4.46MByte

4.46MByte
アップグレード&メンテナンスマニュアル - 日本語
FUJITSU Server PRIMERGY BX2580 M1
サーバ ブレード
アップグレード&メンテナンスマニュアル
2015 年 2 月版
DIN EN ISO 9001:2008 に準拠した
認証を取得
高い品質とお客様の使いやすさが常に確保されるように、
このマニュアルは、DIN EN ISO 9001:2008
基準の要件に準拠した品質管理システムの規定を
満たすように作成されました。
cognitas. Gesellschaft für Technik-Dokumentation mbH
www.cognitas.de
著作権および商標
Copyright © 2015 Fujitsu Technology Solutions GmbH.
All rights reserved.
お届けまでの日数は在庫状況によって異なります。技術的修正の権利を有します。
使用されているハードウェア名およびソフトウェア名は、各社の商標です。
–
本書の内容は、改善のため事前連絡なしに変更することがあります。
–
本書に記載されたデータの使用に起因する、第三者の特許権およびその他の権利の侵害に
ついては、当社はその責を負いません。
–
無断転載を禁じます。
Microsoft、Windows、Windows Server、および Hyper V は、米国およびその他の国における
Microsoft Corporation の商標または登録商標です。
Intel、インテルおよび Xeon は、米国およびその他の国における Intel Corporation またはその
子会社の商標または登録商標です。
本書をお読みになる前に
安全にお使いいただくために
本書には、本製品を安全に正しくお使いいただくための重要な情報が記載さ
れています。
本製品をお使いになる前に、本書を熟読してください。特に、添付の『安全
上のご注意』をよくお読みになり、理解されたうえで本製品をお使いくださ
い。また、
『安全上のご注意』および当マニュアルは、本製品の使用中にいつ
でもご覧になれるよう大切に保管してください。
電波障害対策について
この装置は、クラス A 情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると
電波妨害を引き起こすことがあります。この場合には使用者が適切な対策を
講ずるよう要求されることがあります。
VCCI-A
アルミ電解コンデンサについて
本製品のプリント板ユニットやマウス、キーボードに使用しているアルミ電
解コンデンサは寿命部品であり、寿命が尽きた状態で使用し続けると、電解
液の漏れや枯渇が生じ、異臭の発生や発煙の原因になる場合があります。
目安として、通常のオフィス環境(25 ℃)で使用された場合には、保守サ
ポート期間内(5 年)には寿命に至らないものと想定していますが、高温環
境下での稼働等、お客様のご使用環境によっては、より短期間で寿命に至る
場合があります。寿命を超えた部品について、交換が可能な場合は、有償に
て対応させていただきます。なお、上記はあくまで目安であり、保守サポー
ト期間内に故障しないことをお約束するものではありません。
ハイセイフティ用途での使用について
本製品は、一般事務用、パーソナル用、家庭用、通常の産業用等の一般的用
途を想定して設計・製造されているものであり、原子力施設における核反応
制御、航空機自動飛行制御、航空交通管制、大量輸送システムにおける運行
制御、生命維持のための医療器具、兵器システムにおけるミサイル発射制御
など、極めて高度な安全性が要求され、仮に当該安全性が確保されない場合、
直接生命・身体に対する重大な危険性を伴う用途(以下「ハイセイフティ用
途」という)に使用されるよう設計・製造されたものではございません。お
客様は、当該ハイセイフティ用途に要する安全性を確保する措置を施すこと
なく、本製品を使用しないでください。ハイセイフティ用途に使用される場
合は、弊社の担当営業までご相談ください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
瞬時電圧低下対策について
本製品は、落雷などによる電源の瞬時電圧低下に対し不都合が生じることが
あります。電源の瞬時電圧低下対策としては、交流無停電電源装置などを使
用されることをお勧めします。
(社団法人電子情報技術産業協会 (JEITA) のパーソナルコンピュータの瞬時電
圧低下対策ガイドラインに基づく表示)
外国為替及び外国貿易法に基づく特定技術について
当社のドキュメントには「外国為替及び外国貿易法」に基づく特定技術が含
まれていることがあります。特定技術が含まれている場合は、当該ドキュメ
ントを輸出または非居住者に提供するとき、同法に基づく許可が必要となり
ます。
高調波電流規格について
本製品は、高調波電流規格 JIS C 61000-3-2 適合品です。
日本市場のみ : SATA ハードディスクドライブについて
このサーバの SATA バージョンは、SATA/BC-SATA ストレージインタフェー
スを搭載したハードディスクドライブをサポートしています。ご使用のハー
ドディスクドライブのタイプによって使用方法と動作条件が異なりますので、
ご注意ください。
使用できるタイプのハードディスクドライブの使用方法と動作条件の詳細は、
以下の Web サイトを参照してください。
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/harddisk/
日本市場の場合のみ :
I 本書に記載されていても日本市場には適用されない項があります。以
下のオプションおよび作業がこれに該当します。
– CSS(Customer Self Service)
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
バージョン履歴
版番号
アップデート理由
初稿
初版
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
目次
1
はじめに .
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. .
.
15
1.1
表記規定 .
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. .
.
16
2
始める前に
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. .
.
17
2.1
2.1.1
2.1.2
2.1.3
作業手順の分類 . . . . . . . . . . . .
お客様による交換可能部品(CRU) . . . . . .
ユニットのアップグレードおよび修理(URU). . .
フィールド交換可能ユニット(FRU) . . . . .
. .
. .
. .
. .
19
19
20
21
2.2
平均作業時間
2.3
必要な工具
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. .
.
22
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. .
.
22
2.4
必要なマニュアル
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. .
.
24
3
注意事項 .
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. .
.
27
3.1
安全について
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. .
.
27
3.2
CE 準拠
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. .
.
34
3.3
FCC クラス A 適合性宣言
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
35
3.4
環境保護 .
. .
.
.
.
.
.
.
. .
.
36
4
基本的なハードウェア手順
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
39
4.1
4.1.1
4.1.2
4.1.3
4.1.3.1
4.1.3.2
4.1.4
診断情報の使用 . . . . . . . . . . . . .
マネジメントブレードの Web インタフェースへのアクセス
故障したサーバブレードの特定 . . . . . . . .
エラー クラスの判定 . . . . . . . . . . .
保守ランプ . . . . . . . . . . . . .
Customer Self Service(CSS)表示ランプ . . . .
故障した部品の特定
. . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
39
39
41
42
43
44
45
4.2
サーバブレードのシャットダウン
.
48
4.3
4.3.1
サーバブレードの取り外し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
準備手順 . . . . . . . . . . . . . . . . 49
BX2580 M1
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
アップグレード&メンテナンスマニュアル
.
. .
目次
4.3.2
サーバブレードのシステムユニットからの取り外し
. .
.
50
4.4
サーバブレードを開ける
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
51
4.5
サーバブレードを閉じる
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
52
4.6
システムユニットにサーバブレードの取り付け
.
.
.
.
53
4.7
サーバブレードの電源投入
4.8
ソフトウェア作業の完了
5
基本的なソフトウェア手順
5.1
5.1.1
5.1.2
5.1.2.1
5.1.2.2
5.1.3
5.1.4
5.1.5
5.1.6
5.1.7
5.1.7.1
5.1.7.2
5.1.8
5.1.9
5.1.10
保守作業の開始 . . . . . . . . . . . . . . 59
ビデオリダイレクションのサーバブレードへの起動 . . . 59
サーバブレードステータスの確認
. . . . . . . . 59
マネジメントブレードの Web インタフェースによるサーバブ
レードのステータスの確認
. . . . . . . . . 59
iRMC によるサーバブレードステータスの確認
. . . 60
BIOS 設定の保存
. . . . . . . . . . . . . 61
iRMC 設定の保存 . . . . . . . . . . . . . 61
管理するサーバブレードへの仮想メディアの接続 . . . . 62
BitLocker 機能の無効化または中断 . . . . . . . . 63
Boot Watchdog 機能の無効化 . . . . . . . . . . 64
Boot watchdog 設定の表示
. . . . . . . . . 64
Boot watchdog 設定の指定
. . . . . . . . . 64
バックアップソフトウェアソリューションの検証と設定 . . 66
マルチパス I/O 環境でのサーバ保守の注意事項
. . . . 66
ID ランプの点灯
. . . . . . . . . . . . . 69
5.2
5.2.1
5.2.1.1
5.2.1.2
5.2.2
5.2.3
5.2.4
5.2.5
5.2.6
5.2.7
5.2.7.1
5.2.7.2
保守作業の完了 . . . . . . . . . . . . . .
システムボード BIOS と iRMC のアップデートまたはリカバリ
システムボード BIOS のアップデートまたはリカバリ
.
iRMC のアップデートまたはリカバリ . . . . . .
BIOS 設定の復元
. . . . . . . . . . . . .
iRMC 設定の復元 . . . . . . . . . . . . .
メザニンカードのファームウェアのアップデート . . . .
Option ROM Scan の有効化 . . . . . . . . . .
バックアップソフトウェアソリューションの検証と設定 . .
Boot Retry Counter のリセット . . . . . . . . .
Boot Retry Counter の表示
. . . . . . . . .
Boot Retry Counter のリセット . . . . . . . .
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
56
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
57
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
59
アップグレード&メンテナンスマニュアル
70
70
70
73
75
76
76
78
79
80
80
80
BX2580 M1
目次
5.2.8
5.2.8.1
5.2.8.2
5.2.9
5.2.10
5.2.11
5.2.12
5.2.13
5.2.13.1
5.2.13.2
5.2.13.3
5.2.14
5.2.15
5.2.16
5.2.17
5.2.17.1
5.2.17.2
5.2.18
5.2.19
5.2.19.1
5.2.19.2
5.2.20
メモリモジュールまたはプロセッサの交換後のエラーステータスの
リセット . . . . . . . . . . . . . . . . 81
メモリモジュール . . . . . . . . . . . . 81
プロセッサ . . . . . . . . . . . . . . 82
Boot Watchdog 機能の有効化 . . . . . . . . . . 84
交換した部品のシステム BIOS での有効化 . . . . . . 85
メモリモードの確認
. . . . . . . . . . . . 86
システム時刻設定の確認 . . . . . . . . . . . 86
システムイベントログ(SEL)の表示と消去 . . . . . 88
SEL を表示する . . . . . . . . . . . . . 88
SEL を保存する . . . . . . . . . . . . . 89
SEL をクリアする . . . . . . . . . . . . 90
Linux 環境での NIC 構成ファイルのアップデート . . . . 90
BitLocker 機能の有効化
. . . . . . . . . . . 91
RAID アレイのリビルドの実行
. . . . . . . . . 92
変更された MAC/WWN アドレスの検索 . . . . . . . 93
MAC アドレスの検索 . . . . . . . . . . . 93
WWN アドレスの検索 . . . . . . . . . . . 94
シャーシ ID Prom Tool の使用
. . . . . . . . . 94
LAN チーミングの設定 . . . . . . . . . . . . 95
LAN/CNA コントローラを交換またはアップグレードした後 95
サーバブレードを交換した後 . . . . . . . . . 95
ID ランプの消灯
. . . . . . . . . . . . . 96
6
Solid State Drive . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 97
6.1
基本情報 .
6.2
6.2.1
6.2.2
6.2.3
6.2.4
6.2.5
SSD の取り付け
. . . . . . . . . . . . . 98
準備手順 . . . . . . . . . . . . . . . . 98
サーバブレード内部のドライブモジュールの位置 . . . . 98
SSD のフレームへの取り付け
. . . . . . . . . 100
ドライブモジュールを取り付けプラットフォームに取り付ける .
102
終了手順 . . . . . . . . . . . . . . . . 104
6.3
6.3.1
6.3.2
6.3.3
SSD の取り外し
準備手順 . . .
SSD の取り外し
終了手順 . . .
6.4
6.4.1
SSD の交換 . . . . . . . . . . . . . . . 108
準備手順 . . . . . . . . . . . . . . . . 108
BX2580 M1
.
.
.
.
. .
. . .
. . .
. . .
. . .
.
.
.
.
.
.
. .
. . . . . . . .
. . . . . . . .
. . . . . . . .
. . . . . . . .
アップグレード&メンテナンスマニュアル
.
97
. . 105
. . 105
. . 105
. . 107
目次
6.4.2
6.4.3
6.4.4
SSD の取り外し
. . . . . . . . . . . . . 108
SSD の取り付け
. . . . . . . . . . . . . 109
終了手順 . . . . . . . . . . . . . . . . 109
6.5
6.5.1
6.5.2
6.5.3
6.5.4
SAS/PCH 取り付けフレームの交換 . .
準備手順 . . . . . . . . . .
取り付けフレームの取り外し . . . .
取り付けフレームの取り付け . . . .
終了手順 . . . . . . . . . .
7
メザニンカード
7.1
7.1.1
7.1.2
7.1.3
基本情報 . . . . . . . .
ライザーカードの取り付け
. .
ライザーカードの取り外し
. .
メザニンカードの取り付け規則 .
. . . . . . . . 114
. . . . . . . . 116
. . . . . . . . 118
. . . . . . . . 120
7.2
7.2.1
7.2.2
7.2.3
メザニンカードの取り付け
. .
準備手順 . . . . . . . .
メザニンカードの取り付け
. .
終了手順 . . . . . . . .
. . . . . . . . 126
. . . . . . . . 126
. . . . . . . . 126
. . . . . . . . 131
7.3
7.3.1
7.3.2
7.3.3
メザニンカードの取り外し
. .
準備手順 . . . . . . . .
メザニンカードの取り外し
. .
終了手順 . . . . . . . .
. . . . . . . . 132
. . . . . . . . 132
. . . . . . . . 133
. . . . . . . . 135
7.4
7.4.1
7.4.2
7.4.3
7.4.4
メザニンカードの交換 . .
準備手順 . . . . . .
メザニンカードの取り外し
メザニンカードの取り付け
終了手順 . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
8
メインメモリ
.
. .
.
.
.
.
.
.
. 139
8.1
8.1.1
8.1.1.1
8.1.1.2
8.1.1.3
8.1.1.4
基本情報 . . . . . . . . . . . .
メモリの取り付け順序 . . . . . . . .
取り付けの規則 . . . . . . . . .
インデペンデント(独立)チャネルモード .
ミラーチャネルおよびパフォーマンスモード
ランクスペアリングモード
. . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
8.2
メモリモジュールの取り付け .
.
.
.
. 150
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
110
110
110
110
111
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113
.
.
.
.
. .
.
.
.
アップグレード&メンテナンスマニュアル
135
135
136
136
136
140
140
140
142
144
145
BX2580 M1
目次
8.2.1
8.2.2
8.2.3
準備手順 . . . . . . . .
メモリモジュールを取り付ける .
終了手順 . . . . . . . .
8.3
8.3.1
8.3.2
8.3.3
メモリモジュールの取り外し
準備手順 . . . . . .
メモリモジュールの取り外し
終了手順 . . . . . .
8.4
8.4.1
8.4.2
8.4.3
8.4.4
メモリモジュールの交換 . .
準備手順 . . . . . . .
メモリモジュールの取り外し .
メモリモジュールを取り付ける
終了手順 . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
8.5
ダミー DIMM モジュールの使用
.
.
.
.
.
.
. .
8.6
8.6.1
8.6.2
8.6.3
メモリのエアカバーの取り扱い . . . . . . .
基本情報 . . . . . . . . . . . . . .
エアカバーの取り付け . . . . . . . . . .
エアカバーの取り外し . . . . . . . . . .
9
プロセッサ
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. .
. 161
9.1
基本情報 .
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. .
. 161
9.2
9.2.1
9.2.2
9.2.3
プロセッサの取り付け
準備手順 . . . .
プロセッサの取り付け
終了手順 . . . .
. .
. .
. .
. .
. . . . . . . .
. . . . . . . .
. . . . . . . .
. . . . . . . .
. . 162
. . 162
. . 163
. . 169
9.3
9.3.1
9.3.2
9.3.3
プロセッサの取り外し
準備手順 . . . .
プロセッサの取り外し
終了手順 . . . .
. .
. .
. .
. .
. . . . . . . .
. . . . . . . .
. . . . . . . .
. . . . . . . .
. . 170
. . 170
. . 170
. . 179
9.4
9.4.1
9.4.2
9.4.3
プロセッサのアップグレードまたは交換
準備手順 . . . . . . . . . .
プロセッサのアップグレードまたは交換
終了手順 . . . . . . . . . .
. . . .
. . . .
. . . .
. . . .
. . 180
. . 180
. . 180
. . 181
9.5
9.5.1
9.5.2
9.5.2.1
9.5.2.2
プロセッサヒートシンクの取り扱い .
準備手順 . . . . . . . . .
プロセッサヒートシンクの取り付け .
ヒートシンクとプロセッサの準備
CPU 1 のヒートシンクの取り付け
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
BX2580 M1
. . . . . . . . 150
. . . . . . . . 150
. . . . . . . . 152
. . . . . . . .
. . . . . . . .
. . . . . . . .
. . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
アップグレード&メンテナンスマニュアル
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. . 153
. . 153
. . 153
. . 154
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
155
155
155
155
156
. 157
. . 158
. . 158
. . 159
. . 160
.
.
.
.
.
182
182
183
185
185
目次
9.5.2.3
9.5.3
9.5.4
9.5.5
9.5.5.1
9.5.5.2
9.5.5.3
9.5.6
CPU 2 のヒートシンクの取り付け
. .
プロセッサヒートシンクの取り外し . . .
CPU 2 の「ダミーヒートシンク」の取り外し
プロセッサヒートシンクの交換 . . . .
プロセッサヒートシンクの取り外し . .
サーマルペーストの塗布 . . . . .
プロセッサヒートシンクの取り付け . .
終了手順 . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
9.6
サーマルペーストの塗布
10
システムボードのコンポーネント
10.1
基本情報 .
10.2
10.2.1
10.2.2
10.2.3
CMOS バッテリーの交換 . . . . . . . . . . . 196
準備手順 . . . . . . . . . . . . . . . . 196
バッテリーの交換 . . . . . . . . . . . . . 197
終了手順 . . . . . . . . . . . . . . . . 199
10.3
10.3.1
10.3.1.1
10.3.1.2
10.3.1.3
10.3.1.4
10.3.2
10.3.2.1
10.3.2.2
10.3.2.3
10.3.3
10.3.3.1
10.3.3.2
10.3.3.3
10.3.3.4
10.3.3.5
USB Flash Module(UFM)
UFM の取り付け . . . . . .
準備手順 . . . . .
UFM の取り付け
. .
終了手順 . . . . .
ソフトウェアの構成
.
UFM の取り外し
. . .
準備手順 . . . . .
UFM の取り外し
. .
終了手順 . . . . .
UFM の交換 . . . . .
準備手順 . . . . .
UFM の取り外し
. .
UFM の再取り付け . .
終了手順 . . . . .
ソフトウェアの構成
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
187
189
190
191
191
191
191
191
. .
.
.
.
.
.
.
. 192
.
.
.
.
.
.
.
. 195
. .
.
.
.
.
.
.
. 195
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
10.4
Trusted Platform Module (TPM) . .
10.4.1
TPM の取り付け
. . . . .
10.4.1.1
準備手順 . . . . . . .
10.4.1.2
TPM の取り付け
. . . .
10.4.1.3
終了手順 . . . . . . .
10.4.2
TPM の取り外し
. . . . .
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. . . . . .
. . .
. . .
. . .
. . .
. . .
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
アップグレード&メンテナンスマニュアル
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
199
199
199
200
202
203
203
203
204
204
205
205
206
207
209
209
. . . . 210
. . 210
. . 210
. . 211
. . 214
. . 216
BX2580 M1
目次
10.4.2.1
準備手順 . . .
10.4.2.2
TPM の取り外し
10.4.2.3
終了手順 . . .
10.4.3
TPM の交換 . . .
10.4.3.1
準備手順 . . .
10.4.3.2
TPM の取り外し
10.4.3.3
TPM の再取り付け
10.4.3.4
終了手順 . . .
. . . . . . . . . . . . 217
. . . . . . . . . . . . 218
. . . . . . . . . . . . 219
. . . . . . . . . . . . 220
. . . . . . . . . . . . 221
. . . . . . . . . . . . 221
. . . . . . . . . . . . 221
. . . . . . . . . . . . 221
10.5
10.5.1
10.5.1.1
10.5.1.2
10.5.1.3
10.5.2
10.5.2.1
10.5.2.2
10.5.2.3
10.5.3
10.5.3.1
10.5.3.2
10.5.3.3
10.5.3.4
SATA DOM . . . . . . . . .
SATA DOM の取り付け
.
準備手順 . . . . .
SATA-DOM の取り付け
終了手順 . . . . .
SATA-DOM の取り外し
.
準備手順 . . . . .
SATA DOM の取り外し
終了手順 . . . . .
SATA-DOM の交換 . . .
準備手順 . . . . .
SATA DOM の取り外し
SATA DOM の取り付け
終了手順 . . . . .
10.6
10.6.1
10.6.1.1
10.6.1.2
10.6.1.3
10.6.2
10.6.2.1
10.6.2.2
10.6.2.3
10.6.3
10.6.3.1
10.6.3.2
10.6.3.3
10.7
10.7.1
10.7.2
10.7.3
10.7.4
BX2580 M1
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
222
222
222
222
225
226
226
227
227
228
228
228
228
228
Micro SD カード
. . . .
Micro SD カードの取り付け .
準備手順 . . . . . .
Micro SD カードの取り付け
終了手順 . . . . . .
Micro SD カードの取り外し .
準備手順 . . . . . .
Micro SD カードの取り外し
終了手順 . . . . . .
Micro SD カードの交換
. .
準備手順 . . . . . .
Micro SD カードの交換
.
終了手順 . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
229
229
229
229
231
231
232
232
233
233
234
234
234
システムボードの交換 . .
準備手順 . . . . . .
システムボードの取り外し
システムボードの取り付け
終了手順 . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
234
236
237
239
241
.
.
.
.
.
アップグレード&メンテナンスマニュアル
目次
11
サーバブレード .
11.1
11.1.1
11.1.2
11.1.3
サーバブレードの交換
準備手順 . . . .
交換手順 . . . .
終了手順 . . . .
12
付録
12.1
12.1.1
12.1.2
装置概観 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 247
サーバブレード前面
. . . . . . . . . . . . 247
サーバブレードの内部 . . . . . . . . . . . . 248
12.2
12.2.1
12.2.2
構成の表 . . . . . . . . . . . . . . . . 249
メモリの構成の表 . . . . . . . . . . . . . 249
メザニンカードの構成の表
. . . . . . . . . . 249
.
.
.
.
. .
. . . .
. . . .
. . . .
. . . .
.
.
.
.
.
.
. 243
. . . . . . . . 243
. . . . . . . . 243
. . . . . . . . 244
. . . . . . . . 245
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 247
12.3
コネクタと表示ランプ . . . . . . .
12.3.1
システムボードのコネクタと表示ランプ
.
12.3.1.1
オンボードのコネクタ . . . . . .
12.3.1.2
オンボード設定 . . . . . . . .
12.3.1.3
オンボード表示ランプおよびコントロール
12.3.2
フロントパネルのコネクタと表示ランプ
.
12.3.2.1
フロントパネルのコネクタ
. . . .
12.3.2.2
フロントパネルの表示ランプ . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
12.4
.
.
.
.
. 258
最小起動構成
.
.
.
.
.
. .
.
.
アップグレード&メンテナンスマニュアル
250
250
250
251
252
254
254
255
BX2580 M1
1
はじめに
この『アップグレード&メンテナンスマニュアル』では、次の作業を行う手
順を示しています。
●
オプションのハードウェア部品を追加してサーバ構成をアップグレードす
る
●
既存のハードウェア部品を交換してサーバ構成をアップグレードする
●
故障したハードウェア部品を交換する
このマニュアルでは、オンサイトの保守作業について説明します。各作業の
割り当ては、
『ServerView Suite Local Service Concept - LSC』マニュアルに
示すリモート診断手順に従って準備することが推奨されます。24 ページ の
「必要なマニュアル」を参照してください。
V 注意 !
このマニュアルには、さまざまな難易度の作業手順が含まれます。作
業を割り当てる前に、作業に必要な技能レベルを確認してください。
始める前に、19 ページ の「作業手順の分類」をよくお読みください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
15
はじめに
1.1
表記規定
このマニュアルでは、以下の表記規定が使用されています。
斜体のテキスト
コマンドまたはメニューアイテムを示します
fixed font
システム出力を示します
(固定幅フォント)
semi-bold fixed ユーザーが入力するテキストを示します
font
(セミボールド固定
幅フォント)
かぎ括弧(「 」)
章の名前や強調されている用語を示します
二重かぎ括弧(『 』
) 他のマニュアル名などを示しています
Ê
記載されている順序で行う必要がある作業です
[Abc]
キーボードのキーを示します
V 注意 !
I
この記号が付いている文章には、特に注意してくださ
い。この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、生
命が危険にさらされたり、システムが破壊されたり、
データが失われる可能性があります。
追加情報、注記、ヒントを示しています
難易度と必要な技能レベルに応じた作業手順の分類を
示しています。19 ページ の「作業手順の分類」を参照
してください。
平均作業時間を示しています。22 ページ の「平均作業
時間」を参照してください。
16
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
2
始める前に
アップグレードや保守の作業を始める前に、次の準備作業を行います。
Ê 27 ページ の「注意事項」章の安全についての注意事項を熟読します。
Ê 必要なマニュアルがすべて揃っていることを確認します。24 ページ の
「必要なマニュアル」の項に示すドキュメントの概要を確認します。必要
に応じて PDF ファイルを印刷します。
Ê 19 ページ の「作業手順の分類」の項に示す作業手順の分類を確認します。
Ê 22 ページ の「必要な工具」の項に従って、必要な工具が揃っていること
を確認します。
オプション部品の取り付け
『FUJITSU Server PRIMERGY BX2580 M1 サーバブレードオペレーティング
マニュアル』では、サーバの機能を紹介し、使用できるハードウェアオプ
ションの概要を説明しています。
Fujitsu ServerView Suite 管理ソフトウェアを使用して、ハードウェア拡張の
準備を行います。ServerView Suite のドキュメントは、オンラインで入手で
きます(http://manuals.ts.fujitsu.com(日本市場向け :
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/manual/))
。次の ServerView Suite
のトピックを参照してください。
– Operation
– Virtualization
– Maintenance
I ハードウェアオプションの最新情報については、次のアドレスにある
サーバのシステム構成図を参照してください。
世界市場の場合 :
http://ts.fujitsu.com/products/standard_servers/index.html
日本市場向け:
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/system/
拡張キットやスペア部品の注文方法については、Fujitsu のカスタマーサービ
スパートナーにお問い合わせください。Fujitsu のイラスト入り部品カタログ
を使用して必要なスペア部品を探して、技術仕様と注文情報をご確認くださ
い。イラスト入り部品カタログは、オンラインで
http://manuals.ts.fujitsu.com/illustrated_spares(世界市場のみ)から入手できま
す。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
17
始める前に
故障した部品の交換
故障のため交換が必要なハードウェア部品は、サーバブレードの前面にある
保守ランプ、およびフロントパネルにある Local Diagnostic LED によって示
されます。サーバのコントロールと表示ランプの詳細については、
『FUJITSU
Server PRIMERGY BX2580 M1 サーバブレードオペレーティングマニュア
ル』
、および 250 ページ の「コネクタと表示ランプ」の項を参照してくださ
い。
ホットプラグ対応ではない部品を交換するためにシステムの電源を切った場
合、一連の PRIMERGY 診断表示ランプから、故障した部品がわかります。
サーバの電源を切り、主電源から切り離した場合も、CSS 表示ボタンを使う
と、故障した部品の横の表示ランプが機能します。詳細については、39 ペー
ジ の「診断情報の使用」および 254 ページ の「フロントパネルのコネクタと
表示ランプ」の各項を参照してください。
故障した部品が、CSS(Customer Self Service、世界市場だけが対象)コン
セプトに含まれる、お客様による交換部品(Customer Replaceable Unit)で
ある場合、サーバブレードの前面にある CSS 表示ランプが点灯します。
詳細は、『ServerView Suite Local Service Concept (LSC)』マニュアルを参照
してください。これは PRIMERGY に付属の ServerView Suite DVD 2、また
はオンラインで次のサイトから取得できます。http://manuals.ts.fujitsu.com ( 世
界市場 ) または、http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/manual/ (日本市
場向け)。
『ServerView Suite Local Service Concept - LSC』マニュアルで説明している
ように、リモート診断手順を使用して保守作業を準備することが推奨されま
す。
18
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
始める前に
2.1
作業手順の分類
作業手順の難易度は、それぞれ大きく異なります。作業手順は、難易度と必
要な技能レベルに応じて、2 つの部品のカテゴリのうちの 1 つに割り当てら
れます。
各手順の最初に、この項に示す記号のいずれかを用いて関連する部品タイプ
を示します。
I 詳細については、最寄りの Fujitsu のサービスセンターにお問い合わせ
ください。
2.1.1
お客様による交換可能部品(CRU)
お客様による交換可能部品(CRU)
お客様による交換可能部品 は Customer Self Service 対応で、動作中にホット
プラグ対応部品として搭載および交換することができます。
I お客様ご自身で交換できるコンポーネントは、ご利用される国の保守
サービス形態によって異なります。
ホットプラグ対応部品によって、システム可用性が向上し、高いデータ整合
性とフェイルセーフパフォーマンスが保証されます。作業手順を実行するた
めに、サーバをシャットダウンしたり、オフラインにしたりする必要はあり
ません。
お客様による交換可能部品として扱われる部品
– BX2580 M1 内部のホットプラグ非対応モジュール
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
19
始める前に
2.1.2
ユニットのアップグレードおよび修理(URU)
ユニットのアップグレードおよび修理(URU)
アップグレードおよび修理部品はホットプラグ対応部品ではなく、オプショ
ンとして搭載するために別途注文したり(アップグレード部品)、また、
Customer Self Service を通じてお客様にご利用いただけます(修理部品)。
I サーバ管理のエラーメッセージと、フロントパネルおよびシステム
ボードの診断表示ランプにより、故障したアップグレードおよび修理
部品はお客様による交換可能な CSS コンポーネントとして通知されま
す。
アップグレードや修理の手順を行うには、サーバをシャットダウンして開き
ます。
V 注意 !
サーバを許可なく開けたり、研修を受けていない未許可の要員が修繕
しようとすると、重大な破損を引き起こしたり、破損の原因になる可
能性があります。
アップグレード部品として扱われる部品
–
–
–
–
プロセッサ(アップグレードキット)
メザニンカード
メモリモジュール
Micro SD カード
修理部品としてのみ扱われる部品
– CMOS バッテリー
– ホットプラグ非対応 SSD
20
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
始める前に
2.1.3
フィールド交換可能ユニット(FRU)
フィールド交換可能ユニット(FRU)
フィールド交換可能ユニットの取り外しと取り付けには、サーバの不可欠な
コンポーネントにおいて複雑な保守手順が含まれます。手順を行うには、
サーバをシャットダウンして開き、分解する必要があります。
V 注意 !
フィールド交換可能ユニットに関連する保守手順は、Fujitsu のサービ
ス要員または Fujitsu のトレーニングを受けた技術担当者のみが行うこ
とができます。不正にシステムを干渉すると保証が無効となり、メー
カーの責任は免除されますので、ご注意ください。
フィールド交換可能ユニットとして扱われる部品
–
–
–
–
–
–
–
–
–
プロセッサ (交換)
メモリモジュール
メザニンカード
SAS/PCH 取り付けフレーム
ホットプラグ非対応 SSD モジュール
Trusted Platform Module (TPM)
USB Flash Module(UFM)
SATA DOM
Micro SD カード
修理部品としてのみ扱われる部品
– CMOS バッテリー
I 詳細については、最寄りの Fujitsu のサービスセンターにお問い合わせ
ください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
21
始める前に
2.2
平均作業時間
ハードウェア : 10 分
各作業手順の分類記号の横に、準備作業を含む平均作業時間を示します。
平均作業時間に含まれる手順を 22 ページ の表 1 に示します。
手順
含まれる
説明
シャットダウン時間は、ハードウェアとソ
フトウェアの構成によって大きく異なりま
す。
サーバのシャット
ダウン
含まれない
システムユニット
の取り外し、分解
含まれる
サーバブレードを利用可能にして、サーバ
ブレードをシステムユニットから取り外し
ます。
含まれない
サーバブレードを作業台まで運ぶ作業(必
要な場合)は、環境によって異なります。
含まれる
ソフトウェアの準備と作業後の操作を含む
保守作業を行います。
含まれない
サーバブレードを元の場所に戻す作業(必
要な場合)は、環境によって異なります。
含まれる
サーバブレードの取り外し、サーバブレー
ドをシステムユニットに取り付けます。
含まれない
起動時間は、ハードウェアとソフトウェア
の構成によって大きく異なります。
輸送
保守作業
輸送
組み立て、システ
ムユニットの設置
起動
保守作業の前に必要なソフトウェアの作業
については、59 ページ の「保守作業の開
始」の項を参照してください。
表 1: 平均作業時間の計算
2.3
必要な工具
保守作業の準備を行うときは、次の表を参考に、必要な工具が揃っているこ
とを確認します。各手順の前に、必要な工具のリストがあります。
22
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
始める前に
ドライバ / ビット
ネジ
インサート
用途
プラス
PH2 / (+) No. 2
六角、クロス
SW5 / PZ2
バックアッ
プドライブ、 M3 x 4.5 mm
光ディスク (シルバー色)
ドライブ、
C26192-Y10-C67
シャーシ
プラス
PH2 / (+) No. 2
六角、クロス
SW5 / PZ2
システム
ボード
プラス
PH2 / (+) No. 2
六角、クロス
SW5 / PZ2
UNC ネジ付 UNC
6-32 x 4.76 mm
きバック
(黒色)
アップドラ
イブ
C26192-Y10-C75
2.5 インチ
HDD/SSD
プラス
PH0 / (+) No. 0
TPM ビットイン
サート
TPM 用精密マイ
ナスドライバ
/TPM モジュール
の取り付け工具
(日本市場向け)
タイプ
M3 x 6 mm
(シルバー色)
C26192-Y10-C68
M3 x 3.5 mm
ウェハー頭ネジ
(シルバー色)
C26192-Y10C102
TPM 用ネジ REM 3 x 15 mm
一方向だけ
(黒色)
回せるヘッ
C26192-Y10ド
C176
(黒色)
UFM および M3 x 4.5 mm
SATA DOM (白)
用ナイロン
A3C40109082
製ネジ
プラス
PH1 /(+)No. 1
表 2: 必要な工具と使用するネジの一覧
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
23
始める前に
ドライバ / ビット
ネジ
インサート
用途
プラス
PH2 / (+) No. 2
フット取り
付けレール
用ネジ
タイプ
M4 x 6 mm
コンビネーション
ネジ(シルバー)
C26192-Y10-C113
表 2: 必要な工具と使用するネジの一覧
2.4
必要なマニュアル
保守作業中に別のマニュアルを参照する必要が生じる場合があります。保守
作業の準備を行うときは、次の表を参考に、必要なマニュアルが揃っている
ことを確認します。
I–
サーバに付属のマニュアルは、いつでも参照できるように安全な場
所に保管してください。
– 特に指定がない限り、すべてのマニュアルは、
http://manuals.ts.fujitsu.com の「Industry standard servers」からオンラ
インで入手できます。
日本市場の場合は以下のアドレスをご使用ください。
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/manual/
24
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
始める前に
ドキュメント
説明
『Safety Notes and Regulations』
安全に関する重要な情報について記載され
マニュアル
ています(オンラインおよび印刷版で提
『安全上のご注意』日本市場向
供)
け
『FUJITSU Server PRIMERGY
BX2580 M1 サーバブレードオ
ペレーティングマニュアル』
オンラインで提供
『FUJITSU Server PRIMERGY
BIOS の変更可能なオプションやパラメー
BX2580 M1 用 D3321 BIOS
タに関する情報について記載されています
セットアップユーティリティリ
(オンラインで提供)
ファレンスマニュアル』
サーバのサイドカバーまたはトップカバー
システムボードとサービスラベ の中にあるラベルに、コネクタ、表示ラン
プ、基本的な保守作業をまとめてありま
ル
す。
– PRIMERGY BX900 ブレードサーバシ
ステム ServerView マネジメントブレー
ド S1 ユーザインタフェース説明書
– PRIMERGY BX400 ブレードサーバシ
ステム ServerView マネジメントブレー
ド S1 ユーザインタフェース説明書
ソフトウェアのマニュアル
–
『ServerView Suite Local Service
Concept - LSC』ユーザガイド
– 『ServerView Operations Manager Server Management』ユーザガイド
– 『iRMC S4 - Integrated Remote
Management Controller』ユーザガイド
表 3: 必要なマニュアル
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
25
始める前に
ドキュメント
説明
イラスト入り部品カタログ
用語集
スペア部品を特定し、情報を確認できるシ
ステム(世界市場のみ)。次の URL でオン
ラインで使用するか、ダウンロード
(Windows OS)できます。
http://manuals.ts.fujitsu.com/illustrated_spares
また、ServerView Operations Manager の
CSS コンポーネントビューから使用でき
ます。
オンラインで提供
『Warranty』マニュアル
『保証書』
(日本市場向け)
『Returning used devices』マ
ニュアル
『Service Desk』リーフレット
『サポート&サービス』
(日本市
場向け)
保証、リサイクル、保守に関する重要な情
報を示します(オンライン および印刷版
で提供)
リサイクルと問い合わせに関する情報につ
いて記載されています(オンライン およ
び印刷版で提供)
– 『iRMC S4』ユーザガイド(オンライン
で提供)
その他のマニュアル
– RAID ドキュメントは、オンラインで
http://manuals.ts.fujitsu.com の Industry
standard servers - Expansion Cards Storage Adapters から利用できます。
日本市場の場合は以下のアドレスをご
使用ください。
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primer
gy/manual/
– ラックのマニュアル
他社のマニュアル
– オペレーティングシステムのマニュア
ル、オンラインヘルプ
– 周辺装置のマニュアル
表 3: 必要なマニュアル
26
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
3
注意事項
V 注意 !
デバイスを設置して起動する前に、次の項に記載されている安全につ
いての注意事項に従ってください。これにより、健康被害を受けたり、
デバイスが破損したり、データベースを危険にさらす可能性のある重
大なエラーの発生を回避できます。
3.1
安全について
I 以下の安全上についての注意事項は、『Safety Notes and Regulations』
および『安全上のご注意』マニュアルにも記載されています。
このデバイスは、IT 機器関連の安全規則に適合しています。目的の環境に
サーバを設置できるかどうかについてご質問がある場合は、販売店または弊
社カスタマサービス部門にお問い合わせください。
●
このマニュアルに記載されている作業は、技術担当者が行うものとしま
す。技術担当者とは、ハードウェアおよびソフトウェアを含め、サーバを
設置するための訓練を受けている要員のことです。
●
CSS 障害に関係のないデバイスの修理は、サービス要員が行うものとし
ます。許可されていない作業をシステムに対して行った場合は、保証は無
効となり、メーカーの責任は免除されますので、ご注意ください。
●
このマニュアルのガイドラインを遵守しなかったり、不適切な修理を行う
と、ユーザーが危険(感電、エネルギーハザード、火災)にさらされた
り、装置が破損する可能性があります。
●
サーバで内部オプションの取り付け、取り外しを行う前に、サーバ、すべ
ての周辺装置、および接続されているその他すべてのデバイスの電源を
切ってください。 また、電源コードをすべてコンセントから抜いてくださ
い。ケーブルを抜かなかった場合、感電や破損の恐れがあります。
作業を始める前に
●
デバイスを設置する際、および操作する前に、お使いのデバイスの環境条
件についての指示を守ってください。
●
デバイスを低温環境から移動した場合は、デバイスの内部 / 外部の両方で
結露が発生することがあります。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
27
注意事項
デバイスが室温に順応し、完全に乾燥した状態になってから、作業を始め
てください。この要件が満たされないと、デバイスが破損する場合があり
ます。
●
デバイスを輸送する際は、必ず元の梱包材に入れるか、あるいは、衝撃か
らデバイスを保護するように梱包してください。
日本市場では、梱包箱の再利用については適用されません。
インストールと操作
●
このユニットは、周辺温度 35 °C では操作しないでください。Cool-safe®
Advanced Thermal Design 搭載のサーバでは、環境温度 40 °C まで対応し
ます。
●
IEC309 コネクタ付き工業用電源回路網から電力を供給する設置にこの装
置が組み込まれている場合は、電源ユニットのフューズ保護が、B 型コネ
クタの非工業用電源回路網の要件に準拠している必要があります。
●
電源ユニットの主電源電圧は、の範囲内で自動調整されます。ローカルの
主電源電圧がこの範囲内 100 VAC ~ 240 VAC であることを確認してくだ
さい。
●
このデバイスは、適切に接地された電源コンセント、または、接地された
ラックの内部配電システム(電源コードは試験を受けて承認済み)以外に
は接続しないでください。
●
デバイスが、デバイス近くに適切に接地された電源コンセントに接続され
ていることを確認してください。
●
デバイスの電源ソケットと、接地された電源コンセントに簡単に近づける
ことを確認してください。
●
電源ボタンまたは電源スイッチ(ある場合)では、デバイスを主電源から
切り離すことはできません。修理または保守を行う場合は、デバイスを主
電源ユニットから完全に切断し、適切に接地された電源コンセントから電
源プラグをすべて抜いてください。
●
サーバとその周辺装置は、必ず同じ電源回路に接続してください。これを
守らないと、停電時にサーバが動作していても、周辺装置(メモリサブシ
ステムなど)が機能しなくなった場合などに、データを失う危険性があり
ます。
●
データケーブルには、適切なシールドを施してください。
28
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
注意事項
●
Ethernet ケーブルは EN 50173 および EN 50174-1/2 規格、または
ISO/IEC 11801 規格にそれぞれ従う必要があります。最低要件は、10/100
Mbit/s Ethernet ではカテゴリ 5 のシールドケーブル、Gigabit Ethernet で
はカテゴリ 5e のケーブルを使用します。
●
潜在的危険性を発生させず(誰もつまずかないことを確認)、ケーブルが
破損することのないようにケーブルを配線します。サーバの接続時には、
このマニュアルのサーバの接続についての指示を参照してください。
●
荒天時には、データ伝送路の接続または切断は行わないでください(落雷
の危険性があります)。
●
宝飾品やペーパークリップなどの物や液体がサーバ内部に入る可能性がな
いことを確認します(感電やショートの危険性があります)。
●
緊急時(たとえば、ケース、コントロール、ケーブルの破損や、液体や異
物の侵入)には、システム管理者または弊社カスタマサービス部門に連絡
してください。怪我の危険がない場合のみ、システムを主電源ユニットか
ら切断してください。
●
ケースが完全に組み立てられ、取り付けスロットの背面カバーが取り付け
られている(感電、冷却、防火、干渉抑制)場合のみ、(IEC 60950-1 お
よび EN 60950-1 に従って)システムの正しい動作が保証されます。
●
安全性と電磁環境適合性を規定する要件および規則を満たし、電話機に関
連するシステム拡張機器のみ、取り付けることができます。それ以外の拡
張機器を取り付けると、システムが破損したり、安全規定に違反する場合
があります。インストールに適合するシステム拡張機器についての情報
は、弊社カスタマサービスセンターまたは販売店で入手できます。
●
警告ラベル(稲妻マークなど)が付いているコンポーネントを開けたり、
取り外したり、交換する作業は、認可された資格を持つ要員以外は行わな
いでください。例外 : CSS コンポーネントは交換できます。
●
システム拡張機器の取り付けや交換中にサーバが破損した場合は、保証は
無効となります。
●
モニタのオペレーティングマニュアルに規定されている解像度とリフレッ
シュレートのみ設定してください。これを守らなかった場合は、モニタが
破損する可能性があります。何かわからないことがございましたら、販売
店または弊社カスタマサービスセンターにお問い合わせください。
●
サーバで内部オプションの取り付け、取り外しを行う前に、サーバ、すべ
ての周辺装置、および接続されているその他すべてのデバイスの電源を
切ってください。また、電源コードをすべてコンセントから抜いてくださ
い。ケーブルを抜かなかった場合、感電や破損の恐れがあります。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
29
注意事項
●
内部のケーブルやデバイスを傷つけたり、加工したりしないでください。
従わない場合、デバイスの故障、発火、感電の原因となる恐れがありま
す。また、保証は無効となり、メーカーの責任は免除されます。
●
サーバ内のデバイスはシャットダウン後もしばらくは高温の状態が続きま
す。シャットダウンして少し時間をおいてから、内部オプションを取り付
けまたは取り外します。
●
内部オプションの回路とはんだ付け部品は露出しているため、静電気の影
響を受けやすくなっています。確実に保護するために、この種類のモ
ジュールへの作業を行う時に手首にアースバンドを装着している場合は、
それをシステムの塗装されていない導電性の金属面に接続してください。
●
ボードやはんだ付け部品の電気回路に触れないでください。金具部分また
はボードのふちを持つようにしてください。
●
内部オプションの取り付け時および以前のデバイス / 場所からの取り外し
時に外したネジを取り付けます。別の種類のネジを使用すると、装置が壊
れる可能性があります。
●
このマニュアルに示す取り付けは、予告なしに可能なオプションに変更さ
れる場合があります。
バッテリー
●
バッテリーの交換を正しく行わないと、破裂の危険性があります。バッテ
リーの交換では、まったく同じバッテリーか、またはメーカーが推奨する
型のバッテリー以外は使用しないでください。
●
バッテリーはゴミ箱に捨てないでください。
●
バッテリーは、特別廃棄物についての自治体の規制に従って、廃棄する必
要があります。
●
バッテリーを挿入する向きに注意してください。
●
このデバイスに使用されるバッテリーは、誤った取り扱いによって火災ま
たは化学熱傷の原因となることがあります。バッテリーの分解、100°C
(212°F)に達する加熱、焼却は行わないでください。
●
汚染物質が含まれているバッテリーには、すべてマーク(ゴミ箱の絵に ×
印)が付いています。また、以下のような汚染物質として分類されている
重金属の化学記号も記載されます。
Cd カドミウム
Hg 水銀
Pb 鉛
30
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
注意事項
光ディスクドライブおよびメディアの使い方
光ディスクドライブを使用する場合は、以下の指示に従ってください。
V 注意 !
●
データの損失や装置の破損を防止するために、完全な状態にある
CD/DVD/BD のみを使用してください。
●
破損、亀裂、損傷などがないかどうか、それぞれの CD/DVD/BD を
確認してから、ドライブに挿入してください。
他にラベルを貼ると、CD/DVD/BD の機械的特性が変わり、バラン
スが悪くなり、振動が発生する場合があるため、注意してくださ
い。
破損してバランスが悪くなった CD/DVD/BD は、ドライブの速度が
高速になったときに割れる(データ損失)可能性があります。
特定の状況下で、CD/DVD/BD の鋭い破片が光ディスクドライブの
カバーに穴を開け(装置の破損)
、デバイスから飛び出す可能性が
あります(特に顔や首などの衣服で覆われていない身体部分に怪我
をする危険性があります)。
●
高湿度、およびほこりが多い場所での使用は避けてください。感電
およびサーバ故障は、水などの液体、またはペーパークリップなど
の金属製品がドライブ内に混入することで発生する場合がありま
す。
●
衝撃と振動も防止してください。
●
指定された CD/DVD/BD 以外の物体を挿入しないでください。
●
CD/DVD/BD トレイを引っ張る、強く押すなど、乱暴に取り扱わな
いでください。
●
光ディスクドライブを分解しないでください。
●
使用前に、柔らかい乾いた布で CD/DVD/BD トレイをクリーニング
してください。
●
予防策として、長期間ドライブを使用しない場合は、ディスクを光
ディスクドライブから取り出します。塵埃などの異物が光ディスク
ドライブに入り込まないように、光ディスクトレイを閉じておきま
す。
●
ディスク表面に触れないように、CD/DVD/BD は端を持ってくださ
い。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
31
注意事項
●
CD/DVD/BD の表面に、指紋、皮脂、塵埃などが付着しないように
してください。汚れた場合は、柔らかい乾いた布で中心から端に向
かってクリーニングしてください。ベンジン、シンナー、水、レ
コードスプレイ、帯電防止剤、シリコン含浸クロスは使用しないで
ください。
●
CD/DVD/BD の表面を破損しないよう注意してください。
●
CD/DVD/BD は熱源に近づけないでください。
●
CD/DVD/BD を曲げたり、上に重い物を載せたりしないでくださ
い。
●
ラベル(印刷)面にボールペンや鉛筆で書き込まないでください。
●
CD/DVD/BD を低温の場所から高温の場所に移動すると、
CD/DVD/BD の表面に結露が生じてデータ読み取りエラーの原因と
なる場合があります。この場合、CD/DVD/BD を柔らかい乾いた布
で拭き取って、自然乾燥させます。ヘアドライヤーなどの器具を
使って CD/DVD/BD を乾燥させないでください。
●
塵埃、破損、変形から保護するには、使用しないときは常に
CD/DVD/BD をケースに保管してください。
●
CD/DVD/BD を高温の場所に保管しないでください。長時間直射日
光の当たる場所、または発熱器具のそばに保管しないでください。
I 以下の指示を守ることにより、光ディスクドライブや CD/DVD/BD ド
ライブの損傷だけではなく、ディスクの早期磨耗も防止できます。
– ディスクをドライブに挿入するのは必要なときだけにして、使い終
わったら取り出す。
– 適切なスリーブにディスクを保管する。
– ディスクが高温や直射日光にさらされないようにする。
レーザについて
光ディスクドライブは、IEC 60825-1 レーザクラス 1 に準拠しています。
V 注意 !
光ディスクドライブドライブには、特定の状況下でレーザクラス 1 よ
りも強力なレーザ光線を発する発光ダイオード(LED)が含まれてい
ます。この光線を直接見るのは危険です。
光ディスクドライブのケーシングの部品は絶対に取り外さないでくだ
さい !
32
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
注意事項
静電気に非常に弱いデバイスが搭載されたモジュール
静電気に非常に弱いデバイスが搭載されたモジュールは、以下のステッカー
で識別されます。
図 1: ESD ラベル
ESD が搭載されているコンポーネントを取り扱う際は、必ず以下を守ってく
ださい。
●
システムの電源を切り、電源コンセントから電源プラグを抜いてから、
ESD が搭載されているコンポーネントの取り付けや取り外しを行ってく
ださい。
●
内部オプションの回路とはんだ付け部品は露出しているため、静電気の影
響を受けやすくなっています。確実に保護するために、この種類のモ
ジュールへの作業を行う場合は手首にアースバンドを装着し、それをシス
テムの塗装されていない導電性の金属面に接続してください。
●
使用するすべてのデバイスやツールは、静電気フリーにする。
●
自分とシステムユニットを接続する適切な接地ケーブル(アース)を手首
に巻く。
●
ESD が搭載されたコンポーネントを持つ場合は、必ず端の部分または緑
色の部分(タッチポイント)を握る。
●
ESD のコネクタや導電路に絶対に触らない。
●
すべてのコンポーネントを静電気フリーなパッドに配置する。
I ESD コンポーネントの取り扱い方法の詳細は、関連する欧州規格およ
び国際規格(EN 61340-5-1、ANSI/ESD S20.20)を参照してくださ
い。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
33
注意事項
サーバの輸送
●
デバイスを輸送する際は、必ず元の梱包材に入れるか、あるいは、衝撃か
らデバイスを保護するように梱包してください。
日本市場では、梱包箱の再利用については適用されません。
●
設置場所に着くまで、デバイスの梱包箱を開梱しないでください。
●
絶対に、フロントパネルのハンドルをつかんで持ち上げたり、運んだりし
ないでください。
ラックへのサーバの設置についての注意
●
絶対に、フロントパネルのクイック・リリース・レバーをつかんでサーバ
をラックに設置しないでください。
●
ケーブルの接続および取り外しの際は、該当するラックのテクニカルマ
ニュアルの「注意事項」の章に記載されている指示に従ってください。対
応するラックのテクニカルマニュアルが付属します。
●
ラックを設置する際は、傾きを防止するための保護機構が正しく取り付け
られているか確認してください。
●
安全上の理由から、設置や保守作業の際、ラックから複数のユニットを同
時に取り外さないでください。
●
複数のユニットを同時に取り外すと、ラックが転倒する危険があります。
●
ラックは認定技術者(電気技術者)が電源ユニットに接続する必要があり
ます。
●
IEC309 タイプコネクタ付き工業用電源回路網から電力を供給する設置に
このサーバが組み込まれている場合は、電源ユニットのフューズ保護が、
A 型コネクタの非工業用電源回路網の要件に準拠している必要がありま
す。
3.2
CE 準拠
システムは、
「電磁環境適合性」に関する 2004/108/EC および
「低電圧指令」に関する 2006/95/EC の EC 指令、および 欧州議
会及び理事会指令 2011/65/EU の要件に適合しています。この
ことは、CE マーク(CE = Communauté Européenne)で示さ
れます。
34
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
注意事項
3.3
FCC クラス A 適合性宣言
デバイスに FCC 宣言の表示がある場合は、本書に別段の規定がない限り、以
下の宣言は本書に記載される製品に適用されます。その他の製品に関する宣
言は、付属のドキュメントに記載されます。
注:
この機器は、FCC 規則の Part 15 で規定されている 「クラス A」デジタル装
置の条件に準拠していることが、試験を通じて検証されていて、デジタル装
置についてのカナダ干渉発生機器標準 ICES-003 のすべての要件を満たして
います。これらの条件は、この機器を住宅地域に設置する場合に、有害な干
渉に対して保護するための妥当な手段です。この機器は無線周波エネルギー
を生成および使用し、また放射することもあるため、取扱説明書に従って正
しく設置および使用しないと、無線通信に悪影響を与える恐れがあります。
ただし、特定の設置条件で干渉が発生しないという保証はありません。この
機器が、無線やテレビの受信に対して有害な干渉の原因となる場合(これは
機器の電源をオン / オフすることによって確認することができます)、以下の
方法のいずれか 1 つ以上を使用して、干渉をなくすことを推奨します。
●
受信アンテナの方向を変えるか設置場所を変える。
●
この機器と受信機器との距離を離す。
●
受信機を接続しているコンセントと別系統回路のコンセントにこの機器を
接続する。
●
販売代理店、またはラジオやテレビに詳しい経験豊富な技術者に相談す
る。
この機器を許可なく改造したり、Fujitsu が指定する以外の接続ケーブルや機
器の代替使用または接続を行った場合は、これによって生じたラジオまたは
テレビの干渉について、Fujitsu は、一切の責任を負わないものとします。こ
のような許可のない改造、代替使用、接続によって生じた干渉は、ユーザー
の責任で修正するものとします。
この機器をいかなるオプション周辺装置やホストデバイスに接続する場合も、
遮蔽 I/O ケーブルの使用が必要です。遮蔽 I/O ケーブルを使用しないと、FCC
および ICES 規則に違反する場合があります。
警告 :
この製品はクラス A 製品です。この製品を家庭環境で使用すると電波妨害を
引き起こすことがあります。この場合にはユーザーが適切な対策を取る必要
のあることがあります。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
35
注意事項
3.4
環境保護
環境に優しい製品の設計と開発
この製品は、「環境に優しい製品の設計と開発」のための Fujitsu の基準に
従って設計された製品です。具体的には、耐久性、資材の選択とラベリング、
排出物、梱包材、分解とリサイクルの容易さなどの要因が配慮されています。
これにより資源が節約され、環境への危害が小さくなります。詳細は以下に
記載されています。
– http://ts.fujitsu.com/products/standard_servers/index.html (世界市場)
– http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/concept/(日本市場)
省電力について
常に電源を入れておく必要のないデバイスは、必要になるまで電源を入れな
いことはもとより、長期間使用しない場合や、作業の完了後も電源を切るよ
う心がけてください。
梱包材について
この梱包材に関する情報は、日本市場には適用されません。
梱包材は捨てないでください。システムを輸送するために、梱包材が後日必
要になる場合があります。装置を輸送する際は、できれば元の梱包材に入れ
てください。
消耗品の取り扱い方法
プリンタの消耗品やバッテリーを廃棄する際は、該当する国の規制に従って
ください。
EU ガイドラインに従って、分類されていない一般廃棄物と一緒にバッテリー
を廃棄することはできません。バッテリーは、メーカー、販売店、正規代理
店に無料で返却してリサイクルまたは破棄してもらうことができます。
汚染物質が含まれているバッテリーには、すべてマーク(ゴミ箱の絵に × 印)
が付いています。また、以下のような汚染物質として分
類されている重金属の化学記号も記載されます。
Cd カドミウム
Hg 水銀
Pb 鉛
36
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
注意事項
プラスチック製のケース部品のラベル
可能な限り、お客様独自のラベルをプラスチック製の部品に貼らないでくだ
さい。貼った場合、リサイクルが困難になります。
返却、リサイクルおよび廃棄
返却、リサイクル、廃棄を行う場合は、各自治体の規制に従ってください。
一般廃棄物と一緒にこのデバイスを廃棄することはできません。
このデバイスには、欧州指令 2002/96/EC の電気・電子機器廃棄
物指令(WEEE)に従ってラベルが貼られています。
この指令は、使用済み装置の返却とリサイクルに関して、EU 全
域に有効な枠組みを定めたものです。使用済みデバイスを返却す
る際は、利用可能な返却および収集方式をご使用ください。詳細
は以下に記載されています
http://ts.fujitsu.com/recycling.
ヨーロッパでのデバイスおよび消耗品の返却とリサイクルに関する詳細は、
『Returning used devices』マニュアルにも記載しています。このマニュアル
は、最寄の Fujitsu の支店、または Paderborn のリサイクルセンター
(Recycling Center)で入手できます。
Fujitsu Technology Solutions
Recycling Center
D-33106 Paderborn
TEL
FAX
+49 5251 525 1410
+49 5251 525 32 1410
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
37
注意事項
38
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
4
基本的なハードウェア手順
4.1
診断情報の使用
『FUJITSU Server PRIMERGY BX2580 M1 サーバブレードオペレーティング
マニュアル』では、サーバブレードの機能を紹介し、使用できるハードウェ
アオプションの概要を説明しています。
Fujitsu ServerView Suite 管理ソフトウェアを使用して、ハードウェア部品の
アップグレードまたは交換を計画してください。次の ServerView Suite のト
ピックを参照してください。
– Operation
– Maintenance
『ServerView Suite Local Service Concept - LSC』マニュアルで説明している
ように、リモート診断手順を使用して保守作業を準備することが推奨されま
す。
サービスコンセプト、および拡張キットまたはスペア部品の注文方法は、お
近くの Fujitsu カスタマサービスパートナーにお問い合わせください。Fujitsu
のイラスト入り部品カタログを使用して必要なスペア部品を探して、技術仕
様と注文情報をご確認ください。イラスト入り部品カタログは、オンライン
で http://manuals.ts.fujitsu.com/illustrated_spares(世界市場のみ)から入手でき
ます。
次の診断手順を実行して、故障したサーバブレードと部品を特定します。
4.1.1
マネジメントブレードの Web インタフェースへのア
クセス
現在のシステムステータスの確認およびサーバブレードの管理作業のため、
フィールドサービス端末(FST、ノートブックなど)をシステムユニットの
マネジメントブレードに接続して、マネジメントブレード Web インタフェー
スにログインします。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
39
基本的なハードウェア手順
1
2
3
4
5
図 2: マネジメントブレードのコネクタ
Ê FST を Management LAN コネクタに接続します。お客様は Up ポート
(4)を使用する必要があり、Down ポート(5)はサービス担当者向けに
予約されています。
I–
2 つのマネジメントブレードが取り付けられている場合は、マ
スターマネジメントブレードに FST を接続します。マスターマ
ネジメントブレードのステータス表示ランプが黄色に点灯しま
す。
– FST は Management LAN ポートと同じサブネットの同じ LAN
上に存在する必要があります。
Ê Web ブラウザを起動して「Management Agent Administrative URL」を入力
し、マネジメントブレードの Web インタフェースにログインします。詳
細は、『PRIMERGY BX900 ブレードサーバ ServerView マネジメントブ
レード S1 ユーザインタフェース説明書』または『PRIMERGY BX400 ブ
レードサーバ ServerView マネジメントブレード S1』ユーザインタフェー
ス説明書を参照してください。
I「Management Agent Administrative URL」が分からない場合は、次の
手順に従います。
Ê FST をマネジメントブレードのシリアルポート(3)に接続し、
端末セッションを開きます(『PRIMERGY BX900 Blade Server
Systems ServerView Management Blade S1 User Interface
Description』または『PRIMERGY BX400 ブレードサーバシス
テム ServerView マネジメントブレード S1 ユーザインタフェー
ス説明書』を参照)。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Management Agent – Agent
Information」メニューを開き、
「Management Agent Administrative
URL」を表示します。
40
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なハードウェア手順
Ê 上に記載されているように、マネジメントブレードの Web イン
タフェースにログインします。
4.1.2
故障したサーバブレードの特定
図 3: フロントパネルの ID ボタンとランプ
データセンター環境で作業している場合、サーバブレードのフロントパネル
にある ID ランプを使用すると、簡単に識別できます。
Ê フロントパネルの ID ボタン(1)を押すか、またはマネジメントブレード
の Web インタフェース、ServerView Operation Manager ユーザインタ
フェースを使用して ID ランプ(2)をオンにします。
I 詳細は、『ServerView Suite Local Service Concept - LSC』マニュア
ルを参照してください。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースを使用して ID ランプのオン
/ オフを切り替える場合は、目的のサーバブレードに対して、
「Components - System - Server Blades - Server Blade-x」メニューを開き、サー
バブレードのステータスフレームの「Locate」ボタンを押します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
41
基本的なハードウェア手順
Ê ServerView Operations Manager を使用して ID ランプのオン / オフを切り
替える場合は、
「シングルシステムビュー」を選択して「識別灯」ボタン
を押します。
Ê 保守作業が正常に完了したら、必ず ID ランプをオフにしてください。
4.1.3
エラー クラスの判定
Local Service Concept(LSC)で、故障したサーバブレード部品を特定でき
ます。故障イベントは、2 つのエラー クラスのうちの 1 つに割り当てられま
す。
– 保守イベント : 保守担当者が解決する必要があります
– Customer Self Service(CSS)エラー イベント : 運用担当者が解決する
ことができます
保守ランプと CSS LED は、故障した部品がお客様による交換可能部品か、
または保守担当者を派遣して部品を交換する必要があるかを示します。
I このランプは、スタンバイモード中、または停電によるサーバブレー
ド再起動の後にも点灯します。
42
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なハードウェア手順
4.1.3.1
保守ランプ
!
図 4: フロントパネルの保守ランプ
Ê サーバ前面の保守ランプを確認します。
表示ランプ
保守ランプ
ステータ
ス
説明
オフ
重大なイベントなし(CSS コンポーネント以
外)
オレンジ
色の点灯
故障の予兆を検出(CSS コンポーネント以
外)、
(予防的)保守作業が必要
オレンジ
色の点滅
CSS コンポーネント以外の故障またはソフト
ウェア / エージェント関連のエラー、保守作業
が必要
Ê 詳細な診断を行うには、次の手順に従います。
– ハードウェアエラー :
88 ページ の「SEL を表示する」の項に記載されているように、シス
テムイベントログ(SEL)をチェックします。
– ソフトウェア / エージェント関連のエラー :
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
43
基本的なハードウェア手順
ServerView System Monitor をチェックします。これは、ServerView
Agent がインストールされている Windows または Linux ベースのサー
バブレードで使用できます。
I 詳細は、『ServerView System Monitor』ユーザガイドを参照し
てください。
4.1.3.2
Customer Self Service(CSS)表示ランプ
図 5: フロントパネルの CSS エラー表示ランプ
Ê サーバブレードのフロントパネルの CSS 表示ランプを確認してください。
表示ランプ
ステータス 説明
オフ
CSS 表示ラン
プ
重大なイベントなし(CSS コンポーネン
ト)
オレンジ色 故障前に予兆を検出した(CSS コンポー
の点灯
ネント)
オレンジ色
CSS コンポーネントの故障
の点滅
44
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なハードウェア手順
4.1.4
故障した部品の特定
CSS 表示ランプまたは状態表示ランプでエラー クラスを判定した後
(42 ページ の「エラー クラスの判定」の項を参照)
、システムボードのロー
カル診断表示ランプで故障した部品を特定できます。
I 詳細は、『ServerView Suite Local Service Concept - LSC』マニュアル
を参照してください。
システムボードのローカル診断表示ランプ
쎻
쎻
B
B
쎻
A
DIMM 1C
DIMM 2C
DIMM 3C
DIMM 1D
DIMM 2D
DIMM 3D
CPU 1
DIMM 1E
DIMM 2E
DIMM 3E
DIMM 1F
DIMM 2F
DIMM 3F
DIMM 3B
DIMM 2B
DIMM 1B
DIMM 3A
DIMM 2A
DIMM 1A
쎻
H
CPU 2
쎻
J
쎻
I
쎻
C
쎻
D
쎻
E
쎻
F
쎻
G
DIMM 3H
DIMM 2H
DIMM 1H
DIMM 3G
DIMM 2G
DIMM 1G
쎻
B
쎻
B
図 6: オンボード表示ランプと CSS ボタン
番号 説明
1
CSS 表示ボタン
CSS 表示ボタンの使用
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバブレードをシャットダウンします。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」の項
に記載されているように、システムユニットからサーバブレードを取り外
します。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」の項に記載されているように、
サーバブレードを開きます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
45
基本的なハードウェア手順
Ê CSS 表示ボタンを押して(1)、故障した部品を強調表示します。
コンポーネント LED
I LED C ~ G (45 ページ の図 6 を参照)は前面から見えます。その他
の LED は、サーバブレードのカバーを取り外さないと確認できませ
ん。メモリ LED(B)を使用するには、エアカバーを取り外す必要が
あります(158 ページ の「メモリのエアカバーの取り扱い」の項を参
照)。
表示ランプ
ステータス 説明
A
メザニンカー
ド1
B
メモリ
メザニンカード 1 が動作可能
黄色の点灯 メザニンカード 1 が故障
オフ
メモリモジュールが動作可能
黄色の点灯 メモリモジュールの故障
ファブリック
3/4
C
オフ
オフ
ファブリック 3/4 でリンクなし
緑色の点滅
ファブリック 3/4 でリンクがアクティ
ブ
緑色の点灯 ファブリック 3/4 でリンクが確立
オフ
D
ファブリック 2 でリンクなし
ファブリック 2 緑色の点滅 ファブリック 2 でリンクがアクティブ
緑色の点灯 ファブリック 2 でリンクが確立
オフ
E
ファブリック 1 でリンクなし
ファブリック 1 緑色の点滅 ファブリック 1 でリンクがアクティブ
緑色の点灯 ファブリック 1 でリンクが確立
オフ
F
システムが正常
オレンジ色
CSS エラーが検出された
の点滅
CSS
オレンジ色
故障発生予測イベントが検出された
の点灯
オフ
G
保守ランプ
重大なイベントなし
オレンジ色
エラーが検出された(保守作業が必要)
の点滅
オレンジ色 故障の予兆が検出された(保守作業が
の点灯
必要)
46
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なハードウェア手順
表示ランプ
ステータス 説明
H
メザニンカー
ド2
I
CPU 1
J
CPU 2
オフ
メザニンカード 2 が動作可能
黄色の点灯 メザニンカード 2 が故障
オフ
CPU 1 が動作可能
黄色の点灯 CPU 1 の故障
オフ
CPU 2 が動作可能
黄色の点灯 CPU 2 の故障
I ローカル診断表示ランプの他に、CSS LED または保守ランプは、故障
した部品がお客様による交換可能部品であるか、または保守担当者を
派遣して部品を交換する必要があるかを示します(42 ページ の「エ
ラー クラスの判定」の項を参照)。
ホットプラグ対応ではない装置を交換するためにシステムの電源が切
れている場合、PRIMERGY 診断表示ランプのシステムを使用して、故
障したコンポーネントを特定できます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
47
基本的なハードウェア手順
4.2
サーバブレードのシャットダウン
V 注意 !
安全上の注意事項に関する詳細は、27 ページ の「注意事項」の章を参
照してください。
Ê システム管理者に、サーバブレードをシャットダウンしてオフラインにす
ることを連絡します。
Ê すべてのアプリケーションを終了します。
Ê マルチパス I/O 環境の場合は、66 ページ の「マルチパス I/O 環境でのサー
バ保守の注意事項」の項を参照してください。
図 7: フロントパネルの電源 ボタン
Ê 電源ボタン(1)を押して、サーバブレードをシャットダウンします。電
源表示ランプ(2)が消灯します。
I システムで ACPI 準拠の OS が実行されている場合は、電源ボタン
を押すと、正常なシャットダウンが実行されます。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」の項に記載されているよ
うに、サーバの前面パネルにある ID ランプをオンにします。
48
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なハードウェア手順
4.3
サーバブレードの取り外し
V 注意 !
安全上の注意事項に関する、27 ページ の「注意事項」の章を参照して
ください。
4.3.1
準備手順
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバブレードをシャットダウンして電源を切ります。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
49
基本的なハードウェア手順
4.3.2
サーバブレードのシステムユニットからの取り外し
図 8: サーバブレードのシステムユニットからの取り外し
Ê リリースレバー(1)を少し押し上げてイジェクトレバー(2)のロックを
解除します。
Ê イジェクトレバーを水平になるまで倒します。
Ê サーバブレードをシステムユニットから引き出します。
50
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なハードウェア手順
4.4
サーバブレードを開ける
V 注意 !
安全上の注意事項に関する、27 ページ の「注意事項」の章を参照して
ください。
カバーの取り外し
図 9: カバーの取り外し
Ê 矢印の方向にロックレバーを押します(1)。
Ê
上面カバーを止まるところまでさせます(2)。
Ê 上面カバーを持ち上げます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
51
基本的なハードウェア手順
4.5
サーバブレードを閉じる
V 注意 !
●
カバーを取り付ける前に、不要な部品や道具がサーバ内に残ってい
ないことを確認してください。
●
適用される EMC 要件(電磁環境適合性の要件)に準拠し、冷却要
件を満たすため、カバーが取り付けられていない状態で
PRIMERGY BX2580 M1 サーバブレードを起動しないでください。
●
安全上の注意事項に関する詳細は、27 ページ の「注意事項」の章
を参照してください。
図 10: サーバブレードを閉じる
Ê カバーの両側が水平になるようにサーバブレードの筐体の上に置き、フロ
ントフレームから約 1 ~ 2 cm 離します。
Ê カバーがカチッと音がして固定されるまで矢印の方向に押し込みます。
52
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なハードウェア手順
4.6
システムユニットにサーバブレードの取り付
け
V 注意 !
●
27 ページ の「安全について」の項に記載されている静電気に非常
に弱いデバイスの安全についての注意事項、および取り扱い方法に
注意してください。
●
電源ユニットおよびファンモジュールの取り付けの規則に注意し
て、システムを十分に冷却してください。この詳細は、システムユ
ニットのオペレーティングマニュアルを参照してください。
サーバブレードの取り付け
V 注意 !
34 ページ の「ラックへのサーバの設置についての注意」の項の安全に
ついての注意事項に従ってください
コネクタが破損していないか、および取り付け時などにピンが変形し
ていないかを確認してください。
コネクタまたはピンに異常がみられる場合は、サーバブレードを使用
しないでください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
53
基本的なハードウェア手順
図 11: サーバブレードの取り付け
Ê リリースレバーを開きます(1)
。
Ê サーバブレードをスロットの奥まで押し込みます(2)
。
54
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なハードウェア手順
図 12: サーバブレードのロック
Ê リリースレバーを引き上げてはめ込みます。
I サーバブレードを搭載後にマネジメントブレードの「自動インベント
リ収集(Automatic Inventory Retrieval)
」を「Automatic」に設定した
場合、サーバブレードの電源ユニットがオン / オフを繰り返しても故
障ではありません。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
55
基本的なハードウェア手順
4.7
サーバブレードの電源投入
V 注意 !
●
サーバブレードの電源投入前に、カバーが閉まっていることを確認
してください。適用される EMC 要件(電磁環境適合性の要件)に
準拠し、冷却要件を満たすため、カバーが取り付けられていない状
態でサーバブレードを起動しないでください。
●
27 ページ の「注意事項」の章の安全についての注意事項に従って
ください。
図 13: フロントパネルの電源 ボタン
Ê 電源ボタン(1)を押してサーバブレードを起動します。
Ê 電源ボタンの電源表示ランプ(2)が緑色に点灯していることを確認しま
す。
I 詳細は、255 ページ の「フロントパネルの表示ランプ」の項を参
照してください。
56
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なハードウェア手順
4.8
ソフトウェア作業の完了
Ê 次のソフトウェア作業を実行して、サーバブレードを稼働状態に戻しま
す。
– 80 ページ の「Boot Retry Counter のリセット」
– 86 ページ の「システム時刻設定の確認」
– 88 ページ の「システムイベントログ(SEL)の表示と消去」
– 90 ページ の「Linux 環境での NIC 構成ファイルのアップデート」
– 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
– 92 ページ の「RAID アレイのリビルドの実行」
– 93 ページ の「変更された MAC/WWN アドレスの検索」
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
57
基本的なハードウェア手順
58
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
5
基本的なソフトウェア手順
5.1
保守作業の開始
5.1.1
ビデオリダイレクションのサーバブレードへの起動
マネジメントブレードの Web インタフェースは、iRMC ビデオリダイレク
ション(AVR)機能を使用してサーバブレードに仮想コンソールを提供しま
す。AVR によって、管理するサーバブレードのマウスおよびキーボードを
FST から制御したり、管理するサーバブレードからの最新のグラフ出力およ
びテキスト出力を表示したりすることができます。
サーバブレードに仮想コンソールを開くには、次の手順に従います。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê 「Configuration」タブを開けます。
Ê 「iRMC Address Configuration」ボックスにスクロールします。
Ê 「LAN Port」リストボックスで「Management LAN」が選択されていること
を確認します。
Ê サーバブレードメニューのステータスフレームで、
「Video Redirection」ボ
タンをクリックします。
I iRMC ビデオリダイレクション(AVR)の詳細については、オンライ
ンで入手可能な『Integrated Remote Management Controller』ユーザ
ガイドを参照してください。
5.1.2
サーバブレードステータスの確認
5.1.2.1
マネジメントブレードの Web インタフェースによるサーバブレー
ドのステータスの確認
サーバブレードのステータスを確認するには、次の手順に従います。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 「Components」–「System」メニューを開きます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
59
基本的なソフトウェア手順
Ê 「Server Blade Status」タイトルバーの [+] ボタンをクリックして、サーバブ
レードリストを展開します。
搭載されているサーバブレードの全体的なステータスが、「Health」列の
アイコンで示されます。
I アイコンの意味については、マネジメントブレードの Web インタ
フェースの「Help – On Page」機能を参照してください。
Ê 「Server Blade-x」エントリを選択して、目的のサーバブレードの管理メ
ニューを開きます。
Ê 「Information」タブまでスクロールして、以下のコンポーネントについて
のステータス情報を取得します。
– オペレーティングシステム
– BIOS バージョン
– プロセッサ
– メモリモジュール
– ネットワークコンポーネント(オンボード CNA コントローラおよびメ
ザニンカード)
– オペレーティングシステム
Ê 「Event Log」タブを開いて、システムイベントログエントリを表示します。
5.1.2.2
iRMC によるサーバブレードステータスの確認
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê サーバブレードメニューのステータスフレームにある「Remote
Management」ボタンをクリックします。
iRMC Web インタフェースが開き、サーバブレードをリモートで管理でき
ます。
I 詳細については、オンラインで入手可能な『Integrated Remote
Management Controller』ユーザガイドを参照してください。
60
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
5.1.3
BIOS 設定の保存
次の手順に従います。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバブレードをシャットダウンして電源を切ります。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、Components - Server Blade - Server Blade-x
メニューを選択します。
Ê 「Configuration」タブを開けます。
Ê 「iRMC Address Configuration」ボックスの IP Address、Subnet Mask、
Gateway を書き留めます。
Ê iRMC Web インタフェース「FUJITSU ServerView® iRMC S4 Web
Server」を直接開きます。
V 注意 !
BIOS 設定の保存機能は、iRMC Web インタフェースを直接使用する場
合のみサポートされます。MMB Web インタフェースを経由して BIOS
設定を保存する機能はサポートされません。
Ê 「BIOS」- 「Backup/Restoration」メニューを開きます。
Ê 「Backup BIOS Single Parameters in ServerView® WinSCU XML format」
セクションの「Request BIOS Parameter Backup」ボタンをクリックします。
Ê 「Backup Status」が「Operation successful」の場合は、「 Save Backup to
File」ボタンをクリックします。
Ê バックアップファイルを FST のシステムに保存します。
5.1.4
iRMC 設定の保存
次の手順に従います。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê 「Configuration」タブを開けます。
Ê 「iRMC Address Configuration」ボックスにスクロールします。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
61
基本的なソフトウェア手順
Ê IP Address、Subnet Mask、Gateway を書き留めます。
Ê iRMC Web インタフェース「FUJITSU ServerView® iRMC S4 Web
Server」を直接開きます。
V 注意 !
iRMC 設定の保存機能は、iRMC Web インタフェースを直接使用する
場合のみサポートされます。MMB Web インタフェースを経由して
iRMC 設定を保存する機能はサポートされません。
Ê iRMC S4 – Network Settings – Ethernet を開き、「IP Address」、
「Subnet Mask」
および「Gateway」を確認します。
Ê 「iRMC S4 - Save Configuration」を開きます。
Ê 「Save iRMC S4 Firmware settings in ServerView® WinSCU XML format」
のセクションで、
「Save All」をクリックします。
Ê バックアップファイルを FST のシステムに保存します。
5.1.5
管理するサーバブレードへの仮想メディアの接続
マネジメントブレードの Web インタフェースでは iRMC 仮想メディア 機能を
使用して、サーバブレードの「仮想」ドライブを提供します。このドライブ
はネットワーク上にあります。この機能を使用して、サーバブレードをリ
モート DVD ドライブまたは ISO ファイルから起動できます。
サーバブレードで 仮想メディア 機能を起動するには、次の手順に従います。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê サーバブレードメニューのステータスフレームで、「Video Redirection」ボ
タンをクリックします。
Ê ビデオリダイレクションウィンドウのメニューバーで、
「Media - Virtual
Media Wizard」をクリックします。
I For further information on iRMC (lösch) 仮想メディア 機能の詳細につい
ては、オンラインで入手可能な『Integrated Remote Management
Controller』ユーザガイドを参照してください。
62
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
5.1.6
BitLocker 機能の無効化または中断
BitLocker ドライブ暗号化は、内容を暗号化して、情報にアクセスする際には
ユーザに資格情報の認証を要求して、OS とデータドライブを保護します。
オペレーティングシステムドライブでは、BitLocker は互換性のある Trusted
Platform Module(TPM)を使用してコンピュータの起動プロセスが元の状態
から変更されているかどうかを検出します。
BitLocker ドライブ暗号化の無効化または中断は、Windows がインストール
されているドライブを暗号化せずに BitLocker 保護を解除する、一時的な手段
です。BitLocker は、サーバのハードウェア構成や起動ファイルを変更する前
に無効または中断にしてください。保守手順が完了したら、再び BitLocker を
有効または再開にします。
V 注意 !
– BitLocker 機能を有効にしてシステム構成(ハードウェアまたは
ファームウェア設定)を変更すると、システムにアクセスできなく
なる場合があります。システムがリカバリモードになり、通常動作
に戻るには 48 桁のリカバリパスワードが必要になります。
サーバの保守を行う前に、BitLocker ドライブ暗号化を無効または
中断にしてください。
– 無効または中断にした場合、BitLocker は Trusted Platform Module
(TPM)ではなくプレーンテキストのキーを使用して暗号化された
ファイルを読み取ります。BitLocker を再度有効にするまで、この
ドライブの情報は安全ではないことに注意してください。
システム管理者に連絡して、コントロールパネルまたは Windows エクスプ
ローラーから BitLocker セットアップウィザードを使用してオペレーティング
システムドライブの BitLocker 保護を無効または中断にします。
Ê 「スタート」ボタンをクリックして、「コントロールパネル」から「セキュ
リティ」を選択し、「BitLocker ドライブ暗号化」をクリックして、
BitLocker ドライブ暗号化を開きます。
I 管理者権限が必要:管理者パスワードまたは確認を求められた場合
は、パスワードを入力するか、確認します。
Ê 一時的に BitLocker を無効または中断にするには次の手順に従います。
Windows Server 2008 以前 :
Ê 「BitLocker をオフにする」をクリックして、
「BitLocker ドライブ暗号
化を無効にします」をクリックします。
Windows Server 2008 R2 以降 :
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
63
基本的なソフトウェア手順
Ê 「BitLocker をオフにする」をクリックして、「BitLocker ドライブ暗号
化を中断にします」をクリックします。
I BitLocker セットアップウィザードからアクセスできる機能を指定する
には、BitLocker グループポリシーの設定を変更します。
BitLocker ドライブ暗号化を無効または中断にする方法については、
Microsoft のサポート技術情報を参照してください。
Fujitsu のサービスパートナーは、Fujitsu Extranet Web ページで詳細情
報をご確認ください(日本語版もあります)。
5.1.7
Boot Watchdog 機能の無効化
Boot Watchdog は、あらかじめ設定した時間内にサーバブレードが起動する
かどうかを判定します。Watchdog タイマーが切れると、システムは自動的
にリブートします。
5.1.7.1
Boot watchdog 設定の表示
マネジメントブレードの Web インタフェースで Boot watchdog 設定を表示す
るには、次の手順に従います。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê 「Configuration」タブを選択して、「ASR&R」ボックスを参照して、現在の
watchdog ステータス、タイムアウト間隔、watchdog がタイムアウトした
ときに実行されるアクションについての詳細情報を表示します。
I 詳細については、マネジメントブレードの Web インタフェースの
「Help – On Page」機能を参照してください。
5.1.7.2
Boot watchdog 設定の指定
ファームウェアをアップグレードするためにシステムをリムーバブルブート
メディアから起動する場合は、保守作業を開始する前に Boot Watchdog を無
効にしておく必要があります。それ以外の場合は、フラッシュプロセスが完
了する前に Boot Watchdog でシステムがリブートされることがあります。
64
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
V 注意 !
ファームウェアアップグレードプロセスが正常に完了しなかった場合、
サーバにアクセスできなくなったり、ハードウェアが破損または破壊
されたりする場合があります。
タイマー設定は BIOS 内で、またはマネジメントブレードの Web インタ
フェースを使用して設定できます。
BIOS での Boot watchdog 設定の指定
Ê 59 ページ の「ビデオリダイレクションのサーバブレードへの起動」の項
に記載されているように、サーバブレードの仮想コンソールを開きます。
Ê サーバブレードの電源を入れるか、再起動します。
Ê スタートアップ画面が表示されたらすぐに [F2] ファンクションキーを押
して、BIOS へ移動します。
Ê 「Server Mgmt」メニューを選択します。
Ê 「Boot Watchdog」で「Action」設定を「Continue」に設定します。
Ê 変更を保存して BIOS を終了します。
I BIOS にアクセスして設定を変更する方法については、『 FUJITSU
Server PRIMERGY BX2580 M1 用 D3321 セットアップユーティリティ
リファレンスマニュアル』を参照してください。
マネジメントブレードの Web インタフェースを使用した Boot Watchdog 設
定の指定
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê 「Configuration」タブを選択して、「ASR」ボックスにスクロールします。
Ê 「Enable Watchdog」オプションを無効にします。
Ê 「適用」をクリックして変更内容を適用します。
I 詳細については、マネジメントブレードの Web インタフェースの
「Help – On Page」機能を参照してください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
65
基本的なソフトウェア手順
5.1.8
バックアップソフトウェアソリューションの検証と
設定
I この作業は、日本市場にのみ適用されます。
バックアップソフトウェアソリューションによっては、保守作業を開始する
前に、バックアップソフトウェアドライブリストからバックアップドライブ
を無効または削除する必要があります。
これは、次のバックアップソフトウェアソリューションの場合です。
– BackupExec
I 手順は、バックアップソリューションによって異なる場合があります。
詳細は、別途提供される専用のマニュアルを参照してください。
Fujitsu サービスパートナーは、該当するバックアップソフトウェアソ
リューションの詳細情報および関連ドキュメントを Fujitsu Extranet
ページから取得できます。
5.1.9
マルチパス I/O 環境でのサーバ保守の注意事項
マルチパス I/O 環境でサーバを ServerView Suite DVD からオフラインで起動
して、ServerView Update DVD を使用してオフライン BIOS/ ファームウェア
アップデートを実行したり、PrimeCollect を使用して診断データを収集したり
する場合、システム構成が破損してシステムが起動できなくなる危険性があ
ります。
I これはマルチパスドライバに関する Windows PE の既知の制約です。
Update Manager Express の使用
Ê オフライン BIOS / ファームウェアアップデートを実施する場合、事前に
ServerView Update DVD または USB メモリを用意してください。
Ê 最新の ServerView Update DVD イメージを、Fujitsu からダウンロード
します。
EMEA 市場向け
ftp://ftp.ts.fujitsu.com/images/serverview
日本市場向け:
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/products/note/svsdvd/dvd/
66
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
Ê イメージを DVD に書き込みます。
Ê 起動可能な USB メモリを作成するには、『Local System Update for
PRIMERGY Servers』ユーザガイドに記載されている手順に従います。
Ê オフライン環境で ServerView Update DVD または USB メモリを使用する
前に、サーバを適切にシャットダウンして、すべての外部 I/O 接続
(LAN、FC や SAS ケーブルなど)をシステムから切断してください。マ
ウス、キーボード、ビデオケーブル、AC 電源コードのみを接続したまま
にしてください。
I タスクの完了後に、すべての外部 I/O 接続を元の位置に再び接続で
きるように、それらが一意に識別できるようにしておきます。
(物理)Update DVD または USB メモリから Update Manager Express を起動
するには、次の手順に従います。
Ê 『Local System Update for PRIMERGY Servers』ユーザガイドに記載され
ている手順に従って、Update DVD または USB メモリを準備します。
Ê 準備した Update DVD または USB メモリからサーバをブートします。
DVD: Ê サーバの電源を入れます。
Ê サーバの電源を入れた直後に、Update DVD を DVD ドライブに
挿入してトレイを閉じます。
USB: Ê USB メモリをサーバに接続します。
Ê サーバの電源を入れます。
DVD または USB メモリからサーバがブートしない場合は、次の手順に従
います。
Ê 前面のリセットボタンを押すか、サーバの電源を一度切断して数秒後
に再び投入して、サーバをリブートします。
Ê サーバが起動したら、[F12] を押してブートメニューを表示します。
Ê Ê および Ë カーソルキーを使用してブートデバイスに DVD ドライブ
または USB メモリを選択し、[ENTER] を押します。
サーバが Update DVD または USB メモリからブートします。
Ê ブートプロセスが完了した後、使用する GUI 言語を選択します。
Update Manager Express のメインウィンドウが表示されます。
Ê 目的の保守作業を終了します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
67
基本的なソフトウェア手順
I 詳細は、『Local System Update for PRIMERGY Servers』ユーザガイド
を参照してください。
PrimeCollect の使用
PrimeCollect を起動するには、次の手順に従います。
Ê オフライン環境で PrimeCollect を使用する前に、サーバを適切にシャット
ダウンして、すべての外部 I/O 接続(LAN、FC や SAS ケーブルなど)を
システムから切断してください。マウス、キーボード、ビデオケーブル、
AC 電源コードのみを接続したままにしてください。
I タスクの完了後に、すべての外部 I/O 接続を元の位置に再び接続で
きるように、それらが一意に識別できるようにしておきます。
Ê サーバの電源を入れます。
Ê サーバの電源を入れた直後に、DVD ドライブに ServerView Suite DVD を
挿入し、ドライブトレイを閉じます。
DVD からサーバがブートしない場合は、次の手順に従います。
Ê 前面のリセットボタンを押すか、サーバの電源を一度切断して数秒後
に再び投入して、サーバをリブートします。
Ê サーバが起動したら、[F12] を押してブートメニューを表示します。
Ê Ê および Ë カーソルキーを使用してブートデバイスに DVD ドライブ
を選択し、[ENTER] を押します。
サーバが ServerView Suite DVD からブートします。
Ê ブートプロセスが完了した後、使用する GUI 言語を選択します。
Ê 最初の Installation Manager スタートアップウィンドウで、「Installation
Manager mode」セクションから「PrimeCollect」を選択します。
Ê 「次へ」をクリックして続行します。
Ê 目的の保守作業を終了します。
I 詳細は、『PrimeCollect』ユーザガイドを参照してください。
手順の完了
Ê アップデート手順または診断手順が完了した後、サーバをシャットダウン
してすべての外部 I/O 接続を再接続して、システムを通常動作に戻しま
す。
68
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
Ê 必要に応じて、マルチパス環境内の残りのすべてのサーバに対してこの手
順を実行します。
5.1.10 ID ランプの点灯
データセンター環境で作業している場合、サーバブレードの前面にある ID ラ
ンプを使用すると、簡単に識別できます。
フロントパネルの ID ボタンを使用する
Ê フロントパネルの ID ボタンを押して、ID ランプをオンにします。
I ID ボタンを 5 秒以上押してから離した場合、青色で点灯します。
また、ID ボタンを 1 秒以内にもう一度押すと、NMI が発行されま
す。
I 詳細は、255 ページ の「フロントパネルの表示ランプ」の項を参
照してください。
マネジメントブレードの Web インタフェースの使用
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê サーバブレードのステータスフレームの「Locate」ボタンを押して、ID ラ
ンプをオンにします。
ServerView Operations Manager を使用する
Ê ServerView Operations Manager の「シングルシステムビュー」で、タイ
トルバーの「識別灯」ボタンを押して、ID ランプをオンにします。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
69
基本的なソフトウェア手順
5.2
保守作業の完了
5.2.1
システムボード BIOS と iRMC のアップデートまたは
リカバリ
サーバブレード、プロセッサまたはメモリモジュールを交換したら、BIOS と
iRMC を最新バージョンにアップグレードする必要があります。最新バー
ジョンの BIOS と iRMC は、Fujitsu サポートインターネットページから取得
できます。
http://ts.fujitsu.com/support/(世界市場向け)
I Fujitsu は、BIOS または iRMC アップデートによって生じるサーバへ
の破損またはデータ損失について責任を負いません。
日本市場では、別途指定する手順に従ってください。
5.2.1.1
システムボード BIOS のアップデートまたはリカバリ
TFTP によるアップデート手順
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバがシャットダウンされていることを確認します。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースにログインします。
Ê 「Information / Operation – Operation – Firmware Update」メニューを開きま
す。
Ê 「Server Blade 」タブを開きます。
Ê 「Server Blade to be Updated」ボックスで目的のサーバを選択します。
Ê 「Update settings」ボックスに、アップデートファームウェア(BIOS)を選
択します。
Ê 「Update settings 」ボックスに、TFTP サーバの TFTP IPv4 または IPv6 ア
ドレスと TFTP ファームウェアファイルのパス名を入力します。
I 詳細については、マネジメントブレードの Web インタフェースの
「Help – On Page」機能を参照してください。
Ê 「Start」ボタンでアップデートプロセスを起動することができます。
「Server Blade to be Updated」ボックスのステータスカラムに、アップデー
トの進行状況に関する情報が表示されます。
70
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
V 注意 !
BIOS アップデートプロセスが開始したら、中断しないでください。
プロセスが中断されると、BIOS が完全に破損します。
BIOS リカバリ手順
I 日本市場では、別途指定する手順に従ってください。
Ê 次のファイルを格納した USB メモリを準備します。
– アップデートツール
– Startup.nsh(アップデートツールを実行)
– アップデートの BIOS イメージファイル(ヘッダー情報を含めて
16 MB)
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバがシャットダウンされていることを確認します。
一つ目の選択肢 : マネジメントブレードの Web インタフェースによるサーバ
ブレード BIOS のリカバリ
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバがシャットダウンされていることを確認します。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースにログインします。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê 「Configuration」タブを選択します。
Ê 「Boot Options 」ボックスで、
「BIOS Recovery Flash Bit Enabled」オプション
を有効にします。
Ê Y ケーブルを使用して、モニタ、マウスおよび USB メモリスティックを
サーバブレードの前面のポートに接続します。
Ê 56 ページ の「サーバブレードの電源投入」の項に記載されているように、
サーバブレードの電源を入れます。
短いビープ音の後、BIOS アップロードが実行されます。フラッシュ動作
のステータスが画面に表示されます。フラッシュ動作が完了すると、手順
が表示されます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
71
基本的なソフトウェア手順
V 注意 !
BIOS リカバリプロセスが開始されたら、中断しないでください。
プロセスが中断されると、BIOS が完全に破損します。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバブレードをオフにします。
Ê Y ケーブルを抜きます。
Ê マネジメントブレードの「Boot Options」メニューで「BIOS Recovery Flash
Bit Enabled」のオプションを無効にします。
Ê 56 ページ の「サーバブレードの電源投入」の項に記載されているように、
サーバブレードの電源を入れます。
Ê これで、サーバブレードを動作状態に戻すことができます。
2 番目のオプション :DIP スイッチによるサーバブレード BIOS のリカバリ
Ê 49 ページ の「サーバブレードの取り外し」の項に記載されているように、
システムユニットからサーバブレードを取り外します。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」の項に記載されているように、
サーバブレードを開きます。
Ê ユーザ DIP スイッチバンクのスイッチ 3 を使用して、BIOS リカバリモー
ドに移行します(251 ページ の「オンボード設定」の項を参照)。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」の項に記載されているように、
サーバブレードを閉じます。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」の項に記
載されているように、システムユニットにサーバブレードを再び取り付け
て、固定します。
Ê Y ケーブルを使用して、モニタ、マウスおよび USB メモリスティックを
サーバブレードの前面のポートに接続します。
Ê 56 ページ の「サーバブレードの電源投入」の項に記載されているように、
サーバブレードの電源を入れます。
短いビープ音の後、BIOS アップロードが実行されます。フラッシュ動作
のステータスが画面に表示されます。フラッシュ動作が完了すると、手順
が表示されます。
72
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
V 注意 !
BIOS リカバリプロセスが開始されたら、中断しないでください。
プロセスが中断されると、BIOS が完全に破損します。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバブレードをオフにします。
Ê Y ケーブルを取り外します。
Ê 49 ページ の「サーバブレードの取り外し」の項に記載されているように、
システムユニットからサーバブレードを取り外します。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」の項に記載されているように、
サーバブレードを開きます。
Ê ユーザ DIP スイッチバンクのスイッチ 3 をオフにします(251 ページ の
「オンボード設定」の項を参照)
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」の項に記載されているように、
サーバブレードを閉じます。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」の項に記
載されているように、システムユニットにサーバブレードを再び取り付け
ます。
Ê 56 ページ の「サーバブレードの電源投入」の項に記載されているように、
サーバブレードの電源を入れます。
Ê これで、サーバブレードを動作状態に戻すことができます。
5.2.1.2
iRMC のアップデートまたはリカバリ
TFTP によるアップデート手順
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースにログインします。
Ê 「Information / Operation – Operation – Firmware Update」メニューを開きま
す。
Ê 「Server Blade 」タブを開きます。
Ê 「Server Blade to be Updated」ボックスで目的のサーバを選択します。
Ê 「Update settings」ボックスに、アップデートファームウェア(iRMC)を
選択します。
Ê 「Update settings 」ボックスに、TFTP サーバの TFTP IPv4 または IPv6 ア
ドレスと TFTP ファームウェアファイルのパス名を入力します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
73
基本的なソフトウェア手順
I 詳細については、マネジメントブレードの Web インタフェースの
「Help – On Page」機能を参照してください。
Ê 「Start」ボタンでアップデートプロセスを起動することができます。
「Server Blade to be Updated」ボックスのステータスカラムに、アップデー
トの進行状況に関する情報が表示されます。
V 注意 !
iRMC アップグレードプロセスが開始したら、中断しないでくださ
い。プロセスが中断されると、iRMC が完全に破損します。
iRMC リカバリ手順
iRMC リカバリは、起動可能な USB メモリスティックから実行される
「FlashDisk」メニューから実行されます。詳細については、オンラインで入手
可能な『Integrated Remote Management Controller』ユーザガイドを参照し
てください。
I 日本市場では、別途指定する手順に従ってください。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバブレードをシャットダウンします。
Ê Y ケーブルを使用して、モニタ、マウスおよび起動可能 USB メモリス
ティックをサーバブレードの前面のポートに接続します。
Ê 56 ページ の「サーバブレードの電源投入」の項に記載されているように
サーバブレードの電源を入れ、USB メモリスティックから起動します。
起動処理が完了すると、「FlashDisk」メニューが開きます。
Ê 「Recovery _L」を選択して、ファームウェアイメージ 1(低ファームウェ
アイメージ)のリカバリフラッシュを実行します。
Ê 「Recovery _U」を選択して、ファームウェアイメージ 2(高ファームウェ
アイメージ)のリカバリフラッシュを実行します。
Ê アップデート処理が完了したら、「Exit」をクリックして「FlashDisk」メ
ニューを閉じます。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバブレードをシャットダウンします。
Ê Y ケーブルを取り外します。
74
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
Ê 56 ページ の「サーバブレードの電源投入」の項に記載されているように、
サーバブレードの電源を入れます。
Ê これで、サーバブレードを動作状態に戻すことができます。
5.2.2
BIOS 設定の復元
次の手順に従います。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバブレードをシャットダウンして電源を切ります。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、Components - Server Blade - Server Blade-x
メニューを選択します。
Ê 「Configuration」タブを開けます。
Ê 「iRMC Address Configuration」ボックスで、IP Address、Subnet Mask、
Gateway を設定します。
Ê 「Apply」ボタンをクリックします。
Ê iRMC Web インタフェース「FUJITSU ServerView® iRMC S4 Web
Server」を直接開きます。
V 注意 !
BIOS 設定の復元機能は、iRMC Web インタフェースを直接使用する場
合のみサポートされます。MMB Web インタフェースでは、BIOS 設定
の復元機能はサポートされません。
Ê 「BIOS」- 「Backup/Restoration」メニューを開きます。
Ê 「Restoration BIOS Single Parameters in ServerView® WinSCU XML
format」セクションの、FST のファイルシステムに保存されたバックアッ
プファイルを選択します。
Ê 「Upload」ボタンをクリックします。
Ê 「Are you sure you want to update the system bios with this file?」と表示さ
れた場合は、
「Confrim」ボタンをクリックします。
Ê 「Restoration Status」が「Operation successful」の場合は、BIOS 設定の
復元は完了しています。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
75
基本的なソフトウェア手順
5.2.3
iRMC 設定の復元
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、Components - Server Blade - Server Blade-x
メニューを選択します。
Ê 「Configuration」タブを開けます。
Ê 「iRMC Address Configuration」ボックスで、IP Address、Subnet Mask、
Gateway を設定します。
Ê 「Apply」ボタンをクリックします。
Ê iRMC Web インタフェース「FUJITSU ServerView® iRMC S4 Web
Server」を直接開きます。
V 注意 !
iRMC 設定の復元機能は、iRMC Web インタフェースを直接使用する
場合のみサポートされます。MMB Web インタフェースでは、iRMC 設
定の復元機能はサポートされません。
Ê 「iRMC S4 - Save Configuration」を開きます。
Ê 「Import iRMC S4 Firmware settings in ServerView® WinSCU XML format
from file」セクションの、FST のファイルシステムに保存されたバック
アップファイルを選択します。
Ê 「Upload」ボタンをクリックします。
5.2.4
メザニンカードのファームウェアのアップデート
メザニンカードを交換したら、ファームウェアを最新バージョンにアップグ
レードする必要があります。最新バージョンのメザニンカードファームウェ
アは、弊社サポート Web ページから取得できます。
http://ts.fujitsu.com/support/(世界市場向け)
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/downloads/ (日本市場向け)
I 弊社は、ファームウェアアップデートによって生じるサーバへの破損
またはデータ損失について責任を負いません。
日本市場では、別途指定する手順に従ってください。
76
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
ServerView Update Manager の使用
ServerView Update Manager または Update Manager Express(UME)を使用
して RAID コントローラをアップデートする方法については、オンラインで
入手可能な次のマニュアルを参照してください。
– ServerView Update Manager:
『ServerView Update Management』ユーザガイド
– ServerView Update Manager Express:
『Local System Update for PRIMERGY Servers』ユーザガイド
フラッシュツールの使用
最新のファームウェアファイルは、Windows または DOS ツールの ASP
(Autonomous Support Package)として 弊社サポート Web ページ
(http://ts.fujitsu.com/support/)からダウンロードできます。
Ê 「Drivers & Downloads」を選択します。
Ê 「Select Product」ドロップダウンリストからご利用の PRIMERGY サーバを
選択するか、シリアル番号または ID 番号を検索フィールドに入力します。
Ê オペレーティングシステムとバージョンを選択します。
Ê 目的のコンポーネントタイプ(SAS RAID など)を選択します。
Ê デバイスリストからご利用のコントローラを選択し、一連の使用可能なド
ライバおよびファームウェアを展開します。
Ê 目的のファイルを選択して「Download」をクリックし、その後指示に
従ってください。
I ServerView Operation Manager (SVOM) を使用してサーバブレードの
管理作業を行うときは、以下の注記を参照してください。
Ethernet またはファイバーチャネルメザニンカードを交換した後、次
の手順に従います。
Ê SVOM に移行し、「System Status」–「Network」–「Network Adapters」–
「Monitored Components」メニューを開きます。
Ê 交換されたメザニンカードに対して「Acknowledge」をクリックし
ます。
これで、コンポーネントのステータスが「ok」に設定されます。新し
いステータスを確認するには、「ドライバモニタ」ビューを「更新」で
リフレッシュします。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
77
基本的なソフトウェア手順
5.2.5
Option ROM Scan の有効化
取り付けまたは交換したメザニンカードを設定するには、カードの Option
ROM をシステムボード BIOS で有効にする必要があります。リブート時に
カードのファームウェアがシステム BIOS によって呼び出され、入力や設定
を行えます。
Option ROM は常時有効にする(頻繁にセットアップが必要な可能性のある
ブートコントローラの場合)
。または、1 回の設定のために一時的に有効にす
ることができます。
I SAN/iSCSI ブートの場合、カードの Option ROM を永続的に有効にす
る必要があります。
コントローラの Option ROM を常時有効にする場合は、システムボードの
BIOS で一度に 2 個の Option ROM しか有効にできないことに注意してくださ
い。
Ê 59 ページ の「ビデオリダイレクションのサーバブレードへの起動」の項
に記載されているように、サーバブレードの仮想コンソールを開きます。
Ê サーバブレードの電源を入れるか、再起動します。
Ê スタートアップ画面が表示されたらすぐに [F2] ファンクションキーを押
して、BIOS へ移動します。
Ê Advanced メニューから Option ROM Configuration を選択します。
I オンボード CNA から iSCSI が使用されている場合は、「Advanced」
メニューから「Onboard Devices Configuration」- 「Onboard CNA
OpROM」を選択します。
Ê 目的のメザニンカードスロットを指定して、「Launch Slot # OpROM」を
「Enabled」に設定します。
Ê 変更を保存して BIOS を終了します。
I システムボード BIOS で同時に 2 つまで Option ROM を有効にでき
ます。
BIOS にアクセスして設定を変更する方法については、
『 FUJITSU
Server PRIMERGY BX2580 M1 用 D3321 セットアップユーティリ
ティ リファレンスマニュアル』を参照してください。
Ê Advanced メニューから Option ROM Configuration を選択します。オン
ボード CNA から iSCSI が使用されている場合は、
「Advanced」メニュー
から「Onboard Devices Configuration」- 「Onboard CNA OpROM」を選
択します。
78
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
有効にした拡張カードがブートシーケンスの POST 段階中に初期化される
と、拡張カードのファームウェアに移行するためのキーの組み合わせが一時
的に表示されます。
Ê 表示されたキーの組み合わせを押します。
Ê 拡張カードのファームウェアオプションを必要に応じて変更します。
Ê 変更を保存してファームウェアを終了します。
I 拡張カードの Option ROM をシステムボード BIOS で無効にできます。
例外 : 拡張カードが永続的なブートデバイスを制御する場合、カード
の Option ROM は有効のままにしておく必要があります。
5.2.6
バックアップソフトウェアソリューションの検証と
設定
I この作業は、日本市場にのみ適用されます。
バックアップドライブの無効化
バックアップソフトウェアソリューションによっては、保守作業が完了して
から、バックアップソフトウェアドライブリストからバックアップドライブ
を無効化または削除し、バックアップジョブを再設定する必要があります。
これは、次のバックアップソフトウェアソリューションの場合です。
– Netvault for Windows
– ARCServe
– BackupExec
I 手順は、バックアップソリューションによって異なる場合があります。
詳細は、別途提供される専用のマニュアルを参照してください。
弊社サービスパートナーは、該当するバックアップソフトウェアソ
リューションの詳細情報および関連ドキュメントを 弊社 Extranet ペー
ジから取得できます。
バックアップドライブの再有効化
66 ページ の「バックアップソフトウェアソリューションの検証と設定」の項
に記載されているように、バックアップドライブが無効になっている場合、
またはバックアップソフトウェアドライブリストから削除されている場合は、
保守作業を完了するために再度有効にする必要があります。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
79
基本的なソフトウェア手順
Ê バックアップドライブを再度有効にして、バックアップソフトウェア設定
と cronjob を変更します。
I 弊社サービスパートナーは、該当するバックアップソフトウェアソ
リューションの詳細情報および関連ドキュメントを 弊社 Extranet
ページから取得できます。
5.2.7
Boot Retry Counter のリセット
Boot Retry Counter は、POST watchdog がシステムリブートを実行するたび
に、あらかじめ設定された値から減少していきます。値が「0」になると、シ
ステムはシャットダウンし、電源が切れます。
5.2.7.1
Boot Retry Counter の表示
現在の Boot Retry Counter のステータスはマネジメントブレードの Web イン
タフェースで確認できます。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê 「Configuration」タブを選択して、「ASR」ボックスにスクロールします。
Ê 「Retry Counter 0-max.」に、現在残っているブート試行回数が表示されま
す。この値は、ブート試行の失敗や、重大なシステムエラーによるシステ
ムリブートごとに減少します。
5.2.7.2
Boot Retry Counter のリセット
サービスタスクの終了時には、Boot Retry Counter を元の値にリセットして
ください。
I お客様が元の Boot Retry 値を把握していない場合は、以下のことに注
意してください :
システムが起動して、正常なブート試行の後 6 時間以内にエラーが発
生しない場合、Boot Retry Counter は自動的にデフォルト値にリセット
されます。指定されたブート試行回数は、この時間が経過した後にの
み決定されることに留意してください。
お客様が元の Boot Retry 値を知っている場合は、次の手順に従って、Boot
Retry Counter をリセットまたは設定してください。
80
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
マネジメントブレード Web インタフェースでの Boot Retry Counter のリ
セット
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê 「Configuration」タブを選択して、「ASR」ボックスにスクロールします。
Ê 「Retry Counter 0-max.」で、最大ブート試行回数を指定します(0 ~ 7)。
5.2.8
メモリモジュールまたはプロセッサの交換後のエ
ラーステータスのリセット
5.2.8.1
メモリモジュール
メモリエラーの場合、ServerView Operations Manager によって故障したメモ
リモジュールが報告されることがあります。
I 注意事項
故障したモジュールを交換した後、エラーカウンターが自動的にリ
セットされているか確認してください。メモリスロットが故障してい
るようにまだ示される場合は、以下のいずれかを使用してエラーカウ
ンターを手動でリセットしてください。
iRMC Web フロントエンドの使用
Ê ServerView iRMC Web フロントエンドに移動します。
Ê 「System Information」メニューを選択します。
Ê 「System Components」で、影響を受けるメモリモジュールの横にある
チェックボックスを選択します。
Ê ドロップダウンリストから「Reset Error Counter」を選択します。
Ê 「適用」をクリックして変更内容を適用します。
ServerView Maintenance Tools の使用(Windows のみ)
Ê ServerView Maintenance Tool の起動
– Windows Server 2008 R2 以前 :
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
81
基本的なソフトウェア手順
「スタート」> 「(すべての)プログラム」> 「Fujitsu」> 「ServerView
Suite」> 「Agents」> 「Maintenance Tools」
– Windows Server 2012 以降 :
「スタート」> 「アプリ」> 「Fujitsu」> 「Maintenance Tools」
Ê メモリステータスタブを選択します。
Ê 故障発生予測ステータスが表示されるメモリモジュールを選択します。
Ê 「Reset Status」をクリックします。
I「Reset Status」ボタンは、選択したメモリモジュールにエラーがあ
る場合のみ使用できます。
Ê すべての故障発生予測 / 故障ステータスの問題が解決されていることを
ServerView Operations Manager で確認します。
コマンドラインの使用(Linux のみ)
ServerView Agents for Linux に含まれる meclear ユーティリティを使用して、
メモリカウンターをリセットできます。
I meclear(Memory Module Error Counter Reset Utility)を使用して、
メモリモジュールの交換後などに、メモリモジュールについて収集さ
れたエラーカウンターをリセットできます。
詳細については、meclear マニュアルページを参照してください。
Ê ルートとしてログインします。
Ê 次のコマンドを入力して [ENTER] を押します。
/usr/sbin/meclear
Ê ステータスが「OK」または「Not available」以外のメモリモジュールの
番号を選択します。
Ê すべてのメモリモジュールに「OK」ステータスが表示されるようになる
まで上記手順を繰り返します。
Ê すべての故障発生予測 / 故障ステータスの問題が解決されていることを
ServerView Operations Manager で確認します。
5.2.8.2
プロセッサ
重大なエラーの場合、ServerView Operations Manager によって故障したプロ
セッサが報告されることがあります。
I 注意事項
82
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
故障した CPU の交換後に、以下のいずれかの方法を使用してエラーカ
ウンターを手動でリセットしてください。
ServerView Maintenance Tools の使用(Windows のみ)
Ê ServerView Maintenance Tool の起動
– Windows Server 2008 R2 以前 :
「スタート」> 「(すべての)プログラム」> 「Fujitsu」> 「ServerView
Suite」> 「Agents」> 「Maintenance Tools」
– Windows Server 2012 以降 :
「スタート」> 「アプリ」> 「Fujitsu」> 「Maintenance Tools」
Ê CPU ステータスタブを選択します。
Ê 故障発生予測ステータスが表示される CPU を選択します。
Ê 「Reset Status」をクリックします。
Ê すべての故障発生予測 / 故障ステータスの問題が解決されていることを
ServerView Operations Manager で確認します。
コマンドラインの使用(Linux のみ)
次の手順の従って、特定のプロセッサのエラーカウンターをリセットします。
Ê ルートとしてログインします。
Ê 次のコマンドを入力して [ENTER] を押します。
– ラックサーバ、またはタワーサーバの場合(RX および TX サーバ):
/usr/sbin/eecdcp -c oc=0609 oi=<CPU#>
– ブレードサーバ、またはスケールアウトサーバの場合(BX および CX
サーバ)
:
/usr/sbin/eecdcp -c oc=0609 oi=<CPU#> cab=<cabinet nr>
キャビネット番号を識別できるように、次のコマンドを入力して
[ENTER] を押します:
/usr/sbin/eecdcp -c oc=E204
I < CPU#> の入力値は、CPU1 の場合は「0」、CPU2 の場合は「1」
です。
Ê 上記の方法でエラーステータスをリセットできない場合は、以下の手順で
すべてのプロセッサのエラーカウンターをリセットしてください。
Ê ルートとしてログインします。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
83
基本的なソフトウェア手順
Ê 次のコマンドを入力して [ENTER] を押します。
1. /etc/init.d/srvmagt stop
/etc/init.d/srvmagt_scs stop
/etc/init.d/eecd stop
/etc/init.d/eecd_mods_src stop
2. cd /etc/srvmagt
3. rm -f cehist.bin
4. /etc/init.d/eecd_mods_src start
/etc/init.d/eecd start
/etc/init.d/srvmagt start
/etc/init.d/srvmagt_scs start
Ê すべての故障発生予測 / 故障ステータスの問題が解決されていることを
ServerView Operations Manager で確認します。
5.2.9
Boot Watchdog 機能の有効化
Boot Watchdog 機能がファームウェアアップデートのために無効にされてい
る場合(64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」の項を参照)、保守作
業を完了するには有効にする必要があります。
タイマー設定は、マネジメントブレードの Web インタフェースを使用して設
定できます。
BIOS での Boot watchdog 設定の指定
Ê 59 ページ の「ビデオリダイレクションのサーバブレードへの起動」の項
に記載されているように、サーバブレードの仮想コンソールを開きます。
Ê サーバブレードの電源を入れるか、再起動します。
Ê スタートアップ画面が表示されたらすぐに [F2] ファンクションキーを押
して、BIOS へ移動します。
Ê 「Server Mgmt」メニューを選択します。
Ê 「Boot Watchdog」で「Action」設定を「Reset」に設定します。
Ê 変更を保存して BIOS を終了します。
I BIOS にアクセスして設定を変更する方法については、『 FUJITSU
Server PRIMERGY BX2580 M1 用 D3321 セットアップユーティリティ
リファレンスマニュアル』を参照してください。
84
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
マネジメントブレードの Web インタフェースを使用した Boot Watchdog 設
定の指定
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê 「Configuration」タブを選択して、「ASR」ボックスにスクロールします。
Ê 「Enable Watchdog」オプションを有効にします。
Ê 「適用」をクリックして変更内容を適用します。
I 詳細については、マネジメントブレードの Web インタフェースの
「Help – On Page」機能を参照してください。
5.2.10 交換した部品のシステム BIOS での有効化
プロセッサ、拡張カード、またはメモリモジュールが故障した場合、故障し
た部品はシステム BIOS で「Disabled」または「Failed」に設定されます。
サーバブレードは、システム構成内の残りの故障していないハードウェア部
品のみでリブートします。故障した部品を交換した後、システムボード BIOS
で有効に戻す必要があります。
Ê 59 ページ の「ビデオリダイレクションのサーバブレードへの起動」の項
に記載されているように、サーバブレードの仮想コンソールを開きます。
Ê サーバブレードの電源を入れるか、再起動します。
Ê スタートアップ画面が表示されたらすぐに [F2] ファンクションキーを押
して、BIOS へ移動します。
Ê 「Advanced」メニューを選択します。
Ê 該当する部品のステータスメニューを選択します。
– プロセッサ : CPU Status
I このオプションは、マルチプロセッサシステムでのみ使用でき
ます。
– メモリ : Memory Status
– 拡張カード : PCI Status
Ê 交換した部品を「Enable」にリセットします。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
85
基本的なソフトウェア手順
Ê 変更を保存して BIOS を終了します。
I BIOS にアクセスして設定を変更する方法については、『 FUJITSU
Server PRIMERGY BX2580 M1 用 D3321 BIOS セットアップユーティ
リティセットアップユーティリティ リファレンスマニュアル』を参照
してください。
5.2.11 メモリモードの確認
メモリモジュールが故障した場合、サーバブレードはリブートし、故障した
モジュールは無効になります。この結果、同一メモリモジュールのペアが使
用できなくなり、現行の動作モード(ミラーチャネルモードなど)が使用で
きなくなることがあります。この場合、動作モードは自動的にインデペンデ
ントチャネルモードに戻ります。
I 使用できるメモリ動作モードの詳細は、144 ページ の「ミラーチャネ
ルおよびパフォーマンスモード」の項を参照してください。
故障したモジュールを交換した後、メモリ動作モードは自動的に元の状態に
リセットされます。動作モードが正しいことを確認することを推奨します。
Ê 59 ページ の「ビデオリダイレクションのサーバブレードへの起動」の項
に記載されているように、サーバブレードの仮想コンソールを開きます。
Ê サーバブレードの電源を入れるか、再起動します。
Ê スタートアップ画面が表示されたらすぐに [F2] ファンクションキーを押
して、BIOS へ移動します。
Ê 「Advanced」メニューを選択します。
Ê 「Memory Status」で、
「Failed」になっているメモリモジュールがないこと
を確認します。
Ê 変更を保存して(該当する場合)、BIOS を終了します。
I BIOS にアクセスして設定を変更する方法については、『 FUJITSU
Server PRIMERGY BX2580 M1 用 D3321 セットアップユーティリティ
リファレンスマニュアル』を参照してください。
5.2.12 システム時刻設定の確認
I この作業は、Linux / VMware 環境にのみ適用されます。
86
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
システムボードを交換した後、システム時刻が自動的に設定されます。デ
フォルトで、RTC(Real Time Clock : リアルタイムクロック)標準時間が
ローカル時刻として設定されています。
Linux / VMware OS を使用し、ハードウェアクロックが OS で UTC
(Universal Time, Coordinated : 協定世界時)に設定されている場合、BMC
ローカル時刻が正しくマッピングされないことがあります。
Ê システムボードを交換した後、RTC または UTC 標準時間がシステム時刻
として使用されているか、システム管理者に問い合わせてください。
I システム時刻(RTC)が UTC に設定されている場合、SEL(シス
テムイベントログ)タイムスタンプがローカル時刻と異なる場合が
あります。
Ê 59 ページ の「ビデオリダイレクションのサーバブレードへの起動」の項
に記載されているように、サーバブレードの仮想コンソールを開きます。
Ê サーバブレードの電源を入れるか、再起動します。
Ê スタートアップ画面が表示されたらすぐに [F2] ファンクションキーを押
して、BIOS へ移動します。
Ê 「Main」メニューを選択します。
Ê 「System Time」と「System Date」で正しい時刻と日付を指定します。
I デフォルトでは、BIOS に設定されるシステム時刻は RTC(Real
Time Clock)ローカル時刻です。IT インフラが普遍的に受け入れた
時間標準に依存している場合は、代わりに「System Time」を UTC
(Universal Time, Coordinated : 協定世界時)に設定します。GMT
(Greenwich Mean Time : グリニッジ標準時)は、UTC に相当する
と考えることができます。
UTC にする場合は「Disabled」に変更する必要があります。
Ê 変更を保存して BIOS を終了します。
I BIOS にアクセスして設定を変更する方法については、『 FUJITSU
Server PRIMERGY BX2580 M1 用 D3321 セットアップユーティリティ
リファレンスマニュアル』を参照してください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
87
基本的なソフトウェア手順
5.2.13 システムイベントログ(SEL)の表示と消去
5.2.13.1 SEL を表示する
マネジメントブレードおよびサーバブレードのシステムイベントログ(SEL)
は、マネジメントブレードの Web インタフェースまたは ServerView
Operations Manager フロントエンドを使用して表示できます。
マネジメントブレード Web インタフェースを使用して SEL を表示する
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して 「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開き、「Event Log」タブを開きます。
Ê 「Event Log Content」ボックスに SEL が表示されます。
Ê 「Event Log Filter」ボックスで、表示するメッセージタイプを選択します。
–
–
–
–
–
すべてのイベント
情報
軽度
重度
重大
SEL を ServerView Operations Manager で表示する
Ê ServerView Operations Manager の「シングルシステムビュー」で、「ス
テータス表示/設定」メニューから「メンテナンス」を選択します。
Ê 「メンテナンス」で「システムイベントログ」を選択します。
Ê 表示するメッセージタイプを選択します。
–
–
–
–
重大イベント
重度のイベント
軽度のイベント
情報イベント
I SVOM ドライバモニタに関する注意事項
「ドライバモニタ」ビューでは、監視対象のコンポーネントの概要と、
管理対象サーバのシステムイベントログに記録された関連するイベン
トが表示されます。
「監視コンポーネント」には、監視対象コンポーネントの一覧が表示さ
88
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
れます。コンポーネントに「警告」または「エラー」ステータスが表
示される場合は、それを選択して「承認」をクリックします。これに
より、サーバ側のイベントを確認します。事前にサーバにログオンし
ておく必要がある場合があります。これで、コンポーネントのステー
タスは「ok」に設定されます新しいステータスを確認するには、「ドラ
イバモニタ」ビューを「更新」でリフレッシュします。
I ServerView Operations Manager を使用して SEL を表示およびソート
する方法については、
『ServerView Operations Manager - Server
Management』ユーザガイドを参照してください。
5.2.13.2 SEL を保存する
マネジメントブレードの Web インタフェースを使用した SEL の保存
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して 「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開き、
「Event Log」タブを開きます。
Ê 「Export Event Log」ボックスで、エクスポートメディアを選択します。
– Local File または
– USB Export File
このオプションは、USB メモリスティックがマネジメントブレードに
接続されている場合にのみ有効になります。
Ê 「Start」ボタンをクリックして、使用できるすべてのマネジメントブレー
ドとサーバブレードイベントを、選択したメディアにテキストファイルと
して保存します。
iRMC を使用した SEL の保存
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します。
Ê 目的のサーバブレードに対して、「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開きます。
Ê サーバブレードメニューのステータスフレームにある「Remote
Management」ボタンをクリックします。
iRMC Web インタフェースが開き、サーバブレードをリモートで管理でき
ます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
89
基本的なソフトウェア手順
Ê 「Event Log」–「IPMI SEL content」メニューを開きます。
I 詳細については、『Integrated Remote Management Controller』
ユーザガイド(オンラインで
http://manuals.ts.fujitsu.com(世界市場向け)または
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/manual/ (日本市場向け)
5.2.13.3 SEL をクリアする
システムイベントログ(SEL)をクリアするには、マネジメントブレード
Web インタフェースを使用します。
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースに移動します(39 ページ の
「マネジメントブレードの Web インタフェースへのアクセス」の項を参
照)
。
Ê 目的のサーバブレードに対して 「Components – System – Server Blades –
Server Blade-x」メニューを開き、「Event Log」タブを開きます。
Ê 「Event Log Filter」ボックスで、「Clear All Entries 」をクリックして SEL を
クリアします。
5.2.14 Linux 環境での NIC 構成ファイルのアップデート
ネットワークデバイス名(eth<x>)の変更によるエラーを防止するため、
ネットワークインタフェースカードの MAC アドレス(ハードウェアアドレ
ス)を Linux OS の対応する NIC 構成ファイルに保存することを推奨します。
Linux OS を実行するサーバで、ネットワークコントローラまたはオンボード
CNA コントローラを搭載したシステムボードを交換すると、MAC アドレス
は変更されますが、定義ファイルは自動的に更新されません。
通信の問題を防止するため、対応する ifcfg-eth<x> 定義ファイルに保存されて
いる変更した MAC アドレスを更新する必要があります。
MAC アドレスを更新するには、次の手順に従います。
I 使用している Linux OS またはクライアントシステム上の定義ファイル
に応じて、手順は異なることがあります。次の情報を参考として使用
してください。システム管理者に定義ファイルを変更するよう依頼し
てください。
Ê ネットワークコントローラまたはシステムボードを交換した後、56 ペー
ジ の「サーバブレードの電源投入」の項に記載されているようにサーバ
の電源を入れて起動します。
90
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
kudzu(Red Hat Linux 向けのハードウェア構成ツール)がブート時に起動
して、システム上の新規または変更されたハードウェアを検出します。
I クライアント環境によっては、kudzu はブート時に起動しません。
Ê 「Keep Configuration」を選択して「Ignore」を選択し、ブートプロセスを完
了します。
Ê vi テキストエディタを使用して、ifcfg-eth<x> ファイルの HWADDR セクショ
ンで MAC アドレスを指定します。
I MAC アドレスは、システムボードまたはネットワークコントロー
ラに貼付されているタイプラベルに記載されています。
例:
ネットワークコントローラ 1 の定義ファイルを変更するには、次のコ
マンドを入力します。
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
vi で、新しい MAC アドレスを次のように指定します。
HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx:xx
Ê 定義ファイルを保存して閉じます。
Ê 変更を反映させるには、次のコマンドを入力してネットワークをリブート
する必要があります。
# service network restart
I システムボードまたはネットワークコントローラに複数の LAN ポート
がある場合、残りの ifcfg-eth<x> 定義ファイルをそれぞれ更新する必要
があります。
Ê NIC 構成ファイルを更新して、新しいカードシーケンスと MAC アドレス
を反映させます。
5.2.15 BitLocker 機能の有効化
BitLocker ドライブ暗号化が保守のために無効または中断にされている場合
(63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」の項を参照)
、サービス
タスクを完了するには有効に戻す必要があります。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
91
基本的なソフトウェア手順
I 部品交換の前に BitLocker ドライブ暗号化が無効または中断にされてい
る場合は、保守作業の後にサーバをリブートするときにリカバリキー
の入力を求められません。ただし、BitLocker 機能が無効または中断に
されていない場合、Windows はリカバリモードになり、ブートを続行
するためにリカバリキーの入力を要求します。
Ê この場合、システム管理者に問い合わせて、OS をブートするため
にリカバリキーを入力します。
Ê システム管理者に連絡して、コントロールパネルまたは Windows エクス
プローラーから BitLocker セットアップウィザードを使用してオペレー
ティングシステムドライブの BitLocker 保護を有効にします。
Ê 「スタート」ボタンをクリックして、「コントロールパネル」から「セ
キュリティ」を選択し、「Bitlocker ドライブ暗号化」をクリックして、
Bitlocker ドライブ暗号化を開きます。
I 管理者権限が必要です。管理者パスワードまたは確認を求めら
れた場合は、パスワードを入力するか、確認します。
Ê 無効または中断にされた BitLocker を一時的に有効または再開にするに
は「BitLocker をオンにする」をクリックします。
Ê BitLocker セットアップ ウィザードの指示に従います。
I BitLocker ドライブ暗号化を有効または再開にする方法については、
Microsoft のサポート技術情報を参照してください。
Fujitsu のサービスパートナーは、Fujitsu Extranet Web ページで詳細情
報をご確認ください(日本語版もあります)。
5.2.16 RAID アレイのリビルドの実行
RAID アレイに組み込まれているハードディスクドライブを交換した後、
RAID リビルドがバックグラウンドプロセスで完全に自動実行されます。
Ê RAID アレイのリビルドが正常に開始したことを確認します。プログレス
バーで最低 1%進捗したことまで待機します。
Ê お客様には、リビルドが完了するまでの残り時間が、表示される概算時間
に基づいて通知されます。
92
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
図 14: プログレスバー(RAID アレイのリビルド)
V 注意 !
システムはこれで動作するようになりますが、RAID アレイのリビルド
が完了するまでデータ冗長性は利用できなくなります。ハードディス
クドライブの容量によって、全体的な処理に数時間かかる可能性があ
ります。場合によっては数日かかります。
I リビルド中は、わずかにパフォーマンスに影響が出ることがあります。
5.2.17 変更された MAC/WWN アドレスの検索
ネットワークコントローラを交換すると、MAC(Media Access Control)ア
ドレスと WWN(World Wide Name)アドレスが変更されます。
I 下記の手順以外にも、MAC/WWN アドレスを、ネットワークコント
ローラまたはシステムボードに貼付されているタイプラベルで確認す
ることができます。
5.2.17.1 MAC アドレスの検索
Ê 59 ページ の「ビデオリダイレクションのサーバブレードへの起動」の項
に記載されているように、サーバブレードの仮想コンソールを開きます。
Ê サーバブレードの電源を入れるか、再起動します。
Ê スタートアップ画面が表示されたらすぐに [F2] ファンクションキーを押
して、BIOS へ移動します。
Ê システムのネットワークコントローラの数によって異なりますが、
「Port
Configuration」メニューに 1 つまたは複数の項目が表示されます。
矢印キー ç を使用して右にスクロールして使用可能なタブをすべて表示
します。
「Port Configuration」の各タブに、MAC アドレスなどの関連するネット
ワークコントローラの詳細情報が表示されます。
Ê 新しい 12 桁の MAC アドレスをメモします。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
93
基本的なソフトウェア手順
Ê 「[Esc]」を押して BIOS を終了します。
Ê 変更された MAC アドレスをお客様に伝えてください。
5.2.17.2 WWN アドレスの検索
Emulex FC/FCoE アダプタ
Ê 78 ページ の「Option ROM Scan の有効化」の項に記載されているよう
に、システムボードの BIOS でネットワークコントローラの Option ROM
を有効にします。
Ê サーバを再起動します。
Ê ブート中に、Emulex BIOS ユーティリティオプションが表示されたらす
ぐに、[ALT]+[E] または [CTRL]+[E] を押します。
Ê 「Emulex Adapters in the System」に、使用可能な Emulex アダプタとその
WWN がすべて表示されます。
Ê 新しい 16 桁の WWN アドレスをメモします。
Ê 「[Esc]」を押して Emulex BIOS ユーティリティを終了します。
Ê 変更された WWN アドレスをお客様に伝えてください。
5.2.18 シャーシ ID Prom Tool の使用
システムボードに取り付けられているシャーシ ID EPROM には、サーバ名や
モデル、サーバ本体のタイプ、シリアル番号、製造データなどのシステム情
報が格納されています。
システムを ServerView マネジメント環境に取り込んで ServerView
Installation Manager を使用してサーバをインストールできるようにするに
は、システムデータが完全で正確である必要があります。
サーバブレードの交換後に、ChassisID_Prom ツールを使用してシステム情報
を入力する必要があります。保守担当者は、ツールと詳細な手順を Fujitsu
Technology Solutions Extranet から入手できます。
http://partners.ts.fujitsu.com/com/service/intelservers/tools
I 日本市場では、別途指定する手順に従ってください。
94
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
基本的なソフトウェア手順
5.2.19 LAN チーミングの設定
ServerView Operations Manager を使用して、既存の LAN チームの詳細情報
を取得します。
Ê ServerView Operations Manager の「シングルシステムビュー」で、「ス
テータス表示/設定」メニューから「システムステータス」を選択しま
す。
Ê 「ネットワークインタフェース」で「作成した LAN チーム」を選択しま
す。
Ê 「ネットワークインタフェース(概要)」の概要に、設定されたすべての
LAN チームとそのコンポーネントが表示されます。詳細を表示する LAN
チームを選択します。
– LAN チームプロパティ : 選択した LAN チームのプロパティ
– LAN チーム統計 : 選択した LAN チームで利用できる統計
I 詳細については、『ServerView Operations Manager - Server
Management』ユーザガイドを参照してください。
5.2.19.1 LAN/CNA コントローラを交換またはアップグレードした後
交換した LAN/CNA コントローラを再利用するには、次の点に注意してくだ
さい。
Ê 交換した LAN/CNA コントローラが LAN チーミング構成の一部として使用
されていたかどうかをお客様と確認します。
Ê LAN チーミングがアクティブな場合、LAN/CNA コントローラの交換後
に、LAN ドライバユーティリティを使用して構成を復元する必要があり
ます。
お客様の要件に従って、コントローラがプライマリまたはセカンダリとし
て割り当てられていることを確認します。
I 詳細は、該当する LAN/CNA ドライバのマニュアルを参照してくださ
い。
5.2.19.2 サーバブレードを交換した後
Ê 交換したオンボード CNA コントローラが LAN チーミング構成の一部とし
て使用されていたかどうかをお客様と確認します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
95
基本的なソフトウェア手順
Ê LAN チーミングがアクティブな場合、サーバブレードの交換後に、CNA
ドライバユーティリティを使用して構成を復元する必要があります。
I 詳細は、該当する CNA ドライバのマニュアルを参照してください。
5.2.20 ID ランプの消灯
フロントパネルの ID ボタンを押すか、またはマネジメントブレードの Web
インタフェースを使用して、保守作業が正常に完了した後に ID ランプをオフ
にします。
I 詳細は、41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」の項を参照し
てください。
フロントパネルの ID ボタンを使用する
Ê フロントパネルの ID ボタンを押して、ID ランプをオフにします。
マネジメントブレードの Web インタフェースの使用
Ê マネジメントブレードの Web インタフェースで、ステータスフレームの
「Locate」ボタンを押して、ID ランプをオンにします。
ServerView Operations Manager を使用する
Ê ServerView Operations Manager の「シングルシステムビュー」で、タイ
トルバーの「識別灯」ボタンを押して、ID ランプをオフにします。
96
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
6
Solid State Drive
安全上の注意事項
V 注意 !
●
サービス技術者以外は、HDD トレイからドライブを取り外さない
でください。
●
アップグレードの後に元の場所に戻せるように、ドライブモジュー
ルすべてに明確なマークを付ける必要があります。そうしないと、
データが損失することがあります。
●
ボードやはんだ付け部品の電気回路に触れないでください。金具部
分またはボードのふちを持つようにしてください。
●
OS に応じてドライブの Write Cache 設定を設定できます。Write
Cache が有効になっている場合に停電が発生すると、キャッシュさ
れたデータが損失することがあります。
●
ハードディスクドライブまたは Solid State Drive を廃棄、輸送、返
却する場合は、お客様自身のセキュリティのため、ドライブのデー
タを消去してください。
●
ドライブを乱暴に取り扱うと、保存されているデータが破損するこ
とがあります。予期しない問題に対処するには、重要なデータを常
にバックアップします。データを別のハードディスクドライブに
バックアップする際、ファイルまたはパーティション単位でバック
アップを作成してください。
●
極端な高温または低温の場所、または温度変化の激しい場所では使
用しないでください。
●
Solid State Drive は分解しないでください。
●
安全上の注意事項に関する詳細は、27 ページ の「注意事項」の章
を参照してください。
6.1
基本情報
– BX2580 M1 ではハードディスクドライブを使用できません。
– BX2580 M1 では最大 2 台の SSD(Solid State Drive)をサポートしていま
す。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
97
Solid State Drive
– 容量の異なる SSD は、容量が大きいものから順に取り付けます。
– 異なるバステクノロジ(SAS または PCH)を混在させないでください。
6.2
SSD の取り付け
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
ハードウェア : 5 分
工具: プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
6.2.1
準備手順
SSD を取り付ける前に、次の手順に従います。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
6.2.2
サーバブレード内部のドライブモジュールの位置
ドライブモジュールは、ヒートシンクか、ダミーヒートシンク(CPU 2 が取
り付けられていない場合)のいずれかの、CPU 2 の取り付け位置にのみ、取
り付けられます。
ダミーヒートシンクへのドライブモジュールの取り付け
I 最初のドライブモジュールは、SSD 0 の位置に取り付ける必要があり
ます(次の図の位置 #2 を参照)
。
98
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
Solid State Drive
図 15: ダミーヒートシンクへのドライブモジュールの取り付け
#
説明
1
SSD 1 の取り付け位置
2
SSD 0 の取り付け位置
CPU 2 のヒートシンクへのドライブモジュールの取り付け
I 最初のドライブは、SSD 0 の位置に取り付ける必要があります(上図
の位置 #2 を参照)。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
99
Solid State Drive
図 16: CPU 2 のヒートシンクの上へのドライブモジュールの取り付け位置
#
説明
1
SSD 1 の取り付け位置
2
SSD 0 の取り付け位置
6.2.3
SSD のフレームへの取り付け
SSD は取り付けフレームに取り付ける必要があります。取り付けフレームに
は 2 種類あります(PCH と SAS)。
次の図は、両方の種類の取り付けフレームを示しています。
100
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
Solid State Drive
図 17: PCH と SAS ドライブ取り付けフレーム
#
説明
1
PCH 取り付けフレーム
2
SAS 取り付けフレーム
取り付けフレームは、CPU 2 の取り付け位置の上に配置されます(98 ページ
の「サーバブレード内部のドライブモジュールの位置」の項を参照)。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
101
Solid State Drive
ドライブの取り付けフレームへの取り付け
Ê 該当する取り付けフレーム(PCH または SAS)を選択します。
I 以下の取り付け手順は、SSD 0 と SSD 1 に共通です。
図 18: ドライブを取り付けフレームに差し込む
Ê 少し傾けて(丸で囲んだ部分)、ドライブがコネクタ(2)に完全に接続す
るまで、取り付けフレーム(1)に差し込みます。
I ドライブと取り付けフレームを合わせて、「ドライブモジュール」と呼
びます。
6.2.4
ドライブモジュールを取り付けプラットフォームに
取り付ける
I ドライブモジュールを取り付ける手順は、SSD 0 と SSD 1 に共通で
す。
ドライブモジュールは、以下の手順で取り付けてください。
102
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
Solid State Drive
図 19: 取り付けフレームを所定の位置に取り付ける
Ê ドライブモジュールを取り付けプラットフォームの穴に差し込みます(#1
と拡大図を参照)。
Ê ドライブモジュールをシステムボード上のコネクタに差し込みます。
図 20: ドライブモジュールの固定
Ê ドライブモジュールをつまみネジで固定します(矢印を参照)
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
103
Solid State Drive
トルク : 0.6 Nm(日本市場には適用されません)
6.2.5
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」。
Ê 92 ページ の「RAID アレイのリビルドの実行」
。
104
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
Solid State Drive
6.3
SSD の取り外し
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
ハードウェア : 5 分
工具: プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
6.3.1
準備手順
SSD モジュールを取り外す前に、次の手順に従います。
故障していない SSD モジュールの取り外しにのみ適用される事項 :
Ê 取り外す SSD モジュールが RAID アレイに組み込まれていないことを確
認します。ドライブが RAID アレイの一部である場合、最初に ServerView
RAID Manager を使用してアレイを削除する必要があります。
V 注意 !
アレイのすべての HDD/SSD のすべてのデータが失われます。
RAID アレイを削除する前に、必ずデータのバックアップを行って
ください。
I 詳細は、オンラインで入手可能な『ServerView Suite RAID
Management』ユーザガイドを参照してください。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」
。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」
。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」
。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」
。
6.3.2
SSD の取り外し
I 取り外し手順は、SSD 0 と SSD 1 に共通です。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
105
Solid State Drive
ドライブモジュールを取り付けプラットフォームから取り外す
図 21: ドライブモジュールの固定解除
Ê 取り付けフレームのつまみネジを緩めます(矢印を参照)。
図 22: 取り付けフレームの取り外し
106
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
Solid State Drive
Ê ドライブモジュールを取り付けプラットフォームから持ち上げて、システ
ムボードのコネクタから取り外します(1)。
Ê ドライブモジュールを取り付けプラットフォームの穴から取り外します
(2)
。
ドライブの取り付けフレームからの取り外し
図 23: 取り付けフレームからのドライブの取り外し
Ê 取り付けフレームの緑色のタブを押します(1)。
Ê ドライブを取り付けフレームから矢印の方向に動かします(2)
。
6.3.3
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
107
Solid State Drive
6.4
SSD の交換
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
ハードウェア : 5 分
ソフトウェア : 5 分
工具: プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
V 注意 !
取り外し後に元の場所に戻せるように、SSD すべてに明確なマークを
付ける必要があります。この作業を行わないと既存のデータが失われ
ることがあります。
6.4.1
準備手順
SSD を交換する前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 45 ページ の「故障した部品の特定」。
故障していない SSD の取り外しにのみ適用される事項 :
Ê 故障していない SSD を取り外す場合は、まず、RAID 設定ソフトウェアを
使用してドライブを「オフライン」に設定する必要があります。
6.4.2
SSD の取り外し
Ê 105 ページ の「SSD の取り外し」。
108
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
Solid State Drive
6.4.3
SSD の取り付け
Ê 100 ページ の「SSD のフレームへの取り付け」
Ê 102 ページ の「ドライブモジュールを取り付けプラットフォームに取り
付ける」。
6.4.4
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 92 ページ の「RAID アレイのリビルドの実行」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
109
Solid State Drive
6.5
SAS/PCH 取り付けフレームの交換
フィールド交換可能ユニット
(FRU)
工具 :
6.5.1
ハードウェア : 5 分
ソフトウェア : 5 分
プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
準備手順
SAS/PCH 取り付けフレームを交換する前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
6.5.2
取り付けフレームの取り外し
V 注意 !
取り付けフレームの交換後、すべてのドライブを元の場所に再び挿入
できるよう、ドライブすべてを一意に識別できることを確認してくだ
さい。
Ê 106 ページ の「ドライブモジュールを取り付けプラットフォームから取
り外す」の項に記載されているように、対応するドライブモジュールを取
り付けプラットフォームから取り外します。
Ê 107 ページ の「ドライブの取り付けフレームからの取り外し」の項に記
載されているように、取り付けフレームから SSD を取り外します。
6.5.3
取り付けフレームの取り付け
Ê 102 ページ の「ドライブの取り付けフレームへの取り付け」の項に記載
されているように、SSD を取り付けフレームに取り付けます。
110
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
Solid State Drive
Ê 102 ページ の「ドライブモジュールを取り付けプラットフォームに取り
付ける」の項に記載されているように、対応するドライブモジュールを取
り付けプラットフォームに取り付けます。
6.5.4
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
111
Solid State Drive
112
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
7
メザニンカード
安全上の注意事項
V 注意 !
●
内部のケーブルやデバイスを傷つけたり、加工したりしないでくだ
さい。傷つけたり、加工したりすると、部品を傷め、火災、感電の
原因となります。
●
サーバブレード内のデバイスおよびコンポーネントは、シャットダ
ウン後もしばらくは高温の状態が続きます。サーバブレードの
シャットダウン後、高温になっているコンポーネントが冷却される
のを待ってから内部オプションの取り付けや取り外しを行ってくだ
さい。
●
内部オプションの回路とはんだ付け部品は露出しているため、静電
気の影響を受けやすくなっています。静電気に敏感なデバイス
(ESD)を取り扱う際は、まず、接地された物(アース)に触れる
などして静電気の帯電を必ず放電してください。
●
ボードやはんだ付け部品の電気回路に触れないでください。回路
ボードを持つ際は、金属部分またはふちを持つようにしてくださ
い。
●
この章に示す方法以外でデバイスを取り付けたり、解体したりする
と、保証が無効になります。
●
詳細は、27 ページ の「注意事項」の章を参照してください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
113
メザニンカード
7.1
基本情報
1 つまたは 2 つのメザニンカードを BX2580 M1 サーバブレードに取り付ける
ことができます。これらのカードを使用して、追加のファイバーチャネル、
SAS、Ethernet チャネルおよび InfiniBand I/O チャネル、またはそのいずれか
をセットアップできます。
すべてのメザニンカードの形状は同一です。
図 24: 2 ポートの 8 Gbit/s ファイバチャネルカードの例
メザニンカードを専用の取り付けプレートに固定し、次に取り付けプレート
と共にシステムボードに接続します。
下図に、メザニンカードを取り付ける前の 2 種類の取り付けプレートを示し
ます。すべての取り付け / 取り外し手順は、両方の取り付けプレートについ
て同一です。
114
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
/
0
図 25: 2 枚の "x8" ライザーカードがあるメザニンカードの取り付けプレート
図 26: 1 枚の "x8"(1)および 1 枚の "x16"(2)ライザーカードがあるメザニンカードの取り
付けプレート
I メザニンカードスロットの番号に注意してください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
115
メザニンカード
7.1.1
ライザーカードの取り付け
ライザーカード x8 の取り付け
/
0
図 27: ライザーカード x8 の取り付け
Ê ライザーカードを取り付けプレートに取り付けます。緑色のクリップがカ
チッと音がして固定されているか確認します。
116
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
ライザーカード x16 の取り付け
図 28: ライザーカード x16 の取り付け
Ê ライザーカードを取り付けプレートに取り付けます。緑色のクリップがカ
チッと音がして固定されているか確認します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
117
メザニンカード
7.1.2
ライザーカードの取り外し
ライザーカード x8 の取り外し
/
0
図 29: ライザーカード x8 の取り外し
Ê メザニンカード 2 のスロットのホルダーからライザーカードを取り外しま
す。
118
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
ライザーカード x16 の取り外し
図 30: ライザーカード x16 の取り外し
Ê ライザーカードをホルダーから取り外します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
119
メザニンカード
7.1.3
メザニンカードの取り付け規則
図 31: メザニンカードのスロット番号
サーバブレードのメザニンカードのスロット(図中の番号を参照)をシステ
ムユニットの背面にある特定のコネクションブレードスロットに接続します。
そのため、メザニンカードを取り付ける前に、コネクションブレードスロッ
トの取り付け手順をお読みください。
BX900 S1/S2 システムユニットへのメザニンカードの取り付け規則
Fabric 1
CB1
CB2
Fabric 2
CB3
CB4
Fabric 3
CB5
CB6
Fabric 4
CB7
CB8
図 32: コネクションブレードスロット
以下の表に、メザニンカードのスロットへのコネクションブレードスロット
の接続を示します。
120
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
システムユニット
コネクションブレードスロット
ファブ
リック
1
CB1
:
CB3
:
ファブ
リック
2
CB2
1 Gb Ethernet ま :
たは
1 Gb Ethernet ま
たは
10 Gb Ethernet
10 Gb Ethernet
CB4
1 Gb Ethernet ま
:
たは
1 Gb Ethernet ま
たは
10Gb Ethernet
または
10Gb Ethernet ま
たは
ファイバチャネ
ルまたは
ファイバチャネ
ルまたは
サーバブ
レード
メザニンカード
オンボード - - CNA コン
トローラ
メザニン
カード 1
Eth 1Gb 4 ポート
または
Eth 10Gb 4 ポー
トまたは
FC 8/16Gb 2 ポー
トまたは
IB 56 Gb 2 ポート
InfiniBand(CB3/4)
CB5
:
ファブ
リック
3
CB6
1 Gb Ethernet ま
:
たは
1 Gb Ethernet ま
たは
10Gb Ethernet
または
10Gb Ethernet ま
たは
ファイバチャネ
ルまたは
ファイバチャネ
ルまたは
SAS または
SAS または
メザニン
カード 2
Eth 1Gb 4 ポート
または
Eth 10Gb 4 ポー
ト または
FC 8/16Gb 2 ポー
ト または
SAS または
IB 56 Gb 2 ポート
InfiniBand(CB5/6)
ファブ
リック
4
CB7
:
CB8
1 Gb Ethernet ま
:
たは
1 Gb Ethernet ま
たは
InfiniBand(CB7/8)
Eth 1Gb 4 ポート
または
IB 56 Gb 2 ポート
表 4: コネクションブレードスロットの取り付け規則
I 1 つのファブリック内のコネクションブレードは、同じテクノロジー
(Ethernet、ファイバーチャネル、SAS または Infiniband)である必要
があります。
異なるタイプのメザニンカードを取り付ける場合は、システムユニッ
トのファブリック 2、3、4 のスロットに適切なコネクションブレード
を取り付けてください。
サーバブレードのメザニンカードスロットを接続する場合は、以下の規則が
適用されます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
121
メザニンカード
●
1 Gb Ethernet メザニンカードをサーバブレードのスロット 1 に取り付け
る場合、少なくとも 1 台の 1 Gb Ethernet コネクションブレードをシステ
ムユニットのファブリック 2 に取り付けます。
●
10 Gb Ethernet メザニンカードまたは 10Gb CNA メザニンカードをサーバ
ブレードのスロット 1 に取り付ける場合、少なくとも 1 台の
10 Gb Ethernet コネクションブレードをシステムユニットの ファブリッ
ク 2 に取り付けます。
●
FC メザニンカードをスロット 1 に取り付ける場合、少なくとも 1 台の FC
コネクションブレードをファブリック 2 に取り付けます。
●
InfiniBand メザニンカードをスロット 1 に取り付ける場合、InfiniBand コ
ネクションブレードをファブリック 2 に取り付けます。
I この場合、InfiniBand メザニンカードの 2 つのチャネルのうちいず
れか 1 つのみ使用します。
●
1 Gb Ethernet メザニンカードをサーバブレードのスロット 2 に取り付け
る場合、少なくとも 1 台の 1 Gb Ethernet コネクションブレードをシステ
ムユニットのファブリック 3 またはファブリック 4 に取り付けます。
●
10 Gb Ethernet メザニンカードまたは 10Gb CNA メザニンカードをサーバ
ブレードのスロット 2 に取り付ける場合、少なくとも 1 台の
10 Gb Ethernet コネクションブレードをシステムユニットの ファブリッ
ク 3 に取り付けます。
●
FC メザニンカードをスロット 2 に取り付ける場合、少なくとも 1 台の FC
コネクションブレードをファブリック 3 に取り付けます。
●
InfiniBand メザニンカードをスロット 2 に取り付ける場合、InfiniBand コ
ネクションブレードをファブリック 3 および 4 に取り付けます。
I この場合、InfiniBand メザニンカードの両方のチャネルを使用しま
す。
●
SAS/SAS RAID メザニンカードをスロット 2 に取り付ける場合、少なくと
も 1 台の SAS コネクションブレードをファブリック 3 に取り付けます。
●
FC、Ethernet、InfiniBand および SAS のメザニンカードを混在してサー
バブレードに取り付けることができます。この場合、メザニンカードのス
ロットを次のように取り付けることができます:
122
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
メザニンスロット 1
メザニンスロット 2
1 Gb Ethernet
10 Gb Ethernet / 10 Gb CNA
1 Gb Ethernet
ファイバーチャネル
1 Gb Ethernet
InfiniBand
1 Gb Ethernet
SAS/SAS RAID
10 Gb Ethernet / 10 Gb CNA
ファイバーチャネル
10 Gb Ethernet / 10 Gb CNA
InfiniBand
10 Gb Ethernet / 10 Gb CNA
SAS/SAS RAID
ファイバーチャネル
InfiniBand
ファイバーチャネル
SAS/SAS RAID
InfiniBand
SAS/SAS RAID
表 5: さまざまなメザニンカードの可能な組み合わせ
I サポートされている拡張カードの最新情報については、次のアドレス
にあるサーバのシステム構成図を参照してください。
世界市場の場合 :
http://ts.fujitsu.com/products/standard_servers/index.html
日本市場向け:
http://jp.fujitsu.com/platform/server/primergy/system/
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
123
メザニンカード
BX400 S1 システムユニットへのメザニンカードの取り付け規則
BX400 S1 システムユニットのコネクションブレードスロットの番号は次の
とおりです。
CB 1 (Fabric 1)
CB 2 (Fabric 2)
CB 3 (Fabric 3)
CB 4 (Fabric 3)
図 33: コネクションブレードスロット(BX400 S1 システムユニット)
以下の表に、メザニンカードのスロットへのコネクションブレードスロット
の接続を示します。
サーバブ
レード
ミッドプ
レーン
Onboard
CNA
ファブ
リック 1
メザニン
カードス
ロット 1
ファブ
リック 2
メザニン
カードス
ロット 2
コネクションブレードスロット
CB1 :
1 または 10 Gb Ethernet
CB2 :
ファブ
リック 3
1 または 10 Gb Ethernet またはファイバー
チャネル
CB3 :
1 または 10 Gb Ethernet またはファイバー
チャネルまたは SAS
CB4 :
1 または 10 Gb Ethernet またはファイバー
チャネルまたは SAS
Infiniband
表 6: コネクションブレードスロット(BX400 S1 システムユニット)の取り付け規則
I 1 つのファブリック内のコネクションブレードは、同じテクノロジー
(Ethernet、ファイバーチャネル、SAS または Infiniband)である必要
があります。
結果的に、メザニンカードの取り付け規則は次のようになります。
●
1 Gb Ethernet メザニンカードをサーバブレードのスロット 1 に取り付け
る場合、少なくとも 1 台の 1 Gb Ethernet コネクションブレードをシステ
ムユニットの CB スロット 2 に取り付けます。
124
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
●
10 Gb Ethernet メザニンカードをサーバブレードのスロット 1 に取り付け
る場合、少なくとも 1 台の 10 Gb Ethernet コネクションブレードをシス
テムユニットの CB スロット 2 に取り付けます。
●
FC メザニンカードをスロット 1 に取り付ける場合、少なくとも 1 台の FC
コネクションブレードをシステムユニットの CB スロット 2 に取り付けま
す。
●
1 Gb Ethernet メザニンカードをサーバブレードのスロット 2 に取り付け
る場合、少なくとも 1 台の 1 Gb Ethernet コネクションブレードをシステ
ムユニットの CB スロット 3 または CB スロット 4 に取り付けます。
●
10 Gb Ethernet メザニンカードをサーバブレードのスロット 2 に取り付け
る場合、少なくとも 1 台の 10 Gb Ethernet コネクションブレードをシス
テムユニットの CB スロット 3 または CB スロット 4 に取り付けます。
●
FC メザニンカードをスロット 2 に取り付ける場合、少なくとも 1 台の FC
コネクションブレードをシステムユニットの CB スロット 3 または CB ス
ロット 4 に取り付けます。
●
InfiniBand メザニンカードをスロット 2 に取り付ける場合、InfiniBand コ
ネクションブレードをシステムユニットの CB スロット 3 および 4 に取り
付けます。
●
SAS/SAS RAID メザニンカードをスロット 2 に取り付ける場合、少なく
とも 1 台の SAS コネクションブレードをファブリック 3 に取り付けます。
●
FC、Ethernet、および InfiniBand のメザニンカードを混在してサーバブ
レードに取り付けることができます。この場合、Ethernet メザニンカード
をサーバブレードのスロット 1、FC または InfiniBand のメザニンカード
をスロット 2 に取り付けます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
125
メザニンカード
7.2
メザニンカードの取り付け
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
7.2.1
ハードウェア : 5 分
ソフトウェア : 5 分
工具不要
準備手順
拡張カードを取り付ける前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
7.2.2
メザニンカードの取り付け
次の項で、メザニンカードをスロット 2 に取り付ける手順を説明します。
126
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
メザニンカード取り付けプレートの取り外し
図 34: メザニン取り付けプレートの取り外し
Ê サーバブレードの筐体からメザニンカード取り付けプレートを外すには、
できるだけ水平に取り付けプレートを持ち上げます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
127
メザニンカード
図 35: ライザーカードの取り外し
Ê メザニンカード 2 のスロットのホルダーからライザーカードを取り外しま
す。
図 36: メザニンカードの取り付け
128
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
Ê メザニンカードをメザニンカード 2 のスロットにある 1 つのガイドピンに
置き(矢印を参照)、メザニンカードを押し下げて、2 つのクリップの間
にカチッと固定します(2)
。
図 37: ライザーカードの再取り付け
Ê ライザーカードをメザニンカードに接続します。緑色のクリップがカチッ
と音がして固定されているか確認します。
I コンポーネント側を下に向けて、メザニンカード 1 を取り付けプレー
トに固定します。または、メザニンカード 1 をメザニンカード 2 と同
様に取り付けます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
129
メザニンカード
メザニンカード取り付けプレートの取り付け
図 38: メザニン取り付けプレートの取り付け
Ê メザニンカードが取り付けられている取り付けプレートをサーバブレード
の筐体に取り付けます。これにより、ライザーカードが対応するシステム
ボードスロットに挿入されます。取り付けプレートのマークがサーバブ
レードの筐体のマークと一致しているかどうか確認します。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」の項に記載しているように、
サーバブレードを閉じてシステムユニットに再び挿入し、電源を入れま
す。
130
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
7.2.3
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 76 ページ の「メザニンカードのファームウェアのアップデート」
。
Ê 取り付けまたは交換したメザニンカードを設定するには、カードの
Option ROM をシステムボード BIOS で有効にする必要があります。
SAN/iSCSI ブートの場合、カードの Option ROM を永続的に有効にする必
要があります。該当する場合は、78 ページ の「Option ROM Scan の有効
化」の項に記載されている手順に従います。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
Ê 該当する場合は、95 ページ の「LAN/CNA コントローラを交換または
アップグレードした後」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
131
メザニンカード
7.3
メザニンカードの取り外し
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
7.3.1
ハードウェア : 5 分
ソフトウェア : 5 分
工具不要
準備手順
拡張カードを取り外す前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
132
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
7.3.2
メザニンカードの取り外し
次の項で、スロット 2 のメザニンカードを取り外す手順を説明します。
メザニンカード取り付けプレートの取り外し
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」の項に記
載されているように、サーバブレードの筐体から取り付けプレートを取り
外します。
図 39: ライザーカードの取り外し
Ê 118 ページ の「ライザーカードの取り外し」の項に記載されているよう
に、メザニンカード 2 のスロットのホルダーからライザーカードを取り外
します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
133
メザニンカード
図 40: メザニンカードの交換
Ê 固定されている 2 つのクリップを押し広げ(1)、メザニンカードを取り外
します(2)。
Ê 新しいメザニンカードを取り付けます。
図 41: ライザーカードの再取り付け
Ê ライザーカードをメザニンカードに接続します。緑色のクリップがカチッ
と音がして固定されているか確認します。
134
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」の項に記
載されているように、メザニンカード取り付けプレートを再び取り付けま
す。
7.3.3
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
Ê 該当する場合は、95 ページ の「LAN/CNA コントローラを交換または
アップグレードした後」
。
7.4
メザニンカードの交換
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 10 分
ソフトウェア : 5 分
工具不要
7.4.1
準備手順
V ネットワーク設定のリカバリに関する注記
ネットワークコントローラやオンボード CNA を交換すると、OS 上のネットワーク構成情報は失われデフォルト値に戻ります。これは
全ての静的 IP アドレスと LAN チーミング設定に適用されます。
コントローラを交換する前に、ネットワークの設定が控えられている
ことを確認してください。
メザニンカードを交換する前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
135
メザニンカード
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 252 ページ の「オンボード表示ランプおよびコントロール」
。
7.4.2
メザニンカードの取り外し
Ê 133 ページ の「メザニンカードの取り外し」
。
7.4.3
メザニンカードの取り付け
Ê 126 ページ の「メザニンカードの取り付け」
。
7.4.4
終了手順
I 該当する場合は、交換したコントローラ(拡張カードまたは Onboard
CNA)の元の構成に従って、オペレーティングシステムのネットワー
ク設定を再構成します。詳細は、135 ページ の「ネットワーク設定の
リカバリに関する注記」の項を参照してください。
SAS エキスパンダメザニンカードを交換する場合は、
『PRIMERGY
BX900/BX400 Blade Server Systems Connection Blade SAS Switch 6
Gb 18/6』マニュアルを参照してください。
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」。
Ê 85 ページ の「交換した部品のシステム BIOS での有効化」
。
Ê 93 ページ の「変更された MAC/WWN アドレスの検索」
。
Ê 90 ページ の「Linux 環境での NIC 構成ファイルのアップデート」
。
Ê 76 ページ の「メザニンカードのファームウェアのアップデート」。
136
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メザニンカード
Ê 取り付けまたは交換したメザニンカードを設定するには、カードの
Option ROM をシステムボード BIOS で有効にする必要があります。
SAN/iSCSI ブートの場合、カードの Option ROM を永続的に有効にする必
要があります。該当する場合は、78 ページ の「Option ROM Scan の有効
化」の項に記載されている手順に従います。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
Ê 該当する場合は、95 ページ の「LAN/CNA コントローラを交換または
アップグレードした後」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
137
メザニンカード
138
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
8
メインメモリ
安全上の注意事項
V 注意 !
●
サポートしていない他メーカーのメモリモジュールは取り付けない
でください。サポートしているメモリモジュールの詳細は、
140 ページ の「基本情報」の項を参照してください。
●
メモリモジュールは、シャットダウン後もしばらくは高温の状態が
続きます。火傷しないように、コンポーネントが冷却されるのを
待ってからメモリモジュールの取り付けや取り外しを行ってくださ
い。
●
メモリモジュールの挿入と取り外しを繰り返さないでください。そ
のようにすると、故障が発生する可能性があります。
●
メモリモジュールコネクタの固定クリップを押すと、取り付けられ
ているメモリモジュールがイジェクトされます。破損を防止するた
めに、力を入れすぎないように注意してメモリモジュールをイジェ
クトします。
●
詳細は、27 ページ の「注意事項」の章を参照してください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
139
メインメモリ
8.1
基本情報
– システムボードには、24 個のメモリコネクタがあります。
DDR4 DIMM モジュール用です(CPU あたり 12 コネクタ)。
– 1つのプロセッサ構成では、12 個のメモリコネクタのみ使用可能。
– システムには、1 つのプロセッサあたりに最低 1 つのメモリモジュール
を取り付ける必要があります。
– サポートする容量 : 8 GB、16 GB、32 GB または 64 GB
– 最大 RAM 容量 :
768 GB の LRDIMM、または 384 GB の RDIMM(プロセッサ 1 個)
1536 GB の LRDIMM、または 768 GB の RDIMM(プロセッサ 2 個)
– サポートするメモリモジュール :
タイプ
RDIMMs
(Registered
DIMMs)
DDR41600/1866/2133 LRDIMMs
(LoadReduced
DIMMs)
1
Ranking1
1R
2R
4R
x
x
x
8R
Error
Correction
ECC または
非 ECC
x
x
1R: Single-Rank, 2R: Dual-Rank, 4R: Quad-Rank, 8R: Octa Rank
8.1.1
メモリの取り付け順序
8.1.1.1
取り付けの規則
– 最初にメモリスロット 1/ チャネル A(DIMM1A)に取り付けます。
– 2プロセッサ構成の場合、2 番目に、メモリスロット
1/ チャネル E(DIMM 1E)に取り付けます。
– すべてのチャネルでメモリスロット 1 に取り付けてから、メモリスロット
2 に取り付けます。
140
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メインメモリ
スロット 2 に取り付けてから、スロット 3 に取り付けます(すべての
CPU に該当)。
– ランクの異なるメモリモジュールを使用する場合、必ず番号の大きいラン
ク DIMM から取り付けます(スロット 1 から開始)
。
– 容量の異なるメモリモジュールを使用する場合 :
– 容量の大きいモジュールから取り付けます。
– モジュールはチャネル内で容量の多い順に取り付けます。
– 速度の異なるメモリモジュールが使用されている場合は、最低のクロック
速度がすべての DIMM に適用されます。
モードに関係なく、すべての DIMM は DIMM の SPD Data および選択され
た最高速度によって許容される周波数のうち、低い方の最高周波数で動作
します。
– RDIMM、LRDIMM を混在させることはできません。
– ECC と非 ECC DIMM を混在させることはできません。
– 同じ CPU 上で、1つのチャネルにクアッドランク DIMM が搭載された場
合、別のチャネルに 3 つの DIMM(3DPC)を搭載することはできません。
これは LRDIMM には当てはまりません。
DIMM 1C
DIMM 2C
DIMM 3C
DIMM 1D
DIMM 2D
DIMM 3D
DIMM 1E
DIMM 2E
DIMM 3E
DIMM 1F
DIMM 2F
DIMM 3F
CPU 1
CPU 2
DIMM 3B
DIMM 2B
DIMM 1B
DIMM 3A
DIMM 2A
DIMM 1A
DIMM 3H
DIMM 2H
DIMM 1H
DIMM 3G
DIMM 2G
DIMM 1G
図 42: スロット番号とメモリチャネルの概要
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
141
メインメモリ
8.1.1.2
インデペンデント(独立)チャネルモード
Slot
1A 2A 3A 1B 2B 3B
No. of
Modules
1
1
2
1
3
1
3
4
1
3
5
1
5
3
6
1
5
3
7
1
5
3
7
8
1
5
3
7
9
1
5
9
3
7
10
1
5
9
3
7
11
1
5
9
3
7 11
12
1
5
9
3
7 11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
142
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
17
17
17
17
17
17
17
17
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
13
13
13
13
13
13
13
13
13
13
13
13
CPU 2
21
21
21
21
3D 2D 1D 3C 2C 1C
1G 2G 3G 1H 2H 3H
black
blue
green
E
black
blue
green
F
green
blue
black
H
green
blue
black
black
G
blue
green
C
black
blue
green
D
green
black
B
green
blue
black
Color
CPU 1
A
blue
CPU
Channel
3F 2F 1F 3E 2E 1E
1 CPU populated
12
23
23
8
8
8
8
8
15
15
15
15
15
15
15
15
15
15
4
4
4
4
4
4
4
4
4
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
10
10
10
19
19
19
19
19
19
2
2
2
2
6
2
6
2
6
2
6
2
6
2
6
2
6
2
2 CPUs populated
11
11
11
11
11
11
11
11
11
11
11
11
11
11
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
12
12
12
12
12
12
12
12
12
12
12
12
12
20
20
20
20
20
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
16
16
16
16
16
16
16
16
16
24
アップグレード&メンテナンスマニュアル
22
22
22
14
14
14
14
14
14
14
14
14
14
14
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
18
18
18
18
18
18
18
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
BX2580 M1
メインメモリ
Xeon E5-2637v3、Xeon E5-2643v3、Xeon E5-2667v3、Xeon E5-2697v3、
Xeon E5-2699v3 を使用した、インデペンデント(独立)チャネルモード
Slot
1A 2A 3A 1B 2B 3B
No. of
Modules
1
1
2
1
3
1
3
4
1
3
5
1
5
3
6
1
5
3
7
1
5
3
7
8
1
5
3
7
9
1
5
9
3
7
10
1
5
9
3
7
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
9
17
17
17
17
17
17
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
13
13
13
13
13
13
13
13
13
13
CPU 2
3D 2D 1D 3C 2C 1C
1G 2G 3G 1H 2H 3H
black
blue
green
E
black
blue
green
F
green
blue
black
H
green
blue
black
black
G
blue
green
C
black
blue
green
D
green
black
B
green
blue
black
Color
CPU 1
A
blue
CPU
Channel
3F 2F 1F 3E 2E 1E
1 CPU populated
8
8
8
15
15
15
15
15
15
15
15
4
4
4
4
4
4
4
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
10
19
19
19
19
2
2
2
2
6
2
6
2
6
2
6
2
6
2
2 CPUs populated
11
11
11
11
11
11
11
11
11
11
11
11
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
12
12
12
12
12
12
12
12
12
12
12
20
20
20
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
16
16
16
16
16
16
16
22
21
21
14
14
14
14
14
14
14
14
14
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
18
18
18
18
18
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
インデペンデントチャネルモードの注意事項
– ヒートシンクが大きいため、DIMM は DIMM スロット 3B および DIMM ス
ロット 3D には取り付けられません。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
143
メインメモリ
8.1.1.3
ミラーチャネルおよびパフォーマンスモード
1
1
1
8
12
16
20
24
1
1
1
1
1
2
2
3
3
3
3
3
1
1
1
5
5
1
1
1
1
1
2
2
3
3
3
3
3D 2D 1D 3C 2C 1C
1G 2G 3G 1H 2H 3H
black
blue
green
black
E
blue
green
F
green
blue
black
H
green
blue
black
G
black
blue
green
C
black
blue
green
green
black
D
Slot
1A 2A 3A 1B 2B 3B
No. of
Modules
4
8
12
CPU 2
B
green
blue
black
Color
CPU 1
A
blue
CPU
Channel
3F 2F 1F 3E 2E 1E
1 CPU populated
3
3
5
5
5
5
2
2
1
1
1
3
3
3
3
1
1
1
1
1
3
5
5
1
2
1
2
1
2 CPUs populated
1
2
3
1
2
3
1
2
4
3
1
2
4
3
1
2
4
6
2
2
2
2
2
4
4
4
6
4
4
4
6
2
2
2
2
2
6
4
4
4
2
2
2
2
2
Xeon E5-2637v3、Xeon E5-2643v3、Xeon E5-2667v3、Xeon E5-2697v3、
Xeon E5-2699v3 を使用した、ミラーチャネルモードおよびパフォーマンス
モード
CPU 2
Slot
1A 2A 3A 1B 2B 3B
No. of
Modules
3D 2D 1D 3C 2C 1C
1G 2G 3G 1H 2H 3H
black
blue
green
black
E
blue
green
F
green
blue
black
H
green
blue
black
G
black
blue
green
C
black
blue
green
D
green
black
B
green
blue
black
Color
CPU 1
A
blue
CPU
Channel
3F 2F 1F 3E 2E 1E
1 CPU populated
4
8
1
1
2
1
1
2
2
1
1
8
12
16
20
1
1
1
1
3
3
3
1
1
1
1
3
3
3
3
3
3
1
1
1
1
1
2
1
2 CPUs populated
3
3
3
1
1
1
1
2
2
2
2
4
4
5
2
2
2
2
4
4
5
5
4
4
2
2
2
2
5
4
4
2
2
2
2
ミラーチャネルおよびパフォーマンスモードの注意事項
– メモリモジュールは、必ず 4 の倍数個取り付けてください。
– 同じ番号は、同じモジュール(容量、ランク)です。
– ヒートシンクが大きいため、DIMM は DIMM スロット 3B および DIMM ス
ロット 3D には取り付けられません。
144
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メインメモリ
8.1.1.4
ランクスペアリングモード
I ランクスペアリングモードでは、同じチャネルには同一モジュール
(容量とテクノロジが同一)を取り付ける必要があります。
シングル / デュアルランク(1R/2R)RDIMM
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
BX2580 M1
3D 2D 1D 3C 2C 1C
1G 2G 3G 1H 2H 3H
black
blue
E
gree
black
blue
gree
F
gree
H
blue
black
gree
G
blue
black
black
blue
C
gree
black
blue
gree
gree
D
Slot
1A 2A 3A 1B 2B 3B
No. of
Modules
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
CPU 2
B
blue
black
gree
A
blue
Color
CPU 1
black
CPU
Channel
3F 2F 1F 3E 2E 1E
1 CPU populated
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
2
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
4
4
4
4
4
4
4
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2 CPUs populated
2
3
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
6
8
8
8
8
8
8
8
アップグレード&メンテナンスマニュアル
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
145
メインメモリ
Xeon E5-2637v3、Xeon E5-2643v3、Xeon E5-2667v3、Xeon E5-2697v3、
Xeon E5-2699v3 を使用した、ランクスペアリングモード
Slot
1A 2A 3A 1B 2B 3B
No. of
Modules
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
I–
3D 2D 1D 3C 2C 1C
1G 2G 3G 1H 2H 3H
black
blue
E
gree
black
blue
gree
F
gree
H
blue
black
gree
G
blue
black
black
blue
C
gree
blue
gree
black
CPU 2
D
gree
B
blue
black
gree
A
blue
Color
CPU 1
black
CPU
Channel
3F 2F 1F 3E 2E 1E
1 CPU populated
1
2
3
3
3
3
3
3
3
3
2
4
4
4
4
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2 CPUs populated
2
3
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
6
6
8
8
8
8
8
8
8
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
同じ番号は、同じモジュール(容量、ランク)です。
– ヒートシンクが大きいため、DIMM は DIMM スロット 3B および
DIMM スロット 3D には取り付けられません。
取り付け規則の詳細は、148 ページ の「ランクスペアリングモードの
注意事項」の項を参照してください。
146
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メインメモリ
オクタランク / クアッドランク LR-DIMM によるランクスペアリングモード
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
BX2580 M1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
3D 2D 1D 3C 2C 1C
1G 2G 3G 1H 2H 3H
black
blue
E
gree
black
blue
gree
F
gree
H
blue
black
gree
G
blue
black
black
blue
C
gree
black
blue
gree
gree
D
Slot
1A 2A 3A 1B 2B 3B
No. of
Modules
1
1
1
1
2
1
1
1
3
1
1
1
4
5
1
1
1
6
1
1
1
7
1
1
1
3
8
1
1
1
3
3
9
1
1
1
3
3
3
10
1
1
1
3
3
3
11
1
1
1
3
3
3
12
1
1
1
3
3
3
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
CPU 2
B
blue
black
gree
A
blue
Color
CPU 1
black
CPU
Channel
3F 2F 1F 3E 2E 1E
1 CPU populated
4
7
7
7
7
4
4
7
7
7
7
7
4
4
4
7
7
7
7
7
7
2
2
2
2
2
2
2
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2 CPUs populated
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
8
8
8
8
8
8
8
アップグレード&メンテナンスマニュアル
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
147
メインメモリ
Xeon E5-2637v3、Xeon E5-2643v3、Xeon E5-2667v3、Xeon E5-2697v3、
Xeon E5-2699v3 を使用した、オクタランク / クアッドランク LR-DIMM によ
るランクスペアリングモード
Slot
1A 2A 3A 1B 2B 3B
No. of
Modules
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
3
3
3
3
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
3
3
3
5
5
5
5
5
5
5
5
5
3D 2D 1D 3C 2C 1C
1G 2G 3G 1H 2H 3H
black
blue
E
gree
black
blue
gree
F
gree
H
blue
black
gree
G
blue
black
blue
black
C
gree
blue
gree
black
CPU 2
D
gree
B
blue
black
gree
A
blue
Color
CPU 1
black
CPU
Channel
3F 2F 1F 3E 2E 1E
1 CPU populated
4
7
7
7
7
4
4
7
7
7
7
7
2
2
2
2
2
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2 CPUs populated
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
3
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
8
8
8
8
8
8
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
ランクスペアリングモードの注意事項
– 同じ番号は、同じモジュール(容量、ランク)です。
– ヒートシンクが大きいため、DIMM は DIMM スロット 3B および DIMM ス
ロット 3D には取り付けられません。
– シングル / デュアルランクメモリ構成の場合、少なくとも 1R または 2R
モジュールを各チャネルに取り付ける必要があります。
– オクタランク / クアッドランクメモリモジュールの場合は、次の点にご注
意ください。パフォーマンス上の理由から、必ず新しいチャネルを取り付
けてから、チャネルの 3 つ目のメモリスロット取り付けてください。
– 1 つの CPU に対して 1 つのメモリモジュール容量のみ有効です。
148
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メインメモリ
2 つの異なるメモリモジュール容量をランクスペアリングモード用に注文
した場合は、各 CPU が 1 つの容量のモジュールで構成されるように、
別々の CPU に取り付けます。次のページの例を参照してください。
例:
12 モジュール(8 x 4 GB および 4 x 8 GB)を注文したとします。
この場合、次の手順に従います。
Ê CPU 1 に複数のメモリモジュールの容量グループを使用し、モノ CPU
構成の取り付け順序に従って、それらを取り付けます。
Ê 1 つの CPU 構成の取り付け規則に従って、CPU 2 にもう 1 つの容量グ
ループを取り付けます。
– 冷却要件を満たすために、プロセッサの左右交互にメモリを搭載します。
順序
CPU 1
CPU 2
1
チャネル A
チャネル E
2
チャネル C
チャネル G
3
チャネル B
チャネル F
4
チャネル D
チャネル H
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
149
メインメモリ
8.2
メモリモジュールの取り付け
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
8.2.1
ハードウェア : 15 分
ソフトウェア : 5 分
工具不要
準備手順
メモリモジュールを取り付ける前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 該当する場合は、160 ページ の「エアカバーの取り外し」
。
8.2.2
メモリモジュールを取り付ける
Ê 140 ページ の「メモリの取り付け順序」の項に記載されている取り付け
順序に従って、正しいメモリスロットを識別します。
Ê 必要に応じて、メザニン取り付けプレートを取り外して、CPU 1 の DIMM
を取り扱いやすくします。
150
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メインメモリ
図 43: 固定クリップを開く
Ê メモリスロットの両側の固定クリップを外に押し開きます。
図 44: メモリモジュールの挿入
Ê モジュールの下部の切り込みをコネクタのクロスバーにそろえます(拡大
部分を参照)
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
151
メインメモリ
図 45: メモリモジュールの固定
Ê 固定クリップがモジュールの両端の切れ込みにカチッと音がして留まるま
で(2)、メモリモジュールを押し下げます(1)。
8.2.3
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 159 ページ の「エアカバーの取り付け」。
Ê 該当する場合は、126 ページ の「メザニンカードの取り付け」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」。
Ê 70 ページ の「システムボード BIOS と iRMC のアップデートまたはリカ
バリ」。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」。
Ê 該当する場合は、86 ページ の「メモリモードの確認」。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」。
152
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メインメモリ
8.3
メモリモジュールの取り外し
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 15 分
ソフトウェア : 5 分
工具不要
8.3.1
準備手順
メモリモジュールを取り外す前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」
。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」
。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」
。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」
。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」
。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」
。
Ê 該当する場合は、160 ページ の「エアカバーの取り外し」
。
8.3.2
メモリモジュールの取り外し
Ê 140 ページ の「メモリの取り付け順序」の項に記載されている取り付け
順序に従って、目的のメモリスロットを識別します。
V 注意 !
メモリモジュールを取り外す場合は、動作設定を必ず保持してくだ
さい。詳細は、140 ページ の「メモリの取り付け順序」の項を参
照してください。
Ê 必要に応じて、メザニン取り付けプレートを取り外して、CPU 1 の DIMM
を取り扱いやすくします。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
153
メインメモリ
図 46: メモリモジュールの取り外し
Ê メモリモジュールコネクタの両端の固定クリップを押して、目的のメモリ
モジュールをイジェクトします。
Ê イジェクトしたメモリモジュールを取り外します。
8.3.3
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 該当する場合は、159 ページ の「エアカバーの取り付け」
。
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」。
Ê 70 ページ の「システムボード BIOS と iRMC のアップデートまたはリカ
バリ」。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」。
154
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メインメモリ
8.4
メモリモジュールの交換
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 15 分
ソフトウェア : 5 分
工具不要
8.4.1
準備手順
メモリモジュールを交換する前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」
。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」
。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」
。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」
。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」
。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」
。
Ê 160 ページ の「エアカバーの取り外し」
。
Ê 252 ページ の「オンボード表示ランプおよびコントロール」
。
8.4.2
メモリモジュールの取り外し
Ê 153 ページ の「メモリモジュールの取り外し」の項に記載されているよ
うに、故障しているメモリモジュールを取り外します。
8.4.3
メモリモジュールを取り付ける
Ê 150 ページ の「メモリモジュールを取り付ける」の項に記載されている
ように、故障しているメモリモジュールを交換します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
155
メインメモリ
8.4.4
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 159 ページ の「エアカバーの取り付け」。
Ê 126 ページ の「メザニンカードの取り付け」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」。
Ê 70 ページ の「システムボード BIOS と iRMC のアップデートまたはリカ
バリ」。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」。
Ê 85 ページ の「交換した部品のシステム BIOS での有効化」
。
Ê 86 ページ の「メモリモードの確認」。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」。
156
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メインメモリ
8.5
ダミー DIMM モジュールの使用
V 注意 !
空いている DIMM ソケットにはダミー DIMM モジュール(次の図を参
照)を取り付けて、システムが十分冷却されるようにします。以下に
従ってください。
●
CPU 1 のみ取り付ける場合、CPU 1 の空いているすべての DIMM
スロットに、ダミーモジュールを取り付けます。これらの DIMM ス
ロットにエアカバーを被せます(159 ページ の「エアカバーの取
り付け」の項を参照)
。
●
CPU 2 を追加で取り付ける場合は、CPU 2 の空いているすべての
DIMM スロットにもダミー DIMM モジュールを取り付けます。これ
らの DIMM スロットにエアカバーを被せます(159 ページ の「エ
アカバーの取り付け」の項を参照)
。
図 47: ダミー DIMM モジュール
ダミー DIMM モジュールは、DIMM モジュールとまったく同じ手順で取り付
けます(150 ページ の「メモリモジュールを取り付ける」および 153 ページ
の「メモリモジュールの取り外し」の項を参照)。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
157
メインメモリ
8.6
メモリのエアカバーの取り扱い
8.6.1
基本情報
以下の図は、各種のエアカバーを示しています。
図 48: エアカバーのタイプ
エアカバーのタイプ
#1
#2
#3
用途 :
用途 :
用途 :
CPU 1: 135 W ヒートシ CPU 1: 145 W ヒートシ
ンクのみ、DIMM "A" と
ンクのみ
"B" 専用
CPU 2: 両方のヒートシ
CPU 2: 使用せず
ンクタイプ
CPU 1: 145 W ヒートシ
ンクのみ、DIMM "C" と
"D" 専用
CPU 2: 使用せず
I CPU 1 :
CPU 1 の DIMM スロットをエアカバーでふさぐ必要があります。
CPU 2 :
CPU 2 の DIMM スロットをエアカバーでふさぐ必要があります。
158
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
メインメモリ
8.6.2
エアカバーの取り付け
図 49: エアカバーの取り付け
Ê 図に示すように、エアカバーを CPU の DIMM に被せます。
V 注意 !
冷却のために、運用時にはエアカバーを取り付ける必要がありま
す。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
159
メインメモリ
8.6.3
エアカバーの取り外し
図 50: エアカバーを持ち上げる
Ê エアカバーを DIMM から持ち上げて外します。
160
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
9
プロセッサ
安全上の注意事項
V 注意 !
●
サポートしていないプロセッサは取り付けないでください。サポー
トしているプロセッサの詳細は、161 ページ の「基本情報」の項
を参照してください。
●
内部オプションの回路とはんだ付け部品は露出しているため、静電
気の影響を受けやすくなっています。静電気に敏感なデバイス
(ESD)を取り扱う際は、まず、接地された物(アース)に触れる
などして静電気の帯電を必ず放電してください。
●
ボードやはんだ付け部品の電気回路に触れないでください。回路
ボードを持つ際は、金属部分またはふちを持つようにしてくださ
い。
●
プロセッサの取り外しまたは取り付け時には、プロセッサ・ソケッ
トのスプリングコンタクトに触れたり曲げたりしないように注意し
てください。
●
プロセッサの下側には絶対に触れないでください。指の油分などの
わずかな汚れでも、プロセッサの動作に悪影響を及ぼしたり、プロ
セッサを破損させる可能性があります。
●
詳細は、27 ページ の「注意事項」の章を参照してください。
9.1
基本情報
システムボード D3321 は、インテル Xeon プロセッサのために 2 つのソケッ
トを提供します。
サポートするプロセッサ
– CPU: Intel Xeon プロセッサ E5-2600v3 ファミリ
– ソケットタイプ : LGA2011-3 パッケージ
– 熱設計電力(TDP)クラス : 最大 145 W
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
161
プロセッサ
9.2
プロセッサの取り付け
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
ハードウェア : 15 分
ソフトウェア : 5 分
工具: プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
V 注意 !
プロセッサは静電気に非常に弱いため、慎重に扱う必要があります。
プロセッサを保護スリーブまたはソケットから取り外した後は、導電
性がなく帯電を防止できる場所に上下逆さに置いてください。プロ
セッサを押し付けないようにしてください。
9.2.1
準備手順
プロセッサを取り付ける前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 該当する場合、110 ページ の「取り付けフレームの取り外し」
Ê CPU 2 を取り付ける必要がある場合は、190 ページ の「CPU 2 の「ダ
ミーヒートシンク」の取り外し」を参照してください。
162
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
9.2.2
プロセッサの取り付け
I この説明は、次の手順に当てはまります。
– シングルセッサ構成に 2 つ目の CPU の取り付け
– システムボード交換後の CPU の移動(170 ページ の「プロセッサ
の取り外し」および 162 ページ の「プロセッサの取り付け」の項を
参照)
図 51: ソケットリリースレバー(1)を開きます。
Ê Open 1st と印の付いたソケットリリースレバーを押し下げてソケットから
外し、ソケットレバーのラッチを外します(1)。
Ê ソケットリリースレバーが少し持ち上がります(2)
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
163
プロセッサ
図 52: ソケットリリースレバー(2)を開きます。
Ê Close 1st と印の付いたソケットリリースレバーを押し下げてソケットから
外し、ソケットレバーのラッチを外します(1)。
Ê 「Close 1st」と記されるソケットリリースレバーを完全に後ろに倒します
(2)。
図 53: ロードプレートを開く(A)
164
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
Ê Open 1st と印の付いたソケットリリースレバーを押し下げて(1)、ロード
プレートをソケットから持ち上げます(2)。
図 54: ロードプレートを開く(B)
Ê ロードプレートを完全に開く
V 注意 !
プロセッサ・ソケットのスプリングコンタクトに触れたり曲げたり
しないように注意してください。
Ê ロードプレートが完全に開いた位置にあるか確認します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
165
プロセッサ
図 55: プロセッサを取り付ける
Ê プロセッサを親指と人差し指ではさんで持ちます。
Ê プロセッサの4つの切り込みがソケットのポストに合わさっていることを
確認します。
Ê 傾けたりずらしたりせずに、プロセッサを真っすぐにソケットに降ろしま
す。
V 注意 !
– プロセッサがソケットに水平に取り付けられているかどうか確
認します。
– プロセッサがソケットのピンに触れたり曲げないように注意し
てください。
– プロセッサの下側には絶対に触れないでください。指の油分な
どのわずかな汚れでも、プロセッサの動作に悪影響を及ぼした
り、プロセッサを破損させる可能性があります。
– プロセッサの縁を傷つけたり、へこませたりしないように注意
してください。
166
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
図 56: ロードプレートを閉じる
Ê ロードプレートを慎重にプロセッサの上に降ろします。
Ê ロードプレートを閉じると、ソケット保護カバーが自動的に外れます。
Ê ソケットカバーを取り外し、今後使うかもしれないので、保管しておいて
ください。
V 注意 !
プロセッサをソケットから取り外す場合は、必ずソケットカバーを取
り外してください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
167
プロセッサ
図 57: ソケットリリースレバー2を閉じます。
Ê ロードプレートを完全に閉じて、閉じたままの状態にします。
Ê Close 1st と印の付いたソケットリリースレバーを閉じて(1)ロードプ
レート保持タブの下に掛け、ロードプレートをロックします(2)。
図 58: ソケットリリースレバー 1 を閉じます。
Ê Open 1st と印の付いたソケットリリースレバーを閉じ(1)
、ロードプレー
ト保持タブの下に掛けます(2)
。
168
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
Ê 必要に応じて、同様の手順でその他のプロセッサを取り付けます。
9.2.3
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 183 ページ の「プロセッサヒートシンクの取り付け」
。
Ê 該当する場合、110 ページ の「取り付けフレームの取り付け」
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 70 ページ の「システムボード BIOS と iRMC のアップデートまたはリカ
バリ」。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
Ê 85 ページ の「交換した部品のシステム BIOS での有効化」。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
169
プロセッサ
9.3
プロセッサの取り外し
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
ハードウェア : 15 分
ソフトウェア : 5 分
工具: プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
V 注意 !
プロセッサは静電気に非常に弱いため、慎重に扱う必要があります。
プロセッサを保護スリーブまたはソケットから取り外した後は、導電
性がなく帯電を防止できる場所に上下逆さに置いてください。プロ
セッサを押し付けないようにしてください。
9.3.1
準備手順
プロセッサを取り外す前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 153 ページ の「メモリモジュールの取り外し」
。
Ê 該当する場合、110 ページ の「取り付けフレームの取り外し」
Ê 189 ページ の「プロセッサヒートシンクの取り外し」。
9.3.2
プロセッサの取り外し
I この説明は、次の手順に当てはまります。
– デュアルプロセッサ構成から CPU 2 の取り外し
170
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
– CPU のシステムボードからの取り外し(170 ページ の「プロセッ
サの取り外し」の項を参照)
Ê 189 ページ の「プロセッサヒートシンクの取り外し」の項に記載されて
いるように、目的のプロセッサヒートシンクを取り外します。
図 59: ソケットリリースレバー(1)を開きます。
Ê Open 1st と印の付いたソケットリリースレバーを押し下げてソケットから
外し、ソケットレバーのラッチを外します(1)。
Ê ソケットリリースレバーが少し持ち上がります(2)
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
171
プロセッサ
図 60: ソケットリリースレバー(2)を開きます。
Ê Close 1st と印の付いたソケットリリースレバーを押し下げてソケットから
外し、ソケットレバーのラッチを外します(1)。
Ê 二つ目のソケットリリースレバーを後ろに倒します(2)
。
図 61: ロードプレートを開く(A)
172
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
Ê Open 1st と印の付いたソケットリリースレバーを押し下げて(1)、ロード
プレートをソケットから持ち上げます(2)。
図 62: ロードプレートを開く(B)
Ê ロードプレートを完全に開く
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
173
プロセッサ
図 63: プロセッサの取り外し
Ê 故障したプロセッサをそのソケットからゆっくりと垂直に取り外します。
V 注意 !
プロセッサ・ソケットのスプリングコンタクトに触れたり曲げたり
しないように注意してください。
Ê 糸くずの出ない布を使用して、プロセッサの表面に残っているサーマル
ペーストを完全に取り除きます。
Ê 後で使えるように、プロセッサを安全な場所に保管しておきます。
V 注意 !
プロセッサは静電気に非常に弱いため、慎重に扱う必要がありま
す。プロセッサを保護スリーブまたはソケットから取り外した後
は、導電性がなく帯電を防止できる場所に上下逆さに置いてくださ
い。プロセッサを押し付けないようにしてください。
174
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
図 64: ロードプレートを閉じる
Ê 空いたのプロセッサソケットの上にロードプレートを慎重にかぶせて閉じ
ます。
V 注意 !
プロセッサ・ソケットのスプリングコンタクトに触れたり曲げたり
しないように注意してください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
175
プロセッサ
図 65: ソケット保護カバーの取り付け(A)
Ê 所定の位置にはまるまで、ソケット保護カバーを CPU ソケットにゆっく
りと垂直に降ろします。
V 注意 !
プロセッサをソケットから取り外す場合は、必ずソケットカバーを取
り外してください。
176
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
図 66: ソケット保護カバーの取り付け(B)
Ê ソケット保護カバーが、上の図のようにソケットに正しく取り付けられて
いることを確認します。
図 67: ソケットリリースレバー2を閉じます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
177
プロセッサ
Ê ロードプレートを完全に閉じて、閉じたままの状態にします。
Ê Close 1st と印の付いたソケットリリースレバーを閉じて(1)ロードプ
レート保持タブの下に掛け、ロードプレートをロックします(2)。
図 68: ソケットリリースレバー 1 を閉じます。
Ê Open 1st と印の付いたソケットリリースレバーを閉じ(1)
、ロードプレー
ト保持タブの下に掛けます(2)
。
178
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
9.3.3
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 183 ページ の「プロセッサヒートシンクの取り付け」
。
Ê 該当する場合、110 ページ の「取り付けフレームの取り付け」
Ê 150 ページ の「メモリモジュールを取り付ける」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 70 ページ の「システムボード BIOS と iRMC のアップデートまたはリカ
バリ」。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
179
プロセッサ
9.4
プロセッサのアップグレードまたは交換
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
ハードウェア : 15 分
ソフトウェア : 5 分
工具: プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
V 注意 !
プロセッサは静電気に非常に弱いため、慎重に扱う必要があります。
プロセッサを保護スリーブまたはソケットから取り外した後は、導電
性がなく帯電を防止できる場所に上下逆さに置いてください。プロ
セッサを押し付けないようにしてください。
9.4.1
準備手順
プロセッサをアップグレードまたは交換する前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 153 ページ の「メモリモジュールの取り外し」
。
Ê 該当する場合、110 ページ の「取り付けフレームの取り外し」
Ê 189 ページ の「プロセッサヒートシンクの取り外し」。
9.4.2
プロセッサのアップグレードまたは交換
Ê 170 ページ の「プロセッサの取り外し」の項に記載されているように、
目的のプロセッサを取り外します。
180
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
Ê 162 ページ の「プロセッサの取り付け」の項に記載されているように、
新しいプロセッサを取り付けます。
9.4.3
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 183 ページ の「プロセッサヒートシンクの取り付け」
。
Ê 該当する場合、110 ページ の「取り付けフレームの取り付け」
Ê 150 ページ の「メモリモジュールの取り付け」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
I サーバの電源投入後に、「CPU has been changed」のエラーメッセージ
が発生し、保守ランプが点滅することがあります。
このメッセージは、搭載 CPU の構成が変更されたことを示すもので、
機能的な問題ではありません。保守ランプの点滅は、「BIOS セット
アップユーティリティ」で "Save change and Exit" または "Save change
and Reset" を選択する ことによって消えます。
Ê 70 ページ の「システムボード BIOS と iRMC のアップデートまたはリカ
バリ」。
Ê 81 ページ の「メモリモジュールまたはプロセッサの交換後のエラース
テータスのリセット」。
Ê 85 ページ の「交換した部品のシステム BIOS での有効化」。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
181
プロセッサ
9.5
プロセッサヒートシンクの取り扱い
フィールド交換可能ユニット
(FRU)
サーマルペーストが必要な場
合
ハードウェア : 15 分
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具: プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
9.5.1
準備手順
プロセッサヒートシンクの取り付け、取り外し、交換を行う前に、次の手順
に従います。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 該当する場合、110 ページ の「取り付けフレームの取り外し」
Ê 該当する場合は、153 ページ の「メモリモジュールの取り外し」
。
182
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
9.5.2
プロセッサヒートシンクの取り付け
以降のページの図は、このサーバブレードのさまざまなヒートシンクのタイ
プを示してます。
CPU 1 用のヒートシンクタイプ
図 69: CPU 1 用のヒートシンクタイプ
1 最大 135 W の TDP を使用する CPU のヒートシンク
2 最大 145 W の TDP を使用する CPU のヒートシンク
I このヒートシンクは TDP 135 W 以下 の CPU のヒートシンクより
も幅が広く(上図の #1 を参照)、CPU 1 の DIMM スロット "3B" と
"3D" を占有します。このため、このヒートシンクを使用する場合
は、小型のエアカバーを使用する必要があります(158 ページ の
「メモリのエアカバーの取り扱い」を参照)
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
183
プロセッサ
CPU 2 用のヒートシンクタイプ
図 70: CPU 2 用のヒートシンク(SSD のプラットフォーム)
1 最大 135 W の TDP を使用する CPU のヒートシンク
2 最大 145 W の TDP を使用する CPU のヒートシンク
I TDP が 145 W の CPU のヒートシンクには、TDP 135 W 以下 の
CPU のヒートシンクよりも、多数のフィンが実装されています
(上図の #1 を参照)
。
184
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
9.5.2.1
ヒートシンクとプロセッサの準備
新しいヒートシンクの取り付け時
図 71: 保護カバー付きのヒートシンク
Ê ヒートシンクから保護カバーを取り外します(矢印を参照)。
V 注意 !
ヒートシンクの下側にあるヒートペーストには触れないでくださ
い。
ヒートシンクの再利用時
Ê ヒートシンクの銅表面からサーマルペーストの残留物が完全に除去されて
いることを確認します。
Ê 192 ページ の「サーマルペーストの塗布」の項に記載されるように、
サーマルペーストをプロセッサの表面に塗布します。
9.5.2.2
CPU 1 のヒートシンクの取り付け
Ê ヒートシンクをプロセッサソケットの 4 つのネジ穴に合わせます
(187 ページ の図 73 を参照)
。
Ê 図のように、ヒートシンクを 4 本のネジ穴に慎重に取り付けます(矢印を
参照)。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
185
プロセッサ
V 注意 !
– ヒートシンクのネジがネジ穴に正しく取り付けられているかど
うか確認します。
– ヒートシンクの冷却フィンがエアフローの方向と一致している
かどうか確認します。
図 72: CPU 1 のヒートシンクの固定
Ê 2 本のネジ(1)と(2)が固定されるまで、ヒートシンクを押したままに
して、傾かないようにします。
Ê ヒートシンクの 4 本のネジ(コンビ六角)を、以下の順で固定します :
(1)->(2)->(3)->(4)。.
トルク : 0.6 Nm(日本市場には適用されません)
I TDP が 145 W の CPU のヒートシンクを使用する場合、2 つのメモリ
スロット(3B と 3D)を使用できません。
186
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
9.5.2.3
CPU 2 のヒートシンクの取り付け
図 73: CPU 2 のヒートシンクの取り付け
Ê ヒートシンクの端をメモリスロットレバーに合わせます(赤色の線を参
照)。
Ê ヒートシンクのネジを 4 つのネジ穴に慎重に取り付けます(矢印を参照)。
V 注意 !
– ヒートシンクのネジがネジ穴に正しく取り付けられているかど
うか確認します。
– ヒートシンクの冷却フィンがエアフローの方向と一致している
かどうか確認します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
187
プロセッサ
図 74: CPU 2 のヒートシンクの固定
Ê ネジ(1)と(2)が固定されるまで、ヒートシンクを押したままにして、
傾かないようにします。
Ê ヒートシンクの 4 本のネジ(コンビ六角)を、以下の順で固定します :
(1)->(2)->(3)->(4)。.
トルク : 0.6 Nm(日本市場には適用されません)
188
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
9.5.3
プロセッサヒートシンクの取り外し
I 以下の手順は、両方の CPU のヒートシンクに対して同一です。
図 75: プロセッサヒートシンクの取り外し(A)
Ê ヒートシンクの 4 本のネジ(コンビ六角)を、以下の順で緩めます : (4)>(3)->(2)->(1)。
Ê ヒートシンクをそっと左右に動かして、プロセッサから取り外します。
I この手順は、ヒートシンクとプロセッサとの間のサーマルペースト
に粘着特性があるため必要です。
V 注意 !
プロセッサソケット周辺のシステムボードのコンポーネントを破損
しないように、特別な注意を払ってください。
Ê ヒートシンクをシャーシから持ち上げます。
Ê 糸くずの出ない布を使用して、ヒートシンクおよびプロセッサの表面に
残っているサーマルペーストを完全に取り除きます。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
189
プロセッサ
9.5.4
CPU 2 の「ダミーヒートシンク」の取り外し
I CPU 2 が取り付けられていない場合、冷却のために「ダミーヒートシ
ンク」が取り付けました。
「ダミーヒートシンク」の取り付けは、逆の順序で実行してください。
図 76: CPU 2 の「ダミーヒートシンク」の取り外し
Ê ヒートシンクの 4 本のネジ(コンビ六角)を、以下の順で緩めます : (4)>(3)->(2)->(1) (番号は図を参照)。
Ê 『ダミーヒートシンク』をシャーシから持ち上げます。
V 注意 !
プロセッサソケット周辺のシステムボードのコンポーネントを破損
しないように、特別な注意を払ってください。
190
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
9.5.5
プロセッサヒートシンクの交換
9.5.5.1
プロセッサヒートシンクの取り外し
Ê 189 ページ の「プロセッサヒートシンクの取り外し」の項に記載されて
いるように、プロセッサヒートシンクを取り外します。
9.5.5.2
サーマルペーストの塗布
Ê 192 ページ の「サーマルペーストの塗布」の項に記載されるように、
サーマルペーストをプロセッサの表面に塗布します。
9.5.5.3
プロセッサヒートシンクの取り付け
Ê 185 ページ の「ヒートシンクとプロセッサの準備」および 185 ページ の
「CPU 1 のヒートシンクの取り付け」の項に記載されているように、プロ
セッサヒートシンクを取り付けます。
9.5.6
終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 該当する場合は、150 ページ の「メモリモジュールを取り付ける」。
Ê 該当する場合、110 ページ の「取り付けフレームの取り付け」
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
191
プロセッサ
9.6
サーマルペーストの塗布
フィールド交換可能ユニット
(FRU)
ハードウェア : 5 分
工具: 工具不要
I–
日本市場では、サービスエンジニアは別途指定する手順に従ってく
ださい。
– プロセッサのアップグレードまたは交換キットに新しい CPU ヒー
トシンクが付属している場合はその下部の表面に、サーマルペース
トがあらかじめ薄く塗布されています。この場合は、183 ページ
の「プロセッサヒートシンクの取り付け」の項に進みます。
図 77: サーマルペーストの注射器
1 本のサーマルペーストの注射器に、プロセッサ 3 個分のサーマルペースト
が入っています。
192
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
プロセッサ
図 78: サーマルペーストの塗布
Ê 図のように、少量のサーマルペーストをプロセッサの表面に塗布します。
I 注射器の 2 つの目盛り線が、プロセッサ 1 個分のサーマルペースト
の適量と等しくなっています。
V 注意 !
タイプの異なるサーマルペーストを混ぜないでください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
193
プロセッサ
194
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
10
システムボードのコンポーネント
安全上の注意事項
V 注意 !
●
サーバ内のデバイスおよびコンポーネントは、シャットダウン後も
しばらくは高温の状態が続きます。サーバのシャットダウン後、高
温になっているコンポーネントが冷却されるのを待ってから内部オ
プションの取り付けや取り外しを行ってください。
●
内部オプションの回路とはんだ付け部品は露出しているため、静電
気の影響を受けやすくなっています。静電気に敏感なデバイス
(ESD)を取り扱う際は、まず、接地された物(アース)に触れる
などして静電気の帯電を必ず放電してください。
●
ボードやはんだ付け部品の電気回路に触れないでください。回路
ボードを持つ際は、金属部分またはふちを持つようにしてくださ
い。
●
詳細は、27 ページ の「注意事項」の章を参照してください。
10.1
●
基本情報
CMOS バッテリー
CMOS メモリ(揮発性 BIOS メモリ)およびリアルタイムクロックは、コ
イン型リチウム電池(CMOS バッテリー)で動きます。この電池の寿命
は最大 10 年間で、周辺温度および使用状況によって異なります。
CMOS バッテリーが枯渇したり、最小電圧レベルを下回った場合は、直
ちに交換する必要があります。
●
UFM(USB Flash Module)
サーバブレードには、USB Flash Module(UFM)を搭載できます。
●
TPM (Trusted Platform Module)
システムボードには、オプションで TPM(Trusted Platform Module)が搭
載されます。このモジュールは、他メーカーのプログラムによるキー情報
の保存を可能にします(Windows Bitlocker Drive Encryption を使用したド
ライブの暗号化など)。
●
SATA DOM
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
195
システムボードのコンポーネント
サーバブレードには SATA DOM を搭載できます。
●
Micro SD カード
サーバブレードには micro SD カードを搭載できます。
10.2
CMOS バッテリーの交換
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 5 分
工具不要
安全上の注意事項
V 注意 !
●
CMOS バッテリーは、まったく同じバッテリーか、メーカーが推
奨する型のバッテリーと交換する必要があります。
●
リチウムバッテリーは、子どもの手の届かない場所に置いてくださ
い。
●
バッテリーはゴミ箱に捨てないでくださいリチウムバッテリーは、
特別廃棄物についての自治体の規制に従って、廃棄する必要があり
ます。
●
安全情報の詳細は、
『FUJITSU Server PRIMERGY BX2580 M1 サー
バブレード オペレーティングマニュアル』の「環境保護」の項を
参照してください。
10.2.1 準備手順
CMOS バッテリーを交換する前に、次の手順に従います。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
196
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
10.2.2 バッテリーの交換
CMOS バッテリは、システムボード上の CPU の各ヒートシンク間にありま
す(以下の図を参照)。
図 79: システムボード D3321 の CMOS バッテリーの場所(楕円を参照)
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
197
システムボードのコンポーネント
4
2
+
+ 1
3
図 80: CMOS バッテリーの交換
使い切ったバッテリーの取り外し
Ê ロックしているバネを押して(1)、使い切った CMOS バッテリーを外し
ます。
Ê CMOS バッテリーを取り外します(2)。
I CMOS バッテリーはゴミ箱に捨てないでください。リチウムバッ
テリーは、特別廃棄物についての自治体の規制に従って、廃棄する
必要があります。
新しいバッテリーの挿入
Ê 198 ページ の図 80 に示すように、ロックしているバネを押して(3)、未
使用の CMOS バッテリーを挿入します(4)
。
Ê ロックしているバネを放します。ロックしているバネが正しくはまってい
ることを確認します。
198
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
10.2.3 終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê CMOS バッテリーは、特別廃棄物についての自治体の規制に従って、廃
棄する必要があります。
Ê 159 ページ の「エアカバーの取り付け」
。
Ê 126 ページ の「メザニンカードの取り付け」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 86 ページ の「システム時刻設定の確認」
。
10.3
USB Flash Module(UFM)
10.3.1 UFM の取り付け
フィールド交換可能ユニット
(FRU)
工具 :
ハードウェア : 5 分
ソフトウェア : 5 分
工具不要
10.3.1.1 準備手順
UFM を取り付ける前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」
。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」
。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」
。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」
。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」
。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」
。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
199
システムボードのコンポーネント
10.3.1.2 UFM の取り付け
図 81: UFM キット
事前に組み立てられている UFM フラッシュモジュールキット :
1
4 GB UFM SLC
2
UFM スペーサー
I この黒色のスペーサーは使用されません。白色のスペーサーが
取り付け済みです。
3
200
UFM 用ナイロン製ネジ
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
図 82: UFM の搭載位置
システムボード上の UFM の搭載位置 :
1
2
UFM マルチピンコネクタ
UFM スペーサー
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
201
システムボードのコンポーネント
図 83: UFM の取り付け
Ê システムボードに UFM を取り付けます。
Ê UFM をナイロン製ネジで固定します(矢印を参照)。
10.3.1.3 終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」。
202
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
10.3.1.4 ソフトウェアの構成
Ê UFM の使用時に UFM の製品の添付資料に従って別途購入した VMware
vSphere 製品の、ライセンスキーまたは、機能を制限する無償版専用のラ
イセンスキーを設定してください。
10.3.2 UFM の取り外し
フィールド交換可能ユニット
(FRU)
工具 :
ハードウェア : 5 分
ソフトウェア : 5 分
プラス PH0 / (+) No. 0 ドライバ
10.3.2.1 準備手順
UFM を取り外す前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」
。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」
。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」
。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」
。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」
。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」
。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
203
システムボードのコンポーネント
10.3.2.2 UFM の取り外し
図 84: UFM の取り外し
Ê 故障した UFM からナイロン製ネジ(矢印を参照)を取り外します。
Ê UFM の隅を持って、慎重にゆっくりと持ち上げます。
UFM スペーサーはシステムボードに残ります。
10.3.2.3 終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」。
204
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
10.3.3 UFM の交換
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 10 分
ソフトウェア : 5 分
– プラス PH0 / (+) No. 0 ドライバ
– コンビネーションプライヤーおよびフラットノーズプライヤ ー
10.3.3.1 準備手順
UFM を交換する前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」
。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」
。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」
。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」
。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」
。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」
。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
205
システムボードのコンポーネント
10.3.3.2 UFM の取り外し
図 85: UFM の取り外し
Ê 故障した UFM からナイロン製ネジ(矢印を参照)を取り外します。
Ê UFM の隅を持って、慎重にゆっくりと持ち上げます。
UFM スペーサーはシステムボードに残ります。
206
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
10.3.3.3 UFM の再取り付け
図 86: 新しい UFM の準備
Ê ナイロン製ネジ(1)と黒色のスペーサー(2)を新しい UFM から取り外
します。
Ê 新しい UFM を、UFM コネクタと残っている UFM スペーサーに取り付け
ます。
Ê UFM をナイロン製ネジで UFM スペーサーに固定します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
207
システムボードのコンポーネント
故障した UFM の破壊
V 注意 !
UFM には、ユーザ情報(IP アドレス、ライセンスなど)が含まれてい
ます。UFM を交換したら、故障した UFM をユーザに返却してくださ
い。故障した UFM の廃棄をユーザに依頼された場合は、次の手順に従
います。
図 87: 故障した UFM の破壊
Ê 図のように、コンビネーションプライヤー(1)とフラットノーズ
プライヤー(2)を使用して、UFM を 2 つに割ります。
208
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
10.3.3.4 終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
10.3.3.5 ソフトウェアの構成
Ê UFM の使用時に UFM の製品の添付資料に従って別途購入した VMware
vSphere 製品の、ライセンスキーまたは、機能を制限する無償版専用のラ
イセンスキーを設定してください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
209
システムボードのコンポーネント
10.4
Trusted Platform Module (TPM)
10.4.1 TPM の取り付け
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 5 分
ソフトウェア : 5 分
プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
TPM の取り付け :
– ビットドライバ
– TPM ビットインサート(*)
(*) 日本市場の場合
:
– TPM モジュール取付工具(S26361-F3552-L909)
10.4.1.1 準備手順
TPM を取り付ける前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」。
210
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
10.4.1.2 TPM の取り付け
図 88: TPM キット
TPM キットの内容は以下のとおりです。
1
TPM モジュール
2
TPM スペーサー
I 黒色の TPM スペーサーを使用してください。
白色の TPM スペーサーはこのサーバには使用されません。
3
TPM 用特殊ネジ
4
TPM 用特殊ネジで使用する TPM ビットインサート
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
211
システムボードのコンポーネント
図 89: TPM の取り付け位置
システムボード上の TPM の搭載位置 :
1
2
212
TPM マルチピンコネクタ
TPM スペーサー用の穴
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
図 90: TPM スペーサーの取り付け
Ê TPM スペーサーをシステムボードの穴(丸で囲んだ部分)にカチッと取
り付けます。
図 91: TPM ビットインサート
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
213
システムボードのコンポーネント
Ê TPM ビットインサートまたは TPM モジュール取付工具(日本市場向け)
にビットドライバを取り付けます。
図 92: TPM の取り付け
Ê 新しい TPM をシステムボードに取り付けます。
Ê TPM ビットインサートを使用して、TPM を TPM 用ネジ(矢印を参照)
で固定します(213 ページ の図 91 を参照)。
I ネジをきつく締めすぎないでください。ネジ頭が TPM に軽く触れ
たらすぐに、締めるのをやめます。
10.4.1.3 終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」。
Ê TPM をシステムボード BIOS で有効にします。次の手順に従います。
214
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
Ê 59 ページ の「ビデオリダイレクションのサーバブレードへの起動」の
項に記載されているように、サーバブレードの仮想コンソールを開き
ます。
Ê サーバブレードの電源を入れるか、再起動します。
Ê スタートアップ画面が表示されたらすぐに [F2] ファンクションキーを
押して、BIOS へ移動します。
Ê 「Advanced」メニューを選択します。
Ê 「Trusted Computing」サブメニューを選択します。
Ê 「TPM Support」と「TPM State」の設定を「Enabled」に設定します。
Ê 「Pending TPM operation」で目的の TPM の動作モードを選択します。
Ê 変更を保存して BIOS を終了します。
I BIOS にアクセスして設定を変更する方法については、『FUJITSU
Server PRIMERGY BX2580 M1 用 D3321 BIOS セットアップユー
ティリティ リファレンスマニュアル』
(オンライン)を参照してく
ださい。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
215
システムボードのコンポーネント
10.4.2 TPM の取り外し
フィールド交換可能ユニット
(FRU)
工具 :
ハードウェア : 30 分
システムボードの取り外し :
– プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
TPM の取り外し :
– フラットノーズプライヤー
– 細いマイナスドライバー (2 x 0.4 mm) (*
( )
* 日本市場の場合 :
– TPM 用精密マイナスドライバ(CWZ8291A)
TPM に関する注意事項
I サーバブレードには、オプションで TPM(Trusted Platform Module)
を搭載できます。このモジュールは、他メーカーのプログラムによる
キー情報の保存を可能にします(たとえば、Windows Bitlocker Drive
Encryption を使用したドライブの暗号化)
。
TPM 機能を使用している場合は、故障したサーバブレードから TPM
を取り外して新しいサーバブレードに接続する必要があります。詳細
は、220 ページ の「TPM の交換」の項を参照してください。
TPM はシステム BIOS でアクティブ化されます。
V 注意 !
– サーバブレードを交換する前に、お客様に TPM 機能を使用してい
るかどうか確認してください。
– TPM 機能を使用している場合は、古いシステムボードから TPM を
取り外して新しいシステムボードに取り付ける必要があります。
TPM のバックアップコピーを提供するように、お客様に依頼して
ください。セキュリティ上の理由から、TPM はお客様によって復
元 / 再保存する必要があります。新しいサーバブレードを取り付け
たら、TPM を有効にする必要があります。TPM データをクリアす
ることはできません。
216
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
お客様のもとにバックアップコピーがない場合は、TPM ボードを
交換すると、すべてのデータが失われることを知らせてください。
10.4.2.1 準備手順
TPM を取り外す前に、次の手順に従います。
Ê TPM を取り外す前に、コンピュータの BitLocker 保護を解除し、ボリュー
ムを復号化する必要があります。
システム管理者に連絡して、コントロールパネルまたは Windows エクス
プローラーから BitLocker セットアップウィザードを使用して BitLocker
保護を無効にします。
Ê 「スタート」ボタンをクリックして、「コントロールパネル」から「セ
キュリティ」を選択し、「Bitlocker ドライブ暗号化」をクリックして、
Bitlocker ドライブ暗号化を開きます。
I 管理者権限が必要です。管理者パスワードまたは確認を求めら
れた場合は、パスワードを入力するか、確認します。
Ê BitLocker を無効にしてボリュームを復号化するには、「Turn Off
BitLocker」をクリックし、次に「Decrypt the volume」をクリックしま
す。
I ボリュームの復号化には時間がかかることがあります。ボリューム
を復号化すると、コンピュータに保存されたすべての情報が復号化
されます。
BitLocker ドライブ暗号化を無効にする方法については、Microsoft
のサポート技術情報を参照してください。
Fujitsu のサービスパートナーは、Fujitsu Extranet Web ページで詳
細情報をご確認ください(日本語版もあります)
。
Ê システムボード BIOS で TPM を無効にします。次の手順に従います。
Ê 59 ページ の「ビデオリダイレクションのサーバブレードへの起動」の
項に記載されているように、サーバブレードの仮想コンソールを開き
ます。
Ê サーバブレードの電源を入れるか、再起動します。
Ê スタートアップ画面が表示されたらすぐに [F2] ファンクションキーを
押して、BIOS へ移動します。
Ê 「Advanced」メニューを選択します。
Ê 「Trusted Computing」サブメニューを選択します。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
217
システムボードのコンポーネント
Ê 「TPM Support」と「TPM State」の設定を「Disabled」に設定します。
Ê 変更を保存して BIOS を終了します。
I BIOS にアクセスして設定を変更する方法については、『FUJITSU
Server PRIMERGY BX2580 M1 用 D3321 BIOS セットアップユー
ティリティ リファレンスマニュアル』
(オンライン)を参照してく
ださい。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」の項に記載されているよ
うに、目的のサーバブレードを特定します。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバブレードをシャットダウンします。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」の項
に記載されているように、システムユニットからサーバブレードを取り外
します。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」の項に記載されているように、
サーバブレードを開きます。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」の項に記
載されているように、メザニン取り付けプレートを取り外します。
10.4.2.2 TPM の取り外し
Ê 237 ページ の「システムボードの取り外し」の項に記載されているよう
に、システムボードを取り外します。
Ê 帯電を防止できる柔らかい場所にシステムボードを、コンポーネント側を
下向きにして置きます。
図 93: システムボードの下面からの TPM ネジの取り外し
218
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
Ê TPM 用ネジの先端の溝を探します(矢印を参照)。
Ê 細いマイナスドライバー(時計屋用のドライバーなど)または TPM 用精
密マイナスドライバ(日本市場向け)を使用して TPM 用ネジを慎重に緩
めます。
V 注意 !
取り外しには、ネジを必ず時計回りで回してください。
ネジが回り始めるまで、ゆっくりと慎重にネジへの圧力を上げま
す。ネジを緩めるときの力はできるだけ小さくしてください。
逆に回した場合、金属の細い縦溝が破損し、ネジを外すことができ
なくなる可能性があります。
Ê TPM 用ネジを取り外します。
Ê システムボードの上面にある、故障している TPM を取り外します。
10.4.2.3 終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
219
システムボードのコンポーネント
10.4.3 TPM の交換
フィールド交換可能ユニット
(FRU)
工具 :
ハードウェア : 40 分
システムボードの取り外し :
– プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
TPM の交換 :
–
–
–
–
ビットドライバ
TPM ビットインサート(*)
フラットノーズプライヤー
細いマイナスドライバー (2 x 0.4 mm) (*)
( )
* 日本市場の場合 :
– TPM 用精密マイナスドライバ(CWZ8291A)
– TPM モジュール取付工具(S26361-F3552-L909)
V 注意 !
TPM のバックアップコピーを提供するように、お客様に依頼してくだ
さい。セキュリティ上の理由から、TPM はお客様によって復元 / 再保
存する必要があります。新しいシステムボードを取り付けたら、TPM
を有効にする必要があります。TPM データをクリアすることはできま
せん。
お客様のもとにバックアップコピーがない場合は、TPM ボードを交換
すると、すべてのデータが失われることを知らせてください。
220
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
10.4.3.1 準備手順
TPM を交換する前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」
。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」
。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」
。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」
。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」
。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」
Ê 237 ページ の「システムボードの取り外し」
。
10.4.3.2 TPM の取り外し
Ê 216 ページ の「TPM の取り外し」の項に記載されているように、TPM を
取り外します。
10.4.3.3 TPM の再取り付け
TPM スペーサーは、システムボード上にすでにあります。
Ê 210 ページ の「TPM の取り付け」の項に記載されているように、TPM を
再び取り付けます。
10.4.3.4 終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 239 ページ の「システムボードの取り付け」
。
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
221
システムボードのコンポーネント
10.5
SATA DOM
10.5.1 SATA DOM の取り付け
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 10 分
ソフトウェア : 5 分
プラス PH1 /(+)No. 1 プラスドライバ
10.5.1.1 準備手順
SATA DOM を取り付ける前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」
10.5.1.2 SATA-DOM の取り付け
I オプションで、SATA DOM(DOM = Disk on Module)を取り付けるこ
とができます。SATA DOM のコネクタは、メザニンカード 1 のスロッ
トの下にあります。
222
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
図 94: SATA DOM
#
説明
1
ナイロン製のネジ
2
リリースクリップ付きコネクタ
3
プラスチック製のポスト(システムボードに取り付け済み)
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
223
システムボードのコンポーネント
図 95: SATA DOM の挿入
Ê カチッと音がして固定されるまで、SATA DOM をシステムボード上の
SATA コネクタに挿入します(1)。
Ê SATA DOM をナイロン製のネジで固定します(2)
。トルク : 0.06 Nm
I 日本市場には適用されません
224
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
10.5.1.3 終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
225
システムボードのコンポーネント
10.5.2 SATA-DOM の取り外し
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 10 分
ソフトウェア : 5 分
プラス PH1 /(+)No. 1 プラスドライバ
10.5.2.1 準備手順
SATA-DOM を取り外す前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」
226
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
10.5.2.2 SATA DOM の取り外し
図 96: SATA DOM の取り外し
Ê ナイロン製ネジを取り外します(1)。
Ê クリップを押して(2)SATA DOM を SATA コネクタから持ち上げて、シ
ステムボードから取り外します。
10.5.2.3 終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
227
システムボードのコンポーネント
10.5.3 SATA-DOM の交換
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 5 分
ソフトウェア : 5 分
プラス PH1 /(+)No. 1 プラスドライバ
10.5.3.1 準備手順
SATA-DOM を交換する前に、次の手順に従います。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」
10.5.3.2 SATA DOM の取り外し
Ê 226 ページ の「SATA-DOM の取り外し」。
10.5.3.3 SATA DOM の取り付け
Ê 222 ページ の「SATA DOM の取り付け」
。
10.5.3.4 終了手順
作業を完了するには、次の手順に従います。
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」。
228
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
10.6
Micro SD カード
10.6.1 Micro SD カードの取り付け
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 5 分
工具不要
10.6.1.1 準備手順
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」
。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」
。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」
10.6.1.2 Micro SD カードの取り付け
図 97: Micro SD カード
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
229
システムボードのコンポーネント
図 98: Micro SD カードのスロットの位置
Ê Micro SD カードのスロットは、システムボードの TPM の横にあります。
230
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
図 99: Micro SD カードの取り付け
Ê Micro SD カードを専用スロットに挿入します。
I Micro SD カードの端子側が上向きになります。
10.6.1.3 終了手順
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
10.6.2 Micro SD カードの取り外し
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 5 分
工具不要
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
231
システムボードのコンポーネント
10.6.2.1 準備手順
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」
10.6.2.2 Micro SD カードの取り外し
図 100: Micro SD カードの取り外し - 手順 1
Ê Micro SD カードをスロット(1)に向けて少し押してから、離します。
Ê Micro SD カードがスロットから少し飛び出します。
232
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
図 101: Micro SD カードの取り外し - 手順 2
Ê Micro SD カードをスロットから取り外します(2)。
10.6.2.3 終了手順
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」
。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
10.6.3 Micro SD カードの交換
ユニットのアップグレードお
よび修理
(URU)
工具 :
ハードウェア : 5 分
工具不要
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
233
システムボードのコンポーネント
10.6.3.1 準備手順
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
Ê 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り外し」
10.6.3.2 Micro SD カードの交換
Ê 232 ページ の「Micro SD カードの取り外し」の項に記載されているよう
に、故障している SD カードを取り外します。
Ê 229 ページ の「Micro SD カードの取り付け」の項に記載されているよう
に、新しい SD カードを取り付けます。
10.6.3.3 終了手順
Ê 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」。
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」。
10.7
システムボードの交換
フィールド交換可能ユニット
(FRU)
234
ハードウェア : 50 分
ソフトウェア : 10 分
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
工具 :
システムボードの交換 :
– プラス PH2 / (+) No. 2 ドライバ
– プロセッサソケットのスプリングを検査するための拡大鏡(推
奨)
TPM の交換 :
– ビットドライバ
– TPM ビットインサート(*)
– 細いマイナスドライバー (2 x 0.4 mm) (*)
( )
* 日本市場の場合 :
– TPM 用精密マイナスドライバ(CWZ8291A)
– TPM モジュール取付工具(S26361-F3552-L909)
UFM が取り付けられている場合 :
– プラス PH1 /(+)No. 1 ドライバ
TPM に関する注意事項
I システムボードには、オプションで TPM(Trusted Platform Module)
を搭載できます。このモジュールは、他メーカーのプログラムによる
キー情報の保存を可能にします(たとえば、Windows Bitlocker Drive
Encryption を使用したドライブの暗号化)
。
TPM 機能を使用している場合は、故障したシステムボードから TPM
を取り外して新しいシステムボードに接続する必要があります。詳細
は、220 ページ の「TPM の交換」の項を参照してください。
TPM はシステム BIOS でアクティブ化されます。
V 注意 !
– システムボードを交換する前に、お客様に TPM 機能を使用してい
るかどうか確認してください。
– TPM 機能を使用している場合は、古いシステムボードから TPM を
取り外して新しいシステムボードに取り付ける必要があります。
TPM のバックアップコピーを提供するように、お客様に依頼して
ください。セキュリティ上の理由から、TPM はお客様によって復
元 / 再保存する必要があります。新しいシステムボードを取り付け
たら、TPM を有効にする必要があります。TPM データをクリアす
ることはできません。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
235
システムボードのコンポーネント
お客様のもとにバックアップコピーがない場合は、TPM ボードを
交換すると、すべてのデータが失われることを知らせてください。
システム情報のバックアップ / 復元に関する注意事項
I フロントパネルモジュールには、サーバ名やモデル、サーバ本体のタ
イプ、シリアル番号、製造データなどのシステム情報が格納されてい
るシャーシ ID EPROM が装着されています。
システムボードの交換時にデフォルト以外の設定が損失しないように、
重要なシステム構成データのバックアップコピーがシステムボード
NVRAM からシャーシ ID EPROM に自動的に保存されます。システム
ボードを交換した後、バックアップデータはシャーシ ID ボードから新
しいシステムボードに復元されます。
10.7.1 準備手順
システムボードを交換する前に、次の手順に従います。
Ê 135 ページ の「ネットワーク設定のリカバリに関する注記」
。
Ê 61 ページ の「BIOS 設定の保存」
Ê 61 ページ の「iRMC 設定の保存」
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」。
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」。
236
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
10.7.2 システムボードの取り外し
Ê 関連する項に示すように、以下のコンポーネントをシステムボードから取
り外します。
– SSD の場合、次の項を参照してください : 110 ページ の「取り付けフ
レームの取り外し」
– ヒートシンク : 189 ページ の「プロセッサヒートシンクの取り外し」、
および必要に応じて、190 ページ の「CPU 2 の「ダミーヒートシン
ク」の取り外し」を参照してください。
I この時点では、プロセッサを故障したボードに取り付けたまま
にします。
– メモリモジュール : 153 ページ の「メモリモジュールの取り外し」の
項を参照
I 再組み立てのときのために、メモリモジュールの取り付け位置
を必ずメモしておいてください。
– メザニンカード : 127 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの
取り外し」の項を参照
– UFM :203 ページ の「UFM の取り外し」の項を参照
– SATA DOM : 226 ページ の「SATA-DOM の取り外し」の項を参照
– Micro SD カード : 次の項を参照してください : 231 ページ の「Micro
SD カードの取り外し」
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
237
システムボードのコンポーネント
図 102: システムボードの取り外し(A)
Ê システムボードからネジを外します(丸で囲んだ部分)
。
図 103: システムボードの取り外し(B)
Ê システムボードを後方にゆっくりずらし(矢印を参照)
、センタリングボ
ルトから取り外します(丸で囲んだ部分)
。
238
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
Ê システムボードのメモリモジュールイジェクターを持ち、やや傾けながら
シャーシの中から取り出します。
Ê 該当する場合は、218 ページ の「TPM の取り外し」の項に記載されてい
るように TPM を取り外します。
10.7.3 システムボードの取り付け
システムボードの取り付け
Ê メモリモジュールのイジェクターで新しいシステムボードを持ちます。
Ê やや傾けながら、システムボードをシャーシの中に降ろします。
図 104: システムボードの取り付け(A)
Ê システムボードを慎重にセンタリングボルトに降ろします(丸で囲んだ部
分)。
システムボードがセンタリングボルトに正しく固定されていることを確認
します。
Ê システムボードをサーバ前面に最後までゆっくりずらします(矢印を参
照)。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
239
システムボードのコンポーネント
図 105: システムボードの取り付け(B)
Ê システムボードをネジで固定します(M3 x 6 mm、丸で囲んだ部分)。
I トルク : 0.6 Nm(日本市場には適用されません)
Ê 新しいシステムボードの設定(ジャンパまたはスイッチ)を確認します。
I 詳細は、251 ページ の「オンボード設定」の項を参照してくださ
い。
プロセッサの載せ替え
– 173 ページの「プロセッサの取り外し」の項に記載されているように、故
障したシステムボードのソケットからプロセッサを慎重に取り外します。
V 注意 !
プロセッサがソケットのピンに触れたり曲げないように注意してく
ださい !
I プロセッサをソケットから取り外す場合は、必ずソケットカバーを
元に戻してください。
– 162 ページ の「プロセッサの取り付け」の項に記載されているように、
新しいシステムボードにプロセッサを取り付けます。
240
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
システムボードのコンポーネント
I 故障したシステムボードは修理に出されるため、破損しやすいプロ
セッサ・ソケットのスプリングをソケットカバーで保護してくださ
い。
10.7.4 終了手順
Ê 関連する項に示すように、残りすべてのシステムボードのコンポーネント
を再び取り付けます。
– ヒートシンク : 183 ページ の「プロセッサヒートシンクの取り付け」、
および必要に応じて、190 ページ の「CPU 2 の「ダミーヒートシン
ク」の取り外し」を参照してください。
– SSD の場合、次の項を参照してください : 110 ページ の「取り付けフ
レームの取り付け」
– 150 ページ の「メモリモジュールの取り付け」
I メモリモジュールを元のスロットに取り付けます。
– 210 ページ の「TPM の取り付け」
– 199 ページ の「UFM の取り付け」
– 222 ページ の「SATA DOM の取り付け」
– 231 ページ の「Micro SD カードの取り外し」
– 130 ページ の「メザニンカード取り付けプレートの取り付け」
Ê 52 ページ の「サーバブレードを閉じる」
。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 70 ページ の「システムボード BIOS と iRMC のアップデートまたはリカ
バリ」。
Ê 該当する場合は、78 ページ の「Option ROM Scan の有効化」
。
Ê 該当する場合は、システム BIOS の「Security」>「TPM (Security Chip)
Setting」>「Security Chip」で TPM 機能をアクティブ化します。詳細は、
『FUJITSU Server PRIMERGY BX2580 M1 用 D3321 BIOS セットアップ
ユーティリティ リファレンスマニュアル』を参照してください。
Ê 86 ページ の「システム時刻設定の確認」
。
Ê 93 ページ の「変更された MAC/WWN アドレスの検索」。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
241
システムボードのコンポーネント
Ê 90 ページ の「Linux 環境での NIC 構成ファイルのアップデート」
。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」。
Ê 該当する場合は、95 ページ の「サーバブレードを交換した後」。
Ê 92 ページ の「RAID アレイのリビルドの実行」
。
Ê 75 ページ の「BIOS 設定の復元」
Ê 76 ページ の「iRMC 設定の復元」
Ê 該当する場合は、135 ページ の「ネットワーク設定のリカバリに関する
注記」。
242
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
11
サーバブレード
11.1
サーバブレードの交換
フィールド交換可能ユニット
(FRU)
工具 :
ハードウェア : 50 分
ソフトウェア : 10 分
工具不要
11.1.1 準備手順
V ネットワーク設定のリカバリに関する注記
ネットワークコントローラやオンボード CNA を交換すると、OS 上のネットワーク構成情報は失われデフォルト値に戻ります。これは
全ての静的 IP アドレスと LAN チーミング設定に適用されます。
コントローラを交換する前に、ネットワークの設定が控えられている
ことを確認してください。
Ê 63 ページ の「BitLocker 機能の無効化または中断」
。
Ê 64 ページ の「Boot Watchdog 機能の無効化」
。
Ê 61 ページ の「BIOS 設定の保存」
。
Ê 61 ページ の「iRMC 設定の保存」
。
Ê 79 ページ の「バックアップソフトウェアソリューションの検証と設定」
。
Ê すべてのアプリケーションを終了し、適切な手順でサーバブレードを
シャットダウンします。OS によってサーバブレードの電源が切断されな
かった場合は、サーバブレードのコントロールパネルの電源ボタンを押し
ます。
Ê 41 ページ の「故障したサーバブレードの特定」
。
Ê 49 ページ の「サーバブレードの取り外し」
。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
243
サーバブレード
11.1.2 交換手順
Ê 両方のサーバブレードを開けます(51 ページ の「サーバブレードを開け
る」の項を参照)
。
Ê SSD と取り付けフレームを取り外します(110 ページ の「取り付けフ
レームの取り外し」の項を参照)。
Ê ヒートシンクとプロセッサを故障したサーバブレードから取り外し、新し
いサーバブレードに取り付けます 182 ページ の「プロセッサヒートシン
クの取り扱い」および 180 ページ の「プロセッサのアップグレードまたは
交換」の項を参照)。
Ê メザニンカードが取り付けられたメザニンカード取り付けプレートを、故
障したサーバブレードから取り外します(135 ページ の「メザニンカー
ドの交換」の項を参照)。
Ê メモリモジュールを故障したサーバブレードから取り外し、新しいサーバ
ブレードに取り付けます(155 ページ の「メモリモジュールの交換」の項
を参照)。
Ê UFM が取り付けられている場合は故障したサーバブレードから取り外し、
新しいサーバブレードに取り付けます(199 ページ の「USB Flash
Module(UFM)
」の項を参照)。
Ê TPM が取り付けられている場合は故障したサーバブレードから取り外し、
新しいサーバブレードに取り付けます(210 ページ の「Trusted Platform
Module (TPM)」の項を参照)
。
Ê micoro SD カード が取り付けられている場合は故障したサーバブレードか
ら取り外し、新しいサーバブレードに取り付けます(229 ページ の
「Micro SD カード」の項を参照)。
Ê SATA DOM が取り付けられている場合は故障したサーバブレードから取
り外し、新しいサーバブレードに取り付けます(222 ページ の「SATA
DOM」の項を参照)。
Ê メザニンカード取り付けプレートを新しいサーバブレードに取り付けます
(135 ページ の「メザニンカードの交換」の項を参照)
。
Ê 故障したサーバブレードのカバーを使用して、サーバブレードを閉じます
(52 ページ の「サーバブレードを閉じる」の項を参照)。
COA ラベルが貼付されているため、故障したサーバブレードのカバーを
使用します。
I モデル名とシリアル番号を ID カードに記載する必要があります。新し
いラベルを使用してください。
244
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
サーバブレード
11.1.3 終了手順
V ネットワーク設定のリカバリに関する注記
ネットワークコントローラやオンボード CNA を交換すると、OS 上のネットワーク構成情報は失われデフォルト値に戻ります。これは
全ての静的 IP アドレスと LAN チーミング設定に適用されます。
コントローラを交換する前に、ネットワークの設定が控えられている
ことを確認してください。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」
。
Ê 75 ページ の「BIOS 設定の復元」
Ê 76 ページ の「iRMC 設定の復元」
。
Ê 84 ページ の「Boot Watchdog 機能の有効化」
。
Ê 91 ページ の「BitLocker 機能の有効化」
。
I ServerView Operations Manager および ServerView Installation
Manager を有効にしてシステムを識別するには、新しいサーバブレー
ドを取り付けた後に、
「ChassisIDProm Tool」を使用して、シャーシ
ID PROM をプログラムする必要があります。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
245
サーバブレード
246
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
12
付録
12.1
装置概観
12.1.1 サーバブレード前面
図 106: PRIMERGY BX2580 M1 サーバブレード前面
位置 コンポーネント
1
ID カード
2
Y ケーブルコネクタ
3
フロントパネル(ボタンと表示ランプ)
4
USB コネクタ
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
247
付録
12.1.2 サーバブレードの内部
図 107: PRIMERGY BX2580 M1 の内部(例 : CPU 2 なし)
位置 コンポーネント
1
SATA DOM
2
メザニンカード 1 のスロット
3
CPU 1 のメモリモジュール
4
CPU 1 プロセッサ / ヒートシンク
5
SSD 1
6
CPU 2 のメモリモジュール
7
CPU 2 プロセッサ / ヒートシンク(SSD プラットフォーム付き)
8
SSD 0
9
CSS ボタン
10
CMOS バッテリー
11
オンボード USB ポート
12
メザニンカード 2 のスロット
13
UFM
14
TPM
15
Micro SD カード
248
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
付録
12.2
構成の表
12.2.1 メモリの構成の表
139 ページ の「メインメモリ」の章を参照してください。
12.2.2 メザニンカードの構成の表
120 ページ の「メザニンカードの取り付け規則」の章を参照してください。
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
249
付録
12.3
コネクタと表示ランプ
12.3.1 システムボードのコネクタと表示ランプ
12.3.1.1 オンボードのコネクタ
쎻
A
쎻
B
쎻
C
DIMM 1C
DIMM 2C
DIMM 3C
DIMM 1D
DIMM 2D
DIMM 3D
DIMM 1E
DIMM 2E
DIMM 3E
DIMM 1F
DIMM 2F
DIMM 3F
쎻
E
CPU 1
쎻
I
쎻
D
DIMM 3B
DIMM 2B
DIMM 1B
DIMM 3A
DIMM 2A
DIMM 1A
쎻
H
쎻
G 쎻
F
CPU 2
DIMM 3H
DIMM 2H
DIMM 1H
DIMM 3G
DIMM 2G
DIMM 1G
쎻
C
図 108: システムボード D3321 の内部コネクタ
番号 印字
説明
A
SATA DOM
SATA DOM 用のコネクタ
B
メザニンカード 1
メザニンカード 1 用コネクタ
C
メモリモジュール メモリモジュール用コネクタ
D
SSD 1
SSD 1 用コネクタ
E
SSD 0
SSD 0 用コネクタ
F
オンボード USB
オンボード USB ポート用コネクタ
G
メザニンカード 2
メザニンカード 2 用コネクタ
TPM
TPM のコネクタ
UFM
UFM のコネクタ
H
I
250
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
付録
12.3.1.2 オンボード設定
DIMM 1C
DIMM 2C
DIMM 3C
DIMM 1D
DIMM 2D
DIMM 3D
CPU 1
DIMM 3B
DIMM 2B
DIMM 1B
DIMM 3A
DIMM 2A
DIMM 1A
DIMM 1E
DIMM 2E
DIMM 3E
DIMM 1F
DIMM 2F
DIMM 3F
CPU 2
DIMM 3H
DIMM 2H
DIMM 1H
DIMM 3G
DIMM 2G
DIMM 1G
ON
1 2 3 4
図 109: システムボード D3321 のオンボード設定
スイッチ
ステータス 説明
スイッチ On
1
CMOS のクリア
スイッチ
2
On
パスワードのクリア
スイッチ
3
On
システム BIOS リカバリ /NVRAM のクリア
スイッチ
4
On
ME_RCVR(サービス担当者のみ)
I デフォルト設定:スイッチ 1 ~ 4 = オフ
BX2580 M1
アップグレード&メンテナンスマニュアル
251
付録
12.3.1.3 オンボード表示ランプおよびコントロール
쎻
쎻
B
B
쎻
A
DIMM 1C
DIMM 2C
DIMM 3C
DIMM 1D
DIMM 2D
DIMM 3D
CPU 1
DIMM 1E
DIMM 2E
DIMM 3E
DIMM 1F
DIMM 2F
DIMM 3F
DIMM 3B
DIMM 2B
DIMM 1B
DIMM 3A
DIMM 2A
DIMM 1A
쎻
H
CPU 2
쎻
J
쎻
I
쎻
C
쎻
D
쎻
E
쎻
F
쎻
G
DIMM 3H
DIMM 2H
DIMM 1H
DIMM 3G
DIMM 2G
DIMM 1G
쎻
B
쎻
B
図 110: オンボード表示ランプと CSS ボタン
番号 説明
1
CSS 表示ボタン
CSS 表示ボタンの使用
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」の項に記載されている
ように、サーバブレードをシャットダウンします。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」の項
に記載されているように、システムユニットからサーバブレードを取り外
します。
Ê 51 ページ の「サーバブレードを開ける」の項に記載されているように、
サーバブレードを開きます。
Ê CSS 表示ボタンを押して(1)、故障した部品を強調表示します。
コンポーネント LED
I LED C ~ G は外側から見えます。その他の LED は、サーバブレード
を開けないと確認できません。メモリ LED(B)を使用するには、エ
アカバーを取り外す必要があります(160 ページ の「エアカバーの取
り外し」の項を参照)。
252
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
付録
表示ランプ
A
B
C
D
E
F
G
メザニン
カード 1
メモリモ
ジュール
ファブリッ
ク 3/4
ファブリッ
ク2
ファブリッ
ク1
CSS
保守ランプ
ステータス
説明
オフ
メザニンカード 1 が動作可能
黄色の点灯
メザニンカード 1 が故障
オフ
メモリモジュールが動作可能
黄色の点灯
メモリモジュールの故障
オフ
ファブリック 3/4 でネットワーク接続な
し
緑色の点滅
ファブリック 3/4 でネットワーク接続あ
り
緑色の点灯
ファブリック 3/4 でネットワーク接続が
アクティブ
オフ
ファブリック 2 でネットワーク接続なし
緑色の点滅
ファブリック 2 でネットワーク接続あり
緑色の点灯
ファブリック 2 でネットワーク接続がア
クティブ
オフ
ファブリック 1 でネットワーク接続なし
緑色の点滅
ファブリック 1 でネットワーク接続あり
緑色の点灯
ファブリック 1 でネットワーク接続がア
クティブ
オフ
システムが正常
オレンジ色
の点滅
CSS コンセプトでお客様による修理が可
能な故障・異常を検出した
オレンジ色
の点灯
CSS コンセプトでお客様による修理が可
能な CSS コンポーネントに故障の予兆
を検出(予防のために)した
オフ
重大なイベントなし
オレンジ色
の点滅
サービスを必要とするエラーが検出され
ています。
オレンジ色
の点灯
H
メザニン
カード 2
BX2580 M1
(予防的な)サービスを必要とする、故
障の予兆が検出されています。
オフ
メザニンカード 2 が動作可能
黄色の点灯
メザニンカード 2 が故障
アップグレード&メンテナンスマニュアル
253
付録
表示ランプ
I
CPU 1
J
CPU 2
ステータス
説明
オフ
CPU 1 が動作可能
黄色の点灯
CPU 1 の故障
オフ
CPU 2 が動作可能
黄色の点灯
CPU 2 の故障
12.3.2 フロントパネルのコネクタと表示ランプ
12.3.2.1 フロントパネルのコネクタ
図 111: フロントパネルのコネクタ
位置 コンポーネント
1
Y ケーブルポート
2
USB コネクタ
254
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
付録
12.3.2.2 フロントパネルの表示ランプ
図 112: I/O パネルの表示ランプ
表示ランプ
1
ステータス 説明
ファブリック
3/4
BX2580 M1
オフ
ファブリック 3/4 でネットワーク接続
なし
緑色の点滅
ファブリック 3/4 でネットワーク接続
がアクティブ
緑色の点灯
ファブリック 3/4 でネットワーク接続
あり
アップグレード&メンテナンスマニュアル
255
付録
表示ランプ
ステータス 説明
オフ
2
3
ファブリック 2 緑色の点滅
ファブリック 2 でネットワーク接続が
アクティブ
緑色の点灯
ファブリック 2 でネットワーク接続あ
り
オフ
ファブリック 1 でネットワーク接続な
し
ファブリック 1 緑色の点滅
ファブリック 1 でネットワーク接続が
アクティブ
緑色の点灯
ファブリック 1 でネットワーク接続あ
り
オフ
システムが正常
CSS 表示ラン
プ
4
ファブリック 2 でネットワーク接続な
し
CSS コンセプトでお客様による修理が
オレンジ色
可能な CSS コンポーネントに故障の予
の点灯
兆を検出(予防のために)した
オレンジ色 CSS コンセプトでお客様による修理が
の点滅
可能な故障・異常を検出した
オフ
5
保守ランプ
重大なイベントなし
オレンジ色 (予防的な)サービスを必要とする、故
の点灯
障の予兆が検出されています。
オレンジ色 サービスを必要とするエラーが検出さ
の点滅
れています。
6
256
ID ランプ
簡単に識別できるように、マネジメン
トブレードの Web インタフェース 、
青色の点灯 ServerView Operations Manager または
フロントパネルの ID ボタンを使用して
サーバが強調表示される
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
付録
表示ランプ
ステータス 説明
オフ
主電源が供給されいない。
iRMC 起動中。
I サーバを主電源に接続すると
黄緑色 / オ
オレンジ色
に交互点灯
(システムユニットの電源オン /
停電後)
、iRMC が起動します。
iRMC ブートシーケンスが完了
するまで、システムの電源を入
れることはできません。この間、
電源表示ランプは黄緑色とオレ
ンジ色を交互に点灯します。
緑色の点灯 サーバの電源が投入されている
7
電源表示ラン
プ
オレンジ色 サーバの電源は切れているが、主電源
の点灯
は供給されている(スタンバイモード)
パワーオンディレー。
I シャットダウン直後に、再び
黄緑色の点
灯
BX2580 M1
サーバの電源を入れることはで
きません。サーバのシャットダ
ウン直後に電源ボタンを押すと、
ディレー期間が終了するまで電
源表示ランプが黄緑色に点灯し、
その後サーバは起動します。
サーバに供給される電源が不足
している場合、サーバの電源を
オンにできません。この状態で
電源ボタンを押すと、電源表示
ランプが黄緑色に点灯します。
アップグレード&メンテナンスマニュアル
257
付録
12.4
最小起動構成
フィールド交換可能ユニット(FRU)
サーバブレードが起動しなかったり、その他の問題が発生する場合は、故障
しているコンポーネントを切り離すために、システムを最も基本的な構成に
する必要があります。
最小起動構成は、次のコンポーネントから構成されます。
コンポーネント
注記と参照先
BX2580 M1 サーバブレード
スロット 1 に取り付けられている(97 ペー
ジ の「基本情報」の項を参照)。
ヒートシンク付き CPU x 1
メモリモジュール x1
ソケット DIMM 1A に取り付けられている
(140 ページ の「基本情報」の項を参照)。
表 7: 最小起動構成 - コンポーネント
Ê 48 ページ の「サーバブレードのシャットダウン」。
Ê 50 ページ の「サーバブレードのシステムユニットからの取り外し」。
Ê サーバブレードを最小起動構成にします。
Ê 53 ページ の「システムユニットにサーバブレードの取り付け」。
Ê 56 ページ の「サーバブレードの電源投入」
。
Ê 39 ページ の「マネジメントブレードの Web インタフェースへのアクセ
ス」。
258
アップグレード&メンテナンスマニュアル
BX2580 M1
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement