XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140

XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140
English
EN
DE
FR
ES
IT
取扱説明書
RU
ZH
JA
日本語
Owner’s Manual
Bedienungsanleitung
Mode d’emploi
Manual de instrucciones
Manuale di istruzioni
Руководство пользователя
中文
Русский
Italiano
Español
Français
Deutsch
POWER AMPLIFIER
安全上のご注意
ご使用の前に、必ずこの「安全上のご注意」をよくお読みください。
ここに示した注意事項は、製品を安全に正しくご使用いただき、お客様やほかの方々への危害や財産への
損害を未然に防止するためのものです。必ずお守りください。
お読みになったあとは、使用される方がいつでも見られる所に必ず保管してください。
■ 記号表示について
この製品や取扱説明書に表示されている記号には、次のような意味があります。
「ご注意ください」
という注意喚起を示します。
∼しないでくださいという
「禁止」を示します。
「必ず実行」
してくださいという強制を示します。
■「警告」と「注意」について
以下、誤った取り扱いをすると生じることが想定される内容を、危害や損害の大きさと切迫の程度を明示す
るために、
「警告」と「注意」に区分して掲載しています。
警告
この表示の欄は、
「死亡す
る可能性または重傷を負
う可 能 性が想 定される」
内容です。
注意
この表示の欄は、
「傷害を
負う可能性または物的損
害が発生する可能性が想
定される」内容です。
この製品の内部には、お客様が修理/交換できる部品はありません。点検や修理は、必ずお買い上げの販売店
または巻末のヤマハ修理ご相談センターにご依頼ください。
警告
電源/電源コード
接続
電源コードをストーブなどの熱器具に近づけた
り、無理に曲げたり、傷つけたりしない。また、
電源コードに重いものをのせない。
禁止
電源コードが破損し、感電や火災の原因になります。
接地接続を確実に行なう。
必ず実行
電源はこの機器に表示している電源電圧で使用
する。
電源コードには、感電を防ぐためのアース線がありま
す。電源プラグをコンセントに差し込む前に、必ずアー
ス線を接地接続してください。確実に接地接続しない
と、感電の原因になります。また、アース線を外す場
合は、必ず電源プラグをコンセントから抜いたあとで
行なってください。
誤って接続すると、感電や火災のおそれがあります。
必ず実行
分解禁止
電源コードは、必ず付属のものを使用する。また、
付属の電源コードをほかの製品に使用しない。
必ず実行
この機器の内部を開けたり、内部の部品を分解
したり改造したりしない。
故障、発熱、火災などの原因になります。
ただし、日本国外で使用する場合は、付属の電源コー
ドを使用できないことがあります。お買い上げの販売
店または巻末のヤマハ修理ご相談センターにお問い合
わせください。
禁止
感電や火災、けが、または故障の原因になります。異
常を感じた場合など、点検や修理は、必ずお買い上げ
の販売店または巻末のヤマハ修理ご相談センターにご
依頼ください。
電源プラグにほこりが付着している場合は、ほ
こりをきれいに拭き取る。
感電やショートのおそれがあります。
必ず実行
電源プラグは保護接地されている適切なコンセ
ントに接続する。
確実に接地接続しないと、感電の原因になります。
必ず実行
PA-1
1/3
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
203
水に注意
異常に気づいたら
この機器の上に花瓶や薬品など液体の入ったも
のを置かない。また、浴室や雨天時の屋外など湿
気の多いところで使用しない。
禁止
内部に水などの液体が入ると、感電や火災、または故
障の原因になります。入った場合は、すぐに電源スイッ
チを切り、電源プラグをコンセントから抜いた上で、
お買い上げの販売店または巻末のヤマハ修理ご相談セ
ンターに点検をご依頼ください。
下記のような異常が発生した場合、すぐに電源
スイッチを切り、電源プラグをコンセントから
抜く。
必ず実行
•
•
•
•
電源コード/プラグがいたんだ場合
製品から異常なにおいや煙が出た場合
製品の内部に異物が入った場合
使用中に音が出なくなった場合
そのまま使用を続けると、感電や火災、または故障の
おそれがあります。至急、お買い上げの販売店または
巻末のヤマハ修理ご相談センターに点検をご依頼くだ
さい。
ぬれた手で電源プラグを抜き差ししない。
感電のおそれがあります。
禁止
この機器を落とすなどして破損した場合は、す
ぐに電源スイッチを切り、電源プラグをコンセ
ントから抜く。
火に注意
必ず実行
この機器の上にろうそくなど火気のあるものを
置かない。
感電や火災、または故障のおそれがあります。至急、
お買い上げの販売店または巻末のヤマハ修理ご相談セ
ンターに点検をご依頼ください。
ろうそくなどが倒れたりして、火災の原因になります。
禁止
注意
電源/電源コード
電源プラグを抜くときは、電源コードを持たず
に、必ず電源プラグを持って引き抜く。
必ず実行
この機器を移動するときは、必ず接続ケーブル
をすべて外した上で行なう。
必ず実行
電源コードが破損して、感電や火災の原因になること
があります。
長期間使用しないときや落雷のおそれがあると
きは、必ずコンセントから電源プラグを抜く。
この機器を電源コンセントの近くに設置する。
必ず実行
感電や火災、故障の原因になることがあります。
必ず実行
設置
必ず実行
禁止
この機器の通風孔(放熱用スリット)をふさがない。
禁止
内部の温度上昇を防ぐため、この機器の前面/後面/側
面には通風孔があります。特に、この機器をひっくり
返したり、横倒しや前後逆さまにしたりしない。機器
内部に熱がこもり、故障や火災の原因になることがあ
ります。
必ず実行
スピーカーの接続には、スピーカー接続専用の
ケーブルを使用する。
必ず実行
故障の原因になります。
それ以外のケーブルを使うと、火災の原因になること
があります。
手入れ
禁止
この機器の手入れをするときは、必ずコンセン
トから電源プラグを抜く。
この機器を子供の手の届くところに置かない。
お子様が誤って機器の穴に指を入れて、けがをするお
それがあります。
感電の原因になることがあります。
必ず実行
禁止
204 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
ほかの機器と接続する場合は、すべての電源を
切った上で行なう。また、電源を入れたり切っ
たりする前に、必ず機器の音量( ボリューム) を
最小にする。
感電、聴力障害または機器の損傷になることがありま
す。
EIA 標準のラック以外にこの機器を入れる場合は、こ
の機器を壁やほかの機器から左右に10cm、後ろに
10cm、上に40cm以上離してください。機器内部に
熱がこもり、故障や火災の原因になることがあります。
塩害や腐食性ガスが発生する場所に設置しな
い。
放熱が不十分だと機器内部に熱がこもり、火災や故障、
誤動作の原因になることがあります。
接続
風通しの悪い狭いところに押し込めたりしない。
禁止
電源プラグに容易に手の届く位置に設置し、異常を感
じた場合にはすぐに電源スイッチを切り、電源プラグ
をコンセントから抜いてください。また、電源スイッ
チを切った状態でも微電流が流れています。この製品
を長時間使用しないときは、必ず電源プラグをコンセ
ントから抜いてください。
この機器を EIA 標準ラックにマウントする場合
は、208 ページの「ラックマウント時の注意」
をよく読んでから設置する。
不安定な場所に置かない。
この機器が転倒して故障したり、お客様やほかの方々
がけがをしたりする原因になります。
ケーブルをいためたり、お客様やほかの方々が転倒し
たりするおそれがあります。
PA-1
2/3
取り扱い
大きな音量で長時間スピーカーを使用しない。
聴覚障害の原因になります。
この機器の通風孔のすき間に手や指を入れない。
お客様がけがをするおそれがあります。
禁止
禁止
バックアップバッテリー
この機器の通風孔のすき間から金属や紙片など
の異物を入れない。
禁止
感電、ショート、火災や故障の原因になることがあり
ます。入った場合は、すぐに電源スイッチを切り、電
源プラグをコンセントから抜いた上で、お買い上げの
販売店または巻末のヤマハ修理ご相談センターに点検
をご依頼ください。
必ず実行
この機器の上にのったり重いものをのせたりし
ない。また、ボタンやスイッチ、入出力端子な
どに無理な力を加えない。
禁止
この機器が破損したり、お客様やほかの方々がけがを
したりする原因になります。
この機器はバックアップバッテリーが内蔵され
ていますので、電源プラグがコンセントから外
されても、内部のデータは保持されます。ただ
し、バックアップバッテリーが消耗すると内部
のデータは消えてしまいます。バックアップ
バッテリーが消耗してくると、[ALERT]インジ
ケーターが点滅し、ディスプレイに「012.」が
表示されます。その場合は、すぐにデータをコ
ンピューターなどの外部機器に保存し、お買い
上げの販売店または巻末のヤマハ修理ご相談セ
ンターにバックアップバッテリーの交換をご依
頼ください。
● データが破損したり失われたりした場合の補償はいたしかねますので、
ご了承ください。
● 不適切な使用や改造により故障した場合の保証はいたしかねます。
• 使用後は、必ず電源スイッチを切りましょう。
注記(ご使用上の注意)
製品の故障、損傷や誤動作、データの損失を防ぐため、以下の内容をお守りください。
■製品の取り扱い/お手入れに関する注意
• テレビやラジオ、ステレオ、携帯電話など他の電気製品の近くで使用しないでください。この機器またはテレビやラジオなどに雑音
が生じる原因になります。
• 直射日光のあたる場所(日中の車内など)やストーブの近くなど極端に温度が高くなるところ、逆に温度が極端に低いところ、また、
ほこりや振動の多いところで使用しないでください。この機器のパネルが変形したり、内部の部品が故障したり、動作が不安定に
なったりする原因になります。
• この機器上にビニール製品やプラスチック製品、ゴム製品などを置かないでください。この機器のパネルが変色/変質する原因になり
ます。
• 手入れするときは、乾いた柔らかい布をご使用ください。ベンジンやシンナー、洗剤、化学ぞうきんなどを使用すると、変色/変質す
る原因になりますので、使用しないでください。
• 機器の周囲温度が極端に変化して(機器の移動時や急激な冷暖房下など)、機器が結露しているおそれがある場合は、電源を入れずに
数時間放置し、結露がなくなってから使用してください。結露した状態で使用すると故障の原因になることがあります。
• この機器はスピーカー再生以外の用途には使用しないでください。故障の原因になることがあります。
• スピーカーの故障を防ぐために、電源を入れるときは、最後にこの機器の電源を入れてください。また、電源を切るときは、最初に
この機器の電源を切ってください。
■データの保存に関する注意
この機器は内部メモリー用にバックアップバッテリーを内蔵しており、電源を切った状態でも内部メモリーのデータは保持されます。
ただし、バックアップバッテリーが消耗すると内部メモリーのデータ*が消えてしまいますので、消耗する前にバックアップバッテ
リーを交換する必要があります。バックアップバッテリーが消耗してくると、機器の起動時または使用中にディスプレイに「012.」が
表示されます。その場合は、電源を切らずに、すぐにデータをコンピューターなどの外部機器に保存し、お買い上げの販売店または巻
末のヤマハ修理ご相談センターにバックアップバッテリーの交換をご依頼ください。バックアップバッテリーの寿命の目安は約5年(無
通電時)ですが、使用環境などにより変動する場合があります。
* バックアップバッテリーによって保持されている内部メモリーのデータの種類は以下のとおりです。
• 機器固有のパラメーター (アッテネーター値、HPF設定、アナログ/デジタル入力設定、[SIGNAL]インジケーター表示設定)
• イベントログ
上記以外のデータは、バックアップバッテリーを必要としないメモリーに保存されているため、バックアップバッテリーが消耗して
もデータが失われることはありません。
お知らせ
■製品に搭載されている機能/データに関するお知らせ
この製品は、JIS C 61000-3-2に適合しています。
■取扱説明書の記載内容に関するお知らせ
• この取扱説明書に掲載されているイラストは、すべて操作説明のためのものです。したがって、実際の仕様と異なる場合があります。
• 本書に記載されている会社名および商品名等は、各社の登録商標または商標です。
PA-1
3/3
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
205
目次
はじめに ............................................................................................................................................207
特長 ............................................................................................................................................................. 207
付属品 ......................................................................................................................................................... 207
関連マニュアルとソフトウェア ............................................................................................................... 207
ファームウェアのアップデート ............................................................................................................... 208
Danteとは................................................................................................................................................. 208
ラックマウント時の注意........................................................................................................................... 208
各部の名称と機能 .............................................................................................................................209
フロントパネル .......................................................................................................................................... 209
リアパネル.................................................................................................................................................. 212
接続と設定.........................................................................................................................................216
アナログ信号を入力する場合のセットアップ........................................................................................ 216
[REMOTE]端子と[FAULT OUTPUT]端子 ......................................................................................... 221
操作 ....................................................................................................................................................223
フロントパネル操作 .................................................................................................................................. 223
内蔵メモリーの初期化 .............................................................................................................................. 225
資料 ....................................................................................................................................................226
困ったときは(トラブルシューティング)................................................................................................ 226
アラート一覧.............................................................................................................................................. 227
Dante関連メッセージ(XMV8280-D/XMV8140-Dのみ) ............................................................. 229
ハイインピーダンス接続とローインピーダンス接続 ............................................................................ 230
BTL(Balanced Transformer Less)接続 ........................................................................................... 231
アフターサービス ...................................................................................................................................... 232
保証書 ......................................................................................................................................................... 233
Specifications (仕様)
...............................................................................................................................234
General Specifications ........................................................................................................................
(一般仕様)
234
Block Diagram ........................................................................................................................................
236
(ブロック図)
Dimensions..............................................................................................................................................
236
(寸法図)
Current Draw and Heat Dissipation................................................................................................
237
(消費電流と熱放散)
* 仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがあります。取扱説明書の最新版につきましては、ヤマハウェブサイト
からダウンロードできます。
206 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
はじめに
このたびはヤマハ パワーアンプリファイアー XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-Dをお買い求め
いただきまして、まことにありがとうございます。XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-Dの優れた機
能を十分発揮させるとともに、末永くご愛用いただくために、この取扱説明書をご使用の前に必ずお読みください。
また、ご一読いただいたあとも、不明な点が生じた場合に備えて、大切に保管いただきますようお願いいたします。
NOTE
• 本文中の説明でXMV8280/XMV8280-DとXMV8140/XMV8140-Dとで仕様が異なる場合、XMV8140/XMV8140-Dのみの
仕様については{ }でくくって表記します(例:280W{140W})。
• イラストは特にことわりがない場合、XMV8280/XMV8280-Dのものを使用しています。
• 本書では XMV8280、XMV8140、XMV8280-D、XMV8140-Dをまとめて「XMV」と表記する場合があります。
• 本書ではマトリックスプロセッサー MTXシリーズの機器をまとめて「MTX」と表記する場合があります。
特長
XMVは、以下の特長を備えたマルチチャンネルパワーアン
プリファイアーです。
• ハイインピーダンス接続とローインピーダンス接続の両
方に対応
70V/100Vラインのハイインピーダンス接続と、4Ω/
8Ωのローインピーダンス接続のどちらにも対応しまし
た。リアパネルのディップスイッチで2チャンネルごと
にこれらの設定を切り替えられます。
• 新開発の「ダブルパワーモード」を搭載
新開発の「ダブルパワーモード」は、ローインピーダン
ス接続のときにチャンネルあたりのアンプ出力を倍にす
るモードです。
付属品(お確かめください)
• 取扱説明書
(保証書が本書233ページに記載されています)
• 電源コード
• ユーロブロックプラグ
(3ピン、3.50mmピッチ)×2
• ユーロブロックプラグ
(3ピン、タブ付き、5.08mmピッチ)×8
• 結束バンド×8
関連マニュアルとソフトウェア
* 使用できるチャンネル数は半分になります。
• アプリケーションソフトウェアでの設定も可能
本体でもミュートのオン/オフやアッテネーター値の変更
などの各種設定ができますが、MTXとコンピューターを
使って複数台のXMVを設定できます。
• 新開発のデジタル音声伝送フォーマット「YDIF」を搭載
(XMV8280/XMV8140のみ)
イーサネットケーブルを使って、最大16チャンネルの音
声とワードクロックを送受信できます。
このモデルではYDIFから8チャンネル分の音声信号を受
信できます。
• Danteネットワークにより大規模システムに対応
(XMV8280-D/XMV8140-Dのみ)
イーサネットケーブルを使用した長距離伝送が可能で、
MTX5-DなどのDante対応機器と遠隔地間の音声信号の
やりとりを行なうことができます。
• 高効率化を実現
新開発の出力回路を採用することで高効率化を実現しま
した。
XMVはMTXやMTX Editorと接続することで、より簡単に
システムを構築できます。MTXやMTX Editorの取扱説明
書、MTX Editor(以降、エディター )は、以下のウェブサイ
トのダウンロードページからダウンロードしてください。
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/
• 関連マニュアル一覧
MTX3
取扱説明書
マトリックスプロセッサー MTX3の使い
方について説明しています。
MTX5-D
取扱説明書
マトリックスプロセッサー MTX5-Dの使
い方について説明しています。
MTX Editor
取扱説明書
MTX Editorの使い方について説明してい
ます。
MTXセットアップ
マニュアル
MTXとXMVを組み合わせて使うときの
手順や設定を説明しています。また、
MTX Editorのインストール、基本設定、
アンインストール手順を説明しています。
「MTX Editor 取扱説明書」および「MTXセットアップマ
ニュアル」は、PDF形式の電子ファイルになっています。
このファイルは、コンピューターでご覧いただけます。コン
ピューターでご覧いただくソフトウェアとして「Adobe®
Reader®」を使うと、用語をすばやく検索したり、必要な
部分だけを印刷したり、リンクをクリックして該当する項目
を開いたりすることができます。特に用語検索とリンク機能
は、電子ファイルならではの便利な機能です。ぜひご活用く
ださい。
最新のAdobe Readerは下記のウェブサイトからダウン
ロードできます。
http://www.adobe.com/jp/
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
207
はじめに
ファームウェアのアップデート
XMVのファームウェアのアップデートやバージョンの確認
は、MTX Editorで行ないます。操作方法については、
「MTX Editor 取扱説明書」を参照してください。
最新のファームウェアは、以下のウェブサイトのダウンロー
ドページからダウンロードしてください。
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/
Danteとは
XMV8280-D/XMV8140-Dは、オーディオ信号を伝送す
るプロトコルとしてDanteを採用しています。Danteと
は、Audinate社が開発したプロトコルで、ギガビットイー
サネット対応のネットワーク環境で、サンプリング周波数/
ビットレートが違う複数のオーディオ信号や、機器のコント
ロール信号を同時に扱える特長を持っています。そのほか、
下記のようなメリットがあります。
• 理論上はギガビットイーサネット環境で最大512イン/
512アウトで合計1024チャンネルの音声を伝送可能。
(XMV8280-D/XMV8140-Dでは、24/32ビットの
解像度で8インを実現)
• ネットワーク内の機器を自動的に検出・設定。機器名も
自由に設定可能。
• 高精度のネットワークシンクロ技術の採用により、低レ
イテンシー、低ジッター、高サンプル精度を実現。
(XMV8280-D/XMV8140-Dでは、レイテンシーは
0.25msec/0.5msec/1.0msec/5.0msecの4タイ
プから選択可能)
• プライマリー回線とセカンダリー回線による、万が一の
障害に強いリダンダント接続に対応。
• イーサネットでコンピューターと接続し、オーディオイ
ンターフェース機器なしで音声の直接入出力が可能。
Danteの詳細については、Audinate社のウェブサイトを参
照してください。
http://www.audinate.com/
また、ヤマハプロオーディオのウェブサイトにも、Dante
に関するさまざまな情報を掲載しています。
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/
NOTE
Danteネットワーク内では、ネットワークスイッチのEEE機
能(*)を使用しないでください。
EEE機能に対応したスイッチ間では、消費電力の相互設定が
自動で調整されますが、相互設定の調整が正しく機能しない
スイッチもあります。
これにより、Danteネットワーク内の不適切な場面でスイッ
チのEEE機能が有効になってしまう可能性があり、クロック
同期性能が悪化して音声が途切れる場合があります。
そのため、以下の点にご注意ください。
• マネージドスイッチを使う場合、Danteを使用するすべて
のポートのEEE機能をオフにしてください。EEE機能が
オフにできないスイッチは使用しないでください。
• アンマネージドスイッチを使う場合、EEE機能に対応した
スイッチを使用しないでください。これらのスイッチは
EEE機能をオフにでききません。
* EEE (Energy Effi cient Ethernet) 機能とは、ネットワークのトラ
フィックが少ないときにイーサネット機器の消費電力を減らす技術。
グリーンイーサネットやIEEE802.3azとも呼ばれています。
208 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
ラックマウント時の注意
この機器が動作保証する室温は0∼40℃です。この機器
だけをEIA標準のラックにマウントする場合は、複数台を
隙間なくマウントしてご使用いただけます。この機器を他
の機器と一緒にEIA標準のラックにマウントする場合、各
機器からの熱でラック内の温度が上昇し、十分な性能を発
揮できないことがあります。この機器に熱がこもらないよ
うに、必ず以下の条件でラックにマウントしてください。
• 他社製パワーアンプなどの発熱しやすい機器と一緒にマ
ウントする場合は、他の機器との間を1U以上空けてく
ださい。また、このスペースは通風パネルを取り付けた
り、開放したりして、十分な通気を確保してください。
• ラックの背面を開放して、ラックを壁や天井から10cm
以上離し、十分な通気を確保してください。ラック背面
を開放できない場合は、ラックに市販のファンキットな
どの強制換気装置を取り付けてください。ファンキット
を取り付けた場合は、ラックの背面を閉じた方が放熱効
果が大きくなることもあります。詳しくはラックおよび
ファンキットの取扱説明書を参照してください。
各部の名称と機能
フロントパネル
XMV8280/XMV8140
q
!8 r e w
y
i
t
!8
!1 !0
!2 !3
!6 !7
u o
XMV8280-D/XMV8140-D
q
!8 r e w
y
i
t
q 電源スイッチ
この機器の電源をオン/オフします。上に倒すと電源がオ
ンになり、[POWER]インジケーター !0 が緑色に点灯し
ます。下に倒すと電源がオフになります。上に倒れてい
るときに[POWER]インジケーターが点滅しているとき
は、スタンバイになっています。
注意
• スピーカーから大きなノイズが出ないよう、音源、ミキ
サーやプロセッサー (MTXなど)、アンプの順に電源を
入れてください。電源を切るときは、逆の順序で切って
ください。
• 電源スイッチのオン/オフを連続して素早く切り替える
と、誤動作の原因になることがあります。
電源スイッチをオフにしてから再度オンにする場合は、
5秒以上の間隔を空けてください。
• パラメーターを変更した場合、変更してから1秒間は電
源スイッチをオフにしないでください。1秒以内にオフ
にするとパラメーターが保存されない場合があります。
• 電源スイッチを切った状態でも微電流が流れています。
この製品を長時間使用しないときは、必ず電源プラグを
コンセントから抜いてください。
!8
u o
!1 !0
!4 !5
!6 !7
w [PROTECTION] A∼H インジケーター
保護回路が作動しているときに、橙色に点灯します。出
力音声がミュートした場合、電源をオフにして、XMVが
冷えてから再度オンにしてください。以下の場合に保護
回路が作動し、[PROTECTION]インジケーターが点灯
します。
 アンプが過熱して出力リミッターが動作したとき
アンプ部のヒートシンクが80℃以上になるとスピー
カー出力が減衰され、90℃以上になるとミュートさ
れます。[PROTECTION]インジケーターは、80℃
以上で点灯します。
 電源が過熱してシャットダウンしたとき
電源部が90℃以上になるとファンが高速回転し、
100℃以上でアナログ回路がシャットダウンします。
[PROTECTION]インジケーターは、100℃以上のと
き点灯します。
 過電流を検出したとき
何らかの原因でインピーダンスが定格以下になったと
き、過電流が流れることを防ぐために、スピーカー出
力がミュートされ、約1秒後にミュートが解除されま
す。解除したあとも過電流を検出した場合は再度
ミュートされます。
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
209
各部の名称と機能
i [MUTE] A∼H インジケーター
 DC出力を検出したとき
本体操作、[REMOTE]端子 @7 からの操作またはエディ
ターからの操作で各出力チャンネルのミュートをオンに
すると、それぞれのチャンネルのインジケーターが黄色
に点灯します。
電源部がシャットダウンされます。
 過大な積算電流や最大電流を検出したとき
出力信号が減衰されます。
e [LIMIT] A∼H インジケーター
リミッターが作動しているときに、スピーカー出力が減
衰され、赤色に点灯します。リミッターが作動しないよ
うに、「アッテネーター値の変更(220ページ)」を参照
してアッテネーター値を下げてください。以下の場合に
リミッターが作動します。
• 瞬時に過大入力を検出したとき
• 一定時間の間、過大入力になったと判断したとき
• アンプ部のヒートシンクが規定温度以上になったとき
r [SIGNAL] A∼H インジケーター
表示設定
(*1)
点灯条件
アナログ入力端子 @4
[YDIF]端子 @0
(XMV8280/XMV8140)
Dante [PRIMARY]端子 @1
Dante [SECONDARY]端子 @1
(XMV8280-D/XMV8140-D)
[SPEAKERS]出力端子 @6
[MUTE]ボタンを押しながら[SELECT]ボタン t を押す
ことで[SELECT]ボタンで選択したチャンネルのミュー
トのオン/オフを切り替えます。ミュートがオンになる
と、[MUTE]インジケーター i が黄色に点灯します。
[PANEL LOCK]インジケーター !6 が点灯しているとき
は、フロントパネル操作がロックされているので、チャ
ンネルのミュート操作ができません。操作する場合は
ロックを解除してください。
!0 [POWER]インジケーター
表示設定した端子の信号レベルが一定以上になると緑色
に点灯します。
端子
o [MUTE]ボタン
入力
−40dBFS
以上
出力
*2
*1 設定方法は、
「フロントパネル操作」(223ページ) を参照し
てください。
*2 条件によって異なります。
「[SIGNAL] Indicator Lit Level」
(235ページ)を参照してください。
t [SELECT] A∼H ボタン/インジケーター
ボタンで操作する出力チャンネルを選択します。選択さ
れたチャンネルのインジケーターが緑色に点灯します。
[FUNCTION]ボタン !7 と組み合わせて使うと、エンコー
ダーで操作できるパラメーターを変更できます。「フロン
トパネル操作」(223ページ)を参照してください。
[PANEL LOCK]インジケーター !6 が点灯しているとき
は、フロントパネル操作がロックされているので、出力
チャンネルの操作ができません。操作する場合はロック
を解除してください。
y ディスプレイ
3桁、7セグメントのディスプレイです。[SELECT]ボ
タン t で選択したチャンネルのアッテネーター値やア
ラート番号(227ページ)などを表示します。
u エンコーダー
パラメーターを調整するためのエンコーダーです。操作
できるパラメーターなどは「フロントパネル操作」(223
ページ)を参照してください。
[PANEL LOCK]インジケーター !6 が橙色に点灯してい
るときは、フロントパネル操作がロックされているので、
設定の調整ができません。操作する場合はロックを解除
してください。
210 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
電源スイッチ q で電源をオンにすると緑色に点灯しま
す。
[REMOTE]端子やエディターを使ってスタンバイにする
と点滅します。
!1 [ALERT]インジケーター
機器に異常が発生したときに、赤色に点滅または点灯し
ます。
点滅しているときはディスプレイの表示を確認して、
「ア
ラート一覧」(227ページ)を参照してください。
点灯しているときは本体操作を止めてください。しばら
くすると点滅になり、ディスプレイにアラート番号が表
示されます。
!2 [NETWORK]インジケーター
(XMV8280/XMV8140のみ)
ネットワーク端子 !9 経由で外部機器とリンク状態になっ
ているとき緑色に点灯します。また、データの通信中は
点滅します。
!3 [YDIF]インジケーター
(XMV8280/XMV8140のみ)
[YDIF]端子 @0 が正常に接続されている状態で、有効な
ワードクロックが入力されたとき緑色に点灯します。
!4 [PRIMARY]/[SECONDARY]インジケーター
(XMV8280-D/XMV8140-Dのみ)
Dante [PRIMARY]/[SECONDARY]端子 @1 の通信状態
をそれぞれ表示します。
イーサネットケーブルが正しく接続されている場合には
緑色に速く点滅します。
各部の名称と機能
!5 [SYNC]インジケーター
(XMV8280-D/XMV8140-Dのみ)
Danteネットワークの動作状態を表示します。
緑色(上側)のインジケーターが点灯している場合は、機
器がクロックスレーブでありクロックが同期しているこ
とを示します。点滅している場合は、機器がクロックマ
スターであることを示します。
電源をオンにしても緑色のインジケーターが消灯してい
る場合は異常が発生しています。その場合は「警告メッ
セージ」(229ページ)を参照してください。
橙色のインジケーターの点灯/点滅についても、「警告
メッセージ」を参照してください。
!6 [PANEL LOCK]インジケーター
フロントパネルロックの状態により、橙色に点灯/点滅し
ます。
機器設定ディップスイッチ @3 のスイッチ5で、ロックを
設定します。
インジケーター
状態
点灯
フロントパネルの操作がロックされていま
す。[FUNCTION]ボタン !7 と [SELECT] A
ボタン t を押すと、一時解除されます。
消灯
フロントパネルの操作がロックされていま
せん。
点滅
ロックが一時解除されています。再起動す
るとロックされます。
!7 [FUNCTION]ボタン
フロントパネルの操作モードの確認や変更をするときな
どに使用します。フロントパネルの操作方法は「フロン
トパネル操作」(223ページ)を参照してください。
!8 吸気口
吸気口の後ろには前面吸気、後面排気方式の冷却用変速
ファンが装備されています。温度に合わせて自動的に回
転数が変化します。
ここから吸気されますので、障害物などで吸気口をふさ
がないようにご注意ください。また、定期的に清掃して
ください。吸気口にほこりがつまると、機器の温度が上
昇し、機器がシャットダウンすることがあります。
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
211
各部の名称と機能
リアパネル
XMV8280/XMV8140
@4
@5
@7 @8
@9
@7 @8
@9
ON
@2
ON
!9 @0
ON
1
2
3
4
5
6
7
8
@3
@4
@6
XMV8280-D/XMV8140-D
@4
@5
ON
@2
ON
@1
ON
1
@3
2
3
4
5
6
7
8
@4
!9 ネットワーク端子(XMV8280/XMV8140のみ)
イーサネットケーブルを使用して、コンピューターと接
続するための100BASE-TXのイーサネット端子です。
NOTE
• ネットワーク端子に接続するケーブルは、電磁干渉防止
のために、CAT5e以上のSTPケーブル(シールド付き
ツイストペアケーブル)をお使いください。
• MTX EditorでXMVをコントロールする場合は、MTX
を必ず接続してください。
@6
@0 [YDIF]端子(XMV8280/XMV8140のみ)
イーサネットケーブルを使用して、他のYDIF搭載機器と
接続し、音声信号とワードクロック信号を送受信する
RJ-45端子です。[YDIF]端子を持つ他の機器とリング接
続(YDIF接続)します。[YDIF]端子から音声信号を受信
するときの設定は「フロントパネル操作」(223ページ)
を参照してください。
接続するケーブルは機器間で30m以下にしてください。
[YDIF]端子を使った接続については「MTXセットアッ
プマニュアル」を参照してください。1つのネットワー
クにYDIF接続できる機器は、最大で8台です。
接続方法は、「MTXセットアップマニュアル」を参照し
てください。
NOTE
[YDIF]端子に接続するケーブルは、電磁干渉防止のため
に、CAT5e以上のすべてがストレート結線されたSTP
ケーブル(シールド付きツイストペアケーブル)をお使いく
ださい。
212 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
各部の名称と機能
@1 Dante [PRIMARY]/[SECONDARY]端子
(XMV8280-D/XMV8140-Dのみ)
イーサネットケーブルを使用して、MTX5-Dなどの
Dante機器と接続する端子です(RJ45、1000BASET)。
Dante [PRIMARY]端子は、イーサネットケーブルを使
用して、コンピューターと接続するための端子も兼ねて
います。
接続方法は「MTX Editor 取扱説明書」を参照してくだ
さい。
NOTE
• Dante [PRIMARY]/[SECONDARY]端子に接続する
ケーブルは、電磁干渉防止のために、CAT5e以上の
STPケーブル(シールド付きツイストペアケーブル)をお
使いください。STPケーブルは、コネクターの金属部分
とケーブルのシールド部分を導電テープなどで確実に接
触させてください。
• 接続する機器はDante機器またはギガビットイーサネッ
ト対応機器(コンピューターを含む)だけにしてくださ
い。
@3 機器設定ディップスイッチ
機器の設定をするためのディップスイッチです。詳細な
設定については以降を参照してください。
NOTE
設定は、電源をオフにしてから変更してください。電源が
オンの時に設定を変更しても、一度電源をオフにしないと
設定の変更が反映されません。
スイッチのイラストは以下のように倒れている状態を示
します。
スイッチ
状態
スイッチが上に倒れている状態を示します。
スイッチが下に倒れている状態を示します。
XMV8280/XMV8140
• XMV8280-D/XMV8140-DなどヤマハのDante対応機
器は、ネットワークスイッチを内蔵しているためホップ
数は2以上になります。そのため、Dante Controllerで
のLatency設定は、0.15msecはグレーアウトされ選
択できません。
1
2
3
4
5
6
7
8
6
7
8
@2 [UNIT ID]ロータリースイッチ
XMVやMTXなどの複数の機器を同一のネットワーク内
で接続している場合、機器を個別に認識するためのUNIT
IDを設定します。
XMV8280-D/XMV8140-D
XMV8280/XMV8140
機器設定ディップスイッチ @31 ∼3を上位桁、ロータ
リースイッチを下位桁として組み合わせて、01から
7Fまで最大127通りのUNIT IDを設定できます。
1
2
3
4
5
XMV8280-D/XMV8140-D
ロータリースイッチ(HIGH)を上位桁、ロータリース
イッチ(LOW)を下位桁として組み合わせて、01から
FEまで最大254通りのUNIT IDを設定できます。
NOTE
NOTE
• UNIT IDに「00」と「FF」は使用しないでください。
XMV8280-D/XMV8140-Dでは、スイッチ1と2を使用
しません。工場出荷時の設定(上側)で、ご使用ください。
• [UNIT ID]ロータリースイッチの設定後は電源を入れ直
してください。
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
213
各部の名称と機能
 スイッチ1∼3 (UNIT ID)
(XMV8280/XMV8140のみ)
 スイッチ4 (LED DIMMER)
スイッチ1∼3を上位桁、[UNIT ID]ロータリース
イッチ @2 を下位桁として組み合わせて、01から
7F(127)まで最大127通りのUNIT IDを設定できま
す。
ディップスイッチ
設定
内容
UNIT IDの
上位桁が0
[UNIT ID]ロータリース
イッチの設定範囲が01か
ら0Fになります。
UNIT IDの
上位桁が1
[UNIT ID]ロータリース
イッチの設定範囲が10か
ら1Fになります。
UNIT IDの
上位桁が2
[UNIT ID]ロータリース
イッチの設定範囲が20か
ら2Fになります。
UNIT IDの
上位桁が3
[UNIT ID]ロータリース
イッチの設定範囲が30か
ら3Fになります。
UNIT IDの
上位桁が4
[UNIT ID]ロータリース
イッチの設定範囲が40か
ら4Fになります。
UNIT IDの
上位桁が5
[UNIT ID]ロータリース
イッチの設定範囲が50か
ら5Fになります。
UNIT IDの
上位桁が6
[UNIT ID]ロータリース
イッチの設定範囲が60か
ら6Fになります。
UNIT IDの
上位桁が7
[UNIT ID]ロータリース
イッチの設定範囲が70か
ら7Fになります。
ディップスイッチ
設定
内容
OFF
輝度を通常にします。
ON
輝度を落とします。インジ
ケーターやディスプレイが
明るすぎるときに設定して
ください。
NOTE
[POWER]インジケーター !0 の輝度は落ちません。
 スイッチ5 (PANEL LOCK)
[MUTE]ボタン o やアッテネーションの操作を含むパ
ネル操作全体のロック(フロントパネルロック)を設定
します。すべての設定を終了したあとにフロントパネ
ルロックをLOCK(ロック)にすると、音量やミュート
の設定が不用意に変更されることを防げます。
LOCK(ロック)になっていても、[FUNCTION]ボタ
ン !7 と [SELECT] Aボタン t を同時に押すことで、
一時的にロックを解除できます。一定時間操作しな
い、または電源を切ることで再びロックされます。
ディップスイッチ
設定
UNLOCK
LOCK
内容
フロントパネルの操作を
ロックしません。
電源操作以外のフロントパ
ネルの操作をロックしま
す。
 スイッチ6 (IP SETTING)
 スイッチ 3 (SECONDARY PORT)
(XMV8280-D/XMV8140-Dのみ)
リアパネルにあるDante [SECONDARY]端子 @1 を
デイジーチェーン用に使うか、リダンダント用に使う
かを設定します。接続の詳細は「MTX Editor 取扱説
明書」を参照してください。
ディップスイッチ
フロントパネルのインジケーターやディスプレイの輝
度を設定します。
設定
内容
DAISY
CHAIN
Dante [SECONDARY]端
子をデイジーチェーン用に
します。Dante
[PRIMARY]端子からの信
号をそのまま次の機器に送
信します。
Dante [SECONDARY]端
子をリダンダント用にしま
す。Dante [PRIMARY]端
REDUNDANT
子で接続されているのとは
別ネットワークで、バック
アップ用に機能します。
コンピューターと通信するときに使用するIPアドレス
をUNIT IDの値を使うか、エディターやDHCPサー
バーで設定するかを選択します。
ディップスイッチ
設定
内容
UNIT ID
IPアドレスをUNIT IDの
値を使って設定します。IP
アドレスは
192.168.0.xxx (xxxは
UNIT IDの値)になります。
ただしUNIT IDが「FF」
の場合は、xxxは127に
なります。
PC
IPアドレスをエディター
やDHCPサーバーで設定
します。
NOTE
ご購入後、初めてコンピューターと接続するときは
「UNIT ID」に設定してください。MTX EditorからIP
アドレスを設定したあとで、「PC」に切り替えてくだ
さい。
 スイッチ7と8 (START UP MODE)
起動モードを設定します。
ディップスイッチ
設定
RESUME
INITIALIZE
214 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
内容
通常起動をします。
内蔵メモリーの初期化をし
ます。初期化されるメモ
リーについては「内蔵メモ
リーの初期化」(225ペー
ジ)を参照してください。
各部の名称と機能
@4 アナログ入力端子
ユーロブロック3ピンのアナログ音声入力用の端子です。
アナログ入力端子から音声信号を受信するときの設定は
「フロントパネル操作」(223ページ)を参照してくださ
い。
ユーロブロックの取り付け方については「接続と設定」
の「アナログ入力端子(ユーロブロック)に接続する」
(216ページ)を参照してください。
@5 [SPEAKERS]ディップスイッチ
XMVに搭載されているアンプを2チャンネル単位で設定
するためのディップスイッチです。
左側のスイッチ1から4はGおよびHチャンネル、ス
イッチ5から8はEおよびFチャンネルの出力の設定に対
応しています。右側のスイッチ1から4はCおよびD
チャンネル、スイッチ5から8はAおよびBチャンネルの
出力の設定に対応しています。
 ローインピーダンス接続/ハイインピーダンス接続
(スイッチ1と5)
ローインピーダンス接続かハイインピーダンス接続か
で設定を変えます。接続されるスピーカーやスピー
カーのつなぎ方に合わせてください。接続の詳細につ
いては、
「ハイインピーダンス接続とローインピーダン
ス接続」(230ページ)を参照してください。
 インピーダンス (スイッチ3と7)
ローインピーダンス接続のときに接続するスピーカー
のインピーダンスに合わせて設定を変えます。スピー
カーの仕様を確認してください。
たとえば8Ωのスピーカーを2台、パラレル接続でつ
なげるとインピーダンスの合計は4Ωになります。
 ダブルパワーモード (スイッチ4と8)
ローインピーダンス接続のときのアンプからの出力を
設定します。280W{140W}にすると両チャンネルの
入出力が有効になります。560W{280W}にするとア
ンプからの出力が倍になりますが、B、D、FおよびH
チャンネルの入出力が無効になります。
 70V/100V (スイッチ2と6)
ハイインピーダンス接続のときのアンプからの最大出
力電圧(Vrms)を設定します。
以下の項目をこのスイッチで設定します。各設定におけ
る出力端子に出力される信号は以下のとおりです。
内容
アンプ出力
形式
スイッチ 1∼4
(C、D、G、H
チャンネル)
スイッチ 5∼8
(A、B、E、F
チャンネル)
各端子の出力
A、C、E、G B、D、F、H
チャンネル チャンネル
+
‒
+
‒
ローインピーダンス接続
280W{140W}、 アンバランス
8Ω
出力
Nrm
560W{280W}*、 バランス出力
8Ω
(BTL)
Nrm Inv
280W{140W}、 アンバランス
4Ω
出力
Nrm
G
560W{280W}*、 アンバランス
4Ω
出力
Nrm
G
N/A N/A
G
G
Inv
@6 [SPEAKERS]出力端子
バリアストリップタイプのスピーカー出力端子です。バ
リアストリップへの取り付け方については「接続と設定」
の「スピーカーケーブルを接続する」(218ページ)を参
照してください。
@7 [REMOTE]端子
全チャンネルのミュートのオン/オフ、電源のスタンバ
イ/オンを外部から操作するためのユーロブロック3ピン
端子です。詳細については「[REMOTE]端子と[FAULT
OUTPUT]端子」(221ページ)を参照してください。
N/A N/A
@8 [FAULT OUTPUT]端子
G
Inv
ハイインピーダンス接続
70V、
250W{125W}
バランス出力
(BTL)
Nrm Inv
Nrm Inv
100V、
250W{125W}
バランス出力
(BTL)
Nrm Inv
Nrm Inv
「各端子の出力」では、G:グラウンド、Nrm:ノーマル出力、
Inv:インバーテッド(反転)出力、N/A:使用不可(接続禁止)
を示します。
* この設定にするとダブルパワーモードになり、B、D、Fおよ
びHチャンネルの入出力が無効になります。
NOTE
機器に致命的な異常が発生したときに、外部機器をコン
トロールするためのユーロブロック3ピン端子です。ア
ンプが正常に動作しているときはNCとCが短絡し、異常
が発生したときはNOとCが短絡します(221ページ)。
異常が発生したときは、[PROTECTION]インジケー
ター w が橙色に点灯します。
@9 [AC IN]端子
付属の電源コードを接続します。まずこの機器と電源
コードを接続し、次に電源プラグをコンセントに差し込
みます。
注意
電源コードを接続したり、取り外す前に必ず電源をオフに
してください。
• 設定は、電源をオフにしてから変更してください。電源
がオンの時に設定を変更しても、一度電源をオフにしな
いと設定の変更が反映されません。
• 異なるチャンネルのマイナス端子同士を接続しないでく
ださい。誤動作の原因になります。
• BTL接続については、「BTL(Balanced Transformer
Less)接続」(231ページ)を参照してください。
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
215
接続と設定
アナログ信号を入力する場合のセット
アップ
ここではアナログ信号を入力する場合のセットアップ方法を
説明します。
MTXと組み合わせて使用する場合は、「MTXセットアップ
マニュアル」を参照してください。MTXと組み合わせて使
用する場合でも、以下の項目については本書でご確認くださ
い。
• スピーカーへの出力に関する設定をする
• スピーカー出力端子に接続する
• ハイパスフィルター (HPF)の設定をする
• インジケーターやディスプレイの輝度を落とす
• パネルをロックする
ミキサーなどのアナログ出力をアナログ入力端子(215
ページ)に接続します。
必ず付属のタブ付きユーロブロックプラグを使って接続
してください。
紛失した場合は、ヤマハ修理ご相談センター (232ペー
ジ)にお問い合わせください。
事前準備(ケーブルの処理)
約7mm
約20mm
以下の手順に沿って入出力を設定/確認します。
説明
ページ
内容
■ アナログ入力端子(ユーロブロック)に接続する
ラックにマウントする
216
機器設定ディップスイッチの確認をする
216
アナログ入力端子(ユーロブロック)に接続する
216
• ユーロブロックプラグに取り付けるケーブルには、よ
り線を使用し、図のようにむき出して配線してくださ
い。また、ユーロブロックでの配線は、ケーブルの重
さや振動による金属疲労により、より線が切れやすく
なる場合があります。ケーブルは、付属の結束バンド
でユーロブロックプラグのタブに固定してください
(217ページ)。ラックマウント時は、なるべく束線
バーなどを使用してケーブルを結束して固定してくだ
さい。
スピーカー出力に関する設定をする
217
NOTE
スピーカーケーブルを接続する
218
より線には、はんだめっきしないでください。
電源ケーブルを接続する
219
電源をオンにする
219
アナログ入力を有効にする
219
ハイパスフィルター (HPF)の設定をする
219
結線の確認をする
220
インジケーターやディスプレイの輝度を落とす
220
フロントパネルをロックする
220
注意
「電源をオンにする」手順より前では必ず電源をオフにした状
態で作業してください。電源をオンにした状態で作業すると、
設定が反映されなかったり、端子に接続する際に感電するお
それがあります。
■ ラックにマウントする
「ラックマウント時の注意」(208ページ)を参照しなが
ら、XMVをラックにマウントします。
■ 機器設定ディップスイッチの確認をする
リアパネルにある機器設定ディップスイッチ(213ペー
ジ)の全スイッチが上になっていることを確認してくださ
い。
1
2
3
4
5
6
7
8
216 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
• 可搬設備などで頻繁に抜き差しする場合は、絶縁ス
リーブ付き棒端子の使用を推奨します。棒端子のコン
ダクター部は、外径1.6mm以下で、長さ約7mmの
もの(Phoenix Contact社製AI0,5-6WHなど)をご
使用ください。
1.6mm以下
約7mm
接続と設定
1. 端子ネジをゆるめます。
■ スピーカー出力に関する設定をする
ゆるめる
マイナスドライバー
端子ネジ
リアパネルの[SPEAKERS]ディップスイッチ (215
ページ)を使って、スピーカー出力に関して設定します。
ローインピーダンスとハイインピーダンスではスピー
カーの接続方法が異なります。
NOTE
ディップスイッチの設定は、電源をオフにしてから変更し
てください。電源がオンの時に設定を変更しても、一度電
源をオフにしないと設定の変更が反映されません。
ユーロブロックプラグ
ローインピーダンス接続
タブ
NOTE
8Ω/4Ω
マイナスドライバーはブレード幅が3mm以下のものを
使用してください。
3mm以下
ハイインピーダンス接続
スピーカートランス
2. ケーブルを差し込みます。
+ –
70V/100V
G
10W
10W
10W
10W
10W
詳細については「ハイインピーダンス接続とローイン
ピーダンス接続」(230ページ)を参照してください。
3. 端子ネジをしっかりと締め付けます。
ケーブルを引っ張って抜けないことを確認してくださ
い。
4. 付属の結束バンドを使ってケーブルをタブに固定
します。
設定については以下の項目に分けて説明します。
 ローインピーダンス接続で使用する場合(217ペー
ジ)
 ローインピーダンス接続でダブルパワーモードを使
用する場合(218ページ)
 ハイインピーダンス接続の場合(218ページ)
設定はAとB、CとD、EとF、GとHのそれぞれのチャ
ンネルでできるので、上記の項目を併用することができ
ます。
● ローインピーダンス接続で使用する場合
NOTE
接続するスピーカーのインピーダンス(4Ωまたは
8Ω)に合わせて、[SPEAKERS]ディップスイッチを
以下のように設定してください。
結束バンドの不要な部分は必要に応じて切除してくだ
さい。
5. ユーロブロックプラグを本体のアナログ入力端子
に装着します。
設定
スイッチ 1∼4
(C、D、G、Hチャンネル)
スイッチ 5∼8
(A、B、E、Fチャンネル)
280W{140W}、8Ω
280W{140W}、4Ω
NOTE
ローインピーダンス接続の設定にすると、自動的に
HPFがOFFに設定されます。
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
217
接続と設定
XMVは8Ω以上のインピーダンスのスピーカーを接続す
るときにも出力を保証するために、8Ωと4Ωの切り替
えスイッチを持っています。
8Ω以上のインピーダンスのスピーカーを接続する場合
は、8Ωに設定してください。8Ω未満4Ω以上のイン
ピーダンスのスピーカーを接続する場合は、4Ωに設定
してください。
合成インピーダンス(x)
設定
4Ω≦x<8Ω
4Ω
8Ω≦x
8Ω
■ スピーカーケーブルを接続する
リアパネルの[SPEAKERS]出力端子(215ページ)はバ
リアストリップタイプです。Y型プラグを使った接続と、
芯線が剥き出しの場合の接続を説明します。
注意
必ず電源がオフになっていることを確認してください。オ
ンになっていると感電するおそれがあります。
● Y型プラグの場合
Y型プラグを下から奥まで差し込み、プラグが脱落し
ないようにネジを締め付けます。
● ローインピーダンス接続でダブルパワーモードを
使用する場合
<=0.31"
(<= 7.8mm)
=>0.15"
(=>3.7mm)
ダブルパワーモードにすると、B、D、FおよびHチャ
ンネルの入出力は無効となります。
接続するスピーカーのインピーダンス(4Ωまたは
8Ω)に合わせて、[SPEAKERS]ディップスイッチを
以下のように設定してください。
設定
スイッチ 1∼4
(C、Gチャンネル)
スイッチ 5∼8
(A、Eチャンネル)
560W{280W}、8Ω
● 芯線が剥き出しの場合
560W{280W}、4Ω
NOTE
ローインピーダンス接続の設定にすると、自動的に
HPFがOFFに設定されます。
下図のようにバリアストリップ端子に巻き付け、ケー
ブルが脱落しないようにネジを締め付けます。
このとき、芯線がシャーシに当たらないようにしてく
ださい。
導入する設備の仕様(70Vまたは100V)に合わせて、
[SPEAKERS]ディップスイッチを以下のように設定
してください。
設定
15mm*
● ハイインピーダンス接続の場合
スイッチ 1∼4
(C、D、G、Hチャンネル)
シャーシに
当たらない
こと
スイッチ 5∼8
(A、B、E、Fチャンネル)
70V
* 実寸法
スピーカーケーブル
100V
NOTE
電源起動時にハイインピーダンス接続の設定になって
いると、80HzのHPFが設定されます。ローインピー
ダンス接続の設定になっているときはHPFは設定され
ません。
NOTE
• [SPEAKERS]ディップスイッチ(215ページ)をダブ
ルパワーモードに設定すると(スイッチ4または8を
下)、対応するチャンネル(B、D、F、またはHチャン
ネル)から音声は出力されません。
• スピーカーケーブルにテンションがかからないよう
にしてください。
• アンプの+−とスピーカーの+−は一致するように
結線してください。逆にすると極性が反転します。
TIPS
スピーカーケーブルには多くの電流が流れるため、磁
界が発生します。スピーカーケーブルの近くにマイク
などの入力ケーブルやマイクアンプのような高感度の
回路があると、電磁誘導により入力ケーブルや回路に
電流が生じ、ノイズの原因となることがあります。ス
ピーカーケーブルと入力ケーブルや高感度の回路を内
蔵している機器は離して設置したうえで、ケーブルを
固定することをおすすめいたします。
218 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
接続と設定
■ 電源ケーブルを接続する
リアパネルの[AC IN]端子(215ページ)に付属の電源
コードを接続します。まずこの機器と電源コードを接続
し、次に電源プラグをコンセントに差し込みます。
注意
電源コードを接続する前に必ず電源をオフにしてくださ
い。
■ 電源をオンにする
フロントパネルにある電源スイッチ (209ページ)で電源
をオンにします。
注意
電源をオンにする前に、アナログ入力端子に音声信号が
入っていない状態にしてください。音声信号が入っている
と、電源をオンにしたときにスピーカーに過大入力が入っ
て、スピーカーシステムを破損したり、大きな音で耳に負
担がかかる場合があります。また、スピーカーや配線に異
常がある場合、電源をオンにした直後に保護回路が作動し
ます。配線などに問題がないかどうか確認してください。
■ アナログ入力を有効にする
■ ハイパスフィルター (HPF)の設定をする
ローインピーダンス接続の設定になっている場合はHPF
がOFFになっています。ハイインピーダンス接続の設定
になっている場合は80HzのHPFが有効になっていま
す。
設定を変えたい場合は以下の操作をして設定します。
1. [FUNCTION]ボタンを押しながら、エンコーダー
を回して、ディスプレイの表示を「HPF」にしま
す。
操作モードが「HPF」になります。
2. HPFを設定するチャンネルの[SELECT]ボタンを
押します。
HPFを設定するチャンネルの[SELECT]インジケー
ターが点灯します。
3. エンコーダーを回してHPFを選択します。
選択できるHPFはOFF/40Hz/80Hzです。
NOTE
• ハイインピーダンス接続のときは、アンプ保護のた
めHPFをOFFにできません。
フロントパネルで以下の操作をして、アナログ入力を有
効にします。
• ハイインピーダンス接続でサブウーファーを使用す
る場合、HPFを40Hzに変更することをおすすめい
たします。
1. [FUNCTION]ボタンを押しながら、エンコーダー
を回して、ディスプレイの表示を「SRC」にしま
す。
• ハイインピーダンス接続でフルレンジスピーカーを
使用する場合、HPFを80Hz以外にするとアンプの
保護機能が働く場合があります。80Hzで運用するこ
とをおすすめいたします。
操作モードが「アナログ/デジタル入力切り替え」に
なります。
2. [FUNCTION]ボタンから指を離し、エンコーダー
を回して、ディスプレイの表示を「ANA」にしま
す。
• 一定時間操作がない状態が続くと、操作モードが
「アッテネーション操作」になります。
NOTE
機器を以下のように設定した場合、HPFの設定が自動的
に変更されます。
アナログ入力端子からの入力が有効になります。
NOTE
一定時間操作がない状態が続くと、操作モードが
「アッテネーション操作」になります。
前回起動時
[SPEAKERS]
ディップスイッチ
(215ページ)
今回起動時
機器設定ディップ
スイッチ 7と8
(214ページ)
ハイインピー
ダンス
RESUME
ローインピー
ダンス
(前回起動時の設
定に関わらない)
INITIALIZE
[SPEAKERS]
ディップスイッチ
(215ページ)
HPF
ローインピー
ダンス
(変更あり)
オフ
ハイインピー
ダンス
(変更なし)
前回起動時と
同じ
ローインピー
ダンス
(変更なし)
前回起動時と
同じ
ハイインピー
ダンス
(変更あり)
80Hz
ローインピー
ダンス
オフ
ハイインピー
ダンス
80Hz
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
219
接続と設定
■ 結線の確認をする
ここでは結線の確認をする際に必要なアッテネーター値
の変更方法や、ミュートのオン/オフについて説明しま
す。
確認をする前に、スピーカーの破損などを防ぐために、
全チャンネルのアッテネーター値を最低(−99dB)にし
ておくことをおすすめいたします。
結線は、アナログ入力端子に繋がっているミキサーなど
から音声信号を出力している状態で確認してください。
NOTE
スピーカーが遠隔地に設置されていて信号出力が簡単に確
認できない場合、[SIGNAL]インジケーター (210ページ)
の設定を「出力」にすることで、スピーカーに電流が流れ
ているかどうかを確認できます。インジケーターの設定の
切り替え方法については「フロントパネル操作」(223
ページ)を参照してください。
● アッテネーター値の変更
アッテネーター値は以下の手順で変更します。
1. [FUNCTION]ボタンを押しながら、エンコー
ダーを回して、ディスプレイの表示を「ATT」
にします。
2. 操作するチャンネルの[SELECT]ボタンを押し
ます。
チャンネルの[SELECT]インジケーターが点灯し
ます。
3. エンコーダーを回して、アッテネーター値を
−99から徐々に上げていき、スピーカーから音
が出ることを確認します。
● ミュートのオン/オフ切り替え手順
[MUTE]ボタンを押しながら、操作するチャンネ
ルの[SELECT]ボタンを押します。
ミュートがオンのときは[MUTE]インジケーターが点
灯し、ミュートがオフのときは[MUTE]インジケー
ターが消灯します。
■ インジケーターやディスプレイの輝度を落とす
フロントパネルのLEDインジケーターが明るすぎるとき
には、輝度を落とすことができます。
電源をオフにしたあと、リアパネルにある機器設定
ディップスイッチのスイッチ4(LED DIMMER)を下
(ON)にします。次に電源をオンにしたとき、インジケー
ターの輝度が落ちた状態で起動します。
NOTE
[POWER]インジケーターの輝度は落ちません。
220 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
■ フロントパネルをロックする
電源操作以外のフロントパネルからの操作を禁止するこ
とができます(フロントパネルロック)。
設備などへ導入する場合、フロントパネルからの操作を
禁止し、設定を固定することで、不用意な設定変更を防
ぐことができます。
電源をオフにしたあと、リアパネルにある機器設定
ディップスイッチのスイッチ5(PANEL LOCK)を下
(LOCK)にします。次に電源をオンにしたとき、フロン
トパネルはロックされた状態で起動します。
ロックされた状態でも[FUNCTION]ボタンと[SELECT]
Aボタンを押すと、ロックを一時解除することができま
す。ただし、以下の条件のどれかを満たすと、再びロッ
クがかかります。
• ロックを一時解除したあとに、1分間操作がない状態
が続く
• [FUNCTION]ボタンと[SELECT] Aボタンを押す
• 電源をオフにする
ロックの状態はフロントパネルの[PANEL LOCK]イン
ジケーターで確認できます。
• ロックされている:点灯
• ロックされていない:消灯
• ロックが一時解除されている:点滅
接続と設定
[REMOTE]端子と[FAULT
OUTPUT]端子
XMVのリアパネルにある[REMOTE]端子、[FAULT
OUTPUT]端子の使い方と接続について説明します。
■ [FAULT OUTPUT]端子の使い方
(ユーロブロック3ピン)
リアパネルの[FAULT OUTPUT]端子にランプなどを接
続して、異常発生を通知したりします。
■ [REMOTE]端子の使い方
(ユーロブロック3ピン)
リアパネルの[REMOTE]端子(215ページ)にスイッチ
を接続して、離れたところから全チャンネルのミュート
のオン/オフや電源のスタンバイ/オン切り替えができま
す。
[REMOTE]端子は左からMUTE ALL、STANDBY、
GNDから構成されています。
[REMOTE]端子には、ユーロブロックプラグを使用しま
す。ユーロブロックプラグの接続方法は「[REMOTE]端
子や[FAULT OUTPUT]端子への接続」(222ページ)を
参照してください。
• 全チャンネルのミュートをオン/オフする場合
ミュートをオンにする
ミュートをオフにする
[FAULT OUTPUT]端子(215ページ)はNO(Normally
Open)とC(Common)、NC(Normally Close)から構成
されています。[FAULT OUTPUT]端子はリレー回路
で、以下のように動作します。
正常時
異常時
電源オフ時
NO
Open
Closed
Closed
NC
Closed
Open
Open
[FAULT OUTPUT]端子には、ユーロブロックプラグを
使用します。ユーロブロックプラグの接続方法は
「[REMOTE]端子や[FAULT OUTPUT]端子への接続」
(222ページ)を参照してください。
例:XMVの正常/異常をLEDで通知する場合
●正常時
XMV
NC
NOTE
C
[REMOTE]端子で全チャンネルのミュートをオンにし
ている場合は、フロントパネルの[MUTE]ボタンで操
作できません。
• 電源のスタンバイ/オンを切り替える場合
電源をスタンバイにする
点灯
NO
消灯
● 電源シャットダウン時
XMV
電源をオンにする
NC
消灯
C
NO
点灯
NOTE
[REMOTE]端子で電源をスタンバイにしている場合、
フロントパネルの電源スイッチをオンにしたとき、電
源はスタンバイになります。
注意
リレー接点の定格負荷は、抵抗負荷にて1A、DC 30Vで
す。この値を超える負荷はかけないようにしてください。
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
221
接続と設定
■ [REMOTE]端子や[FAULT OUTPUT]端子
2. ケーブルを差し込みます。
への接続
[REMOTE]端子や[FAULT OUTPUT]端子には必ず付
属のユーロブロックプラグを使って接続してください。
紛失した場合は、ヤマハ修理ご相談センター (232ペー
ジ)にお問い合わせください。
事前準備(ケーブルの処理)
3. 端子ネジをしっかりと締め付けます。
約5mm
ケーブルを引っ張って抜けないことを確認してくださ
い。
• ユーロブロックプラグに取り付けるケーブルには、よ
り線を使用し、図のようにむき出して配線してくださ
い。また、ユーロブロックでの配線は、ケーブルの重
さや振動による金属疲労により、より線が切れやすく
なる場合があります。
NOTE
より線には、はんだめっきしないでください。
• 可搬設備などで頻繁に抜き差しする場合は、絶縁ス
リーブ付き棒端子の使用を推奨します。棒端子のコン
ダクター部は、外径1.3mm以下で、長さ約5mmの
もの(Phoenix Contact社製AI0,5-6WHなど)をご
使用ください。
1.3mm以下
約5mm
1. 端子ネジをゆるめます。
マイナスドライバー
ゆるめる
ユーロブロックプラグ
端子ネジ
NOTE
マイナスドライバーはブレード幅が3mm以下のものを
使用してください。
3mm以下
222 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
4. ユーロブロックプラグを本体の[REMOTE]端子ま
たは[FAULT OUTPUT]端子に装着します。
操作
フロントパネル操作
ここではフロントパネルで操作できることを記述します。
NOTE
パラメーターを変更した場合、変更してから1秒間は電源ス
イッチをオフにしないでください。1秒以内にオフにすると
パラメーターが保存されない場合があります。
■ 基本操作
目的
操作
内容
[FUNCTION]ボタンを押しているあいだ、現在の操作モー
ドがディスプレイに表示されます。表示されるモードは以下
となります。
表示
現在の操作モードの確認
[FUNCTION]
[FUNCTION] + エンコーダー
ミュートのオン/オフ
[MUTE] +
ミュートするチャンネルの[SELECT]
フロントパネルロックの一時解除/
再ロック
[FUNCTION] + [SELECT] A
*1
アッテネーション操作
POL
極性操作
HPF
ハイパスフィルターのオン/オフおよび
カットオフ周波数の変更
SRC
アナログ/デジタル入力切り替え
SIG
[SIGNAL]インジケータ表示切り替え
DIS
デジタル入力感度の切り替え
エンコーダー操作で操作モードが切り替わります。
[FUNCTION]ボタンを離したときの操作モードになり、
ディスプレイにはパラメーター値が表示されます。
一定時間操作がない状態が続くと、操作モードが「アッテ
ネーション操作」に戻ります。
*1
操作モードの変更
操作モード
ATT
*1
ミュートがオンになると選択したチャンネルの[MUTE]イン
ジケーターが点灯します。
ミュートがオフになると[MUTE]インジケーターは消灯しま
す。
フロントパネルロックが一時解除されると[PANEL LOCK]
インジケーターが点滅します。
フロントパネルロックがロックになると[PANEL LOCK]イ
ンジケーターは点灯します。ロック中はディスプレイに
「LC」が表示されます。
フロントパネルロックを一時解除していても、1分以上操作
がないか、電源をオフにすると再度ロックされます。
*1:「X+Y」は「Xを操作しながら、Yを操作する」の意味です。たとえば「[SELECT] A+エンコーダー」の場合、
「[SELECT] Aボタンを押
しながら、エンコーダーを操作する」になります。
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
223
操作
■ パラメーター操作
目的
アッテネーター値(ボリューム)
の変更
極性(ポラリティ )の変更
ハイパスフィルター (HPF)の
カットオフ周波数の変更
ハイパスフィルター (HPF)の
オフ
操作モード
(ディスプレイ表示)
アッテネーター
(ATT)
極性操作
(POL)
操作
内容
変更するチャンネルの
[SELECT] → エンコーダー *2
選択されたチャンネルの[SELECT]インジケー
ターが点灯し、アッテネーター値がエンコーダー
操作で変更できます。
変更範囲は−99dB∼0dBで1dB単位で設定でき
ます。
変更するチャンネルの
[SELECT] → エンコーダー *2
選択されたチャンネルの[SELECT]インジケー
ターが点灯し、極性をエンコーダー操作で変更で
きます。
表示
極性
NOR
正相
INV
反転
選択されたチャンネルの[SELECT]インジケー
ターが点灯し、ハイパスフィルター (HPF)のオン/
オフおよびカットオフ周波数をエンコーダー操作
で変更できます。ハイインピーダンス接続の設定
にしたときは80Hz、ローインピーダンス接続の
設定にしたときはOFFに設定されます。
HPF
(HPF)
変更するチャンネルの
[SELECT] → エンコーダー *2
表示
意味
OFF
HPFがオフ
H40
カットオフ周波数が40Hz
H80
カットオフ周波数が80Hz
ハイインピーダンス接続の設定のときは、アンプ
保護のため、選択されたチャンネルのHPFをOFF
にできません。
アナログ/デジタル入力の切り替えをエンコーダー
操作で変更できます。全チャンネルが切り替わり
ます。
表示
ANA
入力切り替え
(アナログ/デジタル)
アナログ/デジタル入
力切り替え
(SRC)
入力端子
アナログ入力端子
[YDIF]端子
(XMV8280/XMV8140)
エンコーダー操作
DIG
Dante [PRIMARY]/
[SECONDARY]端子
(XMV8280-D/XMV8140-D)
[YDIF]端子またはDante [PRIMARY]/
[SECONDARY]端子を使って音声ネットワークを
構築している場合は、アナログにしないでくださ
い。アナログにすると、YDIFまたはDanteでつな
がっている機器の音声送受信が停止します。
[SIGNAL]インジケーター表
示切り替え
(入力信号/出力信号)
[SIGNAL]インジケー
ター表示切り替え
(SIG)
[SIGNAL]インジケーターに入力信号レベルを表
示するか、出力信号レベルを表示するかをエン
コーダー操作で変更できます。
エンコーダー操作
デジタル入力感度
(DIS)
点灯条件
IN
入力
OUT
出力
デジタル入力感度をエンコーダー操作で変更でき
ます。誤操作防止のため、ある程度回さないと切
り替わらないようになっています。切り替わるま
では「– – – 」と表示されます。
デジタル入力感度の切り替え
* デジタル入力感度:
入力アッテネーターが0 dB
(ボリューム最大)のときにア
ンプ最大出力が出るデジタル
入力レベル。「Block
Diagram」(236ページ)を参
照してください。
表示
エンコーダー操作
表示
デジタル入力感度
D20
-20 dBFS
D03
-3 dBFS
–––
(切り替え時の途中表示)
*2:「X→Y」は「Xを操作したあと、Yを操作する」の意味です。たとえば「[SELECT] A→エンコーダー」の場合、「[SELECT] Aボタンを押
したあと、エンコーダーを操作する」になります。
224 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
操作
内蔵メモリーの初期化
設置場所の変更などで内蔵メモリーを工場出荷時の設定に戻
す(初期化する)ときは以下のように操作してください。
1. 電源をオフにしてください。
2. 機器設定ディップスイッチの7を下に、8を上にして
ください。
6. 電源をオンにしてください。
初期化されるのは以下のメモリーです。
•
•
•
•
•
•
アッテネーター値
極性設定
HPF設定
アナログ/デジタル入力設定
[SIGNAL]インジケータ表示設定
イベントログ
* 工場出荷時には、すべての機器設定ディップスイッチが上に
なっています。
3. 電源をオンにしてください。初期化がはじまります。
• XMV8280/XMV8140の場合
初期化中は[NETWORK]、[YDIF]、[PANEL LOCK]
の各インジケーターが点滅します。初期化が完了する
と[NETWORK]と[YDIF]のインジケーターが点滅し
ます。
• XMV8280-D/XMV8140-Dの場合
初期化中は[PRIMARY]、[SECONDARY]、
[SYNC](緑)、[SYNC](橙)、[PANEL LOCK]の各イ
ンジケーターが点滅します。初期化が完了すると
[PRIMARY]、[SECONDARY]、[SYNC](緑)のイン
ジケーターが点滅します。
初期化に失敗したときは、[POWER]インジケーターが
点灯、[ALERT]インジケーターが点滅、その他のインジ
ケーターは消灯します。お買い上げの販売店または巻末
のヤマハ修理ご相談センターに点検をご依頼ください。
4. 初期化の完了を確認して、電源をオフにしてくださ
い。
5. 機器設定ディップスイッチの7と8の両方を上
(RESUME)にしてください。
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
225
資料
困ったときは(トラブルシューティング)
症状
電源がオンにならない
考えられる原因
電源ケーブルが抜けている
電源ケーブルを接続してください。
アナログ/デジタル入力設定が間違っ
ている
フロントパネルでアナログ/デジタル入力設定を確
認してください。
ダブルパワーモードになっている
ダブルパワーモードのときにはBチャンネル、D
チャンネル、FチャンネルおよびHチャンネルから
音声信号が出力されません。ダブルパワーモードを
解除するか、ケーブルをつなぎ直してください。
入出力のケーブルが抜けている
入出力のケーブルを接続してください。また、プラ
グからケーブルが抜けていないかどうかを確認して
ください。
ミュートがオンになっている
[MUTE]インジケーターが消灯していることを確認
してください。点灯している場合は、ミュートをオ
フにしてください。
アッテネーター値が低い
音が出ない
電源をオン/オフしても、
[ALERT]インジケーターが点
滅または点灯したままになる
対策
「アッテネーション操作」に切り替え (223ページ)、
ディスプレイ (210ページ) でアッテネーター値が
適切であるかどうか確認してください。
音声信号が入力されていない
ミキサーなどのXMVに音声信号を出力している機
器から音声信号が出力されているか確認してくださ
い。
保護回路が機能している
([PROTECTION]インジケーターが点
灯)
電源をオフにして、XMVが冷えてから電源をオン
にしてください。
スタンバイになっている
([POWER]インジケーターが点滅)
[REMOTE]端子に接続されているスイッチがオンに
なっていることを確認してください。またはエディ
ターでオンになっていることを確認してください。
デジタル入力のときにMTXに異常が
発生している
(XMV8280/XMV8140: [YDIF]イン
ジケーターが消灯、XMV8280-D/
XMV8140-D: 緑色の[SYNC]インジ
ケーターが消灯)
MTXを確認してください。詳細についてはMTXの
取扱説明書を参照してください。
YDIFでつながっている機器の中にア
ナログ設定になっている機器がある
(XMV8280/XMV8140のみ)
アナログ/デジタル入力設定をデジタルにしてくだ
さい。アナログで使う場合はYDIFのネットワーク
から切り離してください。
機器が故障している
機器が故障しているので、ヤマハ修理ご相談セン
ター (232ページ)にご連絡ください。
*上記の対策を実施しても症状が改善しない場合は、ヤマハ修理ご相談センター (232ページ)にお問い合わせください。
ヤマハプロオーディオサイトに、FAQ(よくあるご質問と答え)を掲載しています。
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/
226 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
資料
アラート一覧
異常が発生すると、[ALERT]インジケーターが点滅し、ディスプレイにアラート番号が表示されます。
アラート番号に対する内容および対策は以下のようになります。
アラート番号
表示なし
([ALERT]
のみ点灯)
内容
機器が正常に起動していません。
001.∼008.
対策
電源をいったんオフにして、5秒以上間隔を空けてから電源をオンにし
てください。問題が解決しない場合は、メモリーの初期化を実行してく
ださい。それでも解決しない場合は、ヤマハ修理ご相談センターにご連
絡ください。
010.
内蔵バックアップバッテリーが完全に消耗してい
るか、装着されていません。
011.
内蔵バックアップバッテリーが極端に消耗してお
り、メモリーが消滅している可能性があります。
012.
内蔵バックアップバッテリーの残量が少なくなっ
ています。
使用に支障はありませんが、継続して使用すると設定が失われ、初期設
定に戻る可能性があります。お早めにヤマハ修理ご相談センターにご連
絡ください。
013.
内蔵時計に異常が発生したので、初期値(2000年
1月1日 0時0分)にしました。
電源をオンにするたびに発生する場合は内蔵バックアップバッテリーが
消耗しているか、機器が故障している可能性があります。ヤマハ修理ご
相談センターにご連絡ください。
一度だけの場合は時計の設定値の異常を検出して初期化しましたので、
MTX Editorを使って時刻を設定してください。
015.
内蔵メモリーに保存される設定が失われています。
内蔵バックアップバッテリーが消耗しているか、機器が故障している可
能性があります。ヤマハ修理ご相談センターにご連絡ください。
016.
機器の内蔵メモリーが故障している可能性があり
ます。
ヤマハ修理ご相談センターにご連絡ください。
021.
ワードクロックマスターに選択されたデジタル信
号がアンロックになりました。
ワードクロック信号が正常に入力されているか確認してください。
022.
[YDIF IN]端子に入力されたデジタル信号が、この
機器のワードクロックに対して同期していません。
023.
[YDIF IN]端子に入力されたデジタル信号が、この
機器のワードクロックに対して継続的に同期して
いません。
030.
[YDIF IN]端子の接続に異常があります。
ケーブルが正しく接続されているか確認してください。
指定された仕様のケーブルを使ってください。
040.
IPアドレスが重複しています。
IPアドレスが重複しないように設定してください。
041.
起動してから60秒以内にIPアドレスが確定しませ
んでした。
機器設定ディップスイッチのスイッチ6(IP SETTING)が「PC」に設定
されている場合は、MTX EditorやDHCPサーバーでIPアドレスを設定
してください。
043.
ネットワークに接続している機器が多すぎます。
ネットワークに接続している機器の数を減らしてください。
050.
UNIT IDに「00」が設定されています。
UNIT IDを「00」以外に設定してください。
051.
同一ネットワークに接続された機器に、同一の
UNIT IDを持つ機器が発見されました。
UNIT IDが重複しないように設定してください。
100.
スピーカー出力端子に直流成分が検出されたため、
電源がシャットダウンされました。
機器の故障と思われますので、ヤマハ修理ご相談センターにご連絡くだ
さい。
101.
電源の温度が規定値を超えたため、電源がシャッ
トダウンされました。
電源をオフにして、電源を冷やしてから再度電源をオンにしてくださ
い。連続して大電力を出力すると高温になりますので、出力レベルを下
げてください。それでも温度が高い場合は、冷却用ファンの吸気口にゴ
ミや異物が詰まっていないか確認して、掃除してください。
103.
プロテクションが働き、電源がシャットダウンさ
れました。
104.
プロテクションが働き、出力がミュートされまし
た。
電源をオフにすると現在の設定が失われ、初期値に戻ります。ただちに
使用を中止して、ヤマハ修理ご相談センターにご連絡ください。
ケーブルが正しく接続されているか確認してください。
指定された仕様のケーブルを使ってください。
高負荷状態が連続しているため、出力レベルを下げてください。
発生した要因については「[PROTECTION] A∼H インジケーター」
(209ページ)を参照してください。
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
227
資料
アラート番号
内容
105.
スピーカー出力端子のショートが検出されたため、
出力がミュートされました。
アンプ部(ヒートシンク)の温度が変化し、次のス
ピーカー出力状態になりました。(****)
106.
**** = 0dB and OK
-1dB and in protection
muted and in protection
228 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
対策
スピーカー出力端子の+と−がショートしているか、接続しているス
ピーカーが故障している可能性があります。
連続して大電力を出力すると高温になりますので、出力レベルを下げて
ください。それでも温度が高い場合は、冷却用ファンの吸気口にゴミや
異物が詰まっていないか確認して、掃除してください。
資料
Dante関連メッセージ(XMV8280-D/XMV8140-Dのみ)
XMV8280-D/XMV8140-Dでは、フロントパネルのインジケーターを使用して警告メッセージとインフォメーションメッ
セージを表示します。
また、Dante ControllerのError Statusにもメッセージが表示されます。
各インジケーターの点灯/点滅は以下のように動作します。
消灯
消灯します。
点灯
点灯し続けます。
点滅
点滅し続けます。
2回点滅
周期的に2回点滅します。
■ インフォメーションメッセージ
インジケーターの点灯/点滅により、状態を通知します。
橙色の[SYNC]インジケーターが消灯している場合は、正常に動作しています。
緑色の[SYNC]インジケーターが消灯している場合は、機器のクロックが未確定であることを示します。
[SYNC]インジケーター
内容
(緑)消灯
(橙)点灯
(緑)点滅
(橙)消灯
(緑)点灯
(橙)消灯
説明
同期処理をしている。
同期が完了するまでお待ちください。同期が完了するまで
60秒くらいかかることがあります。
ワードクロックマスターとして正常
に機能している。
機器がワードクロックマスターであることを示します。
ワードクロックスレーブとして正常
に機能している。
機器がワードクロックスレーブであり、クロックが同期して
いることを示します。
■ 警告メッセージ
問題が解消されるまで、インジケーターは点灯/周期的に点滅します。
緑色の[SYNC]インジケーターが消灯している場合は、機器のクロックが未確定であることを示します。
[SYNC]インジケーター
(緑)消灯
(橙)点滅
(緑)消灯
(橙)2回点滅
内容
対策方法
ワードクロックの設定が間違ってい
る。
MTX EditorまたはDante Controllerでクロックマスター
とサンプリング周波数を正しく設定してください。
Danteネットワークの回線が繋がっ
ていない。
イーサーネットケーブルが抜けていないか、または断線して
いないか確認してください。
緑色のインジケーターが点滅している場合は、機器がクロックマスターであることを示します。
緑色のインジケーターが点灯している場合は、機器がクロックスレーブでありクロックが同期していることを示します。
[SYNC]インジケーター
(緑)点滅または
点灯
(橙)点灯
(緑)点滅または
点灯
(橙)点滅
(緑)点滅または
点灯
(橙)2回点滅
内容
対策方法
ギガビットイーサネットに対応して
いない機器が接続されている。
Danteでの音声伝送をする場合は、ギガビットイーサネッ
トに対応した機器をご使用ください。
リダンダンシーネットワークのとき
に、Dante [SECONDARY]端子で
通信をしている。
Dante [PRIMARY]端子に接続されている方の回線を確認し
てください。
リダンダンシーネットワークのとき
に、Dante [SECONDARY]端子に
接続されている回線に異常が発生し
た。
Dante [SECONDARY]端子に接続されている方の回線を確
認してください。
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
229
資料
ハイインピーダンス接続とローインピー
ダンス接続
ハイインピーダンス接続とは、スピーカーシステムにスピー
カートランスを取り付けることでインピーダンスを数百Ω
から数kΩに上げてパワーアンプと接続する方式です。この
ようにすることで、ローインピーダンス接続に比べて、はる
かに少ない電流でスピーカーシステムを駆動できます。すな
わち多数のスピーカーシステムが接続できるようになるとい
うことです。ハイインピーダンス接続した場合のパワーアン
プ側の最大出力電圧は、70Vまたは100Vで動作させるの
が一般的です。
一方、ローインピーダンス接続はスピーカートランスを使用
せず、スピーカーシステムの定格インピーダンス(4∼16Ω
が一般的)のままパワーアンプと接続する方式です。
それぞれの接続方式の違いなどを説明します。
● ローインピーダンス接続
一般的には1チャンネルに1台のスピーカーシステム
を接続します。
したがってXMVに接続できるスピーカーシステムの
台数は、8台にとどまります。
ただし、ローインピーダンス接続でも1チャンネルに
対して複数のスピーカーシステムを接続する方法があ
ります。
ひとつめは「並列接続」という方法です。
同じインピーダンスのスピーカーシステムを並列接続
した場合、スピーカーシステム全体の合成インピーダ
ンスは1本あたりのスピーカーシステムのインピーダ
ンスを台数で割った値になります。XMVで4Ωに設
定した場合、接続できる8Ωのスピーカーシステムの
台数は2台まで、ということになります。
接続不可
4Ω
8Ω
■ 駆動できるスピーカーシステムの数
● ハイインピーダンス接続
(*) トランスの1次側インピーダンスの偏差や将来のト
ランスタップ変更、スピーカーの追加を加味して
20%程度のマージンを持つことをお勧めします。
スピーカートランス
70V/100V
10W
8Ω
合成インピーダンス=4Ω
使用するスピーカーシステムの定格入力の合計値がパ
ワーアンプの出力値以内に収まっている限りは、何台
でもスピーカーシステムを並列接続できます。
ハイインピーダンス接続の場合、スピーカーシステム
の定格入力はスピーカーシステムと使用するスピー
カートランスの設定で決まります。
280W出力のXMV8280と、スピーカートランスの
取り付けにより定格入力が10Wになったスピーカー
システムの場合、計算上(*)1チャンネルあたり最大
24台、8チャンネル合計で最大192台のスピーカー
システムが接続できます。異なる定格入力のスピー
カーシステムを混在させて接続することもできます。
10W
8Ω
10W
10W
10W
230 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
もうひとつ、「直列接続」という方法があります。直
列接続の場合、スピーカーシステム全体の合成イン
ピーダンスは各スピーカーシステムのインピーダンス
の和になります。ただし、仮にひとつのスピーカーシ
ステムが故障した場合、そこで電気信号がせき止めら
れてしまうため他のスピーカーシステムにも影響を与
えてしまいます。
4Ω
4Ω
電気信号不通
故障
音が出ない
合成インピーダンス
=8Ω
資料
■ 伝送の距離と効率
電気信号を伝送するケーブルには抵抗があります。伝送
距離が短い、すなわちケーブルが短い場合の抵抗はほと
んど無視できますが、伝送距離が長くなると抵抗が増大
し、そのままでは電気信号の伝送効率、ひいては音質に
まで影響を与えます。以下、伝送の距離と効率の関係か
ら両方式のメリットとデメリットをご紹介します。
● ハイインピーダンス接続
長距離伝送でケーブルの抵抗が8Ωになった場合で
も、スピーカーシステムのインピーダンス値に対して
無視できるくらいの値のため、ケーブルでの伝送ロス
がほとんどなく、したがって電気信号の伝送効率にも
ほとんど影響を及ぼしません。
70V/100V
長距離
BTL(Balanced Transformer
Less)接続
BTL接続すると、2チャンネル分のアンプを1チャンネルの
アンプとして使用するため出力が2倍になります。
NOTE
プラスマイナスそれぞれの端子にアンプ出力が接続されてい
るので、他の端子やシャーシとの接触は故障の原因になりま
すのでご注意ください。
通常の接続
スピーカートランス(1kΩ)
ほぼ100%
通常のアンプ
BTL接続
ケーブル抵抗(往復)
=8Ω
● ローインピーダンス接続
短距離伝送のときは、ローインピーダンス接続が、ハ
イインピーダンス接続よりも音質的に有利です。ロー
インピーダンス接続では、スピーカートランスがなく
てもXMVおよびスピーカーシステムの性能をそのま
ま発揮できます。また、基本的にXMVのチャンネル
ごとに1台ずつスピーカーシステムを接続するので、
スピーカーシステムごと(ゾーンごと)に異なる音声信
号を伝送できる点も有利です。
しかし、長距離伝送でケーブルの抵抗が8Ωになった
場合、スピーカーシステムのインピーダンス8Ωと同
等になるのでXMVの出力を分け合い(ケーブルで電圧
ロスが発生し)、理論上、電気信号の伝送効率が50%
まで下がってしまいます。したがってローインピーダ
ンス接続の場合は、ケーブルの抵抗が無視できる範囲
に伝送距離を短く抑えるか、そうでなければケーブル
を太くするなどの対策が必要になる場合があります。
反転アンプ
長距離
8Ω
50%
ケーブル抵抗(往復)
スピーカーシステムの
=8Ω
インピーダンス値=8Ω
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
231
アフターサービス
お問い合わせ窓口
保証と修理について
お問い合わせや修理のご依頼は、お買い上げ店、または
次のお問い合わせ窓口までご連絡ください。
保証と修理についての詳細は下記のとおりです。
●機能や取り扱いに関するお問い合わせ
ヤマハ・プロオーディオ・インフォメーションセンター
0570-050-808
※ 固定電話は全国市内通話料金でご利用いただけます。
通話料金は音声案内で確認できます。
上記番号でつながらない場合は
03-5652-3618
受付 月曜日∼金曜日 11:00∼19:00
(土曜、日曜、祝日およびセンター指定休日を除く)
FAX 03-5652-3634
オンラインサポート http://jp.yamaha.com/support/
●修理に関するお問い合わせ
ヤマハ修理ご相談センター
0570-012-808
※ 固定電話は全国市内通話料金でご利用いただけます。
通話料金は音声案内で確認できます。
上記番号でつながらない場合は
053-460-4830
受付 月曜日∼金曜日 10:00∼17:00
(土曜、日曜、祝日およびセンター指定休日を除く)
FAX 03-5762-2125 東日本 (北海道/東北/関東/甲信越/東海)
06-6465-0367 西日本 (北陸/近畿/四国/中国/九州/沖縄)
修理品お持込み窓口
受付 月曜日∼金曜日 10:00∼17:00
(土曜、日曜、祝日およびセンター指定休日を除く)
* お電話は、ヤマハ修理ご相談センターでお受けします。
東日本サービスセンター
〒143-0006 東京都大田区平和島2丁目1-1
京浜トラックターミナル内14号棟A-5F
FAX 03-5762-2125
西日本サービスセンター
〒554-0024 大阪府大阪市此花区島屋6丁目2-82
ユニバーサル・シティ和幸ビル9F
FAX 06-6465-0374
●保証書
本書に保証書が掲載されています。購入を証明する書類
(レシート、売買契約書、納品書など)とあわせて、大切
に保管してください。
●保証期間
保証書をご覧ください。
●保証期間中の修理
保証書記載内容に基づいて修理させていただきます。
お客様に製品を持ち込んでいただくか、サービスマンが
出張修理にお伺いするのかは、製品ごとに定められてい
ます。詳しくは保証書をご覧ください。
●保証期間経過後の修理
ご要望により有料にて修理させていただきます。
下記の部品などについては、使用時間や使用環境などに
より劣化しやすいため、消耗劣化に応じて部品の交換が
必要となります。有寿命部品の交換は、お買い上げ店ま
たはヤマハ修理ご相談センターまでご連絡ください。
有寿命部品
フェーダー、ボリューム、スイッチ、接続端子など
●補修用性能部品の最低保有期間
製品の機能を維持するために必要な部品の最低保有期間
は、製造終了後8年です。
●修理のご依頼
本書をもう一度お読みいただき、接続や設定などをご確
認のうえ、お買い上げの販売店またはヤマハ修理ご相談
センターまでご連絡ください。修理をご依頼いただくと
きは、製品名、モデル名などとあわせて、製品の状態を
できるだけ詳しくお知らせください。
●損害に対する責任
この製品(搭載プログラムを含む)のご使用により、お客
様に生じた損害(事業利益の損失、事業の中断、事業情報
の損失、そのほかの特別損失や逸失利益)については、当
社は一切その責任を負わないものとします。また、いか
なる場合でも、当社が負担する損害賠償額は、お客様が
お支払になったこの商品の代価相当額をもって、その上
限とします。
●営業窓口
(株)ヤマハミュージックジャパン PA営業部
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町41-12
KDX箱崎ビル1F
* 名称、住所、電話番号、営業時間、URLなどは変更になる場合が
あります。
232 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
ASCAMIPAMPPCA5
保
持込修理
品 名
※シリアル番号
本 体
お買上げの日から1ケ年間
※お買上げ日
お 客 様
年 月 日
ご住所
お名前 様
電
書
本書は、本書記載内容で無償修理を行う事をお約束するものです。
お買上げの日から左記期間中に故障が発生した場合は、本書をご提示
の上お買上げの販売店に修理をご依頼ください。
ご依頼の際は、購入を証明する書類(レシート、売買契約書、納品書
など)をあわせてご提示ください。
パワーアンプリファイアー
※品 番
保 証 期 間
証
(詳細は下項をご覧ください)
※
販
売
店
印
店 名
所在地
電 話
( )
話 ( )
株式会社ヤマハミュージックジャパン PA営業部
ご販売店様へ ※印欄は必ずご記入ください。
〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町41番12号 KDX箱崎ビル1F
TEL. 03-5652-3850
保証規定
1.
保証期間中、正常な使用状態(取扱説明書、本体貼付ラベルなどの注
意書に従った使用状態)で故障した場合には、無償修理を致します。
5.
この保証書は日本国内においてのみ有効です。
This warranty is valid only in Japan.
2.
保証期間内に故障して無償修理をお受けになる場合は、商品と本書
をご持参ご提示のうえ、お買上げ販売店にご依頼ください。
6.
この保証書は再発行致しかねますので大切に保管してください。
3.
ご贈答品、ご転居後の修理についてお買上げの販売店にご依頼でき
ない場合には、※ヤマハ修理ご相談センターにお問合わせください。
4.
保証期間内でも次の場合は有料となります。
* この保証書は本書に示した期間、条件のもとにおいて無償修理をお約
束するものです。したがってこの保証書によってお客様の法律上の権
利を制限するものではありませんので、保証期間経過後の修理などに
ついてご不明の場合は、お買上げの販売店、※ヤマハ修理ご相談セン
ターにお問合わせください。
(1)本書のご提示がない場合。
(2)本書にお買上げの年月日、お客様、お買上げの販売店の記入が
ない場合、及び本書の字句を書き替えられた場合。
(3)使用上の誤り、他の機器から受けた障害または不当な修理や改
造による故障及び損傷。
(4)お買上げ後の移動、輸送、落下などによる故障及び損傷。
* ご記入いただきましたお客様のお名前、ご住所などの個人情報は、本
保証規定に基づく無料修理に関する場合のみ使用致します。取得した
個人情報は適切に管理し、法令に定める場合を除き、お客様の同意な
く第三者に提供することはありません。
※ その他の連絡窓口につきましては、本取扱説明書をご参照ください。
(5)火災、地震、風水害、落雷、その他の天災地変、公害、塩害、
異常電圧などによる故障及び損傷。
(6)お客様のご要望により出張修理を行なう場合の出張料金。
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D 取扱説明書
233
Specifications
General Specifications
XMV8280
XMV8140
XMV8280-D
XMV8140-D
4Ω
280W
140W
280W
140W
8Ω
280W
140W
280W
140W
4 Ω / DOUBLE POWER MODE
560W
280W
560W
280W
8 Ω / DOUBLE POWER MODE
560W
280W
560W
280W
100V (RL=40Ω/XMV8280)
(RL=80Ω/XMV8140)
250W
125W
250W
125W
70V (RL=20Ω/XMV8280)
(RL=40Ω/XMV8140)
250W
125W
250W
125W
Output Power
1kHz, THD+N=1%
(20 ms Burst)
High Impedance
Amplifier Type (Output Circuitry)
THD+N
Frequency Response
Class D
1kHz, half power, 4Ω
All channel output
0.2%
1kHz, half power, 100V, 70V
All channel output
0.2%
1W, 280W/8Ω, 20Hz–20kHz (XMV8280)
1W, 140W/8Ω, 20Hz–20kHz (XMV8140)
0dB, ±1.0dB
1W, 100V/70V, 55Hz–20kHz
Crosstalk
1kHz, half power, 8Ω
Att. max, input 150Ω shunt
-60dB
Residual Noise
A-weighted
280W, 8Ω
-65dBu
S/N Ratio
A-weighted
280W or 140W mode
100dB
Input Sensitivity
Voltage Gain
Load Protection
+4 dBu (1.23V)
100V
38.2dB
38.2dB
38.2dB
38.2dB
70V
35.2dB
35.2dB
35.2dB
35.2dB
280W (140W)/8Ω
31.7dB
28.7dB
31.7dB
28.7dB
560W (280W)/8Ω
34.7dB
31.7dB
34.7dB
31.7dB
Power switch on/off
Mute the output
DC-fault
Amplifier Protection
Thermal
Power supply shutdown
Mute the output (heatsink temp.
90°C) (return automatically.)
Overcurrent
Mute the output (return automatically.)
Low load impedance
Mute the output (return automatically.)
Power Supply
Protection
Thermal
Limiter Circuit
Clip limiting
Integrated power
Cooling
Power supply shutdown (heatsink temp.
100°C)
Gain reduction (return automatically.)
Cilp limiter
3 speed fan x 2, front-to-back airflow
Maximum Input Level
+24dBu
Input Impedance
20kΩ (balanced)
10kΩ (unbalanced)
Sampling Frequency
48kHz
A/D, D/A Converters
AD: 24-bit linear, 128 times over sampling
DA: 24-bit linear, 128 times over sampling
Signal Processing
Latency
32 bit digital signal processing
Analog input  [SPEAKERS] output
1.85msec
[YDIF] input 
[SPEAKERS] output (fs=48kHz)
1.08msec
—
[YDIF] input 
[SPEAKERS] output (fs=44.1kHz)
1.17msec
—
Dante [PRIMARY]/[SECONDARY] input 
[SPEAKERS] output (fs=48kHz, Dante
latency setup = 0.25msec)
—
1.33msec
Dante [PRIMARY]/[SECONDARY] input 
[SPEAKERS] output (fs=44.1kHz, Dante
latency setup = 0.25msec)
—
1.42msec
234 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D Owner’s Manual
Specifications
XMV8280
Controls
Front panel
XMV8140
XMV8280-D
Front panel (software)
ATT (-99dB to 0dB, 1dB step), POLARITY,
HPF (OFF, 40Hz, 80Hz), *40Hz or 80Hz for Hi-Z output setup
INPUT SOURCE (ANALOG/DIGITAL), SIGNAL LED (INPUT/OUTPUT)
Rear panel
AMP SETTING switch x 2 (OUTPUT FORMAT, IMPEDANCE, DOUBLE POWER
MODE, HI-Z LEVEL, per 2 channels),
SETUP switch (SECONDARY PORT,
LED DIMMER, PANEL LOCK,
IP SETTING, START UP MODE),
Rotary switch x 2 (UNIT ID HIGH,
UNIT ID LOW)
AMP SETTING switch x 2 (OUTPUT FORMAT, IMPEDANCE, DOUBLE POWER
MODE, HI-Z LEVEL, per 2 channels),
SETUP switch (UNIT ID, LED DIMMER,
PANEL LOCK, IP SETTING, START UP
MODE), Rotary switch (UNIT ID)
Connectors
Analog input
Euroblock (5.08mm pitch, balanced) /ch
Digital I/O
RJ45 x 2 (Dante [PRIMARY]/[SECONDARY])
RJ45 x 2 ([YDIF] IN/OUT)
Speakers
Barrier strip /ch
Network
RJ45 x 1
—
Remote
Euroblock (3.50mm pitch) x 1
Fault output
Euroblock (3.50mm pitch) x 1
Power
AC inlet x1
Indicators
[POWER] x 1 (green),
[ALERT] x 1 (red),
[PANEL LOCK] x 1 (orange),
[PROTECTION] x 8 (orange),
[LIMIT] x 8 (red),
[MUTE] x 8 (yellow),
[SIGNAL] x 8 (green),
[SELECT] x 8 (green),
[PRIMARY] x 1 (green),
[SECONDARY] x 1 (green),
[SYNC] x 2 (green, orange)
[POWER] x 1 (green),
[ALERT] x 1 (red),
[PANEL LOCK] x 1 (orange),
[PROTECTION] x 8 (orange),
[LIMIT] x 8 (red),
[MUTE] x 8 (yellow),
[SIGNAL] x 8 (green),
[SELECT] x 8 (green),
[NETWORK] x 1 (green),
[YDIF] x 1 (green)
Display
3 digit, 7 segment numeric display
AC Power Requirement
Power
Consumption
XMV8140-D
Power switch (rocker), Rotary encoder x 1,
[FUNCTION] button x 1, [SELECT] button x 8, [MUTE] button x 1
100V, 120V, 230V–240V 50Hz/60Hz
450 W
250 W
450 W
250 W
Idle (4Ω)
1/8 MAX power (4Ω)
73 W
73 W
73 W
73 W
Standby
23 W
23 W
23 W
23 W
Operating Temperature
0°C to +40°C
Storage Temperature
-20°C to +60°C
Dimensions (W x H x D, including knob)
480 x 88 x 422 mm (18.9 x 3.5 x 16.6 inches)
Net Weight
10.1 kg (22.3 lbs)
Included Accessories
AC power cord (2.5m) x 1, Euroblock plug (3-pin, 3.50mm pitch) x 2,
Euroblock plug with tabs (3-pin, 5.08mm pitch) x 8, Cable tie x 4, Owner’s Manual x 1
Optional Accessories
—
 [SIGNAL] Indicator Lit Level
XMV8280/XMV8280-D
XMV8140/XMV8140-D
Lit level
Lit level
dBu
Vrms
W
dBu
100V
8.7
2.11
—
Vrms
W
100V
8.7
2.11
—
70V
5.6
1.48
—
560W/8Ω
5.2
1.41
0.249
70V
5.6
1.48
—
280W/8Ω
2.2
1.00
0.125
560W/4Ω
2.2
1.00
280W/8Ω
2.2
1.00
0.250
280W/4Ω
-0.8
0.71
0.125
0.125
140W/8Ω
-0.8
0.71
0.063
280W/4Ω
-0.8
0.71
0.125
140W/4Ω
-3.8
0.50
0.063
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D Owner’s Manual
235
Specifications
Block Diagram
*1: Balanced (BTL)
*2: Unbalanced
• 560W{280W}, 8Ω <D>
• 560W{280W}, 4Ω <D>
• 70V, 250W{125W}
• 280W{140W}, 8Ω
• 100V, 250W{125W}
• 280W{140W}, 4Ω
Channel H
Channel G
Channel F
Channel E
Channel D
Channel C
Channel B
Channel A
<D>: Double Power mode (Channels B, D, F and H are
disabled.)
Channel G
Channel E
Channel C
Channel A
G
DSP
INPUT MIX
AD
HA
Input:
Analog: 8
YDIF: 8
(XMV8280/
XMV8140
only)
ATT
XMV8280/XMV8140 only
YDIF
In
-3dBFS
-20dBFS
Out
ATT
DIGITAL INPUT
SENSITIVITY
+
–
PROTECTION
SIGNAL (IN)
LIMIT
HPF
SIGNAL
(OUT)
INV
Dante: 8
(XMV8280-D/
XMV8140-D
only)
POLARITY
Unbalanced *2
40Hz
MUTE
LIMITER
DA
OFF
ALERT
Dante
-3dBFS
PRIMARY
-20dBFS
Balanced (BTL)*1
80Hz
Output: 8
XMV8280-D/XMV8140-D only
TEMP
DC-FAULT
OUTPUT
CURRENT
OUTPUT
VOLTAGE
INTEGRAL
OUTPUT
POWER
LOAD
IMPEDANCE
ATT
DIGITAL INPUT
SENSITIVITY
AD
Channel H
Channel F
Channel D
Channel B
-3dBFS
Balanced (BTL)*1
SECONDARY
AMP PROTECTION LOGIC
-20dBFS
SPEAKERS
ATT
Unbalanced *2
SPEAKERS
+
–
INV
Dimensions
3
11
2.5
10
382
409
414
422
430
480
88
76.2
463
(XMV8280/XMV8140)
11x6.5
480
88
76.2
463
(XMV8280-D/XMV8140-D)
11x6.5
236 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D Owner’s Manual
Unit: mm
Specifications
Current Draw and Heat Dissipation
 XMV8280/XMV8280-D
Power Specifications (PINK NOISE, 100V/50Hz mains)
MODE
standby
idle
1/8 output
power
1/3 output
power
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
Heat Dissipation
Btu/h
kcal/h
Line Current (A)
Power
Consumption (W)
Watts
Dissipated (W)
0.4
23
23
77
20
0.8
0.8
0.7
0.8
1.0
1.0
4.3
4.1
4.2
4.3
3.8
3.9
10.8
10.3
10.7
10.8
9.1
9.4
70
70
56
67
95
94
418
397
404
416
375
382
1031
980
1016
1040
873
905
70
70
56
67
95
94
138
117
124
136
125
132
284
233
269
293
206
238
238
238
189
228
323
320
469
398
422
462
425
449
967
793
916
997
702
810
60
60
48
58
82
81
119
101
107
117
108
114
245
201
232
253
178
205
Line Current (A)
Power
Consumption (W)
Watts
Dissipated (W)
0.4
23
23
77
20
0.7
0.7
0.6
0.7
0.9
0.9
3.6
3.4
3.4
3.5
3.2
3.2
8.8
8.3
8.6
8.8
7.4
7.6
70
70
57
67
94
94
415
394
401
412
371
377
1014
955
990
1010
857
882
70
70
57
67
94
94
135
114
121
132
121
127
267
208
243
263
190
215
238
236
195
228
318
319
459
388
411
449
411
432
909
708
827
895
647
732
60
60
49
58
81
81
116
98
104
114
104
109
230
179
210
227
164
185
Power Specifications (PINK NOISE, 120V/60Hz mains)
MODE
standby
idle
1/8 output
power
1/3 output
power
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
Heat Dissipation
Btu/h
kcal/h
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D Owner’s Manual
237
Specifications
Power Specifications (PINK NOISE, 230V/50Hz mains)
MODE
standby
idle
1/8 output
power
1/3 output
power
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
280W/4Ω
280W/8Ω
560W/4Ω
560W/8Ω
100V
70V
Heat Dissipation
Btu/h
kcal/h
Line Current (A)
Power
Consumption (W)
Watts
Dissipated (W)
0.4
23
23
77
20
0.5
0.5
0.5
0.5
0.6
0.6
1.9
1.8
1.8
1.9
1.7
1.7
4.4
4.2
4.3
4.4
3.7
3.9
67
67
53
65
90
90
405
385
392
403
363
370
961
914
939
959
821
846
67
67
53
65
90
90
125
105
112
123
113
120
214
167
192
212
154
179
229
226
181
220
306
307
425
357
381
418
384
408
729
569
654
722
525
610
58
57
46
56
77
78
108
90
96
106
97
103
185
144
166
183
133
154
1/8 power is typical of program material with occasional clipping. Refer to these figures for most applications.
1/3 power represents program material with extremely heavy clipping.
Test signal: Pink Noise, bandwidth limited from 22Hz to 22kHz
All channels driven
1W = 0.860kcal/h, 1BTU = 0.252kcal
Note that Line Voltage [V] x Line Current [A] = [VA], not equals to [W].
 XMV8140/XMV8140-D
Power Specifications (PINK NOISE, 100V/50Hz mains)
MODE
standby
idle
1/8 output
power
1/3 output
power
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
Heat Dissipation
Btu/h
kcal/h
Line Current (A)
Power
Consumption (W)
Watts
Dissipated (W)
0.4
23
23
77
20
0.8
0.8
0.7
0.8
1.1
1.1
2.5
2.4
2.4
2.6
2.4
2.4
5.4
5.1
5.3
5.4
4.8
4.9
73
73
58
70
96
96
241
230
230
249
233
237
525
502
515
525
467
482
73
73
58
70
96
96
101
90
90
109
108
112
152
129
142
152
134
149
247
247
198
239
326
326
343
306
306
371
367
381
516
437
482
516
454
505
63
62
50
61
83
83
87
77
77
94
93
96
131
111
122
131
115
128
238 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D Owner’s Manual
Specifications
Power Specifications (PINK NOISE, 120V/60Hz mains)
MODE
standby
idle
1/8 output
power
1/3 output
power
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
Heat Dissipation
Btu/h
kcal/h
Line Current (A)
Power
Consumption (W)
Watts
Dissipated (W)
0.4
23
23
77
20
0.8
0.8
0.7
0.7
0.9
0.9
2.1
2.0
2.0
2.2
2.0
2.1
4.4
4.2
4.3
4.4
3.9
4.1
72
72
59
70
96
96
240
229
229
249
233
237
520
495
508
520
463
478
72
72
59
70
96
96
100
89
89
109
108
112
147
122
135
147
130
145
244
244
201
236
328
327
340
303
303
371
367
381
499
414
458
499
441
492
62
62
51
60
83
83
86
77
77
94
93
96
126
105
116
126
112
125
Line Current (A)
Power
Consumption (W)
Watts
Dissipated (W)
0.4
23
23
77
20
0.5
0.5
0.5
0.5
0.6
0.6
1.2
1.1
1.1
1.2
1.2
1.2
2.3
2.2
2.3
2.3
2.1
2.2
69
69
55
67
94
94
234
223
223
244
228
232
506
482
495
505
452
465
69
69
55
67
94
94
94
83
83
104
103
107
133
109
122
132
119
132
236
234
188
227
318
319
320
282
282
354
350
364
451
369
414
448
403
448
60
59
48
58
81
81
81
71
71
90
89
92
114
94
105
113
102
113
Power Specifications (PINK NOISE, 230V/50Hz mains)
MODE
standby
idle
1/8 output
power
1/3 output
power
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
140W/4Ω
140W/8Ω
280W/4Ω
280W/8Ω
100V
70V
Heat Dissipation
Btu/h
kcal/h
1/8 power is typical of program material with occasional clipping. Refer to these figures for most applications.
1/3 power represents program material with extremely heavy clipping.
Test signal: Pink Noise, bandwidth limited from 22Hz to 22kHz
All channels driven
1W = 0.860kcal/h, 1BTU = 0.252kcal
Note that Line Voltage [V] x Line Current [A] = [VA], not equals to [W].
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D Owner’s Manual
239
Information for Users on Collection and Disposal of Old Equipment
This symbol on the products, packaging, and/or accompanying documents means that used electrical and electronic
products should not be mixed with general household waste.
For proper treatment, recovery and recycling of old products, please take them to applicable collection points, in
accordance with your national legislation and the Directives 2002/96/EC.
By disposing of these products correctly, you will help to save valuable resources and prevent any potential negative
effects on human health and the environment which could otherwise arise from inappropriate waste handling.
For more information about collection and recycling of old products, please contact your local municipality, your waste
disposal service or the point of sale where you purchased the items.
[For business users in the European Union]
If you wish to discard electrical and electronic equipment, please contact your dealer or supplier for further information.
[Information on Disposal in other Countries outside the European Union]
This symbol is only valid in the European Union. If you wish to discard these items, please contact your local authorities or dealer and ask for the correct method of disposal.
(weee_eu_en_01)
Verbraucherinformation zur Sammlung und Entsorgung alter Elektrogeräte
Befindet sich dieses Symbol auf den Produkten, der Verpackung und/oder beiliegenden Unterlagen, so sollten
benutzte elektrische Geräte nicht mit dem normalen Haushaltsabfall entsorgt werden.
In Übereinstimmung mit Ihren nationalen Bestimmungen und den Richtlinien 2002/96/EG bringen Sie alte Geräte
bitte zur fachgerechten Entsorgung, Wiederaufbereitung und Wiederverwendung zu den entsprechenden Sammelstellen.
Durch die fachgerechte Entsorgung der Elektrogeräte helfen Sie, wertvolle Ressourcen zu schützen, und verhindern
mögliche negative Auswirkungen auf die menschliche Gesundheit und die Umwelt, die andernfalls durch unsachgerechte Müllentsorgung auftreten könnten.
Für weitere Informationen zum Sammeln und Wiederaufbereiten alter Elektrogeräte kontaktieren Sie bitte Ihre örtliche
Stadt- oder Gemeindeverwaltung, Ihren Abfallentsorgungsdienst oder die Verkaufsstelle der Artikel.
[Information für geschäftliche Anwender in der Europäischen Union]
Wenn Sie Elektrogeräte ausrangieren möchten, kontaktieren Sie bitte Ihren Händler oder Zulieferer für weitere Informationen.
[Entsorgungsinformation für Länder außerhalb der Europäischen Union]
Dieses Symbol gilt nur innerhalb der Europäischen Union. Wenn Sie solche Artikel ausrangieren möchten, kontaktieren Sie bitte Ihre örtlichen Behörden oder Ihren Händler und fragen Sie nach der sachgerechten Entsorgungsmethode.
(weee_eu_de_01a)
Information concernant la Collecte et le Traitement des déchets d’équipements électriques et électroniques.
Le symbole sur les produits, l’emballage et/ou les documents joints signifie que les produits électriques ou électroniques usagés ne doivent pas être mélangés avec les déchets domestiques habituels.
Pour un traitement, une récupération et un recyclage appropriés des déchets d’équipements électriques et électroniques, veuillez les déposer aux points de collecte prévus à cet effet, conformément à la réglementation nationale et
aux Directives 2002/96/CE.
En vous débarrassant correctement des déchets d’équipements électriques et électroniques, vous contribuerez à la
sauvegarde de précieuses ressources et à la prévention de potentiels effets négatifs sur la santé humaine qui pourraient advenir lors d’un traitement inapproprié des déchets.
Pour plus d’informations à propos de la collecte et du recyclage des déchets d’équipements électriques et électroniques, veuillez contacter votre municipalité, votre service de traitement des déchets ou le point de vente où vous avez
acheté les produits.
[Pour les professionnels dans l’Union Européenne]
Si vous souhaitez vous débarrasser des déchets d’équipements électriques et électroniques veuillez contacter votre
vendeur ou fournisseur pour plus d’informations.
[Information sur le traitement dans d’autres pays en dehors de l’Union Européenne]
Ce symbole est seulement valable dans l’Union Européenne. Si vous souhaitez vous débarrasser de déchets
d’équipements électriques et électroniques, veuillez contacter les autorités locales ou votre fournisseur et demander
la méthode de traitement appropriée.
(weee_eu_fr_01a)
240 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D Owner’s Manual
Información para los usuarios acerca de la recogida y desecho de equipos antiguos
Este símbolo en los productos, embalajes y/o documentos adjuntos indica que los productos eléctricos y electrónicos
usados no deben mezclarse con la basura doméstica normal.
Lleve los productos antiguos a los puntos de recogida pertinentes, de acuerdo con la legislación nacional y la Directiva 2002/96/CE, para conseguir así un tratamiento, recuperación y reciclaje adecuados.
Si se deshace correctamente de estos productos, contribuirá a ahorrar valiosos recursos y a impedir los posibles
efectos adversos que sobre la salud humana y el medio ambiente podría provocar la incorrecta manipulación de la
basura.
Póngase en contacto con su ayuntamiento, con el departamento de eliminación de basuras o con el establecimiento
donde adquirió los artículos y obtenga más información acerca de la recogida y reciclaje de productos antiguos.
[Para usuarios profesionales de la Unión Europea]
Si desea desechar equipos eléctricos y electrónicos, póngase en contacto con su distribuidor o proveedor para obtener más información.
[Información acerca del desecho en países fuera del ámbito de la Unión Europea]
Este símbolo solo es válido dentro de la Unión Europea. Si desea desechar estos artículos, póngase en contacto con
las autoridades municipales o con su distribuidor, e infórmese acerca del método correcto de hacerlo.
(weee_eu_es_01a)
Informazioni per gli utenti sulla raccolta e lo smaltimento di vecchia attrezzatura
La presenza di questo simbolo sui prodotti, sull’imballaggio, e/o sui documenti che li accompagnano avverte l’utente
che i prodotti elettrici ed elettronici usati non devono essere associati ai rifiuti domestici generici.
Per il trattamento, recupero e riciclaggio appropriati di vecchi prodotti, consegnarli ai punti di raccolta specifici in
accordo con la propria legislazione nazionale e la direttiva 2002/96/CE.
Smaltendo correttamente questi prodotti, si contribuisce al risparmio di risorse preziose e a prevenire alcuni potenziali
effetti negativi sulla salute umana e l’ambiente, che altrimenti potrebbero sorgere dal trattamento improprio dei rifiuti.
Per ulteriori informazioni sulla raccolta e il riciclaggio di vecchi prodotti, contattare la propria amministrazione comunale, il servizio di smaltimento dei rifiuti o il punto vendita dove i prodotti sono stati acquistati.
[Per le aziende dell’Unione europea]
Se si desidera disfarsi di prodotti elettrici ed elettronici, contattare il rivenditore o il fornitore per ulteriori informazioni.
[Informazioni sullo smaltimento negli altri Paesi al di fuori dell’Unione europea]
Il presente simbolo è valido solamente nell’Unione europea. Se si desidera disfarsi di questi articoli, contattare le
autorità locali o il rivenditore per informarsi sulle corrette modalità di smaltimento.
(weee_eu_it_01a)
NEDERLAND / THE NETHERLANDS
• Dit apparaat bevat een lithium batterij voor geheugen back-up.
• This apparatus contains a lithium battery for memory back-up.
• Raadpleeg uw leverancier over de verwijdering van de batterij op het moment dat u het apparaat ann het einde van de levensduur of
gelieve dan contact op te nemen met de vertegenwoordiging van Yamaha in uw land.
• For the removal of the battery at the moment of the disposal at the end of life please consult your retailer or Yamaha representative
office in your country.
• Gooi de batterij niet weg, maar lever hem in als KCA.
• Do not throw away the battery. Instead, hand it in as small chemical waste.
(lithium disposal)
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D Owner’s Manual
241
242 XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D Owner’s Manual
For details of products, please contact your nearest Yamaha
representative or the authorized distributor listed below.
Pour plus de détails sur les produits, veuillez-vous adresser à Yamaha ou
au distributeur le plus proche de vous figurant dans la liste suivante.
NORTH AMERICA
CANADA
Yamaha Canada Music Ltd.
135 Milner Avenue, Toronto, Ontario,
M1S 3R1, Canada
Tel: 416-298-1311
U.S.A.
Yamaha Corporation of America
6600 Orangethorpe Avenue, Buena Park, CA 90620,
U.S.A.
Tel: 714-522-9011
CENTRAL & SOUTH AMERICA
MEXICO
Yamaha de México, S.A. de C.V.
Av. Insurgentes Sur 1647 Piso 9, Col. San José
Insurgentes, Delegación Benito Juárez, México,
D.F., C.P. 03900
Tel: 55-5804-0600
BRAZIL
Yamaha Musical do Brasil Ltda.
Rua Fidêncio Ramos, 302 – Cj 52 e 54 – Torre B – Vila
Olímpia – CEP 04551-010 – São Paulo/SP, BRAZIL
Tel: 011-3704-1377
ARGENTINA
Yamaha Music Latin America, S.A.,
Sucursal Argentina
Olga Cossettini 1553, Piso 4 Norte,
Madero Este-C1107CEK
Buenos Aires, Argentina
Tel: 011-4119-7000
VENEZUELA
Yamaha Music Latin America, S.A.,
Sucursal Venezuela
C.C. Manzanares Plaza P4
Ofic. 0401- Manzanares-Baruta
Caracas Venezuela
Tel: 58-212-943-1877
PANAMA AND OTHER LATIN
AMERICAN COUNTRIES/
CARIBBEAN COUNTRIES
Yamaha Music Latin America, S.A.
Torre Banco General, Piso No.7, Marbella,
Calle 47 y Aquilino de la Guardia,
Ciudad de Panamá, República de Panamá
Tel: +507-269-5311
EUROPE
THE UNITED KINGDOM/IRELAND
Yamaha Music Europe GmbH (UK)
Sherbourne Drive, Tilbrook, Milton Keynes,
MK7 8BL, U.K.
Tel: 01908-366700
SWITZERLAND/LIECHTENSTEIN
Yamaha Music Europe GmbH
Branch Switzerland in Zürich
Seefeldstrasse 94, 8008 Zürich, Switzerland
Tel: 044-387-8080
AUSTRIA/BULGARIA
Yamaha Music Europe GmbH Branch Austria
Schleiergasse 20, A-1100 Wien, Austria
Tel: 01-60203900
CZECH REPUBLIC/HUNGARY/
ROMANIA/SLOVAKIA/SLOVENIA
Yamaha Music Europe GmbH
Branch Austria (Central Eastern Europe Office)
Schleiergasse 20, A-1100 Wien, Austria
Tel: 01-60203900
POLAND/LITHUANIA/LATVIA/ESTONIA
Yamaha Music Europe GmbH
Branch Poland Office
ul. Wrotkowa 14 02-553 Warsaw, Poland
Tel: +48 22 88 00 888
PA39
Para detalles sobre productos, contacte su tienda Yamaha más
cercana o el distribuidor autorizado que se lista debajo.
MALTA
Olimpus Music Ltd.
The Emporium, Level 3, St. Louis Street Msida
MSD06
Tel: 02133-2144
NETHERLANDS/BELGIUM/
LUXEMBOURG
Yamaha Music Europe Branch Benelux
Clarissenhof 5-b, 4133 AB Vianen, Netherlands
Tel: 0347-358 040
FRANCE
Yamaha Music Europe
7 rue Ambroise Croizat, Zone d'activites Pariest,
77183 Croissy-Beaubourg, France
Tel: 01-64-61-4000
ITALY
Yamaha Music Europe GmbH, Branch Italy
Viale Italia 88, 20020 Lainate (Milano), Italy
Tel: 02-935-771
SPAIN/PORTUGAL
Yamaha Music Europe GmbH Ibérica, Sucursal
en España
Ctra. de la Coruna km. 17,200, 28231
Las Rozas (Madrid), Spain
Tel: +34-91-639-88-88
GREECE
Philippos Nakas S.A. The Music House
147 Skiathou Street, 112-55 Athens, Greece
Tel: 01-228 2160
SWEDEN/FINLAND/ICELAND
Yamaha Music Europe GmbH Germany filial
Scandinavia
JA Wettergrensgata 1, Västra Frölunda, Sweden
Tel: +46 31 89 34 00
DENMARK
Yamaha Music Europe GmbH, Tyskland – filial
Denmark
Generatorvej 8B, DK-2730 Herlev, Denmark
Tel: 44 92 49 00
NORWAY
Yamaha Music Europe GmbH Germany Norwegian Branch
Grini Næringspark 1, N-1361 Østerås, Norway
Tel: 67 16 78 00
RUSSIA
Yamaha Music (Russia) LLC.
Room 37, bld. 7, Kievskaya street, Moscow,
121059, Russia
Tel: 495 626 5005
OTHER EUROPEAN COUNTRIES
Yamaha Music Europe GmbH
Siemensstraße 22-34, 25462 Rellingen, Germany
Tel: +49-4101-3030
GERMANY
Yamaha Music Europe GmbH
Siemensstraße 22-34, 25462 Rellingen, Germany
Tel: 04101-3030
Die Einzelheiten zu Produkten sind bei Ihrer unten aufgeführten
Niederlassung und bei Yamaha Vertragshändlern in den jeweiligen
Bestimmungsländern erhältlich.
AFRICA
Yamaha Music Gulf FZE
Office JAFZA 16-512, P.O.Box 17328,
Jebel Ali - Dubai, UAE
Tel: +971-4-881-5868
MIDDLE EAST
TURKEY
Yamaha Music Europe GmbH
Merkezi Almanya Türkiye İstanbul Şubesi
Maslak Meydan Sokak No:5 Spring Giz Plaza
Bağımsız Böl. No:3, 34398 Şişli İstanbul
Tel: +90-212-999-8010
CYPRUS
ASIA
THE PEOPLE’S REPUBLIC OF CHINA
Yamaha Music & Electronics (China) Co.,Ltd.
2F, Yunhedasha, 1818 Xinzha-lu, Jingan-qu,
Shanghai, China
Tel: 400-051-7700
INDIA
Yamaha Music India Pvt. Ltd.
Spazedge building, Ground Floor, Tower A, Sector
47, Gurgaon- Sohna Road, Gurgaon, Haryana, India
Tel: 0124-485-3300
INDONESIA
PT. Yamaha Musik Indonesia (Distributor)
Yamaha Music Center Bldg. Jalan Jend. Gatot
Subroto Kav. 4, Jakarta 12930, Indonesia
Tel: 021-520-2577
KOREA
Yamaha Music Korea Ltd.
8F, 9F, Dongsung Bldg. 158-9 Samsung-Dong,
Kangnam-Gu, Seoul, Korea
Tel: 02-3467-3300
MALAYSIA
Yamaha Music (Malaysia) Sdn., Bhd.
No.8, Jalan Perbandaran, Kelana Jaya, 47301
Petaling Jaya, Selangor, Malaysia
Tel: 03-78030900
SINGAPORE
Yamaha Music (Asia) Private Limited
Block 202 Hougang Street 21, #02-00,
Singapore 530202, Singapore
Tel: 65-6747-4374
TAIWAN
Yamaha Music & Electronics Taiwan Co.,Ltd.
2F., No.1, Yuandong Rd. Banqiao Dist.
New Taipei City 22063 Taiwan
Tel: 02-7741-8888
THAILAND
Siam Music Yamaha Co., Ltd.
3, 4, 15 and 16th floor, Siam Motors Building,
891/1 Rama 1 Road, Wangmai,
Pathumwan, Bangkok 10330, Thailand
Tel: 02-215-2622
VIETNAM
Yamaha Music Vietnam Company Limited
15th Floor, Nam A Bank Tower, 201-203 Cach
Mang Thang Tam St., Ward 4, Dist.3,
Ho Chi Minh City, Vietnam
Tel: +84-8-3818-1122
OTHER ASIAN COUNTRIES
Yamaha Corporation
Sales & Marketing Division
Nakazawa-cho 10-1, Naka-ku, Hamamatsu,
Japan 430-8650
Tel: +81-53-460-2312
OCEANIA
AUSTRALIA
Yamaha Music Australia Pty. Ltd.
Level 1, 99 Queensbridge Street, Southbank,
Victoria 3006, Australia
Tel: 3-9693-5111
COUNTRIES AND TRUST
TERRITORIES IN PACIFIC OCEAN
Yamaha Corporation
Sales & Marketing Division
Nakazawa-cho 10-1, Naka-ku, Hamamatsu,
Japan 430-8650
Tel: +81-53-460-2312
Yamaha Music Europe GmbH
Siemensstraße 22-34, 25462 Rellingen, Germany
Tel: 04101-3030
OTHER COUNTRIES
Yamaha Music Gulf FZE
Office JAFZA 16-512, P.O.Box 17328,
Jebel Ali - Dubai, U.A.E
Tel: +971-4-881-5868
HEAD OFFICE Yamaha Corporation, Audio Products Sales and Marketing Division
Nakazawa-cho 10-1, Naka-ku, Hamamatsu, Japan 430-8650
XMV8280/XMV8140/XMV8280-D/XMV8140-D Owner’s Manual
243
Yamaha Pro Audio global web site
http://www.yamahaproaudio.com/
Yamaha Manual Library
http://www.yamaha.co.jp/manual/
Manual Development Department
© 2013 Yamaha Corporation
厂名:雅马哈电子(苏州)有限公司
厂址:江苏省苏州市苏州新区鹿山路18号
Published 03/2015 改版 POHD-D0
Printed in China
ZF31880
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement