wt-s600j manual
フレームスイッチャー機能付き
6チャンネル デジタルレコーダー
WT-S600J
6CH DI
GITAL
RECORD
ER WT-S
600J
本体取扱説明書
このたびは、本機器をお買い求めいただきありがとうございます。
ご使用になる前にこの本体取扱説明書をよくお読みの上、本機器
を正しく安全にお使いください。お読みになったあとは、いつでも
見られるところに必ず保管してください。
本機器の仕様や取扱説明書の内容は、予告なく変更する場合が
ありますのでご了承ください。
目次
はじめに
安全上のご注意..............................................................3
録画した映像を日時などで指定して見る ................21
A アラームサーチ ............................................................22
B アラームサムネイルサーチ .........................................22
安全のため必ずお守りください .........................................3
■ プリアラームの映像を見るには ............................22
正しくご使用いただくために必ずお守りください ..........5
C 日時サーチ ....................................................................23
主な特長 .........................................................................7
■ プリビュー画面を再生する ....................................23
D バックアップ領域のサーチ .........................................24
付属品 .............................................................................7
E モーション検出サーチ.................................................24
各部のなまえとはたらき(前面部)..............................8
■ プリビュー画面で確認する ....................................26
■ 通常の再生画面で見る............................................26
各部のなまえと接続(後面部)...................................10
録画した映像をメディアなどにコピーする ............27
一般接続.............................................................................10
アラーム接続 .....................................................................11
ネットワーク端子の接続(LAN).....................................11
コントロール端子 .............................................................12
A 通常記録領域またはアラーム記録領域の映像を
バックアップ領域にコピー(例:10秒)する ..........28
B 内蔵ハードディスクの映像をCFカードまたは
マイクロドライブにコピー(例:10枚)する ............29
C CFカードまたはマイクロドライブの映像を
パソコンで見たり印刷したりする .............................30
使いかた
CFカードのフォーマット ................................................31
CFカードにコピーした映像をパソコンで見る .............31
操作前の準備 ..............................................................13
本機の電源を入れる .........................................................13
時刻設定.............................................................................13
設定のしかた
操作表示部 .........................................................................14
ライブ映像を色々な分割画面で見る........................15
メインメニュー構成...................................................32
他の1画面に切り換える...................................................15
基本設定 ......................................................................33
4画面にして、切り換える ................................................15
メニュー構成 .....................................................................33
マルチ画面にする .............................................................15
■ プラス画面を再生状態にする ................................15
分割画面で必要な画面を拡大する ..................................15
画面を自動的に切り換える..............................................16
モニタ2端子に接続したモニターで見る........................16
ハードディスクに映像を録画する............................17
記録フォーマットの確認..................................................17
通常録画(通常記録領域).................................................17
■ 初期設定画面の表示のしかた ................................33
A 外部時刻設定 ................................................................34
B カメラ検出 ....................................................................34
C タイトル設定 ................................................................35
D 休日設定 ........................................................................35
E 時刻周期設定 ................................................................36
■ 各操作の時刻周期を変更する場合.........................37
■ 時刻周期の時刻設定について ................................37
記録設定 ......................................................................38
録画した映像を見る(通常記録領域).......................18
メニュー構成 .....................................................................38
再生について .....................................................................18
■ 記録設定画面の表示のしかた ................................38
1画面で見る ......................................................................18
A 簡易記録のメニュー説明.............................................39
再生中に早送り/早戻しをする ........................................18
A-1 簡易記録設定1..........................................................40
再生スピードを変えて見る..............................................19
A-2 簡易記録設定2..........................................................41
静止画で見る .....................................................................19
B 記録領域画面のメニュー説明 .....................................42
コマ送り(正逆)で見る ....................................................19
■ 記録領域の容量を確認する ....................................42
映像を拡大して見る .........................................................20
4画面で見る ......................................................................20
マルチ画面で見る .............................................................20
1
はじめに
B-1 通常記録領域とアラーム記録領域の変更 ..............43
B-2 バックアップ領域の記録再開許可..........................44
目次
C 記録条件設定のメニュー説明 .....................................45
画面設定 ......................................................................69
■ ディスク残量警告について ....................................45
メニュー構成 .....................................................................69
C-1 記録領域の上書き記録設定 .....................................46
■ 画面設定画面の表示のしかた ................................69
C-2 記録領域の保存期間の設定 .....................................46
A 分割画面を並び換える.................................................70
D 通常記録設定のメニュー説明 .....................................47
B メインモニターとモニター2のライブ映像を同じ
D-1 通常記録領域の設定 .................................................47
E プログラム記録設定のメニュー説明..........................48
E-1 プログラム記録設定 .................................................48
F タイマー設定のメニュー説明 .....................................49
■ タイマー録画について............................................49
■ タイマー設定が重なった場合 ................................49
■ 各曜日、毎日がかさなった場合..............................49
■ タイマー予約の削除................................................49
F-1 曜日(毎日、同時間、同記録レート)毎の
タイマー録画.............................................................50
■ タイマー録画をプログラム設定する.....................50
F-2 毎日(24時間以上)のタイマー録画 ......................51
F-3 外部タイマー(アラーム)録画 ................................52
■ タイマー録画をプログラム設定する.....................52
時間間隔(例:5秒)で自動的に切り換える .............71
B-1 メインモニターとモニター2のライブ映像を
個別の時間間隔で自動的に切り換える ..................71
B-2 メインモニター(1画面)のライブ映像を個別の
時間間隔、モニター2のライブ映像を同じ
時間間隔(例:3秒)で自動的に切り換える..........72
B-3 時刻周期設定の時間帯でモニターを
表示させないカメラを設定する..............................72
C 特定のライブ映像を見えなくする .............................73
D ライブ映像の色調を調整する .....................................74
停電情報/使用時間...................................................75
A 停電情報/使用時間画面のメニュー説明..................75
A-1 情報を確認する.........................................................75
G アラーム記録設定のメニュー説明 .............................53
初期化履歴 ..................................................................76
G-1 アラーム記録設定.....................................................54
A 初期化履歴画面のメニュー説明 .................................76
G-2 プリアラーム記録設定 .............................................55
A-1 履歴を確認する.........................................................76
G-3 アラームトリガーの設定 .........................................55
G-4 モーションセンサーの説明 .....................................56
G-5 モーションセンサー設定 .........................................57
H アラーム動作/表示設定のメニュー説明....................58
H-1 アラーム動作設定.....................................................59
メニューコピー...........................................................77
A メニュー設定コピーの説明 .........................................77
A-1 CFカードにメニュー内容を保存する ....................77
A-2 CFカードに保存されたメニュー内容を
他の同機に読み込む .................................................78
H-2 アラーム表示設定.....................................................59
■ アラームを解除する................................................59
一般設定 ......................................................................60
その他
メニュー構成 .....................................................................60
■ 一般設定画面の表示のしかた ................................60
仕様 ..............................................................................79
A データ表示設定/VIDEO LOSS設定 .........................61
記録レートと録画時間一覧表 ...................................80
B ブザー表示 ....................................................................62
C セキュリティーロック画面のメニュー説明 ..............63
記録レート設定/プリアラーム録画時間一覧表 ....82
C-1 本機を管理者と使用者でパスワードを設定する...63
プッシュロック端子仕様 ...........................................83
C-2 セキュリティーロックの設定..................................64
こんなときは(トラブルシューティング).................84
C-3 セキュリティーロックの解除..................................64
■ パスワード設定後の操作表 ....................................65
■ パスワード設定例....................................................66
アフターサービスについて .......................................90
D ハードディスク設定のメニュー説明..........................67
■ ハードディスクの増設について ............................67
D-1 ハードディスクの初期化 .........................................67
E ネットワーク設定 ........................................................68
E-1 ネットワークのパスワードを変更する ..................68
はじめに
2
安全上のご注意
安全のため必ずお守りください
この安全上のご注意は、安全な使いかたを理解してい
ただくため、記号(絵表示)を使って、わかりやすくま
とめています。
警告
■ 煙が出ている、変な音やにおいがするなどの
異常状態のまま使用しない
■ 絵表示について
この取扱説明書および製品への表示では、製品を安
全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への
危害や財産への損害を未然に防止するために、いろ
いろな絵表示をしています。その表示と意味は次の
ようになっています。
内容をよく理解してから本文をお読みください。
異常状態のまま使用すると、火災、感電の原
因となります。すぐに電源プラグをコンセン
トから抜いて、煙が出なくなるのを確認して
から、お買い上げ販売店または工事店に修理
をご依頼ください。
お客さまによる修理は危険ですから絶対にお
やめください。
電源プラグを
コンセントから抜け
■ 分解したり、改造しない
危険
この表示を無視して、誤った取
扱いをすると、人が死亡または
重傷を負う危険が差し迫って
生じることが想定される内容
を示しています。
警告
この表示を無視して、誤った取
扱いをすると、人が死亡または
重傷を負う可能性が想定され
る内容を示しています。
注意
この表示を無視して、誤った取
扱いをすると、人が傷害を負う
可能性が想定される内容およ
び物的損害のみの発生が想定
される内容を示しています。
■ 絵表示の例
記号は注意(危険・警告を含む)を促
す内容があることを告げるものです。
図の中に具体的な注意内容(左図の場合は注
意)が描かれています。
記号は禁止の行為であることを告げ
るものです。
分解禁止
図の中や近傍に具体的な禁止内容(左図の場
合は分解禁止)が描かれています。
● 記号は行為を強制したり指示する内
容を告げるものです。
電源プラグを
コンセントから抜け
3
図の中に具体的な指示内容(左図の場合はAC
アダプターの電源プラグをコンセントから抜
け)が描かれています。
はじめに
内部に手を触れると危険なうえ、火災、感電
の原因となります。
内部の点検・調整・修理は、お買い上げ販売
店または工事店にご依頼ください。
分解禁止
■ ぬらさない
¡本機は防水構造になっていませんので、ぬ
らさないようにご注意ください。火災、感
電の原因となります。
風呂場、シャーワー室では使用しないでく
ださい。
¡万一内部に水などが入った場合は、本機の
電源を切り、電源プラグをコンセントから
抜いて、お買い上げ販売店または工事店に
ご連絡ください。そのまま使用すると、火
災、感電、故障の原因となります。
■ 雷が鳴り出したら使わない
雷が鳴り出したら使用しないでください。特
に接続ケーブルには絶対に触れないでくださ
い。感電の原因になります。
■ 不安定な場所に設置しない
¡落ちたり倒れたりして、けがや故障の原
因となります。
¡万一落としたり、キャビネットを破損し
た場合は、電源を切り、電源プラグをコ
ンセントから抜いて、お買い上げの販売
店または工事店にご連絡ください。
そのまま使用すると、火災、感電の原因
となります。
電源プラグを
コンセントから抜け
安全上のご注意
警告
注意
■ 衝撃や振動を与えない
■ 通風孔や放熱ファンをふさがない
¡本機はハードディスクなどによる放熱を換
気するために通風孔や放熱ファンを設置し
ています。
本機にカバーを掛けたり、ケースや本棚な
どで覆うと内部に熱がこもり、火災や感電
の原因となることがあります。
本機をラックに設置する場合は、本機と壁面間などに隙
間を開けてください。
¡上下間は1cm以上の隙間を開ける
¡左右・後面間は5cm以上を開ける
衝撃、振動が加わるとハードディスクが故障
して、データが破損する恐れがあります。
■ 爆発の危険があるところでは使わない
可燃性ガスおよび爆発性ガスが、大気中に存
在するおそれのある場所では、使用しないで
ください。引火、爆発の原因となります。
■ 急激な温度・湿度変化の場所に置かない
■ 電源電圧100V以外の電圧で使用しない
¡急激な温度(毎時10℃以上)変化および湿
度変化の激しい場所には置かないでくださ
い。
火災、感電の原因となります。
■ 設置場所の注意
■ 国外では使用しない
本機は精密な電子部品で構成しています。次
の様な場所での設置は、動作不良や故障の原
因となりますので、絶対に避けてください。
¡ 直射日光が当たる場所
¡ 水にぬれやすい場所
¡ 冷暖房器具や加湿器に近い場所
¡ エアコンなどの冷風が直接当たる場所
¡ ほこりやちりの多い場所
¡ 火気のある場所
¡ 磁気を持っているものに近い場所
¡ 揮発性物質のある場所
¡ 常に振動のある場所や車や列車など
使用できるのは日本国内のみで、外国では電
源電圧が異なりますので使用できません。
(This unit is designed for use in Japan
only and can not be used in any other
country.)
注意
■ 搬送・持ち運びについて
¡通電中は本機の移動は絶対に行なわないで
ください。
¡搬送する場合は、電源プラグをコンセント
から抜き、接続ケーブルを外したことを確
認して、ご購入時の梱包材料で梱包してく
ださい。また、搬送時はできだけ衝撃や振
動の少ない方法で行なってください。また、
落下しないようにご注意ください。
電源プラグを
コンセントから抜け
よく冷えた水をコップに注ぐと、コップのまわりに水滴
がつきます。これと同じように、本体内部にも水滴がつ
くことがあります。このような状態を露つき(結露)とい
います。
結露状態では動作させない
■ お手入れの際、長期間使用しない場合
電源プラグをコンセントから抜いてくださ
い。接続したままお手入れすると、感電の原
因となることがあります。
電源プラグを
コンセントから抜け
■ 内部の掃除について
内部の掃除については、お買い上げ販売店ま
たは工事店にご相談ください。機器の内部に
ほこりがたまったまま長い間掃除をしない
と、火災、故障の原因となることがあります。
■ 露つき(結露)のご注意
結露が起きた状態で動作させると故障の原因となること
があります。急激な温度変化があった場合は、電源を切
り、設置場所の温度が安定(約2時間)するまで待ってか
ら動作させてください。
通電時は露つきは起こりません。
露つきが起こりそうなときは・・・
本機の電源を切って、1∼2時間放置してからご使用く
ださい。
はじめに
4
安全上のご注意
正しくご使用いただくために必ずお守りください
■ ハードディスクについて
本機にはハードディスクを搭載しております。本機に衝撃や振動が加わると、ハードディスクが故障し、データが
破損する恐れがあります。
本機を設置・移動・操作を行なうときは、以下の事項を必ずお守りください。
警告
□ 本機は横置き型です。絶対に縦置きはしない
□ 通電中は絶対に衝撃や振動を与えたり、移動させない
ラックなどの出し入れ時も必ず電源は切ってください。
注意
□ ハードディスクと放熱ファンの自動動作確認
前面部のアラームランプ点滅状態で、機器の状態の確認が
できます。点滅状態を確認してから販売店にご相談くださ
い。
¡消灯:正常動作中
¡早い点滅:ハードディスク異常
¡遅い点滅:放熱ファン異常
6CH DIGITAL RECORDER WT-S600J
□ 録画や再生中は絶対にコンセントは抜かない
電源
1
2
3
4
5
6
残量警告
アラーム残量警告
□ 電源を切ってから約30秒間は動かさない
電源を切っても、しばらくの間はハードディスクは回転し
ています。この間は通電中よりもさらに衝撃や振動に弱い
状態ですので、絶対に動かさないようにしてください。
□ 衝撃や振動を与えない
本機を床などには置かないでください。やむを得ず置く場
合は、本機底面に備え付けの4箇所のスタンド(足)が付い
ていることを確認して丁寧に置いてください。
□ 搬送時は必ず購入時の梱包材を使用すること
本機ならびに単品のハードディスクなどを搬送する場合
は、ご購入の際の梱包材料で梱包してください。また、搬
送時はできるだけ振動の少ない方法で行なってください。
ハードディスクの取り扱いについて
■ 磨耗・劣化する部品の交換時期
ハードディスクは、使用環境により寿命は異なりますが、
磨耗劣化する部品です。
25℃の環境下でご使用された場合、通電時間が2年を越え
るころより、書込みエラー等が発生しやすくなり、さらに
経過するとヘッドやモータの劣化等により寿命に至る場
合があります。
より安心してご使用いただく為には、機器周囲温度を25℃
に保ち、2年を目安に交換することをおすすめします。
(ただし、この時間はあくまで目安であり、寿命を保証する
ものではありません。)
ロック
アラームランプ
□ 主要部品の交換時期
本機を周囲温度25℃の環境下で連続してご使用した場合
は、使用環境により部品が摩耗したり劣化します。本機の
性能を維持させるためにも下記の年数を目安に交換をお
勧めします。交換年数は目安であり、部品の性能を保証す
るものではありません。
¡ハードディスク:2年
ヘッドやモーターが摩耗・劣化します。交換時はダンパ
ー(振動吸収部品)も同時に交換することをお勧めしま
す。
¡放熱ファン:3年
ファンが正常に動作しなくなると、内部温度が上昇し、
ハードディスクが不具合となる原因となります。
ハードディスクの交換については、お買い上げの販売店に
ご相談ください。
¡ハードディスクは静電気に弱いため、必ず静電対策を行
なってください。
¡梱包していないハードディスクは基板面を上にして柔
らかい物の上に水平に置いてください。ハードディスク
に衝撃や振動が加わると故障することがあります。
¡ハードディスクを交換時に、ネジの締め付けや取り外し
による衝撃や振動を与えないでようにしてください。交
換後はしっかりとネジを締め付けてください。
■ ハードディスク寿命について
ハードディスクは精密機器ですので、衝撃を与えないよう
丁寧な取り扱いをお願いします。
① 衝撃・振動はハードディスクの故障の原因になります。
② 電源をいれた時や電源を切った直後(30秒間)はハー
ドディスクの動作が安定しておりませんので、移動や設
置作業は絶対に行わないでください。
③ 放熱穴をふさいだり、放熱ファンを止めないようにして
ください。機器内部の温度が上昇しますと、ハードディ
スクの寿命が短くなります。
5
はじめに
4画面表示 マルチ表示 モニタ2 プラス表示 カメラ自動切替 ズーム
アラーム
放熱ファン
安全上のご注意
■ バックアップバッテリーについて
¡本機にはリチウムバッテリーが内蔵(固定)されていま
す。日付と時刻をセットしてから、48時間以上電源を
■ 本機のお手入れ
電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いて柔らか
い布で汚れを軽くふき取る
入れますと、電源プラグを抜いた場合でも30日以内は
時計機能が維持されます。
¡バッテリーの寿命は充放電を繰り返し使用した場合で
約5年です。
汚れがひどいときは…
水でうすめた中性洗剤にひたした布をよく絞ってふき取
り、乾いた布で仕上げる
¡バッテリーの液漏れ処置について
万一、液漏れが発生し、液が手や衣服に付着したときは、
水でよく洗い流してください。
目に入ったときは、失明の恐れがあります。こすらずに、
直ぐにきれいな水で洗ってから、医師にご相談くださ
い。
ご注意
¡お手入れの際、ベンジン・シンナーは使用しないでくだ
さい。変質したり、塗料がはげることがあります。
¡化学ぞうきんをご使用の際は、その注意書きに従ってく
ださい。
液漏れの発生や寿命の場合は、次の症状になります。お
¡本体に殺虫剤など揮発性のものをかけないでください。
取り替えについては、お買い上げの販売店またはお近く
また、ゴムやビニール製品などを長時間接触させたまま
の「修理相談窓口」にお問い合わせください。
にしないでください。
¡電源が切れると、時計が自動的にリセットされる
変質したり、塗料がはげるなどの原因になります。
¡自動待機状態に戻らない
¡見ていた映像の番号を覚えなくなる
■ 著作権について
本機を処分される場合は
著作権を有する映像などを記録する際は、個人として使用
リチウムバッテリーの処理方法もお買い上げの販売店に
するほかは、著作権法上、権利者に無断で使用できませ
ご相談ください。
ん。
■ 長時間使用しないとき
■ 個人情報の保護について
電源プラグをコンセントから抜いてください。ただし機
カメラシステムを使用して撮影する人物・その他の映像
能に支障をきたす場合がありますので、ときどき電源を
で個人を特定できるものは個人情報となります。個人情
入れて作動させてください。
報の取扱いは個人情報保護法によりシステムを運用する
方の責務となりますのでご注意ください。
■ 録画内容は事前に確認してください
本機もしくは接続機器などの不具合などより、録画や再
生ができない場合がありますので、必ず事前に録画を行
ない、正常に再生されることを確認してください。録画内
容などについての保証はできません。
万一の故障や事故による映像の破損を防ぐためにも、定
期的にバックアップを行なうか、ミラーリングをお勧め
します。
はじめに
6
主な特長
■ 本機は、監視カメラ映像を内蔵のハードディスクに
録画できます。録画中にカメラ映像を分割画面
(4/6)で表示したり、録画した映像も分割画面で
表示できます。
■ 大容量ハードディスク(160GB)の標準搭載によ
り、長時間録画ができます。さらに、別売のハード
ディスク(80/250/300GB)の増設ができま
す。
■ 充実した録画・再生機能を搭載
¡録画と同時に、再生が可能。
¡タイマー録画により、曜日ごとに異なる録画が可能。
¡監視中および再生中の映像を拡大して表示するズーム機
能。
¡不審者の行動を録画するアラーム録画。
¡特定のカメラの映像をグレーパターンで覆い、モニターで
きなくするマスク機能。
¡各カメラにモーションセンサー検知が可能です。さらに動
きのある被写体を優先的に録画したりアラーム動作が可
能。
■ 見たい映像が瞬時に表示できる検索機能(P21)
¡アラームの発生順によるアラームサーチが可能
¡アラームのサムネイルによるアラームサーチが可能
¡録画した日付・時間で検索する日時サーチが可能
¡バックアップ領域のサーチが可能
¡侵入者の動きを検索するモーション検出サーチが可能
■ 2段階のセキュリティーロックにより使用者を制限
して、データと機器の管理が可能(P63)
■ 拡張性が高いためコンピュータとの連携が可能
¡録画した画像を、コンパクトフラッシュ(CF)カードにコ
ピーすることができます。
¡CFカードまたはマイクロドライブに保存された画像を、
パソコンで見たり、印刷したりできます。
¡後面のLAN端子との接続により、ネットワークコントロ
ールが可能です。本機のライブ映像監視、再生・サーチや
メニュー設定ができます。
¡メインモニターとモニター2端子により2台のモニターで
同時に監視することができます。メインモニターでは分割
画面表示が可能ですが、モニタ2では1画面でしか監視す
ることができません。
7
はじめに
付属品
次の部品が入っているかをご確認ください。
¡簡易取扱説明書-1冊
¡CD-1枚(本体取扱説明書、ネットワーク接続による遠隔
操作マニュアル)
¡電源ケーブル-1本/フィクサー-1個
各部のなまえとはたらき(前面部)
w
q
y
シャトル
ジョグ
6CH DIGITAL RECORDER WT-S600J
電源
1
2
3
4
5
6
タイマー録画
録画/停止
残量警告
アラーム残量警告
ロック
4画面表示 マルチ表示 モニタ2 プラス表示 カメラ自動切替 ズーム
メニュー 終了/画面表示
サーチ
コピー
アラーム
再生/停止 一時停止 シャトル保持
アラーム
e r t
u !0 i o
q 電源ランプ
付属の電源コードを後面の電源ソケットに接続してくだ
さい。
点灯:本機後面の電源スイッチを「入」にしたとき
消灯:本機後面の電源スイッチを「切」にしたとき
w 残量警告ランプ(通常記録領域用)(P45)
点灯:ハードディスクの記録ができなくなったとき
点滅:ハードディスク残量が指定した数値以下になった
とき
消灯:ハードディスクの初期化や上書き許可でディスク
残量をリセットしたとき
e アラーム残量警告ランプ(アラーム記録領域用)
(P45)
i モニタ2ボタンとランプ(P16)
点灯:モニタ2を監視中
消灯:他の操作を選択したとき(メニュー、サーチ、モニ
タ2、再生一時停止状態でのコピーボタン操作で
消灯)
o プラス表示ボタンとランプ(P15)
点灯:マルチ画面(6)を表示中に、1台のカメラ映像だ
けを4画面分のサイズに拡大したとき
消灯:もう一度、プラス表示ボタンを押したとき
!0 マルチ表示ボタンとランプ(P15)
点灯:6画面を表示中
消灯:他の操作を選択したとき
点灯:ハードディスクの記録ができなくなったとき
点滅:ハードディスク残量が指定した数値以下になった
とき
消灯:ハードディスクの初期化や上書き許可でディスク
残量をリセットしたとき
r ロックランプ(セキュリティー用)(P64)
点灯:セキュリティーロックにより、操作がロック状態
になっているとき
消灯:ロック解除のために正しい管理者のパスワードを
入力したとき(<ブザー設定>/ロック警告を"入"
に設定するとブザーがなります。)
t アラームランプ
早い点滅:ハードディスク異常時
遅い点滅:放熱ファン異常時
消灯:正常動作中
点滅の場合は、お買い上げの販売店にご相談ください。
y カメラ選択ボタンとランプ
点灯:カメラを選択したとき(マルチ画面を選択したと
きは複数点灯)
点滅:VIDEO LOSSの検出やアラームを検出したとき
u 4画面表示ボタンとランプ(P15)
点灯:4画面を表示中
消灯:他の操作を選択したとき
はじめに
8
各部のなまえとはたらき(前面部)
q開く
@4
表面
@0 !9
@4
e倒す
(ロック)
w
装着
シャトル
ジョグ
TAL RECORDER WT-S600J
5
@5
6
タイマー録画
録画/停止
w抜く
カメラ自動切替 ズーム
!7 !5
メニュー 終了/画面表示
サーチ
コピー
アラーム
再生/停止 一時停止 シャトル保持
!1 !2
!6 !8
@1
!3 !4 @2
!1 メニューボタンとランプ
点灯:メニュー画面を表示中
消灯:終了/画面表示ボタンを押したとき
!2 終了/画面表示ボタンとランプ
点灯:メニュー画面などからライブ映像や再生画面に切
り換えたときや、ライブ映像や再生画面でCH(チ
ャンネル)情報や動作情報を画面に表示中
消灯:メインメニュー画面などを表示中やチャンネル情
報や動作情報が非表示のとき
!3 再生/停止ボタンとランプ( )
点灯:ハードディスクなどに記録された映像を再生中
消灯:再生を停止したとき
!4 一時停止ボタンとランプ( )
点灯:静止画にしたとき
消灯:もう一度押したとき(解除)
!5 ズームボタンとランプ
点灯:デジタルズーム操作中
消灯:デジタルズーム操作を解除したとき
@3
q上げて
押し込む
@0 タイマー録画ボタンとランプ
点灯:タイマー録画中または待機中
消灯:もう一度押したとき(解除)
@1 アラームボタン(
/
)
再生中、または一時停止中に押すと、直前または直後のア
ラーム映像にスキップします。
@2 シャトル保持ボタンとランプ
点灯:シャトルダイヤルの回転角度を固定中
消灯:もう一度押したとき(解除)
@3 メニューリセットボタン
メニュー設定後にボタンを押すと、表示中のメニュー数
値を初期値に戻します。
@4 コンパクトフラッシュカードスロット
コンパクトフラッシュカードまたはマイクロドライブの
挿入方向を確認し、しっかり奥まで正しく装着してくだ
さい。
@5 操作ダイヤル
!6 サーチボタンとランプ
シャトルダイヤル
(Sダイヤル)
点灯:録画した映像を検索中
消灯:検索画面を終了したとき
!7 カメラ自動切換ボタンとランプ
点滅:ライブ映像を自動的に切り換え中
消灯:もう一度押したとき(解除)
!8 コピーボタンとランプ
点灯:録画した映像をバックアップ領域や他の記録
メディアにコピー中
消灯:コピー終了および解除したとき
!9 録画/停止ボタンとランプ
点灯:通常の録画中(3秒以上押すと録画/停止ランプが
消灯)
消灯:録画を終了したとき
9
はじめに
ジョグダイヤル
(Jダイヤル)
再生中
¡ジョグダイヤルで再生速度を変更できます。
¡シャトルダイヤルで早送り、早戻し再生ができます。
メニュー画面表示中
¡ジョグダイヤルでカーソルの移動や設定値を変更でき
ます。
¡シャトルダイヤルで設定の確定ができます。
各部のなまえと接続(後面部)
一般接続
① クリアーボタン
③ 映像入力端子
④ 電源ソケットとケーブルフィクサー
本機に設定している時刻などを
初期値に戻すときに押します。
カメラのライブ映像を入力します。
電源ケーブルを電源ソケットにしっかりと
差し込み、フィクサーでケーブルフィクサ
ーに固定してください。
カメラ(別売)
クリア
② 映像出力端子
1
2
3
4
5
映像入力端子の映像を出
(付属)
入力
力します。
電源ソケット
AC 100V
1
2
3
4
5
アラーム入力
6
入力
C 1 2 3 4 5 6
出力
モニタ2
センサー
アラーム出力
リモート
C R1 R2
C
択
LAN
力選
メイン
モニター
マイク入力
※出
出力
残量
ーム
アラ 残量
出力
警告
ット
リセ
ーム 力
ア ラ 総合出
ーム
ア ラ せ出力
合わ
時計 せ入力
合わ
時計
音声
入力
C
クリア
入
切
電源
⑥ マイク入力端子
⑧ 電源スイッチ
外部の音声を入力できます。
「入」または「切」側を押してく
マイク入力
ださい。
マイク
(別売)
入
切
電源
⑤ 音声入出力端子
⑦ モニター接続端子
アンプを通して、マイクロフォンから外部音声の入
力や、外部スピーカで音声を聴くときに接続しま
す。
¡メインモニター端子:
通常のライブ映像を1画面や分割画面などで見るときに接続
します。
¡モニタ2端子:
ライブ映像を1画面で見るときに接続します。
メイン
モニター
モニタ2
音声出力
アンプ(別売)
音声入力
映像入力端子
映像入力端子
音声
入力
出力
01
02
03
音声入力端子とマイク入力端子からは、同時に音
声を入力することはできません。同時に接続した
場合は、マイク入力端子が有効となります。
MENU
04
AUTO
MODE
POWER
モニター(別売)
MENU
AUTO
MODE
POWER
モニター(別売)
モニタ2端子に接続したカメラ映像の同期が不安定な場合は、
カメラ映像を切り換えると縦揺れが発生します。
はじめに
10
各部のなまえと接続(後面部)
アラーム接続
① アラーム入力端子
② センサーアラーム出力端子
本端子にスイッチや防犯センサーなどを接続すると、ドアな
どの開閉で侵入者などを検知することができます。
¡検知するにはアラーム入力の設定が必要です。
(P54)
本機内蔵のモーションセンサーが検知すると、本端子
から下記の信号が出力されますので、出力端子にラン
プなどを接続している場合は、警告灯などとなります。
¡使用するにはモーションセンサーの設定が必要で
す。
(P57)
アラーム入力端子に
外部スイッチを
接続する
6
電源
1
各端子ごとの定格値
• 最大電流 10 mA
• 最大電圧 DC 25 V
電源ソケット
AC 100V
1
2
3
4
5
アラーム入力
6
入力
C 1 2 3 4 5 6
出力
メイン
モニター
モニタ2
LAN
マイク入力
センサー
アラーム出力
リモート
C R1 R2
C
択
出力
力選
MODE
※出
AUTO
残量
ーム
アラ 残量
出力
警告
ット
リセ
ーム 力
ア ラ 総合出
ーム
ア ラ せ出力
合わ
時計 せ入力
合わ
時計
音声
入力
MENU
C
クリア
POWER
入
切
電源
ネットワーク端子の接続(LAN)
LANケーブルは10BASE-T/100BASE-TXカテゴリー5を使用してください。
A パソコンに直接接続する場合(ハブを使用しない)
コンピュータ
1∼6
MENU
AUTO
MODE
POWER
クロスタイプ
B イントラネットに接続する場合(ハブを使用する)
コンピュータ
1∼6
MENU
AUTO
MODE
POWER
コンピュータ
スイッチングハブ
ストレート
タイプ
イントラネット
11
はじめに
スイッチングハブ
各部のなまえと接続(後面部)
コントロール端子
■ リモート(R1、R2、C)端子
本機をリモートコントロールするときは、下記のようにリモ
コン回路を製作して、リモート端子に接続してください。
¡使用ケーブル:5m以下
¡使用抵抗:1/10Ω以上、Dランク(±0.5%以上)
電源ソケット
AC 100V
1
2
3
4
5
アラーム入力
6
入力
C 1 2 3 4 5 6
出力
モニタ2
センサー
アラーム出力
リモート
C R1 R2
C
択
LAN
力選
メイン
モニター
マイク入力
※出
出力
残量
ーム
アラ 残量
出力
警告
ット
リセ
ーム 力
ア ラ 総合出
ーム
ア ラ せ出力
合わ
時計 せ入力
合わ
時計
音声
入力
C
クリア
入
切
電源
択
力選
※出 力
入
マー
タイ
外部 録画出力
マー
タイ
残量
ーム
アラ 残量
出力
警告
ット
リセ
ーム 力
アラ 総合出
ーム
アラ せ出力
合わ
時計 せ入力
合わ
時計
リモート
C R1 R2
C
C
リモート入力1
リモート入力2
R1
R2
(単独操作時) (R2のSHIFTキー
との2重押し時)
SW 1 : カメラ1* : アラーム +
SW 17 : 録画停止
SW 2 : カメラ2* : アラーム -
SW 18 : 再生停止
SW 3 : カメラ3*
SW 19 : 静止画
SW 4 : カメラ4* :自動切換表示
SW 20 : サーチ
SW 5 : カメラ5* : モニタ2
SW 21 : SHIFT (R1との2重押しキー)
SW 6 : カメラ6* :プラス表示
SW 22 : 再生
SW 23 : 録画
SW 24 : メニュー
SW 25 : メニュー終了(EXIT)
SW 26 : +
SW 27 : −
SW 28 : →
ピン
時計合わせ入力
時計合わせ出力
アラーム総合出力
アラームリセット
警告出力
残量
アラーム残量
C
タイマー録画出力
外部タイマー入力
出力選択
C
信号
他機器からの時計合わせ入力
他機器への時計合わせ出力
アラームの総合出力
アラームリセット入力
ハードディスクまたは放熱ファン異常警告出力
通常記録領域の残量警告出力
アラーム記録領域の残量警告出力
アース
タイマー録画中に出力
外部タイマーからの信号入力
VIDEO LOSSまたは録画停止の出力選択
アース
SW 29 : ←
SW 30 : ズーム
SW 31 : コピー
SW 32 : タイマー録画
はじめに
12
操作前の準備
本機の電源を入れる
時刻設定
1
1
付属の電源ケーブルを接続して、電源を「入」に
する
後面の電源スイッチを「入」にする
前面部の電源ランプが点灯します。
電源ランプが点灯し、モニターに“時刻を設定しない
と記録できません!”と表示します。
電源
入
本機は録画した日時で再生や検索をおこないます。
必ず<時刻設定>で時刻を設定してください。
¡同時に内蔵ハードディスクには記録領域が自動的に
設定されますので、録画/停止ボタンを押すと録画を
始めます。
詳細は「記録領域画面のメニュー説明」を参照くだ
さい。
(P42)
切
電源
メニューボタンを押して、Sダイヤルを右に2回
まわす
2
メニュー
<メイン メニュー>
1.初期設定 ー>
2.記録設定 ー>
3.一般設定 ー>
4.画面設定 ー>
バックアップ領域
1%
Sダイヤル
アラーム
記録領域
19%
80%
通常
記録領域
<初期設定>
1.時刻設定 ー>
2.カメラ検出 ー>
3.タイトル設定 ー>
4.休日設定 ー>
Jダイヤル
(ハードディスク記録領域)
電源投入時や設定時などに、アラームランプが点滅をして
いる場合は、ハードディスクまたは放熱ファンに不具合が
生じています。
(P5、8)
¡早い点滅:ハードディスク異常
¡遅い点滅:放熱ファン異常
2
<時刻設定>
2006-01-01 日 00:00:00
<外部時刻設定>
調整時刻 : 01:00
時刻設定が終了すると、モニターに「操作表示部」
を表示する
操作表示部には、操作に必要な日付、時刻、操作記号な
どが表示されます。
(P14)
3
Sダイヤルを回して時刻を設定する
例:2006年10月26日の8時30分
Jダイヤルで数値を設定して、Sダイヤルを右に回す
操作をくり返し設定してください。
(操作表示部)
0
06-01-01 00:00:00 REC REPEAT EN A ALARM 0000
年
月
日
「時」「分」「秒」
2006-10-26 木 08:30:00
(S)
(J)
「分」の設定が終了すると、カーソルが〈外部時刻設定〉
へ移動し、00秒からスタートします。
¡曜日は自動的に設定されます。
¡時計の設定中は、時刻が停止します。
4
終了するときは、終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
13
使いかた
操作前の準備
操作表示部
操作表示部には、操作に必要な日付、時刻、画質などを表示
または非表示できます。
①
②
③
④
⑤⑥
⑦
⑧
06-01-01 00:00:00 REC REPEAT EN A ALARM 0000
操作表示部の位置の変えかた
終了/画面表示ボタンを押すごとに、操作表示部の位置が
変わります。
終了/画面表示
0
(非表示)
0
0
02
02
02
0
⑩⑨
① 日付表示
06-01-01(年月日):初めて電源を入れたときは、必ず
時刻設定で日付を設定してください。
② 時刻表示
00:00:00:初めて電源を入れたときは、必ず時刻設定
で時刻を設定してください。
③ 操作シンボル
録画や操作中などに表示します。
REC:録画中
:早送り再生中
EXT:外部タイマー録画中
:早戻し再生中
:逆再生中
:スロー再生中
:一時停止中
:逆スロー再生中
:再生中(録画と再生を同時操作中も含む)
④ 記録領域の残量(P42)
通常記録、アラーム記録等記録中にのみ表示されます。
1%∼100%:
ハードディスクの上書き禁止設定をした場合は、記録
できる容量をパーセントで表示する
REPEAT:
ハードディスクの映像をくり返し上書きする
⑤ 画質表示
ハードディスクに記録される映像の画質を表示します。
BA(Basic):ラフ画質、約15kB
NO(Normal):標準画質、約22kB
EN(Enhanced):準高画質、約30kB
FI(Fine):高画質、約42kB
SF(Super fine):最高画質、約50kB
⑥ 音声記録表示(P47:② 音声記録)
A:音声記録がある場合に表示する(音声記録設定が
"入"になっている場合にも表示する。
)
⑦ 記録種類
¡ALARM:アラーム再生中および待機中
¡ALARM(点滅):アラーム記録中
¡PRE:プリアラーム再生中および待機中
¡BACKUP:バックアップ再生中
⑧ アラーム回数
アラーム回数を表示する。
⑨ カメラタイトル
¡01∼06:
当初はカメラ番号を表示します。カメラ番号をカメラ
設置場所などの名称に変更できます。
¡VIDEO LOSS:
カメラ映像が途切れたときにカメラ番号(タイトル)と
交互に表示します。モニターの操作表示部が非表示状
態で同じ位置で点滅します。(<VIDEO LOSS設定>
/VIDEO LOSSを"切"にすると、点滅しません。)
¡NO VIDEO:
映像入力端子に映像信号が接続されていないときは、カ
メラ番号(タイトル)の代わりに表示する。
⑩ アラーム種類
¡EA:
外部アラーム信号を検知したときは、カメラタイトル
と交互に表示する
¡SA:
モーションセンサーアラーム信号を検知したときは、
カメラタイトルと交互に表示する
¡ES:
外部アラームとモーションセンサー信号を検知しとき
は、カメラタイトルと交互に表示する
使いかた
14
ライブ映像を色々な分割画面で見る
他の1画面に切り換える
分割画面で必要な画面を拡大する
見たいカメラのカメラ選択ボタン(例2、6)を押す
カメラ2の映像になり、カメラ6の映像になります。
2
プラス表示ボタンを押す
カメラ映像が拡大されます。
6
プラス表示
02
☞
1
06
01
02
02
04
01 05
03
04
05
06
映像を拡大(ズーム画)するときはP20を参照ください。
4画面にして、切り換える
4画面表示ボタンを押し、くり返し4画面表示ボタン
を押す
モニターの映像が4画面単位で切り換わります。
カメラ選択ボタンを押すと1画面に戻ります。
2
カメラ選択ボタン(例6)を押す
押したボタンの画面が拡大されます。
6
4画面表示
01
02
05
06
03
04
01
02
01
02
02
04
06 05
03
04
05
06
マルチ画面にする
マルチ表示ボタンを押す
分割画面を表示します。
カメラ選択ボタンを押すと1画面に戻ります。
マルチ表示
01
02
02
04
01 05
03
04
05
06
■ プラス画面を再生状態にする
再生中にプラス表示ボタンを押すと、プラス画面になりすべ
ての画面は再生状態になります。もう一度プラス表示ボタン
を押すと、左上部の画面のみが再生画面になります。
さらにプラス表示ボタンを押すと、再生中の1画面に戻りま
す。
プラス表示
01
02
02
04
01 05
03
04
05
06
¡プラス画面をライブ映像にして、カメラ自動切換ボタンを
押すと、プラス画面を自動で切り換えることができます。
15
使いかた
ライブ映像を色々な分割画面で見る
画面を自動的に切り換える
モニタ2端子に接続したモニターで見る
A 1画面の自動切換
カメラ自動切換ボタンを押す
監視中のライブ映像から順番に自動的に切り換わります。
もう一度、カメラ自動切換ボタンを押すと、自動切換がとま
ります。
カメラ自動切替
後面部のモニタ2端子にモニターを接続してください。画面
は1画面でしか見ることができません。
(P10)
メインモニター端子に接続したモニターを分割画面で監視
し、モニタ2に接続したモニターでは、各ライブ映像を1画
面または自動切換画面で見ることができます。
1
モニタ2ボタンを押して、カメラ選択ボタン
(例4)を押す
4チャンネル(04)の映像が表示されます。
もう一度、モニタ2ボタンを押すと、モニタ2でのボタ
ン操作が解除されます。
4
モニタ2
01
05
02
06
☞カメラ自動切換の間隔をかえるときはP72を参照くださ
い。
B 4画面の自動切換
1
4画面表示ボタンを押す
01
ライブ映像の4分割画面になります。
4画面表示
2
2
04
カメラ自動切換ボタンを押す
モニターが1画面の自動切換画面になります。
もう一度、カメラ自動切換ボタンを押すと、1画面の映
像になります。
カメラ自動切換ボタンを押す
カメラ自動切替
モニターの映像が4画面単位で切り換わります。
もう一度、カメラ自動切換ボタンを押すと、自動切換
がとまります。
カメラ自動切替
01
05
02
01
03
02
04
05
01
15
06
06
02
16
¡メニュー画面を表示中はモニタ2ボタンの操作はできま
せん。
¡モニタ2端子に接続したモニターでは録画した映像を見
ることはできません。
☞アラーム検出したライブ映像は、モニタ2端子に接続した
モニターで見ることができます。
(P58)
使いかた
16
ハードディスクに映像を録画する
内蔵ハードディスクは自動的に記録領域、通常記録、
記録条件などがフォーマットされます。録画をおこな
う前に通常記録で録画できる時間(記録レートと録画
時間一覧表:P80)を確認しておいてください。
記録フォーマットの確認
通常録画(通常記録領域)
本機の映像入力端子に接続されている全カメラの映像をワ
ンタッチで録画できます。
1
ライブ画面を表示中に録画/停止ボタンを押す
操作表示部に“REC”が表示され録画を開始します。
A ハードディスクの全容量と各記録領域の確認ができま
06-10-26 09:30:00 REC REPEAT EN A
す。
(P42)
録画/停止
バックアップ
アラーム 領域
記録領域
1%
19%
0
80%
通常記録領域
<記録領域設定>
全容量 : 160GB
通常記録領域 : 80 %
記録再開許可 ー>
アラーム記録領域 : 19 %
記録再開許可 ー>
バックアップ領域 : 1 %
記録再開許可 ー>
警告:設定を変更するとすべての内容が
初期化されます。
02
2
録画を終了するときは、録画/停止ボタンを
約3秒間押す
“REC”表示が消えます。
B 記録時の画質(ENHANCED:準高画質)、音声記録、
記録レート、プログラム記録の設定内容が確認できます。
(P47)
<通常記録設定>
記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
記録レート : 15 FPS( 129H)
プログラム記録 : 切
¡再生/停止ボタンを押すと、再生が始まります。
(P18)
¡録画中も再生できます。
(P18)
■ そのほかの録画について
録画の種類には、通常録画のほかに下記の録画方法がありま
すが、設定や設置などが必要です。該当ページをご参照くだ
さい。
☞ タイマー録画(P49)
C 各記録領域の映像がいっぱいになると、古い順から上書
きをおこなうかの確認ができます。初期設定は「上書き
記録」が“入”設定ですので、映像がいっぱいになると、
自動的に古い順から上書きをおこないます。
(P45)
<記録条件設定>
通常記録領域
上書き記録 : 入
アラーム記録領域
上書き記録 : 入
ディスク残量警告 : **
記録保存制限 : 切
■ ネットワークのダウンロードについて
ネットワークを経由して、本機の画像データをダウン
ロードする場合は、バックアップ領域の容量は最高画質
(40000枚:音声データなし)の場合で約2GB必要です。
17
使いかた
通常記録領域に設定した時間内で自動的に録画をおこな
います。
☞ 外部タイマー(アラーム)録画(P52)
外部に設置したアラームスイッチや内蔵のモーションセ
ンサーからアラーム入力があると、アラーム記録領域に
自動的に録画をおこないます。
☞ プリアラーム録画(P55)
アラーム入力直前の映像・音声をアラーム記録領域に記
録し、アラーム発生時の状況分析に役立てることができ
ます。
録画した映像を見る
通常記録領域(通常録画、タイマー録画)の録画中ま
たは録画済みの映像を再生できます。
(通常記録領域)
1画面で見る
1
再生/停止ボタンを押す
操作表示部には“
”を表示し、再生が始まります。
0
06-10-26 09:30:00 REPEAT EN A
再生/停止
通常記録領域
(ハードディスク記録領域)
再生について
録画の削除やリセットなどにより、再生の開始点が不明にな
った場合は、もっとも古く録画した映像から再生します。一
度再生すると、前回再生した場面を記憶していますので、再
生を終了した時点から再生をおこないます。
録画中でも再生できます。
02
¡再生が終了すると、自動的に一時停止状態となり、
一時停止ランプが点灯します。操作表示部には“ ”
が表示されます。
録画した映像を見るときは、カメラ選択ボタン
(例2、6)を押す
2
録画中に再生/停止ボタンを押すと、録画を開始した時点か
ら再生を始めます。再生操作などにより録画中の付近を再生
しますと、再生中の画像が一時的に静止画になることがあり
ます。
再生/停止
3
02
06
2
6
終了するときは、再生/停止ボタンを押す
再生中に早送り/早戻しをする
Sダイヤルを右に回すと早送り
操作表示部に“
”が表示します。
06-10-26 09:30:00
早送り/早戻し速度を一定にするには
Sダイヤルを左に回すと早戻し
早送りまたは早戻し中にシャトル保持ボタンを押してく
ださい。
操作中にSダイヤルを離しても速度は変わらなくなりま
す。
操作表示部に“
REPEAT EN A ALARM 0000
”が表示します。
06-10-26 09:30:00
REPEAT EN A ALARM 0000
シャトル保持
☞ Sダイヤルを離すと通常の再生になります。
使いかた
18
録画した映像を見る
再生スピードを変えて見る
静止画で見る
各操作中は操作表示部に操作シンボル( 、 …)が表示さ
れます。再生スピードを変えているときは音声は再生されま
せん。
A 早送り/スロー再生
再生中に一時停止ボタンを押す
映像が静止画になります。操作表示部には“ ”が表示され
ます。
もう一度、一時停止ボタンを押してください。再生状態に戻
ります。
06-10-26 09:30:00
REPEAT EN A ALARM 0000
一時停止
(再生中) (早送り)
①
(スロー)
(再生中)
②
③
02
① Jダイヤルを右に回す
早送り再生になる
② Jダイヤルを左に回す
スロー再生になる
③ Jダイヤルを右に回す
通常再生になる
コマ送り(正逆)で見る
静止画中に操作します。
¡Jダイヤルを右に回すと…
静止画が1コマ(1フィールド)進む
B 早戻し/逆スロー再生
(再生中→逆再生)
06-10-26 09:30:00
(早戻し)
(スロー)
REPEAT EN A ALARM 0000
(再生中)
02
①
②
シャトル保持
③
④
⑤
シャトル保持
⑥
¡Jダイヤルを左に回すと…
静止画が1コマ(1フィールド)戻る
06-10-26 09:30:00
① Sダイヤルを左に回す
通常の逆再生になる
② シャトル保持ボタンを押す
逆再生で速度が固定される
③ Jダイヤルを左に回す
早戻り再生になる
④ Jダイヤルを右に回す
逆スロー再生になる
⑤ シャトル保持ボタンを押す
シャトル保持解除
⑥ Jダイヤルを右または左に回す
通常再生になる
19
使いかた
REPEAT EN A ALARM 0000
02
通常記録領域とアラーム記録領域間を続けて再生したり、
アラーム録画中に再生すると次のような症状になることが
あります。
¡各記録領域の切り換わりに画像が乱れる。
¡通常再生や早送り/早戻しで、画像が静止したように見
える。
録画した映像を見る
映像を拡大して見る
4画面で見る
モニタ2の映像や、分割画面、プラス画面の映像はズーム操
作はできません。
ズーム映像は画質が粗くなります。
1
複数のライブ映像を録画すると、録画した映像を4分割画面
で再生できます。
1
ズームボタンを押す
画面中央にズーム枠を表示します。
ライブ映像の監視中でも拡大できます。
再生中に4画面表示ボタンを押す
記録領域に記録したカメラ番号1∼4までの映像を4
画面で表示します。
2
くり返し、4画面表示ボタンを押す
モニター映像が4画面単位で切り換わります。
1画面に戻すときは、カメラ選択ボタンを押してくだ
さい。
ズーム
4画面表示
2
ズーム枠を拡大したい位置に移動する
①Jダイヤルを左右に回す:枠が左右移動する
②Sダイヤルを右に回してJダイヤルを左右に回す:
枠が上下移動する
01
02
05
06
03
04
01
15
02
16
マルチ画面で見る
複数のライブ映像を録画すると、録画した映像をマルチ画面
で再生できます。
1
再生中にマルチ表示ボタンを押す
記録領域に記録したカメラ番号1∼6までの映像を6
画面で表示します。
マルチ表示
3
Sダイヤルを右に回す
ズーム枠の範囲が2倍に拡大されます。
02
4
01
02
02
04
01 05
03
04
05
06
☞ 画面位置を並び換える場合はP70を参照ください。
ズーム画の解除は、ズームボタンを押す
使いかた
20
録画した映像を日時などで指定して見る
通常記録領域、アラーム記録領域やバックアップ領域に録画されている映像を検索して再生することができます。
検索は5種類の方法から選ぶことができます。
サーチボタンを押す:
サーチ
<サーチ>画面を表示します。
再生中やメニュー表示中は検索で
きません。
再生した映像は、SダイヤルやJダ
イヤルまたは各ボタン操作で静止
画や早送りなどの操作もできま
す。
メモ
A アラームサーチ (P22)
< アラーム サーチ >
NO 日付 時刻 CH アラーム回数
0016 01-05 09:53 1
00016
0015 01-05 09:53 1
0014 01-05 09:53 1
0013 01-05 09:53 1
0012 01-05 09:52 1
0011 01-05 09:51 1
0010 01-05 09:51 1
0009 01-05 03:10 1
ジョグで選択、シャトルで決定
アラーム記録領域のアラーム映像を記録リス
トから日時を検索して再生します。プリアラ
ーム映像を録画している場合は、アラーム直前
の映像も再生できます。
B アラームサムネイルサーチ (P22)
< サーチ >
アラーム サーチ ー>
アラーム サムネイル サーチ ー>
日時 サーチ ー>
バックアップ領域 サーチ ー>
モーション検出 サーチ ー>
0016
0015
0014
0013
0012
0011
0010
0009
0008
アラーム記録領域のアラーム映像をサムネイ
ル(一覧)からアラーム番号を検索して再生し
ます。
C 日時サーチ (P23)
ジョグで選択、シャトルで決定
J(ジョグ)
ダイヤル
S(シャトル)
ダイヤル
< 日時 サーチ >
記録開始 : 06-01-16 14:46
記録終了 : 06-01-19 13:32
チャンネル :03
サーチ : 日付 時刻
06-01-16 14:46
プリビュー ー>
再生 ー>
通常記録領域(通常録画・タイマー録画の
映像)とアラーム記録領域に記録した映像を
日付と時間で検索して再生することができま
す。
ジョグで変更、シャトルで設定
D バックアップ領域サーチ (P24)
< バックアップ領域 サーチ >
NO 日付 開始 CH 使用容量
0001 01-01 01:48 1
全容量 - 816MB
0002 01-05 09:53 1
使用済 - 16MB
0003 01-01 02:41 1
0004 01-02 03:10 1
0005 01-02 04:25 1
0006 01-04 02:40 1
0007 01-04 01:25 1
0008 01-04 01:25 1
ジョグで選択、シャトルで決定
バックアップ領域に保存した映像を日時で検
索して再生します。
E モーション検出サーチ (P24)
< モーション検出サーチ 1 >
サーチ領域 : アラーム
開始 : 06-01-01 00:40
終了 : 06-01-05 10:17
チャンネル : - サーチ開始 ー>
ジョグで変更/移動、シャトルで設定
21
使いかた
< モーション検出サーチ 2 >
サーチ領域 :アラームと通常 / チャンネル : 4
開始:
06-01-05 10:00
終了:
06-01-05 10:17
モーションセンサー ー>
プリビュー ー>
再生 ー>
ジョグで変更/移動、シャトルで設定
指定した領域やチャンネル(カメラ番号)など
で録画した映像の中でモーションセンサーが
検知した映像を検索して再生します。
録画した映像を日時などで指定して見る
A アラームサーチ
B アラームサムネイルサーチ
1
録画中またはライブ映像のときにサーチボタン
を押す
1
録画中またはライブ映像のときにサーチボタン
を押す
2
Jダイヤルを回して、
“アラームサーチ”を選択し、
Sダイヤルを右に回す
2
Jダイヤルを回して、
“アラームサムネイルサー
チ”を選択し、Sダイヤルを右に回す
<アラームサーチ>画面が表示され、最新のアラーム
記録を8件表示します。
最新のアラーム映像を9件表示します。
各アラーム映像にはアラーム番号が表示され、選択中
の番号が点滅します。
☞ 解除するときはサーチボタンを押す
☞ 解除するときはサーチボタンを押す
通常の画面に戻ります。
通常の画面に戻ります。
サーチ
アラーム サーチ
サーチ
アラーム サムネイル サーチ
①
(Jダイヤル)
(Sダイヤル)
②
③
④ ⑤
< アラーム サーチ >
NO 日付 時刻 CH アラーム回数
0016 01-05 09:53
1
00016
0015 01-05 09:53
1
0014 01-05 09:53
1
0013 01-05 09:53
1
0012 01-05 09:52
1
0011 01-05 09:51
1
0010 01-05 09:51
1
0009 01-05 03:10
1
ジョグで選択、シャトルで決定
(メニュー説明)
① NO:
アラームの番号を表示します。
② 日付/時刻:
アラーム録画した日付・時間を表示します。
③ CH(チャンネル):
アラーム録画したチャンネル(カメラ番号)を表示します。
④ アラーム回数:
録画したアラーム映像の総数を表示します。
⑤ プリビュー画面:
選択したアラーム映像を表示します。
3
Jダイヤルを回して、カーソルを再生したい「NO」
に移動させ、Sダイヤルを右に回す
(J)
(S)
プリビュー画面に、アラームが発生した瞬間の画像を
表示した後、選択した映像を1画面で再生します。終了
すると静止画になります。
4
再生/停止ボタンを押す
再生/停止
(J)
3
0016
0015
0014
0013
0012
0011
0010
0009
0008
(S)
Jダイヤルを回して、再生したいアラーム番号を
選択(点滅)し、Sダイヤルを右に回す
(J)
(S)
選択した映像を1画面で再生します。終了すると静止
画になります。
4
再生/停止ボタンを押す
再生/停止
■ プリアラームの映像を見るには
アラームサーチでアラーム発生した画像を再生させてから、
Sダイヤルを左に回してください。
¡アラームサーチと同様に各アラーム記録内でしか再生で
きません。前後のアラーム映像は、アラームボタンで再
生してください。
¡SダイヤルやJダイヤルまたは各ボタン操作で静止画や
早送りなどの操作もできます。
アラーム
使いかた
22
録画した映像を日時などで指定して見る
C 日時サーチ
1
2
録画中またはライブ映像のときにサーチボタン
を押す
4
検索中はサーチ表示になり、入力した日付と時刻のプ
リビュー画面が表示されます。
Jダイヤルを回して、
“日時サーチ”を選択し、
Sダイヤルを右に回す
< 日時 サーチ >
記録開始 : 06-10-01 14:46
記録終了 : 06-10-30 13:32
チャンネル :03
サーチ : 日付 時刻
06-10-26 20:30
プリビュー ー> サーチ中
再生 ー>
☞ 解除するときはサーチボタンを押す
通常の画面に戻ります。
サーチ
日時 サーチ
①
③
(S)
(J)
⑤
②
④
ジョグで変更、シャトルで設定
< 日時 サーチ >
記録開始 : 06-01-16 14:46
記録終了 : 06-01-19 13:32
チャンネル :- サーチ : 日付 時刻
06-01-16 14:46
プリビュー ー>
再生 ー>
☞ 時刻の一致する画像がない場合
選択した時間帯にもっとも近い映像が表示されま
す。
■ プリビュー画面を再生する
ジョグで変更、シャトルで設定
⑥
(メニュー説明)
① 記録開始/記録終了:
自動的に一番最初に録画した映像の日付・時刻と一番最後
(最新)
に録画した映像の日付・時刻を表示します。変更はできません。
② チャンネル:
再生したいチャンネル(カメラ番号)を設定します。
③ サーチ:
再生したい日付・時刻を設定します。
④ プリビュー:
プリビュー画面を表示します。
⑤ 再生:
プリビュー画面を再生します。
⑥ プリビュー画面
3
日時で検索する
例:カメラ3の2006年10月26日の午後8時30分
< 日時 サーチ >
記録開始 : 06-10-01 14:46
記録終了 : 06-10-30 13:32
チャンネル :03
サーチ : 日付 時刻
06-10-26 20:30
プリビュー ー>
再生 ー>
qw
e
ジョグで変更、シャトルで設定
1 Sダイヤルを右に回す。
2 Jダイヤルで“03”を選択し、Sダイヤルを右に回す。
3Jダイヤルで数値を設定して、Sダイヤルを右に回
す操作をくり返し、日時を設定する。
カーソルが「プリビュー」に移動します。
年
月
日
06-10-26
(J)
23
使いかた
(S)
Sダイヤルを右に回す
「時」「分」
20:30
Jダイヤルを回して“再生”を選択し、Sダイヤルを右
に回す
選択した映像を1画面で再生します。
アラーム録画またはプログラム録画で録画した映像を、チャ
ンネル指定して日時サーチ検索をおこなった場合は、記録条
件により目的の画像が見つからないことがあります。
この場合はチャンネルを指定せず、
再度日時サーチを実行し、
再生してから、早送りまたは早戻しで目的のチャンネル画像
まで送ってください。
メモ
¡プリビュー画面を表示させなくても、チャンネル、日付、
時刻を入力し、
「再生」を選択すると1画面で表示できま
す。
¡SダイヤルやJダイヤルまたは各ボタン操作で、静止画や
早送りなどの操作もできます。
¡チャンネルの項を“--”にすると、マルチ画面での再生と
なります。
録画した映像を日時などで指定して見る
D バックアップ領域のサーチ
E モーション検出サーチ
バックアップ領域の映像を再生します。
1
録画中またはライブ映像のときにサーチボタン
を押す
2
Jダイヤルを回して、
“バックアップ領域サーチ”
を選択し、Sダイヤルを右に回す
<バックアップ領域サーチ>画面が表示され、バック
アップをおこなった順に、8件分の記録が画面に表示
されます。
モーションセンサー検出サーチは、記録した映像にモーショ
ンセンサーを設定し、侵入者などにより映像に変化があった
場面を検出できます。
本設定は、まず検索する画面を<モーション検出サーチ1>
の“サーチ領域”と“チャンネル”の項を設定してから“サー
チ開始”を選択します。
画面は指定した<モーション検出サーチ2>の“サーチ領域”
と“チャンネル”を表示しますので、
“開始”と“終了”日時を
設定し、
“モーションセンサー”を選択してください。モーシ
ョンセンサーを設定する画面が表示されます。
☞ 解除するときはサーチボタンを押す
通常の画面に戻ります。
サーチ
①
バックアップ領域 サーチ
① ② ③ ④
⑤ ⑥
②
③
< モーション検出サーチ 1 >
サーチ領域 : アラーム
開始 : 06-01-01 00:40
終了 : 06-01-05 10:17
チャンネル : - サーチ開始 ー>
(J)
(S)
w
e
r
ジョグで変更/移動、シャトルで設定
< バックアップ領域 サーチ >
NO 日付 開始 CH 使用容量
0001 01-01 01:48 1
全容量 - 816MB
0002 01-05 09:53 1
使用済 - 16MB
0003 01-01 02:41 1
0004 01-02 03:10 1
0005 01-02 04:25 1
0006 01-04 02:40 1
0007 01-04 01:25 1
0008 01-04 01:25 1
ジョグで選択、シャトルで決定
q
t
< モーション検出サーチ 2 >
サーチ領域 :アラーム / チャンネル : 4
開始:
06-01-05 10:00
終了:
06-01-05 10:17
モーションセンサー ー>
プリビュー ー>
再生 ー>
ジョグで変更/移動、シャトルで設定
------------------------------------------------------------------ 感度:切 戻る
(メニュー説明)
モーション検索サーチ1画面
(メニュー説明)
① NO:
バックアップの番号を表示します。
② 日付:
録画した日付を表示します。
③ 開始:
録画した時間を表示します。
④ CH(チャンネル):
保存した映像の先頭チャンネル(カメラ番号)を表示します。
⑤ 全容量:
バックアップ領域の全容量を表示します。
⑥ 使用済:
バックアップ領域の使用容量を表示します。
3
Jダイヤルで再生したい「NO」を選択し、Sダイ
ヤルを右に回す
選択したナンバーの映像が1画面でプリビュー画面に
再生されます。終了すると静止画になります。
4
再生/停止ボタンを押す
再生/停止
① サーチ領域/開始・終了
モーションセンサーの選択項目から選択すると、自動的に最初に
録画した日時と最後に録画した日時を表示します。変更はできま
せん。
選択項目:
¡アラーム:アラーム記録領域の映像を検出します。
¡通常:通常記録領域の映像を検出します。
¡アラームと通常:
アラーム記録領域と通常記録領域の映像を検出します。
② チャンネル
モーションセンサーを設定するチャンネルを選択します。
③ サーチ開始
選択した領域とチャンネルを検索して、<モーション検索サーチ
2>の検索画面になります。
モーション検索サーチ2画面
1 サーチ領域・チャンネル
<モーション検出サーチ 1>で指定した“サーチ領域”と“チャ
ンネル”が表示されます。
2 開始・終了
サーチ領域と指定したチャンネルの開始と終了時間を設定しま
す。
3 モーションセンサー
モーションセンサーの設定画面を表示します。
4 プリビュー
プリビュー画面を表示します。
5 再生
検索した映像を1画面で再生します。
使いかた
24
録画した映像を日時などで指定して見る
E モーション検出サーチ(つづき)
1
録画中またはライブ映像のときにサーチボタン
を押す
2
Jダイヤルを回して、
“モーション検出サーチ”を
選択し、Sダイヤルを右に回す
9
8 と同じ手順をくり返しサーチ“終了”日時を設
定する
例:2006年11月29日の午後8時30分
カーソルが「モーションセンサー」に移動します。
<モーション検出サーチ 1>画面を表示し、
“サーチ
中”表示が点滅します。
終了 :
06-11-29
20:30
☞ 解除するときはサーチボタンを押す
通常の画面に戻ります。
サーチ
モーション検出 サーチ
10
モーションセンサー設定画面が表示されます。
< モーション検出サーチ 2 >
サーチ領域 :アラーム / チャンネル : 4
< モーション検出サーチ 1 >
サーチ領域 : アラーム
開始 : 06-01-01 00:40
終了 : 06-01-05 10:17
開始:
06-10-28 20:30
終了:
06-11-29 20:30
モーションセンサー ー>
プリビュー ー>
再生 ー>
ジョグで変更/移動、シャトルで設定
チャンネル : --
(S)
(J)
サーチ開始 ー>
ジョグで変更/移動、シャトルで設定
3
11
------------------------------------------------------------------------ 感度:切 戻る
モーションセンサーを設定する
① Jダイヤルで、センサーを設定したい位置にカーソ
ルを移動させて、Sダイヤルを右に回す
−:センサー未設定
■:センサー設定
センサーが未設定から設定に切り換わりますので
同じ手順で他の位置にセンサーを設定してくださ
い。
Sダイヤルを右に回す
“アラーム”が点滅します。
4
Sダイヤルを右に回す
Jダイヤルで「例:アラームと通常」を選択し、
Sダイヤルを右に回す
選択項目:アラーム/通常/アラームと通常
再び「終了」の“サーチ中”が点滅し、検索が終了しま
す。
チャンネル : --
5
(J)
Jダイヤルを回して「チャンネル」を選択し、
Sダイヤルを右に回す
感度:切 戻る
“−−”が点滅します。
6
② Jダイヤルで、カーソルを「感度:切」まで移動さ
せ、Sダイヤルを右に回す
“切”が点滅します。
選択項目:切/1/2/・・・/9/10(感度低い)
Jダイヤルで、チャンネル(例:カメラ番号4)を
選択し、Sダイヤルを右に回す
「サーチ開始」にカーソルが移動します。
③ Jダイヤルで、
「感度:切」を「5」に選択し、Sダイ
ヤルを右に2回まわす
<モーション検出サーチ2>画面に戻ります。
サーチ開始 ->
7
Sダイヤルを右に回す
「プリビュー」または「再生」を選択する場合は本サー
チ画面を終了せずにP26へ進んでください。
<モーション検出サーチ2>画面になり、チャンネル4
のプリビュー画面が表示します。
8
Sダイヤルを右に回し、Jダイヤルで数値を設定
してSダイヤルを右に回す操作をくり返し、サー
チ“開始”日時を設定する
(S)
-------------------------------------------------------------------
12
終了するときは、サーチボタンを押す
通常のライブ映像に戻ります。
サーチ
例:2006年10月28日の午後8時30分
設定を終了後、Sダイヤルを右に回す。
開始 :
06-10-28
25
使いかた
20:30
モーション検出をチャンネル(カメラ番号)で指定すると、
指定したチャンネルの映像を再生します。このとき、カメラ
タイトルや日時が部分的に画面表示されないことがありま
す。
録画した映像を日時などで指定して見る
E モーション検出サーチ(つづき)
■ プリビュー画面で確認する
1
■ 通常の再生画面で見る
< モーション検出サーチ 2 >
サーチ領域 :アラーム / チャンネル : 4
< モーション検出サーチ 2 >
サーチ領域 :アラーム / チャンネル : 4
開始:
06-10-28 20:30
終了:
06-11-29 20:30
モーションセンサー ー>
プリビュー ー>
再生 ー>
ジョグで変更/移動、シャトルで設定
開始:
06-10-28 20:30
終了:
06-11-29 20:30
モーションセンサー ー>
プリビュー ー>
再生 ー>
ジョグで変更/移動、シャトルで設定
Jダイヤルで「プリビュー」を選択し、Sダイヤル
を右に回す
検知した映像をプリビュー画面に表示します。
(S)
(J)
☞“見つかりません”と表示した場合は、再度モーシ
ョンセンサーの設定をおこなってください。
1
☞ Sダイヤルを右に回すごとに、モーションセンサー
選択した映像から通常の再生になります。終了すると
静止画になります。
で検出した画像をプリビュー画面に表示します。
2
Jダイヤルで「再生」を選択し、Sダイヤルを右
に回す
終了するときは、サーチボタンを押す
通常のライブ映像に戻ります。
サーチ
(J)
(S)
他のチャンネルを検索するときは、一度再生を停止し、最初
から設定をおこなってください。
2
再生/停止ボタンを押す
再生/停止
使いかた
26
録画した映像をメディアなどにコピーする
通常記録領域やアラーム領域に録画した映像の中から、必要とする映像(1画面から)をコピーできます。
A
通常記録領域またはアラーム記録領域の映像を
バックアップ領域にコピーする(P28)
B
内蔵ハードディスクの映像をCFカードまたはマイ
クロドライブにコピーする(P29)
この領域は、必要な映像を一部保管して確認するなどの場合
にお勧めします。
保存を目的とする場合は、CFカードなどのメディアにコピ
ーしてください。
バックアップ領域
バックアップ領域
アラーム記録領域
通常記録領域
シャトル
ジョグ
6CH DIGITAL RECORDER WT-S600J
電源
アラーム記録領域
1
2
3
4
5
6
タイマー録画
録画/停止
残量警告
通常記録領域
アラーム残量警告
ロック
4画面表示 マルチ表示 モニタ2 プラス表示 カメラ自動切替 ズーム
メニュー 終了/画面表示
サーチ
コピー
アラーム
再生/停止 一時停止 シャトル保持
アラーム
シャトル
ジョグ
6CH DIGITAL RECORDER WT-S600J
電源
1
2
3
4
5
6
タイマー録画
録画/停止
残量警告
アラーム残量警告
ロック
4画面表示 マルチ表示 モニタ2 プラス表示 カメラ自動切替 ズーム
メニュー 終了/画面表示
サーチ
コピー
アラーム
再生/停止 一時停止 シャトル保持
アラーム
¡バックアップ領域に映像をコピーする場合は、バック
アップ領域の記録容量を確認してください。
¡バックアップ領域の記憶容量が少なくなった場合は、CF
カードなどのメディアにコピーしてからバックアップ領
域を空にしてください。
¡通常記録領域やアラーム記録領域の映像をCFカードなど
にコピーする場合
映像を一時的にバックアップ領域に保管してからコピー
をおこなってください。その際は、必ずバックアップ領域
の空き容量を確認してください。
¡CFカードに画像をコピーする場合
1MB当たり約15秒間かかります。コピー中に記録容量が
いっぱいになると、
“コンパクトフラシュ残量なし!”と
表示し、コピーを終了します。何かの操作をおこなうと、
通常画面に戻りますので、空き容量のあるCFカードにコ
ピーし直してください。
¡CFカードにコピーした映像は、改ざん検出用コードが埋
め込まれています。
¡CFカードにコピーした音声付きの映像は、
“DVR
Viewer 2”で再生できます。別冊の「ネットワーク接続
による遠隔操作マニュアル」を参照ください。
¡JPEG画像はフィールド画像となっています。市販の画
像処理ソフトで見る場合は、
“CF→PRINT”を選択して
ください。通常のコピーで見る場合は、縦方向が1/2に
圧縮して表示されますので、必ず“DVR Viewer 2”で
表示させてください。
C
CFカードまたはマイクロドライブの映像をパソ
コンで見たり印刷したりする(P30)
記録した映像をプリンターで印刷する場合は、本機でメディ
アをフォーマットしてください。
本機でCFカードをフォーマットする場合は、必ずFAT16で
フォーマットしてください。FAT32でフォーマットした場
合は認識できません。
27
使いかた
録画した映像をメディアなどにコピーする
A 通常記録領域またはアラーム記録領域の映像をバックアップ領域にコピー(例:10秒)する
1
通常記録領域またはアラーム記録領域を再生す
る
2
コピーしたい映像で一時停止ボタンを押す
7
Jダイヤルを回して、
「秒」を選択し、Sダイヤル
を右に回す
カーソルが「コピー開始」に移動します。
保存枚数: 10秒
(コピーしたいチャンネルのカメラ選択ボタンを押し
て1画面表示にしてから一時停止ボタンを押す。
)
映像が一時停止になります。
(S)
(J)
一時停止
コピーチャンネル 01 02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15 16
コピーチャンネルを選択
コピー開始 ->
選択項目:
3
枚:指定枚数をコピーする(1∼99)
秒:指定秒間をコピーする(1∼99)
分:指定分間をコピーする(1∼99)
コピーボタンを押す
コピー設定画面を表示し、カーソルが「コピー先」に移
動しています。
8
コピー
選択したチャンネルがグレーから白色になります。
コピー先 : バックアップ領域
保存枚数: 1枚
コピーチャンネル 01 02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15 16
コピーチャンネルを選択
コピー開始 ->
フォーマット先: コンパクト フラッシュ
フォーマット開始 ->
(S)
4
Sダイヤルを右に回す
“バックアップ領域”が点滅します。
5
Jダイヤルを回して、コピー先(例:バックアッ
プ領域)を選択し、Sダイヤルを右に2回まわす
カメラ選択ボタンでコピーするチャンネル
(例:03、05)を選択する
¡初期チャンネルは緑色です。緑色のチャンネルは変
更することはできません。
☞ コピーを中止するときは、コピーボタンを押す
9
Sダイヤルを右に回すとコピーを開始する
¡バックアップ領域にコピーが開始され、コピー中は
画面に“バックアップ領域にコピー中!”と表示さ
れます。
¡コピーが終了すると、
“コピー完了!”と表示しま
す。
カーソルが「保存枚数」の“1”に移動し点滅します。
コピー先 : バックアップ領域
(J)
(S)
(S)
保存枚数: 1枚
バックアップ領域にコピー中!< 55% >
コピー完了!
< 100% >
選択項目:
バックアップ領域、コンパクトフラッシュ、CF→PRINT
6
Jダイヤルを回して、保存枚数(例:10)を選択
し、Sダイヤルを右に回す
“枚”が点滅します。
音声付きの映像をバックアップ領域にコピーしても映像の
みがコピーされます。
使いかた
28
録画した映像をメディアなどにコピーする
B 内蔵ハードディスクの映像をCFカードまたはマイクロドライブにコピー(例:10枚)する
1
コンパクトフラッシュカードスロットにCFカー
ドをしっかりと奥まで装着する
7
装着のしかたは「各部のなまえとはたらき」を参照く
ださい。
(P9)
2
3
通常記録領域、アラーム記録領域またはバック
アップ領域を再生する
Jダイヤルを回して、保存枚数(例:10)を選択
し、Sダイヤルを右に回す
“枚”が点滅します。
8
Jダイヤルを回して、
「枚」を選択し、Sダイヤル
を右に回す
カーソルが「コピー開始→」に移動します。
保存枚数: 10枚
コピーしたい映像で一時停止ボタンを押す
(コピーしたいチャンネルのカメラ選択ボタンを押し
て1画面表示にしてから一時停止ボタンを押す。)
(S)
(J)
映像が一時停止になります。
コピーチャンネル 01 02 03 04 05 06
コピーチャンネルを選択
コピー開始 ->
一時停止
選択項目:
4
枚、秒、分(1∼99)
、イベント(1∼99、>99)
¡“イベント”はバックアップ領域のデータをイベント
単位でコピーできます。
“>99”を選択すると、イベント
数に関係なくCFカード容量一杯に保存します。
コピーボタンを押す
コピー設定画面を表示し、カーソルが「コピー先」に移
動しています。
9
コピー
選択したチャンネルがグレーから白色になります。
コピー先 : バックアップ領域
保存枚数: 1枚
コピーチャンネル 01 02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15 16
コピーチャンネルを選択
コピー開始 ->
フォーマット先: コンパクト フラッシュ
フォーマット開始 ->
(S)
5
Sダイヤルを右に回す
“バックアップ領域”が点滅します。
6
Jダイヤルを回して、コピー先(例:コンパクト
フラッシュ)を選択し、Sダイヤルを右に2回
まわす
カメラ選択ボタンでコピーするチャンネル
(例:03、05)を選択する
¡初期チャンネルは緑色です。緑色のチャンネルは変
更できません。
☞ コピーを中止するときは、コピーボタンを押す
10
Sダイヤルを右に回すとコピーを開始する
¡CFカードにコピーが開始され、コピー中は画面に
“コンパクトフラッシュにコピー中!”と表示されま
す。
¡コピーが終了すると、
“コピー完了!”と表示します。
(S)
カーソルが「保存枚数」の“1”に移動します。
コピー先 : コンパクト フラッシュ
コンパクトフラッシュにコピー中!< 55% >
(S)
(J)
コピー完了!
< 100% >
保存枚数: 1枚
選択項目:
バックアップ領域、コンパクトフラッシュ、CF→PRINT
☞ CFカードにコピーした映像は“CFカードにコピー
した映像をパソコンで見る”を参照ください。
(P31)
¡コピー可能枚数は1回の操作で40000枚です。
¡アラームサーチやアラームサムネイルから再生したアラ
ーム記録をコピーする場合は、アラーム1イベントずつ
しかコピーできません。
29
使いかた
¡本機でCFカードをフォーマットする場合は、必ず
FAT16でフォーマットしてください。FAT32でフォー
マットした場合は認識できません。
¡マイクロドライブは2GBまでコピーできます。
録画した映像をメディアなどにコピーする
C CFカードまたはマイクロドライブの映像をパソコンで見たり印刷したりする
1
コンパクトフラッシュカードスロットにCFカー
ドを装置する
7
装着のしかたは「各部のなまえとはたらき」を参照く
ださい。
(P9)
2
3
通常記録領域、アラーム記録領域またはバック
アップ領域を再生する
Jダイヤルを回して、保存枚数(例:10)を選択
し、Sダイヤルを右に回す
“枚”が点滅します。
8
Jダイヤルを回して、
「枚」を選択し、Sダイヤル
を右に回す
カーソルが「コピー開始→」に移動します。
保存枚数: 10枚
保存したい映像で一時停止ボタンを押す
(コピーしたいチャンネルのカメラ選択ボタンを押し
て1画面表示にしてから一時停止ボタンを押す。
)
コピーチャンネル 01 02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15 16
コピーチャンネルを選択
コピー開始 ->
映像が一時停止になります。
一時停止
選択項目:
4
枚:指定枚数をコピーする(1∼99)
秒:指定秒間の画像をコピーする(1∼99)
分:指定分間の画像をコピーする(1∼99)
イベント:バックアップ領域のデータをイベント単位でコ
ピーする(1∼99、>99)
コピーボタンを押す
コピー設定画面を表示し、カーソルが「コピー先」に移
動しています。
コピー
9
コピー先 : バックアップ領域
保存枚数: 1枚
コピーチャンネル 01 02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15 16
コピーチャンネルを選択
コピー開始 ->
フォーマット先: コンパクト フラッシュ
フォーマット開始 ->
(S)
5
Sダイヤルを右に回す
“バックアップ領域”が点滅します。
6
Jダイヤルを回して、コピー先(例:CF→
PRINT)を選択し、Sダイヤルを右に2回まわす
カメラ選択ボタンでコピーするチャンネル
(例:03、05)を選択する
選択したチャンネルがグレーから白色になります。
¡初期チャンネルは緑色です。緑色のチャンネルは変
更できません。
☞ コピーを中止するときは、コピーボタンを押す
10
Sダイヤルを右に回す
ルートディレクトリの下にフォルダー“DCIM”が作成
され、
“DCIM”の下にコピーした映像の日付でフォル
ダーが作成されます。
コンパクトフラッシュカード
カーソルが「保存枚数」の“1”に移動します。
DCIM
100_0406
101_0406
00000001.JPG
00000002.JPG
00000003.JPG
コピー先 : CF->PRINT
(J)
(S)
102_0406
(S)
選択項目:
バックアップ領域、コンパクトフラッシュ、CF→PRINT
¡CF→PRINTでのコピー枚数は最大999枚に制限されま
す。例えば、10分を選択しても999枚でコピーが終了し
ます。
¡“CF→PRINT”を選択した場合は、
“コンパクトフラッ
シュ”を選択した場合に比べてコピー時間は約2倍
(1MB当たり約30秒間)必要です。
使いかた
30
録画した映像をメディアなどにコピーする
CFカードのフォーマット
マイクロドライブも同様にフォーマットできます。
1
コンパクトフラッシュカードスロットにCFカードを
しっかりと奥まで装着する
q開く
w抜く
CFカードにコピーした映像を
パソコンで見る
映像をCFカードにコピーすると、画像が保存され、次のよ
うにフォルダーが作成されます。
1階層
OPTEX
表面
e倒す
(ロック)
w
装着
2階層
_VIEWER
YYMMDD01
3階層
IJL15.DLL
J2KCOREX.DLL
VIEWER2.EXE
VIEWER2.INI
IMG00001
IMG00002
q上げて
押し込む
IMG00200
1回分の
保存データ
2
再生/停止ボタンを押して一時停止ボタンを押し、
コピーボタンを押す
(再生/停止ボタンを押し、任意のカメラ選択ボタンを
押して1画面表示にした状態でコピーボタンを押す。
)
コピー設定画面が表示します。
再生/停止
一時停止
コピー
3
コピー先 : バックアップ領域
保存枚数: 1枚
コピーチャンネル 01 02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15 16
コピーチャンネルを選択
コピー開始 ->
フォーマット先: コンパクトフラッシュ
フォーマット開始 ->
Jダイヤルを回して最下段の「フォーマット開始→」
にカーソルを移動させ、Sダイヤルを右に回す
警告画面が表示されます。
<警 告>
コンパクトフラッシュのデータは
全て消去されます !
続けますか?
いいえ
4
Jダイヤルを回して“はい”を選択し、Sダイヤルを
右に回す
フォーマット(初期化)を開始します。
31
使いかた
YYMMDD02
SOUND
INFO
IMG00001
IMG00002
YYMMDD
日
月
年
IMG00200
SOUND
INFO
4階層
00000001.JPG
↓
00000200.JPG
00000201.JPG
↓
00000400.JPG
00039801.JPG
↓
00040000.JPG
SOUND.WAV
YYMMDD01.INF
00000001.JPG
↓
00000200.JPG
00000201.JPG
↓
00000400.JPG
00039801.JPG
↓
00040000.JPG
SOUND.WAV
YYMMDD02.INF
メインメニュー構成
メインメニューは、7項目で構成されており、メニュ
ーボタンを押すと表示できます。
<メイン メニュー>
1.初期設定 ー>
2.記録設定 ー>
3.一般設定 ー>
4.画面設定 ー>
5.停電情報/使用時間 ー>
6.初期化履歴 ー>
7.メニュー設定コピー ー>
ジョグで移動、 シャトルで選択
■ ボタン操作による数字入力のしかた
通常、数字やチャンネル(カメラ番号)はJダイヤ
ルで設定しますが、画面右上に“K”が表示される
と前面部のカメラ選択ボタンや4画面表示ボタン
などで設定できます。
K
■ 初期設定に関する設定 (P33)
<初期設定>
1.時刻設定 ー>
2.カメラ検出 ー>
3.タイトル設定 ー>
4.休日設定 ー>
5.時刻周期設定 ー>
ジョグで移動、 シャトルで選択
■ 録画とアラームなどに関する設定 (P38)
<記録設定>
1.簡易記録設定 ー>
2.記録領域設定 ー>
3.記録条件設定 ー>
4.通常記録設定 ー>
5.プログラム記録設定 ー>
6.タイマー設定 ー>
7.アラーム記録設定 ー>
8.アラーム動作/表示設定 ー>
ジョグで移動、 シャトルで選択
■ 一般的な設定 (P60)
<一般設定>
1.データ表示/VIDEO LOSS設定 ー>
2.ブザー設定 ー>
3.セキュリティーロック設定 ー>
4.ハードディスク設定 ー>
5.ネットワーク設定 ー>
¡カメラ選択ボタン1∼6:
ボタンを押した数字が入力されます。
¡4画面表示ボタン :7の数字
¡マルチ表示ボタン :8の数字
¡モニタ2ボタン
:9の数字
¡プラス表示ボタン :0の数字
■ 本機のメニューの設定内容をコピーし、
他の同機も同じメニューで操作する (P77)
<メニュー設定コピー>
HDR TYPE VER. SA06-05
メニューをコンパクトフラッシュにセーブ ー>
メニューをコンパクトフラッシュからロード ー>
記録領域設定のコピー :いいえ
* 記録領域設定のコピーを[はい]にすると
ハードディスクを初期化します!
ジョグで移動、 シャトルで選択
■ 画面設定(画面入換、自動切換、マスキング、色調)
(P69)
<画面設定>
1.分割画面 表示ポジション : ノーマル
4画面表示ポジション設定 ー>
6画面表示ポジション設定 ー>
2.自動切換 : 1秒
自動切換設定 ー>
メイン モニター/モニター2 設定 ー>
3.マスク : 切
マスク 設定 ー>
4.カラーレベル設定 ー>
■ 停電の日時やハードディスクなどの使用時間の確認
(P75)
<停電情報/使用時間>
停電情報 発生日時 復旧日時
000回 ----- --:-- ----- --:- ----- --:-- ----- --:- ----- --:-- ----- --:- ----- --:-- ----- --:- 使用時間 ディスク1 : 00000H
ディスク2 : -----H
通電時間 : 00000H
F/W M2.00-00/S2.00-00
■ ハードディスクの初期化履歴の表示 (P76)
<初期化履歴>
月-日 時:分 領域
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
設定のしかた
32
基本設定
メニュー構成
■ 初期設定画面の表示のしかた
A 時刻設定
☞
メニューボタンを押す
1
<メインメニュー>画面を表示します。
メニュー
<メイン メニュー>
1.初期設定 ー>
2.記録設定 ー>
3.一般設定 ー>
4.画面設定 ー>
Sダイヤルを右に回し、Jダイヤルを回
してメニューを選択し、Sダイヤルを右
に回す
2
<初期設定>画面が表示し、選択した画面
( A ∼ E )が表示されますので、設定は各項の
ページを参照ください。
<時刻設定>
2006-01-01 日 00:00:00
☞
<外部時刻設定>
調整時刻 : 01:00
時刻設定(P13)
通常の画面に表示される日付
や時刻を設定します。
「操作
前の準備」を参照ください。
外部時刻設定(P34)
複数の機器を接続したとき
は、すべての機器を同じ時刻
に設定できます。
B カメラ検出 (P34)
本機に接続しているカメラを自動
検出します。
<警告>
カメラ検出
続けますか?
いいえ
(S)
C タイトル設定 (P35)
<初期設定>
1.時刻設定 ー>
2.カメラ検出 ー>
3.タイトル設定 ー>
4.休日設定 ー>
5.時刻周期設定 ー>
<タイトル設定>
CAMERA NO.01 _______ 01
カメラを設置した場所のタイトル
名を設定できます。設定後はモニ
ターに表示されます。
ジョグで移動、 シャトルで選択
■ 録画中のメニュー設定変更
メニュー画面内の左上に<●>(録画中)が表示
されている場合は、現在録画中のためメニュー変
更はできません。メニュー設定を変更するときは、
次の設定をおこなってください。
<●> <簡易記録設定1>
記録日数 : --日
タイマー記録(毎日) : 切
1
<メインメニュー>画面に戻り、シャ
トル保持ボタンを約3秒押す
画面左上に<ーー>(メニュー変更可)が表
示され、録画は一時中断されます。
D 休日設定 (P35)
<休日設定>
1. ----- 11.
2. ----- 12.
3. ----- 13.
4. ----- 14.
5. ----- 15.
6. ----- 16.
7. ----- 17.
8. ----- 18.
9. ----- 19.
10. ----- 20.
2
再びメニュー変更する画面を表示させる
録画中表示が<ーー>表示になり、メニュ
ーの変更が可能になります。
メニュー画面を閉じると、自動的にメニュ
ー変更可表示から<●>表示に戻り、録画
状態になります。
33
設定のしかた
特定の日を休日として設定できま
す。また、祝日や会社の記念日な
ど、日曜日と同じタイマー動作を
おこなうことができます。
E 時刻周期設定 (P36)
<時刻周期設定>
時刻周期 T-1 T-2 T-3 T-4
時刻周期 A 00:00 00:00 00:00 00:00
時刻周期 B 00:00 00:00 00:00 00:00
シャトル保持
<ーー> <メイン メニュー>
1.初期設定 ー>
2.記録設定 ー>
-----------------------------------------
時刻周期を選択
自動切換 時刻周期 A
マスク 時刻周期 A
モーションセンサー 時刻周期 A
例えば、
時刻周期Aの時間帯は自
動切換画面に設定し、
時刻周期B
の時間帯はカメラ映像にグレーパ
ターン(マスク)で覆うなどの設
定ができます。
基本設定
A 外部時刻設定
B カメラ検出
本機後面のコントロール端子の「時計合わせ出力」と2台目
の「時計合わせ入力」端子間を接続(図1)することで接続
機器を同じ時間に設定できます。
1
1 「初期設定画面の表示のしかた」で<警告>画面
を表示させる(P33)
<警告>画面を表示し、
“いいえ”が点滅します。
Sダイヤルを右に回して、調整時刻の01を点滅
させる
調整時刻
01:00
メニュー
<メイン メニュー>
1.初期設定
05:00
<初期設定>
2.カメラ検出
(S)
(J)
<時刻設定>
2006-01-01 日 00:00:00
(S)
<警 告>
カメラ検出
続けますか ?
いいえ
<外部時刻設定>
調整時刻 : 01:00
2
Jダイヤルを回して、調整時刻(例:05)を選択
し、Sダイヤルを右に回す
“分”の設定はできません。
2
Jダイヤルを回して“はい”を選択し、Sダイヤル
を右に回す
接続しているカメラを検出後、<初期設定>画面に戻り
ますので、終了/画面表示ボタンを押してください。
(J)
3
終了/画面表示
(S)
終了/画面表示ボタンを押す
本機の設定が終了します。
終了/画面表示
4
接続した2台目も同じメニューを表示させ、同じ
時刻に設定し、終了/画面表示ボタンを押す
1台目の機器が設定した時刻(5時)になると、双方と
も5時に設定されます。
但し、2台目以降の機器は、4時30分から5時29分内
では時刻調整ができます。
図1
(時計合わせ出力端子)
(C端子)
1台目
(時計合わせ入力端子)
2台目
3台目を
接続する
場合
設定のしかた
34
基本設定
C タイトル設定
D 休日設定
タイトル文字はカメラ毎に10文字まで設定できます。
1
「初期設定画面の表示のしかた」で<タイトル
設定>画面を表示させる(P33)
☞ 設定条件
<タイマー設定>の[日]の開始と終了時間を設定し、
「入/
切」を“入”に設定する(P50)
<タイマー設定>
曜日 開始 終了 プログラム 記録レート 入/切
[日] 08:00 18:00 切 15 FPS 入
[月] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[火] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[水]
切
S切
ライブ映像になり、<タイトル設定>画面を表示しま
す。
<メイン メニュー>
1.初期設定
メニュー
1 「初期設定画面の表示のしかた」で<休日設定>
画面を表示させる(P33)
<初期設定>
3.タイトル設定
<休日設定>画面を表示し、カーソルが“1”に移動し
ます。
(S)
(J)
<メイン メニュー>
1.初期設定
メニュー
<タイトル設定>
カメラ NO.03 - - - - - - - - 03
<初期設定>
4.休日設定
(J)
2
(S)
カメラ3の画面にタイトル(例:ATM-1F)を設
定する
① カメラ選択ボタン3を押して、Sダイヤルを右に回
す
タイトル設定の最初の“ーー”が点滅します。
3
カメラ NO.03 -------- 03
2
② Jダイヤルを回して、
“A”を表示させ、Sダイヤルを
右に回す
“A”が確定され、カーソルが次に移動します。
同じ手順をくり返して、タイトルを入力してくださ
い。
タイトル文字の詳細は「カメラタイトル表示一覧」
を参照ください。
(P79)
② Sダイヤルを右に回して、Jダイヤルで17(日)を
設定する
他に休日設定する箇所に同じ手順をくり返して、日
付を設定してください。
<休日設定
1. ----2. ----3. ----4. ----5. -----
カメラNO.03 A-------03
タイトル文字を変更するときは、Sダイヤルを左右に
回して文字を点滅させ、Jダイヤルで変更してくださ
い。
3
設定が終了したら、終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
35
設定のしかた
休日設定したい日付(例:10月17日)を入力す
る
① Sダイヤルを右に回して、Jダイヤルで10(月)を
設定する
(S)
カメラNO.03 ATM-1F----
<休日設定>
1. ----11. ----2. ----12. ----3. ----13. ----4. ----14. ----5. ----15. ----6. ----16. ----7. ----17. ----8. ----18. ----9. ----19. ----10. ----20. -----
3
<休日設定>
1. 10-17
11.
2. ----12.
3. ----13.
4. ----14.
5. ----15.
---------------------
設定が終了したら、終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
基本設定
E 時刻周期設定
時刻周期とは、1日を4つの監視時間帯(例:早朝、朝、
昼、夜)に分けて、時間帯毎に画面自動切換、マスク設
定、モーションセンサー検出の設定時間を変えて監視
するシステムです。
時刻周期はAとBの設定が可能ですので、人の出入り
などにより、幅広い設定ができます。
1 「初期設定画面の表示のしかた」で<時刻周期
設定>画面を表示させる(P33)
<時刻周期設定>画面を表示します。
<メイン メニュー>
1.初期設定
メニュー
<初期設定>
5.時刻周期設定
(時刻周期Aの設定例)
¡ 6:30∼11:30
(S)
(J)
画面自動切換
<時刻周期設定>
時刻周期 T-1 T-2 T-3 T-4
時刻周期 A 00:00 00:00 00:00 00:00
時刻周期 B 00:00 00:00 00:00 00:00
時刻周期を選択
自動切換
時刻周期 A
マスク
時刻周期 A
モーションセンサー 時刻周期 A
01
02
05
06
2
時刻周期Aの時間帯を設定する
例:T-1:午前6時30分 T-2:午前11時30分
T-3:午後1時30分 T-4:午後6時30分
¡ 11:30∼13:30
モーションセンサー設定
① Sダイヤルを右に回す
「T-1」の最初の“00”が点滅します。
0
01
時刻周期 時刻周期 A
T-1 T-2
T-3 T-4
00:00 00:00 00:00 00:00
時刻周期 A
06:30 11:30 13:30 18:30
② Jダイヤルを回して「T-1」の“06”を選択し、
Sダイヤルを右に回す
¡ 13:30∼18:30
画面自動切換
③ Jダイヤルを回して「T-1」の“30”を選択し、
Sダイヤルを右に回す
同じ手順をくり返し、
「T-2」から「T-4」までの時間
を選択してください。
3
01
02
時刻周期Bの時間帯を設定する
例:T-1:午前7時30分 T-2:午前10時30分
T-3:午後2時30分 T-4:午後7時30分
05
06
¡ 18:30∼6:30
モーションセンサー設定
0
時刻周期B
00:00 00:00 00:00 00:00
時刻周期 B
07:30 10:30 14:30 19:30
① Sダイヤルを右に回す
「T-1」の最初の“00”が点滅します。
② Jダイヤルを回して「T-1」の“07”を選択し、
Sダイヤルを右に回す
③ Jダイヤルを回して「T-1」の“30”を選択し、
Sダイヤルを右に回す
01
同じ手順をくり返し、
「T-2」から「T-4」までの時間
を選択して、Sダイヤルを右に回してください。
時刻周期が設定され、カーソルが“自動切換”に移
動します。
設定のしかた
36
基本設定
E 時刻周期設定(つづき)
4
設定した時刻周期(A/B)で、自動切換、マスク、
モーションセンサーを設定する
時刻周期設定の初期設定はすべて“A”に設定されてい
ます。時間帯になると各操作は時刻周期Aで動作しま
すが、時刻周期設定には次の設定が必要です。
時刻周期を選択
自動切換
マスク
モーションセンサー
時刻周期 A
時刻周期 A
時刻周期 A
■ 各操作の時刻周期を変更する場合
① Sダイヤルを右に回す
自動切換の“時刻周期A”が点滅します。
② Jダイヤルで自動切換の「時刻周期B」を選択し、Sダイヤ
ルを右に回す
同じ手順をくり返して、マスクとモーションセンサーの
時刻周期を選択してください。
(S)
☞ カメラ映像を自動切換にする(P72:B-3)
時間帯(T1∼T4)毎にメインモニターまたはモニタ
ー2の設定ができます。
<メイン モニター/モニター2 設定>
<メイン モニター/モニター2 設定>
<メイン モニター/モニター2 設定>
時刻周期 : T-1 (06:30-11:30)
<メイン モニター/モニター2 設定>
時刻周期 : T-1 (06:00-11:30)
時刻周期 : T-1 (06:00-11:30)
CH 01 02 03 04 05 06 時刻周期 : T-1 (06:00-11:30)
CH 01 02 03 04 05 06 メイン 入 入 入 入 入 入 CH 01 02 03 04 05 06 メイン
入 入 入 入 入 入 モニター2 入 入 入 入 入 入 CH 01 02 03 04 05 06 メイン 入 入 入 入 入 入 モニター2 入 入 入 入 入 入 メイン 入 入 入 入 入 入 モニター2 入 入 入 入 入 入 モニター2 入 入 入 入 入 入 ☞ 特定のライブ映像を見えなくする(P73)
時間帯(T1∼T4)毎に指定のライブ映像を見えない
ように設定できます。
<マスク 設定>
<マスク 設定>
<マスク 設定>
時刻周期 : T-1 (06:30-11:30)
<マスク 設定>
時刻周期 : T-1 (06:00-11:30)
時刻周期 : T-1 (06:00-11:30)
CH 01 02 03 04 05 06 時刻周期 : T-1 (06:00-11:30)
CH 01 02 03 04 05 06 メイン 切 切 切 切 切 切 CH 01 02 03 04 05 06 メイン
切 切 切 切 切 切 モニター2 切 切 切 切 切 切 CH 01 02 03 04 05 06 メイン 切 切 切 切 切 切 モニター2 切 切 切 切 切 切 ネットワーク 切 切 切 切 切 切 メイン 切 切 切 切 切 切 モニター2 切 切 切 切 切 切 ネットワーク 切 切 切 切 切 切 モニター2 切 切 切 切 切 切 ネットワーク 切 切 切 切 切 切 ネットワーク 切 切 切 切 切 切 5
(S)
(J)
例: 自動切換
時刻周期 A
時刻周期 B
マスク
時刻周期 A
時刻周期 B
モーションセンサー 時刻周期 A
時刻周期 B
設定が終了したら、終了/画面表示ボタンを押す
通常の画面に戻ります。
終了/画面表示
■ 時刻周期の時刻設定について
¡T-1からT-4間がすべて“00:00”のときは、T-1だけが
有効となり、午前0時から翌日の午前0時までをT-1とし
て動作します。
¡T-3とT-4間で翌日にまたがるような設定はできません。
この様な場合は、T-4を“23:59”に設定してください。
時刻周期 時刻周期 A
T-1
06:00
T-2
12:00
T-3 T-4
18:00 02:00
¡T-4に“00:00”を設定すると、T-4が無効となりT-3か
☞ カメラ映像にモーションセンサーを設定する
(P57:G-5)
時間帯(T1∼T4)毎にライブ映像にモーションセン
サーを設定できます。
CH01 T-1
37
感度 : OFF MODE : A
感度 : OFF MODE : A
CH01 T-1
感度 : OFF MODE : A
CH01 T-1
感度 : OFF
CH01 T-1
設定のしかた
MODE : A
らT-1にスキップします。動作は、T-3からT-1になりま
す。
時刻周期 時刻周期 A
T-1
06:00
T-2
12:00
T-3 T-4
18:00 00:00
記録設定
メニュー構成
■ 記録設定画面の表示のしかた
1
メニューボタンを押してJダイヤルで
「2.記録設定」を選択し、Sダイヤルを
右に回す
<記録設定>画面を表示します。
<簡易記録設定>
簡易記録設定1 ー>
(記録したい日数を元に設定する)
簡易記録設定2 ー>
(カメラの記録レートを元に設定する)
注意 !
設定のまえに、使用するカメラを接続し
時刻設定をおこなってください
メニュー
<メイン メニュー>
1.初期設定 ー>
2.記録設定 ー>
3.一般設定 ー>
4.画面設定 ー>
(S)
(J)
2
<記録領域設定>
全容量 : 160GB
通常記録領域 : 80 %
記録再開許可 ->
アラーム記録領域 : 19 %
記録再開許可 ->
バックアップ領域 : 1 %
記録再開許可 ->
A 簡易記録設定
記録日数または記録レートを選択
できます。
簡易記録設定1 (P40):
記録日数を基準にした設定方法
簡易記録設定2 (P41):
記録レートを基準にした設定方法
B 記録領域設定 (P42)
ハードディスクの全体容量を表示
します。また、各領域(通常記録、
アラーム記録、バックアップ)の
記録容量の設定ができます。
警告 : 設定を変更するとすべての内容が
初期化されます。
Jダイヤルを回してメニューを選択し、
Sダイヤルを右に回す
選択した画面( A ∼ H )が表示されますの
で、設定は各項のページを参照ください。
<記録条件設定>
通常記録領域
上書き記録 : 入
アラーム記録領域
上書き記録 : 入
記録保存制限 : 切
ハードディスクの通常記録領域と、
アラーム記録領域がいっぱいに
なったときに、上書きするか停止
させるかの設定ができます。
<通常記録設定>
記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
記録レート : 15 FPS( 70H)
プログラム記録 : 切
画質、音声、記録レート、プログラ
ム記録の設定ができます。
ディスク残量警告 : **
(J)
C 記録条件設定 (P45)
(S)
<記録設定>
1.簡易記録設定 ー>
2.記録領域設定 ー>
3.記録条件設定 ー>
4.通常記録設定 ー>
5.プログラム記録設定 ー>
6.タイマー設定 ー>
7.アラーム記録設定 ー>
8.アラーム動作/表示設定 ー>
<プログラム記録設定>
プログラム : P-1
カメラ毎の記録レート選択 (FPS)
01: 0.5 02: 0.5 03: 0.5 04: 0.5 05: 0.5 06: 0.5
ジョグで移動、 シャトルで選択
D 通常記録設定 (P47)
E プログラム記録設定
(P48)
記録する各カメラの記録レートの
設定ができます。
通常記録 : 354H
<タイマー設定>
曜日 開始 終了 プログラム 記録レート 入/切
[日] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[月] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[火] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[水] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[木] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[金] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[土] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
毎日 --:-- --:-- 切 15 FPS 切
外部 ***** ***** 切 15 FPS 切
H アラーム動作/表示
設定 (P58)
アラーム入力時の動作と表示
に関する設定ができます。
<アラーム 動作設定>
アラーム リトリガー : 切
<アラーム 表示設定>
メイン モニター 表示 : 1画面
複数アラーム時表示 : ラスト
モニター2 表示 : NC
<アラーム 記録設定>
アラーム記録 : 切
記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
記録パターン : ONLY
記録レート: 15FPS, 持続時間: 20秒
プリアラーム記録 : ***
記録レート: **** FPS, 持続時間: ****
=> (05278 回 アラーム記録可能)
アラーム トリガー : 外部
M センサー ->
F タイマー設定 (P49)
指定した曜日、時間で録画設定が
できます。
G アラーム記録設定
(P53)
アラーム記録、プリアラーム記
録、モーション(M)センサーの設
定ができます。
設定のしかた
38
記録設定
A 簡易記録のメニュー説明
簡易設定には、下記の2種類があります。
☞ 簡易記録設定1(P40)
<簡易記録設定1>
記録日数 : -- 日
タイマー記録(毎日) : 切
開始時刻 --:-- 終了時刻 --:- 記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
☞ 簡易記録設定2(P41)
①
②
③
④
<簡易記録設定2>
記録レート : ----- FPS/台
タイマー記録(毎日) : 切
開始時刻 --:-- 終了時刻 --:- 記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
記録カメラ台数 : 2 台
⑤
記録カメラ台数 : 2 台
記録レート : ------ FPS/台
⑥
記録日数 : ---- 日
① 記録日数
1から99まで選択できます。初期値は1です。
② タイマー記録(毎日)
タイマー記録設定を入切できます。
“切”の場合は、開始時刻へはカーソルが移動しません。
③ 記録画質
選択項目:
BASIC(BA):ラフ画質、約15kB
NORMAL(NO):標準画質、約22kB
ENHANCED(EN):準高画質、約30kB
FINE(FI):高画質、約42kB
SUPER FINE(SF):最高画質、約50kB
④ 音声記録
音声記録を入切できます。音声記録は記録レートの60か
ら1FPSの範囲で設定可能です。音声記録を“入”にする
と記録レートの最初にAを表示します。音声は通常記録
領域にも記録されるため記録容量は少なくなります。
“記録レート”の音声記録可能範囲外を選択した場合は、
音声記録は記録されません。
(P80)
⑤ 記録カメラ台数
本機に接続しているカメラ台数を表示します。
⑥ 記録レート
本メニューの設定内容とカメラ台数から、カメラ1台当た
りの最大記録レートを表示します。有効な数値が得られ
ない場合は“エラー!”と表示します。
その場合は設定内容を変更してください。
39
設定のしかた
q
w
1 記録レート
選択項目:
60/30/20/15/10/7.5/6/5/4.286/3.75/
3.333/3/2.727/2.308/2/1.667/1.429/
1.25/1.111/1/0.5/0.333/0.25/0.2/0.1/
0.05/0.033
上記設定値は、カメラ台数1台の時のものです。記録
レートの設定値は、本機に接続しているカメラ台数に
より、変化します。(上記設定値を基準にカメラ1台
分の記録レートを計算し、表示します。)
音声記録は60から1FPSの範囲で設定可能です。
2 記録日数
本メニューの設定内容とカメラ台数から、カメラ1台当た
りの最大記録日数を表示します。有効な数値が得られな
い場合は“エラー!”と表示します。
その場合は設定内容を変更してください。
簡易記録設定は次の操作をすると設定内容が消えます。
¡本機が検知しているカメラ台数に対して増減があったと
き。
¡<アラーム記録設定>でプリアラーム記録の設定を“入”
に変更したとき。
¡コンパクトフラッシュカードからメニュー設定をロード
したとき。
¡別の簡易記録設定をおこなったとき。
¡通常記録設定またはタイマー設定で設定値を変更したと
き。
¡ハードディスクの交換、各記録領域の変更、ミラーリン
グの設定変更、もう1台追加したとき。
記録設定
A-1 簡易記録設定1
記録日数で録画設定をおこなう
4
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<簡易記録
タイマー設定をおこなわない場合は 5 に進んでくだ
さい。
設定>画面を表示させる(P38)
① Sダイヤルを右に回す
タイマー記録(毎日)の“切”が点滅します。
<簡易記録設定>画面を表示します。
メニュー
<メイン メニュー>
2.記録設定
② Jダイヤルを回してタイマー記録(毎日)を“入”に
選択し、Sダイヤルを右に回す
カーソルが全時刻設定に移動します。
<記録設定>
1.簡易記録設定
開始時刻 --:-- 終了時刻 --:-開始時刻 09:30 終了時刻 18:30
(S)
(J)
<簡易記録設定>
簡易記録設定1 ー>
(記録したい日数を元に設定する)
簡易記録設定2 ー>
(カメラの記録レートを元に設定する)
③ Sダイヤルを右に回す
カーソルが“開始時刻”に移動します。
④ Jダイヤルを回して09(例)を表示させ、Sダイヤ
ルを右に回す
“00”が点滅します。
注意 !
設定のまえに、使用するカメラを接続し
時刻設定をおこなってください
2
タイマーを設定する
⑤ Jダイヤルを回して30(例)を表示させ、Sダイヤ
ルを右に回す
同じ手順をくり返して、終了時刻を設定してくださ
い。カーソルが「記録画質」の“ENHANCED”に移
動します。
Sダイヤルを右に2回まわす
<簡易記録設定1>画面を表示して、
「記録日数」の“1”
が点滅します。
<簡易記録設定1>
記録日数 : 1 日
タイマー記録(毎日) : 切
開始時刻 --:-- 終了時刻 --:- 記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
(S)
記録カメラ台数 : 6 台
記録レート : ------ FPS/台
5
Sダイヤルを右に回し、Jダイヤルを回して記録
画質を選択し、Sダイヤルを右に回す
カーソルが「音声記録」の“切”に移動します。
6
Sダイヤルを右に回し、Jダイヤルを回して音声
記録を“入”選択し、Sダイヤルを右に回す
カーソルが「記録日数」に戻ります。
3
Jダイヤルを回して記録日数(例:10)を選択し、
Sダイヤルを右に回す
7
Sダイヤルを左に回す
<警告>画面が表示され、
“いいえ”が点滅します。
カーソルが「タイマー記録(毎日)」に移動します。
¡Jダイヤルを回して“はい”を選択し、Sダイヤルを
右に回す
記録日数 : 10 日
<簡易記録設定>画面に戻ります。
(J)
(S)
タイマー記録(毎日) : 切
<警 告>
メニュー内の各速度設定は、
自動的に修正されます。
設定変更しますか ?
いいえ
ジョグで移動、 シャトルで設定
8
設定が終了したら、終了/画面表示ボタンを押す
通常の画面に戻ります。
終了/画面表示
設定のしかた
40
記録設定
A-2 簡易記録設定2
記録レートで録画設定をおこなう
4
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<簡易記録
タイマー設定をおこなわない場合は 5 に進んでくだ
さい。
設定>画面を表示させる(P38)
① Sダイヤルを右に回す
タイマー記録(毎日)の“切”が点滅します。
<簡易記録設定>画面を表示します。
メニュー
<メイン メニュー>
2.記録設定
② Jダイヤルを回してタイマー記録(毎日)を“入”に
選択し、Sダイヤルを右に回す
カーソルが全時刻設定に移動します。
<記録設定>
1.簡易記録設定
(J)
開始時刻 --:-- 終了時刻 --:-開始時刻 09:30 終了時刻 18:30
(S)
<簡易記録設定>
簡易記録設定1 ー>
(記録したい日数を元に設定する)
簡易記録設定2 ー>
(カメラの記録レートを元に設定する)
③ Sダイヤルを右に回す
“開始時刻”の“00”が点滅します。
④ Jダイヤルを回して09(例)を表示させ、Sダイヤ
ルを右に回す
“00”が点滅します。
注意 !
設定のまえに、使用するカメラを接続し
時刻設定をおこなってください
2
⑤ Jダイヤルを回して30(例)を表示させ、Sダイヤ
ルを右に回す
同じ手順をくり返して、終了時刻を設定してくださ
い。カーソルが「記録画質」の“ENHANCED”に移
動します。
Jダイヤルを回して「簡易記録設定2」を選択し、
Sダイヤルを右に2回まわす
<簡易記録設定2>画面を表示して、
「記録レート」の
数値が点滅します。数値はハードディスクの容量によ
り異なります。
(J)
タイマーを設定する
<簡易記録設定2>
記録レート : ----- FPS/台
タイマー記録(毎日) : 切
開始時刻 --:-- 終了時刻 --:- 記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
(S)
5
Sダイヤルを右に回し、Jダイヤルを回して記録
画質を選択し、Sダイヤルを右に回す
カーソルが「音声記録」の“切”に移動します。
6
記録カメラ台数 : 6 台
Sダイヤルを右に回し、Jダイヤルを回して音声
記録を“入”選択し、Sダイヤルを右に回す
カーソルが「記録レート」に戻ります。
記録日数 : ---- 日
7
Sダイヤルを左に回す
<警告>画面が表示され、
“いいえ”が点滅します。
3
Jダイヤルを回して記録レート(例:30)を選択
して、Sダイヤルを右に回す
¡Jダイヤルを回して“はい”を選択し、Sダイヤルを
右に回す
カーソルが「タイマー記録(毎日)」に移動します。
<簡易記録設定画面>に戻ります。
記録レート : 30 FPS/台
(J)
(S)
<警 告>
メニュー内の各速度設定は、
自動的に修正されます。
タイマー記録(毎日) : 切
設定変更しますか ?
いいえ
ジョグで移動、 シャトルで設定
8
設定が終了したら、終了/画面表示ボタンを押す
通常の画面に戻ります。
終了/画面表示
41
設定のしかた
記録設定
B 記録領域画面のメニュー説明
ハードディスクの全記録容量と各記録容量の割り当て
を確認することができます。各記録領域を変更すると、
ハードディスクが初期化され、今までに録画した内容
のすべてが消去されます。記録領域を変更する場合は、
必要な映像は他の記録媒体に保存してください。
アラーム
記録領域
■ 記録領域の容量を確認する
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<記録領域
設定>画面を表示させる(P38)
メニュー
<メイン メニュー>
2.記録設定
バックアップ領域
<記録設定>
2.記憶領域設定
1%
19%
80%
(J)
通常記録領域
ハードディスク記録領域
①
②
③
④
⑤
<記録領域設定>
全容量 : 160GB
通常記録領域 : 80 %
記録再開許可 ->
アラーム記録領域 : 19 %
記録再開許可 ->
バックアップ領域 : 1 %
記録再開許可 ->
(S)
<記録領域設定>
全容量 : 160GB
通常記録領域 : 80 %
記録再開許可 ->
アラーム記録領域 : 19 %
記録再開許可 ->
バックアップ領域 : 1 %
記録再開許可 ->
警告 : 設定を変更するとすべての内容が
初期化されます。
2
終了するときは、終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
警告 : 設定を変更するとすべての内容が
初期化されます。
① 搭載されているハードディスクの全容量を表示する
ハードディスクを交換すると全容量値は変わります。
② 通常記録領域の記憶容量を設定する
初期値は80%で、0%から99%まで手動で数値を変更で
きます。通常記録領域を0%に設定した場合は、アラーム
記録領域のみに映像が記録されます。
③ ハードディスクの記録容量がいっぱいになった状態で、
各記録領域に映像が記録される毎にハードディスクの最
初から上書きされる
④ アラーム記録領域の記憶容量を設定する
初期値は19%で、0%から99%まで手動で数値を変更で
きます。
アラーム記録件数の制限は1台のハードディスク当たり
16000件です。ハードディスクを増設した場合は、最大
32000件まで可能です。ただし、各条件の設定により記
録条件が異なります。
⑤ バックアップ領域の記憶容量を設定する
初期値は1%で、上限は99%です。当領域は手動での設
定はできません。
設定のしかた
42
記録設定
B-1 通常記録領域とアラーム記録領域の変更
記録領域を変更するとハードディスクは初期化されま
す。
1
6
Jダイヤルを回して、Sダイヤルを右に回す操作を繰り
返して管理者パスワードを入力してください。
「記録設定画面の表示のしかた」で<記録領域
設定>画面を表示させる(P38)
メニュー
パスワードを入力する
<警告>画面が表示し、
“いいえ”が点滅します。
<メイン メニュー>
2.記録設定
<警 告>
設定を変更すると全ての記録内容が失われます。
変更しますか?
いいえ
<記録設定>
2.記録領域設定
(J)
2
(S)
<記録領域設定>
全容量 : 160GB
通常記録領域 : 80 %
記録再開許可 ->
アラーム記録領域 : 19 %
記録再開許可 ->
バックアップ領域 : 1 %
記録再開許可 ->
ジョグで移動、 シャトルで設定
7
“ハードディスク初期化中!”の画面になり、初期化を
おこないます。
Sダイヤルを右に回す
初期化が終了すると、<記録領域設定>画面に戻りま
す。
「通常記録領域」の“80”が点滅します。
3
Jダイヤルを回して“はい”を選択し、Sダイヤル
を右に回す
Jダイヤルを回して、通常記録領域(例:50%)
に変更し、Sダイヤルを右に2回まわす
「アラーム記録領域」の数値が点滅します。
: 19%
アラーム記録領域
メモ
本機の初期値は<記録条件設定>の通常記録領域または
アラーム記録領域の「上書き記録」では“入”に設定され
ていますので、通常記録領域を設定後は「記録再開許可」
にはカーソルは移動しません。同様にアラーム記録領域
にもカーソルは移動しません。
通常記録領域とアラーム記録領域の記録再開許可は、
<記録条件設定>の「上書き記録」を“切”に設定してく
ださい。
(P46)
<記録条件設定>
通常記録領域
上書き記録 : 切
アラーム記録領域
上書き記録 : 入
4
Jダイヤルを回して、アラーム記録領域(例:
49%)に変更し、Sダイヤルを右に回す
「バックアップ領域」の“記録再開許可”にカーソルが
移動します。
5
Sダイヤルを左に回す
パスワード入力画面が表示されます。
K
管理者パスワードを入力してください。
--------
ジョグで移動、 シャトルで設定
43
ハードディスク初期化中 !
設定のしかた
8
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
16000件以上のアラーム録画をおこなう場合
最初にアラーム記録領域を設定し、次に通常記録領域を*0%
に設定してください。件数に関係なく、設定したアラーム領
域がいっぱいになるまでアラーム記録をおこないます。
次の場合は、ハードディスクが初期化されます。必要な画像
はメディアに保存してください。
¡通常記録領域:
1%∼99%を*0%に設定した場合
*0%を0%∼99%に設定した場合
¡アラーム記録領域、バックアップ領域:
割合を変更した場合
通常記録領域を*0%に設定して、記録した映像を検索すると
きは日時サーチのみ可能です。
記録設定
B-2 バックアップ領域の記録再開許可
バックアップ領域は自動的に上書きをおこなうことが
できません。バックアップ領域の記録再開許可をおこ
なうとバックアップ領域の映像は消去されます。
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<記録領域
設定>画面を表示させる(P38)
<メイン メニュー>
2.記録設定
メニュー
<記録設定>
2.記録領域設定
(J)
(S)
<記録領域設定>
全容量 : 160GB
通常記録領域 : 80 %
記録再開許可 ->
アラーム記録領域 : 19 %
記録再開許可 ->
バックアップ領域 : 1 %
記録再開許可 ->
警告 : 設定を変更するとすべての内容が
初期化されます。
2
Jダイヤルを回して“記録再開許可”を選択し、
Sダイヤルを右に回す
<パスワード入力>画面が表示されます。
(Sダイヤルを右に回して管理者パスワードを入力し
ます。)
K
管理者パスワードを入力してください。
--------
ジョグで移動、 シャトルで設定
3
Jダイヤルを回してSダイヤルを右に回す
<警 告>
記録再開許可
バックアップ領域
変更しますか?
はい
ジョグで移動、 シャトルで設定
4
終了するときは、終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
設定のしかた
44
記録設定
C 記録条件設定のメニュー説明
ハードディスクの通常記録領域とアラーム記録領域がいっぱいになったときに、上書き録画(録画済み映像は消去)
する、または録画を停止させて上書き録画をしないなどを設定します。
②
<記録条件設定>
通常記録領域
上書き記録 : 入
アラーム記録領域
上書き記録 : 入
③
ディスク残量警告 : **
④
記録保存制限 : 切
①
① 通常記録領域の「上書き記録」の選択をする
入:通常記録領域がいっぱいになると、自動的にハード
ディスクの各領域の最初から上書き録画します。
切:通常記録領域がいっぱいになると、自動的にハード
ディスクの各領域への録画を停止します。
② アラーム記録領域の「上書き記録」の選択をする
入:アラーム記録領域がいっぱいになると、自動的にハ
ードディスクの各領域の最初から上書き録画します。
切:アラーム記録領域がいっぱいになると、自動的にハ
ードディスクの各領域への録画を停止します。
③ ディスク残量警告
ハードディスクの記録残量が指定した残量になると残量
警告ランプが点滅します。
各記録領域の「上書き記録」を“切”に切り換えると、
「デ
ィスク残量警告」が“**”から“1%”に切り換わり、デ
ィスクの上書き記録が禁止されます。
選択項目:1%、2%、・・・9%、10%
**:上書き記録可
④ 記録保存制限
通常記録領域またはアラーム記録領域に録画した映像の
保存期間を設定できます。保存期間を過ぎると映像は自
動的に消去されます。
必要な映像はバックアップ領域またはコンパクトフラッ
シュカードなどに保存してください。
選択項目:切、1、2、3・・・98、99日
45
設定のしかた
■ ディスク残量警告について
(モニター:操作表示部)
上書き記録が「切」のときは、録画中の操作表示部の表示
は残量表示に切り換わります。
06-10-26 02:20:20 REC REPEAT
06-10-26 00:00:00 REC 5%
5%
EN A ALARM 0000
(本機)
例えば、残量表示を5%に指定した場合は、5%以下にな
ると下記の警告ランプが点滅します。容量が完全になく
なると、点滅から点灯になり録画を停止します。
残量警告ランプ
アラーム残量警告
ランプ
6CH DIGITAL RECORDER WT
電源
1
2
3
4
5
6
残量警告
アラーム残量警告
ロック
アラーム
4画面表示 マルチ表示 モニタ2 プラス表示 カメラ自動切替 ズーム
記録設定
C-1 記録領域の上書き記録設定
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<記録条件
設定>画面を表示させる(P38)
メニュー
<メイン メニュー>
2.記録設定
C-2 記録領域の保存期間の設定
通常記録領域や、アラーム記録領域は保存期間を過ぎ
ると映像は自動的に消えますので、必ず記録保存制限
期間を確認してください。
1
<記録設定>
3.記録条件設定
(J)
(S)
Jダイヤルを回して「記録保存制限」を選択し、
Sダイヤルを右に回す
カーソルが“切”に移動します。
2
<記録条件設定>
通常記録領域
上書き記録 : 入
アラーム記録領域
上書き記録 : 入
Jダイヤルを回して保存期間(例:10)を選択し、
Sダイヤルを右に回す
バックアップ領域は記録保存制限期間が過ぎても映像は消
去されません。
ディスク残量警告 : **
記録保存制限 : 切
2
3
(J)
Jダイヤルを回して通常記録領域またはアラーム
記録領域の「上書き記録」を選択し、Sダイヤル
を右に回す
Jダイヤルを回して“切”を選択し、Sダイヤルを
右に回す
「ディスク残量警告」が“**”から“1%”表示になり、
ディスクの上書き記録が禁止されます。
(S)
<記録条件設定>
通常記録領域
上書き記録 : 入
アラーム記録領域
上書き記録 : 入
ディスク残量警告 : **
記録保存制限 : 10 日
3
終了するときは、終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
通常記録領域またはアラーム記録領域のどちらかのデ
ィスクの残容量が1%になると、本機前面の残量警告
ランプが点滅します。
(J)
(S)
<記録条件設定>
通常記録領域
上書き記録 : 切
アラーム記録領域
上書き記録 : 切
ディスク残量警告 : 1 %
記録保存制限 : 切
4
ディスク残量警告の割合を変更する
① Jダイヤルを回して「ディスク残量警告」を選択し、
Sダイヤルを右に回す
② Jダイヤルを回して残量表示(例:5%)を選択し、
Sダイヤルを右に回す
「記録保存制限」にカーソルが移動します。
選択項目:1%、2%・・・9%、10%
5
終了するときは、終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
設定のしかた
46
記録設定
D 通常記録設定のメニュー説明
通常記録領域の画質、音声記録、記録レートの設定が
できます。さらに、プログラム記録では、グループ毎
に設定した記録レートで録画されます。
(P50)
D-1 通常記録領域の設定
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<通常記録
設定>画面を表示させ、Sダイヤルを右に回す
(P38)
記録画質の“ENHANCED”が点滅します。
①
②
③
④
<通常記録設定>
記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
記録レート : 15 FPS( 70H)
プログラム記録 : 切
① 記録画質
通常記録領域に記録する画質の選択ができます。画質の
種類を選択すると、記録時間が変わります。
選択項目:
BASIC:ラフ画像(BA)/15kB
NORMAL:標準画質(NO)/22kB
ENHANCED:準高画質(EN)/30kB
FINE:高画質(FI)/42kB
SUPER FINE:最高画質(SF)/50kB
② 音声記録
¡音声記録を“入”に切り換えると、記録レートの前に音
声記録表示“A”を表示します。全カメラの記録レート
の合計がA60からA1FPSの範囲のときに音声の記録
ができます。
¡音声は記録したときと同じ速度の場合のみ再生されま
す。映像と音声の再生には若干のずれが発生します。
③ 記録レート
記録レートはプリアラーム記録やミラーリングの設定に
よって制限されます。
(P80∼P82)
メニュー
<メイン メニュー>
1.記録設定
<記録設定>
4.通常記録設定
(J)
2
(S)
<通常記録設定>
記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
記録レート : 15 FPS ( 70H)
プログラム記録 : 切
Jダイヤルを回して、記録画質(例:FINE)を選
択し、Sダイヤルを右に2回まわす
「音声記録」の“切”が点滅します。
3
Jダイヤルを回して、音声記録(例:入)を選択し、
Sダイヤルを右に2回まわす
音声記録表示“A”が表示し、記録レート値が点滅しま
す。
4
④ プログラム記録(P48)
プログラム記録でグループ毎(P-1∼P-4)に録画したい
ライブ映像を指定して録画できます。グループを選択後、
プログラム設定で各グループ毎に記録レートを設定して
ください。
選択項目:切/P-1/P-2/P-3/P-4
Jダイヤルを回して、記録レート(例:7.5)を選
択し、Sダイヤルを右に2回まわす
「プログラム記録」の“切”が点滅します。
■ プログラム記録を設定する場合は
Jダイヤルを回して、プログラム記録(例:P-1)を
選択し、Sダイヤルを右に回す
「記録レート」は***になります。
5
終了するときは、終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
47
設定のしかた
記録設定
E プログラム記録設定のメニュー説明
プログラム設定は、録画したいライブ映像をグループ
(P-1、2、3、4)毎に設定できます。各グループで録
画する、または録画しないカメラを選択し、記録レー
トを設定することができます。
設定後は<通常記録設定>の「プログラム記録」でプ
ログラム番号(P-1∼P-4)を設定します。
①
E-1 プログラム記録設定
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<プログラム
記録設定>画面を表示させ、Sダイヤルを右に回
す(P38)
“P-1”が点滅します。
<メイン メニュー>
2.記録設定
メニュー
<記録設定>
5.プログラム記録設定
<プログラム記録設定>
プログラム : P-1
②
③
カメラ毎の記録レート選択 (FPS)
01: 0.5 02: 0.5 03: 0.5 <プログラム記録設定>
<プログラム記録設定>
04: 0.5 05: 0.5 06: 0.5
<プログラム記録設定>
プログラム : P-2
通常記録 : 354H
(S)
(J)
<プログラム記録設定>
プログラム : P-3
プログラム : P-4
カメラ毎の記録レート選択 (FPS)
カメラ毎の記録レート選択 (FPS)
01: 0.5 02: 0.5 03: 0.5
カメラ毎の記録レート選択 (FPS)
01: 0.5 02: 0.5 03: 0.5
04: 0.5 05: 0.5 06: 0.5
01: 0.5 02: 0.5 03: 0.5
04: 0.5 05: 0.5 06: 0.5
04: 0.5 05: 0.5 06: 0.5
プログラム : P-1
カメラ毎の記録レート選択 (FPS)
01: 0.5 02: 0.5 03: 0.5 04: 0.5
05: 0.5 06: 0.5 07: 0.5 08: 0.5
09: 0.5 10: 0.5 11: 0.5 12: 0.5
13: 0.5 14: 0.5 15: 0.5 16: 0.5
通常記録 : 176H
通常記録 : 354H
通常記録 : 354H
通常記録 : 354H
① プログラム番号
プログラム番号を選択できます。
選択項目:P-1、P-2、P-3、P-4
2
② カメラ毎の記録レート選択
録画または録画しないカメラを選択し、記録レートを設
定できます。
選択項目:30/15/7.5/3.75/1.875/1/0.5/
0.333/0.25/0.2/0.1/0.05/0.033/切
記録レートはプリアラーム記録やミラーリングの設定によ
って制限されます。
(P82)
③ 通常記録
プログラム設定後に各グループの録画可能時間を表示し
ます。
Jダイヤルを回して、プログラム番号(例:P-2)
を選択し、Sダイヤルを右に2回まわす
“0.5”が点滅します。
01: 0.5
3
Jダイヤルを回して、カメラ01(例:7.5)を選
択し、Sダイヤルを右に回す
4
Jダイヤルを回して、カメラ02を選択し、Sダイ
ヤルを右に回す
5
Jダイヤルを回して、カメラ02(例:15)を選択
し、Sダイヤルを右に回す
同じ手順をくり返して、記録レートを選択してくださ
い。
01: 7.5
02: 15
03: 0.5
通常記録に録画可能時間を表示し、カーソルがプログ
ラムに移動します。
6
Jダイヤルを回して、他のプログラム番号(P-2
∼P-4)を選択し、録画するカメラの記録レート
やプログラム記録などを設定させないカメラを
設定する
7
終了するときは、終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
設定のしかた
48
記録設定
F タイマー設定のメニュー説明
タイマー機能を使用して、録画の開始や終了を設定できます。タイマー機能には、下記の方法があります。
①
⑦
⑧
②
③
④
⑤
⑥
<タイマー設定>
曜日 開始 終了 プログラム 記録レート 入/切
[日] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[月] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[火] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[水] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[木] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[金] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[土] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
毎日 --:-- --:-- 切 15 FPS 切
外部 ***** ***** 切 15 FPS 切
① 曜日
タイマー設定をおこなう曜日を選択します。
[日]から[土]
までの曜日を点滅させると他の曜日に変更できます。
24時間以上のタイマーを設定するときは、⑦の[土]と毎
日を使用します。休日設定で設定した日付にタイマーを
設定するときは、
[日]を使用します。(休日設定をする
場合は、P.35を参照ください。)
選択項目:日/月/火/水/木/金/土/毎日
② 開始
タイマー録画の開始時間(24時間制)を入力します。
③ 終了
タイマー録画の終了時間(24時間制)を入力します。
開始と終了の時間設定が24時を挟む場合は、終了時間の
左側に“T”が表示されます。
④ プログラム
タイマー録画をするときに、プログラム番号(P-1∼P-4)
を指定できます。
(P51)
選択項目:切/P-1/P-2/P-3/P-4
日曜日から土曜日までの曜日を指定して、その日のみを
タイマー録画する。
¡ 毎日(24時間以上)のタイマー録画(P51)
¡ 外部タイマー(アラーム)録画(P52)
外部タイマー端子からの信号を検知したときに映像を録
画する。
⑧ 外部
後面部の「外部タイマー入力」端子に入力信号が検知(パ
ルス幅1秒以上)されると、ライブ映像を通常記録領域に
録画します。
■ タイマー録画について
¡画質や音声記録の記録は、<通常記録設定>で設定した設
定値になります。
¡音声記録をおこなう場合は、
「記録レート」を1FPS以上
に設定してください。
■ タイマー設定が重なった場合
各曜日の予約 ➔ 毎日予約 ➔ 外部入力の順で録画します。
■ 各曜日、毎日が重なった場合
開始時間の早い方を優先して録画します。開始時間が同じ場
合は、メニュー設定の上位を優先します。
<プログラム記録設定>
■ タイマー予約の削除
プログラム : P-1
タイマー設定のメニューを表示している状態で、前面部のメ
ニューリセットボタンを押してください。
カメラ毎の記録レート選択 (FPS)
01: 0.5 02: 0.5 03: 0.5
04: 0.5 05: 0.5 06: 0.5
通常記録 : 354H
⑤ 記録レート
タイマー録画時の記録レートの変更ができます。
プログラム設定をおこなっている場合は、記録レートが選
択されていますので、記録レートの入力はできません。
⑥ 入/切
タイマー設定の入切を選択します。
⑦ [土]/毎日
タイマー設定を24時間以上おこなうときに使用します。
49
¡ 曜日(毎日、同時間、同記録レート)タイマー録画
(P50)
設定のしかた
記録設定
F-1
曜日(毎日、同時間、同記録レート)毎のタイマー録画
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<タイマー
設定>画面を表示させ、Sダイヤルを右に回す
(P38)
4
タイマー録画ランプが点灯し、タイマー録画の待機状
態になります。
曜日の「日」が点滅します。
メニュー
タイマー録画
<メイン メニュー>
2.記録設定
¡タイマー録画の指定した時間になると
<記録設定>
6.タイマー設定
2
録画/停止ランプが点灯し、操作表示部に“REC”を
表示して録画を開始します。
(S)
(J)
録画/停止
<タイマー設定>
曜日 開始 終了 プログラム 記録レート 入/切
[日] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[月] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[火] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[水] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[木] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[金] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[土] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
毎日 --:-- --:-- 切 15 FPS 切
外部 ***** ***** 切 15 FPS 切
06-01-01 00:00:00 REC REPEAT EN A
¡タイマー録画の終了時間になると
録画/停止ランプが消えて、録画を終了します。
¡タイマー録画を途中で止めるときは
タイマー録画ボタンを押してください。録画を終了
し、タイマー録画ランプも消えます。
タイマー録画を設定する
例: 毎日
タイマー録画ボタンを押す
08:30 18:30 切
¡タイマー録画中に再生するには
「録画した映像を見る」を参照ください。
(P18)
1 FPS 入
¡曜日:毎日を設定する
¡開始:午前8時30分に設定する
¡終了:午後6時30分に設定する
¡記録レート:1FPSに設定する
¡入/切:入に設定する
① Jダイヤルを回して[日]を“毎日”に設定し、Sダイ
ヤルを右に回す
開始の時間“−−”が点滅します。
■ タイマー録画をプログラム設定する
タイマー録画設定したあとで、プログラム設定をする場合
は、次のように設定してください。
例: 毎日
1
② Jダイヤルを回して「開始」を“08”に設定し、Sダ
イヤルを右に回す
開始の分“−−”が点滅します。
③ Jダイヤルを回して「開始」を“30”に設定し、Sダ
イヤルを右に回す
終了の時間“−−”が点滅します。
同じ手順をくり返し、タイマー録画設定例をおこな
ってください。
④ Jダイヤルを回して「入/切」を“入”に設定し、Sダ
イヤルを右に回す
[月]の行へカーソルが移動します。
08:30
18:30 P-1 **** FPS 入
Jダイヤルを回してプログラム(例:P-1)を選
択して、Sダイヤルを右に回す
プログラム設定で任意に記録レートを設定しています
ので、記録レートは“****”となります。
選択項目:P-1、P-2、P-3、P-4
2
Jダイヤルを回して入/切(例:入)を選択して、
Sダイヤルを右に回す
3
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
<タイマー設定>
曜日 開始 終了 プログラム 記録レート 入/切
[日] 08:30 18:30 切 15 FPS 入
[月] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[火] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
3
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
設定のしかた
50
記録設定
毎日(24時間以上)のタイマー録画
F-2
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<タイマー
設定>画面を表示させる(P38)
メニュー
3
終了/画面表示
<メイン メニュー>
2.記録設定
<記録設定>
6.タイマー設定
4
タイマー録画ボタンを押す
タイマー録画ランプが点灯し、タイマー録画の待機状
態になります。
(S)
(J)
終了/画面表示ボタンを押す
<タイマー設定>
曜日 開始 終了 プログラム 記録レート 入/切
[日] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[月] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[火] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[水] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[木] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[金] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[土] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
毎日 --:-- --:-- 切 15 FPS 切
外部 ***** ***** 切 15 FPS 切
タイマー録画
¡タイマー録画指定した時間になると
録画/停止ランプが点灯し、操作表示部に“REC”を
表示して録画を開始します。
録画/停止
2
06-01-01 00:00:00 REC REPEAT EN A
タイマー録画を設定する
例: [月]
10:30 **:** ** **** FPS **
[水] **:** 20:30 切
¡タイマー録画の終了時間になると
録画/停止ランプが消えて、録画を終了します。
5 FPS 入
¡曜日(開始):月を設定する
¡曜日(終了):水を設定する
¡開始:午前10時30分に設定する
¡終了:午後8時30分に設定する
¡プログラム:設定しない
¡記録レート:5FPSに設定する
¡入/切:入に設定する
① Jダイヤルを回して[土]を選択し、Sダイヤルを右に
回す
② Jダイヤルを回して[土]を“月”に設定し、Sダイヤ
ルを右に回す
開始の時間“−−”が点滅します。
③ Jダイヤルを回して“10”を設定し、Sダイヤルを
右に回す
開始の分“−−”が点滅します。
¡タイマー録画を途中で止めるときは
タイマー録画ボタンを押してください。録画を終了
し、タイマー録画ランプも消えます。
¡タイマー録画中に再生するには
「録画した映像を見る」を参照ください。
(P18)
■ タイマー録画をプログラム設定する
タイマー録画設定したあとで、プログラム設定をする場合
は、次のように設定してください。
例: [火]
1
⑥ Jダイヤルを回して“水”を設定し、Sダイヤルを右
に回す
終了の時間“−−”が点滅します。
⑦ Jダイヤルを回して“20”を設定し、Sダイヤルを
右に回す
同じ手順をくり返し、タイマー録画設定例をおこな
ってください。
51
設定のしかた
Jダイヤルを回してプログラム(例:P-1)を選
択して、Sダイヤルを右に回す
プログラム設定で任意に記録レートを設定しています
ので、記録レートは“****”となります。
④ Jダイヤルを回して“30”を設定し、Sダイヤルを
右に回す
終了の時間“−−”が点滅します。
⑤ Jダイヤルを回して“**”を設定し、Sダイヤルを
右に回す
終了時間以降が**となり、入力不可になります。
「毎日」のラインが自動的に[火]に設定されます。
**:** 20:30 P-1 **** FPS 入
選択項目:P-1、P-2、P-3、P-4
2
Jダイヤルを回して入/切(例:入)を選択して、
Sダイヤルを右に回す
3
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
記録設定
F-3
1
外部タイマー(アラーム)録画
後面部の外部タイマー入力端子に、外部タイマー
用の部品などを接続する(図1)
5
タイマー録画ランプが点灯し、タイマー録画の待機状
態になります。
(外部タイマー入力端子からの入力信号
で録画を開始します。)
2 「記録設定画面の表示のしかた」で<タイマー
設定>画面を表示させる(P38)
メニュー
タイマー録画
<メイン メニュー>
2.記録設定
<記録設定>
6.タイマー設定
(J)
3
***** ***** 切
¡タイマー録画中に再生するには
「録画した映像を見る」を参照ください。
(P18)
■ タイマー録画をプログラム設定する
タイマー録画設定したあとで、プログラム設定をする場合
は、次のように設定してください。
例: 外部
1
タイマー録画を設定する
例: 外部
¡タイマー録画を途中で止めるときは
タイマー録画ボタンを押してください。録画を終了
し、タイマー録画ランプも消えます。
(S)
<タイマー設定>
曜日 開始 終了 プログラム 記録レート 入/切
[日] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[月] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[火] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[水] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[木] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[金] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
[土] --:-- --:-- 切 15 FPS 切
毎日 --:-- --:-- 切 15 FPS 切
外部 ***** ***** 切 15 FPS 切
¡プログラム:設定しない(切)
¡入/切:入に設定する
① Jダイヤルを回して「外部」を選択し、Sダイヤルを
右に2回まわす
「記録レート」の“15”が点滅します。
***** ***** P-1 **** FPS 入
Jダイヤルを回してプログラム(例:P-1)を選
択して、Sダイヤルを右に回す
プログラム設定で任意に記録レートを設定しておりま
すので、記録レートは****となります。
5 FPS 入
¡記録レート:5FPSに設定する
タイマー録画ボタンを押す
選択項目:P-1、P-2、P-3、P-4
2
Jダイヤルを回して入/切(例:入)を選択して、
Sダイヤルを右に回す
3
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
② Jダイヤルを回して“5”を設定し、Sダイヤルを右
に回す
「入/切」の“切”が点滅します。
③ Jダイヤルを回して“入”を設定し、Sダイヤルを右
に回す
4
図1
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
設定のしかた
52
記録設定
G アラーム記録設定のメニュー説明
アラーム記録設定には次の設定があります。
①
②
③
④
⑤
⑦
⑧
⑩
⑪
⑫
<アラーム 記録設定>
アラーム記録 : 切
記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
記録パターン : ONLY
記録レート: 15FPS, 持続時間: 20秒
プリアラーム記録 : ***
記録レート: **** FPS, 持続時間: ****
=> (05278 回 アラーム記録可能)
アラーム トリガー : 外部
M センサー ->
¡ アラーム記録(P54)
アラーム検出時に、アラーム記録領域の画質、音声記録、
記録レートの設定をおこなう。
¡ プリアラーム記録(P55)
⑥
⑨
① アラーム記録
アラーム録画の入切の設定と、タイマー録画中などにア
ラーム録画をおこなうかを選択します。
“切”を選択した場合は、他の設定はできません。
選択項目:
切:アラーム録画をおこなわない。
入:タイマー録画に関係なく、常時アラーム録画をおこ
なう。
タイマー中アラーム:
タイマー録画中のみアラーム録画をおこなう。
タイマー外アラーム:
タイマー録画中以外のアラーム録画をおこなう。
タイマー中アラームのみ:
タイマー設定で設定した時間中のみアラーム録画をお
こなう。本項目を選択した場合は、タイマー録画はでき
なくなり、タイマー録画ボタンの操作はできなくなり
ます。
② 記録画質
画質を選択できます。
選択項目:
BASIC/NORMAL/ENHANCED/FINE/SUPER FINE
③ 音声記録
音声記録を入切できます。
音声記録は記録レートの30から1 FPSの範囲で設定可
能です。その場合は記録レートの最初にAを表示します。
音声はアラーム記録領域にも記録されるため記録容量は
少なくなります。
記録レートの音声記録可能範囲外を選択した場合は、音
声記録は記録されません。
④ 記録パターン
選択項目:
ONLY:アラームが入ったライブ映像のみを録画する。
SW:アラームが入ったライブ映像と接続されているす
べてのライブ映像を交互に録画する。
プリアラーム時の記録レート、持続時間の設定をおこな
う。
¡ アラームトリガー(P55)
アラームの検出方法を選択します。
¡ M(モーション)センサー(P57)
⑤ 記録レート
下記のから選択できます。
選択項目:
30/20/15/10/7.5/6/5/4.286/3.75/3.333/3/
2.727/2.308/2/1.667/1.429/1.25/1.111/1/
0.5/0.333/0.25/0.2/0.1/0.05/0.033
音声記録は30から1 FPSの範囲で設定可能です。
⑥ 持続時間
アラーム1回当たりの記録時間を次から選択できます。
選択項目:
5秒/10/20/40/1分/2/3/4/5/10/15/CC
CC:1つのアラームが入っている期間に動作(最短5秒)
します。
⑦ プリアラーム記録
切:プリアラーム録画をおこなわない。
入:プリアラーム録画をおこなう。
⑧ 記録レート
記録レート設定のプリアラーム録画時間を参照ください。
(P82)
⑨ 持続時間
プリアラーム録画時間を参照ください。
(P82)
⑩ アラーム記録可能回数
⑪ アラームトリガー
アラーム検出方法を次から選択できます。
外部:外部アラームが入ったときにアラーム録画する。
Mセンサー:
モーションセンサーが動きを検知したときアラーム録
画する。
(P57)
外部 AND Mセンサー:
外部アラームとモーションセンサーの両方が同時に検
知するとアラーム録画する。
外部 OR Mセンサー:
外部アラームとモーションセンサーのどちらかを検知
するとアラーム録画する。
⑫ Mセンサー
モーションセンサーの設定画面を表示します。
53
設定のしかた
記録設定
G-1 アラーム記録設定
SWを選択した場合
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<アラーム
アラームが入ったライブ映像と接続されている
すべてのライブ映像を交互に録画します。
記録設定>画面を表示させ、Sダイヤルを右に回
す(P38)
アラーム発生
「アラーム記録」の“切”が点滅します。
メニュー
1 2 1 3 1 4 1 5 1 6 1 2 1 3 1 4 1 5 1 6
<メイン メニュー>
2.記録設定
(アラームCH)
(通常録画CH)
<記録設定>
7.アラーム 記録設定
(J)
3
終了/画面表示ボタンを押す
通常の画面に戻ります。
¡操作表示部には“ALARM”とアラーム記録回数が
表示されます。
¡アラームを検知すると、
“ALARM”表示が点滅しま
す。
終了/画面表示
2
アラーム記録を設定する
① Jダイヤルを回してアラーム記録項目を選択し、
Sダイヤルを右に2回まわす
アラームの入ったCHと他のCHを、
アラームが切れるまで交互に録画する
⑤ Jダイヤルを回して記録レートを“5”に選択し、
Sダイヤルを右に回す
同じ手順で持続時間も選択してください。
(S)
<アラーム 記録設定>
アラーム記録 : 切
記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
記録パターン : ONLY
記録レート: 15FPS, 持続時間: 20秒
プリアラーム記録 : ***
記録レート: **** FPS, 持続時間: ****
=> (05278 回 アラーム記録可能)
アラーム トリガー : 外部
M センサー ->
アラーム終了
アラーム回数
アラーム表示
06-01-01 00:00:00 REC REPEAT EN A ALARM 0000
選択項目:切/入/タイマー中アラーム/タイマー外
アラーム/タイマー中アラームのみ
② Jダイヤルを回して記録画質を選択し、Sダイヤル
を右に2回まわす
アラーム記録可能回数(=>)が表示(目安)します。
選択項目:BASIC/NORMAL/ENHANCED/
FINE/SUPERFINE
=> (01387 回 アラーム記録可能)
02
☞ 持続時間内に同じチャンネルに続けてアラームを検知し
た場合は、アラームトリガー設定で1つのアラームとし
てカウントします。
(P58)
③ Jダイヤルを回して音声記録を“入”に選択し、Sダ
イヤルを右に2回まわす
記録レートに“A(音声記録表示)”とアラーム記録
可能回数(=>)が表示します。
記録レート: A 15FPS, 持続時間: 20秒
=> (01431 回 アラーム記録可能)
④ Jダイヤルを回して記録パターンを選択し、Sダイ
ヤルを右に2回まわす
選択項目:ONLY/SW
ONLYを選択した場合
アラームが入ったライブ映像のみ、アラームが
解除されるまで録画します。
アラーム発生
アラーム終了
1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
アラームの入ったCHを、アラームが切れるまで録画する
設定のしかた
54
記録設定
G-2 プリアラーム記録設定
⑥ Jダイヤルを回して記録レート(例:7.5)を選択
し、Sダイヤルを右に回す
同じ手順で持続時間(例:20)も選択してくださ
い。
アラーム記録可能回数(=>)が表示(目安)します。
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<アラーム
記録設定>画面を表示させ、Sダイヤルを右に回
す(P38)
「アラーム記録」の“切”が点滅します。
メニュー
<メイン メニュー>
2.記録設定
記録レート : A 7.5FPS, 持続時間: 20秒
=> (00694回 アラーム記録可能)
<記録設定>
7.アラーム 記録設定
(J)
2
(S)
3
終了/画面表示ボタンを押す
操作表示部には“PRE”が表示されます。
<アラーム 記録設定>
アラーム記録 : 切
記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 切
記録パターン : ONLY
記録レート: 15FPS, 持続時間: 20秒
プリアラーム記録 : ***
記録レート: **** FPS, 持続時間: ****
=> (05278 回 アラーム記録可能)
アラーム トリガー : 外部
M センサー ->
アラームを検知すると、
“ALARM”表示が点滅します。
終了/画面表示
アラーム回数
PRE 表示
06-01-01 00:00:00
EN A PRE 0000
プリアラーム記録を設定する
① Jダイヤルを回してアラーム記録を“入”に選択し、
Sダイヤルを右に回す
「プリアラーム記録」の“***”が“切”に切り換
わります。
プリアラーム記録 : 切
02
G-3 アラームトリガーの設定
1
② Jダイヤルを回してプリアラーム記録を選択し、
Sダイヤルを右に回す
「プリアラーム記録」の“切”が点滅します。
③ Jダイヤルを回してプリアラーム記録を“入”に選
択し、Sダイヤルを右に回す
「記録レート」と「持続時間」の“****”が数値
に変わり、<警告>画面を表示し、
“いいえ”が点滅
します。
記録レート : A 15FPS, 持続時間: 1分
<警 告>
メニュー内の各速度設定は、
自動的に修正されます。
設定変更しますか ?
いいえ
ジョグで移動、 シャトルで設定
④ Jダイヤルを回して“はい”を選択し、Sダイヤルを
右に回す
カーソルが「記録レート」に移動します。
⑤ Sダイヤルを右に回す
55
設定のしかた
Jダイヤルを回してアラームトリガーを選択し、
Sダイヤルを右に回す
“外部”が点滅します。
選択項目:外部/Mセンサー/
外部 AND Mセンサー/
外部 OR Mセンサー
アラーム トリガー : 外部
2
Jダイヤルを回して“外部”を選択し、Sダイヤル
を右に回す
3
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
記録設定
G-4 モーションセンサーの説明
各ライブ映像上にモーションセンサーを設定し、侵入
者などの動く被写体を検知するとアラームを鳴らすこ
とができます。
モーションセンサーは、画面上の輝度変化によって動
きを検知します。センサーを設定する場合は、映像を
検知する場所や対象物に合わせた感度設定をおこなっ
てください。
①
②
③
CH01 T-1
④
① カーソル
初期状態は左上部に表示します。Jダイヤルで左右へ移動
できます。
② センサー設定範囲
この範囲内の映像にモーションセンサーの検知ができま
す。
③ モーションセンサー
検知箇所によりセンサーの種類を選択できます。Jダイヤ
ルで変更できます。
−:センサーを切る
A:センサーAで検出する
B:センサーBで検出する
④ カメラ番号表示(CH01)
モーションセンサーを設定するカメラ番号を選択します。
カメラ選択ボタンを押すと切り換わります。
選択項目:CH01/CH02・・・CH5/CH6
⑤ 時刻周期 (T-1)
本機は時間帯を時刻周期Aと時刻周期Bの2ブロックで
設定でき、時間帯毎にセンサー設定ができます。
時刻周期の設定を参照ください。
(P36)
選択項目:T-1/ T-2/ T-3/ T-4
<時刻周期設定>
時刻周期 T-1 T-2 T-3 T-4
時刻周期 A 00:00 00:00 00:00 00:00
時刻周期 B 00:00 00:00 00:00 00:00
時刻周期を選択
自動切換 時刻周期 A
マスク 時刻周期 A
モーションセンサー 時刻周期 A
⑥ 感度
モーションセンサーの感度を設定します。
OFF:感度の設定をしない。
1(高感度)∼10:感度を選択する。
⑤
感度 : OFF
⑥
MODE : A
⑦
☞ モーションセンサーの感度チェック
センサーが動きを検知すると、センサー(−)が緑から赤
色に変わり、ブザー<ピッ音>が鳴ります。
感度の設定を高くすると、少し光の変化にも反応しやす
くなりますので、設定する場合に合わせて設定してくだ
さい。
☞ モーションセンサーの録画を止める
モーションセンサー入力が発生したカメラのカメラ選択
ボタンを約3秒間押すと停止できます。その後、<アラ
ーム記録設定>のモーションセンサー画面で該当するカ
メラ選択ボタンを押し、「感度」を"OFF"にしてくださ
い。
⑦ MODE
モーションセンサーの検知方法を設定します。
選択項目:
A:この表示の箇所で動きのある被写体を検知する
B:この表示の箇所で動きのある被写体を検知する
A AND B:
AとBとを設定した箇所で同時に動きのある被写体を
検知する
A AND NB:
動きのある被写体をA、動きのない被写体をBに設定し
ておくと、同時に検出するような明るさの変化などに
は反応せずに、動きのあるAの被写体のみを検知する
A TO B:
AからBに通過する被写体を検知する(AとB間は2秒以
内)
B TO A:
BからAに通過する被写体を検知する(BとA間は2秒以
内)
C:
画面全体が均等な状態に変化した(スプレーなどのい
たずら)場合に検知する。モーションセンサー設定は必
要ありません。
設定のしかた
56
記録設定
G-5 モーションセンサー設定
1
③ Jダイヤルを回してセンサーを“A”に設定し、Sダ
イヤルを右に回す
Aを確定して、カーソルが右に1つ移動します。
同じ手順でカーソルを移動させ、センサーを“A”ま
たは“B”に設定してください。
<時刻周期設定>で“時刻周期A”と“時刻周期B”
の設定をおこなう(P36)
2 「記録設定画面の表示のしかた」で<アラーム
記録設定>画面を表示させ、Sダイヤルを右に回
す(P38)
A
B
「アラーム記録」の“切”が点滅します。
メニュー
④ Jダイヤルを回してカーソルを時刻周期選択の
“T-1”に移動させ、Sダイヤルを右に回す
“T-1”が点滅します。
<記録設定>
7.アラーム 記録設定
⑤ Jダイヤルを回して“T-2”を選択し、Sダイヤルを
右に2回まわす
「感度」の“OFF”が点滅します。
<アラーム 記録設定>
アラーム記録 : 切
記録画質 : ENHANCED
音声記録 : 入
記録パターン : ONLY
記録レート: A 15FPS, 持続時間: 20秒
プリアラーム記録 : 入
記録レート: A 15FPS, 持続時間: 1分
=> (05278 回 アラーム記録可能)
アラーム トリガー : M センサー
M センサー ->
⑥ Jダイヤルを回して“感度”を“2”に選択し、Sダイ
ヤルを右に2回まわす
「MODE」の“A”が点滅します。
(S)
(J)
3
<メイン メニュー>
2.記録設定
⑦ Jダイヤルを回して“MODE”の“A AND B”を選
択し、Sダイヤルを右に回す
検知設定が確定され、カーソルが左上に移動しま
す。
Mセンサー画面を表示させる
A
A
A
A
A
① Jダイヤルを回してアラーム記録を“入”に選択し、
Sダイヤルを右に回す
② Jダイヤルを回して“アラームトリガー”を選択し、
Sダイヤルを右に回す
カーソルが“Mセンサー”に移動します。
選択項目:外部/Mセンサー/
外部 AND Mセンサー/
外部 OR Mセンサー
③ Jダイヤルを回して“Mセンサー”を選択し、Sダイ
ヤルを右に2回まわす
モーションセンサー画面を表示します。
4
¡時刻周期A:T-1
① ④
5
CH01 → CH03
② Jダイヤルを回してセンサーを設定したい位置にカ
ーソルを移動させ、Sダイヤルを右に回す
57
設定のしかた
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
⑥
⑦
¡カメラ番号選択
¡時刻周期
¡感度
¡MODE
6
終了するときは、Sダイヤルを左に回す
<アラーム記録設定>画面に戻ります。
¡MODE(検出方法):A AND B
3
A
A
A
A
A
同じ手順で次の項目を設定する
¡感度:2
① カメラ選択ボタン3を押す
チャンネル表示が“CH03”になります。
A
A
A
A
A
CH03 T-2 感度 : 2 MODE : A AND B
モーションセンサーを設定する
例: ¡カメラ番号選択:3チャンネル(CH03)
A
A
A
A
A
(S)
記録設定
H アラーム動作/表示設定のメニュー説明
この設定では、アラーム録画時の持続時間の延長とア
ラーム時の表示方法を設定します。
<アラーム 動作設定>
アラーム リトリガー : 切
①
<アラーム 表示設定>
メイン モニター 表示 : 1画面
複数アラーム時表示 : ラスト
モニター2 表示 : NC
②
③
④
(2) アラーム録画中に、他のチャンネルで2番目と、同じ
チャンネルで3番目のアラームを検知した場合は、3
番目のアラームを検知した時点で、1番目のアラー
ム記録を終了し、3番目アラーム記録を始めます。他
のチャンネル(CH5)の場合は、設定している持続
時間分で記録します。
1番目のアラーム検知
CH1
3番目のアラーム検知
アラーム NO.1
持続時間
2番目のアラーム検知
CH5
① アラームリトリガー
アラーム録画中に同じチャンネルにアラームを受けたと
きに、持続時間の延長あるいは、延長しないを選択できま
す。
「入」を選択した場合
(1) アラーム録画中に、同じチャンネルで2番目のアラ
ームを検知した場合は、2番目のアラームを検知し
た時点から、設定している持続時間分の記録時間を
延長します。
1番目のアラーム検知
2番目のアラーム検知
アラーム NO.1
CH1
持続時間
(2) アラーム録画中に、他のチャンネルで2番目と、同じ
チャンネルで3番目のアラームを検知した場合は、3
番目のアラームを検知した時点で、1番目のアラー
ム記録を終了し、3番目アラーム記録を始めます。
他のチャンネル(CH5)の場合は、設定している持
続時間分で記録します。
1番目のアラーム検知
CH1
3番目のアラーム検知
アラーム NO.1
アラーム NO.3
持続時間
2番目のアラーム検知
アラーム NO.2
CH5
「切」を選択した場合
(1) 設定している持続時間内に同じチャンネルで検知さ
れたアラームは認識されないので、持続時間終了時
点で、記録を終了します。ただし、1番目のアラーム
記録の中には2番目のアラームが記録されます。
1番目のアラーム検知
CH1
2番目のアラーム検知
アラーム NO.2
② メインモニター表示
アラームを検知したときに表示する画面を選択できます。
NC:アラームを検知しても、メインモニターは変化しま
せん。
1画面:アラームを検出すると、メインモニターはアラー
ムを受けたチャンネルの映像を1画面にする。
6画面:アラームを検出すると、メインモニター画面を6
画面にする。
③ 複数アラーム時表示
複数のアラームが重なったときに、アラームを表示する
優先権を選択できます。
ラスト:複数のアラームが重なったとき、後から検知し
たアラームを優先して表示する。
トップ:複数のアラームが重なったとき、最初に検知し
たアラームのみを表示し、後から検知したアラ
ームは表示しない。
ただし、最初に検知したアラームの持続時間が
超過すると、持続時間の残っているアラームで
アラーム回数の若いアラームを表示する。
切換:複数のアラームが重なったとき、重なったアラー
ムを1秒間隔で切り換えて表示する。
④ モニター2表示
アラーム時にモニタ2に接続したモニターにアラーム映
像を表示させるかを選択できます。
NC:アラームを検知しても、モニター2にアラーム映像
を表示しない。
切換:複数のアラームが重なったとき、重なったアラー
ムを1秒間隔で切り換えて表示する。
ラスト:複数のアラームが重なったとき、後から検知し
たアラームを優先して表示する。
トップ:複数のアラームが重なったとき、最初に検知し
たアラームのみを表示し、後から検知したアラ
ームは表示しない。
ただし、最初に検知したアラームの持続時間が
超過すると、持続時間の残っているアラームで
アラーム回数の若いアラームを表示する。
アラーム NO.1
持続時間
設定のしかた
58
記録設定
H-1 アラーム動作設定
H-2 アラーム表示設定
1 「記録設定画面の表示のしかた」で<アラーム
1
動作設定>画面を表示させ、Sダイヤルを右に回
す(P38)
Jダイヤルを回してメインモニター表示を選択
し、Sダイヤルを右に回す
「メインモニター表示」の“1画面”が点滅します。
「アラームトリガー」の“切”が点滅します。
<アラーム 動作設定>
アラーム リトリガー : 切
<メイン メニュー>
2.記録設定
メニュー
(J)
<記録設定>
8.アラーム 動作/表示設定
(S)
(J)
(S)
<アラーム 表示設定>
メイン モニター 表示 : 1画面
複数アラーム時表示 : ラスト
モニター2 表示 : NC
<アラーム 動作設定>
アラーム リトリガー : 切
<アラーム 表示設定>
メイン モニター 表示 : 1画面
複数アラーム時表示 : ラスト
モニター2 表示 : NC
2
Jダイヤルを回してメインモニター表示
(例:1画面)を選択し、Sダイヤルを右に2回ま
わす
選択項目:1画面/6画面/NC
「複数アラーム時表示」の“ラスト”が点滅します。
2
Jダイヤルを回してアラームトリガー(例:入)
を選択し、Sダイヤルを右に回す
3
カーソルが「メインモニター表示」へ移動します。
3
選択項目:ラスト/トップ/切換
「モニター2表示」の“NC”が点滅します。
設定が終了したら、終了/画面表示ボタンを押す
通常の画面に戻ります。
Jダイヤルを回して複数アラーム時表示
(例:トップ)を選択し、Sダイヤルを右に2回ま
わす
4
終了/画面表示
Jダイヤルを回してモニター2表示(例:ラスト)
を選択し、Sダイヤルを右に回す
選択項目:NC/切換/ラスト/トップ
カーソルが「アラームリトリガー」へ移動します。
5
設定が終了したら、終了/画面表示ボタンを押す
通常の画面に戻ります。
終了/画面表示
■ アラームを解除する
¡アラーム動作中に強制的にアラーム解除する場合
アラームの入ったチャンネルのカメラ選択ボタンを約3秒
間押す。
¡アラーム検出時にスイッチで解除する場合
後面部のアラームリセット端子とC(アース)間にスイッ
チを設置し、アラーム検出時にスイッチを入れる。
アラームリセット
C
59
設定のしかた
一般設定
メニュー構成
■ 一般設定画面の表示のしかた
1
メニューボタンを押してJダイヤルで
「3.一般設定」を選択し、Sダイヤルを
右に回す
<一般設定>画面が表示します。
メニュー
<メイン メニュー>
1.初期設定 ー>
2.記録設定 ー>
3.一般設定 ー>
4.画面設定 ー>
(J)
2
(S)
<データ表示設定>
日付 : 入
時刻 : 入
記録画質 : 入
音声 : 入
アラーム回数 : 入
アラームタイプ : 入
タイトル : 入
<VIDEO LOSS設定>
VIDEO LOSS : 入
出力選択 : 録画停止
<ブザー 設定>
アラーム入力 : 切
ディスク残量警告 : 入
ディスクエラー : 入
ロック警告 : 入
キーイン : 切
録画停止 : 切
A データ表示設定/
VIDEO LOSS設定
(P61)
B ブザー設定 (P62)
Jダイヤルを回してメニューを選択し、
Sダイヤルを右に回す
選択した画面( A ∼ E )が表示されますの
で、設定は各項のページを参照してくださ
い。
<一般設定>
1.データ表示/VIDEO LOSS設定 ー>
2.ブザー設定 ー>
3.セキュリティーロック設定 ー>
4.ハードディスク設定 ー>
5.ネットワーク設定 ー>
ジョグで移動、 シャトルで選択
<セキュリティーロック設定>
レベル パスワード(4-8) 入/切
管理者 0000---- 切
使用者 -------- 切
記録操作権限 : 管理者
<ハードディスク 設定>
ディスク 1 : 160GB
ディスク 2 : ---GB
初期化 ->
警告 : 記録済み情報は全て消去されます
C セキュリティー
ロック設定 (P63)
D ハードディスク設定
(P67)
ミラーリング : 切
再生用ディスク : ***
注意:ミラーリングを入にすると
記録可能速度が制限されます。
<ネットワーク 設定>
ネットワーク操作 : 切
接続表示 : 入
IPアドレス : 192.168. 0. 1
サブネットマスク : 255.255.255. 0
ゲートウェイ : 0. 0. 0. 0
ポート : 00080
ID パスワード (4-8)
ID1 : 1111--- ID2 : 2222--- ID3 : 3333----
E ネットワーク設定
(P68)
設定のしかた
60
一般設定
A データ表示設定/VIDEO LOSS設定
画面の操作表示部に日付、時刻などを表示させる設定
です。通常はすべてを表示させていますので、必要に
応じて非表示にしてください。
また、ライブ映像が不慮の事故などで途切れたときに、
画面に“VIDEO LOSS”を表示させたり、後面のコン
トロール端子に取り付けたランプなどで異常時の確認
ができます。
3
Jダイヤルを回して“VIDEO LOSS”を選択し、
Sダイヤルを右に回す
“入”が点滅します。
通常は“VIDEO LOSS”を表示させる設定です。必要
に応じてJダイヤルを回して、非表示(切)にしてくだ
さい。
“切”を設定した場合は、出力選択は自動的に録画停止
になり、カーソルは“出力選択”に移動できなくなりま
す。
1 「一般設定画面の表示のしかた」で<データ表示
設定>画面を表示させ、Sダイヤルを右に回す
(P60)
「日付」の“入”が点滅します。
メニュー
<メイン メニュー>
3.一般設定
(J)
(S)
<一般設定>
1.データ表示/VIDEO LOSS設定
(S)
(J)
<データ表示設定>
日付 : 入
時刻 : 入
記録画質 : 入
音声 : 入
アラーム回数 : 入
アラームタイプ : 入
タイトル : 入
<VIDEO LOSS設定>
VIDEO LOSS : 入
出力選択 : 録画停止
4
<データ表示設定>
日付 : 入
時刻 : 入
記録画質 : 入
音声 : 入
アラーム回数 : 入
アラームタイプ : 入
タイトル : 入
<VIDEO LOSS設定>
VIDEO LOSS : 入
出力選択 : 録画停止
Sダイヤルを右に回す
カーソルが「出力選択」へ移動します。
5
Sダイヤルを右に回す
「出力選択」の“録画停止”が点滅します。
6
Jダイヤルを回して“録画停止”または“VIDEO
LOSS”を選択し、Sダイヤルを右に回す
選択項目:
2
Jダイヤルを回して日付(例:切)を選択し、Sダ
イヤルを右に回す
録画停止:録画が停止すると、コントロール端子の出
力選択端子に信号を出力する。
VIDEO LOSS:ライブ映像が途切れると、コントロ
ール端子の出力選択端子に信号を出
力する。
同じ手順で非表示にする項を“切”に設定してくださ
い。
①
③
⑤
⑦
②
④
⑥
<データ表示設定>
日付 : 切
時刻 : 切
記録画質 : 切
音声 : 切
アラーム回数 : 切
アラームタイプ : 切
タイトル : 切
<VIDEO LOSS設定>
VIDEO LOSS : 入
出力選択 : 録画停止
REC REPEAT
7
=
☞“入”に設定後の操作表示部
①
②
③ ④⑥ ⑤
06-01-01 00:00:00 REC REPEAT EN A ALARM 0000
02
⑦
61
設定のしかた
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
☞ VIDEO LOSSを検出したときの解除
映像を入力する。または、映像を入力する必要がない場
合は、VIDEO LOSSを検出したカメラ選択ボタンを押
してから、再度、同じカメラ選択ボタンを約3秒間押す。
一般設定
B ブザー表示
¡録画停止/VIDEO LOSS
この設定は、ハードディスク容量の不足やアラーム時
などに、警告をブザーで知らせる設定です。
<VIDEO LOSS>設定の出力選択により表示内容
が異なります。
1 「一般設定画面の表示のしかた」で<ブザー
録画停止の場合
設定>画面を表示させ、Sダイヤルを右に回す
(P60)
切:録画を停止してもブザーは鳴らない
「アラーム入力」の“切”が点滅します。
入:録画を停止するとブザーが鳴る
メニュー
VIDEO LOSSの場合
<メイン メニュー>
3.一般設定
切:カメラ映像が途切れてもブザーは鳴らない
入:カメラ映像が途切れるとブザーが鳴る
<一般設定>
2.ブザー設定
3
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
(J)
(S)
<ブザー 設定>
アラーム入力 : 切
ディスク残量警告 : 入
ディスクエラー : 入
ロック警告 : 入
キーイン : 切
録画停止 : 切
☞ ブザーを途中で止めたい場合
何れかの操作ボタンを押す。または、SダイヤルやJダイ
ヤルを回しても止まります。
2
Jダイヤルを回してアラーム入力項目を選択し、
Sダイヤルを右に回す
同じ手順で各項の設定を選択してください。
¡アラーム入力
切:アラームが入ってもブザーは鳴らない
入:アラームが入るとブザーが鳴る
¡ディスク残量警告
切:上書き禁止の状態で、ハードディスクの残量が
不足してもブザーは鳴らない
入:上書き禁止の場合に、ハードディスクの残量が
不足するとブザーが鳴る
¡ディスクエラー
切:ハードディスクに異常が発生しても、ブザーは
鳴らない
入:ハードディスクに異常が発生したときに、ブザ
ーが鳴る
¡ロック警告
切:セキュリティーロック時にロックされたボタン
を押しても、ブザーは鳴らない
入:セキュリティーロック時にロックされたボタン
を押すと、0.5秒程度の周期で2回ブザーが鳴る
¡キーイン
切:前面部のボタンなどを押しても、ブザーは鳴ら
ない
入:前面部のボタンなどを押すと、ブザーが鳴る
設定のしかた
62
一般設定
C セキュリティーロック画面のメニュー説明
パスワードを設定することで、本機を操作できる人の
制限や禁止をおこなうことができます。パスワードは、
管理者と使用者ごとに設定できます。
①
②
③
C-1 本機を管理者と使用者でパスワードを設定する
パスワードを設定後の操作権限:P65参照
1 「一般設定画面の表示のしかた」で<セキュリ
ティーロック設定>画面を表示させ、Sダイヤル
を右に回す(P60)
<セキュリティーロック設定>
レベル パスワード(4-8) 入/切
管理者 0000---- 切
使用者 -------- 切
記録操作権限 : 管理者
「管理者」の最初の“0”が点滅します。
メニュー
<メイン メニュー>
3.一般設定
<一般設定>
3.セキュリティーロック設定
(S)
(J)
① 管理者
管理者のパスワード(選択文字:0、1∼9、A∼Z)を入
力します。セキュリティーロックは「入/切」で設定しま
す。
¡パスワードは4文字から8文字で入力してください。
3文字以下を入力した場合は、入力したパスワードは取
り消されますので、再度、入力をしてください。
¡「入/切」の設定で、
“切”を選択した場合は、セキュリ
ティーロックの制限を必要としないので、
「使用者」も
自動的に「切」になりパスワード入力もできなくなりま
す。
¡セキュリティーロック状態で管理者のパスワードを入
力すると、すべての操作ができます。ただし、ハードデ
ィスクの初期化やミラーリング(設定変更、記録領域設
定、記録再開許可)などをおこなうと、再度、管理者の
パスワード入力を要求されます。
2
管理者のパスワード(例:12345AB)に設定す
る
① Jダイヤルを回して“1”を選択し、Sダイヤルを右
に回す
同じ手順でパスワードを入力してください。
カーソルが“切”に移動します。
② Jダイヤルを回して“入”を選択し、Sダイヤルを右
に2回まわす
「使用者」のパスワード入力部が点滅します。
管理者
3
設定のしかた
入
使用者のパスワード(例:AB12345)に設定す
る
② Jダイヤルを回して“入”を選択し、Sダイヤルを右
に2回まわす
「記録操作権限」の“管理者”が点滅します。
使用者
AB12345-
入
4
Jダイヤルを回して“管理者”または“使用者”を
選択し、Sダイヤルを右に回す
5
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
63
12345AB-
① Jダイヤルを回して“A”を選択し、Sダイヤルを右
に回す
同じ手順でパスワードを入力してください。
カーソルが“切”に移動します。
② 使用者
使用者のパスワード(選択文字:0、1∼9、A∼Z)を入
力します。セキュリティーロックは「入/切」で設定しま
す。
¡パスワードは4文字から8文字で入力してください。
3文字以下を入力した場合は、入力したパスワードは取
り消されますので、再度、入力をしてください。
③ 記録操作権限
記録操作の権限を設定します。
管理者:管理者のみ操作ができます。使用者は操作でき
ません。
使用者:使用者も操作ができます。
<セキュリティーロック設定>
レベル パスワード(4-8) 入/切
管理者 0000---- 切
使用者 -------- 切
記録操作権限 : 管理者
一般設定
C-2 セキュリティーロックの設定
C-3 セキュリティーロックの解除
管理者または使用者レベルの設定が終了しましたら、
セキュリティーロックの設定をおこなってください。
1
1
前面部のメニューボタンを押す
“セキュリティーロック中!”の画面が約5秒間表示さ
れます。
ライブ映像で、シャトル保持ボタンを約3秒間押
す
メニュー
前 面 部 の ロ ッ ク ラ ン プ が 点 灯 し て 、ブ ザ ー が 鳴 り
(<ブザー設定>/ロック警告を"切"に設定している場
合は、ブザーが鳴りません。)、セキュリティーロック
が設定されます。
シャトル保持
セキュリティーロック中 !
パスワードを入力してください。
--------
ロックランプ
ジョグで移動、 シャトルで設定
6CH DIGITAL RECORDER
電源
1
2
3
4
5
6
2
残量警告
アラーム残量警告
ロック
4画面表示 マルチ表示 モニタ2 プラス表示 カメラ自動切替 ズーム
アラーム
2
セキュリティーロックを確認するには、メニュー
ボタンを押す
“セキュリティーロック中!”
の画面が約5秒間表示後、
ライブ映像に戻ります。
メニュー
セキュリティーロック中 !
Jダイヤルを回して管理者または使用者レベルで
設定したパスワードを入力し、Sダイヤルを右に
回す
¡管理者:例12345AB
管理者のパスワードを入力した場合は、ロックラン
プが消え、セキュリティーロックが解除されます。
画面は通常のライブ映像になります。
¡使用者:例AB12345
使用者のパスワードを入力した場合は、ロックラン
プが点灯のままで、セキュリティーロックは一部の
み解除されます。
パスワードを入力してください。
セキュリティーロック中 !
パスワードを入力してください。
--------
(J)
(S)
*******-
ジョグで移動、 シャトルで設定
ジョグで移動、 シャトルで設定
設定のしかた
64
一般設定
■ パスワード設定後の操作表
①
②
③
<セキュリティーロック設定>
レベル パスワード(4-8) 入/切
管理者 0000---- 切
使用者 -------- 切
記録操作権限 : 管理者
管理者、使用者が共に「入」の場合
¡入力するパスワードが管理者の場合は全操作可能
¡パスワードが未入力の場合は全操作不可
① 管理者
② 使用者
③ 記録操作権限
入力するパスワード
監視中
[カメラ選択]、[4画面表示]、[マルチ表示]、[モニタ2]、
[終了/画面表示]、[カメラ自動切換] ボタンの操作
再生
[再生/停止]、[ズーム]、[サーチ]、[コピー]、[一時停止]、
[シャトル保持]、[アラーム] ボタンの操作
ジョグダイヤル/シャトルダイヤルの操作
記録
[録画/停止]、[タイマー録画] ボタンの操作
メニュー
[メニュー]、[メニューリセット] ボタンの操作
入
入
設定項目
管理者
使用者
管理者
使用者
使用者
使用者
使用者
使用者
○
○
○
○
○
○
○
○
×
×
○
○
×
×
×
×
管理者「入」、使用者「切」の場合
¡入力するパスワードが管理者の場合は全操作可能
¡入力するパスワードが使用者は未入力(設定が切のため)
① 管理者
② 使用者
③ 記録操作権限
入力するパスワード
監視中
[カメラ選択]、[4画面表示]、[マルチ表示]、[モニタ2]、
[終了/画面表示]、[カメラ自動切換] ボタンの操作
再生
[再生/停止]、[ズーム]、[サーチ]、[コピー]、[一時停止]、
[シャトル保持]、[アラーム] ボタンの操作
ジョグダイヤル/シャトルダイヤルの操作
記録
[録画/停止]、[タイマー録画] ボタンの操作
メニュー
[メニュー]、[メニューリセット] ボタンの操作
入
切
設定項目
65
設定のしかた
管理者
未入力
管理者
使用者
未入力
使用者
未入力
○
○
○
○
○
○
○
○
×
×
○
○
×
×
×
×
未入力
一般設定
■ パスワード設定例
パスワードは、管理者用と使用者用の2種類の設定ができます。
設定例
A
<セキュリティーロック設定>
レベル パスワード(4-8) 入/切
管理者 123456AB 入
使用者 AB123456 入
記録操作権限 : 管理者
B
<セキュリティーロック設定>
レベル パスワード(4-8) 入/切
管理者 123456AB 入
使用者 AB123456 入
記録操作権限 : 使用者
C
<セキュリティーロック設定>
レベル パスワード(4-8) 入/切
管理者 123456AB 入
使用者 -------- 切
記録操作権限 : 管理者
D
<セキュリティーロック設定>
レベル パスワード(4-8) 入/切
管理者 123456AB 入
使用者 -------- 切
記録操作権限 : 使用者
E
<セキュリティーロック設定>
レベル パスワード(4-8) 入/切
管理者 0000---- 切
使用者 -------- 切
記録操作権限 : 管理者
F
<セキュリティーロック設定>
レベル パスワード(4-8) 入/切
管理者 0000---- 切
使用者 -------- 入
記録操作権限 : 管理者
操作内容
¡すべての操作がロック状態となります。
¡使用者パスワードを入力すると、
再生に関連する操作だけ使用できます。
¡管理者パスワードを入力すると、
すべての操作が使用できます。
¡すべての操作がロック状態となります。
¡使用者パスワードを入力すると、
再生と録画に関連する操作だけ使用でき
ます。
¡管理者パスワードを入力すると、
すべての操作が使用できます。
¡録画とメニュー関係の操作がロックされます。再生関係の操作はロックさ
れません。
¡管理者パスワードを入力すると、
すべての操作が使用できます。
¡メニュー関係の操作がロックされます。録画と再生関係の操作はロックさ
れません。
¡管理者パスワードを入力すると、
すべての操作が使用できます。
すべての操作が使用できます。
セキュリティーロックはかかりません
(初期設定値)
。
この設定はできません。
設定のしかた
66
一般設定
D ハードディスク設定のメニュー説明
①
②
③
④
⑤
<ハードディスク 設定>
ディスク 1 : 160GB
ディスク 2 : ---GB
初期化 ->
警告 : 記録済み情報は全て消去されます
D-1 ハードディスクの初期化
1 「一般設定画面の表示のしかた」で<ハードディ
スク設定>画面を表示させる(P60)
カーソルが「初期化」に移動しています。
メニュー
<メイン メニュー>
3.一般設定
ミラーリング : 切
再生用ディスク : ***
注意:ミラーリングを入にすると
記録可能速度が制限されます。
<一般設定>
4.ハードディスク 設定
(J)
① ディスク1
搭載されているハードディスク容量を表示します。使用
するハードディスクによって容量が変わります。
2
(S)
<ハードディスク 設定>
ディスク 1 : 160GB
ディスク 2 : ---GB
初期化 ->
警告 : 記録済み情報は全て消去されます
Sダイヤルを右に回す
パスワード入力画面が表示されます。
② ディスク2
本機に2台目のハードディスクを搭載すると、容量を表示
します。
K
③ 初期化
本機に搭載されているハードディスクを初期化するとき
に選択します。ハードディスクを初期化すると、記録した
内容はすべて消去されます。
初期化はディスク1、2を同時におこないます。
管理者パスワードを入力してください。
--------
ジョグで移動、 シャトルで設定
④ ミラーリング
ハードディスクをもう1台増設して、ミラーリングを“入”
に設定すると、
“再生用ディスク”の項でディスク選択が
可能になり、同じ映像を2台のハードディスクに録画でき
ます。もし、書き込み不良が発生しても“ディスク1”ま
たは“ディスク2”のどちらかを選択することで映像を読
み出すことができます。
¡ミラーリングを“入”にすると、記録レートの上限が自
動的に制限(通常の半分)されますので注意してくださ
い。
¡ミラーリングの設定後、再生画像に異常が発生した場
合は、
“再生用ディスク”の項でディスク1またはディ
スク2を選択してください。
⑤ 再生用ディスク
ミラーリング「入」を設定後、2台のハードディスクのど
ちらの映像を読み出すかを設定します。
選択項目:ディスク1/ディスク2
3
パスワードを入力する
<警告>画面が表示され、
“いいえ”が点滅します。
<警 告>
設定を変更すると全ての記録内容が失われます。
変更しますか?
いいえ
ジョグで移動、 シャトルで設定
4
Jダイヤルを回して“はい”を選択し、Sダイヤル
を右に回す
“ハードディスク初期化中!”の画面になり、初期化を
おこないます。
初期化が終了すると、<ハードディスク設定>画面に
戻ります。
■ ハードディスクの増設について
ハードディスクを増設する場合は、必ずお買い上げの
販売店にご相談ください。
増設する際は、当社から供給の別売増設用ハードディス
クのご使用をお勧めします。当社指定以外のハードディ
スクを増設する場合は、動作の保証はいたしません。
¡増設時は、必ず初期化してください。初期化は2台同
時におこなわれます。必要な映像はコンパクトフラッ
シュカードなどのメディアにコピーしてください。
67
設定のしかた
ハードディスク初期化中 !
5
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
一般設定
E ネットワーク設定
1
E-1 ネットワークのパスワードを変更する
本機をネットワークに接続する
接続のしかたを参照ください。
(P11)
2 「一般設定画面の表示のしかた」で<ネット
ネットワークへの接続は、3段階(ID1、ID2,ID3)の
アクセスレベルがあります。
初期のIDパスワードは下図のように設定されていま
す。
ワーク設定>画面を表示させ、Sダイヤルを右に
回す(P60)
<ネットワーク 設定>
ネットワーク操作 : 入(ネット優先)
接続表示 : 入
IPアドレス : 192.168. 0. 1
サブネットマスク : 255.255.255. 0
ゲートウェイ : 0. 0. 0. 0
ポート : 00080
ID パスワード (4-8)
ID1 : 1111--- ID2 : 2222--- ID3 : 3333----
「ネットワーク操作」の“切”が点滅します。
メニュー
<メイン メニュー>
3.一般設定
<一般設定>
5.ネットワーク 設定
(J)
3
1
(S)
<ネットワーク 設定>
ネットワーク操作 : 切
接続表示 : 入
IPアドレス : 192.168. 0. 1
サブネットマスク : 255.255.255. 0
ゲートウェイ : 0. 0. 0. 0
ポート : 00080
ID1
¡設定区分
ID1:ネットワーク経由で映像の監視が可能。
ID2:ネットワーク経由で映像の監視および録画映
像の再生や検索が可能。
ネットワーク操作 : 入(ネット優先)
ID3:本機および本機の各種設定のすべての操作が
可能。
カーソルが「接続表示」に移動します。
2
パスワードを変更する
切:ネットワークから本機の操作をしない。
例:ID1にパスワード“ABC123”を設定する
入(ネット優先):パソコン操作を優先する。
① Jダイヤルを回して“A”を選択し、Sダイヤルを
右に回す
2番目の“1”が点滅します。
入(本体優先):本機操作を優先する。
4
: 1111----
パスワード入力の最初の“1”が点滅します。
Jダイヤルを回して“入(ネット優先)”を選択し、
Sダイヤルを右に回す
選択項目:
Jダイヤルを回して“ID1”を選択し、Sダイヤル
を右に回す
Sダイヤルを右に回し、Jダイヤルを回して“入”
を選択し、Sダイヤルを右に回す
② Jダイヤルを回して“B”を選択し、Sダイヤルを
右に回す
3番目の“1”が点滅します。
カーソルが「IPアドレス」に移動します。
接続表示 : 入
③ 同じ手順で、残りのパスワードを入力する
必要に応じて、ID2、ID3のパスワードも設定して
ください。
選択項目:
入:画面に“ネットワーク接続中”と表示する。
ID1
: ABC123--
切:表示しない。
5
同じ手順で下記項目を設定する
ネットワークに接続するときは、IPアドレス、サブネ
ットマスク、ゲートウェイ、ポートの設定をネットワ
ーク管理者にご確認ください。
6
3
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
設定のしかた
68
画面設定
メニュー構成
■ 画面設定画面の表示のしかた
A 分割画面を並び換える (P70)
画面のライブ映像および再生画像の位置を並び換える
1
メニューボタンを押してJダイヤル
で「4.画面設定」を選択し、Sダイヤ
ルを右に回す
<4画面 表示ポジション 設定>
4画面1 4画面2
01
02
05
06
03
04
01
02
<6画面 表示ポジション 設定>
02
01
03
04
<画面設定>画面が表示します。
05
06
画面チェック ー>
メニュー
画面チェック ー>
<メイン メニュー>
1.初期設定 ー>
2.記録設定 ー>
3.一般設定 ー>
4.画面設定 ー>
5.停電情報/使用時間 ー>
(S)
(J)
2
03
Jダイヤルを回してメニューを選択
し、Sダイヤルを右に回す
選択した画面( A ∼ D )が表示されま
すので、設定は各項のページを参照くだ
さい。
(J)
01
(S)
01
02
03
02
04
01 05
03
06
07
04
08
05
09
06
02
04
B 時間間隔で画面を切り換える (P71)
• すべてのライブ映像を設定した時間間隔で切り換える
• 時刻周期A/Bの設定の時間帯に、各ライブ映像を表示
させるモニターを指定する
<自動切換設定>
メイン モニター 1画面 : 1秒
4画面 : 1秒
モニター2 1画面 : 1秒
06-01-01 00:00:00 カメラ毎自動切換時間 (秒)
01: 1 02: 2 03: 1 04: 1 05: 1 06: 1 05
06
03
04
<メイン モニター/モニター2 設定>
時刻周期 : T-1 (06:00-11:30)
<画面設定>
1.分割画面 表示ポジション : ノーマル
4画面表示ポジション設定 ー>
6画面表示ポジション設定 ー>
2.自動切換 : 1秒
自動切換設定 ー>
メイン モニター/モニター2 設定 ー>
3.マスク : 切
マスク 設定 ー>
4.カラーレベル設定 ー>
01
CH 01 02 03 04 05 06
メイン 入 入 入 入 入 入
モニター2 入 入 入 入 入 入
02
05
03
04
01
C 特定のライブ映像を見えなくする (P73)
<マスク 設定>
01
CH 01 02 03 04 05 06 メイン 切 切 切 切 切 切 モニター2 切 切 切 切 切 切 ネットワーク 切 切 切 切 切 切 04
D ライブ映像の色調を調整する (P74)
画面の色調を調整する
<カラーレベル設定>
CH01 カラーレベル : 5
設定のしかた
02
画面に特定のライブ映像を表示させたくないときに、映像を
グレーパターン(マスク)で覆う
時刻周期 : T-1 (06:00-11:30)
69
06
画面設定
A 分割画面を並び換える
1 「画面設定画面の表示のしかた」で<画面設定>
画面を表示させ、Sダイヤルを右に回す(P69)
3
「分割画面表示ポジション」の“ノーマル”が点滅しま
す。
メニュー
2
① Jダイヤルを回して「4画面表示ポジション設定」を
選択し、Sダイヤルを右に回す
<4画面表示ポジション設定>画面が表示します。
<メイン メニュー>
4.画面設定
② Jダイヤルを回して[4画面1]の“01”を選択し、S
ダイヤルを右に回す
“01”が点滅します。
<画面設定>
1.分割画面 表示ポジション : ノーマル
4画面表示ポジション設定 ー>
6画面表示ポジション設定 ー>
2.自動切換 : 1秒
自動切換設定 ー>
メイン モニター/モニター2 設定 ー>
3.マスク : 切
マスク 設定 ー>
4.カラーレベル設定 ー>
(S)
③ Jダイヤルを回して“05”を設定し、Sダイヤルを
右に回す
カーソルが「4画面表示ポジション設定」に移動しま
す。
選択項目:
ノーマル:分割画面表示ポジションを選択しない
カーソルは4画面または6画面表示ポジ
ション設定へは移動できません。
変更:画面表示ポジション設定を選択する
05
06
03
04
01
02
03
04
04
<表示ポジションチェック>
03
04
01
02
05
02
03
04
画面チェック ー>
4画面表示
⑤ Sダイヤルを左に回す
<4画面表示ポジション設定>画面に戻ります。
<6画面 表示ポジション 設定> K
6画面で画像を並び換える場合は、同じ手順で設定し
てください。
02
01
03
04
05
06
画面チェック ー>
画面チェック ー>
03
4画面1 4画面2
05 06
05 02
<画面設定>
1.分割画面 表示ポジション : 変更
4画面表示ポジション設定 ー>
6画面表示ポジション設定 ー>
2.自動切換 : 1秒
自動切換設定 ー>
メイン モニター/モニター2 設定 ー>
3.マスク : 切
マスク 設定 ー>
4.カラーレベル設定 ー>
02
4画面1
05 02
<4画面 表示ポジション 設定>
Jダイヤルを回して、次のように分割画面の並び換え
を選択できます。
01
4画面1
01 02
④ Jダイヤルを回して「画面チェック」を選択し、Sダ
イヤルを右に回す
<表示ポジションチェック>のライブ映像を表示
します。画面ではカメラ1から5に並び換わったこ
とを確認できます。
[4画面2]以降の画面を確認するときは、4画面表示
ボタンを押してください。
Jダイヤルを回して分割表示ポジション(例:変更)
を選択し、Sダイヤルを右に回す
<4画面 表示ポジション 設定>
4画面1 4画面2
4分割画面のカメラ1とカメラ5のライブ映像を
入れ換える
4
終了/画面表示ボタンを押す
並び換えた画面を見るときは、通常のライブ画面で
「4画面表示」
、
「マルチ表示」ボタンを押します。
終了/画面表示
設定のしかた
70
画面設定
B
メインモニターとモニター2のライブ映像を
同じ時間間隔(例:5秒)で自動的に切り換える
1 「画面設定画面の表示のしかた」で<画面設定>
画面を表示させる(P69)
メニュー
<メイン メニュー>
4.画面設定
B-1
メインモニターとモニター2のライブ映像を
個別の時間間隔で自動的に切り換える
1 「画面設定画面の表示のしかた」で<画面設定>
画面を表示させる(P69)
2
Jダイヤルを回して「2.自動切換」を選択し、Sダイ
ヤルを右に回す
“1秒”が点滅します。
(S)
2
<画面設定>
1.分割画面 表示ポジション : 変更
4画面表示ポジション設定 ー>
6画面表示ポジション設定 ー>
2.自動切換 : 5秒
自動切換設定 ー>
メイン モニター/モニター2 設定 ー>
3.マスク : 切
マスク 設定 ー>
4.カラーレベル設定 ー>
2.自動切換 1秒
選択項目:1/2/∼29/30秒/カメラ毎
3
<自動切換設定>画面を表示します。
<自動切換設定>
メイン モニター 1画面 : 1秒
4画面 : 1秒
モニター2 1画面 : 1秒
Jダイヤルを回して「2.自動切換」を選択し、Sダイ
ヤルを右に回す
(S)
“1秒”が点滅します。
2.自動切換 1秒
4
秒を指定した場合は、カーソルが「自動切換設定」に移
動しません。これはモニターの自動切換を同じ時間間
隔にするためです。
5
メインモニターとモニター2の時間間隔を設定す
る
① Jダイヤルを回してメインモニターの1画面を
5秒(例)に選択し、Sダイヤルを右に2回まわす
選択項目:1/2/∼29/30秒/カメラ毎
Jダイヤルを回して自動切換(例:5秒)を選択し、
Sダイヤルを右に回す
② Jダイヤルを回してメインモニターの4画面を
10秒(例)に選択し、Sダイヤルを右に2回まわす
選択項目:1/2/∼29/30秒
2.自動切換 5秒
4
Sダイヤルを右に回す
「メインモニター 1画面」の“1秒”が点滅します。
選択項目:1/2/∼29/30秒/カメラ毎
3
Jダイヤルを回して“カメラ毎”を選択し、Sダイヤ
ルを右に2回まわす
終了/画面表示ボタンを押して、カメラ自動切換
ボタンを押す
(1画面表示あるいは4画面表示のみ有効になり
ます。)
③ Jダイヤルを回してモニター2の1画面を15秒(例)
に選択し、Sダイヤルを右に回す
選択項目:1/2/∼29/30秒/カメラ毎
メイン モニター 1画面 : 5秒
4画面 : 10秒
モニター2 1画面 : 15秒
終了/画面表示 カメラ自動切替
6
終了/画面表示ボタンを押して、カメラ自動切換
ボタンを押す
(1画面表示あるいは4画面表示のみ有効になり
ます。)
終了/画面表示 カメラ自動切替
71
設定のしかた
画面設定
B-2
メインモニター(1画面)のライブ映像を個別の時間間隔、モニター2
のライブ映像を同じ時間間隔(例:3秒)で自動的に切り換える
1 「画面設定画面の表示のしかた」で<画面設定>
画面を表示させる(P69)
2
Jダイヤルを回して「2.自動切換」を選択し、Sダイ
ヤルを右に回す
3
Jダイヤルを回して“カメラ毎”を選択し、Sダイヤ
ルを右に2回まわす
4
Sダイヤルを右に回す
5
Jダイヤルを回してメインモニター 1画面(例:カ
メラ毎)を選択し、Sダイヤルを右に回す
メインモニターの“4画面”は個別選択できません。
6
1
この設定では、
“時刻周期A”を例に説明します。
<時刻周期設定>
時刻周期 T-1
T-2
T-3
T-4
時刻周期 A
06:00 11:30 13:30 18:00
時刻周期 B
06:00 08:00 14:30 20:00
2
Jダイヤルを回してモニター2 1画面を選択し、
Sダイヤルを右に回す
8
時刻周期 A
時刻周期 A
時刻周期 A
2
<画面設定>画面でJダイヤルを回して“メインモ
ニター/モニター2設定”を選択し、Sダイヤルを右
に2回まわす
時刻周期 : T-1 (06:00-11:30)
3
Jダイヤルを回して時刻周期(例:T-2)を選択
し、Sダイヤルを右に2回まわす
「メイン」の「01」の“入”が点滅します。
Jダイヤルを回してメインモニターのチャンネル
1(01)の自動切換時間(例:5)を設定し、Sダ
イヤルを右に回す
<メイン モニター/モニター2 設定>
時刻周期 : T-2 (11:30-13:30)
同じ手順をくり返し、他のチャンネルの自動切換時間
を設定してください。
<自動切換設定>
メイン モニター 1画面 : カメラ毎
4画面 : 1秒
モニター2 1画面 : 3秒
時刻周期を選択
自動切換
マスク
モーションセンサー
<画面設定>
1.分割画面 表示ポジション : 変更
4画面表示ポジション設定 ー>
6画面表示ポジション設定 ー>
2.自動切換 : 1秒
自動切換設定 ー>
メイン モニター/モニター2 設定 ー>
3.マスク : 切
マスク 設定 ー>
4.カラーレベル設定 ー>
<メインモニター/モニター2設定>画面になり、時刻
周期の“T-1”が点滅します。
Jダイヤルを回してモニター2 1画面(例:3秒)
を選択し、Sダイヤルを右に2回まわす
「カメラ毎自動切換時間(秒)」のチャンネル1(01)の
“1”が点滅します。
<時刻周期設定>の時刻周期Aと時刻周期Bを設
定する(P36)
「時刻周期を選択」の自動切換の項で時刻周期Aまたは
Bを選択しておいてください。
“1秒”が点滅します。
7
時刻周期設定の時間帯でモニターを表示させ
ないカメラを設定する
B-3
CH 01 02 03 04 05 06 メイン 入 入 入 入 入 入 モニター2 入 入 入 入 入 入 4
カメラ毎自動切換時間 (秒)
01: 5 02: 1 03: 1
04: 1 05: 1 06: 1
Jダイヤルを回して“切”を選択し、Sダイヤルを
回す
同じ手順をくり返して、表示させないカメラを“切”に
設定してください。
(表示例)
<メイン モニター/モニター2 設定>
9
時刻周期 : T-2 (11:30-13:30)
終了/画面表示ボタンを押して、カメラ自動切換
ボタンを押す
(1画面表示あるいは4画面表示のみ有効になり
ます。)
終了/画面表示 カメラ自動切替
CH 01 02 03 04 05 06 メイン 切 入 切 入 切 入 モニター2 入 切 入 切 入 切 5
終了/画面表示ボタンを押して、カメラ自動切換
ボタンを押す
(1画面表示あるいは4画面表示のみ有効になり
ます。)
終了/画面表示 カメラ自動切替
設定のしかた
72
画面設定
C 特定のライブ映像を見えなくする
1
<時刻周期設定>の時刻周期Aと時刻周期Bを設
定する(P36)
6
「時刻周期を選択」のマスクの項で時刻周期AまたはB
を選択しておいてください。
この設定では、
“時刻周期A”を例に説明します。
Sダイヤルを回してJダイヤルで時刻周期
(例:T-2)を選択し、Sダイヤルを右に回す
カーソルが「メイン」01の“切”に移動します。
7
Jダイヤルを回してメインのカメラ番号
(例:03)を選択し、Sダイヤルを右に回す
<時刻周期設定>
時刻周期 T-1
T-2
T-3
T-4
時刻周期 A
06:00 11:30 13:30 18:00
時刻周期 B
06:00 08:00 14:30 20:00
時刻周期を選択
自動切換
マスク
モーションセンサー
<マスク 設定>
時刻周期 : T-2 (06:00-11:30)
CH 01 02 03 04 05 06 メイン 切 切 入 入 入 切 タ
切 入 切 入 切 入
時刻周期 A
時刻周期 A
時刻周期 A
8
同じ手順をくり返して、モニター2またはネットワー
クの画面でマスクしたいカメラを“入”に設定してく
ださい。
2 「画面設定画面の表示のしかた」で<画面設定>
画面を表示させる(P69)
メニュー
<メイン メニュー>
4.画面設定
(S)
3
<画面設定>
1.分割画面 表示ポジション : 変更
4画面表示ポジション設定 ー>
6画面表示ポジション設定 ー>
2.自動切換 : 1秒
自動切換設定 ー>
メイン モニター/モニター2 設定 ー>
3.マスク : 切
マスク 設定 ー>
4.カラーレベル設定 ー>
Jダイヤルを回して「3.マスク」を選択し、Sダイヤ
ルを右に回す
“切”が点滅します。
3.マスク 4
:切
Jダイヤルを回して“入”を選択し、Sダイヤルを
右に回す
カーソルがマスク設定に移動します。
マスク 設定
5
->
Sダイヤルを右に回す
<マスク設定>画面を表示し、カーソルが“T-1”に移
動します。
<マスク 設定>
時刻周期 : T-1 (06:00-11:30)
CH 01 02 03 04 05 06 メイン 切 切 切 切 切 切 モニター2 切 切 切 切 切 切 ネットワーク 切 切 切 切 切 切
73
設定のしかた
Jダイヤルを回してメイン03(例:入)を選択し、
Sダイヤルを右に回す
9
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
画面設定
D ライブ映像の色調を調整する
1 「画面設定画面の表示のしかた」で<画面設定>
画面を表示させる(P69)
メニュー
<メイン メニュー>
4.画面設定
(S)
2
<画面設定>
1.分割画面 表示ポジション : ノーマル
4画面表示ポジション設定 ー>
6画面表示ポジション設定 ー>
2.自動切換 : 1秒
自動切換設定 ー>
メイン モニター/モニター2 設定 ー>
3.マスク : 切
マスク 設定 ー>
4.カラーレベル設定 ー>
Jダイヤルを回して「4.カラーレベル設定」を選択
し、Sダイヤルを右に回す
チャンネル“CH01”の<カラーレベル調整>画面を
表示し、カーソルが「カラーレベル」に移動します。
<カラーレベル設定>
CH01 カラーレベル : 5
3
色調を調整するカメラ選択ボタン(例:5)を押
し、Sダイヤルを右に回す
チャンネルが“CH05”に切り換わり、
「カラーレベル」
“5”が点滅します。
5
<カラーレベル設定>
CH05 カラーレベル : 8
(S)
4
Jダイヤルを回してカラーレベル(例:8)を選
択し、Sダイヤルを右に回す
選択項目:1/2・・・/8/9/10(濃くなる)
ライブ映像の色調が変わります。
5
終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
設定のしかた
74
停電情報/使用時間
A 停電情報/使用時間画面のメニュー説明
停電の日時、ハードディスクの使用時間や本機の通電
時間を確認できます。
①
②
③
A-1 情報を確認する
1
<停電情報/使用時間>
停電情報 発生日時 復旧日時
000回 ----- --:-- ----- --:- ----- --:-- ----- --:- ----- --:-- ----- --:- ----- --:-- ----- --:- 使用時間 ディスク1 : 00000H
ディスク2 : -----H
通電時間 : 00000H
メニューボタンを押し、Jダイヤルを回して
「5.停電情報/使用時間」を選択し、Sダイヤルを
右に回す
<停電情報/使用時間>画面を表示します。
メニュー
<メイン メニュー>
1.初期設定 ー>
2.記録設定 ー>
3.一般設定 ー>
4.画面設定 ー>
5.停電情報/使用時間 ー>
6.初期化履歴 ー>
7.メニュー設定コピー ー>
(J)
F/W:M 2.00-00 / S 2.00-0
② 発生日時と復旧日時
最新の停電情報(発生日時、復旧日時)を新しい順に最大
4件まで表示します。過去の情報は確認できません。
¡ディスク2
ハードディスク2の総使用時間を表示します。
ハードディスクを増設していない場合は、
“------”と表
示します。
¡通電時間
本機の総通電時間を表示します。
75
設定のしかた
ジョグで移動、 シャトルで選択
<停電情報/使用時間>
停電情報 発生日時 復旧日時
011回 01-14 19:15 01-15 09:55
01-13 21:13 01-14 09:21
01-03 18:48 01-05 08:56
01-01 09:49 01-03 10:32
使用時間 ディスク1 : 00096H
ディスク2 : -----H
通電時間 : 00096H
① 停電情報
停電回数を表示します。
停電回数の最大表示は999回です。999以上を表示する
ことはできません。
③ 使用時間
¡ディスク1
ハードディスク1の総使用時間を表示します。
(S)
F/W:M 2.00-00 / S 2.00-0
2
終了するときは、終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
初期化履歴
A 初期化履歴画面のメニュー説明
A-1 履歴を確認する
ハードディスクの初期化と記録再開履歴を確認するこ
とができます。履歴は最後に実施したときから8件ま
で表示します。
①
②
1
メニューボタンを押し、Jダイヤルを回して、
「6.初期化履歴」を選択し、Sダイヤルを右に回す
<初期化履歴>画面を表示します。
③
メニュー
<メイン メニュー>
1.初期設定 ー>
2.記録設定 ー>
3.一般設定 ー>
4.画面設定 ー>
5.停電情報/使用時間 ー>
6.初期化履歴 ー>
7.メニュー設定コピー ー>
<初期化履歴>
月-日 時:分 領域
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
----- --:-- ------ ( ------ )
(J)
ジョグで移動、 シャトルで選択
<初期化履歴>
月-日 時:分 領域
10-26 24:00 全領域 ( 初期化 )
10-26 23:18 全領域 ( 初期化 )
10-26 23:18 バックアップ領域(記録再開)
10-26 23:18 アラーム領域 (記録再開)
10-26 23:18 通常領域 (記録再開)
10-26 23:16 全領域 ( 初期化 )
10-26 23:15 全領域 ( 初期化 )
----- --:-- ------ ( ------ )
① 日時
初期化や記録再開許可をおこなった日時を表示します。
最新の履歴情報を新しい順に8件まで表示します。それ以
前の情報は確認できません。
② 領域
対象となったハードディスクの記録領域を表示します。
表示内容:全領域/通常領域/バックアップ領域/
アラーム領域
(S)
2
終了するときは、終了/画面表示ボタンを押す
終了/画面表示
③ 操作内容
実施した「初期化」または「記録再開」を表示します。
記録領域を変更した場合は、
“初期化”と表示します。
設定のしかた
76
メニューコピー
A メニュー設定コピーの説明
A-1 CFカードにメニュー内容を保存する
設定したメニューをコンパクトフラッシュ(CF)カー
ドに保存し、保存したメニューと同じものを他の同機
に読み込ませます。複数の機器を同じメニューで操作
することができます。
①
<メニュー設定コピー>
HDR TYPE VER. SA06-05
②
メニューをコンパクトフラッシュにセーブ ー>
③
④
メニューをコンパクトフラッシュからロード ー>
記録領域設定のコピー :いいえ
1
コンパクトフラッシュカードスロットにCFカー
ドをしっかりと奥まで装着する
q開く
w抜く
表面
e倒す
(ロック)
2
* 記録領域設定のコピーを[はい]にすると
ハードディスクを初期化します !
w
装着
q上げて
押し込む
メニューボタンを押し、Jダイヤルを回して
「7.メニュー設定コピー」を選択し、Sダイヤル
を右に回す
<メニュー設定コピー>画面を表示します。
メニュー
<メイン メニュー>
7.メニュー設定コピー
① 本機のバージョン番号です
② 設定したメニュー内容をCFカードに保存するときに選択
する
<メニュー設定コピー>
HDR TYPE VER. SA16-05
③ CFカードに保存したメニュー内容を他の同機に読み込む
ときに選択する
④ 記録領域の領域割合を選択する
③の「メニューをコンパクトフラッシュからロード」を実
行する前に、下記を選択してください。
選択項目:
いいえ:
ハードディスクの各領域(通常記録、アラーム記録、バ
ックアップ)を変更せずにCFカードからメニュー内容
を読み込みます
はい:
ハードディスクの各領域(通常記録、アラーム記録、バ
ックアップ)を変更してメニュー内容を読み込みます
1
2
3
4
5
6
タイマー録画
アラーム残量警告
4画面表示 マルチ表示 モニタ2 プラス表示 カメラ自動切替 ズーム
メニュー 終了/画面表示
サーチ
コピー
アラーム
3
Sダイヤルを右に回し、Jダイヤルを回して“は
い”を選択し、Sダイヤルを右に回す
CFカードにメニューを保存します。
保存が終了すると、
“セーブ終了!!”と表示します。
<警 告>
メニューをコンパクトフラッシュにセーブします !!
<メニュー設定コピー>
セーブ 終了 !!
メニューをコンパクトフラッシュからロード ー>
記録領域設定のコピー :いいえ
* 記録領域設定のコピーを[はい]にすると
ハードディスクを初期化します !
コピー
シャトル
ジョグ
6CH DIGITAL RECORDER WT-S600J
1
2
3
4
5
6
タイマー録画
録画/停止
残量警告
アラーム残量警告
ロック
* 記録領域設定のコピーを[はい]にすると
ハードディスクを初期化します !
再生/停止 一時停止 シャトル保持
アラーム
電源
メニューをコンパクトフラッシュにセーブ ー>
メニューをコンパクトフラッシュからロード ー>
記録領域設定のコピー :いいえ
続けますか?
はい
録画/停止
残量警告
ロック
(S)
メニューをコンパクトフラッシュにセーブ ー>
シャトル
ジョグ
6CH DIGITAL RECORDER WT-S600J
電源
(J)
4画面表示 マルチ表示 モニタ2 プラス表示 カメラ自動切替 ズーム
メニュー 終了/画面表示
サーチ
コピー
アラーム
アラーム
77
設定のしかた
再生/停止 一時停止 シャトル保持
メニューコピー
A-2 CFカードに保存されたメニュー内容を他の同機に読み込む
1
メニューボタンを押して、<メニュー設定
コピー>画面を表示させる
B) 記録領域設定のコピーを“はい”に選択した場合
(初期化されます)
メニュー
メニューをコンパクトフラッシュからロード ー>
記録領域設定のコピー :はい
<メニュー設定コピー>
HDR TYPE VER. SA16-05
* 記録領域設定のコピーを[はい]にすると
ハードディスクを初期化します !
メニューをコンパクトフラッシュにセーブ ー>
メニューをコンパクトフラッシュからロード ー>
記録領域設定のコピー :いいえ
K
* 記録領域設定のコピーを[はい]にすると
ハードディスクを初期化します !
2
管理者パスワードを入力してください。
Jダイヤルを回して「記録領域設定のコピー」へ
カーソルを移動する
--------
記録領域設定のコピー: いいえ
3
4
Sダイヤルを回してJダイヤルで“いいえ”または
“はい”を選択する
Sダイヤルを右に回す
カーソルが「メニューをコンパクトフラシュにセーブ」
に移動します。
ジョグで移動、 シャトルで設定
パスワード入力画面が表示しますので、パスワードを入
力してください。
<警告>画面を表示し、
“いいえ”が点滅しますので、J
ダイヤルを回して“はい”を選択し、Sダイヤルを右に回
す。記録領域の領域割合を変更してCFカードから読み込
みます。
<警 告>
メニューをコンパクトフラッシュからロードします !!
ハードディスクを初期化します !!
メニューをコンパクトフラッシュにセーブ ー>
5
Jダイヤルを回して「メニューをコンパクトフラ
シュからロード」にカーソルを移動させ、Sダイ
ヤルを右に回す
続けますか?
はい
メニューをコンパクトフラッシュからロード ー>
A) 記録領域設定のコピーを“いいえ”に選択した場合
メニューをコンパクトフラッシュからロード ー>
記録領域設定のコピー :いいえ
6
読み込みが完了すると、画面に“SYSTEM
INITIALIZING”と表示後、ライブ映像になる
* 記録領域設定のコピーを[はい]にすると
ハードディスクを初期化します !
<警告>画面を表示し、
“いいえ”が点滅しますので、J
ダイヤルを回して“はい”を選択し、Sダイヤルを右に回
す。記録領域の領域割合を変更せずにCFカードから読み
込みます。
<警 告>
メニューをコンパクトフラッシュからロードします !!
続けますか?
はい
設定のしかた
78
仕様
信号方式
ハードディスク容量
圧縮方式
画素数
記録タイプ
記録画質
NTSC方式準拠
160GB
映像:M-JPEG、音声:WAVE
720×240(フィールド)
フィールド記録
5段階[Basic(ラフ画質)/Normal(標準画質)/
Enhanced(準高画質)/Fine(高画質)/
SuperFine(最高画質)]
27段階(60∼0.033FPS)
通常記録領域/アラーム記録領域/
バックアップ領域
ズームボタンによる2倍デジタルズーム可
日時サーチ、
アラームサーチ、
アラームサムネイルサーチ、
バックアップ領域サーチ、モーション検出サーチ
年、月、
日、時、分、秒
上下2ポジション移動可能(表示の入/切が可能)
各チャンネル最大10文字まで表示の
入/切が可能(下記を参照)
約30日間(48時間通電時)
1.0V(p-p)75Ω BNC×6
各映像入力のスルー出力 BNC×6
1.0V(p-p)75Ω BNC×1
1.0V(p-p)75Ω BNC×1
−8dBs 27kΩ 不平衡 RCA×1
−8dBs 600Ω 不平衡 RCA×1
−60dBs 10kΩ 不平衡 3.5mm
モノラルミニジャック×1
記録レート
記録領域
ズーム
サーチモード
日付・時刻表示
日付・時刻表示位置
カメラタイトル表示
メモリーバックアップ
映像入力
映像出力
メインモニター出力
モニタ2出力
音声入力
音声出力
マイク入力
コンパクトフラッシュスロット コンパクトフラッシュ Type2(前面パネル)×1
端 子
LAN
10BASE-T/100BASE-TX、RJ-45×1、
対応プロトコル:UDP、TCP/IP、HTTPサーバ
アラーム入力
無電圧メイク接点×6(パルス幅100m秒以上)
センサーアラーム出力 オープンコレクタ/1kΩ、
Lowレベルアクティブ×6(最大 10mA)
リモートコントロール入力 2線式電圧制御方式×2
時計合わせ入力
無電圧メイク接点(パルス幅100m秒以上)×1
時計合わせ出力
オープンコレクタ/1kΩ、Lowレベルアクティブ
アラーム総合出力
オープンコレクタ/Lowレベルアクティブ
(最大 500mA)
×1
アラームリセット入力 無電圧メイク接点(パルス幅100m秒以上)×1
異常警告出力
通常DC5V、Lowレベルアクティブ×1
通常領域残量警告出力 通常DC5V、Lowレベルアクティブ×1
アラーム残量警告出力 通常DC5V、Lowレベルアクティブ×1
タイマー録画出力
DC5V/5.7kΩ、Lowレベルアクティブ×1
外部タイマー入力
無電圧メイク接点(パルス幅100m秒以上)×1
VIDEO LOSS/
DC5V/5.7kΩ、Lowレベルアクティブ×1
録画停止出力
電源電圧
AC100V、50/60Hz
消費電力
35W
使用可能周囲温度
5∼40℃
使用可能周囲湿度
10∼80%
外形寸法
420(W)
×86(H)
×365(D)mm
(突起部、
ゴム足含まず)
質 量
約6.3kg
外観および仕様は、お断りなしに変更することがあります。ご了承ください。
■ 外形寸法図(単位:mm)
420
365
シャトル
ジョグ
6CH DIGITAL RECORDER WT-S600J
86
電源
1
2
3
4
5
6
タイマー録画
録画/停止
残量警告
アラーム残量警告
4画面表示 マルチ表示 モニタ2 プラス表示 カメラ自動切替 ズーム
ロック
メニュー 終了/画面表示
サーチ
コピー
アラーム
再生/停止 一時停止 シャトル保持
アラーム
■ カメラタイトル表示一覧
0
E
Y
テ
ラ
1
F
Z
ト
リ
2
G
ア
ナ
ル
3
H
イ
ニ
レ
4
I
ウ
ヌ
ロ
5
J
エ
ネ
ワ
6
K
オ
ノ
ヲ
7
L
カ
ハ
ン
8
M
キ
ヒ
ァ
9
N
ク
フ
ィ
–
O
ケ
ヘ
ゥ
:
P
コ
ホ
ェ
.
Q
サ
マ
ォ
/
R
シ
ミ
ャ
*
S
ス
ム
ュ
_
T
セ
メ
ョ
A
U
ソ
モ
ッ
B
V
タ
ヤ
゙
C
W
チ
ユ
゚
D
X
ツ
ヨ
カタカナでタイトルを設定した場合は、モニター2画面では次のように表示されます。
-------カメラ番号
79
その他
記録レートと録画時間一覧表
本機は、記録レートと記録画質を変更すると自動的に録画時間が変更されます。
下表は、ハードディスクの通常記録領域に映像を記録する場合の記録レートと画質を示した参考値です。
¡通常記録領域およびアラーム記録領域の録画可能時間は、
下記の録画時間にメニューの記録領域設定で設定した通常記録領域、
およびアラーム記録領域のパーセント表示値を掛けた時間になります。
¡録画時間は、録画する画質によって変動することがあります。
■ 音声なしの状態で160GBのハードディスクに記録した場合(領域を99%使用した場合)
記録レート
(フィールド/秒)
記録周期
(秒)
60.00
30.00
20.00
15.00
10.00
7.50
6.00
5.00
4.29
3.75
3.33
3.00
2.73
2.31
2.00
1.67
1.43
1.25
1.11
1.00
0.50
0.33
0.25
0.20
0.10
0.05
0.03
0.02
0.03
0.05
0.07
0.10
0.13
0.17
0.20
0.23
0.27
0.30
0.33
0.37
0.43
0.50
0.60
0.70
0.80
0.90
1.00
2.00
3.00
4.00
5.00
10.00
20.00
30.00
BASIC
15kB
40H
80H
120H
160H
240H
320H
400H
481H
560H
641H
722H
801H
881H
1041H
1202H
1440H
1682H
1924H
2167H
2405H
4811H
7290H
9623H
12028H
24057H
48115H
80193H
NORMAL
22kB
28H
56H
85H
113H
170H
227H
284H
340H
397H
454H
511H
568H
624H
737H
852H
1020H
1191H
1363H
1535H
1704H
3408H
5163H
6816H
8520H
17041H
34082H
56803H
録画時間
ENHANCED
30kB
21H
42H
63H
85H
127H
170H
213H
255H
297H
340H
383H
426H
468H
553H
639H
765H
893H
1022H
1151H
1278H
2556H
3872H
5112H
6390H
12780H
25561H
42602H
FINE
42kB
15H
30H
46H
61H
92H
123H
154H
185H
216H
247H
279H
309H
340H
402H
464H
556H
650H
743H
837H
929H
1859H
2816H
3718H
4647H
9295H
18590H
30983H
SUPER FINE
50kB
13H
26H
39H
52H
78H
104H
131H
157H
183H
209H
236H
262H
288H
340H
393H
470H
550H
629H
708H
786H
1573H
2383H
3146H
3932H
7865H
15730H
26217H
■ 音声ありの状態で160GBのハードディスクに記録した場合(領域を99%使用した場合)
記録レート
(フィールド/秒)
記録周期
(秒)
60.00
30.00
20.00
15.00
10.00
7.50
6.00
5.00
4.29
3.75
3.33
3.00
2.73
2.31
2.00
1.67
1.43
1.25
1.11
1.00
0.50
0.33
0.25
0.20
0.10
0.05
0.03
0.02
0.03
0.05
0.07
0.10
0.13
0.17
0.20
0.23
0.27
0.30
0.33
0.37
0.43
0.50
0.60
0.70
0.80
0.90
1.00
2.00
3.03
4.00
5.00
10.00
20.00
33.33
BASIC
15kB
37H
75H
113H
151H
227H
287H
358H
430H
476H
545H
614H
649H
713H
804H
929H
1064H
1191H
1308H
1417H
1514H
4811H
7290H
9623H
12028H
24057H
48115H
80193H
NORMAL
22kB
27H
54H
81H
109H
163H
209H
262H
314H
353H
403H
454H
486H
535H
610H
705H
816H
922H
1022H
1116H
1202H
3408H
5163H
6816H
8520H
17041H
34082H
56803H
録画時間
ENHANCED
30kB
20H
41H
61H
82H
123H
160H
200H
240H
272H
311H
350H
378H
416H
478H
552H
644H
733H
817H
898H
973H
2556H
3872H
5112H
6390H
12780H
25561H
42602H
FINE
42kB
15H
30H
45H
60H
90H
118H
148H
177H
202H
232H
261H
284H
312H
361H
417H
489H
560H
629H
695H
757H
1859H
2816H
3718H
4647H
9295H
18590H
30983H
SUPER FINE
50kB
12H
25H
38H
51H
77H
100H
126H
151H
173H
198H
223H
243H
267H
310H
358H
422H
484H
545H
604H
659H
1573H
2383H
3146H
3932H
7865H
15730H
26217H
音声記録可能領域
音声記録不可領域
その他
80
記録レートと録画時間一覧表
■ 音声なしの状態で460GBのハードディスクに記録した場合(領域を99%使用した場合)
記録レート
(フィールド/秒)
記録周期
(秒)
60.00
30.00
20.00
15.00
10.00
7.50
6.00
5.00
4.29
3.75
3.33
3.00
2.73
2.31
2.00
1.67
1.43
1.25
1.11
1.00
0.50
0.33
0.25
0.20
0.10
0.05
0.03
0.02
0.03
0.05
0.07
0.10
0.13
0.17
0.20
0.23
0.27
0.30
0.33
0.37
0.43
0.50
0.60
0.70
0.80
0.90
1.00
2.00
3.00
4.00
5.00
10.00
20.00
30.00
BASIC
15kB
115H
231H
347H
463H
695H
927H
1159H
1391H
1621H
1854H
2088H
2318H
2547H
3011H
3477H
4164H
4863H
5564H
6266H
6955H
13910H
21077H
27821H
34777H
69554H
139108H
231847H
NORMAL
22kB
82H
164H
246H
328H
492H
656H
821H
985H
1148H
1313H
1479H
1642H
1804H
2132H
2463H
2950H
3445H
3941H
4438H
4926H
9853H
14929H
19707H
24633H
49267H
98535H
164225H
録画時間
ENHANCED
30kB
61H
123H
184H
246H
369H
492H
615H
739H
861H
985H
1109H
1231H
1353H
1599H
1847H
2212H
2583H
2956H
3328H
3695H
7390H
11197H
14780H
18475H
36950H
73901H
123169H
FINE
42kB
44H
89H
134H
179H
268H
358H
447H
537H
626H
716H
807H
895H
984H
1163H
1343H
1609H
1879H
2149H
2421H
2687H
5374H
8143H
10749H
13436H
26873H
53746H
89577H
SUPER FINE
50kB
37H
75H
113H
151H
227H
303H
378H
454H
530H
606H
682H
757H
832H
984H
1136H
1361H
1590H
1819H
2048H
2273H
4547H
6890H
9095H
11369H
22738H
45477H
75796H
■ 音声ありの状態で460GBのハードディスクに記録した場合(領域を99%使用した場合)
記録レート
(フィールド/秒)
記録周期
(秒)
60.00
30.00
20.00
15.00
10.00
7.50
6.00
5.00
4.29
3.75
3.33
3.00
2.73
2.31
2.00
1.67
1.43
1.25
1.11
1.00
0.50
0.33
0.25
0.20
0.10
0.05
0.03
0.02
0.03
0.05
0.07
0.10
0.13
0.17
0.20
0.23
0.27
0.30
0.33
0.37
0.43
0.50
0.60
0.70
0.80
0.90
1.00
2.00
3.03
4.00
5.00
10.00
20.00
33.33
音声記録可能領域
音声記録不可領域
81
その他
BASIC
15kB
109H
218H
328H
437H
656H
829H
1037H
1244H
1378H
1576H
1775H
1876H
2062H
2326H
2687H
3078H
3445H
3783H
4097H
4379H
13910H
21077H
27821H
34777H
69554H
139108H
231847H
NORMAL
22kB
78H
157H
236H
315H
472H
606H
757H
909H
1020H
1167H
1315H
1407H
1546H
1765H
2038H
2360H
2667H
2956H
3228H
3477H
9853H
14929H
19707H
24633H
49267H
98535H
164225H
録画時間
ENHANCED
30kB
59H
119H
179H
238H
358H
463H
579H
695H
787H
900H
1014H
1094H
1203H
1383H
1597H
1863H
2120H
2364H
2598H
2815H
7390H
11197H
14780H
18475H
36950H
73901H
123169H
FINE
42kB
43H
87H
131H
175H
262H
342H
428H
514H
586H
670H
755H
821H
902H
1044H
1206H
1416H
1621H
1819H
2009H
2189H
5374H
8143H
10749H
13436H
26873H
53746H
89577H
SUPER FINE
50kB
37H
74H
111H
148H
223H
291H
364H
437H
501H
573H
645H
703H
773H
898H
1037H
1220H
1401H
1576H
1746H
1907H
4547H
6890H
9095H
11369H
22738H
45477H
75796H
記録レート設定/プリアラーム録画時間一覧表
■ 記録レート設定
記録レート(FPS)
通常記録(注1)
アラーム記録
プリアラーム記録(注2)
プログラム記録(注1)
60
30
20
15
10
7.5
6
5
4.286
3.75
3.333
3
2.727
2.308
2
1.875
1.667
1.429
1.25
1.111
1
0.5
0.333
0.25
0.2
0.1
0.05
0.033
切
○(注3)
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
×
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
×
×
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
×
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
×
×
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
×
○
○
○
○
○
×
×
×
×
×
×
×
×
×
○
×
○
×
○
×
×
×
○
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
○
○
○
○
○
○
○
○
(注1)ミラーリング“入”やプリアラーム記録“入”に設定している場合は、設定可能なレートが制限されます。
(注2)ミラーリング“入”に設定している場合は、設定可能なレートが制限されます。
(注3)カメラ1台を接続したときは、記録レートの設定はできますが表示は30FPSとなります。
¡プログラム記録では、各チャンネル(CH)毎の記録レートを設定します。各CHで設定可能なレートは、自動計算されます。
■ プリアラーム録画時間
プリアラーム録画時の録画時間一覧表です。プリアラーム録画をするときにご覧ください。
記録レート
(フィールド/秒)
30.00
20.00
15.00
10.00
7.50
6.00
5.00
4.29
3.75
3.33
3.00
2.73
2.31
2.00
1.67
1.43
1.25
1.11
1.00
記録時間(メニュー画面上での時間表示 sec:秒 m:分)
3s
(3s)
5s
(5s)
10s
(10s)
20s
(20s)
40s
(40s)
60s
(1m)
120s
(2m)
180s
(3m)
240s
(4m)
300s
(5m)
600s
(10m)
900s
(15m)
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
初期設定値、記録レート:15FPS、記録時間:1分とします。
メニューでのアラーム持続時間の設定では、設定された記録レートで可能な持続時間しか設定できません。
また、記録レートを設定する場合には、設定された持続時間で可能な範囲でしか設定できません。たとえば、アラーム持続時間を3秒に設定した場合、記録レートは、
30FPSしか選択できません。
速い記録レートを設定する場合は、一旦アラーム持続時間の設定を変更しないと設定できません。
その他
82
プッシュロック端子仕様
入出力端子
<アラーム入力>
[無電圧メーク接点]
<モーションセンサー出力>
[オープンコレクタ/
1kΩ、Lowレベルアクティブ
(最大10mA)]
信号レベル
入出力回路
5V
100kΩ
オープン
接地入力
0V
1k
100 ms 以上
IC
74HC597
端子
10kΩ
オープン
1k
0V
IC
BU2090
端子
モーション
センサー検知
アラーム
記録停止
+5V
<コントロール端子>
リモート入力(R1、R2)
[2線式電圧制御方式]
時計合わせ入力
[無電圧メーク接点]
4.7k
1k
(P12参照)
5V
オープン
接地入力
100kΩ
1kΩ
0V
100 ms 以上
時計合わせ出力
[オープンコレクタ/1kΩ
Lowレベルアクティブ]
オープン
アラーム総合出力
[オープンコレクタ/
Lowレベルアクティブ
(最大500mA)]
オープン
アラームリセット
[無電圧メーク接点]
マイコン
端子
10kΩ
IC
74HC597
端子
IC
BU2090
端子
0V
1kΩ
約 1s
5V
4.7kΩ
0V
アラーム
記録開始
アラーム
記録終了
端子
2SD1801
2SA1576
オープン
接地入力
0V
5V
100kΩ
10kΩ
1kΩ
100 ms 以上
4.7kΩ
端子
IC
BU2090
IC
74HC597
5V
警告出力
[DC5V/5.7kΩ、Active Low]
0V
警告条件成立
(HDDエラー、FANエラー検出)
5V
残量
[DC5V/5.7kΩ、Active Low]
0V
5V
警告条件成立
(通常記録領域残量なし)
4.7kΩ
IC
BU2090
端子
1kΩ
5V
アラーム残量
[DC5V/5.7kΩ、Active Low]
0V
警告条件成立
(アラーム記録領域残量なし)
5V
タイマー録画出力
[DC5V/5.7kΩ、Active Low]
0V
タイマー録画中
外部タイマー入力
[無電圧メーク接点]
5V
オープン
接地入力
0V
100kΩ
100 ms 以上
端子
1kΩ
10kΩ
5V
5V
出力選択
[DC5V/5.7kΩ、Active Low]
4.7kΩ
0V
VIDEO LOSSまたは録画停止
83
その他
IC
74HC597
端子
1kΩ
IC
BU2090
こんなときは(トラブルシューティング)
症状
メイン
モニター
画面
表示
設定
原因
対処方法
画像が表示されな マスク設定が"入"に設定してい <画面設定>でマスク設定を"切"にするか、
い。
る。
<マスク設定>で該当CHの設定を"切"にして
ください。
マスク設定が時刻周期設定時 時刻設定周期を変更するか、<マスク設定>
刻になっている。
で該当CHの設定を"切"にしてください。
"VIDEO LOSS"と表示されて 映像入力端子の映像ケーブルやカメラ側の映
いる。
像ケーブル、電源ケーブルの接続を確認して
ください。
画面表示が表示さ 終了/画面表示ボタンのランプ 終了/画面表示ボタンを押して(ランプ点灯)画
れない。
が消灯している。
面表示を表示させてください。
<データ表示設定>で各表示 <データ表示設定>で該当表示設定を"入"に
項目を"切"にしている。
設定してください。
画面表示が消えな 終了/画面表示ボタンのランプ 終了/画面表示ボタンを押してランプを消灯さ
い。
が点灯している。
せてください。
<データ表示設定>で各表示 <データ表示設定>で該当表示設定を"切"に
項目を"入"にしている。
設定してください。
アラームを検知し、アラーム アラーム記録中は、アラーム種類及び検知カ
記録を行っている。(アラーム メラ番号は、消えません。(アラーム記録が終
種類、検知カメラ番号が点滅) 了すると、消えます。)
1画面表示ができ モニタ2ボタンが押されてい モニタ2ボタンを押してランプを消灯させて
ない。
る。(モニタ2のランプが点灯) から表示したいCHのカメラ選択ボタンを押し
てください。
分割画面表示がで モニタ2ボタンが押されてい モニタ2ボタンを押してランプを消灯させて
きない。
る。(モニタ2のランプが点灯) から4画面表示、マルチ表示、プラス表示ボ
タンを押してください。
自動切換ができな 記録画像を再生している。
記録画像再生中は、自動切換はできません。
い。
自動切換えする場合は、再生を停止してくだ
さい。
アラーム検知した <アラーム表示設定>のメイン <アラーム表示設定>でメインモニター表示
CHが表示されな モニター表示設定が"1画面"及 設定を"1画面"及び複数アラーム時表示設定を
い。
び複数アラーム時表示設定が
"切換"に設定してください。
"切換"以外の設定になっている。
設定メニュー画面 記録画像を再生している。
再生を停止させてからメニューボタンを押し
が表示できない。
てください。
ネットワーク接続による遠隔 ネットワーク接続を解除してから、メニュー
操作が行われている。
ボタンを押してください。
セキュリティーロックがか
かっている。
設定が変更できな 記録を行っている。(録画/停
い。
止ボタンのランプが点灯)
参照ページ
P73
P36, P73
P10
P14
P61
P14
P61
ー
P8, P15
P8, P15
P16, P18, P71
P59
P18
ネットワーク接続
による遠隔操作
マニュアル P6
P64
セキュリティーロックを解除させてからメ
ニューボタンを押してください。
録画を停止させてからメニュー画面に入るか P33
<メインメニュー>でシャトル保持ボタンの
長押しで録画を中断させてから設定を変更し
てください。
タイマー記録待機中(タイマー タイマー録画ボタンを押してタイマー録画待 P50
録画ボタンのランプが点灯)
機状態を解除(タイマー録画ボタンのランプが
消灯)してください。
<簡易記録設定1> <簡易記録設定1>の設定項 <簡易記録設定1>の設定内容を変更してくだ P40
画面の記録レート 目に有効な数値が設定されて さい。
に"エラー!"が表 いない。
示される。
<簡易記録設定2> <簡易記録設定2>の設定項 <簡易記録設定2>の設定内容を変更してくだ P41
画面の記録日数に 目に有効な数値が設定されて さい。
"エラー!"が表示 いない。
される。
セキュリティー
<セキュリティーロック設定> <セキュリティーロック設定>を設定してく P63
ロックがかからな の管理者設定を"切"にしてい
ださい。
い。
る。
ロックランプが消灯している。 <セキュリティーロック設定>が設定されて P63
いることを確認の上、シャトル保持ボタンを
長押して、ロックランプが点灯していること
を確認してください。
その他
84
こんなときは(トラブルシューティング)
症状
メイン
モニター
設定
録画
原因
HDDを初期化で 管理者パスワードが正確に入
きない。
力されていない。
初期化できない。 該当する設定画面を表示した
状態でメニューリセットボタ
ンを押していない。
通常記録できない。時刻設定がされていない。
("<警告>時刻設定しないと
記録できません。"と表示)
録画/停止ボタンを押していな
い。
対処方法
参照ページ
管理者パスワードを正確に入力してください。 ー
初期化したい設定を表示させた状態で、メ
ニューリセットボタンを押してください。
P9
現在時刻を設定してください。
P13
録画/停止ボタンを押し、録画/停止ボタンの
ランプが点灯していることを確認してくださ
い。
タイマー記録待機中(タイマー タイマー録画ボタンを押してタイマー録画待
録画ボタンのランプが点灯)
機状態を解除(タイマー録画ボタンのランプが
消灯)してください。
通常記録領域設定が0%または <記録領域設定>で通常記録領域の記憶容量
*0%になっている。
を1∼99%の間に設定してください。
HDDの通常記録領域の容量が <記録条件設定>で通常記録領域の記録再開
一杯になっている。
許可設定を変更してください。
(残量警告ランプ点灯)
ネットワーク接続による遠隔 ネットワーク接続を解除して録画/停止ボタン
操作が行われている。
を押してください。
P17
P50
P43
P43
P17
ネットワーク接続
による遠隔操作
マニュアル P6
セキュリティーロック状態に セキュリティーロックを解除させてから録画/ P64
なっている。
停止ボタンを押してください。
通常記録が停止で 録画/停止ボタンの3秒間長押 録画/停止ボタンを3秒間長押しし、録画/停止 P17
きない。
しをしていない。
ボタンのランプが消灯したことを確認してく
ださい。
ネットワーク接続による遠隔 ネットワーク接続を解除してから録画/停止ボ P17
操作が行われている。
タンを3秒間長押ししてください。
ネットワーク接続
による遠隔操作
マニュアル P6
セキュリティーロック状態に セキュリティーロックを解除させてから録画/ P17, P64
なっている。
停止ボタンを3秒間長押ししてください。
通常記録領域の画 <記録条件設定>の通常記録 <記録条件設定>の通常記録領域上書き記録設 P46
像が上書きされて 領域上書き記録設定が"入"に設 定を"切"に設定してください。
しまう。
定されている。
アラーム記録でき 時刻設定がされていない。
現在時刻を設定してください。
P13
ない。
("<警告>時刻設定しないと
記録できません。"と表示)
アラーム記録領域設定が0%に <記録領域設定>でアラーム記録領域の記憶 P43
なっている。
容量を1∼99%の間に設定してください。
HDDのアラーム記録領域の容 <記録条件設定>でアラーム記録領域の記録 P43
量が一杯になっている。
再開許可設定を変更してください。
(アラーム残量警告ランプ点灯)
<アラーム記録設定>のア
<アラーム記録設定>のアラーム記録設定を P54
ラーム記録設定が"切"になって "入"に設定し、各設定項目を設定してくださ
いる。
い。
プリアラーム記録 時刻設定がされていない。
現在時刻を設定してください。
P13
ができない。
("<警告>時刻設定しないと
記録できません。"と表示)
アラーム記録領域設定が0%に <記録領域設定>でアラーム記録領域の記憶 P43
なっている。
容量を1∼99%の間に設定してください。
HDDのアラーム記録領域の容 <記録条件設定>でアラーム記録領域の記録 P43
量が一杯になっている。
再開許可設定を変更してください。
(アラーム残量警告ランプ点灯)
<アラーム記録設定>画面の <アラーム記録設定>のアラーム記録設定が P54, P55
アラーム記録設定が"切"及びプ "入"及びプリアラーム記録設定を"入"に設定し、
リアラーム記録設定が"切"に
各設定項目を設定してください。
なっている。
85
その他
こんなときは(トラブルシューティング)
症状
メイン
モニター
録画
原因
モーションセン
時刻設定がされていない。
サー記録ができな ("<警告>時刻設定しないと
い。
記録できません。"と表示)
アラーム記録領域設定が0%に
なっている。
HDDのアラーム記録領域の容
量が一杯になっている。
(アラーム残量警告ランプ点灯)
<アラーム記録設定>のア
ラーム記録設定が"切"になって
いる。
各CHのモーション画面設定を
していない。
時刻周期設定時刻になってい
ない。
アラーム・プリア アラーム検知したCHのカメラ
ラーム・モーショ 選択ボタンを長押ししていな
ンセンサー記録が い。
強制停止できない。
アラームリセット端子より、
リセット入力信号をいれてい
ない。
アラーム検知した <アラーム記録設定>の記録
CH以外のCHもア パターン設定を"SW"に設定し
ラーム記録される。ている。
アラーム持続時間 <アラーム動作設定>のア
中に同一CHにア ラームリトリガー設定が"切"に
ラームが複数回検 なっている。
知されてもアラー
ム持続時間が延長
されない。
アラーム記録件数 通常記録領域設定が1∼99%
が16000件以上 の間で設定されている。
記録できない。
アラーム記録領域 <記録条件設定>のアラーム
の画像が上書きさ 記録領域上書き記録設定が"入"
れてしまう。
に設定されている。
タイマー記録でき タイマー録画ボタンを押して
ない。
いない。
対処方法
現在時刻を設定してください。
参照ページ
P13
<記録領域設定>でアラーム記録領域の記憶
容量を1∼99%の間に設定してください。
<記録条件設定>でアラーム記録領域の記録
再開許可設定を変更してください。
P43
P43
<アラーム記録設定>のアラーム記録設定を P57
"入"に設定し、アラームトリガー設定を"Mセ
ンサー"に設定してください。
各CHのモーション画面設定を設定してくださ P56
い。
時刻周期設定を変更してください。
P36
アラーム検知したCHのカメラ選択ボタンを長 P59
押ししてください。
アラームリセット端子からリセット入力信号
を入れてください。
P59
<アラーム記録設定>の記録パターン設定を
"ONLY"に設定してください。
P54
<アラーム動作設定>のアラームリトリガー
設定を"入"に設定してください。
P58
通常記録領域を*0%に設定してください。
P43
<記録条件設定>のアラーム記録領域上書き
記録設定を"切"に設定してください。
P45
<タイマー設定>を設定したうえで、タイマー P50
録画ボタンを押し、タイマー録画ボタンのラ
ンプが点灯していることを確認してください。
通常録画中(録画/停止ボタン 録画/停止ボタンの3秒間長押しで通常録画を P17, P50
のランプが点灯)
停止させてからタイマー録画ボタンを押して
ください。
タイマー録画の設定をしてい <タイマー設定>で日時などを設定してくだ P50
ない。
さい。
通常記録領域設定が0%になっ <記録領域設定>で通常記録領域の記憶容量 P43
ている。
を1∼99%の間に設定してください。
HDDの通常記録領域の容量が <記録条件設定>で通常記録領域の記録再開 P43
一杯になっている。
許可設定を変更してください。
(残量警告ランプ点灯)
ネットワーク接続による遠隔 ネットワーク接続を解除してから、タイマー ネットワーク接続
操作が行われている。
録画ボタンを押して、タイマー記録待機状態 による遠隔操作
(タイマー録画ボタンのランプのみ点灯)及び
マニュアル P6
タイマー録画中(タイマー録画ボタン及び録画
/停止ボタンのランプが点灯)であることを確
認してください。
セキュリティーロック状態に セキュリティーロックを解除させてから、タ P50, P64
なっている。
イマー録画ボタンを押して、タイマー記録待
機状態(タイマー録画ボタンのランプのみ点灯)
及びタイマー録画中(タイマー録画ボタン及び
録画/停止ボタンのランプが点灯)であること
を確認してください。
その他
86
こんなときは(トラブルシューティング)
症状
メイン
モニター
録画
再生
コピー
87
その他
原因
対処方法
参照ページ
祝日もタイマー記 休日設定を行っていない。
休日に含める日付を休日設定で設定してくだ P35
録を行ってしまう。
さい。
外部タイマーを入 <タイマー設定>の外部設定 <タイマー設定>で外部設定を"入"に設定し、 P52
力しても記録でき を"切"に設定している。
各設定項目を設定してください。
ない。
外部タイマー入力信号がない。 外部タイマー入力信号を入れてください。
P12, P52
タイマー録画ボタンを押して タイマー録画ボタンを押してタイマー録画待 P50
いない。(タイマー録画ボタン 機状態(タイマー録画ボタンのランプが点灯)に
のランプが消灯)
してください。
タイマー記録が停 タイマー録画ボタンを押して タイマー録画ボタンを押してタイマー録画待 P50
止できない。
いない。
機状態(タイマー録画ボタンのランプが点灯)に
してください。
ネットワーク接続による遠隔 ネットワーク接続を解除してから、タイマー ネットワーク接続
操作が行われている。
録画ボタンを押して、タイマー録画ボタンの による遠隔操作
ランプが消灯するのを確認してください。
マニュアル P6
セキュリティーロック状態に セキュリティーロックを解除させてから、タイ P50, P64
なっている。
マー録画ボタンを押して、タイマー録画ボタン
のランプが消灯するのを確認してください。
音声記録されない。各録画設定で音声記録設定を 各録画設定の音声記録設定を"入"に設定してく P47
"切"に設定している。
ださい。
各録画設定の記録レートが
各録画設定の音声記録設定を"入"、記録レート P47
1FPS以下に設定している。 を1IPS以上に設定してください。
各CH毎に記録
プログラム設定で各CH毎の記 プログラム設定で各CHの記録レートを設定し P48
レートを変更して 録レートを設定していない。 てください。
記録出来ない。
バックアップ領域 <記録領域設定>画面のバッ <記録領域設定>でバックアップ領域記録再 P44
の画像が上書きさ クアップ領域記録再開許可設 開許可設定を変更しないでください。
れてしまう。
定を変更している。
再生できない。
記録画像がない。
画像を記録してから再生/停止ボタンを押すあ P17
るいは、記録画像を<サーチ>より検索して再
生してください。
ネットワーク接続による遠隔 ネットワーク接続を解除してから、再生/停止 ネットワーク接続
操作が行われている。
ボタンを押すあるいは、記録画像を<サーチ> による遠隔操作
より検索して再生してください。
マニュアル P6
プリ記録画像が再 アラーム記録画像を逆再生し アラーム記録画像を逆再生させてください。 P22
生できない。
ていない。
再生画像が表示さ マスク設定を"入"に設定してい <画面設定>でマスク設定を"切"にするか、
P73
れない。
る。
<マスク設定>で該当CHの設定を"切"にして
ください。
マスク設定が時刻周期設定時 時刻設定周期を変更するか、<マスク設定> P73
刻になっている。
で該当CHの設定を"切"にしてください。
プログラム設定で録画した画 プログラム設定の設定内容を確認してくださ P48
像で記録レートを"切"に設定し い。
ているCHがある。
連続したイベント アラームサーチ、アラームサ 日時検索でイベントが発生した付近の時刻を P22
の記録画像が再生 ムネイルサーチから検索し、 検索して再生してください。
できない。
画像を再生している。
コピーメニューが 1画面表示で再生一時停止状 コピーしたい該当CHを1画面表示して再生し P29
表示されない。
態になっていない。
て一時停止ボタンを押して再生一時停止状態
にしてからコピーボタンを押してください。
CFカードに画像が CFカードがFAT16以外で
本体でCFカードをフォーマットしてください。P31
コピーできない。 フォーマットされている。
エラーメッセージ CFカードがCFカードスロット CFカードをしっかり奥まで挿入してください。P9
"コンパクトフラッ に挿入されていない。
(挿入されていないと、正常に動作しない場合
シュがありませ
があります。)
ん!"と表示された。
エラーメッセージ CFカードの容量が一杯になっ CFカードに空き容量を作ってください。
ー
"コンパクトフラッ ている。
シュ残量なし!"と
表示された。
エラーメッセージ バックアップ領域の容量が一 CFカードなどの別メディアに画像をコピーし、P44
"バックアップ領域 杯になっている。
<記録領域設定>のバックアップ領域記録再
残量なし!"と表示
開許可設定を変更してください。
された。
こんなときは(トラブルシューティング)
症状
メイン
モニター
コピー
モニタ2
画面
表示
警告
ランプ
市販の画像処理ソ
フトでコピー画像
を表示すると画像
サイズが1/2で表
示されてしまう。
画像が表示されな
い。
原因
対処方法
参照ページ
コピー設定画面でコピー先設 コピー設定画面でコピー先を"CF→PRINT"に P30
定を"コンパクトフラッシュ"に 設定し、画像をコピーしてください。
設定して画像をコピーしてい
る。
マスク設定が"入"に設定してい <画面設定>でマスク設定を"切"にするか、
る。
<マスク設定>で該当CHの設定を"切"にして
ください。
マスク設定が時刻周期設定時 時刻設定周期を変更するか、<マスク設定>
刻になっている。
で該当CHの設定を"切"にしてください。
"VIDEO LOSS"と表示されて 映像入力端子の映像ケーブルやカメラ側の映
いる。
像ケーブル、電源ケーブルの接続を確認して
ください。
画面表示が消えな 終了/画面表示ボタンのランプ 終了/画面表示ボタンを押してランプを消灯さ
い。
が点灯している。
せてください。
<データ表示設定>画面で各 <データ表示設定>で該当表示設定を"切"に設
表示項目を"入"にしている。
定してください。
アラーム録画を行っている。 アラーム記録中は、アラーム種類及び検知カ
メラ番号は、消えません。(アラーム記録が終
了すると、消えます。)
モニタ2ボタンが押されていな モニタ2ボタンを押し、モニタ2操作モード
い。(モニタ2のランプが消灯) (モニタ2ボタンのランプが点灯)で終了/画面
表示ボタンを押して表示を消してください。
1画面表示ができ モニタ2ボタンが押されていな モニタ2ボタンを押し、モニタ2操作モード
ない。
い。(モニタ2のランプが消灯) (モニタ2ボタンのランプが点灯)で該当CHの
カメラ選択ボタンを押してください。
自動切換ができな 自動切換ボタンが押されてい <画面設定>で自動切換設定を設定し、
い。
ない。(自動切換ボタンのラン モニタ2ボタンを押し、モニタ2操作モード
プが消灯)
(モニタ2ボタンのランプが点灯)で自動切換
ボタンを押してください。
アラーム検知した <アラーム表示設定>のメイ <アラーム表示設定>でメインモニター表示
画面が表示されな ンモニター表示設定が"1画面" 設定を"1画面"及び複数アラーム時表示設定を
い。
及び複数アラーム時表示設定 "切換"に設定してください。
が"切換"以外の設定になってい
る。
残量警告ランプが点滅してい HDDの通常記録領域の容量が <記録条件設定>で通常記録領域の記録再開
る。
設定数値以下になっている。 許可設定を変更してください。
残量警告ランプが点灯してい HDDの通常記録領域の容量が
る。
一杯になっている。
アラーム残量警告ランプが点 HDDのアラーム記録領域の容 <記録条件設定>でアラーム記録領域の記録
滅している。
量が設定数値以下になってい 再開許可設定を変更してください。
る。
アラーム残量警告ランプが点 HDDのアラーム記録領域の容
灯している。
量が一杯になっている。
ロックランプが点灯している。 セキュリティーロック状態に 各権限に応じたパスワードを入力してセキュ
なっている。
リティーロックを解除してください。
アラームランプが速く点滅し HDDに異常が発生している。 お客様相談窓口までご相談ください。
ている。
アラームランプが遅く点滅し 放熱ファンに異常が発生して
ている。
いる。
P73
P73
P10
P14
P61
ー
P16
P16
P16, P71
P59
P43
P43
P64
簡易取扱説明書
巻末
その他
88
こんなときは(トラブルシューティング)
警告
ブザー
89
症状
警告ブザーが鳴動している。
その他
原因
アラームを検知している。
対処方法
アラーム検知が終了するかあるいは任意のボ
タン操作、Jダイヤル、Sシャトルの回転操作
でも鳴動を停止します。
設定を解除したい場合は、<ブザー設定>の
アラーム入力設定を"切"にしてください。
HDDの各記録領域の容量が設 HDDの容量が設定値以下になっています。任
定値以下になっている。
意のボタン操作、Jダイヤル、Sシャトルの回
転操作で鳴動を停止します。
各記録領域の上書き記録再開許可設定を変更
してください。
設定を解除したい場合は、<ブザー設定>の
ディスク残量警告設定を"切"に設定してくだ
さい。
HDDに異常が発生している。 HDDに異常が発生していますのでお客様相談
窓口までご相談ください。
任意のボタン操作、Jダイヤル、Sシャトルの
回転操作で鳴動を停止します。
設定を解除したい場合は、<ブザー設定>の
ディスクエラー設定を"切"に設定してくださ
い。
セキュリティーロックを掛け セキュリティーロックが掛かった際やパス
たまたは解除された。
ワード入力画面が表示される際、セキュリ
ティーロックが解除された際等にブザーが鳴
動します。設定を解除したい場合は、
<ブザー設定>のロック警告設定を"切"にして
ください。
本体でボタン操作を行ってい ボタン操作する度に鳴動します。設定を解除
る。
したい場合は、<ブザー設定>でキーイン設
定を"切"にしてください。
録画停止またはVIDEO LOSS 記録が停止している場合またはVIDEO LOSS
状態になっている。
している状態で鳴動します。
任意のボタン操作、Jダイヤル、Sシャトルの
回転操作で鳴動を停止します。
設定を解除したい場合は、<ブザー設定>の録
画停止/VIDEO LOSS設定を"切"に設定して
ください。
参照ページ
P62
P43, P62
P62、
簡易取扱説明書
巻末
P62
P62
P62
アフターサービスについて
簡易取扱説明書の巻末に保証書を添付しています。
所定事項を記入いただき、大切に保管ください。
保証期間はお買い上げ日から1年間です
¡保証条件等は、保証書をご覧ください。
¡保証期間経過後の修理につきましては、お買い上げ
店・工事店、または弊社にご相談ください。
¡修理によって機能が維持できる場合は、お客様のご
要望により有料修理いたします。
¡この商品が故障した場合、稼動していない時間に対
する営業損失は補償対象外になります。
■定期点検・保守について
¡この商品の性能を維持するため、定期点検・保守の
修理を依頼されるときは
下記事項をお買い上げ店・工事店、または弊社に
ご連絡ください。
① 故障の状況(できるだけくわしく)
② 品名と品番(デジタルレコーダー WT-S600J)
③ お買い上げ年月日(保証書に記載)
④ 製造番号(本体に記載)
⑤ お名前、ご住所、電話番号
実施をお勧めします。
¡詳しくは、お買い上げ店・工事店、または弊社にご
相談ください。
■個人情報のお取扱いについて
¡修理などの目的のためにお受けした、お客様のお名
前などの個人情報は適切に管理いたします。
¡お客様の同意が無い限り、業務委託の場合および法
令に基づき必要と判断される場合を除き、第三者へ
の開示は行いません。
¡利用目的は、商品・サービスに関わるご相談・お問
合せ、および修理の対応のみに限定いたします。
¡この目的の範囲内で対応業務を委託する場合、委託
先に対しては弊社と同等の個人情報保護を行わせる
とともに、適切な管理・監督をいたします。
¡個人情報のお取扱いについての詳細は、ホームペー
ジ http://www.optex.co.jp をご覧ください。
その他
90
メモ
91
メモ
92
59-1316-0
2006.7 MADE IN JAPAN
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising