4CH H.264 スタンドアローンタイプ DVR ADR

4CH H.264 スタンドアローンタイプ
DVR ADR-7608C/7616S/7616C
取扱説明書
バージョン 1.3
(Japanese)
2
おことわり
この取扱説明書に記載する商品に関する情報は、予告なく変更することがあります。本書
の作成には万全を期しておりますが、万一説明書に誤りや記載漏れがあった場合も、一切
の責任及び義務を負いかねますので、ご了承ください。
本書は著作権を有しております。製造元の許可なく内容の一部を転載・複製することはで
きません。
目次
第 1 章 はじめに.................................................................................................................................5
1.1 商品の概要...............................................................................................................................5
1.2 商品の特長...............................................................................................................................5
1.3. 商品仕様..................................................................................................................................5
1.4 製品構成...................................................................................................................................6
第二章システムの外観及びインストールの仕方..........................................................................7
2.1 フロントパネル.......................................................................................................................7
2.2 リアーパネル............................................................................................................................9
2.3 HDD のインストールの仕方................................................................................................11
第 3 章: メニュー..............................................................................................................................14
3.1 メニューディスプレイ........................................................................................................14
3.2 メニューディレクトリツリー............................................................................................15
第 4 章:メニュー設定.......................................................................................................................17
4.1 時間........................................................................................................................................18
4.2 録画........................................................................................................................................20
4.3 予定表.....................................................................................................................................22
4.5 アラーム.................................................................................................................................24
4.6 NETWORK.............................................................................................................................26
4.7 詳細設定.................................................................................................................................30
第 5 章 ライブディスプレイ...........................................................................................................42
第 6 章: バックアップ......................................................................................................................46
第 7 章: PTZ コントロール..............................................................................................................46
第 8 章: ファームウエア アップデート.........................................................................................47
第 9 章: リモート監視と制御..........................................................................................................49
9.1 DVR のリモート制御............................................................................................................50
9.2 リモート接続のトラブルシューティング........................................................................59
付録 1: アラーム入力/出力..............................................................................................................60
付録 2: CF カード互換性リスト.....................................................................................................64
付録 3. DVR ファイルのバックアップから再生までの手引き..................................................65
第 1 章 はじめに
1.1 商品の
商品の概要
世界中で監視カメラの需要が伸びていることを受けてデザインされた
7608C/7616S/7616C は、高機能の 8/16ch スタンドアローンタイプのデジタルビデオレコ
ーダーです。H.264 の圧縮フォーマットを採用し、更に高画質に。ハードディスクの容量
は変わらないものの、録画時間が更に長くなりました。また、使いやすい UI デザインの
ため、コンピューターの扱いに慣れていないユーザーにも簡単に操作出来る DVR です。
特に、3G モバイル防犯カメラの詳細リモート機能と CMS が追加され、3G 携帯電話を介
して監視したり、ネットワークインターフェイスを経由して異なる場所に設置されている
複数の DVR を同時に操作出来ます。防犯カメラを買うなら、この高画質の 8CH/16CH
DVR で決まりです。
1.2 商品の
商品の特長
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
H.264 圧縮フォーマート、120fps:D1 録画
映像 8ch/16ch 全リアルタイム録画・表示
大容量 SATA/ eSATA ストレージをサポート
VGA 出力
ペンタプレックス機能: ライブ、録画、再生、バックアップ、ネットワーク
各チャンネルの解像度、フレームレート、画質、モード設定
USB 2.0 ドライブ、DVD、撮影データのバックアップのためのネットワークをサポ
ート
多彩な録画モード
GUI と多言語 OSD を搭載
IR リモートコントロール
マウスコントロール
E メールを介したイベント通知
3G モバイル監視をサポート
CMS をサポート(オプション)
1.3. 商品仕様
仕様項目
ビデオ
7608C
7616S
7616C
ビデオ入力
8(BNC)
16(BNC)
ループ出力
8(BNC)
16(BNC)
メインモニター出力
1(BNC), 1(VGA), S ビデオ(オプション)
コールモニター出力
1(BNC)
映像圧縮形式
H.264
画面表示
Full, 4, 8, 9
5
Full, 4, 8, 9,16
オーディオ
録画
再生
ストレージ
バックアップ
ディバイス
アラーム
オーディオ入力
4
オーディオ出力
1
解像度 (調節可能)
D1, Half-D1, CIF
FPS
120fps(D1), 240fps(Half-D1), 480fps(CIF)
モード
マニュアル、スケジュール、アラーム、モーショ
ン、イベント、常時録画
FPS
120fps(D1), 240fps(Half-D1), 480fps(CIF)
内蔵 HDD
SATA HDD*2 基(3.5”)をサポート
ホットスワップ
モジュール
なし
オプション
外付け
eSATA port*1 基
USB 2.0 ポート
2 (for USB 2.0 ドライブ、DVD-RW、USB マウス
に対応)
DVD-RW をサポー
ト
外付け(USB/eSATA)
アラーム入力
8
16
アラーム出力
2
2
リモート制御&ライ あり (IE& Firefox を
ブ監視
介して)
ネットワーク
オプション
CMS
あり
なし
あり
PTZ
Pelco-D, Pelco-P プロトコル
電源
DC 19V<84W
外観寸法
430(W)×88(H)×230(D)mm
1.4 製品構成
あり (IE& Firefox を介して)
3G 監視
Jog & Shuttle
その他
なし
デジタルビデオレコーダー*1
専用ACアダプター & ACコード*1
スクリューパック(HDDロック用)
サポート CD*1
取扱説明書*1
IRリモコン*1
電池 (AAA)*2 (IRリモコン用)
マウス*1
6
なし
第二章システムの
システムの外観及び
外観及びインストールの
インストールの仕方
2.1 フロントパネル
1)
チャンネル選択
チャンネル選択ボタン
選択ボタン
番号ボタンで、モニターに表示するチャンネルを選んだり、パスワードを入力します。
2)
ファンクションボタン
1) PTZ (パン、チルト、ズーム)
パン、チルト、ズーム機能を備えたカメラで、一つあるいは複数のDVR映像入力
接続が可能です。カメラのPTZ機能を調整するためには、先にPTZボタンを押し、
次に方向ボタンでパン、チルトを操作してください。
2) 連続表示ボタン
連続表示ボタン
このボタンを押すと、ディスプレイ設定メニューで設定したリピート回数だけ、
各示チャンネルが順番に連続して表示されます。
ご注意: 連続表示を起動させると、連続表示アイコンが画面の左上に表示されま
す。
3) ディスプレイモード選択
ディスプレイモード選択
ディスプレイモード選択ボタンを押すと、1画面、4分割、8分割、9分割、16分割
へと切り替えが出来ます。
4) Z-, Z+
PTZモードでズームアウト/インに使います。
5) Save & Esc
メニューでシステム設定完了後、このボタンを押して設定を保存し、前のメ
ニューに戻ります。
6) MENU
このボタンを押すと、システム設定のメニューが表示されます。
7) ESC
7
このボタンを押すと、前のメニューの戻ります。
8) SEARCH
このボタンで再生サブメニューを表示し、再生する適切な録画ファイルを検索し
ます。
9) FUNC
このボタンは将来使用するために予約されています。
10) LOCK
フロントパネルの操作を認証者に限定するためには、このロックボタンが役立ち
ます。このボタンを押すと、フロントパネル上の全てのボタン操作が停止し、同
時にLOCKライトが点灯します。ロックを解除するには、ロックボタンを押した
後にパスワードの入力が必要です。正しいパスワードが入力されると、ボタン
ロックが解除されます
3)
カーソルボタン及
ボタン
カーソルボタン及びEnterボタン
a) カーソルボタンを押して、メニュー上で左、右、上、下へと移動させます。
b) ENTER ボタンはメニュー上でパラメーターを選ぶ時に使います。また、録画
したファイルから検索し、再生するファイルをリストから一つ選んで再生すると
きにも使います。
4)
REC/STOP, REW(◄◄), FF(►►), PLAY/ PAUSE (►/II), and STOP(
) ボタン
ボタンは緊急録画が必要な時に押すと録画がスタートし、もう一度押すと録
a)
画を停止します。これは、トグルボタンです。DVRが緊急録画をしているときは、
が画面の右上に表示されます。
ご注意:
注意 各チャンネルにそれぞれの
チャンネルにそれぞれの録画
にそれぞれの録画モード
録画モードが
モードが設定されていても
設定されていても、
されていても、緊急時には
緊急時には全
には全ての
チャンネル録画
チャンネル録画において
ボタンを
ボタンを手動で
手動で押してください。
してください。
録画において
b) REW ボタンで高速巻き戻し再生をします。2~16倍までの再生スピードをサポー
ト。
c) FFボタンで高速早送り再生をします2~16倍までの再生スピードをサポート。
d) PLAY/PAUSE ボタンで再生を一時停止し、又、一時停止の状態から再び再生しま
す。
e) STOP ボタンで再生を停止します。
5)
LED表示装置
表示装置
a) POWER
電源が“オン”の時は、緑のLEDライトが“点灯”します。
b) REC
録画中は、赤のLEDが“点灯”します。
c) ALARM
モーション検知、又はアラームが作動すると、赤のLEDが“点灯”します。
8
d) LOCK
ロックボタンが作動している時は、赤のLEDが“点灯”します。
e) HDD
録画中、又は再生中に、赤のLEDが“点滅”します。
f) CF
CF カードが挿入されている時は、赤の LED が“点灯”します。ファームウェアの
アップグレード、又はバックアップの時は、点滅します。
6)
USB port
データのバックアップやFWのアップグレードの時にUSB2.0ドライブに差し込みます。
また、USB DVD-RW及びUSBマウスもサポートします。
2.2 リアーパネル
1. 8/16CH ビデオ入力
ビデオ入力
BNCコネクターによる8/16chコンポジットビデオ入力。ご注意:8/16CHビデオ入力に
はNTSCとPALビデオソースの混合はできません。混合すると、DVRが正確に動作し
ません。
2. 8/16CH ループスルー出力
ループスルー出力
BNCコネクターによる8/16chコンポジットビデオ出力。ループスルービデオ出力から
他のビデオ装置への接続が必要な場合は、8/16chループスルー出力が役に立ちます。
3. Video出力
出力:
出力 2 BNC, 1 S-Video & 1 VGA
“MONITOR”と表示されているBNCコネクター、Sビデオ、VGA出力はメインモニ
ターに使います。“CALL”と表示されているその他のBNCコネクターはスポット監視
9
に使用され、接続されている全ビデオチャンネルを順番に表示し、イベントが発生し
たチャンネルをポップアップ表示します。
4. 2CH オーディオ入力
オーディオ入力 (RCA)と
と1CH オーディオ出力
オーディオ出力 (RCA)
RCAジャックによるオーディオ信号入力と出力。DVRがオーディオ出力を増幅しない
ため、オーディオソースからオーディオ入力に、オーディオ出力からアンプに接続し
ます。オーディオ再生にはスピーカー付きのアンプが必要です。アンプソースから又
はマイクから直接オーディオに入力します。
5. イーサーネットポート
RJ-45ジャックを使ってCat5ケーブルをDVRコネクターに接続します。PC閲覧ソフト
を遠隔操作し、ネットワークを介してライブ監視や、その他様々な機能にアクセス出
来ます。
6. 外部ストレージ
ポート
外部ストレージ拡張
ストレージ拡張のための
拡張のためのeSATAポート
のための
RAIDシステムに似たeSATAデバイスは、ストレージ拡張をサポートし、eSATA ケー
ブルを介してeSATAポートに接続出来ます。DVRの電源を入れる前に、eSATA外部ス
トレージデバイスの電源が入っていることを確認してください。
7. アラーム入力
アラーム入力と
入力とリレー出力
リレー出力
NO、NC内蔵の 48/16アラーム入力、及び2リレー出力
8. VGA出力
出力(オプション
出力 オプション)
オプション
VGA 出力は、アナログR、G、Bと同期信号を受信する革新的なスキャンを通して
LCDモニターやCRTモニターに直接接続できます。
9. Fan
システムファン
10. 電源入力(アダプター
電源入力 アダプターより
アダプターより)
より
アダプターをDVRの電源(DC19V/7A)に接続します。
10
2.3 HDD のインストールの
インストールの仕方
1)
スクリュードライバーで、上方カバーとリアーパネルにある下図で示す 4 つのスク
リューを緩め、上方のカバーを持ち上げます。
リアパネル上にある
2) 上方カバーを取り外したら、HDD ラックを押さえながらスクリューを緩め、関連する
ケーブルを抜いて、下図で示すように HDD ラックを取り外してください。
引き抜く
スクリューを緩める
引き抜く
青は eSATA 用
11
3) CF バスを引き抜き、下図のように HDD ラックを取り外してください。
4)
下図のように、二つの SATA HDD を HDD ラックにインストールしてください。インス
トールする方向に注意してください。そして、HDD を同梱のスクリューで固定してく
ださい。
5)
下図のように SATA ケーブルと電源ケーブルを SATA HDD に接続してください。
12
6) HDD が HDD ラックにインストールされたら、ラックを元に戻し、シャシの穴に合わせ
てスクリューでしっかりと締めます。
7) 下図のようにケーブルを CF ボードに接続しなおします。
8) 最後に、上方カバーを被せてスクリューで締め戻します。
13
第 3 章: メニュー
3.1 メニューディスプレイ
番号
アイコン
説明
1
日付/時間
システムの時間/日付の設定
2
録画設定
録画パラメータ設定
3
予定表
スケジュール録画モードで週間録画スケジュールの設定
4
動作検出
モーション録画モードでモーションエリア/感度の設定
5
アラーム
アラーム入力タイプの選択とブザーの設定
6
NETWORK
ネットワークパラメータの設定
7
詳細設定
システム/ディスプレイ/カメラ/ディスクフォーマット/バックアップ
の詳細設定
14
3.2 メニューディレクトリツリー
1.日付/時間
1.1 日付設定
1.2 時間設定
1.3 日付表示形式
1.4 時間表示形式
1.5 TIME ZONE SETUP
1.6 夏時間設定
2.録画設定
2.1 解像度
2.2 FPS
2.3 録画画質
2.4 録画モード
2.5 記録時間
2.6 ライブ音声
3.予定表
4.動作検出
4.1 チャンネル
4.2 検出感度
4.3 感知範囲
5.アラーム
5.1 アラーム入力
5.2 ALARM OUTPUT 1
5.3 ALARM OUTPUT 2
5.4 ブザー
5.4.1 プッシュ音
5.4.2 アラーム
5.5 EMAIL NOTIFICATION
6.NETWORK
6.1 IP モード
6.2 IP アドレス
6.3 サブネットマスク
6.4 ゲートウエイ
6.5 ポート
6.6 NETWORK
6.7 DDNS
6.8 PPPoE
6.9 EMAIL SETTING
6.10 ビデオ解像度のストリーミング
7.詳細設定
15
7.1 システム
7.1.1 言語
7.1.2 映像形式
7.1.3 HDD 上書き設定
7.1.4 システム情報
7.1.5 イベントログ
7.1.6 ファームウエアアップデート
7.1.7 設定値の保存
7.1.8 USER MANAGEMENT
7.1.9 PERERCORD
7.1.10 DVR 番号
7.2 画面表示
7.2.1 カメラ名表示
7.2.2 録画モード表示
7.2.3 ツールバー表示設定
7.2.4 画面切換え時間
7.2.5 日付表示位置
7.2.6 VGA MONITOR RATIO
7.2.7 RECORD DATE TIME
7.3 カメラ
7.3.1 カメラ
7.3.2 カメラ名
7.3.3 輝度
7.3.4 コントラスト
7.3.5 色相
7.3.6 彩度
7.3.7 詳細設定
7.4 ディスクフォーマット
7.5 検索&バックアップ
7.6 アカウント/パスワード
7.7 工場初期設定のロード
16
第 4 章:メニュー
メニュー設定
メニュー設定
初めて DVR をお使いになるときには、初期設定をしてください。初期設定には、時間と
日付、録画パラメーター、ネットワークなどが含まれます。
まず最初に DVR のフロントパネルにある MENU ボタンを押し、メインメニューから設定
を行います。
ご注意: 管理者ロック(AdminLock)が ON になっている場合(デフォルトでは OFF)、メ
インメニューにアクセスするには、パスワートが必要です。システムの詳細設定にて管理
者ロックの設定を ON 又は OFF にできます。
ご注意:デフォルト
注意 デフォルトの
デフォルトのパスワードは
パスワードは 111111 です。
です。
MENU を押すと、DVR のメニューにアクセス出来ます。MENU から戻りたい場合は、
ESC を選択します。
メニューではカーソルボタンで移動させ、選択したい項目が決まったら ENTER を押
します。
SAVE & ESC
: 設定事項をセーブしてから、一つ前のメニューに戻ります。
ESC: 設定事項をセーブせずに、一つ前のメニューに戻ります。
SAVE & EXIT: 設定事項をセーブしてから、ライブディスプレイに戻ります。
DEFAULT: ページ上の全ての設定事項が初期設定に戻ります。
17
4.1 時間
時間の設定は、メニューでカーソルボタンを使ってハイライトを移動させ、日付/時間ア
イコンのところで ENTER ボタンを押します。時間設定メニューが下の図のように表示さ
れます。
1)
日付設定:
日付設定
時間設定メニューで、上下カーソルボタンを使って、ハイライトを日付設定に移動さ
せます。ENTER ボタンで確定すると、年・月・日が変更できます。システムの日付
は OSD キーボードで入力できます。数字や文字はカーソルと ENTER ボタンで選択し
て入力できます。正しい日付を入力したら、適用して戻るを押してセーブします。(マ
ウスで入力することも出来ます)
2)
時間設定:
時間設定
時間設定メニューで、上下カーソルボタンを使って、ハイライトを時間設定に移動さ
せます。ENTER ボタンで確定すると、時間・分・秒が変更できます。システムの時
18
間は OSD キーボードで入力できます。数字や文字はカーソルと ENTER ボタンで選択
して入力できます。正しい時間を入力したら、適用して戻るを押してセーブします。
(マウスで入力することも出来ます)
3)
日付表示フォーマット
日付表示フォーマット:
フォーマット YY/MM/DD, MM/DD/YY, DD/MM/YY
時間設定メニューで、上下カーソルボタンを使って、ハイライトを日付表示形式に移
動させます。ENTER ボタンで確定すると、日付表示形式が変更されます。上下カー
ソルと ENTER でパラメーターを選択します。
4)
時間表示フォーマット
時間表示フォーマット:
フォーマット 12 時間、24 時間
時間設定メニューで、上下カーソルボタンを使って、ハイライトを時間表示形式に移
動させます。ENTER ボタンで確定すると、時間表示形式が変更されます。上下カー
ソルと ENTER でパラメーターを選択します。
5)
タイムゾーンの
タイムゾーンの設定
時間設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトアイコンを Time Zone Setup に
移動させます。ENTER ボタンを押すと、タイムゾーンの設定が変更できます。上下
ボタンと ENTER を使ってパラメーターを選択します。(マウス入力もできます)
6)
夏時間
時間設定メニューで、上下カーソルボタンを使って、ハイライトを夏時間設定に移動
させます。ENTER ボタンで確定すると、夏時間が変更されます。夏時間の
ON/OFF、開始終了時間もこのページで設定します。
19
4.2 録画
録画の設定は、メニューでカーソルボタンを使ってハイライトを移動させ、録画設定アイ
コンのところで ENTER ボタンを押します。録画設定メニューが画面に表示されます。
1)
解像度:
解像度 CIF, HALF-D1, D1
解像度を設定するチャンネルにカーソルボタン(上/下/左/右)を使ってカーソルを移動
させます。ENTER ボタンを押して確定すると、そのチャンネルの録画解像度が変更
されます。上下カーソルと ENTER でパラメーターを選択します。
2)
FPS: 30, 15, 10, 7.5, 6, 5, 3, 2 (NTSC)
FPS を設定するチャンネルにカーソルボタン(上/下/左/右)を使ってカーソルを移動さ
せます。ENTER ボタンを押して確定すると、そのチャンネルの録画フレーム数が変
更されます。上下カーソルと ENTER でパラメーターを選択します。
3)
録画画質:
録画画質 HIGHEST、HIGH、NORMAL、LOW
録画画質を設定するチャンネルにカーソルボタン(上/下/左/右)を使ってカーソルを移
動させます。ENTER ボタンを押して確定すると、そのチャンネルの録画画質が変更
されます。上下カーソルと ENTER でパラメーターを選択します。
4)
録画モード
、
録画モード:
モード MANUAL、ALWAYS、動作検出、アラーム、EVENT、予定表、
DISABLE
録画モードを設定するチャンネルにカーソルボタン(上/下/左/右)を使ってカーソルを
移動させます。ENTER ボタンを押して確定すると、そのチャンネルの録画モードが
変更されます。上下カーソルと ENTER でパラメーターを選択します。
20
録画モード
録画モード
アイコン
説明
MANUAL
MANUAL モードの時は、フロントパネルの REC/STOP ボ
タンを押すと、チャンネルの録画を開始します。
ALWAYS
ALWAYS モードの時は、システムの電源が入るとチャンネ
ルの録画を開始します。
動作検出
動作検出モードの時は、物体の移動が検知されるとチャン
ネルの録画を開始します。
アラーム
アラームモードの時は、センサーが感知するとチャンネル
の録画を開始します。
EVENT
EVENT モードの時は、動作検出、又はセンサー感知すると
チャンネルの録画を開始します。
予定表
予定表モードの時は、スケジュールメニューで設定された
毎週の録画スケジュールに従ってチャンネルの録画を実行
します。
DISABLE
DISABLE モードの時は、チャンネルの録画を一切しません。
ご注意:
注意 ライブ監視中
ライブ監視中の
監視中の画面には
画面には、
には、それぞれのチャンネル
それぞれのチャンネルに
チャンネルに、設定されている
設定されているモードアイ
されているモードアイ
コンが
コンが表示されます
表示されます。
されます。
5)
記録時間:
、10s、
、15s、
、20s、
、25s、
、30s、
、1m、
、3m、
、5m(
(s : 秒; m : 分)
記録時間 5s、
記録時間を設定するチャンネルにカーソルボタン(上/下/左/右)を使ってカーソルを移
動させます。ENTER ボタンを押して確定すると、そのチャンネルのイベント発生後
の録画時間が変更されます。上下カーソルと ENTER でパラメーターを選択します。
ご注意:オプションは全て、各チャンネルの設定に適用されます。
注意
6)
ライブ音声
ライブ音声:
音声
特定チャンネルをオン、または全てのチャンネルをオフ(初期設定がオフ)に設定く
ださい。音声の調整にはリモコンを使用することができます。設定は、以下のように
行ってください:ライブ画面でチャンネル1~4の1つをオン/オフにするために、リ
モコンの「Func」キー+番号キー(1~4)+「Enter」キーを押す。
21
4.3 予定表
スケジュールの設定は、メニューでハイライトを TIME アイコンに移動させ、ENTER ボ
タンを押します。スケジュール設定メニューが画面に表示されます。
録画設定で予定表録画モードが設定されている場合、DVR はこのページで決定されたス
ケジュールに従い録画を実行します。録画時間は 1 時間刻みとなっており、一週間(日曜
~土曜)の録画モードを 1 時間ごとに設定出来ます。録画スケジュールの設定手順は次の
通りです。
<週間録画
週間録画スケジュール
週間録画スケジュール設定
スケジュール設定の
設定の手順>
手順
ステップ 1: 録画モード
、ALWAYS、動作検出、アラーム、EVENT
録画モードの
モードの選択:
選択 MANUAL、
録画スケジュールの設定は、まず最初にハイライトアイコンを希望の録画モードへ移動し
ます。デフォルトでは MANUAL(手動)となっているので、上/下/左/右ボタンを使って希望
の録画モードを選択し、ENTER ボタンを押して確定します。
ご注意: 選択されたモードはオレンジ色にハイライトされます。
ステップ 2: スケジュール録画
スケジュール録画モード
録画モード
録画モードが確定したら、上/下/左/右ボタンを使って希望の時間のマスへ移動させ、
ENTER ボタンを押すと、選択していた録画モードに反映します。確定した録画時間のマ
スは、選択していた録画モードの色に切り換わります。同様の手順で、それぞれの時間の
録画モードを設定してください。
ステップ 3: 録画スケジュール
録画スケジュールの
スケジュールの保存
それぞれの時間の録画モードが設定されたら、適用して戻る又は適用して終了を選び、ス
ケジュール設定を終了してください。チャンネルの録画モードが「予定表」となっている
場合、このページで設定されたスケジュール内容に従い録画モードが変更されます。
22
4.4 動作検出
モーション検知の設定は、メニューでハイライトを動作検出アイコンに移動させ、
ENTER ボタンを押します。モーション設定メニューが画面に表示されます。
1) チャンネル:
チャンネル
検出感度と感知範囲を設定したいチャンネルを選んでください。
2) 検出感度:
~16
検出感度 レベル 1~
設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを検出感度に移動させます。
ENTER ボタンを押して確定すると、動体検出感度が変更されます。上下カーソルと
ENTER でパラメーターを選択します。
3) 感知範囲
設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを感知範囲に移動させます。
ENTER ボタンを押して確定すると、感知範囲設定メニューが表示されます。
ENTER を押して設定モード(+
又は-)を変更し、次にカーソ
ルボタンで検知エリアの追加、
又は取り消しを行ってくださ
い。
ご注意:+
注意:+は
:+は追加、
追加、
-は
-は取り消しです
設定が完了したら、適用して戻るボタンを押して設定を保存してから前ページに戻り
ます。設定を保存せず前ページのメニューに戻る場合は ESC ボタンを押します。
23
4.5 アラーム
アラームの設定は、メニューでハイライトをアラームアイコンに移動させ、ENTER ボタ
ンを押します。アラーム設定メニューが画面に表示されます。
4.5.1 アラーム入力
アラーム入力
アラーム設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトをアラーム入力に移動させます。
ENTER ボタンを押すと、アラーム入力タイプの設定メニューが表示されます。
上下ボタンを使って、設定したいチャンネルに移動させます。 ENTER ボタンを押すと、
アラーム入力タイプが変更できます。上下ボタンと ENTER を使ってアラーム入力タイプ
の NC 又は NO を選択します。
4.5.2 ALARM OUTPUT 1
“Alarm Output”をオン又はオフに設定できます。オンの時に“アラーム入力”を検知す
ると、“Alarm Output”が反応し作動します。オフの場合は“アラーム入力”を検知して
も、“Alarm Output”は作動しません。
24
4.5.3 ALARM OUTPUT 2
“Alarm Output”をオン又はオフに設定できます。オンの時に“アラーム入力”を検知す
ると、“Alarm Output”が反応し作動します。オフの場合は“アラーム入力”を検知して
も、“Alarm Output”は作動しません。
4.5.4 ブザー
アラーム設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトをブザーに移動させます。
ENTER ボタンを押すと、ブザー設定メニューが表示されます。
1. プッシュ音
プッシュ音: オン、
オン、オフ
キー入力音の有無を設定できます。オフに設定すると、フロントパネルのボタンを
押しても、入力音はしません。
2. アラーム:
アラーム オン、
オン、オフ
アラームのブザー音の有無を設定できます。オフに設定すると、アラーム発生時で
もブザーは鳴りません。
4.5.5 EMAIL NOTIFICATION
メール通知機能をオン又はオフに設定できます。オンにすると、NETWORK に
“Mail Setting”オプションが追加され、メール通知の設定を行えます。
25
4.6 NETWORK
ネットワークの設定は、メニューでハイライトを NETWORK アイコンに移動させ、
ENTER ボタンを押します。ネットワーク設定メニューが画面に表示されます。
1)
IP モード:
モード Static、Dynamic、PPPoE
ネットワーク設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを IP モード に
移動させます。ENTER ボタンを押すと、IP モードが変更できます。上下ボタ
ンと ENTER を使って IP モードを変更します。
2)
IP アドレス:
アドレス
ネットワーク設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを IP アドレスに移動
させます。ENTER ボタンを押すと、IP が変更できます。IP アドレスは、OSD キー
ボードから入力できます。数字文字の選択と入力はカーソルと ENTER ボタンを使い
ます。正しい IP アドレスを入力したら、適用して戻るを押して、保存してください。
(マウスを使っても入力できます)
3)
サブネットマスク:
サブネットマスク
ネットワーク設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトをサブネットマスクに
移動させます。ENTER ボタンを押すと、サブネットマスクが変更できます。サブ
ネットマスクは、OSD キーボードから入力できます。数字文字の選択と入力はカーソ
ルと ENTER ボタンを使います。正しいサブネットマスクを入力したら、適用して戻
るを押して、保存してください。(マウスを使っても入力できます)
4)
ゲートウェイ:
ゲートウェイ
ネットワーク設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトをゲートウェイ
に移動させます。ENTER ボタンを押すと、ゲートウェイが変更できます。
26
ゲートウェイは、OSD キーボードから入力できます。数字文字の選択と入力は
カーソルと ENTER ボタンを使います。正しいゲートウエーを入力したら、適
用して戻るを押して、保存してください。(マウスを使っても入力できます)
5)
ポート:
ポート
ネットワーク設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトをポートに移動させま
す。ENTER ボタンを押すと、ポートが変更できます。ポートは、OSD キーボードか
ら入力できます。数字文字の選択と入力はカーソルと ENTER ボタンを使います。正
しいポートを入力したら、適用して戻るを押して、保存してください。(マウスを使っ
ても入力できます)
6)
NETWORK:
NETWORK設定がオンの場合、NETWORK機能が有効となります。設定がオフの場
合、NETWORK機能が終了となります。
7)
DDNS:
UPまたはDOWNボタンを用いてネットワーク設定メニューにおいてハイライトアイ
コンをDDNSへ移動させてください。

DDNS機能キー: DDNS機能を有効化/無効化します(初期設定は無効です)。
DVRは以下の図で示される画像のようにDDNSキーを内蔵しています。DVRName
は当DVRのドメイン名です。PPPoEを通じてインターネットにオンラインすると、
ユーザーはブラウザのウェブアドレス欄にhttp://adraaa341.ddnsservice.net:8080
(ポート番号の初期設定は8080)と打ち込み、ライブ画像をモニタリングすることがで
きます。

27
DynDNS: 第三者のDynDNSサービス利用です。ユーザーはDynDNSサービスに申
請してから、当サービス使用にあたり、「ユーザー名/パスワード/サーバーIPアドレ
ス/ローカル名」をきちんと入力ください。

8)
PPPoE:
ネットワーク設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを PPPoE に移動させ
ます。ENTER ボタンを押すと、PPPoE の設定ができます。ユーザー名とパスワード
は、フロントパネルのカーソルと Enter ボタンや、マウス及び OSD キーボードからも
入力できます。正しいユーザー名とパスワードを入力したら、適用して戻るを押して、
保存してください。
9) EMAIL SETTING:
ネットワーク設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトアイコンを Mail
Setting に移動させます。ENTER ボタンを押すと、メール設定が行えます。フロント
パネル上のカーソルと ENTER ボタン、又はマウスか OSD キーボード を使って操作
します。正しい設定を入力したら、適用して戻るを押して保存します。
a)Alaert Email Address:アラーム又はモーション検知が発生したら、指定メールアド
28
レスにメールを送信します。
b)SMTP Server:メールを転送する SMTP サーバーアドレスの設定。
c)SMTP UserName:SMTP サーバーアカウントを入力(必要な場合)
d)SMTP UserPass:パスワードの入力(必要な場合)
10) ビデオ解像度
ビデオ解像度の
解像度のストリーミング:
ストリーミング
「ビデオ解像度のストリーミング」が CIF に設定されている場合、遠隔ウェブ
ブラウザは CIF 解像度で表示されます。「ビデオ解像度のストリーミング」が
D 1に設定されている場合、遠隔ウェブブラウザは D 1解像度で表示されます。
注: 実際のネットワークバンド幅で設定を行ってください(解像度がより高い
または写真がより多い場合、より多くのバンド幅が必要となります)。
29
4.7 詳細設定
詳細設定は、メニューでハイライトを詳細設定アイコンに移動させ、ENTER ボタンを押
します。詳細設定メニューが画面に表示されます。
4.7.1 システム
詳細設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトをシステムに移動させます。
ENTER ボタンを押すと、システム設定メニューが表示されます。
1) 言語(
): 英語、中国語(繁体文字)、中国語(簡体文字)、韓国語、フラン
言語(Language)
ス語、ポルトガル語、スペイン語、日本語,ロシア語
システム設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを Language に移動させ
ます。ENTER ボタンを押すと、言語が変更できます。上下ボタンと ENTER を
使って OSD 言語を選択してください。
2) 映像形式:
映像形式 NTSC、PAL、オート
システム設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを映像形式に移動させま
30
す。ENTER ボタンを押すと、ビデオフォーマットが変更できます。上下ボタンと
ENTER を使ってビデオフォーマットの NTSC 又は PAL,オートを選択します。
3) HDD 上書き
上書き設定:オン、オフ
設定
システム設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを HDD 上書き設定に移
動させます。ENTER ボタンを押すと、ディスクの上書き機能をオンかオフに設定
できます。上下ボタンと ENTER を使って、ディスクの上書き機能のオン又はオフ
を設定してください。オンに設定すると、HDD 容量が一杯になったとき、古い録
画データから、上書き録画を行います。
4) システム情報
システム情報
IP アドレス、ファームウエア・バージョン、ディスク容量などのシステム情報が表
示されます。
5) イベントログ
イベントログ機能の有効又は無効の設定をしたり、ユーザーはイベントログの閲覧
ができます。
6) ファームウェアアップデート
ファームウエアのアップデートを開始します。
7) 設定値の
設定値の保存
システム設定をインポート又はエクスポートします。ユーザー設定を保存できます。
8) USER MANAGEMENT
この機能を有効にすると、システム設定メニューにアクセスするために、ユーザー
はログインパスワードの入力が必要となります。
ご注意:本項目を有効にすると、メインメニュー“詳細設定”内の“アカウント/
パスワード”でアカウントとパスワード情報を変更することができるようになりま
す。
9) PERERCORD
この機能が有効な状態でアラーム又は動体検知が作動した場合、内蔵バッファメモ
リにイベント発生前の映像が保存されます。
10) DVR 番号
マルチDVRで特定DVR ユニットを選択される場合、DVR番号を000-999に設定く
ださい。例えば、DVR番号を123とセットした場合のDVR No. 123の遠隔操作方法
は次の通りです。リモコンの「Func」キーを押し、1、2、3と順に押してください。
それから選択DVRを管理するために「Enter」キーを押してください。
31
4.7.2 画面表示
詳細設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを画面表示に移動させます。
ENTER ボタンを押すと、ディスプレイ設定メニューが表示されます。
1) カメラ名表示
カメラ名表示:
名表示 オン、
オン、オフ
カメラ名の表示を有効又は無効にします。
2) 録画モード
録画モード表示
モード表示:
表示 オン、
オン、オフ
ライブ監視中の各チャンネルの画面上に、録画モードの表示を有効又は無効にしま
す。
3) ツールバー表示設定
、OFF
ツールバー表示設定:
表示設定 ON、
監視カメラのツールバーの自動表示機能を有効又は無効にします。ON に設定する
と、画面の最下部にマウスカーソルを移動させない限り、ツールバーは隠れて見え
なくなります。OFF の場合、ツールバーは常に表示されます。
4) 画面切換え
、10S、
、15S、
、30S、
、オフ(
画面切換え時間:
時間 5S、
オフ(S : 秒)
監視中のカメラチャンネルが自動で切り替わるまでの時間を設定します。
5) 日付表示位置:
、Bottom
日付表示位置 Top、
画面上のシステム日時の表示位置を設定します。
6) VGA MONITOR RATIO: 4:
:3、
、16:
:9
VGA 出力時のアスペクト比を設定します。ご利用のモニタの仕様にあわせて設定を
変更してください。
7) RECORD DATE TIME: オン、
オン、オフ
オンに設定した場合、タイムマーキングが内蔵され、各ビデオチャネルに記録され
ます。
32
4.7.3 カメラ
詳細設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを Camera に移動させます。
ENTER ボタンを押すと、カメラ設定メニューが表示されます。
調節しやすいよう
調節 しやすいよう、
調節 す
しやすいよう 、 調節す
る チャンネルの
チャンネル の 画像がここ
画像 がここ
に 表示されます
表示 されます。
されます 。
1)
カメラ:
カメラ CH1, CH2, CH3, CH4
設定するカメラを選択します。
2)
カメラ名
カメラ名
各カメラに名前を設定できます。
3)
輝度:
輝度 0 ~ 31
カメラディスプレイの明るさを設定します。値が大きいほど明るさが増します。
4)
コントラスト:
コントラスト 0 ~ 31
カメラディスプレイのコントラストを設定します。
5)
色相:
色相 0 ~ 31
カメラディスプレイの色相を設定します。
6)
彩度:
彩度 0 ~ 31
カメラディスプレイの彩度を設定します。
7)
詳細設定
カメラ設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを詳細設定に移動させます。
ENTERボタンを押すと、詳細設定メニューが表示されます。
33
1) PTZ通信
通信プロトコル
通信プロトコル:
プロトコル PELCO-P, PELCO-D
PTZカメラをご利用の場合、PTZカメラ制御に対応したプロトコルを設定してください。
2) PTZボーレート
ボーレート:
ボーレート 2400,4800,9600,19200,38400,115200
PTZカメラをご利用の場合、PTZカメラ制御に対応した通信速度を設定してください。
3) PTZ PanSpeed:High、
、Middle、
、Slow
PTZカメラをご利用の場合、PTZカメラ制御に対応したパンスピードを設定してください。
4) PTZ TiltSpeed: High、
、Middle、
、Slow
PTZカメラをご利用の場合、PTZカメラ制御に対応したチルトスピードを設定してくださ
い。
5) Deinterlace:ON、
、OFF
PTZカメラのインターレース解除機能を有効又は無効にします。
6) Mask
DVRで表示、及び録画中の映像にマスク機能を使って指定した部分にモザイクをかけるこ
とが出来ます。
34
4.7.4 ディスクフォーマット
詳細設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトをDisk formatに移動させます。
ENTERボタンを押すと、ディスクフォーマットメニューが表示されます。
上下ボタンでフォーマットするディスクドライブを選択してください。ENTER ボタンを
押し、上/下/ ENTER ボタンを使って設定を YES に変更します。FORMAT ボタンを選び、
ENTER で確定すると、ディスクのフォーマットが開始されます。
ご注意: 本機でハードディスクドライブをご利用になる際には、必ず事前にフォーマッ
トを行ってください。
35
4.7.5 検索と
検索とバックアップ
この検索とバックアップ機能では、DVR に保存されたビデオデータを検索して再生した
り、他のバックアップメディアにコピーを作成することができます。
詳細設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトを Search & Backup に移動させます。
ENTER ボタンを押すと、検索&バックアップメニューが表示されます。
ご注意:
注意
1)
検索と
検索とバックアップメニューは
バックアップメニューは、フロントパネル上
フロントパネル上の SERCH ボタンを
ボタンを押してアクセ
してアクセ
スすることも可能
することも可能です
可能です。
です。
2)
ビデオデータの
ビデオデータのバックアップをする
バックアップをする際
をする際、検索と
検索とバックアップメニューに
バックアップメニューにアクセスする
アクセスする
前に、バックアップメディア(CF、
、USB ドライブ、
が挿入されているか
バックアップメディア
ドライブ、DVD)が
挿入されているか、
されているか、確認
してください。
してください。
1) バックアップメディア:USB
Disk、
、CF Card、
、DVD ROM
バックアップメディア
検索とバックアップメニューで、上下ボタンを使ってハイライトをバックアップメディア
に移動させます。ENTERボタンを押すと、バックアップ先のメディアの種類が表示され
るので、USBディスク、CFカード、DVDロムから選択してください。
2) Backup FileType:NonGeneric,Generic-H264
検索とバックアップメニューで、上下ボタンを使ってハイライトをBackup FileTypeに移
動させます。ENTERボタンを押すと、バックアップファイルの動画フォーマットの種類
が表示されます。リストの中から動画フォーマットを選択してください。詳しくは付録-3
をご参照ください。
36
3) 時間検索
選択したチャンネルの開始/終了時間を基に、収録されたビデオファイルを検索して、再
生又はバックアップをします。
OSD キーボード、
キーボード、又はフロントパ
ネルの
ネルの数字ボタン
数字ボタンを
ボタンを使って時間
って時間を
時間を
入力します
入力します。
します。
OSD キーボードをご
キーボードをご使用
をご使用の
使用の場合は
場合は、
カーソルと
カーソルと ENTER ボタンで
ボタンで数字
文字の
文字の選択と
選択と入力を
入力を行ってくださ
い。(マウス
マウスによる
マウスによる入力
による入力も
入力も可)
正確な
正確な時間を
時間を入力したら
入力したら、
したら、
SAVE&ESC を押して保存
して保存してくだ
保存してくだ
さい。
さい。
4) イベント検索
イベント検索:
検索
録画イベントリストが表示されるので、再生又はバックアップしたいデータを選んでくだ
さい。MARK(マーク)機能を使って多数のファイルを一度に選んでバックアップすること
が出来ます。
ご注意:
注意 フロントパネルで
フロントパネルで操作する
操作する場合
する場合は
場合は各ファンクションボタンが
ファンクションボタンが示す番号と
番号と同じ数字
ボタンを
ボタンを押してください。
してください。選択された
選択されたファンクションボタン
されたファンクションボタンが
ファンクションボタンが、オレンジ色
オレンジ色にハイライト
されます。
ボタンを
されます。ENTERボタン
ボタンを押すと、
すと、選択された
選択されたボタン
されたボタンが
ボタンが実行されます
実行されます。
されます。
ご注意:
注意:カーソルの
カーソルの“右”又は
“左”を押すと、
すと、ページが
ページが切り
換わります。
わります。
37
5) BY CALENDAR(カレンダー
カレンダーから
カレンダーから):
から
1. 以下に示すように、Search by Calendar(カレンダーから検索)メニューで、チャンネル、
録画モード、年・月を選んでビデオ検索を行います。そして、ダブルクリック、又はカー
ソルとENTERボタンで検索したい日にちを選びます。
2. 検索条件にマッチする録画データは以下の図のように表示されます。マウス、又はカー
ソルを使って再生又はバックアップしたい時間帯(赤フレーム)を選んでください。
38
6) Snapshot Backup:
上下ボタンでSnapshot Backupメニューを選び、MARKボタンを押してください。バッ
クアップする写真を選び、バックアップボタンを押して、選んだ写真をバックアップしま
す。下図を参考にしてください。
39
4.7.6 アカウント/パスワード
アカウント パスワード
ご注意:
機能が
に設定されている
注意 User management機能
機能がONに
設定されている場合
されている場合だけ
場合だけ、
だけ、この画面
この画面が
画面がメニューに
メニューに
表示されます
表示されます。
また、管理者、
管理者、並びに権限
びに権限のある
されます。また、
権限のあるユーザー
のあるユーザーだけが
ユーザーだけがアクセス
だけがアクセス出来
アクセス出来ます
出来ます。
ます。
(User managementは、メインメニュー>詳細設定>システム内で設定が可能です。)
詳細設定メニューで、上下ボタンを使ってハイライトをAccount/ Passwordに移動させま
す。ENTERボタンを押すと、アカウント/パスワード設定メニューが表示されます。
1) Account: Admin, User1, User2, User3, User4
パスワードを設定するアカウントを選択します。管理者 1 名と一般ユーザー 4 名から選
択できます。
2) Password
選択したアカウントのパスワードを設定します。(1~12 文字)
3) Account Privilege
管理者は選択したユーザーアカウントに対し、利用者権限を設定できます。ENTER ボ
タンを押すと、アカウント利用者権限設定メニューが表示されます。アカウント利用者
権限として、システム、画面表示、カメラ、ディスクフォーマット、検索とバックアッ
プ、アカウント/パスワード、Network Video、Network Setup、PTZ、録画設定が設定
できます。
ご注意: 管理者はシステムの全てに対して権限を有しているため、管理者には利用者権限
を設定することはできません。
4.7.7 工場初期設定の
工場初期設定のロード
工場初期設定のロードを行うと、DVR は自動的に再起動します。
40
第 5 章 ライブディスプレイ
1) ディスプレイモード
ディスプレイモードでは、全画面、4 分割画面がサポートされています。フロントパネ
ルの
ボタンで、ディスプレイモードの切替えが出来ます。
A) 全画面
B) 4 分割画面
2) OSD メニューボタン(
メニューボタン(マウス操作用
マウス操作用)
操作用)
マウスカーソルを画面の最下部に移動させると、以下のようにツールバーが現れます。
ボタン
説明
マウスカーソルでこのボタンをクリックすると、
DVRの設定メニューに移動します。
マウスカーソルでこのボタンをクリックすると、ラ
イブディスプレイが全画面表示になります。更にク
リックし続けると各チャンネルに順に切り換わりま
す。
マウスカーソルでこのボタンをクリックすると、ラ
イブディスプレイが4分割画面になります。
マウスカーソルでこのボタンをクリックすると、最
後に録画されたイベントが再生されます。
マウスカーソルでこのボタンをクリックすると、検
索とバックアップメニューが表示されます。
マウスカーソルでこのボタンをクリックすると、画
面の左上に自動切替表示アイコンが表示され、画面
の自動切替表示機能が有効となります。各カメラの
画面表示時間は"メニュー>詳細設定>画面表示>
画面切換え時間"で設定できます。(この設定は全
画面表示にのみ有効です。)
マウスカーソルでこのボタンをクリックすると、手
動緊急録画(全チャンネル)を開始します。画面の
右上にREC(録画)が表示され、ボタン表示
は"stop"(停止)ボタンに変わります。
41
手動緊急録画が動作中にマウスカーソルでこのボタ
ンをクリックすると、録画を停止します。
DVRの電源を切ったり、再起動するときに、マウス
カーソルでこのボタンをクリックします。
ご注意:
下)ボタン
ボタンを
注意 フロントパネルの
フロントパネルのDown(下
ボタンを押して
も、DVRの
の電源を
電源を切ったり再起動
ったり再起動することが
再起動することが出来
することが出来
ます。
ます。
マウスカーソルでこのボタンをクリックしてオーデ
ィオチャンネルを選択します。
ご注意:
注意 オーディオチャンネルを
オーディオチャンネルを設定すると
設定すると、
すると、それ
に対応する
対応するビデオチャンネル
するビデオチャンネルだけに
ビデオチャンネルだけにオーディオサイ
だけにオーディオサイ
ンが表示されます
表示されます。
されます。
このボタンをマウスカーソルでクリックすると、現
画面の映像を写真撮影します。
マウスをこのエリアに移動させると、DVRのHDD
残量が表示されます。
42
第 6 章: バックアップ
DVR のビデオファイルバックアップには USB2.0 ドライブ、CF カード(オプション)、
DVD ロム(オプション)がご使用になれます。バックアップ手順については 4.7.5 SEARCH
& BACKUP をご参照ください。同梱の DVR ファイルプレイヤーソフトでバックアップ
ファイルの再生ができます。
第 7 章: PTZ コントロール
ご注意:
注意 PTZ をお使
をお使いになる前
いになる前に、PTZ カメラが
カメラがインストールされているかご
インストールされているかご確認
されているかご確認くださ
確認くださ
い。次に、"メニュー
メニュー>
メニュー>詳細設定>
詳細設定>カメラ>
カメラ>詳細設定"を
詳細設定 を順に選び、PTZ 通信プロトコル
通信プロトコルと
プロトコルと
PTZ ボーレートの
ボーレートの設定を
設定を行ってください。
ってください。設定が
設定が変更出来たら
変更出来たら、
たら、保存して
保存して元
して元の画面に
画面に戻っ
てください。
てください。
ライブ監視画面で、フロントパネル、リモコン、マウスでの操作により PTZ チャンネル
を選択してください。PTZ ボタンを押すか画面上のコントローラアイコンをマウスクリッ
クすると、PTZ アイコンが画面の右下に表示されます。以下の図の通り、このアイコンで
PTZ カメラを上/下/左/右にパンすることが出来ます。
次に、ENTER ボタンを押すか、マウスカーソルで PTZ アイコン中央をクリックしてくだ
さい。以下の図の通り、これでズームイン/アウト機能が起動します。
ご注意:マウス操作の場合、右クリックすると PTZ 操作モードを終了することができます。
43
第 8 章: ファームウエア アップデート
ステップ 1. ファームウエアファイルを CF カード又は USB ドライブのルートディレクト
リにコピーしてください。そして、CF カード又は USB ドライブを、フロントパネル上の
CF スロット又は USB ポートに挿入してください。
ステップ 2: "メニュー>詳細設定>システム>ファームウェアアップデート"と順に選び、
ENTER ボタンを押して、アップデートを開始してください。フロントパネルにある
USB/CF の LED ライトが点滅します。
ステップ 3: アップデート完了のメッセージが出たら、OK ボタンを押してシステムを再
起動してください。これでアップデートは終了です。
警告:ファームウエアのアップデート中には絶対に電源を切らないでください。動
作不良の原因となります。
44
第 9 章: リモート監視
リモート監視と
監視と制御
ADR-7608C/7616S/7616C DVR サーバーは、インターネットブラウザ(IE/Firefox)を利
用したリモート監視、リモート制御が可能です。リモート監視や制御機能をお使いになる
前に、DVRがネットワークに接続されていて、IPアドレスが正しく設定されていることを
確認してください。
ヒント: 初めてお使いになる前に、次のウェブサイトから、VLCメディアプレイヤーのダ
ウンロードとインストールをしてください。http://www.videolan.org/vlc
本製品で
media player v1.0.5 は、以下の
からダウンロード
本製品で推奨する
推奨するVLC
する
以下のURLから
からダウンロードすることが
ダウンロードすることが
できます。
できます。
http://download.videolan.org/pub/videolan/vlc/1.0.5/win32/vlc-1.0.5-win32.exe からダウン
ロードするのがお薦めです。
インストールの際は、IE と Firefox に必要なネットワークコンポーネントが自動的にイン
ストールされるよう、Full(完全)インストールを選んでください。インストールが完了
すれば、ネットワークを介してブラウザ上でいつでもライブビデオの監視ができます。
ご注意: VLC メディアプレイヤーをカ
スタムインストールする際は、
Mozilla Plugin (Firefox)及び ActiveX
plugin (IE)を必ず選択してください。
45
9.1 DVR のリモート制御
リモート制御
1) DVR に接続
ステップ 1: IE 又は Firefox を使い、遠隔制御する DVR の IP アドレスとポートを、アドレ
スバーに入力してください。ENTER を押すと、ログインページが表示されます。
Key in “ IP address:port
“ IP アドレス:
アドレス:ポート番号
ポート番号 ”を
”を入力
number
”
ステップ 2: ユーザー名とパスワードを入力してください。デフォルトユーザー名とパス
ワードは、それぞれ Admin と 111111 です。ログインボタンをクリックすると、メイン
ページ(下の図)に行きます。
このページでは、ネットワークを介して日付/時間、録画設定、予定表、動作検出、アラ
ーム、NETWORK、詳細設定の設定を行うことができます。(設定内容はローカル監視モ
ニタの上の設定メニューに準じます。)
Live アイコンを押
すとライブ映像に
よるリアルタイム
監視ができます。
46
2) 日付/時間
日付 時間
日付/時間を押すと、時間に関する設定が出来ます。
設定が完了したら、”適用して戻る”を押してメインページに戻ってください。
3) 録画設定
録画設定を押すと、録画に関する設定が出来ます。下図を参考にしてください。
設定が完了したら、”適用して戻る”を押してメインページに戻ってください。
4) 予定表
予定表を押すと、スケジュールに関する設定が出来ます。
47
設定が完了したら、”適用して戻る”を押してメインページに戻ってください。
5) 動作検出
動作検出を押すと、モーション検知に関する設定が出来ます。
設定が完了したら、”適用して戻る”を押してメインページに戻ってください。
6) アラーム
アラームを押すと、アラームに関する設定が出来ます。
48
設定が完了したら、”適用して戻る”を押してメインページに戻ってください。
7) NETWORK
NETWORK を押すと、ネットワークに関する設定が出来ます。
設定が完了し、”適用して戻る”を押すと、ウェブページが自動的にトップページに戻り
ます。ユーザー名とパスワードを入力し、再度ログインしてください。
8) 詳細設定
詳細設定を押すと、詳細オプションに関する設定が出来ます。
49
設定が完了したら、”適用して戻る”を押してメインページに戻ってください。
ご注意:ビデオフォーマットの変更を行うと DVR は自動的に再起動しますので、管理画
面へは再度ログインする必要があります。
ファームウエアアップデート:
ファームウエアアップデートを押すと、自動的にシステムが次のページに変わります。
次のステップに従い、ネットワークファームウエアのアップデートを行ってください。
ステップ 1:“参照”ボタンを押して、ファームウエアイメージファイルを選びます。(例:
7604H0136.bin)ファイルは、http://www.acard.com よりダウンロードしてください
50
ステップ 2:正しいファームウェアファイルを指定したら、“ Upload”ボタンを押して、
アップロードを開始します。
ご注意:アップロードが始まると、自動的に録画を停止します。下図のようにウインドウ
が表示されるので、OK ボタンを押して確定してください。
録画が停止すると、下図のようにファームウェアのアップロードが成功しました、という
メッセージがシステムに表示されます。OK ボタンを押して確定してください。
ステップ 3:完了したら、“Pre-Check”を押してファームウェアファイルの確認をします。
確認が終わったら、確認作業が成功しました、というメッセージウインドウが表示されま
す。OK ボタンを押して確定してください。
51
ステップ 4:次に“Burn”を押してファームウェアのアップデートを開始します。
警告:ファームウェアアップデート中にネットワークを切断したり、ブラウザーを閉じな
いでください。ファームウェアアップデートにエラーが生じ、正常に動作しなくなります
ファームウェアのアップデートに成功したら、確認作業が成功しました、というメッセー
ジウインドウが表示されます。
OK ボタンを押して確定してください。
ステップ 5:ファームウェアの書き換えが成功しました、というメッセージウインドーが
表 示 さ れ た ら 、 “ OK” を 押 し 、 フ ァ ー ム ウ エ ア ア ッ プ デ ー ト の 作 業 が 完 了 で す 。
“Restart”ボタンを押して、DVR を再起動してください。
52
9) ライブ監視
ライブ監視ビデオ
監視ビデオ
ライブ画面の最下部にある
面の切り替え操作ができます。
ボタンを押すと、フルスクリーンで各チャンネル画
ライブ画面の最下部にある
なります。
ボタンを押すと、4 分割モードのライブ監視画面に
10) PTZ コントロール
PTZ カメラをご利用の場合には、ライブ画面の右側のパネルで PTZ コントロールが可
能です。
チャンネル/通信速度/プロトコルの設定ウインドウには PTZ カメラの仕様に合わせて
パラメーターを入力してください。
11) ローカル録画
ローカル録画
画面の最下部にある“REC”を押すと、ライブ録画が開始し、PC にビデオファイルが保存
されます。DVR 再生プログラムを介して録画ビデオの再生ができます。
ご注意:ビデオファイルの保存先となるフォルダの設定をしてください。デフォルト設定
では c:\に保存されます。
53
9.2 リモート接続
リモート接続の
接続のトラブルシューティング
Q1: ブラウザを起動をさせ、DVR の IP:ポートを入力しても、以下のように”ページを表
示できません。”というエラーメッセージが表示されてしまいます。
A1: PC のネットワーク接続と DVR のネットワーク設定を確認してください。IP アドレ
スが正確かどうか、DVR とネットワークの接続が正しいかどうかを調べてください。
Q2: ログインしても、DVR のウェブページでライブ映像が見れません。
A2: VLC メディアプレイヤーソフトのダウンロードとインストールを行ってください。
インストールしている間はブラウザ(IE/Firefox)を閉じ、ライブ映像の再生に必要
な ActiveX Plugin(IE)と Mozilla Plugin(Firefox)コンポーネントがインストールされて
いるか確認してください。
54
付録 1: アラーム入力
アラーム入力/出力
入力 出力
1.
ピンの
ピンの説明
Pin NO.
Pin Description
1
RS485-
2
RS485+
3
COM1
4
Relay Output N.O1
5
Relay Output N.C1
6
COM2
7
Relay Output N.O2
8
Relay Output N.C2
9
Sensor Input 1
10
Sensor Input 2
11
GND
12
Sensor Input 3
13
Sensor Input 4
14
GND
15
Sensor Input 5
16
Sensor Input 6
17
GND
18
Sensor Input 7
19
Sensor Input 8
20
GND
55
Pin NO.
Pin Description
21
Sensor Input 9
22
Sensor Input10
23
GND
24
Sensor Input11
25
Sensor Input12
26
GND
27
Sensor Input13
28
Sensor Input14
29
GND
30
Sensor Input15
31
Sensor Input16
32
GND
56
付録 2: CF カード互換性
カード互換性リスト
互換性リスト
メーカー名
メーカー名
A-DATA
Apacer
Hagiwara
Kingston
Pertec
PQI
RIDATA
SanDisk
Transcend
容量
4GB
8GB
4GB
4GB
1GB
4GB
16GB
4GB
4GB
8GB
16GB
32GB
2GB
4GB
2GB
32GB
57
速度
266X
Speedy
300X
300X
N/A
266X
233X
300X
266X
233X
233X
133X
N/A
266X
266X
133X
付録 3. DVR ファイルの
ファイルのバックアップから
バックアップから再生
から再生までの
再生までの手引
までの手引き
手引き
(I)事前のフォーマット化 :
注意:USB ポートから以前に記録した過去データをバックアップされたい場合、USB デバ
イスが DVR により正確に認識され、データバックアップがきちんと行われるようにするた
めに、まず DVR により USB デバイスをフォーマットされることを推奨されます。ステップ
は以下の通りです:
(1)
USB デバイスを DVR の正面にある USB ポートに差し込んでください。
(2)
Menu(メニュー) => Advanced(アドバス) => Disk Format(ディスクのフ
ォーマット)を入力し、 USB ディスクを選択して、フォーマット化を実行くださ
い。
58
(II) フォーマットが
フォーマットが完成すると
完成すると、
すると、記録された
記録された過去
された過去データ
過去データが
データがバックアップされます
バックアップされます :
(1)
(2)
USB デバイスを DVR の正面にある USB ポートに差し込んでください。
Menu(メニュー) => Advanced(アドバス) => Search & Backup を入力し。
(3)
USB デバイスがきちんと挿入されていれば、USB ディスクがメディアコラム
のバックアップに現れます。
(4)
続いて、バックアップファイルタイプ(NonGeneric (専用フォーマット)ま
たは Generic-H264 (h.264 フォーマット))を選択ください。
59
(5)
続いて、例えば「チャネル及び時間」によるバックアップ方法は以下の通り
です。まずバックアップしたい「チャンネル/開始時間/終了時間」を選択すると、
バックアップのファイルサイズが表示されます。続いて、「Yes(はい)」ボタンを
押してバックアップを起動させます。
(6)
バックアップ終了後、下記の図のようにプロンプトが表示されます。
60
(Ⅲ) バックアップ終了後
バックアップ終了後、
終了後、ファイルが
ファイルが USB デバイスに
デバイスに存在します
存在します:
します:
(1)
バックアップ終了後、どちらのファイルが存在するべきですか?
1. DVRPlayer.exe => バックアップ終了後の DVR 自身のバックアッププログラムで、
以下の 2 つのフォーマットを再生することができます:
 NonGeneric (*.dat 専用フォーマットファイル)
 Generic-H264 (*.h264 フォーマットファイル)
2. *.h264 フォーマットファイル => Generic-H264 が選択された場合、バックアッ
プされるファイルです。
3. *.dat 専用フォーマットファイル => NonGeneric が選択された場合、バックア
ップされるファイルです。
(2)
*.h264 フォーマットファイル: VLCプレイヤーでも再生できます。
61