FileMaker Server 13 ヘルプ

FileMaker Server 13 ヘルプ
FileMaker Server 13
®
FileMaker Server ヘルプ
© 2010 - 2013 FileMaker, Inc. All Rights Reserved.
FileMaker, Inc.
5201 Patrick Henry Drive
Santa Clara, California 95054
FileMaker、ファイルメーカー及び Bento は、FileMaker, Inc. の米国及びその他の国における登録商標です。ファイル
フォルダロゴ、FileMaker WebDirect 及び Bento ロゴは、FileMaker, Inc. の商標です。その他のすべての商標は該当する
所有者の財産です。
FileMaker のドキュメンテーションは著作権により保護されています。FileMaker, Inc. からの書面による許可無しに、こ
のドキュメンテーションを複製したり、頒布することはできません。このドキュメンテーションは、正当にライセンスさ
れた FileMaker ソフトウェアのコピーがある場合そのコピーと共にのみ使用できます。
製品及びサンプルファイル等に登場する人物、企業、E メールアドレス、URL などのデータは全て架空のもので、実在
する人物、企業、E メールアドレス、URL とは一切関係ありません。スタッフはこのソフトウェアに付属する
「Acknowledgements」ドキュメントに記載されます。他社の製品及び URL に関する記述は、情報の提供を目的としたも
ので、保証、推奨するものではありません。FileMaker, Inc. は、これらの製品の性能について一切の責任を負いません。
詳細情報については http://www.filemaker.co.jp をご覧ください。
第 01 版
目次
FileMaker Server の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
FileMaker Server 13 の新機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
FileMaker Server の展開 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
適切な展開タイプの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
FileMaker Server のテスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
展開のステータスの確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
FileMaker Server 情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
Web サーバー情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
Web 公開エンジン情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
ODBC/JDBC 情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
FileMaker Server の展開の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
Admin Console の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
Admin Console を起動するためのショートカット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
ブラウザで Admin Console を使用するためのヒント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
データベースのホスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
アカウントとアクセス権セットの編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
データベースファイルのアップロード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
FileMaker Pro を使用したデータベースファイルのアップロード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
データベースファイルの手動によるアップロード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
FileMaker クライアントによるデータベースの利用の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
Web サイトのホスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
PHP Web サイトのホスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
XML クエリーのデータベースのホスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
FileMaker WebDirect の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
FileMaker Server コンポーネントの起動または停止 . . . . . . . . . . . . . . . 43
一般設定の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
サーバー情報の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
電子メール通知の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
Admin Console の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
自動起動設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
ODBC/JDBC 経由の共有の有効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
接続設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
FileMaker Server 13 ヘルプ
3
管理者グループの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
管理者グループの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
Admin Console および管理者グループに対する外部認証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63
FileMaker Server グループフォルダ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65
FileMaker Server 管理者グループのアクセス権 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66
FileMaker Server グループ開始ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68
データベースサーバーの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
FileMaker クライアントの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
LDAP ディレクトリサービスでの SSL の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
データベースの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
データベースサーバーのセキュリティ設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
セキュリティ接続とプログレッシブダウンロード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
データベースアクセスの外部認証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80
データベースおよびバックアップフォルダの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
バックアップオプションの理解 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
追加データベースフォルダの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
オブジェクトデータフォルダの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
デフォルトのバックアップフォルダの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 88
プログレッシブバックアップフォルダの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90
プログレッシブバックアップからのデータベースの復元 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
ログおよび使用状況の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93
サーバーのプラグインの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
ディレクトリサービス設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96
Web 公開の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
一般 Web 公開設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
PHP Web 公開設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101
XML Web 公開設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
FileMaker WebDirect の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104
クライアントの管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
[ クライアント ] リスト内の FileMaker クライアントへのメッセージの送信 . . . . . . . . . . . . . . 107
クライアントの接続解除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
データベースの管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 109
ホストされたデータベースのクライアントへのメッセージの送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 112
ホストされているファイルの開き方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113
ホストされたファイルの閉じ方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 114
ホストされたファイルの検証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115
ホストされているファイルの一時停止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117
ホストされているファイルの再開 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
ホストされているファイルの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119
ホストされたファイルのダウンロード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 121
データベース暗号化パスワードの消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
FileMaker Server 13 ヘルプ
4
FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 123
ODBC および JDBC 経由での FileMaker データベースの共有 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 125
外部 ODBC データソースへのアクセス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
FileMaker Server の監視 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 129
サーバーの使用状況の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 131
クライアントの使用状況の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 134
ログファイルのエントリの参照 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 136
イベントログ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 140
アクセスログ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 141
サーバーの使用状況のログ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 142
クライアントの使用状況のログ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 143
Web 公開ログ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 144
プラグインの管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145
FileMaker スクリプトエンジンによるプラグイン使用の有効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 146
サーバーサイドプラグインファイルのフォルダ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 147
プラグインファイルアクセス権の変更(OS X) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 148
サーバーサイドプラグインの更新でのプラグインファイルのインストールスクリプトステップの
有効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149
データの保護 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150
管理タスクのスケジュール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 152
データベースバックアップのスケジュール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 155
データベースバックアップスケジュールのヒント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156
バックアップスケジュールの複数のバックアップの保持の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
バックアップスケジュールからのデータベースファイルの復元 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 159
データベースの整合性の検証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 161
サーバーサイドスクリプトの実行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 162
FileMaker スクリプトの実行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 163
システムレベルのスクリプトファイルの実行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 166
スクリプトシーケンスタスクの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 168
ホストされたデータベースのクライアントへのスケジュールメッセージの送信 . . . . . . . . . . . 170
スケジュールの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 171
スケジュール繰り返しの例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 172
スケジュールの編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 174
スケジュールの複製 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 175
スケジュールの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 176
手動でのスケジュールの実行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 177
スケジュールの有効化と無効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 178
スケジュールとグループの保存およびロード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 179
スケジュールとグループ設定ファイルの保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 180
FileMaker Server 13 ヘルプ
5
スケジュールとグループ設定ファイルのロード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 181
トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 183
展開の問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 184
Admin Console の問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 185
一般的な問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 187
ネットワークの問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 189
クライアントコンピュータの問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 190
FileMaker Server イベントログメッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 192
コマンドラインのエラーメッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 199
パフォーマンスの向上 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 201
更新の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 203
ライセンスキーについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 204
コマンドラインリファレンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 205
fmsadmin コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 208
AUTORESTART コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 209
BACKUP コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 210
CERTIFICATE コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 212
CLEARKEY コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 215
CLOSE コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216
DISABLE コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 218
DISCONNECT コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 219
ENABLE コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 220
HELP コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 221
LIST コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222
OPEN コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223
PAUSE コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 224
REMOVE コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 225
RESTART コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 226
RESUME コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 228
RUN コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 229
SEND コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 230
START コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 231
STATUS コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 232
STOP コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 233
VERIFY コマンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 235
用語集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 236
ユーザ登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 245
カスタマサポートとナレッジベース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 246
FileMaker Server 13 ヘルプ
6
著作権情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 247
状況依存型のトピックなど、目次に含まれていないヘルプトピック . . 248
管理者アカウントの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 249
FileMaker Server の名前付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 250
データ共有および Web 公開のテクノロジーの有効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 251
展開タイプの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 253
ワーカーマシンの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 254
Web サーバーテストの失敗 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 256
展開の概要と進行状況 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 257
ユーザ、グループ、およびアクセス権(OS X) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 258
FileMaker Server サービスの起動または停止(Windows). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 260
FileMaker Server バックグラウンドプロセスの起動または停止(OS X) . . . . . . . . . . . . . 261
ユーザの詳細について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 262
開いているデータベースの詳細について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 263
イベントビューアでのアクティビティの表示(Windows). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 264
イベントログの言語の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 265
タスクの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 267
スケジュール詳細の選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 269
データベースの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 270
バックアップフォルダおよびオプションの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 272
データベースを閉じるときのオプションの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 274
スケジュール頻度および繰り返し設定の選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 275
スケジュールの名前設定および電子メール通知の送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 276
スケジュールでの電子メール通知の有効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 277
スケジュールが失敗したときの電子メール通知の受信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 278
スケジュールの概要の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 279
FileMaker スクリプトを実行するデータベースの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 280
実行する FileMaker スクリプトの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 281
実行するシステムレベルのスクリプトの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 282
システムレベルのスクリプトシーケンスオプションの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 285
メッセージの送信先とするユーザの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 287
メッセージの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 288
FileMaker Server によって使用されるポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 289
有効なフォルダのヒント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 291
グループ開始ページの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 293
FileMaker Server 13 ヘルプ
7
FileMaker Server の概要
FileMaker Server の概要
FileMaker® Server は、FileMaker Pro ファイルを開き、ネットワーク上のクライアントが使用で
きるようにし、Web ページやその他のアプリケーションに FileMaker データを公開するための専
用のデータベースサーバーです。
Admin Console
FileMaker Server Admin Console は、FileMaker Server の設定と管理、接続されたクライアントの
管理、ホストされたデータベースの Web 公開の管理、および使用状況情報の追跡を簡単に行うこ
とができる Web アプリケーションです。
Admin Console は、FileMaker Server を実行中のマシン、または FileMaker Server にネットワーク
接続された任意の Windows または OS X マシンで実行することができます。
「Admin Console の起
動」を参照してください。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、データベース
管理タスクの実行を許可する必要があります。グループ管理者には、FileMaker Server の構成、ま
たはこのオンラインヘルプシステムのトピックの多くで説明されている他のサーバー管理タスク
の実行は許可されていません。それぞれの主なトピックの冒頭に記載されているメモには、サー
バー管理者がグループに適切なアクセス権を選択している場合に、グループ管理者に実行が許可
されるタスクが示されています。詳細については、サーバー管理者に問い合わせてください。
サポートされているクライアント
次のクライアントがサポートされています。
• FileMaker Pro 12 および 13
• FileMaker Go 12 および 13
• FileMaker Server Web 公開エンジンを使用してデータにアクセスする Web ユーザ
• FileMaker クライアントドライバを使用する FileMaker ODBC (Open Database
Connectivity) および JDBC (Java Database Connectivity) クライアント
関連項目
FileMaker Server 13 の新機能
FileMaker Server 13 ヘルプ
8
FileMaker Server 13 の新機能
FileMaker Server 13 の新機能
FileMaker Server 13 には、サーバーおよびグループ管理者向けに次の新機能および改善点が含ま
れます。
Admin Console:新しい外観の Web アプリケーション
Admin Console は、操作しやすい合理的なユーザインターフェースを備えた Web アプリケーショ
ンです。左側のナビゲーションパネルの項目をクリックして、右側にタブのセットや主要な情報
(FileMaker Server のステータス、アクティビティ、スケジュールなど)を表示します。「展開のス
テータスの確認」を参照してください。
Admin Console は、Safari、Internet Explorer、Google Chrome などの多くの主要なブラウザです
ばやくロードします。さらに、[ 一般設定 ]、[ データベースサーバー ]、および [Web 公開 ] ウイン
ドウを使用して、FileMaker Server 設定にすばやくアクセスできます。
[ ステータス ] ウインドウ
• 再設計された [ ステータス ] ウインドウからサーバーを直接管理します。[ ステータス ] ウ
インドウには、接続されているクライアントの数、ホストされているデータベースの数、
および FileMaker Server コンポーネントのステータスが表示されます。
• [ ステータス ] ウインドウでコンポーネントが実行しているかどうかをチェックして、
FileMaker Server コンポーネントを開始および停止できます。「展開のステータスの確認」
を参照してください。
FileMaker WebDirect
• FileMaker WebDirect™ を使用して、FileMaker データベースのレイアウトをインターネッ
トまたはイントラネット経由で Web クライアントと共有します。互換性のある Web ブラ
ウザソフトウェアとインターネットまたはイントラネットにアクセス可能なユーザは、ア
クセス権があれば FileMaker WebDirect ソリューションに接続して、レコードの表示、編
集、ソート、および検索を行うことができます。FileMaker WebDirect では、FileMaker
Server が Web ブラウザにデータをプッシュして Web ブラウザ内のデータを更新します。
「Web 公開の設定」を参照してください。
FileMaker Pro を使用した FileMaker Server へのデータベースのアップロード
• FileMaker Pro で、[ ファイル ] メニュー > [ 共有設定 ] を選択して、データベースを
FileMaker Server にアップロードしてホストします。「データベースのホスト」を参照し
てください。
[ アクティビティ ] ウインドウに表示されるデータベースおよびクライアントの使
用状況
• [ アクティビティ ] ウインドウにデータベースとクライアントの使用状況を表示して、デー
タベースおよびデータベースとクライアントの情報を監視します。「クライアントの管理」
および「データベースの管理」を参照してください。
• [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブのツールバーメニューを使用して、データベー
スを開く、閉じる、検証またはダウンロードします。ホストされている1つまたはすべて
FileMaker Server 13 ヘルプ
9
FileMaker Server 13 の新機能
のデータベースを一時停止して、[ 再開 ] を使用して再起動します。
「データベースの管理」
を参照してください。
• [ アクティビティ ] > [ クライアント ] タブのツールバーメニューを使用して、クライアン
トにメッセージを送信したり、クライアントの接続を解除します。「クライアントの管理」
を参照してください。
向上したバックアップ機能
• それぞれの追加データベースフォルダに対応するフォルダを選択して、データベースをホ
ストします。「追加データベースフォルダの設定」を参照してください。
• バックアップスケジュールまたはプログレッシブバックアップによってオブジェクトデー
タフォルダが確実にバックアップされます。「オブジェクトデータフォルダの設定」を参
照してください。
[ 一般設定 ] での管理者グループの設定
• [ 一般設定 ] > [ 管理者グループ ] タブを使用して、管理者グループの設定を行います。「管
理者グループの追加」を参照してください。
セキュリティの強化
• 暗号化されたデータベースファイルを FileMaker Server 上でホストして、データを保護し
ます。サーバー管理者またはグループ管理者は、ホストされた各データベースが開かれる
ときに暗号化パスワードを指定します。「ホストされているファイルの開き方」を参照し
てください。
• SSL (Secure Sockets Layer) オプションを選択して、データベースサーバーと FileMaker
クライアント間の接続を保護します。保護された接続設定が選択されている場合でも、ク
ライアントは HTTP 接続を使用してインタラクティブコンテンツをダウンロードして使用
できます。「データベースサーバーの設定」を参照してください。
コマンドラインインターフェースの変更
• 暗号化されたデータベースを開いたり、暗号化された各データベースのパスワードをサー
バーに保存します。クライアントは、FileMaker Server によってホストされたデータベー
スを開くために暗号化パスワードを入力する必要はありません。「OPEN コマンド」を参
照してください。
• FileMaker Server 上に保存された暗号化パスワードを削除します。「CLEARKEY コマン
ド」を参照してください。
• LIST コマンドを使用して、ホストされたデータベースファイルが暗号化されているかど
うかを表示します。「LIST コマンド」を参照してください。
関連項目
FileMaker Server の概要
FileMaker Server 13 ヘルプ
10
FileMaker Server の展開
FileMaker Server の展開
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server をインストールする場合、FileMaker Server を1台のマシンで使用するか2台の
マシンで使用するかを決定します。
2台のマシンでの展開では、1台のマシンが常にマスタになり、もう1台のマシンがワーカーに
なります。
• マスタマシンになるのは、常に、データベースサーバーが使用されるマシンになります。
• ワーカーマシンは、Web 公開エンジンおよび Web サーバーを実行しているマシンです。
1台のマシンの展開では、すべてのコンポーネントが、マスタマシンと考えられる1台のマシン
上で実行されます。詳細については、『FileMaker Server 入門ガイド』を参照してください。
詳細については、「適切な展開タイプの選択」を参照してください。
マスタマシンに FileMaker Server をインストールした後、展開アシスタントに従って FileMaker
Server コンポーネントを配置します。
展開アシスタントを使用すると、次の作業の実行が簡単になります。
• FileMaker Server Admin Console にログインする場合に使用する管理者アカウントを作成
する
• FileMaker Server 展開名を設定する
• ODBC と JDBC 経由の共有を有効にする
• Web 公開を有効化し、使用する Web 公開テクノロジーを選択する
• 展開タイプを選択し、2台のマシン展開の場合、マシンの役割を割り当てる
• Web サーバーをテストする(Web 公開が有効な場合)
• FileMaker Server を展開する際に展開結果を表示する
初期設定の後で展開をテストし、ニーズの変更に応じて展開を変更できます。「FileMaker Server
の展開の変更」を参照してください。
メモ 最初の展開時に展開アシスタントをキャンセルすると Admin Console は終了し、FileMaker
Server は展開されません。Admin Console を起動する際に FileMaker Server の展開を完了するた
めに展開アシスタントが起動します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
11
FileMaker Server の展開
適切な展開タイプの選択
適切な展開タイプの選択
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
使用する展開タイプは、次の表の概要のとおり主に Web 公開の負荷に依存します。Web 公開の負
荷が大きい場合、FileMaker Server の展開に2台のマシンを使用することをお勧めします。最初に
1台のマシンを展開し、その後負荷が増加するに従って2台のマシンを使用する設定に展開を変
更できます。
2台のマシンの展開を検討している場合、または FileMaker Server の展開に関する詳細を参照す
る場合は、開始ページにある『FileMaker Server 入門ガイド』を参照してください。
FileMaker Server の構成
展開タイプ
FileMaker クライアントのみ
1台のマシン。2台のマシン展開による効果はありません。
ソリューションの開発とテ
スト
1台のマシン。2台のマシン展開による効果はありません。
FileMaker クライアントと中
度の Web 公開負荷
1台のマシン。ほとんどの環境で十分な Web 公開のパフォーマ
ンスがあります。Web 公開の負荷が増加すれば2台のマシン展
開に拡張できます。1台のマシンを使用する場合でも Web サー
バーのインストールが必要です。
FileMaker クライアントと高
度の Web 公開負荷
2 台のマシン。マスタマシンに、データベースサーバーを展開し
ます。ワーカーマシンに、Web 公開エンジン、Web サーバーモ
ジュール、および Web サーバーを展開します。
関連項目
FileMaker Server の展開
展開タイプの選択
ワーカーマシンの設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
12
FileMaker Server の展開
FileMaker Server のテスト
FileMaker Server のテスト
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Server の展開をテストする最も簡単な方法は、[ テクノロジーテスト ] ページを利用す
ることです。このページのリンクをクリックすると、次に示すテクノロジーを使用してホストさ
れる FMServer_Sample.fmp12 データベースにアクセスできます。テストに成功すると、すべての
FileMaker Server コンポーネントが動作していることになります。
FileMaker Server の展開をテストするには、次の操作を行います。
1. [ テクノロジーテスト ] ページを開きます。
このページを表示する方法は次の2つです。
• Admin Console の開始。[ サーバー ] メニュー > [ テストページを開く ...] を選択します。
• Web ブラウザに次の URL を入力します。
http://< ホスト >:16001/test
リモートマシンの場合、Web ブラウザに次の URL を入力します。
https://< ホスト >:16000/test
< ホスト > には、FileMaker Server 展開内のマスタマシンの IP アドレスまたはドメイン名
を指定します。
ブラウザのセキュリティメッセージが表示される場合は、「Admin Console の問題」を参照し
てください。
2. 実行する各テストのリンクをクリックします。
目的
実行方法
FileMaker Pro のテスト
[FileMaker Pro のテスト ] をクリックします。
FileMaker Pro が起動し、FileMaker Server でホストされるサンプ
ルデータベースが正常に表示される場合、データベースサーバー
が動作し、FileMaker Pro クライアントからのリクエストに応答し
ています。
メモ テストを実行するマシンに、FileMaker Pro または
FileMaker Pro Advanced がローカルにインストールされている必
要があります。
ヒント 同じテストを別の方法で実行できます。ネットワークに接
続するマシンから FileMaker Pro を起動し、[ ファイル ] メ
ニュー > [ 共有ファイルを開く ...] をクリックしてテストするサー
バーを選択し、FMServer_Sample を選択します。
FileMaker WebDirect の [FileMaker WebDirect のテスト ] をクリックします。
テスト
別の Web ブラウザウインドウまたはタブにサンプルの
FileMaker WebDirect ソリューションが表示される場合、
FileMaker WebDirect が動作しています。
FileMaker Server 13 ヘルプ
13
FileMaker Server の展開
FileMaker Server のテスト
目的
実行方法
PHP カスタム Web 公
開のテスト
[PHP カスタム Web 公開のテスト ] をクリックします。
別の Web ブラウザウインドウまたはタブが開かれ、サンプルデー
タベースのデータを示した表が表示される場合、PHP によるカス
タム Web 公開が動作しています。
関連項目
FileMaker Server の展開
データベースサーバーの設定
Web 公開の設定
Admin Console の起動
FileMaker Server 13 ヘルプ
14
FileMaker Server の展開
展開のステータスの確認
展開のステータスの確認
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
[ ステータス ] ウインドウに、数秒ごとに更新される FileMaker Server の展開に関するリアルタイム
のステータス情報が表示されます。現在の管理者の名前がツールバーに表示されます。グループ管
理者の場合は、現在管理しているグループの名前が表示されます。
重要 グループ管理者の場合、
アイコンが利用できないため設定を変更することはできません。
ツールバーには、[ サーバー ] メニューと [ ヘルプ ] メニューも含まれています。
• [ サーバー ] メニューを使用して、展開の編集、スケジュールとグループ設定ファイルの保
存とロード、データベースホスティングが正しく動作しているかどうかのテスト、および
開始ページから追加情報の表示を行います。
• [ ヘルプ ] メニューを使用して、FileMaker Server ヘルプの表示、製品マニュアルの検索、
FileMaker Server のインストールに関する追加情報の取得を行います。
Admin Console を起動すると、開始ページが自動的に表示されます。[ 一般設定 ] など、別のウイ
ンドウを選択した場合、[ ステータス ] ウインドウを選択してステータス情報を再表示できます。
[ ステータス ] ウインドウには、4つのコンポーネントセクションがあります。
• FileMaker Server のステータスと情報。「FileMaker Server 情報」を参照してください。
• Web サーバーのステータス。「Web サーバー情報」を参照してください。
• Web 公開エンジンのステータス。「Web 公開エンジン情報」を参照してください。
• ODBC/JDBC のステータスと共有。「ODBC/JDBC 情報」を参照してください。
情報の意味
Web サーバーなどのコンポーネントの横のインジケータは、そのコンポーネントが有効かどうか、
および正常に機能しているかどうかを示します。
インジケータ
意味
緑のチェックマーク
コンポーネントが有効で、正常に機能して
います。
赤の感嘆符
コンポーネントが機能していないか、マス
タマシンがコンポーネントを稼動している
ワーカーマシンと通信できないことを示し
ています。
黄色の疑問符
Web 公開はアクティブですが設定が行われ
ていません。
灰色の円
コンポーネントは停止していて、FileMaker
Server で使用するために起動する必要があ
ります。「FileMaker Server コンポーネント
の起動または停止」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
15
FileMaker Server の展開
展開のステータスの確認
関連項目
FileMaker Server 情報
Web サーバー情報
Web 公開エンジン情報
ODBC/JDBC 情報
FileMaker Server 13 ヘルプ
16
FileMaker Server の展開
展開のステータスの確認
FileMaker Server 情報
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
[ ステータス ] ウインドウには、現在の状態、ホスト名、接続されているクライアント、およびホ
ストされているデータベースなど、FileMaker Server に関する主要な情報が表示されます。
重要 グループ管理者が FileMaker Server にログインすると、[ ステータス ] ウインドウには、管
理者グループ向けの数だけではなく、ホストされているデータベースおよび接続されているクラ
イアントの合計数が表示されることがあります。 アイコンが利用できないため、グループ管理
者はその他の設定ウインドウを表示できません。
FileMaker Server に関する次の情報が表示されます。
情報
FileMaker Server 13
説明
FileMaker Server が正常に機能しているかどうかを示します。
「FileMaker Server コンポーネントの起動または停止」を参照
してください。
IP アドレス
FileMaker Server を実行しているマシンの IP アドレス。
FileMaker ホスト名
FileMaker Server の展開に割り当てられた名前。サーバー管
理者である場合は、名前を変更できます。「サーバー情報の設
定」を参照してください。
サーバーバージョン
FileMaker Server のバージョン。
管理サーバー起動済み
エラーまたは警告表
FileMaker Server が最後に起動したときの日付と時刻。
「FileMaker Server コンポーネントの起動または停止」を参照
してください。
エラーまたは警告メッセージの日付と時刻を示す表。
表を日付、タイプ、または説明で並べ替えるには、列タイト
ルをクリックします。
クライアント接続中
FileMaker Pro、FileMaker Go、FileMaker WebDirect、またはカ
スタム Web 公開を使用して接続しているクライアントの数。
をクリックして、[ アクティビティ ] > [ クライアント ] タブ
を表示します。
「クライアントの管理」を参照してください。
データベースホスト済み
FileMaker Server がホストしているデータベースの数。
をクリックして、[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブ
を表示します。
「データベースの管理」を参照してください。
N 個のスケジュールが現在有効
です
スケジュールアシスタントで作成され、現在実行するように
設定されているスケジュールの数。
をクリックして、[ スケジュール ] ウインドウと現在のス
ケジュールを表示します。「管理タスクのスケジュール」を参
照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
17
FileMaker Server の展開
展開のステータスの確認
関連項目
トラブルシューティング
FileMaker Server の展開
FileMaker Server 13 ヘルプ
18
FileMaker Server の展開
展開のステータスの確認
Web サーバー情報
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ ステータス ] ウインドウに表示される Web サーバーに関する情報は、Web サーバーが正常に機
能しているかどうか、および特定の機能が有効になっているかどうかを示します。
情報
説明
IP アドレス
Web サーバーを実行しているマシンの IP アドレス。Web サー
バーは、マスタマシンにインストールできます。2台のマシン
に展開している場合、IP アドレスはワーカーマシンのものにな
ります。
PHP は有効です / PHP は無効
特定のクライアントが PHP Web アプリケーションで
FileMaker API for PHP を使用して、FileMaker データにアクセ
スできるかどうかを示します。
をクリックして、[Web 公開 ] > [PHP] タブを表示します。
「PHP Web 公開設定」を参照してください。
XML は有効です / XML は無効
クライアントが FileMaker データにアクセスして、ホストされ
ているデータベースから XML データを生成できるかどうかを
示します。
をクリックして、[Web 公開 ] > [XML] タブを表示します。
「XML Web 公開設定」を参照してください。
関連項目
トラブルシューティング
FileMaker Server の展開
展開のステータスの確認
FileMaker Server 13 ヘルプ
19
FileMaker Server の展開
展開のステータスの確認
Web 公開エンジン情報
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
この [ ステータス ] ウインドウのセクションは、Web 公開エンジンが機能しているかどうか、およ
び Web 公開接続の数を示します。
「FileMaker Server コンポーネントの起動または停止」を参照し
てください。
情報
説明
IP アドレス
Web 公開エンジンを実行しているマシンの IP アドレス。Web 公開エ
ンジンは、FileMaker Server と共にマスタマシンにインストールでき
ます。2台のマシンに展開している場合、IP アドレスは、ワーカーマ
シンのアドレスになります。
現在開いている
現在、FileMaker WebDirect クライアントによって使用されている
FileMaker WebDirect 接 Web 公開接続の数が表示されます。
続数
をクリックして、[Web 公開 ] > [ 一般設定 ] タブを表示します。
「一般 Web 公開設定」を参照してください。
FileMaker WebDirect は クライアントが FileMaker WebDirect を使用して FileMaker データに
アクセスできるかどうかを示します。
有効です / FileMaker
WebDirect は無効
この設定を変更するには、 をクリックして、[Web 公開 ] >
[FileMaker WebDirect] タブを表示します。「FileMaker WebDirect の設
定」を参照してください。
現在開いているカスタ
ム Web 公開接続数
カスタム Web 公開で現在使用されている Web 公開接続の数。
カスタム Web 公開 with XML を有効または無効にするには、 をク
リックして設定を表示します。「XML Web 公開設定」を参照してくだ
さい。
メモ [ ステータス ] ウインドウに表示される数は、自動的に更新され
ます。この情報には、接続が [ アクティビティ ] > [ クライアント ] タ
ブまたは [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブに表示されるのに
必要な5秒のしきい値が適用されません。
関連項目
トラブルシューティング
FileMaker Server の展開
FileMaker Server 13 ヘルプ
20
FileMaker Server の展開
展開のステータスの確認
ODBC/JDBC 情報
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ ステータス ] ウインドウでは、現在の ODBC/JDBC 接続の数、および ODBC/JDBC 共有機能が有
効になっているかどうかを確認できます。FileMaker Server は、ODBC および JDBC データソー
スのデータを共有する FileMaker Pro データベースをホストできます。詳細については、
「FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用」を参照してください。
情報
説明
現在開いている XDBC 接続数
すべての ODBC および JDBC クライアントに [XDBC] が表示
されます。これは ODBC クライアントと JDBC クライアント
で現在使用されている接続の数を示します。
をクリックして、[ 一般設定 ] > [ODBC/JDBC] タブを表示
します。
「ODBC/JDBC 経由の共有の有効化」を参照してくだ
さい。
関連項目
トラブルシューティング
FileMaker Server の展開
FileMaker Server 13 ヘルプ
21
FileMaker Server の展開
FileMaker Server の展開の変更
FileMaker Server の展開の変更
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
まず1台のマシンに展開した後、Web 公開の負荷が時間の経過とともに増加する場合、展開アシ
スタントを使用して、2台のマシンを使用する設定に FileMaker Server の展開を変更します。
メモ マシンのオペレーティングシステムをアップグレードする場合、FileMaker Server を再度展
開する必要があります。「展開タイプの選択」を参照してください。
FileMaker Server の展開を変更するには、次の操作を行います。
1. Admin Console の [ サーバー ] メニュー > [ 展開の編集 ...] を選択します。
展開アシスタントが起動します。
2. 変更の必要なオプションが表示されるまで、[ 進む ] をクリックします。
展開アシスタントに現在の選択内容が表示されます。
3. これらの展開アシスタントの設定で選択内容を変更します。
• データ共有および Web 公開のテクノロジーの有効化
• 展開タイプの選択
• FileMaker Server を1台のマシンに展開した場合、展開アシスタントが Web サーバー
をテストします。2台のマシン展開を選択した場合、ワーカーマシンを設定してテス
トする必要があります。「ワーカーマシンの設定」を参照してください。
Admin Console で特定の Web 公開テクノロジーを有効または無効にすることができます。
「一
般 Web 公開設定」を参照してください。
4. [ 展開の概要 ] 手順で選択内容を確認します。選択した内容を変更する場合は、[ 戻る ] を
選択します。「展開の概要と進行状況」を参照してください。
5. [ 進む ] をクリックして選択内容を確認します。
展開の変更が展開アシスタントによって実装され、進行状況が表示されます。これには、数分
かかります。
[ 進行状況 ] に一覧表示される情報には、展開と構成の変更がその都度表示されます。展開が
完了したら、[ 完了 ] をクリックして展開アシスタントを閉じます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
22
FileMaker Server の展開
FileMaker Server の展開の変更
メモ
• マスタマシンを変更する場合、FileMaker Server をアンインストールして新しいマスタマ
シンに再インストールする必要があります。2台のマシン展開を使用している場合、ワー
カーマシンをアンインストールして再インストールする必要があります。既存のインス
トールからの FileMaker Server のアップグレードまたは移動の詳細については、開始ペー
ジの『FileMaker Server 入門ガイド』を参照してください。
• 展開を編集しているときに、ワーカーマシンを追加することはできますが、2台のマシン
展開を選択する必要があります。
• また、既存の展開からワーカーマシンを削除することもできます。「展開タイプの選択」
を参照してください。
関連項目
FileMaker Server の展開
FileMaker Server 13 ヘルプ
23
Admin Console の起動
Admin Console の起動
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Server 展開内のマスタマシンにネットワークアクセスする Windows または OS X コン
ピュータで、FileMaker Server Admin Console を起動できます。FileMaker Server の Admin
Console は、サポートされる Web ブラウザで実行する Web アプリケーションです。
Admin Console を起動するには、次の操作を行います。
1. 次のいずれかの操作を行います。
• Admin Console の開始ページに直接移動するには、Web ブラウザを開いて次の URL
を入力します。
http://[ ホスト ]:16001
[ ホスト ] には、FileMaker Server 展開内のマスタマシンの IP アドレスまたはドメイン名
を指定します。ローカルホストマシンではポート 16001 のみが使用可能ですが、リモート
マシンの場合はこの限りではありません。
• リモートマシンから Admin Console の開始ページに直接移動するには、Web ブラウ
ザを開いて次の URL を入力します。
https://[ ホスト ]:16000
[ ホスト ] には、FileMaker Server 展開の外部マスタマシンの IP アドレスまたはドメイン
名を指定します。
2. [Admin Console の開始 ] をクリックして、Admin Console [ ログイン ] ページを開きます。
このページが開かない場合、またはブラウザのセキュリティメッセージが表示される場合は、
「Admin Console の問題」を参照してください。
3. Admin Console [ ログイン ] ページに、Admin Console アカウントのユーザ名とパスワード
を入力します。
Admin Console が起動し、[ ステータス ] ウインドウが表示されます。「展開のステータスの確
認」を参照してください。
ヒント URL の末尾に「/admin-console」と入力して Admin Console を起動すると、[ ログイン ]
ページに直接移動することもできます。例 :
http://localhost:16001/admin-console
メモ
• ブラウザから Admin Console を起動した後、このアドレスをブラウザのブックマークとし
て保存すると、Admin Console を簡単に開くことができます。
• オペレーティングシステムを再起動する必要がある場合は、最初に FileMaker Server を停
止し、オペレーティングシステムの再起動後に FileMaker Server を再起動してください。
関連項目
Admin Console の問題
FileMaker Server の概要
FileMaker Server 13 ヘルプ
24
Admin Console の起動
Admin Console を起動するためのショートカット
Admin Console を起動するためのショートカット
デスクトップのショートカットを使用して Admin Console を起動することもできます。
• Windows 7 および Windows Server 2008 R2: [ スタート ] > [ すべてのプログラム ] >
[FileMaker Server] > [FMS 13 Admin Console] をクリックします。
• Windows 8 および Windows Server 2012: [ スタート ] 画面で [FMS 13 Admin Console] を
クリックします。
• OS X: デスクトップの [FMS 13 Admin Console] ショートカットをダブルクリックします。
関連項目
Admin Console の問題
FileMaker Server の概要
FileMaker Server 13 ヘルプ
25
Admin Console の起動
ブラウザで Admin Console を使用するためのヒント
ブラウザで Admin Console を使用するためのヒント
Admin Console は、Internet Explorer や Safari など、サポートされている多くの Web ブラウザで
実行する Web アプリケーションです。ブラウザごとに若干の違いがあるため、Admin Console を
正常に実行するために次の情報を参考にしてください。
• ブラウザの [ 戻る ]、[ 進む ]、[ 最新の情報に更新 ](または [ 再読み込み ])ボタンをク
リックすると、Admin Console が終了し、[ ログイン ] ページが表示されます。Admin
Console で保存されていない変更は失われ、再度ログインする必要があります。
• FileMaker Server ヘルプ、開始ページ、またはテクノロジーテストページを開こうとする
と、Web ブラウザにセキュリティメッセージが表示されることがあります。これは正常な
動作です。そのページを続行するオプションをクリックしてください。「CERTIFICATE コ
マンド」を参照してください。
• ブラウザでポップアップブロックが有効な場合、Admin Console がウインドウを開こうと
するとポップアップブロックのメッセージが表示されることがあります。たとえば、
FileMaker Server ヘルプ、開始ページ、またはテクノロジーテストページを開こうとした
場合、またはログビューアの内容をエクスポートするときにポップアップブロックのメッ
セージが表示されることがあります。ポップアップブロックの設定を変更してこれらのウ
インドウの表示を許可します。
• [ データベースのダウンロード ] コマンドなどを使用してファイルをダウンロードする場
合、デフォルトのダウンロード場所およびダイアログボックスはブラウザごとに異なりま
す。
「ホストされたファイルのダウンロード」を参照してください。
• スケジュールとグループ設定ファイルをロードする場合、ファイルを選択するためのナビ
ゲーションはブラウザごとに異なります。
• ログビューアでは、現在のリストをファイルにエクスポートできます。通常ファイルはブ
ラウザのダウンロードフォルダに自動的に保存されます。しかし、ブラウザで保存場所を
選択できる場合があります。「ログファイルのエントリの参照」を参照してください。
• Admin Console は、常に起動した Web ブラウザの言語で表示されます。サポートされて
いるブラウザの完全なリストについては、『FileMaker Server 入門ガイド』を参照してく
ださい。
関連項目
Admin Console の起動
FileMaker Server 13 ヘルプ
26
データベースのホスト
データベースのホスト
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Pro データベースファイルを共有する前に、ホスト用のファイルを用意する必要があり
ます。次の手順に、このプロセスの概要を説明しています。
1. クライアントが共有アクセスに使用するアカウントとアクセス権セットを編集する。「ア
カウントとアクセス権セットの編集」を参照してください。
2. データベースファイルを FileMaker Server にアップロードする。「データベースファイル
のアップロード」を参照してください。
3. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブで、ファイルの状態を確認し、FileMaker クライ
アントがファイルを使用できるかどうかを確認する。「FileMaker クライアントによるデー
タベースの利用の確認」を参照してください。
メモ
• FileMaker Server 13 は、FileMaker Pro 12、FileMaker Go 12、FileMaker Pro 13、および
FileMaker Go 13 クライアントをサポートします。FileMaker Pro 12 と FileMaker Go 12
クライアントの場合、FileMaker Pro 13 の機能を使用できません。
• FileMaker Pro 11 以前で作成されたファイルは、FileMaker Pro 12 の形式に変換する必要
があります。FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
• ホストされるデータベースが、外部 SQL データソースからデータにアクセスするように
設計されている場合、データベースの作成時に、FileMaker Pro を稼動しているコン
ピュータに設定されたのと同じ ODBC データソース名(DSN)を FileMaker Server マス
タマシンに設定する必要があります。「外部 ODBC データソースへのアクセス」を参照し
てください。
• ホストされるデータベースがプラグインファイルを使用しているか、プラグインファイル
のインストールスクリプトステップでサーバーサイドプラグインファイルの更新を許可す
る場合は、サーバープラグインの設定が必要です。「プラグインの管理」を参照してくだ
さい。
• FileMaker Pro のピアトゥピアデータベース共有機能は、FileMaker Server が実行されてい
るコンピュータと同じコンピュータ上では使用できません。
• 正しく閉じられなかったファイルを FileMaker Server で開くと、FileMaker Server は各
ファイルに対して一貫性チェックを実行し、イベントログに結果を記録します。
• 最大 125 の FileMaker Pro データベースファイルを FileMaker Server でホストし、
FileMaker Server の起動時に自動的に開くことができます。
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、データベー
スのグループフォルダへのアップロードを許可する必要があります。詳細については、
サーバー管理者に問い合わせてください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
27
データベースのホスト
関連項目
データベースの管理
ホストされたファイルの閉じ方
クライアントの管理
サーバーの使用状況の表示
[ クライアント ] リスト内の FileMaker クライアントへのメッセージの送信
サーバーサイドプラグインの更新でのプラグインファイルのインストールスクリプトステップの
有効化
FileMaker Server 13 ヘルプ
28
データベースのホスト
アカウントとアクセス権セットの編集
アカウントとアクセス権セットの編集
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Pro で、クライアントが各データベースにアクセスする際に使用するアカウントとアク
セス権セットを編集します。[ ファイル ] メニュー > [ 管理 ] > [ セキュリティ ...] を選択します。
• 特定の拡張アクセス権セットに対して、適切な拡張アクセス権を有効にします。拡張アク
セス権を使用するアクセス権セットが割り当てられたアカウントは、拡張アクセス権に関
連付けられたプロトコル([FileMaker ネットワークによるアクセス ] など)によって、
データベースにアクセスすることができます。アカウント、アクセス権、および拡張アク
セス権の詳細については、『FileMaker Pro ユーザーズガイド』を参照してください。
• 必要に応じて、アクセス権の [ アイドル状態の時、サーバーからユーザの接続を解除する ]
を有効にして、各アカウントに対して、アイドル状態のユーザを FileMaker Server から接
続を解除または維持できるようにします。ユーザがアイドル状態のときに接続を解除する
までの時間を設定する方法の詳細については、「FileMaker クライアントの設定」を参照し
てください。
• 外部認証を使用する予定であれば、クライアントが共有アクセスに使用する
FileMaker Pro の各アカウントを編集する必要があります。[ アカウントの編集 ] ダイアロ
グボックスで、[ アカウントの認証方法 :] から [ 外部のサーバー ] を選択します。
FileMaker Pro アカウントの外部認証を有効にする方法の詳細については、FileMaker Pro
ヘルプを参照してください。外部認証をサポートする FileMaker Server の設定の詳細につ
いては、「データベースサーバーのセキュリティ設定」を参照してください。
関連項目
FileMaker クライアントによるデータベースの利用の確認
データベースのホスト
FileMaker Server 13 ヘルプ
29
データベースのホスト
データベースファイルのアップロード
データベースファイルのアップロード
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
次のいずれかの方法を使用して、ファイルをアップロードして FileMaker Server でホストできます。
• システムツールを使用して、その他の追加ファイルと共にデータベースファイルをデフォ
ルトのデータベースフォルダ、または [ データベースサーバー ] > [ フォルダ ] タブで指定
した追加のデータベースフォルダの1つにコピーします。外部に保存されたオブジェクト
を含むオブジェクトフィールドのあるデータベースの場合、外部オブジェクトフィールド
のオブジェクトを、ホストしているサーバーの正しいフォルダに転送する必要がありま
す。詳細については、「データベースファイルの手動によるアップロード」を参照してく
ださい。
• FileMaker Pro を使用して、データベースファイルをローカルドライブから
FileMaker Server にアップロードします。外部に保存されたオブジェクトを含むオブジェ
クトフィールドを使用するデータベースの場合、外部に保存されたデータもアップロード
されます。詳細については、「FileMaker Pro を使用したデータベースファイルのアップ
ロード」を参照してください。
重要 アップロードするにはデータベースファイルを閉じる必要があります。FileMaker
Pro でデータベースを開いている場合、[ ファイル ] メニュー > [ 閉じる ] を選択します。
関連項目
データベースのホスト
FileMaker Server 13 ヘルプ
30
データベースのホスト
データベースファイルのアップロード
FileMaker Pro を使用したデータベースファイルのアップロード
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Pro では、ファイルをローカルコンピュータから FileMaker Server 展開に転送してホス
トできます。ファイルを転送するには、FileMaker Pro で [ ファイル ] メニュー > [ 共有設定 ] >
[FileMaker Server にアップロード ...] を選択します。次の「メモ」には、FileMaker Pro からファ
イルをアップロードする前に必要な情報が記載されています。完全な詳細については、
FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
重要 データベースファイルをアップロードする場合、まずデータベースが閉じていることを確認
してください。開いているデータベースを FileMaker Pro からアップロードしようとすると、デー
タベースを閉じるように求めるメッセージが表示されます。
メモ
• ファイルをアップロードするには、データベースに対して該当する処理を実行するための
アクセス権のあるサーバー管理者またはグループ管理者のアカウント名とパスワードが必
要です。詳細については、「FileMaker Server 管理者グループのアクセス権」を参照して
ください。
• サーバー管理者の場合、アクセス権のある任意のフォルダにデータベースをアップロード
できます。グループ管理者の場合、自分のグループフォルダにデータベースをアップロー
ドできます。
• 暗号化されたデータベースをアップロードできますが、FileMaker Server は、アップロー
ドされた暗号化データベースを自動的に開くことはできません。暗号化されたファイルを
アップロードした後、データベースに対して該当する処理を実行するためのアクセス権を
持つサーバー管理者またはグループ管理者がファイルを開く必要があります。
• アップロードしたデータベースが開かれると、FileMaker Server はファイルで共有が有効に
なっているかどうかをチェックします。共有が有効になっていない場合、FileMaker Server
により、完全アクセス権セットで FileMaker ネットワークでの共有が自動的に有効になり
ます(拡張アクセス権 fmapp)。FileMaker WebDirect で共有するための fmwebdirect 拡張
アクセス権のみを有効にして fmapp を有効にしない場合、ユーザは FileMaker Pro を使用
してファイルにアクセスできません。
関連項目
データベースのホスト
データベースファイルの手動によるアップロード
FileMaker Server 13 ヘルプ
31
データベースのホスト
データベースファイルのアップロード
データベースファイルの手動によるアップロード
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Pro データベースを手動で FileMaker Server にコピーできますが、次のことを確認する
必要があります。
• 正しい場所にデータベースファイルを配置します。FileMaker Server は、デフォルトフォ
ルダ(データベース)および2つの追加フォルダ(追加のデータベースフォルダ 1 と 追加
のデータベースフォルダ 2)にあるデータベースファイルをホストします。[ データベー
スサーバー ] > [ フォルダ ] タブで、これらのフォルダを選択または変更することができま
す。「追加データベースフォルダの設定」を参照してください。
• データベースがオブジェクトを外部に保存するオブジェクトフィールドを使用している場
合、外部に保存されたオブジェクトフィールドのオブジェクトを正しい場所に配置してく
ださい。データベース用にフォルダを作成した場合、サーバー上で正しいフォルダを作成
してフィールドオブジェクトをコピーしていることを確認してください。
• OS X: データベースファイルとオブジェクトフィールドのオブジェクトのグループ所有権
を変更します。
重要 ホストされたファイルを移動、コピー、または名前変更する必要がある場合は、必
ず最初にファイルを閉じてください。ホストされたファイルを手動で移動、コピー、また
は名称変更するには、データベースファイルを閉じる必要があります。開いているデータ
ベースは、[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブで閉じることができます。「ホストさ
れたファイルの閉じ方」を参照してください。
メモ
• データベースを開く場合、共有が有効になっているかどうかがデータベースサーバーに
よってチェックされます。共有が有効になっていない場合、データベースサーバーによ
り、完全アクセス権セットで FileMaker ネットワークでの共有が自動的に有効になります
(拡張アクセス権 fmapp)。FileMaker WebDirect で共有するための fmwebdirect 拡張アク
セス権のみを有効にして fmapp を有効にしない場合、ユーザは FileMaker Pro を使用して
ファイルにアクセスできません。
• すでにホストされているデータベースを削除する方法の詳細については、「ホストされて
いるファイルの削除」を参照してください。
• .fmp12 のファイル名拡張子を持つファイルまたは登録済みの Runtime ソリューションの
ファイル名拡張子を持つファイルを手動でコピーできます。登録済みの Runtime ファイル
名拡張子の詳細については、「データベースの設定」を参照してください。
• データベースファイル名は、フォルダまたはサブフォルダとは関係なく、サーバー全体で
固有である必要があります。
FileMaker Server 13 ヘルプ
32
データベースのホスト
データベースファイルのアップロード
正しい場所にデータベースファイルを配置する
FileMaker Server で開く FileMaker Pro データベースファイル、またはそれらのファイルへの
ショートカット(Windows)またはエイリアス(OS X)は、次のフォルダに配置します。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Data¥Databases¥
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Data/Databases/
または、オプションで指定した追加のデータベースフォルダにファイルを配置することもできま
す。「データベースおよびバックアップフォルダの設定」を参照してください。
Windows デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォルトパスの
先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定した場所に置
き換えられます。例 :¥My_Path¥Data¥Databases¥
外部に保存されたオブジェクトフィールドのオブジェクトを正しい場所に配置す
る
データベースがオブジェクトを外部に保存するオブジェクトフィールドを使用している場合、外
部に保存されたオブジェクトフィールドのオブジェクトを正しい場所に配置する必要があります。
1. データベースを配置したフォルダ内に、「RC_Data_FMS」という名前のフォルダを作成し
ます(存在していない場合)。
2. 「RC_Data_FMS」フォルダの中に、データベースファイルと同じ名前のフォルダを作成し
ます。たとえば、データベースファイル名が Customers の場合は、Customers という
フォルダを作成します。
RC_Data_FMS¥Customers
3. 作成した新しいフォルダに、外部に保存されたオブジェクトを配置します。
たとえば、データベースファイル Customers.fmp12 に Photo という名前のオブジェクト
フィールドのある Rewards という名前のテーブルがあるとします。Photo は、外部で保存し、
オープン格納を使用する管理されたオブジェクトです。デフォルトで、FileMaker Pro では外
部に保存されたオブジェクト用に次のフォルダ構造が基本ディレクトリとして作成されます。
Files¥Customers¥Rewards¥Photo
メモ FileMaker Pro で、オブジェクトフィールドの基本ディレクトリを表示するには、[ ファ
イル ] メニュー > [ 管理 ] > [ オブジェクト ...] を選択して、[ 格納 ] をクリックします。
データベースが暗号化されている場合、データのセキュリティを確実にするためにオブジェク
トフィールドに [ セキュア格納 ] を選択してください。オブジェクトフィールドに [ オープン格
納 ] を選択してもデータは暗号化されません。FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
基本ディレクトリのフォルダをフォルダの内容と共にサーバーの RC_Data_FMS¥Customers
フォルダにコピーすると、このフォルダの構造が表示されます。
RC_Data_FMS¥Customers¥Files¥Customers¥Rewards¥Photo
外部に保存されたオブジェクトをサーバー上のこのフォルダに配置します。
メモ データベースが FileMaker Server 上でホストされる場合、複数のデータベースでオブジェク
トの共通フォルダを共有することはできません。各データベースのオブジェクトは、データベース
名と同じ名前で識別されたフォルダにある必要があります。オブジェクトフォルダに関する情報
は、データベースと共に保存されます。「追加データベースフォルダの設定」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
33
データベースのホスト
データベースファイルのアップロード
ファイルのグループ所有権を変更する(OS X)
OS X から共有するファイルで、fmsadmin グループに属するようにファイル(データベースファ
イルとオブジェクトフィールドのオブジェクト)を変更します。OS X から共有するデータベース
を編集するには、ファイルでグループによる [ 読み / 書き ] アクセス権も有効になっている必要が
あります。
詳細については、「ユーザ、グループ、およびアクセス権(OS X)」を参照してください。
メモ データベース、外部オブジェクトフィールドのオブジェクト、バックアップ、スクリプト
ファイル、またはプラグインが含まれる OS X のサブフォルダも、fmsadmin グループによって読
み込み、および実行可能である必要があります。データベースとバックアップフォルダは、バッ
クアップとアップロード時に fmsadmin グループによる書き込みが可能になる必要があります。環
境設定や追加ファイルのフォルダを使用するプラグインファイルやスクリプトでは、それらの
ファイルやフォルダへの書き込みアクセス権が必要になる場合があります。
関連項目
FileMaker クライアントによるデータベースの利用の確認
サーバーサイドプラグインの更新でのプラグインファイルのインストールスクリプトステップの
有効化
追加データベースフォルダの設定
バックアップオプションの理解
FileMaker Server 13 ヘルプ
34
データベースのホスト
FileMaker クライアントによるデータベースの利用の確認
FileMaker クライアントによるデータベースの利用の確認
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Server は、起動時にデフォルトデータベースフォルダおよび追加データベースフォルダ
(指定されている場合)にある FileMaker Pro データベースをすべて自動的に開いてホストします。
[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブの [ 状態 ] 列のデータベースに [ 正常 ] と表示されます。
FileMaker Server の起動時にデータベースが開かれ、FileMaker クライアントがデータベースを利
用できるかどうかを確認する場合は、次の点を確認します。
• [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブにリストされるファイルの状態が [ 正常 ] である
こと。
• [GO/PRO] 列に行頭文字( )が表示され、fmapp 拡張アクセス権が少なくとも1つのア
カウントに設定されていることが示されている。
• FileMaker Pro および FileMaker Go で共有ファイルを開くことができる。
• Event.log(または Windows の イベントビューア)でファイルの表示に関する FileMaker
Server メッセージが表示されている。
[ データベース ] タブに表示されるファイルの状態を確認するには、次の操作を行
います。
1. FileMaker Server Admin Console を起動します。「Admin Console の起動」を参照してく
ださい。
2. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブをクリックします。
起動後にデフォルトデータベースフォルダに手動でファイルを追加している場合、それらの
ファイルは [ 閉じました ] と表示されます。これらのファイルは開く必要があります。[ アク
ティビティ ] > [ データベース ] タブを使用して FileMaker Server からデータベースを開くと、
FileMaker ネットワークでの共有が自動的に有効になります(拡張アクセス権 fmapp)。
「ホス
トされているファイルの開き方」を参照してください。
3. データベースの状態が [ 閉じました ] の場合、データベースを選択して、
[ 開く ] を選択します。
をクリックし、
複雑なファイルを開く場合は数分かかる場合があります。
正しく閉じられなかったファイルを FileMaker Server で開くと、FileMaker Server は各ファイ
ルに対して一貫性チェックを実行してイベントログに結果を記録します。
ヒント データベースを格納したフォルダが閉じられている場合、フォルダの横の矢印をク
リックして開きます。
4. [GO/PRO] 列に行頭文字( )が表示されない場合は、ユーザは、FileMaker Go または
FileMaker Pro でホストされたデータベースを開くことができません。ホストされたデー
タベースを開くには、サーバー上のファイルを閉じて FileMaker Pro で開き、
FileMaker Go または FileMaker Pro を使用できるアカウントの fmapp 拡張アクセス権を有
効にします。
FileMaker Server 13 ヘルプ
35
データベースのホスト
FileMaker クライアントによるデータベースの利用の確認
データベースが使用可能であることを FileMaker Pro クライアントコンピュータ
から確認するには、次の操作を行います。
1. FileMaker Pro または FileMaker Pro Advanced を起動します。
2. [ ファイル ] メニュー > [ 共有ファイルを開く ...] を選択します。
3. [ 表示 ] メニュー > [ ローカルホスト ] を選択して、一覧からサーバーを選択します。右側
の列に、データベースの名前が表示されます。
データベースが表示されない場合、上記の手順、およびデータベースのホストを確認してくだ
さい。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定してグループフォル
ダのデータベースの確認を許可する必要があります。詳細については、サーバー管理者に問い合
わせてください。
関連項目
アカウントとアクセス権セットの編集
ODBC および JDBC 経由での FileMaker データベースの共有
PHP Web サイトのホスト
ホストされたファイルの閉じ方
FileMaker Server 13 ヘルプ
36
Web サイトのホスト
Web サイトのホスト
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server では、次の方法で Web に FileMaker データベースを公開できます。
目的
用途
参照先
PHP Web アプリケーションで
FileMaker API for PHP を使用して、
FileMaker データにアクセスします。
カスタム Web 公開 with
PHP
PHP Web サイトのホスト
HTTP リクエストを XML クエリーコマ カスタム Web 公開 with
XML
ンドと引数と共に送信し、FileMaker
データを XML ドキュメントとして取り
出します。
FileMaker Pro で実行する場合と非常に FileMaker WebDirect
似た外観および機能を持つ Web で、
FileMaker データベースを迅速かつ簡
単に公開します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
XML クエリーのデータベース
のホスト
FileMaker WebDirect の使用
37
Web サイトのホスト
PHP Web サイトのホスト
PHP Web サイトのホスト
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
カスタム Web 公開 with PHP では、PHP スクリプト言語を使用して FileMaker データベースの
データをカスタマイズした Web ページレイアウトに統合できます。Web ページで FileMaker API
for PHP を呼び出します。この PHP クラスは FileMaker Server でホストされるデータベースにア
クセスする FileMaker により作成されます。この PHP クラスは Web 公開エンジンに接続し、
Web サーバーの PHP エンジンでデータ利用を可能にします。
PHP Web サイトの開発とデータベースの準備の詳細については、開始ページの『FileMaker
Server カスタム Web 公開 with PHP』を参照してください。
カスタム Web 公開 with PHP を使用する Web サイトをホストするには、次の操
作を行います。
1. FileMaker Pro で、データベースを開いてデータベースにアクセスするアカウントのアク
セス権セットを編集します。拡張アクセス権の [PHP Web 公開でのアクセス - FMS のみ ]
を有効にします。
メモ FileMaker データベースソリューションで複数の FileMaker データベースファイルが使用
される場合、PHP を使用してアクセスするすべてのデータベースファイルが拡張アクセス権
の [PHP Web 公開でのアクセス - FMS のみ ] を有効にしてこのアクセス権セットを使用する必
要があります。
2. FileMaker Server Admin Console で、展開アシスタントを使用してカスタム Web 公開
with PHP を有効にし、独自のバージョンの PHP をインストールするか、オペレーティン
グシステムのデフォルト PHP を使用するかを選択します(まだ選択していない場合)。
[ ステータス ] ウインドウで [ サーバー ] メニュー > [ 展開の編集 ...] を選択します。展開アシス
タントで設定を確認し、Web 公開テクノロジーを有効にする手順に移動するまで [ 進む ] をク
リックします。詳細については、「データ共有および Web 公開のテクノロジーの有効化」を参
照してください。
3. Admin Console で、[Web 公開 ] > [PHP] タブで設定を編集します。
カスタム Web 公開 with PHP の設定の詳細については、「PHP Web 公開設定」を参照してく
ださい。
4. カスタム Web 公開 with PHP が、FileMaker Server の展開で動作していることを確認しま
す。手順については、「FileMaker Server のテスト」を参照してください。
5. データベースファイルを FileMaker Server にアップロードします。「データベースのホス
ト」を参照してください。
メモ FileMaker データベースソリューションで複数の FileMaker データベースファイルを使用
する場合、データベースファイルはすべて同じコンピュータ上にあることが必要です。
6. PHP ファイルを Web サーバーのルートフォルダにコピーします。このフォルダは、
FileMaker Server 展開内で Web サーバーが実行しているマシン上にあります。デフォル
トの場所を次に示します。
• HTTP または HTTPS での IIS(Windows):
[ ドライブ ]: ¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥HTTPServer¥Conf
FileMaker Server 13 ヘルプ
38
Web サイトのホスト
PHP Web サイトのホスト
[ ドライブ ] は、FileMaker サーバー展開の Web 公開エンジンのコンポーネントが存在
するドライブです。
• HTTP での Apache(OS X):
/ ライブラリ /FileMaker Server/HTTPServer/htdocs
• HTTPS での Apache(OS X):
/ ライブラリ /FileMaker Server/HTTPServer/htdocs/httpsRoot
OS X の場合は、フォルダの所有権とアクセス権により、fmsadmin グループのメンバーに
PHP ファイルの編集が許可されていることを確認してください。「ユーザ、グループ、お
よびアクセス権(OS X)」を参照してください。
7. まだ操作を行っていない場合は、参照されているオブジェクトを Web サーバーマシン上
の適切な場所にコピーまたは移動します。
データベースのオブジェクトフィールドに実際のファイルではなくファイル参照が保存されて
いる場合、レコードを作成または編集するときにその参照されているオブジェクトが
FileMaker Pro の「Web」フォルダに保存されます。FileMaker Server でサイトをホストする
には、参照されているオブジェクトを、Web サーバーソフトウェアのルートフォルダ内の同
じ相対パスのフォルダにコピーまたは移動します。
PHP ソリューションでのオブジェクトフィールドの使用の詳細については、『カスタム Web
公開 with PHP』を参照してください。
8. PHP Web サイトにアクセスするには、次の URL 構文を使用します。
< スキーム >://< ホスト >[:< ポート >]/< パス >/< ファイル名 >
各要素の意味は次のとおりです。
• < スキーム > は、HTTP または HTTPS プロトコルです。
• < ホスト > には、Web サーバーがインストールされているホストコンピュータの IP
アドレスまたはドメイン名を指定します。
• < ポート > には、Web サーバーのポートを指定します(オプション)。ポートが指定
されていない場合は、プロトコルのデフォルトのポート(HTTP ではポート 80、
HTTPS ではポート 443)になります。
• < パス > には、PHP ファイルが配置されている Web サーバーのルートフォルダ内の
フォルダを指定します(オプション)。
• < ファイル名 > は、Web サイトのページのファイル名です。
例:
http://192.168.123.101/my_site/home.php
関連項目
PHP Web 公開設定
Web サイトのホスト
FileMaker Server 13 ヘルプ
39
Web サイトのホスト
XML クエリーのデータベースのホスト
XML クエリーのデータベースのホスト
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker カスタム Web 公開 with XML を使用する場合、FileMaker Server へのクエリーリクエス
トの送信、応答データの表示、変更、操作を必要に応じて実行できます。適切なクエリーコマン
ドと引数を指定した HTTP リクエストを使用して、FileMaker データを XML ドキュメントとして
取得できます。
データベースの準備と XML データへのアクセスの詳細については、開始ページの『カスタム Web
公開 with XML』を参照してください。
カスタム Web 公開 with XML を使用するデータベースをホストするには、次の操
作を行います。
1. FileMaker Pro で、データベースを開き、データベースにアクセスするアカウントのアク
セス権セットを編集します。拡張アクセス権の [XML Web 公開でのアクセス - FMS のみ ]
を有効にします。
メモ FileMaker データベースソリューションで複数の FileMaker データベースファイルが使用
される場合、XML を使用してアクセスするすべてのデータベースファイルで拡張アクセス権
の [XML Web 公開でのアクセス - FMS のみ ] が有効である必要があります。
2. FileMaker Server Admin Console で、[Web 公開 ] > [XML] タブを使用して [XML 公開を有
効にする ] を選択します。
3. カスタム Web 公開のデータベースを準備します。詳細については、『FileMaker Server カ
スタム Web 公開 with XML』を参照してください。
4. データベースファイルを FileMaker Server にアップロードします。「データベースファイ
ルのアップロード」を参照してください。
メモ FileMaker データベースソリューションで複数の FileMaker データベースファイルを使用
する場合、XML を使用するデータベースファイルはすべて同じコンピュータ上にある必要が
あります。
5. HTML フォーム、HREF リンク、またはプログラムや Web ページ内のスクリプトを使用
して、FileMaker XML 文法、1つのクエリーコマンド、および1つまたは複数の
FileMaker クエリー引数を指定した URL の形式で、HTTP または HTTPS リクエストを
Web 公開エンジンに送信します。Web ブラウザに URL を入力することもできます。
XML データの URL の指定の詳細については、『FileMaker Server カスタム Web 公開 with
XML』を参照してください。
関連項目
XML Web 公開設定
Web サイトのホスト
FileMaker Server 13 ヘルプ
40
Web サイトのホスト
FileMaker WebDirect の使用
FileMaker WebDirect の使用
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker WebDirect を使用して、データベースのレイアウトをすばやく簡単に公開できます。互
換性のある Web ブラウザソフトウェアとインターネットまたはイントラネットにアクセス可能な
ユーザは、アクセス権があれば FileMaker WebDirect ソリューションに接続して、レコードの表
示、編集ソート、および検索を行うことができます。
FileMaker WebDirect で正しく機能する FileMaker Pro データベースの開発の詳細については、開
始ページの『FileMaker WebDirect ガイド』を参照してください。
FileMaker WebDirect を使用して Web サイトをホストするには、次の操作を行
います。
1. FileMaker Pro で、データベースを開き、データベースにアクセスするアカウントのアク
セス権セットを編集します。拡張アクセス権の [FileMaker WebDirect によるアクセス ] を
有効にします。
メモ FileMaker データベースソリューションが1つ以上の FileMaker データベースを使用する
場合、FileMaker WebDirect を使用するすべてのデータベースファイルで拡張アクセス権の
[FileMaker WebDirect によるアクセス ] を有効にする必要があります。
2. データベースファイルを FileMaker Server にアップロードします。「データベースファイ
ルのアップロード」を参照してください。
メモ FileMaker データベースソリューションで複数の FileMaker データベースファイルを使用
する場合、データベースファイルはすべて同じコンピュータ上にあることが必要です。
3. FileMaker Server Admin Console の [Web 公開 ] > [FileMaker WebDirect] タブで
FileMaker WebDirect を有効にして設定します。
4. FileMaker データベースに静的 HTML ページ、イメージ、その他の外部参照ファイルを使
用している場合、それらのファイルを Web サーバーソフトウェアのルートフォルダに移
動する必要があります。相対パスが保持されていることを確認します。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥HTTPServer
¥Conf
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/HTTPServer/htdocs
5. Web ブラウザに次の URL を入力して、データベースが FileMaker WebDirect で公開され
ていることをテストします。
http://< ホスト >/fmi/webd
< ホスト > には、FileMaker Server 展開内のマスタマシンの IP アドレスまたはドメイン名を
指定します。
6. (オプション)Web ユーザがセッションのログアウト時、またはセッションのタイムアウ
ト時に表示されるデフォルトのデータベースホームページを置き換えることができます。
Web 公開エンジンを実行しているマシン上の次の場所に、カスタムホームページ
fmwebd_home.html を配置します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
41
Web サイトのホスト
FileMaker WebDirect の使用
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥HTTPServer
¥Conf
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/HTTPServer/htdocs
Windows デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォルトパ
スの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定した
場所に置き換えられます。例 :¥My_Path¥HTTPServer¥Conf
関連項目
一般 Web 公開設定
Web サイトのホスト
FileMaker Server 13 ヘルプ
42
FileMaker Server コンポーネントの起動または停止
FileMaker Server コンポーネントの起動または停止
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
Admin Console を使用すると、データベースサーバー、Web 公開エンジン、および XDBC
Listener を、マシンを再起動することなく個別に起動、停止することができます。これらのコン
ポーネントは、[ ステータス ] ウインドウのコントロールを使用して停止または起動できます。
データベースサーバーを起動または停止するには、次の操作を行います。
[ ステータス ] ウインドウの [FileMaker Server 13] セクションで、次の方法でデータベースサー
バーを起動または停止します。
データベースは実行中です。
データベースは停止しています。
クリックしてデータベースサーバーを起動します。 クリックしてデータベースサーバーを停止します。
Web 公開エンジンを起動または停止するには、次の操作を行います。
[ ステータス ] ウインドウの [Web 公開エンジン ] セクションで、次の方法で Web 公開エンジンを
起動または停止します。
Web 公開 エンジンは停止しています。
クリックして Web 公開エンジンを起動します。
Web 公開 エンジンは実行中です。
クリックして Web 公開エンジンを停止します。
XDBC Listener を起動または停止するには、次の操作を行います。
[ ステータス ] ウインドウの [ODBC/JDBC] セクションで、次の方法で XDBC Listener を起動また
は停止します。
XDBC Listener は停止しています。
クリックして XDBC Listener を起動します。
XDBC Listener は実行中です。
クリックして XDBC Listener を停止します。
重要 コンポーネントを起動または停止する場合、状態が実際に変わるまでに時間がかかること
があります。プロセスが完了するまでコンポーネントは無効な状態として表示されることがあり
ます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
43
FileMaker Server コンポーネントの起動または停止
メモ
• FileMaker Pro がすでに実行されている場合、データベースサーバーを同じコンピュータ
上で開始するとデータベースサーバーの起動に失敗します。FileMaker Pro を停止してか
らデータベースサーバーを起動してください。この問題が解消されない場合は、コン
ピュータを再起動し、データベースサーバーを起動してから FileMaker Pro を起動してく
ださい。
• データベースサーバーの起動に失敗した場合、イベントビューア(Windows)またはコン
ソールアプリケーション(OS X)でエラーメッセージを確認してください。
• 容量の大きいファイル、または多くのクライアントが接続しているファイルがある場合、
データベースサーバーを閉じる処理には数分かかることがあります。問題が発生した場合
は、クライアントの接続を解除してください。詳細については、「クライアントの接続解
除」を参照してください。または、ホストされたファイルを閉じてみてください。詳細に
ついては、「ホストされたファイルの閉じ方」を参照してください。
• データベースサーバーを停止した場合、Admin Console の機能は FileMaker Server の [ ス
テータス ] ウインドウと [ ログビューア ] ウインドウに制限されます。その他の機能を利
用するには再度データベースサーバーを起動する必要があります。
• Web 公開エンジンを停止した場合、Web 公開エンジンの設定を行う前に再起動する必要
があります。
• これらのコンポーネントは、コマンドラインインターフェイスからも停止および起動する
ことができます。「START コマンド」および「STOP コマンド」を参照してください。
• FileMaker Server サービスまたはバックグラウンドプロセスを手動で起動または停止する
必要がある場合は、「FileMaker Server サービスの起動または停止(Windows)」または
「FileMaker Server バックグラウンドプロセスの起動または停止(OS X)」を参照してくだ
さい。
関連項目
自動起動設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
44
一般設定の設定
一般設定の設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ 一般設定 ] をクリックし、次のいずれかのタブを選択して、FileMaker Server の設定を指定します。
選択項目
サーバー情報
目的
FileMaker Server 名と説明を指定し、追加サーバーと管理者の連絡先
を指定します。さらに、FileMaker Server ライセンスを更新します。
「サーバー情報の設定」を参照してください。
電子メール通知
FileMaker Server にエラーまたは警告が発生した場合に、電子メール
を受信するユーザを指定します。電子メール通知を送信するには、電
子メールサーバーの SMTP 情報が必要となります。「電子メール通知
の設定」を参照してください。
Admin Console
Admin Console へのアクセスを制限し、Admin Console のユーザ名と
パスワードを変更します。外部認証グループのメンバーが Admin
Console にログインできるようになり、FileMaker Server の更新情報
を確認することができます。「Admin Console の設定」を参照してくだ
さい。
自動起動
コンピュータの起動時に、データベースサーバーまたは Web 公開エン
ジンを起動します。「自動起動設定」を参照してください。
ODBC/JDBC
この機能を有効にして、クライアントが ODBC および JDBC を経由し
て FileMaker Server をデータソースとして使用できるようにします。
「外部 ODBC データソースへのアクセス」を参照してください。
管理者グループ
FileMaker Server の制御を管理者に残しながら、特定の FileMaker
データベースを管理するグループを設定します。「管理者グループの設
定」を参照してください。
接続
FileMaker WebDirect と FileMaker Go クライアントに対してライセン
スで許可されている同時接続の最大数が表示されます。「接続設定」を
参照してください。
タブで設定を変更した後は、[ 保存 ] をクリックして、変更内容をすぐに保存します。または、この
ウインドウの他のタブで変更を行う場合は、別のタブをクリックして変更を行ってから、[ 保存 ] を
クリックします。[ 復帰 ] をクリックすると、最後に保存してからこれらのタブで行った変更内容
をすべて元に戻すことができます。
関連項目
Web 公開の設定
外部 ODBC データソースへのアクセス
FileMaker Server 13 ヘルプ
45
一般設定の設定
サーバー情報の設定
サーバー情報の設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ 一般設定 ] > [ サーバー情報 ] タブでは、次の設定を指定します。
• FileMaker Admin Console、FileMaker Pro の [ 共有ファイルを開く ] ダイアログボックス、およ
び FileMaker Go の [ ファイルブラウザ ] に表示されるホスト名またはサーバー名を指定します。
• Admin Console の開始ページに表示されるサーバーの説明を指定します。
• ディレクトリサービスや開始ページで公開されている FileMaker Server 管理者の連絡先情
報を入力します。
• 現在の FileMaker Server ライセンス情報を更新するか、FileMaker WebDirect と
FileMaker Go 接続の数を変更します。
サーバー情報の設定を指定するには、次の操作を行います。
1. [ 一般設定 ] > [ サーバー情報 ] タブをクリックします。
目的
実行方法
FileMaker Server Admin
Console、FileMaker Pro、およ
び FileMaker Go に表示されるホ
スト名を指定する
[ サーバー名 ] を入力します。
ヒント スペースを除く、標準的な ASCII 文字で構成され
る名前を使用します。サーバー名内にスラッシュ(/)は
使用できません。
サーバー名は次の場所に表示されます。
• 開始ページ
• FileMaker Pro ユーザが開く [ 共有ファイルを開く ] ダ
イアログボックス
• FileMaker Go の [ ファイルブラウザ ]
サーバーの説明を指定する
[ サーバーの説明 ] に、FileMaker Server マシンの説明を
入力します。この説明は開始ページに表示されます。
FileMaker Server の所有者、電
子メールアドレス、場所、電話
番号を指定する
[ 管理者の連絡先情報 ] に、この FileMaker Server の 展開
を管理する担当者の連絡先情報を入力します。
この連絡先情報は次の場所に表示されます。
• 開始ページ
• ディレクトリサービス
Windows: ディレクトリサービスへの管理者の連絡先情報
の公開については、Active Directory スキーマのドキュメ
ントを参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
46
一般設定の設定
サーバー情報の設定
目的
実行方法
FileMaker Server のライセンス
情報を確認または更新する
[ ライセンス情報 ] で、[ ライセンスキーの変更 ...] をク
リックします。
1. [ 名前 ]、[ 所属 ]、新しい [ ライセンスキー ]
を入力します。
FileMaker Server のライセンス情報が [ ライセン
スキーの変更 ] ダイアログボックスに一覧表示さ
れます。このダイアログボックスには次の情報も
表示されます。
• ライセンスのタイプ
• FileMaker WebDirect と FileMaker Go 接続の
最大数
2. [ 更新 ] をクリックします。処理が正常に完了
すると、ライセンスキーが更新されたことを
示すメッセージが表示されます。
以前に評価版を使用していた場合もライセンスキーを更
新できます。詳細については、FileMaker ストアを参照し
てください。「ライセンスキーについて」を参照してくだ
さい。
2. [ 保存 ] をクリックします。
関連項目
データベースファイルの手動によるアップロード
データベースサーバーのセキュリティ設定
Admin Console の設定
一般設定の設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
47
一般設定の設定
電子メール通知の設定
電子メール通知の設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server を設定して、エラーや警告の検出時、またはタスクスケジュールの完了時に電子
メール通知を送信することができます。電子メール通知を設定するには、SMTP サーバー設定を
入力し、接続テストのためにテストメッセージを送信します。次に、エラーまたは警告の通知を
受信するユーザの電子メールアドレスを入力します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
48
一般設定の設定
電子メール通知の設定
電子メール通知の設定を指定するには、次の操作を行います
1. [ 一般設定 ] > [ 電子メール通知 ] タブをクリックします。
目的
実行方法
電子メールサーバーの
[SMTP 情報 ] には、次の項目があります。
SMTP 設定情報を入力する
• 送信元アドレス : 送信者の電子メールアドレスを入力します。
• 返信先アドレス : FileMaker Server からエラーまたは警告の電
子メールを受信した際に、ユーザが返信可能な電子メールア
ドレスを入力します。たとえば、FileMaker Server 管理者の
電子メールなどになります。
• SMTP サーバーアドレス : IP アドレス(例 : 127.1.1.1)また
はホスト名(例 : postoffice.emailserver.com)を入力します。
• ポート : SMTP サーバーへの接続に必要なポート番号。デ
フォルトのポート番号は 25 です。
• [SMTP 認証 ] タイプを選択するか、[ なし ] のままにします。
• [ なし ]: デフォルトでは [ なし ] が選択されます。[ なし ]
の場合、クライアントは匿名でログインします。一般的
に、匿名アクセスが推奨されるのは、受信インターネッ
トメールを受け付けない社内 SMTP サーバーの場合だけ
です。
• [ テキスト ]: LOGIN メカニズムを使用したテキスト認証。
• [CRAM-MD5]: SMTP メールサーバーのパスワードを暗号
化する Challenge-Response Authentication MechanismMessage Digest 5 認証。
• SMTP 認証タイプとして [ テキスト ] または [CRAM-MD5] を
選択した場合、FileMaker Server が SMTP 電子メールサー
バーに接続するときに SSL データ暗号化を使用するために
[SSL(Secure Sockets Layer)を使用する ] を選択できます。
このオプションを選択すると、ポート番号が自動的に 465 に
変更されます。
• 電子メールサーバーが SSL 接続をサポートするために
STARTTLS コマンドが必要な場合は、[TLS(Transport
Layer Security)の使用 ] を選択します。ポート番号は、
自動的に 587 に変更されます。
メモ 認証の必要性、および使用されている認証タイプについて
は、電子メール管理者にお問い合わせください。
• ユーザ : SMTP サーバーにログインするために必要なユー
ザ名を入力します。
• パスワード : ユーザのパスワードを入力します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
49
一般設定の設定
電子メール通知の設定
目的
実行方法
SMTP 設定をテストする
[ テスト SMTP 設定 ...] をクリックします。ダイアログボックスに電
子メールアドレスを入力し、[OK] をクリックして、テストメッセージ
を送信します。
テストメッセージの送信に失敗した場合は、SMTP 設定または電子
メールアドレスを確認してください。
電子メールの通知を有効に [ 通知設定 ] では、次の設定を行います。
する
• [ 電子メールの通知の送信先 ] を選択し、通知の送信先ユーザ
の電子メールアドレスを入力します。
複数の電子メールアドレスは、コンマで区切ってください。
• FileMaker Server がエラーを検出した場合のみ、または警告
またはエラーを検出した場合に電子メールメッセージを送信
するかどうかを指定します。
2. [ 保存 ] をクリックします。
メモ
• 各スケジュールを有効にすると、スケジュールが完了した際に電子メール通知を送信する
ことができます。各スケジュールには独自の電子メールアドレスセットを指定することが
できますが、すべての電子メール通知には同じ SMTP 設定が使用されます。タスクスケ
ジュールでの電子メール通知の有効化と送信に関する詳細については、「スケジュールの
名前設定および電子メール通知の送信」を参照してください。
• [ 一般設定 ] > [ 電子メール通知 ] タブで指定した SMTP 設定は、FileMaker スクリプトの
メールを送信スクリプトステップに対して FileMaker Pro で指定した SMTP 設定には影響
しません。
関連項目
FileMaker クライアントの設定
スケジュールの作成
一般設定の設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
50
Admin Console の設定
一般設定の設定
Admin Console の設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ 一般設定 ] > [Admin Console] タブでは、次の設定を指定することができます。
• Admin Console が、IP アドレスで指定される特定のシステム、またはシステムの範囲に対
して稼動することを制限します。
FileMaker Server Admin Console を使用して、FileMaker Server がインストールされていて
データベースがホストされているマシンとは異なるマシンから、FileMaker Server をリモート
で制御(管理)することができます。
現在コンソールが稼動しているシステム、または指定した IP アドレスのシステムの Admin
Console へのアクセスを制限することができます。
• FileMaker Server 管理者のユーザ名またはパスワードを変更するか、または外部認証グ
ループのメンバーに Admin Console へのログインを許可します。
• FileMaker Server の更新を確認します。
Admin Console の設定を指定するには、次の操作を行います。
1. [ 一般設定 ] > [Admin Console] タブをクリックします。
目的
実行方法
指定した IP アドレスに対して
Admin Console を制限する
[ アクセス制限 ] では、次の設定を行います。
• [ アクセス制限を有効にする ] を選択します。
• 1つまたは複数の IP アドレスを入力します。複数の
場合はコンマで区切ります。
メモ この設定を変更した場合は、マスタマシンの
FileMaker Server を再起動します。「FileMaker Server サー
ビスの起動または停止(Windows)
」または「FileMaker
Server バックグラウンドプロセスの起動または停止(OS
X)」を参照してください。
重要 アクセス制限を有効にしても、マスタマシン上で
FileMaker Server Admin Console を実行することができます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
51
Admin Console の設定
一般設定の設定
目的
実行方法
Admin Console のアカウント
のユーザ名とパスワードを変
更する
[ 認証 ] では、次の設定を行います。
1. [ ユーザ名 / パスワードを変更 ...] をクリックし
て、ダイアログボックスを開きます。
2. [Admin Console ユーザ名 ] の [ 新ユーザ名 ] に
新しい名前を入力します。現在のユーザ名を維
持する場合は、このフィールドを空白にします。
3. [ 現在のパスワード ] を入力します。
4. [ 新パスワード ] を入力し、同じパスワードを再
度 [ 新パスワード確認 ] に入力します。
5. [OK] をクリックします。
この変更はただちに有効となります。
メモ Admin Console パスワードはデータベースサーバーに
よって安全にハッシュされるので、オリジナルのテキスト
が抽出されることはありません。新しいパスワードを入力
した場合、パスワードが変更されたかどうかがデータベー
スサーバーによってチェックされ、新しいパスワードが自
動的にハッシュされます。
外部認証グループのメンバー
に Admin Console へのログイ
ンを許可する
[ 外部グループを使用する ] を選択して、オプションのドメ
インまたはローカルマシン名を入力し、続けて外部認証グ
ループ名を入力します。例 : groupname、domain¥
groupname、または groupname@localmachine 。外部認証
グループは、fmsadmin グループ、または管理者グループに
関連付けられていない、別の外部認証グループにできます。
「管理者グループの追加」を参照してください。
次の形式のいずれかでドメイン、またはローカルマシン名
を指定して、FileMaker Server がユーザの認証時に検索する
外部認証グループの数を制限できます。
• domain¥group、または localmachine¥group
• group@domain、または group@localmachine
ドメイン名、またはローカルマシン名を指定しない場合、
FileMaker Server はこれらのプラットフォームで次のように
外部認証グループを検索します。
• OS X: ローカルマシンのみを検索
• Windows: コンピュータがドメインのメンバーであ
る場合はそのドメインを検索してから、ローカルマ
シンを検索
外部グループの設定をテストするには、[ 外部グループのテ
スト ] をクリックします。テストに失敗した場合は、外部グ
ループ名情報を検証します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
52
Admin Console の設定
一般設定の設定
目的
実行方法
FileMaker Server の更新を確
認します。
[ 更新の確認 ] で、[FileMaker Server の更新の確認を有効に
する ] を選択します。
更新の確認は、[ ヘルプ ] メニュー > [ 更新の確認 ...] を選
択して行うこともできます。「更新の確認」を参照してく
ださい。
2. [ 保存 ] をクリックします。
重要 権限のないユーザが誤ってサーバー管理者として Admin Console にログインしないように、
Admin Console ユーザ名とパスワードが Admin Console や管理者グループに関連付けられている
外部認証グループのユーザ名やパスワードと一致しないようにしてください。固有のユーザ名と
最低8文字の文字と数字を組み合わせた推測されにくいパスワードを使用してください。Admin
Console のユーザ名と管理者グループ名では大文字と小文字は区別されませんが、パスワードでは
大文字と小文字が区別されることに注意してください。外部認証グループの使用に関する追加の
重要なガイドラインについては、「Admin Console および管理者グループに対する外部認証」を参
照してください。
関連項目
データベースサーバーのセキュリティ設定
一般設定の設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
53
一般設定の設定
自動起動設定
自動起動設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ 一般設定 ] > [ 自動起動 ] タブを使用すると、システムが再起動するときにデータベースサーバー
を自動的に起動できます。また、システムの再起動時に、Web 公開エンジンを自動的に起動させ
ることも可能です。
自動起動設定を指定するには、次の操作を行います。
1. [ 一般設定 ] > [ 自動起動 ] タブをクリックします。
2. [ 自動起動 ] オプションを設定します。
目的
実行方法
コンピュータの再起動時に、マス
タマシンのデータベースサーバー
コンポーネントを自動起動する
[ データベースサーバーを自動的に起動する ] を選択し
ます。
コンピュータの再起動時に、Web
公開エンジンを自動起動する
[Web 公開エンジンを自動的に起動する ] を選択します。
メモ このオプションは、[ データベースサーバーを
自動的に起動する ] が選択されている場合にのみ有効
です。
3. [ 保存 ] をクリックします。
メモ
• データベースサーバーまたは Web 公開エンジンは、マシンを再起動せずに起動または停
止することができます。これらのコンポーネントは、[ ステータス ] ウインドウから起動ま
たは停止できます。[ ステータス ] ウインドウには、コンポーネントが正常に機能している
かどうかが示されます。「FileMaker Server コンポーネントの起動または停止」を参照し
てください。
• [ 自動起動 ] オプションを有効にしていない場合は、データベースサーバーや Web 公開エ
ンジンを手動で起動することができます。マシンを再起動後、Admin Console を起動し、
データベースサーバー、Web 公開エンジン、またはその両方を起動することができます。
データベースサーバーおよび Web 公開エンジンの再起動の詳細については、「FileMaker
Server 情報」および「Web 公開エンジン情報」を参照してください。
関連項目
データベースファイルの手動によるアップロード
データベースサーバーのセキュリティ設定
一般 Web 公開設定
一般設定の設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
54
一般設定の設定
ODBC/JDBC 経由の共有の有効化
ODBC/JDBC 経由の共有の有効化
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server は、他のアプリケーション(スプレッドシート、ワードプロセッサー、およびレ
ポートツール)に対して ODBC/JDBC を経由してデータをホストすることができます。ユーザは、
ホストされている FileMaker データベース内のデータを表示、分析、および修正することができま
す。データをホストするには、この機能を FileMaker Server Admin Console 内で有効にし、
FileMaker Pro を使用して共有する各データベース内で ODBC/JDBC を経由した共有を有効にする
必要があります。
詳細については、「ODBC および JDBC 経由での FileMaker データベースの共有」を参照してくだ
さい。
ODBC/JDBC を経由した共有を無効にするには、次の操作を行います。
1. [ 一般設定 ] > [ODBC/JDBC] タブをクリックします。
2. [ODBC/JDBC を有効にする ] を選択します。
3. [ 保存 ] をクリックします。
メモ
• この機能を有効にすると、クライアントが ODBC および JDBC を経由して FileMaker
Server をデータソースとして使用できます。ODBC を経由して外部 SQL データソースに
アクセスする FileMaker Pro データベースをホストするためにこの ODBC/JDBC データ
ソース機能を有効にする必要はありません。「外部 ODBC データソースへのアクセス」を
参照してください。
• 他のアプリケーションが FileMaker Server サーバ上でホストされている FileMaker データ
にアクセスするには、ODBC および JDBC クライアントドライバがそれらのアプリケー
ションを実行しているコンピュータ上にインストールされている必要があります。クライ
アントドライバのインストーラは、FileMaker インストーラディスクまたは電子ダウン
ロードの xDBC フォルダ内に含まれています。
• FileMaker Pro を使用して、共有する各データベースで ODBC/JDBC 共有を有効にする必
要があります。ODBC/JDBC を経由した共有の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを
参照してください。
• ODBC および JDBC クライアントドライバのインストールの詳細については、開始ページ
の『FileMaker ODBC と JDBC ガイド』を参照してください。
• FileMaker ソフトウェアでサポートされている SQL ステートメントの詳細については、開
始ページの『FileMaker SQL リファレンスガイド』を参照してください。
関連項目
データベースファイルの手動によるアップロード
データベースサーバーのセキュリティ設定
サーバー情報の設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
55
一般設定の設定
接続設定
接続設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server で許可される FileMaker WebDirect および FileMaker Go 同時接続の数はライセ
ンスに基づいて決定されます。[ 一般設定 ] > [ 接続 ] タブを使用して、同時接続の最大数の 80%
に達したときにメッセージをログに記録できます。
1つの FileMaker WebDirect 接続は、1つの接続です。FileMaker Pro および FileMaker Go クライ
アントを使用して接続する場合、同じユーザが2台の異なるマシンまたは2つの異なる Web ブラ
ウザで接続した場合でも1つの接続としてカウントされます。
接続数を増やす必要がある場合は、新しいライセンスを購入できます。「ライセンスキーについ
て」を参照してください。
クライアント接続に関するメッセージは、Stats.log に格納されます。「ログおよび使用状況の設
定」を参照してください。
接続制限の警告メッセージをログに記録するには、次の操作を行います。
1. [ 一般設定 ] > [ 接続 ] タブをクリックします。
2. [ 接続制限の 80% で警告をログする ] を選択します。ライセンスが無制限の場合、このタ
ブの接続オプションは無効になり、[ 最大接続 : 無制限 ] が表示されます。
3. [ 保存 ] をクリックします。
関連項目
一般設定の設定
ライセンスキーについて
FileMaker Server 13 ヘルプ
56
管理者グループの設定
接続設定
管理者グループの設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
サーバー管理者は、FileMaker Server のインストールおよび設定と、FileMaker Server でホストさ
れる FileMaker Pro データベースの管理を担当します。多数のデータベースのある組織では、デー
タベース、スケジュール、またはスクリプトへの変更に対するユーザの要求のすべてに対応する
のに時間がかかる場合があります。他のユーザにデータベース管理タスクを委任することでこの
ような遅延を排除し、作業負荷を軽減することができます。
たとえば、会社に営業、財務およびマーケティングなど、複数の部署があるとします。各部署に、
FileMaker Server でホストされている独自の FileMaker Pro データベースを開発するユーザがいる
場合があります。各部署のデータベースの管理者グループを作成して、グループ管理者と呼ばれ
る特定のユーザにグループのデータベース、スケジュールおよびスクリプトの管理を許可するこ
とができます。
管理者グループを使用すると、FileMaker Server の排他的で完全な制御を保持できます。グループ
管理者は FileMaker Server を設定できません。また、Admin Console の [ 一般設定 ]、[ データベー
スサーバー ]、および [Web 公開 ] タブを表示することもできません。FileMaker Server 管理者グ
ループのアクセス権を選択して、グループ管理者に許可するデータベース管理タスクを指定でき
ます。「FileMaker Server 管理者グループのアクセス権」を参照してください。
FileMaker Server グループ管理者は、グループフォルダのデータベース、およびグループフォル
ダのデータベースに関連付けられたスケジュールのみを管理できます。各管理者グループに設定
できるグループ管理者アカウントは1つのみですが、競合を避ける一定の制限を設ければ、同じ
グループ管理者アカウントに複数のユーザが同時にログインできます(制限については次のメモ
を参照してください)。
同じ外部認証グループの複数のユーザに同じ管理者グループへのログインを許可することもでき
ます。外部認証を使用すると、Open Directory や Active Directory などの一元管理された認証サー
バーで既存のグループを使用することもできます。たとえば、Sales という名前の管理者グループ
に fmsSales という名前の外部 Open Directory 認証グループを指定するとします。Susan と Tom
という名前のユーザが fmsSales Open Directory グループのメンバーである場合、両方のユーザが
Open Directory ユーザ名とパスワードで Admin Console にログインし、管理グループ Sales に許
可されたタスクを実行できます。
管理者グループを設定するには、グループのデータベースファイルを含む FileMaker Server グ
ループフォルダと管理者グループを関連付けます。グループフォルダは、管理者グループ1つの
みと関連付けることができます。グループ内のユーザが FileMaker Pro データベースを開くために
使用するグループ開始ページを作成することもできます。グループフォルダに適用される追加
ルールの詳細については、「FileMaker Server グループフォルダ」を参照してください。
メモ
• 管理者グループはオプション機能です。
• 複数のユーザが同じグループ管理者アカウントに同時にログインする場合、特定のスケ
ジュールを編集できるのは1ユーザのみになります。
• サーバー管理者が管理者グループを追加、変更、名前変更、または削除すると、イベント
が Event.log ファイルに記録されます。「イベントログ」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
57
管理者グループの設定
接続設定
関連項目
管理者グループの追加
Admin Console および管理者グループに対する外部認証
スケジュールとグループ設定ファイルの保存
FileMaker Server 13 ヘルプ
58
管理者グループの設定
管理者グループの追加
管理者グループの追加
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
サーバー管理者は、管理者グループを使用して、データベース管理タスクを別のユーザに委任で
きます。FileMaker Server の排他的で完全な制御を保持します。グループ管理者には、FileMaker
Server の構成は許可されず、サーバー管理者がグループ管理者に許可するデータベース管理タス
クを指定します。詳細については、「管理者グループの設定」を参照してください。
管理者グループを追加するには、次の操作を行います。
1. [ 一般設定 ] > [ 管理者グループ ] タブをクリックします。
2. [ 追加 ] をクリックします。
3. 管理者グループの設定情報を入力します。
目的
管理者グループのグループ
名とパスワードを入力する
実行方法
• グループ名 : 管理者グループの名前を入力します。グ
ループ管理者は、Admin Console へのログイン時にこ
の名前を入力します。グループにサーバー管理者名と
同じ名前を付けることはできません。最大文字数は
50 文字です。名前内にスラッシュ(/)は使用できま
せん。
• グループパスワード、およびパスワードの確認:管理
者グループのパスワードを入力します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
59
管理者グループの設定
管理者グループの追加
目的
実行方法
認証にオプションの外部グ
ループを使用する
[ 外部グループを使用する ] を選択して、オプションのドメイ
ンまたはローカルマシン名を入力し、続けて外部認証グルー
プ名を入力します。例 : groupname、domain¥groupname、
または groupname@localmachine 。外部グループは、Admin
Console アカウントと関連付けることはできません。「Admin
Console の設定」を参照してください。
次の形式のいずれかでドメイン、またはローカルマシン名を
指定して、FileMaker Server がユーザの認証時に検索する外部
グループの数を制限できます。
• domain¥group、または localmachine¥group
• group@domain、または group@localmachine
ドメイン名、またはローカルマシン名を指定しない場合、
FileMaker Server はこれらのプラットフォームで次のように外
部グループを検索します。
• OS X: ローカルマシンのみを検索
• Windows: コンピュータがドメインのメンバーである
場合はそのドメインを検索してから、ローカルマシン
を検索
外部グループの認証設定をテストするには、[ 外部グループの
テスト ] をクリックします。テストに失敗した場合は、外部グ
ループ名情報を検証します。
管理者グループと関連付け
るデータベースを含む
FileMaker Server グループ
フォルダを選択する
[ フォルダの選択 ] をクリックします。FileMaker Server グ
ループフォルダを選択して、[OK] をクリックします。グルー
プフォルダに影響するルールの詳細については、「FileMaker
Server グループフォルダ」を参照してください。
• 管理者グループに関連付けられていない選択可能なフォル
ダは、[ フォルダの選択 ] ダイアログボックスで次のフォ
ルダアイコンによって示されます。
• 管理者グループにすでに関連付けられていて他のグループ
に選択できないフォルダは、次のグループフォルダアイコ
ンによって示されます。
選択したグループが使用できない場合は、[OK] ボタンが
無効になります。
• 次のフォルダアイコンに示されるように、既存のグループ
フォルダの親フォルダまたはサブフォルダはグループフォ
ルダとして選択できません。
FileMaker Server 13 ヘルプ
60
管理者グループの設定
管理者グループの追加
目的
実行方法
FileMaker Server 管理者グ
ループのアクセス権を選択
する
[ 詳細 ] タブでグループのアクセス権を選択します。詳細につ
いては、
「FileMaker Server 管理者グループのアクセス権」を
参照してください。
管理者グループのグループ
開始ページを設定する
[ グループ開始ページ ] タブをクリックして、[ グループ開始
ページを有効にする ] を選択します。
• タイトル : グループ開始ページのタイトルを入力します。
• メッセージ : グループ開始ページに表示するメッセー
ジを入力します。
• グループ開始ページリンク : 表示されますが、[ 保存 ]
をクリックするまで使用できません。
詳細については、「FileMaker Server グループ開始ページ」を
参照してください。
4. [ 保存 ] をクリックします。
重要 ユーザが誤って Admin Console や間違った管理者グループにログインしないように、[ 一般
設定 ] > [ 管理者グループ ] タブで定義するグループ名とパスワードが Admin Console や別の管理
者グループに関連付けられている外部認証グループのユーザ名やパスワードと一致しないように
してください。固有のグループ名と最低8文字の文字と数字を組み合わせた推測されにくいパス
ワードを使用してください。Admin Console のユーザ名と管理者グループ名では大文字と小文字
は区別されませんが、パスワードでは大文字と小文字が区別されることに注意してください。外
部認証グループの使用に関する追加の重要なガイドラインについては、「Admin Console および管
理者グループに対する外部認証」を参照してください。
メモ
• [ 外部グループのテスト ] をクリックして、外部グループ名情報が正しいことを確認してく
ださい。既存のグループに存在するグループ管理者のアカウント情報も確認してくださ
い。既存のグループ名が誤っていたり、グループ管理者のユーザ名やパスワードが外部グ
ループに存在しない場合、FileMaker Server はグループ管理者のログイン時にユーザ名と
パスワードが誤っているというメッセージを表示します。
• グループ管理者が、それぞれ管理者グループに関連付けられた複数の外部グループのメン
バーである場合、ログイン時にグループ管理者が管理グループを選択するための [ 管理者
グループの選択 ] ダイアログ ボックスが Admin Console に表示されます。
• 関連付けられた外部認証グループのユーザは、グループ名とパスワード、および外部
ユーザ名とパスワードを使用してログインできます。ユーザにグループ名とパスワード
によるログインを許可しない場合はグループ名とパスワードをユーザに配布しないでく
ださい。
• 管理者グループのアクセス権は、外部認証グループのメンバーであるグループ管理者のア
クセスのレベルを決定します。
• グループ管理者がグループにログインしている間に管理者グループのプロパティまたはア
クセス権を変更すると、グループのプロパティがただちに更新されることを示すメッセー
FileMaker Server 13 ヘルプ
61
管理者グループの設定
管理者グループの追加
ジが表示され、現在のセッションが閉じます。続行するとグループ管理者のセッションが
閉じます。たとえば、グループ管理者にスケジュールの作成を許可するアクセス権を無効
にするとこの変更はただちに有効になります。混乱を避けるには、グループのプロパティ
またはアクセス権への変更を保存する前にグループ管理者に Admin Console からログアウ
トするように依頼してください。
• スケジュールは管理者グループではなくデータベースに関連付けられています。管理者グ
ループのグループフォルダを変更すると、[ スケジュール ] ウインドウに表示されるスケ
ジュールは新しいグループフォルダのデータベースに関連付けられたスケジュールに変更
されます。混乱を避けるには、グループフォルダまたはグループ名を変更する前にグルー
プ管理者に連絡してください。
• スケジュールによって管理者グループのデータベースに対してタスクが実行される場合、
グループの名前はサーバー管理者に対してのみ、[ スケジュール ] ウインドウのスケ
ジュールの横に一覧表示されます。グループ名を変更すると、新しい名前は [ スケジュー
ル ] ウインドウでそのグループのデータベースに関連付けられたスケジュールの横に表示
されます。
• 保存されている管理者グループを削除するには、[ グループ名 ] で名前を選択して [ 削除 ]
をクリックします。グループを削除しても、グループフォルダのデータベースとすべての
関連付けられたスケジュールは削除されません。
• 保存された管理者グループのグループフォルダをサブフォルダからデフォルトまたは追加
データベースフォルダに変更するには、まず保存された管理者グループを削除する必要が
あります。その後、新しいグループを作成し、[ フォルダの選択 ] ダイアログボックスでデ
フォルトまたは追加データベースフォルダを選択できます。
• ファイルシステムツールを使用して、グループフォルダを削除、名前変更、または移動し
ても、グループ管理者は Admin Console にログインできます。ただし、元のグループ
フォルダ名との関連付けは無効になっていてグループにはデータベースがないため、グ
ループ管理者がデータベース管理タスクを実行することはできません。[ 一般設定 ] > [ 管
理者グループ ] タブでグループに対して新しい有効なグループフォルダを指定する必要が
あります。
• サーバー管理者は、システムレベルスクリプトのスケジュールを除き、特定のグループに
対するあらゆるタイプのスケジュールを作成できます。グループ管理者は、自分のグルー
プに関して独自のシステムレベルスクリプトのスケジュールを作成する必要があります。
グループのシステムレベルスクリプトのスケジュールが作成されると、サーバー管理者は
スケジュールの実行、編集および削除を含むすべての操作を実行できます。
関連項目
管理者グループの設定
データベースアクセスの外部認証
FileMaker Server グループ開始ページ
FileMaker Server 13 ヘルプ
62
管理者グループの設定
管理者グループの追加
Admin Console および管理者グループに対する外部認証
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
Admin Console アカウントまたは管理者グループの認証に外部グループを使用している場合、
誤ったユーザ認証や Admin Console アカウントと管理者グループ間での競合を避けるため、次の
重要なガイドラインに従ってください。
• 権限のないユーザが誤ってサーバー管理者として Admin Console にログインしないよう
に、Admin Console ユーザ名とパスワードが Admin Console や管理者グループに関連付け
られている外部認証グループのユーザ名やパスワードと一致しないようにしてください。
固有のユーザ名と最低8文字の文字と数字を組み合わせた推測されにくいパスワードを使
用してください。Admin Console のユーザ名と管理者グループ名では大文字と小文字は区
別されませんが、パスワードでは大文字と小文字が区別されることに注意してください。
「Admin Console の設定」を参照してください。
ユーザが Admin Console にログインするとき、FileMaker Server は次の優先度ルールを使用し
て、FileMaker Server 管理者、またはグループ管理者としてのユーザの役割を判断します。
1. ユーザが [ 一般設定 ] > [Admin Console] タブで定義されたユーザ名とパスワードに一
致する名前とパスワードを使用してログインすると、ユーザは FileMaker Server 管理
者としてログインされます。
2. ユーザが [ 一般設定 ] > [Admin Console] タブで定義された外部認証グループのユーザ
名とパスワードに一致する名前とパスワードを使用してログインすると、ユーザは
FileMaker Server 管理者としてログインされます。
3. ユーザが [ 一般設定 ] > [ 管理者グループ ] タブで定義されたグループ名とパスワード
に一致する名前とパスワードを使用してログインすると、ユーザはグループ管理者と
してログインされます。
4. ユーザが管理者グループに関連付けられた外部認証グループのグループ名とパスワー
ドに一致する名前とパスワードを使用してログインすると、ユーザはそのグループの
管理者としてログインされます。
5. 複数のグループにアクセスするためにセットアップされたアカウントにユーザがログ
インすると、ログインするグループを選択するダイアログボックスが表示されます。
たとえば、外部認証グループ「fmsadmin」を Admin Console に関連付けるとします。また、
外部認証グループ「fmsfinance」を FileMaker Server 管理者グループ「Finance」に関連付け
るとします。最後に、Joe という名前のユーザが外部認証グループ「fmsadmin」および
「fmsfinance」のメンバーであるとします。Joe が Admin Console にログインすると、優先度
ルール2に従って、FileMaker Server 管理者としてログインされます。言い換えれば、Admin
Console に関連付けられた外部認証グループのメンバーシップが管理者グループに関連付けら
れた外部認証グループのメンバーシップより優先することになります。
ヒント 優先度ルールを使用して、誤ってグループ管理者にサーバー管理者としての Admin
Console へのログインが許可されるなどの誤った設定をトラブルシューティングしてくださ
い。権限のないユーザの Admin Console へのログインをすばやく防ぐには、[ ユーザ名 / パス
ワードを変更 ...] をクリックして Admin Console ユーザ名とパスワードを固有のものに変更し
てください。Admin Console アカウントで外部グループとの関連付けを変更したり、外部グ
ループからユーザを削除することもできます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
63
管理者グループの設定
管理者グループの追加
• ユーザが誤って間違った管理者グループにログインしないように、[ 一般設定 ] > [ 管理者
グループ ] タブで定義するグループ名とパスワードが他の管理者グループに関連付けられ
ている外部認証グループのユーザ名やパスワードと一致しないようにしてください。固有
のグループ名と推測されにくいパスワードを使用してください。
• Admin Console アカウントと管理者グループに同じ外部認証グループを使用することはで
きません。
• OS X: Open Directory を使用して外部グループ認証を有効にしていて、Open Directory 認
証アカウントまたはグループが Admin Console ユーザ名または管理者グループ名に一致す
る場合、Admin Console ユーザ名または管理者グループ名では大文字と小文字が区別され
ます。
• 外部認証設定の詳細については、filemaker-jp.custhelp.com にアクセスし、キーワード
「外部」と「認証」を含む記事を検索してください。
関連項目
管理者グループの設定
管理者グループの追加
FileMaker Server グループフォルダ
FileMaker Server 管理者グループのアクセス権
FileMaker Server 13 ヘルプ
64
管理者グループの設定
管理者グループの追加
FileMaker Server グループフォルダ
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
管理者グループを設定するには、[ 一般設定 ] > [ 管理者グループ ] タブで、グループのデータベー
スファイルを含む FileMaker Server グループフォルダと管理者グループを関連付けます。
グループフォルダには、次のルールが適用されます。
• 各グループフォルダは、1つの管理者グループのみと関連付けることができます。グルー
プフォルダのサブフォルダも同じ管理者グループに関連付けることができます。
• すべてのグループフォルダはデフォルトデータベースフォルダ、または追加データベース
フォルダに置く必要があります。
• グループ管理者にデフォルトデータベースフォルダ、または追加データベースフォルダの
すべてのサブフォルダのすべてのデータベースを管理させる場合は、これら2つのデータ
ベースのいずれかをグループフォルダとして選択できます。グループ管理者は、これら2
つのフォルダのサブフォルダも作成できるようになります。その場合、デフォルトまたは
追加データベースフォルダ内のサブフォルダを別の管理者グループに対するグループフォ
ルダとして選択することはできません。
• グループフォルダを既存のグループフォルダの親にすることはできません。つまり、デ
フォルトデータベースフォルダのサブフォルダをグループフォルダとして選択すると、そ
のデフォルトデータベースフォルダを別の管理者グループに対するグループフォルダとし
て選択することはできなくなります。
関連項目
管理者グループの設定
管理者グループの追加
Admin Console および管理者グループに対する外部認証
FileMaker Server 管理者グループのアクセス権
FileMaker Server 13 ヘルプ
65
管理者グループの設定
管理者グループの追加
FileMaker Server 管理者グループのアクセス権
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ 一般設定 ] > [ 管理者グループ ] タブでグループを追加すると、デフォルトで、[ データベースの
表示 ]、[ メッセージの送信 ]、および [ クライアントの接続解除 ] グループアクセス権が無効にな
ります。これらの最小のグループアクセス権で、すべてのグループ管理者は自分の管理者グルー
プに対して次のタスクを実行できます。
• [ アクティビティ ] > [ クライアント ] と [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブにグルー
プのクライアントおよびデータベースを表示する。
• [ スケジュール ] ウインドウにデータベースに関するグループのスケジュールを表示する。
• [ アクティビティ ] > [ クライアント ] タブに一覧表示される接続された FileMaker クライ
アントにテキストメッセージを送信する。
• [ アクティビティ ] > [ クライアント ] タブに一覧表示される FileMaker クライアントの接
続を解除する。
• Admin Console 開始ページとテクノロジーテストページを開く。
• [FileMaker Server ヘルプ ] を開く。
重要 グループ管理者がすべてのグループのクライアント、データベース、またはスケジュールの
合計数を表示できる場合があります。
管理者グループを設定するときに、[ 権限の編集 ] ダイアログボックスで次のグループアクセス権
を選択し、管理者グループに対してグループ管理者に許可するタスクを指定することもできます。
選択するアクセス権
グループ管理者に許可する操作
データベースに対する処理の実行
グループフォルダを開く / 閉じる、グループフォルダの
検証、一時停止、再開、または削除、および [ アクティ
ビティ ] > [ データベース ] タブに表示されるすべてのク
ライアントへのメッセージの送信。グループ管理者は、
データベースのダウンロードおよび暗号化パスワードの
消去も行うことができます。データベースをアップロー
ドするには、グループ管理者は、FileMaker Pro を使用
してデータベースを FileMaker Server にアップロードす
る必要があります。
スケジュールに対する処理の実行
メッセージを送信スケジュールのみの作成、およびこの
スケジュールに対する [ スケジュール ] ウインドウのす
べての操作の実行。
データベースをバックアップ
バックアップスケジュールのすべての操作の実行。この
オプションを選択するには、[ スケジュールに対する処
理の実行 ] を選択する必要があります。
データベースの検証
検証スケジュールのすべての操作の実行。このオプショ
ンを選択するには、[ スケジュールに対する処理の実行 ]
を選択する必要があります。
FileMaker Server 13 ヘルプ
66
管理者グループの設定
管理者グループの追加
選択するアクセス権
グループ管理者に許可する操作
スクリプトの実行
スクリプトの実行スケジュールのすべての操作の実行。
このオプションを選択するには、[ スケジュールに対す
る処理の実行 ] を選択する必要があります。
使用状況とログの表示
FileMaker Server の使用状況とログの表示。
グループ開始ページの表示および
管理
管理者グループのグループ開始ページの表示および設定。
メモ バックアップ、検証、スクリプトの実行のスケジュールでは、グループ管理者が実行できる
のは、グループフォルダまたはサブフォルダ内のデータベースに対する操作だけです。
グループ管理者には、次のタスクの実行は許可されません。
• データベースサーバーまたは Web 公開エンジンの起動または停止する。
• Admin Console の設定の表示または変更。[ グループ開始ページの表示および管理 ] アクセ
ス権を有効にしている場合、グループ開始ページの設定は除きます。
• スケジュールとグループ設定の保存およびロード。
• Filemaker Server 展開のマシンの台数と役割の変更。
• FileMaker Server ライセンスキーの更新。
• FileMaker Server の登録。
• FileMaker Server の更新を確認します。
関連項目
管理者グループの設定
管理者グループの追加
Admin Console および管理者グループに対する外部認証
FileMaker Server グループフォルダ
FileMaker Server グループ開始ページ
FileMaker Server 13 ヘルプ
67
管理者グループの設定
管理者グループの追加
FileMaker Server グループ開始ページ
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
グループ開始ページは、管理者グループに関連付けられているホストされたデータベースを一覧
表示します。グループ開始ページを使用すると、FileMaker クライアントでは1つの URL を使用
して、管理者グループにすべてのホストされたデータベースを表示し、ホストされたデータベー
スを開くことができます。
グループ開始ページには、ホストされたデータベースを FileMaker WebDirect ソリューションとし
て開くことができるかどうか、FileMaker Pro クライアントで開くことができるかどうか、または
FileMaker Go クライアントで開くことができるかどうかが示されます。
グループ開始ページを設定するには、次の操作を行います。
1. [ 一般設定 ] > [ 管理者グループ ] タブをクリックします。
2. リストからグループ名を選択します。
3. [ グループ開始ページ ] タブをクリックして、[ グループ開始ページを有効にする ] をク
リックします。
4. タイトル : グループ開始ページのタイトルを入力します。入力されたテキストは、グルー
プ開始ページの H1 要素(最上位のタイトル)で使用されます。
• タイトルのテキストの上限は 80 文字です。
• テキストには、UTF-8 文字エンコードでサポートされる文字を含めることができます。
• タイトルテキストに HTML 要素は使用できません。
5. メッセージ : グループ開始ページに表示するメッセージを入力します。入力されたテキス
トは、グループ開始ページの上部で静的なテキストとして使用されます。
• メッセージのテキストの上限は 1000 文字です。
• テキストには、UTF-8 文字エンコードでサポートされる文字を含めることができます。
• メッセージテキストに HTML 要素は使用できません。
6. [ 保存 ] をクリックします。
グループ開始ページとグループ開始ページの URL は、[ 保存 ] をクリックして変更を保存する
まで有効になりません。URL は次の形式です。
https://< ホスト >:16000/groups/< グループ名 >
< ホスト > には、FileMaker Server 展開内のマスタマシンの IP アドレスまたはドメイン名を
指定し、< グループ名 > には、管理者グループの名前を指定します。
ヒント グループ開始ページにタイトルとメッセージを表示するには、[ グループ開始ページ ] タブ
の下部に表示されるグループ開始ページの URL をクリックします。
メモ
• データベースをグループ開始ページに一覧表示する場合 :
• [ ステータス ] ウインドウには、データベースサーバーが正常に機能していることが示
されている必要があります。FileMaker WebDirect ソリューションが一覧に表示され
FileMaker Server 13 ヘルプ
68
管理者グループの設定
管理者グループの追加
るには、[ ステータス ] ウインドウに Web 公開エンジンが有効になっていることと、
正常に機能していることが示されている必要があります。「展開のステータスの確認」
を参照してください。
• データベースは、[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブに [ 正常 ] の状態でリスト
され、FileMaker Server によってホストされている必要があります。「ホストされた
ファイルの検証」を参照してください。
• データベースは、FileMaker ネットワークによるアクセス(拡張アクセス権 fmapp)、
FileMaker WebDirect によるアクセス(拡張アクセス権 fmwebdirect)または両方を使
用して共有が有効になっている必要があります。FileMaker Pro ヘルプを参照してくだ
さい。
• データベースでは、[[ 共有ファイルを開く ] ダイアログに表示しない ]、または
[FileMaker WebDirect ホームページに表示しない ] オプションを無効にする必要があ
ります。FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
• クライアントの Web ブラウザで定義された言語が FileMaker Server でサポートされてい
る場合、グループ開始ページはその言語で表示されます。
• グループ開始ページへのアクセスに認証は必要ありません。グループ開始ページ URL へ
のアクセスのあるすべてのユーザが、ホストされたデータベースのリストを表示できま
す。ただし、データベースにアクセス制限がある場合、ユーザはデータベースにログイン
する必要があります。
• Windows または OS X ブラウザの場合、グループ開始ページの [ 起動 ] 列には、データ
ベースが FileMaker Pro、FileMaker WebDirect、または両方で開くことができるかどうか
が示されます。
• iPhone、iPad、または iPod touch のブラウザの場合、グループ開始ページの [ 起動 ] 列に
は、データベースが FileMaker Go、FileMaker WebDirect、または両方で開くことができ
るかどうかが示されます。
• その他のオペレーティングシステムのブラウザの場合、[ 起動 ] 列には
FileMaker WebDirect ソリューションとして開くことのできるデータベースのみが表示さ
れます。
• ユーザが FileMaker WebDirect セッションからログアウトした場合、またはセッションが
タイムアウトした場合、グループ開始ページではなく FileMaker WebDirect データベース
ホームページ(fmwebd_home.html)が表示されます。
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループ開
始ページの設定の表示を許可する必要があります。詳細については、サーバー管理者に問
い合わせてください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
69
データベースサーバーの設定
管理者グループの追加
データベースサーバーの設定
次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ データベースサーバー ] をクリックし、次のいずれかのタブを選択して、FileMaker Server の設
定を指定します。
選択項目
目的
FileMaker クライアント
同時に接続可能な FileMaker Pro および FileMaker Go クライアントの
最大数、およびクライアントの接続を解除する前の最大アイドル時間
を指定します。
「FileMaker クライアントの設定」を参照してください。
データベース
FileMaker Server がホスト可能なデータベースの最大ファイル数、お
よびデータベースのキャッシュ値を指定し、FileMaker Server が
Runtime ソリューションを自動的にホストするように許可します。
「データベースの設定」を参照してください。
セキュリティ
FileMaker Server への接続時の FileMaker クライアントの認証方法、各
ユーザがアクセスを許可されているデータベースのみを表示するかどう
かを選択します。さらに、SSL(Secure Sockets Layer)を使用してク
ライアントの接続を暗号化するかどうかも選択することができます。
「データベースサーバーのセキュリティ設定」を参照してください。
フォルダ
データベースファイルをホストする追加のデータベースフォルダ、複
数のフォルダ、バックアップフォルダ、およびプログレッシブバック
アップフォルダを指定します。「データベースおよびバックアップ
フォルダの設定」を参照してください。
ログ
クライアントのアクセス状況を Access.log に、または使用状況を
Stats.log に記録するかどうかを選択します。また、ログの容量と収集
間隔を指定することも可能です。「ログおよび使用状況の設定」を参
照してください。
サーバープラグイン
ホストされたデータベースでプラグインを使用するかどうかを選択
し、プラグインファイルのインストールスクリプトステップでサー
バーサイドプラグインファイルを更新するかどうかを指定して、使用
するプラグインを選択します。「サーバーのプラグインの設定」を参
照してください。
ディレクトリサービス
FileMaker Pro クライアントがサーバーを検索する代替手段としてディ
レクトリサービスに登録するように FileMaker Server を設定します。
「ディレクトリサービス設定」を参照してください。
タブで設定を変更した後は、[ 保存 ] をクリックして、変更内容をすぐに保存します。または、この
ウインドウの他のタブで変更を行う場合は、別のタブをクリックして変更を行い、完了後に [ 保存 ]
をクリックします。[ 復帰 ] をクリックすると、最後に保存してからこれらのタブで行った変更内容
をすべて元に戻すことができます。
関連項目
一般設定の設定
Web 公開の設定
外部 ODBC データソースへのアクセス
FileMaker Server 13 ヘルプ
70
FileMaker クライアントの設定
データベースサーバーの設定
FileMaker クライアントの設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ データベースサーバー ] > [FileMaker クライアント ] タブでは、次の設定を指定することができ
ます。
• FileMaker Server に同時に接続可能な FileMaker Pro クライアントの最大数を指定します。
• FileMaker クライアントの接続を解除する前の最大アイドル時間を指定します。
• スクリプト同時セッションの最大数を設定します。
FileMaker クライアントの設定を指定するには、次の操作を行います。
1. [ データベースサーバー ] > [FileMaker クライアント ] タブをクリックします。
目的
実行方法
FileMaker Server にホストさ
れたデータベースに同時にア
クセス可能な FileMaker Pro
クライアントの最大数を設定
する
[FileMaker Pro クライアント接続の最大数 ] を選択し、数値
を入力します。
FileMaker Server では、同時接続 FileMaker Pro クライアン
ト数に制限はありません。
メモ FileMaker Server の同時接続 FileMaker Pro クライア
ント数に制限はありませんが、ほとんどのオペレーティン
グシステムでは、ネットワーク接続数とプロセスで使用可
能な開いているファイルの数に独自の制限が課されていま
す。オペレーティングシステムの制限によって、同時接続
クライアント数に事実上の制限が設定されます。
ヒント FileMaker Server の必要メモリ容量は、接続されて
いる FileMaker Pro クライアント数、開いているファイル
数、データベースのキャッシュの容量に直接関連していま
す。クライアント数やファイル数の多いサーバーでは、
データベースのキャッシュ用に確保した RAM 容量を増やし
てパフォーマンスを向上させることができます。詳細につ
いては、「データベースの設定」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
71
FileMaker クライアントの設定
データベースサーバーの設定
目的
実行方法
FileMaker クライアントの最大 [FileMaker クライアントの最大アイドル時間を設定する
アイドル時間を設定する
(分)] を選択して、時間を分で入力するか、720 分のデ
フォルト値のままにします。
FileMaker Server でホストされているデータベースに接続
しているときに FileMaker クライアントがアイドル状態を
維持できる最大時間(分)を設定することができます。
FileMaker Pro でアクセス権セットを編集して、[ アイドル
状態の時、サーバーからユーザの接続を解除する ] オプショ
ンを有効にする必要があります。このオプションはアクセ
ス権限セットごとに設定することができるため、特定の
ユーザの接続は解除しつつ、他のユーザは常に接続を維持
できるように設定することができます。
メモ 接続を解除されたクライアントはファイルを再度開く
必要があるため、接続が頻繁に解除されることがないよう
に、余裕のあるアイドル時間を設定する必要があります。
スクリプト同時セッションの
最大数を設定する
[ スクリプト同時セッション最大数 :] を選択し、クライアン
トが [ サーバー上のスクリプト実行 ] スクリプトを使用して
サーバー上で同時に実行できるスクリプトの数を制御しま
す。設定が 0 の場合、またはセッション数が [ スクリプト
同時セッション最大数 ] で指定された制限にすでに達してい
る場合、[ サーバー上のスクリプト実行 ] を実行しようとす
る FileMaker クライアントにエラーが表示されます。
[ サーバー上のスクリプト実行 ] によって指定されたスクリ
プトが FileMaker Server によって実行された後、そのスク
リプトは、FileMaker スクリプトスケジュールのように動作
します。スクリプトはクライアントのリストに表示され、
スクリプトエラーはログに記録されます。FileMaker Pro ヘ
ルプを参照してください。
2. [ 保存 ] をクリックします。
関連項目
LDAP ディレクトリサービスでの SSL の使用
クライアントの管理
データベースサーバーのセキュリティ設定
データベースサーバーの設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
72
データベースサーバーの設定
FileMaker クライアントの設定
LDAP ディレクトリサービスでの SSL の使用
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
組織で LDAP ディレクトリサービスを使用している場合は、[ データベースサーバー ] > [ ディレク
トリサービス ] タブで [SSL(Secure Sockets Layer)を使用する ] を有効にして、FileMaker
Server および FileMaker Pro クライアントが LDAP サーバーへのログインに使用するユーザ名と
パスワードを暗号化できます。「FileMaker クライアントの設定」を参照してください。
FileMaker Server および FileMaker Pro クライアントで、LDAP サービスに SSL を使用するには、
いくつかの要件があります。
• 各 FileMaker Pro クライアントで、[LDAP ディレクトリサービスを指定 ] ダイアログボッ
クスの [SSL(Secure Sockets Layer)を使用する ] が有効にされている必要があります。
詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
• Windows では、LDAP サーバーを証明機関(CA)として使用している場合、LDAP サー
バーに Active Directory 証明書サービス(AD CS)がインストールされている必要があり
ます。詳細については、Active Directory のマニュアルを参照してください。
• OS X では、Open Directory で SSL が有効にされている必要があります。詳細について
は、Open Directory のマニュアルを参照してください。
• LDAP サーバーへのセキュリティで保護された SSL 接続に自己署名入りの証明書を使用す
ることはできません。信頼された証明機関(CA)から発行された、署名入りのサーバー
証明書とクライアント証明書が必要です。サーバー証明書は、LDAP サーバーが稼働して
いるマシンにインストールされている必要があります。LDAP サービスへの接続に SSL を
使用する FileMaker Server マスタマシン、および FileMaker Pro と FileMaker Go コン
ピュータにクライアント証明書をインストールする必要があります。
クライアントルート CA 証明書をインストールするには、次の操作を行います。
• Windows では、ドメインコントローラにポリシーを設定して、クライアントコン
ピュータにクライアント証明書が自動的にインストールされるようにできます。
• 各 OS X コンピュータで次のセクションの手順を実行して、クライアント証明書をイ
ンストールします。
クライアント証明書を OS X コンピュータにインストールするには、次の操作を
行います。
1. クライアント証明書をデスクトップに保存します。たとえば、証明書を
「name1.name2.local」として保存します。
2. ターミナルアプリケーションを開き、次のコマンドを入力します。コマンドの
「name1.name2.local」は証明書のファイル名に置き換えてください。
sudo cp ~/Desktop/name1.name2.local /etc/openldap/name1.name2.local
3. 次のコマンドを入力して、エディタで、ldap.conf ファイルを開きます。
sudo vi /etc/openldap/ldap.conf
4. ldap.conf ファイルに次のエントリを追加します。コマンドの「name1.name2.local」は証
明書のファイル名に置き換えてください。
TLS_CACERT /etc/openldap/name1.name2.local
FileMaker Server 13 ヘルプ
73
データベースサーバーの設定
FileMaker クライアントの設定
5. ldap.conf ファイルを保存して、エディタを終了します。
メモ
• OS X では、クライアント証明書は Privacy Enhanced Mail(.PEM)形式である必要があ
ります。
• FileMaker Server または FileMaker Pro が SSL を使用した LDAP サーバーへの安全なログ
インに失敗した場合、SSL を使用しないログインは試行されません。
• FileMaker Server または FileMaker Pro が SSL を使用した LDAP サーバーへの安全なログ
インを行うように設定されている場合、セキュリティ保護された SSL ログインのみが試
行されます。ログインに失敗しても、セキュリティ保護されていないログインは試行され
ません。
• 第三者外部証明機関による LDAP over SSL を有効にする方法の詳細については、マイク
ロソフトの Active Directory に関する情報を参照してください。
関連項目
ユーザの詳細について
FileMaker Server 13 ヘルプ
74
データベースサーバーの設定
データベースの設定
データベースの設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ データベースサーバー ] > [ データベース ] タブでは、次の設定を指定します。
• FileMaker Server がホスト可能なファイルの最大数を指定します。
• FileMaker Server が、登録されている Runtime ソリューションを自動的にホストするかど
うかを選択します。
• データベースのキャッシュのメモリ容量を指定します。
データベース設定を指定するには、次の操作を行います。
1. [ データベースサーバー ] > [ データベース ] タブをクリックします。
目的
実行方法
FileMaker Server で同
時に開くことができる
データベースファイル
の最大数を指定する
[ ホストする最大のファイル数 :] に数値を入力するか、125 のデ
フォルト設定のままにします。
Runtime ソリューショ
ンファイルを自動的に
ホストする
[ 登録済み Runtime ソリューション ] で、[FileMaker Server が登録済
み Runtime ソリューションを自動的にホストする ] を選択します。
メモ FileMaker Server の必要メモリ容量は、クライアント数およ
び開いているファイル数に直接関連しています。ここに大きい値
を指定する場合は、データベースキャッシュ用に予約する RAM の
量も増やす必要があります。
• Runtime ソリューションのファイルタイプを登録するに
は、[ 登録 ...] をクリックして、ファイル拡張子を入力しま
す。[OK] をクリックします。
• 登録されているファイルタイプを削除するには、[ ファイ
ルタイプ ] リストからファイルタイプを選択して、[ 削除 ]
をクリックします。[OK] をクリックして確認します。
FileMaker Pro Advanced で作成された Runtime データベースソ
リューションをホストしている場合は、FileMaker Server の起動時
に Runtime ソリューションが自動的に開くように FileMaker
Server を設定することができます。Runtime ソリューションは、必
ず指定された場所のいずれかに保存する必要があります。
「データ
ベースおよびバックアップフォルダの設定」を参照してください。
Runtime ソリューションのファイル拡張子が .fmp12 でない場合は、
FileMaker Server にファイル拡張子を登録する必要があります。
FileMaker Server 13 ヘルプ
75
データベースサーバーの設定
データベースの設定
目的
実行方法
データベースキャッ
シュ用に予約する RAM
容量を指定する
[ データベースキャッシュに予約されている RAM (MB):] で、メモ
リ容量を選択します。最大の設定は、物理 RAM に基づいて動的に
決定されます。
最大設定は物理 RAM の半分で、固定最大設定は 1 TB です。
特に、大容量のファイル、または多数のクライアントやファイル
をサーバーでホストする場合は、データベースキャッシュ用に予
約する RAM を増やすと、適切に設計されたデータベースの全体的
なパフォーマンスを向上させることができます。
2. [ 保存 ] をクリックします。
重要 データベースサーバーは、ホストされているファイルのデータをキャッシュするために、マ
スタマシン上のテンポラリディレクトリにテンポラリファイルを作成します。また、開いている
ホストされた各ファイルに対してテンポラリファイルを1つ作成し、関連付けられているホスト
されたファイルが閉じられると自動的にテンポラリファイルを閉じて削除します。マスタマシン
に、テンポラリファイルを格納するための十分な空き容量があることを確認してください。ほと
んどの場合、テンポラリファイルのサイズは関連付けられているホストされたファイルのサイズ
の 10% から 20% ですが、実際の割合はクライアントの数、およびサーバーサイドスクリプトと
それらのアクティビティレベルに応じて変わります。データベースサーバーはテンポラリファイ
ルのサイズを定期的にチェックし、空きディスク容量に比べて容量が大きくなり過ぎた場合はテ
ンポラリファイルを縮小します。
関連項目
データベースファイルの手動によるアップロード
データベースの管理
データベースサーバーの設定
ディレクトリサービス設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
76
データベースサーバーの設定
データベースサーバーのセキュリティ設定
データベースサーバーのセキュリティ設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ データベースサーバー ] > [ セキュリティ ] タブでは、次のセキュリティ設定を行うことができ
ます。
• クライアントの認証に、FileMaker のアカウントのみを使用するか、または外部の認証
サーバーも使用するかを指定する。
• クライアントから参照可能なホストされたデータベースの一覧を制限する。
• データベースサーバーとクライアントの間で送受信されるデータを暗号化する。
データベースサーバーのセキュリティ設定を指定するには、次の操作を行います。
1. [ データベースサーバー ] > [ セキュリティ ] タブをクリックします。
目的
実行方法
ホストされたデータベースへの
アクセス認証に外部サーバーを
使用するかどうかを指定する
[ クライアント認証 ] で、次のいずれかを選択します。
• FileMaker アカウントのみ:ユーザ名とパスワードは、
ホストされたデータベースの FileMaker Pro アカウン
トで指定したアカウント名とパスワードに対して認証
されます。
• FileMaker と外部サーバーアカウント : ユーザ名とパス
ワードは、FileMaker Pro アカウントで指定したアカウ
ント名とパスワード、または外部サーバーに対して認
証されます。外部サーバーによってユーザが属する
ローカルおよびドメイングループアカウントが返され
た後、返されたグループアカウントが、FileMaker Pro
の外部サーバーアカウントで指定されているグループ
アカウントに照らして認証されます。
詳細については、「データベースアクセスの外部認証」を
参照してください。
外部サーバーによって認証されるアカウントの作成の詳細
については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
77
データベースサーバーの設定
データベースサーバーのセキュリティ設定
目的
実行方法
次の場所にあるデータベースの
一覧をフィルタするかどうかを
指定する
[ ファイル表示フィルタ ] に [ 各ユーザがアクセスを許可さ
れているデータベースのみをリスト表示する ] を選択し
て、ホストされた各データベースの中でユーザがアクセス
権を持つデータベースのみが表示されるようにします。
• FileMaker Pro の [ 共有ファ
イルを開く ] ダイアログ
ボックス
• FileMaker Go の [ ファイル
ブラウザ ]
• FileMaker WebDirect ホー
ムページ
• カスタム Web 公開のデー
タベース一覧要求
保護された接続を使用して、
データベースサーバーと
FileMaker クライアントの間で
渡されるデータを暗号化する。
[ 保護された接続が必要 ] を選択します。
すべてのデータベースサーバーのクライアント接続には、
ODBC および JDBC 接続を除き SSL(Secure Sockets
Layer)が使用されます。データのセキュリティの詳細に
ついては、「データの保護」を参照してください。
保護された接続を使用すると、データが暗号化されるため
速度が低下します。データの転送速度は、クライアントの
数と転送されるデータの量に応じて変わります。
メモ この設定を変更した場合は、変更内容を有効にする
ためにデータベースサーバーを再起動する必要がありま
す。「FileMaker Server コンポーネントの起動または停止」
を参照してください。
プログレッシブダウンロードを
有効にする
[ プログレッシブダウンロードを有効にする ] を選択して、
ダウンロード中にクライアントがデータを使用できるよう
にインタラクティブオブジェクトに格納されたオーディ
オ、ビデオ、または PDF ファイルのプログレッシブダウ
ンロードを許可します。
メモ この設定を変更した場合は、変更内容を有効にする
ためにデータベースサーバーを再起動する必要がありま
す。「FileMaker Server コンポーネントの起動または停止」
を参照してください。
2. [ 保存 ] をクリックします。
関連項目
データの保護
FileMaker Server 13 ヘルプ
78
データベースサーバーの設定
データベースサーバーのセキュリティ設定
セキュリティ接続とプログレッシブダウンロード
FileMaker Server は、インタラクティブオブジェクトフィールドに格納されたオーディオ、ビデ
オ、または PDF のプログレッシブダウンロードをサポートします。
メモ インタラクティブオブジェクトフィールドの詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照
してください。
FileMaker Server 設定の [ 保護された接続が必要 ] が選択されていない場合:
• データを送信するために FileMaker Server が使用する接続は、送信中に暗号化されません。
• オブジェクトフィールドのファイルが埋め込まれている場合、またはセキュア格納を使用
して外部に保存されている場合、FileMaker Pro、FileMaker Go、または Web クライアン
トがデータを要求したときに、FileMaker Server はオブジェクトフィールドのデータを
サーバーのキャッシュフォルダに復号します。データは、FileMaker Server が定期的に
キャッシュフォルダを空にするまで、サーバー上のキャッシュフォルダに2時間復号され
たまま残ります。
• オープン格納が選択されているオブジェクトフィールドの場合、FileMaker Pro ではデー
タは暗号化されません。
• FileMaker クライアントがインタラクティブデータを表示する際に若干の遅延が生じます。
データはローカルにキャッシュされません。
FileMaker Server 設定の [ 保護された接続が必要 ] が選択されている場合:
• FileMaker Server は、保護された接続を使用してデータを送信します。データは、データ
ベースサーバーと FileMaker Pro、FileMaker Go、または FileMaker Web 公開エンジンの
間での送信時に暗号化されます。
• FileMaker Server は、データを送信する前にディスクにテンポラリキャッシュファイルを
作成しません。
• FileMaker クライアントは、ユーザがオブジェクトデータを操作できるようになる前にオ
ブジェクトデータのダウンロードを完了します。データは、ローカルデータベースに格納
されている場合と同様に保護されます。
メモ [ 保護された接続が必要 ] の設定を変更した場合は、変更内容を有効にするためにデータ
ベースサーバーを停止して、再度起動し直す必要があります。
関連項目
自動起動設定
Admin Console の設定
データベースサーバーの設定
データの保護
CERTIFICATE コマンド
FileMaker Server 13 ヘルプ
79
データベースサーバーの設定
データベースサーバーのセキュリティ設定
データベースアクセスの外部認証
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server は、FileMaker Pro データベース内に定義されている FileMaker アカウントを持
つユーザを認証します。さらに、FileMaker Server は、次の外部で定義されたアカウントとグルー
プによる認証もサポートしています。
• マスタマシン上にローカルに定義された Windows または OS X のアカウントおよびグ
ループ
• 一元管理された認証サーバー上に保存可能な、Apple Open Directory および Windows
Active Directory のアカウントとグループ
FileMaker Server で FileMaker Pro のデータベースファイルをホストしている場合は、既存の認証
サーバーを使用することで、各 FileMaker Pro データベースファイルの個別のアカウントリストを
管理することなくデータベースへのアクセスを制御することができます。
[ データベースサーバー ] > [ セキュリティ ] タブでクライアント認証に [FileMaker と外部サーバー
アカウント ] を選択すると、クライアントのアクセス権は、ホストされたデータベースで定義され
たアカウント、およびマスタマシンまたは認証サーバーで定義されたアカウントによって決まり
ます。FileMaker Pro では、アカウントの認証に FileMaker または外部認証サーバーを使用するか
どうかをデータベースに指定します。アカウントには、Active Directory アカウント(Windows)
と Open Directory アカウント(OS X)があります。特定のネットワーク構成によっては、あるプ
ラットフォーム上の外部認証サーバーで、他のプラットフォーム上のユーザを認証することがで
きます。つまり、OS X ユーザを Active Directory で認証したり、Windows ユーザを OS X サー
バーの Open Directory で認証することが可能です。
[FileMaker と外部サーバーアカウント ] を選択するとマスタマシンが Windows の場合、すべての
ログオン試行のレコードが Windows セキュリティログに記録されます。セキュリティログの詳細
については、Windows のマニュアルを参照してください。
重要 データベースファイルに1つまたは複数の外部サーバーアカウントが含まれる場合は、オペ
レーティングシステムのセキュリティ設定を使用して、ファイルへの直接アクセスを制限してく
ださい。制限しない場合、権限のないユーザが認証サーバーの環境を複製した別のシステムに
ファイルを移動して、ファイルへのアクセスを取得できることがあります。外部サーバー機能を
使用して認証されるアカウントのグループ名はテキスト文字列として保存されています。グルー
プ名を別のシステムに複製すると、コピーされたファイルにグループのメンバーに割り当てられ
たアクセス権セットを使用してアクセスすることができ、データが不適切に公開される可能性が
あります。
FileMaker Server 13 ヘルプ
80
データベースサーバーの設定
データベースサーバーのセキュリティ設定
メモ
• FileMaker Pro のアカウント設定の詳細については、FileMaker Pro ヘルプの「外部サー
バーで認証するアカウントの作成」を参照してください。
• 外部認証設定の詳細については、www.filemaker-jp.custhelp.com にアクセスし、キーワー
ド「外部」と「認証」(さらに、オプションで「クロスプラットフォーム」)を含む記事を
検索してください。
関連項目
データベースサーバーのセキュリティ設定
データの保護
FileMaker Server 13 ヘルプ
81
データベースサーバーの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server は、デフォルトのデータベースフォルダにあるデータベースを自動的に検索して
ホストします。デフォルトのデータベースフォルダの場所は、[ データベースサーバー ] > [ フォル
ダ ] タブに表示されます。デフォルトデータベースフォルダの完全パスは、次のとおりです。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Data¥Databases¥
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Data/Databases/
Windows: Windows デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォ
ルトパスの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定し
た場所に置き換えられます。例 :
¥My_Path¥Data¥Databases¥
デフォルトのフォルダ以外にも、FileMaker Server がデータベースをホストする追加のフォルダを
最大2つ指定できます。[ データベースサーバー ] > [ フォルダ ] タブをクリックして、次の設定を
行います。
• ホストされたデータベースファイル用の追加のデータベースフォルダのパスを指定しま
す。「追加データベースフォルダの設定」を参照してください。
• オブジェクトを外部に保存するオブジェクトフィールドを追加フォルダ内のデータベース
ファイルが使用し、追加のデータベースフォルダとは別のフォルダ階層にオブジェクト
データを保存する場合、オブジェクトデータ用に個別のフォルダを指定します。デフォル
トでは、個別のフォルダ内のオブジェクトデータはデータベースと共にバックアップされ
ません。しかし、個別のオブジェクトフォルダをバックアップに含めるオプションを選択
できます。「オブジェクトデータフォルダの設定」を参照してください。
• データベースファイルのバックアップスケジュールにデフォルトのバックアップフォルダ
を指定します。「デフォルトのバックアップフォルダの設定」を参照してください。
• プログレッシブバックアップファイルにプログレッシブバックアップフォルダを指定しま
す。
「プログレッシブバックアップフォルダの設定」を参照してください。
メモ
• 追加のデータベースフォルダおよびオブジェクトフォルダにリモートボリュームを指定で
きますが、リモートボリューム上のバックアップフォルダをバックアップスケジュールや
プログレッシブバックアップに指定することはできません。
• リモートボリューム上のフォルダを指定する場合は、FileMaker Server の起動時にボ
リュームをマウントしてください。ボリュームがマウントされていない場合、リモートボ
リューム上のファイルは開きません。
• FileMaker Server が ReFS を使用して Windows Server 2012 にインストールされている場
合、データベースフォルダ、オブジェクトフォルダ、およびバックアップフォルダを始め
とするすべてのフォルダを ReFS フォルダにすることができます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
82
データベースサーバーの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
重要 FileMaker Server では、バックアップスケジュール用のフォルダとプログレッシブバック
アップファイル用のフォルダを定義できます。使用するバックアップのタイプを決定する場合、
または両方のバックアップを使用する場合は、「バックアップオプションの理解」を参照してくだ
さい。
関連項目
有効なフォルダのヒント
FileMaker Server 13 ヘルプ
83
データベースサーバーの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
バックアップオプションの理解
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
ホストされたデータベースはバックアップすることをお勧めします。FileMaker Server 13 では、
データベースバックアップを実行する方法が2つ提供されています。
• バックアップスケジュール。バックアップスケジュールでは、スケジュールアシスタント
を使用して、バックアップするデータベースとバックアップの頻度を定義するタスクスケ
ジュールを作成します。タスクスケジュールを実行するたびに、FileMaker Server は選択
したデータベースが最終のバックアップ以降変更されているかどうかを確認します。
FileMaker Server は、変更されたデータベースの完全コピーを作成し、変更されていない
バックアップされたデータベースへのハードリンクを作成します。
• プログレッシブバックアップ。プログレッシブバックアップでは、FileMaker Server はす
べてのホストされたデータベースの完全バックアップの作成から開始します。最初の完全
バックアップの完了後、データベースサーバーはホストされたファイルからの変更のみを
プログレッシブバックアップフォルダにコピーします。プログレッシブバックアップは、
サーバーパフォーマンスへの影響も少なく、バックアップスケジュールよりすばやく実行
できます。
プログレッシブバックアップでは、基本的にバックアップファイルの2つのコピーを保存しま
す。タイムスタンプ付きのコピーはバックアップとして使用でき、進行中のコピーは累積した
変更で更新されます。[ 保存間隔 ] 設定で、タイムスタンプ付きのコピーが更新される頻度を
制御します。
バックアップスケジュールとプログレッシブバックアップの両方を使用することにより、ホスト
されたデータベース用の包括的なバックアップ戦略を確実に実行できます。
関連項目
データベースバックアップスケジュールのヒント
有効なフォルダのヒント
データベースバックアップのスケジュール
バックアップスケジュールからのデータベースファイルの復元
プログレッシブバックアップからのデータベースの復元
FileMaker Server 13 ヘルプ
84
データベースサーバーの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
追加データベースフォルダの設定
デフォルトのフォルダに加えて、FileMaker Server は2つの追加のデータベースフォルダ内のデー
タベースをホストできます。[ データベースサーバー ] > [ フォルダ ] タブで、これらのフォルダを
有効にして、各フォルダのパスを指定できます。[ データベースサーバー ] > [ フォルダ ] タブでパ
スを指定する前に、マスタマシン上にフォルダを作成する必要があります。
2つの追加のデータベースフォルダを指定するには、次の操作を行います。
1. [ データベースサーバー ] > [ フォルダ ] タブをクリックします。
2. [ 追加のデータベースフォルダ 1 を有効にする ] を選択します。[ パス ] フィールドが表示
されます。
3. [ パス ] に最初の追加のデータベースフォルダの場所の完全なパスを入力します。パスの長
さは最大 255 文字です。
• Windows: 入力するパスは、filewin:/ で始まりスラッシュ(/)で終わる必要があります。
例 : filewin:/ ドライブ文字 :/ フォルダ名 /
• OS X: 入力するパスは、filemac:/ で始まりスラッシュ(/)で終わる必要があります。
フォルダがリモートボリューム上にある場合、FileMaker Server がパスを検証できる
ようにボリュームがマウントされていることを確認してください。
例 : filemac:/ ボリューム名 / フォルダ名 /
メモ 変更したパスを元に戻すには、[ 復帰 ] をクリックします。
4. 次の追加のデータベースを指定するには、[ 追加のデータベースフォルダ 2 を有効にする ]
を選択します。[ パス ] フィールドが表示されます。
5. [ パス ] に2番目の追加のデータベースフォルダの場所の完全なパスを入力します。パスの
場所に関する情報と説明については、上記の手順3を参照してください。
6. [ 検証 ] をクリックして、入力したパスが正しいかどうか確認します。パスが有効であるこ
とが確認されると、メッセージが「無効なパス」から「有効なパス」に変わります。パス
が有効でない場合は、「有効なフォルダのヒント」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
85
データベースサーバーの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
オブジェクトデータフォルダの設定
オブジェクトを外部に保存するオブジェクトフィールドを追加のデータベースフォルダ内のデー
タベースが使用する場合、その外部オブジェクトフィールドデータのフォルダを指定できます。
オブジェクトデータフィールドをバックアップするかどうかを決定することもできます。
オブジェクトデータフォルダを指定するには、次の操作を行います。
1. [ オブジェクトデータフォルダ 1 を有効にする ] を選択します。
2. [ オブジェクトデータのパス ] にフォルダの場所の完全なパスを入力します。パスの長さは
最大 255 文字です。
• Windows: パスは、filewin:/ で始まりスラッシュ(/)で終わる必要があります。
例 : filewin:/ ドライブ文字 :/ フォルダ名 /
• OS X: パスは、filemac:/ で始まりスラッシュ(/)で終わる必要があります。
例 : filemac:/ ボリューム名 / フォルダ名 /
各データベースのオブジェクトフィールドのオブジェクトは、データベース名と同じ名前で識
別されたフォルダにある必要があります。「外部に保存されたオブジェクトフィールドのオブ
ジェクトを正しい場所に配置する」を参照してください。
3. バックアップスケジュールでオブジェクトフォルダをバックアップするには、[ オブジェ
クトデータフォルダ 1 をバックアップする ] を選択します。詳細については、「バック
アップオプションの理解」を参照してください。
4. 2番目の追加のデータベースフォルダのフォルダを指定するには、上記の手順をフォルダ
2に対して繰り返します。
重要 [ オブジェクトデータフォルダ 1 をバックアップする ] と [ オブジェクトデータフォ
ルダ 2 をバックアップする ] の設定を選択すると、データベースのパフォーマンスに影響
することがあります。さらに、ネットワーク上にあるオブジェクトフォルダを指定する
と、ネットワークのパフォーマンスに影響することがあります。
5. [ 検証 ] をクリックして、入力したパスが正しいかどうか確認します。
パスが有効であることが確認されると、ラベルが「無効なパス」から「有効なパス」に変わり
ます。パスが有効でない場合は、「有効なフォルダのヒント」を参照してください。
6. [ 保存 ] をクリックします。
メモ オブジェクトデータフォルダを設定または変更した場合、オブジェクトファイルのオブ
ジェクトはこれらのフォルダに自動的にコピーされません。ファイルは手動でコピーする必要
があります。
FileMaker Server 13 ヘルプ
86
データベースサーバーの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
メモ
• オブジェクトフォルダはデフォルトデータベースフォルダ、バックアップフォルダ、プロ
グレッシブバックアップフォルダまたは Scripts フォルダの親またはサブフォルダにする
ことはできません。
• データベースを追加のデータベースフォルダにアップロードしてデータベースを開いた後
は、[ オブジェクトデータフォルダ 1 を有効にする ] および [ オブジェクトデータフォルダ
2 を有効にする ] チェックボックスの選択を解除することや、追加のデータベースフォル
ダのパスを変更することはできません。追加のデータベースフォルダの使用を停止する
場合は、まずフォルダ内のすべてのデータベースを閉じてからチェックボックスの選択
を解除する必要があります。オブジェクトフォルダを変更する場合、古いフォルダから
新しいフォルダに手動でデータを移動した後に新しいフォルダの場所を選択する必要が
あります。
• オブジェクトフォルダを変更する場合、古いフォルダのデータを手動で新しいフォルダに
移動する必要があります。その後に新しいパスを入力します。
• 追加のデータベースフォルダを有効にして、その追加のデータベースフォルダを管理者グ
ループのグループフォルダとして選択する場合、その追加のデータベースフォルダの
チェックボックスの選択を解除することはできません。追加のデータベースフォルダの使
用を停止する場合は、まず管理グループのグループフォルダを変更する必要があります。
詳細については、「管理者グループの追加」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
87
データベースサーバーの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
デフォルトのバックアップフォルダの設定
バックアップスケジュールの場合、データベースのバックアップはスケジュールアシスタントで
指定したフォルダに保存されます。デフォルトのバックアップフォルダは、バックアップスケ
ジュールタスクを作成したときにスケジュールアシスタントに表示されるデフォルトです。
FileMaker Server では、保存先フォルダを指定しないで BACKUP コマンドを実行した場合も、デ
フォルトのバックアップフォルダが使用されます。
重要 デフォルトのバックアップフォルダは、ホストされるデータベースと同じフォルダ、または
そのフォルダ内のサブフォルダに配置しないでください。これらのフォルダ内のデータベース は、
FileMaker Server の起動時にすべて自動的に開かれます。バックアップフォルダはデフォルトデー
タベースフォルダ、追加のデータベースフォルダ、プログレッシブバックアップフォルダまたは
Scripts フォルダの親またはサブフォルダにすることもできません。
デフォルトのバックアップフォルダを指定するには、次の操作を行います。
1. [ データベースサーバー ] > [ フォルダ ] タブをクリックします。
2. [ バックアップフォルダ ] に、新しいデフォルトバックアップフォルダの場所への完全パス
を入力します。パスの長さは最大 255 文字です。
• Windows: 入力するパスは、filewin:/ で始まりスラッシュ(/)で終わる必要があります。
例 : filewin:/ ドライブ文字 :/ フォルダ名 /
ネットワークボリュームを使用する場合は、入力するパスにサーバー名を含める必要があ
ります。
例 : filewin:/ サーバー名 / 共有名 / フォルダ名 /
• OS X: 入力するパスは、filemac:/ で始まりスラッシュ(/)で終わる必要があります。
例 : filemac:/ ボリューム名 / フォルダ名 /
3. [ 検証 ] をクリックして、入力したパスが正しいかどうか確認します。
パスが有効であることが確認されると、ラベルが [ 無効なパス ] から [ 有効なパス ] に変わりま
す。パスが有効でない場合は、「有効なフォルダのヒント」を参照してください。
4. [ 保存 ] をクリックします。
FileMaker Server 13 ヘルプ
88
データベースサーバーの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
メモ
• バックアップフォルダには、ホストされたデータベースが配置された場所とは別のハード
ドライブに指定することをお勧めします。
• [ データベースサーバー ] > [ フォルダ ] タブでデフォルトのバックアップフォルダを変更
しても、既存のバックアップスケジュールタスクは変更されません。デフォルトのバック
アップフォルダを変更しても、次にバックアップスケジュールタスクを作成したときにス
ケジュールアシスタントに表示されるデフォルトが変更されるだけです。
• ReFS ボリューム上のバックアップフォルダを選択できますが、そのボリュームがリモー
トボリュームである場合を除きます。
• データベースファイルに対して外部のフォルダにデータを保存できます。データベースを
暗号化する場合、関連付けられた外部オブジェクトフォルダのデータも暗号化されます。
FileMaker Server によってデータがデータベースフォルダに相対的なディレクトリにコ
ピーされます。
関連項目
データベースバックアップのスケジュール
データベースサーバーの設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
89
データベースサーバーの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
プログレッシブバックアップフォルダの設定
ホストされたデータベースのプログレッシブバックアップを有効にし、プログレッシブバック
アップの保存間隔を指定してから、プログレッシブバックアップファイルに使用するフォルダへ
のパスを指定します。
重要 プログレッシブバックアップフォルダは、ホストされるデータベースと同じフォルダ、また
はそのフォルダ内のサブフォルダに配置しないでください。これらのフォルダ内のデータベース
は、FileMaker Server の起動時にすべて自動的に開かれます。プログレッシブバックアップフォル
ダはデフォルトデータベースフォルダ、バックアップフォルダ、追加のデータベースフォルダ、
または Scripts フォルダの親またはサブフォルダにすることもできません。
プログレッシブバックアップフォルダを指定するには、次の操作を行います。
1. [ データベースサーバー ] > [ フォルダ ] タブをクリックします。
2. [ プログレッシブバックアップフォルダ ] で [ プログレッシブバックアップを有効にする ]
を選択します。
3. [ 保存間隔(分)] に時間を入力します。デフォルトは 5 分です。
プログレッシブバックアップでは、基本的にバックアップファイルの2つのコピーを保存しま
す。タイムスタンプ付きのコピーはバックアップとして使用でき、進行中のコピーは累積した
変更で更新されます。
[ 保存間隔 ] 設定では、タイムスタンプ付きのコピーが更新される頻度が制御されます。
[ 保存間隔 ] は 1 ∼ 99 分に設定できます。デフォルトは 5 分です。
4. 新しいプログレッシブバックアップフォルダの場所への完全パスを入力します。パスの長
さは最大 255 文字です。
• Windows: 入力するパスは、filewin:/ で始まりスラッシュ(/)で終わる必要があります。
例 : filewin:/ ドライブ文字 :/ フォルダ名 /
• OS X: 入力するパスは、filemac:/ で始まりスラッシュ(/)で終わる必要があります。
例 : filemac:/ ボリューム名 / フォルダ名 /
5. [ 検証 ] をクリックして、入力したパスが正しいかどうか確認します。
パスが有効でない場合は、「無効なパスです」というメッセージが表示されます。パスが固有
でない場合もメッセージが表示されます。パスが認識されると、メッセージが有効なパスを示
すものに変わります。問題がある場合は、「有効なフォルダのヒント」を参照してください。
6. [ 保存 ] をクリックします。
FileMaker Server 13 ヘルプ
90
データベースサーバーの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
メモ
• プログレッシブバックアップフォルダには、ホストされたデータベースが配置された場所
とは別のハードドライブに指定することをお勧めします。プログレッシブな変更はホスト
されたデータベースに書き込まれる変更とほぼ同時にプログレッシブバックアップフォル
ダに書き込まれる可能性があるため、2つの異なるハードドライブを使用するとサーバー
パフォーマンスが向上する場合があります。
• プログレッシブバックアップフォルダで最初のバックアップファイルを作成することは
サーバーパフォーマンスに影響する可能性があります。一度プログレッシブバックアップ
の設定を指定したらこれらの設定を変更することは避けてください。プログレッシブバッ
クアップ設定(保存間隔を除く)に変更を加えた場合、FileMaker Server ですべてのホス
トされたデータベースの完全バックアップを作成する必要があります。
• 稀なケースですが、FileMaker Server がインストールされているマシンの時計が保存間隔
よりも頻繁に変更された場合、プログレッシブバックアップが失敗することがあります。
FileMaker Server は、プログレッシブバックアップに協定世界時(UTC)を使用するの
で、タイムゾーンや夏時間の変更はプログレッシブバックアップに影響しません。
関連項目
データベースバックアップのスケジュール
データベースサーバーの設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
91
データベースサーバーの設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
プログレッシブバックアップからのデータベースの復元
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
プログレッシブバックアップからデータベースを復元するには、オペレーティングシステムの
ツールを使用して、プログレッシブバックアップフォルダから、FileMaker Server でデータベース
ファイルをホストするフォルダへデータベースをコピーします。
プログレッシブバックアップからデータベースファイルを復元するには、次の操
作を行います。
1. 復元するホストされたデータベースファイルが現在開いている場合は、FileMaker Server
Admin Console を使用して閉じます。
「ホストされたファイルの閉じ方」を参照してください。
2. FileMaker Server Admin Console を使用して、ホストされたデータベースを削除します。
「ホストされているファイルの削除」を参照してください。
3. オペレーティングシステムのツールを使用して、プログレッシブバックアップフォルダか
ら、ホストされたデータベースファイルをアップロードしたデータベースフォルダへデー
タベースファイルをコピーします。
プログレッシブバックアップフォルダには、タイムスタンプ付きのフォルダとすべてのプログ
レッシブな変更が適用された最後の完全なバックアップが含まれます。
• データベースファイルを含む最新のタイムスタンプが付いたフォルダからデータベー
スをコピーします。(タイムスタンプ付きのフォルダにデータベースが含まれていない
場合は、データベースがホストされていなかったか、保存間隔中にデータベースを一
時停止できなかったかのいずれかです。)
• データベースファイルがオブジェクトを外部に保存するオブジェクトフィールドを使
用している場合、タイムスタンプ付きのフォルダには外部に保存されたオブジェクト
を含む「RC_Data_FMS」サブフォルダが含まれます。
たとえば、データベースファイルが Customers という名前で、RC_Data_FMS フォルダ
に Customers データベースファイル用の外部に保存されたオブジェクトが含まれる
Customers という名前のサブフォルダが含まれている場合は次のようになります。
RC_Data_FMS¥Customers
このフォルダとフォルダの内容をデータベースファイル自体と共にコピーします。
ファイルは進行中のバックアップファイルが含まれる他のプログレッシブバックアップフォル
ダからコピーしないでください。
4. FileMaker Server Admin Console を使用して、復元したデータベースを開きます。
「ホストされているファイルの開き方」を参照してください。
メモ データベースの唯一のバックアップが損傷する可能性を避けるため、必ず、復元するデータ
ベースファイルはコピーして、元のプログレッシブバックアップファイルは変更しないままプロ
グレッシブバックアップフォルダに残してください。バックアップフォルダからデータベース
ファイルを移動することは避けてください。また、プログレッシブバックアップフォルダに保存
されているデータベースファイルを FileMaker Pro を使用して開かないでください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
92
データベースサーバーの設定
ログおよび使用状況の設定
ログおよび使用状況の設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ データベースサーバー ] > [ ログ ] タブでは、FileMaker Server の稼動中にデータベースサーバー
がイベント、クライアントアクセス、使用状況情報を収集し記録する方法を設定することができ
ます。使用状況ログを有効にすれば、指定した間隔でパフォーマンス情報を収集してログに書き
込むようにすることができます。
このタブでは、次の設定を指定することができます。
• [ 使用状況 ]: データベースサーバーが、表示用さらにはオプションで記録用に使用状況情
報を収集する間隔を指定します。
• [ ログ ]: FileMaker Server の実行中にクライアントアクセスイベントを Access.log ファイ
ルに書き込むかどうかを指定します。サーバー使用状況ログを有効にして、指定した間隔
でパフォーマンス情報をログファイルに書き込むこともできます。
FileMaker Server の使用状況ログを有効にすると、「FileMaker Server/Logs/」フォルダに
「Stats.log」という名前のログファイルが作成されます。「Stats.log」はタブ区切りのテキストファ
イルです。リアルタイムのサーバー使用状況は、[ 使用状況 ] > [ サーバー ] タブに表示されます。
また、Stats.log ファイルは、FileMaker Pro、スプレッドシート、テキストエディタでも参照する
ことができます。
Access.log、Event.log、Stats.log、ClientStats.log ファイルの最大容量を指定したり、Stats.log
および ClientStats.log の収集間隔を指定して、ファイルサイズが大きくなることを防ぐこともで
きます。
イベントログの設定を指定するには、次の操作を行います。
1. [ データベースサーバー ] > [ ログ ] タブをクリックします。
目的
実行方法
使用状況ログの収集間隔を設定する [ 収集間隔(秒):] に、時間を秒単位で入力します。
収集間隔によって、FileMaker Server がサーバーの使
用状況情報を収集する頻度が決まります。この情報は、
[ 使用状況 ] > [ サーバー ] タブに表示され、オプション
で Stats.log ファイルに記録することもできます。
収集間隔によって、FileMaker Server がクライアント
の使用状況情報を収集する頻度が決まります。この情
報は、[ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブに表示され、
オプションで ClientStats.log ファイルに記録すること
もできます。
ログサイズを指定します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
[ ログサイズ(MB):] に、Access.log、Event.log、
Stats.log ファイルの最大容量を指定します。
93
データベースサーバーの設定
ログおよび使用状況の設定
目的
実行方法
接続およびサーバーパフォーマン
スのログを有効にする
イベントはすべて Event.log ファイルに記録されます。
イベントの記録を無効にすることはできません。
[ アクセス ] を選択すると、FileMaker Server へのクライ
アント接続情報が Access.log ファイルに記録されます。
[ 使用状況 ] を選択すると、[ 使用状況 ] > [ サーバー ]
タブに表示されるサーバーのパフォーマンスの測定値
が Stats.log ファイルに記録されます。
メモ [ 使用状況 ] を選択しても、[ 使用状況 ] > [ クライ
アント ] タブに表示されるクライアントの使用状況は
ClientStats.log ファイルに記録されません。詳細につい
ては、「クライアントの使用状況の表示」を参照してく
ださい。
2. [ 保存 ] をクリックします。
関連項目
一般 Web 公開設定
サーバーの使用状況の表示
ログファイルのエントリの参照
データベースサーバーの設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
94
データベースサーバーの設定
サーバーのプラグインの設定
サーバーのプラグインの設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ データベースサーバー ] > [ サーバープラグイン ] タブでは、FileMaker Server が、サーバーサイ
ドのプラグインを使用するように設計されているホストされた FileMaker Pro データベースで外部
機能のプラグインを使用できるように設定することができます。
プラグインの詳細については、「プラグインの管理」を参照してください。
プラグインを実行する FileMaker Server コンポーネントは、FileMaker スクリプトエンジン
(FMSE)と呼ばれます。
FileMaker Server プラグイン設定を有効にするには、次の操作を行います。
1. [ データベースサーバー ] > [ サーバープラグイン ] タブをクリックします。
2. [FileMaker スクリプトエンジン(FMSE)によるプラグインの使用を有効にする ] を選択
して、FileMaker Server にプラグインの使用を許可します。
3. プラグインファイルのインストールスクリプトステップで、FileMaker Server の
「Extensions」フォルダに配置されたプラグインファイルを更新する場合は、[ サーバープ
ラグインの更新にプラグインファイルのインストールスクリプトステップを許可する ] を
選択します。「サーバーサイドプラグインファイルのフォルダ」を参照してください。
4. プラグインフォルダにあるプラグインが一覧表示されます。FileMaker スクリプトエンジ
ンで実行する各プラグインで [ 有効 ] を選択します。
5. [ 保存 ] をクリックします。
関連項目
FileMaker スクリプトエンジンによるプラグイン使用の有効化
データベースファイルの手動によるアップロード
データベースサーバーの設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
95
データベースサーバーの設定
ディレクトリサービス設定
ディレクトリサービス設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
Windows Active Directory、OpenLDAP、または Open Directory(OS X)などの LDAP
(Lightweight Directory Access Protocol)接続に準拠したディレクトリサービスが組織で使用され
ている場合は、FileMaker Server をディレクトリサービスに登録することによって、ホストされた
データベースを一元管理することができます。
FileMaker Server をディレクトリサービスに登録すると、ホスト名と IP アドレスがディレクトリ
サービスに公開されるため、FileMaker Pro クライアントはこのディレクトリサービスを使用して
ネットワーク内のサーバーを検索することができます。FileMaker Server 管理者の連絡先情報も公
開することができます(「サーバー情報の設定」を参照)。これは、ホストされたデータベースに
クライアントがアクセスできない場合など、ディレクトリサービスの管理者が FileMaker Server
管理者に問い合わせる必要がある場合に便利です。
メモ ディレクトリサービスの設定が不明な場合は、ネットワーク管理者に問い合わせてください。
FileMaker Server ディレクトリサービスを設定するには、次の操作を行います。
1. [ データベースサーバー ] > [ ディレクトリサービス ] タブをクリックします。
2. [ ディレクトリサーバーの情報 ] に次の情報を入力します。
• アドレス(ホスト名または IP アドレス)。
• エントリポイント。ディレクトリサービスで FileMaker Server の場所を指定する識別名。
例:
Windows: ou=FileMaker,dc=mydomain,dc=filemaker,dc=com
OS X: cn=filemakerservers,dc=myservername,dc=mydomain,dc=com
コンマの後のスペースはオプションです。
• LDAP 接続用のポート番号。
[SSL(Secure Sockets Layer)を使用する ] が有効にされていない場合、デフォルトの
ポート番号は 389 です。[SSL(Secure Sockets Layer)を使用する ] を有効にしている場
合、デフォルトのポート番号は自動的に 636 に変わります。デフォルト値を復元するに
は、[ デフォルト ] をクリックします。
• FileMaker Server および FileMaker Pro クライアントが LDAP サーバーへのログイン
に使用するユーザ名とパスワードを暗号化するには、[SSL(Secure Sockets Layer)
を使用する ] を選択します。
3. [SSL(Secure Sockets Layer)を使用する ] を選択する場合は、署名入りのクライアント
と信頼された証明機関(CA)から発行されたルート CA 証明書が必要です。LDAP サービ
スへの接続に SSL を使用する FileMaker Server マスタマシン、および FileMaker Pro コン
ピュータにクライアント証明書をインストールする必要があります。LDAP サーバーへの
セキュリティで保護された SSL 接続に自己署名入りの証明書を使用することはできませ
ん。
「LDAP ディレクトリサービスでの SSL の使用」を参照してください。
4. [ ログイン情報 ] で、ディレクトリサービスの認証方法を選択します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
96
データベースサーバーの設定
ディレクトリサービス設定
ディレクトリサービスにログインする必要がある場合は、[ ディレクトリサーバーはログイン
を必要とする ] を選択して、[ 名前 ] と [ パスワード ] を入力します。次に、以下のオプション
を選択します。
• ユーザを識別するために Microsoft Active Directory サービスドメイン ID またはその他
の Windows アカウントを使用している企業ネットワーク上でインターネットイン
フォメーションサービス(IIS)8 サーバーが実行する場合、[Windows 認証を使用す
る ] を選択します。
• [FileMaker Server を公開する ] を選択して、FileMaker Server 名、ホスト名、ディレ
クトリサービスへの IP アドレスを公開します。
• [ 管理者連絡先情報を公開する ] を選択して、[ 一般設定 ] > [ サーバー情報 ] タブで指
定した管理者の連絡先情報を公開します。
5. [ ディレクトリサービス設定のテスト ] をクリックして、FileMaker Server がディレクトリ
サービスと通信できるかどうかを検証します。
6. [ 保存 ] をクリックします。
関連項目
データベースの設定
FileMaker クライアントの設定
サーバー情報の設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
97
Web 公開の設定
ディレクトリサービス設定
Web 公開の設定
次の情報は、サーバー管理者向けです。[Web 公開 ] をクリックし、次のいずれかのタブを選択し
て、FileMaker Server の設定を指定します。
選択項目
目的
一般設定
Web 公開のエラーのログレベルおよびカスタム Web 公開接続の最大
数を指定します。「一般 Web 公開設定」を参照してください。
PHP
カスタム Web 公開 with PHP を有効にして設定します。「PHP Web 公
開設定」を参照してください。
XML
カスタム Web 公開 with XML を有効にして設定します。「XML Web 公
開設定」を参照してください。
FileMaker WebDirect
FileMaker WebDirect を有効にして設定します。
「FileMaker WebDirect
の設定」を参照してください。
タブで設定を変更した後は、[ 保存 ] をクリックして、変更内容をすぐに保存します。または、この
ウインドウの他のタブで変更を行う場合は、別のタブをクリックして変更を行ってから、[ 保存 ] を
クリックします。[ 復帰 ] をクリックすると、最後に保存してからこれらのタブで行った変更内容を
すべて元に戻すことができます。
Web 公開設定を行うと、設定の変更内容を保存した後に Web 公開エンジンを再起動するように
Admin Console によってメッセージが表示されます。Web 公開エンジンの再起動中は、Web ユー
ザがすべての Web 公開されているデータベースを利用できなくなります。
重要 Web 公開設定は、Web 公開エンジンが使用されていない場合にのみ変更してください。
Web 公開クライアントは、Web 公開エンジンの再起動時に、保存していない作業内容を失う可能
性があります。
関連項目
一般設定の設定
データベースサーバーの設定
外部 ODBC データソースへのアクセス
FileMaker Server 13 ヘルプ
98
Web 公開の設定
一般 Web 公開設定
一般 Web 公開設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[Web 公開 ] > [ 一般設定 ] タブでは、次の Web 公開設定を指定することができます。
• Web 公開用のログを有効にする。
• 使用状況ログファイルの最大サイズを設定する。
• Web 公開のログレベルを選択する。
• Web 公開接続の最大数を設定する。
Web 公開設定を指定するには、次の操作を行います。
1. [Web 公開 ] > [ 一般設定 ] タブをクリックします。
目的
実行方法
Web 公開用のログを有効にする
[Web 公開用のログを有効にする ] を選択して、エラー
およびその他の情報を wpe.log に保存します。エラーロ
グを有効にすると、Web 公開エンジンのログ、
FileMaker WebDirect のエラー、および Web 公開エンジ
ンによって実行される FileMaker スクリプトのエラーの
ログが記録されます。収集される情報のタイプは、メッ
セージのログレベルによって決定されます。
最大ログサイズを設定する
[ ログサイズ (MB)] を指定します。
• 最小ログサイズは 1 MB です。
• 最大ログサイズは 1,000 MB です。
• デフォルトのログサイズは 40 MB です。
ここで指定する値は、「Logs」フォルダに配置される
wpe.log ファイルの最大サイズです。wpe.log ファイル
が最大サイズに達すると、Web 公開エンジンは wpe.log
ファイルを 1 つのバックアップファイル wpe.log.1 にコ
ピーし、新しい wpe.log ファイルを作成します。「Web
公開ログ」を参照してください。
メッセージのログレベルを設定す
る
[ エラーレベルメッセージ ] を選択して、アプリケー
ションエラー、使用状況エラーおよびシステムエラーを
含む、あらゆる Web 公開エンジンエラーをログに記録
します。
[ 情報およびエラーレベルメッセージ ] を選択して、カ
スタム Web 公開の出力を生成するすべてのエンドユー
ザ XML リクエストの記録を含む、エラー情報と Web
公開エンジンへのアクセスに関する情報をログに記録
します。
この設定を行うと、wpe.log ファイルに書き込まれる情
報の量が変更されます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
99
Web 公開の設定
一般 Web 公開設定
目的
実行方法
カスタム Web 公開接続の最大数
を設定する
[ カスタム Web 公開接続の最大数 :] を指定します。
メモ FileMaker Server の同時接続カスタム Web 公開ク
ライアント数に制限はありませんが、ほとんどのオペ
レーティングシステムでは、ネットワーク接続数とプロ
セスで使用可能な開いているファイルの数に独自の制限
が課されています。オペレーティングシステムの制限に
よって、同時接続クライアント数に事実上の制限が設定
されます。
2. [ 保存 ] をクリックします。
Web 公開ログファイルの詳細については、「Web 公開ログ」を参照してください。
関連項目
データベースの管理
クライアントの管理
ログおよび使用状況の設定
Web 公開の設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
100
Web 公開の設定
PHP Web 公開設定
PHP Web 公開設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
カスタム Web 公開 with PHP よって、PHP Web アプリケーションは FileMaker API for PHP を使
用してデータにアクセスできるようになります。Web 公開エンジンから API へのレスポンス方法
を設定することができます。
[Web 公開 ] > [PHP] タブでは、次の PHP 公開設定を指定することができます。
• PHP 公開を有効にする。
• レコードデータの事前検証を有効にする。
• デフォルトの文字エンコードを選択する
• PHP 公開で使用する言語を選択する。
メモ これらの設定を変更した場合は、Web 公開エンジンを再起動する必要があります。
PHP Web サイトのホストの詳細については、「Web サイトのホスト」を参照してください。PHP
Web サイトの作成および FileMaker API for PHP の使用方法の詳細については、開始ページにある
『FileMaker Server カスタム Web 公開 with PHP』を参照してください。
PHP 公開設定を指定するには、次の操作を行います。
1. [Web 公開 ] > [PHP] タブをクリックします。
目的
実行方法
カスタム Web 公開 with PHP を有効 [PHP 公開を有効にする ] を選択します。
にする
このタブで他の設定を行うには、この設定を有効にす
る必要があります。[ ステータス ] ウインドウに、こ
の機能が有効かどうかが示されます。
Web サーバー上のレコードデータ
の事前検証を有効にする
[ レコードデータの事前検証を有効にする ] を選択し
ます。
FileMaker API for PHP を有効にして、データベース
サーバー にレコードを確定する前にレコードデータを
検証します。この機能を使用するには、必須メソッド
であり検証エラーに応答する validate() メソッドを
PHP コードで呼び出す必要があります。
デフォルトの文字エンコードを選択
する
[ デフォルトの文字エンコーディング ] で、エンコー
ドを選択します。
選択したエンコードは、PHP ファイルの <head> セク
ションで使用しているエンコードと一致している必要
があります。
PHP のデフォルトの言語は Latin-1 です。FileMaker
Server のデフォルトは Unicode です。データに Latin
以外の文字が含まれる場合は UTF-8 を使用してくだ
さい。
FileMaker Server 13 ヘルプ
101
Web 公開の設定
PHP Web 公開設定
目的
実行方法
PHP 公開エラーメッセージ言語を
選択する
[ 言語 :] で、FileMaker API for PHP が返すエラーメッ
セージの言語(英語、ドイツ語、イタリア語など)を
選択します。
2. [ 保存 ] をクリックするか、[ 復帰 ] をクリックして、このタブで行ったすべての変更を元
に戻します。
メモ FileMaker API for PHP とサポートされている PHP エンジンは、カスタム Web 公開 with
PHP の Web サーバー上にインストールする必要があります。詳細については、「データ共有およ
び Web 公開のテクノロジーの有効化」を参照してください。
関連項目
データベースの管理
クライアントの管理
一般 Web 公開設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
102
Web 公開の設定
XML Web 公開設定
XML Web 公開設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[Web 公開 ] > [XML] タブでは、カスタム Web 公開 with XML を有効または無効にすることができ
ます。[XML 公開を有効にする ] を選択すると、FileMaker Server はクエリーコマンドと引数に基
づいてホストされたデータベースから XML データを生成することができます。
メモ XML を無効にしても、FileMaker API for PHP を使用する機能に影響はありませんが、その
他のサードパーティの Web テクノロジーの接続性に影響する可能性があります。
関連項目
データベースの管理
クライアントの管理
一般 Web 公開設定
Web 公開の設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
103
Web 公開の設定
FileMaker WebDirect の設定
FileMaker WebDirect の設定
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[Web 公開 ] > [FileMaker WebDirect] タブを使用して、次の操作を行います
• FileMaker WebDirect を有効にする。
• FileMaker WebDirect セッションのタイムアウト値を設定する。
• ステータスエリアの言語を選択する。
メモ これらの設定を変更した場合は、Web 公開エンジンを再起動する必要があります。
FileMaker WebDirect の設定を指定するには、次の操作を行います。
1. [Web 公開 ] > [FileMaker WebDirect] タブをクリックします。
目的
実行方法
FileMaker WebDirect を有効にす
る
[FileMaker WebDirect を有効にする ] をクリックします。
このタブで他の設定を行うには、この設定を有効にする
必要があります。
データベースセッションのタイム [ セッションタイムアウト ] の時間(分)を設定します。
アウト値を設定する
Web 公開エンジンは、指定したタイムアウト時間で非ア
クティブユーザの接続を解除します。
FileMaker WebDirect ではデータベースセッションは自
動的に使用され、ユーザが無効にすることはできませ
ん。
ステータスエリアのラベルの言語 [ ステータスエリアの言語 ] で、クライアントのオペレー
を選択する
ティングシステムの言語がサポートされていない場合に
FileMaker WebDirect が使用する言語を選択します。
2. [ 保存 ] をクリックします。
詳細については、開始ページの『FileMaker Web 公開ガイド』を参照してください。
関連項目
データベースの管理
クライアントの管理
一般 Web 公開設定
サーバー情報の設定
Web 公開の設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
104
クライアントの管理
クライアントの管理
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
[ アクティビティ ] > [ クライアント ] タブには、FileMaker Server によってホストされているデー
タベースに FileMaker Pro、FileMaker Go、および FileMaker WebDirect 接続で現在接続している
ユーザが一覧表示されます。ここでは、各ユーザの詳細表示、ユーザへのメッセージ送信、ユー
ザの接続解除を行うことができます。
[ アクティビティ ] > [ クライアント ] タブには、FileMaker スクリプト(または FileMaker スクリ
プトを含むスクリプトシーケンス)がタスクスケジュールとして実行されるときに作成される
FileMaker スクリプトクライアントも一覧表示されます。
サーバー管理者の場合は、すべてのホストされたデータベースに対するクライアント接続を管理
できます。グループ管理者の場合は、管理者グループのホストされたデータベースに関連付けら
れたクライアント接続のみを管理できます。[ アクティビティ ] > [ クライアント ] タブには管理を
許可されたクライアント接続が一覧表示されます。
クライアントの詳細表示
ユーザ名に加えて、クライアントのリストには、タイプ(FMAPP またはスクリプト)、IP アドレ
ス、接続時間、開いているデータベースの数、および各クライアントのバージョンが表示されま
す。FileMaker スクリプトクライアントの場合、ユーザ名にはスケジュール名が表示され、タイプ
は FileMaker スクリプトとしてリストされます。リストでクライアントを選択すると、そのクライ
アントの詳細がリストの下に表示されます。
• [ 開いているデータベース ] タブを使用して、選択したクライアントが現在開いているデー
タベースの一覧を表示することができます。「開いているデータベースの詳細について」
を参照してください。
• [ ユーザの詳細 ] タブを使用して、ユーザのシステム詳細を表示することができます。
「ユーザの詳細について」を参照してください。
クライアント接続の管理
1. リストから1つまたは複数のクライアントを選択します。
2.
をクリックして、次のいずれかの操作を行います。
選択項目
目的
メッセージを送信
接続されたクライアントリストで選択した FileMaker クライアントに
テキストメッセージを送信します。「[ クライアント ] リスト内の
FileMaker クライアントへのメッセージの送信」を参照してください。
すべてのクライアント
へメッセージを送信 ...
接続されたクライアントリストのすべての FileMaker クライアントに
テキストメッセージを送信します。「[ クライアント ] リスト内の
FileMaker クライアントへのメッセージの送信」を参照してください。
接続解除
接続されたクライアントリストで選択したクライアントを接続解除し
ます。「クライアントの接続解除」を参照してください。
すべてのクライアント
を接続解除
接続されたクライアントリストのすべてのクライアントを接続解除し
ます。「クライアントの接続解除」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
105
クライアントの管理
メモ
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを作成して、グループ
フォルダのデータベースに対するクライアント接続の管理を許可する必要があります。詳
細については、サーバー管理者に問い合わせてください。
• 一覧表示されたクライアントを昇順または降順に並べ替えるには、列タイトルをクリック
します。
• 列の幅を変更するには、列タイトルの境界を選択して横方向にドラッグします。
• 列を異なる順序に並べ替えるには、列タイトルをクリックしてドラッグし、挿入先の場所
にドロップします。
関連項目
FileMaker クライアントの設定
一般 Web 公開設定
外部 ODBC データソースへのアクセス
FileMaker Server 13 ヘルプ
106
クライアントの管理
[ クライアント ] リスト内の FileMaker クライアントへの
[ クライアント ] リスト内の FileMaker クライアントへの
メッセージの送信
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Server でホストされたデータベースに接続している FileMaker Pro、FileMaker Go、お
よび FileMaker WebDirect クライアントにメッセージを送信することができます。メッセージは、
[ クライアント ] リストに含まれる一部またはすべての FileMaker クライアントに送信できます。
1人または複数のクライアントにメッセージを送信するには、次の操作を行い
ます。
1. [ アクティビティ ] > [ クライアント ] タブをクリックして、リストで1つまたは複数のク
ライアントを選択します。
2.
をクリックして、[ メッセージを送信 ...] または [ すべてのクライアントへメッセージ
を送信 ...] を選択します。
[ メッセージを送信 ...] を選択すると、メッセージはリストで選択したクライアントに送信さ
れます。
[ すべてのクライアントへメッセージを送信 ...] を選択すると、メッセージはリストのすべて
のクライアントに送信されます。
3. メッセージを入力し、[OK] をクリックします。
FileMaker Server からメッセージが送信されます。
メモ
• カスタム Web 公開、JDBC、または ODBC 経由で接続しているクライアントへは、メッ
セージを送信することはできません。
• スケジュールアシスタントで [ メッセージを送信 ] タスクをスケジュールすることによっ
てメッセージを FileMaker クライアントに送信することもできます。「ホストされたデー
タベースのクライアントへのメッセージの送信」を参照してください。
• FileMaker スクリプトクライアントにメッセージを送信した場合、そのメッセージは無視
されます。
関連項目
ホストされたデータベースのクライアントへのメッセージの送信
クライアントの接続解除
ホストされたデータベースのクライアントへのスケジュールメッセージの送信
クライアントの管理
ユーザの詳細について
FileMaker Server 13 ヘルプ
107
クライアントの管理
クライアントの接続解除
クライアントの接続解除
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Server から選択したクライアント、またはすべてのクライアントの接
続を解除するには、次の操作を行います。
1. [ アクティビティ ] > [ クライアント ] タブをクリックして、1つまたは複数のクライアン
トを選択します。
2.
をクリックして、[ 接続解除 ] または [ すべてのクライアントを接続解除 ] を選択します。
すべてのクライアントを接続解除する場合、[ すべてのクライアントを接続解除 ] ダイアログ
ボックスが開きます。それ以外の場合は、[ クライアントの接続解除 ] ダイアログボックスが
開きます。
3. [ メッセージ ] に、接続を解除する前にクライアントに送信するメッセージを入力します。
4. [ 遅延時間(分)] に、通知が送信されてからクライアントが接続解除されるまでの時間
(分)を数字で入力します。
5. [OK] をクリックします。
クライアントには、ファイルへの接続を閉じるように要求するメッセージが含まれる通知ダイ
アログボックスが表示されます。
クライアントがまだ接続を解除していない場合、FileMaker Server は、所定の遅延時間が経過
した時点でクライアントの接続を解除します。
メモ
• サーバー管理者である場合は、FileMaker Server からすべてのクライアントを接続解除で
きます。グループ管理者の場合は、管理者グループのデータベースに現在接続しているク
ライアントのみを接続解除できます。
• FileMaker スクリプトクライアントを接続解除すると、スクリプトはただちに停止します。
関連項目
[ クライアント ] リスト内の FileMaker クライアントへのメッセージの送信
ホストされたファイルの閉じ方
クライアントの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
108
データベースの管理
データベースの管理
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブには FileMaker Server によってホストされ、管理が許可
されたすべてのデータベースが一覧表示されます。
• サーバー管理者としてログインしている場合、[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブ
には、ホストされているすべてのデータベースが一覧表示されます。
• グループ管理者の場合は、[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブに管理者グループ
フォルダのホストされたデータベースが一覧表示されます。
データベースファイルはデフォルトの データベースフォルダ、追加のデータベースフォルダ、お
よびその他のサブフォルダにグループ分けされます。フォルダ内のデータベースを表示するには、
矢印をクリックします。
グループのフォルダを選択すると、管理者グループに関連付けられていないフォルダは、[ フォル
ダの選択 ] ダイアログボックスで次のフォルダアイコンによって示されます。
管理者グループに関連付けられているフォルダは、次のグループフォルダアイコンによって示さ
れます。
フォルダに含まれるデータベースの数がフォルダ名の後に表示されます。既存のグループフォル
ダの親フォルダまたはサブフォルダをグループフォルダとして選択することはできません。
ホストされたデータベースについて
FileMaker Server を起動すると、FileMaker Server のデータベースフォルダ、オプションの追加
データベースフォルダ、および1レベル下のサブフォルダ内にあるファイルがすべて自動的に開
かれます(ホストされます)。「データベースのホスト」を参照してください。
データベースの詳細の表示
[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブを使用して、ホストされているデータベースのリストを
表示できます。デフォルトのデータベースフォルダが表示されます。データベースファイル名が
表示されない場合は、[ データベース ] の横にある矢印をクリックして、フォルダおよび追加の
データベースフォルダ内のファイルを表示します。
各データベースのステータス、データベースに現在接続しているクライアント、
FileMaker WebDirect 接続、FileMaker Pro または FileMaker Go 接続、および FileMaker Pro に
よって有効になる拡張アクセス権を表示できます。データベースに現在接続しているクライアン
トの詳細を表示するには、データベース名を選択して、[ 詳細情報 ] セクションを確認します。こ
のセクションには、接続されているコンピュータの名前、ログインに使用されているアカウント
名、タイプ、および IP アドレスが表示されます。
ホストされたデータベースの管理
ホストされたデータベースを開く操作や閉じる操作を始めとする管理操作を行うには、1つ以上
のデータベースを選択し、
FileMaker Server 13 ヘルプ
をクリックして、次のいずれかの操作を行います。
109
データベースの管理
選択項目
目的
開く
選択したデータベースのうち [ 状態 ] が [ 閉じました ] または
[ チェック中 ] であるすべてのデータベースを開きます。「ホス
トされているファイルの開き方」を参照してください。
すべて開く
[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブにリストされたデー
タベースのうち [ 状態 ] が [ 閉じました ] または [ チェック中 ]
であるすべてのデータベースを開きます。「ホストされている
ファイルの開き方」を参照してください。
閉じる
選択したデータベースのうち [ 状態 ] が [ 正常 ]、[ 一時停止 ]、
[ 開き中 ]、または [ チェック中 ] のものを閉じます。「ホスト
されたファイルの閉じ方」を参照してください。
すべて閉じる
[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブにリストされたデー
タベースのうち [ 状態 ] が [ 正常 ] または [ 一時停止 ] であるす
べてのデータベースを閉じます。「ホストされたファイルの閉
じ方」を参照してください。
検証
選択したデータベースのうち [ 状態 ] が [ 正常 ] であるすべて
のデータベースを検証します。「ホストされたファイルの検証」
を参照してください。
すべて検証
[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブにリストされたすべ
てのデータベースのうち [ 状態 ] が [ 正常 ] であるすべての
データベースを検証します。「ホストされたファイルの検証」
を参照してください。
データベースのダ [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブにリストされたデー
ウンロード
タベースのうち [ 状態 ] が [ 閉じました ] のデータベースをダ
ウンロードします。このオプションを選択すると、FileMaker
Server データベースフォルダからローカルシステムにデータ
ベースファイルを保存するダイアログが開きます。「ホストさ
れたファイルのダウンロード」を参照してください。
暗号化パスワード [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブで選択したデータ
を消去
ベースの暗号化パスワードを削除します。「データベース暗号
化パスワードの消去」を参照してください。
すべての暗号化パ [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブに表示されるホスト
スワードを消去
されたすべてのデータベースの暗号化パスワードを削除しま
す。「データベース暗号化パスワードの消去」を参照してくだ
さい。
データベースを起動または停止するには、
をクリックして、次のいずれかの操作を行います。
選択項目
目的
一時停止
選択したデータベースのうち [ 状態 ] が [ 正常 ] であるもの
が一時停止します。「ホストされているファイルの一時停
止」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
110
データベースの管理
選択項目
目的
すべて一時停止
[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブにリストされた
データベースのうち [ 状態 ] が [ 正常 ] であるすべてのデー
タベースを一時停止します。「ホストされているファイルの
一時停止」を参照してください。
再開
選択したデータベースのうち [ 状態 ] が [ 一時停止 ] である
ものを再開します。「ホストされているファイルの再開」を
参照してください。
すべて再開
[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブにリストされた
データベースのうち [ 状態 ] が [ 一時停止 ] であるすべての
データベースを再開します。「ホストされているファイルの
再開」を参照してください。
クライアントにメッセージを送信するには、 をクリックして、次のいずれかの操作を行います。
選択項目
目的
メッセージを送信
選択したクライアントにメッセージを送信します。「ホスト
されたデータベースのクライアントへのメッセージの送信」
を参照してください。
すべてのクライアント
へメッセージを送信
すべてのクライアントへメッセージを送信します。「ホスト
されたデータベースのクライアントへのメッセージの送信」
を参照してください。
選択したデータベースのうち [ 状態 ] が [ 閉じました ] のデータベース、または空のサブフォルダ
を削除するには、 をクリックして、[ 削除 ] を選択します。「ホストされているファイルの削除」
を参照してください。
メモ
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループ
フォルダのデータベースの管理を許可する必要があります。詳細については、サーバー管
理者に問い合わせてください。
• 列の幅を変更するには、列タイトルの境界を選択して横方向にドラッグします。
• 列を異なる順序に並べ替えるには、列タイトルをクリックしてドラッグし、挿入先の場所
にドロップします。
関連項目
データベースのホスト
データベースサーバーのセキュリティ設定
データベースバックアップのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
111
データベースの管理
ホストされたデータベースのクライアントへのメッセージ
ホストされたデータベースのクライアントへのメッセージ
の送信
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
選択したデータベースに接続している FileMaker クライアント、または [ アクティビティ ] > [ デー
タベース ] タブに一覧表示されるホストされたデータベースに接続しているすべてのクライアント
にメッセージを送信できます。
メッセージを送信するには、次の手順を行います。
1. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブをクリックします。
2. [ データベース ] フォルダ、追加のデータベースフォルダ、または必要に応じてグループ
フォルダを開きます。
3. ホストされた特定のデータベースのクライアントにメッセージを送信する場合は、目的の
データベースを選択します。 をクリックして、[ メッセージを送信 ...] を選択します。
[ メッセージを送信 ...] を選択した場合は、メッセージは選択したデータベースに接続されて
いるすべての FileMaker クライアントに送信されます。
[ すべてのクライアントへメッセージを送信 ...] を選択した場合は、メッセージは、[ アクティ
ビティ ] > [ データベース ] タブに一覧表示されるホストされたデータベースに接続されている
すべての FileMaker クライアントに送信されます。
4. [ メッセージを送信 ] ダイアログボックスでメッセージを入力して、[OK] をクリックします。
選択したデータベースに接続しているクライアントに FileMaker Server からメッセージが送信
されます。選択したコマンドによっては、接続しているすべてのクライアントにメッセージが
送信されます。
メモ
• カスタム Web 公開、JDBC、または ODBC 経由で接続しているクライアントへは、メッ
セージを送信することはできません。
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループ
フォルダでホストされたデータベースに接続されたクライアントへのメッセージの送信を
許可する必要があります。詳細については、サーバー管理者に問い合わせてください。
関連項目
ホストされたデータベースのクライアントへのスケジュールメッセージの送信
データベースの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
112
データベースの管理
ホストされているファイルの開き方
ホストされているファイルの開き方
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
[ 閉じました ] 状態のデータベースファイルを開きます。
ホストされたデータベースを開くには、次の手順を行います。
1. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブをクリックします。
2. [ データベース ] フォルダ、追加のデータベースフォルダ、または必要に応じてグループ
フォルダを開きます。
3. 選択したデータベースを開いている場合は、1つまたは複数の [ 閉じました ] データベー
スを選択します。
4.
をクリックして、[ 開く ] または [ すべて開く ] を選択します。
5. データベースがパスワードで暗号化されている場合は、[ 暗号化されたデータベースを開
く ] ダイアログボックスが表示されます。パスワードを入力し、[OK] をクリックします。
メモ
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループ
フォルダのホストされたデータベースを開くことを許可する必要があります。詳細につい
ては、サーバー管理者に問い合わせてください。
• [ データベース ] の一覧でフォルダを選択した場合は、そのフォルダ内のすべてのファイル
が FileMaker Server によって開かれます。
• 状態が [ チェック中 ] に変わった場合、FileMaker Server がファイルを開く前にファイル
の構造をチェックしています。サイズが大きいファイルのチェックには数分かかる場合が
あります。
• データベースが開かない場合に、データベースを修復する前に、バックアップを復元した
り、損傷したファイルのデータにアクセスする必要があるときは、[ チェック中 ] 状態の
データベースを開いて一貫性チェックをスキップすることができます。これはデータベー
スが開かない場合にのみ実行してください。
• 共有が有効になっていないファイルが FileMaker Server によって開かれると、データベー
スサーバーによって完全アクセス権セットの fmapp 拡張アクセス権が有効化されます。詳
細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
関連項目
ホストされたファイルの閉じ方
クライアントの接続解除
データベースの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
113
データベースの管理
ホストされたファイルの閉じ方
ホストされたファイルの閉じ方
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
[ 正常 ] または [ 一時停止 ] 状態の1つまたは複数のホストされているデータベースを閉じます。
データベースを閉じてクライアントの接続を解除するには、次の手順を行います。
1. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブをクリックします。
2. [ データベース ] フォルダ、追加のデータベースフォルダ、または必要に応じてグループ
フォルダを開きます。
3. 選択したデータベースを閉じている場合は、1つまたは複数の [ 正常 ] または [ 一時停止 ]
データベースを選択します。
4.
をクリックして、[ 閉じる ] または [ すべて閉じる ] を選択します。
5. [ データベースを閉じる ] ダイアログボックスが表示されたら、次の操作を行います。
• [ メッセージ ] には、接続が解除される前にクライアントに送信するメッセージを入力
します。
• [ 遅延時間(分)] に、通知が送信されてからクライアントが接続解除されるまでの時
間(分)を数字で入力します。
• [OK] をクリックします。
クライアントには、ファイルへの接続を閉じるように要求するメッセージが含まれる通知ダイ
アログボックスが表示されます。
遅延時間が経過すると、FileMaker Server は、まだ接続しているクライアントの接続を解除し
て、フォルダ内のファイルを閉じます。
FileMaker Server がファイルを閉じる処理を開始したことを示すために、ファイルの [ 状態 ] が [ 閉
じました ] に変わります。
多くのデータベースファイル、容量の大きいデータベースファイル、または多くのクライアント
が接続しているファイルを閉じる処理が完了するまでには数分かかる場合があります。
メモ
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループ
フォルダのホストされたデータベースを閉じることを許可する必要があります。詳細につ
いては、サーバー管理者に問い合わせてください。
• [ 閉じる ] は、[ 開き中 ] または [ チェック中 ] 状態のデータベースに実行でき、ファイルが
開くときに実行されている一貫性チェックをキャンセルできます。
関連項目
クライアントの接続解除
サーバーの使用状況の表示
[ クライアント ] リスト内の FileMaker クライアントへのメッセージの送信
データベースの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
114
データベースの管理
ホストされたファイルの検証
ホストされたファイルの検証
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
ホストされた1つまたは複数のデータベースのうち、状態が [ 正常 ] であるデータベースの整合性
を検証します。
データベースを検証するには、次の操作を行います。
1. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブをクリックします。
2. [ データベース ] フォルダ、追加のデータベースフォルダ、または必要に応じてグループ
フォルダを開きます。
3. 選択したデータベースを検証する場合は、1つまたは複数の [ 正常 ] データベースを選択
します。
4.
をクリックして、[ 検証 ] または [ すべて検証 ] を選択します。[ 状態 ] が [ 検証中 ] に変
わります。
5. 選択したデータベースの1つにクライアントが接続している場合は、表示される [ データ
ベースの検証 ] ダイアログボックスで次の操作を行います。
• [ 遅延時間(分)] に、通知が送信されてからクライアントが接続解除されるまでの時
間(分)を数字で入力します。
• テキストボックスに、接続を解除する前にクライアントに送信するメッセージを入力
します。
• [OK] をクリックします。
クライアントには、ファイルへの接続を閉じるように要求するメッセージが含まれる通知ダイ
アログボックスが表示されます。
遅延時間が経過すると、FileMaker Server は、まだ接続しているクライアントの接続を解除
し、選択したデータベースを閉じて検証してから、正常に検証されたデータベースを開き直し
ます。データベースが一貫性チェックをパスしなかった場合は、FileMaker Pro を使用して
ファイルを修復する必要があります。破損したファイルを修復する方法については、
FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
FileMaker Server は一貫性チェックの成功または失敗を示すメッセージを Event.log に記録し
ます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
115
データベースの管理
ホストされたファイルの検証
メモ
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループ
フォルダのホストされたデータベースの検証を許可する必要があります。詳細について
は、サーバー管理者に問い合わせてください。
• FileMaker Server が一貫性チェックを実行中であることを示すため、検証中のデータベー
スの [ 状態 ] は、[ 正常 ] から [ 閉じ中 ] に変わった後、[ 閉じました ] に変わります。続い
て [ 開き中 ] から [ チェック中 ] に変わり、一貫性チェックにパスした場合は [ 正常 ] に、
パスしなかった場合は [ 閉じました ] にそれぞれ変わります。データベースの容量が小さ
い場合、これらの状態メッセージはわずかな時間しか表示されないため、メッセージに
よっては確認できないことがあります。
• 複数のデータベースファイル、大容量のデータベースファイル、または複数のクライアン
トが接続しているデータベースを検証する場合は数分かかる場合があります。
関連項目
[ クライアント ] リスト内の FileMaker クライアントへのメッセージの送信
データベースの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
116
データベースの管理
ホストされているファイルの一時停止
ホストされているファイルの一時停止
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
状態が [ 正常 ] である1つまたは複数の開いているデータベースへのアクセスを一時的に停止しま
す。接続されているクライアントは、一時停止している間、データベースからデータを読み取る
ことができますが、データベースが再開されるまでデータベースを修正することはできません。
たとえば、データベースを一時停止してファイルのコピーを作成してオペレーティングシステム
を安全に使用することができます。
1つまたは複数のホストされているデータベースを一時停止するには、次の手順
を行います。
1. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブをクリックします。
2. [ データベース ] フォルダ、追加のデータベースフォルダ、または必要に応じてグループ
フォルダを開きます。
3. 選択したデータベースを一時停止している場合は、1つまたは複数の [ 正常 ] データベー
スを選択します。
4.
をクリックして、[ 一時停止 ] または [ すべて一時停止 ] を選択します。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのホストされたデータベースの一時停止を許可する必要があります。詳細については、サー
バー管理者に問い合わせてください。
関連項目
ホストされているファイルの再開
ホストされているファイルの開き方
ホストされたファイルの閉じ方
データベースの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
117
データベースの管理
ホストされているファイルの再開
ホストされているファイルの再開
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
一時停止されている1つまたは複数のデータベースを利用可能にします。
1つまたは複数のホストされているデータベースを再開するには、次の手順を行
います。
1. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブをクリックします。
2. [ データベース ] フォルダ、追加のデータベースフォルダ、または必要に応じてグループ
フォルダを開きます。
3. 選択したデータベースを再開する場合は、1つまたは複数の [ 一時停止 ] データベースを
選択します。
4.
をクリックして、[ 再開 ] または [ すべて再開 ] を選択します。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのホストされたデータベースの再開を許可する必要があります。詳細については、サーバー
管理者に問い合わせてください。
関連項目
ホストされているファイルの一時停止
ホストされているファイルの開き方
ホストされたファイルの閉じ方
データベースの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
118
データベースの管理
ホストされているファイルの削除
ホストされているファイルの削除
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
状態が [ 閉じました ] の選択したデータベースの1つまたは複数を削除するか、または空のサブ
フォルダを削除することができます。選択したデータベースは Removed_by_FMS/Removed フォ
ルダに移動されます。Removed_by_FMS/Removed フォルダは、選択したデータベースがある場
所によってデフォルトのデータベースフォルダまたは追加データベースフォルダのどちらかの中
に作成されます。
次の表は、ホストされているデータベースが削除された後に移動される場所の例を示しています。
削除前の場所
削除後の場所
Databases¥ABC.fmp12
Databases¥Removed_By_FMS¥
Removed¥ABC.fmp12
Databases¥[ サブフォルダ ]¥
ABCsub.fmp12
Databases¥Removed_By_FMS¥Removed¥
[ サブフォルダ ]¥ABCsub.fmp12
[ 追加フォルダ ]/ABCadd.fmp12
[ 追加フォルダ ]/Removed_By_FMS/Removed/
ABCadd.fmp12
[ 追加フォルダ ]/[ サブフォルダ ]/
ABCsub.fmp12
[ 追加フォルダ ]/Removed_By_FMS/Removed/
[ サブフォルダ ]/ABCsub.fmp12
1つまたは複数のデータベースを削除するには、次の手順を行います。
1. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブをクリックします。
2. [ データベース ] フォルダ、追加のデータベースフォルダ、または必要に応じてグループ
フォルダを開きます。
3. 1つまたは複数の [ 閉じました ] データベースを選択します。
4.
をクリックして、[ 削除 ] を選択します。
5. [ はい ] をクリックして選択したデータベースを削除します。
空のサブフォルダを削除するには、次の手順を行います。
1. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブをクリックします。
2. リストから1つまたは複数の空のサブフォルダを選択します。
サブフォルダを削除するには、サブフォルダからすべてのファイルを削除する必要があります。
メモ サブフォルダが管理者グループまたはグループフォルダの親フォルダに関連付けられて
いる場合は空であっても削除できません。サブフォルダを削除する前にまず管理者グループを
削除するか管理者グループを再定義して別のフォルダを使用します。グループフォルダの設定
の詳細については、「管理者グループの追加」を参照してください。
3.
をクリックして、[ 削除 ] を選択します。
4. [ はい ] をクリックして空のフォルダを削除します。
選択した空のフォルダが削除されます。データベースが削除されるときのようには移動されま
せん。
FileMaker Server 13 ヘルプ
119
データベースの管理
ホストされているファイルの削除
メモ
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループ
フォルダのホストされたデータベースの削除を許可する必要があります。詳細について
は、サーバー管理者に問い合わせてください。
• ホストされているファイルを削除する場合は、同じファイル名のファイルをアップロード
して、2番目のファイルを削除します。次に FileMaker Server によって最初の削除された
ファイルが2番目の削除されたファイルで上書きされます。
関連項目
ホストされたファイルの閉じ方
データベースのホスト
データベースの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
120
データベースの管理
ホストされたファイルのダウンロード
ホストされたファイルのダウンロード
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Server からコンピュータのファイルシステムにデータベースファイルを転送します。
1つまたは複数のホストされたデータベースをダウンロードするには、次の手順
を行います。
1. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブをクリックします。
2. [ データベース ] フォルダ、追加のデータベースフォルダ、または必要に応じてグループ
フォルダを開きます。
3. 1つまたは複数の [ 閉じました ] データベースを選択します。データベースが閉じていな
い場合は、「ホストされたファイルの閉じ方」を参照してください。
4.
をクリックして、[ データベースのダウンロード ] を選択します。
5. 選択したデータベースを含む .zip ファイルが作成されます。
データベースがオブジェクトを外部に保存するオブジェクトフィールドを使用している場合、
外部オブジェクトフィールドのオブジェクト用のフォルダが作成され、外部オブジェクト
フィールドのオブジェクトとフォルダが .zip ファイルに含まれます。
6. 使用する Web ブラウザによって、.zip ファイルはデフォルトのダウンロードフォルダに
保存される場合と .zip ファイルを保存する場所の指定を求めるメッセージが表示される場
合があります。
FileMaker Server は、ダウンロードの成功または失敗を示すメッセージを Event.log に記録します。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのホストされたデータベースのダウンロードを許可する必要があります。詳細については、
サーバー管理者に問い合わせてください。
関連項目
ホストされているファイルの開き方
ホストされたファイルの閉じ方
データベースファイルの手動によるアップロード
データベースの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
121
データベースの管理
データベース暗号化パスワードの消去
データベース暗号化パスワードの消去
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Pro Advanced では、データベース暗号化機能を使用して、データベースファイルの内
容を暗号化することができます。データベースの暗号化では、データベースファイルの暗号化パ
スワードとランダムに作成された UUID (Universally Unique Identifier) が組み合わされます(UUID
はソルトとも呼ばれます)。FileMaker Server では、サーバー管理者またはグループ管理者は、ホ
ストするためにファイルを開くときに暗号化パスワードを入力します。
選択したデータベースまたはすべてのデータベースの暗号化パスワードを消去するには、[ アク
ティビティ ] > [ データベース ] タブのメニューコマンドを使用します。
メモ データベースの暗号化に関する詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
1つまたはすべての暗号化されたデータベースの暗号化パスワードを消去するに
は、次の手順を行います。
1. [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブをクリックします。
2. [ データベース ] 一覧、追加のデータベースフォルダ、または必要に応じてグループフォル
ダを開きます。
3. 1つまたは複数のデータベースを選択します。
4.
をクリックして、次のいずれかの操作を行います。
• 選択したデータベースの暗号化パスワードを削除するには、[ 暗号化パスワードを消
去 ] を選択します。
• すべてのデータベースの暗号化パスワードを削除するには、[ すべての暗号化パス
ワードを消去 ] を選択します。
メモ グループ管理者は、サーバー管理者から適切なアクセス権が付与されている場合のみ
データベース暗号化パスワードを消去できます。
関連項目
ホストされたファイルの閉じ方
ホストされているファイルの開き方
FileMaker Server 13 ヘルプ
122
FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用
FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
次のような方法で FileMaker Server を使用することができます。
• データソース。FileMaker Server ライセンスがある場合に使用できます。ホストされてい
る FileMaker Pro データベースファイルを ODBC(Open Database Connectivity)および
JDBC(Java Database Connectivity)を使用して同じコンピュータで他のアプリケーショ
ンと共有できます。たとえば、他のアプリケーションで FileMaker Pro データを使用して、
グラフを作成したり、数値を分析したり、レポートを生成することができます。
• ODBC クライアントアプリケーション。ホストされている FileMaker Pro データベースは
同じコンピュータ上またはネットワーク上でデータソースと情報交換を行うことができま
す。たとえば、ホストされている FileMaker Pro データベースは FileMaker Pro リレー
ションシップグラフおよびレイアウトで定義されたとおりに Oracle データソースと情報
交換を行うことができます。
データソースとしての FileMaker Server
FileMaker Server には、データベースを ODBC と JDBC を介してデータソースとして共有するの
に必要なすべてのソフトウェアが含まれています。これには、他の ODBC または JDBC 互換アプ
リケーションからデータベースにアクセスする場合に使用する、FileMaker クライアントドライバ
が含まれます。データベースファイルの共有化の詳細については、
「ODBC および JDBC 経由での
FileMaker データベースの共有」を参照してください。
クライアントドライバの使用、および ODBC または JDBC ソースとしての FileMaker データベー
スファイルと SQL の使用の詳細については、開始ページの『FileMaker ODBC と JDBC ガイド』
を参照してください。
サポートされている SQL ステートメント、式、および関数の詳細については、開始ページの
『FileMaker SQL リファレンスガイド』を参照してください。
ODBC クライアントアプリケーションとしての FileMaker Server
FileMaker Server をクライアントアプリケーションとして使用する場合、ODBC データソース用
のドライバをインストールして設定し、FileMaker Pro データベースが使用するように指定してい
るデータソース名(DSN)にアクセスしてセットアップする必要があります。たとえば、ODBC
を使用して Oracle データベースからデータにアクセスするには、Oracle ODBC クライアントドラ
イバをインストールし、FileMaker Pro データベースが使用するように指定しているのと同じ DSN
を設定する必要があります。FileMaker Server は複数のサードパーティドライバをサポートしま
す。詳細については、「外部 ODBC データソースへのアクセス」を参照してください。
次の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
• ODBC データソースをインタラクティブに、リアルタイムに、リレーションシップグラフ
およびレイアウトを使用して操作する。
• SQL クエリーを使用したバッチ操作で、ODBC データをインポートする。
FileMaker Server 13 ヘルプ
123
FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用
FileMaker Server で必要な ODBC と JDBC の操作
操作
参照先
FileMaker Pro データベースを ODBC および JDBC 経由での FileMaker データ
データソースとしてホストする ベースの共有
開始ページの『FileMaker ODBC と JDBC ガイド』
外部 ODBC データソースにア 外部 ODBC データソースへのアクセス
クセスする FileMaker Pro デー FileMaker Pro ヘルプ
タベースをホストする
関連項目
一般設定の設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
124
FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用
ODBC および JDBC 経由での FileMaker データベースの共
ODBC および JDBC 経由での FileMaker データベースの
共有
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server を使用して FileMaker データベースファイルをデータソースとしてホストし、
ODBC および JDBC を使用して他のアプリケーションとデータを共有できます。FileMaker Server
は最大 50 までの接続が使用でき、ローカルアクセス(同じコンピュータ)、およびリモートアク
セス(Web サーバーなどのミドルウェアと、デスクトップ生産性向上アプリケーションからのリ
モートクライアントアクセスの両方)をサポートしています。
ホストされている FileMaker Pro データベースを ODBC および JDBC を経由し
て共有するには、次の手順を行います。
1. FileMaker Pro で、データベースを開いてデータベースにアクセスするアカウント用のア
クセス権セットを編集します。ODBC/JDBC によるアクセス拡張アクセス権を有効にしま
す。詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
メモ FileMaker データベースソリューションが複数の FileMaker データベースファイルを使用
している場合は、すべてのデータベースファイルは、ODBC/JDBC によるアクセス拡張アクセ
ス権が有効になっているアクセス権セットを使用する必要があります。
2. FileMaker Server Admin Console で、[ 一般設定 ] > [ODBC/JDBC] タブをクリックして
[ODBC/JDBC を有効にする ] を選択します。
3. FileMaker Pro のコマンドを使用して、データベースファイルを手動で FileMaker Server
にアップロードします。「データベースのホスト」を参照してください。
メモ FileMaker データベースソリューションで複数の FileMaker データベースファイルを使用
する場合、すべてのデータベースファイルは同じ FileMaker Server 展開上でホストされている
必要があります。
4. ホストされているデータベースにアクセスする必要がある各クライアントコンピュータ上
で、FileMaker ODBC または JDBC クライアントドライバをインストールして設定します。
FileMaker データソースにアクセスするようにクライアントドライバをインストールおよび設
定する際の詳細については、開始ページの『FileMaker ODBC と JDBC ガイド』を参照してく
ださい。
関連項目
FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用
FileMaker Server 13 ヘルプ
125
FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用
外部 ODBC データソースへのアクセス
外部 ODBC データソースへのアクセス
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
外部 ODBC データソース内のデータと情報交換する FileMaker Pro データベースをホストする場
合は、ODBC クライアントドライバを FileMaker Pro データベースがアクセスする ODBC データ
ソース用に構成する必要があります。たとえば、データベースが Oracle データベースからレコー
ドにアクセスする場合は Oracle クライアントドライバを設定する必要があります。
メモ ODBC クライアントドライバは FileMaker Server 展開上のマスタマシン上にインストールし
て設定する必要があります。
FileMaker Pro クライアントまたは Web 公開セッションがホストされた FileMaker Pro データベー
スに接続すると、FileMaker Server はクライアントの代わりとして外部 ODBC データソース内の
データにアクセスします。したがって、FileMaker Server に接続しているクライアントは外部デー
タソースとは直接情報交換をせず、ODBC クライアントドライバをインストールして設定する必
要はありません。FileMaker Server 展開上のマスタマシンのみに ODBC クライアントドライバが
必要です。
外部データソースにアクセスする FileMaker Pro データベースの指定に関する詳細については、
FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
ODBC クライアントドライバを設定して DSN を FileMaker Server 上にセット
アップする方法
データソースとの情報交換、パスワードの提供、およびクエリーを実行して結果を表示する方法
は、それぞれのアプリケーションのクライアントドライバによって異なります。また、データ
ソースの設定も ODBC クライアントドライバの製造元によって異なる場合があります。
サポートされるデータソースおよび ODBC クライアントドライバのリストについては、
FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
データソースを設定するための一般的なガイドラインとして、次の手順に従ってください。詳細
については、各データソースアプリケーションに付属のマニュアルを参照してください。
DSN の設定(Windows)
1. Windows コントロールパネルで [ 管理ツール ] > [ データソース(ODBC)] を開きます。
• Windows 7 では、[ 管理ツール ] は [ システムとセキュリティ ] カテゴリに表示され
ます。
• Windows 8 では、[ 管理ツール ] は、[ 設定 ] ボタンをクリックして表示される [ チャー
ム ] メニューにあります。
2. [ODBC データソースアドミニストレーター ] の [ システム DSN] タブをクリックします。
データソースが一覧に表示される場合、ドライバはすでに設定されています。残りの手順を省
略して、ODBC データにアクセスするか、データソースを選択して [ 設定 ] をクリックして、
データソースの操作方法を変更することができます。
システム DSN は、コンピュータにログインするすべてのユーザが利用できます。ユーザ DSN
は、ログインしている場合にのみ利用できます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
126
FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用
外部 ODBC データソースへのアクセス
重要 FileMaker Pro リレーションシップグラフの ODBC テーブルを使用して作業する
FileMaker Pro データベースでは、システム DSN のみがサポートされています。
3. [ 追加 ...] をクリックして、データソースのドライバを設定します。
コンピュータにインストールされている ODBC クライアントドライバがすべて一覧表示され
ます。
FileMaker Server は複数のサードパーティドライバをサポートします。サポートされているド
ライバの詳細については、www.filemaker.co.jp/support/technologies を参照してください。
新しいドライバをインストールするには、ドライバのインストールプログラムを使用します。
4. ホストされている FileMaker Pro データベースがアクセスするように指定されているデー
タソース用のドライバを選択して、[ 完了 ] をクリックします。
セットアップダイアログボックスが表示されます。
5. [ データソース名 ] に FileMaker Pro データベースが接続するように指定されている同一の
DSN を入力します。
重要 ここに入力する名前は、FileMaker Pro 内で使用するように指定されている DSN と
同一である必要があります。ホストする各データベースによって使用される各 DSN に対
して、一致する DSN を FileMaker Server マスタマシン上で設定する必要があります。
多くのドライバでは、データソースへのアクセス方法をカスタマイズするためのオプションも
提供されています(特定のデータソースファイルを指定するなど)。
6. [OK] をクリックします。
DSN の設定(OS X)
この手順では、Actual Technologies の ODBC マネージャがインストールされていることを前提と
します。ODBC マネージャは FileMaker によるサポート対象外のフリーウェアで、
http://www.odbcmanager.net から入手できます。
1. ODBC マネージャユーティリティを起動します (ODBC マネージャは「アプリケーション」
フォルダの「ユーティリティ」フォルダにインストールされます)
。
2. ODBC マネージャで [ システム DSN] タブをクリックします。
データソースが一覧に表示される場合、ドライバはすでに設定されています。残りの手順を省
略して、ODBC データにアクセスするか、データソースを選択して [ 設定 ] をクリックして、
データソースの操作方法を変更することができます。
システム DSN(データソース名)は、コンピュータにログインするすべてのユーザが利用で
きます。ユーザ DSN は、ログインしている場合にのみ利用できます。
重要 FileMaker Pro リレーションシップグラフの ODBC テーブルを使用して作業する
FileMaker Pro データベースでは、システム DSN のみがサポートされています。
FileMaker Server 13 ヘルプ
127
FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用
外部 ODBC データソースへのアクセス
3. [ 追加 ...] をクリックして、データソースのドライバを設定します。
コンピュータにインストールされている ODBC クライアントドライバがすべて一覧表示され
ます。
FileMaker Server は複数のサードパーティドライバをサポートします。サポートされているド
ライバの詳細については、www.filemaker.co.jp/support/technologies を参照してください。
新しいドライバをインストールするには、ドライバのインストールプログラムを使用します。
4. ホストされている FileMaker Pro データベースがアクセスするように指定されているデー
タソース用のドライバを選択して、[ 完了 ] をクリックします。
セットアップダイアログボックスが表示されます。
5. [ データソース名 ] に FileMaker Pro データベースが接続するように指定されている同一の
データソース名を入力します。
重要 ここに入力するデータソース名は、FileMaker Pro 内で使用するように指定されてい
るデータベース名と同一である必要があります。ホストする各データベースによって使用
されるそれぞれのデータソース名に対して、FileMaker Server マスタマシン上で一致する
データソース名を設定する必要があります。
多くのドライバでは、データソースへのアクセス方法をカスタマイズするためのオプションも
提供されています(特定のデータソースファイルを指定するなど)。
6. [OK] をクリックします。
関連項目
FileMaker Server での ODBC と JDBC の使用
FileMaker Server 13 ヘルプ
128
FileMaker Server の監視
FileMaker Server の監視
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
[ 使用状況 ] ウインドウを使用して、FileMaker Server と個々のクライアントの使用状況を表示し、
アクティビティを追跡します。Admin Console には、サーバーパフォーマンスの監視やパフォー
マンスの問題の原因の診断に役立つ使用状況や詳細なクライアントの使用状況が表示されます。
FileMaker Server 展開の監視、および問題のトラブルシューティングの支援のために、
FileMaker Server では、次のタスクの実行がサポートされます。
• [ 使用状況 ] > [ サーバー ] タブでサーバーの使用状況を参照する。「サーバーの使用状況の
表示」を参照してください。
• [ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブで個々のクライアントの使用状況を参照する。「クライ
アントの使用状況の表示」を参照してください。
• カスタム Web 公開と FileMaker WebDirect の Web 公開コアエラーを表示する。「Web 公
開ログ」を参照してください。
• [ ログビューア ] ウインドウでログファイルのエントリを参照する。「ログファイルのエン
トリの参照」を参照してください。
次の表は、FileMaker Server で追跡される情報の参照箇所をまとめています。
監視
参照先
説明
サーバーの使用状況
[ 使用状況 ] > [ サーバー ] タブ
FileMaker Server のパフォーマンス、
およびログインしたクライアント数
Stats.log(マスタマシン)
クライアントの使用状
況
[ 使用状況 ] > [ クライアント ]
タブ
ClientStats.log(マスタマシン)
詳細なクライアントの使用状況およ
びデータベースサーバーへのクライ
アントアクセス
メモ FileMaker WebDirect クライア
ントは、ClientStats.log ではなく
Stats.log に表示されます。
イベント
[ ログビューア ] ウインドウ
Event.log(マスタマシン)(方
法については、「イベント
ビューアでのアクティビティ
の表示(Windows)」を参照し
てください。
データベースサーバーの起動および
停止イベント、データベースファイ
ルを開く / 閉じる、一貫性チェック、
および FileMaker Server 設定でのエ
ラー状況 .
Windows: イベントビューア
(マスタマシン)
FileMaker Server 13 ヘルプ
129
FileMaker Server の監視
監視
参照先
カスタム Web 公開およ [ ログビューア ] ウインドウ
び FileMaker WebDirect wpe.log(Web 公開エンジンマ
の情報
シン)
説明
アプリケーションエラー、使用状況
エラーおよびシステムエラーを含む、
あらゆる Web 公開エンジンエラー。
Web 公開の出力を生成したり、カス
タム Web 公開設定を変更するための
エンドユーザ XML リクエストなど、
カスタム Web 公開に関連する情報が
含まれる場合があります。
FileMaker WebDirect ソリューション
の表示を求めるエンドユーザリクエ
スト、FileMaker WebDirect 設定の変
更に加えて、FileMaker WebDirect の
起動および停止イベント、エラー、
スクリプト、およびユーザログ情報。
メモ
• すべてのログファイルは、次の場所の「Logs」フォルダ内にあります。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Logs
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Logs
Windows デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォルトパ
スの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定した
場所に置き換えられます。例 :\My_Path\Logs
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、使用状況と
ログファイルのエントリの表示を許可する必要があります。詳細については、サーバー管
理者に問い合わせてください。
関連項目
サーバーの使用状況の表示
クライアントの使用状況の表示
ログファイルのエントリの参照
FileMaker Server 13 ヘルプ
130
FileMaker Server の監視
サーバーの使用状況の表示
サーバーの使用状況の表示
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
• サーバー管理者は、[ 使用状況 ] > [ サーバー ] タブをクリックして、FileMaker Server の
データベースサーバー使用状況属性の概要を表示できます。
• グループ管理者は、[ 使用状況 ] パネルをクリックして、FileMaker Server のデータベース
サーバー使用状況属性の概要を表示できます。
データベースサーバーの使用状況
データベースサーバーの使用状況は、グラフおよび表として表示できます。
• [ 使用状況 ] > [ サーバー ] タブの上部にデータベースの使用状況をグラフとして表示しま
す。詳細については、「データベースの統計グラフの設定」を参照してください。
• [ 使用状況 ] > [ サーバー ] タブの下部にデータベースの使用状況を表として表示します。
使用状況の [ タイプ ] で収集される属性には [ 現在 ]、[ 平均 ]、[ 低 ]、および [ ピーク ] の値があり
ます。
使用状況のタイプ
説明
キャッシュヒット %
FileMaker Server がデータをハードディスクからではなくキャッ
シュ(RAM)から取得した回数のパーセンテージ。RAM からの読
み取りはハードディスクからの読み取りよりも大幅に効率的なの
で、この値は、90 や 95 などの高い数字である必要があります。こ
の値が高くない場合は、FileMaker Server データベースキャッ
シュにより多くのメモリを割り当てることができます。
保存していないキャッシュ
%
現在保存されていないキャッシュの割合。システムクラッシュが
発生した場合にデータが失われないように0や5などの低い数字
である必要があります。
ディスク読み取りキロバイ
ト/秒
ディスクから読み取られているデータの量。データの単位は KB
です。
ディスク書き込みキロバイ
ト/秒
ディスクに書き込まれているデータの量。データの単位は KB です。
ネットワーク入力キロバイ
ト/秒
ネットワークで FileMaker Server に転送されているデータの量。
データの単位は KB です。
ネットワーク出力キロバイ
ト/秒
ネットワークで FileMaker Server から転送されているデータの量。
データの単位は KB です。
リモート呼び出し / 秒
すべてのクライアントから受信した個々のリモート呼び出し数を
時計のサンプリング間隔で除算した結果。クライアントサイドか
らは1つの処理を実行しているように思える場合でも、リモート
呼び出しは複数ある可能性があるので注意してください。
リモート呼び出し進行中
使用状況が最後にサンプリングされた時点で完了が保留状態に
なっていたすべてのクライアントから受信した個々のリモート呼
び出し数。
FileMaker Server 13 ヘルプ
131
FileMaker Server の監視
サーバーの使用状況の表示
使用状況のタイプ
説明
経過時間(μs)/ 呼び出し
リモート呼び出しの処理時間(マイクロ秒単位)。たとえば、100
万という値は平均1秒 / 呼び出しを意味します。[ 経過時間 / 呼び
出し ] の平均値が高く、[ 待ち時間 / 呼び出し ] の平均値が低い場
合、サーバーで実行している処理が変更されたかどうかをクライ
アントに確認してください。さらに多くのフィールドに索引を追
加するか、他のソリューション変更が必要な場合があります。
待ち時間(μs)/ 呼び出し
リモート呼び出しが他のプロセスを待機する時間(マイクロ秒単
位)。たとえば、100 万という値は平均1秒 / 呼び出しを意味し
ます。
I/O 時間(μs)/ 呼び出し
リモート呼び出しがディスクの読み取りまたは書き込みを待機す
る時間(マイクロ秒単位)。たとえば、100 万という値は平均1
秒 / 呼び出しを意味します。[I/O 時間 / 呼び出し ] の平均値が高
く、[ キャッシュヒット %] の平均値が低い場合、データベース
キャッシュのサイズを増やすことができます。[I/O 時間 / 呼び出
し ] および [ キャッシュヒット %] の平均値がともに高い場合、
コンピュータで追加のハードドライブまたは RAID システムを使
用できます。
データベースの統計グラフの設定
データベースの統計グラフを設定するには、次の手順を行います。
1. グラフで表示する使用状況のタイプを選択します。
[ 使用状況 ...] をクリックして、グラフに表示する使用状況のタイプを選択します。
グラフの垂直軸(Y 軸)は選択する使用状況のタイプによって決定します。
• [ キャッシュヒット %] と [ 保存していないキャッシュ %] の垂直軸は、[ 比率(%)]
になります。
• [ 経過時間(μs)/ 呼び出し ]、[ 待ち時間(μs)/ 呼び出し ]、および [I/O 時間(μs)/
呼び出し ] の垂直軸は、[ マイクロ秒(μs)] になります。
• [ リモート呼び出し / 秒 ] および [ リモート呼び出し進行中 ] の垂直軸は、[ 整数値 ] に
なります。
• [ ディスク読み取りキロバイト / 秒 ]、[ ディスク書き込みキロバイト /]、[ ネットワーク
入力 キロバイト / 秒 ]、および [ ネットワーク出力 キロバイト / 秒 ] の垂直軸は、[ キロ
バイト / 秒(KB/s)] になります。
2. 水平軸(X 軸)を使用して時間範囲を調整するには、クリックして左にドラッグして範囲
を小さくするか、右にドラッグして範囲を大きくします。
3. 変更を削除するには、[ ズームのリセット ] をクリックします。
FileMaker Server 13 ヘルプ
132
FileMaker Server の監視
サーバーの使用状況の表示
メモ
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、サーバーの
使用状況の表示を許可する必要があります。詳細については、サーバー管理者に問い合わ
せてください。
• サーバーの使用状況リストは、[ データベースサーバー ] > [ ログ ] タブで指定した収集間
隔(秒)設定に基づいて更新されます。使用状況の計算に必要なオーバーヘッドを減らす
には、FileMaker Server による使用状況の収集間隔を広げることができます。ただし、こ
の場合、サーバーの使用状況は、FileMaker Server によりシステムリソースがどのように
使用されているかを示す概算値になります。使用状況収集間隔の設定の詳細については、
「ログおよび使用状況の設定」を参照してください。
• FileMaker Server では、サーバーの使用状況をログファイルに保存することもできます。
「サーバーの使用状況のログ」を参照してください。
• 一覧の項目を昇順または降順に並べ替えるには、列タイトルをクリックします。
• 列の幅を変更するには、列タイトルの境界を選択して横方向にドラッグします。
• 列を異なる順序に並べ替えるには、列タイトルをクリックしてドラッグし、挿入先の場所
にドロップします。
関連項目
クライアントの管理
データベースの管理
ログおよび使用状況の設定
FileMaker Server の監視
FileMaker Server 13 ヘルプ
133
FileMaker Server の監視
クライアントの使用状況の表示
クライアントの使用状況の表示
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
[ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブを使用すると、サーバーパフォーマンスの監視や、FileMaker
Server のパフォーマンスの問題の原因の診断に役立ちます。Admin Console には、各 FileMaker
クライアント、すべての Web 公開エンジンクライアント、およびすべての ODBC および JDBC
クライアントから FileMaker Server に対して行われたリモート呼び出し中に収集されたクライア
ントの使用状況が表示されます。
[[ クライアント ] タブが選択されている場合にクライアントの使用状況をログに保存する ] を選択
した場合、クライアントの使用状況が収集され、ClientStats.log に記録されます。ClientStats.log
は、「FileMaker Server/Logs/」フォルダに作成されます。ClientStats.log ファイルはタブ区切りの
テキストファイルなので、FileMaker Pro、スプレッドシート、テキストエディタでも参照するこ
とができます。Admin Console を停止すると、FileMaker Server はクライアントの使用状況の収集
とログを自動的に停止します。「ログファイルのエントリの参照」を参照してください。
メモ より大きな展開で、[ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブを使用すると、FileMaker Server のパ
フォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。[ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブは、
FileMaker Server のパフォーマンスの問題のトラブルシューティングに必要な場合のみ使用してく
ださい。
クライアントの使用状況を表示するには、次の操作を行います。
1. [ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブをクリックします。
2. [ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブでクライアントの使用状況の更新を一時停止するには、
[ 一時停止 ] をクリックします。
3. クライアントの使用状況をログに記録するには、[[ クライアント ] タブが選択されている
場合にクライアントの使用状況をログに保存する ] を選択します。
使用状況
説明
クライアント
FileMaker Pro または FileMaker Go クライアントの場合は、ユー
ザのログイン名が表示されます。Web 公開クライアントの場合は、
[WPC] が表示されます。すべての ODBC および JDBC クライアン
トの場合は、[XDBC] が表示されます。
[ クライアント ] 列の名前の上にカーソルを置くと、コンピュータ
名とクライアントの IP アドレスが表示されます。
リモート呼び出し
完了したリモート呼び出しの数。クライアントサイドからは1つ
の処理を実行しているように思える場合でも、リモート呼び出し
は複数ある可能性があるので注意してください。
進行中
完了が保留されているリモート呼び出しの数。リモート呼び出し
の開始は、現在の収集間隔、または前の間隔の間にすることがで
きます。
経過時間
完了したリモート呼び出し、または進行中のリモート呼び出しの
経過時間(マイクロ秒単位)。
I/O 時間
クライアントのスレッドが入力および出力の完了を待つために費
やす時間(マイクロ秒単位)。
FileMaker Server 13 ヘルプ
134
FileMaker Server の監視
クライアントの使用状況の表示
使用状況
説明
待ち時間
クライアントのスレッドが他のスレッドまたはリソースを待つた
めに費やす時間(マイクロ秒単位)。
ネットワークバイト入力
FileMaker Server がクライアントから受信するバイト数(データ
要求)。
ネットワークバイト出力
FileMaker Server がクライアントに送信するバイト数(通知)。
クライアントの使用状況更新の一時停止と再開
FileMaker Server は、[ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブに表示されるクライアントの使用状況
は、使用状況の収集間隔に指定された間隔で更新されます。[ 一時停止 ] をクリックすると、[ 使
用状況 ] > [ クライアント ] タブの使用状況の更新を一時停止して、データを調べることができま
す。[ 再開 ] をクリックすると、最新のクライアントの使用状況を表示して更新が続行されます。
使用状況の計算に必要なオーバーヘッドを減らすには、FileMaker Server による使用状況の収集間
隔を広げることができます。ただし、この場合、クライアントの使用状況は、FileMaker Server に
よりシステムリソースがどのように使用されているかを示す概算値になります。使用状況収集間
隔の設定の詳細については、「ログおよび使用状況の設定」を参照してください。
メモ
• [ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブの各行には、個々の FileMaker クライアントの使用状
況、またはすべての Web 公開クライアント、およびすべての ODBC および JDBC クライ
アントの全体的な使用状況が表示されます。Web 公開クライアントには、
FileMaker WebDirect 接続およびカスタム Web 公開(PHP、XML)接続が含まれます。
• 使用状況収集間隔中にクライアントが接続解除されると、そのクライアントの使用状況は
[ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブに表示されません。
• 次の種類の情報は、[ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブには含まれません。
• すでにクライアントにダウンロードされたデータのソートなど、クライアントのみで
発生する処理。
• バックアップ、サーバーサイドスクリプトまたはスケジュールなど、FileMaker
Server をホストするコンピュータのみで発生するローカル処理。
• [ 使用状況 ] > [ クライアント ] タブの項目を昇順または降順に並べ替えるには、列タイト
ルをクリックします。
• 列の幅を変更するには、列タイトルの境界を選択して横方向にドラッグします。
• 列を異なる順序に並べ替えるには、列タイトルをクリックしてドラッグし、挿入先の場所
にドロップします。
関連項目
サーバーの使用状況の表示
ログファイルのエントリの参照
ログおよび使用状況の設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
135
FileMaker Server の監視
ログファイルのエントリの参照
ログファイルのエントリの参照
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Server では、アクティビティやクライアントアクセス、および処理されるその他の情報
が追跡されます。この情報はログファイルに記録されます。ログファイルのエントリを表示、
ソート、およびフィルタしたり、エントリのスナップショットをエクスポートするには、Admin
Console の [ ログビューア ] ウインドウを使用します。
ログビューアでログファイルのエントリを参照するには、次の操作を行います。
1. [ ログビューア ] をクリックします。
2. [ モジュール ...] をクリックして、1つまたは複数のログファイルモジュールを選択しま
す。[OK] をクリックします。「ログファイルモジュールの選択」を参照してください。
3. [ 開始 :] および [ 終了 :] の横にあるカレンダーで日付範囲を選択するか、現在の日付のま
まにします。「日付範囲の選択」を参照してください。
4. [ ログビューア ] ウインドウに表示されたログファイルのエントリをフィルタリングするに
は、[ タイプ ] でメッセージのレベル([ すべて ]、[ エラー ]、[ 警告 ]、または [ 情報 ])を
選択します。「ログファイルのエントリのフィルタとソート」を参照してください。
5. [ ログビューア ] ウインドウに表示されたログファイルのエントリを [ 説明 ] 列の文字列の
一致に基づいてフィルタリングするには、[ フィルタ ] フィールドにフィルタ文字列を入力
して、[ フィルタ ] をクリックします。「ログファイルのエントリのフィルタとソート」を
参照してください。
6. 最も最近記録されたイベントを表示するには、上記の手順で選択したオプションに基づい
て、[ 最新の情報に更新 ] をクリックします。「ログビューアを最新の情報に更新」を参照
してください。
7. 表示されたログファイルエントリをエクスポートするには、[ エクスポート ] をクリックし
ます。「ログファイルのエントリのエクスポート」を参照してください。
日付範囲の選択
特定の期間に記録されたイベントを表示するには、[ 開始 :] および [ 終了 :] の横にあるカレンダー
をクリックして、日付範囲の開始日と終了日を選択します。日付はすべて午前 12:00 に始まり、
午後 11:59 に終了します。開始日と終了日に同じ日を選択すると、日付範囲は1つの 24 時間の期
間になります。[ ログビューア ] ウインドウでは、過去 15 日間の任意の日時に記録されたログファ
イルのイベントを参照できます。日付範囲を変更すると、選択されたログファイルの新しいス
ナップショットが Admin Console に表示されます。
メモ 古いログエントリを OS X で表示する場合、ログファイルを OS X コンソールで開くことが
できます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
136
FileMaker Server の監視
ログファイルのエントリの参照
ログファイルモジュールの選択
1つまたは複数の特定のログファイルのエントリを表示するには、[ モジュール ...] をクリックし、
次のログファイルモジュールのうち1つまたは複数を選択して、[OK] をクリックします。
[ モジュール ] で選択するモ
ジュール
表示するログファイルのエントリ
サーバーイベント
Event.log および Event-old.log。「イベントログ」を参照して
ください。
サーバーアクセス
Access.log および Access-old.log。「アクセスログ」を参照し
てください。
Web 公開コア
カスタム Web 公開および FileMaker WebDirect の wpe.log。
「Web 公開ログ」を参照してください。
ログファイルモジュールを選択すると、マスタマシンに保存されている関連ログファイルから、
選択した日付範囲内に記録されたイベントの表がログビューアに表示されます。表の各行は、記
録された個々のイベントを表します。ログファイルの管理の詳細については、以下の「メモ」を
参照してください。
ログファイルのエントリのフィルタとソート
表示するメッセージのレベルを指定するには、[ タイプ ] で、[ すべて ]、[ エラー ]、[ 警告 ]、また
は [ 情報 ] を選択します。現在 [ ログビューア ] ウインドウに表示されているログファイルのエン
トリに、選択したレベルが適用されます。エントリを昇順または降順に並べ替えるには、列タイ
トル([ イベント ] や [ タイプ ] など)をクリックします。
[ ログビューア ] ウインドウに表示されたメッセージを [ 説明 ] 列の文字列の一致に基づいてフィル
タリングするには、[ フィルタ ] フィールドにフィルタ文字列を入力して、[ フィルタ ] をクリック
します。フィルタ文字列では大文字と小文字は区別されません。たとえば、フィルタ文字列に
「max」を使用すると、説明に「Maximum」や「maximum」が含まれたすべてのログメッセージ
が表示されます。
文字列の一致に基づいたフィルタとすべてのログメッセージの表示を停止するには、[ フィルタ ]
フィールドのフィルタ文字列を削除し、[ フィルタ ] をクリックします。
ログビューアを最新の情報に更新
[ ログビューア ] ウインドウには、選択したログファイルモジュールからログエントリのスナップ
ショットが表示されます。FileMaker Server がログファイルに新しいイベントを記録しても、ログ
エントリは動的には更新されません。[ ログビューア ] ウインドウを更新して最も最近記録された
イベントを表示するには、[ 最新の情報に更新 ] をクリックします。
ログファイルのエントリのエクスポート
[ ログビューア ] ウインドウに現在表示されているログファイルをファイルにエクスポートできま
す。エクスポートファイルには、[ ログビューア ] ウインドウで指定したソート順でイベントが記
述されます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
137
FileMaker Server の監視
ログファイルのエントリの参照
ログビューアの内容をファイルにエクスポートするには、次の操作を行います。
1. [ エクスポート ] をクリックします。
2. デフォルトで、ログビューアの内容は Export.tab に保存されます。
• Windows: 使用するブラウザに基づいて、ファイルは「ダウンロード」フォルダに保
存されます。一部のブラウザでは、新しいタブが開いてログビューアの内容が表示さ
れ、ファイルに新しいファイル名を付けて、指定した場所に保存できます。
• OS X: Export.tab ファイルはブラウザのダウンロードフォルダに保存されます。
3. Export.tab ファイルを任意のテキストエディタで開いて表示します。
メモ
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、ログファイ
ルのエントリの表示を許可する必要があります。詳細については、サーバー管理者に問い
合わせてください。
• [ ログビューア ] ウインドウは、データベースサーバーが実行中または停止中の場合に使用
することができます。
• 一覧の項目を昇順または降順に並べ替えるには、列タイトルをクリックします。
• 列の幅を変更するには、列タイトルの境界を選択して横方向にドラッグします。
• 列を異なる順序に並べ替えるには、列タイトルをクリックしてドラッグし、挿入先の場所
にドロップします。
• [ ログビューア ] ウインドウの表が空の場合や、必要なログファイルのエントリが表示され
ていない場合は、次のような原因が考えられます。
• モジュール - 現在 [ モジュール ] でログファイルモジュールが選択されていないか、ま
たは選択したモジュールで必要なログファイルが現在空か、使用できない。
• 日付範囲 - [ タイプ ] で選択したログファイルモジュールとメッセージのレベルに基づ
くと、選択した日付範囲のログファイル情報が存在しない。
• タイプ - 選択したログファイルモジュールと日付範囲に基づくと、[ タイプ ] で選択し
たレベルのメッセージが存在しない。
• 2台のマシン展開で、これらのログファイルが、ログを生成する FileMaker Server コン
ポーネントと同じマシンにある。Admin Console の [ ログビューア ] ウインドウですべて
のログエントリを開くことができるように、マスタおよびワーカーマシンからのログエン
トリはマスタマシンに統合されます。
• 15 日より前のログファイルイベントを表示するには、標準テキストを開くことができる
アプリケーションまたは OS X コンソールアプリケーションを使用してログファイルを開
きます。OS X のコンソールアプリケーションでは FileMaker Server の実行中にログファ
イルを開くことができます。イベントは継続的に記録され、最新のログエントリは、コン
ソールアプリケーションのウインドウの末尾に表示されます。すべてのログファイルは、
次の場所の「Logs」フォルダ内にあります。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Logs
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Logs
FileMaker Server 13 ヘルプ
138
FileMaker Server の監視
ログファイルのエントリの参照
Windows: Windows デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デ
フォルトパスの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中
に指定した場所に置き換えられます。例 :\My_Path\Logs
関連項目
FileMaker Server の監視
ログおよび使用状況の設定
サーバーの使用状況の表示
一般 Web 公開設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
139
FileMaker Server の監視
ログファイルのエントリの参照
イベントログ
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
データベースサーバーの実行中に発生するイベントは、タイムスタンプとともにログに記録され
ます。ログに記録される代表的なイベントを以下に示します。
• データベースサーバーの起動または停止
• データベースサーバーによって開かれたデータベースファイルと閉じられたデータベース
ファイル
• 適切に閉じられなかったファイルに対して実行される一貫性チェック
• 新しいスケジュール、完了したスケジュール、予定されたスケジュール、および実行中の
スケジュール
• 有効化されたスケジュールが正常に実行されなかった理由
• FileMaker スクリプトスケジュールのスクリプトエラー
• 追加、変更、名前変更、または削除された管理者グループ
• 現在の設定でデータベースサーバーによって検出された、あらかじめ定義されたエラーと
状態
• データベースサーバーが起動したときの現在のプロパティの設定、およびデータベース
サーバーセッション中に変更された設定
イベントは、「FileMaker Server/Data/Logs/」フォルダに作成される「Event.log」ファイルにタブ
区切り付きで記録されます。
Event.log ファイルの情報を表示するには、[ ログビューア ] ウインドウを使用します。「ログファ
イルのエントリの参照」を参照してください。
Event.log ファイルは、タブ区切りデータを読み込み可能なアプリケーション(FileMaker Pro やテ
キストエディタ)またはコンソールアプリケーション(OS X)などで開くこともできます。
メモ
• Event.log ファイルのサイズが、[ データベースサーバー ] > [ ログ ] タブで指定した [ ログ
サイズ ] に達すると、このファイルの名前が Event-old.log に変更され、新しい Event.log
ファイルが作成されます。Event.log ファイルのサイズを設定するには、「ログおよび使用
状況の設定」を参照してください。
• Windows では、イベントは、イベントビューアでアクセスされる Windows アプリケー
ションログにも記録されます。詳細については、「イベントビューアでのアクティビティ
の表示(Windows)」を参照してください。
• Event.log ファイルで報告されるエラー状況の詳細については、「FileMaker Server イベン
トログメッセージ」を参照してください。
関連項目
FileMaker Server の監視
イベントログの言語の変更
FileMaker Server 13 ヘルプ
140
FileMaker Server の監視
ログファイルのエントリの参照
アクセスログ
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
データベースサーバーでは、データベースへのアクセスが Access.log と呼ばれる個別のログファ
イルに記録されます。ログに記録される代表的なイベントを次に示します。
• データベースサーバーに接続、およびその接続を解除したクライアント
• 個別のアカウントおよびビルトインゲストアカウントを使用してクライアントがアクセス
するデータベース
• 接続制限によってアクセスが拒否されたクライアント(FileMaker Pro、FileMaker Go、お
よび FileMaker WebDirect クライアント)
アクセスは、タブ区切りの Access.log ファイルに記録されます。このファイルは、
「FileMaker Server/Data/Logs/」フォルダに作成されます。
Access.log ファイルの情報を表示するには、[ ログビューア ] ウインドウを使用します。
「ログファ
イルのエントリの参照」を参照してください。
Access.log ファイルは、タブ区切りデータを読み込み可能なアプリケーション(FileMaker Pro や
テキストエディタ)またはコンソールアプリケーション(OS X)などで開くこともできます。
メモ
• Access.log ファイルのサイズが、[ データベースサーバー ] > [ ログ ] タブで指定した [ ロ
グサイズ ] に達すると、このファイルの名前が Access-old.log に変更され、新しい
Access.log ファイルが作成されます。
• アクセスログを設定するには、「ログおよび使用状況の設定」を参照してください。
• Access.log ファイルに記録されているのは、情報レベルのメッセージのみです。警告レベ
ルおよびエラーレベルのメッセージはすべて Event.log に記録されています。
関連項目
FileMaker Server の監視
FileMaker Server 13 ヘルプ
141
FileMaker Server の監視
ログファイルのエントリの参照
サーバーの使用状況のログ
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
データベースサーバーの使用状況ログを有効にすると、「FileMaker Server/Data/Logs/」フォルダ
にログファイルが作成されます。Admin Console の [ 使用状況 ] > [ サーバー ] タブに表示されるす
べての値には、タイムスタンプが付けられ、ファイルに書き込まれます。「サーバーの使用状況の
表示」を参照してください。
これらの使用状況情報を表示するには、タブ区切りデータを読み込み可能なアプリケーション
(FileMaker Pro またはテキストエディタ)、またはコンソールアプリケーション(OS X)などで
「Stats.log」ファイルを開きます。
Stats.log ファイルのサイズが、[ データベースサーバー ] > [ ログ ] タブで指定した [ ログサイズ ]
に達すると、このファイルの名前が stats-old.log に変更され、新しい Stats.log ファイルが作成さ
れます。
使用状況ログを設定するには、「ログおよび使用状況の設定」を参照してください。
関連項目
FileMaker Server の監視
ログファイルのエントリの参照
FileMaker Server 13 ヘルプ
142
FileMaker Server の監視
ログファイルのエントリの参照
クライアントの使用状況のログ
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
データベースサーバーのクライアントの使用状況ログを有効にすると、「FileMaker Server/Data/
Logs/」フォルダにログファイルが作成されます。Admin Console の [ 使用状況 ] > [ クライアント ]
タブに表示されるすべての値には、タイムスタンプが付けられ、ファイルに書き込まれます。「ク
ライアントの使用状況の表示」を参照してください。
これらのクライアントの使用状況情報を表示するには、タブ区切りデータを読み込み可能なアプ
リケーション(FileMaker Pro またはテキストエディタ)、またはコンソールアプリケーション
(OS X)などで「ClientStats.log」ファイルを開きます。
ClientStats.log ファイルのサイズが、[ データベースサーバー ] > [ ログ ] タブで指定した [ ログサイ
ズ ] に達すると、このファイルの名前が ClientStats-old.log に変更され、新しい ClientStats.log
ファイルが作成されます。
ClientStats.log ファイルのサイズを設定するには、「ログおよび使用状況の設定」を参照してくだ
さい。
関連項目
FileMaker Server の監視
ログファイルのエントリの参照
FileMaker Server 13 ヘルプ
143
FileMaker Server の監視
ログファイルのエントリの参照
Web 公開ログ
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
デフォルトで、Web 公開エンジンではカスタム Web 公開と FileMaker WebDirect 向けに次のログ
情報が生成されます。wpe.log レコード :
• アプリケーションエラー、使用状況エラーおよびシステムエラーを始めとする発生したあ
らゆる Web 公開エンジンエラー。Web 公開出力を生成するエンドユーザ XML リクエス
トや、カスタム Web 公開設定の変更など、カスタム Web 公開に関連する情報を含めるよ
うに Web 公開エンジンを設定することもできます。
• FileMaker WebDirect ソリューションの表示を求めるエンドユーザリクエスト。これらの
リクエストは、Web サーバーから Web 公開エンジンの Web 公開コアコンポーネントに
直接ルーティングされます。
• FileMaker WebDirect の設定の変更。
• すべての FileMaker WebDirect エラー、FileMaker スクリプト、およびユーザログ情報。
• エラー情報には、Web 公開エンジンで発生した一般的ではないエラーが記述されま
す。Web ユーザに通知された一般的なエラー(たとえば、「データベースが開いてい
ません」など)は記録されません。
• スクリプト情報には、Web ユーザがスクリプトを実行したときに生成されたエラーが
記録されます。たとえば、スクリプトステップが FileMaker WebDirect でサポートさ
れていない場合に、スキップされたスクリプトステップの一覧が記述されます。
Web 公開のログファイルの情報を表示するには、[ ログビューア ] ウインドウを使用します。「ロ
グファイルのエントリの参照」を参照してください。
Web 公開のログを設定するには、「一般 Web 公開設定」を参照してください。
メモ Web 公開ログの詳細については、開始ページの『FileMaker Server カスタム Web 公開 with
XML』および『FileMaker Server カスタム Web 公開 with PHP』を参照してください。
関連項目
FileMaker Server の監視
FileMaker Server 13 ヘルプ
144
プラグインの管理
プラグインの管理
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server では、プラグインファイルのインストールスクリプトステップを使用するように
設計されているホストされた FileMaker Pro データベースで外部関数プラグインを使用できます。
ホストされるデータベースで、FileMaker Server で有効にされたプラグインが使用される場合、
FileMaker スクリプトエンジン(FMSE)では、クライアントマシン以外のプラグイン関数を実行
できます。
メモ
• プラグインの操作の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
• プラグインファイルのインストールスクリプトステップの詳細については、FileMaker Pro
ヘルプを参照してください。
• ホストコンピュータ上での計算式の解決については、FileMaker Pro ヘルプを参照してく
ださい。
関連項目
FileMaker スクリプトエンジンによるプラグイン使用の有効化
サーバーサイドプラグインの更新でのプラグインファイルのインストールスクリプトステップの
有効化
FileMaker Server 13 ヘルプ
145
プラグインの管理
FileMaker スクリプトエンジンによるプラグイン使用の有
FileMaker スクリプトエンジンによるプラグイン使用の有
効化
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
サーバーサイドプラグインでは、FileMaker Server で実行するようにスケジュールされた FileMaker
スクリプト(
「FileMaker スクリプトの実行」を参照)で使用する外部関数を利用できます。
プラグインを実行する FileMaker Server コンポーネントは、FileMaker スクリプトエンジン
(FMSE)と呼ばれます。
メモ 保存された計算またはサーバーサイドクエリーでプラグインは使用できません。
FileMaker スクリプトエンジンでプラグインを有効にするには、次の操作を行い
ます。
1. FileMaker スクリプトエンジンで使用できるように、プラグインを正しいフォルダに置き
ます。
詳細については、「サーバーサイドプラグインファイルのフォルダ」を参照してください。
2. Admin Console で、[ データベースサーバー ] > [ サーバープラグイン ] タブをクリックし
ます。
3. [FileMaker スクリプトエンジン(FMSE)によるプラグインの使用を有効にする ] を選択
します。
プラグインフォルダにあるプラグインが一覧表示されます。
4. FileMaker スクリプトエンジンで実行する各プラグインで [ 有効 ] を選択します。
5. [ 保存 ] をクリックします。
メモ
• プラグイン(およびプラグインが参照するライブラリ)の中には、システムにログインし
ているユーザが実行した場合にのみ読み込まれるものがあります。FileMaker スクリプト
エンジンは、ユーザプロセスとしてではなくバックグラウンドプロセスとして実行されま
す。そのため、FileMaker Server で動作するように異なる方法でプラグインを作成する必
要があります。ユーザは、オペレーティングシステムのマニュアルを参照して、どのライ
ブラリが標準的に使用可能かを確認する必要があります。
• Web 公開ソリューションで、プラグインが使用される場合、Web 公開エンジンを実行す
るマシンのフォルダに同じプラグインのコピーを置く必要があります(Web 公開エンジン
がデータベースサーバーと同じマシンで実行している場合も同様です)。
関連項目
プラグインの管理
サーバーサイドプラグインファイルのフォルダ
FileMaker Server 13 ヘルプ
146
プラグインの管理
FileMaker スクリプトエンジンによるプラグイン使用の有
サーバーサイドプラグインファイルのフォルダ
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker スクリプトエンジンでプラグインを使用できるようにするには、FileMaker Server 展開
のマスタマシンの正しいフォルダにそのプラグインを置く必要があります。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Database Server
¥Extensions¥
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Database Server/Extensions/
Web 公開ソリューションでプラグインを使用するには、Web 公開エンジン を実行するマシンにプ
ラグインのコピーを配置します(Web 公開エンジンがデータベースサーバーと同じマシンで実行
している場合も同様です)。すべての Web 公開ソリューション(XML、PHP、および
FileMaker WebDirect)において、プラグインは次のフォルダに配置します。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Web Publishing¥
publishing-engine¥cwpc¥Plugins¥
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/cwpc/Plugins/
メモ
• Windows: Windows デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、
デフォルトパスの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインス
トール中に指定した場所に置き換えられます。例 :¥My_Path¥Database Server¥
Extensions¥
• OS X: FileMaker Server に対して、プラグインの正しいファイルアクセス権を設定する必
要があります。「プラグインファイルアクセス権の変更(OS X)」を参照してください。
• Web 公開エンジンのプラグインの他に、FileMaker Server または FileMaker Pro 用にイン
ストールされている可能性があるプラグインもインストールする必要があります。これら
のプラグインが同じであっても、両方のプラグインをインストールする必要があります。
• Plugins フォルダが存在しない場合、作成する必要があります。このフォルダまたはサブ
フォルダに配置されたプラグインファイルは、fmsadmin グループによって所有され、グ
ループが読み込み可能、および実行可能である必要があります。
関連項目
FileMaker スクリプトエンジンによるプラグイン使用の有効化
FileMaker Server 13 ヘルプ
147
プラグインの管理
FileMaker スクリプトエンジンによるプラグイン使用の有
プラグインファイルアクセス権の変更(OS X)
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
プラグインのファイルアクセス権を変更するには、次の操作を行います。
1. ターミナルアプリケーションを起動します。必要に応じて cd コマントを使用してパスを
設定します。
2. コマンドラインで次のコマンドを入力します。
chmod g+rx < ファイルパス >
または
chmod g+wrx < ファイルパス >
プラグインとシステムレベルのスクリプトでは、グループの読み込み、および実行のビットが有
効になっている必要があるため g+rx が必要です。g+wrx 形式を使用して書き込みアクセス権も許
可します。環境設定や追加ファイルのフォルダを使用するプラグインやスクリプトでは、それら
のファイルやフォルダへの書き込みアクセス権が必要になる場合があります。
関連項目
サーバーサイドプラグインファイルのフォルダ
サーバーサイドプラグインの更新でのプラグインファイルのインストールスクリプトステップの
有効化
FileMaker スクリプトエンジンによるプラグイン使用の有効化
FileMaker Server 13 ヘルプ
148
プラグインの管理
サーバーサイドプラグインの更新でのプラグインファイル
サーバーサイドプラグインの更新でのプラグインファイル
のインストールスクリプトステップの有効化
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
ホストされたデータベースファイルでプラグインファイルのインストールスクリプトステップを
使用する場合は、スクリプトステップを有効にしてサーバーサイドプラグインファイルを更新で
きます。
メモ プラグインは Windows と OS X で異なるので、プラグインファイルのインストールスクリ
プトは、ホストマシンと同じオペレーティングシステムを実行するクライアントから実行する必
要があります。
サーバーサイドプラグインファイルの更新でプラグインファイルのインストール
スクリプトステップを有効にするには、次の操作を行います。
Admin Console で [ データベースサーバー ] > [ サーバープラグイン ] タブをクリックして [ サー
バープラグインの更新にプラグインファイルのインストールスクリプトステップを許可する ] を選
択します。
プラグインファイルのインストールスクリプトステップによって、FileMaker Server 展開のマスタ
マシンのフォルダのプラグインファイルが更新されます。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Database Server
¥Extensions¥
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Database Server/Extensions/
プラグインファイルのインストールスクリプトステップの使用の詳細については、FileMaker Pro
ヘルプを参照してください。
関連項目
プラグインファイルアクセス権の変更(OS X)
プラグインの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
149
データの保護
データの保護
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
SSL(Secure Sockets Layer)証明書またはルート証明書は、証明機関(CA)から提供された
データファイルで、保護されたトランザクションの送信者、受信者、またはその両方を電子的に
識別するために使用されます。SSL 証明書は、FileMaker アプリケーションを実行するマシンにイ
ンストールされ、FileMaker Server と FileMaker クライアントの間で保護された接続を提供しま
す。デフォルトで、FileMaker Server は、FileMaker, Inc. によって署名された標準の SSL 証明書
を提供します。この証明書は、サーバー名を検証することなく、保護された接続を提供します。
データを保護するために、FileMaker Server のいくつかの機能も活用できます。
• データベースサーバーと FileMaker Pro および FileMaker Go クライアントの間、そして
データベースサーバーと Web 公開エンジンの間の SSL 接続を有効にするには、[ データ
ベースサーバー ] > [ セキュリティ ] タブをクリックして、[ 保護された接続が必要 ] を選択
します。「データベースサーバーのセキュリティ設定」を参照してください。
• [ データベースサーバー ] > [ セキュリティ ] タブの [ プログレッシブダウンロードを有効に
する ] の設定を使用するかどうかを決定します。このオプションを使用すると、プログ
レッシブダウンロードが有効になり、FileMaker クライアントはダウンロード中にインタ
ラクティブコンテンツを使用できます。しかし、[ 保護された接続が必要 ] の設定が有効な
場合でも、データは HTTPS 接続ではなく暗号化されていない HTTP 接続でダウンロード
されます。
• インストール中、Web ベースのクライアントにデータベースを公開するために
FileMaker Server が使用する Web サーバーは SSL 接続が有効になるように設定されます。
• クライアントに対するサーバー名を検証して、Web ブラウザに証明書の警告が表示されな
いようにするには、特定のサーバー名に一致する署名済みの SSL 証明書を要求してくだ
さい。証明書は、FileMaker, Inc. によってサポートされている信頼された CA に要求して
ください。fmsadmin CERTIFICATE コマンドを使用して、証明書証明要求(CSR)およ
び安全な保護を提供する秘密キーを作成します。CSR は CA に送信します。詳細について
は、
「CERTIFICATE コマンド」を参照してください。
• PHP、XML、および Web 公開エンジンの FileMaker WebDirect など、特定の拡張アクセ
ス権を有効または無効にすることができます。たとえば、あるサーバー上のすべてのファ
イルが PHP を使用したカスタム Web 公開で共有されることがわかっている場合は、他の
種類の Web 公開をすべて無効にすることができます。XML データへのアクセスを許可す
る拡張アクセス権がファイルに含まれていても、そのサーバー上の FileMaker Server 展開
でファイルがホストされているときは、XML データへのアクセスを利用できません。
FileMaker Server のすべてのファイルに対して任意の Web 公開テクノロジーを有効また
は無効にするには、[Web 公開 ] をクリックします。次に、[PHP]、[XML]、または
[FileMaker WebDirect] タブのいずれかをクリックします。これらの各タブでは、対応する
拡張アクセス権が有効にされている場合でも、ホストされているすべてのデータベースの
Web 公開を有効または無効にできます。「Web 公開の設定」を参照してください。
• Apple Open Directory または Windows Active Directory などの外部認証サーバーを介して
ユーザが認証されるように FileMaker Server を設定できます。詳細については、「データ
ベースアクセスの外部認証」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
150
データの保護
• LDAP ディレクトリサービスを使用している場合は、[ データベースサーバー ] > [ ディレ
クトリサービス ] タブで [SSL(Secure Sockets Layer)を使用する ] を有効にして、
FileMaker Server および FileMaker Pro クライアントが LDAP サーバーへのログインに使
用するユーザ名とパスワードを暗号化できます。「FileMaker クライアントの設定」および
「ユーザの詳細について」を参照してください。
• FileMaker Server を設定し、ファイルを記録してデータベースへのアクセスを監視できま
す。「ログファイルのエントリの参照」を参照してください。
メモ
• 詳細については、FileMaker Pro ヘルプの「外部サーバーで認証するアカウントの作成」
および www.filemaker.co.jp/support/security を参照してください。
• FileMaker Pro Advanced では、データベース暗号化機能を使用して、データベースファイ
ルの内容を暗号化することができます。FileMaker Server は、暗号化されたデータベース
のホスティングをサポートします。FileMaker Server では、サーバー管理者またはグルー
プ管理者は、ホストするためにファイルを開くときに暗号化パスワードを入力します。
「ホストされているファイルの開き方」を参照してください。
関連項目
データベースサーバーの設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
151
管理タスクのスケジュール
管理タスクのスケジュール
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
[ スケジュール ] ウインドウには、FileMaker Server によりホストされるデータベースで実行され
たタスクスケジュールのリストが表示されます。サーバー管理者の場合は、すべてのホストされ
たデータベースのすべてのタスクスケジュールが [ スケジュール ] ウインドウに一覧表示されま
す。グループ管理者の場合は、管理者グループのホストされたデータベースに関連付けられたタ
スクスケジュールのみが [ スケジュール ] ウインドウに一覧表示されます。
タスクスケジュールは、[ 有効なスケジュールを実行可能にする ] を選択し、選択したスケジュール
が有効な場合、自動的に実行されます。
「スケジュールの有効化と無効化」を参照してください。
タスクスケジュールの詳細の表示
このリストには、スケジュールで実行するタスク、前回の実行時刻、および次回の実行時刻など、
定義されている各スケジュールの概要が表示されます。管理者グループのデータベースに対して
タスクスケジュールが実行される場合、サーバー管理者のリストにはグループの名前も表示され
ます。
一覧でスケジュールを選択すると、そのスケジュールの詳細が [ 詳細情報 :] に表示されます。
タスクスケジュールの作成および管理
[ スケジュール ] ウインドウを使用して、新しいスケジュールの作成、既存のスケジュールの編集、
およびその他のスケジュールの管理を行います。新しいスケジュールを作成する場合、スケ
ジュールアシスタントを使用して、タスクスケジュールの各部分を定義します。
スケジュールアシスタントでは、タスクスケジュールの詳細の指定、頻度の指定、およびタスク
スケジュールが完了したときの電子メール通知を行う手順が示されます。
スケジュールを作成または管理するには、 をクリックして、次のいずれかのコマンドを選択し
ます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
152
管理タスクのスケジュール
選択項目
目的
スケジュールの作成
スケジュールアシスタントを使用して、次のいずれかのタスクス
ケジュールを作成します。
• データベースをバックアップ : ホストされているすべて
のデータベース、選択したフォルダ内のデータベース、
または選択したデータベースをバックアップします。
「データベースバックアップのスケジュール」を参照し
てください。
• メッセージを送信 : ホストされたデータベースのクライ
アントにメッセージを送信します。「ホストされたデー
タベースのクライアントへのスケジュールメッセージの
送信」を参照してください。
• スクリプト : FileMaker スクリプトの実行、システムレ
ベルのスクリプトファイルの実行、またはスクリプト
シーケンスの作成を行います。「FileMaker スクリプトの
実行」、「システムレベルのスクリプトファイルの実行」、
または「スクリプトシーケンスタスクの作成」を参照し
てください。
• データベースを検証 : ホストされたすべてのデータベー
ス、選択したフォルダ内のデータベース、または選択し
たデータベースの整合性を検証します。「データベース
の整合性の検証」を参照してください。
スケジュールの編集
スケジュールアシスタントを使用して、タスクスケジュールを変
更します。「スケジュールの編集」を参照してください。
スケジュールの複製
既存のスケジュールを複製します。「スケジュールの複製」を参
照してください。
選択したスケジュールの削除
選択されたスケジュールを削除します。「スケジュールの削除」
を参照してください。
スケジュールを今実行する
選択されたスケジュールをすぐに実行します。「手動でのスケ
ジュールの実行」を参照してください。
スケジュールタスクの有効化または無効化
[ スケジュール ] ウインドウでスケジュールを有効または無効にすることができます。 をクリッ
クして、次のいずれかのコマンドを選択します。「スケジュールの有効化と無効化」を参照してく
ださい。
選択項目
目的
選択したスケジュールを有効にする
選択したスケジュールを有効にします。
選択したスケジュールを無効にする
選択したスケジュールを無効にします。
すべてのスケジュールを有効にする
[ スケジュール ] ウインドウに一覧表示された
すべてのスケジュールを有効にします。
FileMaker Server 13 ヘルプ
153
管理タスクのスケジュール
選択項目
目的
すべてのスケジュールを無効にする
[ スケジュール ] ウインドウに一覧表示された
すべてのスケジュールを無効にします。
メモ
• グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループ
フォルダのデータベースに関連付けられたタスクスケジュールの詳細の有効化、無効化、
作成、実行、編集または表示を許可する必要があります。詳細については、サーバー管理
者に問い合わせてください。
• 新しいタスクスケジュールはデフォルトで有効になりませんが、スケジュールアシスタン
トで該当するオプションを選択して有効にすることができます。タスクスケジュールの有
効化と無効化の詳細については、「スケジュールの有効化と無効化」を参照してください。
• 一覧のタスクスケジュールを昇順または降順でソートするには、列タイトルをクリックし
ます。
• 列の幅を変更するには、列タイトルの境界を選択して横方向にドラッグします。
• タスクスケジュールの完了時に FileMaker Server により電子メール通知を送信できます。
ただし、この機能が特定のスケジュールに対して有効にされている場合です。「スケ
ジュールでの電子メール通知の有効化」を参照してください。
• タスクスケジュールが実行されると、FileMaker Server によりエントリが Event.log ファ
イルに追加されます。「ログファイルのエントリの参照」を参照してください。
• FileMaker Server により、Admin Console およびコマンドラインインターフェースから次
の個々のキューに、タスクおよびファイル関連コマンドが保存されます。
• データベースのバックアップ、データベースの検証、およびファイル関連コマンド
(たとえば、開く、閉じる、一時停止、および再開)。このキューから一度に実行され
るタスクまたはコマンドは1つだけです。残りのタスクまたはコマンドは、現在の処
理が完了するまで実行されません。
• メッセージの送信、およびスクリプトの実行タスク(FileMaker スクリプトおよびシ
ステムレベルのスクリプトファイル)。このキューからは、複数のタスクを同時に実行
できます。
FileMaker Server では、両方のキューからタスクが同時に実行されます。たとえば、最初の
キューにデータベースのバックアップタスクと一時停止コマンドがあり、2つめのキューに、
スクリプトの実行タスクとメッセージの送信タスクがあるとします。この場合、FileMaker
Server により、データベースのバックアップ、スクリプトの実行、およびメッセージの送信
タスクが同時に実行されます。一時停止コマンドは、データベースのバックアップタスクが完
了するまで実行されません。
関連項目
電子メール通知の設定
データベースおよびバックアップフォルダの設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
154
管理タスクのスケジュール
データベースバックアップのスケジュール
データベースバックアップのスケジュール
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
サーバー管理者は、ホストされているすべてのデータベース、選択した追加フォルダ内のデータ
ベース、選択したデータベース、およびデータベースに対して指定された個々のオブジェクト
フォルダをバックアップできます。グループ管理者の場合は、管理者グループのホストされた
データベースのみをバックアップできます。
データベースのバックアップはスケジュールアシスタントで指定したフォルダに保存されます。
バックアップスケジュールタスクを実行するたびに、FileMaker Server は選択したデータベースが
最終のバックアップスケジュール実行以降に変更されているかどうかを確認します。バックアッ
プスケジュールタスクごとに、FileMaker Server は変更されたデータベースの完全コピーを作成
し、そのバックアップスケジュールに関して変更されていないバックアップされたデータベース
へのハードリンクを作成します。
メモ ホストされているデータベースを Windows ReFS (Resilient File System) ボリューム、また
はハードリンクをサポートしないその他のファイルシステムにバックアップする場合、各バック
アップで完全なコピーを作成する必要があるため FileMaker Server でのコピー作成は低速になり
ます。
バックアップの際には、データベースはアクティブな状態のまま FileMaker Server によってコ
ピーされ、ユーザは引き続き変更を加えることができます。コピーが完了すると、データベース
は一時停止され、バックアップファイルが最新のデータベースと同期されてから再開されます。
また、スケジュールアシスタントで、保持するデータベースバックアップの最大数、バックアッ
プファイルで一貫性チェックを実行するかどうか、およびバックアップ完了時に電子メール通知
を受信するかどうかを指定することもできます。
ホストされたファイルとバックアップの保存先のディスクに十分な空き容量が必要です。ファイ
ルの変更中にハードディスクの容量が足りなくなったり、データベースファイルが8テラバイト
のサイズ制限に達した場合、ファイルは圧縮されます。圧縮の完了には多少時間がかかる場合が
あります。
バックアップ中にハードディスクの容量が足りなくなった場合、バックアップは停止してバック
アップファイルが削除され、FileMaker Server によって、Event.log にエラーが記録されます。ス
ケジュールリストでエラー状態が報告されているどうかを確認することをお勧めします。ファイ
ルのバックアップ中にディスク容量が足りなくなるのを避けるには、バックアップの保存先とし
て別のハードディスクを選択するか、完了したバックアップをオフラインストレージに移します。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのデータベースのバックアップを許可する必要があります。詳細については、サーバー管理
者に問い合わせてください。
関連項目
スケジュールの作成
ログファイルのエントリの参照
データベースおよびバックアップフォルダの設定
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
155
管理タスクのスケジュール
データベースバックアップのスケジュール
データベースバックアップスケジュールのヒント
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
ビジネスに不可欠な情報サービスを実行する代替サイトおよびシステムを含む、データの復元計
画を策定します。最新のバックアップがあれば、あるユーザがファイルの管理者アカウントの情
報を紛失した状況や、ユーザエラー(場合によってはデータベースの設計の不備)によってデー
タが不適切に削除または変更された状況からの回復に役立てることができます。
次の点に注意してください。
• データベースは FileMaker Server でホストし、定期的にスケジュールされた自動バック
アップを作成します。
ホストされている FileMaker Pro データベースではサードパーティのバックアップソフトウェ
アを使用しないでください。まず、FileMaker Server を使用してデータベースのバックアップ
コピーを作成し、そのコピーにサードパーティのバックアップソフトウェアを実行します。
バックアップソフトウェアは、開いているホストされたデータベースに損傷を与える可能性が
あります。
たとえば、平日の 6:00、9:00、正午 12:00、15:00、18:00、および 23:30 に、ファイルのロー
カルバックアップを作成します。深夜には、企業のバックアップシステムにシステム全体(ア
クティブなホストされているデータベース)の増分バックアップを作成します。最後に、アク
ティブなホストされているデータベースを除くか、バックアップ中にデータベースサーバーを
停止して、金曜日の深夜に完全システムバックアップを実行します。
バックアップメディアは、コピーして離れた場所に保管します。この方法によって、複数のド
ライブの重大な障害以外の何らかの理由でサーバーが停止した場合、データファイルのより最
近のバックアップ(つまり、失われたデータの最大3時間分)を使用することができます。重
大なドライブ障害が発生した場合は、前日の夜のバックアップメディアを使用して損失を1日
分のデータにまで最小化することができます。
• スケジュール アシスタントで、[ バックアップの整合性の検証 ] を選択できます。バック
アップの完了後、FileMaker Server により一貫性チェックが実行され、バックアップファ
イルの内部的な一貫性が確認されます。このオプションを有効にすると、バックアップ
ファイルのエラーを検出してチェック完了時に電子メール送信できます。ただし、このオ
プションを有効にしてバックアップ操作を実行すると完了までに時間がかかり、他のマス
タマシンでの他のアクティビティの速度が遅くなることがあります。
• スケジュールアシスタントで、[ バックアップファイルのクローン ] を選択すると、バック
アップファイルのテーブル、レイアウト、スクリプト、ページ設定オプション、および
フィールド定義をデータなしで保存できます。損傷したデータベースからバックアップさ
れたデータベースのクローンにデータをインポートできます。
• バックアップコピーが損傷していたり、アクセス不能でないことを確認します。必要にな
る前にバックアップコピーが正しく機能することを確認してください。ハードドライブに
対して診断ツールを実行してファイルを定期的にバックアップします。
• バックアップファイルで作業する必要がある場合は、常にまずファイルをコピーします。
ファイルをバックアップディレクトリで編集したり、バックアップディレクトリから移動
させたりしないでください。元のバックアップファイルは変更しないままバックアップ
フォルダに残しておきます。バックアップフォルダに保存されたデータベースファイル
は、FileMaker Pro を使用して開かないでください。
• バックアップコピーからファイルのセット全体を復元できることを確認します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
156
管理タスクのスケジュール
データベースバックアップのスケジュール
• データを定期的にエクスポートしてファイルの損傷に対して保護します。
• バックアップメディアを保護します。バックアップは耐火性のある別の場所に保管します。
• ネットワーク管理者が不在の場合にファイルを元に戻すことができるバックアップ管理者
を割り当てます。
警告 予想外の停電、ハードドライブの障害、ソフトウェアの障害などのサーバー障害が発生した
場合は、バックアップファイルを使用します。システム障害によって FileMaker Server が不適切
にシャットダウンした場合、キャッシュデータがディスクに書き込まれておらず、ファイルが適
切に閉じられていないと、ファイルの破損につながる可能性があります。ファイルを再度開いて
一貫性チェックまたは修復を実行しても、ファイルは内部で破損したままになっている可能性が
あります。ファイルの修復では問題が解決されたことを保証できません。破損したファイルを修
復する方法については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
関連項目
バックアップスケジュールからのデータベースファイルの復元
スケジュール繰り返しの例
データベースバックアップのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
157
管理タスクのスケジュール
データベースバックアップのスケジュール
バックアップスケジュールの複数のバックアップの保持の概要
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
バックアップスケジュールで選択したデータベースのバックアップの保持数を選ぶには、スケ
ジュールアシスタントで [ 保持するバックアップの最大数 ] オプションを使用します。最大数は 99
ですが、99 のバックアップを維持するとマシンのディスク容量が足りなくなる可能性があります。
たとえば、1日1回午後 6:00 に実行され、最大7つのバックアップを保持するバックアップスケ
ジュールを作成すると、1週間分の毎日のバックアップになります。バックアップスケジュール
の8日目には、前週の初日に作成された最も古いバックアップが自動的に削除され、現在の週の
1日目の新しいバックアップに置き換えられます。
バックアップスケジュールが実行されるたびに、FileMaker Server は、バックアップスケジュール
で指定した [ バックアップフォルダ ] 内に新しいサブフォルダを作成します。新しいサブフォルダ
の名前は、スケジュール名と、バックアップスケジュール実行時のローカルサーバーの日時を組
み合わせたものになります(例 : 毎日 _2014-07-25_1800)。バックアップの合計数が指定した最
大数に達すると、[ バックアップフォルダ ] 内にある最も古いバックアップサブフォルダが自動的
に削除されます。
メモ
• 新しいバックアップのバックアップ先ディスクに十分な容量がない場合、FileMaker
Server は最も古いバックアップサブフォルダを1つまたは複数削除して最新のバックアッ
プに必要な空きディスク容量を作成します。
• バックアップスケジュールの名前を変更した場合、新しい名前に合わせて既存のすべての
バックアップサブフォルダの名前が変更されます。
• バックアップスケジュールの [ バックアップフォルダ ] を変更した場合、FileMaker Server
は既存のバックアップサブフォルダを自動的に移動することはできません。保持するバッ
クアップの最大数としてカウントする場合は既存のバックアップフォルダを新しい [ バッ
クアップフォルダ ] に手動で移動する必要があります。
• [ 保持するバックアップの最大数 ] を減らした場合、FileMaker Server は余分なバックアッ
プフォルダを最も古いものから順に削除します。
• [ 保持するバックアップの最大数 ] を 0 に設定すると、FileMaker Server ではタイムスタン
プ付きのサブフォルダを作成せずにバックアップファイルが指定された保存先のフォルダ
に直接配置します。
• バックアップスケジュールからデータベースを削除した場合や、データベースがすでにホ
ストされていない場合、FileMaker Server はバックアップスケジュールが実行されるたび
に順次バックアップの最大数に達するまで、最終的にはすべてのバックアップサブフォル
ダからそのデータベースを削除します。
関連項目
データベースバックアップのスケジュール
データベースバックアップスケジュールのヒント
バックアップスケジュールからのデータベースファイルの復元
バックアップフォルダおよびオプションの選択
FileMaker Server 13 ヘルプ
158
管理タスクのスケジュール
データベースバックアップのスケジュール
バックアップスケジュールからのデータベースファイルの復元
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
バックアップからデータベースを復元するには、オペレーティングシステムのツールを使用して、
バックアップフォルダから、FileMaker Server でデータベースファイルをホストするフォルダへ
データベースをコピーします。(バックアップフォルダからデータベースを移動することは避けて
ください。)
バックアップスケジュールからデータベースファイルを復元するには、次の操作
を行います。
1. 復元するホストされたデータベースファイルが現在開いている場合は、FileMaker Server
Admin Console を使用して閉じます。
「ホストされたファイルの閉じ方」を参照してください。
2. FileMaker Server Admin Console を使用して、ホストされたデータベースを削除します。
「ホストされているファイルの削除」を参照してください。
3. オペレーティングシステムのツールを使用して、バックアップフォルダから、ホストされ
たデータベースファイルをアップロードしたデータベースフォルダへデータベースファイ
ルをコピーします。
データベースファイルがオブジェクトを外部に保存するオブジェクトフィールドを使用してい
る場合、バックアップフォルダには、オブジェクトが格納される RC_Data_FMS サブフォル
ダが含まれます。
たとえば、データベースファイルが Customers という名前で、RC_Data_FMS フォルダに
Customers データベースファイル用に外部に保存されたオブジェクトが含まれる Customers
という名前のサブフォルダが含まれている場合は、次のようになります。
RC_Data_FMS¥Customers
このフォルダとフォルダの内容をデータベースファイル自体と共にコピーします。
フォルダを指定してそのフォルダをバックアップした場合、そのフォルダの内容をコピーする
必要があります。
「バックアップフォルダおよびオプションの選択」および「データベースファイルの手動によ
るアップロード」を参照してください。
4. FileMaker Server Admin Console を使用して、復元したデータベースを開きます。
「ホストされているファイルの開き方」を参照してください。
警告 データベースの唯一のバックアップが損傷する可能性を避けるため、必ず、復元す
るデータベースファイルはコピーして、元のバックアップファイルは変更しないままバッ
クアップフォルダに残してください。バックアップフォルダからデータベースファイルを
移動することは避けてください。また、バックアップフォルダに保存されているデータ
ベースファイルを FileMaker Pro を使用して開かないでください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
159
管理タスクのスケジュール
データベースバックアップのスケジュール
メモ ソリューションに含まれる複数のデータベースファイルを一度に復元するには、すべて
のファイルが同時にまとめてバックアップされている場合はファイルのセットに対して前の手
順を実行します。ソリューションに含まれる一部のファイルが異なる時間にバックアップされ
ている場合は、すべてのファイルが同時にバックアップされている最も古いフォルダから復元
して、最終的にすべてが同期されている状態になるようにする必要があるかどうかを判断して
ください。
関連項目
バックアップスケジュールの複数のバックアップの保持の概要
データベースバックアップのスケジュール
データベースバックアップスケジュールのヒント
バックアップフォルダおよびオプションの選択
FileMaker Server 13 ヘルプ
160
管理タスクのスケジュール
データベースの整合性の検証
データベースの整合性の検証
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
データベースが損傷している疑いがある場合は、次の方法で一貫性チェックを実行してデータ
ベースの整合性を検証します。
• スケジュールアシスタントでデータベースの検証タスクスケジュールを作成して、ホスト
されたすべてのデータベース、選択したフォルダ内のデータベース、または選択したデー
タベースを検証する。「スケジュールの作成」を参照してください。
• [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブで1つまたはすべてのデータベースを検証する。
「データベースの管理」を参照してください。
検証プロセスを開始する前に、FileMaker Server から FileMaker クライアントに通知メッセージが
送信され、FileMaker Server が選択したデータベースを閉じる必要があることをユーザに通知しま
す。遅延時間が経過すると、FileMaker Server はまだ接続しているクライアントの接続を解除し
て、選択したデータベースを閉じて検証してから、正常に検証されたデータベースを開き直しま
す。データベースが一貫性チェックをパスしなかった場合は、FileMaker Pro を使用してファイル
を修復する必要があります。破損したファイルを修復する方法については、FileMaker Pro ヘルプ
を参照してください。
FileMaker Server は、一貫性チェックの成功または失敗を示すメッセージを Event.log に記録し
ます。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのデータベースの整合性の確認を許可する必要があります。詳細については、サーバー管理
者に問い合わせてください。
関連項目
ログファイルのエントリの参照
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
161
管理タスクのスケジュール
サーバーサイドスクリプトの実行
サーバーサイドスクリプトの実行
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Server では、2種類のスクリプトを実行して、管理タスクを自動化できます。
• ホストされたデータベースで定義されている FileMaker スクリプト。「FileMaker スクリプ
トの実行」を参照してください。
• システムレベルのスクリプトファイル。「システムレベルのスクリプトファイルの実行」
を参照してください。
FileMaker スクリプトとシステムレベルのスクリプトは両方とも FileMaker Server 展開内のマスタ
マシン上で実行します。
スクリプトを実行するには、FileMaker Server でタスクスケジュールを作成します。スクリプト、
およびスクリプトを実行するタイミングと頻度を指定します。任意のスケジュールと同様に、タ
スクスケジュールはいつでも自動的に実行できます。
また、スクリプトシーケンスタスクスケジュールを作成して、FileMaker スクリプトの前後にオプ
ションの前処理および後処理システムレベルスクリプトを実行することもできます。「スクリプト
シーケンスタスクの作成」を参照してください。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのデータベースに関連付けられたスクリプトの実行を許可する必要があります。詳細につい
ては、サーバー管理者に問い合わせてください。
関連項目
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
162
管理タスクのスケジュール
サーバーサイドスクリプトの実行
FileMaker スクリプトの実行
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Server は、ホストされているデータベースで定義されている FileMaker スクリプトを実
行できます。FileMaker スクリプトのタスクスケジュールを実行するスケジュールを作成し、スク
リプト実行に使用するデータベースおよび FileMaker アカウントを指定します。次に、データベー
ス内で定義されているスクリプトを選択して、スクリプトを実行するタイミングを選択します。
FileMaker Server で実行される FileMaker スクリプトは、次のような単純または複雑なタスクを実
行できます。
• すべてのレコードのフィールドの再計算を実行する
• 新しいトランザクションを夜に処理およびアーカイブする
• バックアップスケジュールの前に重複するレコードを削除する
スクリプトを作成するには、FileMaker Pro の [ スクリプトの管理 ] 機能(以前の名称は
ScriptMaker)を使用して、スクリプトステップと呼ばれる FileMaker Pro コマンドのリストから
選択して、オプションを指定します。FileMaker スクリプトを FileMaker Server で実行するには次
が必要です。
• スクリプトには、FileMaker Server スケジュールでサポートされるスクリプトステップが
含まれている必要があります。
• スクリプトは、FileMaker Server でホストされているデータベースファイルで定義されて
いる必要があります。「データベースのホスト」を参照してください。
FileMaker Server スケジュールでサポートされているスクリプトステップを使用した FileMaker ス
クリプト作成の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
また、スクリプトシーケンスタスクスケジュールを作成して、FileMaker スクリプトの前後にオプ
ションの前処理および後処理システムレベルスクリプトを実行することもできます。「スクリプト
シーケンスタスクの作成」を参照してください。
メモ
• スクリプトの実行に、指定した [ 制限時間(分):] よりも長い時間がかかる場合、または
データベースサーバーが停止した場合に FileMaker スクリプトスケジュールを中止するとき
は、スケジュールアシスタントで [ 制限時間に達するかサーバーが停止したらスケジュール
を中止 ] を選択します。[ 制限時間に達するかサーバーが停止したらスケジュールを中止 ]
を選択しない状態で FileMaker スクリプトがハングした場合は、[ アクティビティ ] > [ ク
ライアント ] タブでスクリプトを停止できます(「イベントログ」を参照してください)。
スクリプトは、[ アクティビティ ] > [ クライアント ] タブで停止できます。
• FileMaker WebDirect ソリューション、カスタム Web 公開、または FileMaker Server スク
リプトスケジュールでサポートされていないステップを含むスクリプトが含まれている場
合は、[ ユーザによる強制終了を許可 ] スクリプトステップを使用して、以降のステップの
処理方法を決定します。
• [ ユーザによる強制終了を許可 ] スクリプトステップオプションが有効(オン)の場
合、サポートされていないスクリプトステップはスクリプトの続行を停止します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
163
管理タスクのスケジュール
サーバーサイドスクリプトの実行
• [ ユーザによる強制終了を許可 ] スクリプトステップオプションが無効(オフ)の場
合、サポートされていないスクリプトステップはスキップされ、スクリプトの実行が
続行されます。
• このスクリプトステップが含まれない場合、スクリプトはこの機能が有効な場合と同
様に実行されるため、サポートされていないスクリプトステップはスクリプトを停止
します。
スクリプトステップによっては、ダイアログボックスを表示するオプションなど、スキップさ
れるオプションがあります。Event.log ファイルには、エラー、または FileMaker Server で
FileMaker スクリプトが実行されるときにスキップされたスクリプトステップの詳細情報が含
まれています。「ログファイルのエントリの参照」を参照してください。
• サーバーサイド FileMaker スクリプトは、カスタム Web 公開と同様に、FileMaker スクリ
プトエンジンの個別のセッションで実行されます。各セッションには、グローバルフィー
ルドおよび変数の独自のコピーがあります。計算機能は、カスタム Web 公開でスクリプ
トが実行された場合と同じ値を返します。ただし、次の例外があります。
• Get(アカウント名)では、最初にスクリプトが実行されたときのアカウント名が返さ
れます(これは、スケジュールの作成時にスケジュールアシスタントで指定されます)
。
• Get(ユーザ名)では、スケジュール名が返されます。
• Get(アプリケーションバージョン)では、データベースサーバーバージョン文字列
が返されます。
• Get(システム IP アドレス)など、ハードウェア関連の機能では、データベースサー
バーから情報が返されます。
• サーバーサイド FileMaker スクリプトのセッションが開始されると、FileMaker Server コ
ンピュータの temp フォルダ内にそのセッション固有の一時サブフォルダが作成されます。
この一時サブフォルダの名前は「S」という文字から始まり、その後にセッションを表す
数字が続きます。Get(テンポラリパス)関数を使用すると、一時サブフォルダのパスを
返すことができます。セッションが終了すると、一時サブフォルダ、およびその中に配置
されたファイルはすべて削除されます。
• FileMaker Server 上で実行している場合、Get(ドキュメントパス)関数はドキュメント
(または書類)フォルダのパスを返します。これは、サーバーのバックアップ、データベー
ス、およびスクリプトフォルダと同じフォルダにあります。スクリプトシーケンスケ
ジュールスタスクの前処理スクリプト、FileMaker スクリプト、および後処理スクリプト
間でインポートファイルやエクスポートファイルを渡すための共有場所としてドキュメン
トフォルダを使用することができます。
• [ レコードのインポート ] および [ レコードのエクスポート ] スクリプトステップで Get
(ドキュメントパス一覧)関数を使用すると、[ ファイルを開く ] スクリプトステップを使
用してファイルを開く前にファイルが存在するかどうかを判断したり、複数のスクリプト
から同じ FileMaker Pro データベースに読み書きしても安全なことを確認することができ
ます。
• FileMaker Server は、インポートおよびエクスポートスクリプトステップの相対ファイル
パスを、Get(テンポラリパス)の固有のサブフォルダを基準にして相対的に評価します。
(..)が含まれる相対パスを使用しているスクリプトステップは、実行時にアクセスエラー
を返します。スクリプトステップがドキュメントフォルダまたはそのサブフォルダのいず
れかを指している場合は、絶対パスを使用することができます。つまり、絶対パスの先頭
FileMaker Server 13 ヘルプ
164
管理タスクのスケジュール
サーバーサイドスクリプトの実行
が、Get(ドキュメントパス)関数で返されるパスと同じである必要があります。たとえ
ば、/ ライブラリ /FileMaker Server/Data/Documents で始まる OS X のパスにアクセス可
能です。
• サードパーティの ODBC ドライバと共に ODBC のインポートを使用する FileMaker スク
リプトを実行する場合は、64 ビットバージョンの ODBC ドライバを使用する必要があり
ます。サーバー上で実行するスクリプトの場合、64 ビットの ODBC ドライバのみがサ
ポートされます。
関連項目
スケジュールの作成
サーバーサイドスクリプトの実行
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
165
管理タスクのスケジュール
サーバーサイドスクリプトの実行
システムレベルのスクリプトファイルの実行
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
FileMaker Server では、Windows バッチコマンド、VBScript、または OS X シェルスクリプト
(bash、Perl、Python)など、システムレベルのスクリプトファイルを実行できます。スクリプ
トの実行タスクスケジュールを作成、スクリプトファイルおよびオプションのスクリプト引数を
指定、スクリプトの実行に使用するユーザアカウント、およびスクリプトを実行するタイミング
を指定できます。システムレベルのスクリプトを使用して、FileMaker Server 外でタスクを実行
します。
タスクスケジュールとしてスクリプトを実行するには、システムレベルのスクリプトファイルを
FileMaker Server Scripts フォルダに置く必要があります。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Data¥Scripts¥
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Data/Scripts/
Windows デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォルトパスの
先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定した場所に置
き換えられます。例 :¥My_Path¥Data¥Scripts¥
システムレベルのスクリプト作成については、使用するスクリプト言語のマニュアルを参照して
ください。
また、スクリプトシーケンスタスクスケジュールを作成して、FileMaker スクリプトの前後にオプ
ションの前処理および後処理システムレベルスクリプトを実行することもできます。「スクリプト
シーケンスタスクの作成」を参照してください。
メモ
• システムレベルのスクリプトにエラー処理および条件分岐ロジックを含める必要があり
ます。スクリプトの構文が正しく、無限ループによってハングしないこと、または外部
リソースが使用可能なことを確認してください。スクリプトの実行に、指定した [ 制限時
間(分):] よりも長い時間がかかる場合、またはデータベースサーバーが停止した場合に
システムレベルのスクリプトスケジュールを中止するときは、スケジュールアシスタント
で [ 制限時間に達するかサーバーが停止したらスケジュールを中止 ] を選択します。[ 制限
時間に達するかサーバーが停止したらスケジュールを中止 ] を選択していない場合にシス
テムレベルのスクリプトがハングしたときは、ハングしたスクリプトのプロセス ID を
Event.log ファイルで調べて終了します(「イベントログ」を参照してください)。
• システムレベルのスクリプトのスケジュールで、システムレベルのスクリプトの実行に対
する正しいアクセス権を持つアカウントを指定する必要があります。(「実行するシステム
レベルのスクリプトの選択」を参照してください)。
• スクリプトに対していずれかの形式のログを有効にして、発生する可能性があるアクセス
権の問題をトラブルシューティングできます。OS X でのログファイルの作成の詳細につ
いては、Apple の Web サイトを参照してください。
• ユーザインターフェースを起動するシステムレベルのスクリプトは使用しないでください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
166
管理タスクのスケジュール
サーバーサイドスクリプトの実行
関連項目
ユーザ、グループ、およびアクセス権(OS X)
スケジュールの作成
サーバーサイドスクリプトの実行
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
167
管理タスクのスケジュール
サーバーサイドスクリプトの実行
スクリプトシーケンスタスクの作成
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
オプションの前処理システムレベルスクリプトを実行し、次に FileMaker スクリプトを実行してか
ら、オプションの後処理システムレベルスクリプトを実行するには、スクリプトシーケンスタス
クスケジュールを作成します。
スクリプトシーケンスを使用すると、FileMaker Pro データベースにファイルをインポートする前
にファイルに対して前処理を実行し、FileMaker スクリプトを実行してデータベースに対して処理
を実行してファイルをエクスポートし、エクスポートしたファイルに対して後処理を実行するこ
とができます。たとえば、他のデータベースからエクスポートされたテキストファイルを検証し
て書式を変更する前処理システムレベルスクリプトを最初に実行するスクリプトシーケンスを作
成します。続いて、このスクリプトシーケンスはテキストファイルをインポートして、FileMaker
Pro データベースに保存されているデータと結合し、Excel 形式で独自のレポートを複数生成する
FileMaker スクリプトを実行します。最後に、レポートの zip ファイルを作成してユーザのダウン
ロードディレクトリに配置する後処理システムレベルスクリプトを実行します。
システムレベルのスクリプトと FileMaker スクリプトをスクリプトシーケンス用に作成する場合
は、次の点に注意してください。
• スクリプトシーケンスから FileMaker スクリプトに進むには、前処理スクリプト(指定し
た場合)が値0(ゼロ)を返す必要があります。
• FileMaker スクリプトから後処理スクリプト(指定した場合)に進むには、FileMaker スク
リプトが値0(ゼロ)を返す必要があります。
• スケジュールを正常に完了させるには、後処理スクリプト(指定した場合)が値0(ゼ
ロ)を返す必要があります。
• システムレベルのスクリプトにエラー処理および条件分岐ロジックを含める必要があり
ます。スクリプトの構文が正しく無限ループによってハングしないことや、外部リソー
スが使用可能なことを確認してください。スクリプトタスクのシーケンスの実行に指定
した [ 制限時間(分):] よりも長い時間がかかる場合、またはデータベースサーバーが停
止した場合にスクリプトシーケンススケジュールを中止する場合はスケジュールアシス
タントで [ 制限時間に達するかサーバーが停止したらスケジュールを中止 ] を選択しま
す。[ 制限時間に達するかサーバーが停止したらスケジュールを中止 ] を選択していない
場合にシステムレベルのスクリプトがハングしたときは、ハングしたスクリプトのプロセ
ス ID を Event.log ファイルで調べて終了します(「イベントログ」を参照してください)。
• FileMaker スクリプトのみを選択していて、前処理スクリプトも後処理スクリプトも選択
していない場合、スクリプトシーケンスタスクスケジュールは FileMaker スクリプトタス
クスケジュールと同じです。
FileMaker スクリプトステップおよび関数の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してく
ださい。
メモ エラーまたは警告状態のメッセージを受信したり、正常完了の確認を受信するには、スクリ
プトシーケンスタスクスケジュールで電子メール通知を有効にします。
FileMaker Server 13 ヘルプ
168
管理タスクのスケジュール
サーバーサイドスクリプトの実行
関連項目
FileMaker スクリプトの実行
システムレベルのスクリプトファイルの実行
スケジュールの作成
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
169
管理タスクのスケジュール
ホストされたデータベースのクライアントへのスケジュー
ホストされたデータベースのクライアントへのスケジュー
ルメッセージの送信
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
メッセージを作成して、そのメッセージを FileMaker ユーザに配信するスケジュールを設定できま
す。メッセージを送信することで、サーバーシャットダウン、データベースアップグレード、ま
たは期限の確認など、重要なイベントをユーザに通知できます。
メッセージは次のユーザに送信できます。
• ホストされているデータベースに現在接続している FileMaker クライアント
• 選択したフォルダのデータベースに接続している FileMaker クライアント
• 選択したデータベースに接続している FileMaker クライアント
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのデータベースのクライアントへのメッセージスケジュールの送信を許可する必要がありま
す。詳細については、サーバー管理者に問い合わせてください。
関連項目
スケジュールの作成
管理タスクのスケジュール
ホストされたデータベースのクライアントへのメッセージの送信
FileMaker Server 13 ヘルプ
170
管理タスクのスケジュール
スケジュールの作成
スケジュールの作成
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
タスクスケジュールを作成する一般的な手順を以下に示します。
タスクスケジュールを作成するには、次の操作を行います。
1. [ スケジュール ] をクリックします。
2.
をクリックし、[ スケジュールの作成 ...] を選択してスケジュールアシスタントを開き
ます。
3. 目的のタスクを選択して、[ 進む ] をクリックします。「タスクの選択」を参照してくだ
さい。
4. スケジュールの詳細を指定し、[ 進む ] をクリックして続行します。スケジュールの詳細は、
選択したタイプによって異なります。
「スケジュール詳細の選択」を参照してください。
5. スケジュールアシスタントの [ 完了 ] をクリックして、スケジュールに行った変更を保存
します。
6. スケジュールの横にある [ 有効 ] を選択して、スケジュールの実行を有効にします([ オプ
ション ] で有効にしていない場合)。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのデータベースに対するスケジュールの作成を許可する必要があります。詳細については、
サーバー管理者に問い合わせてください。
関連項目
FileMaker スクリプトの実行
システムレベルのスクリプトファイルの実行
スクリプトシーケンスタスクの作成
スケジュールの有効化と無効化
手動でのスケジュールの実行
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
171
管理タスクのスケジュール
スケジュールの作成
スケジュール繰り返しの例
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
次の例は、複数回実行する場合にスケジュールがどのように機能するかを示します。この例では、
今日 4:30 PM にスケジュールが作成および有効にされ、今日が金曜日だとします。
スケジュールの定義方法
実行される時間
毎日、2014/12/31 まで1日に1回 5:00 PM
に実行
最初の時間は、今日、金曜日の 5:00 PM です。
次の時間は、明日、土曜日の 5:00 PM です。
このスケジュールは、2014/12/31 の 5:00 PM まで
毎日1回 5:00 PM に実行されます。
毎日、9:00 AM から 5:00 PM まで毎時間
実行、終了日指定なし
最初の時間は、今日、金曜日の 5:00 PM です。
次の時間は、明日、土曜日の 9 AM、10 AM、11
AM、12 PM、1 PM、2 PM、3 PM、4 PM、および 5
PM です。
スケジュールは、毎日、9 AM から 5 PM まで毎時間
実行されます。
毎週、2014/12/31 まで毎週金曜、1日に
1回 5:00 PM に実行
最初の時間は、今日、金曜日の 5:00 PM です。
次の時間は、次の週の金曜日の 5:00 PM です。
このスケジュールは、2014/12/26(最終日前の最後
の金曜日)の 5:00 PM まで、毎週金曜日 5:00 PM に
1回実行されます。
n 日ごと、9:00 AM から 5:00 PM まで 3
日おき、毎時間実行、終了日指定なし
最初の時間は、今日、金曜日の 5:00 PM です。
次の時間は、次の月曜日の 9:00 AM で、5:00 PM ま
で毎時間実行されます。
スケジュールは、3日ごとに、9 AM から 5 PM まで
毎時間実行されます。
メモ
• 開始 / 終了日、および開始 / 終了時間も含まれます。スケジュールが実行される最後の時
間は、スケジュールされた最終日の最終時間です。
• スケジュールの開始時間および終了時間は、同じ日である必要があります。スケジュール
を夜通しで繰り返し実行する場合、スケジュールを2つ作成します。たとえば、データ
ベースのバックアップを毎週金曜日の 9:00 PM から徹夜で次の日の 5:00 AM まで実行す
る場合、毎週金曜日の 9:00 PM から 11:00 PM まで毎時間バックアップするスケジュール
と、毎週土曜日の 12:00 AM から 5:00 AM まで毎時間バックアップするスケジュールを作
成します。
• スケジュールは指定した時刻に実行が開始されますが、処理を続行するために他のスケ
ジュールが完了するまで待たなければならない場合があります。他のスケジュールに時間
がかかり過ぎた場合、2回目の動作予想どおりにはスケジュールが完了しないことがあり
ます。この場合2回目の実行はスキップされます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
172
管理タスクのスケジュール
スケジュールの作成
関連項目
スケジュール頻度および繰り返し設定の選択
スケジュールの作成
スケジュールの編集
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
173
管理タスクのスケジュール
スケジュールの編集
スケジュールの編集
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
タスクスケジュールを編集する一般的な手順を以下に示します。
スケジュールを編集するには、次の操作を行います。
1. [ スケジュール ] をクリックして、リストからスケジュールを選択します。
2.
をクリックし、[ スケジュールの編集 ...] を選択してスケジュールアシスタントを開き
ます。
3. 目的の各ページで変更を行い、[ 進む ] をクリックして続行します。
4. スケジュールアシスタントの [ 進む ] をクリックして、スケジュールに行った変更を保存
します。
5. 必要に応じて、スケジュールの横にある [ 有効 ] を選択して、実行可能にします。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループの
データベースに対するスケジュールの編集を許可する必要があります。詳細については、サー
バー管理者に問い合わせてください。
関連項目
スケジュールの有効化と無効化
スケジュール繰り返しの例
手動でのスケジュールの実行
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
174
管理タスクのスケジュール
スケジュールの複製
スケジュールの複製
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
新しいスケジュールを定義するよりも、既存のスケジュールを複製および編集した方が効率的な
場合があります。
既存のスケジュールを複製するには、次の操作を行います。
1. [ スケジュール ] をクリックして、リストからスケジュールを選択します。
2.
をクリックして、[ スケジュールの複製 ] を選択します。
選択したスケジュールは、< スケジュール名 > コピーという名前でコピーされます。
ヒント スケジュールの名前は、スケジュールアシスタントで変更できます。
をクリックし、
[ スケジュールの編集 ...] を選択してスケジュールアシスタントを開き、[ オプション ] でスケ
ジュール名を変更します。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのデータベースに対するスケジュールの複製を許可する必要があります。詳細については、
サーバー管理者に問い合わせてください。
関連項目
スケジュールの編集
スケジュールの削除
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
175
管理タスクのスケジュール
スケジュールの削除
スケジュールの削除
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
スケジュールを編集するには、次の操作を行います。
1. [ スケジュール ] をクリックします。
2. リストから1つまたは複数のスケジュールを選択します。
3.
をクリックして [ 選択したスケジュールの削除 ] を選択します。
4. [OK] をクリックして、選択したスケジュールを削除することを確認します。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのデータベースに対するスケジュールの削除を許可する必要があります。詳細については、
サーバー管理者に問い合わせてください。
関連項目
スケジュールの編集
スケジュールの複製
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
176
管理タスクのスケジュール
手動でのスケジュールの実行
手動でのスケジュールの実行
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
スケジュールが自動的には実行されない、または無効な場合でもスケジュールを手動で実行する
ことができます。たとえば、スケジュールは、次のような場合に手動で実行できます。
• [ 有効 ] の選択を解除して、特定のスケジュールを無効にした場合。
• [ 有効なスケジュールを実行可能にする ] の選択を解除して、すべてのスケジュールを無効
にした場合。
• 最後のスケジュール実行がすでに終了しているため、スケジュールが無効になっている場
合。[ 前回完了日時 ] 列は、スケジュールが前回正常に完了した時刻で更新されます。[ 次
回の実行 ] 列は、[ 無効 ] のままです。
スケジュールを手動で実行するには、次の操作を行います。
1. [ スケジュール ] をクリックして、リストからスケジュールを選択します。
2.
をクリックして [ スケジュールを今実行する ] を選択します。
[ 前回完了日時 ] 列に、FileMaker Server が実行されているマシンの現在の日付と時刻が表示
されます。スケジュールが正常に実行された場合状態に [OK] と表示されます。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのデータベースに対するスケジュールの実行を許可する必要があります。詳細については、
サーバー管理者に問い合わせてください。
関連項目
スケジュールの有効化と無効化
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
177
管理タスクのスケジュール
スケジュールの有効化と無効化
スケジュールの有効化と無効化
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
特定のスケジュールを有効または無効にしたり、すべてのスケジュールを一度に有効または無効
にしたりすることができます。[ スケジュール ] ウインドウで
ドを選択します。
をクリックして、目的のコマン
目的
実行方法
スケジュールの作成時
または編集時にスケ
ジュールを有効にする
スケジュールアシスタントを使用してスケジュールを作成する場合、
スケジュールを定義するときにスケジュールを有効にできます。
無効になっていたスケ
ジュールを有効にする
[ スケジュール ] ウインドウで、スケジュール名の横にある [ 有効 ] を選
択します。
リストのスケジュールを選択して
をクリックし、[ 選択したスケ
ジュールを有効にする ] を選択することもできます。
メモ スケジュールの最終実行時間にすでに到達している場合、この
スケジュールを再び有効にするには、実行時間を編集する必要があり
ます。
選択されたスケジュー
ルを無効にする
[ スケジュール ] ウインドウで、スケジュール名の横にあるチェック
ボックスの選択を解除します。
リストのスケジュールを選択して
をクリックし、[ 選択したスケ
ジュールを無効にする ] を選択することもできます。
すべてのスケジュール
の実行を禁止する
[ スケジュール ] ウインドウで、[ 有効なスケジュールを実行可能にす
る ] の選択を解除します。
このオプションは、サーバーコンピュータで管理タスクを実行する場
合に便利です。
この設定は、有効になっている個々のスケジュール設定よりも優先さ
れます。
有効なスケジュールを
実行可能にする
[ スケジュール ] ウインドウで、[ 有効なスケジュールを実行可能にす
る ] の選択します。
チェックマークは、タスクスケジュールの一覧で個別に選択されてい
るタスクスケジュールがすべて有効であることを示します。
個別に無効にしたタスクスケジュールは、個別に有効にするまで再度
有効にはなりません。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのデータベースに対するスケジュールの有効化または無効化を許可する必要があります。詳
細については、サーバー管理者に問い合わせてください。
関連項目
手動でのスケジュールの実行
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
178
スケジュールとグループの保存およびロード
スケジュールとグループの保存およびロード
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server を同じマシンに再インストールするか、別のマシンにインストールを移動する必
要がある場合は、現在のインストールに構成されているスケジュールと管理者グループの設定を
保存できます。FileMaker Server のインストールが完了した後、スケジュールと管理者グループの
設定をロードして新しいインストールですぐに構成できます。次の手順でこのプロセスの概要を
説明します。
1. 現在の FileMaker Server のインストール(ソースサーバーと呼ばれる)で、スケジュールと
グループ設定ファイルに既存のスケジュールと管理者グループの設定を保存します。この
ファイルを使用して、新しい FileMaker Server インストールにスケジュールと管理者グルー
プを作成します。
「スケジュールとグループ設定ファイルの保存」を参照してください。
2. FileMaker Server をインストールします。次の点に注意してください。
• 別のコンピュータにインストールを移動する場合は、新しいコンピュータにソースコ
ンピュータのフォルダ構造と同一のフォルダ構造を作成します。
• ソースコンピュータから新しいコンピュータに、データベース、システムレベルのス
クリプト、スクリプトシーケンス用の外部ファイル、およびプラグインを含めて、デ
フォルトのデータベースフォルダおよび追加データベースフォルダをコピーまたは移
動します。
• 新しい FileMaker Server インストールに Runtime ソリューションを登録します。
「データベースの設定」を参照してください。
ヒント 簡単にフォルダ構造を再作成し、データベースとその他のファイルをコピーするには、
ソースコンピュータにファイルとフォルダのアーカイブを作成し、新しいコンピュータでその
アーカイブを展開します。
メモ データベース、バックアップ、スクリプトファイル、またはプラグインが含まれる OS
X のサブフォルダも、fmsadmin グループによって読み込み、および実行可能である必要があ
ります。データベースとバックアップフォルダは、バックアップとアップロード時に
fmsadmin グループによる書き込みが可能になる必要があります。環境設定や追加ファイルの
フォルダを使用するプラグインやスクリプトでは、それらのファイルやフォルダへの書き込み
アクセス権が必要になる場合があります。
既存のインストールからの FileMaker Server 13 の移動の詳細については、開始ページの
『FileMaker Server 入門ガイド』を参照してください。
3. FileMaker Server のインストールが終了した後、Admin Console でスケジュールとグルー
プ設定ファイルをロードできます。「スケジュールとグループ設定ファイルのロード」を
参照してください。
関連項目
スケジュールとグループ設定ファイルの保存
スケジュールとグループ設定ファイルのロード
データベースファイルの手動によるアップロード
FileMaker Server 13 ヘルプ
179
スケジュールとグループの保存およびロード
スケジュールとグループ設定ファイルの保存
スケジュールとグループ設定ファイルの保存
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
スケジュールとグループ設定を保存するには、次の操作を行います。
1. Admin Console の [ サーバー ] メニュー > [ スケジュールとグループの保存 ...] を選択し
ます。
2. Web ブラウザで定義された場所にスケジュールとグループ設定ファイルを保存するか、新
しい場所を指定します。ファイルは、fms13_settings.settings というデフォルト名で作成
されます。
メモ
• スケジュールとグループ設定ファイルには、スケジュールと管理者グループの設定のみが
含まれています。スケジュールについては、スケジュールアシスタントで入力したすべて
の情報が設定ファイルに含まれます。管理者グループについては、グループ名、アカウン
トの詳細、アクセス権、およびグループのホームフォルダが設定ファイルに含まれます。
• スケジュールとグループ設定ファイルではすべてのパスワードが暗号化されます。
• スケジュールとグループ設定ファイルは編集しないでください。
• 編集すると設定がロードされなくなります。スケジュールとグループ設定ファイルを保存
すると、マスタマシンの基本 OS インストールの言語で保存されます。スケジュールとグ
ループ設定ファイルをロードする場合、設定ファイルの言語はマスタマシンの言語設定と
異なる場合があります。
関連項目
スケジュールとグループの保存およびロード
スケジュールとグループ設定ファイルのロード
FileMaker Server 13 ヘルプ
180
スケジュールとグループの保存およびロード
スケジュールとグループ設定ファイルのロード
スケジュールとグループ設定ファイルのロード
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
重要 スケジュールとグループ設定ファイルをロードすると、新しい FileMaker Server インストー
ルのすべての既存のスケジュールと管理者グループの設定が削除され、スケジュールとグループ
設定ファイルの設定に置き換えられます。複数の FileMaker Server のスケジュールと管理者グ
ループの設定をマージすることはできません。
スケジュールとグループ設定を保存するには、次の操作を行います。
重要 スケジュールとグループ設定ファイルをロードする前に、ソースサーバーのインストールと
同一のフォルダ構造を新しい FileMaker Server インストールに作成していることを確認してくだ
さい。データベース、スクリプト、およびその他のソリューションファイルをソースインストー
ルから新しい FileMaker Server インストールにコピーし、適切なアクセス権を OS X で設定しま
す。別のマシンにインストールする場合は、スケジュールとグループ設定ファイルを新しいイン
ストールにコピーします。詳細については、「スケジュールとグループの保存およびロード」を参
照してください。
1. 新しい FileMaker Server インストールの Admin Console で [ サーバー ] メニュー > [ スケ
ジュールとグループのロード ...] を選択します。
2. [ 参照 ](Windows)または [ ファイルを選択 ](OS X)をクリックして、スケジュールと
グループ設定ファイルを保存したフォルダを指定します。FileMaker Server 11、12、また
は 13 で保存した設定ファイルをロードできます。
• FileMaker Server 11 のデフォルトのファイル名は、オペレーティングシステムのツー
ルを使用してファイル名を変更していない場合 fms11_settings.xml です。
• FileMaker Server 12 のデフォルトのファイル名は、オペレーティングシステムのツー
ルを使用してファイル名を変更していない場合 fms12_settings.xml です。
• FileMaker Server 13 のデフォルトのファイル名は、オペレーティングシステムのツー
ルを使用してファイル名を変更していない場合 fms13_settings.settings です。
3. スケジュールとグループ設定ファイルを選択して、[ 開く ](Windows)または [ 選択 ]
(OS X)をクリックします。
4. [ ロード ] をクリックしてスケジュールとグループ設定ファイルを FileMaker Server に
ロードします。
5. 要求された場合は、新しい FileMaker Server インストールのすべての既存のスケジュール
と管理者グループをソースインストールのスケジュールと管理者グループで置き換えま
す。
6. 次のいずれかの操作を行います。
• ロード成功ダイアログボックスが表示されたら、エラーは発生していません。[OK] を
クリックします。
• スケジュールとグループのロード結果ダイアログボックスが表示されたら、発生した
エラーを確認し、必要な修正を加えてから [OK] をクリックします。
FileMaker Server 13 ヘルプ
181
スケジュールとグループの保存およびロード
スケジュールとグループ設定ファイルのロード
メモ
• 新しい FileMaker Server インストールでスケジュールとグループ設定ファイルをロードす
ると、FileMaker Server はデフォルトのデータベースフォルダ構造のフォルダ、データ
ベース、およびスクリプトを参照するスケジュールと管理者グループの相対パスを自動的
に更新します。新しいインストールでフォルダ、データベースおよびスクリプトを別の
フォルダに移動している場合は、スケジュールアシスタントを使用して、フォルダ、デー
タベースおよび新しいフォルダのスクリプトを参照するすべてのスケジュールまたは管理
者グループのパスを変更します。設定手順については、「スケジュールの編集」を参照し
てください。
• 必要に応じて見つからないデータベースをアップロードし、見つからないフォルダ、スク
リプトファイル、スクリプトシーケンス用の外部ファイル、またはプラグインを新しい
FileMaker Server インストールの正しいフォルダに移動します。
• スケジュールに対する電子メール通知を有効にしている場合は、新しい FileMaker Server
インストールで、SMTP サーバー設定を手動で構成する必要があります。設定手順につい
ては、「電子メール通知の設定」を参照してください。
• 必要に応じて、[ 一般設定 ] > [ 管理者グループ ] タブで管理者グループの設定を変更し、
グループを有効にして新しいインストールで正しく機能するようにできます。設定手順に
ついては、「管理者グループの設定」を参照してください。
関連項目
スケジュールとグループ設定ファイルの保存
データベースファイルの手動によるアップロード
FileMaker Server 13 ヘルプ
182
トラブルシューティング
トラブルシューティング
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
一般的に、FileMaker Server に関する問題は次の領域で発生します。
• 展開の問題
• Admin Console の問題
• 一般的な問題
• ネットワークの問題
• クライアントコンピュータの問題
• FileMaker Server イベントログメッセージ
• コマンドラインのエラーメッセージ
• パフォーマンスの向上
メモ FileMaker Pro がすでに実行されている場合、データベースサーバーを同じコンピュータ上
で開始するとデータベースサーバーは起動しますがすぐに停止します。FileMaker Pro を停止して
からデータベースサーバーを起動してください。この問題が解消されない場合は、コンピュータ
を再起動し、データベースサーバーを起動してから FileMaker Pro を起動してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
183
トラブルシューティング
展開の問題
展開の問題
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
展開アシスタントが Web サーバーテストが失敗したことをレポートしている
展開アシスタントが指定した Web サーバーと通信できない場合、さらに情報を追加して再試行す
ることができます。
Web サーバーを検出するには、次の操作を行います。
1. Admin Console の [ サーバー ] メニュー > [ 展開の編集 ...] を選択します。
2. 展開アシスタントで、ワーカーマシンを Web サーバーの役割に割り当てる画面が表示さ
れるまで [ 進む ] をクリックします。
3. ワーカーマシンの設定の手順に従います。
OS X Web サーバーがスタートアップ時に失敗する
FileMaker Server サポートバージョンの PHP をインストール場合、OS X Server Admin ツール内
に表示されるようにはなっていません。OS X Server Admin ツールを使用して PHP をオンにする
場合、Server Admin ツールは2番目の PHP エンジンを Web サーバーの設定ファイルに追加しま
す。その結果 Web サーバーは2番目の PHP エンジンのロードを試行すると起動時に失敗します。
詳細については、FileMaker ナレッジベースを参照してください。「カスタマサポートとナレッジ
ベース」を参照してください。
関連項目
トラブルシューティング
FileMaker Server 13 ヘルプ
184
トラブルシューティング
Admin Console の問題
Admin Console の問題
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
Admin Console が応答しない
Admin Console でタブ、コマンド、またはオプションをクリックしても Admin Console が応答し
ない場合は、管理サーバープロセスが停止している可能性があります。fmsadmin RESTART
ADMINSERVER コマンドを使用して、管理サーバープロセスを再起動できます。詳細について
は、「RESTART コマンド」を参照してください。
Admin Console が頻繁に再起動する
FileMaker Server サービス(Windows)または fmserver_helperd デーモン(OS X)が起動して管
理サーバープロセスを監視します。管理サーバープロセスが停止するか、約1分を超えて応答し
なくなると、デフォルトで FileMaker Server は管理サーバープロセスを自動的に再起動します。
Admin Console が頻繁に再起動する場合、展開で Admin Console の応答制限時間が超過している
ことが原因である可能性があります。fmsadmin AUTORESTART ADMINSERVER コマンドで自動
監視をオフにすることで、この動作を防止できます。詳細については、「AUTORESTART コマン
ド」を参照してください。
リモートコンピュータから Admin Console を起動できない
• マスタマシンでファイアウォールが有効になっている場合は、FileMaker Server で要求さ
れるポートを開いてユーザと管理者と通信できるようにする必要があります。「FileMaker
Server によって使用されるポート」を参照してください。
• Admin Console が開かない場合は、マスタマシンの IP アドレスが変更されているかどう
かを調べてください。各ショートカットは特定の FileMaker Server 展開に対する Admin
Console を開始します。マスタマシンの IP アドレスが変更されている場合は、ショート
カットを削除して、FileMaker Server Admin Console 開始ページからもう一度 Admin
Console を開始する必要があります。「Admin Console の起動」を参照してください。
• Admin Console が FileMaker Server に接続できない場合は、管理サーバープロセスが停止
しているか、FileMaker Server が部分的にしか起動していない可能性があります。管理
サーバープロセスが停止しているかどうかを確認するには、fmsadmin LIST FILES コマン
ドを使用します(LIST コマンドを参照)。LIST FILES が機能する場合は、管理サーバープ
ロセスが停止しているため、fmsadmin RESTART ADMINSERVER コマンドを使用して再
起動できます。LIST FILES が機能しない場合は、[ サービス ] コントロールパネル
(Windows)または launchctl コマンド(OS X)を使用して、FileMaker Server を停止して
再起動します。詳細については、「FileMaker Server サービスの起動または停止
(Windows)」または「FileMaker Server バックグラウンドプロセスの起動または停止
(OS X)」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
185
トラブルシューティング
Admin Console の問題
Admin Console 開始ページまたはテクノロジーテストが表示される前に Web ブ
ラウザにセキュリティメッセージが表示される
これは、FileMaker Server に含まれる自己署名入りの証明書の正常な動作です。続行するオプショ
ンをクリックするか、ページに直接移動します。
特定のサーバー名に一致する独自の署名入り証明書を証明期間に要求することをお勧めします。
fmsadmin CERTIFICATE コマンドを使用した秘密キーと証明書署名要求(CSR)の作成の詳細に
ついては、「CERTIFICATE コマンド」を参照してください。
関連項目
トラブルシューティング
FileMaker Server 13 ヘルプ
186
トラブルシューティング
一般的な問題
一般的な問題
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server が送信している電子メールメッセージが多すぎる
電子メール通知が有効になっている頻繁に実行するタスクスケジュールがたくさんあります。電
子メール通知を無効にするか、またはいつくかのタスクスケジュール用の電子メールアドレスを
削除します。スケジュールが失敗したときの電子メール通知の受信も参照してください。
タスクスケジュールが実行されない
FileMaker Server がスケジュールの実行を許可するように設定されているかどうかを確認してくだ
さい。FileMaker Server が有効なスケジュールを実行するように許可するには、[ スケジュール ] を
クリックして [ 有効なスケジュールを実行可能にする ] を選択します。また、スケジュールの [ 有効 ]
を選択します。
FileMaker スクリプトスケジュールの場合は、[FileMaker スクリプトエンジン ](FMSE)が実行さ
れているかどうかを確認します。実行されていない場合は、コマンド fmsadmin start fmse を使用
して開始します。詳細については、「START コマンド」を参照してください。
追加データベースフォルダまたはバックアップデータベースフォルダへのパスが
有効でない
フォルダの所有権およびアクセス権を確認してください。[ データベースサーバー ] > [ フォルダ ]
タブ、またはスケジュールアシスタントの [ 検証 ] をクリックすると、フォルダが正しいアクセス
権を持っていない場合 Admin Console はフォルダパスの検証に失敗します。フォルダがユーザ
fmserver(または fmsadmin グループ)によって所有されていて、読み / 書きアクセス権があるこ
とを確認します。バックアップフォルダはデフォルトデータベースフォルダ、追加データベース
フォルダまたは Scripts フォルダの親またはサブフォルダにすることはできません。追加のデータ
ベースフォルダはデフォルトデータベースフォルダ、バックアップフォルダまたは Scripts フォル
ダの親またはサブフォルダにすることはできません。「データベースおよびバックアップフォルダ
の設定」および「有効なフォルダのヒント」を参照してください。
データベースサーバーは、データベースサーバーの開始後にマウントされたボリューム上のフォ
ルダを認識できません。データベースサーバーを停止してから起動し、新しくマウントしたボ
リュームにアクセスしてみてください。「FileMaker Server コンポーネントの起動または停止」を
参照してください。
データベースサーバーは、マスタマシンの別のユーザによって追加されたボリュームのフォルダ
は認識できません。
[ ヘルプ ] アイコンをクリックした場合、または FileMaker Server ヘルプを選択
した場合、Web ブラウザにセキュリティエラーメッセージが表示される
このセキュリティエラーは、サーバー管理者がサーバーの証明書を作成していない場合に表示さ
れます。
• Chrome の場合は、[ このまま続行 ] をクリックします。
• Internet Explorer の場合、[ このサイトの閲覧を続行する(推奨されません)] をクリック
します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
187
トラブルシューティング
一般的な問題
ブラウザウインドウに FileMaker Server ヘルプが表示されます。
「CERTIFICATE コマンド」を参照してください。
ホストされているデータベースをバックアップするときにデータベースバック
アップの作成に非常に長い時間がかかる
データベースを Windows ReFS ボリューム、またはハードリンクをサポートしないその他のファ
イルシステムにバックアップするバックアップスケジュールまたはプログレッシブバックアップ
では、データベースバックアップの作成に長い時間がかかることがあります。これは、バック
アップ時にバップアッププロセスが個々のファイルをコピーすることが原因です。
関連項目
トラブルシューティング
FileMaker Server 13 ヘルプ
188
トラブルシューティング
ネットワークの問題
ネットワークの問題
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
TCP/IP を使用している FileMaker Pro クライアントがネットワーク上で
FileMaker Server データベースを見つけることができない
ホストおよびクライアントコンピュータに TCP/IP ネットワークソフトウェアが適切にインストー
ルされていることを確認します。また、指定した同時クライアント接続数の制限に達していない
ことを確認します。
TCP/IP で共有している FileMaker Pro データベースはローカルホストの一覧、ホストマシンの IP
アドレス、またはホストマシンの DNS 名を使用してリモートから開くことができます。ある方法
が拒否された場合は他の方法を試すことができます。たとえば、IP アドレス 192.168.10.0、DNS
名 host.domain.com のコンピュータがホストするデータベースを開くには、[ ファイル ] メニュー >
[ 共有ファイルを開く ...] を選択し、[ 共有ファイルを開く ] ダイアログボックスの [ ネットワーク
ファイルパス :] フィールドに、
「fmnet:/192.168.10.0/< ファイル名 >」の形式で IP アドレスまたは
DNS 名を入力します(fmnet:/ には1つのスラッシュを使用することに注意してください)。
メモ FileMaker Pro では、IPv6 アドレスもサポートします。IPv6 アドレスは、コロンで4桁ごと
に区切った8つの数字のグループで、角カッコ [ ] で囲みます。たとえば、“fmnet:/
[2001:0DB8:85A3:08D3:1319:8A2E:0370:7334]/< ファイル名 >”のように入力します。
クライアントコンピュータが [ 共有ファイルを開く ] ダイアログボックスで FileMaker Server を見
つけられない場合、サーバーネットワーク接続を確認して FileMaker Server ポートがファイア
ウォール上で開いていることを確認します。
リモートコンピュータから Admin Console を起動できない
マスタマシンでファイアウォールが有効になっている場合は、FileMaker Server で要求されるポー
トを開いてユーザと管理者と通信できるようにする必要があります。「FileMaker Server によって
使用されるポート」を参照してください。
各ショートカットは特定の FileMaker Server 展開に対する Admin Console を開始します。マスタ
マシンの IP アドレスが変更されている場合は、ショートカットを削除して、FileMaker Server
Admin Console ページからもう一度 Admin Console を開始する必要があります。
「Admin Console
の起動」を参照してください。
クライアントで FileMaker Server でホストされているデータベースが表示されな
い
マスタマシン上のファイアウォール設定がクライアントへのデータベースの表示をブロックして
いる可能性があります。ファイアウォールでブロックすべきではないポートの詳細については、
「FileMaker Server によって使用されるポート」を参照してください。
関連項目
FileMaker Server イベントログメッセージ
トラブルシューティング
FileMaker Server 13 ヘルプ
189
トラブルシューティング
クライアントコンピュータの問題
クライアントコンピュータの問題
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Pro の [ 共有ファイルを開く ] ダイアログボックスに FileMaker
Server の名前が表示されない
• Windows: サービス(ローカル)ノードで、FileMaker Server サービスが開始されている
ことを確認します。
• FileMaker Server が実行されているコンピュータのホスト IP アドレスを指定しなければな
らないことがあります。[ 共有ファイルを開く ] ダイアログボックスで、“fmnet:/<IP アド
レス >” のように入力します。
クライアントで FileMaker Server でホストされているデータベースが表示され
ない
FileMaker Server コンピュータ上のファイアウォール設定がクライアントへのデータベースの表示
をブロックしている可能性があります。ファイアウォールでブロックすべきではないポートの詳
細については、「FileMaker Server によって使用されるポート」を参照してください。
クライアントコンピュータで「ホストとの通信が中断され、回復不可能です。」と
いうメッセージがクライアントに表示される
データベースを閉じるように求める FileMaker Server からの要求にクライアントが応じなかった
場合クライアントは FileMaker Server によってデータベースから接続が解除されます。ホストと
クライアント間の通信が切断された理由として、ハードウェアエラー(ネットワーク接続の切
断)、またはソフトウェアの接続タイムアウト(一定の時間クライアントからの応答がない)によ
るものがあります。接続タイムアウトは、スクリーンセーバーや、プロセッサへの負荷が高い処
理が原因で発生する場合があります。
クライアントコンピュータで「サーバー名が利用できないか、またはホストの許
容量を超えています」というメッセージがクライアントに表示される
FileMaker Server がシャットダウンしたか、または FileMaker Server で使用可能な接続またはクラ
イアントの最大数に達しています。FileMaker Server が実行されていることを確認するか、[ データ
ベースサーバー ] > [FileMaker クライアント ] タブで、許可するクライアントの数を増やします。
クライアントコンピュータで「ホストの許容量を超えています」というメッセー
ジがクライアントに表示される
FileMaker Server で、使用可能な接続またはクライアントの最大数に達しています。[ データベー
スサーバー ] > [FileMaker クライアント ] タブで、許可するクライアントの数を増やします。
クライアントコンピュータで「このファイルは変更禁止なので、この操作は実行
できません。」というメッセージがクライアントに表示される(OS X の
FileMaker Server でホストされた FileMaker Pro データベース)
データベースファイルのアクセス権が正しく設定されていないため、クライアントはデータベー
スファイルを変更できません。オペレーティングシステムレベルの fmsadmin グループがデータ
FileMaker Server 13 ヘルプ
190
トラブルシューティング
クライアントコンピュータの問題
ベースファイルを所有していて、読み / 書きアクセス権を持っている必要があります。
「Event.log」には、「データベース「ファイル名」を読み込み専用で開きました。」と報告されま
す。データベースファイルが fmsadmin グループによって所有されていない場合、データベース
ファイルは FileMaker Server によって認識されず「Event.log」にエントリは記述されません。
関連項目
FileMaker Server イベントログメッセージ
データベースサーバーの設定
パフォーマンスの向上
ユーザ、グループ、およびアクセス権(OS X)
トラブルシューティング
FileMaker Server 13 ヘルプ
191
トラブルシューティング
FileMaker Server イベントログメッセージ
FileMaker Server イベントログメッセージ
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
次に Event.log または Windows イベントビューアに表示される場合があるログファイルメッセー
ジの一覧と各メッセージの説明を示します。保存先の名前やファイル名など、FileMaker Server ま
たはオペレーティングシステムによって返される変数は角カッコ [ ] で囲まれています。
メモ OS X の場合、FileMaker Server ヘルパーが Event.log にイベントを書き込みます。
[ 日付と時刻 ] に作成された新しい FileMaker Server クラッシュログが見つかり
ました : [ 場所 ]
FileMaker Server では起動時にクラッシュログが確認されます。新しいクラッシュログが検出
されると、イベントログにこのメッセージが書き込まれます。
別の FileMaker Server [ サーバー名 ] がすでにこのライセンスキーを使用して実
行されています。この FileMaker Server がデータベースを開くことはありません
が、Admin Console でライセンスキーを更新することはできます。
2つの FileMaker Server で同じライセンスキーを使用することはできません。[ 一般設定 ] >
[ サーバー情報 ] タブで固有のライセンスキーを入力してください。
Bonjour サービスがインストールまたは実行されていません。FileMaker Server
は FileMaker クライアントに表示されません。
このメッセージが発生する可能性があるのは Windows のみです。FileMaker Server の起動時
に Bonjour サービスがインストールまたは実行されていません。その結果、FileMaker Server
は FileMaker Pro クライアントの [ 共有ファイルを開く ] ダイアログボックス、または
FileMaker Go クライアントの [ ファイルブラウザ ] の [ ローカルホスト ] の一覧に表示されま
せん。ただし、ユーザは IP アドレスまたはホスト名を指定して FileMaker Server に接続でき
ます。
この問題を修正するには、FileMaker Server を起動する前に [ サービス ] コントロールパネル
から Bonjour を開始します。
ユーザ「クライアント 2」とライセンスキーが競合しているため、ユーザ「クラ
イアント 1」はアクセスを拒否されました。
2つのクライアントで同じライセンスキーを使用することはできません。[ クライアント名2 ]
の FileMaker Pro に固有のライセンスキーを入力する必要があります。
クライアント [ クライアント名 ] より反応がありません。接続は解除されました。
([ エラー番号 ])
ネットワークの切断またはソフトウェアエラーのために、接続されたクライアントのコン
ピュータが FileMaker Server との通信を停止しました。
FileMaker Server 13 ヘルプ
192
トラブルシューティング
FileMaker Server イベントログメッセージ
重大なエラーが発生しました。データベース [ ファイル名 ] を閉じます。([ エラー
番号 ])
エラー状態のため、指定されたファイルは FileMaker Server によって閉じられます。旧バー
ジョンの FileMaker Pro を使用してファイルを回復しなければならない場合があります。損傷
ファイルの修復の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
データベースのキャッシュのサイズ : [x] MB。
指定されたメモリ量(x)がデータベースキャッシュ用に使用できます。このメッセージは
FileMaker Server の開始時にログに記録されます。アプリケーションメモリは [ データベース
サーバー ] > [ データベース ] タブの [ データベースキャッシュに予約されている RAM (MB):]
を変更することによって調整できます。新しいキャッシュサイズはただちに有効になります。
データベース [ ファイル名 ] の一貫性チェックが管理者によってスキップされ、
データベースが開きました。このデータベースを使用するとデータが破損する可
能性があります。
管理者が [ アクティビティ ] > [ データベース ] タブで一貫性チェックを省略しました。「ホス
トされているファイルの開き方」を参照してください。
データベース [ ファイル名 ] を開くことができません。データベースが損傷して
いる可能性があります。FileMaker Pro 13 で [ 修復 ] コマンドを使用します。
指定したファイルが一貫性チェックに失敗しました。FileMaker Pro でファイルを開いてみま
す。FileMaker Pro アプリケーションを起動してファイルを開き、画面の指示に従います
(ファイルの修復の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください)。その後、
ファイルを FileMaker Server で開いてみます。「ホストされているファイルの開き方」を参照
してください。
現在の状態でデータベース [ ファイル名 ] を開けませんでした。まず、
FileMaker Pro でデータベースを開いてください。
データベースが古いフォーマットの可能性があります。FileMaker Server 13 を使用してデー
タベースをホストするには、データベースが FileMaker Pro 12(.fmp12)のフォーマットであ
る必要があります。ファイルの変換の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してくだ
さい。
データベースまたはテンポラリファイル [ ファイル名 ] は壊れているため閉じら
れました。([ エラー番号 ])
データベースまたはデータベースの関連テンポラリファイルが損傷しています。
FileMaker Pro でファイルを開いてみます。FileMaker Pro アプリケーションを起動してファイ
ルを開き、画面の指示に従います(ファイルの修復の詳細については、FileMaker Pro ヘルプ
を参照してください)。その後、ファイルを FileMaker Server で開いてみます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
193
トラブルシューティング
FileMaker Server イベントログメッセージ
データベース [ ファイル名 ] は正しく閉じられていません。一貫性チェックを実行
しています。
指定されたファイルが FileMaker Pro または FileMaker Server が異常終了したときに使用され
ていました。したがって、FileMaker Server はファイルのブロックを検証するための一貫性
チェックを実行します。
データベースまたはテンポラリファイル [ ファイル名 ] のディスク容量が不足し
ています。空き領域が [ 数字 ] キロバイトしかありません!テンポラリファイルを
検索して、[ 数字 ] キロバイトを解放しました。
ホストされたデータベースまたはテンポラリファイルを含むディスクの空き容量が不足してい
ます。FileMaker Server は、テンポラリファイルを削除してスペースを増やそうとしていま
す。データベースファイルが拡張できるように、オペレーティングシステムのツールを使用し
て、ディスクの空き容量を増やしてください。空き容量が少なくなりすぎると、FileMaker
Server はエラーを報告し、データベースへの変更を許可しなくなります。
バックアップフォルダ [ フォルダ名 ] は削除されました。
保持するバックアップの指定最大数を超えたため、最も古いバックアップフォルダがデータ
ベースサーバーによって削除されました。
バックアップフォルダを削除すると、新しいバックアップに必要な [x] KB のディ
スク容量が開放されます。
データベースサーバーは、バックアップの一部であるデータベースを完全にコピーするための
十分な空きディスク容量がないことを検出しました。このメッセージは、データベースサー
バーが古いバックアップを削除して新しいバックアップのために十分な空き容量を開放できな
い場合に記録されます。
管理者への電子メール通知に失敗しました : [ 理由 ]
指定された理由のため、管理者への電子メール通知に失敗しました。
[ データベース ] のプログレッシブバックアップ中にエラーが発生しました。新し
いコピーが使用または作成されます。古いリモートオブジェクトディレクトリを
削除できませんでした : 「[ ディレクトリ ]」。([ エラーコード ])
プログレッシブバックアップ中のエラーが原因で、新しいコピーを作成する必要がありまし
た。データベースを新しいフォルダに移動できませんでした。
[ データベース ] のプログレッシブバックアップ中にエラーが発生しました。新し
いコピーが使用または作成されます。データベースを [ フォルダ名 ] から [ フォル
ダ名 ] に移動できませんでした。([ エラーコード ])
プログレッシブバックアップを作成する場合、FileMaker Server はホストされたすべてのデー
タベースの完全バックアップの作成から開始します。最初の完全バックアップが完了した後、
保存間隔の設定で指定した頻度に基づいて、ホストされたファイルの変更されたブロックを
バックアップフォルダにコピーします。データベースをバックアップフォルダにコピーできな
い場合、新しいコピーが作成されます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
194
トラブルシューティング
FileMaker Server イベントログメッセージ
[ データベース ] のプログレッシブバックアップ中にエラーが発生しました。新し
いコピーが使用または作成されます。[ データベース ] へのハードリンクを作成で
きません。([ エラーコード ])
このエラーは、データベースがユーザによってロックされ、古いプログレッシブバックアップ
データベースコピーを使用できない場合に発生します。FileMaker Server はデータベースの古
いプログレッシブバックアップコピーへのハードリンクを作成できないので、新しいコピーが
作成されます。
[ データベース ] のプログレッシブバックアップ中にエラーが発生しました。新し
いコピーが使用または作成されます。古いデータベース「[ データベース ]」を削
除できません。([ エラーコード ])
このエラーは、データベースがユーザによってロックされ、古いプログレッシブバックアップ
データベースコピーを削除できない場合に発生します。
バックアップフォルダ [ フォルダ名 ] を削除中にエラーが発生しました。一部の
ファイルまたはフォルダを削除できませんでした。([ エラー番号 ])
他のプロセスが指定したバックアップフォルダにあるファイルを使用しているか、バックアッ
プフォルダまたはサブフォルダを使用しています。たとえば、他のプログラムがバックアップ
をオフラインストレージにコピーしているか、ユーザが Windows でコマンドラインウインド
ウを開いてパスをバックアップフォルダに変更し、ウインドウを開いたままにしています。
バックアップフォルダ [ フォルダ名 ] の名前を変更中にエラーが発生しました。一
部のファイルまたはフォルダを削除できませんでした。([ エラー番号 ])
他のプロセスが指定したバックアップフォルダにあるファイルを使用しているか、バックアッ
プフォルダおよびそのサブフォルダを使用しています。たとえば、Windows でコマンドライ
ンウインドウを開いてパスをバックアップフォルダに変更し、ウインドウを開いたままにして
います。
FileMaker Server はスリープモードに入ります。キャッシュ全体がフラッシュさ
れ、スケジュールはすべて中断されます。
一定時間操作を行わなかったときにサーバーコンピュータがスリープするように設定されてい
る場合、スリープを開始する前に、オペレーティングシステムにより、開いている各サービス
またはアプリケーションに対し、サービスまたはアプリケーションが省エネルギーモードに対
応できるかどうかを確認するようにメッセージが表示されます。ホストされたデータベースに
現在クライアントが接続している場合、FileMaker Server はスリープ要求を拒否し、サーバー
コンピュータはスリープしません。クライアントが接続していない場合、FileMaker Server
は、保存されていない変更をディスクに書き込み(キャッシュをフラッシュし)、サーバーコ
ンピュータがスリープできるようにします。スリープ中は、タスクスケジュールはすべて中断
され、サーバーコンピュータがスリープしていない次回のスケジュール時刻までは再度実行さ
れません。
FileMaker Server 13 ヘルプ
195
トラブルシューティング
FileMaker Server イベントログメッセージ
FileMaker Server はスリープモードから復旧しました。すべてのスケジュールは
再開されます。
このメッセージは、サーバーコンピュータがスリープモードから復旧したときに、FileMaker
Server によってログに送信されます。スリープ中は、タスクスケジュールはすべて中断され、
サーバーコンピュータがスリープしていない次回のスケジュール時刻まで実行されません。
FileMaker Server のライセンス情報が無効か、見つかりません。FileMaker
Server がデータベースを開くことはありませんが、Admin Console でライセン
スキーを更新することはできます。
[ 一般設定 ] > [ サーバー情報 ] タブで有効なライセンスキーを入力してください。「サーバー情
報の設定」を参照してください。
FileMaker Server を終了します!回復不能なエラーが発生しました。([ エラー番
号 ])
ネットワークエラーなどの原因により、ネットワークの使用中に FileMaker Server によって
サーバーエラーが検出されました。ネットワークのインストール、設定、およびシステムエ
ラーログを確認してください。
FileMaker Server 評価版ライセンスは期限切れです。この FileMaker Server が
データベースを開くことはありませんが、Admin Console でライセンスキーを更
新することはできます。
[ 一般設定 ] > [ サーバー情報 ] タブで有効なライセンスキーを入力してください。「サーバー情
報の設定」を参照してください。
データベース [ ファイル名 ] は読み込み専用で開かれました。複数のハードリン
クがあり、FileMaker Server バックアップファイルの可能性があります。変更す
るには、ファイルのコピーを作成してそのコピーを開く必要があります。
ファイルを開いたときに、データベースファイルに複数のハードリンクがあることが検出され
ると、FileMaker Server ではそのファイルがバックアップファイルである可能性を想定して、
読み込み専用で開きます。この問題を修正するには、データベースを閉じてコピーを作成し、
元のファイルではなくコピーをホストします。
データベース [ ファイル名 ] を開いて一貫性チェックを実行しています ...
データベースの検証スケジュールが実行されているか、[ アクティビティ ] > [ データベース ]
タブで手動で [ 検証 ] または [ すべて検証 ] コマンドを実行したため、FileMaker Server はデー
タベースを開いて一貫性チェックを実行しています。
ディレクトリサービスへの登録に失敗しました。([ エラー番号 ])
LDAP サーバーからの LDAP エラー番号が報告され、ディレクトリサービスへの登録に失敗し
ました。
FileMaker Server 13 ヘルプ
196
トラブルシューティング
FileMaker Server イベントログメッセージ
バックアップフォルダ [ フォルダ名 ] の名前を [ フォルダ名 ] に変更しています。
Admin Console でバックアップスケジュールの名前を変更したため、そのスケジュールの既存
のバックアップフォルダの名前がデータベースサーバーによって変更されました。
スケジュール [ スケジュール名 ] は強制終了されました。[ 保存先 ] が見つかりま
せんでした。
指定された保存先が見つかりませんでした。保存先がリムーバブルメディアの場合は、メディ
アがドライブに挿入されていることを確認します。保存先が外部ドライブまたはネットワーク
ドライブの場合は、ドライブを接続するか、またはネットワークに接続します。保存先ボ
リュームのドライブを正しくセットアップしたらもう一度実行してみます。
スケジュール [ スケジュール名 ] は強制終了されました。データベースが開いてい
ません。
スケジュールで、FileMaker Server が開いているデータベースが存在しないフォルダが指定さ
れています。したがって、タスクスケジュールを続行できません。スケジュールで正しい処理
対象のフォルダが指定されていること、およびすべてのデータベースが正しく開かれているこ
とを確認してください。
スケジュール [ スケジュール名 ] は強制終了されました。[ 保存先 ] は書き込み禁
止です。
指定された保存先がアクセス不可能なので、スケジュールは無効になりました。保存先がリ
ムーバブルメディアの場合は、ドライブから取り出して書き込み可能にし、もう一度挿入し
なければならないことがあります。保存先を正しくセットアップしたら、もう一度実行して
みます。
スケジュール「スケジュール名」は中断され、システムスクリプト「スクリプト
名」が 0 以外のステータス「整数」を返しました。
システムスクリプトが指定された 0 以外の状態を返したため、指定されたスケジュールは強制
終了されました。
スケジュール [ スケジュール名 ] は制限時間を超えました。
指定されたスケジュールが制限時間を超えました。
スケジュール [ スケジュール名 ] は強制終了されました。制限時間を超えました。
スクリプトシーケンスが制限時間を超えたため、指定したスケジュールは強制終了されました。
スケジュール [ スケジュール名 ] によって FileMaker スクリプト [ スクリプト名 ]
が開始されました。
指定された FileMaker スクリプトを実行するために、指定されたスケジュールが開始されま
した。
FileMaker Server 13 ヘルプ
197
トラブルシューティング
FileMaker Server イベントログメッセージ
スケジュール [ スケジュール名 ] によってシステムスクリプト [ スクリプト名 ] が
プロセス ID [ID 番号 ] で開始されました。
指定されたスケジュールによって、指定されたシステムスクリプトが指定されたプロセス ID
番号で開始されました。
次のデータベースの暗号化パスワードを保存することができません : [ データベー
ス名 ]。([ エラー番号 ])
このメッセージは、指定したデータベースの暗号化パスワードをデータベースサーバーが保存
できなかった場合に表示されることがあります。
このマシンの暗号化パスワードを消去できません [ データベース名 ]。([ エラー番
号 ])
[ 暗号化パスワードを消去 ] または [ すべての暗号化パスワードを消去 ] コマンドを選択して、
コマンドが正常に完了しなかった場合に2番目のメッセージが表示されます。
関連項目
ネットワークの問題
クライアントコンピュータの問題
イベントビューアでのアクティビティの表示(Windows)
トラブルシューティング
FileMaker Server 13 ヘルプ
198
トラブルシューティング
コマンドラインのエラーメッセージ
コマンドラインのエラーメッセージ
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
次に、コマンドラインインターフェースを使用している場合に表示されることがあるエラーコー
ドの一覧と、各コードの簡単な説明を示します。追加情報については、Event.log または「トラブ
ルシューティング」を参照してください。
10001 無効な引数
10502 ホストに接続できません
サーバーが利用可能になっていることを確認します。
10504 管理者を接続解除することはできません
接続を解除しようとしているクライアントは管理者です。管理者は常に接続している必
要があります。
10600 スケジュールが見つかりません
10604 スケジュールを有効にできません
10606 スケジュールの無効なバックアップの保存先
10801 ロケールが見つかりませんでした
10900 エンジンがオフラインです
10901 開いているファイルが多すぎます
10902 ファイルが開いていません
10903 同じ名前のファイルがすでに開いています
10904 この操作に対するファイルが見つかりませんでした
11000 ユーザが無効なコマンドを指定しました
11001 ユーザが無効なオプションを指定しました
11002 コマンドの書式が無効です
11005 クライアントが存在しません
20302 不明なユニバーサルパスタイプ
20400 ファイルの操作がキャンセルされました
20401 ファイルの終わり
20402 アクセス権がありません
20404 ファイルが開いていません
20405 ファイルが見つかりません
20406 ファイルが存在します
20407 ファイルはすでに開いています
20500 ディレクトリが見つかりません
20600 ネットワーク初期化エラー
FileMaker Server 13 ヘルプ
199
トラブルシューティング
コマンドラインのエラーメッセージ
その他のエラーコードについては、「カスタマサポートとナレッジベース」を参照してください。
関連項目
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
200
トラブルシューティング
パフォーマンスの向上
パフォーマンスの向上
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
最適なパフォーマンスのために、FileMaker Server は、データベースサーバー用に予約された専用
のコンピュータ上で実行することをお勧めします。多くのクライアントをホストしたり、多くの
データベースファイルをホストする場合、FileMaker Server は、プロセッサ、ハードディスク、お
よびネットワークの容量を大量に使用します。同じコンピュータで、プロセッサへの負荷が高い
他のソフトウェアが実行されていたり、ネットワークトラフィックの負荷が増加すると、
FileMaker Server の実行速度が遅くなり、クライアントコンピュータ上の FileMaker Pro のパ
フォーマンスも低下します。
• ユーザのメインのワークステーションや、ネットワークファイルサーバーとして使用する
コンピュータに FileMaker Server をインストールすることは避けてください。
• 同一コンピュータ上に同時に異なる2つのバージョンの FileMaker Server を実行すること
はできません。
• FileMaker Server を実行しているコンピュータを電子メール、プリント、またはファイル
サーバーとして使用することは避けてください。
• システムバックアップソフトウェアを使用して FileMaker Server によってホストされてい
るデータベースをバックアップしないでください。代わりに、FileMaker Server Admin
Console を使用してデータベースのバックアップをスケジュールします。
• プログレッシブバックアップフォルダには、ホストされたデータベースが配置された場所
とは別のハードドライブに指定することをお勧めします。プログレッシブな変更はホスト
されたデータベースに書き込まれる変更とほぼ同時にプログレッシブバックアップフォル
ダに書き込まれる可能性があるため、2つの異なるハードドライブを使用するとサーバー
パフォーマンスが向上する場合があります。
• アンチウィルスソフトウェアを使用してホストされているデータベースファイルを含む
フォルダをスキャンしないでください。
• サーバーのスクリーンセーバーおよびスリープ(または休止状態およびスタンバイ)モー
ドを無効にしてください。これらの OS 機能はパフォーマンスを低下させたりホストされ
ているデータベースへのアクセスを中断させたりします。
• ホストされているデータベースには、高速なハードディスク、複数ディスクの RAID シス
テム、または信頼できるストレージエリアネットワーク(SAN)を使用してください。
• 64 ビットシステムで FileMaker Server の 64 ビットバージョンを使用している場合は、
[ データベースキャッシュに予約されている RAM (MB):] 設定を増加できます。64 ビット
システムの最大 RAM キャッシュは 1 TB です。
• データベースサーバーは、ホストされているファイルのデータをキャッシュするために、
マスタマシン上のテンポラリディレクトリにテンポラリファイルを作成します。また、開
いているホストされた各ファイルに対してテンポラリファイルを1つ作成し、関連付けら
れているホストされたファイルが閉じられると、自動的にテンポラリファイルを閉じて削
除します。マスタマシンに、テンポラリファイルを格納するための十分な空き容量がある
ことを確認してください。ほとんどの場合、テンポラリファイルのサイズは、関連付けら
れているホストされたファイルのサイズの 10% から 20% ですが、実際の割合は、クライ
アントの数、およびサーバーサイドスクリプトとそれらのアクティビティレベルに応じて
変わります。データベースサーバーはテンポラリファイルのサイズを定期的にチェック
FileMaker Server 13 ヘルプ
201
トラブルシューティング
パフォーマンスの向上
し、空きディスク容量に比べて容量が大きくなり過ぎた場合はテンポラリファイルを縮小
します。
• ファイル索引設定(Windows では Indexing Service、OS X では Spotlight、またはその他
のサードパーティファイル索引設定ソフトウェア)をオフにしてください。この機能はパ
フォーマンスを低下させます。
• 多数の FileMaker Pro および Web 公開クライアントがある場合は、2台のマシンの展開を
考慮してください。「適切な展開タイプの選択」を参照してください。
メモ DHCP サーバーの中には一定の時間で IP アドレスを割り当て直すものがあるため、静的 IP
アドレスの使用をお勧めします。
関連項目
トラブルシューティング
適切な展開タイプの選択
FileMaker Server 13 ヘルプ
202
更新の確認
更新の確認
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
開始ページから、FileMaker Server ソフトウェアの更新を確認できます。[ ソフトウェア更新 ] セ
クションで、[ 今すぐ確認 ] をクリックします。更新が利用可能な場合は、リンクをクリックして、
更新をダウンロードできます。Admin Console の [ ヘルプ ] メニュー > [ 更新の確認 ...] を選択して
更新を確認することもできます。
この機能の有効化または無効化の詳細については、
「Admin Console の設定」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
203
ライセンスキーについて
ライセンスキーについて
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker ソフトウェアには、35 文字の固有のライセンスキーが付属します。ライセンスキーを
紛失しないようにご注意ください。ライセンスキーはソフトウェアの再インストールが必要な場
合に備えて安全な場所に保管することをお勧めします。
ソフトウェアのダウンロードページへのリンクを含む電子メールがサーバー管理者に送信されま
す。ライセンスキーはそのページに記載されています。
ライセンスキーは、一度に1台のマシンまたは2台のマシン展開の1つのインスタンスで本ソフ
トウェアのコピー1部の使用が許諾されるライセンス(「ソフトウェア・ライセンス」を参照)に
従うために使用されます。ライセンスキーが無効、または同一のライセンスキーによりインス
トールされたソフトウェアがネットワーク上の別のコンピュータで実行されている場合、
FileMaker Server ソフトウェアによってエラーメッセージが表示され、FileMaker Server は起動し
ません。
FileMaker Server には、1つの FileMaker WebDirect 接続が付属していますが、FileMaker ストア
から追加の接続を購入することができます。
FileMaker Server コンポーネントは1つの FileMaker Server の展開で機能する1台または2台のマ
シン上に展開することができます。固有のライセンスキー、または複数の展開に対してはボ
リュームライセンスを取得する必要があります。各展開に対して FileMaker Server を1つずつ購
入する必要があります。
FileMaker Server ライセンスの変更
同じマシン上で評価版の FileMaker Server 13 からライセンスをアップグレードする場合は、
FileMaker Server ライセンスキーを変更する必要があります。
既存の展開の FileMaker Server ライセンスを変更するには、「サーバー情報の設定」を参照してく
ださい。
FileMaker Server 13 の展開を新しいマシンに移動するか、または旧バージョンの FileMaker
Server からアップグレードするには、開始ページの『FileMaker Server 入門ガイド』を参照して
ください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
204
コマンドラインリファレンス
コマンドラインリファレンス
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker はコマンドラインインターフェース(CLI)を使用して FileMaker Server を管理するた
めの fmsadmin ツールを提供しています。CLI を使用するには、直接、またはリモートデスクトッ
プソフトウェアを使用して、FileMaker Server を実行しているコンピュータにログオンする必要が
あります。
メモ CLI は、コマンドプロンプト(Windows)またはターミナルアプリケーション(OS X)で使
用できます。
コマンドラインインターフェースファイル
CLI 実行可能 fmsadmin は次のフォルダにあります。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Database Server
¥fmsadmin.exe
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Database Server/bin/fmsadmin
メモ
• Windows: Windows デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、
デフォルトパスの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインス
トール中に指定した場所に置き換えられます。例 : ¥My_Path¥Database Server¥
• OS X: fmsadmin へのシンボリックリンク(/usr/bin/fmsadmin)もインストールされます。
コマンド
fmsadmin コマンドの一般フォーマットは次のとおりです。
fmsadmin command [ オプション ]
次の例は、Admin Console ユーザ名 admin およびパスワード pword で認証し、開いているすべて
のデータベースを確認のプロンプトを表示しないで閉じます。
fmsadmin close -y -u admin -p pword
重要 CLI コマンドには、Admin Console 名とパスワードを含めることができます。コマンドを対
話形式で使用する場合、ユーザ名は表示されますが、パスワードは表示されません。スクリプト
やバッチファイル内のコマンドに名前とパスワードを含める必要がある場合は、パスワードの所
有者のみがスクリプトやバッチファイルを参照できるようにしてください。
CLI では、fmsadmin help コマンドを使用して、他のコマンドのヘルプページを表示します。特定
のコマンドに関する FileMaker Server オンラインヘルプについては、「fmsadmin コマンド」を参
照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
205
コマンドラインリファレンス
オプション
オプションを使用してスイッチおよび引数を fmsadmin に渡します。一覧を参照するには、
“fmsadmin help options”と入力します。オプションは、短い形式または長い形式で指定できま
す。たとえば、-h または --help の形式を使用することができます。次のオプションは、すべての
コマンドで使用できます。
使用するオプション
目的
-h、--help
CLI に組み込みのヘルプページを出力します。
-p password、--password password
サーバーの認証に使用するパスワードを指定しま
す。暗号化されたデータベースを開くためのパス
ワード引数の詳細については、「OPEN コマンド」
を参照してください。
-u username、--username username
FileMaker Server への接続に使用するユーザ名ま
たはドメイン名、またはその両方を指定します。
-v、--version
バージョン情報を出力します。
-w seconds、--wait seconds
コマンドがタイムアウトになるまでの時間を秒単
位で指定します。
-y、--yes
すべてのコマンドプロンプトに自動的に「yes」で
回答します。
特定のコマンドのオプション
使用するオプション
目的
-d path、--dest path
バックアップの保存先のパスを指定します。
-f、--force
データベースを強制的に閉じるか、またはサー
バーをシャットダウンします。
-k number、--keep number
維持するバックアップの数を指定します。
--key encryptpass
データベース暗号化パスワードを指定します。
-m message、--message message
クライアントに送信するテキストメッセージを指
定します。
-n、-- clone
バックアップファイルのクローンを作成します。
-o、--offline
オフラインバックアップを実行します。
-s、--stats
ファイルまたはクライアントの使用状況を返しま
す。
--savekey
データベース暗号化パスワードを保存します。
-t seconds、--gracetime seconds
クライアントを強制的に終了するまでの時間を秒
単位で指定します。
-x、--verify
バックアップファイルの整合性を検証します。
• 短い形式のオプションを指定するには、1つのハイフン(-)を使用します。複数のオプ
ションを同時に指定することができます。オプションに引数が必要な場合、通常は、その
オプションが最後に指定するオプションになります。例 :
FileMaker Server 13 ヘルプ
206
コマンドラインリファレンス
fmsadmin close -ym 'Closing for maintenance' Database.fmp12
• 長い形式のオプションを指定するには、2つのハイフン(--)を使用します。スクリプト
で長いオプションを使用すると、読みやすさが向上します。各オプションは、それぞれに
2つのハイフンを付けて別々に指定する必要があります。オプションと引数の間にはス
ペースが必要です。例 :
fmsadmin close --yes --message "Closing for maintenance" Database.fmp12
引数
• スペースが含まれる引数は、シングルクォーテーションまたはダブルクォーテーションで
囲みます。
ヒント コンピュータとファイル名には、スペースを除く標準的な ASCII 文字で構成される名
前を使用します。
• ファイル名の代わりにファイル ID を指定することができます。ファイル ID や他の使用状
況を返すには、fmsadmin list files -s を使用します。ファイル ID は動的に生成されます。
• シェルによって解釈される可能性がある記号は、エスケープする必要があります。つまり、
記号の前に円通貨記号またはバックスラッシュ(\)を付ける必要があります。シェルまた
はコマンドインタープリタのマニュアルを参照してください。
• 例:次のコマンドは、確認のプロンプトを表示せず(-y)、クライアントがファイルを閉
じるまでに5分間の余裕を与え(-t300)、メッセージを送信します(-m)。このコマンド
は、ファイル ID 20 と 22、およびフォルダ「Solution」に対して動作します。
fmsadmin close -y -t300 -m "Closing for maintenance" 20 22 "filemac:/Library/FileMaker Server/
Data/Databases/Solution/"
• 数字で構成されたファイル名を指定するには、ファイル名と拡張子をクォーテーション
マークで囲む必要があります。例 :
"12345.fmp12"
それ以外の場合、数字の文字列はファイル名でなくファイル ID として扱われます。
スクリプト言語
シェルコマンドやターミナルコマンドの実行が許可されているスクリプト言語を使用する場合は、
fmsadmin を使用して、多くのタスクをスクリプトに記述することができます。OS X では、cron
または launchd などのツールを使用して run schedule または backup などの fmsadmin コマンドの
実行をスケジュールできます。Windows では、タスクウィザードを使用してスクリプトタスクを
スケジュールすることができます。
管理者認証
[ 一般設定 ] > [Admin Console] タブで、[ 外部グループを使用する ] が有効にされていない場合、
FileMaker Server では常に CLI を認証しています。[ 外部グループを使用する ] が有効にされていて、
外部グループのメンバーとしてログインしている場合、FileMaker Server は CLI を認証しません。
FileMaker Server は、成功または失敗にかかわらずすべての管理者接続をログに記録します。
関連項目
コマンドラインのエラーメッセージ
FileMaker Server 13 ヘルプ
207
fmsadmin コマンド
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
次に、fmsadmin CLI(コマンドラインインターフェース)のコマンドの一覧を示します。一覧を
参照するには、“fmsadmin help commands”と入力します。詳細については、リンクをクリック
してください。
使用するオプション
目的
AUTORESTART コマンド
管理サーバーを取得、または自動再起動を設定する
BACKUP コマンド
データベースをバックアップする
CERTIFICATE コマンド
FileMaker Server 展開用に署名入り証明書ファイルを作成する
CLEARKEY コマンド
保存されたデータベース暗号化パスワードを削除する
CLOSE コマンド
データベースを閉じる
DISABLE コマンド
スケジュールまたはクライアントの使用状況ログを無効にする
DISCONNECT コマンド
クライアントの接続を解除する
ENABLE コマンド
スケジュールを有効にする
HELP コマンド
fmsadmin コマンドのヘルプページを表示する
LIST コマンド
クライアント、ファイル、プラグイン、またはスケジュール
の一覧を表示する
OPEN コマンド
データベースを開く
PAUSE コマンド
データベースアクセスを一時的に停止する
REMOVE コマンド
データベースがホストされないようにする
RESTART コマンド
データベースサーバー、管理サーバー、FileMaker スクリプト
エンジン、Web 公開エンジン、または XDBC Listener を再起
動する
RESUME コマンド
一時停止したデータベースを使用可能にする
RUN コマンド
スケジュールを実行する
SEND コマンド
メッセージを送信する
START コマンド
データベースサーバー、管理サーバー、FileMaker スクリプト
エンジン、Web 公開エンジン、または XDBC Listener を起動
する
STATUS コマンド
クライアントまたはファイルのステータスを取得する
STOP コマンド
データベースサーバー、管理サーバー、FileMaker スクリプト
エンジン、Web 公開エンジン、または XDBC Listener を停止
する
VERIFY コマンド
データベースを閉じて検証する
関連項目
コマンドラインのエラーメッセージ
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
208
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
AUTORESTART コマンド
形式
fmsadmin AUTORESTART ADMINSERVER [ フラグ ]
説明
有効なフラグが指定されている場合、管理サーバーの自動再起動を有効化、または無効化します。
フラグが指定されていない場合は、現在の自動再起動設定が表示されます。
有効なフラグ
オン:自動再起動をオンにします。
オフ:自動再起動をオンにします。
FileMaker Server サービス(Windows)または fmserver_helperd デーモン(OS X)が起動し、管
理サーバープロセスを監視します。自動再起動をオンにすると、停止した場合や 60 秒を超えて応
答しなくなると、FileMaker Server は管理サーバープロセスを自動的に再起動します。
fmsadmin STOP ADMINSERVER コマンドを使用して管理サーバープロセスを停止すると、
FileMaker Server はプロセスの監視を停止しますが、自動再起動設定は変更されません。
自動再起動のデフォルト設定はオンです。自動再起動オフの設定は持続的な設定ではなく、
FileMaker Server サービス、または、fmserver_helperd デーモンが開始すると、自動再起動は自動
的にオンになります。
このコマンドは、FileMaker Server サービス(Windows)または fmserver_helperd デーモン(OS
X)が実行されている場合にのみ有効です。
オプション
なし
関連項目
RESTART コマンド
START コマンド
STOP コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
209
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
BACKUP コマンド
形式
fmsadmin BACKUP [ ファイル ...] [ パス ...] [ オプション ]
説明
指定したデータベース(ファイル)、または指定したパス(パス)にあるホストされたすべての
データベースをバックアップします。
デフォルトでは、BACKUP コマンドは、クライアントによるデータベースの使用を妨げることな
く、ホストされたデータベースのライブバックアップを実行します。または、オフラインバック
アップを実行するには、最初にデータベースに対して PAUSE を実行してから BACKUP コマンド
を発行し、続いて RESUME コマンドを実行します。保存先のパスを指定しなかった場合、データ
ベースはデフォルトバックアップフォルダにバックアップされます。バックアップするデータ
ベースまたはフォルダを指定しなかった場合、ホストされたデータベースがすべてバックアップ
されます。
BACKUP コマンドを使用するたびに、FileMaker Server は、デフォルトのバックアップフォルダ
内または指定したバックアップフォルダ内に新しいサブフォルダを作成します。新しいフォルダ
の名前は、BACKUP コマンドを使用したときのローカルサーバーの日付と時刻になります。
バックアップが完了した後に、検証してバックアップファイルのクローンを作成するオプション
を使用できます。データベースのクローンには、すべてのフィールド定義、テーブル、レイアウ
ト、スクリプト、ページ設定オプションが含まれますが、レコードデータは含まれません。
オプション
-d path、--dest path
path は、保存先のデフォルトバックアップフォルダを上書きして、指定したパスにデータ
ベースをバックアップします。パスが存在しない場合は、FileMaker Server によって作成され
ます。フォルダへのパスはスラッシュ(/)で終わる必要があります。例 :
Windows: filewin:/ ドライブ文字 :/ フォルダ名 /
OS X: filemac:/ ボリューム名 / フォルダ名 /
-k number、--keep number
number は、保存するバックアップの最大数を指定する整数です(デフォルトは1)。
FileMaker Server では、指定された保存先のフォルダにタイムスタンプ付きのサブフォルダが
作成され、最大数に達すると一番古いフォルダが削除されます。
number が 0 の場合、FileMaker Server ではタイムスタンプ付きのサブフォルダを作成せずに、
バックアップファイルが指定された保存先のフォルダに直接配置されます。同じ名前のバック
アップは上書きされます。
-n、-- clone
バックアップとオプションの検証が完了した後で、各バックアップファイルのクローンを作成
します。
-x、--verify
各バックアップファイルの整合性を検証します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
210
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
関連項目
RUN コマンド
データベースおよびバックアップフォルダの設定
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
211
fmsadmin コマンド
コマンドラインリファレンス
CERTIFICATE コマンド
形式
fmsadmin CERTIFICATE CREATE server_name
fmsadmin CERTIFICATE CREATE subject
fmsadmin CERTIFICATE IMPORT certificate_file
説明
CERTIFICATE コマンドは、FileMaker Server による完全にセキュリティで保護された SSL 接続
用のサーバー名またはドメインネームシステム(DNS)名に一致する署名入り証明書を作成しま
す。
FileMaker Server には、データベースサーバーにインストールされるデフォルトの証明書、および
FileMaker Pro と FileMaker Go ソフトウェアに同梱されているルート証明書が含まれています。
この証明書を使用している場合、データベースサーバーを実行するマシンにサーバー証明書がイ
ンストールされていること、およびクライアント証明書が FileMaker Pro および FileMaker Go ク
ライアントコンピュータにインストールされていることを確認してください。
CERTIFICATE コマンドを使用して、特定のサーバー名または DNS 名に一致する署名入り証明書
を証明機関(CA)に要求できます。CA は、所有者の公開キーと ID を含むデジタル証明書を発行
します。証明書要求を作成すると、公開キーに対応する秘密キーが生成されます。
• 証明機関に送信する証明書要求ファイル(serverRequest.pem)
、および CERTIFICATE
IMPORT コマンドによって使用される暗号化された秘密キーファイル(serverKey.pem)
を作成するには、CERTIFICATE CREATE コマンドを使用します。
serverRequest.pem
CERTIFICATE CREATE server_name
serverKey.pem
• CERTIFICATE CREATE コマンドで作成した、暗号化された秘密キーファイルと証明機関
から戻ってきた証明書ファイルを結合するカスタムサーバーの .pem ファイルを作成する
には、CERTIFICATE IMPORT コマンドを使用します。
certificate.xxx
CERTIFICATE IMPORT
serverCustom.pem
serverKey.pem
メモ Windows または OS X でエラーが生成されるため、情報を serverkey.pem ファイルに書き込
むには管理者権限が必要です。この問題を回避するには次の操作を行う必要があります。
• Windows: [ 管理者として実行 ] を使用してコマンドプロンプトウインドウを開きます。
• OS X: sudo として認証し、スーパーユーザとしてコマンドを実行します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
212
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
オプション
server_name | subject
CERTIFICATE CREATE コマンドには server_name または subject が必要です。
server_name は、ホストされているファイルを FileMaker ネットワークプロトコル、fmnet で
開く場合にクライアントによって使用される値です。
たとえば、FileMaker Pro クライアントで、fmnet:/salesdbs.mycompany.com/sales を使用し
てホストされているデータベース sales を開く場合、次のコマンドで
salesdbs.mycompany.com を server_name として使用します。
fmsadmin certificate create salesdbs.mycompany.com
subject を使用すると、サーバー名より多くの情報を含めることができます。(一部の証明機関
では追加情報が要求されます)subject では、openssl req [-subj arg] コマンドの引数と同じ構
文を使用します。
• subject で、大文字と小文字は区別されません。
• subject は、/type0=value0/type1=value1/type2=... という書式にする必要があります。
ここで、それぞれの type=value の組み合わせは、相対識別名を指定する type 属性と
値を指定します。
• 特殊文字をエスケープするには、円通貨記号またはバックスラッシュ(\)を使用しま
す。
• スペース文字が含まれている場合は、クォーテーションマークを使用して subject 文
字列を囲みます。
たとえば、DNS 共通名 salesdbs.mycompany.com と国の値 US を使用するには、次のコマン
ドを使用します。
fmsadmin certificate create /CN=salesdbs.mycompany.com/C=US
次の例は、subject オプションを使用して指定できる追加の属性を示します。
fmsadmin certificate create "/CN=ets-srvr.filemaker.com/O=FileMaker DBS Test/C=US/
ST=California/L=Santa Clara"
CERTIFICATE CREATE コマンドでは、2つの出力ファイルが作成されます。
• 証明書要求ファイル : serverRequest.pem。
証明機関によって提供されたプロセスを使用して、serverRequest.pem ファイルを送信し
ます。
• 暗号化された秘密キーファイル : serverKey.pem。
CERTIFICATE IMPORT コマンドは、このファイルと証明機関から返送された証明書ファ
イルを結合します。
certificate_file
CERTIFICATE IMPORT コマンドには certificate_file が必要です。
certificate_file は、証明機関から受信した署名入り証明書ファイルへのフルパス名です。絶対
パス名または相対パス名を使用できます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
213
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
たとえば、certificate_file が c:¥Documents¥signedCertificate.crt の場合は、次のコマンドを
使用します。
fmsadmin certificate import c:¥Documents¥signedCertificate.crt
CERTIFICATE IMPORT コマンドは、署名入り証明書ファイルと serverKey.pem ファイルを結
合し、serverCustom.pem というファイルを作成します。serverCustom.pem ファイルは、
CStore フォルダ内に作成されます。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥CStore¥
serverCustom.pem
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/CStore/serverCustom.pem
メモ CERTIFICATE IMPORT コマンドを使用するには次が必要です。
• Windows: CStore フォルダへの管理者権限が必要です。
• OS X: CStore フォルダへの読み / 書きアクセス権が必要です。
CERTIFICATE IMPORT コマンドを使用した後は、データベースサーバーを再起動する必要が
あります。
データベースサーバーが起動して、serverCustom.pem が見つからない場合は、デフォルトの
server.pem が使用されます。
SSL 有効化の詳細については、「データの保護」および「データベースサーバーのセキュリティ設
定」を参照してください。
メモ
• 署名入り証明書では、base-64 エンコードを使用する必要があります。
• FileMaker Server では、証明書失効リストを使用した検証(CRL 検証)はサポートされて
いません。
• サポートされている証明書の詳細については、FileMaker ナレッジベース(filemakerjp.custhelp.com)を参照してください。
関連項目
CLOSE コマンド
データベースサーバーのセキュリティ設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
214
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
CLEARKEY コマンド
形式
fmsadmin CLEARKEY [ ファイル ...]
説明
--savekey オプションと共に OPEN コマンドを使用して、以前サーバーに保存されたデータベース
[ ファイル ] 暗号化パスワードを消去します。
メモ [ ファイル ] でデータベースファイルを指定しない場合、すべてのデータベースの暗号化パス
ワードが削除されます。
オプション
なし
関連項目
OPEN コマンド
CLOSE コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
215
fmsadmin コマンド
コマンドラインリファレンス
CLOSE コマンド
形式
fmsadmin CLOSE [ ファイル ...] [ パス ...] [ オプション ]
説明
指定したデータベース(ファイル)、または指定したフォルダ(パス)にあるホストされたすべて
のデータベースを閉じます。ファイルまたはパスが指定されていない場合は、ホストされたデー
タベースをすべて閉じます。
メモ 特定のデータベースを閉じる場合は、オプションとファイル名またはファイル ID の間にス
ペースを入力する必要があります。例 :
コマンド
結果
fmsadmin close -y [ ファイル ]
[ ファイル ] で指定したデータベースのみを閉じ
ます。
fmsadmin close -y
ホストされているすべてのデータベースをすべて
閉じます。
オプション
-m message、--message message
接続を解除するクライアントに送信するテキストメッセージを指定します。
-t seconds、--gracetime seconds
クライアントの接続を強制的に解除するまでの合計の秒数を指定します。デフォルト(および
最小)の値は 90 秒です。
たとえば、次のように入力すると
fmsadmin close --gracetime 120
クライアントに対してただちにダイアログボックスが表示され、クライアントは [ 今閉じる ]
または [ キャンセル ] をクリックすることができます。クライアントがボタンをクリックしな
かった場合、ファイルは 30 秒で閉じられます。クライアントが [ キャンセル ] をクリックし
た場合、指定した時間制限(120 秒)の 45 秒前に、もう一度ダイアログボックスが表示され
ます。この時点でクライアントが [ 今閉じる ] をクリックすると、データベースはただちに閉
じられます。クライアントが再び [ キャンセル ] をクリックした場合は、さらに 45 秒が経過
した後に、データベースが閉じられます。
-f、--force
確認をプロンプト表示しないでデータベースが強制的に閉じられます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
216
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
関連項目
DISCONNECT コマンド
OPEN コマンド
REMOVE コマンド
STOP コマンド
VERIFY コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
217
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
DISABLE コマンド
形式
fmsadmin DISABLE [ タイプ ] [ スケジュール番号 ]
説明
1つのスケジュールを無効にするか、クライアントの使用状況ログを無効にします。
有効なタイプ
SCHEDULE: スケジュール ID 番号([ スケジュール番号 ])のスケジュールを無効にします。各ス
ケジュールの ID 番号を取得するには、LIST SCHEDULES コマンドを使用します。
CLIENTSTATS: クライアントの使用状況ログを無効にします。
オプション
なし
関連項目
ENABLE コマンド
LIST コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
218
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
DISCONNECT コマンド
形式
fmsadmin DISCONNECT CLIENT [ クライアント番号 ] [ オプション ]
説明
指定したクライアントの接続を解除します。クライアント番号には、クライアントの ID 番号を指
定します。クライアントと ID 番号の一覧を取得するには、LIST CLIENTS コマンドを使用します。
クライアント番号が指定されていない場合は、すべてのクライアントの接続が解除されます。
重要 コマンド fmsadmin DISCONNECT CLIENT でクライアント ID 番号がない場合は、すべての
クライアントの接続が解除されます。
オプション
-m message、--message message
接続を解除するクライアントに送信するテキストメッセージを指定します。
関連項目
CLOSE コマンド
LIST コマンド
STOP コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
219
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
ENABLE コマンド
形式
fmsadmin ENABLE [ タイプ ] [ スケジュール番号 ]
説明
1つのスケジュールを有効にするか、クライアントの使用状況ログを有効にします。
有効なタイプ
SCHEDULE: スケジュール ID 番号([ スケジュール番号 ])のスケジュールを有効にします。各ス
ケジュールの ID 番号を取得するには、LIST SCHEDULES コマンドを使用します。
CLIENTSTATS: クライアントの使用状況ログを有効にします。
オプション
なし
関連項目
DISABLE コマンド
LIST コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
220
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
HELP コマンド
形式
fmsadmin [ オプション ] HELP [ コマンド ]
説明
他の fmsadmin コマンドのヘルプページを表示します。
• 一般的な情報を参照するには、“fmsadmin help”と入力します。
• 使用可能なコマンドの一覧を参照するには、“fmsadmin help commands”と入力します。
• 特定のコマンドのヘルプを参照するには、“fmsadmin help [ コマンド ]”と入力します。
• 使用可能なオプションの一覧を参照するには、“fmsadmin help options”と入力します。
関連項目
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
221
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
LIST コマンド
形式
fmsadmin LIST [ タイプ ] [ オプション ]
説明
指定したタイプのアイテムの一覧を表示します。
有効なタイプ
CLIENTS:接続されているクライアントを一覧表示します。次の例では、現在接続されている
ユーザの一覧を表示します。
fmsadmin list clients
FILES: ホストされているファイルを一覧表示します。次の例は、デフォルトフォルダ内にある、
現在開いていてホストされているファイルのファイル ID、データベースサイズ、ステータス、お
よびその他の使用状況を返します。
fmsadmin list files [-s]
ステータスの詳細には、データベースファイルのサイズ、接続されているクライアント、状態
(正常であるか閉じているか)、および暗号化されているかどうかが含まれます。
PLUGIN: データベースサーバー計算プラグインを一覧表示します。次の例は、すべてのプラグイ
ンを一覧表示します。
fmsadmin list plugins
SCHEDULES: スケジュールを一覧表示します。次の例は、すべてのスケジュールを一覧表示し
ます。
fmsadmin list schedules
メモ Microsoft Server 2012 で管理者としてローカルシステムにログインしている場合、「filewin://
myserver/share/」の特定のファイルが使用可能としてリストされない場合があります。これらの
ファイルを使用可能にするには、レジストリでユーザアクセス制御(UAC)をオフにしてマシン
を再起動した後に FileMaker Server を再起動する必要があります。
オプション
-s、--stats
CLIENTS および FILES の使用状況情報を表示します。リストされているデータベースの暗号
化列にデータベースが暗号化されているかどうかが表示されます。
関連項目
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
222
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
OPEN コマンド
形式
fmsadmin OPEN [ ファイル ...] [ パス ...] [ オプション ]
説明
デフォルトフォルダおよび追加データベースフォルダ内にあるデータベースを開きます。指定し
た各ファイルまたは 各フォルダ(パス)内にあるすべてのデータベースが開かれます。ファイル
またはパスが指定されていない場合は、ホスト領域にあるすべてのデータベースが開かれます。
データベースをファイル名でなく ID で指定するには、最初に LIST FILES -s コマンドを使用して
現在開いているすべてのデータベースおよびデータベース ID の一覧を取得します。
fmsadmin list files [-s]
データベース ID を取得した後で、OPEN コマンドを使用して開くデータベースの ID を指定します。
たとえば、次のコマンドは、データベース ID 20 と 22、およびフォルダ「Solution」を開きます。
fmsadmin open 20 22 "filemac:/Library/FileMaker Server/Data/Databases/Solution/"
オプション
--key password
開いている暗号化データベースのパスワードを指定します。暗号化されたファイルを開こうと
するときにパスワードを入力しない場合、またはパスワードが正しくない場合はエラーメッ
セージが表示されます。
たとえば、次のコマンドはデータベースを開いてパスワードを指定します。
fmsadmin open myencrypteddb --key 26913
--savekey
開いた暗号化データベースのパスワードを --key オプションで保存します。
開かれた各データベースのパスワードが保存されます。パスワードを保存することによって、
毎回パスワードを送信することなくデータベースを開くことができます。これは便利ですがパ
スワードを保存するとセキュリティリスクが発生する可能性があります。
FileMaker Server に保存された特定のデータベースの暗号化パスワードを削除するには、
CLEARKEY コマンドを使用します。データベースの暗号化および暗号化パスワードの詳細に
ついては、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
関連項目
CLEARKEY コマンド
CLOSE コマンド
LIST コマンド
コマンドラインリファレンス
コマンドラインのエラーメッセージ
FileMaker Server 13 ヘルプ
223
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
PAUSE コマンド
形式
fmsadmin PAUSE [ ファイル ...] [ パス ...]
説明
指定したデータベース(ファイル)、または指定したフォルダ(パス)にあるホストされたすべて
のデータベースを一時停止します。ファイルまたはパスが指定されていない場合はホストされた
データベースをすべて一時停止します。
データベースが一時停止された後は、RESUME が実行されるまでファイルオンコピーまたはバッ
クアップが安全に実行できます。
オプション
なし
関連項目
BACKUP コマンド
RESUME コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
224
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
REMOVE コマンド
形式
fmsadmin REMOVE [ ファイル ...] [ パス ...]
説明
データベースファイルを Removed フォルダに移動して、閉じられたデータベースがホストされな
いようにします。指定した各ファイルが取り除かれ、各パスのファイルすべてが取り除かれます。
ファイルまたはパスが指定されていない場合は、ホスト領域にある閉じられたデータベースすべ
てが取り除かれます。パスで指定されているフォルダが空の場合はフォルダが取り除かれます。
オプション
なし
関連項目
CLOSE コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
225
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
RESTART コマンド
形式
fmsadmin RESTART [ タイプ ] [ オプション ]
説明
指定したタイプのプロセスを再起動します。このコマンドは、指定したタイプのプロセスを停止
し、短い遅延の後で起動します。
このコマンドは、FileMaker Server サービス(Windows)または fmserver_helperd デーモン(OS
X)が実行されている場合にのみ有効です。
有効なタイプ
ADMINSERVER: 管理サーバーを停止してから起動します。
FMSE: FileMaker スクリプトエンジンを停止してから起動します。
FMSIB: プログレッシブバックアッププロセスを停止します。
SERVER: データベースサーバーを停止してから起動します。
WPE: Web 公開エンジンを停止してから起動します。
XDBC: ODBC および JDBC アプリケーションとの通信に使用する XDBC Listener を停止してから
開始します。
オプション(SERVER にのみ適用可能)
-f、--force
データベースサーバーのシャットダウンを高速に実行します。すべてのクライアントの接続が
ただちに解除されます。このオプションは、-t オプションよりも優先されます。
-m message、--message message
接続しているクライアントに送信するテキストメッセージを指定します。
-t seconds、--gracetime seconds
クライアントの接続を強制的に解除するまでの合計の秒数を指定します。デフォルト(および
最小)の値は 90 秒です。
たとえば、次のように入力すると
fmsadmin restart --gracetime 120
クライアントに対してただちにダイアログボックスが表示され、クライアントは [ 今閉じる ]
または [ キャンセル ] をクリックすることができます。クライアントがボタンをクリックしな
かった場合、クライアントの接続は 30 秒で解除されます。クライアントが [ キャンセル ] を
クリックした場合、指定した時間制限(120 秒)の 45 秒前に、もう一度ダイアログボックス
が表示されます。この時点でクライアントが [ 今閉じる ] をクリックすると、クライアントの
接続はただちに解除されます。クライアントが再び [ キャンセル ] をクリックした場合は、さ
らに 45 秒が経過した後に、クライアントの接続が解除されます。
gracetime オプションは、--force オプションが使用されていない場合にのみ使用できます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
226
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
関連項目
AUTORESTART コマンド
START コマンド
STOP コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
227
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
RESUME コマンド
形式
fmsadmin RESUME [ ファイル ...] [ パス ...]
説明
一時停止したデータベースを再度使用できるようにします。指定したデータベース(ファイル)、
または指定したフォルダ(パス)にある一時停止されたすべてのデータベースのアクティビティ
を再開します。ファイルまたはパスが指定されていない場合は一時停止されたファイルすべてが
再開されます。
オプション
なし
関連項目
BACKUP コマンド
PAUSE コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
228
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
RUN コマンド
形式
fmsadmin RUN SCHEDULE [ スケジュール番号 ]
説明
スケジュール番号によって指定されたスケジュールを手動で実行します。スケジュールと ID 番号
の一覧を取得するには LIST SCHEDULES コマンドを使用します。
オプション
なし
関連項目
LIST コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
229
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
SEND コマンド
形式
fmsadmin SEND [ オプション ] [ クライアント番号 ] [ ファイル ...] [ パス ...]
説明
クライアント番号によって指定されたクライアント、指定されたデータベース(ファイル)、また
は指定されたフォルダ(パス)にあるデータベースに接続しているすべてのクライアントにテキ
ストメッセージを送信します。
クライアント番号、ファイル、またはパスが指定されていない場合は、接続しているすべてのク
ライアントにメッセージが送信されます。デフォルトでは、引数はファイルまたはパスと想定さ
れます。
クライアント番号を指定するには、-c オプションを使用する必要があります。例 :
fmsadmin SEND -c 2 -m "This is a test message"
オプション
-m message、--message message
送信するテキストメッセージを指定します。
-c、--client
クライアント番号を指定します。
関連項目
LIST コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
230
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
START コマンド
形式
fmsadmin START [ タイプ ]
説明
指定したタイプまたはプロセスのサーバーを起動します。このコマンドは、FileMaker Server サービ
ス(Windows)または fmserver_helperd デーモン(OS X)が実行されている場合にのみ有効です。
有効なタイプ
ADMINSERVER: 管理サーバーを起動します。
FMSE: FileMaker スクリプトエンジンを起動します。
FMSIB: プログレッシブバックアッププロセスを開始します。
SERVER: データベースサーバー を起動します。
WPE: Web 公開エンジンを起動します。
XDBC: ODBC および JDBC アプリケーションとの通信に使用する XDBC Listener を起動します。
オプション
なし
関連項目
AUTORESTART コマンド
RESTART コマンド
STOP コマンド
FileMaker Server コンポーネントの起動または停止
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
231
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
STATUS コマンド
形式
fmsadmin STATUS [ タイプ ] [ クライアント番号 ] [ ファイル ]
説明
指定したタイプのステータスを取得します。
有効なタイプ
CLIENT: クライアント番号によって指定されたクライアントのステータスを取得します。例 :
fmsadmin STATUS client 2
クライアントと ID 番号の一覧を取得するには LIST CLIENTS コマンドを使用します。
FILE: 指定された開いているデータベースのステータスを取得します。たとえば、「Database」と
いう名前のデータベースのステータスを取得するには次のように指定します。
fmsadmin STATUS file Database
オプション
なし
関連項目
LIST コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
232
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
STOP コマンド
形式
fmsadmin STOP [ タイプ ] [ オプション ]
説明
指定したタイプのサーバーまたはプロセスを停止します。
有効なタイプ
ADMINSERVER: 管理サーバーを停止します。fmsadmin STOP ADMINSERVER コマンドを使用
して管理サーバープロセスを停止すると、FileMaker Server はプロセスの監視を停止しますが、自
動再起動設定は変更されません。
FMSE: FileMaker スクリプトエンジンを停止します。
FMSIB: プログレッシブバックアッププロセスを停止します。
SERVER: データベースサーバーを停止します。デフォルトで、すべてのクライアントの接続は
90 秒後に解除されます。
WPE: Web 公開エンジンを停止します。
XDBC: ODBC および JDBC アプリケーションとの通信に使用する XDBC Listener を停止します。
オプション(SERVER にのみ適用可能)
-f、--force
データベースサーバーのシャットダウンを高速に実行します。すべてのクライアントの接続が
ただちに解除されます。
-m message、--message message
接続しているクライアントに送信するテキストメッセージを指定します。
-t seconds、--gracetime seconds
クライアントの接続を強制的に解除するまでの合計の秒数を指定します。デフォルト(および
最小)の値は 90 秒です。
たとえば、次のように入力すると
fmsadmin stop server --gracetime 120
クライアントに対してただちにダイアログボックスが表示され、クライアントは [ 今閉じる ]
または [ キャンセル ] をクリックすることができます。クライアントがボタンをクリックしな
かった場合、クライアントの接続は 30 秒で解除されます。クライアントが [ キャンセル ] を
クリックした場合、指定した時間制限(120 秒)の 45 秒前に、もう一度ダイアログボックス
が表示されます。この時点でクライアントが [ 今閉じる ] をクリックすると、クライアントの
接続はただちに解除されます。クライアントが再び [ キャンセル ] をクリックした場合は、さ
らに 45 秒が経過した後に、クライアントの接続が解除されます。
gracetime オプションは、--force オプションが使用されていない場合にのみ使用できます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
233
コマンドラインリファレンス
fmsadmin コマンド
関連項目
AUTORESTART コマンド
CLOSE コマンド
DISCONNECT コマンド
LIST コマンド
RESTART コマンド
START コマンド
FileMaker Server コンポーネントの起動または停止
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
234
fmsadmin コマンド
コマンドラインリファレンス
VERIFY コマンド
形式
fmsadmin VERIFY [ ファイル ...] [ パス ...] [ オプション ]
説明
指定したデータベース(ファイル)、または指定したフォルダ(パス)にあるホストされたすべて
のデータベースを閉じ、再度開くときに一貫性チェックを実行します。チェックに失敗したデー
タベースは閉じられたままになります。ファイルまたはパスが指定されていない場合は、ホスト
されたデータベースをすべて閉じてチェックします。
メモ 特定のファイルを閉じて検証する場合は、オプションとファイル名またはファイル ID の間
にスペースを入力する必要があります。例 :
コマンド
結果
fmsadmin verify -y Database
指定したファイルのみを閉じて検証します。
fmsadmin verify -y
ホストされたファイルをすべて閉じて検証します。
オプション
-m message、--message message
接続を解除するクライアントに送信するテキストメッセージを指定します。
-t seconds、--gracetime seconds
クライアントの接続を強制的に解除するまでの合計の秒数を指定します。デフォルト(および
最小)の値は 90 秒です。
たとえば、次のように入力すると
fmsadmin verify --gracetime 120
クライアントに対してただちにダイアログボックスが表示され、クライアントは [ 今閉じる ]
または [ キャンセル ] をクリックすることができます。クライアントがボタンをクリックしな
かった場合、ファイルは 30 秒で閉じられます。クライアントが [ キャンセル ] をクリックし
た場合、指定した時間制限(120 秒)の 45 秒前に、もう一度ダイアログボックスが表示され
ます。この時点でクライアントが [ 今閉じる ] をクリックすると、ファイルはただちに閉じら
れます。クライアントが再び [ キャンセル ] をクリックした場合は、さらに 45 秒が経過した
後に、データベースが閉じられます。
-f、--force
確認のプロンプトを表示しないでデータベースを強制的に閉じます。このオプションは、-t オ
プションよりも優先されます。
関連項目
CLOSE コマンド
コマンドラインリファレンス
FileMaker Server 13 ヘルプ
235
用語集
英数字
用語集
英数字
Active Directory
Windows における Microsoft Windows Server オペレーティングシステムに付属する分散型
ディレクトリサービス。Active Directory により一元化された安全な方法でネットワークを管
理することができます。
Admin Console
FileMaker Server の設定と管理、ホストされたデータベースとの作業、接続されたクライアン
トの詳細の表示、および使用状況情報の追跡を行うために使用するアプリケーション。
API(Application Programming Interface)
ソフトウェアアプリケーションを構成するクラス、メソッド、データ構造、変数、プロシー
ジャ、関数などの要素。
AppleScript
OS X: OS X または AppleScript をサポートするアプリケーション(スクリプト可能なアプリ
ケーション)の機能を制御するために使うスクリプト言語。
CLI
CLI は、コマンドラインインターフェースの略です。FileMaker Server CLI を使用すると、管
理者は fmsadmin コマンドを入力して FileMaker Server を管理することができます。
ClientStats.log
各 FileMaker クライアントおよび Web 公開エンジンクライアントで FileMaker Server のパ
フォーマンスに関する使用状況情報を記録するファイル。
DN(識別名)
コンマ区切りの一連の属性を使用して、ディレクトリツリーのエントリを一意に識別します。
DN では、最も左にあるコンポーネントが実際のディレクトリオブジェクトで、最も右側の値
がディレクトリルートになります。
Event.log
データベースサーバーの実行中に発生するイベントを記録するファイル。
FileMaker Go
iPhone、iPad、または iPod touch でデータベースファイルを表示するためのアプリケーショ
ン。クライアントは、FileMaker Go を使用して、FileMaker Server でホストされたデータベー
スファイルにアクセスします。
FileMaker Pro
データベースを作成および変更するためのアプリケーション。クライアントは FileMaker Pro
を使用して、FileMaker Server でホストされたデータベースファイルにアクセスします。
FileMaker Pro Advanced
データベースの開発者が Web 上やワークグループ内で使用するカスタム FileMaker ソリュー
ションを作成したり、無償の Runtime アプリケーションやカスタム FileMaker プラグインを作
成することを可能にするアプリケーション。
FileMaker Server 13 ヘルプ
236
用語集
英数字
FileMaker スクリプト
繰り返し実行されるような操作や面倒な操作を自動化するために FileMaker Pro で作成する1
つまたは複数の命令(スクリプトステップ)。FileMaker Server では、スクリプトスケジュー
ルまたはスクリプトシーケンススケジュールで FileMaker スクリプトを実行できます。
FileMaker スクリプトエンジン(FMSE)
FileMaker スクリプトエンジンとは、FileMaker スクリプトと他社のプラグインを実行する
FileMaker Server コンポーネントです。
FileMaker Server ユーザアカウント
マスタマシンで FileMaker Server が実行するアカウント。インストール中、マスタマシンでデ
フォルトアカウント(Windows の場合はローカルシステム、OS X の場合は fmserver)または
既存のアカウントのいずれかを指定します。
FileMaker WebDirect
Web ブラウザでデータベースファイルのレイアウトにアクセスするための Web アプリケー
ション。Web クライアントは、FileMaker WebDirect を使用して FileMaker Server でホストさ
れたデータベースファイルのレイアウトにアクセスします。
IP アドレス
ネットワークまたはインターネット上のコンピュータを識別する数値。FileMaker Server 13
は、IPv4 および IPv6 のアドレス形式をサポートしています。
JDBC
SQL 文を使用してさまざまなデータベース管理システムのデータへのアクセスや交換を行う
Java API。JDBC ドライバは、Java アプレットと FileMaker Pro または FileMaker Server デー
タソースの間で通信します。
JDBC クライアントドライバ
JAR(Java Archive)ファイル。データベース内のデータにアクセスするための SQL クエリー
を送信し、受信したデータをクライアントアプリケーションに配信します。
LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)
このプロトコルは TCP/IP 上で動作し、システム管理者がユーザ、グループ、デバイス、およ
びその他のデータを一元管理できるようにします。
ODBC
SQL 文を使用して、さまざまなデータベース管理システムのデータへのアクセスや交換を行
う API。FileMaker Server は ODBC を介してデータをデータソースとして共有できます。
FileMaker Server は他のアプリケーションからのデータとも情報交換できます(ODBC クライ
アントアプリケーションとして)。
ODBC クライアントドライバ
DLL(Windows)または共有ライブラリ(OS X)。データソース内に保存されたデータにアク
セスするための SQL クエリーを送信し、要求されたデータをクライアントアプリケーション
に配信します。
Open Directory
Apple の OS X 用標準ベースのディレクトリおよびネットワーク認証サービスアーキテク
チャ。
FileMaker Server 13 ヘルプ
237
用語集
英数字
PHP (PHP:Hypertext Preprocessor)
元はサーバーサイドアプリケーションソフトウェアで動的な Web ページを作成するために使
用されたオープンソースのプログラミング言語。FileMaker Server では、PHP で作成したカ
スタム Web ページ上で FileMaker Pro データベースのデータを公開することができます。
ScriptMaker
「ScriptMaker」という用語は、FileMaker Server では「FileMaker スクリプト」に変更されま
した。「FileMaker スクリプト」を参照してください。
SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)
電子メールメッセージ転送用の標準サーバー間プロトコル。FileMaker Server はこのプロトコ
ルを使用して電子メール通知を送信します。
SQL
データベース管理システム(DBMS)を管理し、DBMS と相互に操作する構造化プログラムク
エリー言語。
SSL(Secure Sockets Layer)
インターネット上で通信を暗号化および認証するプロトコル。HTTPS アクセス方法で使用さ
れます。
Stats.log
FileMaker Server のパフォーマンスに関する使用状況情報を記録するファイル。
TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)
インターネットの基礎となる基本的な通信規約。
Web 公開エンジン
Web 公開エンジンは、FileMaker Server でホストされたデータベース向けにカスタム Web 公
開サービスおよび FileMaker WebDirect サービスを提供します。
Web 公開コア
Web 公開エンジンのソフトウェアコンポーネント。データへの要求を処理してデータをデー
タベースサーバーから XML に変換します。
Web サーバー
Web 上でユーザからの HTTP または HTTPS 要求に応答するソフトウェア。FileMaker Server
展開でデータベースを Web 上に公開するために必要です。
Web サーバーモジュール
Web サーバーコンピュータ上にインストールされる FileMaker Server ソフトウェアコンポー
ネント。Web サーバーモジュールにより、Web 公開エンジンが Web サーバーに接続できるよ
うになります。
XML
XML は厳密なファイル形式ではなく、複数のグループがデータ交換に使用することができる
合意済みの形式を定義するための言語です。多くの組織や企業が XML を使用して製品情報、
取引、在庫などの業務データを送信しています。
FileMaker Server 13 ヘルプ
238
用語集
あ
あ
アカウント
定義されたアクセス権レベルでファイルにアクセスするユーザ名と通常はパスワード。
アクセス権
表示または使用できるレコード、フィールド、レイアウト、値一覧、およびスクリプトを制限
したり、実行可能な操作を制限するための権利。
アクセス権セット
データベースファイルへのアクセスレベルを決定する権利を定義したセット。
アシスタント
タスクを手順ごとにガイドする画面上の指示。
アップロード
データまたはファイルを1台のコンピュータからリモートコンピュータに転送すること。たと
えば、FileMaker Pro の [FileMaker Server にアップロード ] オプションを使用してデータベー
スを FileMaker Server に転送します。
後処理スクリプト
スクリプトシーケンスタスクスケジュールで FileMaker スクリプトの後に実行されるシステム
レベルのスクリプト。
イベントビューア
Windows: さまざまなログファイルに保存されているイベントを表示する Windows オペレー
ティングシステムに付属の管理ツール。FileMaker Server では、イベントはアプリケーション
ログに報告され、イベントビューアを使用して報告されたイベントを表示することができます。
オブジェクトデータフォルダ
オブジェクトを外部に保存するオブジェクトフィールドのオブジェクトフィールドデータを配
置するフォルダ。
オブジェクトフィールド
画像、サウンド、QuickTime ムービー、またはその他のタイプのファイルを保存できる
FileMaker Pro フィールド。
か
拡張アクセス権
FileMaker Pro データ共有アクセス権。ユーザが FileMaker Pro を使用してホストされている
ファイルにアクセスすることを許可するか、データベースを ODBC/JDBC データソースとし
て使用するのを許可するか、または Web 上で公開されたデータにアクセスすることを許可す
るかを決定します。
カスタム Web 公開
FileMaker データベースを Web 上で XML または PHP を使用して共有する方法。ユーザが
FileMaker Server 上でホストされているデータベースと情報交換できる動的 Web ページを作
成できます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
239
用語集
か
管理サーバー
他の FileMaker Server コンポーネントの展開を管理し、FileMaker Server 設定のために、クラ
イアントコンピュータに Admin Console を表示する FileMaker Server ソフトウェアコンポー
ネント。
管理者グループ
FileMaker Server 管理者によってグループ管理者に付与されたアクセス権に従って、グループ
管理者が管理できるホストされたデータベースのグループ。
管理タスク
FileMaker Server の効率的な動作を維持し、ホストされたデータベースのデータの整合性を確
保するために、管理者が定期的に実行する手順。たとえば、データベースのバックアップスケ
ジュールを定期的に実行することは、代表的な管理タスクです。
キャッシュ
頻繁に使用されるデータを格納しておき、データをハードディスクから読み取られなければな
らない場合よりも高速なアクセスを提供するためにプログラムによって予約される RAM の領
域。キャッシュメモリのサイズを大きくしておくと FileMaker Server のパフォーマンス(処理
能力)が向上します。
休止状態
Windows: アイドル状態のシステムの消費電力を節約する電源節約モード。FileMaker Server
が実行されているコンピュータが休止状態になるとクライアントのアクティビティはすべて中
断されます。ホストされたデータベースにクライアントが接続している場合、サーバーコン
ピュータで休止状態が開始されることはありません。
クライアント
FileMaker Go、FileMaker Pro、Web ブラウザ、または ODBC/JDBC クライアントアプリケー
ションを使用して FileMaker Server 上でホストされているデータベースへの接続を開くユー
ザ。FileMaker クライアントとは、FileMaker Go または FileMaker Pro を使用しているユーザ
です。Web 公開クライアントとは、FileMaker WebDirect またはカスタム Web 公開を使用し
ているユーザです。
クライアントアプリケーション
データソースからデータを要求するアプリケーション。例として、FileMaker Server によって
ホストされるデータベースにアクセスする場合は FileMaker Pro、ODBC または JDBC を経由
して SQL を使用してデータを要求する場合はスプレッドシートがあります。
グループ開始ページ
管理者グループに関連付けられているホストされたデータベースを一覧表示する HTML ペー
ジ。グループ開始ページには、ホストされたデータベースが FileMaker クライアントまたは
FileMaker WebDirect で開くことができるかどうかが示されます。
グループ管理者
サーバー管理者によって、Admin Console でデータベース管理タスクを実行する権限を委任さ
れた FileMaker Server ユーザ。グループ管理者は特定の管理者グループに関連付けられたデー
タベースを管理しますが、Admin Console の構成セクションへのアクセスは許可されません。
「サーバー管理者」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
240
用語集
さ
クローン
すべてのフィールド定義、テーブル、レイアウト、スクリプト、ページ設定オプションを含
み、データは含まない FileMaker Pro ファイルのコピー。
さ
サーバー管理者
サーバー管理者は FileMaker Server のインストールおよび設定と、FileMaker Server でホスト
される FileMaker Pro データベースの管理を担当します。FileMaker Server のサーバー管理者
はグループ管理者にデータベース管理タスクを委任することもできます。「グループ管理者」
を参照してください。
サービス
Windows: バックグラウンドで動作して他のプログラムをサポートする機能を実行するプロセ
ス。FileMaker Server は Windows 内でサービスとして実行します。
証明書
証明書は、その他のエンティティ(組織または個人)に発行されるデジタルキーで、そのエン
ティティの ID を第三者に提供します。署名入りのサーバー証明書とクライアント証明書は、
信頼された証明機関(CA)から発行されます。証明機関の主な目的は、エンティティの ID を
検証してそのエンティティを識別するデジタル証明書を発行することです。
スクリプトシーケンス
FileMaker スクリプトをオプションの前処理システムレベルスクリプトおよびオプションの後
処理システムレベルスクリプトと組み合わせたタスクスケジュール。
スケジュール
ホストされたデータベースのバックアップ、スクリプトの実行、クライアントへのメッセージ
の送信を行うスケジュールを作成することができます。
スケジュールとグループ設定ファイル
スケジュールとグループの作成に必要な情報を含むファイル。
スタンバイ
Windows: アイドル状態のシステムの消費電力を節約する電源節約機能。FileMaker Server が
実行されているコンピュータがスタンバイモードになると、すべてのクライアントアクティビ
ティが中断されます。ホストされたデータベースに FileMaker クライアントが接続している場
合、サーバーコンピュータがスタンバイモードになることはありません。
スリープ
非アクティブなコンピュータの消費電力を節約するオペレーティングシステムの機能。
FileMaker Server が実行されているコンピュータがスリープ状態になると、クライアントのア
クティビティはすべて中断されます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
241
用語集
た
た
ディレクトリサービス
組織の情報を保存するために使用される、クライアント / サーバーアーキテクチャで構成され
るソフトウェア。ディレクトリサービスの主要な機能は、情報の保存を一元化して、クエリー
に高速に応答することです。
データソース
アクセスするデータ、たとえば FileMaker Pro データベースまたは別のデータベース管理シス
テム内のデータ。
データベースの暗号化
「保存データ」を保護する暗号化の種類。FileMaker では、保存データはディスクに保存され
開かれていない FileMaker Pro データベースファイルおよびそのテンポラリファイルです。暗
号化されたデータベースは、暗号化パスワードによって不正なアクセスから保護されます。
データベースファイルを暗号化するには FileMaker Pro Advanced が必要です。暗号化された
データベースファイルは、必要に応じて復号化または再暗号化することができます。
データソース名(DSN)
ODBC ドライバがデータベースに接続するために必要な特定のデータベースに関する情報を
含むデータ構造。
データベースサーバー
データベースをホストする FileMaker Server のコンポーネント。2台のマシン展開でデータ
ベースサーバーを実行しているコンピュータはマスタマシンと呼ばれます。データベースファ
イルはマスタマシンのハードディスクに保存されます。
データベースファイル
「顧客」や「請求書」など、特定のデータに関連する1つまたは複数のテーブルで構成された
ファイルにまとめられた情報。1つの大規模なデータベースを複数のデータベースファイルで
構成することもできます。
データベースファイルの圧縮
データベースファイルの空白のフィールド、または重複するデータや不要なデータを取り除い
て、必要なディスク容量を最小化する処理。
データベースフォルダ
FileMaker Server は、起動時に、デフォルトデータベースフォルダ、追加フォルダ、および1
レベル下のサブフォルダで、ホストするデータベースを検索します。
展開
1台または複数のコンピュータ上への FileMaker Server コンポーネントのインストールと構成
の結果およびプロセス。2台のマシン展開では、コンポーネントは複数のコンピュータおよび
ネットワーク上で1つのユニットとして展開されます。
ドメイン名
インターネット上のコンピュータを識別する名前。
ドライバ
ODBC または JDBC ドライバは、SQL クエリーを DBMS が理解できるコマンドに翻訳しま
す。ODBC または JDBC ドライバは、ODBC または JDBC コールを処理し、SQL リクエスト
FileMaker Server 13 ヘルプ
242
用語集
な
をデータソースに送り、受け取ったデータをドライバマネージャに返します。ドライバマネー
ジャはそのデータを要求元のアプリケーションに送ります。
な
認証
アクセス権を割り当てたり、システムやデータベースファイルへのアクセスを許可する前に、
アカウントとパスワード(定義されている場合)が有効かどうかをチェックする処理。
ネットワークプロトコル
コンピュータがネットワーク上でデータを交換する際に使用する一連の規則。一般的なプロト
コルには TCP/IP、HTTP、および HTTPS があります。
は
バックアップ
元のファイルが失われたり、損傷したり、その他の理由で取得不可能になった場合に使用でき
るデータベースファイルのコピー。
バックアップスケジュール
タスクスケジュールによって作成されるデータベースファイルのコピー。
ハードリンク
ファイルシステム上のファイルと名前を関連付けるディレクトリエントリ。バックアップのパ
フォーマンスを改善するため、データベースサーバーによってホストされたファイルが最新の
バックアップファイルと同じであることが判明した場合、データベースサーバーはファイルの
バックアップコピーを追加で作成するのではなく、最新のバックアップファイルへのハードリ
ンクを作成します。ReFS ボリュームはハードリンクをサポートしないので、FileMaker
Server によってデータベースの完全コピーが作成されます。
プラグイン
特定の処理でアプリケーションに機能を追加するソフトウェア。
プログレッシブバックアップ
保存間隔の間に発生した変更のみを適用して FileMaker Server が作成するデータベースファイ
ルのコピー。
ブロック
個別の単位として記録または送信される一続きのデータ要素。多くの場合、ブロックはプログ
ラムがハードディスクから読み取ったり、ハードディスクに書き込んだりするデータの最小単
位です。
ホストされたデータベース
クライアントがコンピュータネットワーク上で使用できるように FileMaker Server によって開
かれるファイル。ホストされたデータベースの情報には、1人または複数のクライアントが同
時にアクセスして変更することができます。
保存間隔
保存間隔とは、プログレッシブバックアップの変更がタイムスタンプ付きのコピーに書き込ま
れる頻度を制御する設定です。
FileMaker Server 13 ヘルプ
243
用語集
ま
ま
前処理スクリプト
スクリプトシーケンスタスクスケジュールで FileMaker スクリプトの前に実行されるシステム
レベルのスクリプト。
マシンの役割
FileMaker Server 展開内の各コンピュータは、マスタまたはワーカーとしてのマシンの役割を
割り当てられます。
マスタ
データベースサーバーを実行してすべてのワーカーマシンを管理する FileMaker Server 展開内
のコンピュータ。マスタはワーカーと通信してユーザからのデータベース要求を処理し、すべ
てのコンピュータの設定を構成し、すべてのコンポーネントのステータスとアクティビティを
監視します。
ら
Runtime ソリューションファイル
FileMaker Pro Advanced ソフトウェアで作成されたデータベースファイル。データを追加、
削除、および変更することはできますが、データベースフィールドやレイアウトを変更するこ
とはできません。
リレーションシップグラフ
FileMaker Pro で、現在のファイルおよび外部の関連データベースファイルの両方のテーブル
の名前を参照することができます。リレーションシップグラフでテーブルを結合したり、異な
るテーブルのフィールド間のリレーションシップを変更します。
わ
ワーカー
FileMaker Server 展開内のコンピュータ。Web 公開エンジンおよび Web サーバーを実行しま
す。ワーカーはマスタによって設定および監視されます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
244
ユーザ登録
ユーザ登録
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server Admin Console の [ ヘルプ ] メニュー > [ ユーザ登録 ] を選択して、製品を登録し
てください。ソフトウェアをユーザ登録すると、アップグレードサービスやカスタマサービスな
どを受けることができます。
FileMaker Server 評価版を試用している場合、使用の前にソフトウェアを登録する必要があります。
詳細については、開始ページの『FileMaker Server 入門ガイド』の「ユーザ登録とサポート」を参
照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
245
カスタマサポートとナレッジベース
カスタマサポートとナレッジベース
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
テクニカルサポートとカスタマサービスの詳細については www.filemaker.co.jp を参照してくだ
さい。
既成のソリューションや FileMaker データベースなど、FileMaker Web サイトにあるリソースにア
クセスするには、[ ヘルプ ] メニュー > [FileMaker Web ページ ] を選択してください。
無償オンラインテクニカルサポートについては、FileMaker ナレッジベースをご利用ください。ナ
レッジベースには、問い合わせの多い質問、ヒント、トラブルシューティングのアドバイスなど
が記載されています。
filemaker-jp.custhelp.com
サポートについては FileMaker Customer Center までご連絡ください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
246
著作権情報
著作権情報
© 2007-2013 FileMaker, Inc. All Rights Reserved.
FileMaker, Inc.
5201 Patrick Henry Drive
Santa Clara, California 95054
FileMaker、ファイルメーカー及び Bento は、FileMaker, Inc. の米国及びその他の国における登録
商標です。ファイルフォルダロゴ、FileMaker WebDirect 及び Bento ロゴは、FileMaker, Inc. の商
標です。その他のすべての商標は該当する所有者の財産です。
FileMaker のドキュメンテーションは著作権により保護されています。FileMaker, Inc. からの書面
による許可無しに、このドキュメンテーションを複製したり、頒布することはできません。この
ドキュメンテーションは、正当にライセンスされた FileMaker ソフトウェアのコピーがある場合そ
のコピーと共にのみ使用できます。
製品及びサンプルファイル等に登場する人物、企業、E メールアドレス、URL などのデータは全
て架空のもので、実在する人物、企業、E メールアドレス、URL とは一切関係ありません。ス
タッフはこのソフトウェアに付属する「Acknowledgements」ドキュメントに記載されます。他社
の製品及び URL に関する記述は、情報の提供を目的としたもので、保証、推奨するものではあり
ません。FileMaker, Inc. は、これらの製品の性能について一切の責任を負いません。
詳細情報については www.filemaker.co.jp をご覧ください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
247
状況依存型のトピックなど、目次に含まれていない
ヘルプトピック
FileMaker Server 13 ヘルプ
248
管理者アカウントの設定
この展開アシスタント設定で、FileMaker Server Admin Console へのログインに使用するアカウン
トを設定します。
管理者アカウントを設定するには、次の操作を行います。
1. [ ユーザ名 ] に、ログインに使用する名前を入力します。
2. [ パスワード ] に、ログインに使用するパスワードを入力します。
[ パスワード ] は必ず入力してください。
3. [ 新パスワード確認 ] にパスワードを再入力します。
4. [ 進む ] をクリックして、次の手順に進みます。
[ キャンセル ] をクリックして、展開アシスタントを終了します。
メモ
• [ ユーザ名 ] を選択する場合、大文字と小文字は区別されません。
• [ パスワード ] では、大文字と小文字が区別されます。
• ユーザ名とパスワードは、Admin Console で変更できます。また、グループの全メンバー
による Admin Console へのアクセスも有効にできます。「Admin Console の設定」を参照
してください。
関連項目
FileMaker Server の展開
管理者グループの設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
249
FileMaker Server の名前付け
この展開アシスタントの設定で、FileMaker Server の展開に名前を割り当て、オプションで追加情
報を指定します。これは識別を行うための手順です。
FileMaker Server の展開に名前を付けるには、次の操作を行います。
1. [ サーバー名 ] に、FileMaker Server の展開の名前を入力します。
ヒント スペースを除く、標準的な ASCII 文字で構成される名前を使用します。サーバー名内
にスラッシュ(/)は使用できません。
FileMaker Pro クライアントでは [ 共有ファイルを開く ] ダイアログボックス、FileMaker Go
クライアントでは [ ファイルブラウザ ]、サーバー管理者には Admin Console の開始ページで
この名前が表示されます。
2. [ サーバーの説明 ] に、FileMaker Saver の展開のオプションを入力します。
この情報は、Admin Console の開始ページで管理者に表示されます。
3. [ 管理者の連絡先情報 ] で、連絡先情報の入力を選択できます。
この情報は、Admin Console の開始ページに表示されます。この情報は、ディレクトリサービ
スに公開することもできます。「ディレクトリサービス設定」を参照してください。
4. [ 進む ] をクリックして、次の手順に進みます。
[ 戻る ] をクリックして、1つ前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックして展開アシスタ
ントを終了します。
メモ この情報は、Admin Console で変更できます。
「Admin Console の設定」を参照してください。
関連項目
FileMaker Server の展開
FileMaker Server 13 ヘルプ
250
データ共有および Web 公開のテクノロジーの有効化
この展開アシスタントの設定で、次の操作を行います。
• ODBC と JDBC 経由でサーバーをデータソースにする。
• インターネットまたはイントラネット上の Web ユーザに FileMaker データベースを公開
するために使用するテクノロジーを選択する。FileMaker Server カスタム Web 公開また
は FileMaker WebDirect を使用するにはこの機能を有効にする必要があります。
Web 公開テクノロジーを有効にするには、次の操作を行います。
1. ODBC と JDBC 経由でサーバーをデータソースにするには、[ はい、ODBC/JDBC を有効
にします ] をクリックして共有を有効にします。無効にするには、[ いいえ、ODBC/JDBC
を有効にしません ] をクリックします。
2. [ はい、Web 公開を有効にします ] をクリックして Web ユーザに FileMaker データベース
を公開するか、[ いいえ、Web 公開を有効にしません ] をクリックします。
3. 使用する Web 公開テクノロジを選択します。
目的
選択項目
HTTP リクエストを XML クエリーのコマンドと引数と共に送
信して、FileMaker データを XML ドキュメントとして取り出
します。
XML
FileMaker Pro で実行する場合と非常に似た外観および機能を
持つ FileMaker データベースを迅速かつ簡単に Web 上に公開
します。
FileMaker WebDirect
PHP Web アプリケーションで FileMaker API for PHP を使用
して、FileMaker データにアクセスします。
PHP
4. PHP 公開を有効にする場合、FileMaker の PHP バージョンをインストールしているかど
うかを決定します。
目的
選択項目
FileMaker の PHP と FileMaker
API for PHP をインストール
はい、FileMaker Server がサポートするバージョンの
PHP をインストールします
PHP がすでにインストールされていて、FileMaker のエ
ンジンを使用する場合、現在インストールされている
PHP エンジンは無効になります。
PHP の独自のインストールを使用 いいえ、すでにインストール済みの PHP エンジンを使
用します
独自の PHP エンジンを使用する場合、PHP 公開を使用
するために FileMaker API for PHP を手動でインストー
ルする必要があります。手順については、開始ページの
『FileMaker Server カスタム Web 公開 with PHP』を参照
してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
251
5. [ 進む ] をクリックして、次の手順に進みます。
[ 戻る ] をクリックして、1つ前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックして展開アシスタ
ントを終了します。
メモ
• Web 公開テクノロジーの設定は、Admin Console で変更できます。しかし、PHP エンジ
ンを変更するには、展開アシスタントを使用する必要があります。「PHP Web サイトのホ
スト」を参照してください。
• ODBC/JDBC 設定は、Admin Console の [ 一般設定 ] で変更できます。「外部 ODBC デー
タソースへのアクセス」を参照してください。
• ODBC/JDBC 設定を有効にすると、クライアントは ODBC と JDBC を使用したデータ
ソースとして FileMaker Server を使用できます。詳細については、開始ページの『ODBC
と JDBC ガイド』を参照してください。
• ODBC/JDBC 設定は、ODBC を経由して外部 SQL データソースにアクセスする
FileMaker Pro データベースをホストする場合には不要です。「外部 ODBC データソース
へのアクセス」を参照してください。
関連項目
FileMaker Server の展開
FileMaker Server の展開の変更
FileMaker Server 13 ヘルプ
252
展開タイプの選択
この展開アシスタントの設定で、FileMaker Server コンポーネントの展開方式を選択します。[ 展
開タイプ ] は、前の手順で [ はい、Web 公開を有効にします ] を選択した場合にのみ表示されま
す。FileMaker Server には、データベースサーバー、Web 公開エンジン、および Web サーバーコ
ンポーネントが含まれています。展開アシスタントを使用すると、これらのコンポーネントを
ニーズに応じて1台または2台のマシンに展開できます。
詳細については、「適切な展開タイプの選択」を参照してください。
展開タイプを選択するには、次の操作を行います。
1. [ 展開タイプ ] で、次のいずれかを選択します。
展開タイプ
展開の詳細
1 台のマシン
マスタ : すべての FileMaker Server コンポーネント
2 台のマシン
マスタ : データベースサーバー
ワーカー : Web 公開エンジンと Web サーバーコンポーネ
ント
2. [ 進む ] をクリックして、次の手順に進みます。
[ 戻る ] をクリックして、1つ前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックして展開アシスタ
ントを終了します。
メモ
• マスタマシンは、必ずデータベースサーバーを稼動しているマシンになります。
• 複数のコンピュータに FileMaker Server コンポーネントを展開する場合、ワーカーマシン
上にソフトウェアをインストールし、次にマスタマシン上にインストールして、展開プロ
セスをスムーズに進めます。
関連項目
FileMaker Server の展開
ワーカーマシンの設定
FileMaker Server 13 ヘルプ
253
ワーカーマシンの設定
この展開アシスタントの設定で、ワーカーマシンを Web サーバーの役割に割り当てます。展開ア
シスタントは、ローカルネットワーク上で割り当てられていないワーカーマシンを検索します。
該当するマシンが見つかると、リストに IP アドレスが表示されます。ワーカーマシンが検出され
ない場合、マシンの IP アドレスをルックアップできます。指定したマシンに Web 公開エンジン
と Web サーバーを展開できます。
ワーカーマシンの役割を割り当てるには、次の操作を行います。
1. [Web サーバー ] から、割り当てられていないワーカーマシンの IP アドレスを選択します。
展開アシスタントは、ローカルネットワーク上の割り当てられていないすべてのワーカーマシ
ンを検出して、その IP アドレスを [Web サーバー ] リストに表示します。ワーカーのアドレス
がリスト内にない場合は、[ 再スキャン ] をクリックします。次に、ワーカーがリストに表示
されているかどうかを確認します。
2. ワーカーの IP アドレスがリストに表示されない場合、IP アドレスを入力し、[ ルックアッ
プ ] をクリックします。
入力した IP アドレスは、このマシンへのアクセスが可能になり利用可能なワーカーになると
[Web サーバー ] リストに追加されます。展開アシスタントが Web サーバーと正常に通信でき
た場合、成功を示すメッセージが表示されます。
展開アシスタントが Web サーバーを検出しても、その Web サーバーと通信できなかった場合
にこのメッセージが表示された場合、正しいポートが開いていること、およびそのポートが使
用可能であることを確認してください。「FileMaker Server によって使用されるポート」を参
照してください。
サーバーが見つからない場合は、Web 公開は使用できません。[ 戻る ] をクリックして [ 1台
のマシン ] を選択する必要があります。展開は、FileMaker Server をインストールした後に編
集できます。
3. [ 進む ] をクリックして、次の手順に進みます。
[ 戻る ] をクリックして、1つ前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックして展開アシスタ
ントを終了します。
メモ
• ファイアウォールの必要なポートが開かれていない場合、ワーカーマシンは表示されなく
なります。「FileMaker Server によって使用されるポート」を参照してください。
• 展開アシスタントで Web サーバーを検出できない場合、Web サーバーをインストール
し、有効にしているかどうかを確認します。また、必要なファイアウォールが開かれてい
るか確認します。開始ページの『FileMaker Server 入門ガイド』に記載されている指示を
確認してください。
• 2台のマシンに FileMaker Server コンポーネントを展開する場合、ワーカーマシン上にソ
フトウェアをインストールし、次にマスタマシン上にインストールし、展開プロセスをス
ムーズに進めます。
• ネットワークにワーカーマシンの IP アドレスが見つからない場合、「FileMaker Server に
よって使用されるポート」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
254
関連項目
FileMaker Server の展開
展開タイプの選択
FileMaker Server 13 ヘルプ
255
Web サーバーテストの失敗
展開アシスタントが Web サーバーと通信できない場合、エラーメッセージが表示されます。
Web サーバーの設定を確認するには、次の操作を行います。
1. 展開アシスタントのテスト手順で、Web サーバーの [ プロトコル ]、[ ホストアドレス ]、
および [ ポート ] 設定を確認します。
2. [ 再試行 ] をクリックします。
3. [Web サーバーのテストの結果 ] を確認します。テスト結果は次のようになります。
• 成功の場合、結果は [Web サーバーのテストが成功しました。] になります。
• 失敗の場合、展開アシスタントはポート 80(HTTP)の Web サーバーと通信できてい
ません。Web ブラウザを使用してマスタマシンから Web サーバーにアクセスできる
ことを確認してください。Web サーバーがサーバーマシン上にある場合、必要なポー
トがワーカーマシンで開いていることを確認してください(「FileMaker Server によっ
て使用されるポート」を参照してください)。Web サーバーとの通信を再試行するに
は、[ 再試行 ] をクリックします。
• まだ失敗する場合は、Web 公開を一時的に無効にして、展開アシスタントを完了でき
ます。Web 公開を無効にするには、テクノロジーの手順に戻るまで [ 戻る ] をクリッ
クし、[ いいえ、Web 公開を有効にしません ] をクリックします。
4. テストが成功した場合は、[ 進む ] をクリックして次の手順に進みます。
[ 戻る ] をクリックして、1つ前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックして展開アシスタ
ントを終了します。
関連項目
FileMaker Server の展開
FileMaker Server 13 ヘルプ
256
展開の概要と進行状況
この展開アシスタントの設定で、FileMaker Server で展開の選択内容が実装される前に内容を確認
します。詳細を確認した後、展開を開始して進行状況を確認できます。
展開を確認するには、次の操作を行います。
• 概要の詳細を確認します(有効または無効にする機能など)。
• 展開の詳細に問題がなければ、[ 進む ] をクリックします。
展開アシスタントにより、選択内容に沿って FileMaker Server が展開されます。この処理には
数分かかります。
[ 展開結果 ] に一覧表示される情報には、展開と構成の変更がその都度表示されます。「Logs」
フォルダの deployment.log の情報を確認することもできます。「ログファイルのエントリの参
照」を参照してください。展開が完了したら、[ 完了 ] をクリックして終了します。
• または [ 戻る ] をクリックして、1つ前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックして展
開アシスタントを終了します。
メモ
• マスタマシンへの展開後も Admin Console が起動しない場合は、次の手順を試してくだ
さい。
• 開始ページで、[Admin Console の開始 ] をクリックします。
• マスタマシン上の Web ブラウザを開き、「http://localhost:16001/admin-console」と入
力します。
関連項目
FileMaker Server の展開
FileMaker Server の展開の変更
FileMaker Server 13 ヘルプ
257
ユーザ、グループ、およびアクセス権(OS X)
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このセクションでは、データベースを手動でアップロードする場合にのみ実行する操作内容につ
いて説明します。
インストールの際に、fmserver ユーザと fmsadmin グループが作成されます。fmsadmin グループ
には、FileMaker Server でホストする FileMaker Pro データベースに対する読み / 書きアクセス権
が必要です。fmsadmin グループのメンバーがデータベースを編集できるようにグループアクセス
権を変更する必要があります。
デフォルトでは、次の操作は、FileMaker Server をインストールした OS X ユーザアカウントのみ
が実行できます。
• コマンドラインから FileMaker Pro を手動で操作する
• FileMaker Server フォルダにファイルを追加する、またはファイルを削除する
• FileMaker Server のデフォルトデータベースフォルダまたはバックアップフォルダに保存
されている FileMaker Pro データベースにアクセスする
メモ ただし正しいログインを行ったユーザは、FileMaker Server Admin Console アプリケーショ
ンにアクセスできます。
FileMaker Server とデータベースファイルの操作を他のユーザアカウントに許可するには、OS X
Server Admin ツールを使用して、fmsadmin グループに追加できます。管理アクセス権を使用して
ログインする必要があります。詳細については、Server Admin ツールのマニュアルを参照してく
ださい。
ターミナルアプリケーションを使用してユーザを追加するには、次の手順も参照できます。
重要 次の手順は、ターミナルアプリケーションに精通している上級ユーザにのみお勧めします。
管理アクセス権を使用してログインする必要があります。
ターミナルアプリケーションを使用して fmsadmin グループにユーザを追加する
には、次の操作を行います。
1. ターミナルアプリケーション(/ アプリケーション / ユーティリティ / ターミナル)を起動
します。
2. コマンドラインで次のコマンドを入力します。
sudo dseditgroup -o edit -a ユーザ名 -t user fmsadmin
ユーザ名には、fmsadmin グループに追加する既存のユーザの名前を指定します。
FileMaker Server でホストするデータベースファイルのグループアクセス権を変
更するには、次の操作を行います。
1. /FileMaker Server/Data/Database/ フォルダ、またはオプションの追加データベースフォル
ダにデータベースファイルを配置します。
2. ターミナルアプリケーションを起動し、必要に応じて cd コマンドを使用してパスを設定
します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
258
3. コマンドラインで次のコマンドを入力します。
chmod g+rw < ファイル名 >.fmp12
< ファイル名 > には、データベースの名前を指定します。
ファイルまたはフォルダのグループを fmsadmin グループに変更するには、次の
操作を行います。
1. ターミナルアプリケーションを起動し、必要に応じて cd コマンドを使用してパスを設定
します。
2. コマンドラインで次のコマンドを入力します。
chgrp fmsadmin < ファイルパス >
例 : chgrp fmsadmin dbfile.fmp12
関連項目
データベースファイルのアップロード
FileMaker Server 13 ヘルプ
259
FileMaker Server サービスの起動または停止(Windows)
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
場合によっては、マシン上の FileMaker Server のすべてのコンポーネントを起動または停止する
必要があるかもしれません。たとえば、Admin Console([ 一般設定 ] > [Admin Console] タブ)へ
のアクセスを制限した後は、すべての FileMaker Server のコンポーネントを再起動する必要があ
ります。FileMaker Server のすべてのコンポーネントを再起動するには、マシンを再起動するか、
または FileMaker Server サービスを再起動します。
Windows では、FileMaker Server は、マシン上のすべての FileMaker Server コンポーネントを管
理する“FileMaker Server”というサービス名で稼動します。2台のマシンに展開する場合は、各
マシン上で FileMaker Server サービスを起動します。
一般的に、FileMaker Server サービスはコンピュータの起動時に自動的に起動されます。Windows
の起動時に FileMaker Server サービスを自動的に起動するように選択していない場合や、
FileMaker Server サービスを停止した場合、FileMaker Server サービスを手動でもう一度起動する
ことができます。
FileMaker Server サービスを起動または停止するには、次の操作を行います。
FileMaker Server が稼動しているマシンの管理者権限でログインしている必要があります。
1. 管理ツールを開きます。
• Windows 7: デスクトップで [ コントロールパネル ] > [ 管理ツール ] を開きます。
• Windows 8: チャームを表示して、[ 設定 ] をクリックします。[ コントロールパネル ] >
[ 管理ツール ] を開きます。
2. 管理ツールの [ サービス ] を開きます。
3. [ サービス ] ウインドウで、[ 名前 ] 列から [FileMaker Server] を選択します。
4. [ 操作 ] メニュー > [ 開始 ] を選択してサービスを起動するか、または [ 操作 ] メニュー >
[ 停止 ] を選択してサービスを停止します。
コマンドプロンプトから FileMaker Server サービスを起動または停止するに
は、次の操作を行います。
• コマンドプロンプトウインドウを開きます。
目的
入力コマンド
FileMaker Server を起動
net start "FileMaker Server"
FileMaker Server を停止
net stop "FileMaker Server"
関連項目
FileMaker Server コンポーネントの起動または停止
FileMaker Server 13 ヘルプ
260
FileMaker Server バックグラウンドプロセスの起動または停止(OS X)
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
場合によっては、マシン上の FileMaker Server のすべてのコンポーネントを起動または停止する
必要があるかもしれません。たとえば、Admin Console([ 一般設定 ] > [Admin Console] タブ)へ
のアクセスを制限した後は、すべての FileMaker Server のコンポーネントを再起動する必要があ
ります。FileMaker Server のすべてのコンポーネントを再起動するには、マシンを再起動するか、
または FileMaker Server バックグラウンドプロセスを再起動します。
OS X では、FileMaker Server は複数のバックグラウンドプロセスとして実行され、
FileMaker Server のインストール時に起動されます。2台のマシンに展開している場合、
FileMaker Server プロセスは各マシンで実行されます。
一般的に、FileMaker Server プロセスはマシンの起動時に自動的に起動されます。OS X の起動時
に FileMaker Server プロセスを自動的に起動するように選択していない場合や、プロセスを停止
した場合は、FileMaker Server プロセスを手動でもう一度起動することができます。
FileMaker Server を手動で起動または停止するには、次の操作を行います。
FileMaker Server が稼動しているマシンにログインしている必要があります。
• ターミナルアプリケーションを開き、起動または停止コマンドを入力します。
目的
入力コマンド
FileMaker Server プロセスの
開始
sudo launchctl start com.filemaker.fms
FileMaker Server プロセスの
停止
sudo launchctl stop com.filemaker.fms
メモ sudo コマンドを実行するには権限が必要です。
関連項目
FileMaker Server コンポーネントの起動または停止
FileMaker Server 13 ヘルプ
261
ユーザの詳細について
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
[ ユーザの詳細 ] タブには、FileMaker Server に接続しているクライアントの詳細情報が一覧表示
されます。
詳細
説明
コンピュータ名
クライアントのコンピュータ名。
FileMaker スクリプトクライアントの場合、[ コ
ンピュータ名 ] は FileMaker スクリプトです。
MAC アドレス
クライアントが FileMaker Server への接続に使用
しているコンピュータネットワークアダプタの
MAC(メディアアクセスコントロール)アドレ
ス。
オペレーティングシステム
クライアントのコンピュータのオペレーティング
システム名。
クライアント / ブラウザのバージョン
FileMaker クライアントの場合は、そのクライア
ントが使用している FileMaker Go または
FileMaker Pro のバージョン。
FileMaker WebDirect の場合は、クライアントが
使用している Web ブラウザ名。
言語
クライアントが使用している言語。
関連項目
データベースの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
262
開いているデータベースの詳細について
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
[ 開いているデータベース ] タブには、クライアントとそのクライアントが現在使用しているデー
タベースの詳細情報が一覧表示されます。
詳細
説明
データベース名
クライアントが使用しているデータベース。クライア
ントが複数のデータベースに接続している場合は、こ
こにデータベースが一覧表示されます。
アカウント名
FileMaker Server へのログインに使用したアカウント
名。
グループ名
FileMaker Server にログインしたユーザが属する管理
者グループ
アクセス権セット
ホストされているデータベースにアクセスするアカウ
ントで使用する、FileMaker Pro のアクセス権セット。
接続時間
クライアントがデータベースに接続した日付と時間。
関連項目
クライアントの管理
FileMaker Server 13 ヘルプ
263
イベントビューアでのアクティビティの表示(Windows)
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
FileMaker Server アクティビティの情報を表示するには、Windows イベントビューアを使用でき
ます。イベントビューアを開くには、次の操作を行います。
• Windows 7: [ スタート ] メニュー > [ コントロールパネル ] > [ 管理ツール ] > [ イベント
ビューア ] の順に選択します。次に、[ アプリケーション ] ログを選択します。
• Windows 8: 検索を開き、「eventvwr.mc」と入力してイベントビューアを見つけます。検
索結果に表示された [ イベントビューア ] をダブルクリックします。次に、[ アプリケー
ション ] ログを選択します。
[ ソース ] 列で、FileMaker Server により記録されたイベントを参照します。イベントをダブルク
リックしてイベントの詳細を表示します。
メモ イベントビューアのメッセージは、Event.log テキストファイルに保存されます。Event.log
ログファイルが読み取り不可の場合は、[ エクスポート ] をクリックして、イベント ビューアに表
示される情報をタブ区切りテキストファイル(.TXT)に保存します。その後、情報を
FileMaker Pro データベースにインポートして、さらに細かく分析することができます。
関連項目
イベントログ
ログファイルのエントリの参照
FileMaker Server 13 ヘルプ
264
イベントログの言語の変更
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
「Event.log」で、FileMaker Server のインストール時にコンピュータで使用されていた言語と異な
る言語を使用する場合は、マスタマシンの環境設定ファイル(OS X)またはレジストリ
(Windows)を変更することによって Event.log の言語を変更することができます。
次の手順で、サポートされている言語を English、French、German、Japanese、Italian、または
Swedish(ロケール名では大文字と小文字が区別されます)のいずれかの名前にロケール設定を変
更できます。
「Event.log」に使用する言語を変更するには、次の操作を行います(OS X)。
重要 次の手順は、ターミナルアプリケーションに精通している上級ユーザにのみお勧めします。
root ユーザとしてログインする必要があります。
1. ターミナルアプリケーション(/ アプリケーション / ユーティリティ / ターミナル)を起動
します。
2. データベースサーバーを停止します。詳細については、「FileMaker Server コンポーネン
トの起動または停止」を参照してください。
3. root ユーザとしてログインします。
4. 次の場所にある .plist ファイルを探します。
/ ライブラリ /FileMaker Server/Library/Preferences/ByHost
5. <key>System Locale</key> の直後の行で、上記の値のいずれかにロケールの名前を変更
します。
たとえば、<string>Japanese</string> を <string>French</string> に変更します。
6. 変更を保存します。
7. 変更を有効にするためにデータベースサーバーを再起動します。
次回「Event.log」を開くとエントリが新しい言語で表示されます。
「Event.log」に使用する言語を変更するには、次の操作を行います(Windows)。
重要 次の手順は、Windows レジストリに精通している上級ユーザにのみお勧めします。管理アク
セス権を持つアカウントを使用してログインする必要があります。
1. データベースサーバーを停止します。詳細については、「FileMaker Server コンポーネン
トの起動または停止」を参照してください。
2. レジストリエディタを起動します。
[ スタート ] メニュー > [ ファイル名を指定して実行 ] を選択します。[ ファイル名を指定して
実行 ] ダイアログボックスに regedit と入力します。
ヒント レジストリエディタを使用して、レジストリのコピーをエクスポートしてから、先に
進みます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
265
3. レジストリエディタで、次のキーを探します。
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥FileMaker¥
FileMaker Server¥13.0¥Preferences
4. このキーで、SystemLocale エントリをダブルクリックします。
5. SystemLocale エントリの値を上記のいずれかの値に変更して、[OK] をクリックします。
たとえば、Japanese を French に変更します。
6. レジストリエディタを終了します。
7. 変更を有効にするためにデータベースサーバーを再起動します。
次回「Event.log」を開くとエントリが新しい言語で表示されます。
関連項目
イベントログ
ログファイルのエントリの参照
FileMaker Server 13 ヘルプ
266
タスクの選択
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、実行するタスクを選択します。スケジュールを作成
すると、選択したタスクがスケジュールアシスタントのタイトルバーに表示されます。
タスクを選択するには、次の操作を行います。
1. 次の3つのタスクオプションのいずれかを選択します。
選択項目
目的
データベースのバック
アップ
1つまたは複数のホストされたデータベースをバックアップしま
す。「データベースバックアップのスケジュール」を参照してくだ
さい。
メッセージの送信
ホストされているデータベースに接続している1人以上の
FileMaker クライアントにメッセージを送信します。メッセージ
は、FileMaker Pro 内のダイアログボックスに表示されます。「ホ
ストされたデータベースのクライアントへのスケジュールメッ
セージの送信」を参照してください。
システムレベルのスク
リプト
Scripts フォルダにある Windows バッチコマンド、VBScript、また
は OS X シェルスクリプトなどのシステムレベルスクリプトファ
イルを実行できます。
スケジュールアシスタントを開始する前に、システムレベルのス
クリプトファイルを Scripts フォルダに置いてください。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥
FileMaker Server¥Data¥Scripts¥
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Data/Scripts/
Windows: Windows デフォルト以外の場所に FileMaker Server を
インストールする場合、デフォルトパスの先頭部分、
¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中
に指定した場所に置き換えられます。例 :¥My_Path¥Data¥
Scripts¥
「システムレベルのスクリプトファイルの実行」を参照してくだ
さい。
FileMaker スクリプト
ホストされたデータベースで定義されている FileMaker スクリプ
トを実行します。「FileMaker スクリプトの実行」を参照してくだ
さい。
スクリプトシーケンス
FileMaker スクリプトの実行前後にオプションのシステムレベルの
スクリプトファイルを実行します。また、スクリプトシーケンス
タスクスケジュールで、FileMaker スクリプトの実行前後にオプ
ションの前処理および後処理システムレベルスクリプトを実行す
ることもできます。「スクリプトシーケンスタスクの作成」を参照
してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
267
選択項目
目的
データベースの検証
ホストされている1つまたは複数のデータベースの整合性を検証
します。「データベースの整合性の検証」を参照してください。
2. [ 進む ] をクリックします。
[ キャンセル ] をクリックして、スケジュールアシスタントを終了します。
メモ グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループフォ
ルダのデータベースに実行するタスクの各タイプの選択を許可する必要があります。詳細につい
ては、サーバー管理者に問い合わせてください。
関連項目
データベースバックアップのスケジュール
データベースの整合性の検証
サーバーサイドスクリプトの実行
ホストされたデータベースのクライアントへのスケジュールメッセージの送信
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
268
スケジュール詳細の選択
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、あらかじめ設定されているバックアップスケジュー
ルを選択するか、スケジュールの詳細(開始日と終了日、繰り返し設定など)を指定します。
スケジュールの詳細を選択するには、次の操作を行います。
1. バックアップスケジュールの [ 頻度 ] を選択します。
選択項目
目的
1度だけ
指定した日付と時刻にすべてのデータベースをデフォルトのバッ
クアップフォルダにバックアップします。
毎日
入力した日付から1日1回、指定した時刻にすべてのデータベー
スをデフォルトのバックアップフォルダにバックアップします。
毎週
すべてのデータベースをデフォルトのバックアップフォルダに毎
週1回バックアップします。
n 日ごと
日数(2日、3日、4日など)が指定されたバックアップスケ
ジュールを作成します。
2. [ 開始日 :] を選択するか、現在の日付のままにします。[ 1度だけ ] 以外のすべてのスケ
ジュールでは、[ 入力した終了日 ] を選択してカレンダーから日付を選択することによって
終了日を設定できます。
3. [ 繰り返し設定 ] を指定します。この設定は、選択した頻度に応じて変更されます。
選択項目
目的
開始時刻
スケジュールを実行する開始時刻を選択します。
タスクを繰り返す
指定した分または時間ごとにタスクを繰り返す場合に選択し
ます。
頻度
[ 頻度 :] に数値を入力して、[ 分 ] または [ 時間 ] を選択し
ます。
詳細については、「スケジュール繰り返しの例」を参照してください。
4. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
関連項目
データベースバックアップのスケジュール
データベースおよびバックアップフォルダの設定
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
269
データベースの選択
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、タスクスケジュールに含めるデータベースを選択し
ます。
タスクスケジュールに含めるデータベースを選択するには、次の操作を行います。
1. このタスクスケジュールに含めるデータベースを選択します。
選択項目
目的
• (サーバー管理者)サブフォルダのデータベースを含む、
デフォルトデータベースフォルダおよび追加データベース
フォルダのすべてのデータベースを含めます。追加データ
ベースフォルダの詳細については、
「データベースおよび
バックアップフォルダの設定」を参照してください。
すべてのデータベース
• (グループ管理者)管理グループのグループフォルダにす
べてのデータベースを含めます。グループフォルダがデ
フォルトまたは追加データベースフォルダの場合、サブ
フォルダのデータベースも含まれます。
次のフォルダ内のデー
タベース
選択したフォルダにあるすべてのデータベースを含めます。
選択したフォルダがデフォルト、または追加のデータベース
フォルダの場合、サブフォルダのデータベースフォルダも含
まれます。使用可能なフォルダの詳細については、次のメモ
を参照してください。詳細については、「データベースおよび
バックアップフォルダの設定」を参照してください。
データベースを選択
選択したデータベースを含めます。データベースファイルを
1つだけ選択します。
2. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
メモ
• グループ管理者でサーバー管理者がデフォルトのデータベースフォルダや追加のデータ
ベースフォルダを管理者グループのグループフォルダとして選択していない場合、[ 次の
フォルダ内のデータベース :] オプションは使用できません。詳細については、サーバー管
理者に問い合わせてください。
• スケジュールアシスタントの [ 次のフォルダ内のデータベース :] にデフォルトまたは追加
のデータベースフォルダを選択して、サブフォルダのデータベースを除くデフォルトまた
は追加のデータベースフォルダのデータベースでのみ機能するスケジュールを作成しま
す。デフォルトまたは追加のデータベースフォルダを [ 次のフォルダ内のデータベース :]
で選択すると、サブフォルダのデータベースも自動的に含まれます。必要に応じて、この
変更で影響を受けるコマンドラインスクリプトを変更してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
270
関連項目
データベースバックアップのスケジュール
データベースの整合性の検証
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
271
バックアップフォルダおよびオプションの選択
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、ホストされているデータベースのバックアップフォ
ルダを指定できます。保存するバックアップの最大数を指定できます。バックアップファイルを
確認し、バックアップファイルのクローンを保存するオプションも選択できます。データベース
が損傷した場合、損傷したデータベースからバックアップされたデータベースのクローンにデー
タをインポートできます。FileMaker Pro ファイルを修復する方法については、FileMaker Pro ヘル
プを参照してください。
バックアップフォルダおよびオプションを選択するには、次の操作を行います。
1. [ フォルダパス :] で、バックアップフォルダのパスを入力します。
独自のバックアップフォルダのパスを指定するか、デフォルトバックアップフォルダを使用で
きます。パスを指定するには、次の操作を行います。
Windows: filewin:/ バックアップフォルダへのパス /
OS X: filemac:/ バックアップフォルダへのパス /
メモ 変更したパスを元に戻すには、[ 元に戻す ] をクリックします。
2. [ 検証 ] をクリックすると、バックアップフォルダのパスが存在し、アクセス可能かどうか
検証できます。パスが有効でない場合は、
「有効なフォルダのヒント」を参照してください。
3. [ 保持するバックアップの最大数 :] で、このバックアップスケジュールで保持する選択し
たデータベースの最大数を選択します。
詳細については、「バックアップスケジュールの複数のバックアップの保持の概要」を参照し
てください。
4. [ バックアップ整合性の検証 ] を選択して、バックアップファイルがブロックレベルの有効
性テストにパスしたかどうかを確認します。(FileMaker Pro の一貫性チェック機能は同じ
テストを実行します。)
後で、スケジュールアシスタントで、電子メール通知を送信する場合、電子メールにはこの確
認のステータスが含まれます。
詳細については、「データベースバックアップスケジュールのヒント」を参照してください。
5. データなしでバックアップデータベースにテーブル、レイアウト、スクリプト、ページ設
定オプション、およびフィールド定義を保存するには、[ バックアップファイルのクロー
ン ] を選択します。
6. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
272
メモ
• スケジュールアシスタントのこの手順に表示されるデフォルトバックアップフォルダを設
定できます。「データベースおよびバックアップフォルダの設定」を参照してください。
• [ バックアップファイルのクローン ] を選択すると、FileMaker Server はバックアッププロ
セスの完了後、および [ バックアップ整合性の検証 ] を選択した場合は検証の完了後にも
クローンファイルを保存します。FileMaker Server は、クローンファイルを「< 元のファ
イル名 > クローン .fmp12」というファイル名で「Cloned_by_FMS_< タイムスタンプ >」
というサブフォルダに保存します。このサブフォルダは「スケジュール名 _< タイムスタ
ンプ >」バックアップフォルダにあります。
関連項目
データベースバックアップのスケジュール
管理タスクのスケジュール
バックアップオプションの理解
FileMaker Server 13 ヘルプ
273
データベースを閉じるときのオプションの追加
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、閉じるときのオプションを指定します。このオプ
ションは、選択したデータベースを FileMaker Server が閉じてクライアントに送信するメッセー
ジのテキストを入力する方法に影響します。
データベースを閉じるときのオプションを追加するには、次の操作を行います。
1. テキストボックスに、接続を解除する前にクライアントに送信するメッセージを入力しま
す。
クライアントには、ファイルへの接続を閉じるように要求するメッセージが含まれる通知ダイ
アログボックスが表示されます。
2. [ 遅延時間(分)] に、通知が送信されてからクライアントが接続解除されるまでの時間
(分)を数字で入力します。
この遅延時間が過ぎると、FileMaker Server はまだ接続しているクライアントの接続を解除し
て、選択したデータベースを閉じます。
3. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
関連項目
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
274
スケジュール頻度および繰り返し設定の選択
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントでは、タスクスケジュールを実行するタイミング、およびその頻
度を指定します。
スケジュール頻度および繰り返し設定を選択するには、次の操作を行います。
1. [ 頻度 :] で、[ 1度だけ ]、[ 毎日 ]、[ 毎週 ]、または [n 日ごと ] を選択します。[n 日ごと ]
を選択した場合、[ 繰り返し設定 ] に間隔を指定します。
2. [ スケジュールの詳細 ] を指定します。これは、選択した頻度により異なります。
選択項目
目的
開始日
このスケジュールの開始日を選択します。カレンダーをクリックして、
日付を選択します。
開始時刻
[ 1度だけ ] を選択した場合にのみ使用可能です。指定した日付と時刻
にスケジュールを実行します。
終了日
[ 終了日 ] を選択して、このスケジュールの終了日を入力します。カレ
ンダーをクリックして、日付を選択します。
3. [ 繰り返し設定 ] を指定します。この設定は、選択した頻度に応じて変更されます。
選択項目
目的
開始時刻
スケジュールを実行する開始時刻を選択します。
タスクを繰り返す
指定した分または時間ごとにタスクを繰り返す場合に選択し
ます。
頻度
[ 頻度 :] に数値を入力して、[ 分 ] または [ 時間 ] を選択し
ます。
詳細については、「スケジュール繰り返しの例」を参照してください。
4. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
メモ 同じデータベースに対してバックアップスケジュールと検証スケジュールをスケジュールし
ている場合は、最初のスケジュールが完了してから2番目のスケジュールが開始されるように十
分な余裕を設けてください。
関連項目
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
275
スケジュールの名前設定および電子メール通知の送信
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントでは、[ オプション ] を使用して、スケジュールに固有の名前を指
定し、その他のユーザにステータスを通知する電子メール通知の選択およびデフォルトでのスケ
ジュールの有効化を行います。スケジュール名は [ スケジュール ] リストに表示されます。
スケジュールに名前を付けて電子メールを送信するには、次の操作を行います。
1. [ スケジュール名 ] を入力します。
メモ スケジュール名に使用できる文字数は、最大 31 文字です。
2. [ 電子メール通知を送信 ] を選択して、通知を行う [ メールアドレス ] を入力します。複数
のアドレスはコンマで区切ります。
例 : user1@email.com,user2@email.com,...
3. [ このスケジュールを有効にする ] を選択して、次のスケジュール時間にスケジュールを実
行します。
メモ メニューコマンドを使用して、[ スケジュール ] リストに含まれるスケジュールを有効ま
たは無効にすることができます。
4. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
メモ
• 電子メール通知は、スケジュールが成功したかどうかに関係なく、送信されます。エラー
または警告の電子メール通知が、[ 一般設定 ] > [ 電子メール通知 ] タブで有効になってい
る場合、スケジュールアシスタントで指定した電子メールアドレスに2通目の電子メール
メッセージが送信されます。電子メールアドレスが両方のリストに表示される場合、この
アドレスは、同じイベントに関する2通の電子メールメッセージを受け取ります。「スケ
ジュールが失敗したときの電子メール通知の受信」を参照してください。
• 電子メール通知には、[ 一般設定 ] > [ 電子メール通知 ] タブで SMTP サーバー設定を指定
する必要があります。SMTP サーバーが設定されていない場合、最初に SMTP サーバーを
設定する必要があります。設定手順については、「電子メール通知の設定」を参照してく
ださい。グループ管理者の場合は、サーバー管理者に連絡して SMTP サーバーの設定を依
頼してください。
関連項目
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
276
スケジュールでの電子メール通知の有効化
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、タスク完了時に電子メール通知を送信するスケ
ジュールを有効にします。
電子メール通知を有効にするには、次の操作を行います。
1. [ 電子メールの通知の送信先 ] を選択し、宛先の電子メールアドレスを入力します。
複数のアドレスはコンマで区切ります。
例 : user1@email.com,user2@email.com,...
2. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
メモ
• 電子メール通知は、スケジュールが成功したかどうかに関係なく送信されます。エラーま
たは警告の電子メール通知が、[ 一般設定 ] > [ 電子メール通知 ] タブで有効になっている
場合、このタブで指定した電子メールアドレスに2通目の電子メールメッセージが送信さ
れます。電子メールアドレスが両方のリストに表示される場合、このアドレスは、同じイ
ベントに関する2通の電子メールメッセージを受け取ります。「スケジュールが失敗した
ときの電子メール通知の受信」を参照してください。
• 電子メール通知には、[ 一般設定 ] > [ 電子メール通知 ] タブで SMTP サーバー設定を指定
する必要があります。SMTP サーバーが設定されていない場合、サーバー管理者は最初に
SMTP サーバーを設定する必要があります。設定手順については、「電子メール通知の設
定」を参照してください。グループ管理者の場合は、サーバー管理者に連絡して SMTP
サーバーの設定を依頼してください。
関連項目
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
277
スケジュールが失敗したときの電子メール通知の受信
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
管理者は、タスクスケジュールが失敗した場合のみ電子メール通知を受信することができます。
タスクスケジュールの電子メール通知を有効にすると、すべてのアドレスは、タスクが失敗した
か成功したかに関係なく、タスク完了時に、電子メール通知を受信します。これらの電子メール
メッセージの受信を停止するには、スケジュールアシスタントを使用して、特定のスケジュール
の電子メール通知を無効にします(または、リストから自分の電子メールアドレスを削除しま
す)。
FileMaker Server では、スケジュールが失敗した場合、Event.log ファイルにエントリが追加され
るため、警告およびエラーの通知を有効にしてスケジュールが失敗した場合にのみ電子メールを
受信することができます。
スケジュールが失敗したときのみ電子メール通知を受信するには、次の操作を行
います。
1. 新しいスケジュールを作成するか、既存のスケジュールを編集します。
タスクスケジュールの作成または編集については、「スケジュールの作成」または「スケ
ジュールの編集」を参照してください。
2. スケジュールを各手順で設定して、[ オプション ] ページの「電子メール通知を有効にす
る」手順になるまで、スケジュールアシスタントで [ 進む ] をクリックします。
3. このスケジュールですべての電子メール通知を無効にするには、[ 電子メール通知を送信 ]
の選択を解除します。
電子メール通知を他のアドレスにのみ送信するには、電子メール通知を有効にしたまま、電子
メール通知を受信しない電子メールアドレスを削除します。
4. [ 進む ] をクリックし、[ 完了 ] をクリックします。
5. [ 一般設定 ] > [ 電子メール通知 ] タブをクリックします。
6. [ 電子メール通知の送信先 ] を選択して、エラーおよび警告の電子メール通知を受信する
電子メールアドレスを入力します。[ エラーのみ ] および [ 警告またはエラー ] を選択でき
ます。
7. [ 保存 ] をクリックします。
関連項目
スケジュールでの電子メール通知の有効化
ログファイルのエントリの参照
FileMaker Server 13 ヘルプ
278
スケジュールの概要の確認
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、このスケジュールの詳細または概要を確認します。
スケジュールを確認するには、次の操作を行います。
1. 詳細を確認します。
2. [ 完了 ] をクリックして、スケジュールを保存します。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
関連項目
管理タスクのスケジュール
FileMaker スクリプトの実行
システムレベルのスクリプトファイルの実行
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
279
FileMaker スクリプトを実行するデータベースの選択
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、実行する FileMaker スクリプトを含むデータベースを
選択します。詳細については、「FileMaker スクリプトの実行」を参照してください。
実行する FileMaker スクリプトを含むデータベースを選択するには、次の操作を
行います。
1. リストから [ データベース ] を選択します。
2. スクリプト実行時に FileMaker Server で使用するアカウントのタイプを選択します。
目的
選択項目
ビルトインゲストアカウン
トを使用する
ゲストアカウント
任意の他のアカウントを使
用する
アカウント名とパスワード
アカウント名またはパスワードは必要ありません。
FileMaker Server でスクリプトの実行時にデータ
ベースのアクセスに使用されるアカウントを選択
します。使用するアカウントにはスクリプトを実
行できるアクセス権が必要です。アカウントとア
クセス権セットの詳細については、FileMaker Pro
ヘルプを参照してください。
[ アカウント名 :] および [ パスワード :] を入力し
ます。
3. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
関連項目
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
280
実行する FileMaker スクリプトの選択
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、実行する FileMaker スクリプトを選択します。
実行する FileMaker スクリプトを選択するには、次の操作を行います。
1. [ スクリプト名 :] リストからスクリプトを選択します。
ヒント リストのスクリプトグループが閉じている場合、グループ名の横にあるアイコンをク
リックしてグループを開き、スクリプトを表示します。
選択したデータベースのスクリプトが表示されない場合は、FileMaker スクリプトエンジン
(FMSE)が実行されているかどうかを確認します。実行されていない場合は、コマンド
fmsadmin start fmse を入力して開始します。詳細については、「START コマンド」を参照し
てください。
2. オプションの [ スクリプト引数 ] を入力します。
メモ スクリプト引数は、FileMaker スクリプトにテキストとして渡されます。たとえば、ス
クリプト引数「5 + 5」を入力すると、スクリプトには 10 という値ではなく、文字列「5 + 5」
が渡されます。
スクリプト引数の詳細については、FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
3. [ 制限(分):] を選択して、スクリプトを停止するまでの経過時間を指定します。
4. [ 制限時間に達するかサーバーが停止したらスケジュールを中止 ] を選択して、スケジュー
ルを停止します。
5. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
関連項目
FileMaker スクリプトの実行
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
281
実行するシステムレベルのスクリプトの選択
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、実行するシステムレベルのスクリプト、オプションの
スクリプト引数、スクリプトを実行するユーザアカウント、および時間制限(オプション)を選択
します。詳細については、
「システムレベルのスクリプトファイルの実行」を参照してください。
スケジュールアシスタントを開始する前に、システムレベルのスクリプトファイルを Scripts フォ
ルダに置いてください。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Data¥Scripts¥
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Data/Scripts/
Windows: Windows デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォ
ルトパスの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定し
た場所に置き換えられます。例 :¥My_Path¥Data¥Scripts¥
目的のスクリプトが表示されない場合、[ キャンセル ] をクリックして、スケジュールアシスタン
トを終了し、スクリプトを FileMaker Server コンピュータの Scripts フォルダにコピーして、スケ
ジュールアシスタントを再び実行します。
実行するシステムレベルのスクリプトを選択するには、次の操作を行います。
1. [ スクリプト名 :] でシステムレベルのスクリプトを選択します。
2. システムレベルのスクリプトにオプションの [ 引数 ] を入力します。各引数はスペースで
区切ります。引数にスペースを含めるには、クォーテーションマークを使用して引数全体
を囲みます。たとえば、"two words" とすると1つの引数になります。
メモ スクリプト引数は、システムレベルスクリプトにテキストとして渡されます。たとえば、
スクリプト引数「5 + 5」を入力すると、スクリプトには 10 という値ではなく、文字列「5 +
5」が渡されます。
システムレベルのスクリプトの引数については、使用するスクリプト言語のマニュアルを参照
してください。
3. システムレベルスクリプトの実行に [ デフォルトアカウントではなくユーザアカウントを
使用する ] オプションを選択した場合、[ ユーザ名 ] および [ パスワード ] を指定します。
ユーザアカウントに対して次の操作を行います。
• Windows では、[ ユーザ名 :] は、マスタマシンのローカルアカウントまたはネット
ワークドメインアカウントを参照し、「ユーザ名」、「ドメイン名¥ユーザ名」、または
「ユーザ名 @ ドメイン名」の形式で指定する必要があります。
デフォルトアカウントはローカルシステムです。
• OS X では、[ ユーザ名 :] は、マスタマシンのローカルアカウントのみを参照し、ドメ
イン名なしで指定する必要があります。デフォルトアカウントは、fmserver ユーザア
カウントです。
4. [ 制限時間(分):] で、シーケンスが完了するまでの最大時間(分)を選択します。
5. スクリプトまたはスクリプトシーケンスの実行に、指定した [ 制限時間(分):] よりも長
い時間がかかる場合、またはデータベースサーバーが停止した場合にタスクスケジュール
を中止するときは、[ 制限時間に達するかサーバーが停止したらスケジュールを中止 ] を選
択します。
FileMaker Server 13 ヘルプ
282
• [ 制限時間に達するかサーバーが停止したらスケジュールを中止 ] を選択している場合
に、指定した [ 制限時間(分):] を超えるか、データベースサーバーが停止すると、
スクリプトまたはスクリプトシーケンスは中止され、FileMaker Server はイベントロ
グにエラーメッセージを記録します。
• [ 制限時間に達するかサーバーが停止したらスケジュールを中止 ] を選択していない場
合、FileMaker Server は警告メッセージを記録し、指定した [ 制限時間(分):] を超え
るか、データベースサーバーが停止してもスクリプトタスクスケジュールは引き続き
実行されます。無限ループなどの不完全な状態でハングしたスクリプトを停止するに
は、次の方法を使用します。
• FileMaker スクリプトを停止するには、[ アクティビティ ] > [ クライアント ] タブで
FileMaker スクリプトを選択します。
をクリックして、[ 接続解除 ] を選択します。
• システムレベルスクリプトを停止するには、イベントログでスクリプトのプロセス ID
を特定して、タスクマネージャ(Windows)またはアクティビティモニタ(OS X)で
そのプロセスを終了します。
6. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
メモ
• OS X でスクリプトを実行するユーザアカウントを使用するには、
/etc/sudoers ファイルに次のエントリを追加する必要があります。
Host_Alias FMSHOST = ユーザのホスト名
Defaults:fmserver targetpw, timestamp_timeout=0, passwd_tries=1
fmserver FMSHOST =(ALL)/ ライブラリ /FileMaker\ Server/Data/Scripts/*, /bin/kill
ホストのエイリアスには、FileMaker Server を実行するホストの名前を入力します。
“localhos”または 127.0.0.1 は使用できません。使用する正しいホスト名を検索するには、
ターミナルアプリケーションで次のコマンドを入力します。
hostname
/etc/sudoers ファイルを編集するには、管理アクセス権を持つ管理者(root)である必要があ
ります。ターミナルアプリケーションで次のコマンドを使用して /etc/sudoers ファイルを編集
できます。
sudo visudo
• システムレベルのスクリプトの実行に使用する [ ユーザアカウント ] には、スクリプトに
実行させる操作に対する正しいアクセス権が必要です。アカウントのタイプは、オペレー
ティングシステムによって異なります。
• Windows では、ローカルシステムアカウント、またはユーザアカウントを使用しま
す。マスタマシンのローカルアカウント、またはネットワークドメインアカウントを
使用できます。
• OS X では、fmserver、またはマスタマシンのローカルユーザアカウントのみを使用で
きます。
FileMaker Server 13 ヘルプ
283
fmserver を選択すると、スクリプトのファイルアクセス権の修正が必要な場合がありま
す。スクリプトは、fmserver ユーザ ID および fmsadmin グループ ID で実行されます。し
たがって、スクリプトファイルには、fmsadmin グループの読み出しおよび実行アクセス
権が必要です。したがって、アクセス権が設定されているコマンドの中には、fmserver を
選択するとスクリプトから呼び出すことができないものがあります。たとえば、スクリプ
トは「/etc」フォルダにアクセスできません。
• 追加する [ スクリプト名 ] および [ 引数 ] は、最大 2048 文字です。
• Windows では、[ ユーザ名 ] は最大 104 文字、[ パスワード ] は最大 128 文字です。
• OS X では、[ ユーザ名 ] は最大 255 文字、[ パスワード ] は最大 31 文字です。
関連項目
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
284
システムレベルのスクリプトシーケンスオプションの追加
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、FileMaker スクリプトの前後に実行するオプションの
前処理および後処理システムレベルスクリプトを選択して、スクリプトの実行に使用するアカウ
ントを指定できます。
スケジュールアシスタントを開始する前に、システムレベルのスクリプトファイルを Scripts フォ
ルダに置いてください。
• Windows: [ ドライブ ]:¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server¥Data¥Scripts¥
• OS X: / ライブラリ /FileMaker Server/Data/Scripts/
Windows: Windows デフォルト以外の場所に FileMaker Server をインストールする場合、デフォ
ルトパスの先頭部分、¥Program Files¥FileMaker¥FileMaker Server はインストール中に指定し
た場所に置き換えられます。例 :¥My_Path¥Data¥Scripts¥
目的のスクリプトが表示されない場合、[ キャンセル ] をクリックして、スケジュールアシスタン
トを終了し、スクリプトを FileMaker Server コンピュータの Scripts フォルダにコピーして、スケ
ジュールアシスタントを再び実行します。
システムレベルのスクリプトシーケンスオプションを追加するには、次の操作を
行います。
1. [ 前に実行するスクリプト :] で、選択した FileMaker スクリプトの前に実行するオプショ
ンの前処理システムレベルスクリプトを選択します。
2. 前処理システムレベルのスクリプトにオプションの [ 引数 ] を入力します。各引数はス
ペースで区切ります。引数にスペースを含めるには、クォーテーションマークを使用して
引数全体を囲みます。たとえば、"two words" とすると1つの引数になります。
メモ スクリプト引数は、システムレベルスクリプトにテキストとして渡されます。たとえば、
スクリプト引数「5 + 5」を入力すると、スクリプトには 10 という値ではなく、文字列「5 +
5」が渡されます。
システムレベルのスクリプトの引数については、使用するスクリプト言語のマニュアルを参照
してください。
3. [ 後に実行するスクリプト :] で、選択した FileMaker スクリプトの後に実行するオプショ
ンの後処理システムレベルスクリプトを選択します。
4. 後処理システムレベルのスクリプトにオプションの [ 引数 ] を入力します。
5. [ デフォルトアカウントではなくユーザアカウントを使用する ] を選択します。[ ユーザ名 ]
および [ パスワード ] に次を指定します。
• Windows では、[ ユーザ名 :] は、マスタマシンのローカルアカウントまたはネット
ワークドメインアカウントを参照し、「ユーザ名」、「ドメイン名¥ユーザ名」、または
「ユーザ名 @ ドメイン名」の形式で指定する必要があります。
• OS X では、[ ユーザ名 :] は、マスタマシンのローカルアカウントのみを参照し、ドメ
イン名なしで指定する必要があります。
6. [ 進む ] をクリックします。
FileMaker Server 13 ヘルプ
285
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
メモ
• システムレベルのスクリプトの実行に使用する [ ユーザアカウント ] には、スクリプトに
実行させる操作に対する正しいアクセス権が必要です。アカウントのタイプは、オペレー
ティングシステムによって異なります。
• Windows では、ローカルシステムアカウント、またはユーザアカウントを使用しま
す。マスタマシンのローカルアカウント、またはネットワークドメインアカウントを
使用できます。
• OS X では、fmserver、またはマスタマシンのローカルユーザアカウントのみを使用で
きます。ネットワークドメインアカウントは使用できません。
fmserver を選択すると、スクリプトのファイルアクセス権の修正が必要な場合がありま
す。スクリプトは、fmserver ユーザ ID および fmsadmin グループ ID で実行されます。し
たがって、スクリプトファイルには、fmsadmin グループの読み出しおよび実行アクセス
権が必要です。したがって、アクセス権が設定されているコマンドの中には、fmserver を
選択するとスクリプトから呼び出すことができないものがあります。たとえば、スクリプ
トは「/etc」フォルダにアクセスできません。
• 追加する [ スクリプト名 ] および [ 引数 ] は、最大 2048 文字です。
• Windows では、[ ユーザ名 ] は最大 104 文字、[ パスワード ] は最大 128 文字です。
• OS X では、[ ユーザ名 ] は最大 255 文字、[ パスワード ] は最大 31 文字です。
• 後からスケジュールアシスタントで電子メール通知を送信するように選択した場合、電子
メールメッセージにはすべてのエラーまたは警告状態、またはスクリプトシーケンスタス
クスケジュールの正常完了の確認が含まれます。
詳細については、「スクリプトシーケンスタスクの作成」を参照してください。
関連項目
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
286
メッセージの送信先とするユーザの選択
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、メッセージを受信するユーザを選択します。1つ以
上のデータベースを選んで、ユーザを選択します。これらのいずれかのデータベースに接続され
ている任意の FileMaker クライアントがメッセージを受信します。
メッセージの送信先とするユーザを選択するには、次の操作を行います。
1. スケジュールメッセージを送信する次のいずれかのオプションを選択します。
選択項目
目的
• (サーバー管理者)ホストされているデータベースに接続して
いるすべての FileMaker クライアントにスケジュールメッセー
ジを送信します。
すべての FileMaker ク
ライアント(すべての
データベース)
• (グループ管理者)管理グループでホストされているデータ
ベースに接続しているすべての FileMaker クライアントにスケ
ジュールメッセージを送信します。次のメモを参照してくだ
さい。
次のフォルダのデータ
ベースの FileMaker ク
ライアント
指定フォルダ内のホストされているデータベースに接続している
FileMaker クライアントにスケジュールメッセージを送信します。
次のメモを参照してください。
選択したデータベース
の FileMaker クライア
ント
選択したホストされているデータベースに接続している FileMaker
クライアントにスケジュールメッセージを送信します。
2. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
メモ グループ管理者で、サーバー管理者がデフォルトのデータベースフォルダまたは追加のデー
タベースフォルダを管理者グループに対して選択していない場合、[ 次のフォルダのデータベース
の FileMaker クライアント ] オプションは使用できません。詳細については、サーバー管理者に問
い合わせてください。
関連項目
ホストされたデータベースのクライアントへのスケジュールメッセージの送信
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
287
メッセージの作成
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
このスケジュールアシスタントの手順では、FileMaker クライアントのメッセージを作成します。
メッセージを作成するには、次の操作を行います。
1. 送信するメッセージを入力します。メッセージが長すぎる場合、最大文字数が 200 文字で
あることを示すエラーメッセージが表示されます。
2. [ 進む ] をクリックします。
[ 戻る ] をクリックして直前の手順に戻るか、[ キャンセル ] をクリックしてスケジュールアシ
スタントを終了します。
関連項目
ホストされたデータベースのクライアントへのスケジュールメッセージの送信
管理タスクのスケジュール
FileMaker Server 13 ヘルプ
288
FileMaker Server によって使用されるポート
メモ 次の情報は、サーバー管理者向けです。
ファイアウォールを使用している環境で FileMaker Server を実行する場合は、各マシン上のファ
イアウォールを FileMaker Server の通信を許可するように設定してください。次の表は、
FileMaker Server 展開で使用されるすべてのポートを一覧表示しています。
メモ 次に一覧表示されているポートのすべてがエンドユーザに対して、または FileMaker Server
展開内で [ ポートを使用するプログラム ] 列に示されているすべてのマシンまたはエンドユーザ間
で開かれている必要はありません。[ 使用可能 ] とマークされているポートは [ ポートを使用する
プログラム ] 列に示されるマシンでローカルに使用されます。これらのポートは、他の目的に使用
できませんが、ファイアウォールで開く必要はありません。FileMaker Server の展開の詳細につい
ては、開始ページの『FileMaker Server 入門ガイド』を参照してください。
• マスタマシンまたはワーカーマシンの既存の Web サイトがポート 80 または 443 を使用し
ていないことを確認してください。これらのポートは、両方のマシンの FileMaker Server
で使用されます。これらのポートが既存の Web サイトで使用されていることが
FileMaker Server インストーラで検出された場合、その Web サイトを無効にするように
求めるプロンプトが表示されます。
• Windows: マスタマシンとワーカーマシンの両方で IIS Web サーバーが有効であるこ
と、および既存の Web サイトがポート 80 または 443 を使用していないことを確認し
てください。各マシンでこれらのポートを使用する独自の Web サイトが
FileMaker Server インストーラによって作成されます。
• OS X: OS X に含まれる Web サーバーは有効にする必要はありません。有効な場合
は、既存の Web サイトがマスタマシンまたはワーカーマシンのポート 80 または 443
を使用していないことを確認してください。インストーラが各マシンに Web サー
バーインスタンスを個別に作成し、FileMaker Server がこれらのポートを使用できる
ように有効になります。
ポート番号
ポートを使用するプログラム
開く / 使用可能 目的
80
Web サーバーマシン、エンド
ユーザ
開く
HTTP
80
マスタマシン、エンドユーザ、
および Admin Console ユーザ
開く
443
Web サーバーマシン、エンド
ユーザ
開く
すべてのクライアントへのオブ
ジェクトデータのプログレッシ
ブダウンロード、Admin Console
用にポート 16000 へのリダイレ
クト
HTTPS
443
マスタマシン、エンドユーザ
開く
HTTPS:FileMaker Pro からの
データベースのアップロード、
すべてのクライアントからの外
部に保存されたオブジェクト
フィールドへのデータの挿入
2399
マスタマシン、エンドユーザ
開く
ODBC および JDBC での共有
FileMaker Server 13 ヘルプ
289
ポート番号
ポートを使用するプログラム
開く / 使用可能 目的
5003
マスタマシン、エンドユーザ
開く
FileMaker Pro および
FileMaker Go クライアント向け
のデータベースのホスト
8998
Web 公開エンジンマシン
使用可能
FileMaker 内部
9090
マスタマシン(ローカルのみ)
使用可能
FileMaker 内部
9889
Web 公開エンジンマシン
使用可能
FileMaker 内部
9898
Web 公開エンジンマシン
使用可能
FileMaker 内部
16000
マスタマシン、Admin Console
ユーザ
開く
HTTPS:Admin Console 開始ペー
ジ、管理ヘルパー
16001
マスタマシン(ローカルのみ)
使用可能
FileMaker 内部
16020
Web 公開エンジンマシン
使用可能
FileMaker 内部
16021
Web 公開エンジンマシン
使用可能
FileMaker 内部
50003
マスタマシン(ローカルのみ)
使用可能
FileMaker Server サービス
(Windows)またはバックグラウ
ンドプロセス(OS X)
関連項目
ネットワークの問題
FileMaker Server の展開
FileMaker Server 13 ヘルプ
290
有効なフォルダのヒント
メモ 次の情報は、サーバー管理者およびグループ管理者向けです。
デフォルトバックアップフォルダ、プログレッシブバックアップフォルダ、および追加のデータ
ベースフォルダとして指定するフォルダは有効である必要があります。
• ローカルボリューム上のフォルダを指定するには、次の操作を行う必要があります。
• フォルダのアクセス権が正しく設定されており、FileMaker Server がフォルダに対し
て読み書きできることを確認してください。
• OS X: ローカルフォルダは FileMaker Server ユーザアカウント(または fmsadmin グ
ループ内のユーザアカウント)によって所有されている必要があります。
• リモートボリューム上のフォルダを指定するには、次の操作を行う必要があります。
• FileMaker Server をインストールするとき、デフォルトアカウント以外の
FileMaker Server ユーザアカウントを指定します。そのアカウントにリモートボ
リューム上のフォルダに対する十分な読み書きのアクセス権があることを確認してく
ださい。
Windows では、FileMaker Server ユーザアカウントが Windows ドメインアカウントの場
合、ユーザアクセス制御(UAC)を無効にして FileMaker Server を再起動します。詳細に
ついては、Windows のヘルプとサポートを参照してください。
• OS X では、リモートボリュームを使用するには、FileMaker Server を起動する前にリ
モートボリュームがマウントされていること、およびアクセス可能であることを確認
してください。
• リモートボリュームはバックアップデータベースフォルダに指定できません。
• フォルダは絶対パスで指定します。
• Windows: 入力するパスは、filewin:/ で始まりスラッシュ(/)で終わる必要があります。
例 : filewin:/ ドライブ文字 :/ フォルダ名 /
ネットワークボリュームを使用する場合は、入力するパスにサーバー名を含める必要があ
ります。
例 : filewin:// サーバー名 / 共有名 / フォルダ名 /
• OS X: 入力するパスは、filemac:/ で始まりスラッシュ(/)で終わる必要があります。
例 : filemac:/ ボリューム名 / フォルダ名 /
メモ Windows エクスプローラまたは DOS コマンドプロンプトを使用して、ネットワークドラ
イブをマップして、UNC 名を指定することによってフォルダにリモートでアクセスできます。
• フォルダパスにオペレーティングシステムで予約済みの文字または単語を使用することは
できません。たとえば、Windows ではフォルダパスに com1 を含めることはできません。
OS X では、フォルダ名にコロン(:)を含めることはできません。
FileMaker Server 13 ヘルプ
291
• デフォルトのバックアップフォルダおよびプログレッシブバックアップフォルダをデフォ
ルトデータベースフォルダ、追加のデータベースフォルダ、または Scripts フォルダの親
またはサブフォルダにすることはできません。追加のデータベースフォルダはデフォルト
データベースフォルダ、バックアップフォルダまたは Scripts フォルダの親またはサブ
フォルダにすることはできません。「データベースおよびバックアップフォルダの設定」
を参照してください。
詳細については、FileMaker ナレッジベースを参照してください。「カスタマサポートとナレッジ
ベース」を参照してください。
FileMaker Server 13 ヘルプ
292
グループ開始ページの設定
メモ 次の情報は、グループ管理者向けです。
グループ管理者である場合は、サーバー管理者が管理者グループを設定して、グループ開始ペー
ジの設定の表示を許可する必要があります。詳細については、サーバー管理者に問い合わせてく
ださい。
グループ開始ページは、管理者グループに関連付けられているホストされたデータベースを一覧
表示します。グループ開始ページには、ホストされたデータベースが FileMaker クライアントまた
は FileMaker WebDirect で開くことができるかどうかが示されます。
グループ開始ページを設定するには、次の操作を行います。
1. [ グループ開始ページを有効にする ] を選択します。
2. [ タイトル ] にグループ開始ページのタイトルを入力します。
入力されたテキストは、グループ開始ページの H1 要素(最上位のタイトル)で使用されま
す。タイトルのテキストの上限は 80 文字です。タイトルテキストに HTML 要素は使用できま
せん。
3. [ メッセージ ] に、グループ開始ページに表示するメッセージを入力します。
入力されたテキストは、グループ開始ページの上部で静的なテキストとして使用されます。
メッセージのテキストの上限は 1000 文字です。メッセージテキストに HTML 要素は使用でき
ません。
ヒント グループ開始ページにタイトルとメッセージを表示するには、この [ グループ開始ページ ]
ウインドウに表示されるグループ開始ページの URL をクリックします。
メモ
• グループ開始ページへのアクセスに認証は必要ありません。グループ開始ページ URL へ
のアクセスのあるすべてのユーザが、ホストされたデータベースのリストを表示できま
す。ただし、データベースにアクセス制限がある場合、ユーザはデータベースにログイン
する必要があります。
• データベースをグループ開始ページに一覧表示する場合 :
• [ ステータス ] ウインドウには、データベースサーバーが正常に機能していることが示
されている必要があります。FileMaker WebDirect ソリューションが一覧に表示され
るには、[ ステータス ] ウインドウに FileMaker WebDirect が有効になっている状態で
Web 公開エンジンが正常に機能していることが示される必要があります。「展開のス
テータスの確認」を参照してください。
• データベースは、[ アクティビティ ] > [ データベース ] タブに [ 正常 ] の状態でリスト
され、FileMaker Server によってホストされている必要があります。「ホストされた
ファイルの検証」を参照してください。
• データベースは、FileMaker ネットワークによるアクセス(拡張アクセス権 fmapp)、
FileMaker WebDirect によるアクセス(拡張アクセス権 fmwebdirect)または両方を使
用して共有が有効にされている必要があります。FileMaker Pro ヘルプを参照してくだ
さい。
FileMaker Server 13 ヘルプ
293
• データベースでは、[[ 共有ファイルを開く ] ダイアログに表示しない ] 、または
[FileMaker WebDirect のホームページに表示しない ] オプションを無効にする必要が
あります。FileMaker Pro ヘルプを参照してください。
• Windows または OS X ブラウザで、グループ開始ページの [ 起動 ] 列には、データベース
が FileMaker Pro、FileMaker WebDirect、または両方で開くことができるかが示されます。
• iPhone、iPad、または iPod touch のブラウザでは、グループ開始ページの [ 起動 ] 列に
FileMaker Go で開くことができるデータベースのみが表示されます。
関連項目
管理者グループの追加
FileMaker Server グループ開始ページ
FileMaker Server 13 ヘルプ
294
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising