YX-361TR

YX-361TR
YX-361TR
MULTITESTER
取扱説明書
INSTRUCTION MANUAL
ワイドレンジ式 パーソナルマルチテスタ
MODEL YX-361TR
(オートセットポラリティ機能付き)
はじめに
このたびはYX-361TRマルチテスタをお買上げいただきまして誠
に有難うございました。
本器は24chワンコントロール新設計スイッチを採用、測定レンジ
をワイド化し、新たにオートセットポラリティ回路及び安全対策機
構を備えたハイクラスのパーソナルテスタです。
加えて豊富な別売アクセサリ併用で更に性能はアップしますので
本取扱説明書により数多い使用法をマスターされ、末永くご愛用く
ださい。
● 本器の用途
本器は小容量電路の測定用に設計された携帯用の回路計です。
小形の通信機器や家電製品、電灯線電圧や各種電池の測定などに
適します。
● 本器の特長
1.
オートセットポラリティ機能レンジ付き
(NULLメータとして使用)
NULLメータは、まぎらわしい極性を感覚的に迅速に判定でき
るアナログ計器独自の特長を有するもので、ディジタル回路・演
算増幅器回路、及びTV、FM回路等に必要なセンタ零メータ
(NULLメータ)がレンジセレクタスイッチの切換のみで自動的に
設定できます。これにより測定中の+、−極性判別が容易となり
ます。
− 1 −
2.
光で導通チェックが可能 導通表示LED付き
目で見る導通チェック用LEDを装備。導通表示がメータ内に
設置されたLEDの発光により瞬時に判定できます。
3.
実動負荷内蔵によるBATTテストレンジ付き
実用的な電池テストを行うために、使用状態と同じ負荷を内蔵、
専用の色別GOOD-BAD目盛で電池の良、否判定ができます。
4.
OUTPUT
(直列コンデンサ端子)
付き
直流・交流重畳回路で、交流信号分のみ検出測定ができますの
で、TV、オーディオその他の電子回路での応用に便利です。
5.
安全性重視の測定端子及びテストリード
本器の測定端子及び使用するテストリードのプラグ側は金属部
分が全く露出しない絶縁ガード付きの特別な設計が施されてお
り、被測定者への安全性に対して充分な配慮がなされています。
6.
二重保護装置付き
高性能ヒューズと保護ダイオードとのコンビによる安全性を考
慮した回路設計になっています。
(ヒューズ溶断加速回路付)
− 2 −
● 測定範囲及び性能
測定種類
直流電圧
(DCV)
直流電圧
(DCV)
NULL
直流電流
DCmA
交流電圧
(ACV)
低周波出力
(dB)
測
定
範
囲
0−0.1 V−0.5 V−2.5 V−10 V−50 V
−250 V−1000 V−
(25 kV)
(25 kVは別売HVプローブによる。
)
許容差
備
考
最大目盛値
の±2.5 %
(1000 V以下)
内部抵抗
20 kΩ/V
最大目盛値
の±5 %
センタ零メータ式
内部抵抗
40 kΩ/V
0− ± 5 V
0− ±25 V
0−50μA−2.5 mA−25 mA−0.25 A
(50μAはDC 0.1 Vレンジと共通)
0−2.5 V−10 V−50 V−250 V−1000 V
2.5 V range : 40 Hz∼100 kHz ±3 %
10 V range : 40 Hz∼100 kHz ±3 %
50 V range : 40 Hz∼20 kHz ±3 %
250 V range : 40 Hz∼3 kHz ±3 %
1000 V range : 40 Hz∼1 kHz ±3 %
*
︵
周
波
数
特
性
︶
−10 dB∼+10 dB(AC 2.5 Vレンジ)∼+62 dB
0 dB=0.775 V
(1 mW)
、
600 Ωインピーダンス回路にて
最大目盛値
端子電圧降下
250 mV(分流器分)
の±2.5 %
最大目盛値
の±3 %
10 V以下
±4 %
内部抵抗
9 kΩ/V
ACVと同じ
ACVと同じ
目盛長
の±3 %
内蔵電池
R6
(1.5 V)×2
6F22
(9 V)×1
最大目盛値
の±5 %
負荷電流
0.25 A
抵 抗
(Ω)
導通表示用
LED付き
×1 :0∼0.2 Ω∼2 kΩ
中心20 Ω
×10 :0∼2 Ω∼20 kΩ
中心200 Ω
×100 :0∼20 Ω∼200 kΩ
中心2 kΩ
×1 k :0∼200 Ω∼2 MΩ
中心20 kΩ
×10 k :0∼2 kΩ∼20 MΩ
中心200 kΩ
導通表示LED:×1レンジにて
(10 Ω以下発光)
電池テスト
(BATT)
0−1.5 V
GOOD−?−BAD 色別目盛
端子間電流
(LI)
0−150μA ………×1 k レンジ
0−1.5 mA …………×100 レンジ
0−15 mA …………×10 レンジ
0−150 mA ………×1 レンジ
目盛長
の±5 %
被測定物の測定
中、+及び
−COM間を流
れる端子電流
端子間電圧
(LV)
Ω計各レンジ共通
(×1∼1 k)
3 V∼0 V
(LI目盛の逆)
目盛長
の±5 %
Ω測定中に+、
−COM間に加
わる電圧
hFE:0∼1000
(Ω×10 レンジにて)
目盛長
の±3 %
別売プローブ
使 用
トランジスタの
直流電流
増幅率hF
*周波数特性:50 Hz基準
− 3 −
許容差保証温湿度範囲:23±2 ℃ 75 %RH以下 結露のないこと
姿
勢
:水平状態±5°以内
ACVレンジは正弦波交流50/60 Hzで規定
使用温湿度範囲
:0∼43 ℃ 80 %RH以下 結露のないこと
保存温湿度範囲
:−10∼50 ℃ 70 %RH以下 結露のないこと
●
内蔵電池
:R6
(1.5 V)×2
6F22
(9 V)×1
*出荷時の電池について
工場出荷時にモニター用電池が組み込まれており
ますので、記載された電池寿命に満たないうちに
切れることがあります。
モニター用電池とは製品の機能や性能をチェック
するための電池のことです。
●
寸法・質量:150×100×37 mm
●
付 属 品
約290 g
:テストリード
(TL-61)
1組
ヒューズ φ5×20
(500 mA/250 V)及び
スペアヒューズ 1 本内蔵、取扱説明書 1 部。
●
別売付属品:高圧プローブ
(HV-10)
携帯ケース
(C-YS)
HFEプローブ
(HFE-6T)
説明書中の仕様や内容については予告なしに変更、中止するこ
とがございますのでご了承ください。
− 4 −
● 外観及び各部名称
① 指示計零位調整器
⑦ 測定端子 +
② 指示計指針
⑧ 測定端子 −COM
(−共通)
③ 指示計目盛板
⑨ 直列コンデンサ端子
④ 導通表示用 LED
(CONTINUITY)
⑤ レンジ切換スイッチつまみ
(OUTPUT)0.047μF/400 V
⑩ パネル
⑪ リヤケース
⑥ 零オーム調整器兼
センタ零メータ
(NULL)
用
指針零調整器
− 5 −
注意マークについて
安全のため、この説明書をよくご覧ください。
特に警告文は火傷(やけど)や感電など、人身事故を防止するた
めのものです。注意文は本器を壊すおそれのあるお取り扱いに
ついての注意です。必ずお守りください。
安全測定のための警告
・・・ ・・
下記項目は、やけどや感電などの人身事故を防止するための
ものです。取扱説明書の記載内容とともにかならずお守りく
ださい。
1 . 6 kVAを超える電力ラインでは使用しないこと。
2 . AC 33 Vrms( 46.7 Vpeak)またはDC 70 V以上の電圧は
人体に危険ですから注意すること。
3 . 最大定格入力値を超える信号は入力しないこと。
4 . 最大過負荷入力値を超えるおそれがあるため、誘起電圧、
サージ電圧の発生する(モータなど)ラインの測定はしな
いこと。
5 . 本体またはテストリードが傷んでいたり、壊れている場
合は使用しないこと。
6 . ケースをはずした状態では使用しないこと。
7 . ヒューズは必ず指定定格および仕様のものを使用するこ
と。ヒューズの代用品を用いたり短絡などは絶対にしな
いこと。
8 . 測定中はテストリードのつばより先のテストピン側を持
たないこと。
9 . 電流端子に電圧を入力しないこと。電圧を入力するとショー
ト状態になります。
10. 測定中は他のファンクションまたは他のレンジに切り換
えたりしないこと。
− 6 −
11. 測定ごとのレンジおよびファンクションの確認を確実に
行うこと。
12. 本器または手が水などでぬれた状態での使用はしないこと。
13. テストリードは指定タイプのものを使用すること。
14. 電池交換、ヒューズ交換を除く修理・改造は行わないこと。
15. 始業点検および年 1 回以上の点検は必ず行うこと。
16. 屋内で使用すること。
注意 強力な電磁界、静電界のある場所での測定、インバータ
など高調波を多量に含む回路の測定では誤動作すること
があります。
● ご使用に際しての注意
1.
指示計の零位確認
指示計の指針が目盛左端の 0 線よりずれている時は、零位調整
器①をまわして正しく 0 線に合わせてください。
2.
NULLメータレンジの確認
DCV(NULL)±5 V、±25 Vレンジはオートポラリティ方式の
ため、レンジ切換スイッチつまみをそのレンジにセットしますと、
指針は自動的に目盛中央付近を指示したままになります。測定し
ない時や、保存の際には、つまみは他のレンジにセットし、電池
の消耗を防いでください。
3.
測定レンジはよく確かめ、適したレンジの選定を。
測定に際しては、被測定物に適した種類のレンジ切換スイッチ
位置を選定する、未知値の時は最大測定レンジから順次適当なレ
ンジ(被測定物の値に最も近いレンジ)にセットする、などの配慮
が肝要です。
− 7 −
● 測定前に理解していただきたいこと(電圧測定と電流測定との違い)
A
B
第 1 図○は電圧測定の基本型、○は電流測定の基本型です。
電圧測定は 2 点間の電位差の検出になりますから、テスタの電
圧レンジは被測定回路に必らず並列に接続します。一方電流は電
力の供給によって負荷
(LOAD)
に消費されている電流の測定です
B
から○のようにテスタの電流レンジは電源と負荷との間、即ち回
路に直列に接続しなければなりません。
第1図
一般的に電圧計の内部抵抗は大きいことが望ましく(測定に必
要なメータ電流が小さくてすむ為)、又反対に電流計の内部抵抗
は小さい方が良好です。
(電流計の消費電流と内部抵抗との積によ
A B
る電力損失が小さくてすむ為)この理由から図の○○接続を間違
A
えて特に電流レンジで電圧測定接続○で測定しますとテスタには
過大な電流が流れ、内部の部品やヒューズの焼損をまねき危険で
す。電圧測定と電流測定の違いをよく理解され正しい接続で測定
してください。
− 8 −
使用法
● 指示計目盛板
(メータスケール)
各部の説明
① 抵抗
(Ω)
目盛 …………………………………………………黒色
② 直流電圧、電流
(DCV、A)
及び
交流電圧
(ACV)
目盛但し10 V以上 …………………………黒色
③ 直流電圧センタ零メータ
(DCV NULL)
目盛 ………………青色
④ 交流電圧2.5 V(AC 2.5 V)専用目盛…………………………赤色
⑤ トランジスタ直流増幅率
(hFE)
目盛 ………………………青色
⑥ 1.5 V電池テスト(BATT. 1.5 V)専用目盛 ………… 赤、青色分け
⑦ Ωレンジ端子間電流
(LI)
目盛 ………………………………青色
⑧ Ωレンジ端子間電圧
(LV)
目盛 ……………………………黒色
⑨ デシベル
(dB)
目盛 …………………………………………赤色
⑩ 導通表示用
LED
⑪ ミラー …… 視線と指針及びミラーに映った指針とを一致さ
せ誤差の少ない指示値を求めるためのもの。
− 9 −
● 直流電圧
(DCV)
の測定
1 . 使 用 目 的:各種電池の電圧、各種電気機器の電圧、IC回路や
トランジスタ回路のバイアス電圧、その他の直流
電圧等の測定。
2 . 使 用 範 囲:DCV 0.1 V∼0.5 V∼2.5 V∼10 V∼50 V∼250 V∼1000 V
3 . 測 定 端 子:+、−COMを使用。通常赤リードを+端子、黒
リードを−COM端子に挿入するのが原則です。
4 . 指示計目盛:使用目盛はDCV.A、読み方は第 2 図の通りです。
第2図
DCV目盛及び読み方
2.5 V
(0∼2.5 V)
250 V
(0∼250 V)
0.5 V
(0∼0.5 V)
50 V
(0∼50 V)
0.1 V
(0∼0.1 V)
10 V
(0∼10 V)
1000 V
(0∼1000 V)
5 . レンジ切換スイッチつまみはDCV範囲の必要なレンジにセット
して測定します。一般に黒マイナス側テスト棒を負電位点(アー
スライン)に固定し、赤プラス側テスト棒を各試験個所に接続し
て測定します。しかし抵抗器両端に於ける電圧降下の測定、発振
回路の負電圧やトランジスタ回路などでは極性によく注意して測
定してください。
6 . テレビ用などの高電圧は第 3 図のように別売HV-10型プローブ
を接続して測定します。
HV-10型は微小電流回路の測定用です。
− 10 −
●
指示計目盛はDCV・Aで目盛の0∼250
を0.1倍し0∼25 kVとして読みとる。
このプローブはテレビなどのCRTアノード電
圧、フォーカス用高電圧測定など、高インピーダ
ンス回路の電圧測定だけに使用してください。
第3図
480 MΩ
● ±直流電圧
(±DCV)
の測定
センタ零メータ
(ナルメータ)
としての使用
1 . 使 用 目 的:ディジタル回路、オペアンプ回路、TV・FM回
路などの+、−極性判別が要求される回路の直流
電圧の測定。
2 . 使 用 範 囲:DCV(NULL)±5 V∼±25 V
3 . 測 定 端 子:+、−COMを使用、DCV測定方法と同じ。
4 . 指示計目盛:使用目盛はDCV(NULL)、読み方は第 4 図の通
りです。
25 V
5V
第 4 図 DCV
(NULL)
目盛及び読み方
5 . レンジ切換スイッチつまみはDCVの±5 V或は±25 Vにセット
します。この 2 レンジはオートセットポラリティ回路になってい
ますから、そのレンジにセットしますと指示計指針は自動的に中
央付近に移動しセンタ零メータ
(ナルメータ)
になります。
6 . 指針が中央 0 ライン付近まで移動したら、センタ零メータ指針
零調整器⑥により正確に目盛の 0 ラインに合わせてください。
(第 5 図を参照)
− 11 −
7 . 以上の操作が終りましたら、
センタ零メータ(ナルメータ)
として測定してください。
8 . 測定終了後はレンジ切換ス
イッチつまみを他のレンジへ
セットしてください。
注意
もし0 Ω・
第5図
ADJつまみをまわしても指針がセンタ 0 ラ
インまで到達しない場合は、内蔵電池9 V(6F22)
を交換して
ください。
● 直流電流
(DCmA)
の測定
1 . 使 用 目 的:直流で使用する機器の消費電流、トランジスタ・
IC回路の動作電流或はバイアス電流等の測定。
2 . 使 用 範 囲:DCmA 50 μA∼2.5 mA∼25 mA∼0.25 A
3 . 測 定 端 子:+、−COM。通常赤リードを+端子、黒リードを
−COM端子に挿入するのが原則です。
4 . 指示計目盛:使用目盛はDCV.A、読み方は第 6 図の通りです。
第6図
DCmA目盛及び読み方
2.5 mA
(0∼2.5 mA)
25 mA
(0∼25 mA)
0.25 A
(0∼0.25 A)
(250 mA
0∼250 mA)
50 μA
(0∼50 μA)
5 . レンジ切換スイッチつまみは50μA測定時にはDCV 0.1と共用、
他はDCmA範囲の必要なレンジにセットして測定してください。
− 12 −
電流測定の場合、必ず負荷を通して直列に接続すること。
警告
そして電圧の印加は絶対にさけるようにご注意ください。
第7図
○ 正しい接続
× 誤った接続
● 交流電圧
(ACV)
の測定
1 . 使 用 目 的:家庭や工場に来ている電灯線などの電圧(商用ラ
インAC電圧)、商用ライン電圧使用機器のAC電
源回路、電源トランスの各タップ電圧、等の測定。
2 . 使 用 範 囲:ACV 2.5 V∼10 V∼50 V∼250 V∼1000 V
3 . 測 定 端 子:+、−COM。
テストリードの色別は特にこだわりません。
4 . 指示計目盛:使用目盛ACV及びAC 2.5 V、読み方は第 8 図の
通りです。
250 V
(0∼250 V)
50 V
(0∼50 V)
10 V
(0∼10 V)
1000 V
(0∼1000 V)
2.5 V
第8図
ACV目盛及び読み方
2.5 V
5 . レンジ切換スイッチつまみはACV範囲の必要なレンジにセッ
トして測定します。うっかりDCmAレンジ、Ωレンジにしたまま
でACVの測定は絶対にしないでください。
− 13 −
6 . 200 V以上の電圧測定(電力ラインの測定はできません)
(イ) レンジ切換スイッチつまみが正し
くAC 250 Vか1000 Vレンジにあり、テ
ストリードが適確に+、−COM端
子に接続されているかを確認する。
(ロ) 被測定電源回路のPOWERスイッ
チをOFFにしてからテスタを接続す
る。そしてPOWERスイッチをON
にして測定。
第9図
(ハ) 測定中は配線やテスタに手を触れ
ぬこと。
電源トランスの測定例
● 低周波出力
(dB)
の測定
増幅器や伝送回路では、入力対出力比を対数で表わします。こ
れは人間の耳が感覚的に対数比例するためで、単位はデシベル
(dB)
を用います。
回路の負荷インピーダンスが一定の時は単に電圧(電流)比を
dBで表わすのみで電力の比較ができます。
本器のdB目盛は600 Ωインピーダンス回路にて1 mW電力消費
の場合を0 dB、電圧に換算すると 0 dB=0.775 V という基準に基
づいて目盛られています。従って600 Ωインピーダンス回路での
出力はdB値で直読できます。しかし測定回路インピーダンスが
異る時は、測定dB値は単なるAC電圧値とこれに対応するdB目盛
で測定したにすぎません。
(指示計目盛:dB目盛を使用)
1 . 使 用 範 囲:−10∼+10∼+62 dB 5 レンジ
2 . 測定方法はACVと全く同じ方法で行います。
3 . 本器の目盛はAC 2.5 Vレンジに対応して目盛られたもので600 Ω
インピーダンス回路に於ての出力のみその値はdB値で直読でき
ます。
(0 dB=1 mW=0.775 Vとする)
− 14 −
4 . 10 Vレンジ以上は下表の加算dB値を加えて真値を算出します。
AC電圧レンジ
加算dB値
最大dB値
2.5 V
10 V
50 V
0
12
26
250 V 1000 V
40
52
+10 dB +22 dB +36 dB +50 dB +62 dB
(例) 10 Vレンジで+7 dBの指示値が得られたとすれば、表から
10 Vレンジの加算dB値の12を加え、真値は
+7+12=+19 dB となります。
● OUTPUT端子によるACVの測定
(低周波出力の測定)
OUTPUT端子には直列にコンデンサ(0.047μF/400 V)が接続
されており、この端子はTV或はオーディオその他のDC、AC成分
が重畳している回路でDC成分をカットし、AC信号成分のみを測
定したい場合に使用されると便利です。
(例)● 一般的な低周波増幅器の出力電圧測定。
●
TVの水平増幅回路での水平信号の検出。
●
TVの同期分離、同期増幅回路で入力信号の有・無検出。
測定方法はACVと同じです。但し+側のテストリードはOUTPUT端子に接続します。
従ってOUTPUT端子と−COM端子を使用することになります。
− 15 −
● 電池テスト
(1.5
V乾電池の実用テスト)
一般にテスタの直流電圧レンジで測定する値はハイインピーダン
ス型の、電流が少ない無負荷電圧
(オープン電圧)
値であるため、例
えば古くなって内部抵抗が増大し電流容量のない電池でも1.5 V付近
を指示し電圧値だけの判定では良品ということになってしまいます。
本器のBATT測定レンジは、
本当の乾電池電圧をテストす
るために0.25 A消費の負荷抵抗
を内蔵し、実用的に良、否の
テストができるよう考慮され
第10図
ています。
リード線の接続及び測定方
法は第10図のようにしてテス
トします。
指示計の指示による判定
●
良品…青色範囲内にあるもの
●
良、不良?…?範囲内にあるもの
(GOOD)
パワーを要するもの
はだめ、小型トラン
ジスタラジオ程度は
よい。
●
不良…赤色範囲内にあるもの
(BAD)
SUM-1( R20)、SUM-2( R14)、
SUM-3
(R6)
など比較的に容量の
ある電池の判定。
注意
腕時計或は電卓等に使用されてい
る小型の薄型電池測定の場合は、
BATT.測定レンジを使用せずに、
一般のDCVレンジにて測定し(使
用端子は+、−COM)公称電圧値
より著しく低いものを不良と判定
してください。
正確な電圧値はすぐ下のLI青色目盛を0∼1.5 V電圧計として読
み取ります。
− 16 −
● 抵抗
(Ω)
の測定
1 . 使 用 目 的:抵抗器の抵抗値、回路の導通・短絡(0 Ω)、断線(無
限大∞)等の測定。
2 . 使 用 範 囲:×1∼×10∼×100∼×1 k∼×10 k(0.2 Ω∼20 MΩ)
3 . 測 定 端 子:+、−COM。
4 . 指示計目盛:使用目盛はΩ、読み方は第11図の通りです。
(0∼2 kΩ)
(0∼20 kΩ)
(0∼200 kΩ)
第11図
Ω目盛及び読み方
0Ω
1k
(0∼2 MΩ)
10 k
(0∼20 MΩ)
第12図
0Ω
5 . 零オーム調整
(0 ΩADJ)
使用前に必ず行っていただくもので別名フルスケール調整とも
A
いいます。第12図○の状態のように+、−COM端子間を短絡し
て零オーム調整器(0 ΩADJ)つまみをまわし、指示計指針をΩ目
盛右端の 0 Ωラインに合わせます。
− 17 −
注意 ヒューズの抵抗:定格500 mA/250 Vとは異なったヒューズや
消弧剤入りヒューズを使用すると、ヒューズの抵抗の影響
で× 1 レンジの 0 Ω調整ができなくなったり、測定精度が
低下します。同仕様、同定格のヒューズをご使用ください。
注意 × 1 レンジでは、電池の消費電流が大きいので、1 度行なっ
た零オーム調整がズレることがあります。
警告
回路中の抵抗測定の際には、必らずそのセットの電源
をOFFにし、電圧を印加せぬようご注意の上測定してく
ださい。
6 . LEDによる導通チェック
×1レンジで測定した場合、被測定抵抗値が約10 Ω以下の時は
指示計右上の導通(CONTINUITY)表示用LEDが発光します
(抵抗値の大小で明るさは変る)。単なる導通、断線のテストには
指針より速く応答しブザーに比べて静かで、目でみれば分ります
から、利用されると非常に便利です。
参考
●
抵抗測定時のテスタ端子の極性
テスタの抵抗測定回路は第13図のよ
うになっており、内蔵電池の+極が
0Ω
メータの+端子に接続されているた
め抵抗レンジで測定した場合−COM
端子が+側になり、+端子が−側に
なります。
この関係をよく記憶しておきますと
トランジスタやダイオードのような
有極性抵抗(半導体)の測定や電解コ
ンデンサの漏洩テストなどに有意義
です。
− 18 −
第13図
● 端子間電流LI及び端子間電圧LVについて
抵抗(Ω)レンジで被測定物を測定中に、−COM端子と+端子
間に流れる電流がLIで、LIが被測定物を流れることにより電圧降
下を生じます。その電圧がLVであり目盛板にLI、LV値で示され
ています。
(0∼150 mA)
(0∼15 mA)
(0∼1.5 mA)
(0∼150 μA)
0∼60 μA
1k
10 k
3 V∼0 V
第14図
LI・LV目盛の読み方
1k
(12 V∼0 V)
10 k
LI値は最大値がΩ各レンジに併記してあります。
被測定物によっては流れる電流や印加される電圧によってインピー
ダンスが変化したり、自己加熱により異常が生じる場合がありま
すからΩ各レンジ毎にこの関係をよく理解され測定ください。
● LED
(発光ダイオード)
のテスト
(テスタオームレンジの応用)
第15図のように接続してΩレンジの× 1 と×10とで測定しま
す。LEDが導通すると発光しますが、このときの電流値、即ち
IFの指示は本器の
LI目盛上に、
又VFはLV目盛上
に同時に指示され
ます。
第15図
− 19 −
● トランジスタの測定
(トランジスタチェッカとして)
本器にhFEコネクタ
(HFE-6)を接続し使用することによって、ト
(HFE-6T)
を接続し使用することによって、
ランジスタの直流電流増幅率h FE( IC/IB)を0∼1000の範囲で測定
できます。
プローブジャック
第16図
● 測定前の準備
本器によるトランジスタ(以下TRと略す)の測定は、抵抗測定
レンジを使用しますので、測定前に計器指針のフルスケール調整
(0 Ω調整)を行います。抵抗測定のときと同じ要領で、×10 Ωレ
ンジにセットして、+と−COM端子を短絡し、0 ΩADJにより
0 Ωラインに指針を合わせてください。
● 直流電流増幅率
の測定
(hFEE)
接続図
1 . コネクタの接続
N
- COM
Ω×10
P
第17図
第17図
+
- COM
N
Ω×10
P
+
E
E
B
B
C
NPN-TR
PNP-TR
C
2
テストT Rの極 性に応じNPN-TRの場 合は
2 .. プローブジャックを、
次にhFEコネクタを第17図の如く、テストTRの極性に応じNPNTRの場合はテスタ端子の−COM側に、PNP-TRのときは反対の+
黒リード側に、PNP-TRのときは反 対の赤リード側に挿 入します 。
3 側に挿入します。
. わに口クリップ付のリード線が2 本 出ていますので黒 色 側をT R
3 .のベース端
このコネクタからは、わに口クリップ付のリード線が
2 本出て
子に、赤 側をコレクタ端 子に接 続してください。
いますので黒色側をTRのベース端子に、赤側をコレクタ端子に
4 . 更にテストリードの一方( N PN - TRのときは赤リード、P N P - T R
接続してください。
のときは黒リード)
とテストT Rのエミッタ端 子とを接 続すれば本 器
4 .の指
更に本器の測定端子の一方
針は応答し、⑥のhF E 青(NPN-TRのときは+側、PNP-TRの
色目盛 上に、テストTRのI C / I (
B hF E )
ときは−COM側)とテストTRのエミッタ端子とを接続すれば本器
値を指 示します 。
の指針は応答し、⑥のhFE青色目盛上に、テストTRのIC/IB(hFE)値
を指示します。
− 20 −
内蔵電池の交換
1 . ×1 Ωレンジで零オーム調整
が不能になった場合は、内蔵
9V
の1.5 V(R6)電池の消耗ですの
で新品電池2ヶと交換してくだ
さい。
2 . ×10 kΩレンジのみ零オーム
調整が不能になった場合は、
内蔵の9 V(6F22)電池を新品と
交換してください。
1.5 V
3 . 電池交換の際には、リアケー
スの4 φ×12ネジを取り、ケー
スをはずし第18図の指示通り
極性を間違わぬよう正しく挿
入してください。
第18図
ヒューズの交換
1 . 電流レンジまたはオームレンジにしたまま電圧を印加しますと
過大電流により内蔵のヒューズが溶断します。同時に、抵抗器な
どの回路部品が焼損することがあります。
2 . ヒューズが切れますと本器は動作しませんので、スペアヒュー
ズ(φ5×20 mm 500 mA/250 V)と交換してください。
●
警告
ヒューズは安全や性能を維持するため、同定格のものをご
使用ください。また、ヒューズの代用品を用いたり短絡す
ることは絶対にしてはいけません。
− 21 −
お取扱い上の一般的なご注意
1 . 振動:本器は精密機器です。過度な振動や衝撃は、メータ故障
の原因になります。避けてください。
2 . 環境:直射日光下、高温(60 ℃以上)
、多湿(85 %以上)
、結露す
る場所に長時間、置かないでください。
3 . 帯電:メータカバーは、帯電防止処理がしてあります。
布などで強くこすらないでください。
長年のご使用で帯電した場合は、応急処置として、中性
洗剤をカバー表面に塗ると効果があります。
4 . 鉄粉:メータには高性能のマグネットを使用しております。鉄
粉の多い環境でご使用になる場合は、故障予防のため、
携帯用ケースの併用をお願いします。
5 . 保守:本品のお手入れは、筆や布で、軽く払う程度にとどめ、
シンナーやアルコールなどは避けてください。
アフターサービスについて
保証期間について
本品の保証期間は、お買上げ日より 3 年間です。
ただし、日本国内で購入し日本国内でご使用いただく場合に限り、
また、許容差は 1 年保証、製品付属の電池、ヒューズ、テストリー
ド等は保証対象外とさせていただきます。
有償修理について
1 . 修理をご依頼の前に:ご確認ください。
●
内蔵ヒューズの切れ
●
内蔵電池の消耗
●
テストリードの断線
− 22 −
2 . 修理期間:本品の補修性能部品の最低保有期間は、製造打切後
6 年間です。
(修理期間も準じます)
3 . 修理費用:● 修理や輸送費用が製品価格よりかさむ場合もあり
ますので、事前に発売元へご相談ください。
●
輸送にかかる往復の送料は、修理費用と併せてお
客様のご負担とさせていただきます。
4 . 送 り 先:下記あてに「修理品在中」としてお送りください。
三和電気計器株式会社・羽村工場サービス課
〒205-0023 東京都羽村市神明台4-7-15
TEL(042)554-0113
5 . 補修用ヒューズ:補修用ヒューズをお求めの場合は、上記サー
ビス課あてに機種名とサイズ、定格を明記し、
ヒューズ代金と送料分の切手を同封してご注
文ください。
〈形状〉
〈定格〉
〈単価〉
〈送料〉
φ5×20 mm
0.5 A /250 V
¥65(税込)
¥120(10本まで)
部品番号:F0301 ガラス管ヒューズ/遮断容量300 A
金額は2014年4月現在のもので消費税を含みます。
お問い合わせ先
三和電気計器
(株)
本社 :TEL(03)3253-4871
FAX(03)3251-7022
大阪営業所:TEL(06)6631-7361
FAX(06)6644-3249
製品についての問い合わせ:
受付時間
0120-51-3930
9:30∼12:00 13:00∼17:00(土日祭日を除く)
三和電気計器
(株)ホームページ:http://www.sanwa-meter.co.jp
− 23 −
保証書
ご氏名
型
様
名
製造No.
ご住所
YX-361TR
この製品は厳密なる品質管理を経てお
届けするものです。
本保証書は所定項目をご記入の上保管
していただき、アフターサービスの際
ご提出ください。
※本保証書は再発行はいたしませんの
で大切に保管してください。
TEL
保証期間
ご購入日
年
本社=東京都千代田区外神田2−4−4・電波ビル
郵便番号=101-0021・電話=東京(03)3253−4871( 代)
月より 3 年間
保証規定
保証期間中に正常な使用状態のもとで、万一故障が発生した場合には無償で修理いたします。
ただし下記事項に該当する場合は無償修理の対象から除外いたします。
記
1. 取扱説明書と異なる不適当な取扱いまたは使用による故障
2. 当社サービスマン以外による不当な修理や改造に起因する故障
3. 火災水害などの天災を始め故障の原因が本計器以外の事由による故障
4. 電池の消耗による不動作
5. お買上げ後の輸送、移動、落下などによる故障および損傷
6. 本保証書は日本国内において有効です。
This warranty is valid only within Japan.
年 月
日
修理内容をご記入ください。
※無償の認定は当社において行わせていただきます。
YX-361TR
MULTITESTER
INSTRUCTION MANUAL
— 1 —
— 2 —
100 A
250 V
Be sure to use a fuse of the specified rating and type
(500 mA/250 V, φ5 mm, 20 mm long). Never use a substitute
or short the circuit.
60 VDC or 25 Vrms AC.
— 3 —
— 4 —
0.047 μF/400 V
0
— 5 —
5V
25 V
100 V
— 6 —
23
— 7 —
10 V
2.5 V
1.5 V
2.5 V)
1.5 V
— 8 —
— 9 —
DCV 0.1 V∼0.5 V∼2.5 V∼10 V∼50 V∼250 V∼1000 V
2.5 V
(0∼250 V)
0.5 V
(0∼0.5 V)
50 V
(0∼50 V)
0.1 V
(0∼0.1 V)
10 V
1000 V
480 MΩ
— 10 —
(0∼2.5 V)
250 V
(0∼10 V)
(0∼1000 V)
5V
25 V
25 V
5V
5V
25 V
— 11 —
0
9V
DCmA 50 μA∼2.5 mA∼25 mA∼0.25 A
2.5 mA
25 mA
0.25 A
(250 mA
50 μA
50 μA
— 12 —
(0∼2.5 mA)
(0∼25 mA)
(0∼0.25 A)
0∼250 mA)
(0∼50 μA)
50 μA
ACV 2.5∼10 V∼50 V∼250 V∼1000 V
2.5 V
250 V
(0∼250 V)
50 V
(0∼50 V)
10 V
(0∼10 V)
1000 V
(0∼1000 V)
2.5 V
200 V
250 V
1000 V
— 13 —
600
1 mW
0.775
600
AC 2.5 V
600
1 mW
0.775
10
2.5 V
10 V
10 V
— 14 —
10 V
50 V
250 V 1000 V
A capacitor is connected in series with OUTPUT terminal with
capacitor 0.047 μF/400 V. It is very convenient to use this terminal
when the operator needs to measure AC signal element alone in
T V or audio circuit where DC and AC elements are mixed. DC
element is blocked by the capacitor.
1.5 V
1.5 V
0.25 A
— 15 —
1.5 V
— 16 —
2.5 V
×1∼×10∼×100∼×1k∼×10k(0.2 ∼20 M )
(0∼2 kΩ)
(0∼20 kΩ)
1k
10 k
0
0
— 17 —
(0∼200 kΩ)
(0∼2 MΩ)
(0∼20 MΩ)
0
0
adjustment 0
(0
0
line
10
0
— 18 —
0
0Ω
(0∼150 mA)
(0∼15 mA)
(0∼1.5 mA)
(0∼150 μA)
3 V∼0 V
— 19 —
×1
×10
— 20 —
MEASUREMENT OF TRANSISTORS
(USE AS TRANSISTOR CHECKER)
With the attachment of the hFE connector
(hFE-6), , this unit can
(HFE-6T)
measure the DC current amplification factor h FE (l C /l B ) of
transistors in the 0 to 1000 range.
4
mmøjack
tester connector pin
Probe
Transistor collector terminal connecting clip
Transistor base terminal connecting clip
Fig. 14
Preparations before Measurement
To measure transistors, this unit uses the resistance measuring
range. Therefore, make full scale adjustment (O Ω adjustment)
of the indicator needle before doing the measurement. Just as
before measuring resistance, turn the range to x10 Ω, shortcircuit the + and –COM terminals and align the needle to 0 Ω
line with 0 Ω ADJ.
Measurement of hFE
(DC Current Amplification Factor)
1. Connection
Connectors
Connection of
Diagram
Fig. 15
N
- COM
Ω×10
P
- COM
+
N
Ω×10
P
E
E
B
B
C
PNP-TR
NPN-TR
— 21 —
C
+
2. Then depending on the polarity of the transistor to be tested, insert
the probe jack into the black lead if it is NPN transistor and into the
red lead if it is PNP transistor.
3. There are two lead lines each with an alligator clip at the end.
Connect the black clip to the base terminal of the transistor and the
red clip to the collector terminal.
4. Then connect the test lead (the red lead if the transistor is NPN and
the black lead if PNP) to the emitter terminal of the transistor to be
tested.
With this connection, the tester needle responds, indicating the
IC/IB (hFE) value on the blue hFE scale 6 .
— 22 —
0
adjustment is
×1
1 .5 V
9V
0
adjustment is
×10 k
9 V
1.5 V
12 mm
(4 mm
Fig. 16
1. The internal fuse is blown if power voltage is inadvertently
applied to the tester with the range selector knob left set to
current ranges, especially to 0.25 A range, or to×1 Ω range.
2. When the fuse is blown, the tester fails to work. Replace
it with the spare fuse (5 mm dia× 20 mm, 500 mA/250 V).
Refer to Fig. 16 for its position.
— 23 —
AFTER-SALE SERVICE
1 Warranty and Provision
Sanwa offers comprehensive warranty services to its endusers and to its product resellers. Under Sanwa's general
warranty policy, each instrument is warranted to be free from
defects in workmanship or material under normal use for the
period of one (1) year from the date of purchase.
This warranty policy is valid within the country of purchase
only, and applied only to the product purchased from Sanwa
authorized agent or distributor.
Sanwa reserves the right to inspect all warranty claims to
determine the extent to which the warranty policy shall apply.
This warranty shall not apply to fuses, disposables batteries,
or any product or parts, which have been subject to one of the
following causes:
1. A failure due to improper handling or use that deviates
from the instruction manual.
2. A failure due to inadequate repair or modification by
people other than Sanwa service personnel.
3. A failure due to causes not attributable to this product such
as fire, flood and other natural disaster.
4. Non-operation due to a discharged battery.
5. A failure or damage due to transportation, relocation or
dropping after the purchase.
2 Repair
Customers are asked to provide the following information
when requesting services:
1. Customer name, address, and contact information
2. Description of problem
3. Description of product configuration
4. Model Number
5. Product Serial Number
6. Proof of Date-of-Purchase
7. Where you purchased the product
1) Prior to requesting repair, please check the following:
Capacity of the built-in battery, polarity of installation and
discontinuity of the test leads.
— 24 —
2) Repair during the warranty period:
The failed meter will be repaired in accordance with the
conditions stipulated in 1 Warranty and Provision.
3) Repair after the warranty period has expired:
In some cases, repair and transportation cost may become
higher than the price of the product. Please contact Sanwa
authorized agent / service provider in advance.
The minimum retention period of service functional parts is
6 years after the discontinuation of manufacture. This
retention period is the repair warranty period. Please note,
however, if such functional parts become unavailable for
reasons of discontinuation of manufacture, etc., the
retention period may become shorter accordingly.
4) Precautions when sending the product to be repaired:
To ensure the safety of the product during transportation,
place the product in a box that is larger than the product 5
times or more in volume and fill cushion materials fully and
then clearly mark "Repair Product Enclosed" on the box
surface. The cost of sending and returning the product shall
be borne by the customer.
3 SANWA web site
http://www.sanwa-meter.co.jp
E-mail: [email protected]
Specifications
Accuracy assurance Temperature/Humidity range
:23 ± 2 ˚C 75 %RH max. No condensation
Operating temperature and humidity
:5~31 ˚C, 80 %RH max.
31<~40 ˚C, 80~50 %RH(decreasing linearly)
Storage temperature/Humidity range
:–10~50 ˚C 70 %RH max. No condensation
:150 x 100 x 37 mm About 290 g
Size • mass
Accessories
:One pair of test leads (TL-61), one copy of
instruction manual, and one spare fuse (5 mm dia x
20 mm, 500 mA/250 V) built-in.
Optional accessories :HV probe (HV-10), and carrying case (C-YS).
HFE-6T
— 25 —
Measurement
Measuring range
Accuracy
Remarks
DCV
0–0.1 V–0.5 V–2.5 V–10 V–50 V
–250 V–1000 V– (25 kV)
(25 kV with optional HV probe)
± 2.5 % fs
(1000V or less)
Input impedance
20 k Ω/V
DCV
NULL meter
0– ± 5 v
0– ± 25 v
± 5 % fs
0–centering meter type
Input impedance
40 kΩ/V
DCmA
0–50 μA–2.5 mA–25 mA–0.25 mA
(50 μA at the DC 0.1 V position)
± 2.5 % fs
Terminal voltage drop
250 mV
± 3 % fs
± 4 % fs
(10 V or less)
Input impedance
9 kΩ/V
ACV
0–2.5 V–10 V–50 V–250 V–1000 V
2.5 V range : 40 Hz~100 kHz ±3 %
10 V range : 40 Hz~100 kHz ±3 %
50 V range : 40 Hz~20 kHz ±3 %
250 V range : 40 Hz~3 kHz ±3 %
1000 V range : 40 Hz~1 kHz ±3 %
*
–10 dB~+10 dB (AC 250 V) ~+62 dB
0 dB = 0.775 V
Same as in ACV
(1mW through 600 Ω impedance circuit)
Same as in ACV
Ω
(with continuity
indicating LED)
X1 : 0 ~ 0.2 Ω ~ 2 kΩ Center 20 Ω
X10 : 0 ~ 2 Ω ~ 20 k Ω Center 200 Ω
X100 : 0 ~ 20 Ω ~ 200 kΩ Center
2Ω
X1 k : 0 ~ 200 Ω ~ 2 MΩ Center 20 k Ω
X10 k : 0 ~ 2 kΩ ~ 20 M Ω Center 200 k Ω
Continuity indicating LED: in X1 range
(Light is emitted at 10 Ω or less)
± 3 % of arc
Internal batteries
R6 (1.5 V) X2
6F22 (9 V) X1
Battery test
(BATT)
0–1.5 V GOOD–?–BAD color-coded scale
± 5 % fs
Load current 0.25 A
± 5 % of arc
Current flowing across
terminals while object
is measured.
AF output
(dB)
Terminal-toterminal current
(LI)
0–150 μA
0–1.5 mA
0–15 mA
0–150 mA
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
X1k
X100
X10
X1
range
range
range
range
Terminal-toterminal voltage (LV)
Common to each Ω range 3 V~0 V
(Reverse of LI scale)
± 5 % of arc
Voltage applied across
terminals while Ω is
measured.
DC amplificationfactor hFE
Transistor hFE : 0~1000
(in X 10 Ω range)
± 3 % of arc
With the use of optional
probe
* Frequency characteristics
— 26 —
本社=東京都千代田区外神田2−4−4・電波ビル
郵便番号=101-0021・電話=東京(03)3253−4871(代)
大阪営業所=大阪市浪速区恵美須西2−7−2
郵便番号=556-0003・電話=大阪(06)6631−7361(代)
SANWA ELECTRIC INSTRUMENT CO., LTD.
Dempa Bldg, Sotokanda2-Chome Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
植物油インキを使用しています。
18-1407 2040 2040
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement