JP1/Automatic Job Management System 3 構築 ガイド 手引・文法・操作書 3021-3-B15-01

JP1/Automatic Job Management System 3 構築 ガイド 手引・文法・操作書 3021-3-B15-01
JP1 Version 11
JP1/Automatic Job Management System 3 構築
ガイド
手引・文法・操作書
3021-3-B15-01
前書き
■ 対象製品
適用 OS のバージョン,JP1/Automatic Job Management System 3 が前提とするサービスパックや
パッチなどの詳細については,リリースノートで確認してください。
●JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager(適用 OS:Windows)
P-2A12-3KBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager 11-00
製品構成一覧および内訳形名
P-CC2A12-4KBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager 11-00(適用 OS:
Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2,Windows Server 2008 R2)
P-CC2912-39BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Web Console 11-00(適用 OS:
Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2,Windows Server 2008 R2)
P-CC8212-39BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Web Console 11-00(適用 OS:
Linux 6.1(x64)以降,Linux 7.1,Oracle Linux 6(x64),Oracle Linux 7,SUSE Linux 12,
CentOS 6(x64),CentOS 7)
P-CC2A12-3NBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Print Option Manager 11-00(適用
OS:Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2,Windows Server 2008 R2)
●JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager(適用 OS:HP-UX)
P-1J12-3KBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager 11-00
製品構成一覧および内訳形名
P-CC1J12-4KBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager 11-00(適用 OS:HP-UX
(IPF))
P-CC2912-39BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Web Console 11-00(適用 OS:
Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2,Windows Server 2008 R2)
P-CC8212-39BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Web Console 11-00(適用 OS:
Linux 6.1(x64)以降,Linux 7.1,Oracle Linux 6(x64),Oracle Linux 7,SUSE Linux 12,
CentOS 6(x64),CentOS 7)
P-CC1J12-3NBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Print Option Manager 11-00(適用
OS:HP-UX(IPF))
●JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager(適用 OS:Solaris)
P-9D12-3KBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager 11-00
製品構成一覧および内訳形名
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
2
P-CC9D12-4KBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager 11-00(適用 OS:Solaris
11(SPARC),Solaris 10(SPARC))
P-CC2912-39BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Web Console 11-00(適用 OS:
Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2,Windows Server 2008 R2)
P-CC8212-39BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Web Console 11-00(適用 OS:
Linux 6.1(x64)以降,Linux 7.1,Oracle Linux 6(x64),Oracle Linux 7,SUSE Linux 12,
CentOS 6(x64),CentOS 7)
P-CC9D12-3NBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Print Option Manager 11-00(適
用 OS:Solaris 11(SPARC),Solaris 10(SPARC))
●JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager(適用 OS:AIX)
P-1M12-3KBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager 11-00
製品構成一覧および内訳形名
P-CC1M12-4KBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager 11-00(適用 OS:AIX)
P-CC2912-39BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Web Console 11-00(適用 OS:
Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2,Windows Server 2008 R2)
P-CC8212-39BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Web Console 11-00(適用 OS:
Linux 6.1(x64)以降,Linux 7.1,Oracle Linux 6(x64),Oracle Linux 7,SUSE Linux 12,
CentOS 6(x64),CentOS 7)
P-CC1M12-3NBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Print Option Manager 11-00(適
用 OS:AIX)
●JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager(適用 OS:Linux)
P-8112-3KBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager 11-00
製品構成一覧および内訳形名
P-CC8112-4KBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager 11-00(適用 OS:Linux
6.1(x86)以降,Linux 6.1(x64)以降,Linux 7.1,Oracle Linux 6(x64)
,Oracle Linux 7,SUSE
Linux 12,CentOS 6(x64),CentOS 7)
P-CC2912-39BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Web Console 11-00(適用 OS:
Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2,Windows Server 2008 R2)
P-CC8212-39BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Web Console 11-00(適用 OS:
Linux 6.1(x64)以降,Linux 7.1,Oracle Linux 6(x64),Oracle Linux 7,SUSE Linux 12,
CentOS 6(x64),CentOS 7)
P-CC8112-3NBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Print Option Manager 11-00(適用
OS:Linux 6.1(x86)以降,Linux 6.1(x64)以降,Linux 7.1,Oracle Linux 6(x64),Oracle
Linux 7,SUSE Linux 12,CentOS 6(x64),CentOS 7)
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
3
●JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent(適用 OS:Windows Server 2012,
Windows Server 2012 R2,Windows Server 2008 R2)
P-2A12-33BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent 11-00
●JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent(適用 OS:HP-UX(IPF))
P-1J12-33BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent 11-00
●JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent(適用 OS:Solaris 11(SPARC),Solaris
10(SPARC))
P-9D12-33BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent 11-00
●JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent(適用 OS:AIX)
P-1M12-33BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent 11-00
●JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent(適用 OS:Linux 6.1(x86)以降,Linux
6.1(x64)以降,Linux 7.1,Oracle Linux 6(x64),Oracle Linux 7,SUSE Linux 12,CentOS 6
(x64),CentOS 7)
P-8112-33BL JP1/Automatic Job Management System 3 - Agent 11-00
●JP1/Automatic Job Management System 3 - View(適用 OS:Windows)
P-2A12-34BL JP1/Automatic Job Management System 3 - View 11-00
製品構成一覧および内訳形名
P-CC2A12-44BL JP1/Automatic Job Management System 3 - View 11-00(適用 OS:Windows
10,Windows 8.1,Windows 8,Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2,Windows
7,Windows Server 2008 R2)
P-CC2A12-3MBL JP1/Automatic Job Management System 3 - Print Option 11-00(適用 OS:
Windows 10,Windows 8.1,Windows 8,Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2,
Windows 7,Windows Server 2008 R2)
●JP1/Base(適用 OS:Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2,Windows Server
2008 R2)
P-2A2C-6LBL JP1/Base 11-00
●JP1/Base(適用 OS:HP-UX(IPF))
P-1J2C-6LBL JP1/Base 11-00
●JP1/Base(適用 OS:Solaris 11(SPARC),Solaris 10(SPARC))
P-9D2C-6LBL JP1/Base 11-00
●JP1/Base(適用 OS:AIX)
P-1M2C-6LBL JP1/Base 11-00
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
4
●JP1/Base(適用 OS:Linux 6.1(x86)以降,Linux 6.1(x64)以降,Linux 7.1,Oracle Linux 6
(x64),Oracle Linux 7,SUSE Linux 12,CentOS 6(x64),CentOS 7)
P-812C-6LBL JP1/Base 11-00
■ 輸出時の注意
本製品を輸出される場合には、外国為替及び外国貿易法の規制並びに米国輸出管理規則など外国の輸出関
連法規をご確認の上、必要な手続きをお取りください。
なお、不明な場合は、弊社担当営業にお問い合わせください。
■ 商標類
HITACHI,Cosminexus,Groupmax,HiRDB,HITSENSER,JP1,OpenTP1,uCosminexus は,
(株)日立製作所の商標または登録商標です。
Active Directory は,米国 Microsoft Corporation の,米国およびその他の国における登録商標または
商標です。
HP NonStop Server は,Hewlett-Packard Development Company, L.P.の商標です。
IBM,AIX は,世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標で
す。
IBM,AS/400 は,世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商
標です。
IBM,MQSeries は,世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の
商標です。
IBM,MVS は,世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標で
す。
Itanium は,アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
Linux は,Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
Microsoft Exchange Server は,米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商
標または商標です。
Microsoft Office および Excel は,米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録
商標または商標です。
Microsoft Office および Outlook は,米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登
録商標または商標です。
Microsoft および Excel は,米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標ま
たは商標です。
Microsoft および Outlook は,米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標
または商標です。
Microsoft および SQL Server は,米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商
標または商標です。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
5
Microsoft および Windows Server は,米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における
登録商標または商標です。
Oracle と Java は,Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録
商標です。
Pentium は,アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
Red Hat は,米国およびその他の国で Red Hat, Inc. の登録商標もしくは商標です。
RSA および BSAFE は,米国 EMC コーポレーションの米国およびその他の国における商標または登録商
標です。
SAP,R/3,および本文書に記載されたその他の SAP 製品,サービス,ならびにそれぞれのロゴは,ド
イツおよびその他の国々における SAP AG の商標または登録商標です。
SUSE は,米国およびその他の国における SUSE LLC の登録商標または商標です。
UNIX は,The Open Group の米国ならびに他の国における登録商標です。
Windows および Internet Explorer は,米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における
登録商標または商標です。
すべての SPARC 商標は,米国 SPARC International, Inc. のライセンスを受けて使用している同社の米
国およびその他の国における商標または登録商標です。
SPARC 商標がついた製品は,米国 Sun Microsystems, Inc. が開発したアーキテクチャに基づくものです。
Windows は,米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他記載の会社名,製品名は,それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
プログラムプロダクト「P-9D12-3KBL,P-9D12-33BL,P-9D2C-6LBL」には,Oracle Corporation
またはその子会社,関連会社が著作権を有している部分が含まれています。
プログラムプロダクト「P-9D12-3KBL,P-9D12-33BL,P-9D2C-6LBL」には,UNIX System
Laboratories, Inc.が著作権を有している部分が含まれています。
本製品は,米国 EMC コーポレーションの RSA BSAFE(R)ソフトウェアを搭載しています。
This product includes software developed by the Apache Software Foundation (http://
www.apache.org/).
Portions of this software were originally based on the following:
- software copyright (c) 1999, IBM Corporation., http://www.ibm.com.
This product includes software developed by Ben Laurie for use in the Apache-SSL HTTP server
project.
This product includes software developed by IAIK of Graz University of Technology.
This product includes software developed by Daisuke Okajima and Kohsuke Kawaguchi (http://
relaxngcc.sf.net/).
Portions of this software were developed at the National Center for Supercomputing Applications
(NCSA) at the University of Illinois at Urbana-Champaign.
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
6
This product includes software developed by the University of California, Berkeley and its
contributors.
This software contains code derived from the RSA Data Security Inc. MD5 Message-Digest
Algorithm, including various modifications by Spyglass Inc., Carnegie Mellon University, and Bell
Communications Research, Inc (Bellcore).
Regular expression support is provided by the PCRE library package, which is open source
software, written by Philip Hazel, and copyright by the University of Cambridge, England. The
original software is available from ftp://ftp.csx.cam.ac.uk/pub/software/programming/pcre/
This product includes software developed by Ralf S. Engelschall <[email protected]> for use
in the mod_ssl project (http://www.modssl.org/).
This product includes software developed by the Java Apache Project for use in the Apache JServ
servlet engine project (http://java.apache.org/).
This product includes software developed by Andy Clark.
■ マイクロソフト製品の表記について
このマニュアルでは,マイクロソフト製品の名称を次のように表記しています。
表記
製品名
Excel
Microsoft(R) Excel
Microsoft(R) Office Excel
Exchange Server
Microsoft(R) Exchange 2000 Enterprise
Server
Microsoft(R) Exchange 2000 Server
Microsoft(R) Exchange Server
IE
Internet Explorer
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
Microsoft(R) Internet Explorer(R)
7
表記
IE
製品名
Internet Explorer
Microsoft SQL Server
Windows(R) Internet Explorer(R)
Microsoft(R) SQL Server
Microsoft(R) SQL Server Enterprise Edition
MSCS
Microsoft(R) Cluster Server
MSMQ
Microsoft(R) Message Queue Server
Outlook
Outlook 2007
Microsoft(R) Office Outlook(R) 2007
Outlook 2010
Microsoft(R) Office Outlook(R) 2010
Outlook 2013
Microsoft(R) Office Outlook(R) 2013
Outlook Express
Microsoft(R) Outlook(R) Express
Windows 10
Windows(R) 10 Enterprise
Windows(R) 10 Pro
Windows 7
Microsoft(R) Windows(R) 7 Enterprise
Microsoft(R) Windows(R) 7 Professional
Microsoft(R) Windows(R) 7 Ultimate
Windows 8
Windows(R) 8 Enterprise
Windows(R) 8 Pro
Windows 8.1
Windows(R) 8.1 Enterprise
Windows(R) 8.1 Pro
Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 R2
Datacenter
Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 R2
Enterprise
Microsoft(R) Windows Server(R) 2008 R2
Standard
Windows Server 2012
Windows Server 2012
Microsoft(R) Windows Server(R) 2012
Datacenter
Microsoft(R) Windows Server(R) 2012
Standard
Windows Server 2012 R2
Microsoft(R) Windows Server(R) 2012 R2
Datacenter
Microsoft(R) Windows Server(R) 2012 R2
Standard
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
8
Windows 10,Windows 8.1,Windows 8,Windows Server 2012,Windows 7,および
Windows Server 2008 を総称して Windows と表記することがあります。
■ 発行
2016 年 1 月 3021-3-B15-01
■ 著作権
Copyright (C) 2016, Hitachi, Ltd.
Copyright (C) 2016, Hitachi Solutions, Ltd.
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
9
はじめに
このマニュアルは,JP1/Automatic Job Management System 3(以降,JP1/AJS3 と省略します)の
インストールおよびセットアップの方法を説明したものです。
■ 対象読者
このマニュアルは次の方にお読みいただくことを前提に説明しています。
• JP1/AJS3 を使ったジョブの自動運転システムを運用しようと考えている方,または運用するために
設計する方
• JP1/AJS3 を使ったジョブの自動運転システムを運用する方
■ マニュアルの構成
このマニュアルは,次に示す編から構成されています。
第 1 編 Windows ホスト編
Windows ホストでの JP1/AJS3 のインストールとセットアップについて説明しています。
第 2 編 UNIX ホスト編
UNIX ホストでの JP1/AJS3 のインストールとセットアップについて説明しています。
第 3 編 環境設定パラメーター編
環境設定パラメーターの記載形式や,システム管理,スケジューラーサービスなどの環境設定
について説明しています。
第 4 編 運用に応じたセットアップ編
運用方法に応じた機能のセットアップ,および JP1/AJS3 をインストールまたはセットアップ
したあとの仮想マシンの複製手順について説明しています。
■ JP1/AJS3 のマニュアル体系とマニュアルの使い分けについて
JP1/AJS3 のマニュアルは,11 冊に分かれています。各マニュアルは,主に次の内容について記載してい
ます。
項番
マニュアル名
1
基本ガイド
記載内容
• JP1/AJS3 の基本的な操作
(3021-3-B11)
2
導入ガイド
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
• JP1/AJS3 の特長
10
項番
2
3
マニュアル名
(3021-3-B12)
設計ガイド(システム構築編)
(3021-3-B13)
4
設計ガイド(業務設計編)
(3021-3-B14)
5
構築ガイド
(3021-3-B15)
記載内容
• 各機能の解説
• システムの設計時に検討する内容
• システム設計時の注意事項
• ジョブやジョブネットの構築のために検討する内容
• ジョブやジョブネット設計時の注意事項
• インストール・セットアップの操作手順
• 環境設定の手順
• 環境設定パラメーターの説明
• 運用に応じた機能のセットアップ方法
6
運用ガイド
(3021-3-B16)
7
トラブルシューティング
(3021-3-B17)
8
操作ガイド
(3021-3-B18)
9
コマンドリファレンス
(3021-3-B19)
• システムの運用時に知っておくべき情報
• JP1/AJS3 の運用に役立つノウハウ
• 障害が発生したときの対処方法
• 障害が発生したときに必要な資料
• JP1/AJS3 - View の操作方法
• 画面,ダイアログボックスの説明
• コマンドの文法
• 情報定義ファイルの文法と記述例
• API の詳細と文法
10
連携ガイド
• 他製品と連携して実現する機能の解説およびセットアップ
(3021-3-B20)
11
メッセージ
• JP1/AJS3 が出力するメッセージ
(3021-3-B21)
「基本ガイド」は,「JP1 Version 11 ジョブ管理 基本ガイド(ジョブスケジューラー編)」を指します。
それ以外のマニュアル名称は,「JP1 Version 11 JP1/Automatic Job Management System 3」を省略
しています。
各マニュアルは,利用目的に合わせて次のようにお読みください。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
11
利用目的
JP1/AJS3 の基本的な操作を体験したい。
必ず読むマニュアル
• 基本ガイド
(3021-3-B11)
JP1/AJS3 の機能について知りたい。
• 導入ガイド
(3021-3-B12)
ジョブの自動運転システムを構築したい(インストール,セッ
トアップなど)。
• 設計ガイド(システム構築
編)
(3021-3-B13)
必要に応じて読むマニュ
アル
• 操作ガイド
(3021-3-B18)
• 連携ガイド
(3021-3-B20)
• 連携ガイド
(3021-3-B20)
• 構築ガイド
(3021-3-B15)
自動化する業務を設計したい(ジョブ定義,スケジュール定
義など)。
• 設計ガイド(業務設計編)
運転中のシステムの監視やメンテナンス方法について知りた
い。
• 運用ガイド
(3021-3-B14)
(3021-3-B16)
• 操作ガイド
(3021-3-B18)
• トラブルシューティング
(3021-3-B17)
• メッセージ
(3021-3-B21)
運用中のトラブルの対処方法について知りたい。
• トラブルシューティング
(3021-3-B17)
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
• メッセージ
(3021-3-B21)
12
利用目的
JP1/AJS3 の操作方法について知りたい。
必ず読むマニュアル
• 操作ガイド
(3021-3-B18)
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
必要に応じて読むマニュ
アル
• コマンドリファレンス
(3021-3-B19)
13
目次
前書き
はじめに
2
10
第 1 編 Windows ホスト編
1
システム構成の種類とセットアップの手順 27
1.1
JP1/AJS3 のセットアップ手順の概要
28
1.1.1
JP1/AJS3 - Manager と JP1/AJS3 - View でシステムを構築する場合のセットアップ手順
1.1.2
1 台の JP1/AJS3 - Manager ホストを使ったマネージャー・エージェント構成にする場合の
セットアップ手順 29
1.1.3
複数の JP1/AJS3 - Manager を使ったマネージャー・エージェント構成にする場合のセット
アップ手順 30
2
インストール 32
2.1
JP1/AJS3 シリーズプログラムのインストール前に必要な作業
2.1.1
JP1/Base をインストールする
2.2
JP1/AJS3 シリーズプログラムのインストール
2.2.1
インストール時の注意事項
2.2.2
JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストールする
3
セットアップ 48
3.1.1
JP1/Base のセットアップ
3.1.2
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ
3.2
JP1/AJS3 - Agent で必要なセットアップ
3.2.1
JP1/Base のセットアップ
3.2.2
JP1/AJS3 - Agent のセットアップ
3.3
JP1/AJS3 - View で必要なセットアップ
3.4
JP1/AJS3 - Web Console を使用する場合に必要なセットアップ
3.4.1
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ
3.4.2
JP1/AJS3 - Web Console のセットアップ
3.4.3
環境設定ファイル(ajs3web.conf)の設定項目の詳細
3.4.4
通信設定ファイル(ajscd_ajs3web.properties)の設定項目の詳細
3.4.5
Web サーバ定義ファイル(httpsd.conf)の設定項目の詳細
3.4.6
J2EE サーバ用ユーザープロパティファイル(usrconf.properties)の設定項目の詳細
3.4.7
ワーカー定義ファイル(workers.properties)の設定項目の詳細
3.1
28
33
33
34
34
JP1/AJS3 - Manager で必要なセットアップ
37
49
49
60
62
62
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
64
66
67
67
70
72
80
84
87
89
14
3.4.8
Web ブラウザーの設定
90
3.5
システムおよびユーザー環境で必要なセットアップ
3.5.1
トレースログファイルの拡張
3.5.2
通信環境の設定
3.5.3
IPv6 アドレスで通信するための設定
3.6
バージョンアップ時に必要なセットアップ
3.6.1
組み込み DB の管理機能を強化するための設定
3.6.2
組み込み DB のデータ領域の使用量を削減するための設定
4
環境設定 104
91
91
94
94
99
99
102
4.1
実行エージェントの設定
4.1.1
実行エージェントの設定手順
105
4.2
環境設定パラメーターの設定
107
4.2.1
jajs_config コマンドを使用した環境設定パラメーターの設定手順
4.2.2
jbssetcnf コマンドを使用した環境設定パラメーターの設定手順
5
JP1/AJS3 - View の環境設定 110
6
運用形態に合わせた各種設定 112
6.1.1
スケジューラーサービスの多重起動の設定
6.1.2
スケジューラーサービスの統合トレースログ出力レベルの変更
6.1.3
ネストジョブネット定義パラメーター出力時のスケジュールルールの出力方法の変更
6.1.4
スケジューラートレースログファイルの名称変更
6.1.5
サスペンド機能の設定
6.1.6
登録解除や保存世代数管理による世代削除処理方式の変更
6.1.7
待ち合わせ条件を使用するための設定
6.1.8
一時変更の操作管理機能を使用するための設定
6.1.9
JP1/AJS3 - View でアクセス権限のないスケジューラーサービスの表示を抑止する設定
6.1.10
スケジューラーサービスの同時接続数を制限する設定
6.2
ジョブ実行制御に関する各種設定
6.2.1
ジョブ実行時のワークパスを変数として定義する
6.2.2
転送元ファイルの検索パスを定義する
6.2.3
エージェント自動定義機能で作成される実行エージェントまたはエージェントの属性値をカス
タマイズする設定 136
6.2.4
ジョブの標準出力と標準エラー出力を同時に確認する設定
6.2.5
ジョブの結果ファイルの再送間隔・再送回数の変更
6.2.6
ジョブの結果ファイルの二重受信防止の設定
6.2.7
ファイル受信制限をするための設定
5.1
6.1
105
JP1/AJS3 - View の環境設定を変更する手順
スケジューラー制御に関する各種設定
107
108
111
113
113
120
121
122
123
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
124
127
128
129
130
132
132
134
138
138
140
141
15
6.2.8
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ間隔・回数の変更
6.2.9
ジョブを配信するエージェントホストの決定方式の設定
6.2.10
マクロ変数の展開失敗時の動作の設定
6.2.11
マクロ変数の引き継ぎ情報が NULL 文字列の場合の置き換え方法の設定
6.2.12
エージェントの障害回復待ち時間を短縮する設定方法
6.2.13
ジョブ実行多重度到達を確認するメッセージを出力する設定
6.2.14
ジョブ実行制御のマネージャープロセスに対する通信タイムアウト時間の変更
6.2.15
ジョブをロングファイル名で実行するための設定
6.2.16
ユーザープロファイルを必要とするジョブを実行するための設定
6.2.17
ジョブ実行時にアクセストークンを再利用するための設定
6.2.18
拡張子が 4 バイト以上の実行ファイルのジョブを実行するための設定
6.2.19
ジョブ実行時のログオンリトライを変更する設定
6.2.20
通信障害時に実行中のジョブをすべて終了状態にする設定方法
6.2.21
システム環境変数とジョブ定義の環境変数が重複した場合にジョブ定義の環境変数を有効にす
るための設定 169
6.2.22
UAC 機能有効時に Administrators 権限でジョブを実行するための設定
6.2.23
従属ユニットを再実行するための設定
6.2.24
ジョブの結果ファイル転送失敗時の動作の設定
6.2.25
引き継ぎ情報設定ジョブで先行ジョブの戻り値を使用するための設定
6.2.26
ジョブが出力したデータが結果ファイルに出力されないことを防止するための設定
6.2.27
ファイル送信制限をするための設定
6.3
イベント・アクション制御に関する各種設定
6.3.1
イベントジョブのログサイズの設定の変更
6.3.2
イベント順序保証オプションの設定
6.3.3
ファイル監視ジョブの状態引き継ぎオプションの設定
6.3.4
「"(ダブルクォーテーションマーク)
」を含むデータをイベントジョブの引き継ぎ情報に使用
するための設定 188
6.3.5
イベントジョブを使用した DNS 運用時に FQDN 形式で運用するための設定
6.3.6
JP1/AJS3 のサービスが停止してもイベントジョブの実行を継続させる設定
6.3.7
イベント・アクション制御エージェント起動通知の送信に失敗した場合に再送を行う設定
6.3.8
エージェントホスト名の名前解決オプションの設定方法
6.3.9
イベント・アクション制御のプロセス間通信でのデータ到着待ちタイムアウト化オプションの
設定方法 196
6.3.10
閉塞状態のイベントジョブを監視する期間の設定
6.3.11
イベントジョブ実行時に使用する通信の送信バインド方式を設定する
6.3.12
未通知情報の再送間隔を一定間隔にする設定
6.3.13
未通知情報の再送間隔・再送回数の変更
6.3.14
イベント・アクション制御マネージャー,イベント・アクション制御エージェント間の通信接
続タイムアウト時間の設定 206
6.3.15
イベント・アクション制御の通信に関する環境設定パラメーター
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
145
149
150
151
153
154
157
158
160
162
163
166
168
171
174
175
177
179
181
184
184
185
186
190
191
193
195
197
199
201
203
207
16
6.3.16
イベントジョブを実行する場合のマネージャーホスト名を固定化する設定
6.3.17
ラージファイルを監視するための設定
6.3.18
DNS を使ったシステムでのイベントサーバ名の設定
6.3.19
名前解決に使用するエージェント情報の変更オプションの設定方法
6.4
キューレスジョブ実行制御に関する各種設定
6.4.1
キューレスジョブ環境でクラスを指定したジョブを実行するための設定
6.4.2
キューレスジョブ環境でユーザープロファイルを必要とするジョブを実行するための設定
6.4.3
キューレスジョブが戻り値 128 で異常検出終了となる問題を回避するための設定
6.5
定義内容の事前チェックに関する各種設定
6.5.1
JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の設定
6.6
その他の各種設定
6.6.1
サービスの依存関係の解除・再設定
6.6.2
JP1/AJS3 のデータベース構成を標準構成(ISAM レス構成)にする設定
6.6.3
JP1/AJS3 - View で JP1 ユーザーのパスワードの変更を許可する設定
7
ログ情報の採取 235
7.1.1
資料採取ツールの設定手順
7.1.2
ダンプファイルの出力設定手順
8
クラスタ運用時のセットアップ 241
8.1.1
クラスタ運用時のインストール
242
8.1.2
クラスタ運用時のセットアップ
242
8.2
クラスタ運用の環境設定
8.2.1
クラスタシステムの環境設定の項目
8.2.2
クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Manager)
8.2.3
クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Agent)
8.2.4
クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Web Console)
8.2.5
共通定義情報変更時の作業
8.2.6
クラスタソフトへの登録
8.2.7
キューレスジョブ実行環境の設定
8.2.8
論理ホストの削除
8.2.9
論理ホストのスケジューラーサービスの多重起動の設定
8.3
クラスタ運用時の注意事項
9
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ 282
7.1
8.1
ログ情報の採取方法
215
217
218
220
223
223
225
226
229
229
231
231
232
233
236
236
239
クラスタ運用時のインストールとセットアップ
242
246
246
249
256
259
260
261
263
267
271
281
9.1
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップの流れ
9.1.1
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップの流れ(メインサイトとリモートサイトの論
理ホスト名を別名にする場合) 283
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
283
17
9.1.2
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップの流れ(メインサイトとリモートサイトの論
理ホスト名を同一名にする場合) 284
9.2
メインサイトおよびリモートサイトのセットアップ
9.2.1
メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を別名にする場合)286
9.2.2
メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にする
場合) 288
9.2.3
リモートサイトのセットアップ
9.3
JP1/AJS3 - Agent のセットアップ
10
アンインストール 301
10.2
JP1/AJS3 シリーズプログラムのアンインストール
10.1
286
291
JP1/Base のアンインストール
300
302
303
第 2 編 UNIX ホスト編
11
システム構成の種類とセットアップの手順 305
11.1
JP1/AJS3 のセットアップ手順の概要
11.1.1
JP1/AJS3 - Manager と JP1/AJS3 - View でシステムを構築する場合のセットアップ手順 306
11.1.2
1 台の JP1/AJS3 - Manager ホストを使ったマネージャー・エージェント構成にする場合の
セットアップ手順 307
11.1.3
複数の JP1/AJS3 - Manager を使ったマネージャー・エージェント構成にする場合のセット
アップ手順 308
12
インストール 309
12.1.1
JP1/Base をインストールする
12.2
JP1/AJS3 シリーズプログラムのインストール
12.2.1
インストール時の注意事項
12.2.2
HP-UX の場合のインストール
315
12.2.3
Solaris の場合のインストール
316
12.2.4
AIX の場合のインストール
12.2.5
Linux の場合のインストール
12.2.6
クラスタ構成のバージョンアップインストール
320
12.2.7
組み込み DB のバージョンアップインストール
327
13
セットアップ 329
13.1.1
JP1/Base のセットアップ
13.1.2
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ
13.2
JP1/AJS3 - Agent で必要なセットアップ
13.2.1
JP1/Base のセットアップ
12.1
13.1
306
JP1/AJS3 シリーズプログラムのインストール前に必要な作業
310
310
311
311
318
319
JP1/AJS3 - Manager で必要なセットアップ
330
330
342
344
344
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
18
13.2.2
JP1/AJS3 - Agent のセットアップ
346
13.3
JP1/AJS3 - Web Console を使用する場合に必要なセットアップ(Linux 限定)
13.3.1
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ
13.3.2
JP1/AJS3 - Web Console のセットアップ
13.3.3
環境設定ファイル(ajs3web.conf)の設定項目の詳細
13.3.4
通信設定ファイル(ajscd_ajs3web.properties)の設定項目の詳細
13.3.5
Web サーバ定義ファイル(httpsd.conf)の設定項目の詳細
13.3.6
J2EE サーバ用ユーザープロパティファイル(usrconf.properties)の設定項目の詳細
13.3.7
ワーカー定義ファイル(workers.properties)の設定項目の詳細
13.3.8
Web ブラウザーの設定
13.4
システムおよびユーザー環境で必要なセットアップ
13.4.1
言語環境の設定
13.4.2
ログインスクリプトの変更
13.4.3
カーネルパラメーターの調整
377
13.4.4
トレースログファイルの拡張
378
13.4.5
通信環境の設定
13.4.6
IPv6 アドレスで通信するための設定
13.5
バージョンアップ時に必要なセットアップ
13.5.1
組み込み DB の管理機能を強化するための設定
13.5.2
組み込み DB のデータ領域の使用量を削減するための設定
14
環境設定 390
348
348
351
352
361
365
369
370
371
371
376
380
380
385
385
387
14.1
実行エージェントの設定
14.1.1
実行エージェントの設定手順
391
14.2
環境設定パラメーターの設定
393
14.2.1
jajs_config コマンドを使用した環境設定パラメーターの設定手順
14.2.2
jbssetcnf コマンドを使用した環境設定パラメーターの設定手順
15
運用形態に合わせた各種設定 396
15.1.1
スケジューラーサービスの多重起動の設定
15.1.2
スケジューラーサービスの統合トレースログ出力レベルの変更
15.1.3
ネストジョブネット定義パラメーター出力時のスケジュールルールの出力方法の変更
15.1.4
スケジューラートレースログファイルの名称変更
15.1.5
サスペンド機能の設定
15.1.6
登録解除や保存世代数管理による世代削除処理方式の変更
15.1.7
待ち合わせ条件を使用するための設定
15.1.8
一時変更の操作管理機能を使用するための設定
15.1.9
UTF-8 環境でユニット名などに指定できる文字数を変更するための設定
15.1
367
391
スケジューラー制御に関する各種設定
393
394
397
397
403
404
405
406
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
406
409
410
411
19
15.1.10
JP1/AJS3 - View でアクセス権限のないスケジューラーサービスの表示を抑止する設定
15.1.11
スケジューラーサービスの同時接続数を制限する設定
15.2
ジョブ実行制御に関する各種設定
15.2.1
ジョブ実行時のワークパスを変数として定義する
15.2.2
転送元ファイルの検索パスを定義する
15.2.3
エージェント自動定義機能で作成される実行エージェントまたはエージェントの属性値をカス
タマイズする設定 426
15.2.4
ジョブの標準出力と標準エラー出力を同時に確認する設定
15.2.5
ジョブの結果ファイルの再送間隔・再送回数の変更
15.2.6
ジョブの結果ファイルの二重受信防止の設定
15.2.7
ファイル受信制限をするための設定
15.2.8
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ間隔・回数の変更
15.2.9
ジョブを配信するエージェントホストの決定方式の設定
15.2.10
マクロ変数の展開失敗時の動作の設定
15.2.11
マクロ変数の引き継ぎ情報が NULL 文字列の場合の置き換え方法の設定
15.2.12
エージェントの障害回復待ち時間を短縮する設定方法
15.2.13
ジョブ実行多重度到達を確認するメッセージを出力する設定
15.2.14
ジョブ実行制御のマネージャープロセスに対する通信タイムアウト時間の変更
15.2.15
エージェントのパイプ通信タイムアウト値の変更
15.2.16
ジョブプロセス実行準備完了通知時のタイムアウト値の設定
15.2.17
JP1/AJS3 から起動される子プロセスを,SIGCHLD シグナルを受信する設定(SIG_DFL)に
変更する方法 452
15.2.18
ジョブ実行時のファイル権限チェックでアクセス制御リストやセカンダリーグループの設定を
有効にする 455
15.2.19
通信障害時に実行中のジョブをすべて終了状態にする設定方法
15.2.20
ユーザー情報取得時のリトライを変更する設定
15.2.21
従属ユニットを再実行するための設定
15.2.22
ジョブの結果ファイル転送失敗時の動作の設定
15.2.23
引き継ぎ情報設定ジョブで先行ジョブの戻り値を使用するための設定
15.2.24
ファイル送信制限をするための設定
15.3
イベント・アクション制御に関する各種設定
15.3.1
イベントジョブのログサイズの設定の変更
15.3.2
イベント順序保証オプションの設定
15.3.3
ファイル監視ジョブの状態引き継ぎオプションの設定
15.3.4
「"(ダブルクォーテーションマーク)」を含むデータをイベントジョブの引き継ぎ情報に使用
するための設定 472
15.3.5
イベントジョブを使用した DNS 運用時に FQDN 形式で運用するための設定
15.3.6
JP1/AJS3 のサービスが停止してもイベントジョブの実行を継続させる設定
15.3.7
イベント・アクション制御エージェント起動通知の送信に失敗した場合に再送を行う設定
15.3.8
エージェントホスト名の名前解決オプションの設定方法
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
419
420
422
422
424
428
429
430
432
436
439
440
441
443
445
447
449
450
456
457
460
461
464
465
468
468
469
471
474
476
478
480
20
15.3.9
イベント・アクション制御のプロセス間通信でのデータ到着待ちタイムアウト化オプションの
設定方法 481
15.3.10
閉塞状態のイベントジョブを監視する期間の設定
15.3.11
イベントジョブ実行時に使用する通信の送信バインド方式を設定する
15.3.12
ラージファイルを監視するための設定
15.3.13
未通知情報の再送間隔を一定間隔にする設定
15.3.14
未通知情報の再送間隔・再送回数の変更
15.3.15
イベント・アクション制御マネージャー,イベント・アクション制御エージェント間の通信接
続タイムアウト時間の設定 493
15.3.16
イベント・アクション制御の通信に関する環境設定パラメーター
15.3.17
イベントジョブを実行する場合のマネージャーホスト名を固定化する設定
15.3.18
DNS を使ったシステムでのイベントサーバ名の設定
15.3.19
名前解決に使用するエージェント情報の変更オプションの設定方法
15.4
キューレスジョブ実行制御に関する各種設定
15.4.1
キューレスジョブ環境でクラスを指定したジョブを実行するための設定
15.5
定義内容の事前チェックに関する各種設定
15.5.1
JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の設定
15.6
各制御共通の各種設定
15.6.1
ジョブ実行時のエラーメッセージを syslog に出力するための設定
15.7
その他の各種設定
15.7.1
JP1/AJS3 サービスの自動起動および自動終了の設定
15.7.2
JP1/AJS3 のデータベース構成を標準構成(ISAM レス構成)にする設定
15.7.3
JP1/AJS3 - View で JP1 ユーザーのパスワードの変更を許可する設定
16
ログ情報の採取 533
483
485
487
488
491
495
503
505
507
510
510
513
513
516
516
518
16.1
ログ情報の採取方法
16.1.1
資料採取ツールの設定手順
17
クラスタ運用時のセットアップ 537
518
530
531
534
534
17.1
クラスタ運用時のインストールとセットアップ
538
17.1.1
クラスタ運用時のインストール
538
17.1.2
クラスタ運用時のセットアップ
538
17.2
クラスタ運用の環境設定
17.2.1
クラスタシステムの環境設定の項目
17.2.2
クラスタシステムの環境設定の手順(UNIX 版 JP1/AJS3 - Manager)
17.2.3
クラスタシステムの環境設定の手順(UNIX 版 JP1/AJS3 - Agent)
17.2.4
クラスタシステムの環境設定の手順(Linux 版 JP1/AJS3 - Web Console)
17.2.5
共通定義情報変更時の作業
17.2.6
クラスタソフトへの登録
17.2.7
キューレスジョブ実行環境の設定
542
542
544
550
553
554
555
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
559
21
17.2.8
論理ホストの削除
562
17.2.9
論理ホストのスケジューラーサービスの多重起動の設定
17.2.10
論理ホスト環境の JP1/AJS3 の起動および終了を制御する設定
17.3
クラスタ運用時の注意事項
18
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ 580
566
574
579
18.1
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップの流れ
581
18.1.1
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップの流れ(メインサイトとリモートサイトの論
理ホスト名を別名にする場合) 581
18.1.2
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップの流れ(メインサイトとリモートサイトの論
理ホスト名を同一名にする場合) 582
18.2
メインサイトおよびリモートサイトのセットアップ
18.2.1
メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を別名にする場合)584
18.2.2
メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にする
場合) 586
18.2.3
リモートサイトのセットアップ
18.3
JP1/AJS3 - Agent のセットアップ
19
アンインストール 598
584
589
597
19.1
JP1/Base のアンインストール
19.2
JP1/AJS3 シリーズプログラムのアンインストール
19.2.1
HP-UX の場合のアンインストール
601
19.2.2
Solaris の場合のアンインストール
601
19.2.3
AIX の場合のアンインストール
19.2.4
Linux の場合のアンインストール
599
600
602
603
第 3 編 環境設定パラメーター編
20
環境設定パラメーター 604
20.1
環境設定パラメーターのカスタマイズについて
20.2
環境設定パラメーターの記載形式
20.2.1
定義キーの記載形式
20.2.2
環境設定パラメーターの記載形式
20.3
システム管理の環境設定
20.3.1
システム管理の環境設定パラメーター一覧
20.3.2
システム管理の環境設定パラメーターの詳細
20.4
スケジューラーサービス環境設定
20.4.1
スケジューラーサービス環境の環境設定パラメーター一覧
20.4.2
スケジューラーサービスの環境設定パラメーターの詳細
20.5
ジョブ実行環境設定
20.5.1
ジョブ実行環境の環境設定パラメーター一覧
605
606
606
606
607
607
609
622
622
631
724
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
724
22
20.5.2
ジョブ実行環境の環境設定パラメーターの詳細
734
20.6
イベント・アクション制御の環境設定
20.6.1
イベント・アクション制御の環境設定パラメーター一覧
20.6.2
イベント・アクション制御の環境設定パラメーターの詳細
20.7
JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の設定
20.7.1
JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の環境設定パラメーター一覧
20.7.2
JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の環境設定パラメーターの詳細
20.8
通信制御の環境設定
20.8.1
通信制御の環境設定パラメーター一覧
20.8.2
通信制御の環境設定パラメーターの詳細
20.9
フレキシブルジョブ実行環境設定
20.9.1
フレキシブルジョブ実行環境の環境設定パラメーター一覧
20.9.2
フレキシブルジョブ実行環境の環境設定パラメーターの詳細
20.10
キューレスジョブ実行環境設定
20.10.1
キューレスジョブ実行環境の環境設定パラメーター一覧
20.10.2
キューレスジョブ実行環境の環境設定パラメーターの詳細
20.11
JP1/AJS3 共通情報の環境設定
20.11.1
JP1/AJS3 共通情報の環境設定パラメーター一覧
20.11.2
JP1/AJS3 共通情報の環境設定パラメーターの詳細
799
799
802
824
824
825
830
830
830
834
834
834
838
838
841
863
863
864
第 4 編 運用に応じたセットアップ編
21
運用方法に応じた機能のセットアップ 871
21.1
運用プロファイルを使用した機能の設定
21.1.1
実行エージェント制限の設定手順
21.1.2
実行エージェントプロファイルの詳細
21.1.3
上位ユニット属性継承機能と実行ユーザー固定機能の設定手順
21.1.4
ユニット属性プロファイルの詳細
21.1.5
運用プロファイルの注意事項
21.2
JP1/AJS3 への接続を制限する設定
21.2.1
JP1/AJS3 接続元制限の設定手順
891
21.2.2
接続許可設定ファイルの設定方法
894
21.3
フレキシブルジョブを実行するための設定
21.3.1
中継エージェントの設定手順
21.3.2
クラウド環境の設定手順
21.4
SSL を利用した通信の設定
21.4.1
JP1/AJS3 のシステム構成と SSL 通信の設定
21.4.2
マネージャー・エージェント構成での SSL 通信の設定手順
21.4.3
マネージャーホストと Web Console サーバで異なるサーバ証明書を使用する場合の SSL 通
信の設定手順 907
872
872
875
883
885
889
891
898
898
898
900
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
900
901
23
21.4.4
Web Console サーバのサーバ証明書をマネージャーホストで使用する場合の SSL 通信の設定
手順 916
21.4.5
マネージャーホストのサーバ証明書を Web Console サーバで使用する場合の SSL 通信の設
定手順 923
21.4.6
非暗号化通信ホスト設定ファイル(nosslhost.conf)の設定項目の詳細
22
JP1/AJS3 をインストール・セットアップした仮想マシンの複製 931
927
22.1
JP1/AJS3 - Manager のインストール後の仮想マシンの複製
22.1.1
JP1/AJS3 - Manager のインストール後に仮想マシンを複製する場合の流れ
22.1.2
JP1/AJS3 - Manager のインストール後に仮想マシンを複製する手順(複製元の作業)
933
22.1.3
JP1/AJS3 - Manager のインストール後に仮想マシンを複製する手順(複製先の作業)
935
22.2
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ後の仮想マシンの複製
22.2.1
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ後に仮想マシンを複製する場合の流れ
22.2.2
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ後に仮想マシンを複製する手順(複製元の作業)
940
22.2.3
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ後に仮想マシンを複製する手順(複製先の作業)
943
22.3
JP1/AJS3 - Agent のインストール後の仮想マシンの複製
22.3.1
JP1/AJS3 - Agent のインストール後に仮想マシンを複製する場合の流れ
22.3.2
JP1/AJS3 - Agent のインストール後に仮想マシンを複製する手順(複製元の作業)
949
22.3.3
JP1/AJS3 - Agent のインストール後に仮想マシンを複製する手順(複製先の作業)
950
22.4
JP1/AJS3 - Agent のセットアップ後の仮想マシンの複製
22.4.1
JP1/AJS3 - Agent のセットアップ後に仮想マシンを複製する場合の流れ
22.4.2
JP1/AJS3 - Agent のセットアップ後に仮想マシンを複製する手順(複製元の作業)
954
22.4.3
JP1/AJS3 - Agent のセットアップ後に仮想マシンを複製する手順(複製先の作業)
955
23
組み込み DB の見積もりと高度なセットアップ 959
23.2
組み込み DB の高度なセットアップ
968
23.2.1
組み込み DB を使用する場合の準備
968
23.2.2
組み込み DB のセットアップ
23.3
組み込み DB の高度なセットアップ(クラスタ構成の場合)
23.3.1
組み込み DB を使用する場合の準備
23.3.2
組み込み DB のセットアップ(実行系)
996
23.3.3
組み込み DB のセットアップ(待機系)
1008
23.3.4
クラスタ構成時の組み込み DB の設定変更
23.1
データベース領域の見積もり
932
932
939
939
948
948
953
953
960
983
996
996
1018
付録 1020
付録 A
インストールおよびセットアップ時の作業チェック
付録 A.1
インストールおよびセットアップ時のチェックリスト(Windows ホストの場合)
付録 A.2
インストールおよびセットアップ時のチェックリスト(UNIX ホストの場合)
付録 B
誤った環境設定パラメーターを設定したときの回復方法
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
1021
1021
1023
1027
24
付録 B.1
Windows の場合
1027
付録 B.2
UNIX の場合
付録 C
JP1/AJS3 で設定する環境設定項目の推奨値
付録 C.1
バージョン 08-00 で推奨値を変更した環境設定パラメーター一覧
付録 C.2
バージョン 11-00 で初期値が推奨値に変更された環境設定パラメーター一覧
付録 D
AJS 管理者で運用する場合のインストールとセットアップ(UNIX 限定)
付録 D.1
AJS 管理者を設定する作業の流れ
1037
付録 D.2
AJS 管理者を設定するための準備
1037
付録 D.3
JP1 管理者グループの設定手順
付録 D.4
AJS 管理者の設定手順
付録 D.5
AJS 管理者で運用する場合に環境設定パラメーターで設定するディレクトリまたはファイルの
アクセス権限 1039
付録 E
SSL 通信用証明書の取得に使用するコマンド
付録 E.1
秘密鍵の作成(keygen)
付録 E.2
証明書発行要求(CSR)の作成(certutil reqgen)
1042
付録 E.3
証明書発行要求(CSR)の内容表示(certutil req)
1043
付録 E.4
証明書の内容表示(certutil cert)
1044
付録 E.5
証明書の形式変換(certutil cert)
1044
付録 F
各バージョンの変更内容
付録 F.1
11-00 の変更内容
1046
付録 F.2
10-50 の変更内容
1050
付録 F.3
10-10 の変更内容
1051
付録 F.4
10-00 の変更内容
1052
付録 F.5
09-50 の変更内容
1055
付録 F.6
09-10 の変更内容
1056
付録 F.7
09-00 の変更内容
1057
付録 G
このマニュアルの参考情報
付録 G.1
関連マニュアル
付録 G.2
説明文で使用する書式
付録 G.3
フォルダおよびディレクトリの表記
付録 G.4
製品名の表記
付録 G.5
英略語
付録 G.6
Windows 版 JP1/AJS3 のデフォルトのインストール先フォルダ
付録 G.7
Windows の[スタート]メニューについて
付録 G.8
このマニュアルで使用する「Administrators 権限」について
付録 G.9
オンラインマニュアルについて
付録 G.10
JP1/AJS3 で使用できる正規表現について
付録 G.11
JIS 2004(JIS X 0213:2004)で追加された第 3 水準,第 4 水準漢字について
付録 G.12
NNM 連携について
1028
1031
1031
1033
1037
1038
1039
1042
1042
1046
1060
1060
1062
1064
1064
1066
1068
1068
1068
1069
1069
1069
1070
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
25
付録 G.13
KB(キロバイト)などの単位表記について
付録 H
用語解説
1070
1071
索引 1092
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
26
第 1 編 Windows ホスト編
1
システム構成の種類とセットアップの手順
JP1/AJS3 は,1 台でジョブを定義・実行するシステムから,何台ものホストを使って大量のジョ
ブを実行させる大規模なシステムまで,いろいろなシステム構成で使用できます。また,ほかの
製品と連携していろいろな機能を使うこともできます。この章では,JP1/AJS3 でできるシステ
ム構成とそのセットアップの手順の概要を説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
27
1.1 JP1/AJS3 のセットアップ手順の概要
JP1/AJS3 でできるシステム構成とそのセットアップの手順を次に示します。
JP1/AJS3 シリーズのプログラムや前提条件については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 設計ガイド(システム構築編) 2.1 動作環境を確認する」を参照してください。
1.1.1 JP1/AJS3 - Manager と JP1/AJS3 - View でシステムを構築する場
合のセットアップ手順
ホストを 1 台用意し,JP1/AJS3 - Manager をインストールします。さらに,必要に応じて JP1/AJS3 View 用のホストを用意し,インストールします。複数の JP1/AJS3 - View を接続して使うこともできま
す。
JP1/AJS3 - Manager と JP1/AJS3 - View でシステムを構築する場合のセットアップ手順を次の図に示し
ます。
1. システム構成の種類とセットアップの手順
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
28
図 1‒1 セットアップ手順(JP1/AJS3 - Manager と JP1/AJS3 - View でシステムを構築する
場合)
1.1.2 1 台の JP1/AJS3 - Manager ホストを使ったマネージャー・エージェ
ント構成にする場合のセットアップ手順
JP1/AJS3 - Manager 用ホストを 1 台,JP1/AJS3 - Agent 用ホストを複数台用意します。さらに,必要
に応じて JP1/AJS3 - View 用ホストを用意します。
1 台の JP1/AJS3 - Manager ホストを使ったマネージャー・エージェント構成にする場合のセットアップ
手順を次の図に示します。
1. システム構成の種類とセットアップの手順
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
29
図 1‒2 セットアップ手順(1 台の JP1/AJS3 - Manager ホストを使ったマネージャー・エー
ジェント構成の場合)
1.1.3 複数の JP1/AJS3 - Manager を使ったマネージャー・エージェント
構成にする場合のセットアップ手順
JP1/AJS3 - Manager 用ホストと JP1/AJS3 - Agent 用ホストを複数台用意します。さらに,必要に応じ
て JP1/AJS3 - View 用ホストを用意します。
複数の JP1/AJS3 - Manager を使ったマネージャー・エージェント構成のセットアップ手順は,JP1/AJS3
- Manager ホスト 1 台のときと同様です。図 1-2 の作業を,JP1/AJS3 - Manager の数だけ繰り返します。
1. システム構成の種類とセットアップの手順
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
30
業務の運用を開始したあと,マネージャージョブグループやマネージャージョブネットを定義して,複数
のマネージャーを統括して管理できるようにします。
1. システム構成の種類とセットアップの手順
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
31
2
インストール
この章では,JP1/AJS3 のインストール方法について説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
32
2.1 JP1/AJS3 シリーズプログラムのインストール前に必要な作業
この節では,Windows ホストに JP1/AJS3 をインストールする前に必要な次の作業について説明します。
• JP1/Base のインストール
注意事項
新規インストールの場合は,JP1/Base を先にインストールしてください。また,バージョンアッ
プインストールの場合は,JP1/Base を先にバージョンアップしてください。
2.1.1 JP1/Base をインストールする
JP1/AJS3 シリーズプログラム(JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent)をインストールするホ
ストに,JP1/Base をインストールしておきます。JP1/AJS3 - View および JP1/AJS3 - Web Console
の場合は,JP1/Base のインストールは不要です。
なお,JP1/Base を新規導入した場合,インストール時に自動セットアップを選択すると,ユーザー情報
が次のように設定されます。この情報をそのまま使用する場合,ユーザー情報の設定は不要です。
• 認証サーバ:自ホスト
• JP1 ユーザー:jp1admin
• JP1 ユーザーのパスワード:jp1admin
• JP1 ユーザーをマッピングする OS ユーザーとパスワード:インストール時に入力したもの
• サーバホスト名:*
JP1/Base の新規導入時に自動セットアップを選択しなかった場合,または JP1/Base の新規導入を JP1/
NETM/DM を使ったリモートインストール(ソフトウェアの配布)で実行した場合,認証サーバと JP1
ユーザーは自動設定されません。このため JP1/Base インストール後に,手動で設定する必要があります。
JP1/Base の認証サーバが設定されていない場合,JP1/AJS3 - Manager で,JP1/AJS3 サービスの起動に
失敗します。
JP1/Base のインストールおよびセットアップの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を
参照してください。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
33
2.2 JP1/AJS3 シリーズプログラムのインストール
この節では,JP1/AJS3 シリーズプログラム(JP1/AJS3 - Manager,JP1/AJS3 - Agent,JP1/AJS3 View,JP1/AJS3 - Web Console)のインストール方法を説明します。
なお,JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent をインストールする前に,JP1/Base がインストー
ルされていることを確認してください。また,JP1/Base のバージョンが JP1/AJS3 の前提バージョンと
なっているか確認してください。
JP1/Base のインストールについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
補足事項
JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent を仮想マシンにインストールしたあと,その仮想マシ
ンを複製できます。
仮想マシンの複製の概要については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計
ガイド(システム構築編)
2.8 JP1/AJS3 をインストール・セットアップした仮想マシンの複製につい
て検討する」を参照してください。仮想マシンの複製の手順については,「22. JP1/AJS3 をインストー
ル・セットアップした仮想マシンの複製」を参照してください。
2.2.1 インストール時の注意事項
ここでは,JP1/AJS3 シリーズプログラムのインストール時の注意事項について説明します。
(1) JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent をインストールするホ
ストについての注意事項
JP1/AJS3 - Manager と JP1/AJS3 - Agent は同一ホストにインストールできません。JP1/AJS3 Manager を新規インストールする場合,インストール前に,自ホスト名の名前解決ができているか確認し
てからインストールしてください。自ホスト名の名前解決ができない状態で新規インストールすると,ジョ
ブ実行環境データベースの作成に失敗し,JP1/AJS3 サービスが起動しないおそれがあります。
(2) バージョンアップインストールについての注意事項
(a) カスタマイズできるファイルの扱い
JP1/AJS3 で提供しているファイルには,ユーザーがカスタマイズできるファイルがあります。ユーザー
によるカスタマイズを考慮し,バージョンアップインストール後も,これらのファイルは置き換えられま
せん。
また,カスタマイズ前のファイルは,モデルファイルとして同一フォルダに格納されています(ファイル
名の末尾に,「.model」が付いています)。アップデートはこのモデルファイルに対して行われます。この
ため,バージョンアップ後は次に示すパス配下のファイルのカスタマイズ状況を確認し,カスタマイズし
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
34
ている場合は,モデルファイルをコピーして再度カスタマイズしてください。カスタマイズしていない場
合は,コピーだけしてください。
JP1/AJS3 - Manager,JP1/AJS3 - Agent の場合
• JP1/AJS3 のインストール先フォルダ\conf
注意事項
• JP1/AJS3 をクラスタシステムで運用している場合,共有フォルダのjp1ajs2 のconf 配下にあるモ
デルファイルに対して,アップデートは行われません。そのため,共有フォルダ配下のファイルを
カスタマイズしている場合は,共有フォルダのモデルファイルではなく,上記のフォルダからモデ
ルファイルをコピーして再度カスタマイズしてください。カスタマイズしていない場合は,同名の
ファイルを上書きコピーしてください。
なお,論理ホストのconf ファイルは,共有フォルダのjp1ajs2 のconf 配下にあるファイルになりま
す。
• 資料採取ツールは,バージョンアップインストール時,モデルファイルと同様に更新されます。バー
ジョンアップインストール後に資料採取ツール(_04.bat)のカスタマイズが必要な場合は,バー
ジョンアップインストール前の_04.bat をバックアップしておいてください。
なお,資料採取ツール(jajs_log.bat)はカスタマイズできません。
なお,JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager へのバージョンアップでは,プロセス管理定義
ファイル(上記パスにあるjp1ajs_xxxd.conf ファイル),および拡張起動プロセス定義ファイル(上記パ
スにあるjp1ajs_xxxx_0700.conf ファイル)を,JP1/AJS3 - Manager のプロセス構成に自動更新します。
JP1/AJS2 - Manager で,JP1/Cm2/NNM または HP NNM 連携やキューレスジョブ実行環境の設定を
していた場合は,バージョンアップおよびセットアップ後に,プロセス管理定義ファイル,および拡張起
動プロセス定義ファイルの設定が引き継がれているか確認してください。引き継がれていない場合は,再
度設定してください。また,異常終了した JP1/AJS2 のプロセスを再起動する設定などのカスタマイズを
していた場合,JP1/AJS3 - Manager の再起動設定はデフォルト値に設定されます。再起動設定をしない,
または再起動回数をデフォルト値以外で使用する場合は,バージョンアップおよびセットアップ後に,再
度カスタマイズしてください。
(b) JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップインストール
する場合
• JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent をインストールすると,JP1/AJS2 サービスと JP1/
AJS2 Monitor サービスは削除され,JP1/AJS3 サービスに統合されます。
• JP1/AJS3 は,JP1/AJS2 - Configuration とは連携できません。バージョン 8 の JP1/AJS2 に JP1/
AJS3 をバージョンアップインストールすると,JP1/AJS2 Configuration Agent がアンセットアップ
されます。
• JP1/AJS3 は,JP1/AJS2 - Datareplicator とは連携できません。JP1/AJS3 をバージョンアップイン
ストールする前に JP1/AJS2 - Datareplicator をアンインストールしておいてください。JP1/AJS2 Datareplicator がインストールされている環境には JP1/AJS3 をバージョンアップインストールでき
ません。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
35
• JP1/AJS3 をインストールするホストで動作している次のサービス,およびプロセスをすべて停止して
からインストールしてください。
• JP1/AJS3 または JP1/AJS2
• JP1/AJS3 または JP1/AJS2 を前提とする製品
• JP1/AJS3 または JP1/AJS2 と連携する製品
• インストールが完了するまで次の処理が実行されないようにしてください。
• JP1/AJS3 または JP1/AJS2 と連携して動作する製品の処理要求
• JP1/AJS3 または JP1/AJS2 の機能やコマンドを実行する処理
• 必要に応じて,定義ファイルをバックアップしてから製品をバージョンアップすることを推奨します。
バックアップの対象については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイ
ド(システム構築編) 5.2.2 バックアップ対象と時期」を参照してください。
• JP1/AJS3 - Manager をバージョン 10-00 より前のバージョンから 10-00 以降にバージョンアップイ
ンストールする場合,組み込み DB をバージョン 10-00 以降の方式に移行する必要があります。組み
込み DB を移行する手順については,「3.6.1 組み込み DB の管理機能を強化するための設定」を参照
してください。
(c) JP1/AJS3 - View を使用している場合
JP1/AJS3 - View 画面を閉じてからインストールしてください。
(d) IPv6 アドレスで通信する場合
JP1/Base または JP1/AJS3 をバージョン 9 以前からバージョン 10 以降にバージョンアップして,かつ
IPv6 アドレスで通信する場合は,IPv6 アドレスで通信するための設定が必要です。
詳細については,「3.5.3 IPv6 アドレスで通信するための設定」を参照してください。
(3) JP1/NETM/DM を使ったリモートインストール(ソフトウェアの配布)
JP1/AJS3 は,JP1/NETM/DM を使ったリモートインストールに対応しています。
JP1/AJS3 の場合,次に示すインストールに対応しています。
• 新規インストール
インストール対象ホストに JP1/AJS3 を新規にインストールできます。
• バージョンアップインストール
インストール対象ホストの JP1/AJS3 または JP1/AJS2 をバージョンアップできます。ただし,JP1/
AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager にバージョンアップした場合,別途,各ホストでのセッ
トアップ作業が必要です。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
36
JP1/NETM/DM を使った実際のリモートインストール方法については,マニュアル「JP1/NETM/DM
運用ガイド 1 (Windows(R)用)」
,または「JP1/NETM/DM 運用ガイド 2 (Windows(R)用)」を参照して
ください。
JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager にバージョンアップした場合のセットアップ方法につい
ては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編)
8.5 JP1/
AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager へのバージョンアップ後のセットアップ」を参照してくださ
い。
(4) JP1/AJS2 - Manager に JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップイ
ンストールする場合
JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager へのバージョンアップ後は,ディスク使用量やメモリー
使用量が増加するため,バージョンアップする前に適切な見積もりをしてください。また,JP1/AJS2 Manager に JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールした場合,そのあとに実施するセッ
トアップ作業が完了するまで,JP1/AJS3 - Manager での運用はできません。セットアップ作業には,デー
タ量などに応じた時間が必要なため,計画的にバージョンアップインストールおよびセットアップ作業を
実施してください。JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager にバージョンアップした場合のセッ
トアップ方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(シス
テム構築編)
8.5 JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager へのバージョンアップ後のセットアッ
プ」を参照してください。
2.2.2 JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストールする
Windows ホストに JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストールする手順を説明します。
(1) 新規インストールの場合
Windows ホストに JP1/AJS3 シリーズプログラムを新規でインストールする手順を次に示します。
注意事項
• Windows ファイアウォールを使用している場合,セットアップ処理中にポップアップメッセージ
が表示されることがあります。その場合は,Windows ファイアウォールへの例外登録が必要にな
るため,ajsembdbinstl コマンドの注意事項を参照して対応してください。
• 新規にインストールする JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent のバージョンが 09-50 以
降の場合,インストールに成功しても,Windows の[スタート]メニューの[プログラム]また
は[すべてのプログラム]に JP1/AJS3 に関するメニューは登録されません。
• JP1/AJS3 の言語環境は,OS のロケールに応じて自動で設定されます。OS のロケールが日本語,
英語,または中国語の場合は,JP1/AJS3 の言語環境は OS のロケールと同じ設定になります。そ
れ以外の言語の場合は,JP1/AJS3 の言語環境は英語で設定されます。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
37
1. JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストールするホストに,Administrators 権限でログインする。
2. JP1/AJS3 と連携するすべてのプログラムを終了する。
JP1/AJS3 をインストールするホストで,JP1/AJS3 と連携するプログラムを使用している場合,必ず
停止してください。
3. JP1/AJS3 シリーズプログラムの媒体をセットする。
日立総合インストーラーの画面が表示されます。
4. 日立総合インストーラーの指示に従って必要な情報を入力し,インストールする。
インストール時に定義する情報を次に示します。
• ユーザー情報
ユーザー名などを入力します。
• インストール先フォルダ
JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストールするフォルダを指定します。
なお,JP1/AJS3 - View をインストールすると,統合トレースログ機能(HNTRLib2)もインストー
ルされます。インストール先は,「システムドライブ\Program Files (x86)※\HITACHI\HNTRLib2\」で
す。1 台のホストに JP1/AJS3 - View だけをインストールする場合は,Windows の「管理ツール」
のサービス一覧から[Hitachi Network Objectplaza Trace Monitor 2]を選択し,起動してください。
また,JP1/AJS3 - Web Console をインストールすると,統合トレースログ機能(HNTRLib2 (x64))
もインストールされます。インストール先は,「システムドライブ\Program Files\HITACHI\HNTRLib2\」
です。
JP1/AJS3 - Manager のインストール中に「スケジューラーサービスの構築に失敗しました。インス
トール完了後,再構築してください。」というダイアログボックスが表示された場合は,Windows イ
ベントログに出力されているメッセージ KAVS2128-E の対処方法に従って対処してください。
注※
32 ビット版の Windows の場合は,「Program Files (x86)」を「Program Files」と読み替えてく
ださい。
5. インストールが終了し,再起動要求があるときはホストを再起動する。
JP1/AJS3 シリーズプログラムのセットアップについては,「3. セットアップ」を参照してください。
(2) バージョンアップインストールの場合
Windows ホストに JP1/AJS3 シリーズプログラムをバージョンアップでインストールする手順を次に示
します。
1. JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストールするホストに,Administrators 権限でログインする。
2. すべてのプログラムを終了する。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
38
既存の JP1 シリーズのプログラムが動作している場合,必ず停止しておいてください。また,Windows
の[イベントビューア]ウィンドウを表示している場合は閉じておいてください。
3. JP1/AJS3 シリーズプログラムの媒体をセットし,インストールを開始する。
上書きまたはアップグレード開始の画面が表示されます。
4. インストールを実行する。
インストーラー画面の指示に従ってインストールを実行します。
なお,JP1/AJS3 - View をインストールすると,統合トレースログ機能(HNTRLib2)もインストー
ルされます。インストール先は,「システムドライブ\Program Files (x86)※\HITACHI\HNTRLib2\」で
す。1 台のホストに JP1/AJS3 - View だけをインストールする場合は,Windows の「管理ツール」
のサービス一覧から[Hitachi Network Objectplaza Trace Monitor 2]を選択し,起動してください。
注※
32 ビット版の Windows の場合は,「Program Files (x86)」を「Program Files」と読み替えてく
ださい。
注意事項
• 06-71 以前の JP1/AJS2 - View に,JP1/AJS3 - View または 07-00 以降の JP1/AJS2 View をバージョンアップインストールすると HNTRLib2 がインストールされますが,
HNTRLib が残ったままになります。HNTRLib を利用するプログラムがない場合は,
Windows の「管理ツール」のサービス一覧から[Hitachi Network Objectplaza Trace
Monitor]を選択し,サービスを停止するか,Windows の「コントロールパネル」の[ア
プリケーションの追加と削除]の一覧から[Hitachi Network Objectplaza Trace
Library]を選択し,削除してください。
• 次のファイルがバージョンアップインストール時に更新されます。下記ファイルを変更して
いる場合は,バックアップを採ってからバージョンアップしてください。
・JP1/AJS3 のインストール先フォルダ\conf 配下の拡張子.model ファイル
・JP1/AJS3 のインストール先フォルダ\tool 配下の拡張子.bat ファイル※
注※
JP1/AJS3 のバージョンが 10-50 以降の場合,JP1/AJS3 のインストール先フォルダ\tools
配下に資料採取ツール(jajs_log.bat)が追加されます。10-50 より前のバージョンから
10-50 以降のバージョンにバージョンアップインストールするとき,すでにjajs_log.bat
という名称のファイルを作成している場合は,資料採取ツール(jajs_log.bat)で上書きさ
れます。このため,10-50 より前のバージョンで作成したjajs_log.bat が必要な場合は,
インストール前に別のフォルダに移動してください。
5. インストールが終了したら,再起動要求があるときはホストを再起動する。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
39
注意事項
• JP1/AJS2 - Manager に JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールしたあと,
JP1/AJS3 - Manager で運用するためには,セットアップ作業を実施する必要があります。JP1/
AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager にバージョンアップした場合のセットアップ方法
については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システ
ム構築編) 8.5 JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager へのバージョンアップ後の
セットアップ」を参照してください。
• 標準構成の JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールした場合,組み込み DB の
バージョンアップインストールが必要なことがあります。リリースノートの「システム作成上
の注意事項」を参照し,バージョンアップインストールを実施してください。
• すでに組み込み DB を使用している場合,バージョンアップインストールすると,JP1/AJS3
のインストール先フォルダ\bin 配下に Pdcltm32.dll がないときがあります。その場合は,
Pdcltm32.dll.model をコピーして Pdcltm32.dll を作成してください。
JP1/AJS3 シリーズプログラムのセットアップについては,「3. セットアップ」を参照してください。
(3) クラスタ構成でバージョンアップインストールする場合
クラスタ構成の Windows ホストに JP1/AJS3 シリーズプログラムをバージョンアップでインストールす
る手順を次に示します。
JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールする場合,JP1/AJS3 - Manager からバージョン
アップするときと,JP1/AJS2 - Manager からバージョンアップするときでは手順が異なります。
なお,この手順では,論理ホストが通常動作している系を実行系,論理ホストが通常動作していないで待
機している系を待機系と呼びます。
(a) バージョンアップ手順(JP1/AJS2 - Manager からのバージョンアップ以外)
JP1/AJS3 - Manager,JP1/AJS3 - Agent,JP1/AJS3 - View,JP1/AJS2 - Agent,および JP1/AJS2 View をバージョンアップする手順を次に示します。
1. 待機系で論理ホストが動作していないことを確認する。
待機系で論理ホストの JP1/AJS3 または JP1/AJS2 が動作していないことを確認してください。
なお,実行系で論理ホストの JP1/AJS3 または JP1/AJS2 が動作していても問題ありません。
2. 待機系でバージョンアップインストールを実施する。
JP1/AJS3 シリーズプログラムのバージョンアップインストールについては,「(2) バージョンアップイ
ンストールの場合」を参照してください。
3. 実行系で論理ホストが動作していないことを確認する。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
40
実行系から待機系にフェールオーバーする,または論理ホストを停止して,実行系で論理ホストの JP1/
AJS3 または JP1/AJS2 が動作していないことを確認してください。
なお,手順 2 でバージョンアップした待機系に論理ホストをフェールオーバーしても問題ありません。
4. 実行系でバージョンアップインストールを実施する。
JP1/AJS3 シリーズプログラムのバージョンアップインストールについては,「(2) バージョンアップイ
ンストールの場合」を参照してください。
注意事項
待機系をバージョンアップしたあと,待機系で論理ホストを稼働させている場合,実行系のバー
ジョンアップが完了するまでは実行系にフェールオーバーさせないでください。
(b) バージョンアップ手順(JP1/AJS2 - Manager から標準構成の JP1/AJS3 Manager へのバージョンアップ)
注意事項
クラスタ構成で使用している JP1/AJS2 - Manager をバージョンアップする場合,共有ディスクに
格納したデータの移行などのセットアップを実施するために,クラスタ運用を一時的に停止する必
要があります。セットアップが完了するまで,JP1/AJS3 - Manager での運用はできません。セッ
トアップには,データ量などに応じた時間が必要なため,計画的にバージョンアップインストール
およびセットアップ作業を実施してください。
JP1/AJS2 - Manager をバージョンアップする手順を次に示します。
複数の論理ホストがある場合は,次に示す手順 6 から手順 16 と,手順 20 から手順 23 までをすべての論
理ホストに対して実施してください。非クラスタ環境で論理ホストを運用している場合は,実行系の手順
だけ実施してください。物理ホストおよび論理ホストですべてのセットアップが完了するまで,JP1/AJS3
の運用は開始できません。
また,次に示す手順は,一つの組み込み DB に一つのスケジューラーサービスを格納することを前提とし
ています。複数のスケジューラーサービスを構築している場合は,手順 8,手順 11,手順 12 をすべての
スケジューラーサービスに対して実行してください。組み込み DB を追加したい場合は,手順 9,手順
10,手順 20,手順 21 を実施してください。
1. 実行系および待機系の JP1 を終了させる。
クラスタソフトからの操作で,実行系ノードと待機系ノードで起動している JP1 のプログラムおよび
サービスを停止してください。停止する方法については,クラスタソフトのマニュアルを参照してくだ
さい。
2. 実行系の JP1/Base をバージョンアップインストールする。
JP1/Base のインストールについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
41
3. 実行系の JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールする。
実行系の JP1/AJS2 - Manager に,JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールします。
JP1/AJS3 シリーズプログラムのバージョンアップインストールについては,「(2) バージョンアップイ
ンストールの場合」を参照してください。
4. バージョンアップ前に実行系物理ホストで使用していた組み込み DB または HiRDB を起動する。
移行前のデータベースにアクセスするため,バージョンアップ前に実行系物理ホストのスケジューラー
サービスのデータベースとして使用していた組み込み DB または HiRDB を起動します。
組み込み DB または HiRDB の起動方法については,使用している JP1/AJS2 のマニュアルまたは
HiRDB のマニュアルを参照してください。
5. 実行系物理ホストでセットアップを実施する。
実行系物理ホストでjajs_migrate コマンドを実行します。
実行例を次に示します。
jajs_migrate -convert
jajs_migrate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_migrate」を参照してください。
6. 実行系で共有ディスクおよび論理 IP アドレスが使用できることを確認する。
共有ディスク上のデータを移行するため,共有ディスクおよび論理 IP アドレスが有効になっているこ
とを確認します。共有ディスクがマウントされていない,または論理 IP アドレスが有効になっていな
い場合は,クラスタソフトからの操作やボリュームマネージャーの操作などで,共有ディスクをマウン
トし,論理 IP アドレスを有効にしてください。操作方法については,クラスタソフトのマニュアルを
参照してください。
7. バージョンアップ前に実行系論理ホストで使用していた組み込み DB または HiRDB を起動する。
移行前のデータベースにアクセスするため,バージョンアップ前に実行系論理ホストのスケジューラー
サービスのデータベースとして使用していた組み込み DB または HiRDB を起動します。
組み込み DB または HiRDB の起動方法については,使用している JP1/AJS2 のマニュアルまたは
HiRDB のマニュアルを参照してください。
8. 実行系で ajscnvdbexport コマンドを実行し,データベース情報を退避する。
実行例を次に示します。
ajscnvdbexport -mh LHOST -F AJSROOT2 -b D:\workdir
ajscnvdbexport コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajscnvdbexport」を参照してください。
9. 実行系で ajsembdbinstl コマンドを実行し,JP1/AJS3 のデータベースをインストールする。
実行例を次に示します。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
42
ajsembdbinstl -s "C:\Program Files (x86)\HITACHI\JP1AJS2\tools\AJS3DB"
-id _JF1 -mh LHOST
ajsembdbinstl コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbinstl」を参照してください。
10. 実行系で ajsembdbbuild コマンドを実行し,データベース環境を構築する。
実行例を次に示します。
ajsembdbbuild -s -r -d "D:\products\jp1ajs2\embdb\_JF1"
-ld "C:\Program Files (x86)\HITACHI\JP1AJS2\embdb\_JF1\dbarea"
-mh LHOST -eh hostA -p 22221
-i "C:\Program Files (x86)\HITACHI\JP1AJS2\embdb\_JF1" -id _JF1
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
11. 実行系で ajsembdbsetup コマンドを実行し,データベース環境をセットアップする。
実行例を次に示します。
ajsembdbsetup -mh LHOST -F AJSROOT2 -p 22221 -id _JF1 -ru s -convert
ajsembdbsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbsetup」を参照してください。
12. 実行系で ajscnvdbimport コマンドを実行し,データベース情報を移行する。
実行例を次に示します。
ajscnvdbimport -mh LHOST -F AJSROOT2 -b D:\workdir
ajscnvdbimport コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajscnvdbimport」を参照してください。
13. 実行系でセットアップを実施する。
実行系でjajs_migrate コマンドを実行し,JP1/AJS3 の運用ができる環境にセットアップします。
実行例を次に示します。
jajs_migrate -convert -h LHOST -r -S
jajs_migrate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_migrate」を参照してください。
14. セットアップ時に自動的に起動した組み込み DB を停止する。
実行例を次に示します。
ajsembdbstop -id _JF1
ajsembdbstop コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajsembdbstop」を参照してください。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
43
15. 実行系で jbsgetcnf コマンドを実行して共通定義情報をファイルに退避する。
実行するコマンドを次に示します。
jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > 退避ファイル名
16. 手順 15 で作成したファイルを待機系にコピーする。
17. 待機系の JP1/Base をバージョンアップインストールする。
JP1/Base のインストールについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
18. 待機系の JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールする。
待機系の JP1/AJS2 - Manager に,JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールします。
JP1/AJS3 シリーズプログラムのバージョンアップインストールについては,「(2) バージョンアップイ
ンストールの場合」を参照してください。
19. 待機系物理ホストでセットアップを実施する。
待機系物理ホストでjajs_migrate コマンドを実行します。
実行例を次に示します。
jajs_migrate -convert
jajs_migrate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_migrate」を参照してください。
20. 待機系で ajsembdbinstl コマンドを実行し,JP1/AJS3 のデータベースをインストールする。
実行例を次に示します。
ajsembdbinstl -s "C:\Program Files (x86)\HITACHI\JP1AJS2\tools\AJS3DB"
-id _JF1 -mh LHOST
-id オプションに指定する値は,実行系で指定した値と同じ値を指定してください。
ajsembdbinstl コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbinstl」を参照してください。
21. 待機系で ajsembdbbuild コマンドを実行し,データベース環境を構築する。
実行例を次に示します。
ajsembdbbuild -s -f -d "D:\products\jp1ajs2\embdb\_JF1"
-ld "C:\Program Files (x86)\HITACHI\JP1AJS2\embdb\_JF1\dbarea"
-mh LHOST -eh hostA -p 22221
-i "C:\Program Files (x86)\HITACHI\JP1AJS2\embdb\_JF1" -id _JF1
-id,-d,および-p オプションに指定する値は,実行系で指定した値と同じ値を指定してください。
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
22. 待機系で jbssetcnf コマンドを実行して共通定義情報を設定する。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
44
実行するコマンドを次に示します。
jbssetcnf 手順16でコピーした退避ファイル名
23. 待機系でセットアップを実施する。
待機系でjajs_migrate コマンドを実行し,JP1/AJS3 の運用ができる環境にセットアップします。
実行例を次に示します。
jajs_migrate -convert -h LHOST -f -S
jajs_migrate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_migrate」を参照してください。
24. 移行前の JP1/AJS2 で使用していた組み込み DB および HiRDB について,クラスタソフトへの登録を
解除する。
クラスタソフトからの登録解除方法については,クラスタソフトのマニュアルを参照してください。
25. 実行系で JP1 を起動する。
クラスタソフトから操作して,実行系ノードで JP1 のプログラムおよびサービスを起動し,JP1/AJS3
のクラスタ環境での運用を開始します。
(c) バージョンアップ手順(JP1/AJS2 - Manager から互換用 ISAM 構成の JP1/AJS3
- Manager へのバージョンアップ)
JP1/AJS2 - Manager をバージョンアップする手順を次に示します。
複数の論理ホストがある場合は,次に示す手順 5 をすべての論理ホストに対して実施してください。
1. 実行系および待機系の JP1 を終了させる。
クラスタソフトからの操作で,実行系ノードと待機系ノードで起動している JP1 のプログラムおよび
サービスを停止してください。停止する方法については,クラスタソフトのマニュアルを参照してくだ
さい。
2. 実行系の JP1/Base をバージョンアップインストールする。
JP1/Base のインストールについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
3. 実行系の JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールする。
実行系の JP1/AJS2 - Manager に,JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールします。
JP1/AJS3 シリーズプログラムのバージョンアップインストールについては,「(2) バージョンアップイ
ンストールの場合」を参照してください。
4. 実行系で共有ディスクおよび論理 IP アドレスが使用できることを確認する。
共有ディスク上のデータを移行するため,共有ディスクが有効になっていることを確認します。共有
ディスクがマウントされていない場合は,クラスタソフトからの操作やボリュームマネージャーの操作
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
45
などで,共有ディスクをマウントしてください。操作方法については,クラスタソフトのマニュアルを
参照してください。
また,ping コマンドまたはjp1ping コマンドで,論理 IP アドレスが有効になっていることを確認して
ください。jp1ping コマンドについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
5. 実行系で jajs_convert_to_spmd コマンドを実行し,システム管理の起動プロセス定義ファイルを変
換する。
実行例を次に示します。
cd C:\Program Files (x86)\HITACHI\JP1AJS2\tools
jajs_convert_to_spmd -h LHOST -c ISAM
なお,jajs_convert_to_spmd コマンドは移行ツールのため,JP1/AJS3 - Manager のインストール先
フォルダ\tools に格納されています。
6. 待機系の JP1/Base をバージョンアップインストールする。
JP1/Base のインストールについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
7. 待機系の JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールする。
待機系の JP1/AJS2 - Manager に,JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールします。
JP1/AJS3 シリーズプログラムのバージョンアップインストールについては,「(2) バージョンアップイ
ンストールの場合」を参照してください。
8. 実行系で JP1 を起動する。
クラスタソフトから操作して,実行系ノードで JP1 のプログラムおよびサービスを起動し,JP1/AJS3
のクラスタ環境での運用を開始します。
(4) 組み込み DB をバージョンアップインストールする場合
JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールしたあとに,リリースノートを参照して組み込み
DB のバージョンを確認し,リリースノートのバージョンと異なる場合は組み込み DB のバージョンアッ
プインストールを実施してください。複数の組み込み DB が存在する場合は,すべての組み込み DB に対
してバージョンアップインストールを実施してください。
組み込み DB をバージョンアップインストールする手順を次に示します。
なお,次に示す手順で記載するコマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 コマンドリファレンス」を参照してください。
(a) 組み込み DB をバージョンアップインストールするとき
組み込み DB をバージョンアップインストールする手順を次に示します。
1. すべての JP1/AJS3 サービスを終了する。
2. JP1/AJS3 Database _JFn(n は 0〜9 または A〜Z のどれか)サービスを開始する。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
46
3. 組み込み DB を起動する。
ajsembdbstart コマンドに-id _JFn オプションを指定して実行します。
なお,JP1/AJS3 を下位バージョンからバージョンアップインストールしている場合,pd_mode_conf=AUTO
の設定になっていると,JP1/AJS3 Database _JFn サービス開始時に組み込み DB が起動するため,
ajsembdbstart コマンドがエラーになることがあります。この場合,エラーの対処は不要ですので,次
の手順に進んでください。
4. 組み込み DB の稼働状態を確認する。
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn オプションを指定して実行し,組み込み DB が稼働状態
になっていること(UNIT-STAT が ONLINE になっていること)を確認します。
5. 組み込み DB を正常停止する。
ajsembdbstop コマンドに-id _JFn オプションを指定して実行します。なお,-f オプションは指定しな
いでください。
6. 組み込み DB の稼働状態を確認する。
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn オプションを指定して実行し,組み込み DB が停止状態
になっていること(UNIT-STAT が STOP になっていること)を確認します。
7. ajsembdbinstl コマンドを実行して組み込み DB をバージョンアップインストールする。
8. 組み込み DB の稼働状態を確認する。
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn オプションを指定して実行し,組み込み DB が停止状態
になっていること(UNIT-STAT が STOP になっていること)を確認します。組み込み DB が稼働状
態の場合は,ajsembdbstop コマンドを実行して組み込み DB を正常停止してください。
9. 手順 1 で停止したサービスを起動する。
(b) クラスタ構成で組み込み DB をバージョンアップインストールするとき
クラスタ構成で組み込み DB をバージョンアップインストールするときは,次のとおり実施してください。
• 実行系
実行系で共有ディスクおよび論理 IP アドレスが使用できる状態で,組み込み DB をバージョンアップ
インストールしてください。手順の詳細については,「(a) 組み込み DB をバージョンアップインストー
ルするとき」を参照してください。
• 待機系
実行系での組み込み DB のバージョンアップインストールのあとに,待機系でajsembdbinstl コマンド
を実行して,組み込み DB をバージョンアップインストールしてください。
なお,待機系で組み込み DB をバージョンアップインストールする際は,論理ホストの IP アドレスや
共有ディスクを有効にする必要はありません。
2. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
47
3
セットアップ
この章では,JP1/AJS3 シリーズプログラムで必要なセットアップ,システムおよびユーザー環
境で必要なセットアップについて説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
48
3.1 JP1/AJS3 - Manager で必要なセットアップ
JP1/AJS3 - Manager を使用するには,JP1/Base のセットアップと,JP1/AJS3 - Manager のセットアッ
プが必要です。
まず,JP1/Base をセットアップし,次に JP1/AJS3 - Manager をセットアップしてください。
補足事項
JP1/AJS3 - Manager を仮想マシンにセットアップしたあと,その仮想マシンを複製できます。
仮想マシンの複製の概要については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計
ガイド(システム構築編)
2.8 JP1/AJS3 をインストール・セットアップした仮想マシンの複製につい
て検討する」を参照してください。仮想マシンの複製の手順については,「22. JP1/AJS3 をインストー
ル・セットアップした仮想マシンの複製」を参照してください。
3.1.1 JP1/Base のセットアップ
この項では,JP1/Base のセットアップについて説明します。
なお,ここでは,設定の流れと大まかな設定内容を説明します。設定方法,設定項目,コマンドの詳細に
ついては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
JP1/Base は,次の流れでセットアップします。
1. ユーザー情報を設定する。
ユーザー情報の設定では,JP1/Base のユーザー管理機能を使って,ユーザー認証やユーザーマッピン
グなどを設定します。
ユーザー認証の設定では,JP1/AJS3 のユーザーや,JP1/AJS3 を使うために必要な権限などを設定し
ます。
ユーザーマッピングは,ジョブを実行したり,JP1/AJS3 - View からログインしたりするために必要
な設定です。JP1 ユーザーに,各ホストに登録されている OS ユーザーをマッピングします。
設定方法については,「(1) ユーザー情報を設定する」を参照してください。
2. イベントサービス環境を設定する。
イベントサービス環境の設定は,JP1 イベントを送受信するために必要です。
JP1/Base のイベントサービス環境の設定で,API 設定ファイルのパラメーターserver の通信タイプに
「keep-alive」を設定してください。「close」を設定すると,次の問題が発生するおそれがあります。
• JP1/AJS3 が起動時に発行する JP1 イベントが発行できない。
• 統合トレースログにメッセージ KAVT1040-E が出力されて,JP1 イベント受信監視ジョブ,ログ
ファイル監視ジョブ,および Windows イベントログ監視ジョブがイベントを検知できない。
• JP1 イベント送信ジョブが異常検出終了する。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
49
設定方法および API 設定ファイルについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してくださ
い。
JP1/Base のセットアップの手順と定義内容を次に示します。
(1) ユーザー情報を設定する
ユーザー情報は,次の流れで設定してください。
1. 使用する認証サーバを指定する。
2. JP1 ユーザーを登録する。
3. JP1 権限レベルを設定する。
4. ユーザーマッピングを設定する(JP1/AJS3 - View からログインする場合にも,この設定は必要です)
。
なお,他ホストに認証サーバを設定している場合は,2 と 3 の作業は不要です。他ホストの認証サーバで
あらかじめ設定しておいてください。
Windows 版 JP1/Base では,GUI またはコマンドでユーザー情報を設定します。ここでは,GUI で設定
する方法を説明します。コマンドで設定する方法については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参
照してください。
次に,ユーザー情報の設定手順を設定内容ごとに説明します。
(a) 使用する認証サーバを指定する
認証サーバの指定手順を次に示します。
1. Windows の[スタート]メニューから[プログラム]−[JP1_Base]−[環境設定]を選択する。
[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスが表示されます。
2.[認証サーバ]タブをクリックする。
3.[認証サーバの検索順序]の[追加]ボタンをクリックする。
[認証サーバ]ダイアログボックスが表示されます。
4. 認証サーバとして使用するホスト名を入力し,[OK]ボタンをクリックする。
認証サーバとしてどのホストを使用するのかを指定します。認証サーバは自ホストでも,他ホストでも
かまいません。
セカンダリー認証サーバを設置する場合は,認証サーバを二つ指定します。
セカンダリー認証サーバを設置しない場合は,認証サーバを一つだけ指定します。
指定した認証サーバは,
[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスの[認証サーバ名]に表示されま
す。認証サーバを二つ指定した場合,[認証サーバ名]の上方に表示されるのがプライマリー認証サー
バ,下方に表示されるのがセカンダリー認証サーバです。
これで認証サーバの指定は終了です。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
50
注意事項
[認証サーバの検索順序]の設定で,自ホストを認証サーバ(プライマリー認証サーバまたはセカ
ンダリー認証サーバ)に指定する場合は,JP1/Base サービスを停止してから設定してください。
(b) JP1 ユーザーを登録する
JP1 ユーザーの登録手順を次に示します。
1.[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスの[認証サーバ]タブをクリックする。
2.[JP1 ユーザー]の[追加]ボタンをクリックする。
[JP1 ユーザー]ダイアログボックスが表示されます。
3. JP1 ユーザー名と,JP1/AJS3 - Manager にログインするためのパスワードを入力し,[OK]ボタン
をクリックする。
登録したユーザー名が,[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスの[JP1 ユーザー]に表示されます。
さらに JP1 ユーザーを登録したい場合は,手順 2 と 3 を繰り返します。
これで JP1 ユーザーの登録は終了です。
他ホストを認証サーバとして指定した場合は,その認証サーバで JP1 ユーザーを登録しておいてください。
(c) JP1 権限レベルを設定する
登録した JP1 ユーザーに対して,JP1/AJS3 で処理を定義・実行するための権限レベルを設定します。権
限レベルを設定するには,JP1 ユーザーに対して「JP1 資源グループ」と「JP1 権限レベル」を定義します。
JP1 権限レベルの設定手順を次に示します。
1.[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスの[認証サーバ]タブをクリックする。
2.[JP1 ユーザー]で,権限を設定したい JP1 ユーザー名を選択する。
3.[JP1 資源グループ別権限レベル]の[追加]ボタンをクリックする。
[JP1 資源グループ詳細]ダイアログボックスが表示されます。
4.[JP1 資源グループ]に,JP1 資源グループ名を入力する。
資源グループ名は,ユニットをグループ分けして管理するための,任意の名称です。
ほかの JP1 ユーザーが所属している資源グループ名を指定するか,または新規に資源グループ名を決め
て指定します。資源グループ名に指定できる文字は,半角英数字,および「_(アンダーバー)
」です。
5.[所有しない権限]から,JP1 ユーザーに対して設定したい JP1 権限レベル名を選択し,[追加]ボタ
ンをクリックする。
選択した JP1 権限レベル名が[所有する権限]に表示されます。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
51
複数の JP1 権限レベルを設定したい場合は,この操作を繰り返します。
[所有する権限]から JP1 権限レベル名を削除したい場合は,JP1 権限レベル名を選択し,[削除]ボタ
ンをクリックします。
なお,JP1/AJS3 で必要な JP1 権限レベルの詳細については,「(2) JP1/AJS3 に必要な JP1 権限レベル
一覧」を参照してください。
6.[OK]ボタンをクリックする。
設定した JP1 資源グループ名と JP1 権限レベル名が,[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスの
[JP1 資源グループ別権限レベル]に表示されます。
ほかの JP1 ユーザーに JP1 権限レベルを設定したい場合は,手順 2〜5 を繰り返します。
これで JP1 権限レベルの設定は終了です。
他ホストを認証サーバとして指定した場合は,その認証サーバで JP1 権限レベルを設定しておいてください。
(d) ユーザーマッピングを設定する
登録した JP1 ユーザーに対して,OS ユーザーをマッピングします。
ユーザーマッピングの設定手順を次に示します。
1.[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスの[ユーザーマッピング]タブをクリックする。
2.[パスワード管理]の[設定]ボタンをクリックする。
[パスワード管理]ダイアログボックスが表示されます。
3.[新規登録]ボタンをクリックする。
[新規登録]ダイアログボックスが表示されます。
4. OS ユーザー名とパスワードの情報を定義し,[OK]ボタンをクリックする。
OS ユーザー情報が設定され,[パスワード管理]ダイアログボックスに戻ります。[パスワード管理]
ダイアログボックスでは,OS ユーザーとその OS ユーザーのパスワード情報を,登録,変更および削
除できます。
なお,OS ユーザーは,「ドメイン名\ユーザー名」または「ユーザー名」の形式で定義します。JP1/
AJS3 では,ドメイン名付きの OS ユーザー名とドメイン名なしの OS ユーザーを区別するため,OS
ユーザーは次の形式で定義してください。
• ドメインユーザーの場合は,「ドメイン名\ユーザー名」の形式で定義してください。
• ドメインコントローラー上のユーザーの場合は,「ドメイン名\ユーザー名」の形式で定義してくだ
さい。
• ローカルユーザー(ドメイン名とコンピュータ名が同じユーザー)の場合は,「ユーザー名」の形式
で定義してください。「コンピュータ名」は付けません。
5.[終了]ボタンをクリックする。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
52
[パスワード管理]ダイアログボックスが閉じ,[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスの[ユー
ザーマッピング]タブに戻ります。
6.[JP1 ユーザー]の[追加]ボタンをクリックする。
[JP1 ユーザー]ダイアログボックスが表示されます。
7. JP1 ユーザー名と,ジョブの実行要求元および JP1/AJS3 - View のログイン先ホスト名を入力し,
[OK]ボタンをクリックする。
[マッピング OS ユーザー詳細]ダイアログボックスが表示されます。
なお,[サーバホスト名]に特定のホストを設定しておくと,特定のホストのユーザー以外からのジョ
ブ実行要求を受け付けないようにしておけます。また,[サーバホスト名]に「*(アスタリスク)」を
入力すると,すべてのホストからのジョブ実行要求を受け付けます。JP1/AJS3 - View からのログイ
ンを受け付ける場合は,[サーバホスト名]に自ホスト名,または「*(アスタリスク)」を設定してく
ださい。
8. 表示されている JP1 ユーザーに対して,マッピングする OS ユーザーを選択する。
[マッピングしない OS ユーザー]に,[パスワード管理]ダイアログボックスで設定した OS ユーザー
が表示されます。そこからマッピングする OS ユーザーを選択し,[追加]ボタンをクリックすると,
選択した OS ユーザーが[マッピングする OS ユーザー]に移動します。
OS ユーザーは複数マッピングできます。
9. マッピングする OS ユーザーをすべて設定したら,[OK]ボタンをクリックする。
JP1 ユーザー名とマッピングした OS ユーザー名が,[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスの[マッ
ピング OS ユーザー一覧]に表示されます。
これでユーザーマッピングの設定は終了です。
注意事項
マッピングされる OS ユーザーには,マネージャーホストおよびエージェントホストでローカルロ
グオンできる権限が必要です。
この権限は,Windows の[管理ツール]の[ローカルセキュリティポリシー]などで設定します。
また,JP1 ユーザーにマッピングする OS ユーザーは,正常に OS にログインできる OS ユーザー
を JP1 ユーザーにマッピングしてください。
(2) JP1/AJS3 に必要な JP1 権限レベル一覧
JP1/AJS3 の JP1 権限レベルには次の 3 種類があります。
• ジョブネット定義・実行時の JP1 権限レベル
• エージェント管理情報操作時の JP1 権限レベル
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
53
• ジョブの実行・操作時の JP1 権限レベル
それぞれの JP1 権限レベル名と操作できる内容について説明します。
(a) ジョブネット定義・実行時の JP1 権限レベル
ジョブネット定義・実行時の JP1 権限レベルには,次の 5 種類があります。
• JP1_AJS_Admin
管理者権限です。ユニットの所有者や資源グループの操作権限,ジョブネットの定義・実行・編集権限
などを持っています。
• JP1_AJS_Manager
ジョブネットの定義・実行・編集権限などを持っています。
• JP1_AJS_Editor
ジョブネットの定義・編集権限などを持っています。
• JP1_AJS_Operator
ジョブネットの実行・参照権限などを持っています。
• JP1_AJS_Guest
ジョブネットの参照権限などを持っています。
ジョブネット定義・実行時の JP1 権限レベル名と詳細な操作内容を次の表に示します。
表 3‒1 ジョブネット定義・実行時の JP1 権限レベル名と操作できる内容
操作内容
他ユーザーが所有権を持つユニットに
対して,所有者,JP1 資源グループ名,
またはジョブの実行ユーザー種別を変
更する
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
Admin
Manager
Editor
Operator
Guest
○※1
−
−
−
−
ユニットを定義する
○
○
○
−
−
ジョブネットに定義したユニットの定
義内容を変更する
○
○※2
○※2
−
−
ジョブネットの定義内容を変更する
○
○
○
−
−
ユニットをコピー・移動したり,名称
を変更したりする
○
○
○
−
−
ユニットを削除する
○
○
○
−
−
ユニット名を標準出力ファイルに出力
する
○
○
○
○
○
ユニットの定義内容を標準出力ファイ
ルに出力する
○
○
○
○
○
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
54
操作内容
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
Admin
Manager
Editor
Operator
Guest
ユニットを退避する
○
○
○
○
○
ユニットを回復する
○
○
○
−
−
ジョブグループにカレンダー情報を定
義する
○
○
○
−
−
特定期間について,ジョブネットの実
行スケジュールを定義する
○
○
−
○
−
定義済みのジョブネットを実行登録
する
○
○
−
○
−
ジョブネットの実行登録を解除する
○
○
−
○
−
ジョブネットやジョブの実行履歴,現
在の状態,次回実行予定などを標準出
力ファイルに出力する
○
○
○
○
○
ジョブネットに定義されたスケジュー
ルを一時的に変更する
○
○
−
○
−
ジョブの状態を一時的に変更する
○
○
−
○
−
ジョブの状態を変更する
○
○
−
○
−
ジョブネットの実行を中断する
○
○
−
○
−
ジョブネットを再実行する
○
○
−
○
−
ジョブやジョブネットの実行を強制終
了させる
○
○
−
○
−
ユニットをエクスポートする
○
○
○
○
○
ユニットをインポートする
○
○
○
−
−
ルートジョブネットの登録予定情報を
エクスポートする
○
○
○
○
○
ルートジョブネットの登録予定情報を
インポートする
○
○
−
○
−
リリース登録をする
○
○
○※3
○※3
−
リリース中止をする
○
○
○※3
○※3
−
リリース情報を参照する
○
○
○
○
○
(凡例)
○:操作できる。
−:操作できない。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
55
注1
JP1 ユーザーにマッピングされている OS ユーザーが Administrators 権限を持つユーザーの場合,JP1
権限レベルに関係なく,すべての操作を実行できます。ただし,環境設定パラメーターADMACLIMIT を
デフォルトから変更して「yes」に設定している場合は,実行できる操作は JP1 権限レベルの範囲の操
作だけです。この場合,JP1/AJS3 - Manager のバックアップやリカバリー,および連携製品の動作な
どで使用する JP1 ユーザーに,必要な権限を与えてください。
環境設定パラメーターADMACLIMIT の詳細については,「20.11.2(4) ADMACLIMIT」を参照してくだ
さい。
また,ユニットに JP1 資源グループが設定されていない場合,そのユニットに対して,すべてのユー
ザーが JP1/AJS3 のすべての操作を実行できます。
注2
マネージャージョブグループ,マネージャージョブネットでは,参照先の JP1/AJS3 - Manager のア
クセス権限の定義が適用されます。
注※1
ユニットの所有者であれば,JP1_AJS_Admin 権限が与えられていなくても操作ができます。詳細につ
いては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 導入ガイド 7.2.1 ユニット所有
者権限」を参照してください。
注※2
ユニットの実行ユーザーの種別が所有ユーザーになっている場合,JP1_AJS_Admin 権限以外の JP1
ユーザーは,自分が所有するユニットでなければ変更操作ができません。これは,JP1_AJS_Admin 権
限が与えられていない一般ユーザーが,任意のジョブを実行することを防ぐためです。
なお,ユニットの実行ユーザーの種別が登録ユーザーになっている場合は,操作ができる JP1 権限レベ
ルを与えられているだけで変更操作ができます。
注※3
JP1_AJS_Editor 権限および JP1_AJS_Operator 権限の両方の権限が与えられている必要があります。
これは,リリース登録またはリリース中止などのリリース操作には,定義の変更の権限と実行登録の権
限が必要なためです。
(b) エージェント管理情報操作時の JP1 権限レベル
エージェント管理情報操作時の JP1 権限レベルには,次の 3 種類があります。
• JP1_JPQ_Admin
管理者権限です。実行エージェントや実行エージェントグループの定義を追加変更削除する権限を持っ
ています。
• JP1_JPQ_Operator
実行エージェントや実行エージェントグループの受付配信制限の状態を変更する権限を持っています。
• JP1_JPQ_User
実行エージェントや実行エージェントグループの状態や定義内容を参照する権限を持っています。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
56
エージェント管理情報操作時のアクセス権限の設定では,資源グループ「JP1_Queue」に対して,これらの
JP1 権限レベルを持たせるように設定します。「JP1_Queue」は,大文字・小文字を間違えないように入力
してください。
エージェント管理情報操作時の JP1 権限レベル名と詳細な操作内容を次の表に示します。
表 3‒2 エージェント管理情報操作時の JP1 権限レベル名と詳細な操作内容
操作内容
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
Admin
Operator
User
実行エージェントを追加する
○
−
−
実行エージェントグループを追加する
○
−
−
実行エージェントを削除する
○
−
−
実行エージェントグループを削除する
○
−
−
実行エージェントの実行ホストを変更する
○
−
−
実行エージェントのジョブ実行多重度を変更する
○
−
−
実行エージェントの説明文を変更する
○
−
−
実行エージェントグループの説明文を変更する
○
−
−
実行エージェントグループに接続する実行エージェントを追加する
○
−
−
実行エージェントグループに接続されている実行エージェントの優先
順位を変更する
○
−
−
実行エージェントグループに接続されている実行エージェントを接続
先から解除する
○
−
−
実行エージェントの受付配信制限の状態を変更する
○
○
−
実行エージェントグループの受付配信制限の状態を変更する
○
○
−
実行エージェントの状態を表示する※
○
○
○
実行エージェントグループの状態を表示する※
○
○
○
すべての実行エージェントと実行エージェントグループの状態を表示
○
○
○
○
○
○
実行エージェントの定義を出力する※
○
○
○
実行エージェントグループの定義を出力する※
○
○
○
すべての実行エージェントと実行エージェントグループの定義を出力
○
○
○
する※
すべての実行エージェントと実行エージェントグループの名称を表示
する※
する※
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
57
(凡例)
○:操作できる。
−:操作できない。
注※
OS の Administrators 権限を持つユーザーは,JP1 権限レベルに関係なく操作できます。
注意事項
エージェント管理情報操作時は,コマンドを実行するマネージャーが使用する認証サーバのアクセ
ス権限の定義が適用されます。
(c) ジョブの実行・操作時の JP1 権限レベル
ジョブの実行・操作時の JP1 権限レベルには,次の 3 種類があります。
• JP1_JPQ_Admin
管理者権限です。実行環境の設定権限,キューやジョブ実行先エージェントの操作権限,ほかのユー
ザーがキューイングしたジョブの操作権限を持っています。
• JP1_JPQ_Operator
キューの操作権限,ほかのユーザーがキューイングしたジョブの操作権限を持っています。
• JP1_JPQ_User
サブミットジョブの登録や,自分がキューイングしたジョブの操作権限を持っています。
ジョブの実行・操作時のアクセス権限の設定では,資源グループ「JP1_Queue」に対して,これらの JP1 権
限レベルを持たせるように設定します。「JP1_Queue」は,大文字・小文字を間違えないように入力してく
ださい。
ジョブの実行・操作時の JP1 権限レベル名と詳細な操作内容を次の表に示します。
表 3‒3 ジョブの実行・操作時の JP1 権限レベル名と詳細な操作内容
操作内容
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
Admin
Operator
User
ジョブの実行をキャンセル,または強制終了する
○
○
△
ジョブの実行を保留,または保留解除する
○
○
△
ジョブを移動する
○
○
△
ジョブ情報を出力する
○
○
△
終了ジョブ情報を出力する
○
○
△
データベースから終了ジョブ情報を削除する
○
○
−
サブミットジョブを登録する※
○
○
○
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
58
操作内容
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
Admin
Operator
User
キューを開く※
○
○
−
キューを閉じる※
○
○
−
キューを追加する※
○
−
−
キューを削除する※
○
−
−
キュー情報を出力する※
○
○
○
キューの定義を変更する※
○
−
−
キューをエージェントに接続する※
○
−
−
キューとエージェントの接続を解除する※
○
−
−
ジョブ実行多重度を変更する※
○
−
−
エージェントを追加する※
○
−
−
エージェントを削除する※
○
−
−
エージェントホスト情報を出力する※
○
−
−
排他実行リソースを追加する※
○
−
−
排他実行リソースを削除する※
○
−
−
排他実行リソース情報を出力する※
○
○
○
(凡例)
○:操作できる。
△:操作できるが,ほかのユーザーが実行したジョブは操作できない。
−:操作できない。
注※
サブミットジョブを使用できない構成の場合は,操作できません。
注意事項
ジョブの実行・操作時は,処理要求を受け付けるマネージャーが使用する認証サーバのアクセス権
限の定義が適用されます。
ジョブ実行制御のコマンドを使用してジョブを実行・操作する場合,コマンドを実行する OS ユー
ザーと同名の JP1 ユーザーを登録しておく必要があります。
また,コマンドを実行する OS ユーザーと同名の JP1 ユーザーに対して,ジョブを実行・操作する
場合,必要な JP1 権限レベルを設定してください。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
59
jpqjobsub コマンドを実行する場合は,ジョブ実行ホスト側でジョブを実行する JP1 ユーザー(コ
マンドを実行する OS ユーザーと同名の JP1 ユーザー)と実行ホストの OS ユーザーをマッピング
しておく必要があります。
jpqjobsub コマンドで-eu を指定する場合は,-eu に指定した OS ユーザーと JP1 ユーザー(コマ
ンドを実行する OS ユーザーと同名の JP1 ユーザー)をジョブ実行ホスト側でマッピングしておく
必要があります。
3.1.2 JP1/AJS3 - Manager のセットアップ
この項では,JP1/AJS3 - Manager のセットアップについて説明します。JP1/AJS3 - Manager のセット
アップには,Administrators の実行権限が必要です。
JP1/Base のセットアップが完了したら,JP1/AJS3 - Manager をセットアップします。
なお,ここでは,JP1/AJS3 を動作させるために,基本となるセットアップ方法を説明します。業務に合
わせて設定を変更したい場合は,必要に応じて次に示す個所を参照してください。
設定または変更したい内容
参照個所
実行エージェントの設定手順
4.1 節
環境設定パラメーターの設定手順
4.2 節
運用プロファイルの設定手順
21.1 節
JP1/AJS3 への接続を制限する設定手順
21.2 節
スケジューラー制御に関する各種設定
6.1 節
ジョブ実行制御に関する各種設定
6.2 節
イベント・アクション制御に関する各種設定
6.3 節
キューレスジョブ実行制御に関する各種設定
6.4 節
定義内容の事前チェックに関する各種設定
6.5 節
その他の各種設定
6.6 節
ログ情報の採取
7章
クラスタ運用時のセットアップ
8章
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
9章
(1) セットアップの手順
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ手順を次に示します。
1. 必要に応じて,JP1/AJS3 サービスのアカウントを変更する。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
60
JP1/AJS3 サービスのアカウントの設定内容を変更する必要がなければ,操作は不要です。アカウント
の変更が必要な運用形態については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計
ガイド(システム構築編) 4.2.3(1) JP1/AJS3 が提供するサービスのアカウントの変更について」を
参照してください。
2. 必要に応じて,環境設定パラメーターを変更する。
すべての環境設定パラメーターを JP1/AJS3 が推奨する値で使用する場合は,この操作は不要です。環
境設定パラメーターの変更は,jajs_config コマンドまたは JP1/Base が提供するjbssetcnf コマンド
を使用します。
環境設定パラメーターの設定方法については,「4.2 環境設定パラメーターの設定」を参照してください。
3. 必要に応じて,システムおよびユーザー環境をセットアップする。
システムおよびユーザー環境のセットアップについては,「3.5 システムおよびユーザー環境で必要な
セットアップ」を参照してください。
4. Web Console サーバを使用する場合,Web Console サーバと接続する JP1/AJS3 - Manager に必
要なセットアップを実施する。
Web Console サーバを使用する場合,接続先の JP1/AJS3 - Manager でセットアップを実施します。
Web Console サーバを使用する場合の JP1/AJS3 - Manager のセットアップについては,「3.4.1 JP1/
AJS3 - Manager のセットアップ」を参照してください。
これでセットアップは終了です。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
61
3.2 JP1/AJS3 - Agent で必要なセットアップ
JP1/AJS3 - Agent を使うには,JP1/Base のセットアップと,JP1/AJS3 - Agent のセットアップが必要
です。
まず,JP1/Base をセットアップし,次に JP1/AJS3 - Agent をセットアップします。
補足事項
JP1/AJS3 - Agent を仮想マシンにセットアップしたあと,その仮想マシンを複製できます。
仮想マシンの複製の概要については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計
ガイド(システム構築編)
2.8 JP1/AJS3 をインストール・セットアップした仮想マシンの複製につい
て検討する」を参照してください。仮想マシンの複製の手順については,「22. JP1/AJS3 をインストー
ル・セットアップした仮想マシンの複製」を参照してください。
3.2.1 JP1/Base のセットアップ
この項では,JP1/Base のセットアップについて説明します。
なお,ここでは,設定の流れと大まかな設定内容を説明します。設定方法,設定項目,コマンドの詳細に
ついては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
JP1/Base は,次の流れでセットアップします。
1. ユーザー情報を設定する。
ユーザー情報の設定では,JP1/Base のユーザー管理機能を使って,ユーザーマッピングを設定します。
ユーザーマッピングは,他ホストから自ホストに対してジョブ実行を依頼される場合に必要な設定で
す。JP1 ユーザーに,各ホストに登録されている OS ユーザーをマッピングします。
設定方法については,「(1) ユーザー情報を設定する」を参照してください。
2. イベントサービス環境を設定する。
イベントサービス環境の設定は,JP1 イベントを送受信するために必要です。
JP1/Base のイベントサービス環境の設定で,API 設定ファイルのパラメーターserver の通信タイプに
「keep-alive」を設定してください。「close」を設定すると,次の問題が発生するおそれがあります。
• JP1/AJS3 が起動時に発行する JP1 イベントが発行できない。
• 統合トレースログにメッセージ KAVT1040-E が出力されて,JP1 イベント受信監視ジョブ,ログ
ファイル監視ジョブ,および Windows イベントログ監視ジョブがイベントを検知できない。
• JP1 イベント送信ジョブが異常検出終了する。
設定方法および API 設定ファイルについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してくださ
い。
JP1/Base のセットアップの手順と定義内容を次に示します。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
62
(1) ユーザー情報を設定する
Windows 版 JP1/Base では,GUI またはコマンドでユーザー情報を設定します。ここでは,GUI で設定
する方法を説明します。コマンドで設定する方法については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参
照してください。
なお,JP1/AJS3 - Agent および 07-00-/C 以降の JP1/AJS2 - Agent では,JP1/AJS3 - Agent または
JP1/AJS2 - Agent の起動時に認証サーバへのアクセスを行わなくなりました。
JP1/AJS3 - Agent または 07-00-/C 以降の JP1/AJS2 - Agent で認証サーバを指定する必要はありません。
次に,ユーザー情報の設定手順を設定内容ごとに説明します。
(a) ユーザーマッピングを設定する
認証サーバに登録されている JP1 ユーザーに対して,OS ユーザーをマッピングします。
ユーザーマッピングの設定手順を次に示します。
1.[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスの[ユーザーマッピング]タブをクリックする。
2.[パスワード管理]の[設定]ボタンをクリックする。
[パスワード管理]ダイアログボックスが表示されます。
3.[新規登録]ボタンをクリックする。
[新規登録]ダイアログボックスが表示されます。
4. OS ユーザー名とパスワードの情報を定義し,[OK]ボタンをクリックする。
OS ユーザー情報が設定され,[パスワード管理]ダイアログボックスに戻ります。[パスワード管理]
ダイアログボックスでは,OS ユーザーとその OS ユーザーのパスワード情報を,登録,変更および削
除できます。
なお,OS ユーザーは,
「ドメイン名\ユーザー名」または「ユーザー名」の形式で定義します。JP1/
AJS3 では,ドメイン名付きの OS ユーザー名とドメイン名なしの OS ユーザーを区別するため,OS
ユーザーは次の形式で定義してください。
• ドメインユーザーの場合は,「ドメイン名\ユーザー名」の形式
• ドメインコントローラー上のユーザーの場合は,「ドメイン名\ユーザー名」の形式
• ローカルユーザー(ドメイン名とコンピュータ名が同じユーザー)の場合は,「ユーザー名」の形式
(コンピュータ名は付けない)
5.[終了]ボタンをクリックする。
[パスワード管理]ダイアログボックスが閉じ,[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスの[ユー
ザーマッピング]タブに戻ります。
6.[JP1 ユーザー]の[追加]ボタンをクリックする。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
63
[JP1 ユーザー]ダイアログボックスが表示されます。
7. JP1 ユーザー名と,ジョブの依頼元ホスト名を入力し,[OK]ボタンをクリックする。
[マッピング OS ユーザー詳細]ダイアログボックスが表示されます。
なお,[サーバホスト名]に「*(アスタリスク)」を入力すると,すべてのサーバホストからのジョブ
実行要求を受け付けられます。
8. 表示されている JP1 ユーザーに対して,マッピングする OS ユーザーを選択する。
[マッピングしない OS ユーザー]に,[パスワード管理]ダイアログボックスで設定した OS ユーザー
が表示されます。そこからマッピングする OS ユーザーを選択し,[追加]ボタンをクリックすると,
選択した OS ユーザーが[マッピングする OS ユーザー]に移動します。
OS ユーザーは複数マッピングできます。
9. マッピングする OS ユーザーをすべて設定したら,[OK]ボタンをクリックする。
JP1 ユーザー名とマッピングした OS ユーザー名が,[JP1/Base 環境設定]ダイアログボックスの[マッ
ピング OS ユーザー一覧]に表示されます。
これでユーザーマッピングの設定は終了です。
注意事項
マッピングされる OS ユーザーには,ジョブ実行先ホストでローカルログオンできる権限が必要で
す。
この権限は,Windows の[管理ツール]の[ローカルセキュリティポリシー]などで設定します。
また,JP1 ユーザーにマッピングする OS ユーザーは,正常に OS にログインできる OS ユーザー
を JP1 ユーザーにマッピングしてください。
3.2.2 JP1/AJS3 - Agent のセットアップ
この項では,JP1/AJS3 - Agent のセットアップについて説明します。JP1/AJS3 - Agent のセットアップ
には,Administrators の実行権限が必要です。
JP1/Base のセットアップが完了したら,JP1/AJS3 - Agent をセットアップします。
なお,ここでは,JP1/AJS3 を動作させるために,基本となるセットアップ方法を説明します。業務に合
わせて設定を変更したい場合は,必要に応じて次に示す個所を参照してください。
設定または変更したい内容
参照個所
環境設定パラメーターの設定手順
4.2 節
JP1/AJS3 への接続を制限する設定手順
21.2.1
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
64
設定または変更したい内容
参照個所
ジョブ実行時のワークパスを変数として定義する
6.2.1
ジョブをロングファイル名で実行するための設定
6.2.15
ユーザープロファイルを必要とするジョブを実行するための設定
6.2.16
イベントジョブのログサイズ設定の変更
6.3.1
ファイル監視ジョブの状態引き継ぎオプションの設定
6.3.3
ラージファイル(2 ギガバイト以上のファイル)を監視するための設定
6.3.17
キューレスジョブ環境でユーザープロファイルを必要とするジョブを実行するための設定
6.4.2
JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の設定
6.5.1
ログ情報の採取
7章
クラスタ運用時のセットアップ
8章
(1) セットアップの手順
JP1/AJS3 - Agent のセットアップの手順を次に示します。
1. 必要に応じて,JP1/AJS3 サービスのアカウントを変更する。
JP1/AJS3 サービスのアカウントの設定内容を変更する必要がなければ,操作は不要です。アカウント
の変更が必要な運用形態については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計
ガイド(システム構築編) 4.2.3(1) JP1/AJS3 が提供するサービスのアカウントの変更について」を
参照してください。
2. 必要に応じて,環境設定パラメーターを変更する。
すべての環境設定パラメーターを JP1/AJS3 が推奨する値で使用する場合は,この操作は不要です。環
境設定パラメーターの変更は,jajs_config コマンドまたは JP1/Base が提供するjbssetcnf コマンド
を使用します。
jajs_config コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_config」を参照してください。jbssetcnf コマ
ンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
3. 必要に応じて,システムおよびユーザー環境をセットアップする。
システムおよびユーザー環境のセットアップについては,「3.5 システムおよびユーザー環境で必要な
セットアップ」を参照してください。
これでセットアップは終了です。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
65
3.3 JP1/AJS3 - View で必要なセットアップ
JP1/AJS3 - View は,インストール後に特別なセットアップは不要です。デフォルト値のままで使用でき
ます。
実行・障害ログを採取するために,JP1/AJS3 - View を使う前に Windows の「管理ツール」のサービス
一覧から[Hitachi Network Objectplaza Trace Monitor 2]を選択し,統合トレースログ機能
(HNTRLib2)を起動しておいてください。
統合トレースログ機能の起動は,1 台のホストに JP1/AJS3 - View だけをインストールしている場合にだ
け必要です。JP1/AJS3 - Manager や JP1/AJS3 - Agent と同じホストにインストールしている場合,統
合トレースログ機能の起動は不要です。
JP1/AJS3 - View の環境設定を変更する手順については,「5. JP1/AJS3 - View の環境設定」を参照して
ください。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
66
3.4 JP1/AJS3 - Web Console を使用する場合に必要なセットアップ
Web Console サーバを使用する場合,次のコンポーネントのセットアップを実施します。
• JP1/AJS3 - Manager
• JP1/AJS3 - Web Console
それぞれのコンポーネントのセットアップ方法について説明します。
3.4.1 JP1/AJS3 - Manager のセットアップ
ここでは,JP1/AJS3 - Web Console と JP1/AJS3 - Manager が接続するために必要な,JP1/AJS3 Manager のセットアップについて説明します。なお,JP1/AJS3 - Manager のセットアップには,
Administrators の実行権限が必要です。
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ手順を次に示します。
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールした場合で,かつ JP1/AJS3 - Software
Development Kit を使用していない場合は,ajscdinetd プロセスを起動するための設定をする。
JP1/AJS3 - Manager を新規インストールした場合,または JP1/AJS3 - Software Development Kit
を使用している場合,この手順は不要です。
JP1/AJS3 - Manager が JP1/AJS3 - Web Console からの接続を受け付けるためには,JP1/AJS3 Manager の ajscdinetd プロセスを起動しておく必要があります。ajscdinetd プロセスを起動するに
は,JP1/AJS3 - Manager の JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイル(jp1ajs_hstd.conf)を変更しま
す。また,ajscdinetd プロセスが使用するポート番号をservices ファイルに追加する必要があります。
jp1ajs_hstd.conf の設定手順は,すでにjp1ajs_hstd.conf を変更しているかどうかで異なります。変
更しているかどうかは,jp1ajs_hstd.conf をテキストエディターで開いて確認してください。
jp1ajs_hstd.conf およびモデルファイルの格納先を次に示します。
物理ホストの場合
JP1/AJS3 - Manager のインストール先フォルダ\conf
論理ホストの場合
共有フォルダ\conf
jp1ajs_hstd.conf を変更していない場合は,「(1) ajscdinetd プロセスを起動するための設定(JP1/
AJS3 用起動プロセス定義ファイルを変更していない場合)
」を参照してください。jp1ajs_hstd.conf
をすでに変更している場合は,「(2) ajscdinetd プロセスを起動するための設定(JP1/AJS3 用起動プロ
セス定義ファイルをすでに変更している場合)」を参照してください。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
67
注意事項
JP1/AJS3 - Manager のデータベース構成が互換用 ISAM 構成の場合,標準構成に移行する必要が
あります。
3. 必要に応じて,ajscdinetd プロセスの再起動の設定を変更する。
JP1/AJS3 - Manager の初期設定では,ajscdinetd プロセスが異常終了した場合,ajscdinetd プロセ
スが再起動するように設定されています。必要に応じて再起動の設定を変更してください。
ajscdinetd プロセスの再起動の設定は,JP1/AJS3 - Manager の拡張起動プロセス定義ファイル
(jp1ajs_hstd_0700.conf)に定義されています。拡張起動プロセス定義ファイルの詳細については,マ
ニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用ガイド 6.3.1 異常終了した JP1/AJS3
のプロセスを再起動する」を参照してください。
注意事項
JP1/AJS3 - Software Development Kit を使用している場合,この設定を変更すると,JP1/AJS3
- Software Development Kit の動作にも影響します。
4. 必要に応じて,ajscdinetd プロセスの内部ログのログサイズの設定を変更する。
ajscdinetd プロセスの内部ログのログサイズは,環境設定パラメーターAJSCDINETDLOGSIZE で設定しま
す。
環境設定パラメーターAJSCDINETDLOGSIZE については,「20.4.2(21) AJSCDINETDLOGSIZE」を参照
してください。
5. ファイアウォールを通過するための設定をする。
ファイアウォールを設定した環境で運用する場合,JP1/AJS3 - Web Console と JP1/AJS3 - Manager
の通信がファイアウォールを通過できるように設定する必要があります。
JP1/AJS3 - Web Console,および JP1/AJS3 - Manager で使用するポート番号とファイアウォール
の通過方向については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(シス
テム構築編) 付録 A 設定するポート番号一覧」を参照してください。
6. 必要に応じて,環境設定パラメーターを設定する。
事前に検討した内容に応じて,環境設定パラメーターを変更します。検討が必要な環境設定パラメー
ターについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構
築編) 4.6.2 Web Console サーバと接続する JP1/AJS3 - Manager の環境設定について検討する」
を参照してください。
なお,環境設定パラメーターの変更は,jajs_config コマンドを使用します。環境設定パラメーターの
設定方法については,「4.2 環境設定パラメーターの設定」を参照してください。
7. JP1/AJS3 サービスを起動する。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
68
(1) ajscdinetd プロセスを起動するための設定(JP1/AJS3 用起動プロセス
定義ファイルを変更していない場合)
JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイルを初期状態から変更していない場合の,ajscdinetd プロセスを起
動するための設定手順を次に示します。
1. jp1ajs_hstd.conf ファイルのバックアップを作成する。
2. JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイルのモデルファイル jp1ajs_hstd.conf.model をコピーして,
jp1ajs_hstd.conf にリネームする。
3. 論理ホストで運用している場合は,手順 2 で作成したファイルを共有フォルダにコピーする。
4. services ファイルに ajscdinetd プロセスが使用するポート番号を追加する。
デフォルトのポート番号
22250
ポート番号の追加例
jp1ajs3cdinetd 22250/tcp # JP1/AJS3 - Web Console
デフォルトのポート番号を使用できない場合,ほかのプロセスが使用するポート番号と重複しないよう
に,ajscdinetd プロセスが使用するポート番号を指定してください。デフォルトから変更した場合,
JP1/AJS3 - Web Console の通信設定ファイルの接続ポート番号も変更する必要があります。
なお,ポート番号の指定が重複している場合,ajscdinetd プロセスを起動したときに,統合トレース
ログにメッセージ KAVS0904-E が出力されます。
注意事項
services ファイルに追加したポート番号の設定は,JP1/AJS3 - Manager のアンインストールでは削
除されません。設定が不要になった場合には,手動で削除する必要があります。
(2) ajscdinetd プロセスを起動するための設定(JP1/AJS3 用起動プロセス
定義ファイルをすでに変更している場合)
JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイルを初期状態から変更している場合の,ajscdinetd プロセスを起動
するための設定手順を次に示します。
1. jp1ajs_hstd.conf ファイルを開く。
2. 任意の行に ajscdinetd プロセスの定義を追加する。
次の定義を追加してください。
ajscdinetd|ajscdinetd.exe|||1800|
3. jp1ajs_hstd.conf ファイルを保存する。
4. services ファイルに ajscdinetd プロセスが使用するポート番号を追加する。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
69
デフォルトのポート番号
22250
ポート番号の追加例
jp1ajs3cdinetd 22250/tcp # JP1/AJS3 - Web Console
デフォルトのポート番号を使用できない場合,ほかのプロセスが使用するポート番号と重複しないよう
に,ajscdinetd プロセスが使用するポート番号を指定してください。デフォルトから変更した場合,
JP1/AJS3 - Web Console の通信設定ファイルの接続ポート番号も変更する必要があります。
なお,ポート番号の指定が重複している場合,ajscdinetd プロセスを起動したときに,統合トレース
ログにメッセージ KAVS0904-E が出力されます。
5. JP1/AJS3 のサービスを起動する。
注意事項
services ファイルに追加したポート番号の設定は,JP1/AJS3 - Manager のアンインストールでは削
除されません。設定が不要になった場合には,手動で削除する必要があります。
3.4.2 JP1/AJS3 - Web Console のセットアップ
ここでは,JP1/AJS3 - Web Console のセットアップについて説明します。なお,JP1/AJS3 - Web
Console のセットアップには,Administrators の実行権限が必要です。
JP1/AJS3 - Web Console のセットアップ手順を次に示します。
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 Web Application Server サービス
• JP1/AJS3 HTTP Server サービス
2. Web Console サーバの環境設定をする。
Web Console サーバには 5 種類の設定ファイルがあります。環境に応じて,それぞれのファイルを編
集します。
Web Console サーバの設定ファイルを次の表に示します。必要に応じて変更してください。
表 3‒4 Web Console サーバの設定ファイル
項番
1
ファイル名
環境設定ファイル
(ajs3web.conf)
設定の変更が必要な環境
参照先
次のような場合に設定を見直します。
3.4.3 環境設定ファイル
(ajs3web.conf)の設定項目の
• 接続先のマネージャーホストと Web Console
詳細
サーバのタイムゾーンが異なる場合
• ログのサイズや面数を変更する場合
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
70
項番
2
ファイル名
通信設定ファイル
(ajscd_ajs3web.properties
)
設定の変更が必要な環境
次のような場合に設定を見直します。
• JP1/AJS3 - Manager への接続ポート番号を
デフォルトから変更している場合
参照先
3.4.4 通信設定ファイル
(ajscd_ajs3web.properties)の
設定項目の詳細
• JP1/AJS3 - Manager との接続環境(接続タ
イムアウト時間やリトライ回数など)を変更
する場合
3
Web サーバ定義ファイル
(httpsd.conf)
次のような場合に設定を見直します。
3.4.5 Web サーバ定義ファイル
• Web ブラウザーからの接続要求を受け付ける (httpsd.conf)の設定項目の詳細
ポート番号をデフォルトから変更する場合
• SSL 通信を有効にする場合
4
J2EE サーバ用ユーザープロ
パティファイル
(usrconf.properties)
次のような場合に設定を見直します。
• HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に
使用するポート番号をデフォルトから変更す
る場合
3.4.6 J2EE サーバ用ユーザープロ
パティファイル
(usrconf.properties)の設定項
目の詳細
• J2EE サーバの内部管理用ポート番号をデフォ
ルトから変更する場合
5
ワーカー定義ファイル
(workers.properties)
次のような場合に設定を見直します。
• HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に
使用するポート番号をデフォルトから変更す
る場合
3.4.7 ワーカー定義ファイル
(workers.properties)の設定項
目の詳細
3. 必要に応じて SSL 通信のための設定をする。
SSL 通信を使用すると,Web GUI と Web Console サーバが HTTPS で通信できるようになり,パ
スワードなどの盗聴が防げます。また,Web Console サーバとマネージャーホスト間の通信も SSL
で暗号化されます。
SSL 通信の設定手順については,「21.4 SSL を利用した通信の設定」を参照してください。
4. ファイアウォールを通過するための設定をする。
ファイアウォールを設定した環境で運用する場合,JP1/AJS3 - Web Console と JP1/AJS3 - Manager
の通信,および JP1/AJS3 - Web Console と Web ブラウザーの通信がファイアウォールを通過でき
るように設定する必要があります。
JP1/AJS3 - Web Console,および JP1/AJS3 - Manager で使用するポート番号とファイアウォール
の通過方向については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(シス
テム構築編) 付録 A 設定するポート番号一覧」を参照してください。
5. 次に示すサービスを起動する。
• JP1/AJS3 Web Application Server サービス
• JP1/AJS3 HTTP Server サービス
6. Web ブラウザーで,次の URL にアクセスできることを確認する。
次の URL にアクセスして,Web GUI のログイン画面が表示されることを確認してください。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
71
http://Web Console サーバのホスト名または IP アドレス:ポート番号/ajs/login.html
ポート番号のデフォルトは,HTTP 接続の場合は「22252」,HTTPS 接続の場合は「22253」です。
SSL 通信を有効にして HTTPS で接続する場合は,URL の先頭を「https」にしてください。
3.4.3 環境設定ファイル(ajs3web.conf)の設定項目の詳細
環境設定ファイル(ajs3web.conf)の記述形式や設定項目の詳細について説明します。
(1) ファイルの格納場所
ajs3web.conf の格納場所を次に示します。
JP1/AJS3 - Web Console のインストール先フォルダ\conf※
なお,同じフォルダ内にモデルファイルajs3web.conf.model が格納されています。
注※
クラスタ運用時は,格納場所が次のようになります。
共有フォルダ\jp1ajs3web\conf
(2) ファイルの編集手順
ajs3web.conf の編集方法は,ログのサイズや面数を変更する場合と,それ以外の項目を変更する場合で,
手順が異なります。
(a) ログのサイズや面数を変更する手順
ログのサイズや面数を変更する場合,ajs3web.conf を編集する前に,アプリケーションサーバログや関連
ファイルをすべて削除する必要があります。
ログのサイズや面数を変更する手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 HTTP Server サービス,および JP1/AJS3 Web Application Server サービスを停止する。
2. すべてのログファイルを任意のフォルダにバックアップする。
3. 次のファイルを削除する。
• すべてのアプリケーションサーバログ
• アプリケーションサーバログの格納フォルダ下の,mmap フォルダ配下のappserver.mm ファイル
4. ajs3web.conf を任意のフォルダにバックアップする。
5. モデルファイル ajs3web.conf.model をコピーして,ajs3web.conf にリネームする。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
72
6. ajs3web.conf をテキストエディターで開く。
7. 定義内容を変更する。
8. ファイルを保存する。
9. JP1/AJS3 HTTP Server サービス,および JP1/AJS3 Web Application Server サービスを起動する。
(b) ログのサイズや面数以外の項目を変更する手順
ログのサイズや面数以外の項目を変更する手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 HTTP Server サービス,および JP1/AJS3 Web Application Server サービスを停止する。
2. ajs3web.conf を任意のフォルダにバックアップする。
3. モデルファイル ajs3web.conf.model をコピーして,ajs3web.conf にリネームする。
4. ajs3web.conf をテキストエディターで開く。
5. 定義内容を変更する。
6. ファイルを保存する。
7. JP1/AJS3 HTTP Server サービス,および JP1/AJS3 Web Application Server サービスを起動する。
(3) 設定が有効になるタイミング
JP1/AJS3 Web Application Server サービス起動時
(4) 記述形式
ajs3web.conf の記述形式を次に示します。
[]
HNTR_LOG_LEVEL=統合トレースログに出力するメッセージレベル
HNTR_LOG_LANG=統合トレースログに出力するメッセージの言語種別
SYS_LOG_LEVEL=Windowsイベントログに出力するメッセージレベル
SYS_LOG_LANG=Windowsイベントログに出力するメッセージの言語種別
COM_LOG_SIZE=コマンドログのファイルサイズ
COM_LOG_LEVEL=コマンドログに出力するメッセージレベル
COM_LOG_NUM=コマンドログのファイルの面数
COM_LOG_LANG=コマンドログに出力するメッセージの言語種別
SERVER_LOG_SIZE=アプリケーションサーバログのサイズ
SERVER_LOG_LEVEL=アプリケーションサーバログに出力するメッセージレベル
SERVER_LOG_NUM=アプリケーションサーバログのファイルの面数
SERVER_LOG_LANG=アプリケーションサーバログに出力するメッセージの言語種別
[接続先JP1/AJS3 - Managerのホスト名またはIPアドレス]
TIMEZONE=接続先JP1/AJS3 - Managerのタイムゾーン
SUMMARY_MAX_COUNT=Web GUIの監視対象の最大数
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
73
[接続先JP1/AJS3 - Managerのホスト名またはIPアドレス]
:
コメントを記載する際は,行の先頭に「;」(セミコロン)を記載してください。
(5) 設定項目
設定項目について説明します。各項目は改行文字で区切ってください。
(a) HNTR_LOG_LEVEL
統合トレースログに出力するメッセージレベルを指定します。
指定できる値
none
どのメッセージも出力しません。
error
エラーメッセージを出力します。
warn
エラー,および警告メッセージを出力します。
info
エラー,警告,および情報メッセージを出力します。
デフォルト値
info
推奨値
デフォルト値
(b) HNTR_LOG_LANG
統合トレースログに出力するメッセージの言語種別を指定します。
指定できる値
system
OS に設定されている言語種別で出力します。
OS に設定されている文字コードが英語 ASCII コードでもシフト JIS コードでもない場合は,英語
ASCII コードが仮定されます。
C
英語 ASCII コードで出力します。
SJIS
シフト JIS コードで出力します。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
74
デフォルト値
system
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(c) SYS_LOG_LEVEL
Windows イベントログに出力するメッセージレベルを指定します。
指定できる値
none
どのメッセージも出力しません。
error
エラーメッセージを出力します。
warn
エラー,および警告メッセージを出力します。
info
エラー,警告,および情報メッセージを出力します。
デフォルト値
info
推奨値
デフォルト値
(d) SYS_LOG_LANG
Windows イベントログに出力するメッセージの言語種別を指定します。
指定できる値
system
OS に設定されている言語種別で出力します。
OS に設定されている文字コードが英語 ASCII コードでもシフト JIS コードでもない場合は,英語
ASCII コードが仮定されます。
C
英語 ASCII コードで出力します。
SJIS
シフト JIS コードで出力します。
デフォルト値
system
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
75
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(e) COM_LOG_SIZE
コマンドログのファイルサイズを指定します。
指定できる値
4〜16,384(単位:キロバイト)
デフォルト値
128
推奨値
デフォルト値
(f) COM_LOG_LEVEL
コマンドログに出力するメッセージレベルを指定します。
指定できる値
none
どのメッセージも出力しません。
error
エラーメッセージを出力します。
warn
エラー,および警告メッセージを出力します。
info
エラー,警告,および情報メッセージを出力します。
デフォルト値
info
推奨値
デフォルト値
(g) COM_LOG_NUM
コマンドログのファイルの面数を指定します。
指定できる値
1〜16(単位:面)
デフォルト値
2
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
76
推奨値
デフォルト値
(h) COM_LOG_LANG
コマンドログに出力するメッセージの言語種別を指定します。
指定できる値
system
OS に設定されている言語種別で出力します。
OS に設定されている文字コードが,英語 ASCII コード,シフト JIS コードのどちらでもない場合
は,英語 ASCII コードが仮定されます。
C
英語 ASCII コードで出力します。
SJIS
シフト JIS コードで出力します。
デフォルト値
system
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(i) SERVER_LOG_SIZE
アプリケーションサーバログのファイルサイズを指定します。
指定できる値
4〜16,384(単位:キロバイト)
デフォルト値
8,192
推奨値
デフォルト値
(j) SERVER_LOG_LEVEL
アプリケーションサーバログに出力するメッセージレベルを指定します。
指定できる値
none
どのメッセージも出力しません。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
77
error
エラーメッセージを出力します。
warn
エラー,および警告メッセージを出力します。
info
エラー,警告,および情報メッセージを出力します。
デフォルト値
info
推奨値
デフォルト値
(k) SERVER_LOG_NUM
アプリケーションサーバログのファイルの面数を指定します。
指定できる値
1〜16(単位:面)
デフォルト値
2
推奨値
デフォルト値
(l) SERVER_LOG_LANG
アプリケーションサーバログに出力するメッセージの言語種別を指定します。
指定できる値
system
OS に設定されている言語種別で出力します。
OS に設定されている言語種別が日本語でも英語でもない場合は,英語が仮定されます。
ja
日本語で出力します。
en
英語で出力します。
デフォルト値
system
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
78
(m) 接続先 JP1/AJS3 - Manager のホスト名または IP アドレス
接続先の JP1/AJS3 - Manager のホスト名または IP アドレスを指定します。
指定できる値
255 バイト以内の文字列
デフォルト値
なし
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(n) TIMEZONE
接続先 JP1/AJS3 - Manager の物理ホストまたは論理ホストのタイムゾーンを指定します。
接続先 JP1/AJS3 - Manager のタイムゾーンが Web Console サーバのタイムゾーンと異なる場合に指定
する必要があります。
指定できる値
ajswebtz.bat コマンドで取得できるタイムゾーン ID
この設定項目を省略した場合は,OS のタイムゾーン設定に従います。
ajswebtz.bat コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajswebtz.bat(Windows 限定)
」を参照
してください。
デフォルト値
OS のタイムゾーン設定に従います。
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(o) SUMMARY_MAX_COUNT
Web GUI のダッシュボード画面に登録できる監視対象ユニットの最大数を指定します。
指定できる値
1〜20(単位:個)
デフォルト値
5
推奨値
デフォルト値
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
79
(6) 設定例
ajs3web.conf の設定例を次に示します。
[]
HNTR_LOG_LEVEL=info
HNTR_LOG_LANG=system
SYS_LOG_LEVEL=info
SYS_LOG_LANG=system
COM_LOG_SIZE=128
COM_LOG_LEVEL=info
COM_LOG_NUM=2
COM_LOG_LANG=system
SERVER_LOG_SIZE=8192
SERVER_LOG_LEVEL=info
SERVER_LOG_NUM=2
SERVER_LOG_LANG=system
[ManagerHostA]
TIMEZONE=Asia/Tokyo
SUMMARY_MAX_COUNT=5
[ManagerHostB]
TIMEZONE=America/New_York
SUMMARY_MAX_COUNT=5
(7) 注意事項
• ここで説明した設定項目以外の項目は,変更しないでください。
• 定義行の「=」の前後には,スペースを入れないでください。
• 定義行の途中で改行を入れないでください。
• 設定できる項目以外を指定した場合,その行は無視されます。
• 設定項目が存在しない場合,デフォルト値を仮定して動作します。
• 設定が不正な場合,JP1/AJS3 Web Application Server サービスが起動しません。
• 設定項目のキーのアルファベットの大文字と小文字は区別されませんが,設定値の大文字と小文字は区
別されます。
• 同一の設定項目が複数行に定義されている場合,最初に記載されている行が有効になります。
3.4.4 通信設定ファイル(ajscd_ajs3web.properties)の設定項目の詳細
通信設定ファイル(ajscd_ajs3web.properties)の設定形式や設定項目の詳細について説明します。
(1) ファイルの格納場所
ajscd_ajs3web.properties は,JP1/AJS3 - Web Console のインストール直後の初期状態では配置され
ません。配置されていない場合,JP1/AJS3 - Web Console はデフォルトの状態で動作します。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
80
設定をデフォルト値から変更したい場合にだけ,ajscd_ajs3web.properties を作成します。
(a) モデルファイルの格納場所
モデルファイルajscd_ajs3web.properties.model の格納場所を次に示します。
JP1/AJS3 - Web Console のインストール先フォルダ\conf
(b) ajscd_ajs3web.properties の格納場所
ajscd_ajs3web.properties の格納場所は,JP1/AJS3 - Web Console のインストール先によって異なり
ます。
クラスタ構成の場合
共有フォルダ\jp1ajs3web\conf
JP1/AJS3 - Web Console のインストール先フォルダがデフォルトまたはシステムで保護されたフォルダ
配下の場合
%ALLUSERSPROFILE%\Hitachi\JP1\JP1_DEFAULT\jp1ajs3web\conf
「システムで保護されたフォルダ」とは,次のパスを指します。
• 「システムドライブ\Windows」配下
• 「システムドライブ\Program Files」配下
JP1/AJS3 - Web Console のインストール先フォルダが上記以外の場合
JP1/AJS3 - Web Console のインストール先フォルダ\conf
(2) ファイルの編集手順
ajscd_ajs3web.properties の編集手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 Web Application Server サービスを停止する。
2. ajscd_ajs3web.properties がすでに定義されている場合は,ファイルを任意のフォルダにバックアッ
プする。
3. モデルファイル ajscd_ajs3web.properties.model を ajscd_ajs3web.properties の格納先にコ
ピーして,ajscd_ajs3web.properties にリネームする。
4. ajscd_ajs3web.properties をテキストエディターで開く。
5. 定義内容を変更する。
6. 文字コード UTF-8 でファイルを保存する。
7. JP1/AJS3 Web Application Server サービスを起動する。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
81
(3) 設定が有効になるタイミング
JP1/AJS3 Web Application Server サービス起動時
(4) 記述形式
ajscd_ajs3web.properties の記述形式を次に示します。
ajscd.port_number=JP1/AJS3 - Managerへの接続ポート番号
ajscd.connect_timeout=JP1/AJS3 - Managerとの接続タイムアウト時間
ajscd.connect_retry_count=JP1/AJS3 - Managerとの接続リトライ回数
ajscd.connect_retry_interval=JP1/AJS3 - Managerとの接続リトライ間隔
ajscd.receive_timeout=JP1/AJS3 - Managerからのデータ受信のタイムアウト時間
ajscd.login_wait=ログイン処理の待ち時間
コメントを記載する際は,行の先頭に「#」(シャープ)を記載してください。
(5) 設定項目
設定項目について説明します。各項目は改行文字で区切ってください。
(a) ajscd.port_number
JP1/AJS3 - Manager への接続ポート番号を設定します。
JP1/AJS3 - Manager でデフォルトのポート番号が使用できない場合に変更します。
指定できる値
5001〜65535
デフォルト値
22250
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(b) ajscd.connect_timeout
JP1/AJS3 - Manager との接続タイムアウト時間を設定します。
デフォルトでは,接続タイムアウト処理を行いません。JP1/AJS3 - Manager との接続タイムアウト処理
を行う場合に変更します。
指定できる値
0〜86,400(単位:秒)
0 を指定した場合,接続タイムアウト処理を行いません。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
82
デフォルト値
0(接続タイムアウト処理を行わない)
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
注意事項
OS の接続タイムアウトの仕様とその設定によって,設定した値より前に接続タイムアウトが発生する
ことがあります。
(c) ajscd.connect_retry_count
JP1/AJS3 - Manager との接続で通信エラーが発生した場合に,接続をリトライする回数を設定します。
指定できる値
0〜100(単位:回)
デフォルト値
3
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(d) ajscd.connect_retry_interval
JP1/AJS3 - Manager との接続で通信エラーが発生した場合に,接続をリトライする間隔を設定します。
指定できる値
0〜300(単位:秒)
デフォルト値
12
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(e) ajscd.receive_timeout
JP1/AJS3 - Manager からデータを受信する場合のタイムアウト時間を設定します。
指定できる値
0〜86,400(単位:秒)
0 を指定した場合,受信タイムアウト処理を行いません。
デフォルト値
180
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
83
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(f) ajscd.login_wait
JP1/AJS3 - Manager の認証に失敗した場合に,ログイン処理の待ち時間(スリープ状態にする時間)を
設定します。
指定できる値
1〜10(単位:秒)
デフォルト値
1
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(6) 設定例
ajscd_ajs3web.properties の設定例を次に示します。
ajscd.port_number=22250
ajscd.connect_timeout=0
ajscd.connect_retry_count=3
ajscd.connect_retry_interval=12
ajscd.receive_timeout=180
ajscd.login_wait=1
(7) 注意事項
• ここで説明した設定項目以外の項目は,変更しないでください。
• 定義行の「=」の前後には,スペースを入れないでください。
• 設定できる項目以外を指定した場合,その行は無視されます。
• 設定項目が存在しない場合,デフォルト値を仮定して動作します。
• 設定が不正な場合,JP1/AJS3 Web Application Server サービスは起動しますが,JP1/AJS3 - Web
Console での処理がエラーします。
• 設定項目のキーおよび設定値のアルファベットは,大文字と小文字が区別されます。キーに大文字と小
文字が混在する場合,その行は無視して処理されます。
• 同一の設定項目が複数行に定義されている場合,最後に記載されている行が有効になります。
3.4.5 Web サーバ定義ファイル(httpsd.conf)の設定項目の詳細
Web サーバ定義ファイル(httpsd.conf)の記述形式や設定項目の詳細について説明します。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
84
(1) ファイルの格納場所
httpsd.conf の格納場所を次に示します。
JP1/AJS3 - Web Console のインストール先フォルダ\uCPSB\httpsd\conf
(2) ファイルの編集手順
httpsd.conf の編集手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 HTTP Server サービスを停止する。
2. httpsd.conf を任意のフォルダにバックアップする。
3. httpsd.conf をテキストエディターで開く。
4. 定義内容を変更する。
5. 文字コード UTF-8 でファイルを保存する。
6. JP1/AJS3 HTTP Server サービスを起動する。
(3) 設定が有効になるタイミング
JP1/AJS3 HTTP Server サービス起動時
(4) 記述形式
httpsd.conf の記述形式を次に示します。
(省略)
ServerRoot "JP1/AJS3 - Web Consoleのインストール先フォルダ/uCPSB/httpsd"
ServerName Web Consoleサーバのホスト名
DocumentRoot "JP1/AJS3 - Web Consoleのインストール先フォルダ/uCPSB/httpsd/htdocs"
(省略)
Listen Webブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
#Listen [::]:Webブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
SSLDisable
#Listen SSL通信でのWebブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
#Listen [::]:SSL通信でのWebブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
#<VirtualHost *:SSL通信でのWebブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号>
# ServerName Web Consoleサーバのホスト名
# SSLEnable
# SSLCertificateFile "JP1/AJS3 - Web Consoleのインストール先フォルダ/uCPSB/httpsd/conf/ssl/
server/サーバ証明書ファイル名"
# SSLCertificateKeyFile "JP1/AJS3 - Web Consoleのインストール先フォルダ/uCPSB/httpsd/
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
85
conf/ssl/server/秘密鍵ファイル名"
#</VirtualHost>
Include "JP1/AJS3 - Web Consoleのインストール先フォルダ/uCPSB/CC/web/redirector/mod_jk.conf"
なお,「#」から始まる行はコメント行です。
(5) 設定項目
設定項目について説明します。
(a) JP1/AJS3 - Web Console のインストール先フォルダ
JP1/AJS3 - Web Console のインストール先フォルダが自動で設定されます。
セットアップ時に変更の必要はありません。
(b) Web Console サーバのホスト名
Web Console サーバのホスト名が自動で設定されます。
Web Console サーバのホスト名を変更した際に,手動で変更します。
(c) Web ブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
SSL 通信を使用しない場合に,Web Console サーバが Web ブラウザーからの接続要求を受け付けるポー
ト番号を指定します。デフォルトでは,「22252」が指定されます。
Web ブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号をデフォルトから変更した場合,ポート番号を変
更します。
(d) SSL 通信での Web ブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
Web Console サーバと Web ブラウザーの通信に SSL を使用する場合に,Web Console サーバが Web
ブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号を指定します。デフォルトでは,「22253」が指定され
ています。
SSL 通信を有効にする場合,行の先頭の「#」(シャープ)を削除します。また,Web ブラウザーからの
SSL 通信を受け付けるポート番号をデフォルトから変更した場合,ポート番号を変更します。
詳細については,「21.4 SSL を利用した通信の設定」を参照してください。
(e) サーバ証明書ファイル名
Web Console サーバと Web ブラウザーの通信に SSL を使用する場合に,CA から取得したサーバ証明
書のファイル名を指定します。デフォルトでは,「httpsd.pem」が指定されています。
SSL 通信を有効にする場合,行の先頭の「#」
(シャープ)を削除し,サーバ証明書のファイル名に合わせ
て変更してください。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
86
詳細については,「21.4 SSL を利用した通信の設定」を参照してください。
(f) 秘密鍵ファイル名
Web Console サーバと Web ブラウザーの通信に SSL を使用する場合に,秘密鍵のファイル名を指定し
ます。デフォルトでは,「httpsdkey.pem」が指定されています。
SSL 通信を有効にする場合,行の先頭の「#」(シャープ)を削除し,秘密鍵のファイル名に合わせて変更
してください。
詳細については,「21.4 SSL を利用した通信の設定」を参照してください。
(6) 注意事項
設定が不正な場合,JP1/AJS3 HTTP Server サービスが起動しません。
3.4.6 J2EE サーバ用ユーザープロパティファイル(usrconf.properties)
の設定項目の詳細
J2EE サーバ用ユーザープロパティファイル(usrconf.properties)の記述形式や設定項目の詳細について
説明します。
(1) ファイルの格納場所
usrconf.properties の格納場所を次に示します。
JP1/AJS3 - Web Console のインストール先フォルダ\uCPSB\CC\server\usrconf\ejb\ajs3web
(2) ファイルの編集手順
usrconf.properties の編集手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 Web Application Server サービスを停止する。
2. usrconf.properties を任意のフォルダにバックアップする。
3. usrconf.properties をテキストエディターで開く。
4. 定義内容を変更する。
5. 文字コード UTF-8 でファイルを保存する。
6. JP1/AJS3 Web Application Server サービスを起動する。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
87
(3) 設定が有効になるタイミング
JP1/AJS3 Web Application Server サービス起動時
(4) 記述形式
usrconf.properties の記述形式を次に示します。
(省略)
# Internal http server settings
ejbserver.http.port=J2EEサーバの内部管理用ポート番号
(省略)
# Ajp13 connector settings
webserver.connector.ajp13.port=HTTPサーバとJ2EEサーバが通信する際に使用するポート番号
#webserver.connector.ajp13.max_threads=10
(省略)
#ejbserver.rmi.naming.port=J2EEサーバの内部管理用ポート番号
(省略)
なお,
「#」から始まる行はコメント行です。
(5) 設定項目
設定項目について説明します。
(a) J2EE サーバの内部管理用ポート番号
J2EE サーバの内部管理用ポート番号を指定します。デフォルトでは,「22255」および「23152」が指定
されています。
ポート番号をデフォルトから変更したい場合,環境に合わせてポート番号を変更します。
(b) HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に使用するポート番号
Web Console サーバ内で,HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に使用するポート番号を指定しま
す。デフォルトでは,「22254」が指定されています。
ポート番号をデフォルトから変更したい場合,環境に合わせてポート番号を変更します。
(6) 注意事項
• ここで説明した設定項目以外の記述は,変更しないでください。
• 設定が不正な場合,JP1/AJS3 Web Application Server サービスが起動しません。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
88
3.4.7 ワーカー定義ファイル(workers.properties)の設定項目の詳細
ワーカー定義ファイル(workers.properties)の記述形式や設定項目の詳細について説明します。
(1) ファイルの格納場所
workers.properties の格納場所を次に示します。
JP1/AJS3 - Web Console のインストール先フォルダ\uCPSB\CC\web\redirector
(2) ファイルの編集手順
workers.properties の編集手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 HTTP Server サービスを停止する。
2. workers.properties を任意のフォルダにバックアップする。
3. workers.properties をテキストエディターで開く。
4. 定義内容を変更する。
5. 文字コード UTF-8 でファイルを保存する。
6. JP1/AJS3 HTTP Server サービスを起動する。
(3) 設定が有効になるタイミング
JP1/AJS3 HTTP Server サービス起動時
(4) 記述形式
usrconf.properties の記述形式を次に示します。
(省略)
worker.list=worker1
worker.worker1.port=HTTPサーバとJ2EEサーバが通信する際に使用するポート番号
(省略)
なお,
「#」から始まる行はコメント行です。
(5) 設定項目
設定項目について説明します。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
89
(a) HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に使用するポート番号
Web Console サーバ内で,HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に使用するポート番号を指定しま
す。デフォルトでは,「22254」が指定されています。
ポート番号をデフォルトから変更した場合,環境に合わせてポート番号を変更します。
(6) 注意事項
• ここで説明した設定項目以外の記述は,変更しないでください。
• 設定が不正な場合,JP1/AJS3 HTTP Server サービスが起動しません。
3.4.8 Web ブラウザーの設定
Web GUI を使用する場合,次に示す Web ブラウザーの設定を確認します。設定方法の詳細については,
使用する Web ブラウザーのドキュメントを参照してください。
アクティブスクリプトまたは Java スクリプトの設定
Web GUI では,使用する Web ブラウザーで,アクティブスクリプトまたは Java スクリプトを有効
にしておく必要があります。
無効に設定していると,JP1/AJS3 - Manager にログインできません。また,ログイン後に設定を無効
にした場合,それ以降の操作ができなくなります。
DOM ストレージの設定
Web ブラウザーとして Internet Explorer を使用する場合は,DOM ストレージの設定を有効にして
おく必要があります。
SSL/TLS の設定
通信暗号化機能を使用する場合,Web ブラウザーで SSL/TLS の設定を有効にしておく必要があります。
SSL/TLS の設定を無効にしていると,Web Console サーバにアクセスしても,ログイン画面が表示
されません。また,ログイン後に SSL/TLS の設定を無効にした場合,それ以降の操作ができなくなり
ます。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
90
3.5 システムおよびユーザー環境で必要なセットアップ
システム環境およびユーザー環境のセットアップについて説明します。
3.5.1 トレースログファイルの拡張
次に示す Windows 版トレースログファイルの拡張について説明します。
• JP1/AJS3 のトレースログファイル
• キューレストレースログファイル
• キューレスジョブ実行内部ログファイル
(1) JP1/AJS3 のトレースログファイルの拡張
JP1/AJS3 のトレースログファイルは,初期状態では次のように設定されています。
• ファイル名
インストール先フォルダがデフォルトまたはシステムで保護されたフォルダ配下の場合
%ALLUSERSPROFILE%\Hitachi\JP1\JP1_DEFAULT\JP1AJS2\log\tracelog
「%ALLUSERSPROFILE%」のデフォルトは「システムドライブ\ProgramData」です。
「システムで保護されたフォルダ」とは,次のパスを指します。
・「システムドライブ\Windows」配下
・「システムドライブ\Program Files」配下
・「システムドライブ\Program Files (x86)」配下
インストール先フォルダが上記以外の場合
JP1/AJS3 のインストール先フォルダ\log\tracelog
• サイズ
約 2,000 個のジョブを実行したときのトレースログを保存できるサイズ,具体的には,20 メガバイト
(20,480 キロバイト)
必要となるトレースログファイルのサイズは,ジョブネットの構造や,JP1/AJS3 - View の接続数,操作
内容によって大きく異なります。必要に応じてトレースログファイルの適切なサイズを見積もり,拡張し
てください。
トレースログファイルの適切なサイズを見積もる方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 設計ガイド(システム構築編) 3.4.2 トレースログファイルのサイズを見積も
る」を参照してください。
トレースログファイルを拡張する必要がある場合は,ajstrsetsz コマンドでトレースログファイルのサイ
ズを変更してください。ajstrsetsz コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
91
Management System 3 コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajstrsetsz」を参照
してください。
(2) キューレストレースログファイルの拡張
キューレストレースログファイルは,初期状態では次のように設計されています。
• ファイル名
インストール先フォルダがデフォルトまたはシステムで保護されたフォルダ配下の場合
%ALLUSERSPROFILE%\Hitachi\JP1\JP1_DEFAULT\JP1AJS2\log\tracelog.ql
「%ALLUSERSPROFILE%」のデフォルトは「システムドライブ\ProgramData」です。
「システムで保護されたフォルダ」とは,次のパスを指します。
・「システムドライブ\Windows」配下
・「システムドライブ\Program Files」配下
・「システムドライブ\Program Files (x86)」配下
インストール先フォルダが上記以外の場合
JP1/AJS3 のインストール先フォルダ\log\tracelog.ql
• サイズ
約 10,000 個のジョブを実行したときのトレースログを保存できるサイズ,具体的には,15 メガバイ
ト(15,360 キロバイト)
必要となるキューレストレースログファイルのサイズは,ジョブのファイル転送の有無やエラー出力結果
の有無によって大きく異なります。必要に応じてトレースログファイルの適切なサイズを見積もり,拡張
してください。
トレースログファイルの適切なサイズを見積もる方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 設計ガイド(システム構築編) 7.2.1(2) キューレストレースログファイルのサ
イズを見積もる」を参照してください。
キューレストレースログファイルを拡張する必要がある場合は,ajsqltrsetsz コマンドでキューレスト
レースログファイルのサイズを変更してください。ajsqltrsetsz コマンドの詳細については,マニュアル
「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマン
ド ajsqltrsetsz」を参照してください。
(3) キューレスジョブ実行内部ログファイルの拡張
キューレスジョブ実行内部ログファイルは,初期状態では次のように設定されています。
• ファイル名
インストール先フォルダがデフォルトまたはシステムで保護されたフォルダ配下の場合
%ALLUSERSPROFILE%\Hitachi\JP1\JP1_DEFAULT\JP1AJS2\log\ajsqlexeclog※1
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
92
%ALLUSERSPROFILE%\Hitachi\JP1\JP1_DEFAULT\JP1AJS2\log\ajsqlexeclog_ftpd※2
「%ALLUSERSPROFILE%」のデフォルトは「システムドライブ\ProgramData」です。
「システムで保護されたフォルダ」とは,次のパスを指します。
・「システムドライブ\Windows」配下
・「システムドライブ\Program Files」配下
・「システムドライブ\Program Files (x86)」配下
インストール先フォルダが上記以外の場合
JP1/AJS3 のインストール先フォルダ\log\ajsqlexeclog※1
JP1/AJS3 のインストール先フォルダ\log\ajsqlexeclog_ftpd※2
注※1
クラスタ運用時は,名称が次のようになります。
JP1/AJS3 のインストール先フォルダ\log\ajsqlexeclog-[論理ホスト名]
フルパス名が 256 バイト以上である場合,[論理ホスト名]は論理ホスト名の先頭から 30 バイトと
なります。
注※2
JP1/AJS3 - Manager の場合だけ作成します。
• サイズ
ajsqlexeclog ファイルの場合
約 40,000 個のキューレスジョブを実行したときに,キューレスエージェントサービスが出力する
実行内部ログを保存できるサイズ,具体的には,24 メガバイト(24,576 キロバイト)
ajsqlexeclog_ftpd ファイルの場合
約 20,000 個のファイル転送を伴うキューレスジョブを実行したときに,キューレスファイル転送
サービスが出力する実行内部ログを保存できるサイズ,具体的には,10 メガバイト(10,240 キロ
バイト)
必要となるキューレスジョブ実行内部ログファイルのサイズは,実行するキューレスジョブの個数,およ
びキューレスジョブ実行時のファイル転送の有無などによって大きく異なります。必要に応じて,キュー
レスジョブ実行内部ログファイルの適切なサイズを見積もり,拡張してください。
キューレスジョブ実行内部ログファイルの適切なサイズを見積もる方法については,マニュアル「JP1/
Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編)
7.2.1(3) キューレスジョブ実行
内部ログファイルのサイズを見積もる」を参照してください。
キューレスジョブ実行内部ログファイルを拡張する必要がある場合は,ajsqlexecsetsz コマンドでキュー
レスジョブ実行内部ログファイルのサイズを変更してください。ajsqlexecsetsz コマンドの詳細について
は,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 4. 特別な運用で
使用するコマンド ajsqlexecsetsz」を参照してください。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
93
3.5.2 通信環境の設定
DNS の構成や,ファイアウォールを使用した環境で JP1/AJS3 を構築する場合には,ホスト名や IP アド
レスが解決できる環境の設定や,ファイアウォール上での通信設定が必要です。
次の個所を参照し,通信環境を設定してください。
• マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編) 2.3.8(3)
DNS 環境で運用する場合の注意事項」
• マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編)
2.3.4 ファ
イアウォールを設定した環境での通信」
3.5.3 IPv6 アドレスで通信するための設定
IPv6 アドレスで通信するための設定手順について説明します。
なお,IPv6 アドレスの通信は,Windows Server 2012 と Windows Server 2008 R2 だけサポートして
います。
(1) IPv6 アドレスで通信するための JP1/Base の設定手順
(a) jp1hosts2 ファイルの設定
IPv6 アドレスで通信する場合は,jp1hosts2 の設定が必要です。jp1hosts2 情報を定義すると,jp1hosts
情報の定義は無効になります。そのため,JP1/Base をバージョン 09-50 以前からバージョン 10-00 以降
にバージョンアップインストールする場合は,バージョン 09-50 以前で使用していたjp1hosts の定義情報
をjp1hosts2 に移行する必要があります。IPv4 アドレスで通信する場合は,必要ありません。
設定を元に戻したい場合は,jp1hosts2 からjp1hosts に設定を切り戻すことができます。
jp1hosts2 の詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
(b) ANY バインドアドレスの設定
受信時の通信方式が ANY バインド方式の場合は,次に説明する設定が必要です。JP1/AJS3 新規インス
トール時の通信設定は,受信時の通信方式が ANY バインド方式になっています。なお,論理ホストをセッ
トアップした場合は,受信時の通信方式が IP バインド方式になるため,この設定の変更は不要です。
使用する ANY バインドアドレスのプロトコル種別を,「IPv4 のみ」
,「IPv6 のみ」
,「IPv4/IPv6 両方」の
どれかに設定する必要があります。受信に使用する ANY バインドアドレスのプロトコル種別と,送信側
が名前解決をして得られる IP アドレスのプロトコル種別が同じになるように設定してください。ノード間
でプロトコル種別が異なる場合は通信できません。デフォルトは,IPv4 の ANY バインドアドレスだけを
使用する設定になっています。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
94
受信時の通信方式については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(シ
ステム構築編) 2.3.3 複数 LAN 接続」を参照してください。
ANY バインドアドレスの設定については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
(2) IPv6 アドレスで通信するための JP1/AJS3 - Manager の設定手順
IPv6 アドレスで通信する場合に,JP1/AJS3 - Manager をバージョン 09-50 以前からバージョン 10-00
以降にバージョンアップインストールしたときは,インストール後に組み込み DB の再構築が必要になり
ます。IPv4 アドレスで通信する場合や,JP1/AJS3 を新規インストールした場合は,必要ありません。
組み込み DB を再構築する手順について説明します。
(a) 物理ホストの場合
物理ホストの組み込み DB を再構築する手順について説明します。
注意事項
次に説明する手順を実施すると,ジョブの実行結果情報などは削除されます。
1. 再構築する組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスを確認する。
組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスは,ajsembdbidlist コマンドで確認できます。
ajsembdbidlist コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbidlist」を参照してください。
2. 組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスのユニット定義情報をバックアップする。
ユニット定義情報のバックアップ方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 運用ガイド 2.2.2(4) ユニット定義のバックアップ」を参照してください。
3. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
4. ajsembdbunset コマンドを実行して,組み込み DB をアンセットアップする。
ajsembdbunset コマンドの実行例を次に示します。
ajsembdbunset -e -id _JF1
ajsembdbunset コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbunset」を参照してください。
5. ajsembdbbuild コマンドを実行して,組み込み DB を構築する。
ajsembdbbuild コマンドの実行例を次に示します。
ajsembdbbuild -s -d "D:\products\jp1ajs2\embdb\_JF1" -p 22221 -i "C:\Program Files
\HITACHI\jp1ajs2\embdb\_JF1" -id _JF1 -ext_db -ext_log
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
95
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
6. ajsembdbsetup コマンドを実行して,組み込み DB をセットアップする。
ajsembdbsetup コマンドの実行例を次に示します。
ajsembdbsetup -ru s -F AJSROOT4 -p 22221 -tp AJS4 -id _JF1
ajsembdbsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbsetup」を参照してください。
7. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
起動する。
• JP1/AJS3 サービス
8. 手順 2 でバックアップしたユニット定義情報をリカバリーする。
ユニット定義情報のリカバリー方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 運用ガイド 2.3.3(8) ユニット定義のリカバリー」を参照してください。
(b) 論理ホストの場合
論理ホストの組み込み DB を再構築する手順について説明します。ここでは,共有ディスクおよび論理 IP
アドレスは実行系ホストに割り当たっているものとします。
注意事項
次に説明する手順を実施すると,ジョブの実行結果情報などは削除されます。
1. 再構築する組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスを確認する。
組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスは,ajsembdbidlist コマンドで確認できます。
ajsembdbidlist コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbidlist」を参照してください。
2. 組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスのユニット定義情報をバックアップする。
ユニット定義情報のバックアップ方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 運用ガイド 2.2.2(4) ユニット定義のバックアップ」を参照してください。
3. 実行系ホストで Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次
に示すサービスを停止する。
• 再構築する組み込み DB が属する論理ホストの JP1/AJS3 サービス
4. 実行系ホストで ajsembdbunset コマンドを実行して,実行系ホストの組み込み DB をアンセットアッ
プする。
ajsembdbunset コマンドの実行例を次に示します。
ajsembdbunset -e -id _JFA
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
96
ajsembdbunset コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbunset」を参照してください。
5. 待機系ホストで ajsembdbunset コマンドを実行して,待機系ホストの組み込み DB をアンセットアッ
プする。
ajsembdbunset コマンドの実行例を次に示します。
ajsembdbunset -e -id _JFA
ajsembdbunset コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbunset」を参照してください。
6. 実行系ホストで ajsembdbbuild コマンドを実行して,実行系ホストの組み込み DB を構築する。
ajsembdbbuild コマンドの実行例を次に示します。
ajsembdbbuild -s -r -d "D:\products\jp1ajs2\embdb\_JFA" -ld "C:\Program Files\HITACHI
\jp1ajs2\embdb\_JFA" -mh lhost -eh 実行系物理ホスト名 -p 22230 -i "C:\Program Files
\HITACHI\jp1ajs2\embdb\_JFA" -id _JFA -ext_db -ext_log
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
7. 実行系ホストで ajsembdbsetup コマンドを実行して,実行系ホストの組み込み DB をセットアップ
する。
ajsembdbsetup コマンドの実行例を次に示します。
ajsembdbsetup -mh lhost -F AJSROOT10 -p 22230 -tp AJS1 -id _JFA -ru s
ajsembdbsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbsetup」を参照してください。
8. 実行系ホストで jbsgetcnf コマンドを実行して,実行系ホストの環境設定パラメーターをバックアップ
する。
次に示すコマンドを実行します。
jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > バックアップファイル名
詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
9. 待機系ホストで ajsembdbbuild コマンドを実行して,待機系ホストの組み込み DB を構築する。
ajsembdbbuild コマンドの実行例を次に示します。
ajsembdbbuild -s -f -d "D:\products\jp1ajs2\embdb\_JFA" -ld "C:\Program Files\HITACHI
\jp1ajs2\embdb\_JFA" -mh lhost -eh 実行系物理ホスト名 -p 22230 -i "C:\Program Files
\HITACHI\jp1ajs2\embdb\_JFA" -id _JFA -ext_db -ext_log
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
97
10. 待機系ホストで jbssetcnf コマンドを実行して,手順 8 でバックアップした環境設定パラメーターを
待機系ホストに設定する。
次に示すコマンドを実行します。
jbssetcnf バックアップファイル名
詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
11. 実行系ホストで ajsembdbstop コマンドを実行して,実行系ホストの組み込み DB を停止する。
ajsembdbstop コマンドの実行例を次に示します。
ajsembdbstop -id _JFA
ajsembdbstop コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajsembdbstop」を参照してください。
12. 実行系ホストで Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次
に示すサービスを起動する。
• 再構築する組み込み DB が属する論理ホストの JP1/AJS3 サービス
13. 手順 2 でバックアップしたユニット定義情報をリカバリーする。
ユニット定義情報のリカバリー方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 運用ガイド 2.3.3(8) ユニット定義のリカバリー」を参照してください。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
98
3.6 バージョンアップ時に必要なセットアップ
JP1/AJS3 をバージョンアップインストールした場合に,必要なセットアップについて説明します。
3.6.1 組み込み DB の管理機能を強化するための設定
JP1/AJS3 - Manager のバージョン 10-00 以降では,組み込み DB の管理機能が強化されています。それ
に伴い,次の点が変更になっています。
表 3‒5 組み込み DB 管理機能強化による変更点
変更点
JP1/AJS3 - Manager のバージョン
10-00 より前
10-00 以降
JP1/AJS3 Database サービスの起動方法のデフォル
ト値
自動
手動
JP1/AJS3 Database ClusterService サービス
作成される
作成されない
バージョン 10-00 より前の JP1/AJS3 - Manager で構築した組み込み DB で管理機能を強化するために
は,設定が必要です。この設定を実施しないで,組み込み DB の管理機能を強化しない場合でも,
ajsembdbinstl コマンドで組み込み DB をインストールしたり,論理ホストを新規に構築または再構築し
たりする場合は,設定が必要です。
それぞれの設定手順について説明します。
(1) 組み込み DB の管理機能を強化するための設定手順
JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールしたあと,構築したすべてのホストに対して,次
の手順を実施してください。
1. ajsembdbinstl コマンドを実行して,組み込み DB を上書きインストールする。
ajsembdbinstl コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbinstl」を参照してください。
2. 組み込み DB のシステム共通定義ファイルの設定値を変更する。
次のファイルをメモ帳などのテキストエディターで開き,設定値を変更します。
システム共通定義ファイル
組み込み DB 運用ディレクトリ\conf\pdsys
<変更前>
set pd_mode_conf = AUTO※
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
99
<変更後>
set pd_mode_conf = MANUAL2
注※
論理ホスト環境では,変更前の値は「MANUAL1」です。
システム共通定義ファイルの設定値が「AUTO」または「MANUAL1」になっている場合は,「MANUAL2」に
変更してください。
3. DB 管理用の JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイルおよび JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定義ファ
イルに,モデルファイルを上書きコピーする。
次に示すファイルを,それぞれのモデルファイルで上書きコピーします。
ファイルの種類
ファイル名
モデルファイル
JP1/AJS3 用起動プロセス定義
ファイル(DB 管理)
物理ホストの場合
JP1/AJS3 - Manager のインストール先
フォルダ\conf\jp1ajs_dbmd.conf.model
JP1/AJS3 - Manager のインストール先
フォルダ\conf\jp1ajs_dbmd.conf
論理ホストの場合
共有フォルダ\jp1ajs2\conf
\jp1ajs_dbmd.conf
JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定
義ファイル(DB 管理)
物理ホストの場合
JP1/AJS3 - Manager のインストール先
フォルダ\conf\jp1ajs_dbmd_0700.conf
JP1/AJS3 - Manager のインストール先
フォルダ\conf
\jp1ajs_dbmd_0700.conf.model
論理ホストの場合
共有フォルダ\jp1ajs2\conf
\jp1ajs_dbmd_0700.conf
4. システム管理用の JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定義ファイルの設定値を変更する。
次に示すファイルをメモ帳などのテキストエディターで開き,「変更前」で示す行の下線部分を変更し
ます。
JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定義ファイル(システム管理)
・物理ホストの場合
JP1/AJS3 - Manager のインストール先フォルダ\conf\jp1ajs_service_0700.conf
・論理ホストの場合
共有フォルダ\jp1ajs2\conf\jp1ajs_service_0700.conf
<変更前>
jajs_dbmd|jajs_dbmd.exe||0|3|3|21600|0|2||1|||||||
<変更後>
jajs_dbmd|jajs_dbmd.exe||1|3|3|21600|0|2||1|||||||
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
100
(2) 組み込み DB の管理機能を強化しない場合に必要な設定手順
構築した環境を変更することが難しいなどの理由で組み込み DB の管理機能を強化しない場合,組み込み
DB をバージョンアップ以前のまま使用することもできます。その場合は,JP1/AJS3 - Manager をバー
ジョンアップインストールしたあと,そのまま使用してください。ただし,ajsembdbinstl コマンドで組
み込み DB をインストールしたり,論理ホストを新規に構築または再構築したりする場合は,次に示す操
作が必要です。
(a) ajsembdbinstl コマンドで組み込み DB をインストールする場合に必要な設定手順
ajsembdbinstl コマンドで組み込み DB を新規インストール,またはバージョンアップインストールする
場合,次の手順を実施してください。
1. ajsembdbinstl コマンドに-v9standard オプションを指定して実行する。
ajsembdbinstl コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbinstl」を参照してください。
(b) 論理ホストを新規に構築または再構築する場合に必要な設定手順
論理ホストを新規に構築または再構築する場合,論理ホスト環境のセットアップ後に,次の手順を実施し
てください。
1. DB 管理用の JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイルおよび JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定義ファ
イルに,モデルファイルを上書きコピーする。
次に示すファイルを,それぞれのモデルファイルで上書きコピーします。
ファイルの種類
ファイル名
モデルファイル
JP1/AJS3 用起動プロセス定
義ファイル(DB 管理)
共有フォルダ\jp1ajs2\conf\jp1ajs_dbmd.conf
JP1/AJS3 - Manager のインス
トール先フォルダ\conf
\jp1ajs_dbmd.conf.v9standard.m
odel
JP1/AJS3 用拡張起動プロセ
ス定義ファイル(DB 管理)
共有フォルダ\jp1ajs2\conf\jp1ajs_dbmd_0700.conf
JP1/AJS3 - Manager のインス
トール先フォルダ\conf
\jp1ajs_dbmd_0700.conf.v9stand
ard.cluster.model
2. システム管理用の JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定義ファイルの設定値を変更する。
次に示すファイルをメモ帳などのテキストエディターで開き,「変更前」で示す行の下線部分を変更し
ます。
JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定義ファイル(システム管理)
共有フォルダ\jp1ajs2\conf\jp1ajs_service_0700.conf
<変更前>
jajs_dbmd|jajs_dbmd.exe||1|3|3|21600|0|2||1|||||||
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
101
<変更後>
jajs_dbmd|jajs_dbmd.exe||0|3|3|21600|0|2||1|||||||
3.6.2 組み込み DB のデータ領域の使用量を削減するための設定
バージョン 10-00 以降の JP1/AJS3 - Manager では,組み込み DB のデータ格納効率が改善され,デー
タ領域の使用量が削減されています。バージョンが 10-00 より前の JP1/AJS3 - Manager で構築した組み
込み DB で,データ領域の使用量を削減するためには,組み込み DB の再セットアップが必要です。
再セットアップは,組み込み DB ごとに実施します。JP1/AJS3 で使用している組み込み DB については,
ajsembdbidlist コマンドで確認できます。ajsembdbidlist コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/
Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbidlist」を参照してください。
JP1/AJS3 が自動的に構築する組み込み DB については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 設計ガイド(システム構築編)
2.6.4 JP1/AJS3 でセットアップされるデータベース設定」を参
照してください。
(1) 組み込み DB のデータ領域の使用量を削減するための設定手順
組み込み DB のデータ領域の使用量を削減するための設定手順を次に示します。
補足事項
クラスタ環境の場合は,実行系ホストで手順を実施してください。待機系ホストでの実施は不要です。
1. 組み込み DB に含まれる実行エージェント情報およびユニット定義情報をバックアップする。
バックアップ方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用ガイ
ド 2.2.2(2) 実行エージェント情報のバックアップ」およびマニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 運用ガイド 2.2.2(4) ユニット定義のバックアップ」を参照してください。
2. JP1/AJS3 - Manager の物理ホストおよびすべての論理ホストで,JP1/AJS3 サービスを含め,組み
込み DB にアクセスするすべてのサービスを停止する。
クラスタ環境の場合,以降の手順は次の状態で実施してください。
• 実行系物理ホストで共有ディスクにアクセスできる状態
• 論理ホストの IP アドレスを有効にした状態
3. ajsembdbunset コマンドを実行して,組み込み DB を削除する。
ajsembdbunset コマンドの実行例を次に示します。
ajsembdbunset -e -id セットアップ識別子
ajsembdbunset コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbunset」を参照してください。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
102
4. ajsembdbbuild コマンドを実行して,組み込み DB を構築する。
ajsembdbbuild コマンドの実行例を次に示します。
JP1/AJS3 が自動的に構築した組み込み DB の場合
ajsembdbbuild {-s|-m|-l} -d データ領域ディレクトリ名 -p 組み込み DB ポート番号※ -i 組み
込み DB 運用ディレクトリ名 -id セットアップ識別子 [-mh 論理ホスト名 -eh 実行系物理ホスト
名 -r -ld 作業領域ディレクトリ名] -ext_db -ext_log
注※ 組み込み DB で使用していたスケジューラーサービスの環境設定パラメーターRDBPORT の値
です。
高度なセットアップで構築した組み込み DB の場合
ajsembdbbuild バージョンアップ前に構築した時のオプション
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
5. ajsembdbsetup コマンドを実行して,組み込み DB をセットアップする。
ajsembdbsetup コマンドの実行例を次に示します。
JP1/AJS3 が自動的に構築した組み込み DB の場合
ajsembdbsetup -ru {s|m|l} -F スケジューラーサービス名※1 -p 組み込み DB ポート番号※2 -id
セットアップ識別子※2 -tp テーブル名プリフィックス※3 [-mh 論理ホスト名]
注※1 使用していたスケジューラーサービス名を指定します。
注※2 手順 4.でajsembdbbuild コマンドに指定した値と同じ値を指定します。
注※3 該当するスケジューラーサービスの環境設定パラメーターTABLENAMEPREFIX の値です。
高度なセットアップで構築した組み込み DB の場合
ajsembdbsetup バージョンアップ前にセットアップした時のオプション
ajsembdbsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbsetup」を参照してください。
6. JP1/AJS3 サービスをコールドスタートで起動する。
7. バックアップした実行エージェント情報およびユニット定義情報をリカバリーする。
リカバリー方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用ガイド 2.3.3(7) 実行エージェント情報のリカバリー」およびマニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 運用ガイド 2.3.3(8) ユニット定義のリカバリー」を参照してください。
3. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
103
4
環境設定
この章では,JP1/AJS3 の環境設定について説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
104
4.1 実行エージェントの設定
ajsagtadd,ajsagtdel,ajsagtalt コマンドを使用して,JP1/AJS3 の運用中に実行エージェントや実行
エージェントグループを追加,削除,または変更できます。
QUEUE ジョブ,サブミットジョブを使用する場合は,jpqagtadd,jpqqueadd などのコマンドを使用して
QUEUE ジョブ,サブミットジョブ用のエージェントやキューを追加,削除,または変更します。詳細に
ついては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編) 7.1.2(1)(b) 運用中に QUEUE ジョブ,サブミットジョブの実行環境の構成定義情報を変更する場合の手
順」を参照してください。
各コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファ
レンス 3. 通常の運用で使用するコマンド」を参照してください。
4.1.1 実行エージェントの設定手順
ajsagtadd コマンドで実行エージェントおよび実行エージェントグループを追加する手順を次に示します。
1. 実行エージェントを追加し,ジョブ実行多重度を設定する。
ajsagtadd コマンドで,実行エージェントを追加します。
追加する実行エージェントのホスト名は IP アドレス解決できることを確認しておく必要があります。
ajsagtadd -a 実行エージェント名 [-s 実行ホスト名] [-c 時刻-時刻=ジョブ実行多重度,...]
(例)
ajsagtadd -a AP1 -s Host1 -c 01:00-05:00=1
-c オプションを省略すると,終日ジョブ実行多重度に 5 が仮定されます(
「-c 00:00-00:00=5」を指定
した場合と同じ)。また,-c オプションを指定した場合,指定した時間帯以外のジョブ実行多重度は 0
です。例えば,「-c 01:00-02:00=10」と指定した場合の実行多重度は,次のようになります。
• 00:00〜01:00:0
• 01:00〜02:00:10
• 02:00〜00:00:0
ジョブ実行多重度が 0 の場合,ジョブは実行できません。ジョブを実行する場合は 1 以上を指定する
か,ajsagtalt コマンドでジョブ実行多重度を変更してください。ジョブ実行多重度の指定例について
は,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 3. 通常の運用
で使用するコマンド ajsagtadd」の補足事項を参照してください。
2. 実行エージェントグループを追加する。
ajsagtadd コマンドで,実行エージェントをグルーピングした実行エージェントグループを追加します。
4. 環境設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
105
実行エージェントグループに複数の実行エージェントを接続して,ジョブの実行を分散させる場合など
に追加してください。実行エージェントの優先順位を指定すると,指定された優先順位に従って実行
エージェントへジョブを配信します。
ajsagtadd -g 実行エージェントグループ名 [-l 実行エージェント名[:優先順位],...]
(例)
ajsagtadd -g APG1 -l AP1:16,AP2,AP3:5
グルーピングした実行エージェントの優先順位を変更する場合は,ajsagtalt コマンドを実行します。
3. 設定内容を確認する。
ajsagtshow コマンドを実行して,手順 1〜2 の設定内容が正しいことを確認してください。
ajsagtshow {-a 実行エージェント名|-g 実行エージェントグループ名|-l|-n}
(例)
ajsagtshow -a AP1
実行エージェントおよび実行エージェントグループは,実行エージェント定義ファイルを使用して,次の
コマンドで一括して登録することもできます。
ajsagtadd -f 実行エージェント定義ファイル名
実行エージェント定義ファイルは,ajsagtprint コマンドで出力される CSV ファイルと同じ形式で作成し
ます。実行エージェント定義ファイルの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajsagtadd」およびマニュアル
「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマン
ド ajsagtprint」を参照してください。
注意事項
• 名称の大文字小文字は区別されません。
• 日本語などのマルチバイト文字も使用できます。ただし,言語環境によって文字バイト長が異なる
ため,ASCII 文字を推奨します。
• 「@SYS」で始まる名称は使用できません。
• 次の文字は使用できません。
スペース
,(コンマ)
:(コロン)
• 制御文字(タブ,改行)
4. 環境設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
106
4.2 環境設定パラメーターの設定
この節では,共通定義情報の登録内容を変更する手順を説明します。
共通定義情報の登録内容を変更するには,次の方法があります。
• jajs_config コマンドを使用して登録する
jajs_config コマンドを使用して登録すると,環境設定パラメーター名や定義内容がチェックされま
す。そのため,誤った内容が設定されるのを防ぐことができます。jajs_config コマンドの詳細につい
ては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 2. セット
アップコマンド jajs_config」を参照してください。
• jbssetcnf コマンドを使用して登録する
変更する環境設定パラメーターの定義内容を記述した設定ファイルを作成して,JP1/Base が提供する
jbssetcnf コマンドを使って登録します。jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/
Base 運用ガイド」を参照してください。
jbssetcnf コマンドを使用して登録する場合,環境設定パラメーター名や定義内容がチェックされませ
ん。誤って登録した場合の回復方法については,「付録 B 誤った環境設定パラメーターを設定したとき
の回復方法」を参照してください。
共通定義情報への登録に必要な環境設定パラメーターの詳細については,「20. 環境設定パラメーター」を
参照してください。
それぞれの手順について,次に示します。
4.2.1 jajs_config コマンドを使用した環境設定パラメーターの設定手順
jajs_config コマンドを使用して共通定義情報へ登録する手順を,次に示します。
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止します。
• JP1/AJS3 サービス
2. 共通定義情報に登録する。
次のコマンドを実行して,環境設定パラメーターの内容を共通定義情報に登録します。
jajs_config△-k△定義キー名△"環境設定パラメーター名1"=定義内容1△["環境設定パラメーター
名2"=定義内容2] ...
(凡例)
△:1 バイトの空白文字
4. 環境設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
107
(例)
jajs_config -k [JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1] "LOGSIZE"=dword:00002800
"AJSLOG"="all"
3. JP1/AJS3 を再起動する。
登録した環境設定パラメーターの内容が,JP1/AJS3 に反映されます。
4.2.2 jbssetcnf コマンドを使用した環境設定パラメーターの設定手順
変更する環境設定パラメーターの定義内容を記述した設定ファイルを作成して,jbssetcnf コマンドを使
用して共通定義情報へ登録する手順を,次に示します。
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止します。
• JP1/AJS3 サービス
2. 変更用の設定ファイルを作成する。
メモ帳などのテキストエディターで,変更や追加が必要な環境設定パラメーターを記述した変更用の設
定ファイルを作成します。
設定ファイルのファイル名は任意です。
例えば,次の環境設定パラメーターを定義するとします。
定義キー
環境設定パラメーター
設定値
[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1]
"LOGSIZE"=
00002800(16 進数)
"AJSLOG"=
"all"
記述例を次に示します。
[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1]
"LOGSIZE"=dword:00002800
"AJSLOG"="all"
3. 設定ファイルを保存する。
4. 共通定義情報に登録する。
次のコマンドを実行して,変更または追加した環境設定パラメーターの内容を共通定義情報に登録しま
す。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
5. JP1/AJS3 を再起動する。
4. 環境設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
108
登録した環境設定パラメーターの内容が JP1/AJS3 に反映されます。
4. 環境設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
109
5
JP1/AJS3 - View の環境設定
この章では,JP1/AJS3 - View の環境設定を変更する手順について説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
110
5.1 JP1/AJS3 - View の環境設定を変更する手順
JP1/AJS3 - View の環境設定を変更する手順を次に示します。
なお,JP1/AJS3 - View の環境設定で設定する内容については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 操作ガイド 11. JP1/AJS3 - View で使用するウィンドウおよびダイアログボッ
クスのカスタマイズ」を,表示されるダイアログボックスで設定できる内容については,マニュアル「JP1/
Automatic Job Management System 3 操作ガイド 12. ウィンドウとダイアログボックス」を参照して
ください。
1. Windows の[スタート]メニューから[プログラム]−[JP1_Automatic Job Management
System 3 - View]−[ジョブシステム運用]を選択する。
[ログイン]画面が表示されます。
2. JP1 ユーザー名,パスワードおよび接続先 JP1/AJS3 - Manager のホスト名を入力し,[OK]ボタン
をクリックする。
JP1/AJS3 - View の[JP1/AJS3 - View]ウィンドウが表示されます。
3.[オプション]−[環境設定]を選択する。
[環境設定]ダイアログボックスが表示されます。
4. 必要な情報を定義し,[OK]ボタンをクリックする。
JP1/AJS3 - View を使用中でも,JP1/AJS3 - View の環境設定を変更できます。
設定が有効になるタイミングについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
操作ガイド 12.3.42 [環境設定]ダイアログボックス」を参照してください。
5. JP1/AJS3 - View の環境設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
111
6
運用形態に合わせた各種設定
この章では,JP1/AJS3 の運用形態に合わせた設定について説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
112
6.1 スケジューラー制御に関する各種設定
スケジューラー制御に関する設定を変更する手順について説明します。
環境設定パラメーターを設定する場合は,jajs_config コマンドを使用します。
jajs_config コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_config」を参照してください。
6.1.1 スケジューラーサービスの多重起動の設定
スケジューラーサービスは,ジョブグループを管理する制御単位です。スケジューラーサービスを多重起
動すると,ジョブグループをスケジューラーサービスごとに管理できるようになります。
スケジューラーサービスを多重起動するためには,まず,追加するスケジューラーサービスの名称などの
情報を設定します。
スケジューラーサービスの追加手順,および追加したスケジューラーサービスの削除手順を次に示します。
論理ホストへのスケジューラーサービスの追加,および論理ホストに追加したスケジューラーサービスの
削除については,「8.2.9 論理ホストのスケジューラーサービスの多重起動の設定」を参照してください。
(1) スケジューラーサービスを追加する
スケジューラーサービスの追加手順を次に示します。
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
注意事項
物理ホストに構築されているすべての組み込み DB を稼働状態にする必要があります。対象の
JP1/AJS3 Database _JFn(n は 0〜9,A〜Z の文字のどれか)サービスが開始していること
を確認してください。開始していない場合は,JP1/AJS3 Database _JFn のサービスを開始し
てください。
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn(n は 0〜9 または A〜Z のどれか)オプションを
指定して実行し,組み込み DB が稼働状態になっていること(UNIT-STAT が ONLINE になっ
ていること)を確認してください。稼働状態になっていない場合は,ajsembdbstart コマンド
に-id _JFn オプションを指定して実行してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
113
対象となる組み込み DB のセットアップ識別子(_JFn)については,ajsembdbidlist コマンド
を実行して確認してください。
2. エクスプローラなどで,次に示すフォルダを作成する。
• データベースフォルダ
• 一時ファイル用フォルダ
• ジョブ情報フォルダ
• 退避情報フォルダ
なお,退避情報フォルダ以外は,自ホスト内(物理ホストとすべての論理ホスト)に設定されている,
ほかのスケジューラーサービスが使用するフォルダと重複しないようにしてください。また,ほかのス
ケジューラーサービスが使用するフォルダの配下にも作成しないでください。
3. スケジューラーサービスを追加するために jajs_setup コマンドを実行する。
jajs_setup -a -F スケジューラーサービス名
-p ジョブ状態通知ポートのサービス名
-d データベースフォルダ名
-t 一時ファイル用フォルダ名
-j ジョブ情報フォルダ名
-b 退避情報フォルダ名
-n スケジューラーサービスの識別番号
[[-I セットアップ識別子
-P 組み込みDBポート番号]
[-M {s|m|l}]
|-S]
(例)「AJSROOT2」というスケジューラーサービスを追加する場合
jajs_setup -a -F AJSROOT2
-p jp1ajs2report2
-d "C:\Program Files\HITACHI\JP1AJS2\database\schedule\AJSROOT2"
-t "C:\Program Files\HITACHI\JP1AJS2\tmp\schedule2"
-j "C:\Program Files\HITACHI\JP1AJS2\jobinf2"
-b "C:\Program Files\HITACHI\JP1AJS2\backup\schedule2"
-n 2
組み込み DB インストール先ディレクトリをデフォルトのパスから変更している組み込み DB に,スケ
ジューラーサービスを追加する場合は,jajs_setup コマンドに-S オプションを指定して実行してくだ
さい。
jajs_setup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_setup」を参照してください。
4. 組み込み DB の高度なセットアップを実行する。
手順 3 で-S オプションを指定した場合は,組み込み DB の高度なセットアップを実施します。組み込
み DB の高度なセットアップについては,「23.2 組み込み DB の高度なセットアップ」を参照してくだ
さい。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
114
組み込み DB インストール先ディレクトリをデフォルトのパスから変更している場合は,ajsembdbsetup
コマンドを実行してください。詳細については,「23.2.2(6)(b) 一つの組み込み DB 環境に複数のスケ
ジューラーデータベースをセットアップする」を参照してください。
5. 次のファイルをメモ帳などのテキストエディターで開く。
システムフォルダ\system32\drivers\etc\Services
6. 手順 3 で指定したジョブ状態通知ポートのサービス名に対するポート番号を設定する。
(例)ポート番号を「20248」として設定する場合
jp1ajs2report2
20248/tcp
注意事項
設定するポート番号は,既存の番号と重ならないようにしてください。また,Windows ファ
イアウォールを設定した環境で運用する場合は,設定したポート番号(上記の例では,サービ
ス名:jp1ajs2report2,ポート番号:20248)を Windows ファイアウォールの規則に登録し,
ファイアウォールを透過できるようにしてください。
7. キューレスジョブを利用する場合は,キューレスジョブのセットアップをする。
次のコマンドを実行します。
ajsqlsetup [-F スケジューラーサービス名]
ajsqlsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajsqlsetup」を参照してください。
8. 組み込み DB を停止する。
手順 1 で起動した組み込み DB の JP1/AJS3 Database _JFn のサービスを停止してください。
9. JP1/AJS3 サービスを再起動する。
設定した内容でスケジューラーサービスが追加され,起動します。
再起動後,JP1/AJS3 - View などで,追加したスケジューラーサービス名が付けられたマネージャー
ジョブグループが表示されていることを確認してください。
コマンド実行についての補足事項
スケジューラーサービスを追加している場合,「-F スケジューラーサービス名」オプションを指定しな
いでコマンドを実行すると,デフォルトのスケジューラーサービスに対する操作となります。
環境変数AJSCONF にスケジューラーサービス名を指定しておくと,-F オプションを省略できます。
(2) 追加したスケジューラーサービスを削除する
追加したスケジューラーサービスの削除手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 サービスを停止する。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
115
論理ホストの JP1/AJS3 - Manager も含め,すべての JP1/AJS3 サービスを停止してください。
注意事項
物理ホストに構築されているすべての組み込み DB を稼働状態にする必要があります。対象の
JP1/AJS3 Database _JFn(n は 0〜9,A〜Z の文字のどれか)サービスが開始していること
を確認してください。開始していない場合は,JP1/AJS3 Database _JFn のサービスを開始し
てください。
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn(n は 0〜9 または A〜Z のどれか)オプションを
指定して実行し,組み込み DB が稼働状態になっていること(UNIT-STAT が ONLINE になっ
ていること)を確認してください。稼働状態になっていない場合は,ajsembdbstart コマンド
に-id _JFn オプションを指定して実行してください。
対象となる組み込み DB のセットアップ識別子(_JFn)については,ajsembdbidlist コマンド
を実行して確認してください。
2. スケジューラーサービスを削除するために jajs_setup コマンドを実行する。
jajs_setup -e -F スケジューラーサービス名
(例)スケジューラーサービス「AJSROOT2」を削除する場合
jajs_setup -e -F AJSROOT2
jajs_setup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_setup」を参照してください。
3. スケジューラーサービスを追加したときに作成したフォルダを削除する。
jajs_setup コマンド実行時に作成した,次のフォルダを削除してください。
• -d オプションに指定したデータベースフォルダ
• -t オプションに指定したテンポラリーフォルダ
• -j オプションに指定したジョブ情報フォルダ
• -b オプションに指定した退避情報フォルダ
4. 組み込み DB を停止する。
すべての組み込み DB の JP1/AJS3 Database _JFn のサービスを停止してください。
5. JP1/AJS3 サービスを再起動する。
手順 1 で停止したサービスを再起動し,スケジューラーサービスが削除されていることを確認してくだ
さい。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
116
(3) 不要となったデータベース環境をアンインストールする
不要となったデータベース環境のアンインストール手順を次に示します。
1. ajsembdbidlist コマンドを実行して,スケジューラーサービスで使用されていない組み込み DB を特
定する。
次のコマンドを実行します。
ajsembdbidlist
ajsembdbidlist コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbidlist」を参照してください。
2. ajsembdbuninstl コマンドを実行して,スケジューラーサービスで使用されていない組み込み DB を
アンインストールする。
次のコマンドを実行します。
ajsembdbuninstl -id セットアップ識別子
バージョン 8 以前の組み込み DB 環境をアンインストールする場合,各バージョンのマニュアルの手順
に従ってアンインストールしてください。
なお,UNIX でバージョン 8 以前の組み込み DB 環境をアンインストールする場合,ajsembdbunset コ
マンド実行したあと,次のコマンドを実行してください。
/opt/HiRDB_J/bin/pdesetup -u 組み込みDB運用ディレクトリ
次の組み込み DB には,システムに必要な情報が格納されているため,-id オプションを指定してアン
インストールしないでください。
• セットアップ識別子が「_JF0」の組み込み DB
• 組み込み DB の高度な設定をする場合のデータ移行,組み込み DB の高度なセットアップ,または
組み込み DB の再セットアップのどれかを実施してセットアップ識別子が「_JF0」以外に変更され
ている場合,そのホストに対して最初に構築された組み込み DB
• 論理ホストを構築している環境で,jajs_setup_cluster コマンドの-I オプションに指定したセット
アップ識別子で構築された組み込み DB
ajsembdbuninstl コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbuninstl」を参照してください。
jajs_setup_cluster コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_setup_cluster」を参照してください。
(4) スケジューラーサービス名を変更する
スケジューラーサービスの名称を変更すると,JP1/AJS3 の各種機能に影響を与えます。例えば,ユニッ
トが異常終了したり,正しく実行されなかったりするなどの現象が発生する場合があります。このため,
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
117
スケジューラーサービスの名称変更は,運用開始前のスケジューラーサービスに対して実施することを推
奨します。
スケジューラーサービス名を,運用開始前に変更する手順と運用開始後に変更する手順を次に示します。
(a) 運用開始前にスケジューラーサービス名を変更する手順
1. jajs_setup コマンドを実行して,スケジューラーサービスの名称を変更する。
次のコマンドを実行します。
jajs_setup -r -F 変更前のスケジューラーサービス名 -A 変更後のスケジューラーサービス名
jajs_setup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_setup」を参照してください。
(b) 運用開始後にスケジューラーサービス名を変更する手順
1. 変更するスケジューラーサービスを停止し,スケジューラーサービスをコールドスタートする。
コールドスタート後は,名称変更の手順が終了するまでジョブネットを実行登録しないでください。
2. 物理ホストとすべての論理ホストの JP1/AJS3 サービスを停止する。
3. jajs_setup コマンドを実行して,スケジューラーサービスの名称を変更する。
(例)AJSROOT2 を AJSROOT5 に変更する場合
jajs_setup -r -F AJSROOT2 -A AJSROOT5
jajs_setup コマンド実行時にメッセージ KAVS1133-W が出力されなかった場合は,手順 4,手順 5
を実行しないで,手順 6 以降の操作を実行してください。
jajs_setup コマンド実行時にメッセージ KAVS1133-W が出力された場合は,メッセージ中に出力さ
れる設定名称を確認してください。「ローカル日時」が出力されたときは手順 4 を,「サスペンド機能」
が出力されたときは手順 5 の操作を実行してから,手順 6 以降の操作を実行してください。
注意事項
変更前のスケジューラーサービスにスケジューラーサービスローカル日時を設定している場合は,
スケジューラーサービスの名称を変更する前に,スケジューラーサービスローカル日時とシステム
日時の差分を取得しておいてください。スケジューラーサービスローカル日時は,ajslocaldate コ
マンドで取得してください。
システム日時の取得方法については,使用している OS のドキュメントを参照してください。
スケジューラーサービスローカル日時の設定に失敗してメッセージ KAVS1133-W が出力された場
合,手順 4 で,この差分を使用して変更後のスケジューラーサービスにスケジューラーサービスロー
カル日時を設定します。
4. スケジューラーサービスローカル日時を再設定する。
ajslocaldate コマンドを実行して,名称変更後のスケジューラーサービスに対してスケジューラーサー
ビスローカル日時を設定します。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
118
(例)スケジューラーサービス AJSROOT5 のスケジューラーサービスローカル日時をホストの現在時
刻より 5 分(300 秒)進める場合
ajslocaldate -F AJSROOT5 -s 300
ajslocaldate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajslocaldate」を参照してください。
5. サスペンド機能を再設定する。
ajssetup コマンドを実行して,名称変更後のスケジューラーサービスに対してサスペンド機能を有効
にします。
(例)スケジューラーサービス AJSROOT5 のサスペンド機能を有効にする場合
ajssetup -F AJSROOT5 -m
ajssetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajssetup」を参照してください。
6. 変更する前のスケジューラーサービス名が次に示す環境設定パラメーターに設定されている場合,
jajs_config コマンドを実行して変更後のスケジューラーサービス名に変更する。
表 6‒1 設定値を変更する必要のある環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER]
"DEFAULTSERVICENAME"=
デフォルトスケジューラーサービス名
"REMNETSERVICENAME"=
リモートジョブネットを実行するスケ
ジューラーサービス名
(例)デフォルトスケジューラーサービス名を AJSROOT5 に変更する場合
jajs_config -k [JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER] "DEFAULTSERVICENAME"="AJSROOT5"
(例)リモートジョブネットを実行するスケジューラーサービス名を AJSROOT5 に変更する場合
jajs_config -k [JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER] "REMNETSERVICENAME"="AJSROOT5"
7. JP1/AJS3 サービスを起動する。
8. 次に示す場合は,スケジューラーサービス起動後,必要に応じてスケジューラーサービス設定を変更ま
たは再設定する。
• ユニット定義に変更前のスケジューラーサービス名を指定している場合
• JP1/AJS3 の連携機能で,変更前のスケジューラーサービスを監視対象や情報収集対象としている
場合
(c) スケジューラーサービス名を変更する場合の注意事項
次に示すスケジューラーサービスの環境設定パラメーターは,標準でスケジューラーサービス名を含むディ
レクトリパスを使用しています。
• AJSSYSDIR
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
119
• AJSLOGDIR
• AJSDBDIRECTORY
• AJSLOGFILE1
• AJSLOGFILE2
スケジューラーサービス名の変更後,環境設定パラメーターを変更しなくても運用に影響はありませんが,
必要に応じて,変更後のスケジューラーサービス名を含むディレクトリパスに変更することを検討してく
ださい。
サスペンド機能またはキューレスジョブを使用している環境で,環境設定パラメーターAJSDBDIRECTORY を
変更する場合,変更後に各機能の再設定が必要です。
環境設定パラメーターを変更するには,jajs_config コマンドを使用します。jajs_config コマンドの詳細
については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 2. セッ
トアップコマンド jajs_config」を参照してください。
各環境設定パラメーターの詳細については,「20.4 スケジューラーサービス環境設定」を参照してください。
6.1.2 スケジューラーサービスの統合トレースログ出力レベルの変更
スケジューラーサービスが,統合トレースログに出力するメッセージのレベルを指定できます。指定手順
を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]から[サービス]を選択し,次に示すサービス
を停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
120
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒2 スケジューラーサービスの統合トレースログ出力レベルを変更するための環境設定パラ
メーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"HNTRLOGLEVEL"=
統合トレースログに出力するメッセー
ジレベル
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス
名]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(58) HNTRLOGLEVEL」を参照してくださ
い。
6.1.3 ネストジョブネット定義パラメーター出力時のスケジュールルールの
出力方法の変更
スケジュールルールを有効にして上位ジョブネットのスケジュールに依存しないようにするのか,または
スケジュールルールを削除して上位ジョブネットのスケジュールに依存するようにするのかを指定できます。
このオプションは,スケジュールルールを持ったルートジョブネットをネストジョブネットにコピーして
作成したジョブネットに対して,ajsprint,ajsbackup,ajsexport コマンドおよび JP1/AJS3 - View で
「退避」を行った場合に有効です。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]から[サービス]を選択し,次に示すサービス
を停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
121
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒3 ネストジョブネット定義パラメーター出力時のスケジュールルールの出力方法を変更す
るための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"AJSPRINTNETSCHPRF"=
ネストジョブネットの,スケジュール
ルールの扱い方
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス
名]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(81) AJSPRINTNETSCHPRF」を参照して
ください。
6.1.4 スケジューラートレースログファイルの名称変更
スケジューラーサービスのトレースログファイル名のデフォルトは次のとおりです。
インストール先フォルダがデフォルトまたはシステムで保護されたフォルダ配下の場合
%ALLUSERSPROFILE%\Hitachi\JP1\JP1_DEFAULT\JP1AJS2\log\tracelog
「%ALLUSERSPROFILE%」のデフォルトは「システムドライブ\ProgramData」です。
「システムで保護されたフォルダ」とは,次のパスを指します。
・「システムドライブ\Windows」配下
・「システムドライブ\Program Files」配下
・「システムドライブ\Program Files (x86)」配下
インストール先フォルダが上記以外の場合
JP1/AJS3 - Manager のインストール先フォルダ\log\tracelog
このファイル名を任意のファイル名に変更できます。ファイル名の変更手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]から[サービス]を選択し,次に示すサービス
を停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
122
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒4 スケジューラートレースログファイルの名称変更のための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER]
"TRACELOGFILE"=※
スケジューラートレースログファイルの
名称
注※
物理ホストおよびすべての論理ホストのスケジューラートレース情報が,ここで指定したファイルに記
録されます。トレース情報を確実に記録できるように,必ずローカルディスク上のファイル名として指
定してください。
なお,ファイルは,トレース情報が出力されたときに新規作成されます。したがって,既存のファイル
名は指定しないでください。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(3) TRACELOGFILE」を参照してください。
6.1.5 サスペンド機能の設定
実行登録中にルートジョブネットの下位定義を編集する場合,対象のルートジョブネットをサスペンドす
るため,サスペンド機能を有効にしておく必要があります。
JP1/AJS3 のサスペンド機能は,初期状態では無効になっているため,ajssetup コマンドで有効にしてく
ださい。
サスペンド機能を有効にする手順を次に示します。
1. 次のコマンドを実行して,サスペンド機能を使用するための環境を設定する。
ajssetup [-F スケジューラーサービス名] -m
ajssetup コマンドの文法および注意事項については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajssetup」を参照してください。
サスペンド機能を有効にする場合,JP1/AJS3 サービスおよびスケジューラーサービスの停止は不要です。
また,設定は即時有効となります。ただし,JP1/AJS3 - View からの操作は,サスペンド機能を有効にし
たあとのログインから可能です。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
123
実行登録中のルートジョブネットの下位定義変更の詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 導入ガイド 4.5.17 ジョブネットの実行登録を解除しないでジョブネットやジョ
ブの定義を変更する」を参照してください。
6.1.6 登録解除や保存世代数管理による世代削除処理方式の変更
ルートジョブネットおよびルートリモートジョブネットの保存世代数の設定には,1〜99(保存世代数の
拡張機能を使用した場合は 1〜999)を指定できます。この保存世代数に関して,次に示す条件のジョブ
ネットに対して登録解除の操作をすると,登録が解除されるのに長い時間が掛かってしまいます。
• 保存世代数に 30 以上を指定しているジョブネット
• 保存世代数が 10 以上で,かつ起動条件を使用しているジョブネット(環境設定パラメーターSAVEGENTYPE
に「LEGACY」を設定している場合)
そのため,ほかのジョブネットの起動条件監視が,「監視打ち切り終了」状態になったり,ジョブネットが
正しく実行されなくなったりする場合があります。
この現象は,スケジューラーサービスの登録解除処理の設定が,「同期型」に設定されているのが原因で
す。登録解除処理の設定が「同期型」だと,登録解除対象の世代数が大量であればあるほど登録解除に多
大な時間を必要とします。その登録解除に掛かる多大な時間が,ほかのジョブネットの実行動作に影響を
与えてしまいます。
この現象を回避するには,登録解除処理の設定を「非同期型」にすることで対処してください。非同期型
に変更する場合,設定変更前に実行していたジョブネットの登録情報を必要とする場合と必要としない場
合とで手順が異なります。
また,JP1/AJS3 の新規インストール時および新規セットアップ時には,環境設定パラメーター
BACKGROUNDLEAVE に「非同期型(yes)」が設定されるため,変更は不要です。ただし,JP1/AJS3 をバー
ジョンアップインストールした場合には,「同期型(no)」が設定されていることがあります。
環境設定パラメーターBACKGROUNDLEAVE に「同期型」が設定されている,またはBACKGROUNDLEAVE が設定さ
れていない場合は,登録解除に掛かる時間を考慮し,登録解除処理の設定を「非同期型」に変更すること
を推奨します。設定を「同期型」に変更する場合は,設定変更前に実行していたジョブネットの登録情報
が削除されるため注意してください。
登録解除処理の設定を変更する場合,設定変更が必要なスケジューラーサービスを停止する必要があります。
スケジューラーサービスの登録解除処理の設定を変更する手順を次に示します。
(1) 登録解除処理の設定を「同期型」から「非同期型」にする手順
環境設定パラメーターBACKGROUNDLEAVE の設定値がすでに「非同期型(yes)」に設定されている場合は,
ここに示す操作の必要はありません。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
124
(a) 実行していたジョブネットの登録情報を必要としない場合
実行していたジョブネットの登録情報を必要としない場合の手順を次に示します。
1. 次のコマンドを実行してスケジューラーサービスを停止する。
jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F AJSROOT1
2. 次のコマンドを実行する。
jajs_config -k [{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名]
"BACKGROUNDLEAVE"="yes"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
(例)物理ホスト(JP1_DEFAULT)のスケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
jajs_config -k [JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1] "BACKGROUNDLEAVE"="yes"
3. 次のコマンドを実行してスケジューラーサービスをコールドスタートする。
jajs_spmd -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名 -cold
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
jajs_spmd -n jajs_schd -F AJSROOT1 -cold
(b) 実行していたジョブネットの登録情報を必要とする場合
実行登録情報が必要な場合は,次に示す手順に従って移行作業を実施してください。
1. 次のコマンドを実行してスケジューラーサービスを停止する。
jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F AJSROOT1
2. 次のコマンドを実行する。
jajs_config -k [{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名]
"BACKGROUNDLEAVE"="yes"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
(例)物理ホスト(JP1_DEFAULT)のスケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
125
jajs_config -k [JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1] "BACKGROUNDLEAVE"="yes"
3. 実行登録情報を非同期型に変換する。
次に示すコマンドを実行します。
JP1/AJS3のインストール先フォルダ\tools\ajsregcnv -F スケジューラーサービス名
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
JP1/AJS3のインストール先フォルダ\tools\ajsregcnv -F AJSROOT1
4. 次のコマンドを実行してスケジューラーサービスを起動する。
jajs_spmd -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
jajs_spmd -n jajs_schd -F AJSROOT1
(2) 登録解除処理の設定を「非同期型」から「同期型」にする手順
登録解除処理の設定を「非同期型」から「同期型」に変更する場合の手順を次に示します。
1. 次のコマンドを実行してスケジューラーサービスを停止する。
jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F AJSROOT1
2. 次のコマンドを実行する。
jajs_config -k [{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名]
"BACKGROUNDLEAVE"="no"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
(例)物理ホスト(JP1_DEFAULT)のスケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
jajs_config -k [JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1] "BACKGROUNDLEAVE"="no"
3. 次のコマンドを実行してスケジューラーサービスをコールドスタートする。
jajs_spmd -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名 -cold
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
jajs_spmd -n jajs_schd -F AJSROOT1 -cold
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
126
6.1.7 待ち合わせ条件を使用するための設定
異なるジョブネットにあるユニット間の実行順序を,待ち合わせ条件を使用して制御する場合,待ち合わ
せ条件を有効にしておく必要があります。
待ち合わせ条件は,デフォルトでは無効になっています。待ち合わせ条件を使用するには,環境設定パラ
メーターPREWAITUSE を設定する必要があります。
また,待ち合わせ条件の機能を拡張する場合は,環境設定パラメーターPREWAITEXTEND を設定します。
待ち合わせ条件を使用する手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. 次のコマンドを実行して,スケジューラーサービスを停止する。
jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. 次のコマンドを実行して,スケジューラーサービスを起動する。
jajs_spmd -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒5 待ち合わせ条件を使用するかどうかを設定する環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"PREWAITUSE"=
待ち合わせ条件を使用するかどうかの
設定
"PREWAITEXTEND"=
待ち合わせ条件機能の拡張
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.4.2(97) PREWAITUSE」
• 「20.4.2(98) PREWAITEXTEND」
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
127
6.1.8 一時変更の操作管理機能を使用するための設定
ジョブネットに対して行った計画一時変更や保留属性変更などの操作情報を,一覧で表示したり,一時変
更情報の一覧から任意の操作を選択して一時変更を再操作したりする場合,一時変更の操作管理機能を有
効にする必要があります。
一時変更の操作管理機能は,デフォルトでは無効になっています。一時変更の操作管理機能を使用するに
は,環境設定パラメーターSAVEPLANINFO を有効に設定してください。
一時変更の操作管理機能を使用する手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒6 一時変更の操作管理機能を使用するかどうかを設定する環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"SAVEPLANINFO"=
一時変更の操作管理機能の使用可否
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(104) SAVEPLANINFO」を参照してくだ
さい。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
128
6.1.9 JP1/AJS3 - View でアクセス権限のないスケジューラーサービスの表
示を抑止する設定
JP1/AJS3 - View に表示されるスケジューラーサービスのうち,アクセス権限のないスケジューラーサー
ビスの表示を抑止できます(スケジューラーサービス参照制限機能)。
スケジューラーサービスのアクセス権限とは,スケジューラーサービスのルートジョブグループの JP1 資
源グループに対する,JP1 ユーザーのアクセス権限のことです。スケジューラーサービス参照制限機能が
有効の場合,ルートジョブグループの JP1 資源グループに対してアクセス権限を持たない JP1 ユーザーが
JP1/AJS3 - View を表示しても,そのスケジューラーサービスは表示されません。
スケジューラーサービス参照制限機能は,デフォルトでは無効になっています。スケジューラーサービス
参照制限機能を使用するには,環境設定パラメーターHIDEOTHERSERVICE を有効に設定してください。
スケジューラーサービス参照制限機能を使用する手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒7 スケジューラーサービス参照制限機能を使用するかどうかを設定する環境設定パラメー
ター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"HIDEOTHERSERVICE"=
スケジューラーサービス参照制限機能の
使用可否
\JP1AJSMANAGER]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(24) HIDEOTHERSERVICE」を参照して
ください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
129
(3) 注意事項
• スケジューラーサービス参照制限機能を有効にする場合は,すべてのルートジョブグループの JP1 資源
グループを定義してください。ルートジョブグループの JP1 資源グループが定義されていないスケジュー
ラーサービスは,すべての JP1 資源グループに対してアクセス権を持った JP1 ユーザーであっても,
JP1/AJS3 - View に表示されなくなります。
• スケジューラーサービス参照制限機能を有効にする場合,スケジューラーサービスの退避情報ディレク
トリは,スケジューラーサービス単位で別々のディレクトリを指定してください。退避情報ディレクト
リが複数のスケジューラーサービスで共通だと,そのうちのどれかのスケジューラーサービスに対する
アクセス権限さえあれば,共通の退避情報ディレクトリに格納されているすべての退避情報を参照でき
てしまいます。
スケジューラーサービスの退避情報ディレクトリは,jajs_setup コマンドの-b オプションで指定します。
6.1.10 スケジューラーサービスの同時接続数を制限する設定
スケジューラーサービスごとの,JP1/AJS3 - View の最大同時セション数を指定します。
スケジューラーサービスの最大同時セション数は,デフォルトでは設定されていません。スケジューラー
サービスの最大同時セション数を設定する場合は,スケジューラーサービスの運用方法に応じて設定して
ください。
なお,スケジューラーサービスの最大同時セション数を設定する場合は,環境設定パラメーターMAXSESSION
についても合わせて設定の変更を検討してください。詳細については,「20.4.2(109)
SERVICEMAXSESSION」を参照してください。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
130
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒8 スケジューラーサービスの同時接続数を設定する環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"SERVICEMAXSESSION"=
スケジューラーサービスごとの最大同時
セション数
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(109) SERVICEMAXSESSION」を参照し
てください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
131
6.2 ジョブ実行制御に関する各種設定
ジョブ実行制御に関する設定を変更する手順について説明します。
環境設定パラメーターを設定する場合は,jajs_config コマンドまたはjbssetcnf コマンドを使用します。
jajs_config コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_config」を参照してください。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
6.2.1 ジョブ実行時のワークパスを変数として定義する
PC ジョブ,UNIX ジョブ,HTTP 接続ジョブ,および QUEUE ジョブのジョブの詳細定義では次の項目
のワークパスを変数で定義できます。この変数はエージェントホストごとに異なる値を定義できるため,
エージェントホストごとに異なるワークパスでジョブが実行できます。
表 6‒9 ジョブ定義で変数を指定できる項目一覧
ジョブ定義時の指定項目
使用可否
コマンド文(UNIX 限定)
○
実行ファイル名(Windows 限定)
○
スクリプトファイル名(UNIX 限定)※
○
パラメーター
○
環境変数
×
環境変数ファイル名
×
ワークパス
×
標準入力ファイル名
○
標準出力ファイル名
○
標準エラー出力ファイル名
○
転送元ファイル名
×
転送先ファイル名
×
(凡例)
○:指定できる。
×:指定できない。
注※
スクリプトファイルの中身は対象外です。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
132
ジョブ実行時のワークパスを変数として定義する手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
• JP1/AJS3 Queueless Agent サービス※
注※
キューレスジョブを使用している場合だけ停止する必要があります。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. 手順 1 で停止したサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒10 ジョブ実行時のワークパス変数環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"変数名"=
変数名に対応したワークパス
\JP1NBQAGENT\Variable]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(72) 変数名」を参照してください。
(3) 定義例
例えば,「prog1.exe」という名称のジョブプログラムのインストール先フォルダがホストごとに異なって
いて,Agent1 ホストでは「c:\pp1\bin」に,Agent2 ホストでは「d:\pp1\bin」に,それぞれインストー
ルされているとします。この場合,次のように設定します。
• ジョブの定義
ファイル名=$pp1_inst$\prog1.exe
• Agent1 ホストでの設定
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
133
jajs_config -k [{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQAGENT\Variable]
"pp1_inst"="c:\pp1\bin"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
• Agent2 ホストでの設定
jajs_config -k [{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQAGENT\Variable]
"pp1_inst"="d:\pp1\bin"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
この設定によって,Agent1 ホストでは「c:\pp1\bin\prog1.exe」が実行され,Agent2 ホストでは「d:
\pp1\bin\prog1.exe」が実行されます。
(4) 注意事項
「JP1」から始まる文字列はシステムで使用するため,指定しないでください。
6.2.2 転送元ファイルの検索パスを定義する
転送元ファイルの検索パスを定義すると,相対パス指定でもパス解決ができます。
検索パスの定義方法を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
• JP1/AJS3 Queueless File Transfer サービス※
注※
キューレスジョブを使用している場合だけ停止する必要があります。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1 ["環境設定パラメーター名2"=
定義内容2]
3. 手順 1 で停止したサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
134
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒11 転送元ファイルの検索パスの環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"All Users"=
転送元ファイルの検索パス
"JP1 ユーザー名"=
転送元ファイルの検索パス
\JP1NBQCLIENT\PathEnv]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(73) All Users」
• 「20.5.2(74) JP1 ユーザー名」
(3) 定義例
条件
ジョブを実行する JP1 ユーザーの名称:user1
user1 専用の検索パス:\home\user1\trans1,\home\user1\trans2
JP1 ユーザー共通の検索パス:\tmp,\usr\tmp
転送元ファイル名:\home\user1\trans1\TransFile1
定義例
• ジョブ中の転送元ファイルの定義
転送元ファイル名=TransFile1
• サブミット要求元での検索パスの設定
jajs_config -k [{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\SCHEDULER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\CLIENT\PathEnv]
"user1"="\home\user1\trans1::\home\user1\trans2"
"All Users"="\tmp::\usr\tmp"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合
は「論理ホスト名」を指定します。
この設定によって,サブミット要求元ホストでは,転送元ファイルとして「\home
\user1\trans1\TransFile1」が設定されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
135
6.2.3 エージェント自動定義機能で作成される実行エージェントまたはエー
ジェントの属性値をカスタマイズする設定
エージェント自動定義機能で作成される実行エージェントまたはエージェントの属性値を,あらかじめ共
通定義情報でカスタマイズできます。
定義キーによって,有効になる対象およびジョブ種別が異なります。
表 6‒12 指定が有効になる対象および有効になるジョブ種別
項番
1
定義キー
有効になる対象
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER
すべての実行エージェント
有効になるジョブ種別
• PC ジョブ
• UNIX ジョブ
\Agent]※1
• フレキシブルジョブ※2
• HTTP 接続ジョブ
• アクションジョブ
2
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名
\QUEUE\MANAGER\Agent]※1
定義キーで指定したスケジュー
ラーサービスの実行エージェ
ント
• PC ジョブ
• UNIX ジョブ
• フレキシブルジョブ※2
• HTTP 接続ジョブ
• アクションジョブ
3
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Agent]※1
すべてのエージェントおよびデ
フォルトキュー
• サブミットジョブ
注※1
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
注※2
フレキシブルジョブの場合,実行エージェントを中継エージェントに読み替えてください。
エージェント自動定義機能で作成される実行エージェントまたはエージェントの属性値を,あらかじめ共
通定義情報でカスタマイズするには,jajs_config コマンドを実行します。
エージェント自動定義機能で作成される実行エージェントまたはエージェントの属性値を,あらかじめ共
通定義情報でカスタマイズする手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
136
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1
["環境設定パラメーター名2"=定義内容2]
["環境設定パラメーター名3"=定義内容3]
["環境設定パラメーター名4"=定義内容4]
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒13 エージェント自動定義時の属性値カスタマイズ環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER
環境設定パラメーター
対象マネー
ジャー
定義内容
"AutoCreateExecJobs"=
C,S
エージェント自動定義時のジョ
ブの実行多重度
"AutoCreateMaxJobs"=
C
エージェント自動定義時のジョ
ブ数の最大値
"AutoCreateWarnJobs"=
C
エージェント自動定義時のジョ
ブ数の警告値
"AutoCreatePriority"=
C
エージェント自動定義時のエー
ジェント優先順位
\Agent]※
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\MANAGER\Agent]※
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM
構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Agent]※
(凡例)
C:サブミットジョブおよび互換用 ISAM 構成の場合のジョブ実行制御マネージャー
S:スケジューラーサービス用ジョブ実行制御マネージャー
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(30) AutoCreateExecJobs」
• 「20.5.2(31) AutoCreateMaxJobs」
• 「20.5.2(32) AutoCreateWarnJobs」
• 「20.5.2(33) AutoCreatePriority」
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
137
(3) 注意事項
エージェント自動定義機能と実行エージェント制限の両方を使用する場合,ジョブ実行時に自動定義され
る実行エージェントは,ジョブを実行する前に実行エージェントプロファイルに設定しておく必要があり
ます。実行エージェントプロファイルに設定していないとき,ジョブは「起動失敗」状態になります。ま
た,実行エージェントの追加はされません。
6.2.4 ジョブの標準出力と標準エラー出力を同時に確認する設定
JP1/AJS3 - View の[実行結果詳細]ダイアログボックスに表示される内容は,ジョブが標準エラー出力
に出力した内容です。ジョブが標準出力に出力した内容も同時に[実行結果詳細]ダイアログボックスで
確認するためには,次の設定が必要です。
• PC ジョブ,UNIX ジョブ,HTTP 接続ジョブの場合
[詳細定義−[PC Job]
]ダイアログボックス,[詳細定義−[UNIX Job]
]ダイアログボックス,また
は[詳細定義−[HTTP 接続ジョブ]
]ダイアログボックスの[標準出力ファイル名]と[標準エラー
出力ファイル名]に同じファイル名を指定します。
注意事項
• PC ジョブ,UNIX ジョブの場合,[標準出力ファイル名]と[標準エラー出力ファイル名]に同じ
ファイル名を指定するときは,追加書きオプションの設定を合わせてください。片方が新規作成で,
もう片方を追加書きに設定した定義のジョブを実行すると,次のメッセージを統合トレースログに
出力して,ジョブの状態が起動失敗となります。
・ジョブの実行先サービスに[標準]を指定している場合
KAVU0201-E パラメーターに誤りがあります
・ジョブの実行先サービスに[キューレス]を指定している場合(キューレスジョブの場合)
KAVS1846-E ジョブ定義文(ジョブ名)に誤りがあります
• キューレスジョブに同一ファイル名を指定した場合,標準出力と標準エラー出力にジョブが出力す
る内容はいったん一時ファイルに保存されます。このため,ジョブの実行中は,指定したファイル
は更新されません。ジョブが終了した時点で更新されます。
6.2.5 ジョブの結果ファイルの再送間隔・再送回数の変更
エージェントホストはジョブが終了したとき,マネージャーホストに対してジョブの結果ファイルを転送
し,結果ファイルの転送が成功すると終了通知を行います。エージェントホストでは結果ファイルの転送
時に一時的な通信障害などでファイルの転送に失敗したときでも,確実に終了状態を通知するために,こ
のファイルの転送を通常は 5 分おきにリトライしています。一方でこの結果ファイルのサイズが大きいと,
マネージャーホストではファイルの解析を行うのに非常に負荷が掛かります。通常,ファイルの転送を行っ
たとき,エージェントホスト側では 10 分間マネージャーホストからの応答がないと,タイムアウトエラー
が発生したものとして結果ファイルを再送します。マネージャーホストでは結果ファイルの再送が繰り返
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
138
されることによって負荷の掛かるファイル解析処理を多重に行うことになり,結果として CPU の使用率
が非常に高くなりほかの要求を受け付けられなくなるといった問題が発生します。
次の設定を行うと,結果ファイルの転送に失敗したときの,再送までの間隔を変更したり,再送する回数
を制限したりすることができ,マネージャーホストに掛かる負荷を抑えることができます。
ジョブの結果ファイルの再送間隔・再送回数の設定手順を次に示します。
なお,キューレスジョブ実行機能では,次に示す設定は必要ありません。キューレスジョブ実行機能では
結果ファイルを再送していません。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1 ["環境設定パラメーター名2"=
定義内容2]
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒14 ジョブの結果ファイルの再送間隔・再送回数環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"NotfyJobStateInterval"=
ジョブの結果ファイルの再送間隔
"NotfyJobStateCount"=
ジョブの結果ファイルの再送回数
\JP1NBQAGENT\Network]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(65) NotfyJobStateInterval」
• 「20.5.2(66) NotfyJobStateCount」
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
139
6.2.6 ジョブの結果ファイルの二重受信防止の設定
標準ジョブまたはアクションジョブを実行する際,ジョブの終了時にエージェントホストからマネージャー
ホストに対して結果ファイル(標準出力・標準エラー出力ファイル)を転送します。エージェントホスト
からファイルを転送する際は,通常,マネージャーホストからの応答を 10 分間待ちます。ファイルサイ
ズが大きい場合は,マネージャーホストでのファイル解析に時間が掛かり,応答のタイムアウトが発生し
ます。この場合,エージェントホストでは結果ファイルの転送が成功するまで再送を繰り返します。マネー
ジャーホストでは結果ファイルの再送を受け付けると,負荷の掛かる解析処理を多重に行うことになるた
め CPU の使用率が非常に高くなり,ほかの要求を受け付けられなくなるといった問題が発生します。
環境設定パラメーターReceiveFileOption を指定すると,エージェントホストからの結果ファイルの再送
を受け付けなくなり,マネージャーホストに掛かる負荷を抑えることができます。また,結果ファイルを
再送するかどうかはエージェントホスト側でも設定できます。その場合はエージェントホストごとに設定
する必要があり,エージェントホストの台数が多数あるような大規模な運用には向きません。エージェン
トホスト側での設定に関しては,「6.2.5 ジョブの結果ファイルの再送間隔・再送回数の変更」も参照して
ください。
環境設定パラメーターReceiveFileOption では,マネージャーホスト側だけの設定で一括して再送を防止
できます。ジョブの結果ファイルの二重受信防止の設定手順を次に示します。
なお,キューレスジョブ実行機能では,次に示す設定は必要ありません。キューレスジョブ実行機能では
結果ファイルを再送していません。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒15 ジョブの結果ファイルの二重受信防止環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
環境設定パラメーター
定義内容
"ReceiveFileOption"=
ジョブの結果ファイルの二重受信防止
定義
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
140
定義キー
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER
環境設定パラメーター
定義内容
"ReceiveFileOption"=
ジョブの結果ファイルの二重受信防止
定義
\Job]※
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\MANAGER\Job]※
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM
構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(16) ReceiveFileOption」を参照してくだ
さい。
6.2.7 ファイル受信制限をするための設定
ファイル受信制限を設定すると,ジョブ実行時にマネージャーホスト,またはエージェントホストが受信
するファイルのサイズを制限できます。ここでは,ファイル受信制限の設定について説明します。
バージョン 11-00 以降でファイル受信制限を利用する場合
JP1/AJS3 のバージョン 11-00 以降のエージェントホストでは,ファイル送信制限ができます。ジョブ
実行先のエージェントホストがバージョン 11-00 以降の場合,マネージャーホストのファイル受信制
限に加えて,エージェントホストのファイル送信制限も使用してください。
ファイル送信制限の詳細については,「6.2.27 ファイル送信制限をするための設定」を参照してくださ
い。
JP1/AJS3 では,ジョブ※実行時に結果ファイル(標準出力ファイルおよび標準エラー出力ファイル)や転
送ファイルを,マネージャーホストとエージェントホスト間,またはクライアントホストとマネージャー
ホスト間で送受信します。これらのファイルのサイズが数メガバイトを超えるような場合,ファイルのデー
タ解析処理,またはファイルのデータ転送で負荷が掛かり,CPU 使用率の増加や,メモリー使用量の増加
など,ジョブの実行が遅延するだけでなく,システム全体の処理に影響を与えるおそれがあります。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
141
注※
PC ジョブ,UNIX ジョブ,カスタムジョブ,JP1/AJS3 で実行する QUEUE ジョブ,およびサブミッ
トジョブが対象です。イベントジョブ,引き継ぎ情報設定ジョブ,HTTP 接続ジョブ,フレキシブル
ジョブ,およびキューレスジョブは対象外です。
ファイル受信制限をするための設定を行うと,ジョブ実行時にマネージャーホスト側で受信する結果ファ
イルのサイズ(標準出力ファイルと標準エラー出力ファイルを合わせた合計のサイズ)
,またはエージェン
トホストが受信する転送ファイルのサイズ(転送ファイルを複数指定した場合はその合計サイズ)の上限
値を設定できます。
また,上限値を超えた場合の動作(ジョブの終了状態)や出力するメッセージを指定できます。
ファイル受信サイズの上限値を超えた場合の動作と上限値を超えたファイルデータの扱いについて次に示
します。
表 6‒16 ファイル受信サイズの上限値を超えた場合の動作と上限値を超えたファイルデータの
扱い
上限値を超えた
ファイルの種類
動作内容
結果ファイル
転送ファイル
環境設定パラメーター ReceiveFileSizeStatus の指定
0
1
2
3
ジョブの状態
実際の終了状態を引き継ぐ
異常検出終了
警告検出終了※
実際の終了状態
を引き継ぐ
出力するメッ
セージの種別
情報
異常
警告
情報
ファイルデータ
の扱い
すべてのファイルデータを受
信する
上限値を超えた
データを破棄
する
上限値を超えた
データを破棄
する
上限値を超えた
データを破棄
する
ジョブの状態
実際の終了状態を引き継ぐ
起動失敗
起動失敗
実際の終了状態
を引き継ぐ
出力するメッ
セージの種別
情報
異常
異常
情報
ファイルデータ
の扱い
すべてのファイルデータを受
信する
すべてのファイ
ルデータを受信
しない
すべてのファイ
ルデータを受信
しない
すべてのファイ
ルデータを受信
しない
注※
エージェントホストでジョブの状態が「異常検出終了」だった場合はその状態を引き継ぎます。
(1) 定義手順
1. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1 ["環境設定パラメーター名2"=
定義内容2]
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
142
2. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒17 ファイル受信制限をする設定の環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER
環境設定パラメーター
定義内容
"ReceiveFileSizeStatus"=
ファイルサイズが上限値に達したときの
動作
"LimitReceiveFileSize"=
ファイルサイズの上限値
\Job]※
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\MANAGER\Job]※
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM
構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(14) ReceiveFileSizeStatus」
• 「20.5.2(15) LimitReceiveFileSize」
(3) ファイル受信サイズが上限値を超えた場合の動作
ファイル受信サイズが上限値を超えたときの動作を次に示します。
• 結果ファイル
• 環境設定パラメーターReceiveFileSizeStatus の値を 1,2,3 のどれかで指定しているときに,受
信サイズの上限値に達した場合,標準出力ファイル,標準エラー出力ファイルは上限値のサイズま
でマネージャーホスト側に残ります。結果ファイルは完全に作成された状態ではないため,後続ジョ
ブなどで結果ファイルを参照する場合は,不完全なファイルでも問題がないことを確認して使用し
てください。
• 結果ファイルのサイズが上限値を超えた場合のジョブの終了コードおよび終了状態を次の表に示し
ます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
143
表 6‒18 結果ファイルサイズが上限値を超えた場合の終了状態と終了コードの関係
実際のジョブの状態
正常終了
(常に正常を指定した場合も
含む)
警告検出終了
異常検出終了
強制終了
起動失敗
設定項目
環境設定パラメーター ReceiveFileSizeStatus の指定
1
2
0 または 3
状態
異常検出終了
警告検出終了
正常終了
終了コード
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
状態
異常検出終了
警告検出終了
警告検出終了
終了コード
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
状態
異常検出終了
異常検出終了
異常検出終了
終了コード
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
状態
強制終了
強制終了
強制終了
終了コード
PC ジョブ(-1),
PC ジョブ(-1),
PC ジョブ(-1),
UNIX ジョブ(255)
UNIX ジョブ(255)
UNIX ジョブ(255)
起動失敗
起動失敗
起動失敗
状態
注※
ジョブとして実行したジョブプロセスの終了コードです。
• 転送ファイル
• 環境設定パラメーターReceiveFileSizeStatus の値を 1,2,3 のどれかで指定しているときに,受
信サイズの上限値に達した場合,転送ファイルは受信しません。複数指定している場合はすべての
転送ファイルのデータを破棄します。
• 転送ファイルのサイズが上限値を超えた場合のジョブの終了コードおよび終了状態を次の表に示し
ます。
表 6‒19 転送ファイルサイズが上限値を超えた場合の終了状態と終了コードの関係
実際のジョブの状態
なし※1
設定項目
環境設定パラメーター ReceiveFileSizeStatus の指定
1
2
0 または 3
状態
起動失敗
起動失敗
実際のジョブの終了
状態
終了コード
PC ジョブ(-1),
PC ジョブ(-1),
ジョブの戻り値※2
UNIX ジョブ(-1)
UNIX ジョブ(-1)
注※1
転送ファイルの処理はジョブが登録される際に行うため,ジョブがキューイング状態になる前のジョブの状態で「な
し」となっています。
注※2
ジョブとして実行したジョブプロセスの終了コードです。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
144
(4) 注意事項
ファイルを送受信するホストがシフト JIS 以外の日本語環境の場合に,ファイル受信制限を使用すると,
実際のファイルサイズと上限値として指定したサイズが異なる場合があります。
結果ファイルの受信時および転送ファイルの転送時の,ファイルサイズのチェックは,ファイルデータが
シフト JIS の状態で行われます。サイズチェック後に,結果ファイル受信ホストおよび転送ファイル転送
先ホストで,各ホストに対応した文字コードに変換してファイルを作成します。
転送ファイルおよび結果ファイルは,対象ファイルの文字コードをシフト JIS に変換してからサイズを
チェックします。そのため,ファイル送信元ホストがシフト JIS 以外の日本語環境の場合,シフト JIS に文
字コード変換を行った際に,変換後のファイルサイズが変換前のファイルサイズより小さくなる場合があ
ります。この場合,ファイル送信元ホスト上ではファイルサイズが上限値より大きなファイルでも,ファ
イル受信制限が動作しません。
また,ファイルが作成されるホストがシフト JIS 以外の日本語環境の場合,サイズチェック後にシフト JIS
からホスト上の文字コードに変換するため,チェック時のサイズより実際のファイルサイズが大きくなる
場合があります。この場合,ファイル受信制限を使用し,上限値を超えるファイルを受信しないように設
定しても,上限値より大きなサイズのファイルが作成されます。このように,上限値より大きなサイズの
ファイルが作成されることで,ディスク領域を予想以上に消費するおそれがあるため注意してください。
引き継ぎ情報設定ジョブを実行する場合,環境設定パラメーターLimitReceiveFileSize の値を適切に設定
してください。環境設定パラメーターLimitReceiveFileSize の値よりファイルサイズの大きい標準出力
ファイルを出力した場合,引き継ぎ情報設定ジョブによる情報の切り出しに失敗するおそれがあります。
6.2.8 TCP/IP 通信接続エラーのリトライ間隔・回数の変更
ジョブ実行制御ではジョブの登録,ジョブの配信,ジョブの状態通知,ジョブの状態確認またはエージェ
ントホストの状態確認を行う際,プロセス間で情報を受け渡しするために TCP/IP 通信を使用していま
す。接続先のホストが起動していない場合やネットワーク障害が発生している場合,TCP/IP 通信の接続
エラーが発生します。
このとき,ジョブ実行制御の TCP/IP 通信処理では,最初の接続要求に対して通信相手から応答がなかっ
た場合に最大で 90 秒待ち,その後,20 秒の間隔をおいて 2 回再接続を試みます(デフォルト値の場合)
。
このため,リトライがすべて失敗し最終的に接続エラーとなるまでにおよそ 4〜5 分掛かることがあります。
ジョブの登録,ジョブの配信,ジョブの状態通知,ジョブの状態確認またはエージェントホストの状態確
認を行う際に通信障害が発生すると,その検知に遅れが生じることがあります。障害の検知が遅れること
によって,結果的にジョブの状態を変更するまでの時間が遅れます。
TCP/IP 通信の接続エラーが頻繁に発生する場合は,接続タイムアウト時間,リトライ回数,リトライ間
隔を短く設定変更することで,障害状態をより早く検知できます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
145
エージェントホストへのジョブの配信,ジョブの状態確認,またはエージェントホストの状態確認のマネー
ジャー側での設定変更については,「20.8 通信制御の環境設定」を参照してください。
ソケットポート不足による通信エラー時の注意事項
単位時間当たりのジョブ実行数が多くなると,TCP/IP 通信が増加しソケットポート不足が発生するこ
とがあります。ソケットポート不足による通信エラーの場合も一定間隔をおいて再接続を試みますが,
再接続までの間にソケットポート不足が解消されなかった場合,ジョブ実行遅延,ジョブ異常終了,ス
ケジューラーサービス異常終了,およびコマンド異常終了が発生することがあります。
ソケットポート不足が発生する場合は,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設
計ガイド(システム構築編)
3.1.1(5) OS のチューニング」を参照し,OS のパラメーターの調整を検
討してください。
なお,表 6-21 および「20.8 通信制御の環境設定」の環境設定パラメーター一覧(通信制御)にある環
境設定パラメーターは,ソケットポート不足による通信エラーも対象となります。
環境設定パラメーターの値を変更する定義キーと,使用目的を次の表に示します。
表 6‒20 値を変更する定義キー
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
使用目的
ジョブの状態通知
JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER\Network
• スケジューラーサービス(個別)の場合
JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名\QUEUE
\MANAGER\Network
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM 構成の場合
JP1NBQMANAGER\Network
JP1NBQAGENT\Network
ジョブの状態通知
JP1NBQCLIENT\Network
スケジューラーからのジョブの登録,ジョブ実行に使用するコマ
ンド
• スケジューラーサービス(共通)の場合
JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\NOTIFY\Network
他システム(JP1/NQSEXEC や JP1/OJE など)のジョブの状態
確認,および状態通知
• スケジューラーサービス(個別)の場合
JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名\QUEUE
\NOTIFY\Network
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM 構成の場合
JP1NBQNOTIFY\Network
ジョブ実行制御の接続タイムアウト,リトライ間隔・回数の設定手順を次に示します。
なお,キューレスジョブ実行機能では,次に示す設定は必要ありません。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
146
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
["環境設定パラメーター名2"=定義内容2]
["環境設定パラメーター名3"=定義内容3]
定義キー名に指定できる定義キーは一つです。異なる定義キーの環境設定パラメーターを設定する場合
は,定義キーごとにjajs_config コマンドを実行する必要があります。
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒21 ジョブ実行制御の TCP/IP 通信環境設定パラメーター
項番
1
2
3
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE
\MANAGER\Network]※
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
環境設定パラメーター
定義内容
"ConnectTimeout"=
ジョブ実行制御マネージャーの
TCP/IP 通信接続タイムアウト値の
定義(単位:ミリ秒)
"CommunicateRetryCount"=
ジョブ実行制御マネージャーの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
回数の定義
"CommunicateRetryInterval"=
ジョブ実行制御マネージャーの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
間隔の定義(単位:秒)
"ConnectTimeout"=
ジョブ実行制御エージェントの
TCP/IP 通信接続タイムアウト値の
定義(単位:ミリ秒)
"CommunicateRetryCount"=
ジョブ実行制御エージェントの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
回数の定義
\JP1AJSMANAGER\スケジューラー
サービス名\QUEUE\MANAGER
\Network]※
• サブミットジョブおよび互換用
ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Network]※
4
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQAGENT\Network]※
5
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
147
項番
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"CommunicateRetryInterval"=
ジョブ実行制御エージェントの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
間隔の定義(単位:秒)
"ConnectTimeout"=
ジョブ実行に使用するコマンドおよ
びスケジューラーの TCP/IP 通信接
続タイムアウト値の定義(単位:ミ
リ秒)
8
"CommunicateRetryCount"=
ジョブ実行に使用するコマンドおよ
びスケジューラーの TCP/IP 通信接
続エラーのリトライ回数の定義
9
"CommunicateRetryInterval"=
ジョブ実行に使用するコマンドおよ
びスケジューラーの TCP/IP 通信接
続エラーのリトライ間隔の定義(単
位:秒)
"ConnectTimeout"=
ジョブ実行制御状態通知プロセスの
TCP/IP 通信接続タイムアウト値の
定義(単位:ミリ秒)
"CommunicateRetryCount"=
ジョブ実行制御状態通知プロセスの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
回数の定義
"CommunicateRetryInterval"=
ジョブ実行制御状態通知プロセスの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
間隔の定義(単位:秒)
6
\JP1NBQAGENT\Network]※
7
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQCLIENT\Network]※
10
11
12
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\NOTIFY
\Network]※
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラー
サービス名\QUEUE\NOTIFY
\Network]※
• サブミットジョブおよび互換用
ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQNOTIFY\Network]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
1.「20.5.2(24) ConnectTimeout(ジョブ実行制御マネージャー用)
」
2.「20.5.2(25) CommunicateRetryCount(ジョブ実行制御マネージャー用)
」
3.「20.5.2(26) CommunicateRetryInterval(ジョブ実行制御マネージャー用)
」
4.「20.5.2(67) ConnectTimeout(ジョブ実行制御エージェント用)」
5.「20.5.2(68) CommunicateRetryCount(ジョブ実行制御エージェント用)
」
6.「20.5.2(69) CommunicateRetryInterval(ジョブ実行制御エージェント用)」
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
148
7.「20.5.2(75) ConnectTimeout(ジョブ実行に使用するコマンドおよびスケジューラー用)」
8.「20.5.2(76) CommunicateRetryCount(ジョブ実行に使用するコマンドおよびスケジューラー用)
」
9.「20.5.2(77) CommunicateRetryInterval(ジョブ実行に使用するコマンドおよびスケジューラー用)
」
10.「20.5.2(82) ConnectTimeout(ジョブ実行制御状態通知プロセス用)
」
11.「20.5.2(83) CommunicateRetryCount(ジョブ実行制御状態通知プロセス用)
」
12.「20.5.2(84) CommunicateRetryInterval(ジョブ実行制御状態通知プロセス用)」
6.2.9 ジョブを配信するエージェントホストの決定方式の設定
ジョブ(キューレスジョブを除く PC ジョブ,UNIX ジョブ,フレキシブルジョブ※,HTTP 接続ジョブ,
アクションジョブ,およびカスタムジョブ)を配信する際に,優先順位とエージェント使用率が同一の実
行エージェントが複数ある場合,均等に負荷分散を行うためには,未使用時間が最も長い実行エージェン
トを選択してジョブを配信する方式が有効です。
注※
フレキシブルジョブの場合,実行エージェントを中継エージェントに読み替えてください。
ジョブを配信するエージェントホストの決定方式を設定するための手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒22 ジョブを配信するエージェントホストの決定方式環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
環境設定パラメーター
定義内容
"LeastRecentlyUsed"=
ジョブを配信するエージェントホストの
決定方式の定義
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER\Agent]※
• スケジューラーサービス(個別)の場合
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
149
定義キー
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER
環境設定パラメーター
定義内容
"LeastRecentlyUsed"=
ジョブを配信するエージェントホストの
決定方式の定義
\スケジューラーサービス名\QUEUE\MANAGER
\Agent]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(34) LeastRecentlyUsed」を参照してくだ
さい。
6.2.10 マクロ変数の展開失敗時の動作の設定
ジョブの実行時にマクロ変数の引き継ぎ情報の展開が失敗した場合,そのジョブネットの状態を「起動失
敗」にするか,マクロ変数名を文字列として扱いそのままジョブネットを実行させるかを設定できます。
ジョブ実行時にマクロ変数の引き継ぎに失敗した場合の動作を設定するための方法を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒23 マクロ変数の展開失敗時の動作を指定するための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"MACROCHANGEFAIL"=
イベントジョブ,および実行登録時に指定し
たマクロ変数の展開失敗時の動作
\JP1AJS2COMMON]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
150
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.11.2(3) MACROCHANGEFAIL」を参照して
ください。
6.2.11 マクロ変数の引き継ぎ情報が NULL 文字列の場合の置き換え方法の
設定
マクロ変数の引き継ぎ情報は,イベントジョブで受信したイベント情報として使用します。マクロ変数の
詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(業務設計編)
2.2.6 マクロ変数の使用を検討する」を参照してください。また,イベントジョブでのマクロ変数の定義
例については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(業務設計編) 2.4.4(6) イベントジョブの受信情報の引き継ぎ」を参照してください。
引き継ぎ情報が NULL 文字列のときに,マクロ変数名の前後に文字列がなくマクロ変数名だけを指定して
いる場合,次に示す 2 種類の動作が選択できます。
• マクロ変数名をそのまま文字列として扱う(デフォルトの動作)
• NULL 文字列に置き換える
それぞれの動作を次に示します。
マクロ変数名をそのまま文字列として扱う場合
• 引き継ぎ情報が NULL 文字列でマクロ変数名の前後に文字列がない場合
[?AJS2xxxxx?]→[?AJS2xxxxx?]
• 引き継ぎ情報が NULL 文字列でマクロ変数名の前後に文字列がある場合
[aaa?AJS2xxxxx?bbb]→[aaabbb]
[ccc?AJS2xxxxx?]→[ccc]
[?AJS2xxxxx?ddd]→[ddd]
NULL 文字列に置き換える場合
• 引き継ぎ情報が NULL 文字列でマクロ変数名の前後に文字列がない場合
[?AJS2xxxxx?]→[]
• 引き継ぎ情報が NULL 文字列でマクロ変数名の前後に文字列がある場合
[aaa?AJS2xxxxx?bbb]→[aaabbb]
[ccc?AJS2xxxxx?]→[ccc]
[?AJS2xxxxx?ddd]→[ddd]
この設定は,実行先サービスに[標準]を指定したジョブが対象です。実行先サービスに[キューレス]
を指定した場合,オプションの設定とは関係なくマクロ変数名を NULL 文字列に置き換えます。また,こ
の設定は,JP1/AJS2 07-11 以前からマクロ変数を指定できる次の定義項目にだけ有効です。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
151
UNIX ジョブ
• コマンド文
• スクリプトファイル名
• パラメーター
• 環境変数
PC ジョブおよびフレキシブルジョブ
• 実行ファイル名
• パラメーター
• 環境変数
なお,マクロ変数名の前後に必ず文字列を指定する運用の場合,またはマクロ変数名がそのまま文字列に
置き換わることを期待する運用の場合,設定の必要はありません。
マクロ変数の引き継ぎ情報が NULL 文字列の場合の置き換え方法の設定手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒24 マクロ変数の引き継ぎ情報が NULL 文字列の場合の置き換え方法の環境設定パラメー
ター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQCLIENT
"MacroOptionReplaceMode"=
マクロ変数の引き継ぎ情報が NULL 文字
列の場合の置き換え方法の設定
\Process]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
152
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(79) MacroOptionReplaceMode」を参照
してください。
6.2.12 エージェントの障害回復待ち時間を短縮する設定方法
JP1/AJS3 では,ジョブ(キューレスジョブを除く PC ジョブ・UNIX ジョブ,フレキシブルジョブ※,
HTTP 接続ジョブ,JP1/AJS3 上で実行する QUEUE ジョブ,アクションジョブ,およびカスタムジョ
ブ)の実行ホスト(エージェントホスト)が障害状態になった場合や通信障害が発生した場合,即時に異
常検知とはしないで,ある程度の待ち時間を設けて通信リトライすることで,エージェントホスト上のシ
ステム障害や通信障害状態が回復するのを待ちます。これによって,一時的な障害による,回復可能な業
務停止を防止しています。通常,障害回復待ち時間はデフォルトで 10 分です。ただし,運用によっては
障害が発生した場合は回復を待つことよりも,直ちに異常を検知して早急なリカバリーを優先させる場合
があります。その場合は障害回復待ち時間を短縮することで,早急な障害検知ができます。
注※
フレキシブルジョブの場合,エージェントホストを中継エージェントに読み替えてください。
エージェントホストの障害回復待ち時間を短縮する設定方法について次に説明します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1 ["環境設定パラメーター名2"=
定義内容2]
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒25 エージェントの障害回復待ち時間の設定のための環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER
環境設定パラメーター
定義内容
"QueuingJobRecoveryTime"=
キューイング中のジョブに対するエージェ
ントの障害回復待ち時間(単位:秒)
"ExecutingJobRecoveryTime"=
実行中のジョブに対するエージェントの
障害回復待ち時間(単位:秒)
\Job]※
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
153
定義キー
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
環境設定パラメーター
定義内容
"ExecutingJobRecoveryTime"=
実行中のジョブに対するエージェントの
障害回復待ち時間(単位:秒)
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\MANAGER\Job]※
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM
構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(17) QueuingJobRecoveryTime」
• 「20.5.2(18) ExecutingJobRecoveryTime」
6.2.13 ジョブ実行多重度到達を確認するメッセージを出力する設定
エージェントホストで実行中のジョブ(キューレスジョブを除く UNIX ジョブ,PC ジョブ,フレキシブ
ルジョブ※,HTTP 接続ジョブ,アクションジョブ,およびカスタムジョブ)数が,ジョブ実行多重度に
達しているために後続のジョブの状態がキューイングのままとなり,ジョブが実行されるまでに時間が掛
かることがあります。
注※
フレキシブルジョブの場合,エージェントホストを中継エージェントに読み替えてください。
ジョブ実行多重度に達しているためにジョブが登録できない場合に,次に示すメッセージを統合トレース
ログに出力するようにあらかじめ設定しておくことで,ジョブの実行に時間が掛かった要因がジョブ実行
多重度到達であるかどうかを確認できます。
KAVU4310-I エージェント(エージェントホスト名)で実行中のジョブ数がジョブ実行多重度(ジョブ実
行多重度)に達しています(ホスト名:ホスト名,ジョブ番号:ジョブ番号)
この設定を行って,ジョブの状態がキューイングになっているにもかかわらず,このメッセージが出力さ
れない場合は,次に示すどれかの要因が考えられます。実行エージェントまたは実行エージェントグルー
プの,ジョブ実行多重度の設定,受付配信制限の状態,およびジョブの実行先ホストの状態を確認してく
ださい。
1. ジョブ実行多重度に「0」が設定されている
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
154
ajsagtshow コマンドで実行エージェントのジョブ実行多重度(CON-EXE)を確認してください。
ajsagtshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajsagtshow」を参照してください。
2. 実行エージェントグループの受付配信制限の状態が「保留」または「閉塞」になっている,もしくは,
実行エージェントの受付配信制限の状態が「無効」,「保留」,または「閉塞」になっている
ajsagtshow コマンドで実行エージェントグループまたは実行エージェントの受付配信制限の状態を確
認してください。
ajsagtshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajsagtshow」を参照してください。
3. エージェントホストが停止,または障害状態になっている
エージェントホストで JP1/AJS3 サービスが停止していないか,また,何らかの障害が発生していない
かエージェントホスト上の統合トレースログを確認してください。また,マネージャーホストと通信で
きる状態かを確認してください。
QUEUE ジョブ,サブミットジョブを使用する場合は,次に示すどれかの要因が考えられます。エージェ
ントまたはキューの状態やジョブの実行先ホストの状態を確認してください。
1. ジョブ実行多重度に「0」が設定されている
jpqagtshow コマンドでジョブ実行多重度(CUREXECHGNUM)を確認してください。
jpqagtshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド jpqagtshow」を参照してください。
2. キュー(デフォルトキューを含む)の設定でジョブの取出口が閉じている
jpqqueshow コマンドでジョブの取出口(EXITSTATUS)の状態を確認してください。
jpqqueshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド jpqqueshow」を参照してください。
3. エージェントホストが停止,または障害状態になっている
エージェントホストで JP1/AJS3 サービスが停止していないか,また,何らかの障害が発生していない
かエージェントホスト上の統合トレースログを確認してください。また,マネージャーホストと通信で
きる状態かを確認してください。
4. 排他実行リソースを指定したジョブでリソースの解放待ちになっている
jpqresshow コマンドで STATUS が EXECUTING になっているジョブが存在しないかを確認してくだ
さい。
jpqresshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド jpqresshow」を参照してください。
QUEUE ジョブ,サブミットジョブを使用する場合のジョブ実行多重度の詳細については,マニュアル
「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編)
2.5.4 ジョブ実行多重度の
検討」を参照してください。
ジョブ実行多重度到達を確認するメッセージを出力するための設定手順を次に示します。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
155
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
注意事項
クラスタシステムの場合は,クラスタの設定を確認し,論理ホストの JP1/AJS3 サービスも停止し
てください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1 ["環境設定パラメーター名2"=
定義内容2]
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒26 ジョブ実行多重度到達を確認するメッセージを出力する設定のための環境設定パラメー
ター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER
\Job]※
環境設定パラメーター
定義内容
"MaximumExecJobLogOption"=
ジョブ実行多重度到達を確認するメッセー
ジを出力する設定
"MaximumExecJobLogInterval"=
ジョブ実行多重度到達を確認するメッセー
ジを出力する間隔
• スケジューラーサービス(個別)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\MANAGER\Job]※
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM 構
成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(19) MaximumExecJobLogOption」
• 「20.5.2(20) MaximumExecJobLogInterval」
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
156
6.2.14 ジョブ実行制御のマネージャープロセスに対する通信タイムアウト
時間の変更
ジョブ実行制御のマネージャープロセスに対して次の要求をする際,要求する側は通信タイムアウト時間
(デフォルト 10 分)を設定してマネージャープロセスと通信します。
• ジョブネット(スケジューラー)によるジョブの登録,キャンセル,およびジョブの状態確認
• ジョブの実行に使用するコマンド(jpqxxxx コマンド)によるジョブの操作
ジョブ実行制御のマネージャープロセスとの通信処理で時間が掛かり,通信タイムアウトが発生すると,
ジョブの実行やコマンド要求が失敗します。
通信タイムアウトが発生する要因には,主に次のものがあります。
• 実行したジョブの転送ファイルや結果ファイルのファイルサイズが大きい
• jpqendjobshow コマンド(終了ジョブ情報を列挙するコマンド)で列挙するジョブ数が多い
jpqendjobshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド jpqendjobshow」を参照してください。
• jpqjobshow コマンド(未終了ジョブ情報を列挙するコマンド)で列挙するジョブ数が多い
jpqjobshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド jpqjobshow」を参照してください。
ジョブネット(スケジューラー)によるジョブの登録,キャンセル,およびジョブの状態確認の際に通信
タイムアウトが発生すると,ジョブ※が異常終了します。この場合,統合トレースログには,次のメッセー
ジが出力されます。
注※
イベントジョブおよびジョブの実行先サービスに[キューレス]を指定した場合を除きます。
KAVU0220-E マネージャーからの応答が返ってきません
jpqxxxx コマンドで通信タイムアウトが発生すると,標準エラー出力に次のメッセージが出力されます。
KAVU0953-E マネージャーからの応答が返ってきません
通信タイムアウトによるコマンド要求やジョブの実行失敗は,通信タイムアウト時間を長く設定すること
で回避できることがあります。ジョブネット(スケジューラー)によるジョブの登録,キャンセル,また
はジョブの状態確認の際に通信タイムアウトを回避するには,ジョブを登録するマネージャーホストで通
信タイムアウト時間を長く設定してください。また,ジョブの実行に使用するコマンドの場合は,コマン
ドを実行するクライアントホストで通信タイムアウト時間を長く設定してください。
通信タイムアウト時間を変更する設定方法について説明します。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
157
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒27 ジョブ実行制御のマネージャープロセスに対する通信タイムアウト時間の設定の環境
設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQCLIENT
"CommunicateTimeout"=
ジョブ実行制御のマネージャー
プロセスに対する通信タイムア
ウト時間(単位:ミリ秒)
\Network]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(78) CommunicateTimeout」を参照して
ください。
(3) 注意事項
通信タイムアウト時間を長く設定すると,通信処理中にコマンドやジョブに異常が発生した場合の障害検
知までの時間も長くなります。そのため,後続ジョブの実行の遅延などが発生しやすくなります。通信タ
イムアウト時間を変更する場合は,設定値を十分に検証した上で設定してください。
6.2.15 ジョブをロングファイル名で実行するための設定
ジョブ※1 の実行ファイルの名称は,通常,NTFS(NT File System)および FAT(File Allocation
Table)ボリューム上のファイル用に生成されたショートファイル名に変換されます。ジョブの実行ファ
イルをショートファイル名に変換しないでロングファイル名で実行したい場合は,次に示す手順でオプショ
ンを有効にしてください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
158
なお,キューレスジョブの場合は,ショートファイル名に変換しないでロングファイル名のまま実行され
ます。※2
注※1
ジョブは PC ジョブ,JP1/AJS3 上で実行する QUEUE ジョブが該当します。また,jpqjobsub コマン
ドで実行するサブミットジョブも含まれます。
注※2
キューレスジョブの場合,条件によってはショートファイル名で実行されることがあります。詳細につ
いては,「(4) 注意事項」を参照してください。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒28 ジョブをロングファイル名で実行するための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"IsExecFindExecutable"=
ジョブをロングファイル名で実行するた
めの定義
\JP1NBQAGENT\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(38) IsExecFindExecutable」を参照してく
ださい。
(3) 実行ファイル名の指定方法
• 環境設定パラメーターIsExecFindExecutable に「1」を設定した場合,ロングファイル名かどうかに関
係なく,拡張子が「.exe」
,「.bat」
,「.cmd」
,「.com」または「.pif」の実行ファイルの名称は,すべて
A〜Z のドライブ名付きの絶対パスで指定してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
159
• 実行ファイルの名称に空白文字が含まれる場合は,名称全体(ドライブ名から拡張子まで)を「"(ダ
ブルクォーテーションマーク)」で囲んでください。
なお,jpqjobsub コマンドを使用するときは名称全体を「"」および「\"」で囲んでください。[実行
ファイル名]が「C:\Program Files\test.exe」の場合のjpqjobsub コマンドの指定例を次に示します。
jpqjobsub -ah 論理ホスト名 -sc "\"C:\Program Files\test.exe\""
• 実行ファイル名に続けて,実行ファイルに対する引数を指定できません。
(4) 注意事項
次の条件が重なるジョブを実行した場合は,環境設定パラメーターIsExecFindExecutable に「1」を設定
していても,実行ファイルをショートファイル名に変換して実行します。キューレスジョブの場合でも,
この条件によって実行ファイルをショートファイル名に変換して実行します。
1.[実行ファイル名]に指定したファイル名が相対パス指定で,ファイル名の拡張子が「.exe」,「.bat」,
「.cmd」,「.com」または「.pif」である
2. 1 のファイルパスをジョブ定義の[ワークパス]で指定している
ジョブをロングファイル名で実行したい場合は,次のどちらかの操作を行ってください。
• [実行ファイル名]に絶対パスでファイル名を指定する
• システム環境変数にファイルパスを指定し,[ワークパス]にファイルパスを指定しない
6.2.16 ユーザープロファイルを必要とするジョブを実行するための設定
ジョブを実行する際に有効となるプロセス実行環境は,システム環境で設定されているものを使用してい
ます。ただし,ジョブによっては OS ユーザーのログオンセションに設定されているユーザープロファイ
ル情報を読み込まないと正しく実行できないものもあります。
次に示すオプションを有効にすると,このようなユーザープロファイル情報を必要とするジョブを正しく
実行できます。このオプションを有効にすると,指定先のエージェントホストで実行するすべての PC ジョ
ブ※についてユーザープロファイルを読み込みます。
注※
ジョブの[実行先サービス]に[キューレス]を指定した場合を除きます。
ユーザープロファイルを必要とするジョブを実行するための設定手順を次に示します。ジョブの実行先と
なるエージェントホストに設定してください。
なお,キューレスジョブ実行環境でユーザープロファイルを必要とするジョブを実行するための設定方法
については,「6.4.2 キューレスジョブ環境でユーザープロファイルを必要とするジョブを実行するための
設定」を参照してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
160
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
注意事項
このオプションを無効にする設定を行った場合には OS を再起動してください。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒29 ユーザープロファイルを必要とするジョブを実行するための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"LoadUserProfile"=
ユーザープロファイルを読み込むかどう
かの定義
\JP1NBQAGENT\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,
「20.5.2(39) LoadUserProfile」を参照してください。
(3) 注意事項
このオプションを有効にすると,ジョブ実行時に次に示すどちらかのメッセージを統合トレースログに出
力してジョブが異常終了することがあります。このオプションを有効にした場合は,これらのエラーの発
生を抑えるために,「6.2.17 ジョブ実行時にアクセストークンを再利用するための設定」を有効にしてく
ださい。
• KAVU3549-E ジョブ実行処理でシステムコール(関数名)でエラーが発生しました(要因番号)
• KAVU3577-W ジョブ実行処理でシステムコール(関数名)でエラーが発生しました(要因番号)
ジョブ実行時にアクセストークンを再利用する設定の詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 導入ガイド 5.4.1 ジョブ実行時のユーザーアカウント」を参照してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
161
なお,このオプションを有効にしても,ユーザー環境変数は読み込まれません。ジョブ実行時に設定され
る環境変数の詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファ
レンス 1.4.2 JP1/AJS3 から実行されるジョブ実行時に設定される環境変数」を参照してください。
6.2.17 ジョブ実行時にアクセストークンを再利用するための設定
ジョブ実行時にアクセストークンを再利用するための設定手順を次に示します。この設定はジョブの実行
先ホスト上で行ってください。詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 導入ガイド 5.4.1 ジョブ実行時のユーザーアカウント」を参照してください。
なお,キューレスジョブ実行機能では,次に示す設定は必要ありません。キューレスジョブ実行機能では
キューレスジョブ実行時にアクセストークンを再利用しています。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
注意事項
クラスタシステムの場合は,クラスタの設定を確認し,論理ホストの JP1/AJS3 サービスも停止し
てください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒30 ジョブ実行時にアクセストークンを再利用する設定のための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"IsAccessTokenCache"=
ジョブ実行時にアクセストークンを再利
用するための設定
\JP1NBQAGENT\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
162
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(40) IsAccessTokenCache」を参照してく
ださい。
(3) 注意事項
1. アクセストークンを再利用する設定にしたとき,次に示す場合にアクセストークンを解放します。
• ジョブ実行 OS ユーザーのパスワードを変更した場合
パスワードを変更したユーザーのアクセストークンを解放し,新しいユーザー情報でアクセストー
クンを取得します。
注意事項
OS が管理するパスワード情報を変更した場合,JP1/Base のユーザーマッピングで設定した OS
ユーザーのパスワード管理情報も変更する必要があります。JP1/Base のユーザーマッピングで設
定した OS ユーザーのパスワード管理情報を変更しなかった場合は,パスワードを変更する前のア
クセストークンを再利用してジョブを起動します。JP1/Base のユーザー管理機能の設定をする際
の注意事項については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」のユーザー管理機能に関する注意事
項が記載されている章を参照してください。
• JP1/AJS3 サービスを停止した場合
保持しているすべてのユーザーのアクセストークンを解放します。
2. 環境設定パラメーターIsAccessTokenCache が「1」の場合は,すべてのジョブは JP1/AJS3 サービス起
動時に取得した一つのデスクトップヒープ領域を共有して使用します。このため,同時実行するジョブ
数が多いと,確保した一つのデスクトップヒープ領域の中で領域不足が発生するおそれがあります。
3. 環境設定パラメーターIsAccessTokenCache が「2」の場合は,ユーザーごとにデスクトップヒープ領域
を作成して使用します。例えば,10 ユーザーでジョブを実行すると,10 個のデスクトップヒープ領域
を作成することになります。このため,ユーザー数が多い場合は,デスクトップヒープ領域の数も多く
なるため,OS 全体のデスクトップヒープ領域の中で領域不足が発生するおそれがあります。
4. アクセストークンを再利用すると,同じユーザーが起動したジョブは最初にアクセストークンを取得し
た際に確保した一つのデスクトップヒープ領域を共有して使用するため,新たにデスクトップヒープ領
域を作成しません。JP1/AJS3 サービスのアカウントをユーザーアカウントに変更し,同じユーザーで
ジョブを実行する場合はアクセストークンを取得しないため,新たにデスクトップヒープ領域を作成し
ません。JP1/AJS3 のサービスのアカウントの変更については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 設計ガイド(システム構築編) 4.2.3 JP1/AJS3 のサービスの設定を変更す
る必要がある場合(Windows 限定)」を参照してください。
6.2.18 拡張子が 4 バイト以上の実行ファイルのジョブを実行するための
設定
通常,ジョブに指定した実行ファイルは,拡張子の先頭から 3 バイトまでの文字列に関連づけられたアプ
リケーション(.exe)によって実行されます。そのため,ジョブ※に拡張子が 4 バイト以上の実行ファイ
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
163
ルを指定した場合,意図しないアプリケーションでファイルが開かれたり,ジョブが起動失敗となったり
するおそれがあります。
拡張子が 4 バイト以上の実行ファイルを指定したジョブを正しく動作させるためには,次に示す手順でオ
プションを有効にしてください。
なお,このオプションはジョブの実行先ホスト上で設定してください。
注※
PC ジョブ,および Windows 版の JP1/AJS3 上で実行される QUEUE ジョブが該当します。jpqjobsub
コマンドで実行するサブミットジョブも含まれます。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• ジョブの実行先サービスに[標準]を指定している場合
JP1/AJS3 サービス
• ジョブの実行先サービスに[キューレス]を指定している場合
JP1/AJS3 Queueless Agent サービス
注意事項
クラスタシステムの場合は,クラスタの設定を確認し,論理ホストの JP1/AJS3 サービスも停止し
てください。
2. 次の方法で「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
• 定義キー[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQAGENT\Job]にある環境設定パラメーターの場合
次のコマンドを実行する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
• 定義キー[JP1_DEFAULT\JP1QLAGENT]にある環境設定パラメーターの場合
メモ帳などのテキストエディターで,環境設定パラメーターを記述した設定ファイルを作成して保
存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
3. 手順 1 で停止したサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
164
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒31 拡張子が 4 バイト以上の実行ファイルのジョブを実行するための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"ENABLE_LONG_EXT"=
ジョブの実行先サービスに[標準]を指
定している場合に,拡張子が 4 バイト以
上の実行ファイルを,該当する拡張子に
関連づけられたアプリケーションでジョ
ブを実行するかどうかの設定
"ENABLE_LONG_EXT"=
ジョブの実行先サービスに[キューレス]
を指定している場合に,拡張子が 4 バイ
ト以上の実行ファイルを,該当する拡張
子に関連づけられたアプリケーションで
ジョブを実行するかどうかの設定
\JP1NBQAGENT\Job]※1
[JP1_DEFAULT\JP1QLAGENT]※2
注※1
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
注※2
この設定は,物理ホストと論理ホストの両方に有効です。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(42) ENABLE_LONG_EXT(ジョブ用)」
• 「20.10.2(13) ENABLE_LONG_EXT(キューレスジョブ用)」
(3) 注意事項
• このオプションを有効にした場合は,ジョブの詳細定義で,実行ファイル名に続けて実行ファイルに対
するパラメーターを指定できません。指定した場合,ジョブが異常終了するおそれがあります。
• このオプションを有効にするには,該当する拡張子(4 バイト以上の拡張子)に,適切なアプリケー
ションを関連づけておく必要があります。
該当する拡張子とアプリケーションを関連づける手順は次のとおりです。
1. ftype コマンドを使用し,関連づけるアプリケーションを登録する。
2. assoc コマンドを使用し,手順 1 で登録したアプリケーションと拡張子を関連づける。
3. OS を再起動する。
ftype コマンドとassoc コマンドの指定内容については,Windows のヘルプを参照してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
165
6.2.19 ジョブ実行時のログオンリトライを変更する設定
JP1/AJS3 では,ジョブ※を実行する際,JP1/AJS3 サービスを起動したアカウントと異なるユーザーアカ
ウントでジョブを実行することがあります。その場合,ジョブプロセスを起動するために,ユーザーが属
するセキュリティグループや権限に関する情報などを含んだユーザー情報(以降,アクセストークンと呼
びます)を取得する必要があります。アクセストークンの取得には,Win32API 関数を使用しています。
この関数が一時的にエラーになっていると,ログオンできないため JP1/AJS3 ではジョブを起動失敗(異
常終了)の状態にします。例えば,認証先のドメインコントローラーがシャットダウンなどで停止した場
合,ドメイン認証ができないためにジョブが起動失敗します。
この関数を一定の間隔でリトライすることで,一時的なエラーを回避し,ジョブが異常終了する要因の発
生頻度を抑えることができます。
注※
PC ジョブ,フレキシブルジョブ,HTTP 接続ジョブ,アクションジョブ,カスタムジョブ,および
Windows 版の JP1/AJS3 上で実行される QUEUE ジョブが該当します。jpqjobsub コマンドで実行す
るサブミットジョブも含まれます。
設定手順を次に示します。この設定はジョブの実行先ホスト上で行ってください。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
注意事項
クラスタシステムの場合は,クラスタの設定を確認し,論理ホストの JP1/AJS3 サービスも停止し
てください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. 手順 1 で停止したサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
166
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒32 ジョブ実行時にアクセストークンの取得をリトライする設定のための環境設定パラメー
ター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"LogonUserRetryCount"=
ジョブの実行先サービスに[標準]を指
定している場合に,アクセストークンの
取得をリトライする回数
"LogonUserRetryInterval"=
ジョブの実行先サービスに[標準]を指
定している場合に,アクセストークンの
取得をリトライする間隔
\JP1NBQAGENT\Network]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(70) LogonUserRetryCount」
• 「20.5.2(71) LogonUserRetryInterval」
(3) 注意事項
• リトライ回数およびリトライ間隔で調整するため,ドメインコントローラーが切り替わるまでに,設定
したリトライ回数およびリトライ間隔以上の時間が掛かる場合は,この機能で回避できません。
• ジョブを実行した OS ユーザーのパスワードが不正だった場合は,OS のセキュリティポリシーの設定
によってアカウントロックとなることがあります。
なお,アカウントロック後は,該当するユーザーでのジョブ実行ができなくなります。
• 次のことが原因でログオンに失敗した場合も指定回数と指定間隔によるリトライが実施されるため,
ジョブが実行終了となるまで時間が掛かります。また,ジョブを強制終了した場合も同様に,強制終了
となるまで時間が掛かります。
• ジョブ実行時に,認証先のすべてのドメインコントローラーが停止している
• パスワード不正ユーザーでジョブを実行する
• 未登録ユーザーでジョブを実行する
• アカウントロックしているユーザーでジョブを実行する
• アカウントが無効になっているユーザーでジョブを実行する
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
167
6.2.20 通信障害時に実行中のジョブをすべて終了状態にする設定方法
JP1/AJS3 では,実行中のジョブ(キューレスジョブを除く PC ジョブ,UNIX ジョブ,フレキシブルジョ
ブ※,HTTP 接続ジョブ,JP1/AJS3 上で実行する QUEUE ジョブ,アクションジョブ,およびカスタム
ジョブ)を 5 分間隔でポーリング監視します。
注※
フレキシブルジョブの場合,マネージャーホストと中継エージェント間でポーリング監視します。
ポーリング監視では,ジョブの実行先のエージェントホストで通信障害が発生した場合に,即時に異常検
知とはしないで,障害回復待ち時間(デフォルト 10 分)の間は,通信リトライすることでエージェント
ホストのシステム障害や通信障害状態が回復するのを待ちます。これによって,一時的な障害による,回
復可能な業務停止を防止しています。
ポーリング監視でエージェントホストの状態が回復しない場合,ジョブごとに障害回復待ち時間を待って
からジョブの状態を 1 件ずつ終了状態※にします。そのため,実行中のジョブが多い場合は,すべてのジョ
ブが終了状態になるまでに時間が掛かる場合があります。ただし,運用によっては障害が発生した場合は
回復を待つことよりも,直ちに異常を検知して早急なリカバリーを優先させる場合があります。その場合
は,ポーリング監視でエージェントホストの状態が回復しないときに,同じエージェントホストで実行中
のジョブをすべて終了状態※にするように設定できます。実行エージェントグループで運用している場合
は,同じ実行エージェントグループで実行中のジョブのうち,同じエージェントホストで実行中のジョブ
をすべて終了状態にします。これによって,早急なリカバリーができます。
注※
ジョブネットに定義されているジョブの場合は,ジョブの状態を「強制終了」に変更し,終了コード
に-1 を設定します。jpqjobsub コマンドで実行するサブミットジョブの場合は,-rs オプションで指定
した状態(デフォルトは「保留」)に変更します。
通信障害時に実行中のジョブをすべて終了状態にする設定方法について,次に説明します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
注意事項
クラスタシステムの場合は,クラスタの設定を確認し,論理ホストの JP1/AJS3 サービスも停止し
てください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. 手順 1 で停止したサービスを再起動する。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
168
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒33 通信障害時に実行中のジョブをすべて終了状態にする設定のための環境設定パラメー
ター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE
環境設定パラメーター
定義内容
"ExecutingJobChangeStatus
"=
通信障害時に実行中のジョブを
すべて終了状態にする設定
\MANAGER\Job]※
• スケジューラーサービス(個別)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジュー
ラーサービス名\QUEUE\MANAGER\Job]※
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQMANAGER\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(23) ExecutingJobChangeStatus」を参照
してください。
6.2.21 システム環境変数とジョブ定義の環境変数が重複した場合にジョブ
定義の環境変数を有効にするための設定
ジョブ※1 定義に指定した環境変数※2 に小文字の英字が含まれ,大文字・小文字を区別しないと同名にな
る環境変数がシステム環境変数にある場合,小文字の英字が含まれる環境変数が有効にならないことがあ
ります。
注※1
PC ジョブ(キューレスジョブを除く)
,またはjpqjobsub コマンドで実行するサブミットジョブが該当
します。
注※2
次のどれかが該当します。
• JP1/AJS3 - View の[詳細定義−[PC Job]]ダイアログボックスで[環境変数]に指定した環境
変数,またはjpqjobsub コマンドの-env オプションに指定した環境変数
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
169
• JP1/AJS3 - View の[詳細定義−[PC Job]
]ダイアログボックスで[環境変数ファイル名]に指
定した環境変数ファイルの環境変数,またはjpqjobsub コマンドの-ev オプションに指定した環境変
数ファイルの環境変数
小文字の英字が含まれる場合と含まれない場合の環境変数との関係を,次の表に示します。
表 6‒34 小文字の英字を含む場合と含まない場合の環境変数との関係
小文字の英字が含まれる例
小文字の英字が含まれない例
ジョブ定義に指定した
環境変数
システム環境変数
有効になる環境変数
Aa=www
AA=xxx
AA=xxx
AB=yyy
AB=zzz
AB=yyy
AA=www
AA=xxx
AA=www
AB=yyy
AB=zzz
AB=yyy
上記表の,小文字の英字が含まれる例では,ジョブ定義に指定した環境変数「Aa」は小文字の英字「a」
を含み,大文字・小文字を区別しないと同名になる環境変数「AA」がシステム環境変数にあります。この
場合,システム環境変数「AA」が有効になり,ジョブ定義に指定した環境変数「Aa」は有効になりません。
ジョブ定義に指定した小文字の英字が含まれる環境変数を有効にするためには,次に示す手順でオプショ
ンを有効にしてください。ただし,大文字・小文字を区別しないと同名になる環境変数がシステム環境変
数にない場合には,オプションを設定する必要はありません。
なお,このオプションはジョブの実行先ホスト上で設定してください。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
注意事項
クラスタシステムの場合は,クラスタの設定内容を確認し,論理ホストの JP1/AJS3 サービスも停
止してください。
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
170
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒35 システム環境変数とジョブ定義の環境変数が重複した場合にジョブ定義の環境変数を
有効にするための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQAGENT\Job]※
"MergeEnvMode"=
システム環境変数とジョブ定義
の環境変数が重複する場合に,
ジョブ定義の環境変数を有効に
するかどうかの設定
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(86) MergeEnvMode」を参照してください。
6.2.22 UAC 機能有効時に Administrators 権限でジョブを実行するための
設定
Windows の UAC 機能を有効にしていると,ビルトイン Administrator を除く,すべての Administrators
グループの OS ユーザーは,Administrators 権限が無効な状態で動作します。JP1/AJS3 では,
Administrators 権限を必要とするジョブ※が実行できなくなる場合があります。
注※
PC ジョブ,アクションジョブ,カスタムジョブ,および Windows 版の JP1/AJS3 上で実行される
QUEUE ジョブが該当します。jpqjobsub コマンドで実行するサブミットジョブも含まれます。
Administrators 権限を必要とするジョブには,例えばnet start コマンドでサービスを開始するものなど
があります。UAC 機能が有効な場合,Administrators 権限を必要とするジョブを実行できるのは,ビル
トイン Administrator および JP1/AJS3 のサービスアカウントと同じ OS ユーザーです。
なお,「UAC 機能有効時に Administrators 権限でジョブを実行するための設定」を有効にすることによっ
て,UAC 機能が有効の場合でも Administrators グループの OS ユーザーで Administrators 権限が必要
なジョブを実行できます。
ジョブ実行時の OS ユーザーの種類と UAC 機能が有効なときのジョブ実行の可否の関係を次の表に示し
ます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
171
表 6‒36 ジョブ実行時の OS ユーザーの種類と UAC 機能有効時のジョブ実行の可否の関係
ジョブの実行先サービス
[標準]を指定している場合
[キューレス]を指定している場合
ジョブ実行時の OS ユーザーの種類
Administrators 権
限の必要なジョブの
実行可否
設定無効
(デフォ
ルト)
設定有効
ビルトイン Administrator
○
○
ビルトイン
Administr
ator 以外
サービスア
カウントと
同じ OS
ユーザー
○
○
サービスア
カウントと
異なる OS
ユーザー
×
○
Administrators グループ以外の OS ユーザー
×
×
Administrators グルー
プの OS ユーザー
ビルトイン Administrator
○
○
ビルトイン
Administr
ator 以外
サービスア
カウントと
同じ OS
ユーザー
×
○
サービスア
カウントと
異なる OS
ユーザー
×
○
×
×
Administrators グルー
プの OS ユーザー
Administrators グループ以外の OS ユーザー
(凡例)
○:実行できる。
×:実行できない。
注意事項
設定を有効にする場合,JP1/Base のユーザーマッピング機能で実行先ホストに登録されている OS
ユーザーの中で,ジョブを実行するすべての OS ユーザーを確認し,セキュリティポリシーで「バッチ
ジョブとしてログオン」の権限を設定する必要があります。権限を設定していない OS ユーザーでジョ
ブを実行すると,Administrators 権限が必要でないジョブもメッセージ KAVU7201-E または
KAVS1880-E を出力して起動失敗となります。
また,「バッチジョブとしてログオンを拒否する」の権限を設定している場合も同様に,メッセージ
KAVU7201-E または KAVS1880-E を出力してジョブが起動失敗となります。
次に示す手順で UAC 機能の設定を有効にしてください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
172
なお,この設定はジョブの実行先ホスト上で有効にしてください。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]−[管理ツール]−[ローカルセキュリティポリシー]で,ジョ
ブを実行するすべての OS ユーザーに「バッチ ジョブとしてログオン」の権限を設定する。
ドメインユーザーの場合は,ドメインのセキュリティポリシーでも設定できます。また,「バッチ ジョ
ブとしてログオンを拒否する」の権限が設定されていないことも確認してください。
2. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• ジョブの実行先サービスに[標準]を指定している場合
JP1/AJS3 サービス
• ジョブの実行先サービスに[キューレス]を指定している場合
JP1/AJS3 Queueless Agent サービス
注意事項
クラスタシステムの場合は,クラスタの設定を確認し,論理ホストの JP1/AJS3 サービスも停止し
てください。
3. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
4. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
5. 手順 2 で停止したサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒37 UAC 機能有効時に Administrators 権限でジョブを実行するための環境設定パラメー
ター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQAGENT\Job]※1
"UACAdministratorsExec"=
ジョブの実行先サービスに[標
準]を指定している場合に,
UAC 機能の有効時に
Administrators 権限でジョブ
を実行するための設定
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
173
定義キー
環境設定パラメーター
[JP1_DEFAULT\JP1QLAGENT]※2
"UACAdministratorsExec"=
定義内容
ジョブの実行先サービスに
[キューレス]を指定している
場合に,UAC 機能の有効時に
Administrators 権限でジョブ
を実行するための設定
注※1
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
注※2
この設定は,物理ホストと論理ホストの両方に有効です。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(87) UACAdministratorsExec(ジョブ用)
」
• 「20.10.2(17) UACAdministratorsExec(キューレスジョブ用)
」
6.2.23 従属ユニットを再実行するための設定
従属ユニットを再実行するための設定手順を次に示します。従属ユニットの再実行については,マニュア
ル「JP1/Automatic Job Management System 3 導入ガイド 4.5.11(4) 判定ジョブの従属ユニットを再
実行する方法」を参照してください。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
注意事項
クラスタシステムの場合は,クラスタの設定を確認し,論理ホストの JP1/AJS3 サービスも停止し
てください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
174
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒38 従属ユニットを再実行するかどうかの設定のための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"RERUNSUBORDINATE"=
従属ユニットを再実行するかどうかの
設定
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(108) RERUNSUBORDINATE」を参照し
てください。
6.2.24 ジョブの結果ファイル転送失敗時の動作の設定
JP1/AJS3 では,ジョブプロセスの終了後に,ジョブの結果ファイル(標準出力ファイル・標準エラー出
力ファイル)をエージェントホストからマネージャーホストに転送します。
結果ファイルの転送に失敗した場合,マネージャーホスト上でジョブの結果ファイルの内容が確認できな
いため,ジョブの状態を「異常検出終了」としています。このため,ジョブプロセスが正常終了していて
も,結果ファイル転送に失敗するとジョブの状態が「異常検出終了」となります。ただし,ジョブの結果
ファイル転送失敗時の動作を変更することで,ジョブプロセスが正常終了したときに結果ファイル転送に
失敗しても,ジョブの状態を「正常終了」とすることができます。
設定方法について次に説明します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• ジョブの実行先サービスに[標準]を指定している場合
JP1/AJS3 サービス
• ジョブの実行先サービスに[キューレス]を指定している場合
JP1/AJS3 Queueless Agent サービス
注意事項
クラスタシステムの場合はクラスタの設定を確認し,論理ホストの JP1/AJS3 サービスも停止して
ください。
2. 次の方法で「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
175
• 定義キー[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQAGENT\Job]にある環境設定パラメーターの場合
次のコマンドを実行する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
• 定義キー[JP1_DEFAULT\JP1QLAGENT]にある環境設定パラメーターの場合
メモ帳などのテキストエディターで,環境設定パラメーターを記述した設定ファイルを作成して保
存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
3. 手順 1 で停止したサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒39 ジョブの結果ファイル転送失敗時の動作を設定するための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"IgnoreResultFileError"=
ジョブの実行先サービスに[標準]を指
定している場合に,ジョブの結果ファイ
ルの転送処理でエラーが発生したときの
動作
"IgnoreResultFileError"=
ジョブの実行先サービスに[キューレ
ス]を指定している場合に,ジョブの結
果ファイルの転送処理でエラーが発生し
たときの動作
\JP1NBQAGENT\Job]※1
[JP1_DEFAULT\JP1QLAGENT]※2
注※1
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
注※2
この設定は,物理ホストと論理ホストの両方に有効です。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(90) IgnoreResultFileError(ジョブ用)」
• 「20.10.2(20) IgnoreResultFileError(キューレスジョブ用)
」
(3) 注意事項
• ジョブの詳細定義で標準エラー出力ファイルを定義していなくても,ジョブネットを使用してジョブを
実行した場合は,標準エラー出力ファイルの一時ファイルが作成され,マネージャーホストに転送され
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
176
ます。標準エラー出力ファイルの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 設計ガイド(業務設計編)
7.10.1 標準出力ファイル・標準エラー出力ファイルの注意事項」
を参照してください。
• 環境設定パラメーターIgnoreResultFileError に「1」を設定した場合,結果ファイル転送が失敗する
と,結果ファイルは再送されないでジョブの終了が優先されるため,ジョブの結果ファイルの再送間
隔・回数を指定する環境設定パラメーターNotfyJobStateInterval およびNotfyJobStateCount の設定値
は有効になりません。また,結果ファイルが再送されないでジョブの終了が優先されるため,JP1/AJS3
- View の[実行結果詳細]ダイアログボックスで標準エラー出力ファイルの内容を参照できません。
• 引き継ぎ情報設定ジョブでは,先行ジョブの標準出力ファイルから必要な情報を切り出して後続ジョブ
へ引き継ぎます。このため,環境設定パラメーターIgnoreResultFileError に「1」を設定した場合,
先行ジョブの結果ファイルの転送処理でエラーが発生すると,メッセージ KAJS7622-E が出力され,
引き継ぎ情報設定ジョブが異常終了することがあります。
• 環境設定パラメーターIgnoreResultFileError に「0」を設定した場合,結果ファイル転送が失敗する
と,ジョブの終了コードに「-1」が設定されるとともに,ジョブの状態が「異常検出終了」になりま
す。このため,ジョブのリトライ設定をしていても,ジョブは自動リトライされません。
環境設定パラメーターIgnoreResultFileError に「1」を設定した場合,結果ファイル転送が失敗する
と,ジョブの終了コードにジョブプロセスの終了コードが設定されるとともに,終了判定に従ってジョ
ブの状態が「正常終了」
,「警告検出終了」
,または「異常検出終了」になります。終了判定に従ってジョ
ブの状態が「異常検出終了」になり,ジョブの自動リトライの条件を満たした場合,ジョブは自動的に
リトライされます。
自動リトライの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイ
ド(業務設計編) 2.4.12 ジョブの異常終了時に自動でリトライする」を参照してください。
• 環境設定パラメーターIgnoreResultFileError の設定に「1」を設定した場合は次の点に注意してくだ
さい。
ファイル送信サイズの上限値を超えた場合で,環境設定パラメーターSendFileSizeStatus に「1」を設
定しているときは,ジョブが異常検出終了となり,「2」を設定しているときは,ジョブが警告検出終了
となります。そのため,環境設定パラメーターIgnoreResultFileError を有効にして,かつ上限値を超
えたデータを送信したくない場合は,環境設定パラメーターSendFileSizeStatus の設定値に「3」を設
定してください。
送信ファイルサイズの上限値の詳細については,「6.2.27 ファイル送信制限をするための設定」を参照
してください。
6.2.25 引き継ぎ情報設定ジョブで先行ジョブの戻り値を使用するための
設定
引き継ぎ情報設定ジョブの先行ジョブが戻り値 0 以外で終了した場合,引き継ぎ情報設定ジョブの戻り値
には,先行ジョブの戻り値が設定されます。先行ジョブの戻り値ではなく,引き継ぎ情報設定ジョブ自体
の戻り値を設定したい場合,次に示す方法でオプションに「0」を設定してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
177
なお,このオプションは引き継ぎ情報設定ジョブが定義されているマネージャーホスト上で設定してくだ
さい。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
注意事項
クラスタシステムの場合は,クラスタの設定を確認し,論理ホストの JP1/AJS3 サービスも停止し
てください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒40 引き継ぎ情報設定ジョブで先行ジョブの戻り値を使用するための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"PassingInfoUsePreRc"=
引き継ぎ情報設定ジョブで先行ジョブの
戻り値を使用するための設定
\JP1NBQCLIENT\Process]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(81) PassingInfoUsePreRc」を参照してく
ださい。
(3) 注意事項
• 引き継ぎ情報設定ジョブの先行ジョブが戻り値 0 以外で終了した場合,引き継ぎ情報設定ジョブの戻り
値には,先行ジョブの戻り値を設定します。先行ジョブが複数ある場合は,すべての戻り値の論理和が
設定されます。引き継ぎ情報設定ジョブから再実行した場合は,前回実行したときの先行ジョブの戻り
値が設定されます。そのため,環境設定パラメーターPassingInfoUsePreRc に「1」を設定し,先行ジョ
ブの戻り値が引き継ぎ情報設定ジョブで定義されている[警告しきい値]または[異常しきい値]を超
えると,引き継ぎ情報設定ジョブが警告検出終了または異常検出終了します。引き継ぎ情報設定ジョブ
を警告検出終了または異常検出終了にさせたくない場合は,引き継ぎ情報設定ジョブの[警告しきい
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
178
値]および[異常しきい値]に先行ジョブの戻り値以上の値を設定するか,環境設定パラメーター
PassingInfoUsePreRc に「0」を設定してください。
• 環境設定パラメーターPassingInfoUsePreRc に「1」を設定し,先行ジョブの終了コードが負の値とな
る場合は,引き継ぎ情報設定ジョブは異常検出終了します。先行ジョブの終了コードが負の値となる場
合,環境設定パラメーターPassingInfoUsePreRc に「0」を設定してください。
• 環境設定パラメーターPassingInfoUsePreRc に「1」を設定し,引き継ぎ情報設定ジョブの先行ジョブ
が戻り値 0 以外で終了した場合,引き継ぎ情報設定ジョブに設定される戻り値から,引き継ぎ情報設定
ジョブで発生したエラー要因を判断することはできません。そのため,引き継ぎ情報設定ジョブの実行
結果は,JP1/AJS3 - View の[実行結果詳細]ダイアログボックスを確認してください。
6.2.26 ジョブが出力したデータが結果ファイルに出力されないことを防止
するための設定
JP1/AJS3 では,ジョブの詳細定義で指定した実行ファイルおよび実行ファイルの延長で起動されたプロ
グラム(ユーザージョブ)が出力した標準出力・標準エラー出力を随時読み込んで,ジョブの結果ファイ
ル(標準出力ファイル・標準エラー出力ファイル)に書き込んでいます。ジョブ※の終了時には,結果ファ
イルはエージェントホストからマネージャーホストに転送されます。
注※
PC ジョブ,アクションジョブ,フレキシブルジョブ,HTTP 接続ジョブ,カスタムジョブ,JP1/AJS3
で実行する QUEUE ジョブ,サブミットジョブ,および引き継ぎ情報設定ジョブが該当します。イベ
ントジョブおよびキューレスジョブは該当しません。
しかし,Windows の場合に,ジョブの結果ファイルの書き込み時に JP1/AJS3 が使用するメモリーがス
ワップアウトされるなどして処理の再開に時間が掛かったり,ディスクへのアクセスに時間が掛かったり
すると,ジョブが出力したデータが結果ファイルに出力されないおそれがあります。
ジョブが出力したデータが結果ファイルに出力されないと,次のような現象が発生するおそれがあります。
• 引き継ぎ情報設定ジョブの出力マクロ変数に値が設定されなくなり,引き継ぎ情報設定ジョブが異常終
了する。
• JP1/AJS3 - View の[実行結果詳細]ダイアログボックスの内容が参照できなくなる。
• jpqjobget コマンドで標準出力ファイルおよび標準エラー出力ファイルの情報が取得できなくなる。
このような現象を防止するためには,環境設定パラメーターPreventResultFileLack を設定して,ジョブ
が出力したデータが結果ファイルに出力されないことを防止してください。
引き継ぎ情報設定ジョブを使用する場合は,この設定を有効にしてください。引き継ぎ情報設定ジョブの
詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(業務設計編)
2.4.9 動的に変わる情報を後続ユニットに引き継ぐ(引き継ぎ情報設定ジョブを使ったジョブネットの定
義例)
」を参照してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
179
なお,この設定はジョブの実行先ホスト上で設定してください。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
注意事項
クラスタシステムの場合は,クラスタの設定を確認し,論理ホストの JP1/AJS3 サービスも停止し
てください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒41 ジョブが出力したデータが結果ファイルに出力されないことを防止するための環境設
定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"PreventResultFileLack"=
ジョブが出力したデータが結果ファイル
に出力されないことを防止するための
設定
\JP1NBQAGENT\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(91) PreventResultFileLack」を参照してく
ださい。
(3) 注意事項
環境設定パラメーターPreventResultFileLack に「1」を設定した場合,次に示す注意事項があります。
• ジョブの標準出力・標準エラー出力は,JP1/AJS3 ではなく,ユーザージョブが結果ファイルに書き込
みます。そのため,結果ファイルの書き込み時にエラーが発生した場合,JP1/AJS3 でエラーを検知で
きません。ユーザージョブでエラー要因を確認してください。
• ジョブの詳細定義で指定した実行ファイルが終了するまでに,実行ファイルの延長で起動されたプログ
ラムが終了していないと,エージェントホストのジョブ実行環境のワークディレクトリに「A_JPQ*_
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
180
ジョブ番号」という名前の一時ファイルが残ることがあります。この一時ファイルは,JP1/AJS3 を停
止してもワークディレクトリに残る場合は,削除しても問題ありません。
一時ファイルが残ることが運用上問題となる場合は,ジョブの詳細定義で,標準出力ファイル名,およ
び標準エラー出力ファイル名に「NUL」を指定するか,標準入力ファイル名,標準出力ファイル名,
および標準エラー出力ファイル名のすべてに「CON」を指定してください。ただしこの場合,JP1/
AJS3 - View でジョブの実行結果詳細を表示したときに,ジョブの標準エラー出力が出力されなくな
ります。また,jpqjobget コマンドを実行しても,標準出力ファイルおよび標準エラー出力ファイルの
情報が取得できなくなります。
• ジョブの結果ファイルは,ジョブの詳細定義で指定した実行ファイルが終了した時点でマネージャーホ
ストに転送されます。そのため,ジョブの詳細定義で指定した実行ファイルの終了後,実行ファイルの
延長で起動されたプログラムが出力した標準出力・標準エラー出力は,結果ファイルには書き込まれま
すが,マネージャーホストには転送されません。
6.2.27 ファイル送信制限をするための設定
JP1/AJS3 では,ジョブ※実行時に結果ファイル(標準出力ファイルおよび標準エラー出力ファイル)をマ
ネージャーホストとエージェントホスト間で送受信します。これらのファイルのサイズが数メガバイトを
超えるような場合,ファイルのデータ解析処理,またはファイルのデータ転送で負荷が掛かり,CPU 使用
率やメモリー使用量が増加して,ジョブの実行が遅延するだけでなく,システム全体の処理に影響を与え
るおそれがあります。
注※
PC ジョブ,UNIX ジョブ,カスタムジョブ,JP1/AJS3 で実行する QUEUE ジョブ,およびサブミッ
トジョブが対象です。イベントジョブ,引き継ぎ情報設定ジョブ,HTTP 情報ジョブ,フレキシブル
ジョブ,およびキューレスジョブは対象外です。
ファイル送信制限をするための設定を行うと,ジョブ実行時にエージェントホスト側で送信する結果ファ
イルのサイズ(標準出力ファイルと標準エラー出力ファイルを合わせた合計のサイズ)の上限値を設定で
きます。
また,上限値を超えた場合の動作(ジョブの終了状態)や出力するメッセージを指定できます。
ファイル送信サイズの上限値を超えた場合の動作と上限値を超えたファイルデータの扱いについて次に示
します。
表 6‒42 ファイル送信サイズの上限値を超えた場合の動作と上限値を超えたファイルデータの
扱い
上限値を超えた
ファイルの種類
動作内容
結果ファイル
ジョブの状態
環境設定パラメーター SendFileSizeStatus の指定
0
1
2
3
実際の終了状態を引き継ぐ
異常検出終了
警告検出終了※
実際の終了状態
を引き継ぐ
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
181
上限値を超えた
ファイルの種類
動作内容
結果ファイル
環境設定パラメーター SendFileSizeStatus の指定
0
1
2
3
出力するメッ
セージの種別
情報
情報
情報
情報
異常
警告
ファイルデータ
の扱い
すべてのファイルデータを受
信する
上限値を超えた
データを破棄
する
上限値を超えた
データを破棄
する
上限値を超えた
データを破棄
する
注※
エージェントホストでジョブの状態が「異常検出終了」だった場合はその状態を引き継ぎます。
(1) 定義手順
1. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
2. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒43 ファイル送信制限をする設定の環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"SendFileSizeStatus"=
ファイルサイズが上限値に達したときの
動作
"LimitSendFileSize"=
ファイルサイズの上限値
\JP1NBQAGENT\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(92) SendFileSizeStatus」
• 「20.5.2(93) LimitSendFileSize」
(3) ファイル送信サイズが上限値を超えた場合の動作
ファイル送信サイズが上限値を超えたときの動作を次に示します。
• 結果ファイル
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
182
• 環境設定パラメーターSendFileSizeStatus の値を 1,2,3 のどれかで指定しているときに,送信サ
イズの上限値に達した場合,標準出力ファイル,標準エラー出力ファイルは上限値のサイズまでエー
ジェントホスト側に送信します。結果ファイルの作成は完了していないため,後続ジョブなどで結
果ファイルを参照する場合は,不完全なファイルでも問題がないことを確認して使用してください。
• 結果ファイルのサイズが上限値を超えた場合のジョブの終了コードおよび終了状態を次の表に示し
ます。
表 6‒44 結果ファイルサイズが上限値を超えた場合の終了状態と終了コードの関係
実際のジョブの状態
正常終了
(常に正常を指定した場合も
含む)
警告検出終了
異常検出終了
強制終了
起動失敗
設定項目
環境設定パラメーター SendFileSizeStatus の指定
1
2
0 または 3
状態
異常検出終了
警告検出終了
正常終了
終了コード
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
状態
異常検出終了
警告検出終了
警告検出終了
終了コード
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
状態
異常検出終了
異常検出終了
異常検出終了
終了コード
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
状態
強制終了
強制終了
強制終了
終了コード
PC ジョブ(-1),
PC ジョブ(-1),
PC ジョブ(-1),
UNIX ジョブ(255)
UNIX ジョブ(255)
UNIX ジョブ(255)
起動失敗
起動失敗
起動失敗
状態
注※
ジョブとして実行したジョブプロセスの終了コードです。
(4) 注意事項
引き継ぎ情報設定ジョブを実行する場合,環境設定パラメーターLimitSendFileSize の値を適切に設定し
てください。環境設定パラメーターLimitSendFileSize の値よりファイルサイズの大きい標準出力ファイ
ルを出力した場合,引き継ぎ情報設定ジョブによる情報の切り出しに失敗するおそれがあります。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
183
6.3 イベント・アクション制御に関する各種設定
イベント・アクション制御に関する設定を変更する手順について説明します。
環境設定パラメーターを設定する場合は,jajs_config コマンドまたはjbssetcnf コマンドを使用します。
jajs_config コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_config」を参照してください。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
6.3.1 イベントジョブのログサイズの設定の変更
運用の形態に合わせてイベントジョブのログサイズの設定変更を行います。最小でも 24 時間分のログが
保持できることを目安とし,2,3 日分のログを保持できるように設定することを推奨します。
ログサイズの見積もりについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイ
ド(システム構築編) 3.4.3 イベントジョブが出力するログのサイズを見積もる」を参照してください。
イベントジョブのログサイズの設定を変更する手順を次に示します。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,環境設定パラメーターを設定に合わせて変更する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
["環境設定パラメーター名2"=定義内容2]
["環境設定パラメーター名3"=定義内容3] ...
定義キー名に指定できる定義キーは一つです。異なる定義キーの環境設定パラメーターを設定する場合
は,定義キーごとにjajs_config コマンドを実行する必要があります。
設定する環境設定パラメーターについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 設計ガイド(システム構築編)
3.4.3 イベントジョブが出力するログのサイズを見積もる」を参照し
てください。
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
184
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,環境設定パラメーターを記述した設定ファイルを作成する。
設定する環境設定パラメーターについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 設計ガイド(システム構築編)
3.4.3 イベントジョブが出力するログのサイズを見積もる」を参照し
てください。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
6.3.2 イベント順序保証オプションの設定
起動条件で監視している一つのイベントジョブのイベントが連続して発生する場合,通信の状態によって,
イベントの成立順序が実際に発生した順序とは異なることがあります。引き継ぎ情報を使用しているなど
で,成立するイベントの順序をイベントが実際に発生した順にしたい場合は,イベント順序保証オプショ
ンを使用してください。イベント順序保証オプションを有効にする手順を次に示します。
なお,イベント順序保証オプションは,イベントジョブを実行するすべてのエージェントホストで設定し
てください。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
185
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒45 イベント順序保証オプション設定の環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"EventSequential"=
イベント順序保証オプション
\JP1AOMAGENT]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(21) EventSequential」を参照してください。
6.3.3 ファイル監視ジョブの状態引き継ぎオプションの設定
ファイル監視ジョブが監視対象ファイルを監視している間の情報を随時退避しておき,JP1/AJS3 サービ
スが一時的に停止した場合でもファイル監視ジョブの監視状態を引き継ぐことができます。
なお,監視状態を引き継ぐには,ファイル監視ジョブが継続して動作している必要があります。ファイル
監視ジョブが継続して動作するか,終了するかによって監視状態が引き継がれるかどうかが異なります。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
186
監視状態が引き継がれる条件については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設
計ガイド(業務設計編) 7.6.2 ファイル監視ジョブの注意事項」を参照してください。
ファイル監視ジョブの監視状態を引き継ぐ機能は,デフォルトでは無効になっていますが,JP1/AJS3 の
新規のインストール時および新規のセットアップ時に有効になります。オプションを変更する手順を次に
示します。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
187
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒46 ファイル監視ジョブの状態引き継ぎオプション設定の環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"FilewatchinfContinue"=
ファイル監視ジョブの状態引き継ぎオプ
ション
\JP1AOMAGENT]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(18) FilewatchinfContinue」を参照してく
ださい。
6.3.4 「"(ダブルクォーテーションマーク)
」を含むデータをイベントジョブ
の引き継ぎ情報に使用するための設定
「"(ダブルクォーテーションマーク)
」を含むデータを指定したとおりに引き継ぎ情報として引き継がせる
ことができます。詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイ
ド(システム構築編)
4.3.1(5) 「"(ダブルクォーテーションマーク)
」を含むデータをイベントジョブの
引き継ぎ情報に使用する」を参照してください。
「"(ダブルクォーテーションマーク)
」を含むデータを指定したとおりに引き継ぎ情報として引き継がせる
オプションを有効にするための設定をするには,jajs_config コマンドを実行します。
設定手順を次に示します。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
188
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒47 引き継ぎ情報における「"(ダブルクォーテーションマーク)
」有効オプション設定の環
境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
環境設定パラメーター
定義内容
"MacVarDQuotation"=
引き継ぎ情報における「"(ダブルクォー
テーションマーク)」有効オプション
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\EV\MANAGER]※
• 互換用 ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AOMMANAGER]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(4) MacVarDQuotation」を参照してくだ
さい。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
189
6.3.5 イベントジョブを使用した DNS 運用時に FQDN 形式で運用するため
の設定
イベントジョブを使用する場合,かつ DNS 運用時に FQDN 形式のホスト名で運用する場合の設定につい
て説明します。ここでは,JP1/AJS3 を新規に導入する場合の設定手順を次に示します。イベントジョブ
を使用する場合の設定であり,標準ジョブ・アクションジョブ・カスタムジョブはすでに対応しています。
運用中の環境で変更する場合は,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用ガイド 7.9.5 イベントジョブを使用した DNS 運用時に FQDN 形式のホスト名での運用に変更する」を参照して
ください。
なお,この設定はマネージャーホスト上で実施します。
設定手順を次に示します。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
190
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒48 イベントジョブを使用して DNS 運用時に FQDN 形式で運用する設定の環境設定パラ
メーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
環境設定パラメーター
定義内容
"DNSEstablish"=
イベントジョブを使用して DNS 運用時
に FQDN 形式で運用するための定義
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\EV\MANAGER]※
• 互換用 ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AOMMANAGER]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(5) DNSEstablish」を参照してください。
6.3.6 JP1/AJS3 のサービスが停止してもイベントジョブの実行を継続させ
る設定
イベントジョブについては,イベントジョブ実行継続オプションを使用することによって,JP1/AJS3 の
サービスが停止しても,そのとき実行中だったものは再起動後もそのまま状態を引き継ぎ,実行を継続で
きます。
ここでは,イベントジョブ実行継続オプションを有効にする手順について説明します。機能の詳細につい
ては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用ガイド 8.2.1 JP1/AJS3 のサービ
スが停止してもイベントジョブの実行を継続させる」を参照してください。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
191
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒49 JP1/AJS3 のサービスが停止してもイベントジョブの実行を継続させる設定の環境設
定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
環境設定パラメーター
定義内容
"EvJobExecContinue"=
イベントジョブ実行継続オプ
ション
\JP1AJS2\SCHEDULER\EV\MANAGER]※
• スケジューラーサービス(個別)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER
\スケジューラーサービス名\EV\MANAGER]※
• 互換用 ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMMANAGER]
※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
192
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(7) EvJobExecContinue」を参照してくだ
さい。
6.3.7 イベント・アクション制御エージェント起動通知の送信に失敗した場
合に再送を行う設定
イベントジョブや起動条件付きジョブネットを実行登録すると,実行ホストの JP1/AJS3 は実行元のマネー
ジャーホスト名を記憶し,自身が起動した際にその旨をイベント・アクション制御マネージャーに通知し
ます。この通知をイベント・アクション制御エージェント起動通知と呼びます(以降,この章では起動通
知と表記します)。
エージェントから起動通知を受けたマネージャーは,そのエージェントで実行中のイベントジョブ(起動
条件付きジョブネットを含む)の実行状態について,マネージャー・エージェント間での整合を取る通信
を行います。
エージェントが起動通知の送信に失敗した場合,マネージャー・エージェント間の通信が行われないため,
マネージャー・エージェント間でイベントジョブ(起動条件付きジョブネットを含む)の実行状態が一致
しなくなることがあります。この場合,JP1/AJS3 - View で起動条件付きジョブネットの状態が監視中と
表示されても,実際にはエージェントでは監視が行われていない状態になります。そのため,監視対象の
イベントが発生してもイベントは検知されないで,マネージャー側でイベントジョブが終了しないことや,
起動条件付きジョブネットが起動しないことがあります。
イベントジョブや起動条件付きジョブネットを実行したまま,次のような状況でエージェントホストの
JP1/AJS3 サービスを再起動する運用を行う場合は,「(1) 定義手順」に従って,あらかじめ環境設定パラ
メーターを設定してください。
• エージェントが JP1/AJS3 以外のプログラムによってシステム全体が高負荷な状況で,エージェントホ
ストの JP1/AJS3 サービスを再起動する
• ネットワークで一時的な通信障害が発生している状況で,エージェントホストの JP1/AJS3 サービスを
再起動する
なお,エージェントが記憶しているマネージャーホスト名はjpoagoec コマンドで確認できます。使用しな
い不要なマネージャーホストがある場合は,同コマンドで削除してから,環境設定パラメーターを設定し
てください。jpoagoec コマンドについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド jpoagoec」を参照してください。
注意事項
エージェントが不要なマネージャーホストを記憶している状態で環境設定パラメーターを設定し,エー
ジェントの JP1/AJS3 サービスを起動すると,不要なマネージャーに対しても起動通知の送信に失敗し
た場合に通知を再送するようになるため,ほかのマネージャーから実行されたイベントジョブや起動条
件付きジョブネットの開始が遅れたり,イベントの検知が遅れたりすることがあります。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
193
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒50 イベント・アクション制御エージェント起動通知の送信に失敗した場合に再送を行う
設定の環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"RetryAgtStartNotification"=
起動通知の送信に失敗した場合に起動通
知を再送するための定義
\JP1AOMAGENT]※
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
194
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定してください。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(22) RetryAgtStartNotification」を参照し
てください。
6.3.8 エージェントホスト名の名前解決オプションの設定方法
hosts ファイルまたは DNS に正しく設定されていないなど,マネージャーホスト上でエージェントホスト
名の名前解決ができない場合があります。その状態でマネージャーホストやエージェントホストの JP1/
AJS3 サービスを起動または停止すると,次の現象が発生することがあります。
• 実行登録したイベントジョブの状態が実行中になるまでに長い時間が掛かる。
• イベントジョブまたは起動条件で監視しているイベントの検知が遅れる。
• イベントジョブまたは起動条件付きジョブネットに対して強制終了などの操作を実行しても,ジョブの
状態が変わるまでに長い時間が掛かる。
• マネージャーの JP1/AJS3 サービスの停止に長い時間が掛かる。
• マネージャーの JP1/AJS3 サービスの起動に長い時間が掛かる。
上記の現象を回避したい場合は,エージェントホスト名の名前解決オプションを設定してください。
なお,すべてのエージェントホスト名の名前解決ができる環境では,このオプションを設定する必要はあ
りません。
また,このオプションは互換用 ISAM 構成の場合でだけ有効です。
オプションを有効にする設定方法について次に説明します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
195
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒51 エージェントホストの名前解決オプション設定の環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[JP1_DEFAULT\JP1AOMMANAGER]※
"_AgentStartStopResolveMode"=
エージェントホストの名前解決オプ
ション
注※
このパラメーターの設定は,物理ホストおよびすべての論理ホストに対して有効です。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,
「20.6.2(2) _AgentStartStopResolveMode」を参照
してください。
6.3.9 イベント・アクション制御のプロセス間通信でのデータ到着待ちタイ
ムアウト化オプションの設定方法
ネットワークへの高負荷または回線不良などによって,イベント・アクション制御のプロセス間通信が正
常にできない場合,次のような現象が発生することがあります。
• ジョブの実行登録や強制終了などの操作を実行しても状態が変わらない。
• ジョブネットがスケジュールで指定した時刻になっても開始されない。
• イベントジョブまたは起動条件で監視しているイベントが検知されない。
• jajs_spmd_stop コマンドまたはajsstop コマンドを実行してもスケジューラーサービスが停止しない。
• JP1/AJS3 サービスの停止に長い時間が掛かる。
上記の現象を回避したい場合は,イベント・アクション制御のプロセス間通信でのデータ到着待ちタイム
アウト化オプションを設定してください。
オプションを有効にする設定方法について次に説明します。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
196
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒52 データの到着待ちタイムアウト化オプション設定の環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[JP1_DEFAULT\JP1AOMAGENT]※
"RecvTimeout"=
イベントジョブのソケット通信時のデータ到着
待ちタイムアウト化オプション
注※
このパラメーターの設定は,物理ホストおよびすべての論理ホストに対して有効です。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(28) RecvTimeout」を参照してください。
6.3.10 閉塞状態のイベントジョブを監視する期間の設定
イベントジョブまたは起動条件付きジョブネットの状態が,スケジューラーサービスでは終了しているに
もかかわらず,イベント・アクション制御では実行中となっている状態を閉塞状態といいます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
197
閉塞状態は,イベントジョブを状態変更した際に一時的なディスク容量不足やディスク障害が発生し,処
理用の一時ファイルが消失するなどの要因で発生します。
閉塞状態となっているイベントジョブまたは起動条件付きジョブネットがあると,それらが検知したイベ
ントの情報がイベント・アクション制御内に滞留することがあります。イベントの情報が大量に滞留する
と,ディスク領域やメモリーなど,リソースが圧迫され,ほかのイベントジョブや起動条件付きジョブネッ
トの処理が遅延するおそれがあります。
そのため,JP1/AJS3 サービスを起動してから一定時間経過した時点で,閉塞状態となっているイベント
ジョブや起動条件付きジョブネットの有無をチェックします。閉塞状態のイベントジョブや起動条件付き
ジョブネットがある場合は,強制的に終了され,滞留したイベントの情報が破棄されます。
JP1/AJS3 サービスを起動してから,閉塞状態となっているイベントジョブや起動条件付きジョブネット
の有無をチェックするまでの時間は,環境設定パラメーターを設定することで変更できます。
設定手順を次に示します。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
198
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒53 閉塞状態のイベントジョブを監視する期間の設定の環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJS2\SCHEDULER
環境設定パラメーター
定義内容
"BlockadeTimeoutInterval"=
閉塞状態のイベントジョブを
監視する期間の設定
\EV\MANAGER]※
• スケジューラーサービス(個別)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケ
ジューラーサービス名\EV\MANAGER]※
• 互換用 ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMMANAGER]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定してください。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(8) BlockadeTimeoutInterval」を参照して
ください。
6.3.11 イベントジョブ実行時に使用する通信の送信バインド方式を設定
する
イベントジョブ実行時に使用する通信のバインド方式は,JP1/Base の通信設定に従い,デフォルトでは
ANY バインド方式が設定されます。クラスタ運用する場合はクラスタシステムをセットアップしたとき
に,物理ホストと論理ホストの両方で自動的に IP バインド方式が設定されます。このとき,送信のバイン
ド方式と受信のバインド方式は同じ IP バインド方式となります。
なお,複数 LAN 接続機能によって JP1/Base の通信設定で送信と受信のバインド方式は個々に設定でき
ます。
ただし,イベントジョブ実行時に使用する通信の送信バインド方式の設定については,JP1/Base の通信
設定の送信のバインド方式に関係なく,次に示す手順で受信のバインド方式に従うように設定できます。
なお,JP1/AJS3 を新規インストールして使用する場合は,この設定は使用しないで JP1/Base の通信設定
でバインド方式を設定してください。また,06-51 以前のバージョンからのバージョンアップで,すでに
イベントジョブ実行時に使用する通信の送信バインド方式の設定を行っている場合,設定内容は引き継が
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
199
れます。再インストールしたときには,再度イベントジョブ実行時に使用する通信の送信バインド方式の
設定することで,06-51 以前のバージョンと同じ設定にできます。
設定手順を次に示します。なお,この設定は,マネージャーホストおよびイベントジョブを実行するすべ
てのエージェントホストで行ってください。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
200
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒54 送信バインド方式を設定するための環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
環境設定パラメーター
定義内容
"ClientBindFlag"=
送信バインド方式の動作設定
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJS2\SCHEDULER\EV
\MANAGER]※
• イベント・アクション制御エージェントの場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMAGENT]※
• 互換用 ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMMANAGER]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定してください。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(12) ClientBindFlag」を参照してください。
6.3.12 未通知情報の再送間隔を一定間隔にする設定
イベント・アクション制御マネージャーからイベント・アクション制御エージェントへのプロセス間通信
が,ネットワークへの高負荷または回線不良などによって失敗した場合,失敗した通信を未通知情報とし
て管理しています。
未通知情報は,デフォルトでは次の間隔で再送します。
• エージェントホストに接続できない(タイムアウトする)場合
再送間隔を 300 秒,600 秒,900 秒,1,800 秒,3,600 秒(以降 3,600 秒)と段階的に延ばし,27 回
(24 時間)
• 上記以外のネットワークエラーの場合
再送間隔は 30 秒で,2,880 回(24 時間)
エージェントホストに接続できない(タイムアウトする)場合でも,未通知情報再送間隔一定化オプショ
ン(環境設定パラメーターNotificationConstantRetry)を有効に設定することで,再送間隔を段階的に延
ばすのではなく,エージェントホストに接続できない(タイムアウトする)以外のネットワークエラーの
場合と同じ間隔および回数で再送するようにできます。ただし,長期にわたってエージェントに接続でき
ない(タイムアウトする)ときでも一定間隔で未通知情報を送信するため,タイムアウトが多発し,処理
が遅延するおそれがあります。
未通知情報再送間隔一定化オプションを有効にしても,タイムアウト多発による遅延を抑えたいときは,
タイムアウト時間の環境設定パラメーターも遅延が許容できる範囲の値に設定してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
201
タイムアウト時間の環境設定パラメーターについては,「6.3.14 イベント・アクション制御マネージャー,
イベント・アクション制御エージェント間の通信接続タイムアウト時間の設定」を参照してください。
また,「6.3.15 イベント・アクション制御の通信に関する環境設定パラメーター」も参照して,設定を調
整してください。
設定手順を次に説明します。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
202
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒55 未通知情報再送間隔一定化オプション設定の環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
環境設定パラメーター
定義内容
"NotificationConstantRetry"=
未通知情報再送間隔一定化
オプション
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJS2\SCHEDULER
\EV\MANAGER]※
• スケジューラーサービス(個別)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケ
ジューラーサービス名\EV\MANAGER]※
• 互換用 ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMMANAGER]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定してください。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(9) NotificationConstantRetry」を参照し
てください。
6.3.13 未通知情報の再送間隔・再送回数の変更
イベント・アクション制御マネージャーとイベント・アクション制御エージェントのプロセス間通信が,
ネットワークへの高負荷または回線不良などによって失敗した場合,失敗した通信を未通知情報として管
理しています。
未通知情報は,デフォルトでは次の間隔・回数で再送します。
マネージャーホストからエージェントホストへの再送間隔・再送回数
発生するエラーの種類によって,再送間隔と再送回数が異なります。
エラー 1:エージェントホストに接続できない(タイムアウトする)場合
再送間隔を 300 秒,600 秒,900 秒,1,800 秒,3,600 秒(以降 3,600 秒)と段階的に延ばし,
27 回(24 時間)
エラー 2:上記以外のネットワークエラーの場合
再送間隔は 30 秒で,2,880 回(24 時間)
エージェントホストからマネージャーホストへの再送間隔・再送回数(イベントジョブ(起動条件として
定義しているものも含む)の監視条件が成立したときの再送)
発生するエラーの種類に関係なく,再送間隔は 10 秒で,8,640 回(24 時間)
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
203
このうち,エラー 2 によるマネージャーホストからエージェントホストへの未通知情報の再送間隔と再送
回数,およびエージェントホストからマネージャーホストへの未通知情報の再送間隔と再送回数の設定は
変更できます。ただし,設定を変更すると,マネージャーホストからエージェントホストへの再送で,次
のような動作の差異が出ます。
変更前
発生したエラーの種類に関係なく,24 時間が経過すると再送を終了する。
変更後
次のどちらかの事象が発生すると,再送を終了する。
• エラー 1 が 24 時間連続して発生し続ける。
• エラー 1 またはエラー 2 が発生して,設定した再送回数分の再送を行う。
そのため,エラー 1 とエラー 2 が混在する状況でこの設定を変更すると,再送を終了するまでに長い時間
が掛かるおそれがあります。この問題は,エラー 1 が発生した場合でも,エラー 2 が発生した場合と同じ
再送間隔と再送回数で再送するように設定することで回避できます。
詳細については,「6.3.12 未通知情報の再送間隔を一定間隔にする設定」を参照してください。
設定手順を次に説明します。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
204
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒56 未通知情報の再送間隔・再送回数の設定の環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
マネージャーホストからエージェントホストへの通信
"NotificationRetryInterval"=
未通知情報の再送間隔
"NotificationRetryCount"=
未通知情報の再送回数
• スケジューラーサービス(共通)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJS2\SCHEDULER
\EV\MANAGER]※
• スケジューラーサービス(個別)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\ス
ケジューラーサービス名\EV\MANAGER]※
• 互換用 ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMMANAGER]※
エージェントホストからマネージャーホストへの通信
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMAGENT]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定してください。
マネージャーホストからエージェントホストへの通信に関する,環境設定パラメーターの定義内容の詳細
については,次の個所を参照してください。
• 「20.6.2(10) NotificationRetryInterval(マネージャーホストからエージェントホストへ送信する場合)
」
• 「20.6.2(11) NotificationRetryCount(マネージャーホストからエージェントホストへ送信する場合)
」
エージェントホストからマネージャーホストへの通信に関する,環境設定パラメーターの定義内容の詳細
については,次の個所を参照してください。
• 「20.6.2(24) NotificationRetryInterval(エージェントホストからマネージャーホストへ送信する場合)
」
• 「20.6.2(25) NotificationRetryCount(エージェントホストからマネージャーホストへ送信する場合)
」
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
205
6.3.14 イベント・アクション制御マネージャー,イベント・アクション制
御エージェント間の通信接続タイムアウト時間の設定
イベントジョブおよび起動条件付きジョブネットを実行すると,イベント・アクション制御マネージャー,
イベント・アクション制御エージェント間で通信を行います。その際,通信相手への接続待ち時間は OS
に依存しているため,次のような場合に,20〜30 秒程度の接続待ちが発生します。
• 接続先のホストが停止している
• 接続先として,ネットワークに存在しない IP アドレスを指定している
• 接続先との間にファイアウォールがある場合に,通過設定されていない
このような状況が頻発すると,1 回の接続待ち時間が長いため,プロセスが断続的にフリーズ状態となり
ます。そのため,ほかの通信できるエージェントに対して実行したイベントジョブや起動条件付きジョブ
ネットの処理が長時間遅延したり,イベントの検知が極端に遅延したりします。そのような場合は,「(2)
環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターで,通信接続タイムアウト時間を調整してください。
設定手順を次に説明します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 のサービスを起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒57 イベント・アクション制御マネージャー,イベント・アクション制御エージェント間
の通信接続タイムアウト時間の環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
イベント・アクション制御マネージャー
"ClientConnectTimeout"=
イベント・アクション制御マ
ネージャー,イベント・アク
ション制御エージェント間の
通信接続タイムアウト時間
• スケジューラーサービス(共通)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJS2\HOST\NETWORK
\EVMANAGER]※
• スケジューラーサービス(個別)の場合
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
206
定義キー
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケ
環境設定パラメーター
定義内容
"ClientConnectTimeout"=
イベント・アクション制御マ
ネージャー,イベント・アク
ション制御エージェント間の
通信接続タイムアウト時間
ジューラーサービス名\NETWORK\EVMANAGER]※
イベント・アクション制御エージェント
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMAGENT]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定してください。
イベント・アクション制御マネージャーに関する,環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,
次の個所を参照してください。
• 「20.8.2(1) ClientConnectTimeout(通信制御)」
イベント・アクション制御エージェントに関する,環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,
次の個所を参照してください。
• 「20.6.2(23) ClientConnectTimeout(イベント・アクション制御)
」
6.3.15 イベント・アクション制御の通信に関する環境設定パラメーター
イベントジョブおよび起動条件付きジョブネットを実行すると,イベント・アクション制御マネージャー
とイベント・アクション制御エージェント間で通信します。通信の際,イベント・アクション制御マネー
ジャーとイベント・アクション制御エージェント間で接続を確立してから,イベントジョブや起動条件付
きジョブネットの実行要求や強制終了要求,イベントの成立通知などを送信します。
イベントジョブや起動条件付きジョブネットを実行するときの通信の様子を,次の図に示します。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
207
図 6‒1 イベントジョブや起動条件付きジョブネットを実行するときの通信の様子
この通信でエラーが発生した場合,送信に失敗した情報はリトライ(再試行)に備え,いったんファイル
に保存されます。この情報を未通知情報といいます。
通信エラーが発生すると,環境設定パラメーターに従って,リトライされます。
イベント・アクション制御の通信リトライに関する環境設定パラメーターを次に示します。
表 6‒58 イベント・アクション制御の通信リトライに関する環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
マネージャーホストの場合
"ClientConnectTimeout"=
接続タイムアウト時間
"NotificationConstantRetry"=
未通知情報再送間隔一定
化オプション
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケ
ジューラーサービス名\NETWORK\EVMANAGER]※
エージェントホストの場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMAGENT]※
• スケジューラーサービス(共通)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJS2\SCHEDULER\EV
\MANAGER]※
• スケジューラーサービス(個別)の場合
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
208
定義キー
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケ
環境設定パラメーター
定義内容
"NotificationConstantRetry"=
未通知情報再送間隔一定
化オプション
"NotificationRetryInterval"=
未通知情報の再送間隔
"NotificationRetryCount"=
未通知情報の再送回数
ジューラーサービス名\EV\MANAGER]※
• 互換用 ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMMANAGER]※
マネージャーホストの場合
• スケジューラーサービス(共通)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJS2\SCHEDULER
\EV\MANAGER]※
• スケジューラーサービス(個別)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\ス
ケジューラーサービス名\EV\MANAGER]※
• 互換用 ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMMANAGER]※
エージェントホストの場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMAGENT]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定してください。
各環境設定パラメーターの関連と設定例について説明します。
(1) ClientConnectTimeout について
イベント・アクション制御マネージャーおよびイベント・アクション制御エージェントは,接続要求を送
信すると,通信相手から応答があるまで待ちます。一定時間経過しても応答がない場合は,ほかの処理を
するために,いったんタイムアウトします。接続要求に対する応答を待つ時間のことを,接続タイムアウ
ト時間といいます。
接続タイムアウト時間は,環境設定パラメーターClientConnectTimeout で設定します。
環境設定パラメーターClientConnectTimeout で設定する接続タイムアウト時間を,次の図に示します。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
209
図 6‒2 環境設定パラメーター ClientConnectTimeout で設定する接続タイムアウト時間
環境設定パラメーターClientConnectTimeout に設定する時間を長くすると,接続タイムアウト時間が長く
なります。その場合,通信負荷などが原因で通信相手から応答が届くまでに時間が掛かる場合でも,接続
タイムアウトが発生しにくくなります。
しかし,ネットワーク機器の故障などで長時間,通信相手から接続要求への応答がない場合,タイムアウ
トするまでの時間も長くなります。その場合,イベントジョブや起動条件付きジョブネットの実行要求や
強制終了要求,イベントの成立通知が処理されない時間も長くなります。タイムアウト待ちになっている
間は,通信ができる別のエージェントにイベントジョブや起動条件付きジョブネットを実行登録したり,
強制終了したりしても,すぐに処理できないため,ジョブの状態が変わるまでに時間が掛かります。その
ため,接続タイムアウトが発生した場合,デフォルトでは一定間隔でリトライを繰り返すのではなく,間
隔を徐々に長くしてリトライの頻度を下げながらリトライします。詳細については,「(2)
NotificationConstantRetry について」を参照してください。
(2) NotificationConstantRetry について
環境設定パラメーターClientConnectTimeout の設定によっては,ネットワーク機器の故障などが原因で接
続要求に対する応答があるまでに時間が掛かる場合,イベントジョブや起動条件付きジョブネットの実行
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
210
登録や強制終了が完了するまで,長時間の遅延が発生します。処理の遅延の頻度を下げるため,接続タイ
ムアウトが発生した場合の通信リトライ間隔は,デフォルトでは一定間隔でリトライを繰り返すのではな
く,300 秒,600 秒,900 秒,1,800 秒,3,600 秒(以降 3,600 秒)と徐々に長くしながら 27 回(24 時
間)リトライするように設定されています。
接続タイムアウトが発生した場合のイベント・アクション制御マネージャーとイベント・アクション制御
エージェント間での通信の様子を,次の図に示します。
図 6‒3 接続タイムアウトが発生した場合のイベント・アクション制御マネージャーとイベント・
アクション制御エージェント間での通信の様子
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
211
しかし,接続タイムアウトになる原因が通信負荷などによる一時的な原因の場合,このリトライの動作で
はリトライが遅くなり,該当するエージェントで実行するイベントジョブや起動条件付きジョブネットの
実行が遅れることになります。このような場合,リトライの間隔を段階的に長くする方法ではなく,一定
の間隔でリトライをするように設定できます。
環境設定パラメーターNotificationConstantRetry を「Y」に設定すると,接続タイムアウト以外のエラー
が発生した場合と同じ動作になり,一定間隔でリトライします。このリトライの間隔については,「(3)
NotificationRetryInterval と NotificationRetryCount について」を参照してください。
(3) NotificationRetryInterval と NotificationRetryCount について
接続タイムアウト以外にも,次のような原因などで,通信がエラーになることがあります。
• 実行先エージェントホスト名の名前解決ができていない
• イベント・アクション制御エージェントがビジ—状態で実行要求や強制終了の要求を受け付けられない
接続タイムアウト以外のエラーになった場合の,イベント・アクション制御マネージャーとイベント・ア
クション制御エージェント間での通信リトライ間隔とリトライ回数は,それぞれ環境設定パラメーター
NotificationRetryInterval(デフォルト 30 秒)と環境設定パラメーターNotificationRetryCount(デ
フォルト 2,880 回)で設定できます。
接続タイムアウト以外のエラーが発生した場合の例を次の図に示します。
図 6‒4 接続タイムアウト以外のエラーが発生した場合
この環境設定パラメーターの設定を変更しても,リトライする期間を変えたくない場合は,リトライ間隔
とリトライ回数の両方を調整してください。例えば,リトライ間隔をデフォルト値の半分の 15 秒と設定
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
212
した場合,リトライ回数をデフォルト値の 2 倍の 5,760 回と設定すると,リトライする期間がデフォルト
の期間と同じになります。
(4) 環境設定パラメーター設定の目安
通信の際に重視したい点に合わせた,各環境設定パラメーターの設定値の目安を,次の表に示します。
表 6‒59 通信の際に重視したい点と環境設定パラメーターの設定値の目安
調整が必要な環境設定パラメーター
ClientConne
ctTimeout
の値
NotificationC
onstantRetry
の値
(単位:ミリ秒)
デフォルト値
Windows の
場合:30,000
注意事項
Notificatio
nRetryInter
val の値
Notificatio
nRetryCou
nt の値
(単位:秒)
N
30
2,880/27※
−
2
UNIX の場
合:1,000※1
重視する点
一部のエージェント
に対する通信でタイ
ムアウトが発生する
場合に,ほかのエー
ジェント向けの処理
遅延を抑止したいと
きの目安
3,000〜
10,000
N
−
−
リトライ間隔が 300
秒,600 秒,900 秒,
1,800 秒,3,600 秒と
段階的に伸びるため,
エージェントへの通信
がタイムアウトしない
状況になっても,次の
再送までに時間が掛か
ります。
エージェントに対す
る通信でタイムアウ
トが発生しにくくな
るようにしたいとき
の目安
10,000〜
60,000
N
−
−
一部のエージェントに
対する通信でタイムア
ウトが発生する場合
に,ほかのエージェン
ト向けの処理が待たさ
れて遅延し,イベント
を検知できなくなるこ
とがあります。
通信環境が安定して
いる環境で,一時的
な通信障害が発生し
た場合に,通信環境
の回復に即応して処
理遅延を抑えたいと
きの目安
3,000〜
10,000
Y
3〜10
2,880※2
一部のエージェントに
対する通信でタイムア
ウトが頻発・継続する
と,ほかのエージェン
ト向けの処理が待たさ
れて遅延し,イベント
を検知できなくなるこ
とがあります。
通信環境が不安定な
ため,通信が遅延し
てでも通信したいと
きの目安
10,000〜
60,000
Y
3〜10
8,640〜
28,800
一部のエージェントに
対する通信でタイムア
ウトが頻発・継続する
と,ほかのエージェン
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
213
調整が必要な環境設定パラメーター
ClientConne
ctTimeout
の値
NotificationC
onstantRetry
の値
(単位:ミリ秒)
重視する点
注意事項
Notificatio
nRetryInter
val の値
Notificatio
nRetryCou
nt の値
(単位:秒)
通信環境が不安定な
ため,通信が遅延し
てでも通信したいと
きの目安
10,000〜
60,000
Y
3〜10
8,640〜
28,800
ト向けの処理が待たさ
れて遅延し,イベント
を検知できなくなるこ
とがあります。
早めに異常を検出し
たいときの目安
3,000〜
10,000
Y
3〜10
30〜100
イベントジョブが異常
検出終了することがあ
ります。この場合,統
合トレースログにメッ
セージ KAVT0103-E
が出力されるため,こ
のメッセージを監視す
ることで通信環境の異
常を検出できます。
(凡例)
−:該当しない。
注※1
Windows と UNIX の場合でデフォルト値に大きな差がある理由は,UNIX の場合のデフォルト値が
バージョン 8 の JP1/AJS2 の設定と下位互換を保持しているためです。
バージョン 8 の場合,環境設定パラメーターClientConnectTimeout は存在しませんが,この環境設定
パラメーターに 1,000 を設定した場合と同様に動作します。UNIX の場合のデフォルト値は,この値
を基にしています。
注※2
2,880 回はタイムアウト以外のエラー,27 回はタイムアウトエラーが続いた場合の値です。
各環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.6.2(9) NotificationConstantRetry」
• 「20.8.2(1) ClientConnectTimeout(通信制御)」
イベント・アクション制御マネージャーからイベント・アクション制御エージェントへの通信に関する環
境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.6.2(10) NotificationRetryInterval(マネージャーホストからエージェントホストへ送信する場合)
」
• 「20.6.2(11) NotificationRetryCount(マネージャーホストからエージェントホストへ送信する場合)
」
イベント・アクション制御エージェントからイベント・アクション制御マネージャーへの通信に関する環
境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
214
• 「20.6.2(24) NotificationRetryInterval(エージェントホストからマネージャーホストへ送信する場合)
」
• 「20.6.2(25) NotificationRetryCount(エージェントホストからマネージャーホストへ送信する場合)
」
6.3.16 イベントジョブを実行する場合のマネージャーホスト名を固定化す
る設定
イベントジョブを実行すると,マネージャーはイベントジョブの実行先のエージェントと通信します。そ
の通信では,マネージャーはエージェントが複数のマネージャーを区別できるように,マネージャーホス
ト名を送信します。マネージャーホスト名は,マネージャーの JP1/AJS3 サービスを起動した際に取得し
ています。
通常は,意図してホスト名を変更しないかぎり,マネージャーの JP1/AJS3 サービスの再起動前と再起動
後で,取得したホスト名が変わることはありません。しかし,DNS などの名前解決に関する OS の設定を
変更した場合など,何らかの要因によって,JP1/AJS3 サービスの再起動前と再起動後で,取得したホス
ト名で使用されている英文字が,大文字から小文字または小文字から大文字に変わることがあります。
イベントジョブの実行先のエージェントは,マネージャーホスト名の英文字の大文字と小文字を区別する
ため,ホスト名の英文字が大文字から小文字,または小文字から大文字に変わると,結果としてマネー
ジャーホスト名が変わることになり,次の問題が発生することがあります。
• 起動条件付きジョブネットを実行したままマネージャーの JP1/AJS3 サービスを再起動すると,その後
に発生した監視対象のイベントを重複して検知する。
• イベントジョブ実行継続オプションを有効にしている状態で,イベントジョブを実行したままマネー
ジャーの JP1/AJS3 サービスをホットスタートで再起動すると,一つのイベントに対して不当に複数回
イベントを検知する。
イベントジョブ実行継続オプションについては,「6.3.6 JP1/AJS3 のサービスが停止してもイベント
ジョブの実行を継続させる設定」を参照してください。
この問題を回避するには,マネージャーホスト名固定化オプション(環境設定パラメーター
FixedHostnameForAgent)を有効に設定してください。マネージャーホスト名固定化オプションを有効に設
定すると,イベント・アクション制御マネージャーは常に小文字のホスト名を送信するようになります。
注意事項
起動条件付きジョブネットを実行中,またはイベントジョブ実行継続オプションを有効にしている状態
でイベントジョブを実行したまま,マネージャーホスト名固定化オプションを変更した場合,マネー
ジャーホスト名の英文字が大文字から小文字,または小文字から大文字に変化することになります。
すでに実行されている起動条件付きジョブネット,またはイベントジョブのジョブの管理状態に不整合
が発生し,一つのイベントに対してジョブネットが不当に複数回起動することがあります。
そのような現象を回避するため,マネージャーホスト名固定化オプションを設定,または変更する場
合,次の手順のとおり実施してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
215
1. 起動条件付きジョブネット,またはイベントジョブを実行しているエージェントホストの JP1/AJS
サービスを停止する。
2. 手順 1 のエージェントホストでjpoagoec コマンドを実行し,マネージャーホスト名固定化オプショ
ンを有効にするマネージャーホスト名を削除する。
jpoagoec コマンドについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマン
ドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド jpoagoec」を参照してください。
3. マネージャーホストで,マネージャーホスト名固定化オプションを設定する。
設定方法については,「(1) 定義手順」を参照してください。
4. 手順 2 のエージェントホストの JP1/AJS サービスをコールドスタートで起動する。
オプションを有効にする設定方法について次に説明します。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 をコールドスタートで再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 をコールドスタートで再起動する。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
216
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒60 マネージャーホスト名固定化オプションを設定するための環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
環境設定パラメーター
定義内容
"FixedHostnameForAgent"=
マネージャーホスト名固定化オ
プション
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJS2\SCHEDULER
\EV\MANAGER]※
• 互換用 ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMMANAGER]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定してください。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(6) FixedHostnameForAgent」を参照して
ください。
6.3.17 ラージファイルを監視するための設定
ファイル監視ジョブでラージファイル(2 ギガバイト以上のファイル)を監視したり,判定ジョブでラー
ジファイルを判定したりするための設定手順を次に示します。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
217
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒61 ラージファイルを監視・判定するための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"LARGEFILEUSE"=
ラージファイル対応の動作設定
\JP1AJS2COMMON]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.11.2(1) LARGEFILEUSE」を参照してください。
6.3.18 DNS を使ったシステムでのイベントサーバ名の設定
複数のドメインで構成されたネットワーク環境で JP1/AJS3 および JP1/Base を運用し,ドメインを越え
て JP1 イベントを送受信する場合は,ドメインが異なる同名ホストの存在を考慮する必要があります。そ
れら同名のホストで JP1/Base のイベントサーバをデフォルトの設定のままで運用すると,JP1/Base のイ
ベントサーバに登録された JP1 イベントが,他ホストから転送されたものなのか,自ホストで発生したも
のなのかをホスト名から区別できないため,JP1 イベント受信監視ジョブがイベントを誤検知したように
見えるなどの問題が発生することがあります。
このような問題を避けるために,複数のドメインで構成されたシステムでは,デフォルトのイベントサー
バ設定の代わりにイベントサーバ名を FQDN 形式で設定して運用します。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
218
FQDN 形式のイベントサーバ名を持つイベントサーバと同じホストで JP1/AJS3 を運用し,その JP1/AJS3
を実行エージェントとしてログファイル監視ジョブを実行する場合は,実行エージェントの JP1/AJS3 に
FQDN 形式のイベントサーバ名オプション(環境設定パラメーターEventServerName)を設定し,ログファ
イル監視ジョブが使用するイベントサーバ名(FQDN 形式)を指定してください。
注意事項
ログファイル監視ジョブ実行時,このオプションで指定したイベントサーバが未起動だった場合は,統
合トレースログにメッセージ「KAVT1068-W 指定されたイベントサーバは未起動です
(EventServerName=イベントサーバ名)」が出力され,内部的に接続処理がリトライされます。その
あと,リトライに成功してイベントサーバに接続できた場合は,統合トレースログにメッセージ
「KAVT1069-I 指定されたイベントサーバに接続しました(EventServerName=イベントサーバ名)」
が出力されます。そのため,メッセージ KAVT1068-W が出力されてから,メッセージ KAVT1069I が出力されるまでの期間内は,ログファイル監視ジョブでイベントの監視はできません。
FQDN 形式のイベントサーバ名オプションの設定手順を次に示します。
(1) 定義手順
(a) 標準構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) 互換用 ISAM 構成の場合
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
219
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒62 FQDN 形式のイベントサーバ名を設定するための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"EventServerName"=
FQDN 形式のイベントサーバ名
\JP1AOMAGENT]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定してください。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,
「20.6.2(26) EventServerName」を参照してくださ
い。
6.3.19 名前解決に使用するエージェント情報の変更オプションの設定方法
マネージャーホストとエージェントホスト間で通信する場合,マネージャーホストは,エージェントホス
ト名を名前解決して求められる IP アドレスを記憶します。このため,エージェントホストの IP アドレス
を変更した場合,マネージャーホストが記憶している IP アドレスを更新するために,マネージャーホスト
の JP1/AJS3 のサービスを再起動するなど,マネージャーホストでの作業が必要になります。
この作業は,「名前解決に使用するエージェント情報の変更オプション」を有効にすると省略できます。
「名前解決に使用するエージェント情報の変更オプション」は,マネージャーホストおよびエージェントホ
ストの両方で設定する必要があります。マネージャーホストまたはエージェントホストのどちらか一方で
設定していない場合,このオプションは有効になりません。
注意事項
• このオプションは,JP1/AJS3 データベースが標準構成の場合にだけ使用できます。
• このオプションは,JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent のバージョンが 10-50 以降の
場合に使用できます。JP1/AJS3 - Manager と JP1/AJS3 - Agent のどちらかのバージョンが 10-10
以前の場合,このオプションは使用できません。
(1) 定義手順
名前解決に使用するエージェント情報の変更オプションは,マネージャーホスト・エージェントホストの
両方で設定する必要があります。それぞれの設定手順について説明します。なお,「名前解決に使用する
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
220
エージェント情報の変更オプション」の値を,デフォルト値から変更する場合も戻す場合も同じ手順にな
ります。
(a) マネージャーホスト上の手順
マネージャーホスト上で必要な,名前解決に使用するエージェント情報の変更オプションの定義手順を説
明します。
過去にイベントジョブおよび起動条件付きジョブネットを実行したことがない場合は,手順 1〜4 は省略
してください。
1. マネージャーホスト上でエージェントホスト名の名前解決ができるようにする
2. 実行中のイベントジョブおよび起動条件付きジョブネットを強制終了する
3. 次のコマンドを実行して,イベントジョブを実行したことがあるスケジューラーサービスをすべて停止
する。
jajs_spmd_stop [-h 論理ホスト名] -n jajs_schd [-F スケジューラーサービス名]
4. 手順 3 で停止したスケジューラーサービスに含まれるイベントジョブを実行した,すべてのエージェ
ントホストに対して,次のコマンドを実行する。
jpomanevreset [-h 論理ホスト名] [-F スケジューラーサービス名] -a エージェントホスト名
5. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
6. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k [{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMMANAGER] "ResolveAgentInfo" = "定義内容"
jajs_config -k [{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJS2\SCHEDULER\EV\MANAGER]
"ResolveAgentInfo" = "定義内容"
7. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(b) エージェントホスト上の手順
エージェントホスト上で必要な,名前解決に使用するエージェント情報の変更オプションの定義手順を説
明します。
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
221
jajs_config -k [{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMAGENT] "ResolveAgentInfo" = "定義内容"
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒63 名前解決に使用するエージェント情報の変更オプションを設定するための環境設定パ
ラメーター
定義キー
• マネージャーホストの場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMMANAGER]
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJS2\SCHEDULER\EV
\MANAGER]
環境設定パラメーター
定義内容
"ResolveAgentInfo"=
名前解決に使用するエー
ジェントホスト情報の変
更オプション
• エージェントホストの場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AOMAGENT]
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.6.2(13) ResolveAgentInfo」を参照してくださ
い。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
222
6.4 キューレスジョブ実行制御に関する各種設定
キューレスジョブ実行制御に関する設定を変更する手順について説明します。
環境設定パラメーターを設定する場合は,jbssetcnf コマンドを使用します。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
6.4.1 キューレスジョブ環境でクラスを指定したジョブを実行するための
設定
キューレスジョブ環境では,クラスを定義し,クラスごとに最大同時ジョブ実行数と最大待ちジョブ数を
制限できます。クラスは複数定義できます。
クラス内での最大同時ジョブ実行数を超えて同時にジョブを実行しようとすると,実行できなかったジョ
ブはキューレスエージェントのメモリーに蓄えられます。クラス内での最大待ちジョブ数を超えてジョブ
を同時に実行しようとすると,そのジョブの実行は失敗し,状態は「起動失敗」となります。
例えば,あるクラスでの最大同時ジョブ実行数が 10 であり,最大待ちジョブ数が 5 のとき,同時に 15 個
のジョブが実行中の状態でさらにジョブを実行しようとすると,16 個目以降のジョブの状態は「起動失
敗」となります。
キューレスエージェント全体の最大同時実行ジョブ数を超える場合,クラスごとの最大同時ジョブ実行数
の制限値以内であっても,そのジョブはキューレスエージェントのメモリーに蓄えられます。キューレス
エージェント全体の最大待ちジョブ数を超える場合,クラスごとの最大待ちジョブ数の制限値以内であっ
ても,そのジョブの状態は「起動失敗」になります。
クラスを指定してジョブを実行するためには,区切り文字「!」を使用して,ジョブの[実行エージェン
ト]に次の形式で実行ホスト名とクラス名を指定します。
実行ホスト名!クラス名
補足事項
キューレスジョブでは,実行エージェントを使用しません。そのため,[実行エージェント]には実行
ホスト名とクラス名を指定してください。
ジョブの実行ホスト名を省略して,区切り文字とクラス名だけを指定した場合は,自ホストに対するクラ
ス名が仮定されます。
ジョブの実行ホスト名,クラス名を両方とも省略した場合は,ジョブが属するジョブネットの[実行エー
ジェント]に指定された実行ホスト名が仮定されます。
ジョブネットの[実行エージェント]に,クラス名は指定できません。このようなジョブネットを実行し
ようとすると,ジョブネット中に含まれるジョブの状態は「起動失敗」になります。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
223
存在しないクラスを指定してジョブを実行しようとすると,そのジョブの状態は「起動失敗」になります。
クラスを設定する手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 Queueless Agent サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
設定ファイルのファイル名は任意です。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. 手順 1 で停止したサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒64 キューレスジョブ環境でクラスを指定したジョブを実行する設定の環境設定パラメー
ター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1QLAGENT
"AJSQL_CJOBMAX"=
クラス内での最大同時ジョブ実行数
"AJSQL_CJOBWAITMAX"=
クラス内での最大待ちジョブ数
\AJSQL_CLASS\クラス名]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.10.2(32) AJSQL_CJOBMAX」
• 「20.10.2(33) AJSQL_CJOBWAITMAX」
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
224
(3) 定義例
• ジョブの[実行エージェント]の定義
agent1!class1
• ジョブ実行先(agent1)でのクラスの定義
[JP1_DEFAULT\JP1QLAGENT\AJSQL_CLASS\class1]
"AJSQL_CJOBMAX"=dword:3
"AJSQL_CJOBWAITMAX"=dword:1000
この定義では,実行ホスト agent1 のクラス class1 上で同時に実行できるジョブ数は 3 個です。実行ホス
ト agent1 のクラス class1 上での最大待ちジョブ数は 4,096 個です。
3 個を超えて同時にジョブを実行しようとした場合,4,096 個まではエージェント上のメモリーに蓄えら
れます。さらにジョブを実行しようとした場合,以降のジョブは「起動失敗」状態になります。
(4) 注意事項
• クラス名にマルチバイト文字は使用できません。
• [実行エージェント]に指定できるクラス名の最大長は 63 バイトまでです。64 バイト以上を指定した
場合,64 バイト以降の文字は切り捨てられます。
• 環境設定パラメーターを定義しないでクラスを定義している場合,ajsqlsetup コマンドの実行によっ
て定義済みクラスの環境設定パラメーターが自動生成され,デフォルト値が設定されます。
6.4.2 キューレスジョブ環境でユーザープロファイルを必要とするジョブを
実行するための設定
ジョブを実行する際に有効となるプロセス実行環境はシステム環境で設定されているものを使用していま
す。ジョブによっては OS ユーザーのログオンセションに設定されているユーザー情報を読み込まないと
正しく実行できないものもあります。ユーザープロファイルを使用するオプションを有効にすると,この
ようなユーザープロファイル情報を必要とするジョブを正しく実行できます。また,このオプションを有
効にすると指定先のエージェントホストで実行するすべての PC ジョブについてユーザープロファイルを
読み込みます。設定の変更手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 Queueless Agent サービス
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
225
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
設定ファイルのファイル名は任意です。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. 手順 1 で停止したサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒65 キューレスジョブ環境でユーザープロファイルを必要とするジョブを実行する設定の
環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"AJSQL_LOADUSERPROFILE"=
ユーザープロファイルを読み込むかどう
かの定義
\JP1QLAGENT]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.10.2(28) AJSQL_LOADUSERPROFILE」を参
照してください。
6.4.3 キューレスジョブが戻り値 128 で異常検出終了となる問題を回避する
ための設定
キューレスジョブの実行時に,次に示す条件に該当する場合,ジョブが戻り値 128 で異常検出終了となる
ことがあります。
1. 任意のジョブ実行 OS ユーザーで,ジョブを一切実行していない状態である
2. 1 と同一のジョブ実行 OS ユーザーでジョブを実行する
3. 2 のジョブが終了する瞬間に,2 のジョブと同一のジョブ実行 OS ユーザーで別のジョブを実行する
上記の条件に該当する場合,環境設定パラメーターAJSQL_CREATEWINDOWSTATION を設定することで,問題
を回避してジョブを正常終了させることができます。設定手順を次に示します。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
226
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次に示すサービスを
停止する。
• JP1/AJS3 Queueless Agent サービス
2. メモ帳などのテキストエディターで,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを記
述した設定ファイルを作成する。
設定ファイルのファイル名は任意です。
3. ファイルを保存し,次のコマンドを実行する。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「JP1/Base のインストール先フォルダ\bin\jbssetcnf」です。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
4. 手順 1 で停止したサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒66 ジョブが戻り値 128 で異常検出終了となる問題を回避するための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[JP1_DEFAULT\JP1QLAGENT]
"AJSQL_CREATEWINDOWSTATION"=
ジョブが戻り値 128 で異常検出終了と
なる問題を回避する設定
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.10.2(14)
AJSQL_CREATEWINDOWSTATION」を参照してください。
(3) 注意事項
• この設定を有効にした場合,キューレスエージェントサービスは,ジョブ実行 OS ユーザーごとに,最
初にジョブを実行したときにジョブ実行用デスクトップヒープ領域を取得して,ユーザーマッピング
キャッシュにキャッシュします。ジョブの実行が終了しても,該当する領域を解放しません。2 回目以
降に同一ユーザーからジョブを実行する場合は,ユーザーマッピングキャッシュから該当する領域を再
利用します。そのため,ジョブ実行 OS ユーザー数が多い場合,領域不足によってデスクトップヒープ
領域の取得に失敗し,次に示すメッセージを出力してジョブが起動失敗になります。
KAVS1829-E キューレスエージェントサービスでシステムコール(CreateDesktop)でエラーが発生
しました:xxxxxxxx 8
この場合,ajsqlalter コマンドを実行,またはキューレスエージェントサービスを再起動してユーザー
マッピングキャッシュをクリアし,ジョブ実行時に使用するジョブ実行 OS ユーザー数を少なくしてく
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
227
ださい。ajsqlalter コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 コマンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajsqlalter」を参照してください。
ジョブ実行時に使用するジョブ実行 OS ユーザー数を少なくできない場合は,アプリケーションが使用
するデスクトップヒープ領域サイズが小さくなるように,デスクトップヒープ領域サイズを変更してく
ださい。デスクトップヒープ領域サイズの変更方法については,各 OS のドキュメントを参照してくだ
さい。
• この設定を有効にしても,デスクトップヒープ不足によって,ジョブが戻り値 128 で異常検出終了と
なる現象は回避できません。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
228
6.5 定義内容の事前チェックに関する各種設定
定義内容の事前チェックに関する各種設定を変更する手順について説明します。
環境設定パラメーターを設定する場合は,jajs_config コマンドを使用します。
jajs_config コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_config」を参照してください。
6.5.1 JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の設定
JP1/AJS3 では,本番運用時に障害の発生を抑えるため,ジョブの定義内容に不正がないかどうかを本番
運用の開始前にチェックできます。このチェック機能を使用できるように設定します。
(1) JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の設定手順
JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能を使用するための手順を次に示します。
1. 次のコマンドを実行する。
JP1/AJS3 - Manager の場合
ajschksetup -m -a
JP1/AJS3 - Agent の場合
ajschksetup -a
ajschksetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajschksetup」を参照してください。
2. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]から[サービス]を選択し,次に示すサービス
を起動する。
• JP1/AJS3 Check Manager サービス
• JP1/AJS3 Check Agent サービス
(2) JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の設定変更
JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の設定を変更する手順を次に示します。
1. Windows の[コントロールパネル]の管理ツールから[サービス]を選択し,次に示すサービスを停
止する。
• JP1/AJS3 Check Manager サービス
• JP1/AJS3 Check Agent サービス
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
229
2. 次のコマンドを実行して,「(3) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1
["環境設定パラメーター名2"=定義内容2]
["環境設定パラメーター名3"=定義内容3]
["環境設定パラメーター名4"=定義内容4]
["環境設定パラメーター名5"=定義内容5]
3. 手順 1 で停止したサービスを再起動します。
設定した内容が反映されます。
(3) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒67 JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の設定するための環境設定パラメーター
項番
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[JP1_DEFAULT
\JP1AJS2\CHECK]
"AJSCHK_CHECKFILE"※=
定義内容の事前チェック結果格納ファイル名
"AJSCHK_LOGDIR"=
定義チェックログフォルダ名
3
"AJSCHK_LOGSIZE"=
定義チェックログファイルのサイズ
4
"AJSCHK_TRACELOGFILE"=
定義内容の事前チェック機能のトレースログ
ファイル名
5
"AJSCHK_CHARCODE"=
ジョブ情報や定義内容の事前チェック結果を
表示する文字コードを指定
1
2
注※
JP1/AJS3 - Manager でだけ設定できます。
各環境設定パラメーターの定義内容については,次の個所を参照してください。
1.「20.7.2(1) AJSCHK_CHECKFILE」
2.「20.7.2(2) AJSCHK_LOGDIR」
3.「20.7.2(3) AJSCHK_LOGSIZE」
4.「20.7.2(4) AJSCHK_TRACELOGFILE」
5.「20.7.2(5) AJSCHK_CHARCODE」
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
230
6.6 その他の各種設定
その他の各種設定を変更する手順について説明します。
環境設定パラメーターを設定する場合は,jajs_config コマンドを使用します。
jajs_config コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_config」を参照してください。
6.6.1 サービスの依存関係の解除・再設定
JP1/Base のイベントサーバ名に,FQDN 形式などデフォルト以外の名称を使用している場合は,JP1/
AJS3 サービスを開始しようとすると「依存関係サービスまたはグループを起動できませんでした」という
メッセージが出力され,JP1/AJS3 サービスを開始できなくなります。Windows イベントログには,「JP1/
AJS3 サービスは,次のエラーのために開始できなかった JP1/Base Event サービスに依存します」と出力
されます。
JP1/Base でデフォルト以外のイベントサーバ名を設定する場合は,次の方法で JP1/AJS3 サービスの依存
関係を解除してください。
なお,依存関係を設定していない場合は,JP1/Base サービスと JP1/Base Event サービスの開始を確認
してから JP1/AJS3 サービスを開始してください。
デフォルト以外のイベントサーバ名を設定する方法については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を
参照してください。
(1) 依存関係の解除手順
依存関係を解除する手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 サービスが起動している場合は,JP1/AJS3 サービスを停止する。
2. 次のコマンドを実行し,JP1/AJS3 サービスの依存関係を解除する。
SpmSetSvcAjs.exe -setdepend no
3. JP1/AJS3 サービスを再起動する。
なお,デフォルトのイベントサーバを使用する運用に戻す場合は,JP1/AJS3,JP1/Base,および JP1/
Base Event サービスの依存関係を再度設定してください。
(2) 依存関係の設定手順
依存関係を設定する手順を次に示します。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
231
1. JP1/AJS3 サービスが起動している場合は,JP1/AJS3 サービスを停止する。
2. 次のコマンドを実行し,JP1/AJS3 サービスの依存関係を設定する。
SpmSetSvcAjs.exe -setdepend yes
3. JP1/AJS3 サービスを再起動する。
(3) 注意事項
Windows Server 2012 または Windows Server 2008 のホストで SpmSetSvcAjs.exe を実行する際は,
コマンドプロンプトを管理者として起動する必要があります。ただし,UAC 機能が無効の場合は,コマ
ンドプロンプトを管理者として起動する必要はありません。
6.6.2 JP1/AJS3 のデータベース構成を標準構成(ISAM レス構成)にする
設定
JP1/AJS3 のデータベース構成を,標準構成から標準構成(ISAM レス構成)にできます。JP1/AJS3 Manager の新規インストール時,データベース構成は標準構成で,標準構成(ISAM レス構成)ではあり
ません。
データベース構成を標準構成(ISAM レス構成)にするには,サービス構成ファイル格納フォルダに格納
されているjp1ajs_hstd.conf ファイルを編集します。
• キューレスジョブ実行環境の設定やスケジューラーの状態監視の設定時にjp1ajs_hstd.conf ファイル
を更新している場合
jp1ajs_hstd.conf ファイルのバックアップを作成して,jp1ajs_hstd.conf ファイルの次の行を削除し
てください。
submitqueue|jpqman.exe|||1800|
• 上記以外の場合
jp1ajs_hstd.conf ファイルのバックアップファイルを作成したあと,jp1ajs_hstd.conf ファイルを削
除してください。そのあと,jp1ajs_hstd.conf.isamless.model ファイルをコピーして,ファイル名を
「jp1ajs_hstd.conf」に変更してください。また,JP1/AJS3 サービスのアカウントで読み込みができ
る権限を与えてください。
データベース構成を標準構成に戻すには,バックアップファイルをjp1ajs_hstd.conf に上書きコピーして
ください。また,JP1/AJS3 サービスのアカウントで読み込みができる権限を与えてください。
サービス構成ファイル格納フォルダは,物理ホスト環境では「JP1/AJS3 - Manager のインストール先
フォルダ\conf」
,論理ホスト環境では「jajs_setup_cluster コマンドで指定した共有ディスク上のファイ
ルフォルダ\jp1ajs2\conf」です。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
232
注意事項
データベース構成を標準構成(ISAM レス構成)にした場合,一部の機能が使用できなくなります。詳
細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 導入ガイド 1.4 JP1/AJS3
のデータベース構成の種類」を参照してください。
6.6.3 JP1/AJS3 - View で JP1 ユーザーのパスワードの変更を許可する
設定
接続されている JP1/AJS3 - View で,ログインしている JP1 ユーザーのパスワードを変更するには,JP1/
AJS3 - View での JP1 ユーザーのパスワード変更機能を有効にします。
この機能を有効にすると,接続している JP1/AJS3 - View の[オプション]−[パスワード変更]から,
JP1 ユーザーのパスワードを変更できるようになります。
(1) 定義手順
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択し,次のサービスを停止
する。
• JP1/AJS3 サービス
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 のサービスを起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 6‒68 JP1/AJS3 - View で JP1 ユーザーのパスワードの変更を許可する環境設定パラメー
ター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER]※
"CHANGEPASSWORD"=
JP1/AJS3 - View での JP1 ユー
ザーのパスワード変更機能の使
用可否
"CHANGEPWDLOG"=
JP1/AJS3 - View での JP1 ユー
ザーのパスワード変更に関する
メッセージを出力するかどうか
の設定
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
233
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定してください。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.4.2(25) CHANGEPASSWORD」
• 「20.4.2(26) CHANGEPWDLOG」
(3) 注意事項
• この機能でパスワードを変更すると,ほかの JP1 製品にログインする際の JP1 ユーザーのパスワード
も変更されます。JP1/AJS3 以外でも使用している JP1 ユーザーについては,パスワード変更機能は無
効にすることを推奨します。
• この機能でパスワードを変更できるユーザーは,標準ユーザーだけです。ディレクトリサーバでパス
ワードが管理されている JP1 ユーザー(連携ユーザー)の場合,パスワードは変更できません。
標準ユーザーと連携ユーザーについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
• この機能で変更できるパスワードは,プライマリー認証サーバのパスワードだけです。セカンダリー認
証サーバのパスワードは変更できません。この機能でパスワードを変更すると,変更直後は両サーバの
パスワードが不一致になります。そのため,認証サーバの管理者が,プライマリー認証サーバの設定情
報をセカンダリー認証サーバにコピーする必要があります。
プライマリー認証サーバの設定情報を,セカンダリー認証サーバにコピーする仕組みを構築・運用でき
ない場合,この機能は無効にしてください。
プライマリー認証サーバやセカンダリー認証サーバについては,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 設計ガイド(業務設計編) 6.2 アクセス権を設定する範囲についての検討」
を参照してください。プライマリー認証サーバの設定情報をコピーする方法については,マニュアル
「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
6. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
234
7
ログ情報の採取
この章では,JP1/AJS3 の障害発生時の調査分析に有効なログ情報の採取方法について説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
235
7.1 ログ情報の採取方法
障害発生時の調査分析に有効なログ情報を採取するための設定について説明します。
7.1.1 資料採取ツールの設定手順
Windows の場合,ログ情報を採取するための「資料採取ツール」を JP1/AJS3 - Manager,JP1/AJS3 Agent,JP1/AJS3 - View,および JP1/AJS3 - Web Console で提供します。
資料採取ツールには次の 2 種類があります。
• jajs_log.bat
ログファイルなどの出力先をデフォルトから変更していない場合や,その他の情報を採取しない場合に
使用します。このツールはカスタマイズできません。
• _04.bat
ログファイルなどの出力先をデフォルトから変更した場合や,その他の情報を採取したい場合に使用し
ます。このツールは,ログファイルなどの出力先や採取するその他の情報の格納先をカスタマイズして
使用します。
なお,_04.bat は,JP1/AJS3 - Web Console では提供していません。
資料採取ツール(_04.bat)は,JP1/AJS3 - Manager,JP1/AJS3 - Agent,JP1/AJS3 - View をインス
トールしたあと,別のフォルダにコピーしてから使用してください。
Windows のエクスプローラなどを使ってフォルダをコピーすることで,必要なログ情報だけを採取する
こともできます。
資料採取ツール(_04.bat)を使用するための環境設定手順を次に示します。
1. エクスプローラなどを使って,次に示す資料採取ツール(_04.bat)を任意のフォルダにコピーする。
• JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent の場合
JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent のインストール先フォルダ\tools\_04.bat
この資料採取ツールを実行すると,同一ホスト上の JP1/AJS3 - View のログ情報も採取できます。
• JP1/AJS3 - View の場合
JP1/AJS3 - View のインストール先フォルダ\tools\_04.bat
この資料採取ツールを実行すると,同一ホスト上の JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent
のログ情報も採取できます。
2. コピーした資料採取ツールを編集して,ユーザー固有のファイル名に変更する。
資料採取ツールの編集にはテキストエディターを使用してください。
7. ログ情報の採取
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
236
次に資料採取ツールに記述されているデフォルト値を示します。このデフォルト値と異なる場合,資料
採取ツールの記述を変更してください。記述を変更する場合,バッチファイルが特殊な解釈をする文字
や記号を使用すると,エラーが発生することがあるので使用しないでください。
資料採取ツールの変更内容を,次の表に示します。
表 7‒1 資料ツールの記述変更内容
項番
変更内容
変更する場所
1
HNTRLib のインストール先フォルダ
@set INST_DIR_HNTRLIB=%PROGRAMFILES_DIR%\hitachi\HNTRLib
2
HNTRLib2 のインストール先フォルダ
@set INST_DIR_HNTRLIB2=%PROGRAMFILES_DIR%\hitachi
\HNTRLib2
3
JP1/AJS3 用データベース格納フォルダ※1
@set INST_DIR_DATABASE=%INST_DIR_MANAGER%\hitachi
\JP1AJS2\database
4
JP1/AJS3 用一時ファイル格納フォルダ
@set LOG_DIR_AJSPDDIR=%INST_DIR_MANAGER%\tmp\schedule
5
JP1/AJS3 用ジョブエラー情報フォルダ
@set LOG_DIR_JOBINF=%INST_DIR_MANAGER%\jobinf
6
資料採取ツールで採取した情報の退避先※2
@set DIR_BACKLOG=%TEMP%\jp1ajs2\backlog
7
追加取得を行うフォルダ
@rem @set DIR_ADD=
「@rem」を削除し,フォルダを絶対パスで記述します。各ログ
ファイルの出力先※3 の設定をデフォルトから変更した場合※4
や,その他の情報を採取したい場合に記述してください。フォ
ルダを複数指定する場合は,次の例のように空白区切りで記述
してください。また,絶対パスに空白を含む場合は,「"」で囲
んで入力してください。
(例)
@set DIR_ADD=変更したスケジューラーログ出力フォルダ "変更
したスケジューラートレースログ出力フォルダ"
注※1
スケジューラーサービスおよびジョブ実行環境のデータベースに,このフォルダの配下にないフォルダを設定している場
合は採取されません。
各データベースファイルを任意のフォルダ下に配置し,そのフォルダまでの絶対パスを指定するようにしてください。
注※2
資料採取ツールで採取した情報の退避先に長いパスを指定した場合,資料採取に失敗することがあります。資料採取に失
敗した場合は,パスの指定を短くして再度実行してください。また,情報の退避先のパスを「"」で囲まないでください。
注※3
資料採取ツールにデフォルトで記述されている各ログファイルの格納フォルダについては,マニュアル「JP1/Automatic
Job Management System 3 トラブルシューティング 1.2.4 ログファイルおよびディレクトリ一覧」およびマニュアル
「JP1/Base 運用ガイド」の付録に記載されている,ファイルまたはフォルダの一覧を参照してください。
注※4
JP1/AJS3 のインストール後に変更できる出力先の一覧を次の表に示します。
7. ログ情報の採取
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
237
表 7‒2 JP1/AJS3 のインストール後に変更できる出力先の一覧
制御
変更できる出力先
環境設定パラメーター
システム管理
システム用ディレクトリ
AJSSYSDIR
ログ用ディレクトリ
AJSLOGDIR
ホスト単位のスケジューラーログファイル
1
HOSTLOGFILE1
ホスト単位のスケジューラーログファイル
2
HOSTLOGFILE2
スケジューラートレースログファイル
TRACELOGFILE
スケジューラーログファイル 1
AJSLOGFILE1
スケジューラーログファイル 2
AJSLOGFILE2
ジョブエラー情報ディレクトリ
JOBINFDIR
データベースディレクトリ
AJSDBDIRECTORY
システム用ディレクトリ
AJSSYSDIR
ログ用ディレクトリ
AJSLOGDIR
定義チェックログディレクトリ
AJSCHK_LOGDIR
トレースログファイル
AJSCHK_TRACELOGFILE
トレースログファイル
AJSQL_TRACELOGFILE
キューレスファイル転送サービスが出力す
る内部ログ格納ディレクトリ
AJSQL_EXECLOG_FTPPATH
キューレスエージェントサービスが出力す
る内部ログ格納ディレクトリ
AJSQL_EXECLOG_AGTPATH
キューレスジョブで使用するワークパスお
よびテンポラリーファイル用ディレクトリ
AJSQL_AGTWORKPATH
スケジューラーサービス
JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能
キューレスジョブ実行環境
資料採取ツール(_04.bat)の注意事項
64 ビット版 Windows を使用し,WOW64(Windows On Windows 64)環境下で JP1/AJS3 の
資料採取ツール(_04.bat)で資料採取する場合,資料採取ツール(_04.bat)を修正する必要がありま
す。ただし,使用している JP1/AJS3 のバージョンが 09-00-06 以降の資料採取ツール(_04.bat)の
場合には,次に示す修正操作は不要です。
資料採取ツール(_04.bat)を修正する手順を,次に示します。
1. 資料採取ツール(_04.bat)を任意のフォルダにコピーする。
2. テキストエディターを使用して,コピーしたバッチファイルを次のように編集し,任意のファイル
名で保存する。
7. ログ情報の採取
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
238
7.1.2 ダンプファイルの出力設定手順
トラブルが発生した場合にダンプファイル(メモリーダンプ,クラッシュダンプ,およびユーザーモード
プロセスダンプ)が必要となることがあります。トラブル発生時に備えて,運用前にダンプファイルが出
力されるように設定しておくことを推奨します。
ダンプファイルの採取方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 トラ
ブルシューティング 1.4.1 Windows の場合」を参照してください。
(1) メモリーダンプの出力設定
1. コントロールパネルの[システム]をクリックする。
7. ログ情報の採取
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
239
[システム]ダイアログボックスが表示されます。
2.[システムの詳細設定]をクリックする。
[システムのプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。
3.[詳細設定]タブの[起動と回復]の[設定]ボタンをクリックする。
[起動と回復]ダイアログボックスが表示されます。
4.[デバッグ情報の書き込み]で,[完全メモリ ダンプ]を選択し,[ダンプ ファイル]に出力先のファ
イルを指定する。
搭載しているメモリーのサイズによっては[完全メモリ ダンプ]が表示されないことがあります。そ
の場合は[カーネル メモリ ダンプ]を選択してください。
注意事項
メモリーダンプのサイズは,実メモリーのサイズによって異なります。搭載している物理メモリーが大
きいと,メモリーダンプのサイズも大きくなります。メモリーダンプを採取できるだけのディスク領域
を確保してください。詳細については,Microsoft のドキュメントを参照してください。
(2) クラッシュダンプの出力設定
クラッシュダンプを出力するためには,Windows のレジストリー情報を設定する必要があります。詳細
な設定方法については,Microsoft の Windows Error Reporting(WER)関連のサポート技術情報を参
照してください。設定する際には,完全なダンプ情報を出力するように設定してください。
注意事項
クラッシュダンプは JP1 だけでなく,ほかのアプリケーションプログラムがクラッシュした場合でも出
力されます。また,クラッシュダンプが出力されると,その分ディスク容量が圧迫されます。クラッ
シュダンプが出力されるように設定する場合は,十分なディスク領域を確保しておいてください。
(3) ユーザーモードプロセスダンプの出力設定
JP1/AJS3 - View の場合,ユーザーモードプロセスダンプを出力するように設定します。詳細な設定方法
については,JP1/AJS3 - View のリリースノートを参照してください。
7. ログ情報の採取
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
240
8
クラスタ運用時のセットアップ
この章では,JP1/AJS3 をクラスタシステムで運用する場合のセットアップ方法について説明し
ます。
なお,クラスタシステムとは,これまで JP1 のマニュアルで「系切り替えシステム」と呼ばれて
いたものと同じです。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
241
8.1 クラスタ運用時のインストールとセットアップ
クラスタ運用に対応するためのインストールおよびセットアップについて説明します。
なお,クラスタ運用の概要については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用
ガイド 10.1 クラスタシステムの概要」を参照してください。
8.1.1 クラスタ運用時のインストール
実行系,待機系それぞれのローカルディスク上に JP1/AJS3 をインストールしてください。インストール
の際には,実行系,待機系とも,同じ名称のドライブおよびフォルダを指定してください。
注意事項
共有ディスク上には,JP1/AJS3 をインストールしないでください。
8.1.2 クラスタ運用時のセットアップ
JP1/AJS3 をクラスタ運用するシステムを構築する場合の,Windows ホストのセットアップについて説明
します。
(1) クラスタシステムをセットアップする際の確認事項
• 使用するクラスタソフトへの対応を確認してからセットアップおよび運用してください。クラスタシス
テムのセットアップについては,使用するクラスタシステムのドキュメントを参照してください。
• JP1/AJS3 でクラスタシステムのセットアップをする前に,必ず JP1/Base でクラスタシステムをセッ
トアップしておいてください。ただし,JP1/AJS3 - Web Console の場合,JP1/Base のセットアップ
は不要です。
• 実行系と待機系の JP1 シリーズプログラムは,同じドライブおよび同じフォルダにインストールしてく
ださい。
• JP1/AJS3 で必要なセットアップについては,「3. セットアップ」も合わせて参照してください。
(2) JP1/AJS3 - Manager のセットアップ
JP1/AJS3 - Manager のクラスタ運用時のセットアップ手順を次の図に示します。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
242
図 8‒1 クラスタ運用時のセットアップ手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Manager の場合)
(3) JP1/AJS3 - Agent のセットアップ
JP1/AJS3 - Agent のクラスタ運用時のセットアップ手順を次の図に示します。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
243
図 8‒2 クラスタ運用時のセットアップ手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Agent の場合)
(4) JP1/AJS3 - Web Console のセットアップ
JP1/AJS3 - Web Console のクラスタ運用時のセットアップ手順を次の図に示します。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
244
図 8‒3 クラスタ運用時のセットアップ手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Web Console の場合)
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
245
8.2 クラスタ運用の環境設定
クラスタ運用に対応するための JP1/AJS3 の環境設定について説明します。
説明中のコマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマン
ドリファレンス 2. セットアップコマンド」およびマニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド」を参照してください。
8.2.1 クラスタシステムの環境設定の項目
ここでは,環境設定で設定する項目について説明します。実際の設定手順については,次の個所で説明し
ます。
• 8.2.2 クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Manager)
• 8.2.3 クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Agent)
• 8.2.4 クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Web Console)
JP1/AJS3 - Web Console の場合は,「(1) 共有ディスクへの共有ファイルの作成」と「(5) サービスの登
録」だけを実施してください。
(1) 共有ディスクへの共有ファイルの作成
実行系・待機系の切り替え時に情報を共有するために,フォルダやファイルを共有ディスク上に作成しま
す。共有ディスク上の共有フォルダ内に作成される情報とフォルダ名を次の表に示します。
表 8‒1 共有フォルダ内に作成される情報とフォルダ名(JP1/AJS3 - Manager)
共有フォルダ内に作成される情報
フォルダ名※1
環境設定ファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\conf
ジョブ実行環境ファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\database
ジョブ情報ファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\jobinf
ログファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\log
システムファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\sys
作業ファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\tmp
バックアップファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\backup
組み込み DB データ領域ファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\embdb※2
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
246
注※1
これらのフォルダは,jajs_setup_cluster コマンド実行時に-d オプションで指定した共有フォルダの
下に自動的に作成されます。
注※2
jajs_setup_cluster コマンドに-S オプションを指定した場合は,作成されません。
表 8‒2 共有フォルダ内に作成される情報とフォルダ名(JP1/AJS3 - Agent)
共有フォルダ内に作成される情報
フォルダ名※
環境設定ファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\conf
ログファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\log
システムファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\sys
作業ファイル
共有フォルダ名\jp1ajs2\tmp
注※
これらのフォルダは,jajs_setup_cluster コマンド実行時に-d オプションで指定した共有フォルダの
下に自動的に作成されます。
表 8‒3 共有フォルダ内に作成される情報とフォルダ名(JP1/AJS3 - Web Console)
共有フォルダ内に作成される情報
フォルダ名※
ユーザー環境設定ファイル
共有フォルダ名\jp1ajs3web\sys\user
環境設定ファイル
共有フォルダ名\jp1ajs3web\conf
ログファイル
共有フォルダ名\jp1ajs3web\log
注※
これらのフォルダは,ajswebsetup コマンド実行時に-d オプションで指定した共有フォルダの下に自動
的に作成されます。
共有フォルダは,論理ホストの環境設定時に指定したフォルダを指定してください。論理ホストが異なる
場合は,別のフォルダを割り当ててください。論理ホストごとに割り当てたフォルダ下に,共有するフォ
ルダやファイルを作成します。
(例)
論理ホスト「node0」の共有フォルダとして「e:\shdsk\node0」を指定する場合
e:\shdsk\node0\jp1ajs2\conf
e:\shdsk\node0\jp1ajs2\database
e:\shdsk\node0\jp1ajs2\jobinf
e:\shdsk\node0\jp1ajs2\log
e:\shdsk\node0\jp1ajs2\sys
e:\shdsk\node0\jp1ajs2\tmp
e:\shdsk\node0\jp1ajs2\backup
e:\shdsk\node0\jp1ajs2\embdb
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
247
(2) 通信方式の設定
通信で使用する TCP/IP ソケットに IP アドレスをバインドする方法が設定されます。クラスタシステム
で多重起動をする場合は,物理ホストも含めてすべて IP アドレスにバインドする方式を使用します。「8.2.2
クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Manager)」に従うと,IP アドレスにバ
インドする方式が自動的に設定されます。
スケジューラーサービスの多重起動の設定でジョブ状態通知ポートのサービス名に対するポート番号を追
加している場合は,ポート番号を設定してください。
(3) 同一ホスト上に物理ホスト環境と論理ホスト環境を構築する場合の設定
Windows 環境で同一ホスト上に物理ホスト環境と論理ホスト環境を構築する場合,物理ホスト環境と論
理ホスト環境の JP1/Base の通信設定をする必要があります。
JP1/Base の通信設定方法や確認方法などの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」の,同
一ホスト上に物理ホスト環境と論理ホスト環境を構築する場合の設定について説明している個所を参照し
てください。
(4) 共通定義情報の設定
JP1/AJS3,JP1/Base,JP1/IM では,論理ホストごとの情報を共通定義情報としてローカルディスク上に
持っており,論理ホストごとに同じ内容にしておく必要があります。
引き継がれる情報は,環境設定ファイルやジョブ実行環境ファイルなどです。
(5) サービスの登録
使用するクラスタソフトに,論理ホスト対応のサービスを登録します。
登録するサービスを次に示します。
JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent の場合
• JP1/AJS3 サービス
JP1/AJS3 サービスは,次の名称で登録されます。
表示名称:JP1/AJS3_論理ホスト名
サービス名:JP1_AJS2_論理ホスト名
JP1/AJS3 - Web Console の場合
• JP1/AJS3 HTTP Server サービス
JP1/AJS3 HTTP Server サービスは,次の名称で登録されます。
表示名称:JP1/AJS3 HTTP Server
サービス名:JP1_AJS3_HTTP_Server
• JP1/AJS3 Web Application Server サービス
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
248
JP1/AJS3 Web Application Server サービスは,次の名称で登録されます。
表示名称:JP1/AJS3 Web Application Server
サービス名:JP1_AJS3_Web_Application_Server
(6) サーバ証明書の取得
クラスタシステムの論理ホストで SSL 通信を利用する場合,論理ホストのホスト名でサーバ証明書を取得
してください。物理ホストのホスト名でサーバ証明書を取得しても,論理ホストでは使用できません。た
だし,次の場合は,物理ホストで論理ホストと同じサーバ証明書を使用できます。
• 物理ホストのサーバ証明書の SAN に,論理ホスト名を記載している場合
• 物理ホストのサーバ証明書がワイルドカード証明書で,記載されているホスト名が論理ホスト名に合致
する場合
サーバ証明書の取得など SSL 通信の設定については,「21.4 SSL を利用した通信の設定」を参照してくだ
さい。
8.2.2 クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 Manager)
JP1/AJS3 - Manager のクラスタシステムの環境設定では,実行系と待機系のそれぞれで,「8.2.1 クラス
タシステムの環境設定の項目」で説明した項目を定義します。この作業は,JP1 のすべてのサービスを停
止したあとで実施してください。
環境設定の手順を次に示します。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
249
図 8‒4 クラスタシステムの環境設定の手順(JP1/AJS3 - Manager)
(1) 実行系での作業
1. JP1/Base の実行系での作業をする。
JP1/Base の作業については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
jp1hosts2 情報を使用する場合は,物理マージ機構で,物理ホストに設定したjp1hosts2 情報を,論理
ホストへ反映してください。物理マージ機構については,「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
なお,物理ホストと論理ホストを同時に起動する場合,物理ホストと論理ホストのjp1hosts 情報,ま
たは物理ホストのjp1hosts2 情報に,物理ホストの IP アドレスを設定する必要があります。
この設定のほかにも,ネットワーク構成や運用環境によってjp1hosts 情報またはjp1hosts2 情報の設定
が必要な場合があります。マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」のクラスタ運用に関する注意事項,お
よびjp1hosts 情報またはjp1hosts2 情報の設定方法を参照し,必要な設定を行ってください。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
250
2. 物理ホストの JP1/AJS3 - Manager をセットアップする。
物理ホストの JP1/AJS3 - Manager をセットアップします。JP1/AJS3 - Web Console を JP1/AJS3
- Manager と同じホストで使用する場合は,JP1/AJS3 - Web Console のセットアップもします。
詳細については,「3. セットアップ」を参照してください。
3. jajs_setup_cluster コマンドを実行して論理ホストを設定し,共有ディスク上に共有ファイル,共有
フォルダを作成する。
すべての論理ホストと物理ホストの JP1/AJS3 サービスを停止します。セットアップ対象とする論理ホ
ストの IP アドレスを使って通信できる状態にしたあと,jajs_setup_cluster コマンドを実行してくだ
さい。
jajs_setup_cluster コマンドの入力形式を次に示します。
jajs_setup_cluster
[-h 論理ホスト名]
-F スケジューラーサービス名
-d 共有フォルダ名
[-n スケジューラーサービスの識別番号]
[-m {cold|warm|hot}]
{-P 組み込みDBポート番号
-I 組み込みDBセットアップ識別子
[-M {s|m|l}] |
-S
}
jajs_setup_cluster コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_setup_cluster」を参照してください。
• -h オプションには,JP1/Base で設定した論理ホスト名を指定します。
• -F オプションは必ず指定してください。
• -d オプションは,実行系の環境設定時には必ず指定してください。このオプションには,共有フォ
ルダと共有ファイルを作成する,共有ディスク上のフォルダを指定します。共有フォルダとして,
「指定したフォルダ名\jp1ajs2\」を作成し,ローカルディスクの定義ファイル(JP1/AJS3 -
Manager のインストール先フォルダ\conf\下のファイル)をコピーします。実行するときには,
必ず共有ディスクをマウントしておいてください。省略した場合は,待機系の環境設定を行います。
• -n オプションを省略した場合は,使用していない識別番号のいちばん小さい値が仮定されます。
• -m オプションには,スケジューラーサービスの起動モードを指定します。実行系の環境設定時にだ
け有効です。省略した場合は,環境設定パラメーターDEFAULTSERVICENAME に指定されたスケジュー
ラーサービスの値を引き継ぎます。
• -P オプションおよび-I オプションは,論理ホストのセットアップ時に,同時に組み込み DB のセッ
トアップを実行する場合に指定します。
-P オプションには,論理ホストで使用する組み込み DB のポート番号を指定します。
-I オプションには,論理ホストで使用する組み込み DB のセットアップ識別子を指定します。
この場合は次の設定で組み込み DB がセットアップされます。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
251
・システムログ運用:行わない
・システムファイルの二重化 :行わない
・アンロードログファイル:使用しない
・データ領域ディレクトリ:共有フォルダ\jp1ajs2\embdb\-I オプション指定値\dbarea
・作業領域ディレクトリ:JP1/AJS3 - Manager のインストール先フォルダ\embdb\-I オプション
指定値\dbarea
・組み込み DB 運用ディレクトリ:JP1/AJS3 - Manager のインストール先フォルダ\embdb\-I オ
プション指定値
・データベース領域の自動増分:行う
・システムログの自動増分:行う
その他はデフォルト値が設定されます。
• -M オプションには,データベースモデルを指定します。省略した場合は,s(小規模)が仮定され
ます。
このオプションは,JP1/AJS3 のバージョンが 10-00 以降の場合にだけ使用できます。
• -S オプションは,組み込み DB の高度なセットアップを実行する場合に指定します。
-S オプションを指定した場合,論理ホストのセットアップ時に組み込み DB のセットアップは実行
されません。別途,組み込み DB をセットアップする必要があります。
4. ジョブ実行環境を作成するために,次のコマンドを実行する。
jpqimport -dt isam -ci QUEUEジョブ,サブミットジョブの実行環境構成定義ファイル名 [-mh 論
理ホスト名]
jpqimport コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド jpqimport」を参照してください。
5. 組み込み DB の高度なセットアップを実行する。
手順 3 で-S オプションを指定した場合,組み込み DB の高度なセットアップを実施します。
組み込み DB の高度なセットアップについては,「23.3 組み込み DB の高度なセットアップ(クラスタ
構成の場合)
」を参照してください。
6. キューレスジョブを利用する場合は,キューレスジョブのセットアップをする。
次のコマンドを実行します。
ajsqlsetup -h 論理ホスト名 -F スケジューラーサービス名
ajsqlsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajsqlsetup」を参照してください。
注意事項
ajsqlsetup コマンドを実行すると,共有ディスク上にキューレスジョブの実行に必要なファイルを
作成してチェックするため,必ず共有ディスクをマウントしてから実行してください。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
252
7. 接続元制限を設定する。
接続元制限の有効/無効や,接続を許可する IP アドレスが物理ホストと異なる場合は,論理ホストで
接続元制限の設定をしてください。
物理ホストと同じ設定で問題ない場合でも,自ホストの IP アドレスとして論理ホスト用 IP アドレスが
新たに割り当てられることになるため,接続元制限が有効な物理ホストおよび論理ホストの接続許可設
定ファイルに論理ホスト用 IP アドレスを追加してください。
接続元制限の設定方法については,「21.2 JP1/AJS3 への接続を制限する設定」を参照してください。
8. 論理ホストのサービスの設定を確認する。
環境設定パラメーターSTARTMODE などに,運用に適したオプションが設定されているか確認してくださ
い。
9. 組み込み DB のサービスを停止する。
この手順で「JP1/AJS3 Database _JFn」※がサービスに追加された場合,追加された「JP1/AJS3
Database _JFn」が停止していることを確認してください。「JP1/AJS3 Database _JFn」が起動して
いる場合は,停止してください。
注※
「_JFn」は論理ホストの JP1/AJS3 サービスが使用する組み込み DB セットアップ識別子です。
10. 論理ホストの環境設定パラメーター EventServerName の設定値を変更する。
物理ホストの環境設定パラメーターEventServerName に FQDN 形式の物理ホスト名を指定している場
合は,論理ホストの環境設定パラメーターEventServerName の設定値を FQDN 形式の論理ホスト名に
変更してください。
環境設定パラメーターEventServerName については「6.3.18 DNS を使ったシステムでのイベントサー
バ名の設定」を参照してください。
これで実行系での作業は完了です。
注意事項
• 設定は論理ホストごとに実施してください。
• 実行系の論理ホストの設定(jajs_setup_cluster コマンド)は,環境設定パラメーター
DEFAULTSERVICENAME に指定されたスケジューラーサービスの環境をコピーして,論理ホスト環境を
作成します。
• 論理ホストでスケジューラーサービスの追加が必要な場合は,「8.2.9(1) 論理ホストでスケジュー
ラーサービスを追加する」を参照して設定してください。
• 実行系の論理ホストの設定(jajs_setup_cluster コマンド)を実行すると,論理ホスト用の設定
ファイルが共有フォルダのconf フォルダ配下に作成されます。論理ホストの設定を変更する場合
は,論理ホスト用の設定ファイルを編集してください。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
253
(2) 待機系での作業
1. 物理ホストの JP1/Base と JP1/AJS3 - Manager をセットアップする。
物理ホストの JP1/Base と JP1/AJS3 - Manager をセットアップします。JP1/AJS3 - Web Console
を JP1/AJS3 - Manager と同じホストで使用する場合は,JP1/AJS3 - Web Console のセットアップ
もします。
詳細については,「3. セットアップ」を参照してください。
2. 実行系での JP1/Base,JP1/AJS3,JP1/IM の作業を完了させたあと,実行系の共通定義情報を退避
し,待機系に共通定義情報を設定する。
実行系での作業が完了したあと,実行系でjbsgetcnf コマンドを実行し,共通定義情報を退避します。
その退避ファイルを待機系にコピーし,退避ファイルを引数に指定してjbssetcnf コマンドを実行しま
す。実行するコマンドを次に示します。
実行系
jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > 退避ファイル名
待機系
jbssetcnf 退避ファイル名
3. JP1/Base の待機系での作業をする。
JP1/Base の作業については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
jp1hosts2 情報を使用する場合は,物理マージ機構で,物理ホストに設定したjp1hosts2 情報を,論理
ホストへ反映してください。物理マージ機構については,「JP1/Base 運用ガイド」を参照してくださ
い。また,待機系の物理ホストには,実行系の物理ホストのjp1hosts2 情報と同じ内容のjp1hosts2 情
報を設定してください。
なお,物理ホストと論理ホストを同時に起動する場合,物理ホストと論理ホストのjp1hosts 情報,ま
たは物理ホストのjp1hosts2 情報に,物理ホストの IP アドレスを設定する必要があります。
4. jajs_setup_cluster コマンドを実行して,論理ホストを設定する。
jajs_setup_cluster コマンドの入力形式を次に示します。
jajs_setup_cluster
[-h 論理ホスト名]
-F スケジューラーサービス名
[-S|-C 組み込みDB設定ファイル名]
• -h オプションには,JP1/Base で設定した論理ホスト名を指定します。
• -F オプションには,実行系で指定したスケジューラーサービス名を必ず指定します。
• -S オプションは,組み込み DB の高度なセットアップを実行する場合に指定します。
-S オプションを指定した場合,論理ホストのセットアップ時に組み込み DB のセットアップは実行
されません。別途,組み込み DB をセットアップする必要があります。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
254
• -C オプションは,実行系で組み込み DB を構築する際に,高度なセットアップを行った場合,また
は実行系でjajs_setup_cluster コマンドに-M オプションを指定して実行した場合に指定します。こ
のオプションを指定する場合,コマンドの実行前に,組み込み DB 設定ファイルを実行系から待機
系にコピーしておいてください。
また,実行系で組み込み DB の高度なセットアップを行っている場合,ajsembdbinstl コマンドお
よびajsembdbbuild コマンド実行時に指定した次のディレクトリを,jajs_setup_cluster コマンド
を実行する前に待機系であらかじめ作成してください。
・アンロードログファイル作成ディレクトリ
・組み込み DB 作業領域ディレクトリ
・組み込み DB インストール先フォルダ
なお,アンロードログファイル作成ディレクトリは,実行系のセットアップ時にローカルディスク
上のディレクトリを指定した場合,待機系でも作成が必要です。
このオプションを指定すると,論理ホストの組み込み DB が,実行系と同じ内容でセットアップさ
れます。
組み込み DB 設定ファイルの出力先を次に示します。
組み込み DB 運用ディレクトリ\conf\ajsdbst\ajsembdb セットアップ識別子.conf
バージョン 09-50 以前の JP1/AJS3 で構築された組み込み DB には,このオプションは指定できま
せん。
5. 組み込み DB の高度なセットアップを実行する。
手順 4 で-S オプションを指定した場合,組み込み DB の高度なセットアップを実施します。
組み込み DB の高度なセットアップについては,「23.3 組み込み DB の高度なセットアップ(クラスタ
構成の場合)」を参照してください。
6. キューレスジョブを利用する場合は,キューレスジョブのセットアップをする。
次のコマンドを実行します。
ajsqlsetup -h 論理ホスト名 -F スケジューラーサービス名 -nc
ajsqlsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajsqlsetup」を参照してください。
7. 組み込み DB のサービスを停止する。
この手順で「JP1/AJS3 Database _JFn」※がサービスに追加された場合,追加された「JP1/AJS3
Database _JFn」が停止していることを確認してください。「JP1/AJS3 Database _JFn」が起動してい
る場合は,停止してください。
注※
「_JFn」は論理ホストの JP1/AJS3 サービスが使用する組み込み DB セットアップ識別子です。
これで待機系での作業は完了です。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
255
注意事項
• 設定は論理ホストごとに実施してください。
• 論理ホストでスケジューラーサービスを追加する設定が必要な場合は,「8.2.9(1) 論理ホストでスケ
ジューラーサービスを追加する」を参照して設定してください。
8.2.3 クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 Agent)
JP1/AJS3 - Agent のクラスタシステムの環境設定では,実行系と待機系のそれぞれで,「8.2.1 クラスタ
システムの環境設定の項目」で説明した項目を定義します。この作業は,JP1 のすべてのサービスを停止
したあとで実施してください。
環境設定の手順を次に示します。
図 8‒5 クラスタシステムの環境設定の手順(JP1/AJS3 - Agent)
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
256
(1) 実行系での作業
1. JP1/Base の実行系での作業をする。
JP1/Base の作業については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
jp1hosts2 情報を使用する場合は,物理マージ機構で,物理ホストに設定したjp1hosts2 情報を,論理
ホストへ反映してください。物理マージ機構については,「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
なお,物理ホストと論理ホストを同時に起動する場合,物理ホストと論理ホストのjp1hosts 情報,ま
たは物理ホストのjp1hosts2 情報に,物理ホストの IP アドレスを設定する必要があります。
この設定のほかにも,ネットワーク構成や運用環境によってjp1hosts 情報またはjp1hosts2 情報の設定
が必要な場合があります。マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」のクラスタ運用に関する注意事項,お
よびjp1hosts 情報またはjp1hosts2 情報の設定方法を参照し,必要な設定を行ってください。
2. 物理ホストの JP1/AJS3 - Agent をセットアップする。
物理ホストの JP1/AJS3 - Agent をセットアップします。
詳細については,「3. セットアップ」を参照してください。
3. jajs_setup_cluster コマンドを実行して論理ホストを設定し,共有ディスク上に共有ファイル,共有
フォルダを作成する。
jajs_setup_cluster コマンドの入力形式を次に示します。
jajs_setup_cluster -h 論理ホスト名 [-d 共有フォルダ名]
• -h オプションには,JP1/Base で設定した論理ホスト名を指定します。
• -d オプションは,実行系の環境設定時には必ず指定してください。このオプションには,共有フォ
ルダと共有ファイルを作成する,共有ディスク上のフォルダを指定します。共有フォルダとして,
「指定したフォルダ名\jp1ajs2\」を作成し,ローカルディスクの定義ファイル(JP1/AJS3 のイン
ストール先フォルダ\conf 下のファイル)をコピーします。実行するときには,必ず共有ディスク
をマウントしておいてください。省略した場合は,待機系の環境設定を行います。
4. キューレスジョブを利用する場合は,キューレスジョブのセットアップをする。
次のコマンドを実行します。
ajsqlsetup -h 論理ホスト名
ajsqlsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajsqlsetup」を参照してください。
注意事項
ajsqlsetup コマンドを実行すると,共有ディスク上にキューレスジョブの実行に必要なファイルを
作成してチェックするため,必ず共有ディスクをマウントしてから実行してください。
5. 接続元制限を設定する。
接続元制限の有効/無効や,接続を許可する IP アドレスが物理ホストと異なる場合は,論理ホストで
接続元制限の設定をしてください。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
257
接続元制限に関する設定が物理ホストと論理ホストで同じ場合は,論理ホストで設定する必要はありま
せん。
接続元制限の設定方法については,「21.2 JP1/AJS3 への接続を制限する設定」を参照してください。
6. 論理ホストの環境設定パラメーター EventServerName の設定値を変更する。
物理ホストの環境設定パラメーターEventServerName に FQDN 形式の物理ホスト名を指定している場
合は,論理ホストの環境設定パラメーターEventServerName の設定値を FQDN 形式の論理ホスト名に
変更してください。
環境設定パラメーターEventServerName については「6.3.18 DNS を使ったシステムでのイベントサー
バ名の設定」を参照してください。
これで実行系での作業は完了です。
注意事項
設定は論理ホストごとに実施してください。
(2) 待機系での作業
1. 物理ホストの JP1/Base と JP1/AJS3 - Agent をセットアップする。
物理ホストの JP1/Base と JP1/AJS3 - Agent をセットアップします。
詳細については,「3. セットアップ」を参照してください。
2. 実行系での JP1/Base,JP1/AJS3,JP1/IM の作業を完了させたあと,実行系の共通定義情報を退避
し,待機系に共通定義情報を設定する。
実行系での作業が完了したあと,実行系でjbsgetcnf コマンドを実行し,共通定義情報を退避します。
その退避ファイルを待機系にコピーし,退避ファイルを引数に指定してjbssetcnf コマンドを実行しま
す。実行するコマンドを次に示します。
実行系
jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > 退避ファイル名
待機系
jbssetcnf 退避ファイル名
3. JP1/Base の待機系での作業をする。
JP1/Base の作業については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
jp1hosts2 情報を使用する場合は,物理マージ機構で,物理ホストに設定したjp1hosts2 情報を,論理
ホストへ反映してください。物理マージ機構については,「JP1/Base 運用ガイド」を参照してくださ
い。また,待機系の物理ホストには,実行系の物理ホストのjp1hosts2 情報と同じ内容のjp1hosts2 情
報を設定してください。
なお,物理ホストと論理ホストを同時に起動する場合,物理ホストと論理ホストのjp1hosts 情報,ま
たは物理ホストのjp1hosts2 情報に,物理ホストの IP アドレスを設定する必要があります。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
258
4. jajs_setup_cluster コマンドを実行して,論理ホストを設定する。
jajs_setup_cluster コマンドの入力形式を次に示します。
jajs_setup_cluster -h 論理ホスト名
-h オプションには,JP1/Base で設定した論理ホスト名を指定します。
5. キューレスジョブを利用する場合は,キューレスジョブのセットアップをする。
次のコマンドを実行します。
ajsqlsetup -h 論理ホスト名
ajsqlsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajsqlsetup」を参照してください。
これで待機系での作業は完了です。
注意事項
設定は論理ホストごとに実施してください。
8.2.4 クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Web
Console)
JP1/AJS3 - Web Console のクラスタシステムの環境設定について説明します。
JP1/AJS3 - Web Console のクラスタシステムの環境設定では,実行系と待機系のそれぞれで,「8.2.1 ク
ラスタシステムの環境設定の項目」で説明した項目を定義します。この作業は,JP1 のすべてのサービス
を停止したあとで実施してください。
環境設定の手順を次に示します。
図 8‒6 クラスタシステムの環境設定の手順(JP1/AJS3 - Web Console)
(1) 実行系での作業
ajswebsetup コマンドを実行して,共有ディスク上に共有ファイル,共有フォルダを作成してください。
次のコマンドを実行します。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
259
ajswebsetup -d 共有フォルダ -m
ajswebsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajswebsetup」を参照してください。
これで実行系での作業は完了です。
(2) 待機系での作業
ajswebsetup コマンドを実行して,JP1/AJS3 - Web Console のクラスタ環境をセットアップしてくださ
い。
次のコマンドを実行します。
ajswebsetup -d 共有フォルダ -s
ajswebsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajswebsetup」を参照してください。
これで待機系での作業は完了です。
8.2.5 共通定義情報変更時の作業
クラスタ運用の場合,JP1/Base,JP1/AJS3 および JP1/IM の共通定義情報を各物理ホスト上で一致させ
る必要があります。実行系の物理ホストで JP1/Base,JP1/AJS3,JP1/IM の設定が完了し,共通定義情
報を変更したあと※に次に示すコマンドを実行して,各物理ホスト上の情報を一致させてください。
なお,この操作は,JP1/Base,JP1/AJS3 および JP1/IM すべての製品に影響を与えるので注意してくだ
さい。
実行系
jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > 退避ファイル名
待機系
jbssetcnf 退避ファイル名
注※
JP1/AJS3 を使用している場合に,JP1/Base,JP1/AJS3 および JP1/IM の共通定義情報が更新される
タイミングを次に示します。
• JP1/Base のjbssetcnf コマンド(環境設定ファイル内の情報をレジストリーに登録するコマンド)
で共通定義情報を変更したとき。
• JP1/AJS3 の次に示すコマンドで,JP1/AJS3 の設定を変更したとき。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
260
・jpqregguestuser コマンド
・jpqreguser コマンド
• JP1/AJS3 の次に示すコマンドで,JP1/AJS3 のセットアップをしたとき。
・jajs_setup コマンド
・jajs_config コマンド
・jajs_setup_cluster コマンド
・ajsembdbsetup コマンド
• JP1/AJS2 の[マネージャー環境設定]ダイアログボックスまたは[エージェント環境設定]ダイ
アログボックスで,設定を変更したとき。
• JP1/Power Monitor のjaomajs2confset コマンド(JP1/AJS3 と連携して,JP1/AJS3 でホストの
電源を制御する場合に必要な環境を設定するコマンド)で,JP1/AJS3 との連携を設定したとき。
8.2.6 クラスタソフトへの登録
クラスタソフトに設定する情報や,サービスの運用方法について説明します。
(1) JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent の場合
使用するクラスタソフトに,論理ホストの JP1/AJS3 サービスを登録してください。登録方法の詳細につ
いては,各クラスタソフトのドキュメントを参照してください。
クラスタソフトに設定する情報
• 環境設定で登録された「JP1_AJS2_論理ホスト名」という名称のサービスをクラスタソフトに登録
してください。
• JP1/AJS3 サービスは,使用する IP アドレスおよび共有ディスクと一緒に,実行系から待機系に引
き継がれるようにしてください。アプリケーションプログラムも一緒に引き継がれるように設定し
てください。
• IP アドレスおよび共有ディスクが引き継がれ,待機系の JP1/Base が起動したあとに JP1/AJS3 が
起動するようにしてください。
JP1/AJS3 サービスの起動・停止
• クラスタソフトに登録した JP1/AJS3 サービスは,クラスタソフトの操作で起動または停止してく
ださい。
JP1/AJS3 の運用監視
• JP1/AJS3 サービスの起動状態は,クラスタソフトによって監視されます。
• 次の環境設定パラメーターを設定すると,回復できない障害によって組み込み DB サービスが停止
状態になった場合に,JP1/AJS3 のサービスを停止することでクラスタソフトによって障害を検知
できます。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
261
環境設定パラメーター
説明
"RDBCHECKINTERVAL"=
組み込み DB サービスとの接続を確認し,切断を検知したときにスケジューラー
サービスを自動的に停止させます。
環境設定パラメーターの詳細については,「20.4 スケジューラーサービス環境設定」を参照してく
ださい。
注意事項
• キューレスジョブを使用する場合は,「8.2.7 キューレスジョブ実行環境の設定」を参照してくださ
い。
• クラスタ運用時のセットアップ後,最初の JP1/AJS3 のサービスを起動するときは,JP1/AJS3 の
サービスを起動する前に,「JP1/AJS3 Database _JFn」※が停止されていることを確認してくださ
い。「JP1/AJS3 Database _JFn」が起動している場合は,「JP1/AJS3 Database _JFn」を停止したあ
とに,JP1/AJS3 のサービスを起動してください。クラスタ運用を開始してからは,「JP1/AJS3
Database _JFn」を停止する必要はありません。
• 使用するクラスタソフトに,「JP1/AJS3 Database _JFn」※のサービスを登録する必要はありませ
ん。JP1/AJS3 - Manager のバージョンが 10-00 より前の場合は,「JP1/AJS3 Database
ClusterService _JFn」※のサービスも登録する必要はありません。
注※
「_JFn」は論理ホストの JP1/AJS3 サービスが使用する組み込み DB セットアップ識別子です。
(2) JP1/AJS3 - Web Console の場合
使用するクラスタソフトに,JP1/AJS3 - Web Console のサービスを登録してください。登録方法の詳細
については,各クラスタソフトのドキュメントを参照してください。
クラスタソフトにサービスを登録する前に,[コントロールパネル]−[管理ツール]−[サービス]画面
で,登録するサービスの[スタートアップの種類]の設定を「自動」から「手動」に変更してください。
クラスタソフトに設定するサービス
次の手順でサービスをクラスタソフトに登録してください。
1. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択する。
2. クラスタソフトに登録するサービスの[スタートアップの種類]の設定を,「自動」から「手動」に
変更する。
クラスタソフトに登録するサービスを次に示します。
・JP1/AJS3 HTTP Server サービス
・JP1/AJS3 Web Application Server サービス
これらのサービスの[スタートアップの種類]の設定を「自動」から「手動」に変更します。
3. JP1/AJS3 HTTP Server サービスと JP1/AJS3 Web Application Server サービスをクラスタソフ
トに登録する。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
262
注意事項
• JP1/AJS3 - Web Console のサービスは,使用する IP アドレスおよび共有ディスクと一緒に,
実行系から待機系に引き継がれるようにしてください。
• IP アドレスおよび共有ディスクが引き継がれたあとに,JP1/AJS3 - Web Console のサービス
が起動するようにしてください。
• Windows Server フェールオーバークラスタリング(WSFC)を使用している場合,サービス
を登録したあと,次の手順を実施してください。
1. Windows Server 2012 以降の場合,サーバーマネージャーの「役割と機能の追加ウィザー
ド」の配下の階層にある「フェイルオーバークラスターコマンドインターフェイス」を追加イン
ストールする。
2. Administrators 権限でコマンドプロンプトを起動し,次のコマンドを実行する。
Cluster res "JP1/AJS3 HTTP Server" /priv StartupParameters=""
3. Windows の[コントロールパネル]の[管理ツール]で[サービス]を選択する。
4. JP1/AJS3 HTTP Server サービスの[プロパティ]ダイアログボックスを表示し,[全般]タ
ブのスタートアップパラメータの値が空白になっていることを確認する。
サービスの起動・停止
クラスタソフトに登録したサービスは,クラスタソフトの操作で起動または停止してください。
サービスの運用監視
サービスの起動状態は,クラスタソフトによって監視されます。
8.2.7 キューレスジョブ実行環境の設定
キューレスジョブを使用する場合は,系切り替え時に系切り替え元ホストで論理ホストのデタッチ,およ
び系切り替え先ホストの論理ホストのアタッチが必要です。
系切り替え時に自動で論理ホストのアタッチおよびデタッチを行う場合は,次の操作を行ってください。
(1) JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent を新規インストールし
て環境を構築する場合
JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent を新規インストールして環境を構築する場合に,実行系
および待機系で行う操作の手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent を新規インストールする。
インストール手順については,「2.2.2 JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストールする」を参照して
ください。
2. 物理ホストをセットアップする。
セットアップ手順については,「3. セットアップ」を参照してください。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
263
3. 論理ホストをセットアップする。
セットアップ手順については,「8.2.2 クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 Manager)
」または「8.2.3 クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Agent)
」
を参照してください。
4. jp1ajs_hstd.conf ファイルを編集する。
手順 3 でセットアップした論理ホストのjp1ajs_hstd.conf ファイルを編集します。
• JP1/AJS3 - Manager をインストールしていて,標準構成(ISAM レス構成)やスケジューラーの
状態監視の設定時などにjp1ajs_hstd.conf ファイルを更新している場合
jp1ajs_hstd.conf ファイルのバックアップを作成し,jp1ajs_hstd.conf ファイルの先頭に次の行を
追加してください。
qlcltd|ajsqlcltd.exe|||1800|
• JP1/AJS3 - Manager をインストールしていて,jp1ajs_hstd.conf ファイルを更新していない場合
jp1ajs_hstd.conf ファイルのバックアップを作成したあと,jp1ajs_hstd.conf ファイルを削除して
ください。そのあと,jp1ajs_hstd_ql.conf.model ファイルをコピーして,コピーしたファイルを
jp1ajs_hstd.conf にリネームしてください。
• JP1/AJS3 - Agent をインストールしている場合
jp1ajs_spmd.conf ファイルのバックアップを作成したあと,jp1ajs_spmd.conf ファイルを削除して
ください。そのあと,jp1ajs_spmd_ql.conf.model ファイルをコピーして,コピーしたファイルを
jp1ajs_spmd.conf にリネームしてください。
jp1ajs_hstd.conf ファイルを編集する必要はありません。
jp1ajs_hstd.conf ファイルおよびjp1ajs_hstd_ql.conf.model ファイル格納フォルダは,共有フォル
ダ名\jp1ajs2\conf です。
5. キューレスエージェントサービスおよびキューレスファイル転送サービスを起動する。
キューレスエージェントサービスを起動します。JP1/AJS3 - Manager の場合は,キューレスファイル
転送サービスも起動してください。
(2) JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップイ
ンストールして環境を構築する場合
JP1/AJS2 - Manager または JP1/AJS2 - Agent のバージョン 7 からバージョンアップインストールして
環境を構築する場合に,実行系および待機系で行う操作の手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップインストールする。
バージョンアップインストール手順については,「2.2.2 JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストール
する」を参照してください。
すでにバージョンアップインストール済みの場合,再度インストールする必要はありません。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
264
2. 物理ホストのキューレスジョブ実行環境をセットアップする。
物理ホストのキューレスジョブ実行環境をセットアップしていない場合は,ajsqlsetup コマンドを使
用してセットアップしてください。ajsqlsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/
Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajsqlsetup」を参照してください。
3. 論理ホストをセットアップする。
論理ホストをセットアップしていない場合は,セットアップしてください。
セットアップ手順については,「8.2.2 クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 Manager)
」または「8.2.3 クラスタシステムの環境設定の手順(Windows 版 JP1/AJS3 - Agent)
」
を参照してください。
また,論理ホストのセットアップ時にキューレスジョブ実行環境をセットアップしていない場合は,
ajsqlsetup コマンドを使用してセットアップしてください。ajsqlsetup コマンドの詳細については,
マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 4. 特別な運用で使
用するコマンド ajsqlsetup」を参照してください。
4. jp1ajs_hstd.conf ファイルを編集する。
自動アタッチ・デタッチ対象論理ホストのjp1ajs_hstd.conf ファイルを編集します。
• JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールしている場合
jp1ajs_hstd.conf ファイルに次の行が記載されているかを確認してください。記載がなければ,
jp1ajs_hstd.conf ファイルのバックアップを作成した上で,jp1ajs_hstd.conf ファイルの先頭に次
の行を追加してください。
qlcltd|ajsqlcltd.exe|||1800|
• JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップインストールしている場合
jp1ajs_spmd.conf ファイルのバックアップを作成したあと,jp1ajs_spmd.conf ファイルを削除して
ください。そのあと,jp1ajs_spmd_ql.conf.model ファイルをコピーして,コピーしたファイルを
jp1ajs_spmd.conf にリネームしてください。
jp1ajs_hstd.conf ファイルを編集する必要はありません。
jp1ajs_hstd.conf ファイルおよびjp1ajs_hstd_ql.conf.model ファイル格納フォルダは,共有フォル
ダ名\jp1ajs2\conf です。
5. キューレスエージェントサービスおよびキューレスファイル転送サービスを起動する。
キューレスエージェントサービスを起動します。JP1/AJS3 - Manager の場合は,キューレスファイル
転送サービスも起動してください。
上記の設定後,論理ホストの JP1/AJS3 のサービス起動時に,キューレスクラスタプロセスが同時に起動
され,自動でキューレスクラスタプロセスから論理ホストのアタッチが行われます。また,論理ホストの
JP1/AJS3 のサービス停止時に,キューレスクラスタプロセスが同時に停止され,自動でキューレスクラ
スタプロセスから論理ホストのデタッチが行われます。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
265
(3) キューレスジョブ使用時に論理ホストを自動でアタッチ・デタッチする
場合の注意事項
• この機能は,論理ホストごとに設定する必要があります。その際,キューレスクラスタプロセスは,論
理ホストごとに生成されます。
キューレスジョブを使用しない論理ホストでは,この機能を設定する必要はありません。
• この機能は,クラスタシステム運用をしていない論理ホストでも設定できます。
• クラスタシステム運用時にこの機能を使用しない場合は,系切り替え時に手動でajsqlattach コマンド
およびajsqldetach コマンドを実行し,論理ホストのアタッチ・デタッチを行ってください。
• この機能を使用する場合は,実行系・待機系ともにキューレスエージェントサービスを事前に起動して
おく必要があります。また,系切り替え時にキューレスエージェントサービスを起動・停止する必要は
ありません。
• この機能は,物理ホストでは使用できません。
• デフォルトの設定では,自動アタッチに失敗してもキューレスクラスタプロセスを異常終了させない
で,論理ホストの JP1/AJS3 のサービス起動処理を続行します。キューレスクラスタプロセスを異常終
了させて,JP1/AJS3 のサービスの起動処理を中止したい場合は,環境設定パラメーター
AJSQL_CLUSTERREQ に「error」を設定してください。AJSQL_CLUSTERREQ の詳細については,「20.10
キューレスジョブ実行環境設定」を参照してください。
• 自動デタッチに失敗した場合は,キューレスクラスタプロセスが異常終了します。また,論理ホストの
JP1/AJS3 のサービス停止処理も異常終了します。
• この機能の使用時は,未使用時のjajs_spmd_status コマンドの実行結果と異なり,キューレスクラス
タプロセスの状態も出力されます。
(出力例)
未使用時
c:\>jajs_spmd_status -h LHOST1
KNAD3690-I JP1/AJS3の状態通知処理を開始します
稼働中のプロセスを表示します
プロセス名称 スケジューラーサービス名 プロセスID
jajs_dbmd
301
ajsdbmgrd
310
:
jpomanager
AJSROOT1
557
ajsmasterd
AJSROOT1
565
KNAD3691-I プロセスは全て起動しています
使用時
c:\>jajs_spmd_status -h LHOST1
KNAD3690-I JP1/AJS3の状態通知処理を開始します
稼働中のプロセスを表示します
プロセス名称 スケジューラーサービス名 プロセスID
jajs_dbmd
301
ajsdbmgrd
310
:
qlcltd
320
:
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
266
jpomanager
AJSROOT1
ajsmasterd
AJSROOT1
KNAD3691-I プロセスは全て起動しています
557
565
(4) 注意事項
• 環境設定パラメーターAJSQL_ATTACH の値を「yes」に設定して論理ホストをアタッチする場合,系切り
替え時にクラスタソフトなどで系切り替え元のキューレスエージェントサービスを停止し,系切り替え
先のキューレスエージェントサービスを起動する必要があります。
このため,物理ホストや系切り替え元のキューレスエージェントサービスにアタッチしているほかの論
理ホストで実行していたキューレスジョブが,起動失敗,異常検出終了,または終了状態不明となるお
それがあります。複数のホストでキューレスジョブを実行する運用の場合は,AJSQL_ATTACH を使用し
ないで,この設定を使用してください。
環境設定パラメーターAJSQL_ATTACH については「20.10 キューレスジョブ実行環境設定」を参照して
ください。
• キューレスエージェントサービスから物理ホストをデタッチした状態で論理ホストだけを運用しないで
ください。
キューレスジョブの起動失敗時に出力するエラーメッセージ,およびジョブ実行時に標準エラー出力に
出力した内容がマネージャーホストへ通知されない場合があります。
8.2.8 論理ホストの削除
Windows の場合,論理ホストの削除は,実行系・待機系の両方で実行します。論理ホストの削除手順を
次に示します。
なお,実行系または待機系だけで実施する手順や,特定の条件に該当するときだけ実施する手順について
は,説明の中に記載しています。特に記載がない場合は,実行系・待機系の両方で実施する手順です。
(1) JP1/AJS3 - Manager
JP1/AJS3 - Manager の,論理ホスト削除手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 サービスを停止する。
物理ホストおよびすべての論理ホストの JP1/AJS3 サービスを停止してください。
2. 論理ホストに構築されたデータベース環境をアンインストールする。
ajsembdbuninstl コマンドを実行して論理ホストに構築されたデータベース環境をアンインストールし
てください。論理ホストに構築されたデータベース環境をアンインストールしないで論理ホストを削除
した場合,データベース環境をアンインストールできなくなってしまうので注意してください。
ajsembdbuninstl コマンドについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbuninstl」を参照してください。
コマンドの実行例を次に示します。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
267
ajsembdbuninstl -mh 論理ホスト名
3. JP1/Base の論理ホストを削除する。
論理ホストの削除方法については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
注意事項
JP1/Base の論理ホストを削除しないで JP1/AJS3 の論理ホスト情報だけを削除する場合は,次の手
順を実施してください。
1. JP1/AJS3 の論理ホストサービスを削除する。
次に示すコマンドを実行して,論理ホストサービスを削除してください。
sc delete JP1_AJS2_論理ホスト名
sc コマンドは,Windows のコマンドです。sc コマンドの詳細については,Microsoft のドキュメ
ントを参照してください。
2. 論理ホストに関する環境設定パラメーターを削除する。
次に示すコマンドを実行して,情報を削除してください。
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1AJS2
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1NBQAGENT
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1NBQMANAGER
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1NBQCLIENT
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1NBQNOTIFY
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1AOMMANAGER
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1AOMAGENT
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1AJSMANAGER
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1AJS2COMMON
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1QLAGENT
なお,設定されている情報がない場合,これらのコマンドの実行時に次のメッセージが出力される
ことがありますが,無視してください。
KAVA0405-I The specified -c で指定した文字列 does not exist [論理ホスト名]. Processing
Stops.
4. 共有ディスク上の共有ファイルおよびディレクトリを削除する。
論理ホストを削除すると,JP1/Base,JP1/IM,JP1/AJS3 の論理ホスト情報およびサービスが削除さ
れます。ただし,共有ディスク上の共有ファイルおよび共有フォルダは削除されません。手動で削除し
てください。
この手順は,共有ディスクが参照できる実行系または待機系のどちらか一方だけで実施します。
5. JP1/AJS3 の物理ホストの環境設定パラメーターをクラスタ未設定の状態に変更する。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
268
すべての論理ホストを削除した場合,JP1/AJS3 の物理ホストの環境設定パラメーターをクラスタシス
テム未設定の状態に変更してください。ただし,すべての論理ホストを削除したあとに,物理ホストを
一度も起動しないで論理ホストを再構築する場合は,この手順は不要です。
JP1/AJS3 の物理ホストの環境設定パラメーターをクラスタシステム未設定の状態にするには,次のコ
マンドを実行して,「(4) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定します。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
注意事項
jajs_config コマンドは,定義キーごとに実行する必要があります。
6. 環境変数 JP1_HOSTNAME を削除する。
(2) JP1/AJS3 - Agent
JP1/AJS3 - Agent の,論理ホスト削除手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 サービスを停止する。
物理ホストおよびすべての論理ホストの JP1/AJS3 サービスを停止してください。
2. JP1/Base の論理ホストを削除する。
論理ホストの削除方法については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
注意事項
JP1/Base の論理ホストを削除しないで JP1/AJS3 の論理ホスト情報だけを削除する場合は,次の手
順を実施してください。
1. JP1/AJS3 の論理ホストサービスを削除する。
次に示すコマンドを実行して,論理ホストサービスを削除してください。
sc delete JP1_AJS2_論理ホスト名
sc コマンドは,Windows のコマンドです。sc コマンドの詳細については,Microsoft のドキュメ
ントを参照してください。
2. 論理ホストに関する環境設定パラメーターを削除する。
次に示すコマンドを実行して,情報を削除してください。
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1AJS2
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1NBQAGENT
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1NBQCLIENT
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1NBQNOTIFY
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1AOMAGENT
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1AJS2COMMON
jbsunsetcnf -i -h 論理ホスト名 -c JP1QLAGENT
なお,設定されている情報がない場合,これらのコマンドの実行時に次のメッセージが出力される
ことがありますが,無視してください。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
269
KAVA0405-I The specified -c で指定した文字列 does not exist [論理ホスト名]. Processing
Stops.
3. 共有ディスク上の共有ファイルおよびディレクトリを削除する。
論理ホストを削除すると,JP1/Base,JP1/IM,JP1/AJS3 の論理ホスト情報およびサービスが削除さ
れます。ただし,共有ディスク上の共有ファイルおよび共有フォルダは削除されません。手動で削除し
てください。
この手順は,共有ディスクが参照できる実行系または待機系のどちらか一方だけで実施します。
4. JP1/AJS3 の物理ホストの環境設定パラメーターをクラスタ未設定の状態に変更する。
すべての論理ホストを削除した場合,JP1/AJS3 の物理ホストの環境設定パラメーターをクラスタシス
テム未設定の状態に変更します。ただし,すべての論理ホストを削除したあとに,物理ホストを一度も
起動しないで論理ホストを再構築する場合は,この手順は不要です。
JP1/AJS3 の物理ホストの環境設定パラメーターをクラスタシステム未設定の状態にするには,次のコ
マンドを実行して,「(4) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定します。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
注意事項
jajs_config コマンドは,定義キーごとに実行する必要があります。
5. 環境変数 JP1_HOSTNAME を削除する。
(3) JP1/AJS3 - Web Console
JP1/AJS3 - Web Console の,論理ホスト削除手順を次に示します。
1. Windows の[コントロールパネル]の[サービス]で,次に示すサービスを停止する。
• JP1/AJS3 HTTP Server サービス
• JP1/AJS3 Web Application Server サービス
2. ajswebsetup コマンドを実行して,クラスタ環境をアンセットアップする。
運用を共有ディスク上の共有ディレクトリから JP1/AJS3 - Web Console をインストールしたローカ
ルディスクに戻すために,次のコマンドを実行します。
ajswebsetup -p
ajswebsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajswebsetup」を参照してください。
3. 共有ディスク上の共有ファイルおよびディレクトリを削除する。
共有ディスク上の共有ファイルおよび共有フォルダは削除されません。手動で削除してください。
この手順は,共有ディスクが参照できる実行系または待機系のどちらか一方だけで実施します。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
270
(4) 環境設定パラメーター一覧
表 8‒4 JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent で論理ホストを削除する場合に設定す
る環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[JP1_DEFAULT\JP1NBQAGENT\Process]
IsHA
dword:00000000
[JP1_DEFAULT\JP1NBQCLIENT\Process]
IsHA
dword:00000000
[JP1_DEFAULT\JP1NBQMANAGER\Process]※
IsHA
dword:00000000
[JP1_DEFAULT\JP1NBQNOTIFY\Process]
IsHA
dword:00000000
注※
JP1/AJS3 - Manager の環境設定パラメーターのため,JP1/AJS3 - Manager の場合だけ設定を変更し
てください。JP1/AJS3 - Agent では,設定の変更は不要です。
環境設定パラメーターの詳細については,「20.5 ジョブ実行環境設定」を参照してください。
8.2.9 論理ホストのスケジューラーサービスの多重起動の設定
スケジューラーサービスを多重起動するためには,まず追加するスケジューラーサービスの名称などの情
報を設定します。次に,そのスケジューラーサービス用のデータベースを新規に作成します。
論理ホストでのスケジューラーサービスの追加手順,および追加したスケジューラーサービスの削除手順
を次に示します。
(1) 論理ホストでスケジューラーサービスを追加する
論理ホストでスケジューラーサービスを追加する手順を次に示します。
(a) 実行系での作業
1. Windows の[コントロールパネル]の[サービス]で,次に示すサービスを停止する。
• 追加の対象となる論理ホストの JP1/AJS3 サービス
注意事項
対象となる論理ホストに構築されている,すべての組み込み DB を稼働状態にする必要があ
ります。対象の JP1/AJS3 Database _JFn(n は 1〜9,A〜Z の文字のどれか)サービスが
開始していることを確認してください。開始していない場合は,JP1/AJS3 Database _JFn
のサービスを開始してください。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
271
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn(n は 1〜9 または A〜Z のどれか)オプショ
ンを指定して実行し,組み込み DB が稼働状態になっていること(UNIT-STAT が ONLINE
になっていること)を確認してください。稼働状態になっていない場合は,ajsembdbstart
コマンドに-id _JFn オプションを指定して実行してください。
対象となる組み込み DB のセットアップ識別子(_JFn)については,ajsembdbidlist コマ
ンドを実行して確認してください。
2. エクスプローラなどで,次に示すフォルダを共有ディスクに作成する。
• データベースフォルダ
• 一時ファイル用フォルダ
• ジョブ情報フォルダ
• 退避情報フォルダ
なお,退避情報フォルダ以外は,自ホスト内(物理ホストとすべての論理ホスト)に設定されている,
ほかのスケジューラーサービスが使用するフォルダと重複しないようにしてください。また,ほかのス
ケジューラーサービスが使用するフォルダの配下にも作成しないでください。
3. スケジューラーサービスを追加するために jajs_setup コマンドを実行する。
jajs_setup -a -h 論理ホスト名
-F スケジューラーサービス名
-p ジョブ状態通知ポートのサービス名
-d データベースフォルダ名
-t 一時ファイル用フォルダ名
-j ジョブ情報フォルダ名
-b 退避情報フォルダ名
-n スケジューラーサービスの識別番号
-D 論理ホスト共有フォルダ名
[[-I セットアップ識別子
-P 組み込みDBポート番号]
[-M {s|m|l}]
|-S]
(例)論理ホスト名が「LHOST」,論理ホストの共有フォルダが「x:\products」の論理ホストに,
「AJSROOT3」というスケジューラーサービスを追加する場合
jajs_setup -a -h LHOST
-F AJSROOT3
-p jp1ajs2report3
-d "x:\products\jp1ajs2\database\schedule\AJSROOT3"
-t "x:\products\jp1ajs2\tmp\schedule3"
-j "x:\products\jp1ajs2\jobinf3"
-b "x:\products\jp1ajs2\backup\schedule3"
-n 3
-D "x:\products"
-I _JF3
-P 22222
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
272
組み込み DB インストール先ディレクトリをデフォルトのパスから変更している組み込み DB に,スケ
ジューラーサービスを追加する場合は,jajs_setup コマンドに-S オプションを指定して実行してくだ
さい。
jajs_setup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_setup」を参照してください。
4. 組み込み DB の高度なセットアップを実行する。
手順 3 で-S オプションを指定した場合は,組み込み DB の高度なセットアップを実施します。組み込
み DB の高度なセットアップについては,「23.3 組み込み DB の高度なセットアップ(クラスタ構成の
場合)」を参照してください。
組み込み DB インストール先ディレクトリをデフォルトのパスから変更している場合は,ajsembdbsetup
コマンドを実行してください。詳細については,「23.3.3(6)(b) 一つの組み込み DB 環境に複数のスケ
ジューラーデータベースをセットアップする」を参照してください。
5. 次のファイルをメモ帳などのテキストエディターで開く。
システムフォルダ\system32\drivers\etc\Services
6. 手順 3 で指定したジョブ状態通知ポートのサービス名に対するポート番号を設定する。
(例)ポート番号を「20248」として設定する場合
jp1ajs2report3 20248/tcp
注意事項
設定するポート番号は,既存の番号と重ならないようにしてください。また,Windows ファ
イアウォールを設定した環境で運用する場合は,設定したポート番号(上記の例ではサービス
名:jp1ajs2report3,ポート番号:20248)を Windows ファイアウォールの規則に登録し,
ファイアウォールを透過できるようにしてください。
7. キューレスジョブを利用する場合は,キューレスジョブのセットアップをする。
次のコマンドを実行します。
ajsqlsetup -F スケジューラーサービス名 -h 論理ホスト名
ajsqlsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajsqlsetup」を参照してください。
8. 組み込み DB を停止する。
追加の対象となる論理ホストの組み込み DB の,JP1/AJS3 Database _JFn のサービスを停止してく
ださい。
9. スケジューラーサービスを追加した論理ホストの JP1/AJS3 サービスを再起動する。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
273
設定した内容でスケジューラーサービスが追加され,起動します。再起動後,JP1/AJS3 - View など
で,追加したスケジューラーサービス名が付けられたルートジョブグループが表示されていることを確
認してください。
(b) 待機系での作業
1. 待機系の組み込み DB を設定する。
実行系でセットアップをする際,新規に組み込み DB を作成した場合(jajs_setup コマンドの-I オプ
ションに,すでにある組み込み DB のセットアップ識別子を指定しなかった場合)だけ,この作業が必
要です。組み込み DB のセットアップ識別子は,ajsembdbidlist コマンドで確認できます。
実行するコマンドを次に示します。
ajsembdbinstl
-s 組み込みDBインストール媒体格納ディレクトリ
-id セットアップ識別子
-mh 論理ホスト名
ajsembdbbuild
-conf 組み込みDB設定ファイル名
セットアップ識別子は,実行系で指定した値と同じものを指定してください。
組み込み DB 設定ファイルは,実行系の組み込み DB 構築時に出力したファイルを待機系にコピーして
ください。
組み込み DB 設定ファイルの出力先を次に示します。
組み込みDB運用ディレクトリ\conf\ajsdbst\ajsembdbセットアップ識別子.conf
各コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリ
ファレンス 2. セットアップコマンド」を参照してください。
(例)セットアップ識別子が「_JF3」
,組み込み DB 設定ファイルを「C:\tmp\ajsembdb_JF3.conf」に配
置し,論理ホスト「LHOST」の組み込み DB を設定する場合
ajsembdbinstl
-s "c:\Program Files\HITACHI\jp1ajs2\tools\AJS3DB"
-id _JF3
-mh LHOST
ajsembdbbuild
-conf "C:\tmp\ajsembdb_JF3.conf"
2. 実行系の共通定義情報を待機系に設定する。
実行系での作業が完了したあと,実行系でjbsgetcnf コマンドを実行し,共通定義情報を退避します。
その退避ファイルを待機系にコピーし,退避ファイルを引数に指定してjbssetcnf コマンドを実行しま
す。
実行するコマンドを次に示します。
実行系
jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > 退避ファイル名
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
274
待機系
jbssetcnf 退避ファイル名
3. 次のファイルをメモ帳などのテキストエディターで開く。
システムフォルダ\system32\drivers\etc\Services
4. (a)の実行系での作業の手順 6 で設定したポート番号を待機系に設定する。
(例)ポート番号を「20248」として設定する場合
jp1ajs2report3 20248/tcp
注意事項
設定するポート番号は,実行系と同じ番号になるようにしてください。また,Windows ファ
イアウォールを設定した環境で運用する場合は,設定したポート番号(上記の例ではサービス
名:jp1ajs2report3,ポート番号:20248)を Windows ファイアウォールの規則に登録し,
ファイアウォールを透過できるようにしてください。
5. キューレスジョブを利用する場合は,キューレスジョブ実行環境をセットアップする。
次のコマンドを実行します。
ajsqlsetup -F スケジューラーサービス名 -h 論理ホスト名 -nc
ajsqlsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajsqlsetup」を参照してください。
(2) 追加したスケジューラーサービスを削除する
スケジューラーサービスの削除は,実行系・待機系の両方で実行します。追加したスケジューラーサービ
スの削除手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 サービスを停止する。
物理ホスト,論理ホストのすべての JP1/AJS3 サービスを停止してください。
注意事項
対象となる論理ホストに構築されているすべての組み込み DB を稼働状態にする必要がありま
す。対象の JP1/AJS3 Database _JFn(n は 1〜9,A〜Z の文字のどれか)サービスが開始し
ていることを確認してください。開始していない場合は,JP1/AJS3 Database _JFn のサービ
スを開始してください。
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn(n は 1〜9 または A〜Z のどれか)オプションを
指定して実行し,組み込み DB が稼働状態になっていること(UNIT-STAT が ONLINE になっ
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
275
ていること)を確認してください。稼働状態になっていない場合は,ajsembdbstart コマンド
に-id _JFn オプションを指定して実行してください。
対象となる組み込み DB のセットアップ識別子(_JFn)については,ajsembdbidlist コマンド
を実行して確認してください。
2. スケジューラーサービスを削除するために jajs_setup コマンドを実行する。
jajs_setup -e -F スケジューラーサービス名
(例)スケジューラーサービス「AJSROOT3」を削除する場合
jajs_setup -e -F AJSROOT3
jajs_setup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_setup」を参照してください。
なお,待機系ではjajs_setup コマンドの代わりにjbsunsetcnf コマンドを実行してください。
jbsunsetcnf
-i -h 論理ホスト名 -c JP1AJSMANAGER -n スケジューラーサービス名
(例)スケジューラーサービス「AJSROOT3」を削除する場合
jbsunsetcnf
-i -h LHOST -c JP1AJSMANAGER -n AJSROOT3
3. スケジューラーサービスを追加したときに作成したフォルダを削除する。
jajs_setup コマンド実行時に作成した,次のフォルダを削除してください。
• -d オプションに指定したデータベースフォルダ
• -t オプションに指定したテンポラリーフォルダ
• -j オプションに指定したジョブ情報フォルダ
• -b オプションに指定した退避情報フォルダ
注意事項
-D オプションに指定した論理ホスト共有フォルダは,削除しないでください。
4. 組み込み DB を停止する。
すべての組み込み DB の JP1/AJS3 Database _JFn のサービスを停止してください。
5. JP1/AJS3 サービスを起動する。
手順 1 で停止したサービスを再起動し,スケジューラーサービスが削除されていることを確認します。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
276
(3) 不要となったデータベース環境をアンインストールする
不要となったデータベース環境のアンインストール手順については,「6.1.1(3) 不要となったデータベース
環境をアンインストールする」を参照してください。
(4) スケジューラーサービス名を変更する
スケジューラーサービスの名称を変更すると,JP1/AJS3 の各種機能に影響を与えます。例えば,ユニッ
トが異常終了したり,正しく実行されなかったりするなどの現象が発生する場合があります。このため,
スケジューラーサービスの名称変更は,運用開始前のスケジューラーサービスに対して実施することを推
奨します。
クラスタ環境でスケジューラーサービスの名称を変更する場合,実行系および待機系の両方でjajs_setup
コマンドを実行してください。また,待機系でjajs_setup コマンドを実行する場合は,必ず実行系の共通
定義情報を待機系に反映する前に実施してください。
クラスタ環境でスケジューラーサービス名を変更する流れを次に示します。
1. 実行系で,スケジューラーサービス名を変更する。
運用開始前に実施する場合と運用開始後に実施する場合で,スケジューラーサービス名を変更する手順
が異なります。手順については,「(a) 運用開始前にスケジューラーサービス名を変更する手順」また
は「(b) 運用開始後にスケジューラーサービス名を変更する手順」を参照してください。
2. 実行系で次のコマンドを実行して,変更したスケジューラーサービス名が存在する論理ホストの共通定
義情報を退避する。
jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > 退避ファイル名
jbsgetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
3. 待機系で,スケジューラーサービス名を変更する。
運用開始前に実施する場合と運用開始後に実施する場合で,スケジューラーサービス名を変更する手順
が異なります。手順については,「(a) 運用開始前にスケジューラーサービス名を変更する手順」また
は「(b) 運用開始後にスケジューラーサービス名を変更する手順」を参照してください。
4. 待機系で次のコマンドを実行して,手順 2 で退避した論理ホスト共通定義情報を反映する。
jbssetcnf 退避ファイル名
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
スケジューラーサービス名を,運用開始前に変更する手順と運用開始後に変更する手順を次に示します。
(a) 運用開始前にスケジューラーサービス名を変更する手順
1. jajs_setup コマンドを実行して,スケジューラーサービスの名称を変更する。
次のコマンドを実行します。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
277
jajs_setup -r -F 変更前のスケジューラーサービス名 -A 変更後のスケジューラーサービス名
jajs_setup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_setup」を参照してください。
(b) 運用開始後にスケジューラーサービス名を変更する手順
1. 変更するスケジューラーサービスを停止し,スケジューラーサービスをコールドスタートする。
コールドスタート後は,名称変更の手順が終了するまでジョブネットを実行登録しないでください。
2. 物理ホストとすべての論理ホストの JP1/AJS3 サービスを停止する。
3. jajs_setup コマンドを実行して,スケジューラーサービスの名称を変更する。
(例)AJSROOT2 を AJSROOT5 に変更する場合
jajs_setup -r -F AJSROOT2 -A AJSROOT5
jajs_setup コマンド実行時にメッセージ KAVS1133-W が出力されなかった場合は,手順 4,手順 5
を実行しないで,手順 6 以降の操作を実行してください。
jajs_setup コマンド実行時にメッセージ KAVS1133-W が出力された場合は,メッセージ中に出力さ
れる設定名称を確認してください。「ローカル日時」が出力されたときは手順 4 を,「サスペンド機能」
が出力されたときは手順 5 の操作を実行してから,手順 6 以降の操作を実行してください。
注意事項
変更前のスケジューラーサービスにスケジューラーサービスローカル日時を設定している場合は,
スケジューラーサービスの名称を変更する前に,スケジューラーサービスローカル日時とシステム
日時の差分を取得しておいてください。スケジューラーサービスローカル日時は,ajslocaldate コ
マンドで取得してください。
システム日時の取得方法については,使用している OS のドキュメントを参照してください。
スケジューラーサービスローカル日時の設定に失敗してメッセージ KAVS1133-W が出力された場
合,手順 4 で,この差分を使用して変更後のスケジューラーサービスにスケジューラーサービスロー
カル日時を設定します。
4. スケジューラーサービスローカル日時を再設定する。
ajslocaldate コマンドを実行して,名称変更後のスケジューラーサービスに対してスケジューラーサー
ビスローカル日時を設定します。
(例)スケジューラーサービス AJSROOT5 のスケジューラーサービスローカル日時をホストの現在時
刻より 5 分(300 秒)進める場合
ajslocaldate -F AJSROOT5 -s 300
ajslocaldate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajslocaldate」を参照してください。
5. サスペンド機能を再設定する。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
278
ajssetup コマンドを実行して,名称変更後のスケジューラーサービスに対してサスペンド機能を有効
にします。クラスタ環境の場合,共有ディスクが参照できる実行系または待機系のどちらか一方で実施
します。
(例)スケジューラーサービス AJSROOT5 のサスペンド機能を有効にする場合
ajssetup -F AJSROOT5 -m
ajssetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajssetup」を参照してください。
6. 変更する前のスケジューラーサービス名が次に示す環境設定パラメーターに設定されている場合,
jajs_config コマンドを実行して変更後のスケジューラーサービス名に変更する。
表 8‒5 設定値を変更する必要のある環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER]
"DEFAULTSERVICENAME"=
デフォルトスケジューラーサービス名
"REMNETSERVICENAME"=
リモートジョブネットを実行するスケ
ジューラーサービス名
(例)デフォルトスケジューラーサービス名を AJSROOT5 に変更する場合
jajs_config -k [JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER] "DEFAULTSERVICENAME"="AJSROOT5"
(例)リモートジョブネットを実行するスケジューラーサービス名を AJSROOT5 に変更する場合
jajs_config -k [JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER] "REMNETSERVICENAME"="AJSROOT5"
7. JP1/AJS3 サービスを起動する。
8. 次に示す場合は,スケジューラーサービス起動後,必要に応じてスケジューラーサービス設定を変更ま
たは再設定する。
• ユニット定義に変更前のスケジューラーサービス名を指定している場合
• JP1/AJS3 の連携機能で,変更前のスケジューラーサービスを監視対象や情報収集対象としている
場合
(c) スケジューラーサービス名を変更する場合の注意事項
次に示すスケジューラーサービスの環境設定パラメーターは,標準でスケジューラーサービス名を含むディ
レクトリパスを使用しています。
• AJSSYSDIR
• AJSLOGDIR
• AJSDBDIRECTORY
• AJSLOGFILE1
• AJSLOGFILE2
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
279
スケジューラーサービス名の変更後,環境設定パラメーターを変更しなくても運用に影響はありませんが,
必要に応じて変更後のスケジューラーサービス名を含むディレクトリパスに変更することを検討してくだ
さい。
サスペンド機能またはキューレスジョブを使用している環境で,環境設定パラメーターAJSDBDIRECTORY を
変更する場合,変更後に各機能の再設定が必要です。再設定は,共有ディスクが参照できる実行系または
待機系のどちらか一方で実施してください。
環境設定パラメーターを変更するには,jajs_config コマンドを使用します。jajs_config コマンドの詳細
については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 2. セッ
トアップコマンド jajs_config」を参照してください。
各環境設定パラメーターの詳細については,「20.4 スケジューラーサービス環境設定」を参照してください。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
280
8.3 クラスタ運用時の注意事項
クラスタ運用時の注意事項については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用
ガイド 10.6 クラスタシステムでの注意事項」を参照してください。
8. クラスタ運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
281
9
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
この章では,JP1/AJS3 をディザスター・リカバリー運用するシステムを構築する場合の,
Windows ホストのセットアップについて説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
282
9.1 ディザスター・リカバリー運用時のセットアップの流れ
ここでは,JP1/AJS3 をディザスター・リカバリー運用する場合のセットアップの流れについて説明します。
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップの流れは,メインサイトとリモートサイトの論理ホスト
名を同一名にするか別名にするかによって異なります。
ディザスター・リカバリー運用の概要については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 運用ガイド 11.1 JP1/AJS3 のディザスター・リカバリー運用」を参照してください。
9.1.1 ディザスター・リカバリー運用時のセットアップの流れ(メインサイ
トとリモートサイトの論理ホスト名を別名にする場合)
メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を別名にする場合の,ディザスター・リカバリー運用時の
セットアップの流れを次の図に示します。
図 9‒1 ディザスター・リカバリー運用のセットアップの流れ(メインサイトとリモートサイト
の論理ホスト名を別名にする場合)
セットアップを開始する前に次の点を確認します。
• コピー・ミラーリング機能を使用できる共有ディスクが用意されているか。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
283
前提製品や関連製品をメインサイトとリモートサイトの論理ホスト環境に構築する場合は,ディスクの
コピー・ミラーリング機能に対応している製品だけをコピーの対象にしてください。
• 共有ディスク間のコピーが停止しているか。
停止されていない場合は,ハードウェアの操作で共有ディスク間のコピーを停止してください。
• リモートボリュームが書き込みできる状態になっているか。
手順については,使用しているハードウェアのマニュアルを参照してください。
メインサイトおよびリモートサイトのセットアップ手順の詳細については,次の個所を参照してください。
• メインサイトのセットアップ
「9.2.1 メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を別名にする場合)
」
• リモートサイトのセットアップ
「9.2.3 リモートサイトのセットアップ」
また,JP1/AJS3 - Agent のセットアップ手順の詳細については,必要に応じて「9.3 JP1/AJS3 - Agent
のセットアップ」を参照してください。
9.1.2 ディザスター・リカバリー運用時のセットアップの流れ(メインサイ
トとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にする場合)
メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にする場合の,ディザスター・リカバリー運用時
のセットアップの流れを次の図に示します。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
284
図 9‒2 ディザスター・リカバリー運用のセットアップの流れ(メインサイトとリモートサイト
の論理ホスト名を同一名にする場合)
セットアップを開始する前に次の点を確認します。
• コピー・ミラーリング機能を使用できる共有ディスクが用意されているか。
前提製品や関連製品をメインサイトとリモートサイトの論理ホスト環境に構築する場合は,ディスクの
コピー・ミラーリング機能に対応している製品だけをコピーの対象にしてください。
• 共有ディスク間のコピーが停止しているか。
停止されていない場合は,ハードウェアの操作で共有ディスク間のコピーを停止してください。
• リモートボリュームが書き込みできる状態になっているか。
手順については,使用しているハードウェアのマニュアルを参照してください。
メインサイトおよびリモートサイトのセットアップ手順の詳細については,次の個所を参照してください。
• メインサイトのセットアップ
「9.2.2 メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にする
場合)」
• リモートサイトのセットアップ
「9.2.3 リモートサイトのセットアップ」
また,JP1/AJS3 - Agent のセットアップ手順の詳細については,必要に応じて「9.3 JP1/AJS3 - Agent
のセットアップ」を参照してください。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
285
9.2 メインサイトおよびリモートサイトのセットアップ
ディザスター・リカバリー運用に対応するための,メインサイトおよびリモートサイトのセットアップに
ついて説明します。
9.2.1 メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理
ホスト名を別名にする場合)
メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を別名にする場合の,メインサイトのセットアップ手順に
ついて説明します。
なお,非クラスタ環境の場合は,実行系での作業だけを実施してください。
注意事項
ここで説明する手順は,メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を別名にする場合にだけ対応し
ています。メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にする場合は,「9.2.2 メインサイ
トのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にする場合)」を参照して
ください。
図 9‒3 メインサイトのセットアップ手順
1. 実行系および待機系で,次のホストをセットアップする。
• JP1/Base の物理ホスト※1
• JP1/Base の論理ホスト
• JP1/AJS3 の物理ホスト※1
• JP1/AJS3 の論理ホスト※2
注※1
すでにセットアップされている場合は,セットアップする必要はありません。
注※2
JP1/AJS3 の論理ホストは,ハードウェアが持つディスクのコピー・ミラーリング機能を使用でき
る共有ディスクを使用します。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
286
セットアップ手順は,クラスタ運用の場合と同じです。セットアップの詳細については,「8. クラスタ
運用時のセットアップ」を参照してください。
注意事項
• JP1/AJS3 の構成が標準構成で,かつサブミットジョブまたは QUEUE ジョブを実行する場
合,実行系の JP1/AJS3 - Manager でjpqimport コマンドを実行する前にサブミットジョブ
の実行環境構成定義ファイルにリモートサイトのマネージャーホストをジョブ実行エージェ
ントとして追加します。
あらかじめ,メインサイトとリモートサイトの両方のマネージャーホストをジョブ実行エー
ジェントとして設定しておくと,リモートサイト側に運用を切り替えたあとも,リモートサ
イトのマネージャーホストで改めて設定しなくてもサブミットジョブおよび QUEUE ジョ
ブを実行できます。
jpqimport コマンドおよびサブミットジョブの実行環境構成定義ファイルについては,マニュ
アル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 4. 特別な運用
で使用するコマンド jpqimport」を参照してください。
• マネージャー用接続元制限機能を有効にしており,かつメインサイトとリモートサイトの論
理ホストの IP アドレスが異なる場合,マネージャー用接続許可設定ファイルに,リモート
サイトの論理ホストの IP アドレスも設定します。
エージェント用接続元制限機能を有効にしており,かつメインサイトとリモートサイトの論
理ホストの IP アドレスが異なる場合,自ホスト上でジョブを実行するときは,エージェン
ト用接続許可設定ファイルに,リモートサイトの論理ホストの IP アドレスを設定します。
あらかじめ,メインサイトとリモートサイトの両方の IP アドレスを設定しておくと,リモー
トサイト側に運用を切り替えたあと,リモートサイトの接続許可設定ファイルを改めて設定
しなくて済みます。
JP1/AJS3 への接続を制限する設定については,「21.2 JP1/AJS3 への接続を制限する設定」
を参照してください。
• 通信暗号化機能を使用する場合,メインサイトとリモートサイトで別々の秘密鍵とサーバ証
明書を取得してください。ただし,次の場合は,メインサイトとリモートサイトで同一の秘
密鍵とサーバ証明を使用できます。
・メインサイトのサーバ証明書の SAN に,リモートサイトの論理ホスト名を記載する場合
・メインサイトとリモートサイトの論理ホストがどちらも同一ドメインであり,サーバ証明
書をワイルドカード証明書として取得する場合
2. 実行系でajsembdbidlist コマンドを実行して,JP1/AJS3 の論理ホストの組み込み DB 情報を記録する。
次の内容を記録します。
• 組み込み DB のインストール先フォルダ
• セットアップ識別子
リモートサイトをセットアップするときに,ここで記録した内容と同じ値を指定します。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
287
ajsembdbidlist コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbidlist」を参照してください。
3. 実行系で,ディザスター・リカバリー運用設定情報をエクスポートする。
次のコマンドを実行します。
jajs_rpenvexport -h メインサイトの論理ホスト名 -d 出力ディレクトリ名
4. 実行系で,JP1/AJS3 の論理ホストをメインサイトとして設定する。
次のコマンドを実行します。
jajs_rpsite -h メインサイトの論理ホスト名 -m SET
9.2.2 メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理
ホスト名を同一名にする場合)
メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にする場合の,メインサイトのセットアップ手順
について説明します。
なお,非クラスタ環境の場合は,実行系での作業だけを実施してください。
注意事項
• ここで説明する手順は,メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にする場合にだけ
対応しています。メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を別名にする場合は,「9.2.1 メイ
ンサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を別名にする場合)
」を参
照してください。
• ディザスター・リカバリー運用の設定変更の場合など,すでに論理ホストがセットアップされてい
るときは,次の作業を実施してください。
1. 実行系で JP1/AJS3 の論理ホストをメインサイトとして設定します。次のコマンドを実行してく
ださい。
jajs_rpsite -h 論理ホスト名 -m SETSAME
2. 実行系の共通定義情報を待機系にコピーします。実行系で次のコマンドを実行し,共通定義情報
を退避します。
jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > 退避ファイル名
3. 退避ファイルを待機系にコピーしてから,退避ファイルを引数に指定してjbssetcnf コマンドを
実行します。次のコマンドを実行してください。
jbssetcnf 退避ファイル名
4. ディザスター・リカバリー運用設定を変更します。手順については,マニュアル「JP1/Automatic
Job Management System 3 運用ガイド 11.3.2 ディザスター・リカバリー運用設定変更の手順」
を参照してください。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
288
図 9‒4 メインサイトのセットアップ手順
1. 実行系で,次のホストをセットアップする。
• JP1/Base の物理ホスト※1
• JP1/Base の論理ホスト
• JP1/AJS3 の物理ホスト※1
• JP1/AJS3 の論理ホスト※2
注※1
すでにセットアップされている場合は,セットアップする必要はありません。
注※2
JP1/AJS3 の論理ホストは,ハードウェアが持つディスクのコピー・ミラーリング機能を使用でき
る共有ディスクを使用します。
セットアップ手順は,クラスタ運用の場合と同じです。セットアップの詳細については,「8.2.2(1) 実
行系での作業」を参照してください。
注意事項
マネージャー用接続元制限機能を有効にしており,かつメインサイトとリモートサイトの論理
ホストの IP アドレスが異なる場合,マネージャー用接続許可設定ファイルに,リモートサイト
の論理ホストの IP アドレスも設定します。
エージェント用接続元制限機能を有効にしており,かつメインサイトとリモートサイトの論理
ホストの IP アドレスが異なる場合,自ホスト上でジョブを実行するときは,エージェント用接
続許可設定ファイルに,リモートサイトの論理ホストの IP アドレスを設定します。
あらかじめ,メインサイトとリモートサイトの両方の IP アドレスを設定しておくと,リモート
サイト側に運用を切り替えたあと,リモートサイトの接続許可設定ファイルを改めて設定しな
くて済みます。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
289
JP1/AJS3 への接続を制限する設定については,「21.2 JP1/AJS3 への接続を制限する設定」を
参照してください。
2. 実行系でajsembdbidlist コマンドを実行して,JP1/AJS3 の論理ホストの組み込み DB 情報を記録する。
次の内容を記録します。
• 組み込み DB のインストール先フォルダ
• セットアップ識別子
リモートサイトをセットアップするときに,ここで記録した内容と同じ値を指定します。
ajsembdbidlist コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbidlist」を参照してください。
3. 待機系で,次のホストをセットアップする。
• JP1/Base の物理ホスト※
• JP1/AJS3 の物理ホスト※
注※
すでにセットアップされている場合は,セットアップする必要はありません。
4. 実行系で,JP1/AJS3 の論理ホストをメインサイトとして設定する。
次のコマンドを実行します。
jajs_rpsite -h 論理ホスト名 -m SETSAME
5. 待機系で,次のホストをセットアップする。
• JP1/Base の論理ホスト
• JP1/AJS3 の論理ホスト※
注※
JP1/AJS3 の論理ホストは,ハードウェアが持つディスクのコピー・ミラーリング機能を使用でき
る共有ディスクを使用します。
セットアップ手順は,クラスタ運用の場合と同じです。セットアップの詳細については,「8.2.2(2) 待
機系での作業」を参照してください。
6. 実行系で,ディザスター・リカバリー運用設定情報をエクスポートする。
次のコマンドを実行します。
jajs_rpenvexport -h 論理ホスト名 -d 出力ディレクトリ名
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
290
9.2.3 リモートサイトのセットアップ
リモートサイトのセットアップ手順について説明します。
なお,非クラスタ環境の場合は,実行系での作業だけを実施してください。
図 9‒5 リモートサイトのセットアップ手順
(1) リモートサイトの設定手順
リモートサイトのセットアップ手順について説明します。
注意事項
• ここで説明する手順は,メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にするか別名にす
るかに関係なく,共通です。
• メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名が同一名の場合,手順の中でコマンドの引数として
指定する「リモートサイトの論理ホスト名」は,メインサイトの論理ホスト名と同一です。
1. 実行系および待機系で,JP1/Base の物理ホストをセットアップする。
JP1/Base がすでにセットアップされている場合,ここでのセットアップは不要です。
JP1/Base のセットアップ手順は,クラスタ運用の場合と同じです。詳細については,「8. クラスタ運
用時のセットアップ」を参照してください。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
291
2. 実行系で,JP1/Base の論理ホストをセットアップする。
JP1/Base のセットアップ手順は,クラスタ運用の場合と同じです。詳細については,「8. クラスタ運
用時のセットアップ」を参照してください。
なお,通信暗号化機能を使用する場合は,次の設定が必要です。
• メインサイトとリモートサイトで異なるサーバ証明書を使用するときは,リモートサイト用の秘密
鍵・サーバ証明書を配置してください。
• メインサイトとリモートサイトで同一のサーバ証明書を使用するときは,メインサイト用と同一の
秘密鍵・サーバ証明書を配置してください。
3. 実行系および待機系で,JP1/AJS3 の物理ホストをセットアップする。
メインサイトと同じオプションを指定してセットアップします。
JP1/AJS3 がすでにセットアップされている場合,ここでのセットアップは不要です。
JP1/AJS3 の物理ホストのセットアップ手順は,クラスタ運用の場合と同じです。詳細については,「8.
クラスタ運用時のセットアップ」を参照してください。
4. 実行系で JP1/Base の共通定義情報を退避し,待機系に共通定義情報を設定する。
実行系での作業が完了したあと,実行系でjbsgetcnf コマンドを実行し,JP1/Base の共通定義情報を
退避します。その退避ファイルを待機系にコピーし,退避ファイルを引数に指定してjbssetcnf コマン
ドを実行します。
実行するコマンドを次に示します。
実行系
jbsgetcnf -h リモートサイトの論理ホスト名 > 退避ファイル名
待機系
jbssetcnf 退避ファイル名
5. 待機系で JP1/Base の論理ホストをセットアップする。
JP1/Base のセットアップ手順は,クラスタ運用の場合と同じです。詳細については,「8. クラスタ運
用時のセットアップ」を参照してください。
6. 実行系で,JP1/AJS3 の論理ホストの組み込み DB をインストールする。
次のコマンドを実行します。
ajsembdbinstl -s 組み込みDBのインストール媒体格納ディレクトリ
-mh リモートサイトの論理ホスト名
-i 組み込みDBのインストール先ディレクトリ
-id セットアップ識別子
-i オプションおよび-id オプションには,次の手順で記録した値と同じ値を指定します。
リモートサイトの論理ホスト名を,メインサイトと別名にする場合
「9.2.1 メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を別名にする
場合)」の手順 2
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
292
リモートサイトの論理ホスト名を,メインサイトと同一名にする場合
「9.2.2 メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にす
る場合)」の手順 2
ajsembdbinstl コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbinstl」を参照してください。
7. 実行系で,ディザスター・リカバリー運用設定情報をインポートする。
jajs_rpenvimport コマンドを実行して,メインサイトのディザスター・リカバリー運用設定情報を,
リモートサイトにインポートします。
コマンドを実行する前に,ディザスター・リカバリー運用設定情報がリモートサイトの他ホストと重複
していないか確認してください。また,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_rpenvimport」の注意事項を参照してください。
jajs_rpenvimport コマンドの実行形式を次に示します。
jajs_rpenvimport -e リモートサイトの実行系物理ホスト名
-h リモートサイトの論理ホスト名
-d 入力ディレクトリ名
-d オプションには,次の手順で指定した出力ディレクトリ名と同じ値を指定します。
リモートサイトの新規セットアップの場合(リモートサイトの論理ホスト名を,メインサイトと別名に
するとき)
「9.2.1 メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を別名にする
場合)」の手順 3
リモートサイトの新規セットアップの場合(リモートサイトの論理ホスト名を,メインサイトと同一名
にするとき)
「9.2.2 メインサイトのセットアップ(メインサイトとリモートサイトの論理ホスト名を同一名にす
る場合)」の手順 6
メインサイトの再構築の場合
マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用ガイド 11.2.2 メインサイトを再
構築する」の手順 1
8. 実行系で,JP1/AJS3 の論理ホストをリモートサイト用にセットアップする。
次のコマンドを実行します。
jajs_setup_cluster -h リモートサイトの論理ホスト名
-F スケジューラーサービス名
-R
9. 実行系で,必要に応じて個別に情報を設定する。
ディザスター・リカバリー運用設定情報をインポートしても,設定されない情報があります。インポー
トされない情報も設定する必要がある場合,個別に設定します。インポートされない情報の個別設定の
方法については,「9.2.3(3) リモートサイトの個別設定」を参照してください。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
293
10. 待機系で,手順 6〜9 を実行する。
(2) ディザスター・リカバリー運用設定情報のエクスポートとインポート
次の操作をする場合,メインサイトとリモートサイトの JP1/AJS3 - Manager の設定を合わせるために,
設定したサイトのディザスター・リカバリー運用設定情報をエクスポートし,合わせる側のサイトでイン
ポートします。
1. 新規にメインサイトの環境を構築してリモートサイトに反映する
2. 拠点が停止したあと,メインサイトの環境を再構築する際にリモートサイトの設定内容を反映する
3. 運用中にメインサイトの各種設定や構成を変更してリモートサイトに反映する
ディザスター・リカバリー運用設定情報のエクスポートとインポートで設定される情報を次の表に示します。
表 9‒1 ディザスター・リカバリー運用設定情報のエクスポートとインポートで設定される情報
項番
設定される情報
1
次の定義キー配下の,すべての環境設定パラメーター(サブキーを含む)
• [論理ホスト名\JP1AJS2]
• [論理ホスト名\JP1AJSMANAGER]※1
• [論理ホスト名\JP1AOMMANAGER]
• [論理ホスト名\JP1AOMAGENT]
• [論理ホスト名\JP1NBQAGENT]
• [論理ホスト名\JP1NBQMANAGER]
• [論理ホスト名\JP1NBQCLIENT]
• [論理ホスト名\JP1NBQNOTIFY]
• [論理ホスト名\JP1QLAGENT]※2
2
組み込み DB 定義ファイル
注※1
この定義キーが存在しない場合は,論理ホストが作成されていないと見なされ,エクスポートされませ
ん。
注※2
オプション機能で使用する定義キーのため,存在しない場合もあります。
(3) リモートサイトの個別設定
ディザスター・リカバリー運用設定情報のエクスポートとインポートで設定されない情報は,リモートサ
イトで個別に設定が必要です。
ディザスター・リカバリー運用設定情報のエクスポートとインポートで設定されない情報を次の表に示し
ます。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
294
表 9‒2 ディザスター・リカバリー運用設定情報のエクスポートとインポートで設定されない
情報
項番
情報の種類
設定されない情報
必要な設定
1
システム設定
ポート番号
services ファイルのポート番号の設定
2
ファイアウォール設定
ポートのファイアウォール透過設定
3
名前解決の設定
jp1hosts,jp1hosts2,hosts ファイル,または DNS
などの設定
4
全般
トレースファイルサイズ
次のトレースログファイルサイズの設定
• JP1/AJS3 のトレースログファイル
• JP1/AJS3 Check Manager サービスまたは JP1/
AJS3 Check Agent サービスのトレースログファ
イル
• キューレスジョブ機能のトレースログファイル
5
環境設定パラメーター
物理ホストの環境設定パラメーターの設定
6
サービスの依存関係の解除・再設定
JP1/AJS3 サービスと JP1/Base Event サービスの依
存関係の設定変更
スケジューラーサービスの追加また
は削除
スケジューラーサービスを追加または削除した場合
に,対応する組み込み DB のインストールまたはアン
インストール
JP1/AJS3 のスケジューラーサービ
スローカル日時
ajslocaldate コマンドでの JP1/AJS3 のスケジュー
JP1 イベント送信ジョブの送信先ホ
スト
JP1 イベント送信ジョブで他ホストに JP1 イベントを
送信する場合の通信の設定
メールシステム連携
メールシステム連携機能の設定
7
スケジューラー
8
9
イベント・アクション
10
ラーサービスローカル日時の変更
11
定義内容の事前チェッ
ク
定義内容の事前チェック機能
定義内容の事前チェック機能のセットアップまたはア
ンセットアップ
12
キューレスジョブ
キューレスジョブ機能
キューレスジョブ機能のセットアップまたはアンセッ
トアップ
13
JP1/AJS3 - View
JP1/AJS3 - View の特定のメニュー
を不活性にする機能
マネージャーホスト上に設定ファイルを配置
14
前提製品,関連製品,
連携製品
JP1 イベントサービスの転送先ホ
スト
他ホストから転送される JP1 イベントを JP1 イベン
ト受信監視ジョブで監視する場合の設定
JP1/Cm2/NNM または HP NNM
連携
JP1/Cm2/NNM または HP NNM 連携機能を使用す
る場合の設定
15
個別に設定が必要な内容を,次に説明します。
(a) ポート番号
ポート番号の設定を合わせます。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
295
ポート番号は,services ファイルを変更して設定してください。
(b) ファイアウォール設定
ポート番号のファイアウォール透過の設定を合わせます。
詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築
編) 2.3.4 ファイアウォールを設定した環境での通信」を参照してください。
(c) 名前解決の設定
メインサイトとリモートサイトで同じエージェントホストを使用する場合,jp1hosts,jp1hosts2,hosts
ファイル,または DNS の設定を合わせます。
メインサイトとリモートサイトでエージェントホストを分ける場合,リモートサイトでメインサイトが使
用するエージェントホストが名前解決できるようにリモートサイトのjp1hosts,jp1hosts2,hosts ファイ
ル,または DNS を設定します。
メインサイトで使用するエージェントホストがリモートサイトで名前解決できない場合,リモートサイト
に運用を切り替えたあとのディザスターリカバリースタート時に時間が掛かったり,接続でタイムアウト
が発生したりすることがあります。そのため,正しく名前解決できるようにリモートサイトのjp1hosts,
jp1hosts2,hosts ファイル,または DNS などの設定をする必要があります。
jp1hosts またはjp1hosts2 については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
(d) トレースファイルサイズ
次のトレースログファイルサイズの設定を合わせます。
• JP1/AJS3 のトレースログファイル
• JP1/AJS3 Check Manager サービスまたは JP1/AJS3 Check Agent サービスのトレースログファ
イル
• キューレスジョブ機能のトレースログファイル
JP1/AJS3,JP1/AJS3 Check Manager サービス,または JP1/AJS3 Check Agent サービスのトレース
ログファイルサイズの設定を変更する場合は,ajstrsetsz コマンドまたはajschktrsetsz コマンドを使用
します。コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマン
ドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド」を参照してください。
キューレスジョブ機能のトレースログファイルサイズを変更する場合は,ajsqltrsetsz コマンドおよび
ajsqlexecsetsz コマンドを使用します。コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 コマンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド」を参照してください。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
296
(e) 環境設定パラメーター
物理ホストの環境設定パラメーターの設定を合わせます。物理ホストの環境設定パラメーターは,物理ホ
ストと論理ホストで共通ではない定義キー([JP1_DEFAULT\・・・]で始まる定義キー)配下にある環境設
定パラメーターです。環境設定パラメーターの設定手順については,「4.2 環境設定パラメーターの設定」
を参照してください。
なお,論理ホストの環境設定パラメーターは,ディザスター・リカバリー運用設定情報をインポートする
と設定されます。
(f) サービスの依存関係の解除・再設定
JP1/Base のイベントサーバ名に FQDN 形式などデフォルト以外の名称を設定して運用する場合には,
JP1/AJS3 サービスと JP1/Base Event サービスの依存関係を解除する必要があります。サービスの依存
関係の設定手順および注意事項については,「6.6.1 サービスの依存関係の解除・再設定」を参照してくだ
さい。
(g) スケジューラーサービスの追加または削除
スケジューラーサービスを追加または削除した場合,対応する組み込み DB をインストールまたはアンイ
ンストールします。組み込み DB のインストールにはajsembdbinstl コマンドを,組み込み DB のアンイ
ンストールにはajsembdbuninstl コマンドを実行します。
各コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファ
レンス 2. セットアップコマンド」を参照してください。
(h) JP1/AJS3 のスケジューラーサービスローカル日時
JP1/AJS3 のスケジューラーサービスローカル日時を合わせます。ajslocaldate コマンドを使用して変更
した場合,リモートサイトの JP1/AJS3 を起動する前に,リモートサイトでもajslocaldate コマンドを実
行してください。
ajslocaldate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運
用ガイド 7.6 スケジューラーサービスのローカル日時を定義する」を参照してください。
(i) JP1 イベント送信ジョブの送信先ホスト
JP1 イベント送信ジョブで他ホストに JP1 イベントを送信する場合,メインサイトとリモートサイトの両
方で送信先ホストと通信できるように設定します。
(j) メールシステム連携
メールシステムと連携のセットアップ状況を合わせます。
メールシステム連携の詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 連携
ガイド 2. メールシステムとの連携」を参照してください。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
297
メールシステム連携の運用を変更した場合は,物理ホストの JP1/AJS3 Mail サービスを再起動する必要が
あります。
(k) 定義内容の事前チェック機能
定義内容の事前チェック機能を設定した場合は合わせます。
定義内容の事前チェック機能の設定にはajschksetup コマンドを使用します。詳細については,「6.5.1 JP1/
AJS3 定義内容の事前チェック機能の設定」を参照してください。
なお,定義内容の事前チェック機能の設定を変更した場合は,物理ホストの次のサービスを再起動する必
要があります。
• JP1/AJS3 Check Manager サービス
• JP1/AJS3 Check Agent サービス
(l) キューレスジョブ機能
キューレスジョブ機能をセットアップした場合は合わせます。リモートサイトでキューレスジョブ機能を
セットアップする場合は,ajsqlsetup コマンドに-nc オプションを指定して実行します。
ajsqlsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajsqlsetup」を参照してください。
キューレスジョブ機能の運用を変更した場合は,物理ホストのキューレスエージェントサービスを再起動
する必要があります。
(m) JP1/AJS3 - View の特定のメニューを不活性にする機能
JP1/AJS3 - View で特定のメニューを不活性にする機能を使用する場合は合わせます。
詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 操作ガイド 11.3.9 特定の
メニューを不活性にする」を参照してください。
(n) JP1 イベントサービスの転送先ホスト
メインサイトの外にある他ホストから転送される JP1 イベントを JP1 イベント受信監視ジョブで監視する
場合,転送元でメインサイトとリモートサイトの両方への転送設定をします。
(o) JP1/Cm2/NNM または HP NNM 連携
メインサイトとリモートサイトの両方で Cm2 連携の設定をします。同一のシンボルでは監視できないた
め,NNM 側でメインサイトとリモートサイトのシンボルを作成します。
JP1/AJS3 と JP1/Cm2/NNM,または JP1/AJS3 と HP NNM との連携については,次のマニュアルを参
照してください。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
298
• マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 連携ガイド 付録 A JP1/Cm2/NNM また
は HP NNM を使った監視」
• マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 連携ガイド 付録 B JP1/Cm2/NNM また
は HP NNM に通知するイベント」
• マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 連携ガイド 付録 C JP1/Cm2/NNM また
は HP NNM との連携で使用するコマンド」
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
299
9.3 JP1/AJS3 - Agent のセットアップ
ディザスター・リカバリー運用に対応するための,JP1/AJS3 - Agent のセットアップについて説明します。
メインサイトとリモートサイトで JP1/AJS3 - Agent を共有している場合
JP1/AJS3 - Agent の環境構築が完了していることを確認してください。
注意事項
メインサイトとリモートサイトの論理ホストの IP アドレスが異なる場合,次の点も確認してくださ
い。
• エージェントホストが,メインサイトとリモートサイト両方のマネージャーホストと通信できる
こと。
• JP1/AJS3 への接続元制限を有効にしている場合,エージェント用接続許可設定ファイルに,メ
インサイトとリモートサイト両方のマネージャーホストの IP アドレスを設定していること。
• 通信暗号化機能を使用する場合,メインサイト用とリモートサイト用それぞれのサーバ証明書に
対応するルート証明書を結合して配置していること。
メインサイトとリモートサイトで JP1/AJS3 - Agent を共有していない場合
JP1/AJS3 - Agent の環境構築が完了していることを確認してください。
9. ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
300
10
アンインストール
この章では,JP1/Base および JP1/AJS3 のアンインストールについて説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
301
10.1 JP1/Base のアンインストール
JP1/Base をアンインストールする場合,自動アンインストール機能を使用してください。JP1/Base のア
ンインストール機能を使用すると,統合トレースログ機能(HTNRLib2)もアンインストールされます。
ただし,統合トレースログ機能(HTNRLib2)を使用する製品(JP1/AJS3 - View など)がある場合,そ
の製品がアンインストールされた時点で,統合トレースログ機能(HTNRLib2)もアンインストールされ
ます。
JP1/Base のアンインストールの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してくださ
い。
注意事項
JP1/Base は,JP1/AJS3 のアンインストール後にアンインストールしてください。JP1/AJS3 がア
ンインストールできなくなるおそれがあります。
また,JP1/Base をアンインストールしてから再インストールした場合は,JP1/AJS3 もアンイン
ストールしてから再インストールしてください。JP1/Base をアンインストールすると,JP1/AJS3
で使用する共通定義情報が削除されるため,JP1/AJS3 が動作できなくなります。
10. アンインストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
302
10.2 JP1/AJS3 シリーズプログラムのアンインストール
この節では,JP1/AJS3 のアンインストールについて説明します。
注意事項
• JP1/AJS3 をアンインストールすると,JP1/AJS3 のプログラムが削除され,ユーザー環境(デー
タベースや環境設定ファイルなど)そのものも削除されます。そのため,JP1/AJS3 をアンイン
ストール後に,新たに JP1AJS3 をインストールすると,すべて最初から設定し直す必要があり
ます。
• [コントロールパネル]−[管理ツール]−[サービス]画面を開いた状態でアンインストール
すると,JP1/AJS3 で提供しているサービスの[スタートアップの種類]が「無効」となり,ア
ンインストールされない場合があります。アンインストールする場合は[サービス]画面を閉
じてください。スタートアップの種類が無効となり,アンインストールされなかった場合は,
システムを再起動するとアンインストールされます。[スタートアップの種類]が「無効」のま
ま再インストールした場合は,JP1/AJS3 で提供するサービスがインストールされないため,注
意してください。
• [コントロールパネル]−[管理ツール]−[イベントビューア]画面を開いた状態でアンイン
ストールすると,アンインストールに失敗する場合があります。アンインストールする場合は,
[コントロールパネル]−[管理ツール]−[イベントビューア]画面を閉じてください。
• JP1/AJS3 のアンインストール前に JP1/Base がアンインストールされると,JP1/AJS3 のアン
インストールができません。JP1/AJS3 のアンインストール実行前に必ず JP1/Base がインス
トールされていることを確認してください。
• クラスタ運用をしている場合は,JP1/AJS3 のアンインストールの前に JP1/Base で論理ホスト
の削除を実行してください。論理ホストの削除の詳細については,「8.2.8 論理ホストの削除」
を参照してください。
• ディザスター・リカバリー運用をしている場合は,アンインストールする前に,メインサイト
およびリモートサイトでディザスター・リカバリー運用を解除する必要があります。詳細につ
いては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用ガイド 11.4 ディザ
スター・リカバリー運用をやめる場合の操作」を参照してください。
Windows ホストから JP1/AJS3 シリーズプログラムをアンインストールする手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 シリーズプログラムをアンインストールするホストに,Administrators 権限でログインする。
2. すべてのプログラムを終了する。
既存の JP1 シリーズのプログラムが動作している場合,必ず停止しておいてください。
3. Windows の[コントロールパネル]で[アプリケーションの追加と削除]を選択する。
アンインストールするプログラムを選択するダイアログボックスが表示されます。
10. アンインストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
303
4. アンインストールする JP1/AJS3 シリーズプログラムを選択し,[削除]ボタンをクリックする。
プログラムの削除を確認するダイアログボックスが表示されます。
5.[OK]ボタンをクリックする。
選択したプログラムがアンインストールされます。
JP1/AJS3 - Manager のアンインストール中に「JP1/AJS3_Database の削除に失敗しました。再度ア
ンインストールしてください。」というダイアログボックスが表示された場合は,Windows イベント
ログに出力されているメッセージ KAVS2128-E の対処方法に従って対処してください。
6. 必要に応じて,JP1/AJS3 で作成したユーザーファイルと,JP1/AJS3 のインストール先フォルダを削
除する。
10. アンインストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
304
第 2 編 UNIX ホスト編
11
システム構成の種類とセットアップの手順
JP1/AJS3 は,1 台でジョブを定義・実行するシステムから,何台ものホストを使って大量のジョ
ブを実行させる大規模なシステムまで,いろいろなシステム構成で使用できます。また,ほかの
製品と連携していろいろな機能を使うこともできます。この章では,JP1/AJS3 でできるシステ
ム構成とそのセットアップの手順の概要を説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
305
11.1 JP1/AJS3 のセットアップ手順の概要
JP1/AJS3 でできるシステム構成とそのセットアップの手順を次に示します。
JP1/AJS3 シリーズのプログラムや前提条件については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 設計ガイド(システム構築編) 2.1 動作環境を確認する」を参照してください。
11.1.1 JP1/AJS3 - Manager と JP1/AJS3 - View でシステムを構築する
場合のセットアップ手順
ホストを 1 台用意し,JP1/AJS3 - Manager をインストールします。また,必要に応じて JP1/AJS3 - View
用のホスト(Windows)を用意し,インストールします。複数の JP1/AJS3 - View を接続して使うこと
もできます。
JP1/AJS3 - Manager と JP1/AJS3 - View でシステムを構築する場合のセットアップ手順を次の図に示し
ます。
図 11‒1 セットアップ手順(JP1/AJS3 - Manager と JP1/AJS3 - View でシステムを構築す
る場合)
11. システム構成の種類とセットアップの手順
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
306
11.1.2 1 台の JP1/AJS3 - Manager ホストを使ったマネージャー・エー
ジェント構成にする場合のセットアップ手順
JP1/AJS3 - Manager 用ホストを 1 台,JP1/AJS3 - Agent 用ホストを複数台用意します。また,必要に
応じて JP1/AJS3 - View 用ホスト(Windows)を用意します。
1 台の JP1/AJS3 - Manager ホストを使ったマネージャー・エージェント構成にする場合のセットアップ
手順を次の図に示します。
図 11‒2 セットアップ手順(1 台の JP1/AJS3 - Manager ホストを使ったマネージャー・エー
ジェント構成の場合)
11. システム構成の種類とセットアップの手順
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
307
11.1.3 複数の JP1/AJS3 - Manager を使ったマネージャー・エージェント
構成にする場合のセットアップ手順
JP1/AJS3 - Manager 用ホストと JP1/AJS3 - Agent 用ホストを複数台用意します。また,必要に応じて
JP1/AJS3 - View 用のホスト(Windows)を用意します。
複数の JP1/AJS3 - Manager を使ったマネージャー・エージェント構成のセットアップ手順は,JP1/AJS3
- Manager ホスト 1 台のときと同様です。図 11-2 の作業を,JP1/AJS3 - Manager の数だけ繰り返しま
す。
業務の運用を開始したあと,マネージャージョブグループやマネージャージョブネットを定義して,複数
のマネージャーを統括して管理できるようにします。
11. システム構成の種類とセットアップの手順
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
308
12
インストール
この章では,JP1/AJS3 のインストール方法について説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
309
12.1 JP1/AJS3 シリーズプログラムのインストール前に必要な作業
ここでは,UNIX ホストに JP1/AJS3 をインストールする前に必要な次の作業について説明します。
• JP1/Base のインストール
注意事項
新規インストールの場合は,JP1/Base を先にインストールしてください。また,バージョンアッ
プインストールの場合は,JP1/Base を先にバージョンアップしてください。
12.1.1 JP1/Base をインストールする
JP1/AJS3 - Manager,および JP1/AJS3 - Agent をインストールするホストに,JP1/Base をインストー
ルしておきます。
なお,JP1/Base を新規導入した場合,インストール時に自動セットアップを選択すると,ユーザー情報
が次のように設定されます。この情報をそのまま使用する場合,ユーザー情報の設定は不要です。
• 認証サーバ:自ホスト
• JP1 ユーザー:jp1admin
• JP1 ユーザーのパスワード:jp1admin
• JP1 ユーザーをマッピングする OS のユーザー:root
• サーバホスト名:*
JP1/Base の新規導入時に自動セットアップを選択しなかった場合,または JP1/Base の新規導入を JP1/
NETM/DM を使ったリモートインストール(ソフトウェアの配布)で実行した場合,認証サーバと JP1
ユーザーは自動設定されません。このため JP1/Base インストール後に,手動で設定する必要があります。
JP1/Base の認証サーバが設定されていない場合,JP1/AJS3 - Manager で,JP1/AJS3 サービスの起動に
失敗します。
JP1/Base のインストールおよびセットアップの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を
参照してください。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
310
12.2 JP1/AJS3 シリーズプログラムのインストール
この節では,JP1/AJS3 シリーズプログラム(JP1/AJS3 - Manager,JP1/AJS3 - Agent,JP1/AJS3 Web Console)のインストール方法を,インストール先ホストの OS ごとに説明します。ただし,JP1/
AJS3 - Web Console は Linux 環境だけインストールできます。
なお,JP1/AJS3 - Manager,および JP1/AJS3 - Agent をインストールする前に,JP1/Base がインス
トールされていることを確認してください。また,JP1/Base のバージョンが JP1/AJS3 の前提バージョン
となっているか確認してください。
JP1/Base のインストールについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
補足事項
JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent を仮想マシンにインストールしたあと,その仮想マシ
ンを複製できます。
仮想マシンの複製の概要については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計
ガイド(システム構築編)
2.8 JP1/AJS3 をインストール・セットアップした仮想マシンの複製につい
て検討する」を参照してください。仮想マシンの複製の手順については,「22. JP1/AJS3 をインストー
ル・セットアップした仮想マシンの複製」を参照してください。
12.2.1 インストール時の注意事項
ここでは,JP1/AJS3 - Manager をインストールするホストについての注意事項,およびバージョンアッ
プインストールについての注意事項について説明します。また,JP1/NETM/DM を使ったリモートイン
ストール(ソフトウェアの配布)についても説明します。
(1) JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent をインストールするホ
ストについての注意事項
JP1/AJS3 - Manager と JP1/AJS3 - Agent は同一ホストにインストールできません。JP1/AJS3 Manager を新規インストールする場合,インストール前に,自ホスト名の名前解決ができているか確認し
てからインストールしてください。自ホスト名の名前解決ができない状態で新規インストールすると,ジョ
ブ実行環境データベースの作成に失敗し,JP1/AJS3 サービスが起動しないおそれがあります。
(2) バージョンアップインストールについての注意事項
(a) カスタマイズできるファイルの扱い
JP1/AJS3 で提供しているファイルには,ユーザーがカスタマイズできるファイルがあります。ユーザー
によるカスタマイズを考慮し,バージョンアップインストール後も,これらのファイルは置き換えられま
せん。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
311
また,カスタマイズ前のファイルは,モデルファイルとして同一ディレクトリに格納されています(ファ
イル名の末尾に,「.model」が付いています)
。アップデートはこのモデルファイルに対して行われます。
このため,バージョンアップ後は次に示すパス配下のファイルのカスタマイズ状況を確認し,カスタマイ
ズしている場合は,モデルファイルをコピーして再度カスタマイズしてください。カスタマイズしていな
い場合は,コピーだけしてください。
JP1/AJS3 - Manager の場合
• /etc/opt/jp1ajs2
• /etc/opt/jp1ajs2/conf
JP1/AJS3 - Agent の場合
• /etc/opt/jp1ajs2
• /etc/opt/jp1ajs2/conf
注意事項
• JP1/AJS3 をクラスタシステムで運用している場合,共有ディレクトリのjp1ajs2 のconf 配下にあ
るモデルファイルに対して,アップデートは行われません。そのため,共有ディレクトリ配下のファ
イルをカスタマイズしている場合は,共有ディレクトリのモデルファイルではなく,上記のディレ
クトリからモデルファイルをコピーして再度カスタマイズしてください。カスタマイズしていない
場合は,同名のファイルを上書きコピーしてください。
なお,論理ホストのconf ファイルは,共有ディレクトリのjp1ajs2 のconf 配下にあるファイルにな
ります。
• 資料採取ツールは,バージョンアップインストール時,モデルファイルと同様に更新されます。バー
ジョンアップインストール後に資料採取ツール(_04)のカスタマイズが必要な場合は,バージョン
アップインストール前の_04 をバックアップしておいてください。
なお,資料採取ツール(jajs_log)はカスタマイズできません。
なお,JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager へのバージョンアップでは,プロセス管理定義
ファイル(上記パスにあるjp1ajs_xxxd.conf ファイル),および拡張起動プロセス定義ファイル(上記パ
スにあるjp1ajs_xxxx_0700.conf ファイル)を,JP1/AJS3 - Manager のプロセス構成に自動更新します。
JP1/AJS2 - Manager で,JP1/Cm2/NNM または HP NNM 連携やキューレスジョブ実行環境の設定を
していた場合は,バージョンアップおよびセットアップ後に,プロセス管理定義ファイル,および拡張起
動プロセス定義ファイルの設定が引き継がれているか確認してください。引き継がれていない場合は,再
度設定してください。また,異常終了した JP1/AJS2 のプロセスを再起動する設定などのカスタマイズを
していた場合,JP1/AJS3 - Manager の再起動設定はデフォルト値に設定されます。再起動設定をしない,
または再起動回数をデフォルト値以外で使用する場合は,バージョンアップおよびセットアップ後に,再
度カスタマイズしてください。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
312
(b) JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップインストール
する場合
• JP1/AJS3 は,JP1/AJS2 - Configuration とは連携できません。バージョン 8 の JP1/AJS2 に JP1/
AJS3 をバージョンアップインストールすると,JP1/AJS2 Configuration Agent がアンセットアップ
されます。
• JP1/AJS3 は,JP1/AJS2 - Datareplicator とは連携できません。JP1/AJS3 をバージョンアップイン
ストールする前に JP1/AJS2 - Datareplicator をアンインストールしておいてください。JP1/AJS2 Datareplicator がインストールされている環境には JP1/AJS3 をバージョンアップインストールでき
ません。
• JP1/AJS3 をインストールするホストで動作している次のサービス,およびプロセスをすべて停止して
からインストールしてください。
• JP1/AJS3 または JP1/AJS2
• JP1/AJS3 または JP1/AJS2 を前提とする製品
• JP1/AJS3 または JP1/AJS2 と連携する製品
• インストールが完了するまで次の処理が実行されないようにしてください。
• JP1/AJS3 または JP1/AJS2 と連携して動作する製品の処理要求
• JP1/AJS3 または JP1/AJS2 の機能やコマンドを実行する処理
• 必要に応じて,定義ファイルをバックアップしてから製品をバージョンアップすることを推奨します。
バックアップの対象については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイ
ド(システム構築編) 5.2.2 バックアップ対象と時期」を参照してください。
• 次の場合は JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent のインストールは失敗するため注意して
ください。
• すでにインストールされている JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent のプロセスが稼働
中の場合
• JP1/Base がインストールされていないか,前提バージョンの JP1/Base がインストールされていな
い場合
• 共存できない製品がインストールされている場合
• JP1/AJS3 - Manager をバージョン 10-00 より前のバージョンから 10-00 以降にバージョンアップイ
ンストールする場合,組み込み DB をバージョン 10-00 以降の方式に移行する必要があります。組み
込み DB を移行する手順については,「13.5.1 組み込み DB の管理機能を強化するための設定」を参照
してください。
• クラスタ構成で JP1/AJS3 - Manager または JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップインストールす
る場合は,「12.2.6 クラスタ構成のバージョンアップインストール」を参照してください。
• 標準構成の JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールした場合,組み込み DB のバージョ
ンが,リリースノートの「システム作成上の注意事項」に記載されている組み込み DB のバージョンと
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
313
同じであるか確認してください。バージョンが異なる場合は,組み込み DB をバージョンアップインス
トールしてください。
(c) ジョブ実行制御で使用する共有メモリーについて(06-71-G1 以前のバージョンから
バージョンアップインストールする場合)
ジョブ実行制御のエージェントプロセスは,共有メモリーを使用して情報のやり取りをしています。通常,
これらの情報は JP1/AJS3 サービス停止時に削除されます。ただし,エージェントプロセスが異常終了し
たり,jajs_killall.cluster コマンドを使用してサービスを強制停止させたりすると,これらの情報が
残ってしまうことがあります。エージェントプロセスの異常終了または強制停止と再起動が繰り返される
と,共有メモリーのセグメント数が増加してシステムに影響を与えるおそれが出てきます。
jpqshmake コマンドを実行すると,共有メモリーのセグメント数を増加させないようにできます。JP1/AJS2
06-71-G1 以前のバージョンからバージョンアップインストールしてセットアップしたあとに,一度だけ
実行してください。JP1/AJS3 または JP1/AJS2 06-71-/H 以降のバージョンを新規インストールした場合
は,実行する必要はありません。jpqshmake コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jpqshmake(UNIX 限定)」
を参照してください。
(d) IPv6 アドレスで通信する場合
JP1/Base または JP1/AJS3 をバージョン 9 以前からバージョン 10 以降にバージョンアップして,かつ
IPv6 アドレスで通信する場合は,IPv6 アドレスで通信するための設定が必要です。
詳細については,「13.4.6 IPv6 アドレスで通信するための設定」を参照してください。
(3) JP1/NETM/DM を使ったリモートインストール(ソフトウェアの配布)
JP1/AJS3 は,JP1/NETM/DM を使ったリモートインストールに対応しています。
JP1/AJS3 の場合,次に示すインストールに対応しています。
• 新規インストール
インストール対象ホストに JP1/AJS3 を新規にインストールできます。
• バージョンアップインストール
インストール対象ホストの JP1/AJS3 または JP1/AJS2 をバージョンアップできます。ただし,JP1/
AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager にバージョンアップした場合,別途,各ホストでのセッ
トアップが必要です。
JP1/NETM/DM を使った実際のリモートインストール方法については,マニュアル「JP1/NETM/DM
Client (UNIX(R)用)」を参照してください。
JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager にバージョンアップした場合のセットアップ方法につい
ては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編)
8.5 JP1/
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
314
AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager へのバージョンアップ後のセットアップ」を参照してくださ
い。
(4) JP1/AJS2 - Manager に JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップイ
ンストールする場合
JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager へのバージョンアップ後は,ディスク使用量やメモリー
使用量が増加するため,バージョンアップする前に適切な見積もりをしてください。また,JP1/AJS2 Manager に JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールした場合,そのあとに実施するセッ
トアップ作業が完了するまで,JP1/AJS3 - Manager での運用はできません。セットアップ作業には,デー
タ量などに応じた時間が必要なため,計画的にバージョンアップインストールおよびセットアップ作業を
実施してください。JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager にバージョンアップした場合のセッ
トアップ方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(シス
テム構築編)
8.5 JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager へのバージョンアップ後のセットアッ
プ」を参照してください。
(5) AJS 管理者を設定する場合の注意事項
AJS 管理者は,JP1/AJS3 を新規にインストールするときに設定します。すでに JP1/AJS3 がインストール
されている環境には,設定できません。
AJS 管理者の設定手順については,「付録 D AJS 管理者で運用する場合のインストールとセットアップ
(UNIX 限定)」を参照してください。
12.2.2 HP-UX の場合のインストール
HP-UX の場合のインストール手順を説明します。
なお,インストール媒体のディレクトリ名やファイル名は,ハードウェア環境などによって記述した内容
と見え方が異なることがあります。ls コマンドで確認し,表示されたファイル名をそのまま入力してくだ
さい。
1. JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストールするホストにスーパーユーザーでログインするかまたは
su コマンドでユーザーをスーパーユーザーに変更する。
2. JP1/AJS3 と連携するプログラムを終了する。
• 新規インストールの場合
JP1/AJS3 をインストールするホストで JP1/AJS3 と連携するプログラムを使用している場合,必ず
停止してください。
• バージョンアップインストールの場合
「12.2.1(2)(b) JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップインストールす
る場合」を参照してください。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
315
3. 環境変数 LANG に,JP1/AJS3 で使用する文字コードを設定する。
JP1/AJS3 で使用できる文字コードについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 設計ガイド(システム構築編)
2.4.2(2) 使用できる環境変数 LANG」を参照してください。
4. JP1/AJS3 シリーズプログラムの媒体をセットする。
5. 次のコマンドを実行して,インストール媒体をマウントする。
/usr/sbin/mount -F cdfs -r デバイススペシャルファイル名 /dvdrom
/dvdrom はデバイススペシャルファイルのマウントポイントです。マウントポイントディレクトリがな
い場合は,作成してください。
なお,デバイススペシャルファイル名およびマウントポイントは,使用している環境によって異なる場
合があります。
6. 次のコマンドを実行して,Hitachi PP Installer を起動する。
/dvdrom/IPFHPUX/SETUP /dvdrom※
Hitachi PP Installer が起動され,初期画面が表示されます。
注※
ここではマウントポイントに/dvdrom を仮定します。
7. 初期画面で「I」を入力する。
インストールできるプログラムの一覧が表示されます。
8. インストールする JP1/AJS3 シリーズプログラムを選択し,「I」を入力する。
選択したプログラムがインストールされます。
なお,プログラムを選択するには,カーソルを移動させ,スペースバーで選択します。
9. インストールが正常終了したら,「Q」を入力する。
Hitachi PP Installer の初期画面に戻ります。
JP1/AJS3 - Manager のインストール後,syslog にメッセージ KAVS2128-E が出力されていないか確認
してください。メッセージ KAVS2128-E が出力されている場合は,スケジューラーサービスの構築に失
敗しています。この場合,メッセージ KAVS2128-E の対処方法に従って対処してください。
インストールが終了すると,ユーザー情報(認証サーバおよび JP1 ユーザー)
,DB の設定が完了している
ため,サービスの起動だけでジョブを実行できます。ただし,設定はすべてデフォルトです。デフォルト
から設定を変更する場合は,「13. セットアップ」を参照してください。
12.2.3 Solaris の場合のインストール
Solaris の場合のインストール手順を説明します。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
316
なお,インストール媒体のディレクトリ名やファイル名は,ハードウェア環境などによって記述した内容
と見え方が異なることがあります。ls コマンドで確認し,表示されたファイル名をそのまま入力してくだ
さい。
1. JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストールするホストにスーパーユーザーでログインするかまたは
su コマンドでユーザーをスーパーユーザーに変更する。
2. JP1/AJS3 と連携するプログラムを終了する。
• 新規インストールの場合
JP1/AJS3 をインストールするホストで JP1/AJS3 と連携するプログラムを使用している場合,必ず
停止してください。
• バージョンアップインストールの場合
「12.2.1(2)(b) JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップインストールす
る場合」を参照してください。
3. 環境変数 LANG に,JP1/AJS3 で使用する文字コードを設定する。
JP1/AJS3 で使用できる文字コードについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 設計ガイド(システム構築編)
2.4.2(2) 使用できる環境変数 LANG」を参照してください。
4. JP1/AJS3 シリーズプログラムの媒体をセットする。
5. 次のコマンドを実行して,Hitachi PP Installer を起動する。
/dvdrom/solaris/setup /dvdrom※
Hitachi PP Installer が起動され,初期画面が表示されます。
注※
ここではマウントポイントに/dvdrom を仮定します。
6. 初期画面で「I」を入力する。
インストールできるプログラムの一覧が表示されます。
7. インストールする JP1/AJS3 シリーズプログラムを選択し,「I」を入力する。
選択したプログラムがインストールされます。
なお,プログラムを選択するには,カーソルを移動させ,スペースバーで選択します。
8. インストールが正常終了したら,「Q」を入力する。
Hitachi PP Installer の初期画面に戻ります。
JP1/AJS3 - Manager のインストール後,syslog にメッセージ KAVS2128-E が出力されていないか確認
してください。メッセージ KAVS2128-E が出力されている場合は,スケジューラーサービスの構築に失
敗しています。この場合,メッセージ KAVS2128-E の対処方法に従って対処してください。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
317
インストールが終了すると,ユーザー情報(認証サーバおよび JP1 ユーザー)
,DB の設定が完了している
ため,サービスの起動だけでジョブを実行できます。ただし,設定はすべてデフォルトです。デフォルト
から設定を変更する場合は,「13. セットアップ」を参照してください。
12.2.4 AIX の場合のインストール
AIX の場合のインストール手順を説明します。
なお,インストール媒体のディレクトリ名やファイル名は,ハードウェア環境などによって記述した内容
と見え方が異なることがあります。ls コマンドで確認し,表示されたファイル名をそのまま入力してくだ
さい。
1. JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストールするホストにスーパーユーザーでログインするかまたは
su コマンドでユーザーをスーパーユーザーに変更する。
2. JP1/AJS3 と連携するプログラムを終了する。
• 新規インストールの場合
JP1/AJS3 をインストールするホストで JP1/AJS3 と連携するプログラムを使用している場合,必ず
停止してください。
• バージョンアップインストールの場合
「12.2.1(2)(b) JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップインストールす
る場合」を参照してください。
3. 環境変数 LANG に,JP1/AJS3 で使用する文字コードを設定する。
JP1/AJS3 で使用できる文字コードについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 設計ガイド(システム構築編)
2.4.2(2) 使用できる環境変数 LANG」を参照してください。
4. JP1/AJS3 シリーズプログラムの媒体をセットする。
5. 次のコマンドを実行して,インストール媒体をマウントする。
/usr/sbin/mount -r -v cdrfs デバイススペシャルファイル名 /dvdrom
/dvdrom はデバイススペシャルファイルのマウントポイントです。マウントポイントディレクトリがな
い場合は,作成してください。
なお,デバイススペシャルファイル名およびマウントポイントは,使用している環境によって異なる場
合があります。
6. 次のコマンドを実行して,Hitachi PP Installer を起動する。
/dvdrom/AIX/SETUP /dvdrom※
Hitachi PP Installer が起動され,初期画面が表示されます。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
318
注※
ここではマウントポイントに/dvdrom を仮定します。
7. 初期画面で「I」を入力する。
インストールできるプログラムの一覧が表示されます。
8. インストールする JP1/AJS3 シリーズプログラムを選択し,「I」を入力する。
選択したプログラムがインストールされます。
なお,プログラムを選択するには,カーソルを移動させ,スペースバーで選択します。
9. インストールが正常終了したら,「Q」を入力する。
Hitachi PP Installer の初期画面に戻ります。
JP1/AJS3 - Manager のインストール後,syslog にメッセージ KAVS2128-E が出力されていないか確認
してください。メッセージ KAVS2128-E が出力されている場合は,スケジューラーサービスの構築に失
敗しています。この場合,メッセージ KAVS2128-E の対処方法に従って対処してください。
インストールが終了すると,ユーザー情報(認証サーバおよび JP1 ユーザー)
,DB の設定が完了している
ため,サービスの起動だけでジョブを実行できます。ただし,設定はすべてデフォルトです。デフォルト
から設定を変更する場合は,「13. セットアップ」を参照してください。
12.2.5 Linux の場合のインストール
Linux の場合のインストール手順を説明します。
なお,インストール媒体のディレクトリ名やファイル名は,ハードウェア環境などによって記述した内容
と見え方が異なることがあります。ls コマンドで確認し,表示されたファイル名をそのまま入力してくだ
さい。
1. JP1/AJS3 シリーズプログラムをインストールするホストにスーパーユーザーでログインするかまたは
su コマンドでユーザーをスーパーユーザーに変更する。
2. JP1/AJS3 と連携するプログラムを終了する。
• 新規インストールの場合
JP1/AJS3 をインストールするホストで JP1/AJS3 と連携するプログラムを使用している場合,必ず
停止してください。
• バージョンアップインストールの場合
「12.2.1(2)(b) JP1/AJS3 - Manager および JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップインストールす
る場合」を参照してください。
3. 環境変数 LANG に,JP1/AJS3 で使用する文字コードを設定する。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
319
JP1/AJS3 で使用できる文字コードについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 設計ガイド(システム構築編)
2.4.2(2) 使用できる環境変数 LANG」を参照してください。
4. JP1/AJS3 シリーズプログラムの媒体をセットする。
5. インストール媒体をマウントする。
マウントディレクトリを「/mnt/dvdrom」としてマウントします。マウントのためのコマンドについて
は,OS のドキュメントを参照してください。
6. 次のコマンドを実行して,Hitachi PP Installer を起動する。
/mnt/dvdrom/linux/setup /mnt/dvdrom※
Hitachi PP Installer が起動され,初期画面が表示されます。
注※
ここではマウントポイントに/mnt/dvdrom を仮定します。
7. 初期画面で「I」を入力する。
インストールできるプログラムの一覧が表示されます。
8. インストールする JP1/AJS3 シリーズプログラムを選択し,「I」を入力する。
選択したプログラムがインストールされます。
なお,プログラムを選択するには,カーソルを移動させ,スペースバーで選択します。
9. インストールが正常終了したら,「Q」を入力する。
Hitachi PP Installer の初期画面に戻ります。
JP1/AJS3 - Manager のインストール後,syslog にメッセージ KAVS2128-E が出力されていないか確認
してください。メッセージ KAVS2128-E が出力されている場合は,スケジューラーサービスの構築に失
敗しています。この場合,メッセージ KAVS2128-E の対処方法に従って対処してください。
インストールが終了すると,ユーザー情報(認証サーバおよび JP1 ユーザー)
,DB の設定が完了している
ため,サービスの起動だけでジョブを実行できます。ただし,設定はすべてデフォルトです。デフォルト
から設定を変更する場合は,「13. セットアップ」を参照してください。
12.2.6 クラスタ構成のバージョンアップインストール
クラスタ構成の UNIX ホストに JP1/AJS3 シリーズプログラムをバージョンアップでインストールする手
順を次に示します。
JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールする場合,JP1/AJS3 - Manager からバージョン
アップするときと,JP1/AJS2 - Manager からバージョンアップするときでは手順が異なります。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
320
なお,この手順では,論理ホストが通常動作している系を実行系,論理ホストが通常動作していないで待
機している系を待機系と呼びます。
(1) バージョンアップ手順(JP1/AJS2 - Manager からのバージョンアップ
以外)
JP1/AJS3 - Manager,JP1/AJS3 - Agent,および JP1/AJS2 - Agent をバージョンアップする手順を次
に示します。
1. 待機系で論理ホストが動作していないことを確認する。
待機系で論理ホストの JP1/AJS3 または JP1/AJS2 が動作していないことを確認してください。
なお,実行系で論理ホストの JP1/AJS3 または JP1/AJS2 が動作していても問題ありません。
2. 待機系でバージョンアップインストールを実施する。
3. 実行系で論理ホストが動作していないことを確認する。
実行系から待機系にフェールオーバーさせる,または論理ホストを停止して,実行系で論理ホストの
JP1/AJS3 または JP1/AJS2 が動作していないことを確認してください。
なお,手順 2 でバージョンアップした待機系に論理ホストをフェールオーバーさせても問題ありません。
4. 実行系でバージョンアップインストールを実施する。
注意事項
• 待機系をバージョンアップしたあと,待機系で論理ホストを稼働させている場合,実行系の
バージョンアップが完了するまでは実行系にフェールオーバーさせないでください。
• 標準構成の JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールした場合,組み込み DB
のバージョンが,リリースノートの「システム作成上の注意事項」に記載されている組み込
み DB のバージョンと同じであるか確認してください。バージョンが異なる場合は,組み込
み DB をバージョンアップインストールしてください。
(2) バージョンアップ手順(JP1/AJS2 - Manager から標準構成へのバー
ジョンアップ)
注意事項
クラスタ構成で使用している JP1/AJS2 - Manager をバージョンアップする場合,共有ディスクに
格納したデータの移行などのセットアップを実施するために,クラスタ運用を一時的に停止する必
要があります。セットアップが完了するまで,JP1/AJS3 - Manager での運用はできません。セッ
トアップには,データ量などに応じた時間が必要なため,計画的にバージョンアップインストール
およびセットアップ作業を実施してください。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
321
JP1/AJS2 - Manager をバージョンアップする手順を次に示します。
複数の論理ホストがある場合は,次に示す手順 6 から手順 16 と,手順 20 から手順 23 までをすべての論
理ホストに対して実施してください。非クラスタ環境で論理ホストを運用している場合は,実行系の手順
だけ実施してください。物理ホストおよび論理ホストですべてのセットアップが完了するまで,JP1/AJS3
の運用は開始できません。
また,次に示す手順は,一つの組み込み DB に一つのスケジューラーサービスを格納することを前提とし
ています。複数のスケジューラーサービスを構築している場合は,手順 8,手順 11,手順 12 をすべての
スケジューラーサービスに対して実行してください。組み込み DB を追加したい場合は,手順 9,手順
10,手順 20,手順 21 を実施してください。
1. 実行系および待機系の JP1 を終了させる。
クラスタソフトからの操作で,実行系ノードと待機系ノードで起動している JP1 のプログラムおよび
サービスを停止してください。停止する方法については,クラスタソフトのマニュアルを参照してくだ
さい。
2. 実行系の JP1/Base をバージョンアップインストールする。
JP1/Base のインストールについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
3. 実行系の JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールする。
実行系の JP1/AJS2 - Manager に,JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールします。
4. バージョンアップ前に実行系物理ホストで使用していた組み込み DB または HiRDB を起動する。
移行前のデータベースにアクセスするため,バージョンアップ前に実行系物理ホストのスケジューラー
サービスのデータベースとして使用していた組み込み DB または HiRDB を起動します。
組み込み DB または HiRDB の起動方法については,使用している JP1/AJS2 のマニュアルまたは
HiRDB のマニュアルを参照してください。
5. 実行系物理ホストでセットアップを実施する。
実行系物理ホストでjajs_migrate コマンドを実行します。
実行例を次に示します。
jajs_migrate -convert
jajs_migrate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_migrate」を参照してください。
6. 実行系で共有ディスクおよび論理 IP アドレスが使用できることを確認する。
共有ディスク上のデータを移行するため,共有ディスクおよび論理 IP アドレスが有効になっているこ
とを確認します。共有ディスクがマウントされていない,または論理 IP アドレスが有効になっていな
い場合は,クラスタソフトからの操作やボリュームマネージャーの操作などで,共有ディスクをマウン
トし,論理 IP アドレスを有効にしてください。操作方法については,クラスタソフトのマニュアルを
参照してください。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
322
7. バージョンアップ前に実行系論理ホストで使用していた組み込み DB または HiRDB を起動する。
移行前のデータベースにアクセスするため,バージョンアップ前に実行系論理ホストのスケジューラー
サービスのデータベースとして使用していた組み込み DB または HiRDB を起動します。
組み込み DB または HiRDB の起動方法については,使用している JP1/AJS2 のマニュアルまたは
HiRDB のマニュアルを参照してください。
8. 実行系で ajscnvdbexport コマンドを実行し,データベース情報を退避する。
実行例を次に示します。
ajscnvdbexport -mh LHOST -F AJSROOT2 -b /tmp/work
移行前の組み込み DB に対して操作するため,移行前のスケジューラーデータベースに組み込み DB を
使用している場合は,次の環境変数に設定を追加してからコマンドを実行してください。設定を追加し
ていない場合,メッセージ KAVS0990-E が出力され,コマンドが異常終了します。
• HP-UX の場合
SHLIB_PATH=移行前の組み込み DB のインストール先ディレクトリ/client/lib
• Solaris または Linux の場合
LD_LIBRARY_PATH=移行前の組み込み DB のインストール先ディレクトリ/client/lib
• AIX の場合
LIBPATH=移行前の組み込み DB のインストール先ディレクトリ/client/lib
ajscnvdbexport コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajscnvdbexport」を参照してください。
9. 実行系で ajsembdbinstl コマンドを実行し,JP1/AJS3 のデータベースをインストールする。
実行例を次に示します。
ajsembdbinstl -s /opt/jp1ajs2/tools/AJS3DB -id _JF1 -mh LHOST
ajsembdbinstl コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbinstl」を参照してください。
10. 実行系で ajsembdbbuild コマンドを実行し,データベース環境を構築する。
実行例を次に示します。
ajsembdbbuild -s -r -d /shdsk/node0/jp1ajs2/embdb/_JF1
-ld /var/opt/jp1ajs2/embdb/_JF1/dbarea -mh LHOST -eh hostA
-p 22221 -i /opt/jp1ajs2/embdb/_JF1 -id _JF1
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
11. 実行系で ajsembdbsetup コマンドを実行し,データベース環境をセットアップする。
実行例を次に示します。
ajsembdbsetup -mh LHOST -F AJSROOT2 -p 22221 -id _JF1 -ru s -convert
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
323
ajsembdbsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbsetup」を参照してください。
12. 実行系で ajscnvdbimport コマンドを実行し,データベース情報を移行する。
実行例を次に示します。
ajscnvdbimport -mh LHOST -F AJSROOT2 -b /tmp/work
ajscnvdbimport コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajscnvdbimport」を参照してください。
13. 実行系でセットアップを実施する。
実行系でjajs_migrate コマンドを実行し,JP1/AJS3 の運用ができる環境にセットアップします。
実行例を次に示します。
jajs_migrate -convert -h LHOST -r -S
jajs_migrate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_migrate」を参照してください。
14. セットアップ時に自動的に起動した組み込み DB を停止する。
実行例を次に示します。
ajsembdbstop -id _JF1
ajsembdbstop コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajsembdbstop」を参照してください。
15. 実行系で jbsgetcnf コマンドを実行して共通定義情報をファイルに退避する。
実行するコマンドを次に示します。
jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > 退避ファイル名
16. 手順 15 で作成したファイルを待機系にコピーする。
17. 待機系の JP1/Base をバージョンアップインストールする。
JP1/Base のインストールについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
18. 待機系の JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールする。
待機系の JP1/AJS2 - Manager に,JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールします。
19. 待機系物理ホストでセットアップを実施する。
待機系物理ホストでjajs_migrate コマンドを実行します。
実行例を次に示します。
jajs_migrate -convert
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
324
jajs_migrate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_migrate」を参照してください。
20. 待機系で ajsembdbinstl コマンドを実行し,JP1/AJS3 のデータベースをインストールする。
実行例を次に示します。
ajsembdbinstl -s /opt/jp1ajs2/tools/AJS3DB -id _JF1 -mh LHOST
-id オプションに指定する値は,実行系で指定した値と同じ値を指定してください。
ajsembdbinstl コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbinstl」を参照してください。
21. 待機系で ajsembdbbuild コマンドを実行し,データベース環境を構築する。
実行例を次に示します。
ajsembdbbuild -s -f -d /shdsk/node0/jp1ajs2/embdb/_JF1
-ld /var/opt/jp1ajs2/embdb/_JF1/dbarea -mh LHOST -eh hostA
-p 22221 -i /opt/jp1ajs2/embdb/_JF1 -id _JF1
-id,-d,および-p オプションに指定する値は,実行系で指定した値と同じ値を指定してください。
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
22. 待機系で jbssetcnf コマンドを実行して共通定義情報を設定する。
実行するコマンドを次に示します。
jbssetcnf 手順16でコピーした退避ファイル名
23. 待機系でセットアップを実施する。
待機系でjajs_migrate コマンドを実行し,JP1/AJS3 の運用ができる環境にセットアップします。
実行例を次に示します。
jajs_migrate -convert -h LHOST -f -S
jajs_migrate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_migrate」を参照してください。
24. 移行前の JP1/AJS2 で使用していた組み込み DB および HiRDB について,クラスタソフトへの登録を
解除する。
クラスタソフトからの登録解除方法については,クラスタソフトのマニュアルを参照してください。
25. 実行系で JP1 を起動する。
クラスタソフトから操作して,実行系ノードで JP1 のプログラムおよびサービスを起動し,JP1/AJS3
のクラスタ環境での運用を開始します。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
325
(3) バージョンアップ手順(JP1/AJS2 - Manager から互換用 ISAM 構成へ
のバージョンアップ)
JP1/AJS2 - Manager をバージョンアップする手順を次に示します。
複数の論理ホストがある場合は,次に示す手順 5 をすべての論理ホストに対して実施してください。
1. 実行系および待機系の JP1 を終了させる。
クラスタソフトからの操作で,実行系ノードと待機系ノードで起動している JP1 のプログラムおよび
サービスを停止してください。停止する方法については,クラスタソフトのマニュアルを参照してくだ
さい。
2. 実行系の JP1/Base をバージョンアップインストールする。
JP1/Base のインストールについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
3. 実行系の JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールする。
実行系の JP1/AJS2 - Manager に,JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールします。
JP1/AJS3 シリーズプログラムのバージョンアップインストールについては,「12.2.1(2)(b) JP1/AJS3
- Manager および JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップインストールする場合」を参照してください。
4. 実行系で共有ディスクおよび論理 IP アドレスが使用できることを確認する。
共有ディスク上のデータを移行するため,共有ディスクが有効になっていることを確認します。共有
ディスクがマウントされていない場合は,クラスタソフトからの操作やボリュームマネージャーの操作
などで,共有ディスクをマウントしてください。操作方法については,クラスタソフトのマニュアルを
参照してください。
また,ping コマンドまたはjp1ping コマンドで,論理 IP アドレスが有効になっていることを確認して
ください。jp1ping コマンドについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
5. 実行系で jajs_convert_to_spmd コマンドを実行し,システム管理の起動プロセス定義ファイルを変
換する。
実行例を次に示します。
/opt/jp1ajs2/tools/jajs_convert_to_spmd -h LHOST -c ISAM
6. 待機系の JP1/Base をバージョンアップインストールする。
JP1/Base のインストールについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
7. 待機系の JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールする。
待機系の JP1/AJS2 - Manager に,JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールします。
JP1/AJS3 シリーズプログラムのバージョンアップインストールについては,「12.2.1(2)(b) JP1/AJS3
- Manager および JP1/AJS3 - Agent をバージョンアップインストールする場合」を参照してください。
8. 実行系で JP1 を起動する。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
326
クラスタソフトから操作して,実行系ノードで JP1 のプログラムおよびサービスを起動し,JP1/AJS3
のクラスタ環境での運用を開始します。
12.2.7 組み込み DB のバージョンアップインストール
JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールしたあとに,リリースノートを参照して組み込み
DB のバージョンを確認し,リリースノートのバージョンと異なる場合は組み込み DB のバージョンアッ
プインストールを実施してください。複数の組み込み DB が存在する場合は,すべての組み込み DB に対
してバージョンアップインストールを実施してください。
組み込み DB をバージョンアップインストールする手順を次に示します。
なお,次に示す手順で記載するコマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 コマンドリファレンス」を参照してください。
(1) 組み込み DB をバージョンアップインストールする場合
組み込み DB をバージョンアップインストールする手順を次に示します。
1. すべての JP1/AJS3 サービスを終了する。
2. 組み込み DB を起動する。
ajsembdbstart コマンドに-id _JFn(n は 0〜9 または A〜Z のどれか)オプションを指定して実行し
ます。
3. 組み込み DB の稼働状態を確認する。
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn オプションを指定して実行し,組み込み DB が稼働状態
になっていること(UNIT-STAT が ONLINE になっていること)を確認します。
4. 組み込み DB を正常停止する。
ajsembdbstop コマンドに-id _JFn オプションを指定して実行します。なお,-f オプションは指定しな
いでください。
5. 組み込み DB の稼働状態を確認する。
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn オプションを指定して実行し,組み込み DB が停止状態
になっていること(UNIT-STAT が STOP になっていること)を確認します。
6. ajsembdbinstl コマンドを実行して組み込み DB をバージョンアップインストールする。
7. 組み込み DB の稼働状態を確認する。
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn オプションを指定して実行し,組み込み DB が停止状態
になっていること(UNIT-STAT が STOP になっていること)を確認します。組み込み DB が稼働状
態の場合は,ajsembdbstop コマンドを実行して組み込み DB を正常停止してください。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
327
8. 手順 1 で停止したサービスを起動する。
(2) クラスタ構成で組み込み DB をバージョンアップインストールする場合
クラスタ構成で組み込み DB をバージョンアップインストールする場合は,次のとおり実施してください。
• 実行系
実行系で共有ディスクおよび論理 IP アドレスが使用できる状態で,組み込み DB をバージョンアップ
インストールしてください。手順の詳細については,「(1) 組み込み DB をバージョンアップインストー
ルする場合」を参照してください。
• 待機系
実行系での組み込み DB のバージョンアップインストールのあとに,待機系でajsembdbinstl コマンド
を実行して,組み込み DB をバージョンアップインストールしてください。
なお,待機系で組み込み DB をバージョンアップインストールする際は,論理ホストの IP アドレスや
共有ディスクを有効にする必要はありません。
12. インストール
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
328
13
セットアップ
この章では,JP1/AJS3 シリーズプログラムで必要なセットアップ,システムおよびユーザー環
境で必要なセットアップについて説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
329
13.1 JP1/AJS3 - Manager で必要なセットアップ
JP1/AJS3 - Manager を使用するには,JP1/Base のセットアップと,JP1/AJS3 - Manager のセットアッ
プが必要です。
まず,JP1/Base をセットアップし,次に JP1/AJS3 - Manager をセットアップしてください。
補足事項
JP1/AJS3 - Manager を仮想マシンにセットアップしたあと,その仮想マシンを複製できます。
仮想マシンの複製の概要については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計
ガイド(システム構築編)
2.8 JP1/AJS3 をインストール・セットアップした仮想マシンの複製につい
て検討する」を参照してください。仮想マシンの複製の手順については,「22. JP1/AJS3 をインストー
ル・セットアップした仮想マシンの複製」を参照してください。
13.1.1 JP1/Base のセットアップ
この項では,JP1/Base のセットアップについて説明します。
なお,この項では,設定の流れと大まかな設定内容を説明します。設定方法,設定項目,コマンドの詳細
については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
JP1/Base は,次の流れでセットアップします。
1. ユーザー情報を設定する。
ユーザー情報では,JP1/Base のユーザー管理機能を使って,ユーザー認証やユーザーマッピングなど
を設定します。
ユーザー認証の設定では,JP1/AJS3 のユーザーや,JP1/AJS3 を使うために必要な権限などを設定し
ます。
ユーザーマッピングは,ジョブを実行したり,JP1/AJS3 - View からログインしたりするために必要
な設定です。JP1 ユーザーに,各ホストに登録されている OS ユーザーをマッピングします。
設定方法については,「(1) ユーザー情報を設定する」を参照してください。
2. イベントサービス環境を設定する。
イベントサービス環境の設定は,JP1 イベントを送受信するために必要です。
JP1/Base のイベントサービス環境の設定で,API 設定ファイルのパラメーターserver の通信タイプに
「keep-alive」を設定してください。「close」を設定すると,次の問題が発生するおそれがあります。
• JP1/AJS3 が起動時に発行する JP1 イベントが発行できない。
• 統合トレースログにメッセージ KAVT1040-E が出力されて,JP1 イベント受信監視ジョブ,ログ
ファイル監視ジョブ,および Windows イベントログ監視ジョブがイベントを検知できない。
• JP1 イベント送信ジョブが異常検出終了する。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
330
設定方法および API 設定ファイルについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してくださ
い。
JP1/Base のセットアップの手順と定義内容を次に示します。
(1) ユーザー情報を設定する
ユーザー情報は,次の流れで設定します。
1. 使用する認証サーバを指定する。
2. JP1 ユーザーを登録する。
3. JP1 権限レベルを設定する。
4. ユーザーマッピングを設定する(JP1/AJS3 - View からログインする場合にも,この設定は必要です)
。
なお,他ホストに認証サーバを設定している場合は,2 と 3 の作業は不要です。他ホストの認証サーバで
あらかじめ設定しておいてください。
UNIX 版 JP1/Base では,コマンドを使ってユーザー情報を設定します。ユーザー情報の設定手順を設定
内容ごとに説明します。
(a) 使用する認証サーバを指定する
次のコマンドを実行します。
jbssetusrsrv プライマリー認証サーバ [セカンダリー認証サーバ]
「プライマリー認証サーバ」に指定したホストが,通常時に使用する認証サーバとなり,「セカンダリー認
証サーバ」に指定したホストが,予備の認証サーバとなります。
「セカンダリー認証サーバ」は必要に応じて指定してください。省略した場合は,「プライマリー認証サー
バ」に指定したホストだけが,一つのユーザー認証圏内で認証サーバとして稼働します。
注意事項
認証サーバ(プライマリー認証サーバまたはセカンダリー認証サーバ)として指定するホスト名
は,JP1/Base を起動する前に,hosts ファイルまたは DNS サーバに設定しておいてください。認
証サーバの指定(jbssetusrsrv コマンドの実行)と,hosts ファイルまたは DNS サーバへの設定
順序は任意ですが,JP1/Base の起動時にはホスト名から IP アドレスを解決できる状態になってい
る必要があります。jbssetusrsrv コマンドを実行して自ホストを認証サーバ(プライマリー認証
サーバまたはセカンダリー認証サーバ)に指定した場合は,次の形式でコマンドを実行してくださ
い。
cd /etc/opt/jp1base/conf
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
331
cp -p jp1bs_spmd.conf.session.model jp1bs_spmd.conf
なお,このコマンドを実行しない場合は,自ホストを認証サーバ(プライマリー認証サーバまたは
セカンダリー認証サーバ)に指定しても,認証サーバとして起動しません。
(b) JP1 ユーザーを登録する
次のコマンドを実行します。
jbsadduser JP1ユーザー名
登録する JP1 ユーザーの数だけ,このコマンドを実行します。
(c) JP1 権限レベルを設定する
登録した JP1 ユーザーに対して,JP1/AJS3 で処理を定義・実行するための権限レベルを設定します。権
限レベルを設定するには,JP1 ユーザーに対して「JP1 資源グループ」と「JP1 権限レベル」を定義します。
JP1 権限レベルの設定手順を次に示します。
1. 次のファイルをエディターで開く。
/etc/opt/jp1base/conf/user_acl/JP1_UserLevel
ファイルには,デフォルトとして次の定義が記載されています。
jp1admin:*=JP1_AJS_Admin,JP1_Console_Admin,JP1_JPQ_Admin
2.「JP1 ユーザー名:JP1 資源グループ名=JP1 権限レベル名」の形式で定義を記述する。
JP1 権限レベルを複数定義する場合は,「,(コンマ)」で区切って入力します。複数の資源グループへ
の権限を定義する場合は,「:(コロン)
」で区切って入力します。また,コメントを挿入したい場合は,
行頭に「;(セミコロン)」を入力します。改行されるまでコメントとして扱われます。
「JP1_Queue」は,大文字・小文字を間違えないように入力してください。
なお,JP1/AJS3 に必要な JP1 権限レベルの詳細については,「(2) JP1/AJS3 に必要な JP1 権限レベル
一覧」を参照してください。
記述例を次に示します。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
332
3. すべての JP1 ユーザーに JP1 権限レベルを設定したら,ファイルを閉じる。
4. JP1/Base を再起動するか,または jbs_spmd_reload コマンドを実行する。
定義した内容が有効になります。
(d) ユーザーマッピングを設定する
登録した JP1 ユーザーに対して,OS ユーザーをマッピングします。ジョブを実行させたり,JP1/AJS3 View からログインしたりするためにこの設定が必要です。
ユーザーマッピングの設定手順を次に示します。
1. エディターなどで,ユーザーマッピング定義ファイルを開く。
任意のファイルで設定することもできますが,/etc/opt/jp1base/conf/user_acl/jp1BsUmap.conf を使
用することを推奨します。
2.「JP1 ユーザー名:ホスト名:OS ユーザー名」の形式で定義を記述する。
記述例を次に示します。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
333
3. 定義の記述が終了したらファイルを閉じ,次のコマンドを実行する。
jbsmkumap [-f ユーザーマッピング定義ファイル]
定義した内容が有効になります。
なお,ユーザーマッピング定義ファイルに/etc/opt/jp1base/conf/user_acl/jp1BsUmap.conf を使用し
た場合は,-f オプションの指定は不要です。
補足事項
ユーザーマッピング定義ファイルに設定する項目を次の表に示します。
表 13‒1 ユーザーマッピング定義ファイルに設定する項目(JP1/AJS3 - Manager)
操作内容
JP1 ユーザー名
ホスト名
OS ユーザー名
JP1/AJS3 - View を使って
ジョブを実行する
JP1/AJS3 - Manager にログ
インするユーザー
JP1/AJS3 - View が接続する
JP1/AJS3 - Manager ホスト
ジョブを実行するホストの
OS に登録されているユー
ザー
JP1/AJS3 - Manager ホスト
以外のホストでジョブを実行
する
JP1/AJS3 - Manager ホスト
の OS にログインするユー
ザー
JP1/AJS3 - Manager ホスト
サブミットジョブを実行する
ホストの OS に登録されてい
るユーザー
JP1/AJS2 - Client Toolkit か
らサブミットジョブを登録する
サブミット先 JP1/AJS3 Manager ホストの OS にロ
グインするユーザー
JP1/AJS3 - Manager ホスト
サブミットジョブを実行する
ホストの OS に登録されてい
るユーザー
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
334
注意事項
マッピングする OS ユーザーには,ユーザー ID,グループ ID を正しく設定した OS ユーザーを指定
してください。
JP1/AJS3 - View からログインする場合,マッピングする OS ユーザーにホームディレクトリを正し
く設定する必要があります。
また,JP1 ユーザーにマッピングする OS ユーザーは正常に OS にログインできる OS ユーザーを JP1
ユーザーにマッピングしてください。
OS ユーザーが次に示す状態だとジョブが起動失敗となるおそれがあります。
• /etc/passwd に指定したホームディレクトリが存在しない。
• /etc/passwd に指定したログインシェルが存在しない。
(2) JP1/AJS3 に必要な JP1 権限レベル一覧
JP1/AJS3 の JP1 権限レベルには次の 3 種類があります。
• ジョブネット定義・実行時の JP1 権限レベル
• エージェント管理情報操作時の JP1 権限レベル
• ジョブの実行・操作時の JP1 権限レベル
それぞれの JP1 権限レベル名と操作できる内容について説明します。
(a) ジョブネット定義・実行時の JP1 権限レベル
ジョブネット定義・実行時の JP1 権限レベルには,次の 5 種類があります。
• JP1_AJS_Admin
管理者権限です。ユニットの所有者や資源グループの操作権限,ジョブネットの定義・実行・編集権限
などを持っています。
• JP1_AJS_Manager
ジョブネットの定義・実行・編集権限などを持っています。
• JP1_AJS_Editor
ジョブネットの定義・編集権限などを持っています。
• JP1_AJS_Operator
ジョブネットの実行・参照権限などを持っています。
• JP1_AJS_Guest
ジョブネットの参照権限などを持っています。
ジョブネット定義・実行時の JP1 権限レベル名と詳細な操作内容を次の表に示します。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
335
表 13‒2 ジョブネット定義・実行時の JP1 権限レベル名と操作できる内容
操作内容
他ユーザーが所有権を持つユニットに
対して,所有者,JP1 資源グループ名,
またはジョブの実行ユーザー種別を変
更する
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
Admin
Manager
Editor
Operator
Guest
○※1
−
−
−
−
ユニットを定義する
○
○※2
○※2
−
−
ジョブネットに定義したユニットの定
義内容を変更する
○
○※3
○※3
−
−
ジョブネットの定義内容を変更する
○
○
○
−
−
ユニットをコピー・移動したり,名称
を変更したりする
○
○※2
○※2
−
−
ユニットを削除する
○
○
○
−
−
ユニット名を標準出力ファイルに出力
する
○
○
○
○
○
ユニットの定義内容を標準出力ファイ
ルに出力する
○
○
○
○
○
ユニットを退避する
○
○
○
○
○
ユニットを回復する
○
○※2
○※2
−
−
ジョブグループにカレンダー情報を定
義する
○
○
○
−
−
特定期間について,ジョブネットの実
行スケジュールを定義する
○
○
−
○
−
定義済みのジョブネットを実行登録
する
○
○
−
○
−
ジョブネットの実行登録を解除する
○
○
−
○
−
ジョブネットやジョブの実行履歴,現
在の状態,次回実行予定などを標準出
力ファイルに出力する
○
○
○
○
○
ジョブネットに定義されたスケジュー
ルを一時的に変更する
○
○
−
○
−
ジョブの状態を一時的に変更する
○
○
−
○
−
ジョブの状態を変更する
○
○
−
○
−
ジョブネットの実行を中断する
○
○
−
○
−
ジョブネットを再実行する
○
○
−
○
−
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
336
操作内容
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
JP1_AJS_
Admin
Manager
Editor
Operator
Guest
ジョブやジョブネットの実行を強制終
了させる
○
○
−
○
−
ユニットをエクスポートする
○
○
○
○
○
ユニットをインポートする
○
○
○
−
−
ルートジョブネットの登録予定情報を
エクスポートする
○
○
○
○
○
ルートジョブネットの登録予定情報を
インポートする
○
○
−
○
−
リリース登録をする
○
○
○※4
○※4
−
リリース中止をする
○
○
○※4
○※4
−
リリース情報を参照する
○
○
○
○
○
(凡例)
○:操作できる。
−:操作できない。
注
JP1 ユーザーにマッピングされている OS ユーザーがスーパーユーザー権限を持つユーザーの場合,
JP1 権限レベルに関係なく,すべての操作を実行できます。ただし,環境設定パラメーターADMACLIMIT
をデフォルトから変更して「yes」に設定している場合は,実行できる操作は JP1 権限レベルの範囲の
操作だけです。この場合,JP1/AJS3 - Manager のバックアップやリカバリー,および連携製品の動作
などで使用する JP1 ユーザーに,必要な権限を与えてください。
環境設定パラメーターADMACLIMIT の詳細については,「20.11.2(4) ADMACLIMIT」を参照してくだ
さい。
また,ユニットに JP1 資源グループが設定されていない場合,そのユニットに対して,すべてのユー
ザーが JP1/AJS3 のすべての操作を実行できます。
注※1
ユニットの所有者であれば,JP1_AJS_Admin 権限が与えられていなくても操作ができます。詳細につ
いては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 導入ガイド 7.2.1 ユニット所有
者権限」を参照してください。
注※2
マネージャージョブグループ,マネージャージョブネットでは,参照先の JP1/AJS3 - Manager のア
クセス権限の定義が適用されます。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
337
注※3
ユニットの実行ユーザーの種別が所有ユーザーになっている場合,JP1_AJS_Admin 権限以外の JP1
ユーザーは,自分が所有するユニットでなければ変更操作ができません。これは,JP1_AJS_Admin 権
限が与えられていない一般ユーザーが,任意のジョブを実行することを防ぐためです。
なお,ユニットの実行ユーザーの種別が登録ユーザーになっている場合は,操作ができる JP1 権限レベ
ルを与えられているだけで変更操作ができます。
注※4
JP1_AJS_Editor 権限および JP1_AJS_Operator 権限の両方の権限が与えられている必要があります。
これは,リリース登録またはリリース中止などのリリース操作には,定義の変更の権限と実行登録の権
限が必要なためです。
(b) エージェント管理情報操作時の JP1 権限レベル
エージェント管理情報操作時の JP1 権限レベルには,次の 3 種類があります。
• JP1_JPQ_Admin
管理者権限です。実行エージェントや実行エージェントグループの定義を追加変更削除する権限を持っ
ています。
• JP1_JPQ_Operator
実行エージェントや実行エージェントグループの受付配信制限の状態を変更する権限を持っています。
• JP1_JPQ_User
実行エージェントや実行エージェントグループの状態や定義内容を参照する権限を持っています。
エージェント管理情報操作時のアクセス権限の設定では,資源グループ「JP1_Queue」に対して,これらの
JP1 権限レベルを持たせるように設定します。「JP1_Queue」は,大文字・小文字を間違えないように入力
してください。
エージェント管理情報操作時の JP1 権限レベル名と詳細な操作内容を次の表に示します。
表 13‒3 エージェント管理情報操作時の JP1 権限レベル名と詳細な操作内容
操作内容
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
Admin
Operator
User
実行エージェントを追加する
○
−
−
実行エージェントグループを追加する
○
−
−
実行エージェントを削除する
○
−
−
実行エージェントグループを削除する
○
−
−
実行エージェントの実行ホストを変更する
○
−
−
実行エージェントのジョブ実行多重度を変更する
○
−
−
実行エージェントの説明文を変更する
○
−
−
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
338
操作内容
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
Admin
Operator
User
実行エージェントグループの説明文を変更する
○
−
−
実行エージェントグループに接続する実行エージェントを追加する
○
−
−
実行エージェントグループに接続されている実行エージェントの優先
順位を変更する
○
−
−
実行エージェントグループに接続されている実行エージェントを接続
先から解除する
○
−
−
実行エージェントの受付配信制限の状態を変更する
○
○
−
実行エージェントグループの受付配信制限の状態を変更する
○
○
−
実行エージェントの状態を表示する※
○
○
○
実行エージェントグループの状態を表示する※
○
○
○
すべての実行エージェントと実行エージェントグループの状態を表示
○
○
○
○
○
○
実行エージェントの定義を出力する※
○
○
○
実行エージェントグループの定義を出力する※
○
○
○
すべての実行エージェントと実行エージェントグループの定義を出力
○
○
○
する※
すべての実行エージェントと実行エージェントグループの名称を表示
する※
する※
(凡例)
○:操作できる。
−:操作できない。
注※
OS のスーパーユーザーは,JP1 権限レベルに関係なく操作できます。
注意事項
エージェント管理情報操作時は,コマンドを実行するマネージャーが使用する認証サーバのアクセ
ス権限の定義が適用されます。
(c) ジョブの実行・操作時の JP1 権限レベル
ジョブの実行・操作時の JP1 権限レベルには,次の 3 種類があります。
• JP1_JPQ_Admin
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
339
管理者権限です。実行環境の設定権限,キューやジョブ実行先エージェントの操作権限,ほかのユー
ザーがキューイングしたジョブの操作権限を持っています。
• JP1_JPQ_Operator
キューの操作権限,ほかのユーザーがキューイングしたジョブの操作権限を持っています。
• JP1_JPQ_User
サブミットジョブの登録や,自分がキューイングしたジョブの操作権限を持っています。
ジョブの実行・操作時のアクセス権限の設定では,資源グループ「JP1_Queue」に対して,これらの JP1 権
限レベルを持たせるように設定します。「JP1_Queue」は,大文字・小文字を間違えないように入力してく
ださい。
ジョブの実行・操作時の JP1 権限レベル名と詳細な操作内容を次の表に示します。
表 13‒4 ジョブの実行・操作時の JP1 権限レベル名と詳細な操作内容
操作内容
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
Admin
Operator
User
ジョブの実行をキャンセルまたは強制終了する
○
○
△
ジョブの実行を保留,または保留解除する
○
○
△
ジョブを移動する
○
○
△
ジョブ情報を出力する
○
○
△
終了ジョブ情報を出力する
○
○
△
データベースから終了ジョブ情報を削除する
○
○
−
サブミットジョブを登録する※
○
○
○
キューを開く※
○
○
−
キューを閉じる※
○
○
−
キューを追加する※
○
−
−
キューを削除する※
○
−
−
キュー情報を出力する※
○
○
○
キューの定義を変更する※
○
−
−
キューをエージェントに接続する※
○
−
−
キューとエージェントの接続を解除する※
○
−
−
ジョブ実行多重度を変更する※
○
−
−
エージェントを追加する※
○
−
−
エージェントを削除する※
○
−
−
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
340
操作内容
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
JP1_JPQ_
Admin
Operator
User
エージェントホスト情報を出力する※
○
−
−
排他実行リソースを追加する※
○
−
−
排他実行リソースを削除する※
○
−
−
排他実行リソース情報を出力する※
○
○
○
(凡例)
○:操作できる。
△:操作できるが,ほかのユーザーが実行したジョブは操作できない。
−:操作できない。
注※
サブミットジョブを使用できない構成の場合は,操作できません。
注意事項
ジョブの実行・操作時は,処理要求を受け付けるマネージャーが使用する認証サーバのアクセス権
限の定義が適用されます。
ジョブ実行制御のコマンドを使用してジョブを実行・操作する場合,コマンドを実行する OS ユー
ザーと同名の JP1 ユーザーを登録しておく必要があります。また,コマンドを実行する OS ユー
ザーと同名の JP1 ユーザーに対してジョブを実行・操作する場合,必要な JP1 権限レベルを設定し
てください。
例えば,OS ユーザー「root」でログインしてコマンドを実行する場合は,定義ファイルに次のよ
うに記述して設定してください。
root:JP1_Queue=JP1_JPQ_Admin
上記の例では,JP1 権限レベル名は JP1_JPQ_Admin ですが,実行するコマンドに必要な JP1 権限
レベルを記述します。
jpqjobsub コマンドを実行する場合は,ジョブ実行先ホスト側でジョブを実行する JP1 ユーザー
(コマンドを実行する OS ユーザーと同名の JP1 ユーザー)と実行先ホストの OS ユーザーをマッ
ピングしておく必要があります。
jpqjobsub コマンドで-eu を指定する場合は,-eu に指定した OS ユーザーと JP1 ユーザー(コマ
ンドを実行する OS ユーザーと同名の JP1 ユーザー)をジョブ実行先ホスト側でマッピングしてお
く必要があります。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
341
13.1.2 JP1/AJS3 - Manager のセットアップ
この項では,JP1/AJS3 - Manager のセットアップについて説明します。JP1/AJS3 - Manager のセット
アップには,スーパーユーザーの実行権限が必要です。
JP1/Base のセットアップが完了したら,JP1/AJS3 - Manager をセットアップします。JP1/AJS3 を起動
するユーザーの umask には,JP1/AJS3 のコマンドを実行するすべてのユーザーから参照・更新できる
umask を設定してください。
なお,ここでは,JP1/AJS3 を動作させるために,基本となるセットアップ方法を説明します。業務に合
わせて設定を変更したい場合は,必要に応じて次に示す個所を参照してください。
設定または変更したい内容
参照個所
実行エージェントの設定手順
14.1 節
環境設定パラメーターの設定手順
14.2 節
運用プロファイルの設定手順
21.1 節
JP1/AJS3 への接続を制限する設定手順
21.2 節
スケジューラー制御に関する各種設定
15.1 節
ジョブ実行制御に関する各種設定
15.2 節
イベント・アクション制御に関する各種設定
15.3 節
キューレスジョブ実行制御に関する各種設定
15.4 節
定義内容の事前チェックに関する各種設定
15.5 節
各制御共通の各種設定
15.6 節
その他の各種設定
15.7 節
ログ情報の採取
16 章
クラスタ運用時のセットアップ
17 章
ディザスター・リカバリー運用時のセットアップ
18 章
(1) セットアップの手順
JP1/AJS3 - Manager のセットアップの手順を次に示します。
1. 必要に応じて,環境設定パラメーターを変更する。
すべての環境設定パラメーターを JP1/AJS3 が推奨する値で使用する場合は,この操作は不要です。環
境設定パラメーターの変更は,jajs_config コマンドまたは JP1/Base が提供するjbssetcnf コマンド
を使用します。
環境設定パラメーターの設定方法については,「14.2 環境設定パラメーターの設定」を参照してくださ
い。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
342
2. システムおよびユーザー環境をセットアップする。
システムおよびユーザー環境のセットアップについては,「13.4 システムおよびユーザー環境で必要な
セットアップ」を参照してください。
3. 必要に応じて,JP1/AJS3 サービスの自動起動・終了を設定する。
JP1/AJS3 サービスの自動起動・終了方法の設定については,「15.7.1 JP1/AJS3 サービスの自動起動
および自動終了の設定」を参照してください。
4. Web Console サーバを使用する場合,Web Console サーバと接続する JP1/AJS3 - Manager に必
要なセットアップを実施する。
Web Console サーバを使用する場合,接続先の JP1/AJS3 - Manager でセットアップを実施します。
Web Console サーバを使用する場合の JP1/AJS3 - Manager のセットアップについては,「13.3.1
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ」を参照してください。
これでセットアップは終了です。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
343
13.2 JP1/AJS3 - Agent で必要なセットアップ
JP1/AJS3 - Agent を使うには,JP1/Base のセットアップと,JP1/AJS3 - Agent のセットアップが必要
です。
まず,JP1/Base をセットアップし,次に JP1/AJS3 - Agent をセットアップします。
補足事項
JP1/AJS3 - Agent を仮想マシンにセットアップしたあと,その仮想マシンを複製できます。
仮想マシンの複製の概要については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計
ガイド(システム構築編)
2.8 JP1/AJS3 をインストール・セットアップした仮想マシンの複製につい
て検討する」を参照してください。仮想マシンの複製の手順については,「22. JP1/AJS3 をインストー
ル・セットアップした仮想マシンの複製」を参照してください。
13.2.1 JP1/Base のセットアップ
この項では,JP1/Base のセットアップについて説明します。
なお,ここでは,設定の流れと大まかな設定内容を説明します。設定方法,設定項目,コマンドの詳細に
ついては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
JP1/Base は,次の流れでセットアップします。
1. ユーザー情報を設定する。
ユーザー情報の設定では,JP1/Base のユーザー管理機能を使って,ユーザーマッピングを設定します。
ユーザーマッピングは,他ホストから自ホストに対してジョブ実行を依頼される場合に必要な設定で
す。JP1 ユーザーに,各ホストに登録されている OS ユーザーをマッピングします。
設定方法については,「(1) ユーザー情報を設定する」を参照してください。
2. イベントサービス環境を設定する。
イベントサービス環境の設定は,JP1 イベントを送受信するために必要です。
JP1/Base のイベントサービス環境の設定で,API 設定ファイルのパラメーターserver の通信タイプに
「keep-alive」を設定してください。「close」を設定すると,次の問題が発生するおそれがあります。
• JP1/AJS3 が起動時に発行する JP1 イベントが発行できない。
• 統合トレースログにメッセージ KAVT1040-E が出力されて,JP1 イベント受信監視ジョブ,ログ
ファイル監視ジョブ,および Windows イベントログ監視ジョブがイベントを検知できない。
• JP1 イベント送信ジョブが異常検出終了する。
設定方法および API 設定ファイルについては,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してくださ
い。
JP1/Base のセットアップの手順と定義内容を次に示します。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
344
(1) ユーザー情報を設定する
UNIX 版 JP1/Base では,コマンドを使ってユーザー情報を設定します。ユーザー情報の設定手順を設定
内容ごとに説明します。
なお,JP1/AJS3 - Agent および 07-00-/C 以降の JP1/AJS2 - Agent では,JP1/AJS3 - Agent または
JP1/AJS2 - Agent の起動時に認証サーバへのアクセスを行わなくなりました。
JP1/AJS3 - Agent または 07-00-/C 以降の JP1/AJS2 - Agent で認証サーバを指定する必要はありません。
(a) ユーザーマッピングを設定する
認証サーバに登録されている JP1 ユーザーに対して,OS ユーザーをマッピングします。
ユーザーマッピングの設定手順を次に示します。
1. エディターなどで,新規のテキストファイルを開く。
このファイルを,ユーザーマッピング定義ファイルとします。
2.「JP1 ユーザー名:ホスト名:OS ユーザー名」の形式で定義を記述する。
記述例を次に示します。
3. 定義の記述が終了したらファイルを閉じ,次のコマンドを実行する。
jbsmkumap -f ユーザーマッピング定義ファイル
定義した内容が有効になります。
補足事項
ユーザーマッピング定義ファイルに設定する項目を次の表に示します。
表 13‒5 ユーザーマッピング定義ファイルに設定する項目(JP1/AJS3 - Agent)
操作内容
JP1 ユーザー名
ホスト名
OS ユーザー名
JP1/AJS3 - Manager ホスト
以外のホストでジョブを実行
する
JP1/AJS3 - Manager ホスト
の OS にログインするユー
ザー
JP1/AJS3 - Manager ホスト
ジョブを実行するホストの
OS に登録されているユー
ザー
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
345
注意事項
マッピングする OS ユーザーには,ユーザー ID,グループ ID を正しく設定した OS ユーザーを指定
してください。
また,JP1 ユーザーにマッピングする OS ユーザーは正常に OS にログインできる OS ユーザーを JP1
ユーザーにマッピングしてください。
OS ユーザーが次に示す状態だとジョブが起動失敗となるおそれがあります。
• /etc/passwd に指定したホームディレクトリが存在しない。
• /etc/passwd に指定したログインシェルが存在しない。
13.2.2 JP1/AJS3 - Agent のセットアップ
この項では,JP1/AJS3 - Agent のセットアップについて説明します。JP1/AJS3 - Agent のセットアップ
には,スーパーユーザーの実行権限が必要です。
JP1/Base のセットアップが完了したら,JP1/AJS3 - Agent をセットアップします。
JP1/AJS3 を起動するユーザーの umask には,JP1/AJS3 のコマンドを実行するすべてのユーザーから参
照・更新できる umask を設定してください。
なお,ここでは,JP1/AJS3 を動作させるために,基本となるセットアップ方法を説明します。業務に合
わせて設定を変更したい場合は,必要に応じて次に示す個所を参照してください。
設定または変更したい内容
参照個所
環境設定パラメーターの設定手順
14.2 節
JP1/AJS3 への接続を制限する設定手順
21.2 節
ジョブ実行時のワークパスを変数として定義する
15.2.1
エージェントのパイプ通信タイムアウト値の変更
15.2.15
ジョブプロセス実行準備完了通知時のタイムアウト値の設定
15.2.16
イベントジョブのログサイズ設定の変更
15.3.1
ファイル監視ジョブの状態引き継ぎオプションの設定
15.3.3
ラージファイル(2 ギガバイト以上のファイル)を監視するための設定
15.3.12
JP1/AJS3 サービスの自動起動および自動終了の設定
15.7.1
JP1/AJS3 定義内容の事前チェック機能の設定
15.5.1
ログ情報の採取
16 章
クラスタ運用時のセットアップ
17 章
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
346
(1) セットアップの手順
JP1/AJS3 - Agent のセットアップの手順を次に示します。
1. 必要に応じて,環境設定パラメーターを変更する。
すべての環境設定パラメーターを JP1/AJS3 が推奨する値で使用する場合は,この操作は不要です。環
境設定パラメーターの変更は,jajs_config コマンドまたは JP1/Base が提供するjbssetcnf コマンド
を使用します。
jajs_config コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_config」を参照してください。jbssetcnf コマ
ンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
2. システムおよびユーザー環境をセットアップする。
システムおよびユーザー環境のセットアップについては,「13.4 システムおよびユーザー環境で必要な
セットアップ」を参照してください。
3. 必要に応じて,JP1/AJS3 サービスの自動起動・終了方法を設定する。
JP1/AJS3 サービスの自動起動・終了方法の設定については,「15.7.1 JP1/AJS3 サービスの自動起動
および自動終了の設定」を参照してください。
これでセットアップは終了です。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
347
13.3 JP1/AJS3 - Web Console を使用する場合に必要なセットアップ
(Linux 限定)
Web Console サーバを使用する場合,次のコンポーネントのセットアップを実施します。
• JP1/AJS3 - Manager
• JP1/AJS3 - Web Console
それぞれのコンポーネントのセットアップ方法について説明します。
13.3.1 JP1/AJS3 - Manager のセットアップ
ここでは,JP1/AJS3 - Web Console と JP1/AJS3 - Manager が接続するために必要な,JP1/AJS3 Manager のセットアップについて説明します。なお,JP1/AJS3 - Manager のセットアップには,スー
パーユーザーの実行権限が必要です。
JP1/AJS3 - Manager のセットアップ手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールした場合,ajscdinetd プロセスを起動するた
めの設定をする。
JP1/AJS3 - Manager を新規インストールした場合,この手順は不要です。
JP1/AJS3 - Manager が JP1/AJS3 - Web Console からの接続を受け付けるためには,JP1/AJS3 Manager の ajscdinetd プロセスを起動しておく必要があります。ajscdinetd プロセスを起動するに
は,JP1/AJS3 - Manager の JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイル(jp1ajs_hstd.conf)を変更しま
す。また,ajscdinetd プロセスが使用するポート番号をservices ファイルに追加する必要があります。
jp1ajs_hstd.conf の設定手順は,すでにjp1ajs_hstd.conf を変更しているかどうかで異なります。変
更しているかどうかは,jp1ajs_hstd.conf を vi などのエディターで開いて確認してください。
jp1ajs_hstd.conf およびモデルファイルの格納先を次に示します。
物理ホストの場合
/etc/opt/jp1ajs2/conf
論理ホストの場合
共有ディレクトリ/conf
jp1ajs_hstd.conf を変更していない場合は,「(1) ajscdinetd プロセスを起動するための設定(JP1/
AJS3 用起動プロセス定義ファイルを変更していない場合)
」を参照してください。jp1ajs_hstd.conf
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
348
をすでに変更している場合は,「(2) ajscdinetd プロセスを起動するための設定(JP1/AJS3 用起動プロ
セス定義ファイルをすでに変更している場合)」を参照してください。
3. 必要に応じて,ajscdinetd プロセスの再起動の設定を変更する。
JP1/AJS3 - Manager の初期設定では,ajscdinetd プロセスが異常終了した場合,ajscdinetd プロセ
スが再起動するように設定されています。必要に応じて再起動の設定を変更してください。
ajscdinetd プロセスの再起動の設定は,JP1/AJS3 - Manager の拡張起動プロセス定義ファイル
(jp1ajs_hstd_0700.conf)に定義されています。拡張起動プロセス定義ファイルの詳細については,マ
ニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用ガイド 6.3.1 異常終了した JP1/AJS3
のプロセスを再起動する」を参照してください。
4. 必要に応じて,ajscdinetd プロセスの内部ログのログサイズの設定を変更する。
ajscdinetd プロセスの内部ログのログサイズは,環境設定パラメーターAJSCDINETDLOGSIZE で設定しま
す。
環境設定パラメーターAJSCDINETDLOGSIZE については,「20.4.2(21) AJSCDINETDLOGSIZE」を参照
してください。
5. ファイアウォールを通過するための設定をする。
ファイアウォールを設定した環境で運用する場合,JP1/AJS3 - Web Console と JP1/AJS3 - Manager
の通信がファイアウォールを通過できるように設定する必要があります。
JP1/AJS3 - Web Console,および JP1/AJS3 - Manager で使用するポート番号とファイアウォール
の通過方向については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(シス
テム構築編) 付録 A 設定するポート番号一覧」を参照してください。
6. 必要に応じて,環境設定パラメーターを設定する。
事前に検討した内容に応じて,環境設定パラメーターを変更します。検討が必要な環境設定パラメー
ターについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構
築編) 4.6.2 Web Console サーバと接続する JP1/AJS3 - Manager の環境設定について検討する」
を参照してください。
なお,環境設定パラメーターの変更は,jajs_config コマンドを使用します。環境設定パラメーターの
設定方法については,「14.2 環境設定パラメーターの設定」を参照してください。
7. JP1/AJS3 を起動する。
(1) ajscdinetd プロセスを起動するための設定(JP1/AJS3 用起動プロセス
定義ファイルを変更していない場合)
JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイルを初期状態から変更していない場合の,ajscdinetd プロセスを起
動するための設定手順を次に示します。
1. jp1ajs_hstd.conf ファイルのバックアップを作成する。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
349
2. JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイルのモデルファイル jp1ajs_hstd.conf.model をコピーして,
jp1ajs_hstd.conf にリネームする。
3. 論理ホストで運用している場合は,手順 2 で作成したファイルを共有ディレクトリにコピーする。
4. services ファイルに ajscdinetd プロセスが使用するポート番号を追加する。
デフォルトのポート番号
22250
ポート番号の追加例
jp1ajs3cdinetd 22250/tcp # JP1/AJS3 - Web Console
デフォルトのポート番号を使用できない場合,ほかのプロセスが使用するポート番号と重複しないよう
に,ajscdinetd プロセスが使用するポート番号を指定してください。デフォルトから変更した場合,
JP1/AJS3 - Web Console の通信設定ファイルの接続ポート番号も変更する必要があります。
なお,ポート番号の指定が重複している場合,ajscdinetd プロセスを起動したときに,統合トレース
ログにメッセージ KAVS0904-E が出力されます。
注意事項
services ファイルに追加したポート番号の設定は,JP1/AJS3 - Manager のアンインストールでは削
除されません。設定が不要になった場合には,手動で削除する必要があります。
(2) ajscdinetd プロセスを起動するための設定(JP1/AJS3 用起動プロセス
定義ファイルをすでに変更している場合)
JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイルを初期状態から変更している場合の,ajscdinetd プロセスを起動
するための設定手順を次に示します。
1. jp1ajs_hstd.conf ファイルを開く。
2. 任意の行に ajscdinetd プロセスの定義を追加する。
次の定義を追加してください。
ajscdinetd|/opt/jp1ajs2/bin/ajscdinetd|||1800|
3. jp1ajs_hstd.conf ファイルを保存する。
4. services ファイルに ajscdinetd プロセスが使用するポート番号を追加する。
デフォルトのポート番号
22250
ポート番号の追加例
jp1ajs3cdinetd 22250/tcp # JP1/AJS3 - Web Console
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
350
デフォルトのポート番号を使用できない場合,ほかのプロセスが使用するポート番号と重複しないよう
に,ajscdinetd プロセスが使用するポート番号を指定してください。デフォルトから変更した場合,
JP1/AJS3 - Web Console の通信設定ファイルの接続ポート番号も変更する必要があります。
なお,ポート番号の指定が重複している場合,ajscdinetd プロセスを起動したときに,統合トレース
ログにメッセージ KAVS0904-E が出力されます。
5. JP1/AJS3 のサービスを起動する。
注意事項
services ファイルに追加したポート番号の設定は,JP1/AJS3 - Manager のアンインストールでは削
除されません。設定が不要になった場合には,手動で削除する必要があります。
13.3.2 JP1/AJS3 - Web Console のセットアップ
ここでは,JP1/AJS3 - Web Console のセットアップについて説明します。なお,JP1/AJS3 - Web
Console のセットアップには,スーパーユーザーの実行権限が必要です。
JP1/AJS3 - Web Console のセットアップ手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. Web Console サーバの環境設定をする。
Web Console サーバには 5 種類の設定ファイルがあります。環境に応じて,それぞれのファイルを編
集します。
Web Console サーバの設定ファイルを次の表に示します。必要に応じて変更してください。
表 13‒6 Web Console サーバの設定ファイル
項番
1
ファイル名
環境設定ファイル
(ajs3web.conf)
設定の変更が必要な環境
次のような場合に設定を見直します。
• 接続先のマネージャーホストと Web Console
サーバのタイムゾーンが異なる場合
参照先
13.3.3 環境設定ファイル
(ajs3web.conf)の設定項目の
詳細
• ログのサイズや面数を変更する場合
2
通信設定ファイル
(ajscd_ajs3web.properties
)
次のような場合に設定を見直します。
• JP1/AJS3 - Manager への接続ポート番号をデ
フォルトから変更している場合
13.3.4 通信設定ファイル
(ajscd_ajs3web.properties)
の設定項目の詳細
• JP1/AJS3 - Manager との接続環境(接続タイ
ムアウト時間やリトライ回数など)を変更する
場合
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
351
項番
3
ファイル名
Web サーバ定義ファイル
(httpsd.conf)
設定の変更が必要な環境
参照先
次のような場合に設定を見直します。
13.3.5 Web サーバ定義ファイ
ル(httpsd.conf)の設定項目
の詳細
• Web ブラウザーからの接続要求を受け付ける
ポート番号をデフォルトから変更する場合
• SSL 通信を有効にする場合
4
J2EE サーバ用ユーザープロ
パティファイル
(usrconf.properties)
次のような場合に設定を見直します。
• HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に使
用するポート番号をデフォルトから変更する
場合
13.3.6 J2EE サーバ用ユーザー
プロパティファイル
(usrconf.properties)の設定
項目の詳細
• J2EE サーバの内部管理用ポート番号をデフォル
トから変更する場合
5
ワーカー定義ファイル
(workers.properties)
次のような場合に設定を見直します。
• HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に使
用するポート番号をデフォルトから変更する
場合
13.3.7 ワーカー定義ファイル
(workers.properties)の設定
項目の詳細
3. 必要に応じて SSL 通信のための設定をする。
SSL 通信を使用すると,Web GUI と Web Console サーバが HTTPS で通信できるようになり,パ
スワードなどの盗聴が防げます。また,Web Console サーバとマネージャーホスト間の通信も SSL
で暗号化されます。
SSL 通信の設定手順については,「21.4 SSL を利用した通信の設定」を参照してください。
4. ファイアウォールを通過するための設定をする。
ファイアウォールを設定した環境で運用する場合,JP1/AJS3 - Web Console と JP1/AJS3 - Manager
の通信,および JP1/AJS3 - Web Console と Web ブラウザーの通信がファイアウォールを通過でき
るように設定する必要があります。
JP1/AJS3 - Web Console,および JP1/AJS3 - Manager で使用するポート番号とファイアウォール
の通過方向については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(シス
テム構築編) 付録 A 設定するポート番号一覧」を参照してください。
5. JP1/AJS3 を起動する。
6. Web ブラウザーで,次の URL にアクセスできることを確認する。
次の URL にアクセスして,Web GUI のログイン画面が表示されることを確認してください。
http://Web Console サーバのホスト名または IP アドレス:ポート番号/ajs/login.html
ポート番号のデフォルトは,HTTP 接続の場合は「22252」,HTTPS 接続の場合は「22253」です。
SSL 通信を有効にして HTTPS で接続する場合は,URL の先頭を「https」にしてください。
13.3.3 環境設定ファイル(ajs3web.conf)の設定項目の詳細
環境設定ファイル(ajs3web.conf)の記述形式や設定項目の詳細について説明します。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
352
(1) ファイルの格納場所
ajs3web.conf の格納場所を次に示します。
/etc/opt/jp1ajs3web/conf/※
なお,同じディレクトリ内にモデルファイルajs3web.conf.model が格納されています。
注※
クラスタ運用時は,格納場所が次のようになります。
共有ディレクトリ/jp1ajs3web/conf
(2) ファイルの編集手順
ajs3web.conf の編集方法は,ログのサイズや面数を変更する場合と,それ以外の項目を変更する場合で,
手順が異なります。
(a) ログのサイズや面数を変更する手順
ログのサイズや面数を変更する場合,ajs3web.conf を編集する前に,アプリケーションサーバログや関連
ファイルをすべて削除する必要があります。
ログのサイズや面数を変更する手順を次に示します。
1. 次のコマンドを実行して,HTTP サーバと Web アプリケーションサーバを停止する。
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web_stop
2. すべてのログファイルを任意のディレクトリにバックアップする。
3. 次のファイルを削除する。
• すべてのアプリケーションサーバログ
• アプリケーションサーバログの格納ディレクトリ下の,mmap ディレクトリ配下のappserver.mm ファ
イル
4. ajs3web.conf を任意のディレクトリにバックアップする。
5. モデルファイル ajs3web.conf.model をコピーして,ajs3web.conf にリネームする。
6. ajs3web.conf を vi などのエディターで開く。
7. 定義内容を変更する。
8. ファイルを保存する。
9. 次のコマンドを実行して,HTTP サーバと Web アプリケーションサーバを起動する。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
353
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web
(b) ログのサイズや面数以外の項目を変更する手順
ログのサイズや面数以外の項目を変更する手順を次に示します。
1. 次のコマンドを実行して,HTTP サーバと Web アプリケーションサーバを停止する。
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web_stop
2. ajs3web.conf を任意のディレクトリにバックアップする。
3. モデルファイル ajs3web.conf.model をコピーして,ajs3web.conf にリネームする。
4. ajs3web.conf を vi などのエディターで開く。
5. 定義内容を変更する。
6. ファイルを保存する。
7. 次のコマンドを実行して,HTTP サーバと Web アプリケーションサーバを起動する。
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web
(3) 設定が有効になるタイミング
JP1/AJS3 Web Application Server サービス起動時
(4) 記述形式
ajs3web.conf の記述形式を次に示します。
[]
HNTR_LOG_LEVEL=統合トレースログに出力するメッセージレベル
HNTR_LOG_LANG=統合トレースログに出力するメッセージの言語種別
SYS_LOG_LEVEL=syslogに出力するメッセージレベル
COM_LOG_SIZE=コマンドログのファイルサイズ
COM_LOG_LEVEL=コマンドログに出力するメッセージレベル
COM_LOG_NUM=コマンドログのファイルの面数
COM_LOG_LANG=コマンドログに出力するメッセージの言語種別
SERVER_LOG_SIZE=アプリケーションサーバログのサイズ
SERVER_LOG_LEVEL=アプリケーションサーバログに出力するメッセージレベル
SERVER_LOG_NUM=アプリケーションサーバログのファイルの面数
SERVER_LOG_LANG=アプリケーションサーバログに出力するメッセージの言語種別
[接続先JP1/AJS3 - Managerのホスト名またはIPアドレス]
TIMEZONE=接続先JP1/AJS3 - Managerのタイムゾーン
SUMMARY_MAX_COUNT=Web GUIの監視対象の最大数
[接続先JP1/AJS3 - Managerのホスト名またはIPアドレス]
:
コメントを記載する際は,行の先頭に「;」(セミコロン)を記載してください。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
354
(5) 設定項目
設定項目について説明します。各項目は改行文字で区切ってください。
(a) HNTR_LOG_LEVEL
統合トレースログに出力するメッセージレベルを指定します。
指定できる値
none
どのメッセージも出力しません。
error
エラーメッセージを出力します。
warn
エラー,および警告メッセージを出力します。
info
エラー,警告,および情報メッセージを出力します。
デフォルト値
info
推奨値
デフォルト値
(b) HNTR_LOG_LANG
統合トレースログに出力するメッセージの言語種別を指定します。
指定できる値
system
OS に設定されている言語種別で出力します。
OS に設定されている文字コードが,英語 ASCII コード,UTF-8 コード,SJIS コード以外の場合
は,英語 ASCII コードが仮定されます。
C
英語 ASCII コードで出力します。
ja_JP.UTF-8 またはja_JP.utf8
UTF-8 コードで出力します。
ja_JP.SJIS※またはja_JP.sjis※
SJIS コードで出力します。
注※
SUSE Linux でだけ指定してください。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
355
デフォルト値
system
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(c) SYS_LOG_LEVEL
syslog に出力するメッセージレベルを指定します。
指定できる値
none
どのメッセージも出力しません。
error
エラーメッセージを出力します。
warn
エラー,および警告メッセージを出力します。
info
エラー,警告,および情報メッセージを出力します。
デフォルト値
info
推奨値
デフォルト値
(d) COM_LOG_SIZE
コマンドログのファイルサイズを指定します。
指定できる値
4〜16,384(単位:キロバイト)
デフォルト値
128
推奨値
デフォルト値
(e) COM_LOG_LEVEL
コマンドログに出力するメッセージレベルを指定します。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
356
指定できる値
none
どのメッセージも出力しません。
error
エラーメッセージを出力します。
warn
エラー,および警告メッセージを出力します。
info
エラー,警告,および情報メッセージを出力します。
デフォルト値
info
推奨値
デフォルト値
(f) COM_LOG_NUM
コマンドログのファイルの面数を指定します。
指定できる値
1〜16(単位:面)
デフォルト値
2
推奨値
デフォルト値
(g) COM_LOG_LANG
コマンドログに出力するメッセージの言語種別を指定します。
指定できる値
system
OS に設定されている言語種別で出力します。
OS に設定されている文字コードが,英語 ASCII コード,UTF-8 コード,SJIS コード以外の場合
は,英語 ASCII コードが仮定されます。
C
英語 ASCII コードで出力します。
ja_JP.UTF-8 またはja_JP.utf8
UTF-8 コードで出力します。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
357
ja_JP.SJIS※またはja_JP.sjis※
SJIS コードで出力します。
注※
SUSE Linux でだけ指定してください。
デフォルト値
system
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(h) SERVER_LOG_SIZE
アプリケーションサーバログのファイルサイズを指定します。
指定できる値
4〜16,384(単位:キロバイト)
デフォルト値
8,192
推奨値
デフォルト値
(i) SERVER_LOG_LEVEL
アプリケーションサーバログに出力するメッセージレベルを指定します。
指定できる値
none
どのメッセージも出力しません。
error
エラーメッセージを出力します。
warn
エラー,および警告メッセージを出力します。
info
エラー,警告,および情報メッセージを出力します。
デフォルト値
info
推奨値
デフォルト値
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
358
(j) SERVER_LOG_NUM
アプリケーションサーバログのファイルの面数を指定します。
指定できる値
1〜16(単位:面)
デフォルト値
2
推奨値
デフォルト値
(k) SERVER_LOG_LANG
アプリケーションサーバログに出力するメッセージの言語種別を指定します。
指定できる値
system
OS に設定されている言語種別で出力します。
OS に設定されている言語種別が日本語でも英語でもない場合は,英語が仮定されます。
ja
日本語で出力します。
en
英語で出力します。
デフォルト値
system
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(l) 接続先 JP1/AJS3 - Manager のホスト名または IP アドレス
接続先の JP1/AJS3 - Manager のホスト名または IP アドレスを指定します。
指定できる値
255 バイト以内の文字列
デフォルト値
なし
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
359
(m) TIMEZONE
接続先 JP1/AJS3 - Manager の物理ホストまたは論理ホストのタイムゾーンを指定します。
接続先 JP1/AJS3 - Manager のタイムゾーンが Web Console サーバのタイムゾーンと異なる場合に指定
する必要があります。
指定できる値
ajswebtz.bat コマンドで取得できるタイムゾーン ID
この設定項目を省略した場合は,OS のタイムゾーン設定に従います。
ajswebtz.bat コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajswebtz(Linux 限定)
」を参照してくだ
さい。
デフォルト値
OS のタイムゾーン設定に従います。
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(n) SUMMARY_MAX_COUNT
Web GUI のダッシュボード画面に登録できる監視対象ユニットの最大数を指定します。
指定できる値
1〜20(単位:個)
デフォルト値
5
推奨値
デフォルト値
(6) 設定例
ajs3web.conf の設定例を次に示します。
[]
HNTR_LOG_LEVEL=info
HNTR_LOG_LANG=system
SYS_LOG_LEVEL=info
COM_LOG_SIZE=128
COM_LOG_LEVEL=info
COM_LOG_NUM=2
COM_LOG_LANG=system
SERVER_LOG_SIZE=8192
SERVER_LOG_LEVEL=info
SERVER_LOG_NUM=2
SERVER_LOG_LANG=system
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
360
[ManagerHostA]
TIMEZONE=Asia/Tokyo
SUMMARY_MAX_COUNT=5
[ManagerHostB]
TIMEZONE=America/New_York
SUMMARY_MAX_COUNT=5
(7) 注意事項
• ここで説明した設定項目以外の項目は,変更しないでください。
• 定義行の「=」の前後には,スペースを入れないでください。
• 定義行の途中で改行を入れないでください。
• 設定できる項目以外を指定した場合,その行は無視されます。
• 設定項目が存在しない場合,デフォルト値を仮定して動作します。
• 設定が不正な場合,JP1/AJS3 Web Application Server サービスが起動しません。
• 設定項目のキーのアルファベットの大文字と小文字は区別されませんが,設定値の大文字と小文字は区
別されます。
• 同一の設定項目が複数行に定義されている場合,最後に記載されている行が有効になります。
13.3.4 通信設定ファイル(ajscd_ajs3web.properties)の設定項目の
詳細
通信設定ファイル(ajscd_ajs3web.properties)の設定形式や設定項目の詳細について説明します。
(1) ファイルの格納場所
ajscd_ajs3web.properties は,JP1/AJS3 - Web Console のインストール直後の初期状態では配置され
ません。配置されていない場合,JP1/AJS3 - Web Console はデフォルトの状態で動作します。
設定をデフォルト値から変更したい場合にだけ,ajscd_ajs3web.properties を作成します。
(a) モデルファイルの格納場所
モデルファイルajscd_ajs3web.properties.model の格納場所を次に示します。
/etc/opt/jp1ajs3web/conf
(b) ajscd_ajs3web.properties の格納場所
ajscd_ajs3web.properties は,モデルファイルajscd_ajs3web.properties.model と同じディレクトリに格
納してください。※
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
361
注※
クラスタ運用時は,格納場所が次のようになります。
共有ディレクトリ/jp1ajs3web/conf
(2) ファイルの編集手順
ajscd_ajs3web.properties の編集手順を次に示します。
1. 次のコマンドを実行して,Web アプリケーションサーバを停止する。
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web_stop -t app
2. ajscd_ajs3web.properties がすでに定義されている場合は,ファイルを任意のディレクトリにバッ
クアップする。
3. モデルファイル ajscd_ajs3web.properties.model をコピーして,ajscd_ajs3web.properties に
リネームする。
4. ajscd_ajs3web.properties を vi などのエディターで開く。
5. 定義内容を変更する。
6. 文字コード UTF-8 でファイルを保存する。
7. 次のコマンドを実行して,Web アプリケーションサーバを起動する。
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web -t app
(3) 設定が有効になるタイミング
JP1/AJS3 Web Application Server サービス起動時
(4) 記述形式
ajscd_ajs3web.properties の記述形式を次に示します。
ajscd.port_number=JP1/AJS3 - Managerへの接続ポート番号
ajscd.connect_timeout=JP1/AJS3 - Managerとの接続タイムアウト時間
ajscd.connect_retry_count=JP1/AJS3 - Managerとの接続リトライ回数
ajscd.connect_retry_interval=JP1/AJS3 - Managerとの接続リトライ間隔
ajscd.receive_timeout=JP1/AJS3 - Managerからのデータ受信のタイムアウト時間
ajscd.login_wait=ログイン処理の待ち時間
コメントを記載する際は,行の先頭に「#」(シャープ)を記載してください。
(5) 設定項目
設定項目について説明します。各項目は改行文字で区切ってください。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
362
(a) ajscd.port_number
JP1/AJS3 - Manager への接続ポート番号を設定します。
JP1/AJS3 - Manager でデフォルトのポート番号が使用できない場合に変更します。
指定できる値
5001〜65535
デフォルト値
22250
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(b) ajscd.connect_timeout
JP1/AJS3 - Manager との接続タイムアウト時間を設定します。
デフォルトでは,接続タイムアウト処理を行いません。JP1/AJS3 - Manager との接続タイムアウト処理
を行う場合に変更します。
指定できる値
0〜86,400(単位:秒)
0 を指定した場合,接続タイムアウト処理を行いません。
デフォルト値
0(接続タイムアウト処理を行わない)
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
注意事項
OS の接続タイムアウトの仕様とその設定によって,設定した値より前に接続タイムアウトが発生する
ことがあります。
(c) ajscd.connect_retry_count
JP1/AJS3 - Manager との接続で通信エラーが発生した場合に,接続をリトライする回数を設定します。
指定できる値
0〜100(単位:回)
デフォルト値
3
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
363
(d) ajscd.connect_retry_interval
JP1/AJS3 - Manager との接続で通信エラーが発生した場合に,接続をリトライする間隔を設定します。
指定できる値
0〜300(単位:秒)
デフォルト値
12
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(e) ajscd.receive_timeout
JP1/AJS3 - Manager からデータを受信する場合のタイムアウト時間を設定します。
指定できる値
0〜86,400(単位:秒)
0 を指定した場合,受信タイムアウト処理を行いません。
デフォルト値
180
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(f) ajscd.login_wait
JP1/AJS3 - Manager の認証に失敗した場合に,ログイン処理の待ち時間(スリープ状態にする時間)を
設定します。
指定できる値
1〜10(単位:秒)
デフォルト値
1
推奨値
運用環境に応じて設定してください。
(6) 設定例
ajscd_ajs3web.properties の設定例を次に示します。
ajscd.port_number=22250
ajscd.connect_timeout=0
ajscd.connect_retry_count=3
ajscd.connect_retry_interval=12
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
364
ajscd.receive_timeout=180
ajscd.login_wait=1
(7) 注意事項
• ここで説明した設定項目以外の項目は,変更しないでください。
• 定義行の「=」の前後には,スペースを入れないでください。
• 設定できる項目以外を指定した場合,その行は無視されます。
• 設定項目が存在しない場合,デフォルト値を仮定して動作します。
• 設定が不正な場合,JP1/AJS3 Web Application Server サービスは起動しますが,JP1/AJS3 - Web
Console での処理がエラーします。
• 設定項目のキーおよび設定値のアルファベットは,大文字と小文字が区別されます。キーに大文字と小
文字が混在する場合,その行は無視して処理されます。
• 同一の設定項目が複数行に定義されている場合,最後に記載されている行が有効になります。
13.3.5 Web サーバ定義ファイル(httpsd.conf)の設定項目の詳細
Web サーバ定義ファイル(httpsd.conf)の記述形式や設定項目の詳細について説明します。
(1) ファイルの格納場所
httpsd.conf の格納場所を次に示します。
/opt/jp1ajs3web/uCPSB/httpsd/conf
(2) ファイルの編集手順
httpsd.conf の編集手順を次に示します。
1. 次のコマンドを実行して,HTTP サーバを停止する。
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web_stop -t http
2. httpsd.conf を任意のディレクトリにバックアップする。
3. httpsd.conf を vi などのエディターで開く。
4. 定義内容を変更する。
5. 文字コード UTF-8 でファイルを保存する。
6. 次のコマンドを実行して,HTTP サーバを起動する。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
365
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web -t http
(3) 設定が有効になるタイミング
JP1/AJS3 HTTP Server サービス起動時
(4) 記述形式
httpsd.conf の記述形式を次に示します。
(省略)
ServerRoot "/opt/jp1ajs3web/uCPSB/httpsd"
ServerName Web Consoleサーバのホスト名
DocumentRoot "/opt/jp1ajs3web/uCPSB/httpsd/htdocs"
(省略)
Listen Webブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
#Listen [::]:Webブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
SSLDisable
#Listen SSL通信でのWebブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
#Listen [::]:SSL通信でのWebブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
#<VirtualHost *:SSL通信でのWebブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号>
# ServerName Web Consoleサーバのホスト名
# SSLEnable
# SSLCertificateFile "/opt/jp1ajs3web/uCPSB/httpsd/conf/ssl/server/サーバ証明書ファイル名"
# SSLCertificateKeyFile "/opt/jp1ajs3web/uCPSB/httpsd/conf/ssl/server/秘密鍵ファイル名"
#</VirtualHost>
Include "/opt/jp1ajs3web/uCPSB/CC/web/redirector/mod_jk.conf"
なお,
「#」から始まる行はコメント行です。
(5) 設定項目
設定項目について説明します。
(a) Web Console サーバのホスト名
Web Console サーバのホスト名が自動で設定されます。
Web Console サーバのホスト名を変更した際に,手動で変更します。
(b) Web ブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
SSL 通信を使用しない場合に,Web Console サーバが Web ブラウザーからの接続要求を受け付けるポー
ト番号を指定します。デフォルトでは,「22252」が指定されます。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
366
Web ブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号をデフォルトから変更した場合,ポート番号を変
更します。
(c) SSL 通信での Web ブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号
Web Console サーバと Web ブラウザーの通信に SSL を使用する場合に,Web Console サーバが Web
ブラウザーからの接続要求を受け付けるポート番号を指定します。デフォルトでは,「22253」が指定され
ています。
SSL 通信を有効にする場合,行の先頭の「#」(シャープ)を削除します。また,Web ブラウザーからの
SSL 通信を受け付けるポート番号をデフォルトから変更した場合,ポート番号を変更します。
詳細については,「21.4 SSL を利用した通信の設定」を参照してください。
(d) サーバ証明書ファイル名
Web Console サーバと Web ブラウザーの通信に SSL を使用する場合に,CA から取得したサーバ証明
書のファイル名を指定します。デフォルトでは,「httpsd.pem」が指定されています。
SSL 通信を有効にする場合,行の先頭の「#」
(シャープ)を削除し,サーバ証明書のファイル名に合わせ
て変更してください。
詳細については,「21.4 SSL を利用した通信の設定」を参照してください。
(e) 秘密鍵ファイル名
Web Console サーバと Web ブラウザーの通信に SSL を使用する場合に,秘密鍵のファイル名を指定し
ます。デフォルトでは,「httpsdkey.pem」が指定されています。
SSL 通信を有効にする場合,行の先頭の「#」(シャープ)を削除し,秘密鍵のファイル名に合わせて変更
してください。
詳細については,「21.4 SSL を利用した通信の設定」を参照してください。
(6) 注意事項
設定が不正な場合,JP1/AJS3 HTTP Server サービスが起動しません。
13.3.6 J2EE サーバ用ユーザープロパティファイル(usrconf.properties)
の設定項目の詳細
J2EE サーバ用ユーザープロパティファイル(usrconf.properties)の記述形式や設定項目の詳細について
説明します。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
367
(1) ファイルの格納場所
usrconf.properties の格納場所を次に示します。
/opt/jp1ajs3web/uCPSB/CC/server/usrconf/ejb/ajs3web
(2) ファイルの編集手順
usrconf.properties の編集手順を次に示します。
1. 次のコマンドを実行して,Web アプリケーションサーバを停止する。
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web_stop -t app
2. usrconf.properties を任意のディレクトリにバックアップする。
3. usrconf.properties を vi などのエディターで開く。
4. 定義内容を変更する。
5. 文字コード UTF-8 でファイルを保存する。
6. 次のコマンドを実行して,Web アプリケーションサーバを起動する。
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web -t app
(3) 設定が有効になるタイミング
JP1/AJS3 Web Application Server サービス起動時
(4) 記述形式
usrconf.properties の記述形式を次に示します
(省略)
# Internal http server settings
ejbserver.http.port=J2EEサーバの内部管理用ポート番号
(省略)
# Ajp13 connector settings
webserver.connector.ajp13.port=HTTPサーバとJ2EEサーバが通信する際に使用するポート番号
#webserver.connector.ajp13.max_threads=10
(省略)
#ejbserver.rmi.naming.port=J2EEサーバの内部管理用ポート番号
(省略)
なお,
「#」から始まる行はコメント行です。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
368
(5) 設定項目
設定項目について説明します。
(a) J2EE サーバの内部管理用ポート番号
J2EE サーバの内部管理用ポート番号を指定します。デフォルトでは,「22255」および「23152」が指定
されています。
ポート番号をデフォルトから変更したい場合,環境に合わせてポート番号を変更します。
(b) HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に使用するポート番号
Web Console サーバ内で,HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に使用するポート番号を指定しま
す。デフォルトでは,「22254」が指定されています。
ポート番号をデフォルトから変更したい場合,環境に合わせてポート番号を変更します。
(6) 注意事項
• ここで説明した設定項目以外の記述は,変更しないでください。
• 設定が不正な場合,JP1/AJS3 Web Application Server サービスが起動しません。
13.3.7 ワーカー定義ファイル(workers.properties)の設定項目の詳細
ワーカー定義ファイル(workers.properties)の記述形式や設定項目の詳細について説明します。
(1) ファイルの格納場所
workers.properties の格納場所を次に示します。
/opt/jp1ajs3web/uCPSB/CC/web/redirector
(2) ファイルの編集手順
workers.properties の編集手順を次に示します。
1. 次のコマンドを実行して,HTTP サーバを停止する。
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web_stop -t http
2. workers.properties を任意のディレクトリにバックアップする。
3. workers.properties を vi などのエディターで開く。
4. 定義内容を変更する。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
369
5. 文字コード UTF-8 でファイルを保存する。
6. 次のコマンドを実行して,HTTP サーバを起動する。
/etc/opt/jp1ajs3web/jajs_web -t http
(3) 設定が有効になるタイミング
JP1/AJS3 HTTP Server サービス起動時
(4) 記述形式
workers.properties の記述形式を次に示します。
(省略)
worker.list=worker1
worker.worker1.port=HTTPサーバとJ2EEサーバが通信する際に使用するポート番号
(省略)
なお,「#」から始まる行はコメント行です。
(5) 設定項目
設定項目について説明します。
(a) HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に使用するポート番号
Web Console サーバ内で,HTTP サーバと J2EE サーバが通信する際に使用するポート番号を指定しま
す。デフォルトでは,「22254」が指定されています。
ポート番号をデフォルトから変更した場合,環境に合わせてポート番号を変更します。
(6) 注意事項
• ここで説明した設定項目以外の記述は,変更しないでください。
• 設定が不正な場合,JP1/AJS3 HTTP Server サービスが起動しません。
13.3.8 Web ブラウザーの設定
Web GUI を使用する場合の Web ブラウザーの設定については,「3.4.8 Web ブラウザーの設定」を参
照してください。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
370
13.4 システムおよびユーザー環境で必要なセットアップ
システム環境およびユーザー環境のセットアップについて説明します。
13.4.1 言語環境の設定
システムの言語環境を設定する方法を次に示します。
なお,システムで使用できる言語種別の詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 設計ガイド(システム構築編) 2.4.2 システムで使用する言語種別と文字コードについて検討
する」を参照してください。
(1) 文字コード種別の変更
文字コードを変更する手順について説明します。
運用中に言語種別と文字コードを変更する場合,JP1/AJS3 - Manager,JP1/AJS3 - Agent,および JP1/
AJS3 - View と OS の組み合わせによっては,再インストールが必要になります。JP1/AJS3 と OS の組
み合わせ,およびそれぞれの場合の再インストールの必要可否については,マニュアル「JP1/Automatic
Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編) 2.4.2(10) 運用中の言語設定の変更につい
て」を参照してください。
文字コードを変更する手順を次に示します。設定値については,「(2) 文字コード種別の設定内容」を参照
してください。
1. JP1 の各サービス,接続している JP1/AJS3 - View および実行中のコマンドを停止する。
2. JP1/Base で使用する文字コード種別を変更する。
JP1/Base で使用する文字コード種別の変更方法については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を
参照してください。
3. JP1/AJS3 サービスが発行するイベントやジョブ実行環境などの出力文字コード種別を変更するため
に,次のファイルを vi などのエディターで開く。
• 物理ホストの場合
/etc/opt/jp1ajs2/conf/jp1ajs_env.conf
• 論理ホストの場合
共有ディレクトリ/jp1ajs2/conf/jp1ajs_env.conf
4. 手順 3 で開いたファイルの「LANG=」と定義された行に,変更後の環境変数 LANG を指定し,ファ
イルを保存する。
5. UTF-8 に変更する場合,手順 3 で開いたファイルの最終行に「AJSCONVERTUTF8=no」を追加し,
ファイルを保存する。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
371
6. ジョブの実行環境およびユニット定義環境の文字コード種別を変更するために,環境設定パラメーター
を変更する。
次のコマンドを実行します。
jajs_config -k "[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名]"
"AJSCHARCODE"="文字コード"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターAJSCHARCODE の詳細については,「20.4 スケジューラーサービス環境設定」を参
照してください。
7. UTF-8 に変更する場合,UTF-8 に対応していないエージェントで正しくキューレスジョブを実行させ
るために,環境設定パラメーターを設定する。
vi などのエディターで,次の環境設定パラメーターを記載した設定ファイルを作成します。
[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER]
"QLMANCHARCODE"="UTF-8"
設定ファイルを保存したら,次のコマンドを実行してください。
jbssetcnf 設定ファイル名
環境設定パラメーターQLMANCHARCODE の詳細については,「20.10 キューレスジョブ実行環境設定」を
参照してください。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
8. 環境設定パラメーター QLMANCHARCODE に「UTF-8」を設定した場合,キューレスジョブのエー
ジェントとして使用するホストすべてに,次の環境設定パラメーターを設定し,JP1/AJS3 Queueless
Agent サービスを再起動する。
vi などのエディターで,次の環境設定パラメーターを記載した設定ファイルを作成します。
[JP1_DEFAULT\JP1QLAGENT]
"AJSQL_CHARCODE"="UTF-8"
設定ファイルを保存したら,次のコマンドを実行してください。
jbssetcnf 設定ファイル名
環境設定パラメーターAJSQL_CHARCODE の詳細については,「20.10 キューレスジョブ実行環境設定」を
参照してください。
jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
9. 定義内容の事前チェックを使用するために,環境設定パラメーターを変更する。
次のコマンドを実行します。
jajs_config -k "[JP1_DEFAULT\JP1AJS2\CHECK]" "AJSCHK_CHARCODE"="文字コード"
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
372
環境設定パラメーターAJSCHK_CHARCODE の詳細については,「20.7 JP1/AJS3 定義内容の事前チェック
機能の設定」を参照してください。
10. スケジューラーサービスが syslog へ出力するメッセージを変更するために,環境設定パラメーターを
変更する。
次のコマンドを実行します。
jajs_config -k "[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名]"
"SYSLOGCODE"="環境変数LANGの値"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
なお,「C」以外の値を指定した場合,スケジューラーサービスを起動した環境の環境変数LANG に従い
ます。スケジューラーサービスを起動する環境の環境変数LANG を変更してください。
LANG="文字コード"
export LANG
注意事項
・syslog に環境変数LANG で指定した文字コードが出力できない場合があります。その場合には「C」
を必ず指定してください。
・中国語を使用する場合は,「C」を必ず指定してください。
11. 中国語を使用するかどうかの環境パラメーターを変更する。
次のコマンドを実行します。
/opt/jp1ajs2/bin/jajs_config -k "[JP1_DEFAULT\JP1AJS2COMMON]" "AJSI18N"="設定値"
中国語を使用する場合は設定値に「yes」を,使用しない場合は「no」を指定してください。
(2) 文字コード種別の設定内容
言語設定の設定個所ごとの設定内容を次の表に示します。
表 13‒7 言語設定の設定個所ごとの設定内容
項
番
1
OS
HP-UX
2
使用する言語種別と文字コード
設定値
言語
種別
文字コード
環境変数 LANG
の値
jp1ajs_env.conf
LANG
AJSCON
VERTUTF
8
日本語
シフト JIS
コード
ja_JP.SJIS
ja_JP.SJIS
japanese
japanese
AJSC
HARC
ODE
SYSLOGC
ODE
AJSI18N
未定義
SJIS
C または
ja_JP.SJIS
未設定ま
たはno
未定義
SJIS
C または
japanese
未設定ま
たはno
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
373
項
番
3
OS
HP-UX
使用する言語種別と文字コード
設定値
言語
種別
文字コード
環境変数 LANG
の値
jp1ajs_env.conf
LANG
AJSCON
VERTUTF
8
日本語
EUC コー
ド
ja_JP.eucJP
ja_JP.eucJ
P
japanese.euc
4
5
UTF-8
AJSC
HARC
ODE
SYSLOGC
ODE
AJSI18N
未定義
EUC
C または
ja_JP.eucJ
P
未設定ま
たはno
japanese.e
uc
未定義
EUC
C または
japanese.e
uc
未設定ま
たはno
ja_JP.utf8
ja_JP.utf8
no
UTF-8
C または
ja_JP.utf8
未設定ま
たはno
コード※1
6
英語
ASCII
コード
C
C
未定義
C
C
未設定ま
たはno
7
中国語
GB18030
コード
zh_CN.gb18030
zh_CN.gb18
030
未定義
C
C
yes
日本語
シフト JIS
コード
ja_JP.PCK
ja_JP.PCK
未定義
SJIS
C または
ja_JP.PCK
未設定ま
たはno
EUC コー
ド
ja※2
ja
未定義
EUC
C またはja
未設定ま
たはno
ja_JP.eucJP※2
ja_JP.eucJ
P
未定義
EUC
C または
ja_JP.eucJ
P
未設定ま
たはno
ja_JP.UTF-8
ja_JP.UTF8
no
UTF-8
C または
ja_JP.UTF8
未設定ま
たはno
8
Solaris
9
10
11
UTF-8
コード※1
12
英語
ASCII
コード
C
C
未定義
C
C
未設定ま
たはno
13
中国語
GB18030
コード
zh_CN.GB18030
zh_CN.GB18
030
未定義
C
C
yes
日本語
シフト JIS
コード
Ja_JP
Ja_JP
未定義
SJIS
C または
Ja_JP
未設定ま
たはno
Ja_JP.IBM-932
Ja_JP.IBM932
未定義
SJIS
C または
Ja_JP.IBM932
未設定ま
たはno
ja_JP
ja_JP
未定義
EUC
C または
ja_JP
未設定ま
たはno
14
AIX
15
16
EUC コー
ド
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
374
項
番
17
OS
AIX
使用する言語種別と文字コード
設定値
言語
種別
文字コード
環境変数 LANG
の値
jp1ajs_env.conf
LANG
AJSCON
VERTUTF
8
日本語
EUC コー
ド
ja_JP.IBM-eucJP
ja_JP.IBMeucJP
UTF-8
JA_JP
18
AJSC
HARC
ODE
SYSLOGC
ODE
AJSI18N
未定義
EUC
C または
ja_JP.IBMeucJP
未設定ま
たはno
JA_JP
no
UTF-8
C または
JA_JP
未設定ま
たはno
JA_JP.UTF-8
JA_JP.UTF8
no
UTF-8
C または
JA_JP.UTF8
未設定ま
たはno
コード※1
19
20
英語
ASCII
コード
C
C
未定義
C
C
未設定ま
たはno
21
中国語
GB18030
コード
Zh_CN.GB18030
Zh_CN.GB18
030
未定義
C
C
yes
日本語
シフト JIS
コード
ja_JP.SJIS※3
ja_JP.SJIS
未定義
SJIS
C または
ja_JP.SJIS
未設定ま
たはno
ja_JP.sjis※3
ja_JP.sjis
未定義
SJIS
C または
ja_JP.sjis
未設定ま
たはno
ja_JP.UTF-8
ja_JP.UTF8
no
UTF-8
C または
ja_JP.UTF8
未設定ま
たはno
ja_JP.utf8
ja_JP.utf8
no
UTF-8
C または
ja_JP.utf8
未設定ま
たはno
22
Linux
23
24
UTF-8
コード
25
26
英語
ASCII
コード
C
C
未定義
C
C
未設定ま
たはno
27
中国語
GB18030
コード
zh_CN.gb18030
zh_CN.gb18
030
未定義
C
C
yes
注※1
互換用 ISAM 構成の場合,UTF-8 コードは使用できません。
注※2
Solaris 11 の場合は,ja と ja_JP.eucJP を使用できます。
Solaris 10 の場合は,ja だけ使用できます。
注※3
SUSE Linux でだけ使用できます。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
375
13.4.2 ログインスクリプトの変更
この項では,ログインスクリプトの変更について説明します。
(1) UNIX ジョブ,HTTP 接続ジョブの場合
JP1/AJS3 では,UNIX ジョブ,HTTP 接続ジョブの実行に先立って,次に示すシェルのログインスクリ
プトが実行されます。
• sh,ksh の場合
/etc/profile
$HOME/.profile
• csh の場合
/etc/csh.login
$HOME/.cshrc
$HOME/.login
そのため,ログインスクリプトの中にecho やcat コマンドなど,標準出力ファイルへ出力するコマンドが
あると,ジョブの実行結果以外のテキストが標準出力ファイルに出力されます。また,ログインスクリプ
トの中で,対話環境が前提であるstty,tty,tset,script コマンドなどを実行すると,ジョブが異常終
了するおそれがあります。このような場合は,これらのコマンドを実行しないようにログインスクリプト
を変更してください。
なお,シェルで読み込むログインスクリプトで上記以外のものについては,各 OS での動作を確認してく
ださい。
例えば,sh,ksh の場合は,ログインスクリプトの該当する個所に,次に示す網掛けの部分を追加してく
ださい。
csh の場合も同様に,該当する個所に,次に示す網掛けの部分を追加してください。
補足事項
AIX では,/etc/environment の情報は引き継ぎません。次の例を参考にして,ログインスクリプトを
変更してください。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
376
if [ "$JP1JobID" != "" ] ; then
. /etc/environment
export 設定したい環境変数
fi
/etc/environment を読み込んだあと,設定したい環境変数に対してexport コマンドを実行してください。
注意事項
上記の設定は,sh,ksh(.profile)だけで有効です。その他のcsh などでは無効です。上記の
設定をした場合,ログインスクリプトの中で/etc/environment を読み込むため,各情報の設定
順序が変わることがあることを考慮する必要があります。このため,ログインスクリプトに/etc/
environment の読み込みを追加する際は,/etc/environment で設定している環境変数をログイ
ンスクリプトでも設定している個所がないかを確認し,挿入個所に十分注意してください。
ログインスクリプトの最初で/etc/environment を読み込むように変更することを推奨します。
(2) フレキシブルジョブの場合
宛先エージェントのログインスクリプトの中に次のコマンドがある場合,これらのコマンドを実行しない
ようにログインスクリプトを変更してください。なお,フレキシブルジョブは環境変数AS_ACTIONID を利
用して判定されます。
• echo
• cat
• stty
• tty
• tset
• script
13.4.3 カーネルパラメーターの調整
UNIX 環境で JP1/AJS3 を使用する場合,カーネルパラメーターを調整し,JP1/AJS3 の実行処理に必要
なリソースを割り当ててください。調整が必要なカーネルパラメーターは OS ごとに異なります。詳細に
ついては,リリースノートを参照してください。
カーネルパラメーターとは,UNIX システムが使用するリソースを調整して最適化するための設定です。
次のような値を調整します。
• ファイルシステムの調整:ファイルの最大オープン数,ファイルの最大ロック数
• 共有メモリーの調整:共有メモリーの最大サイズ,共有メモリーの最大数
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
377
• セマフォの調整:セマフォの最大数,セマフォの最大アンドゥ数
カーネルパラメーターについての詳しい説明は,各 OS のドキュメントや UNIX の参考文献を参照してく
ださい。
13.4.4 トレースログファイルの拡張
次に示す UNIX 版トレースログファイルの拡張について説明します。
• JP1/AJS3 のトレースログファイル
• キューレストレースログファイル
• キューレスジョブ実行内部ログファイル
(1) JP1/AJS3 のトレースログファイルの拡張
JP1/AJS3 のトレースログファイルは,初期状態では次のように設定されています。
• ファイル名
/var/opt/jp1ajs2/log/tracelog
• サイズ
約 2,000 個のジョブを実行したときのトレースログを保存できるサイズ,具体的には,20 メガバイト
(20,480 キロバイト)
必要となるトレースログファイルのサイズは,ジョブネットの構造や,JP1/AJS3 - View の接続数,操作
内容によって大きく異なります。必要に応じてトレースログファイルの適切なサイズを見積もり,拡張し
てください。
トレースログファイルの適切なサイズを見積もる方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 設計ガイド(システム構築編) 3.4.2 トレースログファイルのサイズを見積も
る」を参照してください。
トレースログファイルを拡張する必要がある場合は,ajstrsetsz コマンドでトレースログファイルのサイ
ズを変更してください。ajstrsetsz コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajstrsetsz」を参照
してください。
(2) キューレストレースログファイルの拡張
キューレストレースログファイルは,初期状態では次のように設計されています。
• ファイル名
/var/opt/jp1ajs2/log/tracelog.ql
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
378
• サイズ
約 10,000 個のジョブを実行したときのトレースログを保存できるサイズ,具体的には,15 メガバイ
ト(15,360 キロバイト)
必要となるキューレストレースログファイルのサイズは,ジョブのファイル転送の有無やエラー出力結果
の有無によって大きく異なります。必要に応じてトレースログファイルの適切なサイズを見積もり,拡張
してください。
トレースログファイルの適切なサイズを見積もる方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 設計ガイド(システム構築編) 7.2.1(2) キューレストレースログファイルのサ
イズを見積もる」を参照してください。
キューレストレースログファイルを拡張する必要がある場合は,ajsqltrsetsz コマンドでキューレスト
レースログファイルのサイズを変更してください。ajsqltrsetsz コマンドの詳細については,マニュアル
「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマン
ド ajsqltrsetsz」を参照してください。
(3) キューレスジョブ実行内部ログファイルの拡張
キューレスジョブ実行内部ログファイルは,初期状態では次のように設定されています。
• ファイル名
/var/opt/jp1ajs2/log/ajsqlexeclog※1
/var/opt/jp1ajs2/log/ajsqlexeclog_ftpd※2
注※1
クラスタ運用時は,名称が次のようになります。
/var/opt/jp1ajs2/log/ajsqlexeclog-[論理ホスト名]
フルパス名が 256 バイト以上である場合,[論理ホスト名]は論理ホスト名の先頭から 30 バイトと
なります。
注※2
JP1/AJS3 - Manager の場合だけ作成します。
• サイズ
ajsqlexeclog ファイルの場合
約 40,000 個のキューレスジョブを実行したときに,キューレスエージェントサービスが出力する
実行内部ログを保存できるサイズ,具体的には,24 メガバイト(24,576 キロバイト)
ajsqlexeclog_ftpd ファイルの場合
約 20,000 個のファイル転送を伴うキューレスジョブを実行したときに,キューレスファイル転送
サービスが出力する実行内部ログを保存できるサイズ,具体的には,10 メガバイト(10,240 キロ
バイト)
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
379
必要となるキューレスジョブ実行内部ログファイルのサイズは,実行するキューレスジョブの個数,およ
びキューレスジョブ実行時のファイル転送の有無などによって大きく異なります。必要に応じて,キュー
レスジョブ実行内部ログファイルの適切なサイズを見積もり,拡張してください。
キューレスジョブ実行内部ログファイルの適切なサイズを見積もる方法については,マニュアル「JP1/
Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編)
7.2.1(3) キューレスジョブ実行
内部ログファイルのサイズを見積もる」を参照してください。
キューレスジョブ実行内部ログファイルを拡張する必要がある場合は,ajsqlexecsetsz コマンドでキュー
レスジョブ実行内部ログファイルのサイズを変更してください。ajsqlexecsetsz コマンドの詳細について
は,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 4. 特別な運用で
使用するコマンド ajsqlexecsetsz」を参照してください。
13.4.5 通信環境の設定
DNS の構成や,ファイアウォールを使用した環境で JP1/AJS3 を構築する場合には,ホスト名や IP アド
レスが解決できる環境の設定や,ファイアウォール上での通信設定が必要です。
次の個所を参照し,通信環境を設定してください。
• マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編) 2.3.8(3)
DNS 環境で運用する場合の注意事項」
• マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編)
2.3.4 ファ
イアウォールを設定した環境での通信」
13.4.6 IPv6 アドレスで通信するための設定
IPv6 アドレスで通信するための設定手順について説明します。
なお,IPv6 アドレスの通信は,Linux だけサポートしています。
(1) IPv6 アドレスで通信するための JP1/Base の設定手順
(a) jp1hosts2 ファイルの設定
IPv6 アドレスで通信する場合は,jp1hosts2 の設定が必要です。jp1hosts2 情報を定義すると,jp1hosts
情報の定義は無効になります。そのため,JP1/Base をバージョン 09-50 以前からバージョン 10-00 以降
にバージョンアップインストールした場合は,バージョン 09-50 以前で使用していたjp1hosts の定義情報
をjp1hosts2 に移行する必要があります。IPv4 アドレスで通信する場合は,必要ありません。
設定を元に戻したい場合は,jp1hosts2 からjp1hosts に設定を切り戻すことができます。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
380
jp1hosts2 の詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
(b) ANY バインドアドレスの設定
受信時の通信方式が ANY バインド方式の場合は,次に説明する設定が必要です。JP1/AJS3 新規インス
トール時の通信設定は,受信時の通信方式が ANY バインド方式になっています。なお,論理ホストをセッ
トアップした場合は,受信時の通信方式が IP バインド方式になるため,この設定の変更は不要です。
使用する ANY バインドアドレスのプロトコル種別を,「IPv4 のみ」
,「IPv6 のみ」
,「IPv4/IPv6 両方」の
どれかに設定する必要があります。受信に使用する ANY バインドアドレスのプロトコル種別と,送信側
が名前解決をして得られる IP アドレスのプロトコル種別が同じになるように設定してください。ノード間
でプロトコル種別が異なる場合は通信できません。デフォルトは,IPv4 の ANY バインドアドレスだけを
使用する設定になっています。
受信時の通信方式については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(シ
ステム構築編) 2.3.3 複数 LAN 接続」を参照してください。
ANY バインドアドレスの設定については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
(2) IPv6 アドレスで通信するための JP1/AJS3 - Manager の設定手順
IPv6 アドレスで通信する場合に,JP1/AJS3 - Manager をバージョン 09-50 以前からバージョン 10-00
以降にバージョンアップインストールしたときは,インストール後に組み込み DB の再構築が必要になり
ます。IPv4 アドレスで通信する場合や,JP1/AJS3 を新規インストールした場合は,必要ありません。
組み込み DB を再構築する手順について説明します。
(a) 物理ホストの場合
物理ホストの組み込み DB を再構築する手順について説明します。
注意事項
次に説明する手順を実施すると,ジョブの実行結果情報などは削除されます。
1. 再構築する組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスを確認する。
組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスは,ajsembdbidlist コマンドで確認できます。
ajsembdbidlist コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbidlist」を参照してください。
2. 組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスのユニット定義情報をバックアップする。
ユニット定義情報のバックアップ方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 運用ガイド 2.2.2(4) ユニット定義のバックアップ」を参照してください。
3. jajs_spmd_stop コマンドを実行して,JP1/AJS3 のサービスを停止する。
すべての JP1/AJS3 のサービスを停止してください。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
381
4. ajsembdbunset コマンドを実行して,組み込み DB をアンセットアップする。
ajsembdbunset コマンドの実行例を次に示します。
# /opt/jp1ajs2/tools/ajsembdbunset -e -id _JF1
ajsembdbunset コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbunset」を参照してください。
5. ajsembdbbuild コマンドを実行して,組み込み DB を構築する。
ajsembdbbuild コマンドの実行例を次に示します。
# /opt/jp1ajs2/tools/ajsembdbbuild -s -d /var/opt/jp1ajs2/embdb/_JF1/dbarea -p 22221 i /opt/jp1ajs2/embdb/_JF1 -id _JF1 -ext_db -ext_log
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
6. ajsembdbsetup コマンドを実行して,組み込み DB をセットアップする。
ajsembdbsetup コマンドの実行例を次に示します。
# /opt/jp1ajs2/tools/ajsembdbsetup -ru s -F AJSROOT4 -p 22221 -tp AJS4 -id _JF1
ajsembdbsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbsetup」を参照してください。
7. jajs_spmd コマンドを実行して,JP1/AJS3 のサービスを起動する。
すべての JP1/AJS3 のサービスを起動してください。
8. 手順 2 でバックアップしたユニット定義情報をリカバリーする。
ユニット定義情報のリカバリー方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 運用ガイド 2.3.3(8) ユニット定義のリカバリー」を参照してください。
(b) 論理ホストの場合
論理ホストの組み込み DB を再構築する手順について説明します。ここでは,共有ディスクおよび論理 IP
アドレスは実行系ホストに割り当たっているものとします。
注意事項
次に説明する手順を実施すると,ジョブの実行結果情報などは削除されます。
1. 再構築する組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスを確認する。
組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスは,ajsembdbidlist コマンドで確認できます。
ajsembdbidlist コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbidlist」を参照してください。
2. 組み込み DB に格納されているスケジューラーサービスのユニット定義情報をバックアップする。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
382
ユニット定義情報のバックアップ方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 運用ガイド 2.2.2(4) ユニット定義のバックアップ」を参照してください。
3. 実行系ホストで jajs_spmd_stop コマンドを実行して,次に示すサービスを停止する。
• 再構築する組み込み DB が属する論理ホストの JP1/AJS3 のサービス
4. 実行系ホストで ajsembdbunset コマンドを実行して,実行系ホストの組み込み DB をアンセットアッ
プする。
ajsembdbunset コマンドの実行例を次に示します。
# /opt/jp1ajs2/tools/ajsembdbunset -e -id _JFA
ajsembdbunset コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbunset」を参照してください。
5. 待機系ホストで ajsembdbunset コマンドを実行して,待機系ホストの組み込み DB をアンセットアッ
プする。
ajsembdbunset コマンドの実行例を次に示します。
# /opt/jp1ajs2/tools/ajsembdbunset -e -id _JFA
ajsembdbunset コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbunset」を参照してください。
6. 実行系ホストで ajsembdbbuild コマンドを実行して,実行系ホストの組み込み DB を構築する。
ajsembdbbuild コマンドの実行例を次に示します。
# /opt/jp1ajs2/tools/ajsembdbbuild -s -r -d /home/shdsk/jp1ajs2/embdb/_JFA/dbarea ld /opt/jp1ajs2/embdb/_JFA/dbarea -mh lhost -eh 実行系物理ホスト名 -p 22230 -i /opt/
jp1ajs2/embdb/_JFA -id _JFA -ext_db -ext_log
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
7. 実行系ホストで ajsembdbsetup コマンドを実行して,実行系ホストの組み込み DB をセットアップ
する。
ajsembdbsetup コマンドの実行例を次に示します。
# /opt/jp1ajs2/tools/ajsembdbsetup -mh lhost -F AJSROOT1 -p 22230 -tp AJS1 -id _JFA -ru s
ajsembdbsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbsetup」を参照してください。
8. 実行系ホストで jbsgetcnf コマンドを実行して,実行系ホストの環境設定パラメーターをバックアップ
する。
次に示すコマンドを実行します。
# /opt/jp1base/bin/jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > バックアップファイル名
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
383
詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
9. 待機系ホストで ajsembdbbuild コマンドを実行して,待機系ホストの組み込み DB を構築する。
ajsembdbbuild コマンドの実行例を次に示します。
# /opt/jp1ajs2/tools/ajsembdbbuild -s -f -d /home/shdsk/jp1ajs2/embdb/_JFA/dbarea ld /opt/jp1ajs2/embdb/_JFA/dbarea -mh lhost -eh 実行系物理ホスト名 -p 22230 -i /opt/
jp1ajs2/embdb/_JFA -id _JFA -ext_db -ext_log
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
10. 待機系ホストで jbssetcnf コマンドを実行して,手順 8 でバックアップした環境設定パラメーターを
待機系ホストに設定する。
次に示すコマンドを実行します。
# /opt/jp1base/bin/jbssetcnf バックアップファイル名
詳細については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
11. 実行系ホストで ajsembdbstop コマンドを実行して,実行系ホストの組み込み DB を停止する。
ajsembdbstop コマンドの実行例を次に示します。
# /opt/jp1ajs2/tools/ajsembdbstop -id _JFA
ajsembdbstop コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajsembdbstop」を参照してください。
12. 実行系ホストで jajs_spmd コマンドを実行して,次に示すサービスを起動する。
• 再構築する組み込み DB が属する論理ホストの JP1/AJS3 のサービス
13. 手順 2 でバックアップしたユニット定義情報をリカバリーする。
ユニット定義情報のリカバリー方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 運用ガイド 2.3.3(8) ユニット定義のリカバリー」を参照してください。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
384
13.5 バージョンアップ時に必要なセットアップ
JP1/AJS3 をバージョンアップインストールした場合に,必要なセットアップについて説明します。
13.5.1 組み込み DB の管理機能を強化するための設定
JP1/AJS3 - Manager のバージョン 10-00 以降では,組み込み DB の管理機能が強化されています。それ
に伴い,次の点が変更になっています。
表 13‒8 組み込み DB 管理機能強化による変更点
変更点
JP1/AJS3 - Manager のバージョン
組み込み DB プロセス管理プロセス(pdprcd プロセ
ス)
10-00 より前
10-00 以降
組み込み DB の環境を構築する
と,アンセットアップするまで
OS 上に常駐する
組み込み DB の停止と連動して
pdprcd プロセスも停止する
バージョン 10-00 より前の JP1/AJS3 - Manager で構築した組み込み DB で管理機能を強化するために
は,設定が必要です。この設定を実施しないで,組み込み DB の管理機能を強化しない場合でも,
ajsembdbinstl コマンドで組み込み DB をインストールしたり,論理ホストを新規に構築または再構築し
たりする場合は,設定が必要です。
それぞれの設定手順について説明します。
(1) 組み込み DB の管理機能を強化するための設定手順
JP1/AJS3 - Manager をバージョンアップインストールしたあと,構築したすべてのホストに対して,次
の手順を実施してください。
1. ajsembdbinstl コマンドを実行して,組み込み DB を上書きインストールする。
ajsembdbinstl コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbinstl」を参照してください。
2. JP1/AJS3 の組み込み DB の,システム共通定義ファイルの設定値を変更する。
次のファイルを vi などのエディターで開き,設定値を変更します。
システム共通定義ファイル
組み込み DB 運用ディレクトリ/conf/pdsys
<変更前>
set pd_mode_conf = AUTO※
<変更後>
set pd_mode_conf = MANUAL2
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
385
注※
論理ホスト環境では,変更前の値は「MANUAL1」です。
システム共通定義ファイルの設定値が「AUTO」または「MANUAL1」になっている場合は,「MANUAL2」に
変更してください。
3. DB 管理用の JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイルおよび JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定義ファ
イルに,モデルファイルを上書きコピーする。
次に示すファイルを,それぞれのモデルファイルで上書きコピーします。
ファイルの種類
ファイル名
モデルファイル
JP1/AJS3 用起動プロセス定義
ファイル(DB 管理)
物理ホストの場合
/etc/opt/jp1ajs2/conf/
jp1ajs_dbmd.conf.model
/etc/opt/jp1ajs2/conf/jp1ajs_dbmd.conf
論理ホストの場合
共有ディレクトリ/jp1ajs2/conf/jp1ajs_dbmd.conf
JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定
義ファイル(DB 管理)
物理ホストの場合
/etc/opt/jp1ajs2/conf/jp1ajs_dbmd_0700.conf
/etc/opt/jp1ajs2/conf/
jp1ajs_dbmd_0700.conf.model
論理ホストの場合
共有ディレクトリ/jp1ajs2/conf/
jp1ajs_dbmd_0700.conf
4. システム管理用の JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定義ファイルの設定値を変更する。
次に示すファイルを vi などのエディターで開き,「変更前」で示す行の下線部分を変更します。
JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定義ファイル(システム管理)
・物理ホストの場合
/etc/opt/jp1ajs2/conf/jp1ajs_service_0700.conf
・論理ホストの場合
共有ディレクトリ/jp1ajs2/conf/jp1ajs_service_0700.conf
<変更前>
jajs_dbmd|jajs_dbmd||0|3|3|21600|0|2||1|||||||
<変更後>
jajs_dbmd|jajs_dbmd||1|3|3|21600|0|2||1|||||||
(2) 組み込み DB の管理機能を強化しない場合に必要な設定手順
構築した環境を変更することが難しいなどの理由で組み込み DB の管理機能を強化しない場合,組み込み
DB をバージョンアップ以前のまま使用することもできます。その場合は,JP1/AJS3 - Manager をバー
ジョンアップインストールしたあと,そのまま使用してください。ただし,ajsembdbinstl コマンドで組
み込み DB をインストールしたり,論理ホストを新規に構築または再構築したりする場合は,次に示す操
作が必要です。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
386
(a) ajsembdbinstl コマンドで組み込み DB をインストールする場合に必要な設定手順
ajsembdbinstl コマンドで組み込み DB を新規インストール,またはバージョンアップインストールする
場合,次の手順を実施してください。
1. ajsembdbinstl コマンドに-v9standard オプションを指定して実行する。
ajsembdbinstl コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbinstl」を参照してください。
(b) 論理ホストを新規に構築または再構築する場合に必要な設定手順
論理ホストを新規に構築または再構築する場合,論理ホスト環境のセットアップ後に,次の手順を実施し
てください。
1. DB 管理用の JP1/AJS3 用起動プロセス定義ファイルおよび JP1/AJS3 用拡張起動プロセス定義ファ
イルに,モデルファイルを上書きコピーする。
次に示すファイルを,それぞれのモデルファイルで上書きコピーします。
ファイルの種類
ファイル名
モデルファイル
JP1/AJS3 用起動プロセス定義
ファイル(DB 管理)
共有ディレクトリ/jp1ajs2/conf/jp1ajs_dbmd.conf
/etc/opt/jp1ajs2/conf/
jp1ajs_dbmd.conf.v9standard.mode
l
JP1/AJS3 用拡張起動プロセス
定義ファイル(DB 管理)
共有ディレクトリ/jp1ajs2/conf/
jp1ajs_dbmd_0700.conf
/etc/opt/jp1ajs2/conf/
jp1ajs_dbmd_0700.conf.v9standard
.cluster.model
13.5.2 組み込み DB のデータ領域の使用量を削減するための設定
バージョン 10-00 以降の JP1/AJS3 - Manager では,組み込み DB のデータ格納効率が改善され,デー
タ領域の使用量が削減されています。バージョンが 10-00 より前の JP1/AJS3 - Manager で構築した組み
込み DB で,データ領域の使用量を削減するためには,組み込み DB の再セットアップが必要です。
再セットアップは,組み込み DB ごとに実施します。JP1/AJS3 で使用している組み込み DB については,
ajsembdbidlist コマンドで確認できます。ajsembdbidlist コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/
Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbidlist」を参照してください。
JP1/AJS3 が自動的に構築する組み込み DB については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 設計ガイド(システム構築編)
2.6.4 JP1/AJS3 でセットアップされるデータベース設定」を参
照してください。
(1) 組み込み DB のデータ領域の使用量を削減するための設定手順
組み込み DB のデータ領域の使用量を削減するための設定手順を次に示します。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
387
補足事項
クラスタ環境の場合は,実行系ホストで手順を実施してください。待機系ホストでの実施は不要です。
1. 組み込み DB に含まれる実行エージェント情報およびユニット定義情報をバックアップする。
バックアップ方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用ガイ
ド 2.2.2(2) 実行エージェント情報のバックアップ」およびマニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 運用ガイド 2.2.2(4) ユニット定義のバックアップ」を参照してください。
2. JP1/AJS3 - Manager の物理ホストおよびすべての論理ホストで,JP1/AJS3 サービスを含め,組み
込み DB にアクセスするすべてのサービスを停止する。
クラスタ環境の場合,以降の手順は次の状態で実施してください。
• 実行系物理ホストで共有ディスクにアクセスできる状態
• 論理ホストの IP アドレスを有効にした状態
3. ajsembdbunset コマンドを実行して,組み込み DB を削除する。
ajsembdbunset コマンドの実行例を次に示します。
ajsembdbunset -e -id セットアップ識別子
ajsembdbunset コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbunset」を参照してください。
4. ajsembdbbuild コマンドを実行して,組み込み DB を構築する。
ajsembdbbuild コマンドの実行例を次に示します。
JP1/AJS3 が自動的に構築した組み込み DB の場合
ajsembdbbuild {-s|-m|-l} -d データ領域ディレクトリ名 -p 組み込み DB ポート番号※ -i 組み
込み DB 運用ディレクトリ名 -id セットアップ識別子 [-mh 論理ホスト名 -eh 実行系物理ホスト
名 -r -ld 作業領域ディレクトリ名] -ext_db -ext_log
注※ 組み込み DB で使用していたスケジューラーサービスの環境設定パラメーターRDBPORT の値
です。
高度なセットアップで構築した組み込み DB の場合
ajsembdbbuild バージョンアップ前に構築した時のオプション
ajsembdbbuild コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbbuild」を参照してください。
5. ajsembdbsetup コマンドを実行して,組み込み DB をセットアップする。
ajsembdbsetup コマンドの実行例を次に示します。
JP1/AJS3 が自動的に構築した組み込み DB の場合
ajsembdbsetup -ru {s|m|l} -F スケジューラーサービス名※1 -p 組み込み DB ポート番号※2 -id
セットアップ識別子※2 -tp テーブル名プリフィックス※3 [-mh 論理ホスト名]
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
388
注※1 使用していたスケジューラーサービス名を指定します。
注※2 手順 4.でajsembdbbuild コマンドに指定した値と同じ値を指定します。
注※3 該当するスケジューラーサービスの環境設定パラメーターTABLENAMEPREFIX の値です。
高度なセットアップで構築した組み込み DB の場合
ajsembdbsetup バージョンアップ前にセットアップした時のオプション
ajsembdbsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajsembdbsetup」を参照してください。
6. JP1/AJS3 サービスをコールドスタートで起動する。
7. バックアップした実行エージェント情報およびユニット定義情報をリカバリーする。
リカバリー方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 運用ガイド 2.3.3(7) 実行エージェント情報のリカバリー」およびマニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 運用ガイド 2.3.3(8) ユニット定義のリカバリー」を参照してください。
13. セットアップ
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
389
14
環境設定
この章では,JP1/AJS3 の環境設定について説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
390
14.1 実行エージェントの設定
ajsagtadd,ajsagtdel,ajsagtalt コマンドを使用して,JP1/AJS3 の運用中に実行エージェントや実行
エージェントグループを追加,削除,または変更できます。
QUEUE ジョブ,サブミットジョブを使用する場合は,jpqagtadd,jpqqueadd などのコマンドを使用して
QUEUE ジョブ,サブミットジョブ用のエージェントやキューを追加,削除,または変更します。詳細に
ついては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編) 7.1.2(1)(b) 運用中に QUEUE ジョブ,サブミットジョブの実行環境の構成定義情報を変更する場合の手
順」を参照してください。
各コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファ
レンス 3. 通常の運用で使用するコマンド」を参照してください。
14.1.1 実行エージェントの設定手順
ajsagtadd コマンドで実行エージェントおよび実行エージェントグループを追加する手順を次に示します。
1. 実行エージェントを追加し,ジョブ実行多重度を設定する。
ajsagtadd コマンドで,実行エージェントを追加します。
追加する実行エージェントのホスト名は IP アドレス解決できることを確認しておく必要があります。
ajsagtadd -a 実行エージェント名 [-s 実行ホスト名] [-c 時刻-時刻=ジョブ実行多重度,...]
(例)
ajsagtadd -a AP1 -s Host1 -c 01:00-05:00=1
-c オプションを省略すると,終日ジョブ実行多重度に 5 が仮定されます(
「-c 00:00-00:00=5」を指定
した場合と同じ)。また,-c オプションを指定した場合,指定した時間帯以外のジョブ実行多重度は 0
です。例えば,「-c 01:00-02:00=10」と指定した場合の実行多重度は,次のようになります。
• 00:00〜01:00:0
• 01:00〜02:00:10
• 02:00〜00:00:0
ジョブ実行多重度が 0 の場合,ジョブは実行できません。ジョブを実行する場合は 1 以上を指定する
か,ajsagtalt コマンドでジョブ実行多重度を変更してください。ジョブ実行多重度の指定例について
は,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 3. 通常の運用
で使用するコマンド ajsagtadd」の補足事項を参照してください。
2. 実行エージェントグループを追加する。
ajsagtadd コマンドで,実行エージェントをグルーピングした実行エージェントグループを追加します。
14. 環境設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
391
実行エージェントグループに複数の実行エージェントを接続して,ジョブの実行を分散させる場合など
に追加してください。実行エージェントの優先順位を指定すると,指定された優先順位に従って実行
エージェントへジョブを配信します。
ajsagtadd -g 実行エージェントグループ名 [-l 実行エージェント名[:優先順位],...]
(例)
ajsagtadd -g APG1 -l AP1:16,AP2,AP3:5
グルーピングした実行エージェントの優先順位を変更する場合は,ajsagtalt コマンドを実行します。
3. 設定内容を確認する。
ajsagtshow コマンドを実行して,手順 1〜2 の設定内容が正しいことを確認してください。
ajsagtshow {-a 実行エージェント名|-g 実行エージェントグループ名|-l|-n}
(例)
ajsagtshow -a AP1
実行エージェントおよび実行エージェントグループは,実行エージェント定義ファイルを使用して,次の
コマンドで一括して登録することもできます。
ajsagtadd -f 実行エージェント定義ファイル名
実行エージェント定義ファイルは,ajsagtprint コマンドで出力される CSV ファイルと同じ形式で作成し
ます。実行エージェント定義ファイルの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajsagtadd」およびマニュアル
「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマン
ド ajsagtprint」を参照してください。
注意事項
• 名称の大文字小文字は区別されません。
• 日本語などのマルチバイト文字も使用できます。ただし,言語環境によって文字バイト長が異なる
ため,ASCII 文字を推奨します。
• 「@SYS」で始まる名称は使用できません。
• 次の文字は使用できません。
スペース
,(コンマ)
:(コロン)
• 制御文字(タブ,改行)
14. 環境設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
392
14.2 環境設定パラメーターの設定
この節では,共通定義情報の登録内容を変更する手順を説明します。
共通定義情報の登録内容を変更するには,次の方法があります。
• jajs_config コマンドを使用して登録する
jajs_config コマンドを使用して登録すると,環境設定パラメーター名や定義内容がチェックされま
す。そのため,誤った内容が設定されるのを防ぐことができます。jajs_config コマンドの詳細につい
ては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 2. セット
アップコマンド jajs_config」を参照してください。
• jbssetcnf コマンドを使用して登録する
変更する環境設定パラメーターの定義内容を記述した設定ファイルを作成して,JP1/Base が提供する
jbssetcnf コマンドを使って登録します。jbssetcnf コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/
Base 運用ガイド」を参照してください。
jbssetcnf コマンドを使用して登録する場合,環境設定パラメーター名や定義内容がチェックされませ
ん。誤って登録した場合の回復方法については,「付録 B 誤った環境設定パラメーターを設定したとき
の回復方法」を参照してください。
共通定義情報への登録に必要な環境設定パラメーターの詳細については,「20. 環境設定パラメーター」を
参照してください。
それぞれの手順について,次に示します。
14.2.1 jajs_config コマンドを使用した環境設定パラメーターの設定手順
jajs_config コマンドを使用して共通定義情報へ登録する手順を,次に示します。
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注※
自動停止の設定がされていることを確認します。
2. 共通定義情報に登録する。
次のコマンドを実行して,環境設定パラメーターの内容を共通定義情報に登録します。
jajs_config△-k△定義キー名△"環境設定パラメーター名1"=定義内容1△["環境設定パラメーター
名2"=定義内容2] ...
14. 環境設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
393
(凡例)
△:1 バイトの空白文字
(例)
jajs_config -k "[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1]" "LOGSIZE"=dword:00002800
"AJSLOG"="all"
3. JP1/AJS3 を再起動する。
登録した環境設定パラメーターの内容が,JP1/AJS3 に反映されます。
14.2.2 jbssetcnf コマンドを使用した環境設定パラメーターの設定手順
変更する環境設定パラメーターの定義内容を記述した設定ファイルを作成して,jbssetcnf コマンドを使
用して共通定義情報へ登録する手順を,次に示します。
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注※
自動停止の設定がされていることを確認します。
2. 変更用の設定ファイルを作成する。
vi などのエディターで,変更や追加が必要な環境設定パラメーターを記述した変更用の設定ファイルを
作成します。
設定ファイルのファイル名は任意です。
例えば,次の環境設定パラメーターを定義するとします。
定義キー
環境設定パラメーター
設定値
[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1]
"LOGSIZE"=
00002800(16 進数)
"AJSLOG"=
"all"
記述例を次に示します。
[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1]
"LOGSIZE"=dword:00002800
"AJSLOG"="all"
3. 設定ファイルを保存する。
4. 共通定義情報に登録する。
14. 環境設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
394
次のコマンドを実行して,変更または追加した環境設定パラメーターの内容を共通定義情報に登録しま
す。
jbssetcnf 設定ファイル名
jbssetcnf コマンドのパスは,「/opt/jp1base/bin/jbssetcnf」です。
5. JP1/AJS3 を再起動する。
登録した環境設定パラメーターの内容が JP1/AJS3 に反映されます。
14. 環境設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
395
15
運用形態に合わせた各種設定
この章では,JP1/AJS3 の運用形態に合わせた設定について説明します。
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
396
15.1 スケジューラー制御に関する各種設定
スケジューラー制御に関する設定を変更する手順について説明します。
環境設定パラメーターを設定する場合は,jajs_config コマンドを使用します。
jajs_config コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_config」を参照してください。
15.1.1 スケジューラーサービスの多重起動の設定
スケジューラーサービスは,ジョブグループを管理する制御単位です。スケジューラーサービスを多重起
動すると,ジョブグループをスケジューラーサービスごとに管理できるようになります。
スケジューラーサービスを多重起動するためには,まず,追加するスケジューラーサービスの名称などの
情報を設定します。
スケジューラーサービスの追加手順,および追加したスケジューラーサービスの削除手順を次に示します。
論理ホストへのスケジューラーサービスの追加,および論理ホストに追加したスケジューラーサービスの
削除については,「17.2.9 論理ホストのスケジューラーサービスの多重起動の設定」を参照してください。
(1) スケジューラーサービスを追加する
スケジューラーサービスの追加手順を次に示します。
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注意事項
物理ホストに構築されているすべての組み込み DB を稼働状態にする必要があります。
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn(n は 0〜9 または A〜Z のどれか)オプションを
指定して実行し,組み込み DB が稼働状態になっていること(UNIT-STAT が ONLINE になっ
ていること)を確認してください。稼働状態になっていない場合は,ajsembdbstart コマンド
に-id _JFn オプションを指定して実行してください。
対象となる組み込み DB のセットアップ識別子(_JFn)については,ajsembdbidlist コマンド
を実行して確認してください。
2. mkdir コマンドなどで,次に示すディレクトリを作成する。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
397
• データベースディレクトリ
• 一時ファイル用ディレクトリ
• ジョブ情報ディレクトリ
• 退避情報ディレクトリ
なお,退避情報ディレクトリ以外は,自ホスト内(物理ホストとすべての論理ホスト)に設定されてい
る,ほかのスケジューラーサービスが使用するディレクトリと重複しないようにしてください。また,
ほかのスケジューラーサービスが使用するディレクトリの配下にも作成しないでください。
3. スケジューラーサービスを追加するために jajs_setup コマンドを実行する。
jajs_setup -a -F スケジューラーサービス名
-p ジョブ状態通知ポートのサービス名
-d データベースディレクトリ名
-t 一時ファイル用ディレクトリ名
-j ジョブ情報ディレクトリ名
-b 退避情報ディレクトリ名
-n スケジューラーサービスの識別番号
[[-I セットアップ識別子
-P 組み込みDBポート番号]
[-M {s|m|l}]
[-E {byte|sjis}]
|-S]
(例)「AJSROOT2」というスケジューラーサービスを追加する場合
jajs_setup -a -F AJSROOT2
-p jp1ajs2report2
-d "/var/opt/jp1ajs2/database/schedule/AJSROOT2"
-t "/var/opt/jp1ajs2/tmp/schedule2"
-j "/var/opt/jp1ajs2/jobinf2"
-b "/var/opt/jp1ajs2/backup/schedule2"
-n 2
jajs_setup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_setup」を参照してください。
4. 組み込み DB の高度なセットアップを実行する。
手順 3 で-S オプションを指定した場合は,組み込み DB の高度なセットアップを実施します。組み込
み DB の高度なセットアップについては,「23.2 組み込み DB の高度なセットアップ」を参照してくだ
さい。
5. 手順 3 で指定したジョブ状態通知ポートのサービス名に対するポート番号を設定する。
/etc/services ファイルをエディターなどで開き,ポート番号を追加します。このとき,既存のポート
番号と重複しないようにしてください。
(例)ポート番号を「20248」として設定する場合
jp1ajs2report2 20248/tcp
6. キューレスジョブを利用する場合は,キューレスジョブのセットアップをする。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
398
次のコマンドを実行します。
ajsqlsetup [-F スケジューラーサービス名]
ajsqlsetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajsqlsetup」を参照してください。
7. JP1/AJS3 サービスを再起動する。
設定した内容でスケジューラーサービスが追加され,起動します。
再起動後,JP1/AJS3 - View などで,追加したスケジューラーサービス名が付けられたマネージャー
ジョブグループが表示されていることを確認してください。
コマンド実行についての補足事項
スケジューラーサービスを追加している場合,「-F スケジューラーサービス名」オプションを指定しな
いでコマンドを実行すると,デフォルトのスケジューラーサービスに対する操作となります。
環境変数AJSCONF にスケジューラーサービス名を指定しておくと,-F オプションを省略できます。
(2) 追加したスケジューラーサービスを削除する
追加したスケジューラーサービスの削除手順を次に示します。
1. jajs_spmd_stop コマンドを実行して,JP1/AJS3 サービスを停止する。
論理ホストの JP1/AJS3 マネージャーも含め,すべての JP1/AJS3 サービスを停止してください。
注意事項
物理ホストに構築されているすべての組み込み DB を稼働状態にする必要があります。
ajsembdbstatus コマンドに-s ust -id _JFn(n は 0〜9 または A〜Z のどれか)オプションを
指定して実行し,組み込み DB が稼働状態になっていること(UNIT-STAT が ONLINE になっ
ていること)を確認してください。稼働状態になっていない場合は,ajsembdbstart コマンド
に-id _JFn オプションを指定して実行してください。
対象となる組み込み DB のセットアップ識別子(_JFn)については,ajsembdbidlist コマンド
を実行して確認してください。
2. ajsshmdel コマンドを実行して,スケジューラーサービスの情報を削除する。
ajsshmdel コマンドのパスは,「/opt/jp1ajs2/bin/ajsshmdel」です。
(例)sh の場合
/opt/jp1ajs2/bin/ajsshmdel >/dev/null 2>&1
(例)csh の場合
/opt/jp1ajs2/bin/ajsshmdel >&/dev/null
3. スケジューラーサービスを削除するために jajs_setup コマンドを実行する。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
399
jajs_setup -e -F スケジューラーサービス名
(例)スケジューラーサービス「AJSROOT2」を削除する場合
jajs_setup -e -F AJSROOT2
jajs_setup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_setup」を参照してください。
4. スケジューラーサービスを追加したときに作成したディレクトリを削除する。
jajs_setup コマンド実行時に作成した,次のディレクトリを削除してください。
• -d オプションに指定したデータベースディレクトリ
• -t オプションに指定したテンポラリーディレクトリ
• -j オプションに指定したジョブ情報ディレクトリ
• -b オプションに指定した退避情報ディレクトリ
5. JP1/AJS3 サービスを起動する。
追加したスケジューラーサービスが削除されます。
(3) 不要となったデータベース環境をアンインストールする
不要となったデータベース環境のアンインストール手順については,「6.1.1(3) 不要となったデータベース
環境をアンインストールする」を参照してください。
(4) スケジューラーサービス名を変更する
スケジューラーサービスの名称を変更すると,JP1/AJS3 の各種機能に影響を与えます。例えば,ユニッ
トが異常終了したり,正しく実行されなかったりするなどの現象が発生する場合があります。このため,
スケジューラーサービスの名称変更は,運用開始前のスケジューラーサービスに対して実施することを推
奨します。
スケジューラーサービス名を,運用開始前に変更する手順と運用開始後に変更する手順を次に示します。
(a) 運用開始前にスケジューラーサービス名を変更する手順
1. jajs_setup コマンドを実行して,スケジューラーサービスの名称を変更する。
次のコマンドを実行します。
jajs_setup -r -F 変更前のスケジューラーサービス名 -A 変更後のスケジューラーサービス名
jajs_setup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_setup」を参照してください。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
400
(b) 運用開始後にスケジューラーサービス名を変更する手順
1. 変更するスケジューラーサービスを停止し,スケジューラーサービスをコールドスタートする。
コールドスタート後は,名称変更の手順が終了するまでジョブネットを実行登録しないでください。
2. 物理ホストとすべての論理ホストの JP1/AJS3 サービスを停止する。
3. ajsshmdel コマンドを実行して共有メモリー情報を削除する。
ajsshmdel コマンドのパスは,「/opt/jp1ajs2/bin/ajsshmdel」です。
(例)
sh の場合:/opt/jp1ajs2/bin/ajsshmdel >/dev/null 2>&1
csh の場合:/opt/jp1ajs2/bin/ajsshmdel >&/dev/null
4. jajs_setup コマンドを実行して,スケジューラーサービスの名称を変更する。
(例)AJSROOT2 を AJSROOT5 に変更する場合
jajs_setup -r -F AJSROOT2 -A AJSROOT5
jajs_setup コマンド実行時にメッセージ KAVS1133-W が出力されなかった場合は,手順 5,手順 6
を実行しないで,手順 7 以降の操作を実行してください。
jajs_setup コマンド実行時にメッセージ KAVS1133-W が出力された場合は,メッセージ中に出力さ
れる設定名称を確認してください。「ローカル日時」が出力されたときは手順 5 を,「サスペンド機能」
が出力されたときは手順 6 の操作を実行してから,手順 7 以降の操作を実行してください。
注意事項
変更前のスケジューラーサービスにスケジューラーサービスローカル日時を設定している場合は,
スケジューラーサービスの名称を変更する前に,スケジューラーサービスローカル日時とシステム
日時の差分を取得しておいてください。スケジューラーサービスローカル日時は,ajslocaldate コ
マンドで取得してください。
システム日時の取得方法については,使用している OS のドキュメントを参照してください。
スケジューラーサービスローカル日時の設定に失敗してメッセージ KAVS1133-W が出力された場
合,手順 5 で,この差分を使用して変更後のスケジューラーサービスにスケジューラーサービスロー
カル日時を設定します。
5. スケジューラーサービスローカル日時を再設定する。
ajslocaldate コマンドを実行して,名称変更後のスケジューラーサービスに対してスケジューラーサー
ビスローカル日時を設定します。
(例)スケジューラーサービス AJSROOT5 のスケジューラーサービスローカル日時をホストの現在時
刻より 5 分(300 秒)進める場合
ajslocaldate -F AJSROOT5 -s 300
ajslocaldate コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3
コマンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド ajslocaldate」を参照してください。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
401
6. サスペンド機能を再設定する。
ajssetup コマンドを実行して,名称変更後のスケジューラーサービスに対してサスペンド機能を有効
にします。
(例)スケジューラーサービス AJSROOT5 のサスペンド機能を有効にする場合
ajssetup -F AJSROOT5 -m
ajssetup コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajssetup」を参照してください。
7. 変更する前のスケジューラーサービス名が次に示す環境設定パラメーターに設定されている場合,
jajs_config コマンドを実行して変更後のスケジューラーサービス名に変更する。
表 15‒1 設定値を変更する必要のある環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER]
"DEFAULTSERVICENAME"=
デフォルトスケジューラーサービス名
"REMNETSERVICENAME"=
リモートジョブネットを実行するスケ
ジューラーサービス名
(例)デフォルトスケジューラーサービス名を AJSROOT5 に変更する場合
jajs_config -k "[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER]" "DEFAULTSERVICENAME"="AJSROOT5"
(例)リモートジョブネットを実行するスケジューラーサービス名を AJSROOT5 に変更する場合
jajs_config -k "[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER]" "REMNETSERVICENAME"="AJSROOT5"
8. JP1/AJS3 サービスを起動する。
9. 次に示す場合は,スケジューラーサービス起動後,必要に応じてスケジューラーサービス設定を変更ま
たは再設定する。
• ユニット定義に変更前のスケジューラーサービス名を指定している場合
• JP1/AJS3 の連携機能で,変更前のスケジューラーサービスを監視対象や情報収集対象としている
場合
(c) スケジューラーサービス名を変更する場合の注意事項
次に示すスケジューラーサービスの環境設定パラメーターは,標準でスケジューラーサービス名を含むディ
レクトリパスを使用しています。
• AJSSYSDIR
• AJSLOGDIR
• AJSDBDIRECTORY
• AJSLOGFILE1
• AJSLOGFILE2
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
402
スケジューラーサービス名の変更後,環境設定パラメーターを変更しなくても運用に影響はありませんが,
必要に応じて,変更後のスケジューラーサービス名を含むディレクトリパスに変更することを検討してく
ださい。
サスペンド機能またはキューレスジョブを使用している環境で,環境設定パラメーターAJSDBDIRECTORY を
変更する場合,変更後に各機能の再設定が必要です。
環境設定パラメーターを変更するには,jajs_config コマンドを使用します。jajs_config コマンドの詳細
については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス 2. セッ
トアップコマンド jajs_config」を参照してください。
各環境設定パラメーターの詳細については,「20.4 スケジューラーサービス環境設定」を参照してください。
15.1.2 スケジューラーサービスの統合トレースログ出力レベルの変更
スケジューラーサービスが,統合トレースログに出力するメッセージのレベルを指定できます。指定手順
を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒2 スケジューラーサービスの統合トレースログ出力レベルを変更するための環境設定パ
ラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"HNTRLOGLEVEL"=
統合トレースログに出力するメッセー
ジレベル
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス
名]※
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
403
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(58) HNTRLOGLEVEL」を参照してくださ
い。
15.1.3 ネストジョブネット定義パラメーター出力時のスケジュールルール
の出力方法の変更
スケジュールルールを有効にして上位ジョブネットのスケジュールに依存しないようにするのか,または
スケジュールルールを削除して上位ジョブネットのスケジュールに依存するようにするのかを指定できます。
このオプションは,スケジュールルールを持ったルートジョブネットをネストジョブネットにコピーして
作成したジョブネットに対して,ajsprint,ajsbackup,ajsexport コマンドおよび JP1/AJS3 - View で
「退避」を行った場合に有効です。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒3 ネストジョブネット定義パラメーター出力時のスケジュールルールの出力方法を変更
するための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"AJSPRINTNETSCHPRF"=
ネストジョブネットの,スケジュール
ルールの扱い方
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス
名]※
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
404
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(81) AJSPRINTNETSCHPRF」を参照して
ください。
15.1.4 スケジューラートレースログファイルの名称変更
スケジューラーサービスのトレースログファイル名のデフォルトは「/var/opt/jp1ajs2/log/tracelog」で
す。このファイル名を任意のファイル名に変更できます。ファイル名の変更手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒4 スケジューラートレースログファイルの名称変更のための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER]
"TRACELOGFILE"=※
スケジューラートレースログファイルの
名称
注※
物理ホストおよびすべての論理ホストのスケジューラートレース情報が,ここで指定したファイルに記
録されます。トレース情報を確実に記録できるように,必ずローカルディスク上のファイル名として指
定してください。
なお,ファイルは,トレース情報が出力されたときに新規作成されます。したがって,既存のファイル
名は指定しないでください。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(3) TRACELOGFILE」を参照してください。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
405
15.1.5 サスペンド機能の設定
実行登録中にルートジョブネットの下位定義を編集する場合,対象のルートジョブネットをサスペンドす
るため,サスペンド機能を有効にしておく必要があります。
JP1/AJS3 のサスペンド機能は,初期状態では無効になっているため,ajssetup コマンドで有効にしてく
ださい。
サスペンド機能を有効にする手順を次に示します。
1. 次のコマンドを実行して,サスペンド機能を使用するための環境を設定する。
ajssetup -F スケジューラーサービス名 -m
ajssetup コマンドの文法および注意事項については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management
System 3 コマンドリファレンス 2. セットアップコマンド ajssetup」を参照してください。
サスペンド機能を有効にする場合,JP1/AJS3 サービスおよびスケジューラーサービスの停止は不要です。
また,設定は即時有効となります。ただし,JP1/AJS3 - View からの操作は,サスペンド機能を有効にし
たあとのログインから可能です。
実行登録中のルートジョブネットの下位定義変更の詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job
Management System 3 導入ガイド 4.5.17 ジョブネットの実行登録を解除しないでジョブネットやジョ
ブの定義を変更する」を参照してください。
15.1.6 登録解除や保存世代数管理による世代削除処理方式の変更
ルートジョブネットおよびルートリモートジョブネットの保存世代数の設定には,1〜99(保存世代数の
拡張機能を使用した場合は 1〜999)を指定できます。この保存世代数に関して,次に示す条件のジョブ
ネットに対して登録解除の操作をすると,登録が解除されるのに長い時間が掛かってしまいます。
• 保存世代数に 30 以上を指定しているジョブネット
• 保存世代数が 10 以上で,かつ起動条件を使用しているジョブネット(環境設定パラメーターSAVEGENTYPE
に「LEGACY」を設定している場合)
そのため,ほかのジョブネットの起動条件監視が,「監視打ち切り終了」状態になったり,ジョブネットが
正しく実行されなくなったりする場合があります。
この現象は,スケジューラーサービスの登録解除処理の設定が,「同期型」に設定されているのが原因で
す。登録解除処理の設定が「同期型」だと,登録解除対象の世代数が大量であればあるほど登録解除に多
大な時間を必要とします。その登録解除に掛かる多大な時間が,ほかのジョブネットの実行動作に影響を
与えてしまいます。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
406
この現象を回避するには,登録解除処理の設定を「非同期型」にすることで対処してください。非同期型
に変更する場合,設定変更前に実行していたジョブネットの登録情報を必要とする場合と必要としない場
合とで手順が異なります。
また,JP1/AJS3 の新規インストール時および新規セットアップ時には,環境設定パラメーター
BACKGROUNDLEAVE に「非同期型(yes)」が設定されるため,変更は不要です。ただし,JP1/AJS3 をバー
ジョンアップインストールした場合には,「同期型(no)」が設定されていることがあります。
環境設定パラメーターBACKGROUNDLEAVE に「同期型」が設定されている,またはBACKGROUNDLEAVE が設定さ
れていない場合は,登録解除に掛かる時間を考慮し,登録解除処理の設定を「非同期型」に変更すること
を推奨します。設定を「同期型」に変更する場合は,設定変更前に実行していたジョブネットの登録情報
が削除されるため注意してください。
登録解除処理の設定を変更する場合,設定変更が必要なスケジューラーサービスを停止する必要があります。
スケジューラーサービスの登録解除処理の設定を変更する手順を次に示します。
(1) 登録解除処理の設定を「同期型」から「非同期型」にする手順
環境設定パラメーターBACKGROUNDLEAVE の設定値がすでに「非同期型(yes)」に設定されている場合は,
ここに示す操作の必要はありません。
(a) 実行していたジョブネットの登録情報を必要としない場合
実行していたジョブネットの登録情報を必要としない場合の手順を次に示します。
1. スケジューラーサービスを停止する。
スーパーユーザー権限を持つユーザーで次のコマンドを実行し,プロセスがすべて停止していることを
確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F AJSROOT1
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. 次のコマンドを実行する。
jajs_config -k "[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名]"
"BACKGROUNDLEAVE"="yes"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
(例)物理ホスト(JP1_DEFAULT)のスケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
jajs_config -k "[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1]" "BACKGROUNDLEAVE"="yes"
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
407
3. スケジューラーサービスをコールドスタートする。
スーパーユーザー権限を持つユーザーで,次に示すコマンドを実行します。
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名 -cold
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd -n jajs_schd -F AJSROOT1 -cold
(b) 実行していたジョブネットの登録情報を必要とする場合
実行登録情報が必要な場合は,次に示す手順に従って移行作業を実施してください。
1. スケジューラーサービスを停止する。
スーパーユーザー権限を持つユーザーで次のコマンドを実行し,プロセスがすべて停止していることを
確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F AJSROOT1
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. 次のコマンドを実行する。
jajs_config -k "[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名]"
"BACKGROUNDLEAVE"="yes"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
(例)物理ホスト(JP1_DEFAULT)のスケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
jajs_config -k "[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1]" "BACKGROUNDLEAVE"="yes"
3. 実行登録情報を非同期型に変換する。
次に示すコマンドを実行します。
/opt/jp1ajs2/tools/ajsregcnv -F スケジューラーサービス名
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
/opt/jp1ajs2/tools/ajsregcnv -F AJSROOT1
4. スケジューラーサービスを起動する。
スーパーユーザー権限を持つユーザーで,次に示すコマンドを実行します。
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
408
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd -n jajs_schd -F AJSROOT1
(2) 登録解除処理の設定を「非同期型」から「同期型」にする手順
登録解除処理の設定を「非同期型」から「同期型」に変更する場合の手順を次に示します。
1. スケジューラーサービスを停止する。
スーパーユーザー権限を持つユーザーで次のコマンドを実行し,プロセスがすべて停止していることを
確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_spmd_stop -n jajs_schd -F AJSROOT1
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. 次のコマンドを実行する。
jajs_config -k "[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名]"
"BACKGROUNDLEAVE"="no"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
(例)物理ホスト(JP1_DEFAULT)のスケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
jajs_config -k "[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1]" "BACKGROUNDLEAVE"="no"
3. スケジューラーサービスをコールドスタートする。
スーパーユーザー権限を持つユーザーで,次に示すコマンドを実行します。
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd -n jajs_schd -F スケジューラーサービス名 -cold
(例)スケジューラーサービス名が「AJSROOT1」の場合
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd -n jajs_schd -F AJSROOT1 -cold
15.1.7 待ち合わせ条件を使用するための設定
異なるジョブネットにあるユニット間の実行順序を,待ち合わせ条件を使用して制御する場合,待ち合わ
せ条件を有効にしておく必要があります。
待ち合わせ条件は,デフォルトでは無効になっています。待ち合わせ条件を使用するには,環境設定パラ
メーターPREWAITUSE を設定する必要があります。
また,待ち合わせ条件の機能を拡張する場合は,環境設定パラメーターPREWAITEXTEND を設定します。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
409
待ち合わせ条件を使用する手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒5 待ち合わせ条件を使用するかどうかを設定する環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"PREWAITUSE"=
待ち合わせ条件を使用するかどうかの
設定
"PREWAITEXTEND"=
待ち合わせ条件機能の拡張
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.4.2(97) PREWAITUSE」
• 「20.4.2(98) PREWAITEXTEND」
15.1.8 一時変更の操作管理機能を使用するための設定
ジョブネットに対して行った計画一時変更や保留属性変更などの操作情報を,一覧で表示したり,一時変
更情報の一覧から任意の操作を選択して一時変更を再操作したりする場合,一時変更の操作管理機能を有
効にする必要があります。
一時変更の操作管理機能は,デフォルトでは無効になっています。一時変更の操作管理機能を使用するに
は,環境設定パラメーターSAVEPLANINFO を有効に設定してください。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
410
一時変更の操作管理機能を使用する手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒6 一時変更の操作管理機能を使用するかどうかを設定する環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"SAVEPLANINFO"=
一時変更の操作管理機能の使用可否
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(104) SAVEPLANINFO」を参照してくだ
さい。
15.1.9 UTF-8 環境でユニット名などに指定できる文字数を変更するための
設定
文字コードに UTF-8 を使用している場合,日本語などのマルチバイト文字は,その他の文字コードを使
用する場合よりも多くのバイト数で表現されます。ユニットの各項目で指定できる最大バイト数は文字コー
ドに依存しないため,UTF-8 で定義できる最大文字数は,シフト JIS より少なくなります。
OS と JP1/AJS3 - Manager のバージョンの組み合わせが次のどれかの場合,組み込み DB をセットアッ
プすると,UTF-8 環境でもユニット名などの項目をシフト JIS 環境と同じ文字数で指定できるようになり
ます。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
411
• OS が Linux で,JP1/AJS3 - Manager のバージョンが 09-50-01 以降
• OS が Solaris 11 で,JP1/AJS3 - Manager のバージョンが 10-00-03 以降
• OS が AIX,HP-UX,または Solaris 10 で,JP1/AJS3 - Manager のバージョンが 10-50-01 以降
指定できる最大文字数がシフト JIS 環境と同じになる項目は,次のとおりです。
• ユニット詳細定義のユニット名
• ユニット詳細定義のコメント
• スケジュール設定の排他ジョブネット名
JP1/AJS - Manager を UTF-8 環境に移行する場合に,UTF-8 環境でユニット名などに指定できる文字
数をシフト JIS 環境と同じ文字数にする手順について説明します。
注意事項
• ユニット名などの項目をシフト JIS 環境と同じ文字数で指定できるように組み込み DB をセットアッ
プすると,ユニットの最大ネスト数(最大階層数)が 10 になります。そのため,10 階層以上のユ
ニット構成の場合,UTF-8 環境に移行できません。移行したい場合は,移行前にユニット構成を変
更しておく必要があります。
• 文字コード UTF-8 環境への移行は,標準構成で行う必要があります。JP1/AJS2 - Manager から
バージョンアップした環境の場合,標準構成へ変更したあとに実施してください。
標準構成への変更方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設
計ガイド(システム構築編) 8.5 JP1/AJS2 - Manager から JP1/AJS3 - Manager へのバージョ
ンアップ後のセットアップ」を参照してください。
• JP1/AJS3 - View のバージョンが 09-50 以前の場合,環境設定パラメーターDEFLENTYPE に「sjis」
が設定されていると,スケジューラーサービスおよびその配下のユニットが表示されません。すべ
てのスケジューラーサービスで環境設定パラメーターDEFLENTYPE に「sjis」が設定されている場
合,メッセージ KAVV187-E が出力され,すべてのスケジューラーサービスおよびその配下のユ
ニットが表示されません。また,環境設定パラメーターDEFLENTYPE に「sjis」が設定されているス
ケジューラーサービスに対して,ajs コマンド,マネージャージョブネットなどからアクセスする
と,メッセージ KAVV455-E が出力されて,スケジューラーサービスおよびその配下のユニットが
表示されません。
(1) 定義手順(JP1/AJS3 - Manager を新規インストールする場合)
(a) クラスタ構成ではない場合
1. ユニット定義を退避する。
ajsprint コマンドを実行して,JP1/AJS - Manager に定義されているユニット定義を退避します。
2. 手順 1 で退避したユニット定義の文字コードを UTF-8 に変換する。
3. UTF-8 環境に JP1/AJS3 - Manager をインストールする。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
412
4. データベースを削除する。
次のコマンドを実行して,データベースを削除します。
ajsembdbsetup -del -F サービス名
実行例を次に示します。
ajsembdbsetup -del -F AJSROOT1
5. 環境設定パラメーター AJSCHARCODE に「UTF-8」を設定する。
環境設定パラメーターAJSCHARCODE が「UTF-8」以外の値である場合,次のコマンドを実行して,環境
設定パラメーターAJSCHARCODE に「UTF-8」を設定します。
jajs_config -k "[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名]"
"AJSCHARCODE"="UTF-8"
実行例を次に示します。
jajs_config -k "[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1]" "AJSCHARCODE"="UTF-8"
6. データベースをセットアップする。
次のコマンドを実行して,シフト JIS 環境と UTF-8 環境でユニット名などに同じ文字数を指定できる
ように,データベースをセットアップします。
ajsembdbsetup -e sjis -F サービス名 -id セットアップ識別子 -p ポート番号 -tp テーブル名プ
リフィックス
実行例を次に示します。
ajsembdbsetup -e sjis -F AJSROOT1 -id _JF0 -p 22220 -tp AJS1
7. 組み込み DB を停止する。
次のコマンドを実行して,組み込み DB を停止します。
ajsembdbstop -id セットアップ識別子
実行例を次に示します。
ajsembdbstop -id _JF0
8. JP1/AJS3 - Manager を起動する。
9. ユニット定義をリカバリーする。
ajsdefine コマンドを実行して,手順 2 で変換したユニット定義をリカバリーします。
補足事項
ajsembdbsetup コマンドを実行すると,環境設定パラメーターDEFLENTYPE には自動で次の値が設定され
ます。
• -del オプションを指定した場合:「byte」
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
413
• -e sjis オプションを指定した場合:「sjis」
(b) クラスタ構成の場合
1. ユニット定義を退避する。
ajsprint コマンドを実行して,JP1/AJS - Manager に定義されているユニット定義を退避します。
2. 手順 1 で退避したユニット定義の文字コードを UTF-8 に変換する。
3. UTF-8 環境に JP1/AJS3 - Manager をインストールする。
4. 論理ホスト環境を構築する。
jajs_setup_cluster コマンドを実行して,論理ホスト環境を構築します。
この場合,jajs_setup_cluster コマンドの-E sjis オプションを指定する必要があります。
jajs_setup_cluster コマンドに-S オプションを指定して実行し,組み込み DB を別途セットアップす
る場合は,組み込み DB のセットアップ時に実行するajsembdbsetup コマンドには-e sjis オプション
を指定する必要があります。
論理ホスト環境の構築の詳細については,「17.2.2 クラスタシステムの環境設定の手順(UNIX 版 JP1/
AJS3 - Manager)」を参照してください
5. 組み込み DB を停止する。
次のコマンドを実行して,組み込み DB を停止します。
ajsembdbstop -id セットアップ識別子
実行例を次に示します。
ajsembdbstop -id _JF1
6. 論理ホストの JP1/AJS3 - Manager を起動する。
7. ユニット定義をリカバリーする。
ajsdefine コマンドを実行して,手順 2 で変換したユニット定義をリカバリーします。
補足事項
• jajs_setup_clusterコマンドに-E sjisオプションを指定して実行すると,環境設定パラメーター
AJSCHARCODEおよびDEFLENTYPEには,自動で次の値が設定されます。
・AJSCHARCODEの値:「UTF-8」
・DEFLENTYPEの値:「sjis」
• ajsembdbsetup コマンドを実行すると,環境設定パラメーターDEFLENTYPE には自動で次の値が設定
されます。
・-del オプションを指定した場合:「byte」
・-e sjis オプションを指定した場合:「sjis」
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
414
(2) 定義手順(JP1/AJS3 - Manager がインストール済みの環境へ設定する
場合)
(a) クラスタ構成ではない場合
1. ユニット定義を退避する。
ajsprint コマンドを実行して,JP1/AJS - Manager に定義されているユニット定義を退避します。
2. 手順 1 で退避したユニット定義の文字コードを UTF-8 に変換する。
3. UTF-8 環境にインストール済みの JP1/AJS3 - Manager を停止する。
インストール済みの JP1/AJS3 - Manager が起動している場合,停止します。
構築しているすべてのホストの JP1/AJS3 - Manager を停止してください。
4. ajsshmdel コマンドを実行し,共有メモリー情報を削除する。
JP1/AJS3 の共有メモリー情報を削除します。ajsshmdel コマンドのパスは,「/opt/jp1ajs2/bin/
ajsshmdel」です。
実行例を次に示します。
sh の場合
/opt/jp1ajs2/bin/ajsshmdel >/dev/null 2>&1
csh の場合
/opt/jp1ajs2/bin/ajsshmdel >&/dev/null
5. 操作対象となる組み込み DB を起動する。
操作対象となる組み込み DB が停止している場合,次のコマンドを実行して組み込み DB を起動します。
ajsembdbstart -id セットアップ識別子
実行例を次に示します。
ajsembdbstart -id _JF0
6. データベースを削除する。
次のコマンドを実行して,データベースを削除します。
ajsembdbsetup -del -F サービス名
実行例を次に示します。
ajsembdbsetup -del -F AJSROOT1
7. 環境設定パラメーター AJSCHARCODE に「UTF-8」を設定する。
環境設定パラメーターAJSCHARCODE が「UTF-8」以外の値である場合,次のコマンドを実行して,環境
設定パラメーターAJSCHARCODE に「UTF-8」を設定します。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
415
jajs_config -k "[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名]"
"AJSCHARCODE"="UTF-8"
実行例を次に示します。
jajs_config -k "[JP1_DEFAULT\JP1AJSMANAGER\AJSROOT1]" "AJSCHARCODE"="UTF-8"
8. データベースをセットアップする。
次のコマンドを実行して,シフト JIS 環境と UTF-8 環境でユニット名などに同じ文字数を指定できる
ように,データベースをセットアップします。
ajsembdbsetup -e sjis -F サービス名 -id セットアップ識別子 -p ポート番号 -tp テーブル名プ
リフィックス
実行例を次に示します。
ajsembdbsetup -e sjis -F AJSROOT1 -id _JF0 -p 22220 -tp AJS1
9. 組み込み DB を停止する。
次のコマンドを実行して,組み込み DB を停止します。
ajsembdbstop -id セットアップ識別子
実行例を次に示します。
ajsembdbstop -id _JF0
10. JP1/AJS3 - Manager を起動する。
11. ユニット定義をリカバリーする。
ajsdefine コマンドを実行して,手順 2 で変換したユニット定義をリカバリーします。
補足事項
ajsembdbsetup コマンドを実行すると,環境設定パラメーターDEFLENTYPE には自動で次の値が設定され
ます。
• -del オプションを指定した場合:「byte」
• -e sjis オプションを指定した場合:「sjis」
(b) クラスタ構成の場合
1. ユニット定義を退避する。
ajsprint コマンドを実行して,JP1/AJS - Manager に定義されているユニット定義を退避します。
2. 手順 1 で退避したユニット定義の文字コードを UTF-8 に変換する。
3. UTF-8 環境にインストール済みの JP1/AJS3 - Manager を停止する。
インストール済みの JP1/AJS3 - Manager が起動している場合,停止します。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
416
構築しているすべてのホストの JP1/AJS3 - Manager を停止してください。
4. ajssshmdel コマンドを実行し,共有メモリー情報を削除する。
JP1/AJS3 の共有メモリー情報を削除します。ajsshmdel コマンドのパスは,「/opt/jp1ajs2/bin/
ajsshmdel」です。
実行例を次に示します。
sh の場合
/opt/jp1ajs2/bin/ajsshmdel >/dev/null 2>&1
csh の場合
/opt/jp1ajs2/bin/ajsshmdel >&/dev/null
5. 操作対象となる組み込み DB を起動する。
操作対象となる組み込み DB が停止している場合,次のコマンドを実行して,組み込み DB を起動しま
す。
ajsembdbstart -id セットアップ識別子
実行例を次に示します。
ajsembdbstart -id _JF1
6. データベースを削除する。
次のコマンドを実行して,データベースを削除します。
ajsembdbsetup -del -mh 論理ホスト名 -F スケジューラーサービス名
実行例を次に示します。
ajsembdbsetup -del -mh logicalhost -F AJSROOT2
7. 環境設定パラメーター AJSCHARCODE に「UTF-8」を設定する。
環境設定パラメーターAJSCHARCODE が「UTF-8」以外の値である場合,次のコマンドを実行して,環境
設定パラメーターAJSCHARCODE に「UTF-8」を設定します。
jajs_config -k "[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名]"
"AJSCHARCODE"="UTF-8"
実行例を次に示します。
jajs_config -k "[logicalhost\JP1AJSMANAGER\AJSROOT2]" "AJSCHARCODE"="UTF-8"
8. データベースをセットアップする。
次のコマンドを実行して,シフト JIS 環境と UTF-8 環境でユニット名などに同じ文字数を指定できる
ように,データベースをセットアップします。
ajsembdbsetup -e sjis -mh 論理ホスト名 -F スケジューラーサービス名 -id セットアップ識別
子 -p ポート番号 -tp テーブル名プリフィックス
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
417
実行例を次に示します。
ajsembdbsetup -e sjis -mh logicalhost -F AJSROOT2 -id _JF1 -p 22222 -tp AJS2
9. 組み込み DB を停止する。
次のコマンドを実行して,組み込み DB を停止します。
ajsembdbstop -id セットアップ識別子
実行例を次に示します。
ajsembdbstop -id _JF1
10. 実行系の環境設定パラメーターを待機系に設定する。
次のコマンドを実行して,実行系で変更した環境設定パラメーターを待機系に設定する。
実行系
jbsgetcnf -h 論理ホスト名 > 退避ファイル名
待機系
jbssetcnf 退避ファイル名
実行例を次に示します。
実行系
jbsgetcnf -h logicalhost > /tmp/param_output.txt
待機系
jbssetcnf /tmp/param_output.txt
11. 論理ホストの JP1/AJS3 - Manager を起動する。
12. ユニット定義をリカバリーする。
ajsdefine コマンドを実行して,手順 2 で変換したユニット定義をリカバリーします。
補足事項
ajsembdbsetup コマンドを実行すると,環境設定パラメーターDEFLENTYPE には自動で次の値が設定され
ます。
• -del オプションを指定した場合:「byte」
• -e sjis オプションを指定した場合:「sjis」
(3) 定義手順(JP1/AJS3 - Manager にスケジューラーサービスを追加する
場合)
(a) クラスタ構成ではない場合
1. スケジューラーサービスを追加する。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
418
jajs_setup コマンドを実行して,スケジューラーサービスを追加します。この場合,jajs_setup コマ
ンドに-E sjis オプションを指定する必要があります。
jajs_setup コマンドに-S オプションを指定して実行し,組み込み DB を別途セットアップする場合は,
組み込み DB のセットアップ時に実行するajsembdbsetup コマンドには,-e sjis オプションを指定す
る必要があります。
スケジューラーサービスの追加方法の詳細については,「15.1.1 スケジューラーサービスの多重起動の
設定」または「17.2.9 論理ホストのスケジューラーサービスの多重起動の設定」を参照してください。
補足事項
jajs_setup コマンドに-E sjis オプションを指定して実行すると,環境設定パラメーターAJSCHARCODE
およびDEFLENTYPE には,自動で次の値が設定されます。
• AJSCHARCODE の値:「UTF-8」
• DEFLENTYPE の値:「sjis」
(b) クラスタ構成の場合
「(a) クラスタ構成ではない場合」を参照してください。
15.1.10 JP1/AJS3 - View でアクセス権限のないスケジューラーサービス
の表示を抑止する設定
JP1/AJS3 - View に表示されるスケジューラーサービスのうち,アクセス権限のないスケジューラーサー
ビスの表示を抑止できます(スケジューラーサービス参照制限機能)。
スケジューラーサービスのアクセス権限とは,スケジューラーサービスのルートジョブグループの JP1 資
源グループに対する,JP1 ユーザーのアクセス権限のことです。スケジューラーサービス参照制限機能が
有効の場合,ルートジョブグループの JP1 資源グループに対してアクセス権限を持たない JP1 ユーザーが
JP1/AJS3 - View を表示しても,そのスケジューラーサービスは表示されません。
スケジューラーサービス参照制限機能は,デフォルトでは無効になっています。スケジューラーサービス
参照制限機能を使用するには,環境設定パラメーターHIDEOTHERSERVICE を有効に設定してください。
スケジューラーサービス参照制限機能を使用する手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
419
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒7 スケジューラーサービス参照制限機能を使用するかどうかを設定する環境設定パラメー
ター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"HIDEOTHERSERVICE"=
スケジューラーサービス参照制限機能の
使用可否
\JP1AJSMANAGER]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(24) HIDEOTHERSERVICE」を参照して
ください。
(3) 注意事項
• スケジューラーサービス参照制限機能を有効にする場合は,すべてのルートジョブグループの JP1 資源
グループを定義してください。ルートジョブグループの JP1 資源グループが定義されていないスケジュー
ラーサービスは,すべての JP1 資源グループに対してアクセス権を持った JP1 ユーザーであっても,
JP1/AJS3 - View に表示されなくなります。
• スケジューラーサービス参照制限機能を有効にする場合,スケジューラーサービスの退避情報ディレク
トリは,スケジューラーサービス単位で別々のディレクトリを指定してください。退避情報ディレクト
リが複数のスケジューラーサービスで共通だと,そのうちのどれかのスケジューラーサービスに対する
アクセス権限さえあれば,共通の退避情報ディレクトリに格納されているすべての退避情報を参照でき
てしまいます。
スケジューラーサービスの退避情報ディレクトリは,jajs_setup コマンドの-b オプションで指定します。
15.1.11 スケジューラーサービスの同時接続数を制限する設定
スケジューラーサービスごとの,JP1/AJS3 - View の最大同時セション数を指定します。
スケジューラーサービスの最大同時セション数は,デフォルトでは設定されていません。スケジューラー
サービスの最大同時セション数を設定する場合は,スケジューラーサービスの運用方法に応じて設定して
ください。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
420
なお,スケジューラーサービスの最大同時セション数を設定する場合は,環境設定パラメーターMAXSESSION
についても合わせて設定の変更を検討してください。詳細については,「20.4.2(109)
SERVICEMAXSESSION」を参照してください。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が構成定義に反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒8 スケジューラーサービスの同時接続数を設定する環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"SERVICEMAXSESSION"=
スケジューラーサービスごとの最大同時
セション数
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.4.2(109) SERVICEMAXSESSION」を参照し
てください。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
421
15.2 ジョブ実行制御に関する各種設定
ジョブ実行制御に関する設定を変更する手順について説明します。
環境設定パラメーターを設定する場合は,jajs_config コマンドを使用します。
jajs_config コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コマ
ンドリファレンス 2. セットアップコマンド jajs_config」を参照してください。
15.2.1 ジョブ実行時のワークパスを変数として定義する
PC ジョブ,UNIX ジョブ,HTTP 接続ジョブ,および QUEUE ジョブのジョブの詳細定義では次の項目
のワークパスを変数で定義できます。この変数はエージェントホストごとに異なる値を定義できるため,
エージェントホストごとに異なるワークパスでジョブが実行できます。
表 15‒9 ジョブ定義で変数を指定できる項目一覧
ジョブ定義時の指定項目
使用可否
コマンド文(UNIX 限定)
○
実行ファイル名(Windows 限定)
○
スクリプトファイル名(UNIX 限定)※
○
パラメーター
○
環境変数
×
環境変数ファイル名
×
ワークパス
×
標準入力ファイル名
○
標準出力ファイル名
○
標準エラー出力ファイル名
○
転送元ファイル名
×
転送先ファイル名
×
(凡例)
○:指定できる。
×:指定できない。
注※
スクリプトファイルの中身は対象外。
ジョブ実行時のワークパスを変数として定義する手順を次に示します。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
422
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
#
#
#
#
/etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※1
/opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
/opt/jp1ajs2/bin/ajsqlstop※2
/opt/jp1ajs2/bin/ajsqlstatus※2
注※1
自動停止の設定がされていることを確認してください。
注※2
キューレスジョブを使用している場合だけ実行する必要があります。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. 手順 1 で停止したサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒10 ジョブ実行時のワークパス変数環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"変数名"=
変数名に対応したワークパス
\JP1NBQAGENT\Variable]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(72) 変数名」を参照してください。
(3) 定義例
例えば,「prog1」という名称のジョブプログラムのインストール先ディレクトリがホストごとに異なって
いて,Agent1 ホストでは「/usr/i1/pp1/bin」に,Agent2 ホストでは「/usr/i2/pp1/bin」に,それぞれ
インストールされているとします。この場合,次のように設定します。
• ジョブの定義
ファイル名=$pp1_inst$/prog1
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
423
• Agent1 ホストでの設定
jajs_config -k "[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQAGENT\Variable]"
"pp1_inst"="/usr/i1/pp1/bin"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
• Agent2 ホストでの設定
jajs_config -k "[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQAGENT\Variable]"
"pp1_inst"="/usr/i2/pp1/bin"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
この設定によって,Agent1 ホストでは「/usr/i1/pp1/bin/prog1」が実行され,Agent2 ホストでは「/usr/
i2/pp1/bin/prog1」が実行されます。
(4) 注意事項
「JP1」から始まる文字列はシステムで使用するため,指定しないでください。
15.2.2 転送元ファイルの検索パスを定義する
転送元ファイルの検索パスを定義すると,相対パス指定でもパス解決ができます。
検索パスの定義方法を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
#
#
#
#
/etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※1
/opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
/opt/jp1ajs2/bin/ajsqlstop※2
/opt/jp1ajs2/bin/ajsqlstatus※2
注※1
自動停止の設定がされていることを確認してください。
注※2
キューレスジョブを使用している場合だけ実行する必要があります。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
424
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1 ["環境設定パラメーター名2"=
定義内容2]
3. 手順 1 で停止したサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
注意事項
要求を行うホスト上で設定してください。例えば,jpqjobsub コマンドでジョブをサブミットす
る場合は,コマンドを実行するホスト上で設定してください。
なお,結果ファイルに対して,この機能は有効ではありません。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒11 転送元ファイルの検索パスの環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"All Users"=
転送元ファイルの検索パスの定義
"JP1 ユーザー名"=
転送元ファイルの検索パス
\JP1NBQCLIENT\PathEnv]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(73) All Users」
• 「20.5.2(74) JP1 ユーザー名」
(3) 定義例
条件
JP1 ユーザー共通の検索パス:/home/user1/trans1,/home/user1/trans2
転送元ファイル名:/home/user1/trans1/TransFile1
定義例
• ジョブ中の転送元ファイルの定義
転送元ファイル名=TransFile1
• サブミット要求元での検索パスの設定
jajs_config -k "[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER\SCHEDULER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\CLIENT\PathEnv]"
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
425
"All Users"="/home/user1/trans1::/home/user1/trans2"
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合
は「論理ホスト名」を指定します。
この設定によって,サブミット要求元ホストでは,転送元ファイルとして「/home/user1/trans1/
TransFile1」が設定されます。
15.2.3 エージェント自動定義機能で作成される実行エージェントまたはエー
ジェントの属性値をカスタマイズする設定
エージェント自動定義機能で作成される実行エージェントまたはエージェントの属性値を,あらかじめ共
通定義情報でカスタマイズできます。
定義キーによって,有効になる対象およびジョブ種別が異なります。
表 15‒12 指定が有効になる対象および有効になるジョブ種別
項番
1
定義キー
有効になる対象
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER
すべての実行エージェント
有効になるジョブ種別
• PC ジョブ
• UNIX ジョブ
\Agent]※1
• フレキシブルジョブ※2
• HTTP 接続ジョブ
• アクションジョブ
2
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名
\QUEUE\MANAGER\Agent]※1
定義キーで指定したスケジュー
ラーサービスの実行エージェ
ント
• PC ジョブ
• UNIX ジョブ
• フレキシブルジョブ※2
• HTTP 接続ジョブ
• アクションジョブ
3
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Agent]※1
すべてのエージェントおよびデ
フォルトキュー
• サブミットジョブ
注※1
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
注※2
フレキシブルジョブの場合,実行エージェントを中継エージェントに読み替えてください。
エージェント自動定義機能で作成される実行エージェントまたはエージェントの属性値を,あらかじめ共
通定義情報でカスタマイズするには,jajs_config コマンドを実行します。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
426
エージェント自動定義機能で作成される実行エージェントまたはエージェントの属性値を,あらかじめ共
通定義情報でカスタマイズする手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注※
自動停止の設定がされていることを確認してください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1
["環境設定パラメーター名2"=定義内容2]
["環境設定パラメーター名3"=定義内容3]
["環境設定パラメーター名4"=定義内容4]
3. JP1/AJS3 のサービスを再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒13 エージェント自動定義時の属性値カスタマイズ環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER
環境設定パラメーター
対象マネー
ジャー
定義内容
"AutoCreateExecJobs"=
C,S
エージェント自動定義時の
ジョブの実行多重度
"AutoCreateMaxJobs"=
C
エージェント自動定義時の
ジョブ数の最大値
"AutoCreateWarnJobs"=
C
エージェント自動定義時の
ジョブ数の警告値
"AutoCreatePriority"=
C
エージェント自動定義時の
エージェント優先順位
\Agent]※
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\MANAGER\Agent]※
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM
構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Agent]※
(凡例)
C:サブミットジョブおよび互換用 ISAM 構成の場合のジョブ実行制御マネージャー
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
427
S:スケジューラーサービス用ジョブ実行制御マネージャー
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(30) AutoCreateExecJobs」
• 「20.5.2(31) AutoCreateMaxJobs」
• 「20.5.2(32) AutoCreateWarnJobs」
• 「20.5.2(33) AutoCreatePriority」
(3) 注意事項
エージェント自動定義機能と実行エージェント制限の両方を使用する場合,ジョブ実行時に自動定義され
る実行エージェントは,ジョブを実行する前に実行エージェントプロファイルに設定しておく必要があり
ます。実行エージェントプロファイルに設定していないとき,ジョブは「起動失敗」状態になります。ま
た,実行エージェントの追加はされません。
15.2.4 ジョブの標準出力と標準エラー出力を同時に確認する設定
JP1/AJS3 - View の[実行結果詳細]ダイアログボックスに表示される内容は,ジョブが標準エラー出力
に出力した内容です。ジョブが標準出力に出力した内容も同時に[実行結果詳細]ダイアログボックスで
確認するためには,次の設定が必要です。
PC ジョブ,UNIX ジョブ,および HTTP 接続ジョブの場合
[詳細定義−[PC Job]
]ダイアログボックス,[詳細定義−[UNIX Job]
]ダイアログボックス,また
は[詳細定義−[HTTP 接続ジョブ]
]ダイアログボックスの[標準出力ファイル名]と[標準エラー
出力ファイル名]に同じファイル名を指定します。
注意事項
• PC ジョブ,UNIX ジョブの場合に,[標準出力ファイル名]と[標準エラー出力ファイル名]に同
じファイル名を指定するときは,追加書きオプションの設定を合わせてください。片方が新規作成
で,もう片方を追加書きに設定した定義のジョブを実行すると,次のメッセージを統合トレースロ
グに出力して,ジョブの状態が起動失敗となります。
・ジョブの実行先サービスに[標準]を指定している場合
KAVU0201-E パラメーターに誤りがあります
・ジョブの実行先サービスに[キューレス]を指定している場合(キューレスジョブの場合)
KAVS1846-E ジョブ定義文(ジョブ名)に誤りがあります
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
428
• キューレスジョブに同一ファイル名を指定した場合,標準出力と標準エラー出力にジョブが出力す
る内容はいったん一時ファイルに保存されるため,ジョブの実行中は,指定したファイルが更新さ
れません。ジョブが終了した時点で更新されます。
15.2.5 ジョブの結果ファイルの再送間隔・再送回数の変更
エージェントホストはジョブが終了したとき,マネージャーホストに対してジョブの結果ファイルを転送
し,結果ファイルの転送が成功すると終了通知を行います。エージェントホストでは結果ファイルの転送
時に一時的な通信障害などでファイルの転送に失敗したときでも,確実に終了状態を通知するために,こ
のファイルの転送を通常は 5 分おきにリトライしています。一方でこの結果ファイルのサイズが大きいと,
マネージャーホストではファイルの解析を行うのに非常に負荷が掛かります。通常,ファイルの転送を行っ
たとき,エージェントホスト側では 10 分間マネージャーホストからの応答がないと,タイムアウトエラー
が発生したものとして結果ファイルを再送します。マネージャーホストでは結果ファイルの再送が繰り返
されることによって負荷の掛かるファイル解析処理を多重に行うことになり,結果として CPU の使用率
が非常に高くなり,ほかの要求を受け付けられなくなるといった問題が発生します。
次の設定を行うと,結果ファイルの転送に失敗したときの,再送までの間隔を変更したり,再送する回数
を制限したりでき,マネージャーホストに掛かる負荷を抑えることができます。
ジョブの結果ファイルの再送間隔・再送回数の設定手順を次に示します。
なお,キューレスジョブ実行機能では,次に示す設定は必要ありません。キューレスジョブ実行機能では
結果ファイルを再送していません。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注※
自動停止の設定がされていることを確認してください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1 ["環境設定パラメーター名2"=
定義内容2]
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
429
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒14 ジョブの結果ファイルの再送間隔・再送回数環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"NotfyJobStateInterval"=
ジョブの結果ファイルの再送間隔
"NotfyJobStateCount"=
ジョブの結果ファイルの再送回数
\JP1NBQAGENT\Network]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(65) NotfyJobStateInterval」
• 「20.5.2(66) NotfyJobStateCount」
15.2.6 ジョブの結果ファイルの二重受信防止の設定
標準ジョブまたはアクションジョブを実行する際,ジョブの終了時にエージェントホストからマネージャー
ホストに対して結果ファイル(標準出力・標準エラー出力ファイル)を転送します。エージェントホスト
からファイルを転送する際は,通常,マネージャーホストからの応答を 10 分間待ちます。ファイルサイ
ズが大きい場合は,マネージャーホストでのファイル解析に時間が掛かり,応答のタイムアウトが発生し
ます。この場合,エージェントホストでは結果ファイルの転送が成功するまで再送を繰り返します。マネー
ジャーホストでは結果ファイルの再送を受け付けると,負荷の掛かる解析処理を多重に行うことになるた
め CPU の使用率が非常に高くなり,ほかの要求を受け付けられなくなるといった問題が発生します。
環境設定パラメーターReceiveFileOption を指定すると,エージェントホストからの結果ファイルの再送
を受け付けなくなり,マネージャーホストに掛かる負荷を抑えることができます。また,結果ファイルを
再送するかどうかはエージェントホスト側でも設定できます。その場合はエージェントホストごとに設定
する必要があり,エージェントホストの台数が多数あるような大規模な運用には向きません。エージェン
トホスト側での設定に関しては,「15.2.5 ジョブの結果ファイルの再送間隔・再送回数の変更」も参照し
てください。
環境設定パラメーターReceiveFileOption では,マネージャーホスト側だけの設定で一括して再送を防止
できます。ジョブの結果ファイルの二重受信防止の設定手順を次に示します。
なお,キューレスジョブ実行機能では,次に示す設定は必要ありません。キューレスジョブ実行機能では
結果ファイルを再送していません。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
430
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注※
自動停止の設定がされていることを確認してください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒15 ジョブの結果ファイルの二重受信防止環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
環境設定パラメーター
定義内容
"ReceiveFileOption"=
ジョブの結果ファイルの二重受信防止
定義
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER
\Job]※
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\MANAGER\Job]※
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM
構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(16) ReceiveFileOption」を参照してくだ
さい。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
431
15.2.7 ファイル受信制限をするための設定
ファイル受信制限を設定すると,ジョブ実行時にマネージャーホスト,またはエージェントホストが受信
するファイルのサイズを制限できます。ここでは,ファイル受信制限の設定について説明します。
バージョン 11-00 以降でファイル受信制限を利用する場合
JP1/AJS3 のバージョン 11-00 以降のエージェントホストでは,ファイル送信制限ができます。ジョブ
実行先のエージェントホストがバージョン 11-00 以降の場合,マネージャーホストのファイル受信制
限に加えて,エージェントホストのファイル送信制限も使用してください。
ファイル送信制限の詳細については,「15.2.24 ファイル送信制限をするための設定」を参照してくだ
さい。
JP1/AJS3 では,ジョブ※実行時に結果ファイル(標準出力ファイルおよび標準エラー出力ファイル)や転
送ファイルを,マネージャーホストとエージェントホスト間,またはクライアントホストとマネージャー
ホスト間で送受信します。これらのファイルのサイズが非常に大きい場合,ファイルのデータ解析処理に負
荷が掛かり,CPU 使用率の増加や,メモリー使用量の増加など,ジョブの実行が遅延するだけでなく,シ
ステム全体の処理に影響を与えるおそれがあります。
注※
PC ジョブ,UNIX ジョブ,カスタムジョブ,JP1/AJS3 で実行する QUEUE ジョブ,およびサブミッ
トジョブが対象です。イベントジョブ,引き継ぎ情報設定ジョブ,HTTP 接続ジョブ,フレキシブル
ジョブ,およびキューレスジョブは対象外です。
ファイル受信制限をするための設定を行うと,ジョブ実行時にマネージャーホスト側で受信する結果ファ
イルのサイズ(標準出力ファイルと標準エラー出力ファイルを合わせた合計のサイズ)
,または,エージェ
ントホストが受信する転送ファイルのサイズ(転送ファイルを複数指定した場合はその合計サイズ)の上
限値を設定できます。
また,上限値を超えた場合の動作(ジョブの終了状態)や出力するメッセージを指定できます。
ファイル受信サイズの上限値を超えた場合の動作と上限値を超えたファイルデータの扱いについて次に示
します。
表 15‒16 ファイル受信サイズの上限値を超えた場合の動作と上限値を超えたファイルデータの
扱い
上限値を超えた
ファイルの種類
動作内容
結果ファイル
環境設定パラメーター ReceiveFileSizeStatus の指定
0
1
2
3
ジョブの状態
実際の終了状態を引き継ぐ
異常検出終了
警告検出終了※
実際の終了状態
を引き継ぐ
出力するメッ
セージの種別
情報
異常
警告
情報
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
432
上限値を超えた
ファイルの種類
動作内容
結果ファイル
転送ファイル
環境設定パラメーター ReceiveFileSizeStatus の指定
0
1
2
3
ファイルデータ
の扱い
すべてのファイルデータを受
信する
上限値を超えた
データを破棄
する
上限値を超えた
データを破棄
する
上限値を超えた
データを破棄
する
ジョブの状態
実際の終了状態を引き継ぐ
起動失敗
起動失敗
実際の終了状態
を引き継ぐ
出力するメッ
セージの種別
情報
異常
異常
情報
ファイルデータ
の扱い
すべてのファイルデータを受
信する
すべてのファイ
ルデータを受信
しない
すべてのファイ
ルデータを受信
しない
すべてのファイ
ルデータを受信
しない
注※
エージェントホストでジョブの状態が「異常検出終了」だった場合はその状態を引き継ぎます。
(1) 定義手順
1. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
2. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒17 ファイル受信制限をする設定の環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER
環境設定パラメーター
定義内容
"ReceiveFileSizeStatus"=
ファイルサイズが上限値に達したときの
動作
"LimitReceiveFileSize"=
ファイルサイズの上限値
\Job]※
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\MANAGER\Job]※
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM
構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Job]※
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
433
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(14) ReceiveFileSizeStatus」
• 「20.5.2(15) LimitReceiveFileSize」
(3) ファイル受信サイズが上限値を超えた場合の動作
ファイル受信サイズが上限値を超えたときの動作を次に示します。
• 結果ファイル
• 環境設定パラメーターReceiveFileSizeStatus の値を 1,2,3 のどれかで指定しているときに,受
信サイズの上限値に達した場合,標準出力ファイル,標準エラー出力ファイルは上限値のサイズま
でマネージャーホスト側に残ります。結果ファイルは完全に作成された状態ではないため,後続ジョ
ブなどで結果ファイルを参照する場合は,不完全なファイルでも問題がないことを確認して使用し
てください。
• 結果ファイルのサイズが上限値を超えた場合のジョブの終了コードおよび終了状態を次の表に示し
ます。
表 15‒18 結果ファイルサイズが上限値を超えた場合の終了状態と終了コードの関係
実際のジョブの状態
正常終了
(常に正常を指定した場合も
含む)
警告検出終了
異常検出終了
強制終了
起動失敗
設定項目
環境設定パラメーター ReceiveFileSizeStatus の指定
1
2
0 または 3
状態
異常検出終了
警告検出終了
正常終了
終了コード
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
状態
異常検出終了
警告検出終了
警告検出終了
終了コード
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
状態
異常検出終了
異常検出終了
異常検出終了
終了コード
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
ジョブの戻り値※
状態
強制終了
強制終了
強制終了
終了コード
PC ジョブ(-1),
PC ジョブ(-1),
PC ジョブ(-1),
UNIX ジョブ(255)
UNIX ジョブ(255)
UNIX ジョブ(255)
起動失敗
起動失敗
起動失敗
状態
注※
ジョブとして実行したジョブプロセスの終了コードです。
• 転送ファイル
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
434
• 環境設定パラメーターReceiveFileSizeStatus の値を 1,2,3 のどれかで指定しているときに,受
信サイズの上限値に達した場合,転送ファイルは受信しません。複数指定している場合はすべての
転送ファイルのデータを破棄します。
• 転送ファイルのサイズが上限値を超えた場合のジョブの終了コードおよび終了状態を次の表に示し
ます。
表 15‒19 転送ファイルサイズが上限値を超えた場合の終了状態と終了コードの関係
実際のジョブの状態
なし※1
設定項目
環境設定パラメーター ReceiveFileSizeStatus の指定
1
2
0 または 3
状態
起動失敗
起動失敗
実際のジョブの終了
状態
終了コード
PC ジョブ(-1),
PC ジョブ(-1),
ジョブの戻り値※2
UNIX ジョブ(-1)
UNIX ジョブ(-1)
注※1
転送ファイルの処理はジョブが登録される際に行うため,ジョブがキューイング状態になる前のジョブの状態で「な
し」となっています。
注※2
ジョブとして実行したジョブプロセスの終了コードです。
(4) 注意事項
ファイルを送受信するホストがシフト JIS 以外の日本語環境の場合に,ファイル受信制限を使用すると,
実際のファイルサイズと上限値として指定したサイズが異なる場合があります。
結果ファイルの受信時および転送ファイルの転送時の,ファイルサイズのチェックは,ファイルデータが
シフト JIS の状態で行われます。サイズチェック後に,結果ファイル受信ホストおよび転送ファイル転送
先ホストで,各ホストに対応した文字コードに変換してファイルを作成します。
転送ファイルおよび結果ファイルは,対象ファイルの文字コードをシフト JIS に変換してからサイズを
チェックします。そのため,ファイル送信元ホストがシフト JIS 以外の日本語環境の場合,シフト JIS に文
字コード変換を行った際に,変換後のファイルサイズが変換前のファイルサイズより小さくなる場合があ
ります。この場合,ファイル送信元ホスト上ではファイルサイズが上限値より大きなファイルでも,ファ
イル受信制限が動作しません。
また,ファイルが作成されるホストがシフト JIS 以外の日本語環境の場合,サイズチェック後にシフト JIS
からホスト上の文字コードに変換するため,チェック時のサイズより実際のファイルサイズが大きくなる
場合があります。この場合,ファイル受信制限を使用し,上限値を超えるファイルを受信しないように設
定しても,上限値より大きなサイズのファイルが作成されます。このように,上限値より大きなサイズの
ファイルが作成されることで,ディスク領域を予想以上に消費するおそれがあるため注意してください。
引き継ぎ情報設定ジョブを実行する場合,環境設定パラメーターLimitReceiveFileSize の値を適切に設定
してください。環境設定パラメーターLimitReceiveFileSize の値よりファイルサイズの大きい標準出力
ファイルを出力した場合,引き継ぎ情報設定ジョブによる情報の切り出しに失敗するおそれがあります。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
435
15.2.8 TCP/IP 通信接続エラーのリトライ間隔・回数の変更
ジョブ実行制御ではジョブの登録,ジョブの配信,ジョブの状態通知,ジョブの状態確認またはエージェ
ントホストの状態確認を行う際,プロセス間で情報を受け渡しするために TCP/IP 通信を使用していま
す。接続先のホストが起動していない場合やネットワーク障害が発生している場合,TCP/IP 通信の接続
エラーが発生します。
このとき,ジョブ実行制御の TCP/IP 通信処理では,最初の接続要求に対して通信相手から応答がなかっ
た場合に最大で 90 秒待ち,その後,20 秒の間隔をおいて 2 回再接続を試みます(デフォルト値の場合)
。
このため,リトライがすべて失敗し最終的に接続エラーとなるまでにおよそ 4〜5 分掛かることがあります。
ジョブの登録,ジョブの配信,ジョブの状態通知,ジョブの状態確認またはエージェントホストの状態確
認を行う際に通信障害が発生すると,その検知に遅れが生じることがあります。障害の検知が遅れること
によって,結果的にジョブの状態を変更するまでの時間が遅れます。
TCP/IP 通信の接続エラーが頻繁に発生する場合は,接続タイムアウト時間,リトライ回数,リトライ間
隔を短く設定変更することで,障害状態をより早く検知できます。
エージェントホストへのジョブの配信,ジョブの状態確認,またはエージェントホストの状態確認のマネー
ジャー側での設定変更については,「20.8 通信制御の環境設定」を参照してください。
環境設定パラメーターの値を変更する定義キーと,使用目的を次の表に示します。
表 15‒20 値を変更する定義キー
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
使用目的
ジョブの状態通知
JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER\Network
• スケジューラーサービス(個別)の場合
JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名\QUEUE
\MANAGER\Network
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM 構成の場合
JP1NBQMANAGER\Network
JP1NBQAGENT\Network
ジョブの状態通知
JP1NBQCLIENT\Network
スケジューラーからのジョブの登録,ジョブ実行に使用するコマ
ンド
• スケジューラーサービス(共通)の場合
JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\NOTIFY\Network
他システム(JP1/NQSEXEC や JP1/OJE など)のジョブの状態
確認,および状態通知
• スケジューラーサービス(個別)の場合
JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービス名\QUEUE
\NOTIFY\Network
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM 構成の場合
JP1NBQNOTIFY\Network
ジョブ実行制御の接続タイムアウト,リトライ間隔・回数の設定手順を次に示します。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
436
なお,キューレスジョブ実行機能では,次に示す設定は必要ありません。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注※
自動停止の設定がされていることを確認してください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
["環境設定パラメーター名2"=定義内容2]
["環境設定パラメーター名3"=定義内容3]
定義キー名に指定できる定義キーは一つです。異なる定義キーの環境設定パラメーターを設定する場合
は,定義キーごとにjajs_config コマンドを実行する必要があります。
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒21 ジョブ実行制御の TCP/IP 通信環境設定パラメーター
項番
1
2
3
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE
\MANAGER\Network]※
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラー
サービス名\QUEUE\MANAGER
環境設定パラメーター
定義内容
"ConnectTimeout"=
ジョブ実行制御マネージャーの
TCP/IP 通信接続タイムアウト値の
定義(単位:ミリ秒)
"CommunicateRetryCount"=
ジョブ実行制御マネージャーの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
回数の定義
"CommunicateRetryInterval"=
ジョブ実行制御マネージャーの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
間隔の定義(単位:秒)
\Network]※
• サブミットジョブおよび互換用
ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Network]※
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
437
項番
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"ConnectTimeout"=
ジョブ実行制御エージェントの
TCP/IP 通信接続タイムアウト値の
定義(単位:ミリ秒)
5
"CommunicateRetryCount"=
ジョブ実行制御エージェントの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
回数の定義
6
"CommunicateRetryInterval"=
ジョブ実行制御エージェントの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
間隔の定義(単位:秒)
"ConnectTimeout"=
ジョブ実行に使用するコマンドおよ
びスケジューラーの TCP/IP 通信接
続タイムアウト値の定義(単位:ミ
リ秒)
8
"CommunicateRetryCount"=
ジョブ実行に使用するコマンドおよ
びスケジューラーの TCP/IP 通信接
続エラーのリトライ回数の定義
9
"CommunicateRetryInterval"=
ジョブ実行に使用するコマンドおよ
びスケジューラーの TCP/IP 通信接
続エラーのリトライ間隔の定義(単
位:秒)
"ConnectTimeout"=
ジョブ実行制御状態通知プロセスの
TCP/IP 通信接続タイムアウト値の
定義(単位:ミリ秒)
"CommunicateRetryCount"=
ジョブ実行制御状態通知プロセスの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
回数の定義
"CommunicateRetryInterval"=
ジョブ実行制御状態通知プロセスの
TCP/IP 通信接続エラーのリトライ
間隔の定義(単位:秒)
4
\JP1NBQAGENT\Network]※
7
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQCLIENT\Network]※
10
11
12
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\NOTIFY
\Network]※
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラー
サービス名\QUEUE\NOTIFY
\Network]※
• サブミットジョブおよび互換用
ISAM 構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQNOTIFY\Network]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
1.「20.5.2(24) ConnectTimeout(ジョブ実行制御マネージャー用)
」
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
438
2.「20.5.2(25) CommunicateRetryCount(ジョブ実行制御マネージャー用)
」
3.「20.5.2(26) CommunicateRetryInterval(ジョブ実行制御マネージャー用)
」
4.「20.5.2(67) ConnectTimeout(ジョブ実行制御エージェント用)」
5.「20.5.2(68) CommunicateRetryCount(ジョブ実行制御エージェント用)
」
6.「20.5.2(69) CommunicateRetryInterval(ジョブ実行制御エージェント用)」
7.「20.5.2(75) ConnectTimeout(ジョブ実行に使用するコマンドおよびスケジューラー用)
」
8.「20.5.2(76) CommunicateRetryCount(ジョブ実行に使用するコマンドおよびスケジューラー用)
」
9.「20.5.2(77) CommunicateRetryInterval(ジョブ実行に使用するコマンドおよびスケジューラー用)
」
10.「20.5.2(82) ConnectTimeout(ジョブ実行制御状態通知プロセス用)」
11.「20.5.2(83) CommunicateRetryCount(ジョブ実行制御状態通知プロセス用)
」
12.「20.5.2(84) CommunicateRetryInterval(ジョブ実行制御状態通知プロセス用)」
15.2.9 ジョブを配信するエージェントホストの決定方式の設定
ジョブ(キューレスジョブを除く PC ジョブ,UNIX ジョブ,フレキシブルジョブ※,HTTP 接続ジョブ,
アクションジョブ,およびカスタムジョブ)を配信する際に,優先順位とエージェント使用率が同一の実
行エージェントが複数ある場合,均等に負荷分散を行うためには,未使用時間が最も長い実行エージェン
トを選択してジョブを配信する方式が有効です。
注※
フレキシブルジョブの場合,実行エージェントを中継エージェントに読み替えてください。
ジョブを配信するエージェントホストの決定方式を設定するための手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注※
自動停止の設定がされていることを確認してください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
439
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒22 ジョブを配信するエージェントホストの決定方式環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
環境設定パラメーター
定義内容
"LeastRecentlyUsed"=
ジョブを配信するエージェントホストの
決定方式の定義
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER\Agent]※
• スケジューラーサービス(個別)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1AJSMANAGER
\スケジューラーサービス名\QUEUE\MANAGER
\Agent]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(34) LeastRecentlyUsed」を参照してくだ
さい。
15.2.10 マクロ変数の展開失敗時の動作の設定
ジョブの実行時にマクロ変数の引き継ぎ情報の展開が失敗した場合,そのジョブネットの状態を「起動失
敗」にするか,マクロ変数名を文字列として扱いそのままジョブネットを実行させるかを設定できます。
ジョブ実行時にマクロ変数の引き継ぎに失敗した場合の動作を設定するための方法を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注※
自動停止の設定がされていることを確認してください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
440
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒23 マクロ変数の展開失敗時の動作を指定するための環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"MACROCHANGEFAIL"=
イベントジョブ,および実行登録時に指
定したマクロ変数の展開失敗時の動作
\JP1AJS2COMMON]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.11.2(3) MACROCHANGEFAIL」を参照して
ください。
15.2.11 マクロ変数の引き継ぎ情報が NULL 文字列の場合の置き換え方法の
設定
マクロ変数の引き継ぎ情報は,イベントジョブで受信したイベント情報として使用します。マクロ変数の
詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(業務設計編)
2.2.6 マクロ変数の使用を検討する」を参照してください。また,イベントジョブでのマクロ変数の定義
例については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(業務設計編) 2.4.4(6) イベントジョブの受信情報の引き継ぎ」を参照してください。
イベントジョブで受信したイベント情報をマクロ変数として定義しておき,後続ジョブまたは後続ジョブ
ネットに引き継ぐことができます。後続ジョブに引き継ぐ情報を引き継ぎ情報といいます。マクロ変数の
定義例については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(業務設計編)
2.4.4(6) イベントジョブの受信情報の引き継ぎ」を参照してください。
引き継ぎ情報が NULL 文字列のときに,マクロ変数名の前後に文字列がなくマクロ変数名だけを指定して
いる場合,次に示す 2 種類の動作が選択できます。
• マクロ変数名をそのまま文字列として扱う(デフォルトの動作)
• NULL 文字列に置き換える
それぞれの動作を次に示します。
マクロ変数名をそのまま文字列として扱う場合
• 引き継ぎ情報が NULL 文字列でマクロ変数名の前後に文字列がない場合
[?AJS2xxxxx?]→[?AJS2xxxxx?]
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
441
• 引き継ぎ情報が NULL 文字列でマクロ変数名の前後に文字列がある場合
[aaa?AJS2xxxxx?bbb]→[aaabbb]
[ccc?AJS2xxxxx?]→[ccc]
[?AJS2xxxxx?ddd]→[ddd]
NULL 文字列に置き換える場合
• 引き継ぎ情報が NULL 文字列でマクロ変数名の前後に文字列がない場合
[?AJS2xxxxx?]→[]
• 引き継ぎ情報が NULL 文字列でマクロ変数名の前後に文字列がある場合
[aaa?AJS2xxxxx?bbb]→[aaabbb]
[ccc?AJS2xxxxx?]→[ccc]
[?AJS2xxxxx?ddd]→[ddd]
この設定は,実行先サービスに[標準]を指定したジョブが対象です。実行先サービスに[キューレス]
を指定した場合,オプションの設定とは関係なくマクロ変数名を NULL 文字列に置き換えます。また,こ
の設定は,JP1/AJS2 07-11 以前からマクロ変数を指定できる次の定義項目にだけ有効です。
UNIX ジョブ
• コマンド文
• スクリプトファイル名
• パラメーター
• 環境変数
PC ジョブおよびフレキシブルジョブ
• 実行ファイル名
• パラメーター
• 環境変数
なお,マクロ変数名の前後に必ず文字列を指定する運用の場合,またはマクロ変数名がそのまま文字列に
置き換わることを期待する運用の場合,設定の必要はありません。
マクロ変数の引き継ぎ情報が NULL 文字列の場合の置き換え方法の設定手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
442
注※
自動停止の設定がされていることを確認してください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒24 マクロ変数の引き継ぎ情報が NULL 文字列の場合の置き換え方法の環境設定パラメー
ター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"MacroOptionReplaceMode"=
マクロ変数の引き継ぎ情報が NULL 文字
列の場合の置き換え方法の設定
\JP1NBQCLIENT\Process]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(79) MacroOptionReplaceMode」を参照
してください。
15.2.12 エージェントの障害回復待ち時間を短縮する設定方法
JP1/AJS3 では,ジョブ(キューレスジョブを除く PC ジョブ,UNIX ジョブ,フレキシブルジョブ※,
HTTP 接続ジョブ,JP1/AJS3 上で実行する QUEUE ジョブ,アクションジョブ,およびカスタムジョ
ブ)の実行ホスト(エージェントホスト)が障害状態になった場合や通信障害が発生した場合,即時に異
常検知とはしないで,ある程度の待ち時間を設けて通信リトライすることで,エージェントホスト上のシ
ステム障害や通信障害状態が回復するのを待ちます。これによって,一時的な障害による,回復可能な業
務停止を防止しています。通常,障害回復待ち時間はデフォルトで 10 分です。ただし,運用によっては
障害が発生した場合は回復を待つことよりも,直ちに異常を検知して早急なリカバリーを優先させる場合
があります。その場合は障害回復待ち時間を短縮することで,早急な障害検知ができます。
注※
フレキシブルジョブの場合,エージェントホストを中継エージェントに読み替えてください。
エージェントホストの障害回復待ち時間を短縮する設定方法について次に説明します。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
443
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注※
自動停止の設定がされていることを確認してください。
クラスタ運用をしている場合は,論理ホストの JP1/AJS3 のサービスも停止してください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1 ["環境設定パラメーター名2"=
定義内容2]
注意事項
クラスタ運用をしている場合は,実行系・待機系の両方でこの設定をしてください。
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒25 エージェントの障害回復待ち時間の設定のための環境設定パラメーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER
環境設定パラメーター
定義内容
"QueuingJobRecoveryTime"=
キューイング中のジョブに対するエージェ
ントの障害回復待ち時間(単位:秒)
"ExecutingJobRecoveryTime"=
実行中のジョブに対するエージェントの
障害回復待ち時間(単位:秒)
\Job]※
• スケジューラーサービス(個別)の
場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\MANAGER\Job]※
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM
構成の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
444
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(17) QueuingJobRecoveryTime」
• 「20.5.2(18) ExecutingJobRecoveryTime」
15.2.13 ジョブ実行多重度到達を確認するメッセージを出力する設定
エージェントホストで実行中のジョブ(キューレスジョブを除く UNIX ジョブ,PC ジョブ,フレキシブ
ルジョブ※,HTTP 接続ジョブ,アクションジョブ,およびカスタムジョブ)数が,ジョブ実行多重度に
達しているために後続のジョブの状態がキューイングのままとなり,ジョブが実行されるまでに時間が掛
かることがあります。
注※
フレキシブルジョブの場合,エージェントホストを中継エージェントに読み替えてください。
ジョブ実行多重度に達しているためにジョブが登録できない場合に,次に示すメッセージを統合トレース
ログに出力するようにあらかじめ設定しておくことで,ジョブの実行に時間が掛かった要因がジョブ実行
多重度到達であるかどうかを確認できます。
KAVU4310-I エージェント(エージェントホスト名)で実行中のジョブ数がジョブ実行多重度(ジョブ実
行多重度)に達しています(ホスト名:ホスト名,ジョブ番号:ジョブ番号)
この設定を行って,ジョブの状態がキューイングになっているにもかかわらず,このメッセージが出力さ
れない場合は,次に示すどれかの要因が考えられます。実行エージェントまたは実行エージェントグルー
プの,ジョブ実行多重度の設定,受付配信制限の状態,およびジョブの実行先ホストの状態を確認してく
ださい。
1. ジョブ実行多重度に「0」が設定されている
ajsagtshow コマンドで実行エージェントのジョブ実行多重度(CON-EXE)を確認してください。
ajsagtshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajsagtshow」を参照してください。
2. 実行エージェントグループの受付配信制限の状態が「保留」または「閉塞」になっている,もしくは,
実行エージェントの受付配信制限の状態が「無効」,「保留」,または「閉塞」になっている
ajsagtshow コマンドで実行エージェントグループまたは実行エージェントの受付配信制限の状態を確
認してください。
ajsagtshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 3. 通常の運用で使用するコマンド ajsagtshow」を参照してください。
3. エージェントホストが停止,または障害状態になっている
エージェントホストで JP1/AJS3 サービスが停止していないか,また,何らかの障害が発生していない
かエージェントホスト上の統合トレースログを確認してください。また,マネージャーホストと通信で
きる状態かを確認してください。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
445
QUEUE ジョブ,サブミットジョブを使用する場合は,次に示すどれかの要因が考えられます。エージェ
ントまたはキューの状態やジョブの実行先ホストの状態を確認してください。
1. ジョブ実行多重度に「0」が設定されている
jpqagtshow コマンドでジョブ実行多重度(CUREXECHGNUM)を確認してください。
jpqagtshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド jpqagtshow」を参照してください。
2. キュー(デフォルトキューを含む)の設定でジョブの取出口が閉じている
jpqqueshow コマンドでジョブの取出口(EXITSTATUS)の状態を確認してください。
jpqqueshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド jpqqueshow」を参照してください。
3. エージェントホストが停止,または障害状態になっている
エージェントホストで JP1/AJS3 サービスが停止していないか,また,何らかの障害が発生していない
かエージェントホスト上の統合トレースログを確認してください。また,マネージャーホストと通信で
きる状態かを確認してください。
4. 排他実行リソースを指定したジョブでリソースの解放待ちになっている
jpqresshow コマンドで STATUS が EXECUTING になっているジョブが存在しないかを確認してくだ
さい。
jpqresshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド jpqresshow」を参照してください。
QUEUE ジョブ,サブミットジョブを使用する場合のジョブ実行多重度の詳細については,マニュアル
「JP1/Automatic Job Management System 3 設計ガイド(システム構築編)
2.5.4 ジョブ実行多重度の
検討」を参照してください。
ジョブ実行多重度到達を確認するメッセージを出力するための設定手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注※
自動停止の設定がされていることを確認してください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名1"=定義内容1 ["環境設定パラメーター名2"=
定義内容2]
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
446
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒26 ジョブ実行多重度到達を確認するメッセージを出力する設定のための環境設定パラ
メーター
定義キー
• スケジューラーサービス(共通)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJS2\SCHEDULER\QUEUE\MANAGER\Job]
※
環境設定パラメーター
定義内容
"MaximumExecJobLogOption"=
ジョブ実行多重度到達を確認する
メッセージを出力する設定
"MaximumExecJobLogInterval"=
ジョブ実行多重度到達を確認する
メッセージを出力する間隔
• スケジューラーサービス(個別)の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1AJSMANAGER\スケジューラーサービ
ス名\QUEUE\MANAGER\Job]※
• サブミットジョブおよび互換用 ISAM 構成
の場合
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
\JP1NBQMANAGER\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,次の個所を参照してください。
• 「20.5.2(19) MaximumExecJobLogOption」
• 「20.5.2(20) MaximumExecJobLogInterval」
15.2.14 ジョブ実行制御のマネージャープロセスに対する通信タイムアウト
時間の変更
ジョブ実行制御のマネージャープロセスに対して次の要求をする際,要求する側は通信タイムアウト時間
(デフォルト 10 分)を設定してマネージャープロセスと通信します。
• ジョブネット(スケジューラー)によるジョブの登録,キャンセル,およびジョブの状態確認
• ジョブの実行に使用するコマンド(jpqxxxx コマンド)によるジョブの操作
ジョブ実行制御のマネージャープロセスとの通信処理で時間が掛かり,通信タイムアウトが発生すると,
ジョブの実行やコマンド要求が失敗します。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
447
通信タイムアウトが発生する要因には,主に次のものがあります。
• 実行したジョブの転送ファイルや結果ファイルのファイルサイズが大きい
• jpqendjobshow コマンド(終了ジョブ情報を列挙するコマンド)で列挙するジョブ数が多い
jpqendjobshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System
3 コマンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド jpqendjobshow」を参照してください。
• jpqjobshow コマンド(未終了ジョブ情報を列挙するコマンド)で列挙するジョブ数が多い
jpqjobshow コマンドの詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 3 コ
マンドリファレンス 4. 特別な運用で使用するコマンド jpqjobshow」を参照してください。
ジョブネット(スケジューラー)によるジョブの登録,キャンセル,およびジョブの状態確認の際に通信
タイムアウトが発生すると,ジョブ※が異常終了します。この場合,統合トレースログには,次のメッセー
ジが出力されます。
注※
イベントジョブおよびジョブの実行先サービスに[キューレス]を指定した場合を除きます。
KAVU0220-E マネージャーからの応答が返ってきません
jpqxxxx コマンドで通信タイムアウトが発生すると,標準エラー出力に次のメッセージが出力されます。
KAVU0953-E マネージャーからの応答が返ってきません
通信タイムアウトによるコマンド要求やジョブの実行失敗は,通信タイムアウト時間を長く設定すること
で回避できることがあります。ジョブネット(スケジューラー)によるジョブの登録,キャンセル,また
はジョブの状態確認の際に通信タイムアウトを回避するには,ジョブを登録するマネージャーホストで通
信タイムアウト時間を長く設定してください。また,ジョブの実行に使用するコマンドの場合は,コマン
ドを実行するクライアントホストで通信タイムアウト時間を長く設定してください。
通信タイムアウト時間を変更する設定方法について説明します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
448
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒27 ジョブ実行制御のマネージャープロセスに対する通信タイムアウト時間の設定の環境
設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}\JP1NBQCLIENT
"CommunicateTimeout"=
ジョブ実行制御のマネージャープ
ロセスに対する通信タイムアウト
時間(単位:ミリ秒)
\Network]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(78) CommunicateTimeout」を参照して
ください。
(3) 注意事項
通信タイムアウト時間を長く設定すると,通信処理中にコマンドやジョブに異常が発生した場合の障害検
知までの時間も長くなります。そのため,後続ジョブの実行の遅延などが発生しやすくなります。通信タ
イムアウト時間を変更する場合は,設定値を十分に検証した上で設定してください。
15.2.15 エージェントのパイプ通信タイムアウト値の変更
ジョブ実行制御のエージェントプロセス間通信でパイプ通信のタイムアウトエラーが発生することがあり
ます。その原因として,次のことが考えられます。
• 大量のジョブが一時期に集中して実行された。
• CPU に高い負荷が掛かり,300 秒以上の間 CPU が割り当てられなかった。
• 実メモリーが不足することでジョブ実行制御のエージェントプロセスが 300 秒以上の間スワップアウ
トされ,実行されなかった。
これらの発生条件が解消されないでパイプ通信のタイムアウトエラーが頻繁に発生するような場合は,エー
ジェントプロセスが実行されるホスト上のパイプ通信タイムアウト時間を長めに変更して運用することを
推奨します。なお,デフォルトは「300 秒間」に設定されています。
エージェントのパイプ通信タイムアウト値の設定手順を次に示します。
(1) 定義手順
1. JP1/AJS3 のサービスを停止する。
次のコマンドを実行して,プロセスがすべて停止していることを確認します。
15. 運用形態に合わせた各種設定
JP1/Automatic Job Management System 3 構築ガイド
449
# /etc/opt/jp1ajs2/jajs_stop※
# /opt/jp1ajs2/bin/jajs_spmd_status
注※
自動停止の設定がされていることを確認してください。
2. 次のコマンドを実行して,「(2) 環境設定パラメーター一覧」の環境設定パラメーターを設定する。
jajs_config -k 定義キー名 "環境設定パラメーター名"=定義内容
3. JP1/AJS3 を再起動する。
設定した内容が反映されます。
(2) 環境設定パラメーター一覧
表 15‒28 エージェントのパイプ通信タイムアウト値の変更環境設定パラメーター
定義キー
環境設定パラメーター
定義内容
[{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}
"PipeComTimeout"=
エージェントのパイプ通信タイムアウト
値の定義
\JP1NBQAGENT\Job]※
注※
{JP1_DEFAULT|論理ホスト名}の部分は,物理ホストの場合は「JP1_DEFAULT」を,論理ホストの場合は
「論理ホスト名」を指定します。
環境設定パラメーターの定義内容の詳細については,「20.5.2(59) PipeComTimeout」を参照してくださ
い。
15.2.16 ジョブプロセス実行準備完了通知時のタイムアウト値の設定
キューを使用するジョブ(キューレスジョブを除く PC ジョブ,UNIX ジョブ,フレキシブルジョブ※,
HTTP 接