soft v3

soft v3
ご使用になる前に
MEDIASITE(メディアサイト)は、大型ディスプレイにタッチパネル機能を融合したマルチメデ
ィアボードです。MEDIASITEの電源を投入すると、MEDIASITEを使用するためのソフトウエアが
起動します。ここでは、ソフトウエアを使用する際の注意、ディスプレイを使用する上で知って
おいた方がよいタッチパネルの操作方法、そしてソフトウエアの動作環境について説明します。
本書では、このソフトウエアを「MBソフトウエア」と記述しています。
●MEDIASITEを管理される方へ
MEDIASITEを管理される方は、お使いになる前に管理者用のパスワードを登録してください。MB
ソフトウエアでは、作成したデータが機密事項を含んでいて他の人に見られたくない場合、その
ファイルの作成者または関係者だけが見られるように保存することができます。このような保存
を行うには、「サイン認証付きでファイルを保存する」機能を使用します。
サイン認証付きで保存したファイルを開く場合は、登録したサインを入力します。登録しておい
たサインを忘れてしまいファイルを開けなくなった場合は、非常用として管理者用パスワードを
使用してそのファイルを開くことができます。
したがって、MEDIASITEを使用される前に、必ず管理者の方は管理者用パスワードを登録してお
く必要があります。登録したパスワードは、他人に知られることがないように管理してください。
●タッチパネルの操作について
本製品には、ディスプレイに表示されたメニューやボタンを指などで押す(選択する)と、その
機能が実行できるタッチパネル機能が搭載されています。一般のコンピュータではマウスを操作
して、ソフトウエアの機能を選択、実行していますが、本製品では指などで行うことができます。
❑ 指などの使い方
指を使用する場合は、指の腹をディスプレイに当てます。指の側面は使用しないでください。押
しても、認識しないことがあります。
また、指などを当てる強弱によって、文字や線を書いている途中で途切れたり、機能を選択でき
なかったりします。その場合は、もう少し指などを強く押して操作します。
❑ マウスと同じように操作する
マウスと同じようにして、指などを使って操作することができます。
例えば、マウスでクリックするように指などでメニューやボタンを押したり、マウスでドラッグ
するように指などで図形を描いたりできます。ダブルクリックする場合は、ディスプレイの同じ
場所をトントンと続けて押します。
Page 1
❑ タッチパネルの調整
タッチパネルを指などで入力した実際の位置とマウスカーソルの位置の補正や、タッチしたとき
の設定(クリックかドラッグか等)などによって、更に使いやすくすることができます。
設定の詳細についてはMEDIASITEのハードウェアのマニュアルを参照してください。
●動作環境について
MBソフトウエアは、Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000の環境で動作します。このソフトウエア
をご使用になる前に、Windows環境の使い方に慣れておくとより使いやすくなります。
Windows環境の基本的な機能や操作方法については、Windowsのマニュアルなどをご覧くださ
い。
Windows 2000 Serverでご使用になる場合のご注意
でご使用になる場合のご注意
必ずターミナルサーバーをインストールしてください。
ターミナルサーバーがインストールされていないと、手書き文字認識のMBペンウィンド
ウで、[改行]、[BS]、[DEL]の各ボタンが機能しなくなります。
❑ 必要なハードウェア
・ パソコン本体 :Pentium 166MHz以上のDOS/V機
・ メモリ
:64Mbyte以上
・ モニタおよび
ビデオカード :VGA、High Color以上(XGA、True Color推奨)の表示が可能なもの
商標
● Microsoft、MS-DOS、Windows、Windows NT、Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびそ
の他の国における登録商標です。
● NetScape、Netscape Navigatorは、Netscape Communications Corporationの米国およびその他の国における
登録商標です。
● DOS/Vは、米国International Business Machines Corporatrionの登録商標です。
● Cyber-SIGNは株式会社キャディックスの登録商標です。
● 手書き文字認識部分には、株式会社日立製作所に著作権があります。
● その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ Windows® Meの正式名称は、Microsoft® Windows® Millennium Editionです。
※ Windows® 98の正式名称は、Microsoft® Windows® 98 Operating System です。
※ Windows® 95の正式名称は、Microsoft® Windows® 95 Operating System です。
※ Windows® 2000の正式名称は以下のとおりです。
Microsoft® Windows® 2000 Professional です。
Microsoft® Windows® 2000 Server です。
※ Windows NT® 4.0の正式名称は以下のとおりです。
Microsoft® Windows NT® Workstationoperationg system Version 4.0 です。
Microsoft® Windows NT® Server network operationg system Version 4.0 です。
Page 2
目次
ご使用になる前に....................................................................................................................... 1
●MEDIASITEを管理される方へ ......................................................................................................................1
●タッチパネルの操作について......................................................................................................................1
●動作環境について.........................................................................................................................................2
目次............................................................................................................................................. 3
こんなことができます ............................................................................................................... 7
●討議する........................................................................................................................................................7
●プレゼンテーション.....................................................................................................................................7
MBソフトウエアの使い方 .......................................................................................................... 8
MBソフトウエアを開始する ............................................................................................................... 8
●MBソフトウエアを開始する........................................................................................................................8
画面の名称と機能 ............................................................................................................................... 9
●各部の名称 ....................................................................................................................................................9
●黒板ツールバー ..........................................................................................................................................10
●黒板ツールバーの機能 ...............................................................................................................................11
●キャプチャツールバー ...............................................................................................................................13
●回転ツールバー ..........................................................................................................................................14
●黒板ツールバーの操作 ...............................................................................................................................14
終了する ............................................................................................................................................ 15
フリーハンドで文字を書いたり、線を引く...................................................................................... 16
●フリーハンドで文字を書いたり、線を引く .............................................................................................16
●手書き線の太さや色などを設定する ........................................................................................................17
●手書き線1、2、3の色や太さを変更する ..................................................................................................18
フリーハンドで書いた文字や線を選択する...................................................................................... 20
●範囲選択する ..............................................................................................................................................20
●選択部分を移動する...................................................................................................................................21
●選択部分を編集する...................................................................................................................................21
●選択部分を拡大・縮小・変形する ............................................................................................................23
●選択部分の書式を設定する .......................................................................................................................23
フリーハンドで書いた文字や線を消す ............................................................................................. 24
●消しゴムで消す(1).................................................................................................................................24
●消しゴムで消す(2).................................................................................................................................25
●消しゴムで消す(3).................................................................................................................................25
●消しゴムの大きさを変更する....................................................................................................................26
●囲んで消す ..................................................................................................................................................27
●書いた文字や線をすべて消す(1) ..........................................................................................................28
●書いた文字や線をすべて消す(2) ..........................................................................................................28
●書いた文字や線をすべて消す(3) ..........................................................................................................29
より高度な使い方..................................................................................................................... 30
文字を入力する ................................................................................................................................. 30
●文字を入力する ..........................................................................................................................................30
●確定した文字を編集する ...........................................................................................................................31
●文字のフォント名やスタイル、サイズなどを指定する ..........................................................................32
●テキストボックスを図形として扱う ........................................................................................................34
罫線を引く ........................................................................................................................................ 35
Page 3
●罫線機能を使って表を作成する ................................................................................................................35
●罫線を設定する ..........................................................................................................................................36
●罫線1、2、3の色や太さを変更する..........................................................................................................38
●罫線を消す(1) ........................................................................................................................................39
●罫線を消す(2) ........................................................................................................................................39
●罫線を消す(3) ........................................................................................................................................40
●指定した領域の罫線を消す .......................................................................................................................41
●罫線をすべて消す(1) .............................................................................................................................41
●罫線をすべて消す(2) .............................................................................................................................42
●罫線をすべて消す(3) .............................................................................................................................42
図形を描く ........................................................................................................................................ 44
●直線、正方形、四角形、円、楕円を描く.................................................................................................44
●図形の線や色などを設定する....................................................................................................................46
●描いた図形の線や色を変更したり、塗りつぶしたりする ......................................................................47
●図形の表示する前後関係を変更したり、複数の図形を揃えたりする ...................................................49
●図形を揃えて描く.......................................................................................................................................52
●描いた図形の大きさや形を変える ............................................................................................................54
●描いた図形を移動する ...............................................................................................................................55
●描いた図形を揃えて移動する....................................................................................................................56
●描いた図形を切り取ったり、コピーしたりする .....................................................................................59
●描いた図形を消す.......................................................................................................................................62
スタンプを表示する.......................................................................................................................... 68
●スタンプを表示する...................................................................................................................................68
●スタンプを図形として扱う .......................................................................................................................69
●表示したスタンプを消す ...........................................................................................................................70
●スタンプを登録する...................................................................................................................................75
●登録されているスタンプを削除する ........................................................................................................78
新しいページを作成する................................................................................................................... 79
●新しいページを作成する ...........................................................................................................................79
●ページをめくる ..........................................................................................................................................79
他のソフトウエアの画面に手書きコメントを付ける ....................................................................... 80
●他のソフトウエアの画面を取り込む ........................................................................................................80
●画像ファイルを背景に取り込む ................................................................................................................81
●スキャナーから文書や写真を取り込む.....................................................................................................83
Power Pointファイルを利用して、プレゼンテーションを行う ....................................................... 86
作成ページを一覧で見る(サムネイル機能) .................................................................................. 88
●サムネイル表示をする ...............................................................................................................................88
●指定したページを開く ...............................................................................................................................88
●ページを移動する.......................................................................................................................................89
●ページをコピーする...................................................................................................................................90
●新たにページを挿入する ...........................................................................................................................91
●ページを削除する.......................................................................................................................................91
●ページを印刷する.......................................................................................................................................92
●2つのサムネイル間でページ編集をする ..................................................................................................93
議事録を印刷する ............................................................................................................................. 98
●印刷する......................................................................................................................................................98
●印刷する用紙サイズや余白などを設定する ...........................................................................................101
●印刷イメージを表示する .........................................................................................................................103
議事録を保存する ........................................................................................................................... 104
●新しく作成した議事録を保存する ..........................................................................................................104
●上書き保存をする.....................................................................................................................................105
●別のファイル名で保存する .....................................................................................................................106
●画像ファイルの形式で保存する ..............................................................................................................106
Page 4
●特定の人だけが見られる議事録として保存する ...................................................................................106
特定の人だけ見られる議事録として保存する (サイン認証付き保存) ...................................... 107
●サイン登録をする前に .............................................................................................................................107
●特定の人だけ見られる議事録として保存する .......................................................................................109
●セキュリティ保存された議事録を開く...................................................................................................111
前に作成した議事録を開く ............................................................................................................. 114
●前に作成した議事録を開く .....................................................................................................................114
●ファイルサムネイル機能を使って、議事録を開く................................................................................114
●特定の人だけ見られる議事録を開く ......................................................................................................115
新たに議事録を開始する................................................................................................................. 116
黒板の表示の大きさを変更する...................................................................................................... 117
●黒板全体の表示を変更する .....................................................................................................................117
●指定した領域を拡大表示する..................................................................................................................118
●4画面表示(200%)にする.....................................................................................................................119
●全体表示にする ........................................................................................................................................120
●2分割表示にする ......................................................................................................................................121
黒板の色を変更する........................................................................................................................ 122
●黒板の色を変更する.................................................................................................................................122
●設定した値を既定値にする .....................................................................................................................122
ワンタッチ機能を使用する ............................................................................................................. 123
●ワンタッチ機能を登録する .....................................................................................................................123
●ワンタッチ機能を実行する .....................................................................................................................125
ツールバーのボタンを好みの配置にする ....................................................................................... 126
●初期設定のボタン配置と追加できるボタン ...........................................................................................126
●ツールバーをカスタマイズする ..............................................................................................................128
●カスタマイズをしたツールバーを初期設定の配置に戻す ....................................................................129
MBソフトウエアの動作を制御する ................................................................................................ 130
●ウィンドウ表示に切り替える..................................................................................................................130
●画面キャプチャ時自動的にMBソフトウェアに戻る/戻らない ...........................................................131
●MBソフトウエア起動時にワンポイントを表示する/表示しない .......................................................131
●手書き文字認識機能を使用する/使用しない .......................................................................................132
●マウスポインタを表示する/表示しない...............................................................................................133
●マウスの右ボタン機能を制御する ..........................................................................................................133
●ペン/消しゴムの切り替えを自動にする...............................................................................................134
●ホームフォルダを変更する .....................................................................................................................135
●既に設定した手書き線の色や背景色などの内容をすべて初期設定に戻す ..........................................136
●文字付き大きいアイコンを使用する/使用しない................................................................................136
●ツールヒントを表示する/表示しない...................................................................................................137
ヘルプを表示する ........................................................................................................................... 138
ワンポイント「便利な使い方」を表示する.................................................................................... 139
バージョン情報を表示する ............................................................................................................. 140
Windows環境で操作する ................................................................................................................ 141
●Windows環境に切り替える ....................................................................................................................141
●マウスの右ボタン機能を使用する ..........................................................................................................142
●マウスポインタを指差しのアイコンに切り替える................................................................................143
●Windows環境で手書き文字認識機能を使用する ..................................................................................143
文書や画像などを図形として貼り付ける ....................................................................................... 144
●コピーした内容を貼り付ける..................................................................................................................144
●オブジェクトの挿入を行う .....................................................................................................................146
●現在開いている他のアプリケーションの画面を図形としてキャプチャする ......................................147
●直接ファイルを図形として貼り付ける...................................................................................................148
画像を回転する ............................................................................................................................... 149
Page 5
●選択した画像を回転する .........................................................................................................................149
終了する .......................................................................................................................................... 153
●MBソフトウエアを終了する....................................................................................................................153
●MEDIASITEの電源をOFFにする ...............................................................................................................154
こんなときには ...................................................................................................................... 155
付録......................................................................................................................................... 159
MBソフトウエアのインストール .................................................................................................... 159
●MBソフトウエア Version 3.0のインストール.......................................................................................159
●手書き文字認識機能のインストール ......................................................................................................161
●MBソフトウエア Version 3.0のアンインストール ...............................................................................161
●MBソフトウエア Version 1.0 / 2.0/2.6のアンインストール................................................................162
●手書き文字認識機能のアンインストール...............................................................................................163
手書き文字認識およびソフトウエアキーボード機能の操作方法 ................................................... 164
●MBペンウィンドウの各部の名称と機能.................................................................................................164
●MBペンウィンドウの基本操作................................................................................................................166
●MBペンウィンドウの環境設定を行う ....................................................................................................175
●その他のウィンドウ操作 .........................................................................................................................179
●上手な手書き文字認識機能の使い方 ......................................................................................................184
●手書き文字認識機能だけを起動する ......................................................................................................185
●手書き文字認識機能を利用しないようにする .......................................................................................185
●マウスイベントを直接制御するアプリケーションの使用 ....................................................................185
●マウスのカーソル動作の設定..................................................................................................................186
●手書き文字認識機能を起動中に画面の解像度を変更した場合.............................................................186
●Windows98またはWindows NT4.0でATOK12をお使いの場合 ............................................................186
サイン認証の管理者設定................................................................................................................. 187
●管理者パスワードを登録する..................................................................................................................187
●サイン認証レベルを変更する..................................................................................................................188
●サインデータを他のMEDIASITEにコピーする ........................................................................................189
●サインデータを削除・再作成する ..........................................................................................................189
ショートカットキー一覧................................................................................................................. 190
索引......................................................................................................................................... 194
Page 6
こんなことができます
MEDIASITEは、会議や打ち合わせなどに利用できるコミュニケーションツールです。いままでの
電子黒板としての使い方はもちろん、ディスプレイ、タッチパネルとしても使用することができ
ます。
●討議する
MEDIASITEでは、電子黒板を使用するように文字や図形を書くことができます。さらにWordや
Excelなど他のアプリケーションの画面を取り込んで、その内容を表示させたまま、ペンツール
などで強調したり、メモを書き込んだりできます。
作成した内容はページ単位で管理されているので、全ページを一覧で表示させたり、並べ替えた
り、ページを増やしたり、削除したりと編集することもできます。
また、その内容を議事録として保存しておけるので、何回かに分けて同じ議題の会議などを行う
ときなど、何度でも呼び出して利用できます。そして、その議事録を元に加工して、新たに資料
を作るなど再利用することもできます。
●プレゼンテーション
MBソフトウエアは、他のコンピュータで作成したPower Pointのファイルを呼び出してプレゼン
テーションをすることができます。
すべてファイルのデータでプレゼンテーションができるので、プロジェクタを利用したプレゼン
テーションなどに必要なOHPフィルムも必要ありません。討議するときと同様に、プレゼンテー
ションしながら、タッチパネル上にマーキングでき、そして大画面ディスプレイに表示するので、
より効果的なプレゼンテーションを行えます。
Page 7
MBソフトウエアの使い方
MBソフトウエアを開始する
●MBソフトウエアを開始する
MEDIASITEの電源を入れます。ディスプレイに次の画面が表示されます。
▼
この画面になるまで、画面をタッチしないでください。
Page 8
画面の名称と機能
●各部の名称
黒板ツールバー
黒板
Page 9
●黒板ツールバー
MBソフトウエアを起動すると、画面の左上には現在選択されている黒板ツールバーが表示され
ます。初期設定では、ビギナーの標準黒板ツールバーが選択されています。
(拡張)ボタンを押すと、拡張黒板ツールバーが表示されます。
標準黒板ツールバー(ビギナー)
標準黒板ツールバー(プロ)
拡張黒板ツールバー(ビギナー)
拡張黒板ツールバー(プロ)
黒板ツールバーには、ビギナーとプロの2つのモードがあり、それぞれ標準と拡張があります。
(ツール)ボタンから[オプション]を選択すると、[オプション]ダイ
黒板ツールバーの
アログボックスが表示されます。このダイアログボックスの[ツールバー]タブの[ツールバー]
で、使用する黒板ツールバーを選択することができます。次回起動したときにも、ここで選択し
た黒板ツールバーが表示されます。
ビギナーとプロの標準および拡張で表示される黒板ツールバーは、あらかじめ設定されているボ
タンの種類や数が異なります。使い方に応じて、最も適したものを選択してください。
Page 10
!ヒント ツールバーの表示オプション
ツールバーの表示では、次の設定を行うことができます。
・ボタン名付きでツールバーを表示する。
・ツールヒントを表示する。
詳しくは、「●文字付き大きいアイコンを使用する/使用しない」(Page 136)や
「●ツールヒントを表示する/表示しない」(Page 137)を参照してください。
!ヒント ツールバーのカスタマイズ機能
ツールバーでは使用状況や好みに応じて、必要なボタンを追加したり、不要なボタン
を表示しないようにしたりできます。ボタンを並べ替えることもできます。この操作
は、ツールバーカスタマイズ機能を使用します。詳しくは、「ツールバーのボタンを
好みの配置にする」(Page 126)を参照してください。
●黒板ツールバーの機能
黒板ツールバーには、MBソフトウエアを使用する上で必要な、さまざまな機能が割り当てられ
ています。黒板ツールバーのボタンを押すと、機能を実行することができます。
ボタン
ボタン名
キャプチャ
してページ
を挿入
機能
参照ページ
Windows環境の画面になり、キャプチャツールバーを表示します。 Page 141
手書き線
手書き(フリーハンド)で文字や線を書くことができます。
手書き線1∼3に線の種類や太さ、色などを設定できます。
Page 16
手書き線
1∼3
手書き線1∼3に設定した手書き線です。
Page 16
消しゴム
手書き線や罫線、図形、スタンプ、文字を消すことができます。
Page 25、
27、28、
40、41、
42、63、
66、71、
72、73
消しゴム
選択している描画モード(手書き線または罫線、図形、スタンプ、 Page 24、
文字のいずれか)の部分消しゴムになります。
39、62、70
クリア
選択している描画モード(手書き線または罫線、図形、スタンプ、 Page 28、
文字のいずれか)のすべてを削除します。
41、66、73
手書き線
選択
Page 20
手書き線の範囲選択を行います。
選択した手書き線は、移動やサイズの変更、コピー、貼り付け、削
除などの編集を行うことができます。
色の設定
選択している描画モード(手書き線または罫線、図形、文字のいず Page 17、
れか)の描画する色を設定できます。
18、32、38、
46
Page 11
ボタン
ボタン名
機能
パワーポイ
ントファイ
ルの挿入
プレゼンテーション用アプリケーション「Power Point」で作成した Page 86
ファイルを取り込むことができます。
前のページ
前のページを表示します。
Page 79
ページ番号
表示窓
現在のページ数を表示しています。
Page 79
次のページ
次のページを表示します。
Page 79
新たにページを作成し、そのページを表示します。
Page 79
新しい
ページ
ページ一覧
現在作成しているファイルのページの一覧(サムネイル)を表示し Page 88
ます。
ズームアップ 押すたびに黒板が拡大して表示されます。
Page 117
ズームダウン 押すたびに黒板がズームダウンして表示されます。
Page 117
2分割表示
MBソフトウェアと他のWindowsアプリケーションを2分割して表示 Page 121
します。
4画面
押すと黒板を200%に拡大して表示します。再度押すと全体表示に切 Page 119
り替わります。
表示範囲選択 選択範囲を拡大して表示します。
全体を表示
印刷
テキスト
ボックス
Page 118
黒板の全体を表示します。
Page 120
現在作成しているファイルのページを印刷します。
Page 98
手書き文字認識機能のMBペンウィンドウで、手書きで入力した文字 Page 30
をきれいな活字体に変換します。変換した文字は画面上に配置する
ことができます。
スタンプを表示したり図形を描画したりします。
Page 44、
68
直線を引きます。
Page 44
画像を回転させる回転ツールバーを表示します。
Page 149
罫線
画面に表示されたグリッドに合わせて罫線を引くことができます。
Page 35
編集
図をコピーしたり、コピーした内容を貼り付けたりできます。また、 Page 21、
手書き文字、罫線、図形、スタンプを削除することもできます。
59、144
スタンプと
図形
直線
回転ツール
バー表示
Page 12
参照ページ
やり直し
元に戻すで取り消した操作を再度行います。
Page 29
元に戻す
直前に行った操作を取り消します。
Page 29
ロード
新しいページを開いたり、 以前作成したファイルを開いたりできます。 Page 114
セーブ
現在作成しているファイルを保存します。
Page 104
ツール
MBソフトウエアの表示の切り替えや、動作の設定ができます。
Page 117
ボタン
ボタン名
機能
終了
MBソフトウエアを終了します。
拡張
拡張黒板ツールバーを表示します。
準黒板ツールバーに戻ります。
参照ページ
Page 15、
153
(標準)ボタンを押すと、標 Page 10
❑ 機能を組み込んだときに表示される
ボタン
ボタン名
機能
参照ページ
スキャナー
スキャナーから文書や写真などを背景として読み込むことができま Page 83
す。
ワンタッチ
1∼5
よく使用するアプリケーションや特定のホームページのURLなどを Page 123
起動する機能です。最大5つまで登録しておくことができます。
●キャプチャツールバー
黒板ツールバーの
(キャプチャしてページを挿入)ボタンを押すと、キャプチャツールバー
が表示されます。
キャプチャツールバーのボタンには、以下の機能が割り当てられています。
ボタン
ボタン名
機能
参照ページ
MBソフトウエアの黒板に戻ります。
Page 80、
147
Windows環境で表示された画面を取り込みます。
Page 80
マウス
Windows環境の右ボタン機能を使用したいとき押します。
Page 142
指差し
Windows環境でマウスカーソルを指差しアイコンにします。Power Page 143
Pointなどのアプリケーションを操作中に、誤って画面に触れて意図
しないマウスの操作が起きないようにします。
戻る
キャプチャ
Page 13
●回転ツールバー
拡張黒板ツールバーを表示しているとき、
(回転ツールバー表示)ボタンを押すと、回転ツ
ールバーが表示されます。回転ツールバーのボタンには、以下の機能が割り当てられています。
ボタン
ボタン名
機能
参照ページ
画像選択
回転する画像や図形を選択します。
Page 149、
150、151
微調整左
選択した画像や図形を、左に1°回転します。
Page 149
微調整右
選択した画像や図形を、右に1°回転します。
Page 150
90°回転
選択した画像や図形を、右に90°単位で回転します。
Page 151
●黒板ツールバーの操作
黒板ツールバーは、黒板上で自由に移動できるので、好みの場所に黒板ツールバーを置いて操作
できます。
黒板ツールバーを移動させるには、黒板ツールバーの左の[■]を指などでタッチし、そのまま
好みの位置に移動します。黒板ツールバーは指などの動きに合わせて、移動します。
黒板ツールバー移動後
Page 14
終了する
会議や打ち合わせが終わったら、それまでの議事録を保存して、操作を終了します。引き続き、
MEDIASITEを別の会議などで使用する場合は、次の操作を行います。
通常は、こちらの終了操作をご使用ください。
1.
2.
3.
黒板ツールバーの
(終了)ボタンを押しま
す。
[終了]ダイアログボックスが表示されます。
[OK]ボタンを押します。作成中の議事録を保
存していない場合、保存するようメッセージが
表示されます。
保存する場合は、[はい]ボタンを押します。
「議事録を保存する」(Page 104)を参照し
てください。
保存しない場合は、[いいえ]ボタンを押しま
す。
操作を終了しない場合は、[キャンセル]ボタ
ンを押します。
Page 15
フリーハンドで文字を書いたり、線を引く
黒板やホワイトボードに手書きで文字を書くように、MEDIASITEのディスプレイに指などを使っ
て、フリーハンドで文字を書いたり、線を引いたりできます。
●フリーハンドで文字を書いたり、線を引く
フリーハンドで文字を書いたり、線を引いてみましょう。
1.
描画する手書き線のボタンを押します。
(手書き線1∼3)ボタン
(手書き線)ボタン
2.
フリーハンドで書きます。
Page 16
●手書き線の太さや色などを設定する
文字を書いたり、線を引いたりするとき、手書き線の種類や太さ、色を指定することができます。
ここで設定した内容は、次回設定するまで有効です。
また、MBソフトウエアにあらかじめ設定されている手書き線を選択することもできます。
1.
2.
黒板ツールバーで、
(手書き線)ボタンの
右の▼ボタンを押します。
[手書き線]メニューが表示されます。
ここで、
MBソフトウエアであらかじめ設定され
ている手書き線の[1]、[2]、[3]を選択
することもできます。
[手書き線の設定]を選択します。
[手書き線]ダイアログボックスが表示されま
す。
(
(手書き線3)ボタンの右の▼ボタンを押
した場合は、[手書き線]メニューは表示され
ずに、[手書き線]ダイアログボックスがすぐ
に表示されます。)
また、
(色の設定)ボタンを押した場合は、
[色の設定]ダイアログボックスが表示されま
す。
(色の設定)ボタンは、初期設定では黒板
ツールバーに表示されていません。必要に応じ
て黒板ツールバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
3.
好みの手書き線の種類や、太さ、色を選択し、
[OK]ボタンを押します。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
また、蛍光ペンを使用すると、書いた部分がよ
り目立ちます。
[色の設定]ダイアログボックスでは、色だけ
が設定できます。
Page 17
!ヒント 自動色の使い方
背景に合わせて手書き線の色を選択できる自動色機能があります。[手書き線]ダイ
アログボックスで[色]オプションの自動色の部分を押します。現在使用している背
景色に対して、手書き線の色が常に目立つように自動的に変わります。
!ヒント 蛍光ペンの使い方
蛍光ペンは、背景が明るいときに使用すると書いた部分がより目立ちます。背景を変
更する場合は、「黒板の色を変更する」(Page 122)を参照してください。
●手書き線1、2、3の色や太さを変更する
MBソフトウエアであらかじめ設定されている、手書き線1、2、3の色や太さを変更することがで
きます。
1.
(手書き線3)ボタンの右の▼ボタンを押す
(手書き線)ボタンの[手書き線]メ
か、
ニューから[手書き線の設定]を選択し、[手
書き線]ダイアログボックスを表示します。
(色の設定)ボタンを押した場合は、[色
の設定]ダイアログボックスが表示されます。
(色の設定)ボタンは、初期設定では黒板
ツールバーに表示されていません。必要に応じ
て黒板ツールバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
好みの手書き線の種類や太さ、色を指定しま
す。
Page 18
[色の設定]ダイアログボックスでは、色だけ
が設定できます。
3.
変更する手書き線番号に対応したボタンを押
し、[OK]ボタンを押します。
(手書き線1∼3)の場合は、設定した内容
が黒板ツールバーのボタンの表示に反映されま
す。
また、[色の設定]ダイアログボックスで設定
した色は、選択されている手書き線番号の手書
き線に、そのまま設定されます。
Page 19
フリーハンドで書いた文字や線を選択する
黒板に書かれた文字や線を範囲選択することができます。
選択した部分は、移動やコピー、貼り付け、削除、拡大、縮小などを行うことができます。
●範囲選択する
1.
(手書き線選択)ボタンを押します。
(手書き線選択)ボタンはプロモードの拡
張黒板ツールバーを除いて、初期設定では黒板
ツールバーに表示されていません。必要に応じ
て黒板ツールバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
目的の範囲を囲うように、左上に指などを置
き、そのまま右下へ移動します。そのとき、選
択する範囲を囲う点線が表示されます。
指などを離すと、選択した範囲の上下左右斜め
に四角いマーク(ハンドル)が表示されます。
選択した範囲以外の場所を押すと、範囲選択が
解除されます。
Page 20
●選択部分を移動する
1.
範囲選択した状態で、選択部分を指などでタッ
チして、そのまま指などを動かします。
その動きに合わせて、選択部分が移動します。
移動中は、選択部分の手書き線のアウトライン
が表示されます。
選択部分を移動するとき、[背景]ダイアログ
ボックスの[図形・文字をグリッド線に合わせ
る]が有効になっていれば、グリッド単位で移
動します。同じく、[図形・文字を揃える]が
有効になっていれば、他の図形や文字に揃えて
移動することができます。
(「●描いた図形を揃えて移動する」(Page
56)参照。)
2.
移動する場所で指などを離します。
●選択部分を編集する
❑ 切り取り、コピー、削除
1.
範囲選択した状態にします。
(拡張)ボタ
標準黒板ツールバーの場合は
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(編集)ボタンを押します。
[編集]メニューが表示されます。
Page 21
2.
[編集]メニューのいずれかの項目を選択しま
す。
[切り取り] 選択部分が切り取られます。
[コピー] 選択部分がコピーされます。
[削除]
選択部分が削除されます。
❑ 貼り付け
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(編集)ボタンを押します。
[編集]メニューが表示されます。
2.
[貼り付け]を選択します。
[切り取り]や[コピー]した手書き線が貼り
付けられます。
貼り付けた手書き線は、上下左右斜めに四角い
マーク(ハンドル)が表示されて、範囲選択の
状態になります。
Page 22
●選択部分を拡大・縮小・変形する
1.
範囲選択した状態で、表示されているいずれか
のハンドルに指などをタッチして、そのまま指
などを動かします。
その動きに合わせて、選択部分の大きさや形が
変わります。
拡大・縮小・変形中は、選択部分の手書き線の
アウトラインが表示されます。
2.
目的の大きさ、形にして指などを離します。
●選択部分の書式を設定する
手書き線の範囲選択した部分は、線の太さや色などの書式を設定することができます。
1.
範囲選択した状態にします。
(手書き線)ボタンの
黒板ツールバーで、
右の▼ボタンを押して、[手書き線の設定]を
選択します。
[手書き線]ダイアログボックスが表示されま
す。
(
(手書き線3)ボタンの右の▼ボタンを押
した場合は、[手書き線]メニューは表示され
ずに、[手書き線]ダイアログボックスがすぐ
に表示されます。)
2.
線の種類や太さ、色などを必要に応じて設定し
て、[OK]ボタンを押します。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
Page 23
フリーハンドで書いた文字や線を消す
消しゴムを使って字を消すように、黒板に書かれた文字や線を消すことができます。また、消し
たい文字や線を囲んで消したり、すべての文字や線を消すこともできます。
ただし、消すことができるのは、手書き線の機能を使って書いた文字や線だけです。
●消しゴムで消す(1)
1.
手書き線機能を選択している状態で、黒板ツー
(消しゴム)ボタンを押します。
ルバーで、
アイコンが、手書き線から手書き線消しゴムに
変わります。
(消しゴム)ボタンはプロモードの初期設
定では黒板ツールバーに表示されていません。
必要に応じて黒板ツールバーに追加してくださ
い。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
消す対象の文字や線の上に指などをタッチし
て、動かします。
動かした部分だけ、削除されます。
Page 24
●消しゴムで消す(2)
1.
手書き線の機能を選択している状態で、黒板の
任意の場所をトントンと2回続けて押します
(ダブルクリック)。
アイコンが、手書き線から手書き線消しゴムに
変わります。
初期設定の状態では、ダブルクリックしても消
しゴムには変わりません。必要に応じて消しゴ
ムに変わるように設定してください。
(「●ペン/消しゴムの切り替えを自動にす
る」(Page 134)参照。)
2.
消す対象の文字や線の上に指などをタッチし
て、動かします。
動かした部分だけ、削除されます。
再び黒板の任意の場所でダブルクリックする
と、手書き線の機能に戻ります。
●消しゴムで消す(3)
1.
2.
黒板ツールバーで、
(消しゴム)ボタンを
押します。
[消しゴム]メニューが表示されます。
[手書き線消しゴム]を選択します。
アイコンが、手書き線から手書き線消しゴムに
変わります。
Page 25
3.
黒板ツールバーで、
(消しゴム)ボタンの
右の▼ボタンを押します。
消しゴムの大きさを選択および設定するメニュ
ーが表示されます。
また、
(消しゴム)ボタンの右の▼ボタン
を押しても、同じメニューが表示されます。
4.
5.
メニューの1、2、3から、消しゴムを選択しま
す。
消す対象の文字や線の上に指などをタッチし
て、動かします。
動かした部分だけ、削除されます。
!ヒント 消しゴムの使い方
消しゴムは黒板に書かれた内容(文字、線、図形、スタンプ、罫線)によって、使い
分けます。
手書きツールで書いた文字や線を消す場合は、[手書き線消しゴム]を使用します。
図形ツールで描いた図形は[図形消しゴム](Page 62)、スタンプツールで描いた
スタンプは[スタンプ消しゴム](Page 70)、罫線ツールで書いた罫線は[罫線消
しゴム](Page 39)を使用します。それぞれ[消しゴム]メニューから選択します。
このときの消しゴムの大きさは、操作する直前に[手書き線消しゴム]ダイアログボ
ックスで設定された大きさ、または消しゴム1、2、3のうち選択したどれかの大きさ
になります。消しゴムの大きさの設定は、次項の「●消しゴムの大きさを変更する」
を参照してください。
●消しゴムの大きさを変更する
消しゴムの大きさを変更できます。ここで設定した内容は、次回設定するまで有効です。
1.
黒板ツールバーで、
(消しゴム)ボタンの
右の▼ボタンを押します。
消しゴムの大きさを選択および設定するメニュ
ーが表示されます。
Page 26
2.
[手書き線消しゴムの設定]を選択します。
[手書き線消しゴム]ダイアログボックスが表
示されます。
消しゴムの大きさは、小、中、大の各ボタンで
設定できます。
また、スライドバーを動かして、好みのサイズ
に設定することもできます。
3.
消しゴムの大きさを設定して、[OK]ボタンを
押します。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
●囲んで消す
1.
2.
(消しゴム)ボタンを押して、[消しゴム]
メニューから[手書き線囲い消し]を選択しま
す。
目的の文字や線を囲うように、左上に指などを
置き、そのまま右下へ移動します。そのとき、
目的の文字や線を囲う点線が表示されます。
指などを離すと、その文字や線が消えます。
Page 27
●書いた文字や線をすべて消す(1)
1.
手書き線の機能を選択している状態で、 (ク
リア)ボタンを押します。
黒板で書いた文字や線がすべて削除されます。
(クリア)ボタンはプロモードの初期設定
では黒板ツールバーに表示されていません。必
要に応じて黒板ツールバーに追加してくださ
い。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
●書いた文字や線をすべて消す(2)
1.
2.
(消しゴム)ボタンを押して、[消しゴム]
メニューから[すべて削除]を選択します。
サブメニューが表示されます。
[手書き線]を選択します。
黒板で書いた文字や線がすべて削除されます。
ここで[すべて]を選択すると、[手書き線]
以外の罫線や図形(文字も含む)、スタンプな
ども一緒に削除されます。
Page 28
●書いた文字や線をすべて消す(3)
1.
2.
(編集)ボタンを押して、[編集]メニュ
ーから[すべて削除]を選択します。
サブメニューが表示されます。
[手書き線]を選択します。
黒板で書いた文字や線がすべて削除されます。
ここで[すべて]を選択すると、[手書き線]
以外の罫線や図形(文字も含む)、スタンプな
ども一緒に削除されます。
!ヒント 誤って消してしまったら、、、
誤って文字や図形、罫線を消してしまっても、元に戻すことができます。
(編集)ボタンを押して、[元に戻す]を選択するか、
拡張黒板ツールバーで
(元に戻す)ボタンを押してください。
(編集)ボタンを押して、[やり直し]を選択するか、
また、
タンを押すと、元に戻した操作をやり直すことができます。
(やり直し)ボ
Page 29
より高度な使い方
文字を入力する
MBソフトウエアには、手書きで入力した文字をきれいな活字体に変換する手書き文字認識機能
が搭載されています。手書き文字認識機能は、MBペンウィンドウで文字の入力や編集、および
かなで手書き入力したものを漢字に変換する機能もあります。
MBペンウィンドウの操作方法や、文字を入力した後にその文字を編集する方法については、付録の
「手書き文字認識およびソフトウエアキーボード機能の操作方法」(Page 164)を参照してくだ
さい。
●文字を入力する
MBペンウィンドウで文字を入力します。文字はテキストボックスという領域に入力します。
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(テキストボックス)ボタンを押します。
MBペンウィンドウが表示されます。
2.
文字を入力する位置を決め、その位置に指など
をタッチします。そして、そのまま右斜め下へ
移動します。
文字を入力するテキストボックスが設定され、
カーソルが点滅します。
注意:
テキストボックスを作成しないで入力すると、
デフォルトのテキストボックスが自動的に作ら
れ文字が入力されます。
3.
MBペンウィンドウで文字を書きます。
漢字を直接書くことも、「かな」を書いておい
て後から漢字に変換することもできます。
漢字変換については、付録の「手書き文字認識
およびソフトウエアキーボード機能の操作方
法」の「❏漢字変換機能の使い方」(Page 169)
を参照してください。
Page 30
4.
5.
入力する文字が確定したら、[貼付]ボタンを
押します。
操作3で設定したテキストボックスに、変換さ
れた文字が入力、表示されます。
文字の入力が終了したら、そのテキストボック
スの枠部分を指などでタッチします。
これで、入力した文字が確定されたことになり
ます。
!ヒント テキストボックスを移動する
文字の入力が終了したら、文字が入力されたテキストボックスを指などで選択し、好
みの位置に移動することもできます。
●確定した文字を編集する
一度入力した文字を編集する場合は、表示されている文字の部分を指などでタッチします。
テキストボックスが、前項の操作2の状態になります。必要に応じて、文字を再入力したり削除
したり、編集できます。
文字を入力した後、手書き線や図形など他の機能を使用していて、文字を編集する場合は、拡張
黒板ツールバーで
さい。
(テキストボックス)ボタンを押して、文字を入力できるようにしてくだ
また、MBペンウィンドウの入力用の各ボタンを使用すると、パソコンのキーボードで操作する
ようにキー操作できます。
BSボタン
句読点ボタン
スペースボタン
数字ボタン
矢印ボタン
改行ボタン
DELボタン
ESCボタン
Page 31
●文字のフォント名やスタイル、サイズなどを指定する
入力する文字は、フォントの種類やスタイル、サイズ、色、そして文字飾りを指定できます。
[文字]メニューから[設定1]や[設定2]の文字を選択したり、[フォントの設定]ダイアロ
グボックスで好みの文字を設定することもできます。
あらかじめ、設定1の文字は18ポイントのMSゴシック、設定2の文字は16ポイントのMS Pゴシッ
クで、どちらも自動色に設定されていますが、[フォントの設定]ダイアログボックスで変更で
きます。
[文字を設定するときの注意]
文字のフォントの種類やスタイル、サイズ、色の指定は、1つのテキストボックスに対して各々1
種類だけです。1つのテキストボックス内に、数種類のフォントやサイズを混在することはでき
ません。
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(テキストボックス)ボタンの右の▼ボタ
ンを押します。
[文字]メニューが表示されます。
2.
[フォントの設定]を選択します。
[フォントの設定]ダイアログボックスが表示
されます。
(色の設定)ボタンを押すと、[色の設定]
ダイアログボックスが表示されます。
(色の設定)ボタンは、初期設定では黒板
ツールバーに表示されていません。必要に応じ
て黒板ツールバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
Page 32
3.
4.
好みのフォント名、スタイル、サイズなどを選
択します。
指定した内容は、プレビュー部分にサンプルが
表示されるので、確認することができます。
文字に色を付ける場合は、[文字色]オプショ
ンで色を指定します。
自動色を使う場合は、「ヒント:自動色の使い
方」(Page 18)を参照してください。
[色の設定]ダイアログボックスでは、文字の
色だけが設定できます。
5.
6.
文字に飾りを付ける場合は、[文字飾り]オプ
ションで[取り消し線]、[下線]チェックボ
ックスをオンにします。
文字の設定が決まったら、その設定内容を[設
定1]または[設定2]の文字として登録してお
くことができます。
設定1の文字にする場合は、[設定1に設定]ボ
タンを押します。
設定2の文字にする場合は、[設定2に設定]ボ
タンを押します。
[色の設定]ダイアログボックスで設定した文
字の色は、選択されている設定番号の文字に、
そのまま設定されます。
7.
8.
すべて指定し終えたら、[OK]ボタンを押しま
す。
文字を入力する場合は、前項の「●文字を入力
する」(Page 30)を参照してください。
!ヒント 既に入力された文字の設定を変更する
既に入力されている文字の設定を変更するには、指などでテキストボックスの枠部分
をタッチして選択状態にしてから行います。文字の設定を変更すると、テキストボッ
クス内のすべての文字が変更されます。
テキストボックスが選択された状態で文字の設定を変更すると、選択されたテキスト
ボックス内の文字がその都度変更されてしまいます。新たに文字を入力する場合は、
テキストボックスの選択を解除してから、文字の設定を行ってください。
Page 33
!ヒント テキストボックス内の文字の配置を変更する
テキストボックスに入力された文字は左側に揃っていますが、この配置を中央や右側
にすることができます。
1.
(テキストボックス)ボタンを押して、または[図形選択]メニューの
択)アイコンを選択して、対象のテキストボックスを選択します。
(選
2.
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタンを押して、表示される[図形]メニ
ューの[図形の書式設定]を選択します。
[図形の設定]ダイアログボックスが表示されます。
3. [配置]タブを押して、[テキストボックス内の文字列の配置]オプションで配置
したい位置のラジオボタンを押します。
文字が指定した位置に配置されます。
●テキストボックスを図形として扱う
テキストボックスは、図形と同じように扱うことができます。以下の操作を行う場合は、「図形
を描く」の各項目を参照してください。
・テキストボックス枠の線の色や太さを変更する
➨●描いた図形の線や色を変更したり、塗りつぶしたりする(Page 47)
・テキストボックス内を塗りつぶす
➨●描いた図形の線や色を変更したり、塗りつぶしたりする(Page 47)
・テキストボックスの前後関係を変更したり、複数のテキストボックスを揃える
➨●図形の表示する前後関係を変更したり、複数の図形を揃えたりする(Page 49)
・テキストボックスの大きさや形を変更する
➨●描いた図形の大きさや形を変える(Page 54)
・テキストボックスを移動する
➨●描いた図形を移動する(Page 55)
・テキストボックスを切り取ったり、コピーしたりする
➨●描いた図形を切り取ったり、コピーしたりする(Page 59)
・テキストボックスを削除する
➨●描いた図形を消す(Page 62)
Page 34
罫線を引く
MBソフトウエアでは、画面のグリッド上に直線を引くことができます。この直線を罫線といい
ます。
この機能を使って指などで画面をなぞると、グリッド単位で罫線が引かれます。ただし、引くこ
とができるのは、縦横方向だけです。
●罫線機能を使って表を作成する
1.
(罫線)ボタンの右の▼ボタンを押します。
[罫線]メニューが表示されます。
(罫線)ボタンはプロモードの拡張黒板ツ
ールバーを除いて、初期設定では黒板ツールバ
ーに表示されていません。必要に応じて黒板ツ
ールバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
3.
[罫線]メニューから、罫線1、2、3を選択し
ます。
罫線1、2、3以外の罫線を設定する場合は、[罫
線の設定]を選択します。
詳しくは、「●罫線を設定する」(Page36)
を参照してください。
罫線を引く位置に指などを置き、そのまま横、
または縦方向に移動します。
例では、表の大きさを決めるため、横の罫線を
引きます。指などの動きに合わせて、グリッド
単位で罫線が引かれます。
Page 35
4.
5.
続いて、縦の罫線を引きます。
作成する表の行数、列数が分かっている場合
は、その数の横の罫線と、縦の罫線を引きます。
作成した表は、コピーしたり移動したり、また
大きさを変更したりできません。他のページに
同じ表を作成する場合は、もう一度1∼5までの
操作を行います。
大きさを変更する場合は、罫線を削除したり追
加したりします。
●罫線を設定する
罫線を引くとき、罫線の種類や太さ、色を指定することができます。ここで設定した内容は、次
回設定するまで有効です。
また、あらかじめ設定されている罫線を選択することもできます。
1.
(罫線)ボタンの右の▼ボタンを押しま
す。
[罫線]メニューが表示されます。
ここで、
MBソフトウエアであらかじめ設定され
ている罫線の[1]、[2]、[3]を選択す
ることもできます。
(罫線)ボタンはプロモードの拡張黒板ツ
ールバーを除いて、初期設定では黒板ツールバ
ーに表示されていません。必要に応じて黒板ツ
ールバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
Page 36
(色の設定)ボタンを押した場合は、[色
の設定]ダイアログボックスが表示されます。
(色の設定)ボタンは、初期設定では黒板
ツールバーに表示されていません。
必要に応じて黒板ツールバーに追加してくださ
い。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
[罫線の設定]を選択します。
[罫線]ダイアログボックスが表示されます。
自動色を使う場合は、「ヒント:自動色の使い
方」(Page 18)を参照してください。
[色の設定]ダイアログボックスでは、罫線の
色だけが設定できます。
3.
好みの罫線の種類や太さ、色を指定して、
[OK]
ボタンを押します。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
Page 37
●罫線1、2、3の色や太さを変更する
あらかじめ設定されている罫線1、2、3の色や太さを変更することができます。
1.
[罫線]メニューから[罫線の設定]を選択し、
[罫線]ダイアログボックスを表示します。
(色の設定)ボタンを押した場合は、[色
の設定]ダイアログボックスが表示されます。
(色の設定)ボタンは、初期設定では黒板
ツールバーに表示されていません。必要に応じ
て黒板ツールバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
好みの罫線の種類や太さ、色を指定します。
自動色を使う場合は、「ヒント:自動色の使い
方」(Page 18)を参照してください。
[色の設定]ダイアログボックスでは、罫線の
色だけが設定できます。
3.
変更する罫線番号に対応したボタンを押し、
[OK]ボタンを押します。
また、[色の設定]ダイアログボックスで設定
した色は、選択されている手書き線番号の手書
き線に、そのまま設定されます。
Page 38
●罫線を消す(1)
罫線は消しゴムを使って、グリッド単位で消すことができます。
1.
罫線機能を選択している状態で、黒板ツールバ
(消しゴム)ボタンを押します。
ーで、
アイコンが、罫線消しゴムに変わります。
(消しゴム)ボタンはプロモードの初期設
定では黒板ツールバーに表示されていません。
必要に応じて黒板ツールバーに追加してくださ
い。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
消す対象の罫線の上に指などをタッチして、罫
線にあわせて移動します。
グリッド単位で罫線が削除されます。
●罫線を消す(2)
1.
罫線機能を選択している状態で、黒板の任意の
場所をトントンと2回続けて押します(ダブル
クリック)。
アイコンが、罫線消しゴムに変わります。
初期設定の状態では、ダブルクリックしても消
しゴムには変わりません。必要に応じて消しゴ
ムに変わるように設定してください。
(「●ペン/消しゴムの切り替えを自動にす
る」(Page 134)参照。)
Page 39
2.
消す対象の罫線の上に指などをタッチして、罫
線にあわせて移動します。
グリッド単位で罫線が削除されます。
再び黒板の任意の場所でダブルクリックする
と、罫線の機能に戻ります。
●罫線を消す(3)
1.
2.
3.
黒板ツールバーで、
(消しゴム)ボタンを
押します。
[消しゴム]メニューが表示されます。
[罫線消しゴム]を選択します。
アイコンが、罫線消しゴムに変わります。
消す対象の罫線の上に指などをタッチして、罫
線にあわせて移動します。
グリッド単位で罫線が削除されます。
Page 40
●指定した領域の罫線を消す
消したい罫線の部分を指定し、その部分の罫線を一括して消すことができます。
1.
2.
(消しゴム)ボタンを押して、[消しゴム]
メニューから[罫線囲い消し]を選択します。
対象の罫線の左上に指などを置き、その罫線を
囲むようにしてそのまま右下へ移動します。そ
のとき、罫線を囲む点線が表示されます。
指などを離すと、罫線が消えます。
●罫線をすべて消す(1)
1.
罫線機能を選択している状態で、
ボタンを押します。
罫線がすべて削除されます。
(クリア)
(クリア)ボタンは、プロモードの初期設
定では黒板ツールバーに表示されていません。
必要に応じて黒板ツールバーに追加してくださ
い。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
Page 41
●罫線をすべて消す(2)
1.
2.
(消しゴム)ボタンを押して、[消しゴム]
メニューから[すべて削除]を選択します。
サブメニューが表示されます。
[罫線]を選択します。
罫線がすべて削除されます。
ここで[すべて]を選択すると、[罫線]以外
の手書き線や図形(文字も含む)、スタンプな
ども一緒に削除されます。
●罫線をすべて消す(3)
1.
(編集)ボタンを押して、[編集]メニュ
ーから[すべて削除]を選択します。
サブメニューが表示されます。
Page 42
2.
[罫線]を選択します。
罫線がすべて削除されます。
ここで[すべて]を選択すると、[罫線]以外
の手書き線や図形(文字も含む)、スタンプな
ども一緒に削除されます。
Page 43
図形を描く
MBソフトウエアには、直線や四角形、楕円の図形を描くためのツールが用意されています。こ
のツールで、簡単に図形を描くことができます。また、描いた図形は、大きさや形を変えたり、
場所を移動したり、そしてコピーして他の場所へ貼り付けたりできます。
●直線、正方形、四角形、円、楕円を描く
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
2.
描画する図形のアイコンを選択します。
直線: (直線)アイコン
四角形:
(四角形)アイコン
楕円: (楕円)アイコン
また、直線はボタンも用意されています。
直線: (直線)ボタン
(直線)ボタンは、初期設定では黒板ツー
ルバーに表示されていません。必要に応じて黒
板ツールバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
3.
描き始める部分を指などで押し、そのままある
方向へ移動します。そして、指などを離します。
図形が描かれます。
Page 44
●直線を描いたとき
●四角形を描いたとき
●楕円を描いたとき
!ヒント 正方形と円の描き方
正方形と円は、グリッド線を利用するときれいに描けます。[背景]ダイアログボッ
クスで[図形・文字をグリッド線に合わせる]チェックボックスをオンにしておいて
から、正方形または円を描きます。グリッド線の設定は、
「●図形を揃えて描く」
(Page
52)を参照してください。
Page 45
●図形の線や色などを設定する
図形を描くとき、線の種類や太さ、色、塗りつぶしなどを指定することができます。ここで設定
した内容は、次回設定するまで有効です。
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタン
を押します。
[図形]メニューが表示されます。
2.
[図形の書式設定]を選択します。
[図形の設定]ダイアログボックスが表示され
ます。
線の太さや色、塗りつぶし、縦横比の固定など
を設定します。
自動色を使う場合は、「ヒント:自動色の使い
方」(Page 18)を参照してください。
(色の設定)ボタンを押した場合は、[色
の設定]ダイアログボックスが表示されます。
(色の設定)ボタンは、初期設定では黒板
ツールバーに表示されていません。必要に応じ
て黒板ツールバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
[色の設定]ダイアログボックスでは、線と塗
りつぶしの色だけが設定できます。
3.
[OK]ボタンを押します。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
Page 46
●描いた図形の線や色を変更したり、塗りつぶしたりする
描いた図形は、線の色や太さを変更したり、塗りつぶしたりできます。
!ヒント 図形の選択のしかた
図形を選択するには、2通りの方法があります。
対象の図形の線上を指などでタッチして選択する方法と、図形を囲むようにして選択
する方法があります。
図形を囲む場合は、次のようにして選択します。複数の図形を選択するときなどこの
方法を使用します。
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
(選択)アイコンを選択します。
2.
線や色を変更、または塗りつぶしたりする図形
を選択します。
Page 47
3.
4.
5.
6.
7.
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタン
を押します。
[図形]メニューが表示されます。
[図形の書式設定]を選択します。
[図形の設定]ダイアログボックスが表示され
ます。
[線]オプションで線の太さ、色を指定します。
続いて、塗りつぶす色を指定します。
自動色を使う場合は、「ヒント:自動色の使い
方」(Page 18)を参照してください。
[OK]ボタンを押します。
指定した線や色、塗りつぶしで図形が表示され
ます。
Page 48
●図形の表示する前後関係を変更したり、複数の図形を揃えたりする
描いた図形の表示する前後関係を変更したり、複数の図形の上下左右を揃えたりできます。例え
ば、A、B、Cという3つの図形があり、重ねて表示させる場合、Aを1番上、Bを2番目、Cを3番
目という順序を付けることができます。また、それぞれの図形をページ中央に配置したり、ある
図形を基準に左右上下の指定した位置に揃えたりすることもできます。
この機能は、図形だけでなく手書き文字認識機能で作成したテキストボックスも同様に設定する
ことができます。
❑ 図形の表示する前後関係を変更する
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
(選択)アイコンを選択します。
2.
3.
4.
前後関係を指定する図形を選択します。
直線をA、楕円をB、選択した四角形をCとしま
す。
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタン
を押します。
[図形]メニューが表示されます。
[図形]メニューから、[順序]を選択します。
順序を指定するサブメニューが表示されます。
• 最前面へ移動:
Cを選択した状態で実行すると、上からC、A、
Bの順になります。
• 最背面に移動:
Cを選択した状態で実行すると、上からA、B、
Cの順になります。
Page 49
• 前面に移動:
Cを選択した状態で実行すると、上からA、C、
Bの順になります。
• 背面に移動:
Cを選択した状態で実行すると、上からA、B、
Cの順になります。
5.
選択した図形の表示順序をサブメニューから指
定します。
画面の例では、[最前面へ移動]を選択したと
きの状態を示しています。
❑ 複数の図形の上下左右を揃える
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
(選択)アイコンを選択します。
2.
配置を揃える図形を選択します。
例では、四角形と楕円を選択しています。
Page 50
3.
4.
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタン
を押します。
[図形]メニューが表示されます。
[図形]メニューから、[配置]を選択します。
配置を指定するサブメニューが表示されます。
図形を1つだけを選択した場合は、[ページの
左右中央に配置]と[ページの上下中央に配置]
だけ指定できる表示となります。
• 左揃え:
選択した図形の左側を基準にして、図形を揃え
ます。四角形の位置はそのままで、楕円の左側
ハンドルと四角形の左側ハンドルが揃うよう
に、楕円が左へ平行移動します。
• 左右中央揃え:
選択した図形の左右の中央を基準にして、図形
を揃えます。楕円の中央ハンドルと四角形の中
央ハンドルが揃うように、双方の図形が中央に
平行移動します。
• 右揃え:
選択した図形の右側を基準にして、図形を揃え
ます。楕円の位置はそのままで、楕円の右側ハ
ンドルと四角形の右側ハンドルが揃うように、
四角形が右へ平行移動します。
• 上揃え:
選択した図形の上側を基準にして、図形を揃え
ます。楕円の位置はそのままで、楕円の上側ハ
ンドルと四角形の上側ハンドルが揃うように、
四角形が上へ垂直移動します。
• 上下中央揃え:
選択した図形の上下の中央を基準にして、図形
を揃えます。楕円の中央ハンドルと四角形の中
央ハンドルが揃うように、双方の図形が垂直移
動します。
• 下揃え:
選択した図形の下側を基準にして、図形を揃え
ます。四角形の位置はそのままで、楕円の下側
ハンドルと四角形の下側ハンドルが揃うよう
に、楕円が下へ垂直移動します。
Page 51
• ページの左右中央に配置:
ページの左右から中央の位置を基準に選択した
図形を配置します。
• ページの上下中央に配置:
ページの上下から中央の位置を基準に選択した
図形を配置します。
5.
選択した図形の表示配置をサブメニューから指
定します。
選択した図形の表示配置が変わります。
●図形を揃えて描く
黒板は、方眼紙のように縦横を一定の間隔で区切るグリッドがあらかじめ設定されています。こ
こでは、そのグリッドを利用して、これから描こうとする図形が始めからきちんと揃った位置に
描くことができるようにする機能を説明します。
1.
(ツール)ボタンを押します。
[ツール]メニューが表示されます。
Page 52
2.
3.
4.
5.
[背景]を選択します。
[背景]ダイアログボックスが表示されます。
[グリッド]オプションで、[図形・文字をグ
リッド線に合わせる]チェックボックスをオン
にします。
(この機能は、グリッドが表示されていなくて
も有効です。)
グリッドの設定を変更する場合は、縦、横の間
隔、左開始位置、上開始位置を指定します。
[図形選択]メニューで描く図形を選択します。
ここでは、
す。
6.
(四角形)アイコンを選択しま
四角形を描きます。
グリッドに沿って、図形が描かれます。
Page 53
●描いた図形の大きさや形を変える
描いた図形の大きさや形を変えることができます。
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
(選択)アイコンを選択します。
2.
3.
図形の線の上を指などで選択します。
または、左斜め上から対象の図形を囲むように
して図形を選択することもできます。
選択した図形の上下左右斜めに四角いマーク
(ハンドル)が表示されます。
いずれかのハンドルに指などをタッチして、そ
のまま指などを動かします。
その動きに合わせて、図形の大きさや形が変わ
ります。
Page 54
●描いた図形を移動する
描いた図形を任意の場所に移動できます。
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
(選択)アイコンを選択します。
2.
3.
図形の線の上を指などで選択します。
または、左斜め上から対象の図形を囲むように
して図形を選択することもできます。
選択した図形の上下左右斜めに四角いマーク
(ハンドル)が表示されます。
図形の線上に指などをタッチして、そのまま指
などを動かします。
その動きに合わせて、図形が移動します。
Page 55
●描いた図形を揃えて移動する
図形を移動するとき、黒板のグリッド単位で移動したり、他の図形や文字に揃えて移動すること
ができます。
❑ 選択した図形をグリッド単位で移動する
1.
2.
3.
4.
(ツール)ボタンを押します。
[ツール]メニューが表示されます。
[背景]を選択します。
[背景]ダイアログボックスが表示されます。
[グリッド]オプションで、[図形・文字をグ
リッド線に合わせる]チェックボックスをオン
にします。
(この機能は、グリッドが表示されていなくて
も有効です。)
グリッドの設定を変更する場合は、縦、横の間
隔、左開始位置、上開始位置を指定します。
Page 56
5.
6.
[図形選択]メニューで (選択)アイコンを
選択して、移動する図形を選択します。
選択した図形の上下左右斜めに四角いマーク
(ハンドル)が表示されます。
図形の線上に指などをタッチして、そのまま指
などを動かします。
その動きに合わせて、図形が移動します。
このとき図形は、図形の左・上が黒板のグリッ
ドに常に合うように移動します。
❑ 選択した図形を他の図形や文字に揃えて移動する
1.
(ツール)ボタンを押します。
[ツール]メニューが表示されます。
Page 57
2.
3.
4.
5.
[背景]を選択します。
[背景]ダイアログボックスが表示されます。
[グリッド]オプションで、[図形・文字を揃
える]チェックボックスをオンにします。
(この機能は、表示されている黒板上に、他の
図形や文字がなければ意味を持ちません。)
[図形選択]メニューで (選択)アイコンを
選択して、移動する図形を選択します。
選択した図形の上下左右斜めに四角いマーク
(ハンドル)が表示されます。
図形の線上に指などをタッチして、そのまま指
などを動かします。
その動きに合わせて、図形が移動します。
このとき図形は、他の図形や文字の上下左右の
いずれかに揃えて移動することができます。
Page 58
●描いた図形を切り取ったり、コピーしたりする
描いた図形を切り取ったり、コピーしたりして、他の場所へ貼り付けることができます。
❑ 選択した図形を切り取る
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
(選択)アイコンを選択します。
2.
3.
4.
5.
対象の図形の線上を指などで選択します。
または、左斜め上から対象の図形を囲むように
して図形を選択することもできます。
(編集)ボタンを押します。
[編集]メニューが表示されます。
[切り取り]を選択します。
選択した図形が切り取られます。
切り取った図形を貼り付ける場合は、後述の「❏
コピー、切り取った図形を貼り付ける」を参照
してください。
Page 59
❑ 選択した図形をコピーする
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
(選択)アイコンを選択します。
2.
3.
4.
5.
対象の図形の線上を指などで選択します。
または、左斜め上から対象の図形を囲むように
して図形を選択することもできます。
(編集)ボタンを押します。
[編集]メニューが表示されます。
[コピー]メニューを押します。
選択した図形がコピーされます。
貼り付ける場合は、後述の「❏コピー、切り取
った図形を貼り付ける」を参照してください。
Page 60
❑ コピー、切り取った図形を貼り付ける
1.
他のページに貼り付ける場合は、
(前のペ
(次のページ)ボタン
ージ)ボタンまたは
を押して、他のページを表示します。
2.
3.
(編集)ボタンを押します。
[編集]メニューが表示されます。
[貼り付け]を選択します。
コピーまたは切り取った図形が貼り付けられま
す。
貼り付けられた図形には、ハンドルが表示され
ているので、その図形を選択して、動かすこと
ができます。
❑ すべての図形を選択する
1.
2.
(編集)ボタンを押します。
[編集]メニューが表示されます。
[すべて選択]を選択します。
すべての図形が選択されます。
選択されたすべての図形には、ハンドルが表示
されているので、すべての図形を動かすことが
できます。
Page 61
●描いた図形を消す
描いた図形を消すことができます。ただし、[手書き線]ツールで書いた文字や線、罫線は消さ
れません。
❑ 消しゴムで消す(1)
1.
図形(直線や四角形、楕円)機能を選択してい
る状態で、黒板ツールバーで、 (消しゴム)
ボタンを押します。
アイコンが、図形消しゴムに変わります。
(消しゴム)ボタンは、プロモードの初期
設定では黒板ツールバーに表示されていませ
ん。必要に応じて黒板ツールバーに追加してく
ださい。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
消す対象の図形に指などでタッチします。
消しゴムが触れた図形が削除されます。
(図形が重なっている場合は、最前面の図形が
削除されます。)
Page 62
❑ 消しゴムで消す(2)
1.
図形(直線や四角形、楕円)機能を選択してい
る状態で、黒板の任意の場所をトントンと2回
続けて押します(ダブルクリック)。
アイコンが、図形消しゴムに変わります。
初期設定の状態では、ダブルクリックしても消
しゴムには変わりません。必要に応じて消しゴ
ムに変わるように設定してください。
(「●ペン/消しゴムの切り替えを自動にす
る」(Page 134)参照。)
2.
消す対象の図形に指などでタッチします。
消しゴムが触れた図形が削除されます。
(図形が重なっている場合は、最前面の図形が
削除されます。)
再び黒板の任意の場所でダブルクリックする
と、図形の機能に戻ります。
❑ 消しゴムで消す(3)
1.
2.
黒板ツールバーで、
(消しゴム)ボタンを
押します。
[消しゴム]メニューが表示されます。
[図形消しゴム]を選択します。
アイコンが、図形消しゴムに変わります。
Page 63
3.
消す対象の図形に指などでタッチします。
消しゴムが触れた図形が削除されます。
(図形が重なっている場合は、最前面の図形が
削除されます。)
❑ 囲んで消す
1.
2.
(消しゴム)ボタンを押して、[消しゴム]
メニューから[図形囲い消し]を選択します。
目的の図形を囲うように、左上に指などを置
き、そのまま右下へ移動します。そのとき、図
形を囲う点線が表示されます。
指などを離すと、図形が消えます。
Page 64
❑ 選択して消す
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
(選択)アイコンを選択します。
2.
3.
4.
対象の図形の線上を指などで選択します。
または、左斜め上から対象の図形を囲むように
して図形を選択することもできます。
(編集)ボタンを押します。
[編集]メニューが表示されます。
[削除]を選択します。
選択した図形が削除されます。
Page 65
❑ 描いた図形をすべて消す(1)
1.
図形(直線や四角形、楕円)機能を選択してい
(クリア)ボタンを押します。
る状態で、
すべての図形が削除されます。
(クリア)ボタンは、プロモードの初期設
定では黒板ツールバーに表示されていません。
必要に応じて黒板ツールバーに追加してくださ
い。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
❑ 描いた図形をすべて消す(2)
1.
2.
(消しゴム)ボタンを押して、[消しゴム]
メニューから[すべて削除]を選択します。
サブメニューが表示されます。
[図形]を選択します。
すべての図形が削除されます。
ここで[すべて]を選択すると、[図形]以外
の手書き線や、罫線、スタンプなども一緒に削
除されます。
Page 66
❑ 描いた図形をすべて消す(3)
1.
2.
(編集)ボタンを押して、[編集]メニュ
ーから[すべて削除]を選択します。
サブメニューが表示されます。
[図形]を選択します。
すべての図形が削除されます。
ここで[すべて]を選択すると、[図形]以外
の手書き線や、罫線、スタンプなども一緒に削
除されます。
Page 67
スタンプを表示する
任意の画像データをスタンプとして登録しておいて、黒板の任意の位置に表示することができま
す。
表示したスタンプは、大きさを変えたり、回転したり、場所を移動したり、そしてコピーして他
の場所へ貼り付けたりできます。
●スタンプを表示する
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
2.
3.
表示するスタンプを選択します。
表示する位置を押します。
押した位置を中心として、スタンプが表示され
ます。
ス タ ン プ の 画 像 が Windows メ タ フ ァ イ ル
(*.wmf)の場合は、背景色が透過した状態で
表示されます。
あらかじめ設定されているスタンプはすべて
Windows メタファイル形式の画像です。
その他の形式の画像の場合は、そのまま表示さ
れます。
Page 68
●スタンプを図形として扱う
スタンプは、図形と同じように扱うことができます。以下の操作を行う場合は、「図形を描く」
の各項目を参照してください。
・スタンプの枠の線の色や太さを変更する
➨●描いた図形の線や色を変更したり、塗りつぶしたりする(Page 47)
・スタンプの前後関係を変更したり、複数のスタンプを揃える
➨●図形の表示する前後関係を変更したり、複数の図形を揃えたりする(Page 49)
・スタンプの大きさや形を変更する
➨●描いた図形の大きさや形を変える(Page 54)
・スタンプを移動する
➨●描いた図形を移動する(Page 55)
・スタンプを切り取ったり、コピーしたりする
➨●描いた図形を切り取ったり、コピーしたりする(Page 59)
!ヒント その他のスタンプの操作
ス タ ン プ は 図 形 と 異 な り 回 転 さ せ る こ と が で き ま す ( Windows メ タ フ ァ イ ル
(*.wmf)以外の画像の場合)。回転については、「画像を回転する」(Page 149)
を参照してください。
また、削除については図形と区別されています。スタンプの削除については、「●表
示したスタンプを消す」(Page 70)を参照してください。
Page 69
●表示したスタンプを消す
表示したスタンプを消すことができます。対象はスタンプのみで、手書き線や、文字、罫線、図
形は消されません。
❑ 消しゴムで消す(1)
1.
スタンプ機能を選択している状態で、黒板ツー
(消しゴム)ボタンを押します。
ルバーで、
アイコンが、スタンプ消しゴムに変わります。
(消しゴム)ボタンは、プロモードの初期
設定では黒板ツールバーに表示されていませ
ん。必要に応じて黒板ツールバーに追加してく
ださい。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
消す対象のスタンプに指などでタッチします。
消しゴムが触れたスタンプが削除されます。
(スタンプが重なっている場合は、最前面のス
タンプが削除されます。)
❑ 消しゴムで消す(2)
1.
スタンプ機能を選択している状態で、黒板の任
意の場所をトントンと2回続けて押します(ダ
ブルクリック)。
アイコンが、スタンプ消しゴムに変わります。
初期設定の状態では、ダブルクリックしても消
しゴムには変わりません。必要に応じて消しゴ
ムに変わるように設定してください。
(「●ペン/消しゴムの切り替えを自動にす
る」(Page 134)参照。)
Page 70
2.
消す対象のスタンプに指などでタッチします。
消しゴムが触れたスタンプが削除されます。
(スタンプが重なっている場合は、最前面のス
タンプが削除されます。)
再び黒板の任意の場所でダブルクリックする
と、スタンプの機能に戻ります。
❑ 消しゴムで消す(3)
1.
2.
3.
黒板ツールバーで、
(消しゴム)ボタンを
押します。
[消しゴム]メニューが表示されます。
[スタンプ消しゴム]を選択します。
アイコンが、スタンプ消しゴムに変わります。
消す対象のスタンプに指などでタッチします。
消しゴムが触れたスタンプが削除されます。
(スタンプが重なっている場合は、最前面のス
タンプが削除されます。)
Page 71
❑ 囲んで消す
1.
2.
(消しゴム)ボタンを押して、[消しゴム]
メニューから[スタンプ囲い消し]を選択しま
す。
目的のスタンプを囲うように、左上に指などを
置き、そのまま右下へ移動します。そのとき、
スタンプを囲う点線が表示されます。
指などを離すと、スタンプが消えます。
❑ 選択して消す
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
(選択)アイコンを選択します。
2.
3.
対象のスタンプの線上を指などで選択します。
または、左斜め上から対象のスタンプを囲むよ
うにしてスタンプを選択することもできます。
(編集)ボタンを押します。
[編集]メニューが表示されます。
Page 72
4.
[削除]を選択します。
選択したスタンプが削除されます。
❑ 表示したスタンプをすべて消す(1)
1.
スタンプ機能を選択している状態で、
リア)ボタンを押します。
すべてのスタンプが削除されます。
(ク
(クリア)ボタンは、プロモードの初期設
定では黒板ツールバーに表示されていません。
必要に応じて黒板ツールバーに追加してくださ
い。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
❑ 表示したスタンプをすべて消す(2)
1.
(消しゴム)ボタンを押して、[消しゴム]
メニューから[すべて削除]を選択します。
サブメニューが表示されます。
Page 73
2.
[スタンプ]を選択します。
すべてのスタンプが削除されます。
ここで[すべて]を選択すると、[スタンプ]
以外の手書き線や罫線、図形(文字も含む)な
ども一緒に削除されます。
❑ 表示したスタンプをすべて消す(3)
1.
2.
(編集)ボタンを押して、[編集]メニュ
ーから[すべて削除]を選択します。
サブメニューが表示されます。
[スタンプ]を選択します。
すべてのスタンプが削除されます。
ここで[すべて]を選択すると、[スタンプ]
以外の手書き線や罫線、図形(文字も含む)な
ども一緒に削除されます。
Page 74
●スタンプを登録する
スタンプの画像は、ファイルから登録するか、キャプチャして登録することができます。
あらかじめ設定されている、[指さし]、[左矢印]、[右矢印]、[重要!]、[たいせつ]、
[OK!]の他に、最大6つの画像をユーザースタンプとして登録できます。
❑ ファイルから登録する
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタン
を押します。
[図形]メニューが表示されます。
2.
3.
4.
[スタンプの設定]を選択します。
[スタンプ]ダイアログボックスが表示されま
す。
[スタンプ番号]の右の▼ボタンを押します。
スタンプ番号が一覧で表示されます。
画像を登録するスタンプ番号を選択します。
[スタンプ番号]に選択したスタンプ番号が表
示されます。
[ファイルから登録]ボタンを押します。
[ファイルから登録]ダイアログが表示されま
す。
[ファイルの場所]と[ファイル名]で登録す
る画像のファイルを指定して、[開く]ボタン
を押します。
Page 75
5.
[スタンプ]ダイアログボックスの[プレビュ
ー]に、登録する画像のプレビューが表示され
ます。
表示された画像で間違いがなければ[OK]ボタ
ンを押します。
[キャンセル]ボタンを押すと、スタンプの登
録は取り消されます。
!ヒント 登録する画像のサイズ
スタンプとして登録する画像は、縦横の比率はそのままで、スタンプの既定値のサイ
ズ(64×64ピクセル)に合わせて、拡大または縮小されます。
このため、登録する画像のサイズは、スタンプの既定値のサイズに近い方が、表示が
きれいになります。
!ヒント スタンプとして登録できる画像ファイルの形式
スタンプとして登録できる画像ファイルの形式は次の通りです。
・ Windows ビットマップ(*.bmp、*.dib、*.rle)
・ JPEG Format Interchange File(*.jpeg、*.jpg)
・ Portable Network Graphics(*.png)
・ Tag Image File Format(*.tiff、*.tif)(LZW圧縮したファイルは読み込めません。)
・ Windows メタファイル(*.wmf)
(あらかじめ設定されているスタンプはこの形式です。他の形式の画像と異なり、
背景色が透過されます。また、回転はできません。)
・ Windows エンハンスドメタファイル(*.emf)
(ビットマップデータとして扱われます。)
Page 76
❑ キャプチャして登録する
1.
2.
グラフィックアプリケーションなどで登録する
画像を読み込み、選択して[Ctrl+C]キーでコ
ピーするか、表示しておいて[PrintScreen]や
[Alt+PrintScreen]キーでキャプチャしてお
きます。
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタン
を押します。
[図形]メニューが表示されます。
3.
4.
5.
[スタンプの設定]を選択します。
[スタンプ]ダイアログボックスが表示されま
す。
[スタンプ番号]の右の▼ボタンを押します。
スタンプ番号が一覧で表示されます。
画像を登録するスタンプ番号を選択します。
[スタンプ番号]に、選択したスタンプ番号が
表示されます。
[キャプチャして登録]ボタンを押します。
[プレビュー]に、登録する画像のプレビュー
が表示されます。
表示された画像で間違いがなければ[OK]ボタ
ンを押します。
[キャンセル]ボタンを押すと、スタンプの登
録は取り消されます。
Page 77
●登録されているスタンプを削除する
あらかじめ設定されている、[指さし]、[左矢印]、[右矢印]、[重要!]、[たいせつ]、
[OK!]は削除できません。
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタン
を押します。
[図形]メニューが表示されます。
2.
3.
4.
[スタンプの設定]を選択します。
[スタンプ]ダイアログボックスが表示されま
す。
[スタンプ番号]の右の▼ボタンを押します。
スタンプ番号が一覧で表示されます。
画像を削除するスタンプ番号を選択します。
[スタンプ番号]に、選択したスタンプ番号が
表示されて、[プレビュー]に登録されている
画像が表示されます。
表示された画像で間違いがなければ[スタンプ
の削除]ボタンを押します。
[プレビュー]から画像の表示が消えます。
[OK]ボタンを押して[スタンプ]ダイアログ
ボックスを閉じます。
[キャンセル]ボタンを押すと、スタンプの削
除は取り消されます。
Page 78
新しいページを作成する
新しいページを作成します。お使いのハードディスクの空き容量が多いほど、作成できるページ
数は増えます。
●新しいページを作成する
1.
黒板ツールバーで、
(新しいページ)ボタ
ンを押します。
新しいページが表示されます。
(前のページ)ボタンと
(次のページ)
ボタンの間には、現在のページ数が表示されま
す。
また、既に複数のページが作成されていて、現
在1ページ目を表示している場合は、 (次の
ページ)ボタンを押してページをめくるように
操作できます。
●ページをめくる
1.
黒板ツールバーで、
(前のページ)ボタン
(次のページ)ボタンを押します。
または
前後のページが表示されます。
また、ページ数の表示もページの移動に合わせ
て変わります。
!ヒント 目的のページを表示する
複数のページがあり、前後のページ以外のページを表示するには、目的のページが表
(前のページ)ボタンまたは
(次のページ)ボタンを繰り返し押
示されるまで
します。押したままでは、ページをめくることはできません。また、サムネイル機能
で全体のページを表示し、目的のページを開くこともできます。サムネイル機能につ
いては、「作成ページを一覧で見る(サムネイル機能)」(Page 88)を参照してく
ださい。
!ヒント サムネイル機能を使って新しいページを作成する
サムネイル機能を使用して、新しいページを作成できます。詳しくは、「作成ページ
を一覧で見る(サムネイル機能)」の「●新たにページを挿入する」(Page 91)を
参照してください。
Page 79
他のソフトウエアの画面に手書きコメントを付ける
MEDIASITEは、一般のWindowsパソコンと同様に、その環境で動作する他のソフトウエアや画像
ファイルを利用できます。現在使用しているソフトウエアの画面をそのまま取り込んだり、画像
ファイルを背景に取り込んで、1枚のスライドにすることができます。取り込む機能を「キャプ
チャ」と呼びます。
また、スキャナーから文書や写真などを図形や背景として取り込むこともできます。
プレゼンテーションや講習会、授業などの場面で、必要に応じて画面や画像ファイルを取り込み、
手書き線機能や文字入力機能などを利用して、必要箇所を強調したり、補足説明を追記したり、
メモを書き込んだりできます。さらに保存しておくと、その場で独自の資料や教材を作成するこ
とができます。
●他のソフトウエアの画面を取り込む
1.
2.
3.
(キャプチャしてページを挿入)ボタンを
押します。
黒板ツールバーはキャプチャツールバーにな
り、ディスプレイにはWindows環境が表示され
ます。
使用するソフトウエアまたはアプリケーション
を起動し、目的のファイルを開きます。
取り込みたい画面が表示されているとき、キャ
(キャプチャ)ボタン
プチャツールバーの
を押します。
画面に表示された内容が取り込まれ、電子黒板
の表示に戻ります。
[オプション]ダイアログボックスの[オプシ
ョン]タブの[画面キャプチャー時自動的にMB
に戻る]のチェックボックスをオフにしておく
と、電子黒板の表示に戻らずに、連続してキャ
プチャを行うことができます。
連続してキャプチャを行っている間はキャプチ
ャツールバーが画面から消えます。
キャプチャ終了後、
(戻る)ボタンを押し
て電子黒板の表示に戻ります。
Page 80
4.
5.
手書き線や図形のツールを使って、必要な箇所
を強調したり、追記したりします。
手書き線は蛍光ペンを使用すると、より効果的
に強調できます。
プレゼンテーションや会議などが終了したら、
議事録を保存します。
必要ならば、印刷も行います。
●画像ファイルを背景に取り込む
画像ファイルを背景として取り込むことができます。
1.
2.
あらかじめ画像ファイルデータを、
MBソフトウ
ェアから読み込めるフォルダにコピーしておき
ます。
または、画像ファイルが入ったCD-ROMやFD
を用意します。
ビギナーの標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタンを押して、拡張黒板ツールバー
を表示します。
(ロード)ボタンを押して、[ファイルか
らページ]を選択します。
[ページの挿入]ダイアログボックスが表示さ
れます。
3.
4.
取り込む画像ファイルが入っているフォルダに
切り替えます。
[ファイルの種類]ボックスの下向き矢印を押
して、取り込む画像ファイルの形式を選択しま
す。
[サムネイル]ボタンを押すと、画像ファイル
の内容を一覧で表示できます。
Page 81
5.
ファイルを選択し、[開く]ボタンを押します。
画像ファイルの内容が黒板に表示されます。
複数の画像ファイルを選択すると、選んだファ
イル数に合わせてページに展開されます。
画像ファイルを選択するとき、サムネイル表示
から選択することもできます。
!ヒント 背景に取り込める(サムネイル表示できる)画像ファイルの形式について
背景に取り込める(サムネイル表示できる)画像ファイルの形式は次の通りです。
・Windows ビットマップ(*.bmp、*.dib、*.rle)
・JPEG Format Interchange File(*.jpeg、*.jpg)
・Portable Network Graphics(*.png)
・Tag Image File Format(*.tiff、*.tif)(LZW圧縮したファイルは読み込めません。)
・Windows メタファイル(*.wmf)
Page 82
●スキャナーから文書や写真を取り込む
スキャナーから文書や写真などを取り込むとき、図形として取り込む場合と、背景として取り込
む場合の2通りの方法があります。それぞれ取り込む対象の用途に応じて使い分けてください。
スキャナーを使用するためには、あらかじめMEDIASITEにスキャナーを接続し、スキャナードラ
イバ「TWAIN」をインストールしておく必要があります。スキャナーの接続、「TWAIN」ドライ
バのインストールについては、各スキャナーの取扱説明書を参照してください。
スキャナー操作時のご注意
ご使用のスキャナーによっては、スキャン対象の文書や写真などを挿入すると自動的にス
キャナーアプリケーションソフトが起動するものがあります。このような場合は、スキャ
ナーで文書や写真を取り込む前に、このアプリケーションソフトを終了してください。
❑ スキャナーの選択
スキャナーのインストールが終了すると、オプションボタンからスキャナーソースの選択ができ
るようになります。目的のスキャナーを選択して、以降の操作を行ってください。
❑ 図形として文書や写真を取り込む
この機能は、拡張黒板ツールバーの
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタンを押して表示
される[図形]メニューの[スキャナから図]機能を使用して、操作します。
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタン
を押します。
[図形]メニューが表示されます。
2.
3.
[スキャナから図]を選択します。
以下の説明で使用する画面は、ご使用のスキャ
ナーによって異なります。
右のようなスキャンするための画面が表示され
ます。
スキャン対象の文書や写真などをスキャナーに
セットし、スキャンを開始します。
Page 83
4.
スキャンした内容がMEDIASITEに転送され、図
形として取り込まれます。
❑ 背景として文書や写真を取り込む
!ヒント 連続自動給紙対応スキャナー(ADF対応スキャナー)の場合
ご使用のスキャナーが連続自動給紙対応スキャナー(ADF対応スキャナー)の場合、
連続して複数枚の文書や写真をスキャンすることができます。
1.
(スキャナ)ボタンを押します。
[スキャナ]メニューが表示されます。
スキャン対象の文書や写真などを入れる前に、
スキャナーのスキャンボタンを押します。
(スキャナ)ボタンは、初期設定では黒
板ツールバーに表示されていません。必要に応
じて黒板ツールバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
[スキャナ]メニューの[図形として読み込む]
を選択します。
以下の説明で使用する画面は、ご使用のスキャ
ナーによって異なります。
Page 84
3.
4.
右のようなスキャンするための画面が表示され
ます。
スキャン対象の文書や写真などをスキャナーに
セットし、スキャンを開始します。
スキャンが終了したら、スキャナーアプリケー
ションソフトの終了ボタンを押します。
スキャンした内容がMEDIASITEに転送され、背
景として取り込まれます。
複数枚をスキャンする場合は、スキャナーにセ
ットされた枚数分だけページが自動的に送ら
れ、読み込まれます。
Page 85
Power Pointファイルを利用して、プレゼンテーション
を行う
プレゼンテーション用アプリケーションのPower Pointで作成したファイルをMEDIASITEに取り
込むことができます。複数ページのファイル構成でも、全ページをまとめて取り込めます。そし
て、プレゼンテーションの最中に手書き線機能や文字入力機能などを利用して、必要箇所を強調
したり、補足説明を追記したり、メモを書き込んだりできます。保存しておくと独自のプレゼン
テーション用ファイルとして活用できます。
この機能は、Power Pointのアプリケーションがインストールされていることが必要ですが、
Power Pointを起動しないで実行できます。ただし、Power Point 95/97/2000のファイルだけで、
他のアプリケーションのファイルを取り込むことはできません。
!ヒント Power Pointのファイル形式
Power Pointで作成したファイルを保存すると、「.ppt」という拡張子がファイル名
に付けられます。MBソフトウエアでは、[開く]ダイアログボックスの[ファイル
の種類]で選択できます。
Power Point のファイルを正しく表示できない場合
アプリケーションソフトウェアのバージョン/OSの種類によっては、取り込んだPower Pointのフ
ァイルにリンクオブジェクトが貼り付けられている場合、Power Pointのアプリケーションの表示通
りにならないことがあります。
このような場合、正しく表示できないページは、Power Pointのアプリケーションで表示して、キャ
プチャ(「●他のソフトウエアの画面を取り込む」(Page 80)参照)します。
1.
2.
3.
あらかじめPower Pointで作成したファイル
を、
MBソフトウェアから読み込めるフォルダに
コピーしておきます。
拡張黒板ツールバーの
(パワーポイントフ
ァイルの挿入)ボタンを押します。
[パワーポイントファイルの挿入]ダイアログ
ボックスが表示されます。
Power Pointで作成したファイルが保存された
フォルダを選択します。「プレゼンテーション
ファイル(*.ppt)」の一覧が表示されます。
Page 86
4.
5.
ファイルを選択し、[開く]ボタンを押します。
Power Pointファイルの内容が表示されます。
ファイルが複数のページで構成されている場合
は、
その構成と同じようにMBソフトウエアに展
開されます。
プレゼンテーションを行います。
プレゼンテーションの最中に、手書き線機能や
文字入力機能などを利用して、必要箇所を強調
したり、補足説明を追記したり、メモを書き込
んだりして、保存しておきます。
!ヒント もう一つのPower Pointファイルを開く方法
(ロード)ボタン(ビギナーモードの標準黒板ツールバーの場合は拡張黒板ツー
ルバーにします)を押して、[ファイルからページ]を選択すると、[ページの挿入]
ダイアログボックスが開きます。前述の操作4と同様に、Power Pointファイルを選択
し、目的のファイルを開きます。
Page 87
作成ページを一覧で見る(サムネイル機能)
作成しているすべてのページを、一覧で表示できます。この表示をサムネイル機能といいます。
サムネイル機能で表示された一覧は、ページ単位で移動や、挿入、削除を行うことができます。
また、作成中のサムネイルと同時に、別のMBファイルのサムネイルを表示することができます。
この場合、双方でページのコピーなどを行うことができます。
●サムネイル表示をする
1.
2.
拡張黒板ツールバーの
(ページ一覧)ボタ
ンを押します。
すべてのページが、[サムネイル]ダイアログ
ボックスに表示されます。
元のページに戻るには、[閉じる]ボタンを押
します。
●指定したページを開く
1.
2.
サムネイル表示をします。
開きたいページを選択します。
ページ番号が反転して、表示されます。
ヒント
!ヒント
ページを選択するとき、トントンと2回続けて
ページ表示を押すと(ダブルクリック)、その
ページを開くことができます。
3.
[表示]ボタンを押します。
指定したページの黒板が表示されます。
Page 88
●ページを移動する
1.
2.
3.
サムネイル表示をします。
移動させたいページを選択します。
ページ番号が反転して、表示されます。
現在のページより前に移動するときは[前に移
動]、後ろに移動するときは[次に移動]ボタ
ンを押します。
!ヒント ドラッグ&ドロップで移動する
移動ボタンを押さないで、ドラッグ&ドロップ機能を使ってページを移動できます。
指などで移動したいページを選択し、押したまま移動したい位置へ移動します。指な
どを離すと、指定した位置にページが移動されます。
Page 89
●ページをコピーする
1.
2.
3.
サムネイル表示をします。
コピーするページを選択します。
[コピー]ボタンを押します。
選択したページが次のページに挿入されます。
Page 90
●新たにページを挿入する
1.
2.
3.
サムネイル表示をします。
新たに挿入する位置のページを選択します。
ページ番号が反転して、表示されます。
[挿入]ボタンを押します。指定した次のペー
ジに新しいページが挿入されます。
選択したページより前に挿入する場合は、挿入
したページを選択して[前に移動]ボタンを押
し、目的の位置まで移動させます。
●ページを削除する
1.
2.
サムネイル表示をします。
削除するページを選択します。
ページ番号が反転して、表示されます。
Page 91
3.
[削除]ボタンを押します。
選択したページが削除されます。
●ページを印刷する
1.
2.
3.
4.
サムネイル表示をします。
印刷するページを選択します。
ページ番号が反転して、表示されます。
[印刷]ボタンを押します。
[印刷]ダイアログボックスが表示されます。
用紙などを設定して、印刷を実行します。
Page 92
●2つのサムネイル間でページ編集をする
❑ 2つのサムネイルを表示する
1.
2.
3.
現在作成しているページのサムネイル表示をし
ます。
[開く]ボタンを押します。
[開く]メニューが表示されます。
[開く]を選択して、表示される[開く]ダイ
アログボックスからMBファイルを選択する
か、最近使ったファイルを選択します。
左右2分割の状態で、現在作成しているページ
と選択したMBファイルのサムネイルが表示さ
れます。
サムネイルの右から左へ、または左から右へ、
ページのコピーや差し替え、挿入などの編集を
行うことができます。
Page 93
❑ 2つのサムネイル間でページをコピーする
1.
2.
3.
2つのサムネイルを表示します。
コピー元のサムネイルの、コピーするページを
ドラッグします。
コピー先のサムネイルの、空いている場所でド
ロップします。
コピー先のサムネイルにドロップしたページが
コピーされます。
誤ってコピーしてしまった場合は、
[元に戻す]
ボタンを押すと、コピーする前の状態に戻りま
す。
Page 94
❑ 2つのサムネイル間でページを差し替える
1.
2.
3.
2つのサムネイルを表示します。
一方のサムネイルの、差し替え元のページをド
ラッグします。
もう一方のサムネイルのページに、ドラッグ中
の差し替え元のページが重なると、四角形で囲
まれます。
差し替え先のページが四角形で囲まれている状
態で、ドロップします。
差し替え先のページが、ドロップしたページに
差し替えられます。
誤って差し替えてしまった場合は、
[元に戻す]
ボタンを押すと、差し替える前の状態に戻りま
す。
Page 95
❑ 2つのサムネイル間でページを挿入する
1.
2.
3.
2つのサムネイルを表示します。
挿入元のサムネイルの、挿入するページをドラ
ッグします。
ドラッグする先のページとページの間に、縦に
直線が表示されます。
挿入先のサムネイルの、挿入するページとペー
ジの間に、直線が表示されている状態で、ドロ
ップします。
挿入先にドロップしたページが挿入されます。
誤って挿入してしまった場合は、[元に戻す]
ボタンを押すと、挿入する前の状態に戻りま
す。
Page 96
❑ 2つのサムネイル間のページ編集を終了する
1.
2つのサムネイルを表示している状態で、[表
示]、[印刷]、[閉じる]のいずれかを実行
すると、両方のサムネイル表示を終了します。
実行した方のファイルは、通常の表示に戻りま
す。
もう一方のファイルは閉じられます。
変更されていれば、ファイルを閉じるときに、
ファイルを保存するかどうかの確認が行われ
て、ファイルを保存することができます。
Page 97
議事録を印刷する
作成した議事録を印刷します。
●印刷する
印刷オプションの項目で、背景を白で印刷する機能や、フリーハンドの線を黒で印刷する機能を
設定しておくこともできます。
1.
ビギナーの標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタンを押して、拡張黒板ツールバー
を表示します。
(印刷)ボタンを押します。
[印刷]メニューが表示されます。
2.
3.
4.
[印刷]を選択します。
[印刷]ダイアログボックスが表示されます。
印刷範囲や印刷部数を指定します。
[OK]ボタンを押します。
印刷が実行されます。
印刷しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
!ヒント モノクロ(白黒)で印刷する
モノクロ(白黒)で印刷する場合は、[印刷]ダイアログボックスで、[背景色を白
で印刷]と[線を黒で印刷]チェックボックスをオンにしてから、印刷を実行します。
モノクロプリンタでこの設定をしないで印刷を実行すると、背景が黒くなることがあ
ります。
Page 98
❑ 白地で印刷する
ディスプレイで設定されている背景色を白地に設定して印刷すると、印刷時間を短縮できる上、
インクを節約できます。
1.
2.
3.
[印刷]ダイアログボックスを表示させます。
[印刷オプション]で、[背景色を白で印刷]
チェックボックスをオンにします。
[OK]ボタンを押します。
印刷が実行されます。
印刷しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
❑ フリーハンドで書いた線を黒で印刷する
フリーハンドで書いた線を黒色で印刷できます。
ただし、カラープリンタをお使いの場合、蛍光ペンで書かれた線はカラーで印刷されます。
1.
2.
3.
[印刷]ダイアログボックスを表示させます。
[印刷オプション]で、[線を黒で印刷]チェ
ックボックスをオンにします。
[OK]ボタンを押します。
印刷が実行されます。
印刷しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
Page 99
❑ 複数ページを1枚の紙に印刷する
通常は1ページを1枚の紙に印刷をしますが、複数のページを1枚の紙に出力することもできます。
次の3通りの印刷ができます。
" 2ページを1枚の紙に印刷
" 4ページを1枚の紙に印刷
" 6ページを1枚の紙に印刷
1.
2.
3.
4.
[印刷]ダイアログボックスを表示させます。
[印刷範囲]オプションで、[すべて]([全
xxページ])を選択するか、[ページ指定]
で印刷するページ範囲を指定します。
[印刷]オプションで、1枚の紙に印刷するペ
ージ数を指定します。
[OK]ボタンを押します。
印刷が実行されます。
印刷しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
❑ グリッドも一緒に印刷する
画面の下地に設定されたグリッドも一緒に印刷できます。
1.
2.
3.
[印刷]ダイアログボックスを表示させます。
[印刷]オプションで、[グリッドを印刷]チ
ェックボックスをオンにします。
[OK]ボタンを押します。
印刷が実行されます。
印刷しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
Page 100
●印刷する用紙サイズや余白などを設定する
印刷するとき、用紙サイズ、給紙方法、印刷の向き、余白、プリンタの種類などを設定できます。
❑ 用紙サイズ、印刷の向き、余白を設定する
1.
2.
3.
4.
(印刷)ボタンを押します。
[印刷]メニューが表示されます。
[ページ設定]を選択します。
[ページ設定]ダイアログボックスが表示され
ます。
用紙サイズ、印刷の向き、余白を指定します。
[OK]ボタンを押します。
設定しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
余白の設定について
プリンタによっては余白の最小値が決まっているため、0mmに設定できない場合がありま
す。0mmと入力しても自動的に最小値に設定されます。
Page 101
❑ 文書名や日付、ページ番号を付けて印刷する
印刷する用紙に、作成したファイルの文書名、日付、ページ番号も印刷できます。
これらの内容を「ヘッダー」と呼びます。
1.
2.
[ページ設定]ダイアログボックスを表示させ
ます。
[ヘッダー]オプションで、印刷するヘッダー
を指定します。
必要に応じて、ヘッダーを印刷する位置、印刷
されるヘッダーのフォントの種類や大きさを指
定することもできます。
ヘッダー位置は、▲、▼ボタンを押して位置を
指定します。
ヘッダーのフォントの種類や大きさは、[フォ
ント]ボタンを押します。[フォントの指定]
ダイアログボックスが表示されます。
3.
[OK]ボタンを押します。
設定しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
❑ プリンタの種類を変更する
1.
2.
3.
4.
[ページ設定]ダイアログボックスを表示させ
ます。
[プリンタの設定]ボタンを押します。
[ページ設定]ダイアログボックスが表示され
ます。
プリンタを指定します。
必要に応じて、[プロパティ]ボタンを押して、
必要な事項を設定します。
[OK]ボタンを押します。
設定しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
Page 102
●印刷イメージを表示する
印刷する前に、印刷されるページのイメージを表示できます。
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
(印刷)ボタンを押します。
[印刷]メニューが表示されます。
[印刷プレビュー]を選択します。
印刷プレビューの画面が表示されます。
印刷する場合は、[印刷]ボタンを押します。
[印刷]ダイアログボックスが表示されるの
で、必要な設定をして、[OK]ボタンを押しま
す。
ページを設定する場合は、[設定]ボタンを押
します。
[ページ設定]ダイアログボックスが表示され
るので、必要な設定をして、[OK]ボタンを押
します。
複数のページで構成されている場合、[前のペ
ージ]と[次のページ]ボタンを押して、ペー
ジをめくることができます。
拡大して表示する場合は[拡大]ボタンを、縮
小して表示する場合は[縮小]ボタンを押しま
す。
印刷イメージの表示を終了する場合は、[閉じ
る]ボタンを押します。
Page 103
議事録を保存する
討議や打ち合わせを行ったあと、作成した議事録を保存します。
保存されるファイルの形式について
議事録を保存すると、MBソフトウエアのファイルであることを示す「.rmb」という拡張
子がファイル名に付けられます。MBソフトウエアで以前に作成した議事録を呼び出すと
きや、保存されている他のファイル一覧を表示したとき、MBソフトウエアのファイルで
あることを確認できます。
ファイル名を付けるときのご注意
議事録の保存でファイル名を付けるときに、濁音や半濁音の文字を1つの文字ではなく、
「゛」(濁点)や「゜」(半濁点)と組み合わせて使用した場合、この議事録を開こうと
すると、「予期しないファイル形式」というメッセージが表示されて、開くことができな
くなります。このような場合は、議事録のファイル名を変えることで、開くことができる
ようになります。
例)
「ぎじろく.rmb」
○: 1文字の濁音の「ぎ」や「じ」はファイル名に使用できます。
「き゛し゛ろく.rmb」 ×: 「き」+「゛」や「し」+「゛」は使用しないでください。
ファイルを開くことができなくなります。
●新しく作成した議事録を保存する
新しく作成した議事録などを保存します。
1.
ビギナーの標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタンを押して、拡張黒板ツールバー
を表示します。
(セーブ)ボタンを押します。
[保存]メニューが表示されます。
2.
[名前を付けて保存]を選択します。
[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表
示されます。
[ファイル名]の欄には、MEDIASITEを使用し
ている年月日と当日の通し番号2桁がファイル
名として表示されています。
3.
年月日のファイル名でよければ、[保存]ボタ
ンを押します。
他のフォルダに保存する場合は、そのフォルダ
を指定します。
別のファイル名で保存する場合は、操作4を行
ってください。
Page 104
4.
5.
新たに保存するファイル名を付ける場合は、フ
ァイル名を入力します。
[保存]ボタンを押します。
ファイル名を入力しないで保存すると、保存し
た日付のファイル名になります。
拡張子.rmbを省略して保存しても、ファイル名
には拡張子.rmbが付けられます。
保存しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
●上書き保存をする
以前に保存した議事録に、追記したり内容を変更したりした場合は、上書きで保存します。
1.
ビギナーの標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタンを押して、拡張黒板ツールバー
を表示します。
(セーブ)ボタンを押します。
[保存]メニューが表示されます。
2.
[上書き保存]を選択します。
上書きで保存されます。
Page 105
●別のファイル名で保存する
以前に保存した議事録に、追記したり変更したりしたとき、別のファイル名で保存する場合は、
前ページの「●新しく作成した議事録を保存する」の操作をしてください。
●画像ファイルの形式で保存する
議事録を画像ファイルとして保存することができます。MEDIASITEで討議したりプレゼンテーシ
ョンしたりした議事録を、参加者へ配布するときなどこの方法で保存します。参加者が所有して
いるパソコンにMBソフトウエアがインストールされていなくても、議事録を参照することがで
きます。
保存できる形式は、標準的なWindowsビットマップ(bmp)とJPEG(jpg)、Portable Network
Graphic(PNG)です。保存する方法は、[名前を付けて保存]ダイアログボックスで[ファイ
ルの種類]オプションから画像ファイル形式を選択し、[保存]ボタンを押します。
議事録が複数ページある場合は、1ページが1つの画像ファイルとして保存されます。保存すると
きに指定した保存ファイル名のフォルダが保存先に作られ、そのフォルダにページ数分の画像フ
ァイル(例:Page0001.bmp, Page002.bmp…)が作成されます。
[保存できるファイル形式の長所と短所]
bmp
長所: Windows標準のペイントツールなど、さまざまなWindows環境のアプリケー
ションで見ることができる。
短所: ファイルサイズが大きくなる。複数ページの場合、ページ単位でファイルが作
られる。
jpg
長所: ブラウザや、さまざまなグラフィックアプリケーションで見ることができる。
短所: 若干、画質が劣化する。複数ページの場合、ページ単位でファイルが作られる。
●特定の人だけが見られる議事録として保存する
作業していた議事録の内容が機密事項を含んでいて他の人に見られたくない場合、その議事録を
保存するときに特定の人だけが見ることができるように設定し、保存できます。
詳しくは、「特定の人だけ見られる議事録として保存する(サイン認証付き保存)」(Page 107)
を参照してください。
Page 106
特定の人だけ見られる議事録として保存する
(サイン認証付き保存)
サイン認証付き保存機能で議事録を保存すると、自分だけが開くことができる議事録を作成でき
ます。議事録を保存するときにサインを登録し、その議事録を開くときは登録したサインを入力
する必要があります。
●サイン登録をする前に
サイン認証付き保存機能を使用する前に、必ずこの項をお読みください。この項では、サイン認
証の仕組み、登録時の注意、工夫したサイン登録のしかたを説明します。
❑ サイン登録の仕組み
サインとは、パスワードの代わりに本人確認を行う認証方法です。登録されたサインと後から入
力されたサインを照合します。このサイン照合は、サインの形状だけでなくペンの動きを捉える
ことで、書き順やスピード、リズム、時間といった情報から本人かどうかを判断しています。
❑ サインを登録するときの注意
サイン登録する前に、次のことに留意して、登録するサインを考えます。
" 実際に紙に書いて慣れてください。
" なるべく普段書き慣れているサインやイラスト、記号をサインとして使用することをお勧め
します。
" 形状が簡単で誰でも入力できるサインは使用しないでください。
例えば、○、△、□、数字、英字、山、川、田など1文字のサイン。
❑ サインを照合するときの注意
登録したサインを照合する場合は、あせらずに登録したときのサインを入力した姿勢を思い出し
て、サインを入力します。リラックスしてスムーズに書きましょう。
入力する際、登録時とは違う姿勢でサインを入力すると、サインが照合されにくいことがあるの
で、注意しましょう。
Page 107
❑ サイン登録のひと工夫
■隠し点を入れてみる
サインのある部分に隠し点を入れることで、見た目には同じサインでも自分だけが知っている暗
証となり、二重のセキュリティとなります。例では、太郎の「太」の点と「郎」の点の部分に、
サインを書いた後に点だけを追加しています。
■書き順を変える
例のように、見た目には同じでも書き順を変えることによって他人に真似されにくくなります。
■日本語と英語を重ねて書いてみる
個々のサインがさほど複雑な形状ではなくとも、二つ重ねて書くことで複雑なサインになります。
■他人が類推しがたい形状のものにする
サインというと名前を考えがちですが、名前である必然性はありません。例のように、名前と図
を組み合わせても構いません。パスワードや暗証番号を決めるときに、他人が類推しやすいもの
を避けるのと同じです。
Page 108
●特定の人だけ見られる議事録として保存する
1.
ビギナーの標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタンを押して、拡張黒板ツールバー
を表示します。
(セーブ)ボタンを押します。
[保存]メニューが表示されます。
2.
3.
4.
5.
[名前を付けて保存]を選択します。
[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表
示されます。
新たに保存するファイル名を付ける場合は、フ
ァイル名を入力します。
他のフォルダに保存する場合は、そのフォルダ
を指定します。
[サイン付きでセキュリティ保存する]チェッ
クボックスをオンにします。
[保存]ボタンを押します。
サインを登録するダイアログボックスが表示さ
れます。
既にサインが登録されている場合は、登録者名
が表示されています。既存の登録者名でファイ
ルを保存する場合は、操作14へ進みます。
中止する場合は、[キャンセル]ボタンを押し
ます。
Page 109
6.
新たにサイン登録をする場合は、[サインの追
加]ボタンを押します。
サイン登録者名を入力するダイアログボックス
が表示されます。
一度登録しておくと、次からは登録する必要は
ありません。
7.
8.
9.
サイン登録者名を入力します。
[OK]ボタンを押します。
サイン入力を促すダイアログボックスが表示さ
れます。
[OK]ボタンを押します。
サイン入力画面が表示されます。
10. サインを3回続けて入力します。
サインを3回入力すると、入力したサインを登
録するためのダイアログボックスが表示されま
す。
サインをしばらく入力しないでおくと、タイム
アウトとなり、サインを入力できなくなりま
す。
サインを入力する軌跡の色は、登録時は周囲か
ら見えやすくなっています。しかし、サイン認
証時は周囲から見えにくい配色で表示されま
す。
11. [サインチェック]ボタンを押して、登録した
サインが正しく認証されるかどうか試してみて
ください。
正しく認証された場合は、認証されたことを知
らせるダイアログボックスが表示されます。
Page 110
12. [OK]ボタンを押します。
サインを登録するダイアログボックスが、再び
表示されます。
13. [登録]ボタンを押します。
ここで登録を中止する場合は、[キャンセル]
ボタンを押します。
サインを入力し直す場合は、[再入力]ボタン
を押します。
14. 登録したユーザ名が表示されていることを確認
します。
セキュリティ保存する人の名前を選択します。
ここで複数の人を同時に選択することもできま
す。会議など参加した人だけ開くことができる
議事録として保存する場合にご利用ください。
注意:
以上の手順で保存した議事録は、サインした人
以外見ることができなくなります。
15. [ファイル保存]ボタンを押します。
●セキュリティ保存された議事録を開く
1.
ビギナーの標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタンを押して、拡張黒板ツールバー
を表示します。
(ロード)ボタンを押します。
[ファイル]メニューが表示されます。
2.
3.
[開く]を選択します。
[開く]ダイアログボックスが表示されます。
開くファイル名を選択します。
目的の議事録がない場合は、他のフォルダの一
覧を表示させます。
Page 111
4.
5.
6.
7.
8.
[開く]ボタンを押します。
対象の議事録がセキュリティ保存されているこ
とを示すダイアログボックスが表示されます。
これからサインを入力するユーザーを選択しま
す。
[サイン入力]ボタンを押します。
サイン入力画面が表示されます。
サイン登録したときと同じサインを入力しま
す。
サイン認証時にサインを入力する軌跡の色は、
周囲から見えにくい配色になっています。
入力したサインが認証されると、認証されたこ
とを知らせるダイアログボックスが表示され
て、議事録が開きます。[OK]ボタンを押しま
す。
入力したサインが一致しなかった場合は、登録
したユーザーとして認証されなかったというダ
イアログボックスが表示されます。
メッセージに従って、再度サインを入力しま
す。
どうしてもサインが一致しないで議事録を開く
ことができない場合は、MEDIASITEの管理者に
ご相談ください。
非常時のために、管理者用パスワードでその議
事録を開くことができます。
Page 112
!ヒント サインの変更について
既にセキュリティ保存した議事録のサインを変更するには、次の操作を行います。
1. [名前を付けて保存]ダイアログボックスで、[サイン付きでセキュリティ保存す
る]チェックボックスをオフにして、ファイル名はそのままで保存します。
2. もう一度その議事録を開き、今度は[サイン付きでセキュリティ保存する]チェッ
クボックスをオンにして保存を実行して、新しいサインを登録します。
Page 113
前に作成した議事録を開く
以前に作成した議事録を開きます。
●前に作成した議事録を開く
1.
ビギナーの標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタンを押して、拡張黒板ツールバー
を表示します。
(ロード)ボタンを押します。
[ファイル]メニューが表示されます。
2.
3.
4.
[開く]を選択します。
[開く]ダイアログボックスが表示されます。
目的の議事録がない場合は、他のフォルダの一
覧を表示させます。
開くファイル名を選択します。
中止する場合は、[キャンセル]ボタンを押し
ます。
●ファイルサムネイル機能を使って、議事録を開く
今までに作成した議事録の内容が分からなくなったときなど、ファイルサムネイル機能でファイ
ルの一覧を表示、確認して、目的の議事録を開くことができます。この機能は、フォルダ内に保
存されたすべての議事録の先頭ページを一覧で表示させるものです。
1.
ビギナーの標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタンを押して、拡張黒板ツールバー
を表示します。
(ロード)ボタンを押します。
[ファイル]メニューが表示されます。
2.
[開く]を選択します。
[開く]ダイアログボックスが表示されます。
Page 114
3.
4.
5.
目的の議事録がない場合は、他のフォルダの一
覧を表示させます。
[サムネイル]ボタンを押します。
先頭ページが表示された議事録の一覧が、サム
ネイル表示されます。
目的の議事録を選択し、[開く]ボタンを押し
ます。または、目的の議事録をトントンと2回
続けて押します。
目的の議事録が開きます。
!ヒント サムネイル表示ファイルについて
[サムネイル表示されるファイル]
議事録として保存した「.rmb」の拡張子が付いたファイル。
[サムネイル表示されないファイル]
Power Point(.ppt)ファイル。
[鍵のマークでサムネイル表示されるファイル]
サイン認証機能でセキュリティ保存された議事録。
[?印でサムネイル表示されるファイル]
以下のようなファイルが含まれている場合、上の画面のように?印のファイルが表示
されることがあります。
・正しくないMBファイル。
・既に他のソフトウエアでそのファイルを開いている。
・そのファイルにセキュリティがかけられていて、開くことができない。
●特定の人だけ見られる議事録を開く
特定の人だけが見られるよう設定された議事録を開く場合は、サインを入力する必要があります。
詳しくは、「特定の人だけ見られる議事録として保存する(サイン認証付き保存)」の、「●セ
キュリティ保存された議事録を開く」(Page 111)を参照してください。
Page 115
新たに議事録を開始する
新たに議事録を開始するには、以下の操作を行います。
1.
ビギナーの標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタンを押して、拡張黒板ツールバー
を表示します。
(ロード)ボタンを押します。
[ファイル]メニューが表示されます。
2.
[新規作成]を選択します。
議事録の作成中に[新規作成]を選択すると、
保存するようメッセージが表示されます。
保存の操作を行います。
新しい黒板ページが1枚表示されます。
Page 116
黒板の表示の大きさを変更する
黒板の表示の大きさを変更したり、指定した領域だけを拡大したりできます。
!ヒント 表示の大きさを変更するボタン
表示の変更は[ツール]メニューで行いますが、黒板ツールバーのボタンとしても表
示の大きさを変更する機能が用意されています。
初期設定では黒板ツールバーに表示されていません。必要に応じて黒板ツールバーに
追加してください(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page 128)参照)。
ボタンを押すだけで表示の大きさを変更できるようになります。
●黒板全体の表示を変更する
1.
2.
(ツール)ボタンを押します。
[ツール]メニューが表示されます。
[ズーム]を選択します。
サブメニューが表示されます。
通常は、[全体を表示]に設定されています。
3.
表示させたい大きさを、サブメニューから選択
します。
例えば、拡大する場合は[200%]を選択します。
選択したサイズで表示されます。
また、直接
(ズームアップ)ボタンまたは
(ズームダウン)ボタンを押すと、その都
度表示が25%単位で拡大または縮小します。
拡大・縮小の範囲は10%∼400%です。
(ズームアップ)ボタンと
(ズームダ
ウン)ボタンは、初期設定では黒板ツールバー
に表示されていません。必要に応じて黒板ツー
ルバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
Page 117
●指定した領域を拡大表示する
画面全体を拡大したり、縮小したりするのではなく、指定した領域だけを拡大表示することがで
きます。
1.
(ツール)ボタンを押します。
[ツール]メニューが表示されます。
または
(表示範囲選択)ボタンを押します。
初期設定では黒板ツールバーに表示されていま
せん。必要に応じて黒板ツールバーに追加して
ください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
(表示範囲選択)ボタンを押した場合は、
操作4へ進みます。
2.
3.
4.
5.
[ズーム]を選択します。
サブメニューが表示されます。
[選択範囲]を選択します。
拡大したい図形などの左上部分を指などで押
し、その図形を囲むようにして、そのまま右斜
め下に指などを移動します。
拡大する範囲を指定したら、指などを離しま
す。
指定した範囲の図形が拡大して表示されます。
Page 118
6.
再度
(表示範囲選択)ボタンを押すと、全
体表示になります。ただし、2分割表示のとき
には、[高さを基準に表示]になります。
●4画面表示(200%)にする
!ヒント 4画面表示の便利な使い方
黒板に手書きで小さい文字をたくさん書きたい場合に、4画面表示にすると書きやす
くなります。
1.
(4画面)ボタンを押します。
(4画面)ボタンはプロモードの拡張黒板ツ
ールバーを除いて、初期設定では黒板ツールバ
ーに表示されていません。必要に応じて黒板ツ
ールバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
表示が200%に拡大されます。
([ツール]メニューの[ズーム]で[200%]
を選択しても同様の表示になります。)
3.
再び
(4画面)ボタンを押すと全体表示にな
ります。
Page 119
●全体表示にする
黒板の全体を表示します。通常、起動直後のMBソフトウエアは全体表示の状態になっています。
1.
(全体を表示)ボタンを押します。
初期設定では黒板ツールバーに表示されていま
せん。必要に応じて黒板ツールバーに追加して
ください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
黒板の全体が表示されます。
([ツール]メニューの[ズーム]で[全体を
表示]を選択しても同様の表示になります。)
Page 120
●2分割表示にする
この機能はMBソフトウェアが全画面表示(「●ウィンドウ表示に切り替える」(Page 130)参
照)になっている場合に有効です。
!ヒント 2分割表示の便利な使い方
2分割表示にして、表示されるWindowsアプリケーションの任意のデータをコピーす
れば、MBソフトウェアにペーストして利用することができます。
1.
(2分割表示)ボタンを押します。
ビギナーモードの初期設定では黒板ツールバー
に表示されていません。必要に応じて黒板ツー
ルバーに追加してください。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
MBソフトウェアとWindowsアプリケーション
が左右に2分割された状態で表示されます。
MBソフトウェアは[高さを基準に表示]の状態
になります。
Windowsアプリケーションが何も起動してい
ない場合は、Windowsのデスクトップ画面が表
示されます。
3.
再び
(2分割表示)ボタンを押すと2分割表
示は解除されて、
MBソフトウェアは全体表示の
状態になります。
また、全体画面表示をウィンドウ表示に切り替
えても、2分割表示は解除されます。
2分割表示にするときのご注意
分割表示にするときのご注意
MBツールバーがWindowsのタスクバーと重なる位置にあるときに(例えば、画面の最下
部)2分割表示にすると、MBツールバーがタスクバーに隠れて、操作できなくなることが
あります。
タスクバーのプロパティで、[タスクバーオプション]の[自動的に隠す]をオンにする
と、MBツールバーがタスクバーに隠れることなく操作できます。
Page 121
黒板の色を変更する
黒板の色を変更できます。また、方眼紙のように縦横一定の間隔で区切るグリッドを設定したり、
そのグリッドに合わせて図形を描くことができる設定をしたりできます。
●黒板の色を変更する
1.
2.
3.
4.
(ツール)ボタンを押します。
[ツール]メニューが表示されます。
[背景]を選択します。
[背景]ダイアログボックスが表示されます。
[背景色]オプションで、色を指定します。
色が決まったら、[OK]ボタンを押します。
黒板が、指定した色で表示されます。
変更しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
●設定した値を既定値にする
[背景]ダイアログボックスで指定した内容を、次回も使用したい場合は、この操作を行います。
1.
2.
3.
[背景]ダイアログボックスを表示します。
背景色などを指定したら、[既定値に設定]ボ
タンを押します。
[OK]ボタンを押します。
設定しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
Page 122
ワンタッチ機能を使用する
MEDIASITEでは、あらかじめよく使用するアプリケーションや特定のホームページのURLなどを
指定しておき、ワンタッチボタンを押すだけで目的のアプリケーションを起動させたり、ホーム
ページを表示させたりできます。この機能をワンタッチ機能と呼びます。
例えば、プレゼンテーションや会議でよく使用するアプリケーションを指定しておくと、使用す
るたびにWindowsの画面に戻って、目的のアプリケーションを起動する操作をしないで済みま
す。
ワンタッチ機能は5つのボタンに登録できます。使用する目的や状況、頻度に応じて、ワンタッ
チ機能で使用するアプリケーションやホームページのURLを指定しておきます。
以下の説明では、よく見るホームページのURLをワンタッチボタンに登録する方法と、ワンタッ
チボタンを押して、目的のホームページを表示させる例を示します。
●ワンタッチ機能を登録する
ワンタッチボタンで起動するアプリケーションまたはホームページのURLを設定します。
1.
2.
3.
4.
5.
(ツール)ボタンを押します。
[ツール]メニューが表示されます。
[オプション]を選択します。
[オプション]ダイアログボックスが表示され
ます。
[ワンタッチ]タブを選択します。
[ワンタッチ番号]欄で、ワンタッチ機能を登
録するワンタッチボタンの番号を選択します。
[表示ワンタッチ名]欄に、ワンタッチボタン
に表示させるアプリケーションなどの名称を入
力します。
Page 123
6.
7.
[ファイル名]欄に目的のホームページのURL
を入力します。
アプリケーションを指定する場合は、
ここで
[参
照…]ボタンを押し、アプリケーションが登録
されているディレクトリから、そのアプリケー
ションの「.EXE」ファイルを指定します。
[OK]ボタンを押します。
入力したURLまたはアプリケーションが、指定
したワンタッチボタンに登録されます。
登録したアプリケーションにアイコンがある場
合、ワンタッチボタンはそのアイコンで表示さ
れます。
アプリケーションにアイコンがない場合は、指
定したワンタッチボタンがそのまま表示されま
す。
Page 124
●ワンタッチ機能を実行する
1.
設定したワンタッチボタンが黒板ツールバーに
表示されていることを確認します。
なお、初期設定の状態では、ワンタッチボタン
は黒板ツールバーに表示されていません。
「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)を参照して、黒板ツールバーにワンタッ
チボタンを追加してください。
2.
ワンタッチボタンを押します。
Windows画面に切り替わり、ワンタッチ機能に
登録されたホームページが表示されます。
アプリケーションを登録していた場合は、その
アプリケーションが起動します。
Page 125
ツールバーのボタンを好みの配置にする
MBソフトウエアでは、使用する目的や状況、頻度に合わせてツールバーのボタンの表示や配置
を変更したり、追加したりできます。これらの操作は、ツールバーのカスタマイズと呼び、ツー
ルバーカスタマイズ機能を使用します。
●初期設定のボタン配置と追加できるボタン
MEDIASITEを初めてお使いになるとき、またMBソフトウエアをインストールした直後の各ツー
ルバーのボタンは、以下のように配置されています(初期設定)。追加できるボタンは、ツール
バーによって異なります。
❑ 標準ビギナーツールバー
初期設定
追加可能ボタン
❑ 拡張ビギナーツールバー
初期設定
追加可能ボタン
❑ 標準プロツールバー
初期設定
追加可能ボタン
❑ 拡張プロツールバー
初期設定
追加可能ボタン
Page 126
❑ キャプチャツールバー
初期設定
追加可能ボタン
❑ 回転ツールバー
初期設定
Page 127
●ツールバーをカスタマイズする
ツールバーのボタンを表示させないようにしたり、ボタンを追加したり、ボタンの配置を変更し
たりします。
1.
2.
3.
4.
(ツール)ボタンを押します。
[ツール]メニューが表示されます。
[オプション]を選択します。
[オプション]ダイアログボックスが表示さ
れます。
[ツールバー]タブを選択します。
[ツールバー]欄で、カスタマイズを行うツ
ールバーを選択します。
ツールバーを選択すると、現在設定されてい
るボタンのアイコンとボタン名が、[表示す
るボタン]と[表示しないボタン]の欄に表
示されます。
Page 128
5.
ツールバーのカスタマイズを行います。
●ボタンを追加する
[表示しないボタン]欄から追加するボタン
を選択して、[<< 追加]ボタンを押します。
●ボタンを表示しないようにする
[表示するボタン]欄から表示しないボタン
を選択して、[削除>>]ボタンを押します。
●ボタンの配置を変更する
[表示するボタン]欄で配置を変更するボタ
ンを選択します。次に、[上へ]または[下
へ]ボタンを押して、好みの位置にボタンを
移動させます。
●ツールバーのボタンの表示を文字付きの大
きいアイコンにする
[文字付き大きいアイコンを使用する]チェ
ックボックスをオンにします。
元の大きさに戻すときは、このチェックボッ
クスをオフにします。
6.
[OK]ボタンを押します。
ツールバーが指定したボタンの配置で表示さ
れます。
取り消す場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
注意:
表示するボタンの数が多すぎると、ツールバ
ーを表示させたとき2段に分かれてボタンが
表示されます。
!ヒント 削除できないボタン
次のボタンはツールバーから削除できません。
黒板ツールバー...
(ツール)、
キャプチャツールバー...
(終了)、
(切り替え)
(戻る)
●カスタマイズをしたツールバーを初期設定の配置に戻す
[オプション]ダイアログボックスの[ツールバー]タブを選択して、[すべてのツールバーを
リセット]ボタンを押します。ツールバーのボタンの配置が、すべて初期設定の状態に戻ります。
Page 129
MBソフトウエアの動作を制御する
MBソフトウエアを使用する目的や状況などに応じて、表示を切り替えたり、マウスポインタを
表示しないようにしたり、議事録を保管しておくフォルダを指定したりなど、動作を制御できま
(ツール)ボタンから[オプション]を
す。これらの操作は、すべて拡張黒板ツールバーの
選択して表示される[オプション]ダイアログボックスで設定します。
●ウィンドウ表示に切り替える
MBソフトウエアは、MEDIASITEのディスプレイ枠一杯に表示されていますが、Windows環境の
ようにウィンドウ形式で表示することができます。
1.
2.
3.
[オプション]ダイアログボックスで、[オプ
ション]タブを選択します。
[全般]オプションの項目[全画面表示]チェ
ックボックスをオフにします。
[OK]ボタンを押します。
MBソフトウエアがウィンドウ表示に切り替わ
ります。
ウィンドウ表示では、黒板ツールバーの他に、
メニューバーから、各機能を選択して実行する
ことができます。
表示を変更しない場合は、[キャンセル]ボタ
ンを押します。
4.
ウィンドウ表示された状態で、[オプション]
ダイアログボックスの[全画面表示]チェック
ボックスをオンにして[OK]ボタンを押すと、
元の全画面表示に戻ります。
Page 130
●画面キャプチャ時自動的にMBソフトウェアに戻る/戻らない
画面キャプチャを行った後、MBソフトウェアに戻るかどうかを設定することができます。
画面キャプチャを連続して行う場合は、MBソフトウェアに戻らないように設定しておきます。
初期設定では、画面キャプチャを行った後に、MBソフトウェアに自動的に戻るようになってい
ます。
1.
2.
3.
[オプション]ダイアログボックスで、[オプ
ション]タブを選択します。
[全般]オプションの項目[画面キャプチャー
時自動的にMBに戻る]
チェックボックスをオフ
にします。
[OK]ボタンを押します。
キャプチャを行ってもMBソフトウェアに戻ら
なくなります。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
再び画面キャプチャ後にMBソフトウェアに自
動的に戻るようにするには、同様の操作を行
い、操作2でチェックボックスをオンにしま
す。
●MBソフトウエア起動時にワンポイントを表示する/表示しない
MEDIASITEの電源を入れMBソフトウエアが起動したときに、「便利な使い方」が記載された[ワ
ンポイント]ダイアログボックスを表示させたり、表示させないようにしたりできます。
初期設定では、このダイアログボックスが表示されます。
以下の例では、MBソフトウエアの起動時に[ワンポイント]ダイアログボックスが表示されな
い設定について説明します。
1.
2.
[オプション]ダイアログボックスで、[オプ
ション]タブを選択します。
[全般]オプションの項目[起動時にワンポイ
ントを表示]チェックボックスをオフにしま
す。
Page 131
3.
[OK]ボタンを押します。
次回、起動時には[ワンポイント]ダイアログ
ボックスが表示されなくなります。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
[ワンポイント]ダイアログボックスを再び表
示されるようにするには、同様の操作を行い、
操作2でチェックボックスをオンにします。
●手書き文字認識機能を使用する/使用しない
MEDIASITEを初めてお使いの場合、手書き文字認識機能が使用できるようになっています。以下
の例では、手書き文字認識機能を使用しない設定について説明します。
1.
2.
3.
[オプション]ダイアログボックスで、[オプ
ション]タブを選択します。
[全般]オプションの項目[手書き文字認識を
使用する]チェックボックスをオフにします。
[OK]ボタンを押します。
手書き文字認識機能は無効になります。
(手書き文字認識)ボタンを黒板ツールバ
(手書き文字認
ーに追加している場合は、
識)ボタンは押すことができなくなります。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
手書き文字認識機能を再び使用するようにする
には、同様の操作を行い、操作2でチェックボ
ックスをオンにします。
Page 132
●マウスポインタを表示する/表示しない
MEDIASITEを初めてお使いの場合、マウスポインタは表示されるようになっています。以下の例
では、マウスポインタを表示しない設定について説明します。
この設定を行っても、マウスポインタは画面の黒板にあるときだけ表示されず、ツールバーやダ
イアログボックスの上では表示されます。
1.
2.
3.
[オプション]ダイアログボックスで、[オプ
ション]タブを選択します。
[マウスポインタ]オプションの項目[表示し
ない]チェックボックスをオンにします。
[OK]ボタンを押します。
マウスポインタが消えます。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
マウスポインタを再び表示するようにするに
は、同様の操作を行い、操作2で[表示する]
チェックボックスをオンにします。
●マウスの右ボタン機能を制御する
Windows環境に切り替えたとき使用できるマウスの右ボタン機能を制御します。この制御によ
って、右ボタンの操作を1回だけにしたり、制限なしにしたりできます。初期設定では、制限な
しで使用できますが、以下の例では右ボタンの操作を1回だけにする設定について説明します。
1.
2.
3.
[オプション]ダイアログボックスで、[オプ
ション]タブを選択します。
[右クリックボタン]オプションの項目[ワン
タイム]チェックボックスをオンにします。
[OK]ボタンを押します。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
右ボタンの制御を解除するには、同様の操作を
行い、操作2で[トグル]チェックボックスを
オンにします。
メモ
MS Word、MS Excel、MS Power Pointのスライドショーでは、ワンタイム右クリックモードは使
えないので、トグルモードで使用してください。
Page 133
●ペン/消しゴムの切り替えを自動にする
手書き線、文字、罫線、図形、スタンプのいずれかの機能を選択しているときに、ダブルクリッ
クで消しゴムに切り替わるように設定することができます。
消しゴムが選択されている場合は、ダブルクリックで消しゴムを選択する前の描画機能に戻りま
す。
初期設定では、ダブルクリックで消しゴムに切り替わらないようになっています。
1.
2.
3.
[オプション]ダイアログボックスで、[オプ
ション]タブを選択します。
[ペン消しゴム切り替え]の[自動]を選択し
ます。
[OK]ボタンを押します。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
再びダブルクリックで消しゴムに切り替わらな
いように設定する場合は、同様の操作を行い、
操作2で[手動]を選択します。
Page 134
●ホームフォルダを変更する
議事録を開く、そして保存するホームフォルダを指定できます。一度指定すると、次に設定する
までホームフォルダは変更されません。議事録やプレゼンテーションのファイルなどを一つのフ
ォルダにまとめておくときなど、便利な機能です。
1.
2.
[オプション]ダイアログボックスで、[オプ
ション]タブを選択します。
[ホームフォルダ]で、[参照]ボタンを押し
ます。
[フォルダの参照]ダイアログボックスが表示
されます。
3. 作業フォルダ名を指定します。
画面の例では、作業フォルダを「C:¥Sales」に
設定しています。
4.
[OK]ボタンを押します。
作業フォルダが変更され、以降、[開く]およ
び[名前を付けて保存]ダイアログボックスを
表示させると、操作3で設定した「C:¥Sales」
フォルダの内容が表示されるようになります。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
Page 135
●既に設定した手書き線の色や背景色などの内容をすべて初期設定に戻す
MBソフトウエアでは、手書き線や罫線そして背景に設定した色や種類、太さは、次回起動した
ときでも有効になっています。しかし、使用する状況や環境が変わってこれらの設定をすべて初
期設定に戻したいときがあります。この場合、一つのボタンで初期状態に戻すことができます。
ただし、[オプション]ダイアログボックスで設定した次の項目は初期設定の状態に戻りません。
・[オプション]タブのホームフォルダ
・[ツールバー]タブの設定内容
・[ワンタッチ]タブの設定内容
1.
2.
3.
[オプション]ダイアログボックスで、[オプ
ション]タブを選択します。
[既定値のリセット]オプションで、[すべて
の既定値をリセット]ボタンを押します。
すべての既定値が初期設定の値に戻ります。
[OK]ボタンを押します。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
●文字付き大きいアイコンを使用する/使用しない
ツールバーのボタンに、ボタン名付きの大きいアイコンを使用することができます。
ボタンの機能をよく覚えていない場合などに役立ちます。
初期設定では、ボタン名付きの大きいアイコンは使用しない設定になっています。
1.
2.
3.
[オプション]ダイアログボックスで、[ツー
ルバー]タブを選択します。
[文字付き大きいアイコンを使用する]チェッ
クボックスをオンにします。
[OK]ボタンを押します。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
文字付き大きいアイコンの使用をやめる場合
は、同様の操作を行い、操作2でチェックボッ
クスをにオフします。
Page 136
●ツールヒントを表示する/表示しない
MBソフトウエアでは、ツールバーのボタンにマウスを近づけると、ボタンの機能について簡単
な説明が表示されます。この説明をツールヒントと呼びます。初期設定では、ツールヒントを表
示する設定になっていますが、表示しない設定にすることもできます。
1.
2.
3.
[オプション]ダイアログボックスで、[ツー
ルバー]タブを選択します。
[ツールヒントを表示する]チェックボックス
をオフにします。
[OK]ボタンを押します。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
再びツールヒントを表示する場合は、同様の操
作を行い、操作2でチェックボックスをオンに
します。
Page 137
ヘルプを表示する
MBソフトウエアを操作していて分からなくなった場合は、ヘルプを表示させて、操作方法を確
認することができます。
ヘルプとは、MBソフトウエアに搭載されたマニュアルで、一般にオンラインヘルプと呼ばれて
います。ヘルプには、基本操作、使い方のヒントなどの項目が用意されています。
ヘルプを正しく表示させるには、WWWブラウザ(Microsoft Internet ExplorerやNetscape
Navigator)がインストールされている必要があります。
1.
2.
(ツール)ボタンを押します。
[ツール]メニューが表示されます。
[MB SOFTWARE ヘルプ]を選択します。
ヘルプが表示されます。
Page 138
ワンポイント「便利な使い方」を表示する
MBソフトウエアでは、「便利な使い方」が記載された[ワンポイント]ダイアログボックスを
表示できます。「便利な使い方」には、MBソフトウエアを使用する上でヒントとなる情報が記
載されています。ヘルプと併せてお使いください。
1.
2.
3.
4.
(ツール)ボタンを押します。
[ツール]メニューが表示されます。
[ワンポイント]を選択します。
[ワンポイント]ダイアログボックスが表示さ
れます。
[次を表示]ボタンを押して、目的の内容を表
示させます。
内容を確認したら、[閉じる]ボタンを押しま
す。
[ワンポイント]ダイアログボックスが閉じま
す。
このダイアログボ
MBソフトウエアの起動時に、
ックスを表示させないようにするには、[起動
時にワンポイントを表示]チェックボックスを
オフにします。
Page 139
バージョン情報を表示する
MBソフトウエアのバージョン情報や著作権、そしてユーザ登録をされた名前と会社名を表示で
きます。
1.
2.
3.
(ツール)ボタンを押します。
[ツール]メニューが表示されます。
[バージョン情報]を選択します。
[MEDIASITE MB SOFTWAREのバージョン情
報]が表示されます。
確認したら、[OK]ボタンを押します。
Page 140
Windows環境で操作する
MBソフトウエアはWindows環境で動作しています。通常の操作では、Windows環境を意識する
ことなく操作できますが、場合によってはWindows環境を使用することもあります。
ここでは、Windows環境に関連する操作を紹介しています。
●Windows環境に切り替える
Windows環境に切り替えるには、以下の2つの操作方法があります。
❑ MBソフトウエアを使用中にWindows環境にする
1.
黒板ツールバーの
(キャプチャしてページ
を挿入)ボタンを押します。
Windows環境が表示されます。
❑ MBソフトウエアの終了時にWindows環境にする
この操作は、MBソフトウエアを終了するとき、[終了]ダイアログボックスでWindows環境に
移る設定をします。
1.
2.
黒板ツールバーの
(終了)ボタンを押しま
す。
[終了]ダイアログボックスが表示されます。
[アプリケーションを終了する]ラジオボタン
を押します。
Page 141
3.
[OK]ボタンを押します。
MBソフトウエアが終了し、Windowsの画面が
表示されます。
設定を中止する場合は、[キャンセル]ボタン
を押します。
●マウスの右ボタン機能を使用する
一般にWindows環境では、作業を効率よくするために、マウスの右ボタンでさまざまな機能を
使用できます。MBソフトウエアでは、タッチパネル上でもこの右ボタンの機能を使用できます。
また、右ボタン機能は操作の回数を1回だけにしたり、制限なしにしたりと制御することができ
ます。制御方法については、「●マウスの右ボタン機能を制御する」(Page 133)を参照して
ください。
ただし、右ボタン機能の利用は、MBソフトウエアが動作しているときに限ります。
1.
2.
3.
4.
黒板ツールバーの
(キャプチャしてページ
を挿入)ボタンを押します。
Windows環境が表示されます。
キャプチャツールバーの
(マウス)ボタン
を押します。
ボタンが押されたままの状態になります。
ディスプレイの適当な場所を、指などで押して
みます。
ショートカットメニューが表示されます。
右ボタン機能を終了するには、もう一度
(マウス)ボタンを押します。
ボタンが元の状態に戻ります。
Page 142
●マウスポインタを指差しのアイコンに切り替える
Windows環境でPower Pointなどのアプリケーションを使用するとき、マウス操作による誤動作
を防ぐために、マウス操作を行っても処理されない指差しアイコンのマウスポインタに切り替え
ることができます。
1.
2.
3.
黒板ツールバーの
(キャプチャしてページ
を挿入)ボタンを押します。
Windows環境が表示されます。
キャプチャツールバーの
(指差し)ボタン
を押します。
マウスポインタが指差しアイコンに切り替わり
ます。
元のマウスポインタに戻すには、もう一度
(指差し)ボタンを押します。
マウスポインタが元の状態に戻ります。
●Windows環境で手書き文字認識機能を使用する
MBソフトウェアの起動中にWindows環境に切り替えた時、手書き文字認識機能を使用する場合
は、Windowsのタスクバーの[MBペンウィンドウ]を押します。
単独で手書き文字認識機能を使用する場合は、通常のアプリケーションと同様に起動することが
できます。[スタート]メニュー>[プログラム]>[MEDIASITE MBソフトウェア]>[手書
き文字認識V3.0]と選択、実行します。また、このショートカットをデスクトップなどにおいて、
ダブルクリックして実行することもできます。
手書き文字認識機能の操作については、「手書き文字認識およびソフトウエアキーボード機能の
操作方法」(Page 164)を参照してください。
Page 143
文書や画像などを図形として貼り付ける
MBソフトウエアでは、さまざまな方法で文書の内容、画像などを図形として黒板に貼り付ける
ことができます。
●コピーした内容を貼り付ける
現在使用しているアプリケーションの画面でコピーした内容や、クリップボードに貼り付けた内
容を図として貼り付けます。貼り付けるには、そのまま貼り付ける方法と、コピーした内容の形
式を選択して貼り付ける方法の2つの方法があります。
❑ 形式を選択しないで貼り付ける
この方法は、「図形を描く」の「●描いた図形を切り取ったり、コピーしたりする」(Page 59)
で説明した手順と同じように操作できます。
1.
2.
3.
4.
5.
6.
Windows環境に戻り、他のアプリケーションを
起動し、目的のファイルを開きます。
黒板に図として貼り付ける図や文章などをコピ
ーします。
MBソフトウエアに戻ります。
拡張黒板ツールバーの
(編集)ボタンを押
します。
[編集]メニューが表示されます。
[貼り付け]を選択します。
操作2でコピーした内容が、図として貼り付け
られます。
必要に応じて、サイズを変更したり、表示した
りする位置を変更します。
Page 144
❑ 形式を選択して貼り付ける
コピーした内容を、形式を選択して貼り付けます。[編集]メニューから[形式を選択して貼り
付け]を選択して表示される[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスで、貼り付ける形
式を選択します。貼り付ける内容は、コピーした元ファイルの内容とリンクさせることができ、
コピー元でその内容を変更した場合、コピー先つまり黒板に貼り付けた内容も同様に変更されま
す。
また、その内容をアイコン化して貼り付けておくこともできます。
❑ 貼り付けた内容を編集する
MBソフトウエアでは、図として貼り付けた内容を作成したアプリケーションを起動して、その
内容を編集することができます。
1.
2.
編集する図が貼り付けられたページを表示しま
す。
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
(選択)アイコンを選択します。
3.
4.
図として貼り付けた内容を選択し、トントンと
2回続けて押します。
貼り付けた内容を編集したアプリケーションが
起動します。
貼り付けた内容を編集します。
Page 145
●オブジェクトの挿入を行う
文書や画像、図形などのデータ形式のファイル、アプリケーションのプログラムファイルを黒板
に貼り付けることができます。これらのファイルを一般にオブジェクトと呼んでいます。
貼り付けたオブジェクトは、その内容を作成したアプリケーションを起動して再編集することも
できます。操作方法は、前項の「#貼り付けた内容を編集する」を参照してください。
1.
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
2.
[オブジェクト]を選択します。
[オブジェクトの挿入]ダイアログボックスが
表示されます。
新規に作成する場合は操作3へ、既存のファイ
ルを使用する場合は操作6へ進んでください。
3.
4.
5.
6.
新規に作成する場合は、[新規作成]ラジオボ
タンをオンにして、オブジェクトの種類からオ
ブジェクトを作成するアプリケーションを選択
します。
オブジェクトを作成するための、領域が作成さ
れます。
選択したアプリケーションで、その領域内にオ
ブジェクトを作成します。
作成したら、その領域の外側を押します。
作成したオブジェクトが図として貼り付けられ
ます。
既存のファイルを使用する場合は、[ファイル
から]ラジオボタンをオンにします。
ファイルを指定する欄が表示されます。
[参照]ボタンを押すと、[参照]ダイアログ
ボックスが表示されるので、ファイルを選択す
ることができます。
また、[リンク]チェックボックスをオンにす
ると、指定するファイルにリンクを設定するこ
ともできます。
Page 146
7.
8.
[OK]ボタンを押します。
[アイコンで表示]チェックボックスをオンに
しておくと、アイコン化できます。
オブジェクトが、貼り付けられます。
必要に応じて、サイズを変更したり、表示する
位置を変更します。
●現在開いている他のアプリケーションの画面を図形としてキャプチャする
現在使用している他のアプリケーションの画面を図形としてキャプチャします。
この機能は、拡張黒板ツールバーで
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタンを押して表示
される[図形]メニューの[キャプチャして図]機能を使用して、キャプチャします。
あらかじめWordやExcelなどアプリケーションで作成した会議資料などを、MBソフトウェアか
ら読み込めるフォルダにコピーしておきます。
1.
2.
3.
4.
黒板ツールバーの
(キャプチャしてページ
を挿入)ボタンを押し、Windows環境に戻りま
す。
WordまたはExcelなどアプリケーションを起
動し、目的のファイルを開きます。そして、キ
ャプチャしたいページを表示させます。
キャプチャツールバーの
(戻る)ボタンを
押して、MBソフトウエアに戻ります。
標準黒板ツールバーの場合は
(拡張)ボタ
ンを押して、拡張黒板ツールバーを表示しま
す。
(スタンプと図形)ボタンを押します。
[図形選択]メニューが表示されます。
5.
[キャプチャして図]を選択します。
操作2のWindows画面が表示されます。
Page 147
6.
キャプチャツールバーの
(キャプチャ)ボ
タンを押します。
現在開いている画面がキャプチャされ、図形と
して貼り付けられます。画面は黒板に戻りま
す。
キャプチャされた画面は、図形と同様に、サイ
ズを縮小したり、移動したりできます。
7.
8.
手書き線や図形のツールを使って、必要な箇所
を強調したり、追記したりします。
必要に応じて、起動したアプリケーションに戻
り、他のページもキャプチャします。
●直接ファイルを図形として貼り付ける
アプリケーションを起動しないで、直接目的のファイルを指定して、その内容を図形として貼り
付けます。
この機能は、拡張黒板ツールバーで
(スタンプと図形)ボタンの右の▼ボタンを押して表示
される[図形]メニューの[ファイルから図]機能を使用して、黒板に画像を貼り付けます。
あらかじめWordやExcelなどアプリケーションで作成した会議資料などを、MBソフトウェアか
ら読み込めるフォルダにコピーしておきます。
1.
2.
[図形]メニューの[ファイルから図]を選択
し、目的のファイルを選択します。
指定したファイルの内容が図形として表示され
ます。
図形のサイズを変更したり、位置を移動した
り、また手書き線や図形の機能を使って、必要
な箇所を強調したり、追記したりします。
Page 148
画像を回転する
図形として黒板に貼り付けた画像やスタンプを回転することができます。
●選択した画像を回転する
!ヒント 回転できる画像
回転できる画像は、次の通りです。
・ スタンプ(Windows メタファイル(*.wmf)の画像を除く)
・ [図形]メニューの[ファイルから図]で、ファイルから読み込んで貼り付けた画像
・ [図形]メニューの[スキャナから図]で、スキャナから取り込んで貼り付けた画像
・ [図形]メニューの[キャプチャして図]で、キャプチャして貼り付けた画像
上記以外は、回転できません。
❑ 選択した画像を左(反時計回り)に1度回転する
1.
(回転ツールバー表示)ボタンを押します。
回転ツールバーが表示されます。
(画像選択)ボタンを押します。
(回転ツールバー表示)ボタンは、初期設
定では黒板ツールバーに表示されていません。
必要に応じて黒板ツールバーに追加してくださ
い。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
回転する画像を選択します。
Page 149
3.
(微調整左)ボタンを押します。
選択した画像が左(反時計回り)に1度回転し
ます。
(微調整左)ボタンを押すたびに、選択し
た画像が1度ずつ左(反時計回り)に回転して
いきます。
❑ 選択した画像を右(時計回り)に1度回転する
1.
(回転ツールバー表示)ボタンを押します。
回転ツールバーが表示されます。
(画像選択)ボタンを押します。
(回転ツールバー表示)ボタンは、初期設
定では黒板ツールバーに表示されていません。
必要に応じて黒板ツールバーに追加してくださ
い。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
回転する画像を選択します。
Page 150
3.
(微調整右)ボタンを押します。
選択した画像が右(時計回り)に1度回転しま
す。
(微調整右)ボタンを押すたびに、選択し
た画像が1度ずつ右(時計回り)に回転してい
きます。
❑ 選択した画像を右(時計回り)に90度回転する
1.
(回転ツールバー表示)ボタンを押します。
回転ツールバーが表示されます。
(画像選択)ボタンを押します。
(回転ツールバー表示)ボタンは、初期設
定では黒板ツールバーに表示されていません。
必要に応じて黒板ツールバーに追加してくださ
い。
(「●ツールバーをカスタマイズする」(Page
128)参照。)
2.
回転する画像を選択します。
Page 151
3.
(90°回転)ボタンを押します。
選択した画像が右(時計回り)に90度回転しま
す。
(90°回転)ボタンを押すたびに、選択し
た画像が90度ずつ右(時計回り)に回転してい
きます。
!ヒント 角度を指定して回転する
画像を選択して、キーボードから[Alt+↑]キーを入力すると、回転する角度を指定
する[回転]ダイアログボックスが表示されます。
[回転角]に回転角度を入力します。
正の値を入力すると右(時計回り)に、負の値を入力すると左(反時計回り)に回転
します。回転の状態は[プレビュー]で確認できます。
[OK]ボタンを押すと、選択した画像が指定の角度だけ回転します。
回転をしない場合は[キャンセル]ボタンを押します。
Page 152
終了する
MBソフトウエアを終了する、MEDIASITEの電源をOFFにする方法を説明します。
●MBソフトウエアを終了する
会議や打ち合わせが終わり、MBソフトウエアを終了するには、次の操作を行います。
1.
2.
3.
4.
黒板ツールバーの
(終了)ボタンを押しま
す。
[終了]ダイアログボックスが表示されます。
[アプリケーションを終了する]ラジオボタン
を押します。
[OK]ボタンを押します。
作成中の議事録を保存していない場合、保存す
るようメッセージが表示されます。
保存するかしないかの操作は、「議事録を保存
する」(Page 104)を参照してください。
[キャン
MBソフトウエアを終了しない場合は、
セル]ボタンを押します
[名前を付けて保存]ダイアログボックスで操
作します。
MBソフトウエアが終了し、Windowsの画面が
表示されます。
Page 153
●MEDIASITEの電源をOFFにする
MEDIASITEの電源をOFFにするには、次の操作を行います。
1.
2.
3.
4.
黒板ツールバーの
(終了)ボタンを押しま
す。
[終了]ダイアログボックスが表示されます。
[Windowsをシャットダウンする]ラジオボタ
ンを押します。
[OK]ボタンを押します。
しばらく待っていると、
MBソフトウエアが終了
し、MEDIASITEの電源を切ることができる状態
になります。
終了しない場合は、[キャンセル]ボタンを押
します。
MEDIASITEの電源をOFFにします。
!ヒント シャットダウンについて
MBソフトウエアはWindows環境のコンピュータで動作しています。コンピュータの
電源を切るには、Windowsを終了し、コンピュータの電源を切る状態にする必要があ
ります。この一連の操作を「シャットダウン」といいます。
Page 154
こんなときには
これまでMBソフトウエアの基本操作および高度な使い方を説明してきましたが、ここではお使
いになっていて困った、またこんな使い方もしたいなどトラブルシューティングやテクニックに
関することを紹介します。
❑ 黒板ツールバーが見当たらない
誰かがMBソフトウエアを終了してしまいました。
Windowsの画面が表示されている場合は、デスクトップに表示されているMBソフトウエアのア
イコンを2回続けてタッチしてください。MBソフトウエアが起動します。
MEDIASITEの電源がOFFになっている場合は、電源をONにしてMBソフトウエアを起動してくだ
さい。
❑ 黒板が表示された状態で黒板ツールバーがない
誰かがショートカット機能で消してしまいました。
キーボードから「Ctrl+Shift+K」を押してください。黒板ツールバーが表示されます。
MBソフトウエアには、キーボードから機能を操作できるようにショートカットキーが機能ごと
に割り当てられています。ショートカットキーの「Ctrl+Shift+K」は、ツールバーを表示させた
り、表示させなかったりすることができます。
その他の機能のショートカットキーについては、「ショートカットキー一覧」(Page 190)を
参照してください。
❑ 黒板に小さい字をたくさん書きたいとき
次のどちらかの方法で試してみてください。
a. 黒板の表示を大きくして、文字を書きます。黒板の表示を大きくするには、「●4画面表示
(200%)にする」(Page 119)を参照してください。
b. 手書き文字認識機能を使用して、文字のサイズを小さく設定してから文字を入力します。
手書き文字認識機能については、「文字を入力する」(Page 30)、「手書き文字認識およ
びソフトウエアキーボード機能の操作方法」(Page 164)を参照してください。
Page 155
❑ テキストボックスの中の1文字または数文字だけ消したい
拡張黒板ツールバーで (テキストボックス)ボタンを押してMBペンウィンドウを表示し、編
集したいテキストボックスを指などでタッチして選択します。MBペンウィンドウの[DEL]また
は[BS]キーを使用して、目的の文字を削除してください。
MBペンウィンドウのキーの使い方は、「手書き文字認識およびソフトウエアキーボード機能の
操作方法」(Page 164)を参照してください。
❑ ページを削除したい
サムネール機能を使用すると簡単にページを削除できます。詳しくは、「●ページを削除する」
(Page 91)を参照してください。
❑ 黒板のグリッド線の表示を有効にしているのに、グリッド線が表示されない
画面のプロパティで、色の設定を「High Color」または「True Color」に設定してください。
[スタート]メニュー>[設定]>[コントロールパネル]を選択して、表示される[コントロ
ールパネル]ウィンドウの[画面]をダブルクリックします。[画面のプロパティ]ダイアログ
ボックス>[設定]タブ>[色]の▼ボタンを押して、表示されるメニューから「High Color」
または「True Color」を選択します。
❑ 描いた線の色が見えにくい、または描いたのに見えない
暗い背景色で、手書き線の色に蛍光色を指定して、線を描いていませんか?
[手書き線]ダイアログボックスで手書き線の色を確認してください。蛍光色を指定している場
合は、自動色を指定するか、他の色を指定して、再度線を描いてみてください。
手書き線の色を変更するには「●手書き線の太さや色などを設定する」(Page 17)を、自動色
については「ヒント:自動色の使い方」(Page 18)を参照してください。
❑ 描いた図形が消えた
図形を描いたページに、文書や画像などを図形として貼り付けていませんか?
図形を描いているページで、文書や画像を図形として貼り付けると(Page 144)、その図形に
よって描いた図形が後ろに隠れて消えたように見えます。[図形]メニューの[順序]で貼り付
けた図形を最背面へ移動すると、描いた図形が現れます。この操作については、「●図形の表示
する前後関係を変更したり、複数の図形を揃えたりする」(Page 49)を参照してください。
❑ 印刷した色が変わっていて、見にくい
MBソフトウエアの背景色の設定を変更していませんか?
背景の色を明るい色に変更するか、印刷時に[背景色を白で印刷]を指定しなおして印刷してみ
てください。背景の色の変更は「黒板の色を変更する」(Page 122)を、印刷については「●
印刷する」(Page 98)を参照してください。
Page 156
❑ Windows操作の際にも手書き文字認識機能を使いたい
MBソフトウエアが起動したままWindows環境にします。Windowsのタスクバーの[MBペンウ
ィンドウ]を押します。MBペンウィンドウが表示され、手書き文字認識機能を使用できるよう
になります。
単独で手書き文字認識機能を使用する場合は、[スタート]メニュー>[プログラム]>
[MEDIASITE MBソフトウエア]>[手書き文字認識V3.0]の順に選択して、手書き文字認識機
能を起動します。
❑ Windows操作の際に、マウス右ボタンを使いたい
「Windows環境で操作する」の「●マウスの右ボタン機能を使用する」(Page 142)を参照し
てください。
❑ 黒板が全画面ではなくて、小さく表示されてしまう
MBソフトウエアがウィンドウ表示になっています。
全画面表示に戻してください。全画面表示に戻すには、
「●ウィンドウ表示に切り替える」
(Page
130)の操作4を参照してください。
❑ セキュリティを解除したい、または登録メンバーを変更したい
[セキュリティの解除]
セキュリティ保存した議事録を呼び出し、[名前を付けて保存]ダイアログボックスで、[サイ
ン付きでセキュリティ保存する]チェックボックスをオフにして、ファイル名はそのままで保存
します。
[登録メンバーの変更]
まず、登録メンバーを変更する議事録のセキュリティ解除を行います。次に[名前を付けて保存]
ダイアログボックスで、[サイン付きでセキュリティ保存する]チェックボックスをオンにして
保存を実行して、新たにメンバーとサインを登録します。
メンバーとサインの登録は、「●特定の人だけ見られる議事録として保存する」(Page 109)
を参照してください。
❑ サインを入力したが、議事録が開けない
MEDIASITEの管理者に連絡して、管理者に対象の議事録を開いてもらってください。
❑ 保存した議事録ファイルが[ファイルを開く]で見当たらない
誰かが[作業フォルダ]を変更しています。
作業フォルダを設定しなおすか、議事録を保存したフォルダを探して目的のファイルを開いてく
ださい。作業フォルダの設定は、「●ホームフォルダを変更する」(Page 135)を参照してく
ださい。
Page 157
❑ 時間表示が狂っている
Windows環境で、コントロールパネルの[日付と時刻]で時刻を設定しなおしてください。
❑ MBソフトウエアの無いパソコンで議事録を見たい
議事録を保存するときに、ビットマップのファイル形式で保存してください。
詳しくは、「●画像ファイルの形式で保存する」(Page 106)を参照してください。
❑ お客様相談室に問合せをする前に
次の事項を調べてから、お問合わせください。
・MEDIASITEにセットされているパソコンの機種名
・同じく、そのパソコンのスペック(仕様)
・MBソフトウエアのバージョン
Page 158
付録
MBソフトウエアのインストール
ここでは、「MBソフトウエア Version 3.0」と「手書き文字認識機能 Version 3.0」のインスト
ール、アンインストールおよびVersion 1.0、2.0、2.6のアンインストールを行う方法について説
明します。
●MBソフトウエア Version 3.0のインストール
インストールするとき、他のプログラムを起動している場合は、インストールする前に必ずそれ
らのプログラムを終了させてください。MBソフトウエアを起動している場合は、「●MBソフト
ウエアを終了する」(Page 153)を参照して、MBソフトウエアを終了させてください。
[Version 1.0、2.0または2.6から Version 3.0にアップグレードする場合]
Version 1.0、2.0または2.6からVersion 3.0にアップグレードする場合は、Version 1.0、2.0また
は2.6をアンインストールするかしないかを確認するメッセージが表示されます。そのままイン
ストールを実行すると、Version 1.0、2.0または2.6は自動的にアンインストールされ、Version 3.0
がインストールされます。
アンインストールを行わない場合は、Version 3.0のインストールを中止します。
[Version 3.0を再インストールする場合]
Version 3.0を再インストールした場合は上書きとして処理されます。最初にインストールしたと
きに設定されたフォルダに上書きされます。
1.
Windowsを起動し、MBソフトウエアのCD-ROMをCD-ROMドライブにセットします。
[MEDIASITE MBソフトウエア Ver.3.0 セットアップ]画面が表示されます。
また、[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行]で、「e:¥Autorun」(e:はCD-ROM
ドライブ)を指定して、インストールを開始することもできます。
Page 159
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
Page 160
[MEDIASITE MBソフトウエア Ver.3.0のインストール]ボタンをクリックします。
[ようこそ]ダイアログボックスが表示されます。
インストールを開始するにあたっての注意などが書かれています。
内容を確認して、[次へ>]ボタンをクリックします。
[ユーザーの情報]ダイアログボックスが表示されます。
名前、会社名を入力して、[次へ>]ボタンをクリックします。
[インストール先の選択]ダイアログボックスが表示されます。
インストール先を指定します。あらかじめインストール先が指定されています。
・変更しない場合は、[次へ>]ボタンをクリックします。
・変更する場合は、[参照...]ボタンをクリックして、ディレクトリを指定します。
ディレクトリを指定したら、[次へ>]ボタンをクリックします。
[プログラムフォルダの選択]ダイアログボックスが表示されます。
プログラムフォルダにプログラムアイコンを追加するために、新しいフォルダ名を入力するか、既に
あるフォルダリストからフォルダを選択します。
[次へ>]ボタンをクリックします。
[プログラムアイコンの追加]ダイアログボックスが表示されます。
デスクトップとスタートアップフォルダに、それぞれプログラムアイコンを追加することができます。
必要に応じて、それぞれのチェックボックスをオンまたはオフにして、[次へ>]ボタンをクリック
します。
プログラムファイルのコピーを開始するための情報が表示されます。
操作8の内容を確認し、[次へ>]ボタンをクリックします。
インストールが開始されます。
作業を中断する場合は、[キャンセル]ボタンをクリックします。
インストールが終了すると、[セットアップの完了]ダイアログボックスが表示されます。
Readmeファイルの表示と、MBソフトウェアの起動を行うことができます。
Readmeファイルを読む場合は、チェックボックスをオンにします。
Readmeファイルには、MBソフトウエアを使用する上で大切な情報が記載されています。MBソフト
ウエアを起動する前に、必ずお読みください。
また、MBソフトウェアを起動する場合は、チェックボックスをオンにします。
[完了]ボタンを押します。
セットアップが終了します。
Readmeファイルを読む設定をしている場合は、Readmeファイルが表示されます。
MBソフトウェアを起動する設定をしている場合は、MBソフトウェアが起動されます。
●手書き文字認識機能のインストール
MBソフトウエアのインストールが終了したら、引き続き手書き文字認識機能をインストールし
ます。MBソフトウエアのCD-ROMを挿入し、[MEDIASITE MBソフトウエア Ver.3.0 セットア
ップ]画面で表示される[手書き文字認識のインストール]ボタンを押します。
インストールは表示される画面の指示に従って行ってください。
再インストールした場合は上書きとして処理されます。最初にインストールしたときに設定され
たフォルダに上書きされます。
ただし、MBソフトウエアを起動しているときは、手書き文字認識のインストールは行わないで
ください。
●MBソフトウエア Version 3.0のアンインストール
インストールしたMBソフトウエアを削除する場合は、以下の操作でアンインストールを実行し
ます。
1.
2.
3.
4.
5.
6.
Windowsを起動します。
タスクバーの[スタート]メニューから[プログラム]をポイントします。
[プログラム]メニューが表示されます。
メニューの[MEDIASITE MBソフトウエア]をポイントし、[MEDIASITE MBソフトウエアのアンイン
ストール]をクリックします。
[ファイル削除の確認]ダイアログボックスが表示されます。
ダイアログボックスのメッセージに従って、[はい]ボタンをクリックします。
[共有ファイルを削除しますか?]ダイアログボックスが表示されます。
削除する場合は、[はい]または[すべてはい]ボタンを押します。
削除しない場合は、[いいえ]または[すべていいえ]ボタンを押します。
共有ファイルは他のアプリケーションで使用することもあるので、削除しないことをお勧めします。
操作4を行うと、アンインストールが実行されます。
[アンインストールを完了しました]というメッセージが表示されます。
[OK]ボタンを押します。
アンインストールが終了します。
Page 161
●MBソフトウエア Version 1.0 / 2.0 / 2.6のアンインストール
MBソフトウエア Version 1.0、2.0および2.6のアンインストールを実行します。
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
Page 162
Windowsを起動します。
タスクバーの[スタート]メニューから[プログラム]をポイントします。
[プログラム]メニューが表示されます。
Version 1.0の場合は、メニューの[RICOH MB]をポイントし、[RICOH MB UNINSTALL]をクリッ
クします。
Version 2.0の場合は、メニューの[MEDIASITE MBソフトウエア]をポイントし、[RICOH MB
Uninstall]をクリックします。
Version 2.6の場合は、メニューの[MEDIASITE MBソフトウエア]をポイントし、[MEDIASITE MBソ
フトウエアのアンインストール]をクリックします。
[ファイル削除の確認]ダイアログボックスが表示されます。
ダイアログボックスのメッセージに従って、[はい]ボタンをクリックします。
[共有ファイルを削除しますか?]ダイアログボックスが表示されます。
削除する場合は、[はい]または[すべてはい]ボタンを押します。
削除しない場合は、[いいえ]または[すべていいえ]ボタンを押します。
共有ファイルは他のアプリケーションで使用することもあるので、削除しないことお勧めします。
操作4を行うと、アンインストールが実行されます。
[アンインストールを完了しました]というメッセージが表示されます。
[OK]ボタンを押します。
アンインストールが終了します。
Windowsを再起動します。
Version 3.0をインストールする場合は、「●MBソフトウエア Version 3.0のインストール」(Page
159)を参照してください。
●手書き文字認識機能のアンインストール
手書き文字認識を削除するには、次の手順でアンインストールを実行します。
1.
2.
3.
4.
Windowsを起動します。
タスクバーの[スタート]メニューから[プログラム]をポイントします。
[プログラム]メニューが表示されます。
メニューの[MEDIASITE MBソフトウエア]をポイントし、[手書き文字認識V3.0のアンインストー
ル]をクリックします。
[ファイル削除の確認]ダイアログボックスが表示されます。
以降、メッセージに従ってアンインストールを行います。
ただし、MBソフトウエアを起動しているときは、手書き文字認識のアンインストールは行わな
いでください。
Page 163
手書き文字認識およびソフトウエアキーボード機能
の操作方法
ここでは、文字を入力する際に使用するMBペンウィンドウの操作方法やウィンドウ内での文字
を編集する方法を説明します。文字を入力する操作は、「文字を入力する」(Page 30)を参照
してください。
!ヒント 手書き文字認識機能について
手書き文字認識機能は、MBソフトウエアを起動すると自動的に起動されます。
MBソフトウエアと同時に起動された手書き文字認識機能は、単独で終了させること
はできません。MBソフトウエアを終了すると同時に、この機能も終了されます。
手書き文字認識機能は、MBソフトウエアだけでなくほかのアプリケーションからも
利用することもできます。
単独で手書き文字認識機能を使用する場合は、[スタート]メニュー>[プログラム]
>[MEDIASITE MBソフトウエア]>[手書き文字認識V3.0]の順に選択して、手書
き文字認識機能を起動します。
●MBペンウィンドウの各部の名称と機能
⑰
①
⑫
②
⑩
⑪
⑮
⑤
④
⑱
③
⑯
⑬
⑭
⑥
⑦
⑨
⑧
①
入力バッファエリア
②
候補表示エリア
③
文字の結合/分離ボタン
④
かな漢字変換ボタン
Page 164
認識された文字の内容全体が表示され
る領域です。12文字を超えると、順次
テキストボックスの方に文字が貼り付
けられていきます。
認識した文字以外の、認識候補文字が最
大9文字まで表示されます。
認識文字示表示エリアの漢字を分離し
たり結合したりします。
認識文字示表示エリアのかなやカタカ
ナを漢字に変換します。
⑤
大文字/小文字変換ボタン
⑥
全角/半角切り替えボタン
⑦
字種指定ボタン
⑧
オンラインヘルプボタン
⑨
記号・数字ボタン
認識文字示表示エリアの英字を、大文字
または小文字に変換します。
認識する文字を全角にするか、半角にす
るかを設定します。
入力する文字の種類を指定して認識率
を高めます。
MBペンウィンドウのヘルプを表示しま
す。
句読点とスペース、数字を入力できま
す。
∼
BSボタン、DELボタン
文字を削除します。
ESCボタン
漢字の変換を取り消したりします。
⑩
方向ボタン
入力位置を移動します。
⑪
改行(貼り付け・確定)ボタン
⑫
環境設定ボタン
⑬
手書き入力/テンキーボード/ソ
フトキーボード切り替えボタン
⑭
文字入力開始枠切り替えボタン
⑮
最小化ボタン
⑯
閉じるボタン
改行を入力したり、現在カーソルのある
位置に文字を貼り付けたり、漢字の変換
を確定したりします。
MBペンウィンドウの環境設定を行いま
す。
入力を手書きやテンキーボード、ソフト
キーボードに切り替えることができま
す。
文字入力枠を可変枠にしたり、固定枠に
したりします。
MBペンウィンドウを最小化して隠すこ
とができます。
MBペンウィンドウを単独で起動してい
る場合は、終了します。
MBソフトウェアと同時に起動している
場合は、このボタンは無効です。
文字や記号などを書く領域です。
⑰
⑱
−
文字入力開始枠
貼り付けボタン
入力バッファエリアの文字を、現在カー
ソルのある位置に貼り付けます。
Page 165
●MBペンウィンドウの基本操作
MBペンウィンドウは、文字認識、かな漢字変換などの機能を持ち、編集された文字や文字列を
現在のカーソルのある位置に入力することができます。
❑ 文字の認識と候補文字選択機能の使い方
指などで文字入力開始枠に書いた文字は、その形に相当する文字を認識して表示します。認識さ
れた文字が間違っていた場合、候補表示エリアに表示された候補文字の中から正しい文字を選択
することができます。
1.
2.
3.
文字入力開始枠に文字を書きます。
文字を書き始めた時点で、ペンモードになり手
書き文字入力が行えます。
文字が認識されて、入力バッファに表示されま
す。
この時点で、ペンモードは解除されます。
誤って認識された文字を選択すると、候補表示
エリアに候補文字が表示されます。
候補文字は最大で9文字まで表示されます。候
補文字の中から正しい文字を選択します。
!ヒント 文字入力開始枠の入力
ペンモードのとき、複数の手書き文字を画面上の任意の場所に、任意の大きさで入力
できます。
入力に応じて表示される可変枠に交差させて入力している間は、1つの文字として判
断されます。可変枠と交差しないように入力すると、次の文字入力が開始されたと判
断されます。
入力がうまく行かなくて1つの文字が2つの文字に認識されてしまったり、2つの文字
が1つに認識されてしまった場合は、文字を結合したり、分離したりすることができ
ます(「❑入力した文字を分離・結合する」(Page 174)参照)。
文字入力開始枠が固定枠に設定されている場合は、表示されている枠の中に納まる大
きさで、1文字ずつ入力します。
文字入力開始枠の設定については、「❑文字入力開始枠を可変枠/固定枠にする」
(Page 178)を参照してください。
Page 166
❑ オンラインヘルプを表示する
オンラインヘルプを表示して使い方を確認することができます。
1.
2.
MBペンウィンドウの[?]ボタンを押します。
[オンラインヘルプ]ウィンドウが表示されま
す。
参照したい項目のボタンを押すと、その項目に
関する[説明]ウィンドウが表示されます。
[説明]ウィンドウの[戻る]ボタンを押すと
[オンラインヘルプ]ウィンドウに戻ります。
3.
[オンラインヘルプ]ウィンドウの[閉じる]
ボタンを押すと、[オンラインヘルプ]ウィン
ドウが閉じます。
Page 167
[入力可能な文字について]
手書き文字認識機能のMBペンウィンドウで、手書きで入力できる文字は以下の通りです。
<対応している文字>
・半角:(ASCIIコード)
アルファベット
数字
カタカナ
記号
・全角:(シフトJISコード)
第一水準
英字(大文字/小文字)
数字
ひらがな
カタカナ
漢字
第二水準
漢字
次表の通り
計52文字
計10文字
計89文字
計26文字
計52文字
計10文字
計83文字
計89文字
計2965文字
計41文字
侑
眸
赳
奎
晟
毬
燎
菫
洵
翔
迪
崚
晨
滉
燿
詢
洸
脩
頌
彗
暉
漱
笙
諄
瑶
茉
凛
昴
栞
澪
綸
颯
皓
莉
勁
晏
椰
煕
綺
黎
澤
その他
記号
「々」
次表の通り
計1文字
計41文字
、
。
,
.
:
;
?
!
/
\
∼
(
)
「
」
+
−
±
×
÷
=
≠
<
>
≦
≧
℃
¥
$
%
&
*
@
☆
○
◎
◇
□
△
▽
〒
(また、記号については、50音入力パレットの記号入力パレット
から入力することができます。
「記号入力パレット」
(Page182)
を参照してください。)
<入力文字の最大点数>
手書きで入力できる文字の最大点数は1024点です。
(文字の画数等とは異なります。手書き文字認識機能は、手書き入力中の線を点の集まりと
して、一定のタイミングでカウントしています。これが点数となります。同じ長さ、形状の
線でも、ゆっくり書くほど、カウントされる点数が増えます。)
<入力文字の最大画数>
手書きで入力できる1文字の最大画数は30画です。
Page 168
❑ 漢字変換機能の使い方
文字入力開始枠で書いた文字(ひらがな、全角・半角のカタカナ)を漢字に変換します。
漢字の変換は、お使いのシステムにインストールされているかな漢字変換ソフト(IME)によっ
て行われます。MS−IME[95∼2000]、ATOK[10∼13]で動作可能です。
文字が認識されて入力バッファに表示された状態で、MBペンウィンドウの[変換]ボタンを押
すか、入力バッファの特定の文字を選択して[変換]ボタンを押します。お使いのIMEにより、
変換する漢字の候補が表示されます。
1.
2.
3.
文字入力開始枠に文字を書きます。
文字が認識されて、入力バッファに表示された
ら、漢字に変換する部分を指などでタッチして
選択します。
[かな漢字変換]ボタンを指などでタッチしま
す。
変換する漢字の候補が表示されます。
目的の漢字に変換されるよう操作します。
変換方法については、お使いのIMEの操作マニ
ュアル等を参照してください。
4.
目的の漢字に変換されたら、[確定]ボタンを
押します。
確定された漢字が入力バッファに表示されま
す。
Page 169
[漢字変換機能を使用する上でのご注意]
• ATOKにおけるかな漢字変換では、矢印キー入力が候補確定となります(ATOKの仕様)。
このため、漢字候補選択に矢印キーは使用できません。マウスピックで候補を選択してく
ださい。また、漢字候補数が2個以下のかな漢字変換はできません(例:やま)。
• 特定のアプリケーション(例えば、Microsoft ExcelやLotus ワードプロ96など)では、手
書き入力中のカーソルがペンに変わりません。
• 各社IMEの仕様により、40文字以上を一度に変換しようとすると正しく変換されないことが
あります。
• 漢字変換ウィンドウが表示されているときに、スクリーンセーバーが起動すると画面が乱
れることがあります。
• MS-IMEを使用している場合、漢字変換の候補が表示されないことがあります。このような
場合は、一度文節を縮めて、その後伸ばしてください(縮ボタン、伸ボタン使用)。文節
が1文字しかない場合は、伸ばした後、縮めてください。
• IMEBOXは各IME標準のキーボード割付けにだけ対応しています。MS-IMEの「テンプレー
ト」は「MS-IME」に、ATOKの「スタイル」選択は「ATOK」にしてください。
• MS-IMEの設定において「対象文節確定」にチェックを付けないでください。
Page 170
❑ 記号を入力する
ここでは、文字認識では認識しない(または、認識しづらい)記号文字の選択入力方法について
説明します。
1.
記号を入力するとき、[字種指定]ボタンで記
号([記])を指定します。
[字種指定]ボタンは、7種類の字種を指定で
きるようになっています。[記]の表示になる
まで、[字種指定]ボタンを繰返し押してくだ
さい。
2.
▼
入力される文字は、すべて記号として認識され
ます。
また、句読点については直接ボタンで入力でき
ます。
▼
!ヒント その他の字種指定
記号に限らず、入力する文字の種類が特定の字種の場合、字種指定をすることで認識
率を高めることができます。
・ [自]:全ての字種を認識します。
・ [漢]:漢字を認識します。
・ [あ]:ひらがなを認識します。
・ [ア]:カタカナを認識します。
・ [数]:数字を認識します。
・ [A]:英字を認識します。
・ [記]:記号を認識します。
Page 171
❑ 全角か半角かを指定して入力する
1.
2.
英数字やひらがな、カタカナを入力するとき、
[全角/半角切り替え]ボタンで全角か半角か
を指定します。
入力される文字は、すべて指定した全角または
半角の文字として認識されます。
▼
❑ 入力した文字を訂正する
テキストボックスに入力する前に、MBペンウィンドウ内で書いた文字を訂正することができま
す。
1.
2.
3.
入力バッファエリアの訂正する文字を選択しま
す。
文字入力開始枠に正しい文字を入力します。
入力バッファエリアの選択した文字は、正しい
文字で上書きされます。
Page 172
❑ 入力した英字を大文字または小文字に変換する
1.
2.
3.
入力バッファエリアの変換する英字を選択しま
す。
[大文字/小文字変換]ボタンを押します。
入力バッファエリアの選択した英字が、大文字
または小文字に変換されます。
Page 173
❑ 入力した文字を分離・結合する
入力した文字が誤って認識された場合、分離したり、結合したりして正しい文字にすることがで
きます。
1.
2.
3.
入力バッファエリアの訂正する文字を選択しま
す。
[文字の結合/分離]ボタンを押します。
選択した文字が1文字ならば、分離します。
例)明→日月
選択した文字が2文字(以上)ならば、結合し
ます。
例)日音→暗
▼
Page 174
●MBペンウィンドウの環境設定を行う
MBペンウィンドウでは、書いた文字が認識されるまでの時間を設定したり、文字の誤認識を自
動で修正するようを設定したりできます。
❑ 環境設定を行う
1.
MBペンウィンドウで、[環境設定]ボタンを指
などでタッチします。
[環境設定]ウィンドウが表示されます。
ペンタイプ
指定ボックス
認識時間設定
ユーザ ー辞 書
登録
後処理設定
可変枠サイズ
設定
2.
3.
4.
5.
[ペンタイプ]では、入力時の手書き文字の色
と太さを設定できます。
[認識時間設定]ボタンでは、入力した手書き
文字を認識するタイミングを設定できます。
ボタンを押すたびに、認識時間が0.5∼5.0秒の
範囲内で、0.5秒ずつ増加します(5.0秒に設定
されている場合は0.5秒に戻ります)。
入力後に、認識されるまで時間がかかるような
場合は、認識時間を早い値に設定します。
[ユーザー辞書登録]ボタンでは、手書きのパ
ターンに文字を割り当てて、登録することがで
きます。
詳しくは、「ユーザー辞書登録を行う」(Page
176)を参照してください。
[後処理設定]ボタンでは、文字の誤認識を自
動的に修正するかどうかを設定することができ
ます。
[後処理:有]の状態では、手書きで連続的に
入力したときに、一般的な単語・熟語として妥
当であるかどうかをチェックして、文字の誤認
識を修正します。
[後処理:無]の状態では、修正は行いません。
Page 175
6.
7.
[可変枠サイズ設定]ボタンでは、可変枠のサ
イズを[大]、[中]、[小]と選択できます
が、可変枠は固定に設定されています。
[OK]ボタンを指などでタッチします。
操作2∼6で指定した内容でMBペンウィンドウ
が表示され、動作します。次回MBソフトウエア
を起動したときも、この設定が反映されます。
何も変更しない場合は、[キャンセル]ボタン
を指などでタッチします。
❑ ユーザー辞書登録を行う
!ヒント ユーザー辞書登録
画数の多い漢字を、簡単な手書きパターンで登録しておくと、入力の手間が省けて、
文字の認識率が上がり、使い勝手が向上します。
1.
2.
MBペンウィンドウで、[環境設定]ボタンを指
などでタッチします。
[環境設定]ウィンドウが表示されます。
[ユーザー辞書登録]ボタンを押します。
[ユーザー辞書登録]ダイアログボックスが表
示されます。
Page 176
3.
4.
[手書き入力欄]に登録する文字を、手書きま
たはキーボードで入力します。
[登録するパターン]に登録する手書きのパタ
ーンを入力します。
同じ文字に対して、複数のパターンを登録する
ことはできません。
5.
6.
[登録]ボタンを押すと入力した文字と手書き
のパターンが、ユーザー辞書に登録されます。
登録した内容を確認するには、[一覧]ボタン
を押して、[学習辞書一覧]ダイアログボック
スを表示します。
パターンを選択して[筆順]ボタンを押すと、
パターンの筆順をアニメーションで確認するこ
とができます。
Page 177
7.
登録したパターンで、文字を入力することがで
きます。
▼
❑ 文字入力開始枠を可変枠/固定枠にする
!ヒント 文字入力開始枠の切り替え
文字入力開始枠は初期設定で可変枠になっていますが、固定枠に切り替えることもで
きます。
固定枠の入力は、固定の枠内に入力するため、手書き入力に不慣れな段階では比較的
入力しやいといえます。
可変枠の入力は、書き始めだけ文字文字入力開始枠から入力すれば、後は全画面のど
の部分からも入力できます。
自分にとって、より入力しやすいと感じられる方を選択します。
1.
2.
MBペンウィンドウの[文字入力開始枠切り替
え]ボタンを押します。
可変枠が選択されている場合は固定枠に切り替
わり、[固定枠入力]ウィンドウが表示されま
す。
固定枠は、枠の大きさを[大]、[中]、[小]
のいずれかに設定できます。
[固定枠入力]ウィンドウのサイズを変更する
と、それにあわせて枠の数が、1∼32の範囲内
で増減します。
固定枠が選択されている場合は可変枠に切り替
わり、文字入力開始枠が表示されます。
Page 178
●その他のウィンドウ操作
MBペンウィンドウでは、目的や状況に応じて、ウィンドウを使い分けて文字を入力することが
できます。例えば、数字だけ、またはキーボードに見立てたウィンドウから文字を入力したりす
ることができます。
MBペンウィンドウの入力切り替えボタンを押すたびに、各ウィンドウが表示されます。
❑ 10キーボード
10キーボードは、現在のカーソルのある位置に数値データなどを入力することができます。
閉じるボタン
テンキーボタン
改行ボタン
" テンキーボタン
数字や四則記号などのボタンです。ボタンが押されると
カーソルのある位置に文字を送信します。
" 改行ボタン
改行を入力します。
" 閉じるボタン
テンキーウィンドウを閉じます。
Page 179
❑ ソフトキーボード
ソフトキーボード(106日本語仕様)は、パソコンのキーボードと同じように操作できる機能を
持っています。現在のカーソルのある位置に、指などでタッチしたキーの文字を入力することが
できます。
手書き入力/テンキーボード/ソフトキーボード切り替えボタン
ソフトキーボード/50 音入力切り替えボタン
英数/日本語キー表示切り替えボタン
" 手書き入力/テンキーボード/ソフト
キーボード切り替えボタン
手書き入力に切り替わります。
" ソフトキーボード/50音入力切り替え
ボタン
50音入力パレットに切り替わります。
" 英数/日本語キー表示切り替えボタン
押すたびに英字とかなの入力に切り替わります。
日本語入力のオフ、ローマ字による日本語入力、ひらが
な直接入力のキー表示の切り替えは、このボタンを使い
ます。
<Alt>キーや<Ctrl>キーに続けて<A>∼<Z>キー以外のキーを押した場合は、<Alt>キー
や<Ctrl>キーは押された状態のままになります。
このため、<Alt>+<F>や<Ctrl>+<S>などのキー操作を行った場合などは、再度<Alt>キ
ーや<Ctrl>キーを押して、元の状態に戻す必要があります。
Page 180
❑ 50音入力パレット
50音入力パレットは、50音配列のかな入力用のキーボードウィンドウです。指などでタッチした
キーの文字を現在のカーソルのある位置に入力することができます。
手書き入力/テンキーボード/ソフトキーボード切り替えボタン
ソフトキーボード/50 音入力切り替えボタン
ひらがな/カタカナ/半角カタカナ入力切り替えボタン
日本語入力切り替えボタン
記号入力パレット
" 手書き入力/テンキーボード/ソフト
キーボード切り替えボタン
手書き入力に切り替わります。
" ソフトキーボード/50音入力切り替え
ボタン
ソフトキーボードに切り替わります。
" ひらがな/カタカナ/半角カタカナ入
力切り替えボタン
押すたびにひらがな、全角カタカナ、半角カタカナの入
力に切り替わります。
半角カタカナの入力の場合は、<Enter>キーを押して確
定するまで、入力中の文字が全角カタカナで表示されま
す。
" 日本語入力切り替えボタン
日本語入力モードに切り替えます。
直前に英数モードで入力していた場合は、50音入力パレ
ットの入力は英数字になります(例:ひ→hi)。
このような場合に、日本語入力切り替えボタンを押し
て、日本語入力モードにすれば、正しく日本語入力を行
えるようになります。
" 記号入力パレット
テンキー入力および記号入力用のボタンです。
[前]ボタン、[後]ボタンで入力できるデータが切り
替わります。
[1/15]∼[15/15]ボタンを押すと、テンキー入力に
戻ります。
Page 181
記号入力パレット
記号入力パレットには、以下の数字・記号が16文字ずつ表示されます。
7
1
8
2
×
+
4
0
5
.
6
=
÷
−
≠
±
√
<
>
≦
≧
(
)
〔
〕
[
]
{
}
〈
〉
《
》
「
」
『
』
【
】
/
\
○
◇
□
△
▽
☆
●
◆
■
▲
▼
★
∈
∋
⊆
⊇
⊂
⊃
∪
∩
*
¥
:
;
,
・
≡
≒
≪
≫
→
←
↑
↓
?
〆
※
∧
∨
¬
⇒
⇔
∀
∃
◎
〒
♯
♭
♪
∫
∬
∂
Å
‰
♂
♀
℃
$
¢
£
%
#
&
∞
∽
∝
∵
…
‥
¨
∠
⊥
͡
ヽ
ヾ
ゝ
ゞ
゛
゜
´
`
^
∇
¶
!
 ̄
_
ー
―
‐
仝
〃
々
°
′
″
、
。
‖
|
“
”
∼
@
§
α
β
γ
δ
ε
ζ
η
θ
ι
κ
λ
μ
ν
ξ
ο
π
ρ
σ
τ
υ
φ
χ
ψ
ω
а
б
в
г
д
е
ё
ж
з
и
й
к
л
м
н
о
п
р
с
т
у
ф
х
ц
ч
ш
щ
ъ
ы
ь
э
ю
я
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
⑩
⑪
⑫
⑬
⑭
⑮
⑯
⑰
⑱
⑲
⑳
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
Ⅳ
Ⅴ
Ⅵ
Ⅸ
Ⅹ
‘
Page 182
9
3
Ⅶ
Ⅷ
[ソフトキーボード、50音入力パレットを使用する上でのご注意]
• かな漢字変換を行ったとき、候補ウィンドウがソフトキーボードや50音入力パレットの背
面に隠れてしまう場合があります。アプリケーションによっては、この候補ウィンドウを
表示させるためにソフトキーボードや50音入力パレットを移動するときに、文字が確定さ
れてしまうことがあります。
このような場合は、アプリケーション上の入力・変換中の文字が目的の文字に変換される
まで変換キーを押すことで、対処します。
• ソフトキーボードや50音入力パレットは、ハードウェアのキーボードを完全に再現してい
るわけではありません。特に、制御キーを含むキー入力操作については、無効なものもあ
ります。次表の通りです。
無効なキー
・
・
・
・
・
・
Ctrl+Alt+Del
Alt+漢字、および、矢印キー
Alt+Tab
Num
Ctrlと他のキーの組合せ
キー操作によるメニューコマンドのサブコマ
ンド指定(ex. Alt+F → X(終了)等)
対象OSまたはアプリケーション
・
・
・
・
・
・
Windows 95/98/NT
Windows 95/98のMS-DOSプロンプト
Windows 95/98
Windows 95/98
Windows NT3.51のWrite
Windows 95/98/NT
Page 183
●上手な手書き文字認識機能の使い方
手書き文字が正しく認識されない、記号が入力できない、文字が書きにくいなど目的の文字を入
力するのに時間がかかる場合は、以下の方法で文字を入力してみてください。
❑ 楷書で書く
続け書きをした場合より、書いた文字の認識時間が短くなります。
❑ 画数の少ない文字は正しい画数で書く
5画以下の文字、特にひらがなやカタカナなどは、正しい画数で書くようにします。
❑ 書き順や書く方向を正しく書く
正しい書き順、書く方向(上から下へ、左から右へなど)で文字を書きます。
❑ 文字の特徴を明確に書く
文字の持つ特徴を明確に書くことで、文字の認識率が高まります。
❑ 書き順を変えてみる
書いた文字が正しく認識されない場合は、書き順を変えて書きなおします。
❑ かな漢字変換機能、記号ボタンを使用する
漢字や記号などが入力できない場合には、「読み仮名」を書いて漢字変換します。
例えば、①を入力する場合、「いち」と書いて[変換]ボタンを押して、「①」に変換します。
また、記号を入力する場合は、[記号]ボタンを押して表示される記号ウィンドウから入力した
い記号を選択し、文字入力開始枠の入力位置を指などでタッチして入力します。
❑ 全角/半角、文字種ボタンを利用する
半角英数などを入力する場合には、[全角]ボタンで「半角」に切り替えると入力しやすくなりま
す。
また、文字種ボタンで文字種を指定しておくと効率良く文字を入力できます。
❑ 入力枠を大きくする
手書き文字が書きにくい場合には、MBペンウィンドウのウィンドウサイズを広げて入力枠を大
きくすると、入力しやすくなります。
Page 184
❑ 固定枠を使用する
小文字や句読点を入力する場合は、固定枠を使用すると文字の認識率が高まります。
枠内の40%以下の大きさで入力すると、小文字として認識されます。
枠内の20%以下の大きさで入力すると、句読点として認識されやすくなります。
❑ その他のウィンドウを利用する
入力したい文字に応じて、[テンキー]、[フルキー]、[かなキー]各々のウィンドウを活用
してください。
❑ [Shift]、[Ctrl]、[Alt]を使用したショートカットキーの入力
[Shift]+[]、[Ctrl]+[]、[Alt]+[]などのショートカットの入力は、[フルキー]ウ
ィンドウを利用してください。
❑ MBペンウィンドウが邪魔な場合
文字を入力するときなどMBペンウィンドウが邪魔な場合は、MBペンウィンドウの最小化ボタン
を押します。元に戻す場合は、Windowsのタスクバーの[MBペンウィンドウ]を押します。
●手書き文字認識機能だけを起動する
MBソフトウエアを使用していないときでも、手書き文字認識機能を起動することができます。
この場合は、[スタート]メニュー>[プログラム]>[MEDIASITE MBソフトウエア]>[手
書き文字認識V3.0]の順に選択して、手書き文字認識機能を起動します。
終了する場合は、MBペンウィンドウの右上の×ボタンを押してください。
●手書き文字認識機能を利用しないようにする
手書き文字認識機能を利用しないようにすることができます。拡張黒板ツールバーのツールボタ
ンを押して表示される[オプション]ダイアログボックスで指定します。[オプション]タブを
選択して、[全般]オプションの項目[手書き文字認識を使用する]チェックボックスをオフに
します。[OK]ボタンを押すと、手書き文字認識機能は無効になります。
ボタンを黒板ツールバーに追加している場合は、
きなくなります。
(手書き文字認識)
(手書き文字認識)ボタンは押すことがで
●マウスイベントを直接制御するアプリケーションの使用
手書き文字認識機能では、マウスイベントを直接制御する処理を行っています。
同様にマウスイベントを直接制御するアプリケーションを、手書き文字認識機能と同時に使用す
ると、誤動作する場合があります。
この場合は該当アプリケーションを終了させてください。
Page 185
●マウスのカーソル動作の設定
マウスのプロパティの設定によっては、表示されるダイアログボックスなどのボタン(例えば
[OK]ボタン)に、自動的にマウスカーソルが移動するようになっている場合があります。
この設定が有効になっている場合は、手書き文字認識機能が正しく動作しません。
手書き文字認識機能をお使いになる場合は、マウスのカーソルを自動的にボタンに移動する機能
は無効にしてください。
例)マイクロソフトのインテリマウスの場合
・[スタート]メニューの[設定]→[コントロールパネル]を選択します。
・[マウス]をダブルクリックします。
・[マウスのプロパティ]ダイアログボックスの[簡略化]タグを選択します。
・[ボタン選択]のチェックボックスのチェックマークをオフにします。
●手書き文字認識機能を起動中に画面の解像度を変更した場合
手書き文字認識機能を起動中に画面の解像度を変更した場合は、手書き入力の線が正しく表示さ
れない場合があります。
●Windows98またはWindows NT4.0でATOK12をお使いの場合
文字化けが発生して、変換結果が不正になる場合があります。
ご注意
上記問題が発生した場合は、(株)ジャストシステムのホームページからATOK12のアッ
プデートモジュールをダウンロードしてください。
アップデートモジュールのダウンロードは以下を参考にしてください。
http://www.justsystem.co.jp/download
(ここから、「アップデートモジュール」の「ATOK」、「DOWNLOAD」の「ATOK12 for
Windows アップデートモジュール」へ進みます。)
Page 186
サイン認証の管理者設定
MBソフトウエアをインストールしたとき、パスワードはデフォルトで[12345678]が登録され
ています(MBソフトウエアを再インストールした場合も同様です)。しかし、このパスワード
は覚えやすく、また他人から類推されやすく、管理者以外の人間でも簡単にファイルを開くこと
ができてしまいます。必ず、管理者用パスワードとして、新たにパスワードを登録しなおしてく
ださい。
●管理者パスワードを登録する
以下の手順で管理者パスワードを登録します。
1.
Windows環境で、エクスプローラからMBソフ
トウエアをインストールしたフォルダを開きま
す。
MBソフトウエアをデフォルトでインストール
した場合、次のフォルダが設定されています。
C:¥Program Files¥Ricoh¥MB
2.
3.
4.
「MBADMIN.EXE」をダブルクリックして、[管
理者用設定ツール]を起動します。
[設定]ボタンを押します。
[パスワード入力]ダイアログボックスが表示
されます。
デフォルトのパスワード[12345678]を入力
し、[OK]ボタンを押します。
[設定]ダイアログボックスが表示されます。
Page 187
5.
2ヶ所にパスワードを入力して、[OK]ボタン
を押します。
以上で、管理者用パスワードの登録が終了しま
す。
●サイン認証レベルを変更する
管理者ツールを使用すると、セキュリティ保存した場合のサイン認証チェックの強さを厳しくし
たり、緩くしたりすることができます。MBソフトウエアをインストールした直後は、認証レベ
ルが最も弱い[1]に設定されています。必要に応じて、認証レベルを強く設定してください。
また、サイン登録をする際のサインをひと工夫すると、認証レベルを高めることなく、セキュリ
ティの度合いを高めることもできます。詳しくは、「特定の人だけ見られる議事録として保存す
る(サイン認証付き保存)」の「❑サイン登録のひと工夫」(Page 108)を参照してください。
サイン認証レベルは、以下の手順で変更します。
1.
Windows環境で、エクスプローラからMBソフ
トウエアをインストールしたフォルダを開きま
す。
MBソフトウエアをデフォルトでインストール
した場合、次のフォルダが設定されています。
C:¥Program Files¥Ricoh¥MB
2.
3.
4.
「MBADMIN.EXE」を起動し、[設定]ボタン
を押します。
現在設定されているパスワードを入力して、
[OK]ボタンを押します。
認証レベルを変更します。
1が一番緩く、10が最も厳しいチェックを行い
ます。あまり厳しくすると、本人でさえ認証で
きなくなる場合があります。
• 認証レベルのみを変更し、パスワード入力部
分に何も入力しなかった場合は、パスワード
は変更されず、現在のパスワードのままとな
ります。
Page 188
• 認証レベルは、サインを登録したときにサイン
データと一緒に保存されます。サインを登録し
た後に認証レベルを変更しても、既存のサイン
の認証レベルは変更できません。
次に新規に登録するサインから、認証レベルが
変更されます。これは、後から認証のレベルを
下げることで、セキュリティを破られないよう
にするためです。
●サインデータを他のMEDIASITEにコピーする
登録したサインデータを他のMEDIASITEでも利用したい場合は、次の方法で、まったく同じサイ
ンデータを利用することができます。サインデータが必要な場合は、サイン認証付き保存を行う
ときです。サイン認証付きファイルを開くときには、必要ありません。
1.
Windows環境で、エクスプローラからMBソフトウェアをインストールしたフォルダ下の[SignData]と
いうフォルダを開きます。
MBソフトウェアがデフォルトでインストールされている場合には、次のフォルダになります。
c:¥ProgramFiles¥Ricoh¥MB¥SignData
登録したサインデータは、ここに「.sig」という拡張子で保存されています。
2.
3.
「.sig」ファイルをエクスプローラでフロッピーディスクなどにコピーして、他のMEDIASITEでMBソフト
ウエアがインストールされているフォルダにコピーしてください。
コピーしたら、サイン認証付きセキュリティ保存を行ったときに、サイン登録者一覧にコピーしたサイン
登録者の一覧が追加されていることを確認してください。
●サインデータを削除・再作成する
登録したサインデータを削除する場合は、MBソフトウエアがインストールされたフォルダ下の
[SignData]内から、該当する者の「.sig」ファイルをエクスプローラで削除します。サインデ
ータを再び作成する場合は、「●特定の人だけ見られる議事録として保存する」(Page 109)
の操作で新たにサインを登録してください。
Page 189
ショートカットキー一覧
メニュー
コマンド名/サブメニュー
ファイル
新規作成
Ctrl+N
開く...
Ctrl+O
上書き保存
Ctrl+S
名前を付けて保存...
Ctrl+Shift+S
編集
ショートカットキー テンキー
ショートカットキー
ページ設定...
Ctrl+Shift+G
印刷プレビュー
Ctrl+Shift+P
印刷...
Ctrl+P
(最近使ったファイル1)
なし
(最近使ったファイル2)
なし
(最近使ったファイル3)
なし
(最近使ったファイル4)
なし
終了...
Alt+F4
元に戻す
Ctrl+Z
やり直し
Ctrl+Y
切り取り
Ctrl+X
コピー
Ctrl+C
貼り付け
Ctrl+V
形式を選択して貼り付け...
Ctrl+Shift+W
削除
Delete
すべて削除
Page 190
コマンド名
手書き線
Ctrl+Alt+F
図形
Ctrl+Alt+S
罫線
Ctrl+Alt+R
背景
Ctrl+Alt+B
すべて
Ctrl+Alt+A
すべて選択
Ctrl+A
次のページ
PgDn
前のページ
PgUp
(オブジェクト)
なし
Ctrl+Num.
Ctrl+Num8
メニュー
コマンド名/サブメニュー
表示
サムネイル(ページ一覧)
Ctrl+J
ツールバー表示切り替え
Ctrl+Shift+K
ステータスバー
Ctrl+Shift+Q
グリッド線
Ctrl+G
全画面表示
Ctrl+Shift+U
ズーム
挿入
コマンド名
ショートカットキー テンキー
ショートカットキー
200%
150%
100%
75%
50%
幅を基準に
Alt+1
Alt+2
Alt+3
Alt+4
Alt+5
Alt+6
高さを基準に
Alt+7
全体を表示
Alt+8
ズームアップ
Alt+PgUp
ズームダウン
Alt+PgDn
範囲選択
Alt+9
新しいページ
Ctrl+M
ファイルからページ...
Ctrl+Shift+F
スキャナからページ...
Ctrl+Shift+D
キャプチャしてページ...
Ctrl+Shift+A
ファイルから図...
Ctrl+Shift+I
スキャナから図...
Ctrl+Shift+N
キャプチャして図...
Ctrl+Shift+Y
オブジェクト...
Ctrl+Shift+J
Ctrl+Num9
Ctrl+Num0
Page 191
メニュー
コマンド名/サブメニュー
コマンド名
ショートカットキー テンキー
ショートカットキー
書式
手書き線1
Ctrl+1
Ctrl+Num1
手書き線2
Ctrl+2
Ctrl+Num2
手書き線3
Ctrl+3
Ctrl+Num3
手書き線...
Ctrl+4
手書き線消しゴム1
Ctrl+5
Ctrl+Num4
手書き線消しゴム2
Ctrl+6
Ctrl+Num5
手書き線消しゴム3
Ctrl+7
Ctrl+Num6
手書き線消しゴム...
Ctrl+8
罫線1
Ctrl+Shift+1
罫線2
Ctrl+Shift+2
罫線3
Ctrl+Shift+3
罫線...
Ctrl+Shift+4
罫線消しゴム1
Ctrl+Shift+5
罫線消しゴム2
Ctrl+Shift+6
罫線消しゴム3
Ctrl+Shift+7
罫線消しゴム...
Ctrl+Shift+8
図形...
Ctrl+Alt+4
スタンプ1
Ctrl+Alt+I
スタンプ2
Ctrl+Alt+J
スタンプ3
Ctrl+Alt+K
スタンプ4
Ctrl+Alt+L
スタンプ5
Ctrl+Alt+M
スタンプ6
Ctrl+Alt+N
スタンプ...
Ctrl+Alt+H
設定1
Ctrl+Alt+5
設定2
Ctrl+Alt+6
Ctrl+Alt+8
フォント...
順序
配置
最前面に移動
Ctrl+↑
最背面に移動
Ctrl+↓
前面に移動
Ctrl+Shift+↑
背面に移動
Ctrl+Shift+↓
左揃え
Ctrl+Shift+L
左右中央揃え
Ctrl+Shift+C
右揃え
Ctrl+Shift+R
上揃え
Ctrl+Shift+T
上下中央揃え
Ctrl+Shift+M
下揃え
Ctrl+Shift+B
ページの左右中 Ctrl+Shift+H
央に配置
ページの上下中 Ctrl+Shift+V
央に配置
Page 192
メニュー
コマンド名/サブメニュー
コマンド名
ショートカットキー テンキー
ショートカットキー
回転
微調整右
Alt+→
微調整左
Alt+←
90°回転
Alt+↓
角度指定
描画
ツール
ヘルプ
キャプチャ
手書き文字
Alt+↑
色の設定...
Ctrl+B
手書き線
Ctrl+F
手書き線消しゴム
Ctrl+H
手書き線囲い消し
Ctrl+K
罫線
Ctrl+U
罫線消しゴム
Ctrl+D
罫線囲い消し
Ctrl+I
選択ツール
Ctrl+W
手書き線選択
Ctrl+Alt+G
直線
Ctrl+L
四角形
Ctrl+R
楕円
Ctrl+E
テキストボックス
Ctrl+T
削除ツール
Ctrl+Q
スキャナソースの選択...
Ctrl+Shift+E
ワンタッチ1
Ctrl+F1
ワンタッチ2
Ctrl+F2
ワンタッチ3
Ctrl+F3
ワンタッチ4
Ctrl+F4
ワンタッチ5
Ctrl+F5
オプション...
Ctrl+Shift+O
MB SOFTWAREヘルプ
F1
ワンポイント...
Shift+F1
バージョン情報
Ctrl+Shift+Z
キャプチャ
Ctrl+Alt+C
Ctrl+Shift+Num/
戻る
Ctrl+Alt+X
Ctrl+Shift+Num*
マウスボタンスワップ
なし
指差しカーソル
なし
手書き文字認識
なし
Ctrl+Num7
Page 193
索引
.
.ppt ..................................................................... 86
.rmb................................................................... 104
2
2分割表示ボタン ................................................ 12
4
4画面ボタン........................................................ 12
9
90°回転ボタン .................................................... 14
M
MBソフトウエア .................................................. 1
MBペンウィンドウ.....................................31, 164
オンラインヘルプ ........................................ 167
環境設定 ....................................................... 175
漢字変換機能................................................ 169
記号入力 ....................................................... 171
候補文字選択機能 ........................................ 166
全角/半角入力............................................ 172
手書き入力可能文字 .................................... 168
入力文字の大文字/小文字変換 ................. 173
入力文字の訂正............................................ 172
入力文字の分離・結合 ........................166, 174
文字入力開始枠の切り替え.................166, 178
文字の認識 ................................................... 166
ユーザー辞書登録 ........................................ 176
P
Power Point
ファイル形式.................................................. 86
プレゼンテーション ...................................... 86
W
Windows環境の表示........................................ 141
あ
新しいページの表示........................................... 79
新しいページボタン........................................... 12
アンインストール
MBソフトウエアVersion 1.0 / 2.0 / 2.6..... 162
MBソフトウエアVersion 3.0....................... 161
手書き文字認識機能 .................................... 163
色の設定ボタン .................................................. 11
印刷 ..................................................................... 98
グリッドを印刷............................................ 100
Page 194
複数ページを1枚の紙に印刷 ...................... 100
フリーハンドで書いた線を黒で印刷 ........... 99
文書名や日付、ページ番号を付けて印刷.. 102
背景を白地で印刷.......................................... 99
印刷イメージの表示 ........................................ 103
印刷するページの設定..................................... 101
印刷ボタン.......................................................... 12
インストール
MBソフトウエアVersion 3.0 ...................... 159
手書き文字認識機能 .................................... 161
大きいアイコン(文字付き)の使用.............. 136
か
回転ツールバー .......................................... 14, 127
回転ツールバー表示ボタン ............................... 12
拡張ボタン.......................................................... 13
画像選択ボタン .................................................. 14
画像の回転........................................................ 149
回転できる画像............................................ 149
角度を指定 ................................................... 152
左に1° ........................................................... 149
右に1° ........................................................... 150
右に90°......................................................... 151
画面キャプチャ時自動的に
MBソフトウェアに復帰 .............................. 131
漢字変換機能.................................................... 169
管理者パスワード ............................................ 187
キャプチャ.......................................................... 80
画像ファイルを取り込む ........................ 81, 83
他のソフトウエアの画面取り込み ............... 80
キャプチャしてページを挿入ボタン................ 11
キャプチャツールバー............................... 13, 127
キャプチャボタン .............................................. 13
クリアボタン...................................................... 11
グリッド ............................................................. 52
図形を揃えて移動.......................................... 56
図形を揃えて描く.......................................... 52
設定........................................................... 52, 56
蛍光ペンの使い方 .............................................. 18
罫線
囲んで削除 ..................................................... 41
消しゴムで削除.............................................. 39
すべて削除 ..................................................... 41
設定................................................................. 36
引き方............................................................. 35
罫線ボタン.......................................................... 12
消しゴムボタン .................................................. 11
黒板 ....................................................................... 9
黒板ツールバー .................................................... 9
拡張ビギナーツールバー.......................10, 126
拡張プロツールバー ..............................10, 126
標準ビギナーツールバー.......................10, 126
標準プロツールバー ..............................10, 126
黒板ツールバーのカスタマイズ...................... 126
黒板の背景色の変更......................................... 122
黒板表示の変更
2分割表示 ..................................................... 121
4画面表示 ..................................................... 119
ウインドウ表示への切り替え ..................... 130
指定領域の拡大............................................ 118
全体表示 ....................................................... 120
全体表示の拡大/縮小................................... 117
さ
サイン登録
工夫したサイン............................................ 108
注意............................................................... 107
変更のしかた................................................ 113
サイン認証
管理者パスワードの登録............................. 187
認証レベルの変更 ........................................ 188
サイン認証付き保存......................................... 107
スタンプと図形ボタン....................................... 12
作業フォルダの変更......................................... 135
作成ページ一覧 .................................................. 88
サムネイル機能 .................................................. 88
2つのサムネイル
表示 ............................................................ 93
ページのコピー ......................................... 94
ページの差し替え...................................... 95
ページの挿入 ............................................. 96
編集の終了 ................................................. 97
指定ページの表示 .......................................... 88
新ページの挿入.............................................. 91
表示................................................................. 88
ページの移動.................................................. 89
ページの印刷.................................................. 92
ページのコピー.............................................. 90
ページの削除.................................................. 91
サムネイル表示
表示可能なファイル形式.......................82, 115
自動色の使い方 .................................................. 18
シャットダウン ................................................ 154
終了
MBソフトウエアの終了............................... 153
Windowsのシャットダウン ........................ 154
ファイルを閉じる .......................................... 15
終了ボタン.......................................................... 13
初期設定に戻す ................................................ 136
新黒板ページの作成......................................... 116
ズームアップボタン........................................... 12
ズームダウンボタン........................................... 12
スキャナーボタン .............................................. 13
図形
移動................................................................. 55
描き方............................................................. 44
拡大・縮小・変形.......................................... 54
囲んで削除 ..................................................... 64
切り取り ......................................................... 59
消しゴムで削除.............................................. 62
コピー............................................................. 60
すべて削除 ..................................................... 66
選択................................................................. 47
選択して削除 ................................................. 65
線や色の設定 ................................................. 46
線や色の変更 ................................................. 47
塗りつぶし ..................................................... 47
配置................................................................. 50
貼り付け ......................................................... 61
表示の順序 ..................................................... 49
スタンプ
囲んで削除 ..................................................... 72
消しゴムで削除.............................................. 70
図形として扱う.............................................. 69
すべて削除 ..................................................... 73
選択して削除 ................................................. 72
登録................................................................. 75
登録の削除 ..................................................... 78
表示................................................................. 68
正方形と円の描き方 .......................................... 45
セーブボタン...................................................... 12
セキュリティ保存された議事録の開き方 ...... 111
全体を表示ボタン .............................................. 12
ソフトウエアキーボードの操作
10キーボード ............................................... 179
50音入力パレット ....................................... 181
ソフトキーボード........................................ 180
た
手書き文字認識機能 .......................................... 30
タッチパネル........................................................ 1
ダブルクリック .................................................... 1
直線ボタン.......................................................... 12
ツールバーの表示/非表示 ............................... 155
ツールヒントの表示/非表示 ........................... 137
ツールボタン....................................................... 12
次のページボタン .............................................. 12
手書き線
囲んで削除 ..................................................... 27
消しゴムで削除.............................................. 24
消しゴムの設定.............................................. 26
すべて削除 ..................................................... 28
範囲選択 ......................................................... 20
移動 ............................................................ 21
拡大・縮小・変形 ..................................... 23
Page 195
コピー・切り取り・削除 .......................... 21
書式設定..................................................... 23
貼り付け..................................................... 22
ペンの設定 ..................................................... 17
ペンの使い方.................................................. 16
手書き線選択ボタン........................................... 11
手書き線ボタン .................................................. 11
手書き文字認識機能......................................... 164
手書き文字認識機能を使用しない設定 ..132, 185
テキストボックスボタン ................................... 12
ドラッグ&ドロップで移動 ............................... 89
は
バージョン情報 ................................................ 140
パワーポイントファイルの挿入........................ 12
微調整左ボタン .................................................. 14
微調整右ボタン .................................................. 14
表示範囲選択ボタン ........................................... 12
標準ボタン.......................................................... 13
表の作成.............................................................. 35
ファイルサムネイル機能 ................................. 114
ファイルの開き方 ............................................ 114
プリンタの種類の設定..................................... 102
プレゼンテーション....................................... 7, 86
文書・画像の貼り付け方
オブジェクトの挿入 .................................... 146
画面のキャプチャ ........................................ 147
コピー&ペースト ........................................ 144
ファイルの貼付............................................ 148
ページ一覧ボタン .............................................. 12
ページ番号表示窓 .............................................. 12
ページめくり ...................................................... 79
ヘルプ機能........................................................ 138
ペン/消しゴムの自動切り替え...................... 134
編集ボタン.......................................................... 12
保存
上書き保存 ................................................... 105
画像ファイル形式 ........................................ 106
新規保存 ....................................................... 104
セキュリティ保存 ................................107, 109
別ファイル名指定 ........................................ 106
保存されるファイル形式 ................................. 104
ま
マウスの右ボタン機能..................................... 142
マウスの右ボタン機能の制御 ......................... 133
マウスポインタの表示/非表示...................... 133
マウスボタン....................................................... 13
前のページボタン .............................................. 12
目的のページの表示........................................... 79
文字
設定................................................................. 32
Page 196
テキストボックス.......................................... 30
テキストボックスを図形として扱う ........... 34
入力................................................................. 30
文字の設定
入力された文字の変更 .................................. 33
元に戻すボタン .................................................. 12
戻るボタン.......................................................... 13
モノクロ(白黒)で印刷................................... 98
や
やり直しボタン .................................................. 12
指差しのアイコンの表示................................. 143
指差しボタン...................................................... 13
指などの使い方 .................................................... 1
ら
ロードボタン...................................................... 12
わ
ワンタッチ機能の登録..................................... 123
ワンタッチボタン .............................................. 13
ワンポイントの表示/非表示 ......................... 131
MEMO
Page 197
MEMO
Page 198
MEMO
Page 199
2000年10月 W5008516
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement