VCC-F60FV19GE

VCC-F60FV19GE
VCC-F60FV19GE
Rev.900-666-31-01
日本語版
500 万画素カラー(RAW)
Gig-E カメラ
VCC-F60FV19GE
製品仕様書
株式会社 シーアイエス
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
1
VCC-F60FV19GE
Rev.900-666-31-01
目次
PAGE
1.
取扱い上の注意事項 ··························································································································3
2.
製品概要 ········································································································································ 4
3.
構成 ············································································································································· 4
4.
3.1.
標準構成 ······························································································································4
3.2.
無料ソフトウェア ······················································································································4
3.3.
梱包仕様 ······························································································································4
主要規格 ········································································································································ 5
4.1.
一般主要規格 ························································································································5
4.2.
カメラ入出力信号規格 ···············································································································6
4.3.
CCD分光感度特性(参考値) ········································································································7
4.4.
画像出力フォーマット(Coyote Application Setting ) ············································································7
5.
機能設定
6.
外部接続コネクタ仕様 ······················································································································· 10
7.
(シリアルコミュニケ-ションを使用してカメラの機能を設定します) ·······················································8
6.1.
12 ピン丸型コネクタ HR10-10R-12PA (ヒロセ電機) ········································································· 10
6.2.
RJ-45 Gigabit Ethernetコネクタ MOD-YSJ88DA03C-CN+ (本田通信工業) ············································· 10
Timing Chart ·································································································································· 11
7.1.
Horizontal Synchronous Signals Timing ······················································································· 11
7.2.
Full Frame Scan Mode Timing ·································································································· 11
7.3.
Standard Trigger Mode Timing ································································································ 12
7.4.
Pulse Width Trigger Timing····································································································· 13
8.
Partial Scan Modeの詳細 ·················································································································· 14
9.
リモート通信機能····························································································································· 15
10.
出荷設定 ·································································································································· 16
11.
CCD位置精度図 ·························································································································· 17
12.
カメラ外形寸法図 ························································································································· 18
13.
保証範囲 ·································································································································· 20
14.
CCD画素欠陥について··················································································································· 20
15.
製品サービス······························································································································ 20
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
2
VCC-F60FV19GE
取扱い上の注意事項
【重要】 カメラを正しく使用するため、下記の注意事項をお守り下さい。これらの注意事項に拠らずに
さい。これらの注意事項に拠らずに
誤った使用をした場合のカメラの故障や不具合は、全て製品保証の対象外となります。
本機は、その故障や誤動作が直接人命を脅かしたり、人体に危害を及ぼす恐れのある装置(原子力、航空宇宙等の特殊な
用途向けの機器)に使用することは出来ません。
・カメラ保護のため、ほこりや湿気の多い場所では使用しないで下さい。
・カメラには強い衝撃や静電気を与えないよう、取扱いは丁寧にしてください。故障の原因になります。
・CCD 撮像素子保護のため、直射日光や高輝度ライト等を直接撮像しないようにお願いします。
また、ご使用にならない時には、保護キャップをするようにして下さい。
・カメラへの接続は、「6.外部接続コネクタ仕様」に従って行って下さい。接続を間違えると、カメラ本体が壊れる場合が
あるばかりでなく、接続されている機器に回復不可能な障害を引き起こす場合がありますので、十分ご注意下さい。
・カメラに接続する機器(モニター/コンピューター等)からの AC リークがあると、カメラが壊れる場合があります。
相互間のグランド電位を十分確かめた上、問題の無いことを確認後接続して下さい。
・カメラの電源電圧は、仕様の範囲内で正しく使用して下さい。仕様を満足しない電源や不安定な電源を使用した場合、
カメラが故障もしくは誤動作することがあります。
・カメラ入力電源 DC+12V±10%のリップルは±50mV 以内で供給して下さい。場合によっては画像信号に
ノイズとして現われてしまいます。
・カメラ入力電源電圧の立ち上がり時間は+10V まで Max60ms とします。また、電源立ち上がり時に
チャタリングなどのノイズが無い様にして下さい。
・本カメラでは左右分割 2ch 出力 CCD を採用しており、画面の右半分/左半分の画像信号がそれぞれ独立した回路を通して
出力されます。この為、使用環境(撮像環境/周囲温度等)により、画面中央を境に左右画像間の段差が見えることが
あります。左右のレベル差が最良になるように調整しておりますが完全では御座いませんのでご了承の上でご使用ください。
12
[V]
11
10
電源 電圧
1.
Rev.900-666-31-01
9
8
7
10
20
30
40
50
60
70
電源 電圧 立ち 上 がり 時間[ ms]
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
3
VCC-F60FV19GE
2.
Rev.900-666-31-01
製品概要
本機 VCC-F60FV19GE は、Gigabit Ethernet インターフェース出力対応のカメラです。
2/3 インチ 5M pixel CCD イメージセンサーを用いたカラー(RAW)カメラで、全画素を読み出すのに要する時間は、
フルフレームスキャンモードで約 1/15s です。
特長
□
□
□
□
□
□
3.
最高108MB/sの高速通信が可能です。(1000BASE-T準拠)
CAT5e以上の標準ケーブルで伝送距離が約100mとれます。
LAN経由でカメラの動作を変更する事が可能です。
LAN経由のソフトウェアトリガー入力または、背面12pinコネクタからのハードウェアトリガー入力が選択可能です。
シャッタスピードを1/15秒~1/30,000秒まで1H単位で設定可能です。
パーシャルスキャンモード時、取り込みスタート位置および取り込み幅を3H単位で設定可能です。
構成
3.1. 標準構成
□
カメラ本体
3.2. 無料ソフトウェア
□
□
□
※
iPORT Software Development Kit 2.4.1 build 921
※
GigE Camera Control Software (CamCtlSetup.exe) ※
Start Up Manual ※
弊社、営業部までお問い合わせいただくか、弊社ホームページよりダウンロードしてご使用いただけます。
3.3. 梱包仕様
□
□
個装カートン
マスターカートン(20ヶ入)
注)マスターカートンは、出荷台数に応じて変更することがあります。
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
4
VCC-F60FV19GE
4.
Rev.900-666-31-01
主要規格
4.1. 一般主要規格
(1)
(2)
撮像素子
映像出力周波数
撮像タイプ
2/3 型インターライン転送方式 カラーCCD
有効画素
2456(H) × 2058(V)
画素サイズ
3.45μm(H) × 3.45μm(V)
チップサイズ
9.93mm(H) × 8.70mm(V)
画素周波数
60 MHz
水平同期周波数
31.185 KHz
垂直同期周波数
15.000 Hz
SONY
ピクセルクロック数 1924 CLK
走査ライン数
2079 H
フルフレームスキャンモード
(3)
同期方式
内部同期方式
(4)
映像出力方式
Gigabit Ethernet(1000BASE-T 準拠) 転送速度 108MB/s(Max)
(5)
解像度
1600TV 本(Coyote Application Bayer Viewer : RGB Convert)
(6)
分解能
RAW 8bit / 10bit
(7)
標準感度
F8.0
2000lx (シャッタスピード 1/15s, ゲイン 0dB)
(8)
最低被写体照度
F1.4
15lx (シャッタスピード 1/15s, ゲイン Max(+18dB)
(9)
光学系ゴミ・シミ
(10) 電源入力電圧
(11) 消費電力
ICX625AQA
(但し、10bit 出力 時、リアルタイム出力は出来ません。)
絞り F16 にて画面上にゴミ・シミが見えないこと。
DC+12V±10% (最大電圧は+15V を超えないこと。)
5.8W (DC+12V IN ,ノーマルモード, フルフレームスキャンモード時)
6.0W (DC+12V IN ,ノーマルモード, パーシャルスキャンモード時)
(12) 外形寸法
添付外形図参照 (H:55mm
(13) 質量
約 190g
W:55mm
(14) レンズマウント
C マウント ※カメラ外形寸法図参照
(15) 光軸精度
添付 CCD 位置精度図参照
(16) ゲイン可変保証範囲
0~12dB(Analog Gain 0dB~+6dB 以上,
D:60mm 突起部含まず)
Digital Gain 0dB~+6dB)
(17) ホワイトバランス調整保証範囲
2800K~9000K
(18) シャッタスピード可変範囲
1/15s(Off)~1/30000s
(19) トリガーシャッタモード
・Standard Trigger Mode ・Pulse Width Trigger Mode
(20) 適合規格
UL 準拠の材料を使用。
CE 規格
エミッション: EN55022:2006 (Class A)
イミュニティ: EN61000-6-2:2005
RoHS 指令対応
(21) 耐久性
: 98m/s2 (10.0G)
耐振動性 加速度
周波数
: 20~200 Hz
方向
: X,Y,Z 3 方向
試験時間
: 各方向 120 分
耐衝撃性 梱包しない状態で X,Y,Z 方向に加えられる最大 490m/s2 (50G)の衝撃に耐えうること。
(22) 使用環境条件
性能保証温度
-
動作温度
0℃ ~ +40℃
湿度 20 ~ 80%RH
但し、結露しないこと。
5℃ ~ +45℃
湿度 20 ~ 80%RH
但し、結露しないこと。
※性能保証温度 : 数値で示した性能を含めて保証する温度範囲。
※動作温度 : カメラの各種機能が全て正常動作する温度範囲。
(23) 保存環境条件
保存温度 -25℃ ~ +60℃ 湿度 20 ~ 80%RH
(24) 推奨システム
LAN カード
:
Intel 社製 PRO/1000 シリーズ
LAN ケーブル
:
MOD-YSP-A1AS-SP シリーズ (本多通信工業㈱様)
:
MV シリーズ (cei 社製品 ㈱シムコ)
OS
:
Windows2000 以上
メモリ
:
512MB 以上(推奨 1GB 以上)
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
5
但し、結露しないこと。
VCC-F60FV19GE
Rev.900-666-31-01
4.2. カメラ入出力信号規格
(1)映像出力データ数
2456(H) × 2058(V)
映像出力
フルフレームスキャンモード時
60MHz 2Tap 出力
(2)同期信号出力
LVAL
LVTTL(3.3V Output)
HR10-10R-12PA
FVAL
LVTTL(3.3V Output)
※ 出力 pin のアサインは iPORT SDK 上より設定
DVAL
LVTTL(3.3V Output)
します。「APR シリーズ スタートアップマニュアル
SP(Exposure Signal)
LVTTL(3.3V Output)
内の 5.6 Trigger Mode」の設定例をご参照くださ
い。
(3)トリガー入力
Positive/Negative
極性
切り換え
2HD 以上(最小)~
パルス幅
4158HD 以下(最大)
ハードウェアトリガー入力 LVTTL(5.0V Tolerant)
HR10-10R-12PA
RJ-45
ソフトウェアトリガー入力
(4)映像信号
ホワイトクリップレベル
Digital 8bit 時
: FFh
セットアップレベル
Digital 8bit 時
: 08h±04h
ダークシェーディング
Digital 8bit 時
: 水平垂直とも 08h 以下(条件:ゲイン 0dB)
左右のレベル差
Digital 8bit 時
: 03h 以下(条件:ゲイン 0dB)
※ 電源投入後、カメラが正常動作するまで 5 秒必要となりますので考慮して下さい。
+3.3V
VCC
180Ω
220KΩ
6.6V
TTL In(a)
180Ω
6.6V
TTL Out(b)
SN74LV125A(TI)
Vih : Vcc × 0.7(Min)
Vil : Vcc × 0.3(Max)
Voh : 2.48V(Min)
Vol : 0.44V(Max)
UDZS TE-17 6.2B
(ROHM)
※(a):0~3
(b):0~2
背面 12 ピン丸型コネクタ GPIO インターフェース
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
6
VCC-F60FV19GE
Rev.900-666-31-01
4.3. CCD分光感度特性(参考値)
※
ただし、レンズ特性および光源特性を除く。
4.4. 画像出力フォーマット(Coyote Application Setting )
・ 2-Taps , Segmented, Dual Left + Right
・ Area of interest
Width : 2456
Inverted Output
Height : 2058
Offset X : 0 Offset Y : 12
・ Bayer Pattern RGGB
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
7
VCC-F60FV19GE
5.
機能設定
Rev.900-666-31-01
(シリアルコミュニケ-ションを使用してカメラの機能を設定します)
機能
アドレス
データ
Gain
001
0:
0
dB : Analog Fixed Gain
1:
+ 3
dB : Analog Fixed Gain
2:
+ 6
dB : Analog Fixed Gain
3:
+ 12 dB : Analog Gain(+6dB) + Digital Gain(+6dB)
E-Shutter
002
4:
Manual Gain (アドレス005&006,アドレス007&008参照)
0:
1/15s(Off)
1:
1/30s
2:
1/60s
3:
1/90s
4:
1/120s
5:
1/150s
6:
1/200s
7:
1/250s
8:
1/500s
9:
1/750s
10: 1/1000s
11: 1/2000s
12: 1/5000s
13: 1/10000s
14: 1/15000s
15: 1/30000s
16: Manual Shutter (アドレス009&010参照)
White Balance
003
Trigger Mode
004
0:
THRU
1:
3200K
2:
Spare
3:
Spare
4:
Manual White Balance (アドレス156&157, アドレス158&159参照)
0:
Normal Mode (Trigger Mode Off)
1:
Standard Trigger Mode (アドレス002でシャッタスピードを設定します。)
2:
Pulse Width Trigger Mode (トリガーのパルス幅でシャッタスピードを設定します。)
Manual Analog Gain
(Right)
005&006
0~512:
0:0dB~512:+12dB以上(Log リニア)
Manual Analog Gain
(Left)
007&008
0~512:
009&010
0~2078: 1/15s(Off)~1/36058s
※アドレス001のデータを004にして下さい。
0:0dB~512:+12dB以上(Log リニア)
※アドレス001のデータを004にして下さい。
Manual Shutter Control
※アドレス002のデータを016にして下さい。
アドレス009がMSBでアドレス010がLSBになり合計16bitになります。
シャッタスピード = (2078 - (009&010))×32.07μs+27.73μs
Max Data = 2078
Trigger Polarity
011
0:
1:
Negative Input
Output Data Select
013
0:
8bit Output Data
1:
10bit Output Data
Gamma Mode
014
Positive Input
0:
Gamma Off(1.0)
1:
Gamma On
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
8
(Option)
VCC-F60FV19GE
Rev.900-666-31-01
機能
アドレス
データ
Partial Scan Mode
015
0:
Full Frame Scan Mode
1:
Partial Scan Mode
Partial Scan Start Position
016&017
0~685:
※アドレス015のデータを001にして下さい。
アドレス016がMSBでアドレス017がLSBになり合計16bitになります。
Start Position:3 H/step
Min Data:0(0 H) / Max Data:685(2055 H)
Start Position(016&017) + Effective Line(019&020) <= 685であること。
Partial Scan Effective Line
019&020
0~684:
※アドレス015のデータを001にして下さい。
アドレス019がMSBでアドレス020がLSBになり合計16bitになります。
Effective Line:3 H/step
Min Data:0(3 H) / Max Data:685(2058 H)
Start Position(016&017) + Effective Line(019&020) <= 685であること。
Partial Scan Total Line
021&022
0~2078: Read Only
Partial Scan ModeまたはFull Frame Scan Mode時のTotal Line数 - 1Hが設定されます。
Manual Digital Gain
(Right)
126&127
256~512:
256:×1(0dB)~512:×2(+6dB)
※アドレス001のデータを004にして下さい。
Manual Digital Gain
(Left)
128&129
256~512:
256:×1(0dB)~512:×2(+6dB)
※アドレス001のデータを004にして下さい。
Manual White Balance R
156&157
256~1023:
(Right)
256:×1(0dB)~1023:×4(+12dB)
※アドレス003のデータを004にして下さい。
Manual White Balance B
158&159
256~1023:
180&181
256~1023:
182&183
256~1023:
(Right)
256:×1(0dB)~1023:×4(+12dB)
※アドレス003のデータを004にして下さい。
Manual White Balance R
(Left)
256:×1(0dB)~1023:×4(+12dB)
※アドレス003のデータを004にして下さい。
Manual White Balance B
(Left)
256:×1(0dB)~1023:×4(+12dB)
※アドレス003のデータを004にして下さい。
Data Save
※
255
083または053を入力するとEEP-ROMにデータを保存します。
2Byte で設定する Data は、High Byte -> Low Byte の順番で設定して下さい。
カメラは、Low Byte を受信した際に内部レジスタを書き換えます。
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
9
VCC-F60FV19GE
6.
Rev.900-666-31-01
外部接続コネクタ仕様
6.1. 12 ピン丸型コネクタ HR10-10R-12PA (ヒロセ電機)
ピン番号
GigE Camera Control Software から
名称
設定できる信号
1
GND
2
Power In DC +12V
3
TTL In3(LVTTL Input 5V Tolerant)
Trigger Input
4
TTL Out2(LVTTL 3.3V Output)
LVAL, FVAL, DVAL ,SP(Exposure)
5
GND
6
TTL In2(LVTTL input 5V Tolerant)
Trigger Input
7
TTL Out1(LVTTL 3.3V Output)
LVAL, FVAL, DVAL ,SP(Exposure)
8
TTL In1(LVTTL input 5V Tolerant)
Trigger Input
9
TTL Out0(LVTTL 3.3V Output)
LVAL, FVAL, DVAL ,SP(Exposure)
10
TTL In0(LVTTL Input 5V Tolerant)
Trigger Input
11
NC
12
NC
Output
Output
Output
TTL In(a) a:0~3…Trigger Input など
TTL Out(b) b:0~2…LVAL,FVAL,DVAL,SP,Pulse Generator など
※iPORT Software 上からピンアサインおよび機能を任意に設定できます。
詳細は、¥Program Files¥Pleora Technologies Inc¥iPORT Software¥Documentation 内の iPORT.SoftwarCoyote.pdf
を参照願います。
6.2. RJ-45 Gigabit Ethernetコネクタ MOD-YSJ88DA03C-CN+ (本田通信工業)
LINK(Green LED)
ACT( Yellow LED)
LINK LED : 消灯 ・・・ LAN に接続していません。
点灯 ・・・ LAN に接続しています。
点滅 ・・・ データを送受信しています。
ACT LED : 消灯 ・・・ 未接続または 10Mbps/100Mbps で接続した場合に消灯します。
点灯 ・・・ 1000Mbps で接続した場合に点灯します。
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
10
VCC-F60FV19GE
7.
Rev.900-666-31-01
Timing Chart
7.1. Horizontal Synchronous Signals Timing
1924 CLK
Video Output
1228 CLK
LVAL Output
696 CLK
DVAL Output
696 CLK
FVAL Output
1 CLK
CLK =60MHz
2 Tap Output
7.2. Full Frame Scan Mode Timing
Video Output
2058 H
21 H
2058 H
(CCD Read Out Signal)
2075 2076 2077 2078 2079
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
21
22
23
LVAL Output
DVAL Output
FVAL Output
9H
12 H
Total = 2079H
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
11
24
VCC-F60FV19GE
Rev.900-666-31-01
7.3. Standard Trigger Mode Timing
□ トリガー動作は、CLK同期の V-Sync Reset方式です。
カメラ内部でトリガーエッジを検出してから露光を開始するまでのDelay時間は、RAWモードで1.40μsです。
□ 画像出力期間中もトリガー入力を受け付けます。
ただし、画像転送が完了しない間に次の画像出力が開始するようなシャッタタイミングの場合は、画像が出力されません。
画像出力期間中のトリガー入力は、カメラのLVAL出力の立ち下りエッジに同期したトリガー信号を入力して下さい。
□ 露光期間(Exposure Time)中のトリガー入力は無視されます。(下図(G))
TTL IN(a)
(Trigger Input)
2058H
12H
Video Output
1
9
LVAL Output
(CCD Read
Out Signal)
22
DVAL Output
2079
FVAL Output
2070H
CLK60MHz
TTL IN(a)
a
(Trigger Input)
b
1.40μs
nHD × 32.07μs+27.73μs
(Sub Pulse)
3
(CCD Read Out Signal)
81
※(a):0~3
CLK CLK
a
SP Output
(Exposure Signal)
Delay(Fixed)
b
Exposure Time
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
12
VCC-F60FV19GE
Rev.900-666-31-01
7.4. Pulse Width Trigger Timing
□ トリガー動作は、CLK同期の V-Sync Reset方式です。
カメラ内部でトリガーエッジを検出してから露光を開始するまでのDelay時間は、1.40μsです。
また、トリガーエッジを検出してから露光を終了するまでのDelay時間は、29.13μsです。
□ 画像出力期間中もトリガー入力を受け付けます。
ただし、画像転送が完了しない間に次の画像出力が開始するようなシャッタタイミングの場合は、画像が出力されません。
(下図C))
画像出力期間中のトリガー入力は、カメラのLVAL出力の立ち下りエッジに同期したトリガー信号を入力して下さい。
TTL IN(a)
(Trigger Input)
12H
2058H
Video Output
1
9
LVAL Output
(CCD Read
Out Signal)
22
DVAL Output
2079
FVAL Output
2070H
CLK60MHz
a 1.40μs
b 29.13μs
TTL IN(a)
(Trigger Input)
(Sub Pulse)
※(a):0~3
3 81
(CCD Read Out Signal)
CLK CLK
a
SP Output
Delay(Fixed)
1216 532
CLK CLK
b
Delay(Fixed)
(Exposure Signal)
Exposure Time
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
13
VCC-F60FV19GE
8.
Rev.900-666-31-01
Partial Scan Modeの詳細
LAN経由で取り込みスタート位置および取り込み幅を3H単位で設定可能です。
2079 H
2058 H
Video Output
(Normal Scan)
12 H
LVAL Output
(Normal Scan)
9H
VIDEO Output
(Partial Scan)
High Speed
Transmit Term
Y Offset
12H + Starting Position
(Address016&017)
LVAL Output
(Partial Scan)
High Speed
Transmit Term
Effective Line
(Address 019&020)×3+3H
9H
Total Line(Address 021&022) + 1H
読出し位置レジスタ(Address 016&017) : 0(0 H) ~ 685(2055 H)
3 H/step
有効 Line レジスタ(Address 019&020)
: 0(3 H) ~ 685(2058 H)
3 H/step
Total Line レジスタ(Address 021&022)
: 706 H + (有効 Line レジスタ × 2) + 2
(Read Only)
(ご注意) 読出し位置と有効ラインは下記の条件を充たす必要があります。
読出し位置レジスタ + 有効ラインレジスタ =< 685
上記の条件を充たさない場合、685 – 読出し位置レジスタ の値が有効ラインレジスタに設定されます。
< 設定例 1 > 条件: 読出し位置レジスタ(Address 016&017) = 000
有効Lineレジスタ
有効Line
(Address 019&020)
TotalLineレジスタ
フレームレート
+ 1H
0
3H
709 H
44 fps
・
・
・
・
159
480 H
1027 H
30 fps
・
・
・
・
255
768 H
1219 H
26 fps
・
・
・
・
341
1026 H
1391 H
22 fps
・
・
・
・
399
1200 H
1507 H
21 fps
・
・
・
・
685
2058 H
2079 H
15 fps
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
14
VCC-F60FV19GE
9.
Rev.900-666-31-01
リモート通信機能
LAN 経由でカメラをコントロールする事が出来ます。
(1)RS-232C 通信設定は下記の通りです。
ボーレート
: 9600bps
データ
: 8bit
ストップビット
: 1bit
パリティ
: 無し
XOn/XOff
: 制御無し
(2)制御コード
・制御コードは全部で 14 バイトで ASCII コードです。
・制御コードはカメラ№・処理コード・リモコンアドレス・リモコンデータ・CR で構成され、パソコンから
カメラに対して R(リード)/W(ライト)すると、C(カメラ)によりデータが返信されます。
1
2
3
4
5
7バイト目
6
カメラ№
処理コード
000000:固定
8
9
10
リモコンアドレス
“R”リードモード
「 5. 機 能 設 定 」
“W”ライトモード
のアドレス表を
“C”カメラモード
参照下さい。
11
12
13
14
リモコンデータ
CR
000~255
0Dh
カメラ№
6 バイトの数字列で、「000000」固定です。
処理コード
R/W/C いずれかを入力します。
R(リードモード)は、リモコンアドレスのデータをリードしたい場合に使用します。ただし、1 命令が
14 バイトで構成されているため、リモコンデータにはダミーデータを入力して下さい。
W(ライトモード)は、リモコンアドレスへデータをライトしたい場合に使用します。
ただし、カメラ内部の EEP-ROM に保存はされません。
カメラの電源を入れ直すとデータを書き込む前の状態に戻ります。カメラ内部の EEP-ROM に
データを保存する場合には、「5. 機能設定」を参照して下さい。
C は、カメラ側からデータを返信する際のコードです。
パソコン側からデータを送信する時には使用しないで下さい。
リモコンアドレス
指定以外のアドレス番地にデータを書き込むとカメラが正常に動作しなくなりますのでご注意下さい。
リモコンデータ
「000~255」の 10 進数を入れます。ただし、リードモード時はダミーデータを入れておきます。
CR
命令の最後を示すために必ず最後に入れて下さい。
※
2Byte で設定する Data は、High Byte -> Low Byte の順番で設定して下さい。
カメラは、Low Byte を受信した際に内部レジスタを書き換えます。
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
15
VCC-F60FV19GE
Rev.900-666-31-01
10. 出荷設定
機能
アドレス
データ
Gain
001
0:
E-Shutter
002
0:
1/15s(Off)
White Balance
003
1:
3200K
Trigger Mode
004
0:
Normal Mode (Trigger Mode Off)
Trigger Polarity
011
0:
Positive Input
Output Data Select
013
0:
8bit Output Data
Partial Scan Mode
015
0:
Full Frame Scan Mode
Partial Scan Total Line
021&022
2078:
0
dB
Read Only
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
16
VCC-F60FV19GE
Rev.900-666-31-01
11. CCD位置精度図
55
11.1
60
27.5
±0.3
±0.5°以下
(注)
55
90
°±
0.
2°
取付基準面Bに
対する光軸の傾き
取付基準面Aに
対する光軸の傾き
取付基準面A
取付基準面B
レンズマウントセンターに対する
有効画素センターはφ0.6以内
θ±0
.5°
取付基準面Aに対して、有効画素エリアの傾きθは、
θ≦±0.5°
取付基準面A
注)取付基準面Aからレンズマウントセンターまでの寸法。
910-003-00-00
(単位:mm)
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
17
6.3
VCC-F60FV19GE
Rev.900-666-31-01
12. カメラ外形寸法図
55
4-M3
深サ4
28±0.1
11.1
60
6.3
GigE
0
Φ29 -0.05
ウ
Cマ
)
4.5±0.1
52
4-M3
深サ4
機銘板貼付
注2)Cマウントネジは、ANSI/ASME B1.1の1-32UN(2B)に準拠しています。
注1)Cマウント式レンズは、レンズマウント面からネジ長6mm以下、飛び出し量10mm以下の
レンズを使用してください。
999-507-00-00(½)
(単位:mm)
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
18
ACT
LINK
R1以下
35±0.1
55
28±0.1
5 MEGA PIXEL
(注
ント
DC IN
Rev.900-666-31-01
(17)
(15)
VCC-F60FV19GE
(51)
(31)
(19)
(23)
CCXC-12PxxN
(SONY㈱)
5 MEGA PIXEL
MOD-YSP-A1AS-SP()+
(本多通信工業㈱)
ケーブル取付参考図
999-507-00-00(2/2)
(単位:mm)
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
19
VCC-F60FV19GE
Rev.900-666-31-01
13. 保証範囲
本製品の保証期間は当社出荷後より 1.5 年間です。
この期間中に、弊社の設計上及び製造に起因した故障が発生した場合は、第 15 項の製品サービスに従い
無償修理致します。
但し、お客様の取扱い上の過失あるいは、火災、地震、落雷、風水害等の天変地異や、その他の不可抗力に起因する
破損及び故障は、保証の対象外とさせていただきます。
保証期間経過後の修理につきましては、修理可能な場合に限り有償にて修理致します。
14. CCD画素欠陥について
製品出荷時に目立つ画素欠陥につきましては、補正し出荷しておりますが、製品出荷後、撮像素子固有の
特性により、新たな画素欠陥の発生、また、一部の欠陥レベルが時間経過により増大する場合がございます。
この件に関しては、製品保証の対象から除外させて頂きます。
なお、画素欠陥補正の内容に関しては、弊社営業部までお問い合わせ願います。
15. 製品サービス
製品ご購入後に、何らかの要因により製品が正常に動作しなくなった場合は、ご購入された販売店へ
調査・解析修理について、お問い合わせ願います。
©2008 CIS Corporation. All rights reserved.
20
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement