ltc3490_ja

ltc3490_ja
LTC3490
1セル350mA
LEDドライバ
特長
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
■
定電流出力:350mA
2.8V∼4Vの出力に対応
1 セルまたは2 セルNiMH またはアルカリ入力
同期整流:最大90%の効率
固定周波数動作:1.3MHz
低消費電流:<1mA
非常に低いシャットダウン電流:<50μA
4.7V に制限されるオープンLED 出力
VIN 範囲:1V~3.2V
調光制御
低電圧ロックアウトによるバッテリ保護
熱特性が改善された高さの低い(0.75mm)3mm×3mm 8
ピンDD およびS8 パッケージ
アプリケーション
■
■
携帯照明
再充電可能なフラッシュライト
概要
LTC®3490は、1W LEDアプリケーション向けに定電流ド
ライブを供給します。このデバイスは1セルまたは2セル
のNiMH/アルカリ・バッテリで動作し、最大4Vの対応電圧
で350mAの定電流を生成します。また、100mΩのNFETス
イッチと130mΩのPFET同期整流器を内蔵しています。固
定スイッチング周波数は1.3MHzに内部設定されます。
LTC3490は出力負荷切断時に出力電圧を4.7Vに制限しま
す。また、アナログ調光機能を搭載し、CTRL/SHDN ピン
の電圧に比例してドライブ電流を低減します。低バッテ
リ・ロジック出力は、バッテリ電圧が1V/セル を下回って
いることを知らせます。また、バッテリ電圧が0.85V/セル
になると、低電圧ロックアウト回路によってLTC3490 が
シャットダウンします。帰還ループが内部補償されるの
で、部品数を最小限に抑えることができます。
、LT、LTCおよびLTMはリニアテクノロジー社の登録商標です。他のすべての商標はそ
れぞれの所有者に所有権があります。
標準的応用例
効率とVIN
(VLED = 3.5V)
最小部品数の1セルLEDドライバ
100
3.3µH
CAP
ON/OFF
1 NiMH OR
ALKALINE
CELL
LTC3490
+
CTRL/SHDN LED
CELLS
1M
80
SW
LOBAT
GND
350mA
4.7µF
HIGH
CURRENT
LED
EFFICIENCY (%)
VIN
IOUT = 350mA
90
70
60
50
40
30
20
10
3490 TA01
0
1
1.5
2
VIN (V)
2.5
3
3490 TA02
3490fa
1
LTC3490
絶対最大定格 (Note 1)
電源電圧(VIN)....................................................... −0.3V~6V
入力電圧(CTRL/SHDN、CELLS)............................. −0.3V~6V
出力電圧(CAP、LED、SW)...................................... −0.3V~6V
動作温度範囲(Note 2).......................................− 40°C~85°C
保存温度範囲....................................................− 65°C~125°C
リード温度(半田付け、10秒、S8)................................. 300°C
パッケージ/発注情報
TOP VIEW
TOP VIEW
CELLS 1
8
CTRL/SHDN
VIN 2
7
LOBAT
6
CAP
5
LED
SW 3
GND 4
9
CELLS 1
8
CTRL/SHDN
VIN 2
7
LOBAT
SW 3
6
CAP
GND 4
5
LED
DD PACKAGE
8-LEAD (3mm × 3mm) PLASTIC DFN
S8 PACKAGE
8-LEAD PLASTIC SO
TJMAX = 125°C, θJA = 43°C/ W (NOTE 4)
EXPOSED PAD (PIN 9) IS GND
MUST BE SOLDERED TO PCB (NOTE 5)
TJMAX = 125°C, θJA = 150°C/ W (NOTE 4)
ORDER PART NUMBER
DD PART MARKING
ORDER PART NUMBER
S8 PART MARKING
LTC3490EDD
LBRQ
LTC3490ES8
3490
Order Options Tape and Reel: Add #TR
Lead Free: Add #PBF Lead Free Tape and Reel: Add #TRPBF
Lead Free Part Marking: http://www.linear-tech.co.jp/leadfree/
さらに広い動作温度範囲で規定されるデバイスについては、弊社および弊社代理店にお問い合わせください。
電気的特性
●は全動作温度範囲の規格値を意味する。
それ以外はTA = 25 Cでの値。注記がない限り、VIN = 2.5V。
SYMBOL
PARAMETER
CONDITIONS
MIN
TYP
MAX
VIN
Input Supply Range
1
3.2
VIN(START) Minimum Start-Up Voltage
(Note 3)
0.9
1
ILED(MAX)
LED Drive Current
VCTRL/SHDN = VIN, DD Package
25°C to 85°C 330
350
370
– 40°C to <25°C
310
350
385
VCTRL/SHDN = VIN, S8 Package
25°C to 85°C
337
350
363
– 40°C to <25°C
325
345
365
ILED(SHDN) LED Drive Current in Shutdown
VCTRL/SHDN = 0V
0.1
1
VLED
Output Compliance Voltage
2.8
4
●
VLED(OVL)
Output Voltage Overvoltage Limit
Open LED
4.2
4.7
●
IIN(SHDN)
Input Current, Shutdown
VCTRL/SHDN = 0V, Excluding Switch Leakage
20
50
IIN(ACTIVE) Input Current, Active
Excluding Load Power
20
30
fSW
Switching Frequency
1.0
1.3
1.6
●
IL(NMOS)
Leakage Current, NMOS Switch
0.1
RON(NMOS) On-Resistance, NMOS Switch
0.1
UNITS
V
V
mA
mA
mA
mA
µA
V
V
µA
mA
MHz
µA
Ω
3490fa
2
LTC3490
電気的特性
それ以外はTA = 25 Cでの値。注記がない限り、VIN = 2.5V。
●は全動作温度範囲の規格値を意味する。
SYMBOL
IL(PMOS)
RON(PMOS)
VIH
VIL
IIN
KCTRL
RON(LOBAT)
VIN(LOBAT1)
VIN(LOBAT2)
VIN(UVLO2)
VIN(UVLO1)
PARAMETER
CONDITIONS
MIN
TYP
MAX
Leakage Current, PMOS Switch
0.1
On-Resistance, PMOS Switch
0.13
Input High (CELLS) VIN – 0.4
Input High (SHDN)
VIN • 0.9
Input Low (CELLS)
0.4
Input Low (SHDN)
VIN • 0.2
Input Current (CTRL/SHDN, CELLS)
0.01
Control Gain, ILED/VCTRL
Scales Linearity with VIN, VIN = 1V
500
On-Resistance, LOBAT Output
VIN < VIN(LOBAT)
300
●
Input Voltage, Low Battery, 1 Cell
VCELLS = 0V
0.8
1.12
●
Input Voltage, Low Battery, 2 Cells
VCELLS = VIN
1.8
2.24
●
Input Voltage, Undervoltage Lockout, VCELLS = VIN
1.4
1.8
●
2 Cells
Input Voltage, Undervoltage Lockout, VCELLS = 0 V
0.7
0.9
●
1 Cell
Note 1:絶対最大定格はそれを超えるとデバイスに永続的な損傷を与える可能性がある
UNITS
µA
Ω
V
V
V
V
µA
mA/V
Ω
V
V
V
V
Note 4: このデバイスには、
短時間の過負荷状態の間デバイスを保護するための過温度
値。また、絶対最大定格状態が長時間続くと、デバイスの信頼性と寿命に悪影響を与える
恐れがある。
保護機能が備わっている。過温度保護機能がアクティブなとき、最大接合部温度を超え
規定された最高動作接合部温度を超えた動作が継続すると、デバイス
る可能性がある。
の劣化または故障が生じる恐れがある。
Note 2: LTC3490は0°C~70°Cの温度範囲で性能仕様に適合することが保証されている。
Note 5:最適な熱伝導性を得るには、
DFNパッケージの露出パッドをPCBパッドに半田付
−40°C~85°Cの温度範囲での仕様は、設計、特性評価および統計学的なプロセス・コント
ロールとの相関で確認されている。
けする必要があります。このパッドはグランドに接続してください。
Note 3:LED電圧が2.3Vを上回ると、
LTC3490の入力電圧が最小起動電圧を下回る可能性が
ある。
標準的性能特性
ILEDとVCTRL
発振周波数と温度
1.400
375
400
350
1.280
250
MAXIMUM
200
150
325
300
MINIMUM
100
1.240
ILED (mA)
1.320
VLED = 3.5V
350
300
ILED (mA)
FREQUENCY (MHz)
1.360
ILEDとVIN
275
50
1.200
–50
50
0
TEMPERATURE (°C)
100
3490 G01
0
0
0.2
0.4
0.6
VCTRL/VIN (V)
0.8
1
3490 G02
250
1
1.5
2
VIN (V)
2.5
3
3490 G03
3490fa
3
LTC3490
標準的性能特性
ILEDとVLED
360
VIN = 2.4V
358
356
80
354
70
352
350
348
346
50
40
30
20
342
10
2.8
3
3.2
3.4
3.6
VLED (V)
3.8
4
VIN = 1.2V
60
344
340
VIN = 2.4V
90
EFFICIENCY (%)
ILED (mA)
効率とILED
100
0
0
100
200
ILED (mA)
300
3490 G04
400
3490 G05
ピン機能
CELLS( ピン 1 )
:バッテリ低下スレッショルドと低電圧
CTRL/SHDN
(ピン8)
:アナログ制御電圧およびシャットダ
シャットダウン・スレッショルドを設定するロジック入
力。ロジック L(GNDに接続)で1セルのスレッショルド
が設定されます。ロジック H(V INに接続)で2セルのス
レッショルドが設定されます。
ウン。VIN • 0.2 < VCTRL < VIN • 0.9の場合、LEDドライブ電
流は次式に従って変化します。
VIN
(ピン2)
:電源電圧。
VCTRL > VIN • 0.9の場合、LEDドライブ電流は350mAにク
ランプされます。VCTRL < VIN • 0.2の場合には、デバイス
は低消費電力のシャットダウン状態になります。
SW(ピン 3 )
:スイッチ入力。このピンはVINに接続された
外付けインダクタに接続します。
GND
(ピン4)
:回路グランド。
LED
(ピン5)
:LEDへの出力ドライブ電流。
V

ILED = 500 •  CTRL – 0.2 mA
 VIN

露出パッド(ピン9、DDパッケージ):グランド。このピンは
PCBに半田付けして、グランドへの電気的接続とPCBへ
の良好な熱接続の両方を行う必要があります。
CAP
(ピン6)
:フィルタ・コンデンサ。このピンには4.7μFの
低ESRコンデンサを接続します。
LOBAT
(ピン7)
:バッテリ低下状態を示す L アクティブ、
オープンドレイン・ロジック出力です。
3490fa
4
LTC3490
機能図
3
SW
–
2
P BODY
CONTROL
+
VIN
CAP
GATE
CONTROL
AND
DRIVERS
SENSE
AMP
LIMIT
19.2Ω
LED
5
250k
–
OVERVOLTAGE
DETECT
0.1Ω
+
–
PWM
LOGIC
6
40k
VREF/2
+
OSCILLATOR
START-UP
–
8
CTRL/
SHDN
DIMMING
AMP
+
LOBAT
IREF
1
BATTERY
MONITOR
CELLS
7
SHUTDOWN
GND
4
3490 FD
3490fa
5
LTC3490
動作
LTC3490は1W高輝度白色LED用の高効率定電流源です。
この高輝度LEDは、2.8V∼4Vの電圧に対応した350mAの
定電流を必要とします。
LTC3490は1セルまたは2セルのNiMHバッテリあるいは
アルカリ・バッテリで動作します。制御帰還を行う電流セ
ンス抵抗付きの昇圧コンバータとして機能します。バッ
テリ電圧が対応するLED電圧を上回ると、周期的にサイ
クル・オフを行って適正な平均電流を維持します。低電圧
起動回路を備えており、わずか1Vの入力電圧で始動しま
す。ドライブ電圧が2.3Vを上回ると、回路はこのドライブ
電圧から動作します。
ループ補償はすべて内部で行われるので、動作を安定さ
せるために必要なのはメイン・フィルタ・コンデンサだけ
です。
調光機能
CTRL/SHDNピンがV IN に接続された通常動作時には、
LEDドライブ電流は350mAに制御されます。CTRL/SHDN
ピンの電圧を変化させることによってドライブ電流を低
減することができます。
VIN • 0.2 < VCTRL < VIN • 0.9の場合、
LED電流はVCTRL/VIN
に比例します。これにより、VINに接続されたシンプルな
ポテンショメータで、バッテリ電圧に影響されることな
く電流を制御できます。LEDのドライブ電流は次式で求
められます。
V

ILED = 500 •  CTRL – 0.2 mA
 VIN

VCTRL > VIN • 0.9の場合、LEDドライブ電流は350mAにク
ランプされます。
オープン回路保護
これは負荷への電流のドライブを目的とした昇圧コン
バータなので、負荷をオープン状態またはハイ・インピー
ダンスにすると、レギュレータ・ループが出力電圧を安定
させようとして上昇させます。デバイスを保護するため、
すべての条件下で最大出力電圧が4.7Vに制限されます。
低電圧のセンスおよび保護
低電圧ロックアウトによって過度のインダクタ・ピーク
電流が流れなくなり、バッテリを損傷する可能性がある
深い放電が防止されます。バッテリ低下インジケータに
より、エンド・ユーザーにバッテリが耐用年数の終了近く
であることを知らせます。
3490fa
6
LTC3490
アプリケーション情報
LTC3490を動作させるのに必要な外付け部品は、インダ
クタ、出力コンデンサ、スイッチ、プルダウン抵抗の4つだ
けです。インダクタは公称3.3μH、コンデンサは4.7μFに設
定されます。オプション部品には入力コンデンサ、調光抵
抗などがあります。
ここで、
VIN = 入力電圧(V)
VOUT = 出力電圧(V)
(A)
IOUT = LEDドライブ電流
部品の選択
(A)
IIN = 入力電流 = VOUT/VIN • IOUT
インダクタの選択
LTC3490は高い周波数で動作するので、小型表面実装イ
ンダクタを使用することができます。最小インダクタン
ス値は動作周波数に比例し、次の制約によって制限され
ます。
3
L≥3H
L ≥ fH
and f
そして
and
VIN(MIN) • VOUT(MAX) – VIN(MIN)
L ≥ VIN(MIN) • VOUT(MAX) – VIN(MIN) H
f • Ripple • VOUT(MAX)
L≥
H
f • Ripple • VOUT(MAX)
((
))
ここで、
f = 動作周波数(Hz)
Ripple = インダクタ電流リップル
(A)
VIN(MIN) = 最小入力電圧(V)
(V)
VOUT(MAX) = 最大出力電圧
インダクタの電流リップルは、標準でインダクタ電流の
20%∼40%に設定されます。
ピーク・インダクタ電流は次式で求められます。
ILPK = IOUT
( VOUT + IOUT • RP ) – RN • IIN
VIN – RN • IIN
VIN ( VOUT – VIN )
+
2 • L • f • VOUT
(Ω)
RP = PFETスイッチのRDSON
(Ω)
RN = NFETスイッチのRDSON
高効率を実現するには、フェライトなどの高周波コア材
のインダクタを選択してコア損失を低減します。インダ
クタは、I 2R損失を低減するためにESR(等価直列抵抗)が
小さく、全負荷時に飽和させることなくピーク・インダク
タ電流に対応できるものにします。1セルのアプリケー
ションでは、インダクタのESRを25mΩよりも小さくし、
効率の向上と出力電流のレギュレーションを維持する必
要があります。2セルのアプリケーションでは、効率の低
下を最小限に抑えながら、非常に大きなESR(最大75mΩ)
に耐えることができます。モールド型チョークコイル
やチップ・インダクタのコアは、一般に1A∼2Aの範囲の
ピーク・インダクタ電流に対応するのに十分ではありま
せん。放射ノイズが問題になる場合、トロイド、ポット型
コア、またはシールドされたボビン・インダクタを使用し
て放射ノイズを最小限に抑えてください。推奨するイン
ダクタについては表1を参照してください。規定される飽
和電流が異なるので、製造元のデータシートを詳しく調
べてください。
表1. インダクタの情報
INDUCTOR PART NUMBER
ESR (mΩ) SATURATION CURRENT (A)
TOKO A918CY-3R3M
47
1.97
TYCO DN4835-3R3M
58
2.15
TDK SLF7045T-3R3M2R5
20
2.5
出力コンデンサの選択
出力コンデンサの値と等価直列抵抗(ESR)は出力リップ
ルの主な要因です。LEDは平均電流値で動作するので、
出力リップルはLEDのドライブには直接影響しません。
ただし、LEDの損傷を防ぐため、LEDの順方向電流のピー
ク・パルス定格を超えてはなりません。
3490fa
7
LTC3490
アプリケーション情報
出力リップル電圧には主に2つの成分があります。1つ目
はコンデンサの値によるもので、次式で求められます。
VRCAP =
ILPK • VIN
C • VOUT • f
2つ目はコンデンサのESRによるものです。
VRESR = ILPK • RESR
LEDの電流リップルとピーク・パルス電流は以下のよう
に算出されます。
VR CAP • VRESR
R SENSE + RLED
IR
= IOUT + LE D
2
IRLED =
IPPFC
ここで、
RSENSE = 内部センス抵抗 = 0.1Ω
RLED = LEDのダイナミック・インピーダンス
出力リップルを最小限に抑えるには、低ESRのコンデン
サを使用する必要があります。X5RまたはX7Rのタイプ
のセラミック・コンデンサを推奨します。部品の販売元に
ついては表2を参照してください。
部品の値は1セルまたは2セルのNiMHバッテリ用に算出
し、1セルあたりの充電終了電圧を0.9Vと想定します。動
作周波数をワーストケースの低い周波数である1MHzと
想定します。許容インダクタ・リップル電流は0.31Aにな
ります。主なパラメータをまとめたものを表3に示しま
す。
表3. 主なパラメータの一覧
PARAMETER
1-CELL
2-CELL
UNITS
LMIN
2.2
3.2
µH
Choose L
3.3
3.3
µH
IIN
1.56
0.78
A
ILPK
1.93
0.96
A
Choose C
4.7
4.7
µF
Cap ESR
5
5
mΩ
VRCAP
0.09
0.09
V
VRESR
0.01
0.005
V
IRLED
0.10
0.09
A
IPPFC
0.40
0.39
A
ここで、
ILPKはピーク・インダクタ電流
VRCAPは出力コンデンサの値によるリップル電圧
表2. コンデンサの情報
CAPACITOR PART NUMBER
DESCRIPTION
TDK C2012X5R0J475K
4.7µF, 6.3V, X5R in 0805
IRLEDはLEDの電流リップル
AVX 1210ZC475MAT
4.7µF, 10V, X7R in 1210
Taiyo Yuden CELMK316BJ475ML
4.7µF, 10V, X7R in 1206
IPPFCはLEDのピーク・パルス順方向電流
入力コンデンサの選択
ほとんどのバッテリ駆動のアプリケーションでは入力
コンデンサを必要としません。電力が供給されるアプリ
ケーションやバッテリまでのリードが長いバッテリ・ア
プリケーションでは、3.3μFの低ESRコンデンサによって
スイッチング・ノイズとピーク電流が低減されます。
設計例
この例ではLumiledsのDS25白色LEDを使用します。主な
仕様は次のとおりです。
V(
F IF= 350mA)= 3.4
VRESRは出力コンデンサのESRによるリップル電圧
PCボード・レイアウトのチェックリスト
インダクタと出力コンデンサをできるだけデバイスに近
づけます。トレースをできるだけ短く幅を広くします。寄
生の抵抗およびインダクタンスによって効率が低下して
リップルが増加します。
バッテリ接続時の抵抗をできるだけ小さく保ちます。1
セルのアプリケーションでは、バッテリ接続時のわずか
0.1Ωが効率とバッテリ寿命に著しい影響を与えます。I2R
損失が100mWを上回り、コンバータが効率曲線の下側で
動作する可能性があります。
0.6V
RLED = 1Ω
ピーク・パルス順方向電流 = 0.5A
3490fa
8
LTC3490
アプリケーション情報
赤色Luxeon LED
赤色、赤橙色およびアンバー色のLuxeon LEDの順方向電
圧は、白色、青色および緑色のLEDよりも低くなります。
LTC3490の内部回路は外側から電力供給されているの
で、確実に動作させるには2.5Vの最小LED電圧を必要と
します。赤色LEDの最小順方向電圧は2.31Vしかありませ
ん。LTC3490を適正に動作させるにはさらに190mVが必
要です。調光を行わないアプリケーションでは、0.6Ωの抵
抗をLEDと直列に接続することによってこれを実現でき
ます。調光を行うアプリケーションでは抵抗の電圧が低
くなりすぎるので、低電流時に出力での十分な電圧を維
持するため、ショットキー・ダイオードを推奨します。
標準的応用例
2セルの振幅調整可能なLEDドライバ
3.3µH
VIN
ON/OFF
2 NiMH OR
ALKALINE
CELLS
SW
CAP
+
LTC3490
+
4.7µF
CTRL/SHDN LED
LOBAT
CELLS
1M
LUMILEDS
LUXEON
LXHL-BW02
GND
3490 TA03
ソフト・ターンオフLEDドライバ
3.3µH
VIN
SW
CAP
ON/OFF
1 NiMH OR
ALKALINE
CELL
+
LTC3490
CTRL/SHDN LED
CELLS
1µF
1M
LOBAT
GND
350mA
4.7µF
LUMILEDS
LUXEON
LXHL-BW02
3490 TA04
3490fa
9
LTC3490
標準的応用例
調光機能のないLuxeon赤色LEDドライバ
3.3µH
ON/OFF
SW
VIN
CAP
1 NiMH OR
ALKALINE
CELL
+
LTC3490
4.7µF
CTRL/SHDN LED
0.6Ω
LOBAT
CELLS
1M
LUMILEDS
LUXEON
LXHL-BD03
GND
3490 TA06
調光機能付きLuxeon赤色LEDドライバ
3.3µH
ON/OFF
SW
VIN
CAP
1 NiMH OR
ALKALINE
CELL
+
LTC3490
4.7µF
CTRL/SHDN LED
1M
MBRM120E
LOBAT
CELLS
LUMILEDS
LUXEON
LXHL-BD03
GND
3490 TA07
赤色LED使用時の効率とVIN
90
RESISTOR
80
SCHOTTKY
EFFICIENCY (%)
70
60
50
40
30
20
10
0
1
1.5
2
2.5
3
VIN (V)
3490 G06
3490fa
10
LTC3490
パッケージ
DDパッケージ
8ピン・プラスチックDFN
(3mm
3mm)
(Reference LTC DWG # 05-08-1698)
R = 0.115
TYP
5
0.38 ± 0.10
8
0.675 ±0.05
3.5 ±0.05
1.65 ±0.05
2.15 ±0.05 (2 SIDES)
ピン1
トップマーク
(NOTE 6)
パッケージ
の外形
0.25 ± 0.05
3.00 ±0.10
(4 SIDES)
4
0.25 ± 0.05
0.75 ±0.05
0.200 REF
0.50
BSC
2.38 ±0.05
(2 SIDES)
1.65 ± 0.10
(2 SIDES)
(DD8) DFN 1203
0.50 BSC
2.38 ±0.10
(2 SIDES)
0.00 – 0.05
推奨する半田パッドのピッチと寸法
1
底面図̶露出パッド
NOTE:
1. 図はJEDECパッケージ外形MO-229のバリエーション(WEED-1)になる予定
2. 図は実寸とは異なる
3. すべての寸法はミリメートル
4. パッケージ底面の露出パッドの寸法にはモールドのバリを含まない。
モールドのバリは(もしあれば)各サイドで0.15mmを超えないこと
5. 露出パッドは半田メッキとする
6. 網掛けの部分はパッケージの上面と底面のピン1の位置の参考に過ぎない
S8パッケージ
8ピン・プラスチック・スモール・アウトライン
(細型0.150インチ)
(Reference LTC DWG # 05-08-1610)
.050 BSC
.189 – .197
(4.801 – 5.004)
NOTE 3
.045 ±.005
8
.245
MIN
.160 ±.005
5
.150 – .157
(3.810 – 3.988)
NOTE 3
1
推奨する半田パッド・レイアウト
.010 – .020
× 45°
(0.254 – 0.508)
.053 – .069
(1.346 – 1.752)
0°– 8° TYP
.016 – .050
(0.406 – 1.270)
6
.228 – .244
(5.791 – 6.197)
.030 ±.005
TYP
.008 – .010
(0.203 – 0.254)
7
.014 – .019
(0.355 – 0.483)
TYP
NOTE:
インチ
1. 寸法は
(ミリメートル)
2. 図は実寸とは異なる
3. 寸法にはモールドのバリまたは突出部を含まない。
モールドのバリまたは突出部は0.006インチ(0.15mm)を超えないこと
2
3
4
.004 – .010
(0.101 – 0.254)
.050
(1.270)
BSC
SO8 0303
3490fa
リニアテクノロジー・コーポレーションがここで提供する情報は正確かつ信頼できるものと考えておりますが、その使用に関する責務は一切負い
ません。また、ここに記載された回路結線と既存特許とのいかなる関連についても一切関知いたしません。なお、日本語の資料はあくまでも参考資
料です。訂正、変更、改版に追従していない場合があります。最終的な確認は必ず最新の英語版データシートでお願いいたします。
11
LTC3490
標準的応用例
バッテリ低下検出時に振幅が20%まで低下するLEDドライバ
3.3µH
ON/OFF
VIN
SW
CAP
1 NiMH OR
ALKALINE
CELL
+
LTC3490
1M
350mA/70mA
4.7µF
CTRL/SHDN LED
CELLS
1M
432k
LOBAT
GND
LUMILEDS
LUXEON
LXHL-BWO2
3490 TA05
関連製品
製品番号
®
LT 1618
説明
定電流、定電圧、1.4MHz、高効率昇圧レギュレータ
注釈
VIN:1.6V∼18V、VOUT(MAX) = 34V、IQ = 1.8mA、ISD < 1μA、
MS/EDDパッケージ
LT1932
定電流、1.2MHz、高効率白色LED昇圧レギュレータ VIN:1V∼10V、VOUT(MAX) = 34V、IQ = 1.2mA、ISD < 1μA、
ThinSOTパッケージ
LT1937
定電流、1.2MHz、高効率白色LED昇圧レギュレータ VIN:2.5V∼10V、VOUT(MAX) = 34V、IQ = 1.9mA、ISD < 1μA、
ThinSOTTM/SC70パッケージ
LTC3205
高効率、マルチディスプレイLEDコントローラ
VIN:2.8V∼4.5V、VOUT(MAX) = 6V、IQ = 50μA、ISD < 1μA、
QFN24パッケージ
LTC3216
ISD < 2.5μA、
個別のフラッシュ/トーチ電流制御付き1A低ノイズ VIN:2.9V∼4.4V、VOUT(MAX) = 5.5V、IQ = 300μA、
高電流LEDチャージポンプ
LTC3402
DFNパッケージ
ISD < 1μA、
2A、3MHzマイクロパワー同期整流式昇圧コンバータ VIN:0.85V∼5V、VOUT(MAX) = 5V、IQ = <38μA、
MS/EDDパッケージ
LTC3453
QFNの500mA同期整流式昇降圧高電流LEDドライバ VIN:2.7V∼5.5V、VOUT(MAX) = 5.5V、IQ = 0.6mA、ISD < 6μA、
QFNパッケージ
LT3465/LT3465A 定電流、1.2MHz/2.7MHz、
高効率白色LED昇圧
LT3466
LT3479
ISD < 1μA、
VIN:2.7V∼16V、VOUT(MAX) = 34V、IQ = 1.9mA、
レギュレータ(ショットキー・ダイオード内蔵)
ThinSOTパッケージ
デュアル定電流、2MHz、高効率白色LED昇圧
VIN:2.7V∼24V、VOUT(MAX) = 40V、IQ = 5mA、ISD < 16μA、
レギュレータ(ショットキー・ダイオード内蔵)
DFNパッケージ
ソフトスタートと突入電流保護を備えた、
VIN:2.5V∼24V、VOUT(MAX) = 40V、IQ =6.5mA、ISD < 1μA、
3A多機能DC/DCコンバータ
DFN/TSSOPパッケージ
ThinSOTはリニアテクノロジー社の商標です。
3490fa
12
リニアテクノロジー株式会社
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-6紀尾井町パークビル8F
TEL 03-5226-7291 FAX 03-5226-0268 www.linear-tech.co.jp
●
●
LT 0606 • PRINTED IN JAPAN
 LINEAR TECHNOLOGY CORPORATION 2005
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising