【3】各部の名称 3-1 本体 3-2 表示器 【4】機能説明 

【3】各部の名称 3-1 本体 3-2 表示器 【4】機能説明 
【3】各部の名称
3-1 本体
クランプ式電流センサ(CT)
中心位置表示
DCL11R
300V CAT.III MAX 300A
バリア
HOLD ボタン
トリガー
電源ボタン
デジタルクランプメータ
バックライトボタン
取扱説明書
液晶表示
本社=東京都千代田区外神田2−4−4・電波ビル
郵便番号=101-0021・電話=東京(03)3253−4871㈹
大阪営業所=大阪市浪速区恵美須西2−7−2
郵便番号=556-0003・電話=大阪(06)6631−7361㈹
3-2 表示器
電池残量警告
交流
Dempa Bldg., 4-4 Sotokanda 2-Chome, Chiyoda-Ku, Tokyo, Japan
大豆インキを使用しています。
データホールド
オートパワーオフ有効
単位(アンペア)
数値部と小数点
01-1507 2040 6011
【1】安全に関する項目~ご使用の前に必ずお読みください。 ~
【4】機能説明 1-1 警告マークなどの記号説明
本器および『取扱説明書』に使用されている記号と意味について
:安全に使用するための特に重要な事項を示します。
・警告文は“やけど”や“感電”などの人身事故を防止するためのものです。
・注意文は本器を壊すおそれのあるお取り扱いについての注意文です。
本器の記号の説明 :使用前に取扱説明書を参照の記号
:二重絶縁または強化絶縁
:活線状態の電路に着脱可能
:バックライト
:電源ボタン
4-1 電源ボタン: ボタン
押すことで電源の ON/OFF をおこないます。
4-2 オートパワーオフ機能
最終操作から約 15 分で自動的に電源が OFF になるオートパワーオフ機能
付きです。オートパワーオフ機能は
ボタンを押しながら電源 ON すること
で解除できます。表示器の
が消えていればオートパワーオフ解除状態です。
4-3 電池消耗警告表示
電池が消耗し電池電圧が約 2.3 V 以下になった時、表示器に
マークが表示
されます。このマークが点灯した時には電池を交換してください。
4-4 データホールド機能:HOLD ボタン
HOLD ボタンを押すと、表示器に
が点灯しその時点の表示値をホールド
(保持)
します。測定入力が変動しても表示は変化しません。再度ボタンを押すと、
は消灯しホールドが解除されます。
4-5 バックライト機能: ボタン
このボタンを押すと表示器にバックライトが点灯します。再度このボタンを
押すと消灯します。または約 10 秒で自動消灯します。
1-2 安全使用のための警告文
【5】測定方法
このたびは、デジタルクランプメータ DCL11R をお買い上げいただき、
誠にありがとうございます。ご使用前にはこの取扱説明書をよくお読みいただ
き、正しく安全にご使用ください。そして常にご覧いただけるように製品と一
緒に大切に保管してください。
本文中の“ 警告”および“ 注意”の記載事項は、“やけど”や“感電”
などの事故防止のため、必ずお守りください。
警 告
以下の項目は、“やけど”や“感電”などの人身事故を防止するためのも
のです。本器をご使用する際には必ずお守りください。
1. 本器は低電圧用のデジタルクランプメータです。対地電圧が 300 Vrms
以下の電路で使用すること。
2. AC 33 Vrms(46.7 Vpeak)
または DC 70 V 以上の電圧は人体に危険なた
め注意すること。また、必要に応じて絶縁保護具を用いること。
3. 最大定格入力値(1-3 参照)を超える信号は入力しないこと。
4. 本体が傷んでいたり、壊れている場合は使用しないこと。
5. ケースまたは電池ふたを外した状態では使用しないこと。
6. 測定中はクランプセンサのバリアより先を持たないこと。
7. 本器または手が水などで濡れた状態での使用はしないこと。
8. 電池交換を除く修理・改造はおこなわないこと。
9. 始業点検および年 1 回以上の点検は必ずおこなうこと。
10.屋内で使用すること。
11.本器の保護機能が損なわれることがあるので指定されている方法以外で使
用しないこと。
※対地電圧 300 V 以下:Y 結線 415 V の場合対地電圧は 415 ÷ 3 ≒ 240 V となります。
1-3 過負荷保護入力値
入力
最大定格入力値
最大過負荷保護入力値
クランプセンサ部
AC 320 A
AC 350 A
【2】用途と特長
2-1 用 途
本器は IEC 61010-1 CAT. Ⅲ 300 V の範囲内の測定用に設計された実効値
応答型の交流用クランプメータです。低電圧電路、電気機器などの電流測定に
適します。
2-2 特 長
・IEC61010-1 に準拠した安全設計
・コンパクトなポケットサイズ
・真の実効値(TRUE RMS)変換方式
・オートパワーオフ(約 15 分)機能付き(解除可能)
・バックライト
測定カテゴリ(過電圧カテゴリ)
CAT. Ⅱ:コンセントに接続する電源コード付き機器の一次側電路。
CAT. Ⅲ:直接分電盤から電気を取り込む機器の一次側および分電盤
からコンセントまでの電路。
CAT. Ⅳ:引き込み線から分電盤までの電路。
− 1 −
警 告
1.最大定格値を超えた入力を加えないこと。
2.測定中は本体のバリアより先を持たないこと。
5-1 始業前点検
測定を始める前に以下の項目を確認してください。
・外観チェック:落下などにより本体外観に異常がないか?
・電池消耗警告
が表示されていないか? 表示されている場合は新品電池
と交換してください。
・本器または手が水などでぬれた状態ではないか?
※表示器に何も表示が出ない場合は、電池の全消耗が考えられます。
5-2 交流電流(A)測定
注 意
1.測定確度を良くするため、導体がクランプセンサの中心に位置するよう
にして測定してください。
2.電線は必ず 1 本のみクランプしてください。2 本、3 本と複数の電線を一
緒にクランプしたり、複数の芯線のケーブルや並行コードをクランプし
ても正しい測定はできません。
3.クランプセンサが完全に閉じていない状態だと正しく測れません。
4.トランスや大電流路など強磁界の発生している近く、無線機など電磁波の
発生している近く、または帯電しているものの近くでは正常な測定ができ
ない場合があります。
5.大電流を印加した場合に CT から振動音が出る場合がありますが異常では
ありません。
①電源を ON します。
②クランプセンサを開き、測定したい電線 1 本を挟み込み、クランプセンサを
完全に閉じます。
③表示値を読みとります。
正しい測定 ◯
導体 1 本をクランプセンサ
の中心にクランプする。
誤った測定 ×
複数の導体をクランプする。 クランプセンサ先端に力が
加わっている状態。
− 2 −
【6】保守管理について
警 告
1.この項目は安全上重要です。本説明書をよく理解して管理をおこなうこと。
2.安全と確度保持のために 1 年に 1 回以上は校正、点検を実施すること。
6-1 保守点検
外観: 落下などにより外観に異常はありませんか? CT の開閉はスムーズで
すか?異常がある場合は、そのまま使用せず修理を依頼してください。
6-2 校正
校正、点検については三和電気計器(株)・羽村工場サービス課までお問い
合わせください。(項目 7-2(4)「送り先」参照)
6-3 清掃と保管について
注 意
1.本体は揮発性溶剤に弱いため、シンナーやアルコールなどで拭いたりし
ないこと。汚れは柔らかい布に少量の水を含ませてふき取ってください。
2.本体は熱に弱いため、高熱を発するものの近くに置かないこと。
3.振動の多い場所や落下のおそれのある場所に保管しないこと。
4.直射日光下や高温、低温、多湿、結露のある場所での保管は避けること。
5.長期間使用しない場合は電池を必ず抜いておくこと。
6-4 電池交換
●出荷時の電池について
工場出荷時に組み込まれている電池はモニター用電池ですので電池寿命が新
品電池より短い場合があります。モニター用電池とは製品の機能や性能を
チェックするための電池のことです。
警 告
1.感電のおそれがあるため、クランプセンサに入力が加わった状態、または測定
状態で電池ふたをはずさないこと。
2.電源が“OFF”になっていることを確認してから電池交換作業をおこなうこと。
①電 池ふたの固定ネジ(1 本)をプラスドラ
イバーでまわして外します。
②電池ふたをはずします。
③電池ホルダ内の電池を極性に注意して 2 本
共に新品と交換します。
④電 池ふたの固定ネジを元どおりネジ止め
します。
【7】アフターサービスについて
7-1 保証期間について
本製品の保証期間は、お買い上げの日より 3 年間です。
ただし、日本国内で購入し日本国内でご使用いただく場合に限ります。また、製品
本体の確度は 1 年保証、
製品付属の電池、
ポーチは保証対象外とさせていただきます。
7-2 修理について
1)修理依頼の前にもう一度次の項目をご確認ください。
・ 電池の容量はありますか?電池装着の極性は正しいでしょうか?
2)保証期間中の修理
・ 保証書の記載内容によって修理させていただきます。
3)保証期間経過後の修理
・修理によって本来の機能が保持できる場合、ご要望により有料で修理させて
いただきます。
・修理費用や輸送費用が製品価格より高くなる場合もありますので、事前にお
問い合わせください。
・本品の補修用性能部品の最低保有期間は、製造打切り後 6 年間です。この保
有期間を修理可能期間とさせていただきます。ただし、購買部品の入手が製
造会社の製造中止等により不可能になった場合は、保有期間が短くなる場合
もあります。
4)修理品の送り先
・製品の安全輸送のため、製品の 5 倍以上の容積の箱に入れ、十分なクッション
を詰めてお送りください。
・箱の表面には「修理品在中」と明記してください。
・輸送にかかる往復の送料は、お客様のご負担とさせていただきます。
[送り先] 三和電気計器株式会社・羽村工場サービス課
〒 205-8604 東京都羽村市神明台 4-7-15
TEL(042)554-0113 / FAX(042)555-9046
7-3 お問い合わせ
三和電気計器株式会社
本 社 :TEL(03)3253-4871 / FAX(03)3251-7022
大阪営業所 :TEL(06)6631-7361 / FAX(06)6644-3249
製品についての問い合わせ: 0120-51-3930(土日祭日および弊社休日を除く)
受付時間 9:30 〜 12:00 13:00 〜 17:00
ホ ー ム ペ ー ジ:http://www.sanwa-meter.co.jp
表示
サンプルレート
オーバー表示
レンジ切り換え
電池消耗表示
6000 カウント
約 2回/秒
数値部に“OL”表示
オートレンジ
電池消耗時 約 2.3 V 以下で表示器に
マークが
点灯する。
クランプ式電流センサ(CT)/ 最大 約 φ 22 mm
高度 2000 m以下、屋内使用、環境汚染度Ⅱ
5 ℃~ 40 ℃ 湿度は下記(結露のないこと)
5 ℃~ 31 ℃で 80 % RH(最大)、31 ℃以上 40 ℃
では 80 % RH から 50 % RH へ直線的に減少
-10 ℃~ 40 ℃、80 %RH 以下(結露のないこと)
40 ℃~ 50 ℃、70 %RH 以下(結露のないこと)
LR03(単 4 形アルカリ電池)1.5 V × 2
最終操作から 約 15 分後に電源オフ
約 1.9 mA / 約 500 時間(バックライト非点灯)
145( H )
× 54(W )
× 31( D )mm・ 約 120 g(電池含む)
IEC61010-1、IEC61010-2-030 CAT.Ⅲ300 V、
IEC61010-2-32
IEC61326-1
取扱説明書、キャリングポーチ(C-DCL10)
電流測定方式 / 開口径
使用環境条件
使用温湿度範囲
保存温湿度範囲
電源
オートパワーオフ
消費電流 / 電池寿命
寸法・質量
安全規格
EMC 指令
付属品
8-2 測定範囲および確度
確度保証温湿度範囲:23 ± 5 ℃、80 %RH 以下 結露のないこと
rdg: reading(読み取り値) dgt:digits(最下位桁)
確度保証レンジ範囲: 測定レンジの 1 % ~ 100 %
クレストファクタ CF:フルスケール CF < 1.6 、ハーフスケール CF < 3.2
ACA 交流電流 実効値応答・AC 結合(正弦波交流)
レンジ
60.00 A
300.0 A
分解能
0.01 A
0.1 A
確度:50/60 Hz
±(2.0 %rdg + 5dgt) ±(3.0 %rdg + 10dgt)
確度計算方式
例)交流電流測定(ACA)
表示値:10.00 A
レンジ確度:60.00 A レンジ…±(2.0 %rdg+5dgt)
誤差:±(10.00 A × 2.0 % + 0.01 A × 5)= ± 0.25 A
真値:10.00 A ± 0.25 A(9.75 ~ 10.25 A の範囲内)
※ 60.00 A レンジにおける 3dgt とは 0.03 A に相当します。
300.0 A レンジにおける 3dgt とは 0.3 A に相当します。
ここに掲載した製品の仕様や外観は改良等の理由により、
予告なしに変更することがありますのでご了承ください。
保証書
ご氏名
ご住所
様
型 名
この製品は厳密なる品質管理を経てお
届けするものです。
本保証書は所定項目をご記入の上保管
していただき、アフターサービスの際
ご提出ください。
※本保証書は再発行はいたしませんの
で大切に保管してください。
〒
TEL
保証期間
ご購入日 年 月より 3 年間
本社=東京都千代田区外神田2−4−4・電波ビル
郵便番号=101-0021・電話=東京(03)3253−4871(代)
保証規定
保証期間中に正常な使用状態のもとで、万一故障が発生した場合には無償で修理いたします。
ただし下記事項に該当する場合は無償修理の対象から除外いたします。
記
1.取扱説明書と異なる不適当な取扱いまたは使用による故障
2.当社サービスマン以外による不当な修理や改造に起因する故障
3.火災水害などの天災を始め故障の原因が本計器以外の事由による故障
4.電池の消耗による不動作
5.お買い上げ後の輸送、移動、落下などによる故障および損傷
6.本保証書は日本国において有効です。
This warranty is valid only within Japan.
年 月 日
修理内容をご記入ください。
8-1 一般仕様
⊿―Σ方式
真の実効値方式(AC 結合)
− 3 −
DCL11R
製造 No.
【8】仕 様
動作方式
交流検波方式
確度:45 ~ 400 Hz
※無償の認定は当社においておこなわせていただきます。
− 4 −
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement