5989-9240JAJP

5989-9240JAJP
Agilent ICP-MS ジャーナル
2008 年 8 月 - 第 35 号
本号の内容
2-3
複雑なマトリクス中の被干渉分析対象元素測定における
セルモードの比較
4-5
ユーザ事例: HMI 搭載 7500cx ICP-MS を用いた食品規制への
試み
5
7500 シリーズ用 GC インタフェースの設計変更、
H2 排気アシストバルブによるガス切り換え時間の短縮、
Agilent 7500 ICP-MS ChemStation のクイックスタートガイド
6
7500 シリーズ用の新しい MassHunter ソフトウェア
7
Mass-ter-Mind Challenge に挑戦、ICP-MS バイアルプレゼ
ントキャンペーン、新しい元素バイオイメージング施設、
フランスユーザグループミーティング
8
ICP-MS ユーザ、地球環境大賞、展示会と国際会議、Agilent
ICP-MS ユーザフォーラム、4500 シリーズサポート終了、
新しい資料
複雑なマトリクス中の
被干渉分析対象
元素測定における
セルモードの比較
Ed McCurdy、Glenn Woods
Agilent Technologies UK Ltd
はじめに
コリジョン/リアクションセル (CRC) テ
クノロジーに関して発表された研究で
は、主に単一元素反応過程のメソッドに
焦点が当てられてきました。それは、複
雑なマトリクス中の多元素分析ツールと
して ICP-MS を日常的に使用しているラ
ボには関連性が少ない内容です。 CRC
の主な欠点は 3 つありますが、今までの
研究では詳細な解説が行われていません
でした。その短所とは次の 3 点です。
チューニングとデータ取り込み
7500cx は、アジレントで標準的な「ロ
バスト」条件を用いて、 3 つのモード
(ノーガス、He、H2) でチューニングを
行いました。0.1% HNO3 で調製した標
準液で 2 点検量線を作成して、全てのサ
ンプルの測定を行いました。内部標準は
添加しませんでした。3 つのガスモード
での測定は、すべてのサンプルにおいて
各バイアルへの 1 回のアクセスにより、
行いました。先行リンスとともに、標準
のアジレント多段階洗浄プログラムを使
用しました。
結果と考察
分析対元素について、0.1% HNO3 検量
線で各ガスモードから得られた信号強度
から値を求め、測定濃度または見掛け上
の濃度として各ガスモードとマトリクス
名毎にプロットしました。これにより一
連の比較プロットを示し、各ガスモード
での各分析対象元素に関して、マトリク
スに対してプロットされたバックグラウ
ンド相当濃度 (BEC) を示します。すべ
てのサンプルには何も添加していないた
め、結果はすべて何も検出されないはず
です。すなわち、測定された値は、干渉
の除去が不完全であるか新たに生じた干
渉であることを示唆しています。
図 1 に、マトリクス毎にプロットした各
ガスモードでの As の BEC (質量数 75
で測定) を示します。
75As
1. 非反応性干渉の排除が困難
2. 新たな生成物がセル内で生じる
3. 反応による分析対象元素の感度損失
これらの問題の影響を調査し、複雑なサ
ンプルマトリクス中の多元素分析に対し
て、コリジョンとリアクションのどの
モードがより有効かを判定するため、比
較テストを行いました。マトリクスは、
5% HNO 3、5% HCl 、1% H 2SO 4、1%
酢酸、 200 ppm Na 、 200 ppm Ca 、
500 ppm P から構成されています。こ
れらのマトリクス各成分は、単一マトリ
クス溶液として個別に調製した後、個々
のマトリクス成分すべてを含む、混合マ
トリクス溶液サンプルを調製しました。
図 1. サンプルマトリクスの違いによる各ガスモードの 75As に対する BEC の比較
分析対象元素とマトリクスの成分
測定元素と同位体、また、分析対象元素
を測定した複雑なマトリクスで生じる可
能性がある多原子干渉のリストは、
『Agilent ICP-MS 入門』[1] の 35 ペー
ジに示しています。質量数範囲 45 ∼ 80
のすべての元素の同位体で 1 つ以上の多
原子干渉が起こる可能性があります。ま
た、各分析対象元素の質量数に重なる多
原子は、通常、異なるマトリクス成分か
ら生じます。
45Sc
図 2. サンプルマトリクスの違いによる各ガスモードの 45Sc に対する BEC の比較
2
Agilent ICP-MS ジャーナル 2008 年 8 月 - 第 35 号
www.agilent.com/chem/icpms
質量数 75 (As) については、He モード
のデータは、すべてのマトリクスに対し
て低濃度の値が得られました。これらす
べてのサンプルには何も添加していない
ので期待通りのデータと言えるでしょ
う。しかし、ノーガスモードのデータは、
質 量 数 75 の シ グ ナ ル の 一 因 と な る
ArCl による干渉のため、5% HCl マト
リクスでは顕著な正バイアスを示しまし
た。ArCl は H2 セルガスと反応しやす
いため、リアクションモード (H2 セルガ
ス) でこの干渉が効率的に排除されてい
ます。
混合マトリクス (X 軸の最終プロット) で
は、ノーガスモードにおける見掛け上の
As 濃度は HCl のみのマトリクスでの濃
度よりも大幅に高くなりました ( 約 5
ppb に対して、約 38 ppb)。これは、混
合マトリクスに含まれる 200 ppm Ca マ
トリクスに由来する Ca と 5% HCl マト
リクスに由来する Cl のためで、いずれ
の単一成分マトリクスでも見られなかっ
た As に対する新たな CaCl 多原子干渉
の生成につながったためと考えられます。
興味深いことに、 H 2 モードでは ArCl
の排除は有効であった一方、 As に対す
る CaCl 干渉を完全には排除できておら
ず、分析対象元素において、すべての干
渉が同じ反応ガスと反応するわけではな
いということを示しています。 He モー
ドは衝突過程で機能し、そのためすべて
の多原子イオンに有効であるため、混合
マトリクスでも、 As に対して一貫した
低いバックグラウンドを示します。
分析対象元素とマトリクスの組み合わせの
中には、Ca マトリクスでの 45Sc に関して
示した図 2 のように、反応性ガスの別の
重要な問題が見られることがあります。
モードでの Sc に対する多原子イオン干
渉は相対的に低く (He モードでは基本
的にゼロ)、H2 モードでは大幅に高くな
な増加を示しましたが、ピーク強度の全
体的なパターンは維持されました。
りました。これは、反応性ガスである
H2 が Ca と反応し、新たにセルで形成
一方、H2 モードでは最高ピークは
される反応生成物イオン 44CaH を生じ、
45Sc に対する干渉を大幅に増加させるた
めです。
反応性ガスの使用に伴う 3 番目の問題
は、セルガスと分析対象元素が反応する
ことで、分析対象元素の感度を損失する
ことです。10 ppb 標準液(マトリクス成
分が存在しない場合) のスペクトルの比
較を図 3 に示します。ノーガスモード
( 上 ) での測定ピークパターンは、 59 Co
で一番強度が高く、次に 58Ni、63Cu が
続き、 64 Zn や存在比の低い同位体の強
度は低くなりました。
He モードでは、軽量イオンの散乱によ
り、スペクトルは質量バイアスのわずか
64Zn
で、続いて Co、その次に、Zn の微量同
位体である質量数 66 と 68 でした。ノー
ガスモードでの相対強度と比較して、H2
モードの Ni と Cu の相対強度は劇的に減
少しました。ガスモードとノーガスモー
ドの絶対感度の差がないようにするため
に、 59 Co に相対した強度( 59 Co の強度
を 1 とした時の強度比)で示しています。
H2 モードでは Co は大幅に減少し、その
Co に対してその他の分析対象元素を相
対させているため、Ni と Cu の感度の
相対的損失はプロットの見掛け上よりも
実際には大幅に大きく( Zn と比較して
20 倍)なったことは明らかです。この反
応による分析対象元素の感度損失が、多
元素アプリケーションに反応性ガスが広
く採用されなかった主な理由です。
結論
複雑で複数成分を含むマトリク
ス中の多元素分析の場合、 H 2
リアクションモードと比較して
He コリジョンモードがより効
率的で、信頼性の高いデータが
得られることを示しています。
リアクションモードには、非反
応性干渉の排除力の欠如、新た
な多原子種の生成、反応による
特定分析対象元素に対する感度
の大幅な損失の 3 つの欠点があ
ります。
参考文献
1. 『 ICP-MS 入門』 ( 英語版 ) 、
34 ページ、資料番号 59893526EN
改めて、質量数 45 (Sc) について見てみ
ると、単一マトリクスすべてと混合マト
リクスにおいて、 He モードで測定され
た見掛け上の Sc 濃度は一貫して低くな
りました。ノーガスセルモードでは、
1% 酢酸マトリクス中の Sc に対する多
原子イオン干渉が観察されました。これ
は、このマトリクス中で CO 2 多原子イ
オンが形成されるためです。 H 2 モード
では、この多原子イオンが減少したもの
の、完全には排除されませんでした。し
かし、 Ca マトリクスでは、ノーガス
図 3. ノーガスモード (上)、
He コリジョンモード (中)、
H2 リアクションモード (下) での
Co、Ni、Cu、Zn の相対感度
www.agilent.com/chem/icpms
Agilent ICP-MS ジャーナル 2008 年 8 月 - 第 35 号
3
HMI 搭載
7500cx ICP-MS を用いた
食品規制への試み
Robert Sheridan、Thomas King
米国ニューヨーク州
農業市場部・食品研究課
www.agmkt.state.ny.us
はじめに
米国ニューヨーク州にある Department
of Agriculture and Markets の
Division of Food Laboratory では、
ニューヨーク州における食品の安全性、
品質、標示の正確さをテストし、消費者
保護を推進しており、今回、微量金属分
析の向上を図るため ICP-MS の評価を行
いました。この課の担当は、食品や動物
飼料中の農薬残留物、重金属などの微量
金属分析で、扱うアプリケーションとし
ては次のようなものがあります。
• フルーツジュースに含まれる鉛とヒ素
の濃度分析
• あめに含まれる鉛の定量
• メープルシロップに含まれる鉛の定量
• その他さまざまな食品に含まれる鉛、
ヒ素、カドミウム、クロム、セレンの
定量
従来これらの分析は ICP-OES で行われ
てきましたが、感度不足のために必要な
検出下限 (LOD) を達成することが困難
な場合がありました。現在のメソッドの
LOD は規制の下限値に非常に近く、一
部のマトリクス干渉がさらなる問題を引
き起こす可能性があります。
ICP-MS は、ICP-OES と比較して高感
度であることがよく知られており、 コリ
ジョン/リアクションセル (CRC) の導入
により、マトリクス干渉の除去能力も実
証されています。食品試験に関して克服
すべき課題は、サンプルのマトリクス濃
度です。ICP-MS 分析用に調製されるサ
ンプルは、従来 Total Dissolved Solids
(TDS) の含有が 0.1% 未満である必要が
ありますが、 Agilent 7500 シリーズ
ICP-MS のオプションキットである高マ
トリクス導入 (HMI)キットを用いると、
最高 1% の高濃度 TDS を含むサンプル
を ICP-MS で分析することができます。
装置の評価
アジレントの ICP-MS に加えて、他の 2
社の ICP-MS も評価対象としました。主
な評価基準は以下のとおりです。
• マトリクス存在下での鉛、ヒ素、カド
ミウム、クロム、セレンの定量値が規
制値を上回ること
• 低濃度において多元素分析が可能であ
ること
• サンプル処理数が向上すること
• 高マトリクスのサンプルを処理できる
こと
西洋梨
西洋梨
西洋梨
西洋梨
希釈倍率: 50
50
10
10
75As
63.3
61.2
67.2
67.6
208Pb
4.87
4.56
4.48
4.42
表 3. 異なる希釈倍率を用いた西洋梨中のヒ素と
鉛の繰り返し測定結果 (ppb)
HMI 搭載の Agilent 7500cx
デモを担当した Agilent の Bert Woods
( アプリケーションスペシャリスト) は、
サンプル前処理の詳細や TDS の含有量
について多くを要求しませんでした。
ICP-OES 向けに調製したサンプルがあ
れば、それを無希釈、あるいはわずかな
希 釈 処 理 の み で He モ ー ド を 用 い た
7500cx にて十分測定が可能であるとい
うことを確信していたからです。
実験
あめの分解液 2 つ (サンプル A と B) と
西洋梨ジュースに含まれるヒ素と鉛を
HMI/7500cx で He モードを用いて測
定しました (条件は表 1 を参照)。
表 1. HMI/7500cx ICP-MS 条件
パラメータ
設定値
RF パワー
1,600 W
サンプル位置
10 mm
キャリアガス
0.3 mL/min
メークアップガス
0.82 mL/min
He ガス流量
4 mL/min
HMI プリセットモード
ロバスト
図 1. As の検量線
結果
あめの分解液は、無希釈と 1% NHO 3 /
0.5% HCl 溶液で 10 倍に希釈されたもの
が分析されました。無希釈サンプルと
10 倍希釈サンプルで結果 (表 2) が同じ
であったことから、優れた感度で食品を
直接分析できることが分かりました。オ
クタポールリアクションシステム (ORS)
でヘリウムモードを使用したことで、
75As に対する 40Ar35Cl 干渉を除去でき
たことが、As の検量線 (図 1) から確認
することができます。
あめ A
あめ A
あめ A
あめ A
希釈倍率
10
10
1
1
75As
0.68
0.49
0.50
0.57
208Pb
0.74
0.72
0.70
0.70
あめ B
あめ B
あめ B
あめ B
希釈倍率
10
10
1
1
75As
1.23
1.26
1.25
1.25
208Pb
1.99
1.94
1.96
1.95
表 2. 異なる希釈倍率を用いた 2 つのあめ分解液中のヒ素と鉛の繰り返し測定結果 (ppb)
4
Agilent ICP-MS ジャーナル 2008 年 8 月 - 第 35 号
www.agilent.com/chem/icpms
西洋梨ジュースは、1% HNO3/0.5% HCl
H2 モードが安定し、素早く排気され (通
常 10 ∼ 15 秒)、洗浄とサンプル送液中
の溶液で 50 倍と 10 倍に希釈された 2 種
類の溶液が分析されました。
鉛の結果 ( 表 3) は両方のサンプルに対
して同一で、ヒ素の結果のばらつきは
10% 以内に収めることができました。こ
れは、HMI/7500cx を用いると 10 倍の
希釈で西洋梨を分析できることを意味し
ます。このように、 HMI を導入するこ
とにより、誤差の拡大や検出限界の低下
を防ぐことができます。
にノーガスモードは安定するため、この
順序を用いることで総分析時間が短縮さ
れます。
Agilent 7500 ICP-MS
ChemStation の
図 1. 新しい位置決めツール
HMI/7500cx の利点
ICP-MS では、ICP-OES 分析用に調製
された高マトリクス食品サンプルや分解
液を、無希釈あるいは最低限の希釈で測
定できることが実証されました。これに
より、ニューヨーク州の Division of
Food Laboratory は Agilent HMI/
7500cx ICP-MS システムがより優れて
いるという結論に達しました。
また、ICP-MS のサンプル測定時間も、
シングル分析モード ( ヘリウムモード )
でサンプルあたりの分析時間を 1 分以内
に短縮することができました。
将来の規制強化への対応
ICP-MS を導入すれば、アメリカ食品医
薬品局 (FDA) が将来的に導入する食品
関連の規制に十分に対応することができ
ます。現在、 FDA はあめに含まれる鉛
に対して 0.1 ppm、飲料水中のヒ素に対
して 10 ppb の限度を設けており、ICPMS で十分測定可能な範囲にあります。
今後も検出能力の向上に従い、フルーツ
ジュース中のヒ素や鉛など、以前には規
制対象でなかった項目が追加される可能
性もあります。
7500 シリーズ用
GC インタフェースの
設計変更
化学分析事業部、Agilent Technologies
しました。新しい設計により、トーチイ
ンジェクタの中心位置を簡単に決めるこ
とができます。さらに、このツールを用
いると Z 位置も決まります。
• 簡単に組み立てられるようにトーチ接
続クランプネジを改良しました。
• Ar ガス予備過熱コイルを GC バルブ
ボックス内に収めました。これにより、
GC オーブン温度が変更されても、そ
れに影響されず、安定した Ar メーク
アップガス流量が維持されます。
• この改良型インタフェースは、 6890
GC に加えて、Agilent 7890 GC をサ
ポートしています。新しい 7890 GC
ファームウェア(リビジョン A.01.09)
には、 GC-ICPMS インタフェース専
用のプリセットされた温度制御パラ
メータが装備されています。
起動からサンプル分析、データ処理まで、
Agilent 7500 ICP-MS ChemStation の
使用方法を説明します。このガイドは
ICP-MS ChemStation ユーザにとって非
常に便利なものです。
H2 排気アシストバルブに
よるガス切り換え時間の
短縮
山田 知行
化学分析事業部、Agilent Technologies
7500cs (G3278B) と、オプションの
H2 セルガス配管を備えた 7500cx には
化学分析事業部、Agilent Technologies
7500 ICP-MS と Agilent GC をつない
だ GC-ICPMS システム用の改良型 GC
別のガスモードへの切り換え時に必要な
安定化時間を短縮できます。
インタフェースを新たにリリースしまし
た。この改良型では、取り付けやすさと
性能の向上が実現されました。新しい製
品番号は G3158B です。
排気アシストバルブを用いた場合、使用
するガスモードの順番は、ノーガス→
He → H2 の順が可能です。
www.agilent.com/chem/icpms
Paul McMahon
改善点:
• 容易に位置決めを行うために、インジェ
クタ位置決めツール (図 1) の形状を改良
現在、セルガス用に排気アシストバルブ
が装備されています。このバルブにより
H2 をさらに効率的に排気でき、H2 から
山田 知行
クイックスタートガイド
ICP-MS ChemStation クイックスタート
ガイドは 40 ページのカラー版で、装置
説明内容:
スタートアップ、使用開始、分析前に確
認すべき事項、チューニング溶液の調製、
プラズマの点火、チューニングの確認、
定量メソッドセットアップ、シーケンス
の設定、サンプルの分析、データの解析
( 定量分析 ) 、その他の機能、精度管理
(インテリジェントシーケンス)、半定量
分析、バッチビュー。
このガイドのコピーは、 Agilent ICPMS ユーザフォーラムからダウンロード
できます。
フォーラムにアクセスするには、アジレ
ントのホームページにログインしてくだ
さい。なお、未登録の場合には登録を
行ってください。初回のログイン時に装
置のシリアル番号入力が必要です。ICPMS ユーザフォーラムへは、以下のサイ
トからアクセスしてください。
www.agilent.com/chem/icpms
Agilent ICP-MS ジャーナル 2008 年 8 月 - 第 35 号
5
新製品!
7500 シリーズ用
MassHunter ソフトウェア
山田 知行
化学分析事業部、Agilent Technologies
はじめに
アジレントは、ChemStation ソフトウェ
アに替わる全く新しいソフトウェアプラッ
トフォームを開発しました。MassHunter
Workstation ソフトウェアは、LC/MS で
実績のある MassHunter ソフトウェアを
基にした、アジレント MS 製品に共通の新
しいプラットフォームです。
MassHunter Workstation (A.01.01)
には多くの新機能がありますが、主な特
長は以下のとおりです。
• データを一覧できるバッチテーブル
(図 1)
• アウトライア機能 (図 2)
• Excel 2007 によるレポート作成機能
データの一覧性
データ解析ウィンドウを開くと、分析結
果の解析に必要な様々な情報 (測定結果、
スペクトル、検量線、内部標準の安定性
など) を簡単に確認できます。
• 測定に関する結果をバッチテーブルに
一覧表示
• 自動分析中、バッチテーブルをリアル
タイムでアップデート
• 解析ウィンドウ内のレイアウトのカス
タマイズ
アウトライア - 異常値の自動検出
信号安定性、内部標準の変動、検量線の
直線性、検量線の範囲などにおける異常
を自動的に検出し、バッチテーブルに表
示します。
• 異常値の種類によって色分け表示
• 潜在的な分析上の問題が見つけ易い
• 異常値を示すサンプルのみを表示でき
るフィルタ機能
図 1. 解析ウィンドウのレイアウト例
その他の新機能:
• 標準添加法プロットを外部検量線に自
LC/MS システムで使用されています。
LC/MS でおなじみの画面が、 ICP-MS
動変換可能
• シーケンス分析中に半定量係数を自動
補正 (手動更新が不要)
• スペクトルの重ね描き
にも導入されました。
発売時期について
現在、ChemStation または MassHunter
のいずれかをお選びいただけます ( 新規
注文の場合)。詳しくは、担当の ICP-MS
営業にお尋ねください。既存の 7500 シ
ステムについてのアップグレードは、
Excel 2007 によるレポート作成機能
• Microsoft Excel 2007 を同梱
• エクスポート機能により、Excel ファ
イルに直接結果を表示
• BEC や DL を含む検量線情報や分析
結果を Excel にエクスポート
• レポート作成テンプレートに Excel
を使用
6
Agilent ICP-MS ジャーナル 2008 年 8 月 - 第 35 号
2009 年初頭にご案内する予定です。
図 2. アウトライア
Agilent MassHunter Workstation
7500 シ リ ー ズ 用 MassHunter
Workstation は、Agilent MassHunter
Workstation ファミリの一部で、現在
Agilent TOF、Q-TOF、トリプル四重極
www.agilent.com/chem/icpms
アジレントの
新しい
フランスでの
Mass-ter-Mind Challenge に
元素バイオイメージング施設
ユーザグループミーティング
挑戦
Tony Crocker
Jérôme Darrouzès
Rich Quashne
Agilent Technologies,
ICP-MS Specialist、Agilent Technologies、
オーストラリア
フランス
Marketing Program Manager、Agilent
Technologies、Little Falls, USA
ICP-MS に関する知識を、世界中の専門
家と競ってください。最短の時間で多く
の正解を得て、アジレント製品を無料で
獲得してください。
参加者全員に ICP-MS 消耗品の特別オ
ファーをご用意しました。
ご登録と挑戦をお待ちしています。
www.mass-ter-mind.com
ICP-MS バイアル
プレゼントキャンペーン
Agilent ICP-MS 消耗品を 1,200 US ドル
以上ご購入いただくと、Agilent インテグ
レートオートサンプラ (I-AS) 用の ICPMS バイアル無料パックを進呈します。
次のいずれかを選択できます。
• 6 mL バイアル、トレイ A-89 ポジ
ション用、200 本 (部品番号 #G316065303)
• 18 mL バイアル、トレイ B-53 ポジ
ション用、55 本 (部品番号 #G316065304)
純正部品で優れた結果
優れた分析結果を得るためには、
Agilent ICP-MS 消耗品とアクセサリを
お使いください。すべてのアジレント製
品は厳しい仕様に従って設計、選択、製
造されており、さまざまな条件の下でテ
ストを行っています。純正の Agilent
ICP-MS 部品を用いて、最高の分析結果
を手に入れてください。
www.agilent.com/chem/icpms
UTS の元素バイオイメージング施設の開設
を祝うアジレントの Rudy Grimm (中央) と
松田敏明 (右)、2008 年 6 月
体内の金属やタンパク質との相互作用を
研究するメタロミクス研究を推進するた
め、シドニー工科大学 (UTS、オースト
ラリア) に世界初の元素バイオイメージ
ング施設が完成しました。
金属の過剰な蓄積や不均衡な摂取が、ア
ルツハイマー病やパーキンソン病などの
神経変性疾患の進行に影響を及ぼすとい
う研究発表の増加に伴い、 UTS の研究
者はレーザーアブレーション ICP-MS
(LA-ICP-MS) を使用した研究を進めて
います。この方法では、脳などのヒト /
動物組織の薄片を切除し、2 次元画像化
を行い、様々な元素の濃度とその分布を
マッピングします。この結果と他の診断
技術と組み合わせると、LA-ICP-MS の
測定結果がメタロミクスにおいて大きな
ブレークスルーを提供する可能性があり
ます。
この施設では最近、 2 台目の Agilent
7500 ICP-MS を購入し、 New Wave
Research のレーザーとつないで使用し
ています。
2008 年 4 月 13 日に第 3 回フランス
Agilent ICP-MS ユーザミーティングが
開催され、 25 人のユーザ様にご参加い
ただきました。会場は遊覧船「La
Bretagne」の船上でした。
ICP-MS の ス ペ シ ャ リ ス ト で あ る
Jérôme Darrouzès と Laurent Naëls
から、アジレントの技術、アプリケー
ション、サポートの開発に関する最新情
報を紹介し、また、質疑応答のセッショ
ンも活発に行われました。
Frédéric Candaudap 氏 (LMTG 、
Toulouse) と Stephane Dubascoux 氏
(LCABIE、Pau) に深く感謝申し上げま
す。両氏には、高マトリクスの地質サン
プルの分析における He モードの利点や、
コロイドフラクションの研究における
ICP-MS とフィールドフローフラクショ
ネーション (FFF) の組み合わせに関する
研究についてご紹介いただきました。
ミーティングの中で、パリの景色を眺め
ながらセーヌ川をクルージングし、ラン
チを取りつつ、交流の場をお楽しみいた
だきました。
次回のフランス ICP-MS ユーザミーティ
ングは、2009 年始めを予定しています。
Winter Plasma Conference (2009 年
2 月、Graz) で開催される Agilent ユー
ザグループミーティングの詳細は、以下
のウェブサイトでご案内する予定です。
www.agilent.com/chem/icpms
Agilent ICP-MS ジャーナル 2008 年 8 月 - 第 35 号
7
TDK 株式会社様が
新しい Agilent ICP-MS ユーザの皆さまへ
地球環境大賞を獲得
Agilent ICP-MS を導入いただいた皆様のユーザフォーラムへのご参加を心から歓迎
致します。Agilent ICP-MS ユーザフォーラム (英語版) は、Web をベースとした交
流の場で、7500 に関する情報を交換できます。
2008 年 2 月 20 日、アジレント ICP-MS
をお使いいただいている TDK 株式会社
様は、電子部品の微量金属汚染の先駆
的な研究に対して、フジサンケイグルー
プの第 17 回地球環境大賞を受賞されま
した。
このフォーラムにアクセスするには、アジレントのウェブサイトにログインしてくだ
さい。未登録の場合には登録を行ってください。初回のログイン時には、お使いの装
置のシリアル番号の入力が必要です。ICP-MS ユーザフォーラムへのリンクは、以下
のサイトから可能です。www.agilent.com/chem/icpms
TDK 様では、 Agilent レーザーアブ
レーション ICP-MS システムを用いて、
4500 シリーズの公式サポート終了
電子部品の構成部材を直接分析すること
で、サンプル調製作業で消費する酸と熱
の量を大幅に削減しました。従来法と比
較して、試薬使用量の 90% を削減し、
CO2 排出を約 60% も削減しました。
Agilent 4500 シリーズ ICP-MS の公式サポート期間は 2007 年 10 月 31 日に終了し
ました。詳細は、アジレントの販売店または営業担当にお問い合わせください。
www.agilent.com/chem/jp
Agilent ICP-MS 関連資料
最新の資料の閲覧、ダウンロードは、www.agilent.com/chem/jp の「ライブラリ」
また、学会やセミナーを通じて TDK グ
ループのみならず業界全体でこの技術的
進歩を共有する TDK 様のオープンな姿
勢も高く評価されました。
から検索してください。
新しいポスターが完成しました。
ICP-MS の基本原理がわかりやす
くまとめられており、技術的な説
明が必要な時に役立ちます。
• タイトル:
“Fundamental Principles of
the Agilent 7500 Series ICPMS with Octopole Reaction
System”5989-8628EN
(英語版)
• 寸法: 96 x 71 cm
• 詳細は、アジレントの販売店または営業担当にお問い合わせください。
周期表カード: 周期表/同位体存在比表、5989-8540EN (英語版)
技術資料: Heavy Metals Content of Dietary Supplements by Agilent 7500 ORS
ICP-MS, 5989-8813EN
表紙写真:
ドイツの Agilent ICP-MS アプリケーションエンジニア、Peter Planitz
Agilent ICP-MS Journal Editor
本資料に記載の情報は予告なく変更される場合があり
ます。また、発行時点で終了しているキャンペーンや
イベントが含まれる場合があります。
© Agilent Technologies, Inc. 2008
Printed in Japan、August 19, 2008
5989-9240JAJP
Karen Morton、Agilent Technologies
e-mail: editor@agilent.com
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising