Seiko | 5M43 | Instruction manual | Seiko 5M43 Instruction manual

Seiko 5M43 Instruction manual
5M43ダイバー
4 The current time is
indicated properly.
• The power reserve stored in
KINETIC E.S.U. can be
checked by using the power
reserve indicator function.
• The power reserve indicator
shows how many days the
power reserve in KINETIC
E.S.U. can keep the watch
operating.
• By pressing the button, the
second hand advances quickly
by a certain amount of seconds
depending on the power reserve
in KINETIC E.S.U.
• Besides using while the watch is
in use, the power reserve
indicator is particularly useful for
checking the power reserve
before you leave the watch
unused for a long time.
<How to read the power reserve
indicator>
The power reserve stored in
KINETIC E.S.U. is classified into
four levels and represented by
the number of seconds that the
second hand advances. The
power reserve indicator gives a
rough indication of the power
reserve and, therefore, does not
indicate the exact period of time
during which the watch keeps
operating without being charged.
50
5second
Approximate
power reserve
6 hours ~ 2 day
40
2 ~ 4 day
4 ~ 7 day
30second
More than 7 days
※The power reserve indicator provides a general guideline of the duration within which the watch keeps
operating without being charged. Actual power reserve may differ slightly from the amounts in the table.
※After the second hand moves quickly by a certain amount of seconds, it stops on the spot until the current
time catches up with the time the second hand indicates.
※You can immediately press the button again to recheck the power reserve one more time. To do so a third
time, however, wait until the second hand resumes normal movement before pressing the button again.
※Please note that the power reserve indicator cannot be used while the second hand is moving at twosecond interval.
5-1 Display and crown
operation
Hour
hand
4-3 TWO-SECOND INTERVAL MOVEMENT
OF THE SECOND HAND (When the second hand moves at two-second
interval )
• If you find the second hand moving at two-second
interval while the watch is in use or while it is left
unused, the watch may run down in six hours.
Therefore, be sure to swing the watch and
recharge the watch. (See "4-1 How to charge the
watch.")
※The watch remains accurate even while the
second hand is moving at two-second interval.
※For safety's sake, don't use the watch in diving
while the second hand is moving at two-second
interval.
Date adjustment at the end of the month
It is necessary to adjust the date at the end of February and 30-day months.
EX.〈To adjust the date in the A.M. period on the first day of a month
following a 30-day month〉
1 The watch displays "31" instead of "1."
2 Set the date correctly, according to "5-3 How to set the date/day."
sed
tim e
40
ap
4 After setting the date/day,
push the crown in and while
the crown is depressed, turn
it clockwise to lock it in place.
50
30
3 The date/day can be set by
turning the crown.
h Do not set the date/day
between9:00 p.m. and 3:00
a.m. Otherwise, the date/day
may not change properly.
Turn the
crown
clockwise
20
:Date setting
Counterclockwise
: Day setting
The day of the
week can be
shown bilingally in
English or Japanese.
Choose whichever you like.
El
●How to measure the elapsed time
Turn the rotating bezel to set " " mark to the
minute hand. After certain amount of time
elapsed, read the graduation on the rotating
bezel which the minute hand points to. The
elapsed time is indicated.
h For safety's sake, the rotating bezel rotates only
counterclockwise with clicks. Therefore,
accidental rotation of the bezel is prevented.
2 Pull out the crown to the
second click when the
second hand is at the 12
o'clock position.
●PLACES TO KEEP YOUR WATCH
• If the watch is left in a temperature below ー10℃ or above
+60℃ for a long time, it may function improperly or stop
operating.
• Do not leave the watch in a place where it is subjected to
strong magnetism or static electricity.
• Do not leave the watch where there is strong vibration.
• Do not leave the watch in a dusty place.
• Do not expose the watch to gases or chemicals.
(Ex.: Organic solvents such as benzine and thinner,
gasoline, nail polish, cosmetic spray, detergent, adhesives,
mercury, and iodine antiseptic solution.)
• Do not leave the watch in a hot spring, or do not keep it in a
drawer having insecticides inside.
●PRECAUTIONS ON WEARING YOUR WATCH
Take utmost care in the following cases:
• When clasping and unclasping the band, you may damage
your nail, depending on the type of clasp used with the
band.
• In case you tumble and fall or bump into others with the
watch worn on your wrist, you may be injured by the reason
of the fact that you wear the watch.
●PERIODIC CHECK
• It is recommended that the watch be checked
once every 2 or 3 years. A periodic check will
prevent any damage from insufficient
lubrication, entrance of moisture or perspiration,
etc. and ensure longer use. To have it checked,
take your watch to the retailer from whom the
watch was purchased. Your watch will be sent
to the SEIKO SERVICE CENTER to undergo a
thorough checking work is done. Depending on
the result of checking, adjustment or repair may
be required.
• When replacing parts, please specify that only
genuine SEIKO parts be used. If the watch has
a urethane band, it will lose its elasticity and
become hardened gradually over time. In that
case, have it replaced with a new one by the
retailer from whom the watch was purchased.
Upper cover of the Diver Extender
Baracelet on the 6 o'clock side of the watch
Button
h
取扱いを誤った場合に、軽傷を負う危険性や物質的損害をこ
うむることが想定されることを示しています。
「目次」
5-2 時刻の合わせかた
5-3 日付・曜日のあわせかた
5-4 回転ベゼルの使いかた
5-5 夜光(ルミブライト)について
6.使用電源(キネティック
E.S.U.)についてのご注意
7.使用上のご注意とお手入れの方法
8.こんな時には
9.アフターサービスについて
10.補修用性能部品について
11.製品仕様
Two-piece foldover portion of the Diver Extender
5 After setting the time, push
the crown in and while the
crown is depressed, turn it
clockwise to lock it in place.
Possible cause
Remedies
All the electrical energy stored in KINETIC
E.S.U. has been used up.
Charge the watch referring to "4-1 HOW TO CHARGE THE
WATCH.
• The watch has been left in extremely high or
low temperature for a long time.
• This condition will be corrected when the watch temperature
returns to normal.
• The watch was brought into close contact with
a magnetic object.
• This condition will be corrected when the watch is kept away from
close contact with the magnetic source.
• You dropped the watch, hit it against a hard
surface or wore it while playing active sports.
• The watch was exposed to strong vibrations.
• This condition will not be corrected. Have the watch checked by
the retailer from whom the watch was purchased.
Blur in the display persists.
Small amount of water has got inside the watch
due to deterioration of the gasket,etc.
Consult the retailer from whom the watch was purchased.
The second hand moves at twosecond interval.
The electrical energy stored in KINETIC E.S.U.
has been reduced to an extremely low level.
The watch may stop operating in 6 hours. Charge the watch
referring to "4-1 HOW TO CHARGE THE WATCH."
When the power reserve is checked
by pressing the button, the second
hand will not move more than 10
seconds even if you wear the watch
daily on your wrist.
You wear the watch daily but only for a short
time, or you lead a relatively sedentary life,
which does not involve much arm movement.
Wear the watch on your wrist as long as possible. It is recommended
that the watch be worn for more than 10 hours a day at least for 3
consective days. The second hand will advance 20 or 30 seconds by
pressing the power reserve indicator button, indicating the power
reserve in KINETIC E.S.U. has been increased.
The date (day) changes at 12 o'clock noon.
AM/PM is not properly set.
Advance the hands by 12 hours.
The rotating bezel is not turning
smoothly.
Dust or soil or sand or the like may stick
between the case and the rotating bezel.
Please rinse the watch in fresh water. If it cannot be washed out,
take your watch to the watch retailer from whom it was purchased.
(03)3535-2211
〒980-0021 仙台市青葉区中央2-7-28(セイコー仙台ビル)
(022)227-4171
〒461-0048 名古屋市東区矢田南3-3-12
(052)723-8206
〒730-0037 広島市中区中町7-16(ポレスター広島)
(082)248-1020
〒810-0801 福岡市博多区中州5-1-22(松月堂ビル)
(092)271-2538
7. TO PRESERVE THE QUALITY OF YOUR WATCH
CAUTION
●CARE
3. Slide the upper cover of the
Diver Extender in the direction
of the arrow, and then, pull it
up to extend the two-piece
foldover portion of the Diver
Extender to the full.
4. Close the clasp, and then, the flap. When wearing
your watch over a wet suit, extend the Diver
Extender. To fold up the Diver Extender, reverse the
procedure avove. When the two-piece foldver
portion of the Diver Extender is folded up completely,
it also clicks in the same manner as it is opened.
6. PRECAUTIONS ON KINETIC E.S.U
Baracelet
on the 12
o’clock
side of
the watch
• Instead of a silver oxide miniature battery, KINETIC
E.S.U. is used to power the watch. Therefore, unlike
an ordinary miniature battery, battery replacement is
not necessary.
WARNING
Never insert a miniature silver oxide battery
instead of KINETIC E.S.U.
• Even while the second hand is stopped by pulling the
crown, the current is consumed to control the built-in
IC. Please note, therefore, that, while the watch is not
in use, pulling the crown will not save the energy
stored in KINETIC E.S.U.
9. REMARKS ON AFTER-SALES SERVICING
The watch has stopped operating.
〒104-0031 東京都中央区京橋2-7-16
〒060-0061 札幌市中央区南一条西7-20-1(札幌スカイビル)
(011)231-0615
Turn the
crown
clockwise
Clasp
Baracelet on the 12 o'clock
side of the watch
2. Open the two-piece foldover portion of the
1. Lift up the flap, and then, press the
Diver Extender in the direction of the arrow.
button to open the clasp. After opening
Some force is required to open the foldover
the clasp, push the flap back to the
portion, and it will click when it is opened.
normal position for safety's sake.
1Lock Button
●HOW TO USE THE DIVER ADJUSTER
2
Clasp
1 Lift up the flap approximately 90˚ until it stands upright.
3
Do not extend the slider at this step.
Flap
2 Lightly push back the flap further approximatery 20˚.
When doing so, take care not to push the flap forcibly as
Baracelet on the
more force is required to do so than to lift up the flap.
6 o’clock side of
3 Lightly pull the bracelet on the 6 o’clock side of the
the watch
watch along the curved line of the bracelet to pull out the
slider. When doing so, take care not to pull the bracelet
5
forcibly. The slider can be pulled out approximately
Limit mark Flap
30mm. Be careful not to pull it out beyond the limit mark Slider
Clasp
inscribed on it.
4 While pressing the lock button indicated by the arrow
6
6
4, lift up the clasp to release the buckle, and put on the
4
watch on your wrist.
Lock
Button
5 Close the clasp first and then, the flap.
6 Hold the bracelet on both the 6 and 12 o’clock sides of
the watch with fingers to reduce the length of the slider
until it fits well around your wrist.
For the solution of troubles other than above, contact the retailer from whom the watch was purchased.
注意
取扱いを誤った場合に、重傷を負うなどの重大な結果になる
危険性が想定されることを示しています。
〒550-0013 大阪市西区新町1-4-24(大阪四ツ橋第一生命ビル)
(06) 538-6541
If your watch is equipped the Diver Extender function or the Diver Adjuster function, please read this section.
It is very useful when you wear the watch over a wet suit.
Phenomenon
The watch gains/loses time.
Telephone time casting
service (tel.117) might be
helpful when you set the
time.
4 Depress the crown in
accordance with a time
signal.
5-6 HOW TO USE THE DIVER EXTENDER
8. TROUBLE SHOOTING
• When you make contact with children,
especially with infants, they may get injured or
develop a rash caused by allergy.
The date changes around 12
o'clock midnight. Be sure to
check that the correct A.M. or
P.M. period is set. (The date
will change automatically
once every 24 hours.)
h
Flap
警告
本社 東京都中央区京橋2丁目6番21号 〒104-8331
3 Turn the crown to set the time.
Unscrewed position
●HOW TO USE THE DIVER EXTENDER
5M43 KINETICダイバースキューバ
この度はセイコーダイバーズウオッチをお買い上げいただ
きありがとうございました。ご使用の前にこの説明書をよ
くお読みの上、正しくご使用いただきますようお願い申し
上げます。なお、この取扱説明書はお手元に保存し必要に
応じてご覧ください。
けたまわっています。なお、ご不明の点は下記へお問い合わせください
1 Unscrew the crown by turning
it counterclockwise.
Second hand
Screwed-in position
(Locking the crown)
・LumiBrite uses externally-energized luminous material which
doesn't contain any radioactive substance.
LumiBrite is a newly-developed luminous paint that absorbs the
light energy of the sunlight and lighting apparatus in a short time
and stores it to emit light in the dark.
For example, if exposed to a light of more than 500 lux for
approximately 10 minutes, LumiBrite can emit light for 3 to 5
hours.
Please note, however, that, as LumiBrite emits the light it stores,
the luminance level of the light decreases gradually over time.
The duration of the emitted light may also differ slightly
depending on such factors as the brightness of the place where
the watch is exposed to light and the distance from the light
source to the watch.
取扱説明書 INSTRUCTION
セイコー製品について、修理その他のご相談は、「お買い上げ店」でう
h
[IF YOUR WATCH HAS LUMIBRITE]
The illustration below indicates that 30
minutes have elapsed since the diving
started at 10:10 (" " mark indicates the
time when you started diving.)
Turn the crown
counterclockwise
Crown
(the screw lock type)
First click position
(Date/Day setting)
Second click position
(Time setting)
ダイバーズウオッチ
スキューバ200
1.ご使用の前に必ずお読みいただき
たいこと
2.ダイビングに際しての注意事項
3.製品の特長
4.ご使用にあたって
4-1 充電のしかた
4-2 充電量を調べるには
4-3 2秒針になったら
5.製品の説明
5-1 各部の名称とはたらき
5-2 How to set the time
Rotating bezel
Minute hand
Date/Day
5-4 HOW TO USE THE ROTATING BEZEL 5-5 LUMIBRITE
10
2 Pull out the crown to the first
click.
20second
<Example>
If the second hand advances "20 seconds" by pressing the button, 4 to 7 days of power reserve is available.
The watch will keep operating for at least 4 days without being charged, but the exact duration (4 days or 7
days) cannot be known.
Follow the procedure below to adjust the date and the day after setting the time, or
in 30-day month or February.
Clockwise
h
10second
Quick
movement
of
second
hand
5-3 HOW TO SET THE DATE/DAY
Turn the crown
counterclockwise
<Quick movement of the second hand by 30
seconds>
• If KINETIC E.S.U. has been fully charged, the
second hand advances 30 seconds by pressing
the button, meaning the watch keeps operating
for at least 7 days without being charged.
• The watch will keep operating for 7 to 14 days,
but the exact duration of charge cannot be
known.
• If KINETIC E.S.U. is fully charged, the watch will
keep operating for approximately 14 days
(2week).
Press the button
• The movement of the arm while the watch is worn causes the
automatic power generating system to work, and the watch is
powered by the electrical energy thus generated. Therefore, the
watch will not be charged while left unused.
• As a guideline of charging, it is recommended that the watch be
worn on your wrist daily for more than 10 hours.
• When the energy stored in KINETIC E.S.U. is reduced to an
extremely low level, the second hand starts moving at twosecond interval instead of the normal one-second interval,
indicating that the watch needs recharging. Please see "4-1
How to charge the watch".
5. METHOD OF OPERATION
20
※ The current power reserve of KINETIC E.S.U. can be
checked by using the power reserve indicator function.
(Refer to "4-2 How to use the power reserve indicator" at
right.)
※ Immediately after the watch is swung to change KINETIC
E.S.U., the second hand may not property indicate the
power reserve in KINETIC E.S.U. 10 to 15 minutes are
required to get proper indication.
※ The watch is equipped with a system to prevent
overcharge. Even if it is further swung after being fully
charged, no malfunction will result.
3 The rotation of the
rotating bezel may
get slightly harder
in the water but this
is not a malfunction.
4-2 HOW TO USE THE POWER RESERVE INDICATOR
CAUTION
3 If a grain of sand or the like sticks between the
case and rotating bezel and cannot be washed
out, take your watch to the watch retailer from
whom it was purchased or an AUTHORIZED
SEIKO DEALER.
4 Be careful not to expose the watch to solvents
such as alcohol and gasoline, as this will cause
a malfunction.
5 Please see "7. TO PRESERVE THE QUALITY
OF YOUR WATCH" for general maintenance.
10
1 Swing the watch from side to side rhythmically at a rate of
twice a second as shown in the illustration. Approximately
100 swings will reserve up to 6 hours of power. The
second hand starts moving at the normal one-second
interval instead of two-second interval.
※ To charge KINETIC E.S.U. efficiently,
swing the watch from side to side,
drawing an arc of about 20 cm.
※ Even if the watch is swung extremely
quickly with vigor, it will not be
charged efficiently.
※ When the watch is swung, the
oscillating weight in the generating
system rotates to drive the
mechanism. As it rotates, it gives out
sound, which is not a malfunction.
2 Swing the watch further until the second hand starts
moving at one-second interval. At that stage, there will be
about 3 hours of power reserve available. It is
recommended that the watch be swung further until
approximately 1 day of power reserve is stored in
KINETIC E.S.U. If fully charged, the watch will keep
operating for more than 7 days. It is not necessary,
however, to fully charge KINETIC E.S.U. at this step.
200 to 250 swings are required at to reserve one day of power.
h
6 The power reserve
indicates less than
2 days that means
If you find any of the
power reserve is
above, never use the watch
insufficient, so that
for diving.
please recharge.
3 The band is firmly secured to the case.
(Refer to “4-1 How to
charge the watch”)
Unlike the conventional quartz watch powered by the button-type
battery, the SEIKO DIVER SCUBA 5M43 is the diver watch that is
equipped with an automatic power generating system developed by
SEIKO. It generates the electrical energy to power the watch, utilizing
the movement of the arm or wrist, and stores it in KINETIC E.S.U. So,
the watch does not use a battery, and the battery replacement
procedures are completely eliminated. The watch features a power
reserve indicator function that shows with the movement of the second
hand how many days of power reserve is stored in KINETIC E.S.U. If
fully charged, the watch will keep operating for more than 7 days.
2 After cleaning the watch in
fresh water, be sure to
wipe it thoroughly dry to
prevent possible rust on
the case.
2 While you are underwater, never
unscrew the crown
or pull it out.
50
4. HOW TO USE 4-1 HOW TO CHARGE THE WATCH
5 The rotating bezel is
turning smoothly.
1 The crown is
locked tightly
in place.
1 After making a dive, be sure to
rinse the watch in fresh water,
and wash out all seawater,
soil,sand, etc.
1 Take care not hit the watch against
hard objects such
as rocks.
20
• To enjoy long service
life, you are requested
to carefully read this
instruction booklet and
use your watch
1 Unscrew the crown by turning
it counterclockwise.
2 There are no scratches or cracks
on the band and crystal glass.
CAUTION
• Before using the diver's watch, you have to be
properly trained in various types of diving and possess
the requisite experience and skill to dive safely. When
diving, strictly abide by the rules of diving.
• Do not attempt to dive using the watch unless you
have thoroughly familiarized yourself with the
operation and maintenance of the watch, and have
tested all watch functions prior to each dive. It is
absolutely essential that you observe strictly all
instructions for the use and maintenance of the watch
set forth in this manual.
2-3 After diving
2-2 While diving
40
• The watch is designed for in use scuba diving using
heavy breathing apparatus. It can withstand water
pressure up to a depth of 200 m. Never use the
watch, however, in saturation diving using helium gas.
• While diving, never operate the watch in any other
manner than set forth in the instruction manual.
2-1 Before diving
This section explains the
precautions to be
observed before, while
and after diving. Be sure
to observe each of them
to enjoy safe diving.
10
• As a diver's watch is so
designed and
fabricated as to fully
perform its functions.
You can be confident
in your watch.
WARNING
◇ D14-984
5M43ダイバー
3. FEATURES
30
• The SEIKO Diver's
Watch is specially
designed for scuba
diving, featuring an
excellent water
resistant quality.
2. PRECAUTIONS FOR DIVING
30
1. BE SURE TO OBSERVE THE FOLLOWING
• If the watch requires service, take it to the retailer from whom the
watch was purchased. If the trouble occurs within the guarantee
period, submit the certificate of guarantee together with the watch.
• For repair after the guarantee period or for any other information
regarding the watch, contact the retailer from whom the watch was
purchased or the "CUSTOMER SERVICE DEPARTMENT" of SEIKO
CORPORATION or the SEIKO SERVICE CENTER CO., LTD.
• Guarantee coverage is spelled out in the certificate of guarantee.
Please read it carefully and keep the certificate for ready reference.
10. REMARKS ON REPLACEMENT PARTS
• SEIKO makes it policy to usually keep a stock of spare parts for its
watches for 7 years. In principle, your watch can be reconditioned
within this period if used normally. (Replacement parts are those
which are essential to maintaining the functional integrity of the watch.)
• The number of years that a watch is considered repairable may vary
greatly depending on the conditions under which it was used, and
normal accuracy may not be achieved in some cases. We
recommend, therefore, that you consult the retailer from whom the
watch was purchased when having them repair your watch.
• The case, dial, hands, glass and bracelet, or parts there of may be
replaced with substitutes if the originals are not available.
OF YOUR WATCH
• After using the watch in seawater, for example in diving, rinse it in fresh
water and wipe it thoroughly dry. Do not use chemicals to wash the watch.
• The case and bracelet touch the skin directly just as underwear. If they
are left dirty, the edge of a sleeve may be stained with rust of those who
have a delicate skin may have a rash.
• After removing the watch from your wrist, wipe perspiration or moisture
with a soft cloth. This will prevent the watch from being soiled, adding to
the life of the gasket.
• Please clean the rotating bezel regularly. Otherwise, dust will gather
under it, making the rotation harder.
( SOFT PLASTIC BRACELET )
• The bracelet made of soft plastics does not require special care. If it
gets dirty, however, it may cause trouble to the skin. Rinse it with soapy
water from time to time. Since it is a chemical product, it may
deteriorate by the use of solvents. The band will become hardened or
discolored after several years of use. In that case, replace it with a new one.
●RASH AND ALLERGY
• Adjust the bracelet or band so that there will be a little clearance
between the bracelet or band and your wrist to avoid accumulation of
perspiration.
• If you are constitutionally predisposed to rash, the band may cause you
to develop a rash or an itch depending on your physical condition.
• The possible causes of the rash are as follows:
1. Allergy to metals or leathers
2. Rust, dust or perspiration on the watch or band
• If you develop any skin reactions, take off the watch and consult a
doctor immediately.
11. SPECIFICATIONS
1.Frequency of crystal oscillator......32,768 Hz
(Hz = Hertz...Cycles per second)
2.Loss/gain (monthly rate)......Less than 15 seconds
at normal temperature range (5℃~35℃)
3.Operational temperature range......–10℃ to +60℃
4.Driving system......Step motor
5.Power supply......KINETIC ELECTRICITY STORAGE
UNIT, 1 pc (KINETIC E.S.U.)
6.Expected life per charge
From full charge to stoppage......More than 7 days
From the start of the second hand's 2-second step
movement to stoppage......Approx 6 hours
7.Power reserve indicator
8.IC (Integrated Circuit)......Oscillator, frequency
divider, driving snd charge control circuit.
C-MOS-LSI, 1 pc.
9.Power generator......Miniature A.C. generator
10.Magnetic resistance......JIS Class 1 antimagnetic
watch (4800 A/m (60 gauss))
11.Water resistance......200 m water resistance
suitable for air diving (JIS Class 1 diver's watch)
h The above specifications are subject to change
without notice.
5M43ダイバー
次の項目を点検してください。
2バンド、ガラスにヒビ、カケ等の異常がないこと。
50
※潜水前に秒針が「一度
に2目盛り送られていな
いか?」確認してからご
使用ください。
5回転ベゼルが正常に回転できること。
(時計と逆回りが正常な回転方向です。)
1リュウズのネジがしっかり
締めてあること。
※これらに異常が認められる場合は、
ダイビングには使用しないでください。
3バンドと本体がしっかり固定されていること。
(バネ棒、止め金等)
3回転ベゼルは水の
中ではやや回転が
きつくなることが
ありますが、異常
ではありません。
6充電量(接続時間)が十分かどうか。イン
ジケーターが10秒以上(2日以上)を示すか?
※不足の場合は「4-1充電のしかた」を参
考に充電をしてください。 ・充電量を確認した際に、30秒の早
送りをした場合、約7日以上の持続
時間があることを示します。
・充電量としては、約7日以上で最大
約14日の幅がありますが、その中
のどのくらいかは分かりません。
・最大に充電できた場合は、約14日
間(2週間)動き続けます。
秒針の
早送り量
約2日∼約4日
約4日∼約7日
時針
約7日以上
〈例〉インジケーターの表示が「20秒」を示した場合は、約4日間∼約7日間の持続
4-3 2秒運針になったら
時間があるという意味になります。約2日間以上の持続時間はあることにな
りますが、約4日∼7日の幅をもった表示になりますので、4日ちょうどなの (秒針が一度に2目盛ずつ運針す
か7日近くあるのかはわかりません。
る状態)
持続時間と異なる場合があります。
計が、2秒運針を始めると、6時間以
※早送り後、秒針はその位置にとどまり、その後は正確な時刻を示します。
内に止まる可能性がありますので充
※インジケーターは2回まで続けてご使用できます。つまり、秒針が充電量を示し、一時的に留まっ
電をしてください。
ている最中にもう一度ボタンを押すと、再び秒針が早送りします。よって「10秒」の表示をし
(→「4-1充電のしかた」を参照)
た場合は、1回目と2回目とで20秒分早送りすることになります。充電量はあくまでも「10秒表 ※2秒運針中でも時刻表示は正常です。
示」分の意味です。もう一度確認する場合は、秒針が通常運針になってからボタンを押してく
ださい。
※この状態ではダイビングに使用し
※2秒運針時は、インジケーター機能はありません。
ないでください。
5-4 回転ベゼルの使いかた
下図は10時10分潜水開始( 位置)
後、30分経過したことを示してい
ます。
間
10
30
40
50
時
20
経 過
5-5ルミブライトについて
[お買い上げの時計がルミブライトつきの場合]
・ルミブライトは放射性物質等を全く含んでいない環境・人
に安全な蓄光(蓄えた光を放出する)物質を使用しています。
ルミブライトは太陽光や照明器具の明りを短時間(約10分間:
500ルクス以上)で吸収して蓄え、暗い中で長時間(約3∼
5時間)光を放つ夜光です。なお、蓄えた光を発光させて
いますので、輝度(明るさ)は時間が経つに従ってだんだ
ん弱まってきます。また、光を蓄える際のまわりの明るさ
や時計との距離、光の吸収度合により光を放つ時間には多
少の誤差が生ずることがあります。
回転ベゼルを動かし マークを分針に合わ
せてください。ある時間が経過した後に、分
針の指す回転ベゼル上の目盛りを読めば、そ
の時までの経過時間がわかります。
押し込む
左に回す
1リュウズを左に回してネジロッ
クをゆるめてください。
3リュウズを回して時刻を合わせ
ます。
※日付けが変わるところが午前0
時です。午前と午後を間違えな
いように合わせてください。
引き出す
2秒針が、ちょうど「0秒」の位
置に来たとき、リュウズを2段
目まで引き出してください。
※正確に合わせるためには、分針
を正しい時刻より4∼5分進めて
から逆に戻して合わせてくださ
い。
※時刻合わせには、電話の時報サー
ビスTEL.117が便利です。
安全蓋
本体上蓋
12時側バンド
6時側バンド
ボタン
エクスタンダー2つ折れ
●ダイバーアジャスターの使い方
1 安全ぶたを90度程度に起こします。
2 安全ぶたをさらに20度程度倒します。
多少抵抗がありますが、軽い力で倒れますので力を入れ過ぎないようにご注意く
ださい。
3 2の動作の後、6時側のバンドをバンドカーブに沿う方向に(曲線を描くように)
引きます。この際も軽い力で引けますので、力を入れ過ぎないようにしてくださ
い。スライダーは約30mm伸びますが、上面の「目印」以上には引き出さないよ
うにご注意ください。
4 矢印のロックボタンを押してから、上ぶたを持ち上げ、バックルを開放します。
この状態で手首につけてください。
5 手首につけたら上ぶた、安全ぶたの順に閉じてください。
6 時計をつけていない方の手で、バンドを適当なところまで縮めてください。
2.エクステンダー2つ折れを矢印
の方向に開きます。この時抵抗
があり、カチッと音がします。
2
1ロックボタン
上ぶた
12時側バンド
安全ぶた
4.本体上蓋、安全蓋を閉じます。
ウェットスーツ着用の際、伸ばし
てください。たたむ時は、上記の
逆手順で行ってください。エクス
テンダー2つ折れをたたむ時、開
く時と同様にカチッと音がします。
目印
(上面部)
スライダー
・「−10℃∼+60℃からはずれた温度」下では機能が低下
したり停止したりする場合があります。
・磁気や静電気の影響があるところに放置しないでくださ
い。
・極端にホコリの多いところに放置しないでください。
・強い振動のあるところでの使用あるいは、保管をしない
でください。
・薬品の蒸気が発散しているところや薬品にふれるところ
に放置しないでください。
薬品の例:ヨウ素系消毒液、水銀、ベンジン、シンナー、
などの有機溶剤およびそれらを含有するもの(ガソリ
ン、マニキュア、化粧品などのスプレー液、クリーナー
剤、トイレ用洗剤、接着剤など)
・温泉や防虫剤の入ったひきだしなど特殊な環境に放置し
ないでください。
その他、携帯上ご注意いただきたいこと
・バンド着脱の際に中留などで爪を傷つける恐れがありま
すのでご注意ください。 ・転倒時や他人との接触などにおいて、時計の装着が原
因で思わぬケガを負う場合がありますのでご注意くだ
さい。
・特に乳幼児を抱いたりする場合は、時計に触れること
でケガを負ったり、アレルギーによるかぶれをおこし
たりする場合もありますので十分ご注意ください。
5リュウズを押しつけながら右
に止まるところまでしっかり
ネジ込んでください。
・時計を保管する際、リュウズを引き出して運針を止
めてもIC制御の電流が消費されるため、充電量(持
続時間)の維持はできませんのでご注意ください。
上ぶた
6
4
ロックボタン
6時側バンド
考えられる原因
このようにしてください
時計が止まった
・充電した電気エネルギーがなくなった。
・「4-1充電のしかた」を参照し充電してください。
時計が一時的に進む/遅れる
・暑いところ、または寒いところに放置した。 ・精度は、常温にもどれば元に戻ります。
・磁気を発生するもののそばにおいた。
・落としたり強くぶつけたりまたは激しい
スポーツをした。
・強い振動が加えられた。
・磁気を遠ざけると、元の精度で動きます。この場合には、
時刻を修正してください。(「5-2時刻のあわせかた」参照)
・元にもどらない場合は、お買い上げ店に点検調整をご依
頼ください。
・この場合には、時刻を修正してください。
・元にもどらない場合には、お買い上げ店に点検調整をご
依頼ください。
ガラスのくもりが消えない
・パッキンの劣化などにより時計内部に水分が入った。 ・お買い上げ店にご相談ください。
秒針が2秒運針をしている
・充電した電気エネルギーが残り少なくなった。
・6時間以内に止まる可能性がありますので「4-1充電のし
かた」を参照し充電してください。
毎日携帯しているのに、イン
ジケーターの表示が10秒以上
にならない。
・1日の携帯時間がやや短いか腕をほとん
ど動かさない行動である。
・なるべく長く携帯してください。1日10時間を目安に約
3日以上の携帯をお願いします。インジケーター表示で
20∼30秒分の充電量が確保できると思われます。
日付(曜日)が日中に変わる
・時刻合わせが12時間ずれている。
・12時間針を進めて時刻を合わせてください。
回転ベゼルがスムーズに回ら
ない
・砂やゴミが回転ベゼルのすき間に入って
しまった。
・水洗いしても良くならない場合は、お買い上げ店に点検
調整をご依頼ください。
※その他の現象は、お買い上げ店にご相談ください。
8. こんな時には
2リュウズを1段目に引き出し
てください。
左:曜日
※英文字・和文字お好みの 4合わせ終わったらリュウズを押し込んでく
ださい。さらに押しつけながら右に回し、リュ
方に合わせてください。
ウズが止まるまでネジ込んでください。
※時刻の針が午後9時から
午前3時までの間は、日
付の修正はしないでく
ださい。この時間帯に
日付を修正しますと、
翌日になっても日付が
変わらないことがあり
※月末修正について
小の月(1ヵ月が30日)と2月(1ヵ月が
28日、うるう年は29日)に、日付けの
修正が必要になります。
例:小の月の翌日1日の朝、日付を修正
する場合
1「1日」ではなく「31日」が表示され
ています。
2上記の1∼4に従って「1日」の表示
となるよう日付を修正してください。
7. 使用上のご注意とお手入れの方法
注意
日常のお手入れ
・ダイビングなど海水中での使用のあとは、真水で洗い、よくふいてください。
・ケースやバンドは肌着類と同様に直接肌に接しています。汚れたままにしておくとサビて衣
類の袖口を汚したり、かぶれの原因になることがありますので常に清潔にしてください。
・時計を外したときは、柔らかい布などで汗や水分をふきとるだけで汚れやケース、バンド、
及びパッキンの寿命が違ってきます。
・回転ベゼル下に汚れ等がたまり回転が重くなることがありますので、清潔にしてご使用くだ
さい。
〈軟質プラスチックバンド〉
・ウレタンバンド等軟質プラスチックでできているバンドは、特に手入れの必要はありません
が汚れがひどいときには石鹸水で洗ってください。化学製品ですので溶剤によって変質する
ことがあります。通常数年のご使用で材質が硬化してきたり、色があせたりする場合があり
ますので、その際は新しいバンドに交換してください。
かぶれやアレルギーについて
・バンドは多少余裕を持たせ、通気性をよくしてご使用ください。
・かぶれやすい体質の人や体調によっては、皮膚にかゆみやかぶれをきたすことがあります。
・かぶれの原因として考えられますのは、
1.金属・皮革に対するアレルギー
2.時計本体及びバンドに発生した錆、汚れ、付着した汗等です。
・万一肌などに異常を生じた場合は、直ちに使用を中止し、医師にご相談ください。
9. アフターサービスについて
現象
定期点検について
ながくご愛用いただくために、2∼3年に一度程度の点検
調整をおすすめします。定期的な点検により目に見えな
い部分が原因となる損傷を未然に防ぎ、より安心してご
使用いただけます。点検の受付けはお買い上げ店でいた
しますが、点検作業はすべてセイコーサービスセンター
で行います。点検の結果によっては調整・修理を必要と
する場合があります。部品交換の時は「セイコー純正部品」
とご指定ください。ウレタンバンドは材質の特性上、弾
力性が失われ硬化してくることがあります。お買い上げ
店で交換用のバンドをご用命ください。
押しながら
破裂、発熱、発火などの恐れがありますの
で、一般の銀電池は絶対に組み込まないよ
うにご注意ください。
5
安全ぶた
左に回す
1リュウズを左に回してネジロッ
クをゆるめてください。
3リュウズを回して日付け
を合わせてください。
警告
8. こんな時には
保管について
右に回す
・この時計は、一般の電池の代わりに専用のキネティッ
クE.S.U.を電源として使用していますので、電池交
換は不要です。
6
3
3.エクステンダー上蓋を矢印の
方向にスライドさせながら上
へ引いて開いてください。
4時報と同時にリュウズを押し込
んでください。
6. 使用電源(キネティックE.S.U.)についてのご注意
●ダイバーエクステンダーの使い方
エクスタンダ上蓋
右に回す
リュウズ
ネジロックの状態
ネジロックをゆるめた位置
1段目:日付・曜日の修正
2段目:時刻合わせ
伸展時
※回転ベゼルは、時計と逆まわりしか回転し
ませんので、無理に時計と同じ方向に回
さないでください。
5-3 日付・曜日の合わせかた
右:日付
秒針
メタルバンドで、ダイバーエクステンダーまたはダイバーアジャスター
機構がついている場合、下記をご参照ください。ウエットスーツの上
に着用する際に便利な機構です。
1.安全蓋を開き、本体蓋をボタンを
押して開きます。安全蓋は、危険
防止のため元の位置に戻します。
●経過時間の測定
5-2 時刻の合わせかた
5-6バンドの伸展機構について
通常時
※フル充電状態からさらに充電しても過充電防止回路が働きますので、
安心してお使いいただけます。
押し込む
〈インジケーターが表示する意味〉 ※インジケーターで示す持続時間は目安としてお使いください。インジケーターの表示が実際の ・携帯中もしくは、外に置いてある時
インジケーターはキネティック
E.S.U.に蓄えられた充電量を調べ、
4段階の表示で示します。但し、
段階的で幅を持った表示のため
時計が動き続ける時間を細かく
※蓄えられた充電量はインジケーターで調べることができます。
(→「4-2充電量を調べるには」を参照)
※手振りによる充電直後はインジケーターの示す充電量が若干多め
に出る可能性がありますので、10∼15分後に再度ご確認ください。
回転ベゼル
分針
日付・曜日
40
約6時間∼約2日
5一般的なお手入れに関しては、「7.使用
上のご注意とお手入れの方法」を参照
してください。
※1秒間に2往復程度の早さで、約20cm位の
距離を往復させる様に振っていただくこと
が最も効率的です。
※極端に早く激しく振っても効率の良い充電
はできません。
※発電機を回す回転錘の音が聞こえますが異
常ではありません。 時刻合わせをした後、日付けを合わせ直すときや前月が小の月(1ヵ月の日数が30日の月
と2月)で月始めの日付けの修正のときに行います。
20
充電量 持続時間
4 時計本体がガソリン・アルコール等の薬
品に触れると、故障の原因になります
のでご注意ください。
※止まっている時計(KINETIC)を動かす場合や、充電量
が少なくなった場合に行ってください。
1時計を下の図のように矢印の方向へ振ってください。1秒
間に2往復のリズムで、約100回(往復)振ってください。
約6時間分の蓄えができたことになります。この時、秒針
の動きは2秒運針から通常の1秒運針になります。
2 さらに振り続けて1日分程度の充電をしてから携帯する
ことをお勧めします。この時計はフル充電で「7日」以
上の充電量を得られますが、初めにフル充電にしていた
だく必要はありません。1日分の充電量を確保するため
には約200∼250回(往復)が必要です。
・あなたの腕の動きを電気に変換して蓄える方式です。静止し
たままでは充電されません。
・目安として一日10時間以上の携帯をおすすめします。
・充電量が残り少なくなりますと、秒針が一度に2目盛ずつ運針
(以下〈2秒運針〉と表現します)してお知らせします。「41充電のしかた」をよくお読みになって充電してください。
〈インジケーター30秒表示につ
いて〉
30秒
50
20秒
10
・ボタンを押すと運針中の秒針
が早送りし、その早送りする
秒数で持続時間を示します。
・携帯中に充電状態を確認する
時や腕から外しておく時など、
後どのくらい動き続けるかを
確認できます。
10秒
注意
3汚れ等が洗い流せない場合は、
お買い上げ店、またはセイコー
取扱店にご相談ください。
5. 製品の説明 5-1 各部の名称とはたらき
インジケーターの表示
5秒
2時計を洗ったあとは乾い
た布等で水分を完全にふ
いてください。
2水中でリュウズの
ネジロックをゆる
めることや、リュ
ウズを引き出すこ
とは絶対にしない
でください。
4. ご使用にあたって 4-1 充電のしかた
一般のクオーツ式腕時計はボタン電池で動きますが、セイコーダイバースキュー
バ5M43は“時計を振る”ことによって内蔵された発電機が回され、発電し
た電気をキネティックE.S.U.に蓄えて時計を動かすというSEIKO独自の機構
を持ったクオーツ時計です。従って、電池交換の必要はありません。
あと何日動くかを針の動きでお知らせするインジケーター付きです。フル
充電で約7日間以上動き続けます。
一般のクオーツ時計とは違い、旅行中などの電池寿命切れを気にすること
無くご使用いただけます。
1時計に付着した泥、砂、
海水等はリュウズがしっ
かり締めてあるか確認の
上、真水でよく洗い流し
てください。
4時刻・カレンダーが正確にセット
されていること。
4-2 充電量を調べるには(インジケーターの使いかた)
・発電し蓄えられた充電量を調
べることができます。
・今からどのくらい動き続ける
か(持続時間)が分かります。
2-3 ダイビング後
1岩などの硬いもの
にはぶつけないよ
うに注意してくだ
さい。
20
・ダイバーズウオッチのご使用にあたっては、各種
のダイビングに関する安全教育やトレーニングを
受け、それに従ったルールを守ってご使用くださ
い。
・この時計を実際のダイビングに使用される時には、
毎回のご使用前に正しく作動しているか、点検を
していただくと共に、使用中の注意については操
作方法の項目に記載されている注意事項をよくお読
みください。 10
注意
2-2 ダイビング中
2-1 ダイビング前
40
・本取扱説明書で指示された操作以外は絶対にしな
いでください。
・ヘリウムガスを使用する「飽和潜水」には絶対に
使用しないでください。
(空気ボンベを使用する潜水用)
この項目では、ダイビ
ングの前、中、後での
注意事項を記述してあ
ります。それぞれの注
意事項を守り、より安
全なダイビングを心が
けてください。
3. 製品の特長
30
警告
2. ダイビングに際しての注意事項 ※必ずお読みください
30
1. ご使用の前に必ずお読みいただきたいこと
・万一故障した場合には、お買い上げ店にお持ちください。保証期間
内の場合は保証書を添えてください。
・保証期間経過後の修理およびこの時計についてのご相談はお買い上
げ店でうけたまわっております。なお、ご不明の点は「セイコー株
式会社お客様相談室」「セイコーサービスセンターお客様相談係」
にお問い合わせください。
・保障内容は保証書に記載したとおりですので、よくお読みいただき
大切に保管してください。
11. 製品仕様
1.水晶振動子・・・・・・32,768Hz(Hz=1秒間の振動子)
2.携帯精度・・・・・・・平均月差±15秒以内
気温5℃∼35℃における携帯において
3.作動温度範囲・・・・・−10℃∼+60℃
4.駆動方式・・・・・・・ステップモーター方式
5.使用電源・・・・・・・キネティックE.S.U.(※1. 参照) 1個
6.駆動持続時間・・・・・フル充電(インジケーター30秒表示)から止まりまで
:約7日以上
2秒運針になってから止まりまで
10. 補修用性能部品について
・この時計を補修用性能部品の保有期間は通常7年間を基準としています。
正常なご使用であればこの期間中は原則として修理可能です。
(補修用性能部品とは、時計の機能を維持するのに不可欠な修理用部
品です。)
・修理可能な期間はご使用条件によりいちじるしく異なり、精度が元ど
うりにならない場合がありますので、修理ご依頼の際にお買い上げ店
とよくご相談ください。
・修理のとき、ケース・文字板・針・ガラス・バンドなどは一部代替品
を使用させていただくことがありますのでご了承ください。
:約6時間
7.充電量表示機能つき(インジケーター)
8.電子回路・・・・・・・発振・分周・駆動・充電制御回路(C-MOS-IC) 1個
9.発電システム・・・・・小型交流発電機
10.耐磁性能・・・・・・・JIS1種耐磁時計(4800A/m(60ガウス))
11.防水性能・・・・・・・200m空気潜水用防水(JIS1種潜水時計200m)
※1.キネティックE.S.U.とは、KINETIC ELECTRICITY STORAGE UNIT
(キネティック エレクトリシティ ストレージユニット)の略。電池交
換不要のキネティックムーブメントに使用されている電源の名称です。
※2.上記の製品仕様は改良のため予告なく、変更することがあります。
Booklet メニューに
戻る
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising