■ 周囲金属の影響 ■ OR接続 (並列接続)

■ 周囲金属の影響 ■ OR接続 (並列接続)
CP-SP-1177JE
このたびは当社製品をお買い上げいただきましてありが
とうございます。
製品を正しく安全にお使いいただくために、この取扱説
明書を必ずお読みになり、理解したうえでご使用くださ
い。
お読みになったあとは、いつもお手元においてご活用く
ださい。
・負荷のない状態で直接電源を接続しないでくださ
い。短絡保護回路を内蔵していますが、電源誤配
線との組み合わせでは破損することがあります。
・コネクタタイプの場合、コネクタは手でしっかり
と締めつけてください。
■ 外形寸法図
● プリワイヤタイプ/プリワイヤコネクタタイプ
歯付座金
六角ナット
3T7HD-□
M12
FL7M7T7HD-□
M18
10T7D-□
M30
検出距離
3mm
7mm
10mm
設定距離
0∼2.1mm
0∼4.9mm
0∼7.0mm
鉄12×12×1
鉄18×18×1
鉄30×30×1
E
B
C
標準検出体
応 差
AC 40∼250V
漏れ電流
使用周囲温度
絶縁抵抗
形 番
A
B
C
D
E
FL7M-3T7HD-□
M12
55
60
9
4
FL7M-7T7HD-□
M18
38
43
12
4
FL7M-10T7D-□
M30
43
48
12
5
● コネクタタイプ
歯付座金
六角ナット
表示灯
DC 20∼250V
:5∼100mA
:AC 10V 以下、DC 6V 以下
−25∼+70℃
D
B(mm)
FL7M-3T7HD-□
8
9
FL7M-7T7HD-□
20
13.5
FL7M-10T7D-□
40
22.5
B
IP67(IEC規格)
回路保護
サージ吸収、負荷短絡保護(DC20∼40V時のみ)
形 番
A
B
C
D
FL7M-3T7HD-CN
M12
55
70
4
FL7M-7T7HD-CN
M18
38
53
4
FL7M-10T7D-CN
M30
43
58
5
● ナット使用時
取り付けは付属のナットと歯付座金を使用し、ナ
ットを締め付けてください。
下表に示す強度以下のトルクで締め付けてください。
使用する取付板や取付筐体、ナットおよび座金な
どの材質、表面状態によって許容締付トルクは変
化します。実際の組み合わせで事前にご確認くだ
さい。
形 番
許容締付トルク(N・m)
20
FL7M-7T7HD-□
70
FL7M-10T7D-□
180
主回路
・近接スイッチを直列に接続して、AND回路で使用
する場合の電源電圧は100V以上でご使用ください。
青
● プリワイヤコネクタタイプ FL7M-□T7□-CN□
コネクタタイプ FL7M-□T7□-CN
負荷
主回路
100V以上
動作点の
80%
動作点
電源
AC40∼250V
DC20∼250V
FL7M-□T7□
(ノーマルオープン出力)
表示灯
出 力
赤
OFF
近接
スイッチ
電源
AC40∼250V
DC20∼250V
[DC時]
・電源電圧≧負荷の動作電圧+2×出力残留電圧(6V)
+
緑
ON
−
+
■ 相互干渉
負荷
取り扱い上の注意
・AND、OR接続で使用する場合、誤パルスや漏れ
電流などの影響で使用できない場合があります。
使用前に問題のないことを確認の上お使いくだ
さい。
■ リレー負荷
FL7シリーズの残留電圧は、AC電源使用時10V、DC
電源使用時6Vあります。
リレー負荷をご使用になる場合には十分にご注意く
ださい。(DC12Vリレーは開閉できません)
・コードを持って近接スイッチを振り回さないでく
ださい。
・コードを過大な力で引っ張らないでください。
・屋外および化学薬品(有機溶剤、酸、アルカリなど)
の雰囲気の中で使用しないでください。
・コードの曲げ半径はコード外径の3倍以上としてく
ださい。
・廃棄時には各自治体の条例に従って産業廃棄物と
して処分してください。
■ 配線上の注意
・近接スイッチへの配線を電力線と同一配管しない
でください。サージやノイズによる破損、誤動作
の原因になります。
・コードの延長は0.3mm2以上の電線で100m以下と
してください。
・市販のスイッチングレギュレータを使用の際は、
フレームグランド端子を接地してください。
接地をされないとスイッチングノイズにより誤動
作することがあります。
・容量性負荷、ランプ負荷など突入電流が生じる負
荷には、電流制限抵抗を負荷と出力の間に入れて
ください。
〔ご注意〕 この資料の記載内容は、お断りなく変更する場合もありますので
ご了承ください。
(24)
−
近接スイッチを並列または対向して取り付ける場合、
相互干渉を生じ誤作動の原因となります。下表に示
す距離以上離してご使用ください。
コネクタタイプ
ピン配列
−
+
■ 取り扱い上の注意
[AC時]
・電源電圧≧負荷の動作電圧+2×出力残留電圧(10V)
■ 出力、表示灯のタイムチャート
負荷
負荷
−
負荷
茶
[AC時]
OR接続では使えません。
[DC時]
センサの数×漏れ電流≦負荷の復帰電流
■ 出力部回路図と接続
● プリワイヤタイプ FL7M-□T□7□
2個以上OR接続する場合は、次の点を確認の上お使
いください。
A
AND接続(2個)をする場合は次の点を確認の上、お使
いください。
C
AC4000V 1min
保護構造
B
■ AND接続 (直列接続)
B
−10∼+60℃
50MΩ(DC500V)
耐電圧
A(mm)
取り扱い上の注意
・表示灯部(プラスチック部)で締め付けないでく
ださい。
AC 2mA 以下、DC 1mA以下
開閉電流
残留電圧
形 番
FL7M-3T7HD-□
検出距離の10%以下
電源電圧
制御出力
D
M12×1
外 径
検出体以外の金属が周囲にある場合、検出距離特性
に影響します。下表に示す距離以上離してご使用く
ださい。
+
A
形 番
■ OR接続 (並列接続)
■ 締付トルク
 2005-2013 Azbil Corporation All Rights Reserved.
シールドタイプ近接スイッチ(金属に埋め込み使用可)
■ 周囲金属の影響
A:近接スイッチの先端(検出面)から前方の鉄板までの寸法
B:近接スイッチ前方側面の鉄板までの寸法
ご注文・ご使用に際しては、下記URLより「ご注文・ご
使用に際してのご承諾事項」を必ずお読みください。
http://www.azbil.com/jp/product/cp/order.html
■ 仕 様
単位:mm
表示灯
A
近接スイッチ FL7Mシリーズ
(AC/DC共用2線タイプ)
取扱説明書
形 番
A(mm)
B(mm)
FL7M-3T7HD-□
20
30
FL7M-7T7HD-□
35
50
FL7M-10T7D-□
70
100
A
B
本 社
〒100-6419 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル
北海道支店
東北支店
北関東支店
東京支社
中
関
中
九
製品のお問い合わせは…
コールセンター:
〈アズビル株式会社〉
〈COMPO CLUB〉
部
西
国
州
支
支
支
支
社
社
店
社
0466-20-2143
http://www.azbil.com/jp/
http://www.compoclub.com
2005年
2013年
4月 初版発行(M)
8月 改訂3版(F)
CP-SP-1177JE
Thank you for purchasing our proximity sensor. This
manual contains information for ensuring correct and
safe use of this product.
Please read and understand the manual thoroughly
before using this product, and keep the manual nearby
after installation for handy reference.
• A load must be used when power is applied to the sensor. A
combination of short circuit and wrong wiring will cause
permanent damage, regardless of short-circuit protection.
• When connecting a connector fasten tightly by hand.
■ Dimensions
Toothed washer
Nut
Please read the "Terms and Conditions" from the
following URL before ordering or use:
http://www.azbil.com/products/bi/order.html
Shielded type proximity sensor (suitable for flush mounting
onto metal)
B
C
Operating
temperature
Insulation
resistance
Dielectric strength
Sealing
Circuit protection
3T7HD-_
10T7D-_
M12
3mm
0 to 2.1mm
M18
7mm
0 to 4.9mm
M30
10mm
0 to 7.0mm
12 x 12 x 1mm
18 x 18 x 1mm
30 x 30 x 1mm
A
B
C
D
E
M12
55
60
9
4
FL7M-7T7HD-_
M18
38
43
12
4
FL7M-10T7D-_
M30
43
48
12
5
Toothed washer
FL7M-7T7HD-_
20
13.5
FL7M-10T7D-_
40
22.5
Indicator
D
B
FL7M-3T7HD-CN
Handling Precaution
20
FL7M-7T7HD-_
70
FL7M-10T7D-_
180
Do not tighten the body by applying torque to the
indicator unit (plastic unit).
A
B
C
D
M12
55
70
4
FL7M-7T7HD-CN
M18
38
53
4
FL7M-10T7D-CN
M30
43
58
5
■ Operating chart of output and indicator
■ Circuit and Wiring
Proximity
Sensor
● Pre-wired type FL7M-_T_7_
■ AND Connection (Serial Connection)
When connecting two sensors in series, please pay attention to
the following:
[AC]
• Supply voltage ≥ operating voltage of the load + 2 x output
voltage drop (10V)
• Use a power supply voltage higher than 100V when the
proximity sensor is used in a serial connection (AND
connection).
Load
100V min.
FL7M-_T7_
(N.O.)
Load
Main
Circuit
Supply
voltage
40 to 250Vac
20 to 250Vdc
Blue
● Pre-wired connector type FL7M-_T7_-CN_
Connector type FL7M-_T7_-CN
Load
Main
Circuit
Supply
voltage
Indicator
Output
RED
OFF
GREEN
ON
■ Mutual Interference
Erroneous operation due to mutual interference is caused when
sensors are installed in parallel or facing each other. Separate
the sensors by at least the distance specified in the table below.
A(mm)
B(mm)
FL7M-3T7HD-_
20
30
FL7M-7T7HD-_
35
50
FL7M-10T7D-_
70
100
In an AND or OR connection, the proximity sensor
may become unusable due to an erroneous pulse or
leak current. Check that there is no problem before
use.
■ Using a Relay as the Load
The residual voltage of the FL7 Series is 10V with an AC
power supply and 6V with a DC power supply. Be careful
when using a relay load. (With a 12Vdc relay, switching is not
possible.)
■ Points to be Aware of When Handling
Handling Precaution
80% of
Operating Operating
point
point
Brown
[DC]
• The number of sensors x Leakage current ≤ Turn-off current
Load
Tighten the body at less than the maximum permissible torque
shown below, and always with the enclosed nuts and washers.
The tightening torque varies depending on the mounting plate
or housing, the nut and washer material, and the condition of
the mounting surface. Check that the torque is suitable for the
actual combination of items before use.
FL7M-3T7HD-_
C
50MΩ min. (500Vdc)
[AC]
• Cannot be used with a parallel connection.
of the load.
Permissible torque (N•m)
Nut
-10 to +60°C
4000Vac 1min
IP67 (IEC Standard)
Surge voltage protection,
short-circuit protection (only 20 to 40Vdc)
9
● When a nut is used
FL7M-3T7HD-_
10% max. of sensing distance
40 to 250Vac / 20 to 250Vdc
2mAac max. / 1mAdc max.
Load current:
5 to 100mA.
Voltage drop:
10Vac max. / 6Vdc max.
-25 to +70°C
8
■ Tightening Torque
D
M12 x 1
Size
Sensing distance
Setting distance
Standard target
(steel)
Hysteresis
Supply voltage
Leakage current
Output
FL7M-3T7HD-_
B
A
When connecting two or more sensors in parallel, please pay
attention to the following:
A : Distance between the front of an iron plate and the sensing
face of the proximity sensor.
B : Distance between the side of an iron plate and the center of
the proximity sensor sensing face.
● Connector type
FL7M7T7HD-_
B
B(mm)
A
Model number
Indicator
Unit: mm
■ OR Connection (Parallel Connection)
• Metals opposite the sensor's sensing face must be removed to
avoid false actuation. Keep metals away from the sensors as
specified below.
• Shaded areas indicate surrounding metal other than the target
object.
A(mm)
E
 2005-2013 Azbil Corporation All Rights Reserved.
■ Specifications
■ Influence from Adjacent Metal
● Pre-wired type / Pre-wired connector type
A
Proximity Sensors FL7M Series
(2-wire AC/DC Type)
User's Manual
[DC]
• Supply voltage ≥ operating voltage of the load + 2 x output
voltage drop (6V)
• Do not swing the sensor by the cable.
• Do not pull the cable with excessive force.
• Do not use the sensor outdoors, or where it is in close
proximity to chemicals (solvents, acids, alkalies, etc.).
• If bending the cable, keep R (the radius of the bend) ≥ D (the
cable diameter) x 3 at least.
• When disposing of an FL7M Series switch, dispose of it
appropriately as industrial waste in accordance with
applicable regulations.
■ Wiring cautions
• Route the wires of the sensor separately from power lines or
through an exclusive conduit. Otherwise, electrical noise or a
power surge may cause faulty operation or damage.
• If an extension of the cable is necessary, use at least a
0.3mm2 wire of 100m maximum length.
• When using a commercial switching regulator, ground the
FG (Frame Ground) and G (Ground) terminals. Otherwise,
switching noise may cause faulty operation.
• When using a load to generate a transient current, connect a
current limit resistor between the load and the output
terminal. Otherwise, the short-circuit protection may be
activated.
Load
Vs
A
Specifications are subject to change without notice. (09)
B
Connector
face view
40 to 250Vac
20 to 250Vdc
1-12-2 Kawana, Fujisawa
Kanagawa 251-8522 Japan
URL: http://www.azbil.com
1st edition: Apr. 2005 (M)
3rd edition: Aug. 2013 (F)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement