ユーザーズガイド(PDF:621KB)

ユーザーズガイド(PDF:621KB)
小型キューブタイプ
UXGA
白黒
CCD
カメラリンク
カメラ
FV-L200B1
ユーザーズガイド
株式会社リコー
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
1/33
目次
1
外部接続コネクタ仕様............................................................................................................................................... 4
1.1
1.2
2
カメラリンクコネクタ........................................................................................................................................ 4
電源・入出力信号コネクタ ................................................................................................................................ 5
カメラ出力タイミング............................................................................................................................................... 6
2.1
ノーマル・モード (設定値 10H: 1XX0XXXX) ................................................................................................. 6
2.1.1
水平タイミング ........................................................................................................................................... 6
2.1.2
垂直タイミング ........................................................................................................................................... 7
2.1.2.1
ノーマル・フルスキャン (設定値 10H: 1XX00XXX, 11H: X000X000) ........................................... 7
2.1.2.2
パーシャル・フルスキャン (設定値 10H: 1XX01XXX, 11H: X000X000) ....................................... 7
2.1.2.3
1/2 パーシャルスキャン (設定値 10H: 1XX01XXX, 11H: X000X001) ............................................ 8
2.1.2.4
1/4 パーシャルスキャン (設定値 10H: 1XX01XXX, 11H: X000X010) ............................................ 8
2.1.2.5
任意パーシャルスキャン (設定値 10H: 1XX01XXX, 11H: X000X111)............................................ 9
2.2
ビニングモード (設定値 10H: 1XX1XXXX) ................................................................................................. 10
2.2.1
水平タイミング ......................................................................................................................................... 10
2.2.2
垂直タイミング ......................................................................................................................................... 11
2.2.2.1
ビニング・フルスキャン (設定値 10H: 1XX10XXX, 11H: X000X000) ......................................... 11
2.2.2.2
ビニング・パーシャル・フルスキャン (設定値 10H: 1XX11XXX, 11H: X000X000).................... 11
2.2.2.3
ビニング・1/2 パーシャルスキャン (設定値 10H: 1XX11XXX, 11H: X000X001) .......................... 12
2.2.2.4
ビニング・1/4 パーシャルスキャン (設定値 10H: 1XX11XXX, 11H: X000X010) .......................... 12
2.3
カメラリンク出力データ配列........................................................................................................................... 13
2.4
カメラリンク 1TAP出力(1X-1Y) .................................................................................................................. 14
2.5
転送イメージ .................................................................................................................................................... 14
3
カメラ動作モード .................................................................................................................................................... 15
3.1
ノーマル・モード ............................................................................................................................................. 15
3.1.1
フルフレーム露光...................................................................................................................................... 15
3.1.2
電子シャッタ動作...................................................................................................................................... 15
3.2
パルス幅トリガ・モード .................................................................................................................................. 16
3.2.1
パルス幅トリガ・モード(Vリセット動作) ........................................................................................... 16
3.2.2
パルス幅トリガ・モード(ノンリセット動作)....................................................................................... 17
3.2.3
露光詳細タイミング .................................................................................................................................. 17
3.3
エッジプリセット・トリガ・モード ................................................................................................................ 18
3.3.1
エッジプリセット・トリガ・モード(Vリセット動作) ......................................................................... 18
3.3.2
エッジプリセット・トリガ・モード(ノンリセット動作)..................................................................... 19
3.3.3
露光詳細タイミング .................................................................................................................................. 19
3.4
Hリセット・モード .......................................................................................................................................... 20
4
通信仕様................................................................................................................................................................... 21
4.1
通信方式 ........................................................................................................................................................... 21
4.2
通信設定 ........................................................................................................................................................... 21
4.3
通信フォーマット ............................................................................................................................................. 21
4.4
カメラ制御コマンド ......................................................................................................................................... 24
4.4.1
カメラ制御コマンド一覧........................................................................................................................... 24
4.4.2
カメラ制御コマンド詳細........................................................................................................................... 26
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
2/33
このユーザーズガイドは、FV-L200B1 の接続方法、設定方法を
説明した資料となります。
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
3/33
1
外部接続コネクタ仕様
電源・入出力信号
コネクタ
カメラリンクコネクタ
1.1
カメラリンクコネクタ
3M 製 SDR 相当品
本製品はPoCLタイプです。
カメラリンクケーブル及びフレームグラバーボードが、PoCL対応品の場合、フレームグラバーボードより
電源供給されます。この場合、電源・入出力信号コネクタから電源を供給しないで下さい。
フレームグラバーボードが、PoCL非対応の場合、電源(12Vdc)は電源・入出力信号コネクタより
供給して下さい。
ピンアサイン
ピン番号
信号名
ピン番号
信号名
1
+12V
14
GND
2
X0-
15
X0+
3
X1-
16
X1+
4
X2-
17
X2+
5
Xclk-
18
Xclk+
6
X3-
19
X3+
7
SerTC+
20
SerTC-
8
SerTFG-
21
SerTFG+
9
CC1-(TRG)
22
CC1+(TRG)
10
CC2+
23
CC2-
11
CC3-
24
CC3+
12
CC4+
25
CC4-
13
GND
26
+12V
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
4/33
電源・入出力信号コネクタ
1.2
¾
¾
¾
HR10A-7R-6PB(ヒロセ電機)相当品
電源(12Vdc)入力、入出力信号のためのコネクタです。
ケーブル側は HR10A-7P-6S(ヒロセ電機)相当品を使用下さい。
ピンアサイン
ピン番号
信号名
IN / OUT
1
GND
IN
2
I/O-1
IN/OUT
3
I/O-2
IN/OUT
4
I/O-3
IN/OUT
5
I/O-4
IN/OUT
6
+12Vdc
IN
¾
¾
信号電圧
Low 電圧
High 電圧
0V
IN
0 to +0.5
+2.5 to +5.0V
OUT
0V
+3.3V
IN
0 to +0.5
+2.5 to +5.0V
OUT
0V
+3.3V
IN
0 to +0.5
+2.5 to +5.0V
OUT
0V
+3.3V
IN
0 to +0.5
+2.5 to +5.0V
OUT
0V
+3.3V
+12Vdc
通信を使用しカメラの設定を変更することにより、電源・入出力信号コネクタの入出力信号を変更で
きます。
トリガ信号は、通信を使用しカメラの設定を変更することにより、カメラリンクコネクタ(CC1)若
しくは電源・入出力信号コネクタ(No.2)から入力できます。
入出力信号パターン
コマンド番号
F0H[3..0]
HR10A-7R-6PB (ヒロセ電機)
11H[7]
0
設定 0
(初期設定)
0H
(初期設定)
1
No.2 ピン
No.3 ピン
No.4 ピン
No.5 ピン
I/O-1 (SP4)
I/O-2 (SP3)
I/O-3 (SP2)
I/O-4 (SP1)
IN/TRG
IN/-
IN/-
IN/TRG
OUT/VD
OUT/HD
設定 1
1H
-
設定 2
2H
-
OUT/CC4
OUT/CC3
OUT/CC2
設定 3
3H
-
OUT/FVAL
OUT/XSG
OUT/XSUB
設定 4
4H
-
設定 5
5H
-
設定 6
6H
-
設定不可
7H-FH
-
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
OUT/
STROBE
OUT/
STROBE
For Test Use Only
OUT/FVAL
OUT/LVAL
OUT/XHD
OUT/EXPDUR
(正極性)
(露光時間)
OUT/VD
N/A
OUT/DVAL
OUT/CC1
OUT/CC1
OUT/PIC_D9
(最上位ビット)
OUT/TRG
OUT/CC1
N/A
OUT/HD
For Test Use Only
5/33
カメラ出力タイミング
2
ノーマル・モード
2.1
(設定値
10H: 1XX0XXXX)
ノーマル・
フルスキャン
クロック
スピード
フレーム
レート(fps)
パーシャル・
フルスキャン
1/2 パーシャル・
スキャン
1/4 パーシャル・
スキャン
通常
x1/2
x1/4
通常
x1/2
x1/4
通常
x1/2
x1/4
通常
x1/2
x1/4
15.3
7.6
3.8
15.4
7.7
3.9
30.6
15.3
7.7
61.3
30.6
15.3
※クロックスピード・・・36.8181 MHz(通常)、18.40905 MHz(x1/2)、9.204525 MHz(x1/4)
水平タイミング
2.1.1
3.8 fps 時: 1 CLK = 108.6422 ns
7.6 fps 時: 1 CLK = 54.3211 ns
15.3 fps 時: 1 CLK = 27.1605 ns
0
1
1
1
1
1
1
1
1
1
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
3
3
3
3
3
3
3
3
5
5
5
5
5
5
7
7
7
コ
0
0
1
2
3
4
5
C
D
E
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
A
0
1
2
3
8
9
E
F
4
5
6
7
8
9
8
9
A
マ ン ド
- 0 F H
H
H
H
H
H
- 1 B H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
- 2 F H
H
H
H
- 3 7 H
H
H
H
H
H
H
H
H
H
- 7 7 H
H
H
- 7 F H
番
号
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
/W
-
E E P R
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
機
O M
予
カ
カ
カ
予
通
予
A
A
A
電
電
電
電
任
任
任
任
ト
ト
予
C
デ
ゲ
予
ク
約
メ
メ
メ
約
信
約
G C
L C
L C
子
子
子
子
意
意
意
意
リ
リ
約
D S
ジ
イ
約
ラ
予
テ
テ
ス
ス
ス
予
ス
予
テ
画
予
約
ス
ス
ト
ト
ト
約
ト
約
ス
像
約
モ
モ
モ
ー
ー
ー
動
動
動
作
作
作
モ
ー
ド
上
輝
モ
シ
シ
シ
シ
パ
パ
パ
パ
ガ
ガ
限
度
ー
ャ
ャ
ャ
ャ
ー
ー
ー
ー
遅
遅
値
目
ド
ッ
ッ
ッ
ッ
シ
シ
シ
シ
延
延
( 8 b
標 値
設 定
タ 露
タ 露
タ 露
タ 露
ャ ル
ャ ル
ャ ル
ャ ル
時 間
時 間
ゲ
タ
ン
イ
ル
オ
ン
ゲ
フ
( 8 b it : D [ 7 . . 0 ] )
( 8 b it: D [7 ..0 ])
イ ン 値
( 8 b it: D [7 ..0 ])
セ ッ ト 値
ン
プ
レ
ベ
ル
ド
ド
ド
( 8 b it:
パ
パ
ボ
ボ
ボ
タ
タ
信
信
信
ー
ー
号
号
号
ン
ン
遅
遅
遅
延
延
延
ロ
ボ
信
号
極
性
・
ー
パ
タ
タ
特
ー
殊
1
2
3
it: D [7
( 8 b it:
( 8 b it:
光 時 間
光 時 間
光 時 間
光 時 間
開 始 ラ
開 始 ラ
有 効 ラ
有 効 ラ
( 1 6 b it
( 1 6 b it
ト
ト
ロ
ロ
ロ
ト
デ
( 8 b it :
( 8 b it :
( 8 b it :
能
ラ
ラ
ラ
ン
効
レ
レ
時
時
時
ベ
ベ
間
間
間
.. 0 ] )
D [7 ..0 ])
D [7 ..0 ])
H 単 位 制 御
( 1
H 単 位 制 御
( 1
C L K 単 位 制 御
C L K 単 位 制 御
イ ン
( 1 6 b it :
イ ン
( 1 6 b it :
イ ン 数
( 1 6 b it
( 1 6 b it
イ ン 数
: D [7 .. 0 ] )
: D [1 5 ..8 ])
力
選
期 値
9
0
0
1
2 5 5 ( F F H )
1 2 8 ( 8 0 H )
0
6 b it: D [7 .. 0
6 b it: D [1 5 ..
( 1 6 b it: D [7
( 1 6 b it: D [1
D [ 7 . .0 ])
D [ 1 5 .. 8 ] )
: D [ 7 . .0 ])
: D [ 1 5 .. 8 ] )
] )
8 ])
. .0 ])
5 .. 8 ] )
1 2 3 6
ル 出 力
設 定
ル 出 力
設 定
u 秒 単 位
( 2 4
u 秒 単 位
( 2 4
u 秒 単 位
( 2 4
出
出
選
択
D
( 1
( 1
b i
b i
b i
設
荷
荷
0 b
0 b
t:
t:
t:
it:
it:
D [7
D [1
D [2
[7 ..0 ])
( 8 b it: D [7 ..0 ])
択
( 8 b it: D [7 ..0 ])
D
D
..
5
3
[ 7 . .0 ])
[ 9 . .8 ])
0 ] )
..8 ])
..1 6 ])
7 6 8
定
範
囲
0 ~
0 ~
0 ~
2 5 5
2 5 5
2 5 5
0 ~ 3
2 5 5
~
2 5 5
~
0 ~ 3
0
0
0
0
~
4 0 9 5
0
0
~
1 9 1 9
0
0
~
1 2 3 5
( 4 D 4 H )
0
~
1 2 3 6
0 ~
6 5 5 3 5
0
D [ 7 . .0 ])
( 8 b it:
出
果
初
D [ 7 .. 0 ] )
D [ 7 .. 0 ] )
D [ 7 .. 0 ] )
0
調
調
0
-
整
整
( 3 0 0 H )
~
~
~
0
0
0
値
値
2 5 5
2 5 5
2 5 5
-
~
0
3 1
-
0
~
1 0 2 3
0
0 ~
2 , 0 0 0 ,0 0 0
0
0
0
-
0 ~ 1
0 ~ 3 1
0 ~ 2 5 5
-
6/33
垂直タイミング
2.1.2
ノーマル・フルスキャン
2.1.2.1
(設定値
10H: 1XX00XXX, 11H: X000X000)
3.8 fps 時: 1 H = 208.5963 μs, 3.8291 Hz
7.6 fps 時: 1 H = 104.2968 μs, 7.6582 Hz
15.3 fps 時: 1 H = 52.1484 μs, 15.3164 Hz
1252H
One vertical (1V)
FVAL
1236H
16H
1
2
1235
1236
16H
Video out
16H
Vertical blanking
1236H
Video output
16H
LVAL
DVAL
パーシャル・フルスキャン
2.1.2.2
(設定値
10H: 1XX01XXX, 11H: X000X000)
3.8 fps 時: 1 H = 208.5963 μs, 3.8599 Hz
7.6 fps 時: 1 H = 104.2968 μs, 7.7198 Hz
15.3 fps 時: 1 H = 52.1484 μs, 15.4397 Hz
1242H
One vertical (1V)
FVAL
6H
1235
1236
1236H
1
2
6H
Video out
6H
Vertical
blanking
1236H
Video output
6H
LVAL
DVAL
※映像無効部を高速駆動することで 3.1.2.1 ノーマル設定に対して垂直周波数が上がります。
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
7/33
2.1.2.3
1/2 パーシャルスキャン
(設定値
10H: 1XX01XXX, 11H: X000X001)
3.8 fps 時: 1 H = 208.5963 μs, 7.6582 Hz
7.6 fps 時: 1 H = 104.2968 μs, 15.3164 Hz
15.3 fps 時: 1 H = 52.1484 μs, 30.6328 Hz
626H
One vertical (1V)
FVAL
570H
902
903
56H
334
335
56H
Video out
56H
Vertical blanking
570H
Video output
56H
LVAL
DVAL
2.1.2.4
1/4 パーシャルスキャン
(設定値
10H: 1XX01XXX, 11H: X000X010)
3.8 fps 時: 1 H = 208.5963 μs, 15.3164 Hz
7.6 fps 時: 1 H = 104.2968 μs, 30.6328 Hz
15.3 fps 時: 1 H = 52.1484 μs, 61.2656 Hz
313H
One vertical (1V)
FVAL
232H
81H
733
734
503
504
81H
Video out
81H
Vertical blanking
232H
Video output
81H
LVAL
DVAL
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
8/33
2.1.2.5
EXT_TRIG
(共通)
FIX_TRIG
任意パーシャルスキャン
(設定値
10H: 1XX01XXX, 11H: X000X111)
Exposure time
(内部VD)
10
20
30
40
50
(内部HD)
VIDEO OUT
表示させるライン数[Y]
FVAL
DVAL
LVAL
V1
高速
転送
[X+a]
高速
転送
[f+g-X-Y]
V2
V3
SUB
ブランキング
(前側)
[BLK_F]
ブランキング
(後側)
[BLK_B]
表示させるライン数
[Y]
1画面の総ライン数
[TOTAL_LINE]
CCD有効ライン数
Optical black
+
Dummy bit
吐き捨てる
ライン数
(前側)
表示させる
ライン数
吐き捨てる
ライン数
(後側)
Optical black
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
9/33
ビニングモード
2.2
(設定値
ビニング・
パーシャル
フルスキャン
ビニング・
フルスキャン
クロック
スピード
フレーム
レート(fps)
10H: 1XX1XXXX)
ビニング・
1/2 パーシャル・
スキャン
ビニング・
1/4 パーシャル・
スキャン
通常
x1/2
x1/4
通常
x1/2
x1/4
通常
x1/2
x1/4
通常
x1/2
x1/4
30.6
15.3
7.6
30.7
15.4
7.7
56.2
28.1
14.0
97.3
48.7
24.3
※クロックスピード・・・36.8181 MHz(通常)、18.40905 MHz(x1/2)、9.204525 MHz(x1/4)
2.2.1
水平タイミング
3.8 fps 時: 1 CLK = 108.6422 ns
7.6 fps 時: 1 CLK = 54.3211 ns
15.3 fps 時: 1 CLK = 27.1605 ns
1920 CLK
LVAL
DVAL
One horizontal (1H)
300 CLK
1620 CLK
300 CLK
FVAL
93
CLK
207 CLK
Video out
300 CLK
Horizontal blanking
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
1620 CLK
Video output
300 CLK
10/33
垂直タイミング
2.2.2
ビニング・フルスキャン
2.2.2.1
(設定値
10H: 1XX10XXX, 11H: X000X000)
3.8 fps 時: 1 H = 208.5963 μs, 7.6582 Hz
7.6 fps 時: 1 H = 104.2968 μs, 15.3164 Hz
15.3 fps 時: 1 H = 52.1484 μs, 30.6328 Hz
626H
One vertical (1V)
618H
1+2
3+4
8H
1233+1234
1235+1236
FVAL
16H
Video out
16H
Vertical
blanking
610H
Video output
16H
LVAL
DVAL
ビニング・パーシャル・フルスキャン
2.2.2.2
(設定値
10H: 1XX11XXX, 11H: X000X000)
3.8 fps 時: 1 H = 208.5963 μs, 7.6828 Hz
7.6 fps 時: 1 H = 104.2968 μs, 15.3655 Hz
15.3 fps 時: 1 H = 52.1484 μs, 30.7310 Hz
624H
One vertical (1V)
618H
1+2
3+4
6H
1233+1234
1235+1236
FVAL
6H
Video out
6H
Vertical
blanking
618H
Video output
6H
LVAL
DVAL
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
11/33
2.2.2.3
ビニング・1/2 パーシャルスキャン (設定値
10H: 1XX11XXX, 11H: X000X001)
3.8 fps 時: 1 H = 208.5963 μs, 14.0588 Hz
7.6 fps 時: 1 H = 104.2968 μs, 28.1175 Hz
15.3 fps 時: 1 H = 52.1484μs, 56.2350 Hz
341H
One vertical (1V)
FVAL
285H
900+901
902+903
56H
334+335
336+337
56H
Video out
56H
Vertical blanking
285H
Video output
56H
LVAL
DVAL
2.2.2.4
ビニング・1/4 パーシャルスキャン (設定値
10H: 1XX11XXX, 11H: X000X010)
3.8 fps 時: 1 H = 208.5963 μs, 24.3352 Hz
7.6 fps 時: 1 H = 104.2968 μs, 48.6704 Hz
15.3 fps 時: 1 H = 52.1484μs, 97.3408 Hz
197H
One vertical (1V)
FVAL
116H
81H
731+732
733+734
503+504
505+506
81H
Video out
81H
Vertical blanking
116H
Video output
81H
LVAL
DVAL
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
12/33
2.3
カメラリンク出力データ配列
1TAP10bit
XCLK
X3
DA7 DA6
X2
SP
NC
NC
DA7 DA6
NC
NC DVAL FVAL LVAL NC
NC
NC
NC
X1
NC
DA9
NC
NC
DA9
X0
DA1 DA0 DA8 DA5 DA4 DA3 DA2 DA1 DA0
NC
NC
NC
NC
NC
NC
DA0~DA9: 1画素分の 10 ビットデータ
1TAP8bit
XCLK
X3
DA7 DA6
X2
SP
NC
NC
NC
NC
DA7 DA6
NC
NC DVAL FVAL LVAL NC
NC
NC
NC
X1
NC
NC
NC
NC
NC
NC
NC
X0
DA1 DA0
NC
DA5 DA4 DA3 DA2 DA1 DA0
NC
NC
DA0~DA7: 1画素分の 8 ビットデータ
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
13/33
2.4
カメラリンク 1TAP 出力(1X-1Y)
Sep X = 1
Tap1
Sep Y = 1
2.5
X1
Y1
X2
Y1
XW-1
Y1
XW
Y1
X1
Y2
X2
Y2
XW-1
Y2
XW
Y2
X1
YH-1
X2
YH-1
XW-1
YH-1
XW
YH-1
X1
YH
X2
YH
XW-1
YH
XW
YH
転送イメージ
Pixel1 of
Data
Pixel2 of
Data
Pixeln of Data: n番目に転送される画素
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
14/33
カメラ動作モード
3
ノーマル・モード
3.1
カメラ映像信号を連続的に出力するモードです。
3.1.1
フルフレーム露光
内部VD
露光時間
CCD露光
カメラ映像出力
3.1.2
電子シャッタ動作
内部V D
露光時間
CCD露光
カメラ映像出力
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
15/33
パルス幅トリガ・モード
3.2
トリガ信号に同期して露光を行います。
正論理設定の場合、トリガ信号の連続した正論理入力期間が露光時間となります。露光開始はパルスの立ち
上り、露光終了はパルスの立ち下りで制御されます。
負論理設定の場合、トリガ信号の連続した負論理入力期間が露光時間となります。露光開始はパルスの立ち
下り、露光終了はパルスの立ち上りで制御されます。
3.2.1
カメラ・
動作モード
パルス幅トリガ・モード(V リセット動作)
ノーマル・モード
トリガ・モード
ノーマル・モード
※注1
※注2
最大1H
ノーマル・モード自動遷移時間
500mseconds
トリガ信号
(正論理)
内部VD
電荷掃捨
※注3
CCD露光
露光時間
カメラ映像
出力
FVAL
*注1:長時間露光モード設定時はノーマル・モードに遷移せず、露光を継続します。
*注2:露光終了後、次の内部 HD 信号のタイミングで V リセットされます。
*注3:露光時間は、トリガ信号のパルス幅になります。
トリガ信号による露光がない場合には FVAL 信号は出力されません。
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
16/33
3.2.2
パルス幅トリガ・モード(ノンリセット動作)
カメラ・
動作モード
ノーマル・モード
トリガ・モード
ノーマル・モード
※注1
ノーマル・モード自動遷移時間
500mseconds
トリガ信号
(正論理)
次のVD
次のVD
※注2
内部VD
電荷掃捨
※注3
露光時間
CCD露光
カメラ映像
出力
FVAL
※注4
*注1:長時間露光モード設定時はノーマル・モードに遷移せず、露光を継続します。
*注2:露光終了後、内部 VD 信号のタイミングで V リセットされます。
*注3:露光時間は、トリガ信号のパルス幅になります。
*注4:トリガ・モード期間中は内部 VD 信号のタイミングで V リセットされますが、
トリガ信号による露光がない場合には FVAL 信号は出力されません。
3.2.3
露光詳細タイミング
トリガ信号
(127 CLK)
T1
フィルタリング ※注1
30 CLK
T1'
露光時間
SUB
露光時間:T1' = T1 + 127 CLK
SG
*注1:パルス幅 30 CLK 以下のトリガ信号入力はフィルタリングにより除去されます。
トリガ信号として、パルス幅 31 CLK 以上の信号を入力して下さい。
*注2:露光はトリガ信号の立ち上りから 101 CLK 後に開始されます。
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
17/33
3.3
エッジプリセット・トリガ・モード
トリガ信号に同期して露光を行います。
トリガ信号の立ち上りエッジ検出設定の場合、トリガ信号の立ち上りで露光が開始され、露光時間は設定した電子
シャッタ時間になります。
トリガ信号の立ち下りエッジ検出設定の場合、トリガ信号の立ち下りで露光が開始され、露光時間は設定した電子
シャッタ時間になります。
3.3.1
カメラ・
動作モード
エッジプリセット・トリガ・モード(V リセット動作)
ノーマル・モード
トリガ・モード
ノーマル・モード
※注1
※注2
最大1H
ノーマル・モード自動遷移時間
500mseconds
トリガ信号
(正論理)
内部VD
※注3
CCD露光
露光時間
カメラ映像
出力
FVAL
*注1:長時間露光モード設定時はノーマル・モードに遷移せず、露光を継続します。
*注2:露光終了後、次の内部 HD 信号のタイミングで V リセットされます。
*注3:露光時間は、電子シャッタプリセット値になります。
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
18/33
3.3.2
カメラ・
動作モード
エッジプリセット・トリガ・モード(ノンリセット動作)
ノーマル・モード
トリガ・モード
ノーマル・モード
※注1
ノーマル・モード自動遷移時間
500mseconds
トリガ信号
(正論理)
次のVD
内部VD
次のVD
※注2
次のVD
※注2
※注3
露光時間
CCD露光
カメラ映像
出力
FVAL
※注4
*注1:長時間露光モード設定時はノーマル・モードに遷移せず、露光を継続します。
*注2:露光終了後、内部 VD 信号のタイミングでVリセットされます。
*注3:露光時間は、電子シャッタプリセット値になります。
*注4:トリガ・モード期間中は内部 VD 信号のタイミングで V リセットされますが、
トリガ信号による露光がない場合には FVAL 信号は出力されません。
3.3.3
露光詳細タイミング
トリガ信号
フィルタリング ※注1
30CLK
T1'
露光時間
SUB
露光時間:T1' = 電子シャッタプリセット設定値
SG
*注1:パルス幅 30 CLK 以下のトリガ信号入力はフィルタリングにより除去されます。
トリガ信号として、パルス幅 31 CLK 以上の信号を入力して下さい。
*注2:露光はトリガ信号の立ち上りから 101 CLK 後に開始されます。
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
19/33
3.4
H リセット・モード
映像出力に影響を与えることなく映像出力中に露光を開始することができます。水平ブランキング期間内に
SUB パルスを発生させることで、映像出力にノイズが乗ることを防ぎます。
通常(モード OFF)
、映像出力中にトリガ信号を入力すると電荷掃き捨て(SUB パルス発生)の影響により映像
出力にノイズが乗ります。
※注意:トリガ信号入力から露光開始までのタイミングに最大1H の遅延が発生します。
レジスタ 12H:(XXX1XXXX)
トリガ信号
(立ち上がり)
次のHD
内部HD
通常のパルス
発生タイミング
水平ブランキング期間内にSUBパルス発生(電荷掃き捨て)を行うことで
映像出力にノイズが乗ることを防ぎます。
SUBパルス
CCD露光
ノイズ
カメラ映像出力
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
20/33
4
通信仕様
本カメラは PC 等からの外部制御を可能にするための通信機能を有します。
カメラとの通信は、弊社ソフト R-CLinkCtrl ソフトウェアの使用若しくは、次項以降の通信方式に従って行っ
て下さい。
通信方式
4.1
UART(RS232C 規格準拠)、バイナリ通信
通信設定
4.2
設定値
ボーレート
データビット
パリティ
ストップビット
フロー制御
9,600 bps / 38,400 bps / 57,600 bps / 115,200 bps
8 bit
None
1 bit
None
通信フォーマット
4.3
z
送信フレームフォーマット(コントローラ⇒カメラ)
SOF
(8bit)
z
デバイス
リード/
ページ
コマンド
コード
ライト
設定
番号
(6bit)
(1bit)
(1bit)
(8bit)
データ部長
(8bit)
データ部
(R: 1 byte、ダミー)
(W: n bytes)
EOF
(8bit)
受信フレームフォーマット(カメラ⇒コントローラ)
(ライト時)
SOF
データ部長
受信コード
EOF
(8bit)
(8bit) “00H”
(1 byte)
(8bit)
SOF
データ部長
データ部
EOF
(8bit)
(8bit)
(n bytes)
(8bit)
(リード時)
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
21/33
z
詳細
詳細
SOF
デバイス
コード
リード/ライト
ページ設定
コマンド番号
データ部長
データ部
EOF
受信コード
フレームの先頭を表します。常時 02H です。
コントローラとの通信先を表します。
"000000"(カメラメイン)又は"100000"(カメラ拡張機能)を指定します。
カメラ制御コマンド一覧及び詳細を参照して下さい。
コマンド番号に対してリード(読出し) するか、ライト(書込み) するかを指定します。
0:リード, 1:ライト
コマンドのページ指定 (レジスタ / EEPROM へのアクセス選択) をします。
0:レジスタに対してのアクセス
リード)コマンド・レジスタから現在の設定値をリードします。
ライト)コマンド・レジスタにデータを設定します。
EEPROM にデータは保存されません。
1:EEPROM に対してのアクセス
リード)EEPROM から保存値をリードします。
ライト)EEPROM にデータ (デフォルト値として) を保存します。
EEPROM にデータ保存後に受信コード“01H”を返信します。
送受信されるデータの内容を表します。
データ部の長さをバイト単位で表します。
受信フレーム:ライト時のデータ部長は“00H”固定とします。
エラー応答時のデータ部長も“00H”固定とします。
送信フレーム:リード時のデータ部は1byte のダミーデータとし、その値は参照しません。
コマンドに応じたライト(リード)値を表します。
フレームの終了を表します。常時 03Hです。
送信されたコマンドに対しての結果を表します。
01H: OK (ACK), 10H: NG (NAC)
11H: 周辺機器との接続エラー,
12H: コマンド番号エラー(コマンド番号該当なし),
13H: 通信フレームエラー,
14H: タイムアウトエラー,
17H: EEPROM 書き込みエラー
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
22/33
【通信例】コマンド番号 00H のデータ読み出し
z
SOF
(8bit)
送信コマンド:02H, 00H, 00H, 01H, 00H, 03H
デバイス
リード/
ページ
コマンド
コード
ライト
設定
番号
(6bit)
(1bit)
(1bit)
02H
z
データ部長
データ部
EOF
(8bit)
(8bit)
(1byte)
(8bit)
00H
01H
00H
03H
00H
正常受信の場合の受信コマンド:02H, 01H, 00H, 03H(00H のデータが 00H の場合)
SOF
データ部長
データ部
EOF
(8bit)
(8bit)
(n bytes)
(8bit)
02H
01H
00H
03H
【EEPROM への設定保存方法】
EEPROM への設定保存は、以下の方法で行って下さい。
1) コマンド番号 80H.0(EEPROM 書込制御)を“1”に設定して下さい。
2) EEPROM へ設定を保存したいコマンドを、送信フォーマットのページ設定を“1”に設定して
送信してください。
3) カメラは、EEPROM 書込終了後、以下のいずれかの受信コードを返信します。
01H: 正常終了
17H: EEPROM 書込エラー
4) EEPROM 書込終了後、コマンド番号 80H.0(EEPROM 書込制御)は、自動的に“0”に設定されます。
*コマンド番号 80H.0 が“0”の状態では、EEPROM に設定保存されません。
*連続している複数のコマンド番号の設定を EEPROM に保存する場合、1)~4)の1回の動作で
全て保存できます。
例)保存したいコマンド番号が、“10H, 11H, 12H, 13H”や“22H, 23H, 24H”の場合
*連続していない複数のコマンド番号の設定を EEPROM に保存する場合、1)~4)を複数回行う必要が
あります。
例)保存したいコマンド番号が、“10H, 13H, 19H, 1BH”や“20H, 23H, 25H”の場合
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
23/33
4.4
カメラ制御コマンド
カメラ制御コマンド一覧
4.4.1
※ 各コマンド番号のデータ単位は 1 バイト (8bit) とします。
※ 一覧中“EEPROM”項はコマンドデータの EEPROM への保存の可否(○×)を示します。
電源投入によりコマンドデータは EEPROM の保存値で初期化されます。
コマンド番号
00 - 0FH
10H
11H
12H
13H
14H
15 - 1BH
1CH
1DH
1EH
20H
21H
22H
23H
24H
25H
26H
27H
28H
29H
2A - 2FH
30H
31H
32H
33 - 37H
38H
39H
3EH
3FH
54H
55H
56H
57H
58H
59 - 77H
78H
79H
7A - 7FH
R/W EEPROM
機能
予約
○
カメラ動作モード1 (8bit:D[7..0])
R/W
R/W
○
カメラ動作モード2 (8bit:D[7..0])
R/W
○
カメラ動作モード3 (8bit:D[7..0])
予約
R/W
○
通信モード
予約
R/W
AGC上限値 (8bit:D[7..0])
○
R/W
ALC輝度目標値 (8bit:D[7..0])
○
R/W
ALCモード設定 (8bit:D[7..0])
○
電子シャッタ露光時間H単位制御 (16bit:D[7..0])
R/W
○
電子シャッタ露光時間H単位制御 (16bit:D[15..8])
R/W
○
○
電子シャッタ露光時間CLK単位制御 (16bit:D[7..0])
R/W
○
電子シャッタ露光時間CLK単位制御 (16bit:D[15..8])
R/W
○
任意パーシャル開始ライン (16bit:D[7..0])
R/W
○
任意パーシャル開始ライン (16bit:D[15..8])
R/W
○
任意パーシャル有効ライン数 (16bit:D[7..0])
R/W
R/W
○
任意パーシャル有効ライン数 (16bit:D[15..8])
R/W
○
トリガ遅延時間 (16bit:D[7..0])
R/W
○
トリガ遅延時間 (16bit:D[15..8])
予約
R/W
CDSゲイン
(8bit:D[7..0])
○
R/W
○
デジタルゲイン値 (8bit:D[7..0])
R/W
○
ゲインオフセット値 (8bit:D[7..0])
予約
クランプレベル (8bit:D[7..0])
R/W
○
予約
○
テストパターン レベル出力設定 (10bit:D[7..0])
R/W
○
テストパターン レベル出力設定 (10bit:D[9..8])
R/W
○
ストロボ信号遅延時間u秒単位 (24bit:D[7..0])
R/W
○
ストロボ信号遅延時間u秒単位 (24bit:D[15..8])
R/W
○
ストロボ信号遅延時間u秒単位 (24bit:D[23..16])
R/W
予約
R/W
○
ストロボ信号極性 (8bit:D[7..0])
予約
R/W
○
テスト・パターン出力選択 (8bit:D[7..0])
R/W
○
画像データ特殊効果選択 (8bit:D[7..0])
予約
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
初期値
9
0
0
1
255 (FFH)
128 (80H)
0
設定範囲
0~255
0~255
0~255
0~3
0 ~ 255
0 ~ 255
0~3
0
0 ~ 4095
0
0 ~ 1919
0
0 ~ 1235
1236 (4D4H) 0 ~ 1236
0
出荷調整値
出荷調整値
0
-
0~
65535
0 ~ 255
0 ~ 255
0 ~ 255
0 ~ 31
-
768 (300H)
0 ~ 1023
0
0~
2,000,000
0
0
0
-
0~1
0~31
0~255
-
0
24/33
コマンド番号 R/W EEPROM
機能
80H
R/W
EEPROM制御 (8bit:D[7..0])
X
予約
81 - 8FH
94H
R/W
○
ストロボ信号有効時間u秒単位 (24bit:D[7..0])
95H
R/W
○
ストロボ信号有効時間u秒単位 (24bit:D[15..8])
96H
R/W
○
ストロボ信号有効時間u秒単位 (24bit:D[23..16])
97 - 9FH
予約
W
A0H
○
画素欠陥補正制御レジスタ (8bit:D[7..0])
W
A1H
○
画素欠陥・座標指定番号(0~15)設定 (8bit:D[7..0])
W
X座標指定(書込用)下位 (16bit:D[7..0])
A2H
○
W
X座標指定(書込用)上位 (16bit:D[15..8])
A3H
○
W
Y座標指定(書込用)下位 (16bit:D[7..0])
A4H
○
W
Y座標指定(書込用)上位 (16bit:D[15..8])
A5H
○
○
R
X座標指定(読出用)下位 (16bit:D[7..0])
A6H
○
R
X座標指定(読出用)上位 (16bit:D[15..8])
A7H
○
R
Y座標指定(読出用)下位 (16bit:D[7..0])
A8H
○
R
Y座標指定(読出用)上位 (16bit:D[15..8])
A9H
予約
AA - BFH
R/W
C0H
○
露光制御・電子シャッタ下限 (16bit:D[7..0])
R/W
C1H
○
露光制御・電子シャッタ下限 (16bit:D[15..8])
R/W
C2H
○
露光制御・電子シャッタ上限 (16bit:D[7..0])
R/W
C3H
○
露光制御・電子シャッタ上限 (16bit:D[15..8])
R/W
C5H
○
ルックアップテーブル(ガンマ)設定 (8bit:D[7..0])
R/W
ALCスピード(8bit:D[7..0])
C6H
○
C7-EFH
予約
R/W
IO機能選択 (8bit:D[7..0])
F0H
○
F1 - FFH
予約
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
初期値
0
設定範囲
0~1
-
-
0
0~
2,000,000
0
0
0~7
0~15
0
0~65536
0
0~65536
0
-
0
-
-
-
1
0 ~ 4095
4095 (FFFH) 0 ~ 4095
0
0
0
-
0~6
0~255
0~15
-
25/33
4.4.2
カメラ制御コマンド詳細
(アンダーライン設定はデフォルト設定です)
コマンド詳細
コマンド番号
【カメラ動作モード設定1】初期値:MOD1[7..0] = 9
10H:
MOD1[7..0]
カメラ動作モードを設定します。
D7
D[7..0]
D7:
D6:
D5:
D4:
D3:
D2~D0:
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
連続吐き出し・トリガーモード
0: 自動,
1: 手動
0: 正極性,
1: 負極性
トリガ極性
0: エッジプリセット,
1: パルス幅
トリガモード
0: ノーマル,
1: ビニング
ビニングモード
0: フルスキャン,
1: パーシャルスキャン
スキャンモード
000: ノンリセット,
001: Vリセット,
リセットモード
010~111:使用不可(設定しないで下さい)
D7を「自動」に設定すると、入力トリガ信号で動作モードを自動的に判断します。
(トリガ極性が「正極性」の場合、入力トリガ信号が一定期間High固定になると
連続吐き出しモードと判断します。)
11H:
MOD2[7..0]
【カメラ動作モード設定2】初期値:MOD2[7..0] = 0
カメラ動作モードを設定します。
D7
D[7..0]
D7:
D6~D5:
D4:
D3:
D2~D0:
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
HD,VD入出力切替 00:SP2,3を入力に設定
01:SP2,3を出力に設定
10~11:使用不可(設定しないで下さい)
フレームレート選択
00: 15.3 fps
01: 7.6 fps
10: 3.8 fps
11: 設定不可
1:ON
0:OFF
半スミア対策
1: 連続吐き出し
0: トリガ,
動作モード
パーシャルスキャン
001: 1/2パーシャルスキャン,
000: フルスキャン,
010: 1/4パーシャルスキャン,
111: 任意パーシャルスキャン,
011~110:使用不可(設定しないで下さい)
D3の動作モードは、連続吐き出し・トリガモード設定 (10H.D7) を「手動」に設定すると有効になりま
トリガ設定時は、トリガ信号入力が無い場合は映像出力されません。
HD,VD入出力切替は、IO機能選択(F0H) = 0000の時のみ有効となります。
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
26/33
コマンド詳細
コマンド番号
【カメラ動作モード設定3】初期値:MOD3[7..0] = 0
12H:
カメラ動作モードを設定します。
MOD3[7..0]
D7
D[7..0]
D7~D6:
D5:
D4~D3:
D2~D1:
D0:
14H:
UART[7..0]
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
出力フォーマット 00: 10bit,
01: 8bit
10: 12bit,
11: 設定不可
0: カメラリンクコネクタ (CC1),
トリガ信号入力
1: 電源・入出力信号コネクタ (6pin No.2 / SP4)
01: 使用不可(設定しないで下さい)
00: 通常トリガ,
露光開始モード
10: Hリセット・トリガ,
11: 使用不可(設定しないで下さい)
000を設定して下さい
10~11: Hリセット・トリガ,
機能無し
ルックアップテーブル(ガンマ)
00: OFF
01: ON
【通信モード設定】初期値:UART[7..0] = 1
通信モードを設定します。
D7
D[7..0]
D7~D2:
D1~D0:
D6
機能無し
通信速度
D5
D4
D3
D2
D1
D0
000000を設定して下さい
00: 38,400bps,
10: 57,600bps,
01: 9,600bps,
11: 115,200bps
通信速度はフレームグラバボードに依存します。
1CH:
[7..0]
【AGC上限値】初期値:[7..0] = 255、設定範囲:0 ~ 255
AGC (Auto Gain Control)の制御最大値を設定します。
1DH:
[7..0]
【ALC輝度目標値】初期値:[7..0] = 128、設定範囲:0 ~ 255
ALC (Auto Level Control(自動輝度レベル調整機能))の輝度目標値を設定します。
1EH:
ALC[7..0]
【ALCモード設定】初期値:[7..0] = 0
ALCモードを設定します。
D7
D[7..0]
D7:
D6~D2:
D1:
D0:
D6
D5
D4
D3
D2
D1
可変フレームレート(長時間露光有効)
0: OFF,
00000を設定して下さい
機能無し
AGC (Auto Gain Control)
0: OFF,
AE (Auto Exposure)
0: OFF,
D0
1: ON
1: ON
1: ON
AE機能使用の際に長時間露光を有効にすると、フレームレートを超えて露光時間が制御されるため、
露光時間に応じてフレームレートが変化します。
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
27/33
コマンド詳細
コマンド番号
【電子シャッタ露光時間H単位制御】初期値:SVR[15..0] = 0、設定範囲:0 ~ 4,095
20H:
電子シャッタスピードのプリセット値を設定します。
SVR[7..0]
21H:
シャッタスピード = SVR[15..0] X (1H周期) + SHR[15..0] X (1CLK周期)
SVR[15..8]
SVR[]、SHR[]が共に0の場合は1フレームの露光 (電子シャッタOFF) になります。
SVR[]が0で、SHR[]の設定が1以上306以下の場合は最短シャッタスピードになります。
4,095以上の値が設定された場合は、4,095が設定されます。
22H:
SHR[7..0]
23H:
SHR[15..8]
【電子シャッタ露光時間CLK単位制御】初期値:SHR[15..0] = 0、設定範囲:0 ~ 1,919
電子シャッタスピードのプリセット値を設定します。
シャッタスピード = SVR[15..0] X (1H周期) + SHR[15..0] X (1CLK周期)
SVR[]、SHR[]が共に0の場合は1フレームの露光 (電子シャッタOFF) になります。
SVH[]が0で、SHR[]の設定が1以上306以下の場合は最短シャッタスピードになります。
1,920以上の値が設定された場合は、1,919が設定されます。
24H:
PSR[7..0]
25H:
PSR[15..8]
【任意パーシャル開始ライン】初期値:PSR[15..0] = 0、設定範囲:0 ~ 1,235
パーシャルの開始ラインを任意に設定します。
設定値とパーシャル開始ラインの関係を以下に示します。
パーシャル開始ライン = 設定値 + 1
(PSR[] + PW R[]) が1,236を越えた場合はフルスキャンになります。
1,235以上の値が設定された場合は、1235が設定されます。
26H:
PWR[7..0]
27H:
PWR[15..8]
【任意パーシャル有効ライン数】初期値: PWR[15..0] = 1,236、設定範囲:0 ~ 1,236
パーシャルの有効ライン数 (ライン幅) を任意に設定します。
PWR[]が0若しくは、(PSR[] + PW R[]) が1,236を越えた場合はフルスキャンになります。
1,236以上の値が設定された場合は、1,236が設定されます。
28H:
DLY[7..0]
29H:
DLY[15..8]
【トリガ遅延時間】初期値:DLY[15..0] = 0、設定範囲:0 ~ 65,535
カメラにトリガが入力されてから露光開始までの遅延時間を設定します。
遅延時間(us) = 74 * CLK * DLY[15..0]
15.3fps時: 遅延時間(us) = 74 * 0.0271606 * DLY = 2.0099(us) * DLY
7.6fps時: 遅延時間(us) = 74 * 0.0543211 * DLY = 4.0198(us) * DLY
3.8fps時: 遅延時間(us) = 74 * 0.1086422 * DLY = 8.03952(us) * DLY
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
28/33
コマンド詳細
コマンド番号
【CDSゲイン】初期値:PGA[7..0] = 0、設定範囲:0 ~ 255
30H:
下記の計算式のPGA[7..0]部分の設定します。
PGA[7..0]
CDSゲイン(dB) = ( (PGA[7..0] + GOFS[7..0] ) * 2 * 0.0351) + 6
GOFS[7..0]はコマンド番号32Hのゲインオフセット値です。
CDSゲインはアナログゲインです。
31 H:
DGB[7..0]
【デジタルゲイン値】初期値:DGB[7..0] = 出荷調整値 (コマンド番号0EH)
下記の計算式のDGB[7..0]部分の設定します。
映像出力レベル = (映像入力レベル - クランプレベル) * (1 + DGB[7..0] / 128) + クランプレベル
32 H:
GO FS[7..0]
【ゲインオフセット値】
初期値:GOFS[7..0] = 出荷調整値 (コマンド番号0FH)、設定範囲:0 ~ 255
38 H:
CLAMP[7..0]
【クランプレベル】初期値:CLAMP[7..0] = 9、設定範囲:0 ~ 255
設定値とクランプレベル (黒信号レベルのクランプ値) の関係を以下に示します。
(12ビット出力時)
クランプレベル = (CLAMP[7..0] X 8 + 56)
クランプレベル = (CLAMP[7..0] X 8 + 56) / 4 (10ビット出力時)
クランプレベル = (CLAMP[7..0] X 8 + 56) / 16 ( 8ビット出力時)
3EH:
TP0[7..0]
3F H:
TP0[15..8]
54 H:
STRBDLY_I
[7..0]
55 H:
STRBDLY_I
[15..8]
56 H:
STRBDLY_I
[23..16]
58 H:
[7..0]
【テストパターンレベル出力設定】 初期値:TP[7..0] = 768(300H)、設定範囲0~1023
テストパターン出力選択(78H)で 4:均一映像レベル(任意レベル) 選択時の
出力レベル(10bit階調)を設定します。
【ストロボ信号遅延時間u秒】
初期値:STRBDLY_I[23..0] = 0、設定範囲:0 ~ 2,000,000
トリガ信号入力からストロボ信号出力までの遅延時間をu秒単位で設定します。
【ストロボ信号極性】初期値:IOSIGNAL_POL[7..0] = 00H
ストロボ信号極性を設定します。
D[7..0]
D7~D1:
D0:
D7
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
0000000を設定して下さい
機能無し
ストロボ信号 極性
0: 反転なし,
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
1: 反転
29/33
コマンド番号
78H:
TP1[7..0]
コマンド詳細
【テストパターン出力選択】初期値:TESTP[7..0] = 00H
カメラから出力するテスト・パターンを設定します。
D[7..0]
D7~D5:
D4~D0:
79H:
EFFECT[7..0]
D7
D5
機能無し
テストパターン
D4
D3
D2
D1
D0
000を設定してください
00H: OFF(カメラ映像),
01H: グレイスケール,
02H: 水平ランプ波形,
03H: 均一映像レベル(100%WHITE),
04H: 均一映像レベル(任意レベル),05H: Color Bar
06H: 垂直ランプ波形、
OTHERS: BLACK
【画像データ特殊効果選択】初期値:EFFCT[7..0] = 00H
出力映像に施す特殊加工を設定します。
D[7..0]
D7:
D6:
D5~D0:
80H:
E2P[7..0]
D6
D7
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
ネガ・ポジ
1: ネガティブ映像
0: ポジティブ映像,
0を設定して下さい
機能無し
ポスタリゼーション
01H: 11BIT階調表現),
00H: ノーマル(処理無し),
02H: 10BIT階調表現,
03H: 9BIT階調表現,
04H: 8BIT階調表現,
05H: 7BIT階調表現,
06H: 6BIT階調表現,
07H: 5BIT階調表現,
08H: 4BIT階調表現,
09H: 3BIT階調表現,
0AH: 2BIT階調表現,
0BH: 1BIT階調表現,
0C~3FH: 使用不可(設定しないで下さい)
【EEPROM制御】初期値:E2P[7..0] = 0
D[7..0]
D7~D1:
D0:
機能無し
EEPROM書込制
御
0000000を設定して下さい
0: 禁止,
1: 許可
EEPROM書込制御BITはコマンド実行後、内部処理により自動的に0クリアされます。
【ストロボ信号有効時間u秒単位】初期値:STRBON_I[23..0] = 0、設定範囲:0 ~ 2,000,000
94H:
ストロボ信号の有効時間(On時間)をu秒単位で設定します。
STRBON_I[7..0]
95H:
STRBON_I[15..8]
96H:
STRBON_I[23..16]
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
30/33
コマンド詳細
コマンド番号
=0
【画素欠陥補正制御レジスタ】
初期値:PDC0[7..0]
A0H:
PDC0[7..0]
D[7..0]
D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0
D7:
D6:
D5:
D4~D2:
D1:
D0:
A1H:
PDC1[7..0]
補正座標の書き込み
0 →1:書き込み (書き込み後、カメラ内部でクリアされます。)
※レジスタA2~A5で設定された座標がレジスタA1で設定された
座標指定番号に書き込まれます。
補正座標の読み込み
0→1:読み出し (読み出し後、カメラ内部でクリアされます。)
※レジスタA1で設定された座標指定番号の内容がレジスタA6~A9に
読み込まれます。
補正座標の不揮発性メモリへの保存
0→1:読み出し (読み出し後、カメラ内部でクリアされます。)
※全ての座標指定(16点)が不揮発性メモリに保存されます。
000を設定して下さい
機能無し
補正座標の確認表示
0: OFF,
1: ON
画素補正機能
1: ON
0: OFF,
【画素欠陥・座標指定番号(0~15)設定】 PDC1初期値:[7..0] = 0
D7
D[7..0]
D7~D4:
D3~D0:
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
0000 を設定して下さい
機能無し
座標指定番号(0~15)
【画素欠陥・X座標指定(書き込み)】 初期値:PDC_WX[15..0] = 0、設定範囲:有効画素の横ピクセル数
A2H:
PDC_WX[7..0] 補完する画素のX座標を指定します。
A3H:
PDC_WX[15..8]
【画素欠陥・Y座標指定(書き込み)】 初期値:PDC_WY[15..0] = 0、設定範囲:有効画素の縦ピクセル数
A4H:
PDC_WY[7..0] 補完する画素のX座標を指定します。
A5H:
PDC_WY[15..8]
【画素欠陥・X座標指定(読み出し)】 初期値:PDC_RX[15..0] = 0
A6H:
補完する画素のX座標を読み出します。
C_RX[7..0]
PD
A7H:
PDC_RX[15..8]
【画素欠陥・Y座標指定(読み出し)】 初期値:PDC_RY[15..0] = 0
A8H:
PDC_RY[7..0] 補完する画素のY座標を読み出します。
A9H:
PDC_RY[15..8]
【AE下限】初期値:[15..0] = 1、設定範囲:0 ~ 4,095
C0H:[7..0]
AE使用時の電子シャッタ(固定シャッタ)の下限をH単位で設定します。
C 1H:[15..8]
C2H:[7..0]
C 3H:[15..8]
【AE上限】初期値:[15..0] = 4,095、設定範囲:0 ~ 4,095
AE使用時の電子シャッタ(固定シャッタ)の上限をH単位で設定します。
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
31/33
コマンド詳細
コマンド番号
=0
【ルックアップテーブル(ガンマ)設定】初期値:[7..0]
C5H:
[7..0]
D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0
D[7..0]
D7~D3:
D2:
D1:
D0:
F0H:
[7..0]
機能無し
00000を設定して下さい
ルックアップテーブルRAM読出し
0: OFF,
ルックアップテーブルROM書き込み時同期
0: 同期しない,
0を設定して下さい
機能無し
1: Load
1: 同期する
【IO機能選択】初期値:[7..0] = 0、設定範囲:0 ~ 15
6ピンのIOの入出力信号を選択します。
D[7..0]
D7~D4:
D3~D0:
D7
D6
機能無し
IO機能選択
D5
D4
D3
D2
D1
D0
0000 を設定して下さい
0H: 設定0
1H: 設定1
2H: 設定2
3H: 設定3
4H: 設定4
5H: 設定5
6H: 設定6
7H ~ FH: 設定不可(使用しないでください)
設定内容は製品仕様書を参照してください。
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
32/33
改版履歴(Revision History)
版
Rev
作成年月日
Date
改版記事
Changes
1.00
1.01
2012/05/08
2012/05/22
z
z
1.02
2012/06/13
z
1.03
2012/07/13
z
備考
Note
新規発行
更新
タイトル修正
カメラ出力タイミング
モード別クロックスピード/フレームレート対応表追加
カメラ制御コマンド
ホワイトバランスに関する記述削除
他詳細内容修正
更新
電源・入出力信号コネクタ
ピンアサイン表、IO 機能選択表修正
更新
通信コマンド
78H テストパターン
79H ポスタリゼーション
F1H 削除(テスト用のため)
〒222-8530
神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-3
株式会社リコー
TEL 045(477)1551 FAX 045(477)1866
URL http://www.ricoh.co.jp/fa_security/
FV-L200B1
ユーザーズガイド Rev. 1.03
33/33
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement