテキスト・トランスレータによっ
て制御されます (ANSI/KANJI/KANJI78/LA_KANJI ファイル
の場合のみ)。この属性は DEFINE /FORM によって設定でき
ます。
/PASSALL
システムが特殊文字を解釈するか, 8 ビットのバイナリ・デー
タとして転送するのかは,現在のデータ・タイプ・トランスレ
ータによって制御されます。
/PRINTALL
プリンタが特殊文字を解釈するのか, 8 ビットの対応するバイ
ナリとして印刷するのかは,現在のデータ・タイプ・トランス
レータによって制御されます。
/TRUNCATE
/WIDTH 修飾子によって設定されている行の長さをこえるデ
ータを切り捨てるかどうかは,フォーム定義または現在のデー
タ・タイプ・トランスレータによって制御されます。
/WIDTH
現在インストールされている媒体の各行に印刷できる文字数は
フォーム定義によって制御されるか,または現在のデータ・タ
イプ・トランスレータと現在のフォントの組み合わせによって
制御されます。
/WRAP
プリンタが行末に到達したときにキャリッジ・リターン/ライ
ン・フィードを生成するかどうかは,フォーム定義または現在
のデータ・タイプ・トランスレータによって制御されます。
A–4 プリンティング・システム管理コマンド
注意
すべてのデータ・タイプ・トランスレータが同じ方法でここに示した機能
を実現しているわけではありません。各トランスレータ固有の情報につい
ては,適切なトランスレータの参照マニュアルを参照してください。
プリンティング・システム管理コマンド A–5
B
DCPS で使用する論理名
この付録では, DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアで使用する
OpenVMS の論理名について説明します。
論理名を使用するためのガイドラインは,次のとおりです。
• ‘‘DCPS’’で始まる論理名は, DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウ
ェアでのみ使用します。他の論理名 (たとえば, PSM$ANNOUNCE) は,
OpenVMS システムの他のコンポーネントで使用され,またそれらのコンポー
ネントに作用します。
• これらの論理名の定義は, DCPS$STARTUP.COM,またはそれが起動するコ
マンド・プロシージャに置く必要があります。スタートアップ・プロジージ
ャ・テンプレートには,これらの一部についての定義方法がコメントされてい
ます。
• 論理名の中には,すぐに有効になるものもあれば,キューが起動されたときの
み,または DCPS シンビオント・プロセスが最初に作成されたときのみ有効に
なるものもあります。マルチストリームの DCPS シンビオント・プロセスを使
用している場合,このことは特に重要です (第 3.4.1.2 項を参照してください)。
シンビオントは,最初に作成されるときに論理名を全部読み込むと考えなけれ
ばならないので,変更内容を有効にするには,まずすべてのキューを停止して
再起動させる必要があります。
• 論理名は,エグゼクティブ・モードで (すなわち, DEFINE/SYSTEM
/EXECUTIVE を使用して),システム・テーブルに定義する必要があります。
• VMScluster 環境では, DCPS を使用するすべてのノードに対象の論理名を定
義する必要があります。 DCPS によって定義される論理名を確認するには,
DCPS シンビオント・プロセスが実行されているノードを見る必要がありま
す。
DCPS で使用する論理名 B–1
• これ以外の論理名については『日本語 DECprint Supervisor Version 2.1 for
OpenVMS リリース・ノート』に記載されています。
次の表は, DCPS が使用する論理名,有効な値,およびその意味についての簡単
な説明です。その論理名の詳細についての参照先 (本書の他の節,または他のドキ
ュメント) も示します。
注意
次の表で,qnはキュー名の短縮形です。
表 B–1 DCPS の論理名
論理名
有効な値
意味と参照先
DCPS に情報を提供する論理名
DCPS_LIB2
検索リスト
DCPS セットアップ・ライブラリとそ
のデータ型のリスト。 第 7.4.2 項を参
照。
DCPS$DEFAULT_TRANSLATOR
<トランスレータ群>1
システム単位の省略時のテキスト・デ
ータ型。 第 4.2.2 項を参照。
DCPS$qn_DEFAULT_
TRANSLATOR
<トランスレータ群>1
キュー固有の省略時のテキスト・デー
タ型。 第 4.2.2 項を参照。
DCPS$DEVCTL_CACHE
TRUE
システム単位のデバイス制御キャッシ
ングを有効にします。 第 7.11 節を参
照。
DCPS$qn_DEVCTL_CACHE
TRUE
キュー固有のデバイス制御キャッシ
ングを有効にします。 第 7.11 節を参
照。
1
<トランスレータ群> = ANSI, AUTOMATIC, LIST, PCL, POSTSCRIPT, REGIS, TEK4014 など。
2
DCPS$STARTUP.COM にある省略時の値で定義されます。
(次ページに続く)
B–2 DCPS で使用する論理名
表 B–1 (続き) DCPS の論理名
論理名
有効な値
意味と参照先
DCPS に情報を提供する論理名
4
DCPS$qn_DEVICE_NAME
文字列
名前が INITIALIZE/QUEUE/ON 識別
子には長すぎる場合に,キューに関連
付けられる実際のデバイス名 (また,
SHOW QUEUE/FULL は,そのデバ
イスの代わりに‘‘DCPS$’’をリストしま
す)。 第 3.3.2 項を参照。
DCPS$_IGNORE_UNKNOWN_
USER
TRUE
ユーザ名が UAF に見つからないとき
に, user unknown エラーを無効にし
ます。 第 3.4.5 項を参照。
DCPS$qn_IGNORE_UNKNOWN_ TRUE
USER
ユーザ名が UAF に見つからないとき
に,キューの user unknown エラーを
無効にします。 第 3.4.5 項を参照。
DCPS$qn_INTERRUPT_
WHEN_BUSY
TRUE
シリアル・プリンタの待ち状態を無効
にして,‘‘not busy’’にします。 第 3.4.2
項を参照。
DCPS$LAYUP3
検索リスト
レイアップ・ファイルが格納されてい
るディレクトリ。『日本語 DECprint
Supervisor for OpenVMS インストレ
ーション・ガイド』を参照。
DCPS$MAX_STREAMS
0..32
DCPS シンビオント・プロセスあたり
のキューの数。第 3.4.1 項を参照。
DCPS$qn_NO_SYNC
TRUE
PrintServer プリンタ以外のプリンタ
で,通常の同期化を無効にします。 第
3.4.3 項を参照。
DCPS$qn_OLD_ANSI_PAGE_
SIZES
TRUE
ANSI トランスレータで,旧版 (V1.1a
より前) の A4 サイズ用垂直スペーシン
グを使用します。 第 3.4.6 項を参照。
DCPS$qn_PARAMETER4
文字列
省略時のキュー・パラメータ。 第
3.3.4 項を参照。
DCPS$PURGE_TIME
デルタ時間
ワーキング・セットをパージするまで
の待ち時間。第 3.4.4 項を参照。
3
DCPS インストレーション時に供給した情報を使用して, DCPS$REQUIRED.COM によって定義されます。
4
DCPS$EXECUTION_QUEUE.COM によって定義されます。
(次ページに続く)
DCPS で使用する論理名 B–3
表 B–1 (続き) DCPS の論理名
論理名
有効な値
意味と参照先
DCPS に情報を提供する論理名
DCPS$qn_SEPARATOR_TRAY
数値
バースト・ページおよびフラグ・ペー
ジのジョブを実行するトレイ番号。 第
6.2.3 項を参照。
DCPS$qn_STALL_TIME
デルタ時間
プリンタがストールしたことを宣言
するまでの待ち時間。 第 5.12 節を参
照。
DCPS$qn_SUPPRESS_
JOBTRAILER
TRUE
ジョブ・トレーラの印刷を無効にしま
す。 第 6.2.2 項を参照。
PSM$ANNOUNCE
文字列
セパレータ・ページに印刷する文字
列。 第 6.4 節を参照。
DCPS から情報を返す論理名
DCPS$qn_PID
キューを制御する DCPS シンビオント
のプロセス ID。 第 5.8 節を参照。
DCPS$qn_STALLED
キューがストールしている理由。 第
5.12 節を参照。
DCPS$VERSION
システムで実行している DCPS ソフト
ウェアのバージョン。 DCPS のバージ
ョンを参照。
B–4 DCPS で使用する論理名
C
フォントのダウンロードと削除
SYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]FONT_DOWNLOADER.COM コ
マンド・プロシージャを使用して,プリンタ上のオプションのハード・ドライブに
あるフォントをリスト,ダウンロード,および削除することができます。このプロ
シージャは, DEClaser 5100 および LN17ps プリンタで動作することが確認され
ており,他のプリンタでも動作する可能性があります。
このプロシージャを使用するには,それを起動し,表示されるプロンプトに従いま
す。
フォントのダウンロードと削除 C–1
D
DECprint Supervisor (DCPS) および DECprint プリ
ンティング・サービス (CPS)
この付録では, DECprint Supervisor for OpenVMS と DECprint プリンティン
グ・サービスの相違点について説明し,共存できる機能についても説明します。
"DCPS"は DECprint Supervisor for OpenVMS のことを示しており, "CPS"は
DECprint プリンティング・サービスのことを示しています。
D.1
DCPS/CPS の共存
DCPS は, CPS V4.1 をインストールしたシステムと同じシステムに共存できま
す。 DCPS をインスートルすることによって, CPS の構成要素が削除されたり,
変更されることはありません。どちらの製品も同じシステムで使用でき,既存のキ
ュー構造を CPS から DCPS に移行することもできます。
D.2
CPS から DCPS へのアップグレード
CPS から DCPS にアップグレードする場合は,次のように CPS$STARTUP.COM
ファイルを変換してください。
1. 次のコマンドを実行します。
$ @SYS$STARTUP:CPS_TO_DCPS_STARTUP
2. 画面に表示される次のような問い合わせに対して,たとえば次のように入力し
ます。
DECprint Supervisor (DCPS) および DECprint プリンティング・サービス (CPS) D–1
Enter filename of CPS startup file to be converted;
Default filename is SYS$SYSROOT:[SYS$STARTUP]CPS$STARTUP.COM
[default]:
disk$manager:[cps_conversion]cps$startup.com
Enter filename of DCPS startup file to be created;
Default filename is SYS$SYSROOT:[SYS$STARTUP]DCPS$STARTUP.COM [default]:
disk$manager:[cps_conversion]dcps$startup.com
Please read or run DIFFERENCES on the output file,
DISK$MANAGER:[CPS_CONVERSION]DCPS$STARTUP.COM,
to be sure the new file meets your needs.
コマンド・プロシージャにより, DECprint Supervisor が識別できるスタートア
ップ・ファイルが作成されますが,既存のキュー定義は変更されません。新しいキ
ューを追加する必要がある場合は,第 3.3 節を参照してください。
DCPS には,自動データ・タイプ検出機能があります。このため,省略時のキュー
設定あるいは PRINT コマンド実行時にデータ・タイプを指定する必要がありませ
ん。
ジェネリック・キューに省略時のデータ・タイプを定義している場合は,
DCPS$STARTUP.COM を編集してその部分を削除してください。
D.3
接頭語 DCPS$
DCPS のファイル名,論理名,メッセージはすべて, DCPS$という接頭語から
始まります。このため,今後も CPS を使用して一部のキューを駆動し,他のキ
ューを駆動するために DCPS を追加できます。省略時の OpenVMS フォームは
DCPS$DEFAULT です。
しかし,特定のファイルはシステム資源であると解釈され, DCPS と CPS,およ
び他の製品との間で共用されます。これらの共用リソースは次のとおりです。
• CPS$ANSI_FONTS.TLB
これはダウンロード可能なフォントを格納したライブラリであり, LN03 また
は DEClaser フォント・カートリッジをエミュレートする。
D–2 DECprint Supervisor (DCPS) および DECprint プリンティング・サービス (CPS)
• データ・タイプ・トランスレータ
DCPS は, CPS と同じディレクトリに同じファイル名で,トランスレータをイ
ンストールする。
2 次メッセージ (RMS などの別の機能によって生成され, DCPS 製品に渡されたメ
ッセージ) には,メッセージの原因となった機能のコードが含まれています。
D.4
スタートアップ・ファイル・コンバータ
変換ツールであるCPS_TO_DCPS_STARTUP.COMは, CPS のスタートアップ・
ファイルを変換し, DCPS と同じ名前を使用するようにします。このツールにつ
いては,第 3.2 節を参照してください。
次の表は CPS のファイル名と,それに対応する DCPS のファイル名の変換を示し
ています。
CPS のファイル名
DCPS のファイル名
CPS$STARTUP
DCPS$STARTUP
CPS$EXECUTION_QUEUE
DCPS$EXECUTION_QUEUE
CPS$REQUIRED
DCPS$REQUIRED
CPS$GENERIC
DCPS$GENERIC
CPS_LIB
DCPS_LIB
CPS$DEVCTL
DCPS$DEVCTL
LPS$queuename_PARAMETER
DCPS$queuename_PARAMETER
CPS$queuename_STALL_TIME
DCPS$queuename_STALL_TIME
LPS$LAYUP
DCPS$LAYUP
DECprint Printing Services
DECprint Supervisor
この変換ツールでは,キューの名前やキューの構造は変更されません。
DECprint Supervisor (DCPS) および DECprint プリンティング・サービス (CPS) D–3
D.5
ジェネリック・キューは不要
DCPS はデータ・タイプを自動的に検出できます。したがって,ジェネリック・キ
ューの数を削減でき,まったく不要にすることもできます。自動的なデータ・タイ
プ検出についての詳しい説明は,第 4 章を参照してください。
D.6
ベージの拡大/縮小
DCPS では,ジョブで次のパラメータを指定した場合,出力用紙におさまるように
論理ページ・イメージを拡大/縮小できます。
PAGE_SIZE=p,SHEET_SIZE=s
p と s は異なる値です。
ジョブはパラメータNUMBER_UP=1を想定しています。 CPS の場合には,ペー
ジの拡大/縮小機能を起動するために, NUMBER_UP パラメータも同様に指定し
なければなりませんでした。
D.7
PostScript レベル 2 プリンタに対するレイアップとレイア
ップの修正
PostScript レベル 2 ソフトウェアを搭載しているプリンタに接続した場合, DCPS
のレイアップ機能は PostScript レベル 2 オペレータをサポートします。また,複
数のレベル 1 オペレータのサポートを修正したり,機能を拡張しています。
Macintosh および PC アプリケーションで作成されたレベル 1 の PostScript プログ
ラムは一般に, CPS で印刷した場合より, DCPS で印刷した場合の方が印刷品質
を向上できます。 CorelDraw および Macintosh プログラムで発生していた問題は
修正されています。
D–4 DECprint Supervisor (DCPS) および DECprint プリンティング・サービス (CPS)
D.8
PRINT コマンド・ラインでのレイアップ・オプション
DCPS では, LAYUP_DEFINITIONS パラメータにレイアップ・オプションを直
接指定でき,また,これらのオプションを.LUP ファイルに記録し,その名前をパ
ラメータに指定することもできます。レイアップ・オプションを PRINT コマン
ドで指定すれば, Distributed Queuing Services 製品を介して別のシステムで印
刷されるジョブとの間で,これらのオプションを受け渡しすることができます。
CPS V4.1 では.LUP ファイル・オプションだけしか提供されていません。
レイアップ定義ファイルに記録したレイアップ・オプションの例と, PRINT
パラメータとして指定したレイアップ・オプションの例については,『日本語
DECprint Supervisor for OpenVMS ユーザーズ・ガイド』を参照してください。
D.9
ページ・サイズ
CPS V4.1 では,次のページ・サイズは存在しないか,または正しく解釈されてい
ませんでした。 DCPS では,これらのページ・サイズが定義され,正しく解釈さ
れるようになりました。
A6
C
D
7x9
7_envelope
10x14
11x14
PostCard
D.10
代替トレイからのセパレータ・ページの選択
DCPS を使用して代替トレイからジョブ・セパレータ・ページを選択するには,次
のシステム論理名を定義します。
$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queuename_SEPARATOR_TRAY number
DECprint Supervisor (DCPS) および DECprint プリンティング・サービス (CPS) D–5
ただし,number はそのキューによってサービスされるプリンタの正しいトレイ番
号であり,プリンタ固有の値です。正しい値については,プリンタのマニュアルを
参照してください。
D.11
到達不可能な PrintServer の停止
オペレータが STOP/QUEUE/RESET を実行したときに,キューが到達不可能な
PrintServer プリンタに接続されている場合にも,そのキューは正しく停止されま
す。しかし, CPS V4.1 の場合には,常に正しく停止されるとは限りませんでし
た。
D.12
1 行目の重ね書き
CPS V4.1 では,レコードがフォーム・フィードから始まる場合,一番上の行が重
ね書きされていました。 DCPS では,この問題はありません。
D.13
ストール時間切れ
CPS V4.1 では,直接接続されたシリアル・プリンタに対してストール・タイマが
起動されていませんでした。 DCPS では,タイマが起動されます。
CPS V4.1 では,ストール・メッセージの時間切れの初期値は 1 分でした。この初
期値を使用した場合,プリンタが処理中で,実際にまったくストールしていないと
きに, "queue stalled"というメッセージが出力されることがありました。 DCPS
では,ストール時間切れは 4 分です。
D.14
ジョブのキューへの再登録
プリンタに接続しているときにネットワーク・エラーが発生した場合には,
CPS V4.1 は/HOLD 属性を使用してジョブをキューに再登録します。 DCPS で
は/HOLD 属性を使用せずに,ジョブをキューに再登録します。
D–6 DECprint Supervisor (DCPS) および DECprint プリンティング・サービス (CPS)
D.15
ストリーム・ファイルの読み込み
PostScript ファイルのレコード属性が STREAM,STREAM_LF, STREAM_CR
のいずれか場合,このファイルはブロック・モードで読み込まれます。このため,
DCPS では, CPS で印刷できなかった非常に長いストリーム・レコードを印刷で
きます。このタイプのファイルは PC の通信プログラムで書き込まれることがあり
ます。
D.16
コピーは新しい用紙で開始
/COPIES=n で,n が 2 以上の場合には,NUMBER_UPや SIDES=2 を指定して
印刷しても,各コピーは新しい用紙に印刷されます。 CPS V4.1 で PostScript ジョ
ブを印刷した場合には,このようにはなりません。
D.17
ジェネリック・キューの再起動
シャットダウン時に, OpenVMS は実行キューを停止しますが,ジェネリック・
キューは停止しません。この結果,システムを再起動すると,ジェネリック・キュ
ーは誤った属性が設定されている場合でも,動作を開始します。 CPS V4.1 でジェ
ネリック・キューを起動すると,キューがすでに実行中であることを示す警告メッ
セージが表示されます (OpenVMS V5.5 の場合)。 DCPS でジェネリック・キュー
を起動した場合には,すでに実行中のキューは停止され,再起動されます。
D.18
Proprinter トランスレータ
DCPS には, Proprinter から PostScript 形式へ変換する新しいトランスレータ
が含まれていますが, CPS ではこのトランスレータは提供されていませんでし
た。 PROPRINTER データ・タイプの使用についての一般的な説明は,『日本語
DECprint Supervisor for OpenVMS ユーザーズ・ガイド』を参照してください。
DECprint Supervisor (DCPS) および DECprint プリンティング・サービス (CPS) D–7
D.19
DCPS および PATHWORKS ライブラリ
PATHWORKS for OpenVMS (Macintosh) では,独自の装置制御ライブラリ,
MSAP$DEVCTL.TLB が作成され, CPS ライブラリが存在する場合には,その
ライブラリにもモジュールが登録されます。これらのモジュールは, DCPS ラ
イブラリには登録されません。この問題を解決するには, DCPS ライブラリと
PATHWORKS ライブラリの両方を指すサーチ・リストとして,DCPS_LIBを定義
してください。この操作方法については, DCPS$STARTUP.TEMPLATE の例に
示されています。
D.20
Macintosh および PC ファイルの印刷
DCPS には新しい PostScript サンプル・ファイルが含まれており,弊社の
PrintServer プリンタで Macintosh ファイルと PC ファイルの印刷を改善できま
す。
D.21
Colormate PS のカラー機能の改善
Colormate PS のカラー転送機能は,グレイ・スケール・イメージが茶色になる問
題や,自然イメージで人間の肌色がきれいに表現されないという問題を回避するよ
うに変更されています。 Colormate PS は,よりよいグレイ・スケール・イメージ
と自然な肌色を実現できるように,新しい初期設定のカラー転送機能を使用して印
刷を実行します。したがって, Colormate PS で印刷する場合には,次のことに注
意してください。
• グラフィックス・イメージがこれまでほど鮮やかに見えないことがある
• グレイは正確にグレイとしてレンダリングされ,茶色では表示されない
• 一部の図形は黄色の割合が低く,青の割合が高い状態で表示されることがある
D–8 DECprint Supervisor (DCPS) および DECprint プリンティング・サービス (CPS)
D.22
セキュリティ・メッセージの印刷
DCPS には,新しいサンプル・ファイルが添付されています。
SYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]CONFIDENTIAL.PS
このファイルには,各ページの一番上と一番下にオーバレイとして (つまり,ペー
ジの内容を出力した後), "Confidential"を出力するための showpage オペレータの
再定義方法が示されています。
DECprint Supervisor (DCPS) および DECprint プリンティング・サービス (CPS) D–9
E
ドキュメンテーション・キットの構成
ここでは,本ソフトウェアに関するドキュメンテーション・キットについて説明し
ます。
日本語 Compaq DECprint Supervisor for OpenVMS ドキュメンテーション・キット
(注文番号: QA-09NJA-GZ)
• 日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS ユーザーズ・ガイド
• 日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS システム・マネージャーズ・ガイ
ド
• 日本語トランスレータ リファレンス・マニュアル
プログラミング・ガイド・キット (注文番号: QA-798JC-GZ)
• 日本語トランスレータ リファレンス・マニュアル
• PostScript Printers Programmer’s Supplement
• Digital ANSI-Compliant Printing Protocol Level 3 Programming Reference
Manual
• Digital ANSI-Compliant Printing Protocol Level 3 Programming
Supplement
• PostScript Translators Reference Manual for ReGIS and Tektronix 4010
/4014
日本語 DEC PrintServer サポーティング・ホスト・ソフトウェア for OpenVMS
VAX (注文番号: QA-798JA-GZ)
• 日本語 DEC PrintServer サポーティング・ホスト・ソフトウェア/VMS インス
トレーション・ガイド
• DEC PrintServer Supporting Host Software for OpenVMS Management
Guide
ドキュメンテーション・キットの構成 E–1
• ユーザ・リファレンス・カード
日本語 DEC PrintServer サポーティング・ホスト・ソフトウェア for ULTRIX
(注文番号: QA-VVZJA-GZ)
• 日本語 DEC PrintServer サポーティング・ホスト・ソフトウェア/ULTRIX イ
ンストレーション・ガイド
• DEC PrintServer Supporting Host Software for ULTIRX Management
Guide
• ユーザ・リファレンス・カード
以下の PostScript ドキュメントが株式会社 ASCII より販売されています。
• ページ記述言語 PostScript リファレンス・マニュアル第 2 版
• ページ記述言語 PostScript チュートリアル&クックブック
• ページ記述言語 PostScript プログラム・デザイン
E–2 ドキュメンテーション・キットの構成
索引
C
F
CPAP
TCP/IP も参照
定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–6
ネットワーク・アドレスの指定 . . . . . 3–7
CPS . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . D–1
/FORM 修飾子
DELETE . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8–5
SET/QUEUE . . . . . . . . . . . . . . . . . 8–3
START/QUEUE . . . . . . . . . . . . . . . 8–3
D
DCPS$DEFAULT フォーム . . . . . . . . . 8–6
DCPS$STARTUP.COM
作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–1
装置名の指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–7
DEClaser フォント・エミュレーショ
ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7–16
DECnet
PrintServer ネットワーク・アドレスの指
定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–8
DECprint Supervisor
目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1–1
DECprint プリンティング・サービス . . D–1
からのキューの移行 . . . . . . . . . . . . . 3–1
DELETE/ENTRY コマンド . . . . . . . . . . 5–2
DELETE/FORM コマンド . . . . . . . . . . 8–5
E
Ethernet の使用
シリアル・プリンタ . . . . . . . . . . . . . 2–2
Extended File Specifications . . . . . . . 6–11
I
IP_CPAP
CPAP を参照
IP_RAWTCP
raw TCP/IP を参照
L
LAT
印刷に必要なポート属性 . . .
ターミナル・サーバ . . . . . .
LAT スタートアップ・ファイル
LAT プロトコル・ファイル
編集 . . . . . . . . . . . . . . . .
LPD,未サポート . . . . . . . . .
LPS$$UNRECOGNIZED . . . .
. . . . . . . 2–5
. . . . . . . 2–4
. . . . . . . 2–4
. . . . . . . 2–8
. . . . . . . 3–6
. . . . . . 7–18
O
ODS-5 ボリューム
上のファイルの印刷 . . . . . . . . . . . . 6–11
OPCOM メッセージ . . . . . . . . . . . . . 11–1
索引 –1
P
PCL および Proprinter ファイルの文字セット
の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7–11
PCL ファイル
文字セットの変更 . . . . . . . . . . . . . 7–11
PrintServer プリンタ
DECnet ネットワーク・アドレスの指
定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–8
TCP/IP ネットワーク・アドレスの指
定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–7
インストレーション後の必要条件 . . . 2–14
問題解決 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11–4
PRINT コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . 1–5
/BURST 修飾子 . . . . . . . . . . . . . . . 6–10
/FLAG 修飾子 . . . . . . . . . . . . . . . . 6–10
MESSAGES パラメータ . . . . . . . . . 6–11
/TRAILER 修飾子 . . . . . . . . . . . . . 6–10
Proprinter ファイル
文字セットの変更 . . . . . . . . . . . . . 7–11
PSM$ANNOUNCE . . . . . . . . . . . . . . 6–10
. . . . . 3–6
. . . . . 3–6
. . . . . 3–6
. . . . 11–1
S
SET ENTRY コマンド . . . . . . . . .
SET PRINTER . . . . . . . . . . . . . .
SET ENTRY/HOLD コマンド . . . .
SET ENTRY/RELEASE コマンド .
SHOW QUEUE コマンド . . . . . . .
SHOW ENTRY コマンド . . . . . . .
"Stalled"状態のプリント・キュー . .
START/QUEUE/MANAGER コマン
ド ....................
索引 –2
T
TCP/IP
CPAP も参照
raw TCP/IP も参照
必要条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2–14
telnet,未サポート . . . . . . . . . . . . . . . 3–6
ア
アカウンティング情報 . . . . . . . . .
ジョブ・コントローラによる . . .
0 に設定 . . . . . . . . . . . . . .
ブランク . . . . . . . . . . . . . .
アカウンティング・ユーティリティ
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
9–1
9–2
9–4
9–4
9–1
イ
印刷されないとき . . . . . . . . . . . . . . . 11–4
インストレーション後の必要条件
PrintServer プリンタ . . . . . . . . . . . 2–14
R
raw TCP/IP
TCP/IP も参照
TCP ポート番号の指定 . . . . . .
定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ネットワーク・アドレスの指定
raw TCP/IP プリンタ
トラブルシューティングの手順
START/QUEUE コマンド . . . . . . . . . . . 5–7
STOP/QUEUE/MANAGER コマン
ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5–11
.
.
.
.
. . . 5–5
. . A–3
. . . 5–3
. . . 5–3
5–1, 5–6
. . . . 5–1
. . . 5–10
. . . 5–11
エ
永続的な資源のロード . . . . . . . . . . . . 7–10
エラー・ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . 6–11
エラー・メッセージ
LAT 接続プリンタ . . . . . . . . . . . . 11–18
カ
カスタム・セットアップ・モジュール . . . 7–8
キ
起動
キュー・マネージャ . . . . . . . . . . . . 5–11
プリント・キュー . . . . . . . . . . . . . . 5–7
キュー
プリント・キューを参照
キュー構造
ジェネリック・キューの定義 . . . . . . 3–19
実行キューの定義 . . . . . . . . . . . . . . 3–2
キューの移行
DECprint プリンティング・サービスから
の . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–1
キューの論理名 . . . . . . . . . . . . . . . . 11–10
キュー・パラメータ
構文 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–9
再定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–9
省略時の順序 . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–9
省略時の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–9
キュー・マネージャ
起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5–11
停止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5–11
コ
コマンド
プリント・キュー・コマンドも参照
DELETE/ENTRY . . . . . . . . . . . . . . 5–2
SET ENTRY . . . . . . . . . . . . . . . . . 5–5
SHOW QUEUE . . . . . . . . . . . 5–1, 5–6
SHOW ENTRY . . . . . . . . . . . . . . . 5–1
START/QUEUE . . . . . . . . . . . . . . . 5–7
START/QUEUE/MANAGER . . . . . 5–11
STOP/QUEUE/MANAGER . . . . . . 5–11
サ
削除
フォーム . . . . . . . . . . .
プリント・ジョブ . . . . .
サード・パーティのプリンタ
未サポート . . . . . . . . . .
サポートされないプリンタ .
サポート対象のプリンタ
使用 . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . 8–5
. . . . . . . . . 5–2
. . . . . . . . 7–18
. . . . . . . . 7–18
. . . . . . . . 2–11
シ
ジェネリック・キュー . . . . . . . . . . . . 3–19
定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–19
識別されないプリンタ . . . . . . . . . . . . 7–18
資源
永続的なロード . . . . . . . . . . . . . . . 7–10
実行キュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–2
定義の追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–2
プリンタ装置名の指定 . . . . . . . . . . . 3–7
システム・スタートアップ・ファイルの編
集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–20
自動データ・タイプ検出
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1–3
テキスト・データ・タイプの指定 . . . . 4–4
問題解決 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11–25
修飾子
プリント・キュー . . . . . . . . . . . . . 3–10
修正
DCPS シンビオントの動作 . . . . . . . 3–13
実行キューの動作 . . . . . . . . . . . . . 3–13
省略時のキュー
修飾子 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–10
パラメータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–9
構文 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–9
文法的エラーの処置 . . . . . . . . 11–24
省略時のテキスト・データ・タイプ . . . . 4–4
省略時のフォーム . . . . . . . . . . . . . . . . 8–6
ジョブ・トレーラ・ページ
指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6–3
ジョブ・バースト・ページ
指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6–3
ジョブ・フラグ・ページ
指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6–3
ジョブ・ログ・ページ
指定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6–11
情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6–11
シリアル・プリンタ
Ethernet 上の . . . . . . . . . . . . . . . . . 2–2
ログイン対話の禁止 . . . . . . . . . . . 11–21
シンビオント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1–5
索引 –3
ス
ニ
スタートアップ・ファイルの作成 . . . . . . 3–1
日本語 DECprint Supervisor
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1–4
セ
セットアップ・モジュール . . .
カスタマイズ . . . . . . . . . .
セパレータ・ページ
システム・メッセージの追加
ジョブについての有効化 . . .
定義 . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . 7–9
. . . . . . . 7–8
. . . . . . 6–10
. . . . . . . 6–2
. . . . . . . 6–1
ネ
ネットワーク・プリンタ
問題解決 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11–13
ハ
バースト・ページ . . . . . . . . . . . . . . . . 6–1
ハードウェアの必要条件
他のプリンタ . . . . . . . . . . . . . . . . . 2–2
ソ
装置制御ライブラリ . . . . . . . . . . . 1–6, 7–1
装置名, DCPS$STARTUP.COM での指
定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–7
双方向通信
必要条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2–2
ヒ
他のプリンタ
ハードウェアの必要条件 . . . . . . . . . . 2–2
必要条件
TCP/IP 上の PrintServer プリン
タ ..................
表記法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
表示
プリント・キュー . . . . . . . . . .
プリント・ジョブの状態 . . . . . .
テ
フ
タ
定義
プリント・キュー修飾子
停止
キュー・マネージャ . . .
テキスト・データ・タイプ
省略時の値 . . . . . . . . .
データ・タイプ検出 . . . . .
. . . . . . . . . 3–10
. . . . . . . . . 5–11
. . . . . . . . . . 4–4
. . . . . . . . . . 1–3
ト
トラブルシューティングの手順
raw TCP/IP プリンタの場合 . . . . . . 11–1
トランスレータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1–7
トレーラ・ページ . . . . . . . . . . . . . . . . 6–1
索引 –4
ファイル・エラー・ページ . . .
セパレータ・ページ
ファイルについての有効化 .
ファイル・セパレータ・ページ
指定 . . . . . . . . . . . . . . . .
ファイル・トレーラ・ページ
指定 . . . . . . . . . . . . . . . .
ファイル・バースト・ページ
指定 . . . . . . . . . . . . . . . .
ファイル・フラグ・ページ
指定 . . . . . . . . . . . . . . . .
フォーム
キューとの対応 . . . . . . . . .
削除 . . . . . . . . . . . . . . . .
省略時の . . . . . . . . . . . . .
. . . 2–14
. . . . xiv
. . . . 5–6
. . . . 5–1
. . . . . . 6–11
. . . . . . . 6–8
. . . . . . . 6–8
. . . . . . . 6–8
. . . . . . . 6–8
. . . . . . . 6–8
. . . . . . . 8–3
. . . . . . . 8–5
. . . . . . . 8–6
フォント
ダウンロードと削除 . . . . . . . . . . . . C–1
フォント・カートリッジ・エミュレーショ
ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7–16
フラグ・ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6–1
プリンタ
Ethernet 上でのシリアルでの使用 . . . 2–2
新たにインストールされた問題の解決方
法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11–6
プリンタ固有の情報 . . . . . . . . . . . . . . 10–1
プリンタ・スタートアップ・ファイル
ジェネリック・キューの設定 . . . . . . 3–19
実行キューの定義 . . . . . . . . . . . . . . 3–2
プリンタ名
設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2–13
プリンティング・システム管理コマン
ド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . A–1
プリント・キュー
OPCOM メッセージ USERNOTFOUND の
制限 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–18
"Stalled"状態 . . . . . . . . . . . . . . . . 5–10
起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5–7
コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . A–1
ジェネリック . . . . . . . . . . . . . . . . 3–19
実行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–2
実行キューの動作のカスタマイズ . . . 3–13
修飾子 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–10
ジョブ起動時の "Busy"状態のプリンタへの
割り込み . . . . . . . . . . . . . . . . 3–16
ジョブ起動時の PostScript 同期の制
限 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–16
タイプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–1
パラメータ
構文 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–9
省略時の順序 . . . . . . . . . . . . . . . 3–9
文法的エラー . . . . . . . . . . . . . 11–24
表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5–6
プリンティング・システムのテス
ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–22
マルチストリームの稼動 . . . . . . . . . 3–14
マルチストリーム・プロセスとしての
DCPS の稼動 . . . . . . . . . . . . . 3–13
プリント・ジョブ
削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5–2
属性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . A–3
プリント・ジョブ (続き)
不明なプリンタ状態 . . . .
保留 . . . . . . . . . . . . . .
保留解除 . . . . . . . . . . .
プリント・ジョブ属性の変更
プリント・シンビオント . . .
装置制御ライブラリ . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
5–8
5–3
5–3
5–5
1–5
1–6
ヘ
ページ・カウンタ
機械的な . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9–5
変更
キュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3–20
プリント・ジョブ属性 . . . . . . . . . . . 5–5
ホ
ポート属性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2–5
ボー・レートの制限 . . . . . . . . . . . . . . 2–10
マ
マルチストリーム・シンビオント・プロセス
DCPS 環境の変更 . . . . . . . . . . . . . 3–14
DCPS の稼動 . . . . . . . . . . . . . . . . 3–13
メ
メッセージ
ネットワーク・エラー . . . . . . . . . 11–18
モ
文字セットの変更
PCL および Proprinter ファイル .
問題の解決方法
PrintServer プリンタ . . . . . . . . .
新たにインストールされたプリン
タ ...................
印刷されないとき . . . . . . . . . . .
印刷速度の低下 . . . . . . . . . . . . .
印刷できないとき . . . . . . . . . . .
省略時のキュー・パラメータ . . . .
ネットワーク接続したプリンタ . .
. . 7–11
. . 11–4
.
.
.
.
.
.
. 11–6
. 11–4
11–22
. 11–1
11–24
11–13
索引 –5
問題の解決方法 (続き)
プリンタの停止 . . . . . . . . . . . . . . 11–11
正しく変換されなかったファイ
ル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11–25
レイアップ定義ファイルが見つからな
い . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11–23
ラ
ライブラリ検索リスト
セットアップ・モジュール . . . . . . . . 7–6
装置制御モジュール . . . . . . . . . . . . . 7–6
ロ
ログイン対話
の禁止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11–21
ログ・ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6–1
索引 –6
日本語 Compaq DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS
システム・マネージャーズ・ガイド
2002 年 8 月 発行
コンパックコンピュータ株式会社
〒 140-8641 東京都品川区東品川 2-2-24 天王洲セントラルタワー
電話 (03)5463-6600 (大代表)
AA–PZDCD–TE