Hitachi Virtual Storage Platform G100/ G200/G400/G600/G800 Universal Replicator

Hitachi Virtual Storage Platform G100/ G200/G400/G600/G800 Universal Replicator
Hitachi Virtual Storage Platform G100/
G200/G400/G600/G800
Universal Replicator ユーザガイド
Storage Navigator を使ってストレージシステムを操作する場合は、必ずこのマニュアルを読み、操作手順、およ
び指示事項をよく理解してから操作してください。 また、このマニュアルをいつでも利用できるよう、Storage
Navigator を使用するコンピュータの近くに保管してください。
著作権
All Rights Reserved, Copyright (C) 2015, Hitachi, Ltd.
免責事項
このマニュアルの内容の一部または全部を無断で複製することはできません。
このマニュアルの内容については、将来予告なしに変更することがあります。
このマニュアルに基づいてソフトウェアを操作した結果、たとえ当該ソフトウェアがインストールされているお客様所有のコン
ピュータに何らかの障害が発生しても、当社は一切責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
このマニュアルの当該ソフトウェアご購入後のサポートサービスに関する詳細は、弊社営業担当にお問い合わせください。
This product includes software developed by the Apache Software Foundation (http://www.apache.org/).
商標類
Ethernet は,富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
HP-UX は,Hewlett-Packard Development Company, L.P.のオペレーティングシステムの名称です。
IBM,AIX は,世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。
Internet Explorer は,米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
Oracle と Java は,Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
UNIX は,The Open Group の米国ならびに他の国における登録商標です。
Windows は,米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他記載の会社名,製品名は,それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
輸出時の注意
本製品を輸出される場合には、外国為替及び外国貿易法の規制並びに米国輸出管理規則など外国の輸出関連法規をご確認の上、必要
な手続きをお取りください。
なお、不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。
発行
2015 年 7 月(第 3 版)
2
Universal Replicator ユーザガイド
目次
はじめに..................................................................................................................................................11
対象ストレージシステム..................................................................................................................................12
マニュアルの参照と適合ファームウェアバージョン......................................................................................12
対象読者...........................................................................................................................................................12
マニュアルで使用する記号について................................................................................................................12
マニュアルに掲載されている画面図について.................................................................................................13
変更履歴...........................................................................................................................................................13
1. Universal Replicator の概要.....................................................................................................................15
1.1 Universal Replicator とは....................................................................................................................................16
1.2 形成コピーと更新コピー.....................................................................................................................................17
1.3 差分データの管理................................................................................................................................................18
1.4 Universal Replicator のジャーナルボリュームとは............................................................................................19
1.5 マスタジャーナルとリストアジャーナル............................................................................................................20
1.6 Universal Replicator のペアとは.........................................................................................................................21
1.7 セカンダリボリュームの書き込みオプション....................................................................................................23
1.8 Universal Replicator のミラーとは......................................................................................................................23
1.8.1 ミラーの分割...........................................................................................................................................24
1.8.2 ミラーの再同期.......................................................................................................................................25
1.8.3 ミラーの削除...........................................................................................................................................25
1.9 ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネント..........................................................................................26
1.9.1 VSP G100, G200, G400, G600, G800 ストレージシステム...................................................................27
1.9.2 Universal Replicator のデータパス..........................................................................................................28
1.9.3 Storage Navigator...................................................................................................................................28
1.9.4 RAID Manager........................................................................................................................................28
1.10 RAID Manager のコンシステンシーグループとは............................................................................................29
1.11 TrueCopy と組み合わせた構成とは..................................................................................................................30
1.11.1 3DC カスケード構成(3 データセンターカスケード構成)とは.........................................................30
1.11.2 3DC マルチターゲット構成(3 データセンターマルチターゲット構成)とは....................................31
1.11.3 デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成とは..................................................................32
2. Universal Replicator の要件.....................................................................................................................35
2.1 Universal Replicator のシステム要件..................................................................................................................36
3. Universal Replicator システムの計画.......................................................................................................41
3.1 業務でのデータ回復の要件の検討......................................................................................................................42
3
Universal Replicator ユーザガイド
3.2 リカバリポイント目標の決定..............................................................................................................................42
3.3 書き込み作業負荷................................................................................................................................................42
3.3.1 書き込み作業負荷の測定.........................................................................................................................43
3.4 ジャーナルボリューム準備のための情報............................................................................................................43
3.5 ジャーナルボリュームのサイズ設定...................................................................................................................44
3.5.1 ジャーナルボリューム容量の検討..........................................................................................................44
3.5.2 デルタリシンクのために必要なジャーナルボリューム容量の検討........................................................45
3.5.3 ジャーナルボリューム容量の算出..........................................................................................................45
3.5.4 ジャーナルの構成を検討する.................................................................................................................46
3.6 データ転送速度の検討........................................................................................................................................46
3.7 ペアボリュームの検討........................................................................................................................................46
3.7.1 ペア数の制限...........................................................................................................................................47
3.7.1.1 ペアの最大数の算出...............................................................................................................47
3.8 災害リカバリの検討............................................................................................................................................49
3.8.1 ホストフェイルオーバーソフトウェア...................................................................................................49
3.9 Universal Replicator と他のプログラムプロダクトとのボリュームの共有........................................................49
3.10 キャッシュメモリとシェアドメモリの増設および減設....................................................................................50
3.10.1 キャッシュメモリの増設の流れ............................................................................................................50
3.10.2 キャッシュメモリの減設の流れ............................................................................................................50
3.10.3 シェアドメモリの増設の流れ...............................................................................................................51
3.10.4 シェアドメモリの減設の流れ(「Extension1」で使用しているシェアドメモリの場合)....................51
3.10.5 シェアドメモリの減設の流れ(「Extension2」で使用しているシェアドメモリの場合)....................51
3.11 旧システムを使用する場合の検討内容.............................................................................................................51
3.12 Universal Replicator システムの準備ガイドライン..........................................................................................52
3.12.1 システムオプションモード...................................................................................................................53
4. Universal Replicator のデータ転送路の検討............................................................................................55
4.1 Universal Replicator のデータ転送路の設計とは................................................................................................56
4.2 Universal Replicator のデータ転送帯域の決定....................................................................................................56
4.3 Universal Replicator が使用するポート..............................................................................................................57
4.4 Universal Replicator の物理パスの計画..............................................................................................................58
4.4.1 Universal Replicator に必要な帯域量......................................................................................................58
4.4.2 Universal Replicator のファイバチャネル接続........................................................................................58
4.4.3 Universal Replicator の接続形態.............................................................................................................60
4.4.3.1 直結の接続形態......................................................................................................................60
4.4.3.2 スイッチを使用した接続形態.................................................................................................60
4.4.3.3 チャネルエクステンダを使用した接続形態...........................................................................61
4.4.4 iSCSI を使用するときの注意事項...........................................................................................................62
4.4.4.1 リモートパスに関する注意事項(iSCSI を使用するとき)...................................................62
4.4.4.2 物理パスに関する注意事項(iSCSI を使用するとき)..........................................................62
4.4.4.3 ポートに関する注意事項(iSCSI を使用するとき)..............................................................62
4.4.4.4 ネットワークの設定に関する注意事項(iSCSI を使用するとき)........................................63
5. Universal Replicator 構成操作..................................................................................................................65
5.1 Universal Replicator の構成操作の流れ..............................................................................................................66
5.2 Universal Replicator のリモート接続を追加する................................................................................................66
5.3 Universal Replicator のジャーナルを作成する....................................................................................................68
5.4 Universal Replicator のジャーナルにジャーナルボリュームを登録する............................................................69
5.5 Universal Replicator のジャーナルに MP ユニットを割り当てる.......................................................................70
5.6 Universal Replicator のリモートレプリカオプションを変更する.......................................................................71
4
Universal Replicator ユーザガイド
6. Universal Replicator ペア操作..................................................................................................................73
6.1 ペア操作の概要...................................................................................................................................................74
6.1.1 ペア操作時の注意事項............................................................................................................................74
6.2 Universal Replicator ペアを作成する..................................................................................................................75
6.3 Universal Replicator ペアを分割する..................................................................................................................78
6.4 ミラーを分割する................................................................................................................................................79
6.5 Point-in-Time コピーを作成する.........................................................................................................................80
6.6 Universal Replicator ペアを再同期する..............................................................................................................81
6.7 ミラーを再同期する............................................................................................................................................82
6.8 Universal Replicator ペアを削除する..................................................................................................................83
6.9 ミラーを削除する................................................................................................................................................85
7. Universal Replicator の状態表示..............................................................................................................87
7.1 Universal Replicator ペアの状態を確認する.......................................................................................................88
7.1.1 Universal Replicator ペア状態の定義......................................................................................................89
7.1.1.1 Universal Replicator の PSUS タイプ.....................................................................................93
7.1.1.2 Universal Replicator の PSUE タイプと動作..........................................................................94
7.1.1.3 Universal Replicator ペアのサスペンド条件...........................................................................95
7.2 Universal Replicator ペアの一致率を確認する....................................................................................................96
7.3 Universal Replicator ペア操作の履歴を確認する................................................................................................97
7.3.1 [操作履歴]画面の[説明]に表示される文言.....................................................................................97
7.4 ライセンス容量を確認する.................................................................................................................................99
7.5 Universal Replicator ペアの情報を出力する.....................................................................................................100
7.6 コピー操作と I/O 統計データのモニタリング...................................................................................................100
7.7 ジャーナル(ミラー)状態を監視する.............................................................................................................100
7.7.1 ミラー状態の定義.................................................................................................................................101
7.8 リモート接続とパスの状態を確認する.............................................................................................................102
8. Universal Replicator の保守...................................................................................................................103
8.1 Universal Replicator ペアの保守.......................................................................................................................104
8.1.1 Universal Replicator のペア分割の範囲を変更する..............................................................................104
8.1.2 Universal Replicator ペアを強制的に削除する......................................................................................105
8.2 Universal Replicator のジャーナルおよびミラーの保守...................................................................................106
8.2.1 Universal Replicator のジャーナルを参照する......................................................................................106
8.2.2 Universal Replicator で使用されるジャーナルのオプションを変更する..............................................107
8.2.3 Universal Replicator で使用されるミラーのオプションを変更する.....................................................108
8.2.4 Universal Replicator のジャーナルからジャーナルボリュームを削除する..........................................109
8.2.5 ジャーナルボリュームとリザーブジャーナルボリュームを交換する手順の流れ................................111
8.2.5.1 リザーブジャーナルボリュームを追加する.........................................................................111
8.2.6 ジャーナルを削除する..........................................................................................................................112
8.3 Universal Replicator のリモートパスの保守.....................................................................................................113
8.3.1 データ転送の待ち時間を変更する........................................................................................................113
8.3.2 リモートパスを追加する.......................................................................................................................114
8.3.3 リモートパスを削除する.......................................................................................................................115
8.3.4 リモート接続を削除する.......................................................................................................................116
8.4 ストレージシステムとネットワークデバイスの電源の管理.............................................................................117
8.4.1 不測の事態によって正サイトのストレージシステムまたは副サイトのストレージシステムへの電力供
給が停止した場合....................................................................................................................................117
8.4.2 不測の事態によってネットワーク中継機器への電力供給が停止した場合...........................................118
8.4.3 正サイトのストレージシステムまたは副サイトのストレージシステムの計画停止.............................118
8.4.4 正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムの同時計画停止.............................119
5
Universal Replicator ユーザガイド
8.4.5 ネットワークデバイスを停止する........................................................................................................119
9. 災害リカバリ..........................................................................................................................................121
9.1 災害リカバリのための準備...............................................................................................................................122
9.2 ファイルおよびデータベースのリカバリ..........................................................................................................122
9.3 副サイトへの業務の切り替え............................................................................................................................122
9.4 副サイトから正サイトへデータをコピーする流れ...........................................................................................123
9.5 正サイトで通常の操作を再開する流れ.............................................................................................................123
9.6 ShadowImage を組み合わせた構成での災害リカバリ.....................................................................................124
9.7 TrueCopy を組み合わせた構成での災害リカバリ............................................................................................128
9.7.1 3DC カスケード構成での正サイトの障害からのリカバリ...................................................................129
9.7.2 3DC マルチターゲット構成での正サイトの障害からのリカバリ.........................................................129
9.7.2.1 正サイト復旧後に 3DC マルチターゲット構成にする.........................................................131
9.7.2.2 TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を戻す(3DC マルチターゲット構成から).....131
9.7.2.3 TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を戻す(3DC カスケード構成から)................133
9.7.3 3DC マルチターゲット構成での正サイトの障害からのリカバリ(デルタリシンクを実行する場合)133
9.7.3.1 TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を戻す(3DC マルチターゲット構成でデルタリシ
ンクを実行した場合).............................................................................................................135
9.7.4 正サイトと TrueCopy の副サイトの障害からのリカバリ.....................................................................138
9.7.4.1 Universal Replicator の副サイトに業務を移す.....................................................................138
9.7.4.2 Universal Replicator の副サイトから正サイトに業務を戻す...............................................138
10. Universal Replicator のトラブルシューティング.................................................................................141
10.1 Universal Replicator の一般的なトラブルシューティング..............................................................................142
10.2 Universal Replicator のリモートパスのトラブルシューティング...................................................................143
10.3 サスペンドの種類に応じた Universal Replicator のペアのトラブルシューティング.....................................146
10.3.1 SIM の種類に応じた Universal Replicator ペアがサスペンドする原因とその復旧手順.....................147
10.4 Universal Replicator のエラーコード..............................................................................................................148
10.5 RAID Manager 操作時の Universal Replicator のトラブルシューティング....................................................148
10.5.1 ログファイルを利用してのエラー要因の特定....................................................................................149
10.5.2 RAID Manager の画面に出力されるログでのエラー要因の特定........................................................149
10.5.3 RAID Manager 操作時のエラーコードと内容.....................................................................................149
10.6 Universal Replicator のサービス情報メッセージ(SIM)..............................................................................161
10.6.1 SIM の参照コード、種別、および説明...............................................................................................162
10.7 お問い合わせ先...............................................................................................................................................165
付録 A RAID Manager コマンドリファレンス...........................................................................................167
A.1 Storage Navigator のアクション名と RAID Manager コマンドの対応表.........................................................168
A.2 RAID Manager を使用したジャーナルボリュームとリザーブジャーナルボリュームの交換手順...................170
付録 B Universal Replicator と他の機能の併用..........................................................................................173
B.1 Universal Replicator と併用できるボリューム種別..........................................................................................174
B.2 Universal Replicator と Thin Image の併用.......................................................................................................176
B.3 Universal Replicator と Virtual LUN の併用......................................................................................................177
B.4 Universal Replicator と Volume Migration の併用.............................................................................................177
B.5 Universal Replicator と LUN Manager の併用..................................................................................................177
B.6 Universal Replicator と Dynamic Provisioning の併用......................................................................................178
B.7 Universal Replicator と Performance Monitor の併用.......................................................................................178
B.7.1 Universal Replicator と Performance Monitor の併用の操作の流れ.....................................................179
6
Universal Replicator ユーザガイド
B.8 Universal Replicator と Data Retention Utility の併用.......................................................................................179
B.9 Universal Replicator と Universal Volume Manager の併用.............................................................................180
B.10 Universal Replicator と Resource Partition Manager の併用..........................................................................180
B.11 Universal Replicator と global storage virtualization の併用...........................................................................180
付録 C Universal Replicator と TrueCopy の併用......................................................................................181
C.1 3DC カスケード構成........................................................................................................................................182
C.1.1 3DC カスケード構成の要件と注意事項................................................................................................182
C.1.2 3DC カスケード構成のセットアップ手順............................................................................................182
C.2 3DC マルチターゲット構成..............................................................................................................................183
C.2.1 3DC マルチターゲット構成の要件.......................................................................................................183
C.2.2 3DC マルチターゲット構成のセットアップ手順.................................................................................184
C.3 デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成.....................................................................................184
C.3.1 3DC マルチターゲット構成でデルタリシンクを用いる場合の追加作業.............................................184
C.3.2 デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成条件......................................................................185
C.3.3 デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成手順......................................................................186
C.3.4 デルタリシンク用リモートコマンドデバイスの設定条件....................................................................186
C.3.5 デルタリシンク用リモートコマンドデバイスの設定手順....................................................................188
C.3.5.1 各サイトにリモートコマンドデバイスをマッピングする...................................................189
C.3.5.2 リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てる........................................................190
C.3.5.3 ミラーからリモートコマンドデバイスの割り当てを解除する............................................191
C.3.6 デルタリシンクの実行条件..................................................................................................................192
C.3.6.1 デルタリシンクが正常に終了するための条件.....................................................................192
C.3.6.2 デルタリシンクが正常に実行されない理由.........................................................................193
C.3.7 デルタリシンクの実行..........................................................................................................................194
C.3.8 デルタリシンクが失敗している場合の対処.........................................................................................194
C.3.9 デルタリシンクが失敗したときにエラーを発生させないようにするには..........................................194
付録 D Universal Replicator と ShadowImage の併用...............................................................................197
D.1 Universal Replicator と ShadowImage の併用についての概要........................................................................198
D.2 ShadowImage ペアのプライマリボリュームと Universal Replicator ペアのプライマリボリュームまたはセカ
ンダリボリュームを共有する構成....................................................................................................................198
D.3 ShadowImage ペアのセカンダリボリュームと Universal Replicator ペアのプライマリボリュームを共有する
構成..................................................................................................................................................................201
D.4 Universal Replicator ペアと ShadowImage のペアの状態について.................................................................202
D.4.1 Universal Replicator と ShadowImage の共有ボリュームのペアの状態の確認方法............................202
D.4.2 ShadowImage ペアが複数のセカンダリボリュームを持っている場合のペア状態の確認方法...........202
D.4.3 Universal Replicator ペアと ShadowImage のペアの状態と共有ボリュームのデータの状態の関係...202
付録 E Universal Replicator GUI リファレンス..........................................................................................205
E.1 [レプリケーション]画面...............................................................................................................................207
E.2 [リモートレプリケーション]画面................................................................................................................207
E.3 [リモート接続]画面......................................................................................................................................207
E.4 [ジャーナル]画面..........................................................................................................................................207
E.5 個別のジャーナル画面......................................................................................................................................210
E.6 [ペア一致率参照]画面..................................................................................................................................215
E.7 [ペアプロパティ参照]画面...........................................................................................................................217
E.8 [リモート接続プロパティ参照]画面.............................................................................................................219
E.9 [操作履歴]画面.............................................................................................................................................219
E.10 リモート接続追加ウィザード.........................................................................................................................219
7
Universal Replicator ユーザガイド
E.11 リモートレプリカオプション編集ウィザード................................................................................................219
E.12 ペア作成ウィザード........................................................................................................................................219
E.13 ペア分割ウィザード........................................................................................................................................219
E.13.1 [ペア分割]画面...............................................................................................................................220
E.13.2 [設定確認]画面...............................................................................................................................221
E.14 ミラー分割ウィザード....................................................................................................................................221
E.14.1 [ミラー分割]画面...........................................................................................................................222
E.14.2 [設定確認]画面...............................................................................................................................224
E.15 ペア再同期ウィザード....................................................................................................................................225
E.15.1 [ペア再同期]画面...........................................................................................................................225
E.15.2 [設定確認]画面...............................................................................................................................226
E.16 [ミラー再同期]画面....................................................................................................................................227
E.17 [ペア削除]画面...........................................................................................................................................229
E.18 ミラー削除ウィザード....................................................................................................................................230
E.18.1 [ミラー削除]画面...........................................................................................................................230
E.18.2 [設定確認]画面...............................................................................................................................231
E.19 ペアオプション編集ウィザード......................................................................................................................232
E.19.1 [ペアオプション編集]画面.............................................................................................................233
E.19.2 [設定確認]画面...............................................................................................................................233
E.20 リモートパス追加ウィザード.........................................................................................................................234
E.21 リモートパス削除ウィザード.........................................................................................................................234
E.22 リモート接続オプション編集ウィザード.......................................................................................................234
E.23 [リモート接続削除]画面.............................................................................................................................234
E.24 ジャーナル作成ウィザード.............................................................................................................................234
E.24.1 [ジャーナル作成]画面....................................................................................................................235
E.24.2 [ジャーナルボリューム選択]画面..................................................................................................237
E.24.3 [設定確認]画面...............................................................................................................................239
E.25 ジャーナルオプション編集ウィザード...........................................................................................................240
E.25.1 [ジャーナルオプション編集]画面..................................................................................................240
E.25.2 [設定確認]画面...............................................................................................................................241
E.26 [ジャーナル削除]画面................................................................................................................................242
E.27 MP ユニット割り当てウィザード...................................................................................................................243
E.27.1 [MP ユニット割り当て]画面..........................................................................................................243
E.27.2 [設定確認]画面...............................................................................................................................244
E.28 ミラーオプション編集ウィザード..................................................................................................................244
E.28.1 [ミラーオプション編集]画面.........................................................................................................245
E.28.2 [設定確認]画面...............................................................................................................................246
E.29 リモートコマンドデバイス割り当てウィザード............................................................................................248
E.29.1 [リモートコマンドデバイス割り当て]画面....................................................................................248
E.29.2 [設定確認]画面...............................................................................................................................249
E.30 [リモートコマンドデバイス解除]画面.......................................................................................................250
E.31 ジャーナルボリューム割り当てウィザード....................................................................................................251
E.31.1 [ジャーナルボリューム割り当て]画面...........................................................................................251
E.31.2 [設定確認]画面...............................................................................................................................253
E.32 [ジャーナルプロパティ]画面......................................................................................................................254
E.33 [ペア強制削除(UR ペア)]画面....................................................................................................................256
付録 F このマニュアルの参考情報.............................................................................................................257
F.1 操作対象リソースについて...............................................................................................................................258
F.2 このマニュアルでの表記...................................................................................................................................258
F.3 このマニュアルで使用している略語.................................................................................................................258
8
Universal Replicator ユーザガイド
F.4 KB(キロバイト)などの単位表記について.....................................................................................................259
F.5 Encryption License Key を使用したデータ暗号化について..............................................................................259
用語解説................................................................................................................................................261
索引.......................................................................................................................................................269
9
Universal Replicator ユーザガイド
10
Universal Replicator ユーザガイド
はじめに
このマニュアルは、Hitachi Virtual Storage Platform G100, G200, G400, G600, G800
(以下、VSP G100, G200, G400, G600, G800 と略します)用の『Universal Replicator ユー
ザガイド』です。このマニュアルでは、Universal Replicator(UR)システムの計画、実
行、操作、保守、およびトラブルシューティングについて説明します。
r 対象ストレージシステム
r マニュアルの参照と適合ファームウェアバージョン
r 対象読者
r マニュアルで使用する記号について
r マニュアルに掲載されている画面図について
r 変更履歴
はじめに
Universal Replicator ユーザガイド
11
対象ストレージシステム
このマニュアルでは、次に示す VSP G100, G200, G400, G600, G800 のストレージシステムに対応す
る製品(プログラムプロダクト)を対象として記述しています。
•
Virtual Storage Platform G100
HT-40SD-CBSS0/CBSL0
•
Virtual Storage Platform G200
HT-40SC-CBSS1/CBSL1
•
Virtual Storage Platform G400
HT-40SC-CBLM2
•
Virtual Storage Platform G600
HT-40SC-CBLM3
•
Virtual Storage Platform G800
HT-40SB-CBLH
このマニュアルでは特に断りのない限り、VSP G100, G200, G400, G600, G800 のストレージシステ
ムを単に「ストレージシステム」と称することがあります。
マニュアルの参照と適合ファームウェアバージョン
マニュアルを参照されるときは、ご使用の「DKCMAIN」ファームウェアと同じ梱包内のマニュアル用
のメディアに添付されているマニュアルを使用してください。 このマニュアルは、DKCMAIN ファー
ムウェアのバージョン「83-01-2X-XX/XX」以降(XX は規定外)に適合しています。
対象読者
このマニュアルは、次の方を対象読者として記述しています。
•
ストレージシステムを運用管理する方
•
UNIX ® コンピュータまたは Windows ® コンピュータを使い慣れている方
•
Web ブラウザを使い慣れている方
使用する OS および Web ブラウザの種類については、『Hitachi Device Manager - Storage
Navigator ユーザガイド』を参照してください。
マニュアルで使用する記号について
このマニュアルでは、注意書きや補足情報を、次のとおり記載しています。
注意 データの消失・破壊のおそれや、データの整合性がなくなるおそれがある場合などの注意を示します。
メモ 解説、補足説明、付加情報などを示します。
12
はじめに
Universal Replicator ユーザガイド
ヒント より効率的にストレージシステムを利用するのに役立つ情報を示します。
マニュアルに掲載されている画面図について
このマニュアルに掲載されている画面図の色は、ご利用のディスプレイ上に表示される画面の色と
異なる場合があります。
このマニュアルでは、Windows コンピュータ上の Internet Explorer での画面を掲載しています。
UNIX コンピュータ上でご使用の Storage Navigator の画面は、マニュアルに掲載されている画面の
表示と異なる場合があります。Storage Navigator の画面や基本操作に関する注意事項について
は、『Hitachi Device Manager - Storage Navigator ユーザガイド』を参照してください。
変更履歴
版番号
発行年月
変更内容
初版
2015 年 3 月
新規(適合 DKCMAIN ファームウェアバージョン:「83-01-0X-XX/XX」以降)
第2版
2015 年 6 月
初版を改訂(適合 DKCMAIN ファームウェアバージョン:「83-01-2X-XX/XX」以降)
第3版
2015 年 7 月
• iSCSI を利用する場合の注意事項を追加した(4.4.4 を参照)
第 2 版を改訂(適合 DKCMAIN ファームウェアバージョン:
「83-01-2X-XX/XX」以降)
はじめに
Universal Replicator ユーザガイド
13
14
はじめに
Universal Replicator ユーザガイド
1
Universal Replicator の概要
Universal Replicator を使用することで、VSP G100, G200, G400, G600, G800 のデータボ
リュームの内容を、遠隔地にある VSP G100, G200, G400, G600, G800 にコピーし、保守で
きます。この章では、次の内容について説明します。
r 1.1 Universal Replicator とは
r 1.2 形成コピーと更新コピー
r 1.3 差分データの管理
r 1.4 Universal Replicator のジャーナルボリュームとは
r 1.5 マスタジャーナルとリストアジャーナル
r 1.6 Universal Replicator のペアとは
r 1.7 セカンダリボリュームの書き込みオプション
r 1.8 Universal Replicator のミラーとは
r 1.9 ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネント
r 1.10 RAID Manager のコンシステンシーグループとは
r 1.11 TrueCopy と組み合わせた構成とは
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
15
1.1
Universal Replicator とは
Universal Replicator は、大規模な地震などの災害によってデータセンタが被災することで、業務
が長期間にわたって停止するような事態を避けるためのソリューションを提供します。Universal
Replicator を使ったシステムでは、本来のデータセンタ(正サイトのストレージシステム)とは別
のデータセンタ(副サイトのストレージシステム)を遠隔地に設置して、正サイトのプライマリボ
リュームへのデータ書き込みとは非同期に、副サイトにあるセカンダリボリュームにデータをコ
ピーします。Universal Replicator システムでは、正サイトでのプライマリボリュームの更新と同
時に、ジャーナルデータが作成されます。ジャーナルデータは、正サイトのボリュームに書き込ま
れたデータのコピーです。
メモ Universal Replicator には、1 個のプライマリボリュームのデータを複数のセカンダリボリュームにコ
ピーしたり、複数のプライマリボリュームのデータを 1 個のセカンダリボリュームにコピーしたりするような機
能はありません。
メモ 正サイトのストレージシステムがプライマリボリュームの読み取りに失敗したときは、RAID-1、RAID-5、
または RAID-6 の冗長機能によって障害から回復します。正サイトのストレージシステムがデータ回復のために
Universal Replicator のセカンダリボリュームを読み取ることはありません。
Universal Replicator は、正サイトから副サイトへ、ジャーナル取得、ジャーナルコピー、ジャー
ナルリストアの三段階でジャーナルデータをコピーします。
•
ジャーナル取得:正サイトのストレージシステムは、ジャーナルデータをマスタジャーナルボ
リュームに書き込みます。
ホストが更新データをプライマリボリュームに書き込むとき、正サイトのストレージシステムは
更新データをコピーします。コピーされた更新データのことを、ジャーナルデータといいます。
正サイトにあるストレージシステムがジャーナルデータを格納するボリュームを、マスタジャー
ナルボリュームといいます。プライマリボリュームへの書き込みがエラーになった場合、正サイ
トのストレージシステムは、エラーになった書き込みのジャーナルデータを作成しません。
16
◦
ジャーナルデータにはシーケンス番号が割り当てられます。
◦
シーケンス番号と他のメタデータによって、プライマリボリュームに書き込まれたデータと
ジャーナルデータとの整合性を保証します。
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
•
ジャーナルコピー(形成コピーと更新コピー)
:マスタジャーナルボリュームからリストアジャー
ナルボリュームへジャーナルデータをコピーします。
最初にすべてのデータをコピーすることを形成コピーといいます。形成コピーの後、更新された
分だけコピーすることを更新コピーといいます。副サイトにあるストレージシステムで、ジャー
ナルデータを格納するボリュームを、リストアジャーナルボリュームといいます。
◦
副サイトにあるストレージシステムから正サイトにあるストレージシステムへリード
ジャーナルコマンドが発行されると、正サイトのストレージシステムはマスタジャーナルボ
リュームに格納されているジャーナルデータを、副サイトのリストアジャーナルボリューム
へ転送します。
リードジャーナルコマンドは、前のコマンドが完了するとすぐに、次のコマンドが実行され
ます。
◦
リストアジャーナルボリュームへのジャーナルデータのコピーは、マスタジャーナルボ
リュームのデータがなくなるまで実行されます。
ヒント Universal Replicator は、プル型のレプリケーションソフトウェアです。Universal Replicator
は、副サイトにあるストレージシステムからデータの更新を要求されると(リードジャーナルコマンドが発
行されると)、副サイトへのジャーナルデータのコピーを開始します。このとき、正サイトのストレージシ
ステムは、副サイトのストレージシステムによるトランザクション処理のリソースとして動作します。
•
ジャーナルリストア:セカンダリボリュームは、リストアジャーナルボリュームに格納された
ジャーナルデータを基に更新されます。
◦
リストアジャーナルボリュームのジャーナルデータは、シーケンス番号に従って、セカンダ
リボリュームにコピーされます。これによって、データの整合性が保証されます。
◦
セカンダリボリュームへのリストアが完了すると、リストアジャーナルボリュームのジャー
ナルデータは破棄されます。
◦
セカンダリボリュームへのリストアが完了すると、マスタジャーナルボリュームのジャーナ
ルデータも破棄されます。
ヒント 正サイトのストレージシステムは、副サイトのストレージシステムからリストアが済んだジャー
ナルのシーケンス番号を受信するまで、マスタジャーナルボリュームのジャーナルデータを破棄しませ
ん。これは、正サイトと副サイトがチャネルエクステンダ製品で接続されている場合でも同じです。
1.2
形成コピーと更新コピー
形成コピーとは、プライマリボリュームに格納済みのデータから基底ジャーナルを作成し、作成し
た基底ジャーナルを副サイトのストレージシステムへ転送して、セカンダリボリュームにリストア
する処理です。ホストからの I/O 処理とは別に動作します。形成コピーは、次のタイミングで実施
されます。
•
新たにプライマリボリュームとセカンダリボリュームのペアを作成し、プライマリボリュームと
セカンダリボリュームのデータを一致させるとき(同期)
最初にペアを組んだとき、正サイトから副サイトへプライマリボリュームのすべてのデータをコ
ピーします。
•
正サイトから副サイトへのデータのコピーを停止したペアについて、再度データを一致させると
き(再同期)
保守作業の終了などに伴って正サイトから副サイトへのデータのコピーを再開するとき(順方向
の再同期)と、災害復旧などに伴って副サイトから再建後の正サイトに差分データをコピーする
とき(逆方向の再同期)があります。順方向の再同期も、逆方向の再同期も、ペアを再同期する
操作は正サイトのストレージシステムでだけ実行できます。
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
17
基底ジャーナルを取得する対象となる領域は、データボリューム全体の場合と、データボリューム
の差分個所だけの場合があります。
データボリューム全体の基底ジャーナルは、そのデータボリュームをプライマリボリュームとする
ペアが作成されたときに取得されます。
差分個所だけの基底ジャーナルは、正サイトから副サイトへのデータのコピーを停止した後、ペア
を再同期するときに取得されます。正サイトから副サイトへのデータのコピーが停止している間
は、プライマリボリュームに対するデータ更新と、セカンダリボリュームに対するデータ更新の双
方が差分ビットマップに記録されます。差分個所だけの基底ジャーナルを取得するとき(再同期す
るとき)は、プライマリボリュームとセカンダリボリュームの両方の差分ビットマップをマージし
て、マージした結果の示す領域を対象にデータが取得されます。
同じジャーナル内で複数のペアの作成または再同期をボリューム単位で指示した場合は、先に指示
されたボリュームペアの基底ジャーナルがリモートストレージシステムのジャーナルボリュームに
格納されてから、あとに指示されたボリュームペアの基底ジャーナルが、リモートストレージシス
テムのジャーナルボリュームに格納されます。このため、あとから指示された基底ジャーナルのリ
ストアは遅れます(ジャーナル単位で指示する場合は影響ありません)。
メモ 形成コピーのオプションとして[形成コピータイプ]に[なし]を選択できます。
[なし]を選択したとき
は、形成コピーが実行されません。[なし]は、すでにプライマリボリュームとセカンダリボリュームの内容が
完全に同じであることが確実な場合にだけ選択してください。
形成コピーの完了後は、ホストがプライマリボリュームに書き込んだデータを基に、更新コピーが
実行されます。Universal Replicator は、プライマリボリュームに書き込まれるデータを更新
ジャーナルとして取得します。取得した更新ジャーナルは副サイトにあるストレージシステムに転
送され、セカンダリボリュームにリストアされます。
ヒント VSP G100, G200, G400, G600, G800 では、ジャーナルコピーによる負荷を減らし、最大限の効率でデー
タを転送するために、Universal Replicator の形成コピーおよび更新コピーに特化した書き込みコマンドを使
用します。この専用の書き込みコマンドを使用すると、トラック内で連続して更新されるデータの制御パラメー
タおよび FBA 形式データを、1 回の書き込み操作で転送できます。これによって、システムの負荷は軽減され
て、FBA から CKD、または CKD から FBA への変換に必要な処理性能が確保されます。
1.3
差分データの管理
プライマリボリュームとセカンダリボリュームが同期していないデータは、プライマリボリューム
とセカンダリボリュームの双方でトラックビットマップとして記憶します。ペアを再同期させる場
合、正サイトのストレージシステムはプライマリボリュームとセカンダリボリュームのビットマッ
プをマージして、同期していないデータをコピーします。なお、ビットマップエリア数は、ストレー
ジシステムで作成できる最大ペア数に影響します。
ボリュームの容量が 4,194,304MB(8,589,934,592block)より大きい DP-VOL を使用して Universal
Replicator ペアを作成した場合、Universal Replicator ペアのボリュームが関連づけられている
プールで差分データが管理されます。この場合、ボリュームの容量 4,123,168,604,160 バイトごと
に、プログラムプロダクトの構成に応じた差分管理データ用のプール容量(最大 4 ページ)が必要
です。
18
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
メモ プールで管理されている差分データ(ページ)は、次の手順で解放します。
1.
ページを解放したい仮想ボリュームを使用しているすべてのペアを削除します。
2.
システムオプションモード 755 を OFF にします。
システムオプションモード 755 を OFF にすると、ゼロデータページを破棄できるようになります。
3.
閉塞しているプールを回復します。
4.
仮想ボリュームのページを解放します。
Storage Navigator では[ゼロデータページ破棄]画面を、RAID Manager では raidcom modify ldev コマン
ドを使用します。
ページの解放には時間がかかることがあります。また、4,194,304MB より大きいボリュームのペア作成をサポー
トしていないマイクロコードバージョンへダウングレードするときにも、ページの解放が必要です。
なお、ボリュームの容量が 4,194,304MB(8,589,934,592block)より大きい DP-VOL を使用して
Universal Replicator ペアを作成したあとで、プールの容量不足によってプールで差分データを管
理できないことがあります。この場合、Universal Replicator ペアを再同期するときには、プライ
マリボリュームのすべてのデータがトラック単位でセカンダリボリュームにコピーされます。
1.4
Universal Replicator のジャーナルボリュームと
は
ジャーナルボリュームは正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムに必要で
す。正サイトにあるジャーナルボリュームをマスタジャーナルボリューム、副サイトにあるジャー
ナルボリュームをリストアジャーナルボリュームといいます。
•
ジャーナルボリュームには、Dynamic Provisioning 仮想ボリュームだけを使用できます。
•
1 つのジャーナルにはジャーナルボリュームを 2 個まで登録できますが、通常は正サイトのスト
レージシステムと副サイトのストレージシステムにそれぞれ 1 個のジャーナルボリュームで運
用することを推奨します。もう 1 個のジャーナルボリュームはリザーブジャーナルボリューム
として確保でき、障害が発生した場合に使用します。
メモ
•
リザーブジャーナルボリュームの目的
リザーブジャーナルボリュームは、ジャーナルボリュームが属するプールまたはプールボリュームの
ハードディスクが障害によって閉塞し、Universal Replicator ペアが分割されたとき、ペアを削除しな
いで復旧させるために使用します。
•
リザーブジャーナルボリュームを追加して Universal Replicator ペアを復旧させる場合の運用手順
リザーブジャーナルボリュームを追加し、1 個目のジャーナルボリュームを削除してから再同期して復
旧してください。
ジャーナルボリュームが属するプールまたはプールボリュームのハードディスク障害による Universal
Replicator ペアの分割から復旧するときは、この手順を推奨します。
•
リザーブジャーナルボリュームを追加しないで Universal Replicator ペアを復旧させる場合の運用手
順
Universal Replicator ペアを削除した後、ジャーナルボリュームを削除し、正常なボリュームを用いて
ジャーナルの作成からし直してください。または、メンテナンスマニュアルに従って、障害要因を取り
除いてから再同期して復旧してください。
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
19
ヒント
•
•
リザーブジャーナルボリュームは、Storage Navigator のジャーナルボリュームを表示する画面で[タ
イプ]に[リザーブジャーナル]と表示されるボリュームです。
•
RAID Manager ではジャーナルボリュームは、raidcom get journal コマンドで表示できます。
•
マスタジャーナル、リストアジャーナルの容量は、ジャーナルボリュームの容量が表示されます(リザー
ブジャーナルボリュームは通常の運用では使用されないため、容量に加算されません)。
•
ジャーナルボリュームの容量は、Storage Navigator のユーザーズガイドでは「ジャーナル容量」と表
記され、RAID Manager のユーザーズガイドでは「ジャーナルボリュームのジャーナルデータ用容量」、
「データブロックサイズの容量」と表記されます。
•
Storage Navigator でジャーナルボリュームを 2 個同時に登録する場合、LDEV 番号の若い順に登録され
ます。
ホストからパス(LU パス)が設定されているボリュームは、ジャーナルボリュームとして登録
できません。また、ジャーナルボリュームには LU パスを設定できません。
ヒント ホストはジャーナルボリュームからの読み込み、およびジャーナルボリュームへの書き込みができ
ません。
ジャーナルボリュームはジャーナルデータ領域とメタデータ領域の 2 つの領域から構成されていま
す。形成コピーまたは更新コピーの実行中にジャーナルボリュームを拡張すると、拡張したジャー
ナルボリューム容量分のメタデータ領域は使われず、ジャーナルデータ領域だけが使われます。メ
タデータ領域が使われるようにするには、ジャーナル内のすべてのデータボリュームのペアをいっ
たん分割した後で、再同期する必要があります。
ジャーナルボリュームは、システム要件に従って設定、サイズ調整してください。
関連項目
1.5
•
1.5 マスタジャーナルとリストアジャーナル
•
1.6 Universal Replicator のペアとは
•
2.1 Universal Replicator のシステム要件
•
3.5 ジャーナルボリュームのサイズ設定
•
5.4 Universal Replicator のジャーナルにジャーナルボリュームを登録する
マスタジャーナルとリストアジャーナル
Universal Replicator で、正サイトから副サイトへのデータのコピーを停止したり、正サイトの
データで副サイトのデータを再同期したり、ボリュームを削除したりするとき、ジャーナルが基本
的な単位となります。ジャーナルの特徴は次のとおりです。
20
•
マスタジャーナルは、プライマリボリュームとマスタジャーナルボリュームから構成されます。
•
リストアジャーナルは、セカンダリボリュームとリストアジャーナルボリュームから構成されま
す。
•
データボリュームとそれに関連するジャーナルボリュームは、1 つのジャーナルにだけ所属でき
ます。
•
プライマリボリューム、セカンダリボリューム、マスタジャーナルボリューム、リストアジャー
ナルボリュームには RAID1、RAID5、および RAID6 をサポートします。ジャーナル内で、RAID1、
RAID5、および RAID6 のボリュームが混在してもかまいません。
•
ペアになるプライマリボリュームとセカンダリボリュームは、サイズを同じにしてください。
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
1.6
•
同じマスタジャーナルに含めるボリュームは、同じストレージシステムにある必要があります。
•
同じリストアジャーナルに含めるボリュームは、同じストレージシステムにある必要がありま
す。
•
マスタジャーナルとリストアジャーナルは、ジャーナル ID に従って管理されます。
Universal Replicator のペアとは
ユーザは、正サイトのプライマリボリュームと副サイトのセカンダリボリュームを指定して、
Universal Replicator でデータをコピーするボリュームのペアを作成します。
ヒント Universal Replicator のペアを作成するときには、副サイトのストレージシステムのシリアル番号を指
定する必要があります。あらかじめ、副サイトのストレージシステムのシリアル番号を調べておいてください。
Universal Replicator でペアを対象にした操作を実行すると、ペアを構成するボリュームの状態が
変化します。操作が完了したことを確認するために、ペアを構成するボリュームの状態を確認して
ください。Universal Replicator のペアを構成するボリュームの主な状態について、簡単に説明し
ます。
•
SMPL:ボリュームが Universal Replicator ペアに割り当てられていない状態です。
•
COPY:形成コピーが始まると、正サイトのストレージシステムがプライマリボリュームとセカン
ダリボリュームの状態を COPY に変更します。
•
PAIR:形成コピーが完了すると、正サイトのストレージシステムがプライマリボリュームとセカ
ンダリボリュームの状態を PAIR に変更します。
プライマリボリュームとセカンダリボリュームが PAIR 状態のとき、正サイトのデータが副サイ
トへコピーされ、正サイトと副サイトのデータが同期します。Universal Replicator は、通常、
PAIR 状態で運用し続けます。ペアを分割したり、再同期したりするのは、何らかの保守作業が
必要になったり、災害が発生したりしたときです。
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
21
•
PSUS:ストレージシステムの保守作業などでユーザが正サイトから副サイトへのデータのコピー
を意図的に停止すると、正サイトのストレージシステムはプライマリボリュームとセカンダリボ
リュームの状態を PSUS に変更します(パスの状態が正常な場合)。Universal Replicator ペア
間でのデータのコピーが停止することを、ペアの「分割」といいます。ペアが分割されると、ホ
ストからの書き込みデータによってプライマリボリュームは更新されますが、セカンダリボ
リュームはコピーを停止したときのままになります。
ユーザが副サイトからペアを分割すると、副サイトのストレージシステムはセカンダリボリュー
ムの状態を PSUS に変更します。プライマリボリュームの状態は、正サイトのストレージシステ
ムがユーザによるペアの分割を検出したとき(パスの状態が正常な場合)、PSUS に変化します。
ヒント ユーザは、正サイトからペアを分割することも、副サイトからペアを分割することもできます。
•
PSUE:何らかの障害が発生してペアが分割されると、プライマリボリュームとセカンダリボ
リュームの状態は PSUE に変化します。
更新コピーがエラーになると、副サイトのストレージシステムはペアの状態とエラーの種類に応
じて、影響を受けたペアまたはリストアジャーナルに含まれるすべてのペアを分割して、セカン
ダリボリュームの状態を PSUE に変更します。プライマリボリュームの状態は、正サイトのスト
レージシステムが障害による分割の発生を検出したとき(パスの状態が正常な場合)、PSUE に変
化します。
22
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
ヒント パスの状態が正常であれば、通常はペアを組んでいるプライマリボリュームの状態とセカンダリボ
リュームの状態が異なることはありません。正サイトまたは副サイトでペアの分割が検出されるまでの間、ボ
リュームの状態が異なることがあります。
関連項目
•
1.7
7.1.1 Universal Replicator ペア状態の定義
セカンダリボリュームの書き込みオプション
通常は、副サイトのストレージシステムはセカンダリボリュームをオンラインに(マウント)する
ことを許可しません。このため、セカンダリボリュームにはホストからアクセスできません。プラ
イマリボリュームのデータとセカンダリボリュームのデータに不整合が起きないようにするためで
す。
正サイトから副サイトへのデータのコピーが停止している間だけ(ペアが分割されている間だけ)、
ホストからセカンダリボリュームに書き込めるようにするオプションがあります。ユーザが正サイ
トから副サイトへのデータのコピーを停止するとき、ペアを指定して、このオプションを選択でき
ます。指定されたペアでだけ、セカンダリボリュームへの書き込みが有効になります。
ヒント 正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムが正常に接続されている場合に、正サ
イトのストレージシステムからペアを分割するときにだけ、このオプションを指定できます。
ヒント 正サイトから副サイトへのデータのコピーが停止している間、プライマリボリュームとセカンダリボ
リュームの双方で、コピーが停止してからの差分がトラックビットマップとして記録されます。セカンダリボ
リュームの書き込みオプションが指定されているペアを再同期させるとき、副サイトのストレージシステムはセ
カンダリボリュームのトラックビットマップを正サイトのストレージシステムに送信し、正サイトのストレージ
システムはプライマリボリュームとセカンダリボリュームのビットマップをマージして、同期していないトラッ
クのデータをコピーします。プライマリボリュームとセカンダリボリュームの両方を最新の状態に更新して、双
方のデータを一致させます。なお、ビットマップエリア数は、ストレージシステムで作成できる最大ペア数に影
響します。
1.8
Universal Replicator のミラーとは
マスタジャーナルとリストアジャーナルの関係はミラーと呼ばれます。1 個のマスタジャーナルに
対して、1 個のミラーが対応します。
ミラー内に形成コピーが進行中で同期していないペア(ペアの状態が COPY)、または形成コピーが
完了して同期したペア(ペアの状態が PAIR)だけがあるとき、ミラーは Active 状態となります。
通常、ペアは PAIR 状態で運用するため、ミラーの状態も通常は Active になります。
ミラーを対象にした操作を実行すると、ミラーの状態が変化します。操作が完了したことを確認す
るために、ミラーの状態を確認してください。ミラーの主な状態について、簡単に説明します。
•
Initial:ミラーにデータボリュームが登録されていないか、またはミラーの削除が完了した状
態です。
•
Active:ミラー内に COPY 状態または PAIR 状態のペアだけがある状態です。
•
Stopped:ミラーが分割されているか、またはミラーが削除されようとしている状態です。
ヒント Universal Replicator ペアはミラー単位に操作することを基本としているため、分割や再同期はミラー
単位で実施してください。ペア単位で分割や再同期を実行しようとすると、操作要求が拒否されることがありま
す。
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
23
関連項目
•
1.8.1
7.7.1 ミラー状態の定義
ミラーの分割
ミラーを分割すると、そのミラーに含まれるすべてのペアが分割されて、マスタジャーナルからリ
ストアジャーナルへのデータコピーが停止します。ミラーを分割するには、ミラーの状態が Active
である必要があります。ミラーの分割が完了すると、ミラーの状態は Stopped になります。
ペアが分割されている間、更新データはセカンダリボリュームに反映されません。ペアを再同期し
たときに、更新データがセカンダリボリュームに反映されます。ミラーに属するすべてのペアを再
同期する場合は、ミラーを再同期します。
ミラーを分割するときも、
[セカンダリボリューム書き込み]で、セカンダリボリューム書き込みを
有効にするかどうかを選択できます。セカンダリボリューム書き込みを有効にすると、ペアが分割
されている間、ホストはセカンダリボリュームにデータを書き込むことができます。
24
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
プライマリボリュームの内容とセカンダリボリュームの内容を一致させてから、ミラーを分割する
こともできます。この場合は、ミラーの分割時に[分割モード]で[フラッシュ]を選択します。
[フラッシュ]を選択することで、ペアを分割するときに、更新データがセカンダリボリュームに反
映されます。副サイトのストレージシステムがペアの分割を受け付けた時点で、対象となるペアが
保留していたすべてのジャーナルデータの内容が、セカンダリボリュームに書き込まれます。その
後、対象ペアにジャーナルデータ(更新データ)がない状態が一定時間続くと、対象ペアの状態は
PSUS に変わります。ジャーナルのすべてのペアの状態が PSUS に変わったら、ボリュームの複製は
完了です。ミラーの状態は Stopped になります。
ヒント ミラーに属するデータボリュームの完全な複製を作成したいときには、ミラーを分割する前に、ホスト
からの I/O を停止させておく必要があります。データの複製を作成したいときに即座に複製を作成すること(ま
たはこのような方法で作成された複製)を Point-in-Time コピーといいます。
1.8.2
ミラーの再同期
ミラーを再同期すると、ミラーに属するすべてのペアのプライマリボリュームからセカンダリボ
リュームへのデータコピーが再開します。ミラーを再同期するには、ミラーの状態が Stopped であ
る必要があります。
メモ ミラーは I/O 負荷が低いときに再同期してください。同じコンシステンシーグループ内に状態が異なる複
数のペアが混在している場合、I/O 負荷が高い状態でミラーを再同期すると、ペアの再同期が失敗して分割され
ることがあります(ペアの状態は PSUE になります)。
1.8.3
ミラーの削除
ミラーを削除すると、ミラーに属するすべてのペアが削除され、マスタジャーナルからリストア
ジャーナルへのデータコピーが終了します。ミラーを削除するとき、削除モードを選択できます。
:ミラーが削除されるのは、ローカルストレージシステムがミラーの状態を Initial に変
• [通常]
更できる場合だけです。
:ミラーを強制的に削除します。ローカルストレージシステムがリモートストレージシス
• [強制]
テムと通信できない場合でも、ミラーは削除されます。
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
25
削除モードに[強制]を選択した状態で削除の操作を実行していて、かつ 5 分間以上たっているの
にミラーの状態が Initial になっていない場合は、再度強制削除の操作を実行するとそのミラーに
属するすべてのペアを削除できます。なお、強制削除を実行してから 5 分間は同じジャーナル内に
ペアを作成しないでください。ペア作成に失敗するおそれがあります。
1.9
ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネン
ト
Universal Replicator システムは、次のコンポーネントから構成されます。
•
正サイトにある VSP G100, G200, G400, G600, G800
•
副サイトにある VSP G100, G200, G400, G600, G800
•
VSP G100, G200, G400, G600, G800 に付属したストレージシステム
•
ストレージシステムに接続された1つ以上のホスト
•
双方のストレージシステムにインストールされた Universal Replicator ソフトウェア
•
正サイトと副サイトの間のデータパス接続
•
Universal Replicator を構成・管理する管理用ソフトウェア
ファイバチャネルスイッチを含む専用のファイバチャネルデータパスを使用して、正サイトと副サ
イトの VSP G100, G200, G400, G600, G800 ストレージシステムを接続してください。ファイバ
チャネルデータパスとは、正サイトのストレージシステムのファイバチャネルポートから副サイト
のストレージシステムのファイバチャネルポートまでの経路です。ファイバチャネルポートを使用
して、ホストと VSP G100, G200, G400, G600, G800 を接続します。
管理用ソフトウェアは、管理用の LAN を通じてストレージシステムに接続します。管理用ソフト
ウェアとは次のソフトウェアです。
•
Storage Navigator
•
RAID Manager
Universal Replicator のコンポーネントについて次の図に基本構成を示します。
26
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
ヒント ローカルストレージシステムとは、管理クライアントを接続しているストレージシステムを指します。
また、リモートストレージシステムとは、ローカルストレージシステムと接続している別のストレージシステム
を指します。このマニュアルでは、特に記載がないかぎり、正サイトにローカルストレージシステムがあり、副
サイトにリモートストレージシステムがあることを前提に説明しています。
関連項目
1.9.1
•
1.9.1 VSP G100, G200, G400, G600, G800 ストレージシステム
•
1.9.2 Universal Replicator のデータパス
•
1.9.3 Storage Navigator
•
1.9.4 RAID Manager
VSP G100, G200, G400, G600, G800 ストレージシステム
Universal Replicator システムは、正サイトと副サイトにある、2 台の VSP G100, G200, G400,
G600, G800 ストレージシステムによって構成されます。正サイトのストレージシステムを MCU(メ
インコントロールユニット)、副サイトのストレージシステムを RCU(リモートコントロールユニッ
ト)と表記することがあります。
正サイトのストレージシステム(MCU)は、プライマリボリュームと、次の操作を制御します。
•
プライマリボリュームに対するホスト I/O 操作
•
マスタジャーナル操作
•
プライマリボリュームとセカンダリボリューム間の、形成コピーと更新コピー操作
副サイトのストレージシステム(RCU)は、セカンダリボリュームと、次の操作を制御します。
•
正サイトのストレージシステムに対するリードジャーナルコマンドの発行
•
マスタジャーナルからリストアジャーナルへのジャーナルデータのコピー
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
27
•
セカンダリボリュームに対するリストアジャーナルデータのコピー
•
Universal Replicator ペアの状態と構成を管理する上での操作(例:Universal Replicator の
セカンダリボリュームへの書き込み I/O を拒否する)
関連項目
•
1.9.2
1.9 ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネント
Universal Replicator のデータパス
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムの間のデータ送受信用の接続は、
データパスと呼ばれます。Universal Replicator のコマンドとデータは、ファイバチャネルデータ
パスとスイッチを通って送信されます。データパスは、正サイトのストレージシステムのファイバ
チャネルポートを介して正サイトのストレージシステムに接続され、副サイトのストレージシステ
ムのファイバチャネルポートを介して副サイトのストレージシステムに接続されます。
データパスはハードウェアレベルで冗長化しておくことをお勧めします。
関連項目
•
1.9.3
1.9 ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネント
Storage Navigator
Storage Navigator は、正サイトおよび副サイトのストレージシステムと、TCP/IP 接続によって通
信します。Storage Navigator は、正サイトのストレージシステムに接続して使用します。通常は、
副サイトのストレージシステムに接続されていなくても運用に支障はありません。保守や災害復旧
の際、Universal Replicator のパラメータを変更したり、セカンダリボリュームを操作したりする
ときに、Storage Navigator を副サイトのストレージシステムに接続します。
Universal Replicator を操作するユーザには、Storage Navigator の次のロールが必要です。ロー
ルがないユーザは、Universal Replicator の情報の参照だけができます。
•
ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)のロール
仮想ストレージマシン内のボリュームを使用する場合、Storage Navigator には VSP G100, G200,
G400, G600, G800 の LDEV ID やシリアル番号も、仮想情報も表示されます。しかし、仮想ストレー
ジマシンのシリアル番号を指定してリモート接続を追加したり、仮想 LDEV ID を指定してペアを作
成したりはできません。Storage Navigator で Universal Replicator を操作するときには、VSP
G100, G200, G400, G600, G800 の LDEV ID やシリアル番号を指定します。
関連項目
•
1.9.4
1.9 ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネント
RAID Manager
RAID Manager は、スクリプトで使用できるコマンドラインインタフェースを提供します。Storage
Navigator の GUI とほぼ同等の操作を実行できます。
仮想ストレージマシン内のボリュームを使用する場合、RAID Manager では、構成定義ファイルに
VSP G100, G200, G400, G600, G800 の LDEV ID やシリアル番号も仮想情報も指定できます。ただ
し、正サイトのストレージシステムが HUS VM の場合は、構成定義ファイルに VSP G100, G200,
G400, G600, G800 の情報を指定します。
28
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
ヒント
•
RAID Manager が定期的に発行するタイムスタンプと、ホストから正サイトのストレージシステムに書き込み
要求が発行されたときに取得したシーケンス番号を用いて、Universal Replicator はジャーナルデータの一
貫性を保ちます。セカンダリボリュームにジャーナルデータがリストアされるまで、タイムスタンプとシー
ケンス番号はジャーナルデータに付いたままです。
•
RAID Manager がタイムスタンプを発行する間隔は、1 秒程度にすることをお勧めします。タイムスタンプを
発行する間隔を短くすると、ストレージシステムの I/O レスポンスに与える影響が大きくなります。タイム
スタンプを発行する間隔を長くすると、副サイトでリストアを実行する間隔も長くなり、ジャーナルボ
リュームにジャーナルデータがたまりやすくなります。なお、形成コピーおよび更新コピーの動作中はタイ
ムスタンプに関わらずデータをリストアするため、タイムスタンプを発行する間隔を長くしてもジャーナル
データがたまりやすくなることはありません。
関連項目
•
1.10
1.9 ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネント
RAID Manager のコンシステンシーグループとは
RAID Manager のコンシステンシーグループは、正サイトと副サイトのストレージシステムに設定さ
れた、複数のボリュームから構成されるグループです。RAID Manager のコマンドにコンシステン
シーグループ ID を指定することで、ボリュームをコンシステンシーグループ単位で一括して操作で
きます。
マスタジャーナルおよびリストアジャーナルも、正サイトと副サイトのストレージシステムに設定
された、複数のボリュームから構成されるグループです。マスタジャーナルを 1 個のコンシステン
シーグループ、リストアジャーナルを 1 個のコンシステンシーグループとすることで、コンシステ
ンシーグループ ID を指定すれば、RAID Manager のコマンドでマスタジャーナルボリュームをマス
タジャーナル単位で、リストアジャーナルボリュームをリストアジャーナル単位で一括して操作で
きるようになります。プライマリボリュームとセカンダリボリューム間の書き込み順序を保証した
ままで、コンシステンシーグループ単位でボリュームを操作できます。
注意 ペアになるプライマリボリュームのコンシステンシーグループ ID とセカンダリボリュームのコンシステ
ンシーグループ ID を同じにする必要があります。
メモ 誤操作を防止するため、ジャーナル ID とコンシステンシーグループ ID を同じにすることをお勧めします。
作成できるコンシステンシーグループの数は、ストレージシステムのモデルによって異なります。
1 つのストレージシステムに、プライマリボリュームのコンシステンシーグループとセカンダリボ
リュームのコンシステンシーグループを合わせて、最大で次の数まで作成できます。
•
Virtual Storage Platform G100 または Virtual Storage Platform G200:16 個(番号は 0~15)
•
Virtual Storage Platform G400 または Virtual Storage Platform G600:64 個(番号は 0~63)
•
Virtual Storage Platform G800:128 個(番号は 0~127)
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
29
1.11
TrueCopy と組み合わせた構成とは
Universal Replicator と同様に、TrueCopy も遠隔地にデータをバックアップできます。Universal
Replicator は正サイトと副サイトの間でデータを非同期にコピーしますが、TrueCopy は同期してコ
ピーします。このため、Universal Replicator では副サイトのデータが正サイトのデータより遅れ
て更新されるのに対して、TrueCopy は正サイトのデータと副サイトのデータが一致することを保証
します。ただし、TrueCopy はサイト間の距離の影響を受けやすいため、TrueCopy の副サイトは
Universal Replicator の副サイトよりも近い場所に設置する必要があります。
Universal Replicator と TrueCopy を組み合わせることで、それぞれの特長を生かした構成で、障
害や災害の発生に対応できます。
メモ ストレージシステムが VSP G800 の場合だけ、TrueCopy と組み合わせられます。
Universal Replicator と TrueCopy を組み合わせた構成には、3 つの 3DC 構成(3 データセンター構
成)があります。
関連項目
1.11.1
•
1.11.1 3DC カスケード構成(3 データセンターカスケード構成)とは
•
1.11.2 3DC マルチターゲット構成(3 データセンターマルチターゲット構成)とは
•
1.11.3 デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成とは
•
C Universal Replicator と TrueCopy の併用
3DC カスケード構成(3 データセンターカスケード構成)とは
データセンターを、正サイト、中間サイト、副サイトの 3 か所に配置する構成です。正サイト、中
間サイト、副サイトのそれぞれに 1 台ずつ、VSP G800 を配置します。
30
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
正サイトにある業務ボリュームをプライマリボリューム、正サイトから近距離にある中間サイトの
ボリュームをセカンダリボリュームとして TrueCopy ペアを作成します。さらに、TrueCopy ペアの
セカンダリボリュームを Universal Replicator ペアのプライマリボリュームとして共用し、遠距離
にある副サイトのボリュームをセカンダリボリュームとする Universal Replicator ペアを作成し
ます。I/O レスポンス時間を短くするため、中間サイトは正サイトの近くに配置します。ホストか
らの I/O に対する応答時間は、TrueCopy からの応答時間と中間サイトでのジャーナルデータ作成時
間の合計です。
この構成を次の図に示します。
関連項目
•
1.11.2
C.1 3DC カスケード構成
3DC マルチターゲット構成(3 データセンターマルチターゲッ
ト構成)とは
3DC マルチターゲット構成は、データセンターを正サイトと 2 か所の副サイトに配置する構成です。
正サイト、中間サイト、副サイトのそれぞれに、少なくとも 1 台の VSP G800 を配置します。
正サイトにある業務ボリュームは、TrueCopy と Universal Replicator の両方のプライマリボ
リュームとして、TrueCopy と Universal Replicator で共有されます。TrueCopy のセカンダリボ
リュームと Universal Replicator のセカンダリボリュームは、それぞれ異なる副サイトに配置され
ます。TrueCopy で同期してコピーしたデータか、Universal Replicator で非同期でコピーしたデー
タのどちらかを使って災害リカバリできます。TrueCopy の副サイトは正サイトの近くに配置し、
Universal Replicator の副サイトは遠隔地に配置します。
この構成を次の図に示します。
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
31
関連項目
•
1.11.3
C.2 3DC マルチターゲット構成
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成とは
この構成も、データセンターを正サイトと 2 か所の副サイトの 3 か所に配置する構成です。正サイ
ト、中間サイト、副サイトのそれぞれに、少なくとも 1 台の VSP G800 を配置します。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、正サイトが使用できなくなったとき、正
サイトの障害で失った差分データだけを TrueCopy の副サイトから Universal Replicator の副サイ
トにコピーするため、遠隔地にある副サイトのデータを迅速に回復できます。
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアを作成しておくことで、TrueCopy の副サイトにあ
る Universal Replicator のジャーナルデータを使って、Universal Replicator ペアのセカンダリ
ボリュームを同期できます。デルタリシンク用の Universal Replicator ペアは、TrueCopy ペアの
セカンダリボリュームと Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームを使用して作成しま
す。
この構成を次の図に示します。
32
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
関連項目
•
C.3 デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
33
34
Universal Replicator の概要
Universal Replicator ユーザガイド
2
Universal Replicator の要件
この章では、次に挙げる情報について説明します。
r 2.1 Universal Replicator のシステム要件
Universal Replicator の要件
Universal Replicator ユーザガイド
35
2.1
Universal Replicator のシステム要件
次の表で、Universal Replicator システムの基本的な要件について説明します。
項目
要件
ストレージシステム
下記のバージョンの VSP G100, G200, G400, G600, G800 は、下記のバー
ジョンの VSP G100, G200, G400, G600, G800 と相互に接続できます。
• VSP G800(83-01-21-60/00 以降)
• VSP G400/VSP G600(83-01-01-40/00 以降)
• VSP G100/VSP G200(83-01-01-20/00 以降)
ご不明な点は、お問い合わせください。
下記のバージョンの VSP G100, G200, G400, G600, G800 は、下記のバー
ジョンの HUS VM と接続できます。
• VSP G800(83-01-21-60/00 以降)
• VSP G400/VSP G600(83-01-21-40/00 以降)
• VSP G100/VSP G200(83-01-21-20/00 以降)
• HUS VM(73-03-39-x0/00 以降(x は 0 または 1))
ご不明な点は、お問い合わせください。
VSP G100, G200, G400, G600,
G800 システムの数
正サイトで 1 つ、副サイトで 1 つ必要です。
TrueCopy と組み合わせた 3DC カスケード構成にする場合は、VSP G800 が、
正サイトで 1 つ、中間サイトで 1 つ、副サイトで 1 つ必要です。
TrueCopy と組み合わせた 3DC マルチターゲット構成にする場合は、VSP
G800 が、正サイトで少なくとも 1 つ、Universal Replicator の副サイトで
少なくとも 1 つ、TrueCopy の副サイトで少なくとも 1 つ必要です
Universal Replicator
•
•
•
必要な他のライセンス
•
•
•
Universal Replicator インタ
フェース
36
Universal Replicator ペアのマスタジャーナルがあるストレージシス
テムとリストアジャーナルがあるストレージシステムに、それぞれイン
ストールする必要があります。
ライセンスキーが必要です。
Dynamic Provisioning の仮想ボリューム(DP-VOL)が Universal
Replicator のプライマリボリュームまたはセカンダリボリュームに使
用されると、DP-VOL に割り当てられたページの容量が Universal
Replicator のライセンス容量として加算されます。利用可能なライセ
ンス容量を超えた場合、30 日間は Universal Replicator を継続して通
常通り使用できます。ただし、30 日を超えると、実行できる操作がペア
分割とペア削除に限定されます。
TrueCopy
Universal Replicator をインストールするには、TrueCopy が必要です。
Dynamic Provisioning
ジャーナルボリュームとして、Dynamic Provisioning の仮想ボリューム
を使用します。
Disaster Recovery Extended
3DC 構成を組むには、Disaster Recovery Extended のライセンスが必要
です。
次に示すプログラムプロダクトが使用できます。
• Storage Navigator
Universal Replicator を実行するには、ストレージ管理者(リモート
バックアップ管理)のロールが必要です。また、Storage Navigator か
ら Universal Replicator を操作するには、ストレージ管理者(システ
ムリソース管理)のロールも必要です。
• RAID Manager(任意)
各 RAID Manager インスタンスにコマンドデバイスが必要です。RAID
Manager のセットアップと RAID Manager の使用についての情報は、
『RAID Manager ユーザガイド』を参照してください。
Universal Replicator の要件
Universal Replicator ユーザガイド
項目
要件
対応ホストプラットフォーム
UNIX ベースと PC サーバプラットフォーム
• HP-UX 11.0 and 11i
• Solaris 9
• Windows 2000
• Windows 2003
• IBM AIX 5.1
• VMWare ESX
最新の情報については、お問い合わせください。
データパス
•
•
•
パスグループ
•
•
•
•
•
•
Universal Replicator ボ
リューム
•
•
•
•
次の 2 種類のインタフェースを使用できます。
◦ ファイバチャネルインタフェース
◦ iSCSI インタフェース
直結、スイッチ、またはチャネルエクステンダによる接続があります。
4.4 を参照してください。
1 個のパスグループに最大 8 本のパスを登録できます。
VSP G100, G200, G400, G600, G800 と接続している場合、同じストレー
ジシステムに対して異なるパスグループ ID のパスグループを登録する
ことで、複数のパスグループを使った接続ができます。ただし、1 個の
ミラーに対して指定できるパスグループは 1 個です。リモートパスを
構築するときの操作については 5.2 を、ペアを作成するときの操作につ
いては、6.2 を参照してください。
1 台のストレージシステムに 64 個まで設定できます。
パスグループ ID は 00~FF まで指定できます。
1 個のポートに対してパスグループ ID を 2 個設定できます。
1 個のミラーでは、正サイトのストレージシステムから副サイトのスト
レージシステムを接続するときと副サイトのストレージシステムから
正サイトのストレージシステムを接続するときに同じパスグループ ID
を使用します。
パスグループはデータボリュームのペアを作成するときに指定する必
要があります。ペアの再同期およびスワップ操作ではパスグループを
変更できません。
RAID Manager を使用して、パスグループの作成およびペア作成時のパス
グループの指定ができます。詳細については、『RAID Manager コマンド
リファレンス』の構成定義コマンドおよび『RAID Manager インストー
ル・設定ガイド』の構成定義ファイルを参照してください。
Universal Replicator のプライマリボリュームとセカンダリボリュー
ムはサイズを同じにしてください。
プライマリボリュームとセカンダリボリュームの最大容量は次のとお
りです。
◦ Dynamic Provisioning の仮想ボリューム(DP-VOL)の場合:DP-VOL
の最大容量と同じです。詳細は、『システム構築ガイド』を参照し
てください。
内部ボリュームの場合:3,145,663MB(6,442,317,824block)です。
◦
◦ 外部ボリュームの場合:4,194,304MB(8,589,934,592block)です。
プライマリボリュームとセカンダリボリュームの最小サイズは、
46.875MB(96,000block)です。
1 つの Universal Replicator プライマリボリュームは 1 つのセカンダ
リボリュームだけにコピーできます。
Universal Replicator ペアの
最大数
最大ペア数の算出方法は、3.7.1 を参照してください。
サポートされる RAID グループ
ジャーナルのデータボリュームとジャーナルボリュームには RAID1、RAID5、
および RAID6 をサポートします。
ジャーナル内で、RAID1、RAID5、および RAID6 が混在してもかまいません。
Universal Replicator の要件
Universal Replicator ユーザガイド
37
項目
38
要件
Virtual LUN(VLL)ボリューム
次に示すようにサポートします。
• データボリュームに使用できます。
• セカンダリボリューム容量はプライマリボリューム容量と同等にして
ください。
仮想ボリューム
データボリュームおよびジャーナルボリュームに使用できます。
ジャーナルボリュームには、Dynamic Provisioning 仮想ボリュームだけを
使用できます。
キャッシュと不揮発性スト
レージ(NVS)
キャッシュと不揮発性ストレージ(NVS)は、正サイトのストレージシステ
ムと副サイトのストレージシステムの両方で動作する必要があります。副
サイトのストレージシステムに搭載するキャッシュは、ローカルな作業負荷
だけでなく、Universal Replicator によるリモートコピーの作業負荷を十
分にサポートするよう、構成する必要があります。次のうちどちらか少ない
方の容量を、Universal Replicator 用の容量としてキャッシュに追加して
ください。
• 1GB×ジャーナル数
• ストレージシステムに搭載されているキャッシュ容量の 25%
なお、追加するキャッシュの容量とキャッシュの増設作業については、お問
い合わせ先に相談してください。
ホストフェイルオーバーソフ
トウェア
災害が発生したとき、正ホストから副ホストへ業務を切り替えるために必要
です。
Universal Replicator の要件
Universal Replicator ユーザガイド
項目
ジャーナル
要件
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ジャーナルの最大数:モデルによって異なります。
◦ Virtual Storage Platform G100 または Virtual Storage
Platform G200:最大 16 個(ジャーナル ID:0~255)
◦ Virtual Storage Platform G400 または Virtual Storage
Platform G600:最大 64 個(ジャーナル ID:0~255)
ただし、シェアドメモリ"Extension2"を増設していない場合、設定
できるのは 32 個(0~255 のうちの 32 個)までです。
◦ Virtual Storage Platform G800:最大 128 個(ジャーナル ID:0~
255)
ただし、シェアドメモリ"Extension2"を増設していない場合、設定
できるのは 32 個(0~255 のうちの 32 個)までです。またシェアド
メモリ"Extension3"を増設していない場合、設定できるのは 64 個
(0~255 のうちの 64 個)までです。
ジャーナルの推奨数:4 個までです。
ジャーナルに含めるデータボリュームの最大数:モデルによって異なり
ます。
◦ Virtual Storage Platform G100 または Virtual Storage
Platform G200:ジャーナルごとに最大 2,048 個
◦ Virtual Storage Platform G400 または Virtual Storage
Platform G600:ジャーナルごとに最大 4,096 個
◦ Virtual Storage Platform G800:ジャーナルごとに最大 8,192 個
ジャーナルに含めるジャーナルボリュームの最大数:ジャーナルごとに
2 個までです。ただし、2 個目のジャーナルボリュームはリザーブ
ジャーナルボリュームとして使用し、通常の運用では使用しません。
ジャーナルボリュームには、Dynamic Provisioning 仮想ボリュームだけ
を使用できます。
仮想ストレージマシン内のボリュームは、ジャーナルボリュームとして
使用できません。
異なる仮想ストレージマシンのデータボリュームは、同じジャーナルに
登録できません。
ジャーナルボリュームには 1.5GB 以上の容量が必要です。推奨値は 6GB
以上です。
ジャーナルボリュームの容量は Universal Replicator の容量課金の対
象に含まれません。
仮想ストレージマシンを作成している場合、ジャーナル ID は VSP G100,
G200, G400, G600, G800 の中の仮想ストレージマシン間で重複できま
せん。
Universal Replicator の要件
Universal Replicator ユーザガイド
39
40
Universal Replicator の要件
Universal Replicator ユーザガイド
3
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator システムは、組織が遂行しなければならない業務の要件と業務シス
テムにかかる作業負荷を関連づけて計画します。災害時に対応した業務の要件を定義し、
システムが復旧するまでの時間にシステムが生成するデータの変更量を計測してくださ
い。これらの情報が分かれば、ジャーナルボリュームのサイズや、データパスへ更新デー
タを転送するために必要な帯域を算出できます。この章では、Universal Replicator シス
テムを構築するために検討する必要がある項目について説明します。
r 3.1 業務でのデータ回復の要件の検討
r 3.2 リカバリポイント目標の決定
r 3.3 書き込み作業負荷
r 3.4 ジャーナルボリューム準備のための情報
r 3.5 ジャーナルボリュームのサイズ設定
r 3.6 データ転送速度の検討
r 3.7 ペアボリュームの検討
r 3.8 災害リカバリの検討
r 3.9 Universal Replicator と他のプログラムプロダクトとのボリュームの共有
r 3.10 キャッシュメモリとシェアドメモリの増設および減設
r 3.11 旧システムを使用する場合の検討内容
r 3.12 Universal Replicator システムの準備ガイドライン
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
41
3.1
業務でのデータ回復の要件の検討
Universal Replicator システムでは、ジャーナルデータを副サイトに転送し続けると、マスタ
ジャーナルボリュームは空に近い状態になります。しかし、書き込みデータ量が急上昇して長期に
わたってデータ転送帯域より高い値になったり、パスに障害が発生したりすると、副サイトに移動
できなくなったジャーナルデータがマスタジャーナルボリュームに蓄積されます。
ジャーナルボリュームに蓄積してもよいジャーナルデータの量を確実にするために、次の値を見積
もる必要があります。
•
ジャーナルボリュームにデータを蓄積しても問題が発生しない最長時間
操作リカバリポイント目標(RPO)を決定して算出します。
•
アプリケーションが生成する変更データの量
書き込み作業負荷を測定して算出します。
関連項目
3.2
•
3.2 リカバリポイント目標の決定
•
3.3 書き込み作業負荷
リカバリポイント目標の決定
障害や災害の発生後、操作の存続よりもデータの損失の方が大きくなる手前の時間、業務に支障が
出ない最大限の時間が、操作の回復ポイントとなります。
例えば、1 時間分のデータの損失まで業務を存続できるとき、午前 10 時に災害が発生した場合は午
前 11 時までにシステムを修正する必要があります。この場合、ジャーナルボリュームは少なくとも
1 時間のうちに蓄積されるジャーナルデータを保持できる容量が必要です。もし、リカバリポイン
ト目標が 4 時間であれば、ジャーナルボリュームは少なくとも 4 時間分のジャーナルデータを保持
できる容量が必要になります。
リカバリポイント目標を決定するには、ホストアプリケーションの書き込み作業負荷を知る必要が
あります。書き込み作業負荷と IOPS を使用して、書き込み作業負荷が示すトランザクションの数、
操作するために最適なトランザクションの数、失われたデータをログファイルから回復するかどう
か、などを調査できます。その結果がリカバリポイント目標になります。
関連項目
3.3
•
3.1 業務でのデータ回復の要件の検討
•
3.3 書き込み作業負荷
書き込み作業負荷
書き込み作業負荷とは、業務システムごとに変更されるデータ量(MB/秒)のことです。書き込み作
業負荷は、測定する時期や期間によって異なるため、長期間測定する必要があります。
計測データを使用して、作業負荷の平均値を算出し、作業負荷がピークになる場所を示し、精度の
高い平均値を示します。次にピークの周期の平均を算出します。これらのベースの 1 つを使用し
て、リカバリポイント目標時間、例えば 2 時間を超えて蓄積するデータ量を算出します。これは、
ジャーナルボリュームまたはシステムが必要とするデータ転送帯域の基本量になります。
42
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
平均値や、平均値を丸めたり、あるいはピークの作業負荷を選択するかどうかは、提供するデータ
パス(これもまた書き込み作業負荷によって決定されます)のデータ転送帯域の量をベースとして
います。データ保護の計画に基づいて、データ転送帯域とジャーナルボリューム容量を一緒に検討
してください。
関連項目
3.3.1
•
3.1 業務でのデータ回復の要件の検討
•
3.3.1 書き込み作業負荷の測定
書き込み作業負荷の測定
作業負荷データは、Performance Monitor または OS のパフォーマンスモニタリング機能を使用して
集められます。読み取り/書き込みトランザクションの数、または 1 秒ごとの入出力(IOPS)も、
同じソフトウェアで集められます。正確なデータ転送速度を測定するためには、IOPS を利用して、
RAID グループ構成や、Universal Replicator システムが必要とするファイバチャネルポートの数を
確定します。各 RAID グループは最大のトランザクションスループットを持つとともに、ポートやマ
イクロプロセッサは IOPS のしきい値を持っています。
月、期、および年の繁忙期に、作業負荷や IOPS を収集します。これは、高負荷時や急上昇時に、多
くのデータが変更される時、システムへの要求が最高になった時、システムの実際の作業負荷を表
すデータを集める手助けとなります。これらの期間にわたってデータを収集することで、開発する
Universal Replicator システムがすべての作業負荷レベルでシステムをサポートすることを保証
するようにします。
書き込み作業負荷と IOPS の測定方法を次に示します。
1. 性能監視用のソフトウェアを使用して、次の内容を収集します。
◦
複製される各物理ボリュームに対する 1 秒ごとのディスク書き込みバイト(MB/s)。
◦
データは、通常期、繁忙期のサイクルを対象とするため、3、4 週間の期間にわたって収集し
ます。
◦
データは、5 分間の間隔で収集します。平均値を使用するなら、より短い間隔にした方がよ
り正確になります。
2. 収集期間の終了時に、必要なデータを MB/s に変換して、エクスポートツールで出力します。
関連項目
•
3.4
3.3 書き込み作業負荷
ジャーナルボリューム準備のための情報
次にあげる情報は、ジャーナルボリュームを準備するために必要な情報です。
•
正サイトのストレージシステムおよび副サイトのストレージシステムに、ジャーナルボリューム
を設定してください。ジャーナルボリュームは、リカバリポイント目標および書き込み作業負荷
によってサイズ調整を行ってください。
•
同じジャーナルにあるジャーナルボリュームは、容量が異なることがあります。マスタジャーナ
ルボリュームと、対応するリストアジャーナルボリュームは、容量が異なることがあります。
•
ジャーナルボリュームは 2 つの領域から構成されています。1 つはジャーナルデータを格納す
るために使用され、もうひとつはメタデータを格納するために使用されています。
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
43
関連項目
3.5
•
2.1 Universal Replicator のシステム要件
•
3.5 ジャーナルボリュームのサイズ設定
ジャーナルボリュームのサイズ設定
関連項目
3.5.1
•
3.5.1 ジャーナルボリューム容量の検討
•
3.5.2 デルタリシンクのために必要なジャーナルボリューム容量の検討
•
3.5.3 ジャーナルボリューム容量の算出
•
3.5.4 ジャーナルの構成を検討する
ジャーナルボリューム容量の検討
ジャーナルボリュームとして必要なボリュームの容量は、
「一時的なデータ転送増加」や「正サイト
のストレージシステムと副サイトのストレージシステム間の通信パス障害」が発生したときに、デー
タ転送が障害とならないでホストとのデータ転送を継続できる時間と、その間のデータ転送速度か
ら決定されます。次にジャーナルボリューム容量の算出式を示します。
一時的なデータ転送増加の期間内でのジャーナルボリューム容量は、ホストと正サイトのストレー
ジシステム間のデータ転送速度を VH-L、正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシ
ステム間のデータ転送速度を VL-R、継続時間を t とすると、下記の式になります。
ジャーナルボリューム容量 > (VH-L - VL-R) × t
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステム間の通信パス障害時のジャーナル
ボリューム容量は、上式で VL-R= 0 の値となります。
ジャーナルボリュームの容量は、上に示す値を超える十分な容量を持つ必要があります。ただし、
同時に下記の条件を満たす必要があります。
•
ジャーナルボリュームには 1.5GB 以上の容量が必要です。推奨値は 6GB 以上です。
•
ジャーナルに登録できるボリュームは Dynamic Provisioning 仮想ボリュームだけであることか
ら、Dynamic Provisioning のプールには、ジャーナルボリューム用の容量として、1 つのジャー
ナル当たり 6GB を超える容量を設定してください。
注意 上記の条件を満たさない場合は、次の問題が発生するおそれがあり、システムの動作を保証できません。
•
ジャーナルボリュームが満杯になり更新 I/O の流入が制限され、ホストの性能が低下する。
•
ジャーナルボリュームが満杯になり形成コピーの性能が低下する。
•
ジャーナルボリュームが満杯になり Universal Replicator ペアがサスペンドする。
•
Performance Monitor の表示が不正になる。
関連項目
•
44
3.5.2 デルタリシンクのために必要なジャーナルボリューム容量の検討
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
3.5.2
デルタリシンクのために必要なジャーナルボリューム容量の検
討
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成のとき、デルタリシンク用の Universal
Replicator ペアの正サイト(TrueCopy ペアの副サイト)にあるジャーナルボリュームの容量は、次
の 1.の算出式で得られる容量と 2.の算出式で得られる容量を比べて、大きい方を採用してくださ
い。
1. ホストと正サイトにあるストレージシステムとの間のデータ転送速度を VH-L、正サイトのスト
レージシステムと副サイトのストレージシステム間のデータ転送速度を VL-R、データ転送のピー
クが継続する時間を t とします。
ジャーナルボリューム容量 > (VH-L - VL-R) × t
2. ホストと正サイトにあるストレージシステムとの間のデータ転送速度を VH-L、デルタリシンクを
実行するまでに掛かる時間を t とします。
ジャーナルボリューム容量 > (VH-L × t) × 1.5
2.の式で 1.5 を乗じているのは、デルタリシンク用の Universal Replicator ペアの正サイト
(TrueCopy の副サイト)にあるジャーナルボリュームのデータ量がジャーナルボリュームの容量の
70%を超えると、デルタリシンクが失敗するためです。
関連項目
•
3.5.3
3.5.1 ジャーナルボリューム容量の検討
ジャーナルボリューム容量の算出
書き込み作業負荷とリカバリポイント目標に使用する、ジャーナルボリュームの容量を算出します。
ジャーナルの容量の計算方法を次に示します。
1. 書き込み作業負荷を測定します。
2. システムのピーク書き込み作業負荷と、組織のリカバリポイント目標を使用してジャーナルの容
量を算出してください。例を以下に示します。
リカバリポイント目標 = 2 時間
書き込み作業負荷 = 30 MB/sec
リカバリポイント目標への書き込み作業負荷を算出します。例では、2 時間の書き込み作業負荷
を次のように算出しています。
30 MB/秒 x 60 秒 = 1800 MB/分
1800 MB/分 x 60 分 = 108,000 MB/時間
108000 MB/時間 x 2 時間 = 216,000 MB/2 時間
基本となるジャーナルボリュームの容量 = 216,000 MB (216 GB)
ジャーナルボリューム容量とデータ転送帯域の容量は連携します。データを保護する対策を立てる
ことで、データ転送帯域やジャーナルボリュームの容量の調整が可能になります。
注意 災害リカバリを実施する場合、副サイトの格納領域には業務の作業負荷を取り扱うために十分なサイズが
必要です。このため、リストアジャーナルの容量はマスタジャーナルと同じにする必要があります。
関連項目
•
3.3.1 書き込み作業負荷の測定
•
4.2 Universal Replicator のデータ転送帯域の決定
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
45
3.5.4
ジャーナルの構成を検討する
Universal Replicator は、ボリュームに対するデータ更新順序の整合性を、ボリュームが属してい
るジャーナル単位に維持します。
アプリケーション(またはアプリケーションのグループ)と、ボリュームが整合性を保つための要
件を理解した上で、ジャーナルの構成を検討してください。
例えば、データベースは通常 2 つのセクションに実装されます。データの実体はデータ格納領域に
あり、データ格納領域にデータが格納された後に、完了したトランザクションがログに書き込まれ
ます。ログがデータ格納領域とは別のジャーナルにある場合、システムが回復するまでにトランザ
クションが失われるおそれがあります。したがって、複製ボリュームの有効回復イメージを保証す
るために、データ格納領域とログの両方を同じジャーナルに置くことで、I/O の整合性を保つ必要
があります。
関連項目
3.6
•
2.1 Universal Replicator のシステム要件
•
5.4 Universal Replicator のジャーナルにジャーナルボリュームを登録する
データ転送速度の検討
Universal Replicator システムのジャーナルデータを転送する性能は、次にあげる 2 つの要因に直
接的に依存します。
•
RAID グループ構成
•
ファイバチャネルポート構成
ジャーナルデータの量およびトランザクションの数に対処できるようにデータ転送速度を計画する
ことで、システムを最良の条件で運用できます。
VSP G100, G200, G400, G600, G800 のファイバチャネルポートは、IOPS しきい値を持っています。
Universal Replicator に必要なファイバチャネルポートの数を算出するため、システムが生成する
性能管理情報を使用してください。
関連項目
•
3.7
4.3 Universal Replicator が使用するポート
ペアボリュームの検討
Universal Replicator ペアの作成に必要な情報を次に示します。
46
•
セカンダリボリュームの容量は、プライマリボリュームと同じである必要があります。
•
セカンダリボリュームがプライマリボリュームと同じホストに接続されている場合、セカンダリ
ボリュームは、オフラインに設定してください。
•
プライマリボリュームとセカンダリボリュームになるボリュームを明確にしてください。ペア
になるセカンダリボリュームは、ポート名、ホストグループ ID または iSCSI ターゲット ID、お
よび LUN ID で指定します。
•
複数のペアを同時に作成できます。
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
•
Universal Replicator ペアを作成するとき、プライマリボリュームからセカンダリボリューム
にデータをコピーしないで、ペアを作成するオプションがあります。このオプションは、プライ
マリボリュームとセカンダリボリュームの内容が完全に同じであることが確実な場合にだけ、使
用できます。
関連項目
3.7.1
•
2.1 Universal Replicator のシステム要件
•
3.7.1 ペア数の制限
•
6.2 Universal Replicator ペアを作成する
ペア数の制限
作成できるペアの数には上限があります。ユーザの環境に応じて、作成できるペアの最大数を算出
してください。なお、ペアの最大数は VSP G100, G200, G400, G600, G800 のモデルによって異なり
ます。算出したペア数がこの値を超えた場合は、モデルごとの最大値が上限になります。
•
Virtual Storage Platform G100 または Virtual Storage Platform G200:最大 2,048 ペア
•
Virtual Storage Platform G400 または Virtual Storage Platform G600:最大 4,096 ペア
•
Virtual Storage Platform G800:最大 16,384 ペア
ただし、ボリュームの容量が 4,194,304MB(8,589,934,592block)より大きい DP-VOL は、ビット
マップエリアを使用しません。そのため、ボリュームの容量が 4,194,304MB(8,589,934,592block)
より大きい DP-VOL を使用して Universal Replicator ペアを作成する場合、VSP G100, G200, G400,
G600, G800 の最大ペア数は算出不要です。
関連項目
•
3.7.1.1
3.7.1.1 ペアの最大数の算出
ペアの最大数の算出
ペアの最大数を算出する式は次のとおりです。なお、計算式にある「↑」は括弧内の値を整数に切
り上げることを、「↓」は括弧内の値を整数に切り下げることを示します。
ペアの最大数 = ↓( ストレージシステムのビットマップエリア数 ÷ 必要ビットマップエリア
数)↓
次の説明に従って、計算してください。
シリンダ数の算出
必要ビットマップエリア数を算出するため、まずシリンダ数を求めます。シリンダ数の算出には、
次の計算式を使用してください。
シリンダ数 = (↑((↑ (論理ブロック数÷512)↑)÷15)↑)
論理ブロック数 = ボリュームの容量(単位:バイト)÷ 512
論理ブロック数の単位はブロックです。
必要ビットマップエリア数の算出
次に、必要ビットマップエリア数を求めます。次の計算式を使用してください。
必要ビットマップエリア数 = (↑((シリンダ数 × 15)÷ 122,752)↑)
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
47
シリンダ数× 15 はスロット数を示します。
122,752 は 1 つのビットマップエリアが管理できるスロット数です。
メモ 必要ビットマップエリア数は、ボリュームごとに計算してください。複数ボリュームのシリンダ数を足し
た値を使用して必要ビットマップエリア数を算出すると、正しい算出結果が得られないおそれがあります。
例として 10,017 シリンダと 32,760 シリンダの 2 つのボリュームを使用する場合を示します。以下の正しい計
算方法で計算してください。
•
正しい計算方法
(↑((10,017 × 15) ÷ 122,752)↑)= 2
(↑((32,760 × 15) ÷ 122,752)↑)= 5
合計 7 ビットマップエリア
•
誤った計算方法
10,017 + 32,760 = 42,777 シリンダ
(↑((42,777 × 15)÷ 122,752)↑) = 6
合計 6 ビットマップエリア
ヒント
•
使用するビットマップエリアは、TrueCopy、Universal Replicator、および global-active device で共用
です。そのため、これらのプログラムプロダクトを混在して運用する場合は、ストレージシステムのビット
マップエリア総数(65,536)から、それぞれのプログラムプロダクトの必要ビットマップエリア数を減算し
た後、Universal Replicator の作成可能最大ペア数を算出してください。なお、それぞれのプログラムプロ
ダクトの必要ビットマップエリア数の算出方法は、対応するユーザガイドを参照ください。
•
ビットマップエリアは TrueCopy も使用します。3DC カスケード構成のように、同じボリュームを TrueCopy
と Universal Replicator で共用する場合は、共用するボリュームがプライマリボリュームとセカンダリボ
リュームのどちらであっても、ストレージシステムのビットマップエリア数から、TrueCopy の必要ビット
マップエリア数を減算してください。TrueCopy の必要ビットマップエリア数の算出方法については、
『TrueCopy ユーザガイド』を参照してください。
作成できる最大ペア数の算出
次の計算式を使用して、作成できるペアの最大数を算出します。
ペアの最大数 = ↓( ストレージシステムのビットマップエリア数 ÷ 必要ビットマップエリア
数)↓
すでに求めた必要ビットマップエリア数と、次の表に示すストレージシステムのビットマップエリ
ア数で計算します。ストレージシステムのビットマップエリア数は、Universal Replicator 用に増
設したシェアドメモリの有無とモデルによって決定されます。
Universal Replicator 用の
シェアドメモリの増設状況
ストレージシステムのビットマップエリア数
増設なし
0
増設あり
VSP G100, G200, G400, G600, G800 のモデルによって異なります。
• VSP G100 または VSP G200:36,000
• VSP G400、VSP G600、または VSP G800:65,536
メモ ペアの最大数は VSP G100, G200, G400, G600, G800 のモデルによっても制限されます。算出したペアの
最大数がモデルごとの最大数を超えた場合は、モデルごとの最大数が上限になります。
48
•
Virtual Storage Platform G100 または Virtual Storage Platform G200:最大 2,048 ペア
•
Virtual Storage Platform G400 または Virtual Storage Platform G600:最大 4,096 ペア
•
Virtual Storage Platform G800:最大 16,384 ペア
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
3.8
災害リカバリの検討
Universal Replicator システムを設計する時には、災害リカバリの解決策を検討します。災害リカ
バリに必要な主要タスクは次のとおりです。
•
災害リカバリ用のバックアップを取得したい場合は、バックアップするデータボリュームを特定
する。
•
Universal Replicator を使用して重要なボリュームをペアにする。
•
ファイルとデータベースの復帰手順を確立する。
•
正サイトと副サイトのホストフェイルオーバーソフトウェアをインストールおよび構成する。
関連項目
3.8.1
•
3.8.1 ホストフェイルオーバーソフトウェア
•
9. 災害リカバリ
ホストフェイルオーバーソフトウェア
ホストフェイルオーバーソフトウェアは、災害リカバリの重要な要素です。正サイトのストレージ
システムが Universal Replicator ペアの同期に失敗した場合、正サイトのストレージシステムはセ
ンス情報を発生させます。この情報は、災害リカバリを効果的にするためにホストフェイルオー
バーソフトウェアを使用して副サイトに転送する必要があります。RAID Manager では、業界標準
フェイルオーバー製品と連動するフェイルオーバーコマンドが使用できます。
3.9
Universal Replicator と他のプログラムプロダク
トとのボリュームの共有
Universal Replicator で使用するボリュームは、他のプログラムプロダクトが使用するボリューム
と共用できます。Universal Replicator でペアを組んでいるボリュームを、他のプログラムプロダ
クトと共有することで、リモートコピー機能を拡張できます。Universal Replicator とボリューム
を共有できるプログラムプロダクトは、次のプログラムプロダクトです。
•
Data Retention Utility
•
Dynamic Provisioning
•
LUN Manager
•
Performance Monitor
•
Resource Partition Manager
•
ShadowImage
•
Thin Image
•
Universal Volume Manager
•
Virtual LUN
•
Volume Migration
•
TrueCopy
関連項目
•
B Universal Replicator と他の機能の併用
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
49
3.10
•
C Universal Replicator と TrueCopy の併用
•
D Universal Replicator と ShadowImage の併用
キャッシュメモリとシェアドメモリの増設および
減設
キャッシュメモリは Universal Replicator ペアの正サイトと副サイトのストレージシステムの両
方で動作できるようにしてください。もし動作できなければ、Universal Replicator ペアの作成は
失敗します。ローカル作業による負荷だけでなく、リモートコピーによる作業負荷も十分にサポー
トできるように、副サイトのストレージシステムのキャッシュメモリを用意してください。次のう
ちどちらか少ない方の容量を、Universal Replicator 用の容量としてキャッシュメモリに追加して
ください。
•
1GB×ジャーナル数
•
ストレージシステムに搭載されているキャッシュメモリの容量の 25%
なお、VSP G100, G200, G400, G600, G800 で不要になったキャッシュメモリやシェアドメモリは減
設できます。
Universal Replicator ペアを使用している場合、キャッシュメモリとシェアドメモリの増設および
減設に必要な手順を説明します。
3.10.1
キャッシュメモリの増設の流れ
キャッシュメモリを増設する手順の流れを次に示します。
1. ストレージシステム内のボリュームの状態を確認します。
2. ストレージシステム内のボリュームが、COPY 状態の Universal Replicator ペアで使用している
ボリュームの場合は、PAIR 状態へ遷移するのを待つか、Universal Replicator ペアを分割しま
す。
3. キャッシュメモリを増設します。
キャッシュメモリの増設は、保守員が実施します。
4. 手順 2 で Universal Replicator ペアを分割した場合は、Universal Replicator ペアを再同期し
ます。
3.10.2
キャッシュメモリの減設の流れ
キャッシュメモリを減設する手順の流れを次に示します。
1. ストレージシステム内のボリュームの状態を確認します。
2. ストレージシステム内のボリュームが、COPY 状態の Universal Replicator ペアで使用している
ボリュームの場合は、PAIR 状態へ遷移するのを待つか、Universal Replicator ペアを分割しま
す。
3. キャッシュメモリを減設します。
キャッシュメモリの減設は、保守員が実施します。
4. 手順 2 で Universal Replicator ペアを分割した場合は、Universal Replicator ペアを再同期し
ます。
50
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
3.10.3
シェアドメモリの増設の流れ
シェアドメモリを増設する手順の流れを次に示します。
1. ストレージシステム内のボリュームの状態を確認します。
2. ストレージシステム内のボリュームが、COPY 状態の Universal Replicator ペアで使用している
ボリュームの場合は、PAIR 状態へ遷移するのを待つか、Universal Replicator ペアを分割しま
す。
3. シェアドメモリを増設します。
シェアドメモリの増設は、保守員が実施します。
4. 手順 2 で Universal Replicator ペアを分割した場合は、Universal Replicator ペアを再同期し
ます。
3.10.4
シェアドメモリの減設の流れ(「Extension1」で使用している
シェアドメモリの場合)
「Extension1」で使用しているシェアドメモリを減設する手順の流れを次に示します。
1. LDEV ID が 0x4000 以降のボリュームの状態を確認します。
2. LDEV ID が 0x4000 以降のボリュームが、Universal Replicator ペアで使用しているボリューム
の場合は、LDEV ID が 0x4000 以降のボリュームを使用している Universal Replicator ペアを削
除します。
3. シェアドメモリを減設します。
シェアドメモリの減設は、保守員が実施します。
3.10.5
シェアドメモリの減設の流れ(「Extension2」で使用している
シェアドメモリの場合)
「Extension2」で使用しているシェアドメモリを減設する手順の流れを次に示します。
1. ストレージシステム内のボリュームの状態を確認します。
2. ストレージシステム内のボリュームが、Universal Replicator ペアで使用しているボリューム
の場合は、Universal Replicator ペアを削除します。
3. シェアドメモリを減設します。
シェアドメモリの減設は、保守員が実施します。
3.11
旧システムを使用する場合の検討内容
Universal Replicator は、VSP G100, G200, G400, G600, G800 が HUS VM と接続されている構成で
も、リモートコピーを実行できます。
VSP G100, G200, G400, G600, G800 から HUS VM に、またはその逆方向にジャーナルデータを転送
するためには、次の設定が必要です。
•
VSP G100, G200, G400, G600, G800 システムと HUS VM システムの間に、リモートパスを設定し
てください。
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
51
図中の「新システム」は VSP G100, G200, G400, G600, G800 です。図中の「旧システム」は HUS
VM です。
•
このマニュアルに記載されている手順に従って、システムを設定してください。
旧システム(HUS VM)を使用する場合、新システムの機種によって、使用できるボリューム数と
ボリュームの CU:LDEV 番号の範囲が異なります。
新システムの機種
使用できるボリューム数
CU:LDEV 番号の範囲
VSP G100
2,048 個
00:00 から 07:FF
VSP G200
2,048 個
00:00 から 07:FF
VSP G400
4,096 個
00:00 から 0F:FF
VSP G600
4,096 個
00:00 から 0F:FF
VSP G800
16,384 個
00:00 から 3F:FF
VSP G100, G200, G400, G600, G800 と HUS VM を接続する場合に必要になる HUS VM の DKCMAIN プ
ログラムのバージョンについては、関連項目を参照してください。
メモ 3DC カスケード構成または 3DC マルチターゲット構成にする場合は、すべてのシステムが VSP G800 である
必要があります。VSP G800 以外のシステムを接続することはできません。
関連項目
3.12
•
2.1 Universal Replicator のシステム要件
•
C Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator システムの準備ガイドライ
ン
VSP G100, G200, G400, G600, G800 システムが Universal Replicator を使用するための準備が
整っているかどうかを判断するために、次のガイドラインを使用してください。
52
•
正サイトと副サイトのストレージシステムが Storage Navigator 操作用に正しく構成されてい
ることを確認してください。この情報については、『Hitachi Device Manager - Storage
Navigator ユーザガイド』を参照してください。
•
正サイトと副サイトのストレージシステムが Universal Replicator 操作用に正しく構成されて
いることを確認してください。
•
正サイトと副サイトのストレージシステムのシステムオプションモードを設定する必要がある
かどうか、設定する必要がある場合は設定済みかどうかを確認してください。詳細については、
関連項目を参照してください。
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
•
正サイトのストレージシステムが、センス情報をホストに報告するように構成されていることを
確認してください。副サイトのストレージシステムも、セカンダリボリュームまたは副サイトの
ストレージシステムで問題が発生した場合にセンス情報を報告できるように、ホストサーバに接
続しておくことを推奨します。リモートシステムがホストに接続していない場合でも監視業務
を実行できるように、副サイトのストレージシステムを正サイトのホストサーバに接続しておい
てください。
•
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステム間の Universal Replicator リ
モートコピー接続(オプティカルファイバケーブル、スイッチなど)をインストールしてくださ
い。
•
データパスを設定したら、最大の柔軟性と可用性を実現するために、異なるストレージクラスタ
とスイッチに配信してください。正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシス
テム間のリモートパス、ホストと副サイトのストレージシステム間のリモートパスは分離してく
ださい。
関連項目
3.12.1
•
2.1 Universal Replicator のシステム要件
•
3.12.1 システムオプションモード
システムオプションモード
ストレージシステムのシステムオプションモードを使用できます。Universal Replicator では、シ
ステムオプションモードを次の場合に使用します。
•
デルタリシンクを用いる 3DC 構成
•
ミラーに対する構成分割オプション
使用できるシステムオプションモードを次の表に示します。システムオプションモードは、弊社担
当者だけが変更できます。
モード
デフォルト
説明
448
OFF
モード 448 の設定は、モード 449 が OFF のときだけ有効です。
• ON:パス閉塞を検出すると、SVP はエラーと見なして直ちにミラー
を分割(サスペンド)します。
• OFF:パス閉塞の検出後、指定時間内にパスが回復しなければ SVP は
エラーと見なしてミラーを分割(サスペンド)します。
449
ON
•
•
506
ON
3DC マルチターゲット構成でデルタリシンク用の Universal
Replicator ペアを作成する場合は、モード 506 を ON にします。
• ON:更新 I/O がない場合、デルタリシンク処理を実行します。
• OFF:更新 I/O がない場合、すべてのデータのコピー処理を実行しま
す。
ON:SVP はパスの閉塞を検出しません。
OFF:SVP はパスの閉塞を検出し、ミラーが分割(サスペンド)され
るまでの時間を監視します。
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
53
モード
690
54
デフォルト
OFF
説明
バックグラウンドで実行されるコピーまたはリストアの負荷が、副サイ
トにあるストレージシステムのホスト I/O の性能に影響を与えたくな
い場合に設定します。モード 690 を ON にすると、バックグラウンドで
実行されるコピーまたはリストアを制限します。
• ON:次の場合に、コピーまたはリストアを制限します。
◦ 副サイトのストレージシステムのジャーナルボリュームが属す
る CLPR の Write ペンディング率が 60%以上の場合、コピーを制
限します。
◦ セカンダリボリュームが属する CLPR の Write ペンディング率
が 60%以上の場合、リストアを制限します。
• OFF:CLPR の Write ペンディング率が 60%以上の場合でも、コピーま
たはリストアを制限しません。
Universal Replicator システムの計画
Universal Replicator ユーザガイド
4
Universal Replicator のデータ転送路の検
討
ユーザがデータ転送路を適切に設計することで、ホストからの更新データは、事前に設定
したリカバリポイント目標を達成できるように遠隔地のサイトに到着します。
この章では、次の項目について説明します。
r 4.1 Universal Replicator のデータ転送路の設計とは
r 4.2 Universal Replicator のデータ転送帯域の決定
r 4.3 Universal Replicator が使用するポート
r 4.4 Universal Replicator の物理パスの計画
Universal Replicator のデータ転送路の検討
Universal Replicator ユーザガイド
55
4.1
Universal Replicator のデータ転送路の設計とは
データ転送路を設計するには、次の内容を決定する必要があります。
•
ホストのアプリケーションがストレージシステムに書き込んだすべてのデータを副サイトに移
動するために必要なデータ転送帯域
•
Universal Replicator が使用するストレージシステムのポート
•
光ファイバケーブルの種類と必要なスイッチの数(正サイトと副サイトのストレージシステム間
の距離)
•
データ転送路の接続構成
注意 双方向で確立できるパスは 8 個までです。ハードウェアの冗長性を持つために、少なくとも 2 つの独立し
たデータ転送路を確立することを強く推奨します。
関連項目
4.2
•
4.2 Universal Replicator のデータ転送帯域の決定
•
4.3 Universal Replicator が使用するポート
•
4.4 Universal Replicator の物理パスの計画
Universal Replicator のデータ転送帯域の決定
データ転送帯域は、一定の時間内に正サイトのストレージシステムから副サイトのストレージシス
テムへ転送されるデータ量に従って決定します。データ転送路がデータの送信に対応できない場
合、データ転送帯域に余裕が出るまでの間、ジャーナルデータはマスタジャーナルボリュームに保
存されます。マスタジャーナルボリュームにジャーナルデータを保持しきれなくなると、Universal
Replicator ペアの整合性は失われます。この場合は、別途、新たに形成コピーを実施する必要があ
ります。
通常、データ転送帯域を確保するには高い導入コストが掛かります。一方で、ジャーナルボリュー
ムは、比較的に安いコストで容量を拡張できます。ただし、ジャーナルボリュームに蓄積される
ジャーナルデータが増えれば増えるほど、Universal Replicator ペアの同期にかかる時間が長くな
ります。どの程度のデータ転送帯域を用意するかは、正サイトと副サイトの同期にかかる時間と、
導入コストとの交換条件となります。
データ転送帯域のサイズを決定するための基準を次に示します。決定に際して考慮しなければなら
ない内容はこれらに限りませんので、ご注意ください。
•
ピーク時の作業負荷に基づいて、データ転送帯域のサイズを決定
プライマリボリュームのデータが更新された時間とセカンダリボリュームでデータが更新され
る時間の差を小さくします。プライマリボリュームの物理ディスクのピーク時での書き込み作
業負荷を特定し、パケットロスやプロトコルオーバーヘッドも考慮してデータ転送路の容量を拡
張してください。ピーク時の作業負荷に合わせてデータ転送帯域のサイズを決定すると、リカバ
リポイント目標は 0 または 0 に近くなります。
•
ピーク時の作業負荷のローリングアベレージ値に基づいて、データ転送帯域のサイズを決定
ローリングアベレージ値は、ピーク値より小さいが、平均値を上回る値です。ジャーナルボ
リュームにジャーナルデータが蓄積されることがありますが、たいていの時間はデータが蓄積さ
れません。リカバリポイントとして計画した時間内に Universal Replicator システムで発生す
るジャーナルデータの量を精査するとともに、必要に応じてリカバリポイント目標も見直す必要
があります。
56
Universal Replicator のデータ転送路の検討
Universal Replicator ユーザガイド
•
通常の作業負荷に基づいて、データ転送帯域のサイズを決定
データ転送帯域のサイズが通常の書き込み作業の負荷に合わせて決定されている場合、ピーク時
の作業負荷に耐えるために、送信しきれないジャーナルデータがマスタジャーナルボリュームに
書き込まれます。この超過データは、データ転送帯域に余裕が出るまで、ジャーナルデータの転
送遅延の原因になります。超過データの量は、作業負荷の上昇に対して大きくなり、持続時間に
比例します。
ヒント 作業負荷を決定できない場合、データ転送帯域のサイズはローリングアベレージ値またはピーク時
の作業負荷に基づいて決定し、ネットワークのオーバーヘッドを相殺することを検討してください。この場
合、マスタジャーナルボリュームに蓄積されるデータは、セカンダリボリュームに対してまれに完全に空に
なります。データ転送帯域のサイズを平均の書き込み作業負荷を下回って決定すると、マスタジャーナルボ
リュームは空にならず、最終的にあふれることになります。
メモ リアルタイムで副サイトのデータを更新する必要がない場合は、データ転送帯域のサイズとジャーナ
ルボリュームのサイズを小さくできます。この場合、特定の時点で一括してプライマリボリュームのデータ
をセカンダリボリュームにコピーします。ペアを同期させたまま運用するのではなく、分割状態のままで運
用します。いったんペアが分割されると、プライマリボリュームのジャーナルデータは、マスタジャーナル
ボリュームの書き込み待ち行列に追加されません。その代わり、差分ビットマップが、どの物理ディスクの
どのシリンダが変更されたのかを追跡するために使用されます。この方法は、特定のディスクの限られた範
囲に複数回書き込みするアクセスパターンで、データを効率的に転送できます。1 つの領域に対する複数回
の更新が毎回送られないで、再同期する直前の最後の更新だけが副サイトに送られます。この方法の不利な
点は、正サイトと副サイトのデータの一致が再同期が完了するまで保証されないという点です。
Universal Replicator へのデータ転送帯域を決定するには、書き込み作業負荷を測定する必要があ
ります。業務システムの作業負荷データは性能監視ソフトウェアを使って集めることができます。
関連項目
4.3
•
3.3.1 書き込み作業負荷の測定
•
4.1 Universal Replicator のデータ転送路の設計とは
Universal Replicator が使用するポート
VSP G100, G200, G400, G600, G800 のポートには、次の特徴があります。
•
ポートにはデータ送信用とデータ受信用の区別がありません。
ヒント 正サイトから副サイトへと副サイトから正サイトへの双方向に論理パスを確立してください。論理
パスを設定するとき、正サイトから副サイトへの論理パスの数と、副サイトから正サイトへの論理パスの数
が一致していることを確認してください。
•
転送できるデータ量が制限されています。
ヒント 取り扱う可能性のあるデータ量に対して十分な数のポートを VSP G100, G200, G400, G600, G800
に確保するため、ピーク時に転送されるデータ量を知る必要があります。
ヒント VSP G100, G200, G400, G600, G800 のどのポートを Universal Replicator が使用し、どのポートを
Universal Volume Manager が使用するか、あらかじめ決めておいてください。
ヒント Universal Replicator と Universal Volume Manager が正サイトのストレージシステムと副サイト
のストレージシステムの間で同じポートを共用する構成の場合、次の操作を実行すると、処理が完了するま
で一時的に I/O が停止します。
•
リモートパスと Universal Volume Manager のパスが定義されているとき、片方のパスを削除する。
•
リモートパスと Universal Volume Manager のパスのどちらかが定義されているとき、もう一方のパスを
定義する。
Universal Replicator システムでポートを使用する目的は、次のとおりです。
Universal Replicator のデータ転送路の検討
Universal Replicator ユーザガイド
57
•
ストレージシステムとホストを接続する。
•
Universal Replicator コマンドとデータを、正サイトと副サイトのストレージシステム間で送
受信する。
関連項目
•
4.4
4.1 Universal Replicator のデータ転送路の設計とは
Universal Replicator の物理パスの計画
正サイトと副サイトのストレージシステムを接続する物理パスは、プライマリボリュームおよびセ
カンダリボリュームに送信される可能性のあるデータの総量を、十分に管理できるようにしてくだ
さい。
関連項目
4.4.1
•
4.4.1 Universal Replicator に必要な帯域量
•
4.4.2 Universal Replicator のファイバチャネル接続
•
4.4.3 Universal Replicator の接続形態
•
4.4.4 iSCSI を使用するときの注意事項
Universal Replicator に必要な帯域量
すべての作業負荷レベルのデータ転送に対処するため、十分な帯域が必要です。Universal
Replicator のシステムに必要な帯域量は、サーバからプライマリボリュームに送信される I/O 量に
基づいています。Write 作業負荷を測定して必要な帯域を決定してください。作業負荷データは、
性能モニタリングソフトウェアを使って収集できます。
関連項目
•
4.4.2
4.4 Universal Replicator の物理パスの計画
Universal Replicator のファイバチャネル接続
Short Wave(オプティカルマルチモード)または Long Wave(オプティカルシングルモード)の光
ファイバケーブルを使って、正サイトと副サイトのストレージシステムを接続します。正サイトと
副サイトのストレージシステム間の距離によって、次のとおり必要なケーブルおよびネットワーク
中継機器が異なります。
58
Universal Replicator のデータ転送路の検討
Universal Replicator ユーザガイド
ストレージシステム間の距離
ケーブルの種類
ネットワーク中継機器
~1.5km
Short Wave(オプティカルマルチ
モード)
0.5km~1.5km の場合は、スイッチ
が必要
1.5km~10km
Long Wave(オプティカルシングル
モード)
特になし
10km~30km
Long Wave(オプティカルシングル
モード)
スイッチが必要
30km 以上
通信回線
認可されたサードパーティー製の
チャネルエクステンダが必要
ファイバチャネル接続でスイッチを使用する場合、VSP G100, G200, G400, G600, G800 用の特別な
設定は不要です。
Long Wave では、10km まで直接接続(直結)をサポートしています。ただし、最高性能を発揮でき
る最大距離はリンクスピードによって異なります。リンクスピードと最高性能を発揮できる最大距
離との関係を次の表に示します。
リンクスピード
最高性能を発揮できる最大距離
1Gbps
10km
2Gbps
6km
4Gbps
3km
8Gbps
2km
16Gbps
1km
シリアルチャネルによる Universal Replicator 接続の可用性に関する最新情報は、お問い合わせく
ださい。
関連項目
•
4.4 Universal Replicator の物理パスの計画
Universal Replicator のデータ転送路の検討
Universal Replicator ユーザガイド
59
4.4.3
Universal Replicator の接続形態
Universal Replicator では、3 種類の接続形態がサポートされています。ポートおよびトポロジの
設定には LUN Manager を使用します。
次のとおり双方向に物理パスを接続します。双方向の物理パスで、同じ接続形態を使用してくださ
い。
•
正サイトのストレージシステムから副サイトのストレージシステムへ
•
副サイトのストレージシステムから正サイトのストレージシステムへ
関連項目
4.4.3.1
•
4.4 Universal Replicator の物理パスの計画
•
4.4.3.1 直結の接続形態
•
4.4.3.2 スイッチを使用した接続形態
•
4.4.3.3 チャネルエクステンダを使用した接続形態
直結の接続形態
2 個のデバイスを直結します。
Fabric を OFF、トポロジを FC-AL に設定してください。
関連項目
•
4.4.3.2
4.4.3 Universal Replicator の接続形態
スイッチを使用した接続形態
スイッチを使用して光ファイバケーブルを接続します。
60
Universal Replicator のデータ転送路の検討
Universal Replicator ユーザガイド
Fabric を ON、トポロジを Point-to-Point に設定してください。
一部のスイッチベンダーでは F ポートが必要です(例:McData ED5000)。
関連項目
•
4.4.3.3
4.4.3 Universal Replicator の接続形態
チャネルエクステンダを使用した接続形態
長距離にわたってデバイスを接続するためには、チャネルエクステンダとスイッチを使用します。
Fabric を ON、トポロジを FC-AL に設定してください。
注意 正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムをスイッチ経由でチャネルエクステンダ
接続した状態で、複数のリモートコピーのパスを 1 か所にまとめた場合、構成およびスイッチのルーティングの
設定によっては、特定のスイッチにデータ転送量が集中するおそれがあります。弊社のスイッチを使用する場合
の構成およびルーティングの設定については、お問い合わせください。
注意 チャネルエクステンダがリモート I/O をサポートできることを確認してください。詳細についてはお問い
合わせください。
メモ 正サイトと副サイトの各ストレージシステムの間には、少なくとも 2 つの独立した物理パス(クラスタご
とに 1 つ)を設定して、この重要な通信パスにハードウェア的な冗長性を持たせてください。
Universal Replicator のデータ転送路の検討
Universal Replicator ユーザガイド
61
関連項目
•
4.4.4
4.4.3 Universal Replicator の接続形態
iSCSI を使用するときの注意事項
iSCSI を使用する場合も、直結、スイッチ、またはチャネルエクステンダの 3 種類の接続形態がサ
ポートされています。ただし、iSCSI を使用してシステムを構築するときには、次に示す注意が必
要です。
iSCSI に関する説明は、『システム構築ガイド』を参照してください。
関連項目
4.4.4.1
•
4.4 Universal Replicator の物理パスの計画
•
4.4.3 Universal Replicator の接続形態
リモートパスに関する注意事項(iSCSI を使用するとき)
1 つのパスグループには、同一のプロトコルのリモートパスだけを追加してください。ファイバ
チャネルと iSCSI のリモートパスが、1 つのパスグループ内に混在しないようにしてください。
4.4.4.2
物理パスに関する注意事項(iSCSI を使用するとき)
•
ファイバチャネルまたは iSCSI の物理パスを交換するときには、交換する物理パスを使用してい
る Universal Replicator ペアおよびリモートパスを事前に削除してください。
•
ホストとストレージシステム間の物理パス、およびストレージシステム間の物理パスでは、同一
プロトコルを使用することを推奨します。
次の例のように、使用するプロトコルが混在する場合、ホストとストレージシステム間のコマン
ドのタイムアウト時間には、ストレージシステム間のコマンドのタイムアウト時間以上の値を設
定してください。
4.4.4.3
◦
ホストとストレージシステム間の物理パス:ファイバチャネル
◦
ストレージシステム間の物理パス:iSCSI
ポートに関する注意事項(iSCSI を使用するとき)
•
iSCSI ポートのパラメータの設定を変更するときは、一時的に iSCSI の接続が切断され、その後
再接続されます。システムへ影響がないように、I/O 負荷の低い時間帯にパラメータの設定を変
更してください。
•
ホストと接続している iSCSI ポートの設定を変更すると、ホストでログが出力されることがあり
ますが、問題ありません。システムログを監視しているシステムでは、アラートが出力されるお
それがあります。アラートが出力された場合は、iSCSI ポートの設定を変更したあと、ホストが
再接続されているかどうかを確認してください。
•
ストレージシステム間の接続に iSCSI を使用している場合、同一のポートを使用してホストと接
続しているときでも、[ポート編集]画面で[遅延 ACK]を[無効]にしてください。
ポートの[遅延 ACK]が[有効]の場合、ホストから Universal Replicator ペアで使用してい
るボリュームの認識に時間が掛かることがあります。ボリュームが 2,048 個のときは、8 分掛か
ります。なお、[遅延 ACK]のデフォルトは[有効]です。
62
•
ポートの[選択型 ACK]は[有効](デフォルト)のままにしてください。
•
長距離での接続など、ストレージシステム間の回線で遅延が発生する環境では、正サイトと副サ
イトのストレージシステムの両方で、iSCSI ポートのウィンドウサイズを 1,024KB まで変更でき
ます。なお、iSCSI ポートのウィンドウサイズのデフォルトは 64KB です。
Universal Replicator のデータ転送路の検討
Universal Replicator ユーザガイド
•
iSCSI ポートはフラグメント処理(パケットの分割処理)をサポートしていません。スイッチの
最大送信単位(MTU)の値が、iSCSI ポートの MTU の値より小さい場合、パケットが消失し、正
常に通信できないおそれがあります。iSCSI ポートとスイッチの MTU には、同じ値を設定してく
ださい。
なお、iSCSI ポートの MTU の値は 1500 以下に設定できません。MTU の値が 1500 未満の WAN 環境
では、フラグメント処理によって分割されたデータを送受信できません。この場合、WAN 環境に
合わせて WAN ルータの最大セグメントサイズ(MSS)を小さくしてから、iSCSI ポートに接続し
てください。または、MTU の値が 1500 以上の WAN 環境で使用してください。
•
4.4.4.4
1 つのポートを、ホストとの接続(Target 属性)とストレージシステムとの接続(Initiator 属
性)の両方に使用できます。ただし、ホストとストレージシステムのどちらかで障害が発生した
ときに、システムへの影響の範囲を軽減するには、ホストと接続するポートとストレージシステ
ムと接続するポートを、別々の CHB に接続することを推奨します。
ネットワークの設定に関する注意事項(iSCSI を使用するとき)
•
iSCSI ポートに接続しているスイッチのポートでは、スパニングツリーの設定を無効にしてくだ
さい。スイッチでスパニングツリー機能を有効にすると、リンクがアップまたはダウンするとき
に、ネットワーク上でパケットがループしなくなります。このときに、パケットが約 30 秒間遮
断されるおそれがあります。スパニングツリーの設定を有効にする必要がある場合は、スイッチ
の Port Fast 機能を有効にしてください。
•
ストレージシステム間のネットワーク経路で、iSCSI ポートの転送速度よりも転送速度が低い回
線を使用した場合、パケットが消失し、回線品質が低下します。iSCSI ポートの転送速度と回線
が、同一の転送速度となるシステム環境を構築してください。
•
ストレージシステム間の回線の遅延はシステム環境によって異なるため、事前にシステムを検証
して、最適な iSCSI ポートのウィンドウサイズの設定を確認してください。回線の遅延の影響が
大きいと判断した場合は、WAN 最適化・高速化の装置の適用を検討してください。
•
iSCSI を使用する場合、TCP/IP でパケットを送受信します。このため、パケットの量が通信回線
の許容量を超えてしまったり、パケットの再送が発生することがあり、性能に大きく影響を与え
るおそれがあります。性能を重視する重要なシステムの場合は、ファイバチャネルを使用してく
ださい。
Universal Replicator のデータ転送路の検討
Universal Replicator ユーザガイド
63
64
Universal Replicator のデータ転送路の検討
Universal Replicator ユーザガイド
5
Universal Replicator 構成操作
この章では、最初の Universal Replicator ペアを作成する前に必要な、正サイトのスト
レージシステムと副サイトのストレージシステムを構築する作業について説明します。
r 5.1 Universal Replicator の構成操作の流れ
r 5.2 Universal Replicator のリモート接続を追加する
r 5.3 Universal Replicator のジャーナルを作成する
r 5.4 Universal Replicator のジャーナルにジャーナルボリュームを登録する
r 5.5 Universal Replicator のジャーナルに MP ユニットを割り当てる
r 5.6 Universal Replicator のリモートレプリカオプションを変更する
Universal Replicator 構成操作
Universal Replicator ユーザガイド
65
5.1
Universal Replicator の構成操作の流れ
Universal Replicator を操作するために必要な、設定の流れを次に示します。
各操作手順の前提条件をチェックしてください。操作によって、正サイトのストレージシステムで
実行する操作、副サイトのストレージシステムで実行する操作、または両方のストレージシステム
で実行する操作があります。
1. Storage Navigator を起動してください。
2. 正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムの間にリモートパスを定義し
てください。
3. ジャーナルを作成してください。
4. マスタジャーナルとリストアジャーナルにジャーナルボリュームを登録してください。
5. ジャーナルに MP ユニットを割り当ててください。
Universal Replicator のコピー操作を最初に実行する前に、次の操作も実行できます。
•
リモートパスの追加。
•
形成コピーするボリューム数の指定。
関連項目
5.2
•
5.2 Universal Replicator のリモート接続を追加する
•
5.3 Universal Replicator のジャーナルを作成する
•
5.4 Universal Replicator のジャーナルにジャーナルボリュームを登録する
•
5.5 Universal Replicator のジャーナルに MP ユニットを割り当てる
•
5.6 Universal Replicator のリモートレプリカオプションを変更する
•
8.3.2 リモートパスを追加する
Universal Replicator のリモート接続を追加する
正サイトと副サイトのストレージシステムの両方で設定が必要です。
ストレージシステムのシリアル番号、モデル、パスグループ ID、およびポート番号がこの操作で必
要となります。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムが、Universal Replicator 操
作用に構成されていること。
•
リモート接続用のネットワークが構築されていること。
•
ファームウェアの交換処理中でないこと。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモート接続]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
66
Universal Replicator 構成操作
Universal Replicator ユーザガイド
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモート接続]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモート接続]を選択します。
2. [接続 (To)]タブを選択します。
3. 次のどちらかの方法で、[リモート接続追加]画面を表示します。
◦ [リモート接続追加]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモート接続]-[リモート接続追加]を選択します。
4. [リモートストレージシステム]の[モデル]を指定します。
5. [リモートストレージシステム]の[シリアル番号]を入力します。
メモ 仮想ストレージマシン内のボリュームを使用するときも、VSP G100, G200, G400, G600, G800 のシリ
アル番号を指定してください。仮想ストレージマシンのシリアル番号は指定できません。
6. [リモートパス]の[パスグループ ID]を選択します。
7. [リモートパス]の[最小パス数]に 1 を指定します。
8. [選択タイプ]でポートタイプを選択します。
9. ローカルストレージシステムとリモートストレージシステムで使用するポートを選択します。
[選択タイプ]で[iSCSI]を選択したときは、リモートストレージシステムのポートの[IP ア
ドレス]および[TCP ポート番号]を入力します。パスを追加する場合は、
[パス追加]をクリッ
クします。必要な場合は、あとで[リモートパス追加]画面を使ってパスを追加したり削除した
りできます。
10. 必要に応じて、オプションの[RIO MIH 時間]を入力します。
3DC カスケード構成を使用する場合は、RIO MIH 時間を 20 秒にすることをお勧めします。
ヒント RIO MIH はストレージシステム間のデータコピー完了までの待ち時間を意味します。
11.[完了]をクリックします。
12.[設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
13.[適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
14.[タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
•
2.1 Universal Replicator のシステム要件
•
4. Universal Replicator のデータ転送路の検討
•
8.3.2 リモートパスを追加する
• 『TrueCopy ユーザガイド』のリモート接続追加ウィザード
Universal Replicator 構成操作
Universal Replicator ユーザガイド
67
5.3
Universal Replicator のジャーナルを作成する
Universal Replicator のマスタジャーナルまたはリストアジャーナルを作成します。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[ジャーナル]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[ジャーナル]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
2. [ジャーナル]タブを選択します。
3. 次のどちらかの方法で[ジャーナル作成]画面を表示します。
◦ [ジャーナル作成]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[ジャーナル]-[ジャーナル作成]を選択します。
4. [ジャーナル ID]で、ジャーナル ID を選択します。
5. [ジャーナルボリューム選択]をクリックし、[ジャーナルボリューム選択]画面を表示します。
6. [ジャーナルボリューム選択]画面の[利用可能な LDEV]テーブルから、ジャーナルに割り当て
るジャーナルボリュームのチェックボックスを選択して[追加]をクリックします。
選択したジャーナルボリュームが、
[選択したジャーナルボリューム]テーブルに追加されます。
ジャーナルボリュームを[選択したジャーナルボリューム]テーブルから削除したい場合は、そ
のジャーナルボリュームのチェックボックスを選択して[削除]をクリックします。
メモ 仮想ストレージマシン内のボリュームは、ジャーナルボリュームとして使用できません。
7. [OK]をクリックします。
[ジャーナル作成]画面に戻ります。
8. 必要に応じて、次のオプションを設定します。
◦ [MP ユニット ID]で、MP ユニット ID を選択します。
◦ [ジャーナルボリューム流入制御]で、ホスト I/O への応答を遅らせて、ジャーナルボリュー
ムへ更新 I/O の流入を制限するかどうかを選択します。
◦ [データあふれ監視時間]で、メタデータとジャーナルデータの満杯監視時間を入力します。
◦ [キャッシュモード]で、リストアジャーナル内のジャーナルデータをキャッシュに格納す
るかどうかを選択します。
9. [追加]をクリックします。
作成したジャーナルが、[選択したジャーナル]テーブルに追加されます。ジャーナルを[選択
したジャーナル]テーブルから削除したい場合は、そのジャーナルのチェックボックスを選択し
て[削除]をクリックします。ジャーナルのチェックボックスを選択して[詳細]をクリックす
ると、[ジャーナルプロパティ]画面が表示され、そのジャーナルの詳細を確認できます。
10.[完了]をクリックします。
68
Universal Replicator 構成操作
Universal Replicator ユーザガイド
11.[設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
ジャーナルのラジオボタンを選択して[詳細]をクリックすると、[ジャーナルプロパティ]画
面が表示され、そのジャーナルの詳細を確認できます。
12.[適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
13.[タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
5.4
•
E.24 ジャーナル作成ウィザード
•
E.32 [ジャーナルプロパティ]画面
•
5.5 Universal Replicator のジャーナルに MP ユニットを割り当てる
Universal Replicator のジャーナルにジャーナル
ボリュームを登録する
ジャーナルボリュームは、形成コピー操作が実行される前に、ジャーナルに登録してください。ク
イックフォーマット中のボリュームはジャーナルに登録しないでください。クイックフォーマット
中のボリュームをジャーナルに登録すると、クイックフォーマットの処理が完了しないおそれがあ
ります。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
登録するボリュームが、Dynamic Provisioning 仮想ボリュームであること。
Dynamic Provisioning 仮想ボリュームの作成方法については、
『システム構築ガイド』を参照し
てください。
•
ジャーナルが未使用であること。
•
ペア操作が実行中ではなく、ジャーナルのミラー状態が Active、Stopped、Hold、Holding、ま
たは Hold(Failure)であること。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[ジャーナル]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[ジャーナル]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
2. [ジャーナル]からジャーナルボリュームを登録するジャーナルのチェックボックスを選択しま
す。
3. [ジャーナルボリューム]タブを選択します。
Universal Replicator 構成操作
Universal Replicator ユーザガイド
69
4. 次のどちらかの方法で[ジャーナルボリューム割り当て]画面を表示します。
◦ [ジャーナルボリューム割り当て]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[ジャーナル]-[ジャーナルボリューム割り当て]を選択し
ます。
5. [未割り当てジャーナルボリューム]テーブルから、ジャーナルに割り当てるジャーナルボリュー
ムのチェックボックスを選択して[追加]をクリックします。
選択したジャーナルボリュームが、[割り当て済みジャーナルボリューム]テーブルに追加され
ます。ジャーナルボリュームを[割り当て済みジャーナルボリューム]テーブルから削除したい
場合は、そのジャーナルボリュームのチェックボックスを選択して[削除]をクリックします。
注意
•
割り当てられていたジャーナルボリュームをすべて入れ替えると、ジャーナルオプション情報が初期化
されます。必要であればジャーナルオプション編集ウィザードでジャーナルオプションを設定してくだ
さい。
•
一度でもジャーナルを使用した後に、そのジャーナルに登録したジャーナルボリュームを削除すると、
そのジャーナルボリュームに割り当てられていた LDEV が閉塞します。閉塞した LDEV はフォーマットす
ることで、閉塞を解除できます。
メモ
•
仮想ストレージマシン内のボリュームは、ジャーナルボリュームとして使用できません。
•
異なる仮想ストレージマシンのデータボリュームは、同じジャーナルに登録できません。ジャーナルに
ジャーナルボリュームを追加するときは、既存のジャーナルボリュームと同じ仮想ストレージマシン内
のボリュームを追加してください。
6. [完了]をクリックします。
7. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
8. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
9. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
5.5
•
E.31 ジャーナルボリューム割り当てウィザード
•
1.4 Universal Replicator のジャーナルボリュームとは
•
2.1 Universal Replicator のシステム要件
•
3.5 ジャーナルボリュームのサイズ設定
•
システム構築ガイド
Universal Replicator のジャーナルに MP ユニッ
トを割り当てる
Universal Replicator のジャーナルを制御する MP ユニットを割り当てます。
70
Universal Replicator 構成操作
Universal Replicator ユーザガイド
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[ジャーナル]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[ジャーナル]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
2. ジャーナルボリュームのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
3. 次のどちらかの方法で[MP ユニット割り当て]画面を表示します。
◦ [他のタスク]-[MP ユニット割り当て]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[ジャーナル]-[MP ユニット割り当て]を選択します。
4. [MP ユニット ID]で、MP ユニット ID を選択します。
5. [完了]をクリックします。
6. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
7. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
8. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
•
5.6
E.27 MP ユニット割り当てウィザード
Universal Replicator のリモートレプリカオプ
ションを変更する
[リモートレプリカオプション編集]画面で、次のオプション設定を変更できます。
•
1 回の形成コピー操作で、同時にコピーできるボリュームの数
前提条件
•
ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[レプリケーション]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
Universal Replicator 構成操作
Universal Replicator ユーザガイド
71
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[レプリケーションダッシュボード]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]を選択します。
2. 次のどちらかの方法で、[リモートレプリカオプション編集]画面を表示します。
◦ [オプション編集]‐[リモートレプリケーション]を選択します。
◦ [アクション]メニューから[リモートレプリケーション]‐[リモートレプリカオプショ
ン編集]を選択します。
3. [コピータイプ]で、[UR]を選択します。
4. [最大形成コピー数]で、1 回の形成コピー操作で同時にコピーできるボリューム数を入力しま
す。
メモ
•
Universal Replicator の形成コピー動作数は、I/O 動作の量、および同時に登録するペア数によっては、
正サイトのストレージシステムの性能に影響を及ぼすことがあります。
•
この値が大き過ぎると、副サイトのストレージシステムに保留中の処理が増え、更新 I/O に対するリモー
ト I/O の応答時間に影響を及ぼすことがあります。例えば、最大形成コピー動作数を 64 ボリュームに設
定し、同時に 65 個の Universal Replicator ペアを登録すると、正サイトのストレージシステムは最初
64 ペアの作成を開始し、そのうちの 1 つが同期するまで、65 番目のペアの作成を開始しません。
5. [OK]をクリックします。
6. [リモートレプリカオプション編集]画面で、[完了]をクリックします。
7. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
8. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
9. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
• 『TrueCopy ユーザガイド』のリモートレプリカオプション編集ウィザード
72
Universal Replicator 構成操作
Universal Replicator ユーザガイド
6
Universal Replicator ペア操作
この章では、Universal Replicator ペアを操作するための注意事項と操作手順について説
明します。次の項目について説明します。
r 6.1 ペア操作の概要
r 6.2 Universal Replicator ペアを作成する
r 6.3 Universal Replicator ペアを分割する
r 6.4 ミラーを分割する
r 6.5 Point-in-Time コピーを作成する
r 6.6 Universal Replicator ペアを再同期する
r 6.7 ミラーを再同期する
r 6.8 Universal Replicator ペアを削除する
r 6.9 ミラーを削除する
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
73
6.1
ペア操作の概要
Universal Replicator の基本的な操作を次に示します。
•
ペアの状態を確認します。
ペアを操作する前にペアの状態を確認してください。ペアの状態によって実行可能な操作が異
なります。
•
ペアを作成します。
ペアを作成することで、プライマリボリュームの内容がセカンダリボリュームに反映されます。
•
ペアを分割します。
プライマリボリュームとセカンダリボリュームのペアを分割します。必要であれば、セカンダリ
ボリュームの書き込みオプションも設定できます。
•
ミラーを分割します。
マスタジャーナルとリストアジャーナルの関係はミラーと呼ばれます。ミラー単位でまとめて
プライマリボリュームとセカンダリボリュームを分割します。
•
ペアを再同期します。
分割されたペアを再同期します。
•
ミラーを再同期します。
分割されたミラーを再同期します。
•
ペアを削除します。
プライマリボリュームとセカンダリボリュームのペアを解消します。
•
ミラーを削除します。
マスタジャーナルとリストアジャーナルの関係を解消します。ミラー単位でまとめてプライマ
リボリュームとセカンダリボリュームのペアを解消します。
関連項目
6.1.1
74
•
1.6 Universal Replicator のペアとは
•
1.8 Universal Replicator のミラーとは
•
6.1.1 ペア操作時の注意事項
•
7.1 Universal Replicator ペアの状態を確認する
ペア操作時の注意事項
•
LU パスの設定が解除されたデータボリュームは、GUI によるペア操作およびペア状態の確認がで
きません。操作対象またはペア状態の確認対象のボリュームには、あらかじめ LU パスの設定を
行ってください。
•
ファームウェアの交換処理中は、ペア操作ができません。ファームウェアの交換処理が完了して
いることを確認してからペア操作をしてください。
•
エラーが発生した、または[キャンセル]がクリックされたなどの理由によって、ファームウェ
アの交換処理が中断されていると、ペア操作ができません。ファームウェアの交換処理が正常に
完了していることを確認してから、ペア操作をしてください。
•
Universal Replicator ペアはミラー単位に操作することを基本としているため、分割や再同期
はミラー単位で実施してください。ペア単位で分割や再同期を実行しようとすると、操作要求が
拒否されることがあります。
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
6.2
Universal Replicator ペアを作成する
データボリュームのペアを作成すると、正サイトのストレージシステムのプライマリボリュームに
あるすべてのデータが、副サイトのストレージシステムのセカンダリボリュームにコピーされます。
ホストからの I/O は、プライマリボリュームに対して発行します。
ジャーナル内の Universal Replicator データボリュームペアをすべて削除して再度 Universal
Replicator データボリュームペアを生成する場合は、ペアを削除してから 1 分以上待って実施して
ください。
ペア作成操作は正サイトのストレージシステムから実行します。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
セカンダリボリュームがすべてのホストに対してオフラインであること。
•
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムを接続し、すべてのリモートパ
スを定義していること。
•
ペアが使用するジャーナルに、ジャーナルボリュームを登録していること。
•
複数のペアを同時に作成する場合、ストレージシステムが形成コピーを実行するボリュームの個
数を指定していること。
•
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアを作成する場合は、関連項目を参照して、デル
タリシンク用 Universal Replicator ペアの作成条件をすべて満たしていることを確認してくだ
さい。
•
Performance Monitor が稼働している場合は、TCP/IP ネットワークの過剰トラフィックを避ける
ため、Performance Monitor が停止していること。正サイトのストレージシステムと副サイトの
ストレージシステムで操作します。Performance Monitor については、マニュアル『Performance
Manager ユーザガイド(Performance Monitor, Server Priority Manager)』を参照してくださ
い。
操作手順
1. 次のどれかの方法で[UR ペア作成]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモートレプリケーション]を選択します。[UR ペア]タブで[UR
ペア作成]をクリックします。
Storage Navigator のよく使うタスクを使用する場合:
◦ [よく使うタスク]から[UR ペア作成(リモート)]を選択します。
Storage Navigator の[リモートレプリケーション]画面を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
[UR ペア]タブまたは[ミラー]タブを選択します。
[UR ペア作成]をクリッ
クします。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
[UR ペア]タブまたは[ミラー]タブを選択します。
[アクション]メニュー
から[リモートレプリケーション]‐[UR ペア作成]を選択します。
Storage Navigator の個別のジャーナル画面を使用する場合:
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
75
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
[ジャーナル]画面でペアを作成するジャーナルを選択します。
[ミラー]タブで、
[アクショ
ン]メニューから[リモートレプリケーション]‐[UR ペア作成]を選択します。
2. 副サイトのストレージステムを指定します。
◦ [モデル / シリアル番号]:モデルとシリアル番号を選択します。
◦ [パスグループ ID]:パスグループ ID を選択します。
メモ パスグループ ID の選択には、次の制限事項があります。
•
同じミラー(マスタジャーナル、ミラー ID、およびリストアジャーナル)にすでにデータボリュームの
ペアが作成されている場合は、異なるストレージシステム(パスグループ ID を含む)を選択できませ
ん。
3. [プライマリボリューム選択]の[LU 選択]で、正サイトのストレージシステムのポート名と、
ホストグループ名または iSCSI ターゲットエイリアスを選択します。プライマリボリュームと
して使用できるボリュームが[利用可能な LDEV]のテーブルに表示されます。
4. [プライマリボリューム選択]の[利用可能な LDEV]テーブルで、プライマリボリュームのチェッ
クボックスを選択します。
メモ
•
仮想ストレージマシン内のボリュームを指定するときも、VSP G100, G200, G400, G600, G800 の LDEV
ID を指定してください。仮想 LDEV ID は指定できません。
•
異なる仮想ストレージマシンのデータボリュームは、同じジャーナルに登録できません。
5. [セカンダリボリューム選択]の[ベースセカンダリボリューム]で、ベースセカンダリボリュー
ムに関する情報を指定します。
ペアを作成するボリュームは、ポート名、ホストグループ ID または iSCSI ターゲット ID、およ
び LUN ID で指定します。
◦ [ポート名]:ポート名を選択します。
◦ [ホストグループ ID/iSCSI ターゲット ID]:ホストグループ ID または iSCSI ターゲット ID
を選択します。
◦ [LUN ID]:LUN ID を選択します。
ヒント LUN ID は 10 進数で指定します。
Storage Navigator の LUN ID の表示の切り替え方法については、『Hitachi Device Manager - Storage
Navigator ユーザガイド』を参照してください。
◦ [選択タイプ]:選択タイプを選択します。
[間隔]を選択した場合、セカンダリボリュームを割り当てる間隔を選択します。
[プライマリボリューム相対]を選択すると、隣接しているプライマリボリューム 2 つの LUN
の差を計算し、その結果を基にセカンダリボリュームの LUN を決めます。例えば、3 つのプ
ライマリボリュームの LUN がそれぞれ 1、5、6 だとします。この場合、[ベースセカンダリ
ボリューム]の[LUN ID]に 2 を指定すると、3 つのセカンダリボリュームの LUN は、それ
ぞれ 2、6、7 になります。
6. [ミラー選択]で、ミラーのマスタジャーナル、ミラー ID、およびリストアジャーナルを選択し
ます。
[マスタジャーナル]には、登録済み(リストアジャーナルを除く)のジャーナル ID が表示され
ます。
[リストアジャーナル]には、すべてのジャーナル ID が表示されます。
7. [CTG ID]で、コンシステンシーグループを選択します。
76
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
Universal Replicator のジャーナル ID と同じコンシステンシーグループ ID を割り当てること
をお勧めします。
8. 必要に応じて、[オプション]をクリックします。
9. [形成コピータイプ]を選択します。通常は、[全てコピー]を選択します。
メモ [なし]は、プライマリボリュームとセカンダリボリュームの内容が完全に同じであることが確実な
ときにだけ、選択してください。
[デルタ]は、デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成で、デルタリシンク用の Universal
Replicator ペアを作成するときにだけ、選択してください。
10.[形成コピー優先度]で、形成コピーの優先順位(実行順序)を指定します。
優先度は、同時に実行した形成コピー操作の数の範囲内で決定されます。このため、最初の形成
コピー操作で優先度の順番に従った形成コピー操作が完了するまで、追加して指定した形成コ
ピー操作は開始されません。
メモ ペアの作成中にタイムアウトが発生した場合、指定した優先順位のとおりにコピー処理が実行されな
いことがあります。タイムアウトの原因を確認して解決してください。原因には CU の構成やリモートコ
ピー接続バスの不具合などがあります。いったんペアを削除して、再度ペアを作成してください。
11.[エラーレベル]で、障害発生時のペア分割の範囲を指定します。
このペアに障害が発生したとき、このペアだけを分割するときは[LU]を、このペアと同じミ
ラー内のすべてのペアを分割するときは[ミラー]を選択します。
12.[追加]をクリックします。
作成したペアが、[選択したペア]テーブルに追加されます。ペアを[選択したペア]テーブル
から削除したい場合は、そのペアのチェックボックスを選択して[削除]をクリックします。ペ
アのチェックボックスを選択して[設定変更]をクリックすると、
[設定変更]画面が表示され、
そのペアの設定を変更できます。
13.[完了]をクリックします。
14.[設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
15.[適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
16.[タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
作成した Universal Replicator ペアの状態は、[形成コピータイプ]での指定値によって異なりま
す。[リモートレプリケーション]画面で、ペアの状態を確認してください。
[形成コピータイプ]での指定値
現在のペア状態
[全てコピー]または[なし]
COPY または PAIR
[デルタ]
HOLD または HOLDING
ペアの最新の状態を表示するには、
[リモートレプリケーション]画面の更新ボタンをクリックして
ください。
現在のペアの状態は、[ペアプロパティ参照]画面でも確認できます。
関連項目
•
5.2 Universal Replicator のリモート接続を追加する
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
77
•
5.3 Universal Replicator のジャーナルを作成する
•
5.4 Universal Replicator のジャーナルにジャーナルボリュームを登録する
•
7.1 Universal Replicator ペアの状態を確認する
•
C.3.2 デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成条件
•
C.3.3 デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成手順
• 『TrueCopy ユーザガイド』のペア作成ウィザード
6.3
Universal Replicator ペアを分割する
ペアを分割すると、プライマリボリュームからセカンダリボリュームへのデータコピーが中断しま
す。
通常の Universal Replicator 操作で、副サイトのストレージシステムはセカンダリボリュームに対
し書き込み操作を拒否しますが、ペアが分割またはサスペンドしている間はセカンダリボリューム
へ書き込めます。ペアを再同期する場合は、セカンダリボリュームとプライマリボリュームのビッ
トマップが使用されます。セカンダリボリューム書き込みオプションについては、操作手順で説明
します。
正サイトのストレージシステム、副サイトのストレージシステムのどちらからでもペアを分割でき
ます。
ボリューム単位でペアを分割する場合は、I/O 負荷が低い時に行ってください。同じコンシステン
シーグループ内に状態が異なる複数のペアが混在する場合、I/O 負荷が高い状態でペアを分割する
とサスペンドが発生することがあります。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ペアの状態が COPY または PAIR であること。
•
複数のペアを同時に分割したい場合は、それらのペアが同じミラーに属していること。
これによって、ミラーのセカンダリボリュームの更新順序の整合性が保証されます。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモートレプリケーション]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモートレプリケーション]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
2. [UR ペア]タブで、分割したいペアのチェックボックスを選択し、次のどちらかの方法で[ペア
分割]画面を表示します。
◦ [ペア分割]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモートレプリケーション]‐[ペア分割]を選択します。
3. [選択したペア]テーブルに、分割したいペアが表示されていることを確認します。
78
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
4. [セカンダリボリューム書き込み]で、セカンダリボリュームへの書き込みを有効にするかどう
かを選択します。
セカンダリボリューム書き込みを有効にすると、ペアが分割されている間、ホストはセカンダリ
ボリュームにデータを書き込むことができます。設定内容は、選択したボリュームがプライマリ
ボリュームの場合にだけ有効です。
5. [完了]をクリックします。
6. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
7. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
8. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
6.4
•
E.13 ペア分割ウィザード
•
6.5 Point-in-Time コピーを作成する
ミラーを分割する
ミラーを分割すると、そのミラーに属するすべてのペアが分割されて、マスタジャーナルからリス
トアジャーナルへのデータのコピーが停止します。
正サイトのストレージシステム、副サイトのストレージシステムのどちらからでもミラーを分割で
きます。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ミラーの状態が Active であること。
操作手順
1. 次のどれかの方法で[ミラー分割]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、
[リモートレプリケーション]を選択します。
[ミラー]タブでテーブ
ル行を 1 つ以上選択します。[ミラー分割]をクリックします。
Storage Navigator の[リモートレプリケーション]画面を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。[ミラー]タブで、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。[ミ
ラー分割]をクリックします。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
[UR ペア]タブで、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[他の
タスク]‐[ミラー分割]をクリックします。
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
79
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
[UR ペア]タブで、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[アク
ション]‐[リモートレプリケーション]‐[ミラー分割]を選択します。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[アク
ション]‐[リモートレプリケーション]‐[ミラー分割]を選択します。
Storage Navigator の個別のジャーナル画面を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
[ジャーナル]画面でジャーナル ID を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボッ
クスを 1 つ以上選択します。[ミラー分割]をクリックします。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
[ジャーナル]画面でジャーナル ID を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボッ
クスを 1 つ以上選択します。[アクション]‐[リモートレプリケーション]‐[ミラー分
割]を選択します。
2. [選択したミラー]テーブルで、分割対象のミラーを確認します。
ミラーの分割をやめる場合は、[キャンセル]をクリックして元の画面に戻ります。
3. [セカンダリボリューム書き込み]で、セカンダリボリューム書き込みを有効にするかどうかを
選択します。
セカンダリボリューム書き込みを有効にすると、ペアが分割されている間、ホストはセカンダリ
ボリュームにデータを書き込むことができます。設定内容は、選択したミラーがマスタジャーナ
ルの場合にだけ有効です。
4. [分割モード]で未反映の更新データを分割前にセカンダリボリュームに反映するかどうかを選
択します。
5. [完了]をクリックします。
6. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
7. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
8. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
ヒント 分割が完了するとミラーの状態は Stopped になります。
関連項目
•
6.5
E.14 ミラー分割ウィザード
Point-in-Time コピーを作成する
ミラー内のプライマリボリュームに対する書き込みを止めた状態でミラーを分割します。蓄積され
た更新データをセカンダリボリュームに反映すると、該当するジャーナルに属するボリュームの
Point-in-Time コピーを作成できます。
80
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ミラーの状態が Active であること。
操作手順
1. 正サイトで業務用アプリケーションを停止して、ホストからジャーナル内のプライマリボリュー
ムに対する書き込みをすべて止めてください。
2. ホストからプライマリボリュームへのすべての書き込みが停止したら、ミラーを分割してくださ
い。ミラー分割時には[分割モード]で[フラッシュ]を選択してください。
3. ジャーナルのすべてのペアの状態が PSUS に変わったら、ボリュームの複製は完了です。
ミラーの状態は Stopped になります。正サイトで業務用アプリケーションを再起動して、ホスト
からジャーナル内のプライマリボリュームに対する書き込みを再開してください。
関連項目
•
6.6
6.4 ミラーを分割する
Universal Replicator ペアを再同期する
正サイトから副サイトへのデータのコピーを停止したペアについて、更新コピーを実施して、再度
データを一致させます。
ペア再同期操作は、正サイトのストレージシステムから実行できます。
ペア再同期操作では、副サイトのストレージシステムおよびパスグループ ID を変更できません。副
サイトのストレージシステムおよびパスグループ ID を変更したい場合は、ペアを削除して、再度ペ
アを作成する必要があります。
エラーによってサスペンドされたペアは、エラーの要因が取り除かれるまでは再同期されません。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ペアの状態が PSUS または PSUE 状態であること。
メモ ペアの状態が HOLD、HOLDING、HLDE の場合は、デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成の
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアです。デルタリシンクは、災害リカバリ時に、ミラー再同
期の一部として実行されます。デルタリシンクを実行する場合は、[ミラー再同期]画面から操作してくだ
さい。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモートレプリケーション]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモートレプリケーション]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
81
2. [UR ペア]タブで、再同期したいペアのチェックボックスを選択し、次のどちらかの方法で[ペ
ア再同期]画面を開きます。
◦ [ペア再同期]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモートレプリケーション]‐[ペア再同期]を選択します。
3. [選択したペア]テーブルに、再同期したいペアが表示されていることを確認します。
4. コピー優先度を選択したいペアのチェックボックスを選択して[コピー優先度]で、再同期の優
先順位(スケジューリング順位)を指定します。
5. [エラーレベル]で、障害発生時のペア分割の範囲を指定します。
6. [完了]をクリックします。
7. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
8. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
9. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
6.7
•
E.15 ペア再同期ウィザード
•
6.7 ミラーを再同期する
ミラーを再同期する
ミラーに属するすべてのペアについて、更新コピーを実施して、再度データを一致させます。デル
タリシンクは、ミラーを再同期している間に実行されます。デルタリシンクを用いる 3DC マルチ
ターゲット構成で、デルタリシンクを実行するためにミラーを再同期するときは、関連項目を参照
して、デルタリシンクの実行条件を満たしているかどうかを確認してください。
ミラー再同期操作は、正サイトのストレージシステムから実行できます。
ミラー再同期操作は、I/O 負荷が低いときに実行してください。同じコンシステンシーグループ内
に状態が異なる複数のペアが混在している場合、I/O 負荷が高い状態でミラーを再同期すると、サ
スペンドが発生することがあります。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ミラーの状態が Stopped、Hold、Holding、Hold(Failure)であること。
操作手順
1. 次のどれかの方法で[ミラー再同期]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、
[リモートレプリケーション]を選択します。
[ミラー]タブでテーブ
ル行を 1 つ以上選択します。[ミラー再同期]をクリックします。
82
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
Storage Navigator の[リモートレプリケーション]画面を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。[ミラー]タブで、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。[ミ
ラー再同期]をクリックします。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
[UR ペア]タブで、ペアのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[他のタ
スク]‐[ミラー再同期]をクリックします。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。[UR ペア]タブで、ペアのチェックボックスを 1 つ以上選択します。[アク
ション]‐[リモートレプリケーション]‐[ミラー再同期]を選択します。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[アク
ション]‐[リモートレプリケーション]‐[ミラー再同期]を選択します。
Storage Navigator の個別のジャーナル画面を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
[ジャーナル]画面でジャーナル ID を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボッ
クスを 1 つ以上選択します。[ミラー再同期]をクリックします
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
[ジャーナル]画面でジャーナル ID を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボッ
クスを 1 つ以上選択します。[アクション]‐[リモートレプリケーション]‐[ミラー再
同期]を選択します。
2. [選択したミラー]テーブルで、再同期対象のミラーを確認します。
ミラーの再同期をやめる場合は、[キャンセル]をクリックして元の画面に戻ります。
3. 設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
4. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
5. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
6.8
•
E.16 [ミラー再同期]画面
•
C.3.6 デルタリシンクの実行条件
Universal Replicator ペアを削除する
ペアを削除すると、プライマリボリュームとセカンダリボリューム間の Universal Replicator ペア
は削除されます。データボリュームのデータは残ります。
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
83
注意 プライマリボリュームとセカンダリボリュームが物理的に同じホストに接続されている場合、次の問題が
発生することがあります。
Universal Replicator でペアを削除するとき、セカンダリボリュームは通常オフラインになっています。ホス
トが再起動されると、システムはプライマリボリュームとセカンダリボリュームの両者を提示して、システム管
理者にどちらをオフラインにしておくかを問い合わせます。これは混乱を招き、エラーの要因となるおそれがあ
ります。
このような問題を防ぐために、プライマリボリュームとセカンダリボリュームが同じホストに接続されている場
合、セカンダリボリュームは常にオフラインになるよう定義しておくことを強くお勧めします。
ヒント デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成で、通常の Universal Replicator ペアを削除する
と、デルタリシンク用の Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームも削除されます。
なお、デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成で TrueCopy ペアを削除すると、デルタリシンク用の
Universal Replicator ペアも削除されます。
正サイトのストレージシステム、副サイトのストレージシステムのどちらからでもペアを削除でき
ます。
ペア削除を開始した時点で、プライマリボリュームからセカンダリボリュームへのデータの転送は
終了します。ペア削除の操作が失敗しても、プライマリボリュームはペアが組まれていない状態に
なり、セカンダリボリュームへはデータが転送されなくなります。
ペア削除操作は、I/O 負荷が低いときに実行してください。同じミラー内に状態が異なる複数のペ
アが混在している場合、I/O 負荷が高い状態でペアを削除すると、サスペンドが発生することがあ
ります。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ペア状態が Suspending または Deleting 以外であること。ただし、ペア状態が PAIR のとき以外
はデータの整合性が保証されません。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモートレプリケーション]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモートレプリケーション]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
2. [UR ペア]タブで削除したいペアのチェックボックスを選択し、次のどちらかの方法で[ペア削
除]画面を表示します。
◦ [他のタスク]‐[ペア削除]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモートレプリケーション]‐[ペア削除]を選択します。
3. [選択したペア]テーブルに、削除したいペアが表示されていることを確認します。
4. 設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
5. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
84
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
6. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
•
6.9
E.17 [ペア削除]画面
ミラーを削除する
ミラーを削除するとミラーに属するすべてのペアが削除され、マスタジャーナルからリストア
ジャーナルへのデータコピーが終了します。
正サイトのストレージシステム、副サイトのストレージシステムのどちらからでも、ミラーを削除
できます。
注意 デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、1 つのジャーナルが 2 つのミラーを使用します。
この場合、指定したミラーがデルタリシンク用のミラーかどうかによって、操作結果が異なります。
•
Hold、Holding または Hold(Failure)状態のミラーを指定した場合(デルタリシンク用のミラーを指定した
場合)、指定したミラーの Universal Replicator ペアだけが削除されます。
•
Hold、Holding または Hold(Failure)以外の状態のミラーを指定した場合(デルタリシンク用ではないミラー
を指定した場合)、指定していないデルタリシンク用のミラーの Universal Replicator ペアも削除されま
す。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
操作手順
1. 次のどれかの方法で[ミラー削除]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、
[リモートレプリケーション]を選択します。
[ミラー]タブでテーブ
ル行を 1 つ以上選択します。[他のタスク]‐[ミラー削除]をクリックします。
Storage Navigator の[リモートレプリケーション]画面を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
[UR ペア]タブで、ペアのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[他のタ
スク]‐[ミラー削除]をクリックします。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[他の
タスク]‐[ミラー削除]をクリックします
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。[UR ペア]タブで、ペアのチェックボックスを 1 つ以上選択します。[アク
ション]‐[リモートレプリケーション]‐[ミラー削除]を選択します。
Storage Navigator の個別のジャーナル画面を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
[ジャーナル]画面でジャーナル ID を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボッ
クスを 1 つ以上選択します。[アクション]‐[リモートレプリケーション]‐[ミラー削
除]を選択します。
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
85
2. [選択したミラー]テーブルで、削除対象のミラーを確認します。
3. [削除モード]で、ミラーの削除方法を選択します。
注意 [削除モード]に[強制]を選択した状態で削除の操作を実行していて、かつ 5 分間以上たっている
のにジャーナル(ミラー)の状態が Initial になっていない場合は,再度強制削除の操作を実行するとその
ミラーに属するすべてのペアを削除できます。なお、強制削除を実行してから 5 分間は同じジャーナル内に
ペアを作成しないでください。ペア作成に失敗するおそれがあります。
4. [完了]をクリックします。
5. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
6. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
7. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
•
86
E.18 ミラー削除ウィザード
Universal Replicator ペア操作
Universal Replicator ユーザガイド
7
Universal Replicator の状態表示
ペア、ジャーナル、およびデータ転送路の監視は、Universal Replicator ペアが正しく動
作しているかを保証するために頻繁に行われます。ペア状態は、Universal Replicator の
操作を実行する前にチェックしておく必要があります。各操作には特定のペア状態が必要
です。
この章では、次の項目について説明します。
r 7.1 Universal Replicator ペアの状態を確認する
r 7.2 Universal Replicator ペアの一致率を確認する
r 7.3 Universal Replicator ペア操作の履歴を確認する
r 7.4 ライセンス容量を確認する
r 7.5 Universal Replicator ペアの情報を出力する
r 7.6 コピー操作と I/O 統計データのモニタリング
r 7.7 ジャーナル(ミラー)状態を監視する
r 7.8 リモート接続とパスの状態を確認する
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
87
7.1
Universal Replicator ペアの状態を確認する
ペアに対する操作が適切に処理されているかどうかを確認するため、定期的にペアの状態を監視す
る必要があります。
•
ペアを操作する前に、ペアがその操作を行える状態かどうかを確認してください。
•
ペア操作が行われると、ペアの状態は変化します。ペア操作が正しく処理されているかをペアの
状態で確認できます。ペアの状態が PAIR の場合は、プライマリボリュームからセカンダリボ
リュームへのデータ更新が正しく行われています。ペアの状態が PSUS/PSUE の場合は、ペアが分
割され、差分データの管理が行われています。
Storage Navigator を使用した監視を実行できます。監視は繰り返し実行する必要があります。
Storage Navigator を使用すると、電子メールによって問題を通知できます。障害を通知するメー
ルの情報の設定方法については、マニュアル『Hitachi Device Manager - Storage Navigator ユー
ザガイド』を参照してください。
Universal Replicator のペア状態を変更する要求が受け入れられても、要求された状態(PSUS、
PSUE、またはペアが組まれていない状態)への変更が完了しないと、Universal Replicator ペアは
サスペンドするか、または削除遷移状態(Deleting)になります。これらの状態はホストに報告さ
れません。サスペンドの場合、ユーザも正サイトのストレージシステムも状態変更を要求できます。
削除の場合、ユーザだけが状態変更を要求できます。ユーザが状態変更を要求すると、最終の状態
が遷移の終わりに報告されます。エラーによって状態が PSUE に変更されると、ペア状態の遷移の始
まりにこの PSUE 状態が報告されます。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモートレプリケーション]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモートレプリケーション]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
2. [UR ペア]タブでペア状態を確認したい Universal Replicator ペアの[状態]を確認します。
さらに詳細な状態情報を確認するには、Universal Replicator ペアのチェックボックスを選択
して、次のどちらかの方法で[ペアプロパティ参照]画面を表示します。
◦ [他のタスク]‐[ペアプロパティ参照]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモートレプリケーション]‐[ペアプロパティ参照]を選
択します。
関連項目
88
•
E.7 [ペアプロパティ参照]画面
•
6.1 ペア操作の概要
•
7.1.1 Universal Replicator ペア状態の定義
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
7.1.1
Universal Replicator ペア状態の定義
Storage Navigator の画面では、ペア状態は「Storage Navigator でのペア状態/RAID Manager で
のペア状態」という形式で表示されます。Storage Navigator でのペア状態と RAID Manager でのペ
ア状態が同じ場合は、RAID Manager でのペア状態は表示されません。
最新のペア状態を知りたい場合は、Storage Navigator メイン画面のメニューから[ファイル]‐
[すべて更新]を選択してリストの情報を更新してください。
Storage Navigator でのペア状態を次の表に示します。
ペア状態
COPY
PAIR
PSUS
説明
プライマリ
ボリューム
に対するア
クセス
セカンダリ
ボリューム
に対するア
クセス
形成コピーが進行中です。このペアはまだ同期されてい
ません。形成コピーが完了すると、プライマリボリューム
およびセカンダリボリュームの状態は PAIR に変わりま
す。
Read /
Write
Read Only
このデータボリュームペアは同期状態です。ホストから
プライマリボリュームへの更新データはセカンダリボ
リュームに反映されます。
Read /
Write
Read Only
このペアは、ユーザによって分割されたか、または副サイ Read /
トのストレージシステムから削除されたため、同期してい Write
ません。正サイトのストレージシステムと副サイトのス
トレージシステムは、ペアが分割されている間に破棄され
たジャーナルデータを記録しています。ペアが分割され
ている間、正サイトのストレージシステムと副サイトのス
トレージシステムは更新されたプライマリボリュームと
セカンダリボリュームのトラックを記録します。
• 正サイトのストレージシステムでペアを分割すると、
正サイトのストレージシステムがプライマリボ
リュームとセカンダリボリュームの状態を PSUS に変
えます。副サイトのストレージシステムでペアを分
割すると、副サイトのストレージシステムがセカンダ
リボリュームの状態を PSUS に変えます。パスの状態
が正常であれば正サイトのストレージシステムはこ
の変化を検出し、プライマリボリュームの状態を PSUS
に変えます。
• 副サイトのストレージシステムでペアを削除すると、
副サイトのストレージシステムがセカンダリボ
リュームをペアが組まれていない状態に変えます。
パスの状態が正常であれば正サイトのストレージシ
ステムはこの変化を検出し、プライマリボリュームの
状態を PSUS に変えます。プライマリボリュームをペ
アが組まれていない状態にするには、正サイトのスト
レージシステムでペアを削除する必要があります。
PSUS の種類については、7.1.1.1 を参照してください。
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
Read Only
ただし[セ
カンダリボ
リューム書
き込み]オ
プションを
[有効]にし
て正サイト
からペアを
分割した場
合は Read /
Write(デ
フォルトは
[無効]で
す)。
89
ペア状態
PSUE
Suspending
Deleting
HOLD
90
説明
プライマリ
ボリューム
に対するア
クセス
セカンダリ
ボリューム
に対するア
クセス
エラーによって正サイトのストレージシステムまたは副
サイトのストレージシステムがサスペンドしたため、この
データボリュームペアは同期していません。Universal
Replicator ペアについては、正サイトのストレージシステ
ムと副サイトのストレージシステムがサスペンド中に破
棄されたジャーナルデータを記録しています。ペアがサ
スペンドされている間、正サイトのストレージシステムは
更新されたプライマリボリュームのトラックを記録しま
す。
• Universal Replicator ペアについては、正サイトのス
トレージシステムが Universal Replicator のサスペ
ンドを検出した場合、正サイトのストレージシステム
はプライマリボリュームとセカンダリボリューム(変
更できるときだけ)の状態を PSUE に変えます。
• Universal Replicator ペアについては、副サイトのス
トレージシステムが Universal Replicator のサスペ
ンドを検出した場合、副サイトのストレージシステム
はセカンダリボリュームの状態を PSUE に変えます。
また、パスの状態が正常であれば正サイトのストレー
ジシステムはこの変化を検出し、プライマリボリュー
ムの状態を PSUE に変えます。
PSUE の種類については、7.1.1.2 を参照してください。
Read /
Write
Read Only
このペアは同期していません。このペアは、PAIR または
COPY から PSUS/PSUE へ遷移中です。ペアの分割またはサ
スペンドが要求されると、影響を受けるすべてのペアの状
態は Suspending に変わります。分割またはサスペンドが
完了すると、状態は PSUS/PSUE に変わります。
Read /
Write
Read Only
このペアは同期していません。このペアは、PAIR、COPY ま
たは PSUS/PSUE からペアが組まれていない状態への遷移
中です。
ペアの削除が要求されると、影響を受けるすべてのペアの
状態が Deleting に変わります。ペアの削除が完了する
と、ペアが組まれていない状態に変わります。
Read /
Write
Read Only
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成のと
Read /
き、デルタリシンク用の Universal Replicator ペアで表 Write※1
示されます。
ペアがデルタリシンクのために待機している状態で、デル
タリシンクが成功する条件が揃っている状態を示します。
Universal Replicator ペアのプライマリボリュームが
HOLD 状態の場合、TrueCopy ペアのセカンダリボリューム
の更新データが、マスタジャーナルボリュームに格納され
ます。
HOLD 状態のペアに対しては、デルタリシンク、ペア削除、
またはペアオプションの変更の操作しか実行できません。
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
Read /
Write※2
ペア状態
HOLDING
HLDE
説明
プライマリ
ボリューム
に対するア
クセス
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成のと
き、デルタリシンク用の Universal Replicator ペアで表
示されます。
デルタリシンク用のペアを作成中で、HOLD 状態に遷移中の
状態です。
HOLDING 状態は、ストレージシステムにデルタリシンク用
の差分データがない状態で、デルタリシンクを実行するか
どうかはユーザーの判断に委ねられている状態です。
HOLDING 状態のペアに対しては、デルタリシンク、ペア削
除、またはペアオプションの変更の操作しか実行できませ
ん。
HOLDING 状態でデルタリシンクを実行した場合は失敗する
おそれがあります。デルタリシンクが失敗した場合、[ミ
ラーオプション編集]画面の[デルタリシンク失敗]に
[全てコピー]が設定されていると、すべての差分データ
がセカンダリボリュームにコピーされます。
Read /
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成のと
き、デルタリシンク用の Universal Replicator ペアで表
示されます。
HOLD 状態のペアに障害が発生した状態です。
Universal Replicator ペアのプライマリボリュームが
HLDE 状態の場合、TrueCopy ペアのセカンダリボリューム
の更新データは、マスタジャーナルボリュームに格納され
ません。
HLDE 状態のペアに対しては、待機状態(HOLD 状態)に戻
す指定の再同期、ペア削除、またはペアオプションの変更
の操作しか実行できません。
Read /
Write※1
Write※1
セカンダリ
ボリューム
に対するア
クセス
該当する状
態なし
該当する状
態なし
注※1
Universal Replicator ペアのプライマリボリュームに対するアクセスの条件は、ボリュームを
共有している TrueCopy ペアの状態によって決まります。
注※2
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成のときは、2 つのミラーを使用しています。
このセカンダリボリュームへのアクセス条件は、HOLD 状態ではないミラーの状態によって決ま
ります。
RAID Manager でのペア状態を次の表に示します。
ペア状態
説明
プライマリ
ボリューム
に対するア
クセス
セカンダリ
ボリューム
に対するア
クセス
SMPL
このボリュームは Universal Replicator ペアに割り当て
られていません。ボリュームはジャーナルに属していませ
ん。
Read /
Write
Read /
Write
COPY
このデータボリュームペアの Universal Replicator の形
成コピーが進行中です。このデータボリュームペアはまだ
同期されていません。
Read /
Write
Read Only
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
91
ペア状態
92
説明
プライマリ
ボリューム
に対するア
クセス
セカンダリ
ボリューム
に対するア
クセス
PAIR
このデータボリュームペアは同期状態です。ホストからプ
ライマリボリュームへの更新データはセカンダリボリュー
ムに反映されます。
Read /
Write
Read Only
PSUS
SSUS
このペアは、ユーザによって分割されたか、または副サイ
トのストレージシステムから削除されたため、同期してい
ません。
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシ
ステムは、Universal Replicator ペアの分割中に破棄され
たジャーナルデータを記録しています。
ペアが分割されている間、正サイトのストレージシステム
と副サイトのストレージシステムは更新されたプライマリ
ボリュームとセカンダリボリュームのトラックを記録しま
す。SSUS はセカンダリボリュームでだけ表示されます。
Read /
Write
Read Only
ただし[セ
カンダリボ
リューム書
き込み]オ
プションを
[有効]にし
て正サイト
からペアを
分割した場
合は Read /
Write(デ
フォルトは
[無効]で
す)。
PSUE
エラーによって正サイトのストレージシステムまたは副サ
イトのストレージシステムがサスペンドしたため、この
データボリュームペアは同期していません。Universal
Replicator ペアについては、正サイトのストレージシステ
ムと副サイトのストレージシステムがサスペンド中に破棄
されたジャーナルデータを記録しています。ペアがサスペ
ンドされている間、正サイトのストレージシステムは更新
されたプライマリボリュームのトラックを記録します。
プライマリ
ボリューム
にエラーが
発生してい
ない場合は
Read /
Write
Read Only
PFUL
ジャーナルボリューム内のデータ量が、しきい値(80%)を
超えた状態を表します。
ペア状態は PAIR から PFUL になります。
Universal Replicator ペアはサスペンドせず、コピーを継
続します。
[ジャーナルボリューム流入制御]オプションに[有効]が
指定されている場合は、ペア状態が PFUL になったとき、
ジャーナルボリュームへの更新 I/O の流入を遅らせるため
にホスト I/O への応答を遅らせます。
Read /
Write
Read Only
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
ペア状態
説明
プライマリ
ボリューム
に対するア
クセス
PFUS
ジャーナルボリューム内のデータ量が満杯となり、サスペ Read /
ンドとなった状態を表します。
Write
ペア状態は COPY、PAIR、または PFUL から PFUS になります。
Universal Replicator ペアはサスペンドし、コピーを停止
します。この場合、リモートパスやジャーナルボリューム
の構成を見直す必要があります。
• Dynamic Provisioning の仮想ボリューム(DP-VOL)を
Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームと
して使用していて、プールボリュームの容量が最大許
容量に近づいた場合、Universal Replicator ペアの状
態は PFUS になり、ペアはサスペンド状態になります。
• [ジャーナルボリューム流入制御]オプションに[有
効]が指定されている場合は、ジャーナルボリューム
内のデータ量が満杯になっても、
[データあふれ監視時
間]オプションで設定した時間が経過するまで、
Universal Replicator ペアをサスペンドしません。
この期間、ジャーナルデータ領域の空きを待つために、
ホスト I/O への応答は遅れます。データあふれ監視時
間についての詳細は、E.4 を参照してください。
SSWS
SSWS は、セカンダリボリュームの状態です。RAID Manager
の horctakeover コマンドや pairsplit -RS コマンドでプ
ライマリボリュームとセカンダリボリュームの位置づけを
入れ替える処理を実行し、セカンダリボリュームが書き込
み可能になったことを示します。災害リカバリの期間中、
中間サイトや副サイトにある SSWS 状態のセカンダリボ
リュームに、ホストからデータを書き込めます。
Read Only
セカンダリ
ボリューム
に対するア
クセス
Read Only
ただし、
[セ
カンダリボ
リューム書
き込み]オ
プションを
[有効]にし
て正サイト
からペアを
分割した場
合は Read /
Write(デ
フォルトは
[無効]で
す)。
Read /
Write
ペア状態についての追加情報
•
フラッシュモードでペアを分割または削除するとき、ストレージシステムが分割または削除の要
求を受領した時点からマスタジャーナルにあるジャーナルがリストアジャーナルにリストアさ
れて分割または削除が完了するまで、ペアの状態は Suspending または Deleting が持続します。
Suspending または Deleting の持続時間は次のようになります。
持続時間(秒)= (マスタジャーナルボリュームの総容量(GB)) × ((マスタジャーナルボリュー
ムのデータ使用率(%))÷ 100)×1,024 ÷ (正サイトのストレージシステムと副サイトのスト
レージシステム間のデータ転送速度(MB/s))
関連項目
7.1.1.1
•
7.1.1.1 Universal Replicator の PSUS タイプ
•
7.1.1.2 Universal Replicator の PSUE タイプと動作
•
7.1.1.3 Universal Replicator ペアのサスペンド条件
Universal Replicator の PSUS タイプ
形成コピーが完了したあとは、いつでも Universal Replicator ペアを分割できます。プライマリボ
リューム上で媒体の保守作業を実施する場合や書き込み可能なセカンダリボリュームにアクセスす
る場合は、Universal Replicator ペアを分割する必要があります。
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
93
PSUS のタイプ
適用するボリューム
説明
PSUS, Secondary
Volume by Operator
プライマリボリュー
ム、セカンダリボ
リューム
ユーザがセカンダリボリュームオプションを使って正サ
イトのストレージシステムまたは副サイトのストレージ
システムからペアをサスペンドしました。
この Split タイプは、RAID Manager では SSWS となりま
す。
PSUS, by MCU
セカンダリボリューム
副サイトのストレージシステムが正サイトのストレージ
システムから、ボリュームペアをサスペンドする要求を受
け取りました。プライマリボリュームのサスペンドタイ
プは、PSUS, Secondary Volume by Operator です。
この Split タイプは、RAID Manager では SSUS または SSWS
となります。
PSUS, by RCU
プライマリボリュー
ム、セカンダリボ
リューム
正サイトのストレージシステムが、Universal Replicator
データボリュームペアをサスペンドさせる原因となった
副サイトのストレージシステムのエラーを検出しました。
該当するセカンダリボリュームのサスペンドタイプは、
PSUE, Secondary Volume Failure です。
この Split タイプは、RAID Manager では PSUE となりま
す。
PSUS, Pairsplit-S to
RCU
プライマリボリューム
正サイトのストレージシステムは、ユーザが副サイトのス
トレージシステムからペアを削除したためにセカンダリ
ボリュームがペアの組まれていない状態に変わったこと
を検出しました。セカンダリボリュームは PSUS/PSUE 状
態でないため、ペアを再同期することはできません。
PSUS, JNL Cache
Overflow
プライマリボリュー
ム、セカンダリボ
リューム
ジャーナルデータがあふれそうになっているため、データ
ボリュームペアがサスペンドしました。
この Split タイプは、RAID Manager では PFUS または SSWS
となります。
Universal Replicator ペアがユーザによって分割されると、正サイトのストレージシステムと副サ
イトのストレージシステムは、ユーザ指定の[分割モード]オプション([フラッシュ]または[パー
ジ])に従って、保留されていた更新コピーを実行してペアを同期させてから分割するか、または保
留されていた更新コピーを破棄してペアを分割します。正サイトのストレージシステムと副サイト
のストレージシステムは分割中に破棄されたジャーナルデータを記録しています。ペアの状態が
PSUS になると、正サイトのストレージシステムはペアに対するジャーナル取得を停止し、分割され
た Universal Replicator のプライマリボリュームに対する書き込み I/O を受け付け、ペアの分割中
に更新されたプライマリボリュームトラックを記録します。セカンダリボリュームの書き込みオプ
ションを有効にしてペアを分割すると、副サイトのストレージシステムはペアの分割中に更新され
たセカンダリボリュームのトラックを記録します。ペアが再同期されると、副サイトのストレージ
システムは正サイトのストレージシステムにセカンダリボリュームのトラックビットマップを転送
します。正サイトのストレージシステムはプライマリボリュームとセカンダリボリュームのビット
マップをマージし、同期していないトラックを特定します。
分割(またはサスペンド)された Universal Replicator のセカンダリボリュームには、コンシステ
ンシーという状態があります。
7.1.1.2
Universal Replicator の PSUE タイプと動作
次のどれかの状態を検出したとき、正サイトのストレージシステムはペアをサスペンドし、ステー
タスを PSUE に変更します。
94
•
ユーザが副サイトのストレージシステムのペアを削除した。
•
副サイトのストレージシステム、セカンダリボリューム、Universal Replicator の更新コピー
についてエラーが発生した。
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
•
正サイトのストレージシステムが副サイトのストレージシステムと通信できない。
•
Universal Replicator のサスペンド状態がストレージシステムによって検出された。
次の表に、PSUE のステータスを示します。
PSUE のタイプ
適用するボリュー
ム
PSUE,
Secondary
Volume Failure
プライマリボ
リューム、セカンダ
リボリューム
正サイトのストレージシステムが、副サイトのストレージシステム
との通信中または更新コピー中にエラーを検出しました。この場
合、該当するセカンダリボリュームのサスペンドタイプは通常
PSUE, Secondary Volume Failure です。
この Suspend タイプは、RAID Manager では SSWS となることがあり
ます。
PSUE, MCU IMPL
プライマリボ
リューム、セカンダ
リボリューム
正サイトのストレージシステムが、IMPL 中に正サイトのストレージ
システムの不揮発性メモリ内に有効な制御情報を見つけられません
でした。このような状況は、正サイトのストレージシステムに 48 時
間以上電源が入らなかった場合にだけ発生します(例:電源障害や
バックアップバッテリの放電)。
PSUE, Initial
Copy Failed
プライマリボ
リューム、セカンダ
リボリューム
形成コピーが完了する前に Universal Replicator ペアがサスペン
ドされました。セカンダリボリュームとプライマリボリュームの
データは一致していません。
この Suspend タイプは、RAID Manager では SSWS となることがあり
ます。
PSUE, MCU P/S
OFF
セカンダリボ
リューム
正サイトのストレージシステムの電源が OFF になっていました。
この Suspend タイプは、RAID Manager では SSUS となります。
説明
ペアがサスペンドされる時、正サイトのストレージシステムはペアに対するジャーナル獲得操作の
実行を中止します。ただし、正サイトのストレージシステムは次に挙げる操作は継続します。
•
サスペンドされたプライマリボリュームへの書き込み I/O の受け入れを継続します。
•
ペアのサスペンド中に更新されたプライマリボリュームトラックを記録します。
•
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムはサスペンド中に破棄された
すべてのジャーナルデータを記録します。
サスペンド(または分割)された Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームには、コンシ
ステンシーという状態があります。
ペアが再同期された時、正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムは次の操
作を実行します。
•
副サイトのストレージシステムがセカンダリボリュームのトラックビットマップを正サイトの
ストレージシステムに送信します。
•
正サイトのストレージシステムはプライマリボリュームとセカンダリボリュームのビットマッ
プをマージし、同期していないトラックを特定します。
この方法によって、破棄されたジャーナルデータを含むすべてのトラックは確実に再同期化されま
す。
7.1.1.3
Universal Replicator ペアのサスペンド条件
次の表は、Universal Replicator のサスペンド条件の説明、条件を検出するストレージシステム、
およびサスペンドされるボリュームペアについて示します。
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
95
サスペンド条件
検出するスト
レージシステ
ム
サスペンドされるペア
副サイトのストレージシステムは、リストアする
ジャーナルデータを選択中に論理エラーを検出
しました。
副サイトのス
トレージシス
テム
ジャーナルにある、すべてのセカンダリ
ボリューム、または影響するセカンダリ
ボリューム。
副サイトのストレージシステムはハードウェア
障害、トラックの状況、または論理エラーのた
め、ジャーナルデータをリストアできませんでし
た。
副サイトのス
トレージシス
テム
正サイトのストレージシステムは、プライマリボリュームごとの差分ビットマップをシェアドメモ
リに格納し、副サイトのストレージシステムは、セカンダリボリュームごとの差分ビットマップを
シェアドメモリに格納します。ただし、ボリュームの容量が 4,194,304MB(8,589,934,592block)
より大きい DP-VOL を使用した Universal Replicator ペアは、シェアドメモリを使用しません。
次に示すジャーナルデータを含むトラックは、差分ビットマップ内でマークされます(ペア再同期
中にコピーされる必要があるため)。
•
正サイトのストレージシステムで作成されたジャーナルデータでまだ副サイトのストレージシ
ステムに送信されていないもの
正サイトのストレージシステムはこれらのプライマリボリュームトラックを「変更された」と
マークしたあと、ジャーナルデータを破棄します。
•
副サイトのストレージシステムに送信されたが、まだ認識されていないジャーナルデータ
正サイトのストレージシステムはこれらのプライマリボリュームトラックを「変更された」と
マークしたあと、ジャーナルデータを破棄します。これによって、副サイトのストレージシステ
ムに送信中に紛失したジャーナルデータを確認とマークできます。
•
副サイトのストレージシステムに届いたが、まだリストア(正式化)していないジャーナルデー
タ
正サイトのストレージシステムはこれらのプライマリボリュームトラックを「変更された」と
マークしたあと、ジャーナルデータを破棄します。これによって、副サイトのストレージシステ
ムでリストアされていないジャーナルデータを確認してマークできます。正サイトのストレー
ジシステムは、副サイトのストレージシステムからのリードジャーナルコマンドに付いているリ
ストア済みジャーナルのシーケンス番号を受信するまでは、対象のジャーナルデータをマスタ
ジャーナルボリュームから破棄しません。
•
ペアがサスペンドされた後、ホストからの書き込み I/O によって更新されたプライマリボリュー
ム。
関連項目
•
7.2
10.3 サスペンドの種類に応じた Universal Replicator のペアのトラブルシューティング
Universal Replicator ペアの一致率を確認する
プライマリボリュームとセカンダリボリュームがどの程度一致しているのか、ペアの一致率を確認
する方法について説明します。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモートレプリケーション]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
96
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモートレプリケーション]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
2. [UR ペア]タブで一致率を確認したいペアのチェックボックスを選択して、次のどちらかの方法
で[ペア一致率参照]画面を表示します。
◦ [他のタスク]‐[ペア一致率参照]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモートレプリケーション]‐[ペア一致率参照]を選択し
ます。
関連項目
•
7.3
E.6 [ペア一致率参照]画面
Universal Replicator ペア操作の履歴を確認する
[操作履歴]画面には、データボリュームペアの操作履歴が表示されます。例えば、データボリュー
ムペアの作成日時や削除の日時が表示されます。
仮想ストレージマシン内のボリュームに対して、RAID Manager で Universal Replicator ペアを操
作した場合でも、[LDEV ID]には VSP G100, G200, G400, G600, G800 の LDEV ID が表示されます。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[レプリケーション]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[レプリケーションダッシュボード]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]を選択します。
2. 次のどちらかの方法で[操作履歴]画面を表示します。
◦ [操作履歴参照]‐[リモートレプリケーション]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモートレプリケーション]‐[操作履歴参照]を選択しま
す。
3. [コピータイプ]で[UR]を選択します。
UR ペアの操作履歴が表示されます。
最新の操作履歴を最大で 8,192 件表示します。
関連項目
•
7.3.1 [操作履歴]画面の[説明]に表示される文言
• 『TrueCopy ユーザガイド』の[操作履歴]画面
7.3.1
[操作履歴]画面の[説明]に表示される文言
[操作履歴]画面の[説明]に表示される文言の説明を次に示します。
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
97
表示
Pair definition
ペアが定義されました。
Paircreate Start
ペアの作成が始まりました。
[ミラーオプション編集]画面の[デルタリシンク失
敗]に[全てコピー]を設定している場合、デルタリ
シンクが失敗するとプライマリボリュームのすべて
のデータがセカンダリボリュームにコピーされます。
このため、デルタリシンク失敗によるコピーが開始さ
れたときにも、
[Paircreate Start]が表示されます。
Paircreate Complete
ペアの作成が終わりました。
[ミラーオプション編集]画面の[デルタリシンク失
敗]に[全てコピー]を設定している場合、デルタリ
シンクが失敗するとプライマリボリュームのすべて
のデータがセカンダリボリュームにコピーされます。
このため、デルタリシンク失敗によるコピーが完了し
たときにも、[Paircreate Complete]が表示されま
す。
Pairresync Start
ペアの再同期が始まりました。
Pairresync Complete
ペアの再同期が終わりました。
Pairsplit-r Start
ペアの分割が始まりました。
Pairsplit-r Complete
ペアの分割が終わりました。
Pairsplit-r(Failure)
障害が発生したため、ペアが分割されました。
Pairsplit-S Start
ペアの削除が始まりました。
Pairsplit-S Complete
ペアの削除が終わりました。
Status Change by MCU(SMPL to COPY)
98
説明
正サイトのストレージシステム(MCU)からの操作に
よって、ペアの状態が、ペアが組まれていない状態
(SMPL)から COPY に変わりました。
Status Change by MCU(SMPL to PAIR)
正サイトのストレージシステムからの操作によって、
ペアの状態が、ペアが組まれていない状態(SMPL)か
ら PAIR に変わりました。
Status Change by MCU(COPY to PAIR)
正サイトのストレージシステムからの操作によって、
ペアの状態が COPY から PAIR に変わりました。
Status Change by MCU(COPY to PSUS/PSUE)
正サイトのストレージシステムからの操作によって、
ペアの状態が COPY から PSUS または PSUE に変わりま
した。
Status Change by MCU(PAIR to PSUS/PSUE)
正サイトのストレージシステムからの操作によって、
ペアの状態が PAIR から PSUS または PSUE に変わりま
した。
Status Change by MCU(PAIR to SMPL)
正サイトのストレージシステムからの操作によって、
ペアの状態が PAIR からペアが組まれていない状態
(SMPL)に変わりました。
Status Change by MCU(COPY to SMPL)
正サイトのストレージシステムからの操作によって、
ペアの状態が COPY からペアが組まれていない状態
(SMPL)に変わりました。
Status Change by MCU(PSUS/PSUE to SMPL)
正サイトのストレージシステムからの操作によって、
ペアの状態が PSUS または PSUE からペアが組まれて
いない状態(SMPL)に変わりました。
Status Change by MCU(PSUS/PSUE to COPY)
正サイトのストレージシステムからの操作によって、
ペアの状態が PSUS または PSUE から COPY に変わりま
した。
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
表示
Status Change by MCU(PAIR to COPY)
正サイトのストレージシステムからの操作によって、
ペアの状態が PAIR から COPY に変わりました。
Status Change by RCU(Pairsplit-r Start)
副サイトのストレージシステム(RCU)からのペア分
割操作が始まったため、ペアの状態が変わりました。
Status Change by RCU(Pairsplit-r Complete)
副サイトのストレージシステムからのペア分割操作
が終わったため、ペアの状態が変わりました。
Status Change by RCU(PSUS/PSUE to SMPL;
Pairsplit-S Start)
副サイトのストレージシステムからのペア削除操作
が始まりました。ペアの状態が PSUS または PSUE か
らペアが組まれていない状態(SMPL)へ変わります。
Status Change by RCU(COPY to SMPL; Pairsplit-S
Start)
副サイトのストレージシステムからのペア削除操作
が始まりました。ペアの状態が COPY からペアが組ま
れていない状態(SMPL)へ変わります。
Status Change by RCU(PAIR to SMPL; Pairsplit-S
Start)
副サイトのストレージシステムからのペア削除操作
が始まりました。ペアの状態が PAIR からペアが組ま
れていない状態(SMPL)へ変わります。
Status Change by RCU(Pairsplit-S Complete)
副サイトのストレージシステムからのペア削除操作
が終わったため、ペアの状態が変わりました。
Ready for Delta resync
ペアがデルタリシンク待機状態になりました。
Ready for Delta resync(Failure)
デルタリシンク待機状態で障害が発生しました。
Status Change for Delta resync
デルタリシンク処理が実行され、プライマリボリュー
ムの状態が HOLD に変わりました。
Status Change by MCU(SMPL to HOLD)
7.4
説明
正サイトにあるストレージシステムからの操作に
よって、ペアの状態がペアが組まれていない状態
(SMPL)から HOLD に変わりました。
Status Change by MCU(HOLD to PAIR)
正サイトにあるストレージシステムからの操作に
よって、ペアの状態が HOLD から PAIR に変わりまし
た。
Status Change by MCU(HOLD to COPY)
正サイトにあるストレージシステムからの操作に
よって、ペアの状態が HOLD から COPY に変わりまし
た。
Status Change by MCU(HOLD to SMPL)
正サイトにあるストレージシステムからの操作に
よって、ペアの状態が HOLD からペアが組まれていな
い状態(SMPL)に変わりました。
Status Change by RCU(HOLD to SMPL; Pairsplit-S
Start)
副サイトにあるストレージシステムからの操作に
よって、ペアの削除が始まりました。ペアの状態が
HOLD からペアが組まれていない状態(SMPL)へ変わ
ります。
Status Change to HOLD
デルタリシンク処理が実行され、セカンダリボリュー
ムの状態が HOLD に変わりました。
ライセンス容量を確認する
[レプリケーション]画面でライセンス容量を確認できます。
操作手順
次のどちらかの方法で、[レプリケーション]画面を表示します。
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
99
Hitachi Command Suite を使用する場合:
• [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシステム
を右クリックし、[レプリケーションダッシュボード]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
• [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]を選択します。
関連項目
• 『TrueCopy ユーザガイド』の[レプリケーション]画面
7.5
Universal Replicator ペアの情報を出力する
Universal Replicator のペア情報を TSV ファイルに保存できます。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモートレプリケーション]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモートレプリケーション]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
2. [他のタスク]‐[テーブル情報出力]をクリックします。
詳細は、『Hitachi Device Manager - Storage Navigator ユーザガイド』を参照してください。
関連項目
• 『TrueCopy ユーザガイド』の[リモートレプリケーション]画面
7.6
コピー操作と I/O 統計データのモニタリング
コピー操作や I/O 統計データをモニタリングできます。詳細は、
『Performance Manager ユーザガイ
ド(Performance Monitor, Server Priority Manager)』を参照してください。
7.7
ジャーナル(ミラー)状態を監視する
ジャーナルのミラーの状態は、[ミラー]タブ画面で参照します。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[ジャーナル]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[ジャーナル]を選択します。
100
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
2. [ジャーナル]から状態を監視したいジャーナルのチェックボックスを選択します。
3. [ミラー]タブで確認したいミラーの[状態]を確認します。
関連項目
7.7.1
•
E.5 個別のジャーナル画面
•
7.7.1 ミラー状態の定義
ミラー状態の定義
Storage Navigator の画面では、ミラー状態は「Storage Navigator でのミラー状態/RAID Manager
でのミラー状態」という形式で表示されます。
Storage Navigator でのミラー状態を次の表に示します。
状態
説明
ミラーに、データボリュームは登録されていません。
Initial
ミラーには形成コピーが進行中で同期していないペア、または形成コピーが完了
して同期したペアがあります。ミラーの状態が Active のときに、そのミラー内の
一部のデータボリュームペアが分割されている場合は、[Active(Warning)]と表
示されます。
Active
Active(Warning)
ミラーの状態が Active で、そのミラー内の一部のデータボリュームペアが分割さ
れています。
HaltAccept
ミラーの分割が始まりました。状態はすぐに Halting に変更します。
HaltAccept はリストアジャーナルで表示されます。
Halting
Halt
Stopping
Stopped
Hold
Holding
Hold(Failure)
ミラーの分割または削除が進行中のため、プライマリボリュームとセカンダリボ
リュームは同期していません。
• ミラーを分割すると、状態は時間の経過につれて Halting → Halt →
Stopping の順に変わり、分割が終わると Stopped に変わります。
• ミラーを削除すると、状態は時間の経過につれて Halting → Halt →
Stopping → Stopped の順に変わり、削除が終わると Initial に変わります。
ミラーの分割中または削除中の操作です。
ミラーの分割中または削除中の操作です。
ミラーの分割または削除が終了する操作です。
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアが作成されました。
デルタリシンク操作の準備が整いました。
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアを作成中です。
デルタリシンク中に Universal Replicator ペアで障害が発生しました。
RAID Manager でのミラー状態を次の表に示します。
状態
説明
SMPL
このミラーは使用されていません。
PJNN
正常状態のマスタジャーナルです。
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
101
状態
7.8
説明
SJNN
正常状態のリストアジャーナルです。
PJSN
マスタジャーナルが通常の分割状態です。
SJSN
リストアジャーナルが通常の分割状態です。
PJNF
マスタジャーナルが満杯状態です。
SJNF
リストアジャーナルが満杯状態です。
PJSF
マスタジャーナルが満杯状態で分割されています。
SJSF
リストアジャーナルが満杯状態で分割されています。
PJSE
マスタジャーナルが障害要因(リンク障害を含む)によって分割されています。
SJSE
リストアジャーナルが障害要因(リンク障害を含む)によって分割されています。
PJNS
マスタジャーナルが通常の分割状態(デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構
成)です。
SJNS
リストアジャーナルが通常の分割状態(デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構
成)です。
PJES
マスタジャーナルは障害要因によって分割状態(デルタリシンクを用いる 3DC マルチター
ゲット構成)です。
SJES
リストアジャーナルは障害要因によって分割状態(デルタリシンクを用いる 3DC マルチ
ターゲット構成)です。
リモート接続とパスの状態を確認する
リモート接続の状態をチェックして、リモートパスを維持します。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモート接続]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモート接続]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモート接続]を選択します。
2. [接続(To)]タブで、状態を確認したいリモート接続の[状態]を確認します。
さらに詳細な状態情報を確認するには、リモート接続のチェックボックスを選択して、次のどち
らかの方法で[リモート接続プロパティ参照]画面を表示してください。
◦ [リモート接続プロパティ参照]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモート接続]‐[リモート接続プロパティ参照]を選択し
ます。
関連項目
•
10.2 Universal Replicator のリモートパスのトラブルシューティング
• 『TrueCopy ユーザガイド』の[リモート接続]画面
• 『TrueCopy ユーザガイド』の[リモート接続プロパティ参照]画面
102
Universal Replicator の状態表示
Universal Replicator ユーザガイド
8
Universal Replicator の保守
保守作業の多くはシステムを監視する中で発見した動作に対応するものですが、システム
を調整するために要件に合わせた設定変更もできます。
r 8.1 Universal Replicator ペアの保守
r 8.2 Universal Replicator のジャーナルおよびミラーの保守
r 8.3 Universal Replicator のリモートパスの保守
r 8.4 ストレージシステムとネットワークデバイスの電源の管理
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
103
8.1
Universal Replicator ペアの保守
ペアの保守は次の操作から構成されます。
•
ペアオプションの変更
•
ペアの強制削除
関連項目
8.1.1
•
8.1.1 Universal Replicator のペア分割の範囲を変更する
•
8.1.2 Universal Replicator ペアを強制的に削除する
Universal Replicator のペア分割の範囲を変更する
[ペアオプション編集]画面を利用すると、Universal Replicator ペアに障害が発生したとき、障
害が発生したペアだけを分割するか、そのペアが属しているミラー単位でまとめて分割するか、変
更できます。[ペアオプション編集]画面を表示すると、現状の設定内容が表示されます。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ペア状態が PAIR、PSUS、PSUE、HOLD、HOLDING、または HLDE であること。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモートレプリケーション]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモートレプリケーション]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
2. [UR ペア]タブでペアオプションを変更したいペアのチェックボックスを選択し、次のどちらか
の方法で[ペアオプション編集]画面を表示します。
◦ [他のタスク]‐[ペアオプション編集]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモートレプリケーション]‐[ペアオプション編集]を選
択します。
メモ 複数のペアのチェックボックスを選択した場合、
[ペアオプション編集]画面上のリストではオプショ
ンの値が空白で表示されることがあります。リストから空白以外の値を選択すると、その値がそれぞれのペ
アに設定されます。
3. [エラーレベル]で、障害発生時のペア分割の範囲を選択します。
4. [完了]をクリックします。
5. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
6. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
104
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
7. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
•
8.1.2
E.19 ペアオプション編集ウィザード
Universal Replicator ペアを強制的に削除する
次の場合は、[ペア強制削除(UR ペア)]画面を使用して、Universal Replicator ペアを強制的に削
除します。
•
ペアが組まれていないボリュームであるにも関わらず、ボリュームにペアの情報が残ってしまっ
ていて、ほかのペアのボリュームとして使用できない。
•
通信エラーでリモートストレージシステムへ接続できない。
通信エラーでリモートストレージシステムへ接続できない場合は、リモートストレージシステム
でペアを強制的に削除してください。
注意 次のデータは破棄されます。
•
正サイトのストレージシステムで強制削除を実行した場合、副サイトのストレージシステムに送られていな
いデータ
• 副サイトのストレージシステムで強制削除を実行した場合、リストアされていないデータ
また、強制削除実行時に、ジャーナルグループ内に PAIR/COPY 状態のペアがある場合、該当するペアへのホスト
I/O がタイムアウトすることがあります。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ペアが組まれていないボリュームであること。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[論理デバイス]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムの配下の[ボリューム]を右クリックし、[System GUI]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[論理デバイス]を選択します。
2. [LDEV]タブで強制削除したいボリュームのチェックボックスを選択します。
3. 次のどちらかの方法で、[ペア強制削除(UR ペア)]画面を表示します。
◦ [他のタスク]‐[ペア強制削除(UR ペア)]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモートレプリケーション]‐[ペア強制削除(UR ペア)]を
選択します。
4. ペアの情報を削除したいボリュームが[選択した LDEV]テーブルに表示されていることを確認
します。
5. [タスク名]にタスク名を入力します。
6. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
105
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
7. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
•
8.2
E.33 [ペア強制削除(UR ペア)]画面
Universal Replicator のジャーナルおよびミラー
の保守
ジャーナルおよびミラーの保守は次の操作から構成されます。
•
ジャーナルオプションの変更
•
ミラーオプションの変更
•
ジャーナルからのジャーナルボリュームの削除
•
ジャーナルの削除
関連項目
8.2.1
•
8.2.1 Universal Replicator のジャーナルを参照する
•
8.2.2 Universal Replicator で使用されるジャーナルのオプションを変更する
•
8.2.3 Universal Replicator で使用されるミラーのオプションを変更する
•
8.2.4 Universal Replicator のジャーナルからジャーナルボリュームを削除する
•
8.2.5 ジャーナルボリュームとリザーブジャーナルボリュームを交換する手順の流れ
•
8.2.6 ジャーナルを削除する
Universal Replicator のジャーナルを参照する
ジャーナルは次の手順で参照できます。
操作手順
次のどちらかの方法で、[ジャーナル]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
• [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシステム
を右クリックし、[ジャーナル]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
• [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
関連情報
•
106
E.4 [ジャーナル]画面
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
8.2.2
Universal Replicator で使用されるジャーナルのオプションを
変更する
次に示すジャーナルのオプションを変更できます。
•
ジャーナルボリューム流入制御
ジャーナルボリュームへの更新 I/O の流入を制限してホストへの応答を遅らせるかどうかを指
定します。
•
データあふれ監視時間
ジャーナルボリューム内のデータ量が満杯になっても、設定した時間が経過するまで Universal
Replicator ペアはサスペンドしません。この期間、ジャーナルデータ領域の空きを待つために、
ホストからの更新 I/O に対する応答が遅れます。
•
キャッシュモード
リストアジャーナル内のジャーナルデータをキャッシュに格納するかどうかを指定します。
ジャーナルのオプションは、正サイトと副サイトのどちらからでも変更できます。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ジャーナル内のミラー状態が次のどれかになっていること。
◦ [Initial]
◦ [Stopped]
◦ [Hold]
◦ [Holding]
◦ [Hold(Failure)]
メモ デルタリシンクを用いる 3DC 構成の場合、状態が[Hold]、[Holding]または[Hold(Failure)]では
ない方のミラーの状態によって、オプションを変更できるかどうかが決まります。例えば、ジャーナルのミ
ラーが[Hold]と[Active]の場合、ジャーナルオプションは変更できません。ジャーナルのミラーが[Hold]
と[Stopped]の場合、ジャーナルオプションを変更できます。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[ジャーナル]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[ジャーナル]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
2. [ジャーナル]タブを選択します。
3. オプションを変更したいジャーナルのチェックボックスを選択します。
4. 次のどちらかの方法で[ジャーナルオプション編集]画面を表示します。
◦ [ジャーナルオプション編集]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[ジャーナル]‐[ジャーナルオプション編集]を選択します。
5. 必要に応じて、ジャーナルオプションを変更してください。
変更不要なオプションがあるときは、そのオプションのチェックボックスを選択しないでくださ
い。チェックボックスを選択しなければ、そのオプションの値は現状のまま変更されません。
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
107
6. [完了]をクリックします。
7. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
8. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
9. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
•
8.2.3
E.25 ジャーナルオプション編集ウィザード
Universal Replicator で使用されるミラーのオプションを変更
する
次に示すミラーのオプションを変更できます。
•
パス監視時間
パスが閉塞してからミラーが分割(サスペンド)されるまでの監視時間および監視時間の単位を
指定します。
•
パス監視時間の転送
マスタジャーナルのパス監視時間をリストアジャーナルに転送するかどうかを指定します。
•
コピー速度
データがコピーされる速度を規定します。
•
転送速度
データ転送時の転送速度を指定します。
•
デルタリシンク失敗
デルタリシンク処理が実行できなかった場合の処理を指定します。
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムからミラーオプションを変更でき
ます。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ミラーの状態が次のどれかになっている必要があります。
◦ [Initial]
◦ [Active]
◦ [Stopped]
◦ [Hold]
◦ [Holding]
◦ [Hold(Failure)]
[Active]、[Hold]、または[Holding]状態のミラーは、[転送速度]だけ変更できます。ただ
し、
[Holding]状態のミラーが[転送速度]を変更できるのは、ミラーが正サイトのストレージ
システムに属している場合だけです。
108
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
操作手順
1. 次のどれかの方法で[ミラーオプション編集]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、
[リモートレプリケーション]を選択します。
[ミラー]タブでテーブ
ル行を 1 つ以上選択します。
[他のタスク]‐[ミラーオプション編集]をクリックします。
Storage Navigator の[リモートレプリケーション]画面を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[他の
タスク]‐[ミラーオプション編集]をクリックします。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモートレプリケーション]
を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[アク
ション]‐[リモートレプリケーション]‐[ミラーオプション編集]を選択します。
Storage Navigator の個別のジャーナル画面を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
[ジャーナル]画面でジャーナル ID を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボッ
クスを 1 つ以上選択します。[他のタスク]‐[ミラーオプション編集]をクリックします
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
[ジャーナル]画面でジャーナル ID を選択します。
[ミラー]タブで、ミラーのチェックボッ
クスを 1 つ以上選択します。[アクション]‐[リモートレプリケーション]‐[ミラーオ
プション編集]を選択します。
2. 必要に応じて、ミラーオプションを変更してください。
変更不要なオプションがある場合は、そのオプションのチェックボックスを選択しないでくださ
い。チェックボックスを選択しなければ、そのオプションの値は現状のまま変更されません。
チェックボックスを選択しないで空白以外の値を指定した場合、その値が複数のミラーに設定さ
れます。
3. [完了]をクリックします。
4. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
5. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
6. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
•
8.2.4
E.28 ミラーオプション編集ウィザード
Universal Replicator のジャーナルからジャーナルボリューム
を削除する
ジャーナルボリュームを削除すると、そのボリュームはジャーナルとして利用できなくなり、その
ボリュームにはプライマリボリュームの更新内容が格納されなくなります。
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
109
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ジャーナルボリュームは、次のどれかの条件を満たす場合に限り、削除できます。
◦
ジャーナル内のミラーに属するペアが削除されている。
◦
ジャーナル内のミラーに属するペアがサスペンドされている。かつリザーブジャーナルボ
リュームがある。
◦
ジャーナル内のミラーの状態が[Initial]、[Stopped]、または[Hold(Failure)]である。
かつリザーブジャーナルボリュームがある。
ただし、デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成の場合、ジャーナルボリューム
を削除するために必要なミラーの状態は、次のとおりです。
ミラー 1 の状態
ミラー 2 の状態
Stopped
Stopped
Stopped
Hold(Failure)
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[ジャーナル]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[ジャーナル]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
2. [ジャーナル]からジャーナルボリュームを削除するジャーナルのチェックボックスを選択しま
す。
3. [ジャーナルボリューム]タブを選択します。
4. 次のどちらかの方法で[ジャーナルボリューム割り当て]画面を表示します。
◦ [ジャーナルボリューム割り当て]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[ジャーナル]‐[ジャーナルボリューム割り当て]を選択し
ます。
5. [割り当て済みジャーナルボリューム]テーブルから削除したいジャーナルボリュームのチェッ
クボックスを選択して[削除]をクリックします。
6. [完了]をクリックします。
7. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
8. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
9. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
•
110
E.31 ジャーナルボリューム割り当てウィザード
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
8.2.5
ジャーナルボリュームとリザーブジャーナルボリュームを交換
する手順の流れ
ジャーナルボリュームは 1 つのジャーナルに 2 個まで登録できますが、2 個目のジャーナルボ
リュームはリザーブジャーナルボリュームとして登録し、通常の運用では使用しません。
ジャーナルボリュームとリザーブジャーナルボリュームを交換する手順の流れを次に示します。
1. リザーブジャーナルボリュームを追加します。
2. 使用中のジャーナルボリュームを削除します。
3. ジャーナルを再同期します。
関連項目
8.2.5.1
•
1.4 Universal Replicator のジャーナルボリュームとは
•
8.2.5.1 リザーブジャーナルボリュームを追加する
•
8.2.4 Universal Replicator のジャーナルからジャーナルボリュームを削除する
リザーブジャーナルボリュームを追加する
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
リザーブジャーナルボリュームとなる未割り当てのジャーナルボリュームがあること。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[ジャーナル]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[ジャーナル]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
2. [ジャーナル]から閉塞しているジャーナルボリュームのジャーナルのチェックボックスを選択
します。
3. [ジャーナルボリューム]タブを選択します。
4. 次のどちらかの方法で[ジャーナルボリューム割り当て]画面を表示します。
◦ [ジャーナルボリューム割り当て]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[ジャーナル]‐[ジャーナルボリューム割り当て]を選択し
ます。
5. [未割り当てジャーナルボリューム]テーブルから未割り当てのジャーナルボリュームのチェッ
クボックスを選択して[追加]をクリックします。
6. [完了]をクリックします。
7. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
8. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
111
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
9. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
•
8.2.6
E.31 ジャーナルボリューム割り当てウィザード
ジャーナルを削除する
ジャーナルは、正サイトのストレージシステムまたは副サイトのストレージシステムで削除できま
す。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
ジャーナル内のすべてのミラーが[Initial]状態であること。
マスタジャーナルおよびリストアジャーナルは削除できません。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[ジャーナル]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[ジャーナル]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択します。
2. 削除したいジャーナルのチェックボックスを選択します。
3. 次のどちらかの方法で[ジャーナル削除]画面を表示します。
◦ [ジャーナル削除]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[ジャーナル]‐[ジャーナル削除]を選択します。
4. [選択したジャーナル]テーブルで、削除対象のジャーナルを確認します。
ジャーナルの削除をやめる場合は、[キャンセル]をクリックして[ジャーナル]タブ画面に戻
ります。ジャーナルのラジオボタンを選択して[詳細]をクリックすると、[ジャーナルプロパ
ティ]画面が表示され、そのジャーナルの詳細を確認できます。
5. [ジャーナル削除]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
6. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
7. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
8. [OK]をクリックします。
112
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
関連項目
8.3
•
E.26 [ジャーナル削除]画面
•
E.32 [ジャーナルプロパティ]画面
Universal Replicator のリモートパスの保守
ここでは次の項目について説明します。
•
データ転送の待ち時間の変更
•
リモートパスの追加
•
リモートパスの削除
•
リモート接続の削除
関連項目
8.3.1
•
8.3.1 データ転送の待ち時間を変更する
•
8.3.2 リモートパスを追加する
•
8.3.3 リモートパスを削除する
•
8.3.4 リモート接続を削除する
データ転送の待ち時間を変更する
ストレージシステム間のデータコピー完了までの待ち時間を変更できます。待ち時間が設定値に
なった場合、システムの障害と見なしてデータ転送が停止します。
データ転送の待ち時間は、正サイトのストレージシステムまたは副サイトのストレージシステムか
ら変更できます。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモート接続]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモート接続]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモート接続]を選択します。
2. [接続(To)]タブでオプションを変更したいリモート接続のチェックボックスを選択して、次の
どちらかの方法で[リモート接続オプション編集]画面を表示します。
◦ [リモート接続オプション編集]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモート接続]‐[リモート接続オプション編集]を選択し
ます。
ヒント [最小パス数]は、変更できません。次に進んでください。
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
113
3. [RIO MIH 時間]のタイマの値を入力してください。
この値が、ストレージシステム間のデータコピー完了までの待ち時間です。
4. [完了]をクリックします。
5. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
6. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
7. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
• 『TrueCopy ユーザガイド』のリモート接続オプション編集ウィザード
8.3.2
リモートパスを追加する
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムを結ぶリモートパスを追加しま
す。1 台の正サイトのストレージシステムと 1 台の副サイトのストレージシステムの間には、リ
モートパスを 8 個まで構築できます。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
リモート接続を追加するときの前提条件を確認すること。
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモート接続]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモート接続]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモート接続]を選択します。
2. [接続 (To)]タブでリモートパスを追加したいリモート接続のチェックボックスを選択し、次の
どちらかの方法で、[リモートパス追加]画面を表示します。
◦ [他のタスク]‐[リモートパス追加]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモート接続]‐[リモートパス追加]を選択します。
3. [選択タイプ]でポートタイプを選択します。
4. ローカルストレージシステムとリモートストレージシステムで使用するポートを選択します。
[選択タイプ]で[iSCSI]を選択したときは、リモートストレージシステムのポートの[IP ア
ドレス]および[TCP ポート番号]を入力します。2 つ以上パスを追加する場合は、[パス追加]
をクリックします。
5. [完了]をクリックします。
6. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
7. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
114
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
8. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
•
5.2 Universal Replicator のリモート接続を追加する
• 『TrueCopy ユーザガイド』のリモートパス追加ウィザード
8.3.3
リモートパスを削除する
リモートパスを削除したい場合は、あらかじめ[リモート接続プロパティ参照]画面を表示して、
残りのリモートパス数が最小パス数より多いことを確認してください。残りのリモートパス数がこ
の最小パス数以下だと、リモートパスは削除できません。
正サイトのストレージシステムから副サイトのストレージシステムへ向かうリモートパスを削除す
るには、正サイトのストレージシステムの管理者が正サイトで操作を実行します。副サイトのスト
レージシステムから正サイトのストレージシステムへ向かうリモートパスを削除するには、副サイ
トのストレージシステムの管理者が副サイトで操作を実行します。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモート接続]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモート接続]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモート接続]を選択します。
2. [接続 (To)]タブでリモートパスを削除したいリモート接続のチェックボックスを選択し、次の
どちらかの方法で、[リモートパス削除]画面を表示します。
◦ [他のタスク]‐[リモートパス削除]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモート接続]‐[リモートパス削除]を選択します。
3. 削除したいリモートパスの[削除]のチェックボックスを選択します。
リモートパスを削除すると最小パス数を下回る場合は、チェックボックスを選択できません。
4. [完了]をクリックします。
5. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
6. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
115
7. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
• 『TrueCopy ユーザガイド』のリモートパス削除ウィザード
8.3.4
リモート接続を削除する
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムの関係を削除すると、ストレージ
システム間のリモートパスはすべて削除されます。
この操作は、正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムの両方で実行する必
要があります。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
操作手順
1. 次のどちらかの方法で、[リモート接続]画面を表示します。
Hitachi Command Suite を使用する場合:
◦ [リソース]タブで[ストレージシステム]ツリーを展開します。ローカルストレージシス
テムを右クリックし、[リモート接続]を選択します。
Storage Navigator を使用する場合:
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]‐[リモート接続]を選択します。
2. [接続 (To)]タブで、削除したいリモート接続のチェックボックスを選択します。
複数のリモート接続のチェックボックスを選択できます。
3. 次のどちらかの方法で、[リモート接続削除]画面を表示します。
◦ [他のタスク]‐[リモート接続削除]をクリックします。
◦ [アクション]メニューから[リモート接続]‐[リモート接続削除]を選択します。
4. [選択したリモート接続]テーブルで、削除対象のリモート接続を確認します。
リモート接続のラジオボタンを選択して[詳細]をクリックすると、[リモート接続プロパティ
参照]画面が表示され、そのリモート接続の詳細を確認できます。
5. [タスク名]にタスク名を入力します。
6. [適用]をクリックして設定をストレージシステムに適用します。
設定した内容はタスクとしてキューイングされ、順に実行されます。
ヒント ウィザードを閉じたあとに[タスク]画面を自動的に表示するには、ウィザードで[「適用」をク
リックした後にタスク画面を表示]を選択して、[適用]をクリックします。
7. [タスク]画面で、操作結果を確認します。
実行前であれば、[タスク]画面でタスクを一時中断したりキャンセルしたりできます。
関連項目
• 『TrueCopy ユーザガイド』の[リモート接続削除]画面
• 『TrueCopy ユーザガイド』の[リモート接続プロパティ参照]画面
116
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
8.4
ストレージシステムとネットワークデバイスの電
源の管理
リモートコピーの実行中のストレージシステムとネットワーク中継機器の電源管理について説明し
ます。
•
不測の事態によって、ストレージシステムまたはネットワーク中継機器への電力供給が停止して
しまったときの操作方法
•
ストレージシステムまたはネットワーク中継機器の電源を意図的にオフにする方法
なお、ネットワーク中継機器とは、正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステ
ムを接続するためのハードウェアを指します。例えば、チャネルエクステンダやスイッチです。
関連項目
8.4.1
•
8.4.1 不測の事態によって正サイトのストレージシステムまたは副サイトのストレージシステ
ムへの電力供給が停止した場合
•
8.4.2 不測の事態によってネットワーク中継機器への電力供給が停止した場合
•
8.4.3 正サイトのストレージシステムまたは副サイトのストレージシステムの計画停止
•
8.4.4 正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムの同時計画停止
•
8.4.5 ネットワークデバイスを停止する
不測の事態によって正サイトのストレージシステムまたは副サ
イトのストレージシステムへの電力供給が停止した場合
リモートコピーの実行中に正サイトのストレージシステムへの電力供給が停止した場合、正サイト
のストレージシステムは障害が発生したと見なして、データボリュームペアをすべて分割(サスペ
ンド)します。正サイトのストレージシステムがデータボリュームペアを分割すると、副サイトの
ストレージシステムも障害が発生したと見なして、データボリュームペアをすべて分割します。
3DC 構成の場合、正サイトのストレージシステムで電源障害が発生したあとにデルタリシンク用
Universal Replicator ペアをマスタジャーナルとして使用するときは、デルタリシンク用
Universal Replicator ペアを再同期してから、ホスト I/O を実行してください。
リモートコピーの実行中に副サイトのストレージシステムへの電力供給が停止した場合、副サイト
のストレージシステムは障害が発生したと見なして、データボリュームペアをすべて分割(サスペ
ンド)します。副サイトのストレージシステムがデータボリュームペアを分割すると、正サイトの
ストレージシステムも障害が発生したと見なして、データボリュームペアをすべて分割します。
データボリュームペアが分割(サスペンド)されているときに正サイトのストレージシステムまた
は副サイトのストレージシステムへの電力供給が停止し、バックアップ用のバッテリが完全に放電
してしまった場合、プライマリボリュームとセカンダリボリュームの差分データ(更新データ)は
保持されません。万一このような事態が起こった場合、正サイトのストレージシステムまたは副サ
イトのストレージシステムは分割されたデータボリュームがすべて更新されたと見なします。その
後、正サイトでデータボリュームペアの再同期を実施すると、プライマリボリューム全体がセカン
ダリボリュームにコピーされます。
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
117
8.4.2
不測の事態によってネットワーク中継機器への電力供給が停止
した場合
リモートコピーの実行中にネットワーク中継機器への電力供給が停止した場合、正サイトのスト
レージシステムと副サイトのストレージシステムは障害が発生したと見なして、データボリューム
ペアをすべて分割(サスペンド)します。
ただし、システムオプションモード 448 またはシステムオプションモード 449 の設定によっては、
ジャーナルの容量が満杯になるまで分割(サスペンド)されないことがあります。
関連項目
•
8.4.3
3.12.1 システムオプションモード
正サイトのストレージシステムまたは副サイトのストレージシ
ステムの計画停止
正サイトのストレージシステムまたは副サイトのストレージシステムの電源をオフにしたい場合
は、問い合わせ先に連絡して作業を依頼してください。
リモートコピーの実行中に正サイトのストレージシステムまたは副サイトのストレージシステムの
電源をオフにする流れを次に示します。
1. すべてのデータボリュームペアまたはミラーを分割してください。すべてのデータボリューム
ペアの状態を PSUS 状態に変更してください。
注意 すべてのデータボリュームペアの状態を PSUS に変更しないで電源をオフにした場合、電源をオンにし
たときにすべてのデータボリュームペアの状態が障害サスペンドになるおそれがあります。
注意 正サイトのストレージシステムからペア作成またはペア再同期操作によるデータコピー中に副サイト
のストレージシステムの電源をオフにした場合、電源をオンにしたときに副サイトのストレージシステムの
データボリュームのペアが Suspending のままとなるおそれがあります。副サイトのストレージシステムの
データボリュームのペアが Suspending のままとなった場合は、正サイトのストレージシステムおよび副サ
イトのストレージシステムの両方でペアを強制削除し、再度ペアを作成してください。
2. 電源を切ります。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成を使用している場合には、電源オフに伴いコ
マンドデバイスも閉塞します。このため、電源をオフにしたストレージシステムがあるサイトと
は別のサイトにあるストレージシステムに、外部ストレージシステムに接続中のデバイスが閉塞
したことを示す SIM(参照コード efd0)が報告されます。
このように、ペアを分割してからストレージシステムの電源をオフにした場合は、次の手順に
従って操作するとリモートコピーを再開できます。
3. 準備が整ったら、正サイトのストレージシステムまたは副サイトのストレージシステムの電源を
オンにしてください。
注意 正サイトのストレージシステムの電源をオンにして、Ready ランプが点灯してから 5 分以内にペア操作
を実行すると、エラーが発生するおそれがあります。また、Ready ランプが点灯してから 5 分以内に PAIR 状
態のプライマリボリュームに対する書き込み I/O を受け付けると、ペアの状態が障害サスペンドになるおそ
れがあります。
4. システムが、コピー操作を再開する準備が整ったら、分割されていたペアを再同期してくださ
い。
5. ペアの状態が COPY または PAIR であることを確認してください。
118
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
8.4.4
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステ
ムの同時計画停止
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムの電源を同時にオフにする場合
は、前述の手順に加え、正サイトのストレージシステムの電源を副サイトのストレージシステムよ
りも先にオフにする必要があります。正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシス
テムの電源をオンに戻す場合は、副サイトのストレージシステムの電源を正サイトのストレージシ
ステムよりも先にオンに戻す必要があります。
正サイトのストレージシステムおよび副サイトのストレージシステムの電源をオフにしたい場合
は、問い合わせ先に連絡して作業を依頼してください。
正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムの電源を同時にオフにする流れを
次に示します。
1. 正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムの停止によって影響を受ける
データボリュームペアを分割します。
2. ペアの分割後に、正サイトのストレージシステムでそれらの状態が PSUS であることを確認して
ください。
3. 正サイトのストレージシステムの電源をオフにしてください。
4. 副サイトのストレージシステムの電源をオフにしてください。
5. 副サイトのストレージシステムの電源をオンにしてください。
6. 副サイトのストレージシステムがリモートコピーを再開する準備が整ったら、正サイトのスト
レージシステムの電源をオンにしてください。
注意 正サイトのストレージシステムの電源をオンにして、Ready ランプが点灯してから 5 分以内にペア操作
を実行すると、エラーが発生するおそれがあります。また、Ready ランプが点灯してから 5 分以内に PAIR 状
態のプライマリボリュームに対する書き込み I/O を受け付けると、ペアの状態が障害サスペンドになるおそ
れがあります。
7. 正サイトのストレージシステムでリモートコピーを再開する準備ができたら、分割したデータボ
リュームペアを正サイトのストレージシステムで再同期します。データボリュームペアの状態
が COPY または PAIR になっていることを確認してください。
正サイトのストレージシステムおよび副サイトのストレージシステムの電源を同時にオフまたはオ
ンにした後、正サイトのストレージシステムのペア状態が PSUS で副サイトのストレージシステムの
ペア状態が PAIR の場合、Storage Navigator を使用して副サイトのストレージシステムのペアをサ
スペンドさせてください。正サイトのストレージシステムと副サイトのストレージシステムのデー
タボリュームペアが PSUS であると確認したあと、正サイトのストレージシステムでペアを再同期し
てください。
注意 すべてのデータボリュームペアの状態を PSUS に変更しないで電源をオフにした場合、電源をオンにしたと
きにすべてのデータボリュームペアの状態が障害サスペンドになるおそれがあります。
8.4.5
ネットワークデバイスを停止する
コピー操作中のネットワーク中継機器の電源をオフにする流れを説明します。
1. 正サイトですべてのペアとミラーを分割し、すべてのペアの状態が PSUS であることを確認して
ください。
2. ネットワーク中継機器の電源を切ります。
3. 準備が整ったら、ネットワーク中継機器の電源をオンにします。
4. ネットワーク中継機器がコピー操作の準備を整えたら、正サイトから分割されていたペアを再同
期してください。
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
119
5. ペア状態が COPY または PAIR であることを確認してください。
120
Universal Replicator の保守
Universal Replicator ユーザガイド
9
災害リカバリ
この章では、Universal Replicator を使った災害リカバリについて説明します。
r 9.1 災害リカバリのための準備
r 9.2 ファイルおよびデータベースのリカバリ
r 9.3 副サイトへの業務の切り替え
r 9.4 副サイトから正サイトへデータをコピーする流れ
r 9.5 正サイトで通常の操作を再開する流れ
r 9.6 ShadowImage を組み合わせた構成での災害リカバリ
r 9.7 TrueCopy を組み合わせた構成での災害リカバリ
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
121
9.1
災害リカバリのための準備
災害リカバリのために必要な準備作業は、次のとおりです。
1. 業務を遂行するために不可欠なファイルやデータを、ホストが正サイトのどのボリュームに格納
しているのかを識別します。
2. 管理クライアントをセットアップし、Universal Replicator を使って、手順 1 で識別した正サ
イトにあるボリュームを副サイトにコピーします。
3. ファイルおよびデータベースのリカバリ手順を策定します。
ファイルおよびデータベースのリカバリ手順は、正サイトのボリュームが災害や障害でアクセス
できなくなった場合に備えて、事前に定めておく必要があります。
4. 正サイトと副サイトの間で相互に業務を切り替えられるように、正サイトと副サイトの両方にホ
ストフェイルオーバーソフトウェアをインストールして設定します。
9.2
ファイルおよびデータベースのリカバリ
Universal Replicator は、ジャーナルボリュームを使って非同期にデータをコピーします。正サイ
トでの災害または障害の発生によって Universal Replicator ペアを分割するとき、正サイトの
ジャーナルボリュームにある更新データが消失している場合、Universal Replicator はセカンダリ
ボリュームをプライマリボリュームに一致させることができないおそれがあります。このような場
合に、ファイルおよびデータベースのリカバリを実行する必要があります。この手順は、コントロー
ルユニットの障害によってアクセス不能となったデータボリュームを回復する手順と同じです。
Universal Replicator は、消失した更新データを検出したり検索したりするための手段は提供しま
せん。消失した更新データを検出して回復するには、障害が発生したときに正サイトに保存されて
いたほかの情報(例えば、最新であることが確認されたデータベースログファイルなど)を使用す
る必要があります。
データの検出および検索には時間がかかるため、副サイトでアプリケーションが起動してから消失
データの検出および検索が実行されるように、災害リカバリを計画する必要があります。
リモートコピーおよび災害リカバリ手順は複雑です。リカバリ手順については、お問い合わせ先に
ご相談ください。
関連項目
•
9.3
10.7 お問い合わせ先
副サイトへの業務の切り替え
正サイトで災害または障害が発生した場合、副サイトに業務を切り替えます。Universal
Replicator ペアに対して RAID Manager の horctakeover コマンドを実行すると、副サイトのセカン
ダリボリュームを利用して業務を引き継げます。horctakeover コマンドはセカンダリボリューム
のペア状態をチェックしたあと、Universal Replicator ペアが含まれるジャーナルに対してペアを
分割します。これによってセカンダリボリュームが整合性を保持した状態で使用可能になります。
続けて、horctakeover コマンドはプライマリボリュームとセカンダリボリュームを入れ替えること
ができるかどうか、ペアの再同期を試みます。
horctakeover コマンドが成功すると、セカンダリボリュームを使って副サイトで業務を再開(アプ
リケーション開始)できます。
122
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
9.4
副サイトから正サイトへデータをコピーする流れ
災害リカバリが完了し、アプリケーションが副サイトで動作を開始したら、副サイトから正サイト
へデータがコピーされ、副サイトのデータが整合性を保持して正サイトに反映されるようにする必
要があります。RAID Manager を使用してコピー方向を反転する基本的な流れを次に示します。
1. 正サイトのストレージシステムおよびリモートコピー接続を回復します。
2. 正サイトで、ホストを起動します。
3. すべてのコンポーネントが完全に操作できることを確認します。
4. ペア状態が COPY または PAIR である正サイトのプライマリボリュームに対して、対応するセカン
ダリボリュームのペア状態が SSWS であるペアがないことを確認します。セカンダリボリューム
が SSWS 状態になっているペアがあれば、プライマリボリュームにペアの分割を指示します。
5. ペア状態は関係なく Universal Replicator ペアが組まれた状態である正サイトのプライマリボ
リュームに対して、対応するセカンダリボリュームのペア状態が SMPL であるペアがないことを
確認します。セカンダリボリュームが SMPL 状態になっているペアがあれば、プライマリボ
リュームにペアの削除を指示します。
6. 正サイトのプライマリボリュームが SMPL 状態となっている Universal Replicator ペアがない
ことを確認します。プライマリボリュームが SMPL 状態になっているペアがあれば、セカンダリ
ボリュームにペアの削除を指示します。
7. SSWS 状態であるセカンダリボリュームに対して RAID Manager のペア再同期コマンドを、スワッ
プオプションを指定して指示します(pairresync -swaps)。
ストレージシステムはプライマリボリュームとセカンダリボリュームを入れ替えてペアを回復
し、再同期します。
メモ スワップオプション(-swaps)を指定してペア再同期コマンド(pairresync)を実行するときには、d オプションを利用してデータボリュームを指定できます。ただし、そのデータボリュームが属するリスト
アジャーナルが Active 状態、Halting 状態または Stopping 状態のときには、ペア再同期コマンド
(pairresync)が拒否されます。
8. SMPL 状態であるセカンダリボリュームをプライマリボリュームに指定して、ペア生成を指示し
ます。
ストレージシステムはプライマリボリュームとセカンダリボリュームが反転したペアを作成し
ます。
9. すべてのセカンダリボリューム(元のプライマリボリューム)のペア状態が COPY から PAIR に遷
移することを確認します。
Universal Replicator の形成コピーが完了し、副サイトのデータが整合性を保持して正サイト
に反映されます。
関連項目
9.5
•
1.9 ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネント
•
7.1.1 Universal Replicator ペア状態の定義
正サイトで通常の操作を再開する流れ
副サイトから正サイトへの Universal Replicator ペアが作成され、すべてのセカンダリボリューム
(元のプライマリボリューム)のペア状態が PAIR に遷移したら、正サイトでの通常操作の再開手順
を実行できます。RAID Manager を使用して正サイトで通常操作を再開する流れを次に示します。
プライマリボリュームとセカンダリボリュームの呼び方が変わることに注意してください。
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
123
1. 正サイトおよび副サイトで、すべてのコンポーネントが使用できる状態で、障害がないことを確
認してください。
2. 対象となるすべてのペアで、プライマリボリュームおよびセカンダリボリュームのペア状態がと
もに PAIR であることを確認します。
これは Universal Replicator の形成コピーが完了して整合性が保持されていることを示しま
す。
3. 副サイトのアプリケーションを停止します。
4. マスタジャーナル(元のリストアジャーナル)に対して、ペア分割を指示します([分割モード]
で[フラッシュ]を選択してください)。
ペア分割の指示に対してエラーが報告された場合、副サイトで業務を再開(アプリケーション開
始)したあと、障害要因を取り除いて手順 1 に戻ります。
5. エラーが発生しなかった場合は、ペア分割の完了を待ちます。ペア分割が完了したら、セカンダ
リボリューム(元のプライマリボリューム)のペア状態が PSUS 以外であるペアがないことを確
認します。
セカンダリボリューム(元のプライマリボリューム)のペア状態が PSUS 以外のペアがある場合、
副サイトで業務を再開(アプリケーション開始)したあと、障害要因を取り除いて手順 1 に戻り
ます。
6. セカンダリボリューム(元のプライマリボリューム)のペア状態が PSUS 以外であるペアがなかっ
た場合は、プライマリボリュームおよびセカンダリボリュームの内容が整合性を保持して一致
し、セカンダリボリューム(元のプライマリボリューム)が使用可能になります。正サイトでア
プリケーションを開始します。
7. RAID Manager のペア再同期コマンドを、スワップオプションを指定して実行します(pairresync
-swaps)。
このコマンドを実行すると、ストレージシステムはプライマリボリュームとセカンダリボリュー
ムを元に戻すペアの回復と再同期を実行し、これ以降、データは正サイトから副サイトへコピー
されるようになります。
メモ スワップオプション(-swaps)を指定してペア再同期コマンド(pairresync)を実行するときには、d オプションを利用してデータボリュームを指定できます。ただし、そのデータボリュームの属するリスト
アジャーナルが Active 状態、Halting 状態、または Stopping 状態のときには、ペア再同期コマンド
(pairresync)が拒否されます。
関連項目
9.6
•
1.9 ハードウェアおよびソフトウェアのコンポーネント
•
7.1.1 Universal Replicator ペア状態の定義
ShadowImage を組み合わせた構成での災害リカ
バリ
Universal Replicator と ShadowImage を組み合わせた構成で災害リカバリする手順について説明
します。
Universal Replicator を使って、ShadowImage ペアのセカンダリボリュームをリモートバックアッ
プする構成です。PSUS 状態の ShadowImage ペアのセカンダリボリュームを、Universal Replicator
ペアのプライマリボリュームとして利用します。
124
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
•
ShadowImage ペアのプライマリボリュームは PSUS 状態です。
•
ShadowImage ペアのセカンダリボリュームは PSUS 状態です。
災害または障害の発生によって ShadowImage ペアのプライマリボリュームが破損してしまった場
合、ShadowImage ペアのプライマリボリュームをリカバリするため、次の流れに従って Universal
Replicator ペアのセカンダリボリュームから ShadowImage ペアのプライマリボリュームにデータ
をコピーできます。
1. ShadowImage ペアに対して RAID Manager の pairsplit -S コマンドを実行し、ペアを削除しま
す。
◦
ShadowImage ペアは、プライマリボリュームとセカンダリボリュームがどちらも PSUS 状態で
す。
2. Universal Replicator ペアに対して RAID Manager の horctakeover コマンドを実行し、コピー
方向を逆転させてペアを再作成します。
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
125
3. Universal Replicator ペアに対して RAID Manager の horctakeover コマンドを実行し、コピー
方向を元に戻してペアを再作成します。
4. Universal Replicator ペアに対して RAID Manager の pairsplit -S コマンドを実行し、ペアを
削除します。
5. ShadowImage ペアに対して RAID Manager の paircreate コマンドを実行し、逆方向でコピーしま
す。
126
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
6. ShadowImage ペアに対して RAID Manager の pairsplit -S コマンドを実行し、ペアを削除しま
す。
7. ShadowImage ペアに対して RAID Manager の paircreate コマンドを実行し、元の方向でコピーし
ます。
8. ShadowImage ペアに対して RAID Manager の pairsplit -r コマンドを実行し、ペアを PSUS 状態
にします。
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
127
◦
ShadowImage ペアは、プライマリボリュームとセカンダリボリュームがどちらも PSUS 状態で
す。
9. Universal Replicator ペアに対して RAID Manager の paircreate コマンドを実行し、ペアを作
成します。
◦
9.7
ShadowImage ペアは、プライマリボリュームとセカンダリボリュームがどちらも PSUS 状態で
す。
TrueCopy を組み合わせた構成での災害リカバリ
ストレージシステムが VSP G800 の場合は、TrueCopy を組み合わせた構成にできます。
TrueCopy を組み合わせた構成での災害リカバリでは、RAID Manager を使用します。
関連項目
128
•
1.11 TrueCopy と組み合わせた構成とは
•
9.7.1 3DC カスケード構成での正サイトの障害からのリカバリ
•
9.7.2 3DC マルチターゲット構成での正サイトの障害からのリカバリ
•
9.7.3 3DC マルチターゲット構成での正サイトの障害からのリカバリ(デルタリシンクを実行す
る場合)
•
9.7.4 正サイトと TrueCopy の副サイトの障害からのリカバリ
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
9.7.1
3DC カスケード構成での正サイトの障害からのリカバリ
3DC カスケード構成で正サイトに災害または障害が発生したときは、中間サイトにある TrueCopy ペ
アのセカンダリボリュームを利用して業務を引き継げます。このため、正サイトで災害または障害
が発生したときに必要な最初のリカバリ手順は、正サイトから中間サイトに運用を切り替えること
です。中間サイトで業務を再開する手順を次に示します。
1. 中間サイトにある TrueCopy ペアのセカンダリボリュームの整合性を分析し、正サイトにある
TrueCopy ペアのプライマリボリュームと同じデータが格納されていることを確認します。
2. TrueCopy ペアに対して、RAID Manager の horctakeover コマンドを実行します。
3. 中間サイトにある TrueCopy ペアのセカンダリボリュームが SSWS 状態に変わるか、または
TrueCopy ペアのプライマリボリュームとして使用できるようになるまで待ちます。
どちらかの状態に変わったら、そのボリュームを利用して業務を再開できます。
4. TrueCopy ペアのセカンダリボリュームを Universal Replicator ペアのプライマリボリューム
として使用して、暫定的に災害リカバリの構成を作成できます。
正サイトの復旧後、3DC カスケード構成を再度作成するか、3DC マルチターゲット構成に変更す
るか、選択してください。
9.7.2
3DC マルチターゲット構成での正サイトの障害からのリカバリ
3DC マルチターゲット構成で正サイトだけに災害や障害が発生した場合は、TrueCopy の副サイトに
あるセカンダリボリュームを利用して業務を再開できます。TrueCopy の副サイトへ業務を引き継
いだら、正サイトの障害を取り除いて、業務を正サイトへ戻せるようにしてください。
TrueCopy の副サイトで業務を再開する手順を次に示します。
1. RAID Manager の pairsplit コマンドを使って、障害が発生している Universal Replicator ペア
を削除します。
2. TrueCopy ペアに対して、RAID Manager の horctakeover コマンドを実行します。
3. TrueCopy ペアのセカンダリボリュームを利用して、TrueCopy の副サイトで業務を再開します。
4. horctakeover コマンドの実行結果を確認し、次のどちらかの手順を実施します。
a. TrueCopy ペアのプライマリボリュームとセカンダリボリュームが入れ替わらずコピー方向
が逆転しなかった場合は、TrueCopy の副サイトにあるボリュームを Universal Replicator
ペアのプライマリボリュームとし、Universal Replicator の副サイトにあるボリュームを
Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームとする Universal Replicator ペアを作
成します。Universal Replicator ペアを作成するには RAID Manager の paircreate コマン
ドを使用します。
b. TrueCopy ペアのプライマリボリュームとセカンダリボリュームが入れ替わってコピー方向
が逆転した場合は、手順 1 で削除した Universal Replicator ペアを作成し直します。
Universal Replicator ペアを作成し直すと、システム構成が 3DC マルチターゲット構成から
3DC カスケード構成へと変わります。
a.の手順を実行した場合、正サイトに業務を戻すには、正サイトおよびその他の障害を取り除い
た後、「9.7.2.1 正サイト復旧後に 3DC マルチターゲット構成にする」の手順に従ってシステム
を 3DC マルチターゲット構成に変更し、さらに「9.7.2.2 TrueCopy の副サイトから正サイトに
業務を戻す(3DC マルチターゲット構成から)
」の手順に従ってください。
b.の手順を実行した場合、正サイトに業務を戻すには、正サイトおよびその他の障害を取り除い
た後、
「9.7.2.3 TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を戻す(3DC カスケード構成から)
」の
手順に従ってください。
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
129
関連項目
130
•
9.7.2.1 正サイト復旧後に 3DC マルチターゲット構成にする
•
9.7.2.2 TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を戻す(3DC マルチターゲット構成から)
•
9.7.2.3 TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を戻す(3DC カスケード構成から)
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
9.7.2.1
正サイト復旧後に 3DC マルチターゲット構成にする
「9.7.2 3DC マルチターゲット構成での正サイトの障害からのリカバリ」の手順に従って作業した結
果、システムが 3DC カスケード構成にならなかった場合は、正サイトで発生した障害を除去したあ
と、障害発生前の TrueCopy ペアのセカンダリボリュームをプライマリボリュームとした 3DC マルチ
ターゲット構成にできます。システムを 3DC マルチターゲット構成にする手順を次に示します。
1. RAID Manager の pairresync コマンドを使って TrueCopy ペアを再同期し、プライマリボリュー
ムとセカンダリボリュームを入れ替えます。
「9.7.2.2 TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を
2. 引き続き、正サイトに業務を戻す場合は、
戻す(3DC マルチターゲット構成から)」の手順に従ってください。
関連項目
•
9.7.2.2
9.7.2.2 TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を戻す(3DC マルチターゲット構成から)
TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を戻す(3DC マルチターゲット構成か
ら)
正サイトおよびその他の障害を取り除き、システムを 3DC マルチターゲット構成にした場合は
(「9.7.2 3DC マルチターゲット構成での正サイトの障害からのリカバリ」と「9.7.2.1 正サイト復
旧後に 3DC マルチターゲット構成にする」を参照)、次の手順に従って、正サイトに業務を戻せま
す。
1. RAID Manager の pairsplit コマンドを使って、現在の Universal Replicator ペア(TrueCopy の
副サイトから Universal Replicator の副サイトへの Universal Replicator ペア)を削除しま
す。
2. TrueCopy の副サイトで、業務処理を停止します。
3. TrueCopy ペアに対して、RAID Manager の horctakeover コマンドを実行します。
4. 正サイトのプライマリボリュームを利用して、正サイトで業務を再開します。
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
131
5. RAID Manager の paircreate コマンドを使って Universal Replicator ペアを作成します。この
ときには、正サイトのボリュームを Universal Replicator ペアのプライマリボリュームとし、
Universal Replicator の副サイトのボリュームを Universal Replicator ペアのセカンダリボ
リュームとしてください。
システム構成が元の 3DC マルチターゲット構成に戻ります。
132
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
9.7.2.3
TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を戻す(3DC カスケード構成から)
「9.7.2 3DC マルチターゲット構成での正サイトの障害からのリカバリ」の手順に従って作業した結
果、システムが 3DC カスケード構成になった場合は、正サイトおよびその他の障害を除去したあと、
正サイトに業務を戻せます。手順を次に示します。
1. TrueCopy の副サイトで、業務処理を停止します。
2. TrueCopy ペアに対して、RAID Manager の horctakeover コマンドを実行します。元の 3DC マルチ
ターゲット構成に戻ります。
3. 正サイトのプライマリボリュームを利用して、正サイトで業務を再開します。
9.7.3
3DC マルチターゲット構成での正サイトの障害からのリカバリ
(デルタリシンクを実行する場合)
3DC マルチターゲット構成で正サイトだけに災害や障害が発生した場合は、TrueCopy の副サイトで
セカンダリボリュームを利用して業務を再開できます。TrueCopy の副サイトへ業務を引き継いだ
ら、正サイトの障害を取り除いて、業務を正サイトへ戻せるようにしてください。
デルタリシンクを用いて TrueCopy の副サイトで業務を再開する手順を次に示します。
1. TrueCopy ペアに対して、RAID Manager の horctakeover コマンドを実行します。
2. TrueCopy ペアのセカンダリボリュームを利用して、TrueCopy の副サイトで業務を再開します。
3. horctakeover コマンドの実行結果を確認します。
4. TrueCopy ペアのプライマリボリュームとセカンダリボリュームが入れ替わらずコピー方向が逆
転しなかった場合も、TrueCopy ペアのプライマリボリュームとセカンダリボリュームが入れ替
わってコピー方向が逆転した場合も、RAID Manager の pairresync コマンドを使って、TrueCopy
の副サイトにあるボリュームに対してデルタリシンクを実行します。TrueCopy の副サイトにあ
るボリュームに対してデルタリシンクを実行すると、Universal Replicator ペアのボリューム
の状態は次の表のとおりになります。
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
133
デルタリシンク前のペア状態
デルタリシンク後のペア状態
プライマリ
セカンダリ
プライマリ
セカンダリ
ボリューム
ボリューム
ボリューム
ボリューム
[1] TrueCopy の正サイトと
Universal Replicator 副サイトの
Universal Replicator ペア
PAIR、PSUS、
または PSUE
PAIR、PSUS、
または PSUE
HOLD
HOLD
[2] TrueCopy の副サイトと
Universal Replicator 副サイトの
Universal Replicator ペア
HOLD
HOLD
COPY または
PAIR
COPY または
PAIR
Universal Replicator ペア
引き続き、正サイトに業務を戻す場合は、正サイトおよびその他の障害を取り除いた後、関連項目
の手順に従ってください。
134
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
関連項目
•
9.7.3.1
9.7.3.1 TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を戻す(3DC マルチターゲット構成でデルタリ
シンクを実行した場合)
TrueCopy の副サイトから正サイトに業務を戻す(3DC マルチターゲット構成で
デルタリシンクを実行した場合)
正サイトおよびその他の障害を取り除いた場合は、次の手順に従って、正サイトに業務を戻せます。
1. TrueCopy ペアが障害によって分割されている場合は、RAID Manager の pairresync コマンドを
使ってペアを再同期し、TrueCopy ペアのプライマリボリュームとセカンダリボリュームを入れ
替えます。
2. TrueCopy の副サイトで、業務処理を停止します。
3. TrueCopy ペアに対して、RAID Manager の horctakeover コマンドを実行します。
4. 正サイトのプライマリボリュームを利用して、正サイトで業務を再開します。
5. TrueCopy の正サイトにあるボリュームに対してデルタリシンクを実行すると、システム構成が
元の 3DC マルチターゲット構成に戻り、Universal Replicator ペアのボリュームの状態は次の
表のとおりになります。
Universal Replicator ペア
デルタリシンク前のペア状態
デルタリシンク後のペア状態
プライマリ
セカンダリ
プライマリ
セカンダリ
ボリューム
ボリューム
ボリューム
ボリューム
[1] TrueCopy の正サイトと
Universal Replicator の副サイト
の Universal Replicator ペア
HOLD
HOLD
COPY または
PAIR
COPY または
PAIR
[2] TrueCopy の副サイトと
Universal Replicator の副サイト
の Universal Replicator ペア
PAIR、PSUS、
または PSUE
PAIR、PSUS、
または PSUE
HOLD
HOLD
注意 正サイトで発生した障害を取り除き、システムを 3DC マルチターゲット構成に戻したとき、障害のために
正サイトの Universal Replicator ペアの状態が HOLD にならない場合があります。正サイトにあるプライマリ
ボリュームのペア状態と、副サイトにあるセカンダリボリュームのペア状態が、どちらも HOLD の場合は正常な
ので、業務を正サイトへ戻せます。どちらか一方のペア状態が HOLD 以外の場合は、業務を正サイトへ戻せませ
ん。次の表に記載されているペア状態の組み合わせに基づき、対応する操作をしてから、正サイトに業務を戻す
手順(上記の手順)を実施してください。
不正なペア状態
正サイトのペア状態が COPY
Universal Replicator の副サイト
のペア状態が HOLD
正サイトのペア状態が PAIR
Universal Replicator の副サイト
のペア状態が HOLD
正サイトのペア状態が PSUS
Universal Replicator の副サイト
のペア状態が HOLD
正サイトのペア状態が PSUE
Universal Replicator の副サイト
のペア状態が HOLD
不正なペア状態を解消するための操作手順
1.
2.
3.
4.
1.
2.
3.
正サイトのペア状態が PSUE または PSUS になることを確認してく
ださい。
正サイトから Universal Replicator ペアを削除します。
正サイトの対象のジャーナルに属するすべてのペアが削除された
ことを確認します。
正サイトから Universal Replicator の副サイトへデルタリシン
ク用の Universal Replicator ペアを作成します。
正サイトから Universal Replicator ペアを削除します。
正サイトの対象のジャーナルに属するすべてのペアが削除された
ことを確認します。
正サイトから Universal Replicator の副サイトへデルタリシン
ク用の Universal Replicator ペアを作成します。
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
135
不正なペア状態
136
不正なペア状態を解消するための操作手順
正サイトのペア状態が HLDE
Universal Replicator の副サイト
のペア状態が HOLD
HLDE のペアを HOLD に戻してください。戻す場合、ペア再同期を実行
します。
正サイトが SMPL 状態
Universal Replicator の副サイト
のペア状態が HOLD
1.
2.
Universal Replicator の副サイトから HOLD のペアを削除します。
正サイトから Universal Replicator の副サイトへデルタリシン
ク用の Universal Replicator ペアを作成します。
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
137
9.7.4
正サイトと TrueCopy の副サイトの障害からのリカバリ
3DC マルチターゲット構成のシステムで、正サイトと TrueCopy の副サイトの両方で災害や障害が発
生した場合は、Universal Replicator の副サイトにあるセカンダリボリュームを利用して業務を再
開できます。Universal Replicator の副サイトへ業務を引き継いだら、正サイトと TrueCopy の副
サイトの障害を取り除いて、正サイトに業務を戻せるようにしてください。
関連項目
9.7.4.1
•
9.7.4.1 Universal Replicator の副サイトに業務を移す
•
9.7.4.2 Universal Replicator の副サイトから正サイトに業務を戻す
Universal Replicator の副サイトに業務を移す
Universal Replicator の副サイトに業務を切り替える手順を次に示します。
1. Universal Replicator ペアに対して、RAID Manager の horctakeover コマンドを実行します。
2. Universal Replicator の副サイトにあるボリュームを利用して、業務を再開します。
関連項目
•
9.7.4.2
9.7.4.2 Universal Replicator の副サイトから正サイトに業務を戻す
Universal Replicator の副サイトから正サイトに業務を戻す
正サイトと TrueCopy の副サイトから障害を取り除いたら、正サイトに業務を戻します。手順を次に
示します。
1. RAID Manager の pairsplit コマンドを使って、TrueCopy ペアを分割します。
138
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
2. Universal Replicator ペアのプライマリボリュームとセカンダリボリュームを入れ替えるペア
の再同期が行われていなければ(Universal Replicator ペアが障害によって分割された状態で
あれば)、RAID Manager の pairresync コマンドを使ってペアを再同期し、プライマリボリュー
ムとセカンダリボリュームを入れ替えます。
Universal Replicator の副サイトにある元のセカンダリボリュームがプライマリボリュームと
なり、正サイトにある元のプライマリボリュームがセカンダリボリュームとなります。
3. Universal Replicator の副サイトで、業務処理を停止します。
4. Universal Replicator ペアに対して、RAID Manager の horctakeover コマンドを実行します。
Universal Replicator ペアのプライマリボリュームとセカンダリボリュームが入れ替わりま
す。
5. 正サイトのプライマリボリュームを利用して、正サイトで業務を再開します。
6. RAID Manager の pairresync コマンドを使って、TrueCopy ペアを再同期します。
システム構成が元の 3DC マルチターゲット構成に戻ります。
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
139
140
災害リカバリ
Universal Replicator ユーザガイド
10
Universal Replicator のトラブルシュー
ティング
この章では、次の内容のトラブルシューティング情報について説明します。
r 10.1 Universal Replicator の一般的なトラブルシューティング
r 10.2 Universal Replicator のリモートパスのトラブルシューティング
r 10.3 サスペンドの種類に応じた Universal Replicator のペアのトラブルシューティ
ング
r 10.4 Universal Replicator のエラーコード
r 10.5 RAID Manager 操作時の Universal Replicator のトラブルシューティング
r 10.6 Universal Replicator のサービス情報メッセージ(SIM)
r 10.7 お問い合わせ先
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
141
10.1
Universal Replicator の一般的なトラブルシュー
ティング
エラー
修正処置
管理クライアントが停止する、または
Universal Replicator 操作が正しく機能し
ない。
問題の原因が PC または Ethernet のハードウェアかソフト
ウェアにないことを確認してから、PC を再起動してみてくだ
さい。管理クライアントの再起動は、進行中の Universal
Replicator 操作や処理に影響を与えることはありません。
Universal Replicator の要件がすべて満たされているか確認
します。
正サイトのストレージシステム、副サイトのストレージシステ
ム、およびネットワーク中継機器に電源がオンで、NVS と
キャッシュが利用可能な状態になっているかどうかを確認し
ます。
入力したすべての値とパラメータをチェックして、管理クライ
アントに正しい情報(副サイトのストレージシステムのシリア
ル番号、パスパラメータ、プライマリボリュームやセカンダリ
ボリュームの ID など)を入力したか確認します。
Performance Monitor を利用している場合は、ご利用をお控え
ください。
ストレージシステムのコントロールパネル
上にある、イニシエータのチャネル使用可
LED インジケータが消灯、または点滅してい
る。
10.7 の問い合わせ先に連絡してください。
ボリュームペアおよび(または)リモートパ
スの状態が正しく表示されない。
Universal Replicator の画面で、正しい項目が選択されてい
るかどうか確認してください。
Universal Replicator エラーメッセージが
管理クライアントに表示される。
エラーの原因を解決し、Universal Replicator 操作を再度実
行してください。
リモートパスのパス状態が正常でない。
[リモート接続プロパティ参照]画面でパス状態を確認してく
ださい。10.2 を参照してください。
ペアがサスペンドされた。
[ペアプロパティ参照]画面でペア状態の詳細を確認してくだ
さい。10.3 を参照して、サスペンドされた Universal
Replicator ペアのサスペンド種別を確認し、正しい修正措置
を実施してください。
ペア作成またはペア再同期操作でタイムア
ウトエラーが発生した。
142
タイムアウトエラーは、ハードウェアの障害によって引き起こ
され、SIM が生成されます。「10.6.1 」を参照してください。
必要に応じてお問い合わせ先にご連絡ください。問題が解決
した後で、再度 Universal Replicator 操作を行ってください。
SIM が生成されない場合、5~6 分ほど待ってから作成または再
同期したいペアの状態を確認してください。ペアの状態が正
しく変わった場合は、失敗した操作がタイムアウトエラーメッ
セージが表示された後に完了したことを示します。ペアの状
態が期待どおりに変わらなかった場合は、大きな作業負荷に
よって Universal Replicator 操作の完了が妨げられているこ
とが考えられます。この場合、ストレージシステムの作業負荷
が比較的少ないときに、Universal Replicator 操作を再度実
行してください。
Storage Navigator-SVP 間の通信エラーが発生した場合は、マ
ニュアル『Hitachi Device Manager - Storage Navigator
ユーザガイド』を参照してください。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
エラー
修正処置
ジャーナルにジャーナルボリュームが登録
されていない状態になる。
ジャーナル削除中に処理が中断されたおそれがあります。削
除したジャーナルで使用していたジャーナルボリュームを同
じジャーナルに再登録した後、ジャーナルを削除してくださ
い。
ペア操作後に Suspending、Deleting 状態の 「6.9 」を参照し、
「削除モード」で「強制」を選択して削除し
ままとなり、Universal Replicator ペアが
てください。
削除できなくなる。
10.2
Universal Replicator のリモートパスのトラブル
シューティング
リモートパ
ス状態と説
明
状態の詳細
修正処置
Normal
正常
このリモートパスは正しく設定されてい
るので、Universal Replicator コピーに使
用できる。
リモートパスの状態は正常です。回復する必要
はありません。
Initializat
ion Failed
初期化エ
ラー
ローカルストレージシステムとリモート
ストレージシステム間の物理パス接続、ま
たはローカルストレージシステムとス
イッチ間の接続がないため、リモートスト
レージシステムとの接続を初期化した時
に、エラーが発生した。
次の内容を確認し、正しくない場合は修正してく
ださい。
• ローカルストレージシステムのポートとリ
モートストレージシステムのポート間、また
は、ローカルストレージシステムのポートと
ローカルストレージシステムのスイッチ間
で、ケーブルが正しく接続されていること。
• リモートストレージシステムのシリアル番
号とモデル、ローカルストレージシステムの
ポート番号、リモートストレージシステムの
ポート番号が正しいこと。
• ローカルストレージシステムのポートとリ
モートストレージシステムのポートのトポ
ロジ(Fabric、FC-AL、Point-to-point)の
設定が正しいこと。
Communicati
on Time Out
通信タイム
アウト
ローカルストレージシステムとリモート
ストレージシステムの間の通信がタイム
アウトになった。
次の内容を確認し、正しくない場合は修正してく
ださい。
• リモートストレージシステムの電源がオン
であり、正常に利用できる(NVS とキャシュ
がオンの状態である)こと。
• 次のネットワーク中継機器が正しく構成さ
れていて、正常に利用できること。
◦ コネクタ
◦ ケーブル
◦ スイッチ(ゾーニング設定)
◦ エクステンダ装置(エクステンダ装置接
続時)
◦ エクステンダ装置間に接続されている回
線・装置(エクステンダ装置接続時)
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
143
リモートパ
ス状態と説
明
Port
Rejected
資源不足
144
状態の詳細
ローカルストレージシステムの全資源が
他の接続に使用されているので、ローカル
ストレージシステムがリモートパスを設
定する接続制御機能を拒否した。
修正処置
•
•
現在使用していないすべてのリモートパス
を[リモートパス削除]画面で削除してくだ
さい。
現在使用していないすべてのリモート接続
を[リモート接続削除]画面で削除してくだ
さい。
Pair-Port
Rejected
資源不足
リモートストレージシステムの全資源が
他の接続に使用されているので、リモート
ストレージシステムがリモートパスを設
定する接続制御機能を拒否した。
Serial
Number
Mismatch
シリアル番
号の不一致
リモートストレージシステムのシリアル
番号が指定したシリアル番号と一致しな
い。
次の内容を確認し、正しくない場合は修正してく
ださい。
• リモートストレージシステムのシリアル番
号とモデル、ローカルストレージシステムの
ポート番号、リモートストレージシステムの
ポート番号が正しいこと。
• ローカルストレージシステムのポートとリ
モートストレージシステムのポートのトポ
ロジ(Fabric、FC-AL、Point-to-point)の
設定が正しいこと。
• 次のネットワーク中継機器が正しく構成さ
れていて、正しく利用できること。
◦ コネクタ
◦ ケーブル
◦ スイッチ(ゾーニング設定)
◦ エクステンダ装置(エクステンダ装置接
続時)
◦ エクステンダ装置間に接続されている回
線・装置(エクステンダ装置接続時)
Invalid
Port Mode
無効ポート
指定したローカルストレージシステムの
ポートは次の状態である。
• 実装されていない。
• リモートパスが追加済みである。
次の内容を確認し、正しくない場合は修正してく
ださい。
• ローカルストレージシステムのポートが実
装されていること。
• 同じ設定のリモートパス(ローカルストレー
ジシステムのポート番号とリモートスト
レージシステムのポート番号が同じ)がない
こと。
• ローカルストレージシステムのポートとリ
モートストレージシステムのポートのトポ
ロジ(Fabric、FC-AL、Point-to-point)の
設定が正しいこと。
• 次のネットワーク中継機器が正しく構成さ
れていて、正しく利用できること。
◦ コネクタ
◦ ケーブル
◦ スイッチ(ゾーニング設定)
◦ エクステンダ装置(エクステンダ装置接
続時)
◦ エクステンダ装置間に接続されている回
線・装置(エクステンダ装置接続時)
• リモートストレージシステムのシリアル番
号とモデル、ローカルストレージシステムの
ポート番号、リモートストレージシステムの
ポート番号が正しいこと。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
リモートパ
ス状態と説
明
Pair-Port
Number
Mismatch
リモートス
トレージシ
ステム側
ポート番号
不正
状態の詳細
指定したリモートストレージシステムの
ポートがローカルストレージシステムと
物理的に接続されていない。
修正処置
次の内容を確認し、正しくない場合は修正してく
ださい。
•
•
•
リモートストレージシステムのポートが正
しく指定されていること。
ローカルストレージシステムのポートとリ
モートストレージシステムのポート間、また
はリモートストレージシステムのポートと
リモートストレージシステムのスイッチ間
でケーブルが正しく接続されていること。
ローカルストレージシステムのポートとリ
モートストレージシステムのポートのトポ
ロジ(Fabric、FC-AL、Point-to-point)が
正しく設定されていること。
Communicati
on Failed
通信エラー
ローカルストレージシステムはリモート
ストレージシステムに正しく接続されて
いるが、論理的な通信タイムアウトが発生
した。
次の内容を確認し、正しくない場合は修正してく
ださい。
• リモートストレージシステム側のポートと
ネットワーク中継機器が正しく設定されて
いること。
• 次のネットワーク中継機器が正しく構成さ
れていて、正しく利用できること。
◦ コネクタ
◦ ケーブル
◦ スイッチ(ゾーニング設定)
◦ エクステンダ装置(エクステンダ装置接
続時)
◦ エクステンダ装置間に接続されている回
線・装置(エクステンダ装置接続時)
Logical
Blockage
論理閉塞
パス障害ま
たはリンク
障害が継続
的に発生し
たため、閉
塞した。
ローカルストレージシステ
ムのポートが故障してい
る。
ローカルストレージシステムのポート状態を修
復してください。
リモートストレージシステ
ムのポートが故障してい
る。
リモートストレージシステムのポート状態を修
復してください。
中継装置が故障している。
中継装置を回復してください。
その後、リモートパスを回復させてください。※
その後、リモートパスを回復させてください。※
その後、リモートパスを回復させてください。※
ケーブルが壊れている。
ケーブルを交換してください。
その後、リモートパスを回復させてください。※
Program
Error
プログラム
エラー
プログラムエラーが検出された。
In Progress
処理中
リモートパス作成またはリモートパス削
除の処理の途中である。
設定したリモート接続とリモートパスを削除し
た後、リモートパスを回復させてください。※
処理が終了するまで待ってください。
注※
Storage Navigator を使用する場合は、次のどちらかの方法でリモートパスを回復させます。
[リモート接続追加]画面で再度リモー
◦ [リモート接続削除]画面でリモート接続を削除し、
ト接続を登録する。
[リモートパス追加]画面で再度リモー
◦ [リモートパス削除]画面でリモートパスを削除し、
トパスを作成する。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
145
RAID Manager を使用する場合は、raidcom delete rcu_path コマンドでリモートパスを削除
し、raidcom add rcu_path コマンドでリモートパスを再作成することで、リモートパスを回復
させます。
この操作をしてもリモートパスが回復しない場合は、お問い合わせください。
10.3
サスペンドの種類に応じた Universal Replicator
のペアのトラブルシューティング
サスペンド
の種類
146
ペア位置
説明
修正処置
PSUE, by
RCU
プライマリ
ボリューム
正サイトのストレージシステムは、副
サイトのストレージシステムでのエ
ラー状態を検出したために、ペアをサ
スペンドした。セカンダリボリュー
ムの PSUE タイプは by Local
Storage System。
副サイトのストレージシステムまたは
セカンダリボリュームでエラー状態を
クリアしてください。セカンダリボ
リュームにアクセスする必要がある場
合は、副サイトのストレージシステムか
らそのペアを削除してください。セカ
ンダリボリュームのデータが変更され
ていた場合は、そのペアを正サイトのス
トレージシステムから削除してから
([UR ペア作成]画面で)再びそのペア
を作成してください。変更されていな
い場合は、そのペアを正サイトのスト
レージシステムから再同期してくださ
い。
PSUE,
Secondary
Volume
Failure
プライマリ
ボリューム
正サイトのストレージシステムは副
パスの状態をチェックしてください
サイトのストレージシステムとの通 (10.2 参照)。
信中にエラーを、または更新コピー中 副サイトのストレージシステムとセカ
に I/O エラーを検出した。この場合、 ンダリボリュームですべてのエラー状
セカンダリボリュームの PSUE タイプ 態をクリアしてください。セカンダリ
は、通常は by Local Storage System ボリュームにアクセスする必要がある
です。
場合は、そのペアを副サイトのストレー
ジシステムから削除してください。セ
カンダリボリューム上のデータが変更
されていたら、そのペアを正サイトのス
トレージシステムから削除し、再びその
ペアを([UR ペア作成]画面で)作成し
てください。変更されていない場合は、
正サイトのストレージシステムからそ
のペアを再同期してください。
PSUE, MCU
IMPL
プライマリ
ボリューム
セカンダリ
ボリューム
正サイトのストレージシステムは
IMPL 手順中、その不揮発メモリ内に
有効な制御情報を見つけることがで
きませんでした。このエラーは、48
時間以上にわたって正サイトのスト
レージシステムへの電力供給が断た
れた場合(つまり電源エラーでバッテ
リーが完全に放電した場合)にだけ発
生します。
そのペアを正サイトのストレージシス
テムから再同期してください。ペア再
同期操作が行われると、正サイトのスト
レージシステムは形成コピーを実行し
てプライマリボリューム全体をセカン
ダリボリュームにコピーします。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
サスペンド
の種類
ペア位置
説明
PSUE,
Initial
Copy Failed
プライマリ
ボリュー
ム、
セカンダリ
ボリューム
形成コピー処理中に正サイトのスト
レージシステムはこのペアをサスペ
ンドしました。セカンダリボリュー
ムのデータはプライマリボリューム
のデータと同期していない。
PSUE, MCU
P/S-OFF
セカンダリ
ボリューム
正サイトのストレージシステムの電
源オフが原因で、正サイトのストレー
ジシステムはすべての Universal
Replicator ペアをサスペンドしまし
た。
修正処置
正サイトのストレージシステムからそ
のペアを削除してください。正サイト
のストレージシステム、プライマリボ
リューム、副サイトのストレージシステ
ム、およびセカンダリボリュームですべ
てのエラー状態をクリアしてください。
[UR ペア作成]画面を使って、形成コ
ピーの処理を再開してください。
なし。正サイトのストレージシステム
の電源がオンになると正サイトのスト
レージシステムは自動的に Universal
Replicator ペアを再同期します。
関連項目
•
10.3.1
10.3.1 SIM の種類に応じた Universal Replicator ペアがサスペンドする原因とその復旧手順
SIM の種類に応じた Universal Replicator ペアがサスペンドす
る原因とその復旧手順
正サイトのストレージシステムまたは副サイトのストレージシステムのキャッシュメモリおよび
シェアドメモリに影響を与えるハードウェア障害は、Universal Replicator ペアをサスペンドする
原因になることがあります。
SIM
dc0x
dc1x
dc2x
分類
サスペンドの原因
正サイトのスト
レージシステム
または副サイト
のストレージシ
ステムのハード
ウェア
復旧手順
何らかの閉塞が原因でハードウェア SIM に応じて、ハードウェア閉塞または
の冗長性が失われています。その結 障害を取り除いてください。
果、正サイトのストレージシステム 失敗したペアを再同期してください
と副サイトのストレージシステム間 (pairresync)。
の通信、ジャーナルの作成、コピー、 horctakeover コマンドの実行中に障害
リストア、ステージングまたはデス が発生した場合、マスタジャーナル内に
テージングが実行できませんでし
ペア状態が SSWS のセカンダリボリュー
た。
ムが残ることがあります。これらのボ
キャッシュメモリまたはシェアドメ リュームが残っている場合は、ペア状態
モリの一部がハードウェア障害に
が SSWS であるセカンダリボリュームに
よってブロックされているために、 対して、RAID Manager のペア再同期コマ
保留中のジャーナルを保持できませ ンドにスワップオプションを指定して実
んでした。
行します(pairresync -swaps)。この操
復旧できないハードウェア障害のた 作によって、マスタジャーナル内のすべ
め、正サイトのストレージシステム てのボリュームをプライマリボリューム
でのジャーナルの作成と転送に失敗 にします。このあと、データボリューム
しました。
ペアを再同期してください
復旧できないハードウェア障害のた (pairresync)。
め、副サイトのストレージシステム
でのジャーナルの受領とリストアに
失敗しました。
Universal Replicator ペアが COPY
状態の間、ドライブパリティグルー
プが correction-access 状態でし
た。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
147
SIM
10.4
分類
サスペンドの原因
復旧手順
dc0x
dc1x
正サイトのスト
レージシステム
と副サイトのス
トレージシステ
ム間の通信
副サイトのストレージシステムまた
はネットワーク中継機器が動作して
いなかったために、ストレージシス
テム間の通信ができませんでした。
ジャーナルボリューム満杯状態がタ
イムアウト時間を超えて継続しまし
た。
正サイトのストレージシステムおよび副
サイトのストレージシステム、または
ネットワーク中継機器の障害を取り除い
てください。
必要なパフォーマンスリソースを再検討
し、必要に応じてリソース(キャッシュ
容量、正サイトのストレージシステムと
副サイトのストレージシステム間のパス
の数、ジャーナルボリューム用のパリ
ティグループなど)を増やしてください。
失敗したペアを再同期してください。
dc2x
RIO の過負荷
または
RIO 障害
dc8x
正サイトのスト
レージシステム
への電力供給の
停止
ストレージシステムまたはネット
失敗したペアを削除してください
ワーク中継機器に過大な負荷が掛
(pairsplit -S)。
かっているため、復旧できない RIO
必要なパフォーマンスリソースを再検討
(リモート I/O)タイムアウトが発生 し、必要に応じてリソース(キャッシュ
しました。または、ストレージシス 容量、正サイトのストレージシステムと
テムでの障害が原因で、RIO(リモー 副サイトのストレージシステム間のパス
ト I/O)を完了できませんでした。
の数、ジャーナルボリューム用のパリ
ティグループなど)を増やしてください。
障害のあったペアを再確立してください
(paircreate)。
正サイトのストレージシステムへの
電力供給を停止したため、Universal
Replicator ペアが一時的にサスペン
ドされました。
復旧は不要です。正サイトのストレージ
システムは、電源がオンになると、サス
ペンドされたペアを自動的に元の状態に
戻します。
Universal Replicator のエラーコード
Universal Replicator の処理中にエラーが発生すると、Universal Replicator はエラーメッセージ
を管理クライアントに表示します。エラーメッセージはエラーの説明と 4 桁のエラーコードを示し
ます。エラーメッセージには、SVP のエラーコードが含まれている場合もあります。お問い合わせ
先にご連絡いただく場合には、Universal Replicator と SVP のエラーコードをご連絡ください。管
理クライアントに表示されるエラーコードについては、マニュアル『Storage Navigator メッセー
ジガイド』を参照してください。
10.5
RAID Manager 操作時の Universal Replicator
のトラブルシューティング
RAID Manager を使用した Universal Replicator ペアの操作でエラーが発生した場合、RAID
Manager の画面に出力されるログまたは RAID Manager の操作ログを参照してエラーの要因を特定
できることがあります。
関連項目
148
•
10.5.1 ログファイルを利用してのエラー要因の特定
•
10.5.2 RAID Manager の画面に出力されるログでのエラー要因の特定
•
10.5.3 RAID Manager 操作時のエラーコードと内容
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
10.5.1
ログファイルを利用してのエラー要因の特定
RAID Manager の操作ログファイルは、デフォルトでは次のディレクトリに格納されます。
ログファイルの格納されているディレクトリ:/HORCM/log*/curlog/horcmlog_HOST/
horcm.log
*:インスタンス番号
HOST:ホスト名
ログファイルを利用してエラーの要因を特定するには、次の手順に従います。
1. RAID Manager のログファイルを開いて、エラーコードを探します。
例:11:06:03-37897-10413- SSB = 0xB901,4A96
右辺の等号(=)の後ろの英数字がエラーコードを示します。コンマ(,)の左側の英数字の下 4
桁を SSB1(例:B901)、右側の英数字を SSB2 とします(例:4A96)。
2. エラーコードの意味を確認します。
記載されていないエラーコードについては、お問い合わせください。
関連項目
10.5.2
•
10.5.3 RAID Manager 操作時のエラーコードと内容
•
10.7 お問い合わせ先
RAID Manager の画面に出力されるログでのエラー要因の特定
RAID Manager の画面に出力されるログでエラーの要因を特定するには、次の手順に従います。
1. RAID Manager の画面に出力されたログを参照し、エラーコードを探します。
RAID Manager の画面に出力されたログの出力例を次に示します。
「SSB=」の後ろの英数字がエラーコードを示します。コンマ(,)の左側の英数字の下 4 桁を SSB1
(例:B9E1)、右側の英数字の下 4 桁を SSB2 とします(例:B901)。
2. エラーコードの意味を確認します。
記載されていないエラーコードについては、お問い合わせください。
関連項目
10.5.3
•
10.5.3 RAID Manager 操作時のエラーコードと内容
•
10.7 お問い合わせ先
RAID Manager 操作時のエラーコードと内容
下記の表は RAID Manager 操作時のエラーコードと内容(SSB1 が 2E31/B901/B9E0/B9E1/B9E2/B9E4/
D004)を表しています。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
149
エラーコード
(SSB2)
3708
指定したプライマリボリュームはシュレッディング中のため、Universal Replicator
ペアが作成できません。
370C
Universal Replicator ペアの作成要求または再同期要求を受領しましたが、指定した
マスタジャーナルまたはリストアジャーナルが状態遷移できない状態であるか、または
状態遷移中のためコマンドを拒否しました。
3720
Universal Replicator ペア作成または再同期要求を受領しましたが、指定したマスタ
ジャーナルのジャーナルボリュームが閉塞しているため、コマンドを拒否しました。
3722
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したボリュームが使用で
きないエミュレーションタイプのためコマンドを拒否しました。
3728
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、旧機種と接続しており、指定
したボリュームがサポート範囲外のため、コマンドを拒否しました。
372B
副サイトのストレージシステムが複数の正サイトのストレージシステムおよび副サイ
トのストレージシステムの組み合わせをサポートしていないため、ペアを作成できませ
ん。
372C
プライマリボリュームは閉塞しているため、ボリュームにアクセスできません。
3738
UR ペア作成要求を受領しましたが、正サイトのストレージシステムに Disaster
Recovery Extended プログラムプロダクトがインストールされていないため、コマンド
を拒否しました。
373E
150
エラーの内容
指定したセカンダリボリュームが属するジャーナル内の、別のミラーの状態が、
「Initial」または、「Stopped」以外です。このため、ペア作成が失敗しました。
3752
次のどちらかの理由で、ペアが作成できません。
• 指定した副サイトのストレージシステムのファームウェアバージョンでは、正サイ
トのストレージシステムとの接続をサポートしていません。
• 指定したセカンダリボリュームはすでに TrueCopy で使用されています。
3755
指定したセカンダリボリュームは、すでに別ミラーの Universal Replicator ペアのセ
カンダリボリュームとして使用されており、そのペアの状態が SSWS 以外です。このた
め、Universal Replicator ペアを再同期できません。
3756
パスグループ ID に 0 以外を指定した状態で Universal Replicator ペアの作成要求を
受領しましたが、副サイトのストレージシステムがパスグループ ID をサポートしてい
ないため、ペアが作成できません。
375A
指定した副サイトのストレージシステムは、global storage virtualization をサポー
トしていません。
375B
指定した正サイトのストレージシステムは、global storage virtualization をサポー
トしていません。
375C
プライマリデータボリュームとして指定したボリュームは、仮想 LDEV ID が設定されて
いないため、ペアを作成できません。
375D
セカンダリデータボリュームとして指定したボリュームは、仮想 LDEV ID が設定されて
いないため、ペアを作成できません。
3766
プライマリボリュームとして指定したボリュームは、GAD ペアで使用しているボリュー
ムのため、ペアを作成できません。
3767
セカンダリボリュームとして指定したボリュームは、GAD ペアで使用しているボリュー
ムのため、ペアを作成できません。
3768
プライマリボリュームとして指定したボリュームが GAD 予約ボリュームのため、ペアを
作成できません。
3769
セカンダリボリュームとして指定したボリュームが GAD 予約ボリュームのため、ペアを
作成できません。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
エラーコード
(SSB2)
エラーの内容
376A
指定したプライマリボリュームの内部処理に時間が掛かっています。しばらく時間を
おいてから再度実行してください。
376B
次のどちらかの理由で差分ビットマップエリアを確保できないため、Universal
Replicator ペアを作成または再同期できません。
• 正サイトのストレージシステムで、シェアドメモリの空き領域が不足している。
• プライマリボリュームとして指定したボリュームの、Dynamic Provisioning のプー
ルの空き容量が不足している。
8C19
指定したコンシステンシーグループ ID がサポート範囲外のため、Universal
Replicator ペアが作成できません。
8C1A
ジャーナル ID が正しくないため、Universal Replicator ペアが作成または再同期でき
ません。
8C1B
指定したジャーナル ID がサポート範囲外のため、Universal Replicator ペアが作成で
きません。
8C1E
Universal Replicator ペアの作成要求を受領しましたが、次のどちらかの理由で、コ
マンドを拒否しました。
• 指定した正サイトのストレージシステムのファームウェアバージョンでは、指定し
た副サイトのストレージシステムとの接続をサポートしていません。
• 指定した正サイトのストレージシステムでは、指定した副サイトのストレージシス
テムとの接続をサポートしていません。
8C1F
指定したセカンダリボリュームは仮想 ID が設定されていないため、Universal
Replicator ペアが作成できません。
8C20
ジャーナル ID またはミラー ID が正しくないため、オプション更新コマンドを拒否しま
した。
8F00
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したボリュームは外部ボ
リュームのため、コマンドを拒否しました。
8F04
システム内部で論理エラーが発生し、コマンドを拒否しました。
8F10
指定されたプライマリボリュームが次のどれかに該当するため、操作は失敗しました。
• ShadowImage のセカンダリボリュームで、PSUS 状態でない。
• ShadowImage で使用中のボリュームで Reverse Copy 状態である。
8F11
Volume Migration によってプライマリボリュームを移動中のため、停止できません。
このため、Universal Replicator ペアが作成できません。
8F17
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したボリュームがホスト
からオンラインになっているため、コマンドを拒否しました。
8F18
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したボリュームはほかの
プログラムプロダクトのペアで使用されているため、コマンドを拒否しました。
8F19
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したボリュームが使用で
きないエミュレーションタイプのためコマンドを拒否しました。
8F1B
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したプライマリボリュー
ムがペアが組まれている状態であるため、コマンドを拒否しました。
8F1C
Universal Replicator ペア再同期要求を受領しましたが、指定したプライマリボ
リュームが PSUS 状態でないため、コマンドを拒否しました。
8F1E
キャッシュまたはシェアドメモリの回復途中のため、Universal Replicator ペアが作
成できません。
8F1F
キャッシュまたはシェアドメモリが閉塞中のため、Universal Replicator ペアが作成
できません。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
151
エラーコード
(SSB2)
8F21
エラーの内容
Universal Replicator ペア作成または再同期要求を受領しましたが、次のどちらかの
理由で、コマンドを拒否しました。
•
•
152
指定したボリュームが TrueCopy のプライマリボリュームである。
状態遷移ができない構成である。
8F24
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、装置間のパスが形成されてい
ないため、コマンドを拒否しました。
8F25
Universal Replicator ペア作成または再同期要求を受領しましたが、指定したボ
リュームに PIN があるため、コマンドを拒否しました。
8F28
Universal Replicator ペア作成または再同期要求を受領しましたが、指定したプライ
マリボリュームまたはセカンダリボリュームにアクセスできないため、コマンドを拒否
しました。
8F29
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したマスタジャーナルは
使用できないため、コマンドを拒否しました。
8F2B
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したプライマリボリュー
ムには Data Retention Utility の Protect 属性が設定されているため、コマンドを拒
否しました。
8F33
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したボリュームは
TrueCopy または ShadowImage のペアで使用されているため、コマンドを拒否しました。
8F35
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したボリュームが閉塞し
ているため、コマンドを拒否しました。
8F38
次のオープンシステム用のプログラムプロダクトが設定されていないか、ライセンスの
期限が切れていますので、確認してください。
• TrueCopy
• Universal Replicator
8F39
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、Universal Replicator のプロ
グラムプロダクトがインストールされていないため、コマンド拒否しました。
8F46
キャッシュ CL2 が異常な状態のため、Universal Replicator ペアが作成できません。
8F47
キャッシュ CL1 が異常な状態のため、Universal Replicator ペアが作成できません。
8F4D
次に示す要因のため、Universal Replicator ペアの作成または再同期ができません。
• 副サイトのストレージシステム側にジャーナルが登録されていない。
• 副サイトのストレージシステム側に登録されているジャーナル内のボリュームが
閉塞している。
8F50
Universal Replicator ペア作成また再同期要求を受領しましたが、ストレージシステ
ムの処理負荷が高いため、処理を実行できません。約 5 分後に再度要求を発行してくだ
さい。
8F53
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、状態遷移できない構成のため、
コマンド拒否しました。
8F58
Universal Replicator ペア作成また再同期要求を受領しましたが、次のどちらかの理
由で、コマンドを拒否しました。
• 指定したセカンダリボリュームがプライマリボリュームとペア状態が異なる。
• リストアジャーナルの状態がマスタジャーナルの状態と異なる。
8F67
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定した副サイトのストレー
ジシステムは外部ボリュームをサポートしていないため、コマンドを拒否しました。
8F6D
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したボリュームがコマン
ドデバイスのため、コマンドを拒否しました。
8FEA
プライマリボリュームが Thin Image で使用されていたため、Universal Replicator ペ
アが作成できません。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
エラーコード
(SSB2)
エラーの内容
8FEC
プライマリボリュームが Thin Image で使用されていたため、Universal Replicator ペ
アが作成できません。
9100
ユーザー認証が実施されていないため、コマンドを実行できません。
B91B
Universal Replicator を操作するためのシェアドメモリが実装されていません。
B992
Universal Replicator のプログラムプロダクトがインストールされていないため、コ
ンシステンシーグループ情報が取得できません。
B9C0
コマンドデバイスの資源がなくなりました。LUN Manager からコマンドデバイスを OFF
にし、そのあと ON にしてください。
下記の表は RAID Manager 操作時のエラーコードと内容を表しています。
エラーコード
エラーの内容
SSB1 が B9E1
SSB2 が B901
指定されたデバイスがコマンドデバイスのため、Universal Replicator ペアを作成で
きません。
SSB1 が B9E2
SSB2 が B901
ミラー ID が不当なため、Universal Replicator ペアを削除できません。
下記の表は RAID Manager 操作時のエラーコードと内容(SSB1 が B901/B9E0/B9E1/B9E2/B9E4/D004)
を表しています。
エラーコード
(SSB2)
エラーの内容
B902
ミラー ID が不当なため、Universal Replicator ペアを作成できません。
B907
ボリューム状態が SMPL 状態のためコマンドを拒否しました。
B90A
セカンダリボリュームの隠蔽モードをサポートしていません。
B90D
Universal Replicator プログラムプロダクトがインストールされていないため、
Universal Replicator ペアを作成できません。
B909
ミラー ID が不当なため、Universal Replicator ペアをサスペンドできません。
B900
装置電源が ON で、かつ Universal Replicator 使用できないときに Universal
Replicator ペアの状態が取得されました。再度操作してください。
B94B
Universal Replicator の構成が変更されたため、コマンドを拒否しました。Universal
Replicator ペアの状態を確認してください。
B90E
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、装置間パスが設定されていな
いため、コマンドを拒否しました。
B910
ジャーナルのオプションの設定が更新できませんでした。
B913
Universal Replicator ペア作成・再同期要求を受領しましたが、これらの操作を実行
できない構成であるため、コマンドを拒否しました。
B912/B9F8
ジャーナルが登録されていないため、コマンドを拒否しました。
B920
装置識別子が不正のため、Universal Replicator ペアを作成できません。
DB02
Universal Replicator ペア状態遷移要求を受領しましたが、その要求に対するペア状
態遷移ができないため、コマンド拒否しました(例えばペア作成要求時にペアが組まれ
ている状態である、ペア再同期要求時に PSUS 以外の状態である、など)。
DB03
Universal Replicator ペア状態遷移要求を受領しましたが、ペアが Suspending または
Deleting 状態のため、コマンドを拒否しました。
DB07
電源オン処理中のため、Universal Replicator ペアの状態遷移ができません。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
153
エラーコード
(SSB2)
154
エラーの内容
DB08
電源オフ処理中のため、Universal Replicator ペアの状態遷移ができません。
E843
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したボリュームの CLPR ID
がジャーナルの CLPR ID と異なるため、コマンドを拒否しました。
E866
指定したコンシステンシーグループ ID は、すでに使用されています。
E869
指定したリストアジャーナルは別のミラーで使用されており、かつ、ミラー状態が
Stopping のため、操作を実行できません。
ミラー状態が Stopping から遷移したことを確認してから再度操作してください。
E86E
指定した LDEV 番号にはシェアドメモリが実装されていないため、データボリュームと
して使用できません。
E871
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、双方向のストレージシステム
間パスが定義されていないため、コマンドを拒否しました。双方向に正常なパスが定義
されているかどうか、確認してください。
E878
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したジャーナルには
3390-9A と 3390-9A 以外のデータボリュームが混在しているため、コマンドを拒否しま
した。
E87B
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したジャーナルが未登録
のため、コマンドを拒否しました。
E87C
指定したジャーナルにジャーナルボリュームが登録されていません。
E87D
Universal Replicator ペア再同期要求を受領しましたが、指定したボリュームが
Universal Replicator ペアでないため、コマンドを拒否しました。
E87E
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したプライマリボリュー
ムまたはセカンダリボリュームがジャーナルボリュームのため、コマンドを拒否しまし
た。
E880
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したプライマリボリュー
ムまたはセカンダリボリュームのエミュレーションタイプとジャーナルボリュームの
エミュレーションタイプが異なるため、コマンドを拒否しました。
E881
電源オン処理中のため、Universal Replicator ペアを作成または再同期できません。
E882
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したマスタジャーナルボ
リュームまたはリストアジャーナルボリュームのエミュレーションタイプが不正なた
め、コマンドを拒否しました。
E883
指定したミラー ID またはコンシステンシーグループ ID が、登録済みのミラー ID また
はコンシステンシーグループ ID と異なります。
E888
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したマスタジャーナルは
すでに別のリストアジャーナルとペアを作成しているため、コマンドを拒否しました。
E889
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したジャーナルはすでに
別のミラー ID で使用しているため、コマンドを拒否しました。
E890
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、次のどれかの要因によってコ
マンドを拒否しました。
• 指定したボリュームはすでに別のジャーナルに登録されている
• 指定したボリュームはすでに同じジャーナルの同じミラーで登録されている
• セカンダリボリュームに指定したボリュームが同じジャーナルの別のミラーで登
録されている
E891
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したマスタジャーナルま
たはリストアジャーナルですでに登録可能な最大ペア数が作成されているため、コマン
ドを拒否しました。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
エラーコード
(SSB2)
E897
エラーの内容
ペア作成要求を受領しましたが、次のどちらかの要因によって、コマンドを拒否しまし
た。
•
•
指定したリストアジャーナルが、すでに別のミラーのリストアジャーナルとして使
用されている
指定したミラーの相手ジャーナルは、すでに別のミラーとして使用されている
E898
Universal Replicator ペアの再同期要求を受領しましたが、指定したリストアジャー
ナルがすでに別のミラーのリストアジャーナルとして使用されているため、コマンドを
拒否しました。
E89A
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、双方向のストレージシステム
間パスが定義されていないため、コマンドを拒否しました。双方向に正常なパスが定義
されているかどうか、確認してください。
E89B
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したマスタジャーナルま
たはリストアジャーナルは、別のストレージシステムと接続したときの状態を記憶して
いるため、コマンドを拒否しました。
ほかのジャーナルを指定するか、該当するジャーナルを一度削除してから登録し直して
ください。
E8A2
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定した副サイトのストレー
ジシステムのシリアル番号、モデル、またはパスグループ ID が誤っているため、ペア
を作成できません。
E8A6
指定したジャーナル ID は登録されていません。
E8A7
指定したジャーナルにジャーナルボリュームが登録されていません。
E8A8
Universal Replicator ペアのサスペンド要求を受領しましたが、指定したボリューム
が Universal Replicator ペアでない、または別ジャーナルのボリュームであるため、
コマンドを拒否しました。
E8A9
電源オン処理中のため、Universal Replicator ペアをサスペンドできません。
E8B8
指定されたジャーナルグループにあるボリュームが、他のプログラムプロダクトまたは
保守で使用中のため、操作は失敗しました。
E8F7
Universal Replicator ペア作成・再同期・差分リシンク要求を受領しましたが、指定
したコンシステンシーグループに複数のジャーナルがあるため、コマンドを拒否しまし
た。
E8FB
システム内部で論理エラーが発生し、コマンドを拒否しました。
EA00
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したプライマリボリュー
ムはすでにセカンダリボリュームとして使用されているため、コマンドを拒否しまし
た。
EA01
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したプライマリボリュー
ムはほかの Universal Replicator ペアで使用されているため、コマンドを拒否しまし
た。
EA02
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したセカンダリボリュー
ムはすでにプライマリボリュームとして使用されているため、コマンドを拒否しまし
た。
EA03
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したセカンダリボリュー
ムはほかの Universal Replicator ペアで使用されているため、コマンドを拒否しまし
た。
EA07
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したマスタジャーナルの
Universal Replicator ペア登録数が上限値を超えるため、Universal Replicator ペア
を作成できません。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
155
エラーコード
(SSB2)
156
エラーの内容
EA08
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したリストアジャーナル
の Universal Replicator ペア登録数が上限値を超えるため、Universal Replicator ペ
アを作成できません。
EA09
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、マスタジャーナルの状態が
Initial、Active、Stopped 以外のため、コマンドを拒否しました。
EA0A
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、リストアジャーナルの状態が
不正のため、コマンドを拒否しました。
EA12
Universal Replicator ペア再同期(Reverse モード)要求を受領しましたが、指定した
セカンダリボリュームは SSWS 状態でないため、コマンドを拒否しました。
EA13
Universal Replicator ペア再同期要求を受領しましたが、セカンダリボリュームに対
してプライマリボリュームとしての要求を受領したため、コマンドを拒否しました。
EA15
Universal Replicator ペア再同期要求を受領しましたが、プライマリボリュームに対
してセカンダリボリュームとしての要求を受領したため、コマンドを拒否しました。
EA18
Universal Replicator ペア再同期要求を受領しましたが、ペア状態が PSUS でないた
め、コマンドを拒否しました。
EA19
Universal Replicator ペア再同期要求を受領しましたが、ジャーナルの状態が Stopped
でないため、コマンドを拒否しました。
EA1C
Universal Replicator ペアの再同期(Reverse モード)要求を受領しましたが、指定し
たリストアジャーナルの状態が Stopped ではないためコマンド拒否しました。
EA1E
Universal Replicator ペアの再同期(Reverse モード)要求を受領しましたが、セカン
ダリボリュームに対してプライマリボリュームとしての要求を受領したため、コマンド
を拒否しました。
EA20
Universal Replicator ペア再同期(Reverse モード)要求を受領しましたが、プライマ
リボリュームに対してセカンダリボリュームとしての要求を受領したため、コマンドを
拒否しました。
EA22
Universal Replicator ペア再同期(Reverse モード)要求を受領しましたが、ジャーナ
ルの状態が Stopped でないため、コマンドを拒否しました。
EA25
Universal Replicator ペア再同期(Reverse モード)要求を受領しましたが、セカンダ
リボリュームが SSWS 状態でないため、コマンドを拒否しました。
EA29
Universal Replicator ペア削除要求を受領しましたが、マスタジャーナルの状態が
Active または Stopped 以外のため、コマンドを拒否しました。
EA2C
Universal Replicator ペア削除要求を受領しましたが、リストアジャーナルの状態が
Active または Stopped 以外のため、コマンドを拒否しました。
EA33
Universal Replicator ペアのサスペンド要求を受領しましたが、マスタジャーナルの
状態が Active 以外のため、コマンドを拒否しました。
EA36
Universal Replicator ペアのサスペンド要求を受領しましたが、リストアジャーナル
の状態が Active 以外のため、コマンドを拒否しました。
EA37
Universal Replicator ペアのサスペンド要求を受領しましたが、指定したリストア
ジャーナルの状態が Active 以外かつ Stopped 以外のため、コマンドを拒否しました。
EA3A
Universal Replicator ペア削除要求を受領しましたが、指定したセカンダリボリュー
ムが状態遷移中のため、コマンドを拒否しました。
EA3B
Universal Replicator ペアのサスペンド(Reverse モード)要求を受領しましたが、指
定したセカンダリボリュームが Suspending 状態のため、コマンドを拒否しました。
EA40
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、正サイトのストレージシステ
ムのプログラムプロダクトの課金容量を超過したため、コマンド拒否しました。
EA41
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、副サイトのストレージシステ
ムのプログラムプロダクトの課金容量を超過したため、コマンドを拒否しました。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
エラーコード
(SSB2)
エラーの内容
EA89
Universal Replicator ペア作成要求または再同期要求を受領しましたが、ジャーナル
の属性またはジャーナル内のミラー状態が操作を実行できる状態にないため、コマンド
を拒否しました。
EA8A
Universal Replicator ペア状態遷移要求を受領しましたが、ストレージシステムが電
源オン処理中または電源オフ処理中であるため、コマンドを拒否しました。
EA8B
Universal Replicator ペア削除・サスペンド要求を受領しましたが、指定したボリュー
ムは複数の正サイトのストレージシステムおよび副サイトのストレージシステムで構
成されるシステムで使用中のため、コマンドを拒否しました。
EA95
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、プライマリボリュームに指定
したボリュームが Dynamic Provisioning のプール初期化中のため、コマンドを拒否し
ました。
EAA2
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、正サイトのストレージシステ
ムの Universal Replicator の課金容量を超過したため、コマンドを拒否しました。関
連するプログラムプロダクトも含めて、ライセンス容量を確認してください。
EAA3
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、副サイトのストレージシステ
ムの TrueCopy の課金容量を超過したため、コマンドを拒否しました。関連するプログ
ラムプロダクトも含めて、ライセンス容量を確認してください。
EAA5
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、副サイトのストレージシステ
ムの Universal Replicator の課金容量を超過したため、コマンドを拒否しました。関
連するプログラムプロダクトも含めて、ライセンス容量を確認してください。
EAA6
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、正サイトのストレージシステ
ムの TrueCopy の課金容量を超過したため、コマンドを拒否しました。関連するプログ
ラムプロダクトも含めて、ライセンス容量を確認してください。
EAB6
次のどちらかの理由で差分ビットマップエリアを確保できないため、Universal
Replicator ペアを作成または再同期できません。
• 正サイトのストレージシステムで、シェアドメモリの空き領域が不足している。
• プライマリボリュームとして指定したボリュームの、Dynamic Provisioning のプー
ルの空き容量が不足している。
EAB7
正サイトのストレージシステムに拡張シェアドメモリが実装されていないため、ペア作
成操作は失敗しました。
正サイトのストレージシステムに拡張シェアドメモリを実装してから再操作してくだ
さい。
EAB8
次のどちらかの理由で差分ビットマップエリアを確保できないため、Universal
Replicator ペアを作成または再同期できません。
• 副サイトのストレージシステムで、シェアドメモリの空き領域が不足している。
• セカンダリボリュームとして指定したボリュームの、Dynamic Provisioning のプー
ルの空き容量が不足している。
EAB9
副サイトのストレージシステムに拡張シェアドメモリが実装されていないため、ペア作
成操作は失敗しました。
副サイトのストレージシステムに拡張シェアドメモリを実装してから再操作してくだ
さい。
EABC
指定した LDEV 番号にはシェアドメモリが実装されていないため、データボリュームと
して使用できません。
EAE5
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したプライマリボリュー
ムまたはセカンダリボリュームは Dynamic Provisioning によって容量の変更処理中の
ため、コマンドを拒否しました。
EAF6
Universal Replicator ペアの作成要求または再同期要求を受領しましたが、ペアが遷
移できない状態のため、コマンドを拒否しました。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
157
エラーコード
(SSB2)
158
エラーの内容
EB28
副サイトのストレージシステムに Disaster Recovery Extended プログラムプロダクト
がインストールされていないため、コマンドを拒否しました。
EB2D
Universal Replicator ペア操作を受領しましたが、Universal Replicator ペアを操作
するのに必要なシェアドメモリが実装されていないため、コマンドを拒否しました。
EB30
Universal Replicator ペア状態遷移要求を受領しましたが、指定したミラー ID が不正
なため、コマンドを拒否しました。
EB37
Universal Replicator ペア操作を受領しましたが、ファームウェア交換中または
ファームウェア交換中断中のため、コマンドを拒否しました。
EB4C
リストアジャーナルが登録されていないため、ペアを作成できません。
EB4D
マスタジャーナルが登録されていないため、ペアを作成できません。
EB4F
マスタジャーナルとリストアジャーナルのタイマタイプが異なるため、Universal
Replicator ペアが作成できません。
EB50
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したセカンダリボリュー
ムは未実装のため、コマンドを拒否しました。
EB51
指定したセカンダリボリュームに PIN データがあったため、Universal Replicator ペ
アが作成できません。
EB52
指定したセカンダリボリュームはアクセスできない状態のため、Universal Replicator
ペアが作成できません。
EB53
指定したセカンダリボリュームが閉塞していたため、Universal Replicator ペアが作
成できません。
EB57
指定したセカンダリボリュームがホストからオンラインになっていたため、コマンドを
拒否しました。
EB58
指定したジャーナルボリュームおよびセカンダリボリュームがリザーブ状態またはス
トレージシステムで使用中のため、コマンドを拒否しました。ボリュームの状態を確認
してください。
EB59
指定したセカンダリボリュームは Volume Migration によるボリューム移動中であった
ため、コマンドを拒否しました。ボリュームの状態を確認してください。
EB5B
指定したプライマリボリュームまたはセカンダリボリュームには Data Retention
Utility によってアクセス属性が設定されていたため、Universal Replicator ペアが作
成できません。
EB5C
内部で論理矛盾が発生したため、Universal Replicator ペアが再同期できません。
EB5E
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、セカンダリボリュームがペア
が組まれている状態であるため、コマンドを拒否しました。
EB5F
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、副サイトのストレージシステ
ムに Universal Replicator のプログラムプロダクトがインストールされていないた
め、コマンドを拒否しました。
EB60
セカンダリボリュームとプライマリボリュームの容量が一致していないため、コマンド
を拒否しました。
EB61
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、正サイトのストレージシステ
ムと副サイトのストレージシステム間のパスが有効でないため、コマンドを拒否しまし
た。
EB62
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したプライマリボリュー
ムがコマンドデバイスのため、コマンドを拒否しました。
EB63
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、リストアジャーナルがすでに
ほかのジャーナルとペアになっているため、コマンドを拒否しました。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
エラーコード
(SSB2)
エラーの内容
EB64
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、プログラムプロダクトの課金
容量を超過したため、コマンドを拒否しました。
EB65
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、プログラムプロダクトの課金
容量が原因で異常終了したため、コマンドを拒否しました。
EB66
horctakeover(resync)コマンドを実行してプライマリボリュームのサスペンドを検出
したため、コマンドを拒否してリトライ処理が指示されました。
EB6C
Universal Replicator ペアの形成コピーが 2 重に実行されました。
• 正サイトのストレージシステムの電源を OFF にしたときに、形成コピーが再開して
いれば問題ありません。
• 正サイトのストレージシステムがリセットされたときに、Universal Replicator ペ
アが作成されていれば問題ありません。
EB6E
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、正サイトのストレージシステ
ムに Universal Replicator プログラムプロダクトがインストールされていないため、
コマンドを拒否しました。
EB70
指定したセカンダリボリュームが他のプログラムプロダクトによってコピーペアを作
成していたため、Universal Replicator ペアが作成できません。
EB73
指定したセカンダリボリュームはシステムディスクのため、Universal Replicator ペ
アが作成できません。
EB78
指定したデータボリュームがコマンドデバイスのため、Universal Replicator ペアが
作成できません。
EB79
指定したデータボリュームがオンラインになっているため、Universal Replicator ペ
アが作成または再同期できません。
EB7A
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、リストアジャーナルのジャー
ナルキャッシュが残っているため、コマンドを拒否しました。
EB7D
指定したセカンダリボリュームは外部ボリュームのため、Universal Replicator ペア
が作成できません。
EB7E
指定したセカンダリボリュームが、次に示すどれかの状態のため、ペア作成が失敗しま
した。
• 指定したセカンダリボリュームは、ShadowImage ペアで使用中です。
• 指定したセカンダリボリュームは、リザーブボリュームです。
• Universal Replicator のプライマリボリュームおよびセカンダリボリュームが
DP-VOL で、かつ、指定したセカンダリボリュームは ShadowImage ペアのプライマリ
ボリュームとして使用中です。
• Universal Replicator のプライマリボリュームおよびセカンダリボリュームが
DP-VOL で、かつ、指定したセカンダリボリュームは Volume Migration の移動元の
ボリュームです。
• Universal Replicator のプライマリボリュームおよびセカンダリボリュームが
DP-VOL で、かつ、指定したセカンダリボリュームは Thin Image または Copy-onWrite Snapshot ペアのプライマリボリュームとして使用中です。
EB7F
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したセカンダリボリュー
ムのエミュレーションタイプはサポートされていないため、コマンドを拒否しました。
EB80
指定したボリュームは仮想ボリュームまたはプールボリュームのため、コマンドを拒否
しました。ボリュームの状態を確認してください。
EB87
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、副サイトのストレージシステ
ムから正サイトのストレージシステムへのパスが設定されていない、またはセカンダリ
ボリュームが SMPL 状態であるため、コマンドを拒否しました。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
159
エラーコード
(SSB2)
EB88
エラーの内容
指定したセカンダリボリュームが、次に示すどれかの状態のため、Universal
Replicator ペアが作成できません。
•
•
160
セカンダリボリュームは ShadowImage ペアのセカンダリボリュームとして使用中
です。
セカンダリボリュームが Not Ready 状態(ドライブ(以降、ハードディスクドライ
ブ、SSD および FMD を指します)が使用できない状態)です。
EB89
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したプライマリボリュー
ムとセカンダリボリュームのエミュレーションタイプが異なるため、コマンドを拒否し
ました。
EB8A
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したマスタジャーナルと
リストアジャーナルのエミュレーションタイプが異なるため、コマンドを拒否しまし
た。
EB8E
セカンダリボリュームが LUSE 構成となっていたため、Universal Replicator ペアが作
成できません。
EB94
Universal Replicator ペア状態遷移要求を受領しましたが、指定したペアの状態は遷
移できないため、コマンドを拒否しました。
EB9F
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したセカンダリボリュー
ムが副サイトのストレージシステムに未実装のため、コマンドを拒否しました。
EBA0
Universal Replicator ペア状態遷移要求を受領しましたが、指定したセカンダリボ
リュームが副サイトのストレージシステムに未実装のため、コマンドを拒否しました。
EBA7
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、セカンダリボリュームに指定
したボリュームが次のどれかの状態のため、コマンドを拒否しました。
• Dynamic Provisioning によって容量を拡張中である。
• Dynamic Provisioning のページの解放中である。
• Dynamic Provisioning のプール初期化中である。
EBAF
副サイトのストレージシステムの Data Retention Utility のライセンス容量が設定値
を超過したため、Universal Replicator ペアが作成できません。副サイトのストレー
ジシステムの Data Retention Utility のライセンス容量の設定を確認してください。
EBD9
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、副サイトのストレージシステ
ムの TrueCopy の課金容量を超過したため、コマンドを拒否しました。関連するプログ
ラムプロダクトも含めて、ライセンス容量を確認してください。
EBDB
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、副サイトのストレージシステ
ムの Universal Replicator の課金容量を超過したため、コマンドを拒否しました。関
連するプログラムプロダクトも含めて、ライセンス容量を確認してください。
EBDC
Universal Replicator ペア状態遷移要求を受領しましたが、ストレージシステムの処
理負荷が高いため、処理を実行できません。しばらくしてから再度実施してください。
EBE5
Universal Replicator ペア作成または再同期要求を受領しましたが、指定したリスト
アジャーナルのジャーナルボリュームが閉塞しているため、コマンドを拒否しました。
EBFD
Universal Replicator ペア作成要求を受領しましたが、指定したリストアジャーナル
が登録されていないため、コマンドを拒否しました。
F908
プライマリボリュームまたはセカンダリボリュームとして指定されたボリュームの状
態が、次のどれかに該当するため、ペア作成操作は失敗しました。
• ミラー内の登録済みボリュームは仮想アクセスモードが無効だが、指定されたボ
リュームは仮想アクセスモードが有効である。
• ミラー内の登録済みボリュームは仮想アクセスモードが有効だが、指定されたボ
リュームは仮想アクセスモードが無効である。
• 指定された、仮想アクセスモードが有効なボリュームの仮想ストレージマシンのシ
リアル番号またはモデルが正しくない。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
エラーコード
(SSB2)
F909
エラーの内容
プライマリボリュームまたはセカンダリボリュームとして指定されたボリュームの状
態が、次のどれかに該当するため、ペア作成操作は失敗しました。
•
•
•
ジャーナル内の登録済みボリュームは仮想アクセスモードが無効だが、指定された
ボリュームは仮想アクセスモードが有効である。
ジャーナル内の登録済みボリュームは仮想アクセスモードが有効だが、指定された
ボリュームは仮想アクセスモードが無効である。
指定された、仮想アクセスモードが有効なボリュームの仮想ストレージマシンのシ
リアル番号またはモデルが正しくない。
下記の表は RAID Manager 操作時のエラーコードと内容(SSB1 が B9FE)を表しています。
エラーコード
(SSB2)
B902
10.6
エラーの内容
指定のジャーナルにはジャーナルボリュームが登録されていません。
Universal Replicator のサービス情報メッセージ
(SIM)
ストレージシステムの保守が必要になると、SIM というメッセージが生成されます。SIM は、スト
レージシステムのチャネルおよびストレージのパスマイクロプロセッサや SVP によって生成されま
す。
SVP は、Universal Replicator の処理に関するすべての SIM を報告します。SIM が生成されると、
そのたびにストレージシステム前面の操作パネル上にある黄色の Message LED(Ready および Alarm
の LED の下にあります)が点灯して、ユーザに通知します。
SIM は、Storage System 画面の[アラート]タブで確認できます。詳細は、
『Hitachi Device Manager
- Storage Navigator ユーザガイド』を参照してください。
•
正サイトのストレージシステムが生成する SIM にはプライマリボリュームのデバイス ID(バイ
ト 13)が含まれます。
•
副サイトのストレージシステムが生成する SIM にはセカンダリボリュームのデバイス ID(バイ
ト 13)が含まれます。
SIM 報告についての詳細情報は、お問い合わせください。
ストレージシステム用に SNMP がインストールされている場合、各 SIM は SNMP トラップを引き起こ
し、該当するホストに送信されます。SNMP 操作の詳細については、『SNMP Agent ユーザガイド』を
参照するか、またはお問い合わせください。
ペアが分割またはサスペンドされたとき、正サイトのストレージシステムはホストに SIM を通知し
ます。SNMP がインストールされていてストレージシステムで使用されている場合、SIM は SNMP ト
ラップを引き起こして、サスペンドの理由として表示されます。
下記の図に、ストレージシステムが報告する典型的な 32 バイト SIM を示します。6 桁の参照コード
(RC)は、バイト 22、23、および 13 から構成され、発生した可能性のあるエラーを特定し、重大度
を決定します。SIM タイプは、バイト 28 に位置し、エラーが検出されたコンポーネントを示しま
す。バイト 22 の値が 21 の場合、コントロールユニットの SIM です。バイト 22 の値が dx(x は任意
の文字)の場合、ボリューム(デバイス)の SIM です。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
161
関連項目
10.6.1 SIM の参照コード、種別、および説明
•
10.6.1
SIM の参照コード、種別、および説明
参照コード
バイト 22
162
バイト
23
重大度レ
ベル
説明
生成元
SVP ロ
グファ
イル
21
80
Moderate
障害のためリモートパスが閉塞した。 正サイトのスト
レージシステム/副
サイトのストレー
ジシステム
SIM Log
dc
0x
Serious
プライマリボリュームが使用してい
るボリュームがサスペンドされた。
パスを回復できない。
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
1x
Serious
プライマリボリュームが使用してい
るボリュームがサスペンドされた。
正サイトのストレージシステムで障
害が検出された。
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
2x
Serious
プライマリボリュームが使用してい
るボリュームがサスペンドされた。
副サイトのストレージシステムで障
害が検出された。
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
4x
Serious
プライマリボリュームが使用してい
正サイトのスト
るボリュームがサスペンドされた。
レージシステム
副サイトのストレージシステムでボ
リュームのペアがサスペンドされた。
SIM Log
dc
5x
Serious
プライマリボリュームが使用してい
るボリュームがサスペンドされた。
副サイトのストレージシステムでボ
リュームのペアが削除された。
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
6x
Serious
セカンダリボリュームが使用してい
るボリュームがサスペンドされた。
パスを回復できない。
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
7x
Serious
セカンダリボリュームが使用してい
るボリュームがサスペンドされた。
副サイトのストレージシステムで障
害が検出された。
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
参照コード
バイト
23
バイト 22
重大度レ
ベル
説明
生成元
SVP ロ
グファ
イル
dc
9x
Serious
デルタリシンク用 Universal
Replicator ペアのプライマリボ
リュームが使用しているボリューム
がサスペンドされた。
正サイトのストレージシステムで障
害が検出された。
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
ax
Serious
複数の正サイトのストレージシステ
ムと副サイトのストレージシステム
の組み合わせで構成されたプライマ
リボリュームが使用するボリューム
がサスペンドされた。
別の正サイトのストレージシステム
と副サイトのストレージシステムで
障害が検出された。
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
f1
Serious
UR Read JNL 5 分途絶 (MCU 側障害検
出)
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
f3
Serious
UR Read JNL 5 分途絶 (RCU 側障害検
出)
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
次に示す SIM は、直ちに対処する必要はありませんが、対処を必要とするおそれがあります。
参照コード
バイト 22
バイト 23
重大度レベ
ル
説明
生成元
SVP ログファ
イル
dc
e0
Moderate
UR M-JNL Meta 満杯ワーニ
ング
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
e1
Moderate
UR M-JNL Data 満杯ワーニ
ング
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
e2
Moderate
UR R-JNL Meta 満杯ワーニ
ング
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
e3
Moderate
UR R-JNL Data 満杯ワーニ
ング
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
f0
Moderate
UR Read JNL 1 分途絶 (MCU
側障害検出)
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
f2
Moderate
UR Read JNL 1 分途絶 (RCU
側障害検出)
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
f4
Moderate
URxUR マルチターゲット構
成 UR M-JNL Meta 満杯ワー
ニング
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
f5
Moderate
URxUR マルチターゲット構
成 UR M-JNL Data 満杯ワー
ニング
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
次に示す SIM は、状態変更によって出力される SIM であり、エラーが発生して出力される SIM では
ありません。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
163
参照コード
バイト 22
164
バイト 23
重大度レベ
ル
説明
生成元
SVP ログファ
イル
21
81
Service
リモートコピー論理パス回
復
正サイトのスト
レージシステム
副サイトのスト
レージシステム
SSB Log
d8
0x
Service
UR にて使用するボリューム
が定義された
正サイトのスト
レージシステム
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
d8
1x
Service
UR にて使用中のボリューム
がコピーを開始
正サイトのスト
レージシステム
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
d8
2x
Service
UR にて使用中のボリューム
がコピーを完了
正サイトのスト
レージシステム
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
d8
3x
Service
UR にて使用中のボリューム
がサスペンド要求を受領
正サイトのスト
レージシステム
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
d8
4x
Service
UR にて使用中のボリューム
がサスペンド処理を完了
正サイトのスト
レージシステム
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
d8
5x
Service
UR にて使用中のボリューム
が削除要求を受領
正サイトのスト
レージシステム
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
d8
6x
Service
UR にて使用中のボリューム
が削除処理を完了
正サイトのスト
レージシステム
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
d8
7x
Service
UR にて使用するボリューム
が定義された(即 PSUS)
正サイトのスト
レージシステム
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
d8
8x
Service
UR にて使用するデルタボ
リュームが定義された
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
d8
9x
Service
UR にて使用していた P-VOL
がデルタボリュームとして
再定義
正サイトのスト
レージシステム
SIM Log
d9
zx
Service
MCU 側から S-VOL への状態
変更を受領
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
da
zx
Service
RCU 側から S-VOL への状態
変更を受領
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
dc
8x
Service
S-VOL にて使用中のボ
リュームがサスペンド(MCU
側の P/S OFF 検出)
副サイトのスト
レージシステム
SIM Log
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
10.7
お問い合わせ先
•
保守契約をされているお客様は、以下の連絡先にお問い合わせください。
日立サポートサービス:http://www.hitachi-support.com/
•
保守契約をされていないお客様は、担当営業窓口にお問い合わせください。
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
165
166
Universal Replicator のトラブルシューティング
Universal Replicator ユーザガイド
A
RAID Manager コマンドリファレンス
Storage Navigator のアクション名に対応する RAID Manager コマンドについて説明しま
す。また、ジャーナルボリュームとリザーブジャーナルボリュームの交換手順について説
明します。
r A.1 Storage Navigator のアクション名と RAID Manager コマンドの対応表
r A.2 RAID Manager を使用したジャーナルボリュームとリザーブジャーナルボリュー
ムの交換手順
RAID Manager コマンドリファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
167
A.1
Storage Navigator のアクション名と RAID
Manager コマンドの対応表
Storage Navigator のアクション名に対応する RAID Manager コマンドを次の表に示します。RAID
Manager コマンドの詳細については、『RAID Manager コマンドリファレンス』を参照してください。
表 A-1 : Storage Navigator のアクション名に対応する RAID Manager コマンド(構成操作)
アクション名
オプション
[リモート接続追加]
[ジャーナル作成]
[ジャーナルオプション編
集]
[ジャーナルボリューム割り
当て]
[MP ユニット割り当て]
Storage
Navigator
からの操作
RAID Manager
コマンド名
対応するオプションなど
[リモートストレージシステム]
○
raidcom
add rcu
-rcu <serial#> <mcu#> <rcu#>
<id>
[リモートパス]
○
raidcom
add rcu
-cu_free <serial#> <id> <pid>
[RIO MIH 時間]
○
raidcom
modify rcu
-rcu_option <mpth> <rto> <rtt>
[fzd|fze]
[ジャーナル ID]
○
raidcom
add
journal
-journal_id <journal ID#>
[MP ユニット ID]※
○
raidcom
modify
journal
-mp_blade_id <mp#>
[データあふれ監視時間]※
○
raidcom
modify
journal
-data_overflow_watch <time>
[キャッシュモード]※
○
raidcom
modify
journal
-cache_mode {y|n}
[データあふれ監視時間]※
○
raidcom
modify
journal
-data_overflow_watch <time>
[キャッシュモード]※
○
raidcom
modify
journal
-cache_mode {y|n}
○
raidcom
add
journal
-journal_id <journal ID#>
○
raidcom
add
journal
-mp_blade_id <mp#>
○
なし
○
なし
なし
[MP ユニット ID]
[リモートレプリカオプショ [コピータイプ]
ン編集]
[最大形成コピー数]
(凡例)
○:操作可能
注※
Storage Navigator では、MP ユニット ID、データあふれ監視時間、キャッシュモードを同時に
設定できますが、RAID Manager では同時に指定できません。個別に設定してください。
168
RAID Manager コマンドリファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
表 A-2 : Storage Navigator のアクション名に対応する RAID Manager コマンド(コンシステン
シーグループ操作)
RAID Manager
Storage Navigator
からの操作
アクション名
コマンド名
対応するオプションなど
コンシステンシーグループを予約する
×
paircreate
-f[g] <fence> [CTG ID]
コンシステンシーグループの予約を解除する
×
なし
コンシステンシーグループにペアを追加
×
paircreate
-f[g] <fence> [CTG ID]
コンシステンシーグループ指定ペア分割
(時刻指定なし)
×
pairsplit
-S ※
コンシステンシーグループ単位でペア再同期
×
pairresync
-f[g] <fence> [CTG ID]
コンシステンシーグループ単位でペア削除
×
pairsplit
-S
(凡例)
×:操作不可
注※
同時にペア解除したいボリュームは、あらかじめ同じコンシステンシーグループにしておく必
要があります。
表 A-3 : Storage Navigator のアクション名に対応する RAID Manager コマンド(ペア操作)
アクション名
Storage
Navigator か
らの操作
オプション
RAID Manager
コマンド名
対応するオプションなど
[LU 選択]
○
paircreate ※1
なし
[ベースセカンダリボリューム]
○
paircreate ※2
なし
[ミラー選択]
○
paircreate ※1
なし
[CTG ID]
○
paircreate
-f[g] <fence> [CTG ID]
[形成コピータイプ]
○
paircreate
[-nocopy|-nocsus]
[形成コピー優先度]
○
paircreate
なし
[エラーレベル]
○
paircreate
-nomsg
[ペア分割]
[セカンダリボリューム書き込み]
○
pairsplit
-rw
[ミラー分割]
[セカンダリボリューム書き込み]
○
なし
[分割モード]
○
なし
[コピー優先度]
○
pairresync
なし
[エラーレベル]
○
pairresync
-nomsg
[UR ペア作成]
[ペア再同期]
[ミラー再同期]
なし
○
なし
[ペア削除]
なし
○
pairsplit
○
なし
[ミラー削除]
[削除モード]
-S
(凡例)
○:操作可能
注※1
RAID Manager コマンドリファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
169
paircreate コマンドのオプションで LU およびミラーを指定することはできません。あらかじ
め構成定義ファイルに LU およびミラーを指定した上で、paircreate コマンドを入力してくだ
さい。
注※2
paircreate コマンドのオプションでベースセカンダリボリュームおよびセカンダリボリュー
ムを指定することはできません。あらかじめ構成定義ファイルに指定したいセカンダリボ
リュームをすべて列挙した上で、paircreate コマンドを入力してください。
表 A-4 : Storage Navigator のアクション名に対応する RAID Manager コマンド(状態表示操作)
アクション名
オプション
RAID Manager
Storage Navigator
からの操作
コマンド名
対応するオプションなど
[ペアプロパティ参照]
なし
○
pairdisplay
-m <mode>
[ペア一致率参照]
なし
○
pairdisplay
-fc
[リモート接続プロパティ参照]
なし
○
pairdisplay
-m <mode>
(凡例)
○:操作可能
表 A-5 : Storage Navigator のアクション名に対応する RAID Manager コマンド(ペアの保守操作)
アクション名
オプション
[ペアオプション編集]
[エラーレベル]
Storage
Navigator か
らの操作
RAID Manager
コマンド名
○
なし
対応するオプションなど
[ペア強制削除(UR ペア)]
なし
○
なし
[ジャーナルオプション編集]
なし
○
raidcom modify journal
[ミラーオプション編集]
なし
○
なし
[ジャーナルボリューム割り当て]
なし
○
raidcom add journal
-journal_id<journal ID#>
[ジャーナル削除]
なし
○
raidcom delete journal
-journal_id<journal ID#>
○
なし
[リモート接続オプション編集]
[RIO MIH 時間]
[リモートパス追加]
なし
○
なし
[リモートパス削除]
なし
○
なし
[リモート接続削除]
なし
○
なし
[リモートコマンドデバイス割り当
て]
なし
○
なし
[リモートコマンドデバイス解除]
なし
○
なし
なし
(凡例)
○:操作可能
A.2
RAID Manager を使用したジャーナルボリューム
とリザーブジャーナルボリュームの交換手順
RAID Manager を使って、ジャーナルボリュームとリザーブジャーナルボリュームを交換する手順に
ついて説明します。
170
RAID Manager コマンドリファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
リザーブジャーナルボリュームとなる未割り当てのジャーナルボリュームがあること。
操作手順
ジャーナルボリュームとリザーブジャーナルボリュームを交換する手順を次の表に示します。
表 A-6 : ジャーナルボリュームとリザーブジャーナルボリュームの交換手順
手順
操作
実行するコマンド
説明※1
1
リザーブジャーナ
ルボリュームを
ジャーナルに追加
します。
raidcom add journal -journal_id
<journal ID#> -ldev_id <ldev#>
<journal ID#>:交換対象の
ジャーナルボリュームが登録され
ているジャーナルの ID を指定し
ます。
<ldev#>:リザーブジャーナルボ
リュームとなる未割り当ての
ジャーナルボリュームの LDEV 番
号を指定します。
2
現在使用している
ジャーナルボ
リュームの LDEV 番
号を確認します。
raidcom get journal
コマンド出力の「LDEV#」列に表示
される LDEV 番号が、現在使用して
いるジャーナルボリュームの
LDEV 番号です。
3
交換対象のジャー
ナルボリュームを
削除します。
raidcom delete journal journal_id <journal ID#> ldev_id <ldev#>
<journal ID#>:交換対象の
ジャーナルボリュームが登録され
ているジャーナルの ID を指定し
ます。
<ldev#>:手順 2 で確認した現在
使用しているジャーナルボリュー
ムの LDEV 番号を指定します。
注※1
必要に応じて-I パラメータに、使用している RAID Manager インスタンスのインスタンス番号
を指定してください。
注※2
必要に応じて-IH パラメータを指定してください。
RAID Manager コマンドリファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
171
172
RAID Manager コマンドリファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
B
Universal Replicator と他の機能の併用
Universal Replicator 以外の機能で使われているボリュームの中には、Universal
Replicator のデータボリュームやジャーナルボリュームとして利用できるものと、そうで
ないものがあります。Universal Replicator 以外のボリュームを Universal Replicator
のボリュームとして利用できるかどうかを説明します。
r B.1 Universal Replicator と併用できるボリューム種別
r B.2 Universal Replicator と Thin Image の併用
r B.3 Universal Replicator と Virtual LUN の併用
r B.4 Universal Replicator と Volume Migration の併用
r B.5 Universal Replicator と LUN Manager の併用
r B.6 Universal Replicator と Dynamic Provisioning の併用
r B.7 Universal Replicator と Performance Monitor の併用
r B.8 Universal Replicator と Data Retention Utility の併用
r B.9 Universal Replicator と Universal Volume Manager の併用
r B.10 Universal Replicator と Resource Partition Manager の併用
r B.11 Universal Replicator と global storage virtualization の併用
Universal Replicator と他の機能の併用
Universal Replicator ユーザガイド
173
B.1
Universal Replicator と併用できるボリューム種
別
下記の表に Universal Replicator 以外のボリュームを Universal Replicator のプライマリボ
リューム、セカンダリボリューム、およびジャーナルボリュームとして利用できるかどうかを示し
ます。
ボリューム種別
プライマリボ
リュームとして利
用できるか
セカンダリボ
リュームとして利
用できるか
ジャーナルボ
リュームとして利
用できるか
ShadowImage
プライマリボリューム(PSUS 状態)
○
○※1、※2
×
プライマリボリューム(PSUE 状態)
○
○※1、※2
×
プライマリボリューム(COPY(RS-R)/RCPY 状
態)
×
×
×
プライマリボリューム(TrueCopy のプライ
マリボリュームまたはセカンダリボリュー
ムとして兼用されている状態)
○
○※1、※2
×
プライマリボリューム(上記以外の状態)
○
○※1、※2、※3
×
セカンダリボリューム(PSUS 状態)
○
×
×
セカンダリボリューム(PSUE 状態)
○
×
×
セカンダリボリューム(上記以外の状態)
×
×
×
プライマリボリューム(COPY(RS-R)/RCPY 状
態)
×
×
×
プライマリボリューム(上記以外の状態)
○
○※4
×
仮想ボリューム
×
×
×
プールボリューム
×
×
×
移動元のボリューム(ボリューム移動中のと
き)
○(ただし、プライ
マリボリュームと
して利用すると、ボ
リューム移動が中
断します)
○(ただし、セカ
ンダリボリューム
として利用する
と、ボリューム移
動が中断します)
×
移動元のボリューム(ボリューム移動の終了
後)
○
○
×
プライマリボリューム(COPY 状態)
×
×
×
プライマリボリューム(PAIR 状態)
○
×
×
プライマリボリューム(PSUS 状態)
○
×※5
×
プライマリボリューム(PSUE 状態)
○
×※5
×
セカンダリボリューム(COPY 状態)
×
×
×
セカンダリボリューム(PAIR 状態)
○
×
×
セカンダリボリューム(PSUS 状態)
○
×
×
セカンダリボリューム(SSWS 状態)
○
×※5
×
Thin Image
Volume Migration
TrueCopy
174
Universal Replicator と他の機能の併用
Universal Replicator ユーザガイド
ボリューム種別
セカンダリボリューム(PSUE 状態)
プライマリボ
リュームとして利
用できるか
セカンダリボ
リュームとして利
用できるか
ジャーナルボ
リュームとして利
用できるか
○
×
×
○
○
×
○(ただし、ユーザ
が所属するユーザ
グループに割り当
てられているボ
リュームに限りま
す)
○(ただし、ユー
ザが所属するユー
ザグループに割り
当てられているボ
リュームに限りま
す)
○(ただし、ユーザ
が所属するユーザ
グループに割り当
てられている
OPEN-V の仮想ボ
リュームに限りま
す)
Read/Write 属性のボリューム
○
○
○
Protect 属性のボリューム
○
○
×
Read Only 属性のボリューム
○
○
×
副 VOL 拒否(S-VOL Disable)が設定されて
いるボリューム
○
×(ただし、
Universal
Replicator ペアを
再同期するときに
限り、セカンダリ
ボリュームとして
利用できます)
×
○
○
×
パスが定義されているボリューム
○
○
×
パスが定義されていないボリューム
×
×
○
LUN セキュリティが適用されているボ
リューム
○
○
×
○
○
○
○
○
×
○※6
○※6
×
プライマリボリューム
×
×
×
セカンダリボリューム
×
×
×
Quorum ディスク
×
×
×
セカンダリボリューム用として予約属性あ
りのボリューム
×
×
×
Universal Volume Manager
Universal Volume Manager のボリューム
Resource Partition Manager
Resource Partition Manager を設定したボ
リューム
Data Retention Utility
Virtual LUN
Virtual LUN ボリューム
LUN Manager
Dynamic Provisioning
仮想ボリューム
Dynamic Tiering/active flash
仮想ボリューム
global storage virtualization
仮想ストレージマシン内のボリューム
global-active device
(凡例)
Universal Replicator と他の機能の併用
Universal Replicator ユーザガイド
175
○:利用できる
×:利用できない
注※1
3DC 構成の場合、デルタリシンク用 Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームには、
DP-VOL を使用した ShadowImage ペアのプライマリボリュームを割り当てないでください。
注※2
Universal Replicator ペアのプライマリボリュームとセカンダリボリュームがどちらも
Dynamic Provisioning の仮想ボリューム(DP-VOL)の場合、Universal Replicator ペアのセ
カンダリボリュームは ShadowImage ペアのプライマリボリュームにできません。
注※3
Universal Replicator と ShadowImage を併用するボリュームに Dynamic Provisioning の仮想
ボリューム(DP-VOL)を使用している場合は、Universal Replicator ペアの作成に失敗するこ
とがあります。
注※4
すでに Thin Image のプライマリボリュームとして使用しているボリュームを、Universal
Replicator ペア作成時にセカンダリボリュームとして指定することはできません。
注※5
Universal Replicator ペアを再同期または RAID Manager の horctakeover コマンドを実行す
る場合に限り、セカンダリボリュームとして利用できます。
注※6
仮想 LDEV ID を削除しているボリュームは、Universal Replicator のペアボリュームとして使
用できません。
ShadowImage のボリュームは Universal Replicator とボリュームを拡張して併用できます。
関連項目
B.2
•
B.2 Universal Replicator と Thin Image の併用
•
B.6 Universal Replicator と Dynamic Provisioning の併用
•
C Universal Replicator と TrueCopy の併用
•
D Universal Replicator と ShadowImage の併用
Universal Replicator と Thin Image の併用
•
Universal Replicator ペアのプライマリボリュームまたはセカンダリボリュームを、Thin
Image のプライマリボリュームとして、Thin Image のペアを作成できます。
•
すでに Thin Image のプライマリボリュームとして使用しているボリュームを、Universal
Replicator ペア作成時にセカンダリボリュームとして指定することはできません。
•
Universal Replicator と Thin Image の併用でサポートする構成を次に示します。
◦
176
構成
Universal Replicator と他の機能の併用
Universal Replicator ユーザガイド
副サイトの Thin Image ペアを作成するためには、正サイトの Universal Replicator ペアを
先に作成する必要があります。
B.3
B.4
Universal Replicator と Virtual LUN の併用
•
Universal Replicator は、標準サイズの LU より小さい、カスタムサイズの LU を設定できる
Virtual LUN 機能をサポートしています。カスタムサイズの LU が Universal Replicator のペ
アに割り当てられたとき、セカンダリボリュームはプライマリボリュームと同じ容量にする必要
があります。
•
Universal Replicator ペアのプライマリボリュームとセカンダリボリュームは、Virtual LUN 操
作の対象にできます。これらのボリュームに Virtual LUN 操作を実行する場合は、事前に
Universal Replicator ペアを削除して、それぞれのボリュームを SMPL 状態にしてください。
Universal Replicator と Volume Migration の併
用
ペア状態が COPY または PAIR 以外の場合は、Universal Replicator のプライマリボリュームまたは
セカンダリボリュームを Volume Migration の移動元ボリュームに指定できます。
Universal Replicator のデータボリュームおよびジャーナルボリュームを移動先ボリュームに指
定することはできません。Volume Migration の詳細は、『Volume Migration ユーザガイド』を参照
してください。
B.5
Universal Replicator と LUN Manager の併用
•
LUN Manager 操作は、Universal Replicator 操作に影響を与えません。ホストグループまたは
iSCSI ターゲットに割り当てられて保護されているポートのボリュームも Universal
Replicator ペアとして割り当てることができます。また、Universal Replicator ペアのボ
リュームを LUN Manager によって保護することもできます。
•
Universal Replicator のセカンダリボリュームは、ペアが分割されないかぎり UNIX または PC
サーバホストからアクセスできません。
Universal Replicator と他の機能の併用
Universal Replicator ユーザガイド
177
B.6
Universal Replicator と Dynamic Provisioning
の併用
•
DP-VOL(Dynamic Provisioning の仮想ボリューム)を指定して Universal Replicator ペアを作
成できます。
DP-VOL を指定するのは、プライマリボリュームとセカンダリボリュームのどちらか一方でも、
両方でもかまいません。
•
Universal Replicator ペア作成に使用する DP-VOL が ShadowImage ペアまたは Volume
Migration 移動プランでも使用されている場合は、ShadowImage ペアと Volume Migration の設定
を解除した後、Universal Replicator ペアを作成し、ShadowImage ペア・Volume Migration 移
動プランを再作成してください。
•
また、割り当て済みのページがある DP-VOL を Universal Replicator ペアのセカンダリボリュー
ムに指定すると、ページの再割り当てが発生するため、一時的に DP-VOL のプール使用量が実際
の使用量よりも増加します。したがって、ペアを作成する前に、次のことを行ってください。
•
B.7
◦
DP-VOL のプール残容量が十分にあることを確認してください。
◦
プールに登録したプールボリュームが閉塞していないことを確認してください。プールボ
リュームが閉塞している場合は、プールボリュームの状態を回復させてからペアを作成して
ください。
セカンダリボリュームとして DP-VOL を使用した場合、プールボリュームが満杯になったため
データの更新ができなくなることがあります。この場合、Universal Replicator ペアの状態は
PFUS になります。PFUS は、RAID Manager で表示されるペア状態です。Storage Navigator では、
このペア状態は PSUS となります。
Universal Replicator と Performance Monitor
の併用
Storage Navigator の Performance Monitor プログラムプロダクトは、ストレージシステムの I/O
動作とハードウェアパフォーマンスの詳細情報を提供します。Performance Monitor によって収集
および表示されるストレージシステムの使用状況と性能データによって、次のことができるように
なります。
•
Universal Replicator データを二重化する最適なタイミングを判断する。
•
Universal Replicator セカンダリボリュームの最適なロケーションを決定する(例:バックエ
ンド動作のボトルネックを避けるためにアクセス頻度の低いボリュームを持つアレイグループ
内)。
•
Universal Replicator 操作中、またはテスト動作中のストレージシステムのパフォーマンスを
監視する。
Performance Monitor についての詳細は『Performance Manager ユーザガイド(Performance
Monitor, Server Priority Manager)』を参照してください。
関連項目
•
178
B.7.1 Universal Replicator と Performance Monitor の併用の操作の流れ
Universal Replicator と他の機能の併用
Universal Replicator ユーザガイド
B.7.1
Universal Replicator と Performance Monitor の併用の操作
の流れ
Performance Monitor が同じ VSP G100, G200, G400, G600, G800 内部 LAN で1つまたは複数のス
トレージシステムのデータを収集している間に、Universal Replicator の操作への影響を低減する
ため、次の流れで操作してください。
1. Performance Monitor が大量のボリュームデータを収集している場合、Storage Navigator を使
用する前に、1 つまたは複数のストレージシステムの Performance Monitor による LDEV データ
の収集を停止することを検討します。
2. Performance Monitor がストレージシステム内部 LAN にある 3 台以上のストレージシステムの
データを収集している場合は、Storage Navigator を使用する前に、1 つまたは複数のストレー
ジシステムから Performance Monitor を切断することを検討してください。
3. LDEV データの収集を停止、または Performance Monitor を切断した後、Storage Navigator を使
用してストレージシステムに接続し、Universal Replicator を起動して Universal Replicator
操作(ペアの作成やペア状態の表示など)を実行できます。
4. Universal Replicator 操作の実行が終了したら、Universal Replicator プログラムプロダクト
を終了し、機能選択画面を終了して、Storage Navigator をストレージシステムから切断しま
す。
5. Storage Navigator の切断後は、Performance Monitor のデータ収集を再開できます。
Performance Monitor についての詳細は『Performance Manager ユーザガイド(Performance
Monitor, Server Priority Manager)』を参照してください。
B.8
Universal Replicator と Data Retention Utility
の併用
Universal Replicator は、Data Retention Utility でアクセス属性を設定したボリュームを使用し
てペアを作成できます。ただし、Data Retention Utility で副 VOL 拒否が設定されているボリュー
ムをセカンダリボリュームとする Universal Replicator ペアは作成できません。
次の表に Universal Replicator ペア状態と Data Retention Utility 操作の関係を示します。
Data Retention Utility 操作
ペア状態
ボリューム
アクセス属性変更
プライマリボリューム
セカンダリボリューム
アクセス属性参照
SMPL
可能
可能
COPY
可能
可能
PAIR
可能
可能
PSUS
可能
可能
PSUE
可能
可能
SMPL
可能
可能
COPY
次の表を参照してくださ
い。
可能
PAIR
次の表を参照してくださ
い。
可能
PSUS
可能
可能
PSUE
可能
可能
Universal Replicator と他の機能の併用
Universal Replicator ユーザガイド
179
次の表に Universal Replicator のセカンダリボリュームのペア状態が PAIR または COPY のとき変
更操作が可能なアクセス属性を示します。
変更操作が可能なアクセス属性
変更操作前のアクセス
属性
Read/Write
Read Only
Protect
S-VOL Disable
COPY
可能
可能※
可能※
不可
PAIR
可能
可能※
可能※
不可
注※
Storage Navigator からは変更できません。
B.9
Universal Replicator と Universal Volume
Manager の併用
Universal Replicator は、Universal Volume Manager と連携して使用することで、外部ボリューム
を使用してペアを作成できます。
外部ボリュームの詳細については、『Universal Volume Manager ユーザガイド』を参照してくださ
い。
B.10
Universal Replicator と Resource Partition
Manager の併用
Resource Partition Manager 使用時に、リソースグループに所属しているボリュームをプライマリ
ボリュームまたはセカンダリボリューム、仮想ボリュームをジャーナルボリュームとして、
Universal Replicator ペアを作成できます。
Resource Partition Manager の詳細については、『システム構築ガイド』を参照してください。
B.11
Universal Replicator と global storage
virtualization の併用
仮想ストレージマシン内のボリュームを使用して、Universal Replicator ペアを作成できます。た
だし、仮想 LDEV ID は Storage Navigator に表示されますが、仮想 LDEV ID を指定してペア操作す
ることはできません。Universal Replicator ペアを操作するときには、VSP G100, G200, G400,
G600, G800 の LDEV ID を指定してください。また、Universal Replicator ペアで使用しているボ
リュームの仮想 LDEV ID は削除できません。
180
Universal Replicator と他の機能の併用
Universal Replicator ユーザガイド
C
Universal Replicator と TrueCopy の併用
この章では、Universal Replicator と TrueCopy を組み合わせた構成について説明します。
r C.1 3DC カスケード構成
r C.2 3DC マルチターゲット構成
r C.3 デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
181
C.1
3DC カスケード構成
データセンターを、正サイト、中間サイト、副サイトの 3 か所に配置する構成です。
関連項目
C.1.1
•
1.11.1 3DC カスケード構成(3 データセンターカスケード構成)とは
•
C.1.1 3DC カスケード構成の要件と注意事項
•
C.1.2 3DC カスケード構成のセットアップ手順
3DC カスケード構成の要件と注意事項
•
正サイト、中間サイト、副サイトのそれぞれに 1 台ずつ、VSP G800 を配置します。
各サイトに複数のストレージシステムがある場合、3DC カスケード構成にすることはできませ
ん。
•
すべてのサイトに RAID Manager の導入を推奨します。
•
すべてのサイトに管理クライアントが必要です。
•
正サイトは次の要件も満たす必要があります。
•
•
◦
ホストが使用する業務アプリケーションがあること。
◦
TrueCopy のライセンスがあること。
◦
TrueCopy ペアのプライマリボリュームがあること(これは業務ボリュームです)。
◦
TrueCopy ペアの[プライマリボリュームフェンスレベル]を[セカンダリボリュームデー
タ]に設定すること。
中間サイトは次の要件も満たす必要があります。
◦
TrueCopy のライセンスがあること。
◦
Universal Replicator のライセンスがあること。
◦
TrueCopy ペアのセカンダリボリューム兼 Universal Replicator ペアのプライマリボリュー
ムがあること。
◦
Universal Replicator ペアのマスタジャーナルボリュームがあること。
副サイトは次の要件も満たす必要があります。
◦
Universal Replicator のライセンスがあること。
◦
Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームがあること。
◦
Universal Replicator ペアのリストアジャーナルボリュームがあること。
差分データは、分割された TrueCopy ペアまたは Universal Replicator ペアを再同期するときに使
用されます。
TrueCopy ペアを再同期したあと、PAIR または COPY 状態にある Universal Replicator ペアはシステ
ムによって自動的に分割されます。
C.1.2
3DC カスケード構成のセットアップ手順
3DC カスケード構成をセットアップする手順を次に示します。
1. 必要とされるシステムに TrueCopy と Universal Replicator をインストールし、設定します。
2. 正サイトのストレージシステムに TrueCopy ペアを作成します。
182
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
作業内容については『TrueCopy ユーザガイド』を参照してください。
3. TrueCopy ペアの状態が PAIR のとき、TrueCopy ペアのセカンダリボリュームを Universal
Replicator ペアのプライマリボリュームにして、副サイトのストレージシステムに Universal
Replicator ペアを作成します。
ミラー ID は 1~3 のどれかを選択します。
メモ Universal Replicator ペアが PAIR 状態に遷移するよりも前に、TrueCopy ペアを PAIR 状態に遷移させる必
要があります。TrueCopy ペアが PAIR 状態へと遷移する前に Universal Replicator ペアを PAIR 状態に遷移す
る指示を発行したときは、要求が拒否されます。
C.2
3DC マルチターゲット構成
データセンターを正サイトと 2 か所の副サイトに配置する構成です。
関連項目
C.2.1
•
1.11.2 3DC マルチターゲット構成(3 データセンターマルチターゲット構成)とは
•
C.2.1 3DC マルチターゲット構成の要件
•
C.2.2 3DC マルチターゲット構成のセットアップ手順
3DC マルチターゲット構成の要件
•
正サイト、TrueCopy の副サイト、および Universal Replicator の副サイトそれぞれに、少なく
とも 1 台の VSP G800 を配置します。
3DC マルチターゲット構成は、正サイトや副サイトに複数の VSP G800 があるシステムでも使用
できます。ただし、デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成の場合、正サイトや副サ
イトに複数のストレージシステムがあるシステムでは使用できません。
•
すべてのサイトに RAID Manager の導入を推奨します。
•
すべてのサイトに管理クライアントが必要です。
•
正サイトは次の要件も満たす必要があります。
•
•
◦
ホストが使用する業務アプリケーションがあること。
◦
TrueCopy のライセンスがあること。
◦
Universal Replicator のライセンスがあること。
◦
TrueCopy ペアのプライマリボリューム兼 Universal Replicator ペアのプライマリボリュー
ムがあること(これは業務ボリュームです)。
◦
Universal Replicator ペアのマスタジャーナルボリュームがあること。
TrueCopy の副サイトは次の要件も満たす必要があります。
◦
TrueCopy のライセンスがあること。
◦
TrueCopy ペアのセカンダリボリュームがあること。
Universal Replicator の副サイトは次の要件も満たす必要があります。
◦
Universal Replicator のライセンスがあること。
◦
Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームがあること。
◦
Universal Replicator ペアのリストアジャーナルボリュームがあること。
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
183
C.2.2
3DC マルチターゲット構成のセットアップ手順
3DC マルチターゲット構成をセットアップする手順を次に示します。
1. 必要とされるシステムに TrueCopy と Universal Replicator をインストールし、設定します。
2. 正サイトのストレージシステムに TrueCopy ペアを作成します。
作業内容については『TrueCopy ユーザガイド』を参照してください。
3. TrueCopy ペアの状態が PAIR のとき、正サイトのストレージシステムに Universal Replicator
ペアを作成します。
ミラー ID は 1~3 のどれかを選択します。
関連項目
•
C.3
C.3.1 3DC マルチターゲット構成でデルタリシンクを用いる場合の追加作業
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット
構成
この構成も、データセンターを正サイトと 2 か所の副サイトの 3 か所に配置する構成です。
関連項目
C.3.1
•
1.11.3 デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成とは
•
C.3.1 3DC マルチターゲット構成でデルタリシンクを用いる場合の追加作業
•
C.3.2 デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成条件
•
C.3.3 デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成手順
•
C.3.4 デルタリシンク用リモートコマンドデバイスの設定条件
•
C.3.5 デルタリシンク用リモートコマンドデバイスの設定手順
•
C.3.6 デルタリシンクの実行条件
•
C.3.7 デルタリシンクの実行
•
C.3.8 デルタリシンクが失敗している場合の対処
•
C.3.9 デルタリシンクが失敗したときにエラーを発生させないようにするには
3DC マルチターゲット構成でデルタリシンクを用いる場合の追
加作業
デルタリシンクを用いるには、3DC マルチターゲット構成を作成したあと、次の手順で追加作業が
必要です。
1. デルタリシンク用の Universal Replicator ペアを作成します。
2. 各サイトでリモートコマンドデバイスを設定します。
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアの作成後、各サイトにリモートコマンドデバイ
スを構成し、デルタリシンク用のリモートコマンドデバイスとして設定する必要があります。デ
ルタリシンク用のリモートコマンドデバイスが設定されていない場合、デルタリシンクは失敗し
ます。リモートコマンドデバイスの設定については『Universal Volume Manager ユーザガイド』
を参照してください。
3. リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てます。
184
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
リモートコマンドデバイスにミラー ID が割り当てられていない場合にも、デルタリシンクは失
敗します。リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てる方法については、関連項目を参
照してください。
リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てると、TrueCopy の副サイトと Universal
Replicator の副サイトの間の通信は自動的に実行され、デルタリシンクは準備完了となります。
リモートコマンドデバイスとミラー ID の対応を次の図に示します。
関連項目
C.3.2
•
C.2.2 3DC マルチターゲット構成のセットアップ手順
•
C.3.2 デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成条件
•
C.3.3 デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成手順
•
C.3.4 デルタリシンク用リモートコマンドデバイスの設定条件
•
C.3.5 デルタリシンク用リモートコマンドデバイスの設定手順
デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成条件
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアを作成する場合、次の条件をすべて満たす必要があ
ります。
•
3DC マルチターゲットが構成されていること。
•
正サイトおよび副サイトにあるストレージシステムが 1 つだけであること。
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
185
•
PAIR 状態の TrueCopy ペアのセカンダリボリュームをデルタリシンク用の Universal
Replicator ペアのプライマリボリュームとして使用すること。
•
PAIR 状態の Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームをデルタリシンク用の
Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームとして使用すること。
•
ミラー ID1~3 のうち、通常の Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームが使用してい
るミラー ID とは別のミラー ID を、デルタリシンク用の Universal Replicator ペアが使用する
こと。
•
Universal Replicator ペアで使用されていないコンシステンシーグループを使用すること。
• 「B.1 Universal Replicator と併用できるボリューム種別」に記載されている、TrueCopy のボ
リュームを Universal Replicator のプライマリボリュームまたはセカンダリボリュームとして
使用する場合の条件を満たすこと。
•
各サイトのシステムオプションモード 506 を ON に設定すること(デフォルトの設定は ON になっ
ています)。
•
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアを複数作成する場合は、上記のすべての条件を
満たすとともに、ジャーナル内のすべてのデルタリシンク用の Universal Replicator ペアが同
じミラー ID を使用すること。
関連項目
C.3.3
•
B.1 Universal Replicator と併用できるボリューム種別
•
C.3.3 デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成手順
デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成手順
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアの作成手順を次に示します。
1. 必要とされるシステムに TrueCopy と Universal Replicator をインストールし、設定します。
2. 正サイトのストレージシステムに TrueCopy ペアを作成します。
関連項目の記載内容に従ってください。
3. TrueCopy ペアの状態が PAIR になった後、正サイトのストレージシステムに Universal
Replicator ペアを作成します。
関連項目の記載内容に従ってください。
4. デルタリシンク用の Universal Replicator ペアを作成します。
TrueCopy ペアのセカンダリボリュームをデルタリシンク用の Universal Replicator ペアのプ
ライマリボリュームに、Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームをデルタリシンク
用の Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームに指定してください。
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアを作成するとき、ミラー ID1~3 のうち手順 3 で
Universal Replicator ペアを作成したときに使用したミラー ID とは別のミラー ID を選択しま
す。
関連項目
•
C.3.4
C.3.2 デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの作成条件
デルタリシンク用リモートコマンドデバイスの設定条件
デルタリシンクを実行するには、リモートコマンドデバイスを設定し、リモートコマンドデバイス
にミラー ID を割り当てる必要があります。
リモートコマンドデバイスを設定するには、次の 2 つの条件を満たす必要があります。
186
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
•
2 つのコマンドデバイスが、各サイト(正サイト、TrueCopy の副サイト、Universal Replicator
の副サイト)で設定されていること。
コマンドデバイスの設定については、『システム構築ガイド』を参照してください。
•
各サイト間で外部パスが設定されていること。
外部パスの設定については、『Universal Volume Manager ユーザガイド』を参照してください。
リモートコマンドデバイスの設定については、『Universal Volume Manager ユーザガイド』を参照
してください。
リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てるには、次の 2 つの条件を満たす必要がありま
す。
•
3DC マルチターゲットが構成され、デルタリシンク用の Universal Replicator ペアが作成され
ていること。
•
各サイト間でリモートコマンドデバイスが設定されていること。
リモートコマンドデバイスの設定については、
『Universal Volume Manager ユーザガイド』を参
照してください。
リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てる方法については、関連項目を参照してくださ
い。
外部パス、コマンドデバイス、およびリモートコマンドデバイスの構成を次の図に示します。
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
187
関連項目
C.3.5
•
C.3.1 3DC マルチターゲット構成でデルタリシンクを用いる場合の追加作業
•
C.3.5 デルタリシンク用リモートコマンドデバイスの設定手順
デルタリシンク用リモートコマンドデバイスの設定手順
デルタリシンク用のリモートコマンドデバイスは、次の手順で設定します。
1. 各サイトにリモートコマンドデバイスをマッピングします。
2. リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てます。
関連項目
188
•
C.3.4 デルタリシンク用リモートコマンドデバイスの設定条件
•
C.3.5.1 各サイトにリモートコマンドデバイスをマッピングする
•
C.3.5.2 リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てる
•
C.3.5.3 ミラーからリモートコマンドデバイスの割り当てを解除する
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
C.3.5.1
各サイトにリモートコマンドデバイスをマッピングする
各サイトにリモートコマンドデバイスをマッピングする手順は次のとおりです。
1. 各サイトのポートに LU パスを設定します。
LU パスの設定については『システム構築ガイド』を参照してください。
2. すべてのサイトにコマンドデバイスを設定します。
コマンドデバイスの設定については、『システム構築ガイド』を参照してください。
3. 各サイトで他の 2 つのサイトのコマンドデバイスを、リモートコマンドデバイスとしてマッピン
グします。
リモートコマンドデバイスのマッピングについては、『Universal Volume Manager ユーザガイ
ド』を参照してください。
上記の手順を実行すると、各サイトはすべて次の状態になります。
•
他の 2 つのサイトにそれぞれ別のポートを経由してマッピングした、2 つのコマンドデバイスが
ある。
•
他の 2 つのサイトからそれぞれ別のポートを経由してマッピングされた、2 つのリモートコマン
ドデバイスがある。
次の図に、コマンドデバイスとリモートコマンドデバイスの対応を示します。
コマンドデバイスの論理デバイスは、[論理デバイス]画面に表示されるテーブル内の属性が、[コ
マンドデバイス]と表示されます。同様に、リモートコマンドデバイスの論理デバイスは、
[論理デ
バイス]画面に表示されるテーブル内の属性が、
[リモートコマンドデバイス]と表示されます。
[論
理デバイス]画面については、『システム構築ガイド』を参照してください。
リモートコマンドデバイスのマッピングが完了したら、リモートコマンドデバイスにミラー ID を割
り当てる必要があります。
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
189
関連項目
C.3.5.2
•
C.3.5.2 リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てる
•
C.3.5.3 ミラーからリモートコマンドデバイスの割り当てを解除する
リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てる
各サイトでリモートコマンドデバイスを設定したあと、リモートコマンドデバイスにミラー ID を割
り当てます。リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てると、デルタリシンクを実行できる
状態になります。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
•
リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てるとき、ミラーの状態は次のどれかである必
要があります。
Active、Halt、Stopped、Hold、Holding、または Hold(Failure)
ただし、ミラー ID が 0 のときは、Initial 状態のミラーも割り当てることができます。
•
1 つのリモートコマンドデバイスを共用できるミラーの数は、最大 16 です。
•
1 つのストレージシステムでデルタリシンク用に使用できるリモートコマンドデバイスの数は、
最大 16 ボリュームです。
操作手順
1. 次のどれかの方法で[リモートコマンドデバイス割り当て]画面を表示します。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]-[リモートレプリケーション]
を選択して、[ミラー]タブを表示し、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[他のタスク]-[リモートコマンドデバイス割り当て]をクリックします。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]-[ジャーナル]を選択して、
ジャーナル ID を 1 つ選択します。[ミラー]タブを表示し、ミラーのチェックボックスを 1
つ以上選択し、
[他のタスク]-[リモートコマンドデバイス割り当て]をクリックします。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]-[リモートレプリケーション]
を選択して、[ミラー]タブを表示し、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[アクション]-[リモートレプリケーション]-[リモートコマンドデバイス割り当て]
を選択します。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]-[ジャーナル]を選択して、
ジャーナル ID を 1 つ選択します。[ミラー]タブを表示し、ミラーのチェックボックスを 1
つ以上選択します。[アクション]-[リモートレプリケーション]-[リモートコマンド
デバイス割り当て]を選択します。
2. リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てます。
◦
正サイト
TrueCopy の副サイトにマッピングされているリモートコマンドデバイスに、ミラー ID 0 を
割り当ててください。
Universal Replicator の副サイトにマッピングされているリモートコマンドデバイスに、
3DC マルチターゲット構成の通常の Universal Replicator ペアで使用されているミラー ID
を割り当ててください。
◦
TrueCopy の副サイト
正サイトにマッピングされているリモートコマンドデバイスに、ミラー ID 0 を割り当てて
ください。
190
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
Universal Replicator の副サイトにマッピングされているリモートコマンドデバイスに、デ
ルタリシンク用の Universal Replicator ペアで使用されているミラー ID を割り当ててく
ださい。
◦
Universal Replicator の副サイト
Universal Replicator の正サイトにマッピングされているリモートコマンドデバイスに、
3DC マルチターゲット構成の通常の Universal Replicator ペアで使用されているミラー ID
を割り当ててください。
TrueCopy の副サイトにマッピングされているリモートコマンドデバイスに、デルタリシンク
用の Universal Replicator ペアで使用されているミラー ID を割り当ててください。
メモ
•
リモートコマンドデバイスには最大 2 つのミラー ID を割り当てられますが、必ず 2 つ割り当てるわ
けではありません。ミラー ID を 1 つだけ割り当てるときは、ミラー 2 のリストで[割り当てない]
を選択してください。
•
ミラー 1、およびミラー 2 に同じミラー ID を指定することはできません。
3. [完了]をクリックします。
4. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
[「適用」をクリックした後にタスク画面を表示]
5. [適用]をクリックします。タスクが登録され、
のチェックボックスにチェックマークを付けた場合は、[タスク]画面が表示されます。
リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てることで、各ミラーにリモートコマンドデバイス
が割り当てられます。ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられているかどうかは、
「個別
のジャーナル画面」に表示されるテーブル内の[リモートコマンドデバイス]の欄に表示されます。
•
ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられている場合、LDEV 番号が表示されます。
•
ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられていない場合、この欄は空白です。
•
ミラーにリモートコマンドデバイスを割り当てられない場合、[‐]が表示されます。
関連項目
C.3.5.3
•
E.5 個別のジャーナル画面
•
E.29 リモートコマンドデバイス割り当てウィザード
•
C.3.5.1 各サイトにリモートコマンドデバイスをマッピングする
•
C.3.5.3 ミラーからリモートコマンドデバイスの割り当てを解除する
ミラーからリモートコマンドデバイスの割り当てを解除する
ミラーからリモートコマンドデバイスの割り当てを解除する場合、ミラー単位に実行します。
前提条件
•
必要なロール:ストレージ管理者(リモートバックアップ管理)ロール
操作手順
1. 次のどれかの方法で[リモートコマンドデバイス解除]画面を表示します。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]-[リモートレプリケーション]
を選択して、[ミラー]タブを表示し、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[他のタスク]-[リモートコマンドデバイス解除]をクリックします。
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
191
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]-[ジャーナル]を選択して、
ジャーナル ID を 1 つ選択します。[ミラー]タブを表示し、ミラーのチェックボックスを 1
つ以上選択し、[他のタスク]-[リモートコマンドデバイス解除]をクリックします。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]-[リモートレプリケーション]
を選択して、[ミラー]タブを表示し、ミラーのチェックボックスを 1 つ以上選択します。
[アクション]-[リモートレプリケーション]-[リモートコマンドデバイス解除]を選
択します。
◦ [ストレージシステム]ツリーから[レプリケーション]-[ジャーナル]を選択して、
ジャーナル ID を 1 つ選択します。[ミラー]タブを表示し、ミラーのチェックボックスを 1
つ以上選択します。[アクション]-[リモートレプリケーション]-[リモートコマンド
デバイス解除]を選択します。
[キャン
2. [選択したミラー]テーブルで、解除対象のミラーを確認します。解除をやめる場合は、
セル]をクリックして[ミラー]タブ画面に戻ります。
3. [完了]をクリックします。
4. [設定確認]画面で設定内容を確認し、[タスク名]にタスク名を入力します。
[「適用」をクリックした後にタスク画面を表示]
5. [適用]をクリックします。タスクが登録され、
のチェックボックスにチェックマークを付けた場合は、[タスク]画面が表示されます。
関連項目
C.3.6
•
E.30 [リモートコマンドデバイス解除]画面
•
C.3.5.2 リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てる
デルタリシンクの実行条件
デルタリシンクを実行する場合、各サイトへのリモートコマンドデバイスのマッピングとリモート
コマンドデバイスへのミラー ID の割り当てが完了した、デルタリシンクを用いる 3DC マルチター
ゲット構成であることが前提となります。このほか、デルタリシンクが正常に終了するには、関連
項目に示す条件を満たす必要があります。また、デルタリシンクに必要なジャーナルデータがない
場合、デルタリシンクは実行されません。
関連項目
C.3.6.1
•
C.3.5.1 各サイトにリモートコマンドデバイスをマッピングする
•
C.3.5.2 リモートコマンドデバイスにミラー ID を割り当てる
•
C.3.6.1 デルタリシンクが正常に終了するための条件
•
C.3.6.2 デルタリシンクが正常に実行されない理由
デルタリシンクが正常に終了するための条件
デルタリシンクが正常に終了するための条件を次に示します。条件が 1 つでも満たされていない場
合はエラーが発生し、デルタリシンクは失敗します。
•
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアのプライマリボリュームの状態が HOLD である
こと。
•
TrueCopy ペアのボリュームを Universal Replicator ペアのプライマリボリュームとして使用
すること。
◦
192
TrueCopy ペアのプライマリボリュームを共有している場合、そのプライマリボリュームの状
態が PAIR であること。
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
◦
TrueCopy ペアのセカンダリボリュームを共有している場合、そのセカンダリボリュームの状
態が SSWS であること。
ペア状態は、RAID Manager の horctakeover コマンドの実行後に確認してください。
C.3.6.2
•
Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームで 2 つのミラー ID を使用し、一方のミラー
ID のセカンダリボリュームのペア状態が HOLD、もう一方のミラー ID のセカンダリボリュームの
ペア状態が PAIR、PSUS、または PSUE であること。
•
3DC マルチターゲット構成の通常の Universal Replicator ペアとデルタリシンク用の
Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームの数が同じであること。
•
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアのサイト間のパスが有効であること。
デルタリシンクが正常に実行されない理由
次の場合はデルタリシンクに必要なジャーナルデータがないため、デルタリシンクは実行されませ
ん。
•
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアを作成したあと、正サイトの業務ボリュームを
更新しないで、デルタリシンク用の Universal Replicator ペアのプライマリボリュームを更新
した場合
•
Universal Replicator ペアの分割後、セカンダリボリュームを更新した場合
•
Universal Replicator ペアの分割後、プライマリボリュームを更新した結果、TrueCopy の副サ
イトにあるジャーナルボリュームの容量が 70%を超えた場合
•
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアのプライマリボリュームを更新した結果、デル
タリシンク用の Universal Replicator ペアの正サイトにあるジャーナルボリュームの容量が
70%を超えた場合
ヒント デルタリシンク用の Universal Replicator ペアを作成したあと、正サイトの業務ボリュームを更新して
いない場合や、フェイルオーバーしたあと、またはフェイルバックしたあとに正サイトの業務ボリュームを更新
していない場合、TrueCopy の副サイトにジャーナルデータはありません。
ヒント TrueCopy の副サイトにデルタリシンク用のジャーナルデータがなくても、次の 2 つの条件がどちらも満
たされている場合には、ユーザーの判断でデルタリシンクを実行できます。
•
ホストから正サイトへのデータ更新がまったくないか、データ更新が停止されていること。
• TrueCopy の副サイトにあるデータと Universal Replicator の副サイトにあるデータが一致していること。
正サイト内の対象のジャーナルに属するすべての TrueCopy ペアおよび Universal Replicator ペアを再同期し
て、PAIR 状態にしておく必要があります。
また、次の場合はデルタリシンクに必要なジャーナルデータがなくなることがあるため、デルタリ
シンクは実行されないおそれがあります。
•
保守作業でキャッシュメモリまたはシェアドメモリを増設または減設した。
•
保守作業でストレージシステムの電源を OFF にした。
•
TrueCopy ペアまたは Universal Replicator ペアを分割して、そのペアを再同期した。
•
TrueCopy ペアを再同期してから、プライマリボリュームを更新した。
•
正サイトにあるストレージシステムと Universal Replicator の副サイトにあるストレージシス
テムの Universal Replicator ペアを再同期してから、プライマリボリュームを更新した。
•
TrueCopy の副サイトで災害または障害が発生し、ジャーナルボリュームにアクセスできなく
なった。
•
プライマリボリュームの更新が遅延して、リトライ処理が発生した。
•
TrueCopy ペアのセカンダリボリュームの更新が遅延した。
•
デルタリシンク用の Universal Replicator ペアが HLDE 状態になった※。
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
193
注※ この場合、HLDE 状態から HOLD 状態に変化しても、その後のデルタリシンク操作で差分
データだけをコピーすることはできません。ただし、プライマリボリュームのすべてのデータを
セカンダリボリュームへコピーすることはできます。
ジャーナルデータを蓄積するには、上記の状態から復旧したあと、ホストから正サイトのデータを
更新してください。また、上記のヒントに記載されているようなジャーナルデータなしでデルタリ
シンクを実行できる状態であっても、いったんジャーナルデータがなくなるおそれのある状態に
なったら、ジャーナルデータの有無に関わらずペアの状態は HOLDING になります。なお、障害や災
害などによって TrueCopy の副サイトにあるリモートコマンドデバイスと通信できなくなった場合、
状態は HOLDING から HOLD へ遷移しません。
C.3.7
デルタリシンクの実行
デルタリシンクは、災害リカバリ時に、ミラー再同期の一部として実行されます。デルタリシンク
を実行する場合は、関連項目の記載内容に従ってください。デルタリシンクを実行すると、TrueCopy
ペアのセカンダリボリュームから Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームへ、差分デー
タがコピーされます。
関連項目
C.3.8
•
6.7 ミラーを再同期する
•
C.3.6 デルタリシンクの実行条件
デルタリシンクが失敗している場合の対処
デルタリシンクの実行後、デルタリシンク用の Universal Replicator ペアの状態が変わらない場
合、関連項目で説明している条件が満たされていないおそれがあります。その場合は、TrueCopy ペ
ア、Universal Replicator ペア、およびデルタリシンク用の Universal Replicator ペアの状態を
見直し、関連項目に記載されている条件が満たされているかどうかを確認してください。
関連項目
•
C.3.9
C.3.6 デルタリシンクの実行条件
デルタリシンクが失敗したときにエラーを発生させないように
するには
[ミラーオプション編集]画面の[デルタリシンク失敗]オプションで[全てコピー]を指定してお
くと、デルタリシンクに必要なジャーナルデータがないときには、プライマリボリュームのデータ
をすべてセカンダリボリュームにコピーし、エラーを発生させないようにできます。ただし、次の
構成の場合には、
[デルタリシンク失敗]オプションに[全てコピー]を指定していても、エラーが
発生したときプライマリボリュームのデータがセカンダリボリュームにコピーされません。
•
デルタリシンク用 Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームが ShadowImage ペアのプ
ライマリボリュームまたは Thin Image ペアのプライマリボリュームに割り当てられている場合
また、次の場合は[デルタリシンク失敗]オプションの設定に関わらず、デルタリシンク用 Universal
Replicator ペアのプライマリボリュームからセカンダリボリュームに、すべてのデータがコピーさ
れることがあります。
•
194
デルタリシンクを実行する前、Universal Replicator ペアとしてプライマリボリュームからセ
カンダリボリュームへすべてのデータをコピーしているとき、ペア分割によって PSUS 状態に遷
移したか、または障害によって PSUE 状態に遷移した場合
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
関連項目
•
E.28.1 [ミラーオプション編集]画面
•
B.1 Universal Replicator と併用できるボリューム種別
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
195
196
Universal Replicator と TrueCopy の併用
Universal Replicator ユーザガイド
D
Universal Replicator と ShadowImage の
併用
Universal Replicator と ShadowImage は、同じデータボリュームを共有でき、正サイトと
副サイトの両方で、複数のコピーデータを提供できます。
r D.1 Universal Replicator と ShadowImage の併用についての概要
r D.2 ShadowImage ペアのプライマリボリュームと Universal Replicator ペアのプラ
イマリボリュームまたはセカンダリボリュームを共有する構成
r D.3 ShadowImage ペアのセカンダリボリュームと Universal Replicator ペアのプラ
イマリボリュームを共有する構成
r D.4 Universal Replicator ペアと ShadowImage のペアの状態について
Universal Replicator と ShadowImage の併用
Universal Replicator ユーザガイド
197
D.1
Universal Replicator と ShadowImage の併用
についての概要
Universal Replicator の主要な機能は、遠隔地で業務ボリュームのコピーが保持されることです。
Universal Replicator ペアのプライマリボリュームおよびセカンダリボリュームを ShadowImage
を伴ってバックアップする、あるいは ShadowImage ボリュームを Universal Replicator を伴って
バックアップすることで、次の利点があります。
•
Universal Replicator ペアのプライマリボリュームを ShadowImage ペアと共有できます。
◦
Universal Replicator に障害が発生した場合、サイト上でデータをバックアップできます。
◦
業務データの複数のコピーが、データの調査やテストなどの目的で正サイトに提供されま
す。
•
ShadowImage ペアのセカンダリボリュームを Universal Replicator ペアのプライマリボリュー
ムを伴って正サイトで共有すると、リモートコピーができます。
•
副サイトで Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームと ShadowImage ペアのプライマ
リボリュームを共有する場合、ShadowImage ペアのセカンダリボリュームのデータは、Universal
Replicator システムのテスト用と災害リカバリ用に使用できます。
◦
ShadowImage ペアのセカンダリボリュームは、テスト中でも継続的に複製が可能になります。
◦
実際の回復作業中に Universal Replicator に問題が発生した場合、ShadowImage ペアのセカ
ンダリボリュームを、Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームの回復に使用でき
ます。
同じコンシステンシーグループ内にあるすべての ShadowImage ペアの分割を要求した場合、その要
求が受け付けられるのは、対応するすべての Universal Replicator ペアが PAIR 状態、PSUS 状態、
または PSUE 状態のときだけです。もし、Universal Replicator ペアがこれらの状態に該当しなけ
れば、コンシステンシーグループ内の ShadowImage ペアの状態は変更されません。
D.2
ShadowImage ペアのプライマリボリュームと
Universal Replicator ペアのプライマリボリュー
ムまたはセカンダリボリュームを共有する構成
ShadowImage ペアのプライマリボリュームは Universal Replicator ペアのプライマリボリューム
またはセカンダリボリュームと共有できます。
•
198
次の図は、Universal Replicator ペアのプライマリボリュームと共有された ShadowImage ペア
のプライマリボリュームを示しています。この構成は、Universal Replicator に障害が発生し
た場合に、オンサイトデータのバックアップ用に ShadowImage を使用できるようになり、また、
ShadowImage に障害が発生した場合は、Universal Replicator を使用して ShadowImage ペアのプ
ライマリボリュームのリモートバックアップを提供できます。
Universal Replicator と ShadowImage の併用
Universal Replicator ユーザガイド
•
次の図は、ShadowImage ペアのプライマリボリュームと Universal Replicator ペアのセカンダ
リボリュームを共有する例を示しています。この構成によって、ShadowImage を使用して 1 つの
Universal Replicator ペアのプライマリボリュームの複数のバックアップコピーを副サイトの
ストレージシステムに作成できます。
注意 次の図のように Universal Replicator のセカンダリボリュームと ShadowImage のプライマリボ
リュームを共有する場合、Universal Replicator のセカンダリボリュームにリストアする処理に時間が掛か
ります。特に ShadowImage ペアが PSUS(SP)/PSUS 状態のときは、ShadowImage ペアのコピー処理の分だけ余
計に時間が掛かることがあります。
なお、ジャーナルボリュームのサイズが小さいと、ジャーナルボリュームの容量が足りなくなり、Universal
Replicator ペアが障害サスペンドになるおそれがあります。
•
次の図は、Universal Replicator ペアのプライマリボリュームと ShadowImage ペアのプライマ
リボリュームを共有し Universal Replicator ペアのセカンダリボリュームと ShadowImage ペア
のプライマリボリュームを共有する例を示しています。この構成で、正サイトのストレージシス
テムと副サイトのストレージシステムで ShadowImage ペアのプライマリボリュームの複数のコ
ピーを作成できるようになります。
Universal Replicator と ShadowImage の併用
Universal Replicator ユーザガイド
199
ShadowImage ペアのプライマリボリュームを共有するこれらの構成では、ShadowImage ペアのプライ
マリボリュームの状態が RCPY のときは、Universal Replicator ペアを削除する操作しかできませ
ん。ShadowImage ペアのプライマリボリュームの状態に応じた Universal Replicator ペアの操作
可否を次の表に示します。
Universal Replicator ペアの操作
ShadowImage
ペアのプライ
マリボリュー
ムの状態
作成
分割
再同期
削除
正サイトと副サ
イト間での業務
ボリュームの切
り替え
(horctakeover)
COPY
○※
○
○
○
○
PAIR
○※
○
○
○
○
PSUS(SP)
○※
○
○
○
○
PSUS
PSUE
○※
○
○
○
○
RCPY
×
×
×
○
×
注※
Universal Replicator ペアのプライマリボリュームとセカンダリボリュームがどちらも
Dynamic Provisioning の仮想ボリューム(DP-VOL)の場合、Universal Replicator ペアのセ
カンダリボリュームは ShadowImage ペアのプライマリボリュームにできません。
(凡例)
○:Universal Replicator ペアを操作できる。
×:Universal Replicator ペアを操作できない。
200
Universal Replicator と ShadowImage の併用
Universal Replicator ユーザガイド
D.3
ShadowImage ペアのセカンダリボリュームと
Universal Replicator ペアのプライマリボリュー
ムを共有する構成
下記の図は、業務ボリュームとして使用する ShadowImage ペアのプライマリボリュームの例を示し
ています。Universal Replicator によって ShadowImage ペアのセカンダリボリュームのリモート
バックアップコピーが作成されます。
この構成では、Universal Replicator ペアを作成する前に、ShadowImage ペアを PAIR 状態にしたあ
と分割して、PSUS 状態にする必要があります。ShadowImage ペアのセカンダリボリュームの状態に
応じた Universal Replicator ペアの操作可否を次の表に示します。
Universal Replicator ペアの操作
ShadowImage
ペアのセカン
ダリボリュー
ムの状態
作成
分割
再同期
削除
正サイトと副サ
イト間での業務
ボリュームの切
り替え
(horctakeover)
COPY
×
×
×
○
×
PAIR
×
×
×
○
×
PSUS(SP)
×
×
×
○
×
PSUS
PSUE
○
○
○
○
×
RCPY
×
×
×
○
×
(凡例)
○:Universal Replicator ペアを操作できる。
×:Universal Replicator ペアを操作できない。
Universal Replicator と ShadowImage の併用
Universal Replicator ユーザガイド
201
D.4
Universal Replicator ペアと ShadowImage の
ペアの状態について
関連項目
•
D.4.1 Universal Replicator と ShadowImage の共有ボリュームのペアの状態の確認方法
•
D.4.2 ShadowImage ペアが複数のセカンダリボリュームを持っている場合のペア状態の確認方
法
•
D.4.3 Universal Replicator ペアと ShadowImage のペアの状態と共有ボリュームのデータの状
態の関係
D.4.1
Universal Replicator と ShadowImage の共有ボリュームのペ
アの状態の確認方法
Universal Replicator と ShadowImage の共有ボリュームのペアの状態を次のように確認してくだ
さい。
•
Universal Replicator のプライマリボリュームまたはセカンダリボリュームについて照会する
と、Universal Replicator ペアの状態がホストに報告されます。
•
D.4.2
ShadowImage ペアのプライマリボリュームについて照会すると、ShadowImage ペアの状態がホス
トに報告されます。
ShadowImage ペアが複数のセカンダリボリュームを持ってい
る場合のペア状態の確認方法
RAID Manager コマンドで ShadowImage ペアのプライマリボリュームの状態について照会すると、1
組の ShadowImage ペアの状態だけが報告されます(LUN ID が最も小さいセカンダリボリュームのペ
ア)。すべてのセカンダリボリュームのペアの状態を得るには、Storage Navigator でセカンダリボ
リュームの LDEV ID を指定して照会する必要があります。ShadowImage は、プライマリボリューム
のすべてのセカンダリボリュームについてポート名、ホストグループ ID または iSCSI ターゲット
ID、LUN ID、LDEV ID、および ShadowImage ペアの状態を表示します。
D.4.3
Universal Replicator ペアと ShadowImage のペアの状態と共
有ボリュームのデータの状態の関係
次の表は、共有ボリュームにあるデータが最新のものかどうかを、組み合わせの状態で表していま
す。
ShadowImage のペアの状態
Universal
Replicator ペア
の状態
COPY(PD)/
COPY
PAIR
COPY(SP)/
COPY
PSUS
PSUE
COPY
×
×
×
○
×
×
PAIR
×
×
×
○
×
×
PSUS/PSUE
×
○
○
○
○
×
(凡例)
○:データが最新である。
202
COPY(RS)/
COPY、
COPY(RSR)/RCPY
Universal Replicator と ShadowImage の併用
Universal Replicator ユーザガイド
×:データが最新でない。
Universal Replicator と ShadowImage の併用
Universal Replicator ユーザガイド
203
204
Universal Replicator と ShadowImage の併用
Universal Replicator ユーザガイド
E
Universal Replicator GUI リファレンス
ここでは、Universal Replicator の操作に必要な画面について説明します。
r E.1 [レプリケーション]画面
r E.2 [リモートレプリケーション]画面
r E.3 [リモート接続]画面
r E.4 [ジャーナル]画面
r E.5 個別のジャーナル画面
r E.6 [ペア一致率参照]画面
r E.7 [ペアプロパティ参照]画面
r E.8 [リモート接続プロパティ参照]画面
r E.9 [操作履歴]画面
r E.10 リモート接続追加ウィザード
r E.11 リモートレプリカオプション編集ウィザード
r E.12 ペア作成ウィザード
r E.13 ペア分割ウィザード
r E.14 ミラー分割ウィザード
r E.15 ペア再同期ウィザード
r E.16 [ミラー再同期]画面
r E.17 [ペア削除]画面
r E.18 ミラー削除ウィザード
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
205
r E.19 ペアオプション編集ウィザード
r E.20 リモートパス追加ウィザード
r E.21 リモートパス削除ウィザード
r E.22 リモート接続オプション編集ウィザード
r E.23 [リモート接続削除]画面
r E.24 ジャーナル作成ウィザード
r E.25 ジャーナルオプション編集ウィザード
r E.26 [ジャーナル削除]画面
r E.27 MP ユニット割り当てウィザード
r E.28 ミラーオプション編集ウィザード
r E.29 リモートコマンドデバイス割り当てウィザード
r E.30 [リモートコマンドデバイス解除]画面
r E.31 ジャーナルボリューム割り当てウィザード
r E.32 [ジャーナルプロパティ]画面
r E.33 [ペア強制削除(UR ペア)]画面
206
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
E.1
[レプリケーション]画面
『TrueCopy ユーザガイド』の[レプリケーション]画面の説明を参照してください。
E.2
[リモートレプリケーション]画面
『TrueCopy ユーザガイド』の[リモートレプリケーション]画面の説明を参照してください。
E.3
[リモート接続]画面
『TrueCopy ユーザガイド』の[リモート接続]画面の説明を参照してください。
E.4
[ジャーナル]画面
[ストレージシステム]で[レプリケーション]‐[ジャーナル]を選択したときに表示される画面
です。次のエリアから構成されています。
•
サマリ
• [ジャーナル]タブ
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
207
サマリ
項目
説明
ジャーナル数
ジャーナルの合計と最大数が表示されます。
[ジャーナル]タブ
ジャーナルボリュームが登録されたジャーナルが表示されます。
•
ボタン
項目
説明
ジャーナル作成
[ジャーナル作成]画面が表示されます。
ジャーナルオプション編集
[ジャーナルオプション編集]画面が表示されます。
ジャーナル削除
[ジャーナル削除]画面が表示されます。
MP ユニット割り当て※
[MP ユニット割り当て]画面が表示されます。
テーブル情報出力※
テーブル情報を出力させる画面が表示されます。
注※
[他のタスク]をクリックすると表示されます。
•
テーブル
項目
ジャーナル ID
ジャーナルの ID が表示されます。
ジャーナル ID をクリックすると個別のジャーナル画面が表示されま
す。
属性
ジャーナルの属性が表示されます。
• [マスタ]:マスタジャーナル
• [リストア]:リストアジャーナル
• [初期]:ジャーナルボリュームが登録されているが、データボ
リュームは登録されていないことを示します。
ジャーナル VOL 数
ジャーナルに登録されているジャーナルボリュームの数が表示されま
す。
ジャーナル容量
登録されているジャーナルボリュームの容量が表示されます。ジャー
ナルボリュームが 2 個登録されている場合は、2 個のジャーナルボ
リュームの総容量からリザーブジャーナルボリュームの容量を差し引
いた容量が表示されます。
データ VOL 数
208
説明
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシ
ンク用のミラーではないミラーのジャーナルに登録されているデータ
ボリュームの数が表示されます。デルタリシンク用のミラー(状態が
[Hold]、[Holding]、または[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナ
ルに登録されているデータボリュームの数は表示されません。
データ容量
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシ
ンク用のミラーではないミラーのジャーナルに登録されているデータ
ボリュームの総容量が表示されます。デルタリシンク用のミラー(状
態が[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]のミラー)のジャー
ナルに登録されているデータボリュームの総容量は表示されません。
MP ユニット ID※
MP ユニット ID が表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
項目
説明
ジャーナルボリューム流入制御
ホスト I/O への応答を遅らせて、ジャーナルボリュームへ更新 I/O の
流入を制限します。
• [有効]:流入を制限します。
• [無効]:流入を制限しません。
※
データあふれ監視時間 (秒)※
メタデータとジャーナルデータの満杯監視時間が表示されます。単位
は秒です。
[ジャーナルボリューム流入制御]が[無効]の場合、
[-]
が表示されます。
キャッシュモード※
リストアジャーナル内のジャーナルデータをキャッシュに格納するか
どうかが表示されます。
• [有効]:ジャーナルデータはキャッシュに格納されます。キャッ
シュの空き容量が少なくなると、ジャーナルデータはジャーナルボ
リュームにも格納されます。この設定は、RAID5 または RAID6 の
ジャーナルボリュームでだけ有効です。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されず、ジャーナル
• [無効]
ボリュームに格納されます。
この設定は、マスタジャーナルでは無効になります。ただし、RAID
Manager の horctakeover コマンドを使ってマスタジャーナルをリスト
アジャーナルに変えると、この設定は有効になります。
なお、[有効]を設定した場合は、ジャーナル内にある RAID レベルが
RAID5 または RAID6 のジャーナルボリュームだけに設定が有効になり
ます。RAID5 または RAID6 以外の RAID レベル(外部ボリュームを含む)
のジャーナルボリュームは、
[無効]を設定した場合と同じ動作になり
ます。
注※
この項目は、初期状態では表示されません。項目を表示する場合は、
[カラム設定]画面で
設定を変更してください。
[カラム設定]画面の詳細については、
『Hitachi Device Manager
- Storage Navigator ユーザガイド』を参照してください。
関連項目
•
8.2.1 Universal Replicator のジャーナルを参照する
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
209
E.5
個別のジャーナル画面
[ジャーナル]から各ジャーナルを選択したときに表示される画面です。次のエリアから構成されて
います。
•
サマリ
• [ミラー]タブ
• [ジャーナルボリューム]タブ
サマリ
項目
210
説明
ジャーナル ID
ジャーナルの ID が表示されます。
属性
ジャーナルの属性が表示されます。
• [マスタ]:マスタジャーナル
• [リストア]:リストアジャーナル
:ジャーナルボリュームが登録されているが、データボリュー
• [初期]
ムは登録されていないことを示します。
ジャーナルボリューム数
ジャーナルに登録されているジャーナルボリュームの数と最大数が表示
されます。
ジャーナル容量
登録されているジャーナルボリュームの容量が表示されます。ジャーナ
ルボリュームが 2 個登録されている場合は、2 個のジャーナルボリューム
の総容量からリザーブジャーナルボリュームの容量を差し引いた容量が
表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
項目
説明
データボリューム数
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク
用のミラーではないミラーのジャーナルに登録されているデータボ
リュームの数が表示されます。デルタリシンク用のミラー(状態が
[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに
登録されているデータボリュームの数は表示されません。
データ容量
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク
用のミラーではないミラーのジャーナルに登録されているデータボ
リュームの総容量が表示されます。デルタリシンク用のミラー(状態が
[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに
登録されているデータボリュームの総容量は表示されません。
MP ユニット ID
MP ユニット ID が表示されます。
ジャーナルボリューム流入制御
ホスト I/O への応答を遅らせて、ジャーナルボリュームへ更新 I/O の流入
を制限します。
• [有効]:流入を制限します。
• [無効]:流入を制限しません。
データあふれ監視時間
メタデータとジャーナルデータの満杯監視時間が表示されます。単位は
秒です。
[ジャーナルボリューム流入制御]が[無効]の場合、
[-]が表
示されます。
キャッシュモード
リストアジャーナル内のジャーナルデータをキャッシュに格納するかど
うかが表示されます。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されます。キャッシュ
• [有効]
の空き容量が少なくなると、ジャーナルデータはジャーナルボリュー
ムにも格納されます。この設定は、RAID5 または RAID6 のジャーナル
ボリュームでだけ有効です。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されず、ジャーナルボ
• [無効]
リュームに格納されます。
この設定は、マスタジャーナルでは無効になります。ただし、RAID
Manager の horctakeover コマンドを使ってマスタジャーナルをリストア
ジャーナルに変えると、この設定は有効になります。
なお、
[有効]を設定した場合は、ジャーナル内にある RAID レベルが RAID5
または RAID6 のジャーナルボリュームだけに設定が有効になります。
RAID5 または RAID6 以外の RAID レベル(外部ボリュームを含む)のジャー
ナルボリュームは、[無効]を設定した場合と同じ動作になります。
[ミラー]タブ
•
ボタン
項目
説明
ミラー分割
[ミラー分割]画面が表示されます。
ミラー再同期
[ミラー再同期]画面が表示されます。
UR ペア作成
[UR ペア作成]画面が表示されます。
ミラーオプション編集※
[ミラーオプション編集]画面が表示されます。
リモート接続プロパティ参照※ [リモート接続プロパティ参照]画面が表示されます。
ミラー削除※
[ミラー削除]画面が表示されます。
リモートコマンドデバイス割り [リモートコマンドデバイス割り当て]画面が表示されます。
当て※
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
211
項目
説明
リモートコマンドデバイス解除 [リモートコマンドデバイス解除]画面が表示されます。
※
テーブル情報出力※
テーブル情報を出力させる画面が表示されます。
注※
[他のタスク]をクリックすると表示されます。
•
テーブル
項目
ミラー ID
ミラー ID が表示されます。
属性
ミラーの属性が表示されます。
:ローカルストレージシステムのプライマリボリュームが
• [マスタ]
登録されている場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのセカンダリボリューム
• [リストア]
が登録されている場合に表示されます。
• [初期]:ローカルストレージシステムのジャーナルにデータボ
リュームが登録されていないことを示します。
状態
Storage Navigator の画面では、ミラー状態は「Storage Navigator で
のミラー状態/RAID Manager でのミラー状態」という形式で表示され
ます。Storage Navigator でのミラー状態と RAID Manager でのミラー
状態が同じ場合は、RAID Manager でのミラー状態は表示されません。
ミラー状態については 7.7.1 を参照してください。
リモートストレージシステム
リモートストレージシステムの情報が表示されます。
• [モデル / シリアル番号]:リモートストレージシステムの装置名
称およびシリアル番号が表示されます。ミラーの属性が[初期]の
場合、[-]が表示されます。
:リモートストレージシステムのジャーナル ID が
• [ジャーナル ID]
表示されます。
ミラーの属性が[初期]の場合、[-]が表示されます。
パスグループ ID
ペアを作成したときにユーザが選択したパスグループ ID が表示され
ます。
データ VOL 数
データ容量
212
説明
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシ
ンク用のミラーではないミラーのジャーナルに登録されているデータ
ボリュームの数が表示されます。デルタリシンク用のミラー(状態が
[Hold]、[Holding]、または[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナ
ルに登録されているデータボリュームの数は表示されません。
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシ
ンク用のミラーではないミラーのジャーナルに登録されているデータ
ボリュームの総容量が表示されます。デルタリシンク用のミラー(状
態が[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]のミラー)のジャー
ナルに登録されているデータボリュームの総容量は表示されません。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
項目
説明
リモートコマンドデバイス
ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられているかどうかが
表示されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられている場合、
LDEV 番号が表示されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられていない場合、
この欄は空白です。
[-]
• ミラーにリモートコマンドデバイスを割り当てられない場合、
が表示されます。
CTG ID※
ミラーが属するコンシステンシーグループのコンシステンシーグルー
プ ID が表示されます。コンシステンシーグループがない場合、[-]
が表示されます。
CTG 利用※
複数組のストレージシステムがコンシステンシーグループを共有して
いるかどうかが表示されます。
:1 組のストレージシステムで構成されているコンシステ
• [Single]
ンシーグループです。
• [Multi]:複数のストレージシステムで構成されているコンシステ
ンシーグループです。
パス監視時間※
リモートストレージシステムとの間に設定しているパスの閉塞監視時
間が表示されます。
ミラーの副側(RCU 側)の状態が[Hold]、[Holding]、または
[Hold(Failure)]の場合、[-]が表示されます。
パス監視時間の転送※
マスタジャーナルのパス監視時間をミラーの副側(RCU 側)に転送する
かどうかが表示されます。転送すると、ミラーの正側(MCU 側)と副側
(RCU 側)でパス監視時間が一致します。
[該当]:ミラーの副側(RCU 側)にパス監視時間を転送します。
[非該当]:ミラーの副側(RCU 側)にパス監視時間を転送しません。
コピー速度※
ボリューム 1 個当たりの形成コピーの速度が表示されます。[低速]、
[中速]または[高速]のどれかが表示されます。ジャーナルがリスト
アジャーナルの場合、[-]が表示されます。
転送速度※
データ転送時の転送速度が表示されます。単位は Mbps(メガビット/
秒)です。[256]、[100]、[10]、または[3]のどれかが表示されま
す。
この設定は、マスタジャーナルでは無効になります。ただし、RAID
Manager の horctakeover コマンドを使ってマスタジャーナルをリスト
アジャーナルに変えると、この設定は有効になります。
デルタリシンク失敗※
デルタリシンク処理が実行できなかった場合の処理が表示されます。
:デルタリシンク処理が実行できなかった場合、プラ
• [全てコピー]
イマリボリュームのデータをすべてセカンダリボリュームにコ
ピーします。
[コピーなし]
:デルタリシンク処理が実行できなかった場合、何も
•
処理を実行しません。したがって、セカンダリボリュームも更新さ
れません。
注※
この項目は、初期状態では表示されません。項目を表示する場合は、
[カラム設定]画面で
設定を変更してください。
[カラム設定]画面の詳細については、
『Hitachi Device Manager
- Storage Navigator ユーザガイド』を参照してください。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
213
[ジャーナルボリューム]タブ
•
ボタン
項目
説明
ジャーナルボリューム割り当て [ジャーナルボリューム割り当て]画面が表示されます。
テーブル情報出力
•
テーブル情報を出力させる画面が表示されます。
テーブル
項目
説明
LDEV ID
LDKC 番号、CU 番号、および LDEV 番号の組み合わせが表示されます。
LDEV ID をクリックすると、[LDEV プロパティ]画面が表示されます。
LDEV 名
LDEV 名が表示されます。
プール名(ID)
プール名とプール ID が表示されます。
プール名をクリックすると、個別のプールの情報が表示されている画
面へ遷移します。
RAID レベル
RAID レベルが表示されます。
容量
容量が表示されます。
CLPR
CLPR が表示されます。CLPR ID:CLPR 名の形式で表示されます。
リソースグループ名(ID)
LDEV のリソースグループの名称と ID が表示されます。ID は括弧内に
表示されます。
タイプ
ジャーナルボリュームのタイプが表示されます。
• [ジャーナル]:ジャーナルボリューム
• [リザーブジャーナル]:リザーブジャーナルボリューム
関連項目
•
214
7.7 ジャーナル(ミラー)状態を監視する
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
E.6
[ペア一致率参照]画面
[ペア]テーブル
•
テーブル
項目
説明
ローカルストレージシ
ステム
ローカルストレージシステムのボリュームに関する情報が表示されます。
• [LDEV ID]:ボリュームの LDEV ID が表示されます。
• [LDEV 名]:ボリュームの LDEV 名が表示されます。
:ボリュームが、ペアのプライマリボリュームかセカンダリボ
• [ペア位置]
リュームであるかが表示されます。
• [ジャーナル ID]:ジャーナル ID が表示されます。
• [ミラー ID]:ミラー ID が表示されます。
• [CLPR]:ボリュームの CLPR ID が表示されます。
:ボリュームの、仮想ストレージマシンのモデル
• [仮想ストレージマシン]
とシリアル番号が表示されます。
• [仮想 LDEV ID]:ボリュームの仮想 LDEV ID が表示されます。仮想 LDEV
ID が未割り当ての場合、空白が表示されます。
• [仮想デバイス名]:ボリュームの仮想デバイス名が表示されます。
仮想デバイス名は、仮想エミュレーションタイプ、仮想 LUSE ボリューム
数および仮想 CVS 属性を組み合わせた形式で表示されます。仮想エミュ
レーションタイプ、仮想 LUSE ボリューム数、および仮想 CVS 属性のうち、
設定済みの項目だけが表示されます。仮想エミュレーションタイプ、仮想
LUSE ボリューム数および仮想 CVS 属性を設定していない場合は、空白が表
示されます。仮想 CVS 属性を設定している場合は、
[CVS]が末尾に追加さ
れます。
:ボリュームの仮想 SSID が表示されます。仮想 SSID が設定さ
• [仮想 SSID]
れていない場合は、空白が表示されます。
コピータイプ
コピーの種類が表示されます。
• [UR]:Universal Replicator ペア
• [TC]:TrueCopy ペア
状態
ペアの状態が表示されます。
各ペアの状態については 7.1.1 節を参照してください。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
215
項目
説明
一致率(%)
•
•
ローカルストレージシステムのボリュームがプライマリボリュームの場
合
形成コピーの進捗率が表示されます。
ローカルストレージシステムのボリュームがセカンダリボリュームの場
合
ペアが分割されているかどうかによって、表示される内容が異なります。
◦ ペアが分割されていないときには、ハイフン(-)が表示されます。
◦ ペアが分割されているときには、分割前後のセカンダリボリュームの
内容の一致率を表示します。例えば、分割前後でセカンダリボリュー
ムの内容が同じであれば、「100」と表示されます。
注意:形成コピーの失敗が原因でペアが分割されているときには、ハ
イフン(-)が表示されます。形成コピーが失敗すると、[ペアプロパ
ティ参照]画面の[状態]に「Initial copy failed」と表示されま
す。
ペアのボリュームが処理待ち(キューイング)のときには、
「(Queuing)」と表
示されます。
なお、次の場合はハイフン(-)が表示されます。
• ローカルストレージシステムのボリュームがプライマリボリュームでも
セカンダリボリュームでもない場合
• ローカルストレージシステムのボリュームのペア状態が HOLD、HOLDING、
または HLDE の場合
•
リモートストレージシ
ステム
リモートストレージシステムのボリュームに関する情報が表示されます。
• [モデル/シリアル番号]:リモートストレージシステムのモデルとシリア
ル番号が表示されます。
• [LDEV ID]:ボリュームの LDEV ID が表示されます。
• [ジャーナル ID]:ジャーナル ID が表示されます。
:ボリュームの、仮想ストレージマシンのモデル
• [仮想ストレージマシン]
とシリアル番号が表示されます。
• [仮想 LDEV ID]:ボリュームの仮想 LDEV ID が表示されます。
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
ボタン
項目
更新
説明
[ペア]テーブルの情報を更新します。
関連項目
•
216
7.2 Universal Replicator ペアの一致率を確認する
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
E.7
[ペアプロパティ参照]画面
[ペアプロパティ]
項目
説明
ローカルストレージ
システム
ローカルストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [LDEV ID(LDEV 名)]:ローカルストレージシステムのボリュームの LDEV ID と
LDEV 名が表示されます。
LDEV 名が長く「…」で省略されている場合は、LDEV 名にカーソルを当てると LDEV
名がツールチップで表示されます。
[パス数]
:LUN パス数が表示されます。
•
リンクをクリックすると、パスリストが表示されます。
• [プロビジョニングタイプ,暗号化]:ローカルストレージシステムのボリューム
のプロビジョニングタイプと暗号化の状態が表示されます。暗号化の状態はプ
ロビジョニングタイプが[Basic]で、かつボリュームの暗号化が[有効]の場
合だけ表示されます。
Virtual Storage Platform G100 および Virtual Storage Platform G200 では、
プロビジョニングタイプだけが表示されます。
[容量]
:ローカルストレージシステムのボリュームの容量が表示されます。
•
[ジャーナル
ID]:ジャーナル ID が表示されます。
•
[モデル/シリアル番号,CLPR
ID:CLPR 名]:ローカルストレージシステムのモデ
•
ル、シリアル番号、CLPR ID および CLPR 名が表示されます。
状態
ペア状態が表示されます。
パスグループ
ペアのパスグループ ID が表示されます。
プライマリボリュームがローカルストレージにある場合、パスグループ ID をクリッ
クするとリモートパスのリストが表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
217
項目
説明
ミラー ID
ミラー ID が表示されます。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
:リモートストレージシステムのボリュームの LDEV ID
• [LDEV ID]
:リモートス
• [ポート名/ホストグループ ID または iSCSI ターゲット ID/LUN ID]
トレージシステムのボリュームのポート名、ホストグループ ID または iSCSI
ターゲット ID、LUN ID
ペア作成時に LDEV ID を特定するためだけの情報であり、接続先でパス設定を変
更してもこの情報は更新されません。
• [容量]:リモートストレージシステムのボリュームの容量が表示されます。
• [ジャーナル ID]:リモートストレージシステムのボリュームのジャーナル ID
• [モデル/シリアル番号]:リモートストレージシステムのモデルとシリアル番号
[ペア詳細]テーブル
項目
218
説明
状態
ペア状態が表示されます。
CTG ID
コンシステンシーグループ ID が表示されます。
エラーレベル
障害発生時のペア分割の範囲が表示されます。
セカンダリボリュー
ム書き込み
セカンダリボリュームに書き込みできるかどうかが表示されます。
• [許可]:セカンダリボリュームに書き込みできる
• [拒否]:セカンダリボリュームに書き込みできない。
ペアが分割されている場合にだけ「許可」になります。なお、該当ボリュームがセカ
ンダリボリュームで、かつ書き込み操作ができる場合、ホストから書き込み操作を受
け付けたかどうかも表示されます。その場合、すでにホストから書き込み操作を受け
付けたときは「許可(受領済み)」、まだ受け付けていないときは「許可(未受領)」と
表示されます。
形成コピー優先度
形成コピーの優先順位(スケジューリング順位)が 1~256 の 10 進数で表示されま
す。
ペア作成時刻
ペア作成時刻が表示されます。
最終更新時刻
最終更新時刻が表示されます。
ペアコピー時間
ペアコピー時間が表示されます。
ローカルストレージ
システム
LDEV が属する仮想ストレージマシンに関する情報が表示されます。
:ボリュームの、仮想ストレージマシンのモデルとシリ
• [仮想ストレージマシン]
アル番号が表示されます。
• [仮想 LDEV ID]:ボリュームの仮想 LDEV ID が表示されます。仮想 LDEV ID が未
割り当ての場合、空白が表示されます。
[仮想デバイス名]
:ボリュームの仮想デバイス名が表示されます。
•
仮想デバイス名は、仮想エミュレーションタイプ、仮想 LUSE ボリューム数およ
び仮想 CVS 属性を組み合わせた形式で表示されます。仮想エミュレーションタ
イプ、仮想 LUSE ボリューム数、および仮想 CVS 属性のうち、設定済みの項目だ
けが表示されます。仮想エミュレーションタイプ、仮想 LUSE ボリューム数およ
び仮想 CVS 属性を設定していない場合は、空白が表示されます。仮想 CVS 属性を
設定している場合は、[CVS]が末尾に追加されます。
[仮想
SSID]
:ボリュームの仮想 SSID が表示されます。仮想 SSID が設定されてい
•
ない場合は、空白が表示されます。
リモートストレージ
システム
LDEV が属する仮想ストレージマシンに関する情報が表示されます。
:ボリュームの、仮想ストレージマシンのモデルとシリ
• [仮想ストレージマシン]
アル番号が表示されます。
• [仮想 LDEV ID]:ボリュームの仮想 LDEV ID が表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
[ページ数(現在/選択数)]
項目
説明
ページ数(現在/選択 「現在のペア情報/選択したペアの数」が表示されます。
数)
関連項目
•
E.8
7.1 Universal Replicator ペアの状態を確認する
[リモート接続プロパティ参照]画面
『TrueCopy ユーザガイド』の[リモート接続プロパティ参照]画面の説明を参照してください。
E.9
[操作履歴]画面
『TrueCopy ユーザガイド』の[操作履歴]画面の説明を参照してください。
E.10
リモート接続追加ウィザード
『TrueCopy ユーザガイド』のリモート接続追加ウィザードの説明を参照してください。
E.11
リモートレプリカオプション編集ウィザード
『TrueCopy ユーザガイド』のリモートレプリカオプション編集ウィザードの説明を参照してくださ
い。
E.12
ペア作成ウィザード
『TrueCopy ユーザガイド』のペア作成ウィザードの説明を参照してください。
E.13
ペア分割ウィザード
関連項目
•
6.3 Universal Replicator ペアを分割する
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
219
E.13.1
[ペア分割]画面
[選択したペア]テーブル
分割する Universal Replicator のペア情報が表示されます。
項目
説明
ローカルストレージ
システム
ローカルストレージシステムに関する情報が表示されます。
:プライマリボリュームを識別するための ID
• [LDEV ID]
:LDEV の名称
• [LDEV 名]
• [ペア位置]:LDEV のペア位置
• [ジャーナル ID]:ジャーナルを識別するための ID
• [ミラー ID]:ミラーを識別するための ID
• [容量]:LDEV の容量
• [CLPR]:キャッシュパーティション
コピータイプ
コピーの種類が表示されます。
• [UR]:Universal Replicator ペア
• [TC]:TrueCopy ペア
状態
ペア状態が表示されます。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [モデル/シリアル番号]:装置名称とシリアル番号。セカンダリボリュームを識
別できます。
• [LDEV ID]:セカンダリボリュームを識別するための ID
• [ジャーナル ID]:ジャーナルを識別するための ID
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
CTG ID
コンシステンシーグループ ID が表示されます。
情報設定エリア
項目
セカンダリボリュー
ム書き込み
220
説明
セカンダリボリューム書き込みを有効にするかどうかを選択します。デフォルトは
[無効]です。
選択したボリュームがプライマリボリュームの場合にだけ有効な設定です。セカン
ダリボリュームの場合は、指定した内容に関わらず[無効]が適用されます。
• [有効]:セカンダリボリューム書き込みを有効にします。
• [無効]:セカンダリボリューム書き込みを無効にします。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
E.13.2
[設定確認]画面
[選択したペア]テーブル
分割する Universal Replicator のペア情報を確認します。
項目
ローカルストレージ
システム
ローカルストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [LDEV ID]:プライマリボリュームを識別するための ID
• [LDEV 名]:LDEV の名称
• [ペア位置]:LDEV のペア位置
• [ジャーナル ID]:ジャーナルを識別するための ID
• [ミラー ID]:ミラーを識別するための ID
• [容量]:LDEV の容量
• [CLPR]:キャッシュパーティション
コピータイプ
コピーの種類が表示されます。
• [UR]:Universal Replicator ペア
• [TC]:TrueCopy ペア
状態
ペア状態が表示されます。
セカンダリボリュー
ム書き込み
E.14
説明
セカンダリボリューム書き込みが有効かどうかが表示されます。
選択したボリュームがセカンダリボリュームの場合は、指定した内容に関わらず
[-]が表示されます。
• [有効]:セカンダリボリューム書き込み有効
• [無効]:セカンダリボリューム書き込み無効
分割モード
セカンダリボリュームに反映されていない更新データの取り扱い方法が表示されま
す。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [モデル/シリアル番号]:装置名称とシリアル番号。セカンダリボリュームを識
別できます。
• [LDEV ID]:セカンダリボリュームを識別するための ID
• [ジャーナル ID]:ジャーナルを識別するための ID
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
CTG ID
コンシステンシーグループ ID が表示されます。
ミラー分割ウィザード
関連項目
•
6.4 ミラーを分割する
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
221
E.14.1
[ミラー分割]画面
[選択したミラー]テーブル
分割する Universal Replicator のミラー情報が表示されます。
項目
ジャーナル ID
ジャーナル ID が表示されます。
ミラー ID
ミラー ID が表示されます。
属性
ミラーの属性が表示されます。
:ローカルストレージシステムのプライマリボリュームが登録されてい
• [マスタ]
る場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのセカンダリボリュームが登録されて
• [リストア]
いる場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのジャーナルにデータボリュームが登録さ
• [初期]
れていないことを示します。
状態
ミラーの状態が表示されます。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [モデル/シリアル番号]:装置名称とシリアル番号。セカンダリボリュームを識
別できます。
• [ジャーナル ID]:リモートストレージシステムのジャーナル ID。
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
データ VOL 数
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの数が表示されま
す。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]
のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの数は表示されません。
データ容量
222
説明
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの総容量が表示さ
れます。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、[Holding]、または
[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの総容
量は表示されません。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
項目
説明
リモートコマンドデ
バイス
ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられているかどうかが表示されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられている場合、LDEV 番号が表示
されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられていない場合、この欄は空白
です。
• ミラーにリモートコマンドデバイスを割り当てられない場合、[-]が表示され
ます。
CTG ID
コンシステンシーグループ ID が表示されます。
CTG 利用
複数組のストレージシステムがコンシステンシーグループを共有しているかどうか
を表示します。
• [Single]:1 組のストレージシステムで構成されているコンシステンシーグルー
プです。
• [Multi]:複数のストレージシステムで構成されているコンシステンシーグルー
プです。
情報設定エリア
項目
セカンダリボリュー
ム書き込み
分割モード
説明
セカンダリボリューム書き込みを有効にするかどうかを選択します。デフォルトは
[無効]です。
選択したミラーがマスタジャーナルの場合にだけ有効な設定です。リストアジャー
ナルの場合は、指定した内容に関わらず[無効]が適用されます。
• [有効]:セカンダリボリューム書き込みを有効にします。
• [無効]:セカンダリボリューム書き込みを無効にします。
セカンダリボリュームに反映されていない更新データの取り扱い方法を選択します。
• [フラッシュ]
ペアの分割時に更新データがセカンダリボリュームに反映されます。副サイト
のストレージシステムがペアの分割を受け付けた時点で、対象ペアが保留してい
たすべてのジャーナルデータの内容がセカンダリボリュームに書き込まれます。
その後、対象ペアにジャーナルデータ(更新データ)がない状態が一定時間続く
と、対象ペアの状態が Suspending から PSUS に変わります。
• [パージ]
ペアの分割時には更新データがセカンダリボリュームに反映されませんが、その
後ペアを再同期すると更新データがセカンダリボリュームに反映されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
223
E.14.2
[設定確認]画面
[選択したミラー]テーブル
分割する Universal Replicator のミラー情報を確認します。
項目
ジャーナル ID
ジャーナル ID が表示されます。
ミラー ID
ミラー ID が表示されます。
属性
ミラーの属性が表示されます。
:ローカルストレージシステムのプライマリボリュームが登録されてい
• [マスタ]
る場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのセカンダリボリュームが登録されて
• [リストア]
いる場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのジャーナルにデータボリュームが登録さ
• [初期]
れていないことを示します。
状態
ミラーの状態が表示されます。
セカンダリボリュー
ム書き込み
セカンダリボリューム書き込みが有効かどうかが表示されます。
選択したミラーがリストアジャーナルの場合は、指定した内容に関わらず[-]が
表示されます。
• [有効]:セカンダリボリューム書き込み有効
• [無効]:セカンダリボリューム書き込み無効
分割モード
セカンダリボリュームに反映されていない更新データの取り扱い方法が表示されま
す。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [モデル/シリアル番号]:装置名称とシリアル番号。セカンダリボリュームを識
別できます。
• [ジャーナル ID]:リモートストレージシステムのジャーナル ID。
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
データ VOL 数
224
説明
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミ
ラーではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの数が表示さ
れます。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、[Holding]、または
[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの数
は表示されません。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
項目
データ容量
E.15
説明
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミ
ラーではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの総容量が表
示されます。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、[Holding]、または
[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの総
容量は表示されません。
リモートコマンドデ
バイス
ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられているかどうかが表示されま
す。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられている場合、LDEV 番号が表
示されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられていない場合、この欄は空白
です。
• ミラーにリモートコマンドデバイスを割り当てられない場合、[-]が表示され
ます。
CTG ID
コンシステンシーグループ ID が表示されます。
CTG 利用
複数組のストレージシステムがコンシステンシーグループを共有しているかどうか
を表示します。
:1 組のストレージシステムで構成されているコンシステンシーグルー
• [Single]
プです。
• [Multi]:複数のストレージシステムで構成されているコンシステンシーグルー
プです。
ペア再同期ウィザード
関連項目
•
E.15.1
6.6 Universal Replicator ペアを再同期する
[ペア再同期]画面
[選択したペア]テーブル
再同期する Universal Replicator のペア情報が表示されます。
•
テーブル
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
225
項目
•
説明
ローカルストレージ
システム
ローカルストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [LDEV ID]:プライマリボリュームを識別するための ID
• [LDEV 名]:LDEV の名称
• [ジャーナル ID]:ジャーナルを識別するための ID
• [ミラー ID]:ミラーを識別するための ID
• [容量]:LDEV の容量
• [CLPR]:キャッシュパーティション
コピータイプ
コピーの種類が表示されます。
• [UR]:Universal Replicator ペア
• [TC]:TrueCopy ペア
状態
ペア状態が表示されます。
コピー優先度
再同期操作の優先順位(スケジューリング順位)が表示されます(1~256)。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
:装置名称とシリアル番号。セカンダリボリュームを
• [モデル/シリアル番号]
識別できます。
• [LDEV ID]:セカンダリボリュームを識別するための ID
• [ジャーナル ID]:ジャーナルを識別するための ID
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
CTG ID
コンシステンシーグループ ID が表示されます。
スピンボックス
項目
コピー優先度
説明
コピー優先度を変更したいペアを選択し、優先度を指定します。(1~256)
[変更]をクリックすると、[選択したペア]テーブルに反映されます。
情報設定エリア
項目
エラーレベル
E.15.2
226
説明
障害発生時のペア分割の範囲を指定します。ペア作成時の設定が初期値になります。
• [ミラー]
このペアに障害が発生すると、このペアと同じミラー内のペアがすべて分割され
ます。
• [LU]
このペアに障害が発生すると、このペアだけが分割されます。
[設定確認]画面
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
[選択したペア]テーブル
再同期する Universal Replicator のペア情報を確認します。
項目
E.16
説明
ローカルストレージ
システム
ローカルストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [LDEV ID]:プライマリボリュームを識別するための ID
• [LDEV 名]:LDEV の名称
• [ジャーナル ID]:ジャーナルを識別するための ID
• [ミラー ID]:ミラーを識別するための ID
• [容量]:LDEV の容量
• [CLPR]:キャッシュパーティション
コピータイプ
コピーの種類が表示されます。
• [UR]:Universal Replicator ペア
• [TC]:TrueCopy ペア
状態
ペア状態が表示されます。
コピー優先度
再同期操作の優先順位(スケジューリング順位)が表示されます(1~256)。
エラーレベル
障害発生時のペア分割の範囲が表示されます。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [モデル/シリアル番号]:装置名称とシリアル番号。セカンダリボリュームを識
別できます。
• [LDEV ID]:セカンダリボリュームを識別するための ID
• [ジャーナル ID]:ジャーナルを識別するための ID
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
CTG ID
コンシステンシーグループ ID が表示されます。
[ミラー再同期]画面
[選択したミラー]テーブル
再同期する Universal Replicator のミラー情報を確認します。
項目
説明
ジャーナル ID
ジャーナル ID が表示されます。
ミラー ID
ミラー ID が表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
227
項目
属性
ミラーの属性が表示されます。
:ローカルストレージシステムのプライマリボリュームが登録されてい
• [マスタ]
る場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのセカンダリボリュームが登録されて
• [リストア]
いる場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのジャーナルにデータボリュームが登録さ
• [初期]
れていないことを示します。
状態
ミラーの状態が表示されます。
再同期モード
ミラー再同期の種類が表示されます。
• [通常]
ミラーに属する次の状態のペアすべてに対して、再同期します。
分割された PSUS 状態または PSUE 状態のペアです。
• [デルタ]
ミラーに属するすべてのペアのデルタリシンク処理を実行します。
• [待機状態に戻す]
ミラーに属するすべてのペアを待機状態に戻します(HLDE 状態のペアを HOLD 状
態に変更)。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [モデル/シリアル番号]:装置名称とシリアル番号。セカンダリボリュームを識
別できます。
[ジャーナル
ID]:リモートストレージシステムのジャーナル ID。
•
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
データ VOL 数
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの数が表示されま
す。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]
のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの数は表示されません。
データ容量
228
説明
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの総容量が表示さ
れます。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、[Holding]、または
[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの総容
量は表示されません。
リモートコマンドデ
バイス
ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられているかどうかが表示されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられている場合、LDEV 番号が表示
されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられていない場合、この欄は空白
です。
• ミラーにリモートコマンドデバイスを割り当てられない場合、[-]が表示され
ます。
CTG ID
コンシステンシーグループ ID が表示されます。
CTG 利用
複数組のストレージシステムがコンシステンシーグループを共有しているかどうか
を表示します。
• [Single]:1 組のストレージシステムで構成されているコンシステンシーグルー
プです。
• [Multi]:複数のストレージシステムで構成されているコンシステンシーグルー
プです。
デルタリシンク失敗
デルタリシンク処理が実行できなかった場合の処理が表示されます。
• [全てコピー]:デルタリシンク処理が実行できなかった場合、プライマリボ
リュームのデータをすべてセカンダリボリュームにコピーします。
:デルタリシンク処理が実行できなかった場合、何も処理を実行し
• [コピーなし]
ません。したがって、セカンダリボリュームも更新されません。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
関連項目
•
E.17
6.7 ミラーを再同期する
[ペア削除]画面
[選択したペア]テーブル
項目
説明
ローカルストレージ
システム
ローカルストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [LDEV ID]:ボリュームの LDEV ID が表示されます。
• [LDEV 名]:ボリュームの LDEV 名が表示されます。
:ボリュームがプライマリボリュームかセカンダリボリュームかが表
• [ペア位置]
示されます。
• [ジャーナル ID]:ジャーナル ID が表示されます。
• [ミラー ID]:ミラー ID が表示されます。
• [容量]:ボリュームの容量が表示されます。
• [CLPR]:ボリュームの CLPR ID が表示されます。
コピータイプ
コピーの種類が表示されます。
• [UR]:Universal Replicator ペア
• [TC]:TrueCopy ペア
状態
ペア状態が表示されます。
削除モード
[通常]が表示されます。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [モデル/シリアル番号]:モデルとシリアル番号が表示されます。
• [LDEV ID]:ボリュームの LDEV ID が表示されます。
• [ジャーナル ID]:ジャーナル ID が表示されます。
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
CTG ID
コンシステンシーグループ ID が表示されます。
関連項目
•
6.8 Universal Replicator ペアを削除する
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
229
E.18
ミラー削除ウィザード
関連項目
•
E.18.1
6.9 ミラーを削除する
[ミラー削除]画面
[選択したミラー]テーブル
項目
230
説明
ジャーナル ID
ジャーナル ID が表示されます。
ミラー ID
ミラー ID が表示されます。
属性
ミラーの属性が表示されます。
:ローカルストレージシステムのプライマリボリュームが登録されてい
• [マスタ]
る場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのセカンダリボリュームが登録されて
• [リストア]
いる場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのジャーナルにデータボリュームが登録さ
• [初期]
れていないことを示します。
状態
ミラーの状態が表示されます。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [モデル/シリアル番号]:装置名称とシリアル番号。セカンダリボリュームを識
別できます。
• [ジャーナル ID]:リモートストレージシステムのジャーナル ID。
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
データ VOL 数
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの数が表示されま
す。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]
のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの数は表示されません。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
項目
データ容量
説明
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの総容量が表示さ
れます。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、[Holding]、または
[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの総容
量は表示されません。
リモートコマンドデ
バイス
ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられているかどうかが表示されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられている場合、LDEV 番号が表示
されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられていない場合、この欄は空白
です。
• ミラーにリモートコマンドデバイスを割り当てられない場合、[-]が表示され
ます。
CTG ID
コンシステンシーグループ ID が表示されます。
CTG 利用
複数組のストレージシステムがコンシステンシーグループを共有しているかどうか
を表示します。
• [Single]:1 組のストレージシステムで構成されているコンシステンシーグルー
プです。
[Multi]
:複数のストレージシステムで構成されているコンシステンシーグルー
•
プです。
[削除モード]
項目
削除モード
E.18.2
説明
削除モードを選択します。
:ミラーが解除されるのは、ローカルストレージシステムがミラーの状態
• [通常]
を Initial に変更できる場合だけです。
:ミラーを強制的に解除します。ローカルストレージシステムがリモート
• [強制]
ストレージシステムと通信できない場合でも、ミラーは削除されます。
[設定確認]画面
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
231
[選択したミラー]テーブル
項目
ジャーナル ID
ジャーナル ID が表示されます。
ミラー ID
ミラー ID が表示されます。
属性
ミラーの属性が表示されます。
:ローカルストレージシステムのプライマリボリュームが登録されてい
• [マスタ]
る場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのセカンダリボリュームが登録されて
• [リストア]
いる場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのジャーナルにデータボリュームが登録さ
• [初期]
れていないことを示します。
状態
ミラーの状態が表示されます。
削除モード
ミラーを強制的に解除するかどうかが表示されます。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [モデル/シリアル番号]:装置名称とシリアル番号。セカンダリボリュームを識
別できます。
• [ジャーナル ID]:リモートストレージシステムのジャーナル ID。
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
データ VOL 数
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの数が表示されま
す。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]
のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの数は表示されません。
データ容量
E.19
説明
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの総容量が表示さ
れます。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、[Holding]、または
[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの総容
量は表示されません。
リモートコマンドデ
バイス
ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられているかどうかが表示されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられている場合、LDEV 番号が表示
されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられていない場合、この欄は空白
です。
• ミラーにリモートコマンドデバイスを割り当てられない場合、[-]が表示され
ます。
CTG ID
コンシステンシーグループ ID が表示されます。
CTG 利用
複数組のストレージシステムがコンシステンシーグループを共有しているかどうか
を表示します。
• [Single]:1 組のストレージシステムで構成されているコンシステンシーグルー
プです。
• [Multi]:複数のストレージシステムで構成されているコンシステンシーグルー
プです。
ペアオプション編集ウィザード
関連項目
•
232
8.1.1 Universal Replicator のペア分割の範囲を変更する
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
E.19.1
[ペアオプション編集]画面
情報設定エリア
項目
エラーレベル
E.19.2
説明
障害発生時のペア分割の範囲を指定します。選択したペアに設定されている値が初
期値になります。
• [ミラー]
このペアに障害が発生すると、このペアと同じミラー内のペアがすべて分割され
ます。
[LU]
•
このペアに障害が発生すると、このペアだけが分割されます。
[設定確認]画面
[選択したペア]テーブル
項目
ローカルストレージ
システム
説明
ローカルストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [LDEV ID]:ボリュームの LDEV ID が表示されます。
• [LDEV 名]:ボリュームの LDEV 名が表示されます。
:ボリュームがプライマリボリュームかセカンダリボリュームかが表
• [ペア位置]
示されます。
• [ジャーナル ID]:ジャーナル ID が表示されます。
• [ミラー ID]:ミラー ID が表示されます。
• [容量]:ボリュームの容量が表示されます。
• [CLPR]:ボリュームの CLPR ID が表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
233
項目
E.20
説明
コピータイプ
コピーの種類が表示されます。
• [UR]:Universal Replicator ペア
• [TC]:TrueCopy ペア
エラーレベル
障害発生時のペア分割の範囲が表示されます。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムに関する情報が表示されます。
• [モデル/シリアル番号]:装置名称とシリアル番号。セカンダリボリュームを識
別できます。
• [LDEV ID]:セカンダリボリュームを識別するための ID
• [ジャーナル ID]:ジャーナルを識別するための ID
パスグループ ID
パスグループ ID が表示されます。
リモートパス追加ウィザード
『TrueCopy ユーザガイド』のリモートパス追加ウィザードの説明を参照してください。
E.21
リモートパス削除ウィザード
『TrueCopy ユーザガイド』のリモートパス削除ウィザードの説明を参照してください。
E.22
リモート接続オプション編集ウィザード
『TrueCopy ユーザガイド』のリモート接続オプション編集ウィザードの説明を参照してください。
E.23
[リモート接続削除]画面
『TrueCopy ユーザガイド』の[リモート接続削除]画面の説明を参照してください。
E.24
ジャーナル作成ウィザード
関連項目
•
234
5.3 Universal Replicator のジャーナルを作成する
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
E.24.1
[ジャーナル作成]画面
情報設定エリア
画面左側のエリアで、Universal Replicator のジャーナルを作成します。
項目
ジャーナル ID
説明
ジャーナル ID を選択します。
選択できるジャーナル ID は、空いている番号から昇順に表示されます。空いている
番号がなくなったときは空白となります。
[ジャーナルボリューム選択]
画面左側のエリアで、作成する Universal Replicator のジャーナルボリュームとして指定できる
LDEV が表示されます。
項目
説明
ジャーナルボリュー
ム選択
[ジャーナルボリューム選択]画面が表示されます。
合計選択ジャーナル
ボリューム
[ジャーナルボリューム選択]画面で選択したジャーナルボリュームの数が表示され
ます。
合計選択容量
[ジャーナルボリューム選択]画面で選択したジャーナルボリュームの総容量が表示
されます。
情報設定エリア
項目
MP ユニット ID
説明
MP ユニット ID を選択します。自動割り当てが有効な MP ユニットが 1 つ以上ある場
合は[自動]も選択できます。
初期値は、[自動]が選択できる場合は[自動]、[自動]が選択できない場合はいち
ばん若い番号の MP ユニット ID です。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
235
項目
説明
ジャーナルボリュー
ム流入制御
ホスト I/O への応答を遅らせて、ジャーナルボリュームへ更新 I/O の流入を制限しま
す。
• [有効]:流入を制限します。
• [無効]:流入を制限しません。
データあふれ監視時
間
メタデータとジャーナルデータの満杯監視時間を入力します。
単位は秒で、入力できる値は 0 から 600 です。初期値は 60 です。
キャッシュモード
リストアジャーナル内のジャーナルデータをキャッシュに格納するかどうかを選択
します。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されます。キャッシュの空き容量
• [有効]
が少なくなると、ジャーナルデータはジャーナルボリュームにも格納されます。
この設定は、RAID5 または RAID6 のジャーナルボリュームでだけ有効です。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されず、ジャーナルボリュームに
• [無効]
格納されます。
この設定は、マスタジャーナルでは無効になります。ただし、RAID Manager の
horctakeover コマンドを使ってマスタジャーナルをリストアジャーナルに変える
と、この設定は有効になります。
なお、[有効]を設定した場合は、ジャーナル内にある RAID レベルが RAID5 または
RAID6 のジャーナルボリュームだけに設定が有効になります。RAID5 または RAID6 以
外の RAID レベル(外部ボリュームを含む)のジャーナルボリュームは、
[無効]を設
定した場合と同じ動作になります。
[追加]ボタン
画面左側のエリアで設定したジャーナルを、[選択したジャーナル]テーブルに追加します。
[選択したジャーナル]テーブル
画面右側のエリアで、作成する Universal Replicator のジャーナル情報が表示されます。
•
テーブル
項目
236
説明
ジャーナル ID
ジャーナルの ID が表示されます。
ジャーナル VOL 数
ジャーナルに登録されているジャーナルボリュームの数が表示されま
す。
ジャーナル容量
登録されているジャーナルボリュームの容量が表示されます。ジャー
ナルボリュームが 2 個登録されている場合は、2 個のジャーナルボ
リュームの総容量からリザーブジャーナルボリュームの容量を差し引
いた容量が表示されます。
MP ユニット ID
MP ユニット ID が表示されます。
ジャーナルボリューム流入制御
ホスト I/O への応答を遅らせて、ジャーナルボリュームへ更新 I/O の
流入を制限します。
• [有効]:流入を制限します。
• [無効]:流入を制限しません。
データあふれ監視時間 (秒)
メタデータとジャーナルデータの満杯監視時間が表示されます。単位
は秒です。
[ジャーナルボリューム流入制御]が[無効]の場合、
[-]
が表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
項目
説明
キャッシュモード
•
リストアジャーナル内のジャーナルデータをキャッシュに格納するか
どうかが表示されます。
• [有効]:ジャーナルデータはキャッシュに格納されます。キャッ
シュの空き容量が少なくなると、ジャーナルデータはジャーナルボ
リュームにも格納されます。この設定は、RAID5 または RAID6 の
ジャーナルボリュームでだけ有効です。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されず、ジャーナル
• [無効]
ボリュームに格納されます。
この設定は、マスタジャーナルでは無効になります。ただし、RAID
Manager の horctakeover コマンドを使ってマスタジャーナルをリスト
アジャーナルに変えると、この設定は有効になります。
なお、[有効]を設定した場合は、ジャーナル内にある RAID レベルが
RAID5 または RAID6 のジャーナルボリュームだけに設定が有効になり
ます。RAID5 または RAID6 以外の RAID レベル(外部ボリュームを含む)
のジャーナルボリュームは、
[無効]を設定した場合と同じ動作になり
ます。
ボタン
項目
説明
詳細
[ジャーナルプロパティ]画面が表示されます。
削除
E.24.2
選択したジャーナルを、
[選択したジャーナル]テーブルから削除しま
す。
[ジャーナルボリューム選択]画面
[利用可能な LDEV]テーブル
Universal Replicator のジャーナルボリュームを選択します。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
237
項目
説明
LDEV ID
LDKC 番号、CU 番号、および LDEV 番号の組み合わせが表示されます。
LDEV 名
LDEV 名が表示されます。
プール名(ID)
プール名とプール ID が表示されます。
RAID レベル
RAID レベルが表示されます。
属性
属性が表示されます。
• [SLU]:SLU 属性のボリュームです。
• [-]:属性が設定されていないボリュームです。
容量
容量が表示されます。
CLPR
CLPR が表示されます。CLPR ID:CLPR 名の形式で表示されます。
リソースグループ名
(ID)
LDEV のリソースグループの名称と ID が表示されます。ID は括弧内に表示されます。
[追加]ボタン
[利用可能な LDEV]テーブルで選択した LDEV を[選択したジャーナルボリューム]テーブルに追加
します。
[削除]ボタン
選択したジャーナルボリュームを、[選択したジャーナルボリューム]テーブルから削除します。
[選択したジャーナルボリューム]テーブル
項目
説明
LDEV ID
LDKC 番号、CU 番号、および LDEV 番号の組み合わせが表示されます。
LDEV 名
LDEV 名が表示されます。
プール名(ID)
プール名とプール ID が表示されます。
RAID レベル
RAID レベルが表示されます。
属性
属性が表示されます。
• [SLU]:SLU 属性のボリュームです。
• [-]:属性が設定されていないボリュームです。
容量
容量が表示されます。
CLPR
CLPR が表示されます。CLPR ID:CLPR 名の形式で表示されます。
リソースグループ名
(ID)
LDEV のリソースグループの名称と ID が表示されます。ID は括弧内に表示されます。
関連項目
•
238
5.3 Universal Replicator のジャーナルを作成する
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
E.24.3
[設定確認]画面
[選択したジャーナル]テーブル
作成する Universal Replicator のジャーナル情報を確認します。
•
テーブル
項目
説明
ジャーナル ID
ジャーナルの ID が表示されます。
ジャーナル VOL 数
ジャーナルに登録されているジャーナルボリュームの数が表示されま
す。
ジャーナル容量
登録されているジャーナルボリュームの容量が表示されます。ジャー
ナルボリュームが 2 個登録されている場合は、2 個のジャーナルボ
リュームの総容量からリザーブジャーナルボリュームの容量を差し引
いた容量が表示されます。
MP ユニット ID
MP ユニット ID が表示されます。
ジャーナルボリューム流入制御
ホスト I/O への応答を遅らせて、ジャーナルボリュームへ更新 I/O の
流入を制限します。
• [有効]:流入を制限します。
• [無効]:流入を制限しません。
データあふれ監視時間 (秒)
メタデータとジャーナルデータの満杯監視時間が表示されます。単位
は秒です。
[ジャーナルボリューム流入制御]が[無効]の場合、
[-]
が表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
239
項目
キャッシュモード
•
説明
リストアジャーナル内のジャーナルデータをキャッシュに格納するか
どうかが表示されます。
• [有効]:ジャーナルデータはキャッシュに格納されます。キャッ
シュの空き容量が少なくなると、ジャーナルデータはジャーナルボ
リュームにも格納されます。この設定は、RAID5 または RAID6 の
ジャーナルボリュームでだけ有効です。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されず、ジャーナル
• [無効]
ボリュームに格納されます。
この設定は、マスタジャーナルでは無効になります。ただし、RAID
Manager の horctakeover コマンドを使ってマスタジャーナルをリスト
アジャーナルに変えると、この設定は有効になります。
なお、[有効]を設定した場合は、ジャーナル内にある RAID レベルが
RAID5 または RAID6 のジャーナルボリュームだけに設定が有効になり
ます。RAID5 または RAID6 以外の RAID レベル(外部ボリュームを含む)
のジャーナルボリュームは、
[無効]を設定した場合と同じ動作になり
ます。
ボタン
項目
詳細
E.25
説明
[ジャーナルプロパティ]画面が表示されます。
ジャーナルオプション編集ウィザード
関連項目
•
E.25.1
8.2.2 Universal Replicator で使用されるジャーナルのオプションを変更する
[ジャーナルオプション編集]画面
情報設定エリア
Universal Replicator のジャーナルオプションを変更します。
項目
ジャーナルボリュー
ム流入制御
240
説明
ホスト I/O への応答を遅らせて、ジャーナルボリュームへ更新 I/O の流入を制限しま
す。
• [有効]:流入を制限します。
• [無効]:流入を制限しません。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
項目
E.25.2
説明
データあふれ監視時
間
メタデータとジャーナルデータの満杯監視時間を選択します。単位は秒です。選択
できる値は 0 から 600 で、初期値はジャーナル作成時に設定した値です。[ジャーナ
ルボリューム流入制御]が[無効]の場合、この欄には何も表示されません。
キャッシュモード
リストアジャーナル内のジャーナルデータをキャッシュに格納するかどうかを選択
します。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されます。キャッシュの空き容量
• [有効]
が少なくなると、ジャーナルデータはジャーナルボリュームにも格納されます。
この設定は、RAID5 または RAID6 のジャーナルボリュームでだけ有効です。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されず、ジャーナルボリュームに
• [無効]
格納されます。
この設定は、マスタジャーナルでは無効になります。ただし、RAID Manager の
horctakeover コマンドを使ってマスタジャーナルをリストアジャーナルに変える
と、この設定は有効になります。
なお、[有効]を設定した場合は、ジャーナル内にある RAID レベルが RAID5 または
RAID6 のジャーナルボリュームだけに設定が有効になります。RAID5 または RAID6 以
外の RAID レベル(外部ボリュームを含む)のジャーナルボリュームは、
[無効]を設
定した場合と同じ動作になります。
[設定確認]画面
[選択したジャーナル]テーブル
ジャーナルオプションを変更する Universal Replicator ジャーナルの情報を確認します。
項目
説明
ジャーナル ID
ジャーナルの ID が表示されます。
属性
ジャーナルの属性が表示されます。
• [マスタ]:マスタジャーナル
• [リストア]:リストアジャーナル
:ジャーナルボリュームが登録されているが、データボリュームは登録さ
• [初期]
れていないことを示します。
ジャーナル VOL 数
ジャーナルに登録されているジャーナルボリュームの数が表示されます。
ジャーナル容量
登録されているジャーナルボリュームの容量が表示されます。ジャーナルボリュー
ムが 2 個登録されている場合は、2 個のジャーナルボリュームの総容量からリザーブ
ジャーナルボリュームの容量を差し引いた容量が表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
241
項目
データ VOL 数
データ容量
ジャーナルボリュー
ム流入制御
データあふれ監視時
間 (秒)
キャッシュモード
E.26
説明
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの数が表示されま
す。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]
のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの数は表示されません。
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの総容量が表示さ
れます。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、[Holding]、または
[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの総容
量は表示されません。
ホスト I/O への応答を遅らせて、ジャーナルボリュームへ更新 I/O の流入を制限する
かどうかが表示されます。
• [有効]:流入を制限します。
• [無効]:流入を制限しません。
メタデータとジャーナルデータの満杯監視時間が表示されます。単位は秒です。
[ジャーナルボリューム流入制御]が[無効]の場合、[-]が表示されます。
リストアジャーナル内のジャーナルデータをキャッシュに格納するかどうかが表示
されます。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されます。キャッシュの空き容量
• [有効]
が少なくなると、ジャーナルデータはジャーナルボリュームにも格納されます。
この設定は、RAID5 または RAID6 のジャーナルボリュームでだけ有効です。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されず、ジャーナルボリュームに
• [無効]
格納されます。
この設定は、マスタジャーナルでは無効になります。ただし、RAID Manager の
horctakeover コマンドを使ってマスタジャーナルをリストアジャーナルに変える
と、この設定は有効になります。
なお、[有効]を設定した場合は、ジャーナル内にある RAID レベルが RAID5 または
RAID6 のジャーナルボリュームだけに設定が有効になります。RAID5 または RAID6 以
外の RAID レベル(外部ボリュームを含む)のジャーナルボリュームは、
[無効]を設
定した場合と同じ動作になります。
[ジャーナル削除]画面
[選択したジャーナル]テーブル
Universal Replicator のジャーナルを削除します。
242
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
•
テーブル
項目
•
説明
ジャーナル ID
ジャーナルの ID が表示されます。
ジャーナル VOL 数
ジャーナルに登録されているジャーナルボリュームの数が表示されます。
ジャーナル容量
登録されているジャーナルボリュームの容量が表示されます。ジャーナルボ
リュームが 2 個登録されている場合は、2 個のジャーナルボリュームの総容量か
らリザーブジャーナルボリュームの容量を差し引いた容量が表示されます。
ボタン
項目
詳細
説明
[ジャーナルプロパティ]画面が表示されます。
関連項目
•
E.27
8.2.6 ジャーナルを削除する
MP ユニット割り当てウィザード
関連項目
•
E.27.1
5.5 Universal Replicator のジャーナルに MP ユニットを割り当てる
[MP ユニット割り当て]画面
情報設定エリア
項目
MP ユニット ID
説明
MP ユニット ID を選択します。初期値は現在設定されている MP ユ
ニット ID です。
ただし、選択した行の MP ユニット ID が混在している場合は、空白と
なります。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
243
E.27.2
[設定確認]画面
[選択したジャーナル]テーブル
項目
ジャーナル ID
ジャーナルの ID が表示されます。
属性
ジャーナルの属性が表示されます。
• [マスタ]:マスタジャーナル
• [リストア]:リストアジャーナル
• [初期]:ジャーナルボリュームが登録されているが、データボ
リュームは登録されていないことを示します。
ジャーナル VOL 数
ジャーナルに登録されているジャーナルボリュームの数が表示され
ます。
ジャーナル容量
登録されているジャーナルボリュームの容量が表示されます。
ジャーナルボリュームが 2 個登録されている場合は、2 個のジャーナ
ルボリュームの総容量からリザーブジャーナルボリュームの容量を
差し引いた容量が表示されます。
データ VOL 数
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシ
ンク用のミラーではないミラーのジャーナルに登録されているデー
タボリュームの数が表示されます。デルタリシンク用のミラー(状態
が[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]のミラー)のジャー
ナルに登録されているデータボリュームの数は表示されません。
データ容量
MP ユニット ID
E.28
説明
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシ
ンク用のミラーではないミラーのジャーナルに登録されているデー
タボリュームの総容量が表示されます。デルタリシンク用のミラー
(状態が[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]のミラー)の
ジャーナルに登録されているデータボリュームの総容量は表示され
ません。
MP ユニット ID が表示されます。
ミラーオプション編集ウィザード
関連項目
•
244
8.2.3 Universal Replicator で使用されるミラーのオプションを変更する
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
E.28.1
[ミラーオプション編集]画面
情報設定エリア
Universal Replicator のミラーオプションを変更します。
項目
パス監視時間
説明
パスが閉塞してからミラーが分割(サスペンド)されるまでの監視時間を指定しま
す。パス監視時間の単位は[分]、[時]、または[日]のどれかから指定できます。
指定できる値の範囲は、1~59 分、1~23 時間、または 1~30 日です。
注意:特別な事情がないかぎり、ミラーの正側(MCU 側)と副側(RCU 側)には同じ
パス監視時間を指定してください。正側(MCU 側)と副側(RCU 側)でパス監視時間
が異なる場合、ミラーが同時に分割(サスペンド)されません。例えば、ミラーの正
側(MCU 側)に 5 分を指定し、ミラーの副側(RCU 側)に 60 分を指定した場合、正側
(MCU 側)はパスが閉塞してから 5 分後にサスペンドされますが、副側(RCU 側)は
60 分後にサスペンドされます。
パス閉塞時に直ちにミラーが分割(サスペンド)されるようにしたい場合は、システ
ムオプションのモード 448 を ON にし、モード 449 を OFF にしてください。モードの
設定については、問い合わせ先に依頼してください。
パス監視時間の転送
ミラーの正側(MCU 側)のパス監視時間を、ミラーの副側(RCU 側)に転送するかど
うかを指定します。転送すると、ミラーの正側(MCU 側)と副側(RCU 側)でパス監
視時間が一致します。
• [該当]:ミラーの副側(RCU 側)にパス監視時間を転送します。
• [非該当]:ミラーの副側(RCU 側)にパス監視時間を転送しません。デフォルト
は[非該当]です。
副サイトでは[パス監視時間の転送]の設定ができません。
デルタリシンク処理を実行するときに副サイトにパス監視時間を設定する必要があ
るため、デルタリシンク用 Universal Replicator ペアの正サイトでは、必ず[該当]
を指定してください。
コピー速度
ボリューム 1 個当たりの形成コピーの速度を指定します。ただし、副サイトでは[コ
ピー速度]の設定ができません。
• [低速]:標準です。
:
[中速]を指定する場合は、更新 I/O(ホストからプライマリボリューム
• [中速]
への書き込み)をパリティグループ 1 個当たり 10MB/秒以下に抑えてください。
10MB/秒を超えると、データボリュームのペアが分割(サスペンド)されるおそ
れがあります。
:
[高速]を指定する場合は、更新 I/O(ホストからプライマリボリューム
• [高速]
への書き込み)が発生しないようにしてください。更新 I/O が発生すると、デー
タボリュームのペアが分割(サスペンド)されるおそれがあります。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
245
項目
転送速度
デルタリシンク失敗
説明
データ転送時の転送速度を指定します。単位は Mbps(メガビット/秒)です。
[256]、
[100]、[10]、または[3]のどれかを指定できます。推奨する設定値を次に示しま
す。
転送速度が 3Mbps~9Mbps の場合、[3]を推奨します。
転送速度が 10Mbps~99Mbps の場合、[10]を推奨します。
転送速度が 100Mbps~255Mbps の場合、[100]を推奨します。
転送速度が 256Mbps 以上の場合、[256]を推奨します。
この設定は、マスタジャーナルでは無効になります。ただし、RAID Manager の
horctakeover コマンドを使ってマスタジャーナルをリストアジャーナルに変える
と、この設定は有効になります。
デルタリシンク処理が実行できなかった場合の処理を設定します。
• [全てコピー]:デルタリシンク処理が実行できなかった場合、プライマリボ
リュームのデータをすべてセカンダリボリュームにコピーします。
:デルタリシンク処理が実行できなかった場合、何も処理を実行し
• [コピーなし]
ません。したがって、セカンダリボリュームも更新されません。
副サイトでは、[デルタリシンク失敗]の設定はできません。
複数のジャーナルを RAID Manager のコンシステンシーグループに登録している構成
でジャーナルを使用する場合は、このオプションを[全てコピー]に設定してくださ
い。
関連項目
•
E.28.2
C.3.9 デルタリシンクが失敗したときにエラーを発生させないようにするには
[設定確認]画面
[選択したミラー]テーブル
ミラーオプションを変更する Universal Replicator ミラーの情報を確認します。
項目
246
説明
ジャーナル ID
ジャーナル ID が表示されます。
ミラー ID
ミラー ID が表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
項目
説明
属性
ミラーの属性が表示されます。
:ローカルストレージシステムのプライマリボリュームが登録されてい
• [マスタ]
る場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのセカンダリボリュームが登録されて
• [リストア]
いる場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのジャーナルにデータボリュームが登録さ
• [初期]
れていないことを示します。
状態
ミラーの状態が表示されます。
パス監視時間
リモートストレージシステムとの間に設定しているパスの閉塞監視時間が表示され
ます。
ミラーの副側(RCU 側)の状態が[Hold]、[Holding]、または[Hold(Failure)]の
場合、[-]が表示されます。
パス監視時間の転送
マスタジャーナルのパス監視時間をミラーの副側(RCU 側)に転送するかどうかが表
示されます。転送すると、ミラーの正側(MCU 側)と副側(RCU 側)でパス監視時間
が一致します。
• [該当]:ミラーの副側(RCU 側)にパス監視時間を転送します。
• [非該当]:ミラーの副側(RCU 側)にパス監視時間を転送しません。
コピー速度
ボリューム 1 個当たりの形成コピーの速度が表示されます。[低速]、[中速]または
[高速]のどれかが表示されます。
ジャーナルがリストアジャーナルの場合、[-]が表示されます。
転送速度
データ転送時の転送速度が表示されます。単位は Mbps(メガビット/秒)です。
[256]、[100]、[10]、または[3]のどれかが表示されます。
この設定は、マスタジャーナルでは無効になります。ただし、RAID Manager の
horctakeover コマンドを使ってマスタジャーナルをリストアジャーナルに変える
と、この設定は有効になります。
デルタリシンク失敗
デルタリシンク処理が実行できなかった場合の処理が表示されます。
• [全てコピー]:デルタリシンク処理が実行できなかった場合、プライマリボ
リュームのデータをすべてセカンダリボリュームにコピーします。
:デルタリシンク処理が実行できなかった場合、何も処理を実行し
• [コピーなし]
ません。したがって、セカンダリボリュームも更新されません。
リモートストレージ
システム
リモートストレージシステムの情報が表示されます。
• [モデル / シリアル番号]:リモートストレージシステムの装置名称およびシリ
アル番号が表示されます。
ミラーの属性が[初期]の場合、[-]が表示されます。
[ジャーナル
ID]
:リモートストレージシステムのジャーナル ID が表示されます。
•
ミラーの属性が[初期]の場合、[-]が表示されます。
パスグループ ID
リモート接続を登録したときにユーザが登録したパスグループ ID が表示されます。
データ VOL 数
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの数が表示されま
す。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]
のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの数は表示されません。
データ容量
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク用のミラー
ではないミラーのジャーナルに登録されているデータボリュームの総容量が表示さ
れます。デルタリシンク用のミラー(状態が[Hold]、[Holding]、または
[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに登録されているデータボリュームの総容
量は表示されません。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
247
項目
リモートコマンドデ
バイス
E.29
説明
ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられているかどうかが表示されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられている場合、LDEV 番号が表示
されます。
• ミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられていない場合、この欄は空白
です。
• ミラーにリモートコマンドデバイスを割り当てられない場合、[-]が表示され
ます。
リモートコマンドデバイス割り当てウィザード
関連項目
•
E.29.1
E.29.1 [リモートコマンドデバイス割り当て]画面
[リモートコマンドデバイス割り当て]画面
情報設定エリア
Universal Replicator のミラーにリモートコマンドデバイスを割り当てます。
項目
248
説明
ジャーナル ID
ジャーナル ID が表示されます。
ミラー 1
ミラー 1 のミラー ID およびリモートコマンドデバイス(LDKC 番号、CU 番号、および
LDEV 番号)を選択します。
指定したミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられていない場合だけ選択
できます。指定したミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられている場合
は、その情報が表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
項目
ミラー 2
E.29.2
説明
ミラー 2 のミラー ID およびリモートコマンドデバイス(LDKC 番号、CU 番号、および
LDEV 番号)を選択します。
指定したミラーにリモートコマンドデバイスが割り当てられていない場合だけ選択
できます。それ以外の場合は、[-]が表示されます。
ミラー 1 で指定したミラーに、リモートコマンドデバイスが割り当てられていない場
合は、ミラー ID に[割り当てない]または選択できるミラー ID が表示されます。
ミラー 1 で指定したミラーに、リモートコマンドデバイスが割り当てられている場合
は、空白または選択できるミラー ID が表示されます。
[設定確認]画面
[選択したミラー]テーブル
リモートコマンドデバイスを割り当てる Universal Replicator ミラーの情報を確認します。
項目
説明
ジャーナル ID
ジャーナル ID が表示されます。
ミラー ID
ミラー ID が表示されます。
リモートコマンドデ
バイス
[リモートコマンドデバイス割り当て]画面で選択したリモートコマンドデバイスの
LDKC 番号、CU 番号、および LDEV 番号が表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
249
E.30
[リモートコマンドデバイス解除]画面
[選択したミラー]テーブル
Universal Replicator のミラーからリモートコマンドデバイスを解除します。
項目
ジャーナル ID
ジャーナルの ID が表示されます。
ミラー ID
ミラー ID が表示されます。
リモートコマンドデバイス
リモートコマンドデバイスの LDKC 番号、CU 番号、および LDEV 番号が表
示されます。
属性
ミラーの属性が表示されます。
:ローカルストレージシステムのプライマリボリュームが登
• [マスタ]
録されている場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのセカンダリボリュームが
• [リストア]
登録されている場合に表示されます。
:ローカルストレージシステムのジャーナルにデータボリュー
• [初期]
ムが登録されていないことを示します。
状態
ローカルストレージシステムのミラーの状態が表示されます。
リモートストレージシステム
リモートストレージシステムの情報が表示されます。
• [モデル / シリアル番号]:リモートストレージシステムの装置名称
およびシリアル番号が表示されます。
ミラーの属性が[初期]の場合、[-]が表示されます。
• [ジャーナル ID]:リモートストレージシステムのジャーナルの ID が
表示されます。
ミラーの属性が[初期]の場合、[-]が表示されます。
パスグループ ID
リモート接続を登録したときにユーザが登録したパスグループ ID が表示
されます。
データ VOL 数
250
説明
ジャーナルに関連するデータボリュームの数が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク
用のミラーではないミラーのジャーナルに登録されているデータボ
リュームの数が表示されます。デルタリシンク用のミラー(状態が
[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに
登録されているデータボリュームの数は表示されません。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
項目
データ容量
説明
関連するデータボリュームすべての総容量が表示されます。
デルタリシンクを用いる 3DC マルチターゲット構成では、デルタリシンク
用のミラーではないミラーのジャーナルに登録されているデータボ
リュームの総容量が表示されます。デルタリシンク用のミラー(状態が
[Hold]、
[Holding]、または[Hold(Failure)]のミラー)のジャーナルに
登録されているデータボリュームの総容量は表示されません。
関連項目
•
E.31
E.29.1 [リモートコマンドデバイス割り当て]画面
ジャーナルボリューム割り当てウィザード
関連項目
E.31.1
•
5.4 Universal Replicator のジャーナルにジャーナルボリュームを登録する
•
8.2.4 Universal Replicator のジャーナルからジャーナルボリュームを削除する
[ジャーナルボリューム割り当て]画面
[未割り当てジャーナルボリューム]テーブル
Universal Replicator のジャーナルにジャーナルボリュームを割り当てます。
項目
説明
LDEV ID
LDKC 番号、CU 番号、および LDEV 番号の組み合わせが表示されます。
LDEV 名
LDEV 名が表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
251
項目
説明
プール名(ID)
プール名とプール ID が表示されます。
RAID レベル
RAID レベルが表示されます。
属性
属性が表示されます。
:ジャーナルボリュームです。
• [JNL VOL]
• [SLU]:SLU 属性のボリュームです。
• [-]:属性が設定されていないボリュームです。
容量
容量が表示されます。
CLPR
CLPR が表示されます。CLPR ID:CLPR 名の形式で表示されます。
リソースグループ名
(ID)
LDEV のリソースグループの名称と ID が表示されます。ID は括弧内に表示されます。
[追加]ボタン
[未割り当てジャーナルボリューム]テーブルで選択したジャーナルボリュームを[割り当て済み
ジャーナルボリューム]テーブルに追加します。
[削除]ボタン
選択したジャーナルボリュームを、[割り当て済みジャーナルボリューム]テーブルから削除しま
す。
[割り当て済みジャーナルボリューム]テーブル
項目
252
説明
LDEV ID
LDKC 番号、CU 番号、および LDEV 番号の組み合わせが表示されます。
LDEV 名
LDEV 名が表示されます。
プール名(ID)
プール名とプール ID が表示されます。
RAID レベル
RAID レベルが表示されます。
属性
属性が表示されます。
:ジャーナルボリュームです。
• [JNL VOL]
• [SLU]:SLU 属性のボリュームです。
• [-]:属性が設定されていないボリュームです。
容量
容量が表示されます。
CLPR
CLPR が表示されます。CLPR ID:CLPR 名の形式で表示されます。
リソースグループ名
(ID)
LDEV のリソースグループの名称と ID が表示されます。ID は括弧内に表示されます。
削除可能
ジャーナルボリュームを削除できるどうかが表示されます。ジャーナルが所属して
いるミラーの状態が Active の場合などは、ジャーナルボリュームを削除できません。
• [該当]:削除できます。
• [非該当]:削除できません。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
E.31.2
[設定確認]画面
[選択したジャーナル]テーブル
ジャーナルボリュームを割り当てる Universal Replicator ジャーナルの情報を確認します。
項目
ジャーナル ID
説明
ジャーナルの ID が表示されます。
[割り当て済みジャーナルボリューム]テーブル
項目
説明
LDEV ID
LDKC 番号、CU 番号、および LDEV 番号の組み合わせが表示されます。
LDEV 名
LDEV 名が表示されます。
タイプ
ジャーナルボリュームのタイプが表示されます。
• [ジャーナル]:ジャーナルボリューム
• [リザーブジャーナル]:リザーブジャーナルボリューム
プール名(ID)
プール名とプール ID が表示されます。
RAID レベル
RAID レベルが表示されます。
容量
容量が表示されます。
CLPR
CLPR が表示されます。CLPR ID:CLPR 名の形式で表示されます。
リソースグループ名
(ID)
LDEV のリソースグループの名称と ID が表示されます。ID は括弧内に表示されます。
[未割り当てジャーナルボリューム]テーブル
項目
LDEV ID
説明
LDKC 番号、CU 番号、および LDEV 番号の組み合わせが表示されます。
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
253
項目
E.32
説明
LDEV 名
LDEV 名が表示されます。
タイプ
ジャーナルボリュームのタイプが表示されます。
• [ジャーナル]:ジャーナルボリューム
• [リザーブジャーナル]:リザーブジャーナルボリューム
プール名(ID)
プール名とプール ID が表示されます。
RAID レベル
RAID レベルが表示されます。
容量
容量が表示されます。
CLPR
CLPR が表示されます。CLPR ID:CLPR 名の形式で表示されます。
リソースグループ名
(ID)
LDEV のリソースグループの名称と ID が表示されます。ID は括弧内に表示されます。
[ジャーナルプロパティ]画面
ジャーナルのプロパティが表示されます。
254
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
[ジャーナルプロパティ]テーブル
項目
説明
ジャーナル ID
ジャーナルの ID が表示されます。
MP ユニット ID
MP ユニット ID が表示されます。
ジャーナルボリューム流入制御
ホスト I/O への応答を遅らせて、ジャーナルボリュームへ更新 I/O の流入
を制限するかどうかが表示されます。
• [有効]:流入を制限します。
• [無効]:流入を制限しません。
データあふれ監視時間
メタデータとジャーナルデータの満杯監視時間が表示されます。単位は
秒です。
[ジャーナルボリューム流入制御]が[無効]の場合、
[-]が表
示されます。
キャッシュモード
リストアジャーナル内のジャーナルデータをキャッシュに格納するかど
うかが表示されます。
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されます。キャッシュ
• [有効]
の空き容量が少なくなると、ジャーナルデータはジャーナルボリュー
ムにも格納されます。この設定は、RAID5 または RAID6 のジャーナル
ボリュームでだけ有効です。
[無効]
:ジャーナルデータはキャッシュに格納されず、ジャーナルボ
•
リュームに格納されます。
この設定は、マスタジャーナルでは無効になります。ただし、RAID
Manager の horctakeover コマンドを使ってマスタジャーナルをリストア
ジャーナルに変えると、この設定は有効になります。
なお、
[有効]を設定した場合は、ジャーナル内にある RAID レベルが RAID5
または RAID6 のジャーナルボリュームだけに設定が有効になります。
RAID5 または RAID6 以外の RAID レベル(外部ボリュームを含む)のジャー
ナルボリュームは、[無効]を設定した場合と同じ動作になります。
ジャーナルボリューム数
ジャーナルに登録されているジャーナルボリュームの数と最大数が表示
されます。
ジャーナル容量
登録されているジャーナルボリュームの容量が表示されます。ジャーナ
ルボリュームが 2 個登録されている場合は、2 個のジャーナルボリューム
の総容量からリザーブジャーナルボリュームの容量を差し引いた容量が
表示されます。
[ジャーナルボリューム]テーブル
項目
説明
LDEV ID
LDKC 番号、CU 番号、および LDEV 番号の組み合わせが表示されます。
LDEV 名
LDEV 名が表示されます。
プール名(ID)
プール名とプール ID が表示されます。
RAID レベル
RAID レベルが表示されます。
容量
容量が表示されます。
CLPR
CLPR が表示されます。CLPR ID:CLPR 名の形式で表示されます。
リソースグループ名(ID)
LDEV のリソースグループの名称と ID が表示されます。ID は括弧内に表
示されます。
タイプ
ジャーナルボリュームのタイプが表示されます。
• [ジャーナル]:ジャーナルボリューム
• [リザーブジャーナル]:リザーブジャーナルボリューム
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
255
関連項目
E.33
•
5.3 Universal Replicator のジャーナルを作成する
•
8.2.6 ジャーナルを削除する
[ペア強制削除(UR ペア)]画面
[選択した LDEV]テーブル
項目
説明
LDEV ID
LDEV ID が表示されます。
LDEV 名
LDEV 名が表示されます。
容量
容量が表示されます。
CLPR
CLPR ID が表示されます。
関連項目
•
256
8.1.2 Universal Replicator ペアを強制的に削除する
Universal Replicator GUI リファレンス
Universal Replicator ユーザガイド
F
このマニュアルの参考情報
このマニュアルを読むに当たっての参考情報を示します。
r F.1 操作対象リソースについて
r F.2 このマニュアルでの表記
r F.3 このマニュアルで使用している略語
r F.4 KB(キロバイト)などの単位表記について
r F.5 Encryption License Key を使用したデータ暗号化について
このマニュアルの参考情報
Universal Replicator ユーザガイド
257
F.1
操作対象リソースについて
Storage Navigator のメイン画面には、ログインしているユーザ自身に割り当てられているリソー
スだけが表示されます。ただし、割り当てられているリソースの管理に必要とされる関連のリソー
スも表示される場合があります。
また、このマニュアルで説明している機能を使用するときには、各操作対象のリソースが特定の条
件を満たしている必要があります。
各操作対象のリソースの条件については『システム構築ガイド』を参照してください。
F.2
このマニュアルでの表記
このマニュアルで使用している表記を次の表に示します。
表記
F.3
製品名
DP
Dynamic Provisioning
GAD
global-active device
Storage Navigator
Hitachi Device Manager - Storage Navigator
TC
TrueCopy
TI
Thin Image
UR
Universal Replicator
VSP
Hitachi Virtual Storage Platform
Virtual Storage Platform G100, G200, G400,
G600, G800
次の製品を区別する必要がない場合の表記です。
• Virtual Storage Platform G100
• Virtual Storage Platform G200
• Virtual Storage Platform G400
• Virtual Storage Platform G600
• Virtual Storage Platform G800
VSP G100
Virtual Storage Platform G100
VSP G200
Virtual Storage Platform G200
VSP G400
Virtual Storage Platform G400
VSP G600
Virtual Storage Platform G600
VSP G800
Virtual Storage Platform G800
VSP G100, G200, G400, G600, G800
Virtual Storage Platform G100, G200, G400, G600,
G800
このマニュアルで使用している略語
このマニュアルで使用している略語を次の表に示します。
略語
258
フルスペル
bps
Bit Per Second
CLPR
Cache Logical Partition
CTG
ConsisTency Group
このマニュアルの参考情報
Universal Replicator ユーザガイド
略語
F.4
フルスペル
CU
Control Unit
FC
Fibre Channel
FMD
Flash Module Drive
GUI
Graphical User Interface
I/O
Input/Output
ID
IDentifier
IMPL
Initial MicroProgram Load
IOPS
Input Output Per Second
iSCSI
Internet Small Computer System Interface
LDEV
Logical DEVice
LDKC
Logical DKC
LU
Logical Unit
LUN
Logical Unit Number
MB/s
MegaByte per second
MCU
Main Control Unit
NVS
Non-Volatile Storage
OS
Operating System
RCU
Remote Control Unit
RIO MIH
Remote I/O Missing Interrupt Handler
RPO
Recovery Point Objective
SIM
Service Information Message
SNMP
Simple Network Management Protocol
SSD
Solid-State Ddrive
SVP
SuperVisor PC
TSV
Tab Separated Values
KB(キロバイト)などの単位表記について
1KB(キロバイト)は 1,024 バイト、1MB(メガバイト)は 1,024KB、1GB(ギガバイト)は 1,024MB、
1TB(テラバイト)は 1,024GB、1PB(ペタバイト)は 1,024TB です。
1block(ブロック)は 512 バイトです。1Cyl(シリンダ)を KB に換算した値は、960KB です。
F.5
Encryption License Key を使用したデータ暗号
化について
Virtual Storage Platform G100 および Virtual Storage Platform G200 では、Encryption
License Key を使用したデータ暗号化はできません。
このマニュアルの参考情報
Universal Replicator ユーザガイド
259
260
このマニュアルの参考情報
Universal Replicator ユーザガイド
用語解説
用語の詳細を説明します。
C
CLPR
(Cache Logical Partition)
キャッシュメモリを論理的に分割すると作成されるパーティション(区画)です。
CTG
(Consistency Group)
詳しくは「コンシステンシーグループ」を参照してください。
CU
(Control Unit(コントロールユニット))
主に磁気ディスク制御装置を指します。
D
DKC
(Disk Controller)
ストレージシステムを制御するコントローラが備わっているシャーシ(筐体)です。
G
GID
(Group ID)
ホストグループを作成するときに付けられる 2 桁の 16 進数の識別番号です。
I
In-Band 方式
RAID Manager のコマンド実行方式の 1 つです。コマンドを実行すると、クライアントまたはサーバからファイバ
チャネルケーブル経由で、ストレージシステムのコマンドデバイスにコマンドが転送されます。
用語解説
Universal Replicator ユーザガイド
261
L
LDEV
(Logical Device(論理デバイス))
RAID 技術では冗長性を高めるため、複数のドライブに分散してデータを保存します。この複数のドライブにまた
がったデータ保存領域を論理デバイスまたは LDEV と呼びます。ストレージ内の LDEV は、LDKC 番号、CU 番号、
LDEV 番号の組み合わせで区別します。LDEV に任意の名前を付けることもできます。
このマニュアルでは、LDEV(論理デバイス)を論理ボリュームまたはボリュームと呼ぶことがあります。
LDEV 名
LDEV 作成時に、LDEV に付けるニックネームです。あとから LDEV 名の変更もできます。
LDKC
(Logical Disk Controller)
複数の CU を管理するグループです。各 CU は 256 個の LDEV を管理しています。
LUN
(Logical Unit Number)
論理ユニット番号です。オープンシステム用のボリュームに割り当てられたアドレスです。オープンシステム用
のボリューム自体を指すこともあります。
LUN パス、LU パス
オープンシステム用ホストとオープンシステム用ボリュームの間を結ぶデータ入出力経路です。
LUN セキュリティ
LUN に設定するセキュリティです。LUN セキュリティを有効にすると、あらかじめ決めておいたホストだけがボ
リュームにアクセスできるようになります。
LUSE ボリューム
オープンシステム用のボリュームが複数連結して構成されている、1 つの大きな拡張ボリュームのことです。ボ
リュームを拡張することで、ポート当たりのボリューム数が制限されているホストからもアクセスできるように
なります。
M
MP ユニット
データ入出力を処理するプロセッサを含んだユニットです。データ入出力に関連するリソース(LDEV、外部ボ
リューム、ジャーナル)ごとに特定の MP ユニットを割り当てると、性能をチューニングできます。特定の MP ユ
ニットを割り当てる方法と、ストレージシステムが自動的に選択した MP ユニットを割り当てる方法があります。
MP ユニットに対して自動割り当ての設定を無効にすると、その MP ユニットがストレージシステムによって自動的
にリソースに割り当てられることはないため、特定のリソース専用の MP ユニットとして使用できます。
MU
(Mirror Unit)
1 つのプライマリボリュームと 1 つのセカンダリボリュームを関連づける情報です。
262
用語解説
Universal Replicator ユーザガイド
O
Out-of-Band 方式
RAID Manager のコマンド実行方式の 1 つです。コマンドを実行すると、クライアントまたはサーバから LAN 経由
で SVP の中にある仮想コマンドデバイスにコマンドが転送されます。仮想コマンドデバイスからストレージシス
テムに指示を出し、ストレージシステムで処理が実行されます。
Q
Quorum ディスク
パスやストレージシステムに障害が発生したときに、global-active device ペアのどちらのボリュームでサーバ
からの I/O を継続するのかを決めるために使われます。外部ストレージシステムに設置します。
R
RAID
(Redundant Array of Independent Disks)
独立したディスクを冗長的に配列して管理する技術です。
S
SIM
(Service Information Message)
ストレージシステムのコントローラがエラーやサービス要求を検出したときに生成されるメッセージです。
SLU
(Subsidiary Logical Unit)
SCSI アーキテクチャモデルである Conglomerate LUN structure に使われる LU です。
SLU は実データを格納した LU であり、DP-VOL またはスナップショットデータ(あるいはスナップショットデータ
に割り当てられた仮想ボリューム)を SLU として使用できます。
ホストから SLU へのアクセスは、すべて ALU を介して行われます。
vSphere では、Virtual Volume(VVol)と呼ばれます。
SVP
(SuperVisor PC)
ストレージシステムを管理・運用するためのコンピュータです。SVP にインストールされている Storage
Navigator からストレージシステムの設定や参照ができます。
あ
アクセス属性
ボリュームが読み書き可能になっているか(Read/Write)、読み取り専用になっているか(Read Only)、それとも
読み書き禁止になっているか(Protect)どうかを示す属性です。
用語解説
Universal Replicator ユーザガイド
263
え
エミュレーション
あるハードウェアまたはソフトウェアのシステムが、ほかのハードウェアまたはソフトウェアのシステムと同じ
動作をすること(または同等に見えるようにすること)です。一般的には、過去に蓄積されたソフトウェアの資
産を役立てるためにエミュレーションの技術が使われます。
か
外部ストレージシステム
Virtual Storage Platform G100, G200, G400, G600, G800 に接続されているストレージシステムです。
外部ボリューム
Virtual Storage Platform G100, G200, G400, G600, G800 のボリュームとしてマッピングされた、外部ストレー
ジシステム内のボリュームです。
仮想ボリューム
実体を持たない、仮想的なボリュームです。Dynamic Provisioning、Dynamic Tiering、または active flash で
使用する仮想ボリュームを DP-VOL とも呼びます。Thin Image では、仮想ボリュームをセカンダリボリュームとし
て使用します。
管理クライアント
Storage Navigator を操作するためのコンピュータです。
き
キャッシュ
チャネルとドライブの間にあるメモリです。中間バッファとしての役割があります。キャッシュメモリとも呼ば
れます。
け
形成コピー
ホスト I/O プロセスとは別に、プライマリボリュームとセカンダリボリュームを同期させるプロセスです。
こ
更新コピー
形成コピー(または初期コピー)が完了したあとで、プライマリボリュームの更新内容をセカンダリボリューム
にコピーして、プライマリボリュームとセカンダリボリュームの同期を保持するコピー処理です。
コマンドデバイス
ホストから RAID Manager コマンドを実行するために、ストレージシステムに設定する論理デバイスです。コマン
ドデバイスは、ホストから RAID Manager コマンドを受け取り、実行対象の論理デバイスに転送します。
RAID Manager 用のコマンドデバイスは Storage Navigator から設定します。
264
用語解説
Universal Replicator ユーザガイド
コンシステンシーグループ
コピー系プログラムプロダクトで作成したペアの集まりです。コンシステンシーグループ ID を指定すれば、コン
システンシーグループに属するすべてのペアに対して、データの整合性を保ちながら、特定の操作を同時に実行
できます。
さ
差分テーブル
コピー系プログラムプロダクトおよび Volume Migration で共有するリソースです。Volume Migration 以外のプ
ログラムプロダクトでは、ペアのプライマリボリュームとセカンダリボリュームのデータに差分があるかどうか
を管理するために使用します。Volume Migration では、ボリュームの移動中に、ソースボリュームとターゲット
ボリュームの差分を管理するために使用します。
し
シェアドメモリ
キャッシュ上に論理的に存在するメモリです。共用メモリとも呼びます。ストレージシステムの共通情報や、
キャッシュの管理情報(ディレクトリ)などを記憶します。これらの情報を基に、ストレージシステムは排他制
御を行います。また、差分テーブルの情報もシェアドメモリで管理されており、コピーペアを作成する場合にシェ
アドメモリを利用します。なお、シェアドメモリは 2 面管理になっていて、停電等の障害時にはバッテリを利用
してシェアドメモリの情報を SSD へ退避します。
ジャーナルボリューム
Universal Replicator の用語で、プライマリボリュームからセカンダリボリュームにコピーするデータを一時的
に格納しておくためのボリュームのことです。ジャーナルボリュームには、プライマリボリュームと関連づけら
れているマスタジャーナルボリューム、およびセカンダリボリュームと関連づけられているリストアジャーナル
ボリュームとがあります。
シュレッディング
ダミーデータを繰り返し上書きすることで、ボリューム内のデータを消去する処理です。
シリアル番号
ストレージシステムに一意に付けられたシリアル番号(装置製番)です。
せ
正サイト
通常時に、業務(アプリケーション)を実行するサイトを指します。
セカンダリボリューム
ペアとして設定された 2 つのボリュームのうち、コピー先のボリュームを指します。なお、プライマリボリュー
ムとペアを組んでいるボリュームをセカンダリボリュームと呼びますが、Thin Image では、セカンダリボリュー
ム(仮想ボリューム)ではなく、プールにデータがコピーされます。
センス情報
エラーの検出によってペアがサスペンドされた場合に、正サイトまたは副サイトのストレージシステムが、適切
なホストに送信する情報です。ユニットチェックの状況が含まれ、災害復旧に使用されます。
用語解説
Universal Replicator ユーザガイド
265
と
同期コピー
ホストからプライマリボリュームに書き込みがあった場合に、リアルタイムにセカンダリボリュームにデータを
反映する方式のコピーです。ボリューム単位のリアルタイムデータバックアップができます。優先度の高いデー
タのバックアップ、複写、および移動業務に適しています。
トポロジ
デバイスの接続形態です。Fabric、FC-AL、および Point-to-point の 3 種類があります。
は
パリティグループ
同じ容量を持ち、1 つのデータグループとして扱われる一連のドライブを指します。パリティグループには、ユー
ザデータとパリティ情報の両方が格納されているため、そのグループ内の 1 つまたは複数のドライブが利用でき
ない場合にも、ユーザデータにはアクセスできます。
場合によっては、パリティグループを RAID グループ、ECC グループ、またはディスクアレイグループと呼ぶこと
があります。
ふ
ファイバチャネル
光ケーブルまたは銅線ケーブルによるシリアル伝送です。ファイバチャネルで接続された RAID のディスクは、ホ
ストからは SCSI のディスクとして認識されます。
副サイト
主に障害時に、業務(アプリケーション)を正サイトから切り替えて実行するサイトを指します。
プライマリボリューム
ペアとして設定された 2 つのボリュームのうち、コピー元のボリュームを指します。
プール
プールボリューム(プール VOL)を登録する領域です。Dynamic Provisioning、Dynamic Tiering、active flash、
および Thin Image がプールを使用します。
プールボリューム、プール VOL
プールに登録されているボリュームです。Dynamic Provisioning、Dynamic Tiering、および active flash では
プールボリュームに通常のデータを格納し、Thin Image ではスナップショットデータをプールボリュームに格納
します。
へ
ページ
DP の領域を管理する単位です。1 ページは 42MB です。
266
用語解説
Universal Replicator ユーザガイド
ほ
ホストグループ
ストレージシステムの同じポートに接続し、同じプラットフォーム上で稼働しているホストの集まりのことです。
あるホストからストレージシステムに接続するには、ホストをホストグループに登録し、ホストグループを LDEV
に結び付けます。この結び付ける操作のことを、LUN パスを追加するとも呼びます。
ま
マッピング
Virtual Storage Platform G100, G200, G400, G600, G800 から外部ボリュームを操作するために必要な管理番
号を、外部ボリュームに割り当てることです。
め
メイン画面
Storage Navigator にログイン後、最初に表示される画面です。
り
リザーブボリューム
ShadowImage のセカンダリボリュームに使用するために確保されているボリューム、または Volume Migration の
移動プランの移動先として確保されているボリュームを指します。
リソースグループ
ストレージシステムのリソースを割り当てたグループを指します。リソースグループに割り当てられるリソース
は、LDEV 番号、パリティグループ、外部ボリューム、ポートおよびホストグループ番号です。
リモートコマンドデバイス
外部ストレージシステムのコマンドデバイスを、Virtual Storage Platform G100, G200, G400, G600, G800 の内
部ボリュームとしてマッピングしたものです。リモートコマンドデバイスに対して RAID Manager コマンドを発
行すると、外部ストレージシステムのコマンドデバイスに RAID Manager コマンドを発行でき、外部ストレージシ
ステムのペアなどを操作できます。
リモートストレージシステム
ローカルストレージシステムと接続しているストレージシステムを指します。
リモートパス
リモートコピー実行時に、遠隔地にあるストレージシステム同士を接続するパスです。
ろ
ローカルストレージシステム
管理クライアントを接続しているストレージシステムを指します。
用語解説
Universal Replicator ユーザガイド
267
268
用語解説
Universal Replicator ユーザガイド
索引
C
COPY
さ
89, 91
削除中 90
サスペンド中
90
H
HLDE 91
HOLD 90
HOLDING 91
す
スイッチ
60
せ
M
MCU
接続形態
60
27
そ
P
PAIR
PFUL
PFUS
PSUE
PSUS
操作ログ
89, 92
92
93
90, 92
89, 92
149
ち
チャネルエクステンダ
ふ
R
ファイバチャネル
RCU
58
27
み
S
SMPL
SSUS
SSWS
61
91
92
93
き
キャッシュメモリ 50
シェアドメモリ 50
ミラー
割り当て 190
割り当て解除 191
ミラー ID 184
り
リモートコマンドデバイス
189
269
Universal Replicator ユーザガイド
270
Universal Replicator ユーザガイド
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Related manuals

Download PDF

advertisement