取付マニュアル(PDF5083kB)

取付マニュアル(PDF5083kB)
東芝温水洗浄便座(家庭用)
取扱説明書
形 名
SCS-T92
もくじ
温水洗浄便座協議会
からのお知らせ
5
お願い
6
各部のなまえ
付属品
9
取り付け前の確認
10 〜 11
取り付けかた
12 〜 19
使いかた
20 〜 26
お手入れのしかた
27 〜 30
凍結防止・長期間使わない
31 〜 32
ときの処置のしかた
異常報知について
32
故障かなと思ったら
33
仕様
34
保証とアフターサービス 35 〜 36
保証書
36
使いかた お手入れ・アフターサービス
保証書はこの取扱説明書の 36 ページについていますので、お
買い上げ日、販売店名などの記入をお確かめください。
●このたびは東芝温水洗浄便座をお買い上げいただきまして、
まことにありがとうございました。
●この商品を安全に正しく使用していただくために、お使いに
なる前にこの取扱説明書をよくお読みになり十分に理解して
ください。
●お読みになった後は、お使いになるかたがいつでも見られる
ところに必ず保管してください。
7〜8
取り付けかた
保証書付
2〜5
ご使用前に
安全上のご注意
安全上のご注意
必ずお守りください
お使いになる人や他の人への危害と財産の損害を未然に防ぐため、必ずお守りいただくことを説明しています。
「表示の説明」は、誤った取り扱いをしたときに生じる危害や損害の程度の区分を説明し、「図記号の説明」は図記
号の意味を示しています。
表示の説明
警告
注意
図記号の説明
中の絵と近くの文で、してはいけない
こと(禁止)を示します。
「死亡または重傷を負う可能性がある内容」
を示します。
中の絵と近くの文で、しなければなら
ないこと(指示)を示します。
「軽傷を負うことや家屋・家財などの損害
が発生する可能性がある内容」を示します。
中の絵と近くの文で、注意を促す内容
を示します。
警告
据え付け・設置について
故障や漏電のときに感電の原因になります。
アースを
接続する
•• ガス管、電話線、避雷針、水栓などへのアー
ス線接続は法令で禁止されています。
•• アースの取り付け(D種接地工事)は、電気
工事店または販売店にご相談ください。
(アース工事費は本製品の価格に含まれてい
ません)
●浴室など湿気の多い場所には設置し
ない
水場での
使用禁止
感電・漏電・火災の原因になります。
水もれ・火災・感電の原因になります。
給水は上水道を使用する
●設置工事部品は、必ず付属品および
指定の部品を使用する
●電気工事が必要なときは、専門業者
に依頼する
●お手入れのときは、電源プラグをコ
ンセントから抜く
プラグを
抜く
●電源プラグはぬれた手で抜き差しし
ない
ぬれ手
禁止
2
感電の原因になります。
指示
感電・けがの原因になります。
●電源プラグを抜くときは、コードを
引っ張らず電源プラグを持って抜く
禁 止
●電源コードを傷つけない、無理に曲げな
い、引っ張らない、ねじらない、束ねな
い、重い物をのせない、高温部に近づけ
ない、はさみ込まない、加工しない
次のようなかたが使うときは、便座温度調節ボタンを「切」にして、周囲のかたが十
分気をつけてあげてください
お子様/お年寄り/皮膚感覚の弱いかた/ご自分で温度調節のできないかた/眠気を誘う薬 ( 睡眠薬やかぜ
薬など ) を服用されたかた/深酒・疲労の激しいかた など
感電・ショート・発火の原因になります。
感電や発熱による火災の原因になります。
絶縁不良による火災の原因になります。
火災・感電の原因になります。
便座に皮膚の同じ場所が長時間触れていると、低温やけどの原因になります。
●電源プラグは根元まで確実に差し込む
●電源プラグの刃や刃の取り付け面の
ホコリは、定期的に乾いた布でふき
取る
水ぬれ
禁止
本体や電源プラグ部に洗剤や
汚水、水などをかけない
低温やけどに注意する
●電源は、交流 100 V 定格 15 A
以上のコンセントを単独で使う
火災・感電の原因になります。
延長コードの使用やタコ足配線はしないで
ください。
分解禁止
火災・感電・けがの原因となります。
修理はお買い上げの販売店または東芝生活家
電ご相談センターにご連絡ください。
•• 本体にひびや割れが入っている
•• 本体から発煙
など
火災・感電の原因になります。
電源・電源プラグ・コードは
指示
火災・感電・水もれの原因になります。
修理はお買い上げの販売店または東芝生活家電ご相談センターにご連絡ください。
分解・改造・修理をしない
水もれ・火災・感電の原因になります。
中水道や工業用水を使うと、ぼうこう炎や皮
膚の炎症などを起こすおそれがあります。
また、異物などが配管につまり、水もれや故
障の原因になります。
異常・故障時はすぐに使用を中止し、電源プラグを抜き、止水栓を閉め
て給水を止める
《異常・故障時の例》 •• 配管や本体から水もれする
•• 異音・異臭がする
•• 本体が異常に熱い
●設置工事は、説明書に従い確実に行う
指示
指示
指示
ご使用前に
アース線を確実に取り付ける
警告
指示
長期間使わないときは、電源プラグを抜き、止水栓を止め、温水タンク
の水を抜く
発火・水もれや、水の腐敗による皮膚の炎症などを起こす原因になります。
破損し、火災・感電の原因になります。
●傷んだ電源プラグ・コードや、ゆる
んだコンセントを使わない
感電・ショート・発火の原因になります。
(つづく)
3
安全上のご注意(つづき)
注意
注意
据え付け時・本体の着脱時は
指示
破損・接続部の
ゆ る み に よ り、
水もれの原因に
なります。
●水道工事などは、条例に基づき行う
水もれの原因になります。
プラグを
抜く
●持ち運ぶときは、必ず本体を持つ
指示
便座や便座ふたを持つと本体からはずれ、
けがの原因になります。
次のようなかたが使うときは———
便座に座るときや立ち上がるときに、転倒しないように周囲のかたが
注意する
お子様/お年寄り/自分で便座に座ることや立ち上がることができないかた
便座から立ち上がるとき、着座したままで体を前にずらすような動作をくり返すと、本体が便器からはずれる
おそれがあり、便器から落ちてけがをする原因になります。
●ストレーナをはずすときは、止水栓
を閉める
また、取り付けるときは、すき間が
ないようにしっかり取り付ける
水もれの原因になります。
禁 止
けがの原因になります。
●取扱説明書に記載されている用途以
外に使わない
火災・感電・けがの原因になります。
●着座センサーを衣類などでふさいだ
まま、操作パネルのボタンを押さな
い
着座センサーが誤認してノズルから温水が
出て、温水を浴びたり床をぬらしたりする
原因になります。
●便座ふたに寄りかからない
禁 止
便座ふたが割れて転倒したり、けがの原因
になります。
●脱臭カセット挿入口から、脱臭カセ
ット以外のものを入れない
指などを入れると、挿入口の奥の脱臭ファ
ンでけがをする原因になります。
●開口部から指や物を入れない
感電・けが・故障の原因になります。
●便座や便座ふたに乗ったり、強い衝
撃を与えたりしない
(→ 28 ページ)
●地震・雷・風水害および当社の責任以外の火災、第三者による行為、その他の事故・お客様の故意または過失、誤用、その他の
異常な条件下での使用により生じた損害に関して、当杜は一切責任を負いません。
●本製品の使用または使用不能から生ずる付随的な損害(事業利益の損失・事業の中断など)に関して、当社は一切責任を負いま
せん。
●取扱説明書の記載内容を守らないことにより生じた損害に関して、当社は一切責任を負いません。
重大事故防止のためのお願い
温水洗浄便座は
電気製品で寿命があります
故障したままで使い続けないでください
定期的な点検をおすすめします
故障したままのご使用は、火災や感電、室内浸水
の原因になります。異常に気づいたら、電源プラ
グを抜き、止水栓を止めてご使用を中止し、販売
店・工事店またはメーカーへご連絡ください。
安心してご使用いただくため、定期的な点検をおすす
めします。また、長期間(10 年以上)ご使用の温水
洗浄便座は買い替えをご検討ください。使い勝手・機
能性・省エネ性能も向上しています。販売店・工事店
またはメーカーにご相談ください。
転倒したり割れたりして、けがの原因にな
ります。
●トイレ暖房用ストーブ・ヒーターや
たばこなどの火気類を近づけない
温水洗浄便座協議会
0120-39-7718
●暖房するなど、周囲の温度が氷点下にならないようにする
●温水タンクおよび本体給水ホースの水を抜く
凍結すると給水管ホースや温水タンクなどが破損し、水もれの原因になります。
後援
経済産業省
http://www.sanitary-net.com
火災・変色・故障の原因になります。
凍結のおそれがあるときは(凍結予防)
洗剤をかけると塩素系ガスが発生し、気分
が悪くなることがあります。
万一、洗剤がか
か っ た と き は、
すぐ換気をして
ください。
禁 止
免責事項について
使用時・取り扱いについて
●便座ふた・便座開閉時に、指などを
はさまない
●脱臭フィルターには、洗剤や水をか
けない
ご使用前に
指示
●本体給水ホース・タンク給水ホース
を無理に引っ張ったり、折り曲げた
り、力を加えない
お手入れのときは
受付時間:平日 9:00 ∼ 17:00
●セルフ安全チェックリスト
□ 本体や便座にひび割れがありませんか?
ゴム足ははずれていませんか?
□ 便座が異常に熱いときや冷たいときはありませんか?
□ 便座の開閉はスムーズですか?ガタツキはありませんか?
□ 電源コードが熱くなっていませんか?
傷んだり、はさみ込んだりしていませんか?
焦げ臭いにおいがしませんか?
□ 電源プラグにほこりがたまっていませんか?
□ 本体や止水栓まわりから水もれはありませんか?
異常報知について(→ 32 ページ)、故障かなと思ったら(→ 33 ページ)もあわせてお読みください。
4
5
お願い
据え付け・施工、設置場所について
各部のなまえ
お手入れについて
●給水管の取りはずし、タンク給水ホースの取り付
けのときに、ボールタップ接続ねじ部を回さない
でください
●本体の汚れは、水を含ませた布でふき取ってください
本体表側
●本体の取り付け後は、水もれがないことを確認す
るまで電源プラグをコンセントに差し込まないで
ください
●寒冷地用給水管・フラッシュバルブの配管工事が
必要なときは、専門業者に依頼してください
●脱臭フィルターの黒粉が手に付いたときは、すぐ
に洗ってください
タンク給水ホース
回すとロータンクに水が入らなくなる場合があります。
(→ 15 ページ)
専門的な工事が必要です。
なお、使わない給水管は保管しておいてください。
樹脂部が変色・劣化する原因になります。
便座ふた
ひどい汚れは、適量に薄めた中性洗剤を布に含ませてふ
き洗いし、水ぶきして洗剤分をふき取ってください。
消毒などには、適量に薄めた逆性石けんを布に含ませて
ふき洗いし、水ぶきして液をふき取ってください。
皮膚や目などに炎症を起こすおそれがあります。
●酸性やアルカリ性のトイレ用洗剤・ベンジン・シ
ンナー・クレンザー・研磨剤入りの洗剤・ナイロ
ンたわしなどを使わないでください
プラスチツク・金具を傷めます。
●便器洗い用のトイレ洗剤を、本体に付けないでください
本体を傷めます。また揮発性ガスによって本体を傷める
ことがありますので、便器内を洗剤で掃除する場合でも
ふたを開けたままにして短時間でお手入れしてください
(便器内の洗剤はすぐに流してください)。
本体
9・15・16 ページ
着座センサー
分岐金具
19・20 ページ
9・15・16 ページ
便座(暖房便座)
本体給水ホース
ノズル
9・17・28 ページ
22・29 ページ
使用時・取り扱いについて
●便座・便座ふたを乱暴に開閉しないでください
割れたり、故障したりする原因になります。
●着座するときはゆっくり腰をおろしてください
破損の原因になります。
●着座センサーを衣類などでふさがないでください
着座センサーが正しく動作しないことがあります。
●ノズルなどに汚れを付けないでください
においの発生や故障の原因になります。
ご使用前に
●本体を便器に着脱するときは、給水ホースなどに
無理な力を加えないでください
●直射日光を当てないでください
このマークの中の数字は、掲載ページを示しています。
●操作パネルのボタンを、必要以上に強く押さない
でください
故障の原因になります。
●男性の小便時には、洗浄ノズルに小便がかからな
いようにしてください
操作パネル
故障の原因になります。
●市販の便座カバーやふたカバーには、サイズが合
わずカバーが破損するものがあります。購入前に
サイズをご確認ください
また、便座ふたにカバーなどを付けて開閉に支障
があるときは、カバーをはずしてください
脱臭フィルターの廃棄について
8・20 〜 26 ページ
本体裏側
ノズルガード
脱臭吸込口
本体給水口
●不要になった脱臭フィルターは、お住まいの市町村の指示に従って廃棄してください
17・28 ページ
電源プラグ
電源コード
お知らせ
温水タンク水抜栓
31 ページ
6
●洗浄後、ノズル付近から水が出ます。本体内
部ホースの残水が出るもので、異常ではあり
ません(約 2 分間で止まります)。
●洗浄を 2 分以上続けると、タイマーが働いて
自動停止します。続けて使うときは、もう一
度ボタンを押してください。
●脱臭は、約 15 分連続で使うと自動停止しま
す。続けて使うときは、一度立ち上がって座
り直してください。
●ノズル付近から少量の水が出ることがありま
す。温水タンク内の水が温められ、膨張して
出てくるもので、異常ではありません。
脱臭機能は、便器内の脱臭を目的としています。トイレ
全体を脱臭することはできません。
連続して水が出ているときは、異常が考えられます。
止水栓を閉め電源プラグを抜いて、お買い上げの販売店
または東芝生活家電ご相談センターにご連絡ください。
本体固定プレートガイド
アース線
本体着脱ボタン
脱臭カセット / 脱臭排気口
28 ページ
30 ページ
(つづく)
7
付属品
各部のなまえ(つづき)
操作パネル
本体取り付け時に必要なもの
ノズル掃除ボタン
温水温度調節ボタン
温水温度調節ランプ
水勢調節ボタン
節電モード
ランプ
節電
ボタン
水勢調節ランプ
Oリング
パッキン
(装着済)
取付ボルト
半丸パッキン
ワッシャ
ナット
おしり洗浄
ボタン
止ボタン
ビデ洗浄
ボタン
便座温度調節ボタン
おしり/ビデ
ムーブ洗浄
ボタン
本体固定プレート
1枚
パッキン
便座温度調節ランプ
ノズル位置
調節ボタン
タンク給水ホース
約 0.5m *1
1本
ご使用前に
取付ボルトセット
1 セット
本体給水ホース
約 1m * 2
1本
ネジのサイズ:PF1/2
5個
脱臭フィルター
1個
(消耗部品)
※本体に装着済
パッキン
3個
タンク給水ホースと
分岐金具に使用します。
分岐金具
1個
ボックスレンチ
* 1 ロータンクと止水栓の間が離れていて付属のタンク給水ホース(約 0.5m)で足りない場合は、
別売の給水ホース(約 1.5m、約 2m)をお求めください。
* 2 製品本体と止水栓の間が離れていて付属の本体給水ホース(約 1m)で足りない場合は、別売の
給水ホース(約 1.5m、約 2m)をお求めください。
8
9
取り付け前の確認
温水洗浄便座の取り付け作業前に、以下の内容をご確認ください。
付属品以外の別売部品が必要なときは、お買い上げの販売店にご相談ください。
トイレの広さ
■一般の止水栓
便器のサイズ
《隅付ロータンク式》
ロータンク
ロータンク
ロータンク
515mm
以上
タンクの位置
440mm 以上
《ロータンク式》
ロータンク
ロータンク
140mm 以上
ロータンク
140mm
55mm
以上
200mm
以上
160mm
以上
■寒冷地用給水管
(止水栓なし)
内ねじ
ハンドル
■フラッシュバルブ式
専門的な工事が必要です
※
●付属品の分岐金具のほかに、
●付属品の分岐金具のほかに、
TOTO 製 給 水 管 T5MF7N
(市販品)が必要です。
専門業者に工事を
ご依頼ください
フラッシュバルブアダプタ
(市販品)が必要です。
※寸法をご確認の上、フラ
ッシュバルブアダプタを
選定してください。
止水栓とロータンクの間の寸法
15cm
以上
アース端子の有無の確認
10
《隅付ロータンク式》
マイナスみぞ
○部の分岐金具取付部の
ネジサイズが PF1/2 で
あれば、付属品の分岐金
具で取り付けられます
取り付けかた
取り付け場所の寸法の確認
300mm 280mm
440mm
以上
止水栓などの種類の確認
《ロータンク式》
■内ねじ止水栓
止水栓とロータンクの入り口が近接していると、給水
ホースの引き回しが困難になる場合があります。
止水栓とロータンクの入り口が直線で 15cm 以上で
あれば、給水ホースの引き回しのスペースが取れ、取
り付けできます。
あ る
接続できます
な い
アース工事を電気工事店また
は販売店にご相談ください
11
取り付けかた
元の便座を取りはずす
取り付け作業に必要なもの
配管時に必要なもの
ナットをボックスレンチなどで
ゆるめ、便座を取りはずす
給水管を取りはずすときの残水処理
に必要なもの
便座
便器
ナット
外す
ボックスレンチ
(付属品)
ドライバー
モンキーレンチマイナス
マイナス
(250mm)
ドライバー
広口容器
広口容器
ぞうきん
ぞうきん
ボックスレンチ
■取り付け・確認の流れ
●取りはずした便座ふた・
便座・ナットなどは保管
しておいてください。
引っ越しなどで必要にな
ることがあります。
準備する——水道の元栓を閉める
本体給水ホースを取り付ける
(止水栓と本体の間の配管)
元の便座を取りはずす
便座と便器の取付を確認する
配管接続部などに水もれがないか点検する
温水洗浄便座を取り付ける
1
分岐金具・タンク給水ホースを取り付けるため
給水管をはずす
分岐金具・タンク給水ホースを取り付ける
電源プラグをコンセントに差す
取付ボルト
本体固定プレートの裏面(ゴム
板の付いてない面)を上に向け、
取付ボルトを本体固定プレート
の内側の穴に差し込む
● 取付ボルトと本体固
取り付けかた
アース線を取り付ける
——水道の元栓を開ける
温水洗浄便座を便器に取り付ける
定プレートの溝がか
み合うように差し込
みます。
溝
本体固定プレート
温水洗浄便座の動作を確認する
(止水栓とロータンクの間の配管)
2
取付ボルトを便器の取付穴に
差し込む
取り付けの手順
準備する
集合住宅
水道の元栓を閉める
●水を使用中の器具がないことを確認し、
水道の元栓を閉めます。
戸建住宅
お願い
3
半丸パッキン・ワッシャ・ナッ
トを取付ボルトにねじ込み、手
で締め付ける
取付ボルト
半丸パッキン
ワッシャ
ナット
●元栓を閉めたら、近くの蛇口などで水が出ないことを
確認してください。
12
●半丸パッキンは、半丸側を便器側にしてください。
(つづく)
13
取り付けかた(つづき)
4
分岐金具・タンク給水ホースを取り付けるため
温水洗浄便座を本体固定プレー
トに取り付ける
給水管をはずす
1
本体固定
プレート
● 本体中央部と本体固定プレートの中央を合わせ、カチッ
と音がするまで奥へ押し込んでください。
5
温水洗浄便座の位置を調整する
● 便器の先端
(中心)に、便座の先端(中心)
を合わせるようにします。うまく合わ
ない場合は、ナットをゆるめて本体固
定プレートの位置を調整してください。
● 本体背面とロータンクの間は 1cm 以
上あけるようにします。
● 便器のサイズによっては、便座の先端
が便器の先端から数 cm 出ることがあ
りますが、正常にお使いいただけます。
● ノズルガードが便器にかかっていない
ことを確認します。
モンキーレンチ
ロータンク
ボールタップ
本体
4
タンク内の水を流し、水が給水
されないことを確認する
給水管
ナットを回して、止水栓および
ロータンクから給水管をはずす
(
このときボールタップ本体根元部を
しっかりと握り、ボールタップ接続
ねじ部を回さないようにする
)
浮玉
ボールタップ
接続ねじ部
4
ナット
止水栓
ナット
2
ロータンク
●取りはずした配管やその他の接続部などは保管しておいて
ください。引っ越しなどで必要になることがあります。
(止水栓とロータンクの間の配管)
1
温水洗浄便座
(背面)
※最後はモンキーレ
ンチなどで締め付
けてください。
(強
く締めすぎると破
損することがあり
ます。)
● 本体を便器に取り付けたとき、上下左
お願い
●長年お使いになると、取付ボルトの締め付けがゆるんで
くる場合があリます。
そのときは、ナットを締め付け直してください。
便座を前後左右に動かし、はず
れないことを確認する
マイナスドライバーなどで
止水栓を閉める
分岐金具・タンク給水ホースを取り付ける
右に多少のガタツキが発生しますが異
常ではありません。
本体の着脱方式によるものです。
7
1
2
3
4
間にパッキンを入れ、ナットを
回して分岐金具を止水栓に取り
付ける
間にパッキンを入れ、ナットを
回してタンク給水ホースを分岐
金具に取り付ける
間にパッキンを入れ、ナットを
回してタンク給水ホースをロー
タンクに取り付ける
タンク給水ホースがねじれない
ように手で押さえながら、モン
キーレンチでナットを締める
ボールタップ
接続ネジ部
取り付けかた
6
ナットを回して締め付ける
2
3
4
ロータンクの上ぶたをはずす
モンキーレンチ
ボールタップ
本体
ナット
タンク給水
ホース
3
パッキン
浮玉
2
ナット
分岐金具
パッキン
1
ナット
ナット
パッキン
ロータンク
止水栓
●ボールタップ本体根元部をしっかりと握り、ボールタップ
接続ねじ部を回さないようにする。
4
ロータンクの上ぶたを元に戻す
お願い
●取り付けるとき、ボールタップ接続ねじ部を回すと
浮玉がタンク側壁と干渉して、ロータンク内に水が
入らなくなることがあります。このときは、元の位
置にボールタップを戻してください。
14
(つづく)
15
取り付けかた(つづき)
本体給水ホースを取り付ける
専門的な工事が必要な取り付け
(止水栓と本体の間の配管)
寒冷地用給水管(止水栓なし)
・フラッシュバルブの配管工事(給水管をはずす→分岐金具・タンク
給水ホースを取り付ける)が必要な場合は、専門業者へ依頼してください。
寒冷地用給水管(止水栓なし)の場合
1
1
フラッシュバブル式の場合
1
給水管を取りはずす
ロータンク
フラッシュバブルアダプターからプラ
グなどをを取りはずす
フラッシュバルブ
アダプタ
(市販品)
1
パッキン
(1.5mm)
1
2
3
パッキン
(2.0mm)
座 金
給水管
プラグ
2
TOTO 製給水管 T5MF7N(市販品)
を取り付ける
2
T5MF7N
(市販品)
1
3
4
パッキン
分岐金具
3
パッキン
T5MF7N
(市販品)
止水栓
本体給水ホース
接続管を取りはずす
本体給水ホースがねじれないよ
うに手で押さえながら、モンキ
ーレンチでナットを締める
ストレーナ
本体給水ホース
●本体給水口が便器に重なるときは、本体を便器に装
着する前に本体給水ホースを取り付け、その後本体
給水口を後ろ方向に回してください。
電源プラグは、水道の元栓と止水栓を開いてからコンセントに差し込みます。
接続管
アース線を取り付ける
フラッシュバルブアダプタを取り付ける
(接続部が下になるようにする)
分岐金具を取り付ける
本体給水口
ナット
まだ電源プラグは差し込まないでください
マイナスドライバーなどで
止水栓を止める
フラッシュバルブ
アダプタ
5
警告
アース線を確実に取り付ける
アースを
接続する
故障や漏電のときに感電の原因になります。
•• ガス管・電話線・避雷針・水栓などへのアース線接続は法令で禁止されています。
•• アースの取り付け(D種接地工事)は、電気工事店または販売店にご相談ください。
アース線をアース端子へ
確実に接続する
● アースを取り付けるときは、電源プラ
分岐金具にタンク給水ホースを取り付
ける
ロータンクにタンク給水ホースを取り
付ける
ナット
本体給水口の奥にストレーナが
付いていることを確認し、本体
給水ホース(パッキン付き)の
ナットを本体に、手で回して取
り付ける
3
5
6
分岐金具
モンキーレンチでナットを
締める
配管の止水栓
5
タンク給水ホース
止水栓に接続されている分岐金
具へ、本体給水ホース(パッキ
ン付き)のナットを手で回して
取り付ける
分岐金具に取りはずしたプラグと座金
を取り付ける
T5MF7N に分岐金具を取り付ける
4
16
2
3
4
プラグ
4
タンク給水
ホース
4
5
2
座 金
あらためて入れる必要はありません。
取り付けかた
②側の給水管は
使いません。
●パッキンは本体給水ホースに内蔵されているので、
接続部
6
パッキン
(2.0mm)
分岐金具
グを抜いてください。
● 設置場所の変更や転居のときは、アー
スの取り付けをしてください。
● アース端子がないときは、電気工事店
または販売店にご相談ください。
アース端子
アース線
(つづく)
17
取り付けかた(つづき)
動作確認の手順
配管接続部などに水もれがないか点検する
1
付属のパッキンが余っていない
か確認する
2
給水する前に、各接続部のゆる
みがないか確認する
●余っているときは、パッキンを付けてない接続部をはず
し、パッキンを取り付けてください。
:水もれ点検箇所
取り付けが終わったら、以下の手順で動作を確認してください。
1
2
3
4
「おしり」ボタンを押す
4
水道の元栓を開く
止水栓を開いて、配管接続部に
水もれがないか確認する
水もれがあった場合
1 回伸縮し、その間、操作パネルの全てのラ
ンプが点滅します。( 初期動作 )
●本体温水タンクが満水なら全てのランプが点滅する代
わりに「水勢」
「温水」
「便座」ランプが点灯しますので、
手順 3 に進んでください。
●本体内の温水タンクに給水され、満水になると操作パ
ネルの全てのランプの点滅が止まり、
「水勢」
「温水」
「便
座」ランプが点灯します。(給水中は本体表示部のラ
ンプが順に点灯し、スクロールします)
水が温水になるまで待つ
(約5分)
●便座も温まるのを確認してください。
便座ふたを開けて、着座センサ
ーを白紙や手でふさぐ
●着座センサーが着座を検知します。
(便座ふたが開い
5
着座センサーをふさいだまま、
「おしり」ボタンを押す
6
洗浄水 ( 温水 ) が出るのを確認
したら、
「止」ボタンを押す
めてください。
3
●ノズルが
●時間は水温や周囲の温度によって変わります。
ていないと検知しません)
●脱臭ファンが動き始めます。
●自動でノズル洗浄をします。
●ノズルが伸びて、ノズルから洗浄水
( 温水 ) が出るこ
取り付けかた
●ゆるみがあるときは、モンキーレンチなどでしっかり締
コンセントに電源プラグを根元
まで差し込む
とを確認してください。
ビニールシートなどを当てて、周囲へ水が飛び散らな
いようにしてください。
●洗浄水が止まり、ノズルが本体に収納されます。
着座センサーをふさいでいた白
紙などを取り除く
1.水道の元栓と止水栓を閉める
2.水もれのある接続部をはずし、もう一度
取り付ける
お願い
着座センサー
●どうしても水もれが直らないときは、水道の元栓を閉
めた後、水道工事店にご連絡ください。
5
18
時間の経過とともに水もれす
ることがあるので、据付工事
後、数日間は広口容器を設置
しておく
4
2
1
5
6
19
使いかた
警告
指示
次のようなかたが使うときは、便座に座るときや立ち上がるときに、
転倒しないように周囲のかたが注意する
お子様/お年寄り/自分で便座に座ることや立ち上がることができないかた
便座から立ち上がるとき、着座したままで体を前にずらすような動作をくり返すと、本体がはずれるおそれ
があり、便器から落ちてけがをする原因になります。
4
おしり・ビデ洗浄についてお願い
●長時間の洗浄や洗いすぎにご注意ください。
常在菌を洗い流してしまい、体内の菌バランスを崩してしまう可能性があります。
●局部の治療・医療行為を受けている方は、使用について医師の指示に従ってください。
お知らせ
●水勢・温水温度・便座温度の調節と節電の設定は、便座ふたを閉じた状態でも操作できます。
その他の操作は便座ふたを開け、便座に座らないと動作しないようになっています。
1
4
3
ボタンを押し、洗浄を停止する
●約
便座ふたを開ける
7 秒間、ノズル洗浄をします。ノズルが、ノズル出口付近で伸縮を 3 回繰り返します。
お願い
●洗浄停止後に続けて「おしり」または「ビデ」ボタンを押しても、
すぐに洗浄を開始しない場合があります。
5
立ち上がる
●着座センサーが切れ、洗浄操作ができなくなります。
脱臭は、約 1 分後に自動停止します。
お願い
3
せん。( 約 2 分後に止まります )
便座に座る
着座センサーが入り、洗浄操作が可能になります。
●脱臭が始まります。
(脱臭ファン動作音発生)
または
使いかた
2
●洗浄後、ノズル付近から水が出ますが、これは本体内部ホースの残水が出てくるもので、異常ではありま
●ノズル付近から水が少量出ることがありますが、これは温水タンク内の水があたためられて膨張して出て
お願い
くるもので、異常ではありません。
●着座センサーを衣類でおおうと、着座セン
●連続して水が出ているときは、何らかの異常が考えられます。止水栓を閉め、電源プラグを抜いて、お買
サーが入らないことがあります。
衣類を着座センサーからはなしてください。
い上げの販売店、または東芝生活家電ご相談センターへお問い合わせください。
6
ボタンを押す
●洗浄する前に、自動でノズルの洗浄をします。
●ノズル位置はお好みに合わせてノズル位置調整ボタンで調節できます。
便座ふたを閉じる
●便座ふた・便座はゆっくりと閉まる機構になっています。
破損の原因になるため、便座ふた・便座は無理な力を加えないでください。
●連続して約
2 分ご使用になりますと、洗浄が止まります。
続けてご使用になる場合は、再度ボタンを押してください。
洗浄水の温度が下がっている場合は、しばらく待って
お願い
洗浄水が温まってからご使用になることをおすすめし
●操作パネルのボタンを必要以上に強く押さな
ます。
いでください。故障の原因になります。
20
(つづく)
21
使いかた(つづき)
おしり / ビデ ムーブ洗浄ボタン
水勢調節ボタン
温水温度調節ボタン
ノズル位置調節ボタン
便座温度調節ボタン
ノズル位置の調節
温水温度の調節
おしり洗浄またはビデ洗浄中に ボタンを押す
ボタンを押す
●7
段階で調節できます。
●初期は中央の位置ですので、前後に
●温水タンク内の保温温度を設定します。洗浄中に操作しても、洗浄水の温度が変わるわけではありません。
3 段階ずつ調節できます。
●3
段階で調整できます。
●ボタンを押すごとに設定温度が変更されます。
●洗浄を続けると、洗浄水の温度は下がってきます。しばらく待って、洗浄水の温度が上がってからお使いく
ださい。
お知らせ
表示ランプ :点灯 :消灯
●ノズル位置の設定は本体に記憶されません。洗浄が終われば初期位置(中央の位置)にもどります。
次にご使用になるときに、再度調節が必要になります。
切
低(約34℃)
中(約38℃)
高(約40℃)
ムーブ洗浄
●ノズルが前後に伸縮し、広範囲をまんべんなく洗浄します。
●もう一度「ムーブ」ボタンを押すと、ムーブ洗浄が終了し、通常の洗浄
に戻ります。
●ムーブ洗浄中はノズル位置調整ができません。ノズル位置を調整する場
合は、一旦ムーブ洗浄を終了してください。
水勢の調節
便座温度の調節
ボタンを押す
お願い
●周囲温度によって、便座温度は変化します。
お使いにならないときに便座ふたを閉めておくと、温
度低下を少なくでき、また電気代の節約にもなります。
●3
段階で調整できます。
●ボタンを押すごとに設定温度が変更されます。
表示ランプ :点灯 :消灯
水勢 ボタンを押す
●4
使いかた
おしり洗浄またはビデ洗浄中に ボタンを押す
段階で調節できます。
切
●洗浄時以外でも調節できます。
低(約33℃)
中(約37℃)
高(約40℃)
●水勢の強さ設定は本体に記憶されます。直前に設定し
た強さで洗浄を行います。
●水道水圧が低いところでは、水勢の調節を「低」にす
22
ると洗浄水が出ないことがあります。
このようなときは、水圧の調節を「高」にしてください。
表示ランプ :点灯 :消灯
(つづく)
23
使いかた(つづき)
おしりボタン
ビデボタン
節電ボタン
節電
その他の節電のコツ
ボタンを押す
●便座ふたは閉じておく
●ボタンを押すごとに、節電モード
↑
1 →節電モード 2 →解除(ランプ消灯)に設定を変更できます。
使用後に便座ふたを閉じておくと、便座表面からの
放熱を減らすことができます。
●節電モード 1(モード 1 ランプ点灯)
●設定温度
( 低、中、高 ) に関係なく温水温度を約 25℃、便座温度を約 28℃に設定します。
(温水ヒーターと便座ヒーターヘの通電時間を短くして節電します)
●便座に座る(着座センサーが検知する)と、温水ヒーターと便座ヒーターに通電し、設定温度まで温度を
上げます。(設定温度になるまで、約 4 分かかります。)
●便座から立ち上がると、再び温水温度を約 25℃、便座温度を約 28℃に設定します。
●節電モード 2(モード 2 ランプ点灯)
●設定温度
(低、中、高)に関係なく、温水ヒーターと便座ヒーターへの通電を節電設定の直後から6 . 5 時間止め
ます。
●6.5
季節に応じて、冷たさを感じない範囲で設定
温度を低めに調節すると、節電になります。
●こまめに電源を切る
外出時など長時間使用しないときは、電源プ
ラグを抜いておくと、節電になります。
ただし、温水タンクの中の水が凍結する可能
性があるときは、電源プラグを抜かないでく
ださい。
使いかた
時間経過すると温水ヒーターと便座ヒーターへの通電は再開され、設定温度まで温度を上げます。さ
らに 17.5 時間経過すると再び温水ヒーターと便座ヒーターへの通電を 6.5 時間止めるという動作を繰り返
します。
●設定温度を低めにする
●節電モード
2 を解除するまで、毎日ほぼ同じ時刻(節電モード 2 を設定した時刻)から 6.5 時間ヒータ
ーへの通電を停止して電力消費を抑えます。就寝前などに設定すると夜間あまり使用しない時間帯の電力
の節約になり、便利です。
●ヒーターへの通電停止中(6.5
外のランプは消灯します。
時間)、着座していない時は、操作パネルの「電源」と「節電モード 2」以
●便座に座る
( 着座センサーが検知する ) と、通電停止中でも温水ヒーターと便座ヒーターに通電し、設定温
度まで温度を上げます。(設定温度になるまで、約 7 分かかります)
このとき操作パネルの「電源」と「節電モード 2」以外のランプも点灯します。立ち上がると座る前の状
態に戻り、通電停止中であれば操作パネルの「電源」と「節電モード 2」以外のランプは消灯します。
※設定温度に到達するまでの時間は、周囲温度などにより変わります。
24
(つづく)
25
使いかた(つづき)
お手入れのしかた
警告
脱臭
お手入れのときは、電源プラグをコ
ンセントから抜く
●着座センサーが着座を検知すると、脱臭ファンが動作し脱臭を始めます。
●立ち上がると、約
お知らせ
●脱臭機能は約
注意
1 分後に自動停止します。
15 分で自動的に停止します。続けて使用する場合は、一度立ち上がって座り直してください。
●脱臭機能は、便器内の脱臭を目的にしております。トイレ全体を脱臭することはできません。
プラグを
抜く
感電・けがの原因になります。
禁 止
酸性やアルカリ性のトイレ用洗剤、
ベンジン、シンナー、クレンザー、
ナイロンたわしなどを使用しない
プラスチツク・金具を傷めます。
本体
1.電源プラグをコンセントから抜く
2.柔らかい布などに水を含ませ、固くしぼってからふく
3.汚れがひどいときは、中性洗剤を柔らかい布に含ませて
ふき取り、そのあと水ぶきする
洗剤のご使用にあたっては、洗剤の用途をよく確認してからご
使用ください。
便座ふたは取りはずしてお手入れできます。
本体も便器から取りはずしてお手入れできます。
4.お手入れが終わったら、電源プラグをコンセントに差し
込む
便座ふたの取りはずし・取り付けかた
2
2
使いかた お手入れ・アフターサービス
本体側回転軸穴
1
1
ふた側回転軸
取りはずしかた
取り付けかた
①便座ふたを閉じた状態で、右側を広げ
るようにして持ち上げて本体側の回転
軸からはずす。
②便座ふたを左側に移動させながら本体
からはずす。
①便座ふたを閉じた状態で、便座ふた右側の回転軸穴を、本
体側の回転軸に差し込む。
②便座ふたの左側を広げながら、便座ふた左側の回転軸穴を
本体側の回転軸に差し込む。
③便座ふたを何回かゆっくりと開閉させて異常のないことを
確認する。
お願い
●便座、便座ふたを無理に閉めないでください。回転軸が破損して便座、便座ふたの開閉に支障をきたすことが
あります。
26
(つづく)
27
お手入れのしかた(つづき)
注意
ノズル
ストレーナをはずすときは、止水栓を閉める また、ストレーナを取り付けるときは、
すき間がないようにしっかり閉める
閉める
漏水の原因になります。
本体のとりはずし・取り付けかた
本体着脱
ボタン
取りはずしかた
本体の両側部を持ち、本体右奥にある本体
着脱ボタンを押したまま手前に引き出す。
1
2
3
本体固定
プレート
お願い
●便座、便座ふたを持って本体を持ち上げないでください。本体がはずれて落下し、けがをする原因になります。
便座ふた、便座を開ける
2
ボタンを押す
●ノズルが洗浄されながら伸縮し、約
6cm 出た状
態で停止します。
●ノズルの根元部分まで掃除したい場合は、ノズル
の先端部分を指で引っ張ってください。
ノズルは約 9cm まで伸ばせます。
3
お願い
取り付けかた
本体中央部と本体固定プレートの中央を合わせ、
カチッと音がするまで奥へ押し込む。
電源プラグをコンセントに差し込む
●ノズルに無理な力を加えないでください。
4
柔らかいスポンジやブラシ、布など
に水を含ませて、ノズルを軽くふく
4
●ビデノズルは、指で軽く引っ張りながら掃除して
ください。
ストレーナ
1.電源プラグをコンセントから抜く
お願い
●ノズルの穴を傷つけないでください。
タンク
給水ホース
分岐金具
●ノズルに無理な力を加えないでください。
ノズル動作中にノズルを無理におさえると内部の
ギアが破損する恐れがあります。
本体給水ホース
2.マイナスドライバーなどで止水栓を閉める
2
●給水ホース内の残水により床をぬらさないように気を
つけて、モンキーレンチなどでナットをゆるめてください。
5
3
●ストレーナは本体給水口に内蔵されています。
●ノズルが本体内に収納されます。
6
●ノズル掃除の状態で
2 分経過すると、ノズルは自
動的に本体内に収納されます。
●ノズルが戻るとき、ノズルを引っ張らないでくだ
さい。
本体給水口
4. 歯ブラシなどでストレーナ内部の掃除をする
ボタンを押す
パッキン
本体給水ホース
お手入れ・アフターサービス
5
3.本体から本体給水ホースを取りはずす
お知らせ
●ノズルが本体に収納された後、カタ・カタと音の
5. 本体に本体給水ホースを取り付け、止水栓を開ける
4
6. 電源プラグをコンセントに差し込む
ストレーナ
28
することがありますが、異常ではありません。
本体給水口
●水漏れしていないか確認してください。
6
3
便座、便座ふたを閉める
●便座・便座ふたはゆっくりと閉めてください。
(つづく)
29
凍結防止・長期間使わないときの処置のしかた
お手入れのしかた(つづき)
注意
脱臭フィルターには、洗剤や水をか
けない
脱臭カセット挿入口から、脱臭カセ
ット以外のものを入れない
指などを入れると、挿入口の奥の脱臭ファン
で、けがをする原因になります。
禁 止
凍結のおそれがあるときは、配管部が破損する可能性がありますので水抜きをしてください。
長期間使わないときは、水が腐敗して皮膚の炎症などの原因となりますので水抜きをしてください。
禁 止
洗剤をかけると塩素系ガスが発生し、気分が
悪くなることがあります。
万一、洗剤がかかったときは、すぐ換気をし
てください。
凍結予防および長期間使わないときの処置のしかた
1
電源プラグを抜く
2
止水栓を閉める
●コンセントから電源プラグを抜く。
お願い
●脱臭フィルターの水洗いはしないでください。性能が低下したり、形がくずれることがあります。
脱臭フィルター
1
脱臭カセットのロック爪を押し下げな
がらはずし、脱臭カセットを引き出す
脱臭フィルター
脱臭カセット
●無理に引っ張るとロック爪が破損する原因になり
3
●マイナスドライバーなどで止水栓を閉める。
本体給水ホース
2
温水タンクの水を抜く
●温水タンク水抜栓を回してはずし、温水タンクの
水を抜く。
温水タンク水抜栓が便器にかくれている場合は、
本体を便器からはずしてから温水タンク水抜栓を
はずしてください。
排水は、2L 以上の広口容器で受ける。
※水抜栓はコイン状のもので回してください。
ます。
2
タンク
給水ホース
分岐金具
脱臭フィルターのほこりを、掃除機
などで取り除く
温水タンク
水抜栓
●脱臭フィルターの格子部分が触れると黒くよごれ
ることがあります。
身体や衣類によごれが付いた場合は水洗いしてよ
ごれを落としてください。
3
広口容器
4
脱臭カセットをもと通りに差し込む
●ロック爪は確実にセットしてください。
脱臭フィルターの寿命は約 5 年です。お手入れしても、においが気になる場合はお取り替えください。
脱臭フィルターのご購入は、お買い上げの販売店へご注文ください。
■脱臭フィルター
(部品コード:02030115)
1.寿命になった脱臭フィル
ターを引き抜く
本体給水口
1.本体給水口に接続されている本体給水ホー
スをはずし、はずした本体給水ホースの先
端部分を広口容器に入れる
本体給水ホース
お手入れ・アフターサービス
■脱臭フィルターのお取り替え
給水ホースとロータンクの水を抜く
2.ロータンクのレバーを回し、ロータンク内
の水を流し、空にする
●ロータンクのレバーを回すと、給水ホース内
の水も抜けますので、はずした本体給水ホー
スの先端部が広口容器に入っていることを確
認してください。
2.新しい脱臭フィルターを
カセットに差し込む
広口容器
お願い
●凍結予防中は、ロータンクおよび本体に給水されませんのでトイレは使えません。
30
(つづく)
31
凍結防止・長期間使わないときの処置のしかた(つづき)
凍結予防を解除する・使用を再開する
1
2
3
4
故障かなと思ったら
状 態
動かない
温水タンク水抜栓を元通りに取り付ける
本体給水ホースを元通りに取り付ける
止水栓を開ける
●停電していませんか。
●停電の復帰を侍ってください。
●電源プラグが抜けていませんか。
●電源プラグをコンセントに差し
●ブレー力一が切れていませんか。
表示内容
洗浄水が出ない
●断水していませんか。
●断水の復帰を待ってください。
●本体給水ホースなどが凍結していませんか。
●お湯に浸した布などで、本体給水
●止水栓が閉まっていませんか。
洗浄水がぬるい、
冷たい
考えられる原因と処置のしかた
暖房便座がぬるい、
冷たい
よる温水温度制御不能
●ストレーナにゴミが詰まっていませんか。
●ストレーナを掃除してください。
●ノズルが目詰まりしていませんか。
●ノズルを掃除してください。
●温水温度調節が「切」
「低」に設定されていま
●設定温度を「中」
「高」に調節し
●便座温度センサーの故障に
よる便座温度制御不能
●タンク内の水量低下・不足
全てのランプが点滅
(漏水など)
●水位センサーの故障などに
よる水位制御不能
表示ランプ
●本体給水ホースが折れ曲がっていませんか。
ご使用をやめて電源プラグを抜き、
点検・修理をご依頼ください。
せんか。
●連続して洗浄していませんか。
●便座温度調節が「切」
「低」に設定されていま
●ホースの折れ曲がりをなくして
ください。
●水勢を
「強」に調節してください。
てください。
●前の人の洗浄後、
約 5 〜 7 分(*)
待ってから使用してください。
( 温水タンク内の水を温めます )
●着座して約 4 〜 7 分(*)待っ
てから使用してください。
( 温水タンク内の水を温めます )
●設定温度を「中」
「高」に調節し
せんか。
●節電モードを設定していませんか。
(節電ランプが点灯していませんか)
( 便座を暖めます )
脱臭が動作しない
●着座センサーが動作しづらい状態
●着座センサーから衣類を離して
脱臭が途中で止まる
●15
●連 続 し て 着 座 し て い る と、 約
本体ががたつく
●本体を固定している取付ボルトの締付がゆる
( 着座センサー部
を衣類がかくしているなど ) になっていませんか。
分以上着座していませんか。
んでいませんか。
てください。
●着座して約 5 分待ってください。
お手入れ・アフターサービス
●便座温度異常
●止水栓を開けてください。
●本体の温水タンクに水が入っていますか。
( 全ての表示ランプが点滅していませんか )
●節電モードを設定していませんか。
(節電ランプが点灯していませんか)
●温水温度異常
ください。
ホースなど凍結部を温めてくださ
い。または室内を暖めて解凍して
ください。( 熟湯や熱風による解
凍はしないでください。ホースが
破損する恐れがあります )
●「おしり」ボタンを押して、初期
給水を行ってください。
●水勢が「弱」になっていませんか。
●温水温度センサーの故障に
込んでください。
●着座センサーから衣類を離して
( 着座センサー部
を衣類がかくしているなど ) になっていませんか。
●
「おしり」ボタンを押して、タンクに給水する。
本体に異常が発生すると表示ランプが点滅してお知らせします。
●ブレー力一を「入」にしてください。
●着座センサーが動作しづらい状態
電源プラグを差し込む
異常報知について
処置方法
ノズルが出ない
水勢が弱い
32
原 因
修理サービスを依頼される前に、
次の点をお調べください。
ください。
15 分で脱臭が止まりますので、
座り直してください。
●取付ボルトを締め付け直してく
ださい。
*周囲温度により、あたたまる時間が異なることがあります。
:点滅
33
保証とアフターサービス
形 名
SCS-T92
電 源
交流 100V 50-60Hz 共用
年間消費電力量(2012 年度基準)★
163kwh/ 年(219kwh/ 年)
省エネ基準達成率(2012 年度基準)★
112%
定格消費電力
662W
使用可能給水圧力
給水温度
温水洗浄装置
約 0.50 〜 0.75(L/ 分)
ビデ洗浄
約 0.50 〜 0.75(L/ 分)
水勢調節
おしり、ビデ各 4 段階
ノズル位置調節
温水ヒーター
温水タンク容量
安全装置
*温度調節
便座ヒーター
安全装置
脱 臭
0 〜約 35℃
おしり洗浄
*温度調節
暖房便座装置
0.07 〜 0.75MPa
脱臭フィルター
脱臭風量
節電モード
そのほかの安全装置
3 段階調節(約 34℃〜 40℃)、およびヒーター「切」
7 段階調節
600W
約 0.6L(省エネ法に基づく)
サーモスイッチ(温度過昇防止器)、温度ヒューズ、水位センサー
3 段階調節(約 33℃〜 40℃)、およびヒーター「切」
50W
温度ヒューズ
触媒脱臭
漏電遮断回路内蔵
外形寸法
幅 489mm ×奥行 543mm ×高さ 158mm
本体重量
約 4.1kg
電源コード
補修用性能部品の保有期間
●保 証書は、この取扱説明書の裏表紙
●温水洗浄便座の補修用性能部品の保有期間は製造打ち切り後 6 年です。
に記載されています。
●保 証書は、必ず「お買い上げ日・販
売店名」などの記入をお確かめのう
え、販売店から受け取っていただき、
内容をよくお読みの後、大切に保管
してください。
●保 証期間はお買い上げの日から 1 年
間です。
長さ約 1.0m
*周囲温度や入水温度により異なります。
★年間消費電力量測定基準:省エネ法に基づいて、湯沸かし方式などの種類別の算定式により、算出したものです。
タイマー節電機能は、節電モード 2(6.5 時間)で算出しています。
タイマー節電機能を使用しない場合の消費電力量を( )で表示しています。
部品について
●修理のために取りはずした部品は、特段のお申し出がない場合は当社で
引き取らせていただきます。
●修理の際、当社の品質基準に適合した再利用部品を使用することがあり
ます。
修理を依頼されるときは
出張修理
32 〜 33 ページ「異常報知について」
「故障かなと思ったら」に従って調べていただき、なお異常があるときは、
ただちに使用を中止し、必ず電源プラグをコンセントから抜いて、お買い上げの販売店または東芝生活家電ご
相談センターにご連絡ください。
■保証期間中は
■修理料金のしくみ
保証書の規定に従って、販売店または東芝テクノネッ
トワーク㈱が修理させていただきます。なお、修理に
際しましては、保証書をご提示ください。
■保証期間が過ぎているときは
保証期間経過後の修理については、お買い上げの販売
店にご相談ください。修理すれば使用できる場合は、
ご希望により有料で修理させていただきます。
便利メモ
技術料
故障した商品を正常に修復するため
の料金です。
部品代
修理に使用した部品代金です。
出張料
商品のある場所へ技術者を派遣する
料金です。
年 月 日
お買い上げ店名
電話( )
●コンセントがガタついている。
このような症状のときは、
●水漏れがする。
愛情点検
このような
症状はあり
ませんか。
●焦げ臭いにおいがしたり、運転中に異
常な音や振動がある。
お手入れ・アフターサービス
抗菌加工部位:ノズル
試験機関 :㈶新潟県環境衛生研究所
試験方法 :フィルム密着法
試験結果 :抗菌効果あり 99.9%
試験番号 :第 200800099-001-MBA 号
お買い上げ日
修理料金は技術料・部品代・出張料などで構成
されています。
長年ご使用の温水洗浄便座の点検をぜひ!
抗菌加工部位:便座
試験機関 :㈶新潟県環境衛生研究所
試験方法 :フィルム密着法
試験結果 :抗菌効果あり 99.9%
試験番号 :第 200800745-001-MBA 号
34
●補修用性能部品とは、その商品の機能を維持するために必要な部品です。
約 0.11m3/ 分
モード 1、モード 2(6.5 時間タイマー節電)
必ずお読みください
保証書(一体)
故 障 や 事 故 防 止 の た め、
電源を切り、コンセント
●本体に触ると、ビリビリ電気を感じる。
ご使用 から電源プラグを抜いて
中 止 必ず販売店または東芝生
●ボタンを押しても動作しないときがある。
活家電ご相談センターに
●電源コード、プラグ、本体が異常に熱い。
点検、修理をご相談くだ
●そのほか、異常・故障がある。
さい。
▼
仕 様
(つづく)
35
保証とアフターサービス(つづき)
修理・お取り扱い・お手入れについてご不明な点は
お買い上げの販売店へご相談ください。
販売店にご相談ができない場合は、下記の窓口へ
東芝生活家電ご相談センター
・お客様からご提供いただいた個人情報は、修理やご相談へ
の回答、カタログ発送などの情報提供に利用いたします。
受付時間:365日 9:00∼20:00
・利用目的の範囲内で、当該製品に関連する東芝グループ会
携帯電話・PHSなど 022-774-5402(通話料:有料) 社や協力会社に、お客様の個人情報を提供する場合があり
FAX 022-224-6801(通信料:有料)
ます。
0120-1048-76
東芝温水洗浄便座保証書
出張修理
形 名 ★
お
お
名
前
客 ご
住
様 所
SCS-T92
ふりがな
〒
様
-
電 市外
話
保
証
期
間
★
ご
販
売
店
本
体
市内
1年
番号
呼
★お買い上げ日
年
月
日から
住所 . 店名
※この保証書は、本書に明示した期間、条件のもとにおいて、
無料修理をお約束するものです。したがってこの保証書に
よって保証書を発行している者(保証責任者)
、およびそ
れ以外の事業者に対するお客様の法律上の権利を制限する
ものではありません。
※保証期間経過後の修理、補修用性能部品の保有期間につい
て詳しくは取扱説明書をご覧ください。
修理
メモ
修理年月日
修理内容
担当
年 月 日
年 月 日
電話
リビング機器事業部
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-2-15(東芝昌平坂ビル)
電話(03)3257-5864
本書は、取扱説明書、本体貼付ラベルなどの記載内容にそっ
た正しいご使用のもとで、保証期間中に故障した場合に、本
書記載内容にて無料修理をさせていただくことをお約束する
ものです。
保証期間中に故障が発生したときは、お買い上げの販売店に
出張修理をご依頼ください。
修理の際には本書をご提示ください。
修理の際、当社の品質基準に適合した再利用部品を使用する
ことがあります。
★印欄に記入のない場合は有効とはなりませんから、必ず記
入の有無をご確認ください。本書は再発行いたしませんので、
紛失しないよう大切に保管してください。
1. 保証期間内でも次の場合には有料修理になります。
(イ)使用上の誤りおよび不当な修理や改造による故障お
よび損傷。
(ロ)お買い上げ後の落下、運送等による故障および損傷。
(ハ)火災、天災地変(地震、風水害、落雷等)、塩害、ガ
ス害、異常電圧による故障および損傷。
(ニ)本書のご提示がない場合。
(ホ)本書にお買い上げ年月日、お客様名、販売店名の記
入のない場合、あるいは字句が書きかえられた場合。
(ヘ)一般家庭用以外(たとえば業務用など)にご使用の
場合の故障および損傷。
(ト)ご使用による容器の汚れ。
(チ)消耗部品の交換
2. 出張修理を行なった場合には出張に要する実費を申し受け
ます。
3. 修理のために取りはずした部品は特段のお申し出がない場
合は当社で引き取らせていただきます。
4. 本書は日本国内においてのみ有効です。
This warranty is valid only in Japan.
5. ご転居またはご贈答品などで、お買い上げの販売店に修理
がご依頼できない場合には、東芝生活家電ご相談センター
へご相談ください。
・保証書にご記入いただいたお客様の住所・氏名などの個人情報は、保証期間内のサービス活動およびその後の安全点検活動の
ために利用させていただく場合がございますので、ご了承ください。
・修理のために、当社から修理委託している保守会社などに必要なお客様の個人情報を預託する場合がございますが、個人情報
保護法および当社と同様の個人情報保護規程を遵守させますので、ご了承ください。
リビング機器事業部
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-2-15(東芝昌平坂ビル)
36
100701-02
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising