計装ネットワークモジュール NX コミュニケーションボックス NX-CB1 取扱説明書 設置編 注意

計装ネットワークモジュール NX コミュニケーションボックス NX-CB1 取扱説明書 設置編 注意
CP-UM-5558JE
注意
DIN レールストッパはドライバなど工具を使用して取
り付け、取り外しをしてください。
本器を分解しないでください。故障の恐れがあります。
計装ネットワークモジュール NX
コミュニケーションボックス NX-CB1
取扱説明書 設置編
本器の通風穴をふさがないでください。火災、故障の
恐れがあります。
本器のケース内部に線くず、切粉、水などが入らない
ようにしてください。火災、故障の恐れがあります。
電源端子などの充電部には触らないでください。感電
の恐れがあります。
本器への結線は必ず電源の供給元を切った状態で行っ
てください。故障の恐れがあります。
本器への結線は定められた基準に従い、指定された電
源、および施工方法で正しく配線してください。感電、
火災、故障の恐れがあります。
接続箇所にゆるみがないことを確認してください。発
熱および装置の故障の原因となる恐れがあります。
計装ネットワークモジュール NX コミュニケーションボックス
NX-CB1 をご購入いただき、まことにありがとうございます。
この取扱説明書は、取り付け、結線と仕様を説明したものです。
連結されたモジュール全体の消費電力の総和が 70W
を超えないようにしてください。火災、故障の恐れが
あります。
連結されたモジュール全体に 2 系統以上の電源を供給
しないでください。火災、故障の恐れがあります。
ご注文・ご使用に際しては、下記 URL より「ご注文・ご使用
に際してのご承諾事項」を必ずお読みください。
本器の未使用端子を中継端子として使用しないでくだ
さい。感電、火災、故障の恐れがあります。
端子ねじは仕様に記載されたトルクで確実に締めてく
ださい。締め付けが不完全だと火災の恐れがあります。
http://www.azbil.com/jp/product/cp/order.html
お願い
雷サージの恐れがある場合には、サージアブソーバ
(サージ防止器)を使用してください。火災、故障の恐
れがあります。
本器は仕様に記載された使用条件(温度、湿度、振動、
衝撃、取付方向、雰囲気など)の範囲内でお使いくだ
さい。火災、故障の恐れがあります。
本器を廃棄するときは、産業廃棄物として各自治体の
条例に従って適切に処理してください。
この取扱説明書は、本製品をお使いになる担当者のお手
元に確実に届くようにお取りはからいください。
この取扱説明書の全部、または一部を無断で複写、また
は転載することを禁じます。この取扱説明書の内容を将
来予告なしに変更することがあります。
この取扱説明書の内容については、万全を期しておりま
すが、万一ご不審な点や記入もれなどがありましたら、
当社までお申し出ください。
お客様が運用された結果につきましては、責任を負いか
ねる場合がございますので、ご了承ください。
本器は電気の知識を有する専門の方が扱ってください。
製造者が指定しない方法で本器を使用すると、本器が
備える保護機能が損傷する可能性があります。
© 2009-2015 Azbil Corporation All Rights Reserved.
本器の汚れを取る場合は柔らかい布でからぶきしてく
ださい。シンナー、ベンゼンなどの有機溶剤や洗剤は
使用しないでください。
本器に接続する機器または装置は、本器の電源、入出
力部の最高使用電圧に適した強化絶縁が施されている
物をご使用ください。
安全上の注意
この安全上の注意は、製品を安全に正しくお使いいただき、
取り扱いを誤った場合に、使用者が軽傷を負う
あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に防止する
か、または物的損害のみが発生する危険の状態
ためのものです。安全上の注意は必ず守ってください。また、
が生じることが想定される場合。
内容をよく理解してから本文をお読みください。
当社が規定しない使い方をした場合、この製品に盛り込まれ
取り扱いを誤った場合に、使用者が死亡また
た安全保護は損なわれます。
は重傷を負う危険の状態が生じることが想定
注意
概 要
警告
● 警告表示の意味される場合。
計装ネットワークモジュール NX は、イーサネットの標準採
用により「分散計装」、
「高速通信」、
「省配線」、
「省エンジニアリ
ング」を実現し、お客様に環境・品質・生産性向上という価値
をご提供いたします。
コミュニケーションボックス NX-CB1 は、イーサネット同士
を接続するためのスイッチングハブです。
取り扱いを誤った場合に、使用者が死亡また
警告 は重傷を負う危険の状態が生じることが想定
される場合。
取り扱いを誤った場合に、使用者が軽傷を負う
注意 か、または物的損害のみが発生する危険の状態
が生じることが想定される場合。
形番構成
警告
内 容
本器の取り付け、取り外し、および結線のときは、必
ず本器および接続機器の電源をすべて切ってください。
感電することがあります。
NXCB1
本器への通電前に配線が正しく行われていることを必
ず確認してください。本器への配線間違いは故障の原
因になり、また危険な災害を招く原因にもなります。
J1
計装ネットワークモジュール NX
4 ポートスイッチングハブ
N
チェーン接続
(サイドコネクタ)
ノンリング通信
R
チェーン接続
(サイドコネクタ)
リング通信
N
チェーン間接続
(前面ポート)
ノンリング通信
R
チェーン間接続
(前面ポート)
リング通信
04
4 ポート
0
RJ-45
0 なし
D 検査成績書付き
■■ モジュールの連結
各部の名称
本器はベース右のコネクタで別のモジュールと連結でき
ます。
モジュールの連結は DIN レールへ取り付ける前に作業し
てください。連結することで、各モジュールの電源および
通信が接続され、配線を省くことができます。
■■ 本 体
LED動作ランプ
PWR
RUN
MOD
COM
NST
FAIL
PWR RUN MOD COM NST
FAIL
イーサネットポート1∼4
LINK/ACT動作ランプ
NST
LINK
/ ACT
NX-CB1N
1
2
3
4
メンテナンスジャック
(メーカーメンテナンス用)
当社社内用です。
スマートローダパッケージ
SLP-NXには接続できません。
■■ 取付方法
イーサネットポート1∼4
イーサネットケーブルを
接続するポートです。
リング通信ありの場合、
イーサネットポート3、4
を使用し、リング通信を
行います。
1
イーサネットポート3、4
NST動作ランプ
2
本器は DIN レールに取り付けて使用します。
DIN レールを固定したあと、DIN レールストッパを十分引
き出してからベースをレールに引っかけてください。
次に DIN レールストッパを上方にカチッと音がするまで
押し込んでください。
3
取り扱い上の注意
4
•本器は垂直な面に DIN レールストッパを下側にして取り
付けてください。
■■ ベース
■■ 本体をベースに取り付ける
取り扱い上の注意
•同梱されているベースと本体の組み合わせは対にして使
用してください。
サイドコネクタ :
モジュールを連結する
ときに使用します
1
DINレールストッパ :
DINレールに固定
するときに使用
します
4
① 本体下部のフックをベースに引っかけてください。
電源端子 :
1: DC24V(+)
2: DC24V(−)
2
5
•最初に本体下部のフックをベースに引っかけてください。
フックが破損することがあります。
② 本
‌ 体上部のレバーがカチッと音がするまではめ込んで
ください。‌
②
RS-485通信端子 :
3線式RS-485通信の
接続端子です
4: DA(+)
5: DB(−)
6: SG
* 右側連結のモジュール
へ接続します
6
レバー
取り付け
■■ 取付場所
①
フック
屋内に取り付けてください。
図の数値は最低限必要な間隔です。
外すときは、上部のレバーを押しながら手前に引いて
ください。
配線ダクトなど
正面
50mm
50mm
NX
50mm
50mm
配線ダクトなど
配線ダクトなど
配線ダクトなど
結 線
50mm
■■ 結線上の注意
NX
・‌配線については、内線規定、電気設備技術基準に従って
施工してください。
80mm
配線ダクトなど
・‌屋外配線はしないでください。落雷時破損することがあ
ります。
50mm
・‌電源の端末は絶縁被覆付きの圧着端子を使用してください。
配線ダクトなど
次のような所には取り付けないでください。
・‌結線は計器形番と端子番号を本体側面の配線図で確認し
てから行ってください。
・‌仕様の範囲を超えた高温、低温、高湿度、低湿度になる
ところ
・‌電源端子、RS-485 通信端子の接続には M3 のねじに適合
する圧着端子を使ってください。
・硫化ガスなど腐食性ガスのあるところ
・‌圧着端子などが隣の端子と接触しないように注意してく
ださい。
・粉塵、油煙などのあるところ
・直射日光、風雨が当たるところ
・‌本器の信号線や電源線は、他の動力線や他の電源線から
60cm 以上離してください。また、同一の配線管やダク
ト内を通さないでください。
・仕様の範囲を超えた機械的振動、衝撃のあるところ
・高圧線の下、溶接機および電気的ノイズの発生源の近く
・ボイラなどの高圧点火装置から 15m 以内
・‌他の計器と並列接続する場合は、他の計器の条件をよく
調べてから計装してください。
・電磁界の影響のあるところ
・可燃性の液体や蒸気のあるところ
・‌本器は電源投入後、安定のため約 3 秒間は機能しないよ
うになっています。
・屋外
・‌入出力のコモンモード電圧 : 対大地間の電圧が 30Vrms
以上、42.4V ピーク以上、DC60V 以上のところ
J2
・‌結線が終わったら、通電前に配線間違いのないことを確
認してください。
■■ リング通信の接続(イーサネットポート 3、4)
■■ 入出力間アイソレーション
実線は他のものとアイソレーションされていることを示
しています。
リング通信をする場合はイーサネットポート 3、4 に接続
してください。
PWR RUN MOD COM NST
電源(サイドコネクタを含む)*1
FAIL
NST
LINK
/ ACT
NX-CB1N
1
2
3
4
ロジック回路
イーサネットポート1
メンテナンスジャック
1
イーサネットポート2
RS-485通信(SGのみ)*1 *2
イーサネットポート3
表示部(LED)
2
サイドコネクタイーサネット通信 *1
サイドコネクタリング通信 *1
イーサネットポート3、4
3
*1 : 電源、サイドコネクタリング通信、RS-485通信、サイドコネクタ
イーサネット通信は絶縁関係を保持したままサイドコネクタに
接続されています。
*2 : RS-485通信のDA(+)、DB(−)信号は本体内部の回路には接続
されず、サイドコネクタに直接接続されています。
4
■■ 電源の接続
仕 様
電源端子は次のように接続してください。
1
4
+
■■ 仕 様
●● 基準条件
2
5
イーサネットポート4
周囲温度
周囲湿度
定格電源電圧
振動
衝撃
取付角度
6
計器電源 DC24V
−
UL クラス 2 電源を使用してください。
取り扱い上の注意
•連結しているモジュール間は、電源が相互に接続されて
います。
●● 動作条件
周囲温度
:0 〜 50℃
(設置した状態での本器下面側にて)
周囲湿度
:10 〜 90%RH(結露なきこと)
動作許容電源電圧:DC21.6 〜 26.4V
2
振動
:0 〜 3.2m/s(10
〜 150Hz XYZ 各方向 2h)
衝撃
:0 〜 9.8m/s2
取付角度
:基準面± 3 ゚
塵埃
:0.3mg/m3 以下
腐食性ガス
:なきこと
高度
:2000 m以下
汚染度(Pollution degree)
:2(通常のオフィス環境と同等)
•連結しているモジュールのどれか一つに電源を供給して
ください。
•電源は、連結しているモジュールの消費電力の総和を十
分にまかなえるものを選定してください。
■■ RS-485通信の接続
CPL、MODBUS の RS-485 通信は次のように接続してく
ださい。
2
1
4
5
:23 ± 2℃
:60 ± 5%RH(結露なきこと)
:DC24V
:0m/s2
:0m/s2
:基準面± 3 ゚
6
●● 輸送保管条件
DA(+)DB(−) SG
取り扱い上の注意
周囲温度
周囲湿度
振動
衝撃
•通信路の両端には、150 Ω± 5% 1/2W 以上の終端抵
抗を取り付けてください。
ただし、同一ラインで終端抵抗の取り付けを禁止してい
る機器がある場合には、その機器に従ってください。
包装落下試験
•SG は必ず接続してください。接続しないと安定した通
信ができないことがあります。
•通信線には、ツイストペアケーブルを使用してください。
:− 20 〜+ 70℃
:5 〜 95%RH(結露なきこと)
2
:0 〜 9.8m/s(10
〜 150Hz XYZ 各方向 2h)
2
:0 〜 300m/s(DIN
レール取付状態、
上下方向 3 回)
:落下高さ 60cm
(1 角 3 陵 6 面の自由落下法による)
●● その他
メモリバックアップ :
不揮発性メモリ(EEPROM)
絶縁抵抗
:DC500V、20M Ω以上(電源端子①②
と、電源端子と絶縁された I/O 端子間)
耐電圧
:AC500V、1min(電源端子①②と、電
源端子と絶縁された I/O 端子間)
消費電力
:4W 以下(動作条件にて)
電源投入時突入電流 :
10A 以下(動作条件にて)
電源投入時の動作 :リセット時間約 3s(通常動作を行うま
での時間、基準条件にて)
ケース材質、色 :変性 PPO 樹脂、黒
•本器自体に RS-485 通信の機能はありません。ベース
の右コネクタで別のモジュールに通信線を連結してく
ださい。
J3
■■ 外形寸法図
適合規格
:CE(EN61326-1、For use in
‌
industrial locations)
cUL(UL61010-1)
取付方法
:DIN レール取り付け
端子ねじ適正締付トルク :
0.6 ± 0.1N·m
質量
:300g 以下
単位:mm
45
85
8
PWR RUN MOD COM NST
FAIL
1
2
3
32.3
NST
LINK
/ ACT
NX-CB1N
4
1
100
●● 通信仕様
ポート数
伝送路形式
:4 ポート
:
・‌イーサネットポート 1、2‌
IEEE802.3/IEEE802.3u
10BASE-T/‌
100BASE-TX‌
(オートネゴシエーション、‌
Auto MDI/MDI-X 機能あり)
・‌イーサネットポート 3、4‌
IEEE802.3u 100BASE-TX‌
(Full Duplex、Auto MDI/MDI-X 機
能あり。コミュニケーションボック
ス間を接続する場合以外は、接続す
る機器はオートネゴシエーション機
能が有効であること)
コネクタ
:RJ-45
ケーブル
:UTP ケーブル(4P) Cat 5e 以上‌
(両端 ANSI/TIA/EIA(ストレート)
568-B)
2
3
(20)
5
(10)
4
●● コミュニケーションアダプタ
(別売 形番:NX-CL1 □□□□□□、NX-CR1 □□□□□□)
伝送路形式
:IEEE802.3u 100BASE-TX‌
(Full Duplex、Auto MDI/MDI-X 機
能あり。接続する機器はオートネゴ
シエーション機能が有効であること)
コネクタ
:RJ-45
ケーブル
:UTP ケーブル(4P) Cat 5e 以上‌
(ストレート)
(両端 ANSI/TIA/EIA568-B)
NX-CB1 の左側面にはコネクタがありません。‌
NX-CL1 □□□□□□は連結できません。
●● ターミナルアダプタ
(別売 形番:NX-TL1 □□□□□□、NX-TR1 □□□□□□)
チェーン接続リング通信端(ベース内イーサネット通信
経路)として使用するためのアダプタです。‌
NX-CB1 の左側面にはコネクタがありません。‌
NX-TL1 □□□□□□は連結できません。
〔ご注意〕 この資料の記載内容は、お断りなく変更する場合も
(24)
ありますのでご了承ください。
お問い合わせは、下記または当社事業所へお願いいたします。
本 社
北海道支店
東北支店
北関東支店
東京支社
〒100-6419
東京都千代田区丸の内 2-7-3 東京ビル
☎(011)
781 ー 5396
☎(022)
290 ー 1400
☎(048)
621 ー 5070
☎(03)6810 ー 1211 2
製品のお問い合わせは…
中
関
中
九
コールセンター :
〈アズビル株式会社〉
〈COMPO CLUB〉
部
西
国
州
支
支
支
支
社
社
店
社
☎(052)324 ー 9772
☎(06)6881 ー 3383 4
☎(082)554 ー 0750
☎(093)285 ー 3530
0466-20-2143
http://www.azbil.com/jp/
http://www.compoclub.com
J4
2009年 10月 初版発行 (W)
2015年 9月 改訂 7 版 ( V )
CAUTION
CP-UM-5558JE
Do not block ventilation holes. Doing so might cause
fire or device failure.
Do not allow wire clippings, metal shavings or water
to enter the controller case. They might cause fire or
device failure.
Do not touch electrically charged parts such as the
power terminals. Doing so might cause electric shock.
Network Instrumentation Module
Communication Box NX-CB1
User's Manual for Installation
Before wiring the NX-CB1, be sure to turn the power
OFF. Failure to do so might cause device failure.
Wire the NX-CB1 properly using the specified types
of wire and following recognized installation methods. Failure to do so might cause electric shock, fire
or device failure.
Make sure that there are no loose connections. Failure
to do so might cause overheating or device failure.
Ensure the total power consumption of all linked
modules does not exceed 70 W. Failure to do so
might cause fire or faulty operation.
Supply power to all linked modules from the same
power source. Using two or more power sources can
cause fire or faulty operation.
Do not use unused terminals on the NX-CB1 as relay
terminals. Doing so might cause electric shock, fire
or device failure.
Firmly tighten the terminal screws to the torque
listed in the specifications. Insufficient tightening of
terminal screws might cause electric shock or fire.
Use a surge protector or the like if there is a risk of
power surges caused by lightning. Failure to do so
might cause fire or faulty operation.
Use the NX-CB1 within the operating ranges recommended in the specifications (temperature, humidity, voltage, vibration, shock, mounting direction,
atmosphere, etc.). Failure to do so might cause fire or
device failure.
When disposing of the NX-CB1, dispose of it appropriately
as industrial waste in accordance with local regulations.
This device should be handled by a specialist with
expertise in electrical circuits.
If this device is used in a manner not specified by the
manufacturer, the protection provided by the device
may be impaired.
If this device is dirty, wipe it with a soft dry cloth.
Never use an organic solvent like benzene or thinner.
Make sure that devices and equipment connected to
this device have reinforced insulation suitable for the
maximum operating voltage of this device's power
supply, inputs, and outputs.
Thank you for purchasing the NX-CB1 communication box.
This manual describes the mounting, wiring, and specifications of the
NX-CB1.
Please read the "Terms and Conditions" from the following URL before
ordering or use:
http://www.azbil.com/products/bi/order.html
NOTICE
Be sure that the user receives this manual before the product is used.
Copying or duplicating this user’s manual in part or in whole is forbidden.
The information and specifications in this manual are subject to change
without notice.
Considerable effort has been made to ensure that this manual is free from
inaccuracies and omissions. If you should find an error or omission, please
contact the azbil Group.
In no event is Azbil Corporation liable to anyone for any indirect, special or
consequential damages as a result of using this product.
© 2009-2015 Azbil Corporation All Rights Reserved.
SAFETY PRECAUTIONS
Safety precautions are for ensuring safe and correct use of this product, and for preventing injury to the operator and other people or
damage to property. You must observe these safety precautions. Also,
be sure to read and understand the contents of this user's manual.
If this equipment is used in a manner not specified by the manufacturer, the built-in protection provided by the equipment will be impaired.
●● Key to warning symbols
WARNING
Warnings are indicated when mishandling this product
might result in death or serious injury to the user.
CAUTION
Cautions are indicated when mishandling this product
might result in minor injury to the user, or physical damage
to this product.
OVERVIEW
Linked by Ethernet, network instrumentation modules make distributed instrumentation, high-speed communications, and easy installation all possible at the same time. The module also creates value for
customers by offering reduced environmental impact, superior product quality, and higher productivity.
The NX-CB1 communication box is a switching hub that connects
Ethernet peer networks.
WARNING
Before removing, mounting, or wiring this device, be sure
to turn off the power to the device and any connected
devices. Failure to do so might cause electric shock.
Before starting transmission to the NX-CB1, be sure
to verify that it is wired properly. A wiring mistake
can cause faulty operation or a dangerous accident.
MODEL SELECTION TABLE
Ring
Ring
Basic
Specification
model No. Type connection 1 connection 2 Ports Option Addition
NXInstrumentation Network Module
CB1
4 port switching hub
N
Chain (side connector) non-ring connection communications
R
Chain (side connector) ring connection communications
N
Inter-chain (front port) non-ring connection communications
R
Inter-chain (front port) connection communications
04
4 ports
0
RJ-45
0
None
D
Inspection certificate
CAUTION
Use a tool such as a screwdriver to mount and remove the
DIN rail locking tab.
Do not disassemble the NX-CB1. Doing so might
cause device failure.
E1
■■ Linking modules
NAMES OF PARTS
The NX-CB1 can be linked to other modules using the connectors
on the left and right of the base. Modules must be linked before
the NX-CB1 is mounted on the DIN rail. When linked, modules
share the power supply and RS-485 connection, eliminating the
need for wiring. RS-485 communications can be disabled using
the communications disconnection switch on the base.
■■ Body
LED operation indicators
PWR
RUN
MOD
COM
NST
FAIL
PWR
RUN
MOD COM
NST
FAIL
Port operation indicators 1 to 4
operation indicators
NST
LINK
/ ACT
1
2
3
4
NX-CB1N
Ethernet ports 1 to 4:
Used for connecting an
Ethernet cable.
For a ring communications,
use ports 3 and 4.
1
Ethernet ports 3 and 4
Maintenance jack
(for Azbil Corporation use only):
Cannot be connected to
SLP-NX smart loader
package.
2
■■ Mounting procedure
The NX-CB1 is used while mounted on a DIN rail.
After mounting the DIN rail and pulling the locking tab completely off, hook the base onto the DIN rail. Then, push the DIN
rail locking tab upwards firmly until it clicks into place.
3
4
Handling Precautions
• Install the module so that it is vertical, with the DIN rail locking tab at the bottom.
■■ Base
■■ Attaching the main unit to the base
Handling Precautions
• The included base and main unit must be used as a pair.
• Be sure to fit the hook on the main unit into the base first. If
this is not done, the hook might be broken during mounting.
Side connector:
Used for connecting modules.
1
DIN rail locking tab:
Used for locking on
a DIN rail.
4
2
5
(1) Fit the hook on the main unit into the base.
(2) Push the main unit onto the base until it clicks into place.
Power supply terminal:
1: 24 V DC (+)
2: 24 V DC (-)
(2)
Lever
RS-485 communications terminal:
3 wire RS-485 connector terminal
4: DA(+)
5: DB(-)
6: SG
* Connected to the module on the
right via the side connector.
6
INSTALLATION
■■ Installation location
Install modules indoors.
Numbers in the figure are minimum clearances.
50 mm
Wiring duct, etc.
Wiring duct, etc.
50 mm
50 mm
To remove the main unit from the base, pull it towards you while
pressing down on the lever.
Wiring duct, etc.
Wiring duct, etc.
NX
(1)
Hook
From the front
50 mm
WIRING
NX
■■ Wiring Precautions
80 mm
· All wiring must comply with applicable codes and ordinances.
Wiring duct, etc.
· ‌Do not run wires outside. The equipment could be damaged in
the event of lightning.
50 mm
· ‌When connecting wires to the power terminals, use crimp terminals with insulating sleeves.
Wiring duct, etc.
· ‌Check the model number of the controller and the terminal
numbers on the wiring diagram on the side of the module to
prevent any wiring errors.
In the case of option 1, when determining clearance for the front
panel, be sure to take the minimum bend radius of the fiber optic
cable into account.
· ‌For power supply terminal, RS-485 communication terminal
connections, use crimp terminals that are the correct size for M3
screws.
Install the controller in a location that meets the following
criteria:
· No high/low temperature/humidity.
· Free from sulfide gas or corrosive gas.
· Not dusty or sooty.
· Protected from direct sunlight, wind, and rain.
· Little mechanical vibration or shock.
· ‌Not close to high voltage line, welding machine or other electrical
noise generating source.
· ‌At least 15 meters away from the high voltage ignition device for
a boiler.
· No strong magnetic fields.
· No flammable liquid or gas.
· Indoors
· ‌I/O common mode voltages: voltage to ground is 30 Vrms max.,
42.4 V peak max., and 60 V DC max.
· ‌Be careful not to allow any crimp-type terminal lugs to touch
adjacent terminals.
· ‌The signal wires and power wires of the module should be at
least 60 cm away from other power wires or power sources.
Also, do not pass these wires through the same conduit or wiring duct.
· ‌Before connecting the NX-CB1 to other devices in parallel, check
their connection conditions carefully.
· ‌To ensure stable operation, the NX-CB1 is designed not to operate for three seconds after the power is turned ON.
E2
· ‌After wiring, check that there are no mistakes before turning the
power ON.
■■ Connection for ring network
SPECIFICATIONS
For ring network, connect communication cables to Ethernet
ports 3 and 4.
PWR
RUN
MOD COM
NST
■■ Specifications
FAIL
●● Standard conditions
Ambient temperature:23 ± 2 °C
Ambient humidity: 60 ± 5 %RH (without condensation)
Rated power voltage: 24 V DC
Vibration resistance: 0 m/s2
Shock resistance:
0 m/s2
Mounting angle:
Reference plane ± 3 °
NST
LINK
/ ACT
1
2
3
4
NX-CB1N
1
2
Ethernet port 3, 4
3
●● Operating conditions
Ambient temperature:0 to 50 °C
(below the installed module)
Ambient humidity: 10 to 90 %RH (without condensation)
Allowable powersupply
voltage for operation:21.6 to 26.4 V DC
Vibration resistance:0 to 3.2 m/s2 (10 to 150 Hz for 2 h each
in X, Y, and Z directions)
Shock resistance:
0 to 9.8 m/s2
Mounting angle:
Reference plane ± 3 °
Dust:0.3 mg/m3 max.
Corrosive gas:
None
Altitude:
2000 m max.
Pollution degree:
2 (equivalent to normal office environments)
4
■■ Connecting the power supply
Connect the power terminals as shown below.
1
4
+
2
5
6
-
Instrument power supply
24 V DC
The power supply unit must be a Class 2 power supply unit or
Class 2 transformer.
●● Transportation conditions
Ambient temperature: -20 to +70 °C
Ambient humidity: 5 to 95 %RH (without condensation)
Vibration resistance:0 to 9.8 m/s2 (10 to 150 Hz for 2 h each
in X, Y, and Z directions)
Shock resistance:0 to 300 m/s2 (vertically shaken three
times while mounted on DIN rail)
Package drop test:Drop height 60 cm (free fall on 1 corner, 3 sides, 6 planes)
Handling Precautions
• Linked modules supply power to each other.
• Supply power to one of the linked modules.
• Use a power supply that can supply the total power requirement of the linked modules.
■■ Connecting the RS-485 communications
Connect the RS-485 wiring for CPL or MODBUS as shown below.
2
1
4
●● Other specifications
Memory backup type:Non-volatile (EEPROM)
Insulation resistance:500 V DC, 20 Ω min. (between power
supply terminal and I/O terminals
insulated from the power supply terminal , )
Dielectric strength:500 Vac, 1 min(between power supply
terminal and I/O terminals insulated
from the power supply terminal , )
Power consumption: 4 W max. (under operating conditions)
Power ON inrush
10 A max. (under operating conditions)
current:
Power ON behavior: Requires approx. 3 s before normal
operation begins (under standard conditions)
Case material/color: Modified PPO resin, black
Standards compliance:CE (EN61326-1, For use in industrial
locations)
cUL (UL61010-1)
Mounting procedure:DIN rail
Terminal screw
tightening torque: 0.6 ± 0.1 N.m
Mass:
300 g max.
5
6
DA(+) DB(-) SG
Handling Precautions
• 0.5 W or greater terminating resistor of 150 Ω ±5 % at each
end of the communications lines.
However, if any device that does not allow a terminating resistor is connected to the same communications line, follow
the instructions on that device.
• Be sure to connect the SG terminals to each other. Failure to
do so might cause unstable communications.
• For communications wiring, use twisted pair cables.
• Since the module has no RS-485 communication function,
connect another module to the right-hand connector on the
module base and connect a communication cable to that
module.
■■ I/O isolation
Items surrounded by solid lines are isolated from other signals.
Power supply (including side connector) *1
Logic circuits
Ethernet port 1
Maintenance jack
RS-485 communications (SG only) *1*2
Displays (led)
Ethernet communications through side connector *1
Ethernet port 2
Ethernet port 3
Ethernet port 4
Ring communications through side connector *1
*1: Power, side-connector ring communications, and RS-485/side-connector
Ethernet communications are isolated from each other.
*2: DA(+) and DB(-) signals for RS-485 communications are connected not to
the module’s internal circuitry, but instead directly to the side connector.
E3
■■ External Dimensions
●● Communication specifications
Ports:4
Communication
path type:Ethernet port 1/2
IEEE 802.3/IEEE 802.3u 10BASE-T/
100BASE-TX
(with Auto Negotiation and Auto MDI/
MDI-X functions)
Ethernet port 3/4
IEEE 802.3 u 100BASE-TX
(with full duplex and Auto MDI/
MDI-X functions. The auto-negotiation
function on a connected device should
be enabled except when the device is
connected between communication
boxes.)
Connector:RJ-45
Cable:UTP cable (4P) Cat 5e min. (straight)
(both ends, ANSI/TIA/EIA-568-B)
Unit: mm
45
PWR
RUN
MOD COM
85
8
NST
FAIL
1
2
3
32.3
NST
LINK
/ ACT
4
NX-CB1N
100
1
2
3
●● Communication adaptor
(sold separately, model No. :NX-CL1_ _ _ _ _ _ ,
NX-CR1_ _ _ _ _ _ )
Communication
path type:IEEE 802.3u 100BASE-TX
(with full duplex and Auto MDI/
MDI-X functions. The auto-negotiation
function on a connected device should
be enabled.)
Connector :
RJ-45
Cable :UTP cable (4P) Cat 5e min. (straight)
(both ends, ANSI/TIA/EIA-568-B)
NX-CB1 cannot be connected with NX-CL1_ _ _ _ _ _,
because here is no connector on a left side of NX-CB1.
(20)
5
(10)
4
This product is conducted the type approval tests in accordance with
Guideline for Type Approval Test of Electric and Electronic Products
2006 with CCS witness and passed.
●● Terminal adaptor
(sold separately, model No. :NX-TL1_ _ _ _ _ _ ,
NX-TR1_ _ _ _ _ _ )
An adaptor used as a chain connection ring communications
terminal (Ethernet path in the base)
NX-CB1 cannot be connected with NX-TL1_ _ _ _ _ _,
because there is no connector on a left side of NX-CB1.
Specifications are subject to change without notice. (09)
1-12-2 Kawana, Fujisawa
Kanagawa 251-8522 Japan
URL: http://www.azbil.com
E4
1st edition: Oct. 2009 (W)
7th edition: Sep. 2015 (V)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Related manuals

Download PDF

advertisement