Seiko | 7T84 | Specifications | Seiko 7T84 Specifications

Seiko 7T84 Specifications
7T84
BSJ7T84-1405
I N S T R U C T I O N S
YACHTING TIMER
ヨットタイマー機能付 クロノグラフ
G-8
この度は弊社製品をお買い上げいただき、
誠にありがとうございました。
ご使用の前にこの説明書をよくお読みの上、
正しくご愛用くださいますよう、お願い申し上げます。
なお、この説明書はお手元に保管し、必要に応じてご覧ください。
※金属バンドの調整は、お買い上げ店にご依頼ください。
ご贈答、ご転居などにより、お買い上げ店での調整が受けられない場合は、
弊社お客様相談窓口へご依頼ください。お買い上げ店以外では有料もしくは
お取扱いいただけない場合があります。
※ お買い上げ時の電池は、機能や性能を検査するための電池(モニター電池)
です。保証期間内でも電池交換は有料となります。
※ 商品に傷防止用の保護シールがはられている場合があります。
必ずはがしてお使いください。はられたままにしておくと、汚れ、汗、ゴミ、
水分などが付着してさび発生の原因となります。
製品取扱上のご注意
注意
取り扱いを誤った場合に、軽症を負う危険性や物質的損害をこうむることが想定されることを示します。
警告
・以下の場所での携帯・保管は避けてください
取り扱いを誤った場合に、重症を負うなどの重大な結果になる危険性が想定されることを示します。
・次のような場合、ご使用を中止してください
○時計本体やバンドが腐食などにより鋭利になった場合
○バンドのピンが飛び出してきた場合
※ すぐに、お買い上げ店・弊社お客様相談窓口にご連絡ください。
○揮発性の薬品が発散しているところ(除光液などの化粧品、防虫剤、シンナーなど)
○ 5℃∼ 35℃を外れる温度に長期間なるところ
○高湿度なところ
○磁気や静電気の影響があるところ
○ホコリの多いところ
○強い振動のあるところ
※ 電池が切れた状態で長時間放置しないでください。電池が漏液するおそれがあります。
・アレルギーやかぶれを起こした場合
ただちに時計の使用をやめ、皮膚科など専門医にご相談ください。
・乳幼児の手の届くところに、時計本体や部品・電池を置かないでください
・その他のご注意
部品や電池を乳幼児が飲み込んでしまうおそれがあります。
万が一飲み込んだ場合は、身体に害があるため、ただちに医師にご相談ください。
○金属バンドの調整は専門知識・技能が必要ですので、お買い上げ店にご依頼ください。
手や指などにけがをする可能性があるほか、部品を紛失する可能性があります。
○商品の分解・改造はしないでください。
○乳幼児に時計が触れないようにご注意ください。
けがやアレルギーをひき起こすおそれがあります。
○使用済み電池の処理は自治体の指示に従ってください。
○提げ時計やペンダント時計の場合、ひもやチェーンの取り扱いにご注意ください。
衣類や手・首などを傷つけたり、首を締めたりするおそれがあります。
・時計から電池を取り出さないでください
電池の交換には専門知識・技能が必要ですので、お買い上げ店にご依頼ください。
電池は充電しないでください。
破裂・発熱・液漏れ・破損などのおそれがあります。
2
3
目 次
4
〈操作について〉
製品の特長 ···································································································
各部の名称 ···································································································
りゅうずについて ·························································································
モードを切り替える ·····················································································
時刻モード ····································································································
ヨットタイマーモード ··················································································
タイマーモード ·····························································································
ストップウオッチモード ··············································································
アラームモード ·····························································································
ローカルタイムモード ··················································································
電池交換後のお願い(システムリセット)·················································
針位置合わせ ·······························································································
6
7
8
9
11
14
23
25
28
33
35
36
〈ご注意いただきたいこと〉
アフターサービスについて ·········································································
お手入れについて ························································································
防水性能について ························································································
耐磁性能について(磁気の影響)·······························································
バンドについて·····························································································
皮革バンド用三つ折れ式中留(なかどめ)の使い方について················
ルミブライトについて ·················································································
こんなときには ····························································································
使用電池・電池寿命・精度について ·························································
製品仕様 ·······································································································
40
42
44
48
50
52
57
58
60
61
操 作 に つ い て
5
製品の特長
各部の名称
●基本時計は、時•分•小秒針で表示します。
●ヨットタイマーは、カウントダウンタイマーと、タイマー終了時に自動的にスタートする
ストップウオッチを組み合わせたもので、ヨット競技などで使用することができます。カ
ウントダウンの時間は、5分、6分、10分の中から選択して使用します。
センター針
モード針
分 針
時 針
A
5
TIME
●ストップウオッチは1/5秒単位での計測が可能な12時間計です。計測時間が12時間に
達すると自動的に停止します。
MODE SELECT
LOC
●タイマーは1分単位で最大15分まで設定できます。
LM
0TMRCHR A
61
りゅうず
●アラームは設定した時刻に1回だけ鳴る「ワンタイムアラーム」と、設定した時刻に毎日
鳴る「デイリーアラーム」とがあります。両方とも12時間制のアラームです。
10
0
15
●ローカルタイム機能では、時差のある他の地域の時刻を1分単位で表示します。
6
a
2
b
5
B
小秒針
小時計
c
a: 通常位置
b: 1 段目
モード合わせ
日付合わせ
c: 2 段目
時刻合わせ
針位置合わせ
※りゅうずにはネジロック構造をもっているものがあります。
(→「りゅうずについて」P.8を参照)
※以降の説明では、説明に不要な部分の針を省略することがあります。
6
7
りゅうずについて
モードを切り替える
回せない
(回せなく
なる)
そのまま引き出して
操作することができます
ねじロック式りゅうず
LOC
回せる
A
りゅうず りゅうずを1段目まで、引き出してください。
5
0TMRCHR A
61
LM
りゅうずを
押しつけな
がら、矢印
方向に回し
ます
通常のりゅうず
モード針
TIME
りゅうずには、通常のものとロックできる構造のものの、2つのタイプがあります。
お使いの時計のりゅうずをご確認ください。
A
ボタンⒶを押して、モード針を使いたいモー
ドに合わせます。
りゅうず モード針が使いたいモードを指示した状態
で、りゅうずを通常位置に戻します。
操作するときはロックをはずします 操作が終わったら
ロックします
ゆるめる
押しつけて
しめる
※ねじロック式りゅうずは、ロックすることで、誤動作の防止と防水性の向上をはかることができます。
※ねじロック式りゅうずは、ねじを無理にしめるとねじ部をこわすおそれがありますので、ご注意ください。
8
9
時刻モード
ボタンⒶを1回押すごとに以下の順序でモード針が移動し、使用できるモードを指示しま
す。
0TMRCHR A
61
0TMRCHR A
61
TIME
TIME
5
TIME
5
●時刻の合わせかた(基本時計と小時計)
LOC
LOC
LOC
LOC
TIME
5
0TMRCHR A
61
5
0TMRCHR A
61
LM
ヨットタイマーモード
(10分タイマー)
LM
ヨットタイマーモード
(6分タイマー)
LM
ヨットタイマーモード
(5分タイマー)
LM
時刻モード
●時刻合わせでは、基本時計と小時計を現在時刻に合わせます。
● 各機能で使用する針の0位置(基準位置)がずれている場合には、時刻合わせを行
う前に、針を0位置に正しく合わせる必要があります。針の0位置を正しく合わせるに
は、
「針位置合わせ」P.36を参照してください。
小秒針
※ローカルタイムモードから時刻モードへ切り替わる
ときは、モード針は反時計回りに動きます。
りゅうず りゅうずを2段目まで引き出してください。
小秒針が止まります。小秒針は12時の位
置に止めてください。
5
TIME
5
TIME
5
TIME
5
TIME
5
TIME
LOC
MODE SELECT
LOC
ストップウオッチモード
LM
LOC
アラームモード
0TMRCHR A
61
0TMRCHR A
61
LM
LOC
LOC
ローカルタイムモード
LM
LM
0TMRCHR A
61
LM
0TMRCHR A
61
0TMRCHR A
61
※タイマー計測中、またはストップウオッチ計測
中にりゅうずを引き出すと、強制的に計測は停
止し、タイマーまたはストップウオッチはリセッ
トされます。
タイマーモード
※ヨットタイマーモードで5分、6分、10分タイマーのどれかが計測中、またはタイマーモードでタ
イマーが計測中のときは、他のタイマーを使用できません。よって、モード針は、計測中のタイ
マーが終了するまで他のタイマーを指示しません。
10
11
時針
りゅうず りゅうずを回して、「基本時計」の時刻を合わ
せます。
分針
※日付が変わるところが、午前0時です。午前午後
を間違えないように合わせてください。
※この時、正確に合わせるために分針を正しい時
刻より4∼5分進めてから針を戻して合わせてくだ
さい。
MODE SELECT
LOC
TIME
5
LM
0TMRCHR A
61
B
B
小時計
12
次にボタンⒷを押して「小時計」の時刻を合
わせます。
ボタンⒷを押すごとに小時計の針が1分進み
ます。ボタンⒷを押し続けると、小時計の針
は早送りします。
りゅうず すべての設定が完了したら、時報と同時に
りゅうずを通常位置まで押し込みます。
●日付の合わせかた
◆時刻合わせができてから、日付を合わせてください。
◆日付け合わせは、1か月が31日未満の小の月(2月、4月、6月、9月、11月)の翌月の
初日に行います。
りゅうず りゅうずを1段目まで、引き出してください。
りゅうず
りゅうずを右に回して、日付を合わせてください。
りゅうず
設定が完了したら、りゅうずを通常位置まで押し込みます。
2
※日付を合わせているときにボタンⒶ、またはボタンⒷ
を押さないでください。選択中のモードによっては設
定内容が変わってしまいますので、ご注意ください。
※午後9時から午前1時までの間に日付を合わせない
でください。この時間帯に合わせると、翌日になって
も日付が変わらないことがあるので、この時間帯外
で日付を合わせてください。
13
ヨットタイマーモード
◆ヨットタイマーは、カウントダウンタイマーと、タイマー終了時に自動的にスタートす
るストップウオッチを組み合わせたもので、ヨット競技などで使用することができま
す。
●ヨットタイマーの動作
ヨットタイマーは、5分、6分、10分の3種類から選択して使用します。
ヨットタイマー機能を作動させると、選択したカウントダウンタイマーが1秒単位で計
測を開始します。
残り時間は、センター針と小時計の2つの針が反時計回りに動いて示します。
ヨットタイマーがカウントダウン計測を終えると、タイムアップ音が鳴り、自動的にス
トップウオッチの計測が始まります。
ストップウオッチは1秒単位での計測が可能な12時間計です。計測時間が12時間に
達すると自動的に停止します。
※下記の図は、5分ヨットタイマーを例にヨットタイマーの動作を示しています。
ヨットタイマースタート
(ボタンⒶ)
5'00"
タイマーのカウントダウンが終わると
自動的にストップウオッチスタート
ヨットタイマー
ヨットタイマーの動作
ストップウオッチ
12時間後、
ストップウオッチは
自動的に停止
経過時間
※ヨットタイマーは一度に1種類しか使用できません。
※タイマー動作中にタイマーを切り替えることはできません。タイ
マーの種類を変更するときは、現在動作しているタイマーを止め
てから別のタイマーに切り替えてください。
※タイマーの種類を変更すると、それまで選択していたタイマーは
自動的にリセットされます。
14
15
●ヨットタイマーによる計測の見かた
LOC
5
TIME
LM
A
ボタンⒶを押して、モード針を使いたいヨッ
トタイマーに合わせます。
リセット
A
※ヨット競技では、予告信号と同時にヨットタイ
マーをスタートさせてください。
※ヨットタイマーと、タイマーモードのタイマーの
使い方は共通です。
A
A
スタート
ストップ
B
リセット
※ヨットタイマーは、タイマーが停止しているときのみリセットできます。
センター針:4分
外周部の数字はタイマーの残り時間(分)を示します。
ボタンⒶを押して、ヨットタイマーをスタートさせます。
< タイマーの動作 >
16
LOC
B
0TMRCHR A
61
LM
りゅうず りゅうずを通常位置まで押し込みます。
例:5分ヨットタイマーで計測中で、残り時間が4分35秒のときの表示
0
10
A
0TMRCHR A
61
◆センター針が残り時間の分を、小時計の長針が残り時間の秒を示します。残り時間
が60秒より短くなると、センター針も1秒単位でカウントダウンを始めます。
5
スタート/ストップ りゅうず りゅうずを1段目まで、引き出してください。
TIME
●ヨットタイマーの使いかた
15
6
5
小時計の長針:35秒
※センター針と小時計の2つの針は、ヨットタイマーのカウントダウン中は反時計回りに動きます。
※ヨットタイマーがカウントダウン計測を終えると、タイムアップ音が鳴ります。
※小時計の短針も残り時間の分を示します。
※ヨットタイマーの表示は、タイマーモードでのタイマーの表示と同じです。
17
●ストップウオッチへの自動リレー機能
◆ヨットタイマーがカウントダウン計測を終えると、自動的にストップウオッチの計測が始まります。
◆ストップウオッチは、1秒単位での計測が可能な12時間計です。計測時間が12時間に達すると自動的に停止します。
◆計測した時間は、センター針と、小時計の時針および分針で表示します。
◆スプリット機能があります。
●ヨットタイマーのリセットのしかた
ストップウオッチを停止してからヨットタイマーをリセットします。
ストップウオッチ針が動いている場合
1. ボタンⒶでストップウオッチをストップ。
2. ボタンⒷでヨットタイマーをリセット。
ストップウオッチ針が止まっている場合、以下の3つの場合があります。
[ストップウオッチがストップ状態で止まっている]
1. ボタンⒷでヨットタイマーをリセット。
[スプリット表示でストップウオッチが計測中]
1. ボタンⒷでストップウオッチ針が早送りし、その後計測状態になる。
2. ボタンⒶでストップウオッチをストップ。
3. ボタンⒷでヨットタイマーをリセット。
[スプリット表示でストップウオッチがストップ状態で止まっている]
1. ボタンⒷでストップウオッチ針を早送りし、その後止まる。
2. ボタンⒷでヨットタイマーをリセット。
ヨットタイマーからストップウオッチまでの動作の流れ
<ヨットタイマーに続いて通常の計測を行う場合>
ヨットタイマーがカウントダウン計測を終了
A
B
ストップウオッチが自動的にスタート ストップ
リセット
<ヨットタイマーに続いて時間計測を積算で行う場合>
ヨットタイマーがカウントダウン計測を終了
ストップウオッチが自動的にスタート
A
A
A
B
ストップ
再スタート
ストップ
リセット
※再スタートとストップは、ボタンⒶを押すことによって何回でも繰り返すことができます。
<ヨットタイマーに続いて途中経過(スプリットタイム)を計測する場合>
ヨットタイマーがカウントダウン計測を終了
B
B
A
B
スプリット計測
スプリット解除
ストップ
リセット
ストップウオッチが自動的にスタート
※スプリットタイムの計測と解除はボタンⒷを押すことによって何回でも繰り返すことが
できます。
<競技中の 2 艇のタイムを計測する場合>
ヨットタイマーがカウントダウン計測を終了
B
A
B
B
1 艇目のタイム
2 艇目がゴール
2 艇目のタイム
リセット
ストップウオッチが自動的にスタート
18
19
●再スタート設定機能
◆ヨットタイマーには、再スタート設定機能があります。この機能を使うと、ストップウ
オッチ計測が中断しても、正確かつ簡単に計測を再スタートすることができます。こ
の機能は、ヨット競技でフライング後に計測を再スタートしなければならないときに
便利です。
◆再スタートの設定機能は、ヨットタイマーによるカウントダウン後、ストップウオッチ
計測中であれば、いつでも使用できます。
◆ボタンⒶを約2秒間押し続けると、再スタート設定機能が作動します。
◆ストップウオッチ計測の再スタートは、計測を始めてから一定時間ごとに行われま
す。
◆再スタート設定をしてからストップウオッチが計測を再スタートするまでの時間は、ス
トップウオッチがスタートする前にカウントダウン計測を終えたヨットタイマーの種
類によって自動的に決まります。
例:5分ヨットタイマーがカウントダウンを終えてから4分が経過後、ストップウオッチの
計測中に再スタートの設定機能を作動させた場合
ボタンⒶを2秒間
押し続ける
(タイマー再スタート)
ヨットタイマースタート
ストップウオッチスタート
(ボタンⒶ)
5分間隔
ヨットタイマーの動作
タイマー
5分経過
経過時間
ストップウオッチ再スタート
5分間隔
5分間隔
ストップウオッチ タイマー
4分経過
5分間隔
ストップウオッチ
タイマーが1分前にスタート
※5分ヨットタイマーの場合、ストップウオッチは計測のスタートか
ら5分間隔のタイミングで再スタートします。
※6分または10分ヨットタイマーの場合、ストップウオッチは計測
のスタートからそれぞれ6分間隔または10分間隔で再スタートし
ます。
20
21
タイマーモード
◆実際のヨット競技では、5分ヨットタイマーの計測において、以下のように再スタート設定機能を使
うことができます。
<予告信号からスタート信号までの時間が5分で、スタート信号から再スタート信号までの時間が
10分と決められている競技において、再スタート設定機能を使用した例>
スタート信号
5分
間隔
5分間隔
タイマー
ストップウオッチ
5分経過
7分30秒経過
経過時間
A
0TMRCHR A
61
LOC
ヨットタイマーの動作
ボタンⒶを2秒間
押し続ける
(タイマーが再スタート)
●タイマーの使いかた
ストップウオッチ再スタート
タイマー
ストップウオッチ
タイマーが
2分30秒前にスタート
※ゼネラルリコール信号とは、多くの艇がフライングやルール違反を行い、競技委員会がこれを識別
できなかったとき、または競技のスタートの手順を間違ってしまった場合に発せられる信号です。
※ヨット競技の詳細なルールについては、競技規則をご確認ください。
りゅうず りゅうずを1段目まで、引き出してください。
LM
ヨットタイマースタート
ストップウオッチスタート
(ボタンⒶ)
5分間隔
再スタート信号
ゼネラルリコール信号
<スタート4分後>
5
予告信号
<スタート5分前>
TIME
競技の進行
◆タイマーは1分単位で1分から最大15分まで設定できます。
◆残り時間は、センター針と小時計の2つの針が反時計回りに動いて表示します。
◆タイマーがカウントダウン計測を終えると、タイムアップ音が鳴ります。
A
ボタン Ⓐを押して、モード針をT M R(タイ
マー)モードに合わせます。
B
ボタンⒷを押して、センター針を設定したいタ
イマー時間に合わせます。
B
※センター針が示す文字板外周部
の数字がタイマー時間です。
(小
時計の短針もタイマー時間を示
します。)
※ボタンⒷを押すごとにセンター針が1分進み、タ
イマー時間が1分増えます。
りゅうず りゅうずを通常位置まで押し込みます。これ
でタイマーを使う準備ができました。
22
23
ストップウオッチモード
例:タイマーを4分に設定したときのタイマー表示
※タイマー時間を15分に設定してからボタンⒷをもう1回
押すと、タイマー時間は1分に戻ります。
※設定したタイマー時間は、タイマーモードを別のモード
に切り替えても保持されます。
※タイマーの操作方法は、ヨットタイマーのカウントダウンタイマーの操作方法と同じです。詳細は、
「●ヨットタイマーの使いかた」P.16と「●ヨットタイマーによる計測の見かた」P.17を参照してく
ださい。
※タイマーモードのときは、ストップウオッチへの自動リレー機能は作動しません。
< タイマーの動作 >
24
A
A
スタート
ストップ
B
リセット
◆ストップウオッチは1/5秒単位での計測が可能な12時間計です。計測時間が12時間
に達すると自動的に停止します。
◆計測した時間は、センター針と、小時計の時針および分針で表示します。
◆スプリット機能があります。
●ストップウオッチのリセットのしかた
ストップウオッチ針が動いている場合
1. ボタンⒶでストップウオッチをストップ。
2. ボタンⒷでストップウオッチをリセット。
ストップウオッチ針が止まっている場合
[ストップウオッチがストップ状態で止まっている]
1. ボタンⒷでストップウオッチをリセット。
[スプリット表示でストップウオッチが計測中]
1. ボタンⒷでストップウオッチ針が早送りし、その後計測状態になる。
2. ボタンⒶでストップウオッチをストップ。
3. ボタンⒷでストップウオッチをリセット。
[スプリット表示でストップウオッチがストップ状態で止まっている]
1. ボタンⒷでストップウオッチ針を早送りし、その後止まる。
2. ボタンⒷでストップウオッチをリセット。
25
重要な留意点:時計のモードがストップウオッチモードでないときにストップウオッチの
計測が12時間を超えるときは、次の手順を実施してください。
ストップウオッチの操作
<通常の計測>
A
スタート
A
ストップ
B
リセット
ストップウオッチ 1/5 秒針
<時間計測を積算で行う場合>
A
スタート
A
A
A
B
ストップ
再スタート
ストップ
リセット
時計のモードがストップウオッチモードに戻ると、ストップウオッチのすべての針は0の位
置にリセットされます。ただし、次に使うときは、必ずボタンⒶとⒷを押してストップウオッ
チの動作(スタート/ストップ/リセット)をテストしてください。
※ストップウオッチは、計測が12時間を超えると自動的に止まるように設計されています。時計の
モードがストップウオッチモードでないときにストップウオッチの計測が12時間を超えると、上記
の手順を行うことが必要になります。
※再スタートとストップは、ボタンⒶを押すことによって
何回でも繰り返すことができます。
<途中経過(スプリットタイム)を計測する場合>
A
スタート
B
B
A
スプリット
計測
スプリット
解除
ストップ
B
リセット
ストップウオッチ時針
※スプリットタイムの計測と解除はボタンⒷを押すことによって
何回でも繰り返すことができます。
ストップウオッチ分針
<2 人のタイムを計測する場合>
A
スタート
B
A
1 人目のタイム 2 人目のゴール
B
B
2 人目のタイム
リセット
26
27
アラームモード
◆ワンタイムアラームは時刻モードで使用します。
◆ワンタイムアラームは、約12時間先までの時刻に設定できます。
りゅうず りゅうずを1段目に、引き出してください。
A
5
0TMRCHR A
61
LM
LOC
<デイリーアラーム>
デイリーアラームは、設定した時刻に毎日鳴ります。
デイリーアラームはアラームモードで設定します。
設定したアラーム時刻は何回でも使用できます。
サウンドデモンストレーション機能でアラーム音を試聴できます。
●ワンタイムアラームの使いかた
TIME
<ワンタイムアラーム>
ワンタイムアラームは時刻モードで設定します。
ワンタイムアラームは、設定した時刻に1回だけ鳴り、自動的に解除されます。
約12時間先までの時刻に1分単位で設定できます。
ワンタイムアラーム
設定可能
設定不可能
デイリーアラーム
オフ
オン
※ワンタイムアラームは時刻モードでのみ使用できます。
28
ボタンⒶを押して、モード針をTIME(時刻)
モードに合わせます。
りゅうず りゅうずを通常位置まで押し込みます。
B
モード針
TIME(時刻モード)
ALM(アラームモード)
A
※小時計の2つの針はワンタイム
アラームの時刻を示します。
B
ボタン Ⓑを押して、小 時 計をワンタイムア
ラーム時刻に合わせます。
※ボタンⒷを押すごとに小時計の針が1分進みます。ボ
タンⒷを押し続けると、小時計の針は早送りします。
設定が完了したら、そのまま時計をはめてく
ださい。
※アラーム時刻が現在時刻と一致すると、アラームは自動的に解除されます。
※時計をはめているときは、ボタンⒷを押さないように注意してください。ボタンⒷを押すと設定済みのアラーム時刻が進むことがあります。
※時刻モードを別のモードに切り替えると、ワンタイムアラームは自動的に解除されます。
29
●鳴っているワンタイムアラームを手動で止めるには
アラーム設定時刻になると20秒間アラーム音が鳴り続けます。鳴っているアラームを
途中で止める場合は、ボタンⒶ、ボタンⒷのいずれかを押してください。
※ワンタイムアラームは、1回鳴ると自動的に解除されます。
●デイリーアラーム
◆デイリーアラームはアラームモードで使用します。
◆デイリーアラームは12時間制で設定できます。
●ワンタイムアラームを修正または解除するには
LOC
TIME
5
LM
ボタンⒷを押して、ワンタイムアラームの設定時刻を修正します。
ボタンⒷを押し続けると、小時計の針は早送りします。
ワンタイムアラームを解除するには、次の2つの方法のどちらかで行います。
ボタンⒷを押してアラーム時刻を現在時刻と一致させてください。また、簡単な方法
として、ボタンⒷを押し続け、小時計の時分針を早送りすると、現在時刻で自動的に
止まるので、そこでボタンを離す方法があります。
時刻モードから別のモードに変更します。
りゅうず りゅうずを1段目に、引き出してください。
A
0TMRCHR A
61
A
ボタンⒶを押して、モード針をALM(アラー
ム)モードに合わせます。
B
ボタンⒷを押して、小時計をデイリーアラー
ム時刻に合わせます。
※ボタンⒷを押すごとに小時計の針が1分進みます。ボ
タンⒷを押し続けると、小時計の針は早送りします。
※デイリーアラームは12時間制で設定できます。
B
※小時計の2つの針はデイリー
アラーム時刻を示します。
りゅうず 設定が完了したら、りゅうずを通常位置まで
押し込みます。
※りゅうずを引き出したままでは、アラームは鳴りません。
30
31
ローカルタイムモード
●鳴っているデイリーアラームを手動で止めるには
アラーム設定時刻になると20秒間アラーム音が鳴り続けます。鳴っているアラームを
途中で止める場合は、ボタンⒶ、ボタンⒷのいずれかを押してください。
◆小時計で他のタイムゾーンの時刻を表示します。
◆デュアルタイム表示により、基本時計と小時計で、2つの地域の時刻を表示することができます。
●ローカルタイムの合わせかた
●サウンドデモンストレーション機能(アラーム音の試聴)
5
TIME
5
LOC
TIME
LM
A
LOC
りゅうず りゅうずを1段目に、引き出してください。
A
B
ボタンⒶを押して、モード針をLOC(ローカルタ
イム)モードに合わせます。
ボタンⒷを押して、ローカルタイムの時刻に合わ
せます。
※ボタンⒷを押すごとに小時計の針が1分進みます。
ボタンⒷを押し続けると、小時計の針は早送りしま
す。
※ローカルタイムは12時間制で設定できます。
※小時計は他のタイムゾーンの時刻を表示します。
LOC
TIME
5
0TMRCHR A
61
LM
ボタンⒶを2秒以上押し続けてください。押
し続けている間、アラーム音の試聴ができま
す。
りゅうずを1段目に、引き出してください。
※小時計は現在時刻を表示します。
ボタンⒶを押して、モード針をALM(アラー
ム)モードに合わせます。
りゅうず りゅうずを通常位置まで押し込みます。
A
りゅうず
LM
A
0TMRCHR A
61
A
0TMRCHR A
61
B
32
33
電池交換後のお願い(システムリセット)
りゅうず りゅうずを通常位置まで押し込みます。
5
LOC
TIME
電池交換後、または万一異常な表示になった場合、以下の操作を行ってください。時計内
部がシステムリセットされ、正常に機能するようになります。
●システムリセットのしかた
LM
0TMRCHR A
61
1. りゅうずを2段目に引き出します。
2. ボタンⒶとボタンⒷを同時に押します。
3. りゅうずを通常位置に戻し、通常運針になっているかを確認してください。
A
りゅうず
B
※システムリセット後は、初期状態になりますので、時刻合わせおよびストップウオッチ針の「0位置
合わせ」を行ってください。
「針位置合わせ」P.36と「時刻モード」P.11を参照してください。
34
35
針位置合わせ
(モード針、センター針、小時計の2つの針)
◆ 針位置合わせは、ストップウオッチ機能またはタイマー機能を使う場合に針の位置が
ずれているとき、電池交換後、またはシステムリセット後に行う必要がある操作です。例
えば、ストップウオッチをリセットした後でも、針が0位置を指していない場合などに行
います。針位置合わせを行った後は、時刻合わせが必要になります。
●モード針、センター針、および小時計の2つの針の位置を合わせるには
LOC
TIME
5
LM
MODE SELECT
A ボタンⒶを約5秒間押し続けてください。小
時計の2つの針が動き始めます。
B
B ボタンⒷを押して、小時計の2つの針を基準
位置の12時00分に合わせます。ボタンⒷを
押し続けると、小時計の針は早送りします。
小時計
りゅうず りゅうずを2段目に、引き出してください。
小秒針がその場で止まります。
0TMRCHR A
61
A
A
※タイマー計測中、またはストップウオッチ計測
中にりゅうずを引き出すと、強制的に計測は停
止し、タイマーまたはストップウオッチはリセッ
トされます。
B
センター針
36
A ボタンⒶを押すと、センター針が1周回りま
す。
B ボタンⒷを押して、センター針を0位置に合わ
せてください。
ボタンⒷを押し続けると、センター針は早送
りします。
37
A
5
MODE SELECT
LOC
TIME
A ボタンⒶを押すと、モード針が1周回ります。
LM
0TMRCHR A
61
B
B
モード針
ボタン Ⓑを押して、モード針を基 準位置の
TIME(時刻)モードに合わせます。
ボタンⒷを押し続けると、モード針は早送り
します。
※モード針は、TIMEのマーカー位置に正確に合わ
せてください。
ご 注 意 い た だ き た い こ と
MODE SELECT
LOC
マーカー
TIME
5
LM
0TMRCHR A
61
すべての設定が完了したら、りゅうずを通常
位置まで押し込みます。
※針位置合わせを行ったあとは時刻合わせをする必要があります。
●「時刻の合わせかた」P.11を参照してください。
38
39
アフターサービスについて
●保証と修理について
・修理や点検調整のための分解掃除(オーバーホール)の際は、お買い上げ店、
または弊社お客様相談窓口にご依頼ください。
・保証期間内に不具合が生じた場合は、必ず保証書を添えてお買い上げ店へ
お持ちください。
・保証内容は保証書に記載したとおりです。
保証書をよくお読みいただき、大切に保管してください。
・保証期間終了後については、修理によって機能が維持できる場合には、
ご要望により有料修理させていただきます。
●補修用性能部品について
●点検調整のための分解掃除(オーバーホール)について
・長くご愛用いただくために、3年∼4年に1度程度の点検調整のための分解掃除
(オーバーホール)をおすすめします。ご使用状況によっては、機械の保油状態が
損なわれたり、油の汚れなどによって部品が磨耗し、止まりにいたることがあります。
またパッキンなどの部品の劣化が進み、汗や水分の浸入などで防水性能が損なわれる
場合があります。
点検調整のための分解掃除(オーバーホール)は、
「純正部品」とご指定の上、
お買い上げ店にご依頼ください。その際、パッキンやばね棒の交換もあわせて
ご依頼ください。
・点検調整のための分解掃除(オーバーホール)の際には、ムーブメント交換となる
場合もあります。
・この時計の補修用性能部品の保有期間は通常7年を基準としています。補修用性能
部品とは、時計の機能を維持するために必要な修理用部品です。
・修理の際、外観の異なる代替部品を使用させていただくことがありますので、あらか
じめご了承ください。
40
41
お手入れについて
●時計の裏ぶたでも性能と型式の確認ができます
・りゅうずを引き出して洗わないでください。
・水分や汗、汚れはこまめに柔らかい布でふき取るように心がけてください。
・海水につけた後は、必ず真水でよく洗ってからふき取ってください。
その際、直接蛇口から水をかけることは避け、容器に水をためるなどしてから
洗ってください。
※「非防水」、
「日常生活用防水」の場合は、おやめください。
→ 性能と型式の確認 P.43 防水性能について P.44
「防水性能に
ついて」P.44を参照
耐磁性能
「耐磁性能に
ついて」P.48を参照
WATER RESISTANT 10 BAR
7N01-0B40 R2 AG
型式番号
お客様の時計の
種類を示す番号
A
W
・りゅうずのさびつきを防止するために、時々りゅうずを回してください。
・ねじロック式りゅうずの場合も同様です。
→ りゅうずについて P.8
R
●りゅうずは時々回してください
防水性能
TE
R
0B
7 N R E S I S TA N T 1
01
G
A
-0B4
0 R2
A
●日ごろからこまめにお手入れしてください
※上記の図は例であり、
お買上げいただいた時計とは異なります。
42
43
防水性能について
お買い上げいただいた時計の防水性能を
下記の表でご確認の上ご使用ください。
(「P.43」をご覧ください)
裏ぶた表示
防水性能表示なし
44
防水性能
非防水です。
WATER RESISTANT
日常生活用防水です。 WATER RESISTANT
5 BAR
日常生活用強化防水で 5 気圧防水です。
WATER RESISTANT
10(20)BAR
日常生活用強化防水で 10(20)気圧防水です。
お取扱方法
水滴がかかったり、汗を多くかく場合には、使用しないで下さい。
日常生活での「水がかかる」程度
の環境であれば使用できます。
警告 水泳には使用しないで下さい。
水泳などのスポーツに使用できます。
空気ボンベを使用しないスキンダイビングに使用できます。
45
警告
注意
水分のついたまま、りゅうずやボタンを
操作しないでください
この時計はスキューバダイビングや飽和潜水には
絶対に使用しないでください
時計内部に水分が入ることがあります。
スキューバダイビングや飽和潜水用の時計に必要とされる
過酷な環境を想定した様々な厳しい検査を行っていません。
専用のダイバーズウオッチをご使用ください。
※ 万が一、ガラス内面にくもりや水滴が発生し、長時間消えない場合は防水不良です。
お早めに、お買い上げ店・弊社お客様相談窓口にご相談ください。
水や汗、汚れが付着したままにしておくのは
避けてください
注意
防水時計でもガラスの接着面・パッキンの劣化やステンレスが
さびることにより、防水不良になるおそれがあります。
直接蛇口から水をかけることは避けてください
入浴やサウナの際はご使用を避けてください
水道水は非常に水圧が高く、日常生活用強化防水の
時計でも防水不良になるおそれがあります。
蒸気や石けん、温泉の成分などが防水性能の劣化を早める
ことがあります。
46
47
耐磁性能について(磁気の影響)
時計に影響を及ぼす身の周りの磁気製品例
この時計は、身近にある磁気の影響を受け、時刻が狂ったり止まったりします。
裏ぶた表示
耐磁性能表示なし
お取扱方法
磁気製品より 10 cm以上遠ざける必要があります。
磁気製品より 5 cm以上遠ざける必要があります。
携帯電話
(スピーカー部)
AC アダプター
バッグ
(磁石の止め金)
交流電気かみそり
電磁調理器
携帯ラジオ
(スピーカー部)
磁気ネックレス
磁気健康枕
(JIS1 種)
磁気製品より 1 cm以上遠ざける必要があります。
(JIS2 種)
磁気を帯びたことが原因で、携帯使用時の精度めやす範囲を超えている場合、磁気の除去
および精度の再調整作業は、保証期間にかかわらず有料とさせていただきます。
この時計が磁気の影響を受ける理由
内蔵されているモーターは磁石を使用しており、外からの強い磁気の影響を受けます。
48
49
バンドについて
バンドは直接肌に触れ、汗やほこりで汚れます。そのため、お手入れが悪いと
バンドが早く傷んだり、肌のかぶれ・そで口の汚れなどの原因になります。
長くお使いになるためには、こまめなお手入れが必要です。
●金属バンド
・ステンレスバンドも水や汗・汚れをそのままにしておくと、さびやすくなります。
・手入れが悪いと、かぶれやワイシャツのそで口が黄色や金色に汚れる原因になります。
・水や汗・汚れは、早めに柔らかな布でふき取ってください。
・バンドのすき間の汚れは、水で洗い、柔らかな歯ブラシなどで取り除いてください。
(時計本体は水にぬれないように、台所用ラップなどで保護してください。)
残った水分は柔らかな布でふき取ってください。
・チタンバンドでも、ピン類には強度に優れたステンレスが使用されているものがあり、
ステンレスからさびが発生することがあります。
・さびが進行すると、ピンの飛び出しや抜けが発生し、時計を脱落させてしまうことが
あります。また、逆に中留が外れなくなることがあります。
・万が一、ピンが飛び出している場合は、けがをするおそれがありますので、ただちに
使用をやめて修理をご依頼ください。
●皮革バンド
・水や汗、直射日光に弱く、色落ちや劣化の原因になります。
・水がかかったときや汗をかいた後は、すぐに乾いた布などで、吸い取るように軽く
ふいてください。
・直接日光にあたる場所には放置しないでください。
・色の薄いバンドは、汚れが目立ちやすいので、ご使用の際はご注意ください。
・時計本体が日常生活用強化防水10(20)気圧防水になっているものでも、アクアフリー
バンド以外の皮革バンドは、水泳・水仕事などでのご使用はお控えください。
●ポリウレタンバンド
・光で色があせたり、溶剤や空気中の湿気などにより劣化する性質があります。
・特に半透明や白色・淡い色のバンドは、他の色を吸着しやすく、また変色をおこします。
・汚れたら水で洗い、乾いた布でよくふき取ってください。
(時計本体は水にぬれないように、台所用ラップなどで保護してください。)
・弾力性がなくなったら取り換えてください。そのまま使い続けるとひび割れが生じ
バンドが切れやすくなります。
かぶれやアレルギー
について
バンドによるかぶれは、金属や皮革が原因となるアレルギー反応や、汚れ、
もしくはバンドとのすれなどの不快感が原因となる場合など、いろいろな
発生原因があります。
バンドサイズの
めやすについて
バンドは多少余裕をもたせ、通気性をよくしてご使用ください。
時計をつけた状態で、指一本入る程度が適当です。
50
51
皮革バンド用三つ折れ式中留(なかどめ)の使いかた
皮革バンドには、調整可能な三つ折れ式中留を用いたものがあります。
お買い上げの時計の中留が、下記のいずれかにあてはまる場合は、
それぞれの操作方法を参照してください。
$
A タイプ → P.53
%
B タイプ → P.54
$
A タイプの使いかた
C タイプ → P.56
上箱の底板を下に開きます。
底板を閉めます。
底板(そこいた)
定革(ていかく)
遊革(ゆうかく)
&
バンドを定革、遊革から抜いて、中留を
開きます。
上箱(うわばこ)
ピンをアジャスト穴から外します。
バンドを左右にスライドさせ、適切な
長さのところで、ピンをアジャスト穴に
もう一度入れます。
ピン
※底板を押しこみ過ぎないようにしてください。
アジャスト穴
※中留を装着するときはバンド剣先(先端)を
定・遊革に入れてから、中留をしっかり留めてください。
52
53
%
・バンドの長さを調節するには
B タイプの使いかた
プッシュボタンを両側から押しながら
バンドを定革・遊革から抜いて、中留を
開きます。
上箱(うわばこ)
バンドの剣先(先端)を定革・遊革に
入れてから、上箱を上からしっかり
押さえて留めます。
もう一度プッシュボタンを押し、底板を
下に開きます。
底板(そこいた)
ピンをアジャスト穴から外します。バンドを
左右にスライドさせ、適切な長さのところ
で、ピンをアジャスト穴に入れます。
ピン
プッシュボタン
定革(ていかく)
遊革(ゆうかく)
プッシュボタン
定革(ていかく)
遊革(ゆうかく)
・着脱のしかた
プッシュボタンを両側から押しながら
バンドを定革・遊革から抜いて、中留を
開きます。 上箱(うわばこ)
底板を閉めます。
アジャスト穴
底板(そこいた)
54
55
&
ルミブライトについて
C タイプの使いかた
お買い上げの時計がルミブライトつきの場合
ルミブライトは、太陽光や照明のあかりを短時間(約10分間:500ルクス以上)で吸
収して蓄え、暗い中で長時間(約3時間∼5時間)発光します。光が当たらなくなってか
ら輝度(明るさ)は、時間の経過とともに弱まります。なお、光を蓄える際の光の強さや
光の吸収度合いとルミブライトの面積によって、発光する時間や見え方に差が生じます。
プッシュボタンを両側から押しながら
中留を開きます。
ピンをアジャスト穴から外します。
バンドを左右にスライドさせ、適切な
長さのところで、ピンをアジャスト穴に
入れます。上箱を押して、中留を留めます。
プッシュボタン
上箱(うわばこ)
アジャスト穴
ピン
56
※一般的には明るい所から暗い所へ入った場合、人の目はすぐには順応しません。初めはものが見にくいですが、時間の
経過と共に見やすくなってきます。(目の暗順応)
※ルミブライトは、放射能などの有害物質をまったく含んでいない環境・人に安全な蓄光(蓄えた光を放出する)塗料です。
<照度のめやすについて>
環 境
晴れ
太陽光
くもり
晴れ
屋内(昼間窓際)
くもり
雨
1m
照明
3m
(白色蛍光灯 40W の下で)
4m
明るさ(照度)のめやす
100,000 ルクス
10,000 ルクス
3,000 ルクス以上
1,000 ∼ 3,000 ルクス
1,000 ルクス以下
1,000 ルクス
500 ルクス(通常室内レベル)
250 ルクス
57
こんなときには
現象
考えられる原因
時計が止まった。
電池の容量がなくなった。
小秒針が 2 秒運針している。
電池寿命切れが近づいた。
時計が一時的に進む/遅れ
る。
お買い上げ店に、電池交換をご依頼ください。
暑いところ、または、寒いところへ放置した。
常温に戻れば元の精度に戻ります。時計を合わせ直してください。この時計は気温 5℃∼
35℃で腕につけたときに安定した時間精度が得られるように調整してあります。
磁気を発生するもののそばに置いた。
磁気を遠ざけると、元の精度に戻ります。時刻を合わせ直してください。元に戻らない場
合には、お買い上げ店にご相談ください。
落としたり強くぶつけたり、または激しいスポーツをした。
時計が強い振動が加えられた。
時刻を合わせ直してください。元に戻らない場合には、お買い上げ店にご相談ください。
ストップウオッチをリセット
磁気の影響を受けたか、強い衝撃や振動にさらされた。
しても針が 0 位置に戻らない。
モード針、センター針、および小時計の 2 つの針の0位置合わせしてください。そして、
時刻を合わせ直してください。「針位置合わせ」P.36 と「時刻モード」P.11 を参照。
ガラスのくもりが消えない。
パッキンの劣化などにより時計内部に水分が入った。
お買い上げ店に相談してください。
日中、日付が切り替わる。
時刻合わせが12時間ずれている。
12 時間針を進めて、時刻と日付を正しく合わせ直してください。
※その他の現象は、お買い上げ店にご相談ください。
58
使用電池・電池寿命・精度について
製品仕様
機種は裏ぶたでご確認いただけます。
1 水晶振動数 ······································ 32,768Hz
2 精度 ·················································· 平均月差±15秒(気温5℃∼35℃において腕につけた場合)
3 作動温度範囲 ·································· ‒10℃∼+60℃
4 駆動方式 ·········································· ステップモーター式:4個
5 表示内容
時刻機能
時、分、小秒針(1秒ステップ)
ヨットタイマー/タイマー機能 センター針:タイマー専用1分ステップと1秒ステップ(残り時
間が1分未満のとき)
小時計:1秒ステップ
ストップウオッチ
センター針:1/5秒ステップ
小時計(時針と分針):1分ステップ
アラーム
小時計:デイリーアラーム時刻
ローカルタイム
小時計:1分ステップ
6 電池 ·················································· 小型酸化銀電池SR927W:1個
7 電池寿命 ·········································· 約3年
ただし、ヨットタイマーを1週間に6時間、タイマーを1日に15
分、ストップウオッチを1日に60分、アラームを1日に40秒以
内の使用。
8 電子回路 ·········································· 発振、分周、駆動回路(C-MOS-IC):1個
(「P.43」をご覧ください)
型式番号の前4桁
機種(例
:7T84-0AC0)
使用電池
SR
電池
寿命
7T84
927W
約3年
精度
(平均
月差)
±15秒
○上記の電池寿命は新しく電池を入れたときのものです。
※ただし、ヨットタイマーを1週間に6時間、タイマーを1日に15分、ストップウオッチを1日に
60分、アラームを1日に40秒という基準を超えて使用すると、上記の期間に満たないうち
に電池寿命が切れる場合があります。
○お買い上げ時の電池は検査用のモニター電池ですので、上記期間より早く切れる事が
あります。
○秒針が2秒おきに動くのは、電池が切れる合図です。この場合でも時刻は正常です。
○精度は常温(5℃∼35℃)において腕につけた場合のものです。
○作動温度範囲は−10℃∼+60℃です。
60
このようにしてください
59
※上記の製品仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。
61
Thank you very much for choosing a SEIKO watch.
For proper and safe use of your SEIKO watch,
please read carefully the instructions in this
booklet before using“it”.
Keep this manual handy for easy reference.
※ Length adjustment service for metallic bands is available at the
retailer from whom the watch was purchased. If you cannot have your
watch repaired by the retailer from whom the watch was purchased
because you received the watch as a gift, or you moved to a distant
place, please contact SEIKO CUSTOMER SERVICE CENTER.
The service may also be available on a chargeable basis at other
retailers, however, some retailers may not undertake the service.
※The preinstalled battery is used to check the function and performance
of the watch. You will be charged for battery replacement even if the
battery runs down within the guarantee period.
※If your watch has a protective film for preventing scratches, make sure to
peel it off before using the watch. If the watch is used with the film on it, dirt,
sweat, dust, or moisture may be attached to the film and may cause rust.
HANDLING CAUTIONS
WARNING
To indicate the risks of serious consequences such as severe injuries unless the
following safety regulations are strictly observed.
・Immediately stop wearing the watch in following cases.
○ If the watch body or band becomes edged by corrosion etc.
○ If the pins protrude from the band
※ Immediately consult the retailer from whom the watch was purchased or SEIKO CUSTOMER SERVICE CENTER.
・Keep the watch and accessories out of the reach of babies and children.
Care should be taken to prevent a baby or a child accidentally swallowing the
accessories.
If a baby or a child swallows the battery or accessories, immediately consult a doctor,
as it will be harmful to the health of the baby or child.
・Do not remove the battery from the watch.
Replacement of the battery requires professional knowledge and skill. Please ask the
retailer from whom the watch was purchased for replacement of the battery.
Do not recharge the battery. Doing so can cause heat generation, bursting or ignition.
64
CAUTIONS
To indicate the risks of light injuries or material damages unless the following safety
regulations are strictly observed.
・Avoid wearing or storing the watch in the following places.
○ Places where volatile agents (cosmetics such as polish remover, bug repellent,
thinners etc.) are vaporizing
○ Places where the temperature drops below 5 °C or rises above 35 °C for a long time
○ Places of high humidity
○ Places affected by strong magnetism or static electricity
○ Dusty places
○ Places affected by strong vibrations
※ For watches with batteries, do not leave a dead battery in the battery compartment
for a long time as it may cause battery leakage.
・If you observe any allergic symptoms or skin irritation
Stop wearing the watch immediately and consult a specialist such as a dermatologist or an allergist.
・Other cautions
○ Replacement of the metal band requires professional knowledge and skill. Please ask the retailer from whom the watch
was purchased for replacement of the metal band, as there is a risk of hand or finger injury and fear of losing parts.
○ Do not disassemble or tamper with the watch.
○ Keep the watch out of the reach of babies and children. Extra care should be taken to avoid
risks of any injury or allergic rash or itching that may be caused when they touch the watch.
○ When disposing of used batteries, follow the instructions of your local authorities.
○ If your watch is of the fob or pendant type, the strap or chain attached to the watch
may damage your clothes, or injure the hand, neck, or other parts of your body.
65
CONTENTS
●●
〈HOW TO USE THE WATCH〉
FEATURES·····································································································
DISPLAY & BUTTONS ··············································································
CROWN ···········································································································
MODE CHANGE ···························································································
TIME MODE ···································································································
YACHT TIMER MODE ················································································
TIMER MODE ································································································
STOPWATCH MODE ··················································································
ALARM MODE ······························································································
LOCAL TIME MODE ···················································································
NECESSARY PROCEDURE AFTER BATTERY CHANGE(SYSTEM RESET)··········
HAND POSITION ADJUSTMENT ························································
68
69
70
71
73
76
85
87
90
95
97
98
〈TO PRESERVE THE QUALITY OF YOUR WATCH〉
AFTER SERVICE ·························································································
DAILY CARE ··································································································
WATER RESISTANCE ················································································
MAGNETIC RESISTANCE ········································································
BAND ···············································································································
SPECIAL CLASPS ······················································································
LUMIBRITE ····································································································
TROUBLESHOOTING ················································································
BATTERY CHANGE····················································································
SPECIFICATIONS ························································································
102
104
106
110
112
114
119
120
122
124
HOW TO USE THE WATCH
66
67
FEATURES
Center hand
Mode indicator
Minute hand
Hour hand
5
MODE SELECT
●The stopwatch can measure 12 hours in 1/5-second increments. When the
measurement reaches 12 hours, the stopwatch automatically stops.
CROWN
10
0
●Single time alarm: sounds only once at a designated alarm time within 12 hours.
Regular alarm: set to sound at a designated time everyday on a 12-hour basis.
●The time in another time zone area can be shown in 1-minute increments, offering a dual time display.
LOC
●The timer can be set to a maximum of 15 minutes in 1-minute increments.
A
0TMRCHR A
61
LM
●Yacht timer combines the functions of a count down timer and a stop watch that
starts operating automatically when the timer finishes counting down. This function is particularly useful in yacht racing. 5-, 6- & 10-minute preset timers are
available.
DISPLAY & BUTTONS
TIME
●Time is indicated by the hour, minute and small second hands.
15
6
Small second hand
2
a
b
5
B
Small watch
c
a: Normal position
b: First click
mode selection,
date setting
c: Second click
time setting,
hand position adjustment
※Some models may have a screw lock type crown. If your watch has a screw lock type
crown, refer to CROWN(→ P.70).
※The illustrations in the following sections of this manual may be simplified for the purpose
of explanation.
68
69
CROWN
MODE CHANGE
There are two types of crown, a normal crown and a screw-lock type crown.
Please check the type of the crown of your watch.
A
Normal crown
LOC
TIME
5
The
crown
turns.
Pull out the crown and operate it.
The crown
does not turn.
(It cannot be
turned any
further.)
CROWN
Pull out to first click.
0TMRCHR A
61
LM
While pressing
the crown
in, turn it in
the direction
indicated by
the arrow.
Mode indicator
Screw-lock type crown
A
Press to set the mode indicator pointing
at your desired mode.
CROWN
Upon completion of selecting the desired mode, push back in to normal position.
Unlock the crown before operating it. After operating the
crown, lock it.
Unscrew
While pressing the
crown in
Screw
※If your watch has a screw-lock type crown, the crown screws into the watch to prevent malfunction and increase water resistance.
※Be careful not to screw the crown in by force as it may damage the slots of the crown.
70
71
TIME MODE
With each press of button Ⓐ, the mode indicator turns in the following order to
show the selected mode.
TIME
TIME
TIME
LOC
LOC
LOC
LOC
TIME
5
0TMRCHR A
61
5
0TMRCHR A
61
5
0TMRCHR A
61
5
0TMRCHR A
61
LM
YACHT TIMER mode
(10-minute timer)
LM
YACHT TIMER mode
(6-minute timer)
LM
YACHT TIMER mode
(5-minute timer)
LM
TIME mode
5
TIME
5
TIME
5
TIME
5
TIME
5
TIME
MODE SELECT
LOC
TIMER mode
※While any one of the timers among 5-minute, 6-minute, 10-minue in the YACHT TIMER mode or
the timer in TIMER mode is measuring, you cannot use another timer at the same time. Therefore, the mode indicator will not move to indicate any other timer modes unless it is stopped.
72
LM
LOC
STOPWATCH mode
LM
LOC
LOC
LOC
ALARM mode
0TMRCHR A
61
0TMRCHR A
61
0TMRCHR A
61
LM
LM
LM
LOCAL TIME mode
0TMRCHR A
61
●How to set the time (main watch and small watch)
Small second hand
※When the mode changes to the TIME mode
from the LOCAL TIME mode, the mode indicator turns counterclockwise.
0TMRCHR A
61
●Time setting procedures include hand settings of the main watch and small
watch to the current time.
●The hands should be correctly aligned to the 0 position (initial position) before
starting to set the time. If they are not correctly aligned to the 0 position, it
is necessary to correct their alignment before setting the time. To correct the
hand alignment, refer to HAND POSITION ADJUSTMENT(→ P.98)
.
CROWN
Pull out to second click when the small
second hand is at the 12 o'clock position.
The small second hand will stop on the
spot.
※If the crown is pulled out while the timer or
stopwatch is measuring time, the measurement will be forcibly terminated and the
timer or the stopwatch will be reset.
73
Hour hand
Minute hand
CROWN
※The moment the date changes is midnight.
When setting the hour hand, be sure that
AM/PM is set correctly.
※While doing so, set the minute hand 4 to 5
minutes ahead of the correct time, and then
slowly move it back to the exact minute(s).
LOC
TIME
5
LM
0TMRCHR A
61
MODE SELECT
Turn to set the time of the main watch.
B
B
Small watch
CROWN
Press to set the time for the small watch.
With each press of button Ⓑ the small
watch hands will advance 1 minute.
Pressing and holding button Ⓑ will advance the small watch hands rapidly.
●How to set the date
◆Date setting should always be carried out after the time is correctly set.
◆Manual date adjustment is required on the first day after a month that has less
than 31 days: February, April, June, September and November.
CROWN
Pull out to first click.
CROWN
Turn clockwise to set the date.
CROWN
Push back in to normal position.
2
Upon completion of all settings, push
back in to normal position simultaneously
with a time signal.
※While you are setting the date, do not press either
button Ⓐ or Ⓑ, as pressing button Ⓐ or Ⓑ while
the crown is at the first click position can change
the mode and the settings in some modes.
※Do not set the date during any time between 9:00 P.M.
and 1:00 A.M. Date setting during this time period
may cause failure of date change on the following day.
74
75
YACHT TIMER MODE
◆Yacht timer combines the functions of a count down timer and a stop watch
that starts operating automatically when the timer finishes counting down. This
function is particularly useful in yacht racing.
●Yacht timer operation
Upon activating the yacht timer function, the selected yacht timer starts
counting down in 1-second increments.
The remaining time is indicated by the center hand and the two hands of the
small watch, which turn counterclockwise while the yacht timer is counting
down.
When the yacht timer finishes counting down, the beep will sound indicating
that time is up and the measurement is automatically switched to the stopwatch.
The stopwatch can measure 12 hours in 1-second increments. When the
measurement reaches 12 hours, the stopwatch automatically stops.
76
※The illustration below shows the operation of yacht timer using a 5-minute yacht timer
as an example.
Yacht timer starts
(button A)
5'00"
Yacht timer operation
Yacht timer
Elapsed time
Stopwatch automatically starts when the timer
finishes counting down.
Stopwatch
After 12 hours, the stopwatch
automatically stops.
※Only one yacht timer can be used at one time.
※You cannot change the selected timer while it is working.
To change the timer, it is necessary to stop the currently
working timer first, and then change to another.
※When the timer is changed to another timer, the previously
selected timer will be automatically cancelled.
77
LOC
5
TIME
LM
A
Press to set the mode indicator pointing
at your desired yacht timer.
Reset
Press to start the yacht timer.
※In a yacht race, start the yacht timer simultaneously with the warning signal.
※The operation method of the yacht timer is the
same as that of the timer in the TIMER mode.
<TIMER OPERATION>
A
A
START
STOP
B
RESET
※Yacht timer can be reset only when the timer is stopped.
78
●Automatic relay function of the stopwatch
◆When the yacht timer finishes counting down, the measurement is automatically switched to the stopwatch.
◆The stopwatch can measure 12 hours in 1-second increments. When the measurement reaches 12 hours, the stopwatch automatically stops.
◆Measured time is indicated by the center hand and the hour and minute hands of the small watch.
◆Split time measurement is possible.
●How to reset the yacht timer
To reset the yacht timer, it is necessary to stop the stopwatch.
While the STOPWATCH hands are moving
1.Press button Ⓐ to stop the stopwatch.
2.Press button Ⓑ to reset the yacht timer.
While the STOPWATCH hands are stopped
[When the stopwatch is stopped]
1.Press button Ⓑ to reset the yacht timer.
[When the split time measurement is displayed while the stopwatch is measuring.]
1.Press button Ⓑ to fast-forward the stopwatch hands. Subsequently the stopwatch hands return to the ongoing measurement movement.
2.Press button Ⓐ to stop the stopwatch.
3.Press button Ⓑ to reset the yacht timer.
[When the split time measurement is displayed and t he stopwatch is stopped.]
1.Press button Ⓑ to fast-forward the stopwatch hands. Subsequently the stopwatch hands will stop.
2.Press button Ⓑ to reset the stopwatch.
80
Center hand: 4 minutes
LOC
B
A
0TMRCHR A
61
LM
CROWN Push back in to normal position.
◆The center hand indicates the remaining minutes and the long hand of the small watch indicates the remaining seconds. When
the remaining time is shorter than 60 seconds, the center hand also begins to countdown in one second incerements.
Example:Display when the remaining time is 4 minutes and 35 seconds in a 5-minute
yacht timer measurement
5
A
0TMRCHR A
61
CROWN Pull out to first click.
Numbers on the outer circle indicates the remaining minutes of the timer.
0
10
Start/Stop
●How to read the yacht timer measurement
TIME
●How to use the yacht timer
15
6
Long hand of the small watch: 35 seconds
5
※The center hand and the two hands of the small watch turn counterclockwise while the yacht timer is counting down.
※When the yacht timer finishes counting down, the time up beep will sound.
※The short hand of the small watch also indicates the remaining minutes.
※The display of the yacht timer is the same with that of the timer in the TIMER mode.
79
YACHT TIMER-STOPWATCH OPERATIONAL FLOW
<STANDARD MEASUREMENT FOLLOWING YACHT TIMER>
Yacht timer finishes counting down.
A
Stopwatch automatically starts. STOP
B
RESET
<ACCUMULATED ELAPSED TIME MEASUREMENT FOLLOWING YACHT TIMER>
Yacht timer finishes counting down.
A
Stopwatch automatically starts. STOP
A
A
B
RESTART
STOP
RESET
※Restart and stop can be repeated as many times as required by pressing button A.
<SPLIT TIME MEASUREMENT FOLLOWING YACHT TIMER>
Yacht timer finishes counting down.
Stopwatch automatically starts.
B
SPLIT
B
SPLIT
RELEACE
A
B
STOP
RESET
※Measurement and release of the split times can be repeated as many times as
required by pressing button B.
<MEASUREMENT OF TWO COMPETING YACHTS>
Yacht timer finishes counting down.
B
Stopwatch automatically starts. FINISH TIME
A
2ND
COMPETITOR
OF 1ST
COMPETITOR FINISHES
B
B
FINISH TIME
OF 2ND
COMPETITOR
RESET
81
●Restart setting function
◆Yacht timer mode features a restart setting function, which enables you to
restart the measurement correctly and easily after an interruption during the
stopwatch measurement. This function is particularly useful when you have to
restart after a premature start in a yacht race.
◆The restart setting function can be used anytime while the stopwatch is measuring following the yacht timer counting.
◆Pressing button Ⓐ for approximately 2 seconds will activate the restart setting
function.
◆Restart of the measurement will be made at regular intervals from the initial
start of the measurement.
◆The intervals between the initial start of the measurement and the subsequent
restarts are automatically decided according to the selected yacht timer which
had finished its counting before the stopwatch had started.
Example:When the restart setting function is activated during the stopwatch
measurement after the 5-minute yacht timer finishes counting down,
and 4 minutes has elapsed since then.
Yacht timer starts.
(button A)
Keep pressing button A
for 2 seconds
(Timer restarts.)
Stopwatch starts.
Yacht timer operation
Timer
5'00" elapsed
Stopwatch restarts.
5'00" interval
5'00" interval
Stopwatch
4'00" elapsed
Elapsed time
5'00" interval
Timer
5'00" interval
Stopwatch
Timer starts from 1'00" to go.
※For the 5-minute yacht timer, restarts of the stopwatch occur at 5-minute intervals from the start of measurement.
※For the 6-minute or 10-minute yacht timer, restarts of the
stopwatch occur at 6-minute or 10-minute intervals respectively from the start of measurement.
82
83
TIMER MODE
◆For actual yacht racing, the restart setting function can be used in 5 minute yacht timer
measurements as follows:
<Example of use of the restart setting function in racing where the time from the warning
signal to start signal is defined as 5 minutes, and the time from the start signal to restart
signal is defined as 10 minutes>
Race proceedings Warning signal Start signal General recall signal Restart signal
<4 minutes after start>
<5 minutes prior to start>
Timer
5'00" elapsed
Elapsed time
5'00" interval
Stopwatch
7'30" elapsed
5'00"
interval
Timer
Stopwatch restarts.
Stopwatch
Timer starts
from 2'30" to go.
※The general recall signal is a signal issued when a number of yachts make false starts or violate
racing rules and the race committee is unable to identify or the starting procedures are incorrect.
※For detailed rules on yacht racing, check the appropriate racing rules of each race.
84
TIME
5
0TMRCHR A
61
LOC
5'00" interval
Yacht timer operation
A
Keep pressing button A
for 2 seconds
(Timer restarts.)
Stopwatch starts.
●How to use the timer
CROWN
LM
Yacht timer starts.
(button A)
◆The timer can be set to a maximum of 15 minutes in 1-minute increments.
◆The remaining time is indicated by the center hand and the two hands of the
small watch, which turn counterclockwise while the timer is counting down.
◆When the timer finishes counting down, the beep will sound indicating that the
time is up.
A
Press to set the mode indicator pointing
at the TIMER mode.
B
Press to set the center hand to show your
desired timer time.
B
※The numbers on the outer circle of the
dial indicated by the center hand shows
the timer time. (The short hand of the
small watch also indicates the timer time.)
Pull out to first click.
※With each press of button Ⓑ, the center hand moves one
minute forward, adding one minute to the timer time.
CROWN
Push back in to normal position.
Now the timer is ready for use.
85
STOPWATCH MODE
Example:Timer mode display when the timer is set for 4 minutes
※If you press button Ⓑ once again after the timer
time is set for 15 minutes, the timer time returns to
one minute.
※The set timer time will be retained even if the
TIMER mode is changed to another mode.
※The operation method of the timer is the same with that of the yacht timer. For details, refer to ● How to use the yacht timer(→ P.78)and ● How to read the yacht timer measurement(→ P.79)
.
※The automatic relay function of the stopwatch cannot be activated in the TIMER mode.
<TIMER OPERATION>
A
A
START
STOP
B
RESET
◆The stopwatch can measure up to 12 hours in 1/5-second increments. When
the measurement reaches 12 hours, the stopwatch automatically stops.
◆Measured time is indicated by the center hand and the two hands of the small watch.
◆Split time measurement is possible.
●How to reset the stopwatch
While the STOPWATCH hands are moving
1.Press button Ⓐ to stop the stopwatch.
2.Press button Ⓑ to reset the stopwatch.
While the STOPWATCH hands are stopped
[When the stopwatch is stopped]
1.Press button Ⓑ to reset the stopwatch.
[When the split time measurement is displayed while the stopwatch is measuring.]
1.Press button Ⓑ to release the split time display and return to the ongoing measurement movement.
2.Press button Ⓐ to stop the stopwatch
3.Press button Ⓑ to reset the stopwatch
[When the split time measurement is displayed and the stopwatch is stopped.]
1.Press button Ⓑ to release the split time display.
2.Press button Ⓑ to reset the stopwatch.
86
87
STOPWATCH OPERATION
<STANDARD MEASUREMENT>
A
START
A
STOP
B
STOPWATCH 1/5-second hand
RESET
When the mode returns to the stopwatch mode, all the STOPWATCH hands are
reset to the 0 position. However, before using it next time, make sure to press
Button Ⓐ and Ⓑ to test the operation of the stopwatch (START/STOP/RESET).
<ACCUMULATED ELAPSED TIME MEASUREMENT>
A
START
A
STOP
A
A
RESTART
B
STOP
RESET
※Restart and stop can be repeated as many times as required by pressing
button A.
※The stopwatch is designed to automatically stop when the measurement exceeds 12
hours. If this happens while the watch is in any other mode than the stopwatch mode, it is
necessary to carry out the above procedures.
<SPLIT TIME MEASUREMENT>
A
START
B
SPLIT
B
SPLIT
RELEACE
A
B
STOP
RESET
※Measurement and release of the split times can be repeated as many times
as required by pressing button B.
<MEASUREMENT OF TWO COMPETITORS>
A
START
88
B
A
2ND
FINISH TIME
COMPETITOR
OF 1ST
COMPETITOR FINISHES
B
B
FINISH TIME
OF 2ND
COMPETITOR
RESET
Important reminder:if the stopwatch measurement exceeds 12 hours while
the watch is in any other mode than the stopwatch mode,
make sure to carry out the following procedures.
STOPWATCH hour hand
STOPWATCH minute hand
89
ALARM MODE
●How to use the single-time alarm
◆The single-time alarm is used in the TIME mode.
◆The single-time alarm time can be set within 12 hours from the current time.
CROWN Pull out to first click.
A
LOC
TIME
5
0TMRCHR A
61
LM
<Single-time alarm>
The single-time alarm is set in the TIME mode.
The single-time alarm sounds only once at a designated alarm time and it is
automatically disengaged.
The alarm time can be set within 12 hours from the current time in 1-minute
increments.
<Regular alarm>
The regular alarm can be set to sound at a designated time everyday.
The regular alarm is set in the ALARM mode.
The set alarm time can be used as many times as required.
You can preview the alarm sound by using the sound demonstration function.
CROWN
B
Mode indicator
TIME(Time Mode)
ALM(Alarm Mode)
Single-time alarm
Settable
Unsettable
Regular alarm
OFF
ON
※The single-time alarm can be used only in the TIME mode.
A
B
Press to set the mode indicator pointing
at the TIME mode.
Push back in to normal position.
Press to set the small watch to show your
desired single-time alarm time.
※With each press of button Ⓑ the small watch hands will advance 1 minute.
Pressing and holding button Ⓑ will advance the small watch hands rapidly.
※The two hands of the small watch
show the single-time alarm time.
After completing the setting, wear the
watch as it is.
※If the alarm time is set to the current time, the single-time alarm is automatically canceled.
※Be careful not to press button Ⓑ while wearing the watch, as pressing button Ⓑ may advance the set alarm time.
※If you change the TIME mode to another, the single-time alarm will be automatically canceled.
90
91
※The single-time alarm will be automatically canceled once it sounds at the designated
time.
A
0TMRCHR A
61
LOC
Press button Ⓑ to change the single-time alarm setting.
Keep pressing button Ⓑ to fast-forward.
To cancel the single-time alarm, chose either of the following two methods.
Press button Ⓑ to set the alarm time to the current time. The easy way to do
this is to keep pressing button Ⓑ to fast-forward the small watch hands which
will automatically stop when they reach the current time, and then release the
button Ⓑ.
Change the TIME mode to another mode.
◆The regular alarm is used in the ALARM mode.
◆The regular alarm can be set on a 12-hour basis.
LM
●How to change or cancel the single-time alarm
●Regular alarm
5
The single-time alarm sounds for 20 seconds at the designated time. To stop
the single-time alarm manually while sounding, press either button Ⓐ or Ⓑ.
TIME
●How to stop the single-time alarm manually while sounding
CROWN
A
Press to set the mode indicator pointing
at the ALARM mode.
B
Press to set the small watch to show your
desired regular alarm time.
※With each press of button Ⓑ the small watch hands
will advance 1 minute. Pressing and holding button
Ⓑ will advance the small watch hands rapidly.
※The regular alarm can be set on a 12-hour basis.
B
※T he two hands of the small
watch show the regular alarm
time.
Pull out to first click.
CROWN
Upon completing the alarm setting, push
back in to normal position.
※If the crown remains at the first click, the alarm does not sound.
92
93
LOCAL TIME MODE
●How to stop the regular alarm manually while sounding
The regular alarm sounds for 20 seconds at the designated time. To stop the
regular alarm manually while sounding, press either button Ⓐ or Ⓑ.
◆The small watch can be set to show the time in another time zone.
◆Two different times can be shown at the same time using the main watch and the small watch as a dual time display.
●How to set the local time
●Sound demonstration function (Alarm sound preview)
5
TIME
0TMRCHR A
61
LM
LOC
A
B
Push back in to normal position.
Press for longer than 2 seconds. The
alarm sound can be heard while button Ⓐ
is kept pressed.
Pull out to first click.
Press to set the mode indicator pointing at
the LOCAL TIME mode.
※The small watch shows the current time.
5
CROWN
A
Press to set the mode indicator pointing
at the ALARM mode.
TIME
LOC
TIME
5
LM
A
Pull out to first click.
LOC
CROWN
CROWN
LM
A
0TMRCHR A
61
A
0TMRCHR A
61
B
Press to set the local time.
※With each press of button Ⓑ the local time
hands will advance 1 minute. Pressing and holding button Ⓑ will advance the local time hands
rapidly.
※The local time can be set on a 12-hour basis.
※The small watch shows the time in another time
zone.
94
95
NECESSARY PROCEDURE AFTER BATTERY CHANGE(SYSTEM RESET)
CROWN
LOC
5
TIME
LM
0TMRCHR A
61
Push back in to normal position.
After the battery is replaced with a new one, or when an abnormal display appears, follow
the procedures below to reset the built-in IC. The watch will resume its normal operation.
●HOW TO RESET THE IC
1. Pull out the crown to the second click.
2. Press button Ⓐ and Ⓑ at the same time.
3. Push the crown back in to normal position and check if the hands move as normal.
A
CROWN
B
※Resetting the IC will initialize the watch. Before starting to use the watch, it will be necessary to set the time and adjust the STOPWATCH hands to the 0 position.
.
Refer to HAND POSITION ADJUSTMENT(→ P.98)and TIME MODE sections of this manual(→ P.73)
96
97
HAND POSITION ADJUSTMENT
(mode indicator, center hand, hands of the small watch)
A
◆Hand position adjustment is a procedure required when the hands are not correctly aligned for use in the STOPWATCH or TIMER functions, or after the battery is changed or the built-in IC is reset. For example, when the hands are not
pointing to the 0 position even after the stopwatch is reset. After hand position
adjustment is carried out, it is necessary to set the time.
●How to adjust the positions of the mode indicator, center hand
and the hands of the small watch
CROWN
MODE SELECT
LOC
TIME
5
LM
0TMRCHR A
61
B
Small watch
Pull out to second click.
The small second hand will stop on the
spot.
A
※If the crown is pulled out while the timer or
stopwatch is measuring time, the measurement will be forcibly terminated and the
timer or the stopwatch will be reset.
B
A Keep pressing for approximately 5 seconds. The small watch hands start moving.
B Press to set the small watch hands to 12
o'clock, which is the initial position of the
small watch hands.
Keep pressing to fast-forward.
A Press to turn the center hand a full circle.
B Press to set the center hand to the 0 position.
Keep pressing to fast-forward.
Center hand
98
99
A
5
MODE SELECT
LOC
TIME
A Press to turn the mode indicator a full circle.
LM
0TMRCHR A
61
B
B
Mode indicator
Press to set the mode indicator pointing
at the TIME mode, which is the initial position of the mode indicator.
Keep pressing to fast-forward.
※Set the mode indicator exactly pointing at
the dot marker.
TO PRESERVE THE QUALITY OF YOUR WATCH
MODE SELECT
LOC
dot marker
TIME
5
LM
0TMRCHR A
61
Upon completion of all settings, push
back in to normal position.
※After hand position adjustment is carried out, it is necessary to set the time.
Refer to ● How to set the time(→ P.73)
.
100
101
AFTER SERVICE
●Notes on guarantee and repai r
・Contact the retailer from whom the watch was purchased or SEIKO
CUSTOMER SERVICE CENTER for repair or overhaul.
・Within the guarantee period, present the certificate of guarantee to
receive repair services.
・Guarantee coverage is provided in the certificate of guarantee. Read
carefully and retain it.
・For repair services after the guarantee period has expired, if the functions
of the watch can be restored by repair work, we will undertake repair
services upon request and payment.
●Replacement parts
・SEIKO makes it a policy to typically keep a stock of replacement parts for
this watch for 7 years. Replacement parts are those which are essential
to maintaining the functional integrity of the watch. Please keep in
mind that if original parts are not available, they may be replaced with
substitutes whose outward appearance may differ from the originals.
●Inspection and adjustment by disassembly and cleaning (overhaul)
・Periodic inspection and adjustment by disassembly and cleaning
(overhaul) is recommended approximately once every 3 to 4 years in order
to maintain optimal performance of the watch for a long time. According
to use conditions, the oil retaining condition of your watch mechanical
parts may deteriorate, abrasion of the parts due to contamination
of oil may advance or delay the time significantly, or the watch itself
may stop. As the parts such as gasket may deteriorate, waterresistant performance may be impaired due to intrusion of perspiration
and moisture. Please contact the retailer from whom the watch was
purchased for inspection and adjustment by disassembly and cleaning
(overhaul). For replacement of parts, please specify "SEIKO GENUINE
PARTS." When asking for inspection and adjustment by disassembly
and cleaning (overhaul), make sure that the gasket and push pin are also
replaced with new ones.
When your watch is inspected and adjusted by disassembly and cleaning
(overhauled), the movement of your watch may be replaced.
102
103
DAILY CARE
●The case back shows the caliber and performance of your watch
・Do not wash the watch when its crown is at the extended position.
・Wipe away moisture, sweat or dirt with a soft cloth
・After soaking the watch in seawater, be sure to wash the watch in clean pure
water and wipe it dry carefully.
※I f y o u r w a t c h i s r a t e d a s " N o n - w a t e r r e s i s t a n t " o r " w a t e r r e s i s t a n t f o r
Water resistant
performance
Refer to "Water
resistance"(→ P.106).
everyday life," do not wash the watch. Do not pour running water directly
from faucet onto the watch. Put some water into a bowl first, and them soak
the watch in the water to wash it.
・In order to prevent corrosion of the crown, turn the crown from time to time.
・The same practice should be applied to a screw-lock type crown.
Crown → P.70
104
7N01-0B40 R2 AG
Refer to "Magnetic
resistance"(→ P.110).
Caliber
Number
The number to identify
the type of your watch
A
W
●Turn the crown from time to time
WATER RESISTANT 10 BAR
R
Performance and type → P.105
Water resistance → P.106
Magnetic resistant performance
TE
R
0B
7 N R E S I S TA N T 1
01
G
A
-0B4
0 R2
A
●The watch requires good daily care
※The figure above is one example. Performance of your watch is different from above sample.
105
WATER RESISTANCE
Refer to the table below for the description of each degree
of water resistant performance of your watch before using.
(Refer to "P.105")
Indication on the case back
No indication
Water resistant performance
Non-water resistance
Condition of use
Avoid drops of water or sweat
The watch withstands accidental
contact with water in everyday life.
WARNING
Not suitable for
swimming
WATER RESISTANT
Water resistance for everyday life WATER RESISTANT
5 BAR
Water resistance for everyday life at
5 barometric pressures
The watch is suitable for sports such as swimming.
WATER RESISTANT
10(20)BAR
Water resistance for everyday life at
10(20) barometric pressures.
The watch is suitable for diving not using an air cylinder.
106
107
WARNING
Do not use the watch in scuba diving or
saturation diving.
Do not turn or pull out the crown when the
watch is wet.
The various tightened inspections under simulated harsh
environment, which are usually required for watches designed
for scuba diving or saturation diving, have not been conducted
on this watch. For diving, use special watches for diving.
※ If the inner surface of the glass is clouded with condensation or water
droplets appear inside of the watch for a long time, the water resistant
performance of the watch is deteriorated. Immediately consult the retailer from
whom the watch was purchased or SEIKO CUSTMER SERVICE CENTER .
CAUTION
Do not pour running water directly from faucet onto
the watch.
The water pressure of tap water from a faucet is high
enough to degrade the water resistant performance of a
water resistant watch for everyday life.
108
CAUTION
Water may get inside of the watch.
Do not leave moisture, sweat and dirt on the
watch for a long time.
Be aware of a risk that a water resistant watch may lessen its water
resistant performance because of deterioration of the adhesive on
the glass or gasket, or the development of rust on stainless steel.
Do not wear the watch while taking a bath or a sauna.
Steam, soap or some components of a hot spring may accelerate
the deterioration of water resistant performance of the watch.
109
MAGNETIC RESISTANCE
Examples of common magnetic products that may affect watches
Affected by nearby magnetism,
a watch may temporarily gain or lose time or stop operating.
Indication on the case back
No indication
Condition of use
Keep the watch more than 10 cm away from
magnetic products.
Keep the watch more than 5 cm away from
magnetic products. (JIS level-1 standard)
Cellular phone
(speaker)
AC adapter
Bag
(with magnet buckle)
AC-powered
shaver
Magnetic
cooking device
Portable radio
(speaker)
Magnetic
necklace
Magnetic
health pillow
Keep the watch more than 1 cm away from
magnetic products. (JIS level-2 standard)
If the watch becomes magnetized and its accuracy deteriorates to an extent exceeding the specified
rate under normal use, the watch needs to be demagnetized. In this case, you will be charged for
demagnetization and accuracy readjustment even if it happens within the guarantee period.
The reason why watch is affected by magnetism
The built-in motor is provided with a magnet, which may be influenced by a strong external magnetic field.
110
111
BAND
The band touches the skin directly and becomes dirty with sweat or dust.
Therefore, lack of care may accelerate deterioration of the band or cause
skin irritation or stain on the sleeve edge. The watch requires a lot of
attention for long usage.
●Metallic band
・Moisture, sweat or soil will cause rust even on a stainless steel band if they are left for a long time.
・Lack of care may cause a yellowish or gold stain on the lower sleeve edge of shirts.
・Wipe off moisture, sweat or soil with a soft cloth as soon as possible.
・To clean the soil around the joint gaps of the band, wipe it out in water and then brush it off with a
soft toothbrush.
(Protect the watch body from water splashes by wrapping it up in plastic wrap etc.)
・Because some titan bracelets use pins made of stainless steel, which has outstanding strength,
rust may form in the stainless steel parts.
・If rust advances, pins may poke out or drop out, and the watch case may fall off the bracelet, or the
clasp may not open.
・If a pin is poking out, personal injury may result. In such a case, refrain from using the watch and
request repair.
112
●Leather band
・A leather band is susceptible to discoloration and deterioration from moisture, sweat and direct sunlight.
・Wipe off moisture and sweat as soon as possible by gently blotting them up with a dry cloth.
・Do not expose the watch to direct sunlight for a long time.
・Please take care when wearing a watch with light-colored band, as dirt is likely to show up.
・Refrain from wearing a leather band watch other than Aqua Free bands while
bathing, swimming, and when working with water even if the watch itself is
water-resistant enforced for daily use(10- or 20-BAR water resistant)
.
●Polyurethane band
・A polyurethane band is susceptible to discoloration from light, and may be deteriorated by solvent or atmospheric humidity.
・Especially a translucent, white, or pale colored band easily adsorbs other colors, resulting in color smears or discoloration.
・Wash out dirt in water and clean it off with a dry cloth.
(Protect the watch body from water splashes by wrapping it up in plastic wrap etc.)
・When the band becomes less flexible, have the band replaced with a new one. If you continue
to use the band as it is, the band may develop cracks or become brittle over time.
Notes on skin
irritation and allergy
Skin irritation caused by a band has various reasons such as allergy to metals
or leathers, or skin reactions against friction on dust or the band itself.
Notes on the
length of the band
Adjust the band to allow a little clearance with your wrist to
ensure proper airfl ow. When wearing the watch, leave enough
room to insert a finger between the band and your wrist.
113
SPECIAL CLASPS
$
There are 3 type of special clasps as described below;
If the clasp of the watch you purchased is one of them,
please refer to the indications.
$
%
A Type → page 115
A Type
Open the flap.
Close the flap.
Flap
Fixed loop
Moveable loop
B Type → page 116
&
Lift up the clasp to release the
buckle.
Buckle
Take the pin out of the adjustment hole,
adjust the size of the strap by sliding it
back and forth, and then put the pin back
into the appropriate adjustment hole.
Pin
C Type → page 118
※Do not push the flap in too hand.
Adjustment hole
※When fastening the clasp, insert the tip of the band into the movable
loop and fixed loop, and then, securely tighten the clasp.
114
115
%
・How to adjust the length of the leather band
B Type
●●
While pressing the push button on the both sides of
the flap, pull the leather band out of the moveable
loop and fixed loop. Then open the clasp.
Press the push buttons again to
unfasten the flap.
Fasten the flap.
Buckle
While pressing the push button on the both sides
of the flap, pull the band out of the moveable lop
and fixed loop. Then open the clasp.
Buckle
Fixed loop
Moveable
loop
116
Push button
Push button
Fixed loop
Moveable
loop
・How to wear or take off the watch
Place the tip of the band into the moveable
loop and fixed loop, and fasten the clasp
by pressing the frame of the buckle.
Flap
Pull the pin out of a adjustment hole of the band.
Slide the band to adjust its length and find an
appropriate hole. Place the pin into the hole.
Pin
Adjustment hole
Flap
117
&
LUMIBRITE
C Type
If your watch has Lumibrite
While pressing the push button
on the both sides of the flap, lift
to open the clasp.
Push button
Pull the pins out of the adjustment
holes on the band. Slide the band
to the appropriate length. Place the
pins into the new holes on the band.
Fasten the buckle.
Lumibrite is a luminous paint that absorbs the light energy of the sunlight and lighting apparatus in a short time and stores it
to emit light in the dark.
For example, if exposed to a light of more than 500 lux for approximately 10 minutes, Lumibrite can emit light for 3 to 5 hours.
Please note, however, that, as Lumibrite emits the light it stores, the luminance level of the light decreases gradually over time.
The duration of the emitted light may also differ slightly depending on such factors as the brightness of the place where the
watch is exposed to light and the distance from the light source to the watch.
※In general, when coming from a place that is bright to a place that is dark, it takes human eyes some time to adapt to the
darkness making it difficult to see objects initially. (Dark adaptation)
※LumiBrite is luminous paint that stores and emits light, which is harmless to human beings and the environment, containing no
toxic materials such as radioactive substances.
Buckle
Adjustment hole
Condition
Sunlight
Indoor (Window-side
during daytime)
Pins
Lighting apparatus
(40-watt daylight
fluorescent light))
Fine weather
Cloudy weather
Fine weather
Cloudy weather
Rainy weather
Distance to the watch: 1 m
Distance to the watch: 3 m
Distance to the watch: 4 m
Illumination
100,000 lux
10,000 lux
more than 3,000 lux
1,000 to 3,000 lux
less than 1,000 lux
1,000 lux
500 lux (average room luminance)
250 lux
118
119
TROUBLESHOOTING
Trouble
Possible causes
The watch stops operating.
The battery has run down.
The small second hand moves
in 2-minute increments.
The battery nears its end.
The watch has been left or worn in extremely
high or low temperatures.
The watch temporarily
gains or loses time.
The STOPWATCH hands do not return to
the 0 position when the stopwatch is reset.
The inner surface of the
glass is clouded.
The date changes at 12 o’clock noon.
120
The watch has been left close to an object with a
strong magnetic field.
You drop the watch, hit it against a hard surface,
or wear it while playing active sports. The watch
is exposed to strong vibrations.
The watch has been aff ected by magnetism or
exposed to strong shocks or vibrations.
Moisture has entered the watch because the
gasket has deteriorated.
AM/PM is not properly set.
Solutions
Have the battery replaced with a new one immediately by the retailer from
whom the watch was purchased.
Return the watch to a normal temperature so that it works accurately as usual, and
then reset the time. The watch has been adjusted so that it works accurately when it
is worn on your wrist under a normal temperature range between 5 ºC and 35 ºC.
Correct this condition by moving and keeping the watch away from the magnetic source. If this
action does not correct the condition, contact the retailer from whom the watch was purchased.
Reset the time. If the watch does not return to its normal accuracy after
resetting the time, contact the retailer from whom the watch was purchased.
Adjust the positions of the mode indicator, center hand and two hands of the small watch, and then reset
the time. Follow the instructions in HAND POSITION ADJUSTMENT(→ P.98) and TIME MODE(→ P.73).
Contact the retailer from whom the watch was purchased.
Advance the hour hands for 12 hours to correctly set the time and date.
※In the event of any other problem, please contact the retailer from whom the watch was purchased.
121
BATTERY CHANGE
3
Years
The miniature battery which powers your watch should last approximately 3 years. However, because the battery is inserted at the factory to check the function and performance of the watch, its actual life
once in your possession may be less than the specified period. When
the battery expires, be sure to replace it as soon as possible to prevent any malfunction. For battery replacement, we recommend that
you contact an AUTHORIZED SEIKO DEALER and request SEIKO
SR927W battery.
※If the yacht timer is used more than 6 hours per week, the timer is used more
than 15 minutes per day, the stopwatch is used more than 60 minutes per day
and the alarm sounds more than 40 seconds per day, the battery life may be
less than the specified period.
●Battery life indicator
When the battery nears its end, the small second hand moves at two-second
intervals instead of normal one-second intervals. In that case, have the battery
replaced with a new one as soon as possible.
※The watch remains accurate while the small second hand is moving at two-second
intervals.
WARNING
●Do not remove the battery from the watch.
●If it is necessary to take out the battery, keep it out of the reach of children. If a
child swallows it, consult a doctor immediately.
CAUTION
●Never short-circuit, tamper with or heat the battery, and never expose it to fire. The
battery may burst, become very hot or catch fire.
●The battery is not rechargeable. Never attempt to recharge it, as this may cause
battery leakage or damage to the battery.
122
123
SPECIFICATIONS
1 Frequency of crystal oscillator ······32,768 Hz (Hz = Hertz...Cycles per second)
2 Loss/gain (Monthly rate) ·················· Less than 15 seconds when used on the wrist within normal temperature range (5 ºC ~35 ºC)
3 Operational temperature range ·····Between ‒10 ºC and +60 ºC
4 Driving system ······································Step motor 4 pieces
5 Display system
Time ························································· Hour, minute and small second hands in 1-second increments
Yacht timer/Timer ·····························Center hand: 1-minute and 1-second increments
(when the remaining time is less than 1 minute) exclusively for timer
Small watch: 1-second increments
Stopwatch ·············································Center hand: 1/5-second increments
Small watch (hour and minute hands): 1-minute increments
Alarm ·······················································Small watch : Regular alarm time
Local time ··············································Small watch : Local time in 1-minute increments
6 Battery ·····················································SEIKO SR927W, 1 piece
7 Battery life ··············································Approximately 3 years
If the yacht timer is used less than 6 hours per week, the timer is used
less than 15 minutes per day, the stopwatch is used less than 60 minutes per day and the alarm sounds less than 40 seconds per day.
8 IC (Integrated Circuit) ························C-MOS-IC: 1 piece
※The specifications are subject to change without prior notice for product improvements.
124
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising