AU-32
オートレンジ式マルチテスタ
MODEL AU-32
1.はじめに
このたびは、オートレンジ式マルチテスタ AU-32 を、お買い上げいただきまし
て誠にありがとうございます。
ご使用にあたりましては、取扱説明書をよくお読みいただき正しく安全にご使用
ください。
また、取扱説明書は製品と共に大切に保管してください。
2. 安全に関する項目 〜ご使用の前に必ずお読みください〜
本器および本取扱説明書中に使用されておりますマークは次のことを意味します。
高電圧が印加されるため注意してください。
人身事故あるいは機器の破損事故など起こる恐れがあるため注意してください。
警
・・ ・
告
・ ・
下記の項目は、やけどや感電などの人身事故を防止するためのものです。
取扱説明書の記載内容とともに必ずお守りください。
AU-32
MULTITESTER
取扱説明書
INSTRUCTION MANUAL
本社=東京都千代田区外神田2-4-4・電波ビル
郵便番号=101-0021・電話=東京(03)3253-4871㈹
大阪営業所=大阪市浪速区恵美須西2- 7- 2
郵便番号=556-0003・電話=大阪(06)6631-7361㈹
SANWA ELECTRIC INSTRUMENT CO.,LTD.
Dempa Bldg, Sotokanda2-Chome Chiyoda-Ku,Tokyo, Japan
植物油インキを使用しています。
1. 6 kVAを超える電力ラインでは使用しないこと。
2. AC 33 Vrms(46.7 Vpeak)
またはDC 70 V 以上の電圧は人体に危険ですか
ら注意すること。
3. 最大定格入力値を超える信号は入力しないこと。
4. 最大過負荷入力値を超えるおそれがあるため、誘起電圧、サージ電圧の
発生する
(モータなど)
ラインの測定はしないこと。
5. 本体またはテストリードが傷んでいたり、
壊れている場合は使用しないこと。
6. ケースをはずした状態では使用しないこと。
7. ヒューズは必ず指定定格および仕様のものを使用すること。
ヒューズの代用品を用いたり短絡などは絶対にしないこと。
8. 測定中はテストリードのつばより先のテストピン側を持たないこと。
9. 電流端子に電圧を入力しないこと。電圧を入力するとショート状態にな
ります。特に大電流専用端子には測定時以外はかならずセーフティ
キャップを差し込み、テストリードの誤挿入を防止すること。
10 測定中は他のファンクションに切り換えないこと。
11. 測定ごとのレンジおよびファンクションの確認を確実に行うこと。
12. 本器または手が水などでぬれた状態での使用はしないこと。
13. テストリードは指定タイプのものを使用すること。
14. 電池交換、ヒューズ交換を除く修理・改造は行わないこと。
15. 始業点検および年1回以上の点検は必ず行うこと。
16. 屋内で使用すること。
10-1402 2040 2040
レンジ表示LED
レンジは右に切り換わります
レンジ表示装置および計測例
(指示計指針およびレンジ表示装置計測例)
(1)ファンクションスイッチ: V の位置に設定
(2)レ ン ジ 表 示 装 置 の 表示:250の上に点灯(第4図)
(3)指
示
計
指
針:第3図のように指示した。
● 読み取り方1 … 表1に示すように読み取る数値は0〜250 V目盛であるから
DC 200 Vと読み取る。
● 読み取り方2
(極性LEDが点灯した場合)
… DC -200 Vと読み取る。
● 読み取り方3
(AC表示LEDが点灯した場合)
… AC 200 Vと読み取る。
4-2 レンジを固定するには
レンジホールドスイッチにより、レンジを固定することができます。V,Ω測定
のときに使用します。
レンジは固定されます。
自動的にレンジが切り換わります。
第5図
レンジホールドスイッチ
レンジは左に切り換わります
第6図
手動レンジ切換スイッチ
このスイッチは、レンジホールドスイッチの設定に関係なく動作しますので、
違うレンジで読み取りたい場合にご利用ください。ただし、ファンクションス
イッチの V および Ω 以外では動作しません。
4-4 測定前の準備事項
安全にご使用いただくために、測定前には必ず、ファンクションスイッチの位
置、使用端子、テストリードのテスタへの装着状態を確認してください。
また、測定終了後は内蔵電池の浪費を防ぐため必ず、ファンクションスイッチ
を POWER OFF に戻してください。
なお、本器は万一この操作を忘れたときの備えに、指示計部をおり曲げて閉じ
た場合、自動的に電源スイッチが切れるようになっています。
(1)
内蔵電池の確認
(R03)
乾電池4本で動作しておりますので、測定前に電池容量の確
本器は単4
認をおこなってください。
ファンクションスイッチを内蔵電池確認レンジ( INTERNAL BATT
CHECK )
にまわしますと、指針が右方向へ移動しますので目盛板の最下部
の範囲内にあるかどうかを確認します。
(INTERNAL BATT GOOD)
この位置より左にはずれている場合は、電池が消耗していますので、第5-2
項の方法で新しい電池と交換してください。
(2)
指示計の零位確認
指示計の指針が、目盛板左端の0 Vラインよりはずれているときは、指示計
零位調整器をドライバーなどでまわして、0 Vラインにあわせてください。
− 4 −
セーフティ
(安全)キャップについて
A+
〜専用測定端子にはヒューズが入っておりますが、電圧測定の際のテス
2.5
トリード誤接続防止のために、セーフティキャップが挿着されています。
2.5 Aレンジを使用するとき以外は外さないでください。
DC 0〜±2.5 AおよびAC 0〜2.5 Aの測定
最大2.5 A以下の直流電流および正弦波交流電流の測定。
測
電源
定
範
D C A
A C A
250 μA
0〜±250 μA
0〜250 μA
2.5 mA
0〜±2.5 mA
0〜2.5 mA
250 mA/2.5 A
0〜±25 mA
0〜25 mA
0〜±250 mA
0〜250 mA
0〜±2.5 A
0〜2.5 A
損傷や事故防止のため、250 Vを超える電圧が印加されている回路の電流測定は
おこなわないでください。
第4-4項の測定前の準備が終りましたら、
(1)測定端子
(−COM )
にテストリードの黒プラグ、
(+
に赤プラグ
(DC 0〜
〜)
±2.5 AおよびAC 0〜2.5 Aの測定のときには、2.5 A+
〜 専用測定端子に赤プ
ラグ)をそれぞれ接続します。
(交流電流の場合、赤黒の区別にはこだわら
ない。)
○良い測り方
手動レンジ切換スイッチ
指示計零位調整器
極性表示LED
AC表示LED
ファンクションスイッチ
測定端子
(+
〜)
2.5 A +
〜 専用測定端子
(セーフティキャップ付き)
低周波出力
dB
補修用ヒューズについて
補修用ヒューズをお求めの場合は、上記サービス課あてにヒューズの大きさと
定格を明記し、ヒューズ代金と送料分の切手を同封してご注文ください。
〈形状〉
〈定格〉
〈単価〉
〈送料〉
φ5×20
300 mA/250 V ¥65(税込) ¥120
( 10本まで)
部品番号 F0303 ガラス管ヒューズ/しゃ断容量300 A
お問合せ先について
許
容
差
最大目盛値の±3 %
備
考
入力抵抗
約1 M Ω
2.5/10/50/250/500 V
最大目盛値の±3 %
入力抵抗
10 M Ω以上
25 kV
(別売プローブによる)
最大目盛値の±20 %
プローブ抵抗
1000 M Ω
250 mV
最大目盛値の±3 %
周波数特性
40 Hz〜10 kHz ±5 %
入力抵抗
約1 M Ω
全波整流式
2.5/10/50/250/500 V
最大目盛値の±3 %
周波数特性
40〜600 Hz ±5 %
入力抵抗
10 M Ω以上
全波整流式
−10/+10/+22/+36/ 目盛長の±3 %
+50/+56 dB
0 dB=0.775 V
(1 mW)
0dB=0.775V(600 Ω)
入力抵抗
10 M Ω以上
全波整流式
本
×100
0〜250 mV
0〜2.5
×100
0〜250 μA
2.5 mA
OTHERS
●
A目盛
0〜2.5
×1
0〜2.5 mA
25 mA
OTHERS
●
A目盛
0〜2.5
×10
0〜25 mA
250 mA/
2.5 A
OTHERS
OTHERS
●
A目盛
0〜2.5
0〜2.5
×100
×1
0〜250 mA
0〜2.5 A
抵抗(Ω)目盛
DC, AC電圧(V),電流(A)目盛
デシベル
(dB)
目盛
赤プラグ
コード
テストピン
第2図
内蔵電池チェック目盛
黒プラグ
テストリード
第3図
− 3 −
●
DC 0〜±500 VおよびAC 0〜500 Vの測定
最大500 V以下の直流電圧および正弦波交流電圧の測定。
安全測定のためDC±500 VおよびAC 500 Vを超える電圧は絶対に印加しないで
ください。
インバータ電源回路の測定では誤動作することがあります。
レンジホールドしたまま、過大電圧
(そのレンジの最大値の100倍以上)
を印加
しないでください。
第4-4項の測定前の準備が終りましたら、
(−COM)
にテストリードの黒プラグ、
(+
に赤プラグをそれぞれ
(1)測定端子
〜)
接続します。
(交流電圧の場合、赤黒の区別にはこだわらない。)
(2)ファンクションスイッチを V の位置に設定します。
(3)レンジホールドスイッチを AUTO 側に設定します。
(4)被測定物にテストピンを接触し、測定します。
(5)レンジ表示装置にしたがって、指示値を読み取ります。
この値が求める電圧値となります。
(AC表示LEDが点灯した場合には、交流電圧が、消灯している場合には、直
流電圧が測定端子に、印加されていることを意味します。また、極性表示
LEDが点灯した場合は、測定端子
(−COM)
側に+電位が、
(+
側に−電位
〜)
が印加されていることを意味します。)
(6)測定終了後、テストピンを被測定物からはなします。
(7)ファンクションスイッチを POWER OFF にもどします。
●
●
最大200 MΩ以下の直流抵抗の測定。
本器が故障する場合がありますので絶対に外部より電圧を印加しないでくだ
さい。
(例)● 回路が動作中には電源をOFFにして測定する。
● 被測定物に電圧が印加されていないことを確認する。
第4-4項の測定前の準備が終りましたら、
(1)テストリードのプラグを測定端子
(−COM)
と
(+
に接続します。
〜)
(2)ファンクションスイッチを Ω の位置に設定します。
(3)レンジホールドスイッチを AUTO 側に設定します。
(4)被測定物にテストピンを接触し測定します。
(5)レンジ表示装置にしたがって、指示値を読み取ります。
この値が求める抵抗値となります。
(6)測定が終りましたら、テストピンを被測定物からはなします。
(7)ファンクションスイッチを POWER OFF にもどします。
0 Ω調整器について
(第5-2項、
第8図参照)
本器は抵抗測定に定電圧法をもちいておりますので、一般測定では0 Ω調整の
必要はありません。ただし、×1 Ωレンジでのテストリードなどの抵抗をキャン
セルして測定される場合は、テストピンを短絡させた状態でバッテリケース内
の0 Ω調整器を左右に回転しΩ目盛右端の0 Ωラインにあわせてください。ま
た、長年のご使用で0 Ω点が変動した場合もこの方法で0 Ωラインにあわせて
ください。
抵抗測定時の印加電圧と電流について
抵抗測定は、本器の内蔵電源によりおこないます。このとき極性は、(−
COM)
端子側に+が、
(+
端子側に−が約1.2 V出力されます。また、その時
〜)
の電流は次の表の通りですのでトランジスタやダイオードなど有極性抵抗の
測定のときや、流れる電流によって抵抗値の変わる物を測定される場合にご
利用ください。
表
レンジ
×1 k
本器のdB目盛は、AC 2.5 Vレンジに対して目盛られており、インピーダンスが
600 Ωの場合のみ0 dB=1 mWとして、その出力値が直続できます。
(0 dB=1 mW=0.775 Vとする。ただし600 Ω)
(1)測定法は交流電圧と同じです。
(2)指示値はACVレンジにより、目盛板のdB値に下記dB値を加算して読み取り
ます。
加算dB値
250 mV
0.6 μA
6 μA
−20
0
×10
×1
600 μA
6 mA
1.2 V 一定
電流
(端子短絡時)
60 μA
高抵抗測定上の注意
本器は高感度のアナログテスタであるために、外部からのノイズを拾い易いと
いう性質があります。高抵抗
(100 kΩ以上)
を測定する際は…
● 金属部に指を絶対に触れないこと。
● なるべく短い
(10 cm以下)
リード線で接続すること。
4-7 250 mVの測定
(固定レンジ式)
DC 0〜±250 mVおよびAC 0〜250 mVの測定
最大250 mV以下の直流電圧および正弦波交流電圧の測定。
安全測定のため過大電圧
(AC,DC 100 V以上)
は絶対に印加しないでください。
第4-4項の測定前の準備が終りましたら、
測定端子
(−COM)にテストリードの黒プラグ、
(+
に赤プラグをそれぞ
(1)
〜)
れ接続します。
(交流電圧の場合、赤黒の区別にはこだわらない。)
ファンクションスイッチを 250 mV の位置に設定します。
(2)
被測定物にテストピンを接触し、測定します。
(3)
●
感電事故を防止するため、バッテリケース蓋をはずす場合はテストリードをす
べての回路から切り離してください。
(1)本器裏のバッテリケース蓋をはずします。
(R03)
4本を交換します。
(電池の極性に注意すること)
(2)単4形電池
(3)バッテリケース蓋を取り付けます。
内蔵ヒューズ
4
2.5 V
×0.1 k
− 7 −
4-9 低周波出力
(dB)
の測定
AC 電圧レンジ
2
×10 k
電圧
(端子開放時)
4-6 抵抗の測定
(オートレンジ式)
表
目盛板
10 V
+12
50 V
+26
250 V
+40
予備ヒューズ
500 V
+46
電池
0 Ω調整器
バッテリケース蓋
5.保守整備について
バッテリケース蓋をはずす場合は、テス
5-1 内蔵ヒューズの交換(第8図参照)
感電事故を防止するため、バッテリケース蓋をはずす場合はテストリードをす
べての回路から切り離してください。
(1)バッテリケース蓋をはずします。
(2)ヒューズを交換します。
(定格はAC 250 V,0.3 A,5 φ×20 mmミニヒューズです。)
(3)バッテリケース蓋を取り付けます。
ファンクションスイッチを、 INTERNAL BATT CHECK の位置に設定した
とき、指針が INTERNAL BATT GOOD の目盛範囲以下に低下した場合は交
換します。
トリードをはずし、 POWER OFF に
してからおこなってください。
第8図
標 準 使 用 温 度 : 23±2 ℃
標 準 使 用 周 波 数 :50 Hz〜60 Hz(正弦波交流)
● 許容差保証温湿度範囲 :23±2 ℃、75 %RH以下
結露のないこと
● 使 用 温 湿 度 範 囲 :0〜43 ℃、80 %RH以下
結露のないこと
● 使用相対湿度範囲 :80 %以下
(ただし結露がないこと)
● 保 存 温 湿 度 範 囲 :−10〜50 ℃ 70 %RH以下
(結露のないこと)
● 寸
法 ・ 質 量 :110
(W )
×124
(D )
×48
(H )mm 290 g
● 付
属
品 :取扱説明書、テストリード1組
(TL-61形)
ヒューズ(5φ×20 mm、300 mA/250 V)
● 内
蔵 電 池 :R03
(単4)
1.5 V×4
● 電
池 寿 命 :1日8時間使用にて 約 100時間
電池、ヒューズの位置指定図
5-3 一般的注意事項
(1)衝撃や振動の多い所、および高温
(60 ℃以上)
、多湿(85 %以上)
、結露する
場所に長時間放置しないでください。
(2)本品のお手入れは、筆や布で軽く払う程度にとどめ、シンナーやアルコー
ルなどは使用しないでください。
(3)メータカバーは乾いた布などで強くこすらないでください。帯電防止効果
が弱まります。永年のご使用で帯電しやすくなった場合は、応急処置とし
て中性洗剤をメータカバー表面に塗ってください。
本取扱説明書に記載している以外の保守整備および改造などをおこなった場合
は、弊社では責任をおいません。
− 11 −
*出荷時の電池について
工場出荷時にモニター用電池が組み込まれておりますので、記載された電
池寿命に満たないうちに切れることがあります。
モニター用電池とは製品の機能や性能をチェックするための電池のことです。
●
別 売 付 属 品 :直流25 kV用プローブ
(HV-50形)
携帯ケース
(C-AU形)
取扱説明書に掲載した仕様、外観など、改良その他やむを得ない理由
により、予告なしに変更することがありますがご了承ください。
250 μ/2.5 m/25 m/
250 m/2.5 A
最大目盛値の±3 %
交流電流
ACA
250 μ /2.5 m/25 m/
250 m/2.5 A
最大目盛値の±3 %
周波数特性
40〜600 Hz±5 %
分流器電圧
降下200 mV
レンジ 中心値 最大値
×1
200 Ω 20 kΩ
×10
2 kΩ 200 kΩ
×0.1 k 20 kΩ
2 MΩ
×1 k 200 kΩ 20 MΩ
×10 k 2 MΩ 200 MΩ
目盛長の±3 %
端子開放電圧
DC 1.2 V
保証書
ご氏名
様
型
− 13 −
名
製造No.
AU-32
この製品は厳密なる品質管理を経てお
届けするものです。
本保証書は所定項目をご記入の上保管
していただき、アフターサービスの際
ご提出ください。
※本保証書は再発行はいたしませんの
で大切に保管してください。
ご住所
TEL
保証期間
ご購入日
年
月より 3 年間
本社=東京都千代田区外神田2−4−4・電波ビル
郵便番号= 101-0021・電話 = 東京(03)3253−4871(代)
保証規定
保証期間中に正常な使用状態のもとで、万一故障が発生した場合には無償で修理いたし
ます。ただし下記事項に該当する場合は無償修理の対象から除外いたします。
記
1. 取扱説明書と異なる不適当な取扱いまたは使用による故障
2. 当社サービスマン以外による不当な修理や改造に起因する故障
3. 火災水害などの天災を始め故障の原因が本計器以外の事由による故障
4. 電池の消耗による不動作
5. お買上げ後の輸送、移動、落下などによる故障および損傷
6. 本保証書は日本国において有効です。
This warranty is valid only within Japan.
年
月
日
修理内容をご記入ください。
※無償の認定は当社において行わせていただきます。
− 12 −
0〜2.5 V
0〜10 V
0〜50 V
0〜250 V
0〜500 V
中心 2 MΩ
中心 200 kΩ
中心 20 kΩ
中心
2 kΩ
中心 200 Ω
指針
体
分流器電圧
降下200 mV
直流電流
±DCA
抵抗
Ω
0〜2.5
A目盛
読取る数値
●
5
最 大 目 盛 値
250 mV
金額は2014年4月現在のもので消費税を含みます。
: TEL
( 03)
(03)
東京本社
3253−4871 FAX
3251−7022
( 06)
: TEL
(06)
6631−7361 FAX
大阪営業所
6644−3249
お客様計測相談室 :
0120−51−3930
受付時間 9:30〜12:00 13:00〜17:00
( 土日祭日を除く)
: http://www.sanwa-meter.co.jp
ホームページ
V目盛
●
●
読取る
倍 率
×1
×1
×1
×100
×10
×10 k
×1 k
×100
×10
×1
●
表
交流電圧
ACV
●
− 10 −
7.仕様
有償修理について
1. 修理をご依頼の前に:ご確認ください。
① 内蔵ヒューズの切れ
② テストリードの断線
③ 内蔵電池の消耗
2. 修理期間:本品の補修性能部品の最低保有期間は、製造打切後6年間で
す。
(修理期間も準じます)
3. 修理費用:修理や輸送費用が製品価格よりかさむ場合もありますので、事
前に発売元へご相談ください。
4. 輸送費用:輸送にかかる往復の送料は、修理費用と併せてお客様のご負担
とさせていただきます。
としてお送りください。
5. 送り先は:下記宛に
「修理品在中」
三和電気計器株式会社・羽村工場サービス課
〒205−8604 東京都羽村市神明台4−7−15
TEL
( 042)
554−0113
OTHERS
OTHERS
測定端子
(−COM)
第1図
− 9 −
直流電圧
±DCV
250 mV
250 μA
V
目盛板
レンジホールドスイッチ
保護回路について
本器は、抵抗、電流測定のとき、もしも誤操作された場合にそなえ、入力部に
ヒューズが入っており、溶断するようになっております。しかし、安全のため
誤操作をしないよう、ご注意ください。
(注記)2.5 A +
〜専用測定端子には安全のため、ヒューズが入っていますが、
万一溶断した場合には、修理品として弊社までお送りください。
測定の種類
読み取る目盛板
の 目 盛
V目盛
0〜2.5
0〜10
0〜50
0〜2.5
0〜50
Ω目盛
0〜∞
0〜∞
0〜∞
0〜∞
0〜∞
Ω
レンジ表示装置
1
L E D の点灯
している所
V
2.5
10
50
250
500
Ω
×10 k
×1 k
×0.1 k
×10
×1
レンジ
指針
第7図
保証期間について
本製品の保証期間は、お買い上げの日より3年間です。
ただし、日本国内で購入し日本国内でご使用いただく場合に限ります。
また、製品本体の許容差は1年保証、製品付属の電池、ヒューズ、テストリー
ド等は保証対象外とさせていただきます。
表
指示計
5-2 内蔵電池の交換
(第8図参照)
×悪い測り方
− 8 −
6.アフターサービスについて
危険ですから絶対に
おこなわないでください。
負
荷
電源
囲
ファンクションスイッチ
の電流レンジ
25 mA
(2)ファンクションスイッチを表3の測定範囲に適した電流レンジ位置に設定し
ます。
(例:0〜25 mAの測定をする場合には、ファンクションスイッチを 25 mA
の位置に設定します。)
(3)被測定物にテストピンを接触し、測定します。
(4)レンジ表示にしたがって、指示値を読み取ります。
この値が求める電流値となります。
(AC表示LEDが点灯した場合には、交流電流が、消灯している場合には、直
流電流が、測定端子に印加されていることを意味します。また、極性表示
LEDが点灯した場合には、測定端子
(−COM)
側に+電位が、
(+
側に−電
〜)
位が印加されていることを意味します。)
(5)測定終了後、テストピンを被測定物からはなします。
(6)ファンクションスイッチを POWER OFF にもどします。
負荷
3
本器は、オートレンジ式のため一般のテスタのようにスイッチツマミの位置
によって、現在のレンジの値が表示されません。かわりにレンジ表示装置によ
り表示されます。
読み取り方は、ファンクションスイッチで設定されているものと同じ行
(V,
Ω,OTHERS)
で、上部にレンジ表示LEDが点灯している欄をみます。それによ
り次のように指示計指針の指示値を読み取ります。
− 6 −
電流測定回路について
(直流、交流ともに)
電流測定の場合は、下図のように、本器は被測定物と直列になるように接続し
てください。
4-8 電流の測定
(固定レンジ式)
表
3-2 各部名称
− 5 −
(4)
レンジ表示装置にしたがって、指示値を読み取ります。
この値が求める電圧値となります。
(AC表示LEDが点灯した場合には、交流電圧が、消灯している場合には、直
流電圧が測定端子に、印加されていることを意味します。また、極性表示
LEDが点灯した場合は、測定端子
(−COM)
側に+電位が、
(+
側に−電位
〜)
が印加されていることを意味します。)
(5)
測定終了後、テストピンを被測定物からはなします。
(6)
ファンクションスイッチを POWER OFF にもどします。
●
(2)
特長
① 電圧、抵抗測定は、本格的フルオートレンジ式ですので、自動的に最適
レンジに設定されます。
② 電圧・電流測定は、自動的にDCかACかを判別するので、ファンクショ
ン切り換えの必要性がありません。
③ 直流電圧、電流は+,−両極性の測定が、自動的におこなえます。
④ 電圧測定時の入力抵抗は、直流、交流共10 MΩと高いため、測定ロスが
ありません。
⑤ 抵抗測定時の0 Ω調整は、必要ありません。
4-5 電圧の測定
(オートレンジ式)
V,Ωを除くレンジ表示
第4図
4-1 目盛板の読み取り方
(1)
用途
● 小形の通信機器や家電製品、電灯線電圧や各種電池等の一般電気回路
の測定に使用いただけます。
− 2−
手動レンジ切換スイッチを押すことにより、レンジを切り換えることができま
す。V,Ω測定のときに使用します。
抵抗(Ω)レンジ表示
4.測定方法
3-1 用途と特長
− 1 −
4-3 手動でレンジを切り換えるには
電圧(V)レンジ表示
3.製品の概要
− 14 −
1. SAFETY PRECAUTIONS
(Before use, read the following safety precautions)
2. PRODUCT OUTLINE
This instruction manual explains how to use your multitester AU-32, safely.
Before use, please read this manual thoroughly. After reading it, keep it
together with the product for reference to it when necessary.
The instruction given under the heading ” WARNING” “ CAUTION”
must be followed to prevent accidental burn or electrical shock.
Warning Instruction for Safe Use
WARNING
To ensure that the meter is used safely, be sure to observe the instruction when using the instrument.
Please be careful that the protection circuit may be undermined by unjustifiable usage that does not follow the guidelines in the instruction manual.
1. Never use the meter on the electric circuits that exceed 6 kVA.
2. Pay special attention when measuring the voltage of AC 33 Vrms
(46.7 V peak) or DC 70 V or more to avoid injury.
3. Never apply an input signals exceeding the maximum rating input
value.
4. Never use the meter for measuring the line connected with equipment (i.e. motors) that generates induced or surge voltage since it
may exceed the maximum allowable voltage.
5. Never use the meter if the meter or test leads are damaged or
broken.
6. Never use uncased meter.
7. Be sure to use a fuse of the specified rating or type. Never use a
substitute of the fuse or never make a short circuit of the fuse.
8. Always keep your fingers behind the finger guards on the probe
when making measurements.
9. Be sure to disconnect the test pins from the circuit when changing
the function or range.
10. Before starting measurement, make sure that the function and range
are properly set in accordance with the measurement.
11. Never use the meter with wet hands or in a damp environment.
12. Never open rear case except when replacing batteries or fuse. Do
not attempt any alteration of original specifications.
13. To ensure safety and maintain accuracy, calibrate and check the tester
at least once a year.
14. Indoor use.
(1) Uses
Used for testing general electric circuits such as small communication equipment, household electric appliances, lamp cord
voltage, and various batteries.
(2) Features
1) Auto range
For measuring voltage and resistance, the real fully automatic
range system makes range selection unnecessary and
automatically sets the optimum range.
2) DC-AC auto switching
For measuring volt age and current, it automatically
discriminates between DC and AC and you do not have to
select a range.
3) Auto polarity
It permits measurement of DC voltage and current by
automatically identifying the polarities of positive and negative.
4) High input resistance
For measuring voltage, the high input resistance of as high as
10 M ohms for both DC and AC eliminates measurement loss.
5) Free of zero ohm adjustment
Unlike conventional multimeters, no zero ohm adjustment is
necessary when measuring resistance.
Range changes to right
Fig. 4 Range Display and Measuring Example
Range changes to left
(Example of measurement)
(1) Function switch: Set at ”V”.
(2) Indication of range display: Lamp lit above 250 (see Fig. 4).
(3) Pointer of indicator: Indicates as shown in Fig. 3.
• Reading 1 … Read as 200 V DC since the value to be read is 0 to
250 V as shown in Table 1.
• Reading 2 (when the polarity LED lamp is lit)
… Read as -200 V DC.
• Reading 3 (when the AC indicator LED lamp is lit)
… Read as 200 V AC.
3-2 Fixing the Range
You can fix the range using the range hold switch. It is used when
measuring in volts and ohms.
Range fixed
Range automatically changes
Fig. 5 Range Hold Switch
Fig. 6 Manual Range Selector Switch
These switches operate regardless of the setting of the range hold
switch and should be used for reading in a different range. However,
they operate only when the function switch is set at ”V” or ”Ω”.
3-4 Preparations Before Measuring
Before measuring, be sure to check the position of the function
switch, measurement terminals to be used, and test lead
mounted condition to the tester, to ensure safe use.
After measuring, be sure to return the function switch to ”POWER
OFF” to prevent the waste of the internal batteries. On this unit,
the power switch is designed to be automatically turned off in case
the indicator section is closed by folding without doing the above
operation.
(1) Meter Zero Check
If the pointer is off the 0 V line at the left end of the scale, turn
the indicator zero adjuster with a screwdriver to align the pointer
with the 0 V line.
(2) Checking the Internal Batteries
This unit operates with four R03 batteries. Before measurement,
check the battery capacity. When the function switch is turned
to the internal battery check range (“INTERNAL BATT CHECK”),
the pointer should move to the right. Check if it is in the bottom
zone (INTERNAL BATT GOOD) on the scale. If the pointer is to
the left of the zone, it means the battery is used up. Replace the
batteries in the procedures described in para. 4-2.
− 5 −
• Measuring 0 to ±2.5 A DC and 0 to 2.5 A AC
Measure a DC current or sign wave AC current of less than 2.5 A.
0.6 μA
x0.1 k
6 μA
x10
x1
60 μA
600 μA
6 mA
3-7 Measuring 250 mV (Fixed Range)
• Measuring 0 to ±250 mV DC and 0 to 250 mV AC
Measure a DC voltage or sign wave AC voltage of less than 250 mV.
To ensure safe measurement, never apply an excessive voltage
(more than 100 V AC, DC).
After completing the preparations in para. 3-4, do the following:
(1) Connect the black test lead plug to the measurement terminal
+).
(-COM), and the red plug to the measurement terminal (〜
(For AC voltage, the distinction between the red and black plugs
does not matter.)
(2) Set the function switch at ”250 mV”.
(3) Measure the voltage by touching the equipment to be tested
with the test pins.
(4) Read the indication by referring to the range display.
This value will be the voltage value to be measured.
(AC voltage is applied to the measurement terminals when
the AC display LED lamp is on, and DC voltage when it is off.
If the polarity display LED lamp is lit, it indicates that the
positive voltage is applied to the measurement terminal
(-COM), and negative voltage to the measurement terminal
(+
〜).)
(5) After measurement, remove the test pins from the equipment
under test.
(6) Return the function switch to “POWER OFF”.
Measuring Range
Current Range of
function switch
DCA
ACA
250 μA
0~±250 μA
0~250 μA
2.5 mA
0~±2.5 mA
0~2.5 mA
25 mA
250 mA / 2.5 A
0~±25 mA
0~25 mA
0~±250 mA
0~250 mA
0~±2.5 A
0~2.5 A
To prevent damage or accident, do not measure the current in
a circuit to which a voltage of more than 450 volts is applied.
After completing the preparations in para. 3-4, do the following:
(1) Connect the black test lead plug to the measurement terminal
(-COM), and the red plug to the measurement terminal ( +
〜)
+
(connect the red plug to the measurement terminal for 2.5 A00
〜
when measuring 0 to ±2.5 A DC and 0 to 2.5 A AC). (For AC
current, the distinction between the red and black plugs does
not matter.)
(2) Set the function switch at the current range suitable for the
measuring range in Table 3.
(Example: When measuring 0 to 25 mA, set the function switch
at “25 mA”.)
(3) Measure the current by touching the equipment to be tested
with the test pins.
(4) Read the indication by referring to the range display.
This value will be the current value to be measured.
(AC current is applied to the measurement terminals when the
AC display LED lamp is on, and DC current when it is off. If the
polarity display LED lamp is lit, it indicates that the positive
voltage is applied to the measurement terminal (-COM), and
negative voltage to the measurement terminal ( +
〜 ).)
− 9 −
Measurement terminal (-COM)
Fig. 1 Tester Unit
.
Red plug
Test pins
Cords
If the pointer moves below the scale zone of “INTERNAL BATT
GOOD” with the function switch at “INTERNAL BATT CHECK”,
replace the batteries.
Before removing the battery case cover, disconnect the test
leads from all the circuits to prevent accidents due to electric
shocks.
(1) Remove the battery case cover on the reverse side of this unit.
(2) Replace the four R03 (UM-4SG) batteries. (Note the polarities
of the batteries.)
(3) Mount the battery case cover.
Battery case cover
Zero ohm adjuster
Before removing the battery case
cover, disconnect the test leads
and set the function switch to
“POWER OFF”.
Black plug
Ω
Ω
x 10 k
x1k
x 0.1 k
x 10
x1
Ω scale
0~∞
0~∞
0~∞
0~∞
0~∞
x 10 k
x1k
x 100
x 10
x1
Center 2 MΩ
Center 200 kΩ
Center 20 kΩ
Center
2 kΩ
Center 200 Ω
0~250 mV
250 mV
OTHERS •
V scale
0~2.5
x 100
250 μA
OTHERS •
A scale
0~2.5
x 100
0~250 μA
2.5 mA
OTHERS •
A scale
0~2.5
x1
0~2.5 mA
25 mA
OTHERS •
A scale
0~2.5
x 10
0~25 mA
250 mA/ OTHERS •
2.5 A
OTHERS •
A scale
0~2.5
x 100
0~250 mA
0~2.5
x1
(1) Avoid leaving this unit in a place subject to excessive shock,
vibration,
ation, high temperature(over 60 ℃), high humidity (over
85 %) or dew condensation for a long period or time.
(2) To clean this unit, just lightly wipe with a brush or cloth. Do
not use thinner or alcohol.
(3) Do not rub the meter cover hard with a dry cloth, etc., or the
static charge prevention effect will be reduced. If the unit
tends to be easily charged after many years of use, apply a
neutral-detergent-and-water solution to the meter cover
surface as an emergency measure.
We are not responsible for any trouble due to maintenance
ser vice other than stated in this instruction manual or
modification.
Ohms (Ω) scale
DC, AC volt (V), ampere (A)
scales
− 14 −
Decibel (dB) scale
Battery check scale
Fig. 3 Scale Plate
− 4 −
3-6 Measuring the Resistance (Auto Range)
• Measuring 0 to ±500 V DC and 0 to 500 V AC
Measure a DC voltage or sign wave AC voltage of less than 500 V.
To ensure safe measurement, never apply a voltage beyond
±500 V DC and 500 V AC.
Do not apply an excessive voltage with the range fixed (more
than 100 times the maximum value for the range).
After completing the preparations in para. 3-4, do the following:
(1) Connect the black test lead plug to the measurement terminal
(-COM), and the red plug to the measurement terminals (+
〜).
(For AC voltage, the distinction between the red and black plugs
does not matter.)
(2) Set the function switch at ”V”.
(3) Set the range hold switch to ”AUTO”.
(4) Measure the voltage by touching the equipment to be tested
with the test pins.
(5) Read the indication by referring to the range display.
This value will be the voltage value to be measured.
(AC voltage is applied to the measurement terminals when
the AC display LED lamp is on, and DC voltage when it is
off. If the polarity display LED lamp is lit, it indicates that
the positive voltage is applied to the measurement terminal
(-COM), and negative voltage to the measurement terminal
(+
〜 ).)
(6) After measurement, remove the test pins from the equipment
under test.
(7) Return the function switch to ”POWER OFF”.
Measuring a DC resistance of less than 200 M ohms.
Never apply external voltage, or the unit may be damaged.
Example: • If the circuitry is in operation, turn off the power and
then measure.
• Check that no voltage is applied to the equipment under
test.
After completing the preparations in para. 3-4, do the following:
(1) Connect the test lead plugs to the measurement terminals
(-COM) and (+
〜).
(2) Set the function switch at “Ω”.
(3) Set the range hold switch to “AUTO”.
(4) Measure the resistance by touching the equipment to be tested
with the test pins.
(5) Read the indication by referring to the range display.
This value will be the resistive value to be measured.
(6) After measurement, remove the test pins from the equipment
under test.
(7) Return the function switch to ”POWER OFF”.
• Zero Ohm Adjuster (See Fig. 8 in para. 4-1)
This unit requires no zero ohm adjustment in general measurement
because the constant-voltage method is used for resistance measurement.
However, for measurement by canceling the resistance of the test
leads in the x1 Ω range, turn clockwise or countercloc kwise the zero
ohm adjuster in the battery case with the test pins shorted, to align
the pointer with the 0 Ω line at the right end of the ohms scale. Also
align the pointer with the 0 Ω line in the same manner as above if
the zero ohm point has fluctuated after many years of use.
• Applied Voltage and Current When Measuring Resistance
Resistance is measured by using the internal power supply of this
unit. For the polarities at this time, a positive output of about 1.2
volts appears at the measurement terminal (-COM), and a negative
output of about 1.2 volts at the measurement terminal (+
〜).
The currents at this time are listed in the following table.
− 8 −
(5) After measurement, remove the test pins from the equipment
under test.
(6) Return the function switch to “POWER OFF”.
Load
Power
source
Power
source
Load
Never make this
dangerous circuit.
3-9 Measuring the Low Frequency Output (dB)
The dB scale of this unit is provided for the 2.5 V AC range. Only
when the impedance is 600 ohms, the output value can be directly
read assuming 0 dB = 1 mW.
(0 dB = 1 mW = 0.775 V, 600 ohms)
(1) The measuring procedures are the same as for AC voltage.
(2) Read the indication by adding the dB value on the scale to the
following dB value according to the ACV range.
Table 4
AC voltage range
dB value to add
○ Correct circuit
NOTE : A fuse is provided for the measurement terminal for
2.5 A +
0 for safety purpose. Should the fuse blow, send
〜
it to us as a repair part.
50 V
250 V
500 V
+12
+26
+40
+46
Before removing the battery case cover, disconnect the test
leads from all the circuits to prevent accidents due to electric
shocks.
(1) Remove the battery case cover.
(2) Replace the fuse (φ5 x 20 mm, 300 mA / 250 V).
(3) Mount the battery case cover.
− 12 −
• Standard operating temperature
: 23 ±2 ℃
Table 5
Allowance
Max. Scale
Remarks
±3 % of max. scale. Input resistance
250 mV
approx. 1 MΩ
2.5/10/50/250/500 V
±3 % of max. scale. Input resistance
10 MΩ min.
AC voltage
ACV
10 V
0
4-1 Internal Fuse Replacement (See Fig. 8)
− 11 −
DC voltage
±DCV
2.5 V
-20
4. MAINTENANCE SERVICE
Protection Circuit
This unit has a fuse at the input to protect against misoperation
when measuring resistance and current.
However, be careful not to perform misoperation to ensure
safety.
Type of
Measurement
250 mV
× Dangerous circuit
Fig. 7
5. BEFORE CALLING FOR SERVICE
If the unit fails to operate normally despite operation conforming to
the instructions, check the following three points.
(1) Check if the battery capacity is sufficient and if the mounted
polarities are correct.
(2) Check if the internal fuse has blown.
(3) Check if the test leads are open.
0~2.5 A
Pointer
6. SPECIFICATIONS
4-3 General Precautions
Fig. 8 Specified Locations of Batteries and Fuses
− 13 −
0~2.5 V
0~10 V
0~50 V
0~250 V
0~500 V
3. MEASURING PROCEDURES
25 kV
(by use of optional probe)
±20 % of max. scale. Probe resistance
250 mV
±3 % of max. scale. Input resistance
1000 MΩ
Frequency characteris- approx. 1 MΩ
tic 40 Hz~10 kHz±5 % Full wave rectification
Spare fuse
Battery
x1
x1
x1
x 100
x 10
Fig. 2 Test Leads
− 10 −
4-2 Internal Battery Replacement (See Fig. 8)
Internal fuse
Measurement terminal
for 2.5 A +
〜
Current Measuring Circuit (Both DC and AC)
When measuring current, connect this unit in series with the
equipment under test as shown below.
Table 3
1.2 V constant
0~2.5
0~10
0~50
0~2.5
0~50
− 7 −
3-8 Measuring the Current (Fixed Range)
Table 2
x1 k
V scale
AC display LED
− 6 −
Use this table when measuring polarized resistance such as of transistors, diodes and a resistive value that changes depending on the
flowing current.
2.5
10
50
250
500
Function switch
Measurement terminal (+
〜)
Value to Be Read
V
Polarity display LED
3-5 Measuring the Voltage (Auto Range)
Range indication
other than V and Ω
Current (terminals shorted)
Indicator zero
adjuster
Range hold switch
Multiplication Factor
V
Scale plate
Manual range
Selector switch
Scale to Be Read
− 3 −
You can change the range by pressing the manual range selector
switches. It is used for measuring in volts and ohms.
x10 k
Range display
LED Indication
Unlike most multimeters, this unit adopting the auto range system
does not indicate the present range value by a function switch position. It indicates such a value on the range display instead. To read
the range, see the column with the range display LED on at the top
on the same row (V, Ω, OTHERS) as set by the function switch.
Then read a value indicated by the pointer in the following manner.
3-3 Manual Range Selection
Ohms (Ω) range indication
Range
Pointer
− 2 −
Range display LED
Voltage (terminals open)
Range
Indicator
3-1 How to Read the Scale
− 1 −
Volts (V) range indication
Table 1
2-2 Appearance and Names of Components
2-1 Uses and Features
2.5/10/50/250/500 V
Low frequency -10/+10/+22/+36/
+50/+56 dB
output
0 dB=0.775 V(1 mW)
dB
(600 Ω)
• Standard operating frequency
: 50 Hz to 60 Hz
• Standard operating humidity
: 45 to 75 % RH (no-condensation)
• Operating temperature range
: 0 to 40 ℃
• Operating humidity range
: Less than 80 % RH (no-condensation)
• Dimensions and mass
: 110(W ) x 124(D) x 48(H ) mm, 290 g
• Accessories
±3 % of max. scale. Input resistance
±3 % of max.
scale length.
10 MΩ min.
Full wave rectification
• Internal battery
: 1.5 V x 4 (R03 or UM-4SG)
Input resistance
10 MΩ min.
Full wave
rectification
• Battery life
DC current
±DCA
250 μ/2.5 m/25 m/
250 m/2.5 A
±3 % of max. scale. Shunt voltage
AC current
ACA
250 μ/2.5 m/25 m/
250 m/2.5 A
±3 % of max. scale. Shunt voltage
Resistance
Ω
Range Center
Max ±3 % of max.
x1
200 Ω
20 kΩ scale length.
x 10
2 kΩ 200 kΩ
x 0.1 k 20 kΩ
2 MΩ
x 1 k 200 kΩ 20 MΩ
x 10 k 2 MΩ 200 MΩ
drop 200 mV
drop 200 mV
− 15 −
: Instruction Manual,
A pair of test leads (type TL-61),
Fuse (φ5 x 20 mm, 300 mA / 250 V)
: About 100 hours of operation based on 8 hours of
use per day
• Optional accessories
: Probe for 25 kVDC (type HV-50),
Carrying case (type C-AU)
Specifications and external appearance of the product described
above may be revised for modification without prior notice.
Terminal open
voltage 1.2 V DC
− 16 −
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement