a8865350
IBM Netfinity サーバー SA88-6535-00
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
モデル 10X、11X、
15X、16X、20X、21X
保守マニュアル
IBM Netfinity サーバー SA88-6535-00
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
モデル 10X、11X、
15X、16X、20X、21X
保守マニュアル
IBM
ii
Netfinity サーバー 保守マニュアル
注
本書および本書がサポートする製品をご使用になる前に、221
ページの『特記事項』を必ずお読みください。
第 1 版 (1998 年 6 月)
原 典
10L9798
Netfinity 3000-type 8476
Models 10U, 10X, 11U, 11X, 15U, 15X
16U, 16X, 20U, 21U, 20X, 21X
発 行
日本アイ・ビー・エム株式会社
担 当
ナショナル・ランゲージ・サポート
Copyright International Business Machines Corporation 1997,
1998. All rights reserved.
Translation: Copyright IBM Japan 1998
本書について
本書には、Netfinity 3000 (8476 型) に関する診断情報、FRU 判
別インデックス、保守情報、エラー・コード、エラー・メッセー
ジ、および構成情報が記載されています。
重要
本書は、IBM PC Server 製品に精通し、研修を受けている保
守担当者を対象としています。
IBM 製品の保守を行う前に、212ページの『安全上の注意』
を必ず読み直してください。
オンライン・サポート
診断ファイル、BIOS フラッシュ・ファイル、およびデバイス・ド
ライバー・ファイルをダウンロードする場合は、ワールド・ワイ
ド・ウェブ (WWW) 上の IBM Personal Computing Solutions
(BBS) を使用します。
これらのファイルをダウンロードするアドレスは、次のとおりで
す。
http://www.us.pc.ibm.com/files.html
iv
Netfinity サーバー 保守マニュアル
目次
本書について
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . .
オンライン・サポート
IBM Netfinity 3000 (8476 型) . .
. . . . . . . . . .
診断 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
保守に関する追加情報
. . . . . . . .
各部の名称と位置 . . . . . . . . . . .
FRU 判別インデックス
. . . . . . .
判別できない問題 . . . . . . . . . . .
パーツ・リスト (Netfinity 3000 (8476
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
リチウム・バッテリーに関する注意
. . . . . . . . . .
ニッケル・カドミウム・バッテリーに関する注意
. . .
レーザー製品の規制に関する記述 . . . . . . . . . . . .
問題判別のヒント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
特記事項
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
商標 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
一般チェックアウト
保守に関する情報
安全上の注意
Copyright IBM Corp. 1998
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
型))
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
iv
iv
. 1
. 5
. 8
17
19
62
164
203
204
211
212
217
218
219
220
221
221
v
vi
Netfinity サーバー 保守マニュアル
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
. . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . .
診断 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
診断テスト・プログラム
. . . . . . . . . . . . .
始動テスト (POST)
. . . . . . . . . . . . . . .
POST ビープ音コード . . . . . . . . . . . . . .
エラー・メッセージ . . . . . . . . . . . . . . . .
POST のエラー・メッセージとビープ音コード
SCSI エラー・メッセージ . . . . . . . . . .
診断エラー・メッセージ
. . . . . . . . . . .
ソフトウェア生成のエラー・メッセージ . . .
一般チェックアウト
チェックアウト手順
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
. .
. .
オプション・ディスケットからファイルのインストール
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . .
テスト・ログの表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SIMM/DIMM メモリー・エラー . . . . . . . . .
機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
保守に関する追加情報
. . . . . . . . . . . . . . . . . . .
構成の概要
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
構成上の競合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハードウェア構成上の競合 . . . . . . . . . . . . .
ソフトウェア構成上の競合 . . . . . . . . . . . . .
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム . .
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メ
ニュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
System Summary (システムの概要) . . . . . . . . .
Product Data (製品データ) . . . . . . . . . . . . .
Devices and I/O Ports (装置と入出力ポート) . . .
Start Options (始動オプション) . . . . . . . . . . .
Date and Time (日付と時刻) . . . . . . . . . . . .
System Security (システム機密保護) . . . . . . . .
始動パスワード・モードの設定 . . . . . . . . . .
始動パスワードの設定と変更 . . . . . . . . . . .
「Administrator Password (管理者パスワード)」
メニューの使用 . . . . . . . . . . . . . . . . .
拡張セキュリティー機能の使用 . . . . . . . . . .
IDE 装置とディスケット・ドライブへのアクセスの
制限 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Remote Administration (リモート管理) . . . . .
アダプター ROM セキュリティー
(Adapter ROM Security) の設定 . . . . . .
Advanced Setup (拡張セットアップ) . . . . . . . .
キャッシュ制御 (Cache Control)
. . . . . . . .
ROM シャドーイング (ROM Shadowing) . . .
PCI 制御 (PCI Control) . . . . . . . . . . . . .
診断テスト・プログラムの実行
始動テスト (POST) メッセージ
Copyright IBM Corp. 1998
.
.
.
.
5
7
8
9
10
11
11
11
11
11
11
12
13
13
16
16
17
19
20
22
22
23
23
26
27
27
27
28
29
29
29
32
34
35
37
37
39
39
39
39
39
1
プラグ・アンド・プレイ制御
(Plug and Play Control) . . . . . . . . .
. . .
ISA 従来型リソース (ISA Legacy Resources) .
Power Management (省電力機能) . . . . . . . .
ACPI BIOS モードの使用 . . . . . . . . . .
Ethernet コントローラーの構成 . . . . . . . . . . .
10/100 Mbps Ethernet コントローラーの障害追及
ネットワーク接続上の問題 . . . . . . . . . .
診断 LED . . . . . . . . . . . . . . . . . .
39
39
40
41
41
42
44
.
44
.
45
パスワードを紛失したり忘れた場合のパスワードの消去
47
電源機構
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
49
ROM 作動モード・スイッチの設定 . . . . . . . . . .
51
SCSISelect ユーティリティー・プログラム . . . . . .
53
53
SCSISelect ユーティリティー・プログラムの開始
SCSISelect ユーティリティー・プログラムの選択項目 53
Configure/View Host Adapter Settings (ホスト・ア
ダプター設定値の構成/表示)
. . . . . . . . . . . . 53
SCSI ディスク・ユーティリティー
. . . . . . . 54
低レベル・ディスク・フォーマットの実行 . . . . 55
プロセッサー制御 (Processor Control)
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
フォーマット・ディスク・プログラムを使用する場
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . .
仕様 (Ethernet ケーブル)
. . . . . . . . . . . . . . . .
Wake on LAN 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . .
仕様 (システム) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
各部の名称と位置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
システム・ボードへのアクセス . . . . . . . . . . . . . .
アダプター
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
アダプターに関する考慮事項 . . . . . . . . . . . . .
AGP アダプター . . . . . . . . . . . . . . . . .
ISA アダプターと PCI アダプター . . . . . . .
ISA アダプターおよび PCI アダプターの取り付けと
取り外し
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
AGP アダプターの取り付けまたは取り外し . . . . .
機密保護オプションの追加 . . . . . . . . . . . . . . . .
U ボルトと保安ケーブル . . . . . . . . . . . . . . .
バッテリー
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
下部カバー
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ケーブル配線 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
CD-ROM ドライブ
. . . . . . . . . . . . . . . . . . .
CD の取り扱い . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
CD の装てんと取り出し . . . . . . . . . . . . . . .
取り付けの完了 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
コントロールとインディケーター . . . . . . . . . . . . .
サーバーのコントロール
. . . . . . . . . . . . . . .
状況表示ライト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ケーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り外し
. . .
外付けオプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
合
低レベル・フォーマットの開始
2
Netfinity サーバー 保守マニュアル
55
56
57
59
60
62
63
64
64
64
65
66
69
71
71
73
75
77
78
79
79
81
86
86
87
88
91
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ホット・スワップ記憶域拡張機構格納装置の追加
外付け SCSI 装置
. . . . . . . . . .
シリアル・ポート・コネクター . .
パラレル・ポート・コネクター . .
外観図 . . . . . . . . . . . . . . . . .
フロント・ファン . . . . . . . . . . .
入出力コネクター . . . . . . . . . . .
内蔵ドライブ . . . . . . . . . . . . .
拡張ベイ
. . . . . . . . . . . . .
ドライブ仕様 . . . . . . . . . . .
ケーブルのタイプ . . . . . . . . .
SCSI ドライブ . . . . . . . . . .
SCSI 物理装置番号 . . . . . .
SCSI 論理装置番号 . . . . . .
終端の要件
. . . . . . . . . .
事前導入ステップ (全ベイ共通)
.
ベイ 1 ∼ 4 のドライブの取り扱い
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
91
92
93
94
95
96
98
101
101
103
104
108
108
108
109
110
111
永続取り付けドライブ・ケージへのドライブの取
り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
永続取り付けドライブ・ケージ内のドライブの取
113
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
116
118
り外し
取り外し可能ドライブ・ケージの取り外し . . .
取り外し可能ドライブ・ケージへのドライブの取
. . . . . . . . . . . . . . . .
.
内部図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
メモリー・モジュール
. . . . . . . . . . . .
メモリー構成 . . . . . . . . . . . . . . .
120
125
130
131
132
メモリー・モジュールの取り付けまたは取り外し
133
マイクロプロセッサー
. . . . . . . . . . . . . . . .
135
マイクロプロセッサーの取り付けまたは交換 . . .
136
オプションの取り付け前の考慮事項
. . . . . . . . .
141
安定化脚
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
143
システム・ボード . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
144
システム・ボードの図
. . . . . . . . . . . . . . . .
147
システム・ボードの交換
. . . . . . . . . . . . . . .
149
スイッチの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
150
管理者パスワード・スイッチの設定
. . . . . . .
150
ディスケット書き込み禁止スイッチの設定 . . . .
151
Ethernet コントローラー作動モード・スイッチの設定 153
サーバーの構成の更新
. . . . . . . . . . . . . . . . . 154
ビデオ・ポート・コネクター . . . . . . . . . . . . . . 156
マイクロプロセッサー速度スイッチの設定 . . . . . 157
キーボード・コネクターとマウス・コネクター . . . 159
SCSI コネクター . . . . . . . . . . . . . . . . . . 160
内蔵 SCSI コネクター . . . . . . . . . . . . . 160
外付け SCSI コネクター . . . . . . . . . . . . 160
汎用シリアル・バス・ポート . . . . . . . . . . . . 162
Ethernet コネクター . . . . . . . . . . . . . . . . 163
り付け
ベイ 5 および 6 のドライブの取り扱い
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
3
FRU 判別インデックス
. . . . . . . . . .
. . . . . . . .
ビープ音が鳴る場合 . . . . . . . . . . .
POST エラー・コード . . . . . . . . .
診断エラー・コード . . . . . . . . . . .
Ethernet コントローラー・メッセージ .
その他の現象 . . . . . . . . . . . . . .
SCSI メッセージ . . . . . . . . . . . .
判別できない問題 . . . . . . . . . . . . . .
パーツ・リスト (Netfinity 3000 (8476 型))
システム
. . . . . . . . . . . . . . . .
キーボード
. . . . . . . . . . . . . . .
電源コード
. . . . . . . . . . . . . . .
ビープ音が鳴らない場合
4
Netfinity サーバー 保守マニュアル
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
. .
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
164
164
164
167
171
194
197
202
203
204
205
208
209
一般チェックアウト
次に、Netfinity 3000 (8476 型) サーバーの一般チェックアウト手
順を説明します。
重要
保守対象システムでドライブが配置し直されていたり、ドライ
ブ始動順序が変更されている場合があります。コピー、保管、
またはフォーマットなど、書き込み操作にあたっては、十分注
意していただきます。ドライブの選択を誤ると、データまたは
プログラムが上書きされる恐れがあります。
診断エラー・メッセージは、テスト・プログラムでハードウェア・
オプションの問題が検出されたときに表示されます。テストが 合格
であるか、不合格 であるか、それとも 打ち切り であるかを、テス
ト・プログラムが正しく判別するために、テスト・プログラムはテ
スト完了時にエラー戻りコードを点検します。
アプリケーション・プログラム、オペレーティング・システム、ま
たはその両方で問題または競合が検出されると、一般エラー・メッ
セージが表示されます。これらのメッセージの説明については、ソ
フトウェア・パッケージに付属の説明書を参照してください。
障害を起こしているシステムが共用 DASD クラスター (同じ外部
記憶装置 (複数の場合もある) を共用する 2 つまたはそれ以上のシ
ステム) の一部になっている場合があります。診断を実行する前
に、障害を起こしているシステムが共用 DASD クラスターの一部
になっていないかどうか確認してください。
次に挙げる場合は、システムがクラスターの一部になっている可能
性があります。
システムがユーザーによってクラスターの一部として識別さ
れている。
システムに 1 台または複数台の外部記憶装置が接続され、し
かもこうして接続されている記憶装置のうち少なくとも 1 台
が、さらに別のシステムまたは未識別ソースに接続されてい
る。
障害を起こしているシステムの近くに 1 つまたは複数のシス
テムが配置されている。
障害を起こしているシステムが共用 DASD クラスターの一部にな
っている可能性がある場合でも、記憶装置 (記憶装置内に常駐する
DASD) または記憶装置に接続されているストレージ・アダプター
のテストを行う診断テスト以外は、すべての診断テストを実行する
ことができます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
5
注
1.
システムが共用 DASD クラスターの一部になっている
場合は、テストは一度に 1 つずつループ・モードで実行
します。すべてのテストをループ・モードで行うと、
DASD 診断テストが起動する可能性があるので、すべて
のテストをループ・モードで行うことがないようにして
ください。
2.
FRU を交換する場合は、その前に、最新レベルのBIOS
がシステムにインストールされているかどうか、確認し
ます。旧レベルのBIOS が原因でエラーが誤って表示さ
れたり、交換する必要のないシステム・ボードを交換し
てしまう場合があります。
3.
複数のエラー・コードが表示される場合は、まず最初に
表示されたエラー・コードから調べます。
4.
サーバーが POST エラーを表示してハングしたら、164
ページの『FRU 判別インデックス』 を参照してくださ
い。
5.
サーバーがハングしたがエラーが表示されない場合は、
203ページの『判別できない問題』 を参照してくださ
い。
6.
インストールされている装置が診断プログラムによって
認識できない場合は、その装置に障害がある可能性があ
ります。
7.
画面に何も表示されなかったり、表示内容が読めなかっ
たり、異常な応答が発生した場合は、 164ページの
『FRU 判別インデックス』 を参照してください。
8.
6
電源の問題であれば、49ページの『電源機構』 を参照し
てください。
Netfinity サーバー 保守マニュアル
チェックアウト手順
001
システムがクラスターの一部になっていますか
Yes
No
002
ステップ004 に進む。
003
ユーザーと共同で保守のスケジュールを立てる。クラスターに関連
するすべてのシステムの電源をオフにする。記憶域テストを実行す
る。
004
–
–
–
–
サーバーと、すべての外付け装置の電源を切る。
すべてのケーブルと電源コードをチェックする。
ディスプレイのすべての調整つまみを中間点にセットする。
必要なら 13ページの『診断テスト・プログラムの実行』 を参照
して、診断プログラムを開始する。
– 次の応答をチェックする。
1.
1 回または 2 回のビープ音 (診断プログラムのバージョン
によって異なる)
2. 読み取り可能指示またはメイン・メニュー
正しい応答が得られましたか
Yes
No
005
164ページの『FRU 判別インデックス』 に進む。
006
サーバーにインストールされている装置が、すべてモジュール・テ
スト・メニューまたはハードウェア構成レポートで強調表示されて
いますか
Yes
No
007
見つからない装置に障害がある可能性がある。
008
拡張診断テストを実行する。必要なら 8ページの『診断』 を参照す
る。
エラーが表示されたら、164ページの『FRU 判別インデック
ス』 に進む。
(ステップ008に続く)
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
7
(続き)
008 (続き)
テストが停止して続行できなければ、最後にテストした装置
を元に戻す。
診断
ハードウェア関連の問題の識別と解決には、次のツールが利用でき
ます。
診断テスト・プログラム
始動テスト(POST)
POST ビープ音コード
エラー・メッセージ
FRU 判別インデックス
オプション・ディスケット
8
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断テスト・プログラム
IBM では、ハードウェア問題および一部のソフトウェア問題を診
断する場合に使用できるプログラムを用意しています。これには、
サーバーに関して役立つ情報を提供するユーティリティー・プログ
ラムもいくつか組み込まれています。このようなプログラムの 1 つ
には、診断プログラムおよびユーティリティー・プログラムを実行
する場合のユーザー・インターフェースとなるものがあります。
サーバーの診断テスト・プログラムは、サーバーに付属している
IBM 拡張診断ディスケット に格納されています。これらの診断テ
スト・プログラムの主目的は、Netfinity 3000 サーバーのシステ
ム・ボード、メモリー、およびその他の標準機能をテストすること
にあります。また、一部の外付け装置をテストする場合にも使用で
きます。
問題の原因がハードウェア、ソフトウェアのどちらにあるかを判別
できない場合は、テスト・プログラムを実行してハードウェアが正
常に作動しているかどうか確認できます。
IBM 拡張診断プログラムでは、サーバーのハードウェアを、ハー
ド・ディスクにインストールされているソフトウェアから切り離し
ます。これらの拡張診断プログラムは、オペレーティング・システ
ムからは独立して実行されるものであり、CD とディスケットのど
ちらかから実行する必要があります。このテスト方式が使用される
のは、一般的には、他に使用できるテスト方式がないか、または他
のテスト方式では、ハードウェア関連と考えられる問題の分離が正
常に行えなかった場合です。
サーバーの診断テスト・プログラムは、サーバーの主な構成要素に
関連するほとんどの問題を識別できます。主な構成要素とはシステ
ム・ボード、Ethernet コントローラー、ビデオ・アダプターまたは
ビデオ・コントローラー、ランダム・アクセス・メモリー
(RAM)、ディスケット・ドライブ、シリアル・ポート、パラレル・
ポート、キーボード、マウスです。
IBM 拡張診断ディスケット には、サーバーのテスト・プログラム
以外にも、ハードウェア構成を含めて、サーバーのハードウェアに
関する情報を提供する、ユーティリティー・プログラムが入ってい
ます。これらの情報は、オペレーティング・システムおよびデバイ
ス・ドライバーに関連する問題を分離する場合に役立ちます。
さらに、IBM 拡張診断ディスケット には、IBM 製以外の装置を対
象とする診断プログラムも追加されています。
サーバーに付属の診断プログラムの実行についての詳細は、13ペー
ジの『診断テスト・プログラムの実行』 を参照してください。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
9
始動テスト (POST)
サーバーの電源を入れると、一連のテストを実行してサーバーの構
成要素と一部のオプションの作動を検査します。これらのテストを
始動テストまたは POST (power-on self-test) と呼びます。
POST では、次のことを行います。
システム・ボードの一部の基本作動の検査
メモリーの作動の検査
現在のサーバー構成と、保管されているサーバー構成情報と
の比較
PCI アダプターの構成
ビデオの作動の開始
ディスケット、CD-ROM、ハードディスクなどのドライブが
正常に接続されているかどうかのチェック
「Power-On Self-Test」が「Enhanced」に設定されている場合
は、画面の左上の隅に、テスト中のメモリーのサイズを示す数字が
表示されます。これは、システム内のメモリーの合計サイズに達す
るまで続けられます。高速 POST を実行するため、または構成/セ
ットアップ・ユーティリティー・プログラムにアクセスするための
オプションは、画面の左下の隅に表示されます。高速モードがデフ
ォルトの作動モードです。モードを「Enhanced」に変更する場合
は、「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニュ
ーで「Start Options」を選択し、画面のプロンプトに従います。
注
表示される使用可能メモリーのサイズは、RAM 内での BIOS
シャドーイングのため、予期した数値よりも多少下回ることが
あります。
POST が問題を検出しないで終了した場合は、オペレーティング・
システムまたはアプリケーション・プログラムの最初の画面が表示
されます (始動パスワードを設定していない場合)。始動パスワード
を設定してある場合は、パスワード・プロンプトが表示されます。
オペレーティング・システムまたはアプリケーション・プログラム
の最初の画面が表示される前に、パスワードを入力しておく必要が
あります。(パスワードの使用について詳しくは、29ページの
『System Security (システム機密保護)』 を参照してください。)
「Power-On Status」が「Enabled」に設定されている場合は、
POST によって問題が検出されると、ビープ音が複数回鳴るか、ま
たはまったく鳴りません。ほとんどの場合、画面の左上の隅にエラ
ー・コードが表示されます。さらに、エラー・コードに加えてエラ
ーの記述が表示される場合もあります。(画面に複数のエラー・コー
ドと複数のエラー記述が表示される場合もあります。)
10
Netfinity サーバー 保守マニュアル
POST ビープ音コード
「Power-On Status」が「Enabled」に設定されている場合は、
POST では、テストが正常に完了したか、またはエラーが検出され
たことを示す、ビープ音コードも生成されます。
オペレーティング・システムまたはアプリケーション・プロ
グラムが始動すれば、POST が正常に完了したことを示しま
す。
ビープ音が複数回鳴った場合は、POST によってエラーが検
出されたことを示します。
ビープ音コードのリストについては、164ページの『FRU 判別イ
ンデックス』 を参照してください。
エラー・メッセージ
エラー・メッセージは、問題が存在することを示すものであり、障
害個所の識別には使用できません。エラー・メッセージによって示
された複雑な問題の障害追及および保守については、訓練を積んだ
サービス技術員が実行する必要があります。
ハードウェア・エラーのメッセージは、テキスト、数字、またはそ
の両方です。ソフトウェア・エラーのメッセージは、通常はテキス
トですが、数字の場合もあります。
POST のエラー・メッセージとビープ音コード:
始
動時に POST がハードウェアの問題、またはハードウェア構成の
変更を検出すると、POST エラー・メッセージとビープ音コードが
出力されます。POST エラー・メッセージは 3、4、5、8、または
12 文字の英数字からなっており、簡単な説明が含まれています (た
だし、I999XXXX のエラーには含まれていません)。
エラー・コードのリストについては、164ページの『FRU 判別イ
ンデックス』 を参照してください。
SCSI エラー・メッセージ:
SCSI サブシステムによって
問題または競合が検出されると表示されます。これらのメッセージ
の詳細は、サーバーに付属の ServerGuide パッケージ内の SCSI
のマニュアルを参照してください。
診断エラー・メッセージ:
診断エラー・メッセージが表示
されるのは、テストによってサーバーのハードウェアに問題が検出
された場合です。メッセージはテキスト情報の形で表示されるの
で、それによって障害個所を識別することができます。このエラ
ー・メッセージは英数字の文字情報です。画面の指示に従ってくだ
さい。
診断コードのリストについては、164ページの『FRU 判別インデ
ックス』 を参照してください。
ソフトウェア生成のエラー・メッセージ: このメッセ
ージが表示されるのは、アプリケーション・プログラムまたはオペ
レーティング・システム、あるいはその両方によって問題や競合が
検出された場合です。オペレーティング・システムおよびその他の
ソフトウェアの問題に関するエラー・メッセージは、一般的にはテ
キスト・メッセージですが、数字によるメッセージの場合もありま
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
11
す。ソフトウェア・エラー・メッセージの説明については、オペレ
ーティング・システムまたはアプリケーション・プログラム、ある
いはその両方に付属するマニュアルを参照してください。
オプション・ディスケットからファイルのイン
ストール
オプションの装置またはアダプターには、ディスケットが添付され
ています。オプション・パッケージに含まれているディスケットに
は、通常、システムがオプションを認識して活動化する場合に必要
とするファイルが入っています。したがって、必要なファイルをイ
ンストールするまでは、新しい装置やアダプターがエラー・メッセ
ージを生じる原因となる場合があります。
オプションの装置またはアダプターにディスケットが添付されてい
る場合は、一部の構成ファイル (.CFG) または診断ファイル (.EXE
または .COM) を、ディスケットからハード・ディスクにインスト
ールしなければならないことがあります。そのようなファイルのイ
ンストールが必要かどうかは、オプションに付属のマニュアルを参
照してください。
12
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断テスト・プログラムの実行
注
サーバーに付属の診断プログラムの詳細は、9ページの『診断
テスト・プログラム』 を参照してください。
重要
拡張診断ディスケットについては、廃棄しないようにしてくだ
さい。後日の使用に備えて安全な場所に保管しておきます。
ディスケットを 1 枚使用して IBM 拡張診断情報のバックアップ・
コピーを作成します。その手順は次のとおりです。
1.
ブランクの 3.5 インチ、フォーマット済みディスケットをデ
ィスケット・ドライブ A に挿入します。
2.
オペレーティング・システム・コマンド (たとえば、DOS
DISKCOPY コマンド) を使用して、拡張診断ディスケットの
完全な バックアップ・コピーを作成します。バックアップ・
コピーを使用することによって、オリジナル・ディスケット
の損傷を防ぐことができます。ディスケットのバックアップ
に関する説明は、オペレーティング・システムの資料に記載
されています。
3.
該当する場合は、画面に表示される追加指示に従ってくださ
い。
バックアップ診断ディスケットを使用して IBM 拡張診断を開始す
る場合は、次のようにします。
1.
サーバーと、それに接続されている装置の電源をすべて切り
ます。
2.
IBM 拡張診断のバックアップ・ディスケットをディスケッ
ト・ドライブ Aに挿入します。
3.
接続されている装置すべての電源をオンにしてから、サーバ
ーの電源をオンにします。
4.
画面の指示に従います。
始動テスト (POST) メッセージ
POST の実行中にエラー・メッセージを受け取った場合は、この項
で概説する手順を完了すると、問題を解決できることがあります。
注
装置を追加、除去したり、位置を変更した直後にエラー・メッ
セージが表示された場合は、サーバーを再構成する必要があり
ます。26ページの『「構成/セットアップ・ユーティリティ
ー・プログラム」メニュー』 に記載されている手順に従って
ください。26ページの『「構成/セットアップ・ユーティリテ
ィー・プログラム」メニュー』 に記載の手順に従ってもエラ
ー・メッセージが表示される場合は、次の指示に従ってくださ
い。
1.
サーバーの始動時に画面に表示されるエラー・コードの番号
と記述をすべて書き留めておきます。(1 つの問題が原因で複
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
13
数のエラー・メッセージが表示される可能性があります。最
初のエラー・メッセージの原因を取り除くと、次にサーバー
の電源をオンにしたときは、他のエラー・メッセージも画面
に表示されなくなっているはずです。)
2.
始動パスワードを設定し、パスワード・プロンプトを「On」
または「Dual」に設定してある場合は、パスワード・プロン
プトが表示されます。始動パスワードと管理者パスワードの
両方を設定してある場合は、パスワード・プロンプトに対し
てどちらのパスワードを入力しても構いません。ただし、構
成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムの中の設定
値を変更する必要がある場合は、パスワード・プロンプトに
対して管理者パスワードを入力する必要があります。始動パ
スワードを入力した場合は、「POST Startup Errors」画面に
表示されるエラー・コードおよびエラー・コード記述を表示
させて見ることができます。また、構成/セットアップ・ユー
ティリティー・プログラムの中の限られた情報も表示させて
見ることができます。ただし、設定値を変更することはでき
ません。
3.
ほとんどのエラーの場合、構成/セットアップ・ユーティリテ
ィー・プログラムは自動的に始動するので、それによって問
題を識別し、解決を試みることができます。構成/セットアッ
プ・ユーティリティー・プログラムが始動すると、「POST
Startup Errors」というタイトルの画面が表示されます。
(「POST Startup Errors」画面は即時に表示されるわけでは
ありません。表示されるまでに 1 分前後待つ必要がありま
す。)「POST Startup Errors」画面が表示されない場合は、
ステップ 6 (15ページ) に進みます。
4. 「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューにアクセスしたい場合は、「POST Startup Errors」画面
で「Continue」を選択します。構成/セットアップ・ユーティ
リティー・プログラムを終了したい場合は、「Exit Setup」
を選択します。(構成/セットアップ・ユーティリティー・プロ
グラムを終了する場合の詳細については、ステップ 5d (15ペ
ージ) の直後の「重要」の項を参照してください。) 項目を
選択する場合は、上矢印 (↑ ) キーまたは下矢印 (↓ ) キーを押
して、その項目を強調表示してから、Enter キーを押しま
す。
5.
ステップ 4 で「Continue」を選択した場合は、「構成/セッ
トアップ・ユーティリティー・プログラム」メニューが画面
に表示されます。誤動作している構成要素、または前回サー
バーの電源をオンにした後で変更された構成要素を示すメニ
ュー項目がある場合は、その隣にポインターが表示されてい
るはずです。ポインターが付いている構成要素について変更
した覚えがない場合は、誤動作している構成要素であると考
えられます。変更を加えた場合は、ここから手順を続行しま
す。変更を加えていない場合は、ステップ 5d (15ページ)
の直後に続く「重要」の項を参照してください。
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムを使用す
るには、以下の手順に従います。
a.
上矢印 (↑ ) キーまたは下矢印 (↓ ) キーを押して、ポイ
ンターが付いている (または表示させたい) メニュー項
目を選択し、次に Enter キーを押します。
14
Netfinity サーバー 保守マニュアル
b.
選択した項目に固有の新しいメニューが表示されます。
メニュー項目に関する選択項目間の切り替えを行う場合
は、左矢印 (← ) キーまたは右矢印 (→ ) キーを押しま
す。(各メニュー項目ごとにヘルプ画面があります。ヘ
ルプ画面を表示させる場合は、該当のメニュー項目を選
択し、次に F1 キーを押します。)
c.
表示と設定変更が終了したら、Esc キーを押して「構成
/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューに戻ります。
d.
プログラムを終了する前に、「Save Settings」を選択
します。「構成/セットアップ・ユーティリティー・プ
ログラム」メニューを終了する (ステップ 5e を参照)
と、オペレーティング・システムが自動的に開始します
(ただし、始動装置に未解決の問題がない場合)。
重要
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラ
ムの中の設定値を変更 しなかった 場合は、次のこ
とに注意します。
「Save Settings」を選択せずに構成/セット
アップ・ユーティリティー・プログラムを終
了すると、エラー・メッセージが表示されま
す。 オペレーティング・システムは始動しま
せんが、サーバーは自動的に再始動します。
サーバーが再始動すると POST エラー・メ
ッセージが表示され、その後で構成/セットア
ップ・ユーティリティー・プログラムが自動
的に再始動します。
「Save Settings」を選択してから構成/セッ
トアップ・ユーティリティー・プログラムを
終了すると、エラー・メッセージは表示され
ません。現在 構成/セットアップ・ユーティ
リティー・プログラムに表示されている設定
値は、システムによってすべてそのまま保管
され、始動装置に未解決の問題がなければ、
オペレーティング・システムが始動します。
e.
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムを
終了する場合は、Esc キーを押し、画面の指示に従いま
す。
6.
エラー・メッセージについて詳しくは、164ページの『FRU
判別インデックス』 を参照してください。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
15
テスト・ログの表示
診断テストによってエラーが報告された場合は、プログラムではテ
ストに不合格として表示します。
障害の詳細を表示して見たり、テスト結果を表示して見る場合は、
どのテスト・カテゴリー画面でも、次の手順を実行します。
F3 キーを押してログ・ファイルを活動化する。
もう一度 F3 キーを押して、ファイルをディスケットに保管
するか、または F2 キーを押してファイルを印刷する。
SIMM/DIMM メモリー・エラー:
IBM PC 拡張診断に
よって出される SIMM/DIMM エラー・メッセージには、次に挙げ
るものがあります。
メッセージ
検出障害
処置
2xx-1y
メモリー・エラーが
SIMM ソケット Y
エラー・コードの最
終桁で識別されるソ
に検出されました。
ケットの SIMM を
交換します。
テストを再実行しま
す。
同じエラー・コード
が再度表示された場
合は、システム・ボ
ードを交換します。
2xx-2y
メモリー・エラーが
DIMM ソケット Y
エラー・コードの最
終桁で識別されるソ
に検出されました。
ケットの DIMM を
交換します。
テストを再実行しま
す。
同じエラー・コード
が再度表示された場
合は、システム・ボ
ードを交換します
が、メモリーがプロ
セッサー・カード上
にある場合は、プロ
セッサー・カードを
交換します。
Corrupt BIOS
BIOS 内の情報が予
BIOS を再フラッシ
期されたものではあ
りません。
ュします。
予期された DMI 情
システム・ボードを
交換します。
報を BIOS から検出
することができませ
ん。
メモリー・コントロ
ーラー・チップ・セ
ットのベンダー ID
が予期された値に一
致しません。
Test aborted by
user
16
ユーザーがテストを
停止しました。
Netfinity サーバー 保守マニュアル
テストを再始動しま
す。
機能
サーバーの機能は、モデルによって異なります。次に Netfinity
3000 (8476 型) の場合に使用できる機能を要約してあります。
マイクロプロセッサー
Intel Pentium II マイクロプロセッサー
MMX テクノロジー付き
66 MHz または 100 MHz フロント・サイド・バス (FSB)
16 KB レベル 1 キャッシュ・メモリー
512 KB レベル 2 キャッシュ、マイクロプロセッサー内蔵の
エラー検出および訂正 (ECC) メモリー付き
クロック速度は、モデルによって異なる
メモリー
3 個の 3.3 V 同期、168 ピン、バッファーなしデュアル・イ
ンライン・メモリー・モジュール (DIMM) ソケット
384 MB まで増設可能
100 MHz SDRAM (Synchronous Dynamic Random
Access Memory)、エラー検出および訂正 (ECC) メモリー付
き
32 MB、64 MB、および 128 MB DIMM に対するサポー
ト
システム・プログラム用フラッシュ・メモリー
ディスケット・ドライブ
ディスケット・ドライブ 1 台をサポート
標準 : 3.5 インチ、1.44 MB を 1 枚
ハード・ディスク
ハード・ディスクの台数と容量は、モデルによって異なる
最大 4 台の内蔵ハード・ディスクをサポート
CD-ROM ドライブ
標準 : IDE
キーボードおよび補助装置
キーボード
マウス
拡張スロット・コネクター
次のように最大 7 個のアダプターをサポート
専用 ISA スロット・コネクターを 3 個
専用 PCI スロット・コネクターを 3 個
専用 Accelerated Graphics Port (AGP) スロット・コネクタ
ー1個
拡張ベイ
3.5 インチまたは 5.25 インチのドライブ・ベイ 1 個
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
17
3.5 インチ・ドライブ・ベイ 4 個
拡張用に利用可能なベイの数はモデルによって異なる
標準 : CD-ROM ドライブ用専用 5.25 インチ・ドライブ・
ベイ 1 個
アップグレード可能な POST と BIOS
(入手可能なとき) POST/BIOS アップグレードによってシス
テム・ボード上の EEPROM を更新
機密保護機能
ボルト固定機能
シャシー侵入検出機能
始動パスワードと管理者パスワード
セキュリティー・エラー・インディケーター
始動ドライブ優先順位
サイド・カバー・ロック
自動始動モード
SCSI 機能
16 ビット UltraSCSI アダプター
– 外部コネクター 1 個
– 内部コネクター 1 個
内蔵 SCSI ハード・ディスク用として使用可能なベイ 4 個
電源機構
330 ワット (W)
自動検知機能
内蔵過負荷保護およびサージ保護
内蔵機能
マイクロプロセッサー用電圧調整器
シリアル・ポート 2 個
USB (汎用シリアル・バス) ポート 2 個
並列ポート 1 個
マウス・ポート
キーボード・ポート
全二重 10/100 Mbps Ethernet コントローラー
–
–
10BASE-T/100BASE-TX ポート
低マイクロプロセッサーおよび内蔵バス利用率向上のた
めの内蔵 DMA バッファー管理ユニット
システム・ボード上の AGP 機能
–
4 MB SGRAM (Synchronous Graphics Random
Access Memory)、100 MHz
ビデオ・アダプター用の専用 AGP スロット・コネクター 1
個
Wake on LAN 機能
Alert on LAN 機能
システム管理コントローラー
18
Netfinity サーバー 保守マニュアル
保守に関する追加情報
次に挙げる保守に関する追加情報では、Netfinity 3000 (8476 型)
サーバーをサポートします。
20ページの『構成の概要』
22ページの『構成上の競合』
23ページの『構成/セットアップ・ユーティリティー・プログ
ラム』
26ページの『「構成/セットアップ・ユーティリティー・プロ
グラム」メニュー』
42ページの『Ethernet コントローラーの構成』
47ページの『パスワードを紛失したり忘れた場合のパスワー
ドの消去』
49ページの『電源機構』
51ページの『ROM 作動モード・スイッチの設定』
53ページの『SCSISelect ユーティリティー・プログラム』
57ページの『仕様 (Ethernet ケーブル)』
60ページの『仕様 (システム)』
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
19
構成の概要
ハードウェア装置およびソフトウェア・プログラムの編成および相
互接続のために、サーバーがリソースをどのように割り振るかにつ
いては、ユーザーが主役を果たすことになります。この割り振りプ
ロセスを 構成 と呼びます。サーバーの構成に必要な手順のステッ
プは、導入する装置およびプログラムの数と種類によって異なりま
す。
サーバーには、何種類かのアダプター用のコネクターが備えられて
います。このように柔軟性があるため、選択の対象となり得る、次
の標準のどれかに準拠するアダプターおよび装置は多数存在しま
す。
Peripheral Component Interconnect (PCI)
Industry Standard Architecture (ISA)
Small Computer System Interface (SCSI)
Accelerated Graphics Port (AGP)
下記のワールド・ワイド・ウェブ (WWW) アドレスにアクセスす
れば、サーバーと互換性のある製品のリスト、および関連構成情報
を入手することができます。
http://www.pc.ibm.com/us/compat/
システム・ボード、アダプター、およびその他の装置に関する特定
の構成値を定義する場合は、ジャンパーおよびスイッチを使用しま
す。アダプター、ドライブ、またはその他の装置のジャンパーやス
イッチを設定する必要がある場合は、該当するジャンパーおよびス
イッチの設定に関する特定の情報について、装置に付属の資料を参
照してください。
一般的に、サーバーに導入するハードウェア装置およびソフトウェ
ア・プログラムの数と種類が多ければ多いほど、システムの正しい
構成を行うためには、サーバーおよび装置についてより深く理解す
る必要があります。
サーバーには、次のようなハードウェア構成ユーティリティー・プ
ログラムが付属しています。
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムによっ
て、システム・ボードのシリアル・ポートとパラレル・ポー
トの割り当て、割り込み要求の設定、インストールするドラ
イブの始動ドライブの優先順位の設定などができます。また
このユーティリティー・プログラムを使って、サーバーの始
動と構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムのア
クセスに必要なパスワードを設定することもできます。
SCSISelect ユーティリティー・プログラム
内蔵の SCSISelect ユーティリティー・プログラムを使用し
て、サーバーに取り付ける SCSI 装置を構成することができ
ます。SCSISelect ユーティリティー・プログラムによって、
省略時値の変更、構成上の競合の解決、SCSI ハードディスク
の低レベルのフォーマットができます。
新しい装置やプログラムを導入するときは、それらに付属している
資料を事前に読んでください。資料を読むと、導入や構成に必要な
20
Netfinity サーバー 保守マニュアル
手順が判断できます。次の手順は、通常、サーバーの構成時に必要
なものですが、常に必要とは限りません。
1.
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムを実行
し、現在の構成設定値を記録します。
23ページの『構成/セットアップ・ユーティリティー・プログ
ラム』 を参照してください。
2.
サーバーのシステム・ボード上のジャンパーまたはスイッチ
を設定します。
3.
装置のジャンパーまたはスイッチを設定します。
装置の取り付けに関する説明を参照してください。
4.
サーバーに装置を取り付けます。
ISA アダプターに接続する ISA 従来型リソースを予約しま
す。 40ページの『ISA 従来型リソース
(ISA Legacy Resources)』 を参照してください。
5.
構成上の競合を解決します。
22ページの『構成上の競合』 を参照してください。
6.
デバイス・ドライバーを含むソフトウェア・プログラムをイ
ンストールします。
詳細は、IBM ServerGuide パッケージに付属のマニュアルを
参照してください。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
21
構成上の競合
サーバーが使用するリソースは、IRQ、DMA、入出力ポート・ア
ドレス、およびメモリーで構成されます。この項の説明が役立つの
は、リソースの構成に競合が生じた場合です。
構成上の競合が生じるのは、次の場合です。
ユーザーが取り付けた装置が、別の装置が使うのと同じリソ
ースを必要とする場合 (たとえば、2 つのアダプターが同じア
ドレス空間に書き込もうとした場合)。
装置のリソースを変更した場合 (たとえばジャンパー設定の変
更)。
装置の機能を変更した場合(たとえば、COM1 を 2 つの異な
るシリアル・ポートに割り当てた場合)。
ハードウェア装置が使うのと同じリソースを必要とするソフ
トウェア・プログラムをインストールした場合。
構成エラーを解決する場合に必要な手順のステップは、システムに
導入するハードウェア装置とソフトウェア・プログラムの数と種類
によって決まります。ハードウェア構成エラーが検出されると、サ
ーバーが POST を完了してからオペレーティング・システムがロ
ードされるまでの間に、構成エラー・メッセージが表示されます。
エラー・メッセージが表示されているときに Esc キーを押すと、
そのエラーをバイパスできます。
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムで構成するの
は、システムのハードウェアと割り込み要求だけです。このプログ
ラムは、オペレーティング・システムやアプリケーション・プログ
ラムの要件を考慮しません。したがって、メモリー・アドレス構成
上の競合が生じる場合があります。メモリー・アドレスの競合によ
っては、競合しているハードウェア・オプションのアドレスを変更
するか、あるいはハードウェアを変更または移動することによって
解決できる場合があります。これで解決できないメモリー・アドレ
スの競合の場合は、一部のソフトウェア・パラメーターを変更して
解決する必要があります。追加情報については、『ハードウェア構
成上の競合』 および 23ページの『ソフトウェア構成上の競合』 を
それぞれ参照してください。
ハードウェア構成上の競合: 次の情報を利用して、ハード
ウェア構成の競合の解消に役立ててください。
1.
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムを実行し
て、システム・ボードの機能で使用されるリソースの表示お
よび変更を行います。変更を加える場合は、その前に必ず現
在の設定値を記録しておきます。(説明については、23ペー
ジの『構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム』
を参照してください。)
2.
3.
22
競合しているアダプターまたは装置を判別します。
アダプターのジャンパーまたはスイッチを変更します。装置
によっては、ジャンパーおよびスイッチを使用して、必要な
システム・リソースを定義するものがあります。設定値が誤
っている場合、または共用できないリソースを使用するよう
に設定されている場合は、競合が生じ、装置は構成プログラ
ムによって非活動化されたままの状態に保たれます。
Netfinity サーバー 保守マニュアル
4.
システム・ボードのジャンパーまたはスイッチを変更しま
す。その上で、サーバーの内側のシステム・ボード図を参照
してください。
5.
装置またはアダプターを取り外します。構成によってはサポ
ートされない場合があります。アダプターを取り外す必要が
ある場合は、66ページの『ISA アダプターおよび PCI アダ
プターの取り付けと取り外し』 を参照してください。
ソフトウェア構成上の競合:
構成/セットアップによっ
て、一部のハードウェア・オプションが使用するメモリー・アドレ
ス空間が変更される場合があります。これが起こったら、一部のハ
ードウェア・オプションが使う新しいメモリー・アドレス空間と
IRQが、アプリケーション・プログラムによる使用のために定義さ
れたアドレスと競合することがあります。
競合が存在する場合は、次の条件のどれか 1 つまたは複数が存在し
ている可能性があります。
システムがオペレーティング・システムをロードできない。
システムが作動しない。
アプリケーション・プログラムが作動しないか、またはエラ
ーを戻す。
画面のメッセージが、メモリー・アドレスに競合があること
を示している。
注
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムを開始し
て、システム・ボードの機能で使用されているアドレスを表示
して見ます。
メモリー・アドレスの競合を解決する最も良い方法は、アプリケー
ション・プログラムまたはデバイス・ドライバーが使用しているア
ドレスを変更することです。構成/セットアップ・ユーティリティ
ー・プログラムを使ってアドレスを表示し、変更することができま
す。
構成/セットアップ・ユーティリティー・プロ
グラム
ほとんどの構成で、サーバーは省略時システム設定値を使用して作
動します。設定値を変更する必要があるのは、構成上の競合を解決
する場合、または装置の機能を使用可能にしたり変更したりする場
合だけです。
省略時設定値を変更したい場合は、構成/セットアップ・ユーティリ
ティー・プログラムによって、設定値の表示と変更に便利な方法を
使用できます。
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムを実行して終了
すると、構成情報は、EEPROM に格納されます。 サーバーの電源
が切られても構成情報は保存されているので、次回はシステムの始
動後から有効になります。
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムの実行を指示す
るエラー・メッセージが表示された場合は、必ずそのとおりに実行
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
23
します。SCSI 装置の取り付けまたは取り外しを行った場合は、
SCSISelect ユーティリティー・プログラムを実行します (53ペー
ジの『SCSISelect ユーティリティー・プログラム』 を参照してく
ださい)。変更を加える前に、オプションに付属の資料をもう一度参
照してください。
ほとんどのオプションを処理した後で初めてサーバーを再始動する
と、構成変更が行われたことを示すメッセージが表示されます。そ
の上でプロンプトが表示されて、構成/セットアップ・ユーティリテ
ィー・プログラムに入って構成設定値を手作業で更新するか、また
はシステム・プログラムによって自動的に更新された設定値を確認
して保管するよう指示されます。
オプションを変更して、サーバーを再始動するすると、次のような
画面が表示される場合があります。
POST Startup Error(s)
The following error(s) were detected when the system was
started:
162 Configuration Change Has Occurred
Select one of the following:
Continue
Exit Setup
注
加えられた構成変更によっては、表示されるエラー・メッセー
ジが本書に示すものとは異なっている場合があります。
上記のような画面が表示された場合は、Continue を選択し、「構
成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニューが表示
されるのを待って、26ページの『「構成/セットアップ・ユーティ
リティー・プログラム」メニュー』 に進みます。
また、上記の画面が表示されなかった場合は、次の手順を使用して
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニューに
アクセスします。
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムを開始する手順
1.
サーバーの電源をオンにして、画面に注目します。
サーバーがすでにオンになっている場合は、サーバーの電源
をいったんオフにしてから、使用中ライトがすべてオフにな
るまで数秒間待ち、そのうえで再度サーバーの電源をオンに
します。(Ctrl+Alt+Del キーを使用してサーバーの再始動を
2.
行ってはなりません。)
Press F1 to enter Configuration/Setup というメッセ
ージが表示されたら、F1 キーを押します。「構成/セットア
ップ・ユーティリティー・プログラム」メニューが表示され
ます。このメニューについては、26ページの『「構成/セット
アップ・ユーティリティー・プログラム」メニュー』 を参照
してください。
24
Netfinity サーバー 保守マニュアル
注
1.
管理者パスワードが設定されて いない 場合は、始動手
順が完了すると構成/セットアップ・ユーティリティー・
プログラムが開始します。
2.
管理者パスワードは設定されているが、始動パスワード
は設定されていない 場合は、管理者パスワードを入力し
て構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムに
アクセスする必要があります。
3.
管理者パスワードと始動パスワードの両方を設定してあ
る場合は、どちらを入力しても構いません。ただし、構
成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムの中の
設定値を変更する場合は、管理者パスワードを入力する
必要があります。始動パスワードを入力した場合は、構
成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムの中の
限られた情報の 表示 はできますが、設置値の 変更 はで
きません。
4.
構成エラーが発生すると、オペレーティング・システム
が開始する前に、プロンプトが表示されます (22ペー
ジの『構成上の競合』 を参照)。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
25
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プ
ログラム」メニュー
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メイン・メ
ニューで、変更したい設定値を選択することができます。
Configuration/Setup Utility
Select Option:
• System Summary
• Product Data
• Devices and I/O Ports
• Start Options
• Date and Time
• System Security
• Advanced Setup
• ISA Legacy Resources
• Power Management
Save Settings
Restore Settings
Load Default Settings
Exit Setup
<↑> <↓> Move
<Enter> Select
<F1> Help
<Esc> Exit
注
サーバーの画面に表示されるメニューは、本書に示すメニュー
とは多少異なる場合がありますが、機能に変わりはありませ
ん。
F1 キーを押すと、選択したメニュー項目に関するヘルプ情報が表
示されます。
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニュー
で、変更内容を表示して保管すると、構成の変更が確定します。ま
た、手動で変更して、その設定値を保管することもできます。
次に構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムで使用され
る記号について説明します。
メニュー項目の横に黒丸 (
ューがあります。
) が表示された場合は、追加メニ
大括弧 ([ ]) で囲まれている情報だけが変更できます。[ ] で
囲まれていない情報は変更できません。
メニュー項目の横に右向き矢印 (
) が付いている場合は、そ
のカテゴリーで構成変更があったことを表しています。
は、後続のメニューに表示されることもあります。
メニュー項目の横にアスタリスク ( *) が付いている場合は、
リソースの競合が検出されています。
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムを終了する手順
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューで「Exit Setup」を選択するか、または Esc キーを押し
ます。
2.
「Exit Setup」メニューが表示されます。変更を保管するこ
とも、変更を保管しないで構成/セットアップ・ユーティリテ
26
Netfinity サーバー 保守マニュアル
ィー・プログラムを終了することも、「構成/セットアップ・
ユーティリティー・プログラム」メニューに戻ることもでき
ます。矢印キーを使用して必要なオプションを選択してか
ら、Enter キーを押します。
注
メニューの選択項目は、サーバーの BIOS のバージョンによ
って少し異なる場合があります。
画面内を移動し、選択を行う場合は、次のコマンドを使用します。
キー
機能
↑
↓
メニュー項目間の移動
←
→
メニューの選択項目間の切り替え
Enter
項目の選択
Esc
表示または変更が終わると、このキーでメニュ
ーを終了します。
F1
選択したメニュー項目についてのヘルプを表示
します。
System Summary (システムの概要):
これを選択す
ると、マイクロプロセッサーのタイプと速度、メモリー容量などの
構成情報が表示されます。
構成設定値に対して行った変更は、この概要画面に表示されます。
この画面のフィールドは編集できません。構成設定値を変更する必
要がある場合は、該当するメニュー選択項目から変更を加える必要
があります。
Product Data (製品データ):
この項目を選択すると、
マシンのタイプとモデル、システムのシリアル番号、システム・ボ
ード識別子、およびフラッシュ EEPROM (BIOS) の改訂レベルま
たは発行日付が表示されます。
Devices and I/O Ports (装置と入出力ポート):
ソフトウェアは、ポート割り当てによってポートを認識します。各
ポートには、固有のポート割り当てが必要です。通常は、構成/セッ
トアップ・ユーティリティー・プログラムがこの割り当てを行いま
すが、ユーザーが割り当てを変更する必要がある特殊なハードウェ
アやソフトウェアもあります。
「Devices and I/O Ports」を選択するのは、装置および入出力ポ
ートに関する割り当てを表示または変更する場合です。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
27
拡張スロットの 1 つにシリアル・アダプターを取り付けると、シリ
アル・ポートが追加できます。ポートの割り当ての詳細について
は、シリアル・アダプターに付属の資料を参照してください。
ポートの割り当ての表示または変更は、次のようにして行います。
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューで「Devices and I/O Ports」を選択してから、Enter
キーを押します。
2.
3.
「Devices and I/O Ports」メニューが表示されます。
装置またはポートを選択します。必要な場合には、Enter キ
ーを押して追加メニューを表示します。
4.
左矢印 (← ) キーまたは右矢印 (→ ) キーを使って設定値の間
を移動します。
Start Options (始動オプション):
これを選択する
と、始動ドライブの優先順位、キーボード速度、ウィルス検出、各
種始動オプション、その他の機能の設定値を表示し、変更できま
す。
サーバー内の装置の始動優先順位については、制御することができ
ます。サーバーの電源をオンにすると、そのつどサーバーは装置を
チェックして、オペレーティング・システムを探します。システム
が装置をチェックする順序が、装置始動優先順位です。
注
省略時の始動優先順位は、次のとおりです。
1.
2.
3.
CD-ROM ドライブ
ディスケット・ドライブ
ハード・ディスク
始動優先順位の設定は、次のようにして行います。
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューで「Start Options」を選択してから、Enter キーを押
します。
2.
3.
4.
5.
「Start Options」メニューが表示されます。
「Startup Sequence」を選択してから、Enter キーを押し
ます。
指定済みの選択事項から、順序と装置を選択します。
「Automatic Power On Startup Sequence」が「Enabled
」になっている場合は、指定済みの選択事項から順序と装置
を選択します。
電源オン状況の設定は、次のようにして行います。
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューで「Start Options」を選択してから、Enter キーを押
します。
2.
3.
4.
28
「Start Options」メニューが表示されます。
「Startup Sequence」を選択してから、Enter キーを押し
ます。
「Power-on Status」を選択します。
Netfinity サーバー 保守マニュアル
5.
示されている選択項目の中から「power-on status」を選択し
ます。
Date and Time (日付と時刻):
これを選択すると、シ
ステム日付と時刻を設定できます。
システム時刻は、24時間形式で、時/分/秒で表示されます。システ
ム日付は、各国の標準形式で表示されます。たとえば、米国では
MM/DD/YYYY (月/日/年) の形式で表示されます。
日付と時刻の設定は、次のようにして行います。
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューで「Date and Time」を選択してから、Enter キーを押
します。
2.
3.
4.
「Date and Time」メニューが表示されます。
左矢印 (← ) キーまたは右矢印 (→ ) キーを使用して、各デー
タ・フィールド間を移動します。
新しい情報を入力します。その情報は、入力と同時にシステ
ムによって保管されます。
System Security (システム機密保護):
サーバー
と、サーバーに格納された情報の保護に役立つ機密保護機能がいく
つかあります。サーバーへのアクセスを制限するため、パスワード
の追加、IDE 装置の保護、ディスケット・ドライブの保護といった
機密保護機能を実現できます。
始動パスワード・モードの設定: 始動パスワードでシステム
に対する無許可アクセスを阻止することができます。始動パスワー
ドは、設定の必要があるわけではありませんが、設定しておけば、
サーバーを使用できるユーザーを制御することができます。始動パ
スワードが設定されている場合は、サーバーの始動時にプロンプト
が表示されたら、それを入力する必要があります。
始動パスワードの設定にあたっては、次の 3 つのパスワード・プロ
ンプト・モードのどれか 1 つを選択することができます。
On (表示)
パスワード・プロンプト表示モードの場合は、サーバーの電
源をオンにすると、始動パスワードの入力を指示するプロン
プトが表示されます。正しいパスワードが入力されるまで、
オペレーティング・システムは開始されず、キーボードはロ
ックされたままです。マウスがマウス・ポートに接続されて
いる場合は、始動パスワードが入力されるまで、マウスもロ
ックされたままです。マウスがシリアル・ポートに接続され
ている場合は、サーバーが始動すると、パスワードが設定さ
れているかどうかに関係なく、マウスはアクティブになりま
す。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
29
注
Remote Administration (リモート管理) が使用可能に
なっている場合は、「On (表示)」を選択することはで
きません。この場合は、「Dual (表示/非表示)」を選択
します。Remote Administration (リモート管理) が使
用可能になっているときは、始動パスワード・モードを
「On (表示)」に設定しても、自動的に「Dual (表示/非
表示)」にリセットされます。
Off (非表示)
パスワード・プロンプト非表示モード (不在始動モードと呼ば
れる場合もある) の場合は、サーバーの電源をオンにしたと
き、始動パスワードの入力を指示するプロンプトが表示され
ることはありません。サーバーがオペレーティング・システ
ムを開始します。ただし、マウスがマウス・ポートに接続さ
れている場合は、次の「マウスの使用に関する重要な情報」
を参照してください。
30
Netfinity サーバー 保守マニュアル
マウスの使用に関する重要な情報
ここでの説明が該当するのは、マウス・ポートに接続さ
れたマウスを使用する場合だけです。シリアル・マウス
の場合は、パスワード・プロンプト非表示モードである
ことによる影響を受けることはありません。
パスワード・プロンプト非表示モードでは、サーバーに
はマウスの接続状況が検出できません。このモードで
は、マウス・デバイス・ドライバーが CONFIG.SYS フ
ァイルまたは AUTOEXEC.BAT ファイルによって自動
的にロードされることがないため、マウス・ポートが使
用不可になっていることを示すエラー・メッセージが表
示されて、サーバーが停止します。エラー・メッセージ
の表示を伴わず、オペレーティング・システムがロード
できるようにするには、使用しているオペレーティン
グ・システムに応じて、次の説明に従ってください。
OS/2 を使用している場合は、パスワード・プロンプト
非表示モードを使用可能にする前に、次のどちらか一方
を実行します。
オペレーティング・システムがデバイス・ドライバ
ーのエラー時に停止することがないように、
CONFIG.SYS ファイルを設定する。そのために
は、PAUSEONERROR=NO コマンドを
CONFIG.SYS ファイルの先頭の近くに入れま
す。
マウス・ドライバー・ステートメントを
CONFIG.SYS から削除する。
Windows NT または Windows 95 を使用している
場合は、次のようにします。
サーバーが始動し、マウス・ポート使用不可のエラ
ー・メッセージが表示されたら、始動パスワードと
管理者パスワードのどちらかを入力して、キーボー
ドを使用可能にします。次に、キーボードを使用し
て、「Do not display this message in the
future」チェック・ボックスにチェック・マーク
を付けます。
パスワード・プロンプト非表示モードでオペレーティング・
システムが開始されると、キーボードはロックされたままで
す。マウスがマウス・ポートに接続されている場合は、マウ
スもロックされたままです。
このモードでは、パスワードの入力を指示するプロンプトは
表示されませんが、POST の完了後であればいつでも、たと
えオペレーティング・システムのロード後であっても、始動
パスワードまたは管理者パスワードを入力することができま
す。パスワードを入力した場合は、キーボードのロックは解
除されますが、マウス・ポートに接続されたマウスは使用不
可のままです。
パスワード・プロンプト非表示モードが便利なのは、ネット
ワーク・サーバーの場合や、その他のサーバーがオペレータ
ー不在で作動する場合です。電源障害が発生した場合でも、
電源が回復すると、サーバーは自動的に再始動し、このモー
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
31
ドで作動を再開し、オペレーターによる介入を必要としませ
ん。
パスワードを入力するとキーボードのロックは解除されます
が、マウス・ポートに接続されたマウスは使用不可のままで
す。
パスワード・プロンプト非表示モードは、サーバーを自動稼
働させるネットワーク環境に便利です。電源障害が発生した
場合には、オペレーターが介入しなくても、電源が回復する
とサーバーが自動的に再始動し、このモードで作動を再開し
ます。
Dual (表示/非表示)
パスワード・プロンプト表示/非表示モードでは、サーバーの
始動がサーバーの電源スイッチから行われるか、モデムやタ
イマーなど、不在方式によって行われるかによって、サーバ
ーの始動状況が異なります。
電源スイッチを押してサーバーを始動した場合は、サーバー
はパスワード・プロンプト表示モードの場合と同様に作動し
ます。
LAN 上のリモート操作のように自動でサーバーを始動する
と、サーバーはパスワード・プロンプト非表示モードで作動
します。
始動パスワードと管理者パスワードの両方が設定されている場合
は、サーバーを始動した時点で表示される パスワード・プロンプト
に対しては、どちらのパスワードを入力しても構いません。ただ
し、構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムの中の設定
値のどれかを変更したい場合は、構成/セットアップ・ユーティリテ
ィー・プログラムへのアクセスを試行した時点で表示される パスワ
ード・プロンプトに対しては、管理者パスワードを入力する必要が
あります。このプロンプトに対して始動パスワードを入力した場合
は、構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムの中の限ら
れた情報を表示させて見ることはできますが、設定値を変更するこ
とはできません。
パスワードは、入力したとおりに画面に表示されるわけではありま
せん。パスワードの入力を誤った場合は、その旨を告げる画面メッ
セージが表示されます。パスワードの入力を 3 回誤った場合は、い
ったんサーバーの電源をオフにしてから、あらためて始動する必要
があります。入力したパスワードが正しければ、キーボードとマウ
スのロックが解除され、サーバーは正常に作動します。
始動パスワードの設定と変更:
始動パスワードを設定または
変更する場合は、構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラ
ムを使用します。
32
Netfinity サーバー 保守マニュアル
重要
始動パスワードの記録は、安全な場所に保管しておきます。始
動パスワードが設定されている場合は、まず最初にそのパスワ
ードを使用しないと、キーボードとマウスをアクティブにする
ことができません。始動パスワードを紛失したり忘れたりした
場合は、サーバーのカバーを取り外して、システム・ボード上
のジャンパーを切り替えてからでないと、始動パスワードの変
更も削除もできません。詳細については、47ページの『パスワ
ードを紛失したり忘れた場合のパスワードの消去』 を参照し
てください。
始動パスワードの設定または変更は、次の手順で行います。
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューで「System Security」を選択してから、Enter キーを
押します。
2.
3.
「System Security」メニューが表示されます。
4.
5.
「Power-On Password」メニューが表示されます。
「Power-On Password」を選択してから、Enter キーを押
します。
始動パスワードを設定する場合は、該当するデータ・フィー
ルドにパスワードを入力して、下矢印 (↓ ) キーを押します。
このパスワードには、7 文字を上限とする文字 (A ∼ Z、a
∼ z、および 0 ∼ 9) を任意に組み合わせて使用することが
できます。始動パスワードの記録を安全な場所に保管してお
きます。
6.
該当するデータ・フィールドに改めてパスワードを入力しま
す。
7.
「Password Prompt」データ・フィールドで、「Off」、「
On」、「Dual」のどれかを選択します。左矢印 (← ) キーま
たは右矢印 (→ ) キーを使用して、選択項目間の切り替えを行
います。
注
Remote Administration (リモート管理) が使用可能に
なっている場合は、「On (表示)」を選択することはで
きません。この場合は、「Dual (表示/非表示)」を選択
します。Remote Administration (リモート管理) が使
用可能になっているときは、始動パスワード・モードを
「On (表示)」に設定しても、自動的に「Dual (表示/非
表示)」にリセットされます。
8.
始動パスワードを変更する場合は、「Power-On Password」
メニューの「Change Power-On Password」を選択して、
画面の指示に従います。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
33
注
1.
設定した始動パスワードを忘れた場合は、サーバーのカ
バーを取り外して、システム・ボード上の「Clear
CMOS Request (CMOS クリア要求)」ジャンパーを切
り替える必要があります。(詳細については、47ページの
『パスワードを紛失したり忘れた場合のパスワードの消
去』 を参照してください。)
2.
始動パスワードが設定されていて、パスワード・プロン
プトを非表示 (Off) にすると、ポインティング・デバイ
ス (マウス) は始動パスワードが入力されるまで使用不可
となります。
始動パスワードの削除は、次の手順で行います。
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューで「System Security」を選択してから、Enter キーを
押します。
2.
3.
「System Security」メニューが表示されます。
4.
5.
「Power-On Password」メニューが表示されます。
「Power-On Password」を選択してから、Enter キーを押
します。
「Delete Power-On Password」を選択して、画面の指示に
従います。
「Administrator Password (管理者パスワード)」メニ
ューの使用: 管理者パスワードはスーパーバイザー・レベル・パ
スワードとも呼ばれ、構成/セットアップ・ユーティリティー・プロ
グラムを含むサーバーの一部の機能へのアクセスを制限します。
管理者パスワードの設定または変更は、次の手順で行います。
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューで「System Security」を選択してから、Enter キーを
押します。
2.
3.
「System Security」メニューが表示されます。
4.
5.
「Administrator Password」メニューが表示されます。
「Administrator Password」を選択してから、Enter キー
を押します。
管理者パスワードを設定する場合は、該当するデータ・フィ
ールドにパスワードを入力して、下矢印 (↓ ) キーを押しま
す。
このパスワードには、7 文字を上限とする文字 (A ∼ Z、a
∼ z、および 0 ∼ 9) を任意に組み合わせて使用することが
できます。管理者パスワードの記録を安全な場所に保管して
おきます。
6.
該当するデータ・フィールドにあらためてパスワードを入力
します。
7.
「Power-On Password Changeable by User」フィールド
を定義します。選択項目としては、次のものがあります。
34
Netfinity サーバー 保守マニュアル
8.
Yes
管理者パスワードが設定されている場合は、管理者パ
スワードを入力しなくても始動パスワードを変更でき
ます。
No
管理者パスワードが設定されている場合は、管理者パ
スワードを入力した場合に限り始動パスワードを変更
できます。
管理者パスワードを変更する場合は、「Administrator
Password」メニューの「Change Administrator Password
」を選択して、画面の指示に従います。
管理者パスワードを使用する場合の注意 :
設定した管理者パスワードを忘れた場合は、次のどちらか 一
方 を実行して、構成/セットアップ・ユーティリティー・プロ
グラムに対するアクセス権を取り戻します。
拡張セキュリティーが使用不可 (省略時設定値) の場合
は、サーバーのカバーを取り外して、システム・ボード
上の「Clear CMOS Request (CMOS クリア要求)」ジ
ャンパーを切り替える。(詳細については、47ページの
『パスワードを紛失したり忘れた場合のパスワードの消
去』 を参照してください。)
拡張セキュリティーが使用可能になっている場合は、シ
ステム・ボードを交換する必要がある。
管理者パスワードの削除は、次の手順で行います。
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューで「System Security」を選択してから、Enter キーを
押します。
2.
3.
「System Security」メニューが表示されます。
4.
5.
6.
「Administrator Password」メニューが表示されます。
「Administrator Password」を選択してから、Enter キー
を押します。
「Administrator Password」を選択します。
「Delete Administrator Password」を選択して、画面の指
示に従います。
始動パスワードと管理者パスワードの両方が設定されている場合
は、どちらのパスワードを入力しても、システム始動を完了するこ
とができます。ただし、管理者パスワードを入力した場合は、メニ
ュー項目すべての選択を行うことができ、情報を変更する能力が得
られます。始動パスワードを入力した場合は、構成/セットアップ・
ユーティリティー・プログラムの中の限られた情報を表示して見る
ことはできますが、設定値を変更することはできません。
拡張セキュリティー機能の使用: 拡張セキュリティー機能に
よって、管理者パスワードと始動ドライブの優先順位を厳重に保護
された機密保護 EEPROM モジュールに保管することができます。
管理者パスワードと始動ドライブ優先順位が機密保護 EEPROM モ
ジュールに保管されると、それらはバッテリーが消耗しても、取り
外されても、保存されています。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
35
管理者パスワードを使用する場合の注意 :
拡張セキュリティーが使用可能になっていて、管理者パスワー
ドを忘れたり紛失した場合、構成/セットアップ・ユーティリ
ティー・プログラムを再び使うには、サーバーのシステム・ボ
ードを交換しなければなりません。
拡張セキュリティーが使用可能になっている場合に、管理者パスワ
ードが設定されていると、サーバーは次のように作動します。
始動手順が完了すると、機密保護 EEPROM は無許可アクセ
スから保護されます。
拡張セキュリティーを使用不可にすると、EEPROM の内容
は書き込み保護になり、POST/BIOS ユーティリティー・プ
ログラムによってシステム・プログラムに対する更新が許可
されるため、サーバーはネットワーク環境で機能することが
できます。
拡張セキュリティーを使用可能にすると、POST/BIOS ユー
ティリティー・プログラムはシステム・プログラムの更新を
許可しません。ネットワーク環境では、この場合は、一部の
機能をリモートで実行することができなくなる可能性があり
ます。
サーバーのカバーが取り外されている場合は、無断操作検出
機能がシステムの処理を停止させ、管理者パスワードが入力
されるまで、キーボードとマウスの使用を拒絶します。これ
は、サーバーの電源をオンまたはオフにしたときに機能しま
す。
拡張セキュリティーを使用可能または使用不可にするには、次の手
順に従います。
注
拡張セキュリティーを使用可能または使用不可にできるのは、
サーバーのシステム・プログラムを更新する場合だけです。
1.
システム・プログラム更新ディスケットをサーバーに挿入し
ます。システム・プログラム更新は、ワールド・ワイド・ウ
ェブ (WWW) で入手できます。サーバー・モデルに関する最
新情報を入手したい場合は、下記のアドレスのサーバーに関
するホーム・ページにアクセスします。
http://www.pc.ibm.com/us/netfinity/
2.
サーバーの電源をオンにします。電源がすでにオンになって
いる場合は、いったん電源をオフにしてからあらためてオン
にします。
3.
更新が開始され、管理者パスワードが設定されている場合
は、システムはその入力を求めてきます。
4.
管理者パスワードを入力すると、更新ディスケットが実行を
継続し、ユーザーは拡張セキュリティーを使用可能にする
か、使用不可にするかの選択を行うことができます。
拡張セキュリティーによって保護される管理者パスワードの設定、
変更、または削除は、次の手順で行います。
36
Netfinity サーバー 保守マニュアル
1.
サーバーと、接続されているすべての装置の電源を切りま
す。
2.
3.
ケーブルをすべて抜き、サーバーのカバーを取り外します。
システム・ボードのロッカー・スイッチ・セクションにあ
る、7 という番号が付けられているスイッチの位置を確認し
ます。このスイッチの位置については、150ページの『管理者
パスワード・スイッチの設定』 を参照してください。スイッ
チを ON にします。(スイッチを設定する場合は、小型ドライ
バーの先端を使用するのが便利です。)
注
管理担当者パスワードが分かっていないと、その変更も
削除もできません。
4.
管理者パスワードを設定、変更、または削除します。画面の
指示に従ってください。(34ページの
『「Administrator Password (管理者パスワード)」メニュー
の使用』. を参照してください。)
5.
パスワードを設定、変更、または削除したら、スイッチを
OFF にします。
6.
カバーを再び取り付け、サーバーの電源を入れます。
IDE 装置とディスケット・ドライブへのアクセスの制限
: Secure IDE and Diskette Drives オプションによって、IDE
装置とディスケット・ドライブへのアクセスを、ユーザーと管理者
に許可するか、管理者だけに許可するかを設定できます。このサー
バーでは、この機能はあらかじめ「Enable」に設定されているの
で、ユーザーと管理者の両者が IDE 装置とディスケット・ドライ
ブにアクセスできます。
IDE 装置およびディスケット・ドライブへのアクセスを禁止する場
合は、次の手順を実行します。
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューで「System Security」を選択してから、Enter キーを
押します。
2.
3.
「System Security」メニューが表示されます。
「Secure IDE Devices and Diskette Drives」を選択して
から、Enter キーを押します。
4.
装置を選択し、左矢印 (← ) キーまたは右矢印 (→ ) キーを押
して設定を Disable に切り替えます。
注
サーバーでは IDE CD-ROM ドライブがサポートされていま
す。IDE ハード・ディスクはサポートされていません。
Remote Administration (リモート管理):
このオプショ
ンを使用すると、ネットワーク・サーバーからリモートで BIOS の
更新を行うことができます。管理者パスワードが設定されている場
合は、この機能にアクセスするのに、サーバーからその入力を行う
必要は ありません。POST および BIOS の更新を実行する場合の
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
37
ネットワーク・サーバーのセットアップに関する詳細については、
ネットワーク管理者に照会してください。
リモート管理の設定を使用する場合は、次の手順を実行します。
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
ューで「System Security」を選択してから、Enter キーを
押します。
2.
3.
「System Security」メニューが表示されます。
4.
ネットワークを通じて POST/BIOS の更新を使用可能にする
「Remote Administration」を選択してから、Enter キーを
押します。
場合は、「Enabled」 (省略時設定値) を選択します。使用不
可にする場合は、「Disabled」を選択します。
次の状況では、POST/BIOS (フラッシュ) 更新を実行する必要があ
る場合があります。
その実行を指示するシステム・メッセージが表示された場
合。
新規マイクロプロセッサーを取り付けた場合 (135ページの
『マイクロプロセッサー』 を参照)。
エラー・コードが表示された場合 (164ページの『FRU 判別
インデックス』 を参照)。
一部の構成スイッチ設定値を変更した場合 (157ページの『マ
イクロプロセッサー速度スイッチの設定』 および 51ペー
ジの『ROM 作動モード・スイッチの設定』 を参照)。
POST/BIOS (フラッシュ) 更新を実行する場合は、その前に次のよ
うにして、フラッシュ・ユーティリティー・ディスケット を作成し
ておく必要があります。
1.
ブランクの 3.5 インチ、フォーマット済み 2 MB ディスケッ
2.
ワールド・ワイド・ウェブ (WWW) 上で
トをディスケット・ドライブ A に挿入します。
http://www.pc.ibm.com/support/ にアクセスして、該当する
フラッシュ更新プログラムをダウンロードします。該当する
README ファイルの内容を検討し、そこで得た情報を使用
して、フラッシュ・ユーティリティー・プログラムをディス
ケットにコピーします。
3.
該当する場合は、画面に表示される追加指示に従ってくださ
い。
注
サーバーは、出荷時にリモート管理機能が「Enabled」 に設
定されています。POST/BIOS 更新 (フラッシュ) プロシージ
ャーの適正な働きを確保するために、この省略時値は変更しな
いようにします。
POST/BIOS (フラッシュ) 更新を実行する場合は、フラッシュ・ユ
ーティリティー・ディスケット を 1 次ディスケット・ドライブに
挿入して、フラッシュ・ユーティリティー・プログラムを実行しま
す。プログラムの中の指示に従ってください。
38
Netfinity サーバー 保守マニュアル
アダプター ROM セキュリティー (Adapter ROM
Security) の設定: アダプター読み取り専用メモリー (ROM)
の初期設定中は、この設定によってキーボードをロックします。こ
の機能を管理者パスワードと共に使うと、アダプター ROM を使う
ユーティリティー・プログラムの使用を防ぐことができます。
Advanced Setup (拡張セットアップ): Advanced
Setup を選択すると、キャッシュ制御、ROM シャドーイング、
PCI 制御、プラグ・アンド・プレイ制御、マイクロプロセッサー制
御など、拡張ハードウェア機能の設定値を変更できます。
重要
これらのオプションの構成に誤りがあると、システムが適正に
作動しない場合があります。画面の指示に注意して従ってくだ
さい。
左矢印 (← ) キーまたは右矢印 (→ ) キーを使ってメニュー項目を選
択します。
キャッシュ制御 (Cache Control): これを選択すると、マ
イクロプロセッサーのキャッシュ状態を使用可能または使用不可に
定義できます。
ROM シャドーイング (ROM Shadowing):
この項目を
選択すると、指定したエリアでの ROM シャドーイングを使用可能
または使用不可にすることができます。指定したエリアが使用可能
になると、Cache Control (キャッシュ制御) オプションを使用し
て、その内容をキャッシュに格納することができます。これらのエ
リアは 16 進アドレスの範囲です。これらのエリアの 1 つは、シス
テム BIOS アドレス空間として予約されています。
PCI 制御 (PCI Control):
これを選択すると、PCI Adapter
Reset、PCI Parity、PCI Bus Master、 Multimedia Devices、
各種のアダプターなど、PCI 装置に関連する機能を制御できます。
プラグ・アンド・プレイ制御 (Plug and Play
Control): この項目を選択すると、Set Device Node、
Address Decode、および Plug and Play Operating System な
ど、プラグ・アンド・プレイ装置に関連する機能を制御することが
できます。
装置ノードを制御する場合は、「Set Device Node」を選択しま
す。この値を Disabled に変更すると、システムは POST 中に構
成を更新することができなくなります。
プロセッサー制御 (Processor Control): これを選択す
ると、Processor 0 ID、Processor Updating などのマイクロプ
ロセッサーに関連する機能を制御できます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
39
ISA 従来型リソース (ISA Legacy
Resources): プラグ・アンド・プレイ は、サーバーを容易
に拡張する構成方法です。プラグ・アンド・プレイのサポートは、
サーバーのシステム・ボードに組み込まれています。
プラグ・アンド・プレイのアダプターであれば、アダプター上で設
定が必要なスイッチもジャンパーもありません。プラグ・アンド・
プレイ・アダプターの場合は、メモリー内に構成仕様が設定されて
いるので、インストール情報が始動時にサーバーに提供されます。
プラグ・アンド・プレイ・アダプターの取り付けまたは取り外し時
には、プラグ・アンド・プレイ・テクノロジーをサポートする
BIOS によって、この情報が解釈されます。必要なリソースが使用
可能な場合は、BIOS ソフトウェアが、すでに他の装置で使用中の
リソースを避けて、自動的にアダプターを構成します。
PCI スロット用として設計されているアダプターは、ほとんどが自
動構成式のプラグ・アンド・プレイ装置です。しかし、多くの ISA
アダプターは、プラグ・アンド・プレイ装置ではありません。これ
らのアダプターは legacy(従来型)アダプターと呼ばれていま
す。従来型アダプターを取り付ける場合は、アダプター上でスイッ
チまたはジャンパーを設定し、アダプターが使用するシステム・リ
ソースを割り振ったり予約したりして、手作業でアダプターを構成
する必要があります。
注
リソース間の競合の解決法については、22ページの『構成上の
競合』 を参照してください。
次に挙げる使用可能なシステム・リソースを識別する場合は、
「ISA Legacy Resources」を選択します。
メモリー
入出力ポート
DMA
割り込み
注
これらのメニューには、システムまたは取り付け済みのプラ
グ・アンド・プレイ・アダプターが使用するリソースは表示さ
れません。
取り付け済みのアダプターに関する従来型リソース情報の保管は、
次の手順で行います。
1.
「ISA Legacy Resources」を選択し、次に上矢印(↑ ) キー
と下矢印 (↓ ) キーを使って、変更したいシステム・リソース
を強調表示します。
2.
リソースを選択し、左矢印 (← ) キーと右矢印 (→ ) キーを使
って構成の選択項目を選択します。
ISA 従来型アダプターを取り外す場合は、システム・リソースを
[Available] として再定義する必要があります。
40
Netfinity サーバー 保守マニュアル
Power Management (省電力機能): この省電力機能
によって、サーバーとディスプレイが指定された期間、非アクティ
ブになったときに省電力状態に入れるように設定することができま
す。また、サーバーを自動的に始動するオプションも指定できま
す。
重要
利用可能な省電力機能は、ACPI BIOS Mode 機能しかあり
ません。
APM BIOS Mode 機能は Disabled に設定されています。この省
略時値を変更してはいけません。
ACPI BIOS モードの使用: ACPI (Advanced
Configuration and Power Interface) BIOS モードが 「Enabled」
に設定されている場合は、オペレーティング・システムがサーバー
の省電力機能を制御するので、APM BIOS モードに関する設定値
は無視されます。使用しているオペレーティング・システムで
ACPI がサポートされているかどうかについては、オペレーティン
グ・システムの資料を参照してください。ACPI をサポートしない
オペレーティング・システムを使用している場合は、「ACPI
BIOS モード」省電力機能は使用できません。
ACPI BIOS モードの設定は、次の手順で行います。
1.
「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラム」メニ
2.
左矢印 (← ) キーまたは右矢印 (→ ) キーを使って、「ACPI
ューで「Power Management」を選択します。
BIOS Mode」を「Enabled」または「Disabled」に設定し
ます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
41
Ethernet コントローラーの構成
Netfinity 3000 サーバーは、システム・ボードに Ethernet コント
ローラーが搭載されています。Ethernet コントローラーは、サーバ
ーの背面にある RJ-45 コネクターによって、10BASE-T および
100BASE-TX をサポートします。サーバーをネットワークに接続
すると、Ethernet コントローラーは、ネットワーク上のデータ転送
速度 (10 Mbps または 100 Mbps) を自動的に検出して、コントロ
ーラーが該当する速度で作動するよう設定します。つまり、
Ethernet コントローラーは、データ転送速度が標準 Ethernet
(10BASE-T)、高速 Ethernet (100BASE-TX)、半二重 (HDX)、
全二重 (FDX) のどれであっても、ネットワークのデータ転送速度
に合わせて調整されます。このプロセスは自動折衝とも呼ばれるも
のです。この自動折衝が行われるについては、ソフトウェアの介入
を必要としません。このコントローラーでは、半二重 (HDX) モー
ドと全二重 (FDX) モードは上記のデータ転送速度のどれでもサポ
ートされます。
ただし、自動折衝が機能するのは、サーバーが接続されているハブ
またはスイッチでも自動折衝がサポートされている場合だけです。
ハブまたはスイッチで自動折衝がサポートされない場合は、データ
転送速度 (10 Mbps または 100 Mbps) が正しく検出されることに
変わりはありませんが、選択されるのは常に半二重モードに限られ
ます。自動折衝をサポートしない全二重スイッチが、全二重モード
で Netfinity 3000 サーバーに接続されることはありません。した
がって、この場合は、ネットワークを全二重で作動させたいのであ
れば、手作業で設定値を上書きして、全二重の接続を確保する必要
があります。そのためには、手作業による上書きをサポートするデ
バイス・ドライバーがサーバーに備えられている必要があります。
このようなデバイス・ドライバーをインストールする場合は、
ServerGuide を使用します。デバイス・ドライバーをインストール
する方法については、ServerGuide パッケージを参照してくださ
い。ServerGuide には、BIOS およびデバイス・ドライバーを最新
に保つ IBM Update Connector が組み込まれています。該当する
デバイス・ドライバーをインストールしたかどうか確認してくださ
い。さらに、作動モード、手作業による上書き、およびデバイス・
ドライバーに関する追加情報については、Ethernet の資料も参照し
てください。
重要
ネットワーク内の 10BASE-T Ethernet および
100BASE-TX 高速 Ethernet のケーブル配線について
は、電磁気環境適合性も含めて、さまざまな標準に適合
するために、カテゴリー 5 であることが必要です。
オペレーティング・システムが Ethernet コントローラ
ーを取り扱えるようにするには、デバイス・ドライバー
をインストールする必要があります。デバイス・ドライ
バーをインストールする場合は、ServerGuide を使用し
ます。デバイス・ドライバーをインストールする方法に
ついては、ServerGuide パッケージを参照してくださ
い。
42
Netfinity サーバー 保守マニュアル
高速 Ethernet は、最高 100 Mbps のデータ転送速度で作動しま
す。ただし、作動速度が異なる点を除けば、高速 Ethernet と標準
Ethernet は構造的にはまったく変わりません。標準 Ethernet シス
テムに現在インストールされているアプリケーションおよびプロト
コルは、ほとんどがデスクトップ上のウィンドウで操作するだけで
高速 Ethernet システムに移行できます。両タイプの Ethernet が構
造的に変わらないため、標準 Ethernet と高速 Ethernet を混合した
システムを設計し実現することもできます。
1 つのサーバーに接続された各ワークステーションで必要とされる
帯域幅は、一般的には、そのサーバーで必要とされる帯域幅よりも
はるかに狭くなります。その理由は、サーバーでは、複数のワーク
ステーションの帯域幅を同時に取り扱う必要がある場合があるから
です。このようなタイプのシステムの帯域幅要件に適合する費用効
率の高い解決策となるのが、標準 Ethernet と高速 Ethernet を混合
したネットワークの構築です。このような混合ネットワークは、ワ
ークステーション側が標準 Ethernet 接続で、サーバー側が高速
Ethernet 接続という構成になります。
Ethernet コントローラーは PCI 装置であり、したがって、プラ
グ・アンド・プレイ装置です。Ethernet コントローラーを使用する
際は、あらかじめジャンパーを設定したり、使用しているオペレー
ティング・システム用としてコントローラーを構成したりしておく
必要はありません。
注
1.
Ethernet インディケーターについては、86ページの『コ
ントロールとインディケーター』 を参照してください。
2.
Ethernet コネクターについては、98ページの『入出力コ
ネクター』 および 163ページの『Ethernet コネクタ
ー』 を参照してください。
3.
障害追及情報については、44ページの
『10/100 Mbps Ethernet コントローラーの障害追及』
を参照してください。
4.
Ethernet コントローラーでは、サーバーがサポートする
オペレーティング・システムがサポートされます。サー
バーがサポートするオペレーティング・システムについ
て知りたい場合は、下記のワールド・ワイド・ウェブ
(WWW) アドレスにアクセスしてください。
http://www.pc.ibm.com/us/netfinity/
Ethernet 接続の追加が必要な場合は、IBM 10/100 Ethernet アダ
プターなどの Ethernet アダプターを取り付けることができます。
その場合は、ネットワーク・アダプターの資料を検討して、追加の
構成要件があるかどうか調べてください。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
43
注
IBM 10/100 Ethernet アダプターを取り付ける場合は、必ず
Ethernet コントローラーの診断を実行し、アダプターを取り
付ける前に、サーバーの Ethernet コントローラー構成情報を
記録しておきます。
10/100 Mbps Ethernet コントローラーの障害追
及: 10/100 Mbps イーサネット コントローラーに問題が生じた
場合は、次の説明が問題の判別に役立ちます。
注
構成および自動折衝など、Ethernet コントローラーに関する
追加情報については、42ページの『Ethernet コントローラー
の構成』 を参照してください。サーバー上の Ethernet 活動表
示ライトの位置を示す図については、87ページの『状況表示ラ
イト』 を参照してください。
ネットワーク接続上の問題:
Ethernet コントローラーがネッ
トワークに接続できない場合は、次の点についてチェックします。
1.
ケーブルが正しく取り付けられているかどうか確認します。
ネットワーク・ケーブルは、すべての接続でしっかりと接続
されている必要があります。ケーブルが接続されているの
に、問題が引き続き発生する場合は、別のケーブルを試して
みます。
内蔵 Ethernet コントローラーを使用している場合は、カテゴ
リー 5 のケーブルを使う必要があります。Ethernet ケーブル
の要件については、 57ページの『仕様 (Ethernet ケーブ
ル)』 を参照してください。
2 台のワークステーションを (ハブを使用せず) 直接接続する
場合、または X ポート付きハブを使用しない場合は、クロ
ス・ケーブルを使用します。クロス・ケーブルを示す図につ
いては、57ページの『仕様 (Ethernet ケーブル)』 を参照し
てください。
注
ハブに X ポートがあるかどうか知りたい場合は、ポー
ト・ラベルをチェックします。ラベルに X が含まれてい
れば、ハブには X ポートがあります。
2.
サーバーの前面にある Ethernet 活動表示ライトをチェックし
ます。
Ethernet 活動表示ライトがオンになるのは、Ethernet コント
ローラーが Ethernet ネットワークを通してデータを送信また
は受信したときです。
44
Netfinity サーバー 保守マニュアル
注
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムの中
の診断プログラムの実行中は、このライトはオフになっ
ています。
Ethernet 活動表示ライトが消えている場合は、
a. ハブとネットワークが作動しているか、正しいデバイ
ス・ドライバーがインストールされているかどうか、確
認します。
b.
3.
Ethernet コネクターまたはケーブルに欠陥があるか、あ
るいはハブに問題がある可能性があります。
使用されているデバイス・ドライバーが、サーバーに付属の
正しいデバイス・ドライバーであるかどうか確認します。
4.
オペレーティング・システム固有の原因で問題が生じたので
はないかどうかチェックします。
5.
Ethernet コントローラーまたはアダプターをテストします。
Ethernet コントローラーまたはアダプターをテストする方法
は、使用しているオペレーティング・システムによって異な
ります。オペレーティング・システムに関する詳細について
は、ServerGuide の資料を参照してください。
診断 LED:
サーバーには、サーバーの背面にある Ethernet コ
ネクターに診断 LED が 2 つ (緑色が 1 つ、こはく色が 1 つ) 備
えられています。
緑色の LED がオンになっている場合は、Ethernet コントロ
ーラーまたはアダプターが、ハブまたはスイッチに接続さ
れ、リンク・パルスを受信中であることを示しています。緑
色の LED がオンになっていない場合は、コントローラーま
たはアダプターおよびハブの接続をすべてチェックします。
ハブが正しい速度で送信しているかどうか、ドライバーが正
しくインストールされているかどうか確認します。
さらに、ハブ接続に至るコントローラーまたはアダプターの
配線構成が正しいかどうかについても確認します。ハブによ
っては、ストレート・ケーブルではなく、クロス・ケーブル
を必要とするものがあります。
注
1.
この LED はリンク OK ライトとも呼ばれていま
す。
2.
コントローラーまたはアダプターにケーブルを接続
しないで、診断ループバック・テストを実行すると
きは、緑色の LED がオンになっています。
こはく色の LED がオンになっている場合は、Ethernet ネッ
トワークが 100 Mbps で稼働していることを示しています。
こはく色の LED がオフになっている場合は、Ethernet ネッ
トワークが 10 Mbps で稼働していることを示しています。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
45
注
リンクが活動中に切断された場合でも、こはく色の
LED はオンのままであることがあります。
46
Netfinity サーバー 保守マニュアル
パスワードを紛失したり忘れた場合のパスワー
ドの消去
注
パスワードの設定、変更、削除については、29ページの
『System Security (システム機密保護)』 を参照してくださ
い。
サーバーには、構成およびセットアップ情報を格納するために、シ
ステム・ボード上に 相補型金属酸化膜半導体 (CMOS) メモリーが
使用されています。CMOS メモリーに保管されるのは、次に挙げ
るものに関する情報です。
日付および時刻
セキュリティー機能
省電力装置
記憶装置
キーボードおよびマウス
ISA 従来型構成情報
プラグ・アンド・プレイ構成情報
ポート割り当て
入出力アドレスおよび割り込み
その他の選択可能な機能
セキュリティー機能の中には、始動パスワードおよび管理者パスワ
ードの設定があります。管理者パスワードを紛失したり忘れたりし
たために 消去 する必要がある場合は、CMOS メモリー用に指定さ
れているジャンパーを切り替えて、構成およびセットアップ情報を
すべて消去する必要があります。このジャンパーは CMOS クリア
要求 ジャンパーと呼ばれているものです。
管理者パスワードを使用する場合の注意 :
1.
拡張セキュリティー機能が使用可能になっている場合
は、管理者パスワードを忘れたり紛失したりすると、サ
ーバーのシステム・ボードを交換しない限り、構成/セッ
トアップ・ユーティリティー・プログラムを再び使用す
ることはできません。詳しくは、35ページの『拡張セキ
ュリティー機能の使用』 を参照してください。
2.
CMOS メモリーをクリアすると、サーバーの構成が消
去されます。したがって、CMOS メモリーをクリアし
た後は、サーバーを再構成する必要があります。CMOS
クリア要求ジャンパーを切り替える場合は、できればそ
の 前に サーバーの構成情報を記録しておきます。
このジャンパーはシステム・ボード上にあり、「CMOS クリア要
求」というラベルが付けられています。このジャンパーの位置を確
認するにあたっては、147ページの『システム・ボードの図』 また
はサーバーの内側のラベルを参照してください。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
47
注
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムを使
用して、すべての構成情報を記録します。
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
サーバーの電源はオフにしますが、ケーブルは抜きませ
ん。
サーバーのカバーを取り外します。
サーバーを横に倒して置きます。
1.
システム・ボード上の「CMOS クリア要求」ジャンパー (J9)
の位置を確認します (147ページの『システム・ボードの図』
を参照してください)。
アダプターを取り外さないと、ジャンパーにアクセスできな
い場合があります。66ページの『ISA アダプターおよび
PCI アダプターの取り付けと取り外し』 を参照してくださ
い。
2.
ジャンパーを通常の位置 (ピン 1 およびピン 2) からピン 2
およびピン 3 に切り替えます。ジャンパーの位置を切り替え
る場合は、先のとがったペンチを使用すると便利ですが、シ
ステム・ボードの構成要素を引っかいたり、ジャンパーをつ
ぶしたりすることがないよう注意します。
3
3.
4.
5.
6.
2
1
3
2
1
3
2
1
再びサーバーの電源を入れ、約 10 秒間待ちます。
サーバーの電源をオフにします。
サーバーの電源をオンに戻します。
これで CMOS メモリーはクリアされ、パスワードは消去さ
れました。POST が完了すると、構成エラー・メッセージが
表示されます。
注
POST がほぼ完了するまでは、電源スイッチを使用した
のでは電源をオフにできない場合があります。電源コー
ドを抜いてサーバーの電源を切ります。
7.
8.
画面の指示に従います。
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムが始動し
たら、必要な変更を加え、設定値を保管して、セットアップ
を終了します。サーバーの構成を更新する必要があります。
ジャンパーを通常の位置に切り替えるよう指示するメッセー
ジが表示されたら、サーバーの電源をオフにします。
9.
48
シャシーの背面から電源コードを抜きます。
Netfinity サーバー 保守マニュアル
10.
サーバーのカバーを取り外し、ジャンパーを通常の位置 (ピン
1 とピン 2) に戻します。
3
11.
2
1
3
2
1
3
2
1
CMOS メモリーをクリアしたら、サーバーを再構成する必要
があります。サーバーの組み立て (81ページの『取り付けの
完了』 を参照) が終わったら、構成/セットアップ・ユーティ
リティー・プログラムを使用して、日付と時刻をリセット
し、パスワードをすべてリセットし、サーバーを再構成しま
す。詳しくは、26ページの『「構成/セットアップ・ユーティ
リティー・プログラム」メニュー』 を参照してください。
電源機構
注
フロント・ファンおよびディスク・ファン A は、システム管
理コントローラーの制御を受けますが、電源機構のファンは違
います。
電源オン・インディケーターがオンになっていない場合、電源機構
のファンが作動していない場合、またはコンピューターの電源がオ
フにならない場合は、次の手順を実行します。
チェックまたは確認
FRU/処置
1. 次のコードとコネクターが
取り付け直し
正しく取り付けられている
かどうか、チェックしま
す。
電源コード
オン/オフ・スイッ
チ・コネクター
オン/オフ・スイッチ
電源コネクター
システム・ボード電
源コネクター
マイクロプロセッサ
ーの接続
2. 電源コードに断線がないか
電源コード
どうか検査します。
3. 電源オン・スイッチに断線
電源オン・スイッチ
がないかどうか検査しま
す。
上記に異常がない場合は、下記の電圧をチェックします。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
49
重要
下記の電圧については、電源コードをシステム・ボードまたは
ライザー・カードに接続した状態でチェックする必要がありま
す。
ピン
1
10
11
20
信号
機能
1
3.3 V
+3.3 V dc
2
3.3 V
+3.3 V dc
3
COM
接地
4
5V
+5 V dc
5
COM
接地
6
5V
+5 V dc
7
COM
接地
8
POK
電源良好
9
5VSB
待機電圧 (Standby
Voltage)
10
12 V
+12 V dc
11
3.3 V
+3.3 V dc
12
-12 V
-12 V dc
13
COM
接地
14
PS-ON
DC リモート・イネーブ
ル
50
15
COM
接地
16
COM
接地
17
COM
接地
18
-5 V
-5 V dc
19
5V
+5 V dc
20
5V
+5 V dc
Netfinity サーバー 保守マニュアル
ROM 作動モード・スイッチの設定
POST/BIOS の更新中にサーバーの電源が遮断された場合は、サー
バーの再始動が正しく行われない可能性があります。この場合は、
次の手順を実行して回復を図ります。
注
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
サーバーおよびすべての外付け装置の電源をオフにしま
す。
サーバーに接続されているすべての外部ケーブルを抜い
てから、サーバーのカバーを取り外します。
フラッシュ・ユーティリティー・ディスケット を作成
し、37ページの『Remote Administration (リモート管
理)』 を参照します。
注
ワールド・ワイド・ウェブ (WWW) 上で
http://www.pc.ibm.com/support/ にアクセスして、該当する
フラッシュ更新プログラムをダウンロードします (これがまだ
行われていない場合)。該当する README ファイルの内容を
検討し、そこで得た情報を使用して、フラッシュ・ユーティリ
ティー・ディスケット を作成します。POST/BIOS (フラッシ
ュ) 更新手順を実行します (追加情報については、37ページの
『Remote Administration (リモート管理)』 を参照してくだ
さい)。
1.
システム・ボード上の構成スイッチ (ロッカー・スイッチとも
呼ばれている) の位置を確認します。詳しくは、サーバーの内
側のラベルまたは 147ページの『システム・ボードの図』 を
参照してください。
2.
ROM 作動モードを設定するには、スイッチ 5 を、次の図の
ように設定します。設定には、小型ドライバーの先を使うと
便利です。
重要
下の図は参考図です。スイッチ 5 の設定値を変更する場
合は、その前に必ずサーバーのシステム・ボードの向き
をチェックして、スイッチ番号の位置を正しく識別して
おきます。設定値を変更するスイッチを間違えると、サ
ーバーの構成要素やオプションに重大な損傷を生じる恐
れがあります。
3.
スイッチ 5 を ON の位置にします。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
51
4.
フラッシュ・ユーティリティー・ディスケット (POST/BIOS
更新) をドライブ A に挿入します。
5.
6.
サーバーの電源をオンにします。
更新セッションが完了したら、サーバーの電源をオフにし、
ドライブ A からディスケットを取り出します。
7.
8.
スイッチ 5 を切り替えて OFF にします。
9.
サーバーの電源をオンにして、オペレーティング・システム
を再始動します。
10.
構成スイッチの設定値を変更した後は、サーバーを再構成す
カバーを取り付け、抜いてあったケーブルをすべて再接続し
ます。
る必要があります。サーバーの組み立て (81ページの『取り
付けの完了』 を参照) が終わったら、構成/セットアップ・ユ
ーティリティー・プログラムを使用して、サーバーを再構成
します。詳しくは、26ページの『「構成/セットアップ・ユー
ティリティー・プログラム」メニュー』 を参照してくださ
い。
52
Netfinity サーバー 保守マニュアル
SCSISelect ユーティリティー・プログラム
サーバーには、SCSISelect と呼ばれるメニュー方式の構成ユーテ
ィリティー・プログラムが付属しているので、これを使用すれば、
SCSI 設定値の表示および変更を行うことができます。
SCSISelect ユーティリティー・プログラムを使用して、次のこと
を行うことができます。
省略時の SCSI ID の表示と変更
構成上の競合の確認と変更
SCSI ハード・ディスクの低レベル・フォーマット
SCSISelect ユーティリティー・プログラムの開始
: このプログラムには、サーバーの始動時にアクセスできます。
IBM Netfinity 3000 サーバーのロゴが表示された後で、次のよう
な SCSISelect プロンプトが表示されます。SCSISelect プロンプ
トが表示されたら、ただちに Ctrl+A キーを押します。
<<< Press <CTRL><A> for SCSISelect
Utility! >>>
上矢印(↑ )キーまたは下矢印(↓ )キーを使用して、メニューの選
択項目間で強調表示バーを移動させます。直前の画面に戻るには、
Esc キーを押します。また、F5 キーを押して、カラー・モードと
モノクローム・モードの切り替えを行う (ディスプレイにその機能
が備わっている場合) こともできます。チャネル A またはチャネル
B など、表示されている設定値を変更する場合は、画面の指示に従
います。その上で、Enter キーを押します。
SCSISelect ユーティリティー・プログラムの選択
項目: 「SCSISelect Utility program」メニューには、次の選択
項目が表示されます。
Configure/View Host Adapter Settings (ホスト・アダプター
設定値の構成/表示)
SCSI Disk Utilities (SCSI ディスク・ユーティリティー)
Configure/View Host Adapter Settings (ホス
ト・アダプター設定値の構成/表示): SCSI コントロー
ラーの設定値を表示し、変更するには、「Configure/View Host
Adapter Settings」を選択し、画面の指示に従います。
注
このメニューでは、SCSI コントローラーは Host Adapter
と表示されます。
このメニューには、次の選択項目があります。
Host Adapter SCSI ID (ホスト・アダプターの SCSI ID)
SCSI コントローラーの省略時 SCSI ID は 7 です。この値
は変更しないでください。
SCSI Parity Checking (SCSI パリティー検査)
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
53
デフォルト値は、「Enabled」です。この値は変更しないでく
ださい。
Host Adapter SCSI Termination (ホスト・アダプターの
SCSI 終端)
省略時値は「Automatic」です。この値は変更しないでくださ
い。
Boot Device Options (ブート装置オプション)
始動可能な装置のパラメーターを構成する場合は、この項目
を選択します。更新する前に、パラメーターを構成したい装
置の ID を知っておく必要があります。
チャネル A にある内蔵 SCSI ハード・ディスクの省略時始動
(ブート) SCSI ID は、0 です。
SCSI Device Configuration (SCSI 装置構成)
SCSI 装置のパラメーターを構成するには、この項目を選択し
ます。更新する前に、パラメーターを構成したい装置の ID
を知っておく必要があります。
注
1.
SCSI 磁気テープ・ドライブの場合は、「Send
Start Unit Command」をその SCSI ID コマン
ドの Off に設定します。これでサーバーの適正な
作動が確保されます。
2.
Ultra SCSI 装置のデータ転送速度を指定するに
は、Maximum Sync Transfer Rate を 40.0 に
設定します。Fast SCSI 装置のデータ転送速度を
指定するには、これを 20.0 に設定します。
Advanced Configuration Options (拡張構成オプション)
拡張構成オプションの設定値を表示または変更するときは、
この選択項目を選択します。拡張構成オプションには、大容
量ハード・ディスクのサポートと、UltraSCSI 速度のドライ
ブのサポートを可能にするオプションも含まれています。
SCSI コントローラーの省略時値をリセットするには、F6 キーを
押し、次に画面の指示に従います。
SCSI ディスク・ユーティリティー:
各 SCSI 装置に割り当
てられている ID を表示する場合、または SCSI 装置をフォーマッ
トする場合は、「SCSISelect ユーティリティー・プログラム」メ
ニューで「SCSI Disk Utilities」を選択します。
このユーティリティー・プログラムを使用するには、リストからド
ライブを選択します。画面を注意して読んでから選択してくださ
い。
54
Netfinity サーバー 保守マニュアル
注
次に示す画面が表示された場合は、選択したドライブの準備が
整う前に、Ctrl+A キーを押してしまった可能性があります。
サーバーを再始動し、各ドライブが始動するたびに表示される
SCSISelect メッセージに注目してください。表示またはフォ
ーマットしたいドライブが始動したら、Ctrl+A キーを押しま
す。
Unexpected SCSI Command Failure
Target SCSI ID:
4
SCSI CDB Sent:
3
E
Host Adapter Status:
Target Status:
7
2
h - No host adapter error
2h - Check condition
Sense Key:
2h - Not ready
+Sense Code:
4h
+Sense Code Qualifier:
2h
Press 'Esc' to continue.
低レベル・ディスク・フォーマットの実行: SCSISelect ユ
ーティリティー・プログラムの Format Disk 機能を使うと、ハー
ド・ディスクの低レベル・フォーマットができます。
ハード・ディスクの容量によっては、低レベル・フォーマット・プ
ログラムの実行に最大 2 時間かかることがあります。
フォーマット・ディスク・プログラムを使用する場合:
フ
ォーマット・ディスク・プログラムは、次のような場合に使用しま
す。
低レベル・フォーマットを必要とするソフトウェアをインス
トールしようとする場合
診断テストによって、ハード・ディスクに対して低レベル・
フォーマット・プログラムを実行するよう要求するメッセー
ジが繰り返し表示される場合
障害を起こしているハード・ディスクを交換する前の最後の
手段として
注
ファイルのすべてをバックアップする方法については、オペレ
ーティング・システムの資料を参照してください。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
55
低レベル・フォーマットの開始
重要
低レベル・フォーマットを実行すると、ハードディスク上のデ
ータとプログラムは すべて 消去されます。
1.
ハードディスクにファイルまたはプログラムが保存されてい
る場合は、その上のすべてのファイルとプログラムのバック
アップ・コピーを作成します。
2.
「Format Disk」を選択して、画面の指示に従います。
注
ハードディスクには、通常、公称容量を超えるトラック
数があります (不良トラックの発生に備えて)。不良トラ
ック数が上限に達すると、画面にメッセージが表示され
ます。その場合は、ハードディスクを交換します。
3.
ハードディスクをフォーマットした後で、オペレーティン
グ・システムをインストールする場合は、サーバーに付属の
ServerGuide パッケージに含まれている説明書の指示に従い
ます。
56
Netfinity サーバー 保守マニュアル
仕様 (Ethernet ケーブル)
ここでは、シールドなし対より線 (UTP) ケーブルの仕様について
説明します。このケーブルは、サーバーを IEEE 802.3 標準ネット
ワークに接続する場合に使用することができます。
システム・ボード上の Ethernet コントローラーは、サーバーの背
面にある RJ-45 コネクターによって、10BASE-T および
100BASE-TX をサポートします。サーバーをネットワークに接続
すると、Ethernet コントローラーは、ネットワーク上のデータ転送
速度 (10 Mbps または 100 Mbps) を自動的に検出して、コントロ
ーラーが該当する速度で作動するよう設定します。
シールドなし対より線 (UTP) ケーブルの仕様について次に説明し
ます。このケーブルは、サーバーを IEEE 802.3 標準ネットワーク
に接続する場合に使用することができます。
重要 :
サーバーの 10BASE-T ポートまたは 100BASE-TX ポートを中継
器に接続する場合は、両端に RJ-45 コネクターを付けた UTP
EIA/TIA-568 カテゴリー 5 ケーブルを使用します。電磁気環境適
合性も含めて、さまざまな政府標準に適合するためには、そうする
ことが必須要件になります。
10BASE-T または 100BASE-TX リンク・セグメントで使うケー
ブルには、接地は不要です。ただし、ケーブルに接続する装置はす
べて接地しなければなりません。
適切なタイプの UTP ケーブルを中継器に接続します。
中継器のポートがクロス・ポート (MDI-X ポートとも呼ばれ
る) であれば、ストレート・ケーブルの UTP ケーブルを使用
します。
中継器のポートがクロス・ポート (MDI ポートとも呼ばれる)
でなければ、クロス・ケーブルの UTP ケーブルを使用しま
す。
サーバーには、Ethernet コネクター用の診断発光ダイオード
(LED) が 3 つ (サーバーの前面に 1 つ、背面に 2 つ) 備えられて
います。
緑色の LED がオンになっている場合は、Ethernet コントロ
ーラーは、ハブまたはスイッチに接続され、リンク・パルス
を受信中であることを示しています。この LED はリンク
OK ライトとも呼ばれています。
こはく色の LED がオンになっている場合は、Ethernet ネッ
トワークが 100 Mbps で稼働していることを示しています。
こはく色の LED がオフになっている場合は、Ethernet ネッ
トワークが 10 Mbps で稼働していることを示しています。
サーバーを中継器に接続する場合に、内線電話用のケーブルは使用
しないようにしてください。内線電話用のケーブルは UTP ケーブ
ルではなく、10BASE-T または 100BASE-TX ネットワークでの
使用に必要な他の要件にも適合していません。内線電話用のケーブ
ルは平たくて細いので、外観で識別できます。UTP ケーブルは、
内線電話用のケーブルに比べて丸くて太めです。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
57
58ページの表1 に、10BASE-T と 100BASE-TX リンク・セグメ
ントに使う UTP ケーブルの仕様を示します。これらのリンク・セ
グメント用のケーブルは、EIA/TIA-568 のカテゴリー 5 として認
定されたものでなければなりません。
表 1. 10BASE-T と 100BASE-TX リンク・セグメント用ケー
ブルの仕様
特性
仕様
ケーブル・タイプ
AWG 22、24、または 26 のワ
イヤーの対より線を 2 組もつ
UTP ケーブル
公称インピーダンス
100
伝搬速度
0.585 c
最大減衰
10BASE-T: 10 MHz で
100 m 当たり 8 ∼ 10 dB
100BASE-TX: 100
MHz で 305 m 当たり
67 dB
注:
1. EIA/TIA-568 カテゴリー 5 として認定されているケーブルは、
すべての10BASE-T と 100BASE-TX の仕様に適合します。
10BASE-T と 100BASE-TX には、EIA/TIA-568 カテゴリー 5
のケーブルを使用しなければなりません。
2. ケーブルには、対より線を 2 組または 4 組もたせることができま
すが、10BASE-T または 100BASE-TX ネットワークに使われ
るのは 2 組の対だけです。
3. c は真空内を移動する光の速度を表し、300 000 km/秒
(186 400 mi/秒) です。
注
AWG = アメリカン・ワイヤー・ゲージ
EIA = Electronics Industries Association
STP = シールド対より線
TIA = Telecommunications Industries Association
次に、RJ-45 コネクターを図示してあります。
58
Netfinity サーバー 保守マニュアル
次の図には、ストレート・ケーブルの結線を図解してあります。
次の図には、クロス・ケーブルの結線が図解してあります。
注
Ethernet プロトコルの詳細については、Ethernet のマニュア
ルを参照してください。
Wake on LAN 機能:
Ethernet コントローラーには、
Wake on LAN 機能が組み込まれています。この機能を使用可能に
するためには、該当するソフトウェアをサーバーにインストールす
る必要があります。Wake on LAN の作動に関する追加情報につい
ては、Ethernet の資料を参照してください。
Ethernet アダプターと共に Wake on LAN 機能を使用する場合
は、Wake on LAN ケーブルを取り付ける必要があります。説明に
ついては、アダプターに付属している資料およびケーブルを参照し
てください。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
59
仕様 (システム)
下の表には、Netfinity 3000 サーバーの環境仕様が記載されていま
す。
注
1.
次に示すレベルは、米国規格協会 (ANSI) S12.10 およ
び ISO 7779 で指定された手順に従って、制御された音
響環境のもとで測定されたものであり、その報告は ISO
9296 に従って行われています。
2.
実際の騒音レベルは、部屋の反響や近くにある他の雑音
源などのために、場所によっては表示された平均値を超
える場合があります。表示されている音響出力レベルは
上限を示しており、コンピューターの多くはこれより低
いレベルで動作します。
サイズ
奥行き : 445 mm (17.5 in.)
幅 : 200 mm (7.9 in.)
高さ : 492 mm (19.4 in.)
重量
最大構成 (出荷時): 17.3 kg
標準構成 (出荷時): 15 kg
環境
気温
–
システム電源オン時 : 10° ∼ 35°C (高度 0∼915 m)
10° ∼ 32°C (高度 915∼2134
m)
–
システム電源オフ時 : 10° ∼ 43°C
湿度
–
–
システム電源オン時 : 8% ∼ 80%
システム電源オフ時 : 8% ∼ 80%
発熱量
英国熱量単位 (Btu) による 1 時間当たりの発熱量 (概算値)
–
–
最大構成 (出荷時): 306 Btu/時 (90 ワット)
最大構成 (理論値)1 : 1564 Btu/時 (460 ワット)
入力電源
正弦波入力 (50/60 Hz) が必要
入力電圧
–
低範囲
-
1
60
最小 :
90 V ac
最大 : 137 V ac
代表的な最大構成のもとでは、発熱量は理論最大値を大幅に下回ります。
Netfinity サーバー 保守マニュアル
–
高範囲
–
最小 : 180 V ac
最大 : 265 V ac
入力 KVA (概算値)
-
最大構成 (出荷時): 0.70 kVA
消費電力量と発熱量は、使用中の取り付け済みオプション機構と省
電力オプション機構の数とタイプによって異なります。
放出ノイズ値
平均音圧レベル
–
オペレーターの位置
-
35 dBA (待機時)
40 dBA (作動時)
– そばに立つ人の位置 – 1 m (3.3 ft)
- 33 dBA (待機時)
- 36 dBA (作動時)
表記上の (上限) 音響出力レベル
– 4.7 ベル (待機時)
– 5.0 ベル (作動時)
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
61
各部の名称と位置
次に挙げる情報では、Netfinity 3000 (8476 型) サーバーをサポー
トします。
75ページの『下部カバー』
77ページの『ケーブル配線』
78ページの『CD-ROM ドライブ』
81ページの『取り付けの完了』
86ページの『コントロールとインディケーター』
88ページの『ケーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り
外し』
91ページの『外付けオプション』
92ページの『外付け SCSI 装置』
95ページの『外観図』
96ページの『フロント・ファン』
98ページの『入出力コネクター』
101ページの『内蔵ドライブ』
130ページの『内部図』
131ページの『メモリー・モジュール』
135ページの『マイクロプロセッサー』
141ページの『オプションの取り付け前の考慮事項』
143ページの『安定化脚』
144ページの『システム・ボード』
147ページの『システム・ボードの図』
149ページの『システム・ボードの交換』
150ページの『スイッチの設定』
154ページの『サーバーの構成の更新』
156ページの『ビデオ・ポート・コネクター』
62
Netfinity サーバー 保守マニュアル
システム・ボードへのアクセス
一部のオプションについては、その取り付けまたは取り外しにあた
って、システム・ボードにアクセスする必要がある場合がありま
す。たとえば、アダプター、ドライブ、およびケーブルなどは、取
り外しておかないと、邪魔になってシステム・ボード上の構成要素
にアクセスすることができません。また、アダプター、メモリー・
モジュール、マイクロプロセッサーなどのようなオプションは、シ
ステム・ボード上の装置であるため、システム・ボードにアクセス
してからでないと、その取り付けも取り外しも行うことはできませ
ん。
システム・ボードにアクセスする場合は、次の手順を踏むと作業が
容易になります。
1.
安定化脚を回してサーバー側に引っ込め、サーバーの重量で
外れることがないようにします。
2.
テーブルなどのように、平らで頑丈な面上にサーバーを置き
ます。
3.
サーバーを横に寝かせて、システム・ボードが手前に来るよ
うにします。
サーバーを立てて置いたままでサーバーの内部に触れる場合は、安
定化脚を必ず正しい位置に開いておきます。詳しくは、143ペー
ジの『安定化脚』 を参照してください。
注
システム・ボードの構成要素のリスト、およびそれぞれの構成
要素の位置を示す図については、 147ページの『システム・ボ
ードの図』 を参照してください。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
63
アダプター
通信アダプターなどのようなアダプターを追加すると、サーバーの
機能および能力が拡張されます。たとえば、RAID (Redundant
Array of Independent Disks) 技術をサポートするサーバーであれ
ば、RAID アダプターを追加することができるので、論理ドライブ
の容量が増し、パフォーマンスが向上します。
注
サーバーがサポートするアダプターの詳しいリストが必要な場
合は、ワールド・ワイド・ウェブ (WWW) 上の
http://www.pc.ibm.com/us/compat/ にアクセスするか、IBM
営業担当員に連絡してください。
アダプターの取り付けまたは取り外しを行う場合は、発生する恐れ
のあるリソースの競合をすべて解決しておくことが重要です。たと
えば、ISA 従来型アダプターを取り付ける場合は、アダプター上の
種々のスイッチを設定し、構成/セットアップ・ユーティリティー・
プログラムを使って、手動でアダプターを構成することが必要にな
る場合があります。
現在では、多くのアダプターで プラグ・アンド・プレイ 機能が使
用されているので、必要なリソースさえ使用可能であれば、サーバ
ーが自動的にアダプターを構成します。アダプターがプラグ・アン
ド・プレイであるかどうかについては、アダプターに付属の資料を
参照してください。詳しくは、40ページの『ISA 従来型リソース
(ISA Legacy Resources)』 を参照してください。
アダプターに関する考慮事項:
サーバーには、AGP
(Accelerated Graphics Port) アダプター、ISA (Industry Standard
Architecture) アダプター、および PCI (Peripheral Component
Interconnect) アダプター用のコネクターが備えられています。こ
れらのアダプター・タイプのそれぞれについて、次の各項で詳しく
説明します。
AGP アダプター:
ビデオ・アダプターは、専用 AGP スロッ
ト・コネクター、ISA スロット・コネクター、または PCI スロッ
ト・コネクターに取り付けることができます。ただし、サーバーの
システム・ボードでサポートされるのは、内蔵ビデオ・サブシステ
ムと AGP ビデオ・コネクターのどちらか一方であって、両方が同
時にサポートされるわけではありません。
サーバーには、サーバー壁面の内側後部に、DIMM (Dual-Inline
Memory Module) コネクターに隣接して、専用 AGP スロット・
コネクターが 1 個備えられています。この専用 AGP スロット・コ
ネクターの位置については、147ページの『システム・ボードの
図』 を参照してください。
AGP アダプターを専用 AGP スロット・コネクターに取り付ける
必要がある場合は、69ページの『AGP アダプターの取り付けまた
は取り外し』 を参照してください。ビデオ・アダプターを ISA ま
たは PCI スロット・コネクターに取り付ける必要がある場合は、
64
Netfinity サーバー 保守マニュアル
65ページの『ISA アダプターと PCI アダプター』 を参照してく
ださい。
ISA アダプターと PCI アダプター:
サーバーでは、拡張用
のライザー・カードを使用します。ライザー・カードには、ISA
(Industry Standard Architecture) バスおよび PCI (Peripheral
Component Interconnect) バスにアダプターを接続する、拡張スロ
ット・コネクターが設けられています。
ライザー・カード上の拡張スロット・コネクターには、さまざまな
アダプターを取り付けることができます。ライザー・カードの位置
を確認する場合は、147ページの『システム・ボードの図』 を参照
してください。サーバーの背面にある拡張スロットの図について
は、98ページの『入出力コネクター』 を参照してください。
サーバーのライザー・カードには、専用 ISA スロット・コネクタ
ーが 3 つと、専用 PCI スロット・コネクターが 3 つ設けられてい
ます。
下の図には、ライザー・カード上の拡張スロット・コネクターおよ
びその他のコネクターが示してあります。
注
1.
Alert on LAN および Asset ID
一部のモデルの場合だけです。
2.
4 位置ケーブル・コネクターを 2 ピン・モデム・ウェイ
クアップ・コネクターに接続する場合は、図に示されて
いるように、使用しない位置を必ず ライザー・カードの
下部寄り にします。このケーブルの接続を誤ると、電源
をオフにするたびに、サーバーが自動的に再始動するこ
とになりかねません。
が使用可能なのは、
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
65
重要
アダプターとサーバー構成要素の損傷を避けるため、取り付け
るアダプターが互いに接触したり、マイクロプロセッサーなど
サーバー内の他の構成要素と接触したりしないようにします。
ISA アダプターおよび PCI アダプターの取り付け
と取り外し:
ここでは、ISA アダプターまたは PCI アダプタ
ーの取り付け手順について説明します。ISA アダプターまたは PCI
アダプターを取り外したい場合は、次に説明する手順のステップを
逆の順序で行います。AGP アダプターを専用 AGP スロット・コ
ネクターに取り付ける必要がある場合は、69ページの『AGP アダ
プターの取り付けまたは取り外し』 に進んでください。
注
1.
サーバーの背面にある拡張スロットの図は、98ページの
『入出力コネクター』 を参照してください。
2.
ISA 従来型アダプターを取り付ける場合は、リソースを
「ISA Resource」 (ISA リソース) に設定します。そ
うすると、リソースが従来型アダプター用として予約さ
れ、BIOS でこれらのリソースをシステムや他のアダプ
ター用として使用することができなくなります。アダプ
ターを取り外す場合は、システム・リソースを ISA 従
来型アダプター用に「Available」 (使用可能) として再
割り当てします。40ページの『ISA 従来型リソース
(ISA Legacy Resources)』 を参照してください。
3.
アダプターによっては、特にフルサイズ・アダプターな
ど、その取り付けにあたって、下部カバー、システム・
ボード、およびフロント・ファンを取り外す必要のある
ものがあります。
注
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
オプションに付属の資料を読みます。
63ページの『システム・ボードへのアクセス』 を読みま
す。
66
Netfinity サーバー 保守マニュアル
ISA アダプターまたは PCI アダプターの取り付けは、次の手順で
行います。
1.
アダプターに付属の資料を参照して、アダプターを ISA 拡張
スロットか PCI 拡張スロットに取り付ける必要があるかどう
か判別します。これらに取り付ける必要がない場合は、バス
互換性のある空いたスロットを使用します。
2.
サーバーのサイド・カバーを取り外します (88ページの『ケ
ーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り外し』 を参照し
てください)。
3.
必要に応じて、下部カバーを取り外します (75ページの『下
部カバー』 を参照してください)。
4.
5.
6.
ねじとブラケットを外します。
該当する拡張スロット・カバーを取り外します。
a.
拡張スロット・カバーの上部にある拡張スロットねじを
外します。
b.
c.
サーバーから拡張スロット・カバーを引き出します。
後で使用するため、拡張スロット・カバーを安全な場所
に保管しておきます。
アダプターが入っている静電気防止袋を、塗装されていない
金属面に接触させてから、アダプターを袋から取り出しま
す。
7.
ライザー・カード上の該当するスロットにアダプターを取り
付けます。
アダプターをスロット内に滑り込ませるためには、システ
ム・ボードとフロント・ファンを取り外しておく必要がある
場合があります。96ページの『フロント・ファン』 および
144ページの『システム・ボード』 を参照してください。
注
PCI アダプターの構成要素は、システム・ボードに対し
て下向きになり、ISA アダプターの構成要素は上向きに
なります。サーバー内またはアダプター上の構成部品が
取り付けの邪魔になる場合は、別のスロットを使用して
ください。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
67
8.
ブラケットとねじを取り付けます。
9.
Wake on LAN または Alert on LAN を使用するネットワー
ク・アダプターを取り付けた場合は、ライザー・カードのケ
ーブルをアダプターに接続します。Wake on LAN または
Alert on LAN コネクターの位置については、65ページの
『ISA アダプターと PCI アダプター』 を参照してくださ
い。モデムを取り付けた場合に、モデム・ウェイクアップを
使用するには 65ページの『ISA アダプターと PCI アダプ
ター』 を参照して、ライザー・カード上のモデム・ウェイク
アップ・コネクターの位置を確認します。
10.
下部カバー、フロント・ファン、システム・ボードなどを取
り外した場合は、どれも元通りに取り付けます。96ページの
『フロント・ファン』、144ページの『システム・ボード』、
および 75ページの『下部カバー』 を参照してください。
11.
必要な場合は内部ケーブルをアダプターに接続します。オプ
ションに付属のマニュアルを参照してください。
12.
ISA 従来型アダプターを取り付けた場合は、40ページの
『ISA 従来型リソース (ISA Legacy Resources)』 を参照
13.
他に取り付けたり取り外したりしたいオプションがある場合
は、ここでその取り付けまたは取り外しを行います。それが
して、システム・リソースを割り当てます。
なければ、81ページの『取り付けの完了』 に進みます。
68
Netfinity サーバー 保守マニュアル
AGP アダプターの取り付けまたは取り外し:
ここで
は、AGP アダプターを専用 AGP スロット・コネクターに取り付
ける手順について説明します。AGP アダプターを取り外したい場
合は、次に説明する手順のステップを逆の順序で行います。アダプ
ターを ISA または PCI スロット・コネクターに取り付ける必要が
ある場合は、66ページの『ISA アダプターおよび PCI アダプタ
ーの取り付けと取り外し』 に進みます。
注
1.
ビデオ・アダプターは、専用 AGP スロット・コネクタ
ー、ISA スロット・コネクター、または PCI スロッ
ト・コネクターに取り付けることができます。ただし、
サーバーのシステム・ボードでサポートされるのは、内
蔵ビデオ・サブシステムと AGP ビデオ・コネクターの
どちらか一方であって、両方が同時にサポートされるわ
けではありません。
2.
専用 AGP スロット・コネクターに取り付けることがで
きるのは、特殊 AGP グラフィックス・アダプターだけ
です。使用可能な AGP アダプターについては、ワール
ド・ワイド・ウェブ (WWW) 上で
http://www.pc.ibm.com/us/compat/ にアクセスして、
情報を入手してください。
注
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
オプションに付属の資料を読みます。
63ページの『システム・ボードへのアクセス』 を読みま
す。
重要
サーバーのカバーを開く場合は、あらかじめ電源コードを電源
コンセントから抜いてください (電源スイッチをオフにして
も、AC 5 V の待機電源があるため危険)。
AGP アダプターの取り付けは、次の手順で行います。
1.
サーバーのサイド・カバーを取り外します (88ページの『ケ
ーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り外し』 を参照し
てください)。
2.
ねじを外してから、サーバー壁面に設けられている 2 本のス
ロットにアクセスするためのカバーを取り外します。サーバ
ー壁面にスロットが設けられていることによって、外付け装
置を接続する場合に、AGP アダプター上のコネクターにアク
セスすることができます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
69
3.
AGP アダプターを取り付けます。下の図に AGP アダプター
の取り付け方法が示してあります。サーバー壁面に設けられ
ているスロットによって、AGP アダプター上の外付け装置用
のコネクターにアクセスできることを確認します。
注
アダプターによっては、ドーターボード と呼ばれる 2
次アダプターの接続をサポートするものがあります。(ド
ーターボードとは、別のアダプターまたはシステム・ボ
ードに差し込むことができるアダプターのことです。)ド
ーターボードを使用すると、外付け装置用のコネクター
がもう 1 つ備えられることになるので、サーバー壁面に
は、アクセス用として 2 つ目のスロットが設けられてい
ます。
4.
必要な場合は内部ケーブルをアダプターに接続します。オプ
ションに付属のマニュアルを参照してください。
5.
他に取り付けたり取り外したりしたいオプションがある場合
は、ここでその取り付けまたは取り外しを行います。それが
なければ、81ページの『取り付けの完了』 に進みます。
70
Netfinity サーバー 保守マニュアル
機密保護オプションの追加
機密保護機能は、サーバーのデータとプログラムを外部からの無許
可のアクセスと使用から保護するのに役立ちます。システム機密保
護要件を決定したら、該当する機密保護機能を活動化または実装す
ることができます。
サーバーのデータベース内の情報へのアクセスを規制するために、
システム構成プログラムを使用して、機密保護手段を実装すること
ができます。このような機密保護機能としては、2 つのレベルのパ
スワード保護機能の定義、ディスケット・アクセスの制限、システ
ム所有者の名前の定義などがあります。こうした機密保護手段を実
装しておけば、サーバー内に格納されたデータおよびプログラムの
保全性の確保に役立ちます。詳細については、29ページの
『System Security (システム機密保護)』 を参照してください。
ディスケット・ドライブ内のディスケットへの書き込みを防止する
には、151ページの『ディスケット書き込み禁止スイッチの設定』
のディスケット書き込み保護スイッチをセットします。
パスワードを紛失したり忘れたりした場合は、システム・ボード上
の CMOS (パスワード) クリア・ジャンパーを切り替えて、パスワ
ードを消去することができます。
サーバー内のその他のハードウェア構成要素へのアクセスを規制す
るには、いくつかのタイプのオプション装置を取り付けることがで
きます。これらのオプションとしては、次のような装置がありま
す。
U ボルト
保安ケーブル
パッドロック (南京錠)
次の項でこれらの機密保護オプションについて説明します。
U ボルトと保安ケーブル:
サーバーの背面に U ボルトと
保安ケーブルを取り付ければ、Netfinity 3000 サーバーの無許可移
動の防止に役立ちます。保安ケーブルを追加した場合は、サーバー
に接続されている他のケーブルの邪魔にならないようにしておきま
す。
注
次のものを用意してください。
–
19 mm (3/4 インチ) U ボルトまたはワイヤー・ロ
ープ (National Manufacturing No. 3230、Stock
No. 176-735 に類似のもの)
– U ボルトに合うナット
– 保安ケーブル
– 錠 (組み合わせ錠やパッドロックなど)
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
71
1.
サーバーのサイド・カバーを取り外します (88ページの『ケ
ーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り外し』 を参照し
てください)。
2.
サーバーの背面の右下端に穴が 2 つ設けられている位置を確
認します。
3.
リア・パネルを貫いて U ボルトを挿入し、次にナットを取り
付け、適当なサイズの自在レンチで締めます。
4.
U ボルトを取り付け終わったら、他に取り付ける内蔵オプシ
ョンがなければ、サーバーのサイド・カバーを元通りに取り
付け、外部ケーブルと電源コードをすべて再接続します。(追
加情報が必要な場合は、81ページの『取り付けの完了』 を参
照してください。)
5.
ケーブルの一端を U ボルトに通したうえで、例えば机の脚な
どのような簡単には動かない物の間を通して輪の形にしま
す。その後で、ケーブルの両端を錠で接続します。
下の図に例を示します。
72
Netfinity サーバー 保守マニュアル
バッテリー
サーバーのバッテリーが誤作動した場合は、この項の説明に従って
交換する必要があります。
IBM では、ユーザーの安全を念頭においてこの製品を設計しまし
た。リチウム・バッテリーは、正しい取り扱いによって危険を避け
る必要があります。バッテリーを交換する場合は、次の指示を厳守
する必要があります。
注意
バッテリーの交換にあたっては、IBM パーツ番号 33F8354
またはメーカーが推奨するそれと同等のタイプのバッテリー以
外は使用しないようにします。システムにリチウム・バッテリ
ー入りのモジュールが搭載されている場合は、交換にあたって
は、それと同じメーカーが製造した同じタイプのモジュール以
外は使用しないようにします。リチウム・バッテリーは、使
用、取り扱い、処分などが適正でないと、爆発する恐れがあり
ます。
禁止事項 :
水中に投げ込んだり沈めたりしないこと。
100°C (212°F) 以上に加熱しないこと。
修理したり分解したりしないこと。
バッテリーの処分は、必ず地方自治体の条例および規制に従っ
て行います。
交換用バッテリーを発注する場合は、IBM 販売店 または IBM 営
業担当員に連絡してください。
注
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
交換用バッテリーに取り扱いおよび取り付けに関する特
殊な資料が添付されている場合は、必ずそこに記載され
ている指示に従います。
サーバーのサイド・カバーを取り外します。
注
バッテリーを交換したら、システムを再構成し、システムの日
付と時刻を再設定する必要があります。
バッテリーの交換は、次の手順で行います。
1.
システム・ボード上のバッテリーの位置を確認します (147ペ
2.
次のようにして、バッテリーを取り外します。
ージの『システム・ボードの図』 を参照してください)。
a.
1 本の指でバッテリー・クリップを起こします。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
73
3.
4.
b.
1 本の指でバッテリーを軽く押して、サーバーの前面の
方へスライドさせます。バッテリーを前方にスライドさ
せると、バッテリーは後ろにあるばねの働きで手前に押
し出されます。
c.
親指と人差し指でバッテリー・クリップの下からバッテ
リーを引き出します。
d.
バッテリー・クリップは、軽く押してバッテリー・ソケ
ットのベースに触れるようにしておきます。
次のようにして、新しいバッテリーを挿入します。
a.
バッテリーを傾けて、バッテリー・クリップの下、バッ
テリー・ソケットの前部に差し込みます。
b.
バッテリーをスライドさせてバッテリー・クリップの下
に差し込んだら、軽く押さえてバッテリー・ソケット内
に押し込みます。
サーバーのカバーを元通りに取り付けて、取り付けを完了し
ます (81ページの『取り付けの完了』 を参照してください)。
注
バッテリーの交換後初めてサーバーをオンにしたとき、
エラー・メッセージが表示される場合があります。しか
し、このような事態は、バッテリーの交換後としては正
常なことです。
5.
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムを開始
し、必要に応じて、構成パラメーターを再設定します。
システムの日付と時刻を設定し直す場合は、29ページの
『Date and Time (日付と時刻)』 を参照してくださ
い。
始動パスワードを設定し直す場合は、29ページの『始動
パスワード・モードの設定』 を参照してください。
システムを再構成する場合は、23ページの『構成/セッ
トアップ・ユーティリティー・プログラム』 に記載さ
れている指示に従ってください (すべてのモデル)。
74
Netfinity サーバー 保守マニュアル
下部カバー
重要
サーバーのカバーを開く場合は、あらかじめ電源コードを壁面
の電源コンセントから抜いてください (電源スイッチをオフに
しても、AC 5 V の待機電源があるため危険)。
注
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
オプションに付属の資料を読みます。
下部カバーの取り外しは、次の手順で行います。
1.
サーバーのサイド・カバーを取り外します (88ページの『ケ
ーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り外し』 を参照し
てください)。
2.
63ページの『システム・ボードへのアクセス』 で説明されて
3.
4.
下部カバーのねじを抜きます。
いるとおりに、サーバーを置きます。
下部カバーの端を軸にして回すようにしてサーバーのフレー
ムから離します。
注
実際のサーバーの下部カバーは、下に図示してある下部
カバーとは外見が異なっている場合があります。
5.
下部カバーの端のタブをスライドさせて、フレーム側のノッ
チから外し、下部カバーを取り外します。
下部カバーの取り付けは、次の手順で行います。
1.
下部カバーを傾けて持ち、下部カバーの端のタブをフレーム
側の対応するノッチの位置に合わせます。
2.
タブをフレーム側のノッチにはめ込み、下部カバーの端を軸
にして回すようにして下部カバーを閉じます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
75
3.
ねじ穴の位置を合わせ、2 本の下部カバーのねじを差し込み
ます。
4.
他に取り付けたり取り外したりしたいオプションがある場合
は、ここでその取り付けまたは取り外しを行います。それが
なければ、81ページの『取り付けの完了』 に進みます。
76
Netfinity サーバー 保守マニュアル
ケーブル配線
サーバーのケーブル配線に先立って、次のことを行っておきます。
サーバー、モニター、およびその他のオプション (設置する予
定がある場合) 用として、適正に接地された電源コンセントを
十分な数だけ確保します。
サーバーを乾燥した場所に置きます。雨が当たったり液体を
こぼしたりすると、サーバーを損傷する恐れがあります。
注
空気の循環をよくするため、周囲に空間を十分確保してくださ
い。
サーバーのケーブル配線は、次の手順で行います。
1.
下の図を参照して、サーバーにケーブルを接続します。
Ethernet ケーブルについては、57ページの『仕様 (Ethernet
ケーブル)』 を参照してください。
2.
電源コードをすべて電源コンセントに差し込みます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
77
CD-ROM ドライブ
IDE CD-ROM ドライブは、Netfinity 3000 サーバーの全タイプに
おいて標準機構です。CD-ROM ドライブでは、CD の内容の再生
と読み取りはできますが、CD に情報を書き込むことはできませ
ん。CD-ROM ドライブでは、業界標準の 12 cm (4.75 インチ)
CD を使用します。
CD-ROM ドライブを使用するときは、次のガイドラインに従いま
す。
次のような条件が該当する場所にサーバーを設置しないでく
ださい。
–
–
–
–
–
–
高温
高湿度
ほこりがひどい場所
過度の振動と急激な衝撃
傾いている面
直射日光
ドライブには、CD 以外のものは挿入しないでください。
サーバーを移動する場合は、中の CD を取り出します。
次にサーバーのフロント・ベゼルを図示し、CD-ROM ドライブの
位置、コントロール、およびインディケーターを示します。
78
Netfinity サーバー 保守マニュアル
次に CD-ROM ドライブの前面を示します。
CD の取り扱い:
CD を取り扱う場合は、次のガイドライン
に従います。
CD は端を持つようにし、表面には触らないでください。
ほこりや指紋をふき取るときは、CD の中心から外側に向か
ってふきます。円周に沿ってふくと、中のデータが失われる
場合があります。
CD の表面に書き込んだり、紙を貼ったりしないでくださ
い。
CD の表面に傷や印を付けないでください。
CD を直射日光の当たる場所に置いたり、保管したりしない
でください。
CD をクリーニングするときは、ベンゼン、シンナー、その
他の洗浄剤は使わないでください。
CD を落としたり、曲げたりしないでください。
CD の装てんと取り出し
注
CD を装てんしたり取り出したりする場合は、その前に必ずサ
ーバーの電源をオンにしておきます。
CD-ROM ドライブに対する CD の装てんおよび取り出しは、次
の手順で行います。
1.
CD-ROM 取り出しボタンを押します。トレイがドライブか
らスライドして出てきます。(手でトレイをこじ開けないでく
ださい。)
2.
3.
ラベル面を上にして CD をトレイに置きます。
CD-ROM 取り出しボタンを押すか、トレイを軽く奥側に押
してトレイを閉めます。トレイが閉まると、ドライブの前面
の CD-ROM ドライブ使用中ライトがオンになり、ドライブ
が使用中であることを示します。
4.
CD を取り出すには、CD-ROM 取り出しボタンを押しま
す。トレイがスライドして出てきたら、注意して CD を取り
出します。
5.
CD-ROM 取り出しボタンを押すか、トレイを軽く奥側に押
してトレイを閉めます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
79
注
1.
CD-ROM 取り出しボタンを押してもトレイがドライブ
から出てこない場合は、ペーパー・クリップなどの先
を、CD-ROM ドライブ使用中ライトの左上にある
2.
CD-ROM 緊急時取り出し穴に差し込みます。
一部のモデルでは、CD-ROM ドライブからフロント・
ベゼルを取り外さないと、CD-ROM 緊急時取り出し穴
が見えない場合があります。
80
Netfinity サーバー 保守マニュアル
取り付けの完了
注
取り付けることに決めた内蔵オプションについて、取り
付け手順をすべて最後まで実行します。
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
1.
すべての構成部品が正しく再組み立てされており、サーバー
内部に道具や外したねじが残っていないかどうか、確認しま
す。
2.
カバーの再取り付けの邪魔になるケーブルは、取り除いてく
ださい。
3.
サーバーを立てて置き、安定化脚が正しい位置に開いている
かどうか確認します。詳しくは、143ページの『安定化脚』
を参照してください。
注
カバーの取り付けは、サーバーを立てて置いた方が簡単
にできます。
4.
次のようにして、サイド・カバーを取り付けます。
a.
カバー・ロックがある場合は、それを必ずロック解除位
置にします。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
81
82
b.
3 個の下部カバー・ガイドをサーバーのフレーム側の対
応するノッチの位置に合わせます。
c.
下部カバーのタブをタブ穴に差し込みます。
d.
片方の手で、上部の位置を合わせて、カバーがサーバー
の側面に収まるようにします。もう一方の手で、カバー
の左下の隅、左側の回転脚の上に来るあたりを押しま
す。
Netfinity サーバー 保守マニュアル
7 tekcoS
e.
片手でカバーの上部を支えたまま、カバーが正しい位置
からずれないようにします。もう一方の手の親指で、下
の図に示すように、カバーを後方へスライドさせます。
カバーを正しい位置に確実に固定させます。
7 tekcoS
5.
カバー・ロックがある場合は、サーバーの背面に回って、カ
バーをロックします。
カバー・ロックとキーを使って外部カバーを固定させます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
83
重要
英国では、法律によって電源コードを取り付けた 後、電
話ケーブルを接続する必要があります。
注意
電源コードに電源コード・ストレイン・リリーフ・ブラ
ケット・オプションが取り付けられている場合は、サー
バーの電源コードのプラグを差し込む電源は、アクセス
しやすい給電部であることが必要です。
6.
7.
ケーブル類をサーバーの背面に再接続してから、適正に接地
された電源コンセントに電源コードのプラグを差し込みま
す。
サーバーにモデムや FAX 装置が接続されている場合 (ただ
し、英国以外) は、電話線を壁のコンセントとサーバーに再接
続し、適正に接地された電源コンセントに電源コードのプラ
グを差し込みます。
英国在住のユーザーの方は、最初に電源コードを差し込み、
次に電話線を壁のコンセントとサーバーに接続します。
84
Netfinity サーバー 保守マニュアル
8.
サーバーと接続されているすべての装置の電源をオンにしま
す。
重要
空気の循環をよくするため、サーバーの周囲には、最低限次の
ような空間を確保してください。
前に 102 mm
後ろに 127 mm
左右両側にそれぞれ 51 mm
カバーおよびケーブルの取り付けが完了したら、154ページの『サ
ーバーの構成の更新』 に進みます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
85
コントロールとインディケーター
最もよく使用されるコントロールおよび状況表示ライトは、サーバ
ーの前面に配されています。
サーバーのコントロール
電源スイッチ : サーバーをオンまたはオフにする場合
は、このスイッチを押します。
重要
ドライブ使用中ライトがオンになっている場合は、
サーバーをオフにしてはなりません。この状態でサ
ーバーをオフにすると、ハード・ディスクやディス
ケットに保管されている情報を損傷する恐れがあり
ます。
電源をオンにすると、ある時間にわたって始動テスト
(POST) が行われます。これはサーバーがオンになると実
行される短いテストであり、このテスト中は、電源スイッ
チを 1 回押しただけでは、電源は切れません。POST 中
に電源をオフにする必要がある場合は、電源スイッチを 5
秒間押したままにするか、電源コードを抜きます。サーバ
ーがハング状態でない限り、POST が終わると、電源スイ
ッチは正常に働きます。サーバーがハング状態である場合
は、電源が切れるまで電源スイッチを押したままにしま
す。
CD-ROM 取り出しボタン : CD を CD-ROM ドライブ
から取り出す場合は、このボタンを押します。CD-ROM
ドライブのコントロールおよびインディケーターの詳細に
ついては、78ページの『CD-ROM ドライブ』 を参照し
てください。
ディスケット取り出しボタン : ディスケットをディスケ
ット・ドライブから取り出す場合は、このボタンを押しま
す。
86
Netfinity サーバー 保守マニュアル
状況表示ライト: 下の図にサーバーの前面に配されているイ
ンディケーターが識別してあります。
電源オン・ライト : 電源スイッチを押してサーバーをオ
ンにすると、このライトがオンになります。
ハード・ディスク使用中ライト : サーバーが SCSI ハー
ド・ディスクにアクセスすると、このライトがオンになり
ます。このライトがオンになったままの場合は、SCSI バ
スとシステム・マイクロプロセッサーのどれかが停止して
いる可能性があります。
Ethernet 活動表示ライト : Ethernet コントローラーが
ネットワーク内の別のシステムとの間でデータを送受信し
ているとき、このライトがオンになります。
Ethernet 診断 LED: サーバーには、リア・パネルに
Ethernet コネクター用の診断発光ダイオード (LED) が備
えられています。
緑色の LED がオンになっている場合は、Ethernet
コントローラーは、ハブまたはスイッチに接続さ
れ、リンク・パルスを受信中であることを示してい
ます。この LED はリンク OK ライトとも呼ばれて
います。
こはく色の LED がオンになっている場合は、
Ethernet ネットワークが 100 Mbps で稼働してい
ることを示しています。こはく色の LED がオフに
なっている場合は、Ethernet ネットワークが 10
Mbps で稼働していることを示しています。
CD-ROM ドライブ使用中ライト : CD-ROM ドライブ
にアクセスすると、このライトがオンになります。
ディスケット・ドライブ使用中ライト : ディスケット・
ドライブにアクセスすると、このライトがオンになりま
す。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
87
ケーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り
外し
重要
サーバーのカバーを開く場合は、あらかじめ電源コードを電源
コンセントから抜いてください (電源スイッチをオフにして
も、AC 5 V の待機電源があるため危険)。
1.
ドライブに媒体 (ディスケットまたは CD) が入っている場合
は、それを取り出してから、サーバーおよび接続されている
装置の電源をすべてオフにします。
注意
サーバーの前面の電源制御ボタンを使用しても、サーバ
ーに供給されている電流が切れるわけではありません。
サーバーには、複数の電源コードがある場合がありま
す。サーバーに供給されている電流をすべて切る場合
は、必ず電源コードをすべて給電部から抜いてくださ
い。
2.
表面が塗装されていない金属面のフレームに触って、体から
静電気を逃がします。
3.
ケーブルを抜くにあたっては、その前にケーブルの接続先を
書き留めて、後で元どおりに正しく接続できるようにしてお
きます。
注
英国では、ステップ 5 を実行してから、ステップ 4 を
実行する必要があります。
4.
すべての電源コード (ケーブル) を電源コンセントから抜きま
す。
5.
サーバーにモデムや FAX 装置が接続されている場合は、電
話線を壁のコンセントとサーバーから抜きます。
6.
それ以外のケーブルおよびコードの接続位置を書き留めてお
きます。
88
Netfinity サーバー 保守マニュアル
注意
電源ケーブル、電話ケーブル、および通信ケーブルから
電流が流れると危険です。したがって、導入および構成
の手順に特に指示がない限り、人身事故や機器損傷を防
ぐため、サーバーのカバーを開く場合は、その前に、接
続されている電源コード、通信システム、ネットワー
ク、およびモデムを取り外しておきます。
7.
サーバーに接続されているケーブル類をすべて切り離しま
す。電源コード、入出力 (I/O) ケーブル、およびその他のサ
ーバーに接続されているケーブル類がすべてこの対象になり
ます。
注
1.
背面のコネクター類について詳しくは、98ペー
ジの『入出力コネクター』 を参照してください。
2.
USB (汎用シリアル・バス) も含めて、ポート類に
ついて詳しくは、91ページの『外付けオプショ
ン』 を参照してください。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
89
8.
必要なら、サイド・カバーのロックを解除します。(カバー・
ロックはサーバーの背面にあります。)
9.
10.
90
サイド・カバーの後部にあるカバー開放タブを手前に引き出
して、サイド・カバーを取り外します。次にカバーを本体の
手前に向けてスライドさせ、取り外します。
ドアをわきにどけておきます。
Netfinity サーバー 保守マニュアル
外付けオプション
サーバーに接続できる外付けオプションの例としては、SCSI ドラ
イブとその格納装置、プリンター、モデム、その他のシリアル装置
およびパラレル装置などがあります。
外付けオプションの接続は、次の手順で行います。
1.
サーバーと、接続されているすべての装置の電源を切りま
す。
2.
オプションに付属の資料に記載されている指示とこの項の説
明に従って、オプションをサーバーに接続します。
この項の説明は、外付けオプションに付属の資料に記載されている
指示を補足するものです。オプションの取り付け準備は、オプショ
ンに付属の資料に記載されている指示に従って行います。
ホット・スワップ記憶域拡張機構格納装置の追加:
別途に取り付けられた SCSI アダプター上の外付け SCSI コネクタ
ーに記憶機構格納装置を接続することができます。追加情報が必要
な場合は、IBM 販売店 または IBM 営業担当員に連絡してくださ
い。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
91
外付け SCSI 装置
注
SCSI コントローラーに内蔵装置が接続されている場合は、サ
ポートされる外付け装置は 1 台だけです。
内蔵 SCSI コネクターでは、サーバーの内部に取り付けられた
SCSI 装置をサポートします。外付け SCSI コネクターでは、外付
け SCSI 装置をサポートします。UltraSCSI アダプターでは、最大
15 個の装置をサポートすることができます。
注
内蔵と外付け両方の SCSI 装置を取り付ける場合は、こ
の節の説明に従い、また、101ページの『内蔵ドライ
ブ』 の説明に従います。最初に『内蔵ドライブ』を参照
し、その後この項に戻ってきます。
サポートされる SCSI 構成について追加情報が必要な場
合は、http://www.pc.ibm.com/us/netfinity/ にアクセス
してください。
サーバーには、16 ビット装置をサポートするワイド (16
ビット) ケーブルが付属しています。サーバーにナロー
(8 ビット) 装置を接続したい場合は、SCSI 68 ピン/50
ピン変換装置を購入する必要があります。この変換装置
を使用すると、サーバーに付属しているケーブルにナロ
ー装置を接続することができます。
ケーブルの長さについては、次のガイドラインに沿って
使用することをお勧めします。
–
–
1 台または複数台の UltraSCSI 装置を UltraSCSI
アダプターに接続する場合は、すべての (内蔵およ
び外付け) ケーブルの合計長さが 1.5 m (5 フィー
ト) を超えないようにします。
高速 SCSI 装置だけを UltraSCSI アダプターに接
続する場合は、すべての (内蔵および外付け) ケー
ブルの合計長さが 3 m (10 フィート) を超えない
ようにします。
重要
ケーブルの長さおよび装置の取り付け台数だけでなく、その他
にも SCSI サブシステムのパフォーマンスに影響を与える要
因について考慮する必要があります。たとえば、高速転送速度
に限定されている外付け拡張格納装置に UltraSCSI 装置を取
り付ける場合、またはケーブル長さが上記のガイドラインを超
える場合は、すべての SCSI 装置に対する転送速度を高速ま
たは標準転送速度に限定する必要があります。このためには、
SCSISelect ユーティリティー・プログラムを使用することが
できます。詳細については、53ページの『SCSISelect ユーテ
ィリティー・プログラム』 を参照してください。
92
Netfinity サーバー 保守マニュアル
外付け SCSI 装置を接続する計画の場合は、追加の SCSI ケーブル
を発注する必要があります。つまり、Netfinity 3000 サーバーで外
付け装置を使用する場合は、SCSI ケーブルを使用して、外付け装
置を外付け SCSI コネクターに接続する必要があるからです。この
SCSI ケーブルは、一端に外付け SCSI コネクター用の適正なコネ
クターを備え、他端に外付け装置用の適正なコネクターを備えてい
る必要があります。外付け装置で使用するための正しい SCSI ケー
ブルの選択および発注にあたっては、ご当地の IBM 販売店 または
IBM 営業担当員に連絡してください。
シリアル・ポート・コネクター:
シリアル・ポートは、
プリンター、プロッター、外付けモデム、補助端末、および他のコ
ンピューターとの通信に使用されます。サーバーにはシリアル・ポ
ートが 2 つ (1 および 2) 備えられています。拡張スロットの 1 つ
にシリアル・アダプターを取り付ければ、さらにシリアル・ポート
を追加することができます。
シリアル・ポートは、データを 非同期に 転送します。したがっ
て、文字間の休止時間の長さに制限はなく、いつでも、どのような
数のビットでも送信できます。
シリアル・ポートは、300 ビット/秒 (bps) から 115 200 bpsまで
の速度でデータとコマンドを送受信できます。一般に、1 秒当たり
の送受信ビット数を ボー・レート と呼びます。
サーバーのシリアル・コネクターは、両方とも 9 ピンの D シェ
ル・コネクターを使用します。
5
1
6
9
表2 に、シリアル・ポート・コネクターのピン番号割り当てを示し
ます。この割り当ては業界標準に適合しています。
ピ
ン
信号
ピ
ン
信号
1
Data carrier detect
(データ・キャリア検
出)
Receive data (受信デ
ータ)
Transmit data (送信デ
ータ)
Data terminal ready
(データ端末作動可能)
Signal ground (信号用
接地)
6
Data set ready (デー
2
3
4
5
タ・セット・レディー)
7
8
9
Request to send (送信
要求)
Clear to send (送信
可)
Ring indicator (リン
グ表示)
表 2. シリアル・ポート・コネクターのピン番号割り当て
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
93
パラレル・ポート・コネクター:
パラレル・ポート・コ
ネクターは、プリンター、一部の CD-ROM ドライブ、テープ・ド
ライブなどの装置との通信に使用されます。このサーバーには、背
面に 25 ピンの D シェル・コネクターが 1 つ付けられています。
1
13
25
14
このパラレル・ポート・コネクターは、IEEE (米国電気電子学会)
標準 1284 に準拠しています。標準の作動モードには、次の 3 種類
があります。
標準パラレル・ポート (SSP)
エンハンスト・パラレル・ポート (EPP)
拡張パラレル・ポート (ECP)
表3 に、パラレル・ポート・コネクターのピン番号割り当てを示し
ます。3 種類の作動モードのすべてについて、信号名を示します。
SSP モードと ECP モードの信号名は同じです。EPP モードの信
号名がこれらの信号名と異なっている場合は、それを括弧内に示し
ます。
ピ
ン
信号
ピ
ン
信号
1
14
2
3
4
-STROBE
(-WRITE)
Data 0
Data 1
Data 2
-AUTO FD
(-DSTRB)
-ERROR
-INIT
-SLCT IN
(-ASTRB)
5
6
7
8
9
10
11
12
13
Data 3
Data 4
Data 5
Data 6
Data 7
-ACK
BUSY (-WAIT)
PE
SLCT
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
表 3. パラレル・ポート・コネクターのピン番号割り当て
94
Netfinity サーバー 保守マニュアル
外観図
下にサーバーの外観を示します。
注
この図は参考図です。
パワーオン・ボタン
1
2
3
4
5
6
7
8
9
1
パワーオン表示ライト
ハード・ディスク表示ライト
Ethernet 活動表示ライト
ベイ 1、CD-ROM ドライブ
CD-ROM 取り出しボタン
CD-ROM 緊急時取り出し穴
ベイ 2
ベイ 3
ベイ 4、3.5 インチ・ディスケット・ドライブ
サーバーには、ベイ 4 にディスケット・ドライブが 1 つ、ベイ 1
に CD-ROM ドライブが 1 つ搭載されています。サーバーにハー
ド・ディスクが搭載されている場合は、ベイ 6 に取り付けられてい
ます。
注
モデルによっては、CD-ROM ドライブからフロント・ベゼル
を取り外さないと、CD-ROM 緊急時取り出し穴が見えない場
合があります。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
95
フロント・ファン
重要
サーバーのカバーを開く場合は、あらかじめ電源コードを電源
コンセントから抜いてください (電源スイッチをオフにして
も、AC 5 V の待機電源があるため危険)。
注
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
オプションに付属の資料を読みます。
フロント・ファンの取り外しおよび取り付けは、次の手順で行いま
す。
1.
サーバーのサイド・カバーを取り外します (88ページの『ケ
ーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り外し』 を参照し
てください)。
2.
63ページの『システム・ボードへのアクセス』 で説明されて
3.
フロント・ファン・ケーブルをライザー・カードから抜きま
す。フロント・ファン・コネクターの位置については、サー
いるとおりに、サーバーを置きます。
バーの内側のラベルを参照するか、65ページの『ISA アダプ
ターと PCI アダプター』 に示してあるライザー・カードの
図を参照してください。
4.
タブを押さえ、フロント・ファンを前方に引っ張りサーバー
の壁面から外します。
5.
フロント・ファン・アセンブリーの下部にある 2 個のフック
を、サーバーの壁面のスロットの位置に合わせて、フロン
ト・ファンを元の位置に収めます。
96
Netfinity サーバー 保守マニュアル
6.
フロント・ファン・アセンブリーのタブをサーバーの壁面の
スロットに差し込みます。
7.
フロント・ファン・ケーブルをライザー・カード上のコネク
ターに接続します。
8.
下部カバーを元どおりに取り付けます (75ページの『下部カ
9.
他に取り付けたり取り外したりしたいオプションがある場合
は、ここでその取り付けまたは取り外しを行います。それが
バー』 を参照してください)。
なければ、81ページの『取り付けの完了』 に進みます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
97
入出力コネクター
入出力 (I/O) コネクターは、サーバーとの間で情報をやり取りする
ためのポートになります。サーバーには、モニター、キーボード、
マウス、およびプリンターを含めて、さまざまな入出力装置を接続
することができます。ポートおよびポート固有のテクノロジーにつ
いて詳しくは、91ページの『外付けオプション』 を参照してくだ
さい。
サーバーの背面は、入出力コネクターにアクセスできるパネルにな
っています。拡張スロットに取り付けたアダプターも入出力コネク
ターになります。下の図にサーバーに用意されている入出力コネク
ターを示してあります。
電源コネクター : サーバーの電源ケーブルを接続しま
す。
外付け SCSI 装置コネクター : 外付け SCSI 装置をここ
に接続します。詳しくは、108ページの『SCSI ドライ
ブ』、92ページの『外付け SCSI 装置』、および 160ペ
ージの『SCSI コネクター』 を参照してください。
98
Netfinity サーバー 保守マニュアル
拡張スロット : 取り付け済み ISA アダプターと PCI ア
ダプター上の外付けコネクターにつながるケーブルを接続
します。拡張スロットとアダプターの詳細は、64ページの
『アダプター』 を参照してください。
注
SCSI コネクターは、スロット 6 に取り付けられた
SCSI アダプター上にあります。
マイクロホン : 音声その他の音をサーバーのハード・デ
ィスクに記録するため、マイクロホンをサーバーに接続す
る場合に使います。音声認識ソフトウェアによっても使用
できます。
オーディオ・ライン入力 : オーディオ信号を CD プレイ
ヤー、ステレオなどの外部装置からサーバーに送り、信号
をサーバーのハード・ディスクに記録する場合に使いま
す。
オーディオ・ライン出力 : オーディオ信号をサーバーか
ら外部の装置に送る場合に使います。外部装置には、内蔵
アンプ付きのステレオ・スピーカー、ヘッドホン、マルチ
メディア・キーボード、ステレオ装置のオーディオ・ライ
ン入力ジャックがあります。音を聴くには、これらの外部
装置のどれかを、このオーディオ・ライン出力コネクター
に接続する必要があります。
注
サーバー内蔵のスピーカーは、どれかの外部装置を
このオーディオ・ライン出力コネクターに接続する
と作動しなくなります。サーバー内蔵のスピーカー
による再生機能はありません。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
99
Ethernet コネクター : RJ-45 コネクターの付いたシー
ルドなし対より線 (UTP) ケーブルをここに接続し、シス
テム・ボード上の 10/100 Ethernet コントローラーに接続
できるようにします。
Ethernet コントローラーの説明については、42ページの
『Ethernet コントローラーの構成』 を参照してくださ
い。Ethernet コネクターについて詳しくは、163ページの
『Ethernet コネクター』 を参照してください。ケーブル
の説明については、57ページの『仕様 (Ethernet ケーブ
ル)』 を参照してください。
サーバーには、リア・パネルに Ethernet コネクター用の
診断発光ダイオード (LED) が備えられています。
緑色の LED がオンになっている場合は、Ethernet
コントローラーは、ハブまたはスイッチに接続さ
れ、リンク・パルスを受信中であることを示してい
ます。この LED はリンク OK ライトとも呼ばれて
います。
こはく色の LED がオンになっている場合は、
Ethernet ネットワークが 100 Mbps で稼働してい
ることを示しています。こはく色の LED がオフに
なっている場合は、Ethernet ネットワークが 10
Mbps で稼働していることを示しています。
パラレル・コネクター : プリンターなどのシリアル装置
用の信号ケーブルを接続します。
汎用シリアル・バス (USB) コネクター : USB (汎用シ
リアル・バス) コネクターを備えた入出力装置は、USB
コネクター 1 および 2 に接続します。装置をこれらのポ
ートに接続するには、 4 ピン・ケーブルが必要です。
シリアル・コネクター : モデムやその他のシリアル装置
用の信号ケーブルは、シリアル・ポート 1 および 2 の 9
ピンのシリアル・コネクターに接続します。ポート割り当
て情報については、93ページの『シリアル・ポート・コネ
クター』 を参照してください。
マウス・コネクター : マウス・ケーブルを接続します。
このコネクターは、補助装置ポートとも呼ばれます。
キーボード・コネクター : キーボード・ケーブルを接続
します。
モニター・コネクター : モニター (ディスプレイ) の信号
ケーブルを接続します。
100
Netfinity サーバー 保守マニュアル
内蔵ドライブ
サーバーにドライブを追加して、記憶容量を増やし、サーバーが複
数の種類の媒体を読み取れるようにすることができます。追加でき
るドライブの種類には、次のようなものがあります。
ディスケット・ドライブ
ハードディスク
光磁気ディスク・ドライブ
テープ・ドライブ
拡張ベイ:
内蔵装置は、サーバーの前部および後部にある ベイ
に取り付けます。ベイは、ベイ 1、ベイ 2 などと呼ばれています。
ドライブ・ベイ 1 ∼ 4 は、サーバーの前部で、上部ドライブ・ブ
ラケットに備えられています。ドライブ・ベイ 5 ∼ 6 は、サーバ
ーの後部で、下部ドライブ・ブラケットに備えられています。
注
ドライブ・ブラケットはドライブ・ケージとも呼ばれていま
す。
サーバーには、下記のドライブが事前に搭載されています。
3.5 インチ 1.44 MB ディスケット・ドライブ 1 台 (ベイ 4)
3.5 インチ SCSI ハードディスク (ベイ 6) (一部のモデルの場
合)
5.25 インチ CD-ROM ドライブ (ベイ 1)
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
101
次の図に、サーバー内のベイの位置を示します。この図は、サイ
ド・パネルを取り外した状態のサーバーの前面図です。
ベイ 1
1
2
3
4
5
6
ベイ 2
ベイ 3
ベイ 4
ベイ 5
ベイ 6
次にドライブ・ベイの内容について詳しく説明します。
CD-ROM ドライブ : サーバーには、内蔵の IDE
CD-ROM ドライブが 1 台装備されています。
オープン・ベイ : サーバーは、ハードディスク、テープ・ド
ライブ、光磁気ディスク・ドライブなど、3.5 インチおよび
5.25 インチの装置を搭載できるように設計されています。ハ
ードディスクの台数と容量は、モデルによって異なります。
サポートされるドライブのタイプとその取り付けに関する説
明については、103ページの『ドライブ仕様』 および 110ペ
ージの『事前導入ステップ (全ベイ共通)』 を参照し、ワール
ド・ワイド・ウェブ (WWW) 上で
http://www.pc.ibm.com/us/compat/ にアクセスしてくださ
い。
ディスケット・ドライブ : 3.5 インチ、1.44 MB2 のディス
ケット・ドライブは、1 MB (未フォーマット) または
2 MB (未フォーマット) のディスケットが使用できます。
2
MB は概略 1 000 000 バイトに相当します。ユーザーが使用できる合計容
量は、動作環境によって異なります。
102
Netfinity サーバー 保守マニュアル
ドライブ仕様:
表4 に、各ベイに取り付けられるドライブの
タイプ、幅、高さを示します。
ベイ
ドライ
ブの幅
ドライブのタイプ
ドライブの高さ
1
3.5 イ
ンチ3
取り外し可能媒体4
25.4 mm
5.25
ドライブ、ハードデ
ィスク
CD-ROM ドライブ
41.3 mm 6
インチ
2
3.5 イ
ンチ3
5.25
取り外し可能媒体4
25.4 mm
ドライブ、ハードデ
ィスク
41.3 mm 6
インチ
3
3.5 イ
ンチ
ハードディスク5
25.4 mm
4
3.5 イ
ンチ
ディスケット・ドラ
イブ
25.4 mm
5 およ
3.5 イ
ンチ
ハードディスク5
25.4 mm
び6
41.3 mm (1.6 イン
チ)6 ,7
表 4. 最大許容ドライブ・サイズ
3
ベイ 1 または 2 に 3.5 インチ・ドライブを正しく取り付けるためには、
すでにベイ 2 に取り付けられている、5.25 インチから 3.5 インチへのベ
イ変換キットを使用します。ベイ 2 に 5.25 インチ・ドライブを取り付け
る場合は、まず変換キットを取り外しておく必要があります。
4
取り外し可能媒体としては、CD-ROM、光ディスク、テープなどがありま
す。取り外し可能媒体ドライブを取り付ける場合は、ベイ 1 ∼ 4 だけに限
る必要があります。サーバーにはディスケット・ドライブは 1 台しか搭載
できません (ベイ 4 に取り付けるのが標準)。
5
モデルによっては、CD-ROM ドライブが省略時の始動ドライブ (つまり、
ブート・ドライブ) に設定されている場合があります。ただし、ハードディ
スクが標準装備されている場合は、始動優先順位を変更し、ハードディス
クを始動ドライブとして指定することができます。始動優先順位の変更に
関する説明については、28ページの『Start Options (始動オプション)』
を参照してください。
6
7
高さが 41.3 mm (1.6 インチ) を超えるドライブは取り付けられません。
スリムハイト・ドライブ 1 台分の高さは 25.4. mm (1.0 インチ) です。
ハーフハイト・ドライブ 1 台の高さは41.3 mm (1.6 インチ) です。した
がって、ベイ 5 と 6 の間には、スリムハイト・ドライブを 2 台か、また
はハーフハイト・ドライブを 1 台取り付けることができます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
103
ケーブルのタイプ:
サーバーではケーブルを使用して、IDE
ドライブおよび SCSI ドライブを電源、ライザー・カード、および
システム・ボードに接続します。ディスケット・ドライブについて
も、ケーブルをライザー・カードに接続して電源を取ります。各ケ
ーブル・コネクターは、それぞれ対応するドライブ・コネクターに
はまるように設計されています。次のケーブルが提供されます。
4 線の 電源ケーブル。ほとんどのドライブを電源に接続しま
す。これらのケーブルには、さまざまなドライブに接続でき
るプラスチックのコネクターが両端に付いています。コネク
ターのサイズはいろいろです。電源ケーブルによっては、ラ
イザー・カードに接続されるものもあります。
平らな 信号ケーブル。リボン・ケーブル とも呼ばれ、IDE
ドライブをライザー・カードに接続します。サーバーに付属
している信号ケーブルには、次のように 2 種類のサイズがあ
ります。
–
幅の広い信号ケーブルは、ライザー・カードの後部の 1
次 IDE コネクターに接続されます。
–
幅の狭い信号ケーブルは、ディスケット・ドライブと、
ライザー・カードの後部のディスケット・ドライブ・コ
ネクターに接続されます。
平らな SCSI 信号ケーブル。装置を SCSI アダプターに接続
します。
サーバーには UltraSCSI アダプターが 1 つ装備されているので、
内蔵 SCSI ハードディスクに接続されるリボン・ケーブルが 1 本
付いています。このケーブルは、一端が SCSI 上の 68 ピンの内蔵
SCSI コネクターに接続されています。SCSI ケーブルの他端に
は、終端装置が付いています。このケーブルには、他の内蔵 SCSI
装置を接続するためのコネクターが 4 個備えられています。
SCSI 装置の詳細については、 108ページの『SCSI ドライブ』 を
参照してください。
注
システム・ボード上のコネクターの位置については、147ペー
ジの『システム・ボードの図』 を参照してください。
104
Netfinity サーバー 保守マニュアル
ディスケット、IDE CD-ROM、およびその他の IDE 装置のコネ
クターは、ライザー・カードの後部にあります。オプションのドラ
イブを取り付ける場合は、下の図を参照して、該当するコネクター
の位置を確認してください。
注
下の図は参考図です。ドライブ類を取り付ける場合は、その前
に必ずサーバーのライザー・カードの向きをチェックして、正
しいコネクターの位置を確認します。ライザー・カードは、下
部エッジがサーバーの後部に位置しています。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
105
下の図にライザー・カード上のコネクターを示してあります。
注
1.
Alert on LAN および Asset ID が使用可能なのは、一
部のモデルの場合だけです。
2.
4 位置ケーブル・コネクターを 2 ピン・モデム・ウェイ
クアップ・コネクターに接続する場合は、図に示されて
いるように、使用しない位置を必ず ライザー・カードの
下部寄り にします。このケーブルの接続を誤ると、電源
をオフにするたびに、サーバーが自動的に再始動するこ
とになりかねません。
次に、電源ケーブルおよび信号ケーブルを内蔵ドライブに接続する
際の重要な注意点を挙げておきます。
サーバーに標準装備されているディスケット・ドライブ、ハ
ードディスク (該当する場合)、および CD-ROM ドライブに
は、電源ケーブルおよび信号ケーブルが接続されています。
CD-ROM ドライブは、ライザー・カードの後部の 1 次 IDE
コネクターに接続されています。ドライブを交換する場合
は、どのドライブにどのケーブルが接続されていたかを記憶
していることが大切です。
ドライブを取り付けるときは、信号ケーブルの端にあるコネ
クターがシステム・ボードに接続されていることを確認しま
す。
サーバーに付属している IDE 装置は、CD-ROM ドライブと
ディスケット・ドライブだけです。CD-ROM ドライブや磁
気テープ・ドライブなど、別の IDE 装置を取り付けることは
できますが、IDE ハードディスクはサポートされていませ
ん。
106
Netfinity サーバー 保守マニュアル
2 台またはそれ以上の IDE 装置を 1 本の信号ケーブル上で
使用する場合は、1 台を 1 次またはマスター装置に指定し、
他はすべて 2 次または従属装置に指定する必要があります。
そうしないと、一部の IDE 装置がシステムによって認識され
ないことがあります。1 次または 2 次の指定は、それぞれの
IDE 装置でのスイッチまたはジャンパーの設定によって決ま
ります。
このサーバーでは、IDE CD-ROM ドライブが 1 次装置で
す。したがって、2 台目の IDE 装置を取り付ける場合は、そ
れを 2 次装置にする必要があります。
ディスケット・ドライブは 1 台しか取り付けることができま
せん。
内蔵 SCSI ドライブを接続する計画の場合は、内蔵 SCSI ケ
ーブルの使用可能なコネクターの 1 つに接続する必要があり
ます。
注
SCSI ケーブルには終端があります。
外付け SCSI ドライブを接続する計画の場合は、詳細につい
て 91ページの『外付けオプション』 を参照してください。
サーバー用のドライブ、ケーブル、およびその他のオプションを選
択する上でヘルプが必要な場合は、IBM 販売店または IBM 営業
担当員に連絡してください。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
107
SCSI ドライブ:
SCSI ドライブは、1 つのコネクターに複
数台の装置を接続することができます。
注
SCSI ドライブに関する説明は、スキャナー、プリンターなど
他の SCSI 装置にも適用されます。
Netfinity 3000 サーバーは、米国規格協会 (ANSI) SCSI 規格
X3.131-1986 (SCSI)、X3.131-1994 (SCSI-2)、X3.277-1996
(SCSI-3 Fast-20 パラレル・インターフェース)、および
X3.253-1995 (SCSI-3 パラレル・インターフェース) に適合するド
ライブをサポートします。
サーバーがサポートする SCSI 装置をすべて網羅する詳細なリスト
が欲しい場合は、ワールド・ワイド・ウェブ (WWW) 上で
http://www.pc.ibm.com/us/netfinity/ にアクセスしてください。
SCSI 物理装置番号:
複数台の物理装置が同じ UltraSCSI ア
ダプター に接続されると、装置間で UltraSCSI アダプターのサポ
ートを求めて競合が生じます。UltraSCSI アダプターは一度に 1
台の装置としか通信できないため、装置の優先順位はその装置の
SCSI ID に応じて決まります。優先順位の高い ID は 7 ∼ 0 であ
り、優先順位の低い ID は 15 ∼ 8 です。
SCSI 装置を追加する場合は、内蔵 SCSI-2 に接続する SCSI 装置
のそれぞれに、固有の ID を設定する必要があります。こうして設
定された固有の ID によって、UltraSCSI アダプターは装置を識別
し、2 台の装置が SCSI バス上で同時にデータの送受信を行うのを
防ぐことができます。SCSI 装置では、ジャンパー、つまみ、また
はスイッチなど、さまざまな方式を使用して、SCSI ID を設定しま
す。
SCSI 装置 ID は、SCSI アドレス または 物理装置番号 (PUN) と
も呼ばれます。
サーバー内の UltraSCSI アダプターでは、SCSI ID 0 ∼ 15 をサ
ポートし、ID 7 はアダプター用として設定されています。チャネ
ル A にある内蔵 SCSI ハード・ディスクの省略時始動 (ブート)
SCSI ID は、0 です。サーバー内の SCSI 装置の SCSI ID を表示
させて見る場合は、SCSISelect を使用します。(詳しくは、53ペー
ジの『SCSISelect ユーティリティー・プログラム』 を参照してく
ださい。)
ワイド (16 ビット) SCSI 装置を取り付ける場合は、ID は 0 ∼
6、または 8 ∼ 15 の範囲のどの番号に設定しても構いません。ナ
ロー (8 ビット) SCSI 装置を取り付ける場合は、ID は 0 ∼ 6 の
範囲であればどの番号に設定しても構いません。
SCSI 論理装置番号:
各物理装置には、それぞれ物理装置番号
(PUN) と論理装置番号 (LUN) が付けられています。物理装置が論
理装置をサポートしない場合は、その LUN は 0 になります。ほ
108
Netfinity サーバー 保守マニュアル
とんどの SCSI 装置では、LUN 0 しかサポートされません。一部
のタイプの物理 SCSI 装置 (ブリッジ・コントローラー) では、複
数の論理装置がサポートできます。
たとえば、プリンター・コントローラーでは、最大 8 台のプリンタ
ーをサポートする場合があります。プリンター・コントローラーは
物理装置で、各プリンターはそれぞれ論理装置です。プリンター・
コントローラーに ID 2 を割り当てた場合は、最初のプリンターの
ID は、SCSI 装置構成で PUN 2, LUN 0 と表示されます。その他
のプリンターの ID は、順に PUN 2, LUN 1、PUN 2, LUN
2、...、PUN 2, LUN 7 となります。
終端の要件:
Netfinity 3000 サーバーには UltraSCSI が付属し
ています。SCSI バスは、終端を両端だけに限る必要があります。
サーバー内の SCSI バス (ケーブル) の一端は、UltraSCSI アダプ
ターで終端します。サーバー内の SCSI ケーブルには、SCSI バス
の他端が終端する終端装置が付属しています。したがって、内蔵
SCSI 装置を取り付けた場合は、すべて終端を「Disabled」に設定
しておく必要があります。
装置をベイ 2、3、5、および 6 に取り付けるときは、取り付
け前に装置の終端を使用不可にしておかなければなりませ
ん。
外付けの SCSI 装置をサーバーに接続する場合は、外付けケ
ーブルに接続された最後の装置の終端を使用可能に設定しま
す。詳細は装置のマニュアルを参照してください。
16 ビット (ワイド) と 8 ビット (ナロー) の SCSI 装置を両方とも
取り付ける計画の場合は、次のようにします。
1.
2.
16 ビット装置を SCSI チェーンの始めに取り付ける。
8 ビット装置を SCSI チェーンの終わりに取り付ける。
注
SCSI チェーンの始めは、SCSI アダプターまたはシステム・
ボードに近い方の端です。
こうすれば、UltraSCSI アダプターが SCSI チェーン内の装置をす
べて認識することができ、したがって、サーバーの適正な作動が確
保されます。
終端についての詳細は、SCSI 装置に付属の資料を参照してくださ
い。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
109
事前導入ステップ (全ベイ共通)
始めに実行すること
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
オプションに付属の資料を読みます。
109ページの『終端の要件』 を読みます。
内蔵ドライブに付属のマニュアルに指定されているケー
ブル、ドライブのトレイ、その他の装置がすべてそろっ
ているかどうか確認します。
Netfinity 3000 サーバーにドライブを取り付ける前に、ある種の事
前導入処置をしなければならない場合があります。手順の中には、
オプションの初期導入のときしか必要でないものもあります。
1.
サーバーのサイド・カバーを取り外します (88ページの『ケ
ーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り外し』 を参照し
てください)。
2.
ドライブを取り付けたいベイを選択します。(各ベイに取り付
けられるドライブのタイプとサイズについては、103ペー
ジの表4 を参照してください。)
3. 該当するドライブ・ベイにアクセスします。
注
1.
全モデルとも、ドライブ・ベイ 1 と 4 にはドライ
ブが標準装備されています。
2.
一部のモデルでは、あらかじめドライブ・ベイ 6
にドライブが取り付けられています。
3.
ドライブ・ベイ 2 と 3 には、ベイ・パネルと静電
気シールドが取り付けられています。
4.
取り外し可能媒体用のドライブを取り外し、すぐに
新しいドライブを取り付ける予定がない場合は、そ
のベイに、静電気シールドとベイ・パネルを戻しま
す。
ドライブ・ベイ 1 ∼ 4 にアクセスする場合は、111ページの
『ベイ 1 ∼ 4 のドライブの取り扱い』 に進みます。
ドライブ・ベイ 5 および 6 にアクセスする場合は、125ペー
ジの『ベイ 5 および 6 のドライブの取り扱い』 に進みま
す。
4.
ドライブが入っている静電気防止袋を、サーバー上の塗装さ
れていない金属面に接触させてから、ドライブを袋から取り
出します。
5.
ドライブ上に設定の必要があるスイッチまたはジャンパーが
あるかどうか、またはドライブにトレイを取り付ける必要が
あるかどうか確認したい場合は、ドライブに付属の資料を参
照するか、ご当地の IBM 販売店または IBM 営業担当員に照
会してください。
110
Netfinity サーバー 保守マニュアル
ベイ 1 ∼ 4 のドライブの取り扱い:
ドライブ・ベイ 1
∼ 4 が収納されているフロント・ドライブ・ケージは、2 種類の異
なった設計になっています。一方の設計になるドライブ・ケージ
は、ドライブの取り付けまたは取り外しの際に取り外す必要があり
ます。もう一方の設計の場合は、ドライブ・ケージを取り外さない
で、サーバーの前部からドライブを取り付けます。このタイプの場
合は、ドライブ・ケージは永続的にシャシーに取り付けられている
ので、取り外すことはできません。シャシーのタイプがどちらであ
るか知りたい場合は、フロント・ドライブ・ケージを固定する支持
ブラケットとねじがあるかどうか調べます。シャシーにこれらの構
成部品がない場合は、ドライブ・ケージは永続的に取り付けられて
います。ドライブの取り付けおよび取り外しの手順は、シャシーの
タイプに応じて異なります。
下の図にサーバーのベイが示してあります。
ベイ 1
1
2
3
4
5
6
ベイ 2
ベイ 3
ベイ 4
ベイ 5
ベイ 6
注
フロント・ドライブ・ケージは、上部ドライブ・ケージとも呼
ばれています。
重要
サーバーのカバーを開く場合は、あらかじめ電源コードを電源
コンセントから抜いてください (電源スイッチをオフにして
も、AC 5 V の待機電源があるため危険)。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
111
注
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
取り付けまたは交換するドライブに付属の資料を読みま
す。
63ページの『システム・ボードへのアクセス』 で説明さ
れているとおりに、サーバーを置きます。
サーバーのドライブ・ケージが永続的に取り付けられて
いる場合は、113ページの『永続取り付けドライブ・ケ
ージへのドライブの取り付け』 に進みます。
サーバーのドライブ・ケージが取り外し可能である場合
は、118ページの『取り外し可能ドライブ・ケージの取
り外し』 に進みます。
112
Netfinity サーバー 保守マニュアル
永続取り付けドライブ・ケージへのドライブの取り付け:
この項では、永続取り付けフロント・ドライブ・ケージにドライブ
を取り付ける場合の手順について説明します。上ドライブ・ケージ
からドライブを取り外したい場合は、116ページの『永続取り付け
ドライブ・ケージ内のドライブの取り外し』 に記載されている手順
のステップを実行します。
注
111ページの『ベイ 1 ∼ 4 のドライブの取り扱い』 を
読みます。
ドライブに付属の資料を読みます。
1.
次のようにして、ドライブを取り付けるドライブ・ベイのベ
イ・パネルを取り外します。
a.
サーバーの前面にある該当のベイ・パネルの位置を確認
する。
b.
必要に応じてドライバーの先端を使用して、ベイ・パネ
ルをサーバーの前面に保持しているプラスチックのタブ
を起こす。
c.
ベイ・パネルを取り外す。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
113
2.
ドライブ・ベイ開口部に突き出しがある場合は、ドライバー
またはペンチでねじって外します。
下の図に示すのは、ベイ 2 およびベイ 3 にある突き出しの
タイプです。
3.
ドライブをベイ開口部に取り付け、ねじを差し込んでドライ
ブを固定します。
注
次の図に示すように、ドライブをドライブ・ベイ内に固
定するには、ねじが 2 本必要なだけです。
114
Netfinity サーバー 保守マニュアル
4.
ドライブにケーブルを接続します。ライザー・カード上のコ
ネクターの位置を示す図については、65ページの『ISA アダ
プターと PCI アダプター』 を参照してください。
5.
取り付けたドライブに取り外し不能媒体が収納されている場
合は、ベイ・パネルを元どおりに取り付けます。
6.
取り付けたのが CD-ROM ドライブであり、このドライブを
CD-ROM オーディオ・コネクターに接続したい場合は、65
ページの『ISA アダプターと PCI アダプター』 を参照し
て、ライザー・カード上の CD-ROM オーディオ・コネクタ
ーの位置を確認します。
7.
他に取り付けたり取り外したりしたいオプションがある場合
は、ここでその取り付けまたは取り外しを行います。それが
なければ、81ページの『取り付けの完了』 に進みます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
115
永続取り付けドライブ・ケージ内のドライブの取り外し:
サーバーのフロント・ドライブ・ケージが永続取り付けの場合の手
順を次に示します。
1.
116
取り外すドライブに取り外し不能媒体が収納されている場合
は、次のようにしてベイ・パネルを取り外します。
a.
サーバーの前面にある該当のベイ・パネルの位置を確認
する。
b.
必要に応じてドライバーの先端を使用して、ベイ・パネ
ルをサーバーの前面に保持しているプラスチックのタブ
を起こす。
c.
ベイ・パネルを取り外す。
Netfinity サーバー 保守マニュアル
2.
取り外したいドライブからケーブルを抜きます。
3.
ドライブを保持しているねじを抜き、ドライブをスライドさ
せてサーバーの前部から取り出します。
4.
別のドライブを取り付けるのでなければ、ベイ・パネルを元
通りに取り付けます。
5.
他に取り付けたり取り外したりしたいオプションがある場合
は、ここでその取り付けまたは取り外しを行います。それが
なければ、81ページの『取り付けの完了』 に進みます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
117
取り外し可能ドライブ・ケージの取り外し:
下の図に示すシ
ャシーには、ドライブ支持ブラケットと取り外し可能ドライブ・ケ
ージが見えています。フロント・ドライブ・ケージは、上部ドライ
ブ・ケージとも呼ばれています。
ドライブ・ケージの取り外しは、次の手順で行います。
1.
118
ベイ 1 ∼ 4 のドライブに接続されているケーブルをすべて抜
きます。
Netfinity サーバー 保守マニュアル
2.
上部ハンドルのカバーを取り外して、わきにどけておきま
す。
3.
上部ハンドルのねじと、上部ドライブ・ケージを正しい位置
に保持しているドライブ支持ブラケットのねじを抜きます。
次に、ドライブ・ケージが止まるまで電源機構の方に移動さ
せ、持ち上げてサーバーから取り出します。
7 tekco S
7 tekcoS
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
119
取り外し可能ドライブ・ケージへのドライブの取り付け:
この項では、上部ドライブ・ケージにドライブを取り付ける場合の
手順について説明します。上部ドライブ・ケージからドライブを取
り外したい場合は、次の手順のステップを逆の順序で実行します。
注
111ページの『ベイ 1 ∼ 4 のドライブの取り扱い』 を
読みます。
ドライブに付属の資料を読みます。
ドライブ・ケージを取り外します。118ページの『取り
外し可能ドライブ・ケージの取り外し』 を参照してくだ
さい。
1.
ドライブ・ケージの前面を手前にして、使用したいドライ
ブ・ベイのメタル・シールドが曲がるまでその両側のタブを
引き出して、メタル・シールドを取り外します。片側を持ち
上げて外し、次に反対側を持ち上げて外します。
2.
新しいドライブが入っている静電気防止袋を、塗装されてい
ない 金属面に接触させてから、ドライブを袋から取り出しま
す。
120
Netfinity サーバー 保守マニュアル
3.
使用したい空きドライブ・ベイにドライブを挿入します。ね
じを差し込んで締め付け、ドライブを正しい位置に保持しま
す。次の図には、ハードディスクをベイ 2 に取り付ける場合
が示してあります。
4.
ドライブ・ケージを挿入して、右にスライドさせると、サー
バーの前面で停止します。なお、ドライブ・ケージのねじ穴
と支持ブラケットのねじ穴の位置を必ず合わせてください。
5.
ドライブ・ケージを側面で固定するねじを差し込んで締め付
け、次にハンドルの近くの上部のねじを締めます。
7 tekcoS
7 tekcoS
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
121
6.
上部ハンドルのカバーを元通りに取り付けます。
7.
次の図に示すように、ケーブルをドライブに接続します。
8.
取り付けたドライブが取り外し可能媒体のドライブである場
合は、ベイ・パネルを取り外す必要があります。取り付けた
ドライブが取り外し不能媒体のドライブである場合は、ベ
イ・パネルを取り付ける (ただし、まだ取り付けられていない
場合) 必要があります。
ベイ・パネルを取り外す場合は、ステップ 9 (123ペー
ジ) に進みます。
ベイ・パネルを取り付ける場合は、ステップ 10 (124ペ
ージ) に進みます。
122
Netfinity サーバー 保守マニュアル
9.
ベイ・パネルの取り外しは、次の手順で行います。
a.
サーバーの前面にある該当のベイ・パネルの位置を確認
する。
b.
必要ならドライバーの先端を使用して、ベイ・パネルを
サーバーの前面に保持しているプラスチックのタブを起
こす。
c.
ベイ・パネルを取り外す。
d.
ステップ 11 (124ページ) に進む。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
123
10.
ベイ・パネルの取り付けは、次の手順で行います。
a.
ベイ・パネルの右端をサーバー前面の対応する開口部の
位置に合わせます。
b.
c.
パチンと音がして閉まるまで、左端を軽く押して閉めま
す。
取り付けたのが CD-ROM ドライブであり、このドラ
イブを CD-ROM オーディオ・コネクターに接続した
い場合は、65ページの『ISA アダプターと PCI アダ
プター』 を参照して、ライザー・カード上の
CD-ROM オーディオ・コネクターの位置を確認しま
す。
d.
120ページの『取り外し可能ドライブ・ケージへのドラ
イブの取り付け』 に進みます。
11.
他に取り付けたり取り外したりしたいオプションがある場合
は、ここでその取り付けまたは取り外しを行います。それが
なければ、81ページの『取り付けの完了』 に進みます。
124
Netfinity サーバー 保守マニュアル
ベイ 5 および 6 のドライブの取り扱い
注
111ページの『ベイ 1 ∼ 4 のドライブの取り扱い』 を
読みます。
ドライブに付属の資料を読みます。
次の図には、サーバーのベイが識別してあります。
1
2
3
4
5
6
ベイ 1
ベイ 2
ベイ 3
ベイ 4
ベイ 5
ベイ 6
ベイ 5 および 6 に取り付けるドライブは、取り外し不能媒体のド
ライブであることが必要です。(モデルによっては、サーバーの出荷
時にハードディスクがベイ 6 に搭載されているものがあります。)
これらのベイに対するドライブの取り付けまたは取り外しを行う場
合は、下部ドライブ・ケージを取り外す必要があります。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
125
ベイ 5 および 6 に対するドライブの取り付けまたは取り外しは、
次の手順で行います。
1.
2.
ドライブ・ケージを保持しているねじを抜き、ドライブ・ケ
ージをスライドさせ、カバー・ロックを過ぎたら取り出しま
す。
ベイ 6 に搭載されているのがハードディスクである場合は、
そのベイのドライブからケーブルを抜きます。ドライブがベ
イ 5 に搭載されている場合は、そのケーブルを抜きます。
126
Netfinity サーバー 保守マニュアル
3.
ドライブを取り外す場合であれば、ドライブをケージ内に保
持しているねじを抜き、ドライブをスライドさせてケージか
ら取り出します。
下の図には、ドライブをベイ 6 から取り外す場合が示してあ
ります。
4.
ドライブを取り付ける場合であれば、ドライブをスライドさ
せてベイ内に収め、ねじで固定します。
5.
ベイ 5 にドライブを取り付ける場合は、ドライブをベイに押
し込む前に上下を逆さまにします。これによって、ドライブ
のコネクターをケーブル・コネクターに正しく合わせて接続
できます。
ドライブに付属の 4 本のねじを取り付けるときは、ドライブ
の上の方から順に取り付けます。
下の図には、ドライブをベイ 5 に取り付ける場合が示してあ
ります。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
127
6.
ベイ 6 にドライブを取り付ける場合は、コネクター側を上に
してドライブを持ち、ベイに押し込みます。
サーバーのベイ 6 にあらかじめドライブが取り付けられてい
る場合は、ねじが 2 本、ドライブ・アセンブリーの各側面に
付けてあります。したがって、ベイ 6 からドライブを取り外
して、そこに別のドライブを取り付ける場合は、あらかじめ
取り付けられていたドライブに付属のねじを使用します。
サーバーにハードディスクが標準装備されていない場合は、
ドライブに付属している 4 本のねじを取り付けるときは、ド
ライブの下部から順に取り付けます。
128
Netfinity サーバー 保守マニュアル
7.
下部ドライブ・ケージを元どおりに取り付け、ステップ
1 (126ページ) で抜いたねじで固定します。
8.
次の図に示すように、ケーブルをドライブに接続します。
9.
他に取り付けたり取り外したりしたいオプションがある場合
は、ここでその取り付けまたは取り外しを行います。それが
なければ、81ページの『取り付けの完了』 に進みます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
129
内部図
次の図に、サイド・パネルを外した状態のサーバーの内部を示しま
す。
注
下の図は参考図です。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
130
ベイ 1 ∼ 4 のドライブ・ケージ
システム・ボード
ライザー・カード
アダプター
拡張スロット
ベイ 5 および 6 のドライブ・ケージ
ベイ 6、ハード・ディスク
ベイ 5
電源機構
Netfinity サーバー 保守マニュアル
メモリー・モジュール
サーバーにシステム・メモリーを追加すると、プログラムの実行速
度を高めることができます。システム・メモリーの容量を増すに
は、メモリー・モジュール と呼ばれるオプションを取り付けます。
サーバーがサポートするシステム・メモリーの最大容量は 384 MB
です。サーバーにメモリーを追加すると、システム・パフォーマン
スを向上させることができます。サーバーには、システム・メモリ
ー・モジュールを取り付けるためのコネクターが 3 つあります。
注
下の図は参考図です。メモリーを取り付ける場合は、その前に
必ずサーバーのシステム・ボードの向きをチェックして、正し
いコネクターの位置を確認します。
システム・ボード上のメモリー・コネクターの位置について
は、147ページの『システム・ボードの図』 を参照してくださ
い。
DIMM 0
DIMM 1
DIMM 2
サーバーで使用するメモリー・モジュールは、DIMM (Dual-Inline
Memory Module) です。サーバーに付属の DIMM は、エラー検出
および訂正 (ECC) 付きの SDRAM (Synchronous Dynamic
Random Access Memory) です。これらのメモリー・モジュール
は、速度が 100 MHz です。メモリー・モジュールを余分に追加す
ることも、既存のメモリー・モジュールを交換することもできま
す。
DIMM の取り付けまたは交換にあたっては、次のガイドラインに
従ってください。
サーバーには、1 つまたは複数の DIMM (Dual-Inline
Memory Module) が装備されています。
最大高さが 6.35 cm (2.5 インチ) の DIMM を取り付けま
す。
3.3 V dc のバッファーなし 100 MHz SDRAM DIMM だけ
を使用します。
それぞれのメモリー・コネクターごとに最大 128 MB のメモ
リーをサポートします。ただし、サーバーがサポートするシ
ステム・メモリーの最大容量は 384 MB です。
ECC を使用可能にする場合は、ECC DIMM だけを取り付け
ます。NP (非パリティー) DIMM を取り付けた場合は、サー
バーがパワーアップせず、POST メモリー・エラー・コード
164 が表示されます。
サイズの異なる DIMM を取り付ける場合は、システム・ボ
ードの端に近い方のコネクター (DIMM 2) からメモリー容量
の大きい順に DIMM を取り付けます。
1 つの DIMM を取り付け、または取り外したら、 構成/セッ
トアップ・ユーティリティー・プログラムを使って新しい構
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
131
成情報を保管する必要があります。26ページの『「構成/セッ
トアップ・ユーティリティー・プログラム」メニュー』 を参
照してください。
サーバーでサポートされる DIMM について詳細が必要な場
合は、ワールド・ワイド・ウェブ (WWW) 上で下記のアドレ
スにアクセスしてください。
http://www.pc.ibm.com/us/compat/
メモリー構成:
メモリーを追加したり取り外したりする場合
は、DIMM 0 から順にシステム・メモリー・コネクターが埋まる
ようにします。
表5 には、サーバーのメモリー構成として可能な場合をいくつか示
してあります。この表の内容および詳細については、サーバーの内
側のラベルに記載してあります。この表以外のメモリー構成も可能
です。
表 5. メモリー構成
合計メモリー
DIMM 0
DIMM 1
DIMM 2
32
64
32
64
32
128
64
64
64
128
128
128
0
0
32
32
32
0
32
64
64
64
128
128
0
0
0
0
32
0
32
0
64
64
0
128
容量 (MB)
32
64
64
96
96
128
128
128
192
256
256
384
注
132ページの表5 の値の単位はメガバイト (MB) です。
132
Netfinity サーバー 保守マニュアル
メモリー・モジュールの取り付けまたは取り外し:
この項では、メモリー・モジュールを取り付ける場合の手順につい
て説明します。メモリー・モジュールを取り外したい場合は、次の
手順のステップを逆の順序で実行します。
始めに行うこと
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
オプションに付属の資料を読みます。
63ページの『システム・ボードへのアクセス』 を読みま
す。
注
1.
メモリー・モジュールを取り外す際には、保持クリップ
を余り強く押さないよう注意します。そうしないと、メ
モリー・モジュールが突然コネクターから外れて飛び出
す恐れがあります。
2.
各メモリー・コネクターには、それぞれキー (仕切り) が
2 つずつあり、これによって、メモリー・モジュールが
正しい位置にしか取り付けられないようになっていま
す。
3.
コネクターの両端にある保持クリップによって、メモリ
ー・モジュールは正しい位置にロックされます。
4.
メモリー構成については、132ページの表5 を参照して
ください。
DIMM の取り付けは、次の手順で行います。
1.
サーバーのサイド・カバーを取り外します (88ページの『ケ
ーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り外し』 を参照し
てください)。
2.
システム・ボード上のメモリー・コネクターの位置を確認し
ます。この項の始めに挙げてある図を参照してください。
3.
下の右側の図に示すように、保持クリップは必ず開放位置に
しておきます。保持クリップがコネクターに対して垂直にな
っている場合は、かちっと音を立てて開放されるまで外側に
押します。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
133
4.
5.
DIMM が入っている静電気防止袋を、塗装されていない 金
属面に接触させてから、DIMM を取り出します。
コネクター上で、DIMM の下端に設けられている 2 つのノ
ッチの位置をコネクターに正しく合わせます。
6.
保持クリップが閉じて、DIMM の両端の周りにしっかりとは
まるまで、DIMM をコネクターにまっすぐに押し込みます。
注
DIMM を追加したり取り外したりすると、サーバー内
の構成情報が変更されます。したがって、サーバーを再
始動すると、システムによって POST エラー 164 が表
示されます。構成/セットアップ・ユーティリティー・プ
ログラムを開始し、「Save Settings」を選択します。
7.
もう 1 つ別の DIMM を取り付ける場合は、ステップ 3 ∼
6 (134ページ) を繰り返します。
8.
他に取り付けたり取り外したりしたいオプションがある場合
は、ここでその取り付けまたは取り外しを行います。それが
なければ、81ページの『取り付けの完了』 に進みます。
134
Netfinity サーバー 保守マニュアル
マイクロプロセッサー
サーバーには Intel Pentium II マイクロプロセッサーが搭載されて
います。このマイクロプロセッサーには、ECC レベル 2 (L2) キャ
ッシュを内蔵した MMX テクノロジーが組み込まれています。サ
ーバーで使用できるマイクロプロセッサーのアップグレードに関す
る最新情報が必要な場合は、IBM 販売店または IBM 営業担当員
に連絡してください。マイクロプロセッサーをアップグレードする
場合は、アップグレードに付属の資料を使用し、併せて 136ペー
ジの『マイクロプロセッサーの取り付けまたは交換』 の説明を参照
してください。
電圧調整機能がシステム・ボードに組み込まれています。この機能
では、システム・ボード上のマイクロプロセッサーをサポートしま
す。
注
この項の図は、実際のハードウェアとは多少異なる場合があり
ます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
135
マイクロプロセッサーの取り付けまたは交換: ここ
では、マイクロプロセッサーを取り付ける場合の手順について説明
します。マイクロプロセッサーを取り外したい場合は、次の手順の
ステップを逆の順序で実行します。
注
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
マイクロプロセッサーに付属の資料全般を検討して、サ
ーバーの BIOS を更新する必要があるかどうか判断しま
す。ServerGuide には、BIOS およびデバイス・ドライ
バーを最新に保持する IBM Update Connector が組み
込まれています。サーバー用の最新レベルの BIOS につ
いては、ワールド・ワイド・ウェブ (WWW) および
IBM Personal Computer Company BBS (電子掲示板シ
ステム) でも入手することができます。該当するワール
ド・ワイド・ウェブ (WWW) のアドレスおよび電子掲
示板の電話番号については、ivページの『オンライン・
サポート』を参照してください。
サポートされるオペレーティング・システムのリストが
必要な場合は、ワールド・ワイド・ウェブ (WWW) 上
で http://www.pc.ibm.com/us/netfinity/ にアクセスして
ください。
63ページの『システム・ボードへのアクセス』 を読みま
す。
37ページの『Remote Administration (リモート管理)』
で作成した フラッシュ・ユーティリティー・ディスケッ
ト を用意します。
注
ワールド・ワイド・ウェブ (WWW) 上で
http://www.pc.ibm.com/support/ にアクセスして、該当する
BIOS の更新プログラムをダウンロードします (これがまだ行
われていない場合)。該当する README ファイルの内容を検
討し、そこで得た情報を使用して、フラッシュ・ユーティリテ
ィー・ディスケット を作成します。POST/BIOS (フラッシ
ュ) 更新手順を実行します (追加情報については、37ページの
『Remote Administration (リモート管理)』 を参照してくだ
さい)。
重要 :
周波数スイッチに対して、実際のマイクロプロセッサーの周波数を
超える設定値を選択した場合は、マイクロプロセッサーを損傷する
恐れがあります。
136
Netfinity サーバー 保守マニュアル
注
1.
サーバーのマイクロプロセッサーには、ヒート・シンク
が取り付けられています。マイクロプロセッサーは、シ
ステム・ボード上のマイクロプロセッサー・ソケットに
プラグを差し込み、システム・ボードに取り付けられた
プラスチックのブラケットで固定します。
サーバーのヒート・シンクのタイプは、実際には、ここ
で図示してあるものとは異なる場合があります。
2.
システム・ボードのマイクロプロセッサー・スイッチ・
エリアの位置を確認する場合は、システム・ボードの図
でロッカー・スイッチ・セクションを探します。147ペ
ージの『システム・ボードの図』を参照してください。
該当するスイッチ設定値については、157ページの『マ
イクロプロセッサー速度スイッチの設定』 を参照する
か、サーバーの内側にあるラベルを参照してください。
マイクロプロセッサーの取り付けは、次の手順で行います。
1.
サーバーのサイド・カバーを取り外します (88ページの『ケ
ーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り外し』 を参照し
てください)。
2.
次のようにして、マイクロプロセッサーを取り外します。
a.
システム・ボード上のマイクロプロセッサー・ソケット
の位置を確認する。(147ページの『システム・ボードの
図』 の図を参照。)
b.
マイクロプロセッサーの上部にある小さい留めタブに両
手の人差し指を触れる。両方のタブをマイクロプロセッ
サーの内部に向けて押し込んで外す。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
137
3.
c.
マイクロプロセッサーを持ち上げてコネクターから外
す。
d.
取り外したマイクロプロセッサーを静電気防止袋に入れ
る。
e.
ステップ 3 に従って新しいマイクロプロセッサーを取
り付ける。
新しいマイクロプロセッサーが入っている静電気防止袋を、
サーバーの 塗装されていない 金属面に接触させてから、新し
いマイクロプロセッサーを袋から取り出します。
4.
かちっと音を立てて正しい位置にはまるまで、留めタブを押
し込みます。
注
留めタブの位置については、ステップ 2b (137ページ)
の図を参照してください。
138
Netfinity サーバー 保守マニュアル
5.
新しいマイクロプロセッサーをシステム・ボード上のマイク
ロプロセッサー・コネクターの位置に合わせ、スライドさせ
てガイド内にはめ込みます。かちっと音を立てて正しい位置
にはまり、コネクター内にしっかりと収まるまで、マイクロ
プロセッサーを押し下げます。
6.
両方の留めタブを外側に引っ張ります。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
139
7.
マイクロプロセッサーを速度の異なるものと交換する場合
は、システム・ボード上のスイッチの設定を変更する必要が
あります。スイッチの位置については、147ページの『システ
ム・ボードの図』 を参照してください。該当するスイッチの
設定値については、157ページの『マイクロプロセッサー速度
スイッチの設定』 を参照するか、サーバーのサイド・カバー
の内側のラベルを参照してください。
8.
新しいマイクロプロセッサーを取り付けた後で、エラー・コ
ード 167 が表示されたら、フラッシュ・ユーティリティー・
プログラムを実行します。1 次ディスケット・ドライブにフ
ラッシュ・ユーティリティー・ディスケット を挿入し、フラ
ッシュ・プログラムを実行します。プログラムの中の指示に
従ってください。
注
ワールド・ワイド・ウェブ (WWW) 上で
http://www.pc.ibm.com/support/ にアクセスして、該当
する BIOS の更新プログラムをダウンロードします (こ
れがまだ行われていない場合)。該当する README フ
ァイルの内容を検討し、そこで得た情報を使用して、フ
ラッシュ・ユーティリティー・ディスケット を作成しま
す。BIOS (POST/BIOS) の更新手順を実行します (追
加情報については、37ページの
『Remote Administration (リモート管理)』 を参照し
てください)。
9.
これで新しいマイクロプロセッサーがサーバーに取り付けら
れたので、サーバーの再構成を行う必要があります。26ペー
ジの『「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラ
ム」メニュー』 に説明されている手順に従ってください。
オペレーティング・システムの資料を参照してください。新
しいマイクロプロセッサーをオペレーティング・システムに
認識させるために、変更を加える必要がある場合がありま
す。
10.
他に取り付けたり取り外したりしたいオプションがある場合
は、ここでその取り付けまたは取り外しを行います。それが
なければ、81ページの『取り付けの完了』 に進みます。
140
Netfinity サーバー 保守マニュアル
オプションの取り付け前の考慮事項
212ページの『安全上の注意』 の項に示されている安全およ
び取り扱いの指針に精通していただきます。これらの指針
は、サーバーおよびオプションを取り扱う際に、作業を安全
に行う上で役立つものです。
サーバー、ディスプレイ、およびその他に取り付けを予定し
ているオプション用として、適正に接地された電源コンセン
トを十分な数だけ確保します。
サーバーは、乾燥した場所に置きます。雨が当たったり液体
をこぼしたりすると、サーバーを損傷する恐れがあります。
2 MB (1.44 MB フォーマット済み) の 3.5 インチ・ディス
ケットの調達を確保しておきます。
ハード・ディスクに変更を加える場合は、その前に必ず重要
なデータをすべてバックアップしておきます。
小型の刃先が平らなドライバーを常備しておきます。
重要
空気の循環をよくするため、サーバーの周囲には、最低限次の
ような空間を確保してください。
前側に 102 mm
後側に 127 mm
左右両側にそれぞれ 51 mm
始めに行うこと
サーバーの現行構成が正しく働いているかどうか確認し
ます。
カバー・ロックのキーを用意しておきます (ただし、ま
だこれを実行していない場合)。出荷時には、サーバーの
背面のキーロックの上にキーが 2 本取り付けられていま
す。キーは安全な場所に保管しておきます。
注意
サーバーのドアは、ロックが外れていると、サーバーの重量を
支えきれません。サーバーを移動したり持ち上げたりする場合
は、人身事故を防ぐために、サーバーのドアは、必ず外してお
くかロックしておきます。
32 kg (70.5 ポンド)
55 kg (121.2 ポンド)
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
141
注意
マシンを持ち上げる場合は、安全を旨とする持ち上げ方を実行
してください。
142
Netfinity サーバー 保守マニュアル
安定化脚
下部カバーに取り付けられている 4 本の脚は 90 度回転し、サーバ
ーをより安定させます。
サーバーを立てて置く場合は、その前に 4 本の脚をサーバー側から
1/4 回転させておきます。その上で、これらの脚を下にしてサーバ
ーを注意して立てます。
オプション取り付けのためにサーバーの内部に触れる必要がある場
合は、側面を下にしてサーバーを寝かせると、システム・ボードが
手前に来るので作業しやすくなります。その場合は、4 本の脚を回
してサーバー側に引っ込めて、サーバーの重量で外れることがない
ようにします。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
143
システム・ボード
重要
サーバーのカバーを開く場合は、あらかじめ電源コードを電源
コンセントから抜いてください (電源スイッチをオフにして
も、AC 5 V の待機電源があるため危険)。
注
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
オプションに付属の資料を読みます。
アダプターを取り付けるためには、システム・ボードを取り外す必
要がある場合があります。
システム・ボードの取り外しは、次の手順で行います。
1.
サーバーのサイド・カバーを取り外します (88ページの『ケ
ーブル類の取り外しとサイド・カバーの取り外し』 を参照し
てください)。
2.
63ページの『システム・ボードへのアクセス』 で説明されて
3.
下部カバーを取り外します。(75ページの『下部カバー』 を
いるとおりに、サーバーを置きます。
参照してください。)
4. システム・ボードのラッチ・ハンドルを持ち上げて、ハンド
ルの下部にあるプラスチックのタブをシャシーから抜きま
す。
144
Netfinity サーバー 保守マニュアル
5.
ラッチを握り、伸びた位置まで右回りに回します。これでシ
ステム・ボードがライザー・カードから外れます。
注
システム・ボードを外す場合に、マイクロプロセッサ
ー、DIMM、DIMM ソケットなどを引っ張らないよう
にします。
6.
タブを利用してシステム・ボードをスライドさせて外し、わ
きにどけておきます。
取り外したシステム・ボードの取り付けは、次の手順で行います。
1.
システム・ボードのラッチ・ハンドルが伸びた位置にあるか
どうか確認します。
2.
システム・ボードのレールをシャシーのトラックの位置に合
わせ、システム・ボードをスライドさせて、ライザー・カー
ド端のコネクターから約 6 mm (0.25 インチ) のところまで
差し込みます。
3.
システム・ボードがライザー・カード端のコネクターの位置
に正しく合うまで、ラッチ・ハンドルを左回りに回します。
4.
システム・ボードの右側のシステム・ボード・レールをしっ
かりと押しながら、ラッチ・ハンドルを左回りに回し続けま
す。
注
システム・ボードを差し込む場合に、マイクロプロセッ
サー、DIMM、DIMM ソケットなどを押さえないよう
にします。
システム・ボードがライザー・カード端のコネクター内に完
全に収まっているかどうか確認します。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
145
5.
ラッチを押し下げて、シャシーに設けられている開口部 (穴)
の下側にタブをロックします。これでラッチが閉じた位置に
しっかりと保持されます。
注
フルサイズ・アダプターが正しい位置に取り付けられて
いる場合は、接続が見えない可能性があります。システ
ム・ボードが完全に収まった状態を確保するためには、
システム・ボードのラッチの下側にあるタブをシャシー
に設けられている開口部 (穴) の中にロックします。
6.
他に取り付けたり取り外したりしたいオプションがある場合
は、ここでその取り付けまたは取り外しを行います。それが
なければ、81ページの『取り付けの完了』 に進みます。
146
Netfinity サーバー 保守マニュアル
システム・ボードの図
システム・ボードは、プレーナー・ボード または マザーボード と
も呼ばれる、サーバーの主回路ボードです。システム・ボードは、
サーバーの基本機能を提供し、あらかじめ装備されている、または
後で取り付けることのできるさまざまな装置をサポートします。
構成処置には、システム・ボード上のジャンパーの制御を受けるも
のもあれば、スイッチの制御を受けるものもあります。変更が可能
なジャンパーおよびスイッチの設定については、後続の項で説明し
ます。
サーバーのハードウェアの取り付け、取り外し、または交換をする
場合、またはジャンパーおよびスイッチを設定する必要がある場合
は、システム・ボードのレイアウトを知っておく必要があります。
下の図には、サーバー内のシステム・ボードのレイアウトが示して
あります。本書で説明している構成要素については、番号を付けて
示してあります。
注
1
2
1.
サーバー内部のラベルには、システム・ボードの図と追
加情報が記載されています。
2.
構成スイッチ (1 ∼ 8) は、ロッカー・スイッチとも呼ば
れています。それぞれの設定値については、後で示しま
す。
バッテリー
構成 (ロッカー) スイッチ (SW1)
スイッチ 1 ∼ 4
マイクロプロセッサー速度スイッチ
スイッチ 5
ROM 作動モード・スイッチ
スイッチ 6
Ethernet コントローラー作動モード・スイッチ
スイッチ 7
管理者パスワード・スイッチ
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
147
スイッチ 8
ディスケット書き込み禁止スイッチ
3
4
5
6
7
8
148
マイクロプロセッサー
DIMM コネクター 0
DIMM コネクター 1
DIMM コネクター 2
CMOS クリア要求ジャンパー (J9)
AGP スロット・コネクター (オプションの AGP アダプター
用)
Netfinity サーバー 保守マニュアル
システム・ボードの交換
重要
1.
新しいシステム・ボードには、保守の対象となっている
システムの重要プロダクト・データ (VPD) および最新
レベルの BIOS をインストールする必要があります。そ
のためには、更新ディスケットを使用して、BIOS 更新
プログラムを実行する必要があります。最新レベルの
BIOS は BBS/WEB から入手しますが、ivページの
『オンライン・サポート』 を参照してください。BIOS
が旧レベルの場合は、誤ってエラーが表示されたり、必
要がないのにシステム・ボードを交換してしまうような
事態を招く原因となる可能性があります。
2.
プロセッサーおよびメモリー・モジュールは別の FRU
です。したがって、古いシステム・ボードから取り外し
て、新しいシステム・ボードに取り付けます。
3.
新しいシステム・ボードのジャンパーの設定について
は、古いシステム・ボードのジャンパーの設定に必ず一
致させます。
システム・ボードを交換しても問題が訂正されない場合は、次のこ
とを行います。
1.
古いシステム・ボードにオプション (プロセッサーなど) を元
通りに取り付け、それをシステム内に元通りに取り付けま
す。
2.
プロセッサーを交換します。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
149
スイッチの設定
管理者パスワード・スイッチの設定:
拡張セキュリテ
ィー機能によって保護される管理者パスワードを設定、変更、削除
する場合は、最初に管理者パスワードのロックを解除する必要があ
ります。それには、管理者パスワード・スイッチの設定をロック状
態からロック解除状態に変更します。
始めに行うこと
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
サーバーおよびすべての外付け装置の電源をオフにしま
す。
サーバーに接続されているすべての外部ケーブルを抜い
てから、サーバーのカバーを取り外します。
1.
システム・ボード上の構成スイッチ (ロッカー・スイッチとも
呼ばれている) の位置を確認します。詳しくは、サーバーの内
側のラベルまたは 147ページの『システム・ボードの図』 を
参照してください。
2.
管理者パスワードをロックまたはロックの解除をするには、
スイッチ 7 を次の図のように設定します。これには、小型ド
ライバーの先を使うと便利です。
重要 :
下の図は参考図です。スイッチ 7 の設定値を変更する場合
は、その前に必ずサーバーのシステム・ボードの向きをチェ
ックして、スイッチ番号の位置を正しく識別しておきます。
設定値を変更するスイッチを間違えると、サーバーの構成要
素やオプションに重大な損傷を生じる恐れがあります。
3.
スイッチを ON にします。
注
管理担当者パスワードが分かっていないと、その変更も
削除もできません。
4.
パスワードを設定、変更、または削除します。画面の指示に
従ってください。(34ページの
『「Administrator Password (管理者パスワード)」メニュー
の使用』を参照してください。)
5. スイッチを OFF にします。
6. カバーを再び取り付け、サーバーの電源を入れます。
7. 構成スイッチの設定値を変更した後は、サーバーを再構成す
る必要があります。サーバーの組み立て (81ページの『取り
付けの完了』 を参照) が終わったら、構成/セットアップ・ユ
150
Netfinity サーバー 保守マニュアル
ーティリティー・プログラムを使用して、新しい管理者パス
ワードを設定し、サーバーを再構成します。詳しくは、26ペ
ージの『「構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラ
ム」メニュー』 を参照してください。
注
拡張セキュリティーについて詳しくは、35ページの『拡張セキ
ュリティー機能の使用』 を参照してください。
ディスケット書き込み禁止スイッチの設定:
ディスケ
ット書き込み禁止スイッチは、ディスケット・ドライブを使ってデ
ィスケットに情報を書き込むかどうかの制御をします。ディスケッ
トへの書き込みを防ぐことができる機能が特に役立つのは、関心の
対象がネットワークを通して入手できる情報の機密保護にある場合
です。
注
このスイッチは、ディスケットから情報を読み取る能力には影
響しません。
注
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
サーバーおよびすべての外付け装置の電源をオフにしま
す。
サーバーに接続されているすべての外部ケーブルを抜い
てから、サーバーのカバーを取り外します。
1.
システム・ボード上の構成スイッチ (ロッカー・スイッチとも
呼ばれている) の位置を確認します。詳しくは、サーバーの内
側のラベルまたは 147ページの『システム・ボードの図』 を
参照してください。
2.
通常のディスケット操作と読み取り専用のディスケット操作
には、スイッチ 8 を図のように設定します。スイッチを設定
する場合は、小型ドライバーの先端を使用するのが便利で
す。
重要 :
下の図は参考図です。スイッチ 8 の設定値を変更する場合
は、その前に必ずサーバーのシステム・ボードの向きをチェ
ックして、スイッチ番号の位置を正しく識別しておきます。
設定値を変更するスイッチを間違えると、サーバーの構成要
素やオプションに重大な損傷を生じる恐れがあります。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
151
3.
構成スイッチの設定値を変更した後は、サーバーを再構成す
る必要があります。サーバーの組み立て (81ページの『取り
付けの完了』 を参照) が終わったら、構成/セットアップ・ユ
ーティリティー・プログラムを使用して、日付と時刻をリセ
ットし、パスワードをすべてリセットし、サーバーを再構成
します。詳しくは、26ページの『「構成/セットアップ・ユー
ティリティー・プログラム」メニュー』 を参照してくださ
い。
注
サーバーのディスケットにアクセスできる者を規制および指定
する場合は、構成/セットアップ・ユーティリティー・プログ
ラムを使用します。37ページの『IDE 装置とディスケット・
ドライブへのアクセスの制限』 の説明に従います。
152
Netfinity サーバー 保守マニュアル
Ethernet コントローラー作動モード・スイッチの
設定: Ethernet コントローラー作動モード・スイッチを通常作
動から MAC 使用不可に変更する場合は、構成スイッチ 6 の設定
を変更します。
注
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
サーバーおよびすべての外付け装置の電源をオフにしま
す。
サーバーに接続されているすべての外部ケーブルを抜い
てから、サーバーのカバーを取り外します。
1.
システム・ボード上の構成スイッチ (ロッカー・スイッチとも
呼ばれている) の位置を確認します。詳しくは、サーバーの内
側のラベルまたは 147ページの『システム・ボードの図』 を
参照してください。
2.
Ethernet コントローラーの作動モードを設定するには、下図
を参照してスイッチ 6 を設定します。設定するには、小型ド
ライバーの先を使うと便利です。
重要
下の図は参考図です。スイッチ 6 の設定値を変更する場
合は、その前に必ずサーバーのシステム・ボードの向き
をチェックして、スイッチ番号の位置を正しく識別して
おきます。設定値を変更するスイッチを間違えると、サ
ーバーの構成要素やオプションに重大な損傷を生じる恐
れがあります。
注
下の図では、MAC で媒体アクセス制御を表します。こ
れは Ethernet コントローラーのアドレスを指します。
3.
4.
5.
6.
スイッチを ON にします。
Ethernet コントローラーのアドレスに必要な調整をします。
スイッチを OFF にします。
構成スイッチの設定値を変更した後は、サーバーを再構成す
る必要があります。サーバーの組み立て (81ページの『取り
付けの完了』 を参照) が終わったら、構成/セットアップ・ユ
ーティリティー・プログラムを使用して、サーバーを再構成
します。詳しくは、26ページの『「構成/セットアップ・ユー
ティリティー・プログラム」メニュー』 を参照してくださ
い。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
153
サーバーの構成の更新
重要
この項の構成情報は、オプションを取り付ける場合を対象にし
ています。構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラ
ムの使用について詳しくは、26ページの『「構成/セットアッ
プ・ユーティリティー・プログラム」メニュー』 を参照して
ください。
内蔵オプションまたは外付け SCSI 装置の追加、取り外し、または
交換を行った後で初めてサーバーを始動すると、構成が変更された
ことを知らせるメッセージが表示される場合があります。この場合
は、構成の設定値を更新する必要があります。この再構成は、サー
バーによって自動的に実行されるか、またはユーザーが 手作業で
実行します。サーバーが自動的にオプションの構成を行う場合は、
システム・プログラムが使用されます。ただし、その場合でも、新
しい設定値については、ユーザーが構成/セットアップ・ユーティリ
ティー・プログラムを用いて保管する必要があります。システム・
プログラムによる設定値の更新が行われない場合は、構成/セットア
ップ・ユーティリティー・プログラムを使用して、該当する設定値
を再構成することができます。
たとえば、メモリーの追加後または内蔵ハードディスクの追加後、
サーバーを始動すると、設定値は自動的に更新されるので、構成/セ
ットアップ・ユーティリティー・プログラムを使用して、変更を保
管します。ただし、ISA 従来型アダプターの取り付けまたは取り外
し後、リソースの競合が発生した場合は、手作業でサーバーの構成
を更新し、その情報を保管する必要があります。
154
Netfinity サーバー 保守マニュアル
注
1.
サーバーの再始動後、シャシー侵入検出機能に関連した
エラー・メッセージが表示された場合は、管理者パスワ
ードを入力する必要があります。シャシー侵入を検出す
ることができるのは、シャシー侵入検出機能が活動化さ
れている場合だけで、この活動化が行われるのは、拡張
セキュリティーが使用可能になり、管理者パスワードが
設定されているときです。
2.
どれかの SCSI 装置を取り外すと、サーバーがまだ接続
されているSCSI 装置を認識できなくなる場合がありま
す。
3.
構成/セットアップ・ユーティリティー・プログラムを実
行するには、26ページの『「構成/セットアップ・ユーテ
ィリティー・プログラム」メニュー』 の説明に従いま
す。
4.
ハードディスクを追加し、それを始動優先順位に組み込
みたい場合は、構成/セットアップ・ユーティリティー・
プログラムの「Start Options」を選択します (28ペー
ジの『Start Options (始動オプション)』 を参照してく
ださい)。
5.
ISA 従来型アダプターを取り付ける場合は、それをサポ
ートするシステム・リソースを割り振る必要があります
(40ページの『ISA 従来型リソース
(ISA Legacy Resources)』 を参照してください)。
6.
変更を加える場合は、その前に必ずカスタマイズした設
定値をすべて記録しておきます。
7.
リソースの競合の解決法の詳細は、 22ページの『構成上
の競合』 を参照してください。
新しい構成情報を記録します。
オプションの取り付けまたは交換を行った後、または構成の設定値
を更新した後は、デバイス・ドライバーをインストールする必要が
ある場合があります。デバイス・ドライバーが必要かどうかの判
断、そして必要な場合のインストール方法の決定にあたっては、該
当するオプションに付属の資料を参照してください。大抵の場合
は、デバイス・ドライバーは、オペレーティング・システムのイン
ストール中に、ServerGuide によって自動的にインストールされま
す。さらに、ビデオ、SCSI、および Ethernet デバイス・ドライバ
ーも IBM ServerGuide CD に収められています。ハードウェアの
構成およびネットワーク・オペレーティング・システムのインスト
ールに関する説明については、ServerGuide の資料を参照してくだ
さい。
デバイス・ドライバーをインストールする必要がない場合、または
システム構成の更新と保管が不要な場合は、サーバーはすぐに使用
できます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
155
ビデオ・ポート・コネクター
ビデオ・ポートとは、Netfinity 3000 サーバーにビデオ・モニター
を接続できる場所です。サーバーには、15 ピンのビデオ・ポー
ト・コネクターが 1 つ備えられています。
6
1
11
5
15
10
表6 に、ビデオ・ポート・コネクターのピン番号割り当てを示しま
す。
ピン
信号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
赤
緑またはモノクローム
青
未接続
接地
赤接地
緑接地またはモノクローム接地
青接地
予約済み
接地
未接続
Display data channel (DDC data)
水平同期 (Hsync)
垂直同期 (Vsync)
Display data channel (DDC clock)
表 6. ビデオ・ポート・コネクターのピン番号割り当て
156
Netfinity サーバー 保守マニュアル
マイクロプロセッサー速度スイッチの設定:
マイクロ
プロセッサーを速度8 が異なるマイクロプロセッサーに交換した場
合は、システム・ボード上のスイッチの設定値を変更する必要があ
ります。
始めに行うこと
212ページの『安全上の注意』 を読みます。
サーバーおよびすべての外付け装置の電源をオフにしま
す。
サーバーに接続されているすべての外部ケーブルを抜い
てから、サーバーのカバーを取り外します。
37ページの『Remote Administration (リモート管理)』
で作成した フラッシュ・ユーティリティー・ディスケッ
ト を用意します。
注
ワールド・ワイド・ウェブ (WWW) 上で
http://www.pc.ibm.com/support/ にアクセスして、該当する
フラッシュ更新プログラムをダウンロードします (これがまだ
行われていない場合)。該当する README ファイルの内容を
検討し、そこで得た情報を使用して、フラッシュ・ユーティリ
ティー・ディスケット を作成します。BIOS (POST/BIOS)
の更新手順を実行します (追加情報については、37ページの
『Remote Administration (リモート管理)』 を参照してくだ
さい)。
1.
システム・ボード上の構成スイッチ (ロッカー・スイッチとも
呼ばれている) の位置を確認します。詳しくは、サーバーの内
側のラベルまたは 147ページの『システム・ボードの図』 を
参照してください。
2.
マイクロプロセッサー速度を適切に設定するには、スイッチ
1 からスイッチ 4 までを下の図のように設定します。それに
は、小型ドライバーの先を使うと便利です。
注
スイッチ 5 からスイッチ 8 までは、マイクロプロセッ
サー速度の設定には使われません。
8
MHz では、マイクロプロセッサーの内部クロック速度のみを示します。そ
のほかにもアプリケーション・パフォーマンスに影響する要因がありま
す。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
157
重要
次の図は参考図です。スイッチ 1 ∼ 4 の設定値を変更
する場合は、その前に必ずサーバーのシステム・ボード
の向きをチェックして、スイッチ番号の位置を正しく識
別しておきます。設定値を変更するスイッチを間違える
と、サーバーの構成要素やオプションに重大な損傷を生
じる恐れがあります。
266 MHz
1 2 3 4 5 6 7 8
300 MHz
1 2 3 4 5 6 7 8
ON
ON
OFF
OFF
350 MHz
1 2 3 4 5 6 7 8
ON
OFF
表 7. マイクロプロセッサー・スイッチの設定
3.
新しいマイクロプロセッサーを取り付けた後で、エラー・コ
ード 167 が表示されたら、フラッシュ・ユーティリティー・
プログラムを実行します。1 次ディスケット・ドライブにフ
ラッシュ・ユーティリティー・ディスケット を挿入し、シス
テムをリブートします。プログラムの中の指示に従ってくだ
さい。
4.
構成スイッチの設定値を変更した後は、サーバーを再構成す
る必要があります。サーバーの組み立て (81ページの『取り
付けの完了』 を参照) が終わったら、構成/セットアップ・ユ
ーティリティー・プログラムを使用して、サーバーを再構成
します。詳しくは、26ページの『「構成/セットアップ・ユー
ティリティー・プログラム」メニュー』 を参照してくださ
い。
158
Netfinity サーバー 保守マニュアル
キーボード・コネクターとマウス・コネクター:
こ
のサーバーには、キーボード・ポートが 1 つと、補助装置ポートが
1 つあります。補助装置として、マウスその他のポインティング・
デバイスが使えます。サーバーには、6 ピンのポート・コネクター
が 2 つ備えられています。
6
5
4
3
2
1
表8 に、キーボード・ポートと補助装置ポートのコネクターのピン
番号割り当てを示します。
表 8. キーボード・ポート・コネクターと補助装置ポート・コ
ネクターのピン番号割り当て
ピン
信号
1
2
3
4
5
6
Data
未接続
接地
+5 V dc
Clock
未接続
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
159
SCSI コネクター:
サーバーには、16 ビット UltraSCSI ア
ダプター が 1 つ装備されています。このアダプターには、68 ピン
の高密度コネクターが 2 つ (1 つは内蔵、1 つは外付け) ありま
す。これらのコネクターを使用して、サーバー内に内蔵 SCSI 装置
を取り付けることも、サーバーに外付け SCSI 装置を接続すること
もできます。
注
50 ピンの SCSI コネクターはサポートされません。
SCSI サブシステムの詳細は、108ページの『SCSI ドライブ』 を
参照してください。
内蔵 SCSI コネクター: サーバー内に 4 ドロップの 68 ピン
(16 ビット) ケーブルが 1 本取り付けられています。このケーブル
は、16 ビット UltraSCSI アダプター用の内蔵コネクターに接続さ
れています。このケーブルを使用して、サーバー内に追加の SCSI
装置を取り付けることができます。Netfinity 3000 サーバーのモデ
ルによっては、ベイ 6 にハードディスクを取り付けられる場合もあ
ります。
終端要件については、109ページの『終端の要件』 を参照してくだ
さい。
外付け SCSI コネクター:
サーバーの背面にある 16 ビッ
ト、68 ピンの外付け SCSI コネクターに、外付け SCSI 装置を接
続することができます。
160
Netfinity サーバー 保守マニュアル
表9 に、68 ピン SCSI コネクターのピン番号割り当てを示しま
す。
ピ
ン
信号
ピ
ン
信号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
接地
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
Data
Data
Data
Data
Data
Data
Data
Data
Data
Data
Data
Data
Data
Data
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
Terminal power
Terminal power
予約済み
接地
接地
接地
接地
接地
未接続
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
接地
12
13
14
15
P1
0
1
2
3
4
5
6
7
P0
予約済み
-PRSN
Terminal power
Terminal power
予約済み
接地
-Attention
接地
-Busy
-Acknowledge
-Reset
-Message
-Select
-Control/Data
-Request
-Input/Output
Data 8
Data 9
Data 10
Data 11
表 9. 68 ピン SCSI ポート・コネクターのピン番号割り当て
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
161
汎用シリアル・バス・ポート:
USB (汎用シリアル・バ
ス) は、最近普及してきた電話およびマルチメディア装置に関する
シリアル・インターフェース規格です。各 USB ポートはそれぞれ
が、以前はシリアル・ポート、パラレル・ポート、キーボード・ポ
ート、マウス・ポート、およびゲーム・ポートを使用していた装置
用の単一コネクターです。USB テクノロジーでは、プラグ・アン
ド・プレイ機能を使用して、コネクターに接続されている装置のタ
イプを判別します。各 USB 装置には、それぞれ固有の USB アド
レスでアクセスします。1 つの USB コネクターを複数の接続ポイ
ントに変換する場合は、ハブと呼ばれる装置を使用します。ハブに
は複数のポートがあり、そこに周辺装置を接続することができま
す。USB では、12 メガビット/秒 (Mbps) の帯域幅を用意し、最
大 63 台の周辺装置の接続と、セグメント当たり最大 5 m の信号
距離をサポートします。
注
複数台の USB 装置を接続する場合は、装置をハブに接続しな
ければなりません。 Netfinity 3000 サーバーは、システム
USB ポートに接続できるキーボードはサポートしていませ
ん。
Netfinity 3000 サーバーには、USB ポートが 2 つ付いています。
表10 に、USB ポート・コネクターのピン番号割り当てを示しま
す。
ピン
信号
1
2
3
4
VCC
-Data
+Data
接地
表 10. USB ポート・コネクターのピン番号割り当て
162
Netfinity サーバー 保守マニュアル
Ethernet コネクター:
Netfinity 3000 サーバーのシステ
ム・ボードには、Ethernetコントローラー が装備されています。サ
ーバーの背面に、このコントローラーの外付け RJ-45 コネクター
があり、そのコネクターはカテゴリー 5 の対より線ケーブルで使用
されます。このコネクターによって、Ethernet ネットワーク・ケー
ブルを、サーバー内蔵のトランシーバーに接続できます。
重要 :
ネットワーク内の 10BASE-T Ethernet と 100BASE-TX Fast
Ethernet のケーブルは、電磁気環境適合性を含むさまざまな規格に
適合させるため、カテゴリー 5 以上としなければなりません。
Ethernet コントローラーの詳細は、42ページの『Ethernet コント
ローラーの構成』 を参照してください。
表11 に、RJ-45 コネクターのピン番号割り当てを示します。この
割り当ては、10BASE-T 装置と 100BASE-TX 装置の両方に共通
します。
ピン
信号
ピン
信号
1
2
3
4
Transmit data+
Transmit dataReceive data+
5
6
7
8
予約済み
予約済み
Receive data予約済み
予約済み
表 11. Ethernet コントローラーのピン番号割り当て
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
163
FRU 判別インデックス
このインデックスは Netfinity 3000 (8476 型) を対象としていま
す。
注
1.
FRU の交換は、構成をチェックしてからにします。構
成上の問題が原因で、誤ってエラーや現象が生じる可能
性があります。
2.
ここで判別インデックスの対象となっていない IBM 装
置については、その装置のマニュアルを参照してくださ
い。
3.
最初に、7ページの『チェックアウト手順』 をお読みく
ださい。
この「FRU 判別インデックス」の表には、ビープ音、エラー、現
象、および推定原因がリストされています。原因は、可能性の高い
と思われる順に記載してあります。コンピューターの保守を行うと
き、この「FRU 判別インデックス」の表を使用して、どの FRU
に問題があるのかを突き止めることができます。
最後の 2 桁の XX には、任意の数字または文字が入ります。
ビープ音が鳴らない場合
ビープ音なし/現象
POST が正常に完了したのに、
ビープ音が鳴らない
(「Power-On Status」が使用不
FRU/処置
1. 構成/セットアップを実行
し、「Start Options
Power-On Status」を使
可になっている。)
用可能に設定
2. スピーカーの接続のチェッ
ク
3. スピーカー
4. システム・ボード
ビープ音が鳴る場合
ビープ音の現象は、短い音の繰り返し、つまり休止 (音のない時間)
で区切られた短い音の連続です。次の例を参照してください。
ビープ音
1-2-X
説明
1
1
2
1
回のビープ音
回の休止 (切れ目)
回のビープ音
回の休止 (切れ目)
任意の回数のビープ音
4
164
4 回の連続ビープ音
Netfinity サーバー 保守マニュアル
ビープ音/現象
FRU/処置
1-1-3
CMOS の読み取り/書き込みエ
1. セットアップの実行
2. システム・ボード
ラー
1-1-4
ROM BIOS のチェックサム・
1. システム・ボード
エラー
1-2-X
DMA エラー
1. システム・ボード
1-3-X
1. メモリー・モジュール
2. システム・ボード
2-1-1、2-1-2
1. セットアップの実行
2. システム・ボード
2-1-X
RAM の最初の 64 KB に障害
1. メモリー・モジュール
2. システム・ボード
2-2-2
1. ビデオ・アダプター
(取り付けられている場合)
2. システム・ボード
2-2-X
RAM の最初の 64 KB に障害
1. メモリー・モジュール
2. システム・ボード
2-3-X
1. メモリー・モジュール
2. システム・ボード
3-1-X
DMA レジスターに障害
1. システム・ボード
3-2-4
1. システム・ボード
2. キーボード
キーボード・コントローラーに障
害
3-3-1
1. ____________________
2. ____________________
1 回のビープ音
(POST が正常に完了したか、誤
ったパスワードが入力された)
1. 未使用
2 回の短いビープ音
(POST でエラーを検出)
1. 診断の実行
3 回の短いビープ音
1. DIMM (Dual Inline
Memory Module)
2. マイクロプロセッサー
3. システム・ボード
1 回の長いビープ音
1. オプションのマイクロプロ
セッサー
(取り付けられている場合)
2. マイクロプロセッサー
3. システム・ボード
短いビープ音の繰り返し
1. キーボード
2. システム・ボード
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
165
ビープ音/現象
FRU/処置
1 回の長いビープ音と 1 回の短
いビープ音
1. ビデオ・アダプター
(存在する場合)
2. システム・ボード
1 回の長いビープ音と 2 回の短
いビープ音
1. ビデオ・アダプター
(存在する場合)
2. システム・ボード
1 回の長いビープ音と 3 回の短
いビープ音
1. ディスプレイの接続を検査
2. ビデオ・アダプター
(存在する場合)
3. システム・ボード
(ディスプレイが接続されていな
い)
2 回の長いビープ音と 2 回の短
いビープ音
1. ビデオ・アダプター
(ビデオ・アダプターがサポート
されていない)
166
Netfinity サーバー 保守マニュアル
POST エラー・コード
POST エラー・コード/現象
FRU/処置
101
1. システム・ボード
システム・ボードの割り込み障害
102
1. システム・ボード
システム・ボードのタイマー・エ
ラー
106
1. システム・ボード
110
1. メモリー・モジュール
2. システム・ボード
システム・ボードのメモリー・パ
リティー・エラー
111
入出力チャネル・パリティー・エ
ラー
114
1. アダプターの取り付け直し
2. 任意のアダプター
3. システム・ボード
アダプターの ROM エラー
1. アダプター・メモリー
2. システム・ボード
151
1. システム・ボード
リアルタイム・クロックの障害
161
CMOS バッテリーの不良
1. セットアップの実行
2. CMOS バックアップ・バ
ッテリー
(217 ページ参照)
3. システム・ボード
162
1. セットアップの実行と構成
の検査
構成の不一致
2. 装置の追加、除去、または
位置変更があったか ?
無い場合は、装置に障害の
可能性
3. 最初に外付け装置の電源を
オンにしてから、コンピュ
ーターの電源をオンにする
4. CMOS バックアップ・バ
ッテリー
(217 ページ参照)
5. システム・ボード
163
クロックが更新されない、または
設定された時刻が無効
1. 時刻および日付を設定した
か?
2. CMOS バックアップ・バ
ッテリー
(217 ページ参照)
3. システム・ボード
164
1. セットアップの実行
基本メモリーまたは拡張メモリー
メモリー・サイズの変更が
のサイズ不一致エラーが POST
ないかどうか「System
で検出
Summary」メニューのチ
ェック
2. 拡張メモリー診断テストの
実行
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
167
POST エラー・コード/現象
FRU/処置
167
1. フラッシュ BIOS を最新
現行の POST/BIOS でサポート
されていないマイクロプロセッサ
ーが取り付けられている
2. プロセッサー
168
Alert on LAN エラー
レベルに更新
1. セットアップの実行
Ethernet および Alert
on LAN が使用可能かど
うかの確認検査
2. システム・ボード
3. ライザー・カード (取り付
けられている場合)
175
1. 構成の実行
2. システム・ボード
176
1. コンピューターからカバー
類が取り外された
177
1. システム・ボード
管理者パスワードの破壊
17X 上記にリストされていない
1. C2 セキュリティー
現象
183
1. 管理者パスワードの入力
184
RFID アンテナが取り付けられ
1. 構成/セットアップ内で
Asset Care および Asset
ID が使用不可になってい
ている
ないかどうかの確認
RFID アンテナの取り付け
は不可
186
1. システム・ボード
187
1. 管理者パスワードのクリア
2. システム・ボード
18X 上記にリストされていない
1. C2 セキュリティー
現象
190
シャシー侵入検出機能がクリア
通知のみで、処置の必要なし
このコードがクリアされない場合
1. システム・ボード
2. ライザー・カード (取り付
けられている場合)
の処置 :
20X
1. 拡張診断の実行
メモリー・テスト
メモリーのデータ・エラー
2. メモリー・モジュール
3. システム・ボード
301
1. キーボード
2. キーボード・ケーブル
3. システム・ボード
303
8603 エラーを伴う
1.
2.
3.
4.
168
マウス
キーボード
キーボード・ケーブル
システム・ボード
Netfinity サーバー 保守マニュアル
POST エラー・コード/現象
FRU/処置
303
8603 エラーを伴わない
1. キーボード
2. キーボード・ケーブル
3. システム・ボード
601
1. ディスケット・ドライブ A
2. ディスケット・ドライブ・
ケーブル
3. ライザー・カード (取り付
けられている場合)
4. システム・ボード
602
1. 不良ディスケット
2. ディスケットを検査して再
試行
604
1. セットアップの実行とディ
スケットの構成設定値の検
査
2. ディスケット・ドライブ
A/B
3. ディスケット・ドライブ・
ケーブル
4. ライザー・カード (ドライ
ブ・ケーブルが接続されて
いる場合)
5. システム・ボード
662
1. ディスケット・ドライブの
構成エラーまたはディスケ
ット・ドライブ・タイプの
誤り、「Setup
Configuration (構成のセ
ットアップ)」の実行
762
数値計算コプロセッサーの構成エ
ラー
1. セットアップの実行
2. プロセッサー
3. システム・ボード
1762
1. 構成の実行
ハード・ディスクの構成エラー
1780
1781
1782
1783
(ディスク・ドライブ 0)
ディスク・ドライブ 1)
1. 49ページの『電源機構』
参照。
(ディスク・ドライブ 2)
(ディスク・ドライブ 3)
2. ハードディスク
3. ライザー・カード (ハード
ディスク・ケーブルが接続
されている場合)
4. システム・ボード
5. ハードディスク・ケーブル
6. 電源機構
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
169
POST エラー・コード/現象
180X、188X
PCI の構成またはリソース・エ
FRU/処置
1. セットアップの実行と
PCI/ISA の構成設定値の
検査。
ラー
2. 必要なら、ISA アダプター
を「Not available」に設
定して、PCI アダプターの
適正な構成を可能にする
3. 障害の可能性がある ISA
アダプターの取り外し
4. 診断の再実行
5. PCI アダプター
6. PCI ライザー・カード
1962
1. 構成/セットアップの実
行、ブート優先順位のチェ
ック
ブート順序エラー
2.
3.
4.
5.
2462
ビデオ・メモリーの構成エラー
ケーブル接続のチェック
診断の実行
ハードディスク
システム・ボード
1. ケーブル接続のチェック
2. セットアップの実行および
ビデオ構成設定値の検査
3. ビデオ・メモリー・モジュ
ール
4. ビデオ・アダプター
(取り付けられている場合)
5. システム・ボード
5962
IDE 装置 (ハードディスク以外)
の構成エラー
1.
2.
3.
4.
構成の実行
CD-ROM ドライブ
CD-ROM アダプター
ZIP またはその他の
ATAPI 装置
5. システム・ボード
8601、8602
1. ポインティング・デバイス
(マウス)
2. システム・ボード
8603、8604
1. システム・ボード
2. ポインティング・デバイス
(マウス)
86XX
1. マウス
2. システム・ボード
上記にリストされていない現象
ハードディスクのリセット障害
ハードディスクに問題がある可
能性
上記にリストされていないエラー
画面の指示に従う
I999030X
170
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
IBM PC 拡張診断テストを使用する場合は、次の診断エラー・コー
ドを参照してください。
次のインデックスでは、“X” はどんな数字にもなり得ます。
診断エラー・コード
FRU/処置
000-000-XXX
BIOS テスト合格
1. 処置不要
000-002-XXX
BIOS のタイムアウト
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
000-024-XXX
BIOS のアドレス指定テスト不
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
合格
000-025-XXX
BIOS のチェックサム値エラー
1. システムのフラッシュ
2. ブート・ブロック
3. システム・ボード
000-026-XXX
FLASH データ・エラー
1. システムのフラッシュ
2. ブート・ブロック
3. システム・ボード
000-027-XXX
BIOS の構成/セットアップ・エ
1.
2.
3.
4.
セットアップの実行
1.
2.
3.
4.
システムのリブート
ラー
000-034-XXX
BIOS のバッファー割り振り障
害
システムのフラッシュ
ブート・ブロック
システム・ボード
システムのフラッシュ
メモリー・テストの実行
システム・ボード
000-035-XXX
BIOS のリセット条件を検出
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
000-036-XXX
BIOS のレジスター・エラー
1. システムのフラッシュ
2. ブート・ブロック
3. システム・ボード
000-038-XXX
BIOS の拡張障害。
1. システムのフラッシュ
2. アダプター・カード
3. システム・ボード
000-039-XXX
BIOS DMI のデータ・エラー
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
000-195-XXX
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
ユーザーによる BIOS のテスト
の打ち切り
000-196-XXX
BIOS のテストが停止、エラー
限界値を超過
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
171
診断エラー・コード
000-197-XXX
BIOS のテストで警告
FRU/処置
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
000-198-XXX
BIOS のテストの打ち切り
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
000-199-XXX
BIOS のテスト不合格、原因不
1. 203ページの『判別できな
明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
000-250-XXX
BIOS APM 障害
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
000-270-XXX
BIOS ACPI 障害
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
001-000-XXX
1. 処置不要
システム・テスト合格
001-00X-XXX
1. システム・ボード
システム・エラー
001-01X-XXX
1. システム・ボード
システム・エラー
001-024-XXX
1. システム・ボード
システム・アドレス指定テスト不
合格
001-025-XXX
システムのチェックサム値エラー
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
001-026-XXX
システムの FLASH データ・エ
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
ラー
001-027-XXX
システムの構成/セットアップ・
エラー
1. セットアップの実行
2. システムのフラッシュ
3. システム・ボード
001-032-XXX
1. システム・ボード
システム装置コントローラー障害
172
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
FRU/処置
001-034-XXX
システム装置バッファー割り振り
の失敗
001-035-XXX
1.
2.
3.
4.
システムのリブート
システムのフラッシュ
メモリー・テストの実行
システム・ボード
1. システム・ボード
システム装置のリセット条件を検
出
001-036-XXX
1. システム・ボード
システム・レジスター・エラー
001-038-XXX
システム拡張の失敗
1. アダプター・カード
2. システム・ボード
001-039-XXX
システムの DMI データ構造エ
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
ラー
001-040-XXX
システムの IRQ 障害
1. システムの電源オン/オフ
および再テスト
2. システム・ボード
001-041-XXX
システムの DMA 障害
1. システムの電源オン/オフ
および再テスト
2. システム・ボード
001-195-XXX
ユーザーによるシステム・テスト
の打ち切り
001-196-XXX
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
1. F3 キーを押してログ・フ
システムのテストが停止、エラー
限界値を超過
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
001-197-XXX
システムのテストで警告
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
001-198-XXX
システムのテストの打ち切り
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
173
診断エラー・コード
FRU/処置
001-199-XXX
1. 203ページの『判別できな
システムのテスト不合格、原因不
明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
001-250-XXX
システムの ECC エラー
1. システム・ボード
001-254-XXX
001-255-XXX
001-256-XXX
001-257-XXX
システムの DMA エラー
1. システム・ボード
001-260-XXX
001-264-XXX
システムの IRQ エラー
1. システム・ボード
001-268-XXX
システムの IRQ1 障害
1. IRQ1 上の装置
2. システム・ボード
001-269-XXX
システムの IRQ2 障害
1. IRQ2 上の装置
2. システム・ボード
001-270-XXX
システムの IRQ3 障害
1. IRQ3 上の装置
2. システム・ボード
001-271-XXX
システムの IRQ4 障害
1. IRQ4 上の装置
2. システム・ボード
001-272-XXX
システムの IRQ5 障害
1. IRQ5 上の装置
2. システム・ボード
001-273-XXX
システムの IRQ6 (ディスケッ
ト・ドライブ) 障害
1. ディスケット・ケーブル
2. ディスケット・ドライブ
3. システム・ボード
001-274-XXX
システムの IRQ7 障害
1. IRQ7 上の装置
2. システム・ボード
001-275-XXX
システムの IRQ8 障害
1. IRQ8 上の装置
2. システム・ボード
001-276-XXX
システムの IRQ9 障害
1. IRQ9 上の装置
2. システム・ボード
001-277-XXX
システムの IRQ10 障害
1. IRQ10 上の装置
2. システム・ボード
001-278-XXX
システムの IRQ11 障害
1. IRQ11 上の装置
2. システム・ボード
001-279-XXX
システムの IRQ12 障害
1. IRQ12 上の装置
2. システム・ボード
001-280-XXX
システムの IRQ13 障害
1. IRQ13 上の装置
2. システム・ボード
174
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
FRU/処置
001-281-XXX
システムの IRQ14 (ハードディ
スク) 障害
1. ハードディスク・ケーブル
2. ハードディスク
3. システム・ボード
001-282-XXX
システムの IRQ15 障害
1. IRQ15 上の装置
2. システム・ボード
001-286-XXX
001-287-XXX
001-288-XXX
1. システム・ボード
システムのタイマー障害
001-292-XXX
システムの CMOS RAM エラ
1. セットアップの実行と再テ
ー
2. システム・ボード
001-293-XXX
システムの CMOS バッテリー
1. バッテリー
2. システム・ボード
001-298-XXX
システムの RTC 日付/時刻の更
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
スト
新障害
001-299-XXX
システムの RTC 定期的割り込
1. システム・ボード
み障害
001-300-XXX
システムの RTC アラーム障害
1. システム・ボード
001-301-XXX
システムの RTC 世紀バイト・
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
エラー
005-000-XXX
1. 処置不要
ビデオ・テスト合格
005-00X-XXX
1. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
2. システム・ボード
ビデオ・エラー
005-010-XXX
005-011-XXX
005-012-XXX
005-013-XXX
1. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
2. システム・ボード
ビデオ信号障害
005-016-XXX
ビデオ・シンプル・パターン・テ
スト不合格
005-024-XXX
ビデオのアドレス指定テスト不合
格
005-025-XXX
ビデオのチェックサム値エラー
1. ビデオ RAM
2. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
3. システム・ボード
1. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
2. システム・ボード
1. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
2. システム・ボード
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
175
診断エラー・コード
005-027-XXX
ビデオの構成/セットアップ・エ
ラー
005-031-XXX
ビデオ装置ケーブル障害
005-032-XXX
ビデオ装置コントローラー障害
005-036-XXX
ビデオ・レジスター・エラー
FRU/処置
1. セットアップの実行
2. ビデオ・ドライバー更新
3. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
4. システム・ボード
1. ビデオ・ケーブル
2. ディスプレイ
3. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
4. システム・ボード
1. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
2. システム・ボード
1. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
2. システム・ボード
005-038-XXX
システムの BIOS 拡張障害
1. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
2. システム・ボード
005-040-XXX
ビデオの IRQ 障害
1. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
2. システム・ボード
005-195-XXX
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
ユーザーによるビデオ・テストの
打ち切り
005-196-XXX
ビデオ・テストが停止、エラー限
界値を超過
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
005-197-XXX
ビデオ・テストで警告
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
005-198-XXX
ビデオ・テストの打ち切り
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
176
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
FRU/処置
005-199-XXX
1. 203ページの『判別できな
ビデオ・テスト不合格、原因不明
い問題』 に進む
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
005-2XX-XXX
005-3XX-XXX
ビデオ・サブシステム・エラー
1. ビデオ・カード (取り付け
られている場合)
2. システム・ボード
006-000-XXX
1. 処置不要
ディスケット・インターフェー
ス・テスト合格
006-0XX-XXX
1. ディスケット・ドライブ・
ディスケット・インターフェー
ス・エラー
006-195-XXX
ユーザーによるディスケット・イ
ンターフェース・テストの打ち切
り
006-196-XXX
ケーブル
2. ディスケット・ドライブ
3. システム・ボード
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
1. F3 キーを押してログ・フ
ディスケット・インターフェー
ス・テストが停止、エラー限界値
を超過
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
006-197-XXX
1. 警告対象の構成要素が使用
ディスケット・インターフェー
ス・テストで警告
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
006-198-XXX
1. テストの打ち切り対象が構
ディスケット・インターフェー
ス・テストの打ち切り
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
006-199-XXX
1. 203ページの『判別できな
ディスケット・インターフェー
ス・テスト不合格、原因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
177
診断エラー・コード
006-25X-XXX
ディスケット・インターフェー
ス・エラー
011-000-XXX
FRU/処置
1. ディスケット・ドライブ・
ケーブル
2. ディスケット・ドライブ
3. システム・ボード
1. 処置不要
シリアル・ポート・インターフェ
ース・テスト合格
011-001-XXX
シリアル・ポートの存在
1. 外付けシリアル装置の取り
外し (存在する場合)
2. セットアップを実行し、ポ
ートを使用可能にする
3. システム・ボード
011-002-XXX
011-003-XXX
1. システム・ボード
シリアル・ポートのタイムアウト
/パリティー・エラー
011-013-XXX
011-014-XXX
1. システム・ボード
シリアル・ポートの制御信号/ル
ープバック・テスト不合格
011-015-XXX
シリアル・ポートの外部ループバ
ック障害
011-027-XXX
シリアル・ポートの構成/セット
アップ・エラー
011-03X-XXX
011-04X-XXX
1. 折返しプラグ
2. システム・ボード
1. セットアップを実行し、ポ
ートを使用可能にする
2. システムのフラッシュ
3. システム・ボード
1. システム・ボード
シリアル・ポート障害
011-195-XXX
ユーザーによるシリアル・ポー
ト・テストの打ち切り
011-196-XXX
シリアル・ポート・テストが停
止、エラー限界値を超過
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
011-197-XXX
シリアル・ポート・テストで警告
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
178
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
FRU/処置
011-198-XXX
1. テストの打ち切り対象が構
シリアル・ポート・テストの打ち
切り
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
011-199-XXX
1. 203ページの『判別できな
シリアル・ポート・テスト不合
格、原因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
011-2XX-XXX
シリアル・ポート信号障害
1. 外付けシリアル装置
2. システム・ボード
014-000-XXX
1. 処置不要
パラレル・ポート・インターフェ
ース・テスト合格
014-001-XXX
1. 外付けパラレル装置の取り
外し (存在する場合)
2. セットアップを実行し、ポ
パラレル・ポートの存在
ートを使用可能にする
3. システム・ボード
014-002-XXX
014-003-XXX
1. システム・ボード
パラレル・ポートのタイムアウト
/パリティー・エラー
014-013-XXX
014-014-XXX
1. システム・ボード
パラレル・ポートの制御信号/ル
ープバック・テスト不合格
014-015-XXX
パラレル・ポートの外部ループバ
ック障害
014-027-XXX
1. 折返しプラグ
2. システム・ボード
1. セットアップを実行し、ポ
パラレル・ポートの構成/セット
アップ・エラー
014-03X-XXX
014-04X-XXX
ートを使用可能にする
2. システムのフラッシュ
3. システム・ボード
1. システム・ボード
パラレル・ポート障害
014-195-XXX
ユーザーによるパラレル・ポー
ト・テストの打ち切り
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
179
診断エラー・コード
014-196-XXX
パラレル・ポート・テストが停
止、エラー限界値を超過
FRU/処置
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
014-197-XXX
パラレル・ポート・テストで警告
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
014-198-XXX
パラレル・ポート・テストの打ち
切り
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
014-199-XXX
1. 203ページの『判別できな
パラレル・ポート・テスト不合
格、原因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
014-2XX-XXX
014-3XX-XXX
1. 外付けパラレル装置
2. システム・ボード
パラレル・ポート障害
015-000-XXX
USB ポート・インターフェー
1. 処置不要
ス・テスト合格
015-001-XXX
USB ポートの存在
1. USB 装置の取り外しおよ
び再テスト
2. システム・ボード
015-002-XXX
USB ポートのタイムアウト
1. USB 装置の取り外しおよ
び再テスト
2. システム・ボード
015-015-XXX
USB ポートの外部ループバック
1. USB 装置の取り外しおよ
障害
2. システム・ボード
015-027-XXX
USB ポートの構成/セットアッ
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
び再テスト
プ・エラー
015-032-XXX
USB ポートの装置コントローラ
1. システム・ボード
ー障害
180
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
FRU/処置
015-034-XXX
USB ポートのバッファー割り振
りの失敗
1.
2.
3.
4.
システムのリブート
システムのフラッシュ
メモリー・テストの実行
システム・ボード
015-035-XXX
USB ポートのリセット条件を検
1. USB 装置の取り外しおよ
出
2. システム・ボード
015-036-XXX
USB ポート・レジスター・エラ
1. システム・ボード
び再テスト
ー
015-040-XXX
USB ポートの IRQ 障害
1. セットアップを実行し、競
合があるかどうかのチェッ
ク
2. システムのフラッシュ
3. システム・ボード
015-195-XXX
ユーザーによる USB ポート・
テストの打ち切り
015-196-XXX
USB ポート・テストが停止、エ
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
ラー限界値を超過
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
015-197-XXX
USB ポート・テストで警告
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
015-198-XXX
USB ポート・テストの打ち切り
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
015-199-XXX
USB ポート・テスト不合格、原
1. 203ページの『判別できな
因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
018-000-XXX
PCI カード・テスト合格
1. 処置不要
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
181
診断エラー・コード
FRU/処置
018-0XX-XXX
PCI カード障害
1. PCI カード
2. ライザー・カード (取り付
けられている場合)
3. システム・ボード
018-195-XXX
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
ユーザーによる PCI カード・テ
ストの打ち切り
018-196-XXX
PCI カード・テストが停止、エ
ラー限界値を超過
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
018-197-XXX
PCI カード・テストで警告
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
018-198-XXX
PCI カード・テストの打ち切り
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
018-199-XXX
PCI カード・テスト不合格、原
1. 203ページの『判別できな
因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
018-250-XXX
PCI カード・サービス・エラー
1. PCI カード
2. ライザー・カード (取り付
けられている場合)
3. システム・ボード
020-000-XXX
PCI インターフェース・テスト
1. 処置不要
合格
020-0XX-XXX
PCI インターフェース・エラー
1. PCI カード
2. ライザー・カード (取り付
けられている場合)
3. システム・ボード
020-195-XXX
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
ユーザーによる PCI テストの打
ち切り
182
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
FRU/処置
020-196-XXX
PCI テストが停止、エラー限界
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照。
値を超過
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
020-197-XXX
PCI テストで警告
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
020-198-XXX
PCI テストの打ち切り
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
020-199-XXX
PCI テスト不合格、原因不明
1. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
020-262-XXX
PCI システム・エラー
1. PCI カード
2. ライザー・カード (取り付
けられている場合)
3. システム・ボード
025-000-XXX
IDE インターフェース・テスト
1. 処置不要
合格
025-00X-XXX
025-01X-XXX
IDE インターフェース障害
1.
2.
3.
4.
025-027-XXX
IDE インターフェースの構成/セ
ットアップ・エラー
1.
2.
3.
4.
IDE 信号ケーブル
電源機構のチェック
IDE 装置
システム・ボード
IDE 信号ケーブル
システムのフラッシュ
IDE 装置
システム・ボード
025-02X-XXX
025-03X-XXX
025-04X-XXX
IDE インターフェース障害
1.
2.
3.
4.
025-195-XXX
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
ユーザーによる IDE インターフ
ェース・テストの打ち切り
IDE 信号ケーブル
電源機構のチェック
IDE 装置
システム・ボード
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
183
診断エラー・コード
025-196-XXX
IDE インターフェース・テスト
FRU/処置
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
が停止、エラー限界値を超過
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
025-197-XXX
IDE インターフェース・テスト
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
で警告
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
025-198-XXX
IDE インターフェース・テスト
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
の打ち切り
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
025-199-XXX
IDE インターフェース・テスト
1. 203ページの『判別できな
不合格、原因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
030-000-XXX
SCSI インターフェース・テスト
1. 処置不要
合格
030-00X-XXX
030-01X-XXX
SCSI インターフェース障害
1.
2.
3.
4.
SCSI 信号ケーブル
電源機構のチェック
SCSI 装置
SCSI アダプター・カード
(取り付けられている場合)
5. システム・ボード
030-027-XXX
SCSI インターフェースの構成/
セットアップ・エラー
1.
2.
3.
4.
SCSI 信号ケーブル
システムのフラッシュ
SCSI 装置
SCSI アダプター・カード
(取り付けられている場合)
5. システム・ボード
030-03X-XXX
030-04X-XXX
SCSI インターフェース・エラー
1.
2.
3.
4.
SCSI 信号ケーブル
電源機構のチェック
SCSI 装置
SCSI アダプター・カード
(取り付けられている場合)
5. システム・ボード
184
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
FRU/処置
030-195-XXX
ユーザーによる SCSI インター
フェース・テストの打ち切り
030-196-XXX
SCSI インターフェース・テスト
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
が停止、エラー限界値を超過
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
030-197-XXX
SCSI インターフェース・テスト
で警告
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
030-198-XXX
SCSI インターフェース・テスト
の打ち切り
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
030-199-XXX
SCSI インターフェース・テスト
1. 203ページの『判別できな
不合格、原因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
035-000-XXX
RAID インターフェース・テス
1. 処置不要
ト合格
035-0XX-XXX
RAID インターフェース障害
1. RAID 信号ケーブル
2. RAID 装置
3. RAID アダプター・カード
(取り付けられている場合)
4. システム・ボード
035-195-XXX
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
ユーザーによる RAID インター
フェース・テストの打ち切り
035-196-XXX
RAID インターフェース・テス
トが停止、エラー限界値を超過
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
185
診断エラー・コード
035-197-XXX
RAID インターフェース・テス
トで警告
FRU/処置
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
035-198-XXX
RAID インターフェース・テス
トの打ち切り
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
035-199-XXX
RAID インターフェース・テス
1. 203ページの『判別できな
ト不合格、原因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
071-000-XXX
1. 処置不要
オーディオ・ポート・インターフ
ェース・テスト合格
071-00X-XXX
071-01X-XXX
071-02X-XXX
1. セットアップの実行
2. システムのフラッシュ
3. システム・ボード
オーディオ・ポート・エラー
071-03X-XXX
オーディオ・ポート障害
071-04X-XXX
オーディオ・ポート障害
071-195-XXX
ユーザーによるオーディオ・ポー
ト・テストの打ち切り
071-196-XXX
オーディオ・ポート・テストが停
止、エラー限界値を超過
1. スピーカー
2. マイクロホン
3. オーディオ・カード (取り
付けられている場合)
4. システム・ボード
1. セットアップの実行
2. オーディオ・カード (取り
付けられている場合)
3. システム・ボード
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
186
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
FRU/処置
071-197-XXX
1. 警告対象の構成要素が使用
オーディオ・ポート・テストで警
告
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
071-198-XXX
1. テストの打ち切り対象が構
オーディオ・ポート・テストの打
ち切り
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
071-199-XXX
1. 203ページの『判別できな
オーディオ・ポート・テスト不合
格、原因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
071-25X-XXX
1. スピーカー
2. オーディオ・カード (取り
付けられている場合)
3. システム・ボード
オーディオ・ポート障害
080-000-XXX
1. 処置不要
ゲーム・ポート・インターフェー
ス・テスト合格
080-XXX-XXX
1. ゲーム・ポート装置を取り
ゲーム・ポート・インターフェー
ス・エラー
080-195-XXX
ユーザーによるゲーム・ポート・
インターフェース・テストの打ち
切り
080-196-XXX
外し、システムの再テスト
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
1. F3 キーを押してログ・フ
ゲーム・ポート・インターフェー
ス・テストが停止、エラー限界値
を超過
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
080-197-XXX
1. 警告対象の構成要素が使用
ゲーム・ポート・インターフェー
ス・テストで警告
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
187
診断エラー・コード
080-198-XXX
ゲーム・ポート・インターフェー
ス・テストの打ち切り
FRU/処置
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
080-199-XXX
1. 203ページの『判別できな
ゲーム・ポート・インターフェー
ス・テスト不合格、原因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
086-000-XXX
1. 処置不要
マウス・ポート・インターフェー
ス・テスト合格
086-001-XXX
マウス・ポート・インターフェー
スの存在
086-032-XXX
マウス・ポート・インターフェー
スの装置コントローラー障害
086-035-XXX
マウス・ポート・インターフェー
スのリセット
086-040-XXX
マウス・ポート・インターフェー
スの IRQ 障害
086-195-XXX
ユーザーによるマウス・ポート・
インターフェース・テストの打ち
切り
086-196-XXX
マウス・ポート・インターフェー
ス・テストが停止、エラー限界値
を超過
1. マウス
2. システム・ボード
1. マウス
2. システム・ボード
1. マウス
2. システム・ボード
1. セットアップの実行
2. マウス
3. システム・ボード
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始
動。
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
086-197-XXX
マウス・ポート・インターフェー
ス・テストで警告
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
188
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
FRU/処置
086-198-XXX
1. テストの打ち切り対象が構
マウス・ポート・インターフェー
ス・テストの打ち切り
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
086-199-XXX
1. 203ページの『判別できな
マウス・ポート・インターフェー
ス・テスト不合格、原因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
089-000-XXX
1. 処置不要
マイクロプロセッサー・テスト合
格
089-XXX-XXX
1. マイクロプロセッサー
2. システム・ボード
マイクロプロセッサー障害
089-195-XXX
ユーザーによるマイクロプロセッ
サー・テストの打ち切り
089-196-XXX
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
1. F3 キーを押してログ・フ
マイクロプロセッサー・テストが
停止、エラー限界値を超過
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
089-197-XXX
1. 警告対象の構成要素が使用
マイクロプロセッサー・テストで
警告
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
089-198-XXX
1. テストの打ち切り対象が構
マイクロプロセッサー・テストの
打ち切り
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
089-199-XXX
1. 203ページの『判別できな
マイクロプロセッサー・テスト不
合格、原因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
189
診断エラー・コード
170-000-XXX
FRU/処置
1. 処置不要
電圧センサー・テスト合格
170-0XX-XXX
電圧センサー障害
170-195-XXX
ユーザーによる電圧センサー・テ
ストの打ち切り
170-196-XXX
電圧センサー・テストが停止、エ
ラー限界値を超過
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
170-197-XXX
電圧センサー・テストで警告
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
170-198-XXX
電圧センサー・テストの打ち切り
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
170-199-XXX
1. 203ページの『判別できな
電圧センサー・テスト不合格、原
因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
170-250-XXX
170-251-XXX
1. 電源機構
2. システム・ボード
電圧センサーの電圧限界エラー
170-254-XXX
電圧センサーの電圧調整モジュー
ル・エラー
1. 電圧調整モジュール
(VRM)
2. マイクロプロセッサー
3. システム・ボード
175-000-XXX
1. 処置不要
温度センサー・テスト合格
175-0XX-XXX
温度センサー障害
175-195-XXX
ユーザーによる温度センサー・テ
ストの打ち切り
190
1. システムのフラッシュ
2. システム・ボード
1. 通知
2. 必要なら、テストの再始動
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
FRU/処置
175-196-XXX
1. F3 キーを押してログ・フ
ァイルの検討
温度センサー・テストが停止、エ
ラー限界値を超過
16ページの『テスト・ログ
の表示』を参照
2. テストを再始動して、ロ
グ・ファイルのリセット
175-197-XXX
1. 警告対象の構成要素が使用
可能または接続済み、ある
いはその両方であるかどう
かの確認
温度センサー・テストで警告
2. テストの再実行
3. 警告ステートメントの対象
となっている構成要素
4. テスト対象構成要素
175-198-XXX
1. テストの打ち切り対象が構
成要素の場合は、それが使
用可能または接続済み、あ
るいはその両方であるかど
うかの確認
温度センサー・テストの打ち切り
2. システムをフラッシュして
再テスト
3. 203ページの『判別できな
い問題』 に進む
175-199-XXX
1. 203ページの『判別できな
温度センサー・テスト不合格、原
因不明
2. システムをフラッシュして
い問題』 に進む
再テスト
3. 機能テスト対象構成要素の
交換
175-250-XXX
175-251-XXX
1.
2.
3.
4.
温度センサーの限界エラー
ファンのチェック
電源機構のチェック
マイクロプロセッサー
システム・ボード
185-000-XXX
Asset Security テスト合格
1. 処置不要
185-XXX-XXX
Asset Security 障害
1. Asset Security 使用可能
を確保
2. システムのフラッシュ
3. システム・ボード
185-278-XXX
Asset Security シャシー侵入
1. C2 カバー・スイッチ
2. システム・ボード
201-000-XXX
1. 処置不要
システム・メモリー・テスト合格
201-XXX-XXX
1. テスト対象メモリー・モジ
ュールの交換
システム・メモリー・エラー
2. システム・ボード
202-000-XXX
1. 処置不要
システム・キャッシュ・テスト合
格
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
191
診断エラー・コード
202-XXX-XXX
システム・キャッシュ・エラー
206-000-XXX
FRU/処置
1. キャッシュ (取り外し可能
な場合)
2. システム・ボード
3. マイクロプロセッサー
1. 処置不要
ディスケット・ドライブ・テスト
合格
206-XXX-XXX
1. ディスケット・ドライブ・
ケーブル
ディスケット・ドライブ・エラー
2. 電源電圧のチェック
3. ディスケット・ドライブ
4. システム・ボード
215-000-XXX
CD-ROM ドライブ・テスト合
1. 処置不要
格
215-XXX-XXX
CD-ROM ドライブ・エラー
1. CD-ROM ドライブ・ケ
ーブル
2. 電源電圧のチェック
3. CD-ROM ドライブ
4. システム・ボード
217-000-XXX
1. 処置不要
ハードディスク・テスト合格
217-25X-XXX
217-26X-XXX
ハードディスク (IDE) エラー
217-28X-XXX
217-29X-XXX
ハードディスク (SCSI) エラー
220-000-XXX
1.
2.
3.
4.
ハードディスク・ケーブル
1.
2.
3.
4.
5.
ハードディスク・ケーブル
電源電圧のチェック
ハードディスク (IDE)
システム・ボード
電源電圧のチェック
ハードディスク (SCSI)
SCSI アダプター・カード
システム・ボード
1. 処置不要
大容量カートリッジ・ドライブ・
テスト合格
220-XXX-XXX
大容量カートリッジ・ドライブ・
エラー
301-000-XXX
1. 大容量カートリッジ・ドラ
イブを取り外し、システム
の再テスト
1. 処置不要
キーボード・テスト合格
301-XXX-XXX
キーボード・エラー
1. キーボード
2. マウスのチェックおよびテ
スト
3. システム・ボード
302-000-XXX
1. 処置不要
マウス・テスト合格
192
Netfinity サーバー 保守マニュアル
診断エラー・コード
FRU/処置
302-XXX-XXX
1. マウス
2. キーボードのチェックおよ
マウス・エラー
びテスト
3. システム・ボード
303-000-XXX
1. 処置不要
ジョイスティック・テスト合格
303-XXX-XXX
1. ジョイスティックを取り外
し、システムの再テスト
ジョイスティック・エラー
305-000-XXX
1. 処置不要
ディスプレイの DDC テスト合
格
305-250-XXX
ディスプレイの DDC 自己テス
ト不合格
415-000-XXX
1. セットアップを実行して、
DDC を使用可能にする
2. ケーブル
3. ディスプレイ
4. ビデオ・カード
5. システム・ボード
1. 処置不要
モデム・テスト合格
415-XXX-XXX
モデム・エラー
1. モデムを取り外し、システ
ムの再テスト
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
193
Ethernet コントローラー・メッセージ
注
次のエラー・メッセージが表示されるのは、Ethernet コント
ローラーが内蔵されている場合だけです。リモート・プログラ
ム・ロード (RPL) または DHCP (Dynamic Host
Configuration Protocol) がオプションのネットワーク・アダ
プターを通して使用されている場合は、次のエラー・メッセー
ジは表示されません。
Ethernet コントローラーの初期化後に障害条件が発生した場合は、
次のエラー・メッセージの 1 つまたはそれ以上が画面に表示されま
す。
最も一般的な 2 つのエラー・メッセージは、次のとおりです。
RPL-ROM-ERR:
RPL-ROM-ERR:
1 5 The integrated Ethernet
failed the loopback test.
1 7 The media test failed.
エラー 105 は、Ethernet モジュールによって実行された始動診断
テストが正しく実行されなかったことを示します。このエラー・メ
ッセージが表示された場合は、システム・ボードを交換します。エ
ラー 107 は、LAN からのケーブルがサーバーの Ethernet ポート
にしっかりと接続されていないことを示します。ケーブルをチェッ
クして、接続が適正に行われているかどうか確認します。
表示される可能性があるその他のエラー・メッセージを195ペー
ジの表12 に示してあります。
注
エラー・コードの後に続く x は、実際には英数字のどれかに
なります。
194
Netfinity サーバー 保守マニュアル
表 12 (1/2). Ethernet コントローラー・メッセージ
エラー・コード
RPL-ROM-ERR: 100
説明
内蔵
Ethernet コントローラーが見付かりません。
処置: Ethernet コントローラーが BIOS 内で使用可能に
なっているかどうかを確認します。引き続き問題が発生す
る場合は、システム・ボードを交換します。
RPL-ROM-ERR: 101
内蔵
た。
Ethernet コントローラーが初期化できませんでし
処置: Ethernet コントローラーが BIOS 内で使用可能に
なっているかどうかを確認します。引き続き問題が発生す
る場合は、システム・ボードを交換します。
RPL-ROM-ERR: 102
内蔵
た。
Ethernet コントローラーがリセットできませんでし
処置: Ethernet コントローラーが BIOS 内で使用可能に
なっているかどうかを確認します。引き続き問題が発生す
る場合は、システム・ボードを交換します。
RPL-ROM-ERR: 103
システム内に複数の
プターがあります。
Ethernet コントローラーまたはアダ
処置: NET.CFG ファイル内で正しいシリアル番号を指
定します。
RPL-ROM-ERR: 104
内蔵 Ethernet コントローラーの EEPROM が障害を生じ
ているか、装備されていません。
RPL-ROM-ERR: 105
内蔵
Ethernet がループバック・テストに不合格でした。
Ethernet モジュールによって実行された始動診断テストが
正しく実行されませんでした。
処置:
システム・ボードを交換します。
RPL-ROM-ERR: 106
内蔵 Ethernet コントローラーが、プラグ・アンド・プレ
イでないシステム内でプラグ・アンド・プレイ用として構
成されています。
RPL-ROM-ERR: 107
媒体テストに不合格でした。
処置: LAN からのケーブルがサーバーの Ethernet ポー
トにしっかりと接続されていません。ケーブルをチェック
して、接続が適正に行われているかどうかを確認します。
RPL-ROM-ERR: 110
内蔵 Ethernet コントローラーの
トに不合格でした。
処置:
E61
RAM がメモリー・テス
システム・ボードを交換します。
サービス・ブート (始動) が取り消されました。つまり、ブ
ート・ディスケット・イメージがネットワークからダウン
ロードされませんでした。
処置:
処置は必要ありません。
E62
コントローラーを初期化できません。
E63
コントローラーを初期化できません。
E67
コントローラーを初期化できません。
E6d
ブート・プロトコル
ん。
E6e
ダウンロードされたイメージから開始できません。
E71
マルチキャスト単純ファイル転送プロトコル
ッケージが多過ぎます。
M10
アドレス解決プロトコル
て取り消されました。
M11
ARP のタイムアウト。
M20
メモリーをコピーできません。
処置:
(BOOTP) サーバーが見つかりませ
(MTFTP) パ
(ARP) がキーストロークによっ
処置は必要ありません。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
195
表 12 (2/2). Ethernet コントローラー・メッセージ
エラー・コード
説明
M21
メモリーに書き込めません。
M22
メモリーに書き込めません。
M30
単純ファイル転送プロトコル
ができません。
M31
TFTP がキーストロークによって取り消されました。
M32
TFTP のオープン・タイムアウト。
M33
TFTP パラメーター (操作コード) が不明のため無効で
(TFTP) の ARP による解決
す。
M34
TFTP の読み取りがキーストロークによって取り消されま
した。
M35
TFTP のタイムアウト。
M38
TFTP 接続をオープンできません。
M39
TFTP 接続から読み取りできません。
M40
BOOTP がキーストロークによって取り消されました。
M40
DHCP がキーストロークによって取り消されました。
M41
BOOTP のタイムアウト。
M41
DHCP のタイムアウト。
M42
クライアントまたはサーバーのインターネット・プロトコ
ル
(IP) アドレスがありません。
M43
ブート (始動) ファイル名がありません。
M44
リダイレクトされた
決ができません。
M6f
システムがロックされています。Ctrl+Alt+Del キーを押
して再始動します。
M90
マルチキャスト・アドレスに対してコントローラーを初期
化できません。
M91
MTFTP がキーストロークによって取り消されました。
M92
MTFTP のオープン・タイムアウト。
M93
MTFTP パラメーター (操作コード) が不明のため無効で
M94
MTFTP の読み取りがキーストロークによって取り消され
BOOTP サーバーの ARP による解
す。
ました。
M95
MTFTP のタイムアウト。
M96
MTFTP アドレスの ARP による解決ができません。
M98
MTFTP 接続をオープンできません。
M99
MTFTP 接続から読み取りできません。
Txx
別のコンピューターへの
TFTP セッションを実行している
場合は、TFTP セッションによって生成されるエラー・メ
ッセージには、Txx というメッセージ接頭語が付きます。
196
Netfinity サーバー 保守マニュアル
その他の現象
現象
FRU/処置
CD-ROM ドライブが正常に作
動していない
1. CD の清掃
2. 光ヘッドのレンズの清掃
3. CD-ROM ドライブ
CD-ROM ドライブ・トレイが
1. CD-ROM ドライブ
動かない
サーバーが CD-ROM ドライブ
を認識していない
1. 構成/セットアップ・ユー
ティリティー・プログラム
で CD-ROM ドライブが
使用可能になっているかど
うかの検査
2. サーバーが、始動手順の中
で CD-ROM をチェック
しているかどうかの検査
構成/セットアップ・ユー
ティリティー・プログラム
の使用
3. CD
4. CD-ROM ドライブ
CD-ROM ドライブ使用中ライ
トがオンのまま
1. CD-ROM
2. CD-ROM ケーブル
または、システムが CD-ROM
ドライブをバイパスし続けている
ディスケット・ドライブ使用中ラ
イトがオンのまま
または、システムがディスケッ
ト・ドライブをバイパスし続けて
いる
1. 構成/セットアップ・ユー
ティリティー・プログラム
でディスケット・ドライブ
が使用可能になっているか
の検査
2. 不明でない良好なディスケ
ットがドライブに正しく挿
入されているかの検査
3. ディスケットに、システム
の始動に必要なファイルが
入っているかの検査
4. ディスケット・ドライブ
一般的なディスプレイの問題
1. ディスプレイ
IBM ディスプレイには、独自の
自己テストが用意されているもの
があるのでディスプレイに問題が
あると思われる場合は、調整およ
びテストの方法について、ディス
プレイに付属の資料を参照
画面がブランク
1. 電源コードとケーブルの接
続の調査
2. ディスプレイ
3. ビデオ・アダプター
カーソルしか表示されない
1. ビデオ・アダプター
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
197
現象
FRU/処置
あるアプリケーション・プログラ
ムを開始すると、ディスプレイが
ブランクになる
1. すべてのケーブル接続の調
査
2. グラフィックス・アダプタ
ーが、スロット 1、つま
り、AGP (Accelerated
Graphics Port) に正しく
取り付けられているかの検
査
3. アプリケーションに必要な
デバイス・ドライバーがイ
ンストールされているかの
検査
ディスプレイが、サーバーに電源
を入れるときは作動するが、しば
らくサーバーを使わないでいると
ブランクになる
注
拡張省電力 (APM) 機能は
サポートされていません。
画面が明滅する
重要
このディスプレイでサポー
トされていない解像度また
はリフレッシュ速度を使う
と、ディスプレイを損傷す
る場合があります。
画面が波打ち、読み取れず、流
れ、ひずみ、あるいは画面がぶれ
る
ディスプレイの自己テストでディ
スプレイの作動が適正であること
が示された場合は、次の点につい
て要検査
1. 構成/セットアップ・ユー
ティリティー・プログラム
で拡張省電力 (APM) 機能
が使用可能に設定されてい
たら、それを Disable に
設定
1. ディスプレイを、ディスプ
レイとディスプレイ・コン
トローラーがサポートして
いる最高のノンインターレ
ース・リフレッシュ速度に
設定
2. ディスプレイ
3. ビデオ・アダプター
1. ディスプレイ
2. ビデオ・アダプター
1. ディスプレイの設置場所
2. IBM 製ディスプレイ・ケ
ーブルが正しく接続されて
いるか
3. ディスプレイを、サポート
されているよりも速いリフ
レッシュ速度で作動させよ
うとしていないか
画面で正しい文字が表示されない
1. ビデオ・アダプター・ケー
ブル
2. ビデオ・アダプター
198
Netfinity サーバー 保守マニュアル
現象
FRU/処置
電源スイッチを押してもサーバー
が始動しない
1. 電源スイッチ/LED アセン
FRU を交換する前に、次の点に
2. 電源機構
ブリー
ついて要検査
1. すべてのケーブル接続
2. サーバー・カバーが正しく
取り付けられているか
3. 電源コンセントが正常に作
動しているか
4. 取り付けられているメモリ
ーのタイプは正しいか
以前作動していた IBM 製オプシ
ョンが作動していない
1. すべてのケーブル接続の調
査
2. SCSI オプションについて
注
は終端が正しいかどうかの
調査
1. オプションに独自の
テスト用のマニュア
ルが付属している場
合は、そのマニュア
ルに従ってオプショ
ンをテストする
3. オプションの装置
2. 外付けのオプション
には、システムの電
源を入れる前に電源
を入れる
パラレル・ポートにアクセスでき
ない
または表示されているパラレル・
ポートの数が、取り付けられてい
るパラレル・ポートの数よりも少
ない
1. 装置
2. アダプター (取り付けられ
ている場合)
3. システム・ボード
シリアル・ポートにアクセスでき
ない
または表示されているシリアル・
ポートの数が、取り付けられてい
るシリアル・ポートの数よりも少
ない
1. 装置
2. アダプター (取り付けられ
ている場合)
3. システム・ボード
シリアル・ポートおよび USB
1. 装置
2. アダプター (取り付けられ
ている場合)
3. システム・ボード
ポートの問題
以前作動していた SCSI 拡張格
納装置が作動していない
1. SCSI 拡張格納装置ハード
ウェアの接続、ケーブルの
接続が、すべて確実かどう
かの検査
2. 各 SCSI チェーンの最後に
あるオプションの終端、ま
たはSCSI ケーブルの終端
の検査
3. SCSI 拡張格納装置に独自
のテスト用のマニュアルが
付属している場合は、その
マニュアルに従ってテスト
する
4. SCSI 中継器カード
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
199
現象
FRU/処置
以前作動していた SCSI 中継器
カードが作動していない
1. SCSI 中継器カードのハー
ドウェアの接続、ケーブル
の接続が、すべて確実かど
うかの検査
2. 外付け SCSI オプションの
ケーブルが、すべて正しく
接続されているかの検査
3. 各 SCSI チェーンの最後に
あるオプションの終端、ま
たは SCSI ケーブルの終端
の検査
4. SCSI 中継器カード
Ethernet コントローラーがネッ
トワークに接続できない
1. 診断の実行
2. ケーブルのチェック
3. システム・ボード
構成/セットアップ・ユーティリ
1. PCI BIOS 割り込み設定
ティー・プログラムが、Ethernet
コントローラーの割り込みユーテ
ィリティーを 0 または 255 とし
て報告
PCI BIOS が Ethernet コントロ
ーラーまたはアダプターを正しく
構成していない
値が間違っている
ISA 装置との割り込み競
合がないかどうかをチェッ
ク
競合が検出された場合は、
ISA 割り込みをそのまま
にして (40ページの
『ISA 従来型リソース
(ISA Legacy Resources)』
を参照)、PCI BIOS が別
の非競合 PCI 割り込み値
を割り当てる
構成/セットアップ・ユーティリ
ティー・プログラムが「PCI バ
スがない」と報告
構成/セットアップ・ユーティリ
ティー・プログラムが、PCI ス
ロットのない別のコンピューター
上で実行される
デバイス・ドライバーのロード時
に、サーバーが稼働を停止する。
PCI BIOS 割り込み設定値が間
違っている。
1. このサーバー上で 構成/セ
ットアップ・ユーティリテ
ィー・プログラムを実行
し、PCI BIOS が
Ethernet コントローラー
またはアダプターを正しく
構成できるようにする
1. ISA 装置との間で割り込
みの競合がないかを調査
競合があれば、ISA 装置
の割り込み設定値をそのま
まにして (40ページの
『ISA 従来型リソース
(ISA Legacy Resources)』
参照)、PCI BIOS に、競
合しないほかの PCI 割り
込み設定値を割り当てる
診断は正常に完了したが、ネット
ワーク接続ができない
1. ネットワーク・ケーブルが
確実に接続されているかの
確認
2. サーバーを 10 Mbps また
は 100 Mbps の速度で稼
働している場合は、カテゴ
リー 5 のケーブルが使用
されているかの確認
200
Netfinity サーバー 保守マニュアル
現象
FRU/処置
Ethernet 活動表示ライトがオン
にならない
1. ネットワーク用デバイス・
ドライバーがロードされて
いるかの確認
2. すべての接続をチェック
3. このワークステーションか
ら他のワークステーション
へ、データを送信してみる
4. Ethernet アダプターの交
換 (66ページの『ISA ア
ダプターおよび PCI アダ
プターの取り付けと取り外
し』 参照)
5. HUB 上のほかのポートの
使用
6. HUB のポートが、10
Mbps または 100 Mbps
のどちらかの正しい速度に
合わせて構成されているか
の確認
7. 全二重モードを有効にした
場合、10 Mbps または
100 Mbps のどちらかの速
度が有効にされているかの
確認
8. 全二重モードを手動で構成
した場合、速度も手動で構
成されているかの確認
9. システム・ボード
データが誤っているか、間欠的で
ある
1. サーバーを 10 Mbps ま
たは 100 Mbps の速度で
稼働している場合は、カテ
ゴリー 5 のケーブルが使
われているかの確認
サーバーにほかのアダプターを追
1. ケーブルが Ethernet アダ
加したら、Ethernet コントロー
ラーまたはアダプターが作動しな
い
プターに接続されているか
の確認
2. PCI システムの BIOS が
正しいかどうかの確認
3. アダプターの取り付け直し
4. システム・ボード
はっきりした原因がないのに、
Ethernet コントローラーまたは
アダプターが作動しない
1. アダプターの取り付け直し
2. ハブまたはスイッチの、別
のコネクターを使用する
3. ネットワーク用デバイス・
ドライバーのファイルがな
いか、破壊されている可能
性がある
4. システム・ボード
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
201
SCSI メッセージ
メッセージ
すべてのメッセージ
次の中の 1 つまたはそれ以上が
問題の原因となっている可能性が
ある。
説明
1. SCSI 構成の検査
2. SCSI 装置
3. SCSI コントローラー
障害が起きている SCSI 装
置 (アダプター、ドライ
ブ、コントローラー)
SCSI の構成、または終端
ジャンパー設定が正しくな
い
同じ SCSI チェーンに重複
した SCSI ID がある
SCSI 終端機構がないか、
正しく取り付けられていな
い
SCSI 終端機構に欠陥があ
る
ケーブルの取り付けが正し
くない
ケーブルに欠陥がある
202
Netfinity サーバー 保守マニュアル
判別できない問題
診断テストによって障害を識別できない場合、装置リストが正しく
ない場合、システムが作動しない場合は、この項を参照してくださ
い。
注
ソフトウェアのミスマッチが固定的または断続的な障害の原因
であると思われる場合は、必ず 22ページの『構成上の競合』
を参照してください。
電源機構をチェックします。LED インディケーターによって電源
機構の作動が正常であることが示されている場合は、次の手順を実
行します。
1.
2.
コンピューターの電源をオフにします。
障害が検出されるまで、次の装置を一度に 1 つずつ取り外し
ます (その都度コンピューターの電源を入れて、再構成しま
す)。
すべての外付け装置
過電流抑制装置 (コンピューター上の)
モデム、プリンター、マウス、IBM 製以外の装置
各アダプター
ドライブ
メモリー・モジュール・キット (最低要件は 64 MB の
DIMM 1 バンク)
注
作動上の最低要件によって異なります。たとえば、始動
ドライブ優先順位内の IMLドライブ です (IML システ
ムの場合のみ)。
3.
コンピューターの電源をオンにします。問題が未解決のまま
である場合は、次の順序で原因があるものと思われます。
システム・ボード
プロセッサー・ボード
フロント・パネル
注
システムからどれかのアダプターを取り外すと問題が解決する
が、そのアダプターを元に戻すと問題が再発する場合は、疑い
はまず、システム・ボード、次にプロセッサー・ボードにあり
ます。
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
203
12
17
20
21
23
22
24
25
26
27
19 18
28
16
15
14
13
11
9
10
6
7
5
4
3
2
1
8
パーツ・リスト (Netfinity 3000 (8476 型))
204
Netfinity サーバー 保守マニュアル
システム
番号
システム (Netfinity 3000 (8476 型))
FRU 番
モデル 10U、10X、11U、11X、15U、
号
15X、16U、16X、20U、21U、20X、21X
1
2
3
4
5
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
14
Cover と Handle (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
Power Switch/LED Cable Assembly (モデ
ル 10U、10X、11U、11X、15U、15X、
16U、16X、20U、21U、20X、21X)
Top Cover Assembly (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
Front Bezel (Bay Panel) (モデル 10U、
10X、11U、11X、15U、15X、16U、
16X、20U、21U、20X、21X)
CD-ROM Drive (32X) (モデル 10U、
10X、11U、11X、15U、15X、16U、
16X、20U、21U、20X、21X)
CD-ROM Drive (32X) (モデル 10U、
10X、11U、11X、15U、15X、16U、
16X、20U、21U、20X、21X)
CD-ROM Audio Cable (モデル 10U、
10X、11U、11X、15U、15X、16U、
16X、20U、21U、20X、21X)
4.5 GB Hard Disk Drive (モデル 11X、
21X)
1.44 MB Diskette Drive (モデル 10U、
10X、11U、11X、15U、15X、16U、
16X、20U、21U、20X、21X)
Diskette Drive Cable (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
Miscellaneous Blank Bezel (Bay Panel) (モ
デル 10U、10X、11U、11X、15U、15X、
16U、16X、20U、21U、20X、21X)
3.5-Inch Bezel (Bay Panel) Assembly (モデ
ル 10U、10X、11U、11X、15U、15X、
16U、16X、20U、21U、20X、21X)
Model Plate (モデル 10U、10X、11U、
11X、15U、15X、16U、16X、20U、
21U、20X、21X)
Bottom Cover Assembly (モデル 10U、
10X、11U、11X、15U、15X、16U、
16X、20U、21U、20X、21X)
Foot (それぞれ 4 本) (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
System Board Latch & Screw (モデル
10U、10X、11U、11X、15U、15X、
16U、16X、20U、21U、20X、21X)
32 MB ECC DIMM (モデル 10X、11X、
15X)
64 MB ECC DIMM (モデル 16X、20X、
21X)
02K2785
12J4510
01K1637
12J5548
02K1119
02K3414
75H9219
10L6084
75H9550
76H7340
01K1888
12J5549
03K9567
03K9587
12J4506
01K1612
01K1143
01K1140
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
205
番号
15
15
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
206
システム (Netfinity 3000 (8476 型))
FRU 番
モデル 10U、10X、11U、11X、15U、
号
15X、16U、16X、20U、21U、20X、21X
266MHz/512 Cache Processor (モデル
10X、11X)
300MHz/512 Cache Processor (モデル
15X、16X)
350MHz/512 Cache Processor (モデル
20X、21X)
System Board (Memory、CPU、または
Cache なし) (モデル 10U、10X、11U、
11X、15U、15X、16U、16X、20U、
21U、20X、21X)
Fan Bracket (02K2861 用) (モデル 10U、
10X、11U、11X、15U、15X、16U、
16X、20U、21U、20X、21X)
92MM Fan Assembly (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
Speaker Assembly (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
EMC kit (モデル 10U、10X、11U、11X、
15U、15X、16U、16X、20U、21U、
20X、21X)
Access Cover Assembly (モデル 10U、
10X、11U、11X、15U、15X、16U、
16X、20U、21U、20X、21X)
C2 Switch Cable Assembly (モデル 10U、
10X、11U、11X、15U、15X、16U、
16X、20U、21U、20X、21X)
AGP Cover (モデル 10U、10X、11U、
11X、15U、15X、16U、16X、20U、
21U、20X、21X)
3.5-Inch Hard Disk Drive Bracket (モデル
10U、10X、11U、11X、15U、15X、
16U、16X、20U、21U、20X、21X)
I/O Clamp (モデル 10U、10X、11U、
11X、15U、15X、16U、16X、20U、
21U、20X、21X)
Power Supply 330 Watt (モデル 10U、
10X、11U、11X、15U、15X、16U、
16X、20U、21U、20X、21X)
Keylock Assembly (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
Chasis Assembly (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
3.5-Inch Bezel (Bay Panel) Assembly (モデ
ル 10U、10X、11U、11X、15U、15X、
16U、16X、20U、21U、20X、21X)
3.5/5.25-Inch DASD Bracket (モデル
10U、10X、11U、11X、15U、15X、
16U、16X、20U、21U、20X、21X)
Netfinity サーバー 保守マニュアル
02K2775
01K4291
02K2776
20L0944
03K9606
02K2861
03K9607
12J4508
12J5546
01K1495
03K9623
03K9608
03K9604
01K9866
12J5102
03K9609
12J5549
12J4501
番号
システム (Netfinity 3000 (8476 型))
FRU 番
モデル 10U、10X、11U、11X、15U、
号
15X、16U、16X、20U、21U、20X、21X
60MM Fan Assembly (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
Card Guide (モデル 10U、10X、11U、
11X、15U、15X、16U、16X、20U、
21U、20X、21X)
IDE (2X) Drive Cable (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
Keyboard
(208ページの『キーボード』 参照) (モデル
10U、10X、11U、11X、15U、15X、
16U、16X、20U、21U、20X、21X)
Miscellaneous Hardware Kit (モデル 10U、
10X、11U、11X、15U、15X、16U、
16X、20U、21U、20X、21X)
Miscellaneous Optional Bezel (Bay Panel)
(モデル 10U、10X、11U、11X、15U、
15X、16U、16X、20U、21U、20X、21X)
Mouse (モデル 10U、10X、11U、11X、
15U、15X、16U、16X、20U、21U、
20X、21X)
Riser Card (モデル 10U、10X、11U、
11X、15U、15X、16U、16X、20U、
21U、20X、21X)
Riser Support (Front & Rear) (モデル
10U、10X、11U、11X、15U、15X、
16U、16X、20U、21U、20X、21X)
SCSI Card (モデル 11X、16X、21X) (モデ
ル 10U、10X、11U、11X、15U、15X、
16U、16X、20U、21U、20X、21X)
SCSI Cable (モデル 10U、10X、11U、
11X、15U、15X、16U、16X、20U、
21U、20X、21X)
SCSI LED Cable (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
System Board Rail (モデル 10U、10X、
11U、11X、15U、15X、16U、16X、
20U、21U、20X、21X)
10L5513
03K9605
12J4518
03K9603
12J5551
76H0889
20L0926
02K2766
10L7095
01K1467
76H7344
03K9626
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
207
キーボード
キーボード
FRU 番号
Arabic
Belgian-French
Belgian-UK/Dutch
Brazil/Portugal
Bulgarian
Chinese/US
Czech
Danish
Dutch
French
French/Canadian-ID 058
French/Canadian-ID 445
German
Greek
Hebrew
Hungarian
Icelandic
Italian
Japan (日本)
Latin/Spanish
Norwegian
Polish
Portuguese
Romania
Russian
Serbian/Cyrillic
Slovak
Spanish
Swed/Finn
Swiss French/German
Thailand
Turkish (ID 179)
Turkish (ID 440)
UK English
US English
UK English (ISO Compliant)
Yugoslavia/Lithuania
02K0870
02K0871
02K0872
02K0869
02K0873
02K0900
02K0874
02K0875
02K0876
02K0877
02K0863
02K0865
02K0878
02K0879
02K0880
02K0881
02K0882
02K0883
02K0899
02K0867
02K0884
02K0885
02K0886
02K0887
02K0888
02K0889
02K0890
02K0891
02K0892
02K0893
02K0902
02K0894
02K0895
02K0896
02K0861
02K0898
02K0897
208
Netfinity サーバー 保守マニュアル
電源コード
電源コード
FRU 番号
Arabic
Belgium
Bulgaria
Czech Republic
Denmark
Finland
France
Germany
Hungary
Israel
Italy
Latvia
Netherlands
Norway
Poland
Portugal
Serbia
Slovakia
South Africa
Spain
Switzerland
Switzerland (French/German)
U.S. English
U.K./Ireland
Yugoslavia
14F0033
1339520
1339520
1339520
13F9997
1339520
1339520
1339520
1339520
14F0087
14F0069
1339520
1339520
1339520
1339520
1339520
1339520
1339520
14F0015
1339520
1339520
14F0051
62X1045
14F0033
1339520
85G0368
日本
IBM Netfinity 3000 (8476 型)
209
210
Netfinity サーバー 保守マニュアル
保守に関する情報
重要
この保守手順は、問題の判別を行うのに役立つように作成され
ています。この保守手順は、読者がすべてのコンピューターに
関してモデル別の訓練を受けていること、または本書と
「PS/2 Hardware Maintenance Manual(部品番号
83G8990、英文番号 S52G-9971-02)」で提供される製品知
識、機能、用語、および保守情報に精通していることを前提と
して書かれています。
. . . . . . . . . . .
. . . . . . . . .
電気に関する安全 . . . . . . .
安全に関する検査ガイド
. . .
.
.
.
.
静電気の放電に敏感な装置の取り扱い
.
アースの要件 . . . . . . . . . . . . . .
リチウム・バッテリーに関する注意
. . . .
安全上の注意
一般的な安全
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ニッケル・カドミウム・バッテリーに関する注意
. .
. . . . . . . . . .
特記事項
. . . . . . . . . . . . . .
商標 . . . . . . . . . . . . . . . . .
レーザー製品の規制に関する記述
問題判別のヒント
Copyright IBM Corp. 1998
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
212
212
213
214
216
216
217
218
219
220
221
221
211
安全上の注意
次の項で、IBM モービル・コンピューターを保守する前に熟知し
ておかなければならない安全上の注意について説明します。
一般的な安全
次の規則を守って、安全の一般規則を確保してください。
保守作業の前後は、マシンの周囲をきれいに整とんしておき
ます。
重い物を持ち上げる場合は、次の点に注意します。
1.
2.
3.
滑らずに安全に立っていられるようにする。
4.
立った姿勢で持ち上げるか、または脚の筋肉を使って立
ち上がるようにして持ち上げる。この動作をすれば、背
物体の重さを両足に同じようにかける。
ゆっくりと力を入れて持ち上げる。 持ち上げようとす
るときは、体を急に動かしたり、ねじったりしない。
中の筋肉を痛めることがない。重さが 16 kg (35 lb) 以
上ある物、または重過ぎると感じられる物を持ち上げよ
うとはしない。
お客様に危険をもたらしたり、装置を危険にするような行動
はとらない。
機械を始動する前に、他のサービス技術員やお客様の従業員
が危険な位置にいないことを確認する。
機械の保守作業中は、取り外したカバーその他の部品は、す
べての人々から離れた安全な場所に置く。
工具箱は、他の人がつまずかないように、人の歩くところか
ら離れた場所に置く。
機械の可動部品に引っ掛かりやすい、だぶだぶの衣服は着用
しない。 そでをしっかりとめるか、ひじの上までまくり上げ
る。髪が長い場合は、まとめておく。
ネクタイやスカーフの端は、衣服の内側に入れるか、絶縁性
のクリップで端から約 8 センチのところを留める。
宝石類、チェーン、メタル・フレームの眼鏡を身に着けな
い。また、金属製のファスナーの付いている衣服を着ない。
注意 金属製の物は電気の導体である。
次の作業には、安全用の眼鏡を掛ける。ハンマーで打つ、ド
リルで穴をあける、はんだ付けをする、針金類を切る、スプ
リングを取り付ける、溶剤を使う、目に危険と思われる条件
下で作業する。
保守の終了後は、すべての安全シールド、ガード、ラベル、
およびアース線を元に戻す。磨耗した、または欠陥のある安
全装置は交換する。
機械をお客様に返す前に、すべてのカバーを取り付ける。
212
Netfinity サーバー 保守マニュアル
電気に関する安全
注意
電源ケーブル、電話ケーブル、通信ケーブルから流れる電流は
危険です。人身事故または装置の損傷を防ぐには、サーバーの
カバー類を開ける前に、電源コード、通信システム、ネットワ
ーク、モデムを取り外しておきます。ただし、取り付けと構成
の手順で、そうしなくてもよいと記述されている場合は除きま
す。
電気機器に対して作業を行う場合は、次の規則を守ってください。
重要
道具とテスト機器は、認定品だけを使用してください。道具の
中には、取っ手を柔らかい素材で覆ったものがあります。この
ような素材は、電流が通じているところで作業する場合に、絶
縁にはなりません。
お客さまの現場には、大抵の場合、静電気の放電を抑えるため
の細い導電性繊維が含まれたゴム製の床マットが機器のそばに
敷いてあります。感電を避けるために、このタイプのマット
は、使用しないでください。
室内の非常電源切断 (EPO) スイッチ、断路スイッチ、または
電気のコンセントの位置を確認しておく。そうすれば、電気
事故が起こったときに、即座にスイッチを操作したり電源コ
ードを引き抜いたりすることができます。
危険な状況下や、また危険な電圧をもつ装置のそばでは、一
人で作業しない。
次の作業を行う前は、すべての電源を切る。
–
–
–
機械的な検査
電源機構のそばでの作業
主要なユニットの取り外しと取り付け
その機械に対する作業を始める前に、電源コードを抜く。抜
くことができない場合は、お客さまに依頼して、その機械に
電力を供給している配電盤の電源を切り、その配電盤をオフ
の位置にロックしてもらう。
電気回路が 露出している 機械で作業しなければならない場合
は、次の注意事項を守る。
–
電源切断の操作を熟知している人が、必ず自分のそばに
いる。
注意 その人は、必要な場合にスイッチを切れるよう
に、いつもそばにいてもらう必要がある。
–
電源の入った電気機器に対して作業するときは、片手だ
けを使う。もう一方の手は、ポケットに入れるか背中に
回しておく。
注意 : 完全な回路があると、感電の原因になる。上記
の注意を守っていれば、電流が体内を流れるのを防止で
きる。
保守に関する情報
213
–
テスターを使うときは、つまみを正しい位置に設定し
て、そのテスター用に認定されたプローブのリード線と
付属品を使う。
–
適切なゴムのマット (必要な場合は現地で購入する) を
敷いて、金属の床または機械のフレームなどの便宜上の
アースから自分を絶縁できるようにする。
超高電圧のところで作業するときは、特別の安全上の注意を
守る。これらの注意は、保守情報の中の、安全に関する項で
説明している。高電圧を測定するときは、特別の注意を払
う。
ハンド電気工具は、安全な作動状態を保つため、定期的に検
査して保守する。
磨耗または破損した道具、テスターは使用しない。
電源が回路から切断されていると 勝手に思い込まない。ま
ず、電源が切られているかどうか 確認する。
常に、作業場所に危険の可能性がないか注意深く探索する。
危険の要因の例として、湿った床、接地されていない電源延
長ケーブル、サージ電流、安全アースの欠落がある。
通電されている電気回路は、プラスチックの歯科用鏡の反射
面で触らない。反射面には導電性があり、触るとけがや機械
の損傷の原因となる。
次の部品については、機械内での通常の作用位置から取り外
すときに、電源が入った状態では 保守を行わない。
–
–
–
–
電源装置
ポンプ
送風機とファン
電動発電機
およびこれらに類似の装置。(このように習慣付けることによ
って、装置の正しい接地を確保できるようになる。)
電気事故が起こった場合は、
–
–
–
注意して、自分が犠牲者にならないようにする。
電源スイッチを切る。
医療援助を求める。
安全に関する検査ガイド
この検査ガイドは、弊社製品の潜在的な危険の条件を識別するのに
役立てることを目的としています。弊社の機械には、それが設計さ
れ製作されたときに、ユーザーや保守担当者をけがから保護するた
めに必要な安全対策が施されています。このガイドは、そういう安
全対策だけを扱っています。しかし、この検査ガイドが取り扱って
いない他社の製品やオプションを接続することによって発生するか
もしれない、潜在的な安全上の危険もあります。そのような潜在的
な危険は、判断力を働かせて識別することも必要です。
危険な条件がある場合は、見かけ上の危険がどの程度重大になる
か、または最初に問題を解決せずに稼働を続けられるかどうかを判
断する必要があります。
このような条件と、それが引き起こす次のような安全上の危険とを
考慮に入れてください。
電気的な危険。特に 1 次電源 (フレーム上の 1 次電圧は、重
大または致命的な感電を起こす恐れがある)。
214
Netfinity サーバー 保守マニュアル
爆発の危険。破損した CRT 表面、膨らんだコンデンサーな
ど。
機械的な危険。ハードウェアの緩み、脱落など。
このガイドは、チェックリストの形をとった一連のステップから構
成されています。電源を切り、電源コードを抜いてから、チェック
を始めてください。
チェックリスト:
1. 外側のカバーに損傷 (緩み、破損、鋭利な先端) がないか調べ
る。
2.
3.
コンピューターの電源をオフにする。電源コードを抜く。
電源コードを、次の点についてチェックする。
a.
3 線目のアース・コネクターの状態が良好か。計器を使
って測定した 3 線目アースの導通が、外部アース・ピ
ンとフレーム・アースとの間で、0.1 オーム以下である
かどうか調べる。
4.
5.
b.
電源コードは、パーツ・リストで指定された適切なタイ
プであるか。
c.
絶縁被覆は、すり切れたり、磨耗したりしていないか。
カバーを取り外す。
明らかにIBM 製以外の改造を調べる。 IBM 製以外の改造の
安全性については、適切な判断を下す。
6.
装置の内部を調べ、金属のやすりくず、汚れ、水その他の液
体、火や煙による損傷の跡など、明らかな危険の条件を見付
ける。
7.
磨耗し、すり切れ、または締め付けられたケーブルがない
か、調べる。
8.
電源機構のカバーの留め具 (ねじまたはリベット) が取り外さ
れたり、いたずらで変更さていないか調べる。
保守に関する情報
215
静電気の放電に敏感な装置の取り扱い
トランジスターや集積回路 (IC) を含むコンピューターの部品は、
静電気の放電 (ESD) に敏感です。 物体と物体の間に電荷の差があ
れば、ESD による損傷が起こる可能性があります。機械、部品、
作業用マット、およびその部品を扱う人がすべて同じ電荷になるよ
うに電荷を均等にすることで、ESD による損傷を防止してくださ
い。
注:
1.
製品固有の ESD 手順がここに記述された要件を上回る場合
は、固有の手順に従ってください。
2.
使用している ESD 保護装置が、(ISO 9000 によって) 十分
効果があると認定されていることを確認してください。
ESD に敏感な部品を取り扱うときは、次のようにしてください。
部品は、製品に取り付けるまで、保護パッケージに入れてお
く。
他の人との体の接触を避ける。
アースされたリスト・ストラップをはめ、体から静電気を除
去する。
部品が衣服に触れないようにする。大抵の衣服は、絶縁性が
あり、たとえリスト・ストラップを付けていても電荷が残っ
ている。
アースされた作業用マットは、静電気のない作業面である黒
色の方を使用する。このマットは、ESD に敏感な装置を扱う
場合、特に役立つ。
次に示すアース方式を選択し、個々の保守要件を満たす保護
を取り入れる。
注:
アース方式の使用は望ましいが、ESD による損傷から
保護するのに必須ではない。
–
ESD アース・クリップをフレーム・アース、アースさ
–
2 重絶縁システムあるいはバッテリー駆動システムに対
して作業する場合は、ESD 共通アース、または基準点
れたひも、緑のアース線のどれかに接続する。
を使用する。これらのシステムでは、同軸シェルまたは
外部コネクター・シェルを使用することができる。
–
AC 作動コンピューターでは、AC プラグの中の断面が
丸いアース端子を使用する。
アースの要件
コンピューターの電気のアースは、操作員の安全と正確なシステム
機能とのために必要です。電気のコンセントが適切にアースされて
いるかどうかは、資格を有する電気技師が検査します。
216
Netfinity サーバー 保守マニュアル
リチウム・バッテリーに関する注意
注意
リチウム・バッテリーは、発火、爆発、大やけどなどの原因と
なる場合があります。再充電したり、極性のあるコネクターを
取り外したり、分解したり、100°C (212°F) 以上に加熱した
り、焼却したり、セルの中身を水にぬらしたりすることがない
ようにします。バッテリーを廃棄する場合は、地方自治体の条
例や規制に従ってください。該当するパーツ・リストに記載さ
れているバッテリー以外は使用しないようにします。不適切な
バッテリーを使用すると、発火または爆発する恐れがありま
す。
保守に関する情報
217
ニッケル・カドミウム・バッテリーに関する注
意
注意
バッテリーには、ニッケルとカドミウムを含んでいるものがあ
ります。分解したり、再充電したり、火や水の中に投げ込んだ
り、ショートさせたりすることがないようにします。バッテリ
ーを廃棄する場合は、地方自治体の条例や規制に従ってくださ
い。該当するパーツ・リストに記載されているバッテリー以外
は使用しないようにします。不適切なバッテリーを使用する
と、発火または爆発する恐れがあります。
218
Netfinity サーバー 保守マニュアル
レーザー製品の規制に関する記述
IBM パーソナル・コンピューターの一部のモデルには、工場出荷
時に CD-ROM ドライブが搭載されています。CD-ROM ドライブ
はオプションとして別売りもされています。CD-ROM ドライブは
レーザー製品です。IBM の CD-ROM ドライブは、米国ではクラ
ス 1 のレーザー製品に対する連邦規定 (DHHS 21 CFR) の厚生省
規約 21 (DHHS 21 CFR) 副章 J 要件を満たすものとして認定され
ています。その他の国では、このドライブは、クラス 1 のレーザー
製品に対する国際電気標準会議 (IEC) 825 および CENELEC EN
60 825 の要件を満たすものとして認定されています。
CD-ROM ドライブをインストールする際は、次のことに注意して
ください。
重要:
コントロールや調節用部品を使用したり、操作手順を実行したりす
る場合、本書の指示範囲を逸脱すると、結果として危険な放射線に
さらされる可能性があります。
CD-ROM ドライブを開けると、結果として危険なレーザー放射に
さらされる可能性があります。CD-ROM ドライブの内部には、保
守を必要とするような部品はありません。決して開けないでくださ
い。
一部の CD-ROM ドライブには、クラス 3A またはクラス 3B の
レーザー・ダイオードが組み込まれているものがあります。次のこ
とに注意してください。
危険:
開けるとレーザーが放射されます。ビームを見つめないこと。光学
計器で直接に見ることはしないこと。ビームへ直接さらされること
は避けること。
保守に関する情報
219
問題判別のヒント
ハードウェアとソフトウェアにはさまざまな組み合わせがあり得る
ので、次に記述する情報を問題判別に役立ててください。保守サポ
ート部門や技術部門の援助を受ける場合は、これらの情報をあらか
じめ準備しておきます。
マシンのタイプとモデル
プロセッサーまたはハードディスクのアップグレード
障害の現象
–
–
診断プログラムは失敗するか
–
–
–
障害は繰り返し起こるか
–
最初に報告された障害かどうか
何が、いつ、どこで、1 つのシステム、または複数のシ
ステムのどちらで起こったか
その構成は以前は作動していたか
以前作動していた場合、障害が起こる前にどのような変
更を行ったか
リファレンス/診断ディスケットのバージョン
–
タイプとバージョン・レベル
ハードウェア構成
–
–
現在使用中の構成の印刷出力 (画面内容の印刷)
BIOS レベル
オペレーティング・システム・ソフトウェア
–
タイプとバージョン・レベル
重要
混乱を避けるため、同じシステムが複数ある場合は、次に該当
する場合に限り、同一である と見なします。
1.
2.
3.
4.
マシンのタイプとモデルが全く同じである。
5.
6.
ソフトウェアのバージョンとレベルが同じである。
7.
8.
BIOS レベルが同じである。
同じ位置に同じアダプターまたは接続機構がある。
同じアドレスのジャンパー、終端装置、またはケーブル
がある。
リファレンス/診断ディスケット (バージョン) が同じで
ある。
システムに同じ構成オプションが設定されている。
オペレーション・システム制御ファイルのセットアップ
が同じである。
「稼働しているシステム」と「稼働していないシステム」の間
で構成とソフトウェアのセットアップを比較すると、問題を解
決できることがよくあります。
220
Netfinity サーバー 保守マニュアル
特記事項
本書において、日本では発表されていない IBM 製品 (機械および
プログラム)、プログラミングまたはサービスについて言及または説
明する場合があります。しかし、このことは、弊社がこのような
IBM 製品、プログラミングまたはサービスを、日本で発表する意
図があることを必ずしも示すものではありません。本書で、IBM
ライセンス・プログラムまたは他の IBM 製品に言及している部分
があっても、このことは当該プログラムまたは製品のみが使用可能
であることを意味するものではありません。これらのプログラムま
たは製品に代えて、IBM の知的所有権を侵害することのない機能
的に同等な他社のプログラム、製品またはサービスを使用すること
ができます。ただし、IBM によって明示的に指定されたものを除
き、これらのプログラムまたは製品に関連する稼働の評価および検
証はお客様の責任で行っていただきます。
IBM および他社は、本書で説明する主題に関する特許権 (特許出願
を含む)、商標権、または著作権を所有している場合があります。本
書は、これらの特許権、商標権、および著作権について、本書で明
示されている場合を除き、実施権、使用権等を許諾することを意味
するものではありません。実施権、使用権等の許諾については、下
記の宛先に、書面にてご照会ください。
〒106-0032
東京都港区六本木 3 丁目 2-31
AP事業所
IBM World Trade Asia Corporation
Intellectual Property Law & Licensing
商標
本書で使用する以下の用語は、米国およびその他の国における
IBM 社の商標です。
Alert on LAN
HelpCenter
HelpFax
NetFinity
PS/1
Skill Dynamics
ThinkPad
EduQuest
HelpClub
IBM
OS/2
PS/2
SystemXtra
Wake on LAN
本書において使用されている次の用語は、他社の商標です。
Notes
Lotus Development Corporation
Pentium と MXX は、Intel 社の商標または登録商標です。
Windows と Windows NT は、Microsoft 社の商標または登録商
標です。
保守に関する情報
221
IBM
Printed in Japan
SA88-6535-
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising