有価証券報告書

有価証券報告書
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
有価証券報告書
(金融商品取引法第24条第1項に基づく報告書)
事業年度
(第136期)
自
至
平成23年4月1日
平成24年3月31日
川崎市川崎区田辺新田1番1号
富士電機株式会社
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
目次
表紙
頁
第一部 企業情報 …………………………………………………………………………………………………………
第1
1
企業の概況 ………………………………………………………………………………………………………
1
1. 主要な経営指標等の推移 ……………………………………………………………………………………
1
2. 沿革 ……………………………………………………………………………………………………………
3
3. 事業の内容 ……………………………………………………………………………………………………
5
4. 関係会社の状況 ………………………………………………………………………………………………
9
5. 従業員の状況 …………………………………………………………………………………………………
13
第2
事業の状況 ………………………………………………………………………………………………………
15
1. 業績等の概要 …………………………………………………………………………………………………
15
2. 生産、受注及び販売の状況 …………………………………………………………………………………
18
3. 対処すべき課題 ………………………………………………………………………………………………
19
4. 事業等のリスク ………………………………………………………………………………………………
22
5. 経営上の重要な契約等 ………………………………………………………………………………………
25
6. 研究開発活動 …………………………………………………………………………………………………
27
7. 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 ……………………………………………
30
第3
設備の状況 ………………………………………………………………………………………………………
32
1. 設備投資等の概要 ……………………………………………………………………………………………
32
2. 主要な設備の状況 ……………………………………………………………………………………………
32
3. 設備の新設、除却等の計画 …………………………………………………………………………………
36
第4
提出会社の状況 …………………………………………………………………………………………………
37
1. 株式等の状況 …………………………………………………………………………………………………
37
(1) 株式の総数等 ………………………………………………………………………………………………
37
(2) 新株予約権等の状況 ………………………………………………………………………………………
38
(3) 行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等 ……………………………………………
39
(4) ライツプランの内容 ………………………………………………………………………………………
39
(5) 発行済株式総数、資本金等の推移 ………………………………………………………………………
40
(6) 所有者別状況 ………………………………………………………………………………………………
40
(7) 大株主の状況 ………………………………………………………………………………………………
41
(8) 議決権の状況 ………………………………………………………………………………………………
42
(9) ストックオプション制度の内容 …………………………………………………………………………
42
2. 自己株式の取得等の状況 ……………………………………………………………………………………
43
3. 配当政策 ………………………………………………………………………………………………………
44
4. 株価の推移 ……………………………………………………………………………………………………
45
5. 役員の状況 ……………………………………………………………………………………………………
46
6. コーポレート・ガバナンスの状況等 ………………………………………………………………………
49
第5
経理の状況 ………………………………………………………………………………………………………
61
1. 連結財務諸表等 ………………………………………………………………………………………………
62
(1) 連結財務諸表 ………………………………………………………………………………………………
62
①
連結貸借対照表 …………………………………………………………………………………………
62
②
連結損益計算書及び連結包括利益計算書 ……………………………………………………………
64
③
連結株主資本等変動計算書 ……………………………………………………………………………
66
④
連結キャッシュ・フロー計算書 ………………………………………………………………………
68
⑤
連結附属明細表 …………………………………………………………………………………………
103
(2) その他 ………………………………………………………………………………………………………
104
2. 財務諸表等 ……………………………………………………………………………………………………
105
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
105
(1) 財務諸表 ……………………………………………………………………………………………………
①
貸借対照表 ………………………………………………………………………………………………
105
②
損益計算書 ………………………………………………………………………………………………
109
③
株主資本等変動計算書 …………………………………………………………………………………
112
④
附属明細表 ………………………………………………………………………………………………
126
(2) 主な資産及び負債の内容 …………………………………………………………………………………
129
(3) その他 ………………………………………………………………………………………………………
135
第6
提出会社の株式事務の概要 ……………………………………………………………………………………
195
第7
提出会社の参考情報 ……………………………………………………………………………………………
196
1.提出会社の親会社等の情報 …………………………………………………………………………………
196
2.その他の参考情報 ……………………………………………………………………………………………
196
第二部 提出会社の保証会社等の情報 …………………………………………………………………………………
197
[監査報告書]
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【表紙】
【提出書類】
有価証券報告書
【根拠条文】
金融商品取引法第24条第1項
【提出先】
関東財務局長
【提出日】
平成24年6月26日
【事業年度】
第136期(自
【会社名】
富士電機株式会社
【英訳名】
FUJI ELECTRIC CO.,LTD.
【代表者の役職氏名】
代表取締役社長
【本店の所在の場所】
川崎市川崎区田辺新田1番1号
(上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は下記「最寄りの連絡場所」に
平成23年4月1日
北澤
至
平成24年3月31日)
通宏
おいて行っております。) 【電話番号】
該当事項はありません。 【事務連絡者氏名】
該当事項はありません。 【最寄りの連絡場所】
東京都品川区大崎一丁目11番2号(ゲートシティ大崎イーストタワー)
〔本社事務所〕
【電話番号】
東京(5435)7111(大代表)
【事務連絡者氏名】
経営企画本部経営企画室長
【縦覧に供する場所】
株式会社東京証券取引所
荒井
(東京都中央区日本橋兜町2番1号)
順一
株式会社大阪証券取引所
(大阪市中央区北浜一丁目8番16号)
株式会社名古屋証券取引所
(名古屋市中区栄三丁目8番20号)
証券会員制法人福岡証券取引所
(福岡市中央区天神二丁目14番2号)
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
1【主要な経営指標等の推移】
回次
第132期
第133期
第134期
第135期
第136期
決算年月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
平成23年3月
平成24年3月
(1)連結経営指標等
売上高
百万円
922,172
766,637
691,223
689,065
703,534
経常損益
百万円
35,808
△20,769
△537
7,225
18,554
当期純損益
百万円
16,792
△73,306
6,757
15,104
11,801
包括利益
百万円
-
-
-
△19,988
12,478
純資産額
百万円
263,255
146,113
196,134
174,935
183,217
総資産額
百万円
1,035,951
908,941
908,938
805,797
792,848
1株当たり純資産額
円
355.98
182.37
250.28
217.40
228.91
1株当たり当期純損益
円
23.49
△102.57
9.46
21.14
16.52
円
22.52
-
9.38
21.10
16.49
自己資本比率
%
24.6
14.3
19.7
19.3
20.6
自己資本利益率
%
6.3
-
4.4
9.0
7.4
株価収益率
倍
17.2
-
27.0
12.4
13.2
潜在株式調整後1株当たり
当期純利益
営業活動によるキャッシ
ュ・フロー
百万円
△13,195
23,101
11,923
53,853
28,314
投資活動によるキャッシ
ュ・フロー
百万円
△36,694
△12,278
△528
84,241
△13,489
百万円
54,212
53,752
△62,578
△93,468
△32,592
百万円
22,092
85,365
37,283
81,796
64,261
人
25,634
[3,602]
22,799
[3,641]
23,524
[3,418]
24,562
[4,169]
24,973
[3,470]
財務活動によるキャッシ
ュ・フロー
現金及び現金同等物の期末
残高
従業員数
[外、平均臨時雇用人員
数]
- 1 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
回次
第132期
第133期
第134期
第135期
第136期
決算年月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
平成23年3月
平成24年3月
(2)提出会社の経営指標等 売上高又は営業収益
百万円
20,814
15,141
20,216
24,919
397,194
経常損益
百万円
11,373
6,857
4,662
3,824
6,030
当期純損益
百万円
9,825
4,573
4,534
△9,472
△9,831
資本金
百万円
47,586
47,586
47,586
47,586
47,586
千株
746,484
746,484
746,484
746,484
746,484
純資産額
百万円
202,511
162,876
206,001
162,997
148,907
総資産額
百万円
444,502
358,097
427,437
361,451
578,530
1株当たり純資産額
円
283.34
227.89
288.25
228.09
208.38
1株当たり配当額(内1株
当たり中間配当額)
円
1株当たり当期純損益
円
13.75
6.40
6.34
△13.26
△13.76
潜在株式調整後1株当たり
当期純利益
円
13.17
6.14
6.30
-
-
自己資本比率
%
45.6
45.5
48.2
45.1
25.7
自己資本利益率
%
4.6
2.5
2.5
-
-
株価収益率
倍
29.5
18.1
40.2
-
-
配当性向
%
58.2
62.5
23.7
-
-
従業員数
[外、平均臨時雇用人員
人
発行済株式総数
数]
8.0
(4.0)
4.0
(4.0)
140
[13]
146
[15]
1.5
(-)
639
[16]
4.0
(2.0)
819
[40]
4.0
(2.0)
9,421
[655]
(注)1.上記の売上高又は営業収益には消費税等を含んでおりません。
2.第133期連結並びに第135期及び第136期提出会社の潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式は存
在するものの、1株当たり当期純損失が計上されているため記載しておりません。
3.第136期において、当社は、富士電機システムズ㈱、富士テクノサーベイ㈱及び富士電機デバイステクノロ
ジー㈱(いずれも連結子会社)を吸収合併しました。
- 2 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
2【沿革】
年月
沿革
大正12年8月
古河電気工業㈱とドイツのシーメンス社との資本・技術の提携により、資本金10,000千円をもって
「富士電機製造株式会社」設立、電気機器の輸入販売を開始
〃 14年4月
昭和2年11月
川崎工場開設、重電機器の製造を開始
家庭電器部門に進出、製造を開始
〃 8年4月
〃 10年6月
通信機部門に進出、製造を開始
通信機部門を分離し、富士通信機製造㈱(現富士通㈱)を設立
〃 12年5月
〃 15年5月
計測器部門に進出、製造を開始
川崎工場内に研究所を設置
〃 17年10月
〃 18年3月
松本工場を開設
吹上工場を開設
〃 18年5月
〃 19年6月
豊田工場を開設
三重工場を開設
〃 19年12月
〃 28年10月
㈱高千穂商会(現富士古河E&C㈱)の全株式を取得
半導体部門に進出、製造を開始
〃 36年8月
〃 38年9月
千葉工場を開設
中央研究所を開設
〃 41年10月
〃 43年10月
家庭電器部門の販売強化のため富士電機家電㈱を設立
川崎電機製造㈱を吸収合併、合併により神戸及び鈴鹿の2工場を増加
〃 44年9月
〃 45年10月
自動販売機の製造を開始
米国富士電機社(現富士電機アメリカ社)を米国に設立
〃 48年12月
〃 50年2月
大田原工場を開設
物流部門を分離し、富士物流㈱を設立
〃 51年9月
富士電機家電㈱を改組し、富士電機冷機㈱、富士電機家電㈱(現富士オフィス&ライフサービス㈱)
及び富士電機総合設備㈱(昭和57年12月、富士電機総設㈱に商号変更)の3社に再編
〃 55年4月
〃 59年9月
中央研究所を分離し、㈱富士電機総合研究所を設立
商号を「富士電機株式会社」に変更(9月1日)
〃 62年4月
〃 63年2月
フジ エレクトリック社(現富士電機ヨーロッパ社)をドイツに設立
富士電機冷機㈱の株式を東京証券取引所市場第2部に上場
〃 63年12月
平成元年9月
富士電機ジーイー社(現富士電機機器制御シンガポール社)をシンガポールに設立
富士電機冷機㈱の株式を東京証券取引所市場第1部に指定
〃 3年8月
富士電機エンジニアリング㈱と富士電機システック㈱が合併し、富士電機テクノエンジニアリング
㈱(平成9年12月、富士電エンジ㈱に商号変更)として発足
〃 3年9月
〃 4年12月
山梨工場開設
富士物流㈱の株式を東京証券取引所市場第2部に上場
〃 6年2月
〃 7年3月
富士電機大連社を中国に設立
フィリピン富士電機社をフィリピンに設立
〃 8年2月
〃
マレーシア富士電機社をマレーシアに設立
富士電機工事㈱(平成17年7月、富士電機E&C㈱に商号変更)の株式を東京証券取引所市場第2
〃 11年4月
部に上場
社内カンパニー制を導入(電機システム、機器・制御、電子、民生機器)
〃 11年6月
〃 13年7月
執行役員制を導入
産業システム部門、富士電エンジ㈱及び富士電機商事㈱を再編統合し、富士電機システムズ㈱とし
〃 14年4月
て発足
低圧回転機営業部門及び富士電機精器㈱を富士電機モータ㈱(平成21年4月、吸収合併により富士
〃
〃 14年10月
電機システムズ㈱に統合)に統合
三洋電機自販機㈱の全株式を取得し、同社は商号を吹上富士自販機㈱に変更
変電機器事業を吸収分割により㈱日本エーイーパワーシステムズ(同年11月、㈱日本AEパワーシ
ステムズに商号変更)に移管
- 3 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
年月
沿革
平成15年1月
富士電機冷機㈱を株式交換により完全子会社化。これに先立ち、平成14年12月、同社株式の東京証
券取引所市場第1部の上場を廃止
〃 15年4月
流通機器システム事業を簡易吸収分割により富士電機冷機㈱に承継させるとともに、同社は吹上富
士自販機㈱(現富士電機リテイルシステムズ㈱埼玉工場)と合併して、商号を富士電機リテイルシ
ステムズ㈱に変更
〃 15年10月
電機システム事業、機器・制御事業、電子事業並びに情報関連システム等の開発部門及び生産技術
研究開発部門を会社分割により分社し、商号を「富士電機ホールディングス株式会社」に変更して
純粋持株会社に移行(10月1日)
<承継会社>
富士電機システムズ㈱(電機システム事業を吸収分割により承継)、富士電機機器制御㈱(富士電
機エーアンドディー㈱が機器・制御事業を新設分割により承継するとともに商号を変更)、富士電
機デバイステクノロジー㈱(電子事業を新設分割により承継)、富士電機アドバンストテクノロジ
ー㈱(㈱富士電機総合研究所が情報関連システム等の開発部門及び生産技術研究開発部門を吸収分
割により承継するとともに商号を変更)
〃 16年3月
当社が所有する富士物流㈱の株式の一部を㈱豊田自動織機に譲渡(富士物流㈱は連結子会社から持
分法適用会社に変更)
〃 18年11月 富士電機システムズ㈱熊本工場を開設
〃 19年4月 富士電機システムズ㈱の水環境事業を吸収分割により富士電機水環境システムズ㈱に移管
〃 20年3月 富士電機半導体マレーシア社を設立
〃 20年4月 富士電機水環境システムズ㈱と日本碍子㈱の100%子会社である㈱NGK水環境システムズが合併
し、メタウォーター㈱が発足
〃 20年10月 富士電機機器制御㈱(同社は商号を富士電機アセッツマネジメント㈱に変更し、平成21年3月、吸
収合併により富士電機システムズ㈱に統合)の受配電・制御機器事業を、シュナイダーグループの
日本法人のシュナイダーエレクトリック㈱に吸収分割により承継させ、富士電機機器制御㈱が発足
〃 21年10月 富士電機アドバンストテクノロジー㈱を当社に吸収合併
〃
富士電機E&C㈱は、富士電機総設㈱、及び古河電気工業㈱の子会社である古河総合設備㈱を吸収
〃 22年8月
合併し、商号を富士古河E&C㈱に変更
当社が所有する富士物流㈱の株式の一部を三菱倉庫㈱に譲渡(富士物流㈱は持分法適用会社から除
〃 23年4月
外)
富士電機システムズ㈱を吸収合併し、商号を「富士電機株式会社」に変更(4月1日)
〃 23年7月
〃 24年4月
富士電機デバイステクノロジー㈱を当社に吸収合併
㈱日本AEパワーシステムズの変電・配電事業を当社に承継
- 4 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3【事業の内容】
当社及び当社の関係会社125社(子会社99社及び関連会社26社〔平成24年3月31日現在〕により構成)は、「エネ
ルギー」、「産業システム」、「社会システム」、「パワエレ機器」、「電子デバイス」、「器具」、「自販機」、
「その他」の8セグメントに区分され、製品の開発、生産、販売、サービスなどにわたる幅広い事業活動を行ってお
ります。
当連結会計年度末において、各セグメントに携わる連結子会社の数は、合計で47社となっております。また、持分
法適用会社は4社となっております。
各セグメントの主要な事業内容並びに各セグメントに携わる当社及び関係会社の位置付け等は次のとおりです。
なお、当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1.連結財
務諸表等
(1)連結財務諸表
注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
〔エネルギー部門〕
(主要な事業内容)
火力・地熱発電設備、水力発電設備、原子力関連機器、放射線管理システム
〔産業システム部門〕
(主要な事業内容)
産業用ドライブシステム、計測システム、産業用電源システム、データセンター設備
(主要な関係会社)
(連結子会社)
富士電機サーモシステムズ㈱
鳥取電機製造㈱
㈱茨城富士
発紘電機㈱
フランス富士電機社
〔社会システム部門〕
(主要な事業内容)
系統・配電システム、受変電設備、電力量計、エネルギーマネジメントシステム、店舗設備機器システム、
官公需産業情報システム
(主要な関係会社)
(連結子会社)
富士電機ITソリューション㈱
富士アイティ㈱
富士電機千葉テック㈱
GE富士電機メーター㈱
上海富士電機変圧器社
上海富士電機開関社
(持分法適用会社)
㈱日本AEパワーシステムズ
メタウォーター㈱
- 5 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
〔パワエレ機器部門〕
(主要な事業内容)
インバータ、サーボシステム、モータ、EV用システム、鉄道車両用電機品、無停電電源装置(UPS)、
スイッチング電源、パワーコンディショナ(PCS)
(主要な関係会社)
(連結子会社)
富士電機FAサービス㈱
富士電機馬達(大連)社
無錫富士電機社
富士電機パワーサプライ社
〔電子デバイス部門〕
(主要な事業内容)
パワー半導体、感光体、太陽電池、ディスク媒体
(主要な関係会社)
(連結子会社)
富士電機パワーセミコンダクタ㈱
富士電機(深圳)社
フィリピン富士電機社
富士電機半導体マレーシア社
マレーシア富士電機社
〔器具部門〕
(主要な事業内容)
電磁開閉器、配線用遮断器、漏電遮断器、操作表示機器
(主要な関係会社)
(連結子会社)
富士電機機器制御㈱
㈱秩父富士
富士電機テクニカ㈱
富士電機大連社
常熟富士電機社
富士電機機器制御コリア社
富士電機(亞洲)社
富士電機機器制御シンガポール社
〔自販機部門〕
(主要な事業内容)
飲料・食品自動販売機、フード機器、通貨関連機器
(主要な関係会社)
(連結子会社)
富士電機リテイルシステムズ㈱
信州富士電機㈱
宝永プラスチックス㈱ ㈱三重富士
- 6 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
〔その他部門〕
(主要な事業内容)
電気設備工事、空調・給排水工事、不動産業、保険代理業、旅行業、金融サービス、印刷・情報サービス、
人材派遣サービス
(主要な関係会社)
(連結子会社)
<工
事>
富士古河E&C㈱
<共通サービス> 富士電機フィアス㈱
富士電機ITセンター㈱
㈱フェステック
富士オフィス&ライフサービス㈱
(持分法適用会社)
<工
事>
富士ファーマナイト㈱
富士古河E&C(タイ)社
- 7 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
事業系統図
以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。
(注)1.当連結会計年度における異動は次のとおりです。
新規 フランス富士電機社、㈱フェステック
除外 富士電機システムズ㈱、富士テクノサーベイ㈱、富士電機デバイステクノロジー㈱、富士電機電控社
2.※印を付しました会社は、持分法適用会社であります。
- 8 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
4【関係会社の状況】
名称
(連結子会社)
住所
資本金又は
出資金
(百万円)
議決権の所有
又は被所有割
合(%)
主要な事業の内
容
富士電機サーモシス
テムズ㈱
三重県鈴鹿市
90
産業システム
鳥取電機製造㈱
鳥取県鳥取市
60
産業システム
99.1
㈱茨城富士
茨城県下妻市
100
産業システム
51.6
発紘電機㈱
石川県白山市
62
産業システム
98.6
フランス富士電機社
フランス
富士電機ITソリュ
ーション㈱
東京都千代田区
EURO
4,573千
1,000
産業システム
社会システム
関係内容
100
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
(0.1)
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
91.1
当社役員及び従業員の役
員兼任等の関係がありま
100
す。
東京都立川市
300
社会システム
富士電機千葉テック
㈱
千葉県市原市
80
社会システム
60.0
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
GE富士電機メータ
ー㈱
東京都品川区
350
社会システム
50.01
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
社会システム
60.0
上海富士電機変圧器
社
中国
RMB\
64,304千
100
当社従業員の役員兼任等
富士アイティ㈱
の関係があります。
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
当社従業員の役員兼任等
上海富士電機開関社
中国
RMB\ 75,555千
社会システム
100
の関係があります。ま
た、当社が債務保証を行
っております。
富士電機FAサービ
ス㈱
三重県鈴鹿市
当社従業員の役員兼任等
30
パワエレ機器
100
2,005
パワエレ機器
100
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
パワエレ機器
100
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
富士電機馬達(大
連)社
中国
無錫富士電機社
中国
RMB\ 115,426千
タイ
Baht 61,500千
の関係があります。
当社従業員の役員兼任等
富士電機パワーサプ
ライ社
パワエレ機器
100
の関係があります。ま
た、当社が債務保証を行
っております。
- 9 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
名称
住所
富士電機パワーセミ
コンダクタ㈱
長野県松本市
富士電機(深圳)社
中国
資本金又は
出資金
(百万円)
300
RMB\ 196,758千
2012/06/26 9:29:54
主要な事業の内
容
議決権の所有
又は被所有割
合(%)
電子デバイス
100
電子デバイス
100
関係内容
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
当社従業員の役員兼任等
フィリピン富士電機
社
フィリピン
US$
23,775千
電子デバイス
100
の関係があります。ま
た、当社が債務保証を行
っております。
当社従業員の役員兼任等
富士電機半導体マレ
ーシア社
マレーシア
M.Ringgit
295,650千
電子デバイス
100
の関係があります。ま
た、当社が債務保証を行
っております。
マレーシア富士電機
社
マレーシア
US$
152,913千
電子デバイス
100
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。ま
た、当社が債務保証を行
っております。
当社役員及び従業員の役
富士電機機器制御㈱
東京都中央区
7,598
器具
63.2
㈱秩父富士
埼玉県秩父郡小
鹿野町
801
器具
95.1
(95.1)
富士電機テクニカ㈱
東京都中央区
300
器具
富士電機大連社
中国
RMB\
188,364千
器具
常熟富士電機社
中国
RMB\
91,044千
器具
富士電機機器制御コ
リア社
韓国
WON
1,000,000千
器具
100
(100)
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
富士電機(亞洲)社
香港
HK$ 25,229千
器具
100
(100)
―
富士電機機器制御シ
ンガポール社
シンガポール
US$
器具
935千
100
(100)
100
(100)
51.0
(51.0)
100
(100)
員兼任等の関係がありま
す。
―
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
―
―
―
当社役員及び従業員の役
富士電機リテイルシ
ステムズ㈱
東京都品川区
9,789
自販機
信州富士電機㈱
長野県上田市
96
自販機
宝永プラスチックス
㈱
三重県四日市市
70
自販機
100
(100)
―
㈱三重富士
三重県四日市市
40
自販機
100
(100)
―
- 10 -
100
100
(100)
員兼任等の関係がありま
す。
―
11793800_有価証券報告書_20120626092925
名称
住所
資本金又は
出資金
(百万円)
2012/06/26 9:29:54
主要な事業の内
容
その他(電気設
富士古河E&C㈱
川崎市幸区
1,970
富士電機フィアス㈱
東京都品川区
1,000
富士電機ITセンタ
ー㈱
東京都品川区
410
㈱フェステック
東京都日野市
50
備工事、空調・
給排水工事)
その他(金融サ
ービス)
その他(情報サ
ービス)
議決権の所有
又は被所有割
合(%)
46.8
(0.1)
100
富士オフィス&ライ
その他(不動産
業、保険代理
当社役員の役員兼任等の
関係があります。
当社役員及び従業員の役
員兼任等の関係がありま
す。また、当社が債務保
証を行っております。
100
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
100
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
その他(電気機
器サービス・保
守・点検)
関係内容
当社役員及び従業員の役
員兼任等の関係がありま
東京都品川区
785
宝永電機㈱
大阪市淀川区
772
全セグメント
北海道富士電機㈱
札幌市中央区
100
全セグメント
100
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
台湾国際富士電機社
台湾
NT$
32,904千
全セグメント
100
―
富士電機(香港)社
香港
HK$ 8,000千
全セグメント
100
富士電機アメリカ社
アメリカ
全セグメント
100
富士電機ヨーロッパ
社
ドイツ
全セグメント
100
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
富士電機アジアパシ
フィック社
シンガポール
全セグメント
100
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
富士電機(中国)社
中国
RMB\ 243,421千
全セグメント
100
員兼任等の関係がありま
す。
宝永香港社
香港
HK$
10,500千
全セグメント
100
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
富士電機エフテック
㈱
埼玉県鴻巣市
フサービス㈱
US$
6,000千
EURO
845千
US$
2,510千
95
業、その他サー
ビス)
100
51.0
す。また、当社が債務保
証を行っております。
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
当社役員及び従業員の役
全セグメント
- 11 -
(100)
100
当社従業員の役員兼任等
の関係があります。
11793800_有価証券報告書_20120626092925
名称
住所
(持分法適用非連結
子会社)
富士ファーマナイト
㈱
川崎市川崎区
富士古河E&C(タ
イ)社
タイ
(持分法適用関連会
2012/06/26 9:29:54
資本金又は
出資金
(百万円)
30
Baht
16,000千
議決権の所有
又は被所有割
合(%)
主要な事業の内
容
関係内容
その他(電気設
備工事)
90.0
(90.0)
―
その他(電気設
備工事)
99.8
(99.8)
―
社)
㈱日本AEパワーシ
ステムズ
メタウォーター㈱
東京都港区
20,000
社会システム
東京都港区
7,500
社会システム
30.0
50.0
―
―
(注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
2.「議決権の所有又は被所有割合」欄の(
)は、間接所有を示しております。(内数表示)
3.富士電機半導体マレーシア社、マレーシア富士電機社、富士電機機器制御㈱及び富士電機リテイルシステムズ
㈱は特定子会社に該当します。
4.富士古河E&C㈱は有価証券報告書提出会社であります。
5.富士古河E&C㈱については、持分は100分の50以下であるが、実質的に支配しているため子会社としたもの
であります。 6.富士電機リテイルシステムズ㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占
める割合が10%を超えておりますが、セグメント情報において自販機の売上高に占める当該連結子会社の売上
高(セグメント間の内部売上高を含む)の割合が90%を超えているため、主要な損益情報等の記載を省略して
おります。 - 12 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
5【従業員の状況】
(1)連結会社の状況
平成24年3月31日現在
セグメントの名称
従業員数(人)
エネルギー
1,141
[193]
産業システム
2,172
[48]
社会システム
4,374
[281]
パワエレ機器
2,934
[231]
電子デバイス
6,688
[412]
器具
2,711
[462]
自販機
1,598
[590]
その他
3,355
[1,253]
24,973
[3,470]
合計
(注)1.従業員数は就業人員数を記載しており、出向者は除いております。
2.従業員数欄の[
]内は、臨時従業員の年間平均雇用人員数を外数で記載しております。
(2)提出会社の状況
平成24年3月31日現在
従業員数(人)
平均年齢(歳)
9,421 [655]
42.9
平均勤続年数(年)
平均年間給与(円)
18.9
セグメントの名称
7,341,118
従業員数(人)
エネルギー
1,117 [ 193 ]
産業システム
1,399 [ 38 ]
社会システム
2,808 [ 136 ]
パワエレ機器
1,497 [ 104 ]
電子デバイス
1,483 [ 56 ]
器具
52 [ - ]
自販機
- [ - ]
その他
1,065
[ 128 ]
9,421
[ 655 ]
合計
(注)1.従業員数は就業人員数を記載しており、出向者は除いております。
2.従業員数欄の[ ]内は、臨時従業員の年間平均雇用人員数を外数で記載しております。
3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
4.従業員数が前事業年度末に比べ8,602名増加しましたのは、平成23年4月1日付でエネルギー・環境事業を担
当する100%子会社の富士電機システムズ㈱及び特許出願機能を担当する100%子会社の富士テクノサーベイ㈱
を吸収合併し、また、平成23年7月1日付でディスク媒体事業を担当する100%子会社の富士電機デバイステ
クノロジー㈱を吸収合併したことに伴うものであります。
- 13 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(3)労働組合の状況
当社及び連結子会社には、富士電機グループ労働組合連合会が組織されており、全日本電機・電子・情報関連産業
労働組合連合会に属しております。
なお、富士電機グループ労働組合連合会は、4の政策委員組合(組合員数合計12,480人)と8の直加盟組合(組合
員数合計1,469人)により構成されております。
政策委員組合には、富士電機労働組合(組合員数11,074人)、富士古河E&Cユニオン(組合員数728人)、秩父
富士労働組合(組合員数419人)、FITユニオン(組合員数259人)があります。
また、労使関係について特筆すべき事項はありません。
- 14 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
第2【事業の状況】
1【業績等の概要】
(1)業績
当連結会計年度における富士電機(注)を取り巻く経済環境は、国内市場は東日本大震災からの復興需要等によ
り緩やかな回復基調で推移しました。海外市場は欧州の金融危機に端を発した世界経済の悪化、タイの洪水及び中国
経済成長の鈍化など、不透明感を強め推移しました。
このような環境のもと、当社は、経営方針である「エネルギー・環境事業への注力」、「日本の富士電機から世界
の富士電機へ」に重点的に取り組むとともに、「長期的視点」と「市場変化への迅速対応」のため、マーケット・顧
客起点の経営への変革を推し進めました。
以上の結果、当連結会計年度の連結業績は次のとおりとなりました。
売上高は、7,035億34百万円となり、前連結会計年度に対し144億69百万円増加しました。部門別には、エネルギ
ー、産業システム、社会システム、パワエレ機器及び器具は増加しましたが、電子デバイス、自販機は減少しまし
た。
損益面では、売上高の増加と事業構造改革による原価低減及び固定費削減効果により、営業利益は192億52百万円
となり、前連結会計年度に対し73億35百万円増加しました。経常利益は前連結会計年度に対し113億29百万円増加し
185億54百万円となりました。
また、当期純利益は、年金資産消失損等の影響により118億1百万円となり、前連結会計年度に対し33億3百万円
減少しました。
(注)本有価証券報告書における「富士電機」の表現は、当社並びに子会社及び関連会社から成る企業集団を指しま
す。
<セグメント別状況>
■エネルギー部門
売上高は前連結会計年度に比べ35.6%増の671億37百万円となり、営業利益は前連結会計年度に対し52億79百万円
増の108億33百万円となりました。
なお、当連結会計年度の受注高は638億円(富士電機㈱のエネルギー部門単独ベース)となっております。
売上高は発電プラント分野は前連結会計年度受注の新設プロジェクトが売上に寄与したことにより、原子力・放射
線分野は放射線量計測機器の需要増により、それぞれ前連結会計年度に対し増加しました。営業利益も増収効果、原
価低減及び経費圧縮により、前連結会計年度に対し増加しました。
■産業システム部門
売上高は前連結会計年度に対し微増の820億13百万円となり、営業利益は前連結会計年度に対し17億62百万円増の
33億26百万円となりました。
なお、当連結会計年度の受注高は731億円(富士電機㈱の産業システム部門単独ベース)となっております。
売上高は産業プラント分野は海外案件の増加や震災復興需要により前連結会計年度に対し増加し、ファシリティ分
野は大口案件の減少により前連結会計年度に対し減少しました。営業利益は原価低減及び経費圧縮により、前連結会
計年度に対し増加しました。 ■社会システム部門
売上高は前連結会計年度に比べ4.1%増の1,397億21百万円となり、営業利益は前連結会計年度に対し12億84百万円
増の40億45百万円となりました。
なお、当連結会計年度の受注高は928億円(富士電機㈱の社会システム部門単独ベース)となっております。
売上高はエネルギー流通分野は前連結会計年度並み、店舗流通分野はコンビニエンスストア向けの新規・改装物件
の増加により、前連結会計年度に対し増加しました。営業利益は増収効果、原価低減及び経費圧縮により、前連結会
計年度に対し増加しました。 ■パワエレ機器部門
売上高は前連結会計年度に比べ5.6%増の930億26百万円となり、営業利益は前連結会計年度に対し31億39百万円減
少し△9億62百万円となりました。
なお、当連結会計年度の受注高は766億円(富士電機㈱のパワエレ機器部門単独ベース)となっております。
- 15 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
ドライブ分野の売上高は、アジア・中国向けの需要増により前連結会計年度に対し増加しました。営業利益は市場
価格の低下、為替影響及び海外拡販に向けた販管費増により前連結会計年度に対し減少しました。パワーサプライ分
野は、データセンター向け無停電電源装置及び通信インフラ向け電源設備の需要増により、売上高、営業利益ともに
前連結会計年度に対し増加しました。
■電子デバイス部門
売上高は前連結会計年度に比べ11.9%減の1,108億73百万円となり、営業損益は前連結会計年度に対し18億20百万
円改善し△2億7百万円となりました。
なお、当連結会計年度の受注高は979億円(富士電機㈱の電子デバイス部門及び富士電機マレーシア社単独ベース
の合計)となっております。
半導体分野の売上高は、パソコン市場等の低迷による情報電源分野の減少を自動車分野でカバーし、前連結会計年
度並みとなりました。営業損益は、為替影響、先行投資に伴う固定費増により、前連結会計年度に対し悪化しまし
た。ディスク媒体分野は、タイの洪水により第3四半期以降のHDD市場が減速し、売上高は前連結会計年度に対し
減少しました。営業損益は事業構造改革の効果により前連結会計年度に対し大幅に改善し、黒字化を達成しまし
た。 ■器具部門
売上高は前連結会計年度に比べ6.8%増の699億26百万円となり、営業利益は前連結会計年度に対し5億7百万円増
の33億92百万円となりました。
なお、当連結会計年度の受注高は538億円(富士電機㈱の器具部門及び富士電機機器制御㈱単独ベースの合計)と
なっております。
売上高は国内市場では、機械メーカー向け需要の堅調な推移により前連結会計年度に対し増加しました。海外市場
では、タイの洪水の復興需要等があったものの、欧米の景気後退懸念による中国、アジアにおける投資鈍化により微
増となりました。この結果、売上高、営業利益ともに前連結会計年度に対し増加しました。
■自販機部門
売上高は前連結会計年度に比べ3.3%減の829億51百万円となり、営業利益は前連結会計年度に対し14億17百万円増
の18億15百万円となりました。
なお、当連結会計年度の受注高は822億円(富士電機リテイルシステムズ㈱単独ベース)となっております。
自販機分野は、震災後の節電志向による省エネ型の環境対応型自販機への置換え需要により販売台数は増加しまし
たが、市場価格の低下の影響により売上高は前連結会計年度に対し減少しました。営業損益は、事業構造改革の効果
により黒字化を達成しました。通貨機器分野は、流通市場向けの自動釣銭機の需要増及び経費圧縮により、売上高、
営業利益ともに前連結会計年度に対し増加しました。
■その他部門
売上高は前連結会計年度に比べ2.9%減の1,125億65百万円となり、営業利益は前連結会計年度に対し5億86百万円
増の26億38百万円となりました。
(注) 当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更しており、各セグメントの前連結会計年度比につきまして
は、前連結会計年度の数値を変更後のセグメント区分に組み替えたうえで算出しております。
- 16 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(2)キャッシュ・フロー
当連結会計年度における連結ベースのフリー・キャッシュ・フロー(「営業活動によるキャッシュ・フロー」+
「投資活動によるキャッシュ・フロー」)は148億25百万円の資金の増加(前連結会計年度は1,380億94百万円の増
加)となり、前連結会計年度に対し1,232億69百万円の悪化となりました。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
当連結会計年度において営業活動による現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の増加は、283億14百万円
(前連結会計年度538億53百万円の増加)となりました。これは、前受金の回収促進をしたことなどによるものであ
ります。
前連結会計年度に対しては、255億39百万円の悪化となりました。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
当連結会計年度において投資活動による資金の減少は、134億89百万円(同842億41百万円の増加)となりました。
これは、有形固定資産の取得を主因とするものであります。
前連結会計年度に対しては、977億30百万円の悪化となりました。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
当連結会計年度において財務活動による資金の減少は、325億92百万円(同934億68百万円の減少)となりました。
これは主として、社債及び長期借入金の減少によるものであります。
これらの結果、当連結会計年度末における連結ベースの資金は、前連結会計年度末に比べ175億35百万円
(21.4%)減少し、642億61百万円となりました。
- 17 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
2【生産、受注及び販売の状況】
(1)生産実績
富士電機の生産品目は広範囲かつ多種多様であり、同種の製品であっても、その容量、構造、形式等は必ずしも
一様ではないため、セグメントごとに生産規模を金額又は数量で示すことはしておりません。
(2)受注状況
富士電機の生産・販売品目も広範囲かつ多種多様にわたっており、受注生産形態をとらない製品も多く、セグメ
ントごとに受注規模を金額又は数量で示すことはしておりません。このため受注状況については、「1.業績等の
概要」におけるセグメント別状況に関連付けて示しております。
(3)販売実績
当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
セグメントの名称
金額(百万円)
前連結会計年度比(%)
エネルギー
67,137
135.6
産業システム
82,013
100.5
社会システム
139,721
104.1
パワエレ機器
93,026
105.6
電子デバイス
110,873
88.1
器具
69,926
106.8
自販機
82,951
96.7
その他
112,565
97.1
△54,682
-
703,534
102.1
消去
合計
(注)1.上記の金額には消費税等を含んでおりません。
2.当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更しており、各セグメントの前連結会計年度比につきまして
は、前連結会計年度の数値を変更後のセグメント区分に組み替えたうえで算出しております。
- 18 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3【対処すべき課題】
(1)対処すべき課題
1)2012年度の経営方針
2012年度の経営方針は、次のとおりです。
●エネルギー関連事業で、安全・安心な資源循環型社会の実現に貢献
●「世界の富士電機」に向けた海外事業の拡大
2012年度は、電気や熱エネルギーの領域で最先端技術を切り拓き、安全・安心、環境に優しい社会づくり
に貢献する企業を目指します。また、引き続き海外事業の拡大に注力します。
2)2012年度の経営環境
今後の富士電機を取り巻く経営環境は、国内は、震災復興需要及び個人消費の堅調な推移により緩やかに成長する
ものと見られます。
一方、海外では、中国は上期は欧米への輸出環境低迷により成長は鈍化するものの、下期は内需拡大、輸出回復に
より安定成長に転じるとともに、アジアについても上期は一部で欧州債務危機の影響を受けるものの、全般的には成
長軌道を辿るものと予想されます。
また、欧州、米国経済は緩やかな回復が見込まれます。
3)2012年度の重点施策
① 徹底したコストダウンによる収益力の向上、ものつくり力の強化
グローバル調達、集中購買の拡大によりコストダウンに取り組むとともに、生産技術のグローバル・マザー拠
点を設け、生産技術力を強化し、技術・技能の世代継承と人材育成に取り組みます。
② 棚卸資産の徹底圧縮によるキャッシュ・フローの改善
棚卸資産の徹底圧縮により、資産・資金の回転率を高め、成長戦略の実行などに向け、キャッシュ創出に努め
ます。
③ 海外事業拡大に向けた販売・生産の基盤構築
アジア・中国市場を中心に、現地ニーズに基づき製品開発・設計を行い、現地で生産し、現地で販売する“地
産地消”の海外ビジネス確立に向け、M&Aを含めた販売・生産体制の構築を図ります。
④ 研究開発の強化
パワーエレクトロニクス、半導体、制御など、富士電機のコア技術の強化に取り組むとともに、オープンイノ
ベーションの活用により事業に直結した開発スピードの向上を図ります。また、アジアなどの新興市場での拡大
に向け、機種系列拡大とコスト競争力の強化に努めます。
- 19 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(2)会社の支配に関する基本方針 ① 基本方針の内容
富士電機は、基本理念を次のとおり定めております。
富士電機は、地球社会の良き企業市民として、地域、顧客、パートナーとの信頼関係を深め、誠実にその使命
を果たします
●豊かさへの貢献
●創造への挑戦
●自然との調和
この基本理念を実践し、企業価値の持続的向上を図る過程で、富士電機は、独自の技術、経験及びノウハウ等を
積み重ねるとともに、顧客、取引先、地域社会、従業員等さまざまなステークホルダーとの間の良好な関係の維
持、発展に努めてまいりました。
これらは、富士電機の有形・無形の貴重な財産であり、いわば“富士電機のDNA”とも呼ぶべき、富士電機の
企業価値の創造を支える源泉であります。
富士電機は、その経営理念に基づき、環境の変化に適合した経営を実践し、中長期的な視野で企業価値と株主の
皆様の共同利益を一層向上させていくことが、富士電機の企業価値を損なう当社株式の買付行為に対する最も有効
な対抗手段であると認識しており、その実現に努めてまいります。
また、当社の株式価値を適正にご理解いただくようIR活動に積極的に取り組むとともに、株主の皆様には四半
期毎の業績等に関する報告書の発行、工場見学会の開催等により、富士電機に対するご理解をより一層深めていた
だくよう努めてまいります。
当社取締役会は、上場会社として株主の皆様の自由な売買を認める以上、特定の者による当社株式の大規模買付
行為がなされる場合、これに応ずるべきか否かの判断は、最終的には株主の皆様のご判断に委ねられるべきと考え
ます。
しかしながら、一般にも高値での売り抜け等の不当な目的による企業買収の存在は否定できないところであり、
当社取締役会は、このような富士電機の企業価値・株主の皆様の共同利益を損なう当社株式の大規模買付行為や提
案を行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として、適当ではないと考えております。
現時点において、当社株式の大規模買付に係る具体的な脅威が生じている訳でなく、また当社としても、そのよ
うな買付者が現れた場合の具体的な取り組み(いわゆる「買収防衛策」)を予め定めるものではありません。
しかし、当社取締役会は、株主の皆様から経営の負託を受けた経営者の責務として、富士電機の企業価値・株主
の皆様の共同利益を損なうおそれがある株式の大規模買付行為がなされた場合に適切な措置を執り得る社内体制を
整備いたします。 ② 基本方針を実現するための当社の取り組み
1)企業価値向上の取り組み
富士電機は、持続的成長に向けた基本戦略として、世界各国で見込まれるエネルギー・環境投資を背景とし
て、長年培ってきた電気を自在に操る「パワーエレクトロニクス技術」をベースとし、グローバル市場で成長を
成し遂げることを目指しております。
その実現に向け、迅速に経営リソースを「エネルギー・環境」事業にシフトし、「事業を通じてグローバル社
会に貢献する企業」として企業価値の最大化とCSR経営の実現を目指します。
2)基本方針に照らし不適切な者による当社の支配を防止するための取り組み
当社は、上記①の基本方針に基づき、富士電機の企業価値・株主の皆様の共同利益を損なう、又はそのおそれ
のある当社株式の買付行為に備え、社内体制の整備に努めております。
具体的には、日常より当社株式の取引や株主の異動状況を常に注視するとともに、平時より有事対応の初動マ
ニュアルを整備し、外部専門家との連携体制等を整えておりますが、今後とも迅速かつ適切に具体的対抗措置を
決定、実行し得る社内体制の充実に努めてまいります。
また、いわゆる「買収防衛策」の導入につきましても、法制度や関係当局の判断・見解、社会動向やステーク
ホルダーの意見等を踏まえ、企業価値、株主の皆様の共同利益の確保、向上の観点から、引き続き検討してまい
ります。
- 20 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
③ 上記の取り組みに対する取締役会の判断及び判断理由
当社取締役会は、上記②.1)の取り組みが当社の企業価値を中期的に維持・拡大させるものであり、また、同
②.2)の取り組みが富士電機の企業価値・株主の皆様の共同利益を毀損するような当社株式の大規模買付行為に対
応するための社内体制を整備するものであることから、そのいずれの取り組みも、上記①の基本方針に即したもの
であり、株主の皆様の共同利益を損なうものではなく、現経営陣の地位の維持を目的とするものでもない旨を確認
し決議しました。
また、監査役についても上記②の取り組みについてその具体的運用が適切に行われることを条件として、全員が
同意しております。 (注)上記のうち、将来の経営目標等に関する記載は、本有価証券報告書の提出日現在において当社が合理的と判断し
た一定の前提に基づいたものであります。これらの記載は、実際の結果とは実質的に異なる可能性があり、当社
はこれらの記載のうち、いかなる内容についても、確実性を保証するものではありません。
- 21 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
4【事業等のリスク】
富士電機は、事業等のリスクに関し、組織的・体系的に管理し、適切な対応を図って、影響の極小化に努めており
ます。現在、富士電機の経営成績及び財務状況に影響を及ぼす可能性のある主要なリスクには以下のものがありま
す。なお、将来に関する事項につきましては、当連結会計年度末現在において、当社が判断したものであります。
(1)事業環境の変動等に係るもの
①中国を中心としたアジア市場の拡大に伴う旺盛な素材・原材料需要による需給逼迫や中近東の不安定な情勢の長
期継続等により、国際商品市況が高騰していることに加え、世界的な非鉄金属価格の上昇により、原材料・部品
の価格が上昇しております。富士電機では、原材料価格高騰リスクに対して商品スワップ取引を行う等、リスク
の軽減に努めておりますが、これらの価格が大幅に上昇した場合には、富士電機の業績に影響を及ぼす可能性が
あります。
②富士電機は、海外市場への積極的な展開を図っており、特に中国をはじめとしたアジア市場向けの販売拡大に注
力しています。また、民間設備投資や公共投資をはじめとする国内景気の動向とも深い関わりがあります。この
ため、海外及び国内の市場動向による業績影響の極小化に向けて、コストダウンや総経費の圧縮に努めておりま
すが、中国における景況の悪化あるいは経済政策の変更が発生した場合や、市場における製品需給の急激な変動
や競争の激化、及びそれらに伴う価格レベルの大幅な下落があった場合には、富士電機の業績に影響を及ぼす可
能性があります。
③富士電機では、為替変動リスクによる業績への影響を最小限に止めることを目的として、一定の基準に従って為
替予約を実施しておりますが、完全に為替リスクを回避するものではありません。そのため、米ドルを中心とし
た対円為替相場の変動により業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
④富士電機の当連結会計年度末での金融債務残高は2,558億65百万円となっています。今後、金利が想定以上に上
昇した場合には、金利負担の増大を招くことにより、富士電機の業績に影響を及ぼす可能性があります。
⑤金融市場の動向や富士電機の財務指標の悪化が、一部借入金の財務制限条項への抵触による期限前弁済等、富士
電機の資金調達や支払金利に対して影響を与え、これらを通して、富士電機の業績及び財務状況に影響を及ぼす
可能性があります。
(2)製品の品質に係るもの
富士電機では、生産・販売する製品について品質管理体制を整備し、高い品質水準の確保に努めております。ま
た、製造物賠償責任については必要な保険を付保しております。しかしながら、予期せぬ事情により大きな品質問
題が発生する可能性が皆無ではなく、その場合には、富士電機の業績、財務状況に影響を及ぼす可能性がありま
す。
(3)投資に係るもの
富士電機は、成長が見込める事業に対し迅速に経営資源を集中させ、事業の拡大・発展を目指し、設備投資、研
究開発投資を行っています。特に、多額の資金を必要とするディスク媒体分野、半導体分野の製品サイクルは短
く、また製品需給の変動や競争が激しいことから、投資を回収できない可能性があり、そうした場合には、富士電
機の業績に影響を及ぼす可能性があります。
(4)技術開発に係るもの
富士電機では、市場ニーズに応じた技術開発に全力で取り組んでおりますが、急速な技術の進歩により他社に優
位性を奪われたり、計画どおりに開発が進まずに適切な時機に市場への製品投入ができない可能性があり、そうし
た場合には、富士電機の業績に影響を及ぼす可能性があります。
(5)海外活動に係るもの
富士電機は、中国やアジアを中心に多くの海外市場で事業展開していますが、海外の国々で次のような事象が発
生した場合は、富士電機の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
・予期しえない法律・規制、不利な影響を及ぼす租税制度の変更
・不利な政治的要因の発生
・社会騒乱、テロ、戦争等による社会的混乱
- 22 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(6)知的財産権に係るもの
富士電機では、富士電機の知的財産権を効果的に守り、他社の権利を尊重した製品・技術の開発を進めておりま
す。しかしながら、技術革新のスピードが加速していること、また、富士電機の事業活動がグローバルに展開して
いることから、知的財産権の係争が発生する可能性があり、そうした場合、富士電機の業績及び財務状況に影響を
及ぼす可能性があります。
(7)アライアンスに係るもの
富士電機は、各事業分野における競争力の強化に向け、合弁、提携等により第三者との協業に積極的に取り組ん
でいきます。これらの施策においては、当該第三者との協力関係が必要不可欠でありますが、制度、文化面などの
相違から事業戦略、技術、製品及び人事等の統合が円滑に行われず、十分な成果が得られない場合は、富士電機の
業績に影響を及ぼす可能性があります。
(8)人材に係るもの
富士電機の事業活動は人材に大きく依存しており、技術・生産・販売・経営管理などの各分野において優秀な人
材を確保・育成することは成長に不可欠でありますが、そうした必要な人材を確保・育成できない場合には、今後
の業績に影響を及ぼす可能性があります。
(9)個人情報の漏洩に係るもの
富士電機は事業活動に関連して、お客様関係、調達先関係、従業員関係など多数の個人情報を扱っており、これ
らの個人情報の取得、利用、保管等につきましては、関連する各種社内規程の整備やその徹底を通じて万全を期し
ております。しかしながら、予期せぬ事態により個人情報が流出する可能性が皆無ではなく、その場合には、富士
電機の社会的信用や業績に影響を及ぼす可能性があります。
(10)大規模な災害や事故等に係るもの
富士電機は、世界各地に事業拠点を展開しています。これらの事業所地区において大規模な災害や事故等が発生
した場合には、生産設備の破損、操業の中断、製品出荷の遅延等が生じ、富士電機の業績及び財務状況に大きな影
響を及ぼす可能性があります。
(11)土壌汚染に係るもの
富士電機の所有する土地は、環境国際規格に基づいて汚染の予防、測定、監視に努めており、また、土地の売却
を計画する際には、売却予定地の土壌調査を実施するなど、関連法規、条例に準拠した適切な手続きで進めており
ます。これらの測定又は調査結果によっては、土壌浄化のための対策費用が発生することがあり、その場合、富士
電機の業績に影響を及ぼす可能性があります。
(12)退職給付債務に係るもの
富士電機は、従業員の退職給付について、退職一時金制度及び企業年金制度を設け、数理計算上合理的と認めら
れている前提に基づいて計算される退職給付費用及び債務を計上しております。また、当社及び一部の国内連結子
会社においては、退職給付信託として上場有価証券を信託しております。そのため、退職給付債務等の計算の前提
条件として採用した割引率、年金資産の期待運用収益率と実際の結果とに差異が生じた場合、及び、信託した上場
有価証券の株価が変動した場合などに、富士電機の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
- 23 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(13)コンプライアンスに係るもの
富士電機は、さまざまな事業分野で、また世界の各地域において、各国の法令、規則等の適用を受けて事業活動
を行っております。富士電機は、適切な内部統制システムを整備して、コンプライアンス(法令遵守)の徹底を図
っておりますが、法令違反等が発生する可能性が皆無とは言えず、発生した場合には、富士電機の社会的信用や業
績に影響を及ぼす可能性があります。
(14)訴訟その他の法的手続に係るもの
富士電機は、事業を遂行するうえで、訴訟その他の法的手続を受ける可能性があり、予期せぬ多額の賠償を命じ
られる可能性は皆無ではなく、それらの決定の内容によっては、富士電機の業績に影響を及ぼす可能性がありま
す。
- 24 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
5【経営上の重要な契約等】
(1)当社と富士電機デバイステクノロジー㈱との合併契約 当社は、平成23年4月27日開催の取締役会において、当社の100%子会社である富士電機デバイステクノロジー㈱
の権利義務の全てを合併により承継する決議を行い、同日に、同社と合併契約を締結しました。
なお、合併の概要につきましては、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表
注記事項(企
業結合等関係)」に記載のとおりです。
(2)㈱日本AEパワーシステムズの合弁解消の実行等に関する最終契約書、及び当社と富士電機T&Dサクセション㈱
との合併契約 当社は、平成23年12月26日開催の取締役会において、変電・配電事業の分野における㈱日立製作所、㈱明電舎及び
当社の合弁会社である㈱日本AEパワーシステムズの合弁解消に関する最終合意に関する決議を行い、同日、㈱日立
製作所、㈱明電舎及び㈱日本AEパワーシステムズとその旨の最終契約書を締結しました。当該契約書は、㈱日本A
Eパワーシステムズより当社が承継する事業(同社の千葉事業所所掌事業の全部及び国分事業所所掌事業の一部)
を、吸収分割により当社の子会社(富士電機T&Dサクセション㈱)が承継し、その後、吸収分割と同日に富士電機
T&Dサクセション㈱を当社に吸収合併する方法により承継する旨を定めております。これに伴い、当社は、最終契
約書の締結と同日に富士電機T&Dサクセション㈱と合併契約を締結しました。
なお、吸収合併の概要につきましては、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等
(1)連結財務諸表
注記事項
(重要な後発事象)」に記載のとおりです。
(3)ルネサスエレクトロニクス㈱及び㈱ルネサス北日本セミコンダクタとの株式譲渡契約
1)株式取得の理由
当社は、経営方針として、エネルギー・環境事業を中心に拡大発展を図る旨を掲げております。
電力変換の効率化を実現するパワー半導体は、エネルギー・環境事業を支えるコア製品であり、今後も産業機器・
自動車・新エネルギー分野を中心に市場拡大が見込まれます。
こうしたなか、当社はルネサスエレクトロニクス㈱及び㈱ルネサス北日本セミコンダクタとの間で半導体の前工程
拠点の津軽工場の買収について合意に至り、当該買収を目的とした株式譲渡契約を締結しました。その狙いは次のと
おりです。
・パワー半導体事業の拡大
・津軽工場の自動車電装向け製品の取り込みによる事業ポートフォリオの拡大
・大規模災害時等のバックアップ拠点の確保
本買収に向け、㈱ルネサス北日本セミコンダクタは本年7月1日に吸収分割の方法により津軽工場を譲受対象会社
に承継させるとともに、同日付で当社はその全発行済株式を取得する予定です。
また、同工場で生産しているルネサスエレクトロニクス㈱及び㈱ルネサス北日本セミコンダクタの製品につきまし
ては、本買収後も譲受対象会社が両社からの生産受託により供給を継続してまいります。
2)異動する子会社の概要
(1) 商号
ルネサス津軽セミコンダクタ株式会社
(2) 本店所在地
青森県五所川原市大字漆川字鍋懸156番地
(3) 代表者の役職・氏名
代表取締役
(4) 事業内容
半導体の製造(前工程)
(5) 資本金
1百万円
(6) 設立年月日
平成24年4月23日
(7) 株主
株式会社ルネサス北日本セミコンダクタ(持株比率100%)
桃井 透
- 25 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3)株式取得の相手先の概要
(1) 商号
株式会社ルネサス北日本セミコンダクタ
(2) 本店所在地
北海道亀田郡七飯町字中島145番地
(3) 代表者の役職・氏名
代表取締役社長
(4) 事業内容
半導体の製造(前工程、後工程)及び受託生産
田中 光助
(5) 資本金
2,550百万円
(6) 設立年月日
1970年5月30日
(7) 純資産
(2011年3月31日現在)
9,826百万円
(8) 総資産
(2011年3月31日現在)
30,420百万円
(9) 株主名
ルネサスエレクトロニクス株式会社(持株比率100%)
(10) 当事会社間の関係等
資本関係
該当事項はありません。
人的関係
該当事項はありません。
取引関係
当社と当該会社との間においてパワー半導体事業に係わ
る製品・部品の売買等の取引を行っています。
関連当事者への
該当状況
該当事項はありません。
4)取得株式数、取得価額及び取得前後の所有株式の状況
(1) 異動前の所有株式数
(2) 取得株式数
(3) 異動後の所有株式数
5)日
0株
(発行済株式数に対する割合:0%)
譲受対象会社の発行済株式の全て(株式数未定)
(取得価額:3,820百万円)
譲受対象会社の発行済株式の全て(株式数未定)
程
(1) 株式取得期日
2012年7月1日(予定)
- 26 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
6【研究開発活動】
富士電機の研究開発は、「エネルギー・環境」をキーワードに持続可能な社会づくりに貢献するコンポーネン
トとソリューションの開発に注力しました。また、研究開発のグローバル化を推進しました。さらに、大学や研究
機関、他の企業とのオープンイノベーションを強化しています。
当連結会計年度における富士電機全体の研究開発費は322億47百万円であり、各部門別の研究成果及び研究開発
費は次のとおりです。
また、当連結会計年度末において富士電機が保有する国内外の産業財産権の総数は8,420件です。
■エネルギー部門
地熱発電プラントの経済性は、熱水還元井の使用可能期間に大きく依存します。そこで、模擬地層試験装置を
現地に設置し、スケール生成とその速度の測定・評価を行うとともに、アルカリ注入によるスケール抑制効果を確
認しました。
風力向けダイレクトドライブ永久磁石発電機(出力約3,000kW、回転数約15rpm、直径4.3m、全長2.5m)
の試作機を製作し、コンバータと組合せた検証試験を行い、目標仕様を満足することを確認しました。メンテナン
ス性に優れ、永久磁石を使用することにより回転子で発生する損失を抑え、構造もシンプルにすることができま
す。量産化技術の開発を進めて、2012年度に製品化を予定しています。
震災によって生じた福島原子力発電所の事故の影響から市民生活を守り、さらに風評被害を防ぐために、高機
能積算線量計「DOSEe」と「食品放射能測定システム」を開発し、発売しました。一般の人々が安心して日常
生活が営めるようにするため、DOSEeは線量だけでなく線量率も測定することができる低価格な製品としまし
た。発売に併せ、線量計の校正・サービスの迅速化を図るため福島県郡山市に校正・試験拠点を開設しました。食
品放射能測定システムでは、梱包状態のまま連続的にかつ簡単に食品のスクリーニング測定が行えます。
当部門の研究開発費は29億27百万円です。
■産業システム部門
鉄鋼、アルミ等の圧延設備の駆動に使う水冷式高圧インバータ「FRENIC4800VM5」を開発し、発
売を開始しました。水冷方式を採用したことにより、当社の従来機に比べ、単機容量で2.4倍の大容量化と40%の
小型化を同時に実現しました。
超高速E-SXバスを搭載し、従来に比べ伝送速度が4倍、通信容量が8倍の「SPH3000MM」を開発
し、業界最高レベルの駆動制御能力を実現しました。併せて、お客さまに使用いただいていた当社製のソフトウエ
ア資産を設備の更新後の新しい環境で引き続いて使用できるようにする、モニター画面・アプリケーションソフト
ウエアの継承(マイグレーション)技術を開発しました。2012年度にはこの技術を適用した商品を順次発売してい
きます。
小容量のIH過熱蒸気発生装置「IHSS-05」を開発しました。本装置は、食品分野では店舗や流通過程
及び工場における殺菌用として、産業分野では処理プロセスの研究施設などの洗浄・過熱処理用途を考えており、
外食産業やスーパーマーケットの店舗など、狭小スペースに設置が可能です。
当部門の研究開発費は35億33百万円です。
■社会システム部門
エネルギー流通分野では、当社は「北九州市スマートコミュニティ創造事業」と「けいはんなエコシティ次世
代エネルギー・社会システム実証事業」に参画しています。北九州の創造事業では、地域社会が参加するエネルギ
ーコミュニティを実現し,CO2を50%削減して豊かな社会の創造を目指しています。コミュニティのエネルギー
管理の中心となる、地域エネルギーマネジメントシステム(CEMS)、コミュニティ設置型蓄電システム、店舗
エネルギー管理システム(REMS)及びスマートメータの据付工事をほぼ完了し、2012年度スタートの実証準備
が整いました。さらに、工場エネルギー管理システム(FEMS)などの実証も計画しており、それらのシステム
の設計製作を進めています。けいはんなでは、ビル内の電気、熱エネルギーの最適運用を行うビル・エネルギー管
理システム(BEMS)を開発しており、現在社内でのシステム試験を進めています。
小売店舗における設備機器を集中管理し、省エネ制御・エネルギー監視を行なう総合端末「エコマックス・コ
ントローラ」や冷凍食品の保冷に使うリーチインショーケースの開発を完了し、2012年度に発売します。前者は、
冷凍機等の省エネルギーに貢献すると共にタッチパネル方式の採用によって機器設定の操作簡易化の市場要求に対
応しました。後者は、ショーケースの庫内照明のLED化、冷気流れの適正化による防露ヒータ容量の削減によ
り、当社の従来機に比べて、22%の省エネを実現しました。
当部門の研究開発費は45億26百万円です。
- 27 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
■パワエレ機器部門
ドライブ分野では、汎用インバータ・モータなどの駆動機器、車両用や自動車関連のパワエレ機器などの研究
開発を行っています。モータ効率がスーパープレミアム効率(IE4)であり、かつ汎用モータとの取り付け互換
性を持つ同期モータGNP1シリーズを開発し、発売しました。ファン・ポンプ駆動用インバータとして防水対応
で専用機能を内蔵した海外向けで、空調用の「FRENIC-HVAC」と水処理システム用の「FRENIC-
AQUA」を開発し、発売しました。中国市場にターゲットを絞った汎用インバータ「FVR-Micro」を開
発し、発売しました。さらに、「FRENIC-MEGAシリーズ」の中国仕様版である新しいインバータ「ME
GA-Lite」の開発と量産化を行いました。主要部材に中国現地部材を搭載する事により従来機に比べ大幅な
コストダウンを実現し、当社製品の中国インバータ市場での競争力の強化を図りました。
電気自動車用急速充電器「FRCシリーズ」では、店舗やコインパーキングなどの小規模施設向けに設置しや
すく、使いやすさを向上した小容量かつ薄型、ユニバーサルデザインを採用した「FRCM25C」を製品化し、
ラインアップを拡充しました。
中国のエレベータ及びエスカレータ市場における電源回生機能を付加したシステムの要求に応えるため、PW
Mコンバータとフィルタ回路を搭載した交流モータ駆動用インバータを開発し、フィールドで実試験運転を行って
います。
パワーサプライ分野では、データセンター等の省エネルギーに貢献する高効率無停電電源装置「UPSHXシ
リーズ」を開発し、発売しました。本装置は、新3レベル変換技術と当社独自の逆阻止IGBTを適用した大容量
UPS(無停電電源装置)であり、損失を従来の約60%に減らして97%以上の高効率を達成しました。データセン
ターのサーバラック内蔵用として35℃の高温下で長寿命を実現したニッケル水素電池搭載UPSを開発し、発売し
ました。また、回生エネルギーを利用した「アシスト機能付エレベータ専用UPS」(出力容量1.25kⅤA)を開
発し、発売しました。この装置は、エレベータの回生運転時に発生する回生エネルギーを蓄電池に蓄電し、蓄電し
た電力を、力行運転時に再利用するアシスト機能を搭載しています。さらに、エレベータの駆動モータを制御する
インバータと組み合わせることで、突然の停電においても安全にエレベータを最寄りの階まで動作させるシステム
の電源となります。1台当たり年間約1,000kWhの省エネ(CO2換算555kgに相当)の効果があります。
当部門の研究開発費は53億48百万円です。
■電子デバイス部門
パワー半導体分野では、モジュール製品として、産業用途向けに、最新の第6世代IGBT技術及びIC技術
を適用したインテリジェントパワーモジュールV-IPMを開発し、600V/20-200A、1,200V/10-100A定格
製品の量産を開始しました。さらに600V/300-400A、1,200V/150-200A定格製品の開発を完了し、2012年度
第1四半期に量産を開始します。V-IPMは従来製品に対して15%以上の損失低減を実現し、デッドタイムの大
幅な短縮による出力波形の歪の低減とアラーム要因の識別を可能とし、ロボット、工作機械への適用拡大が見込ま
れます。
エネルギー・環境分野向けに、風力・太陽光発電などの大容量化・高変換効率要求に対応するPrimePA
CKTMを開発し、1,200V耐圧と1,700V耐圧の2in1IGBTモジュールとチョッパー回路を内蔵したIGB
Tモジュールの量産を開始しました(PrimePACKはInfineon Technologies社の登
録商標)。これらを組み合わせることにより、高効率な3レベル回路が容易に構成できます。なお、これらには第
6世代VシリーズIGBTが搭載されています。1,700V耐圧の第6世代VシリーズIGBTを搭載したHPM
(High Power Module)の量産を開始しました。最新世代IGBTを搭載した製品を新たにHP
Mとして系列化することにより、使いやすさ・低損失化の市場要求に対応して、顧客装置のエネルギー変換効率の
向上に貢献します。
当社が提案している、簡素な回路で電流の通過素子数が少なく低損失化のメリットを持つ新3レベル変換回路
に用いるIGBTモジュールの系列を拡大しました。当社独自のRB-IGBT(Reverse-Blocki
ng IGBT)を回路の中間点クランプに採用し、新3レベル変換回路3相分を1つのパッケージにまとめて搭
載することで設置場所の省スペース化や装置設計のしやすさをユーザにもたらすとともに高効率化も両立していま
す。既に量産している1,200V/300A定格 4in1モジュール(1相分のモジュール製品)に加え、新たに600
V/400A定格 4in1と1,200V/100A定格の12in1モジュール(3相分のオールインワン製品)の開発
を完了しました。今後更に適用範囲の拡大が見込まれるため、系列拡大を図っていきます。
ディスクリート製品として、UPS(無停電電源装置)や太陽光発電用パワーコンディショナ(PCS)、溶
接機等のエネルギー関連用途及び産業用途向けに、省エネルギー、高効率、省スペースに貢献する最新の第6世代
IGBT技術を活用したディスクリートIGBTと、当社従来比でオン抵抗を70%低減し,さらに低スイッチング
損失のスーパージャンクションMOSFET「SuperJ-MOS」を開発しました。自動車電装分野向けとし
ては、二輪車の燃費向上・排ガスクリーン化に寄与し、小型パッケージ(D-Pack)採用により燃料点火シス
テムの小型軽量化に貢献するイグナイタIGBTを開発しました。
- 28 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
IC製品として、産業機器や民生機器で比較的大電力が要求される電源用途向けに、スタンバイ電源機能とP
FC(力率改善)機能を内蔵してユーザの外付部品点数を削減可能とした電流共振ICを開発しました。自動車電
装分野向けに、自動車の燃費向上、排ガスクリーン化に寄与し、排気圧を直接計測可能な排気系圧力検出用センサ
を新たに開発しました。
光半導体分野では、今後の伸長が見込まれる中国・アジア地域向けの低価格プリンタ用の高画質な感光体の量
産を開始しました。長寿命化の顧客要求に対し、新規の高移動度電荷輸送材料と高耐久樹脂の創出により、従来製
品の1.5倍の寿命を持つ負帯電感光体を、開発しました。さらに、低価格アルミニウム素管が使用できる高機能電
荷発生層を開発しました。正帯電感光体では、低価格電荷輸送層と低価格・高耐刷感光層の開発により従来比1.7
倍の寿命を持つ感光体を実現しました。
フィルム基板太陽電池の長期高信頼性化の開発を進めました。さらに、フィルム基板太陽電池モジュールに加
えて、モジュールの構成要素である太陽電池セルの形態での販売を本格化しました。
ディスク媒体分野では、1枚あたりの記憶容量が1TBの3.5インチアルミニウムディスク媒体、及び500ギガ
バイトの2.5インチガラスディスク媒体の生産準備を完了し、2012年度に順次生産を開始します。これらの製品は
クラウドコンピューティングに欠かせない大容量ストレージやノートパソコンの分野そして外付けHDDの分野で
今後とも伸長が期待されます。磁気ヘッドの浮上安定化を実現する新しい液体潤滑剤技術、並びに多層記録層の材
料最適化による更なる大容量化技術を開発しました。
当部門の研究開発費は109億89百万円です。
■器具部門
世界の主要規格を取得した世界最小の電磁接触器およびサーマルリレー「SKシリーズ」を開発しました。中国
国内専売品の低価格な電磁接触器及びサーマルリレー「FJシリーズ」を開発し、発売しました。大規模太陽光発
電システムのパワーコンディショナの高電圧直流回路に用いられるDC750V(3極品)及び1,000V(4極品)、
定格電流400-800Aクラスの「BWシリーズMCCB」を開発し、発売しました。
エネルギー監視システムとしては、従来よりも設定・操作を簡易化し、大幅な小型化とシステム導入時のコス
ト低減に貢献する1回路電力監視ユニット「F-MPC04E」を開発しました。また、限時特性の種類を増やし
て保護協調をとりやすくし、デジタル化フルモデルチェンジした高圧受配電用過電流継電器「QHシリーズ」を開
発しました。
当部門の研究開発費は29億76百万円です。
■自販機部門
自販機部門では低消費電力を実現するハイブリッドヒートポンプ自動販売機を開発し、発売しました。当社独
自の冷却システムを採用し、庫内と大気の熱利用を切り換える方式と冷媒の流量を細かく制御するもので、当社従
来製品(2011年度機)比、約40%の消費電力を削減しました。昼間のピーク消費電力を長時間抑制するため、従来
は3時間であった保冷時間を7時間まで可能にする高度化したピークカット機能を開発しました。この機能を搭載
した製品(商品名「冷え蔵」)をいち早く市場展開し、震災後の電力不足への迅速な対応も図りました。
今後、更なる省エネ機能の開発とシリーズ展開を加速させていきます。
当部門の研究開発費は19億19百万円です。
■新技術・基盤技術部門
新技術・基盤技術部門では、次世代パワー半導体素子について、独立行政法人産業技術総合研究所及び古河電
気工業㈱とそれぞれ共同研究を行っています。SiCにおいては、1,200Ⅴ耐圧のMOSFETの一次開発を完了
しました。オールSiCモジュールを搭載した20kWのパワーコンディショナを開発しました。従来品に比べ8倍
のパワー密度と主回路部変換効率99%を実現しました。また,SiCショットキーバリアダイオードを適用したハ
イブリッドモジュールと,これを搭載した産業用インバータ「FRENIC-MEGA GX-SiCシリーズ」
を開発し、2012年度に量産開始を予定しています。
EMC(Electro-Magnetic Compatibility、電気・磁気的な妨害を及ぼさな
い/及ぼされないこと)を設計段階で精度よく評価できるシミュレーション手法を開発し、パワエレ機器の信頼性
の向上と開発期間の短縮を実現しました。さらに、腐食・防食技術のプラットフォームを再構築して、水冷方式を
採用したパワエレ機器の信頼性を向上させました。
引き続き主要な基盤技術の強化を図ってまいります。
■その他部門
当部門の研究開発費は25百万円です。
- 29 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
(1)財政状態の分析
当連結会計年度末の総資産額は7,928億48百万円となり、前連結会計年度末に比べ129億49百万円減少しました。
流動資産は4,531億97百万円となり、前連結会計年度末に比べ101億73百万円増加しました。これは、前連結会計
年度末に比べ現金及び預金が175億60百万円減少した一方で、たな卸資産が238億62百万円、売上債権が23億27百万
円、それぞれ増加したことなどによるものであります。
固定資産は3,395億32百万円となり、前連結会計年度末に比べ231億30百万円減少しました。このうち、有形固定
資産と無形固定資産の合計は1,696億20百万円となり、前連結会計年度末に比べ64億57百万円減少しました。ま
た、投資その他の資産は1,699億11百万円となり、前連結会計年度末に比べ166億73百万円減少しました。これは、
主に前払年金費用が119億85百万円減少したことによるものであります。
当連結会計年度末の負債合計は6,096億30百万円となり、前連結会計年度末に比べ212億31百万円減少しました。
流動負債は4,658億14百万円となり、前連結会計年度末に比べ609億16百万円増加しました。これは、前連結会計
年度末に比べ短期借入金が202億12百万円、コマーシャル・ペーパーが100億円、1年内償還予定の社債が200億円、
それぞれ増加したほか、前受金が90億36百万円増加したことなどによるものであります。
固定負債は1,438億16百万円となり、前連結会計年度末に比べ821億47百万円減少しました。これは、前連結会計
年度末に比べ社債が400億円、長期借入金が283億66百万円、それぞれ減少したことなどによるものであります。
なお、当連結会計年度末の金融債務残高は2,558億65百万円となり、前連結会計年度末に比べ181億54百万円減少
しました。また、同残高の総資産に対する比率は32.3%となり、前連結会計年度末に比べ1.7ポイント減少しまし
た。
当連結会計年度末の純資産合計は1,832億17百万円となり、前連結会計年度末に比べ82億82百万円増加しまし
た。これは、前連結会計年度末に比べ利益剰余金が90億60百万円増加したことを主因とするものであります。これ
らの結果、自己資本比率は20.6%となり、前連結会計年度末に比べ1.3ポイント増加しました。
(2)経営成績の分析
当連結会計年度の売上高は、前連結会計年度に比べ2.1%増収の7,035億34百万円となりました。国内売上高は、
前連結会計年度に比べ2.8%増収の5,250億96百万円となりました。また、海外売上高は、前連結会計年度に比べ
0.1%増収の1,784億37百万円となりました。なお、セグメント別の内容は、「1.業績等の概要」に記載のとおり
であります。
売上原価は、前連結会計年度に比べ0.6%増加し5,466億88百万円となりました。売上高に対する売上原価の比率
は、前連結会計年度に比べ1.2ポイント減少して77.7%となりました。
販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ3.0%増加し1,375億92百万円となりました。売上高に対する販
売費及び一般管理費の比率は、前連結会計年度に比べ0.2ポイント増加し19.6%となりました。
営業利益は、売上高の増加と事業構造改革による原価低減及び固定費削減効果により192億52百万円となり、前
連結会計年度に比べ73億35百万円の増加となりました。なお、セグメント別の内容は、「1.業績等の概要」に記
載のとおりであります。
営業外収益(費用)は、前連結会計年度の46億91百万円の費用(純額)から、6億98百万円の費用(純額)とな
り、前連結会計年度に比べ39億93百万円の費用(純額)の減少となりました。これは、為替差損が前連結会計年度
に比べ33億64百万円減少したほか、支払利息が6億48百万円減少したことなどによるものであります。
これらの結果、経常利益は185億54百万円となり、前連結会計年度に比べ113億29百万円の増加となりました。
特別利益は、固定資産売却益及び投資有価証券売却益を計上し、23億71百万円となりました。なお、主に投資有
価証券売却益の計上額が減少したことにより前連結会計年度に比べ291億60百万円減少しております。
特別損失は、固定資産処分損、投資有価証券評価損、年金資産消失損、生産拠点等統合費用、災害による損失な
どを計上し、155億78百万円となりました。なお、主に年金資産消失損の計上により前連結会計年度に比べ32億68
百万円の増加となりました。
- 30 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
以上により、税金等調整前当期純利益は53億48百万円となり、前連結会計年度に比べ210億99百万円の減少とな
りました。当期純利益は、繰延税金資産の計上を主因とする税金費用の戻入78億97百万円を税金等調整前当期純利
益に加算し、少数株主利益14億43百万円を控除した結果、118億1百万円となり、繰延税金資産の取り崩しを主因
とする税金費用102億2百万円及び少数株主利益11億41百万円を税金等調整前当期純利益より控除した前連結会計
年度に比べ33億3百万円の減少となりました。
(3)流動性及び資金の源泉に関する分析
当連結会計年度末の現金及び現金同等物は642億61百万円となり、前連結会計年度末に比べ175億35百万円
(21.4%)減少しました。
当連結会計年度の主な資金の源泉は、営業活動によるキャッシュ・フロー283億14百万円であります。
営業活動によるキャッシュ・フローの主な内訳は、減価償却費297億55百万円、前受金の増加によるもの90億30
百万円、年金資産消失損69億87百万円、税金等調整前当期純利益53億48百万円、たな卸資産の増加によるもの
△234億76百万円などとなっております。
なお、投資活動によるキャッシュ・フローは△134億89百万円となっており、その主な内訳は、有形固定資産の
取得による支出△150億14百万円、有形固定資産の売却による収入44億18百万円などであります。
以上によりフリー・キャッシュ・フロー(「営業活動によるキャッシュ・フロー」+「投資活動によるキャッシ
ュ・フロー」)は148億25百万円となりました。また、社債及び長期借入金の減少などにより、財務活動によるキ
ャッシュ・フローは△325億92百万円となりました。
- 31 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
第3【設備の状況】
1【設備投資等の概要】
当連結会計年度におきましては、「エネルギー・環境」分野を中心に戦略投資を行い、リースを含め総額250億円
を実施しました。
その主な内容は次の通りです。
パワエレ機器部門では、無錫富士電機社において、中国・欧州向け駆動制御機器の生産設備増強を進めるととも
に、新型駆動制御機器の生産設備投資を行いました。
電子デバイス部門では、新エネルギー、ハイブリット車用途を中心とした半導体デバイス市場の拡大に向け、松本
地区・山梨地区で IGBT前工程の設備増強を進めました。また環境対応車の伸長に伴い、車載半導体・センサーの
増産投資を行いました。研究開発部門では、次世代パワーデバイスであるSiCデバイスの開発設備を導入しまし
た。
器具部門では、常熟富士電機社において、中国市場のニーズにマッチした小型電磁開閉器の生産設備投資を行いま
した。また富士電機機器制御㈱国内拠点において、電力事情に対応して燃料電池発電装置をはじめとする自家用発電
設備の導入を行いました。
自販機部門では、富士電機リテイルシステムズ㈱において、埼玉工場を三重工場に統合するとともに、合理化設備
投資を行いました。
その他部門では、ものつくり力強化に向け、埼玉地区において生産設備設計・製作及び技術・技能研修の施設整備
を行い生産技術機能の集約、強化を進めました。
所要資金については、いずれの投資も主に自己資金を充当しました。
2【主要な設備の状況】
富士電機は、多種多様な事業を国内外で行っており、その設備の状況をセグメントごとの数値とともに主たる設備
の状況を開示する方法によっております。
当連結会計年度末における状況は、次のとおりであります。
(1)セグメント内訳
帳簿価額(百万円)
セグメントの名称
建物及び構
築物
機械装置及
び運搬具
土地
(面積千㎡)
リース資産
その他
合計
従業員数
[外、平均
臨時雇用人
員数]
(人)
エネルギー
7,007
1,278
6,487
(220)
383
706
15,863
1,141
[193]
産業システム
2,012
368
3,579
(179)
440
924
7,325
2,172
[48]
社会システム
8,221
527
826
1,266
11,300
パワエレ機器
4,874
1,727
458
(164)
2,032
(448)
30,885
16,506
4,498
(545)
器具
4,020
1,703
2,215
(298)
自販機
7,276
483
その他
7,677
336
消去又は全社
△140
△283
71,835
22,649
電子デバイス
合計
3,944
(103)
8,589
(95)
△5,183
-
26,623
(2,055)
985
1,354
10,974
4,374
[281]
2,934
[231]
22,141
3,043
77,075
6,688
[412]
1,424
723
10,088
2,711
[462]
2,271
235
14,211
479
326
17,408
△193
△8
△5,809
28,758
8,572
158,439
1,598
[590]
3,355
[1,253]
-
[-]
24,973
[3,470]
(注)帳簿価額「その他」は、工具器具備品及び建設仮勘定であります。上記の金額には消費税等を含んでおりません
(以下同じ)。
- 32 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(2)提出会社の状況
帳簿価額(百万円)
子会社事業所名
(主な所在地)
川崎工場
(川崎市川崎区)
神戸工場
(神戸市西区)
セグメントの
名称
エネルギー
産業システム
設備の
内容
製造設
備等
製造設
備等
建物及
び構築
物
機械装
土地
リース
置及び
(面積千㎡) 資産
運搬具
6,615
1,223
852
101
6,409
その他
合計
従業員
数
(人)
223
129
14,600
517
2,579
(66)
202
19
3,755
391
0
(81)
326
257
7,527
794
681
60
3,182
677
17
16
2,259
123
(178)
東京工場
(東京都日野市)
社会システム
製造設
備等
6,669
273
鈴鹿製作所
(三重県鈴鹿市)
パワエレ機器
製造設
備等
2,139
191
932
13
449
-
500
(20)
73
15
1,039
124
13,531
924
3,236
(303)
6,036
289
24,017
1,238
1,600
39
424
(112)
2,341
46
4,452
72
筑波工場
(茨城県阿見町)
パワエレ機器
松本テクニカルセンタ
ー
(長野県松本市)
松本工場
(長野県松本市)
熊本工場
(熊本県玉名郡南関町)
パワエレ機器
電子デバイス
電子デバイス
製造設
備等
製造設
備等
製造設
備等
製造設
備等
- 33 -
108
(300)
1,280
(56)
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(3)国内子会社の状況
帳簿価額(百万円)
子会社事業所名
(主な所在地)
セグメントの
名称
設備の
内容
電子デバイス
製造設
備等
895
7
電子デバイス
製造設
備等
777
-
器具
製造設
備等
2,830
97
器具
製造設
備等
389
46
2,578
0
4,062
438
849
0
887
建物及
び構築
物
機械装
土地
リース
置及び
(面積千㎡) 資産
運搬具
その他
合計
従業員
数
(人)
富士電機パワーセミコ
ンダクタ㈱
大町工場
155
1,070
823
2,953
356
118
(18)
1,626
-
2,522
159
482
(156)
715
110
4,236
536
447
18
2,476
184
-
57
5,538
-
2,076
115
6,814
854
2,514
(1)
8
6
3,378
110
-
2,854
(13)
-
-
3,742
-
-
(-)
-
1
1,340
-
-
1
1,156
-
(16)
(長野県大町市)
富士電機パワーセミコ
ンダクタ㈱
飯山工場
(長野県飯山市)
富士電機機器制御㈱
吹上工場
(埼玉県鴻巣市)
富士電機機器制御㈱
大田原工場
(栃木県大田原市)
富士電機リテイルシス
テムズ㈱ 埼玉工場
(埼玉県鴻巣市)
事務所
自販機
富士電機リテイルシス
テムズ㈱ 三重工場
(三重県四日市市)
富士オフィス&ライフ
サービス㈱ 本社
自販機
その他
(東京都品川区)
富士オフィス&ライフ
サービス㈱
研修施設等
(東京都日野市)
その他
・倉庫
他
製造設
備等
事務所
他
研修施
設他
1,574
(117)
2,902
(56)
121
(3,583)
富士オフィス&ライフ
サービス㈱
ブルーアーク
その他
賃貸住
宅
1,338
-
その他
賃貸住
宅
694
-
(三重県四日市市)
富士オフィス&ライフ
サービス㈱
筑摩寮・松本独身寮
(長野県松本市)
- 34 -
461
(7,895)
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(4)在外子会社の状況
帳簿価額(百万円)
子会社事業所名
(主な所在地)
富士電機馬達(大連)社 (中国) 無錫富士電機社
(中国)
セグメントの
名称
パワエレ機器
パワエレ機器
設備の
内容
製造設
備等 製造設
備等
建物及
び構築
物
機械装
土地
リース
置及び
(面積千㎡) 資産
運搬具
332
809
403
391
-
(-)
-
(-)
その他
合計
従業員
数
(人)
-
34
1,176
386
-
301
1,096
427
富士電機(深圳)社
(中国)
電子デバイス
製造設
備等
810
3,264
-
(-)
-
147
4,223
1,155
フィリピン富士電機社
(フィリピン)
電子デバイス
製造設
備等
1,383
887
-
(-)
60
99
2,431
761
電子デバイス
製造設
備等 3,935
7,001
-
(-)
-
702
11,639
948
7,219
4,237
10,515
85
22,057
1,195
276
727
-
300
1,303
576
富士電機半導体マレー
シア社 (マレーシア) マレーシア富士電機社
(マレーシア)
富士電機大連社
(中国)
電子デバイス
器具
製造設
備等
製造設
備等
- 35 -
-
(-)
-
(-)
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3【設備の新設、除却等の計画】
富士電機は、多種多様な事業を国内外で行っており、連結会計年度末時点ではその設備の新設・拡充の計画を個々
のプロジェクトごとに決定しておりません。そのため、セグメントごとの数値を開示する方法によっております。 平成24年3月31日現在において実施及び計画している設備の新設、拡充の状況は次のとおりであります。 セグメントの
名称
計画額
既検収額
(百万円) (百万円)
平成24年
4月以降の
検収予定額
(百万円)
着工年月
完成年月
設備等の主な内容・目的
火力・地熱発電設備、水力
エネルギー
1,702
5
1,696 平成23年8月 平成25年12月
発電設備、原子力関連機
器、放射線管理システム等
の生産能力増強及び新製
品・新機種開発並びに生産
合理化等
産業用ドライブシステム、
計測システム、大容量整流
産業システム
3,224
95
3,128 平成24年2月 平成25年3月
設備等の生産能力増強及び
新製品・新機種開発並びに
生産合理化等
系統・配電システム、受変
社会システム
2,608
0
2,608 平成24年4月 平成25年8月
電設備、電力量計等の生産
能力増強及び新製品・新機
種開発並びに生産合理化等
パワエレ機器
7,750
0
7,750 平成24年4月 平成25年8月
インバータ、モータ、無停
電電源装置等の生産能力増
強及び新製品・新機種開発
並びに生産合理化等
パワー半導体、感光体、太
陽電池、ディスク媒体等の
電子デバイス
28,584
3,646
24,938 平成23年7月 平成25年5月
生産能力増強及び新製品・
新機種開発並びに生産合理
化等
器具
3,847
0
3,847 平成24年4月 平成25年3月
電磁開閉器、配線用遮断
器、漏電遮断器等の生産能
力増強及び新製品・新機種
開発並びに生産合理化等
飲料・食品自動販売機、フ
自販機
2,045
193
1,852 平成23年11月 平成25年3月
ード機器、通貨関連機器等
の生産能力増強及び新製
品・新機種開発並びに生産
合理化等
その他
合計
1,482
147
51,246
4,088
1,334 平成23年11月 平成25年3月
-
47,157
-
研究開発設備等
-
(注)1.上記の金額には消費税等を含んでおりません。
2.経常的な設備の更新のための除却・売却を除き、重要な設備の除却・売却の計画はありません。
3.上記設備計画の今後の所要資金は、自己資金により充当する予定であります。
- 36 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
第4【提出会社の状況】
1【株式等の状況】
(1)【株式の総数等】
①【株式の総数】
種類
発行可能株式総数(株)
普通株式
1,600,000,000
計
1,600,000,000
②【発行済株式】
種類
事業年度末現在発行数(株)
(平成24年3月31日)
提出日現在発行数(株)
(平成24年6月26日)
上場金融商品取引所
名又は登録認可金融
商品取引業協会名
東京証券取引所
(市場第一部)
大阪証券取引所
普通株式
746,484,957
746,484,957
(市場第一部)
名古屋証券取引所
(市場第一部)
福岡証券取引所
計
746,484,957
746,484,957
-
内容
権利内容に何ら限
定のない当社にお
ける標準となる株
式であり、単元株
式数は1,000株で
あります。
-
(注) 「提出日現在発行数」欄には、平成24年6月1日から有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
された株式数は含めておりません。
- 37 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(2)【新株予約権等の状況】
2016年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債(平成18年6月1日発行)
事業年度末現在
(平成24年3月31日)
提出日の前月末現在
(平成24年5月31日)
202個と代替新株予約権付社
債券に係る社債額面金額を
202個と代替新株予約権付社
債券に係る社債額面金額を
500万円で除した個数との合
計数
500万円で除した個数との合
計数
新株予約権の数
新株予約権のうち自己新株予約権の数
-
-
普通株式
普通株式
権利内容に何ら限定のない当 権利内容に何ら限定のない当
新株予約権の目的となる株式の種類
社における標準となる株式で 社における標準となる株式で
あり、単元株式数は1,000株
あり、単元株式数は1,000株
であります。
新株予約権の目的となる株式の数(注)1
新株予約権の行使時の払込金額(注)2、3
1,043,388株
1,043,388株
1株当たり968円
1株当たり968円
自
至
新株予約権の行使期間(注)4
であります。
平成18年6月19日
平成28年5月18日
自
至
平成18年6月19日
平成28年5月18日
新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
発行価格
968円
発行価格
968円
発行価格及び資本組入額(注)3
資本組入額
484円
資本組入額
484円
新株予約権の行使の条件
各新株予約権の一部行使はで 各新株予約権の一部行使はで
きない
きない
新株予約権の譲渡に関する事項
新株予約権は転換社債型新株 新株予約権は転換社債型新株
予約権付社債に付されたもの 予約権付社債に付されたもの
であり、社債からの分離譲渡 であり、社債からの分離譲渡
はできない
はできない
各新株予約権の行使に際して 各新株予約権の行使に際して
代用払込みに関する事項
は、各社債を出資するものと は、各社債を出資するものと
し、行使に際して払い込むべ し、行使に際して払い込むべ
き金額は、当該社債の額面金 き金額は、当該社債の額面金
額と同額とする 額と同額とする 組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
新株予約権付社債の残高
-
1,010百万円
- 38 -
-
1,010百万円
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(注)1.新株予約権の行使により当社が当社普通株式を交付する数は、行使請求に係る社債の額面金額の総数を下記
3.記載の転換価額で除した数とする。ただし、行使により生じる1株未満の端数は切り捨て、現金による調
整は行わない。新株予約権の行使により単元未満株式が発生する場合には、会社法に定める単元未満株式の買
取請求権が行使されたものとして現金により精算する。
2.新株予約権1個の行使に際して払込をなすべき額は、各社債の発行価額500万円と同額とする。
3.転換価額は、新株予約権付社債の発行後、当社が当社普通株式の時価を下回る払込金額で当社普通株式を発行
し又は当社の保有する当社普通株式を処分する場合には、次の算式により調整される。なお、次の算式におい
て、「既発行株式数」は当社の発行済普通株式(当社が保有するものを除く。)の総数をいう。
調 整 後
転換価額
=
調 整 前
転換価額
既発行
株式数
+
新発行又は
処分株式数
×
1株当たりの
払込金額
時価
×
既発行株式数+新発行又は処分株式数
また、転換価額は、当社普通株式の分割又は併合、当社普通株式の時価を下回る価額をもって当社普通株式の
交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付されるものを含む。)の発行が行われる場合その他一定
の事由が生じた場合にも適宜調整される。
4.①当社の選択による社債の繰上償還の場合は(繰上償還を受けないことが選択された各社債を除く。)、償還
日の3東京営業日前の日まで、②新株予約権付社債の所持人の選択による社債の繰上償還の場合は、償還通知
書が新株予約権付社債の要項に定める支払・新株予約権行使請求受付代理人に預託された時まで、③社債の買
入消却の場合は、当社が社債を消却した時又は当社の子会社が本社債を消却のため当社に交付した時まで、ま
た④社債の期限の利益の喪失の場合は、期限の利益の喪失時までとする。上記いずれの場合も、平成28年5月
18日(行使請求受付場所現地時間)より後に新株予約権を行使することはできず、また新株予約権付社債の要
項に従って当社の組織再編等を行うために必要な場合、それらの効力発生日から14日後以内の日に先立つ30日
以内の当社が指定する期間は、新株予約権を行使することはできない。「組織再編等」とは(ⅰ)合併(新設
合併又は当社が存続会社とならない吸収合併で、当該合併が当社の株主総会で承認された場合をいう。)、
(ⅱ)会社分割(新株予約権付社債に基づく当社の義務が分割先の会社に移転される当社の新設分割又は吸収
分割で、当該会社分割が当社の株主総会で承認された場合をいう。)(ⅲ)株式交換又は株式移転(当社が他
の会社の完全子会社となる株式交換又は株式移転で、当該株式交換又は株式移転が当社の株主総会で承認され
た場合をいう。)、(ⅳ)資産譲渡(当社の財産の全部又はこれと同視しうる財産の他の会社への売却又は移
転で、その条件に従って新株予約権付社債に基づく当社の義務が相手先に移転される場合をいう。)、並びに
(ⅴ)その他の日本法上の会社再編手続きで、これにより社債及び/又は新株予約権に基づく当社の義務が他
の会社に引き受けられることとなるものを総称していうものとする。なお、上記(ⅰ)、(ⅱ)及び(ⅲ)に
ついては、株主総会決議が不要の場合は、当該行為に関する取締役会決議がなされた場合をいうものとする。
5.本新株予約権付社債の所持人は、平成24年6月1日に本社債を額面金額の100%で繰上償還することを当社に
対して請求する権利を有しております。
6.上記5.の権利の行使により、平成24年6月1日に510百万円繰上償還され、繰上償還後の残高は500百万円と
なっております。
(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
該当事項はありません。
(4)【ライツプランの内容】
該当事項はありません。
- 39 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
年月日
発行済株式総
数増減数
(千株)
発行済株式総
数残高
(千株)
31,404
746,484
平成15年1月1日
(注)
資本金増減額
(百万円)
-
資本金残高
(百万円)
資本準備金増
減額
(百万円)
資本準備金残
高(百万円)
47,586
18,379
56,777
(注)株式交換による富士電機冷機株式会社(現富士電機リテイルシステムズ株式会社)の完全子会社化に伴う増加であ
ります。
(6)【所有者別状況】
平成24年3月31日現在
株式の状況(1単元の株式数1,000株)
区分
株主数(人)
所有株式数
(単元)
所有株式数の
割合(%)
政府及び地
方公共団体
金融機関
金融商品取
引業者
その他の法
人
単元未満株
式の状況
(株)
外国法人等
個人その他
個人以外
計
個人
-
69
79
555
326
24
53,802
54,855
-
246,879
18,485
137,608
111,585
208
228,982
743,747
-
33.19
2.49
18.50
15.00
0.03
30.79
100
-
2,737,957
-
(注)自己株式31,889,102株は、「個人その他」欄に31,889単元及び「単元未満株式の状況」欄に102株含めて記載して
おります。なお、自己株式31,889,102株は、株主名簿上の株式数であり、平成24年3月31日現在の実質保有株式数
は、31,888,102株であります。
- 40 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(7)【大株主の状況】
平成24年3月31日現在
氏名又は名称
所有株式数
(千株)
住所
発行済株式総数に
対する所有株式数
の割合(%)
富士通株式会社
神奈川県川崎市中原区上小田中四丁目1番1号
74,333
9.96
日本トラスティ・サービス信
託銀行株式会社(信託口)
東京都中央区晴海一丁目8番11号
49,262
6.60
日本マスタートラスト信託銀
行株式会社(信託口)
東京都港区浜松町二丁目11番3号
34,802
4.66
朝日生命保険相互会社
東京都千代田区大手町二丁目6番1号
23,266
3.12
株式会社みずほコーポレート
銀行
東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
22,254
2.98
東京都千代田区丸の内二丁目2番3号
13,422
1.80
ファナック株式会社
山梨県南都留郡忍野村忍草字古馬場3580番地
13,421
1.80
古河機械金属株式会社
東京都千代田区丸の内二丁目2番3号 11,025
1.48
株式会社損害保険ジャパン
東京都新宿区西新宿一丁目26番1号
9,851
1.32
富士電機社員持株会
東京都品川区大崎一丁目11番2号
8,476
1.14
260,114
34.85
古河電気工業株式会社
計
-
(注)1.富士通株式会社が保有する議決権の数の総株主の議決権の数に対する割合は10.44%であります。
2.日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)及び日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託
口)の所有株式は、信託業務に係る株式であります。
3.当社が所有する自己株式数は31,888千株であります。
4.三井住友信託銀行株式会社及び共同保有者2社から、各社連名で提出した平成24年4月18日付の大量保有報告
書の変更報告書の写しが当社に送付され、平成24年4月13日現在、以下のとおり各社共同で37,567千株(株式
所有割合5.03%)の当社株式を保有している旨の報告がありましたが、当社としては当事業年度末現在におけ
る所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
氏名又は名称
三井住友信託銀行株式会社
三井住友トラスト・アセットマネジ
住所
東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
東京都中央区八重洲二丁目3番1号
メント株式会社
日興アセットマネジメント株式会社
計
東京都港区赤坂九丁目7番1号
-
- 41 -
所有株式数
(千株)
発行済株式総数に
対する所有株式数
の割合(%)
24,850
3.33
2,608
0.35
10,109
1.35
37,567
5.03
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(8)【議決権の状況】
①【発行済株式】
平成24年3月31日現在
区分
株式数(株)
議決権の数(個)
内容
無議決権株式
-
-
-
議決権制限株式(自己株式等)
-
-
-
議決権制限株式(その他)
-
-
-
権利内容に何ら限定
(自己保有株式)
普通株式 31,888,000
(相互保有株式)
完全議決権株式(自己株式等)
-
のない当社における
標準となる株式であ
り、単元株式数は
1,000株であります。
普通株式 44,000
完全議決権株式(その他)
普通株式 711,815,000
711,815
同上
単元未満株式
普通株式 2,737,957
-
同上
746,484,957
-
-
711,815
-
発行済株式総数
総株主の議決権
-
(注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式102株が含まれております。
②【自己株式等】
平成24年3月31日現在
所有者の氏名又は名称
所有者の住所
(自己保有株式)
東京都品川区大崎
富士電機株式会社
一丁目11番2号
(相互保有株式)
東京都中央区日本
株式会社富士交易
橋三丁目13番5号
計
-
自己名義所有
株式数(株)
発行済株式総数に
対する所有株式数
の割合(%)
他人名義所有
株式数(株)
所有株式数の
合計(株)
31,888,000
-
31,888,000
4.27
44,000
-
44,000
0.01
31,932,000
-
31,932,000
4.28
(注)上記のほか、株主名簿上は当社名義となっているが、実質的に所有していない株式が1,000株(議決権の数1個)
あります。なお、当該株式は上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式に含まれており
ます。
(9)【ストックオプション制度の内容】
該当事項はありません。
- 42 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
2【自己株式の取得等の状況】
【株式の種類等】
会社法第155条第7号による普通株式の取得
(1)【株主総会決議による取得の状況】
該当事項はありません。
(2)【取締役会決議による取得の状況】
該当事項はありません。
(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
会社法第155条第7号による取得
区分
株式数(株)
当事業年度における取得自己株式
当期間における取得自己株式
価額の総額(円)
22,568
5,194,535
1,820
365,200
(注) 当期間における取得自己株式には、平成24年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取請求
による株式数は含めておりません。
(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
当事業年度
区分
株式数(株)
当期間
処分価額の総額
(円)
株式数(株)
処分価額の総額
(円)
引き受ける者の募集を行った取得自己株式
-
-
-
-
消却の処分を行った取得自己株式
-
-
-
-
合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
た取得自己株式
-
-
-
-
1,560
340,820
-
-
その他
(単元未満株式の売渡請求による売渡)
保有自己株式数
31,888,102
-
31,889,922
-
(注) 1.当期間における「その他(単元未満株式の売渡請求による売渡)」には、平成24年6月1日から有価証券報
告書提出日までの単元未満株式の売渡請求による株式数は含めておりません。 2.当期間における「保有自己株式数」には、平成24年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式
の買取請求及び単元未満株式の売渡請求による株式数は含めておりません。 - 43 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3【配当政策】
(1)剰余金の配当等の決定に関する方針
事業活動を通じて得られた利益は、連結株主資本に充当し、経営基盤の維持・強化を図ったうえで、中長期的
な視点に立って、研究開発、設備投資、人材資源などに向けた内部留保の確保を図るとともに、株主の皆様に還元
いたします。
剰余金の配当につきましては、以上の中長期的な事業サイクルを勘案し、安定的かつ継続的に実施することと
し、当事業年度の連結業績、今後の成長に向けた研究開発・設備投資計画及び経営環境等を総合的に勘案し、配当
金額を決定いたします。
自己株式の取得につきましては、キャッシュ・フローの状況等に応じ、剰余金の配当を補完する機動的な利益
還元策として位置付けております。
このほか、会社法第 459 条第 1 項各号に定める資本政策につきましても、連結株主資本充実の観点に基づき
実施いたします。
なお、当社は会社法第 459 条第 1 項各号に定める事項につきましては、取締役会のほか、株主総会の決議に
よって定めることができるものといたします。
(2)当事業年度の剰余金の配当
上記(1)の方針に基づき、当事業年度の剰余金の配当は、当事業年度及び翌事業年度の連結業績並びに財務
状況等を慎重に勘案し、本年5月24日開催の取締役会において、期末配当を1株当たり2円と決定させていただき
ました。
これに伴い、当事業年度における1株当たりの剰余金の配当は、中間配当を含め4円となります。
(注)1.当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。これらの剰
余金の配当の決定機関は、取締役会であります。
2.当社は、取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に
定めております。
3.当社は、会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことがで
きる旨を定款に定めております。
4.当期に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
決議年月日
配当金の総額(百万円)
1株当たり配当額(円)
平成23年10月27日
取締役会決議日
1,429
2.0
平成24年5月24日
取締役会決議日
1,429
2.0
- 44 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
4【株価の推移】
(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
回次
第132期
第133期
第134期
第135期
第136期
決算年月
平成20年3月
平成21年3月
平成22年3月
平成23年3月
平成24年3月
最高(円)
628
481
263
305
268
最低(円)
294
77
116
166
185
(注)株価は東京証券取引所(市場第一部)における市場相場であります。
(2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
月別
平成23年10月
11月
12月
平成24年1月
2月
3月
最高(円)
241
241
232
233
226
224
最低(円)
192
210
206
196
199
201
(注)株価は東京証券取引所(市場第一部)における市場相場であります。
- 45 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
5【役員の状況】
役名
職名
氏名
生年月日
略歴
任期
所有
株式数
(千株)
昭和49年4月 当社入社
平成10年4月 ユー・エス・富士電機社取締役社長
平成13年6月 富士電機画像デバイス㈱代表取締役社長
平成15年10月 富士電機デバイステクノロジー㈱取締役
代表取締役
取締役社長
経営統括
北澤
通宏
昭和27年
2月10日生
平成16年6月 同社常務取締役
平成18年6月 同社専務取締役
平成20年4月 当社シニアエグゼクティブオフィサー
(注)3
166
(注)3
63
(注)3
111
(注)3
42
(注)3
19
(注)3
-
平成20年6月 当社代表取締役(現在に至る)
当社取締役副社長
平成22年4月 当社取締役社長(現在に至る)
平成23年4月 当社執行役員社長(現在に至る) 昭和53年4月 当社入社
平成13年8月 当社電機システムカンパニー電力システム本
部火力事業部海外部長
平成20年4月 富士電機システムズ㈱取締役
平成21年4月 同社常務取締役
社長補佐
代表取締役
営業統括
奥野
嘉夫
海外事業本部長
昭和30年
3月30日生
同社ドライブ事業本部長
平成22年4月 同社取締役執行役員副社長
同社営業本部長
平成23年4月 当社執行役員常務
平成23年6月 当社取締役
平成24年4月 当社執行役員副社長(現在に至る)
平成24年6月 当社代表取締役(現在に至る)
昭和49年4月 当社入社
平成15年10月 富士電機デバイステクノロジー㈱
半導体事業本部産業事業部長
社長補佐
代表取締役 経営企画本部長
輸出管理室長
コンプライアンス
平成16年6月 同社取締役 重兼
壽夫
昭和26年
1月6日生
平成18年6月 同社常務取締役 平成20年4月 同社取締役副社長
平成20年6月 同社代表取締役社長
担当
当社取締役
危機管理担当
平成21年6月 当社シニアエグゼクティブオフィサー
平成23年4月 当社執行役員専務
平成24年4月 当社執行役員副社長(現在に至る)
平成24年6月 当社代表取締役(現在に至る)
昭和42年4月 富士通信機製造㈱(現富士通㈱)入社
平成11年6月 同社取締役
平成13年4月 同社常務取締役
社外取締役
黒川
博昭
昭和18年
4月9日生
平成14年6月 同社常務執行役
平成15年4月 同社経営執行役副社長
平成15年6月 同社代表取締役社長
平成20年6月 同社相談役(現在に至る)
当社社外取締役(現在に至る) 昭和59年9月 東京大学生産技術研究所教授
平成7年4月 同所所長
社外取締役
鈴木
基之
昭和16年
2月7日生
平成13年5月 東京大学名誉教授(現在に至る)
平成15年4月 放送大学教授
平成17年1月 環境省中央環境審議会会長(現在に至る)
平成22年6月 当社社外取締役(現在に至る)
平成23年4月 放送大学客員教授(現在に至る)
昭和48年4月 ㈱第一勧業銀行入行
平成13年6月 同行執行役員
平成14年4月 ㈱みずほコーポレート銀行執行役員
社外取締役
沖本
隆史
昭和25年
11月14日生
平成14年10月 同行常務執行役員
平成17年4月 同行取締役副頭取
平成19年6月 ㈱オリエントコーポレーション
代表取締役会長 兼 会長執行役員
平成23年6月 清和綜合建物㈱会長(現在に至る)
平成24年6月 当社社外取締役(現在に至る)
- 46 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
役名
職名
氏名
2012/06/26 9:29:54
生年月日
略歴
任期
所有
株式数
(千株)
昭和47年4月 当社入社
平成12年4月 当社電機システムカンパニー
エネルギー製作所火力設計部長
取締役 生産・調達本部長 安部
道雄
昭和28年
6月7日生
平成21年7月 当社エグゼクティブオフィサー
当社ものつくり戦略室長
平成22年4月 当社シニアエブゼクティブオフィサー
(注)3
63
(注)3
98
(注)3
75
平成22年6月 当社取締役(現在に至る)
平成23年4月 当社執行役員常務
平成24年4月 当社執行役員専務(現在に至る)
昭和50年4月 通商産業省入省
平成元年5月 同省通商政策局中東アフリカ室長
平成13年7月 経済産業省大臣官房審議官
平成14年7月 同省退官
取締役 渉外・マーケティ
ング担当
濵田
隆道
昭和25年
平成14年10月 東京工業品取引所専務理事
平成18年5月 ㈶ベンチャーエンタープライズセンター
8月14日生
理事長
平成20年6月 当社取締役
当社シニアエグゼクティブオフィサー
平成23年4月 当社執行役員専務(現在に至る)
平成23年6月 当社取締役退任
平成24年6月 当社取締役(現在に至る)
昭和47年4月 当社入社
平成7年6月 当社電力事業本部水力事業部技術部長
平成19年7月 富士電機システムズ㈱取締役
電力・社会インフ
取締役 ラ事業本部長
建設業法担当
米山
直人
昭和24年
9月24日生
同社発電プラント本部長
平成22年4月 同社取締役執行役員
同社エネルギーソリューション本部長
平成23年4月 当社執行役員
平成23年6月 当社取締役(現在に至る)
平成24年4月 当社執行役員常務(現在に至る)
- 47 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
役名
職名
氏名
2012/06/26 9:29:54
生年月日
略歴
所有
株式数
(千株)
任期
昭和47年4月 当社入社
平成11年7月 当社電機事業本部事業統括部人事部長
平成13年7月 富士電機システムズ㈱取締役
常勤監査役
平田
敬一
昭和23年
9月22日生
平成15年10月 同社執行役員常務
平成16年6月 富士電機工事㈱(現富士古河E&C㈱)
常務取締役
(注)4
72
(注)5
27
(注)4
14
(注)4
-
(注)4
-
750
平成17年6月 同社専務取締役
平成20年6月 当社常勤監査役(現在に至る)
昭和50年4月 当社入社
常勤監査役
篠崎
俊夫
昭和26年
9月27日生
平成6年9月 当社営業推進本部営業企画部長
平成14年4月 当社財務計画室グループ資金部長
平成19年4月 富士電機フィアス㈱代表取締役社長
平成19年6月 富士物流㈱取締役
平成22年6月 当社常勤監査役(現在に至る)
社外監査役
伊藤
隆彦
昭和26年
7月24日生
昭和49年4月 古河電気工業㈱入社
平成15年6月 同社執行役員 人事部長
平成17年6月 古河ライフサービス㈱取締役社長
平成20年6月 古河電気工業㈱常勤監査役(現在に至る)
平成21年6月 当社社外監査役(現在に至る)
昭和47年4月 朝日生命保険(相)入社
平成15年4月 同社執行役員
社外監査役
佐藤
美樹
昭和24年
12月5日生
平成16年4月 同社常務執行役員
平成16年7月 同社取締役常務執行役員
平成20年7月 同社代表取締役社長(現在に至る)
平成24年6月 当社社外監査役(現在に至る)
昭和48年4月 弁護士登録(第一東京弁護士会)
昭和52年1月 西村小松友常法律事務所(現アンダーソン・
毛利・友常法律事務所)パートナー
社外監査役
木村
昭和22年
明子
4月17日生
平成9年10月 大蔵省外国為替等審議会委員
平成13年1月 財務省関税・外国為替等審議会委員
平成23年1月 アンダーソン・毛利・友常法律事務所顧問
(現在に至る)
平成24年6月 当社社外監査役(現在に至る)
計
(注)1.取締役 黒川博昭、鈴木基之、沖本隆史の3氏は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。
2.監査役 伊藤隆彦、佐藤美樹、木村明子の3氏は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。
3.取締役の任期は、平成25年6月開催予定の定時株主総会終結の時までであります。
4.監査役 平田敬一、伊藤隆彦、佐藤美樹、木村明子の4氏の任期は、平成28年6月開催予定の定時株主総会終
5
結の時までであります。
監査役 篠崎俊夫氏の任期は、平成26年6月開催予定の定時株主総会終結の時までであります。
- 48 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
(1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
1) コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
富士電機は、基本理念を次のとおり定めております。
富士電機は、地球社会の良き企業市民として、地域、顧客、パートナーとの信頼関係を深め、誠実にその使命
を果たします
●豊かさへの貢献 ●創造への挑戦 ●自然との調和
この基本理念の実現に向けて、当社のコーポレート・ガバナンス体制は経営監督、重要な意思決定の機能を担う
「取締役会」、経営監査の機能を担う「監査役」・「監査役会」を設置しております。
これらの経営監督、経営監査機能の強化に向け、社外役員を積極的に招聘し、客観的視点から経営監督、経営監
査の役割を担っていただくとともに、富士電機の経営全般に対し、多角的視点から有用な助言・提言をいただくこ
とにより経営判断の妥当性の確保を図っております。
また、これらの機能・役割が十分発揮されるよう、社外役員候補者の決定に際しては、候補者本人及びその出身
元の会社等との人的関係、資本的関係、取引関係等を勘案し、当社からの独立性が保たれた社外役員構成といたし
ます。
その他、業務執行機能の強化に向け、執行役員制度を採用しております。
2) コーポレート・ガバナンス体制の概要とその体制を採用する理由
当社のコーポレート・ガバナンス体制は経営監督、重要な意思決定の機能を担う「取締役会」、経営監査の機能
を担う「監査役」・「監査役会」を設置しております。
これらの経営監督、経営監査機能の強化に向け、取締役・監査役14名のうち6名を社外役員とし、客観的視点か
ら経営監督、経営監査の役割を担っていただくともに、富士電機の経営全般に対し、多角的視点から有用な助言・
提言をいただくことにより経営判断の妥当性の確保を図っております。
また、業務執行機能の強化に向け、執行役員制度を採用しております。
各機関においては、その機能・役割を果たすべく次のとおり運営しております。
■取締役会
富士電機の経営監督と意思決定の機能を担っており、その構成員は9名中、3名を社外取締役としております。
社外取締役は、製造業や金融機関の経営経験者、富士電機の事業に関連の深い学術領域の専門家といった富士電
機の経営に対する理解と、多面的な経営判断に必要な見識・経験を備えた人物に就任いただき、経営監督機能の強
化及び業務執行に係る意思決定の妥当性・適正性の確保の役割を担っております。
なお、取締役の事業年度に関する経営責任の明確化、及び環境変化に迅速に対応できる経営体制とするために、
取締役の任期は1年としております。
■執行役員
富士電機の業務執行の機能を担っており、代表取締役からの委任を受け、取締役と同様に善管注意義務を負い、
任期は1年としております。
取締役会決議により各々の業務担当を定め、責任の明確化及び業務執行の効率化を図っております。
■監査役・監査役会
富士電機の経営監査の機能を担っており、その構成員は5名中、3名を社外監査役としております。
社外監査役は、法律専門家、金融機関の経営経験者、上場企業の常勤監査役といった富士電機の経営に対する理
解と、監査に必要な専門知識・経験を備えた人物に就任いただき、経営監査機能の強化の役割を担うとともに、取
締役会等において経営全般について助言・提言をいただくことにより、社外取締役とともに業務執行に係る意思決
定の妥当性・適正性確保の役割を担っております。
監査役の機能強化に向けた取り組みは次のとおりであります。
・内部統制システム整備に関する基本方針に基づき、職務執行に必要な場合は内部監査部門または経営企画部門
の使用人に補助を求めることができます。
・職務執行において十分な情報を収集し得るため、社内規程を制定し、業務執行上の意思決定に関する重要な会
議への出席の機会の確保、監査役に対する定期報告及び重要書類の回付等、業務執行に係る情報収集の確保を
図ります。
- 49 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
・当社及び会社法上の大会社である子会社の監査役から構成される会議体並びに監査役、内部監査部門及び会計
監査人から構成される会議体において、各監査機能の連携強化を図り、富士電機全体の監査の実効性の確保を
図ります。
・当社の監査役は次のとおり監査に必要な相当程度の知見を有しております。
平田 敬一氏:人事労務をはじめ管理部門全般に関する知見
篠崎 俊夫氏:財務会計をはじめ管理部門全般に関する知見
伊藤 隆彦氏:財務会計、人事労務をはじめ管理部門全般に関する知見
佐藤 美樹氏:財務会計をはじめ企業経営全般に関する知見
木村 明子氏:法務、財務会計に関する知見
■その他業務執行、監督機能の充実に向けた具体的施策
・「経営会議」の設置
執行役員および使用人の職務と権限を定めた社内規程を制定し、その運営の中心となる仕組みの一つとして、
当社の代表取締役社長の諮問機関である「経営会議」を設置しております。
「経営会議」は執行役員から構成され、加えて当社の常勤監査役が常時出席することとしています。
・会社役員の報酬の決定に関する方針の明確化
経営者報酬の客観性・透明性を確保するため、取締役会決議及び監査役の協議により取締役・監査役の報酬等
の内容の決定に関する方針を定めるとともに、当該方針に基づき平成19年6月26日開催の第131回定時株主総
会にてご承認いただいた範囲内で会社役員の報酬等を支給しております。
■各社外取締役及び社外監査役につき、提出会社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
<社外取締役>
・黒川 博昭氏:
当社は、同氏が相談役を務める富士通㈱との間に次の関係があります。
‐平成24年3月31日現在、当社は同社発行済株式の総数の10.38%(退職給付信託を含む)を保有しており、同
社は当社発行済株式の総数の9.96%保有しております。
‐当社出身者1名が同社の社外取締役に就任しております。
‐同社と当社との間には取引関係があり、平成23年度における取引金額は約20億円です。
・鈴木 基之氏:
同氏と当社との間に記載すべき関係はありません。
・沖本 隆史氏:
当社は、同氏が取締役副頭取を務めていた㈱みずほコーポレート銀行との間に次の関係があります。
‐平成24年3月31日現在、同社は当社発行済株式の総数の2.98%保有しております。
‐同社と当社との間には金銭借入等の取引関係があり、平成23年度末における借入金残高は約284億円です。
<社外監査役>
・伊藤 隆彦氏:
当社は、同氏が常勤監査役を務める古河電気工業㈱との間に次の関係があります。
‐平成24年3月31日現在、当社は同社発行済株式の総数の1.56%保有しており、同社は当社発行済株式の総数
の1.80%保有しております。
‐同社と当社との間には取引関係があり、平成23年度における取引金額は約9億円です。
・佐藤 美樹氏:
当社は、同氏が代表取締役社長を務める朝日生命保険(相)との間に次の関係があります。
‐平成24年3月31日現在、当社は同社基金の総額の0.60%に相当する金額を拠出しており、同社は当社発行済
株式の総数の3.12%保有しております。
‐同社と当社との間には金銭借入等の取引関係があり、平成23年度末における借入金残高は約46億円です。
・木村 明子氏:
同氏と当社との間に記載すべき関係はありません。
- 50 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3)内部統制システムの整備の状況
当社は、会社法第362条第5項の規定に基づき、取締役会において同条第4項第6号並びに会社法施行規則第100
条第1項各号及び第3項各号に定める体制(内部統制システム)の整備について、次のとおり決議しております。
(1)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
① 次のコーポレート・ガバナンス体制により、経営の透明性、健全性の確保を図ります。
-経営責任の明確化と、経営環境の変化への迅速な対応を図るため、富士電機各社の取締役の任期を1年と
します。
-当社は、経営監督及び経営監査機能の強化、及び重要な業務執行に係る経営判断の妥当性の確保を図るた
め、これにふさわしい資質を備えた社外役員を招聘します。
②
富士電機各社の経営者は、社員に対し、富士電機共通の経営理念、及び全役職員の行動規範である企業行
動基準の精神を繰り返し説き、その徹底を図ります。
③
業務執行の透明性、健全性の確保を図るため、社内規程に基づき、次のとおりコンプライアンス体制を確
立、推進します。
-当社の代表取締役が委員長を務める遵法推進委員会にて、富士電機を取り巻く法令・社会的規範の遵守徹
底を図ります。
-規制法令毎に社内ルール、監視、監査、教育の各側面において役割、責任を明確としたコンプライアンス
プログラムを制定し、年間計画に基づき実施します。 -富士電機各社の全常勤役員はコンプライアンス研修に参加します。 -通常の業務ラインとは独立したルートを通じて、富士電機各社の使用人から当社の社長への通報を容易に
する内部者通報制度を設置し、法令、定款、社内ルールに違反する行為の未然防止及び早期発見を図りま
す。
-上記のコンプライアンス体制により、富士電機各社は市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力
及び団体の排除に向け、組織的な対応を図ります。
④
社長直轄の内部監査部門を設置し、子会社を含めた内部監査を実施します。また、内部監査の実効性を確
保するため、当社及び子会社の内部監査部門から構成される会議体において、各々の活動内容の共有化等を
図ります。
(2)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
富士電機の重要な業務執行に係る記録等を富士電機各社において確実に保存、管理し、取締役及び監査役が
当該記録等の内容を知り得ることを保証するため社内規程を制定します。当該規程において、当該記録等の保
存及び保管に係る責任者、取締役及び監査役に対する閲覧等の措置等を定めます。また、当該規程の制定、改
廃においては当社の監査役と事前に協議することとします。
(3)損失の危険の管理に関する規程その他の体制
① 富士電機の事業上のリスクを組織的かつ体系的に管理するため社内規程を制定し、当該規程に基づき富士
電機各社は適切なリスク管理体制を整備するとともに、横断的な特定のリスクについては、リスク毎に当社
の担当部署を定め、富士電機全体としてリスク管理体制を整備します。
②
大規模災害等の危機発生時の被害極小化を図るため、緊急時対応のマニュアルを制定します。当該マニュ
アルにおいて、危機管理担当役員、緊急事態発生時の会議体制及び対策本部の設置等を定めます。
③
内部監査部門は、自社及び子会社におけるリスク管理の状況を監査し、その結果を社長に報告します。
(4)取締役の職務の執行が効率的に行われていることを確保するための体制
① 執行役員制度を採用し、経営と執行の分離、及び意思決定の迅速化を図るとともに、取締役会決議により
各執行役員の業務分担を明確にします。
また、執行役員及び使用人の職務と権限を定めた社内規程を制定し、業務執行に係る意思決定に関する権
限と責任の所在を明確とします。
当社社長の諮問機関として、執行役員等から構成される常設機関の経営会議を設置し、富士電機全体の経
②
営に関する重要事項の審議、報告を行います。当社の代表取締役は、必要に応じ経営会議における審議また
は報告の概要を、当社の取締役会に報告することとします。
③
各年度及び中期の富士電機の経営計画を策定し、共有化を図るとともに、毎月、経営会議及び当社の取締
役会にて事業部門毎に進捗状況を確認し、評価、見直しを行います。
(5)財務報告の信頼性を確保するための体制
金融商品取引法に定める財務計算に関する書類その他の情報の適正性を確保するため、社内規程を制定し、
当該規程に基づき、富士電機各社は財務報告に係る内部統制の構築、評価及び報告に関し適切な運営を図ると
ともに、その評価結果を各社の取締役会に報告します。
- 51 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(6)当社及び富士電機における業務の適正を確保するための体制
① 富士電機各社の業務執行に関する権限及び責任を定めた社内規程を制定し、当該規程に基づき、組織的か
つ能率的な運営を図ります。
② 当社は富士電機全体の企業価値の最大化に向けて、上記の各項目のとおり、富士電機全体の視点から業務
の適正を確保するための体制の整備を図ります。
また、当社は、子会社及び関連会社に対し会社法に定める業務の適正を確保するための体制の整備に関す
る基本方針の決定を求め、それらの実効性の確保を図ります。
(7)監査役の職務を補助すべき使用人及びその使用人の取締役からの独立性に関する事項 監査役は、その職務執行において必要に応じて内部監査部門または経営企画部門の使用人に補助を求めるこ
とができ、当該使用人は当該補助業務を取締役の指揮命令から独立して行うこととします。
(8)取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する事項
監査役が、その職務執行において十分な情報を収集し得るため社内規程を制定し、当該規程において、業務
執行上の意思決定に関する重要な会議への監査役の出席の機会の確保、監査役に対する定期報告及び重要書類
の回付等、取締役の職務の執行に係る情報収集を可能とする具体的手段を定めます。
(9)その他の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
①
②
当社は富士電機の経営に対する理解と、監査に必要な専門知識・経験を備えた社外監査役を招聘します。
当社及び会社法上の大会社である子会社の監査役から構成される会議体並びに監査役、内部監査部門及び
会計監査人から構成される会議体において、各監査機能の連携強化を図り、富士電機全体の監査の実効性の
確保を図ります。
- 52 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
なお、内部統制システムの概要を含むコーポレート・ガバナンス体制は次のとおりであります。
- 53 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
4) 責任限定契約の締結内容の概要
当社は、法令及び定款に基づき、各社外取締役及び各社外監査役との間に、当社に対し賠償責任を負うべき場合
において、その職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、600万円又は会社法に定める最低責任限度
額のいずれか高い額を限度として当社に対する損害賠償責任を負担する旨の契約を締結しております。
当該契約においては、契約締結後も、社外役員としての善管注意義務をつくし、誠実にその職務を遂行する旨の
条項を定め、社外役員の職務の適正性の確保を図っております。
5) 監査役監査及び内部監査の状況
各監査役は、監査役会が定めた監査役監査基準に準拠し、監査の方針、業務の分担等に従い、取締役会その他重
要な会議に出席するほか、取締役、内部監査部門等から職務の執行状況を聴取し、重要な決裁書類等を閲覧し、主
要な事業所における業務及び財産の状況等を調査し、必要に応じて子会社からの営業の報告を求めるなどにより監
査を実施しています。また、当社及び会社法上の大会社である子会社の監査役から構成される会議体並びに監査
役、内部監査部門及び会計監査人から構成される会議体において、各監査機能の連携強化を図り、富士電機全体の
監査の実効性の確保を図っています。
内部監査は、当社及び子会社に設置した各社の社長直轄の内部監査部門が、それぞれの内部監査基準、年間の監
査計画に基づき、各部門、各事業所及び子会社における業務及び財産の状況等を調査するなどにより実施していま
す。また、富士電機全体の内部監査の実効性を確保するため、当社及び各子会社の内部監査部門で構成される会議
体によってその活動の共有化を図っています。当社の内部監査部門である監査室は18名の人員で運営しています。
なお、これらの監査については、社外取締役及び社外監査役に対して、取締役会及び監査役会において適宜報告
がなされ、多面的視点から有用な助言・提言をいただいています。
6) 役員報酬等
イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
報酬等の種類別の総額
(百万円)
対象となる
報酬等の総額
役員の員数
役員区分
(百万円)
(人)
定額報酬 業績連動報酬
取締役
(社外取締役を除く。)
監査役
(社外監査役を除く。)
社外役員
344
293
51
11
58
58
-
2
43
43
-
6
(注)1.上記には、平成23年6月24日開催の第135回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役3名(う
ち社外取締役0名)を含んでおります。
2.取締役に対する支給額には、平成22年度に係る業績連動報酬の支給額を含んでおります。
3.上記のほか、使用人兼務取締役(4名)に対する使用人分給与として36百万円支給しております。
4.上記の「取締役および監査役の報酬等の内容の決定に関する方針」に記載のとおり、常勤取締役につ
いては、定額報酬の一部について、役員持株会への拠出による自社株式の取得を義務付けております
が、当該義務及び任意による役員持株会への拠出額、及び自社株式の取得持分は次のとおりです。
役員持株会への拠出額(百万円)
取得株式持分(千株)
取締役
36
177
監査役
8
36
ロ.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等
連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
- 54 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
ハ.役員の報酬等の額の決定に関する方針
当社は取締役会決議により、次のとおり取締役及び監査役の報酬等の内容の決定に関する方針を定めておりま
す。
当社の取締役、監査役の報酬等は、株主の皆様の負託に応えるべく、優秀な人材の確保・維持、業績向上への
インセンティブの観点を考慮し、それぞれの職責に見合った報酬体系、報酬水準といたします。
これらの体系、水準については、経営環境の変化や外部の客観データ等を勘案しながら、その妥当性や見直し
の必要性を常に検証いたします。
①常勤取締役
各年度の連結業績の向上、並びに中長期的な企業価値向上の職責を負うことから、その報酬等は、次のと
おりの構成、運用といたします。
ⅰ.定額報酬
役位に応じて、予め定められた固定額を支給するものといたします。
また、株主の皆様と利害を共有し、株価を意識した経営のインセンティブとするため、役位に応じ本報
酬額の一部の役員持株会への拠出を義務付けます。
ⅱ.業績連動報酬
株主の皆様に剰余金の配当を実施する場合に限り支給するものとし、その総支給額は、各年度の連結業
績との連動性をより明確とするため、支給日の前事業年度の連結当期純利益の1.0%以内といたします。
②社外取締役及び監査役
社外取締役及び監査役は、富士電機全体の職務執行の監督または監査の職責を負うことから、その報酬等
は、定額報酬として、役位に応じて予め定められた固定額を支給するものといたします。
なお、社外取締役及び監査役の自社株式の取得は任意といたします。
7) 株式の保有状況
イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
228銘柄
90,625百万円
ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
前事業年度
特定投資株式
銘柄
株式数(千株)
貸借対照表計上額
(百万円)
保有目的
当社の通信機部門を分離して発行会社(当時
富士通㈱
ファナック㈱
93,250
43,827
718
9,047
富士
通信機製造株式会社)を設立。
以後、協力関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
当社の子会社(平成23年4月1日、当社に吸収合
月島機械㈱
5,597
4,449
併)と発行会社が業務提携契約の締結に至り、本提
携を強固なものとするため取得し、以後、協力関係
の維持・強化を図るため保有。
古河電気工業㈱
川崎重工業㈱
11,000
3,696
7,645
2,798
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
技術・営業の両面における提携関係を強化するため
フジテック㈱
5,089
2,244
東海旅客鉄道㈱
2
1,456
信越化学工業㈱
328
1,357
北陸電力㈱
549
1,035
- 55 -
取得し、以後、協力関係の維持・強化を図るため保
有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
11793800_有価証券報告書_20120626092925
銘柄
㈱ADEKA
東光電気㈱
株式数(千株)
1,270
1,996
2012/06/26 9:29:54
貸借対照表計上額
(百万円)
1,029
930
保有目的
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
技術・営業の両面における提携関係を強化するため
取得し、以後、協力関係の維持・強化を図るため保
有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
横浜ゴム㈱
2,302
927
古河機械金属㈱
8,620
741
㈱日本製鋼所
1,000
651
東北電力㈱
378
531
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
北海道電力㈱
308
497
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
能美防災㈱
855
457
3,015
404
㈱三菱UFJフィナンシ
ャル・グループ
978
375
金銭借入等の取引関係があり、当該関係の維持・
強化を図るため保有。
関東電化工業㈱
600
370
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
1
321
155
287
55
254
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
323
247
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
1,771
244
旭化成㈱
317
178
中国電力㈱
114
176
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
関西電力㈱
93
170
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
京成電鉄㈱
300
143
173
133
FDK㈱
西日本旅客鉄道㈱
中部電力㈱
東日本旅客鉄道㈱
日本ゼオン㈱
㈱みずほフィナンシャル
グループ
㈱山口フィナンシャルグ
ループ
- 56 -
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
金銭借入等の取引関係があり、当該関係の維持・強
化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
金銭借入等の取引関係があり、当該関係の維持・強
化を図るため保有。
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
みなし保有株式
銘柄
富士通㈱
株式数(千株)
2,707
貸借対照表計上額
(百万円)
1,272
当社が有する権限の内容
議決権行使の指図権
(注) 1. 貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算していませ
ん。
2.みなし保有株式の貸借対照表計上額は、前事業年度末の時価に議決権行使権限の対象となる株式数を
乗じた金額を記載しております。
当事業年度
特定投資株式
銘柄
株式数(千株)
貸借対照表計上額
(百万円)
保有目的
当社の通信機部門を分離して発行会社(当時
富士通㈱
ファナック㈱
109,098
47,566
718
10,549
月島機械㈱
5,597
4,091
フジテック㈱
5,089
2,778
富士
通信機製造株式会社)を設立。
以後、協力関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
当社の子会社(平成23年4月1日、当社に吸収合
併)と発行会社が業務提携契約の締結に至り、本提
携を強固なものとするため取得し、以後、協力関係
の維持・強化を図るため保有。
技術・営業の両面における提携関係を強化するため
取得し、以後、協力関係の維持・強化を図るため保
有。
11,000
2,420
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
7,703
1,948
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
信越化学工業㈱
328
1,568
東海旅客鉄道㈱
2
1,507
横浜ゴム㈱
2,302
1,372
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
㈱ADEKA
1,317
1.035
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
549
822
古河電気工業㈱
川崎重工業㈱
北陸電力㈱
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
技術・営業の両面における提携関係を強化するため
東光電気㈱
1,999
727
古河機械金属㈱
8,620
689
㈱日本製鋼所
1,000
567
㈱日伝
247
549
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
能美防災㈱
868
492
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
978
402
㈱三菱UFJフィナンシ
ャル・グループ
- 57 -
取得し、以後、協力関係の維持・強化を図るため保
有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
金銭借入等の取引関係があり、当該関係の維持・
強化を図るため保有。
11793800_有価証券報告書_20120626092925
銘柄
株式数(千株)
2012/06/26 9:29:54
貸借対照表計上額
(百万円)
保有目的
北海道電力㈱
308
374
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
東北電力㈱
378
356
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
2,609
352
100
332
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
3,395
298
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
55
286
日本ゼオン㈱
323
247
中部電力㈱
155
232
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
京成電鉄㈱
300
192
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
電源開発㈱
84
188
関東電化工業㈱
600
183
中国電力㈱
114
176
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
旭化成㈱
317
162
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
㈱みずほフィナンシャル
グループ
西日本旅客鉄道㈱
FDK㈱
東日本旅客鉄道㈱
金銭借入等の取引関係があり、当該関係の維持・強
化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
製品及びシステムの販売並びに工事請負等の取引関
係があり、当該関係の維持・強化を図るため保有。
みなし保有株式
銘柄
株式数(千株)
富士通㈱
105,718
貸借対照表計上額
(百万円)
46,093
当社が有する権限の内容
議決権行使の指図権
(注) 1. 貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算していませ
ん。
2.みなし保有株式の貸借対照表計上額は、当事業年度末の時価に議決権行使権限の対象となる株式数を
乗じた金額を記載しております。
ハ.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに
当事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
該当事項はありません。
ニ.投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計上
額
該当事項はありません。
ホ.投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したものの銘柄、株式数、貸借対照表計上
額
該当事項はありません。
- 58 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
8) 会計監査の状況
当社の会計監査業務を執行した公認会計士及びその所属する監査法人並びに継続監査年数等は次のとおりであり
ます。
公認会計士の氏名等
種本
所属する監査法人名
勇
那須伸裕
業務執行社員
新日本有限責任監査法人
由良知久
伊藤正広
(注)継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
監査業務に係る補助者の構成は次のとおりであります。
公認会計士24名
会計士補等15名
その他
-名
9) 取締役の定数 当社の取締役は15名以内とする旨を定款に定めております。
10) 取締役の選任の決議要件 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。
また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
11) 剰余金の配当等の決定機関 当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
き、取締役会の決議によって定めることができる旨を定款に定めております。これは、機動的な配当政策及び資本
政策の遂行を図るためであります。
12)
取締役及び監査役の責任免除
当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役及び監査役の同法第423条第1項の責任について、善意でか
つ重大な過失がないときは、取締役会の決議によって、法令で定める限度額の範囲内で、その責任を免除すること
ができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役の人材確保並びに積極的な職務遂行を可能とする
ためであります。
13) 株主総会の特別決議要件
当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めておりま
す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的
とするものであります。
- 59 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(2)【監査報酬の内容等】
①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
前連結会計年度
区分
監査証明業務に基づく
報酬(百万円)
提出会社
連結子会社
計
当連結会計年度
非監査業務に基づく報
酬(百万円)
監査証明業務に基づく
報酬(百万円)
非監査業務に基づく報
酬(百万円)
68
3
159
-
249
21
152
25
318
24
311
25
②【その他重要な報酬の内容】
該当事項はありません。
③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
(前連結会計年度)
当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容としましては、国際財務報告基準に関
する助言業務があります。
(当連結会計年度)
該当事項はありません。
④【監査報酬の決定方針】
該当事項はありません。
- 60 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
第5【経理の状況】
1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
に基づいて作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
いて作成しております。
2.監査証明について
当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成23年4月1日から平成24年3月
31日まで)の連結財務諸表並びに第136期事業年度(平成23年4月1日から平成24年3月31日まで)の財務諸表につ
いて、新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて
当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
容を適切に把握し、会計基準の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務
会計基準機構へ加入しております。
4.被合併会社の財務諸表及び監査証明について
当社は、平成23年4月1日に富士電機システムズ㈱と合併したため、同社の第46期事業年度(平成22年4月1日か
ら平成23年3月31日まで)の財務諸表を記載しており、また、平成23年7月1日に富士電機デバイステクノロジー㈱
と合併したため、同社の第8期事業年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日)の財務諸表を記載しておりま
す。
当該2社の財務諸表は、財務諸表等規則に基づいて作成しており、また、金融商品取引法第193条の2第1項の規
定に基づき、新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
- 61 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
(単位:百万円)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
資産の部
流動資産
現金及び預金
受取手形及び売掛金
商品及び製品
仕掛品
原材料及び貯蔵品
繰延税金資産
その他
貸倒引当金
※1
※4
流動資産合計
固定資産
有形固定資産
建物及び構築物(純額)
機械装置及び運搬具(純額)
工具、器具及び備品(純額)
土地
リース資産(純額)
建設仮勘定
有形固定資産合計
※1,※2
無形固定資産
投資その他の資産
投資有価証券
長期貸付金
前払年金費用
繰延税金資産
その他
貸倒引当金
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
81,883
197,350
37,935
41,132
30,383
15,849
39,050
△561
※1
443,024
453,197
75,039
30,491
3,895
27,697
27,535
1,271
71,835
22,649
3,674
26,623
28,758
4,898
165,931
※1,※2
10,146
※1,※3
投資その他の資産合計
固定資産合計
64,323
199,677
40,860
62,129
30,323
20,131
36,587
△836
129,333
2,037
43,444
4,634
8,556
△1,421
158,439
11,181
※1,※3
125,592
1,530
31,459
4,319
8,493
△1,482
186,584
169,911
362,662
339,532
繰延資産
109
117
資産合計
805,797
792,848
- 62 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位:百万円)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
負債の部
流動負債
支払手形及び買掛金
短期借入金
コマーシャル・ペーパー
1年内償還予定の社債
リース債務
未払費用
未払法人税等
前受金
その他
※1
※1
流動負債合計
固定負債
社債
長期借入金
リース債務
繰延税金負債
退職給付引当金
役員退職慰労引当金
その他
※1
固定負債合計
負債合計
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
為替換算調整勘定
その他の包括利益累計額合計
少数株主持分
純資産合計
負債純資産合計
- 63 -
134,686
87,850
-
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
40,000
9,608
36,178
2,416
37,539
56,618
136,466
108,062
10,000
60,000
11,102
36,423
1,905
46,575
55,277
404,898
465,814
71,010
75,158
23,228
38,263
12,647
365
5,289
※1
※1
※1
31,010
46,792
22,521
26,814
10,849
375
5,453
225,963
143,816
630,861
609,630
47,586
46,734
54,378
△7,106
47,586
46,734
63,438
△7,110
141,592
150,648
19,895
4
△6,136
18,848
△81
△5,838
13,762
12,928
19,580
19,640
174,935
183,217
805,797
792,848
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】
(単位:百万円)
(自
至
売上高
売上原価
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
689,065
543,557
※6,※7
売上総利益
当連結会計年度
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
703,534
546,688
※6,※7
145,507
販売費及び一般管理費
133,590
※1,※6
営業利益
19,252
253
2,660
2,144
1,392
225
2,418
2,382
2,198
6,450
7,223
5,585
4,390
1,165
4,937
1,026
1,958
11,141
7,922
7,225
18,554
営業外収益合計
営業外費用
支払利息
為替差損
その他
経常利益
特別利益
固定資産売却益
投資有価証券売却益
子会社株式売却益
232
30,760
539
※2
特別利益合計
137,592
11,917
営業外収益
受取利息
受取配当金
持分法による投資利益
その他
営業外費用合計
156,845
※1,※6
2,081
290
-
※2
31,531
特別損失
固定資産処分損
投資有価証券評価損
年金資産消失損
生産拠点等統合費用
災害による損失
資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
減損損失
その他
※3
※5
特別損失合計
923
2,863
-
1,600
850
2,270
1,269
2,531
2,371
※3
※4
459
207
6,987
2,642
1,139
-
-
4,142
12,310
15,578
26,447
5,348
3,373
6,829
3,950
△11,847
法人税等合計
10,202
△7,897
少数株主損益調整前当期純利益
16,245
13,245
税金等調整前当期純利益
法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額
少数株主利益
当期純利益
- 64 -
1,141
1,443
15,104
11,801
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【連結包括利益計算書】
(単位:百万円)
(自
至
少数株主損益調整前当期純利益
その他の包括利益
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
為替換算調整勘定
持分法適用会社に対する持分相当額
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
16,245
13,245
△33,111
△108
△3,004
△9
△1,085
△86
△36,234
その他の包括利益合計
(自
至
370
35
※1
△766
包括利益
△19,988
12,478
(内訳)
親会社株主に係る包括利益
少数株主に係る包括利益
△20,763
10,967
1,510
775
- 65 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
③【連結株主資本等変動計算書】
(単位:百万円)
(自
至
株主資本
資本金
当期首残高
当期変動額
当期変動額合計
当期末残高
資本剰余金
当期首残高
当期変動額
自己株式の処分
当期変動額合計
当期末残高
利益剰余金
当期首残高
当期変動額
剰余金の配当
当期純利益
連結範囲の変動
持分法の適用範囲の変動
当期変動額合計
当期末残高
自己株式
当期首残高
当期変動額
自己株式の取得
自己株式の処分
当期変動額合計
当期末残高
株主資本合計
当期首残高
当期変動額
剰余金の配当
当期純利益
自己株式の取得
自己株式の処分
連結範囲の変動
持分法の適用範囲の変動
当期変動額合計
当期末残高
- 66 -
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
47,586
47,586
-
-
47,586
47,586
46,734
46,734
△0
△0
△0
△0
46,734
46,734
42,010
54,378
△2,501
△2,858
15,104
56
△291
11,801
117
-
12,367
9,060
54,378
63,438
△7,095
△7,106
△11
△5
1
0
△10
△4
△7,106
△7,110
129,235
141,592
△2,501
△2,858
15,104
△11
11,801
△5
1
56
△291
0
117
-
12,357
9,055
141,592
150,648
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位:百万円)
(自
至
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金
当期首残高
当期変動額
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
繰延ヘッジ損益
当期首残高
当期変動額
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
為替換算調整勘定
当期首残高
当期変動額
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
その他の包括利益累計額合計
当期首残高
当期変動額
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
少数株主持分
当期首残高
当期変動額
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
純資産合計
当期首残高
当期変動額
剰余金の配当
当期純利益
自己株式の取得
自己株式の処分
連結範囲の変動
持分法の適用範囲の変動
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
- 67 -
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
52,985
19,895
△33,089
△1,046
△33,089
△1,046
19,895
18,848
110
4
△106
△86
△106
△86
4
△81
△3,464
△6,136
△2,672
298
△2,672
298
△6,136
△5,838
49,631
13,762
△35,868
△834
△35,868
△834
13,762
12,928
17,267
19,580
2,312
60
2,312
60
19,580
19,640
196,134
174,935
△2,501
△2,858
15,104
△11
11,801
△5
1
56
△291
△33,555
0
117
-
△773
△21,198
8,281
174,935
183,217
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
(単位:百万円)
(自
至
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前当期純利益
減価償却費
貸倒引当金の増減額(△は減少)
受取利息及び受取配当金
支払利息
為替差損益(△は益)
固定資産売却損益(△は益)
投資有価証券売却損益(△は益)
子会社株式売却損益(△は益)
固定資産処分損益(△は益)
投資有価証券評価損益(△は益)
年金資産消失損
資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
減損損失
売上債権の増減額(△は増加)
たな卸資産の増減額(△は増加)
仕入債務の増減額(△は減少)
前受金の増減額(△は減少)
その他
小計
利息及び配当金の受取額
利息の支払額
法人税等の支払額
営業活動によるキャッシュ・フロー
投資活動によるキャッシュ・フロー
有形固定資産の取得による支出
有形固定資産の売却による収入
投資有価証券の取得による支出
投資有価証券の売却による収入
子会社株式の売却による収入
貸付けによる支出
貸付金の回収による収入
その他
投資活動によるキャッシュ・フロー
- 68 -
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
26,447
27,945
△11
△2,913
5,348
29,755
332
△2,643
5,585
748
△232
△30,760
△539
4,937
203
△2,081
△290
-
923
2,863
-
2,270
1,269
24,122
△16,179
459
207
6,987
-
-
△2,034
△23,476
5,384
10,525
3,676
2,110
9,030
6,389
61,127
35,233
2,745
△5,381
△4,638
2,920
△5,371
△4,468
53,853
28,314
△12,321
△15,014
4,987
△398
4,418
△275
94,153
1,450
△7,439
312
-
△3,103
6,622
△2,811
3,163
△2,989
84,241
△13,489
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位:百万円)
(自
至
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
財務活動によるキャッシュ・フロー
短期借入金の純増減額(△は減少)
コマーシャル・ペーパーの増減額(△は減少)
長期借入れによる収入
長期借入金の返済による支出
社債の発行による収入
社債の償還による支出
リース債務の返済による支出
自己株式の売却による収入
自己株式の取得による支出
配当金の支払額
少数株主への配当金の支払額
その他
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
△41,835
△18,000
11,184
10,000
30,956
△50,264
1,709
△14,692
-
△10,000
△7,775
20,000
△40,000
△11,319
1
△11
△2,501
△362
-
0
△5
△2,858
△191
△93
△93,468
△32,592
△1,103
△56
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
43,522
△17,824
現金及び現金同等物の期首残高
連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減
額(△は減少)
37,283
81,796
990
289
財務活動によるキャッシュ・フロー
現金及び現金同等物に係る換算差額
現金及び現金同等物の期末残高
※1
- 69 -
81,796
※1
64,261
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】
項目
1.連結の範囲に関する事項
(1)連結子会社の数
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
連結子会社数 47社
重要性が増加したことにより、当連結会計年度において、㈱フェステック及び
フランス富士電機社の2社を追加しました。
また、富士電機システムズ㈱、富士テクノサーベイ㈱及び富士電機デバイステ
クノロジー㈱(いずれも連結子会社)を当社に吸収合併しました。会社清算に伴
い、富士電機電控社を除外しました。
なお、富士電機(上海)社は富士電機(中国)社に商号変更しております。
連結子会社名は、「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載しており
ます。
(2)主要な非連結子会社の名称等
非連結子会社(富士リレイト㈱等)の総資産、売上高、当期純損益及び利益剰
余金等は、いずれもそれぞれ小規模であり、全体としても連結財務諸表に重要な
影響を及ぼしておりません。
2.持分法の適用に関する事項
イ)持分法適用の非連結子会社数及び関連会社数
持分法適用の非連結子会社数 2社
富士ファーマナイト㈱、富士古河E&C(タイ)社
なお、富士電機エンジニアリング社は富士古河E&C(タイ)社に商号変
更しております。
持分法適用の関連会社数 2社
㈱日本AEパワーシステムズ、メタウォーター㈱
ロ)持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社(大韓エフエーシステム
社等)については、それぞれ当期純損益及び利益剰余金等に及ぼす影響が軽微
であり、全体としても重要性がないため、これらの会社に対する投資について
は持分法を適用せず、原価法によっております。
3.連結子会社の事業年度等に関す
一部の連結子会社の決算日は12月末であります。当該会社については、連結財
る事項
務諸表の作成にあたって、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を
使用しております。
4.会計処理基準に関する事項
(1)重要な資産の評価基準及び評 価方法
① 有価証券
イ)その他有価証券
時価のあるもの
決算期末日の市場価格等に基づく時価法により評価しております。(評価差
額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主として移動平均法により算
定しております。)
時価のないもの
移動平均法による原価法により評価しております。
②
たな卸資産
イ)製品及び仕掛品
主として個別法又は総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下
に基づく簿価切下げの方法により算定)により評価しております。ただし、一
部の連結子会社の製品については最終仕入原価法により評価しております。
ロ)原材料及び貯蔵品
最終仕入原価法により評価しております。
③
デリバティブ
時価法により評価しております。
- 70 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
項目
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
(2)重要な減価償却資産の減価償 却の方法
①有形固定資産(リース資産を
主として定率法を採用しております。ただし、国内の連結会社は平成10年4月
除く)
1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法を採用して
おります。
なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
建物
機械装置
②リース資産
7年~50年
5年~12年
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が平
成20年3月31日以前のリース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準
じた会計処理によっております。
(3)重要な引当金の計上基準
① 貸倒引当金
売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、
貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込
額を計上しております。
②
退職給付引当金
従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び
年金資産の見込額に基づき計上しております。
過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の年数による定
額法により費用処理しております。
数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務
期間以内の年数による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年
③
役員退職慰労引当金
度から費用処理しております。
役員の退職慰労金の支出に備えるため、一部の連結子会社は内規に基づく連結
会計年度末要支給額を計上しております。
(4)重要な収益及び費用の計上基 完成工事高及び完成工事原価の計上基準
準
イ)当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
ロ)その他の工事
工事完成基準
(5)重要な外貨建の資産又は負債
外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算
の本邦通貨への換算の基準
差額は損益として処理しております。なお、在外子会社等の資産及び負債、収益
及び費用は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は純資産
の部における為替換算調整勘定及び少数株主持分に含めて計上しております。
- 71 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
項目
(6)重要なヘッジ会計の方法
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
イ)ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理によっております。なお、振当処理の要件を満たしている為
替予約については振当処理に、特例処理の要件を満たしている金利スワップに
ついては特例処理によっております。
ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象
a.ヘッジ手段……為替予約
ヘッジ対象……外貨建売上債権、外貨建買入債務及び外貨建予定取引
b.ヘッジ手段……金利スワップ
ヘッジ対象……借入金
c.ヘッジ手段……商品スワップ
ヘッジ対象……原材料
ハ)ヘッジ方針
当社グループは国際的に事業を営んでおり、外国為替相場の変動によるリス
クにさらされております。このリスクを回避するために、当社グループの運用
ルールに基づき、外貨建債権債務の先物為替予約取引を行い、為替変動リスク
をヘッジしております。また、金利スワップにより金利変動リスクを、商品ス
ワップにより原材料価格変動リスクを、それぞれ一定の範囲内でヘッジしてお
ります。
ニ)ヘッジ有効性評価の方法
ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動又はキャッシュ・フロー変動の累計を比
較し、その変動額の比率によってヘッジの有効性を評価しております。ただ
し、特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略して
(7)のれんの償却方法及び償却期
間
(8)連結キャッシュ・フロー計算
書における資金の範囲
おります。
5年間の均等償却を行っております。
連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許
現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動に
ついて僅少なリスクしか負わない取得日から3ケ月以内に償還期限の到来する短
期投資からなっております。
(9)その他連結財務諸表作成のた めの重要な事項
① 消費税等の会計処理
②
連結納税制度の適用
税抜方式によっております。
連結納税制度を適用しております。
- 72 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【表示方法の変更】
(連結損益計算書)
前連結会計年度において、区分掲記しておりました「営業外収益」の「負ののれん償却額」は金額的重要性が乏し
くなったため、当連結会計年度においては「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させる
ため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「負ののれん償却額」に表示していた
347百万円は、「その他」として組み替えております。
前連結会計年度において、「特別損失」の「その他」に含めていた「災害による損失」は、金額的重要性が増した
ため、当連結会計年度より区分掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の
連結財務諸表の組替えを行っております。
この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「特別損失」の「その他」に表示していた3,382百万円
は、「災害による損失」850百万円、「その他」2,531百万円として組み替えております。
【追加情報】
項目
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
1.会計上の変更及び誤謬の訂正に
当連結会計年度の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正よ
関する会計基準等の適用
り、「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号
平成21年12月4日)及び「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用
指針」(企業会計基準適用指針第24号 平成21年12月4日)を適用しておりま
す。
- 73 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【注記事項】
(連結貸借対照表関係)
※1
担保資産及び担保付債務
担保に供している資産は、次のとおりであります。
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
現金及び預金
建物及び構築物
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
60百万円
60百万円
8,076
3
7,862
4
8,982
316
8,947
252
17,438
17,127
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
機械装置及び運搬具
土地
投資有価証券
計
担保付債務は、次のとおりであります。
支払手形及び買掛金
6百万円
短期借入金
長期借入金
5百万円
4,720
2,673
4,700
4,371
7,399
9,076
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
計
※2
有形固定資産の減価償却累計額
有形固定資産の減価償却累計額
※3
266,893百万円
非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
投資有価証券(株式)
(うち共同支配企業に対する投資の金額)
※4
29,079百万円
(20,927)
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
30,127百万円
(22,624)
受取手形割引高及び裏書譲渡高
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
受取手形割引高及び裏書譲渡高
5
280,514百万円
55百万円
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
─────
偶発債務
金融機関からの借入等に対する債務保証
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
従業員
その他3社
計
- 74 -
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
2,629百万円
1,327
2,147百万円
1,298
3,956
3,445
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
※1
(連結損益計算書関係)
販売費及び一般管理費のうち主なものは次のとおりであります。
(自
至
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
従業員給料諸手当
研究開発費
※2
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
60,935百万円
22,341
66,775百万円
27,526
固定資産売却益の内容は次のとおりであります。
前連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
(自
至
土地、建物等の売却益であります。
※3
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
土地、建物等の売却益であります。
固定資産処分損の内容は次のとおりであります。
前連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
(自
至
機械装置等の売廃却損であります。
※4
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
機械装置等の売廃却損であります。
年金資産消失損
特定の投資顧問会社に関連する年金資産の大半が消失しているものと判断し、消失が見込まれる年金資産の額及び
当該年金資産に係る数理計算上の差異の未償却残高を合理的に見積り、これらの金額を主に前払年金費用から控除し
たものであります。
※5
減損損失
当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
前連結会計年度(自
平成22年4月1日
用途
至
平成23年3月31日)
場所及び件数
山梨県南アルプス市等
計2件
遊休資産
種類及び金額(百万円)
リース資産ほか
1,269
当社グループは、主に管理会計上の区分を考慮して資産グループを決定しております。
遊休資産については今後の使用見込みがないため、資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減
少額を減損損失(1,269百万円)として特別損失に計上しております。その内訳は、リース設備1,147百万円、その
他122百万円であります。
なお、これらの回収可能価額は、正味売却可能価額により算定しており、売却や他への転用が困難な資産につい
ては、正味売却可能価額を零として評価しております。
当連結会計年度(自
平成23年4月1日
至
平成24年3月31日)
該当事項はありません。
※6
一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額
前連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
32,568百万円
※7
32,247百万円
期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後(洗替法)の金額であり、次のたな卸資産評価損益(△は益)が
売上原価に含まれております。
前連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
(自
至
267百万円
- 75 -
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
2,238百万円
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(連結包括利益計算書関係)
当連結会計年度(自 平成23年4月1日 至 平成24年3月31日)
※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
その他有価証券評価差額金:
当期発生額
組替調整額
税効果調整前
税効果額
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益:
△4,727百万円
△67
△4,795
3,709
△1,085
当期発生額
組替調整額
△279
△23
資産の取得原価調整額
税効果調整前
162
△140
税効果額
繰延ヘッジ損益
為替換算調整勘定:
当期発生額
組替調整額
税効果調整前
税効果額
為替換算調整勘定
持分法適用会社に対する持分相当額:
当期発生額
その他の包括利益合計
53
△86
320
50
370
-
370
35
△766
- 76 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
当連結会計年度
期首株式数(千株)
発行済株式
普通株式
合計
自己株式
合計
当連結会計年度
減少株式数(千株)
当連結会計年度末
株式数(千株)
746,484
-
-
746,484
746,484
-
-
746,484
普通株式(注)1,2
当連結会計年度
増加株式数(千株)
31,824
48
5
31,867
31,824
48
5
31,867
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加48千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
2.普通株式の自己株式の株式数の減少5千株は、単元未満株式の売却による減少であります。
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
該当事項はありません。 3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
株式の種類
(決議)
平成22年5月25日
取締役会
平成22年10月29日
取締役会
配当金の総額
(百万円)
1株当たり
配当額(円)
基準日
効力発生日
普通株式
1,071
1.5
平成22年3月31日
平成22年6月8日
普通株式
1,429
2.0
平成22年9月30日
平成22年12月2日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
平成23年5月27日
取締役会
株式の種類
普通株式
配当金の総額
(百万円)
1,429
配当の原資
利益剰余金
- 77 -
1株当たり
配当額(円)
2.0
基準日
効力発生日
平成23年3月31日 平成23年6月7日
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
当連結会計年度(自平成23年4月1日 至平成24年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
当連結会計年度
期首株式数(千株)
発行済株式
普通株式
合計
自己株式
合計
当連結会計年度
減少株式数(千株)
当連結会計年度末
株式数(千株)
746,484
-
-
746,484
746,484
-
-
746,484
普通株式(注)1,2
当連結会計年度
増加株式数(千株)
31,867
22
1
31,888
31,867
22
1
31,888
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加22千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
2.普通株式の自己株式の株式数の減少1千株は、単元未満株式の売却による減少であります。
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
該当事項はありません。 3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
株式の種類
(決議)
平成23年5月27日
取締役会
平成23年10月27日
取締役会
配当金の総額
(百万円)
1株当たり
配当額(円)
基準日
効力発生日
普通株式
1,429
2.0
平成23年3月31日
平成23年6月7日
普通株式
1,429
2.0
平成23年9月30日
平成23年12月1日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
平成24年5月24日
取締役会
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
普通株式
1,429
配当の原資
1株当たり
配当額(円)
利益剰余金
2.0
基準日
効力発生日
平成24年3月31日 平成24年6月5日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(自
至
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
現金及び預金勘定
当連結会計年度
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
預入期間が3か月を超える定期預金等
81,883百万円
△86
64,323百万円
△61
現金及び現金同等物
81,796
64,261
- 78 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(リース取引関係)
1.ファイナンス・リース取引
所有権移転外ファイナンス・リース取引
① リース資産の内容
(ア)有形固定資産
機械装置及び運搬具、工具、器具及び備品であります。
(イ)無形固定資産
ソフトウエアであります。
② リース資産の減価償却の方法
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計処理基準に関する事項 (2)重要な減価償却資産
の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース取引
については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内容は次のとおりであります。
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
(単位:百万円)
前連結会計年度(平成23年3月31日)
取得価額相当額
減価償却累計額相当額 減損損失累計額相当額
期末残高相当額
機械装置及び運搬具
53,646
39,211
642
13,791
工具、器具及び備品
合計
4,614
58,260
-
3,053
42,265
642
1,560
15,352
(単位:百万円)
機械装置及び運搬具
工具、器具及び備品
合計
取得価額相当額
当連結会計年度(平成24年3月31日)
減価償却累計額相当額 減損損失累計額相当額
32,096
24,299
3,034
35,131
2,087
26,387
113
-
113
期末残高相当額
7,683
946
8,630
(2)未経過リース料期末残高相当額等
(単位:百万円)
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
未経過リース料期末残高相当額
1年内
1年超
合計
リース資産減損勘定の残高
- 79 -
9,153
8,465
4,407
5,007
17,619
642
9,415
113
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
(単位:百万円)
前連結会計年度
当連結会計年度
(自 平成22年4月1日
(自 平成23年4月1日
至 平成23年3月31日)
至 平成24年3月31日)
支払リース料
リース資産減損勘定の取崩額
減価償却費相当額
支払利息相当額
減損損失
16,250
1,005
8,488
528
14,831
595
114
7,777
299
-
(4)減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(5)利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法
によっております。
2.オペレーティング・リース取引
オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
(単位:百万円)
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
1年内
1年超
合計
831
2,078
2,910
- 80 -
831
1,247
2,078
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(金融商品関係)
1.金融商品の状況に関する事項
(1)金融商品に対する取組方針
当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、資金調達については銀行等金融機関か
らの借入等のほか、社債やコマーシャル・ペーパーの発行を行っております。運転資金は主として短期借
入金及びコマーシャル・ペーパーにより調達し、設備投資に係る資金は主として長期借入金及び社債によ
り調達しております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は
行わない方針であります。
(2)金融商品の内容及びそのリスク
営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、国際的に事業を
行うにあたり生じる外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されておりますが、同じ外貨建ての営
業債務をネットした残高について、所定の範囲で先物為替予約取引を利用してヘッジしております。
有価証券及び投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに
晒されております。
営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。一部外貨建て
のものについては、為替の変動リスクに晒されておりますが、同じ外貨建ての営業債権の残高の範囲内に
あるものを除き、原則として先物為替予約取引を利用してヘッジしております。
短期借入金及びコマーシャル・ペーパーは主に営業取引に係る資金調達であります。また、社債、長期
借入金及びファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に係る資金調達を目的としたも
のであり、償還日は最長で決算日後11年半であります。このうち一部は、金利の変動リスクに晒されてお
りますが、デリバティブ取引(金利スワップ取引)を利用してヘッジしております。
デリバティブ取引は、外貨建ての営業債権債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした先
物為替予約取引、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワップ取引、及
び資材調達における原材料に係る価格の変動リスクに対するヘッジを目的とした商品スワップ取引であり
ます。また、これらのデリバティブ取引は、ヘッジ会計に関するヘッジ手段として、それぞれ対応するヘ
ッジ対象に係るリスクを回避するために当社グループの運用ルールに基づいて行われており、ヘッジ対象
とヘッジ手段の相場変動又はキャッシュ・フロー変動の累計を比較し、その変動額の比率によってヘッジ
の有効性を評価しております。
(3)金融商品に係るリスク管理体制
① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
営業債権についての顧客の信用リスクに関しては、与信管理規程に従って、取引先ごとに期日及び残高
を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
デリバティブ取引については、当社グループは信頼し得る金融機関と取引を行っているため、信用リス
クはほとんどないと認識しております。
② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
当社グループは、外貨建ての営業債権債務に係る為替の変動リスクを回避するために、原則として先物
為替予約取引を利用しております。また、借入金に係る支払金利の変動リスクに対処する目的で金利スワ
ップ取引を、資材調達における原材料に係る価格の変動リスクに対処する目的で商品スワップ取引を、そ
れぞれ利用しております。
投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、また、満期保
有目的の債券以外のものについては、市況や取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直して
おります。
デリバティブ取引は、当社グループの運用ルールに基づき、各社ごとに各部門の申請により財務経理部
門(ただし、商品スワップ取引については資材所管部門)が契約の締結を行っております。また、各社の
財務経理部門は経営陣並びに各部門へ毎月報告を行い、厳格にリスク管理を行っております。
③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
当社グループでは、各社が月次または適時に資金繰計画を作成・更新するなどの方法により、流動性リ
スクを管理しております。
- 81 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
用することにより、当該価額が変動することがあります。また、注記事項(デリバティブ取引関係)にお
けるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスク
を示すものではありません。
2.金融商品の時価等に関する事項
連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
前連結会計年度(平成23年3月31日)
連結貸借対照表計上額
(*1)(百万円)
(1)現金及び預金
時価 (*1)(百万円)
差額(百万円)
81,883
81,883
-
197,350
197,344
△5
94,669
94,669
-
(134,686)
(134,686)
-
(5)短期借入金
(87,850)
(87,850)
-
(6) 1年内償還予定の社債
(40,000)
(40,104)
104
(9,608)
(9,608)
-
(8)社債
(71,010)
(71,901)
891
(9) 長期借入金
(75,158)
(76,133)
975
(10)リース債務(固定負債)
(23,228)
(23,489)
260
①ヘッジ会計が適用されて
いないもの
(61)
(61)
-
②ヘッジ会計が適用されて
いるもの
15
15
-
(2)受取手形及び売掛金
(3)有価証券及び投資有価証券
(4)支払手形及び買掛金
(7) リース債務(流動負債)
(11)デリバティブ取引(*2)
(*1)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
(*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
いては、(
)で示しております。
- 82 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
当連結会計年度(平成24年3月31日)
連結貸借対照表計上額
(*1)(百万円)
(1)現金及び預金
時価 (*1)(百万円)
差額(百万円)
64,323
64,323
-
199,677
199,677
-
89,888
89,888
-
(4)支払手形及び買掛金
(136,466)
(136,466)
-
(5)短期借入金
(108,062)
(108,062)
-
(6) コマーシャル・ペーパー
(10,000)
(10,000)
-
(7) 1年内償還予定の社債
(60,000)
(60,248)
248
(8) リース債務(流動負債)
(11,102)
(11,102)
-
(9)社債
(31,010)
(31,019)
9
(10) 長期借入金
(46,792)
(46,837)
44
(11)リース債務(固定負債)
(22,521)
(22,543)
22
①ヘッジ会計が適用されて
いないもの
(62)
(62)
-
②ヘッジ会計が適用されて
いるもの
125
125
-
(2)受取手形及び売掛金
(3)有価証券及び投資有価証券
(12)デリバティブ取引(*2)
(*1)負債に計上されているものについては、(
)で示しております。
(*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
いては、( )で示しております。
(注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
(1) 現金及び預金、(2) 受取手形及び売掛金
これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
ります。
(3) 有価証券及び投資有価証券
これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関
する事項については、注記事項(有価証券関係)をご参照ください。
(4) 支払手形及び買掛金、(5) 短期借入金、(6)コマーシャル・ペーパー、(8) リース債務(流動負債)
これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
ます。
(7) 1年内償還予定の社債、(9) 社債
当社の発行する社債の時価は、市場価格によっております。
(10) 長期借入金、(11) リース債務(固定負債)
これらの時価については、元利金の合計額を、同様の新規借入又はリース取引を行った場合に想定され
る利率で割り引いた現在価値により算定しております。
(12) デリバティブ取引
注記事項(デリバティブ取引関係)をご参照下さい。
2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
(単位:百万円)
区分
前連結会計年度
(平成23年3月31日) 非上場株式等(非連結子会社及
び関連会社の株式を含む)
34,663
当連結会計年度
(平成24年3月31日) 35,703
これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)
有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
- 83 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
前連結会計年度(平成23年3月31日)
1年以内
(百万円) 現金及び預金
1年超
5年以内
(百万円)
5年超
10年以内
(百万円)
10年超
(百万円)
81,883
-
-
-
196,979
371
-
-
有価証券及び投資有価証券
満期保有目的の債券(社
債)
-
50
-
-
0
0
-
-
278,862
422
-
-
受取手形及び売掛金
その他有価証券のうち満期
があるもの(公債)
合計
当連結会計年度(平成24年3月31日)
1年以内
(百万円) 現金及び預金
受取手形及び売掛金
有価証券及び投資有価証券
その他有価証券のうち満期
があるもの(公債)
合計
1年超
5年以内
(百万円)
5年超
10年以内
(百万円)
10年超
(百万円)
64,323
-
-
-
199,677
-
-
-
0
-
-
-
264,000
-
-
-
4. 社債、長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額
連結附属明細表「社債明細表」及び「借入金等明細表」をご参照下さい。
- 84 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(有価証券関係)
1.その他有価証券
前連結会計年度(平成23年3月31日)
種類
連結貸借対照表計上額が
取得原価を超えるもの
連結貸借対照表計上額が
取得原価を超えないもの
連結貸借対照表計上額
(百万円)
差額(百万円)
(1)株式
78,605
41,234
37,370
(2)債券
-
-
-
(3)その他
-
-
-
小計
78,605
41,234
37,370
(1)株式
16,014
18,963
△2,949
(2)債券
0
0
-
-
-
-
16,014
18,964
△2,949
94,619
60,198
34,421
(3)その他
小計
合計
(注)
取得原価(百万円)
非上場株式等(連結貸借対照表計上額5,583百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
当連結会計年度(平成24年3月31日)
種類
連結貸借対照表計上額が
取得原価を超えるもの
連結貸借対照表計上額が
取得原価を超えないもの
(注)
取得原価(百万円)
差額(百万円)
(1)株式
77,665
46,050
31,614
(2)債券
-
-
-
(3)その他
-
-
-
小計
77,665
46,050
31,614
(1)株式
12,222
14,070
△1,847
(2)債券
0
0
-
-
-
-
12,223
14,070
△1,847
89,888
60,121
29,767
(3)その他
小計
合計
連結貸借対照表計上額
(百万円)
非上場株式等(連結貸借対照表計上額5,576百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
- 85 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
2.売却したその他有価証券
前連結会計年度(自平成22年4月1日
種類
至平成23年3月31日)
売却益の合計額
(百万円)
売却額(百万円)
売却損の合計額
(百万円)
(1)株式
91,352
30,204
11
(2)債券
-
-
-
(3)その他
-
-
-
91,352
30,204
11
合計
当連結会計年度(自平成23年4月1日
種類
至平成24年3月31日)
売却益の合計額
(百万円)
売却額(百万円)
売却損の合計額
(百万円)
(1)株式
312
290
-
(2)債券
-
-
-
(3)その他
-
-
-
312
290
-
合計
3.減損処理を行った有価証券
前連結会計年度及び当連結会計年度において、それぞれ、有価証券(その他有価証券の株式)について、
246百万円及び139百万円の減損処理を行っております。
- 86 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(デリバティブ取引関係)
1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
通貨関連
前連結会計年度(平成23年3月31日)
区分
取引の種類
契約額等
(百万円)
契約額等のうち
1年超
(百万円)
時価
評価損益
(百万円)
(百万円)
為替予約取引
売建
市場取引以外の取引
米ドル
2,028
-
23
23
ユーロ
1,824
-
△78
△78
ウォン
164
-
△7
△7
4,017
-
△61
△61
合計
(注)時価の算定方法
先物為替相場に基づき算定しております。
当連結会計年度(平成24年3月31日)
区分
取引の種類
契約額等
(百万円)
契約額等のうち
1年超
(百万円)
時価
評価損益
(百万円)
(百万円)
為替予約取引
売建
市場取引以外の取引
米ドル
1,877
-
△12
△12
ユーロ
1,316
-
△53
△53
ウォン
342
-
4
4
3,536
-
△62
△62
合計
(注)時価の算定方法
先物為替相場に基づき算定しております。
- 87 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
(1)通貨関連
前連結会計年度(平成23年3月31日)
ヘッジ会計の
取引の種類
方法
為替予約取引
契約額等
対象
(百万円)
売建
原則的処理方法
主なヘッジ
売掛金
契約額等のうち
1年超
(百万円)
時価
(百万円)
米ドル
117
24
1
ユーロ
608
-
33
米ドル
919
-
10
ユーロ
1,248
153
△58
ウォン
253
-
9
米ドル
1,583
-
ユーロ
173
-
米ドル
103
-
合計
5,006
178
買建
買掛金
為替予約取引
売建
為替予約の振当処理
売掛金
買建
(注2)
買掛金
(注)1.時価の算定方法
△3
先物為替相場に基づき算定しております。
2.為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている売掛金及び買掛金と一体として処理
されているため、その時価は、当該ヘッジ対象の時価に含めて記載しております。
当連結会計年度(平成24年3月31日)
ヘッジ会計の
取引の種類
方法
為替予約取引
売建
原則的処理方法
主なヘッジ
契約額等
対象
(百万円)
売掛金
契約額等のうち
1年超
(百万円)
時価
(百万円)
米ドル
3,227
1,445
△150
ユーロ
46
-
0
米ドル
197
-
4
ユーロ
888
328
9
買建
買掛金
為替予約取引
為替予約の振当処理
売建
売掛金
(注2)
米ドル
866
-
合計
5,226
1,773
(注)1.時価の算定方法
△136
先物為替相場に基づき算定しております。
2.為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている売掛金と一体として処理されている
ため、その時価は、当該ヘッジ対象の時価に含めて記載しております。
- 88 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(2)金利関連
前連結会計年度(平成23年3月31日)
ヘッジ会計の
方法
金利スワップの特例
処理
取引の種類
主なヘッジ
契約額等
対象
(百万円)
金利スワップ取引
変動受取・固定支払
長期借入金
契約額等のうち
1年超
(百万円)
21,000
時価
(百万円)
(注2)
21,000
(注)1.時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
2.金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理さ
れているため、その時価は、当該ヘッジ対象の時価に含めて記載しております。
当連結会計年度(平成24年3月31日)
ヘッジ会計の
方法
金利スワップの特例
処理
取引の種類
主なヘッジ
対象
金利スワップ取引
変動受取・固定支払
契約額等
(百万円)
長期借入金
契約額等のうち
1年超
(百万円)
7,500
時価
(百万円)
(注2)
7,500
(注)1.時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
2.金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理さ
れているため、その時価は、当該ヘッジ対象の時価に含めて記載しております。
(3)商品関連
前連結会計年度(平成23年3月31日)
ヘッジ会計の
方法
取引の種類
主なヘッジ
契約額等
対象
(百万円)
商品スワップ取引
原則的処理方法
変動受取・固定支払
(注)時価の算定方法
契約額等のうち
1年超
(百万円)
原材料
469
時価
(百万円)
-
18
取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
当連結会計年度(平成24年3月31日)
ヘッジ会計の
方法
取引の種類
主なヘッジ
契約額等
対象
(百万円)
商品スワップ取引
原則的処理方法
変動受取・固定支払
(注)時価の算定方法
原材料
契約額等のうち
1年超
(百万円)
(百万円)
443
時価
-
取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
- 89 -
11
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
当社及び国内連結子会社は、確定給付型の制度として企業年金基金制度、規約型企業年金制度及び退職一時金
制度を設けております。従業員の退職等に際しては、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対
象とされない割増退職金を支払う場合があります。また、当社及び一部の国内連結子会社は、確定拠出型の制度
として確定拠出年金制度を設けております。
なお、当社及び一部の国内連結子会社において退職給付信託を設定しております。
2.退職給付債務に関する事項
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
イ.退職給付債務(百万円)
ロ.年金資産(百万円)
ハ.未積立退職給付債務(イ+ロ)
(百万円)
ニ.未認識数理計算上の差異(百万円)
ホ.未認識過去勤務債務(債務の減額)
(百万円)
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
△209,583
△203,149
162,652
150,606
△46,931
△52,543
75,941
71,241
1,786
1,911
ヘ.連結貸借対照表計上額純額(ハ+ニ+
ホ)(百万円)
30,796
20,609
ト.前払年金費用(百万円)
43,444
31,459
チ.退職給付引当金(ヘ-ト)(注)1
(百万円)
△12,647
△10,849
(注)1.「退職給付引当金」及び「前払年金費用」は、当社及び国内連結子会社の個別貸借対照表の表示上両者
がネットされた金額をベースにそれぞれ合算した額であります。なお、個別ベースでネットした額は、
前連結会計年度末において2,408百万円、当連結会計年度末において3,274百万円であります。
2.一部の国内連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
- 90 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3.退職給付費用に関する事項
(自
至
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
イ.勤務費用(注)2(百万円)
4,949
5,264
ロ.利息費用(百万円)
4,614
5,009
ハ.期待運用収益(百万円)
△3,078
△3,565
ニ.数理計算上の差異の費用処理額
(百万円)
7,570
9,262
ホ.過去勤務債務の費用処理額(百万円)
△52
△37
14,003
15,933
年金資産消失損
(百万円)
-
6,987
チ.制度終了に伴う損益
(百万円)
-
1,426
1,144
1,274
15,147
25,621
ヘ.退職給付費用(イ+ロ+ハ+ニ+ホ)
(百万円)
ト
リ.確定拠出年金制度への掛金支払額
(百万円)
計(ヘ+ト+チ+リ)(百万円)
(注)1.上記退職給付費用以外に、前連結会計年度において1,550百万円、当連結会計年度において913百万円の
割増退職金を支払っております。
2.簡便法を採用している国内連結子会社の退職給付費用は「イ.勤務費用」に計上しております。
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
イ.退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
ロ.割引率
前連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
主に2.5%
主に2.5%
ハ.期待運用収益率
前連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
主に2.5%
主に2.5%
ニ.過去勤務債務の額の処理年数
発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の年数による定額法により費用処理しております。
ホ.数理計算上の差異の処理年数
各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の年数による定額法により按分した額を、
それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
- 91 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(税効果会計関係)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
退職給付引当金
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
24,465百万円
18,273
24,271百万円
17,811
17,494
17,006
15,453
8,390
6,269
4,114
6,208
4,587
6,561
8,488
3,795
8,423
102,673
△70,793
88,942
△49,192
31,880
39,750
△26,810
△22,279
△14,875
△6,500
△1,477
△11,197
△7,385
△1,250
△49,663
△42,113
在外子会社の投資控除額等
繰越欠損金
投資有価証券
未払従業員賞与
たな卸資産
有形固定資産
その他
繰延税金資産小計
評価性引当額
繰延税金資産合計
繰延税金負債
退職給付信託設定益
その他有価証券評価差額金
投資有価証券
その他
繰延税金負債合計
△17,783
△2,362
繰延税金資産(負債)の純額
(注)前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれて
おります。
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
15,849百万円
4,634
20,131百万円
4,319
-
流動資産-繰延税金資産
固定資産-繰延税金資産
流動負債-繰延税金負債
3
38,263
固定負債-繰延税金負債
26,814
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
主要な項目別の内訳
前連結会計年度
(平成23年3月31日)
法定実効税率
(調整)
当連結会計年度
(平成24年3月31日)
40.7%
40.7%
評価性引当額
受取配当金等永久に益金算入されない項目
△8.0
△2.5
△155.2
△28.3
在外連結子会社の税率差異
税制改正による期末繰延税金負債の減額修正
△3.4
-
6.3
△13.8
△8.7
19.5
5.5
△1.9
△147.7
交際費等永久に損金算入されない項目
その他
税効果会計適用後の法人税等の負担率
38.6
- 92 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3.法人税等の税率の変更等による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律」(平成23年法律
第114号)及び「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法」
(平成23年法律第117号)が平成23年12月2日に公布され、平成24年4月1日以後に開始する連結会計年度から法
人税率の引下げ及び復興特別法人税の課税が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金
負債の計算に使用する法定実効税率は従来の40.7%から、平成24年4月1日に開始する連結会計年度から平成26年
4月1日に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異等については38.0%に、平成27年4月1日に開始す
る連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異等については35.6%となります。この税率変更により、繰延税金
負債の金額(繰延税金資産の金額を控除した金額)は2,944百万円減少し、法人税等調整額が1,483百万円、その他
有価証券評価差額金が1,464百万円、それぞれ減少し、繰延ヘッジ損益が3百万円増加しております。
また、欠損金の繰越控除制度において平成24年4月1日以後に開始する連結会計年度から繰越控除前の所得の金
額の100分の80相当額が控除限度額とされることに伴い、繰延税金負債の金額及び法人税等調整額が、それぞれ
1,017百万円増加しております。
- 93 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(企業結合等関係)
当連結会計年度(自平成23年4月1日
至平成24年3月31日)
Ⅰ.共通支配下の取引等
1.取引の概要
(1)被結合企業の名称及びその事業の内容
被結合企業の名称
富士電機システムズ㈱
事業の内容
産業、公共、エネルギー、交通などの社会インフラに関する各種機器、システム及
び半導体デバイス、感光体並びに画像周辺機器の開発、製造、販売、サービス
(2)企業結合日
平成23年4月1日
(3)企業結合の法的形式
当社を存続会社、富士電機システムズ㈱を消滅会社とする吸収合併
(4)結合後企業の名称
富士電機㈱
(5)その他取引の概要に関する事項
当社は平成23年度までの中期経営計画における主要施策の一つとして「エネルギー・環境事業への注力」
を掲げておりましたが、その実行に当たっては「エネルギー・環境」の事業領域に経営リソースを集中さ
せ、全体最適の観点からシナジーを追求し得る体制構築が必要でありました。このような考えから、「エネ
ルギー・環境」事業の中心的役割を担う富士電機システムズ㈱とグループ戦略機能を担う当社との統合を図
ることとしました。
2.実施した会計処理の概要
「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業
分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成20年12月26日)に基づき、共通支配下
の取引として処理しております。
Ⅱ.共通支配下の取引等
1.取引の概要
(1)被結合企業の名称及びその事業の内容
被結合企業の名称
富士電機デバイステクノロジー㈱
事業の内容
(2)企業結合日
ストレージデバイスの開発、製造、販売
平成23年7月1日
(3)企業結合の法的形式
当社を存続会社、富士電機デバイステクノロジー㈱を消滅会社とする吸収合併
(4)結合後企業の名称
富士電機㈱
(5)その他取引の概要に関する事項
ディスク媒体の専業会社である富士電機デバイステクノロジー㈱は、平成22年11月より、同社の営業、開
発、生産(山梨事業所)の機能を平成23年度中にマレーシア富士電機社に移管する旨の事業構造改革に着手
しておりました。
今般、直近のハードディスクドライブ市場における急激な環境変化を踏まえ、構造改革をさらに徹底させ
るべく、移管時期を前倒しし、平成23年6月末までに同社の全ての事業・組織・資産等をマレーシア富士電
機社及び当社に移管することとしたことから、同年7月1日付で同社を当社に合併することとしました。
2.実施した会計処理の概要
「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業
分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成20年12月26日)に基づき、共通支配下
の取引として処理しております。
- 94 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(資産除去債務関係)
資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
イ 当該資産除去債務の概要
社有建物の解体時におけるアスベスト除去費用及び本社オフィスや営業所等の不動産賃貸借契約に基づく、退
去時における原状回復に係る債務につき、資産除去債務を計上しております。
なお、本社オフィスや営業所等の不動産賃貸借契約に基づく、退去時における原状回復に係る債務の一部に関
しては、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関する敷金の回収が最終的に見込めないと認め
られる金額を合理的に見積り、そのうち当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によっており
ます。
ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法
負債計上した資産除去債務の金額の算定にあたっては、使用見込期間を7年~50年と見積り、割引率は当該使
用見込期間に見合う国債の流通利回り(0.4%~2.3%)を使用しております。
ハ 当該資産除去債務の総額の増減
(自
至
期首残高(注)
2,331百万円
有形固定資産の取得に伴う増加額
時の経過による調整額
資産除去債務の履行による減少額
期末残高
(注)
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
2,315百万円
27
7
△50
13
7
△43
2,315
2,293
前連結会計年度の「期首残高」は「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号
平成20
年3月31日)及び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第21号
成20年3月31日)を適用したことによる期首時点における残高であります。
- 95 -
平
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(セグメント情報等)
【セグメント情報】
1.報告セグメントの概要
当社の報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもので
あります。
当社は、本社に製品・サービス別の事業本部を置き、各事業本部は、取り扱う製品・サービスについて
国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
したがって、当社グループは、基本的に、当社の事業本部をベースに、取り扱う製品・サービスの種
類・性質の類似性等を考慮したセグメントから構成されており、「エネルギー」、「産業システム」、
「社会システム」、「パワエレ機器」、「電子デバイス」、「器具」及び「自販機」の7つを報告セグメ
ントとしております。なお、この7区分のうち、「器具」以外の各報告セグメントについては、二以上の
事業セグメントを集約して一つの報告セグメントとしております。
また、当連結会計年度より、組織構造の変更に伴い、報告セグメントを従来の「エネルギーソリューシ
ョン」、「環境ソリューション」、「半導体」、「器具」、「自販機」及び「ディスク媒体」の6区分か
ら、上記7区分に変更しました。
なお、前連結会計年度のセグメント情報は、組織構造変更後の報告セグメントの区分に基づき作成した
ものを開示しております。
各報告セグメントに属する主な製品及びサービスは次のとおりであります。
報告セグメント
エネルギー
主な製品及びサービス
火力・地熱発電設備、水力発電設備、原子力関連機器、
放射線管理システム
産業システム
産業ドライブシステム、計測システム、産業用電源システム、
データセンター向け空調設備
社会システム
系統・配電システム、受変電設備、電力量計、エネルギー監視システム、
新エネルギーシステム
パワエレ機器
インバータ、モータ、無停電電源装置(UPS)、鉄道車両用電機品、
電気自動車用充電器、電気自動車用駆動システム、パワーコンディショナー
電子デバイス
パワー半導体、感光体、太陽電池、ディスク媒体
器具
電磁開閉器、配線用遮断器、漏電遮断器、操作表示機器
自販機
飲料・食品自動販売機、通貨関連機器
2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
項」における記載と同一であります。
報告セグメントの利益又は損失は、営業利益又は営業損失ベースの数値であります。
セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
- 96 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
前連結会計年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
(単位:百万円)
エネルギ 産業シス 社会シス パワエレ 電子デバ
ー
テム
テム
機器
イス
売上高
器具
自販機
その他
(注1)
外部顧客への売上高
49,182
78,317
130,385
80,439
124,999
61,174
85,200
79,365
セグメント間の内部
売上高又は振替高
317
3,253
3,801
7,688
901
4,276
576
49,499
81,571
134,187
88,127
125,900
65,451
5,554
1,564
2,761
2,177
△2,027
80,868
62,349
105,880
76,047
1,131
1,194
1,400
-
-
837
829
計
セグメント利益又は
損失(△)
セグメント資産
連結財務
調整額 諸表計上
(注2)
額
(注3)
合計
-
689,065
36,548
57,363 △57,363
-
85,776
115,914
746,428 △57,363
689,065
2,885
398
2,052
15,366
△3,449
11,917
184,406
46,598
69,623
75,662
701,438
104,359
805,797
1,946
17,073
1,572
2,106
1,055
27,482
463
27,945
20,897
-
-
-
-
473
21,371
-
21,371
969
1,567
16,929
1,544
4,134
1,000
27,813
540
28,353
689,065
その他の項目
減価償却費
持分法適用会社への
投資額
有形固定資産及び無
形固定資産の増加額
(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、電気設備工事、空調・給排水
工事、金融サービス、不動産業、保険代理業、旅行業、印刷・情報サービス及び知的財産権サービス等を
含んでおります。
2.調整額の内容は以下のとおりであります。
セグメント利益又は損失
(単位:百万円)
全社費用※
△3,702
セグメント間取引消去
253
合計
△3,449
※全社費用は、主に当社の管理部門に係る費用であります。
セグメント資産
(単位:百万円)
全社資産※
700,894
セグメント間取引消去
△596,535
合計
104,359
※全社資産は、主に当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部
門に係る資産並びに金融子会社の資産等であります。
3.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益又は営業損失と調整を行っております。
- 97 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
当連結会計年度(自平成23年4月1日 至平成24年3月31日)
(単位:百万円)
エネルギ 産業シス 社会シス パワエレ 電子デバ
ー
テム
テム
機器
イス
売上高
外部顧客への売上高
セグメント間の内部
売上高又は振替高
計
セグメント利益又は
損失(△)
セグメント資産
器具
自販機
その他
(注1)
連結財務
調整額 諸表計上
(注2)
額
(注3)
合計
-
703,534
37,960
54,682 △54,682
-
82,951
112,565
758,217 △54,682
703,534
3,392
1,815
2,638
24,881
△5,628
19,252
156,425
54,740
60,297
60,034
683,007
109,840
792,848
1,816
18,277
1,848
2,343
1,134
29,147
608
29,755
22,624
-
-
-
-
495
23,119
-
23,119
1,673
1,874
13,063
2,874
2,276
840
25,359
1,466
26,825
66,962
79,094
136,437
88,488
109,799
65,517
82,629
74,604
174
2,919
3,284
4,538
1,074
4,408
321
67,137
82,013
139,721
93,026
110,873
69,926
10,833
3,326
4,045
△962
△207
99,918
60,005
114,507
77,077
1,261
1,099
1,365
-
-
1,267
1,489
703,534
その他の項目
減価償却費
持分法適用会社への
投資額
有形固定資産及び無
形固定資産の増加額
(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、電気設備工事、空調・給排水
工事、金融サービス、不動産業、保険代理業、旅行業及び印刷・情報サービス等を含んでおります。
2.調整額の内容は以下のとおりであります。
セグメント利益又は損失
(単位:百万円)
全社費用※
△5,815
セグメント間取引消去
186
合計
△5,628
※全社費用は、主に当社の管理部門に係る費用であります。
セグメント資産
(単位:百万円)
全社資産※
289,837
セグメント間取引消去
△179,996
合計
109,840
※全社資産は、主に当社での余資運用資金(現金及び預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部
門に係る資産並びに金融子会社の資産等であります。
3.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益又は営業損失と調整を行っております。
- 98 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【関連情報】
Ⅰ 前連結会計年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
1.製品及びサービスごとの情報
セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
2.地域ごとの情報
(1)売上高
(単位:百万円)
日本
510,843
北米
ヨーロッパ
12,653
アジア
(除く中国)
15,128
91,425
中国
その他
49,046
合計
9,968
689,065
(注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
(2)有形固定資産
(単位:百万円)
日本
114,227
Ⅱ
北米
ヨーロッパ
103
アジア
(除く中国)
41
42,517
中国
その他
合計
-
9,041
当連結会計年度(自平成23年4月1日 至平成24年3月31日)
1.製品及びサービスごとの情報
セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
2.地域ごとの情報
(1)売上高
(単位:百万円)
日本
525,096
アジア他
97,596
中国
欧州
54,807
米州
14,455
合計
11,578
703,534
(注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
当連結会計年度より、管理区分の見直しに伴い、地域区分を変更しております。
(2)有形固定資産
(単位:百万円)
日本
113,166
アジア他
35,823
中国
欧州
9,142
米州
200
合計
105
158,439
(注)当連結会計年度より、管理区分の見直しに伴い、地域区分を変更しております。
- 99 -
165,931
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
前連結会計年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
(単位:百万円)
エネルギーソ 環境ソリュー
リューション
減損損失
ション
-
9
半導体
器具
-
自販機
-
ディスク媒体
-
1,260
その他
合計
-
1,269
当連結会計年度(自平成23年4月1日 至平成24年3月31日)
該当事項はありません。
【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
前連結会計年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
当連結会計年度(自平成23年4月1日 至平成24年3月31日)
金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
前連結会計年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
該当事項はありません。
当連結会計年度(自平成23年4月1日 至平成24年3月31日)
該当事項はありません。
【関連当事者情報】
当連結会計年度(自平成23年4月1日
至平成24年3月31日)
重要な関連会社に関する注記
重要な関連会社の要約財務情報
当連結会計年度において、重要な関連会社はメタウォーター㈱であり、その要約財務諸表は以下のとおり
であります。
流動資産合計
64,583 百万円
固定資産合計
9,351 百万円
流動負債合計
固定負債合計
40,477 百万円
2,025 百万円
純資産合計
31,431 百万円
売上高
92,778 百万円
税引前当期純利益
当期純利益
7,472 百万円
4,256 百万円
- 100 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(1株当たり情報)
項目
(自
至
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
1株当たり純資産額(円)
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
217.40
228.91
1株当たり当期純利益(円)
21.14
16.52
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益(円)
21.10
16.49
(注)1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
(自
至
前連結会計年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
1株当たり当期純利益
(自
至
当連結会計年度
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
15,104
11,801
普通株主に帰属しない金額(百万円)
-
-
普通株式に係る当期純利益(百万円)
15,104
11,801
普通株式の期中平均株式数(千株)
714,640
714,607
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
-
-
1,043
1,043
1,043
1,043
当期純利益(百万円)
当期純利益調整額(百万円)
普通株式増加数(千株)
(うち新株予約権(千株))
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後
1株当たり当期純利益の算定に含めなかった
-
潜在株式の概要
- 101 -
-
11793800_有価証券報告書_20120626092925
(重要な後発事象)
当連結会計年度(自平成23年4月1日
2012/06/26 9:29:54
至平成24年3月31日)
1.
当社は、平成23年12月26日開催の取締役会において、当社100%子会社である富士電機T&Dサクセション㈱
を吸収合併することを決議し、同日締結された合併契約に基づき、平成24年4月1日付で吸収合併が行われまし
た。
合併の概要は以下のとおりであります。
(1) 企業結合の目的
当社と㈱日立製作所及び㈱明電舎の共同出資による合弁会社の㈱日本AEパワーシステムズは、平成13年7月
1日に3社の変電・配電事業を統合して設立し、グローバルに事業を展開しておりましたが、近年、これらの電
力流通システム市場では新興国を中心に需要が拡大しており、今後は、再生可能エネルギーやスマートグリッド
など、社会インフラや産業分野におけるエネルギー利用の効率化の進展により、さらに高い成長性が期待されて
おります。
このような状況下で、㈱日本AEパワーシステムズの成長戦略について3社が様々な角度から協議を重ねてき
た結果、抜本的に成長戦略を見直す必要があるとの共通認識にいたり、平成23年7月、合弁関係を発展的に解消
し各社において事業の再構築・成長を目指すことで基本合意しました。
そして、平成23年12月26日、本件に関する最終合意にいたり、本合弁解消に伴う事業承継の方法として、㈱日
本AEパワーシステムズが営む事業の一部を吸収分割により当社の100%子会社である富士電機T&Dサクセシ
ョン㈱が承継し、同日付で当該子会社を消滅会社とする吸収合併により当社が承継することとしました。
(2) 企業結合の法的形式
当社を存続会社、富士電機T&Dサクセション㈱を消滅会社とする吸収合併
(3) 結合後企業の名称
富士電機㈱
(4) 実施する会計処理の概要
「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号
平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業
分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号
の取引の会計処理を適用する見込みです。
- 102 -
平成20年12月26日)に基づき、共通支配下
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】
会社名
銘柄
発行年月日
富士電機㈱
第18回無担保社債
18-4-24
富士電機㈱
2016年満期ユーロ
円建転換社債型新
18-6-1
当期首残高
(百万円)
当期末残高
(百万円)
利率(%)
-
1.78
1,010
-
20,000
(20,000)
1,010
担保
償還期限
無担保
23-4-22
-
〃
28-6-1
1.56
〃
23-9-22
1.48
〃
24-4-24
1.62
〃
24-9-20
1.34
〃
25-1-28
株予約権付社債
20,000
富士電機㈱
第19回無担保社債
18-9-25
富士電機㈱
第20回無担保社債
19-4-24
20,000
富士電機㈱
第21回無担保社債
19-9-20
20,000
富士電機㈱
第22回無担保社債
20-1-28
20,000
富士電機㈱
第23回無担保社債
20-4-23
10,000
10,000
1.44
〃
25-4-23
富士電機㈱
第24回無担保社債
23-10-20
-
20,000
0.86
〃
28-10-20
-
-
-
-
合計
(20,000)
20,000
(20,000)
20,000
(20,000)
20,000
(20,000)
111,010
(40,000)
91,010
(60,000)
-
(注)1.(
)内は1年以内の償還予定額であります。
2.新株予約権付社債に関する記載は次のとおりであります。
銘柄
2016年満期
発行すべき株式
普通株式
新株予約権の発行価額(円)
無償
株式の発行価格(円)
968
発行価額の総額(百万円)
30,000
新株予約権の行使により発行した株式の発
行価額の総額(百万円)
-
新株予約権の付与割合(%)
100
自
至
新株予約権の行使期間
平成18年6月19日
平成28年5月18日
(注)なお、新株予約権を行使しようとする者の請求があるときは、その新株予約権が付せられた社債の
全額の償還に代えて、新株予約権の行使に際して払込をなすべき額の全額の払込があったものとし
ます。また、新株予約権が行使されたときには、当該請求があったものとみなします。
3.連結決算日後5年内における償還予定額は以下のとおりであります。
1年以内(百万円)
60,000
1年超2年以内
(百万円)
2年超3年以内
(百万円)
3年超4年以内
(百万円)
4年超5年以内
(百万円)
10,000
-
-
21,010
- 103 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【借入金等明細表】
当期首残高
(百万円)
区分
当期末残高
(百万円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
37,132
48,423
1.14
-
1年以内に返済予定の長期借入金
50,718
59,639
1.55
-
1年以内に返済予定のリース債務
9,608
11,102
2.07
-
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
75,158
46,792
0.77
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)
23,228
22,521
2.42
-
10,000
0.11
-
195,846
198,479
-
-
その他有利子負債
コマーシャル・ペーパー(1年以内返済)
合計
平成25年4月~
平成33年3月
平成25年4月~
平成35年9月
(注)1.「平均利率」については、借入金の当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定
額は以下のとおりであります。
1年超2年以内
(百万円)
2年超3年以内
(百万円)
3年超4年以内
(百万円)
4年超5年以内
(百万円)
長期借入金
9,722
20,339
876
15,643
リース債務
9,258
7,272
4,184
1,265
【資産除去債務明細表】
当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
より、記載を省略しております。
(2)【その他】
当連結会計年度における四半期情報等
(累計期間)
売上高(百万円)
税金等調整前四半期純損失
(△)又は税金等調整前当期
第1四半期
第2四半期
第3四半期
当連結会計年度
140,066
305,335
460,568
703,534
△10,830
△14,527
△14,482
5,348
△5,378
△5,401
△5,951
11,801
△7.53
△7.56
△8.33
16.52
純利益(百万円)
四半期純損失(△)又は当期
純利益(百万円)
1株当たり四半期純損失
(△)又は1株当たり当期純
利益(円)
(会計期間)
1株当たり四半期純利益又は
1株当たり四半期純損失
第1四半期
第2四半期
△7.53
△0.03
(△)(円)
- 104 -
第3四半期
△0.77
第4四半期
24.85
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
(単位:百万円)
第135期
(平成23年3月31日)
資産の部
流動資産
現金及び預金
受取手形
売掛金
商品及び製品
仕掛品
原材料及び貯蔵品
前渡金
前払費用
繰延税金資産
短期貸付金
未収入金
預け金
その他
貸倒引当金
第136期
(平成24年3月31日)
40
-
159
844
※3
6,808
※3
4,326
※3
103,457
137
-
3,010
3,612
※3
117,162
12,271
50,600
18,480
16,229
1,590
14,130
※3
7,206
※3
13,173
※3
13,864
6,510
△90
115,899
277,754
※3
流動資産合計
- 105 -
125
-
-
-
-
※3
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位:百万円)
第135期
(平成23年3月31日)
固定資産
有形固定資産
建物(純額)
構築物(純額)
機械及び装置(純額)
車両運搬具(純額)
工具、器具及び備品(純額)
土地
リース資産(純額)
建設仮勘定
第136期
(平成24年3月31日)
890
50
72
-
33,808
1,563
3,124
10
1,368
15,014
10,970
3,252
111
332
772
8
有形固定資産合計
※2
無形固定資産
ソフトウエア
その他
無形固定資産合計
投資その他の資産
投資有価証券
関係会社株式
出資金
長期貸付金
従業員に対する長期貸付金
関係会社長期貸付金
長期前払費用
前払年金費用
その他
貸倒引当金
投資その他の資産合計
固定資産合計
繰延資産
社債発行費
繰延資産合計
資産合計
- 106 -
2,237
※1,※2
69,112
207
48
2,102
1,703
255
3,805
83,139
110,186
387
1,000
7
46,241
11
1,157
816
-
90,625
100,622
488
565
47
13
165
29,388
6,923
△1,101
242,948
227,739
245,442
300,657
109
117
109
117
361,451
578,530
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位:百万円)
第135期
(平成23年3月31日)
負債の部
流動負債
支払手形
買掛金
コマーシャル・ペーパー
1年内償還予定の社債
1年内返済予定の長期借入金
リース債務
未払金
未払費用
未払法人税等
前受金
預り金
その他
第136期
(平成24年3月31日)
-
※3
※3
流動負債合計
63
220
63
113,360
10,000
60,000
※1,※3
65,479
5,982
※3
6,489
25,032
152
39,546
6,320
472
58,444
332,900
1,202
-
40,000
1,000
315
10,231
4,604
806
-
※3
固定負債
社債
長期借入金
リース債務
繰延税金負債
退職給付引当金
資産除去債務
その他
71,010
46,241
※3
569
18,466
3,673
46
3
固定負債合計
140,010
96,723
198,454
429,623
負債合計
- 107 -
※1
※3
31,010
31,944
11,933
16,702
3,006
1,272
853
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位:百万円)
第135期
(平成23年3月31日)
純資産の部
株主資本
資本金
資本剰余金
資本準備金
その他資本剰余金
第136期
(平成24年3月31日)
47,586
47,586
56,777
39
56,777
39
56,817
56,817
11,515
11,515
26,793
7,420
26,793
△5,269
45,729
33,039
自己株式
△7,299
△7,304
株主資本合計
142,832
130,138
20,164
-
18,853
△84
20,164
18,768
162,997
148,907
361,451
578,530
資本剰余金合計
利益剰余金
利益準備金
その他利益剰余金
別途積立金
繰越利益剰余金
利益剰余金合計
評価・換算差額等
その他有価証券評価差額金
繰延ヘッジ損益
評価・換算差額等合計
純資産合計
負債純資産合計
- 108 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
②【損益計算書】
(単位:百万円)
(自
至
売上高
営業収益
売上原価
商品及び製品期首たな卸高
合併による受入高
当期製品製造原価
当期商品仕入高
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
※2
※1,※2
2,844
22,074
合計
商品及び製品期末たな卸高
第136期
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
397,194
-
※2
-
-
-
-
11,291
295,606
22,493
-
-
329,392
-
売上原価
2,746
※2
売上総利益
-
販売費及び一般管理費
-
営業費用
※2,※3,※7
317,120
80,073
19,861
74,534
-
2,312
5,538
営業利益
営業外収益
受取利息
受取配当金
その他
12,271
※2,※7,※8
1,732
2,072
277
※2
営業外収益合計
※4,※7
※2
※2
4,083
営業外費用
支払利息
社債利息
為替差損
社債発行費償却
その他
※2
営業外費用合計
経常利益
特別利益
固定資産売却益
投資有価証券売却益
抱合せ株式消滅差益
関係会社株式売却益
724
1,724
2
107
12
5,148
1,988
1,281
484
85
816
※2
2,570
4,656
3,824
6,030
-
1,729
9
218
234
-
31,912
463
30,182
-
特別利益合計
特別損失
固定資産処分損
関係会社株式評価損
年金資産消失損
災害による損失
その他
192
3,598
1,358
45
31,787
-
9
3,565
284
20,210
5,038
1,051
2,189
35,407
28,774
328
△22,279
法人税、住民税及び事業税
法人税等調整額
9,540
261
399
△12,848
法人税等合計
9,801
△12,448
△9,472
△9,831
※5
特別損失合計
税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)
当期純損失(△)
- 109 -
※5
※6
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【売上原価明細書】
注記
番号
区分
(自
至
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
構成比
(%)
金額(百万円)
Ⅰ
材料費
1,098
11.2
Ⅱ
労務費
3,768
38.3
Ⅲ
経費
4,961
50.5
100.0
※1
当期総製造費用
9,828
期首仕掛品たな卸高
-
9,828
-
7,082
2,746
合計
期末仕掛品たな卸高
他勘定振替高
※2
売上原価
原価計算の方法
主として個別原価計算を採用してお
ります。
(注)※1.主な内訳は次のとおりであります。
項目
(自
至
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
賃借料(百万円)
1,178
業務委託費(百万円)
230
※2.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
項目
(自
至
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
試作試験費(百万円)
7,016
業務委託費(百万円)
34
社内設備(百万円)
2
その他(百万円)
28
合計(百万円)
7,082
- 110 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【製造原価明細書】
注記
番号
区分
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
構成比
(%)
金額(百万円)
Ⅰ
材料費
214,843
64.6
Ⅱ
労務費
56,593
17.0
Ⅲ
経費
61,361
18.4
100.0
※1
当期総製造費用
332,798
期首仕掛品たな卸高
-
合併による受入高
28,341
361,139
50,600
14,931
295,606
合計
期末仕掛品たな卸高
他勘定振替高
※2
当期製品製造原価
原価計算の方法
主として個別原価計算を採用してお
ります。
(注)※1.主な内訳は次のとおりであります。
項目
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
外注費(百万円)
17,212
減価償却費(百万円)
8,628
設備リース料(百万円)
5,842
動力費(百万円)
3,641
※2.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
項目
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
試作試験費(百万円)
12,710
製品修理費・仕損費(百万円)
1,379
社内設備(百万円)
635
その他(百万円)
206
合計(百万円)
14,931
- 111 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
③【株主資本等変動計算書】
(単位:百万円)
第135期
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
株主資本
資本金
当期首残高
当期変動額
当期変動額合計
当期末残高
資本剰余金
資本準備金
当期首残高
当期変動額
当期変動額合計
当期末残高
第136期
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
47,586
47,586
-
-
47,586
47,586
56,777
56,777
-
-
56,777
56,777
その他資本剰余金
当期首残高
当期変動額
自己株式の処分
39
39
△0
△0
当期変動額合計
△0
△0
39
39
56,817
56,817
△0
△0
△0
△0
56,817
56,817
当期末残高
資本剰余金合計
当期首残高
当期変動額
自己株式の処分
当期変動額合計
当期末残高
- 112 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位:百万円)
(自
至
利益剰余金
利益準備金
当期首残高
当期変動額
当期変動額合計
当期末残高
その他利益剰余金
別途積立金
当期首残高
当期変動額
当期変動額合計
当期末残高
繰越利益剰余金
当期首残高
当期変動額
剰余金の配当
当期純損失(△)
当期変動額合計
当期末残高
利益剰余金合計
当期首残高
当期変動額
剰余金の配当
当期純損失(△)
当期変動額合計
当期末残高
自己株式
当期首残高
当期変動額
自己株式の取得
自己株式の処分
当期変動額合計
当期末残高
株主資本合計
当期首残高
当期変動額
剰余金の配当
当期純損失(△)
自己株式の取得
自己株式の処分
当期変動額合計
当期末残高
- 113 -
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
第136期
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
11,515
11,515
-
-
11,515
11,515
26,793
26,793
-
-
26,793
26,793
19,394
7,420
△2,501
△9,472
△2,858
△9,831
△11,974
△12,689
7,420
△5,269
57,703
45,729
△2,501
△9,472
△2,858
△9,831
△11,974
△12,689
45,729
33,039
△7,288
△7,299
△11
△5
1
0
△10
△4
△7,299
△7,304
154,817
142,832
△2,501
△9,472
△11
1
△2,858
△9,831
△5
0
△11,984
△12,694
142,832
130,138
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位:百万円)
(自
至
評価・換算差額等
その他有価証券評価差額金
当期首残高
当期変動額
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
繰延ヘッジ損益
当期首残高
当期変動額
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
評価・換算差額等合計
当期首残高
当期変動額
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
純資産合計
当期首残高
当期変動額
剰余金の配当
当期純損失(△)
自己株式の取得
自己株式の処分
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
当期変動額合計
当期末残高
- 114 -
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
第136期
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
51,183
20,164
△31,019
△1,310
△31,019
△1,310
20,164
18,853
-
-
-
△84
-
△84
-
△84
51,183
20,164
△31,019
△1,395
△31,019
△1,395
20,164
18,768
206,001
162,997
△2,501
△9,472
△11
△2,858
△9,831
△5
1
△31,019
0
△1,395
△43,004
△14,090
162,997
148,907
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【重要な会計方針】
項目
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方 (1)子会社株式及び関連会社株式
法
移動平均法による原価法により評価しております。
(2)その他有価証券
時価のあるもの
決算期末日の市場価格等に基づく時価法により評価しております。(評価
差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定し
ております。)
時価のないもの
移動平均法による原価法により評価しております。
2.たな卸資産の評価基準及び評価 (1)製品及び仕掛品
方法
主として個別法又は総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下
に基づく簿価切下げの方法により算定)により評価しております。
(2)原材料及び貯蔵品
最終仕入原価法により評価しております。
3.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産(リース資産を除く)
定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物
(建物附属設備を除く)については、定額法を採用しております。なお、主な
耐用年数は以下のとおりであります。
建物
機械及び装置
7年~50年
5年~12年
(2)無形固定資産(リース資産を除く)
定額法を採用しております。
なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5
年)に基づく定額法を採用しております。
(3) リース資産
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しておりま
す。
なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が
平成20年3月31日以前のリース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法
に準じた会計処理によっております。
4.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率によ
り、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不
能見込額を計上しております。
(2)退職給付引当金
従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年
金資産の見込額に基づき計上しております。
過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の年数による
定額法により費用処理しております。
数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期
間以内の年数による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度か
ら費用処理しております。
- 115 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
項目
5.収益及び費用の計上基準
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
完成工事高及び完成工事原価の計上基準
イ)当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
ロ)その他の工事
工事完成基準
6.外貨建の資産又は負債の本邦通
外貨建金銭債権債務は、決算期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算
貨への換算の基準
差額は損益として処理しております。
7.ヘッジ会計の方法
イ)ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理によっております。なお、振当処理の要件を満たしている為
替予約については振当処理に、特例処理の要件を満たしている金利スワップに
ついては特例処理によっております。
ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象
a.ヘッジ手段……為替予約
ヘッジ対象……外貨建売上債権、外貨建買入債務及び外貨建予定取引
b.ヘッジ手段……金利スワップ
ヘッジ対象……借入金
ハ)ヘッジ方針
当社は国際的に事業を営んでおり、外国為替相場の変動によるリスクにさら
されております。このリスクを回避するために、当社の運用ルールに基づき、
外貨建債権債務の先物為替予約取引を行い、為替変動リスクをヘッジしており
ます。また、金利スワップにより、金利変動リスクを一定の範囲内でヘッジし
ております。
ニ)ヘッジ有効性評価の方法
ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動又はキャッシュ・フロー変動の累計を比
較し、その変動額の比率によってヘッジの有効性を評価しております。ただ
し、特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略して
おります。
8.その他財務諸表作成のための重 (1)消費税等の会計処理
要な事項
税抜方式によっており、残高は流動資産の「その他」に含めて表示しており
ます。
(2)連結納税制度の適用
連結納税制度を適用しております。
【表示方法の変更】
(損益計算書)
前事業年度において、「特別損失」の「その他」に含めていた「災害による損失」は、金額的重要性が増したた
め、当事業年度より区分掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の
組替えを行っております。
この結果、前事業年度の損益計算書において、「特別損失」の「その他」に表示していた3,574百万円は、「災害
による損失」9百万円、「その他」3,565百万円として組み替えております。
【追加情報】
項目
1.会計上の変更及び誤謬の訂正に
関する会計基準等の適用
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
当事業年度の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、
「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 平成
21年12月4日)及び「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用指
針」(企業会計基準適用指針第24号
- 116 -
平成21年12月4日)を適用しております。
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【注記事項】
(貸借対照表関係)
※1
担保資産及び担保付債務
担保に供している資産は、次のとおりであります。
第135期
(平成23年3月31日)
建物
土地
第136期
(平成24年3月31日)
-百万円
-
計
6,159百万円
6,402
-
12,562
第135期
(平成23年3月31日)
第136期
(平成24年3月31日)
担保付債務は、次のとおりであります。
1年内返済予定の長期借入金
長期借入金
-百万円
-
1,296百万円
1,944
-
3,240
第135期
(平成23年3月31日)
第136期
(平成24年3月31日)
計
※2
有形固定資産の減価償却累計額
有形固定資産の減価償却累計額
※3
2,391百万円
146,860百万円
関係会社項目
関係会社に対する資産及び負債には、区分掲記されたもののほか次のものがあります。
第135期
(平成23年3月31日)
受取手形
-百万円
売掛金
短期貸付金
123
未収入金
預け金
買掛金
1年内返済予定の長期借入金
未払金
リース債務(固定負債)
第136期
(平成24年3月31日)
1,456百万円
28,001
6,800
2,557
6,698
8,431
103,457
998
-
13,864
76,336
10,174
20,485
3,207
532
10,076
なお、上記及び区分掲記されたもののほかに、関係会社に対する資産が第135期は411百万円、第136期は8,404百
万円、関係会社に対する負債が第135期は2,367百万円、第136期は8,819百万円あります。
4
偶発債務
金融機関からの借入等に対する債務保証
第135期
(平成23年3月31日)
マレーシア富士電機社
11,745百万円
富士電機フィアス㈱
富士電機半導体マレーシア社
フィリピン富士電機社
㈱エスエナジーサービス
富士電機デバイステクノロジー㈱
当社及び子会社の従業員
その他
計
- 117 -
第136期
(平成24年3月31日)
10,448百万円
7,780
6,289
6,600
4,742
997
410
920
721
-
28,628
2,517
2,058
7
895
58,377
26,387
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(損益計算書関係)
営業収益
※1
関係会社からの受取配当金、研究受託収入及びグループ運営収入であります。
※2
関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
(自
至
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
関係会社に対する売上高
1,819
関係会社からの受取利息
1,678
-
関係会社からの受取配当金
関係会社に対する支払利息
123
1,606
1,107
営業費用の内訳は次のとおりであります。
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
従業員給料諸手当
4,216百万円
退職給付費用
469
減価償却費
189
研究開発費
10,905
租税公課
賃借料
590
778
広告宣伝費
業務委託費
420
594
その他
1,696
販売費に属する費用のおおよその割合は55%、一般管理費に属する費用のおおよその割合は45%であります。
販売費及び一般管理費のうち主なものは次のとおりであります。
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
従業員給料諸手当
31,165百万円
4,486
退職給付費用
研究開発費
21,576
固定資産処分損の内容は次のとおりであります。
(自
至
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
機械及び装置等の売廃却損であります。
※6
215,167
2
(自
至
※5
80,985百万円
-
22,074
関係会社からの仕入高
※4
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
2,763百万円
関係会社に対する営業収益
※3
(自
至
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
機械及び装置等の売廃却損であります。
年金資産消失損
特定の投資顧問会社に関連する年金資産の大半が消失しているものと判断し、消失が見込まれる年金資産の額及び
当該年金資産に係る数理計算上の差異の未償却残高を合理的に見積り、これらの金額を前払年金費用から控除したも
のであります。
- 118 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
※7
2012/06/26 9:29:54
営業費用または一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額
(自
至
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
10,905百万円
※8
23,406百万円
期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後(洗替法)の金額であり、次のたな卸資産評価損益(△は益)が
売上原価に含まれております。
(自
至
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
─────
1,141百万円
(株主資本等変動計算書関係)
第135期(自平成22年4月1日
至平成23年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
当事業年度期首株
式数(千株)
当事業年度増加株
式数(千株)
当事業年度減少株
式数(千株)
当事業年度末株式
数(千株)
31,824
48
5
31,867
31,824
48
5
31,867
普通株式(注)1,2
合計
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加48千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
2.普通株式の自己株式の株式数の減少5千株は、単元未満株式の売却による減少であります。
第136期(自平成23年4月1日
至平成24年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
普通株式(注)1,2
合計
当事業年度期首株
式数(千株)
当事業年度増加株
式数(千株)
当事業年度減少株
式数(千株)
当事業年度末株式
数(千株)
31,867
22
1
31,888
31,867
22
1
31,888
(注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加22千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
2.普通株式の自己株式の株式数の減少1千株は、単元未満株式の売却による減少であります。
- 119 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(リース取引関係)
1.ファイナンス・リース取引
所有権移転外ファイナンス・リース取引
① リース資産の内容
(ア)有形固定資産
機械及び装置、工具、器具及び備品であります。
(イ)無形固定資産
ソフトウエアであります。
② リース資産の減価償却の方法
重要な会計方針「3.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース取引
については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内容は次のとおりであります。
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
(単位:百万円)
第135期(平成23年3月31日)
取得価額相当額
減価償却累計額相当額
期末残高相当額
機械及び装置
工具、器具及び備品
ソフトウエア
合計
34
26
7
88
1
124
35
1
63
52
0
60
(単位:百万円)
機械及び装置
車両運搬具
取得価額相当額
工具、器具及び備品
ソフトウエア
合計
第136期(平成24年3月31日)
減価償却累計額相当額 減損損失累計額相当額
22,012
18,052
3
930
3
673
423
23,370
374
19,104
期末残高相当額
113
-
3,846
-
-
-
256
113
49
4,151
(2)未経過リース料期末残高相当額等
(単位:百万円)
第136期
(平成24年3月31日)
第135期
(平成23年3月31日)
未経過リース料期末残高相当額
1年内
1年超
合計
リース資産減損勘定の残高
- 120 -
64
7
2,560
1,963
71
-
4,523
113
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
(単位:百万円)
第135期
第136期
(自 平成22年4月1日
(自 平成23年4月1日
至 平成23年3月31日)
至 平成24年3月31日)
支払リース料
リース資産減損勘定の取崩額
減価償却費相当額
支払利息相当額
148
-
5,910
528
142
3
5,483
183
(4)減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(5)利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法
によっております。
(減損損失について)
リース資産に配分された減損損失はありません。
2.オペレーティング・リース取引
オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
(単位:百万円)
第136期
(平成24年3月31日)
第135期
(平成23年3月31日)
1年内
128
320
448
1年超
合計
688
1,033
1,722
(有価証券関係)
子会社株式及び関連会社株式
第135期(平成23年3月31日)
区分
子会社株式
貸借対照表計上額
(百万円)
時価(百万円)
差額(百万円)
1,815
670
時価(百万円)
差額(百万円)
3,430
868
1,144
第136期(平成24年3月31日)
区分
子会社株式
貸借対照表計上額
(百万円)
2,561
(注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額
(単位:百万円)
区分 第135期
(平成23年3月31日)
子会社株式
関連会社株式
第136期
(平成24年3月31日)
109,041
79,789
-
18,271
これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「子会社
株式」には含めておりません。
- 121 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(税効果会計関係)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
退職給付引当金
第135期
(平成23年3月31日)
第136期
(平成24年3月31日)
1,865百万円
1,422
繰越欠損金
投資有価証券
17,419百万円
10,762
未払従業員賞与
その他
14,387
410
999
6,444
3,583
11,348
繰延税金資産小計
評価性引当額
19,085
△18,138
49,558
△12,162
繰延税金資産合計
繰延税金負債
946
37,395
△643
△14,225
△22,090
△10,464
△3,616
△83
△7,387
△25
△18,568
△17,622
△39,967
△2,572
退職給付信託設定益
その他有価証券評価差額金
投資有価証券
その他
繰延税金負債合計
繰延税金資産(負債)の純額
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
第135期
(平成23年3月31日)
40.7%
法定実効税率
(調整)
評価性引当額
受取配当金等永久に益金算入さ
れない項目
その他
第136期
(平成24年3月31日)
税引前当期純損失を計上しているため記載を省略して
おります。
3,592.5
△855.5
202.5
税効果会計適用後の法人税等の負
担率
2,980.2
3.法人税等の税率の変更等による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための所得税法等の一部を改正する法律」(平成23年法律
第114号)及び「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法」
(平成23年法律第117号)が平成23年12月2日に公布され、平成24年4月1日以後に開始する事業年度から法人税
率の引下げ及び復興特別法人税の課税が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債
の計算に使用する法定実効税率は従来の40.7%から、平成24年4月1日に開始する事業年度から平成26年4月1日
に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異等については38.0%に、平成27年4月1日に開始する事業年度以
降に解消が見込まれる一時差異等については35.6%となります。この税率変更により、繰延税金負債の金額(繰延
税金資産の金額を控除した金額)は2,256百万円減少し、法人税等調整額が779百万円、その他有価証券評価差額金
が1,480百万円、それぞれ減少し、繰延ヘッジ損益が3百万円増加しております。
また、欠損金の繰越控除制度において平成24年4月1日以後に開始する事業年度から繰越控除前の所得の金額の
100分の80相当額が控除限度額とされることに伴い、繰延税金負債の金額及び法人税等調整額が、それぞれ757百万
円増加しております。
(企業結合等関係)
第136期(自平成23年4月1日
「1.連結財務諸表等
至平成24年3月31日)
(1)連結財務諸表
注記事項
- 122 -
(企業結合等関係)」を参照。
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(資産除去債務関係)
資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
イ 当該資産除去債務の概要
社有建物の解体時におけるアスベスト除去費用及び本社オフィスや営業所等の不動産賃貸借契約に基づく、退
去時における原状回復に係る債務につき、資産除去債務を計上しております。
なお、本社オフィスや営業所等の不動産賃貸借契約に基づく、退去時における原状回復に係る債務の一部に関
しては、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関する敷金の回収が最終的に見込めないと認め
られる金額を合理的に見積り、そのうち当事業年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によっておりま
す。
ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法
負債計上した資産除去債務の金額の算定にあたっては、使用見込期間を7年~49年と見積り、割引率は当該使
用見込期間に見合う国債の流通利回り(0.7%~2.3%)を使用しております。
ハ 当該資産除去債務の総額の増減
(自
至
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
期首残高(注)
合併よる受入額
75百万円
-
有形固定資産の取得に伴う増加額
時の経過による調整額
-
資産除去債務の履行による減少額
期末残高
(注)
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
46百万円
1,285
1
△31
9
4
△73
46
1,272
第135期の「期首残高」は「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号
平成20年3
月31日)及び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第21号
年3月31日)を適用したことによる期首時点における残高であります。
- 123 -
平成20
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(1株当たり情報)
項目
(自
至
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
1株当たり純資産額(円)
1株当たり当期純損失(△)(円)
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益(円)
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
228.09
208.38
△13.26
△13.76
潜在株式は存在するものの1株当
たり当期純損失であるため記載して
潜在株式は存在するものの1株当
たり当期純損失であるため記載して
おりません。
おりません。
(注)1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
(自
至
第135期
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
1株当たり当期純損失
(自
至
第136期
平成23年4月1日
平成24年3月31日)
△9,472
△9,831
-
-
△9,472
△9,831
普通株式の期中平均株式数(千株)
714,640
714,607
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
当期純利益調整額(百万円)
-
-
普通株式増加数(千株)
-
-
-
-
当期純損失(△)
(百万円)
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純損失(△)(百万
円)
(うち新株予約権(千株))
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後
1株当たり当期純利益の算定に含めなかった
潜在株式の概要
-
- 124 -
-
11793800_有価証券報告書_20120626092925
(重要な後発事象)
第136期(自平成23年4月1日
2012/06/26 9:29:54
至平成24年3月31日)
1.
当社は、平成23年12月26日開催の取締役会において、当社100%子会社である富士電機T&Dサクセション㈱
を吸収合併することを決議し、同日締結された合併契約に基づき、平成24年4月1日付で吸収合併が行われまし
た。
合併の概要は以下のとおりであります。
(1) 企業結合の目的
当社と㈱日立製作所及び㈱明電舎の共同出資による合弁会社の㈱日本AEパワーシステムズは、平成13年7月
1日に3社の変電・配電事業を統合して設立し、グローバルに事業を展開しておりましたが、近年、これらの電
力流通システム市場では新興国を中心に需要が拡大しており、今後は、再生可能エネルギーやスマートグリッド
など、社会インフラや産業分野におけるエネルギー利用の効率化の進展により、さらに高い成長性が期待されて
おります。
このような状況下で、㈱日本AEパワーシステムズの成長戦略について3社が様々な角度から協議を重ねてき
た結果、抜本的に成長戦略を見直す必要があるとの共通認識にいたり、平成23年7月、合弁関係を発展的に解消
し各社において事業の再構築・成長を目指すことで基本合意しました。
そして、平成23年12月26日、本件に関する最終合意にいたり、本合弁解消に伴う事業承継の方法として、㈱日
本AEパワーシステムズが営む事業の一部を吸収分割により当社の100%子会社である富士電機T&Dサクセシ
ョン㈱が承継し、同日付で当該子会社を消滅会社とする吸収合併により当社が承継することとしました。
(2) 企業結合の法的形式
当社を存続会社、富士電機T&Dサクセション㈱を消滅会社とする吸収合併
(3) 結合後企業の名称
富士電機㈱
(4) 実施する会計処理の概要
「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号
平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業
分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号
の取引の会計処理を適用する見込みです。
- 125 -
平成20年12月26日)に基づき、共通支配下
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
信越化学工業㈱
328
1,568
㈱ADEKA
1,317
1,035
横浜ゴム㈱
2,302
1,372
㈱日本製鋼所
1,000
567
古河機械金属㈱
8,620
689
古河電気工業㈱
11,000
2,420
月島機械㈱
5,597
4,091
フジテック㈱
5,089
2,778
109,098
47,566
能美防災㈱
868
492
東光電気㈱
1,999
727
ファナック㈱
718
10,549
川崎重工業㈱
7,703
1,948
2
1,507
北陸電力㈱
549
822
㈱日伝
247
549
㈱ジェスクホリウチ
550
688
5,000
2,421
17,599
8,827
179,591
90,625
富士通㈱
投資有価証
券
その他有
価証券
貸借対照表計上額
(百万円)
株式数(千株)
東海旅客鉄道㈱
㈱みずほフィナンシャルグループ優先株
その他(210銘柄)
計
- 126 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【有形固定資産等明細表】
当期首残高
(百万円)
資産の種類
当期増加額
(百万円)
有形固定資産
建物
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償
却累計額又は
償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残
高(百万円)
2,064
107,534
772
108,826
75,018
2,997
33,808
構築物
203
8,286
2
8,487
6,924
224
1,563
機械及び装置
188
42,382
2,666
39,903
36,779
1,495
3,124
-
195
24
171
160
6
10
工具、器具及び備品
716
24,021
2,069
22,668
21,300
1,177
1,368
土地
332
14,681
-
15,014
-
-
15,014
リース資産
1,115
17,108
575
17,648
6,677
3,155
10,970
建設仮勘定
8
6,472
3,228
3,252
-
-
3,252
4,629
220,683
9,339
215,973
146,860
9,057
69,112
車両運搬具
有形固定資産計
無形固定資産
ソフトウエア
その他
無形固定資産計
長期前払費用
社債発行費
繰延資産計
377
6,292
944
5,725
3,623
1,062
2,102
55
2,519
718
1,855
151
54
1,703
433
8,811
1,663
7,581
3,775
1,117
3,805
25
493
0
518
352
86
165
繰延資産
608
93
197
504
386
85
117
608
93
197
504
386
85
117
(注)1.当期増加額には、平成23年4月1日に富士電機システムズ㈱を吸収合併したことによる増加額が次のとおり含まれております。
有形固定資産
建物
構築物
機械及び装置
車両運搬具
95,080百万円
7,017百万円
36,269百万円
186百万円
工具、器具及び備品
22,817百万円
土地
12,117百万円
リース資産
12,254百万円
建設仮勘定
391百万円
無形固定資産
ソフトウエア
5,416百万円
その他
1,136百万円
長期前払費用
437百万円
2.当期増加額には、平成23年7月1日に富士電機デバイステクノロジー㈱を吸収合併したことによる増加額が次のとおり含まれておりま
す。
有形固定資産
建物
10,936百万円
構築物
1,126百万円
機械及び装置
5,038百万円
工具、器具及び備品
206百万円
土地
2,564百万円
リース資産
3,654百万円
無形固定資産
その他
長期前払費用
25百万円
10百万円
- 127 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【引当金明細表】
区分
貸倒引当金
当期首残高
(百万円)
-
当期増加額
(百万円)
1,461
当期減少額
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
(その他)
(百万円)
35
234
当期末残高
(百万円)
1,191
(注)1.当期増加額には、平成23年4月1日に富士電機システムズ㈱を吸収合併したことによる増加額が1,291百万円含
まれております。
2.貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、洗替による戻入額220百万円及び回収による戻入額14百万円であ
ります。
- 128 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 流動資産
1)現金及び預金
当座預金
(百万円)
現金(百万円)
12
普通預金
(百万円)
348
外貨普通預金(百万円)
580
合計(百万円)
2,069
3,010
2)受取手形
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
イオンディライト㈱
278
富士電機産業㈱
185
三宅計器㈱
166
協同電気㈱
155
㈱富士交易
150
その他
2,675
合計
3,612
(ロ)決済期日別内訳
決済期
金額(百万円)
平成24年
4月
5月
4
6月
30
7月
1,230
- 129 -
1,611
8月
9月以降
397
338
合計
3,612
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3)売掛金
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
宝永電機㈱
5,031
メタウォーター㈱
4,448
富士電機(香港)社
CHINA NONFERROUS METAL Ⅰ
NDUSTRY′S FOREIGN ENGINE
ERING AND CONSTRUCTION C
O.,LTD
富士電機アメリカ社
2,974
2,808
2,696
その他
99,204
合計
117,162
(ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
当期首残高
(百万円)
当期発生高
(百万円)
当期回収高
(百万円)
当期末残高
(百万円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A) + (D)
2
(C)
(A)
(B)
(C)
× 100
(D)
(A) + (B)
(B)
366
125
533,036
415,999
117,162
78.0
(注)1. 当期発生高には消費税等が含まれております。
2. 当期発生高には富士電機システムズ㈱から承継された119,007百万円が含まれております。
3. 当期発生高には富士電機デバイステクノロジー㈱から承継された6,660百万円が含まれております。
- 130 -
40
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
4)商品及び製品
区分
金額(百万円)
エネルギー
1,625
産業システム
1,043
社会システム
1,362
パワエレ機器
2,697
電子デバイス
5,116
器具
521
その他
△96
合計
12,271
5)仕掛品
区分
金額(百万円)
エネルギー
31,979
産業システム
5,343
社会システム
5,633
パワエレ機器
5,413
電子デバイス
1,918
器具
8
その他
304
合計
50,600
6)原材料及び貯蔵品
区分
金額(百万円)
エネルギー
2,089
産業システム
2,593
社会システム
1,247
パワエレ機器
4,221
電子デバイス
7,789
その他
538
合計
18,480
- 131 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
②
投資その他の資産
1)関係会社株式
子会社株式(百万円)
関連会社株式(百万円)
82,351
合計(百万円)
18,271
100,622
2)前払年金費用
科目
金額(百万円)
前払年金費用
退職給付債務を超過している退職給付引当金
29,388
合計
③
備考
29,388
流動負債
1)支払手形
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
㈲大石化研
29
㈱石川建設
5
よしはらエンジニアリング㈱
5
ヤマトプロテック㈱
3
東宏クリエイト㈱
3
その他
16
合計
63
(ロ)決済期日別内訳
決済期
金額(百万円) 平成24年
4月
35
5月
6月
7
7月
9
- 132 -
8月
7
9月以降
2
合計
-
63
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
2)買掛金
相手先
金額(百万円)
富士電機フィアス㈱
22,757
サーペント・ファンディング・コーポレーション
ジャパン・セキュリタイゼーション・コーポレーショ
ン
7,000
㈱日本AEパワーシステムズ
5,739
エイペックス・ファンディング・コーポレーション
4,700
5,800
その他
67,362
合計
3)1年内償還予定の社債
「1.連結財務諸表等
113,360
(1)連結財務諸表
⑤連結附属明細表
社債明細表」を参照。
4)1年内返済予定の長期借入金
相手先
金額(百万円)
富士電機フイアス㈱
20,485
㈱みずほコーポレート銀行
8,000
㈱三菱東京UFJ銀行
5,000
㈱りそな銀行
4,000
㈱国際協力銀行
3,698
その他
24,296
合計
65,479
5)前受金
相手先
金額(百万円)
日本原燃㈱
16,606
沖縄電力㈱
9,345
東北電力㈱
2,108
双日㈱
1,403
富士電機アメリカ社
919
その他
9,164
合計
39,546
- 133 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
固定負債
④
1)社債
「1.連結財務諸表等
(1)連結財務諸表
⑤連結附属明細表
社債明細表」を参照。
2)長期借入金
相手先
金額(百万円)
㈱みずほコーポレート銀行
6,000
㈱みずほ信託銀行
3,500
㈱三菱東京UFJ銀行
3,000
㈱りそな銀行
2,000
中央三井信託銀行㈱
2,000
その他
15,444
合計
31,944
- 134 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(3)【その他】
【被合併会社(富士電機システムズ株式会社)の最終事業年度の財務諸表】
①貸借対照表
当事業年度
(平成23年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
(資産の部)
Ⅰ
流動資産
1. 現金及び預金
3,353
2. 受取手形
3,517
3. 売掛金
※3
119,007
4. 商品及び製品
11,291
5. 仕掛品
28,341
6. 原材料及び貯蔵品
17,179
7. 前渡金
17,343
8. 前払費用
663
9. 繰延税金資産
10. 未収入金
7,439
※3
11. その他
13,294
3,267
12. 貸倒引当金
△ 220
流動資産合計
224,478
- 135 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
当事業年度
(平成23年3月31日)
区分
Ⅱ
注記
番号
金額(百万円)
固定資産
1. 有形固定資産
(1)
建物(純額)
※1
(2)
構築物(純額)
1,404
(3)
機械及び装置(純額)
3,286
(4) 車両運搬具(純額)
(5)
工具、器具及び備品(純額)
(6)
土地
(7)
リース資産(純額)
(8)
建設仮勘定
有形固定資産合計
30,962
10
1,514
※1
12,117
9,041
391
※2
58,727
2. 無形固定資産
(1)
ソフトウエア
(2)
リース資産
108
(3)
その他
893
2,088
無形固定資産合計
3,090
3. 投資その他の資産
(1)
投資有価証券
12,323
(2)
関係会社株式
67,485
(3) 長期貸付金
(4)
104
差入保証金
187
(5) 長期前払費用
(6)
前払年金費用
(7)
その他
(8)
貸倒引当金
1,534
37,085
1,479
△ 1,071
投資その他の資産合計
119,128
固定資産合計
180,946
資産合計
405,424
- 136 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
当事業年度
(平成23年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
(負債の部)
Ⅰ
流動負債
1. 支払手形
2. 買掛金
151
※3
3. 短期借入金
4. 1年内返済予定の長期借入金
106,951
49,156
※1
88,097
5. リース債務
2,589
6. 未払金
1,648
7. 未払費用
19,477
8. 未払法人税等
184
9. 前受金
32,449
10. 預り金
6,200
11. リース資産減損勘定
328
12. その他
1,403
流動負債合計
Ⅱ
308,637
固定負債
1. 長期借入金
※1
2. リース債務
8,254
7,876
3. 繰延税金負債
10,458
4. 退職給付引当金
597
5. 資産除去債務
1,280
6. リース資産減損勘定
113
7. その他
882
固定負債合計
29,463
負債合計
338,101
- 137 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
当事業年度
(平成23年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
(純資産の部)
Ⅰ
株主資本
1. 資本金
25,000
2. 資本剰余金
(1)
資本準備金
(2)
その他資本剰余金
13,416
4,496
資本剰余金合計
17,912
3. 利益剰余金
その他利益剰余金
繰越利益剰余金
24,667
利益剰余金合計
24,667
株主資本合計
Ⅱ
67,579
評価・換算差額等
1. その他有価証券評価差額金
△ 246
△ 10
2. 繰延ヘッジ損益
評価・換算差額等合計
△ 256
純資産合計
67,323
負債純資産合計
405,424
- 138 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
②損益計算書
(自
至
区分
Ⅰ
売上高
Ⅱ
売上原価
注記番号
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
金額(百万円)
※1
1. 商品及び製品期首たな卸高
9,975
2. 当期製品製造原価
283,358
3. 当期商品仕入高
21,654
合計
314,988
4. 商品及び製品期末たな卸高
売上原価
380,882
11,291
※1、※3、
303,696
※4
売上総利益
Ⅲ
販売費及び一般管理費
77,185
※2、※3
70,169
営業利益
Ⅳ
7,015
営業外収益
1. 受取利息
2. 受取配当金
67
※1
1,266
230
4. その他
320
Ⅴ
3. 負ののれんの償却額
1,885
営業外費用
1. 支払利息
2,751
2. 為替差損
1,307
3. その他
712
経常利益
Ⅵ
4,771
4,129
特別利益
1. 関係会社株式売却益
539
2. 抱合せ株式消滅差益
737
3. 事業譲渡益
288
4. その他
Ⅶ
23
1,589
特別損失
1. 資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
1,272
2. 災害による損失
357
3. その他
309
税引前当期純利益
1,939
3,778
法人税、住民税及び事業税
△818
法人税等調整額
1,653
当期純利益
834
2,944
- 139 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
製造原価明細書
当事業年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
注記
番号
区分
金額(百万円)
構成比(%)
Ⅰ 材料費
193,186
64.7
Ⅱ 労務費
50,051
16.8
55,318
18.5
298,556
100.0
Ⅲ 経費
※1
当期総製造費用
期首仕掛品たな卸高
23,258
合計
321,815
期末仕掛品たな卸高
28,341
他勘定振替高
※2
10,115
当期製品製造原価
283,358
原価計算の方法
主として個別原価計算を採用しております。
(注)※1. 主な内訳は次のとおりであります。
当事業年度
項目
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
外注費 (百万円)
15,753
減価償却費 (百万円)
7,102
設備リース料 (百万円)
7,033
動力費 (百万円)
3,373
※2. 他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
当事業年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
試作試験費 (百万円)
8,386
製品修理費・仕損費 (百万円)
1,056
社内設備 (百万円)
534
その他 (百万円)
138
合計 (百万円)
10,115
- 140 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
③株主資本等変動計算書
(単位 : 百万円)
当事業年度
(自
至
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
株主資本
資本金
前期末残高
25,000
当期変動額
-
当期変動額合計
当期末残高
25,000
資本剰余金
資本準備金
前期末残高
13,416
当期変動額
-
当期変動額合計
当期末残高
13,416
その他資本剰余金
前期末残高
4,496
当期変動額
-
当期変動額合計
当期末残高
4,496
資本剰余金合計
前期末残高
17,912
当期変動額
-
当期変動額合計
当期末残高
17,912
- 141 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位 : 百万円)
(自
当事業年度
平成22年4月1日
至
平成23年3月31日)
利益剰余金
その他利益剰余金
繰越利益剰余金
前期末残高
26,450
当期変動額
剰余金の配当
△5,228
会社分割による増加
500
当期純利益
2,944
当期変動額合計
△1,783
当期末残高
24,667
利益剰余金合計
前期末残高
26,450
当期変動額
剰余金の配当
△5,228
会社分割による増加
500
当期純利益
2,944
当期変動額合計
△1,783
当期末残高
24,667
株主資本合計
前期末残高
69,363
当期変動額
剰余金の配当
△5,228
会社分割による増加
500
当期純利益
2,944
当期変動額合計
△1,783
当期末残高
67,579
- 142 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位 : 百万円)
(自
当事業年度
平成22年4月1日
至
平成23年3月31日)
評価・換算差額等
その他有価証券評価差額金
前期末残高
1,296
当期変動額
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
△1,542
当期変動額合計
△1,542
当期末残高
△246
繰延ヘッジ損益
前期末残高
72
当期変動額
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
△82
当期変動額合計
△82
当期末残高
△10
評価・換算差額等合計
前期末残高
1,368
当期変動額
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
△1,625
当期変動額合計
△1,625
当期末残高
△256
純資産合計
前期末残高
70,732
当期変動額
剰余金の配当
△5,228
会社分割による増加
500
当期純利益
2,944
株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
△1,625
当期変動額合計
△3,408
当期末残高
67,323
- 143 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
④キャッシュ・フロー計算書
(単位:百万円)
注記
番号
(自
当事業年度
平成22年4月1日
至
平成23年3月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前当期純利益
3,778
減価償却費
8,838
受取利息及び受取配当金
△ 1,333
支払利息
2,751
関係会社株式売却損益(△は益)
△ 539
抱合せ株式消滅差損益(△は益)
△ 737
事業譲渡損益(△は益)
△ 288
資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額
1,272
売上債権の増減額(△は増加)
1,796
たな卸資産の増減額(△は増加)
△ 11,250
仕入債務の増減額(△は減少)
15,770
前受金の増減額(△は減少)
8,598
△ 8,510
その他
小計
20,146
利息及び配当金の受取額
1,162
利息の支払額
△ 2,703
法人税等の支払額
△ 449
営業活動によるキャッシュ・フロー
18,156
投資活動によるキャッシュ・フロー
有形固定資産の取得による支出
△ 2,523
有形固定資産の売却による収入
57
投資有価証券の取得による支出
△ 25
投資有価証券の売却による収入
72
子会社株式の取得による支出
△ 926
子会社株式の売却による収入
1,450
事業譲渡による収入
872
貸付けによる支出
△ 25
貸付金の回収による収入
39
△ 869
その他
投資活動によるキャッシュ・フロー
△ 1,879
- 144 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位:百万円)
注記
番号
当事業年度
(自
至
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
財務活動によるキャッシュ・フロー
短期借入金の純増減額(△は減少)
△ 7,603
長期借入金の返済による支出
△ 416
リース債務の返済による支出
△ 2,227
配当金の支払額
△ 5,228
財務活動によるキャッシュ・フロー
△ 15,475
現金及び現金同等物に係る換算差額
19
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
821
現金及び現金同等物の期首残高
2,531
現金及び現金同等物の期末残高
※1
- 145 -
3,353
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
重要な会計方針
当事業年度
項目
(自
至
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
1.有価証券の評価基準及 (1) 子会社株式及び関連会社株式
び評価方法
移動平均法による原価法
(2) その他有価証券
時価のあるもの
期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法によ
り処理し、売却原価は移動平均法により算定)
時価のないもの
移動平均法による原価法
2.デリバティブ等の評価 デリバティブ
基準及び評価方法
時価法
3.たな卸資産の評価基準 (1) 製品及び仕掛品
及び評価方法
主として個別法又は総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下
に基づく簿価切下げの方法により算定)
(2) 原材料及び貯蔵品
最終仕入原価法
4.固定資産の減価償却の (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
方法
定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物
(建物附属設備を除く)については、定額法を採用しております。なお、主
な耐用年数は以下のとおりであります。
建物
7年~50年
機械及び装置
5年~12年
(2) 無形固定資産(リース資産を除く)
定額法を採用しております。
なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5
年)に基づく定額法を採用しております。
(3) リース資産
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しておりま
す。
なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が
平成20年3月31日以前のリース取引については、通常の賃貸借取引に係る方
法に準じた会計処理によっております。
5.外貨建の資産及び負債
の本邦通貨への換算基準
6.引当金の計上基準
外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額
は損益として処理しております。
(1) 貸倒引当金
売上債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績
率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討
し、回収不能見込額を計上しております。
(2) 退職給付引当金
従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年
金資産の見込額に基づき計上しております。
過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
による定額法により費用処理しております。
数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期
間以内の一定の年数による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事
業年度から費用処理しております。
- 146 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
当事業年度
項目
(自
至
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
7.収益及び費用の計上基 完成工事高及び完成工事原価の計上基準
準
(1) 当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
(2) その他の工事
工事完成基準
8.ヘッジ会計の方法
(1) ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、為替予約については、振当処理
の要件を満たしている場合は振当処理を採用しております。
(2) ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段・・・・・為替予約
ヘッジ対象・・・・・外貨建売上債権、外貨建買入債務及び外貨建予定取引
(3) ヘッジ方針
当社は国際的に事業を営んでおり、外国為替相場の変動によるリスクに晒さ
れております。このリスクを回避するために、当社の運用ルールに基づき、
外貨建債権債務の先物為替予約取引を行い、為替変動リスクをヘッジしてお
ります。
9.キャッシュ・フロー計
算書における資金の範囲
キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現
金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動につ
いて僅少なリスクしか負わない取得日から3ケ月以内に償還期限の到来する短期
投資からなっております。
10.その他財務諸表作成の
ための基本となる重要な
事項
(1) 消費税等の会計処理
消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
(2) 連結納税制度の適用
連結納税制度を適用しております。
会計方針の変更
当事業年度
項目
1.資産除去債務に関する
会計基準の適用
(自
至
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
当事業年度より、「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号
平成20年3月31日)及び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会
計基準適用指針第21号 平成20年3月31日)を適用しております。これにより、
営業利益及び経常利益は46百万円減少し、税引前当期純利益は1,319百万円減少
しております。
2.企業結合に関する会計
基準等の適用
当事業年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号
平成
20年12月26日)、「「研究開発費等に係る会計基準」の一部改正」(企業会計基
準第23号 平成20年12月26日)、「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基
準第7号 平成20年12月26日)、「持分法に関する会計基準」(企業会計基準第
16号 平成20年12月26日公表分)及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基
準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号
用しております。
- 147 -
平成20年12月26日)を適
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
注記事項
(貸借対照表関係)
当事業年度
項目
(平成23年3月31日)
1.担保資産及び担保付債 ※1
務
担保資産
建物
土地
計
担保付債務
(百万円)
6,190
6,402
12,592
1年内返済予定の長期借入金
296
長期借入金 740
計 1,036
2.有形固定資産の減価償 ※2
却累計額
3.このうち、関係会社に ※3
対する主な資産・負債
売掛金 未収入金
買掛金
4.偶発債務
(百万円)
127,406
(百万円)
34,684
9,367
27,787
金融機関等からの借入金に対する債務保証
(百万円)
富士電機半導体マレーシア社
6,289
フィリピン富士電機社 997
㈱エスエナジーサービス
㈱ウィンパワー
620
258
富士電機パワーサプライ社
富士電機(珠海)社
富士電機馬達大連社
計
- 148 -
184
177
13
8,540
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(損益計算書関係)
当事業年度
項目
1.関係会社との取引
(自
至
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
※1
(百万円)
関係会社に対する売上高 110,335
関係会社からの仕入高
120,305
関係会社からの受取配当金
2.販売費及び一般管理費 ※2
1,043
主なもの
(百万円)
従業員給料諸手当 16,135
賞与
福利厚生費
5,784
3,613
研究開発費 17,436
業務委託費
6,604
販売費に属する費用のおおよその割合は67%、一般管理費に属する費用の
おおよその割合は33%であります。
3.研究開発費の総額
※3
(百万円)
一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費
21,631
4.たな卸資産の帳簿価額 ※4 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後(洗替法)の金額であり、
の切下げ
次のたな卸資産評価損益(△は益)が売上原価に含まれております。
- 149 -
(百万円)
△575
11793800_有価証券報告書_20120626092925
(株主資本等変動計算書関係)
当事業年度(自平成22年4月1日
2012/06/26 9:29:54
至平成23年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数
前事業年度末
株式数(千株)
株式の種類
普通株式(注)
当事業年度
当事業年度
増加株式数(千株) 減少株式数(千株)
12,980
当事業年度末
株式数(千株)
-
0
12,980
(注)普通株式の株式数の増加0千株は、富士電機リテイルシステムズ㈱のコールドチェーン機器事業の吸収分割に
伴う増加であります。
2.自己株式の種類及び株式数
該当事項はありません。
3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
該当事項はありません。
4.配当に関する事項
(1) 配当金支払額
(決議)
平成22年6月18日
定時株主総会
株式の種類
配当金の総額
1株当たり
(百万円)
配当額
普通株式
402円77銭
5,228
基準日
効力発生日
平成22年3月31日
平成22年6月19日
(キャッシュ・フロー計算書関係)
項目
1.現金及び現金同等物の
期末残高と貸借対照表に
掲記されている科目の金
額との関係
(自
至
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
※1 (百万円)
現金及び預金勘定
預入期間が3か月を超える定期預金等
現金及び現金同等物
- 150 -
3,353
-
3,353
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(リース取引関係)
項目
(自
至
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
所有権移転外ファイナン
1.リース資産の内容
ス・リース取引
(ア)有形固定資産
機械及び装置並びに工具、器具及び備品であります。
(イ)無形固定資産
ソフトウエアであります。
2.リース資産の減価償却の方法
重要な会計方針「4.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであり
ます。
なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日
が、平成20年3月31日以前のリース取引については、通常の賃貸借取引に係る
方法に準じた会計処理によっており、その内容は次のとおりであります。
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相
当額及び期末残高相当額
取得価額相当
額
(百万円)
機械及び装置
減価償却累計
額相当額
(百万円)
減損損失累計
額相当額
(百万円)
期末残高相当
額
(百万円)
27,791
19,840
441
7,509
工具、器具及び備
品
2,434
1,773
-
661
合計
30,226
21,613
441
8,170
(2) 未経過リース料期末残高相当額等
未経過リース料期末残高相当額
(百万円)
1年内
5,013
1年超
4,516
合計
9,529
(百万円)
リース資産減損勘定の残高
441
(3) 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利
息相当額及び減損損失
(百万円)
1)支払リース料
6,941
2)リース資産減損勘定の取崩額
3)減価償却費相当額
4)支払利息相当額
711
6,364
304
(4) 減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっておりま
す。
(5) 利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、
各期への配分方法については、利息法によっております。
- 151 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
(金融商品関係)
当事業年度(自平成22年4月1日
2012/06/26 9:29:54
至平成23年3月31日)
1.金融商品の状況に関する事項
(1)金融商品に対する取組方針
当社は、資金運用については短期的な預金等に限定し、資金調達については兄弟会社からの借入等によ
っております。運転資金は主として短期借入金により調達し、設備投資に係る資金は主として長期借入金
により調達しております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取
引は行わない方針であります。
(2)金融商品の内容及びそのリスク
営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、国際的に事業を
行うにあたり生じる外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されておりますが、同じ外貨建ての営
業債務をネットした残高について、所定の範囲で先物為替予約取引を利用してヘッジしております。
投資有価証券及び関係会社株式は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リス
クに晒されております。
営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。一部外貨建て
のものについては、為替の変動リスクに晒されておりますが、同じ外貨建ての営業債権の残高の範囲内に
あるものを除き、原則として先物為替予約取引を利用してヘッジしております。
短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であります。また、長期借入金及びファイナンス・リース取
引に係るリース債務は、主に設備投資に係る資金調達を目的としたものであり、償還日は最長で決算日後
7年であります。
デリバティブ取引は、外貨建ての営業債権債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした先
物為替予約取引であります。また、このデリバティブ取引は、ヘッジ会計に関するヘッジ手段として、対
応するヘッジ対象に係るリスクを回避するために当社の運用ルールに基づいて行われており、ヘッジ対象
とヘッジ手段の相場変動又はキャッシュ・フロー変動の累計を比較し、その変動額の比率によってヘッジ
の有効性を評価しております。
(3)金融商品に係るリスク管理体制
① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
営業債権についての顧客の信用リスクに関しては、与信管理規程に従って、取引先ごとに期日及び残高
を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
デリバティブ取引については、当社は信頼し得る金融機関と取引を行っているため、信用リスクはほと
んどないと認識しております。
② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
当社は、外貨建ての営業債権債務に係る為替の変動リスクを回避するために、原則として先物為替予約
取引を利用しております。
投資有価証券及び関係会社株式については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握
し、市況や取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
デリバティブ取引は、当社の運用ルールに基づき、各部門の申請により財務経理部門が契約の締結を行
っております。また、財務経理部門は経営陣並びに各部門へ毎月報告を行い、厳格にリスク管理を行って
おります。
③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
月次または適時に資金繰計画を作成・更新するなどの方法により、流動性リスクを管理しております。
- 152 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
用することにより、当該価額が変動することがあります。また、注記事項(デリバティブ取引関係)にお
けるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスク
を示すものではありません。
2.金融商品の時価等に関する事項
平成23年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参
照)。
貸借対照表計上額
(*1)(百万円)
(1) 現金及び預金
時価 (*1)(百万円)
差額(百万円)
3,353
3,353
-
122,524
122,524
-
(3) 投資有価証券
10,444
10,444
-
(4) 関係会社株式
1,416
1,386
△29
(2) 受取手形及び売掛金
(5) 支払手形及び買掛金
(107,102)
(107,102)
-
(6) 短期借入金
(49,156)
(49,156)
-
(7) 1年内返済予定の長期借入金
(88,097)
(88,097)
-
(8) リース債務(流動負債)
(2,589)
(2,589)
-
(9) 長期借入金
(8,254)
(8,442)
188
(10)リース債務(固定負債)
(7,876)
(7,878)
2
(11)デリバティブ取引(*2)
①ヘッジ会計が適用されて
-
-
-
いないもの
②ヘッジ会計が適用されて
(17)
(17)
-
いるもの
(*1)負債に計上されているものについては、(
)で示しております。
(*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
いては、( )で示しております。
(注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
(1) 現金及び預金
これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
ります。
(2) 受取手形及び売掛金
これらの時価は、一定の期間ごとに区分した債権ごとに債権額を満期までの期間及び信用リスクを加
味した利率により割り引いた現在価値によっております。
(3) 投資有価証券、(4) 関係会社株式
これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
(5) 支払手形及び買掛金、(6) 短期借入金、(7) 1年内返済予定の長期借入金、(8) リース債務(流動負債)
これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
ます。
(9) 長期借入金、(10) リース債務(固定負債)
これらの時価については、元利金の合計額を、同様の新規借入又はリース取引を行った場合に想定され
る利率で割り引いた現在価値により算定しております。
(11)デリバティブ取引
注記事項(デリバティブ取引関係)をご参照下さい。
- 153 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
区分
貸借対照表計上額(百万円)
非上場株式(子会社及び関連会社
の株式を含む)
67,947
これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3) 投
資有価証券、(4) 関係会社株式」には含めておりません。
3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
1年以内
(百万円) 現金及び預金
受取手形及び売掛金
投資有価証券
その他有価証券のうち満期
があるもの(公債)
合計
1年超
5年以内
(百万円)
5年超
10年以内
(百万円)
10年超
(百万円)
3,353
-
-
-
122,524
-
-
-
0
0
-
-
125,878
0
-
-
4. 長期借入金及びリース債務の決算日後の返済予定額
附属明細表「借入金等明細表」をご参照下さい。
- 154 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
(有価証券関係)
当事業年度(自平成22年4月1日
2012/06/26 9:29:54
至平成23年3月31日)
1.子会社株式及び関連会社株式
貸借対照表計上額
(百万円)
時価(百万円)
差額(百万円)
-
-
-
1,416
1,386
△29
1,416
1,386
△29
子会社株式
関連会社株式
合計
(注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式
区分 貸借対照表計上額(百万円)
子会社株式
45,857
関連会社株式
20,211
これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「子会社
株式及び関連会社株式」には含めておりません。
2.その他有価証券
種類
貸借対照表計上額
(百万円)
(1)株式
2,584
1,375
1,209
貸借対照表計上額が取得
(2)債券
-
-
-
原価を超えるもの
(3)その他
-
-
-
小計
2,584
1,375
1,209
(1)株式
7,859
9,217
△1,357
貸借対照表計上額が取得
(2)債券
0
0
-
原価を超えないもの
(3)その他
-
-
-
7,860
9,217
△1,357
10,444
10,593
△148
小計
合計
(注)
取得原価(百万円)
差額(百万円)
非上場株式(貸借対照表計上額1,878百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
3.当事業年度中に売却したその他有価証券(自平成22年4月1日
種類
至平成23年3月31日)
売却益の合計額
(百万円)
売却額(百万円)
売却損の合計額
(百万円)
(1)株式
51
20
1
(2)債券
- - - (3)その他
-
-
-
51
20
1
合計
4.減損処理を行った有価証券
当事業年度において、有価証券(その他有価証券の株式)について28百万円の減損処理を行っておりま
す。
- 155 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
(デリバティブ取引関係)
当事業年度(自平成22年4月1日
2012/06/26 9:29:54
至平成23年3月31日)
ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
通貨関連
当事業年度(平成23年3月31日)
ヘッジ会計の
方法
為替予約取引
売建
原則的処理方法
主なヘッジ
取引の種類
対象
売掛金
契約額等
のうち1
(百万円) 年超
(百万円)
時価
契約額等
(百万円)
米ドル
117
24
1
ユーロ
608
-
33
米ドル
109
-
△3
ユーロ
1,248
153
△58
ウォン
253
-
9
米ドル
1,431
-
ユーロ
1,997
-
合計
5,765
178
買建
買掛金
為替予約取引
為替予約の振当
処理
売建
(注)1.時価の算定方法
売掛金
(注2)
△17
先物為替相場に基づき算定しております。
2.為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている売掛金及び買掛金と一体として処理
されているため、その時価は、当該ヘッジ対象の時価に含めて記載しております。
- 156 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
当社は、確定給付型の制度として企業年金基金制度、適格退職年金制度及び退職一時金制度を設けておりま
す。従業員の退職等に際しては、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増
退職金を支払う場合があります。また、当社は、確定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けておりま
す。
なお、当社において退職給付信託を設定しております。
2.退職給付債務に関する事項
当事業年度
(平成23年3月31日)
イ.退職給付債務(百万円)
△120,639
ロ.年金資産(百万円)
119,367
ハ.未積立退職給付債務(イ+ロ)(百万円)
△1,272
ニ.会計基準変更時差異(百万円)
48
ホ.未認識数理計算上の差異(百万円)
34,843
ヘ.未認識過去勤務債務(債務の減額)(百万円)
2,867
ト.貸借対照表計上額純額(ハ+ニ+ホ+ヘ)(百万円)
36,488
チ.前払年金費用(百万円)
37,085
リ.退職給付引当金(ト-チ)(注)1(百万円)
△597
(注)1.一部の社員について、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
- 157 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3.退職給付費用に関する事項
(自
至
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
イ.勤務費用(注)1(百万円)
2,801
ロ.利息費用(百万円)
2,945
ハ.期待運用収益(百万円)
△2,177
ニ.会計基準変更時差異の費用処理額(百万円)
12
ホ.数理計算上の差異の費用処理額(百万円)
4,896
ヘ.過去勤務債務の費用処理額(百万円)
213
ト.退職給付費用(イ+ロ+ハ+ニ+ホ+ヘ)(百万円)
8,691
チ.確定拠出年金制度への掛金支払額(百万円)
638
9,329
計(ト+チ)(百万円)
(注)1.簡便法を採用している社員の退職給付費用は、「イ.勤務費用」に計上しております。
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
(自
至
イ.退職給付見込額の期間配分方法
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
期間定額基準
ロ.割引率(%)
主に2.5
ハ.期待運用収益率(%)
主に2.5
発生時の従業員の平均残存勤務期間以
内の年数による定額法により費用処理
ニ.過去勤務債務の額の処理年数
しております。
各事業年度の発生時における従業員の
平均残存勤務期間以内の年数による定
ホ.数理計算上の差異の処理年数
額法により按分した額を、それぞれ発
生の翌事業年度から費用処理しており
ます。
ヘ.会計基準変更時差異の処理年数
15年
- 158 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(税効果会計関係)
項目
(自
至
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延
(繰延税金資産)
税金負債の発生の主な原
因別の内訳
退職給付引当金
14,449
未払従業員賞与
3,193
有形固定資産
2,538
たな卸資産
2,341
繰越欠損金
823
繰越外国税額控除
483
投資有価証券
343
ゴルフ会員権
311
貸倒引当金
280
(百万円)
その他
2,735
繰延税金資産小計
27,499
評価性引当額
△2,700
繰延税金資産合計
(繰延税金負債)
24,799
退職給付信託設定益
△24,688
投資有価証券
△2,884
その他有価証券評価差額金
△152
その他
△92
繰延税金負債合計
△27,817
繰延税金資産(負債)の純額
2.法定実効税率と税効果
会計適用後の法人税等の
負担率との差異の内訳
△3,018
法定実効税率
40.7%
(調整)
評価性引当額
△39.0%
受取配当金等永久に益金算入されない項目
△13.4%
交際費等永久に損金算入されない項目
その他
32.2%
1.6%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
- 159 -
22.1%
11793800_有価証券報告書_20120626092925
(企業結合等関係)
当事業年度(自平成22年4月1日
2012/06/26 9:29:54
至平成23年3月31日)
Ⅰ.共通支配下の取引等
1.対象となった事業の名称及びその事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称並びに取引の目的を含
む取引の概要
(1)対象となった事業の名称及びその事業の内容
事業の名称
富士電機リテイルシステムズ㈱のコールドチェーン機器事業
事業の内容
冷凍・冷蔵ショーケース等コールドチェーン機器の開発、製造、販売、サービス
(2)企業結合の法的形式
当社を承継会社とし、富士電機リテイルシステムズ㈱を分割会社とする分割型吸収分割
(3)結合後企業の名称
富士電機システムズ㈱
(4)取引の目的を含む取引の概要
食流通分野における総合ソリューションサプライヤーへの事業形態変革を目的として、富士電機リテイル
システムズ㈱のコールドチェーン機器事業を吸収分割により承継しました。
2.実施した会計処理の概要
「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業
分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成20年12月26日)に基づき、共通支配下
の取引として処理しております。
Ⅱ.共通支配下の取引等
1.被結合企業の名称及びその事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称並びに取引の目的を含む取引
の概要
(1)被結合企業の名称及びその事業の内容
被結合企業の名称
富士電機計測機器㈱
事業の内容
(2)企業結合の法的形式
工業用計測機器・電気計器などの製造、販売
当社を存続会社とし、富士電機計測機器㈱を消滅会社とする吸収合併
(3)結合後企業の名称
富士電機システムズ㈱
(4)取引の目的を含む取引の概要
計測機器事業の更なる競争力向上を目的として、富士電機計測機器㈱を消滅会社とする吸収合併を行いま
した。
2.実施した会計処理の概要
「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業
分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成20年12月26日)に基づき、共通支配下
の取引として処理しております。
- 160 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
Ⅲ.共通支配下の取引等
1.被結合企業の名称及びその事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称並びに取引の目的を含む取引
の概要
(1)被結合企業の名称及びその事業の内容
被結合企業の名称
㈱安曇富士
事業の内容
(2)企業結合の法的形式
メーター及びメーター関連製品の開発、製造、販売、サービス
当社を存続会社とし、㈱安曇富士を消滅会社とする吸収合併
(3)結合後企業の名称
富士電機システムズ㈱
(4)取引の目的を含む取引の概要
メーター関連事業の更なる競争力向上を目的として、㈱安曇富士を消滅会社とする吸収合併を行いまし
た。
2.実施した会計処理の概要
「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業
分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成20年12月26日)に基づき、共通支配下
の取引として処理しております。
(資産除去債務関係)
当事業年度末(平成23年3月31日)
資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
1.当該資産除去債務の概要
社有建物の解体時におけるアスベスト除去費用及び本社オフィスや営業所等の不動産賃貸借契約に基づ
く、退去時における原状回復に係る債務につき、資産除去債務を計上しております。
なお、本社オフィスや営業所等の不動産賃貸借契約に基づく、退去時における原状回復に係る債務の一
部に関しては、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関する敷金の回収が最終的に見込
めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当事業年度の負担に属する金額を費用に計上する方
法によっております。
2.当該資産除去債務の金額の算定方法
負債計上した資産除去債務の金額の算定にあたっては、使用見込期間を2年~49年と見積り、割引率は
当該使用見込期間に見合う国債の流通利回り(0.2%~2.3%)を使用しております。
3.当事業年度における当該資産除去債務の総額の増減
期首残高(注)
1,311 百万円
有形固定資産の取得に伴う増加額
時の経過による調整額
0 百万円
4 百万円
資産除去債務の履行による減少額
期末残高
△35 百万円
1,280 百万円
(注)当事業年度より、「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号 平成20年3月31日)及
び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第21号 平成20年3月31日)
を適用したことによる期首時点における残高であります。
- 161 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(セグメント情報等)
【セグメント情報】
当事業年度(自平成22年4月1日
1.報告セグメントの概要
至平成23年3月31日)
当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
す。
当社は、基本的に、取り扱う製品・サービスに係る国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を
展開しております。
したがって、当社は、取り扱う製品・サービスの種類・性質の類似性等を考慮したセグメントから構成
されており、「エネルギーソリューション」、「環境ソリューション」、「半導体」及び「器具」の4つ
を報告セグメントとしております。
なお、「エネルギーソリューション」、「環境ソリューション」及び「半導体」の各報告セグメントに
ついては、二以上の事業セグメントを集約して一つの報告セグメントとしております。
各報告セグメントに属する主な製品及びサービスは次のとおりであります。
報告セグメント
主な製品及びサービス
地熱発電設備、火力発電設備、水力発電設備、原子力関連機器、
エネルギーソリューション
太陽光発電システム、系統・配電システム、計測システム、
放射線管理システム、電力量計
駆動制御システム、計測システム、情報システム、計測・センサー、
環境ソリューション
産業電源、施設用電機設備、電源システム、クリーンルーム設備、
店舗・流通システム、水環境システム、鉄道車両・自動車用機器システム、
交通向け電機設備、インバータ、モータ
半導体
パワー半導体、感光体
器具
電磁開閉器、低圧遮断器、漏電遮断器
2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と同一でありま
す。
報告セグメントの利益又は損失は、営業利益又は営業損失ベースの数値であります。
- 162 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
(単位:百万円)
エネルギーソリュ 環境ソリューショ
ーション
ン
売上高
セグメント利益又は
損失(△)
セグメント資産
半導体
財務諸表計上額
(注2)
その他
(注1)
器具
71,292
215,431
79,880
8,663
5,614
380,882
2,579
2,274
2,221
112
△173
7,015
103,284
191,125
75,197
18,188
17,629
405,424
2,013
3,639
3,165
-
20
8,838
930
2,195
3,779
-
460
7,366
その他の項目
減価償却費
有形固定資産及び無
形固定資産の増加額
(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に他社からの購入品でありま
す。
2.セグメント利益又は損失は、損益計算書の営業利益又は営業損失と調整を行っております。
【関連情報】
当事業年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
1.製品及びサービスごとの情報
セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
2.地域ごとの情報
売上高
(単位:百万円)
日本
北米
278,118
13,200
ヨーロッパ
アジア
(除く中国)
11,144
38,104
中国
31,867
その他
8,447
合計
380,882
(注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
当事業年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
該当事項はありません。
【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
当事業年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
当事業年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
該当事項はありません。
(追加情報)
当事業年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
当事業年度より、「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号 平成21年3月27
日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号 平成20年
3月21日)を適用しております。
- 163 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(持分法損益等)
(自
至
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
関連会社に対する投資の金額(百万円)
19,867
持分法を適用した場合の投資の金額(百万円)
23,783
持分法を適用した場合の投資利益の金額(百万円)
2,421
(関連当事者情報)
当事業年度(自平成22年4月1日
至平成23年3月31日)
1.関連当事者との取引
(1) 子会社及び関連会社等
種類
会社等の名
称又は氏名
所在地
資本金又は
出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等の所
有(被所有)
割合(%)
関連当事者と
取引金額
取引の内容
(百万円)
の関係
子会社
富士電機ア
メリカ社
アメリカ
US$
6,000千
販売業
所有
直接 100
製品の販売
役員の兼任
製品の販売
(注1)
20,981
売掛金
4,739
子会社
富士電機
(香港)社
香港
HK$
8,000千
販売業
所有
直接 100
製品の販売
役員の兼任
製品の販売
(注2)
15,691
売掛金
4,353
子会社
無錫富士電
機社
中国
RMB¥
115,426千
製造業
所有
直接 100
製品の販売
役員の兼任
製品の販売
(注3)
9,120
売掛金
4,125
子会社
富士電機パ
ワーセミコ
ンダクタ㈱
長野県松本
市
300 製造業
所有
直接 100
製品の仕入
役員の兼任
製品の仕入
(注4)
39,295
買掛金
3,920
子会社
富士電機半
導体マレー
シア社
マレーシア
M.Ringgit
295,650千
製造業
所有
直接 100
製品の仕入
役員の兼任
債務の保証
6,289
-
-
子会社
富士電機計
測機器㈱
東京都日野
市
15 製造業
所有
直接 100
製品の販売
債務保証
(注5)
吸収合併に
よる承継
(注6)
承継資産
承継負債
4,254
6,203
-
-
-
-
㈱日本AE
関連会社 パワーシス
テムズ
東京都港区
20,000 製造業
所有
直接 30
製品の仕入
役員の兼任
製品の仕入
(注7)
11,325
買掛金
7,353
関連会社
富士古河E
&C㈱
川崎市幸区
1,970 電気設備工
事業、空
調・給排水
工事業
所有
直接 20
製品の仕入
製品の仕入
(注8)
6,512
買掛金
4,134
関連会社
メタウォー
ター㈱
東京都港区
7,500 製造業
所有
直接 50
製品の販売
製品の販売
(注9)
11,774
売掛金
4,768
科目
期末残高
(百万円)
取引条件及び取引条件の決定方針等
(注1)富士電機アメリカ社との価格については、一般の取引価格を参考に決定しております。
(注2)富士電機(香港)社との価格については、一般の取引価格を参考に決定しております。
(注3)無錫富士電機社との価格については、一般の取引価格を参考に決定しております。
(注4)富士電機パワーセミコンダクタ㈱との価格については、一般の取引価格を参考に決定しております。
(注5)富士電機半導体マレーシア社の銀行からの借入金に対する保証であります。
(注6)合併により承継した資産・負債は全て帳簿価格にて承継しております。
(注7)㈱日本AEパワーシステムズとの価格については、一般の取引価格を参考に決定しております。
(注8)富士古河E&C㈱との価格については、一般の取引価格を参考に決定しております。
(注9)メタウォーター㈱との価格については、一般の取引価格を参考に決定しております。
- 164 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(2) 兄弟会社等
種類
会社等の名
称又は氏名
所在地
資本金又は
出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等の所
有(被所有)
割合(%)
関連当事者と
取引金額
取引の内容
(百万円)
の関係
資金運用
役員の兼任
資金の借入
親会社の 富士電機フ
ィアス㈱
子会社
東京都品川
区
1,000
金融サービ
ス業
ファクタリ
ング
債権流動化
資金の返済
期末残高
(百万円)
129,942
買掛金
13,643
47,554
7,723
-
短期借
入金
長期借
入金
未払費
用
リース
債務
-
136,958
なし
科目
利息の支払
(注1)
製造設備のリ リース取引
ース
高
2,387
8,160
7,514
574
7,394
取引条件及び取引条件の決定方針等
(注1)富士電機フィアス㈱に対する借入金金利は、市場金利を勘案して決定しております。
2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
(ア) 親会社情報
(1) 会社名
富士電機株式会社(旧会社名
富士電機ホールディングス株式会社)
(2) 上場している金融商品取引所
① 東京証券取引所
② 大阪証券取引所
③ 名古屋証券取引所
④ 福岡証券取引所
(イ) 重要な関連会社の要約財務諸表
当事業年度において、重要な関連会社はメタウォーター㈱であり、その要約財務諸表は以下のとおり
であります。
流動資産合計
63,257百万円
固定資産合計
流動負債合計
9,033百万円
41,706百万円
固定負債合計
純資産合計
1,955百万円
28,628百万円
売上高
税引前当期純利益
93,097百万円
7,463百万円
当期純利益
4,588百万円
- 165 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(1株当たり情報)
項目
(自
至
1株当たり純資産額(円)
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
5,186.70
1株当たり当期純利益(円)
226.83
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
(注)1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
当事業年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
当期純利益(百万円)
2,944
普通株主に帰属しない金額(百万円)
-
普通株式に係る当期純利益(百万円)
2,944
普通株式の期中平均株式数(千株)
12,980
(重要な後発事象)
当事業年度(自平成22年4月1日
至平成23年3月31日)
当社は、平成22年12月20日開催の取締役会において、当社の親会社である富士電機㈱と合併することを決議し、平
成22年12月24日に締結された合併契約に基づき、平成23年4月1日付で吸収合併が行われました。
合併の概要は以下のとおりであります。
(1) 企業結合の目的
当社は平成23年度までの中期経営計画における主要施策の一つとして「エネルギー・環境事業への注力」を掲げ
ておりますが、その実行に当たっては、富士電機グループとして「エネルギー・環境」の事業領域に経営リソース
を集中させ、全体最適の観点からシナジーを追求し得る体制構築が必要となっております。このような考えから、
グループ戦略機能を担う富士電機㈱との統合を図ることとしました。
(2) 企業結合の法的形式
富士電機㈱を存続会社、当社を消滅会社とする吸収合併
(3) 結合後企業の名称
富士電機㈱
(4) 実施した会計処理の概要
「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業分
離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成20年12月26日)に基づき、共通支配下の取
引として処理しております。
- 166 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
⑤附属明細表
有価証券明細表
株式
株式数
(千株)
銘柄
富士通㈱
貸借対照表計上額
(百万円)
15,847
7,448
㈱ジェスクホリウチ
550
688
㈱日伝
247
610
84
215
首都圏新都市鉄道㈱
4
200
関西国際空港㈱
3
196
京浜急行電鉄㈱
290
174
東京湾横断道路㈱
3
150
ミヤチテクノス㈱
187
133
マックスバリュ中部㈱
135
105
5,306
2,401
22,660
12,323
電源開発㈱
投資有価証
券
その他有
価証券
その他(168銘柄)
計
債券
券面総額
(百万円)
銘柄
貸借対照表計上額
(百万円)
有価証券
その他有
価証券
千葉県54年第9回2号
0
0
投資有価証
券
その他有
価証券
千葉県54年第9回2号
0
0
0
0
計
- 167 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
有形固定資産等明細表
当期末減価償
前期末残高 当期増加額 当期減少額 当期末残高 却累計額又は
(百万円)
(百万円)
(百万円)
(百万円) 償却累計額
(百万円)
資産の種類
有形固定資産
建物
構築物
機械及び装置
差引当期
当期償却額
末残高
(百万円)
(百万円)
92,798
2,433
151
95,080
64,117
2,748
30,962
6,983
40
6
7,017
5,613
227
1,404
34,448
2,480
659
36,269
32,982
1,625
3,286
車両運搬具
187
3
3
186
176
8
10
工具、器具及び備品
22,638
1,839
1,660
22,817
21,303
1,102
1,514
土地
12,152
-
35
12,117
-
-
12,117
リース資産
8,795
3,829
369
12,254
3,213
2,076
9,041
建設仮勘定
1,000
2,398
3,007
391
-
-
391
179,002
13,024
5,893
186,133
127,406
7,788
58,727
有形固定資産計
無形固定資産
ソフトウエア
4,751
リース資産
その他
無形固定資産計
1,521
857
5,416
3,328
990
2,088
139
36
-
176
68
31
108
1,101
872
1,013
959
66
27
893
5,993
2,430
1,871
6,552
3,462
1,050
3,090
341
116
17
440
252
101
187
長期前払費用
(注)1.当期増加額には、平成22年4月1日に富士電機リテイルシステムズ㈱のコールドチェーン機器事業を吸収分割したことによる増加額
が次のとおり含まれております。
有形固定資産
建物
機械及び装置
車両運搬具
工具、器具及び備品
リース資産
9百万円
578百万円
1百万円
342百万円
8百万円
無形固定資産
ソフトウエア
長期前払費用
442百万円
2百万円
2.当期増加額には、平成22年4月1日に富士電機計測機器㈱を吸収合併したことによる増加額が次のとおり含まれております。
有形固定資産
建物
構築物
9百万円
2百万円
機械及び装置
606百万円
工具、器具及び備品
602百万円
無形固定資産
ソフトウエア
その他
長期前払費用
9百万円
8百万円
20百万円
3.当期増加額には、平成23年2月1日に㈱安曇富士を吸収合併したことによる増加額が次のとおり含まれております。
有形固定資産
建物
構築物
162百万円
5百万円
機械及び装置
66百万円
工具、器具及び備品
51百万円
リース資産
17百万円
- 168 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
借入金等明細表 前期末残高
(百万円)
区分
短期借入金
当期末残高
(百万円)
平均利率
(%)
返済期限
56,760
49,156
0.75
-
1年以内に返済予定の長期借入金
416
88,097
2.00
-
1年以内に返済予定のリース債務
1,756
2,589
2.81
-
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除
く。)
96,352
8,254
2.02
平成24年4月~
平成26年9月
リース債務(1年以内に返済予定のものを除
く。)
6,398
7,876
2.70
平成24年4月~
平成30年3月
-
-
-
-
161,683
155,974
-
-
その他有利子負債
合計
(注)1.「平均利率」については、借入金の当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の決算日後5年内における返済予定額は
以下のとおりであります。
1年超2年以内
(百万円)
2年超3年以内
(百万円)
3年超4年以内
(百万円)
4年超5年以内
(百万円)
長期借入金
7,810
296
148
-
リース債務
2,474
2,266
1,882
1,081
引当金明細表
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
1,281
339
78
251
1,291
関係会社投資損失引当金
1,949
-
1,949
-
-
(注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、一般債権の貸倒実績率による洗替額220百万円及び回収による戻入
額31百万円であります。
資産除去債務明細表
当事業年度末における資産除去債務の金額が、当該事業年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以
下であるため、財務諸表等規則第125条の2の規定により記載を省略しております。
- 169 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
【被合併会社(富士電機デバイステクノロジー株式会社)の最終事業年度の財務諸表】
①貸借対照表
当事業年度
(平成23年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
(資産の部)
Ⅰ
流動資産
1. 現金及び預金
23
2. 売掛金
3. リース投資資産
7,768
※2
1,394
4. 商品及び製品
663
5. 仕掛品
279
6. 原材料及び貯蔵品
1,949
7. 繰延税金資産
1,601
8. 未収入金
※2
9. 未収消費税等
10,793
1,449
10.その他
39
流動資産合計
25,962
- 170 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
当事業年度
(平成23年3月31日)
区分
Ⅱ
注記
番号
金額(百万円)
固定資産
1. 有形固定資産
(1)
建物(純額)
(2)
構築物(純額)
197
(3)
機械及び装置(純額)
347
(4)
工具、器具及び備品(純額)
(5)
土地
2,564
(6)
リース資産(純額)
2,875
(7)
建設仮勘定
有形固定資産合計
3,738
23
0
※1
9,747
2. 無形固定資産
(1)
ソフトウエア
0
(2)
リース資産
8
(3)
その他
2
無形固定資産合計
11
3. 投資その他の資産
(1)
投資有価証券
10
(2)
関係会社株式
16,878
(3)
従業員に対する長期貸付金
(4)
関係会社長期貸付金
6,741
(5)
前払年金費用
1,151
(6)
リース投資資産
(7)
その他
0
※2
3,926
42
投資その他の資産合計
28,752
固定資産合計
38,512
資産合計
64,474
- 171 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
当事業年度
(平成23年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
(負債の部)
Ⅰ
流動負債
1. 買掛金
※2
7,721
2. 短期借入金
8,143
3. リース債務
2,682
4. 未払金
17
5. 未払費用
874
6. 未払法人税等
72
7. 預り金
17
8. リース資産減損勘定
128
9. その他
0
流動負債合計
Ⅱ
19,660
固定負債
1. 長期借入金
※2
2. リース債務
24,227
6,739
3. 繰延税金負債
182
4. リース資産減損勘定
71
5. その他
4
固定負債合計
31,225
負債合計
50,885
- 172 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
当事業年度
(平成23年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
(純資産の部)
Ⅰ
株主資本
1. 資本金
27,500
2. 資本剰余金
(1)
資本準備金
17,500
(2)
その他資本剰余金
13,504
資本剰余金合計
31,004
3. 利益剰余金
その他利益剰余金
△ 44,915
繰越利益剰余金
△ 44,915
利益剰余金合計
株主資本合計
13,588
純資産合計
13,588
負債純資産合計
64,474
- 173 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
②損益計算書
当事業年度
平成22年4月1日
(自
至
区分
Ⅰ
売上高
Ⅱ
売上原価
注記番号
平成23年3月31日)
金額(百万円)
40,361
1. 製品期首たな卸高
523
2. 他社品購入高
23,533
3. 当期製品製造原価
16,514
合計
40,571
4. 製品期末たな卸高
売上原価
663
※1、※5、
39,907
※6
売上総利益
Ⅲ
販売費及び一般管理費
454
※2、※5
営業損失(△)
Ⅳ
△4,656
営業外収益
1. 受取利息
※1
2. 受取配当金
135
0
3. 転貸リース差益
46
4. その他
33
Ⅴ
215
営業外費用
1. 支払利息
663
2. 為替差損
578
3. その他
62
経常損失(△)
Ⅵ
1,303
△5,744
特別利益
1. 固定資産売却益
Ⅶ
※3
38
※4
1,260
38
特別損失
1. 減損損失
5,110
2. 災害による損失
244
3. その他
197
税引前当期純損失(△)
1,702
△7,408
法人税、住民税及び事業税
△7,013
法人税等調整額
4,887
当期純損失(△)
△2,126
△5,282
- 174 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
製造原価明細書
当事業年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
注記
区分
金額(百万円)
番号
構成比(%)
Ⅰ 材料費
6,209
39.2
Ⅱ 労務費
3,341
21.1
6,306
39.7
15,857
100.0
Ⅲ 経費
※1
当期総製造費用
期首仕掛品たな卸高
935
合計
16,793
期末仕掛品たな卸高
279
当期製品製造原価
16,514
原価計算の方法
主として個別原価計算を採用しております。
(注)※1. 主な内訳は次のとおりであります。
当事業年度
(自 平成22年4月1日
項目
至 平成23年3月31日)
設備リース料 (百万円)
5,753
- 175 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
③株主資本等変動計算書
(単位 : 百万円)
(自
当事業年度
平成22年4月1日
至
平成23年3月31日)
株主資本
資本金
前期末残高
27,500
当期変動額
-
当期変動額合計
当期末残高
27,500
資本剰余金
資本準備金
前期末残高
17,500
当期変動額
-
当期変動額合計
当期末残高
17,500
その他資本剰余金
前期末残高
13,504
当期変動額
-
当期変動額合計
当期末残高
13,504
資本剰余金合計
前期末残高
31,004
当期変動額
-
当期変動額合計
当期末残高
31,004
利益剰余金
その他利益剰余金
繰越利益剰余金
前期末残高
△39,633
当期変動額
当期純損失(△)
△5,282
当期変動額合計
△5,282
当期末残高
△44,915
利益剰余金合計
前期末残高
△39,633
当期変動額
当期純損失(△)
△5,282
当期変動額合計
△5,282
当期末残高
△44,915
- 176 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(単位 : 百万円)
当事業年度
(自
至
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
株主資本合計
前期末残高
18,870
当期変動額
当期純損失(△)
△5,282
当期変動額合計
△5,282
当期末残高
13,588
純資産合計
前期末残高
18,870
当期変動額
当期純損失(△)
△5,282
当期変動額合計
△5,282
当期末残高
13,588
- 177 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
④キャッシュ・フロー計算書
(単位:百万円)
注記
番号
(自
当事業年度
平成22年4月1日
至
平成23年3月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前当期純損失(△)
△ 7,408
減価償却費
1,560
受取利息及び受取配当金
△ 135
支払利息
663
固定資産売却損益(△は益)
△ 38
減損損失
1,260
売上債権の増減額(△は増加)
8,368
たな卸資産の増減額(△は増加)
△ 588
仕入債務の増減額(△は減少)
△ 5,024
△ 367
その他
小計
△ 1,710
利息及び配当金の受取額
142
利息の支払額
△ 684
法人税等の支払額
2,796
営業活動によるキャッシュ・フロー
544
投資活動によるキャッシュ・フロー
有形固定資産の取得による支出
△ 12
貸付けによる支出
△ 6
貸付金の回収による収入
6
△ 3
その他
投資活動によるキャッシュ・フロー
△ 15
財務活動によるキャッシュ・フロー
短期借入金の純増減額(△は減少)
634
△ 1,166
リース債務の返済による支出
財務活動によるキャッシュ・フロー
△ 532
現金及び現金同等物に係る換算差額
0
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
△ 2
現金及び現金同等物の期首残高
25
現金及び現金同等物の期末残高
※1
23
- 178 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
重要な会計方針
当事業年度
項目
(自
至
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
1.有価証券の評価基準及 (1) 子会社株式
び評価方法
移動平均法による原価法
(2) その他有価証券
時価のあるもの
期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法によ
り処理し、売却原価は移動平均法により算定)
時価のないもの
移動平均法による原価法
2.デリバティブ等の評価 デリバティブ
基準及び評価方法
時価法
3.たな卸資産の評価基準 (1) 製品及び仕掛品
及び評価方法
総平均法又は個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく
簿価切下げの方法により算定)
(2) 原材料及び貯蔵品
最終仕入原価法
4.固定資産の減価償却の (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
方法
定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物
(建物附属設備を除く)については、定額法を採用しております。なお、主な
耐用年数は以下のとおりであります。
建物
6年~34年
機械及び装置
6年~7年
(2) 無形固定資産(リース資産を除く)
定額法を採用しております。
なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5
年)に基づく定額法を採用しております。
(3) リース資産
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しておりま
す。
なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が
平成20年3月31日以前のリース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法
に準じた会計処理によっております。
5.外貨建の資産及び負債
の本邦通貨への換算基準
6.引当金の計上基準
外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額
は損益として処理しております。
退職給付引当金
従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年
金資産の見込額に基づき計上しております。
過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
による定額法により費用処理しております。
数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期
間以内の一定の年数による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業
年度から費用処理しております。
- 179 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
項目
(自
至
7.ヘッジ会計の方法
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
(1) ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、為替予約については、振当処理
の要件を満たしている場合は振当処理を採用しております。
(2) ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段・・・・・為替予約
ヘッジ対象・・・・・外貨建売上債権
(3) ヘッジ方針
当社は国際的に事業を営んでおり、外国為替相場の変動によるリスクに晒さ
れております。このリスクを回避するために、当社の運用ルールに基づき、外
貨建債権の先物為替予約取引を行い、為替変動リスクをヘッジしております。
8.キャッシュ・フロー計
算書における資金の範囲
キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現
金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動につ
いて僅少なリスクしか負わない取得日から3ケ月以内に償還期限の到来する短期
投資からなっております。
9.その他財務諸表作成の
ための基本となる重要な
事項
(1) 消費税等の会計処理
消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
(2) 連結納税制度の適用
連結納税制度を適用しております。
会計方針の変更
当事業年度
項目
資産除去債務に関する会計
基準
(自
至
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
当事業年度より、「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号
平成 20年3月31日)及び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業
会計基準適用指針第21号 平成20年3月31日)を適用しております。これによ
り、営業損失及び経常損失は0百万円増加し、税引前当期純損失は3百万円増加
しております。
- 180 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
注記事項
(貸借対照表関係)
当事業年度
項目
(平成23年3月31日)
1.有形固定資産の減価償 ※1
(百万円)
15,673
却累計額
2.このうち、関係会社に
対する主な資産・負債
3.偶発債務
※2
(百万円)
リース投資資産(流動資産)
未収入金
1,394
9,724
長期貸付金
リース投資資産(固定資産)
6,741
3,926
買掛金
長期借入金
4,280
3,741
金融機関からの借入金に対する債務保証
マレーシア富士電機社
- 181 -
(百万円)
11,745
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(損益計算書関係)
項目
(自
至
1.関係会社との取引
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
※1
(百万円)
24,167
関係会社からの仕入高
関係会社からの受取利息
2.販売費及び一般管理費 ※2
135
主なもの
(百万円)
研究開発費
運送費及び保管費
製品修理サービス費
技術供与料
4,475
330
291
△1,306
販売費に属する費用のおおよその割合は16%、一般管理費に属する費用の
おおよその割合は84%であります。
3.固定資産売却益
※3
機械及び装置の売却益であります。
4.減損損失
※4
当社は、主に管理会計上の区分を考慮して資産グループを決定しており、
当事業年度において、以下の資産グループについて減損損失を計上しまし
た。
用途
遊休資産
場所及び件数
種類及び金額
(百万円)
山梨県南アルプス リース資産ほか
市
1件
1,260
遊休資産については今後の使用見込みがないため、資産グループの帳簿価
額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(1,260百万円)として
特別損失に計上しております。
その内訳は、リース設備1,147百万円、その他113百万円であります。
なお、これらの回収可能価額は、正味売却可能価額により算定しており、
売却や他への転用が困難な資産については、正味売却可能価額を零として評
価しております。
5.研究開発費の総額
※5
(百万円)
一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費
4,554
6.たな卸資産の帳簿価格 ※6 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸
の切下げ
資産評価損益(△は益)が売上原価に含まれております。
- 182 -
(百万円)
1,040
11793800_有価証券報告書_20120626092925
(株主資本等変動計算書関係)
当事業年度(自平成22年4月1日
2012/06/26 9:29:54
至平成23年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数
前事業年度末
株式数(株)
株式の種類
普通株式
当事業年度
当事業年度
増加株式数(株) 減少株式数(株)
-
1,000,001
-
当事業年度末
株式数(株)
1,000,001
2.自己株式の種類及び株式数
該当事項はありません。
3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
該当事項はありません。
4.配当に関する事項
該当事項はありません。
(キャッシュ・フロー計算書関係)
項目
1.現金及び現金同等物の
期末残高と貸借対照表に
掲記されている科目の金
額との関係
(自
至
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
※1 (百万円)
現金及び預金勘定
預入期間が3か月を超える定期預金等
現金及び現金同等物
- 183 -
23
-
23
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(リース取引関係)
項目
(自
至
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
所有権移転外ファイナン
1.リース資産の内容
ス・リース取引
(ア)有形固定資産
機械及び装置であります。
(イ)無形固定資産
ソフトウエアであります。
2.リース資産の減価償却の方法
重要な会計方針「4.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであり
ます。
なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日
が、平成20年3月31日以前のリース取引については、通常の賃貸借取引に係る
方法に準じた会計処理によっており、その内容は次のとおりであります。
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相
当額及び期末残高相当額
取得価額相当額
(百万円)
機械及び装置
減損損失累計額
相当額
(百万円)
期末残高相当額
(百万円)
10,016
8,763
200
1,052
1
1
-
0
10,017
8,764
200
1,052
ソフトウエア
合計
減価償却累計額
相当額
(百万円)
(2) 未経過リース料期末残高相当額等
未経過リース料期末残高相当額
(百万円)
1年内
1,230
1年超
290
合計
1,521
リース資産減損勘定の残高
(百万円)
200
(3) 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利
息相当額及び減損損失
(百万円)
1)支払リース料
5,430
2)リース資産減損勘定の取崩額
3)減価償却費相当額
4)支払利息相当額
5)減損損失
294
4,862
98
114
(4) 減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっておりま
す。
(5) 利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、
各期への配分方法については、利息法によっております。
- 184 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
(金融商品関係)
当事業年度(自平成22年4月1日
2012/06/26 9:29:54
至平成23年3月31日)
1.金融商品の状況に関する事項
(1)金融商品に対する取組方針
当社は、資金運用については短期的な預金等に限定し、資金調達については親会社及び兄弟会社からの
借入等によっております。運転資金は主として短期借入金により調達し、設備投資に係る資金は主として
長期借入金により調達しております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、
投機的な取引は行わない方針であります。
(2)金融商品の内容及びそのリスク
営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、国際的に事業を行うにあたり
生じる外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されておりますが、同じ外貨建ての営業債務をネッ
トした残高について、所定の範囲で先物為替予約取引を利用してヘッジしております。関係会社等に対す
る未収入金及びリース投資資産を有しており、また、関係会社等に対して長期貸付を行っております。投
資有価証券及び関係会社株式は、主に業務上の関係を有する企業の株式であります。
営業債務である買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。一部外貨建てのものについ
ては、為替の変動リスクに晒されております。短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であります。ま
た、長期借入金及びファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に係る資金調達を目的
としたものであり、償還日は最長で決算日後4年半であります。
デリバティブ取引は、外貨建ての営業債権に係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした先物為
替予約取引であります。また、このデリバティブ取引は、ヘッジ会計に関するヘッジ手段として、対応す
るヘッジ対象に係るリスクを回避するために当社の運用ルールに基づいて行われており、ヘッジ対象とヘ
ッジ手段の相場変動又はキャッシュ・フロー変動の累計を比較し、その変動額の比率によってヘッジの有
効性を評価しております。
(3)金融商品に係るリスク管理体制
① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
営業債権についての顧客の信用リスクに関しては、与信管理規程に従って、取引先ごとに期日及び残高
を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。関係会社
等に対する未収入金、リース投資資産及び長期貸付金についても、与信管理規程に準じて、同様の管理を
行っております。
デリバティブ取引については、当社は信頼し得る金融機関と取引を行っているため、信用リスクはほと
んどないと認識しております。
② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
当社は、外貨建ての営業債権に係る為替の変動リスクを回避するために、原則として先物為替予約取引
を利用しております。
投資有価証券及び関係会社株式については、定期的に発行体(取引先企業)の財務状況等を把握してお
ります。
デリバティブ取引は、当社の運用ルールに基づき、各部門の申請により財務経理部門が契約の締結を行
っております。また、財務経理部門は経営陣並びに各部門へ毎月報告を行い、厳格にリスク管理を行って
おります。
③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
月次または適時に資金繰計画を作成・更新するなどの方法により、流動性リスクを管理しております。
(4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
用することにより、当該価額が変動することがあります。また、注記事項(デリバティブ取引関係)にお
けるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスク
を示すものではありません。
- 185 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
2.金融商品の時価等に関する事項
平成23年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参
照)。
貸借対照表計上額
(*)(百万円)
(1)現金及び預金
時価 (*)(百万円)
差額(百万円)
23
23
-
7,768
7,768
-
10,793
10,793
-
(4)長期貸付金
6,742
6,818
76
(5)リース投資資産
5,321
5,334
13
(6)買掛金
(7,721)
(7,721)
-
(7) リース債務
(9,422)
(9,481)
△59
(8)短期借入金
(8,143)
(8,143)
-
(9) 長期借入金
(24,227)
(24,699)
△472
(2)売掛金
(3)未収入金
(*)負債に計上されているものについては、(
)で示しております。
(注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項
(1) 現金及び預金、(2) 売掛金、(3) 未収入金
これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
ります。
(4) 長期貸付金
長期貸付金の時価については、元利金の合計額を同様の新規貸付を行った場合に想定される利率で割
り引いて算定する方法によっております。
(5) リース投資資産
リース投資資産の時価については、元利金の合計額を同様の新規リースを行った場合に想定される利率
で割り引いて算定する方法によっております。なお、流動資産、固定資産を合計して一括で表記しており
ます。
(6) 買掛金、(8) 短期借入金
これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
ります。
(7) リース債務
リース債務の時価については、元利金の合計額を同様の新規リースを行った場合に想定される利率で割
り引いて算定する方法によっております。なお、流動負債、固定負債を合計して一括で表記しておりま
す。
(9) 長期借入金
長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り
引いて算定する方法によっております。
2.投資有価証券及び関係会社株式(貸借対照表計上額16,888百万円)は、全て非上場株式であり、市場価格
がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、表示しておりません。
- 186 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3.金銭債権の決算日後の償還予定額
1年超
5年以内
(百万円)
1年以内
(百万円) 現金及び預金
売掛金
未収入金
合計
10年超
(百万円)
23
-
-
-
7,768
-
-
-
10,793
-
-
-
-
6,741
-
-
1,394
3,926
-
-
19,978
10,668
-
-
関係会社長期貸付金
リース投資資産
5年超
10年以内
(百万円)
4. 長期借入金及びリース債務の決算日後の返済予定額
附属明細表「借入金等明細表」をご参照下さい。
(有価証券関係)
(自
至
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
子会社株式(貸借対照表計上額16,878百万円)及びその他有価証券(貸借対照表計上額10百万円)
は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
(デリバティブ取引関係)
当事業年度(自平成22年4月1日
至平成23年3月31日)
1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
該当事項はありません。
2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
(1)通貨関連
当事業年度(平成23年3月31日)
ヘッジ会計の
取引の種類
方法
主なヘッジ
対象
契約額等
(百万円)
契約額等の
うち1年超
(百万円)
時価
(百万円)
為替予約取引
為替予約の振当処理
売建
(注)1.時価の算定方法
売掛金
(注2)
米ドル
1,075
-
合計
1,075
-
-
先物為替相場に基づき算定しております。
2.為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている売掛金と一体として処理されているため、
その時価は、当該ヘッジ対象の時価に含めて記載しております。
- 187 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
当社は、確定給付型の制度として企業年金基金制度及び退職一時金制度を設けております。従業員の退職等
に際しては、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増退職金を支払う場合
があります。また、当社は、確定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
なお、当社において退職給付信託を設定しております。
2.退職給付債務に関する事項
当事業年度
(平成23年3月31日)
イ.退職給付債務(百万円)
△3,393
ロ.年金資産(百万円)
3,567
ハ.未積立退職給付債務(イ+ロ)(百万円)
173
ニ.未認識数理計算上の差異(百万円)
822
ホ.未認識過去勤務債務(債務の減額)(百万円)
156
ヘ.貸借対照表計上額純額(ハ+ニ+ホ)(百万円)
1,151
ト.前払年金費用(百万円)
1,151
チ.退職給付引当金(ヘ-ト)(百万円)
-
- 188 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
3.退職給付費用に関する事項
(自
至
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
イ.勤務費用(百万円)
170
ロ.利息費用(百万円)
101
ハ.期待運用収益(百万円)
△80
ニ.数理計算上の差異の費用処理額(百万円)
88
ホ.過去勤務債務の費用処理額(百万円)
12
ヘ.退職給付費用(イ+ロ+ハ+ニ+ホ)(百万円)
292
ト.確定拠出年金制度への掛金支払額(百万円)
31
324
計(ヘ+ト)(百万円)
(注)上記退職給付費用以外に、割増退職金を60百万円支払っております。
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
(自
至
イ.退職給付見込額の期間配分方法
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
期間定額基準
ロ.割引率(%)
ハ.期待運用収益率(%)
2.5 2.5 発生時の従業員の平均残存勤務期間以
内の年数による定額法により費用処理
ニ.過去勤務債務の額の処理年数
しております。
各事業年度の発生時における従業員の
平均残存勤務期間以内の年数による定
額法により按分した額を、それぞれ発
ホ.数理計算上の差異の処理年数
生の翌事業年度から費用処理しており
ます。
- 189 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(税効果会計関係)
項目
1.繰延税金資産及び繰延
税金負債の発生の主な原
因別の内訳
(自
至
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
(繰延税金資産)
(百万円)
繰越欠損金
9,492
退職給付引当金
753
減価償却の償却超過額
563
繰越外国税額控除
430
たな卸資産評価損
343
固定資産減損
264
未払従業員賞与
131
その他
131
繰延税金資産小計
12,108
評価性引当額
△9,823
繰延税金資産合計
(繰延税金負債)
2,284
退職給付信託設定益
その他
△0
繰延税金負債合計
繰延税金資産(負債)の純額
2.法定実効税率と税効果
△865
△865
1,419
税金等調整前当期純損失を計上しているため記載を省略しております。
会計適用後の法人税等の
負担率との差異の内訳
(セグメント情報)
(自
至
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
当社はディスク媒体事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
- 190 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
(関連当事者情報)
当事業年度(自平成22年4月1日
2012/06/26 9:29:54
至平成23年3月31日)
1.関連当事者との取引
(1) 親会社
種類
会社等の名
称又は氏名
所在地
親会社
富士電機ホ
ールディン
グス㈱
川崎市川崎
区
資本金又は
出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等の所
有(被所有)
割合(%)
47,586
純粋持株会
社
被所有
直接100%
関連当事者と
取引金額
取引の内容
(百万円)
の関係
連結法人税
連結法人税
資金の借入
役員の兼任
資金の借入
(注1)
7,842
3,741
科目
未収入
金
長期借
入金
期末残高
(百万円)
7,842
3,741
取引条件及び取引条件の決定方針等
(注1)富士電機ホールディングス㈱に対する借入金金利は、市場金利を勘案して決定しております。
(注2)富士電機ホールディングス㈱は、平成23年4月1日付で富士電機システムズ㈱を吸収合併し、富士電機㈱に商
号変更しております。
(2) 子会社及び関連会社等
種類
子会社
会社等の名
称又は氏名
マレーシア
富士電機社
所在地
マレーシア
資本金又は
出資金
US$
152,913千
事業の内容
又は職業
製造業
議決権等の所
有(被所有)
割合(%)
関連当事者と
取引金額
取引の内容
(百万円)
の関係
所有
直接100%
ディスク媒
体製品の購
製品の購入
入(注1)
債務保証
役員の派遣
(注2)
製造設備のリ リース取引
ース
(注3)
資金の貸付
資金の貸付
(注4)
利息の受取
科目
23,809
買掛金
11,745
-
リース
投資資
産
長期貸
付金
-
99
-
135
期末残高
(百万円)
4,280
-
5,321
6,741
-
取引条件及び取引条件の決定方針等
(注1)マレーシア富士電機社との価格については、当社製品の価格及びマレーシア富士電機社より提示された総原価
を検討の上、決定しております。
(注2)マレーシア富士電機社への債務保証は、同社の借入金に対する保証であります。
(注3)マレーシア富士電機社とのリース取引は、製造設備の貸与であります。
(注4)マレーシア富士電機社に対する貸付金金利は、市場金利を勘案して決定されております。
(3) 兄弟会社等
種類
会社等の名
称又は氏名
所在地
資本金又は
出資金
(百万円)
事業の内容
又は職業
議決権等の所
有(被所有)
割合(%)
関連当事者と
取引金額
取引の内容
(百万円)
の関係
資金運用
東京都品川
区
1,000
金融サービ
ス業
なし
3,189
買掛金
646
634
借入金
28,628
484
製造設備のリ リース取引
ース
高
支払リース
料
1,223
未払費
用
リース
債務
-
8,422
取引条件及び取引条件の決定方針等
(注1)富士電機フィアス㈱に対する借入金金利は、市場金利を勘案して決定しております。
2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
(ア) 親会社情報
(1) 会社名
富士電機株式会社(旧会社名
(2) 上場している金融商品取引所
富士電機ホールディングス株式会社)
① 東京証券取引所
② 大阪証券取引所
③ 名古屋証券取引所
④ 福岡証券取引所
- 191 -
期末残高
(百万円)
ファクタリ
ング
資金の借入
(注1)
借入利息
資金の借入
親会社の 富士電機フ
ィアス㈱
子会社
科目
210
9,422
-
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
(1株当たり情報)
項目
(自
至
1株当たり純資産額(円)
当事業年度
平成22年4月1日
平成23年3月31日)
13,588.69
1株当たり当期純損失(△)(円)
△5,282.04
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が
存在しないため記載しておりません。
(注)1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
当事業年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
当期純損失(△)(百万円)
△5,282
普通株主に帰属しない金額(百万円)
-
普通株式に係る当期純損失(△)(百万円)
△5,282
普通株式の期中平均株式数(千株)
(重要な後発事象)
当事業年度(自平成22年4月1日
1,000
至平成23年3月31日)
当社は、平成23年4月27日開催の取締役会において、当社の親会社である富士電機㈱と合併することを決議し、同
日締結された合併契約に基づき、平成23年7月1日付で吸収合併が行われました。
合併の概要は以下のとおりであります。
(1) 企業結合の目的
当社は、平成22年11月より、営業、開発、生産の機能を平成23年度中にマレーシア富士電機社に移管する旨の事
業構造改革に着手しております。今般、直近のハードディスクドライブ市場における急激な環境変化を踏まえ、構
造改革をさらに徹底させるべく、移管時期を前倒しし、平成23年6月末までに全ての事業・組織・資産等をマレー
シア富士電機社及び富士電機㈱に移管することとしたことから、同年7月1日付で富士電機㈱と合併することとし
ました。
(2) 企業結合の法的形式
富士電機㈱を存続会社、当社を消滅会社とする吸収合併
(3) 結合後企業の名称
富士電機㈱
(4) 実施した会計処理の概要
「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業分
離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成20年12月26日)に基づき、共通支配下の取
引として処理しております。
- 192 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
⑤附属明細表
有価証券明細表
有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略し
ております。
有形固定資産等明細表
当期末減価償
前期末残高 当期増加額 当期減少額 当期末残高 却累計額又は
(百万円)
(百万円)
(百万円)
(百万円) 償却累計額
(百万円)
資産の種類
有形固定資産
建物
差引当期
当期償却額
末残高
(百万円)
(百万円)
10,928
11
-
10,939
7,201
397
3,738
構築物
1,154
-
-
1,154
956
31
197
機械及び装置
5,768
22
-
5,791
5,443
184
347
228
-
-
228
204
10
23
土地
2,564
-
2,564
-
-
2,564
リース資産
5,134
984
5,073
2,197
935
2,875
建設仮勘定
1,246
29
0
-
-
0
27,025
1,046
25,751
16,003
1,560
9,747
工具、器具及び備品
有形固定資産計
無形固定資産
ソフトウエア
リース資産
その他
無形固定資産計
-
1,045
(1,033)
1,275
(9)
2,320
(1,042)
1
-
-
1
1
0
0
16
-
-
16
8
3
8
7
-
-
7
4
0
2
14
3
11
46
15
7
-
-
26
212
長期前払費用
261
5
53
(103)
(注)「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。
26
借入金等明細表 前期末残高
(百万円)
区分
短期借入金
当期末残高
(百万円)
平均利率
(%)
返済期限
7,509
8,143
0.75
-
1年以内に返済予定の長期借入金
-
-
-
-
1年以内に返済予定のリース債務
2,432
2,682
2.37
-
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除
く。)
24,672
24,227
1.96
平成24年4月~
平成24年9月
リース債務(1年以内に返済予定のものを除
く。)
8,399
6,739
2.31
平成24年4月~
平成28年4月
-
-
-
43,013
41,792
その他有利子負債
合計
-
-
-
(注)1.「平均利率」については、借入金の当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の決算日後5年内における返済予定額は
以下のとおりであります。
1年超2年以内
(百万円)
2年超3年以内
(百万円)
3年超4年以内
(百万円)
4年超5年以内
(百万円)
長期借入金
24,227
-
-
-
リース債務
2,745
2,445
1,434
113
- 193 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
資産除去債務明細表
当事業年度末における資産除去債務の金額が、当該事業年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以
下であるため、財務諸表等規則第125条の2の規定により記載を省略しております。
- 194 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
第6【提出会社の株式事務の概要】
事業年度
毎年4月1日から3月31日まで
定時株主総会
毎年6月
定時株主総会議決権基準日
毎年3月31日
剰余金の配当の基準日
毎年9月30日、3月31日
1単元の株式数
1,000株
単元未満株式の買取り・買増し
(特別口座)
取扱場所
東京都杉並区和泉二丁目8番4号
中央三井信託銀行株式会社 証券代行部
株主名簿管理人
(特別口座)
東京都港区芝三丁目33番1号
中央三井信託銀行株式会社
取次所
-
買取・買増手数料
株式の売買の委託に係る手数料相当額として別に定める金額
電子公告によるものとし、インターネット上の当社のウェブサイト
(http://www.fujielectric.co.jp)に掲載します。但し、やむを得ない事由
公告掲載方法
により電子公告によることができない場合は、日本経済新聞に掲載します。
株主に対する特典
該当事項はありません。
(注) 1.株主名簿管理人及び特別口座の口座管理機関である中央三井信託銀行株式会社は平成24年4月1日をもっ
て、住友信託銀行株式会社、中央三井アセット信託銀行株式会社と合併し、商号を「三井住友信託銀行株式
会社」に変更したため、以下のとおり、商号・住所等が変更となっております。
(特別口座)
取扱場所 東京都杉並区和泉二丁目8番4号
三井住友信託銀行株式会社
(特別口座)
証券代行部
株主名簿管理人 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
三井住友信託銀行株式会社
2.当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第166条第1項の
規定による請求をする権利、株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを
受ける権利並びに単元未満株式の売渡請求をする権利以外の権利を有しておりません。
- 195 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
第7【提出会社の参考情報】
1【提出会社の親会社等の情報】
当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
2【その他の参考情報】
当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
(1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
事業年度(第135期)(自
平成22年4月1日
至
平成23年3月31日)平成23年6月24日関東財務局長に提出。
(2)内部統制報告書及びその添付書類
平成23年6月24日関東財務局長に提出。
(3)四半期報告書及び確認書
(第136期第1四半期)(自
平成23年4月1日
至
平成23年6月30日)平成23年8月12日関東財務局長に提出。
(第136期第2四半期)(自
(第136期第3四半期)(自
平成23年7月1日
平成23年10月1日
至
至
平成23年9月30日)平成23年11月14日関東財務局長に提出。
平成23年12月31日)平成24年2月14日関東財務局長に提出。
(4)臨時報告書
金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会にお
ける議決権行使の結果)の規定に基づく臨時報告書
平成23年6月27日関東財務局長に提出。
金融商品取引法第24条の5第4項並びに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第7号の3(吸収合併)
の規定に基づく臨時報告書
平成23年12月26日関東財務局長に提出。
金融商品取引法第24条の5第4項並びに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異
動)の規定に基づく臨時報告書
平成24年3月22日関東財務局長に提出。
金融商品取引法第24条の5第4項並びに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号(財政状態、経営
成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象)及び第19号(連結会社の財政状態、経営成績及び
キャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象)の規定に基づく臨時報告書
平成24年4月12日関東財務局長に提出。
金融商品取引法第24条の5第4項並びに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号(特定子会社の異
動)及び第7号の3(吸収合併)の規定に基づく臨時報告書
平成24年4月26日関東財務局長に提出。
(5)発行登録書(普通社債)及びその添付書類
平成23年11月15日関東財務局長に提出。
(6)訂正発行登録書(普通社債)
平成23年12月26日関東財務局長に提出。
平成24年2月14日関東財務局長に提出。
平成24年3月22日関東財務局長に提出。
平成24年4月12日関東財務局長に提出。
平成24年4月26日関東財務局長に提出。
(7)発行登録追補書類(普通社債)及びその添付書類
平成24年6月6日関東財務局長に提出。
- 196 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
第二部【提出会社の保証会社等の情報】
該当事項はありません。
- 197 -
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
富士電機株式会社
平成24年6月26日
取締役会
御中
新日本有限責任監査法人 指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
種本
勇
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
那須
伸裕
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
由良
知久
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
伊藤
正広
印
<財務諸表監査>
当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
ている富士電機株式会社の平成23年4月1日から平成24年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわ
ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
連結財務諸表に対する経営者の責任
経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
監査人の責任
当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
し、これに基づき監査を実施することを求めている。
監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
監査意見
当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、富士
電機株式会社及び連結子会社の平成24年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
<内部統制監査>
当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、富士電機株式会社の平成2
4年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
内部統制報告書に対する経営者の責任
経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
る。
監査人の責任
当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
を求めている。
内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
監査意見
当監査法人は、富士電機株式会社が平成24年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記
の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財
務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
利害関係
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
以
上
(注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社
が別途保管しております。
2.連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
独立監査人の監査報告書
富士電機株式会社
平成24年6月26日
取締役会
御中
新日本有限責任監査法人 指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
種本
勇
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
那須
伸裕
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
由良
知久
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
伊藤
正広
印
当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
ている富士電機株式会社の平成23年4月1日から平成24年3月31日までの第136期事業年度の財務諸表、すなわ
ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行
った。
財務諸表に対する経営者の責任
経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
監査人の責任
当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
基づき監査を実施することを求めている。
監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
監査意見
当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、富士電機
株式会社の平成24年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点にお
いて適正に表示しているものと認める。
利害関係
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
以
上
(注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社
が別途保管しております。
2.財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
独立監査人の監査報告書
富士電機株式会社
平成24年6月26日
取締役会
御中
新日本有限責任監査法人 指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
種本
勇
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
那須
伸裕
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
由良
知久
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
伊藤
正広
印
当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
ている富士電機システムズ株式会社の平成22年4月1日から平成23年3月31日までの第46期事業年度の財務諸
表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書及び附属明細表について監
査を行った。この財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見を表明
することにある。
当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監
査法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎とし
て行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての
財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと
判断している。
当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、富士電機
システムズ株式会社の平成23年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッ
シュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
追記情報
重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成23年4月1日付で富士電機株式会社と合併した。
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
以
上
(注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社
が別途保管しております。
2.財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。
11793800_有価証券報告書_20120626092925
2012/06/26 9:29:54
独立監査人の監査報告書
富士電機株式会社
平成24年6月26日
取締役会
御中
新日本有限責任監査法人 指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
種本
勇
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
那須
伸裕
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
由良
知久
印
指定有限責任社員
公認会計士
業務執行社員
伊藤
正広
印
当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
ている富士電機デバイステクノロジー株式会社の平成22年4月1日から平成23年3月31日までの第8期事業年度の
財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書及び附属明細表につ
いて監査を行った。この財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から財務諸表に対する意見
を表明することにある。
当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監
査法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試査を基礎とし
て行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての
財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと
判断している。
当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、富士電機
デバイステクノロジー株式会社の平成23年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績
及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
追記情報
重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成23年7月1日付で富士電機株式会社と合併した。
会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
以
上
(注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社
が別途保管しております。
2.財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement