表紙 重要
重要
ご使用前には必ず使用上の注意、本取扱説明書およびセットアップガイド
をよくお読みになり、正しくお使いください。
•コンピュータとの接続から使いはじめるまでの基本説明についてはセッ
トアップガイドをお読みください。
•最新の取扱説明書は、当社のホームページからダウンロードできます。
http://www.eizo.co.jp
● 警告表示位置
例:CG243W(ハイトアジャスタブルスタンド)
この装置は、クラス B 情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用することを目的としていますが、
この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。
取扱説明書に従って正しい取扱いをしてください。
また、製品の付属品 ( ケーブル含む ) や当社が指定するオプション品を使用しない場合、VCCI の技術基準
に適合できない恐れがあります。
VCCI-B
本装置は、社団法人 電子情報技術産業協会の定めたパーソナルコンピュータの瞬時電圧低下対策規格を満
足しております。しかし、規格の基準を上回る瞬時電圧低下に対しては、不都合が生じることがあります。
本装置は、高調電波電流を抑制する日本工業規格 JIS C 61000-3-2 に適合しております。
製品の仕様は販売地域により異なります。お買い求めの地域に合った言語の取扱説明書をご確認ください。
本製品は、オフィス機器の安全性、エルゴノミクス、環境等に関する TCO 規格を取得しています。
規格の概要は当社のホームページからご覧いただくことができます。
http://www.eizo.co.jp
Copyright © 2009 - 2013 EIZO 株式会社 All rights reserved.
1.本書の著作権は EIZO 株式会社に帰属します。本書の一部あるいは全部を EIZO 株式会社からの事前の許
諾を得ることなく転載することは固くお断りします。
2.本書の内容について、将来予告なしに変更することがあります。
3.本書の内容については、万全を期して作成しましたが、万一誤り、記載もれなどお気づきの点がありま
したら、ご連絡ください。
4.本機の使用を理由とする損害、逸失利益等の請求につきましては、上記にかかわらず、いかなる責任も
負いかねますので、あらかじめご了承ください。
Apple、 ColorSync、Mac OS、Macintosh は Apple Inc. の登録商標です。
Windows、Windows Vista は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
本製品上で表示される文字には、株式会社リコーが制作したビットマップフォント丸ゴシックボールドを使用しています。
VESA は Video Electronics Standards Association の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
ColorNavigator、UniColor Pro は EIZO 株式会社の商標です。
EIZO、EIZO ロゴ、ColorEdge は EIZO 株式会社の日本およびその他の国における登録商標です。
その他の各会社名、各製品名は、各社の商標または登録商標です。
2
モニターについて
本製品は、文書作成やマルチメディアコンテンツの閲覧など一般的な用途の他、色の再現性を重視するグラ
フィック制作やデジタルフォト加工の用途にも適しています。
本製品は、日本国内専用品です。日本国外での使用に関して、当社は一切責任を負いかねます。
This product is designed for use in Japan only and cannot be used in any other countries.
本書に記載されている用途以外での使用は、保証外となる場合があります。
本書に定められている仕様は、付属の電源コードおよび当社が指定する信号ケーブル使用時にのみ適用いた
します。
本製品には、当社オプション品または当社が指定する製品をお使いください。
製品内部の電気部品の動作が安定するのに、30 分程度かかりますので、モニターの調整は電源を入れて 30
分以上経過してからおこなってください。
経年使用による輝度変化を抑え、安定した輝度を保つためには、ブライトネスを下げて使用されることをお
すすめします。
同じ画像を長時間表示することによって、表示を変えたときに前の画像が残像として見えることがあります。
長時間同じ画像を表示する場合は、コンピュータのスクリーンセーバーまたはパワーセーブ機能を使用して
ください。
本製品を美しく保ち、長くお使いいただくためにも定期的にクリーニングをおこなうことをおすすめします。
(次ページ「クリーニングのしかた」参照)
液晶パネルは、非常に精密度の高い技術で作られていますが、画素欠けや常時点灯する画素が見える場合が
ありますので、あらかじめご了承ください。また、有効ドット数の割合は 99.9994% 以上です。
液晶パネルに使用されるバックライトには寿命があります。画面が暗くなったり、ちらついたり、点灯しな
くなったときには、販売店または EIZO サポートにお問い合わせください。
液晶パネル面やパネルの外枠は強く押さないでください。強く押すと、干渉縞が発生するなど表示異常を起
こすことがありますので取り扱いにご注意ください。また、液晶パネル面に圧力を加えたままにしておきま
すと、液晶の劣化や、パネルの破損などにつながる恐れがあります。(液晶パネルを押したあとが残った場合、
画面全体に白い画像または黒い画像を表示すると解消されることがあります。)
液晶パネルを固いものや先の尖ったもの(ペン先、ピンセット)などで押したり、こすったりしないように
してください。傷がつく恐れがあります。なお、ティッシュペーパーなどで強くこすっても傷が入りますの
でご注意ください。
本製品を冷え切った状態のまま室内に持ち込んだり、急に室温を上げたりすると、製品の表面や内部に露が
生じることがあります(結露)。結露が生じた場合は、結露がなくなるまで製品の電源を入れずにお待ちく
ださい。そのまま使用すると故障の原因となることがあります。
3
クリーニングのしかた
注意点
• 溶剤や薬品(シンナーやベンジン、ワックス、アルコール、消毒薬、その他研磨クリーナなど)は、キャ
ビネットや液晶パネル面をいためるため絶対に使用しないでください。
● 液晶パネル面
• 汚れのふき取りにはコットンなどの柔らかい布や、レンズクリーナー紙のようなものをご使
用ください。
• 落ちにくい汚れは、付属の「ScreenCleaner」をご利用いただくか、少量の水をしめらせた布
でやさしくふき取ってください。ふき取り後、もう一度乾いた布でふいていただくと、より
きれいな仕上がりとなります。
● キャビネット
• 柔らかい布を中性洗剤でわずかにしめらせ、汚れをふき取ってください。
モニターを快適にご使用いただくために
• 画面が暗すぎたり、明るすぎたりすると目に悪影響をおよぼすことがあります。状況に応じ
てモニター画面の明るさを調整してください。
• 長時間モニター画面を見続けると目が疲れますので、1 時間に 10 分程度の休憩を取ってくだ
さい。
4
もくじ
表紙
..................................................................... 1
モニターについて...........................................................3
もくじ ..................................................................... 5
第 1 章 はじめに...................................................... 6
1‐1. 特長.......................................................................6
1‐2. 各部の名称と機能.................................................7
1‐3. ユーティリティディスクについて.......................8
●ディスクの内容と概要...............................................8
●
「ColorNavigator」を使用するときは....................8
1‐4. 基本操作と機能一覧.............................................9
調整メニューの基本操作方法.....................................9
ボタンガイドを表示する..........................................10
機能一覧....................................................................11
第 2 章 画面を調整する......................................... 12
2‐1. 画像の解像度を設定する....................................12
表示解像度................................................................12
第 3 章 モニターの設定をする.............................. 25
3‐1. モード選択の有効 / 無効を設定する
[モード設定]...................................................25
3‐2. 操作ボタンをロックする [ 操作ロック ]............25
3‐3. EIZO ロゴ表示を設定する [ 起動ロゴ ]...............26
3‐4. 設置方向を設定する [ 設置方向 ].......................26
3‐5. 表示言語を設定する[言語]
. .............................27
3‐6. 対応周波数範囲を設定する [ 入力信号帯域 ].....27
3‐7. 調整メニューの表示位置を設定する
[ メニューポジション ]....................................28
3‐8. お買い上げ時の設定に戻す................................28
●カラー調整値をリセットする
[ カラーリセット ]................................................... 28
●すべての設定内容をリセットする
[ オールリセット ]................................................... 28
第 4 章 省電力機能について................................. 29
表示解像度の設定方法..............................................13
4‐1. パワーセーブの設定をする[パワーセーブ].....29
●Windows 8 / Windows 7 の場合........................... 13
4‐2. 電源ランプの表示を設定する[電源ランプ].....30
●Windows Vista の場合............................................ 13
●Windows XP の場合................................................ 13
●Mac OS X の場合...................................................... 13
2‐2. 画面を正しく表示する........................................14
デジタル信号入力の場合..........................................14
4‐3. モニターの自動明るさ調整の設定をする
[Auto EcoView]..............................................30
第 5 章 こんなときは............................................ 31
第 6 章 ご参考に.................................................... 34
アナログ信号入力の場合..........................................14
6‐1. アームを取り付ける...........................................34
2‐3. カラー調整をする...............................................18
6‐2. 2 台以上のコンピュータを接続する..................35
●表示モード(カラーモード)を選ぶ................... 18
●詳細な調整をする.................................................... 19
●各モードの調整項目................................................ 19
●ブライトネス(明るさ)を調整する
[ブライトネス]........................................................ 20
●コントラストを調整する[コントラスト]......... 20
●色温度を調整する[色温度]................................. 20
●ガンマを調整する[ガンマ]................................. 21
●色合いを調整する[色合い]................................. 21
●入力信号を切り替える............................................ 35
●入力信号の切替方法を設定する [ 入力切替 ]..... 36
6‐3. USB(Universal Serial Bus) の活用について.......37
●必要なシステム環境................................................ 37
●接続方法(USB 機能のセットアップ方法)
. ....... 37
6‐4. モニター情報を表示する....................................38
● ボタンを押して情報を表示する....................... 38
●信号情報を表示する [ 信号情報 ].......................... 38
●色の濃さを調整する[色の濃さ]......................... 21
●モニター情報を表示する [ モニター情報 ]......... 38
●輪郭補正をする [ 輪郭補正 ].................................. 22
6‐5. 仕様.....................................................................39
●ゲインを調整する[ゲイン]................................. 22
6‐6. 用語集..................................................................46
●黒レベルを調整する [ 黒レベル ].......................... 22
●6 色調整をする[6 色調整]................................... 23
2‐4. 推奨解像度以外でご使用の場合.........................24
●表示サイズを切り替える [ 画面サイズ ]............. 24
6‐7. プリセットタイミング........................................48
アフターサービス.................................................... 49
TCO'03 ................................................................... 51
2‐5. 動画性能を設定する [ オーバードライブ ].........24
もくじ
5
第 1 章 はじめに
このたびは当社カラー液晶モニターをお買い求めいただき、誠にありがとうございます。
1‐1. 特長
•
•
•
•
•
22 型ワイド画面(CG223W)/ 24 型ワイド画面(CG243W)
Adobe RGB カバー率 95%(CG223W)/ 98%(CG243W)
解像度 1680 × 1050 対応(CG223W)/ 1920×1200 対応(CG243W)
著作権保護技術 HDCP 対応
フレーム同期モード対応周波数:47.5 ~ 61Hz(CG223W)
:23.75 ~ 30.5Hz、47.5 ~ 61Hz(CG243W)
• DisplayPort 対応(8bit または 10bit に対応、音声は非対応)
• 3 系統信号入力搭載(DVI-I × 2、DisplayPort × 1)
• カラーモード機能を搭載
放送規格「EBU/REC709/SMPTE-C」やデジタルシネマ規格「DCI」で定められた色域・ガンマを再現可能
2-3 カラー調整をする(P.18)参照
• モニター 1 台ごとの工場出荷時の階調特性とユニフォミティ特性をデータ化した、調整デー
タシート付属
• 縦型表示対応(時計回りに 90°回転)
• 遮光フード標準添付
• モニター特性の測定と調整、カラープロファイルの作成が可能なカラーマネージメントソフ
トウェア「ColorNavigator」を添付
1-3 ユーティリティディスクについて(P.8)参照
• 色覚シミュレーションソフトウェア「UniColor Pro」対応
当社ホームページ http://www.eizo.co.jp からダウンロードできます。
• 省電力機能
本機は省電力のための機能を搭載しています。
-- 主電源オフ時消費電力 0W
主電源スイッチを装備。
モニターを使用しない時は、主電源スイッチをオフにすることで、確実に電源供給が停止します。
-- Auto EcoView 機能
モニター正面のセンサーが周囲の明るさを検知し、明るさに応じて自動的に画面の明るさを調整します。
不必要に高い輝度は、環境にも目にも負荷を与えます。輝度を抑えることにより、消費電力の削減と、
目への負担を軽減します。
4-3 モニターの自動明るさ調整の設定をする[Auto EcoView](P.30)参照
参考
• 本機はモニターの縦型表示に対応しています。縦型表示にした場合は、調整メニューの向きも変更する
ことができます(「調整メニューの向きを設定する[設置方向]」P.26 参照)。
• モニターを縦型表示するためには、縦型表示対応のグラフィックスボードが必要です。モニターを縦型
表示にした場合、ご使用のグラフィックスボードの設定を変更する必要があります。詳細は、グラフィッ
クスボードの取扱説明書を参照してください。
6
第 1 章 はじめに
1‐2. 各部の名称と機能
例:CG243W(ハイトアジャスタブルスタンド)
16
19
18
17
突起をつまんで
開閉する。
調整メニュー
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11 12
13
14
15
1 センサー
2
ボタン
3
ボタン
4
ボタン
5
ボタン
6
ボタン
7
ボタン
8
ボタン
9
ボタン
10 電源ランプ
11
12
13
14
15
16
17
18
19
周囲の明るさを検知します。Auto EcoView(オートエコビュー)機能
2 台以上のコンピュータを接続している場合に、表示する入力信号を切り替えます。
カラーモードを切り替えます。
モニターや入力信号に関する情報を表示します。
明るさ ( ブライトネス ) を調整します。
調整 / 設定をキャンセルしたり、調整メニューを終了します。
調整メニューを使って詳細な調整をする場合に、調整項目を選択したり、調整値を増減します。
調整メニューを表示し、各メニューの調整項目を決定したり、調整結果を保存します。
電源のオン / オフを切り替えます。
モニターの動作状態を表します。
青
:画面表示
青点滅(すばやく 2 回) :ColorNavigator でタイマーを設定した場合に、
再キャリブレーション実行の必要性を通知(CAL モード)
橙
:省電力モード
消灯
:主電源スイッチ / 電源ボタンオフ
主電源スイッチ
主電源のオン / オフを切り替えます。
電源コネクタ
電源コードを接続します。
信号入力コネクタ DisplayPort コネクタ × 1
信号入力コネクタ DVI-I コネクタ × 2 ( 左:DVI-1/ 右:DVI-2)
USB ポート(UP) USB 接続が必要なソフトウェア、USB ハブ機能を使用する場合に USB ケーブルを接続します。
USB ポート(DOWN)USB に対応している周辺機器と接続できます。
スタンド
高さと角度が調整できます。
盗難防止用ロック Kensington 社製のマイクロセーバーセキュリティシステムに対応しています。
ケーブルホルダー ケーブルを収納します。
第 1 章 はじめに
7
1‐3. ユーティリティディスクについて
本機には「EIZO LCD ユーティリティディスク」(CD-ROM)が付属しています。ディスクの内容
やソフトウェアの概要は、下記を参照してください。
● ディスクの内容と概要
ディスクには、調整用のソフトウェア、取扱説明書が含まれています。各項目の起動方法や参
照方法はディスク内の Readmeja.txt または「お読みください」を参照してください。
項目
概要
Readmeja.txt または「お読みください」ファイル
ColorNavigator
モニター特性の測定と調整、ICC プロファイル
(for Windows)、Apple ColorSync プロファイル
(for Macintosh)の作成がおこなえるソフトウェ
アです。
(USB ケーブルによるモニターとコンピュータ
の接続が必要です。)後述参照
画面調整パターン集
アナログ信号入力の画面を手動で調整する際に
役立つパターン集です。
取扱説明書(PDF ファイル)
Windows 用 Macintosh 用
○
○
○
○
○
―
○
○
●「ColorNavigator」を使用するときは
インストール方法、使用方法については、ディスク内の取扱説明書を参照してください。 ソフ
トウェアを使用する場合は、モニターとコンピュータを付属の USB ケーブルで接続してくださ
い。詳細は、「6-3 USB(Universal Serial Bus) の活用について」(P.37)を参照してください。
8
第 1 章 はじめに
1‐4. 基本操作と機能一覧
調整メニューの基本操作方法
1 調整メニューの表示
を押し、調整メニューを表示します。
メニュータイトル
項目
現在のモード名
設定内容
メニュー
2 調整 / 設定
1.
で、調整 / 設定したいメニューを選択し、 を押します。
2.
で、調整 / 設定したい項目を選択し、 を押します。
3.
で、調整 / 設定し、 を押して確定します。
3 終了
を数回押すと、メニューを終了します。
第 1 章 はじめに
9
ボタンガイドを表示する
フロントボタン(
ボタン除く)を押すと、ボタンの上にボタンガイドが表示されます。
(縦置きにしている場合には、ボタンの横に表示されます。)
参考
• 調整メニューおよびモードメニュー表示中は、ボタンガイドが常に画面に表示されます。
• ボタンガイドの表示は、表示しているメニューや状態によって異なります。
• CAL モードでは
ボタンの上にボタンガイドが表示されますが、輝度の調整はできません。
10
第 1 章 はじめに
機能一覧
調整メニューの調整および設定項目一覧表です。
メインメニュー カラー
項目
調整 / 設定内容
「2-3. カラー調整をする」(P.18)
ブライトネス
コントラスト
色温度
ガンマ
詳細設定
色合い
色の濃さ
輪郭補正
ゲイン
黒レベル
6 色調整
スクリーン
カラーリセット
「3-8. お買い上げ時の設定に戻す」(P.28)
画面サイズ
「2-4. 推奨解像度以外でご使用の場合」(P.24)
アナログ調整
自動調整
「2-2. 画面を正しく表示する」(P.14)
レンジ調整
クロック
フェーズ
水平ポジション
垂直ポジション
PowerManager
メニュー設定
ツール
パワーセーブ
「4-1. パワーセーブの設定をする」(P.29)
Auto EcoView
「4-3. モニターの自動明るさ調整の設定をす
る」(P.30)
電源ランプ
「4-2. 電源ランプの表示を設定する」(P.30)
言語選択
「3-5. 表示言語を設定する」(P.27)
設置方向
「3-4. 設置方向を設定する」(P.26)
メニューポジション
「3-7. 調整メニューの表示位置を設定する」
(P.28)
入力切替
「6-2. 2 台以上のコンピュータを接続する」
(P.35)
オーバードライブ(CG243W のみ) 「2-5. 動画性能を設定する」(P.24)
モード設定
「3-1. モード選択の有効 / 無効を設定する」
(P.25)
入力信号情報
「6-4. モニター情報を表示する」(P.38)
モニター情報
オールリセット
「3-8 お買い上げ時の設定に戻す」(P.28)
※<カラー>メニューで調整 / 設定できる機能はモード (P.19) により異なります。表は Custom モードの場
合の項目です。( 「2-3. カラー調整をする 」(P.18) 参照 )
第 1 章 はじめに
11
第 2 章 画面を調整する
2‐1. 画像の解像度を設定する
表示解像度
本機は以下の解像度に対応しています。
アナログ信号入力時
解像度
対応信号
垂直周波数
640 × 480
720 × 400
800 × 600
1024 × 768
1024 × 768
1024 × 768
1152 × 864
1280 × 960
1280 × 1024
1600 × 1200
1680 × 1050 ※ 1
1680 × 1050 ※ 1
1920 × 1200 ※ 2
VGA
VGA TEXT
VESA
VESA
VESA
VESA
VESA
VESA
VESA
VESA
VESA CVT
VESA CVT RB
VESA CVT RB
60 Hz
70 Hz
60 Hz
60 Hz
~ 75 Hz
85 Hz
75 Hz
60 Hz
60 Hz
60 Hz
60 Hz
60 Hz
60 Hz
デジタル信号 (DVI-I / DisplayPort) 入力時
解像度
対応信号
垂直周波数
640 × 480
720 × 400
800 × 600
1024 × 768
1280 × 960
1280 × 1024
1600 × 1200
1680 × 1050 ※ 1
1680 × 1050 ※ 1
1920 × 1200 ※ 2
VGA
VGA TEXT
VESA
VESA
VESA
VESA
VESA
VESA CVT
VESA CVT RB
VESA CVT RB
60 Hz
70 Hz
60 Hz
60 Hz
60 Hz
60 Hz
60 Hz
60 Hz
60 Hz
60 Hz
ドットクロック
170 MHz
(Max.)
ドットクロック
164.5 MHz
(Max.)
VESA 規格に準拠したグラフィックスボードが必要です。
※1
CG223W の推奨解像度です。
※2
CG243W の推奨解像度です。
12
第2章 画面を調整する
CG223W
CG243W
CG223W
CG243W
○
○
○
○
○
○
○
○
○
―
○
○
―
○
○
○
○
○
○
―
―
○
―
○
○
○
○
―
―
―
○
○
○
○
―
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
表示解像度の設定方法
モニターをコンピュータに接続したときに適切な解像度で表示されない場合、または解像度を
変更したい場合は、次の手順で解像度を変更します。
● Windows 8 / Windows 7 の場合
1. Windows 8 の場合、スタート画面から「デスクトップ」のタイルをクリックして、デスクトッ
プを表示します。
2. デスクトップ上のアイコンがない場所で、マウスの右ボタンをクリックします。
3. 表示されるメニューから「画面の解像度」をクリックします。
4.「画面の解像度」ダイアログボックスでモニターを選択します。
5.「解像度」をクリックして変更したい解像度を選択します。
6. 選択したら、[OK]ボタンをクリックします。
7. 確認のダイアログが表示されるので、[変更を維持する]ボタンをクリックします。
● Windows Vista の場合
1. デスクトップ上のアイコンがない場所で、マウスの右ボタンをクリックします。
2. 表示されるメニューから「個人設定」をクリックします。
3.「個人設定」ウィンドウで「画面の設定」をクリックします。
4.「画面の設定」ダイアログで「モニタ」タブを選択し、
「解像度」の欄から変更したい解像度
を選択します。
5. 選択したら、[OK]ボタンをクリックします。
6. 確認のダイアログが表示されるので、[はい]ボタンをクリックします。
● Windows XP の場合
1. デスクトップ上のアイコンがない場所で、マウスの右ボタンをクリックします。
2. 表示されるメニューから「プロパティ」をクリックします。
3.「画面のプロパティ」ダイアログが表示されるので、
「設定」タブをクリックし、
「ディスプレイ」
の「画面の解像度」で解像度を選択します。
4. 選択したら、[OK]ボタンをクリックして、ダイアログを閉じます。
● Mac OS X の場合
1.「アップル」メニューの「システム環境設定」をクリックします。
2.「システム環境設定」ダイアログが表示されるので、
「ハードウェア」欄の「ディスプレイ」
をクリックします。
3. 表示されたダイアログで「ディスプレイ」タブを選択し、「解像度」の欄から変更したい解像
度を選択します。
4. 選択したらすぐに画面が変更されるので、適切な解像度に設定したらウィンドウを閉じます。
第2章 画面を調整する
13
2‐2. 画面を正しく表示する
デジタル信号入力の場合
デジタル信号入力の場合は、本機の設定データに基づいて画面が正しく表示されますが、詳細
な調整をおこなう場合は「2‐3. カラー調整をする(P.18)」以降を参照してください。
アナログ信号入力の場合
注意点
• 調整はモニターの電源を入れて、30 分以上経過してからおこなってください。
(内部の電気部品の動作が安定するのに約 30 分かかります。)
モニターの画面調整とは、使用するコンピュータに合わせ、画面のちらつきを抑えたり画像の
表示位置やサイズを正しく調整するためのものです。
以下の条件を全て満たした場合にセルフアジャスト機能(自動画面調整機能)が働きます。
•モニターに初めて信号を入力した場合、または、これまでに表示したことのない解像度や
垂直周波数、水平周波数に変更した場合
•垂直解像度が 480 を超える信号を入力している場合
セルフアジャスト実行後も、画面が正確に表示されていない場合は、快適に使用していただく
ために、以下の調整手順に従って画面の調整をしてください。
[調整手順]
1 自動調整をします。
● 画面のちらつき・表示位置・サイズを自動調整する[自動調整]
調整方法
1. 調整メニューの<スクリーン>メニューを選択し、 を押します。
2. <スクリーン>メニューで<アナログ調整>を選択し、 を押します。
3. <自動調整>を選択して、 を押します。
自動調整機能が働き(「実行中」とメッセージが表示されます)、画面のちらつき・表示位置・サイズが
正しく調整されます。
自動調整が完了するとメッセージが表示されます。確定する場合は「OK」を、元に戻す場合は「キャ
ンセル」を選択して を押します。
注意点
• この機能は画面の表示可能エリア全体に画像が表示されている場合に正しく動作します。コマンドプロ
ンプトのような画面の一部にしか画像が表示されていない場合や、壁紙など背景を黒で使用している場
合には正しく動作しません。
• 一部のグラフィックスボードで正しく動作しない場合があります。
1 の手順を実行しても画面が正確に表示されていない場合は以降の手順にしたがって調整を
おこなってください。正確に表示された場合は、手順 5 の「色階調を自動調整する[レンジ
調整]」にお進みください。
14
第2章 画面を調整する
2 アナログ画面調整用のパターンを準備します。
「EIZO LCD ユーティリティディスク」をコンピュータにセットし、「画面調整パターン集」を開
きます。
参考
•「画面調整パターン集」の開き方および内容については、Readmeja.txt ファイルを参照してください。
3 アナログ画面調整用のパターンを表示して、再度自動調整をします。
● 画面のちらつき・表示位置・サイズを自動調整する[自動調整]
調整方法
1.「画面調整パターン集」のパターン
1 を画面全体に表示します。
2. 調整メニューの<スクリーン>メニューを選択し、 を押します。
3. <スクリーン>メニューで<アナログ調整>を選択し、 を押します。
以降の調整は<スクリーン>メニューの < アナログ調整 > 内の項目を選択しておこないます。
4. <自動調整>を選択して、
を押します。
自動調整機能が働き、画面のちらつき・表示位置・サイズが正しく調整されます。
自動調整が完了するとメッセージが表示されます。確定する場合は「OK」を、元に戻す場合は「キャ
ンセル」を選択して を押します。
3 の手順を実行しても画面が正確に表示されていない場合は以降の手順に従って調整をおこ
なってください。正確に表示された場合は、手順 5 の「色階調を自動調整する[レンジ調整]」
にお進みください。
第2章 画面を調整する
15
4 <スクリーン>メニューの<アナログ調整>で詳細な調整をします。
クロック→フェーズ→ポジションを順に調整します。
● 縦縞を消す[クロック]
調整方法
1. <アナログ調整>メニューで<クロック>を選択し、
2.
または
で縦縞が消えるように調整します。
調整が合ったポイントを見逃しやすいので
3. 調整が完了したら
を押します。
をゆっくり押して調整するようにしてください。
を押します。
調整後、画面全体ににじみやちらつき、横線が出た場合は次の「ちらつきやにじみをとる[フェーズ]」
にすすみ調整をおこなってください。
● ちらつきやにじみをとる[フェーズ]
調整方法
1. <アナログ調整>メニューで<フェーズ>を選択し、 を押します。
2.
または
で最もちらつきやにじみのない画面に調整します。
3. 調整が完了したら
を押します。
注意点
• お使いのコンピュータやグラフィックスボードによっては、完全になくならないものがあります。
● 表示位置のずれを直す[水平ポジション][垂直ポジション]
参考
• 液晶モニターは画素数および画素位置が固定であるため、画像の正しい表示位置は1箇所です。ポジショ
ン調整とは画像を正しい位置に移動するための調整です。
設定方法
1. <アナログ調整>メニューで<水平ポジション>または<垂直ポジション>を選択し、
押します。
2. 画像の位置が合うように
または で調整します。
3. 調整が完了したら
を押します。
16
第2章 画面を調整する
を
5 色階調を調整します。
● 色階調を自動調整する[レンジ調整]
信号の出力レベルを調整し、すべての色階調(0 ~ 255)を表示できるように調整できます。
調整方法
1.「画面調整パターン集」のパターン 2 を画面全体に表示します。
2. <アナログ調整>メニューで<レンジ調整>を選択し、
を押します。
色階調が自動的に調整されます。
自動調整が完了するとメッセージが表示されます。確定する場合は「OK」を、元に戻す場合は「キャ
ンセル」を選択して を押します。
3. パターン 2 を閉じます。
第2章 画面を調整する
17
2‐3. カラー調整をする
● 表示モード(カラーモード)を選ぶ
モニターの用途に応じた表示モードに簡単に切り替えることができます。
モードの種類
モード
1-Custom
用途
好みに応じた色設定をおこなう際に選択します。
2-sRGB
sRGB 対応の周辺機器と色を合わせる場合に適しています。
3-EBU
EBU(欧州放送連合)規格で定められた色域・ガンマを再現するのに適しています。
4-REC709
ITU-R の REC709 規格で定められた色域・ガンマを再現するのに適しています。
5-SMPTE-C
SMPTE-C 規格で定められた色域・ガンマを再現するのに適しています。
6-DCI­­
DCI 規格で定められた色域・ガンマを再現するのに適しています。
7-CAL1
8-CAL2
9-CAL3
カラーマネージメントソフトウェア「ColorNavigator」による調整状態で表示します。
注意点
•「CAL」モードでは
ColorNavigator による調整のみおこなうことができます。
• 初期設定では使用できる CAL モードは表示している入力信号ごとに一つだけ選択可能になっています。
• 使用される CAL モードは、表示している入力信号に応じて、ColorNavigator によって選択されます。
• ColorNavigator をご使用の際はモニターの操作を行わないようにしてください。
モードメニューが
表示されます
設定方法
を押します。
1.
モードメニューが画面左下に表示されます。
2.
を押すたびにモードが順に切り替わり表示されます。
モードメニュー表示中は、 または でモードを切り替えることもできます。
→ Custom ←→ sRGB ←→ EBU ←→ REC709 ←→ SMPTE-C ←→ DCI ←→ CAL1 ←→ CAL2 ←→ CAL3 ←
参考
• 調整メニューとモードメニューを同時に表示させることはできません。
• 特定のモードを選択できないようにすることができます。詳細は「3-1. モード選択の有効 / 無効を設定
する」(P.25) を参照してください。
18
第2章 画面を調整する
● 詳細な調整をする
調整メニューの<カラー>メニューで、モードごとに独立したカラー調整の設定、保存ができ
ます。
注意点
• 調整はモニターの電源を入れて、30 分以上経過してからおこなってください。
(内部の電気部品の動作が安定するのに約 30 分かかります。)
• アナログ信号のカラー調整をおこなうときは、最初にレンジ調整をおこなってください。(「色階調を自
動調整する」P.17 参照)
• モニターにはそれぞれ個体差があるため、複数台を並べると同じ画像でも異なる色に見える場合があり
ます。複数台の色を合わせるときは、視覚的に判断しながら微調整してください。
参考
•「%」
、「K」表示は調整の目安としてご利用ください。
● 各モードの調整項目
モードの種類により、調整できる機能が異なります。
(調整 / 設定できない機能は選択できません)
各モードの調整 / 設定内容はすべての入力信号に対して適用されます。
各機能の調整方法については、次ページ以降を参照してください。
○:調整可 ―:調整不可
カラー モード
アイコン
機能名
1-Custom
2-sRGB 3-EBU 4-REC709 5-SMPTE-C
6-DCI
7-CAL1
8-CAL2
9-CAL3
ブライトネス
○
○
○
○
○
○
―
コントラスト
○
―
―
―
―
―
―
色温度
○
○
○
○
○
○
―
ガンマ
○
○
○
○
○
○
―
色合い
○
―
―
―
―
―
―
色の濃さ
○
―
―
―
―
―
―
輪郭補正
○
○
○
○
○
○
―
ゲイン
○
―
―
―
―
―
―
黒レベル
○
○
○
○
○
○
―
6 色調整
○
―
―
―
―
―
―
カラーリセット
○
○
○
○
○
○
―
第2章 画面を調整する
19
● ブライトネス(明るさ)を調整する[ブライトネス]
バックライト(液晶パネル背面の光源)の明るさを変化させて、画面の明るさを調整します。
調整範囲:0 ~ 100%
設定方法
1. 調整メニューの<カラー>メニューを選択し、 を押します。
2. <カラー>メニューで<ブライトネス>を選択し、
を押します。
3.
または
で調整します。
4. 調整が完了したら を押します。
参考
•
ボタンで調整することもできます。
• ブライトネスが 0%でも画面が明るいと感じた場合はコントラスト調整をおこなってください。
● コントラストを調整する[コントラスト]
ビデオ信号のレベルを変化させて、画面の明るさを調整します。
調整範囲:0 ~ 100%
設定方法
を押します。
1. 調整メニューの<カラー>メニューを選択し、
2. <カラー>メニューで<コントラスト>を選択し、
を押します。
3.
または
で調整します。
4. 調整が完了したら を押します。
参考
• 100% で全ての色階調を表示します。
• 画面の明るさは、はじめに、階調特性を損なうことのないブライトネスで調整することをおすすめします。
• コントラスト調整は以下のような場合に使用してください。
- ブライトネスが 0% でも画面が明るいと感じた時(コントラストを 100% 以下に設定します)
● 色温度を調整する[色温度]
色温度を調整します。
通常「白」または「黒」の色合いを数値的に表現するときに用いられるもので、K:Kelvin(ケル
ビン)という単位で表します。
炎の温度と同様に、画面は色温度が低いと赤っぽく表示され、高いと青っぽく表示されます。ま
た、色温度の設定値ごとにゲインのプリセット値が設定されています。
調整範囲:N
ative、4000K ~ 10000K(500K 単位、5400K、9300K 含む)
設定方法
を押します。
1. 調整メニューの<カラー>メニューを選択し、
2. <カラー>メニューで<色温度>を選択し、
を押します。
3.
または
で調整します。
4. 調整が完了したら を押します。
参考
• [ ゲイン ] でさらに詳細な調整が可能です(「ゲインを調整する [ ゲイン ]」P.22 参照)。
•「Native」でパネル本来の色(ゲインの値は
RGB 各 100%)になります。
• ゲインの値を変更すると、色温度は「User」になります。
• sRGB/EBU/REC709/SMPTE-C/DCI モードの初期設定は「Standard」で、各規格に準拠した色温度になり
ます。
20
第2章 画面を調整する
● ガンマを調整する[ガンマ]
ガンマ値を調整します。モニターは入力される信号によって明るさが変化しますが、この変化
率は入力信号と単純な比例関係にありません。そのため入力信号と明るさの関係が一定の関係
になるよう制御をおこなうことをガンマ補正といいます。
調整範囲:1.8 ~ 2.6
設定方法
を押します。
1. 調整メニューの<カラー>メニューを選択し、
2. <カラー>メニューで<ガンマ>を選択し、
を押します。
3.
または
で調整します。
4. 調整が完了したら を押します。
参考
• sRGB/EBU/REC709/SMPTE-C/DCI モードの初期設定は「Standard」で、各規格に準拠したガンマになり
ます。
● 色合いを調整する[色合い]
色合いを調整します。
調整範囲:-100 ~ 100
設定方法
1.
2.
3.
4.
5.
調整メニューの<カラー>メニューを選択し、
<カラー>メニューで<詳細設定>を選択し、
<色合い>を選択し、
を押します。
または
で調整します。
調整が完了したら を押します。
を押します。
を押します。
注意点
• 本機能を使用することによって、すべての色階調を表示できないことがあります。
● 色の濃さを調整する[色の濃さ]
色の濃さを調整します。
調整範囲:-100 ~ 100
設定方法
1.
2.
3.
4.
5.
調整メニューの<カラー>メニューを選択し、
<カラー>メニューで<詳細設定>を選択し、
<色の濃さ>を選択し、
を押します。
または
で調整します。
調整が完了したら を押します。
を押します。
を押します。
注意点
• 本機能を使用することによって、すべての色階調を表示できないことがあります。
参考
• 最小値 (-100) で白黒の画面となります。
第2章 画面を調整する
21
● 輪郭補正をする [ 輪郭補正 ]
画像を構成するピクセル間の色の差を強調することにより、画像の輪郭を強調するとともに質
感・素材感を向上させる機能です。逆に輪郭をぼかして画像をなめらかに見せることもできます。
設定方法
を押します。
1. 調整メニューの<カラー>メニューを選択し、
2. <カラー>メニューで<詳細設定>を選択し、
を押します。
3. <輪郭補正>を選択し、
を押します。
4.
または
で、表示状態を -3 ~ 3(ソフト~シャープ)の範囲から好みに応じて選択します。
5. 調整が完了したら
を押します。
● ゲインを調整する[ゲイン]
色を構成する赤・緑・青のそれぞれの明るさをゲインと呼びます。これを調整することで、「白」
(各色の入力信号が最大のとき)の色調を変更することができます。
調整範囲:0 ~ 100%
設定方法
1. 調整メニューの<カラー>メニューを選択し、
2. <カラー>メニューで<詳細設定>を選択し、
を押します。
を押します。
3. <ゲイン>を選択し、
を押します。
4. < Red >、< Green >、< Blue >の中から調整する色を選択し、
5.
または
で調整します。
6. 調整が完了したら を押します。
を押します。
参考
• この設定は<色温度>の設定をすると無効になります。
• 色温度の値に応じてゲインの値が変わります。
• ゲインの値を変更すると、色温度は「User」になります。
● 黒レベルを調整する [ 黒レベル ]
赤、緑、青のそれぞれの黒レベルを調整することにより、黒の明るさ、色度を調整します。背
景が黒の画像を表示して調整してください。
調整範囲:0 ~ 100%
設定方法
1. 調整メニューの<カラー>メニューを選択し、
2. <カラー>メニューで<詳細設定>を選択し、
3. <黒レベル>を選択し、 を押します。
を押します。
を押します。
4. < Red >、< Green >、< Blue >の中から調整する色を選択し、
5.
または
で調整します。
6. 調整が完了したら を押します。
参考
を押します。
• 黒レベル値が 0 の場合、さらに黒を暗くするためにはブライトネスの値を下げてください。
• コントラストの値を下げても黒レベルの明るさは変わりません。
22
第2章 画面を調整する
● 6 色調整をする[6 色調整]
Magenta、Red、Yellow、Green、Cyan、Blue の色合いおよび色の濃さを個別に調整します。
調整範囲:-100 ~ 100
設定方法
1.
2.
3.
4.
を押します。
調整メニューの<カラー>メニューを選択し、
<カラー>メニューで<詳細設定>を選択し、
を押します。
< 6 色調整>を選択し、
を押します。
< Magenta >、< Red >、< Yellow >、< Green >、< Cyan >、< Blue >の中から調
整する色を選択し、 を押します。
5. <色合い>または<色の濃さ>を選択し、
6.
または
で調整します。
7. 調整が完了したら を押します。
を押します。
第2章 画面を調整する
23
2‐4. 推奨解像度以外でご使用の場合
● 表示サイズを切り替える [ 画面サイズ ]
推奨解像度以外の解像度は、自動で画面いっぱいに拡大されますが、
<スクリーン>メニューの<画面サイズ>機能を使用して表示サイズを切替えることができま
す。
メニュー
フル
(初期設定)
拡大
機 能
画面いっぱいに画像を表示します。ただし、拡大比率は縦・横一定ではないため、表
示画像に歪みが見られる場合があります。
画面いっぱいに画像を表示します。ただし、拡大比率を縦・横一定にするため、水平・
垂直のどちらかの方向に画像が表示されない部分が残る場合があります。
設定した解像度のままの大きさで画像が表示されます。
ノーマル
例:1280 × 1024 を表示した場合(CG243W の場合)
フル
( 初期設定 )
拡大
ノーマル
(1920 × 1200)
(1500 × 1200)
(1280 × 1024)
設定方法
1. 調整メニューの<スクリーン>メニューを選択し、 を押します。
2. <スクリーン>メニューで<画面サイズ>を選択し、 を押します。
3.
または
で「フル」/「拡大」/「ノーマル」のいずれかを選択します。
4. 設定が完了したら
を押します。
2‐5. 動画性能を設定する [ オーバードライブ ]
<オーバードライブ>の設定をすると、動きの早い画像を表示すると見えることがある残像を
抑えることができます。初期設定は「オン」になっていますが、「オン」にすることでノイズや
残像がかえって目立つ場合があります。そのような場合、<オーバードライブ>の設定を 「 オ
フ 」 にしてください。
設定方法
1. 調整メニューの<ツール>を選択し、 を押します。
2. <ツール>メニューで<オーバードライブ>を選択し、
3.
または
で「オン」または「オフ」を選択します。
4. 設定が完了したら を押します。
注意点
• CG243W でのみ設定可能です。
24
第2章 画面を調整する
を押します。
第 3 章 モニターの設定をする
3‐1. モード選択の有効 / 無効を設定する[モード設定]
モードを選択するときに、設定したモードだけを選択することができます。
表示するモードが限定されている場合や、表示状態をむやみに変更したくない場合にご利用く
ださい。
設定方法
1. 調整メニューの<ツール>メニューを選択し、 を押します。
2. <ツール>メニューで<モード設定>を選択し、 を押します。
3.
または
で設定を変更するモードを選択し、 を押します。
4.
または
で「オン」または「オフ」を選択します。
5. 設定が完了したら
を押します。
注意点
• すべてのモードを無効にすることはできません。1つ以上のモードを「オン」に設定してください。
3‐2. 操作ボタンをロックする [ 操作ロック ]
調整 / 設定した状態を変更できないようにします。
設定方法
1.
を押して、モニターの電源を切ります。
2.
を押しながら
を 2 秒以上押してモニターの電源を入れます。
オプション設定メニューが表示されます。
3. <オプション設定>メニューより<操作ロック>を選択し、 を押します。
4.
または
で「オフ」/「メニュー」/「オール」のいずれかを選択し、 を押します。
設定項目
オフ(初期設定)
メニュー
オール
5.
6.
ロックできるボタン
なし(全てのボタンが有効)
ボタン
ボタンを除くすべてのボタン
または
で「完了」を選択します。
を押します。
オプション設定メニューが閉じます。
第 3 章 モニターの設定をする
25
3‐3. EIZO ロゴ表示を設定する [ 起動ロゴ ]
本機の電源を入れた時に、EIZO ロゴが表示されます。このロゴの表示 / 非表示の切り替えがで
きます。
設定方法
1.
を押して、モニターの電源を切ります。
2.
を押しながら
を 2 秒以上押してモニターの電源を入れます。
オプション設定メニューが表示されます。
3. <オプション設定>メニューより<起動ロゴ>を選択し、 を押します。
4.
または
で「オン」または「オフ」を選択し、 を押します。
5.
または
で「完了」を選択します。
6.
を押します。
オプション設定メニューが閉じます。
3‐4. 設置方向を設定する [ 設置方向 ]
モニターを縦型表示にした場合は、調整メニューの向きも変更することができます。
(初期設定:横置き)
設定方法
1. 調整メニューの<メニュー設定>メニューを選択し、
を押します。
2. <メニュー設定>メニューで<設置方向>を選択し、
を押します。
3.
で「横置き」または「縦置き」を選択します。
または
4. 設定が完了したら
を押します。
5.「縦置き」を選択した場合は、モニタースクリーンを時計回りに
90°回転します。
注意点
ケーブル類が正しく差し込まれているかご確認ください。
参考
• モニターを縦型表示するためには、縦型表示対応のグラフィックスボードが必要です。モニターを縦型
表示にした場合、ご使用のグラフィックスボードの設定を変更する必要があります。詳細は、グラフィッ
クスボードの取扱説明書を参照してください。当社ホームページもあわせて参照してください。 (http://
www.eizo.co.jp)
26
第 3 章 モニターの設定をする
3‐5. 表示言語を設定する[言語]
調整メニューやメッセージの表示言語が選択できます。
選択できる言語
英語 / ドイツ語 / フランス語 / スペイン語 / イタリア語 / スウェーデン語 / 日本語 /
中国語(簡体)/ 中国語(繁体)
設定方法
1. 調整メニューの<メニュー設定>メニューを選択し、
2. <メニュー設定>メニューで<言語選択>を選択し、
3.
または で言語を選択します。
を押します。
4. 設定が完了したら
を押します。
を押します。
3‐6. 対応周波数範囲を設定する [ 入力信号帯域 ]
ご使用の環境によっては、グラフィックスボードに応じた周波数を設定する必要があります。初
めて設置をおこなう場合や使用環境を変更する場合におこなってください。
注意点
• グラフィックスボードの取扱説明書をよくお読みください。
• 下記の使用環境は、コンピュータの起動に関係なく設定することができます。
• デジタル信号入力でのみ設定可能です。
設定手順
1.
を押して、モニターの電源を切ります。
2.
を押しながら
を 2 秒以上押してモニターの電源を入れます。
オプション設定メニューが表示されます。
3. <オプション設定>メニューより<入力信号帯域>を選択して
4.
または
で入力信号を選択し、 を押します。
グラフィックスボードの種類に応じた周波数を、
または
を押します。
で選択または確認します。
CG223W
設定
ノーマル
ワイド
水平周波数 (kHz)
31 ~ 65
31 ~ 65
垂直周波数 (Hz)
59 ~ 61
47.5 ~ 61
CG243W
設定
Normal
Wide-1
Wide-2/-3 ※
水平周波数 (kHz)
垂直周波数 (Hz)
26 ~ 78
59 ~ 61
26 ~ 78
23.75 ~ 63
特殊な信号を入力する際に使用します。
※:Wide-2/3 は DisplayPort では選択できません。
5.
6.
または
で「完了」を選択します。
を押します。
オプション設定メニューが閉じます。
第 3 章 モニターの設定をする
27
3‐7. 調整メニューの表示位置を設定する [ メニューポジション ]
調整メニューの表示位置を移動できます。
設定方法
1. 調整メニューの<メニュー設定>メニューを選択し、 を押します。
2. <メニュー設定>メニューで<メニューポジション>を選択し、 を押します。
3.
または で位置を選択します。
を押します。
4. 設定が完了したら
3‐8. お買い上げ時の設定に戻す
リセットには、カラー調整のみを工場出荷状態に戻すカラーリセットと、すべての設定内容を
工場出荷状態に戻すオールリセットの 2 種類があります。
注意点
• リセット実行後は、リセット前の状態に戻すことはできません。
参考
• 初期値については、「主な初期設定(工場出荷設定)値」(P.41)をご覧ください。
● カラー調整値をリセットする [ カラーリセット ]
現在選択しているモードのカラー調整値のみを初期状態(工場出荷状態)に戻します。
設定方法
1. 調整メニューの<カラー>メニューを選択し、 を押します。
2. <カラー>メニューで<カラーリセット>を選択し、 を押します。
3.
で「実行」を選択します。
または
4.
を押します。
カラー調整値が初期状態になります。
● すべての設定内容をリセットする [ オールリセット ]
すべての設定内容を初期状態(工場出荷状態)に戻します。
設定方法
1. 調整メニューの<ツール>メニューを選択し、 を押します。
2. <ツール>メニューで<オールリセット>を選択し、 を押します。
3.
で「実行」を選択します。
または
4.
を押します。
すべての設定内容が初期状態になります。
28
第 3 章 モニターの設定をする
第 4 章 省電力機能について
4‐1. パワーセーブの設定をする[パワーセーブ]
コンピュータの状態と連動してモニターを省電力モードにする / しないの切り替えができます。
省電力モードに移行すると画面を非表示にします。
注意点
• 主電源スイッチをオフにするか、電源プラグを抜くことで、確実にモニター本体への電源供給は停止し
ます。
• モニターが省電力モードの場合、またモニターの電源ボタンをオフにしても、USB ポート( アップスト
リームおよびダウンストリーム)に接続されている機器が動作します。そのためモニターの消費電力は、
省電力モードであっても接続される機器によって変化します。
各信号入力に対し、以下の規格に準拠しています。
アナログ信号
デジタル信号
信号入力
規格
VESA DPMS
DVI DMPM
DisplayPort Standard V1.1a
DVI
DisplayPort
設定方法
を押します。
1. 調整メニューの< PowerManager >メニューを選択し、
2. < PowerManager >メニューで<パワーセーブ>を選択し、
を押します。
3.
で「オン」または「オフ」を選択します。
または
4. 設定が完了したら
を押します。
省電力の流れ
コンピュータの設定に連動し省電力モードに入ります。
コンピュータの状態
オン
省電力モード
スタンバイ
サスペンド
オフ
モニターの状態
電源ランプ
オペレーションモード
青
省電力モード
橙
第 4 章 省電力機能について
29
4‐2. 電源ランプの表示を設定する[電源ランプ]
画面表示時の電源ランプ(青)の輝度を設定することができます(初期設定では、電源ランプ
は電源を入れたときに点灯し、4 に設定されています)。
設定方法
を押します。
1. 調整メニューの< PowerManager >メニューを選択し、
2. < PowerManager >メニューで<電源ランプ>を選択し、
を押します。
3.
で電源ランプの明るさを「オフ」または 1 ~ 7 の範囲から好みに応じて選択し
または
ます。
4. 設定が完了したら
を押します。
4‐3. モニターの自動明るさ調整の設定をする[Auto EcoView]
Auto EcoView(オートエコビュー)をオンにするとモニター正面のセンサーが周囲の明るさを検
知し、明るさに応じて自動的に画面の明るさを調整します。
注意点
• Auto EcoView 機能は CAL モードでは使用できません。
• Auto EcoView 機能を使用する場合はセンサーをふさがないように注意してください。
設定方法
を押します。
1. 調整メニューの< PowerManager >メニューを選択し、
2. < PowerManager >メニューで< Auto EcoView >を選択し、
を押します。
3.
で「オン」または「オフ」を選択します。
または
4. 設定が完了したら
30
第 4 章 省電力機能について
を押します。
第 5 章 こんなときは
症状に対する処置をおこなっても解消されない場合は、販売店または EIZO サポートにご相談く
ださい。
•
•
•
•
画面が表示されない場合 → 項目 1、2 を参照してください。
画面に関する症状(デジタル信号の場合)→ 項目 3 ~ 8 を参照してください。
画面に関する症状(アナログ信号の場合)→ 項目 3 ~ 12 を参照してください。
その他の症状 → 項目 13 ~ 16 を参照してください。
症 状
原因と対処方法
1. 画面が表示されない
• 電源ランプが点灯しない
• 電源コードは正しく差し込まれていますか。
• 主電源を切り、数分後にもう一度主電源を入れてみて
ください。
• 主電源を入れてください。
•
を押してください。
• 電源ランプが点灯:青色
• <ブライトネス>、<コントラスト>、<ゲイン>の
各調整値を上げてみてください(P.20、P.22 参照)。
• 電源ランプが点灯:橙色
で入力信号を切り替えてみてください。
•
• マウス、キーボードを操作してみてください。
• コンピュータの電源は入っていますか。
2. 以下のようなメッセージが表示される
• 信号が入力されていない場合の表示です。
例:
• 入力されている信号が周波数仕様範囲外であることを
示す表示です
(範囲外の周波数は赤色で表示されます)
。
例:例:
この表示はモニターが正常に機能していても、信号が正し
く入力されないときに表示されます。
• コンピュータによっては電源を入れても信号がすぐに
出力されないため、左のような画面が表示されること
があります。
• コンピュータの電源は入っていますか。
• 信号ケーブルは正しく接続されていますか。
•
で入力信号を切り替えてみてください。
• コンピュータの設定が、本機で表示できる解像度、垂
直周波数になっていますか。(P.12 参照)
• コンピュータを再起動してみてください。
• グラフィックスボードのユーティリティなどで、適
切な表示モードに変更してください。詳しくはグラ
フィックスボードの取扱説明書を参照してください。
fD:ドットクロック
(デジタル信号入力時のみ表示されます)
fH:水平周波数
fV:垂直周波数
3. 画面が明るすぎる / 暗すぎる
• <ブライトネス>、<コントラスト>を調整してくだ
さい(LCD モニターのバックライトには、寿命があり
ます。画面が暗くなったり、ちらついたりするように
なったら、EIZO サポートにご相談ください)。
• Auto EcoView をオンにしてみてください。周囲の明
るさに応じて自動的に画面の明るさを調整します。
4. 文字がぼやけて見える
• コンピュータの設定が、本機で表示できる解像度、垂
直周波数になっていますか。(P.12 参照))
• <輪郭補正>で調整してみてください(P.22 参照)。
第 5 章 こんなときは
31
症 状
原因と対処方法
5. 残像が現れる
• この現象は液晶パネルの特性であり、固定画面で長時
間使用することを極力避けることをおすすめします。
• 長時間同じ画像を表示する場合は、コンピュータのス
クリーンセーバーまたはパワーセーブ機能を使用して
ください。
6. 画面に緑 、 赤 、 青 、 白のドットが残るまたは点灯しな
いドットが残る
• これらのドットが残るのは液晶パネルの特性であり、
故障ではありません。
7. 画面上に干渉縞が見られる / パネルを押したあとが消
えない
• 画面全体に白い画像または黒い画像を表示してみてく
ださい。症状が解消されることがあります。
8. 画面にノイズがあらわれる
• HDCP 方式の信号を入力した場合、正常な画面がすぐ
に表示されないことがあります。
9. 画像がずれている
• <水平ポジション>または<垂直ポジション>で画像
の位置を合わせてください(P.16 参照)。
• グラフィックスボードのユーティリティなどに画像の
位置を変える機能があれば、その機能を使用して調整
してください。
10. 画面に縦線が出ている / 画面の一部がちらついている
• <クロック>で調整してみてください(P.16 参照)。
11. 画面全体がちらつく、にじむように見える
• <フェーズ>で調整してみてください(P.16 参照)。
12. 画面の上部が下図のように歪む
• コンポジットシンク(X-OR)の信号とセパレートシ
ンクの垂直同期信号が同時に入力されている場合に起
こります。入力する信号をコンポジットかセパレート
のどちらか一方にしてください。
13. 調整メニューが表示できない
• 操作ボタンのロックが機能していないか確認してみて
ください(P.25 参照)。
14. モードメニューが表示できない
• 操作ボタンのロックが機能していないか確認してみて
ください(P.25 参照)。
15. 自動調整機能が動作しない
• 自動調整機能はデジタル信号入力時には動作しませ
ん。
• この機能は画面の表示可能エリア全体に画像が表示さ
れている場合に正しく動作します。コマンドプロンプ
トのような画面の一部にしか画像が表示されていない
場合や、壁紙など背景を黒で使用している場合には正
しく動作しません。
• 一部のグラフィックスボードで正しく動作しない場合
があります。
32
第 5 章 こんなときは
症 状
16. USB ケーブルで接続したモニターが認識されない/モ
ニターに接続している USB 周辺機器が動作しない
原因と対処方法
• USB ケーブルは正しく差し込まれていますか。(P.37
参照)
• 別の USB ポートに差し替えてみてください。別のポー
トで正しく動作した場合は、EIZO サポートにご相談
ください(詳しくはコンピュータの取扱説明書を参照
してください)。
• コンピュータを再起動してみてください。
• 直接コンピュータと周辺機器を接続してみて、周辺機
器が正しく動作した場合は、お買い求めの販売店また
は EIZO サポートにご相談ください。
• ご使用のコンピュータおよび OS が USB に対応してい
るかご確認ください(各機器の USB 対応については
各メーカーにお問い合わせください)。
• Windows をご使用の場合、コンピュータに搭載され
ている BIOS の USB に関する設定をご確認ください(詳
しくはコンピュータの取扱説明書を参照してくださ
い)。
第 5 章 こんなときは
33
第 6 章 ご参考に
6‐1. アームを取り付ける
本機はスタンド部分を取り外すことによって、アーム(または他のスタンド)に取り付けるこ
とが可能になります。アームまたはスタンドは当社オプション品をご利用ください。
注意点
• 取り付けの際は、アームまたはスタンドの取扱説明書の指示に従ってください。
• 他社製のアームまたはスタンドを使用する場合は、以下の点をアームまたはスタンドメーカーにご確認
の上、VESA 規格準拠のものをお選びください。
- 取付部のネジ穴間隔:100mm × 100mm
- プレート部の厚み:2.6mm
- 許容質量:モニター本体の質量(スタンドなし)とケーブルなどの装着物の総質量に耐えられること
取り付けには下記のネジをご使用ください。
- FlexStand(フレックススタンド)仕様:本体部分とスタンドを固定しているネジ
- ハイトアジャスタブルスタンド仕様 :本機に付属しているネジ(M4×12mm)
• アームまたはスタンドを使用する場合は、以下の範囲(チルト角)で使用してください。
- 上 45°下 45°(横表示時、および時計回り 90°に縦表示時)
• ケーブル類は、アームまたはスタンドを取り付けた後に接続してください。
• 取り外したスタンドを昇降させないでください。モニター本体を取り付けていない状態でスタンドを昇
降させると、けがや故障の原因となります。
• モニターおよびアームまたはスタンドは重量があります。落としたりするとけがや故障の原因になります。
[ 取付方法 ]
1 液晶パネル面が傷つかないよう、安定した場所に柔らかい布などを敷いた上に、パ
ネル面を下に向けて置きます。
2 スタンド部分を取り外します。
別途ドライバを準備ください。ドライバを使って、本体部分とスタンドを固定しているネジ 4 箇
所を取り外します。
3 モニターをアーム(またはスタンド)に取り付けます。
アームまたはスタンドの取扱説明書で指定のネジを使って取り付けます。
34
第 6 章 ご参考に
6‐2. 2 台以上のコンピュータを接続する
本機は、背面の DVI-I、DisplayPort コネクタに 2 台以上のコンピュータを接続し、切り替えて表
示することができます。
接続例
DisplayPort
DVI-I コネクタ
コネクタ
コンピュータ 1 へ
D-Sub15 ピン
(ミニ)コネクタ
アナログ
信号ケーブル
FD-C16(付属)
コンピュータ 2 へ
DVI コネクタ
デジタル
信号ケーブル
FD-C39(付属)
コンピュータ 3 へ
DisplayPort コネクタ
デジタル
信号ケーブル
PP200(オプション)
● 入力信号を切り替える
を押すたびに入力信号が切り替わります。
画面右上に選択された入力ポート名が表示されます。
第 6 章 ご参考に
35
● 入力信号の切替方法を設定する [ 入力切替 ]
コンピュータ信号が入力されているコネクタを自動的に判別して画面を表示します。
優先設定
機 能
オート
コンピュータの電源が切れたり、省電力モードに入ると自動的に、他の信号を表示
します。
マニュアル
表示中のコンピュータの信号のみを検知します。操作ボタンの
い入力信号を選択してください。
設定方法
1. 調整メニューの<ツール>メニューを選択し、
2. <ツール>メニューで<入力切替>を選択し、
3.
で表示させた
を押します。
を押します。
<入力切替>メニューが表示されます。
で「オート」または「マニュアル」を選択します。
または
4. 設定が完了したら
を押します。
注意点
•「オート」
が選択されている場合は、すべてのコンピュータが省電力モードに入っている場合のみモニター
の省電力機能が動作します。
36
第 6 章 ご参考に
6‐3. USB(Universal Serial Bus) の活用について
本機は USB 規格に対応しているハブを搭載しています。USB 対応のコンピュータまたは他の
USB ハブに接続することにより、本機が USB ハブとして機能し、USB に対応している周辺機器
と接続できます。
● 必要なシステム環境
1. USB ポートを搭載したコンピュータ、あるいは USB 対応のコンピュータに接続している他の
USB ハブ
2. Windows 8 / Windows 7 / Windows Vista / Windows XP / Windows 2000 または Mac OS X
10.2 以降および Mac OS 9.2.2
3. EIZO USB ケーブル(MD-C93)
注意点
• 使用するコンピュータ、OS および周辺機器によっては動作しない場合があります。各機器の USB 対応
については各メーカーにお問い合わせください。
• モニターが省電力モードの場合、またはモニターの電源ボタンがオフの場合、USB ポート(アップスト
リームおよびダウンストリーム)に接続されている機器が動作します。そのためモニターの消費電力は、
省電力モードであっても接続される機器によって変化します。
• 主電源スイッチがオフの場合は、USB ポートに接続されている機器は動作しません。
● 接続方法(USB 機能のセットアップ方法)
1. はじめにコンピュータとモニターを信号ケーブルで接続し、コンピュータを起動しておきま
す。
2. USB 対応のコンピュータ(あるいは他の USB ハブ)のダウンストリームとモニターのアップ
ストリームを USB ケーブルで接続します。
USB ケーブルの接続により自動的に USB のハブ機能がセットアップされます。
3. USB 対応の周辺機器をモニターの USB ポート(ダウンストリーム)に接続します。
ダウンストリーム
アップストリーム
第 6 章 ご参考に
37
6‐4. モニター情報を表示する
●
ボタンを押して情報を表示する
本機に関する情報や、現在表示している入力信号に関する情報を表示します。
(例)
● 信号情報を表示する [ 信号情報 ]
現在表示している入力信号の情報を表示します。
設定方法
1. 調整メニューの<ツール>メニューを選択し、 を押します。
2. <ツール>メニューで<入力信号情報>を選択し、 を押します。
信号情報画面が表示されます。
(例)
● モニター情報を表示する [ モニター情報 ]
本機に関する情報を表示します。
設定方法
1. 調整メニューの<ツール>メニューを選択し、
を押します。
2. <ツール>メニューで<モニター情報>を選択し、 を押します。
モニター情報画面が表示されます。
(例)
注意点
• 工場検査などのため、購入時に使用時間が「0」ではない場合があります。
38
第 6 章 ご参考に
6‐5. 仕様
CG223W
液晶パネル
サイズ
56cm(22)型 カラー TFT
表面処理
アンチグレア、ハードコーティング
表面硬度
3H
視野角
視野角:左右 178°、上下 178°(CR ≧ 10)
ドットピッチ
0.282mm
応答速度
約 12ms
水平走査周波数 アナログ
24 ~ 82kHz
デジタル
31 ~ 65kHz
垂直走査周波数 アナログ
47.5 ~ 86Hz(1280 × 1024 時:~ 76Hz, 1680×1050 時:~ 61Hz)
デジタル
フレーム
同期モード
47.5 ~ 61Hz(VGA TEXT 時:69 ~ 71Hz)
アナログ
47.5 ~ 61Hz
デジタル
47.5 ~ 61Hz
解像度
1680 ドット× 1050 ライン
推奨輝度
120cd/m2 以下 ( 色温度:5000K~6500K 時 )
ドットクロック アナログ
(最大)
デジタル
150MHz
120MHz
最大表示色
約 10 億 7374 万色(DisplayPort 10bit 入力時)
表示サイズ(水平×垂直)
473.76mm × 296.1mm
電源
AC100V ~ 120V ± 10%、50/60Hz、0.85A
消費電力
画面表示時
85W 以下(USB 機器接続時)
75W 以下(USB 機器非接続時)
省電力モード時
0.9W 以下(DVI-I(アナログ)1 系統入力時、USB 機器非接続時、
[入力信号]:「マニュアル」設定時)
電源ボタンオフ時
0.7W 以下(USB 機器非接続時)
主電源スイッチオフ時
0W
信号入力コネクタ
DVI-I コネクタ(HDCP 対応)× 2
DisplayPort コネクタ (Standard V1.1a 準拠、HDCP 対応 )
アナログ信号 入力同期信号
セパレート、TTL、正 / 負極性
コンポジット、TTL、正 / 負極性
アナログ信号 入力映像信号
アナログ、正極性(0.7Vp-p/75 Ω)
デジタル(DVI) 信号伝送方式
TMDS(Single Link)
ビデオ信号
アナログ
メモリー(最大)
45 種(プリセット 12 種)
プラグ&プレイ機能
アナログ / デジタル(DVI-I)信号入力時:VESA DDC 2B/EDID structure 1.3
デジタル(DisplayPort)信号入力時:VESA DisplayPort/EDID structure 1.4
寸法
本体
511mm(幅)× 347.5 ~ 521.5mm(高さ)×240.5mm(奥行き)
本体(スタンドなし)
511mm(幅)× 333mm(高さ)× 85mm(奥行き)
本体
約 9.6kg
本体(スタンドなし)
約 6.6kg
質量
第 6 章 ご参考に
39
可動範囲
環境条件
USB
チルト角度
上 30°下 0°
スィーベル角度
右 172°左 172°
昇降
225mm(チルト角度 0°時は 174mm)
ローテーション
90°(時計回り)
温度
動作温度範囲 : 0℃~ 35℃
輸送および保存温度範囲: -20℃~ 60℃
湿度
動作湿度範囲 : 20% ~ 80% R.H.(非結露状態)
輸送および保存湿度範囲: 10% ~ 80% R.H.(非結露状態)
気圧
動作気圧範囲 : 700hPa ~ 1060hPa
輸送および保存気圧範囲: 200hPa ~ 1060hPa
規格
USB Specification Revision 2.0 準拠
ポート
アップストリーム× 1、ダウンストリーム× 2
通信速度
480Mbps(ハイスピード)、12Mbps(フルスピード)、
1.5Mbps(ロースピード)
供給電源
ダウンストリーム:最大 500mA/1 ポート
サイズ
61cm(24.1)型 カラー TFT
表面処理
ハードコーティング
表面硬度
3H
視野角
視野角:左右 178°、上下 178°(CR ≧ 10)
ドットピッチ
0.270mm
応答速度
約 13ms
CG243W
液晶パネル
水平走査周波数 アナログ
24 ~ 76kHz
デジタル
26 ~ 78kHz
垂直走査周波数 アナログ
47.5 ~ 86Hz(1600 × 1200, 1920×1200 時:47.5 ~ 61Hz)
デジタル
フレーム
同期モード
23.75 ~ 63Hz(VGA TEXT 時:69 ~ 71Hz)
アナログ
47.5 ~ 61Hz
デジタル
23.75 ~ 30.5Hz、47.5 ~ 61Hz
解像度
1920 ドット× 1200 ライン
推奨輝度
120cd/m2 以下 ( 色温度:5000K~6500K 時 )
ドットクロック アナログ
(最大)
デジタル
170MHz
164.5MHz
最大表示色
約 10 億 7374 万色(DisplayPort 10bit 入力時)
表示サイズ(水平×垂直)
518.4mm × 324.0mm
電源
AC100V ± 10%、50/60Hz、1.0A
消費電力
40
画面表示時
95W 以下(USB 機器接続時)
85W 以下(USB 機器非接続時)
省電力モード時
0.9W 以下(DVI-I(アナログ)1 系統入力時、USB 機器非接続時、
[入力信号]:「マニュアル」設定時)
電源ボタンオフ時
0.7W 以下(USB 機器非接続時)
主電源スイッチオフ時
0W
第 6 章 ご参考に
信号入力コネクタ
DVI-I コネクタ(HDCP 対応)× 2
DisplayPort コネクタ (Standard V1.1a 準拠、HDCP 対応 )
アナログ信号 入力同期信号
セパレート、TTL、正 / 負極性
コンポジット、TTL、正 / 負極性
アナログ信号 入力映像信号
アナログ、正極性(0.7Vp-p/75 Ω)
デジタル(DVI) 信号伝送方式
TMDS(Single Link)
ビデオ信号
アナログ
メモリー(最大)
45 種(プリセット 9 種)
プラグ&プレイ機能
アナログ / デジタル(DVI-I)信号入力時:VESA DDC 2B/EDID structure 1.3
デジタル(DisplayPort)信号入力時:VESA DisplayPort/EDID structure 1.4
寸法
本体(ハイトアジャスタブ
ルスタンド)
566mm(幅)× 456 ~ 538mm(高さ)×230mm(奥行き)
本体(FlexStand)
566mm(幅)× 381.5 ~ 538.5mm(高さ)×242 ~ 256mm(奥行き)
本体(スタンドなし)
566mm(幅)× 367mm(高さ)× 85mm(奥行き)
本体(ハイトアジャスタブ
ルスタンド)
約 10.7kg
本体(FlexStand)
約 10.1kg
本体(スタンドなし)
約 7.1kg
ハイトアジャスタブルスタ
ンド
チルト角度
スィーベル角度
昇降
ローテーション
:上 40°下 0°
:右 35°左 35°
:82mm
:90°(時計回り)
チルト角度
スィーベル角度
昇降
ローテーション
:上 30°下 0°
:右 172°左 172°
:225mm(チルト 0°時:157mm)
:90°(時計回り)
質量
可動範囲
FlexStand
(フレックススタンド)
環境条件
USB
温度
動作温度範囲 : 0℃~ 35℃
輸送および保存温度範囲: -20℃~ 60℃
湿度
動作湿度範囲 : 20% ~ 80% R.H.(非結露状態)
輸送および保存湿度範囲: 10% ~ 80% R.H.(非結露状態)
気圧
動作気圧範囲 : 700hPa ~ 1060hPa
輸送および保存気圧範囲: 200hPa ~ 1060hPa
規格
USB Specification Revision 2.0 準拠
ポート
アップストリーム× 1、ダウンストリーム× 2
通信速度
480Mbps(ハイスピード)、12Mbps(フルスピード)、
1.5Mbps(ロースピード)
供給電源
ダウンストリーム:最大 500mA/1 ポート
主な初期設定(工場出荷設定)値
カラーモード
Custom
パワーセーブ
オン
入力切替
マニュアル
画面サイズ
フル
Auto EcoView
オフ
輪郭補正
0
メニューポジション
中央
言語選択
日本語
第 6 章 ご参考に
41
外観寸法
CG223W
単位:mm(インチ)
42
第 6 章 ご参考に
外観寸法
CG243W
・ハイトアジャスタブルスタンド
単位:mm(インチ)
第 6 章 ご参考に
43
・FlexStand(フレックススタンド)
単位:mm(インチ)
532 (20.9)
56.3
(2.22)
85 (3.35)
95 (3.74)
swivel
172
172
swivel
566 (22.3)
520.4 (20.5)
22.8 (0.90)
(20.5 (0.81))
22.8 (0.90)
100 (3.9)
233 (9.2)
133.5 (5.3)
233 (9.2))
90
36 (1.42)
220 (8.7)
235.5 (9.3)
256 (10.1)
371 (14.6)
351 (13.8)
236 (9.3)
229 (9.0)
571 (22.5)
355 (13.0)
372.6 (14.7)
183.5 (7.2)
544.1 (21.4)
151 (5.9)
45.6 (1.80)
115 (4.5)
44
第 6 章 ご参考に
411.1 (16.2)
133.5 (5.3)
100 (3.9)
9.5 (0.37)
171.5 (6.8)
72 (2.83)
30
14.5 (0.57)
(20.5 (0.81))
tilt
355 (13.0)
326 (12.8)
538.5 (21.2)
638 (25.1)
pivot
入力信号接続
• DVI-I コネクタ
1 2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23 24
ピン
No.
C2
C1
C3 C4
C5
入力信号
1
ピン
No.
T.M.D.S. Data 2-
11
入力信号
ピン
No.
T.M.D.S. Data1/3 Shield
21
入力信号
NC*
2
T.M.D.S. Data 2+
12
NC*
22
T.M.D.S. Clock shield
3
T.M.D.S. Data2/4 Shield
13
NC*
23
T.M.D.S. Clock+
4
NC*
14
+5V Power
24
T.M.D.S. Clock-
5
NC*
15
Ground(return for +5V,
Hsync, and Vsync)
C1
Analog Red
6
DDC Clock(SCL)
16
Hot Plug Detect
C2
Analog Green
7
DDC Data(SDA)
17
T.M.D.S. Data0-
C3
Analog Blue
8
Analog Vertical Sync
18
T.M.D.S. Data0+
C4
Analog Horizontal Sync
9
T.M.D.S. Data1-
19
T.M.D.S. Data0/5 Shield
C5
Analog Ground(analog
R,G,&B return)
10
T.M.D.S. Data1+
20
NC*
(NC*: No Connection)
• DisplayPort コネクタ
19 17 15 13 11 9 7 5 3 1
20 18 16 14 12 10 8 6 4 2
ピン No.
入力信号
1
ML Lane3-
2
3
ピン No.
入力信号
ピン No.
入力信号
8
Ground
15
AUX CH+
Ground
9
ML Lane1+
16
Ground
ML Lane3+
10
ML Lane0-
17
AUX CH-
4
ML Lane2-
11
Ground
18
Hot Plug Detect
5
Ground
12
ML Lane0+
19
Return
6
ML Lane2+
13
CONFIG1
20
DP PWR
7
ML Lane1-
14
CONFIG2
• USB ポート
アップストリーム
ダウンストリーム
シリーズ B コネクタ
シリーズ A コネクタ
接点番号
信号名
備考
1
VCC
ケーブル電源
2
‐Data
シリアルデータ
3
+ Data
シリアルデータ
4
Ground
ケーブルグランド
第 6 章 ご参考に
45
6‐6. 用語集
色温度
白色の色合いを数値的に表したものを色温度といい、K:ケルビン(Kelvin)で表します。炎の
温度と同様に、画面は色温度が低いと赤っぽく表示され、高いと青っぽく表示されます。
5000K: やや赤みがかった白色(印刷業界で一般的に使われる色温度です)
6500K: 昼光色と呼ばれる白色(Web 閲覧に適した色温度です)
9300K: やや青みがかった白色(テレビに一般的に使われる色温度です)
解像度
液晶パネルは決められた大きさの画素を敷き詰めて、その画素を光らせて画像を表示させてい
ます。本機種の場合は横 1680 個(CG223W)/1920 個(CG243W)、縦 1050 個(CG223W)
/1200 個(CG243W)の画素がそれぞれ敷き詰められています。このため 1680×1050(CG223W)
1920 × 1200(CG243W)の解像度であれば、画像は画面いっぱい(1 対 1)に表示されます。
ガンマ
一般に、モニターは入力信号のレベルに対して非直線的に輝度が変化していきます。これをガ
ンマ特性と呼んでいます。画面はガンマ値が低いとコントラストが弱く、ガンマ値が高いとコ
ントラストが強くなります。
クロック
アナログ入力方式のモニターにおいて、アナログ入力信号をデジタル信号に変換して画像を表
示する際に、使用しているグラフィックスボードのドットクロックと同じ周波数のクロックを
再生する必要があります。このクロックの値を調整することをクロック調整といい、クロック
の値が正常でない場合は画面上に縦縞が現れます。
ゲイン
赤、緑、青それぞれの色の値を調整するものです。液晶モニターではパネルのカラーフィルター
に光を通して色を表示しています。赤、緑、青は光の3原色であり、画面上に表示されるすべ
ての色は3色の組み合わせによって構成されます。3色のフィルターに通す光の強さ(量)を
それぞれ調整することによって、色調を変化させることができます。
フェーズ
アナログ入力信号をデジタル信号に変換する際のサンプリングタイミングのことです。このタ
イミングを調整することをフェーズ調整といいます。クロックを正しく調整した後でフェーズ
調整をおこなうことをおすすめします。
レンジ調整
アナログ信号の出力レベルを調整し、すべての色階調を表示できるように調整します。カラー
調整をおこなう前にはレンジ調整をおこなうことをおすすめします。
46
第 6 章 ご参考に
DisplayPort
VESA によって策定された、デジタルディスプレイ装置のためのデジタルインターフェースの規
格です。DisplayPort では RGB それぞれ最大 16bit の映像信号を送信でき、また音声信号も送信
することができます。( 本機では映像信号は 8bit または 10bit に対応していますが、音声信号は
非対応です。)
DVI(Digital Visual Interface)
デジタルインターフェース規格の一つです。コンピュータ内部のデジタルデータを損失なくダ
イレクトに伝送できます。
伝送方式に TMDS、コネクタに DVI コネクタを採用しています。デジタル入力のみ対応の DVI-D
コネクタと、デジタル / アナログ入力可能な DVI-I コネクタがあります。
DVI DMPM(DVI Digital Monitor Power Management)
デジタルインターフェースの省電力機能のことです。モニターのパワー状態については Monitor
ON(オペレーションモード)と Active Off(省電力モード)が必須となっています。
HDCP(High-bandwidth Digital Contents Protection)
映像や音楽などのデジタルコンテンツの保護を目的に開発された、信号の暗号化方式。
DVI 端子を経由して送信されるデジタルコンテンツを出力側で暗号化し入力側で復号化すること
によりコンテンツを安全に伝送できます。
出力側と入力側の双方の機器が HDCP 対応していないと、コンテンツを再生できない仕組みに
なっています。
sRGB (Standard RGB)
周辺機器間(モニター、プリンタ、デジタルカメラ、スキャナなど)の「色再現性、色空間」を
統一する目的で成立した国際基準のことです。インターネット用の簡易的な色合わせの手段と
して、インターネットの送り手と受け手の色を近い色で表現できます。
TMDS(Transition Minimized Differential Signaling)
デジタルインターフェースにおける、信号伝送方式の一つです。
VESA DPMS(Video Electronics Standards Association - Display Power Management
Signaling)
VESA では、コンピュータ用モニターの省エネルギー化を実現するため、コンピュータ(グラフィッ
クスボード)側からの信号の標準化をおこなっています。DPMS はコンピュータとモニター間の
信号の状態について定義しています。
第 6 章 ご参考に
47
6‐7. プリセットタイミング
工場出荷時に設定されているビデオタイミングは以下のとおりです(アナログ信号のみ)。
注意点
• 接続されるコンピュータの種類により表示位置等がずれ、調整メニューで画面の調整が必要になる場合
があります。
• 一覧表に記載されている以外の信号を入力した場合は、調整メニューで画面の調整をおこなってくださ
い。ただし、調整をおこなっても画面を正しく表示できない場合があります。
• インターレースの信号は、調整メニューで調整をおこなっても画面を正しく表示することができません。
48
解像度
対応信号
640 × 480
VGA
720 × 400
ドット
クロック
:MHz
周波数
極性
CG223W CG243W
水平:
kHz
垂直:
Hz
25.18
31.47
59.94
負
負
○
○
VGA TEXT
28.32
31.47
70.09
負
正
○
○
800 × 600
VESA
40.00
37.88
60.32
正
正
○
○
1024 × 768
VESA
65.00
48.36
60.00
負
負
○
○
1024 × 768
VESA
75.00
56.48
70.07
負
負
○
―
1024 × 768
VESA
78.75
60.02
75.03
正
正
○
―
1024 × 768
VESA
94.50
68.68
85.00
正
正
○
―
1152 × 864
VESA
108.00
67.50
75.00
正
正
○
―
1280 × 960
VESA
108.00
60.00
60.00
正
正
○
○
1280 × 1024
VESA
108.00
63.98
60.02
正
正
○
○
1600 × 1200
VESA
161.99
75.00
60.00
正
正
―
○
1680 × 1050
VESA CVT
146.25
65.29
59.95
負
正
○
○
1680 × 1050
VESA CVT RB
119.00
64.67
59.88
正
負
○
―
1920 × 1200
VESA CVT RB
154.00
74.04
59.95
正
負
―
○
第 6 章 ご参考に
水平 垂直
アフターサービス
本製品のサポートに関してご不明な場合は、EIZO サポートにお問い合わせください。EIZO サポー
ト一覧は別紙の「お客様ご相談窓口のご案内」に記載してあります。
保証書について
• この商品には保証書を別途添付しております。保証書はお買い上げの販売店でお渡しします
ので、所定事項の記入、販売店の捺印の有無、および記載内容をご確認ください。なお、保
証書は再発行致しませんので、大切に保管してください。
• 当社では、この製品の補修用部品(製品の機能を維持するために必要な部品)を、製品の製
造終了後、最低 7 年間保有しています。補修用部品の最低保有期間が経過した後も、故障箇
所によっては修理可能な場合がありますので、EIZO サポートにご相談ください。
修理を依頼されるとき
• 保証期間中の場合
保証書の規定にしたがい、EIZO サポートにて修理をさせていただきます。お買い求めの販売店、
または EIZO サポートにご連絡ください。
• 保証期間を過ぎている場合
お買い求めの販売店、または EIZO サポートにご相談ください。修理範囲(サービス内容)、
修理費用の目安、修理期間、修理手続きなどを説明いたします。
修理を依頼される場合にお知らせいただきたい内容
• お名前・ご連絡先の住所・電話番号 /FAX 番号
• お買い上げ年月日・販売店名
• モデル名・製造番号
(製造番号は、本体の背面部のラベル上および保証書に表示されている 8 けたの番号です。例)
S/N 12345678)
• 使用環境(コンピュータ / グラフィックスボード /OS・ システムのバージョン / 表示解像度等)
• 故障または異常の内容(できるだけ詳しく)
修理について
• 修理の際に当社の品質基準に達した再生部品を使用することがありますのであらかじめご了
承ください。
アフターサービス
49
製品回収・リサイクルシステムについて
• パソコン及びパソコン用モニターは「資源有効利用促進法」の指定再資源化製品に指定され
ており、メーカーは自主回収及び再資源化に取り組むことが求められています。当社は、使
用済みモニターの回収・リサイクル体制を構築しており、お客様が本製品をご使用後に廃棄
する際は下記の要領でお引取りしています。
• なお、詳しい情報については、当社のホームページもあわせてご覧ください。
(http://www.eizo.co.jp)
法人のお客様
本製品は、法人のお客様が使用後産業廃棄物として廃棄される場合、有償でお引取りいたします。
詳細については下記までお問合せください。
[EIZO サポートネットワーク株式会社]
電話での問合せ受付
076-274-7369(専用)
月曜日~金曜日
(祝日及び当社休日を除く)
9:30 ~ 17:30
FAX での問合せ受付
076-274-2416
24 時間受付
但し、回答は営業時間帯
(電話受付時間帯と同じ)
個人のお客様
PC リサイクルマークの無償提供について
本製品は、PC リサイクル対象製品です。当社では、本製品をご購入いただいた個人のお客様に
PC リサイクルマークを無償でご提供しております。ご購入後すぐに、下記の Web サイトから
お申し込みください。
マークは本体背面部のラベルの近くに貼付ください。
情報機器リサイクルセンター
ホームページ:http://www.pc-eco.jp
※「PC リサイクルマーク申込」からお入りください。
(回収担当窓口は、情報機器リサイクルセンタ-にて対応いたします。)
申し込みには、本体の背面部のラベル上に記載されているモデル名と製造番号が必要となりま
す。
PC リサイクルマークについて
個人のお客様が、このマークがついた当社製品の回収を情報機器リ
サイクルセンターにご依頼いただいた場合は、お客様に料金を負担
いただくことなく回収・再資源化いたします。
お問い合わせ
本件に関するお問い合わせは、情報機器リサイクルセンターまでお願いいたします。
情報機器リサイクルセンター
電話:0120-345-989
月曜日~金曜日(祝日及び年末年始を除く)9:00 ~ 17:00
50
アフターサービス
Congratulations!
The display you have just purchased carries the TCO'03 Displays label. This means that your display
is designed, manufactured and tested according to some of the strictest quality and environmental
requirements in the world. This makes for a high performance product, designed with the user in focus
that also minimizes the Impact on our natural environment.
Some of the features of the TCO'03 Display requirements:
Ergonomics
・ Good visual ergonomics and image quality in order to improve the working environment for the user and to reduce sight and strain
problems. Important parameters are luminance, contrast, resolution, reflectance, colour rendition and image stability.
Energy
・ Energy-saving mode after a certain time - beneficial both for the user and environment
・ Electrical safety
Emissions
・ Electromagnetic fields
・ Noise emissions
Ecology
・ The products must be prepared for recycling and the manufacturer must have a certified environmental management system such as
EMAS or ISO 14000
・ Restrictions on
・ chlorinated and brominated flame retardants and polymers
・ heavy metals such as cadmium, mercury and lead.
The requirements includes in this label have been developed by TCO Development in co-operation with scientists, experts, users as well as
manufacturers all over the world. Since the end of the 1980s TCO has been involved in influencing the development of IT equipment in a more
user-friendly direction. Our labeling system with displays in 1992 and is now requested by users and IT-manufacturers all over the world.
For more information, please visit
www.tcodevelopment.com
このたびお求めのモニターには、TCO'03 ラベルが貼り付けられています。これはこのモニターが世界でも最も厳しい、いくつかの
品質・環境要求に従って開発され、製造されたものであることを示しています。TCO'03 ラベルは、ユーザー主体の高性能な製品の
開発や、自然環境への影響を最小限に抑制するために役立っています。
TCO'03 モニターにはいくつかの要求事項があります。
エルゴノミクス
ユーザーの作業環境を改善し、視覚や疲労の問題を軽減するために、優れたビジュアルエルゴノミクスと画像品質が求められ
ます。輝度、コントラスト、解像度、反射率、演色性、画像の安定性といった項目が重要な要素となります。
エネルギー
一定時間経過後に節電モードに移行することが求められます。これはユーザーおよび環境の双方に有益な要求です。
電気的安全性についても求められています。
エミッション
電磁界やノイズの発生に対する要求事項があります。
エコロジー
TCO'03 製品は、リサイクルシステムを整備しなければなりません。また製造者は EMAS や ISO 14000 といった環境マネジメ
ントシステムの認証を受けなければなりません。
塩素系または臭素系難燃剤および高分子化合物の、製品への使用が規制されています。
またカドミウム、水銀、鉛などの重金属についても使用が規制されています。
TCO'03 の要求事項は、製造者に加えて世界中の科学者、専門家、ユーザーの協力のもとに TCO Development によって監修されて
います。1980 年後半より、TCO はユーザーフレンドリーな IT 機器の開発に影響を及ぼすべく関与してきました。モニター分野に
おける TCO ラベリングシステムは 1992 年より始まりました。現在では世界中のユーザーや IT 企業に求められているシステムです。
さらに詳しい情報は www.tcodevelopment.com を参照してください。
51
关于电子信息产品污染控制标识
本标识根据「电子信息产品污染控制管理办法」,适用于在中华人民共和国销售的电子信息产品。标识中央的
数字为环保使用期限的年数。只要您遵守该产品相关的安全及使用注意事项,在自制造日起算的年限内,不会
产生对环境污染或人体及财产的影响。上述标识粘贴在机器背面。
• 有毒有害物质或元素的名称及含量
部件名称
有毒有害物质或元素
铅
汞
镉
六
价
铬多 溴 联 苯多溴二苯醚
(Pb)
(Hg)
(Cd)
(Cr(VI)) (PBB)
(PBDE)
印刷电路板
×
○
○
○
○
○
机箱
○
○
○
○
○
○
液晶显示器
×
×
○
○
○
○
其他
×
○
○
○
○
○
○ :表示该有毒有害物质在该部件所有均质材料中的含量均在 SJ/T 11363-2006 规定的限量要求以下。
× :表示该有毒有害物质至少在该部件的某一均质材料中的含量超出 SJ/T 11363-2006 规定的限量要求。
( 企业可在此处 , 根据实际情況对上表中打“×” 的技术原因进行进一步说明 )
52
第 5 版 2013 年 4 月
03V22843E2
(U.M-CG243W)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement