Allied Telesis | AT-9424Ts | CentreCOM 9424T 取扱説明書

CentreCOM 9424T 取扱説明書
レイヤー 3 ギガビットイーサネット・スイッチ
9424T
取扱説明書
9424T
取扱説明書
CentreCOM 9424T 取扱説明書
CentreCOM 9424T 取扱説明書
はじめに
このたびは、CentreCOM 9424T をお買いあげいただき、誠にありがとうございます。
CentreCOM 9424T は、全ポートギガビットに対応したレイヤー 3 ギガビットイーサネ
ット・スイッチです。
10/100/1000BASE-T ポートのうち 4 ポートは SFP スロットとのコンボ(共用)ポート
で、オプション(別売)の SFP モジュールの追加により 1000BASE-SX、1000BASELX、長距離対応の 1000Mbps 光、または 1 心双方向の 1000Mbps 光ポートの実装が可能
です。
Telnet やコンソールポートから各機能の設定が可能で、ユーザーインターフェースはコ
マンドライン形式をサポートしています。また、SNMP 機能の装備により、SNMP マネ
ージャーから各種情報を監視・設定することができます。
基本的なレイヤー 2 機能に加え、ハードウェアパケットフィルターやポリシーベース
QoS、さらにレイヤー 3 スイッチング(IP ルーティング)をサポートし、品質の高いネッ
トワーク環境を提供します。
最新のファームウェアについて
弊社は、改良(機能拡張、不具合修正など)のために、予告なく本製品のファームウェア
のバージョンアップを行うことがあります。最新のファームウェアは、弊社ホームペー
ジから入手してください。
なお、最新のファームウェアをご利用の際は、必ず弊社ホームページに掲載のリリース
ノートの内容をご確認ください。
http://www.allied-telesis.co.jp/
マニュアルの構成
本製品のマニュアルは、次の 3 部で構成されています。
各マニュアルをよくお読みのうえ、本製品を正しくご使用ください。また、お読みにな
った後も大切に保管してください。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
○
取扱説明書(本書)
本製品の設置と接続、コマンドラインインターフェースの使い方、設定手順、導入
例など、本製品を使いはじめるにあたっての最低限の情報が記載されています。
本 書 は、 ソ フ ト ウ ェ ア バ ー ジ ョ ン「2.10.1J」を も と に 記 述 さ れ て い ま す が、
「2.10.1J」よりも新しいバージョンのソフトウェアが搭載された製品に同梱される
ことがあります。製品のご使用にあたっては、必ず弊社ホームページに掲載のリリ
ースノートをお読みになり、最新の情報をご確認ください。
○
コマンドリファレンス(弊社ホームページに掲載)
本製品で使用できる全コマンドの説明、各機能の解説、設定例など、本書の内容を
含む本製品の完全な情報が記載されています。コマンドリファレンスは本製品には
同梱されていません。弊社ホームページに掲載されています。
http://www.allied-telesis.co.jp/
トップメニュー
各章へのリンクが表示されます。
各章は機能別におおまかなグループ分けが
されています。
サブメニュー
各章の機能別索引が表示されます。
章内は機能解説とコマンドリファレンス
で構成されています。
○
コマンドリファレンス画面
リリースノート(弊社ホームページに掲載)
ファームウェアリリースで追加された機能、変更点、注意点や、取扱説明書とコマ
ンドリファレンスの内容を補足する最新の情報が記載されています。リリースノー
トは本製品には同梱されていません。弊社ホームページに掲載されています。
http://www.allied-telesis.co.jp/
CentreCOM 9424T 取扱説明書
はじめに
表記について
アイコン
本書で使用しているアイコンには、次のような意味があります。
アイコン
意味
説明
ヒント 知っていると便利な情報、操作の手助けになる情報を示しています。
ヒント
注意
物的損害や使用者が傷害を負うことが想定される内容を示しています。
警告
使用者が死亡または重傷を負うことが想定される内容を示しています。
参照
関連する情報が書かれているところを示しています。
注意
警告
参照
書体
書体
意味
Screen displays 画面に表示される文字は、タイプライター体で表します。
User Entry
ユーザーが入力する文字は、太字タイプライター体で表します。
四角枠で囲まれた文字はキーを表します。
製品名の表記
「本製品」と表記している場合は、CentreCOM 9424T を意味します。場合によっては、
9424T のように CentreCOM を省略して記載します。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
目 次
はじめに................................................................................................................ 6
最新のファームウェアについて..................................................... 6
マニュアルの構成............................................................................ 6
表記について.................................................................................... 8
1
お使いになる前に
13
1.1 梱包内容................................................................................................. 14
1.2 概 要....................................................................................................... 15
特長................................................................................................ 15
オプション(別売)
........................................................................ 15
1.3 各部の名称と働き.................................................................................. 16
前面................................................................................................ 16
背面................................................................................................ 18
側面................................................................................................ 19
1.4 LED 表示................................................................................................ 20
ポート LED.................................................................................... 20
SFP スロット LED....................................................................... 20
ステータス LED............................................................................ 21
2
設置と接続
23
2.1 設置方法を確認する.............................................................................. 24
設置するときの注意..................................................................... 24
2.2 19 インチラックに取り付ける............................................................ 25
2.3 ネットワーク機器を接続する............................................................... 26
ケーブル......................................................................................... 26
2.4 コンソールを接続する.......................................................................... 27
コンソール..................................................................................... 27
ケーブル......................................................................................... 27
2.5 電源ケーブルを接続する...................................................................... 29
3
設定の手順
31
3.1 操作の流れ............................................................................................. 32
3.2 設定の準備............................................................................................. 33
コンソールターミナルを設定する.............................................. 33
CentreCOM 9424T 取扱説明書
目 次
本製品を起動する......................................................................... 34
3.3 ログインする.......................................................................................... 36
ログインする................................................................................. 36
ログインパスワードを変更する.................................................. 37
3.4 設定を始める.......................................................................................... 39
コマンドの入力と画面................................................................. 39
オンラインヘルプ......................................................................... 43
コマンドの表記............................................................................. 44
主要コマンド................................................................................. 44
3.5 設定を保存する...................................................................................... 47
設定ファイルを新規作成して保存する...................................... 47
起動時設定ファイルに保存する.................................................. 49
3.6 起動時設定ファイルを指定する........................................................... 50
3.7 ログアウトする...................................................................................... 51
4
基本の設定と操作
53
4.1 インターフェースを指定する............................................................... 54
ポートを指定する......................................................................... 54
VLAN インターフェースを指定する.......................................... 54
4.2 IP インターフェースを作成する.......................................................... 55
手動で IP アドレスを設定する..................................................... 55
DHCP で IP アドレスを自動設定する........................................ 56
4.3 Telnet で接続する................................................................................ 57
4.4 PING を実行する................................................................................... 59
4.5 システム情報を表示する...................................................................... 60
4.6 再起動する............................................................................................. 62
4.7 ご購入時の設定に戻す.......................................................................... 64
4.8 ファイルシステム.................................................................................. 65
ファイル名..................................................................................... 65
ファイルを操作する..................................................................... 65
ファイルの操作コマンド.............................................................. 68
4.9 ダウンロード・アップロードする........................................................ 69
10
CentreCOM 9424T 取扱説明書
ファイルシステムとアプリケーションブロック....................... 69
TFTP でダウンロード / アップロードする................................ 70
Xmodem でダウンロード / アップロードする......................... 72
システム内でファームウェアファイルを転送する................... 74
4.10 SNMP で管理する................................................................................ 77
5
導入例
79
5.1 IP ホストとしての基本設定.................................................................. 80
5.2 レイヤー 3 スイッチとしての基本設定............................................................84
5.3 タグ VLAN を使用した設定.................................................................. 89
5.4 マルチプル VLAN を使用した設定...................................................... 95
6
付 録
101
6.1 困ったときに....................................................................................... 102
自己診断テストの結果を確認する........................................... 102
LED 表示を確認する................................................................. 103
システム情報を確認する........................................................... 103
ログを確認する.......................................................................... 103
トラブル例.................................................................................. 104
6.2 SFP モジュール.................................................................................. 107
SFP モジュールの取り付けかた.............................................. 107
6.3 ハイパーターミナルの設定............................................................... 109
6.4 Telnet クライアントの設定.............................................................. 111
6.5 仕 様.................................................................................................. 112
コネクター・ケーブル仕様........................................................ 112
本製品の仕様.............................................................................. 114
6.6 保証とユーザーサポート................................................................... 115
保証と修理.................................................................................. 115
ユーザーサポート...................................................................... 115
サポートに必要な情報.............................................................. 116
ご注意......................................................................................... 117
商標について.............................................................................. 117
電波障害自主規制について....................................................... 117
廃棄方法について...................................................................... 117
CentreCOM 9424T 取扱説明書
11
目 次
輸出規制と国外使用について................................................... 118
マニュアルバージョン.............................................................. 118
12
CentreCOM 9424T 取扱説明書
1
お使いになる前に
この章では、本製品の梱包内容、特長、各部の名称と働きにつ
いて説明します。
1.1 梱包内容
最初に梱包箱の中身を確認してください。
本製品を移送する場合は、ご購入時と同じ梱包箱で再梱包されることが望まれます。再
梱包のために、本製品が納められていた梱包箱、緩衝材などは捨てずに保管してくださ
い。
14
CentreCOM 9424T 取扱説明書
1 お使いになる前に
1.2 概 要
本製品のハードウェア的な特長とオプション(別売)製品を紹介します。オプション製品
のリリース時期については最新のリリースノートやデータシートをご覧ください。
特長
○
○
10/100/1000BASE-T ポートを 24 ポート装備
SFP スロットを 4 スロット装備。SFP ポートは 10/100/1000BASE-T ポートのうち 4 ポー
トと共用
○
同梱の電源ケーブル抜け防止フックで電源ケーブルの抜けを防止
○
同梱の 19 インチラックマウントキットで EIA 標準の 19 インチラックに取り付け可能
オプション(別売)
○
SFP モジュールによりポートの拡張が可能
AT-SPSX
1000BASE-SX(2 連 LC)
AT-SPSX2
1000M MMF(2km)(2 連 LC)
AT-SPLX10
1000BASE-LX(2 連 LC)
AT-SPLX40
1000M SMF(40km)(2 連 LC)
AT-SPZX80
1000M SMF(80km)(2 連 LC)
AT-SPBD10-A/AT-SPBD10-B
AT-SPBD20-A/AT-SPBD20-B
AT-SPBD80-A/AT-SPBD80-B
○
専用のコンソールケーブルキットでコンソールのシリアルポート、USB ポートと接続
CentreCOM VT-Kit2 plus
○
専用の RJ-45/D-Sub 9 ピン(メス)変換 RS-232 ケーブルでコンソールと接続
CentreCOM VT-Kit2
※ コンソール接続には「CentreCOM VT-Kit2 plus」または「CentreCOM VT-Kit2」が必要です。
○
L 字型コネクター電源ケーブルにより、奥行きをとらずに設置可能
AT-PWRCBL-J01L/AT-PWRCBL-J01R
1000BASE-BX10(LC)
1000M SMF(20km)(LC)
1000M SMF(80km)(LC)
CentreCOM 9424T 取扱説明書
1 お使いになる前に
15
1.3 各部の名称と働き
前面
① 10/100/1000BASE-T ポート
UTP ケーブルを接続するコネクター(RJ-45)です。
ケーブルは 10BASE-T の場合はカテゴリー 3 以上、100BASE-TX の場合はカテゴ
リー 5 以上、1000BASE-T の場合はエンハンスド・カテゴリー 5 以上の UTP ケー
ブルを使用します。接続先のポートの種類(MDI/MDI-X)にかかわらず、ストレー
ト / クロスのどちらのケーブルタイプでも使用することができます。通信モードは、
デフォルトでオートネゴシエーション(AUTONEGOTIATE)が設定されています。
10/100/1000BASE-T ポート 21R 〜 24R は SFP ポートとのコンボ(共用)ポートです。同
時に接続されている場合(両方リンク可能な状態にある場合)、SFP ポートが優先的にリンクさ
れます。SFP ポートのリンクがダウンした場合は自動的に 10/100/1000BASE-T ポートに
リンクが切り替わります。
② SFP スロット
オプション(別売)の SFP モジュールを装着するスロットです。ご購入時には、ダ
ストカバーが取り付けられています。ダストカバーは、SFP モジュールを装着する
とき以外、はずさないようにしてください。
16
SFP ポートは 10/100/1000BASE-T ポート 21R 〜 24R とのコンボ(共用)ポートです。同
時に接続されている場合(両方リンク可能な状態にある場合)、SFP ポートが優先的にリンクさ
れます。SFP ポートのリンクがダウンした場合は自動的に 10/100/1000BASE-T ポートに
リンクが切り替わります。
107 ページ「SFP モジュール」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
1 お使いになる前に
③ ポート LED
10/100/1000BASE-T ポートと接続先の機器の通信状況を表示する LED ランプです。
○ L/A
通信速度、接続先の機器とのリンク、パケットの送受信を表します。
○ D/C
デュプレックス、コリジョンの発生を表します。
20 ページ「LED 表示」
④ SFP スロット LED
SFP ポートと接続先の機器の通信状況を表示する LED ランプです。
○ L/A
接続先の機器とのリンク、パケットの送受信を表します。
20 ページ「LED 表示」
⑤ コンソールポート
コンソールを接続するコネクター(RJ-45)です。
ケーブルはオプション(別売)のコンソールケーブル「CentreCOM VT-Kit2 plus」
または「CentreCOM VT-Kit2」を使用してください。
27 ページ「コンソールを接続する」
⑥ ステータス LED
本製品全体の状態を表示する LED ランプです。
○ FAULT
本製品の異常やファイルの書き込み中であることを表します。
○ MASTER
エンハンストスタッキンググループのマスタースイッチとして設定されて
いることを表します。
○ POWER
本製品の電源供給状態を表します。
20 ページ「LED 表示」
⑦ リセットボタン
本製品を再起動するためのボタンです。
先の細い棒などでリセットボタンを押すと、本製品はハードウェア的にリセットされ
ます。
鋭利なもの(縫い針など)や通電性のあるもので、リセットボタンを押さないでください。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
1 お使いになる前に
17
1.3 各部の名称と働き
背面
⑧ 電源コネクター
AC 電源ケーブルを接続するコネクターです。
同梱の電源ケーブルは AC100V 用です。AC200V でご使用の場合は、設置業者に
ご相談ください。
29 ページ「電源ケーブルを接続する」
⑨ 電源ケーブル抜け防止フック
電源ケーブルの抜け落ちを防止する金具です。
ご購入時には、フックは取りはずされた状態で同梱されています。
29 ページ「電源ケーブルを接続する」
⑩ フック取付プレート
電源ケーブル抜け防止フックを取り付けるプレートです。
18
29 ページ「電源ケーブルを接続する」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
1 お使いになる前に
側面
⑪ ブラケット用ネジ穴
19 インチラックマウントキットのブラケットを取り付けるためのネジ穴です。
25 ページ「19 インチラックに取り付ける」
⑫ ファン
本製品内部の熱を逃すためのファンです。
ファンをふさいだり、周囲に物を置いたりしないでください。
⑬ 通気口
本製品内部の熱を逃すための穴です。
通気口をふさいだり、周囲に物を置いたりしないでください。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
1 お使いになる前に
19
1.4 LED 表示
本体前面には、本製品全体や各ポートの状態を示す LED ランプがついています。
前面
ポート LED
10/100/1000BASE-T ポートの状態を表します。
LED
色
緑
L/A
D/C
橙
状態
表示内容
点灯
1000Mbps でリンクが確立しています。
点滅
1000Mbps でパケットを送受信しています。
点灯
10/100Mbps でリンクが確立しています。
点滅
10/100Mbps でパケットを送受信しています。
─
消灯
リンクが確立していません。
緑
点灯
Full Duplex でリンクが確立しています。
点灯
Half Duplex でリンクが確立しています。
点滅
コリジョンが発生しています。
消灯
リンクが確立していません。
橙
─
SFP スロット LED
SFP ポートの状態を表します。
LED
L/A
色
緑
─
20
CentreCOM 9424T 取扱説明書
1 お使いになる前に
状態
表示内容
点灯
SFP モジュールを介してリンクが確立しています。
点滅
SFP モジュールを介してパケットを送受信しています。
消灯
リンクが確立していません。
ステータス LED
本製品全体の状態を表します。
LED
色
状態
表示内容
ファイル書き込み中です。書き込み終了後に消灯します。
本製品に異常があります。
FAULT
赤
点灯
内部温度に異常があります。
ファンに異常があります。
システムの初期化に失敗しています。
─
消灯
本製品に異常はありません。
緑
点灯
エンハンストスタッキンググループのマスタースイッチ
として設定されています。
─
消灯
エンハンストスタッキンググループのマスタースイッチ
として設定されていません。
緑
点灯
本製品に電源が供給されています。
─
消灯
本製品に電源が供給されていません。
MASTER
POWER
CentreCOM 9424T 取扱説明書
1 お使いになる前に
21
22
CentreCOM 9424T 取扱説明書
1 お使いになる前に
2
設置と接続
この章では、本製品の設置方法と機器の接続について説明して
います。
2.1 設置方法を確認する
本製品は次の方法による設置ができます。
○ ゴム足による水平方向の設置
本製品を卓上や棚などの水平な場所に設置する場合は、底面のゴム足を使用して設
置してください。ゴム足は、本製品への衝撃を吸収したり、本製品の滑りや設置面
の傷つきを防止したりします。
○ ラックマウントキットによる 19 インチラックへの水平設置
弊社指定品以外の設置金具を使用した設置を行わないでください。また、本書に記載されてい
ない方法による設置を行わないでください。不適切な方法による設置は、火災や故障の原因とな
ります。
製品に関する最新情報は弊社ホームページにて公開しておりますので、設置の際は、付属のマ
ニュアルとあわせてご確認のうえ、適切に設置を行ってください。
設置するときの注意
本製品の設置や保守を始める前に、必ず 4 ページの「安全のために」をよくお読みください。
設置については、次の点にご注意ください。
24
◯
電源ケーブルや各メディアのケーブルに無理な力が加わるような設置はさけてください。
○
テレビ、ラジオ、無線機などのそばに設置しないでください。
○
傾いた場所や、不安定な場所に設置しないでください。
○
底部を上にして設置しないでください。
○
充分な換気ができるように、本製品のファンおよび通気口をふさがないように設置し
てください。
○
本体の上にものを置かないでください。
○
直射日光のあたる場所、多湿な場所、ほこりの多い場所に設置しないでください。
○
本製品は屋外ではご使用になれません。
◯
コネクターの端子にはさわらないでください。
(静電気を帯びた手(体)でコネクタ
ーの端子に触れると、静電気の放電により故障の原因となります。)
CentreCOM 9424T 取扱説明書
2 設置と接続
2.2 19 インチラックに取り付ける
本製品は同梱の 19 インチラックマウントキットを使用して、EIA 規格の 19 インチラック
に取り付けることができます。
1
電源ケーブルや各メディアのケーブルをはずします。
2
ドライバーなどを使用して、本体底面の四隅にリベットで留められているゴム足を
はずします。
3
同梱のブラケット用ネジを使用して、本体両側面にブラケットを取り付けます。片
側に 4 個のネジを使用します。
4
ラックに付属のネジを使用して、19 インチラックに本製品を取り付けます。
・ブラケットおよびブラケット用ネジは必ず同梱のものを使用してください。
同梱以外のネジなどを使用した場合、火災や感電、故障の原因となることがあります。
・本製品を 19 インチラックへ取り付ける際は適切なネジで確実に固定してください。
固定が不充分な場合、落下などにより重大な事故が発生する恐れがあります。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
2 設置と接続
25
2.3 ネットワーク機器を接続する
本製品にコンピューターや他のネットワーク機器を接続します。
ケーブル
UTP ケーブルのカテゴリー
10BASE-T の場合はカテゴリー 3 以上、100BASE-TX の場合はカテゴリー 5 以上、
1000BASE-T の場合はエンハンスド・カテゴリー 5 以上の UTP ケーブルを使用し
ます。
UTP ケーブルのタイプ
通 信 モ ー ド が オ ー ト ネ ゴ シ エ ー シ ョ ン の 場 合、 接 続 先 の ポ ー ト の 種 類(MDI/
MDI-X)にかかわらず、ストレート / クロスのどちらのケーブルタイプでも使用す
ることができます。
10/100Mbps の通信で、ポートの通信モードをオートネゴシエーション以外に固
定設定する場合は、MDI または MDI-X のどちらかに設定する必要がありますので、
その場合はケーブルタイプに注意してください。接続先のポートが MDI の場合は
本製品のポートを MDI-X に、接続先のポートが MDI-X の場合は本製品のポートを
MDI に設定すれば、ストレートタイプでケーブル接続ができます。
UTP ケーブルの長さ
本製品とネットワーク機器を接続するケーブルの長さは100m以内にしてください。
26
CentreCOM 9424T 取扱説明書
2 設置と接続
2.4 コンソールを接続する
本製品に設定を行うためのコンソールを接続します。本製品のコンソールポートは
RJ-45 コネクターです。弊社販売品の CentreCOM VT-Kit2 plus、または CentreCOM
VT-Kit2 を使用して、本体前面コンソールポートとコンソールのシリアルポート(または
USB ポート)を接続します。
CentreCOM VT-Kit2 plus、または CentreCOM VT-Kit2 を使用した接続以外は動作保証を
いたしませんのでご注意ください。
コンソール
コンソールには、VT100 をサポートした通信ソフトウェアが動作するコンピューター、
または非同期の RS-232 インターフェースを持つ VT100 互換端末を使用してください。
通信ソフトウェアの設定については、33 ページ「コンソールターミナルを設定する」で説明します。
ケーブル
ケーブルは弊社販売品の CentreCOM VT-Kit2 plus、または CentreCOM VT-Kit2 をご
使用ください。
○
CentreCOM VT-Kit2 plus: マネージメントケーブルキット
以下のコンソールケーブルが 3 本セットになっています。
・D-Sub 9 ピン(オス)/D-Sub 9 ピン(メス)
・RJ-45/D-Sub 9 ピン(メス)
・D-Sub 9 ピン(オス)/USB
ご使用のコンソールのシリアルポート(D-Sub 9 ピン)または USB ポートへの接
続が可能です。なお、USB ポート使用時の対応 OS は Windows XP と Windows
2000 です。
○
CentreCOM VT-Kit2: RJ-45/D-Sub 9 ピン(メス)変換 RS-232 ケーブル
CentreCOM 9424T 取扱説明書
2 設置と接続
27
2.4 コンソールを接続する
ご使用のコンソールのシリアルポートが D-Sub 9 ピン(オス)以外の場合は、別途変換コ
ネクターをご用意ください。
28
CentreCOM 9424T 取扱説明書
2 設置と接続
2.5 電源ケーブルを接続する
本製品は、電源ケーブルを接続すると、自動的に電源が入ります。
本製品では、次の電源ケーブルを使用できます。
○ 同梱の電源ケーブル(AC100V 用)
○ オプション(別売)の L 字型コネクター電源ケーブル
AT-PWRCBL-J01L/AT-PWRCBL-J01R(AC100V 用)
背面スペースがかぎられた場所でも、奥行きをとらずに設置できます。
1
同梱の電源ケーブルは AC100V 用です。AC200V で使用する場合は、設置業者にご相談くだ
さい。不適切な電源ケーブルや電源コンセントを使用すると、発熱による発火や感電の恐れが
あります。
L 字型コネクター電源ケーブルと電源ケーブル抜け防止フックは同時に使用できません。
(L 字型コネクター電源ケーブルは、同梱の電源ケーブルに比べて抜けにくいケーブルです。)
同梱の電源ケーブル抜け防止フックを本体背面のフック取り付けプレートに取り付
けます。
電源ケーブル抜け防止フック
フック取り付けプレート
100-240VA
C
2
電源ケーブルを本体背面の電源コネクターに接続します。
3
電源ケーブル抜け防止フックで電源ケーブルが抜けないようにロックします。
100-240VA
C
電源ケーブル
CentreCOM 9424T 取扱説明書
2 設置と接続
29
2.5 電源ケーブルを接続する
4
電源ケーブルの電源プラグを電源コンセントに接続します。
5
電源が入ると、本体前面の POWER LED(緑)が点灯します。
電源を切る場合は、電源プラグを電源コンセントから抜きます。
30
電源をオフにしてから再度オンにする場合は、しばらく間をあけてください。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
2 設置と接続
3
設定の手順
この章では、本製品に設定を行うための手順と、基本的な操作
方法について説明しています。
3.1 操作の流れ
32
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
3.2 設定の準備
コンソールターミナルを設定する
本製品に対する設定は、管理用端末から本製品の管理機構であるコマンドラインインタ
ーフェース(CLI)にアクセスして行います。
管理用端末には、次のいずれかを使用します。
○ コンソールポートに接続したコンソールターミナル
○ ネットワーク上の Telnet クライアント
コンソールターミナル(通信ソフトウェア)に設定するパラメーターは次のとおりです。
「エミュレーション」
、
「BackSpace キーの送信方法」はコマンドライン編集のための設
定です。
項目
通信速度
データビット
パリティ
ストップビット
フロー制御
エミュレーション
BackSpace キーの送信方法
ASCII 設定 / 右端で折り返す
値
9,600bps
8
なし
1
なし
VT100
Ctrl + H
なし(チェックをはずす)
・通信ソフトウェアとして、Windows 2000/XP に標準装備のハイパーターミナルを使用す
る場合は、109 ページ「ハイパーターミナルの設定」を参照してください。
・Telnet を使用するには、あらかじめコンソールターミナルからログインし、本製品に IP アド
レスなどを設定しておく必要があります。本製品のご購入時には IP アドレスが設定されてい
ないため、必ず一度はコンソールターミナルからログインすることとなります。
55 ページ「IP インターフェースを作成する」
57 ページ「Telnet で接続する」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
33
3.2 設定の準備
本製品を起動する
1
コンピューター(コンソール)の電源を入れ、ハイパーターミナルなどの通信ソフ
トウェアを起動します。
2
本製品の電源を入れます。
29 ページ「電源ケーブルを接続する」
3
自己診断テストの実行後、システムソフトウェアが起動します。また、起動時設定
ファイルが指定されていれば、ここで読み込まれます。(デフォルトの起動時設定
ファイルは「default configuration」です。
)
50 ページ「起動時設定ファイルを指定する」
102 ページ「自己診断テストの結果を確認する」
Serial port connected at 9600 bps baud rate
BCM Initialization Done!
Boot Loader (ROM) information:
Product Name:
ATS63_LOADER
Product Version:
v3.2.1
Build Date:
Jul 1 2009
Build Time:
11:31:24
System information:
SDRAM:
CPU speed:
128MB
266MHz
Allied Telesis Enhanced 2009 Edition...
0
Decompressing the Application Image, please wait................................
................................................................................
......................................〜中略〜..................................
................................................................................
Decompressed 3208992 bytes from Flash to 11266296 bytes into RAM
Jump to 0x00000100 to start application
CPU clock speed .....................................
First Memory Address ................................
Initializing Serial Communication ...................
〜中略〜
Initializing DHCP Server ............................
Initializing Web Server .............................
Initializing Web Auth Server ........................
266MHz
0x00cd5edc
done!
done!
done!
done!
Configuration file "boot.cfg" not found!!!
Loading default configuration
Please wait ......................................... done!
Init Done !
34
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
4 「Init Done !」と表示されたら、a キーを押します。
すでにリンクアップしているスイッチポートがある場合は、「Init Done !」の後に次
のようなメッセージが表示されます。
Port 1: Link UP (1000Mbps Full-Duplex, 10/100/1000Base-T)
5 「Login:」プロンプトが表示されます。
User Access Verification - Local:
Login:
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
35
3.3 ログインする
ログインする
本製品には、権限によって、User(一般ユーザー)
、Manager(管理者)の 2 つのユーザー
レベルが用意されています。ご購入時の状態では、User レベル(operator)と Manager
レベル(manager)のユーザーアカウントが 1 個ずつ登録されています。ほとんどの管理
や設定作業は Manager レベルのユーザーアカウントを使用して行います。
1 「Login: 」プロンプトが表示されたら、ユーザー名「manager」を入力します。
Login: manager a
2 「Password:」プロンプトが表示されたら、パスワードを入力します。
初期パスワードは「friend」です。パスワードは大文字小文字を区別します。実際の
画面では、入力したパスワードは「*」で表示されます。
Password: friend a
3
製品タイトルに続けて「#」プロンプトが表示されます。
本製品に対する設定や管理は、
「#」プロンプトの後にコマンドを入力することによ
り行います。
Allied Telesis AT-9424T - ATS63 v2.10.1J
<No System Name>
#
・
「ATS63」はファームウェア名、「v2.10.1J」はファームウェアバージョンを意味します。 SET SYSTEM NAMEコマンドでシステム名(MIB-IIオブジェクトsysName)を設定すると、
「<No System Name>」部分にシステム名が表示されます。
・ユーザーアカウントはデフォルトアカウント(manager、operator)のほかに最大で 16 個の
ユーザーアカウントを作成できます。
ユーザー名またはパスワードが間違っている場合は、次のメッセージが表示されて
ログインできません。再度「Login: 」プロンプトに続けて、正しいユーザー名とパ
スワードを入力してください。
Invalid Login/Password!
User Access Verification - Local:
Login:
36
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
・Manager レベルのユーザーは、複数同時にログインすることはできません。また、Manager
レベルのログインは、ローカルが優先されます。
Manager レベルのユーザーがローカルログインしているときに、別の Manager レベルのユー
ザーがリモートログインすることはできませんので、設定が終了したら必ず LOGOFF(または
LOGOUT、QUIT、EXIT)コマンドでログアウトするようにしてください。
・ operator のユーザー名とパスワードは「operator」です。
・ 現在ログインしているユーザーは、SHOW USER コマンドで確認できます。
ログインパスワードを変更する
ログインパスワードの変更を行います。セキュリティー確保のため、初期パスワードは
変更することをお勧めします。
使用コマンド
SET PASSWORD
= SET USER={MANAGER|OPERATOR|USERNAME} PASSWORD=string
1
Manager レベルでログインします。
実際の画面では、入力したパスワードは「*」で表示されます。
Login: manager a
Password: friend a
2
パスワードの設定を行います。
# set password a
3
現在のパスワードを入力します。
ここでは、初期パスワードの「friend」を入力します。実際の画面では、入力したパ
スワードは「*」で表示されます。
Enter current password->friend a
4
新しいパスワードを入力します。
6 〜 32 文字の英数字で入力してください(文字列を 6 文字以上入力しないとエラー
になります)
。パスワードは大文字小文字を区別します。
ここでは新しいパスワードを「openENDS」と仮定します。
実際の画面では、入力したパスワードは「*」で表示されます。
Enter new password->openENDS a
パスワードのデフォルト設定では、6 文字より短いパスワードは使用できないようになっていま
す。パスワードの最小文字数は、SET USERCONFIG コマンドの MINPWDLEN パラメーター
で変更できます。
「コマンドリファレンス」
/「運用・管理」の「ユーザー認証データベース」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
37
3.3 ログインする
5
確認のため、もう一度新しいパスワードを入力します。
実際の画面では、入力したパスワードは「*」で表示されます。
Re-enter manager password ->openENDS a
確認の入力に失敗すると、次のメッセージが表示されます。手順 2 からやりなおし
てください。
New passwords do not match!
38
パスワードは忘れないように注意してください。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
3.4 設定を始める
コマンドの入力と画面
コマンドプロンプト
本製品には、権限によって、User( 一般ユーザー)
、Manager( 管理者)の 2 つのユーザ
ーレベルが用意されています。どちらのユーザーレベルでログインしたかによって、コ
マンドプロンプトの表示は次のように異なります。
○
User レベル
$
○
Manager レベル
#
プロンプトに文字列を設定する場合は、SET ASYN コマンドの PROMPT パラメータ
ーで 1 〜 16 文字の英数字を入力します。デフォルトに戻す場合は DEFAULT、または
NONE、OFF と入力します。
# set asyn prompt=ATRC a
ATRC#
また、SET ASYN コマンドの PROMPT パラメーターで文字列を設定していない場合、
SET SYSTEM NAME コマンドでシステム名(MIB-II オブジェクト sysName)を設定す
ると、
「#($)
」の前にシステム名が表示されます。
コマンドライン編集キー
コマンドラインでは、次のような編集機能を使うことができます。
機能
ターミナルのキー
1文字左 / 右に移動
w または b+B / u または b+F
行頭 / 行末に移動
j または b+A / k または b+E
カーソルの左の文字を削除
f
カーソルの上の文字を削除
e または b+D
(カーソルが行末にある場合は左の文字を削除)
カーソルの上から行末までを削除
b+K
コマンド行の消去
g2回押下 または b+U
コマンド履歴をさかのぼる
t または b+P
コマンド履歴を進める
v または b+N
コマンドの中止
b+C
入力途中のキーワードの補完
次に選択可能なキーワードの一覧表示
h または b+I
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
39
3.4 設定を始める
次に選択可能なキーワードを表示する
? キーを押すと、コマンドの先頭キーワードとして有効な単語とその概要が一覧で表示
されます(表示項目はファームウェアのバージョンによって異なる可能性があります)。
# ?
Available
ACTivate
ADd
CLear
COpy
CReate
DELete
DEStroy
DIsable
ENable
EXit
FORMAT
Help
LOAd
LOGOFf
LOGOUt
PIng
PUrge
Quit
REName
RESEt
RESTart
SAve
SEt
SHow
Upload
40
commands:
- Activates an instance of an object type
- Adds an instance of an object type
- Clears all data relating to the object
- Copy file
- Makes a new instance of an object type
- Removes an instance of an object
- Destroys an object instance
- Suspends the object operation while retaining its configuration
- Allows an object to enter its operational state
- Quits the current management session
- Formats a file system drive
- Displays available commands
- Downloads a file
- Logs out of the current management session
- Logs out of the current management session
- Pings an IP address
- Clears all the object's configurable data and disables it
- Quits the current management session
- Rename file
- Restores the object to its stored configuration
-
Restart the switch
Saves configuration
Sets the configuration of an existing object
Displays diagnostic information to the user
Uploads a file
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
コマンドの入力途中で、半角スペースを入力して ? キーを押すと、次に選択可能なキー
ワードとその概要が一覧で表示されます。コマンドが 1 つに特定された場合は構文が表
示されます。
例として add を入力し、さらに半角スペースを一文字入力し ? キーを押します。
# add ?
Available commands:
add Bootp
- Adds
add Dhcp
- Adds
add Ip
- Adds
add LOg
- Adds
add MGmtacl
- Adds
add MStp
- Adds
add PKi
- Adds
add PORTAUth
- Adds
add Qos
- Adds
add Radiusserver - Adds
add SNMP
- Adds
add SNMPV3
- Adds
add SNTp
- Adds
add SWitch
- Adds
add User
- Adds
add VLan
- Adds
add VRrp
- Adds
BOOTP Relay destination IP address of BOOTP server
DHCP SERVER information
IP Interface
a filter to the log Output Definition
entries to Management ACL table
attributes to MSTP
a PKI certificate
Port access control configuration parameters
attributes to QoS
RADIUS authentication server
attributes to an existing SNMP community
a new entry to SNMPv3 table
SNTP server
attributes to the switch
user to the user management database
attributes to an existing VLAN
an IP address or monitored interface to a virtual router
キーワードの補完機能を利用する
キーワードの入力途中で半角スペースを入れずに h キーを押すと、キーワードが 1 つ
に特定される場合は、自動的にキーワードの残りが補われ正しいキーワードが入力され
ます。該当するキーワードが複数ある場合は、キーワードの一覧が表示されます。
sh を入力して(半角スペースを入れずに)h キーを押した場合は、キーワードが「show」
に特定され、show と入力されます。
# sh h
↓ h キー入力後、表示が次のように変わる
# show
s を入力して(半角スペースを入れずに)h キーを押した場合は、該当するキーワード
とその概要が一覧で表示されます。
# s h
sAve - Saves configuration
sEt - Sets the configuration of an existing object
sHow - Displays diagnostic information to the user
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
41
3.4 設定を始める
コマンド入力時の注意
コマンド入力時には次のことに注意してください。
○
1 行で入力できるコマンドの最大文字数はスペースを含めて 1499 文字です。
○ 「ADD」
、
「IP」などのキーワード(予約語)は大文字小文字を区別しません。
ログインパスワードなど一部のパラメーターは大文字小文字を区別します。「コマ
ンドリファレンス」を確認して入力してください。
○
コマンドは一意に識別できる範囲で省略することができます。
例えば、
SHOW SYSTEM コマンドは「SH SY」と省略して入力することができます。
○
ユーザーレベルによって実行できるコマンドが異なります。
Manager レベルはすべてのコマンドが実行可能です。一方、User レベルで実行で
きるのは表示コマンドと一部の設定コマンドのみになります。
○
コマンドの実行結果はすぐに本製品に反映され、再起動を行う必要はありません。
ただし、設定内容は再起動すると消去されるので、再起動後にも同じ設定内容で運
用したい場合は CREATE CONFIG コマンドで設定ファイルに保存してください。
47 ページ「設定を保存する」
メッセージ表示
コマンドの実行に失敗した場合は「ERROR CODE」
(エラーメッセージ)が表示されます。
コマンドの実行に成功した場合は、通常何も表示されません。
以下にエラーメッセージの例を示します。
○
コマンドが不完全な場合
# set a
ERROR CODE = CLI_COMMAND_INCOMPLETE
○
該当するコマンドがない場合
# set systemname=sales a
ERROR CODE = CLI_COMMAND_NOT_FOUND_OR_AMBIGUOUS
○
必要なパラメーターが指定されていない場合
# set system a
ERROR CODE = CLI_PARAMETER_MISSING
○
必要な値が指定されていない場合
# set system name= a
ERROR CODE = CLI_VALUE_EXPECTED
42
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
表示内容が複数ページにわたる場合
表示される内容が複数ページにわたる場合は、画面下に次のような表示がされます。
--More-- <Space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit
この場合、キー入力によって、次のような操作を行うことができます。
機能
ターミナルのキー
次の1ページを表示する
次の1行を表示する
残りすべてを続けて表示する
残りを表示せずにプロンプトに戻る
オンラインヘルプ
本製品には、オンラインヘルプが用意されています。HELP コマンドを実行すると、コマ
ンドの先頭キーワードとして有効な単語とその概要を一覧で表示することができます(表
示項目はファームウェアのバージョンによって異なる可能性があります)。
# help a
Available commands:
ACTivate - Activates an instance of an object type
ADd
- Adds an instance of an object type
CLear
- Clears all data relating to the object
COpy
- Copy file
CReate
- Makes a new instance of an object type
DELete
- Removes an instance of an object
DEStroy - Destroys an object instance
DISable - Suspends the object operation while retaining its configuration
ENable
- Allows an object to enter its operational state
EXit
- Quits the current management session
FORMAT
- Formats a file system drive
Help
- Displays available commands
LOAd
- Downloads a file
LOGOFF
- Logs out of the current management session
LOGOUt
- Logs out of the current management session
PIng
- Pings an IP address
PUrge
- Clears all the object's configurable data and disables it
Quit
- Quits the current management session
REName
- Rename file
RESEt
- Restores the object to its stored configuration
RESTart - Restart the switch
SAve
- Saves configuration
SEt
- Sets the configuration of an existing object
SHow
- Displays diagnostic information to the user
Upload
- Uploads a file
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
43
3.4 設定を始める
プロンプトだけが表示されている状態で ? キーを押しても、コマンドの一覧が表示されます。
また、コマンドの入力途中で、半角スペースを入力して ? キーを押すと、次に選択可能なキー
ワードとその概要が一覧で表示されます。コマンドが 1 つに特定された場合は構文が表示され
ます。
コマンドの表記
本書では、次のような基準に従ってコマンドの構文を表記しています(入力例は大文字小
文字の区別があるもの以外すべて小文字で表記)
。
CREATE VLAN=vlan-name VID=2..4094 [PORTS={port-list|ALL}] [FRAME={UNTAGGED|TAGGED}]
大文字
小文字
2..4094
{ }
[ ]
大文字の部分はコマンド名やパラメーター名などのキーワード(予約語)を示しま
す。キーワードに大文字小文字の区別はありませんので、小文字で入力してもかま
いません。一方、キーワードでない部分(パラメーター値など)には、大文字小文字
を区別するものもありますので、各パラメーターの説明を参照してください。
小文字の部分は値を示します。コマンド入力時には、環境に応じて異なる文字列や
数字が入ります。例えば、VLAN=vlan-name のような構文では vlan-name の部
分に具体的な VLAN 名を入力します。
「x..y」は x 〜 y の範囲の数値を指定することを示します。指定できる数値の範囲は
コマンドにより異なります。
ブ レ ー ス({ })で 囲 ま れ た 部 分 は、 複 数 の 選 択 肢 か ら ど れ か 1 つ を 指 定 す
る こ と を 示 し ま す。 選 択 肢 の 各 項 目 は 縦 棒(|)で 区 切 ら れ ま す。 例 え ば、
FRAME={UNTAGGED|TAGGED} は、FRAME パラメーターの値としてキーワー
ド UNTAGGED か TAGGED のどちらか一方だけを指定することを示しています。
スクエアブラケット([ ])で囲まれた部分は省略可能であることを示します。
主要コマンド
本製品のコマンドは大きく設定コマンドと実行コマンドの 2 種類に分類されます。
設定コマンド
設定コマンドは、本製品に対してパラメーターの追加 / 削除、有効 / 無効などを行うため
のコマンドで、その内容はコマンド実行後も保持されます。内容によっては、複数の設
定コマンドを組み合わせて有効になるものもあります。
設定コマンドで実行された内容は、CREATE CONFIG コマンドで設定ファイルに保存します。
代表的な設定コマンドには次のようなものがあります。
ADD / DELETE
ADD は、既存のテーブルやインターフェースなどに情報を追加 / 登録するコマンドです。
インターフェースへの IP アドレスの付与や経路の登録、VLAN やトランクグループへの
ポートの割り当てなどに使用します。
DELETE は、ADD で追加 / 登録した内容を削除するコマンドです。
44
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
CREATE / DESTROY
CREATE は、存在していない項目を作成するコマンドです。設定ファイルや、VLAN、
トランクグループの作成などに使用します。
DESTROY は、CREATE で作成した項目を消去するコマンドです。
ENABLE / DISABLE
ENABLE は、ステータスを有効にするコマンドです。モジュールやインターフェースを
有効にする場合などに使用します。
DISABLE は、ステータスを無効にするコマンドです。
PURGE
指定した項目の設定内容をすべて消去し、デフォルト設定に戻すコマンドです。IP パラ
メーターやスパニングツリーパラメーターなどの全消去に使用します。不用意に実行し
ないよう注意してください。
SET
既存の項目にパラメーターを設定するコマンドです。システム名、ログインパスワード、
SNMP の設定や、起動時設定ファイルの指定などに使用します。
実行コマンド
実行コマンドは、ログイン、ログアウト、ヘルプの表示、PING テストなど、その場で動
作が終了するコマンドです。内容がコマンド実行後に保存されることはありません。内
容によっては、実行コマンドを使用する前に、設定コマンドによる設定が必要なものも
あります。
代表的な実行コマンドには次のようなものがあります。
ACTIVATE
ACTIVATE は、既存の設定や機能を手動で動作(起動)させるコマンドです。スパニング
ツリーの動作モード変更とポートのオートネゴシエーションプロセスの実行に使用します。
CLEAR
スクリーンの消去など、すべてのデータを消去するコマンドです。
HELP
オンラインヘルプを表示するコマンドです。
43 ページ「オンラインヘルプ」
LOAD
TFTP サーバー、HTTP サーバー、Xmodem などにより、ファイルを本製品にダウンロ
ードするコマンドです。
69 ページ「ダウンロード・アップロードする」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
45
3.4 設定を始める
LOGOFF, LOGOUT, QUIT, EXIT
ログアウトするコマンドです。
51 ページ「ログアウトする」
PING
指定したホストからの応答を確認するコマンドです。
59 ページ「PING を実行する」
RESET
設定内容は変更せずに、実行中の動作を中止して、はじめからやりなおすコマンドです。
RESTART
本製品を再起動するコマンドです。
62 ページ「再起動する」
SAVE
設定内容やログをファイルに保存するコマンドです。
SHOW
設定内容や統計などの各種の情報を表示するコマンドです。
UPLOAD
TFTP サーバーや Xmodem などにより、ファイルをサーバーやコンピューターにアップ
ロードするコマンドです。
69 ページ「ダウンロード・アップロードする」
46
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
3.5 設定を保存する
コマンドの実行結果はすぐに本製品に反映されますが、設定内容はランタイムメモリ
ー(RAM)上にあるため、電源のオフ→オンをする、リセットボタンを押す、または
RESTART コマンドを実行して本製品を再起動すると消去されます。
再起動後にも同じ設定内容で運用したい場合は、現在の設定内容を設定ファイルに保存
します。CREATE CONFIG コマンドを使用すると、設定ファイルが新規に作成されま
す(指定した設定ファイルがすでに存在している場合は上書きされます)。また、SAVE
CONFIGURATION コマンドを使用すると、起動時設定ファイルに上書きされます。
RAM
(作業領域)
コマンドの実行
設定内容の保存
CREATE CONFIG
コンソールターミナル
指定した設定ファイルに保存
SAVE CONFIGURATION
起動時設定ファイルに保存
フラッシュメモリー
(保存領域)
SET ASYN コマンド の SPEED パラメーターによるコンソールポートの通信速度の設定は、設
定ファイルに保存されません。
設定ファイルを新規作成して保存する
CREATE CONFIG コマンドを使用して、新規に設定ファイルを作成し、設定内容を保存
します。
使用コマンド
CREATE CONFIG=filename
SHOW FILE[=filename]
パラメーター
CONFIG
1
:設定ファイル名。1 〜 28 文字で半角英数字と記号( ~ ’@ # $ % ^ &
( ) _ - {} )が使えます。拡張子には「.cfg」を付けます。指定した設定
ファイルがすでに存在している場合は上書きされ、存在しない場合は
新規に作成されます。
設定ファイルを作成します。
ここでは、設定ファイル名を「test01」と仮定します。
# create config=test01.cfg a
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
47
3.5 設定を保存する
2
設定ファイルが作成されると、次のメッセージが表示され、コマンドプロンプトに
戻ります。
Creating configuration file "test01.cfg" ..... done!
#
3
SHOW FILE コマンドで、ファイルが正しく作成されたことを確認します。
# show file a
File Name
Device Size(Bytes)
Last Modified
----------------------------------------------------------------------------test01.cfg
flash
2084
07/31/2009 15:29:08
-----------------------------------------------------------------------------
ご購入時の状態では、ファイルシステム上にファイルは存在していません。
すでに存在している設定ファイルを指定して CREATE CONFIG コマンドを実行すると、
上書きするかどうかのメッセージが表示されます。
Y キーを押して「Yes」を選択すると、設定ファイルが上書きされます。N キーを押して
「No」を選択すると、コマンドプロンプトに戻ります。
# create config=test01.cfg a
Configuration file already exists. Do you want to overwrite ? [Yes/No] ->YES
Creating configuration file "test01.cfg" ..... done!
SHOW FILE コマンドで設定ファイル名を指定すると、設定内容が確認できます。
# show file=test01.cfg a
---Start of file "test01.cfg"-------------------------------1:
2:
3: #
4: # System Configuration
5: #
6:
7: #
8: # User Authentication Configuration
9: #
10: set user=manager password=3af00c6cad11f7ab5db4467b66ce503eff
11: set user=operator password=4b583376b2767b923c3e1da60d10de59ff
12:
13:
--More-- <Space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit
新規に作成した設定ファイルが起動時に読み込まれるようにするには、SET CONFIG コ
マンドで起動時設定ファイルに指定します。
50 ページ「起動時設定ファイルを指定する」
48
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
起動時設定ファイルに保存する
SAVE CONFIGURATION コマンドを使用すると、SET CONFIG コマンドで指定した起
動時設定ファイルに設定内容を保存することができます。
使用コマンド
SAVE CONFIGURATION
1
SAVE CONFIGURATION コマンドを実行します。
# save configuration a
2
設定内容が起動時設定ファイルに保存されると、次のメッセージが表示され、コマ
ンドプロンプトに戻ります。
Generating current configuration ..... done!
Configuration file will be saved in background.
Please do not turn off power to the unit while fault led is ON!
#
起動時設定ファイルが NONE の状態では、SAVE CONFIGURATION コマンドを実行するこ
とができません(エラーになります)。SET CONFIG コマンドで NONE 以外の起動時設定ファ
イルを指定してください。
50 ページ「起動時設定ファイルを指定する」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
49
3.6 起動時設定ファイルを指定する
新規に作成した設定ファイルが起動時に読み込まれるようにします。
使用コマンド
SET CONFIG={filename|NONE}
SHOW CONFIG
パラメーター
CONFIG
1
:起動時設定ファイル。起動時に読み込まれるデフォルトの設定ファイ
ル(「.cfg」ファイル)を指定します。
起動時設定ファイルを指定します。
ここでは、設定ファイル名を「test01」と仮定します。
# set config=test01.cfg a
2
起動時設定ファイルが指定されると、次のメッセージが表示され、コマンドプロン
プトに戻ります。
Setting boot configuration file name ..... done!
#
3
SHOW CONFIG コマンドで、起動時設定ファイルを確認します。
# show config a
Boot configuration file ............... "test01.cfg" (Exists)
Current configuration ................. Default
Boot configuration file起動時設定ファイル名(かっこ内は該当ファイルが存在しているかどう
か)。起動時設定ファイルが設定されていないときは「None」で表示
Current configuration 最後の(再)起動時に読み込んだ設定ファイル名
50
「Current
configuration」は最後の(再)起動時に読み込んだ設定ファイル名です。Default は
ファイルシステム上に「boot.cfg」ファイルが存在しない場合のデフォルトの起動時設定ファイ
ル(default configuration)です。ファイルシステム上に「boot.cfg」ファイルが存在する場合
は、「boot.cfg」を読み込んで起動します。起動時設定ファイルが指定されていない(NONE)場
合、「default configuration」または「boot.cfg」ファイルが起動時に読み込まれます。
64 ページ「ご購入時の設定に戻す」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
3.7 ログアウトする
設定が終了したら、本製品からログアウトして、通信ソフトウェアを終了します。
使用コマンド
LOGOFF
= LOGOUT
= QUIT
= EXIT
1
LOGOFF(または LOGOUT、QUIT、EXIT)コマンドを実行します。
# logoff a
2
次のメッセージが表示され、セッションが終了します。
#
Disconnected...
Press <ENTER> key to connect...
3
「Login:」プロンプトが表示されます。
a キーを押すと、
User Access Verification - Local:
Login:
セキュリティーのため、通信ソフトウェアを終了する前に、必ず LOGOFF(または LOGOUT、
QUIT、EXIT)コマンドでログアウトするようにしてください。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
51
52
CentreCOM 9424T 取扱説明書
3 設定の手順
4
基本の設定と操作
この章では、本製品を運用・管理するための基本的な設定と操作
方法について説明しています。各機能の詳細については、弊社
ホームページ掲載の「コマンドリファレンス」を参照してくださ
い。
4.1 インターフェースを指定する
スイッチポートとコンソールポートの物理インターフェースは、基本的に次のような形
式で表示、入力を行います。
物理ポート
表示方法
入力形式
ポート 1 〜 24
Port 1 〜 24
port=n
コンソールポート
ASYN
asyn
ポートを指定する
スイッチポートに対する設定コマンドには、複数のポートを一度に指定できるものがあ
ります。以下、指定するときの例を示します。
○
1 つのポートを指定
ENABLE SWITCH PORT=2 a
○
連続する複数のポートをハイフンで指定
ADD VLAN=black PORT=3-7 a
○
連続していない複数のポートをカンマで指定
SHOW SWITCH PORT=2,4,8 a
○
カンマとハイフンの組み合わせで指定
SHOW SWITCH PORT=2,4-7 a
○
すべてのポートを意味するキーワード ALL を指定
RESET SWITCH PORT=ALL COUNTER a
VLAN インターフェースを指定する
物理インターフェースのほかに、論理インターフェースとして VLAN があります。IP 関
連の設定時には下位のインターフェースとして VLAN を指定する場面が多くあります。
VLAN は VLAN ID を使用して vlann(n は VLAN ID)で指定するか、VLAN 名を使用して
vlan-vlanname(vlanname は VLAN 名)で指定します。
interface=vlan1
interface=vlan-default_vlan
54
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
4.2 IP インターフェースを作成する
IP インターフェースは、ADD IP INTERFACE コマンドで VLAN に IP アドレス(とネッ
トマスク)を割り当てることによって作成します。
ネットワーク経由で Telnet にログインしたり、SNMP による管理をするには、最低 1 個の IP
インターフェースを作成し、ローカルインターフェースと呼ばれる遠隔管理用のインターフェ
ースとして指定しておく必要があります。IP インターフェースを作成しただけでは、本製品に
アクセスできませんのでご注意ください。ローカルインターフェースの設定については、57 ペ
ージ「Telnet で接続する」で説明します。
手動で IP アドレスを設定する
使用コマンド
ADD IP INTERFACE=vlan-if IPADDRESS={ipadd|BOOTP|DHCP}
[{MASK|NETMASK}=ipadd]
SHOW IP INTERFACE
パラメーター
INTERFACE
1
: VLAN インターフェース。VLAN ID で指定する場合は VLANn の形
式で、VLAN 名で指定する場合は VLAN-vlanname の形式で入力
します。
IPADDRESS
: IPアドレス。X.X.X.Xの形式で、Xが0〜255の半角数字を入力します。
MASK/NETMASK
: サブネットマスク。X.X.X.X の形式で、X が 0 〜 255 の半角数字を
入力します。省略時は IP アドレスのクラス標準マスクが使用されます。
VLAN に IP アドレスとネットマスクを割り当てて、IP インターフェースを作成しま
す。
ここでは、Default_VLAN(vlan1)に IP アドレス「192.168.1.10」、サブネットマ
スク「255.255.255.0」を設定すると仮定します。
# add ip interface=vlan1 ipaddress=192.168.1.10 mask=255.255.255.0 a
2
SHOW IP INTERFACE コマンドで、IP アドレスの設定を確認します。
# show ip interface a
--------------------------------------------------------Interface
IPAddress
NetMask
RipMetric
--------------------------------------------------------eth0#
0.0.0.0
0.0.0.0
0
vlan1-0
192.168.1.10
255.255.255.0
1
---------------------------------------------------------
複数のインターフェースに対し、同一サブネットの IP アドレスを割り当てることはできません。
例えば、vlan1 に IP アドレス 192.168.100.1、ネットマスク 255.255.255.0 を割り当て
た場合、192.168.100.2 〜 192.168.100.254 の範囲は同一 IP サブネットになるので、こ
の範囲を他のインターフェースに割り当てることはできません。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
55
4.2 IP インターフェースを作成する
DHCP で IP アドレスを自動設定する
ネットワーク上の DHCP サーバーを利用して、VLAN インターフェースの IP アドレスを
自動設定することもできます(DHCP クライアント機能)
。本製品の DHCP クライアント
機能は、IP アドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ(デフォルトルート)、
SNTP サーバーの情報を取得し自動設定します。
使用コマンド
ADD IP INTERFACE=vlan-if IPADDRESS=DHCP
SHOW IP INTERFACE
パラメーター
INTERFACE
IPADDRESS
1
:VLANインターフェース。
VLAN IDで指定する場合はVLANn の形式で、
VLAN 名で指定する場合は VLAN-vlanname の形式で入力します。
:DHCP サーバーから IP パラメーターを取得し自動設定する場合は、 DHCP を指定します。
IP インターフェースを作成します。IPADDRESS パラメーターには DHCP を指定
します。
# add ip interface=vlan1 ipaddress=dhcp a
2
設定はすぐに反映され、本製品は DHCP サーバーから IP パラメーターを取得し自
動設定します。
Enabling DHCP - Please wait...
DHCP enabled - Switch will now get IP parameters from Server.
3
DHCP サーバーから割り当てられた IP アドレス、サブネットマスクは、SHOW IP
INTERFACE コマンドで確認できます。
# show ip interface a
--------------------------------------------------------Interface
IPAddress
NetMask
RipMetric
--------------------------------------------------------eth0#
0.0.0.0
0.0.0.0
0
vlan1-0
192.168.1.233
255.255.255.0
1
---------------------------------------------------------
56
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
4.3 Telnet で接続する
ネットワーク上のコンピューターから Telnet を使用して本製品にログインするには、最
低 1 個の IP インターフェースを作成し、ローカルインターフェースと呼ばれる遠隔管理
用のインターフェースとして指定しておく必要があります。本製品への Telnet 接続は、
ローカルインターフェースの IP アドレスを指定して行います。ローカルインターフェー
ス以外のインターフェースのIPアドレスを指定してもTelnet接続することはできません。
使用コマンド
ADD IP INTERFACE=vlan-if IPADDRESS={ipadd|BOOTP|DHCP}
[{MASK|NETMASK}=ipadd]
SET IP LOCAL INTERFACE={vlan-if|NONE}
SHOW IP INTERFACE
パラメーター
INTERFACE
IPADDRESS
:VLAN インターフェース。VLAN ID で指定する場合は VLANn の形式
で、VLAN 名で指定する場合は VLAN-vlanname の形式で入力します。
SET IP LOCAL コマンドの INTERFACE パラメーターに NONE を指
定すると、ローカルインターフェースが何も指定されていない状態(デ
フォルト)に戻ります。
:DHCP サーバーから IP パラメーターを取得して自動設定する場合は、
DHCP を指定します。
MASK/NETMASK
:サブネットマスク。X.X.X.X の形式で、X が 0 〜 255 の半角数字を入力
します。省略時は IP アドレスのクラス標準マスクが使用されます。
1
VLAN に IP アドレスとネットマスクを割り当てて、IP インターフェースを作成しま
す。
ここでは、Default_VLAN(vlan1)に IP アドレス「192.168.1.10」、サブネットマ
スク「255.255.255.0」を設定すると仮定します。
# add ip interface=vlan1 ipaddress=192.168.1.10 mask=255.255.255.0 a
2
ローカルインターフェースを指定します。
ここでは、vlan1 をローカルインターフェースとして指定します。
# set ip local interface=vlan1 a
3
ローカルインターフェースは、SHOW IP INTERFACE コマンドで確認できます。
インターフェース名「eth0」がローカルインターフェースを意味します。ここでは、
vlan1 を指定したので、
「vlan1-0」と同じ IP アドレス、サブネットマスクが表示さ
れています。
# show ip interface a
Interface
IPAddress
NetMask
RipMetric
--------------------------------------------------------eth0
192.168.1.10
255.255.255.0
1
vlan1-0
192.168.1.10
255.255.255.0
1
本製品に対する設定は以上です。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
57
4.3 Telnet で接続する
4
次に、通信機能が利用できるコンピューターから本製品のローカルインターフェー
スに対して telnet を実行します。
telnet 192.168.1.10 a
5
Telnet セッションが確立すると、
「Login: 」プロンプトが表示されます。
User Access Verification - Local:
Login:
Windows 2000/XP で Telnet を使用する場合は、111 ページ「Telnet クライアントの設定」
を参照してください。
Telnet サーバー機能を無効にする
本製品の Telnet サーバー機能はデフォルトで有効に設定されています。Telnet 接続を拒
否する場合は、DISABLE TELNET コマンドで Telnet サーバー機能を無効にします。
使用コマンド
DISABLE TELNET
# disable telnet a
Telnet サーバー機能の設定を表示する
Telnet サーバー機能の現在の設定(有効 / 無効)は、SHOW SWITCH コマンドで確認で
きます。
使用コマンド
SHOW SWITCH
# show switch a
Switch Information:
Application Software Version ......... ATS63 v2.10.1J
Application Software Build Date ...... Jul 1 2009 12:47:48
Bootloader Version ................... ATS63_LOADER v3.2.1
Bootloader Build Date ................ Jul 1 2009 11:31:24
MAC Address .......................... 00:00:00:00:00:00
VLAN Mode ............................ User Configured
Ingress Filtering .................... OFF
Active Spanning Tree version ......... RSTP
Mirroring State ...................... Disabled
Enhanced Stacking mode ............... Slave
Console Disconnect Timer Interval .... 10 minute(s)
Web Server Status .................... Disabled
Telnet Server Status ..................Enabled
Telnet insert NULL ................... OFF
MAC address aging time ............... 300 second(s)
Console Startup Mode ................. CLI
Multicast Mode ....................... Do Not Forward
Powersaving .......................... Disabled
58
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
4.4 PING を実行する
PING コマンドで、指定した相手との通信が可能かどうかを確認します。PING は指定し
た相手にエコーを要求するパケットを送信し、相手からのエコーに応答するパケットを
表示します。
使用コマンド
PING [IPADDRESS=]ipadd
パラメーター
IPADDRESS
1
:宛先 IP アドレス。X.X.X.X の形式で、X が 0 〜 255 の半角数字を入力
します。
PING を実行します。
ここでは、宛先 IP アドレスを「192.168.1.1」と仮定します。
# ping 192.168.1.1 a
2
本製品は PING パケットを 4 回送信します。
Reply
Reply
Reply
Reply
#
from
from
from
from
192.168.1.1
192.168.1.1
192.168.1.1
192.168.1.1
time<10ms
time<10ms
time<10ms
time<10ms
PING に対する応答がある場合は「Reply from X.X.X.X time<Xms」のように表示さ
れます。
PING に対する応答がない場合は「Request timed out」と表示されます。
存在しないホストを宛先に指定すると「Host unreachable」と表示されます。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
59
4.5 システム情報を表示する
SHOW SYSTEM コマンドで、システムの全般的な情報を表示します。
使用コマンド
SHOW SYSTEM [SERIALNUMBER] [MACADDRESS] [MODELNAME]
パラメーター
SERIALNUMBER
: シリアル番号を表示する。
MACADDRESS
: MAC アドレスを表示する。
MODELNAME
: 製品名を表示する。
# show system a
System Information:
MAC Address ........
Model Name .........
Serial Number ......
System Revision ....
00:15:77:9C:D3:8B
AT-9424T
A04035G081200101
B
Bootloader ...... ATS63_LOADER v3.2.1
Application ..... ATS63 v2.10.1J
IP Address ....... 192.168.1.20
Subnet Mask ...... 255.255.255.0
System Up Time ... 1D:02H:06M:12S
Build Date ... Jul
Build Date ... Jul
1 2009 11:31:24
1 2009 12:47:48
System Name ........
Administrator ......
Location ...........
System 1.25V Power .........
System 3.0V Power ..........
System 12V Power ...........
System Temperature .........
System Fan 1 Speed .........
Main PSU ...................
60
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
Normal
Normal
Normal
Normal
Normal
On
System 2.5V Power .......... Normal
System 3.3V Power .......... Normal
System Fan 2 Speed ......... Normal
MAC Address
Model Name
System Number
HW Revision
IP Address
Subnet Mask
System Up Time
Bootloader
Build Date
Application
Build Date System Name
Administrator
Location
System Power
製品の MAC アドレス
製品名称
製品のシリアル番号
製品のハードウェアリビジョン
IP アドレス
サブネットマスク
稼働時間(前回リブートしてからの時間)
ブートローダーの名称、バージョン
ブートローダーのビルト日時
ファームウェアの名称、バージョン
ファームウェアのビルト日時
システム名(MIB-II の sysName)
管理責任者(MIB-II の sysContact)
設置場所(MIB-II の sysLocation)
1.25/2.5/3.0/3.3/12V の 各 電 源 ユ ニ ッ ト の 出 力 状 態。Normal/
Warning/Failed(読み取り失敗)で表示
System Temperature 本製品内部の温度状態。Normal/Warning/Failed で表示
System Fan Speed
ファン 1、ファン 2 の回転数。Normal/Warning/Failed で表示
Main PSU
常に ON で表示
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
61
4.6 再起動する
本製品をコマンドで再起動します。
使用コマンド
RESTART {REBOOT|SWITCH} [CONFIG={filename|NONE}]
パラメーター
REBOOT/SWITCH
CONFIG
1
: コールドスタート(ハードウェアリセット)を実行します。REBOOT
オプション指定時は CONFIG パラメーターは指定できません。
: 再起動時に読み込む設定ファイル。SWITCH オプション指定時のみ指
定可能です。NONE を指定すると、ファイルシステム上に「boot.cfg」
が存在する場合は「boot.cfg」、「boot.cfg」が存在しない場合はデフォ
ルトの起動時設定ファイル(default configuration)を読み込んで起動
します。
RESTART REBOOTコマンド、またはRESTART SWITCHコマンドを実行します。
# restart reboot a
2
自己診断テスト終了後、
「Init Done !」と表示されたら、再起動は完了です。起動メ
ッセージに設定ファイル「test01.cfg」が読み込まれたことが表示されています。
Waiting for background file operations to complete .....
Rebooting the Switch .....
Serial port connected at 9600 bps baud rate
BCM Initialization Done!
Boot Loader (ROM) information:
Product Name:
ATS63_LOADER
Product Version:
v3.2.1
Build Date:
Jul 1 2009
Build Time:
11:31:24
System information:
SDRAM:
CPU speed:
128MB
266MHz
Allied Telesis Enhanced 2009 Edition...
0
Decompressing the Application Image, please wait................................
................................................................................
.................................
Decompressed 3208992 bytes from Flash to 11266296 bytes into RAM
Jump to 0x00000100 to start application
CPU clock speed .....................................
〜中略〜
Initializing DHCP Server ............................
Initializing Web Server .............................
Initializing Web Auth Server ........................
266MHz
done!
done!
done!
Loading configuration file "test01.cfg"
Please wait ......................................... done!
Init Done !
62
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
・RESTART REBOOT(または RESTART SWITCH)コマンドを実行すると、本製品にログイ
ンしていた他のユーザーのログインセッションは強制的に切断されます。
・本製品には、再起動の方法として次の 2 つが用意されています。どちらも電源ケーブルの抜き
差しと同じ、コールドスタート(ハードウェアリセット)です。
○
RESTART REBOOT(または RESTART SWITCH)コマンドの実行
○
本体前面のリセットボタンを押す
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
63
4.7 ご購入時の設定に戻す
すべての設定をご購入時の状態に戻します。この場合、CREATE CONFIG コマンドで作
成した設定ファイルを削除する必要はありません。起動時設定ファイル NONE(なし)を
指定し、デフォルトの起動時設定ファイルで起動します。
使用コマンド
SET CONFIG={filename|NONE}
パラメーター
CONFIG
1
:設定ファイル。ここでは NONE を指定します。ファイルシステム上に
「boot.cfg」が存在する場合は「boot.cfg」、「boot.cfg」が存在しない
場合はデフォルトの起動時設定ファイル(default configuration)を
読み込んで起動します。
起動時設定ファイルに NONE(なし)を指定し、起動時にユーザー作成の設定ファイ
ルが読み込まれないようにします。
# set config=none a
2
RESTART REBOOT(または RESTART SWITCH)コマンドで、本製品を再起動
します。
本製品は、デフォルトの起動時設定ファイルを読み込んで起動します。ソフトウェ
ア的にはご購入時の状態になりますが、ファイルシステム上の設定ファイルは削除
されていません。
ユーザー「manager」のパスワードは初期パスワード「friend」に戻ります。
# restart reboot a
3
CREATE CONFIG コマンドで設定ファイルを作成し、SET CONFIG コマンドで起
動時設定ファイルを指定しなおします。
・起動時設定ファイルに NONE が指定されている状態では、SAVE CONFIGURATION コマンド
を実行することができません(エラーになります)。ご購入時の状態に戻した後は、起動時設定
ファイルを NONE 以外に指定しなおしてください。
・ファイルシステム上に「boot.cfg」ファイルが存在する場合は、起動時設定ファイルに NONE を
指定して本製品を再起動すると「boot.cfg」を読み込んで起動します。「boot.cfg」を読み込ま
ないようにするには、DELETE FILE コマンドで「boot.cfg」ファイルを削除してください。
・SET ASYN コマンド の SPEED パラメーターによる、コンソールポートの通信速度の設定は、
設定ファイルに保存されないため、本手順でご購入時の状態には戻りません。
64
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
4.8 ファイルシステム
本製品は、再起動後もデータが保持される 2 次記憶装置として、フラッシュメモリーを
搭載しています。フラッシュメモリー上にはファイルシステムが構築されており、フラ
ッシュメモリー上のデータをファイル単位でアクセスすることが可能です。
「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「記憶装置とファイルシステム」
ファイル名
ファイル名は次の形式で表されます。フラッシュメモリーにディレクトリーの概念はあ
りません。
filename.ext
filename
:ファイル名(ベース名)。文字数は 1 〜 28 文字。
半角英数字と記号( ~ ’@ # $ % ^ & ( ) _ - { } )が使えます。
大文字小文字の区別はありません。
ext
:拡張子。ファイル名には必ず拡張子を付ける必要があります。ファ ームウェアファイルを示す「img」、設定ファイルを示す「cfg/scp」、 RSA 公開鍵ペアを示す「ukf」、ログファイルを示す「log」などがあり
ます。
「ukf」ファイルを削除、コピー、名前変更することはできません。
ファイルを操作する
ファイルを表示する
使用コマンド
SHOW FILE
ご購入時の状態では、ファイルシステム上にファイルは存在していません。
# show file a
FileName
Device Size(Bytes)
Last Modified
-----------------------------------------------------------------No files found
------------------------------------------------------------------
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
65
4.8 ファイルシステム
SHOW FILE コマンドはワイルドカード(*)が使用できます。特定ファイルの一覧を見た
いときはワイルドカードを使います。
# show file=test*.cfg a
File Name
Device Size (Bytes)
Last Modified
----------------------------------------------------------------------------test01.cfg
flash
1561
06/21/2009 11:11:11
test02.cfg
flash
1561
06/22/2009 11:11:11
test03.cfg
flash
1561
06/23/2009 11:11:11
-----------------------------------------------------------------------------
設定ファイルの内容を表示する
使用コマンド
SHOW FILE[=filename]
ファイル名を指定すると設定ファイルの内容が表示されます。
設定ファイル「test01.cfg」の設定内容を表示します。
# show file=test01.cfg a
---Start of file "test01.cfg"----------------------------1:
2:
3: #
4: # System Configuration
5: #
6:
7: #
8: # User Authentication Configuration
9: #
10: set user=manager password=3af00c6cad11f7ab5db4467b66ce503eff
11: set user=operator password=4b583376b2767b923c3e1da60d10de59ff
12:
13:
--More-- <Space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit
66
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
ファイルを削除する
使用コマンド
DELETE FILE=filename
パラメーター
FILE
:ファイル名。
設定ファイル「test01.cfg」を削除します。
# delete file=test01.cfg a
Deleting file "test01.cfg" .....
削除したファイルを元に戻すことはできません。ファイル操作時は充分注意を払ってください。
ファイルをコピーする
使用コマンド
COPY src-filename dst-filename
パラメーター
src-filename
dst-filename
:コピー元ファイル名。
:コピー先ファイル名。
設定ファイル「test01.cfg」を「test02.cfg」という名前でコピーします。
# copy test01.cfg test02.cfg a
Copying file "test01.cfg" to "test02.cfg" ..... done!
ファイル名を変更する
使用コマンド
RENAME src-filename dst-filename
パラメーター
src-filename
dst-filename
:変更前ファイル名。
:変更後ファイル名。
設定ファイル「test02.cfg」を「test03.cfg」という名前に変更します。
# rename test02.cfg test03.cfg a
Renaming file "test02.cfg" to "test03.cfg" ..... done!
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
67
4.8 ファイルシステム
ファイルの操作コマンド
ファイル(設定ファイル)に対する操作コマンドを図式化します。下図のデバイスは
「flash」が対象となっています。
68
本製品にはフラッシュメモリーの中にアプリケーションブロックという領域があり、この領域
に対してダウンロードコマンドを実行することが可能です。アプリケーションブロックとは現
行の(起動時にロードされる)ファームウェア用の領域で、ファイルシステムとは切り離されて
います。
ファームウェアをアプリケーションブロックに直接ダウンロードすると、本製品は自動的にフ
ァイルの書き込みをし、再起動します。一方、ファームウェアをフラッシュメモリー上のファ
イルシステムにダウンロードした場合は、設定ファイルと同じように指定したファイル名で保存
されます。
ファイルシステムとアプリケーションブロック間でファームウェアの転送ができるので、複数
のファームウェアファイルをファイルシステムに保存しておき、起動時に使用するファームウ
ェアを切り替えることができます。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
4.9 ダウンロード・アップロードする
本製品は、TFTP(Trivial File Transfer Protocol)
、HTTP、Xmodem などを利用して、
以下のファイルのダウンロード / アップロードが可能です。
○
ファームウェアのイメージファイル「ats63j.img」
○
設定ファイル(.cfg)
○
ログファイル(.log)
・本製品は HTTP サーバーからのダウンロードも可能です。詳しくは、
「コマンドリファレンス」
を参照してください。
「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「アップロード・ダウンロード」
・弊社ホームページで提供されるファームウェアのファイル名は「ats63j.img」ですが、ファイ
ル名は変更可能です。
弊社は、改良(機能拡張、不具合修正など)のために、予告なく本製品のファームウェア
のバージョンアップを行うことがあります。最新のファームウェアは、弊社ホームペー
ジから入手してください。
http://www.allied-telesis.co.jp/
ファイルシステムとアプリケーションブロック
本製品にはフラッシュメモリーの中にアプリケーションブロックという領域があり、こ
の領域に対してダウンロードコマンドを実行することが可能です。アプリケーションブ
ロックとは現行の(起動時に使用される)ファームウェア用の領域で、ファイルシステム
とは切り離されています。
ファームウェアをアプリケーションブロックに直接ダウンロードすると、本製品は自動
的にファイルの書き込みをし、再起動します(ダウンロードしたファームウェアを使用し
て起動します)
。一方、ファームウェアをフラッシュメモリー上のファイルシステムにダ
ウンロードした場合は、設定ファイルと同じように指定したファイル名で保存されます。
ファイルシステムとアプリケーションブロック間でファームウェアの転送ができるので、
複数のファームウェアファイルをファイルシステムに保存しておき、起動時に使用する
ファームウェアを切り替えることができます。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
69
4.9 ダウンロード・アップロードする
TFTP でダウンロード / アップロードする
本製品の TFTP クライアント機能を使用して、ファイルをダウンロード / アップロードし
ます。以下の説明は次のような仮定で行います。
○
○
○
TFTP サーバーの IP アドレス:192.168.10.100
本製品(ローカルインターフェース)の IP アドレス:192.168.10.1/255.255.255.0
ダウンロード / アップロードするファイルの名称:test01.cfg
使用コマンド
LOAD METHOD=TFTP DESTFILE={filename|APPBLOCK} {SRCFILE|FILE}=filename
SERVER=ipadd
UPLOAD METHOD=TFTP DESTFILE=filename SERVER=ipadd
{SRCFILE|FILE}={filename|APPBLOCK|SWITCHCFG}
パラメーター
METHOD
1
:転送プロトコル。TFTP を指定します。
DESTFILE
:ファイルシステムにダウンロード(LOAD)または TFTP サーバーへア
ップロード(UPLOAD)する場合の保存先のファイル名。ファームウェ
アファイルをアプリケーションブロックに直接ダウンロード(LOAD)
する場合は「APPBLOCK」を指定します。
SRCFILE/FILE
:ダウンロード / アップロード対象のファイル名。アプリケーション
ブロック内のファームウェアをアップロード(UPLOAD)する場合は
「APPBLOCK」を指定し、現在設定されている起動時設定ファイルを
アップロード(UPLOAD)する場合は「SWITCHCFG」を指定します。
SERVER
:TFTP サーバーの IP アドレス。
VLAN インターフェース(ここでは、vlan1)に IP アドレスを割り当てて、ローカル
インターフェース(遠隔管理用のインターフェース)として指定します。
# add ip interface=vlan1 ipaddress=192.168.10.1 mask=255.255.255.0 a
# set ip local interface=vlan1 a
2
TFTP サーバーに対して PING コマンドを実行して、TFTP サーバーとの通信が可
能なことを確認します。
# ping 192.168.10.100 a
70
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
ダウンロード
3
ファイルをダウンロード(TFTP サーバー→本製品)する場合は、LOAD コマンドを
使用します。
# load method=tftp dest=test01.cfg file=test01.cfg
server=192.168.10.100 a
4
ファイル転送とファイルシステムへの書き込みが正常に終了すると、次のメッセー
ジが表示されます。
Getting the file from Remote TFTP Server - please wait ...
File received successfully!
Please wait while the file is saved... done!!!
DESTFILE パラメーターに「APPBLOCK」を指定して、ファームウェアファイルを
アプリケーションブロックにダウンロードした場合は、本製品は自動的にファイル
の書き込みをして、再起動します(ダウンロードしたファームウェアを使用して起
動します)
。
書き込み終了のメッセージが表示されるまで、絶対に電源を切らないでください。書き込み中
に電源を切ると、本製品を起動できなくなる可能性があります。
ダウンロードするファイルと同じ名前のファイルがファイルシステム上に存在すると、ファイ
ルをダウンロードすることができません。DELETE FILE コマンドでファイルシステム上のファ
イルを削除してからダウンロードしてください。
アップロード
3
ファイルをアップロード(本製品→ TFTP サーバー)する場合は、UPLOAD コマン
ドを使用します。
# upload method=tftp destfile=test01.cfg server=192.168.10.100
file=test01.cfg a
4
ファイル転送が正常に終了すると、次のメッセージが表示されます。
Sending the file to Remote TFTP Server - please wait ...
File sent successfully!
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
71
4.9 ダウンロード・アップロードする
Xmodem でダウンロード / アップロードする
本製品は、Xmodem プロトコルをサポートしているため、コンソールポートに接続され
ているコンソールターミナルから本製品へのダウンロード、本製品からコンソールター
ミナルへのアップロードが可能です。
ここでは、通信ソフトウェアとして Windows 2000/XP のハイパーターミナルを使用す
る場合を説明します。
109 ページ「ハイパーターミナルの設定」
使用コマンド
LOAD METHOD=XMODEM DESTFILE={filename|APPBLOCK}
UPLOAD METHOD=XMODEM {SRCFILE|FILE}={filename|APPBLOCK|SWITCHCFG}
パラメーター
METHOD
: 転送プロトコル。XMODEM を指定します。
DESTFILE
: ファイルシステムにダウンロード(LOAD)する場合の保存先のファ
イル名。ファームウェアファイルをアプリケーションブロックに直
接ダウンロード(LOAD)する場合は「APPBLOCK」を指定します。
SRCFILE/FILE
: アップロード対象のファイル名。アプリケーションブロック内のフ
ァームウェアをアップロード(UPLOAD)する場合は「APPBLOCK」
を指定し、現在設定されている起動時設定ファイルをアップロード
(UPLOAD)する場合は「SWITCHCFG」を指定します。
ダウンロード
1
ハイパーターミナルを起動し、Manager レベルでログインします。
ファイルをダウンロード(コンソールターミナル→本製品)する場合は、LOAD コマ
ンドを使用します。
# load method=xmodem destfile=test01.cfg a
2
操作を続行するかどうかのメッセージが表示されたら、Y キーを押して「Yes」を選
択します。N キーを押して「No」を選択すると、コマンドプロンプトに戻ります。
You are going to invoke Xmodem download utility.
Do you wish to continue ? [Yes/No] -> YES
72
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
3
ハイパーターミナルの[転送]メニューから[ファイルの送信]を選択します。「ファ
イルの送信」ダイアログボックスでファイル名、プロトコルに「1K Xmodem」を指
定します。
Use Hyper Terminal's 'Transfer/Send File' option to select Filename & Protocol
Note: Please select '1K Xmodem' protocol for faster download...
ダウンロードするファイルと同じ名前のファイルがファイルシステム上に存在すると、ファイ
ルをダウンロードすることができません。DELETE FILE コマンドでファイルシステム上のファ
イルを削除してからダウンロードしてください。
4 [送信]ボタンをクリックして、ファイル転送を開始します。
5
ファイル転送が正常に終了すると、次のメッセージが表示されます。
Downloaded File test01.cfg of size 1265 bytes
DESTFILE パラメーターに「APPBLOCK」を指定して、ファームウェアファイルを
アプリケーションブロックにダウンロードした場合は、本製品は自動的にファイル
の書き込みをして、再起動します(ダウンロードしたファームウェアを使用して起
動します)
。
書き込み終了のメッセージが表示されるまで、絶対に電源を切らないでください。書き込み中
に電源を切ると、本製品を起動できなくなる可能性があります。
アップロード
1
ハイパーターミナルを起動し、Manager レベルでログインします。
ファイルをアップロード(本製品→コンソールターミナル)する場合は、UPLOAD
コマンドを使用します。
# upload method=xmodem file=test01.cfg a
2
操作を続行するかどうかのメッセージが表示されたら、Y キーを押して「Yes」を選
択します。N キーを押して「No」を選択すると、コマンドプロンプトに戻ります。
You are going to invoke Xmodem upload utility.
Do you wish to continue ? [Yes/No] -> YES
3
ハイパーターミナルの[転送]メニューから[ファイルの受信]を選択します。「フ
ァ イ ル の 受 信 」ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス で フ ァ イ ル の 保 存 先、 プ ロ ト コ ル に「1K
Xmodem」を指定します。
Use Hyper Terminal's 'Transfer/Receive File' option to select Protocol
Note: Please select '1K Xmodem' protocol for faster upload...
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
73
4.9 ダウンロード・アップロードする
4 [受信]ボタンをクリックすると、「受信ファイルの名前」ダイアログボックスが表示
されます。ファイル名を指定し、
[OK]ボタンをクリックして、ファイル転送を開
始します。
5
ファイル転送が正常に終了すると、次のメッセージが表示されます。
Xmodem File Transfer Completed ..
アップロードするファイルと同じ名前のファイルが保存先のディレクトリーに存在すると、フ
ァイルをアップロードすることができません。あらかじめアップロードするファイルと同じ名
前のファイルを削除しておいてください。
システム内でファームウェアファイルを転送する
LOAD/UPLOAD コマンドの METHOD パラメーターに LOCAL を指定すると、ファイル
システムとアプリケーションブロック間でファームウェアファイルを転送することがで
きます。複数のファームウェアファイルをファイルシステムに保存しておき、起動時に
使用するファームウェアを切り替えることができます。
ここでは、例としてバージョン 2.10.1J のファームウェアがインストールされている本
製品に対して、バージョン 3.0.0J をダウンロードし、2.10.1J と 3.0.0J を切り替えて使
用できるようにするための手順を説明します。
以下の説明は、次のような仮定で行います。
○
TFTP サーバーの IP アドレス:192.168.10.100
○
本製品(ローカルインターフェース)の IP アドレス:192.168.10.1/255.255.255.0
○
本製品に搭載されている(起動時に使用されている)ファームウェア:2.10.1J
使用コマンド
LOAD METHOD=LOCAL DESTFILE=APPBLOCK {SRCFILE|FILE}=filename
UPLOAD METHOD=LOCAL DESTFILE=filename {SRCFILE|FILE}=APPBLOCK
パラメーター
METHOD
:
「LOCAL」を指定します。
DESTFILE
:保存先のファームウェアファイル名。
ファームウェアファイルをファイルシステムからアプリケーション
ブロックに転送(LOAD)する場合は「APPBLOCK」を指定します。
SRCFILE/FILE
:転送対象のファイル名。
ファームウェアファイルをアプリケーションブロックからファイル
システムに転送(UPLOAD)する場合は「APPBLOCK」を指定します。
74
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
1
VLAN インターフェース(ここでは、VLAN1)に IP アドレスを割り当てて、ローカ
ルインターフェース(遠隔管理用のインターフェース)として指定します。
# add ip interface=vlan1 ipaddress=192.168.10.1 mask=255.255.255.0 a
# set ip local interface=vlan1 a
2
TFTP サーバーに対して PING コマンドを実行して、TFTP サーバーとの通信が可
能なことを確認します。
# ping 192.168.10.100 a
3
現在アプリケーションブロックにある(起動時に使用されている)バージョン
2.10.1J のファームウェアファイルをファイルシステムに転送(コピー)します。
ここでは、保存先のファイル名を「v2101j.img」と仮定します。
# upload method=local destfile=v2101j.img file=appblock
4
a
TFTP サーバーにあるバージョン 3.0.0J のファームウェアファイル「ats63j.img」を
ファイルシステムにダウンロードします。ここでは、保存先のファイル名を「v300j.
img」と仮定します。
# load method=tftp destfile=v300j.img file=ats63j.img server=192.168.10.100 a
5
SHOW FILE コマンドで、
「v2101j.img」と「v300j.img」が表示されていることを確
認します。
# show file a
FileName
Device Size(Bytes)
Last Modified
------------------------------------------------------------------test01.cfg
flash
2241
06/21/2009 11:11:11
v2101j.img
flash
2048743
04/10/2009 10:41:33
v300j.img
flash
2048963
06/30/2009 11:11:11
-------------------------------------------------------------------
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
75
4.9 ダウンロード・アップロードする
6
バージョン 3.0.0J が起動時に使用されるようにするには、バージョン 3.0.0J のフ
ァームウェアファイルをアプリケーションブロックに転送します。
# load method=local destfile=appblock file=v300j.img a
7
操作を続行するかどうかのメッセージが表示されたら、Y キーを押して「Yes」を選
択します。N キーを押して「No」を選択すると、コマンドプロンプトに戻ります。
Do you wish to continue ?
76
[Yes/No] -> YES
本製品は自動的にファイルの書き込みをして、再起動します(ダウンロードしたフ
ァームウェアを使用して起動します)
。
本製品が再起動するまでの間は、絶対に電源を切らないでください。書き込み中に電源を切る
と、本製品を起動できなくなる可能性があります。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
4.10SNMP で管理する
本製品は SNMP のバージョン 1(SNMP v1)
、バージョン 2c(SNMP v2c)、バージョン
3(SNMP v3)に対応しています。ここでは、本製品の SNMP 機能(SNMP v1/v2c)を
利用するために必要な最小限の設定を紹介します。
本製品には、読み出し権限のみのコミュニティーとして「public」が、書き込み権限あり
のコミュニティーとして「private」がデフォルトで設定されていますが、ここでは、新規
にコミュニティー「viewers」を作成する例を説明します。
以下の説明は、次のような仮定で行います。IP の設定は終わっているものとします。
55 ページ「IP インターフェースを作成する」
○
コミュニティー名:viewers
○
コミュニティー「viewers」のアクセス権:読み出しのみ(Read Only)
○
ネットワーク管理ホスト・トラップホストの IP アドレス:192.168.11.5
使用コマンド
ENABLE SNMP
CREATE SNMP COMMUNITY=community [ACCESS={READ|WRITE}] [TRAPHOST=ipadd]
[MANAGER=ipadd] [OPEN={ON|OFF|YES|NO|TRUE|FALSE}]
SHOW SNMP COMMUNITY=community
SHOW INTERFACE
パラメーター
COMMUNITY
ACCESS
TRAPHOST
MANAGER
:SNMP コミュニティー名(1 ~ 32 文字。英数字が使用可能。大文字小
文字を区別する。”(ダブルクォーテーション)、[](スクエアブラケッ
ト)、\(バックスラッシュ、円マーク)、半角スペースは使用できない)。
:コミュニティーのアクセス権。コミュニティーのアクセス権を指定し
ます。READ は読み出し(get、get-next)のみを許可、WRITE は読み
書き両方(get、get-next、set)を許可します。デフォルトはREADです。
:SNMPv2c トラップ送信先ホストの IP アドレス。ここで指定したホス
トには SNMPv2c 形式のトラップが送信されます。X.X.X.X の形式で、
X が 0 〜 255 の半角数字を入力します。コミュニティーには複数のト
ラップホストを指定できますが、CREATE SNMP COMMUNITY コ
マンドでは 1 つしか指定できません。複数のトラップホストを使う場
合は、コミュニティー作成後に ADD SNMP COMMUNITY コマンド
で追加してください。
:SNMP オペレーションを許可するホストの IP アドレス。X.X.X.X の形
式で、X が 0 〜 255 の半角数字を入力します。
本製品は MANAGER に登録されていないホストからの SNMP リク エストには応答しません。ただし、OPEN パラメーターで ON を指定
した場合は、MANAGER パラメーターの設定にかかわらず、すべて
の SNMP リクエストに応答します。トラップホスト同様、複数指定す
る場合はコミュニティー作成後に ADD SNMP COMMUNITY で追加
します。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
77
4.10SNMP で管理する
OPEN
:SNMP オペレーションをすべてのホストに開放するかどうか。OFF (NO/FALSE)は、MANAGER パラメーターで指定したホストのみに
制限することを示します。ON(YES/TRUE)を指定すると、すべての
SNMP リクエストを受け入れます。デフォルトは OFF です。
1
SNMP エージェント機能を有効にします。
# enable snmp a
2
CREATE SNMP COMMUNITY コマンドで、SNMP コミュニティーを作成します。
ここでは、読み出しのみが可能なコミュニティー「viewers」を作成します。
# create snmp community=viewers access=read
traphost=192.168.11.5 manager=192.168.11.5 a
CREATE SNMP COMMUNITY コマンドで指定したトラップホストには、SNMPv2c 形式の
トラップが送信されます。
3
SHOW SNMP COMMUNITY コマンドで、SNMP モジュールの情報を表示します。
# show snmp community=viewers a
SNMP Community Information:
Name ......................................
Access ..................................
Status ..................................
Manager .................................
Trap Host ...............................
viewers
Read Only
Enabled
192.168.11.5
192.168.11.5
Name
Access
Status
Manager
コミュニティー名
アクセス権。Read Only/Read|Write で表示
コミュニティーの状態。Enabled/Disabled で表示
本コミュニティー名でのアクセスを許可された管理ステーション(SNMP マネージ
ャー)の IP アドレス
Trap host SNMP トラップの送信先 IP アドレス
78
本製品で、SNMPv1 のみ対応のトラップホストにトラップを送信するためには、CREATE
SNMP COMMUNITY コマンドで作成したコミュニティーとは別のコミュニティーを作成し、
トラップホストの設定を行う必要があります。詳しくはコマンドリファレンスを参照してくだ
さい。
「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「SNMP」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
4 基本の設定と操作
5
導入例
この章では、本製品を使用した基本的な構成を 4 つ例に挙げ、
設定の要点とコマンド入力の手順を説明しています。
5.1 IP ホストとしての基本設定
本製品はご購入時の状態で、レイヤー 2 スイッチとして機能するよう設定されています。
単なるスイッチとして使うだけであれば、設置、接続後電源を入れるだけで、特に設定
は必要ありません。ただし、Telnet によるログインや、SNMP による管理をしたいとき
は、VLAN インターフェースに IP アドレスを割り当てて、ローカルインターフェース(遠
隔管理用のインターフェース)として指定しておく必要があります。
インターネット
192.168.10.5
192.168.10.1
ルーター
L3
L2
VLAN Default_VLAN(1)
192.168.10.0/24
図 1 「IP ホストとしての基本設定」構成例
準備
1
設置、接続を完了し、本製品に電源を入れます。
ログイン
2
起動メッセージが表示されます。
「Init Done !」と表示されたら、a キーを押し
ます。
3
コンソールターミナルから本製品に Manager レベルでログインします。
ユーザー名は「manager」
、初期パスワードは「friend」です。
User Access Verification - Local:
Login: manager a
Password: friend a(「*」で表示されます)
80
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
IP の設定
遠隔管理(SNMP、Telnet)のために IP アドレスを設定します。
SNMP や Telnet による本製品へのアクセスは、最低 1 個の IP インターフェースを作成し、
ローカルインターフェースと呼ばれる遠隔管理用のインターフェースとして指定してお
く必要があります。本製品へのアクセスは、ローカルインターフェースの IP アドレスを
指定して行います。ローカルインターフェース以外のインターフェースの IP アドレスを
指定しても本製品にアクセスすることはできません。
4
Default_VLAN に IP アドレスを割り当てます。
ご購入時の状態ではすべてのポートが Default_VLAN に所属しており、ただちにレ
イヤー 2 スイッチとして機能するよう設定されています。
本製品に設定されている IP アドレス(IP インターフェース)が 1 個の場合、レイヤ
ー 3 スイッチング(ルーティング)の動作は行われません。
# add ip interface=vlan-default_vlan ipaddress=192.168.10.1 mask=255.255.255.0
a
5
Default_VLAN をローカルインターフェースとして指定します。
ローカルインターフェースを設定することにより、ネットワーク上のホストから本
製品へのアクセスが可能になります。
# set ip local interface=vlan-default_vlan a
6
IP アドレスの設定は SHOW IP INTERFACE コマンドで確認できます。
インターフェース名「eth0」がローカルインターフェースを表します。
# show ip interface a
--------------------------------------------------------Interface
IPAddress
NetMask
RipMetric
--------------------------------------------------------eth0
192.168.10.1
255.255.255.0
1
vlan1-0
192.168.10.1
255.255.255.0
1
---------------------------------------------------------
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
81
5.1 IP ホストとしての基本設定
7
ここまでに入力した設定内容を確認してみましょう。
現在の設定は SHOW CONFIG DYNAMIC コマンドで確認することができます。
DYNAMIC パラメーターの後に「=INTF」
、
「=SYSTEM」などの値を指定すると、
該当の機能に関する設定のみを表示することができます。
# show config dynamic=intf a
---Start of current configuration ------------------
#
# Interface Manager Configuration
#
add ip interface=vlan1-0 ipaddress=192.168.10.1 mask=255.255.255.0
set ip local interface=vlan1-0
---End of current configuration -----------------------
「vlan-default_vlan」は、VLAN ID「vlan1」に展開されます(Default_VLAN には
VLAN ID
「1」
が割り当てられています)
。手順4のコマンドは、VLAN IDを使用して、
次のように入力することもできます。
# add ip interface=vlan1 ipaddress=192.168.10.1 mask=255.255.255.0 a
時刻設定・パスワード変更・設定保存
運用管理のために時刻を設定し、セキュリティーを確保するために初期パスワードを変
更します。本製品に対して行った設定を設定ファイルとして保存し、再起動時に現在の
設定を読み込むように起動時設定ファイルとして指定します。
8
時刻と日付を設定します。
時刻(日付)はログメッセージ生成などのタイムスタンプとして使用されます。一度
時刻を設定すれば、再度設定する必要はありません(内蔵時計用の電池によって現
在時刻が保持されます)
。
# set time=09:45:30 date=21-06-2009 a
9
時刻(日付)の設定は SHOW TIME コマンドで確認できます。
# show time a
System time is 09:50:25 on 21-Jun-2009
82
SNTP による時刻の同期も可能です。
「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「SNTP」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
10 SET PASSWORD コマンド、または SET USER コマンドでユーザー「manager」
のパスワードを変更します。
セキュリティーを確保するために、初期パスワードは必ず変更してください(変更
後のパスワードは忘れないように注意してください)。
# set password a
Enter current password->friend a(「*」で表示されます)
Enter new password->openENDS a(「*」で表示されます)
Re-enter password ->openENDS a(「*」で表示されます)
11 現在の設定を設定ファイルとして保存します。
ここでは、ファイル名を「test01.cfg」と仮定します。
# create config=test01.cfg a
Creating configuration file "test01.cfg" ..... done!
12 保存された設定ファイルの内容は、SHOW FILE コマンドで確認できます。
# show file=test01.cfg a
---Start of file "test01.cfg"----------------------------1:
2:
3: #
4: # System Configuration
5: #
6:
7: #
8: # User Authentication Configuration
9: #
10: set user=manager password=3af00c6cad11f7ab5db4467b66ce503eff
11: set user=operator password=4b583376b2767b923c3e1da60d10de59ff
12:
13:
--More-- <Space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit
13 保存した設定ファイルを、起動時設定ファイルとして指定します。
# set config=test01.cfg a
Setting boot configuration file name ..... done!
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
83
5.2 レイヤー 3 スイッチとしての基本設定
本製品をレイヤー 3 スイッチ(ルーター)として機能するように設定します。
インターネット
192.168.20.5
192.168.10.1 192.168.20.1
ルーター
L3
1∼12
13∼24
L2
VLAN white(10)
192.168.10.0/24
VLAN orange(20)
192.168.20.0/24
図 2 「レイヤー 3 スイッチとしての基本設定」構成例
準備
1
設置、接続を完了し、本製品に電源を入れます。
ログイン
2
起動メッセージが表示されます。
「Init Done !」と表示されたら、a キーを押し
ます。
3
コンソールターミナルから本製品に Manager レベルでログインします。
ユーザー名は「manager」
、初期パスワードは「friend」です。
User Access Verification - Local:
Login: manager a
Password: friend a(「*」で表示されます)
VLAN の設定
4
VLAN を作成します。
VLAN 作 成 時 に は、VLAN 名 と VLAN ID(VID)を 割 り 当 て る 必 要 が あ り ま す。
VLAN 名は任意の文字列(ただし、先頭は数字以外)、VID は 2 〜 4094 の範囲の任
意の数値です(1 は Default_VLAN に割り当てられています)。ここでは、VLAN 名
として「white」
、
「orange」
、VID としてそれぞれ「10」、「20」を仮定します。
84
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
# create vlan=white vid=10 a
Create VLAN 10, please wait ...
# create vlan=orange vid=20 a
Create VLAN 20, please wait ...
5
それぞれの VLAN にポートを割り当てます。
ここでは VLAN white に対してポート 1 〜 12 を、VLAN orange に対してポート
13 〜 24 を割り当てると仮定します。
# add vlan=10 port=1-12 a
Adding ports to VLAN 10, please wait ...
# add vlan=20 port=13-24
Adding ports to VLAN 20, please wait ...
6
SHOW VLAN コマンドで VLAN 情報を確認します。
# show vlan a
VLAN Mode: User Configured
VLAN Information:
VLAN Name ............................
VLAN ID ..............................
VLAN Type ............................
Routing ..............................
Protected Ports ......................
Untagged Port(s)
Configured .........................
Actual .............................
Tagged Port(s) .......................
Default_VLAN
1
Port Based
ON
No
VLAN Name ............................
VLAN ID ..............................
VLAN Type ............................
Routing ..............................
Protected Ports ......................
Untagged Port(s)
Configured .........................
Actual .............................
Tagged Port(s) .......................
white
10
Port Based
ON
No
VLAN Name ............................
VLAN ID ..............................
VLAN Type ............................
Routing ..............................
Protected Ports ......................
Untagged Port(s)
Configured .........................
Actual .............................
Tagged Port(s) .......................
orange
20
Port Based
ON
No
None
None
None
1-12
1-12
None
13-24
13-24
None
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
85
5.2 レイヤー 3 スイッチとしての基本設定
VLAN(例えば VLAN orange)を削除する場合は、DESTROY VLAN=orange コ
マンドを実行します。
IP の設定
「VLAN の設定」で作成した VLAN white、orange に IP アドレスを割り当てます。レイ
ヤー 3 スイッチング(ルーティング)を動作させるには、2 個以上の VLAN が必要です。
7
VLAN white、orange に IP アドレスを割り当てます。
# add ip interface=vlan-white ipaddress=192.168.10.1 mask=255.255.255.0 a
# add ip interface=vlan-orange ipaddress=192.168.20.1 mask=255.255.255.0 a
VLAN に IP アドレスを割り当てると、VLAN white と orange 間はレイヤー 3 スイ
ッチング(ルーティング)され、通信が可能となります。
SHOW IP ROUTE コマンドでルーティングテーブルを確認することができます。
# show ip route a
IP Routes
-------------------------------------------------------------------Destination
Mask
NextHop
Interface
Protocol
RipMetric
Preference
-------------------------------------------------------------------192.168.10.0
255.255.255.0
192.168.10.1
vlan10-0
Interface
1
0
192.168.20.0
255.255.255.0
192.168.20.1
vlan20-0
Interface
1
0
--------------------------------------------------------------------
8
遠隔管理(SNMP、Telnet)用にローカルインターフェースを指定します。
SNMP や Telnet による本製品へのアクセスは、ローカルインターフェースの IP ア
ドレスを指定して行います。ローカルインターフェース以外のインターフェースの
IP アドレスを指定しても本製品にアクセスすることはできません。
ここでは、VLAN white をローカルインターフェースとして指定します。
# set ip local interface=vlan-white a
9
デフォルトルートを設定します。
デフォルトルートとは、
「最終到達点までの経路が不明なパケット」を配送してくれ
るルーターまでの経路です。図 2 の例では、インターネットに向かうパケット、す
なわち VLAN white、orange 以外のネットワークアドレスを持つパケットを配送
してくれるルーターまでの経路です。
86
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
デフォルトルートを設定するには、ADD IP ROUTE コマンドの ROUTE、MASK
パラメーターに「0.0.0.0」を指定します(この場合 MASK パラメーターは省略可)。
INTERFACEパラメーターにはデフォルトゲートウェイ(ルーター)のあるVLANを、
NEXTHOP パラメーターにはデフォルトゲートウェイの IP アドレスを指定します。
# add ip route=0.0.0.0 mask=0.0.0.0 interface=vlan-orange nexthop=192.168.20.5
a
ルーティングテーブルは、次のようになります。
# show ip route a
IP Routes
-------------------------------------------------------------------Destination
Mask
NextHop
Interface
Protocol
RipMetric
Preference
-------------------------------------------------------------------0.0.0.0
0.0.0.0
192.168.20.5
vlan20-0
Static
1
360
192.168.10.0
255.255.255.0
192.168.10.1
vlan10-0
Interface
1
0
192.168.20.0
255.255.255.0
192.168.20.1
vlan20-0
Interface
1
0
--------------------------------------------------------------------
時刻設定・パスワード変更・設定保存
運用管理のために時刻を設定し、セキュリティーを確保するために初期パスワードを変
更します。本製品に対して行った設定を設定ファイルとして保存し、再起動時に現在の
設定を読み込むように起動時設定ファイルとして指定します。
10 時刻と日付を設定します。
時刻(日付)はログメッセージ生成などのタイムスタンプとして使用されます。一度
時刻を設定すれば、再度設定する必要はありません(内蔵時計用の電池によって現
在時刻が保持されます)
。
# set time=09:45:30 date=21-06-2009 a
11 時刻(日付)の設定は SHOW TIME コマンドで確認できます。
# show time a
System time is 09:50:25 on 21-Jun-2009
SNTP による時刻の同期も可能です。
「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「SNTP」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
87
5.2 レイヤー 3 スイッチとしての基本設定
12 ユーザー「manager」のパスワードを変更します。
セキュリティーを確保するために、初期パスワードは必ず変更してください(変更
後のパスワードは忘れないように注意してください)。
# set password a
Enter current password->friend a(「*」で表示されます)
Enter new password->openENDS a(「*」で表示されます)
Re-enter password ->openENDS a(「*」で表示されます)
13 現在の設定を設定ファイルとして保存します。
ここでは、ファイル名を「test01.cfg」と仮定します。
# create config=test01.cfg a
Creating configuration file "test01.cfg" ..... done!
14 保存した設定ファイルを、起動時設定ファイルとして指定します。
# set config=test01.cfg a
Setting boot configuration file name ..... done!
88
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
5.3 タグ VLAN を使用した設定
オフィスが別々のフロアに分かれており、それぞれのフロアに VLAN white、orange を
存在させなければならないような場合は、タグ VLAN を使用するのが便利です(図 3)。
タグ VLAN を使用すれば、VLAN が複数のスイッチをまたがる構成でも、スイッチ間を
1 本のケーブルで接続することができます。タグ VLAN を使用しないと、VLAN white
で 1 本、VLAN orange で 1 本、合計 2 本のケーブルを使用しなければなりません。
以下の説明は、本製品 2 台が、それぞれ 5 階(5F)と 4 階(4F)に設置されていると仮定し
ます。最初に 5F の本製品に設定するコマンド、次に 4F を示します。
インターネット
5F
192.168.10.1
192.168.20.1
192.168.20.5
ルーター
L3
1∼11
24 12∼23
L2
VLAN white(10)
192.168.10.0/24
4F
VLAN orange(20)
192.168.20.0/24
192.168.10.2
L3
1∼11
24 12∼23
L2
VLAN white(10)
192.168.10.0/24
VLAN orange(20)
192.168.20.0/24
図 3 「タグ VLAN を使用した設定」構成例
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
89
5.3 タグ VLAN を使用した設定
準備
1
設置、接続を完了し、本製品に電源を入れます。
ログイン
2
起動メッセージが表示されます。
「Init Done !」と表示されたら、a キーを押し
ます。
3
コンソールターミナルから本製品に Manager レベルでログインします。
ユーザー名は「manager」
、初期パスワードは「friend」です。
User Access Verification - Local:
Login: manager a
Password: friend a(「*」で表示されます)
システム名の設定
4
管理をしやすくするために、本製品にシステム名を設定します。システム名を設定
すると、プロンプトにシステム名が表示されるようになります。5F の本製品に次
のコマンドを入力します。
# set system name=5F a
5F#
4F の本製品に次のコマンドを入力します。
# set system name=4F a
4F#
VLAN の設定
5
VLAN を作成します。
VLAN 作 成 時 に は、VLAN 名 と VLAN ID(VID)を 割 り 当 て る 必 要 が あ り ま す。
VLAN 名は任意の文字列(ただし、先頭は数字以外)、VID は 2 〜 4094 の範囲の任
意の数値です(1 は Default_VLAN に割り当てられています)。ここでは、VLAN 名
として「white」
、
「orange」
、VID としてそれぞれ「10」、「20」を仮定します。
5F# create vlan=white vid=10 a
Create VLAN 10, please wait ...
5F# create vlan=orange vid=20 a
Create VLAN 20, please wait ...
90
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
4F にも同じコマンドを入力します。5F と 4F には、同じ VLAN ID を設定しなけれ
ばなりません。一方、VLAN 名は個々のスイッチ内でしか意味を持たないため、ス
イッチごとに異なっていてもかまいませんが、混乱をさけるために通常は同じにし
ます。
6
5F のそれぞれの VLAN にポートを割り当てます。ここでは「white」に対してポー
ト 1 〜 11 を、
「orange」に対してポート 12 〜 23 を割り当てると仮定します。
5F# add vlan=white port=1-11 a
Adding ports to VLAN 10, please wait ...
5F# add vlan=orange port=12-23 a
Adding ports to VLAN 20, please wait ...
4F にも同じコマンドを入力します。ここでは、4F も 5F と同じ構成でポートを割り
当てると仮定します。
7
5F のポート 24 を、タグ付きポートとして設定し、VLAN white、orange の両方に
所属するようにします。
5F# add vlan=white port=24 frame=tagged a
Adding ports to VLAN 10, please wait ...
5F# add vlan=orange port=24 frame=tagged a
Adding ports to VLAN 20, please wait ...
4F にも同じコマンドを入力します。
8
SHOW VLAN コマンドで VLAN 情報を確認します。
ポート 24 は、Default_VLAN にも(タグなしポートとして)所属したままになって
います。他にも Default_VLAN 所属のポートがあってトラフィックが流れている場
合、ポート 24 にも Default_VLAN のブロードキャストパケットが送出されます。
これが望ましくない場合は、DELETE VLAN PORT コマンドを使って、ポート 24
を Default_VLAN から削除します。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
91
5.3 タグ VLAN を使用した設定
5F# show vlan a
VLAN Mode: User Configured
VLAN Information:
VLAN Name ............................
VLAN ID ..............................
VLAN Type ............................
Routing ..............................
Protected Ports ......................
Untagged Port(s)
Configured .........................
Actual .............................
Tagged Port(s) .......................
Default_VLAN
1
Port Based
ON
No
VLAN Name ............................
VLAN ID ..............................
VLAN Type ............................
Protected Ports ......................
Untagged Port(s)
Configured .........................
Actual .............................
Tagged Port(s) .......................
white
10
Port Based
No
VLAN Name ............................
VLAN ID ..............................
VLAN Type ............................
Protected Ports ......................
Untagged Port(s)
Configured .........................
Actual .............................
Tagged Port(s) .......................
orange
20
Port Based
No
24
24
None
1-11
1-11
24
12-23
12-23
24
IP の設定
5F でレイヤー 3 スイッチングが動作するようにします。4F はレイヤー 2 スイッチとして
動作させます。
遠隔管理(SNMP、Telnet)用のローカルインターフェースには、各フロアとも VLAN
white を指定します。
9
5F の VLAN white、orange に IP アドレスを割り当てます。
5F# add ip interface=vlan-white ipaddress=192.168.10.1 mask=255.255.255.0 a
5F# add ip interface=vlan-orange ipaddress=192.168.20.1 mask=255.255.255.0 a
4F はレイヤー 2 スイッチとして動作させるので、VLAN white にのみ IP アドレス
を設定しておきます。
4F# add ip interface=vlan-white ipaddress=192.168.10.2 mask=255.255.255.0 a
92
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
10 5F の VLAN white をローカルインターフェースとして指定します。
ローカルインターフェースを設定することにより、ネットワーク上のホストから本
製品へのアクセスが可能になります。
5F# set ip local interface=vlan-white a
4F にも同じコマンドを入力します。
11 5F の VLAN white と orange 間はレイヤー 3 スイッチング(ルーティング)され、
通信が可能となります。
SHOW IP ROUTE コマンドでルーティングテーブルを確認することができます。
5F# show ip route a
IP Routes
-------------------------------------------------------------------Destination
Mask
NextHop
Interface
Protocol
RipMetric
Preference
-------------------------------------------------------------------192.168.10.0
255.255.255.0
192.168.10.1
vlan10-0
Interface
1
0
192.168.20.0
255.255.255.0
192.168.20.1
vlan20-0
Interface
1
0
--------------------------------------------------------------------
12 5F に対してデフォルトルートを設定します。
ここでは、VLAN orange 側にデフォルトゲートウェイ 192.168.20.5 があります
ので、INTERFACE パラメーターには「orange」を、NEXTHOP パラメーターには
「192.168.20.5」を指定します。
5F# add ip route=0.0.0.0 mask=0.0.0.0 interface=vlan-orange nexthop=192.168.20.5
a
ルーティングテーブルは、次のようになります。
5F# show ip route a
IP Routes
-------------------------------------------------------------------Destination
Mask
NextHop
Interface
Protocol
RipMetric
Preference
-------------------------------------------------------------------0.0.0.0
0.0.0.0
192.168.20.5
vlan20-0
Static
1
360
192.168.10.0
255.255.255.0
192.168.10.1
vlan10-0
Interface
1
0
192.168.20.0
255.255.255.0
192.168.20.1
vlan20-0
Interface
1
0
-------------------------------------------------------------------CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
93
5.3 タグ VLAN を使用した設定
時刻設定・パスワード変更・設定保存
運用管理のために時刻を設定し、セキュリティーを確保するために初期パスワードを変
更します。本製品に対して行った設定を設定ファイルとして保存し、再起動時に現在の
設定を読み込むように起動時設定ファイルとして指定します。
13 時刻と日付を設定します。
一度時刻を設定すれば、再度設定する必要はありません(内蔵時計用の電池によっ
て現在時刻が保持されます)
。
5F# set time=09:45:30 date=21-06-2009 a
4F にも同じコマンドを入力します。
14 時刻(日付)の設定は SHOW TIME コマンドで確認できます。
5F# show time a
System time is 09:50:25 on 21-Jun-2009
SNTP による時刻の同期も可能です。
「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「SNTP」
15 ユーザー「manager」のパスワードを変更します。
セキュリティーを確保するために、初期パスワードは必ず変更してください(変更
後のパスワードは忘れないように注意してください)。
5F# set password a
Enter current password->friend a(「*」で表示されます)
Enter new password->openENDS a(「*」で表示されます)
Re-enter password ->openENDS a(「*」で表示されます)
4F にも同じコマンドを入力します。
16 現在の設定を設定ファイルとして保存します。
ここでは、ファイル名を「test01.cfg」と仮定します。
5F# create config=test01.cfg a
Creating configuration file "test01.cfg" ..... done!
4F にも同じコマンドを入力します。
17 保存した設定ファイルを、起動時設定ファイルとして指定します。
5F# set config=test01.cfg a
Setting boot configuration file name ..... done!
94
4F にも同じコマンドを入力します。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
5.4 マルチプル VLAN を使用した設定
マルチプル VLAN を使用すると、インターネットマンションや学校などのセキュリティ
ーを必要とするネットワークを簡単に構築することができます。
本製品は、Protected Ports VLAN という専用の VLAN を作成し、所属ポートに対して
アップリンク属性(Uplink Ports)かクライアント属性(Group)かを指定するという方法
で、マルチプル VLAN を定義します。
図 4 の例では、ポート 1 〜 19 は Group 1 に、ポート 20 〜 22 は Group 10 に、ポート
23 〜 24 は Uplink Ports に、それぞれ属しています。
Group 1とGroup10はクライアント用のグループで、互いに通信することはできません。
一方、ポート 23 〜 24 はアップリンク用のグループで、ポート 23 に接続された全校サー
バーと、ポート 24 に接続されたルーターには Group 1 と 10 の両方のグループからアク
セスすることができます。
この構成では本製品をレイヤー 2 スイッチとして使用することになります。
インターネット
○ Group 10からのみ本製品宛のTelnet接続を許可
192.168.10.5
(マネージメントアクセスコントロール)
AのIPアドレス:192.168.10.101
BのIPアドレス:192.168.10.102
CのIPアドレス:192.168.10.103
ルーター
Uplink Ports
(共有グループ)
全校サーバー
GO
GO
23 24
192.168.10.1
1∼19
20∼22
A
Group 1
(生徒グループ)
STOP
VLAN school(10)
PORTPROTECTED
B
C
Group 10
(教師グループ)
図 4 「マルチプル VLAN を使用した設定」構成例
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
95
5.4 マルチプル VLAN を使用した設定
準備
1
設置、接続を完了し、本製品に電源を入れます。
ログイン
2
起動メッセージが表示されます。
「Init Done !」と表示されたら、a キーを押し
ます。
3
コンソールターミナルから本製品に Manager レベルでログインします。
ユーザー名は「manager」
、初期パスワードは「friend」です。
User Access Verification - Local:
Login: manager a
Password: friend a(「*」で表示されます)
VLAN の設定
4
VLAN を作成します。
CREATE VLAN コマンドの PORTPROTECTED オプションを指定することで、該
当 VLAN がマルチプル VLAN 専用の VLAN(Protected Ports VLAN)になります。
ここでは、VLAN 名として「school」
、VID として「10」を仮定します。
# create vlan=school vid=10 portprotected a
Create VLAN 10, please wait ...
5
VLAN にポートを割り当てます。
Protected Ports VLAN の場合、ADD VLAN PORT コマンドの VLAN パラメータ
ーには手順 4 で作成した VLAN を指定し、GROUP オプションで該当ポートがアッ
プリンク属性かクライアント属性かを指定します。ここでは、ポート 1 〜 19 を「1」
(クライアント)に、ポート 20 〜 22 を「10」
(クライアント)に、ポート 23 〜 24 を
「UPLINK」
(アップリンク)に指定します。
# add vlan=school port=1-19 group=1 a
Adding ports to VLAN 10, please wait ...
# add vlan=school port=20-22 group=10 a
Adding ports to VLAN 10, please wait ...
# add vlan=school port=23-24 group=uplink a
Adding ports to VLAN 10, please wait ...
6
96
SHOW VLAN コマンドで VLAN 情報を確認します。
Protected Ports が有効(Yes)になり、3 つのグループが作成されています。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
# show vlan a
VLAN Mode: User Configured
VLAN Information:
VLAN Name ............................
VLAN ID ..............................
VLAN Type ............................
Routing ..............................
Protected Ports ......................
Untagged Port(s)
Configured .........................
Actual .............................
Tagged Port(s) .......................
Default_VLAN
1
Port Based
ON
No
VLAN Name ............................
VLAN ID ..............................
VLAN Type ............................
Routing ..............................
Protected Ports ......................
Uplink Port(s) .......................
Group (ports) ........................
Group (ports) ........................
Untagged Port(s) .....................
Tagged Port(s) .......................
school
10
Protected
ON
Yes
23-24
1(1-19)
10(20-22)
1-24
None
None
None
None
IP の設定
遠隔管理(SNMP、Telnet)のために IP アドレスを設定します。
7
VLAN school に IP アドレスを割り当てます。
# add ip interface=vlan-school ipaddress=192.168.10.1 mask=255.255.255.0 a
8
VLAN school をローカルインターフェースとして指定します。
ローカルインターフェースを設定することにより、ネットワーク上のホストから本
製品へのアクセスが可能になります。
# set ip local interface=vlan-school a
9
IP アドレスの設定は SHOW IP INTERFACE コマンドで確認できます。
インターフェース名「eth0」がローカルインターフェースを表します。
# show ip interface a
--------------------------------------------------------Interface
IPAddress
NetMask
RipMetric
--------------------------------------------------------eth0
192.168.10.1
255.255.255.0
1
vlan10-0
192.168.10.1
255.255.255.0
1
---------------------------------------------------------
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
97
5.4 マルチプル VLAN を使用した設定
10 デフォルトルートを設定します。
# add ip route=0.0.0.0 mask=0.0.0.0 interface=vlan-school nexthop=192.168.10.5
a
マネージメントアクセスコントロールの設定
マネージメントアクセスコントロールを使用して、教師グループのコンピューター(A,
B, C)以外のコンピューターから本製品宛に Telnet 接続ができないようにします。
本製品に対し「A, B, C からの telnet パケットのみを許可(それ以外は破棄)」という設定
を行います。A, B, C の各 IP アドレスは以下のように仮定します。
A:192.168.10.101
B:192.168.10.102
C:192.168.10.103
マネージメントアクセスコントロールはデフォルトで無効になっています。
11 CREATE MGMTACL コマンドでマネージメントアクセスコントロールにエントリ
ーを登録します。
IPADDRESS パラメーターに Telnet 接続を許可するコンピューターの IP アドレス、
MASK パラメーターに単一ホストを示す「255.255.255.255」、APPLICATION パ
ラメーターに「TELNET」を指定します。
各エントリーには、ID 番号を振ります。
# create mgmtacl id=1 ipaddress=192.168.10.101 mask=255.255.255.255 application=
telnet a
Entry Added
# create mgmtacl id=2 ipaddress=192.168.10.102 mask=255.255.255.255 application=
telnet a
Entry Added
# create mgmtacl id=3 ipaddress=192.168.10.103 mask=255.255.255.255 application=
telnet a
Entry Added
12 ENABLE MGMTACL コマンドでマネージメントアクセスコントロールを有効にし
ます。エントリーを作成せずに本機能を有効にすると、すべての Telnet 接続が拒否
されますので、ENABLE MGMTACL コマンドはエントリーを作成した後に実行し
ます。
# enable mgmtacl a
MGMT ACL is now enabled.
present will be blocked
98
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
All existing Web and Telnet sessions with no entries
13 マネージメントアクセスコントロールの現在の設定(有効 / 無効)と登録されている
エントリーは SHOW MGMTACL コマンドで確認できます。
# show mgmtacl a
Management ACL Status ......................... Enable
--------------------------------------------MgmtACL ID .......... 1
IP Address .......... 192.168.10.101
Mask ................ 255.255.255.255
Port List ........... ALL
Application ......... TELNET
--------------------------------------------MgmtACL ID .......... 2
IP Address .......... 192.168.10.102
Mask ................ 255.255.255.255
Port List ........... ALL
Application ......... TELNET
--------------------------------------------MgmtACL ID .......... 3
IP Address .......... 192.168.10.103
Mask ................ 255.255.255.255
Port List ........... ALL
Application ......... TELNET
時刻設定・パスワード変更・設定保存
運用管理のために時刻を設定し、セキュリティーを確保するために初期パスワードを変
更します。本製品に対して行った設定を設定ファイルとして保存し、再起動時に現在の
設定を読み込むように起動時設定ファイルとして指定します。
14 時刻と日付を設定します。
一度時刻を設定すれば、再度設定する必要はありません(内蔵時計用の電池によっ
て現在時刻が保持されます)
。
# set time=09:45:30 date=21-06-2009 a
15 時刻(日付)の設定は SHOW TIME コマンドで確認できます。
# show time a
System time is 09:50:25 on 21-Jun-2009
SNTP による時刻の同期も可能です。
「コマンドリファレンス」/「運用・管理」の「SNTP」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
99
5.4 マルチプル VLAN を使用した設定
16 ユーザー「manager」のパスワードを変更します。
セキュリティーを確保するために、初期パスワードは必ず変更してください(変更
後のパスワードは忘れないように注意してください)。
# set password a
Enter current password->friend a(「*」で表示されます)
Enter new password->openENDS a(「*」で表示されます)
Re-enter password ->openENDS a(「*」で表示されます)
17 現在の設定を設定ファイルとして保存します。
ここでは、ファイル名を「test01.cfg」と仮定します。
# create config=test01.cfg a
Creating configuration file "test01.cfg" ..... done!
18 保存した設定ファイルを、起動時設定ファイルとして指定します。
# set config=test01.cfg a
Setting boot configuration file name ..... done!
100
CentreCOM 9424T 取扱説明書
5 導入例
6
付 録
この章では、トラブル解決、 オプションの SFP モジュール、
Windows のハイパーターミナルと Telnet アプリケーションの
使用方法、本製品の仕様について説明しています。
6.1 困ったときに
本製品の使用中になんらかのトラブルが発生したときの解決方法を紹介します。
自己診断テストの結果を確認する
本製品は自己診断機能を備えています。異常発生時には起動メッセージにエラー内容が
表示されます。
自己診断テストの実行
自己診断テストは次の場合に実行されます。
○
○
電源を入れたとき
リセットボタンを押して再起動したとき
○
RESTART REBOOT(または RESTART SWITCH)コマンドを使用して再起動したとき
メッセージ表示
正常な起動時には次のようなメッセージが表示されます。
Serial port connected at 9600 bps baud rate
BCM Initialization Done!
Boot Loader (ROM) information:
Product Name:
ATS63_LOADER
Product Version:
v3.2.1
Build Date:
Jul 1 2009
Build Time:
11:31:24
System information:
SDRAM:
CPU speed:
128MB
266MHz
Allied Telesis Enhanced 2009 Edition... 0
Decompressing the Application Image, please wait................................
.................................〜中略〜.......................................
................................................................................
Decompressed 3208992 bytes from Flash to 11266296 bytes into RAM
Jump to 0x00000100 to start application
CPU clock speed .....................................
First Memory Address ................................
Initializing Serial Communication ...................
〜中略〜
Initializing DHCP Server ............................
Initializing Web Server .............................
Initializing Web Auth Server ........................
266MHz
0x00cd5edc
done!
done!
done!
done!
Loading configuration file "test01.cfg"
Please wait ......................................... done!
Init Done !
102
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
起動メッセージは、本製品に Telnet でログインしているときは表示されません。
LED 表示を確認する
LED の状態を確認してください。LED の状態は問題解決に役立ちますので、お問い合わ
せの前にどのように表示されるかを確認してください。
20 ページ「LED 表示」
システム情報を確認する
本製品のハードウェア情報は SHOW SYSTEM コマンドで表示できます。異常発生時に
は「Warning」が表示されますので、お問い合わせの前に確認してください。
○
電源ユニットの出力状態
○
○
本製品内部の温度状態
ファンの回転数
60 ページ「システム情報を表示する」
ログを確認する
本製品が生成するログを見ることにより、原因を究明できる場合があります。SHOW
LOG コマンドで、RAM 上に保存されたメッセージを見ることができます。
# show log a
Total Number of Events: 128
S Date
Time
Event
------------------------------------------------------------------------------I 06/24/09 18:03:18 evtlog: Created Output Definition, ID 0, Type Permanent
I 06/24/09 18:03:18 evtlog: Created Output Definition, ID 1, Type Temporary
I 06/24/09 18:03:18 evtlog: Event log initialized
I 06/24/09 18:03:20 file: File System initialized
I 06/24/09 18:03:20 system: Console startup mode set to CLI
I 06/24/09 18:03:20 http: Server reset to defaults
I 06/24/09 18:03:20 ssh: SSH server disabled
I 06/24/09 18:03:20 evtlog: Created Output Definition, ID 0, Type Permanent
I 06/24/09 18:03:20 evtlog: Created Output Definition, ID 1, Type Temporary
--More-- <Space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
103
6.1 困ったときに
トラブル例
電源ケーブルを接続しても POWER LED が点灯しない
正しい電源ケーブルを使用していますか
同梱の電源ケーブルは AC100V 用です。
AC200V で使用する場合は、設置業者にご相談ください。
電源ケーブルが正しく接続されていますか
電源コンセントには、電源が供給されていますか
別の電源コンセントに接続してください。
POWER LED は点灯するが、正しく動作しない
電源をオフにした後、すぐにオンにしていませんか
電源をオフにしてから再度オンにする場合は、しばらく間をあけてください。
ケーブルを接続しても L/A LED が点灯しない
接続先の機器の電源は入っていますか
ネットワークインターフェースカードに障害はありませんか
FAULT LED は点灯していませんか
本製品に異常が発生した場合は、FAULT LED が点灯したままになります。リセッ
トボタンを押す、RESTART REBOOT(または RESTART SWITCH)コマンドを
実行する、電源ケーブルを抜き差しするなどして本製品を再起動してください。
通信モードは接続先の機器と通信可能な組み合わせに設定されていますか
1000Mbps の通信の場合、接続先の機器もオートネゴシエーションに設定してく
ださい。10/100Mbps の通信の場合は、SET SWITCH PORT コマンドで通信モ
ードをオートネゴシエーション以外に固定設定することができます。接続先の機器
を確認して、通信モードが正しい組み合わせになるように設定してください。
正しい UTP ケーブルを使用していますか
○ UTP ケーブルのカテゴリー
10BASE-T の場合はカテゴリー 3 以上、100BASE-TX の場合はカテゴリー 5 以上、
1000BASE-T の場合はエンハンスド・カテゴリー 5 以上の UTP ケーブルを使用し
てください。
104
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
○ UTP ケーブルのタイプ
通 信 モ ー ド が オ ー ト ネ ゴ シ エ ー シ ョ ン の 場 合、 接 続 先 の ポ ー ト の 種 類(MDI/
MDI-X)にかかわらず、ストレート / クロスのどちらのケーブルタイプでも使用す
ることができます。
10/100Mbps の通信で、ポートの通信モードをオートネゴシエーション以外に固
定設定する場合は、MDI または MDI-X のどちらかに設定する必要がありますので、
その場合はケーブルタイプに注意してください。接続先のポートが MDI の場合は
本製品のポートを MDI-X に、接続先のポートが MDI-X の場合は本製品のポートを
MDI に設定すれば、ストレートタイプでケーブル接続ができます。
○ UTP ケーブルの長さ
ケーブル長は最大 100m と規定されています。
26 ページ「ネットワーク機器を接続する」
L/A LED は点灯するが、通信できない
ポートが無効(Disabled)に設定されていませんか
SHOW SWITCH PORT コマンドでポートステータス(Status)を確認してくださ
い。
コンソールターミナルに文字が入力できない
ケーブルや変換コネクターが正しく接続されていますか
本製品のコンソールポートは、RJ-45 コネクターを使用しています。ケーブルは弊
社販売品の「CentreCOM VT-Kit2 plus」
、または「CentreCOM VT-Kit2」を使用
してください。ご使用のコンソールのシリアルポートが D-Sub 9 ピン(オス)以外
の場合は、別途変換コネクターをご用意ください。
なお、
「CentreCOM VT-Kit2 plus」は、USB ポートへの接続が可能です。対応
OS は、Windows 2000 と Windows XP ですので、ご使用の前にご確認ください。
27 ページ「コンソールを接続する」
通信ソフトウェアを 2 つ以上同時に起動していませんか
同一の COM ポートを使用する通信ソフトウェアを複数起動すると、COM ポート
において競合が発生し、通信できない、または不安定になるなどの障害が発生しま
す。
通信ソフトウェアの設定内容(通信条件)は正しいですか
本製品を接続している COM ポート名と、通信ソフトウェアで設定している COM
ポート名が一致しているかを確認してください。
また、通信速度(ボーレート)の設定が本製品と COM ポートで一致しているかを確
認してください。本製品の通信速度はデフォルトで 9,600bps に設定されています。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
105
6.1 困ったときに
コンソールターミナルで文字化けする
COM ポートの通信速度は正しいですか
通信速度(ボーレート)の設定が本製品と COM ポートで一致しているかを確認して
ください。本製品の通信速度がデフォルトの設定(9,600bps)で、COM ポートの
設定が 9,600bps 以外に設定されていると文字化けを起こします。
文字入力モードは英数半角モードになっていますか
全角文字や半角カナは入力しないでください。通常、AT 互換機では c キーを押し
ながら p キーを押して入力モードの切り替えを行います。
ログインできない
ログインセッションの最大数を超えていませんか
本製品のログインセッション数は、ローカルが 1 個、リモート(Telnet 接続)が 9 個
です。同時にログイン可能なユーザー数は、Manager レベルと User レベルをあわ
せて 10 ユーザーです。設定が終了したら必ず LOGOFF(または LOGOUT、QUIT、
EXIT)コマンドでログアウトするようにしてください。
Manager レベルのユーザーがすでにログインしていませんか
Manager レベルのユーザーは、複数同時にログインすることはできません。
また、Manager レベルのログインは、ローカルが優先されます。
Manager レベルのユーザーがローカルログインしているときに、別の Manager レ
ベルのユーザーがリモートログインすることはできませんので、設定が終了したら
必ず LOGOFF(または LOGOUT、QUIT、EXIT)コマンドでログアウトするように
してください。
TELNET/SNMP 経由で本体にアクセスできない
ローカル IP インターフェースを設定していますか
TELNET/SNMP 経由で本製品にアクセスするには、ローカル IP インターフェース
の設定が必要です。
106
55 ページ「IP インターフェースを作成する」
57 ページ「Telnet で接続する」
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
6.2 SFP モジュール
本製品には、オプション(別売)で以下の SFP モジュールが用意されています。
AT-SPSX
AT-SPSX2 AT-SPLX10
AT-SPLX40
AT-SPZX80
AT-SPBD10-A/AT-SPBD10-B
AT-SPBD20-A/AT-SPBD20-B
AT-SPBD80-A/AT-SPBD80-B
1000BASE-SX(2 連 LC)
1000M MMF(2km)(2 連 LC)
1000BASE-LX(2 連 LC)
1000M SMF(40km)(2 連 LC)
1000M SMF(80km)(2 連 LC)
1000BASE-BX10(LC)
1000M SMF(20km)(LC)
1000M SMF(80km)(LC)
弊社販売品以外の SFP モジュールでは動作保証をいたしませんのでご注意ください。
SFP モジュールの使用ケーブル、製品仕様については、SFP モジュールのインストレーション
ガイドをご覧ください。
SFP モジュールの取り付けかた
・SFP モジュールはホットスワップ対応のため、取り付け / 取りはずしの際に、本製品の電源を
切る必要はありません。
・SFP モジュールには、スロットへの固定・取りはずし用にハンドルが付いているタイプとボタ
ンが付いているタイプがあります。形状は異なりますが、機能的には同じものです。
SFP モジュールの取り付け / 取りはずしの際には、アースが施されたリストストラップを着用
するなど静電防止対策を行ってください。
取り付け
1
SFP スロットに付いているダストカバーをはずします。
2
SFP モジュールの両脇をもってスロットに差し込み、カチッとはまるまで押し込み
ます。ハンドルが付いているタイプはハンドルを上げた状態で差し込んでください
(下図はボタンが付いているタイプを差し込む例)
。
19
21R
23R
CLASS 1
LASER PRO
DUCT
L/A
20
D/C
SFP
22R
1000 LIN
K/
FDX
PO
24R
21
22
23
24
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
107
6.2 SFP モジュール
3
SFP モジュールに付いているダストカバーをはずします。
取りはずし
1
光ファイバーケーブルをはずします。
2
ボタンが付いているタイプは下図のようにボタンを押し、ハンドルが付いているタ
イプはハンドルを下げて SFP スロットへの固定を解除します。次に SFP モジュー
ルの両脇をもって SFP スロットから引き抜きます。
108
光ファイバーケーブルを接続していないときは、必ず SFP モジュールのコネクターにダストカ
バーを装着してください。また、SFP スロットを使用していないときは、SFP スロットにダス
トカバーを装着してください。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
6.3 ハイパーターミナルの設定
コンソールターミナルとして、Windows 2000/XP に標準装備のハイパーターミナルを
使用する例を示します。
(コンソールケーブル「CentreCOM VT-Kit2 plus」
、または「CentreCOM VT-Kit2」は、
COM1 に接続すると仮定します。
)
1
Windows Vista にはハイパーターミナルが標準添付されていません。別途、コンソールターミ
ナル(通信ソフトウェア)をご用意ください。
ハイパーターミナルを起動します。
[スタート]ボタンをクリックし、
[プログラム(すべてのプログラム)]をポイント
します。次に[アクセサリ]をポイントし、
[通信]をポイントします。次に[ハイパ
ーターミナル]をクリックします。
[名前]ボックスで名前を入力し、
2 [接続の設定]ダイアログボックスが表示されます。
[アイコン]ボックスでアイコンを選んで、
[OK]をクリックします。
モデムのインストールをするかどうかを問うダイアログボックスが表示された場合
は、
[いいえ]をクリックします。
3
接続方法を設定します。
Windows 2000 の場合 [
- 接続の設定]ダイアログボックスが表示されます。
[接続方法]ボックスで、[Com1 へダイレクト]を選択して、[OK]をクリックします。
Windows XP の場合 [
- 接続の設定]ダイアログボックスが表示されます。
[接続方法]ボックスで、[COM1]を選択して、[OK]をクリックします。
4 「COM1 のプロパティ」ダイアログボックスが表示されます。
各項目を下図のように設定して、
[OK]をクリックします。
(下の画面は Windows XP の場合)
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
109
6.3 ハイパーターミナルの設定
5 「XXXX- ハイパーターミナル(HyperTerminal)」のような、手順 2 で設定した名前
のウィンドウが表示されます。
[ファイル]メニューの[プロパティ]をクリックします。次に[設定]タブをクリッ
クし、各項目を下図のように設定し、
[OK]をクリックします。
(下の画面は Windows XP の場合)
6 [設定]タブの[ASCII 設定]をクリックし、下の画面で「右端で折り返す」にチェッ
クが入っている場合は、チェックをはずします。
7
以上で、設定が終わりました。
「Login: 」プロンプトが表示さ
a キーを押すとログインセッションが開始され、
れます。
110
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
6.4 Telnet クライアントの設定
本製品は Telnet サーバーを内蔵しているため、他の Telnet クライアントからネットワー
ク経由でログインすることができます。
ここでは、Windows 2000/XP の Telnet クライアントの設定方法を説明します。
Telnet を使用する場合は、あらかじめコンソールターミナルで VLAN インターフェースに IP ア
ドレスを割り当てて、ローカルインターフェース(遠隔管理用のインターフェース)として指定
しておく必要があります。
55 ページ「IP インターフェースを作成する」
57 ページ「Telnet で接続する」
1
ネットワークに合わせて TCP/IP プロトコルの環境設定を行います。
Windows 2000 の場合 [
- スタート]ボタンをクリックし、[設定]をポイントします。次に[コ
ントロールパネル]をクリックし、[ネットワークとダイヤルアップ接続]アイコンをダブルクリ
ックします。次に[ローカルエリア接続]を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
[インターネットプロトコル(TCP/IP)]をクリックし、
[プロパティ]をクリックして、設定を行
います。
Windows XP の場合 [
- スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]をポイントしま
す。次に[ネットワークとインターネット接続]アイコンをクリックし、[ネットワーク接続]ア
イコンをクリックします。次に[ローカルエリア接続]を右クリックし、[プロパティ]をクリッ
クします。[インターネットプロトコル(TCP/IP)]をクリックし、[プロパティ]をクリックし
て、設定を行います。
各製品に添付されているマニュアルをご覧になり、IP アドレスなどを正しく設定し
てください。
2
Telnet クライアントを起動します。
[スタート]ボタンをクリックし、
[ファイル名を指定して実行]をクリックします。
[名前]ボックスで「TELNET」と入力して、
[OK]をクリックします。[名前]ボック
スで「TELNET 192.168.200.1」のように、TELNET に続けて本製品の IP アドレス
を指定することもできます。
3
ターミナルの設定を行います。
次のコマンドを入力して、a キーを押します。
Microsoft Telnet> SET TERM VT100
4
本製品の Telnet サーバーに接続します。
次のコマンドを入力して、a キーを押します。OPEN に続けて本製品の IP アド
レスを指定します。
Microsoft Telnet> OPEN 192.168.200.1
5
以上で、設定が終わりました。
「Login: 」プロンプトが表示さ
a キーを押すとログインセッションが開始され、
れます。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
111
6.5 仕 様
コネクターのピンアサインやケーブルの結線、電源部や環境条件など本製品の仕様につ
いて説明します。
コネクター・ケーブル仕様
10/100/1000BASE-T インターフェース
RJ-45 型のモジュラージャックを使用しています。
1000BASE-T
コンタクト
10BASE-T/100BASE-TX
MDI
MDI-X
MDI 信号
MDI-X 信号
1
BI_DA +
BI_DB +
TD +(送信)
RD +(受信)
2
BI_DA −
BI_DB −
TD −(送信)
RD −(受信)
3
BI_DB +
BI_DA +
RD +(受信)
TD +(送信)
4
BI_DC +
BI_DD +
未使用
未使用
5
BI_DC −
BI_DD −
未使用
未使用
6
BI_DB −
BI_DA −
RD −(受信)
TD −(送信)
7
BI_DD +
BI_DC +
未使用
未使用
8
BI_DD −
BI_DC −
未使用
未使用
ケーブルの結線は下図のとおりです。
○ 10/100/1000BASE-T
本製品
ハ
イ
ブ
リ
ッ
ド
ハ
イ
ブ
リ
ッ
ド
ハ
イ
ブ
リ
ッ
ド
ハ
イ
ブ
リ
ッ
ド
112
接続機器
1 BI_DA+
2 BI_DA-
BI_DB+ 1
BI_DB- 2
ハ
イ
ブ
リ
ッ
ド
3 BI_DB+
6 BI_DB-
BI_DA+ 3
BI_DA- 6
ハ
イ
ブ
リ
ッ
ド
4 BI_DC+
5 BI_DC-
BI_DD+ 4
BI_DD- 5
ハ
イ
ブ
リ
ッ
ド
7 BI_DD+
8 BI_DD-
BI_DC+ 7
BI_DC- 8
ハ
イ
ブ
リ
ッ
ド
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
○ 10BASE-T/100BASE-TX
本製品
1 TD+
2 TD-
UTPケーブル(ストレート)
3 RD+
6 RD-
接続機器
TD+ 1
TD- 2
RD+ 3
RD- 6
MDI-X
MDI
本製品
1 TD+
2 TD-
UTPケーブル
(クロス)
3 RD+
6 RD-
接続機器
TD+ 1
TD- 2
RD+ 3
RD- 6
MDI-X
MDI-X
本製品
1TD+
2TD-
UTPケーブル(ストレート)
3RD+
6RD-
接続機器
TD+1
TD-2
RD+3
RD-6
MDI
MDI-X
本製品
1TD+
2TD-
UTPケーブル
(クロス)
3RD+
6RD-
接続機器
TD+ 1
TD- 2
RD+ 3
RD- 6
MDI
MDI
RS-232 インターフェース
RJ-45 型のモジュラージャックを使用しています。
RS-232
DCE
12345678
信号名(JIS 規格)
信号内容
1
RTS(RS)
送信要求
2
NOT USED
未使用
3
TXD(SD)
送信データ
4
GND(SG)
信号用接地
5
GND(SG)
信号用接地
6
RXD(RD)
受信データ
7
NOT USED
未使用
8
CTS(CS)
送信可
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
113
6.5 仕 様
本製品の仕様
準拠規格
適合規格
安全規格
EMI 規格
電源部
定格入力電圧
入力電圧範囲
定格周波数
定格入力電流
最大入力電流(実測値)
平均消費電力
平均発熱量
環境条件
保管時温度
保管時湿度
動作時温度
動作時湿度
外形寸法
IEEE
IEEE
IEEE
IEEE
IEEE
IEEE
IEEE
IEEE
IEEE
IEEE
IEEE
IEEE
IEEE
802.3 10BASE-T
802.3u 100BASE-TX
802.3ab 1000BASE-T
802.3z 1000BASE-SX/LX
802.3ah 1000BASE-BX10
802.3x Flow Control
802.3ad Link Aggregation(Manual Configuration)
802.1D Spanning Tree(STP Compatible)
802.1Q VLAN Tagging
802.1X Port Based Network Access Control
802.1p Class of Service, priority protocol
802.1s Multiple Spanning Tree
802.1w Rapid Spanning Tree
UL60950-1, CSA-C22.2 No.60950-1
VCCI クラス A
AC100-240V
AC90-264V
50/60Hz
1.2A
1.1A
51W(最大 59W)
180kJ/h(最大 210kJ/h)
-20 〜 60℃
95% 以下(ただし、結露なきこと)
0 〜 40℃
80% 以下(ただし、結露なきこと)
441(W)× 305(D)× 44(H)mm
質量
4.0kg
スイッチング方式
ストア&フォワード
MAC アドレス登録数
16K(最大)
メモリー容量
パケットバッファー容量
フラッシュメモリー容量
メインメモリー容量
サポートする MIB
114
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
2MByte
16MByte
128MByte
MIB-II(RFC1213)
ブリッジ MIB(RFC1493)
インターフェース拡張グループ MIB(RFC1573)
イーサネット MIB(RFC1643)
RMON MIB(RFC1757[1,2,3,9 グループ])
プライベート MIB
6.6 保証とユーザーサポート
保証と修理
本製品の保証内容は、製品に添付されている「製品保証書」の「製品保証規定」に記載され
ています。製品をご利用になる前にご確認ください。本製品の故障の際は、保証期間の
内外にかかわらず、弊社修理受付窓口へご連絡ください。
アライドテレシス株式会社 修理受付窓口
0120-860332
携帯電話/ PHS からは : 045-476-6218
月〜金(祝・祭日を除く)
9:00 〜 12:00 13:00 〜 17:00
保証の制限
本製品の使用または使用不能によって生じたいかなる損害(人の生命、身体に対する被害、
事業利益の損失、事業の中断、事業情報の損失またはその他の金銭的損害を含み、また
これらに限定されない)につきましても、弊社はその責を一切負わないものとします。
ユーザーサポート
障害回避などのユーザーサポートは、次の「サポートに必要な情報」をご確認のうえ、弊
社サポートセンターへご連絡ください。
アライドテレシス株式会社 サポートセンター
http://www.allied-telesis.co.jp/support/info/
0120-860772
携帯電話 /PHS からは:
045-476-6203
月〜金(祝・祭日を除く)
9:00 〜 12:00 13:00 〜 17:00
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
115
6.6 保証とユーザーサポート
サポートに必要な情報
お客様の環境で発生した様々な障害の原因を突き止め、迅速な障害の解消を行うために、
弊社担当者が障害の発生した環境を理解できるよう、以下の点についてお知らせくださ
い。なお、都合によりご連絡が遅れることもございますが、あらかじめご了承ください。
1
一般事項
すでに「サポート ID 番号」を取得している場合、サポート ID 番号をお知らせください。サ
ポート ID 番号をご記入いただいた場合には、ご連絡先などの詳細は省略していただいて
かまいません。
○
サポートの依頼日
○
お客様の会社名、ご担当者名
○
ご連絡先
○
ご購入先
2
製品について
○ 製品名、製品のシリアル番号(S/N)
、製品リビジョンコード(Rev)などのハードウ
ェア情報をお知らせください。
製品のシリアル番号、製品リビジョンコードは、製品に貼付されているシリアル番
号シールに記入されています。
(例) 3
設定や LED の点灯状態について
○
スイッチ類の設定状態をお知らせください。
○
LED の点灯状態をお知らせください。
4
お問い合わせ内容について
○
どのような症状が発生するのか、またそれはどのような状況で発生するのかをでき
る限り具体的に(再現できるように)お知らせください。
○
可能であれば、早期解決のために、エラーメッセージやエラーコード、設定スクリ
プトファイルをお送りください(パスワードや固有名など差し障りのある情報は、
抹消してお送りくださいますようお願いいたします)。
116
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
5
ネットワーク構成図について
○
ネットワークとの接続状況や、使用されているネットワーク機器がわかる簡単な図
をあわせて送りください。
○
他社の製品をご使用の場合は、メーカー名、機種名、バージョンなどをお知らせく
ださい。
ご注意
本書に関する著作権等の知的財産権は、アライドテレシス株式会社(弊社)の親会社であ
るアライドテレシスホールディングス株式会社が所有しています。アライドテレシスホ
ールディングス株式会社の同意を得ることなく、本書の全体または一部をコピーまたは
転載しないでください。
弊社は、予告なく本書の一部または全体を修正、変更することがあります。
また、弊社は改良のため製品の仕様を予告なく変更することがあります。
© 2009 アライドテレシスホールディングス株式会社
商標について
CentreCOM は、アライドテレシスホールディングス株式会社の登録商標です。
Windows、Windows NT、Windows Vista は、米国 Microsoft Corporation の米国お
よびその他の国における登録商標です。
本書の中に掲載されているファームウェアまたは周辺機器の名称は、各メーカーの商標
または登録商標です。
電波障害自主規制について
この装置は、クラス A 情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を
引き起こすことがあります。この場合には使用者が適切な対策を講ずるよう要求される
ことがあります。
VCCI-A
廃棄方法について
本製品を廃棄する場合は、法令・条例などに従って処理してください。詳しくは、各地方
自治体へお問い合わせいただきますようお願いいたします。
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
117
6.6 保証とユーザーサポート
輸出規制と国外使用について
お客様は、弊社販売製品を日本国外への持ち出しまたは「外国為替及び外国貿易法」にい
う非居住者へ提供する場合、
「外国為替及び外国貿易法」を含む日本政府および外国政府
の輸出関連法規を厳密に遵守することに同意し、必要とされるすべての手続きをお客様
の責任と費用で行うことといたします。
弊社販売製品は日本国内仕様であり、日本国外においては製品保証および品質保証の対
象外になり、製品サポートおよび修理など一切のサービスが受けられません。
マニュアルバージョン
2009 年 7 月
118
Rev.A
CentreCOM 9424T 取扱説明書
6 付録
初版
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising