Motherboard
P8H77-I
J7314
第2版 第1刷
2012年3月
バックアップの目的で利用する場合を除き、本書に記載されているハードウェア・ソフトウ
ェアを含む、全ての内容は、ASUSTeK Computer Inc. (ASUS)の文書による許可なく、編
集、転載、引用、放送、複写、検索システムへの登録、他言語への翻訳などを行うことはで
きません。
以下の場合は、保証やサービスを受けることができません。
(1)ASUSが明記した方法以外で、修理、改造、交換した場合。
(2)製品のシリアル番号が読むことができない状態である場合。
ASUSは、本マニュアルについて、明示の有無にかかわらず、いかなる保証もいたしませ
ん。ASUSの責任者、従業員、代理人は、本書の記述や本製品に起因するいかなる損害(利
益の損失、ビジネスチャンスの遺失、データの損失、業務の中断などを含む)に対して、そ
の可能性を事前に指摘したかどうかに関りなく、責任を負いません。
本書の仕様や情報は、個人の使用目的にのみ提供するものです。また、予告なしに内容は変
更されることがあり、この変更についてASUSはいかなる責任も負いません。本書およびハ
ードウェア、ソフトウェアに関する不正確な内容について、ASUSは責任を負いません。
本マニュアルに記載の製品名及び企業名は、登録商標や著作物として登録されている場合が
ありますが、本書では、識別、説明、及びユーザーの便宜を図るために使用しており、これ
らの権利を侵害する意図はありません。
Offer to Provide Source Code of Certain Software
This product may contain copyrighted software that is licensed under the General Public License (“GPL”)
and under the Lesser General Public License Version (“LGPL”). The GPL and LGPL licensed code in this
product is distributed without any warranty. Copies of these licenses are included in this product.
You may obtain the complete corresponding source code (as defined in the GPL) for the GPL Software,
and/or the complete corresponding source code of the LGPL Software (with the complete machinereadable “work that uses the Library”) for a period of three years after our last shipment of the product
including the GPL Software and/or LGPL Software, which will be no earlier than December 1, 2011, either
(1) for free by downloading it from http://support.asus.com/download;
or
(2) for the cost of reproduction and shipment, which is dependent on the preferred carrier and the location
where you want to have it shipped to, by sending a request to:
ASUSTeK Computer Inc.
Legal Compliance Dept.
15 Li Te Rd.,
Beitou, Taipei 112
Taiwan
In your request please provide the name, model number and version, as stated in the About Box of the
product for which you wish to obtain the corresponding source code and your contact details so that we
can coordinate the terms and cost of shipment with you.
The source code will be distributed WITHOUT ANY WARRANTY and licensed under the same license as
the corresponding binary/object code.
This offer is valid to anyone in receipt of this information.
ASUSTeK is eager to duly provide complete source code as required under various Free Open Source
Software licenses. If however you encounter any problems in obtaining the full corresponding source code
we would be much obliged if you give us a notification to the email address gpl@asus.com, stating the
product and describing the problem (please do NOT send large attachments such as source code archives
etc to this email address).
ii
もくじ
P8H77-I 仕様一覧..............................................................................................ix
Chapter 1
1.1
製品の概要
ようこそ.............................................................................................. 1-1
1.2
パッケージの内容............................................................................... 1-1
1.3
独自機能.............................................................................................1-1
1.3.1
製品の特長.......................................................................................... 1-1
1.3.2
ASUSの独自機能................................................................................ 1-3
1.4
始める前に......................................................................................... 1-6
1.5
マザーボードの概要........................................................................... 1-7
1.6
1.7
1.8
1.5.1
設置方向............................................................................................... 1-7
1.5.2
ネジ穴.................................................................................................... 1-7
1.5.3
マザーボードのレイアウト.............................................................. 1-8
1.5.4
レイアウトの内容............................................................................... 1-8
CPU.................................................................................................... 1-9
1.6.1
CPUを取り付ける............................................................................... 1-9
1.6.2
CPUクーラーを取り付ける.............................................................1-12
1.6.3
CPUクーラーを取り外す.................................................................1-13
システムメモリー.............................................................................. 1-14
1.7.1
概要......................................................................................................1-14
1.7.2
メモリー構成.....................................................................................1-15
1.7.3
メモリーを取り付ける....................................................................1-20
1.7.4
メモリーを取り外す.........................................................................1-20
拡張スロット..................................................................................... 1-21
1.8.1
拡張カードを取り付ける................................................................1-21
1.8.2
拡張カードを設定する...................................................................1-21
1.8.3
PCI Express x16 スロット...............................................................1-21
1.9
ジャンパ........................................................................................... 1-22
1.10
コネクター........................................................................................ 1-23
1.11
1.10.1
パックパネルコネクター................................................................1-23
1.10.2
内部コネクター.................................................................................1-25
ソフトウェア...................................................................................... 1-31
1.11.1
OSをインストールする...................................................................1-31
1.11.2
サポートDVD情報............................................................................1-31
1.11.3
サポートDVDを実行する...............................................................1-31
iii
もくじ
Chapter 2
2.1
UEFI BIOS設定
UEFI BIOS管理更新........................................................................... 2-1
2.1.1
ASUS Update...................................................................................... 2-1
2.1.2
ASUS EZ Flash 2................................................................................. 2-2
2.1.3
ASUS CrashFree BIOS 3................................................................... 2-3
2.1.4
ASUS BIOS Updater.......................................................................... 2-4
2.2
UEFI BIOS Utility............................................................................... 2-7
2.3
メインメニュー................................................................................. 2-11
2.4
2.5
2.6
2.3.1
System Language [English]........................................................2-11
2.3.2
System Date [Day xx/xx/xxxx]...................................................2-11
2.3.3
System Time [xx:xx:xx]..................................................................2-11
2.3.4
Security...............................................................................................2-11
Ai Tweaker メニュー........................................................................ 2-13
2.4.1
Memory Frequency [Auto].........................................................2-14
2.4.2
iGPU Max. Frequency [xxx].........................................................2-14
2.4.3
GPU Boost [OK]................................................................................2-14
2.4.4
DRAM Timing Control...................................................................2-14
2.4.5
CPU Power Management............................................................2-14
2.4.6
CPU Voltage [Auto]........................................................................2-15
2.4.7
iGPU Offset Voltage [Auto].........................................................2-15
2.4.8
DRAM Voltage [Auto]....................................................................2-15
2.4.9
VCCSA Voltage [Auto]...................................................................2-16
2.4.10
PCH Voltage [Auto]........................................................................2-16
アドバンスドメニュー........................................................................ 2-16
2.5.1
CPU 設定............................................................................................2-17
2.5.2
PCH設定..............................................................................................2-18
2.5.3
SATA 設定..........................................................................................2-19
2.5.4
システムエージェント設定............................................................2-19
2.5.5
USB設定..............................................................................................2-20
2.5.6
オンボードデバイス設定構成......................................................2-20
2.5.7
APM......................................................................................................2-21
2.5.8
Network Stack..................................................................................2-21
モニターメニュー.............................................................................. 2-22
2.6.1
CPU Temperature / MB Temperature [xxxºC/xxxºF].........2-23
2.6.2CPU / Chassis Fan Speed [xxxx RPM] or [Ignore] / [N/A]2-23
2.6.3
iv
CPU Q-Fan Control [Enabled]....................................................2-23
もくじ
2.7
2.8
2.6.4
Chassis Q-Fan Control [Enabled]..............................................2-24
2.6.5
CPU Voltage, 3.3V Voltage, 5V Voltage, 12V Voltage.......2-24
2.6.6
Anti Surge Support [Enabled]....................................................2-24
ブートメニュー................................................................................. 2-25
2.7.1
Bootup NumLock State [On]......................................................2-25
2.7.2
Full Screen Logo [Enabled].........................................................2-25
2.7.3
Wait for ‘F1’ If Error [Enabled]....................................................2-25
2.7.4
Option ROM Messages [Force BIOS].......................................2-26
2.7.5
Setup Mode [EZ Mode]................................................................2-26
2.7.6
UEFI/Legacy Boot [Enabled both UEFI and Legacy].........2-26
2.7.7
Boot Option Priorities...................................................................2-26
2.7.8
Boot Override...................................................................................2-26
ツールメニュー................................................................................. 2-27
2.8.1
ASUS EZ Flash 2 Utility..................................................................2-27
2.8.2
ASUS O.C. Profile.............................................................................2-27
2.8.3
ASUS SPD Information..................................................................2-27
2.9
終了メニュー.................................................................................... 2-28
2.10
Intel® 2012 Desktop Responsiveness Technology 概要.............. 2-29
安全上のご注意
電気の取り扱い
•
作業を行う場合は、感電防止のため、電源コードをコンセントから抜いてから行ってください。
・
周辺機器の取り付け・取り外しの際は、本製品および周辺機器の電源コードをコンセントか
ら抜いてから行ってください。可能ならば、関係するすべての機器の電源コードをコンセント
から抜いてから行ってください。
・
ケーブルの接続・取り外しの際は、電源コードをコンセントから抜いてから行ってください。
・
電源延長コードや特殊なアダプターを用いる場合は専門家に相談してください。これらは、
回路のショート等の原因になる場合があります。
・
正しい電圧でご使用ください。ご使用になる地域の出力電圧が分からない場合は、お近くの
電力会社にお尋ねください。
・
電源装置の修理は販売代理店などに依頼してください。
・
光デジタルS/PDIFは、光デジタルコンポーネントで、クラス1レーザー製品に分類されてい
ます。
(本機能の搭載・非搭載は製品仕様によって異なります)
不可視レーザー光です。ビームを直接見たり触れたりしないでください。
操作上の注意
•
作業を行う前に、本パッケージに付属のマニュアル及び取り付ける部品のマニュアルを全て
熟読してください。
・
電源を入れる前に、ケーブルが正しく接続されていることを確認してください。また電源コー
ドに損傷がないことを確認してください。
・
マザーボード上にクリップやネジなどの金属を落とさないようにしてください。回路のショー
ト等の原因になります。
・
埃・湿気・高温・低温を避けてください。湿気のある場所で本製品を使用しないでください。
・
本製品は安定した場所に設置してください。
・
本製品を修理する場合は、販売代理店などに依頼してください。
回収とリサイクルについて
使用済みのコンピューター、ノートパソコン等の電子機器には、環境に悪影響を与える有害物質
が含まれており、通常のゴミとして廃棄することはできません。
リサイクルによって、使用済みの製
品に使用されている金属部品、プラスチック部品、各コンポーネントは粉砕され新しい製品に再
使用されます。また、その他のコンポーネントや部品、物質も正しく処分・処理されることで、有害
物質の拡散の防止となり、環境を保護することに繋がります。
ASUSは各国の環境法等を満たし、またリサイクル従事者の作業の安全を図るよう、
環境保護に関する厳しい基準を設定しております。ASUSのリサイクルに対する姿勢は、多方面に
おいて環境保護に大きく貢献しています。
本機は電気製品または電子装置であり、地域のゴミと一緒に捨てられません。また、本機の
コンポーネントはリサイクル性を考慮した設計を採用しております。なお、廃棄の際は地域の
条例等の指示に従ってください。
本機に装着されているボタン型電池には水銀が含まれています。通常ゴミとして廃棄しないで
ください。
vi
このマニュアルについて
このマニュアルには、マザーボードの取り付けや構築の際に必要な情報が記してあり
ます。
マニュアルの概要
本章は以下のChapter から構成されています。
•
Chapter 1:製品の概要
マザーボードの機能とサポートする新機能についての説明、及びコンポーネン
トの取り付けに必要なハードウェアのセットアップ手順及びスイッチ、コネクタ
ーの説明。
•
Chapter 2:UEFI BIOS 設定
UEFI BIOS Utilityでのシステム設定の変更方法と UEFI BIOSパラメータの詳細。
詳細情報
本書に記載できなかった最新の情報は以下で入手することができます。また、UEFI
BIOSや添付ソフトウェアの最新版があります。必要に応じてご利用ください。
1.
ASUSオフィシャルサイト(http://www.asus.co.jp/)
各国や地域に対応したサイトを設け、ASUSのハードウェア・ソフトウェア製品に関
する最新情報が満載です。
2.
追加ドキュメント
パッケージ内容によっては、追加のドキュメントが同梱されている場合があります。
注意事項や購入店・販売店などが追加した最新情報などです。これらは、本書が
サポートする範囲には含まれていません。
vii
このマニュアルの表記について
本製品を正しくお取り扱い頂くために以下の表記を参考にしてください。
危険/警告:本製品を取り扱う上で、人体への危険を避けるための情報です。
注意:本製品を取り扱う上で、コンポーネントへの損害を避けるための情報です。
重要:作業を完了させるために、従わなければならない指示です。
注記:本製品を取り扱う上でのヒントと追加情報です。
表記
太字
選択するメニューや項目を表示します。
斜字
文字やフレーズを強調する時に使います。
<Key> < > で囲った文字は、キーボードのキーです。
例:<Enter>→Enter もしくはリターンキーを押してください。
<Key1+Key2+Key3>一度に2つ以上のキーを押す必要がある場合は(+)を使って示し
ています。
例:<Ctrl+Alt+Del>
viii
P8H77-I 仕様一覧
CPU
LGA1155 ソケット:
3rd/2nd Generation Intel® Core™ Processor Family Core™ i7 / Core™
i5 / Core™ i3、Intel® Pentium®/Celeron® プロセッサー
Intel® Turbo Boost Technology 2.0 サポート*
* Intel® Turbo Boost Technology 2.0のサポートはCPUにより異なります。
** 詳細はASUSオフィシャルサイト(www.asus.co.jp)のCPUサポートリス
トをご参照ください。
チップセット
Intel® H77 Expressチップセット
メモリー
メモリースロット×2:最大16GB*、DDR3 1600/1333/1066 MHz、
non-ECC、un-buffered メモリーサポート
デュアルチャンネルメモリーアーキテクチャ
*1つのスロットに8GBのメモリーを使用することで、最大16GBまでのメ
モリーをサポートします。
**詳細はASUSオフィシャルサイトの最新の推奨ベンダーリスト(QVL)を
ご参照ください。
(http://www.asus.co.jp)
***Windows® 32bit OSでは4GB以上のシステムメモリーを取り付けても、
認識されるメモリーは4GB未満となります。Windows® 32bit OSを使用
される場合は、4GB未満のシステムメモリー構成にすることをお勧めし
ます。
拡張スロット
PCI Express 3.0 x16 スロット×1
*PCI Express 3.0(Gen3)のサポートはCPUおよび拡張カードにより異なりま
す。対応CPUを取り付け、対応スロットにPCI Express 3.0規格準拠の拡張
カードを取り付けることで、PCI Express 3.0の性能を発揮することができ
ます。
グラフィックス
HDMI:最大解像度1920×1200 @60Hz
DVI-D:大解像度1920×1200 @60Hz
VGA:最大解像度2048×1536 @75Hz
記憶装置
Intel® H77 Expressチップセット
- SATA 6Gb/s コネクター×2 (グレー)
- SATA 3Gb/s コネクター×4 (ブルー)
- RAID 0、1、5、10サポート
LAN
Realtek® RTL8111F Gigabit Ethernet コントローラー
オーディオ
VIA® VT1708S 8チャンネルオーディオコーデック
- マルチストリーミング、フロントパネル・ジャックリタスキング
USB
USB 3.0ポート×4(バックパネル×2ポート、2ポート拡張コネクター×1基)
USB 2.0ポート×8(バックパネル×6ポート、2ポート拡張コネクター×1基)
バックパネル
I/Oポート
PS/2 キーボード/マウスコンボポート×1
HDMI 出力ポート×1
DVI-D出力ポート×1
VGA出力ポート×1
LAN (RJ45) ポート×1
USB 3.0ポート×2
USB 2.0ポート×6
光デジタルS/PDIF出力ポート×1
オーディオ I/O ポート×3 (8チャンネル対応)
(次項へ)
ix
P8H77-I 仕様一覧
内部I/O
コネクター
USB 2.0コネクター×1:追加USBポート2基に対応
USB 3.0コネクター×1:追加USBポート2基に対応
SATA 6Gb/s コネクター×2
SATA 3Gb/s コネクター×4
CPUファンコネクター×1(4ピン)
ケースファンコネクター×1 (4ピン)
フロントパネルオーディオコネクター×1
システムパネルコネクター×1
24ピンEATX電源コネクター×1
4ピンATX 12V電源コネクター×1
S/PDIF出力コネクター×1
Clear CMOSジャンパスイッチ×1
ビープスピーカーコネクター×1
UEFI BIOS機能
64 Mb Flash ROM、AMI BIOS、PnP、DMI2.0、WfM2.0、SM BIOS 2.5、
ACPI 2.0a
マネージャ
ビリティ
WOL by PME、PXE
サポートDVD
ドライバー各種
ASUS ユーティリティ各種
マニュアル各種
アンチウイルスソフトウェア(OEM体験版)
サポートOS
Windows® XP Service Pack3、Windows® 7
フォーム
ファクター
Mini-ITX フォームファクター:
17cm×17 cm(6.7インチ×6.7インチ)
* 製品は性能・機能向上のために、仕様およびデザインを予告なく変更する場合があります。
* EFI(UEFI) が従来のBIOSと同じ機能を持つことから、ASUSは「EFI(UEFI)を
「UEFI BIOS」「
、BIOS」
と表記します。
P8H77-I 仕様一覧
ご注意
Intel®の仕様により、CPUとチップセットの一部機能はWindows® XPをサポートしてお
りません。
- Intel® Smart Response Technology
- Intel® Rapid Start Technology
- Intel® Smart Connect Technology
- Intel® Quick Sync Video
- Intel® InTru 3D
- Intel® Clear Video HD Technology
- Intel® Insider
- Intel® チップセットUSB 3.0*
* Intel® チップセットUSB 3.0のWindows® XP用ドライバーはIntel®より提供されておりません。
Intel® チップセットのUSB 3.0ポートはWindows® XPでUSB2.0としてのみお使いいただ
けます。
仕様により、次の機能はWindows® XPをサポートしておりません。
- Network iControl
- LucidLogix Virtu MVP
- Intel® チップセットUSB 3.0のUSB 3.0 Boost
機能の有無は製品により異なります。
本製品はWindows® Vistaをサポートしておりません。
本製品の機能を最大限ご利用いただくために、ASUSTeK Computer Inc. はWindows® 7以降
のOSをご利用いただくことを推奨します。
SATA設定
• 本マザーボードのSATAモードはデフォルトで[IDE]に設定されています。Windows® XPで使
用する場合、SATAモードの変更は不要です。
• SATAモードはUEFI BIOS Setup Utilityの「Advanced Mode」→「Advanced」→「SATA
Configuration」→「SATA Mode Selection」で変更することができます。
xi
xii
Chapter 1
製品の概要
1.1
ようこそ
お買上げ頂き誠にありがとうございます。本製品は多くの新機能と最新のテクノロジー
を提供するASUSの高品質マザーボードです。
マザーボードとハードウェアデバイスの取り付けを始める前に、以下のリストに従って
部品がすべて揃っているかどうかを確認してください。
1.2
パッケージの内容
製品パッケージに以下のものが揃っていることを確認してください。
マザーボード
ASUS P8H77-I マザーボード
ケーブル
SATA 6Gb/s ケーブル×2
アクセサリー
I/Oシールド×1
アプリケーションDVD サポートDVD
ユーザーマニュアル
ドキュメント
•
万一、付属品が足りない場合や破損していた場合は、すぐにご購入元にお申し出ください。
•
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際とは異なる場合があります。予めご
了承ください。
1.3
独自機能
1.3.1
製品の特長
LGA1155 ソケット:Intel® 3rd/2nd Generation Intel® Core™
Processor Family Core™ i7 / Core™ i5 / Core™ i3プロセッサー、Intel®
Pentium® / Celeron® プロセッサー対応
本製品はLGA1155 パッケージの3rd/2nd Generation Intel® Core™
Processor Family Core™ i7 / Core™ i5 / Core™ i3 プロセッサー、Intel®
Pentium®/Celeron® プロセッサーをサポートしています。このプロセッサ
ーは、2チャンネルのDDR3メモリーとPCI Express 3.0 16レーンをサポート
しており、メモリーコントローラーとPCI ExpressコントローラーをCPUに
統合することで、優れたグラフィックパフォーマンスを実現します。3rd/2nd
Generation Intel® Core™ Processor Family Core™ i7 / Core™ i5 / Core™ i3
プロセッサー、Intel® Pentium®/Celeron® プロセッサーは現在世界で最もパ
ワフルで省電的なプロセッサーです。
ASUS P8H77-I
1-1
Intel® H77 Expressチップセット
Intel® H77 Express チップセットは、LGA1155パッケージの 3rd/2nd
Generation Intel® Core™ Processor Family Core™ i7 / Core™ i5/ Core™ i3
プロセッサー、Intel® Pentium®/Celeron® プロセッサーをサポートする、最新
のワンチップチップセットです。Intel® H77 Express チップセットはシリアル
ポイントツーポイント接続を使用することでパフォーマンスを大幅に向上さ
せ、帯域の増加とより高い安定性を実現します。また、理論値でUSB 2.0規格
の約10倍となる最大転送速度 5Gbps のUSB 3.0を4ポートサポートします。
さらに、Intel® H77 Expressチップセットは 統合型グラフィックス(iGPU)をサ
ポートしているので、最新の Intel 統合型グラフィックパフォーマンスをお楽
しみ頂けます。
デュアルチャンネルDDR3 1600 / 1333 / 1066MHz サポート
本製品はデータ転送率1600 / 1333 / 1066 MHz メモリーをサポートし、
最新の3Dゲーム、マルチメディア、インターネットアプリケーションといった
高い帯域幅を必要とする用途での要件を満たします。デュアルチャンネル
DDR3メモリーアーキテクチャーは、システムのメモリー帯域幅を拡大しパフ
ォーマンスを向上させます。
SATA 6Gb/s サポート
Intel® H77 ExpressチップセットはSATA 6GB/s インターフェースをネイティブ
サポートしています。SATA 6 GB/sは従来のSATAに比べ、約2倍の帯域幅を実
現し、拡張性やデータ転送速度が飛躍的に向上しました。
USB 3.0サポート
ASUSはUSB 3.0ポート追加用コネクターをフロントに設置することで、フロン
ト・パネルとバック・パネルの双方で使用可能にすることにより取り回しの
自由度を高めました。USB 3.0の転送速度は理論値でUSB 2.0の約10倍とな
り、プラグアンドプレイに対応しているので接続も非常に簡単です。本製品
は最高の接続性と転送速度を実現します。
PCI Express® 3.0
最新のPCI Express 規格PCI Express 3.0は、エンコード方式の改善などによ
り従来の約2倍のパフォーマンスを発揮します。x16リンクでの合計帯域幅は
双方向で32GB/s となり、従来PCI Express 2.0の2倍の帯域幅となります。下位
互換性を有したPCI Express 3.0 は、ユーザーに今までにない利便性の高い
最高のパフォーマンスを提供します。また、高度なグラフィックスパフォーマ
ンスや将来の拡張性を要求するユーザーにとって、なくてはならない最新の
テクノロジーです。
*PCI Express 3.0(Gen3)のサポートはCPUおよび拡張カードにより異なります。対応
CPUを取り付け、対応スロットにPCI Express 3.0規格準拠の拡張カードを取り付けるこ
とで、PCI Express 3.0の性能を発揮することができます。
1-2
Chapter 1: 製品の概要
ステレオスコピック3D(立体視)対応 HDMI
HDMI(High Definition Multimedia Interface)とは、主にデジタル家電や
AV機器向けに策定されたデジタル映像・音声入出力インタフェース規格で
す。1本のケーブルで非圧縮のデジタル映像やマルチチャンネル音声と制御
信号を合わせて伝送することができます。Blu-ray Disc™やDVDなどのデジタ
ルコンテンツ著作権保護技術「HDCP」をサポートしており、ステレオスコピ
ック3D(立体視)コンテンツにも対応しているので、対応機器を接続すること
で本格的な高精細3D映像をご自宅のパソコンでいつでもお楽しみいただ
けます。
Intel® Smart Response Technology
Intel® Smart Response Technology はIntel® Rapid Storage Technologyの
機能のひとつで、SSDの領域(最小18.6GB/最大64GB)をHDDのキャッシュと
して使い、HDDのパフォーマンスを向上させる機能です。これによりデータの
転送速度や読み込み時間が短縮され、不要なHDDの回転を減らすことによ
り消費電力も抑えることができます。
* Intel® Smart Response Technology を設定するには、Windowsi® 7 のインストール
が完了し使用できる状態である必要があります。
1.3.2
ASUSの独自機能
ASUS UEFI BIOS
ASUS のUEFI BIOSは、従来のキーボード操作だけでなくマウスでの操作も
可能となったグラフィカルでユーザーフレンドリーなインターフェースで、
詳細設定モード(Advanced mode)
と簡易設定モード(EZ mode)を切り替
えて使用することができます。ASUS UEFI BIOSは従来のMBR(Master Boot
Record)に代わるGUIDパーティションテーブル(GPT)をサポートしているの
で、対応64bit オペレーティングシステム上で2.2TBを超える記憶装置の全領
域を利用することができます。
*GPTと16byte CDB(64bit LBA)のサポートはOSにより異なります。
ASUS MyLogo2™
システム起動時のフルスクリーンロゴを、お好きな画像に変更することがで
きます。
ASUS CrashFree BIOS 3
破損したUEFI BIOSデータをBIOSファイルを含むUSBフラッシュメモリー、ま
たはサポートDVDから自動的に復旧することができます。
ASUS EZ Flash 2
ASUS EZ-Flash 2はフロッピーの起動ディスクやOSベースのユーティリティを
使用せずにUEFI BIOSを更新することができるユーザーフレンドリーなユーテ
ィリティです。
USB 3.0 Boost
ASUS USB 3.0 Boost は、新しいプロトコルUASP(USB Attached SCSI
Protocol)をサポートします。USB 3.0 Boost によって、オンボードのUSB 3.0
コントローラーに接続されたUSB 3.0 デバイスの転送速度を最大70%向上
させることができます。ASUS独自の自動検出機能やユーザーフレンドリー
なグラフィカルなインターフェースのユーティリティによって、USB 3.0 Boost
Technology の素晴らしいパフォーマンスをお楽しみください。
ASUS P8H77-I
1-3
GPU Boost
GPU Boost は統合型グラフィックスをリアルタイムでオーバークロックし、最
高のグラフィックパフォーマンスを実現します。ユーザーフレンドリーなイン
ターフェースで周波数と電圧の調節が簡単に行えます。複数のオーバークロ
ックプロファイルの管理が可能で、システムレベルのアップグレードを迅速
に行い、安定したパフォーマンスを提供します。
ASUS Q-Fan 2
ASUS Q-Fan 2 Technologyは各デバイスの温度を自動検出し、検出温度に応
じてファンの回転数を調節する機能です。
しきい値を設定することでシステ
ムの負荷状態による温度変化に応じてファンスピードを調整します。低負荷
時にはファンの回転数を抑えてノイズを軽減し、高負荷時にはファンの回転
数を上げ適切にシステムを冷却することができます。
ASUS Fan Xpert
ASUS Fan Xpertは、システムの負荷と環境温度に応じて、効果的にCPUファン
とケースファンのスピードを調節することができます。予め準備されたプロフ
ァイルから設定を選択することにより、ファン速度を臨機応変にコントロール
することもできます。
AI Suite II
ASUS AI Suite IIは使いやすいユーザーインターフェースにより、オーバーク
ロックや電源管理、ファンスピードの調節、電圧と温度センサーの表示、ステ
ータスの読み込みを行うASUS独自の各種ユーティリティの操作が簡単に行
えます。また、このユーティリティ一つで各種操作が行えますので、複数のユ
ーティリティを起動する煩わしさを解消します。
ASUSアンチサージ
この特別機能により、高価な周辺機器とマザーボードを電源切り替え時に発
生しやすいサージによるダメージから守ります。
1-4
Chapter 1: 製品の概要
LucidLogix® Virtu MVP™
Lucidlogix Virtu MVP は統合型グラフィックスとビデオカード(ディスクリ
ート・グラフィックス・カード)を組み合わせ、素晴らしいパフォーマンスを
発揮させる次世代GPU仮想化ソフトウェアです。対応CPUと組み合わせ負
荷状況に応じてグラフィックスを切り替えることにより、電力消費を効率
的に抑えながら統合型グラフィックスとビデオカードの性能を最大限に
発揮させることができます。Lucidlogix Virtu MVP では2つの新しい機能
(HyperFormance™、Virtual Vsync™ Technology)に加え、Intel® Quick Sync
Video 2.0 Technologyの対応により従来製品に比べグラフィックスパフォー
マンスをより高いレベルへと引き上げます。美麗な3Dムービーや高いハー
ドウェアスペックを必要とする美しいグラフィックスのゲームを思う存分お楽
しみください。
「HyperFormance™ Technology」は、CPU、GPU、ディスプレイ間の冗長レン
ダリングタスクを減らすことによりゲームなどでの応答性能を向上させます。
「Virtual Vsync™ Technologies」は、VSync無効時に発生するティアリングを
抑え、VSync有効時にフレームレートのヘッドルームを取り払うことにより入
力遅延を低減させフレームレートを大幅に引き上げます。
* Lucidlogix Virtu MVP はWindows® 7 をサポートしています。
** CPU統合型グラフィックス機能の有無はCPUにより異なります。
C.P.R. (CPU Parameter Recall)
マザーボードUEFI BIOSのC.P.R.機能は、オーバークロックが原因でシステム
がハングした場合に自動的にUEFI BIOSを初期設定値に復旧します。オーバ
ークロック時にシステムがハングした場合、UEFI BIOSを初期設定値に自動
再設定します。シャットダウンし、再起動するだけですので、ケースを開けて
RTCデータをクリアする必要はありません。
ErP ready
本製品は、European Union’s Energy-related Products (ErP) 対応製品です。
ErP対応製品は、エネルギー消費に関して、ある一定のエネルギー効率要件
を満たしている必要があります。これはASUSの革新的製品設計で環境に優
しい、エネルギー効率の良い製品を提供することで、二酸化炭素排出量を削
減し、環境保護に努めるというASUSの企業理念と合致するものです。
ASUS P8H77-I
1-5
1.4
始める前に
マザーボードのパーツの取り付けや設定変更の前は、次の事項に注意してください。
•
各パーツを取り扱う前に、コンセントから電源プラグを抜いてください。
•
静電気による損傷を防ぐために、各パーツを取り扱う前に、静電気除去装置に触れるな
ど、静電気対策をしてください。
•
IC部分には絶対に手を触れないように、各パーツは両手で端を持つようにしてください。
•
各パーツを取り外すときは、必ず静電気防止パッドの上に置くか、コンポーネントに付属
する袋に入れてください。
•
パーツの取り付け、取り外しを行う前に、ATX電源ユニットのスイッチをOFF の位置にし、
電源コードが電源から抜かれていることを確認してください。電力が供給された状態で
の作業は、感電、故障の原因となります。
スタンバイ電源LED
本マザーボードにはスタンバイ電源LEDが搭載されており、電力が供給されている間は緑の
LEDが点灯します(スリープモード、ソフトオフモードも含む)。マザーボードに各パーツの取り付
け・取り外しを行う際は、システムをOFFにし、電源ケーブルを抜いてください。下のイラストは、オ
ンボードLEDの場所を示しています。
P8H77-I
SB_PWR
ON
Standby Power
OFF
Powered Off
P8H77-I Onboard LED
1-6
Chapter 1: 製品の概要
1.5
マザーボードの概要
システム構築の際は、ご使用されるケースの仕様をご確認の上、本マザーボードがご使用される
ケースに対応していることをご確認ください。
マザーボードの取り付けや取り外しを行う前に、必ず電源コードをコンセントから抜き、全ての
接続コードを外した状態で行ってください。電源コードを接続したまま作業を行うと、ケガや
マザーボード、コンポーネントの故障の原因となるおそれがあります。
1.5.1
設置方向
マザーボードが正しい向きでケースに取り付けられているかを確認してください。
下の図のように外部ポートをケースの背面部分に合わせます。
1.5.2
ネジ穴
ネジ穴は4カ所あります。ネジ穴の位置を合せてマザーボードをケースに固定します。
ネジをきつく締めすぎないでください。マザーボードの破損の原因となります。
P8H77-I
この面をケースの背面に
合わせます。
ASUS P8H77-I
1-7
1.5.3
マザーボードのレイアウト
1
2
3
4
5
1
7
6
8
17cm(6.7in)
SATA6G_1
CHA_FAN
SATA6G_2
Super
I/O
DVI_VGA
64Mb
BIOS
LGA1155
USB3_12
USB34
P8H77-I
ATX12V
17cm(6.7in)
SATA3G_4
EATXPWR
SATA3G_3
ASM
1442
DDR3 DIMMB1 (64bit, 240-pin module)
SATA3G_2
DDR3 DIMMA1 (64bit, 240-pin module)
CPU_FAN
SATA3G_1
Lithium Cell
CMOS Power
Intel
H77
®
USB3_34
HDMI
SPDIFO
USB78
KBMS_USB56
4
AAFP
VIA
VT1708S
SPDIF_OUT
PCIEX16
SB_PWR
14
1.5.4
1-8
13
SPEAKER
AUDIO
CLRTC
RTL
8111F
F_PANEL
LAN_USB12
9
10
12 11
レイアウトの内容
コネクター/ジャンパ/スロット/スイッチ/LED
ページ
1.
CPUファン、ケースファンコネクター
(4ピンCPU_FAN、4ピンCHA_FAN)
1-26
8.
コネクター/ジャンパ/スロット/スイッチ/LED
ページ
DDR3 メモリースロット
1-14
2.
USBコネクター (10-1ピン USB78)
1-30
3.
Intel® USB 3.0 コネクター (20-1ピン USB3_34)
1-29
9
ビープスピーカーコネクター (4ピンSPEAKER)
1-27
10.
システムパネルコネクター (10-1ピン PANEL)
4.
ATX電源コネクター
(24ピンEATXPWR、4ピンATX12V)
1-27
1-26
11.
Clear CMOSジャンパスイッチ (3ピンCLRTC)
1-22
5.
6.
CPUソケット:LGA1155
1-9
12.
スタンバイ電源 LED (SB_PWR)
1-6
Intel® H77 SATA 6Gb/sコネクター
(7ピンSATA6G_1/2 [グレー])
1-29
13.
デジタルオーディオコネクター
(4-1ピン SPDIF_OUT)
1-25
7.
Intel® H77 SATA 3Gb/sコネクター
(7ピンSATA3G_1~4 [ブルー])
1-28
14.
フロントパネルオーディオコネクター
(10-1ピン AAFP)
1-25
Chapter 1: 製品の概要
1.6
CPU
本製品には、3rd/2nd Generation Intel® Core™ Processor Family Core™ i7 / Core™ i5 / Core™ i3
プロセッサー、Intel® Pentium®/Celeron®プロセッサー用に設計されたLGA1155ソケットが搭載
されています。
CPUを取り付ける際は、全ての電源ケーブルをコンセントから抜いてください。
1.6.1
•
本製品にはLGA1155規格対応のCPUソケットが搭載されています。LGA1155規格以外の
CPUはサポートしておりません。
•
マザーボードのご購入後すぐにソケットキャップがソケットに装着されていること、
ソケットの接触部分が曲がっていないかを確認してください。ソケットキャップが装着
されていない場合や、ソケットキャップ/ソケット接触部/マザーボードのコンポーネントに
不足やダメージが見つかった場合は、すぐに販売店までご連絡ください。不足やダメージ
が出荷及び運送が原因の場合に限り、ASUSは修理費を負担いたします。
•
マザーボードを取り付けた後も、ソケットキャップを保存してください。ASUSはこの
ソケットキャップが装着されている場合にのみ、RMA(保証サービス)を受け付けます。
•
製品保証は、CPUやソケットキャップの間違った取り付け・取り外しや、ソケット
キャップの紛失に起因する故障及び不具合には適用されません。
CPUを取り付ける
手順
マザーボードの CPU ソケットの位置を確認します。
P8H77-I
1.
P8H77-I CPU socket LGA1155
2.
親指でロードレバーを押し下げ(A)、タブ
から外れるまで外側に動かします(B)。
ソケットピンの損傷防止のため、ソケッ
トキャップはCPUを取り付けるまで外さ
ないでください。
ロードレバー
A
B
タブ
ASUS P8H77-I
1-9
3.
矢印の方向にロードプレートを完全に持
ち上げます。
ロード
プレート
4.
CPUの金色の三角マークがソケットの左下
隅になるようにCPUをソケットの上に載せ
ます。このとき、CPUの切り欠き(ノッチ)と
ソケットの突起部分の方向を確認し設置し
ます。
CPUはソケットに取り付ける向きが決
まっています。必ず正しい方向で取り
付けてください。CPUを間違った方向
で取り付けた場合、CPUやソケットを
破損する恐れがあります。
切り欠き
(ノッチ)
金色の
三角形の
マーク
突起
5.
ロードプレートの先端が突起部(B)に収ま
るようにロードプレート(A)を閉じ、ロード
レバー(C)を押し下げます。
C
A
B
1-10
Chapter 1: 製品の概要
6.
7.
ロードレバーを押し下げること
によってソケットキャップは自
動的に取り外されます。ロード
レバーを押し下げ、所定のタブ
に固定します。
ソケットキャップ
CPUクーラーを取り付けるため、サーマル
グリス(放熱グリス)をCPUの表面に薄く均
一に塗布します。
CPUクーラーによっては既にサーマル
グリスが塗布されています。その場合
はこの手順は行わず、次の手順に進ん
でください。
サーマルグリスは有毒物質を含んでいま
す。万一目に入った場合や、肌に直接触
れた場合は洗浄後、すぐに医師の診断を
受けてください。
ASUS P8H77-I
1-11
1.6.2
CPUクーラーを取り付ける
Intel® LGA1155プロセッサー用に設計されたCPUクーラーを取り付けることで、効率的な冷却を
行いCPUパフォーマンスを引き出します。
• BOX版のIntel® プロセッサーを購入した場合、パッケージにはCPUクーラーが付属していま
す。CPUのみをお求めになった場合、Intel® LGA1155 ソケット対応のCPUクーラーを別途を
ご用意ください。
• Intel® LGA1155 ソケット対応プロセッサーに付属のCPUクーラーはプッシュピンデザインが
採用されており、取り付けの際に特別な工具は必要ありません。
• LGA1155互換のCPUクーラーをご使用ください。その他ソケットとは互換性はありません。
CPUヒートシンクとファンを別々にお買い求めになった場合は、ヒートシンクとファンを取り付け
る前に、サーマルグリスがヒートシンクまたはCPUに塗布されていることを確認してください。
CPUクーラーの取り付け方法については、BOX版CPUや各CPUクーラーに付属の説明書に従い
作業を行ってください。
手順
1.
4つのプッシュピンがマザーボードの穴の位置
と合っていることを確認しながら、CPUクーラ
ーをCPUの上に置きます。
A
B
B
CPUクーラーを取り付ける前に、CPUクー
ラーのファンケーブルがマザーボードの
CPUファンコネクターに十分届くことをご
確認ください。
2.
対角線上にある2つのプッシュピンを同時に押
し下げ、CPUクーラーを正しい場所に固定しま
す。
A
B
B
A
A
1
1
CPUクーラーのタイプはモデルにより異なりますが、取り付ける手順は同じです。なお、本書に
記載の図や写真は一例です。実際とは異なる場合があります。
1-12
Chapter 1: 製品の概要
3.
マザーボード上のCPU_FAN コネクターにCPUファン電源ケーブルを接続します。
P8H77-I
CPU_FAN
CPU FAN PWM
CPU FAN IN
CPU FAN PWR
GND
P8H77-I CPU fan connector
ハードウェアモニタリングエラーが発生した場合は、CPUファン電源ケーブルの接続を再度確
認してください。
1.6.3
CPUクーラーを取り外す
手順
1. マザーボードのコネクターからCPUファン電源ケーブルを取り外します。
2.
各プッシュピンを左方向(反時計回り)に回します。
3.
対角線上の2つのプッシュピンを同時に引き抜いて、マザーボードからCPUクーラーを外し
ます。
A
A
B
B
B
A
B
ASUS P8H77-I
A
1-13
4.
マザーボードからCPUクーラーを慎重に取り外
します。
1.7
システムメモリー
1.7.1
概要
本製品には、DDR3 メモリーに対応したメモリースロットが2基搭載されています。
DDR3メモリーはDDR2メモリーと同様の大きさですが、DDR2メモリースロットに誤って取り付
けることを防ぐため、ノッチの位置は異なります。DDR3メモリーは電力消費を抑えて性能を向
上させます。
P8H77-I
DIMM_A1
DIMM_B1
次の図は、スロットの場所を示しています。
P8H77-I
240-pin
DDR3 DDR3
DIMM slots
P8H77-I
240-pin
DIMM
1-14
チャンネル
スロット
Channel A
DIMM_A1
Channel B
DIMM_B1
sockets
Chapter 1: 製品の概要
1.7.2
メモリー構成
1GB、2GB、4GB、8GBのNon-ECCUnbufferdDDR3メモリーをメモリースロットに取り付けることができます。
•
容量の異なるメモリーを Channel A と Channel Bに取り付けることができます。異なる
容量のメモリーをデュアルチャンネル構成で取り付けた場合、アクセス領域はメモリー
容量の合計値が小さい方のチャンネルに合わせて割り当てられ、容量の大きなメモリー
の超過分に関してはシングルチャンネル用に割り当てられます。
•
同じCASレイテンシを持つメモリーを取り付けてください。またメモリーは同じベンダーの
ものを取り付けることをお勧めします。
•
メモリーの割り当てに関する制限により、32bit Windows® OSでは4GB以上のシステム
メモリーを取り付けても、OSが実際に利用可能な物理メモリーは4GB未満となります。
メモリーリソースを効果的にご使用いただくため、次のいずれかのメモリー構成をお勧め
します。
- Windows® 32bit OSでは、4GB未満のシステムメモリー構成にする
-4
GB以上のシステムメモリー構成では、64bit Windows® OSをインストールする
詳細はMicrosoft® のサポートサイトでご確認ください。
http://support.microsoft.com/kb/929605/ja
•
1つのスロットに8GBのメモリーを使用することで、最大16GBまでのメモリーをサポートし
ます。
•
本製品は512 Mbit(64MB)以下のチップで構成されたメモリーをサポートして
いません。512 Mbit のメモリーチップを搭載したメモリーモジュールは動作保証致しかね
ます。
(メモリーチップセットの容量はMegabit で表します。8 Megabit/Mb=1 Megabyte/MB)
•
デフォルト設定のメモリー動作周波数はメモリーのSPDにより異なります。デフォルト設定
では、特定のメモリーはオーバークロックしてもメーカーが公表する値より低い値で動作
する場合があります。メーカーが公表する値、またはそれ以上の周波数で動作させる場合
は、
「2.4 Ai Tweaker メニュー」を参照し手動設定してください。
•
メモリーを4枚取り付ける場合やメモリーをオーバークロックする場合は、それに対応
可能な冷却システムが必要となります。
P8H77-I マザーボードQVL(メモリー推奨ベンダーリスト)
DDR3-1866 MHz
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
8-8-8-24
1.55V-1.75V •
9-9-9-24
1.65V
•
•
9-9-9-24
1.65V
•
•
9-10-9-27
1.50V
•
•
9-10-9-28
1.5V
•
•
10-11-10-30 1.5V
•
•
9-10-9-28
1.5V
•
•
9-9-9-24
1.6V
•
•
1.65V
•
•
1.65V
•
•
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/
DS
チップ
ブラ
ンド
チップ タイミング
No.
A-DATA
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
KINGSTON
KINGSTON
AX3U1866PB2G8-DP2(XMP)
CMT4GX3M2A1866C9(XMP)
CMT6GX3MA1866C9(XMP)
CMZ8GX3M2A1866C9(XMP)
F3-14900CL9Q-16GBZL(XMP)
F3-14900CL10Q2-64GBZLD(XMP)
F3-14900CL9D-8GBXL(XMP)
F3-14900CL9Q-8GBXL(XMP)
KHX1866C9D3T1K3/3GX(XMP)
KHX1866C9D3T1K3/6GX(XMP)
2GB
4GB(2 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
8GB(2 x 4GB)
16GB ( 4GB x4 )
64GB ( 8GBx 8 )
8GB(2 x 4GB)
8GB(2GBx4)
3GB(3 x 1GB)
6GB(3 x 2GB)
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
SS
DS
-
-
電圧
CPUの性質により、DDR3 1866 MHzのメモリーモジュールはデフォルト設定で1800 MHz とし
て動作します。
ASUS P8H77-I
1-15
DDR3-1600 MHz
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブランド
チップ No.
タイミング 電圧
A-DATA
AM2U16BC2P1
2GB
SS
A-DATA
-
-
•
•
A-DATA
A-DATA
AD31600E001GM(O)U3K
AX3U1600XB2G79-2X(XMP)
3GB(3 x 1GB)
4GB(2 x 2GB)
SS
DS
-
8-8-8-24
7-9-7-21
1.65V-1.85V •
1.55V-1.75V •
•
•
A-DATA
AM2U16BC4P2
4GB
DS
A-DATA
-
-
•
•
A-DATA
A-DATA
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
CORSAIR
Crucial
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
G.SKILL
GEIL
GEIL
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
KINGSTON
KINGSTON
8GB(2 x 4GB)
8GB(2 x 4GB)
3GB(3 x 1GB)
12GB(6x2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
8GB(2 x 4GB)
8GB(2 x 4GB)
8GB(4 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
2GB(2 x 1GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
8GB(2 x 4GB)
8GB(2 x 4GB)
8GB(2 x 4GB)
16GB ( 4x 4GB )
2GB
1GB
2GB
2GB
4GB(2 x 2GB)
12GB(3x4GB)
DS
DS
SS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
SS
SS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
SS
DS
DS
SS
DS
-
9-9-9-24
7-9-7-21
8-8-8-24
8-8-8-24
8-8-8-24
9-9-9-24
7-8-7-20
9-9-9-24
9-9-9-24
8-8-8-24
8-8-8-24
9-9-9-24
9-9-9-24
7-8-7-20
9-9-9-24
9-9-9-24
7-7-7-24
7-7-8-24
7-8-7-24
8-8-8-24
9-9-9-24
9-9-9-24
9-9-9-24
7-8-7-24
8-8-8-24
9-9-9-24
9-9-9-28
8-8-8-28
7
7
9-9-9-27
1.55V-1.75V
1.55V-1.75V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
1.50V
1.65V
1.5V
1.6V
XMP 1.35V
1.6V
1.60V
XMP 1.35V
1.5V
1.5V~1.6V
1.6V
XMP 1.35V
1.5V
1.6V
1.6V
1.5V
1.65V
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
12GB(3x4GB)
DS
-
-
9-9-9-27
1.65V
•
•
KINGSTON
AX3U1600GC4G9-2G(XMP)
AX3U1600XC4G79-2X(XMP)
TR3X3G1600C8D(XMP)
CMD12GX3M6A1600C8(XMP)
CMP4GX3M2A1600C8(XMP)
CMP4GX3M2A1600C9(XMP)
CMP4GX3M2C1600C7(XMP)
CMX4GX3M2A1600C9(XMP)
CMX4GX3M2A1600C9(XMP)
TR3X6G1600C8 G(XMP)
TR3X6G1600C8D G(XMP)
TR3X6G1600C9 G(XMP)
CMP8GX3M2A1600C9(XMP)
CMZ8GX3M2A1600C7R(XMP)
CMX8GX3M4A1600C9(XMP)
BL25664BN1608.16FF(XMP)
F3-12800CL9D-2GBNQ(XMP)
F3-12800CL7D-4GBRH(XMP)
F3-12800CL7D-4GBECO(XMP)
F3-12800CL7D-4GBRM(XMP)
F3-12800CL8D-4GBRM(XMP)
F3-12800CL9D-4GBECO(XMP)
F3-12800CL9D-4GBRL(XMP)
F3-12800CL9T-6GBNQ(XMP)
F3-12800CL7D-8GBRH(XMP)
F3-12800CL8D-8GBECO(XMP)
F3-12800CL9D-8GBRL(XMP)
GET316GB1600C9QC(XMP)
GV34GB1600C8DC(XMP)
FLGD45F-B8MF7 MAEH(XMP)
FLGE85F-B8KJ9A FEIS(XMP)
FLGE85F-B8MF7 MEEH(XMP)
KHX1600C9D3P1K2/4G
KHX1600C9D3K3/12GX(XMP)
KHX1600C9D3T1BK3/
12GX(XMP)
KHX1600C9AD3/2G
3CCD-1509A
EL1126T
3CCD-1509
A EL1126T
-
メモリースロット
サポート
(オプション)
1枚
1枚
2GB
DS
-
•
•
KVR1600D3N11/2G-ES
2GB
DS
KTC
1.35V-1.5V
•
•
4GB ( 2x 2GB )
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
6GB ( 3x 2GB )
6GB(3 x 2GB)
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
-
11-1111-28
8
8
9
9
9-9-9-27
9
1.65V
KINGSTON
D1288JPND
PLD9U
-
1.65V
1.65V
1.65V
1.65V
XMP 1.35V
1.65V
1.65V
1.65V
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
6GB(3 x 2GB)
DS
-
-
9-9-9-27
1.65V
•
•
8GB(2 x 4GB)
8GB(2 x 4GB)
6GB(3 x 2GB)
8GB(4GBx2)
DS
DS
DS
DS
Transcend
TK483PCW3
9-9-9-27
9
-
1.65V
1.5V
-
•
•
•
•
•
•
•
•
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KHX1600C7D3K2/4GX(XMP)
KHX1600C8D3K2/4GX(XMP)
KHX1600C8D3T1K2/4GX(XMP)
KHX1600C9D3K2/4GX(XMP)
KHX1600C9D3LK2/4GX(XMP)
KHX1600C9D3X2K2/4GX(XMP)
KHX1600C9D3T1K3/6GX(XMP)
KHX1600C9D3K3/6GX(XMP)
KINGSTON KHX1600C9D3T1BK3/
6GX(XMP)
KINGSTON KHX1600C9D3K2/8GX(XMP)
KINGSTON KHX1600C9D3P1K2/8G
Super Talent WA160UX6G9
Transcend JM1600KLN-8GK
(次項へ)
1-16
Chapter 1: 製品の概要
DDR3-1600 MHz
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブランド
チップ No.
タイミング 電圧
Asint
Asint
Asint
Elixir
Mushkin
Mushkin
PATRIOT
SLZ3128M8-EGJ1D(XMP)
SLA302G08-EGG1C(XMP)
SLA302G08-EGJ1C(XMP)
M2P2G64CB8HC9N-DG(XMP)
998659(XMP)
998659(XMP)
PGS34G1600LLKA
2GB
4GB
4GB
2GB
6GB(3 x 2GB)
6GB(3 x 2GB)
4GB(2 x 2GB)
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
Asint
Asint
Asint
-
9-9-9-24
9-9-9-24
9-9-9-24
7-7-7-20
1.6V
1.5~1.6V
1.7V
SanMax
SMD-4G68HP-16KZ
4GB
DS
HYNIX
3128M8-GJ1D
302G08-GG1C
302G08-GJ1C
H5TQ2G83
BFR PBC
メモリースロット
サポート
(オプション)
1枚
2枚
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
-
-
•
•
DDR3-1333 MHz
メモリースロットサ
ポート
(オプション)
1枚
2枚
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブランド
チップ No.
タイミング 電圧
A-DATA
AD31333001GOU
1GB
SS
A-Data
-
•
•
AD3U1333C2G9
AD63I1B0823EV
AM2U139C2P1
AX3U1333C2G9-BP
SS
SS
SS
SS
A-DATA
A-Data
ADATA
-
-
-
•
•
•
•
•
•
•
•
A-DATA
AD31333G001GOU
SS
-
-
8-8-8-24
1.65-1.85V
•
•
A-DATA
SS
-
-
9-9-9-24
•
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
A-Data
ADATA
ELPIDA
Apacer
Apacer
Apacer
Apacer
3CCA-1509A
3CCD-1509A EL1127T
J4208BASE-DJ-F
AM5D5808DEWSBG
AM5D5808FEQSBG
AM5D5808APQSBG
AM5D5908CEHSBG
8-8-8-24
9
-
1.25V-1.35V
(low voltage)
1.65-1.85V
-
•
A-DATA
A-DATA
A-DATA
A-DATA
Apacer
Apacer
Apacer
Apacer
AXDU1333GC
2G9-2G(XMP)
AD31333G002GMU
AD63I1C1624EV
AM2U139C4P2
SU3U1333W8G9-B
78.A1GC6.9L1
78.A1GC6.9L1
AU02GFA33C9NBGC
78.B1GDE.9L10C
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
CORSAIR
TR3X3G1333C9 G
SS
-
-
9-9-9-24
1.50V
•
•
CORSAIR
TR3X6G1333C9 G
2GB
2GB
2GB
2GB
3GB(3 x
1GB)
4GB(2 x
2GB)
2GB
4GB
4GB
8GB
2GB
2GB
2GB
4GB
3GB(3 x
1GB)
6GB(3x
2GB)
AD30908C8D151C E0906
3CCD-1509HNA1126L
3CCA-1509A
3CCD-1509A EL1127T
-
-
A-DATA
A-DATA
A-DATA
A-DATA
SS
-
-
9-9-9-24
1.50V
•
•
CORSAIR
CMD24GX3M6A
1333C9(XMP)
DS
-
-
9-9-9-24
1.60V
•
•
CORSAIR
TW3X4G1333C9D G
4GB(2 x DS
2GB)
-
-
9-9-9-24
1.50V
•
•
CORSAIR
CM3X4GA1333C9N2
4GB
DS
CORSAIR
9-9-9-24
-
•
•
CORSAIR
CMX4GX3M1A1333C9
DS
-
9-9-9-24
1.50V
•
•
CORSAIR
CMD8GX3M4A1333C7
DS
-
-
7-7-7-20
1.60V
•
•
Crucial
Crucial
SS
DS
Micron
Micron
9FF22D9KPT
9KF27D9KPT
9
9
-
•
•
•
•
Crucial
CT12864BA1339.8FF
CT25664BA1339.16FF
BL25664BN
1337.16FF (XMP)
4GB
8GB(4 x
2GB)
1GB
2GB
6GB(3 x
2GB)
256MBDCJGELC
0401136
-
DS
-
-
7-7-7-24
1.65V
•
•
ELPIDA
EBJ10UE8EDF0-DJ-F
1GB
SS
ELPIDA
J1108EDSE-DJ-F
-
•
ELPIDA
EBJ21UE8EDF0-DJ-F
2GB
DS
ELPIDA
J1108EDSE-DJ-F
-
1.35V
(low voltage) •
1.35V
(low voltage) •
G.SKILL
F3-10600CL8D
-2GBHK(XMP)
1GB
SS
G.SKILL
-
-
-
•
•
G.SKILL
F3-10600CL9D-2GBNQ
SS
-
-
9-9-9-24
1.5V
•
•
G.SKILL
SS
-
-
7-7-7-18
1.5~1.6V
•
•
DS
-
-
8-8-8-8-24 XMP 1.35V
•
•
DS
-
-
7-7-7-18
1.5~1.6V
•
•
G.SKILL
F3-10666CL7T
-3GBPK(XMP)
F3-10666CL8D4GBECO(XMP)
F3-10666CL7T
-6GBPK(XMP)
F3-10666CL7D
-8GBRH(XMP)
DS
-
-
7-7-7-21
1.5V
•
•
GEIL
GV32GB1333C9DC
2GB(2 x
1GB)
3GB(3 x
1GB)
4GB(2 x
2GB)
6GB(3 x
2GB)
8GB(2 x
4GB)
2GB(2 x
1GB)
DS
-
-
9-9-9-24
1.5V
•
•
G.SKILL
G.SKILL
•
(次項へ)
ASUS P8H77-I
1-17
DDR3-1333 MHz
SS/ チップ
DS ブランド
ベンダー
パーツNo.
サイズ
GEIL
GG34GB1333C9DC
GEIL
GV34GB1333C9DC
GEIL
GVP34GB1333C7DC
4GB(2 x DS
2GB)
4GB(2 x DS
2GB)
4GB(2 x DS
2GB)
Hynix
HMT112U6TFR8A-H9
1GB
Hynix
HMT325U6BFR8C-H9
Hynix
Hynix
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
メモリースロットサポ
ート
(オプション)
1枚
2枚
チップ No.
タイミング 電圧
GEIL
GL1L128M88BA12N
9-9-9-24
1.3V
(low voltage) •
•
-
-
9-9-9-24
1.5V
•
•
-
-
7-7-7-24
1.5V
•
•
SS
Hynix
H5TC1G83TFRH9A
-
•
•
2GB
SS
Hynix
H5TQ2G83BFRH9C
-
•
•
HMT125U6TFR8A-H9
2GB
DS
Hynix
H5TC1G83TFRH9A
-
•
•
4GB
1GB
2GB
2GB
2GB
2GB
4GB
4GB
DS
SS
SS
SS
SS
DS
DS
DS
Hynix
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
KINGMAX
H5TQ2G83BFRH9C
KKB8FNWBFGNX-27A
KFC8FMFXF-DXX-15A
KFC8FNLXF-DXX-15A
KFC8FNMXF-BXX-15A
KKB8FNWBFGNX-26A
KFC8FNLXF-DXX-15A
KFC8FNMXF-BXX-15A
-
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
1GB
SS
ELPIDA
J1108BDBG-DJ-F
9
1.5V
•
•
2GB
SS
Hynix
H5TQ2G83AFRH9C
9
-
•
•
2GB
SS
Micron
IID77 D9LGK
-
1.5V
•
•
2GB
SS
ELPIDA
J2108BCSE-DJ-F
-
1.5V
•
•
2GB
DS
ELPIDA
J1108BFBG-DJ-F
9
1.5V
•
•
2GB
2GB
DS
DS
KTC
ELPIDA
D1288JPNDPLD9U
J1108BDSE-DJ-F
9
9
1.5V
1.5V
•
•
•
•
2GB
DS
KTC
D1288JEMFNGD9U
-
1.5V
•
•
2GB
DS
KINGSTON
D1288JPSFPGD9U
-
1.5V
•
•
4GB(2 x DS
2GB)
4GB(2 x DS
2GB)
-
-
7
1.65V
•
•
-
-
9
XMP 1.25V
•
•
4GB
DS
ELPIDA
J2108BCSE-DJ-F
9
1.5V
•
•
4GB
DS
ELPIDA
J2108BCSE-DJ-F
-
1.5V
•
•
4GB
4GB
DS
DS
KTC
Hynix
D2568JENCNGD9U
H5TQ2G83AFR
-
1.5V
-
•
•
•
•
4GB
DS
KINGSTON
D2568JENCPGD9U
-
1.5V
•
•
Micron
Micron
Micron
Micron
Micron
Micron
NANYA
PSC
PSC
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
Super Talent
HMT351U6BFR8C-H9
FLFD45F-B8KL9 NAES
FLFE85F-C8KF9 CAES
FLFE85F-C8KL9 NAES
FLFE85F-C8KM9 NAES
FLFE85F-B8KL9 NEES
FLFF65F-C8KL9 NEES
FLFF65F-C8KM9 NEES
KVR1333D3N
9/1G(low profile)
KVR1333D3N
9/2G(low profile)
KVR1333D3S8N9/2G
KVR1333D3S8N
9/2G-SP(low profile)
KVR1333D3N9/2G(low
profile)
KVR1333D3N9/2G
KVR1333D3N9/2G
KVR1333D3N
9/2G-SP(low profile)
KVR1333D3N
9/2G-SP(low profile)
KHX1333C7D3K
2/4GX(XMP)
KHX1333C9D3UK2/
4GX(XMP)
KVR1333D3N
9/4G(low profile)
KVR1333D3
N9/4G(low profile)
KVR1333D3N9/4G
KVR1333D3N9/4G
KVR1333D3N
9/4G-SP(low profile)
MT4JTF12864AZ-1G4D1
MT8JTF12864AZ-1G4F1
MT8JTF25664AZ-1G4D1
MT8JTF25664AZ-1G4M1
MT16JTF25664AZ-1G4F1
MT16JTF51264AZ-1G4D1
NT4GC64B8HG0NF-CG
AL7F8G73F-DJ2
AL8F8G73F-DJ2
M378B2873FHS-CH9
M378B5773DH0-CH9
M378B5673FH0-CH9
M378B5273CH0-CH9
M378B1G73AH0-CH9
W1333UA1GH
1.35V
(low voltage)
1.35V
(low voltage)
-
SS
SS
SS
SS
DS
DS
DS
SS
DS
SS
SS
DS
DS
DS
SS
Micron
Micron
Micron
MICRON
Micron
Micron
NANYA
PSC
PSC
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
SAMSUNG
Hynix
OJD12D9LGQ
9FF22D9KPT
OJD12D9LGK
IJM22 D9PFJ
9KF27D9KPT
OLD22D9LGK
NT5CB256M8GN-CG
A3P1GF3FGF
A3P1GF3FGF
K4B1G0846F
K4B2G0846D
K4B1G0846F
K4B2G0846C
K4B4G0846A-HCH9
H5TQ1G83TFR
9
9
9
-
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
Super Talent
W1333UX2G8(XMP)
SS
-
-
8
-
•
•
Super Talent
Super Talent
W1333UB2GS
W1333UB4GS
DS
DS
SAMSUNG
SAMSUNG
K4B1G0846F
K4B2G0846C
9
-
-
•
•
•
•
Super Talent
W1333UX6GM
DS
Micron
0BF27D9KPT
9-9-9-24
1.5V
•
•
Transcend
Transcend
JM1333KLN-2G
TS256MLK64V3U
PC3-10600 DDR3
-1333 9-9-9
1GB
1GB
2GB
2GB
2GB
4GB
4GB
1GB
2GB
1GB
2GB
2GB
4GB
8GB
1GB
2GB(2x
1GB)
2GB
4GB
6GB(3x
2GB)
2GB
2GB
SS
DS
Hynix
Micron
H5TQ2G83BZRH9C
9GF27D9KPT
-
-
•
•
•
•
1GB
SS
NANYA
NT5CB128M8DN-CF
-
-
•
•
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
Century
(次項へ)
1-18
Chapter 1: 製品の概要
DDR3-1333 MHz
ベンダー
パーツNo.
サイズ
SS/ チップ
DS ブランド
チップ No.
タイミング 電圧
Elixir
Elixir
Elixir
Elixir
Elixir
KINGSHARE
KINGSTEK
M2F2G64CB88B7N-CG
M2F2G64CB88D7N-CG
M2F2G64CB88G7N-CG
M2F4G64CB8HB5N-CG
M2F4G64CB8HD5N-CG
KSRPCD313332G
KSTD3PC-10600
2GB
2GB
2GB
4GB
4GB
2GB
2GB
SS
SS
SS
DS
DS
DS
SS
Elixir
Elixir
Elixir
Elixir
Elixir
PATRIOT
MICRON
-
-
Kingtiger
2GB DIMM PC3-10666
2GB
DS
SAMSUNG
-
-
•
•
Kingtiger
MARKVISION
MARKVISION
PATRIOT
PATRIOT
PATRIOT
PATRIOT
RAMAXEL
RAMAXEL
RiDATA
RiDATA
SILICON
POWER
SILICON
POWER
SILICON
POWER
TAKEMS
TAKEMS
TAKEMS
TAKEMS
UMAX
WINTEC
KTG2G1333PG3
BMD32048M1333C9-1123
BMD34096M1333C9-1124
PSD31G13332H
PSD31G13332
PSD32G13332H
PG38G1333EL(XMP)
RMR1870ED48E8F-1333
RMR1870EC58E9F-1333
C304627CB1AG22Fe
E304459CB1AG32Cf
2GB
2GB
4GB
1GB
1GB
2GB
8GB
2GB
4GB
2GB
4GB
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
DS
MARKVISION
MARKVISION
PATRIOT
ELPIDA
ELPIDA
RiDATA
RiDATA
N2CB2G80BN-CG
N2CB2G80DN-CG
N2CB2G80GN-CG
N2CB2G80BN-CG
N2CB2G80DN-CG
PM128M8D385-15
PE911-125E
SEC 904 HCH9
K4B1G0846D
M3D1288P-13
M3D2568E-13
PM64M8D38U-15
J1108BDBG-DJ-F
J2108BCSE-DJ-F
N/A
N/A
メモリースロット
サポート
(オプション)
1枚
2枚
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
9
9-9-9-24
9
9
1.5V
-
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
SP001GBLTU133S01
1GB
SS
NANYA
NT5CB128M8AN-CG
9
-
•
•
SP001GBLTU133S02
1GB
SS
Elixir
N2CB1680AN-C6
9
-
•
•
SP002GBLTU133S02
2GB
DS
Elixir
N2CB1680AN-C6
9
-
•
•
TMS1GB364D081-107EY
TMS2GB364D081-107EY
TMS2GB364D081-138EY
TMS2GB364D082-138EW
E41302GP0-73BDB
3WVS31333-2G-CNR
1GB
2GB
2GB
2GB
2GB
2GB
SS
DS
DS
DS
DS
DS
UMAX
AMPO
U2S24D30TP-13
AM3420803-13H
7-7-7-20
7-7-7-20
8-8-8-24
8-8-8-24
-
1.5V
1.5V
1.5V
1.5V
-
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
DDR3-1066 MHz
ベンダー
パーツNo.
サイ
ズ
SS/ チップ
DS ブランド
チップ No.
タイミ
ング
Crucial
Crucial
ELPIDA
ELPIDA
CT12864BA1067.8FF
CT25664BA1067.16FF
EBJ10UE8EDF0-AE-F
EBJ21UE8EDF0-AE-F
KVR1066D3N7/1G(low
profile)
KVR1066D3N7/2G
KVR1066D3N7/4G
MT8JTF12864AZ-1G1F1
MT16JTF25664AZ-1G1F1
2GB DIMM PC3-8500
1GB
2GB
1GB
2GB
SS
DS
SS
DS
Micron
Micron
ELPIDA
ELPIDA
9GF22D9KPT
9HF22D9KPT
J1108EDSE-DJ-F
J1108EDSE-DJ-F
7
7
-
メモリースロットサポート
(オプション)
1枚
2枚
•
•
•
•
1.35V(low voltage) •
•
1.35V(low voltage) •
•
1GB
SS
ELPIDA
J1108BFSE-DJ-F
7
1.5V
•
•
2GB
4GB
1GB
2GB
2GB
DS
DS
SS
DS
DS
ELPIDA
Hynix
Micron
Micron
Hynix
J1108BDSE-DJ-F
H5TQ2G83AFR
9GF22D9KPT
9HF22D9KPT
H5TQ1G83AFP G7C
7
7
7
7
-
1.5V
1.5V
-
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
KINGSTON
KINGSTON
KINGSTON
Micron
Micron
Kingtiger
電圧
SS - シングルサイド / DS - ダブルサイド
メモリーサポート:
• メモリー1枚:1組のシングルチャンネルメモリー構成として1枚のメモリーを任意の
スロットに取り付けることが可能です。
• メモリー2枚:1
組のデュアルチャンネルメモリー構成として2枚のメモリーをブルー
とブラックのスロットに取り付けることが可能です。
最新のQVLはASUSオフィシャルサイトをご覧ください。
(http://www.asus.co.jp)
ASUS P8H77-I
1-19
1.7.3
メモリーを取り付ける
メモリーやその他のシステムコンポーネントを追加、または取り外す前に、コンピューターの電
源プラグを抜いてください。プラグを差し込んだまま作業すると、マザーボードとコンポーネン
トが破損する原因となります。
2
1.
フックを外側に倒して押して、メモリース
ロットのロックを解除します。
2.
メモリーのノッチがメモリースロットキ
ーに一致するように、メモリーをスロッ
トに合わせます。
メモリーノッチ
1
ロック解除したフック
メモリースロットキー
メモリーは取り付ける向きがあります。間違った向きでメモリーを無理にスロットに差し込むと、
メモリーが損傷する原因となります。
3.
メモリーの両端を指で支え、フックが所定
の場所に戻りメモリーが正しく取り付けら
れるまで、メモリーをスロットにしっかり押
し込みます。
3
ロックしたフック
1.7.4
1.
メモリーを取り外す
フックを外側に倒してメモリーのロックを
解除します。
2
フックを押しているとき、指でメモリー
を軽く引っぱります。無理な力をかけて
メモリーを取り外すとメモリーが破損す
る恐れがあります。
2.
1-20
メモリーを垂直に引き抜きスロットから取り外します。
1
メモリーノッチ
Chapter 1: 製品の概要
1.8
拡張スロット
拡張カードを取り付ける場合は、このページに書かれている拡張スロットに関する説明をお読み
ください。
拡張カードの追加や取り外しを行う前は、電源コードを抜いてください。電源コードを接続し
たまま作業をすると、負傷やマザーボードコンポーネントの損傷の原因となります。
1.8.1
拡張カードを取り付ける
手順
1.
拡張カードを取り付ける前に、拡張カードに付属するマニュアルを読み、カードに必要なハ
ードウェアの設定を行ってください。
2.
コンピューターのケースを開けます(マザーボードをケースに取り付けている場合)。
3.
カードを取り付けるスロットのブラケットを取り外します。ネジは後で使用するので、大切に
保管してください。
4.
カードの端子部分をスロットに合わせ、カードがスロットに完全に固定されるまでしっかり
押します。
5.
カードをネジでケースに固定します。
6.
ケースを元に戻します。
1.8.2
拡張カードを設定する
拡張カードを取り付けた後、ソフトウェアの設定を行い拡張カードを使用できるようにします。
1.
システムの電源をONにし、必要であればUEFI BIOS Utilityの設定を変更します。UEFI BIOS
Utilityの設定に関する詳細は、Chapter 2をご参照ください。
2.
IRQ(割り込み要求)番号をカードに合わせます。
3.
拡張カード用のソフトウェアドライバーをインストールします。
PCI カードを共有スロットに挿入する際は、ドライバーがIRQの共有をサポートすること、また
は、カードが IRQ割り当てを必要としないことを確認してください。IRQを要求する2つのPCI
グループが対立し、システムが不安定になりカードが動作しなくなることがあります。
1.8.3
PCI Express x16 スロット
本マザーボードは PCI Express x16スロットを搭載しており、PCI Express 規格準拠のPCI Express
x16ビデオカードをサポートしています。
ASUS P8H77-I
1-21
1.9
1.
ジャンパ
Clear CMOS ジャンパスイッチ (3ピンCLRTC)
このジャンパは、CMOSのリアルタイムクロック
(RTC)RAMをクリアするものです。CMOS
RTC RAMのデータを消去することにより、日、時、およびシステム設定パラメータをクリアで
きます。システムパスワードなどのシステム情報を含むCMOS RAMデータの維持は、マザ
ーボード上のボタン型電池により行われています。
2
2
1
P8H77-I
3
CLRTC
Normal
(Default)
Clear RTC
P8H77-I Clear RTC RAM
RTC RAMをクリアする手順
1. コンピュータの電源をOFFにし電源コードをコンセントから抜きます。
2. ジャンパキャップをピン 1-2( 初期設定)からピン 2-3 に移動させます。5~10秒間そのま
まにして、再びピン1-2にキャップを戻します。
3. 電源コードを差し込み、コンピュータの電源をONにします。
4. 起動プロセスの間<Del>キーを押し、UEFI BIOS Utilityを起動しデータを再入力します。
RTC RAMをクリアしている場合を除き、CLRTCジャンパのキャップは取り外さないでください。シ
ステムの起動エラーの原因となります。
• 上記の手順を踏んでもRTC RAMがクリアできない場合は、マザーボードのボタン電池を取
り外し、ジャンパの設定を行ってください。なお、クリアが終了した後は、電池を元に戻してく
ださい。
• オーバークロックによりシステムがハングアップした場合は、C.P.R.(CPU Parameter Recall)
機能をご利用いただけます。システムを停止して再起動すると、UEFI BIOSは自動的にパラメ
ータ設定をデフォルト設定値にリセットします。
1-22
Chapter 1: 製品の概要
1.10
コネクター
1.10.1
パックパネルコネクター
1
2
3
12
11
10
5 6
4
9
8
7
1.
PS/2 キーボード/マウスコンボポート:PS/2 キーボード、またはPS/2 マウスを接続します。
2.
光デジタルS/PDIFポート:光デジタルS/PDIFケーブルを使用し、外付けオーディオ出力デバ
イスを接続します。
3.
VGA出力ポート:VGAモニター等のVGA対応デバイスを接続します。
4.
LAN(RJ-45)ポート:LANケーブルのRJ-45プラグを接続します。LANポートLEDの表示内容
は次の表をご参照ください。
LANポートLED
アクティビティリンクLED
ACT/LINK スピード
LED
LED
スピードLED
状態
説明
状態
説明
OFF
リンクなし
OFF
10 Mbps
オレンジ
リンク確立
オレンジ
100 Mbps
点滅
データ送受信中
グリーン
1 Gbps
LANポート
5.
ライン入力ポート
(ライトブルー)
:テープ、CD、DVDプレーヤー、またはその他のオーディオ
ソースを接続します。
6.
ライン出力ポート(ライム):ヘッドホンやスピーカーを接続します。4、6、8チャンネルの出
力設定のときは、このポートはフロントスピーカー出力になります。
7.
マイクポート(ピンク):マイクを接続します。
8チャンネルオーディオ出力の構成:
フロントパネルにHDオーディオモジュールが搭載されたケースをご使用ください。
オーディオ構成表
ポート
ライトブルー
(リアパネル)
ヘッドセット
2チャンネル
4チャンネル
6チャンネル
8チャンネル
ライン入力
リアスピーカー出力
リアスピーカー出力
リアスピーカー出力
ライム(リアパネル)
ライン出力
フロントスピーカー出力
フロントスピーカー出力
フロントスピーカー出力
ピンク
(リアパネル)
マイク入力
マイク入力
バス/センター
バス/センター
-
-
-
サイドスピーカー出力
ライム(フロントパネル)
ASUS P8H77-I
1-23
8.
USB 2.0ポート1〜4:USB 2.0デバイスを接続することができます。
9.
Intel USB 3.0ポート1/2:USB 3.0デバイスを接続することができます。
• Intel® チップセットのUSB 3.0ポートは、Windows® 7でドライバーをインストールした場合に
のみUSB 3.0として動作します。
• Windows®のOSをインストール中はキーボード/マウスをUSB 3.0ポートに接続しないでくだ
さい。
• USB 3.0の性質により、USB 3.0デバイスはWindows® OS 環境でUSB 3.0ドライバーをインス
トールした場合にのみ使用することができます。
• USB 3.0ポートではブートデバイスを使用することはできません。
• USB 3.0デバイスの優れたパフォーマンスを発揮するために、USB 3.0デバイスはUSB 3.0ポ
ートに接続してください。
1-24
10.
DVI-D ポート:DVI-Dと互換性のあるデバイスを接続します。DVI-D信号をRGB信号に変換
してCRTモニターに出力することはできません。また、DVI-DはDVI-I とは互換性がありませ
ん。また、HDCP互換ですので、HD DVD やBlu-ray ディスク等の保護コンテンツの再生も可
能です。
11.
HDMI ポート:HDMI(High-Definition Multimedia Interface)コネクター用です。HDCPと互換
性がありますので、HD DVD、Blu-ray ディスク、その他の保護コンテンツの再生が可能です。
12.
USB 2.0ポート 5/6:USB 2.0デバイスを接続することができます。
Chapter 1: 製品の概要
1.10.2
1.
内部コネクター
フロントパネルオーディオコネクター (10-1ピン AAFP)
NC
AGND
NC
NC
SENSE2_RETUR
AGND
NC
SENSE1_RETUR
PCケースのフロントパネルオーディオI/Oモジュール用コネクターで、HDオーディオ及び
AC’97オーディオをサポートしています。オーディオ I/Oモジュールケーブルの一方をこのコ
ネクターに接続します。
AAFP
P8H77-I
HD-audio-compliant
pin definition
MIC2
MICPWR
Line out_R
NC
Line out_L
PIN 1
PORT1 L
PORT1 R
PORT2 R
SENSE_SEND
PORT2 L
PIN 1
Legacy AC’97
compliant definition
P8H77-I Front panel audio connector
2.
•
HDオーディオ機能を最大限に活用するため、HD フロントパネルオーディオモジュールを
接続することをお勧めします。
•
HDフロントパネルオーディオモジュールを接続する場合は、UEFI BIOSで「Front Panel
Type」の項目を [HD] に設定します。AC’97フロントパネルオーディオモジュールを接続
する場合は、この項目を [AC97] に設定します。デフォルト設定は [HD] に設定されていま
す。詳細はセクション「2.5.6 オンボードデバイス設定構成」をご参照ください。
デジタルオーディオコネクター (4-1ピン SPDIF_OUT)
SPDIFOUT
GND
+5V
P8H77-I
S/PDIFポート追加用のコネクターです。S/PDIF出力モジュールを接続します。S/PDIF Out
モジュールケーブルをこのコネクターに接続し、PCケースの後方にあるスロットにモジュー
ルを設置します。
SPDIF_OUT
P8H77-I Digital audio connector
S/PDIF出力モジュール、S/PDIF出力モジュールケーブルは別途お買い求めください。
ASUS P8H77-I
1-25
3.
ATX 電源コネクター (24ピンEATXPWR、4ピンATX12V)
ATX 電源プラグ用のコネクターです。電源プラグは正しい向きでのみ、取り付けられるよう
に設計されています。正しい向きでしっかりと挿し込んでください。
P8H77-I
GND
GND
+12V DC
+12V DC
ATX12V
EATXPWR
+3 Volts
+12 Volts
+12 Volts
+5V Standby
Power OK
GND
PIN 1
+5 Volts
GND
+5 Volts
GND
+3 Volts
+3 Volts
GND
+5 Volts
+5 Volts
+5 Volts
-5 Volts
GND
GND
GND
PSON#
GND
-12 Volts
+3 Volts
PIN 1
P8H77-I ATX power connectors
• システムの快適なご利用のために、容量350W以上のATX 12V Version 2.0(またはそれ以
降)規格の電源ユニットを使用することをお勧めします。
• ATX12Vコネクターには必ずCPU電源供給用の4ピンプラグを接続してください。4ピンプラ
グを接続しない場合システムは動作しません。
• 大量に電力を消費するデバイスを使用する場合は、高出力の電源ユニットの使用をお勧め
します。電源ユニットの能力が不十分だと、システムが不安定になる、またはシステムが
起動できなくなる等の問題が発生する場合があります。
• システムに最低限必要な電源が分からない場合は、
http://support.asus.com/PowerSupplyCalculator/PSCalculator.aspx?SLanguage=ja-jp の
「電源用ワット数計算機」をご参照ください。
4.
CPUファン、ケースファンコネクター (4ピンCPU_FAN、4ピンCHA_FAN)
ファンケーブルをマザーボードのファンコネクターに接続し、各ケーブルの黒いワイヤーが
コネクターのアースピン(GND)に接続されていることを確認します。
8 01
+5V
CHA FAN IN
CHA FAN PWR
GND
CHA_FAN
CPU_FAN
CPU FAN PWM
CPU FAN IN
CPU FAN PWR
GND
8 01NIVKWVVMK\WZ[
PCケース内に十分な空気の流れがないと、マザーボードコンポーネントが損傷する恐れがありま
す。組み立ての際にはシステムの冷却ファン(吸/排気ファン)を必ず搭載してください。また、吸/排
気ファン の電源をマザーボードから取得することで、エアフローをマザーボード側で効果的にコン
トロールすることができます。また、これはジャンパピンではありません。ファンコネクターにジャン
パキャップを取り付けないでください。
CPU_FAN コネクターは、最大2A(24W)までのCPUファンをサポートます。
1-26
Chapter 1: 製品の概要
5.
ビープスピーカーコネクター (4ピンSPEAKER)
システム警告スピーカー用4ピンコネクターです。スピーカーはその鳴り方でシステムの不
具合を報告し、警告を発します。
8 01
+5V
GND
GND
Speaker Out
SPEAKER
PIN 1
P8H77-ISpeaker Out Connector
6.
システムパネルコネクター (10-1ピン PANEL)
このコネクターはPCケースに付属する各機能に対応しています。
Reset
Ground
HD_LEDHD_LED+
PIN 1
RESET
GND
PWR
PLEDPLED+
+HD_LED
PWR LED PWR BTN
P8H77-I
F_PANEL
P8H77-I System panel connector
•
システム電源LED(2ピン PLED)
システム電源LED用2ピンコネクターです。PCケース電源LEDケーブルを接続してください。
システムの電源LEDはシステムの電源をONにすると点灯し、システムがスリープモードに
入ると点滅します。
•
ハードディスクドライブアクティビティ LED(2ピン HDLED)
ハードディスクドライブアクティビティLED用2ピンコネクターです。ハードディスクドライブ
アクティビティLEDケーブルを接続してください。ハードディスクアクティビティLEDは、記憶
装置がデータの読み書きを行っているときに点灯する、または点滅します。
•
電源ボタン/ソフトオフボタン(2ピン PWRBTN)
システムの電源ボタン用2ピンコネクターです。電源ボタンを押すとシステムの電源が
ONになります。OSが起動している状態で、電源スイッチを押してから4秒以内に離すと、シ
ステムはOSの設定に従いスリープモード、または休止状態、シャットダウンに移行します。
電源スイッチを4秒以上押すと、システムはOSの設定に関わらず強制的にOFFになります。
•
リセットボタン(2ピン RESET)
リセットボタン用2ピンコネクターです。システムの電源をOFFにせずにシステムを再起動し
ます。
ASUS P8H77-I
1-27
7.
Intel® H77 SATA 3Gb/s コネクター (7ピンSATA3G_1~4 [ブルー])
SATA 3Gb/s ケーブルを使用し、SATA記憶装置と光学ドライブを接続します。SATA記憶装
置を取り付けた場合、オンボード Intel® H77 Express チップセットで Intel® Rapid Storage
Technology を使用し、RAIDアレイ(0、1、5、10) を構築することができます。
GND
RSATA_TXP1
RSATA_TXN1
GND
RSATA_RXN1
RSATA_RXP1
GND
SATA3G_1
GND
RSATA_TXP2
RSATA_TXN2
GND
RSATA_RXN2
RSATA_RXP2
GND
SATA3G_2
SATA3G_4
GND
RSATA_TXP4
RSATA_TXN4
GND
RSATA_RXN4
RSATA_RXP4
GND
P8H77-I
GND
RSATA_TXP3
RSATA_TXN3
GND
RSATA_RXN3
RSATA_RXP3
GND
SATA3G_3
P8H77-I SATA 3.0Gb/s connectors
1-28
•
これらコネクターはデフォルト設定で [IDE]に設定されています。SATA RAIDを構築する場
合は、UEFI BIOSの「SATA Mode Selection」を [RAID] に設定してください。詳細はセクショ
ン「2.5.3 SATA設定」をご参照ください。
•
RAIDを構築する際にはマザーボードのサポートDVDに収録されているマニュアルをご参照
ください。
•
ホットプラグ機能とNCQを使用する場合は、UEFI BIOSの「SATA Mode Selection」
を[AHCI]または [RAID] に設定してください。詳細はセクション「2.5.3 SATA設定」
をご参照ください。
•
Windows® XPでSATA記憶装置を使用する場合はService Pack3以降のサービスパックが
適応されていることをご確認ください。
Chapter 1: 製品の概要
8.
Intel® H77 SATA 6Gb/s コネクター (7ピンSATA6G_1/2 [グレー])
GND
RSATA_RXP1
RSATA_RXN1
GND
RSATA_TXN1
RSATA_TXP1
GND
SATA 6Gb/s ケーブルを使用し、SATA記憶装置を接続します。SATA 記憶装置を取り付けた
場合、オンボード Intel® H77 Express チップセットで Intel® Rapid Storage Technology を
使用し、RAIDアレイ(0、1、5、10) を構築することができます。
8 01
GND
RSATA_RXP2
RSATA_RXN2
GND
RSATA_TXN2
RSATA_TXP2
GND
SATA6G_1
SATA6G_2
8 01;)<)/J[KWVVMK\WZ[
9.
•
これらコネクターはデフォルト設定で [IDE]に設定されています。SATA RAIDを構築する場
合は、UEFI BIOSの「SATA Mode Selection」を [RAID] に設定してください。詳細はセクショ
ン「2.5.3 SATA設定」をご参照ください。
•
RAIDを構築する際にはマザーボードのサポートDVDに収録されているマニュアルをご参照
ください。
•
ホットプラグ機能とNCQを使用する場合は、UEFI BIOSの「SATA Mode Selection」
を[AHCI]または [RAID] に設定してください。詳細はセクション「2.5.3 SATA設定」
をご参照ください。
•
Windows® XPでSATA記憶装置を使用する場合はService Pack3以降のサービスパックが
適応されていることをご確認ください。
USB 3.0コネクター (20-1ピン USB3_34)
P8H77-I
USB 3.0ポート用コネクターです。USB 3.0の転送速度は理論値でUSB 2.0の約10倍となり、
プラグアンドプレイに対応しているので接続も非常に簡単です。ご利用のPCケースやデバ
イスが9ピン+10ピンのピンヘッダに対応したUSB 3.0 デバイスの場合は、このコネクター
に接続して利用することが可能です。
P8H77-I USB3.0 Front panel connector
USB 3.0 フロントボックス/USB 3.0 モジュールは別途お買い求めください。
ASUS P8H77-I
1-29
10.
USB 2.0コネクター (10-1ピン USB78)
USB 2.0 ポート用のコネクターです。USBケーブルをこれらのコネクターに接続します。この
コネクターは最大 480 Mbps の接続速度を持つUSB 2.0 規格に準拠しています。
USB78
P8H77-I
PIN 1
USB+5V
USB_P7USB_P7+
GND
USB+5V
USB_P8USB_P8+
GND
NC
P8H77-I USB2.0 connector
1394モジュールをUSBコネクターに接続しないでください。マザーボードが損傷する原因と
なります。
USB 2.0 モジュールは別途お買い求めください。
1-30
Chapter 1: 製品の概要
1.11
ソフトウェア
1.11.1
OSをインストールする
ハードウェアの機能を最大限に活用するために、OSは定期的にアップデートしてください。
・ Windows® XP では、仕様により一部機能を利用することができません。
・ 本製品の機能を最大限ご利用いただくために、ASUSTeK Computer Inc.はWindows® 7以降
のOSをご利用いただくことを推奨します。
1.11.2
サポートDVD情報
マザーボードに付属のサポートDVDには、マザーボードを利用するために必要なドライバー、ア
プリケーション、ユーティリティが収録されています。
サポートDVDの内容は、予告なしに変更する場合があります。最新のデータは、ASUSオフィシャ
ルサイトをご覧ください。
(http://www.asus.co.jp)
1.11.3
サポートDVDを実行する
サポートDVDを光学ドライブに入れます。OSの Autorun 機能が有効になっていれば、メニューウ
ィンドウが自動的に表示されます。メニュータブを選択し、インストールする項目を選択してくだ
さい。
本マニュアルに記載の図や写真は一例です。表示される画像はご利用のOSや製品によって若
干異なります。
サポートDVDと
マザーボードの
情報を表示します。
インストールする項目を選択します。
Autorun が有効になっていない場合は、サポートDVDの BINフォルダーからASSETUP.EXE を選択
してください。ASSETUP.EXEをダブルクリックすれば、メニューウィンドウが表示されます。
ASUS P8H77-I
1-31
1-32
Chapter 1: 製品の概要
Chapter 2
UEFI BIOS設定
2.1
UEFI BIOS管理更新
UEFI BIOSを復旧できるように、オリジナルのマザーボードBIOSファイルをUSBフラッシュメモ
リーにコピーしてください。UEFI BIOSのコピーにはASUS Update を使用します。
2.1.1
ASUS Update
ASUS Update はWindows® 環境でマザーボードのUEFI BIOSの管理、保存、更新が可能です。
•ASUS Update でインターネットを使用した機能を使用するためには、インターネット接続が
必要です。
• ASUS Update はマザーボードに付属のサポートDVDに収録されています。
ASUS Update をインストールする
手順
1.
サポートDVDを光学ドライブに入れます。
メニューウィンドウが表示されます。
2.
「ユーティリティ」タブをクリックし、
「AI Suite II」をクリックします。
3.
画面の指示に従って、インストールを行います。
本ユーティリティでUEFI BIOSの更新を行う場合は、Windows® アプリケーションを全て終了して
から行ってください。
UEFI BIOSを更新する
手順
1.
Windows® デスクトップから、
「スタート」→「すべてのプログラム」→「ASUS」→「AI Suite II」→
「AI Suite II X.XX.XX」の順にクリックし、AI Suite II ユーティリティを起動します。AI Suite II
メインメニューバーが表示されます。
2.
メインメニューバーの「更新」ボタンをクリックし、メニューからASUS Updateをクリックし
ます。ASUS Updateメニューが画面が表示されます。表示されたリストから、任意のアップ
デート方法を選択します。
インターネットから更新する
a.
b.BIOSファイルをダウンロードするFTPサイトを選択し「進む」をクリックします。ネットワ
ークトラフィックを避けるために、最寄りのASUS FTPサイトを選択してください。UEFI
BIOSのダウングレード機能とバックアップ機能を有効にする場合は、チェックボックス
にチェックを入れてください。
c.
BIOS更新方法から
「BIOSをインターネットから更新」を選択し
「進む」をクリックします。
ダウンロードしたいバージョンを選択し、
「進む」をクリックします。
ASUS P8H77-I
2-1
ファイルから更新する
a. BIOS更新方法から「ファイルからBIOSを更新」を選択し「進む」をクリックします。
b. 「参照」をクリックするか、または自動的に表示されるウインドウからアップデートに使
用するBIOSファイルを選択して「開く」をクリックし、次に「進む」をクリックします。
3.
画面の指示に従い、更新作業を完了します。
ASUS Update ユーティリティをインターネットから最新版に更新することができます。すべての
機能を利用できるよう、常に最新版をご使用ください。
2.1.2
ASUS EZ Flash 2
ASUS EZ Flash 2 は起動フロッピーディスクまたはOSベースのユーティリティを使うことなく、
UEFI BIOSを短時間で更新することができます。
このユーティリティをご利用になる前に、最新のBIOSをASUSのオフィシャルサイトからダウン
ロードしてください。
(http://www.asus.co.jp)
更新手順
1.
最新のBIOSファイルを保存したUSBフラッシュメモリーをシステムにセットします。
2.
UEFI BIOS の「Advanced Mode」を起動し、
「Tool」メニューの「ASUS EZ Flash 2 Utility」を
選択します。
Exit
ASUS EZ Flash 2 Utility V01.04
Flash Info
MODEL: P8H77-I
VER: 0214
DATE: 12/09/2011
File Path: fs0:\
Drive Info
fs0:\
Folder Info
12/09/201110:23p
8388608
P8H77I.CAP
File Info
MODEL:
VER:
DATE
Help Info
[Enter] Select or Load
2-2
[Tab] Switch
[Up/Down/PageUp/PageDown/Home/End] Move
[Esc] Exit
[F2] Backup
Chapter 2: UEFI BIOS設定
3.
<Tab> を使ってDrive Info フィールドに切り替えます。
4.
マウス、またはカーソルキーで最新のBIOSファイルを保存したUSBフラッシュメモリーを選
択し<Enter>を押します。
5.
<Tab> を押しFolder Info フィールドに切り替えます。
6.
マウス、またはカーソルキーでBIOSファイルを選択し、<Enter>を押してUEFI BIOSの更新
を実行します。更新作業が完了したら、システムを再起動します。
• FAT32/16 ファイルシステムをもつ、シングルパーティションのUSBフラッシュメモリーのみ
サポートします。
• UEFI BIOS更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。UEFI BIOSが
破損、損傷しシステムを起動することができなくなる恐れがあります。UEFI BIOSアップデート
に伴う不具合、動作不良、破損等に関しましては保証の対象外となります。
2.1.3
ASUS CrashFree BIOS 3
ASUS CrashFree BIOS 3 はUEFI BIOSの自動復旧ツールで、更新時に障害を起こした場合や破損
したBIOSファイルを復旧します。破損したBIOSファイルはサポートDVD、またはBIOSファイルを保
存したUSBフラッシュメモリーを使用して、BIOSファイルの復旧をすることができます。
• 本ユーティリティを使用する前にフラッシュメモリー内のBIOSファイルの名前を
「P8H77I.CAP」に変更してください。
• サポートDVDに収録のBIOSファイルは最新のものではない場合もあります。最新バージョン
のBIOSファイルは弊社のサイトで公開しております。USBフラッシュメモリーにダウンロード
してご使用ください。
(http://www.asus.co.jp)
UEFI BIOSを復旧する
手順
1.
システムの電源をONにします。
2.
BIOSファイルを保存したUSBフラッシュメモリー/サポートDVDをシステムにセットします。
3.
BIOSファイルを保存したUSBフラッシュメモリー/サポートDVDの検出が始まります。検出
されると、BIOSファイルを読み込み、ASUS EZ Flash 2 が自動的に起動します。
4.
UEFI BIOS Utility でデフォルト設定をロードするように指示が表示されます。システムの
互換性/安定性の観点から、UEFI BIOSのデフォルト設定をロードすることをお勧めします。
UEFI BIOS更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。
UEFI BIOSが破損、損傷しシステムを起動することができなくなるおそれがあります。
UEFI BIOSアップデートに伴う不具合、動作不良、破損等に関しましては保証の対象外となり
ます。
ASUS P8H77-I
2-3
2.1.4
ASUS BIOS Updater
ASUS BIOS Updater は、DOS環境でUEFI BIOSファイルを更新するツールです。また、使用中の
BIOSファイルのコピーも可能ですので、BIOS更新中にBIOSが作動しなくなったときやBIOSファイ
ルが破損したときのためにBIOSファイルのバックアップをすることが可能です。
本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際とは異なる場合があります。
更新の前に
1.
サポートDVDとFAT32/16 ファイルシステムをもつ、シングルパーティションのUSBフラッシュ
メモリーを手元に準備します。
2.
最新のBIOSファイルとBIOS Updater をASUSオフィシャルサイトからダウンロードし、USBフラッ
シュメモリーに保存します。
(http://www.asus.co.jp)
• DOS環境ではNTFSはサポートしません。BIOSファイルとBIOS Updater を NTFSフォーマットの
記憶装置またはUSBフラッシュメモリーに保存しないでください。
• BIOSファイルのサイズはフロッピーディスクの上限である1.44MB を超えるため、フロッピー
ディスクに保存することはできません。
3.
コンピューターをOFFにし、全てのSATA記憶装置を取り外します。
(推奨)
DOS環境でシステムを起動する
1.
最新のBIOSファイルとBIOS Updater を保存したUSBフラッシュメモリーをUSBポートに
接続します。
2.
コンピューターを起動します。POST中に <F8> を押します。続いてBoot Device Select
Menu が表示されたらサポートDVDを光学ドライブに挿入し、カーソルキーで光学ドライ
ブを選択し<Enter>を押します。
Please select boot device:
SATA: XXXXXXXXXXXXXXXX
USB XXXXXXXXXXXXXXXXX
UEFI: XXXXXXXXXXXXXXXX
Enter Setup
↑ and ↓ to move selection
ENTER to select boot device
ESC to boot using defaults
3. Make Disk メニューが表示されたら、項目の番号を押し「FreeDOS command prompt」の
項目を選択します。
4.
FreeDOSプロンプトで「d:」
と入力し、<Enter> を押してドライブをDrive C(光学ドライブ)
からDrive D(USBフラッシュメモリー)に切り替えます。SATA記憶装置を接続している場合
ドライブパスは異なります。
Welcome to FreeDOS (http://www.freedos.org)!
C:\>d:
D:\>
2-4
Chapter 2: UEFI BIOS設定
使用中のBIOSファイルをバックアップする
手順
USBフラッシュメモリーに書き込み保護がされていないこと、十分な空き容量があることをご
確認ください。
1.
FreeDOSプロンプトで、
「bupdater /o[filename]」入力し、<Enter>を押します。
D:\>bupdater /oOLDBIOS1.rom
ファイル名 拡張子
上記の [filename] はユーザーが任意で決めたファイル名で、ファイル名は8文字以下、拡
張子は3文字以下の英数字で入力します。
2.
BIOS Updater のバックアップ画面が表示され、バックアップ作業の進行状況が表示されます。
BIOSファイルのバックアップが完了したら、任意のキーを押してDOSプロンプトに戻ります。
ASUSTek BIOS Updater for DOS V1.18
Current ROM
BOARD: P8H77-I
VER: 0214
DATE: 12/09/2011
Update ROM
BOARD: Unknown
VER: Unknown
DATE: Unknown
PATH: A:\
BIOS backup is done! Press any key to continue.
Note
Saving BIOS:
ASUS P8H77-I
2-5
BIOSファイルを更新する
手順
1.
FreeDOSプロンプトで、
「bupdater /pc /g」
と入力し、<Enter>を押します。
D:\>bupdater /pc /g
2.
次のようなBIOS Updater 画面が表示されます。
ASUSTek BIOS Updater for DOS V1.18
Current ROM
BOARD: P8H77-I
VER: 0214
DATE: 12/09/2011
Update ROM
BOARD: Unknown
VER: Unknown
DATE: Unknown
PATH: A:\
P8H77I.CAP
A:
8388608 2011-12-09 17:30:48
Note
[Enter] Select or Load
[Up/Down/Home/End] Move
3.
[Tab] Switch
[B] Backup
[V] Drive Info
[Esc] Exit
<Tab> キーで画面を切り替え、カーソルキーでBIOSファイルを選択したら、<Enter>を押しま
す。BIOS Updater は選択したBIOSファイルをチェックし、次のような確認画面が表示されます。
Are you sure to update BIOS?
Yes
4.
No
更新を実行するには「Yes」を選択し<Enter>を押します。UEFI BIOSの更新が完了したら
<ESC>を押してBIOS Updater を閉じます。続いてコンピューターを再起動します。
BIOS更新中にシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。BIOSが破損、
損傷しシステムを起動することができなくなるおそれがあります。BIOSアップデートに
伴う不具合、動作不良、破損等に関しましては保証の対象外となります。
• BIOS Updater バージョン1.30以降では、更新が終了すると自動的にDOSプロンプトに
戻ります。
• システムの互換性/安定性の観点から、更新後は必ずデフォルト設定をロードしてください。
デフォルト設定のロードは「Exit」の「Load Optimized Defaults」の項目で実行します。詳細
はセクション「2.9 終了メニュー」をご参照ください。
• サポートDVDからの起動時、画面に「Press Enter to boot from the DVD/CD」
と表示される
場合は、5秒以内に<Enter>を押してください。5秒を経過するとシステムは通常の起動デバ
イスからロードを開始します。
・ コマンドはBIOS Updater のバージョンにより異なる場合があります。詳細はASUSオフィシャル
サイトからダウンロードしたBIOS Updater ファイル内のテキストファイルをご確認ください。
• SATA記憶装置を取り外した場合は、BIOSファイル更新後に全てのSATA記憶装置を接続して
ください。
2-6
Chapter 2: UEFI BIOS設定
2.2
UEFI BIOS Utility
UEFI BIOS UtilityではUEFI BIOSの更新やパラメーターの設定が可能です。UEFI BIOS Utilityの画
面にはナビゲーションキーとヘルプが表示されます。
起動時にUEFI BIOS Utilityを開く
手順:
• 起動時の自己診断テスト
(POST)の間に<Del>キーを押します。<Delete> を押さない場合
は、POSTがそのまま実行されます。
POST後にUEFI BIOS Utilityを開く
手順:
• <Ctrl + Alt + Del> キーを同時に押してシステムを再起動し、POST実行中に <Delete> を押し
ます。
•
ケース上のリセットボタンを押してシステムを再起動し、POST実行中に <Delete> を押します。
•
電源ボタンを押してシステムの電源をOFFにした後、システムをONにしPOST実行中に
<Delete> を押します。ただし、これは最初の2つの方法が失敗した場合の最後の手段として
行ってください。
OSの動作中に電源ボタンやリセットボタン、<Ctrl + Alt + Del> キー等でリセットを行うと、デー
タロスやOSの不具合の原因となります。OSを閉じる際は、通常の方法でシステムをシャットダウ
ンすることをお勧めします。
• 本マニュアルで使用されているイラストや画面は実際のものと異なる場合があります。
• サポートDVDに収録のBIOSファイルは最新のものではない場合もあります。最新バージョン
のUEFI BIOSはASUSオフィシャルサイトで公開しております。USBフラッシュメモリーにダウ
ンロードしてご使用ください。
(http://www.asus.co.jp)
• マウスでUEFI BIOS Utilityの操作を行う場合は、USBマウスをマザーボードに接続して
からシステムの電源をONにしてください。
• 設定を変更した後システムが不安定になる場合は、デフォルト設定をロードしてください。デ
フォルト設定に戻すには、終了メニューの下の「Load Optimized Defaults」を選択します。
(詳
細は2.9 終了メニュー」参照)
• 設定を変更した後システムが起動しなくなった場合は、CMOSクリアを実行し、マザー
ボードのリセットを行ってください。Clear CMOSジャンパスイッチの位置は「1.9 ジャンパ」を
ご参照ください。
ASUS P8H77-I
2-7
BIOSメニュー 画面
UEFI BIOS Utilityには、EZ Mode とAdvanced Mode の2つのモードがあります。モードの切り替
えは、または終了メニュー、またはEZ Mode/Advanced Mode ボタンで行います。
EZ Mode
デフォルト設定では、UEFI BIOS Utilityを起動すると、EZ Mode 画面が表示されます。EZ Mode で
は、基本的なシステム情報の一覧が表示され、表示言語やシステムパフォーマンスモード、ブート
デバイスの優先順位などが設定できます。Advanced Mode を開くには、
「Exit/Advanced Mode」
をボタンをクリックし、
「Advanced Mode」を選択します。
UEFI BIOS Utility起動時に表示する画面は、変更可能です。詳細はセクション「2.7 ブートメニュ
ー」の「Setup Mode」をご参照ください。
UEFI BIOS Utilityでの
各ファンのスピードを表示
表示言語を選択
変更を保存せずにUEFI BIOS Utility終了、
変更を保存してシステムをリセット、
CPU/マザーボード温度、CPU/5V/3.3V/12V電
Advanced Modeを起動
圧出力、CPU/ケースファンのスピードを表示
UEFI BIOS Utility - EZ Mode
Exit/Advanced Mode
P8H77-I
English
BIOS Version : 0214
CPU Type : Intel(R) Core(TM) i5-2400 CPU 0 @ 3.10GHz
Speed : 3100 MHz
Total Memory : 1024 MB (DDR3 1333MHz)
Friday [10/08/2010]
Temperature
Voltage
CPU
+113.0ºF/+45.0ºC
CPU
1.248V
5V
MB
+75.2ºF/+40.0ºC
3.3V
3.344V
12V
5.160V
Fan Speed
CPU_FAN
3325RPM
CHA_FAN
N/A
12.248V
Q-Fan Control
Quiet
Performance
Energy Saving
Standard
Boot Priority
Use the mouse to drag or keyboard to navigate to decide the boot priority.
Shortcut (F3)
Advanced Mode (F7)
Boot Menu(F8)
Default(F5)
Advanced Modeへの
Power Savingモード
デフォルト設定をロード
切り替え
Normal モード
ASUS Optimal モード
ブートデバイスの
優先順位を選択
ブートデバイスを選択
選択したモードのシステム
プロパティを表示
アクセス頻度の高い
Advanced
Modeへのショートカット
• ブートデバイスの優先順位のオプションは、取り付けたデバイスにより異なります。
• 「Boot Menu(F8)」ボタンは、ブートデバイスがシステムに取り付けられている場合のみ利
用可能です。
2-8
Chapter 2: UEFI BIOS設定
Advanced Mode
Advanced Mode は上級者向けのモードで、各種詳細設定が可能です。下の図はAdvanced
Mode の表示内容の一例です。各設定項目の詳細は、本マニュアル以降の記載をご参照ください。
Advance Mode に切り替えるには「EZ Mode」で<F7>を押すか、
「Exit/Advanced Mode」メニ
ューから「Advanced Mode」を選択します。
メニュー
Back ボタン
メニューバー
構成フィールド
ヘルプ
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Back
Advanced
Exit
Monitor
Boot
Tool
Advanced\ System Agent Configuration >
Enable or disable memory remap
above 4G
System Agent Bridge Name
Memory Remap Feature
Enabled
> Graphics Configuration
> NB PCIe Configuration
Memory Remap Feature
Enabled
Disabled
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F6: ASUS Ratio Boost
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
サブメニュー
ポップアップウインドウ
スクロールバー
ナビゲーションキー
メニュー
メニューバーの各項目を選択することにより、各項目に応じた設定メニューが表示されます。例え
ば、メニューバーで「Main」を選択すると、
「Main」の設定メニューが画面に表示されます。
メニューバーのAi Tweaker、Adbanced、Monitor、Boot、Tool、Exitにも、それぞれ設定メニューが
あります。
Back ボタン
サブメニューの項目が開かれている場合にこのボタンが表示されます。マウスでこのボタンをクリ
ックするか<ESC>キーを押すと、メインメニュー、または前の画面に戻ることができます。
サブメニュー
サブメニューが含まれる項目の前には、
「>」マークが表示されます。サブメニューを表示するに
は、マウスで項目を選択するか、カーソルキーで項目を選択し、<Enter>キーを押します。
ASUS P8H77-I
2-9
ポップアップウィンドウ
マウスで項目を選択するか、カーソルキーで項目を選択し、<Enter>キーを押すと、設定可能なオ
プションと共にポップアップウィンドウが表示されます。
スクロールバー
設定項目が画面に収まりきらない場合は、スクロールバーがメニュー画面の右側に表示されま
す。マウスや 上/下矢印キー、または <Page Up>/<Page Down> キーで、画面をスクロールする
ことができます。
ナビゲーションキー
UEFI BIOSメニュー画面の右下には、メニューの操作をするためのナビゲーションキーが表示さ
れています。表示されるナビゲーションキーに従って、各項目の設定を変更します。
ヘルプ
メニュー画面の右上には、選択した項目の簡単な説明が表示されます。
構成フィールド
構成フィールドには各項目の現在設定されている状態や数値が表示されます。ユーザーによる変
更が可能でない項目は、選択することができません。
設定可能なフィールドは選択するとハイライト表示されます。フィールドの値を変更するには、
そのフィールドをマウスで選択するか、表示されるナビゲーションキーに従い数値を変更し、
<Enter>キーを押して決定します。
F12>キーを押してUEFI BIOS画面のスクリーンショットを撮影し、USBフラッシュメモリーに保
<
存することができます。
2-10
Chapter 2: UEFI BIOS設定
2.3
メインメニュー
UEFI BIOS Utility のAdvanced Mode を起動すると、まず初めにメインメニューが表示されます。
基本的なシステム情報が表示され、システムの日付、時間、言語、セキュリティの設定が可能です。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Main
Ai Tweaker
Exit
Advanced
Monitor
Tool
Choose the system default language
BIOS Information
BIOS Version
Build Date
ME Version
South Bridge Steppping
0214 x64
12/09/2011
8.0.0.1296
03/C0
CPU Information
Genuine Intel(R) CPU @ 2.90GHz
Speed
3100 MHz
Memory Information
Total Memory
Speed
1024 MB (DDR3)
1333 MHz
System Language
System Date
09/27/2010]
System Time
Access Level
Boot
English
[Mon
[16:46:15]
Administrator
> Security
2.3.1
System Language [English]
オプションからUEFI BIOS Utility の表示言語を選択することができます。
設定オプション:[English]
[Русский]
2.3.2
[Español]
System Date [Day xx/xx/xxxx]
システムの日付を設定します。
2.3.3
System Time [xx:xx:xx]
システムの時間を設定します。
2.3.4
Security
システムセキュリティ設定の変更が可能です。
• パスワードを忘れた場合、CMOSクリアを実行しパスワードを削除します。Clear CMOS
ジャンパスイッチの位置はセクション「1.9 ジャンパ」をご参照ください。
• パスワードを削除すると、画面上の「Administrator」または「User Password」の項目にはデ
フォルト設定の「Not Installed」
と表示されます。パスワードを再び設定すると、
「Installed」
と表示されます。
ASUS P8H77-I
2-11
Administrator Password
管理者パスワードを設定した場合は、システムにアクセスする際に管理者パスワードの入力を要
求するように設定することをお勧めします。
管理者パスワードの設定手順
1.
「Administrator Password」を選択します。
2.
「Create New Password」ボックスにパスワードを入力し、<Enter>を押します。
3.
パスワードの確認のため、
「Confirm New Password」ボックスに先ほど入力したパスワー
ドと同じパスワードを入力し、<Enter>を押します。
管理者パスワードの変更手順
1.
「Administrator Password」を選択します。
2.
「Enter Current Password」ボックスに現在のパスワードを入力し、<Enter>を押します。
3.
「Create New Password」ボックスに新しいパスワードを入力し、<Enter>を押します。
4.
パスワードの確認のため、
「Confirm New Password」ボックスに先ほど入力したパスワー
ドと同じパスワードを入力し、<Enter>を押します。
管理者パスワードの消去も、管理者パスワードの変更時と同じ手順で行いますが、パスワード
の作成/確認を要求された後、なにも入力せずに<Enter>を押します。パスワード消去後は、
「
Administrator Password」の項目は「Not Installed」
と表示されます。
User Password
ユーザーパスワードを設定した場合、システムにアクセスするときにユーザーパスワードを入力
する必要があります。
ユーザーパスワードの設定手順
1.
「User Password」を選択します。
2.
「Create New Password」にパスワードを入力し、<Enter>を押します。
3.
パスワードの確認のため、
「Confirm New Password」ボックスに先ほど入力したパスワー
ドと同じパスワードを入力し、<Enter>を押します。
ユーザーパスワードの変更手順
1.
「User Password」を選択し、<Enter>を選択します。
2.
「Enter Current Password」に現在のパスワードを入力し、<Enter>を押します。
3.
「Create New Password」に新しいパスワードを入力し、<Enter>を押します。
4.
パスワードの確認のため、
「Confirm New Password」ボックスに先ほど入力したパスワー
ドと同じパスワードを入力し、<Enter>を押します。
ユーザーパスワードの消去も、ユーザーパスワードの変更時と同じ手順で行いますが、パスワー
ドの作成/確認を要求された後、なにも入力せずに<Enter>を押します。パスワード消去後は、
「
User Password」の項目は「Not Installed」
と表示されます。
2-12
Chapter 2: UEFI BIOS設定
2.4
Ai Tweaker メニュー
オーバークロックに関連する設定を行います。
Ai Tweaker メニューで設定値を変更する際はご注意ください。不正な値を設定するとシステム
誤作動の原因となります。
このセクションの設定オプションは取り付けたCPUとメモリーにより異なります。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Main
Ai Tweaker
Exit
Advanced
Monitor
Boot
Tool
[X.M.P.] When XMP is enabled BCLK
frequency, CPU ratio and memory
parameters will be auto optimized.
Target CPU Turbo-Mode Speed : 2600MHz
Target DRAM Speed: 1333Mhz
Memory Frequency
iGPU Max. Frequency
Auto
Auto
> GPU Boost
> DRAM Timing Control
> CPU Power Management
CPU Voltage
Auto
iGPU Offset Voltage
Auto
DRAM Voltage
1.500V
Auto
VCCSA Voltage
0.925V
Auto
PCH Voltage
Auto
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
ASUS P8H77-I
2-13
Target CPU Turbo-Mode Speed : xxxxMHz
設定保存後のTurbo boost時最大CPU動作周波数の目安が表示されます。
Target DRAM Speed : xxxxMHz
設定保存後の最大メモリー動作周波数の目安が表示されます。
2.4.1
Memory Frequency [Auto]
メモリーの動作周波数を設定します。
設定オプション:[Auto] [DDR3-1066MHz] [DDR3-1333MHz] [DDR3-1600MHz]
メモリー周波数の設定値が高すぎると、システムが不安定になる場合があります。不安定になっ
た場合は、設定をデフォルト設定値に戻してください。
2.4.2
iGPU Max. Frequency [xxx]
統合型グラフィックス(iGPU)の周波数を設定します。
設定範囲はxxxxMHz (by CPU) 〜3000MHzで、50MHz刻みで調節します。数値の調節は <+>
<-> キーで行います。
2.4.3
[OK]
[Cancel]
2.4.4
GPU Boost [OK]
iGPU 周波数を状態によって自動的に最適化します。
iGPU周波数を固定します。
DRAM Timing Control
メモリーのアクセスタイミングに関する各処理時間を設定することができます。数値の調節は
<+> <-> キーで行います。デフォルト設定に戻すには、キーボードで [auto] と入力し、<Enter>キ
ーを押します。
この項目の設定を変更するとシステムが不安定になる場合があります。不安定になった場合
は、デフォルト設定に戻してください。
2.4.5
CPU Power Management
CPUの動作倍率やEnhanced Intel SpeedStep(R)、Turbo Boostの設定をすることができます。
CPU Ratio [Auto]
非Turbo Boost時のCPU最大動作倍率を設定します。数値の調節は <+> <-> キーで行います。
設定範囲はお使いのCPUにより異なります。
Enhanced Intel SpeedStep Technology [Enabled]
CPUの負荷に応じて動作周波数や電圧を段階的に変化させることで消費電力と発熱を抑える、拡
張版 Intel SpeedStep(R) テクノロジー(EIST)の有効/無効を設定します。
[Disabled]
CPUは定格速度で動作します。
[Enabled]
OSが自動的にCPUの電圧とコア周波数を調節します。これにより電力消費と発
熱量を抑えることができます。
Turbo Mode [Enabled]
この項目は「Enhanced Intel SpeedStep Technology」を[Enabled] にすると表示されます。
[Enabled]CPUにかかる負荷や発熱の状況に応じて動作クロックを変化させる、
Intel® Turbo Boost Technologyを有効にします。
[Disabled]
この機能を無効にします。
2-14
Chapter 2: UEFI BIOS設定
次の各項目は「Enhanced Intel® SpeedStep Technology」
と
「Turbo Mode」を [Enabled] にす
ると表示されます。
Long duration power limit [Auto]
Turbo Boost 時のTDP制限を設定します。パフォーマンス向上のために、Turbo Boost 時の電力値
(TDP)を最大255Wまで設定することができます。数値の調節は <+> <-> キーで行います。
Long duration maintained [Auto]
システムパフォーマンスが上限に達した場合の最大電力(TDP制限)持続時間を設定します。値は
1~32の間で設定することができます。数値の調節は <+> <-> キーで行います。
Short duration power limit [Auto]
「Long Duration Power Limit」で設定されたTDP制限を超えてしまった場合、迅速に保護を行う
ための第2電力制限値を設定しますです。通常この値は「Long Duration Power Limit」で設定さ
れた数値の1.25倍の値が設定されます。数値の調節は <+> <-> キーで行います。
Primary Plane Current Limit [Auto]
CPUコアに対する最大瞬時電流の電流制限値を設定します。数値は1/8 A (0.125A) 刻みで設定すること
ができます。数値の調節は <+> <-> キーで行います。
Secondary Plane Current Limit [Auto]
統合グラフィックスコアに対する最大瞬時電流の電流制限値を設定します。数値は 1/8 A (0.125A) 刻みで
設定することができます。数値の調節は <+> <-> キーで行います。
項目によっては数字キーまたは<+> と <-> キーで数値を入力します。数値の入力を終えたら
<Enter>を押し数値を決定します。なお、デフォルト設定に戻す場合は、キーボードで [auto] と
入力し<Enter>を押します。
2.4.6
CPU Voltage [Auto]
CPUコアへの供給電圧を設定します。
設定オプション:[Auto] [+0.05V] [+0.10V] [+0.15V]
2.4.7
iGPU Offset Voltage [Auto]
iGPU オフセット電圧を設定します。
設定範囲は0.005V〜0.635Vで、0.005V刻みで調節します。
2.4.8
DRAM Voltage [Auto]
メモリーの電圧を設定します。
設定範囲は1.185V〜2.135Vで、0.005V刻みで調節します。
1.65Vを超過する電圧の必要なメモリーを取り付けるとCPUが損傷することがあります。1.65V
未満の電圧を必要とするメモリーを取り付けることをお勧めします。
ASUS P8H77-I
2-15
2.4.9
VCCSA Voltage [Auto]
Vcore System Agent(VCCSA)電圧を設定します。
設定範囲は0.800V〜1.000Vで、0.005V刻みで調節します。
• 各項目の数値はリスクの度合いに応じて色分けして表示されます。
• 電圧を高く設定する場合は、冷却システムを増強することをお勧めします。
2.4.10
PCH Voltage [Auto]
プラットフォーム・コントローラー・ハブ(PCH)の電圧を設定します。数値の調節は <+> <-> キーで
行います。
設定オプション:[Auto] [+0.05V] [+0.10V] [+0.15V]
2.5
アドバンスドメニュー
CPU、チップセット、オンボードデバイスなどの詳細設定の変更ができます。
アドバンスドメニューの設定変更は、システムの誤動作の原因となることがあります。設定の
変更は十分にご注意ください。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Main
Ai Tweaker
Advanced
Exit
Monitor
Boot
Tool
Trusted Computing (TPM) settings
> CPU Configuration
> PCH Configuration
> SATA Configuration
> System Agent Configuration
> USB Configuration
> Onboard Devices Configuration
> APM
> Network Stack
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
2-16
Chapter 2: UEFI BIOS設定
2.5.1
CPU 設定
CPUに関する設定をすることができます。
この画面に表示される項目は、取り付けたCPUにより異なります。
Intel Adaptive Thermal Monitor [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
オーバーヒートしたCPUのクロックを抑えることで冷却を図ります。
この機能を無効にします。
Active Processor Cores [All]
各プロセッサーパッケージで有効にするコア数を設定します。
設定オプション:[All] [1] [2] [3]
Limit CPUID Maximum [Disabled]
CPUID命令が実行されたとき、新しいCPUは3よりも大きな戻り値を返すことがあり特定のオペレ
ーティングシステムで問題を引き起こす場合があります。この項目を[有効]に設定することにより、
戻り値を3以下に制限し問題を回避します。この問題はWindowsオペレーティングシステムでは発
生いたしません。
[Enabled]
CPUID拡張機能搭載のCPUをサポートしていない場合でも、レガシーOSを起
動させます。
[Disabled]
この機能を無効にします。
Execute Disable Bit [Enabled]
DEP (データ実行防止)機能を持つ特定のOSと組み合わせて使用する事で、悪意のあるプログラ
ムが不正なメモリー領域を使用する事をハードウェア側で防ぎます。
[Enabled]
[Disabled]
Intel(R) eXecute Disable bit (XD bit)を有効にします。
この機能を無効にします。
Intel® Virtualization Technology [Disabled]
[Enabled]
[Disabled]
仮想マシン・モニター(VMM)で様々なハードウェアを使用することが可能にな
ります。
この機能を無効にします。
Hardware Prefetcher [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
L2へのデータアクセスパターンからストリームを検出した場合、メモリから
L2キャッシュにプリフェッチする、Mid-Level Cache(MLC)ストリーマー・プリ
フェッチ機能を有効にします。
この機能を無効にします。
Adjacent Cache Line Prefetch [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
隣接したキャッシュラインのプリフェッチを実行する機能を有効にします。
この機能を無効にします。
CPU Power Management Configuration
CPU Ratio [Auto]
非Turbo Boost時のCPU最大動作倍率を設定します。数値の調節は <+> <-> キーで行います。
設定範囲はお使いのCPUにより異なります。
ASUS P8H77-I
2-17
Enhanced Intel SpeedStep Technology [Enabled]
CPUの負荷に応じて動作周波数や電圧を段階的に変化させることで消費電力と発熱を抑える、拡
張版 Intel SpeedStep(R) テクノロジー(EIST)の有効/無効を設定します。
[Disabled]
CPUはデフォルトの速度で動作します。
[Enabled]
OSでCPU速度を調節します。
Turbo Mode [Enabled]
この項目は「Enhanced Intel SpeedStep Technology」を[Enabled} にすると表示され、Intel®
Turbo Mode Technology の有効/無効を設定します。
[Enabled]
CPUにかかる負荷や発熱の状況に応じて動作クロックを変化させる機能を有
効にします。
[Disabled]
この機能を無効にします。
CPU C1E [Auto]
アイドル状態のCPUを休止状態にする省電力モード(C1Eステート)の設定を行います。
設定オプション:[Auto] [Enabled] [Disabled]
CPU C3 Report [Auto]
アイドル状態のCPUコアとバスクロック、CPUのクロック生成機を停止するディープ・スリープ状態
の有効/無効を設定します。
設定オプション:[Auto] [Enabled] [Disabled]
CPU C6 Report [Auto]
CPUコア個々のL1/L2キャッシュ内容を破棄し、コア電圧を極限まで下げるディープ・パワー・ダウ
ン状態の有効/無効を設定します。
設定オプション:[Auto] [Enabled] [Disabled]
2.5.2
PCH設定
High Precision Timer [Enabled]
高精度イベントタイマーの有効/無効を設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
Intel(R) Rapid Start Technology
Intel(R) Rapid Start Technology [Disabled]
Intel(R) Rapid Start Technologyの有効/無効を設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
Intel(R) Smart Connect Technology
ISCT Configuration [Disabled]
Intel(R) Smart Connect Technologyの有効/無効を設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
2-18
Chapter 2: UEFI BIOS設定
2.5.3
SATA 設定
UEFI BIOS Utilityの起動中は、UEFI BIOSは自動的にシステムに取り付けられたSATAデバイスを
検出します。取り付けられていない場合は、SATA Port の項目は「Not Present」
と表示されます。
SATA Mode Selection [IDE]
SATAの設定を行います。
[IDE]SATAデバイスをIDEデバイスとして認識させます。
[AHCI]
SATAデバイス本来の性能を発揮させます。このモードを選択することによりホ
ットプラグ機能とネイティブ・コマンド・キューイング (NCQ) をサポートするこ
とができます。
[RAID]
SATAデバイスでRAIDアレイを構築することができます。
S.M.A.R.T. Status Check [Enabled]
自己診断機能 S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)の有効/無効を
設定します。記憶装置で読み込み/書き込みエラーが発生すると、POST実行中に警告メッセージ
が表示されます。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
Hot Plug [Disabled]
この項目はSATA Mode Selectionを[AHCI]または[RAID]に設定すると表示されます。SATAポート
のホットプラグ機能の有効/無効を設定することができます。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
2.5.4
システムエージェント設定
Memory Remap Feature [Enabled]
32bitプロセスにおいて4GB以上のアドレス空間を再割り当て(リマッピング)する機能の有効/無
効を設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
Graphics Configuration
Primary Display [Auto]
プライマリ(第1)デバイスとして使用するグラフィックコントローラーを選択します。
設定オプション:[Auto] [iGPU] [PCIE]
iGPU Memory [64M]
統合グラフィックス(iGPU)用メモリーとして、メインメモリーからの割り当てを設定します。
設定オプション:[32M] [64M] [96M] [128M] ~ [448M] [480M] [512M] [1024M]
Render Standby [Enabled]
画面描画などのグラフィック処理状態に応じて自動的に節電モードへ移行し消費電力を抑
えるIntel(R) Graphics Render Standby Technologyの有効/無効を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
iGPU Multi-Monitor [Disabled]
統合型グラフィックスとディスクリートグラフィックスの Lucid Virtu サポートの有効/無効を
設定します。有効に設定した場合、メインメモリーから割り当てられるiGPUメモリーサイズ
は64MBに固定されます。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
NB PCIe Configuration
PCIE X16_1 [Auto]
PCIEX16_1 レーンのリンク速度を設定します。
設定オプション:[Auto] [Gen1] [Gen2] [Gen3]
ASUS P8H77-I
2-19
2.5.5
USB設定
USB関連の機能を変更することができます。
「USB Devices」の項目には自動検出した値が表示されます。USB デバイスが検出されない
場合は「None」
と表示されます。
Legacy USB Support [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
[Auto]
レガシーOS用にUSBデバイスのサポートを有効にします。
USBデバイスはUEFI BIOS Utilityでのみ使用できます。
起動時にUSBデバイスを検出します。USBデバイスが検出されると、USBコント
ローラーのレガシーモードが有効になり、検出されないとレガシーUSBのサポート
は無効になります。
Legacy USB3.0 Support [Enabled]
前の項目を [Enabled] または [Auto] に設定すると表示されます。
[Enabled]
レガシーOS用にUSB 3.0デバイスのサポートを有効にします。
[Disabled]
この機能を無効にします。
Intel xHCI Mode [Smart Auto]
[Smart Auto]
[Auto]
[Enabled]
[Disabled]
システムの状況に合わせて自動的にxHCIホストコントローラーの動作モード
を切り替えます。
自動的にxHCIホストコントローラーの動作モードを設定します。
xHCI ホストコントローラーを常に有効にします。
xHCI ホストコントローラーを無効にします。
EHCI Hand-off [Disabled]
[Enabled]
[Disabled]
2.5.6
EHCI ハンドオフ機能のないOSでも問題なく動作させることができます。
この機能を無効にします。
オンボードデバイス設定構成
HD Audio Controller [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
Intel(R) High Definition Audio コントローラーを有効にします。
Intel(R) High Definition Audio コントローラーを無効にします。
次の項目は「HD Audio Controller」を [Enabled] に設定すると表示されます。
Front Panel Type [HD]
フロントパネルオーディオモジュールがサポートするオーディオ規格により、フロントパネルオー
ディオコネクター(AAFP)モードを AC’97 またはHDオーディオに設定することができます。
[HD]
フロントパネルオーディオコネクター(AAFP)モードをHDオーディオにします。
[AC97]
フロントパネルオーディオコネクター(AAFP)モードを AC’97にします。
Realtek LAN Controller [Enabled]
[Enabled]
[Disabled]
2-20
Realtek Gigabit Ethernet コントローラーを有効にします。
このコントローラーを無効にします。
Chapter 2: UEFI BIOS設定
Realtek PXE OPROM [Disabled]
この項目は前の項目を[Enabled] にすると表示され、Realtek Gigabit Ethernet コントローラー
PXE(Pre-Boot eXecution Environment)のオプションROMによる起動の有効/無効を設定します。
設定オプション:[Enabled] [Disabled]
2.5.7
APM
Restore AC Power Loss [Power Off]
[Power On]
[Power Off]
[Last State]
電力が遮断された場合、その後、通電したときは電源はONとなります。
電力が遮断された場合、その後、通電したときは電源はOFFのままとなります。
電力が遮断された場合、その後、通電したときは電源は遮断される直前の状態
に戻ります。
Power On By PS/2 Keyboard [Disabled]
[Disabled]
[Space Bar]
[Ctrl-Esc]
[Power Key]
PS/2 キーボードで電源をONにする機能を無効にします。
PS/2 キーボードのスペースキー(スペースバー)でシステムをONにします。
PS/2 キーボードの <Ctrl+Esc>キーでシステムをONにします。
PS/2 キーボードのPower キーでシステムをONにします。この機能を利用する
には、+5VSBリード線で最低1Aを供給するATX電源を必要とします。
Power On By PCIE [Disabled]
[Disabled]PCI Express デバイスが起動信号を受信した場合のウェイクアップ機能を無効
にします。
[Enabled]この機能を有効にします。
Power On By RTC [Disabled]
[Disabled]
[Enabled]
2.5.8
外部モデムが起動信号を受信した場合のウェイクアップ機能を無効にします。
この機能を有効にします。
Network Stack
Network Stack [Disable Link]
ネットワークブート(PXE/UEFI)の有効無効を設定します。
設定オプション:[Disable Link] [Enable]
ASUS P8H77-I
2-21
2.6
モニターメニュー
システム温度/電源の状態が表示されます。また、ファンの各種設定変更が可能です。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Main
Ai Tweaker
Exit
Advanced
Monitor
Boot
Tool
CPU Temperature
CPU Temperature
+34ºC / +93ºF
MB Temperature
+31ºC / +87ºF
CPU Fan Speed
1717 RPM
Chassis Fan Speed
N/A
CPU Q-Fan Control
Enabled
CPU Fan Speed Low Limit
600 RPM
CPU Fan Profile
Standard
Chassis Q-Fan Control
Enabled
Chassis Fan Speed Low Limit
600 RPM
Chassis Fan Profile
Standard
CPU Voltage
+1.186 V
3.3V Voltage
+3.312 V
5V Voltage
+5.080 V
12V Voltage
+12.192 V
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Anti Surge Support
Enabled
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012
American Megatrends, Inc.
画面を上下方向にスクロールさせると、画面内に収まっていない項目を表示させることができま
す。
Anti Surge Support
Enabled
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
2-22
Chapter 2: UEFI BIOS設定
2.6.1
CPU Temperature / MB Temperature [xxxºC/xxxºF]
オンボードハードウェアモニターはCPUの温度とマザーボードの温度を自動検出しその値を表示
します。なお、[Ignore] にすると、表示されなくなります。
2.6.2CPU / Chassis Fan Speed [xxxx RPM] or [Ignore] / [N/A]
オンボードハードウェアモニターはCPUファン、ケースファンのスピードを自動検出し、RPMの単
位で表示します。マザーボードにファンが接続されていない場合は、[N/A] と表示されます。なお、
[Ignore] にすると、表示されなくなります。
2.6.3
CPU Q-Fan Control [Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
この機能を無効にします。
CPUファンのQ-Fanコントロール機能を有効にします。
CPU Fan Speed Low Limit [200 RPM]
この項目は「CPU Q-Fan Control」を有効にすると表示されます。CPUファンの最低回転数を設定
します。CPUファンの回転数がこの値を下回ると警告が発せられます。
設定オプション:[Ignore] [100 RPM] [200 RPM] [300 RPM] [400 RPM] [500 RPM]
CPU Fan Profile [Standard]
この項目は「CPU Q-Fan Control」機能を有効にすると表示されます。CPUファンの最適な
パフォーマンスレベルを設定できます。
[Standard]温度により自動調整します。
[Silent]常時低速回転で動作します。
[Turbo]
常時最高速回転で動作します。
[Manual] 温度とデューティサイクルを手動で設定します。
次の4つの項目は「CPU Fan Profile」を [Manual] にすると表示されます。
CPU Upper Temperature [70]
CPU温度の上限値を設定します。CPUの温度がこの上限値に達すると、CPUファンは
デューティーサイクルの最大値で動作します。
設定範囲は20℃~75℃です。
CPU Fan Max. Duty Cycle(%) [100]
CPUファンのデューティーサイクルの最大値を設定します。設定値はCPU Fan Min. Duty
Cycle以上、または同じである必要があります。
設定範囲は 20%〜100%です。
CPU Lower Temperature [20]
CPU温度の下限値を設定します。CPUの温度がこの下限値を下回ると、CPUファンはデュ
ーティーサイクルの最小値で動作します。設定値はCPU Upper Temperature以下、また
は同じである必要があります。
設定範囲は 20℃~75℃です。
CPU Fan Min. Duty Cycle(%) [20]
CPUファンのデューティーサイクルの最小値を設定します。設定値はCPU Fan Max. Duty
Cycle以下、または同じである必要があります。
設定範囲は 0% 〜100%です。
ASUS P8H77-I
2-23
2.6.4
Chassis Q-Fan Control [Enabled]
[Disabled]
[Enabled]
この機能を無効にします。
ケースファンのQ-Fanコントロール機能を有効にします。
Chassis Fan Speed Low Limit [600 RPM]
この項目は「Chassis Q-Fan Control」を有効にすると表示されます。ケースファンの最低回転数を
設定します。ケースファンの回転数がこの値を下回ると警告が発せられます。
設定オプション:[Ignore] [200 RPM] [300 RPM] [400 RPM] [500 RPM] [600 RPM]
Chassis Fan Profile [Standard]
この項目は「Chassis Q-Fan Control」機能を有効にすると表示されます。ケースファンの最
適なパフォーマンスレベルを設定できます。
[Standard]温度により自動調整します。
[Silent]常時低速回転で動作します。
[Turbo]
常時最高速回転で動作します。
[Manual] 温度とデューティサイクルを手動で設定します。
次の4つの項目は「Chassis Fan Profile」を [Manual] にすると表示されます。
Chassis Upper Temperature [70]
ケース内温度の上限値を設定します。ケース内温度がこの上限値に達すると、ケースファン
はデューティーサイクルの最大値で動作します。
設定範囲は40℃~90℃です。
Chassis Fan Max. Duty Cycle(%) [100]
ケースファンのデューティーサイクルの最大値を設定します。設定値はChasis Fan Min.
Duty Cycle以上、または同じである必要があります。
設定範囲は60%〜100%です。
Chassis Lower Temperature [40]
ケース内温度の下限値です。
ケース内温度がこの下限値を下回ると、ケースファンはデューティーサイクルの最小値
で動作します。
CPU Fan Min. Duty Cycle(%) [60]
ケースファンのデューティーサイクルの最小値を設定します。設定値はChassis Fan Max.
Duty Cycle以下、または同じである必要があります。
設定範囲は 60% 〜100%です。
2.6.5
CPU Voltage, 3.3V Voltage, 5V Voltage, 12V Voltage
オンボードハードウェアモニターは電圧レギュレータを通して電圧出力を自動検出しその値を表
示します。なお、[Ignore] にすると、表示されなくなります。
2.6.6
Anti Surge Support [Enabled]
アンチサージ機能の有効/無効を設定します。
設定オプション:[Disabled] [Enabled]
2-24
Chapter 2: UEFI BIOS設定
2.7
ブートメニュー
システムをブートする際のオプションを変更します。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Exit
Advanced
Monitor
Boot
Tool
Select the keyboard NumLock state
Bootup NumLock State
On
Full Screen Logo
Enabled
Wait for ‘F1’ If Error
Option ROM Messages
Setup Mode
UEFI/Legacy Boot
Enabled
Force BIOS
EZ Mode
Enable bot...
Boot Option Priorities
→←: Select Screen
↑↓: Select Item
Enter: Select
+/-: Change Opt.
F1: General Help
F2: Previous Values
F3: Shortcut
F5: Optimized Defaults
F10: Save ESC: Exit
F12: Print Screen
Boot Override
Version 2.10.1208. Copyright (C) 2012 American Megatrends, Inc.
2.7.1
Bootup NumLock State [On]
[On]
システム電源ON時、キーボードのNumLock 機能をONにします。
[OFF]
システム電源ON時、キーボードのNumLock 機能はOFFの状態です。
2.7.2
Full Screen Logo [Enabled]
[Enabled]
システム起動時のASUSロゴ画面を表示します。
[Disabled]
システム起動時のASUSロゴ画面を表示しません。
ASUS MyLogo™ 機能をご利用になる場合は「Full Screen Logo」の項目を [Enabled] に設定し
てください。
Post Report [5 sec]
この項目は、
「Full Screen Logo」を[Disabled]にすると表示されます。POSTレポートの待機時間
を1-10秒で選択することができます。
設定オプション:[1 sec] [2 sec] [3 sec] [4 sec] [5 sec] [6 sec] [7 sec] [8 sec] [9 sec] [10 sec]
[Until Press ESC]
2.7.3
[Disabled]
[Enabled]
ASUS P8H77-I
Wait for ‘F1’ If Error [Enabled]
この機能を無効にします。
POSTエラー発生時に<F1> を押すまでシステムを待機させます。
2-25
2.7.4
Option ROM Messages [Force BIOS]
[Force BIOS]サードパーティのROMメッセージをブートシーケンス時に強制的に表示
させます。
[Keep Current]アドオンデバイスの設定に従い、サードパーティROMメッセージを表示さ
せます。
2.7.5
Setup Mode [EZ Mode]
[Advanced Mode]
[EZ Mode]
2.7.6
SUEFI BIOS Utility起動時の初期画面として、Advanced Mode を表示します。
UEFI BIOS Utility起動時の初期画面として、EZ Mode を表示します。
UEFI/Legacy Boot [Enabled both UEFI and Legacy]
[Enable both UEFI and Legacy]UEFIデバイス、またはレガシーデバイスからの起動を有効に
します。
[Disable UEFI] UEFIデバイスからの起動を無効にします。
[Disable Legacy] レガシーデバイスからの起動を無効にします。
2.7.7
Boot Option Priorities
なデバイスから、ブートデバイスの起動優先順位を指定します。画面に表示されるデバイスの数
は、ブート可能なデバイスの数に依存します。
• システム起動中にブートデバイスを選択するには、POST時に<F8> キーを押します。
• セーフモードでWindows ® OSを起動するには、POSTの後に<F8> キーを押します。ブートデ
バイスの選択画面が表示されてしまう場合は、ブートデバイスの選択画面で<ESC>キーを押
した後にすばや<F8>キーを押すことで詳細ブート オプションを起動することが可能です。
2.7.8
Boot Override
ブートデバイスを選択し起動します。画面に表示されるデバイスの項目の数は、システムに接続
されたデバイスのにより異なります。項目(デバイス)を選択すると、選択したデバイスからシステ
ムを起動します。
2-26
Chapter 2: UEFI BIOS設定
2.8
ツールメニュー
ASUS独自機能の設定をします。マウスで項目を選択するか、キーボードのカーソルキーで項目を
選択し、<Enter>キーを押してサブメニューを表示させることができます。
UEFI BIOS Utility - Advanced Mode
Ai Tweaker
Main
Advanced
Exit
Monitor
Boot
Tool
Be used to update BIOS
> ASUS EZ Flash 2 Utility
> ASUS O.C. Profile
> ASUS SPD Information
2.8.1
ASUS EZ Flash 2 Utility
Allows ASUS EZ Flash 2 Utility を起動します。<Enter>を押すと、確認メッセージが表示されま
す。カーソルキーを使って [Yes] または [No] を選択し <Enter> を押して選択を決定します。
詳細はセクション「2.1.2 ASUS EZ Flash 2 」をご参照ください。
2.8.2
ASUS O.C. Profile
複数のBIOS設定を保存して簡単に呼び出すことができます。
プロファイルが作成されていない場合、
「Setup Profile Status」には「Not Installed」
と表示さ
れます。
Label
保存するプロファイルのタイトルを入力します。
Save to Profile
現在の設定をプロファイルとして保存します。キーボードで1から8の数字を入力しプロファイル番
号を割り当て、<Enter>を押し「Yes」を選択します。
Load from Profile
保存したプロファイルから設定を読み込みます。プロファイルの番号をキーボードで入力し、
<Enter>を押し「Yes」を選択します。
• 設定をロード中はシステムのシャットダウンやリセットを行わないでください。システム
起動エラーの原因となります。
• 設定をロードする場合は、保存された設定の構成時と同一のハードウェア(CPU、メモリーな
ど)
とBIOSバージョンでのご使用をお勧めします。異なったハードウェアやBIOSバージョン設定
をロードすると、システム起動エラーやハードウェアが故障する可能性がございます。
2.8.3
ASUS SPD Information
DIMM Slot # [DIMM_A1]
取り付けられたメモリーモジュールのSerial Presence Detect (SPD)情報を表示します。
設定オプション:[DIMM_A1][DIMM_B1]
ASUS P8H77-I
2-27
2.9
終了メニュー
設定の保存や取り消しのほか、デフォルト設定の読み込みを行います。終了メニューから
EZ Mode を起動することができます。
Exit
Load Optimized Defaults
Save Changes & Reset
Discard Changes & Exit
ASUS EZ Mode
Launch EFI Shell from filesystem device
Load Optimized Defaults
それぞれの値に、デフォルト設定値をロードします。このオプションを選択するか、<F5> を押すと
確認画面が表示されます。
「YES」を選択してデフォルト設定値をロードします。
Save Changes & Reset
設定が終了したら、
「Exit」メニュ−からこのオプションを選択し、設定をCMOS RAM に保存して
終了します。このオプションを選択するか、<F10>を押すと確認画面が表示されます。
「YES」を
選択して、設定変更を保存し、UEFI BIOS Utilityを閉じます。
Discard Changes & Exit
UEFI BIOS Utility で行った設定を破棄し、セットアップを終了する場合にこの項目を選択します。
このオプションを選択するか<ESC>を押すと確認画面が表示されます。
「YES」を選択して、設定変更
を保存せずに、UEFI BIOS Utilityを閉じます。
ASUS EZ Mode
EZ Mode を起動します。
Launch UEFI Shell from filesystem device
USBストレージデバイスから、EFI Shell アプリケーション(Shellx64.efi)を起動します。
2-28
Chapter 2: UEFI BIOS設定
2.10
Intel® 2012 Desktop Responsiveness Technology 概要
Intel® 2012 Desktop Responsiveness Technology は、次の3つの要素を備えています。
•
Intel® Smart Response Technology
•
Intel® Rapid Start Technology
•
Intel® Smart Connect Technology
システム要件
Intel® 2012 Desktop Responsiveness Technology を使用するには、以下の要件を満たす必要が
あります。
1. CPU:
3rd/2nd Generation Intel® Core™ Processor Family
2. OS:
Windows® 7 オペレーティングシステム
3. SSD:
キャッシュドライブ用に、最低1台のIntel® Rapid Start TechnologyとIntel® Smart
Response TechnologyをサポートするSSD(ソリッドステートドライブ)
システムメモリーに対するSSDの容量やパーティションサイズについては、次のページの
SSD容量要件をご確認ください。
4. HDD:
システムドライブ用に、最低1台のHDD(ハードディスクドライブ)
5. DRAM:
8GB以下のシステムメモリー
1台のSSDでIntel® Rapid Start TechnologyとIntel® Smart Response Technologyを設定する場
合は、先にIntel® Smart Response Technologyを設定してください。
ASUS P8H77-I
2-29
SSD 容量要件
SSD パーティション要件
2GB
4GB
8GB
Intel Rapid Start
2GB
4GB
8GB
Intel Smart Response
20GB
20GB
20GB
Intel® Smart Response
Intel® Rapid Start
各20GB、2GB
パーティション
(SSDサイズ>22GB)
各20GB、4GB
パーティション
(SSDサイズ>24GB)
各20GB、8GB
パーティション
(SSDサイズ>28GB)
®
機能
システムメモリー
®
•Intel® Rapid Start Technology とIntel® Smart Response Technology を設定するSSDは、別途
RAIDアレイを構築することはできません。
•メモリーの割り当てに関する制限により、32bit Windows® OSでは4GB以上のシステムメ
モリーを取り付けても、OSが実際に利用可能な物理メモリーは4GB未満となります。
•Intel® Z77 Express チップセットのSATAポート(グレー、ブルー)でのみ、Intel® 2012
Desktop Responsiveness Technology をサポートします。
•Intel® Rapid Start TechnologyとIntel® Smart Response Technologyの性能は、取り付け
られたSSDよって異なります。
2-30
Chapter 2: UEFI BIOS設定
Intel® Smart Response Technology
Intel® Smart Response Technology はIntel® Rapid Storage Technology の機能のひとつで、
SSDの領域(最小18.6GB/最大64GB)をHDDのキャッシュとして使い、HDDのパフォーマンスを
向上させる機能です。これによりデータの転送速度や読み込み時間が短縮され、不要なHDDの
回転を減らすことにより消費電力も抑えることができます。
Intel® Smart Response Technology を使用する際は、UEFI BIOSで「SATA Mode Selection」を
[RAID] に設定してください。
Intel® Smart Response Technology をインストールする
1.
サポートDVDを光学ドライブにセットします。OSの Autorun 機能が有効になっていれば、
ドライバーメニューが自動的に表示されます。
2. ドライバーのタブをクリックし、
「Intel® Rapid Storage Technology」をクリックします。
3.
画面の指示に従い、インストールを完了します。
Intel® Smart Response Technology を使用する
1.
「Intel® Rapid Storage Technology」
コントロールパネルを起動し、
「高速」を
クリックします。Intel® Smart Response
Technology 画面の「高速の有効」を
クリックします。
2.
a.ストレージシステムを高速化するために使
用するソリッドステートドライブ
(SSD)を選択します。
b. キャッシュメモリーに割り当てるサイズを
選択します。
c. 高速化するハードディスクドライブ
(HDD)またはボリュームを選択します。
d. 拡
張モード:SSDとHDDの両方にデータを
書き込む、ライトスルー方式です。
最速モード:まずSSDにデータを書き込
み、後でHDDにデータを書き出すライト
バック方式です。
ASUS P8H77-I
2-31
Intel® Smart Response Technologyを無効にする/モードを変更する
3.
「Intel® Smart Response Technology」
コントローラーを起動し、
「Accelerate」を
クリックします。無効にする場合は
「Disable Acceleration」を選択します。
動作モードを変更する場合は、
「Change
Mode」を選択し、変更する動作モードを選
択します。
・ Intel® Smart Response Technology を使用するには以下のシステム要件を満たしている
必要があります。
-Intel® Smart Response Technology をサポートするCPUが取り付けられている。
-Windows® 7 のインストールが完了し、使用できる状態である。
-
SATAの動作モードが「RAID」モードに設定されている。
-
1組以上のSSDとHDDが接続されている。
-
SSDに最低18.6GB以上の容量がある。
-SSDとHDDがIntel® チップセットのコントロールするSATAポートに接続されている。
-Intel® Rapid Storage Technology V.10.5.0以降がインストールされている。
-
HDDがNTFS形式でフォーマットされている。
・ Intel® Smart Response Technology 使用時には以下の点にご注意ください。
2-32
-
SATA動作モードはRAID必須ですが、HDDの接続は1台のみでも可能です。
-Intel® Smart Response Technology で高速設定可能なドライブは1ドライブ、或いは
1つのRAIDアレイのみです。
-Intel® Smart Response Technology 設定時に、SSDのパーティションテーブルは
すべて初期化され全領域がフォーマットされます。
-キャッシュ用に割り当てられるSSDの最大容量は64GBです。キャッシュ以外の領域は
通常のボリュームとして使用することが可能です。
-
-OSを復旧する、ドライバーやUEFI BIOSを更新する、SSDを取り外し交換を行う場合は
必ず事前にIntel® Smart Response Technology を無効にしてください。
-
-lntel® Smart Response Technology のパフォーマンスは取り付けたSSDにより異なり
ます。
SSDとSSDを組み合わせて使用することはできません。
Intel® Smart Response Technology のサポートはCPUにより異なります。
Chapter 2: UEFI BIOS設定
Intel® Rapid Start Technology
Intel® Rapid Start Technologyは、SSDを利用することで、休止状態からのシステムの起動を高速
化し時間の節約と省電力性能の向上を実現します。
・ この機能を使用するには、システムドライブの他に1台以上のSSDを取り付ける必要があり
ます。
・ Intel® Rapid Start Technologyを設定する前に、UEFI BIOS Utilityを起動し、
「Advanced Mode」→
「Advance」→「PCH Configuration」→「Intel(R) Rapid Start Technology」→「Intel(R) Rapid
Start Technology」を[Enabled]に設定する必要があります。
パーティションの作成
SSDを既にお使いの場合は、パーティションの作成を実行する前にデータのバックアップ
を行ってください。
1.
スタートメニューで「コンピューター」を右クリックし、
「管理」をクリックしてコンピュータ
ーの管理画面を開きます。コンピューターの管理画面で「記憶域」→「ディスクの管理」の
順に開きます。
2.
Intel® Rapid Start
Technologyのキャッシュ用
パーティションを作成する
ディスク(SSD)を選択します。
3.
ディスクにボリュームが存在
する場合は、ボリュームの拡
張/縮小でパーティションのサ
イズを変更します。
4.
SSDの初期化/フォーマットが
行われていない場合:
a. パーティションを作成したいディスク上で右クリックし、
「ディスクの初期化」を選択します。
b. 未割り当てのボリュームを右クリックし、
「新しいシンプルボリューム」を作成します。
ご使用のSSD容量が64GB未満で、Intel® Smart Response Technologyのキャッシュメモリーに割
り当てるサイズを「全ディスク容量」に設定されている場合は、ディスクの管理画面でSSDのボリュ
ームは表示されません。Intel® Rapid Start Technology を設定するには、Intel® Smart Response
Technologyのキャッシュメモリーに割り当てるサイズを「18.6 GB」に設定してください。
ASUS P8H77-I
2-33
5.
未割り当ての領域がシステム
メモリーと同じ値になるよう調
整します。(1GB = 1024MB)
システムメモリーサイズ(実装
メモリ)は、スタートから
「コンピューター」を右クリック
し「プロパティ」を選択すること
で表示することができます。
6.
スタートから
「すべてのプログラム」
→「アクセサリ」の順にクリックし、
「コマンドプロンプト」を起動しま
す。
7.
コマンドプロンプト上で
「diskpart」
と入力し<Enter>を
押します。
8. diskpartプロンプト上で「list disk」
と入力し<Enter>を押します。Intel®
Rapid Start Technologyを設定する
SSDのディスク番号を確認します。
「select disk X」(X = ディスク番号)と入力し<Enter>を押します。
•
「X」値には、Intel® Rapid Start Technologyキャッシュ用パーティションを設定するディスクの
番号を入力します。
•
ディスクのサイズはコンピューターの管理画面でご確認ください。
9.「create partition primary」
と
入力し<Enter>を押します。これ
により、Intel® Rapid Start
Technology用にパーティ
ションが確保されます。
10. 次に、
「detail disk」
と入力
し<Enter>を押します。現在
のディスク状態が表示され
ます。システムメモリーサイ
ズと同じ容量のボリューム
の番号を確認します。
・コマンドは必ず「半角英数字のみ」で入力してください。
・コマンドはスペース(空白)を含むすべての英数字を入力してください。
・括弧「」を入力する必要はありません。
2-34
Chapter 2: UEFI BIOS設定
11. 「Select volume X」
(X = ボリューム番号)と入力
し<Enter>を押します。
「X」値には、Intel® Rapid Start Technologyキャッシュ用パーティションを設定するボリューム
の番号を入力します。
12a.パーティション形式がMBRの場合
「set id=84」と入力し<Enter>を押しキャッシュ用パーティションを作成します。ディスク
の管理画面で、Intel® Rapid Start Technology用パーティションは「休止パーティション」
として表示されます。
12b. パーティション形式がGPTの場合
「set id=D3BFE2DE-3DAF-11DF-BA40-E3A556D89593」
と入力し<Enter>を押し
キャッシュ用パーティションを作成します。ディスクの管理画面で、Intel® Rapid Start
Technology用パーティションは「プライマリ パーティション」
として表示されます。
ドライブ
文字は割り当てられません。
* コマンドはハイフン”-”を含むすべての英数字を入力してください。
13. Intel® Rapid Start Technology用パーティションが正しく作成されていることを確認し、シス
テムを再起動します。システムの再起動後、サポートDVDのユーティリティからIntel® Rapid
Start Technologyソフトウェアをインストールしてください。
Intel® Rapid Start Technology用パーティションはシステムを再起動しないと有効になりませ
ん。システムを再起動せずにソフトウェアのインストールや設定を行うと誤作動や故障の原因
となります。
ASUS P8H77-I
2-35
OS環境でのIntel® Rapid Start Technologyの有効/無効の設定
パーティション作成後、サポートDVDのユーティリティから「Intel® Rapid Start Technology」をイン
ストールします。パーティションが正常に作成されていない場合や、UEFI BIOSの設定が正しくない
場合は、Intel® Rapid Start Technologyはインストールすることができません。
1. タスクトレイのアイコンをダブルクリックするか、または
右クリックし「設定」を選択します。
2.
有効にする場合は、ステータス「Intel® Rapid Start Technology」の「オン」をチェックし「保
存」をクリックします。無効にする場合は「オフ」をチェックし「保存」をクリックします。
オン/オフの設定
バッテリーの省 電 力モ
ードのオン/オフを設定。
この 機 能 はノートパソ
コン専用
タイマーのオン/オフを設定
設定変更を保存
S4ステート(休止状態)に移行する
までのシステムアイドル時間を設
定します。
設定変更を
キャンセル
UEFI BIOS UtilityのIntel(R) Rapid Start Technology設定とWindows®上のIntel(R) Rapid Start
Technologyは、同じ設定項目を持っています。これらの項目は最後に保存・適用された設定で
のみシステムは動作します。
2-36
Chapter 2: UEFI BIOS設定
パーティションの削除
システムからIntel® Rapid Start Technologyを削除し、 Intel Rapid® Start Technologyのインスト
ール用に作成したパーティションを復旧します。
1.
Intel® Rapid Start Technologyをオフにし、スタートから「すべてのプログラム」→
「アクセサリ」の順にクリックし、
「コマンドプロンプト」を起動します。
2.コマンドプロンプト上で
「diskpart」と入力し<Enter>を
押します。
3.
diskpartプロンプト上で
「list disk」と入力し<Enter>を
押します。
4. Intel® Rapid Start Technologyが設
定されているSSDのディスク番号を
確認します。
「select disk X」(X = ディスク番号)を入力し<Enter>を押します。
「X」値には、Intel® Rapid Start Technologyキャッシュ用パーティションが設定されているディ
スクの番号を入力します。
5.
「list partition」
と入力し
<Enter>を押します。Typeが
OEMと表示されているパーティシ
ョンの番号を確認します。
「select partition X」(X = パーテ
ィション番号)と入力し<Enter>を
押します。
「X」値には、Intel® Rapid Start Technologyキャッシュ用パーティションが設定されているディ
スクの番号を入力します。
6.
「delete partition override」
と入力し<Enter>を押します。これにより、Intel® Rapid Start
Technologyによって確保されていたパーティションが削除されました。削除されたパーテ
ィションの部分は未割り当て状態となります。
ASUS P8H77-I
2-37
7.
デスクトップから「スタート」→「コンピューター」を右クリックし、
「管理」をクリックします。
8.
「コンピューターの管理」画面で「ディスクの管
理」から、未割り当て状態のディスクでボリュー
ムの拡張や新しいシンプルボリュームを追加
することができます。
9. それぞれの作業はウィザードに従って簡
単に設定することができます。
10. 作業が完了したら、システムを再起動
します。
11.
2-38
システム再起動後、コントロールパネル
から、プログラムのアンインストールを
起動してIntel® Rapid Start Technologyを
アンインストールします。
Chapter 2: UEFI BIOS設定
Intel® Smart Connect Technology
Intel® Smart Connect Technologyで、システムがスリープ状態のときでも、電子メール、お気に入
りのアプリケーション、ソーシャル・ネットワークが継続的かつ自動的に更新されます。
•Intel® Smart Connect Technology はWindows® Live Mail、Microsoft Outlook®、
seesmicをサポートしています。
・Intel® Smart Connect Technologyを設定する前に、UEFI BIOS Utilityを起動し、
「Advanced Mode」→「Advance」→「PCH Configuration」→「Intel® Smart Connect
Technology」→「Intel® Smart Connect Technology」を[Enabled]に設定する必要があ
ります。
Intel® Smart Connect Technologyをインストールする
1. サポートDVD を光学ドライブにセットします。OSの Autorun 機能が有効になっていれば、
ド
ライバーメニューが自動的に表示されます。
2. 「ユーティリティ」をクリックし、
「Intel® Smart Connect Technology」をクリックします。
3. 「次へ」をクリックし設定ウィザードを開始します。
4. 「使用許諾契約書に同意します」をチェックし、
「次へ」をクリックします。
5. 機能をインストールする方法を選択し
「次へ」をクリックします。
6. 「インストール」をクリックし、Intel®
Smart Connect Technology ソフト
ウェアのインストールを開始します。
7. インストールが完了したら、セットアッ
プウィザードを終了するために「完了」
をクリックします。その後システムの再
起動が促されますので「はい」をクリッ
クしてシステムを再起動します。
Intel® Smart Connect Technologyを使
用する
•システムをスリープ状態に移行する前に、アプリケーションやソーシャルネットワーク
プログラムを起動しログインした状態を維持してください。
•Intel® Smart Connect Technologyを有効にする場合は、インターネットに接続されている
ことをご確認ください。
ASUS P8H77-I
2-39
1. スタートメニューから「すべてのプラグラム」→「Intel」→「Intel® Smart Connect
Technology」の順にクリックします。
2. 「基本設定」タブで「更新を有効にする」をクリックすることで、
「詳細設定」タブで拡張節電の
設定をすることができます。
詳細設定
ヘルプ
基本設定
更新を有効/無
効にする
すべての設定をデフォル
トにリセット
更新間隔の調整
3.更新機能を無効にするには、
「基本
設定」タブの「更新を無効にする」を
クリックします。設定をデフォルト
に戻すには、
「基本設定」タブの
「すべてをデフォルトにリセット」を
クリックします。
4.「詳細設定」タブで、更新頻度を減らし
消費電力をより節約する期間を設定し
ます。
5.「ヘルプ」タブでは、Intel® Smart
Connect Technologyソフトウェアの
バージョン情報と、
トピック(ヘルプ情
報)を確認することができます。
2-40
Chapter 2: UEFI BIOS設定
付録
ご注意
Federal Communications Commission Statement
This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the
following two conditions:
•
This device may not cause harmful interference.
•
This device must accept any interference received including interference that may cause
undesired operation.
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class
B digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed
to provide reasonable protection against harmful interference in a residential
installation. This equipment generates, uses and can radiate radio frequency energy
and, if not installed and used in accordance with manufacturer’s instructions,
may cause harmful interference to radio communications. However, there is
no guarantee that interference will not occur in a particular installation. If this
equipment does cause harmful interference to radio or television reception, which
can be determined by turning the equipment off and on, the user is encouraged to
try to correct the interference by one or more of the following measures:
•
Reorient or relocate the receiving antenna.
•
Increase the separation between the equipment and receiver.
•
Connect the equipment to an outlet on a circuit different from that to which the
receiver is connected.
•
Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.
The use of shielded cables for connection of the monitor to the graphics card is required
to assure compliance with FCC regulations. Changes or modifications to this unit not
expressly approved by the party responsible for compliance could void the user’s authority
to operate this equipment.
IC: Canadian Compliance Statement
Complies with the Canadian ICES-003 Class B specifications. This device complies
with RSS 210 of Industry Canada. This Class B device meets all the requirements of the
Canadian interference-causing equipment regulations.
This device complies with Industry Canada license exempt RSS standard(s). Operation
is subject to the following two conditions: (1) this device may not cause interference,
and (2) this device must accept any interference, including interference that may cause
undesired operation of the device.
Cut appareil numérique de la Classe B est conforme à la norme NMB-003 du Canada.
Cet appareil numérique de la Classe B respecte toutes les exigences du Règlement sur le
matériel brouilleur du Canada.
付
録
Cet appareil est conforme aux normes CNR exemptes de licence d’Industrie Canada. Le
fonctionnement est soumis aux deux conditions suivantes :
(1) cet appareil ne doit pas provoquer d’interférences et
(2) cet appareil doit accepter toute interférence, y compris celles susceptibles de
provoquer un fonctionnement non souhaité de l’appareil.
ASUS P8H77-I
A-1
Canadian Department of Communications Statement
This digital apparatus does not exceed the Class B limits for radio noise emissions
from digital apparatus set out in the Radio Interference Regulations of the
Canadian Department of Communications.
This class B digital apparatus complies with Canadian ICES-003.
VCCI: Japan Compliance Statement
VCCI Class B Statement
警告 VCCI準拠クラスB機器(日本)
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラスB情報技術装置です。こ
の装置は、家庭環境で使用することを目的としていますが、この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接し
て使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。
取扱説明書に従って正しい取り扱いをして下さい。
KC: Korea Warning Statement
REACH
Complying with the REACH (Registration, Evaluation, Authorisation, and
Restriction of Chemicals) regulatory framework, we published the chemical
substances in our products at ASUS REACH website at http://csr.asus.com/english/
REACH.htm.
DO NOT throw the motherboard in municipal waste. This product has been designed to
enable proper reuse of parts and recycling. This symbol of the crossed out wheeled bin
indicates that the product (electrical and electronic equipment) should not be placed in
municipal waste. Check local regulations for disposal of electronic products.
DO NOT throw the mercury-containing button cell battery in municipal waste. This
symbol of the crossed out wheeled bin indicates that the battery should not be placed in
municipal waste.
ASUS Recycling/Takeback Services
ASUS recycling and takeback programs come from our commitment to the highest
standards for protecting our environment. We believe in providing solutions for you
to be able to responsibly recycle our products, batteries, other components as well
as the packaging materials. Please go to http://csr.asus.com/english/Takeback.htm
for detailed recycling information in different regions.
付
録
A-2
付録
ASUSコンタクトインフォメーション
ASUSTeK COMPUTER INC.
住所:
電話(代表)
:
ファックス(代表)
:
電子メール(代表)
:
Webサイト:
テクニカルサポート
電話:
オンラインサポート:
15 Li-Te Road, Beitou, Taipei, Taiwan 11259
+886-2-2894-3447
+886-2-2890-7798
info@asus.com.tw
www.asus.com.tw
+86-21-3842-9911
support.asus.com
ASUS COMPUTER INTERNATIONAL(アメリカ)
住所:
電話:
ファックス:
Webサイト:
テクニカルサポート
電話:
サポートファックス:
オンラインサポート:
800 Corporate Way, Fremont, CA 94539, USA
+1-510-739-3777
+1-510-608-4555
http://usa.asus.com
+1-812-282-2787
+1-812-284-0883
support.asus.com
ASUS COMPUTER GmbH(ドイツ・オーストリア)
住所:
電話:
ファックス:
Webサイト:
オンラインコンタクト:
テクニカルサポート
電話:
サポートファックス:
オンラインサポート:
Harkort Str. 21-23, D-40880 Ratingen, Germany
+49-2102-95990
+49-2102-959911
www.asus.de
www.asus.de/sales
+49-1805-010923*
+49-2102-9599-11*
support.asus.com
* ドイツ国内の固定電話からは0.14ユーロ/分、携帯電話からは 0.42ユーロ/分の通話料がかか
ります。
付
録
ASUS P8H77-I
A-3
EC Declaration of Conformity
We, the undersigned,
Manufacturer:
ASUSTek COMPUTER INC.
Address, City:
No. 150, LI-TE RD., PEITOU, TAIPEI 112, TAIWAN R.O.C.
Country:
TAIWAN
Authorized representative in Europe:
ASUS COMPUTER GmbH
Address, City:
HARKORT STR. 21-23, 40880 RATINGEN
Country:
GERMANY
declare the following apparatus:
Product name :
Motherboard
Model name :
P8H77-I
conform with the essential requirements of the following directives:
2004/108/EC-EMC Directive
EN 55022:2006+A1:2007
EN 61000-3-2:2006+A1:2009+A2:2009
EN 55013:2001+A1:2003+A2:2006
EN 55024:1998+A1:2001+A2:2003
EN 61000-3-3:2008
EN 55020:2007
1999/5/EC-R &TTE Directive
EN 300 328 V1.7.1(2006-10)
EN 300 440-1 V1.4.1(2008-05)
EN 300 440-2 V1.2.1(2008-03)
EN 301 511 V9.0.2(2003-03)
EN 301 908-1 V3.2.1(2007-05)
EN 301 908-2 V3.2.1(2007-05)
EN 301 893 V1.4.1(2005-03)
EN 50360:2001
EN 50371:2002
EN 62311:2008
EN 50385:2002
EN 301 489-1 V1.8.1(2008-04)
EN 301 489-3 V1.4.1(2002-08)
EN 301 489-4 V1.3.1(2002-08)
EN 301 489-7 V1.3.1(2005-11)
EN 301 489-9 V1.4.1(2007-11)
EN 301 489-17 V2.1.1(2009-05)
EN 301 489-24 V1.4.1(2007-09)
EN 302 326-2 V1.2.2(2007-06)
EN 302 326-3 V1.3.1(2007-09)
EN 301 357-2 V1.3.1(2006-05)
EN 302 623 V1.1.1(2009-01)
2006/95/EC-LVD Directive
EN 60950-1 / A11:2009
EN 60065:2002+A1:2006+A11:2008
EN 60950-1 / A12:2011
EN 60065:2002 / A12:2011
2009/125/EC-ErP Directive
Regulation (EC) No. 1275/2008
Regulation (EC) No. 278/2009
EN 62301:2005
EN 62301:2005
Regulation (EC) No. 642/2009
EN 62301:2005
Ver. 111121
CE marking
(EC conformity marking)
Position : CEO
Name :
Jerry Shen
Declaration Date: Feb. 27, 2012
Year to begin affixing CE marking:2012
付
録
A-4
Signature : __________
付録
DECLARATION OF CONFORMITY
Per FCC Part 2 Section 2. 1077(a)
Asus Computer International
Responsible Party Name:
800 Corporate Way, Fremont, CA 94539.
Address:
Phone/Fax No:
(510)739-3777/(510)608-4555
hereby declares that the product
Product Name : Motherboard
Model Number : P8H77-I
Conforms to the following specifications:
FCC Part 15, Subpart B, Unintentional Radiators
FCC Part 15, Subpart C, Intentional Radiators
FCC Part 15, Subpart E, Intentional Radiators
Supplementary Information:
This device complies with part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to
the following two conditions: (1) This device may not cause harmful
interference, and (2) this device must accept any interference received,
including interference that may cause undesired operation.
Representative Person’s Name :
Steve Chang / President
Signature :
Date :
Feb. 27, 2012
付
録
Ver. 110101
ASUS P8H77-I
A-5
付
録
A-6
付録