m068800a

m068800a
取
扱
説
明
書
レイヤー3 ファーストイーサネット・スイッチ
8624EL
取扱説明書
8624EL
取扱説明書
安全のために
必ずお守りください
警告
下記の注意事項を守らないと火災・感電により、
死亡や大けがの原因となります。
分解や改造をしない
本製品は、
取扱説明書に記載のない分解や改造はしないでください。
火災や感電、けがの原因となります。
分解禁止
雷のときはケーブル類・機器類にさわらない
感電の原因となります。
雷のときは
さわらない
異物は入れない 水は禁物
火災や感電の恐れがあります。水や異物を入れないように注意して
ください。万一水や異物が入った場合は、電源プラグをコンセント
から抜いてください。
(弊社のサポートセンターまたは販売店にご連
絡ください。
)
異物厳禁
通気口はふさがない
内部に熱がこもり、火災の原因となります。
ふさがない
湿気やほこりの多いところ、油煙や湯気の
あたる場所には置かない
設置場所
注意
内部回路のショートの原因になり、火災や感電の恐れがあります。
表示以外の電圧では使用しない
火災や感電の原因となります。
本製品は AC100 - 120V で動作します。
正しい電源ケーブル・コンセントを使用する
不適切な電源ケーブル・コンセントは火災や感電の原因となります。
接地端子付きの 3ピン電源ケーブルを使用し、接地端子付きの 3ピン電源コンセン
トに接続してください。
100~120V
電圧注意
3 ピン
コンセント
コンセントや配線器具の定格を超える使い方はしない
たこ足配線などで定格を超えると発熱による火災の原因となります。
4
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
たこ足禁止
設置・移動のときは電源プラグを抜く
プラグを
抜け
感電の原因となります。
電源ケーブルを傷つけない
火災や感電の原因となります。
電源ケーブルやプラグの取扱上の注意:
・加工しない、傷つけない。
・重いものを載せない。
・熱器具に近づけない、加熱しない。
・電源ケーブルをコンセントから抜くときは、必ずプラグを持って抜く。
傷つけない
ご使用にあたってのお願い
次のような場所での使用や保管はしないでください
・直射日光のあたる場所
・暖房器具の近くなどの高温になる場所
・急激な温度変化のある場所(結露するような場所)
・湿気の多い場所や、水などの液体がかかる場所(湿度 80%以下の環境でご使用ください)
・振動の激しい場所
・ほこりの多い場所や、ジュータンを敷いた場所(静電気障害の原因になります)
・腐食性ガスの発生する場所
静電気注意
本製品は、静電気に敏感な部品を使用しています。部品が静電破壊する恐れがありますの
で、コネクターの接点部分、ポート、部品などに素手でふれないでください。
取り扱いはていねいに
落としたり、ぶつけたり、強いショックを与えないでください。
お手入れについて
清掃するときは電源を切った状態で
誤動作の原因になります。
機器は、乾いた柔らかい布で拭く
中
性
汚れがひどい場合は、柔らかい布に薄めた台所用洗剤(中性)をしみこま
せ、堅く絞ったもので拭き、乾いた柔らかい布で仕上げてください。
ぬらすな
中性洗剤
使用
堅く絞る
お手入れには次のものは使わないでください
石油・みがき粉・シンナー・ベンジン・ワックス・熱湯・粉せっけん
(化学ぞうきんをご使用のときは、その注意書に従ってください。)
シンナー
類不可
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5
ご注意
本書に関する著作権等の知的財産権は、アライドテレシス株式会社
(弊社)
の親会社である
アライドテレシスホールディングス株式会社が所有しています。
アライドテレシスホールディングス株式会社の同意を得ることなく、本書の全体または一
部をコピーまたは転載しないでください。
弊社は、予告なく本書の全体または一部を修正・改訂することがあります。
また、弊社は改良のため製品の仕様を予告なく変更することがあります。
© 2004 アライドテレシスホールディングス株式会社
商標について
CentreCOM はアライドテレシスホールディングス株式会社の登録商標です。
Windows、Windows NT は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国にお
ける登録商標です。
本書の中に掲載されているソフトウェアまたは周辺機器の名称は、
各メーカーの商標または登録商標です。
電波障害自主規制について
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準
に基づくクラスA情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると電波
妨害を引き起こすことがあります。この場合には使用者が適切な対策を講ず
るよう要求されることがあります。
マニュアルバージョン
2004 年 12 月
6
Rev.A
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
初版
はじめに
このたびは、CentreCOM 8624EL をお買いあげいただき、誠にありがとうございます。
本製品は、10BASE-T/100BASE-TX ポートを 24 ポート装備し、高さを 1U サイズに抑
えたレイヤー 3 ファーストイーサネット・スイッチです。標準のポート以外に拡張モ
ジュール用スロットを 2 つ装備し、増設ポートとして 1000BASE-T の拡張モジュールが
実装できます。
Telnetやコンソールポートからコマンドラインインターフェースを使用して各機能の設定
が可能です。また、SNMPエージェント機能の装備により、SNMPマネージャーから各種
情報を監視・設定することができます。
ワイヤースピード/ノンブロッキングのレイヤー3 スイッチング(IPルーティング)
が可能
で、IPフィルター、QoS、およびVLAN機能についても、最新のスイッチング機構がユー
ザーのニーズに応えます。
マニュアルの構成
本製品のマニュアルは、次の 3 部で構成されています。
各マニュアルをよくお読みのうえ、本製品を正しくご使用ください。また、お読みになっ
た後も、製品保証書とともに大切に保管してください。
○
取扱説明書(本書)
本製品の設置と接続、コマンドラインインターフェースの使い方、設定手順、導入
例など、本製品を使いはじめるにあたっての最低限の情報が記載されています。
本書は、ソフトウェアバージョン「2.6.4」をもとに記述されていますが、「2.6.4」よ
りも新しいバージョンのソフトウェアが搭載された製品に同梱されることがありま
す。製品のご使用に当たっては、必ず付属のリリースノートをお読みになり、最新
の情報をご確認ください。リリースノートには、各バージョンごとの注意事項や最
新情報が記載されています。
○
リリースノート
ソフトウェアリリースで追加された機能、変更点、注意点や、取扱説明書とコマン
ドリファレンスの内容を補足する最新の情報が記載されています。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
7
はじめに
○
コマンドリファレンス(CD-ROM)
本製品で使用できる全コマンドの説明、各機能の解説、設定例など、本書の内容を
含む本製品の完全な情報が記載されています。
付属の CD-ROM をコンピューターの CD-ROM ドライブに挿入すると、自動的に
Web ブラウザーが起動し、HTML メニューが表示されます。
トップメニュー
各章へのリンクが表示されます。
各章は機能別におおまかなグループ分けが
されています。
メイン画面
サブメニュー
各章の機能別索引が表示されます。
章内は機能解説とコマンドリファレン
スで構成されています。
コマンドリファレンス画面
8
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
表記について
本書の表記ルールを以下に示します。
アイコン
アイコン
意味
説明
ヒント 知っていると便利な情報、操作の手助けになる情報を示しています。
ヒント
注意
物的損害や使用者が傷害を負うことが想定される内容を示しています。
警告
使用者が死亡または重傷を負うことが想定される内容を示しています。
参照
関連する情報が書かれているところを示しています。
注意
警告
参照
書体
書体
意味
Screen displays 画面に表示される文字は、タイプライター体で表します。
User Entry
ユーザーが入力する文字は、太字タイプライター体で表します。
四角枠で囲まれた文字はキーを表します。
製品名の表記
「本製品」と表記している場合は、CentreCOM 8624EL を意味します。場合によっては、
8624EL のように CentreCOM を省略して記載します。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
9
目 次
安全のために ........................................................................................................ 4
はじめに ................................................................................................................ 7
マニュアルの構成 ......................................................................................... 7
表記について ................................................................................................. 9
1
お使いになる前に
13
1.1
梱包内容 ................................................................................................14
1.2
特 長 ....................................................................................................15
ハードウェア .............................................................................................. 15
サポート機能 .............................................................................................. 15
1.3
各部の名称と働き .................................................................................17
前 面 ............................................................................................................. 17
背 面 ............................................................................................................. 19
側 面 ............................................................................................................. 20
1.4
LED 表示 ...............................................................................................21
ポート LED ................................................................................................ 21
ステータス LED ......................................................................................... 22
2
設置と接続
23
2.1
設置するときの注意 .............................................................................24
2.2
19 インチラックに取り付ける ...........................................................25
2.3
壁面に取り付ける .................................................................................26
2.4
ネットワーク機器を接続する ..............................................................27
ケーブル ...................................................................................................... 27
2.5
コンソールを接続する .........................................................................28
コンソール .................................................................................................. 28
ケーブル ...................................................................................................... 28
2.6
3
電源ケーブルを接続する .....................................................................29
設定の手順
31
3.1
操作の流れ.............................................................................................32
3.2
設定の準備.............................................................................................33
コンソールターミナルを設定する ........................................................... 33
本製品を起動する ...................................................................................... 34
10
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3.3
ログインする .........................................................................................35
ログインする .............................................................................................. 35
ログインパスワードを変更する ............................................................... 36
3.4
設定を始める .........................................................................................37
コマンドの入力と画面 .............................................................................. 37
オンラインヘルプ ...................................................................................... 43
コマンドの表記 .......................................................................................... 45
主要コマンド .............................................................................................. 46
4
3.5
設定を保存する .....................................................................................49
3.6
起動スクリプトを指定する .................................................................51
3.7
ログアウトする .....................................................................................52
基本の設定と操作
4.1
53
インターフェースを指定する ..............................................................54
ポートを指定する ...................................................................................... 54
VLAN インターフェースを指定する ....................................................... 54
4.2
IP インターフェースを作成する .........................................................55
手動で IP アドレスを設定する ................................................................. 55
DHCP で IP アドレスを自動設定する ..................................................... 56
4.3
Telnet で接続する ...............................................................................58
Telnet でログインする ............................................................................. 58
Telnet サーバーの TCP ポート番号を変更する .................................... 59
指定したホストに Telnet 接続する ........................................................ 59
4.4
接続を確認する .....................................................................................62
PING を実行する ........................................................................................ 62
経路をトレースする .................................................................................. 64
4.5
システム情報を表示する .....................................................................66
4.6
再起動する.............................................................................................68
ウォームスタートを実行する ................................................................... 68
コールドスタートを実行する ................................................................... 69
4.7
ご購入時の状態に戻す .........................................................................70
4.8
ファイルシステム .................................................................................71
ファイル名 .................................................................................................. 71
ファイルシステム情報を表示する ........................................................... 72
ワイルドカードを使用する ....................................................................... 74
ファイルの操作コマンド ........................................................................... 75
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
11
目 次
4.9
ダウンロード・アップロードする .......................................................76
TFTP でダウンロード・アップロードする .............................................. 76
Zmodem でダウンロード・アップロードする ....................................... 78
4.10
テキストエディターを使用する ..........................................................80
エディターを起動する .............................................................................. 80
エディターのキー操作 .............................................................................. 81
4.11
5
6
SNMP で管理する ...............................................................................83
導入例
87
5.1
IP ホストとしての基本設定 .................................................................88
5.2
レイヤー 3 スイッチとしての基本設定 ..............................................91
5.3
タグ VLAN によるスイッチ間接続 ....................................................99
付 録
6.1
109
困ったときに ......................................................................................110
自己診断テストの結果を確認する ........................................................
LED 表示を確認する ...............................................................................
ログを確認する .......................................................................................
トラブル例 ...............................................................................................
6.2
110
112
112
113
拡張モジュール ..................................................................................115
拡張モジュールの取り付けかた ............................................................ 115
6.3
ソフトウェアのバージョンアップ ...................................................117
準備するもの ........................................................................................... 117
最新ソフトウェアセットの入手方法 .................................................... 118
ファイルのバージョン表記 .................................................................... 118
6.4
ハイパーターミナルの設定 ..............................................................119
6.5
Telnet クライアントの設定 .............................................................122
6.6
仕 様 .................................................................................................125
コネクター・ケーブル仕様 ..................................................................... 125
本製品の仕様 ........................................................................................... 127
6.7
保証とユーザーサポート ..................................................................128
保証、修理について ............................................................................... 128
ユーザーサポート ................................................................................... 128
サポートに必要な情報 ........................................................................... 128
12
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
1
お使いになる前に
この章では、本製品の梱包内容、特長、各部の名称と働きについ
て説明しています。
1.1
梱包内容
最初に梱包箱の中身を確認してください。
□ CentreCOM 8624EL本体 1台
□ 電源ケーブル(1.8m) 1本
※ 同梱の電源ケーブルは本製品専用です。
他の電気機器では使用できませんので、
ご注意ください。
□ 19インチラックマウントキット 1式
(ブラケット 2個・ブラケット用ネジ 8個)
□ 電源ケーブル抜け防止フック 1個
□ リリースノート 1部※
□ 取扱説明書(本書) 1冊
□ CD-ROM 1枚
□ 製品保証書 1枚
□ シリアル番号シール 2枚
※ ファームウェアのバージョンによっては、
添付されない場合もあります。
本製品を移送する場合は、ご購入時と同じ梱包箱で再梱包されることが望まれます。再梱
包のために、本製品が納められていた梱包箱、緩衝材などは捨てずに保管してください。
14
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
1 お使いになる前に
1.2
特 長
本製品の主な特長は次のとおりです。
ハードウェア
本製品のハードウェア的な特長とオプション
(別売)
製品を紹介します。オプション製品の
リリース時期については最新のリリースノートやデータシートをご覧ください。
○
10BASE-T/100BASE-TX ポートを 24 ポート装備
○
拡張モジュールスロットを 2 スロット装備
○
同梱のフックで電源ケーブルの抜けを防止
○
同梱の 19 インチラックマウントキットで EIA 標準の 19 インチラックに取り付け可能
オプション
(別売)
○
拡張モジュールによりポートの拡張が可能
AT-A46
1000BASE-T ポート× 1
○
壁設置ブラケットで壁面への取り付けが可能
AT-BRKT-J22
サポート機能
本製品の主な機能は次のとおりです。サポートする機能はソフトウェアのバージョンに依
存しますので、詳細については最新のリリースノートやデータシートをご覧ください。
運用・管理
○
SNMP v1/v2c
○
RMON
(1,2,3,9 グループ)
○
ログ
○
スクリプト
○
トリガー
○
NTP
○
ターミナル(Telnet/VT100 互換端末)
○
Zmodem/TFTP/HTTP によるソフトウェアや設定スクリプトファイルのダウンロードが可能
(Zmodem と TFTP は設定スクリプトファイルのアップロードも可能)
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
1 お使いになる前に
15
1.2
特 長
スイッチング
○
MDI/MDI-X 自動切替
○
フローコントロール
(IEEE802.3x PAUSE/ 受信)
○
ポートトランキング
(IEEE802.3ad ※ Manual Configuration)
○
ポートミラーリング
○
MAC アドレスフィルタリングによるポートセキュリティー
○
ポート帯域制限
○
パケットストームプロテクション
○
イングレスフィルタリング
○
VLAN
(ポートベース・IEEE802.1Q タグベース)
○
QoS(IEEE802.1p)
○
ハードウェア IP フィルター
○
スパニングツリー(IEEE802.1D/IEEE802.1w)
○
HOL ブロッキング防止(常時有効)
IP
○
RIP v1/v2
○
IP ルートフィルター
○
マルチホーミング
○
ARP/ プロキシー ARP
○
DHCP リレー・DHCP クライアント機能
○
DNS リレー
○
UDP ブロードキャストヘルパー
IP マルチキャスト
16
○
IGMP v2
○
IGMP(v1/v2)スヌーピング
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
1 お使いになる前に
1.3
各部の名称と働き
前面
① 拡張モジュールスロット
② 10BASE-T/100BASE-TXポート
③ ポートLED
10BASE-T/100BASE-TX NETWORK PORTS (AUTO MDI/MDI-X)
1
3
5
7
9
11
13
15
17
19
21
8624EL
23
LAYER 3 FAST ETHERNET SWITCH
10BASE-T/100BASE-TX NETWORK PORTS
1
25
26
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
3
5
7
9
11
13
15
17
19
MODE
21
CONSOLE PORT
STATUS
RS-232
FAULT
23
LINK
COL
MODE
100M
MASTER
LINK
FULL
RPS
MODE
ACT
POWER
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
④ MODE LED表示切替ボタン
⑤ コンソールポート
⑥ ステータスLED
① 拡張モジュールスロット
オプション(別売)の拡張モジュールを装着するスロットです。
スロット25(左側)とスロット26(右側)の2つのスロットがあります。標準装備では、カ
バーパネルが取り付けてあります。カバーパネルは、拡張モジュールを装着するとき以外
は外さないようにしてください。
115 ページ「拡張モジュール」
② 10BASE-T/100BASE-TX ポート
UTP ケーブルを接続するコネクター(RJ-45)です。
ケーブルは 10BASE-T の場合はカテゴリー 3 以上、100BASE-TX の場合はカテゴリー 5
以上の UTP ケーブルを使用します。
通信モードは、デフォルトでオートネゴシエーション
(AUTONEGOTIATE)
が設定されて
います。オートネゴシエーションの場合、MDI/MDI-X 自動切替機能が有効になり、接続
先のポートの種類
(MDI/MDI-X)
にかかわらず、ストレート/クロスのどちらのケーブルタ
イプでも使用することができます。通信モードをオートネゴシエーション以外に設定した
場合は MDI-X になります。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
1 お使いになる前に
17
1.3
各部の名称と働き
③ ポート LED
10BASE-T/100BASE-TXポートと接続先の機器の通信状況を表示するLEDランプです。
○ LINK
(上段)
接続先の機器とのリンクを表します。
○ MODE
(下段)
コリジョンの発生
(COL)
、通信速度
(100M)
、デュプレックス
(FULL)
、パケットの
送受信
(ACT)
のいずれかの状態を表します。MODE LEDでどの状態を表示させるか
は MODE LED 表示切替ボタンで選択します。
21 ページ「LED 表示」
④ MODE LED 表示切替ボタン
MODE LED の表示内容を切り替えるボタンです。
先の細い棒などでボタンを押すと、COL、100M、FULL、ACT の順番で MODE LED の
表示内容が切り替わります。本製品起動時には ACT が選択されています。
MODE LED でどの状態が表示されているかは、MODE LED 表示切替ボタンの横にある
COL、100M、FULL、ACTの各LED(緑)
で表します。例えば、100M LEDが点灯してい
る場合は、MODE LED で通信速度
(100/10Mbps)の状態が表示されています。
鋭利なもの
(縫い針など)
や通電性のある物で、MODE LED表示切替ボタンを押さないでくださ
い。
⑤ コンソールポート
コンソールを接続するコネクター(D-Sub 9 ピン メス)です。
ケーブルは RS-232 ストレートケーブルを別途ご用意ください。
28 ページ「コンソールを接続する」
⑥ ステータス LED
本製品全体の状態を表示する LED ランプです。
○ FAULT
本製品の異常を表します。ファンの異常、本製品の電源がオンの状態での拡張モ
ジュールの抜き差しは点滅で表します。
○ MASTER(未サポート)
○ RPS
(未サポート)
○ POWER
本製品の電源供給状態を表します。
21 ページ「LED 表示」
18
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
1 お使いになる前に
背面
⑦ 電源コネクター
⑧ 電源ケーブル抜け防止フック
⑨ フック取付プレート
⑩ 通気口
RPS INPUT
⑪ RPSコネクター
⑦ 電源コネクター
AC 電源ケーブルを接続するコネクターです。
29 ページ「電源ケーブルを接続する」
⑧ 電源ケーブル抜け防止フック
電源ケーブルの抜け落ちを防止する金具です。
ご購入時には、フックは取り外された状態で同梱されています。
29 ページ「電源ケーブルを接続する」
⑨ フック取付プレート
電源ケーブル抜け防止フックを取り付けるプレートです。
29 ページ「電源ケーブルを接続する」
⑩ 通気口
本製品内部の熱を逃すための穴です。
通気口をふさいだり、周囲に物を置いたりしないでください。
⑪ RPS コネクター
(未サポート)
リダンダント電源装置は未サポートのため、このコネクターは使用しません。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
1 お使いになる前に
19
1.3
各部の名称と働き
側面
⑩ ブラケット用ネジ穴
右側
前面←
→背面
⑩ ブラケット用ネジ穴
⑧ 通気口
左側
背面←
→前面
⑩ ブラケット用ネジ穴
19 インチラックマウントキットのブラケットを取り付けるためのネジ穴です。
25 ページ「19 インチラックに取り付ける」
20
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
1 お使いになる前に
1.4
LED 表示
本体前面には、本製品全体や各ポートの状態を示す LED ランプがついています。
8624EL
23
LAYER 3 FAST ETHERNET SWITCH
10BASE-T/100BASE-TX NETWORK PORTS
1
5
7
9
11
13
15
17
19
MODE
21
CONSOLE PORT
STATUS
RS-232
FAULT
23
LINK
COL
MODE
100M
MASTER
LINK
FULL
RPS
MODE
ACT
POWER
2
24
3
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
MODE LED表示切替ボタン
ポート LED
2 種類の LED ランプで各ポートの状態を表します。
MODE LED の表示内容は MODE LED 表示切替ボタンで選択します。本製品起動時には
ACTが選択されています。MODE LEDでどの状態が表示されているかは、MODE LED表
示切替ボタンの横にある COL、100M、FULL、ACT の各 LED(緑)で表します。
LED
LINK
COL
100M
MODE
FULL
ACT
色
状態
表示内容
緑
点灯
リンクが確立しています。
─
消灯
リンクが確立していません。
緑
点滅
コリジョンが発生しています。
─
消灯
コリジョンが発生していません。
緑
点灯
100Mbpsでリンクが確立しています。
─
消灯
10Mbpsでリンクが確立しています。
緑
点灯
Full Duplexでリンクが確立しています。
─
消灯
Half Duplexでリンクが確立しています。
緑
点滅
パケットを送受信しています。
─
消灯
パケットを送受信していません。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
1 お使いになる前に
21
1.4
LED 表示
ステータス LED
2 種類の LED ランプで本製品全体の状態を表します。
MASTER LED と RPS LED は未サポートのため常時消灯しています。
LED
色
状態
点灯
FAULT
赤
表示内容
本製品に異常があります。
1回点滅※1
本製品のファンに異常があります。
7回点滅※1
本製品の電源がオンの状態で拡張モジュールの抜き差しが
行われました。※2
─
消灯
本製品に異常はありません。
MASTER
未サポート
RPS
未サポート
POWER
緑
点灯
本製品に電源が供給されています。
─
消灯
本製品に電源が供給されていません。
※ 1 「1 回点滅」には約 1 秒間の消灯時間、
「7 回点滅」には 7 回の速い点滅の後約 1 秒間の消灯時間が
あります。
※2
拡張モジュールのホットスワップは未対応です。
本製品の電源がオンの状態で拡張モジュールの抜き
差しを行った場合、FAULT LED が 7 回の点滅を繰り返します。点滅は本製品を再起動するまで続
きます。
22
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
1 お使いになる前に
2
設置と接続
この章では、
本製品の設置方法と機器の接続について説明してい
ます。
2.1
設置するときの注意
本製品の設置や保守を始める前に、必ず 4 ページの「安全のために」をよくお読みくださ
い。
設置については、次の点にご注意ください。
○
電源ケーブルや各メディアのケーブルに無理な力が加わるような配置は避けてくだ
さい。
○
テレビ、ラジオ、無線機などのそばに設置しないでください。
○
充分な換気ができるように、本製品の通気口をふさがないように設置してください。
○
横置きの場合は、傾いた場所や不安定な場所に設置しないでください。
○
本製品の上に物を置かないでください。
○
直射日光のあたる場所、多湿な場所、ほこりの多い場所に設置しないでください。
○
本製品は屋外ではご使用になれません。
○
コネクターの端子に触らないでください。静電気を帯びた手
(体)でコネクターの端
子に触れると静電気の放電により故障の原因になります。
○
24
19 インチラックや壁面に設置する際は、正しいブラケットを使用してください。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
2 設置と接続
2.2
19 インチラックに取り付ける
本製品は同梱の19インチラックマウントキットを使用して、EIA規格の19インチラック
に取り付けることができます。
1
電源ケーブルや各メディアのケーブルをはずします。
2
ドライバーなどを使用して、本体底面の四隅にリベットで留められているゴム足を
はずします。
3
同梱のブラケット用ネジを使用して、本体両側面にブラケットを取り付けます。片
側に 4 個のネジを使用します。
4
ラックに付属のネジを使用して、19 インチラックに本製品を取り付けます。
ブラケットおよびブラケット用ネジは必ず同梱のものを使用し、19インチラックに適切なネジ
で確実に固定してください。
固定が不充分な場合、落下などにより重大な事故が発生する恐れがあります。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
2 設置と接続
25
2.3
壁面に取り付ける
本製品はオプション(別売)の壁設置ブラケット「AT-BRKT-J22」を使用して壁面に取り
付けることができます。
取り付け方法については、
「AT-BRKT-J22」
に付属の取扱説明書を参照してください。ま
た、設置可能な方向については弊社ホームページでご確認ください。
「AT-BRKT-J22」に取り付け用ネジは同梱されていません。別途ご用意ください。
本製品を壁面に取り付ける際は、
「AT-BRKT-J22」に適切なネジで確実に固定してください。
固定が不充分な場合、落下などにより重大な事故が発生する恐れがあります。
26
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
2 設置と接続
2.4
ネットワーク機器を接続する
本製品にコンピューターや他のネットワーク機器を接続します。
ケーブル
UTP ケーブルのカテゴリー
10BASE-Tの場合はカテゴリー3以上、100BASE-TXの場合はカテゴリー5以上の
UTP ケーブルを使用します。
本製品は弊社販売品のシールド付カテゴリー 5(ストレート)ケーブルにも対応しています。
UTP ケーブルのタイプ
通信モードがオートネゴシエーションの場合は、MDI/MDI-X自動切替機能が有効に
なり、接続先のポートの種類(MDI/MDI-X)にかかわらず、ストレート /クロスのど
ちらのケーブルタイプでも使用することができます。
通信モードをオートネゴシエーション以外に設定した場合はMDI-Xとなりますので、
ケーブルタイプに注意してください。接続先のポートがMDIの場合はストレートタ
イプ、接続先のポートが MDI-X の場合はクロスタイプのケーブルを使用します。
UTP ケーブルの長さ
本製品とネットワーク機器を接続するケーブルの長さは100m以内にしてください。
10BASE-T/100BASE-TX NETWORK PORTS (AUTO MDI/MDI-X)
1
3
5
7
9
11
13
15
17
19
21
8624EL
23
LAYER 3 FAST ETHERNET SWITCH
10BASE-T/100BASE-TX NETWORK PORTS
1
25
26
2
4
6
8
10
12
17
19
21
23
14
16
18
20
22
24
3
5
7
9
11
13
15
17
19
MODE
21
CONSOLE PORT
STATUS
RS-232
FAULT
23
LINK
COL
MODE
100M
MASTER
LINK
FULL
RPS
MODE
ACT
POWER
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
UTPケーブル
10BASE-T/100BASE-TX NETWORK PORTS (AUTO MDI/MDI-X)
1
3
5
7
9
11
13
15
8624EL
LAYER 3 FAST ETHERNET SWITCH
10BASE-T/100BASE-TX NETWORK PORTS
1
25
26
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
3
5
7
9
11
13
15
17
19
MODE
21
CONSOLE PORT
STATUS
RS-232
FAULT
23
LINK
COL
MODE
100M
MASTER
LINK
FULL
RPS
MODE
ACT
POWER
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
UTPケーブル
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
2 設置と接続
27
2.5
コンソールを接続する
本製品に設定を行うためのコンソールを接続します。本体前面コンソールポートとコン
ソールのシリアルポートを、RS-232 ストレートケーブルで接続します。
コンソール
コンソールには、VT100をサポートした通信ソフトウェアが動作するコンピューター、ま
たは非同期の RS-232 インターフェースを持つ VT100 互換端末を使用してください。
通信ソフトウェアの設定については、33 ページ「コンソールターミナルを設定する」で説明し
ます。
ケーブル
ケーブルはRS-232 ストレートケーブル
(9 ピンオス/9 ピンメス)
を使用します。接続す
る機器に合わせて、別途変換コネクターを用意してください。
10BASE-T/100BASE-TX NETWORK PORTS (AUTO MDI/MDI-X)
1
3
5
7
9
11
13
15
17
19
21
8624EL
23
LAYER 3 FAST ETHERNET SWITCH
10BASE-T/100BASE-TX NETWORK PORTS
1
26
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
3
5
7
9
11
13
15
17
19
MODE
21
CONSOLE PORT
STATUS
RS-232
FAULT
23
LINK
COL
MODE
100M
MASTER
LINK
FULL
RPS
MODE
ACT
POWER
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
9ピン オス
RS-232ストレートケーブル
9ピン メス
28
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
2 設置と接続
ご使用のコンソールのシリアルポ
ートに合わせて、変換コネクター
を使用してください。
2.6
電源ケーブルを接続する
本製品は、電源ケーブルを接続すると、自動的に電源が入ります。
1
同梱の電源ケーブル抜け防止フックを本体背面のフック取付プレートに取り付けま
す。
電源ケーブル抜け防止フック
フック取付プレート
2
電源ケーブルを本体背面の電源コネクターに接続します。
3
電源ケーブル抜け防止フックで電源ケーブルが抜けないようにロックします。
電源ケーブル
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
2 設置と接続
29
2.6
4
電源ケーブルを接続する
電源ケーブルの電源プラグを電源コンセントに接続します。
RPS INPUT
5
電源が入ると、本体前面の POWER LED(緑)が点灯します。
電源を切る場合は、電源プラグを電源コンセントから抜きます。
必ず、同梱の電源ケーブルを使用し、3ピン電源コンセントに接続してください。不適切な電源
ケーブルや電源コンセントを使用すると、発熱による発火や感電の恐れがあります。
電源をオフにしてから再度オンにする場合は、しばらく間をあけてください。
30
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
2 設置と接続
3
設定の手順
この章では、本製品に設定を行うための手順と、基本的な操作方
法について説明しています。
3.1
操作の流れ
STEP 1
コンソールを接続する
RS-232ストレートケーブルで、本体前面コンソールポートとコンソールのシリアルポートを
接続します。
28ページ「コンソールを接続する」
STEP 2
コンソールターミナルを設定する
コンソールの通信ソフトウェアを本製品のインターフェース仕様に合わせて設定します。
33ページ「コンソールターミナルを設定する」
STEP 3
ログインする
「ユーザー名」と「パスワード」を入力してログインします。
ユーザー名は「manager」、初期パスワードは「friend」です。
ユーザー名は大文字・小文字を区別しません。パスワードは大文字・小文字を区別します。
login: manager
・・・「manager」と入力して キーを押します。
Password: friend
・・・「friend」と入力して キーを押します。
35ページ「ログインする」
STEP 4
設定を始める
コマンドラインインターフェースで、本製品に対して設定を行います。
・・・プロンプトの後にコマンドを入力します。
Manager >
37ページ「設定を始める」
STEP 5
設定を保存する
設定した内容を保存するため、設定スクリプトファイルを作成します。
Manager > create config=filename.cfg
49ページ「設定を保存する」
STEP 6
起動スクリプトを指定する
保存した設定で本製品を起動させるため、起動スクリプトを指定します。
Manager > set config=filename.cfg
51ページ「起動スクリプトを指定する」
STEP 7
ログアウトする
コマンドラインインターフェースでの操作が終了したら、ログアウトします。
Manager > logoff
参照 52ページ「ログアウトする」
32
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
3.2
設定の準備
コンソールターミナルを設定する
本製品に対する設定は、コンソールポートに接続したコンソール、またはネットワーク上
のコンピューターから Telnet を使用して行います。
コンソールターミナル
(通信ソフトウェア)
に設定するパラメーターは次のとおりです。
「エ
ミュレーション」、「BackSpace キーの使い方」は EDIT コマンドのための設定です。「エ
ンコード」は HELP コマンド(日本語オンラインヘルプ)のための設定です。
項目
通信速度
データビット
パリティ
ストップビット
フロー制御
エミュレーション
BackSpace キーの使い方
エンコード方法
値
9,600bps
8
なし
1
ハードウェア
VT100
Delete
シフト JIS
(SJIS)
通信ソフトウェアとして、Windows 95/98/Me/2000/XP、Windows NTに標準装備のハ
イパーターミナルを使用する場合は、119ページ「ハイパーターミナルの設定」を参照してくだ
さい。
Telnetを使用する場合は、あらかじめコンソールターミナルで本製品にIPアドレスを割り当て
ておく必要があります。
55 ページ「IP インターフェースを作成する」
58 ページ「Telnet で接続する」
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
33
3.2
設定の準備
本製品を起動する
1
コンピューター
(コンソール)の電源を入れ、ハイパーターミナルなどの通信ソフト
ウェアを起動します。
2
本製品の電源を入れます。
29 ページ「電源ケーブルを接続する」
3
自己診断テストの実行後、システムソフトウェアが起動します。また、起動スクリ
プトが指定されていれば、ここで実行されます。
51 ページ「起動スクリプトを指定する」
110 ページ「自己診断テストの結果を確認する」
INFO:
INFO:
PASS:
INFO:
INFO:
Force
INFO:
Self tests beginning.
RAM test beginning.
RAM test, 32768k bytes found.
Self tests complete.
Downloading switch software.
EPROM download (Y) ?
Initial download successful.
INFO: Initialising Flash File System.
INFO: IGMP packet trapping is active for IGMP snooping, L3FILT is activated
INFO: Switch startup complete
login:
4
34
本製品起動後、「login:」プロンプトが表示されます。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
3.3
ログインする
ログインする
本製品には、権限によって、User
(一般ユーザー)
、Manager
(管理者)
、Security Officer
レベルの3つのユーザーレベルがあります。ご購入時の状態では、Managerレベルのユー
ザーアカウント「manager」のみが登録されています。初期導入時の設定作業を始め、ほ
とんどの管理・設定作業はこのアカウントを使用して行います。
1
「login: 」プロンプトが表示されたら、ユーザー名「manager」を入力します。
ユーザー名は大文字・小文字を区別しません。
login: manager a
2
「Password:」プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。
初期パスワードは「friend」です。パスワードは大文字・小文字を区別します。実際
の画面では入力した文字は表示されません。
Password: friend a
3
「Manager >」プロンプトが表示されます。
本製品に対する設定や管理は、このプロンプトの後にコマンドを入力することによ
り行います。
Manager >
SET SYSTEM NAME コマンドでシステム名(MIB II オブジェクト sysName)を設定すると、
「login: 」の前にシステム名が表示されます。
Telnet接続の場合、ログインプロンプトが表示されてから1分以内にログインしないと、Telnet
セッションが切断されます。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
35
3.3
ログインする
ログインパスワードを変更する
ログインパスワードの変更を行います。セキュリティー確保のため、初期パスワードは変
更することをお勧めします。
使用コマンド
SET PASSWORD
1
MANAGER レベルでログインします。
login: manager a
Password: friend a
2
パスワードの設定を行います。
Manager > set password a
3
現在のパスワードを入力します。
ここでは、初期パスワードの「friend」を入力します。実際の画面では入力した文字
は表示されません。
Old password: friend a
4
新しいパスワードを入力します。
6 ∼ 32 文字の印刷可能文字で入力してください。パスワードは大文字・小文字を区
別します。
ここでは新しいパスワードを「openENDS」と仮定します。
New password: openENDS a
5
確認のため、もう一度新しいパスワードを入力します。
Confirm: openENDS a
確認の入力に失敗すると、次のメッセージが表示されます。a キーを押してプロ
ンプトを表示し、手順 2 からやりなおしてください。
Error (3045287): SET PASSWORD, confirm password incorrect.
パスワードは忘れないように注意してください。
36
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
3.4
設定を始める
コマンドの入力と画面
コマンドプロンプト
本製品には、権限によって「Security Officer」、「Manager」、
「User」の 3 つのユーザー
レベルが用意されています。どのユーザーレベルでログインしたかによって、コマンドプ
ロンプトの表示は次のように異なります。
○
User レベル
>
○
Manager レベル
Manager >
○
Security Officer レベル
SecOff >
SET SYSTEM NAME コマンドでシステム名(MIB II オブジェクト sysName)を設定する
と、「>」の前にシステム名が表示されます。複数のシステムを管理しているような場合、
システム名にわかりやすい名前を付けておくと各システムを区別しやすくなり便利です。
Manager > set system name=sales a
Info (1034003): Operation successful.
Manager sales>
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
37
3.4
設定を始める
コマンドライン編集キー
コマンドラインでは、次のような編集機能を使うことができます。
機能
ターミナルのキー
1文字左 / 右に移動
/
カーソルの左にある文字を削除
/
挿入モード/上書きモードの切替
+
コマンド行の消去
+
前のコマンドを表示(履歴をさかのぼる)
+
次のコマンドを表示(履歴を進める)
+
コマンド履歴の表示
+ /
SHOW ASYN HISTORYコマンド
コマンド履歴の消去
RESET ASYN HISTORYコマンド
入力途中のコマンドとマッチする
最新のコマンド履歴を表示
+
/
次に選択可能なキーワードを表示する
?キーを押すと、コマンドの先頭キーワードとして有効な単語の一覧が表示されます
(表
示項目はソフトウェアのバージョンによって異なる可能性があります)
。大文字で表記さ
れている部分は、コマンドを省略する場合に最低限入力が必要な文字を意味します。
Manager > ? (?は表示されません)
Options : ACTivate ADD Connect CLear CREate COPy DEACTivate DELete DESTroy
DISable Disconnect DUMP EDit ENAble FINGer FLUsh Help LOAd MAIL MODify
PING PURge REName Reconnect RESET RESTART SET SHow SSH STARt STop TELnet
TRAce UPLoad LOGIN LOGON LOgoff LOgout
コマンドの入力途中で ? キーを押すと、次に選択可能なキーワードの一覧が表示されま
す。コマンドを途中まで入力して ? キーを押す場合は、文字列の後ろに半角スペースを
入力してから ? キーを押します。
例として、ADD コマンドに続けて ? キーを入力します。
Manager > add ? (?は表示されません)
Options : ALIas BOOTp DHCP IGMPSNooping IP LOG NTP OSPF PING PKI QOS RADius
SCript SNmp SSH STAck STP SWItch TRIGger TACacs TACPlus USEr VLAN
VLANRelay VRRP
38
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
コマンド入力時の注意
コマンド入力時には次のことに注意してください。
○
1 行で入力できるコマンドの最大文字数はスペースを含めて 1000 文字です。
通常の用途では事実上無制限ですが、コマンド行が長くなり 1 行におさまらない場
合は、コマンドの省略形を使うか、コマンドを複数行に分けてください
(ADDとSET
など)。
SET SYSTEM NAME コマンドでシステム名を設定している場合は、システム名の
分だけ短くなります。
○ 「ADD」、「IP」などのキーワード(予約語)は大文字・小文字を区別しません。
パラメーターとして指定する値の中には、ログインパスワードのように大文字・小文
字を区別するものと、ユーザー名のように大文字・小文字を区別しないものがありま
す。
「コマンドリファレンス」を確認して入力してください。
○
コマンドは一意に識別できる範囲で省略することができます。
例えば、SHOW FILE コマンドは「SH FI」と省略して入力することができます。
○
ユーザーレベルによって実行できるコマンドが異なります。
通常の管理作業は Manager レベルで行います。また、セキュリティーモードでは
Security Officerレベルの権限が必要です。セキュリティーモードについては「コマ
ンドリファレンス」を参照してください。
CD-ROM「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「セキュリティー」
○
コマンドの実行結果はすぐに本製品に反映され、再起動を行う必要はありません。
ただし、設定内容は再起動すると消去されるので、再起動後にも同じ設定で運用し
たい場合は CREATE CONFIG コマンドで設定スクリプトに保存してください。
49 ページ「設定を保存する」
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
39
3.4
設定を始める
メッセージ表示
コマンドの入力後、実行結果や構文エラーを知らせるメッセージが表示されます。
メッセージは次のような形式になっています。
レベル (番号): 本文
「レベル」はメッセージの重要度を示す単語で、次のどれかになります。
Info:
Warning:
Error:
コマンドの実行に成功したことを示す
コマンドの実行には成功したが、関連する事柄に注意すべき点があることを示す
コマンドの実行に失敗したことを示す
「番号」は 3 つのフィールドからなる 7 桁のメッセージコードです。
smmmnnn
「s」はメッセージの重要度を示す1桁の数字です。1
(Info)
、2(Warning)
、3
(Error)
の 3 種類があります。 意味は「レベル」と同じです。
「mmm」はメッセージを出力したモジュールを示す 3 桁の数字です。
「nnn」は個々のメッセージを識別するための 3 桁の数字です。001 ∼ 255 は全モ
ジュール共通のメッセージ、256∼999はモジュールごとに異なるメッセージです。
「本文」はメッセージ本文(英文)です。
○
コマンドが正しく実行された場合
Manager > set system name=sales a
Info (1034003): Operation successful.
○
警告が出される場合
Manager > add ip interface=vlan1 ipaddress=192.168.1.1 a
Warning (2005267): The IP module is not enabled.
○
該当するコマンドがない場合
Manager > seg system name=sales a
Error (3035256): Unknown command “seg”.
40
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
○
該当するパラメーターがない場合
Manager > set systemname=sales a
Error (3035012): Parameter “systemname” not recognised.
○
コマンドが不完全な場合
Manager > set system a
Error (3034007): Unexpected end of line.
○
パラメーターに必要な値が指定されていない場合
Manager > set system name= a
Error (3034010): Value missing on parameter NAME.
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
41
3.4
設定を始める
表示内容が複数ページにわたる場合
デフォルトの端末設定では、1 ページあたりの行数が 22 に設定されています。コマンド
の出力結果が22行よりも長い場合は21行ごとに表示が一時停止し、最下行に次のような
メッセージが表示され、キー入力待ち状態になります。
—More—
(<space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit)
ここでは、次のキー操作ができます。
機能
ターミナルのキー
次の1ページを表示する
次の1行を表示する
残りすべてを続けて表示する
残りを表示せずにプロンプトに戻る
ページあたりの行数は SET ASYN コマンドで変更できます。ただし、ページ設定はセッ
ション
(コンソールターミナル、Telnetセッションなど)
ごとに異なるため、設定スクリプ
トには保存されません。
Manager > SET ASYN PAGE=30 a
ページ単位の一時停止を無効にするには、PAGE パラメーターに OFF を指定します。
Manager > SET ASYN PAGE=OFF a
42
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
オンラインヘルプ
本製品にはオンラインヘルプが用意されています。HELPコマンドを実行すると、ヘルプ
ファイルのトップページが表示されます。
Manager > help a
トップページの一覧からトピックを指定します。入力は大文字の部分だけでかまいません
("Help Operation" は "H O" と省略可)
。例として「Help Operation」を指定します。
Manager > help operation a
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
43
3.4
設定を始める
画面の表示にしたがってトピックを多段で指定してください。ここでは、例として
「Help
Operation SYstem」を指定します。システム管理に関する一般的なコマンドが表示され
ます。
Manager > help operation system a
オンラインヘルプのトピックは、
「コマンドリファレンス」
の章構成
(画面上部のフレーム)
、機能
別索引
(画面左側のフレーム)
と同じようなグループ分けがされています。
44
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
コマンドの表記
本書では、次のような基準にしたがってコマンドの構文を表記しています
(入力例は大文
字・小文字の区別があるもの以外すべて小文字で表記)。
ADD VLAN={vlanname|1..4094} PORT={port-list|ALL} [FRAME={TAGGED|UNTAGGED}]
大文字
小文字
{}
[]
大文字の部分はコマンド名やパラメーター名などのキーワード
(予約語)
を示します。
キーワードに大文字・小文字の区別はありませんので、小文字で入力してもかまいま
せん。一方、キーワードでない部分
(パラメーター値など)
には、大文字・小文字を区
別するものもありますので、各パラメーターの説明を参照してください。
小文字の部分は値を示します。コマンド入力時には、環境に応じて異なる文字列や
数字が入ります。例えば、VLAN=vlannameのような構文ではvlannameの部分に具
体的な VLAN 名を入力します。
ブレース({ })で囲まれた部分は、複数の選択肢からどれか 1 つを指定することを示
します。選択肢の各項目は縦棒(|)で区切られます。例えば、FRAME=
{TAGGED|UNTAGGED}は、FRAMEパラメーターの値としてキーワードTAGGED
か UNTAGGED のどちらか一方だけを指定することを示しています。
スクエアブラケット
([ ])で囲まれた部分は省略可能であることを示します。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
45
3.4
設定を始める
主要コマンド
本製品のコマンドは大きく設定コマンドと実行コマンドの 2 種類に分類されます。
設定コマンド
設定コマンドは、本製品に対してパラメーターの追加・削除、有効・無効などを行うため
のコマンドで、その内容はコマンド実行後も保持されます。内容によっては、複数の設定
コマンドを組み合わせて有効になるものもあります。
設定コマンドで実行された情報は CREATE CONFIG コマンドによって設定スクリプトに
保存し、SET CONFIG コマンドで次回の起動時に読み込まれるようにします。
代表的な設定コマンドには次のようなものがあります。
ADD / DELETE
ADDは、既存のテーブルやインターフェースなどに情報の追加・登録をするコマンドです。
インターフェースへの IP アドレスの付与や経路の登録、VLAN やトランクグループへの
ポートの割り当てなどに使用します。
DELETE は、ADD で追加・登録した内容を削除するコマンドです。
CREATE / DESTROY
CREATEは、存在していない項目
(グループ、ポリシー、トリガーなど)
を作成するコマン
ドです。設定スクリプトファイルや、VLAN、トランクグループ、トリガーの作成などに
使用します。
DESTROY は、CREATE で作成した項目を消去するコマンドです。
ENABLE / DISABLE
ENABLEは、ステータスを有効にするコマンドです。モジュールやインターフェースを有
効にする場合などに使用します。
DISABLE は、ステータスを無効にするコマンドです。
PURGE
指定した項目の設定内容をすべて消去し、デフォルト設定に戻すコマンドです。スパニン
グツリーパラメーターやユーザー登録などの全消去に使用します。不用意に実行しないよ
う注意してください。
SET
ADD コマンドや CREATE コマンドで追加・作成された設定の変更と、環境設定を行うコ
マンドです。システム名の設定や、起動スクリプトの指定などに使用します。
46
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
実行コマンド
実行コマンドは、ログイン・ログアウト、Telnet、ヘルプの表示、Pingテストなど、その
場で動作が終了するコマンドです。内容がコマンド実行後に保存されることはありません。
内容によっては、実行コマンドを使用する前に、設定コマンドによる設定が必要なものも
あります。
代表的な実行コマンドには次のようなものがあります。
ACTIVATE / DEACTIVATE
ACTIVATEは、既存の設定や機能を手動で動作
(起動)
させるコマンドです。スクリプトの
実行やポートのオートネゴシエーションプロセスの実行などに使用します。
DEACTIVATEは、ACTIVATEコマンドで動作させている機能を停止させるコマンドです。
EDIT
「.cfg」
(設定スクリプトファイル)、および「.scp」
(スクリプトファイル)を直接編集する
コマンドです。
80 ページ「テキストエディターを使用する」
HELP
オンラインヘルプを表示するコマンドです。
43 ページ「オンラインヘルプ」
LOAD
TFTPサーバーやZmodemなどにより、ファイルを本製品にダウンロードするコマンドで
す。
76 ページ「ダウンロード・アップロードする」
LOGIN
ログインするコマンドです。
35 ページ「ログインする」
LOGOFF, LOGOUT
ログアウトするコマンドです。
52 ページ「ログアウトする」
PING
指定したホストからの応答を確認するコマンドです。
62 ページ「PING を実行する」
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
47
3.4
設定を始める
RESET
設定内容は変更せずに、実行中の動作を中止して、初めからやりなおすコマンドです。
RESTART
本製品を再起動するコマンドです。RESTART SWITCH コマンドによるウォームスター
トと RESTART REBOOT コマンドによるコールドスタートがあります。
68 ページ「再起動する」
SHOW
設定内容などの各種の情報を表示するコマンドです。
STOP PING
PING を停止するコマンドです。
62 ページ「PING を実行する」
TELNET
Telnet を実行するコマンドです。
59 ページ「指定したホストに Telnet 接続する」
TRACE
指定したホストまでの経路を表示するコマンドです。
64 ページ「経路をトレースする」
UPLOAD
TFTP サーバーや Zmodem などにより、ファイルをサーバーやコンピューターにアップ
ロードするコマンドです。
76 ページ「ダウンロード・アップロードする」
48
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
3.5
設定を保存する
コマンドの実行結果はすぐに本製品に反映されますが、設定内容はランタイムメモリー
(RAM)上にあるため、電源のオフ→オンをする、リセットボタンを押す、または RESTART コマンドを実行して本製品を再起動すると消去されます。
再起動後にも同じ設定で運用したい場合は、CREATE CONFIG コマンドを実行して設定
内容をスクリプトファイルに保存します。
RAM
(作業領域)
コマンドの実行
コンソールターミナル
CREATE CONFIG
設定内容の保存
フラッシュメモリー
(保存領域)
使用コマンド
CREATE CONFIG=filename
SHOW FILE[=filename]
パラメーター
CONFIG
1
: 設定スクリプトファイル名。1 ∼ 28 文字で半角英数字とハイフン[-]
が使えます。拡張子は通常「.cfg」を付けます。指定したファイルがす
でに存在していた場合は上書きされます。存在しない場合は新規に作成
されます。
設定スクリプトファイルを作成します。
ここでは、設定スクリプトのファイル名を「test01」と仮定します。
Manager > create config=test01.cfg a
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
49
3.5
2
設定を保存する
SHOW FILE コマンドで、ファイルが正しく作成されたことを確認します。
Manager > show file a
Filename
Device
Size
Created
Locks
------------------------------------------------------------------------longname.lfn
flash
17
01-Jan-1999 00:00:00
0
prefer.ins
flash
64
01-Jan-1999 00:05:01
0
random.rnd
flash
3904
01-Jan-1999 00:20:00
0
release.lic
flash
64
25-Jun-2004 16:08:17
0
sr-264.rez
flash
1724456 25-Jun-2004 16:07:43
0
sr264-03.paz
flash
40912
01-Jan-1999 00:04:45
0
test01.cfg
flash
1621
01-Jan-1999 00:00:38
0
-------------------------------------------------------------------------
設定スクリプトはテキストファイルです。SHOW FILEコマンドでファイル名を指定
すると、設定内容が確認できます。
Manager > show file=test01.cfg a
File : test01.cfg
1:
2:#
3:# SYSTEM configuration
4:#
5:
6:#
7:# SERVICE configuration
8:#
9:
10:#
11:# LOAD configuration
12:#
13:
14:#
15:# USER configuration
16:#
17:set user=manager pass=3af00c6cad11f7ab5db4467b66ce503eff priv=manager lo=yes
18:set user=manager telnet=yes desc="Manager Account"
--More-- (<space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit)
50
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
3.6
起動スクリプトを指定する
本製品が起動するときに、作成した設定スクリプトが実行されるように設定します。起動
時に実行される設定スクリプトを「起動スクリプト」と呼びます。
使用コマンド
SET CONFIG=filename
SHOW CONFIG
パラメーター
CONFIG
1
: 起動スクリプトファイル。起動時に読み込まれるデフォルトの設定スク
リプトファイル(
「.cfg」ファイル)を指定します。
起動スクリプトを指定します。
ここでは、設定スクリプトのファイル名を「test01.cfg」と仮定します。
Manager > set config=test01.cfg a
2
SHOW CONFIG コマンドで、現在指定されている起動スクリプトを確認します。
Manager > show config a
Boot configuration file: test01.cfg (exists)
Current configuration: None
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
51
3.7
ログアウトする
設定が終了したら、本製品からログアウトして、通信ソフトウェアを終了します。
使用コマンド
LOGOFF
1
LOGOFFコマンドを実行します。LOGOFFの代わりに、LOGOUTも使用できます。
Manager > logoff a
2
セッションが終了し、
「login:」プロンプトが表示されます。
login:
セキュリティーのため、通信ソフトウェアを終了する前に、必ずLOGOFF コマンドでログアウ
トしてください。
52
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
3 設定の手順
4
基本の設定と操作
この章では、本製品を運用・管理するための基本的な設定と操作
方法について説明しています。各機能の詳細については、CDROM 内の「コマンドリファレンス」を参照してください。
4.1
インターフェースを指定する
スイッチポートとコンソールポートの物理インターフェースは、基本的に次のような形式
で表示、入力を行います。
物理ポート
表示方法
入力形式
ポート1∼26※
Port 1∼26※
port=n
コンソールポート
ASYN
asyn
※ ポート 25、26 は拡張モジュール用ポート
ポートを指定する
スイッチポートに対する設定コマンドには、複数のポートを一度に指定できるものがあり
ます。以下、指定するときの例を示します。
○
1 つのポートを指定
ENABLE SWITCH PORT=2 a
○
連続する複数のポートをハイフンで指定
ADD VLAN=black PORT=3-7 a
○
連続していない複数のポートをカンマで指定
SHOW SWITCH PORT=2,4,8 a
○
カンマとハイフンの組み合わせで指定
SHOW SWITCH PORT=2,4-7 a
○
すべてのポートを意味するキーワード ALL を指定
RESET SWITCH PORT=ALL COUNTER a
VLAN インターフェースを指定する
物理インターフェースのほかに、論理インターフェースとしてVLANがあります。VLAN
はIPアドレスの設定時など下位のインターフェースとして指定する場面が多くあります。
VLAN は VLAN ID を使用して vlann(n は VLAN ID)で指定するか、VLAN 名を使用して
vlan-vlanname(vlanname は VLAN 名)
で指定します。
interface=vlan1
interface=vlan-default
54
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
4.2
IP インターフェースを作成する
IP インターフェースは、ADD IP INTERFACE コマンドで VLAN に IP アドレス
(とネット
マスク)を割り当てることによって作成します。
手動で IP アドレスを設定する
使用コマンド
ENABLE IP
ADD IP INTERFACE=vlan-if IPADDRESS={ipadd|DHCP} [MASK=ipadd]
SHOW IP INTERFACE[=vlan-if]
パラメーター
INTERFACE
IPADDRESS
MASK
1
: VLAN インターフェース。VLAN ID で指定する場合は VLANn の形式
で、VLAN 名で指定する場合は VLAN-vlanname の形式で入力します。
: IPアドレス。X.X.X.Xの形式で、Xが0∼255の半角数字を入力します。
: サブネットマスク。X.X.X.Xの形式で、Xが0∼255の半角数字を入力
します。省略時は IP アドレスのクラス標準マスクが使用されます。
IP モジュールを有効にします。
Manager > enable ip a
2
VLANにIPアドレスとネットマスクを割り当てて、IPインターフェースを作成します。
ここでは、default VLAN
(vlan1)に IP アドレス「192.168.1.10」、サブネットマス
ク「255.255.255.0」を設定すると仮定します。
Manager > add ip interface=vlan1 ipaddress=192.168.1.10
mask=255.255.255.0 a
3
SHOW IP INTERFACE コマンドで、IP アドレスの設定を確認します。
Manager sales> show ip interface a
Interface
Type
IP Address
Bc Fr PArp Filt RIP Met. SAMode IPSc
Pri. Filt
Pol.Filt Network Mask
MTU VJC GRE OSPF Met. DBcast Mul.
-------------------------------------------------------------------------------Local
--Not set
- - --- -Pass
-----Not set
1500 --- -----vlan1
Static 192.168.1.10
1 n Off --- 01
Pass
No
----255.255.255.0
1500 --- 0000000001 No
Rec
--------------------------------------------------------------------------------
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
55
4.2
IP インターフェースを作成する
DHCP で IP アドレスを自動設定する
ネットワーク上の DHCP サーバーを利用して、VLAN インターフェースの IP アドレスを
自動設定することもできます(DHCP クライアント機能)。
本製品のDHCPクライアント機能では、IPアドレス、サブネットマスクに加え、DNSサー
バーアドレス
(2 個まで)
、ドメイン名の情報が取得・自動設定できます。
使用コマンド
ENABLE IP
ENABLE IP REMOTEASSIGN
ADD IP INTERFACE=vlan-if IPADDRESS={ipadd|DHCP}
SHOW DHCP
パラメーター
INTERFACE
IPADDRESS
1
: VLAN インターフェース。VLAN ID を使用する場合は VLANn の形式
で、VLAN 名を使用する場合は VLAN-vlanname の形式で入力します。
: DHCP サーバーから IP パラメーターを取得して自動設定する場合は、
DHCP を指定します。
IP モジュールを有効にします。
Manager > enable ip a
2
IPアドレスの動的設定機能を有効にします。DHCPクライアント機能を使うときは、
必ず最初に動的設定を有効にしてください。
Manager > enable ip remoteassign a
3
IP インターフェースを作成します。IP パラメーターには DHCP を指定します。
Manager > add ip interface=vlan1 ipaddress=dhcp a
56
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
4
DHCP サーバーから割り当てられた IP アドレス、DNS サーバーアドレス、ゲート
ウェイアドレスなどは、SHOW DHCP コマンドで確認できます
(「DHCP Client」に
表示されます)。
Manager > show dhcp a
DHCP Server
State ..................
BOOTP Status ...........
Extended Client ID .....
Debug Status ...........
Policies ...............
Ranges .................
In Messages ............
Out Messages ...........
In DHCP Messages .......
Out DHCP Messages ......
In BOOTP Messages ......
Out BOOTP Messages .....
disabled
disabled
disabled
disabled
none currently defined
none currently defined
2
7
2
7
0
0
DHCP Client
Interface ..............
Client Identifier ......
State ..................
Server .................
Assigned Domain ........
Assigned IP ............
Assigned Mask ..........
Assigned Gateway .......
Assigned DNS ...........
Assigned Lease .........
vlan1
00-00-cd-12-ae-b1
bound
192.168.1.1
teacher.allied-telesis.co.jp
192.168.1.242
255.255.255.0
192.168.1.32
192.168.1.1 192.168.1.10
600
ENABLE IP REMOTEASSIGN コマンドを実行しないと、DHCP サーバーからアドレスの割
り当てを受けても、インターフェースにアドレスが設定されません。
SHOW DHCPコマンドでは割り当てられたIPアドレスが表示されるにもかかわらず、SHOW
IP INTERFACE コマンドでは IP アドレスが「0.0.0.0」のままといった場合は、SHOW IP コ
マンドを実行して、
「Remote IP address assignment」が Enabled になっているかを確認
してください。Disabled のときはENABLE IP REMOTEASSIGNコマンドを実行し、該当す
るインターフェースを DELETE IP INTERFACE コマンドで一度削除し、再度 DHCP を指定し
てください。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
57
4.3
Telnet で接続する
本製品は Telnet サーバー機能、および Telnet クライアント機能をサポートしています。
ここでは、Telnet を使用するための設定や操作について説明します。
Telnet でログインする
本製品のTelnetサーバー機能はデフォルトで有効
(Enabled)
になっています。IPインター
フェースを作成すれば、Telnet で別ホストからログインできます。
Telnet クライアントに設定するパラメーターは次のとおりです。
項目
エミュレーション
BackSpace キーの使い方
エンコード方法
1
値
VT100
Delete
シフト JIS
(SJIS)
Telnetクライアント機能が利用できる機器から、本製品に対してTelnetを実行します。
ここでは、本製品の IP モジュールが有効で、VLAN に IP アドレス「192.168.1.10」
が割り当てられていると仮定します。
telnet 192.168.1.10 a
2
Telnetセッションが確立すると、
「TELNET session now in ESTABLISHED state 」
のメッセージの後、
「login:」プロンプトが表示されます。
Windows 95/98/Me/2000/XP、Windows NT で Telnet を使用する場合は、122 ページ
「Telnet クライアントの設定」を参照してください。
Telnet サーバー機能を無効にする
Telnet 接続を拒否する場合は、DISABLE TELNET SERVER コマンドで Telnet サーバー
機能を無効にします。
使用コマンド
DISABLE TELNET SERVER
Manager > disable telnet server a
58
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
Telnet サーバーの TCP ポート番号を変更する
Telnet サーバーのリスニング TCP ポート番号を変更することができます。デフォルトは
23 です。
使用コマンド
SET TELNET [LISTENPORT=port]
パラメーター
LISTENPORT
1
: Telnet サーバーの TCP ポート番号。1 ∼ 65535 の半角数字を入力し
ます。デフォルトは 23 です。
例として、TCP ポート番号を「120」に変更します。
Manager > set telnet listenport=120 a
2
コマンドを実行するとすぐにTelnetモジュール情報が表示され、設定が確認できます。
TELNET Module Configuration
-----------------------------------------Telnet Server .................. Enabled
Telnet Server Listen Port ...... 120
Telnet Terminal Type ........... UNKNOWN
Telnet Insert Null's ........... Off
------------------------------------------
指定したホストに Telnet 接続する
他の機器に対して Telnet 接続することができます。接続先の指定には、IP アドレスのほ
か、ホスト名が使用できます。
使用コマンド
TELNET {ipadd|host}
パラメーター
ipadd
host
1
: IP アドレス。
: ホスト名。
Telnet コマンドを実行します。
Manager% telnet 192.168.1.20 a
次のメッセージが表示されます。
Info (1033256): Attempting Telnet connection to 192.168.1.20, Please wait ....
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
59
4.3
2
Telnet で接続する
Telnet セッションが確立すると、
「login:」プロンプトが表示されます。
TELNET session now in ESTABLISHED state
login:
Telnet セッションを終了するには、LOGOFF コマンドを実行します。コンソールポート
からログインしている場合は b + D キーを押しても接続を切ることができます。
Manager% logoff a
login:
一時中断したセッションに戻るには、b+Xキーを何回か押して該当するセッションを
表示させ、aキーを押します。SHOW SESSIONSコマンドでセッションの一覧を確認
し、RECONNECT コマンドで再接続することもできます。
セッションから一時的に抜けてプロンプトに戻るには、コンソールポートからログインし
ている場合は「Break」を送信、Telnet で別ホストからログインしている場合は、b +
Pキーを入力します。セッションからプロンプトに戻るための文字
(アテンションキャラ
クター)は、SET ASYN コマンドの ATTENTION パラメーターで変更できます。
IP アドレスのホスト名を設定する
IP アドレスの代わりにわかりやすいホスト名を設定することができます。
使用コマンド
ADD IP HOST=name IPADDRESS=ipadd
TELNET {ipadd|host}
パラメーター
HOST
IPADDRESS
: ホスト名。1 ∼ 60 文字の半角英数字で入力します。
: ホスト名を設定する IP アドレス。X.X.X.X の形式で、X が 0 ∼ 255 の
半角数字を入力します。
IP アドレスの代わりにホスト名を設定します。
例として、IP アドレス「192.168.1.20」のホスト名を「govinda」と仮定します。
Manager > add ip host=govinda ipaddress=192.168.1.20 a
ホスト名を使用して、Telnet を実行することができます。
Manager > telnet govinda a
60
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
DNS サーバーを参照するように設定する
ホスト名から IP アドレスを取得するために、DNS サーバーを参照するように設定するこ
とができます。
使用コマンド
ADD IP DNS PRIMARY=ipadd
TELNET {ipadd|host}
パラメーター
PRIMARY
:(プライマリー)DNS サーバーの IP アドレス。X.X.X.X の形式で、X が
0 ∼ 255 の半角数字を入力します。
例として、IP アドレス「192.168.10.200」を DNS サーバーとして設定します。
Manager > add ip dns primary=192.168.10.200 a
ホスト名を使用して、Telnet を実行することができます。
Manager > telnet storm.tw.allied-telesis.co.jp a
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
61
4.4
接続を確認する
PING を実行する
PINGコマンドで、指定した相手との通信が可能かどうかを確認します。PINGは指定した
相手にエコーを要求するパケットを送信し、相手からのエコーに応答するパケットを表示
します。
使用コマンド
PING [[IPADDRESS=]ipadd] [NUMBER={number|CONTINUOUS}]
SHOW PING
パラメーター
IPADDRESS
NUMBER
: 宛先 IP アドレス。X.X.X.X の形式で、X が 0 ∼ 255 の半角数字を入力
します。ホストテーブルに登録されているホスト名も指定できます。
PING コマンドは DNS を参照しないため、DNS にしか登録されていな
いホスト名は指定できません。
: PINGパケットの送信回数。1以上の数字を入力します。CONTINUOUS
を指定した場合は、STOP PINGコマンドで停止するまでパケットの送
信が続けられます。
PINGコマンドには、上記のパラメーター以外に、PINGパケットのデータ部分の長さや応
答の待ち時間
(タイムアウト)
を指定するパラメーターなどがあります。未指定のパラメー
ターについては、SET PINGコマンドで設定したデフォルト値が用いられます。詳しくは、
「コマンドリファレンス」を参照してください。
CD-ROM「コマンドリファレンス」/「IP」の一般コマンド
1
PING を実行します。ここでは、PING パケットの送信回数に 3(回)を指定します。
NUMBERパラメーターを指定しないと、デフォルト設定の5回で送信を停止します。
Manager > ping 192.168.10.32 number=3 a
Echo reply 1 from 192.168.10.32 time delay 0 ms
Echo reply 2 from 192.168.10.32 time delay 0 ms
Echo reply 3 from 192.168.10.32 time delay 0 ms
Manager >
PING に対する応答がある場合は「Echo reply 1 from X.X.X.X time delay X ms」の
ように表示されます。
PING に対する応答がない場合は「Request 1 timed-out: No reply from X.X.X.X」
のように表示されます。
存在しないホストを宛先に指定すると「Destination host unreachable」と表示さ
れます。
62
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
2
SHOW PINGコマンドで、PINGコマンドのデフォルト設定、および実行中あるいは
前回の PING に関する情報が表示できます。
Manager > show ping a
Ping Information
-------------------------------------------------------------------------------Defaults:
Type .......................... Source ........................ Undefined
Destination ................... Undefined
Number of packets ............. 5
Size of packets (bytes) ....... 24
Timeout (seconds) ............. 1
Delay (seconds) ............... 1
Data pattern .................. Not set
Type of service ............... 0
Direct output to screen ....... Yes
Current:
Type ..........................
Source ........................
Destination ...................
Number of packets .............
Size of packets (bytes) .......
Timeout (seconds) .............
Delay (seconds) ...............
Data pattern ..................
Type of service ...............
Direct output to screen .......
IP
192.168.10.1
192.168.10.32
3
24
1
1
Not set
0
Yes
Results:
Ping in progress .............. No
Packets sent .................. 3
Packets received .............. 3
Round trip time minimum (ms) .. 0
Round trip time average (ms) .. 0
Round trip time maximum (ms) .. 0
Last message .................. Finished succesfully
--------------------------------------------------------------------------------
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
63
4.4
接続を確認する
経路をトレースする
TRACE コマンドで、指定した相手までの経路を表示します。
使用コマンド
TRACE [[IPADDRESS=]ipadd]
SHOW TRACE
パラメーター
IPADDRESS
: 経路を表示するホストのIPアドレス。X.X.X.Xの形式で、Xが0∼255
の半角数字を入力します。
TRACEコマンドには、上記のパラメーター以外に、トレースルートの最大ホップ数や各
ホップで送信するパケットの数を指定するパラメーターがあります。未指定のパラメー
ターについては、SET TRACEコマンドで設定したデフォルト値が用いられます。詳しく
は、
「コマンドリファレンス」を参照してください。
CD-ROM「コマンドリファレンス」/「IP」の一般コマンド
1
TRACE コマンドで、経路を表示します。
Manager > trace 172.16.28.1 a
Trace from 172.16.17.237 to 172.16.28.1, 1-30 hops
0. 172.16.17.32
0
0
0 (ms)
1. 172.16.28.1
0
0
0 (ms)
***
Target reached
実行中のトレースルートを停止する場合は STOP TRACE コマンドを実行します。
64
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
2
SHOW TRACEコマンドで、TRACEコマンドのデフォルト設定、実行中あるいは前
回のトレースルートに関する情報が表示できます。
Manager > show trace a
Trace information
-------------------------------------------------------------------------------Defaults:
Destination ................... 0.0.0.0
Source ........................ 0.0.0.0
Number of packets per hop ..... 3
Timeout (seconds) ............. 3
Type of service ............... 0
Port .......................... 33434
Minimum time to live .......... 1
Maximum time to live .......... 30
Addresses only output ......... Direct output to screen ....... Yes
Current:
Destination ...................
Source ........................
Number of packets per hop .....
Timeout (seconds) .............
Type of service ...............
Port ..........................
Minimum time to live ..........
Maximum time to live ..........
Addresses only output .........
Direct output to screen .......
172.16.28.1
172.16.17.237
3
3
0
33434
1
30
Yes
Results:
Trace route in progress ....... No
1. 172.16.17.32
2. 172.16.28.1
0
0
0
0
0 (ms)
0 (ms)
Last message ..................
Target reached
--------------------------------------------------------------------------------
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
65
4.5
システム情報を表示する
SHOW SYSTEM コマンドで、システムの全般的な情報を表示します。
使用コマンド
SHOW SYSTEM
Manager > show system a
Switch System Status
Time 00:13:09 Date 01-Jan-1999.
Board
ID Bay Board Name
Host Id Rev
Serial number
-------------------------------------------------------------------------------Base
238
8624EL
0 M1-0 123456789000
Uplink
239 0 AT-A46 (RJ45)
0 M1-0 0
-------------------------------------------------------------------------------Memory - DRAM : 32768 kB
FLASH : 4096 kB
-------------------------------------------------------------------------------SysDescription
CentreCOM 8624EL version 2.6.4-03 27-Jul-2004
SysContact
SysLocation
SysName
SysDistName
SysUpTime
78932 ( 00:13:09 )
Boot Image
:
Software Version:
Release Version :
Patch Installed :
Territory
:
Help File
:
Main PSU
RPS Monitor
sr105.fbr size 508724 01-Jan-1999
2.6.4-03 27-Jul-2004
2.6.4-00 14-Jun-2004
Release patch
europe
help.hlp
: On
: Off
Main Fan
: On
Temperature
: 28 Celsius
Main Fan Speed : 4963 RPM
Voltage Status ( Rail : Read )
2.5V : 2.51V 3.3V : 3.29V 5.0V : 5.04V
Configuration
Boot configuration file: None
Current configuration: None
Security Mode
: Disabled
Patch files
Name
Device
Size
Version
-------------------------------------------sr264-03.paz
flash
40912
2.6.4-3
--------------------------------------------
66
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
1.8V : 1.79V
Board
ID
Bay
Board Name
Rev
Serial number
DRAM
FLASH
SysDescription
SysContact
SysLocation
SysName
SysUpTime
Boot Image
Software Version
製品(部品)
の種類。Base
(スイッチ本体)
、Uplink
(拡張モジュール)が
ある
製品(部品)の種類を示す ID 番号
拡張モジュールのスロット番号。0
(25)、1(26)がある
製品(部品)の名称
製品(部品)のハードウェアリビジョン
製品のシリアル番号
(スイッチ本体のみ表示される)
実装されている DRAM メモリーの容量
実装されているフラッシュメモリーの容量
製品およびファームウェアの概要
(MIB-II の sysDescr)
管理責任者(MIB-II の sysContact)
設置場所(MIB-II の sysLocation)
システム名(MIB-II の sysName)
稼働時間(前回リブートしてからの時間)
ブートイメージの名称、容量
パッチを含むソフトウェアバージョン
Release Version
リリースファイルのバージョン
Patch Installed
インストールされているパッチの説明。NONE はパッチなし
Territory
地域(australia、china、europe、japan、korea、newzealand、usa)
Help File
HELP コマンドが使用するヘルプファイル名
Main PSU
本製品の電源ユニットの状態。On/Off で表示
Main Fan
本製品のファンの状態。On/Off で表示
RPS Monitor
未サポート(常時 Off で表示)
Temperature
本製品内部の温度状態。Celsius
(℃)
で表示
Main Fan Speed
ファンの回転数。RPM(毎分回転数)で表示
Voltage Status ( Rail : Read )
2.5V/3.3V/5.0V/1.8V の各電源ユニットの供給電圧。
Boot configuration file 起動時に読み込まれる設定ファイル名
Current configuration 現在の設定のもととなったファイル名
Security Mode
セキュリティーモードで動作しているか。Enabled または Disabled
Patch files
インストールされているパッチファイルに関する情報。パッチがない場
合は警告(Warning)のメッセージが表示される
Name
パッチファイル名
Device
パッチファイルが格納されているデバイス。nvs か flash
Size
パッチファイルのサイズ
Version
パッチファイルのバージョン
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
67
4.6
再起動する
本製品をコマンドで再起動します。RESTART SWITCHコマンドはウォームスタートを、
RESTART REBOOT コマンドはコールドスタートを実行します。
RESTART REBOOT
RESTART SWITCH
自己診断テストの
実行
ファームウェアの
読み込みと実行
ご購入時の状態に
初期化
起動スクリプトの
読み込みと実行
※起動スクリプトが
存在する場合
起動完了
SNMP トラップの送信を有効にしている場合、REBOOT オプション(ハードウェアリセット)
、
SWITCH オプション(ソフトウェアリセット)
のどちらを指定した場合でも coldStart トラップ
が送信されます。
ウォームスタートを実行する
ソフトウェア的なリセットを行います。起動スクリプトだけを読み込みなおして設定を初
期化します。起動スクリプト
(filename.cfg)だけを変更した場合に、このコマンドを使用
します。
使用コマンド
RESTART SWITCH [CONFIG={filename|NONE}]
パラメーター
CONFIG
: 再起動時に読み込む設定スクリプトファイル。NONEを指定した場合は
設定スクリプトを読み込まずに起動します
(空の設定で立ち上がる)
。こ
のオプションを指定しなかった場合は、SET CONFIGコマンドで設定
した起動スクリプトが読み込まれます。
70 ページ「ご購入時の状態に戻す」
68
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
1
ウォームスタートを行います。
Manager > restart switch a
2
「login:」プロンプトが表示されたら、再起動は完了です。起動メッセージにより
「test01.cfg」が読み込まれたことが表示されています。
INFO: Initialising Flash File System.
INFO: IGMP packet trapping is active for IGMP snooping, L3FILT is activated
INFO: Executing configuration script <flash:test01.cfg>
INFO: Switch startup complete
login:
コールドスタートを実行する
電源をオフ→オンした場合と同じハードウェア的なリセットを行います。ファームウェア
をロードした後、起動スクリプトを読み込みます。ファームウェアをバージョンアップし
た場合は、この操作が必要です。
使用コマンド
RESTART REBOOT
1
コールドスタートを行います。
Manager > restart reboot a
2
自己診断テスト終了後、
「login:」
プロンプトが表示されたら、再起動は完了です。起
動メッセージにより「test01.cfg」が読み込まれたことが表示されています。
INFO:
INFO:
PASS:
INFO:
INFO:
Force
INFO:
Self tests beginning.
RAM test beginning.
RAM test, 32768k bytes found.
Self tests complete.
Downloading switch software.
EPROM download (Y) ?
Initial download successful.
INFO:
INFO:
INFO:
INFO:
Initialising Flash File System.
IGMP packet trapping is active for IGMP snooping, L3FILT is activated
Executing configuration script <flash:test01.cfg>
Switch startup complete
login:
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
69
4.7
ご購入時の状態に戻す
すべての設定をご購入時の状態に戻します。この場合、設定スクリプトファイルを削除す
る必要はありません。起動スクリプトを読み込まずに初期化し、デフォルト値が存在する
設定はすべてデフォルト値で起動します。
使用コマンド
SET CONFIG=filename
パラメーター
CONFIG
1
: 設定スクリプトファイル。ここでは NONE を指定します。
起動時に設定スクリプトが読み込まれないようにします。
Manager > set config=none a
2
RESTART SWITCH
(REBOOT)コマンドで、本製品を再起動します。
本製品は、起動スクリプトを読み込まない状態で初期化され、ログアウトします。ソ
フトウェア的にはご購入時の状態になりますが、設定スクリプトファイルは削除さ
れていません。
ユーザー「manager」のパスワードは初期パスワード「friend」に戻ります。
Manager > restart switch a
本製品を完全にご購入時の状態に戻すには、設定スクリプトファイルをすべて削除します。
ワイルドカード[*]を使用すれば、一度にすべての「.cfg」ファイルを削除できます。
Manager > delete file=*.cfg a
74 ページ「ワイルドカードを使用する」
70
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
4.8
ファイルシステム
本製品は、システム再起動後もデータが保持される2次記憶装置として、フラッシュメモ
リーを搭載しています。フラッシュメモリー上にはファイルシステムが構築されており、
ファイル単位でデータにアクセスすることが可能です。ファームウェア
(リリース)
ファイ
ル、パッチファイル、設定スクリプトファイルなどを保存するために使います。
ファイル名
ファイル名は次の形式で表されます。ディレクトリーの概念はありません。
device:filename.ext
device
filename
ext
: デバイス名。大文字・小文字の区別はありません。省略時は flash を指
定したことになります。本製品はフラッシュメモリー以外の2次記憶装
置を搭載していないため、通常指定する必要はありません
: ファイル名(ベース名)
。文字数は 1 ∼ 28 文字。ただし、8 文字を超え
る場合は特殊な扱いを受けます
(下記参照)
。半角英数字とハイフン[-]
が使えます。大文字・小文字の区別はありません。
: 拡張子。ファイル名には必ず拡張子を付ける必要があります。文字数は
1 ∼ 3 文字。半角英数字とハイフン[-]が使えます。大文字・小文字の
区別はありません。
ファイル名
(ベース名)
部分が8文字を超えるファイルは、長い名前
(28.3形式)
と短い名前
(8.3
形式)
の 2 つの名前を持ちます。短い名前は、長い名前を一定の基準にしたがって切りつめたも
のです。長い名前のファイルを作成すると、短い名前が自動的に生成されます。保存されるのは
短い名前で、長い名前は特殊なファイル longname.lfn に保存されます。
コマンドラインでファイル名を指定するときは、原則として長い名前と短い名前のどちらで指定
してもかまいません。
次に主な拡張子の一覧を示します。
拡張子
rez
paz
cfg
scp
hlp
lic
ins
txt
ファイルタイプ
圧縮形式のファームウェア
(リリース)ファイル
圧縮形式のパッチファイル。本製品が起動するときに、ファームウェアに対して動
的に適用されます。
設定スクリプトファイル。本製品の設定情報を保存します。scp との間に明確な区
別はありませんが、慣例として設定内容を保存するスクリプトにはcfgを使います。
実行スクリプトファイル。cfgとの間に明確な区別はありませんが、慣例としてトリ
ガースクリプトやバッチファイル的なスクリプトには scp を使います。
オンラインヘルプファイル。SET HELP コマンドで設定し、HELP コマンドで閲覧
します。
ライセンスファイル。ファームウェア(リリース)
のライセンス情報を格納している
ファイルです。削除しないようご注意ください。
起動時に読み込むファームウェアや設定ファイルの情報を格納しているファイルで
す。削除しないようご注意ください。
プレインテキストファイル
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
71
4.8
ファイルシステム
下記のファイルは特殊な役割を持ちます。他のファイルも同様ですが、ファイルの取り扱
い(削除、リネームなど)にはご注意ください。
ファイル名 役割
boot.cfg
デフォルトの起動スクリプトファイル。SET CONFIGコマンドで起動スクリプトが
設定されていない
(none)
ときは、本ファイルが存在していれば起動時に自動実行さ
れます。起動スクリプトが設定されている場合は、設定されているファイルが実行
されます。
config.ins 起動時に読み込む設定スクリプト
(起動スクリプト)ファイルの情報を保存している
ファイル。SET CONFIGコマンドを実行すると作成
(上書き)されます。削除しない
ようご注意ください。
prefer.ins 起動時にロードするファームウェアファイルの情報を保存しています。削除しない
ようご注意ください。
enabled.sec セキュリティーモードへの移行時に自動作成されるファイル。システムに対し、起
動時にセキュリティーモードへ移行すべきことを示すファイルです。
release.lic リリースライセンスファイル。ファームウェア(リリース)
のライセンス情報を持つ
ファイルです。削除しないようご注意ください。
longname.lfn 短いファイル名(8.3 形式)と長いファイル名(28.3 形式)の対応を保持しています。
ファイル名(ベース名)
部分が 8 文字を超えるファイルを作成すると自動的に作成さ
れ、以後自動的に更新されます。削除しないようご注意ください。
login.txt
Welcome メッセージ(ログインバナー)
ファイル。本ファイルが存在している場合、
ログインプロンプトの前に本ファイルの内容が表示されます。
autoexec.scp User ログイン時自動実行スクリプトファイル。本ファイルが存在している場合、
Userレベルのユーザーがログインした直後に本ファイルの内容が自動的に実行され
ます。Manager レベル、Security Officer レベルのユーザーがログインしたときに
は実行されません。
ファイルシステム情報を表示する
SHOW FILE コマンドで、ファイルの一覧を表示することができます。
Manager > show file a
Filename
Device
Size
Created
Locks
------------------------------------------------------------------------longname.lfn
flash
17
01-Jan-1999 00:00:00
0
prefer.ins
flash
64
01-Jan-1999 00:05:01
0
random.rnd
flash
3904
01-Jan-1999 00:20:00
0
release.lic
flash
64
25-Jun-2004 16:08:17
0
sr-264.rez
flash
1724456 25-Jun-2004 16:07:43
0
sr264-03.paz
flash
40912
01-Jan-1999 00:04:45
0
test01.cfg
flash
1621
01-Jan-1999 00:00:38
0
-------------------------------------------------------------------------
72
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
SHOW FILEコマンドでファイル名
(テキストファイル)
を指定すると、ファイルの内容を
表示することができます。
Manager > show file=test01.cfg a
File : test01.cfg
1:
2:#
3:# SYSTEM configuration
4:#
5:
6:#
7:# SERVICE configuration
8:#
9:
10:#
11:# LOAD configuration
12:#
13:
14:#
15:# USER configuration
16:#
17:set user=manager pass=3af00c6cad11f7ab5db4467b66ce503eff priv=manager lo=yes
18:set user=manager telnet=yes desc="Manager Account"
--More-- (<space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit)
SHOW FLASH コマンドで、ファイルシステムに関する情報を表示することができます。
Manager > show flash a
FFS info:
global operation ...... none
compaction count ...... 5
est compaction time ... 663 seconds
files ................. 28828864 bytes
garbage ...............
114776 bytes
free ..................
3431144 bytes
required free block ...
131072 bytes
total ................. 32505856 bytes
(35 files)
diagnostic counters:
event
successes
failures
-------------------------------------get
0
0
open
0
0
read
12
0
close
6
0
complete
0
0
write
0
0
create
0
0
put
0
0
delete
0
0
check
1
0
erase
0
0
compact
0
0
verify
0
0
-------------------------------------CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
73
4.8
ファイルシステム
ワイルドカードを使用する
ファイルを操作するコマンドの中には、ワイルドカード[*]を使って複数のファイルを
一度に指定できるものがあります。ワイルドカードが使えるコマンドには以下のようなも
のがあります。
DELETE FFILE コマンド
DELETE FILE コマンド
SHOW FFILE コマンド
SHOW FILE コマンド
ワイルドカードは「任意の文字列」を示すもので、次のように使います。
○
設定スクリプトファイルをすべて表示
Manager > show file=*.cfg a
Filename
Device
Size
Created
Locks
------------------------------------------------------------------------qos.cfg
flash
3017
27-Feb-2004 16:41:24
0
rip.cfg
flash
2034
05-Feb-2004 10:36:37
0
snmp.cfg
flash
2290
23-Feb-2004 11:28:48
0
test01.cfg
flash
1975
29-Feb-2004 14:54:18
0
test02.cfg
flash
2404
27-Feb-2004 13:30:46
0
trunk.cfg
flash
1884
09-Feb-2004 13:19:50
0
-------------------------------------------------------------------------
DELETE FILE コマンドと SHOW FILE コマンドでは、次のような指定
(前方一致)もでき
ます。
○
「test」で始まる設定スクリプトファイルを表示
Manager > show file=test*.cfg a
Filename
Device
Size
Created
Locks
------------------------------------------------------------------------test01.cfg
flash
1975
29-Feb-2004 14:54:18
0
test02.cfg
flash
2404
27-Feb-2004 13:30:46
0
-------------------------------------------------------------------------
74
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
ファイルの操作コマンド
ファイル(設定ファイル)に対する操作コマンドを図式化します。
TFTPサーバー
表 示
コンソールターミナル
(Zmodem)
show config dynamic
upload file=filename.cfg
load file=filename.cfg server=ip-addr
server=ip-addr
destination=flash
load method=zmodem asyn=0
upload file=filename.cfg
destination=flash
method=zmodem asyn=0
show file
show file=filename.cfg
create config=filename.cfg
実行メモリー
フラッシュメモリー
edit filename.cfg
set config=filename.cfg(設定スクリプトファイルの指定)
restart switch
restart reboot
電源のオフ→オン
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
75
4.9
ダウンロード・アップロードする
本製品は、TFTP(Trivial File Transfer Protocol)や Zmodem を利用したファイルのアッ
プロード、ダウンロードが可能です。
本製品は HTTP サーバーからのダウンロードも可能です。詳しくは、「コマンドリファレンス」
を参照してください。
CD-ROM「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「アップロード・ダウンロード」
本製品を最新のソフトウェアにバージョンアップする場合は、
「セットアップツール」
をご利用い
ただくことができます。詳しくは、「付録」を参照してください。
117 ページ「ソフトウェアのバージョンアップ」
TFTP でダウンロード・アップロードする
本製品は、TFTPクライアント機能をサポートしているため、TFTPサーバーから本製品
(ファイルシステム)へのダウンロード、または本製品
(ファイルシステム)
からTFTPサー
バーへのアップロードが可能です。ファームウェアファイル、パッチファイルについては、
ダウンロードのみが可能です。
以下の説明は、次のような仮定で行います。
○
○
○
TFTP サーバーの IP アドレス:192.168.10.100
本製品
(VLAN1)の IP アドレス:192.168.10.1/255.255.255.0
ダウンロード・アップロードするファイルの名称:test01.cfg
使用コマンド
LOAD [DESTINATION={FLASH}] [FILE=filename] [SERVER={hostname|ipadd}]
UPLOAD [FILE=filename] [SERVER={hostname|ipadd}]
パラメーター
DESTINATION
FILE
SERVER
: ダウンロードしたファイルの保存先デバイス。デフォルトはFLASH
(フ
ラッシュメモリー)
です。
: ダウンロード・アップロードファイル。
: TFTPサーバーのフルドメイン名
(FQDN)
またはIPアドレス。DNSサー
バーアドレスを設定している場合は、SERVER パラメーターにフルド
メイン名(FQDN)を指定できます。
76
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
1
IPモジュールを有効にして、VLANインターフェースにIPアドレスを割り当てます。
Manager > enable ip a
Manager > add ip interface=vlan1 ipaddress=192.168.10.1
mask=255.255.255.0 a
2
TFTPサーバーに対してPINGコマンドを実行して、TFTPサーバーとの通信が可能
なことを確認します。
Manager> ping 192.168.10.100 a
ダウンロード
3
ファイルをダウンロード
(TFTPサーバー→本製品)
する場合は、LOADコマンドを使
用します。
Manager > load destination=flash file=test01.cfg
server=192.168.10.100 a
4
ファイル転送が完了すると次のメッセージが表示されます。
Manager >
Info (1048270): File transfer successfully completed.
ダウンロードするファイルと同じ名前のファイルがファイルシステム上に存在すると、ファイル
をダウンロードすることができません。DELETE FILEコマンドでファイルシステム上のファイ
ルを削除してからダウンロードしてください。
アップロード
3
ファイルをアップロード
(本製品→TFTPサーバー)
する場合は、UPLOADコマンド
を使用します。
Manager> upload file=test01.cfg server=192.168.10.100 a
4
ファイル転送が完了すると次のメッセージが表示されます。
Manager >
Info (1048270): File transfer successfully completed.
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
77
4.9
ダウンロード・アップロードする
Zmodem でダウンロード・アップロードする
本製品は、Zmodemプロトコルをサポートしているため、コンソールポートに接続されて
いるコンソールターミナルから本製品
(ファイルシステム)
へのダウンロード、本製品
(ファ
イルシステム)からコンソールターミナルへのアップロードが可能です。ファームウェア
ファイル、パッチファイルについては、ダウンロードのみが可能です。
ここでは、通信ソフトウェアとしてWindows 95/98/Me/2000/XP、Windows NTのハ
イパーターミナルを使用する場合を説明します。
119 ページ「ハイパーターミナルの設定」
使用コマンド
LOAD [METHOD={TFTP|ZMODEM}] [DESTINATION={FLASH}] [ASYN=asyn-number]
UPLOAD [METHOD={TFTP|ZMODEM}] [FILE=filename] [ASYN=asyn-number]
パラメーター
METHOD
DESTINATION
FILE
ASYN
: 転送プロトコル。ZMODEM を指定します。
: ダウンロードしたファイルの保存先デバイス。デフォルトはFLASH
(フ
ラッシュメモリー)
です。
: ダウンロード・アップロードファイル。
: コンソールポート。ASYN=0 を指定します。
ダウンロード
1
ハイパーターミナルを起動し、Manager レベルでログインします。
ファイルをダウンロード(コンソールターミナル→本製品)する場合は、LOAD コマ
ンドを使用します。
Manager > load method=zmodem destination=flash asyn=0 a
2
次のようなメッセージが表示されたら、ハイパーターミナルの[転送]メニューか
ら[ファイルの送信]を選択します。「ファイルの送信」ダイアログボックスでファ
イル名、プロトコルに「Zmodem」を指定します。
Switch ready to begin ZMODEM file transfers ...
B000000023be50
ダウンロードするファイルと同じ名前のファイルがファイルシステム上に存在すると、ファイル
をダウンロードすることができません。DELETE FILEコマンドでファイルシステム上のファイ
ルを削除してからダウンロードしてください。
3
78
[送信]ボタンをクリックして、ファイル転送を開始します。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
4
ファイル転送が正常に終了すると、次のメッセージが表示されます。
Info (1048292): ZMODEM, session over.
アップロード
1
ハイパーターミナルを起動し、Manager レベルでログインします。
ファイルをアップロード
(本製品→コンソールターミナル)
する場合は、UPLOADコ
マンドを使用します。
Manager > upload method=zmodem file=test01.cfg asyn=0 a
2
ハイパーターミナルは自動的にファイルの受信を開始します。ファイルの保存先は
[転送]メニューから[ファイルの受信]を選択し、
「ファイルの受信」ダイアログ
ボックスで変更できます。
3
ファイル転送が完了すると次のメッセージが表示されます。
Info (1048270): File transfer successfully completed.
アップロードするファイルと同じ名前のファイルが保存先のディレクトリーに存在すると、ファ
イルをアップロードすることができません。あらかじめアップロードするファイルと同じ名前の
ファイルを削除しておいてください。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
79
4.10 テキストエディターを使用する
本製品は、テキストエディター機能をサポートしているため、スクリプトファイルを開い
て編集することができます。
エディターを起動する
EDITコマンドに続けてファイル名を指定します。拡張子は、cfg、scp、txtが指定可能で
す。ファイル名を指定しない場合は、空のファイルが作成されます。
EDITコマンドを使用して、エディター画面を表示します。ここでは、設定スクリプトファ
イル「test01.cfg」を表示します。
Manager > edit test01.cfg a
#
# SYSTEM configuration
#
#
# LOAD configuration
#
#
# USER configuration
#
set user=manager pass=3af00c6cad11f7ab5db4467b66ce503eff priv=manager lo=yes
set user=manager desc="Manager Account" telnet=yes
#
# TTY configuration
#
#
# ASYN configuration
#
Ctrl+K+H = Help | File = test01.cfg
|
Insert
|
|
画面の最下行はステータス行です。左から順に以下の項目を表示しています。
ヘルプを表示するキー(Ctrl+K+H = Help)
ファイル名(File = test01.cfg)
入力モード(Insert =挿入モードか Overstrike =上書きモードかで表示)
内容が変更されているか否か(変更されている場合は Modified と表示)
カーソル位置(行番号:列番号)
80
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
1:1
エディターのキー操作
エディターのキー操作は次のとおりです。
○
カーソル移動
機能
キー
1行上に移動する
/
+
1行下に移動する
/
+
1文字右に移動する
1文字左に移動する
○
ファイルの先頭に移動する
+
ファイルの最後に移動する
+
行頭に移動する
+
行末に移動する
+
1画面前に移動する(スクロールダウン)
+
1画面後に移動する(スクロールアップ)
+
1単語右に移動する
+
入力モードの切り替え
機能
○
キー
上書きモード
+
挿入モード
+
消去
機能
キー
カーソル右の1単語を消去する
+
行全体を消去する
+
カーソル左の1文字を消去する
/
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
81
4.10 テキストエディターを使用する
○
ブロック操作
機能
○
ブロックマークを開始する
+
+
ブロックでコピーする
+
+
ブロックマークを終了する
+
+
ブロックでペースト(貼り付け)する
+
+
ブロックでカット(切り抜き)する
+
+
ブロックで消去する
+
+
検索
機能
○
+
検索を再実行する
+
+
終了・保存
キー
上書き保存し、エディターを終了する
+
変更を破棄するか問い合わせをして
エディターを終了する
+
+
その他
機能
82
キー
文字列を検索する
機能
○
キー
キー
画面をリフレッシュ(再表示)する
+
別のファイルで開く
+
+
エディターのオンラインヘルプを表示する
+
+
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
4.11 SNMP で管理する
本製品のSNMP機能を利用するために必要な最小限の設定を紹介します。以下の例では、
IP の設定は終わっているものとします。
55 ページ「IP インターフェースを作成する」
以下の説明は、次のような仮定で行います。
○
認証トラップの発行:有効
○
コミュニティー名:viewers
○
○
○
○
コミュニティー「viewers」のアクセス権:読み出しのみ
(read-only)
ネットワーク管理ホスト・トラップホストの IP アドレス:192.168.11.5
コミュニティー「viewers」のトラップの送信:有効
リンクアップ・ダウン トラップの送信:ポート 1 で有効
使用コマンド
ENABLE SNMP
ENABLE SNMP AUTHENTICATE_TRAP
CREATE SNMP COMMUNITY=name [ACCESS={READ|WRITE}] [TRAPHOST=ipadd]
[MANAGER=ipadd] [OPEN={ON|OFF|YES|NO|TRUE|FALSE}]
ENABLE SNMP COMMUNITY=name [TRAP]
ENABLE INTERFACE={ifIndex|interface} LINKTRAP
SHOW SNMP COMMUNITY=name
SHOW INTERFACE
パラメーター
COMMUNITY
ACCESS
TRAPHOST
MANAGER
: SNMPコミュニティー名。1∼15文字の半角英数字で入力します。コ
ミュニティー名は大文字・小文字を区別します。
: コミュニティーのアクセス権。コミュニティーのアクセス権を指定しま
す。READは読み出し
(get、get-next)
のみを許可、WRITEは読み書き
両方(get、get-next、set)を許可します。デフォルトは READ です。
: SNMPトラップの送信先ホストのIPアドレス。X.X.X.Xの形式で、Xが
0∼255の半角数字を入力します。コミュニティーには複数のトラップ
ホストを指定できますが、CREATE SNMP COMMUNITYコマンドで
は 1 つしか指定できません。複数のトラップホストを使う場合は、コ
ミュニティー作成後にADD SNMP COMMUNITYコマンドで追加して
ください。
: SNMP オペレーションを許可するホストの IP アドレス。X.X.X.X の形
式で、X が 0 ∼ 255 の半角数字を入力します。本製品は MANAGER に
登録されていないホストからの SNMP リクエストには応答しません。
ただし、OPEN パラメーターで ON を指定した場合は、MANAGER パ
ラメーターの設定にかかわらず、すべてのSNMPリクエストに応答し
ます。トラップホスト同様、複数指定する場合はコミュニティー作成後
に ADD SNMP COMMUNITY で追加します。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
83
4.11 SNMP で管理する
OPEN
TRAP
INTERFACE
1
: SNMP オペレーションをすべてのホストに開放するかどうか。OFF
(NO/FALSE)
は、MANAGERパラメーターで指定したホストのみに制
限することを示します。ON(YES/TRUE)を指定すると、すべての
SNMP リクエストを受け入れます。デフォルトは OFF です。
: SNMPトラップの送信。指定したSNMPコミュニティーでSNMPトラッ
プを生成するようにします。デフォルトは無効です。トラップホストを
設定しても、このコマンドを実行しないとトラップは送信されません。
: リンクアップ・ダウントラップの送信。指定したインターフェースでリ
ンクアップ・ダウントラップを生成するようにします。インターフェー
スのifIndexまたはインターフェース名を指定します。インターフェー
ス名で指定する場合は portX(X はポート番号)の形式で入力します。
ifIndexおよびインターフェース名は、SHOW INTERFACEコマンドで
確認できます。デフォルトは無効です。
SNMP エージェントを有効にします。また、認証トラップをオンにして、不正な
SNMP アクセスに対してトラップを発生するよう設定します。
Manager > enable snmp a
Manager > enable snmp authenticate_trap a
2
CREATE SNMP COMMUNITY コマンドで、SNMP コミュニティーを作成します。
ここでは、読み出しのみが可能なコミュニティー「viewers」を作成します。
Manager > create snmp community=viewers access=read
traphost=192.168.11.5 manager=192.168.11.5 a
3
ENABLE SNMP COMMUNITY TRAPコマンドで、トラップホストに対するトラッ
プの送信を有効にします。
Manager > enable snmp community=viewers trap a
4
ENABLE INTERFACE LINKTRAP コマンドで、ポート 1 のリンクアップ・ダウント
ラップの送信を有効にします。
Manager > enable interface=port1 linktrap a
84
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
5
SHOW SNMP COMMUNITY コマンドで、SNMP モジュールの情報を表示します。
Manager > SHOW SNMP COMMUNITY=viewers a
SNMP community information:
Name ............................
Access ..........................
Status ..........................
Traps ...........................
Open access .....................
Manager .........................
Trap host .......................
Name
Access
Status
Traps
Open access
Manager
Trap host
6
viewers
read-only
Enabled
Enabled
No
192.168.11.5
192.168.11.5
コミュニティー名です。
アクセス権です。read-only
(読み出しのみ)
/read-write
(読み書き可能)
で表示します。
コミュニティーの状態です。Enabled/Disabled で表示します。
トラップ生成の有効・無効です。Enabled/Disabled で表示します。
ネットワーク管理ステーションからのアクセスです。Yes(すべてのホ
ストからのアクセスを許可)
/No
(指定したネットワーク管理ステーショ
ンからのアクセスのみ許可)で表示します。
本コミュニティー名でのアクセスを許可されたネットワーク管理ステー
ションの IP アドレスです。
本コミュニティーにおけるトラップ送信先の IP アドレスです。
SHOW INTERFACE コマンドで、ポート 1 の情報を表示します。
Manager > show interface=port1 a
Interface..................
ifIndex..................
ifMTU....................
ifSpeed..................
ifAdminStatus............
ifOperStatus.............
ifLinkUpDownTrapEnable...
TrapLimit................
port1
1
1500
100000000
Up
Up
Enabled
20
Interface Counters
ifInOctets .................. 20117
ifInUcastPkts ................... 4
ifInNUcastPkts ................ 261
ifInDiscards .................... 0
ifInErrors ...................... 0
ifOutOctets .................. 1188
ifOutUcastPkts .................. 0
ifOutNUcastPkts ................. 2
ifOutDiscards ................... 0
ifOutErrors ..................... 0
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
85
86
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
4 基本の設定と操作
5
導入例
この章では、本製品を使用した基本的な構成を3 つ例にあげ、設
定の要点とコマンド入力の手順を説明しています。
5.1
IP ホストとしての基本設定
本製品はご購入時の状態で、レイヤー 2 スイッチとして機能するよう設定されています。
単なるスイッチとして使うだけであれば、設置、接続後電源を入れるだけで特に設定は必
要ありません。ただし、Telnetによるログインや、SNMPによる管理をしたいときは、本
製品に IP アドレスを割り当てる必要があります。
インターネット
192.168.10.5
192.168.10.1
ルーター
L3
L2
VLAN default(1)
192.168.10.0/24
図 1 「IP ホストとしての基本設定」構成例
準備
1
設置、接続を完了し、本製品に電源を入れます。
ログイン
2
本製品のコンソールポートに接続したコンソールターミナルから、本製品にログイ
ンします。ユーザー名は「manager」、初期パスワードは「friend」です。
login: manager a
Password: friend a (表示されません)
Manager >
88
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
IP の設定
遠隔管理
(SNMP、Telnet)
のためにIPアドレスを設定します。本製品に設定されているIP
アドレス(IPインターフェース)が1個の場合、レイヤー3スイッチング
(ルーティング)の
動作は行われません。
3
IP モジュールを有効にします。
Manager > enable ip a
Info (1005287): IP module has been enabled.
4
VLAN default に IP アドレスを割り当てます。
ご購入時の状態ではすべてのポートがVLAN defaultに所属しており、ただちにレイ
ヤー 2 スイッチとして機能するよう設定されています。VLAN default に IP アドレ
スを設定することにより、Telnetなどにより他のホストから本製品自身へのアクセ
スが可能となります。
Manager > add ip interface=vlan-default ipaddress=192.168.10.1
mask=255.255.255.0 a
Info (1005275): interface successfully added.
5
ここまでに入力した設定内容を確認してみましょう。
現在の設定は SHOW CONFIG DYNAMIC コマンドで確認することができます。
DYNAMIC パラメーターの後に「=IP」、「=SYSTEM」などの値を指定すると、該当
の機能(モジュール)
に関する設定のみを表示することができます。
Manager > show config dynamic=ip a
#
# IP configuration
#
enable ip
add ip int=vlan1 ip=192.168.10.1
「vlan-default」は、VLAN ID「vlan1」に展開されます(VLAN default には VLAN ID
「1」が割り当てられています)。手順 4 のコマンドは、VLAN ID を使用して、次の
ように入力することもできます。
Manager > add ip interface=vlan1 ipaddress=192.168.10.1
mask=255.255.255.0 a
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
89
5.1
IP ホストとしての基本設定
時刻設定・パスワード変更・設定保存
運用管理のために時刻を設定し、セキュリティーを確保するために初期パスワードを変更
します。本製品に対して行った設定を設定スクリプトファイルとして保存し、再起動した
ときに現在の設定を再現するために、起動スクリプトとして指定します。
6
時刻(日付)を設定します。
Manager > set time=22:00:00 date=12-aug-2004 a
System time is 22:00:00 on Thursday 12-Aug-2004.
本製品はリアルタイムクロックを内蔵していないため、再起動するたびに時刻をあ
わせる必要があります。SET TIME コマンドで手動で行うこともできますが、ログ
などの記録日時を正確に保つためにも、NTP サーバーにアクセスできる環境では、
NTP の利用をおすすめします。
CD-ROM「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「NTP」
7
ユーザー「manager」のパスワードを変更します。
「Confirm:」の入力を終えたとき、コマンドプロンプトが表示されない場合は、a
キーを押してください。ここでは新しいパスワードとして「openENDS」を仮定し
ます。セキュリティーを確保するために、初期パスワードは必ず変更してください
(変更後のパスワードは忘れないように注意してください)。
Manager > set password a
Old password: friend a (表示されません)
New password: openENDS a (表示されません)
Confirm: openENDS a (表示されません)
8
現在の設定を設定スクリプトファイルとして保存します。
ここでは、ファイル名を「test01.cfg」と仮定します。実際に保存された設定スクリ
プトの内容は、SHOW FILE=test01.cfg コマンドで確認することができます。
Manager > create config=test01.cfg a
Info (1049003): Operation successful.
9
保存した設定スクリプトファイルを、起動スクリプトとして指定します。
Manager > set config=test01.cfg a
Info (1049003): Operation successful.
90
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
5.2
レイヤー 3 スイッチとしての基本設定
本製品をレイヤー 3 スイッチ(ルーター)
として機能するように設定します。
以下の説明は、本製品に拡張モジュールが 2 個装着されているものと仮定します。
インターネット
192.168.20.5
ルーター
192.168.10.1 192.168.20.1
L3
1∼12
13∼24
L2
VLAN white(10)
VLAN orange(20)
192.168.10.0/24
192.168.20.0/24
ポート25∼26
VLAN default(1)
図 2 「レイヤー 3 スイッチとしての基本設定」構成例
準備
1
設置、接続を完了し、本製品に電源を入れます。
ログイン
2
本製品のコンソールポートに接続したコンソールターミナルから、本製品にログイ
ンします。ユーザー名は「manager」、初期パスワードは「friend」です。
login: manager a
Password: friend a (表示されません)
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
91
5.2
レイヤー 3 スイッチとしての基本設定
VLAN の設定
3
VLAN を作成します。
VLAN作成時には、VLAN名とVLAN ID
(VID)
を割り当てる必要があります。VLAN
名は任意の文字列(ただし、先頭は数字以外)、VIDは2∼4094の範囲の任意の数値
です(1 は VLAN default に割り当てられています)。ここでは、VLAN 名として
「white」、「orange」、VID としてそれぞれ「10」
、「20」を仮定します。
Manager > create vlan=white vid=10 a
Info (1089003): Operation successful.
Manager > create vlan=orange vid=20 a
Info (1089003): Operation successful.
4
それぞれの VLAN にポートを割り当てます。
ここでは VLAN white に対してポート 1 ∼ 12 を、VLAN orange に対してポート 13
∼ 24 を割り当てると仮定します。
Manager > add vlan=white port=1-12 a
Info (1089003): Operation successful.
Manager > add vlan=orange port=13-24 a
Info (1089003): Operation successful.
5
SHOW VLAN コマンドで VLAN 情報を確認します。
VLAN default の所属ポートは「25-26」になっています。これは、ポートを VLAN
default 以外の VLAN に割り当てると、そのポートは自動的に VLAN default から削
除されるためです。逆に、例えば V L A N o r a n g e からポート 2 4 を削除すると
(DELETE VLAN=orange PORT=24)、ポート 24 は VLAN default に戻ります。
VLAN default に残されたポート 25 ∼ 26 は、今回特定の VLAN に割り当てなかっ
た拡張モジュール用ポートに該当します。拡張モジュールを装着していない場合、
ポート 25 ∼ 26 は表示されません。
92
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
Manager > show vlan a
VLAN Information
--------------------------------------------------------------------------Name ............... default
Identifier ......... 1
Status ............. static
Untagged ports ..... 25-26
Tagged ports ....... None
Spanning Tree ...... default
Trunk ports ........ None
Mirror port ........ None
Attachments:
Module
Protocol
Format
Discrim
MAC address
------------------------------------------------------------------GARP
Spanning tree
802.2
42
IP
IP
Ethernet 0800
IP
ARP
Ethernet 0806
------------------------------------------------------------------Name ............... white
Identifier ......... 10
Status ............. static
Untagged ports ..... 1-12
Tagged ports ....... None
Spanning Tree ...... default
Trunk ports ........ None
Mirror port ........ None
Attachments:
Module
Protocol
Format
Discrim
MAC address
------------------------------------------------------------------GARP
Spanning tree
802.2
42
------------------------------------------------------------------Name ............... orange
Identifier ......... 20
Status ............. static
Untagged ports ..... 13-24
Tagged ports ....... None
Spanning Tree ...... default
Trunk ports ........ None
Mirror port ........ None
Attachments:
Module
Protocol
Format
Discrim
MAC address
------------------------------------------------------------------GARP
Spanning tree
802.2
42
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
VLAN
(例えばVLAN orange)
を削除する場合は、DESTROY VLAN=orange コマン
ドを実行します。ただし、該当のVLAN にポートが割り当てられている場合、所属
ポートをすべて削除してからでないと実行できません(DELETE VLAN=orange
PORT=ALL)。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
93
5.2
レイヤー 3 スイッチとしての基本設定
IP の設定
「VLAN の設定」で作成した VLAN white、orange に IP アドレスを割り当てます。レイ
ヤー 3 スイッチング(ルーティング)の動作させるには、2 つ以上の VLAN が必要です。
6
IP モジュールを有効にします。
Manager > enable ip a
Info (1005287): IP module has been enabled.
7
VLAN white、orange に IP アドレスを割り当てます。
Manager > add ip interface=vlan-white ipaddress=192.168.10.1
mask=255.255.255.0 a
Info (1005275): interface successfully added.
Manager > add ip interface=vlan-orange ipaddress=192.168.20.1
mask=255.255.255.0 a
Info (1005275): interface successfully added.
VLANにIP アドレスを割り当てると、VLAN whiteとorange間はレイヤー 3スイッ
チング
(ルーティング)
され、通信が可能となります。SHOW IP ROUTEコマンドで
ルーティングテーブルを確認することができます。
Manager > show ip route a
IP Routes
------------------------------------------------------------------------------Destination
Mask
NextHop
Interface
Age
Type
Policy
Protocol
Metrics
Preference
------------------------------------------------------------------------------192.168.10.0
255.255.255.0
0.0.0.0
vlan10
32
direct
0
interface
1
0
192.168.20.0
255.255.255.0
0.0.0.0
vlan20
3
direct
0
interface
1
0
-------------------------------------------------------------------------------
また、割り当てたIPアドレスに対してTelnetを実行し、本製品にログインすること
もできます。Telnetで指定するIPアドレスは、「192.168.10.1」と「192.168.20.1」
のどちらでもかまいません。
94
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
8
デフォルトルートを設定します。
デフォルトルートとは、
「最終到達点までの経路が不明なパケット」
を配送してくれ
るルーターまでの経路です。図 2 の例では、インターネットに向かうパケット、す
なわちVLAN white、orange以外のネットワークアドレスを持つパケットを配送し
てくれるルーターまでの経路です。
デフォルトルートを設定するには、ADD IP ROUTEコマンドのROUTE、MASKパ
ラメーターに「0.0.0.0」を指定します(この場合 MASK パラメーターは省略可)。
INTERFACEパラメーターにはデフォルトゲートウェイ
(ルーター)のあるVLANを、
NEXTHOP パラメーターにはデフォルトゲートウェイの IP アドレスを指定します。
Manager > add ip route=0.0.0.0 mask=0.0.0.0 interface=vlan-orange
nexthop=192.168.20.5 a
Info (1005275): IP route successfully added.
ルーティングテーブルは、次のようになります。
Manager > show ip route a
IP Routes
------------------------------------------------------------------------------Destination
Mask
NextHop
Interface
Age
Type
Policy
Protocol
Metrics
Preference
------------------------------------------------------------------------------0.0.0.0
0.0.0.0
192.168.20.5
vlan20
5
direct
0
static
1
360
192.168.10.0
255.255.255.0
0.0.0.0
vlan10
101
direct
0
interface
1
0
192.168.20.0
255.255.255.0
0.0.0.0
vlan20
72
direct
0
interface
1
0
-------------------------------------------------------------------------------
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
95
5.2
レイヤー 3 スイッチとしての基本設定
時刻設定・パスワード変更・設定保存
運用管理のために時刻を設定し、セキュリティーを確保するために初期パスワードを変更
します。本製品に対して行った設定を設定スクリプトファイルとして保存し、再起動した
ときに現在の設定を再現するために、起動スクリプトとして指定します。
9
時刻(日付)を設定します。
Manager > set time=22:00:00 date=12-aug-2004 a
System time is 22:00:00 on Thursday 12-Aug-2004.
本製品はリアルタイムクロックを内蔵していないため、再起動するたびに時刻をあ
わせる必要があります。SET TIME コマンドで手動で行うこともできますが、ログ
などの記録日時を正確に保つためにも、NTP サーバーにアクセスできる環境では、
NTP の利用をおすすめします。
CD-ROM「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「NTP」
10 ユーザー「manager」のパスワードを変更します。
「Confirm:」の入力を終えたとき、コマンドプロンプトが表示されない場合は、a
キーを押してください。ここでは新しいパスワードとして「openENDS」を仮定し
ます。セキュリティーを確保するために、初期パスワードは必ず変更してください
(変更後のパスワードは忘れないように注意してください)。
Manager > set password a
Old password: friend a (表示されません)
New password: openENDS a (表示されません)
Confirm: openENDS a (表示されません)
11 現在の設定を設定スクリプトファイルとして保存します。
ここでは、ファイル名を「test01.cfg」と仮定します。実際に保存された設定スクリ
プトの内容は、SHOW FILE=test01.cfg コマンドで確認することができます。
Manager > create config=test01.cfg a
Info (1049003): Operation successful.
12 保存した設定スクリプトファイルを、起動スクリプトとして指定します。
Manager > set config=test01.cfg a
Info (1049003): Operation successful.
96
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
VLAN 間でネットワークコンピューターが見えるようにする
NetBIOSのブロードキャストパケットは、レイヤー3スイッチ
(ルーター)
を越えることが
できないため、レイヤー 3 スイッチの向こうに存在するネットワークコンピューターは
Windows XP[マイ ネットワーク]の[ネットワーク全体]内[Microsoft Windows
Network]
(Windows 2000 は[マイネットワーク]の[近くのコンピュータ]
)に表示さ
れません。
UDP ブロードキャストヘルパーを有効にすることにより、VLAN 間で相互に NetBIOS の
ブロードキャストを転送し、例えばVLAN white、orangeに存在するすべてのコンピュー
ターが[ローカル ネットワーク]に表示されるようにすることができます。
1
UDP ブロードキャストヘルパー機能を有効にします。
Manager > enable ip helper a
Info (1005287): IP HELPER has been enabled.
2
VLAN white 側で受信した NetBIOS ブロードキャストを、VLAN orange 側に再ブ
ロードキャストするように設定します。
また、VLAN orange 側で受信した NetBIOS ブロードキャストを、VLAN white 側
に再ブロードキャストするように設定します。
Manager > add ip helper destination=192.168.20.255
interface=vlan-white port=netbios a
Info (1005275): IP HELPER entry successfully added.
Manager > add ip helper destination=192.168.10.255
interface=vlan-orange port=netbios a
Info (1005275): IP HELPER entry successfully added.
また、VLAN whiteにWindows NT Serverドメインコントローラ「192.168.10.100」
が属しており、VLAN whiteではwhiteに属するコンピューター
(ドメインコントロー
ラを含む)のみを[Microsoft Windows Network]に表示させ、VLAN orange では
orangeに属するコンピューターとドメインコントローラを表示させるようにするに
は、上記の 2 つのコマンドの代わりに次のコマンドを入力します。
Manager > add ip helper destination=192.168.10.100
interface=vlan-orange port=netbios a
Info (1005275): IP HELPER entry successfully added.
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
97
5.2
3
レイヤー 3 スイッチとしての基本設定
追加した設定を保存するために、現在指定されている起動スクリプトに上書きしま
す。
Manager > create config=test01.cfg a
Info (1049003): Operation successful.
本例の設定スクリプトファイル
前述の設定手順を実行することによって、作成、保存される設定スクリプトファイルを示
します。SET TIMEコマンドのように、コマンドプロンプトに対して入力したコマンドの
すべてが、設定スクリプトファイルとして保存されるわけではないという点に注意してく
ださい。
# VLAN general configuration
create vlan="white" vid=10
create vlan="orange" vid=20
# VLAN port configuration
add vlan="10" port=1-24
add vlan="20" port=25-48
# IP configuration
enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.1
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.1
add ip rou=0.0.0.0 mask=0.0.0.0 int=vlan20 next=192.168.20.5
enable ip helper
add ip helper port=137 int=vlan20 destination=192.168.10.255
add ip helper port=138 int=vlan20 destination=192.168.10.255
add ip helper port=137 int=vlan10 destination=192.168.20.255
add ip helper port=138 int=vlan10 destination=192.168.20.255
コンピューターにおけるデフォルトゲートウェイ
VLAN orangeには、ルーター
(1つはレイヤー3スイッチ)
が2 つあります。VLAN orange
に属するコンピューターに設定するデフォルトゲートウェイは、2つのルーターのどちらを
設定してもかまいません。例えば、コンピューターにデフォルトゲートウェイとして
192.168.20.1が設定されている場合、コンピューターは192.168.20.1に向かってインター
ネット宛のパケットを送信しますが、本製品によって 192.168.20.5 に転送されます。
98
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
5.3
タグ VLAN によるスイッチ間接続
オフィスが別々のフロアに分かれており、それぞれのフロアにVLAN white、orangeを存
在させなければならないような場合は、タグ VLAN を使用するのが便利です
(図 3)。
タグVLANを使用すれば、VLANが複数のスイッチをまたがる構成でも、スイッチ間を1
本のケーブルで接続することができます。タグ VLAN を使用しないと、VLAN white で 1
本、VLAN orange で 1 本、合計 2 本のケーブルを使用しなければなりません。
以下の説明は、拡張モジュール 1 個を装着した本製品 2 台が、それぞれ 5 階(5F)と 4 階
(4F)
に設置されていると仮定します。最初に5Fの本製品に設定するコマンド、次に4Fを
示します。
インターネット
5F
192.168.10.1
192.168.20.1
192.168.20.5
ルーター
L3
1∼12
25 13∼24
L2
4F
VLAN white(10)
VLAN orange(20)
192.168.10.0/24
192.168.20.0/24
192.168.10.2
L3
1∼12
25 13∼24
L2
VLAN white(10)
VLAN orange(20)
192.168.10.0/24
192.168.20.0/24
図 3 「タグ VLAN によるスイッチ間接続」構成例
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
99
5.3
タグ VLAN によるスイッチ間接続
準備
1
設置、接続を完了し、本製品に電源を入れます。
ログイン
2
本製品のコンソールポートに接続したコンソールターミナルから、本製品にログイ
ンします。ユーザー名は「manager」、初期パスワードは「friend」です。
login: manager a
Password: friend a (表示されません)
システム名の設定
3
管理をしやすくするために、本製品にシステム名を設定します。
システム名を設定すると、プロンプトにシステム名が表示されるようになります。
5F の本製品に次のコマンドを入力します。
Manager > set system name="5F" a
Info (1034003): Operation successful.
Manager 5F>
4F の本製品に次のコマンドを入力します。
Manager > set system name="4F" a
Info (1034003): Operation successful.
Manager 4F>
VLAN の設定
4
VLAN を作成します。
VLAN作成時には、VLAN名とVLAN ID
(VID)
を割り当てる必要があります。VLAN
名は任意の文字列(ただし、先頭は数字以外)、VIDは2∼4094の範囲の任意の数値
です(1 は VLAN default に割り当てられています)。ここでは、VLAN 名として
「white」「orange」、VID としてそれぞれ「10」
「20」を仮定します。
Manager 5F> create vlan=white vid=10 a
Info (1089003): Operation successful.
Manager 5F> create vlan=orange vid=20 a
Info (1089003): Operation successful.
100
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
4F にも同じコマンドを入力します。
5F と 4F には、同じ VLAN ID を設定しなければなりません。一方、VLAN 名は個々
のスイッチ内でしか意味を持たないため、スイッチごとで異なっていてもかまいま
せんが、混乱を避けるために通常は同じにします。
5
5F のそれぞれの VLAN にポートを割り当てます。
ここでは「white」に対してポート 1 ∼ 12 を、
「orange」に対してポート 13 ∼ 24
を割り当てると仮定します。
MakhÁer 5F> add vlan=white port=1-12 a
Info (1089003): Operation successful.
Manager 5F> add vlan=orange port=13-24 a
Info (1089003): Operation successful.
4Fにも同じコマンドを入力します。ここでは、4Fも5Fと同じ構成でポートを割り
当てると仮定します。
6
5Fのポート25
(拡張モジュール用ポート)
を、タグ付きポートとして設定し、VLAN
white、orange の両方に所属するようにします。
Manager 5F> add vlan=white port=25 frame=tagged a
Info (1089003): Operation successful.
Manager 5F> add vlan=orange port=25 frame=tagged a
Info (1089003): Operation successful.
4F にも同じコマンドを入力します。
7
SHOW VLAN コマンドで VLAN 情報を確認します。
ポート25は、タグなしポートとして VLAN defaultに属したままとなります。他に
もVLAN default所属のポートが存在し、トラフィックが流れている場合、ポート25
にもVLAN defaultのブロードキャストパケットが送出されます。これが望ましくな
い場合、DELETE VLAN=default PORT=25 コマンドを実行してください。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
101
5.3
タグ VLAN によるスイッチ間接続
Manager 5F> show vlan a
VLAN Information
--------------------------------------------------------------------------Name ............... default
Identifier ......... 1
Status ............. static
Untagged ports ..... 25
Tagged ports ....... None
Spanning Tree ...... default
Trunk ports ........ None
Mirror port ........ None
Attachments:
Module
Protocol
Format
Discrim
MAC address
------------------------------------------------------------------GARP
Spanning tree
802.2
42
------------------------------------------------------------------Name ............... white
Identifier ......... 10
Status ............. static
Untagged ports ..... 1-12
Tagged ports ....... 25
Spanning Tree ...... default
Trunk ports ........ None
Mirror port ........ None
Attachments:
Module
Protocol
Format
Discrim
MAC address
------------------------------------------------------------------GARP
Spanning tree
802.2
42
------------------------------------------------------------------Name ............... orange
Identifier ......... 20
Status ............. static
Untagged ports ..... 13-24
Tagged ports ....... 25
Spanning Tree ...... default
Trunk ports ........ None
Mirror port ........ None
Attachments:
Module
Protocol
Format
Discrim
MAC address
------------------------------------------------------------------GARP
Spanning tree
802.2
42
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
102
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
IP の設定
5F でレイヤー 3 スイッチング(ルーティング)が動作するようにします。4F はレイヤー 2
スイッチングを動作させます。
8
5F の IP モジュールを有効にします。
Manager 5F> enable ip a
Info (1005287): IP module has been enabled.
4F にも同じコマンドを入力します。
9
5F の VLAN white、orange に IP アドレスを割り当てます。
Manager 5F> add ip interface=vlan-white ipaddress=192.168.10.1
mask=255.255.255.0 a
Info (1005275): interface successfully added.
Manager 5F> add ip interface=vlan-orange ipaddress=192.168.20.1
mask=255.255.255.0 a
Info (1005275): interface successfully added.
4F には VLAN white にのみ IP アドレスを設定しておきます。
このIPアドレスは、本製品の遠隔管理のために設定しておくものであり、レイヤー
3 スイッチング(ルーティング)のために使用されません。
Manager 4F> add ip interface=vlan-white ipaddress=192.168.10.2
mask=255.255.255.0 a
Info (1005275): interface successfully added.
VLANにIPアドレスを割り当てると、VLAN white とorange間はレイヤー3スイッ
チング
(ルーティング)
され、通信が可能となります。SHOW IP ROUTEコマンドで
ルーティングテーブルを確認することができます。
Manager 5F> show ip route a
IP Routes
------------------------------------------------------------------------------Destination
Mask
NextHop
Interface
Age
Type
Policy
Protocol
Metrics
Preference
------------------------------------------------------------------------------192.168.10.0
255.255.255.0
0.0.0.0
vlan10
115
direct
0
interface
1
0
192.168.20.0
255.255.255.0
0.0.0.0
vlan20
6
direct
0
interface
1
0
------------------------------------------------------------------------------CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
103
5.3
タグ VLAN によるスイッチ間接続
10 5Fに対してデフォルトルートを設定します。デフォルトルートとは、
「最終到達点ま
での経路が不明なパケット」を配送してくれるルーターまでの経路です。図 3 の例
では、インターネットに向かうパケット、すなわちVLAN white、orange以外のネッ
トワークアドレスを持つパケットを配送してくれるルーターまでの経路です。
デフォルトルートを設定するには、ADD IP ROUTEコマンドのROUTE、MASKパ
ラメーターに「0.0.0.0」を指定します(この場合MASKパラメーターは省略可)
。INTERFACE パラメーターにはデフォルトゲートウェイ(ルーター)のある VLAN を、
NEXTHOP パラメーターにはデフォルトゲートウェイの IP アドレスを指定します。
Manager 5F> add ip route=0.0.0.0 mask=0.0.0.0 int=vlan-orange
nexthop=192.168.20.5 a
Info (1005275): IP route successfully added.
ルーティングテーブルは、次のようになります。
Manager 5F> show ip route a
IP Routes
------------------------------------------------------------------------------Destination
Mask
NextHop
Interface
Age
Type
Policy
Protocol
Metrics
Preference
------------------------------------------------------------------------------0.0.0.0
0.0.0.0
192.168.20.5
vlan20
4
direct
0
static
1
360
192.168.10.0
255.255.255.0
0.0.0.0
vlan10
179
direct
0
interface
1
0
192.168.20.0
255.255.255.0
0.0.0.0
vlan20
70
direct
0
interface
1
0
-------------------------------------------------------------------------------
4Fはレイヤー2スイッチとして動作するので、デフォルトゲートウェイの設定は行
いません。
104
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
時刻設定・パスワード変更・設定保存
運用管理のために、時刻を設定し、セキュリティーを確保するために初期パスワード変更
します。本製品に対して行った設定を設定スクリプトファイルとして保存し、再起動した
ときに現在の設定を再現するために、起動スクリプトとしてその設定スクリプトファイル
を指定します。
11 時刻(日付)を設定します。
Manager > set time=22:00:00 date=12-aug-2004 a
System time is 22:00:00 on Thursday 12-Aug-2004.
本製品はリアルタイムクロックを内蔵していないため、再起動するたびに時刻をあ
わせる必要があります。SET TIME コマンドで手動で行うこともできますが、ログ
などの記録日時を正確に保つためにも、NTP サーバーにアクセスできる環境では、
NTP の利用をおすすめします。
CD-ROM「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「NTP」
4F にも同じコマンドを入力します。
12 ユーザー「manager」のパスワードを変更します。「Confirm:」の入力を終えたとき、
コマンドプロンプトが表示されない場合は、aキーを押してください。ここでは
新しいパスワードとして「openENDS」を仮定します。セキュリティーを確保する
ために、初期パスワードは必ず変更してください
(変更後のパスワードは忘れないよ
うに注意してください)。
Manager 5F> set password a
Old password: friend a (表示されません)
New password: openENDS a (表示されません)
Confirm: openENDS a (表示されません)
4F にも同じコマンドを入力します。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
105
5.3
タグ VLAN によるスイッチ間接続
13 入力した設定を設定スクリプトファイルとして保存します。ここでは、ファイル名
を「test01.cfg」と仮定します。実際に保存された設定スクリプトの内容は SHOW
FILE=test01.cfg コマンドで確認することができます。
Manager 5F> create config=test01.cfg a
Info (1049003): Operation successful.
4F にも同じコマンドを入力します。
14 保存した設定スクリプトファイルを、起動スクリプトとして指定します。
Manager 5F> set config=test01.cfg a
Info (1049003): Operation successful.
4F にも同じコマンドを入力します。
VLAN 間でネットワークコンピューターが見えるようにする
VLAN white、orange に存在するすべてのコンピューターが[Microsoft Windows
Network]に表示されるようにする場合は、レイヤー3スイッチとして動作している5Fに
対して、前述の「VLAN 間でネットワークコンピューターが見えるようにする」の設定を
追加してください。
106
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
本例の設定スクリプトファイル
前述の設定手順を実行することによって、作成、保存される設定スクリプトファイルを示
します。
○ 5F
# SYSTEM configuration
set system name="5F"
# VLAN general configuration
create vlan="white" vid=10
create vlan="orange" vid=20
# VLAN port configuration
add vlan="10" port=1-12
add vlan="20" port=13-24
add vlan="10" port=25 frame=tagged
add vlan="20" port=25 frame=tagged
# IP configuration
enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.1
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.1
add ip rou=0.0.0.0 mask=0.0.0.0 int=vlan20 next=192.168.20.5
○ 4F
# SYSTEM configuration
set system name="4F"
# VLAN general configuration
create vlan="white" vid=10
create vlan="orange" vid=20
# VLAN port configuration
add vlan="10" port=1-12
add vlan="20" port=13-24
add vlan="10" port=25 frame=tagged
add vlan="20" port=25 frame=tagged
# IP configuration
enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.2
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
107
108
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
5 導入例
6
付 録
この章では、トラブル解決、オプションの拡張モジュールの取り
付け方法、WindowsのハイパーターミナルとTelnetアプリケー
ションの使用方法、本製品の仕様、保証とユーザーサポートにつ
いて説明しています。
6.1
困ったときに
本製品の使用中になんらかのトラブルが発生したときの解決方法を紹介します。
自己診断テストの結果を確認する
本製品は自己診断機能を備えています。異常発生時には起動メッセージにエラー内容が表
示されます。
自己診断テストの実行
自己診断テストは次の場合に実行されます。
○
○
電源を入れたとき
RESTART REBOOT コマンドを使用して再起動したとき
メッセージ表示
正常な起動時には次のようなメッセージが表示されます。
Manager > restart reboot
INFO:
INFO:
PASS:
INFO:
INFO:
Force
INFO:
Self tests beginning.
RAM test beginning.
RAM test, 32768k bytes found.
Self tests complete.
Downloading switch software.
EPROM download (Y) ?
Initial download successful.
INFO: Initialising Flash File System.
INFO: IGMP packet trapping is active for IGMP snooping, L3FILT is
activated
INFO: Executing configuration script <flash:test01.cfg>
INFO: Switch startup complete
起動メッセージは、下記の 4 つに分類されて表示されます。
○ INFO
○ PASS
○ ERROR
○ FAIL
起動プロセスが表示されます
テストが問題なく終了したことを意味し、結果が表示されます
テストでエラーが発生したことを意味し、エラー内容が表示されますが起動プロセスは続行されます
テストで致命的なエラーが発生したことを意味し、起動プロセスは中断されます
起動メッセージは、本製品に Telnet でログインしているときは表示されません。
110
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
ブートオプション
自己診断テスト終了直後、画面にEPROMから強制ブートを実行するためのオプションが
表示されます。
Force EPROM download (Y) ?
このメッセージが表示されている間にYキーを押すと、初期状態のEPROM
(パッチなし)
をロードして、本体を起動することができます。
表示内容と対処方法
INFO: Self tests beginning.
コードローダーのテストが開始されます。
INFO: RAM test beginning.
RAM のテストが開始されます。
PASS: RAM test, 32768k bytes found.
RAM テストが問題なく終了しました。メモリー容量が表示されます。
W FAIL - at address 00345678 Data should be 00345678 but is 55555555
上記のアドレスでRAMテストにエラーが発生しました。RAMテストは成功するま
で繰り返されます。エラーが続く場合は、メモリーシステムに欠陥がありますので、
アライドテレシス サポートセンターまでご連絡ください。
INFO: Self tests complete.
自己診断テストが終了しました。
INFO: Downloading switch software.
ROM からソフトウェアとベクターテーブルのダウンロードが開始されます。
ERROR: BAD RAM compare - RAM 00345678 value 55555555 - EPROM 6FF80BEC value 66666666
ERROR: Code load retried.
FAIL: Code load failed.
ROMからRAMへのコードのロード中にエラーが発生しました。ロードは数回繰り
返されます。各回でエラーが発生すると、ERROR が表示されます。
再試行が最大回数に達した場合はFAILが表示されます。FAILが表示された場合は、
アライドテレシス サポートセンターまでご連絡ください。
INFO: Initial download successful.
ダウンロードが完了し、ソフトウェアが起動します。
INFO: Executing configuration script <test01.cfg>
起動スクリプトが読み込まれ、ファイルに記述されたコマンドが実行されます。ス
クリプト上で異常が検出された場合は、ERROR メッセージが表示されます。
INFO: Switch startup complete
起動プロセスがすべて終了しました。この時点で本製品は基本的なスイッチング動
作を行うことができます。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
111
6.1
困ったときに
LED 表示を確認する
LEDの状態を観察してください。LEDの状態は問題解決に役立ちますので、お問い合わせ
の前にどのように表示されるかを確認してください。
21 ページ「LED 表示」
ログを確認する
本製品が生成するログを見ることにより、原因を究明できる場合があります。
SHOW LOG コマンドで、RAM 上に保存されたログレベル 3
(INFO)以上のメッセージを
見ることができます。
Manager > show log a
Date/Time
S Mod Type SType Message
------------------------------------------------------------------------------01 00:00:00 3 LOG
IGMP packet trapping is active for IGMP
snooping, L3FILT is activated
01 00:00:02 6 SWIT PINT UP
Port24: interface is UP
01 00:02:49 3 USER USER LON
manager login on port0
01 00:02:58 4 CH
MSG
ERROR The VLAN specified does not exist
01 00:03:55 4 CH
MSG
ERROR Port 12 is associated with Port VLAN class. rule
for VLAN=white
01 00:08:27 4 CH
MSG
ERROR Port 12 is associated with Port VLAN class. rule
for VLAN=white
01 00:11:33 6 SWIT PINT DOWN Port24: interface is DOWN
01 00:11:38 6 SWIT PINT UP
Port22: interface is UP
01 01:43:09 6 SWIT PINT
DOWN
01 01:43:12 6 SWIT PINT UP
01 01:43:39 3 IPG CIRC CONF
Port22: interface is DOWN
Port2: interface is UP
Remote request to set vlan10 IP to 192.168.1.242
accepted
-------------------------------------------------------------------------------
112
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
トラブル例
電源ケーブルを接続しても POWER LED が点灯しない
正しい電源ケーブルを使用していますか
必ず、同梱の電源ケーブルを使用し、3 ピン電源コンセントに接続してください。
電源ケーブルが正しく接続されていますか
電源コンセントには、電源が供給されていますか
別の電源コンセントに接続してください。
POWER LED は点灯するが、正しく動作しない
電源をオフにした後、すぐにオンにしていませんか
電源をオフにしてから再度オンにする場合は、しばらく間をあけてください。
ケーブルを接続しても LINK LED が点灯しない
接続先の機器の電源は入っていますか
ネットワークインターフェースカードに障害はありませんか
FAULT LED は点灯していませんか
本製品に異常が発生した場合は、FAULT LEDが点灯したままになります。RESTART
REBOOTコマンドを実行する、電源ケーブルを抜き差しするなどして本製品を再起
動してください。
通信モードは接続先の機器と通信可能な組み合わせに設定されていますか
SET SWITCH PORTコマンドでポートの通信モードを設定することができます。接
続先の機器を確認して、通信モードが正しい組み合わせになるように設定してくだ
さい。
正しい UTP ケーブルを使用していますか
○ UTP ケーブルのカテゴリー
10BASE-Tの場合はカテゴリー3以上、100BASE-TXの場合はカテゴリー5以上の
UTP ケーブルを使用してください。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
113
6.1
困ったときに
○ UTP ケーブルのタイプ
通信モードがオートネゴシエーションの場合は、MDI/MDI-X自動切替機能が有効に
なり、接続先のポートの種類(MDI/MDI-X)にかかわらず、ストレート /クロスのど
ちらのケーブルタイプでも使用することができます。
通信モードをオートネゴシエーション以外に設定した場合はMDI-Xとなりますので、
ケーブルタイプに注意してください。接続先のポートがMDIの場合はストレートタ
イプ、接続先のポートが MDI-X の場合はクロスタイプのケーブルを使用します。
○ UTP ケーブルの長さ
ケーブル長は最大 100m と規定されています。
27 ページ「ネットワーク機器を接続する」
LINK LED は点灯するが、通信できない
ポートが無効(Disabled)に設定されていませんか
SHOW SWITCH PORTコマンドでポートステータス
(Status)
を確認してください。
コンソールターミナルに文字が入力できない
RS-232 ストレートケーブルが正しく接続されていますか
28 ページ「コンソールを接続する」
通信ソフトウェアを 2 つ以上同時に起動していませんか
同一のCOMポートを使用する通信ソフトウェアを複数起動すると、COMポートに
おいて競合が発生し、通信できない、または不安定になるなどの障害が発生します。
通信ソフトウェアの設定内容(通信条件)は正しいですか
本製品を接続している COM ポート名と、通信ソフトウェアで設定している COM
ポート名が一致しているかを確認してください。
また、通信速度
(ボーレート)
の設定が本製品とCOMポートで一致しているかを確認
してください。本製品の通信速度はデフォルトで 9600bps に設定されています。
コンソールターミナルで文字化けする
COM ポートの通信速度は正しいですか
通信速度
(ボーレート)
の設定が本製品とCOMポートで一致しているかを確認してく
ださい。本製品の通信速度がデフォルトの設定
(9600bps)
で、COMポートの設定が
9600bps 以外に設定されていると文字化けを起こします。
文字入力モードは英数半角モードになっていますか
全角文字や半角カナは入力しないでください。通常、AT互換機では cキーを押し
ながら p キーを押して入力モードの切り替えを行います。
114
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
6.2
拡張モジュール
本製品には、オプション
(別売)で1000BASE-T拡張モジュール「AT-A46」が用意されて
います。
AT-A46
10
1000
LINK
100
FULL DUPLEX
ACTIVITY
10/100/1000BASE-T
AT-A46
1000BASE-Tポート×1※
※
本製品搭載時は、1000Mbpsでの通信のみサポートしています。10/100Mbpsでの通信はサ
ポートしていませんのでご注意ください。
LED 表示
LED
色
状態
LINK
10/100
緑
点灯
1000Mbpsでリンクが確立しています。
─
消灯
リンクが確立していません。
FULL
DUPLEX
緑
点灯
Full Duplexでリンクが確立しています。
─
消灯
Half Duplexでリンクが確立しています。
緑
点滅
パケットを送受信しています。
─
消灯
パケットを送受信していません。
ACTIVITY
表示内容
ケーブル
エンハンスド・カテゴリー 5 の UTP ケーブルを使用します。
本製品とネットワーク機器を接続するケーブルの長さは100m以内にしてください。
拡張モジュールの取り付けかた
拡張モジュールの取り付け/取りはずし作業は、必ず、電源ケーブルを抜いて、本製品の電源を
切ってから行ってください。
拡張モジュールは、静電気に非常に敏感な部品を使用しています。静電気によって、電子部品が
損傷する恐れがありますので、取り扱いの際は、アースストラップを使用するなどの静電気防止
対策をして、ボード部分にはできるだけ手を触れないようにしてください。
また、保管するときは、拡張モジュールが梱包されていた静電防止袋に入れて、静電気のある場
所を避けてください。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
115
6.2
拡張モジュール
1
電源ケーブルを抜いて、本製品の電源を切ります。
2
本体前面にある拡張モジュールスロットのカバーパネルのネジをドライバーでゆる
めて、カバーパネルをはずします。
3
拡張モジュールのボード部分を、スロットのボードガイドにそって差し込みます。
ボード部分には手を触れず、拡張モジュールの前面パネルを持って作業してください。
差し込むときに、ボード部分をスロットのネジ穴などに当てないよう注意してください。
拘束ネジ
AT-A4
6
LINK
10
1000
100
FULL
10 /10
0
/1000
BASE
-T
DUPL
EX
ACTIV
ITY
ボードガイド
4
拡張モジュールの前面パネルが本製品の前面パネルとそろう位置まで、拡張モジュー
ルを押し込みます。
5
拡張モジュールの拘束ネジをドライバーでしめます。
6
以上で、拡張モジュールの取り付けが完了しました。電源ケーブルを接続して、本
製品の電源を入れます。
拡張モジュールを取り外す場合は、拘束ネジをドライバーでゆるめ、前面パネルを持って
ゆっくりと引き抜きます。
116
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
6.3
ソフトウェアのバージョンアップ
弊社は、改良(機能拡張、不具合修正など)のために、予告なく本製品のソフトウェアの
バージョンアップやパッチレベルアップを行うことがあります。ここでは、最新のソフト
ウェアの入手方法、本製品へのダウンロードのしかたについて説明します。
準備するもの
本製品のバージョンアップには、以下のものが必要です。
○
セットアップツール(ファームウェアインストーラ)
TFTPによりファームウェアなどのファイルを、本製品にダウンロードするツールで
す。弊社ホームページから入手できます。
○
ソフトウェアセット
下記のファイルを圧縮してひとつのファイルにしたものです
(□で記載した部分は、
バージョン、パッチに依存)。
○
○
○
○
ファームウェアファイル(sr- □□□ .rez)
パッチファイル(sr □□□ - □□ .paz)
ヘルプファイル(help.hlp)
バージョンアップ情報ファイル(swthinf.ini)
※ 場合によっては、パッチファイルのみの提供となります。
○
Windows 95/98/2000/Me/XP、Windows NT が動作するコンピューター
セットアップツールを実行します。
○
リリースノート
機能拡張、不具合修正などについて記載されたPDFファイルです。重要な情報が記
載されていますので、必ずご覧ください。弊社ホームページから入手できます。
○
バージョンアップ手順書
バージョンアップのしかたが記載されたPDFファイルです。弊社ホームページから
入手できます。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
117
6.3
ソフトウェアのバージョンアップ
最新ソフトウェアセットの入手方法
最新のソフトウェアセット(ファームウェアファイルやパッチファイル)は、弊社ホーム
ページ(
「サポート」のページ)から入手することができます。
http://www.allied-telesis.co.jp/
ファイルのバージョン表記
○
ファームウェアファイル
ファームウェアファイルのバージョンは、ピリオドで区切られた 3 桁の数字で
「major.minor.interim」
(例:2.6.4)の形式で表されます。「major」はメジャーバー
ジョン番号、
「minor」はマイナーバージョン番号です。
「interim」は不具合修正な
どのために提供されていたパッチがファームウェアに反映された時点で加算されま
す。
ファームウェアは、
「sr-rrr.rez」というファイル名で提供されます。「sr-」で始まり、
「rrr」は「major.minor.interim」からピリオドを除いた 3 桁の数字です(例:sr264.rez)。
○
パッチファイル
パッチは、ファームウェアに対する暫定的な修正のために使用されます。
パッチファイルは「srrrr-pp.paz」というファイル名で提供されます。「sr」で始ま
り、「rrr」はパッチの対象となるファームウェアのバージョン番号、
「pp」はパッチ
番号を示します(例:sr264-01.paz)。
最新のパッチファイルは、パッチ番号「01」からの修正内容をすべて含む形式で提
供されます。対象となるファームウェアに適用できるパッチファイルは 1 つだけで
す。
118
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
6.4
ハイパーターミナルの設定
コンソールターミナルとして、Windows 95/98/Me/2000/XP、Windows NTに標準装
備のハイパーターミナルを使用する例を示します。
(RS-232 ストレートケーブルは、COM1 に接続すると仮定します。
)
Windows Me をご使用の場合
「ハイパーターミナル」をあらかじめインストールしておく必要があります。
[スタート]ボタンをクリックし、[設定]をポイントします。次に[コントロールパネル]をク
リックし、[アプリケーションの追加と削除]アイコンをダブルクリックします。
[Windows ファイル]タブをクリックし、[ファイルの種類]ボックスで[通信]をクリックし
ます。次に[詳細]をクリックし、
[ファイルの種類]ボックスで[ハイパーターミナル]のチェッ
クボックスをオンにして、
[OK]をクリックします。
[アプリケーションの追加と削除のプロパ
ティ]ダイアログボックスの[OK]をクリックします。
以上で「ハイパーターミナル」がインストールされます。
1
ハイパーターミナルを起動します。
Windows 95 の場合 -[スタート]ボタンをクリックし、
[プログラム]をポイントします。次
に[アクセサリ]をポイントし、
[ハイパーターミナル]をクリックします。次に Hypertrm.exe
をダブルクリックします。
Windows 98 の場合 -[スタート]ボタンをクリックし、
[プログラム]をポイントします。次
に[アクセサリ]をポイントし、[通信]をポイントします。次に[ハイパーターミナル]をク
リックし、Hypertrm.exe をダブルクリックします。
Windows Me/2000/XP の場合 -[スタート]ボタンをクリックし、[プログラム
(すべてのプ
ログラム)]をポイントします。次に[アクセサリ]をポイントし、[通信]をポイントします。
次に[ハイパーターミナル]をクリックします。
Windows NT の場合 -[スタート]ボタンをクリックし、[プログラム]をポイントします。次
に[アクセサリ]をポイントし、[ハイパーターミナル]をクリックします。
2
[接続の設定]ダイアログボックスが表示されます。
[名前]ボックスで名前を入力
し、
[アイコン]ボックスでアイコンを選んで、[OK]をクリックします。
モデムのインストールをするかどうかを問うダイアログボックスが表示された場合
は、
[いいえ]をクリックします。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
119
6.4
3
ハイパーターミナルの設定
接続方法を設定します。
Windows 95 の場合 -[電話番号]ダイアログボックスが表示されます。
[接続方法]ボックスで、[Com1 へダイレクト]を選択して、
[OK]をクリックします。
Windows 98/Me/2000 の場合 -[接続の設定]ダイアログボックスが表示されます。
[接続方法]ボックスで、[Com1 へダイレクト]を選択して、
[OK]をクリックします。
Windows XP の場合 -[接続の設定]ダイアログボックスが表示されます。
[接続方法]ボックスで、[COM1]を選択して、[OK]をクリックします。
Windows NT の場合 -[接続の設定]ダイアログボックスが表示されます。
[ポートの設定]タブの[接続方法]ボックスで、[COM1]を選択して、[OK]をクリックしま
す。
4
「COM1 のプロパティ」ダイアログボックスが表示されます。
各項目を下図のように設定して、
[OK]をクリックします。
(下の画面は Windows XP の場合)
120
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
5
「XXXX- ハイパーターミナル(HyperTerminal)」のような、手順 2 で設定した名前の
ウィンドウが表示されます。
[ファイル]メニューの[プロパティ]をクリックします。次に[設定]タブをクリッ
クし、各項目を下図のように設定し
(
[エンコード方法]
は
[Shift-JIS]
を選択)
、
[OK]
をクリックします。
(下の画面は Windows XP の場合)
6
以上で、設定が終わりました。
本体に電源を入れると、自己診断テストの実行後、
「login:」
プロンプトが表示されま
す。
110 ページ「自己診断テストの結果を確認する」
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
121
6.5
Telnet クライアントの設定
本製品は Telnet サーバーを内蔵しているため、他の Telnet クライアントからネットワー
ク経由でログインすることができます。
ここでは、Windows 95/98/Me/2000/XP、Windows NT の Telnet クライアントの設定
方法を説明します。
Telnetを使用する場合は、あらかじめコンソールターミナルで本製品にIPアドレスを割り当て
ておく必要があります。
55 ページ「IP インターフェースを作成する」
1
ネットワークに合わせて TCP/IP プロトコルの環境設定を行います。
Windows 95 の場合 -[スタート]ボタンをクリックし、[設定]をポイントします。次に[コ
ントロールパネル]をクリックし、[ネットワーク]アイコンをダブルクリックします。
[ネットワークの設定]タブをクリックし、[現在のネットワーク構成]ボックスで[TCP/IP]を
クリックします。次に[プロパティ]をクリックして、設定を行います。
Windows 98/Me の場合 -[スタート]ボタンをクリックし、[設定]をポイントします。次に
[コントロールパネル]をクリックし、[ネットワーク]アイコンをダブルクリックします。
[ネットワークの設定]タブをクリックし、[現在のネットワークコンポーネント]ボックスで、
[TCP/IP ->(ご使用のアダプター)]をクリックします。次に[プロパティ]をクリックして、設
定を行います。
Windows 2000の場合-[スタート]ボタンをクリックし、[設定]をポイントします。次に[コ
ントロールパネル]をクリックし、[ネットワークとダイヤルアップ接続]アイコンをダブルク
リックします。次に[ローカルエリア接続]を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
[インターネットプロトコル(TCP/IP)]をクリックし、[プロパティ]をクリックして、設定を行
います。
Windows XP の場合 -[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]をポイントし
ます。次に[ネットワークとインターネット接続]アイコンをクリックし、[ネットワーク接続]
アイコンをクリックします。次に[ローカルエリア接続]を右クリックし、[プロパティ]をク
リックします。
[インターネットプロトコル(TCP/IP)]をクリックし、[プロパティ]をクリックして、設定を行
います。
Windows NT の場合 -[スタート]ボタンをクリックし、[設定]をポイントします。次に[コ
ントロールパネル]をクリックし、[ネットワーク]アイコンをダブルクリックします。
[プロトコル]タブをクリックし、[ネットワークプロトコル]ボックスで[TCP/IP プロトコル]
をクリックします。次に[プロパティ]をクリックして、設定を行います。
各製品に添付されているマニュアルをご覧になり、IPアドレスなどを正しく設定し
てください。
122
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
2
Telnet クライアントを起動します。
Telnet クライアントは、Windows 95/98/Me、Windows NT の場合 Windows ア
プリケーション、Windows 2000/XPの場合コマンドラインアプリケーションにな
ります。
Windows 95/98/Me・Windows NT の場合 -[スタート]ボタンをクリックし、
[ファイル名
を指定して実行]をクリックします。
[名前]ボックスで「TELNET」と入力して、
[OK]をクリッ
クします。
Windows 2000/XP の場合 -[スタート]ボタンをクリックし、
[ファイル名を指定して実行]
をクリックします。
[名前]ボックスで「TELNET」と入力して、[OK]をクリックします。[名
前]ボックスで「TELNET 192.168.200.1」のように、TELNET に続けて本製品の IP アドレ
スを指定することもできます。
3
ターミナルの設定を行います。
Windows 95/98/Me・Windows NT の場合 -[ターミナル]メニューの[基本設定(設定)]を
クリックします。次に[エミュレーション]で[VT-100/ 漢字]をクリックし、[OK]をクリッ
クします(
[漢字コードセット]は[シフト JIS]を選択)。
(下の画面は Windows 98 の場合)
Windows 2000/XPの場合-次のコマンドを入力して、aキーを押します。漢字コードセッ
トをシフト JIS に設定するには、SET CODESET Shift JIS コマンドを実行します。
Microsoft Telnet> SET TERM VT100
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
123
6.5
4
Telnet クライアントの設定
本製品の Telnet サーバーに接続します。
Windows 95/98/Me・Windows NT の場合 -[接続]メニューの[リモートシステム]をク
リックします。次に[ホスト名]ボックスで、本製品の IP アドレスを入力し、
[接続]をクリッ
クします。
Windows 2000/XPの場合-次のコマンドを入力して、aキーを押します。OPENに続けて
本製品の IP アドレスを指定します。
Microsoft Telnet> OPEN 192.168.200.1
5
以上で、設定が終わりました。
Telnetセッションが確立すると、
「TELNET session now in ESTABLISHED state」
のメッセージの後、
「login: 」プロンプトが表示されます。
124
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
6.6
仕 様
ここでは、コネクターのピンアサインやケーブルの結線、電源部や環境条件など本製品の
仕様について説明します。
コネクター・ケーブル仕様
10BASE-T/100BASE-TX インターフェース
RJ-45 型のモジュラージャックを使用しています。
12345678
コンタクト
MDI信号
MDI-X信号
1
TD+
RD+
2
TD−
RD−
3
RD+
TD+
4
未使用
未使用
5
未使用
未使用
6
RD−
TD−
7
未使用
未使用
8
未使用
未使用
ケーブルの結線は下図のとおりです。
本製品
接続機器
1 TD+
2 TD-
UTPケーブル(ストレート)
3 RD+
6 RD-
TD+ 1
TD- 2
RD+ 3
RD- 6
MDI-X
MDI
本製品
接続機器
1 TD+
2 TD3 RD+
6 RD-
MDI-X
UTPケーブル
(クロス)
TD+ 1
TD- 2
RD+ 3
RD- 6
MDI-X
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
125
6.6
仕 様
本製品
接続機器
UTPケーブル(ストレート)
1TD+
2TD3RD+
6RD-
TD+1
TD-2
RD+3
RD-6
MDI
MDI-X
本製品
接続機器
UTPケーブル
(クロス)
1TD+
2TD3RD+
6RD-
TD+ 1
TD- 2
RD+ 3
RD- 6
MDI
MDI
RS-232 インターフェース
D-Sub 9 ピン(メス)タイプのコネクターを使用しています。
5 4 3 2 1
9 8 7 6
126
RS-232
DCE
信号名
(JIS規格)
信号内容
1
NOT USED
未使用
2
TXD(TD)
送信データ
3
RXD(RD)
受信データ
4
DSR(DR)
データセットレディ
5
SG(SG)
信号用接地
6
DTR(ER)
データ端末レディ
7
CTS(CS)
送信可
8
RTS(RS)
送信要求
9
NOT USED
未使用
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
本製品の仕様
準拠規格
IEEE 802.3 10BASE-T
IEEE 802.3u 100BASE-TX
IEEE 802.3ab 1000BASE-T
IEEE 802.3ad Link Aggregation(Manual Configuration)※1
IEEE 802.3x Flow Control
IEEE 802.1D Spanning Tree
IEEE 802.1Q VLAN Tagging
IEEE 802.1p Class of Service, priority protocol
IEEE 802.1w Rapid Spanning Tree
適合規格
安全規格
EMI規格
UL60950-1, CSA-C 22.2 No.60950-1
VCCIクラスA
電源部
定格入力電圧
入力電圧範囲
定格周波数
定格入力電流
最大入力電流(実測値)
平均消費電力
平均発熱量
AC100-120V
AC90-132V
50/60Hz
2A
0.5A
22W(最大24W)※2
80kJ/h(最大86kJ/h) ※2
環境条件
動作時温度
動作時湿度
保管時温度
保管時湿度
0∼40℃
80%以下(ただし、結露なきこと)
-20∼60℃
95%以下(ただし、結露なきこと)
外形寸法(突起部含まず)
440(W)× 222(D) × 44(H)mm
質量
3.2kg
スイッチング方式
ストア&フォワード
MACアドレス登録数
8K(最大)
メモリー容量
33MByte
パケットバッファー容量 ※1MByte=スイッチングチップ内蔵
※32MByte=外部SDRAM
フラッシュメモリー容量 4MByte
メインメモリー容量
32MByte
サポートするMIB
MIB-II(RFC1213)
IPフォワーディングテーブルMIB(RFC1354)
ブリッジMIB(RFC1493)
ホストリソースMIB(RFC1514)
インターフェース拡張グループMIB(RFC1573)
イーサネットMIB(RFC1643)
RMON MIB(RFC1757 [1,2,3,9グループ])
プライベートMIB
※1
接続機器については弊社ホームページに掲載の「トランキング相互接続可能機種リスト」を参照して
※2
ください。
拡張モジュール未装着時
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
127
6.7
保証とユーザーサポート
保証、修理について
本製品の保証内容は、製品に添付されている「製品保証書」の「製品保証規定」に記載さ
れています。製品をご利用になる前にご確認ください。本製品の故障の際は、保証期間の
内外にかかわらず、弊社修理受付窓口へご連絡ください。
アライドテレシス株式会社 修理受付窓口
Tel:
0120-860-332
携帯電話/ PHS からは:
045-476-6218
月∼金(祝・祭日を除く)
9:00 ∼ 12:00 13:00 ∼ 17:00
保証の制限
本製品の使用または使用不能によって生じたいかなる損害
(人の生命・身体に対する被害、
事業の中断、事業情報の損失またはその他の金銭的損害を含み、またこれらに限定されな
い)についても、当社は、その責を一切負わないこととします。
ユーザーサポート
障害回避などのユーザーサポートは、次の「サポートに必要な情報」をご確認のうえ、弊
社サポートセンターへご連絡ください。
アライドテレシス株式会社 サポートセンター
http://www.allied-telesis.co.jp/support/info/index.html
Tel:
0120-860-772
携帯電話 /PHS からは:
045-476-6203
月∼金(祝・祭日を除く)
9:00 ∼ 12:00 13:00 ∼ 18:00
サポートに必要な情報
お客様の環境で発生した様々な障害の原因を突き止め、迅速な障害の解消を行うために、
弊社担当者が障害の発生した環境を理解できるよう、以下の点についてお知らせください。
なお、都合によりご連絡が遅れることもございますが、あらかじめご了承ください。
128
1
一般事項
○
送付日
○
お客様の会社名、ご担当者
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
○
ご連絡先
すでに「サポート ID 番号」を取得している場合、サポート ID 番号をお知らせくださ
い。サポートID番号をお知らせいただいた場合には、ご連絡住所などの詳細は省略
していただいてかまいません。
○
ご購入先
2
使用しているハードウェア・ソフトウェアについて
○
シリアル番号(S/N)、リビジョン(Rev)をお知らせください。
シリアル番号とリビジョンは、本体に貼付されている
(製品に同梱されている)シリ
アル番号シールに記載されています。また、シリアル番号は、SHOW SYSTEM コ
マンドで表示されるシステム情報の「Serial Number」の項でも確認できます。
(例)
○
ソフトウェアバージョンをお知らせください。
ソフトウェアバージョンは、SHOW SYSTEM コマンドで表示されるシステム情報
の「Software Version」の項で確認できます。
○
オプション(別売)製品を使用している場合は、製品名をお知らせください。
3
問い合わせ内容について
○
どのような症状が発生するのか、それはどのような状況で発生するのかをできる限
り具体的に(再現できるように)お知らせください。
○
エラーメッセージやエラーコードが表示される場合には、表示されるメッセージの
内容をお知らせください。
○
可能であれば、設定ファイルをお送りください
(パスワードや固有名など差し障りの
ある情報は、抹消してお送りくださいますようお願いいたします)
。
4
ネットワーク構成について
○
ネットワークとの接続状況や、使用されているネットワーク機器がわかる簡単な図
をお送りください。
○
他社の製品をご使用の場合は、メーカー名、機種名、バージョンなどをお知らせく
ださい。
CentreCOM 8624EL 取扱説明書
6 付録
129
8624EL
取
扱
説
明
書
アライドテレシス株式会社
PN J613-M0688-00 Rev.A 041206
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement