2015年1月16日 第1回会社説明ツアー用資料

2015年1月16日 第1回会社説明ツアー用資料
トレックス・セミコンダクター株式会社
証券コード 6616
第1回会社説明ツアー用資料
私たちトレックス・セミコンダクタ―は
小型化・省電力化で
2015年1月16日
豊かな社会の実現と地球環境の保全に貢献します
目次
内容
第一部
頁
内容
ウェアラブル市場の実態
1. 全体概要と最新動向
第二部
2
頁
トレックスの取組み
1. 2015年度以降の目標@ウェアラブル市場
25
1-1. ウェアラブル機器とは
3
1-1. 中期経営目標数値
26
1-2. 市場規模
4
1-2. ウェアラブル機器向け売上目標
27
1-3. 今後の普及動向
5
1-4. 最新デバイス事例
7
2-1. 想定競合企業一覧
29
13
2-2. 市場シェア@アナログ電源IC市場
30
2-1. 各分類への売り込み状況
14
2-3. 競合に対する優位性
31
2-2. 売り込み結果概要
15
3. ウェアラブル市場攻略方針
35
2-3. 今後の見通し
16
3-1. 市場成長率に対する売上拡大方針
36
17
37
2. 実需から見た実態
3. 今後の展望と当社の位置付け
2. 競合動向
28
3-1. 市場の全体像
18
3-2. 売上拡大に向けた市場攻略方針の
全体像
3-2. ウェアラブルの成功条件
19
3-3. 攻略方針①:大本を狙う
38
3-3. 各デバイスの今後の展望
20
3-4. 攻略方針②:数を囲う
39
3-4. 当社の位置付け
23
3-5. 攻略方針③:幅を広げる
40
1
目次
1. 全体概要と最新動向
1.
2.
3.
4.
ウェアラブル機器とは
市場規模
今後の普及動向
1
全体概要と最新動向
2
実需から見た実態
3
今後の展望と当社の位置付け
最新デバイス事例
2
1. 全体概要と最新動向
1-1. ウェアラブル機器とは
• 身に着けて持ち歩くことができる情報端末の総称で、端末の形態で「リストバン
ド型」「腕時計型」「メガネ型」「その他」に分類される(平成26年版情報通信白書より)。
形態
イメージ
特徴
 腕に装着する形状の端末
 1日24時間の常時装着も可能となるよう
軽量に設計されている場合が多い
リストバンド型
腕時計型
 腕に装着する形状の端末
 一定の大きさを持った表示画面を搭載し、
リストバンド型に比べ様々な操作や情報
の表示を可能にしている
メガネ型
 メガネ状の端末
 両目もしくは片目の視野部分が透過型の
ディスプレイになっており、映像や画像
が空中に浮いているように見える
その他
 クリップ型や指輪型、コンタクトレンズ
型、コイン型、ヘッドフォン型、ジーン
ズ型等の様々な形状の端末は「その他」
として分類
3
1. 全体概要と最新動向
1-2. 市場規模
• 予測結果にばらつきはあるが、概ね2015年以降の成長が予測されている。
ウェアラブル市場に関する各社の市場規模予測結果
販売台数
(世界:万台)
24,000
矢野経済研究所
(世界)
22,000
【凡例】
平均CAGR
37.2%
MM総研:
「ウェアラブル端末に
関する日米動向調査」
2014年1月30日発行
20,000
18,000
Futuresource
(世界)
16,000
14,000
販売台数
MM総研(国内:万台)
(世界)
800
12,000
シードプランニング(国内)
10,000
600
8,000
野村総研
(国内)
6,000
400
4,000
矢野経済研究所:
「ウェアラブルデバイ
ス市場に関する調査結
果2014」
2014年10月29日発行
Futuresource:
「Worldwide
Wearables Market
Volume By Country」
2014年11月5日発行
野村総研:
「2020年度までのIT主
要市場の規模とトレン
ドを展望」(国内)
2014年12月4日発行
200
2,000
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
4
2019年
2020年
シードプランニング:
「2014-2015ウェアラ
ブル市場の普及と展
望」(国内)
1. 全体概要と最新動向
1-3. 今後の普及動向(1/2)
• ウェアラブル市場は“過度な期待のピーク期”にあり、主流の採用までに5-10年
かかると見られている。
先進テクノロジのハイプサイクル2014(ガートナー)
5
1. 全体概要と最新動向
1-3. 今後の普及動向(2/2)
• ウェアラブル関連商品への消費者の注目度は確実に増加傾向にある。
消費者が選ぶ2015年の有望商品ランキング ベスト10
1位
電気自動車
6位
終活
2位
3Dプリンター
7位
スマートウォッチ
3位
格安スマートフォン
8位
カーシェアリング
4位
国産ジェット機
9位
公衆Wi-Fi
5位
4Kテレビ
10位 ウェアラブルカメラ
【出典】電通総研2014年11月27日
6
1. 全体概要と最新動向
1-4. 最新デバイス事例(1/6)
特徴
イメージ(実際の画像とは異なります)
【JAWBONE UP3】
 心拍数追跡機能を追加
 水深10mの防水性能を備える
 電気生体インピーダンスセンサを採用
 ディスプレイ搭載はなし。カジュアルな着用を想定
リ
ス
ト
バ
ン
ド
型
【Cicret】
 自分の腕をスマートフォンの“第二のディスプレイ”として
使えるようにする
 同期されたスマートフォンの画面が腕に投影されて、その画
面でスマートフォンが操作可能
 まだ製品化には至っていない
【Swarovski Shine】
 真ん中のクリスタルが、身に付けた人の情報(歩数・距離・
消費カロリー・睡眠時間など)を記録
 “エネルギーハーベスティング(環境発電)技術”を活用し
た世界初のワイヤレス活動量計
 クリスタルは、さまざまなアクセサリーに取り付けることが
可能
7
1. 全体概要と最新動向
1-4. 最新デバイス事例(2/6)
特徴
イメージ(実際の画像とは異なります)
【Healbe GoBe】
 着けているだけで摂取カロリーだけでなく、消費カロリーや
心拍数など、さまざまなデータを測定
 パルスセンサー・インピーダンスセンサー・加速度計という
3つのセンサーを内蔵
 低周波信号を送ることで体内のグルコース濃度を検出
 防水
リ
ス
ト
バ
ン
ド
型
【SCOSCHE RHYTHM】
 二の腕にはめて、運動中の心拍数や消費カロリーなどのデー
タを測定
 運動の成果を即時にFaceBookやTwitter でワンタッチで共有
可能
【Fitbit Charge HR】
 睡眠状況をトラッキング
 無線同期
 カロリー消費量や活動量のモニタリング機能搭載
8
1. 全体概要と最新動向
1-4. 最新デバイス事例(3/6)
特徴
イメージ(実際の画像とは異なります)
【VELDT SERENDIPITY】
 時計としてスマートで美しい外観
 手元の操作だけでタクシー呼び出しが可能
 iPhone(iOSデバイス)とBluetoothのワイヤレスで連携して
利用
 Androidスマートフォンに未対応
腕
時
計
型
【Sony SmartWatch3】
 防水防塵対応で2日間バッテリー維持
 Android Wear対応
 音声コマンド対応
【Timex Ironman】
 3G 通信機能を搭載、単体でメールの送受信が可能
 低消費電力で日中の視認性が高い Mirasol ディスプレイ採用
 定期的に GPS の位置情報を付したメールを送信する GPS
追跡機能を搭載
 ワークアウト中の移動速度、距離、ペースなどを測定しア
ラートとして適宜画面に表示
9
1. 全体概要と最新動向
1-4. 最新デバイス事例(4/6)
特徴
イメージ(実際の画像とは異なります)
【G-SHOCK GBA-400】
 Bluetooth® SMARTに対応
 スマートフォンとの連携で、多彩な音楽機能や簡単時計設定
を実現
 街角などで聞こえてきた楽曲をスマートフォンで検索し、
タイトルを時計に表示する曲名検索を実現
腕
時
計
型
【Magellan Echo】
 フィットネスアプリを画面表示
 画面タップとボタンでアプリと音楽を操作
 心拍数などの設定情報を通知
【Withings Activité Pop】
 1万歩を目標として、達成度に合わせて針が0から100まで動
くデイリーフィットネスメーター搭載
 自動的に睡眠を計測
 150ドル
10
1. 全体概要と最新動向
1-4. 最新デバイス事例(5/6)
特徴
イメージ(実際の画像とは異なります)
【JINS MEME】
 三点式眼電位センサーと、三軸加速度センサー 、三軸ジャ
イロ(角速度)センサー搭載
 追加料金で度付きレンズに交換可能
 着用者も自覚していない疲れや眠気、身体データなどを取得
 約36g
メ
ガ
ネ
型
【Sony SmartEyeglass Attach!】
 サングラスなどにアタッチメント方式で取り付け
 透過型OLEDディスプレイ
 視界の端にテニスやゴルフのスイングやコース情報を表示
【ブラザー工業 AiRScouter WD-200S】
 1,280×720ピクセルの高解像度
 新開発のヘッドバンド方式により、ずれにくく自然な装着感
を実現
 映像入力用のインターフェースとしてHDMI端子とビデオ端
子(コンポジット)を搭載
 約141g
11
1. 全体概要と最新動向
1-4. 最新デバイス事例(6/6)
特徴
イメージ(実際の画像とは異なります)
【Osterhout Design Group AR Smart Glasses】
 OSはAndroidベースの独自OS「ReticleOS」搭載
 米Qualcommの2.7GHzクアッドコアプロセッサを搭載
 3D映像を現実空間に重ねるAR機能も備える
 Wi-FiとBluetooth 4.0に対応し、GPSも搭載
 約125g
メ
ガ
ネ
型
【Atheer Labs Atheer One】
 高精細1024×768ピクセルのディスプレイ2面搭載
 Qualcomm 8074(Snapdragon 800)搭載
 約75g
【エプソン Moverio BT-200】
 映像を表示する画面と周囲の状況が同時に確認できる「シー
スルー表示」に対応
 MiracastやBluetooth対応など外部機器との接続性を強化
 ジャイロセンサーやGPS、カメラなどを搭載
 専用アプリの開発SDKを提供し、アプリストアも用意
 約88g
12
目次
2. 実需から見た実態
1. 各分類への売り込み状況
2. 売り込み結果概要
3. 今後の見通し
13
1
全体概要と最新動向
2
実需から見た実態
3
今後の展望と当社の位置付け
2. 実需から見た実態
2-1. 各分類への売り込み状況
• リストバンド型と腕時計型への売込みが全体の7割を占めている。
販売拠点
デ
バ
イ
ス
合計
日本
アジア
欧州
北米
(N=200強)
リストバンド型
5.4%
23.0%
3.5%
1.9%
33.8%
腕時計型
4.2%
13.6%
14.2%
3.8%
35.8%
メガネ型
0.0%
2.9%
0.0%
1.0%
3.9%
その他
4.8%
6.5%
10.6%
1.0%
22.9%
リファレンス
デザイン
0.0%
2.2%
0.0%
1.4%
3.6%
合計
14.4%
48.1%
28.4%
9.1%
100.0%
展示会出展社数
2015年
2018年
日本国内
ウェアラブルEXPO
100社
500社
150社
14
世界のウェアラブル
関連会社数
左の数字に対し、GDP比で各国
のウェアラブル関連会社数を概算
1,500社以上
世
界
市
場
全
体
の
1
割
強
に
売
り
込
み
2. 実需から見た実態
2-2. 売り込み結果概要
• 2014年5月から結果が出始め、現在も拡大基調にあるが、会社全体の業績への
貢献は2015年度以降になるのではないか。
2014年度ウェアラブル機器向け売上高(実績と予測)
販売実績
販売予測
拡大基調にはあるが、
全体売上は1億円未満
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
15
11月
12月
1月
2月
3月
2. 実需から見た実態
2-3. 今後の見通し
• 2014年度のウェアラブル市場規模(世界)の実態は、3,000万台未満と想定。
• 2015年度以降、腕時計型を中心にCAGR30%以上で伸張していくと推測。
販売台数
(世界:万台)
24,000
22,000
20,000
18,000
16,000
14,000
矢野経済研究所
(世界)
平均CAGR
当社実績から見た
2014年度ウェアラブル市場の規模
2014年度
当社売上
当社
売り込み
比率
=1億円未満
=1割強
=500万台未満
2014年度の
世界市場規模は
2~3,000万台未満
12,000
10,000
37.2%
実態の想定結果から
MM総研
Futuresource
シードプランニング
(世界)
販売台数
野村総研
MM総研(国内:万台)
の予測値が
(世界)
800 実態をより正確に
反映していると想定
シードプランニング(国内)
600
8,000
野村総研
(国内)
6,000
3社平均CAGR
400
32.0%
4,000
200
2,000
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
16
2019年
2020年
当社推測CAGR
30.0%
目次
3. 今後の展望と当社の位置付け
1.
2.
3.
4.
市場の全体像
ウェアラブルの成功条件
各デバイスの今後の展望
1
全体概要と最新動向
2
実需から見た実態
3
今後の展望と当社の位置付け
当社の位置付け
17
3. 今後の展望と当社の位置付け
3-1. 市場の全体像
• “デバイス”は過当競争に陥りつつあるが、“部品”は寡占化が進んでいる。
ウェアラブルの目的
情報活用
作
業
支
援
操
統作
合機
器
技
能
伝
承
言
語
変
換
体
管内
理機
能
認
拡識
大範
囲
操
拡作
大範
囲
スイング
情報記録
血糖値計
動線確認
次作業
遠隔指示
スマホ
情報表示
作業内容
記録
同時通訳
体温調節
ゲーミフィ
ケーション
家電
遠隔操作
高齢者
状況確認
フォーム
情報記録
心拍数
記録
スタッフ配置
管理
マニュアル
表示
スマホ管理
家電操作
動作情報
デジタル化
テキスト変換
感情把握
・制御
AR情報
アクセス
設備
遠隔操作
登山者
安全確認
タイミング
情報記録
睡眠情報
管理
レイアウト
効果確認
…
ペット活動
状況管理
食事量
計測
管
理
他機器
情報表示
道案内
…
…
…
…
…
iOS/Taizen/Android Wear等が覇権争い
…
…
ハ
ー
ド
業
管務
理状
況
…
子供位置
情報確認
…
OS
生
確体
認情
報
…
移動距離
記録
パフォーマンス
安
否
確
認
能力拡張
…
ソ
フ
ト
アプリ
健
康
管
理
効率向上
Android Wearが主流
デバイス
アプリに応じ、リストバンド/腕時計/メガネ型等を中心に、何百/何千社の企業がひしめく
部品
マイコン/CPU等の基幹部品は、QualcommやTI、Mediatek、Broadcom等により寡占化
素材
防水/軽量化/曲面加工/耐衝撃/ノイズ耐性等の機能を各素材メーカーが追及
ワネ 機器間
ーッ
クト モバイル
通信
Bluetooth LEが主流。Wi-Fiチップとの統合をQualcommやBroadcom等が推進
LTEが中心。2016年からAdvanced LTE、2020年から5Gのサービスが開始予定
18
3. 今後の展望と当社の位置付け
3-2. ウェアラブルの成功条件
• ウェアラブル機器の普及には、「活用シーンの提案」「ビジネスモデルの構築」
に加え、大きく5つの課題への対応が必要。
重量
慣習
意匠
法令
デザイン
メンテナンス
電力制御
• 電池容量
• 消費電力
活用シーンの提案
周囲
機器
受容可否
企業
機器
メーカー
会社
使用者
意欲と体力
友人
売上・利益
インフラ
家族
インフラ
メーカー
その他
使いやすさ
インタフェース
ビジネスモデルの構築
機器間連携
19
3. 今後の展望と当社の位置付け
3-3. 各デバイスの今後の展望(1/3)
• リストバンド型は停滞見込みで、腕時計型の普及は補助機器次第。
現在の位置付け/見られ方
慣習
リ
ス
ト
バ
ン
ド
型
意匠
 ファッションの一部
(例:ブレスレット)
 人間の三大欲求に反する(異性へのア
ピール、ステータスの誇示等に逆効
果)
インタフェース
 データ確認デバイス(PCやスマート
フォン等)が別途必要
意匠
 ファッション
 ステータス
電力制御
 電池交換は数年に一度
 人間の三大欲求に反する(異性へのア
ピール、ステータスの誇示等に逆効
果)
 電池容量が小さく、2-3日に1度は充電
が必須
インタフェース
今後の展望
「ならスマホでいっか」
機器間連携
 スマートフォンも同機能を搭載
慣習
腕
時
計
型
現状/想定される事象
機器間連携
 スマートフォン/メガネ型も同機能を
搭載
 インタフェース領域が狭い
20
ある程度まで
普及は進むが頭打ち
「ならスマホでいっか」
「メガネ型の方がいいね」
普及は進まず
メガネ型が市場を淘汰
指輪型等の補助機器
との連携必須
3. 今後の展望と当社の位置付け
3-3. 各デバイスの今後の展望(2/3)
• 最も普及が進むと考えるが、長期的な取組みが必要。
現在の位置付け/見られ方
慣習
意匠
 ファッションの一部
(例:サングラス)
 視力矯正用
重量
 重くても30g程度
メ
ガ
ネ
型
電力制御
 電池交換は不要
現状/想定される事象
 人間の三大欲求に反する(異性へのア
ピール、ステータスの誇示等に逆効
果)
 視力矯正レンズとの併用が困難
 機器だけなら30g程度のものもあるが、
総重量は100g近くのものが多い
 電池容量が小さく、使い方によって数
時間に1度は充電が必須
インタフェース
 声で機器を操作する習慣がない(満員
電車の中で操作ができない)
 ジェスチャーで機器を操作する習慣が
ない(他人が見ると単なる変人)
法令
 プライバシーが保てない(いつでも画
像・動画撮影が可能
21
今後の展望
「自分だけは恥ずかしい」
「眼鏡と一緒じゃないと」
「すぐにずれちゃう」
「なんか気持ち悪いよね」
↑
↓
「自動翻訳すっごく便利」
「仕事が楽チン」
「すぐ検索できちゃうね」
デメリットを大きく上回る
メリットの提示が必要
(活用シーンと
ビジネスモデル)
業務用途から始まり
最も普及は進むが
長期戦
3. 今後の展望と当社の位置付け
3-3. 各デバイスの今後の展望(3/3)
• 他機器との組合せ次第で普及の可能性あり。
現在の位置付け/見られ方
慣習
そ
の
他
意匠
 誓約の証
(例:結婚指輪)
 ファッションの一部
(例:ペンダント)
電力制御
 電池交換は不要
現状/想定される事象
今後の展望
 人間の三大欲求に反する(異性へのア
ピール、ステータスの誇示等に逆効
果)
「なんか違和感あるよね」
↑
↓
「リモコン要らずで
とっても便利」
見えない部分で装着可能
(例:足首/首周り/
肌着として等)
 男の指輪は違和感だらけ(結婚指輪を
除く)
インタフェース
 周辺機器との連携必須
腕時計型等との組合せ
次第で普及傾向は変化
22
3. 今後の展望と当社の位置付け
3-4. 当社の位置付け
• 部品供給メーカーとして、市場成長の恩恵を受け易い立場にある。
ウェアラブルの目的
情報活用
安
否
確
認
移動距離
当社の状況
記録
ソ
フ
ト
アプリ
業
管務
理状
況
作
業
支
援
血糖値計
動線確認
扱う製品が「電源」のため、
食事量
計測
登山者
安全確認
タイミング↓ 睡眠情報
情報記録
管理
操
統作
合機
器
能力拡張
技
能
伝
承
次作業
スマホ
作業内容
遠隔指示当社の状況
情報表示
記録
レイアウト
効果確認
体
管内
理機
能
認
拡識
大範
囲
操
拡作
大範
囲
同時通訳
体温調節
ゲーミフィ
ケーション
家電
遠隔操作
↓
道案内
…
…
…
…
開発製品を絞り込み易い
…
…
どこが売れても関係なし
iOS/Taizen/Android Wear等が覇権争い
言
語
変
換
スマホ管理 動作情報
感情把握 AR情報
設備
テキスト変換
家電操作
デジタル化
・制御
アクセス
遠隔操作
寡占化が進展し、お客さま数は減少傾向
他機器
情報表示
…
…
…
…
(当社製品が採用されていれば)
…
ハ
ー
ド
スイング
情報記録
生
確体
認情
報
ペット活動
高齢者
フォーム
心拍数
スタッフ配置
マニュアル
状況管理
状況確認 情報記録
記録
管理
表示
全てのメーカーで使ってもらえる
…
部品供給
メーカー
OS
子供位置
情報確認
管
理
パフォーマンス
健
康
管
理
効率向上
Android Wearが主流
デバイス
アプリに応じ、リストバンド/腕時計/メガネ型等を中心に、何百/何千社の企業がひしめく
部品
マイコン/CPU等の基幹部品は、QualcommやTI、Mediatek、Broadcom等により寡占化
素材
防水/軽量化/曲面加工/耐衝撃/ノイズ耐性等の機能を各素材メーカーが追及
ワネ 機器間
ーッ
クト モバイル
通信
Bluetooth LEが主流。Wi-Fiチップとの統合をQualcommやBroadcom等が推進
LTEが中心。2016年からAdvanced LTE、2020年から5Gのサービスが開始予定
23
目次
内容
第一部
頁
内容
ウェアラブル市場の実態
1. 全体概要と最新動向
第二部
2
頁
トレックスの取組み
1. 2015年度以降の目標@ウェアラブル市場
25
1-1. ウェアラブル機器とは
3
1-1. 中期経営目標数値
26
1-2. 市場規模
4
1-2. ウェアラブル機器向け売上目標
27
1-3. 今後の普及動向
5
1-4. 最新デバイス事例
7
2-1. 想定競合企業一覧
29
13
2-2. 市場シェア@アナログ電源IC市場
30
2-1. 各分類への売り込み状況
14
2-3. 競合に対する優位性
31
2-2. 売り込み結果概要
15
3. ウェアラブル市場攻略方針
35
2-3. 今後の見通し
16
3-1. 市場成長率に対する売上拡大方針
36
17
37
2. 実需から見た実態
3. 今後の展望と当社の位置付け
2. 競合動向
28
3-1. 市場の全体像
18
3-2. 売上拡大に向けた市場攻略方針の
全体像
3-2. ウェアラブルの成功条件
19
3-3. 攻略方針①:大本を狙う
38
3-3. 各デバイスの今後の展望
20
3-4. 攻略方針②:数を囲う
39
3-4. 当社の位置付け
23
3-5. 攻略方針③:幅を広げる
40
24
目次
1. 2015年度以降の目標
1. 中期経営目標数値
2. ウェアラブル機器向け売上目標
25
1
2015年度以降の目標
2
競合動向
3
ウェアラブル市場攻略方針
1. 2015年度以降の目標
1-1. 中期経営目標数値
• 更なる高収益体質の強化を図り、120億強の売上達成を目指す。
(百万円)
売上高
営業利益
売上高営業利益率
12,000強
9,900
9,390
15.1%
1,414
第19期
(2014年3月期)
14.3%
2,000強
1,420
第20期
第21期
(2015年3月期)
(2016年3月期)
26
第22期
(2017年3月期)
1. 2015年度以降の目標
1-2. ウェアラブル機器向け製品売上目標
• OTHERの1/4弱をウェアラブル機器向け製品での売上で達成する。
IND
CAR
AMU
PC
:産業機器
:車載機器
:アミューズメント機器
:PC、PC周辺機器
OTHER
MED
HOM
OTHER
11.6%
OTHER
MED
ENE
COM
12.2%
OTHER 14.6%
MED
HOM
MED
HOM
ENE
AV
MED :医療機器
OTHER:その他(ウェアラブル機器等)
COM:コミュニケーション機器
AV :デジタル家電機器
ENE :充電機器
HOM:生活家電・健康機器
HOM
ENE
AV
AV
COM
COM
AV
COM
PC
PC
PC
AMU
PC
AMU
AMU
CAR
CAR
ENE
CAR
12.0%
IND
31.4%
AMU
CAR
14.0%
IND
33.7%
11.1%
26.0%
IND
IND
第19期
第20期
第21期
第22期
(2014年3月期)
(2015年3月期)
(2016年3月期)
(2017年3月期)
27
ウェアラブル
売上
目次
2. 競合動向
1. 想定競合企業一覧
2. 市場シェア@アナログ電源IC市場
3. 競合に対する優位性
28
1
2015年度以降の目標
2
競合動向
3
ウェアラブル市場攻略方針
2. 競合動向
2-1. 想定競合企業一覧
• 事業全体で、海外ではTI/Maxim/LT/Richtek等と主に競合。
日本、海外
Gartner アナログ売上高ランキング
アナログ比率
売上高営業利益率
(連結)
417
33.0%
3.7%
-232
221
2.8%
-3.0%
-44
220
14.5%
-2.9%
2,838
55
189
6.7%
1.9%
19,245
634
183
1.0%
3.3%
58,003
1,943
178
0.3%
3.4%
2,924
-9
161
5.5%
-0.3%
86
6
※
100.0%
6.5%
4,250
34.8%
24.4%
783
2,049
77.8%
29.7%
616
1,638
67.1%
25.2%
1,282
573
1,213
94.6%
44.7%
2013年12月
2,783
251
715
25.7%
9.0%
スイス
2013年12月
8,050
-705
556
6.9%
-8.8%
Intersil
米国
2014年1月
575
48
529
92.0%
8.3%
Cirrus Logic
米国
2013年3月
810
204
426
52.6%
25.2%
Richtek Technology
台湾
2013年12月
372
71
375
100.8%
19.1%
Fairchild Semiconductor
米国
2013年12月
1,405
24
321
22.8%
1.7%
Code
決算
売上高(億円)
営業利益(億円)
サンケン電気
6707
2013年3月
1,264
46
ルネサス
6723
2013年3月
7,858
ミツミ電機
6767
2013年3月
1,521
セイコー
8050
2013年3月
リコー
7752
2013年3月
東芝
6502
2013年3月
ローム
6963
2013年3月
トレックス(実績)
6616
2013年3月
(海外)
国籍
Texas Instruments
米国
2013年12月
12,205
2,984
Analog Devices
米国
2013年11月
2,634
Maxim
米国
2013年12月
2,441
Linear Technology
米国
2013年6月
ON Semiconductor
米国
STMicroelectronics
Gartner アナログ
売上高(M$)
(日本)
(M$)
(M$)
•
•
•
29
アナログ売上高はGartnerより(2012年暦年ベース)※当社除く
1$=100円で試算
黄色はアナログ比率50%以上
2. 競合動向
2-2. 市場シェア@アナログ電源IC市場
• 海外メーカーが上位を占めている。
• 当社のシェアは0.9%。
(Million$)
TOREX
0.9%
Texas Instruments
Maxim Integrated
Linear Technology
11.6%
990
588
6.9%
ST Microelectronics
410
ON Semiconductor
360
4.2%
Power Integrations
303
3.5%
8,700億円
Intersil
234
2.7%
(2013年時点)
Ricoh
215
2.5%
Richtek Technology
211
2.5%
Fairchild Semiconductor
200
2.3%
Others
25.1%
2,149
4.8%
2,909
【出典】IHS Global株式会社調べ(2013年)
30
33.9%
2. 競合動向
2-3. 競合に対する優位性(1/4)
TOREX
Product Name
XC9265B/D
XC9265A/C
Input Voltage Range
2.0-6.0V
2.0-6.0V
Output Voltage Range
1.0-4.0V
Output Voltage Accuracy
TI
XCL210
TPS62736
TPS62737
TPS62740
2.0-6.0V
2.0-5.5V
2.0-5.5V
2.2-5.5V
1.0-4.0V
1.0-4.0V
1.3V-5.5V
1.3V-5.5V
1.8V-3.3V
2%
2%
2%
2%
2%
2%
Max. Output Current
50mA
200mA
50mA
50mA
200mA
300mA
Supply Current
0.5uA
0.5uA
0.5uA
0.38uA
0.375uA
0.36uA
External Componet counts
3
3
2
6
6
4
Iout=10uA
82.9%
77.3%
XX%
79.6%
75.4%
76.3%
Efficiency
Iout=100uA
90.6%
88.6%
XX%
87.9%
83.6%
83.8%
(Vin=3.6V,
Iout=1mA
91.7%
89.8%
XX%
89.7%
86.1%
84.8%
Vout=1.8V)
Iout=50mA
93.0%
90.1%
XX%
91.5%
85.0%
85.4%
Iout=200mA
-
90.3%
-
-
84.4%
85.3%
180mA
330mA
180mA
100mA
370mA
XXmA
PFM Switching Current
(XC9265B/D+Inductor)
PKG picture
TBD
PKG
USP-6EL
USP-6EL
CL2025-01
S-PVGFN-N14
S-PVGFN-N14
R-PWSON-N12
PKG size
1.8x2.0mm
1.8x2.0mm
2.0x2.5mm
3.5x3.5mm
3.5x3.5mm
2.0x3.0mm
-
-
-
-
PKG picture
PKG
SOT-25
SOT-25
-
-
-
-
PKG size
2.8x2.9mm
2.8x2.9mm
-
-
-
-
31
2. 競合動向
2-3. 競合に対する優位性(2/4) ~ パッケージ構造 ~
• 競合他社はPKG上面に電極がある為、実装時の高さにマージンが必要。
TOREXのPKG
TOREXのPKGは電極が
上面になく下面のみ
競合他社のPKG
積層コイル上にベース
基板を作成
IC、コンデンサを基板
上に配置
ベース基板にICチップを内蔵
コイル、コンデンサを基板上
に配置
32
2. 競合動向
2-3. 競合に対する優位性(3/4) ~ 放熱性と効率 ~
• 競合他社は周囲温度が高温時に性能を落とす必要があるが、当社製品はフルスペ
ックで使用可能。
XCL206
T company
条件
Vin
Vout
Iout
Ta
: 4.2V
: 1.8V
: 600mA
: 25℃
高温部が基板周辺まで広がっている
(基板へ放熱されている為、実装時の許容
損失値が大きい)
高温部がICのみで基板への放熱がされていない
(十分な放熱が出来ず、実装時の許容損失値が
小さい)
XCL214
M company
40.3℃
57.1℃
高効率、低損失の為、温度上昇が
抑えられている
条件
Vin
Vout
Iout
Ta
効率が悪く損失が多い為、発熱している。
33
: 5.0V
: 1.8V
: 1A
: 25℃
2. 競合動向
2-3. 競合に対する優位性(4/4) ~ 不要輻射ノイズ ~
• 他社製品よりもノイズ特性に優れている。
[dB(μV/m)]
70
VCCI_B,QP
H,PK
V,PK
XCL212
[dB(μV/m)]
70
60
50
50
40
40
Level
Level
60
30
E Company(2A品)
VCCI_B,QP
H,PK
V,PK
EMI Standard :
VCCI Class B[10m]
Test Condition :
VIN=5V,
VOUT=1.8V,
IOUT=1A(R=1.8Ω)
30
20
20
10
10
0
30
50
100
500
Frequency
[dB(μV/m)]
70
0
30
1000
50
100
[MHz]
XCL214
[dB(μV/m)]
70
60
50
50
40
40
Level
Level
60
30
500
Frequency
1000
[MHz]
M company(1.2A品)
EMI Standard :
VCCI Class B[10m]
Test Condition :
VIN=5V,
VOUT=1.8V,
IOUT=1A(R=1.8Ω)
30
20
20
10
10
0
30
50
100
500
Frequency
1000
0
30
50
[MHz]
100
500
Frequency
34
1000
[MHz]
目次
3. ウェアラブル市場攻略方針
1. 市場成長率に対する売上拡大方針
2. 売上拡大に向けた市場攻略方針の
全体像
3. 攻略方針①:大本を狙う
4. 攻略方針②:数を囲う
5. 攻略方針③:幅を拡げる
35
1
2015年度以降の目標
2
競合動向
3
ウェアラブル市場攻略方針
3. ウェアラブル市場攻略方針
3-1. 市場成長率に対する売上拡大方針
• 当社想定の市場成長率以上の成長を目指す。
目標の成長率
130.0%強
売上高
【凡例】
当社想定CAGR
現状の当社成長率
ギ
ャ
ッ
プ
目標の当社成長率
ギャップを埋める
取組みが必要
想定CAGR
30.0%
現状の成長率
10.0%強
2014年
2016年
2017年
36
P.37-P.40
3. ウェアラブル市場攻略方針
3-2. 売上拡大に向けた市場攻略方針の全体像
• 「大本を狙う」「数を囲う」「幅を拡げる」の方針で市場攻略を推進。
数を囲う
幅を拡げる
大本を狙う
積あ
極ら
的ゆ
営る
業メ
展ー
開カ
へ
爆発的ヒットを生み出す
メーカーを、ヒットの前に
囲い込む
取製
扱品
製適
品用
の領
拡域
大と
自社・他社問わず、技術ト
レンドや課題への対応製品
ラインアップを拡充する
ビリ
ジフ
ネァ
スレ
のン
推ス
進
寡占が進むチップメーカー
のリファレンスデザインへ
の採用数拡大を狙う
37
市
場
成
長
率
以
上
の
成
長
を
実
現
さ
せ
る
3. ウェアラブル市場攻略方針
3-3. 攻略方針①:大本を狙う
• 寡占が進むチップメーカーのリファレンスデザインへの採用数拡大を狙う。
リファレンスビジネスの推進
リファレンスビジネスとは
当社の取組み
リファレンスデザインへの採用に向け
チップメーカーへの訴求力を強化中
大本を狙う
製品を簡単に設計可能とする回路図や部品
表を中心とした設計の助けとなるもの一式
がリファレンスデザイン。自社製品が掲載
されるとそれを利用する様々なメーカから
注文が入る。その掲載の推進を指す
小型化
追求
特殊パッケージング構造
(USP:特許あり)の更な
る小型化を研究
省電力化
追求
放熱性の高い設計技術で実
現した電力変換効率の更な
る向上を追及
安全性
追求
人体への影響低減に必須の
ノイズ輻射を発信周波数の
最適化で実現
いくつかのリファレンスデザインで採用進展中
38
3. ウェアラブル市場攻略方針
3-4. 攻略方針②:数を囲う
• 爆発的ヒットを生み出すメーカーを、ヒットの前に囲い込む。
あらゆるデバイス機器メーカーへの積極的営業展開
大手競合との比較
当社の取組み
年間100万円規模の商談に対し
数を囲う
売上高
売上貢献度
2,000億
0.0005%
20倍
100億
リソースの有効活用と提案力強化に向けた
取組みを推進
代理店
活用
海外を中心に、当社代理店
からアプローチ。脈有商談
に積極提案
FAE
展開
Field Application Engineer
(技術営業)の海外での増
強と国内からの派遣を推進
情報共有
基盤整備
商談情報や成功事例等の横
展開を円滑化するシステム
導入・ナレッジ蓄積を推進
0.01%
「中国には、あなたたちの知らないウェア
ラブル機器が2万機種もある。」
(ウェアラブル最前線:2014年4月14日
日経BP社)
大手競合が扱わない小さな案件でも
当社は拾いに行ける!
欧州・中国・台湾での受注拡大中
39
3. ウェアラブル市場攻略方針
3-5. 攻略方針③:幅を拡げる
• 自社・他社問わず、技術トレンドや課題への対応製品ラインアップを拡充する。
主力製品適用領域と取扱製品の拡大
技術トレンド
幅を拡げる
当社の取組み
無線充電
ニーズ
増大
バッテリー長寿命化対策と
して無線充電機能へのニー
ズが増大中
PMIC
採用実績
増大
DC/DCに保護回路や通信機
能等を統合したPMIC
対応製品
展開
(Power Management Integrated
Circuit)が採用実績増大中
エナジーハーべスティング
対応も見越した、微小電力
制御技術搭載製品の開発を
推進
既存製品のPMIC化を推進。
必要に応じて、提携企業等
との共同開発も検討
当社の課題
1商談の
売上拡大
「数を囲う」の更なる推進
には、複数製品での受注が
必要
ディス
クリート
展開
ダイオードやMOSFET等の
電源IC周辺で使用する素子
(OEM品)をセット販売
新製品仕様企画検討中、ディスクリート展開は着実に進展中
40
Powerfully Small !
常に豊かな知性と感性を磨き、
市場に適応した価値ある製品を創出し、
豊かな社会の実現と
地球環境の保全に貢献するとともに、
私たちの事業に携わるすべての人々が
共に繁栄すること
速やかな本則市場への移行を目指し、
みなさまのご期待に沿える経営を志向し続けます。
免責事項
本資料に記載された内容は、2015年1月16日現在において
一般的に入手可能な情報と、合理的と判断する一定の前提に基づき、
当社が作成したものです。
本資料に記載されている当社の中期計画、見通し等に関する記述は
将来の業績を保証するものではなく、リスクと不確実性を内包するものです。
実際の業績は、これらの要素により本資料の記載内容と
大きく異なる可能性があります。
投資に関するご決定をされる際、本資料のみに全面的に依拠することは
お控えいただき、みなさまご自身のご判断でなされるようお願い致します。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement