Racelogic RLVBDSP05-H User manual

Racelogic RLVBDSP05-H User manual
 VIDEO VBOX LITE HARDWARE & SOFTWARE MANUAL
Issue 1 2010 年 05 月 07 日(Friday) VIDEO VBOX LITE MANUAL Page | 2 07 May 2010 初めに この VideoVBOX LITE は、強力な GPS データロガーを高品質ソリッドステート・ビデオレコーダーと組み合わせたもの
です。2台のカメラを利用し、それらをグラフィカル・オーバーレイと組み合わせるので、ビデオは DVD 品質の MPEG4
ファイルとして SD カードや USB デバイス上に録画されます。VideoVBOX LITE は、ビデオファイルの他に標準で以下
のパラメータを記録します:衛星数、時間、緯度、経度、速度、向き、高度、鉛直速度および AVI タイム。 このユニットは付属の VBOX ツール・ソフトウェアによって、パソコンを使用して記録されたビデオを見て、ログされた
情報を分析でき、また Google Earth やその他のパラメータを使って、いつでもどのくらいの速度で走行したのか、どこ
に行ったのかが分かります。 VideoVBOX LITE のログ・レートは、1秒当たり 10 サンプルです。これはサーキット上のスポーツカーや、滑降するス
キーヤーまたはマウンテンバイカーのような高速の走行を記録するのに適しています。 例として、最高画質設定で 8 ギガバイトの高容量 SD カードでは、およそ 160 分の画像をログすることができます。 注:これは記録されたビデオのサイズとしての概算であり、記録されるものによって異なります。 対象物の動き、色、複雑さによって、作成されるビデオファイルのサイズは影響されます。 このマニュアルでは、ユーザーが VideoVBOX LITE をすぐに使い始めることができるように、ハードウェアとソフトウェ
アの重要な使用方法を紹介します。 ここでは、VideoVBOX LITE と VideoVBOX LITE セットアップ・ソフトウェアの使用法を説明します。また、ソフトウェアのレ
イアウトと、ビデオ記録時に使用されるグラフィカル・オーバーレイの設定をするためにどのように使われるかについ
て説明します。オーバーレイ・エレメントは、VideoVBOX LITE でログされたチャンネルいずれかを表示するまで設定す
ることができ、その結果のビデオと VBOX データ・ファイルは時間同調するので、VBOX ツールソフトウェア内のデータ
とビデオをリンクさせて分析することができます。 このマニュアルでは以下の用語を使用します: ・ エレメント エレメントとは、スピードメーター・ゲージ、サーキット・マップ、またはテキスト・ラ
ベルや画像等の静止グラフィック等の VBOX チャンネル・データのグラフィック表
示です。エレメントは、VideoVBOX LITE をビデオにオーバーレイするシーンを作
り出します。 注:エレメントは ELN 拡張子でソフトウェアからエクスポートされます。 ・ シーン シーンとは、VideoVBOX LITE セットアップ・ソフトウェアを使用して作成されるグラ
フィカル・オーバーレイ・ファイルです。シーンは、エレメントから構成されていま
す。VideoVBOX LITE がビデオ・ファイルを作成すると、シーン・ファイルは、ビデ
オが最終的に視覚化される方法を決定します。 注:シーンは SCN 拡張子でソフトウェアからエクスポートされます。 注: このマニュアルで示される表示は、特に VideoVBOX LITE に関するものであることにご注意ください。 この製品は標準のグラフィカルシーンで出荷されます。無料でさらに多くのシーンを手にいれる
ためにあなたのユニットを以下で登録してください: www.videovbox.co.uk/register Contents
初めに ................................................................................................................................................................................ 3 クイックスタートガイド......................................................................................................................................................... 8 Video VBOX LITE の概要 .................................................................................................................................................. 10 Video VBOX LITE の入力及び出力................................................................................................................................... 10 Video VBOX LITE で出来ること ......................................................................................................................................... 10 Video VBOX LITE でカスタマイズできること...................................................................................................................... 10 ソフトウェアのインストール .............................................................................................................................................. 11 Video VBOX LITE の登録 .................................................................................................................................................. 11 Video VBOX LITE の開始 .................................................................................................................................................. 12 接続について ................................................................................................................................................................... 12 LED インジケータ .............................................................................................................................................................. 12 OLED ディスプレイでデータを表示する ........................................................................................................................... 13 VVBL のデータログ ........................................................................................................................................................... 14 標準チャンネル ................................................................................................................................................................ 14 シングル CAN チャンネルのロギング .............................................................................................................................. 14 ラップタイミング・パラメータ ............................................................................................................................................. 14 DriftBox パラメータ ........................................................................................................................................................... 14 MPEG4 ビデオ .................................................................................................................................................................. 15 インターレースビデオ....................................................................................................................................................... 15 ログモード......................................................................................................................................................................... 16 ログレート ......................................................................................................................................................................... 16 ファイル管理..................................................................................................................................................................... 16 ログファイルのフォーマット .............................................................................................................................................. 17 CAN チャンネルをロギングする ....................................................................................................................................... 18 シーンプロパティから CAN データベースをロードする.................................................................................................... 18 エレメントプロパティから CAN データベースをロードする............................................................................................... 20 アドバンスド CAN オプション ............................................................................................................................................ 21 CAN ボーレート................................................................................................................................................................. 21 CAN モード ........................................................................................................................................................................ 21 CAN パラメータ・フィールドのマニュアル編集 ................................................................................................................. 21 CAN パラメータのエレメントへの割り当て ....................................................................................................................... 22 車両 CAN バスに接続する............................................................................................................................................... 22 Micro/Mini Input Module を使用するために VideoVBOX Lite を設定する .................................................................. 23 VideoVBOX LITE を使用するための入力モジュールチャンネルの選択 ......................................................................... 23 VideoVBOX LITE で MIM を使うためのセットアップ ......................................................................................................... 24 ラップタイミングパラメータを表示する............................................................................................................................. 24 スタート/フィニッシュラインとスプリットを作成する ......................................................................................................... 25 サーキットオーバーレイを作成する ................................................................................................................................ 27 DriftBox パラメータを表示する ........................................................................................................................................ 28 GPS コールドスタートを実行する ..................................................................................................................................... 28 ソフトウェアの概要........................................................................................................................................................... 29 推奨ソフトウェアツール.................................................................................................................................................... 29 Video VBOX LITE Setup ソフトウェアの起動 ..................................................................................................................... 30 メインビューウィンドウ...................................................................................................................................................... 31 ブラウザウィンドウ ........................................................................................................................................................... 31 プロパティウィンドウ......................................................................................................................................................... 31 メニューバー..................................................................................................................................................................... 32 File .................................................................................................................................................................................... 32 エレメント .......................................................................................................................................................................... 33 ビデオ ............................................................................................................................................................................... 33 オプション ......................................................................................................................................................................... 33 Scenes............................................................................................................................................................................... 34 新しいシーンを作成する.................................................................................................................................................. 34 既存のシーンを選択する................................................................................................................................................. 34 シーンプロパティを修正する............................................................................................................................................ 35 グリッドの設定.................................................................................................................................................................. 35 Video VBOX LITE のタイプ................................................................................................................................................. 35 シリアルアプリケーション ................................................................................................................................................. 35 ログレート ......................................................................................................................................................................... 35 ビデオ設定 ....................................................................................................................................................................... 35 オーディオ設定................................................................................................................................................................. 36 カメラ設定......................................................................................................................................................................... 36 スタート/フィニッシュとスプリット...................................................................................................................................... 36 CAN ................................................................................................................................................................................... 36 エレメントをシーンに追加する ......................................................................................................................................... 37 エレメント・タブ.................................................................................................................................................................. 37 テーマ・ドロップダウン...................................................................................................................................................... 37 エレメントタイプ・ドロップダウン ....................................................................................................................................... 37 シーンのレイヤーコントロール......................................................................................................................................... 38 シーンにおけるレイヤーの順番 ...................................................................................................................................... 38 シーンにおけるエレメント/レイヤーのグループ化と移動 ............................................................................................... 39 シーンを保存する............................................................................................................................................................. 41 シーンを VideoVBOX LITE にアップロードする ................................................................................................................. 42 ソフトウェアを使う............................................................................................................................................................. 42 SD カードを使う................................................................................................................................................................. 42 Video VBOX LITE からシーンをダウンロードする............................................................................................................. 42 シーンをソフトウェアから .SCN ファイルにエクスポートする ........................................................................................... 42 シーンを.SCN ファイルからインポートする....................................................................................................................... 42 エレメント ......................................................................................................................................................................... 43 新しいエレメントを作成する ............................................................................................................................................. 43 エレメントのサイズを選択する ........................................................................................................................................ 43 ビデオ Picture‐in‐Picture.................................................................................................................................................. 44 ゲージ............................................................................................................................................................................... 45 シングルバーグラフ ......................................................................................................................................................... 49 ダブルバーグラフ ............................................................................................................................................................. 51 テキスト............................................................................................................................................................................. 53 ラップタイミングパラメータを使用する ............................................................................................................................. 55 ラベル ............................................................................................................................................................................... 56 イメージ画像..................................................................................................................................................................... 57 新しく作成したエレメントの保存 ...................................................................................................................................... 59 付属書1: ゲージ作成の基本 .......................................................................................................................................... 60 付属書2:CAN パラメータのスケールとオフセットの計算............................................................................................... 68 付属書3:VideoVBOX LITE ファームウェアのアップグレード ......................................................................................... 71 付属書4:USB ドライバーを VISTA にインストールする方法........................................................................................... 72 付属書5:トラブルシューティングガイド........................................................................................................................... 75 付属書6:VideoVBOX LITE の仕様................................................................................................................................. 79 出力と精度 ....................................................................................................................................................................... 79 グラフィックス・サウンドと保存......................................................................................................................................... 81 入力 .................................................................................................................................................................................. 82 環境と物理的事項 ........................................................................................................................................................... 82 ソフトウェア....................................................................................................................................................................... 82 CAN Output....................................................................................................................................................................... 84 ユニット寸法 .................................................................................................................................................................... 85 コネクタ割り当て .............................................................................................................................................................. 86 連絡先 .............................................................................................................................................................................. 88 改定履歴 .......................................................................................................................................................................... 88
クイックスタート・ガイド デフォルトのシーンが標準としてロードされています。無料のシーンにアクセスするには、あな
たのユニットを以下で登録してください: www.videovbox.co.uk/register 1.
2.
車の屋根の中心にに GPS アンテナを設置してください。ただし混線
の原因になりますので、ルーフバーやラジオアンテナから離してく
ださい。. 注:もしアンテナの下部に金属物質がなければ、最大限の衛星ロ
ックを得るために金属の”グランド・プレーン”を作る必要がありま
す。写真は望ましくない地表からの反射をブロックするために2層
のアルミホイルを用いてバイク用のヘルメットにアンテナを設置し
た一例です。 ソケットにアンテナプラグを挿入してください。. 3.
‘PWR’コネクターに挿入し、メタルリングを捻り固定してく
ださい。 その後、車のシガレットライターアダプターにプラ
グを差し込んでください。 注: VideoVBOX LITE は起動に35秒ほどかかり、起動すると起動を示すビープ音が鳴ります。 4.
前方に向かっているカメラ (HI RES と書かれている方) を安全に車のフロントガラス等に取り付け、必要に応
じて、ピクチャーインピクチャー用カメラ (LOW RES と書かれている方) を設置してください。ドライバーや足元
などを写すのに使用できます。 5.
おおよその位置合わせをするために、カメラの上部についている目
印線を用いてください。さらに位置微調整をするには、別売プレビュ
ーモニターを用いるか、またはラップトップのソフトウェアプレビュー
機能を用いてください (詳しくは本マニュアルを御覧下さい)。 注: HI‐RES と書かれたカメラは‘CAM1’ソケットに、LOW‐RES と書か
れたカメラは ‘CAM2’ソケットに接続されていることを確認してくださ
い。 モノラルマイクは標準で 'MIC' 入力に接続出来ます。付属のスプリッタを使えばステレオ入力も可能です。 6.
メモリーカードが挿入されるとビープ音が鳴り、 'STATUS' LED が
点滅します。 7.
車のアンテナから空がはっきり見える所へ車を置いてください。
衛星をロックするのに2分ほどかかり、その後 'GPS' LED が点滅
します。 開けた場所にいてもロックに時間がかかる等の問題が生じてい
る場合、RECORD ボタンを10秒間押し続けることにより、'コール
ドスタート'で GPS 再起動を行うことができます。 デフォルトでは動いているときに自動で記録するようになっています。一度衛星のロックを獲得すれば、ユニ
ットは車が 2.5km/h 以上の速度で走行すると自動でデータの記録を開始し、5秒間 2.5km/h 以下の速度が
続くと記録を停止します。 'RECORD' ボタンを押すことにより手動でレコーディングを停止でき、再度電源を入れなおすかカードを入れ
なおすまで手動開始・終了モードになります。自動記録モードに戻すには、電源を入れなおすか、SD カード
を入れなおす必要があります。 8.
9.
重要 SD カードの外し方 'RECORD' LED が点灯しているときは決して SD カードをはずさないでください。点灯中にカードを抜くとビデオ
データが破損する恐れがあります。レコーディングを終了するには、停車して暫く待つか、'RECORD' ボタンを
押すか、電源を抜くかしなければいけません (内部の 'tank circuit' がレコーディングを中止し安全にファイル
をシャットダウンさせます) 。 USB ケーブルの使用について VideoVBOX をコンピュータに接続するときは、製品付属の Mini‐USB⇔USB A ケーブルをご使用ください。 例えば USB カードリーダー等の他製品に付属しているケーブルは、標準の長さを持つ USB コネクタでない
場合があり、これらを使用すると PC と VideoVBOX Lite との正常な通信を妨げる可能性があります。 携帯電話ソフトウェア VideoVBOX LITE と PC を接続する前に、PC 上で動いている携帯電話用ソフトウェアを確実に終了させてくだ
さい。本ソフトウェア使用時に VideoVBOX LITE⇔PC の USB ポート間の通信を阻害する競合が発生する可能
性があることが Racelogic で確認されています。 Video VBOX LITE の概要 VideoVBOX LITE の入力および出力 VideoVBOX LITE でできること ・
・
・
・
・
・
・
ユーザー設定可能なピクチャー・イン・ピクチャーとオーディオ入力により、2個のカメラ入力を同時に記録 スピード、距離、その他のパラメータを測定 ドライビング・ラインを分析 ドライビング・スタイルを他者と比較 ブレーキとコーナリングの間にタイヤを最大限活用しているかの確認 Google Earth 上でルートを表示 加速データ、トップスピード、1/4 マイル等を測定 VideoVBOX LITE でカスタマイズできること ・
ユーザー設定可能なグラフィカル・オーバーレイ―ロゴ、ゲージ、棒グラフ、サーキットコース図、ラップタイ
ム、距離、テキスト等々 付加機能 ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
SD カードインターフェース USB2.0 インターフェース(セットアップおよびロギング用) MPEG4 エンコーディング―およそ時間あたり 3GB (DVD 品質、PAL/NTSC フォーマット) 10個の GPS チャンネルのログ及び表示 1個の CAN チャンネルのログ及び表示 ラップタイム・パラメータ表示 (別売)ドリフトボックス・パラメータ表示 LED 動作ステータス表示 パワータンク回路―突然の電源不足を 15 秒間補うキャパシタ回路搭載 丈夫で軽いプラスチック筐体 記憶メディアと AV カメラ VideoVBOX LITE はログされたデータを SD カードに保存します。付属の SD カードは VideoVBOX LITE で使用するため
に既にフォーマットされており、使用前にフォーマットする必要はありません。 カードエラーにより SD カードのフォーマットが必要な場合には、VideoVBOX LITE は以下のフォーマットタイプに対応し
ているため、Windows を通じて行うことができます。 ・ FAT32 レースロジックは以下のブランドのメディアカードを強くお勧めします: SanDisk Kingston ソフトウェアのインストール VideoVBOX LITE のセットアップ・ソフトウェアは、コンピュータのハードドライブにインストールしなければなりません。
インストール CD から直接実行はできません。 注: VideoVBOX LITE のセットアップ・ソフトウェアを実行するには、マイクロソフト.NET フレームワーク 3.5 サービスパ
ック1またはそれ以上が必要です。インストール CD には必要な.NET インストール・パッケージが含まれています。 注: VideoVBOX LITE が記録した AVI ファイルを再生するには、XVid コーデック・パックもインストールしなければなり
ません。インストール CD には必要なインストール・パッケージが含まれています。 ソフトウェアをインストールするには、CD をコンピュータの CD ドライブに挿入してください。初期設定のインストール
言語は英語です。'OK' を押した後、画面上の指示に従ってインストールを完了してください。 VideoVBOX LITE のセットアップ・ソフトウェアは一人のユーザーまたは一台のコンピュータに限定されていないので、
必要に応じて複数のワークステーションにインストールすることができます。 VideoVBOX LITE の登録 レースロジックが継続的に最新のソフトウェアのリリース、ファームウェアのアップグレードについて通知し、技術サポ
ートが提供できるように、VideoVBOX LITE の登録手続きを行ってください。 あなたのユニットを以下で登録してください: www.videovbox.co.uk/register または提供されている登録フォームを記入して、レースロジックまでご返送ください。 VideoVBOX LITE の開始 接続について VideoVBOX LITE にはシガー電源ケーブルが同梱されています。これは主電源です。ケーブルは 2 ピンのコネクター
で、VideoVBOX LITE 正面の 2 ピン 'PWR' ソケットと接続します。金色の MCX コネクタを有する付属の GPS アンテナは、
VideoVBOX LITE 上の'GPS' コネクタに直接接続します。GPS アンテナと設置についてのより詳しい情報については、ト
ラブルシューティング・ガイドの 'GPS アンテナの設置' の項をご参照ください。 電源を VideoVBOX LITE に接続する前に、GPS アンテナを接続しなければなりません。VideoVBOX LITE は電源投入時
に、接続された GPS アンテナを探し、そのアンテナに最適なパフォーマンスを得るために自動的にゲイン調整を行う
ためです。電源投入後に接続した場合最適なゲインが得られません。 LED インジケータ VideoVBOX LITE のフロント・パネルには、一連の LED インジケータがあります。その機能は次の通りです: POWER: ・ 緑の点灯状態は、電源が接続されていることを示します。 STATUS: ・ 緑の点灯状態は、SD カードが差し込まれ、カメラが接続され、VideoVBOX LITE がログ記録の準備ができて
いることを示します。 GPS: ・ 緑の点滅は、コールドスタートが実行されていることを示します。 ・ 点灯しない場合、衛星がロックされていないことを示します。 ・ 緑の点灯は、記録が有効な状態になったことを示します。 RECORD: ・ 点灯していない場合、VideoVBOX LITE はカードへの書き込み待機中であることを示します。 ・ 緑の点灯状態は、VideoVBOX LITE は SD カードにログを記録中であることを示します。 重要: この LED が点灯もしくは点滅しているとき決して SD カードを抜かないでください―さもないとビデオデ
ータを失うことになります。 OLED ディスプレイでデータを表示する VideoVBOX LITE セットアップソフトウェアについての詳細は、 'VideoVBOX LITE セットアップソフトウェア'の項を参照し
てください。 VideoVBOX LITE は OLED ディスプレイをご使用いただけます。OLED ディスプレイは、スピー
ド、最大スピード、ラップタイム、それに VideoVBOX LITE からの横 G・縦 G データの表示に
使用することができます。 VideoVBOX LITE を OLED と一緒に使用する際には、シーンプロパティの ‘Serial Application’ メニューで 'OLED Display' オプションを選択します。 VideoVBOX LITE の初期化が完了すると、OLED は現在のシーンに Start/Finish & Split lines がセットされているかどう
か検知し、もしセットされていればその Start/Finish& Split line を用います。OLED ディスプレイには、OLED に
Start/Finish & Split データの転送が成功したことを示すメッセージが現れます。 OLED は同様に最後に使用したモードを表示するようになっているので、もし Start/Finish & Split lines がシーンにセッ
トされていて、OLED が最後に lap‐timing に使用されていたなら、OLED は自動で現在のトラックの lap‐timing の情報
をディスプレイに表示します。 OLED メニューに入り、 'USE OLED Display Splits info'を選択することでユーザーに OLED による Start/Finish & Split lines の表示を分けて定義することができます。 ユーザーは, ・ ボタンを押して Start/Finish ラインを設定することができます。その後、ユーザーはスプリットラインを定
義するか、スプリットラインのセットアップを完了するかのいずれかを選択します。 注:OLED を VideoVBOX LITE で lap‐timing や logging コントロールに使用する場合、'AUX' ケーブルが OLED の正しい
ソケットに接続されていることを確認してください。 OLED (RLVBDSP04) は上部のソケット (OLED をボタンが左側にくるように見たとき:下図) にのみシリアル接続をもって
いるため、このソケットに差し込んだときのみ、ラップタイムを正確に表示したり、VideoVBOX のログ記録をコントロー
ルすることができます。 OLED (RLVBDSP04) は両方のソケットに パススルーCAN がありますので、外部 CAN デバイスをどちらかのソケットに
接続して使用することができます (RLVBDSP05 モデルでは pass through CAN は搭載されていません)。 VideoVBOX LITE のデータログ VideoVBOX LITE は、MPEG4 ビデオと共に 10 個の標準チャンネルをログします。 標準チャンネル 以下のチャンネルは常に VBO ファイルにログされます: ・ 衛星 ・ UTC 時間 ・ 緯度 ・ 経度 ・ 速度 ・ 方位 ・ 高度 ・ 鉛直速度 ・ AVI ファイルインデックス ・ AVI 同期タイム 以下の追加のチャンネルも分析用ソフトウェアで選択して利用することができます: ・ 横 G ・ 縦 G ・ 回転半径 ・ 静止状態からの経過時間 ・ 電源投入からの経過時間 ビデオ・オーバーレイで標準チャンネルを表示する方法についてのより詳しい情報は、'エレメント'の項を参照してくだ
さい。 シングル CAN チャンネルのロギング CAN データベースをソフトウェアにロードして、CAN パラメータをロギングしたり、ビデオ・オーバーレイに使用すること
ができます。 ・ 1 CAN チャンネル(Video VBOX LITE モデル RLVBVD10LT, RLVBVD10LT1, and RLVBVD10LT2) CAN パラメータのログ方法とビデオ・オーバーレイでの使用方法に関する詳細は、'CAN パラメータのログ' の項を参
照してください。 ラップタイミング・パラメータ テキスト・エレメントへの入力として 19 種類の異なるラップタイミング・パラメータを使用することができます。これによ
ってビデオ・オーバーレイでいろいろなタイミング・パラメータを視覚化できます。 ビデオ・オーバーレイでラップタイミング・パラメータを表示する方法に関する詳細は、’ラップタイミング・パラメータの
表示’の部を参照してください。
DriftBox パラメータ DriftBox をお持ちの場合には、RLCAB090 シリアル・ケーブルを使用してユニットを VideoVBOX LITE に接続し、ドリフ
トアングルとスコアパラメータをシーンのエレメントへの入力として使用することができます。 ビデオ・オーバーレイでドリフト・アングルまたはスコアを表示する方法に関する詳細は、’ドリフトボックス・パラメータ
の表示’の部を参照してください。
MPEG4 ビデオ VideoVBOX LITE はインターレース MPEG4・AVI ファイル形式で映像を記録します。 注:VideoVBOX LITE がコンピュータに接続されている時にビデオを記録することはできません。USB を介してコンピュ
ータに接続している間に‘Rec’ボタンを押すと、VideoVBOX LITE は警告ビープ音を発します。 インターレースビデオ ビデオ映像を記録し、表示するには二つの方法-インターレース・スキャンとプログレッシブスキャン-があります。
現在使用しているカメラはインターレース方式を使用しています。 • インターレース・スキャン: この技術はフレームを作り出すために 2 つのフィールドを使用します。1 つのフィールドは画像内のすべての奇数ラ
インを含み、もう 1 つは画像のすべての偶数ラインを含んでいます。PAL 準拠のテレビ画面は、例えば、毎秒 50 フィ
ールドを走査します(奇数 25 個と偶数 25 個)。この 2 組の 25 個のフィールドは一緒に作用して 1/25 秒ごとに完全な
フレームを作り出し、その結果、毎秒 25 フレームの表示を行います。 • プログレッシブ・スキャン: この技術は、各フレームのすべての線を順々に描くことでビデオを表示します。性質上ディスプレイの解像度がプロ
グレッシブであるため、殆どの陰極管(CRT)コンピュータモニター、すべての LCD コンピュータ・モニター、あるいは殆
どの HDTV で使用されています。(SDTV 等他の CRT タイプのディスプレイは、通常インターレース・ビデオのみを表示
します。) VideoVBOX は、インターレース MPEG4 ・AVI フォーマットビデオファイルを生成します。 インターレース・ビデオは、同じインターレース・フォーマットで撮り、保存し、表示されるように設計されています。イン
ターレース・ビデオの各フレームは、異なる瞬間に撮られた 2 つのフィールドから構成されるため、インターレース・ビ
デオ・フレームは、個々のフィールドが撮られた時に記録対象が異なる位置にあるほど速く動いている場合、モーショ
ン・アーティファクトを呈します。これらのアーティファクトは、インターレース・ビデオがキャプチャスピードより遅く再生
した場合、または静止フレームを表示した場合にはっきりとわかります。 現代のコンピュータビデオディスプレイはプログレッシブスキャン方式であるため、フレーム内に速く動く対象物があ
るインターレースビデオ映像をコンピュータ上で再生すると、視認できるレベルのアーティファクトが現れます。コンピ
ュータ・システムはビデオ編集に使われることが多いので、このコンピュータ・ビデオ表示システムとテレビジョン信号
フォーマットの不一致は、別のビデオディスプレイハードウエアを利用しない限り確認することができません。 注:VideoVBOX LITE で記録されたビデオを、インターレース・ソースを表示できるテレビ上で再生すると、インターレ
ースは目には見えず、良好な品質で見ることができます。記録されたビデオを CRT または LCD モニター上で再生す
るには、ビデオ内の対象物が重なったりギザギザに表示されないように、インターレースのスムージングフィルタを適
用する必要がある場合があります。 プログレッシブスキャン・モニター(コンピュータ等)上でビデオを再生しようとする場合は、メインビデオ・カメラを車両
の外に向くように設置すると、フレームとフレームの差異を軽減でき、コンピュータ上で再生したときのインターレース
の影響を軽減できます。またビデオ・ビットレートは、記録される対象に応じて著しく変化するので、それをより良く利
用して不鮮明な動きではなく鮮明に記録します。 ウィンドウズ・メディアプレイヤーは、他のメディアプレイヤー同様、ビデオをレンダリングしません。レンダリングされ
たビデオのほうが品質がずっと高いため、レースロジックは VLC プレイヤー((http://www.videolan.org/vlc/) のダウン
ロードをお勧めします。また VLC プレイヤーは、インターレース除去フィルターを有効にする機能も備えています。 インターレースに関する詳しい説明は次のサイトでもご覧になれます: www.100fps.com ログ・モード VideoVBOX LITE は以下の二つのロギングモードをサポートしています: Log Only When Moving モード これは VideoVBOX Lite のデフォルト設定です。VBOX は 2.5km/h 以上の動きを検知すると自動的にデータ
の記録を開始し、スピードが 2.5km/h 以下に落ちるか’RECORD’ボタンが押されると記録を停止します。(記
録を停止するためにボタンを押すと、ボックスはマニュアルログ・モードになります。下記を参照)。 注: VideoVBOX LITE のロギング開始と停止の最低速度は変更でき、VideoVBOX セットアップソフトウェアのシーンプ
ロパティ中の'Log Settings'で変更することができます。終了速度に届いた時に VideoVBOX LITE がファイルを閉じるま
で待機する時間も同様に変更することができます。より詳細な情報は'シーンプロパティ'の項を参照してください。 マニュアルロギングモード マニュアルでのロギングを有効にするには、ユニット前面部にある'RECORD'ボタンを押します。ボタンをおす
と'RECORD'ボタンの緑色 LED が点灯し、VideoVBOX LITE は再度 Record ボタンが押されるかメディアの容量
がなくなるまでロギングを続けます。VideoVBOX LITE を再び'Only When Moving’モードに戻すには、メディア
を一度取り出して入れなおす必要があります。この操作で再び’Only When Moving’モードになり、車が動き
出すと同時にロギングを開始します。 注: VideoVBOXLite がデータを書き込んでいる間にカードを取り出すと、データ・ファイルが壊れるリスクがあり、結果
的にビデオ・データが消失するか、ビデオ・ファイルが壊れます。’Log Only When Moving’で記録している場合は、停
車したあとしばらく待ち、VideoVBOX Lite がロギング終了したことを確認してからイグニッションをオフしたり SD カード
を取り出すようにしてください。ロギングを停止すると、ユニットはビープ音を発し、緑の'RECORD' ライトが消えます。 マニュアルロギングモードによる記録を選択した場合には、ユニット全面の'RECORD'ボタンを押して記録を停止させ
ます。こうすることで、現在のファイルを正常に閉じ、データ破壊を防ぐことができます。この作業を行う前に
VideoVBOX LITE への電源供給が止まってしまうと、tank circuit が約 15 秒間電源を供給し、現在のビデオファイルを
正しく閉じます。 低電圧時(クランキング中等)のロギング: VideoVBOX LITE は記録中、ビデオ・カメラに電力を供給できないレベルにまで電圧が
落ちたことを検知できます。するとボックスは警告ビープ音を発し、低電力マークが記
録中のビデオ中央で点滅します。 5 秒以内に電力が回復すると、ボックスはビープ音を停止して記録を続けます。電力が回復しないと、現在
のビデオ・ファイルは閉じられます。暫くしてから電力が回復した場合、新しいビデオ・ファイルが作成され、
記録が継続されます。 ログ・レート VideoVBOX LITE は、10Hz の固定レート(1 秒あたり 10 サンプル)でデータを記録します。 ファイル管理 VideoVBOX LITE は、FAT32 フォーマット済み SD カードに記録します。VideoVBOX LITE は新しく挿入されたカードを検
知し、車が動き出すかログボタンが押された時、新たに接続されたデバイスにファイルを記録します。 車両が動き出すか'REC'ボタンが押される毎に、新しいビデオ(AVI)とデータ(VBO)ファイルが SD カードの’media’フォ
ルダ内に作成されます。現在のファイルは、車両が停まるか'REC'ボタンが再度押されると閉じられます。 ファイル名のフォーマットは次の通りです:VBOX####.VBO(####は増分の数字を表します。) 注: ビデオファイルのサイズが 2Gb に達すると、いったんファイルは閉じられて新しいファイルが作成されます。これ
は、4GB 以上のサイズのファイル生成をしないようにする、32 ビットファイルのインデックス制限によるものです。しか
しながら、2Gb のファイルサイズは、ほとんどのレースや走行セッションで新規のファイルを作成し直すことなく記録で
きる十分なサイズです。 ログファイルのフォーマット VideoVBOX LITE のファイルは Racelogic space delimited text フォーマットで保存されます。このフォーマットは
Performance Tools や VBOX Tools ソフトウェアと互換性があり、またワードプロセッサーやスプレッドシートのようなサ
ードパーティのアプリケーションに簡単にインポートすることができます。それぞれのファイルはシリアルナンバーやフ
ァームウェアのバージョンといった、VideoVBOX LITE についての情報やチャンネルの内容説明を含むヘッダ部をメイ
ンデータの前に持っています。 [コラム名]はデータの各コラム内のデータを示します。 VideoVBOX LITE.VBO ファイルの例を以下に示します。 注: “File Created”の時間と日付は協定世界時(UTC)による時間と日付であるため、お住まいの現地時間とは必ずし
も一致しません。 File created on 14/09/109 @ 16:24:38
(ファイル作成日時) [header]
(ヘッダ情報) satellites time latitude longitude velocity kmh heading height vertical velocity m/s avifileindex avisynctime [channel units]
(チャンネルの単位) [comments]
(コメント) Video VBox (c) Racelogic Ltd Video VBox Version : 002.002.00000 General Release Lite Serial number : 011358 [laptiming] (ラップタイム) Start 59.39148 3119.19091 59.40020 3119.19443 ¬ Split 59.22593 3119.15592 59.24026 3119.15712 ¬ Split 59.00605 3119.22063 59.00951 3119.21784 ¬ Split 59.06469 3119.32464 59.06773 3119.32034 ¬ Split 58.99396 3119.35256 58.99286 3119.34767 ¬ Split 59.32845 3119.34939 59.31972 3119.35026 ¬ Split 59.47089 3119.27912 59.46281 3119.28130 ¬ [avi] VBOX [column names] (データコラム名) sats time lat long velocity heading height vert‐vel avifileindex avitime [data] (データ) 007 162447.50 003119.36375 000059.50834 019.347 262.88 +00147.19 +000.33 0001 ‐00000001 007 162447.60 003119.36364 000059.50882 019.737 259.23 +00147.18 +000.32 0001 ‐00000001 007 162447.70 003119.36350 000059.50932 019.913 255.23 +00147.20 +000.31 0001 000000080 007 162447.80 003119.36334 000059.50981 020.325 251.82 +00147.21 +000.32 0001 000000160 007 162447.90 003119.36317 000059.51030 020.583 247.92 +00147.23 +000.32 0001 000000280 007 162448.00 003119.36296 000059.51078 020.930 243.87 +00147.23 +000.32 0001 000000360 006 162448.10 003119.36274 000059.51125 021.194 239.82 +00147.26 +000.33 0001 000000480 006 162448.20 003119.36250 000059.51170 021.593 235.65 +00147.29 +000.35 0001 000000560 006 162448.30 003119.36224 000059.51213 021.845 232.14 +00147.33 +000.36 0001 000000680 006 162448.40 003119.36197 000059.51254 022.283 228.84 +00147.37 +000.37 0001 000000760 006 162448.50 003119.36169 000059.51295 022.625 225.99 +00147.40 +000.38 0001 000000840 CAN チャンネルをロギングする VideoVBOX LITE で CAN を記録するには、まず VBOX Setup ソフトウエア内の CAN チャンネル設定フィールドを入力し
なければなりません。この設定は、CAN データベースをソフトウエアにロードして必要なチャンネルを選択するか、マ
ニュアルで CAN チャンネル・フィールドを設定するかのいずれかによって行うことができます。このステップを実行し
ない場合、CAN チャンネルは、エレメントを設定する際’CAN’ パラメータ・ドロップダウン・リストによる選択で表示され
ません。 注: 全ての VideoVBOX LITE モデルは1つの CAN チャンネルロギングができ、セットアップの“VCI”チェックボックスの
チェック有無は VideoVBOX LITE の CAN セットアップに影響しません。 シーン・プロパティから CAN データベースをロードする CAN データベースは、下記のいずれかのフォーマットが使用できます: ・ .DBC CAN データベース・ファイル ・ .REF Racelogic 暗号化ファイル ・ .VCI Racelogic VCI ファイル 1. データベース・ファイルは、シーン・プロパティ・バー内の’CAN’タブ
を開き、’Load’ボタンをクリックすることでロードできます。CAN チャ
ンネルが CAN データベース・ファイルから選択されるか、マニュアル
で設定されるまで、ボタンは’Empty’と表示され、CAN チャンネルを
シーン内で使用することはできません。 注: 右の例は VideoVBOX LITE の CAN チャンネルが空の状態であることを示しています。 2. ユーザーには、レースロジック提供の Vehicle CAN
データベース、レースロジック・モジュール・データベ
ース、独自の CAN データベース・ファイルをロードす
るか、ロード操作を取消すかのオプションがあります。 2a. Racelogic Vehicle CAN データベース ユーザーが Racelogic Vehicle CAN データベースを選択した場
合、ファイル・ブラウザ・ウインドウが開き、フル CAN データセ
ットか RPM のみのデータセットのいずれかをロードする選択
肢が与えられます。 フル CAN データセットは暗号化されたデータベースで、レース
ロジックが現在所有している車両 CAN 情報をすべて含んでい
ます。RPM のみのデータセットはフルデータセットのうちから
RPM パラメータのみに絞ったものです。 データベースを選択すると、パラメータ選択ウインドウが開き
ます(下記のステップ 3 参照)。これには、選択された
Racelogic Vehicle CAN データベース・ファイル内に含まれるパ
ラメータすべてのリストが含まれています。 注: VideoVBOX Lite の CAN データベースはレースロジックにより暗号化されています。REF フォーマットは、
Advanced Options でパラメータ・フィールドを見ることも編集することもできません。 注: CAN データベースファイルは継続的にアップデートされ、新車種が随時追加されていますので、もし現
時点でお使いの車の CAN パラメーターが見つからない場合、Racelogic にお問い合わせください。 2b. Racelogic モジュール CAN データベース (例:ミニインプットモジュール) ユーザーがレースロジック・モジュール CAN データベースを
選択した場合は、ファイル・ブラウザ・ウインドウが開いて、レ
ースロジック・モジュール CAN データベースのいずれかをロ
ードする選択肢が与えられます。データベースを選択すると、
パラメータ選択ウインドウが開きます(下記のステップ 3 参
照)。これには、レースロジック・モジュール CAN データベー
ス・ファイル内に含まれるパラメータすべてのリストが含まれ
ています。 2c..dbc ファイルをロードする ユーザーが独自の CAN.dbc データベース・ファイルを選択すると、ファイル・ブラウザ・ウインドウが開くので、
先ず CAN データベースが保存されたディレクトリまでナビゲートし、ファイルを選択し、‘OK’をクリックしなけ
ればなりません。 3.
4.
CAN データベースを選択した後、どの CAN パラメータを
VideoVBOX で使うかを選択します。パラメータ名の上でクリッ
クすると、CAN パラメータ・フィールド情報がウインドウの右に
リストされます。 必要な CAN パラメータの横にあるチェックボックスにチェックマ
ークをつけるとそのパラメータは空のチャンネルに割り当てら
れます。チェックされたチャンネルを選ぶには Apply をクリック
します。 チャンネルには、選択された順序で選択された CAN パラメータが投入され、CAN チャンネル・ボタンはその
チャンネルに割り当てられたパラメータ名を表示します。 5.
チャンネルは、VideoVBOX LITE のシーン内で使用するように設
定されています。 6.
チャンネルに割り当てられたパラメータを変更するには、チ
ャンネル・ボタンをクリックして、チャンネル設定ボックスを呼
び出します。 現在ロードされている CAN データベース・ファイルからパラメータを
ダブル・クリックするか、または 1 回クリックしてから”Apply”を選択し
て、違うチャンネルを選択することができます。または’Advanced Options’ドロップダウンをクリックすることで、直接パラメータ・フィー
ルドを編集することができます。 エレメント・プロパティから CAN データベースをロードする データベース・ファイルは、エレメント・プロパティ内のパラメータ・
ドロップダウンから‘CAN and Modules’を選択することによっても
ロードすることができます。 ‘Edit CAN Settings’ボタンがパラメータ選択ウインドウの下部に現れます。 注: 既にシーン・プロパティから CAN チャンネルが選択されている場合には、このボタンから CAN データベ
ース・ファイルをロードすると、選択された CAN チャンネルが次の空きスロットに追加されます。 レースロジック提供の VideoVBOX LITE の CAN
データベース、独自の CAN.dbc データベース・フ
ァイルをロードするか、ロード操作を取消すかの
オプションがあります。 CAN データベースを選択した後、どの CAN パラメータを VideoVBOX で使うかを選択します。パラメータ名を
クリックすると CAN パラメータ・フィールド情報がウィンドウの右にリストされます。 1.
2.
3.
必要な CAN パラメータのとなりのチェックボックスにチェック
マークをつけることにより、そのパラメータは選択
と同じ順序で次の利用できる空のチャンネルに割
り当てられます。例えば、WSPD_1 が最初にチェッ
クされた場合、チャンネル1に割り当てられます。 チェックされたチャンネルを選択するには、”Apply”をクリッ
クします。 CAN チャンネルが設定され使用できるようになります。エ
レメント・プロパティ内のパラメータ選択ドロップダウンか
ら選択できます。 4.
アドバンスド CAN オプション CAN ボーレート VideoVBOX LITE のデフォルトのボーレートは 500Kbit に設定されていま
す。ユーザーは 125、250、500Kbit、1Mbit から選択することができます。 CAN モード CAN とモジュール設定内のモード・ドロップダウンから、2つの CAN モー
ドを選択できます: ・ VCI VideoVBOX LITE が車両 CAN バスのようなサードパーティの CAN バスに接続するときは、'VCI' CAN モードを
選択しなければなりません。 ・ Racelogic VideoVBOX LITE が Mini/Micro インプットモジュールのような Racelocic の CAN モジュールに接続されている
ときは、'Racelogic' CAN モードを選択しなければなりません。 ・ Send Acknowledge Racelogic モードでは、VideoVBOX LITE は CAN ネットワークに確認パルスを送出するように自動的に設定さ
れています。これは VideoVBOX LITE が他のモジュールと正確に通信するのに必要です。 注: VideoVBOX LITE が予期しない車両の動作を引き起こす望ましくないデータを車両 CAN バスに流す可
能性があるので、VCI モードで確認パルスを送出するように設定されている場合には、注意してください! CAN パラメータ・フィールドのマニュアル編集 CAN パラメータ情報を修正する必要があるか、または CAN データベースが利用できないが CAN パラメータ情報は分
かっている場合には、CAN パラメータ・フィールドを各チャンネルにマニュアルで入力することができます。 1. 修正するチャンネル・ボタンをクリックすると、チャンネル設定ボックスが現れます。‘Advanced Options’ドロ
ップダウンの矢印をクリックすると、ボックスが開き、advanced options を変更することができます。 2. CAN パラメータ・フィールドが更新または修正されます。 CAN パラメータのエレメントへの割り当て CAN チャンネルが CAN パラメータ情報によって設定されると(データベース・ファイルかマニュアルのいずれかにより)、
エレメント・プロパティ・ボックス内の CAN パラメータ・ドロップダウン・メニューから選択できるようになります。 エレメント・データ・ソースとして使用するために CAN パラメータを選択するには: 1. CAN パラメータを使用するエレメントを選択する。 2. パラメータ選択ドロップダウンで、'CAN'を選択する。 3. パラメータ・リストには CAN チャンネルに割り当てられた
CAN パラメータが投入されます。 エレメント作成に関する詳しい情報は、'エレメント'の項を参照してください。 車両 CAN バスに接続する VideoVBOX LITE を車両からの CAN データをログし、表示するために使用する場合には、VideoVBOX LITE を車両の
OBD (On‐Board Diagnostics)ポートに接続する必要があります。多くの車両はこのインターフェースを供給する OBD コ
ネクターを搭載しています。 OBD コネクタの正確な位置は車両によって異なりますが、ドライバーから数十センチ以内にあり、簡単に接続できる
はずです。たいていの場合、ステアリング・コラムの下、ペダルの上かおそらくはドライバーの膝近くのヒューズ・ボッ
クス内で、OBD コネクタを見つけることができます。OBD はおそらく目につく場所にありますが、覆われている場合も
あります。 注: 接続にあたり車の CAN Hi と Lo 出力を裸線インターフェースを用いて接続する必要があるならば、我々は正規に
動作が保証された電気工会社と連絡を取ることを強くお勧めします。 下表では、代表的な車種と OBD コネクタの場所をリストしています。 Vehicle Make FORD Fiesta/Ka/Puma Fiesta ST150 Focus/Mondeo/Cougar/S‐Max Galaxy OBD Location パッセンジャー側の足元、‘A Post’の上 ハンドル下、ベダル部材の上 ハンドル下、ペダル部材の上(ある車両ではポートにアクセスする
ためにカバーを取り外します) ハンドル下、右手側または灰皿下 JAGUAR ‐‐ ハンドル下、ペダル部材の上 LAND ROVER ‐‐ ハンドル下、ペダル部材の上 MINI ‐‐ ハンドル下、ペダル部材の上(ポートにアクセスするためにはカバ
ーを取り外す) ‐‐ ハンドル下、ペダル部材の上 TOYOTA Astra VXR/Meriva VXR ハンドルブレーキグリップの下、中央コンソール内(ポートにアクセ
スするためにはカバーを取り外す) Zafira VXR ギアシフト・コンソール下、喫煙者パッケージを有する車両では灰
皿の下(ポートにアクセスするためにはカバーを取り外す) Corsa VXR 中央コンソールの下、灰皿の上 VAUXHALL/OPEL Model Micro/Mini input モジュールを使用するために VideoVBOX LITE を設定する VideoVBOX LITE は車の CAN バスに(正しいケーブルをつなぐことで)直接接続することができますが、もしこれができ
ない場合でも、ホイールの速度センサー、RPM,スロットル等のような車の各種センサーを接続することができます。 VideoVBOX LITE を使用するための入力モジュールチャンネルの選択 VideoVBOX LITE をお持ちで、'Mini input module'か'Micro input module'を使用したい場合、まずシーンプロパティ下の'Video VBOX Type'メニューの VCI box がチェックされていないことを確認してくださ
い。 ‘CAN and module configuration’ の下に、'Mini input module' と 'Micro input module'という二つのドロップダウンメニュー があります。 このタブには利用できる入力モジュールのチャンネルが全て
あります。最初は全てのチャンネルボタンがグレーアウトにな
っていて、これはパラメーターは現在シーンのエレメントが関
連付けられていないことと、VBO ファイルにログされていない
ことを示しています。 エレメントと入力モジュールチャンネルを利用するには、エレメントを作成するときに
'Mini input module' か 'Micro Input Module' をパラメーターソースリストから選択し
ます。入力モジュールチャンネルのリストがパラメータードロプダウンリストから選択
できるようになります。 入力モジュールパラメーターは、エレメント内で使用されると自
動で SD カードにログされ、ボタンに色がつきます(左図)。 パラメータ・ボタンをクリックすると、名前、単位、スケール、オフセット、最
小値と最大値を編集することができます。パラメータのセットアップに変更
を加えた後には、‘Apply’ボタンを押さなければなりません。 左の例では、パラメータがエレメントにより使用され、自動的にログされて
いるので、‘Log’チェックボックスは灰色がかっています 入力モジュールチャンネルをロギングする必要があるが、シーンでは使
用されない場合、'Log All button' をクリックすると、エレメントに使用さ
れているかどうかに関わらず、全てのチャンネルをログします。 注: VideoVBOX LITE が'Mini Input Module' と 'Micro input module' を正
しく認識するために、Mode が'Racelogic' にセットされ、'Send Acknowledge' パルスが入っていることを確認してください。 VideoVBOX LITE で MIM を使うためのセットアップ Mini Input Module を VideoVBOX LITE で使用するための適切な設定になっているのを確認するには、その適切な設
定(MIMVideo.rms というファイルで、VBOX ウェブサイトのダウンロードセクションからダウンロードできます)を'Stand Alone Setup Software' を使って Mini Input Module にアップロードする必要があります。 ラップタイミングパラメータを表示する VideoVBOX LITE は、ラップタイミングパラメータを TEXT エレメントとしてオーバーレイすることができます。 ラップタイミングパラメータの表示のセットアップの方法と、セカンダリパラメータ表示を使用する方法の詳細は'Text'
エレメントセクションをご参照下さい。 スタート/フィニッシュ・ラインとスプリットを作成する 'Start/Finish and Splits'ファイルを作成するには、少なくともサーキットを1ラップ以上ログ記録していなければなりませ
ん。Start/Finish&Splits ファイルの作成には VBOX Tools ソフトウェアを使用します。 VBOX Tools ソフトウェアでスタート/フィニッシュラインとスプリットを定義する 始めに VBOX Tools ソフトウエアを開いて、画面上部のメニュー・バーにある’Load All’ボタンをクリックします。すると
ファイル・ブラウザ・ウインドウが開きます。.VBO ファイルがあるディレクトリまでナビゲートして選択すると、ファイル
がソフトウェアにロードされます。グラフ・ウインドウはスピード対時間(もしくは距離)を表し、マップ・ウインドウはトラッ
ク上の車両の位置を表示します。 グラフ・ウインドウ内のどこかをクリックすると、マップ・ウインドウ内の位置インジケータが動いて、その時点での車両
のトラック上の位置を示します。スタート/フィニッシュ・ラインを定義するためには、グラフ・ウインドウ内のカーソルを
希望の位置まで動かし、そこで‘Spacebar’を押すか、ツールバー内の Set Start / Finish ボタンを押します。 カーソルをグラフ・ウインドウ内で動かすと、マップ・ウインドウ内のカー
ソルはこの動きに従うので、カーソル点がトラック上で該当する位置が
分かります。スタート/フィニッシュ・ラインを設定すると、マップ・ウインド
ウ内に緑の点が対応するカーソル位置に現れます。 スタート/フィニッシュに加えて、最大で 20 のスプリット・ポイントをソフト
ウエアに設定することができます。スプリット・ポイントを定義するには、
希望のカーソル位置で‘S’キーを押すか、‘Start / Finish & Splits’ドロッ
プダウン・メニューから‘Set Split’オプションを選択します。 スタートラインがフィニッシュ・ラインでない場合、別のフィニッシュ・ライ
ンを設置することができます。これはヒルクライムや、ドイツのニュルブ
ルクリンク等のスタート地点で終わらない一本道(Nordschleife の”
Bridge to Gantry”等)でのデータ分析等の際も使用されます。 希望のカーソル位置で’Shift’ + ‘Spacebar’を押すか、‘start / finish & splits’メニュ
ーから‘Set finish’ボタンを選択することで、別のフィニッシュ・ラインを作成します。 注: 位置エラーの影響を減らし、ラップタイミングの精度を良好に得るためには、サ
ーキットの高速部にスタート/フィニッシュ・ラインを設定することが重要です。 スタート/フィニッシュラインとスプリットデータをロード・セーブする スタート/フィニッシュ・ドロップダウン・メニューから‘Save’オプションをクリックすると、グラフ・スクリーン内で作成され
たスタート/フィニッシュとスプリット・ライン情報を‘.spl’ファイルに保存します。 スタート/フィニッシュ・ドロップダウン・メニューの‘Load‘ボタンをクリックし、‘.dsf’ または‘.spl’ファイルをロードして、
以前に定義したスプリット・ファイルを編集することができます。 種々のトラックによる複数の ‘.spl’ファイルがある場合には、トラックの名前を付けたディレクトリ内に保存することを
お勧めします。 スプリットを動かす グラフ・ウインドウ内の‘M’を押し、動かすスプリット数を入力するか、メニューから‘Move split(スプリットを動かす)’
を選択することで、スプリットを動かすことができます。 グラフ・チャート上でスプリット情報を表示する スタート/フィニッシュとスプリット・ラインは、Show Split Info on GraphChart(グラ
フ・チャート上でスプリット情報を表示)オプションを選択することで見えなくする
ことができます。これは 3 つのメインウインドウのうちのいずれかを右クリック
してコンテキスト・メニューを表示するか、ツールバー上のグラフ設定ボタンを
選択するかのいずれかで利用できます。スタート/フィニッシュとスプリット・ラインを隠すことを選択しても、それらはま
だアクティブなままです。見えなくてもソフトウエアはスプリット・ラインを保持しています。 ゲート幅 スプリット・ゲートの幅は、‘Start, Finish & Splits’メニューで設定することができ
ます。 互いに非常に近くを通るトラックのエリアにスプリット・ポイントが設置されるサー
キットにスプリット・ファイルを作成しようとする場合には、ゲート幅を狭める必要
がある場合があります。それによって、トラックの異なるセクションにいる場合で
もスプリット・ポイントの誤判定を避けられます。下記の例を参照してください。 緑色で囲った円のエリアは互いにたった 20m 程しか離れていない、トラック
上の二つのセクションを示しています。スプリット・ポイントがこのセクション
上に設定され、ゲートの設定幅が広すぎると、スプリット・ポイントは、反対方
向に通過した際にもゲートを通過したと判定されることがあります。 どのくらいの幅でスプリット・ポイントを作成するかについて疑問がある場合
には、測定ツールを使って Google EarthTM でトラックの近接度をチェックす
ることができます。 サーキット・オーバーレイを作成する サーキット・オーバーレイは、サーキットまたはステージの外側と内側の境界をマッピングするために作成されるファ
イル(.cir)で、VideoVBOX Setup ソフトウエアにトラック・マップ・エレメントを作成するために必要です。Setup ソフトウェ
アには Racelogic が作成したサーキットオーバーレイライブラリーが収録されています。また以下のアドレスからダウ
ンロードできます。 http://www.driftbox.com/dlfiles.html 注: 使用したいサーキット用のオーバーレイが用意されていない場合は、二つの方法のいずれかで作成することが
できます。オーバーレイ・ファイルは、サーキットの内周と外周を実際にドライブするか、または Google Earth で.kml
ファイルを作成し、VBOX ツールにインポートすることで作成することができます サーキットをドライブすることによりオーバーレイファイルを作成する ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
サーキットのスタートの左手側へ車を走らせる。 屋根の左手側にアンテナを設置する。 VideoVBOX LITE の電源を入れ、衛星を捉えさせる。 SD カードを差し込みログのための準備を完了させる。 サーキットの左手側周りをドライブする。 スタート地点に戻って止まる。 屋根の左手側から右手側へアンテナをゆっくり移動させる。その際、アンテナを覆わないように注意し、常に
空を向いてるようにする。 トラックを横切って反対側へ直角に車を走らせる。 同じ方向でサーキットの右手側周りをドライブし、トラックが交差する点で停止する。 ‘File’ ‐> ‘Load All’を使ってメディアからログされたファイルをロードする。 ‘Save’を使って保存し、‘Save as type’を選択し、‘Circuit file’ (‘.cir’)を選ぶ。 一方通行の‘Special Stage’用にオーバーレイファイルを作成する ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
ステージのスタートの左/右側に車を走らせる。 VideoVBOX LITE の電源を入れ、衛星を捉えさせる。 SD カードを差し込み、ログの準備を完了。 トラックの左/右側のルートをドライブする。 フィニッシュラインがある場所で停止する。 トラックを横切って反対側へ直角に車を走らせる。 トラックの左/右側でルートをドライブして戻る。 トラックを横切ってスタート位置まで直角に車を走らせる。 ‘File’ ‐> ‘Load All’を使って SD カードからログされたファイルを VBOX ツールにロードする。 ‘Save’を使って保存し、 ‘Save as type’を選択し、‘Circuit file’ (‘.cir’)を選ぶ。 トラック・マップを作成するためにサーキット・オーバーレイを使用する場合には、.Cir ファイルを作成するために使用
する.VBO ファイルが、トラック内側のサーキット 1 ラップと、外側の 1 ラップを含んでいることが重要です。ファイルが
より多くのデータを含んでいる場合には、‘edit data’ボタンを使って必要な長さにファイルを短くします。 Google EarthTM でオーバーレイ・ファイルを作成する ソフトウエアでのパス作成に関する説明は、Google Earth のヘルプ・ファイルを参照して
ください。選んだトラックの内側と外側に沿ってパスを作図したら、.kml ファイルとして保
存しなければなりません。このファイルは、‘TOOLS ‐ Import Data‘をクリックして
VBOX ツールにインポートすることができます。 .kml ファイルは一度インポートされると、後にサーキットからのラップ・データとして使用
するために.cir ファイルとして再保存することができます。 ドリフトボックスパラメータを表示する VideoVBOX LITE はドリフトアングルあるいはスコアを記録しないため、ドリフトアングルとスコアデータを VideoVBOX LITE に表示するには Racelogic DriftBox とシリアルケーブルを用意する必要があります。 エレメントデータソースとしてドリフトアングルとスコアのどちらを使用するか選択します: 1. まず、シーンプロパティ下の Serial Aprication のドロップダウン
で'DriftBox'を選択します。 2. ドリフトボックスパラメータを使用するシーンのエレメントを選択
します。 3. パラメーター選択ドロップダウンで'DriftBox'を選択します。 4. パラメータリストにドリフトアングルとスコアのチャンネルが投
入されます。 5. シリアルケーブルを介してドリフトボックスを VideoVBOX LITE
に接続し、データをログします。 エレメント作成に関するより詳しい情報は、'エレメント'の項を参照してください。 GPS エンジン・コールドスタートを実行する GPS コールドスタートは、GPS エンジンを、ダウンロードされた現在の衛星位置情報履歴を強制的にリセットする処理
です。これは、VideoVBOX LITE が衛星ロックがうまくいかない場合(初回使用時、長期間使用していなかった場合や
前回使用した場所から遠く離れた場所で使用する場合等によく起こります)に用います。 GPS コールドスタートを実行した後、‘GPS’ LED が緑になるまで、アンテナが空からさえぎられることのない静止位置
で VideoVBOX LITE に電源が入ったままにします。これにはほんの数分しかかかりません。 VideoVBOX LITE が新しい情報をダウンロードすると、ノイズのある場所(木や建物の近く、橋の下等)でも早く衛星を再
度捉えられるようになります。また電源投入時に衛星を一層早く捉えます。 VideoVBOX LITE で GPS コールドスタートを実行するには: ・ VideoVBOX LITE 全面の丸いグレーの'RECORD'ボタンを5秒間押し続けてください。 ・ ボタンを離すとコールドスタートが実行され、'GPS'LED が緑に点滅します。 ・ コールドスタートが完了すると、衛星ロックが得られたことを示すために'GPS'LED が緑に点灯します。 ソフトウェアの概要 VideoVBOX Setup ソフトウエアは、VideoVBOX LITE で記録されるビデオに重ね合せるグラフィカル・オーバーレイの表
示方法を設定することができます。表示に使用する設定は、ゲージや、ピクチャー・イン・ピクチャー、トラック・マップ
等を含む予め定義された多数の‘Scenes’の中から一つを選んで使用でき、それらはユーザーの必要に応じてカスタ
マイズできます。また自分のゲージ画像を作成して、それをソフトウエアにインポートして使用することもできます。 VideoVBOX LITE は、ポストプロセッシングでデータを処理し、閲覧できるデータ分析パッケージの VBOX Tools ソフト
ウェアも含まれています。 VBOX Tools ソフトウェアはグラフィックツールとマッピングツールと、ライブ・データ・ウィンドウズと VBOX セットアップツ
ールとリンクした'Report Generator'データプロセッシングエンジンに基づいたソフトウェアです。これらのエレメントや
既存のデフォルトプロファイルの組み合わせを使うことにより、複雑なテストシナリオを簡単に作りだすことができます。 推奨ソフトウェア・ツール 以下は、記録されたビデオ・ファイルを再生したり、ゲージを作成・編集したり、破損した AVI 動画ファイルを修復する
ために VideoVBOX Setup ソフトウエアと併せて使用できる推奨ソフトウエア・パッケージ/ツールのリストです。これら
について修正が必要な場合や、使用中に問題や誤動作が生じた場合は、該当するサポート先に連絡してください。
レースロジックは、サードパーティソフトウエア・パッケージの使用に関しサポートは提供できません。 ビデオプレーヤー VLC player Irfanview デザインツール Adobe Illustrator 費用 無償(Web) 無償 (Web) 内容 ほとんどのビデオ・フォーマットのビデオプレーヤー (推奨) 画像編集とビデオ・ユーティリティ 有償 ベクトルグラフィック作成・編集ツール ( Web 参照) Adobe Photoshop 有償 画像編集ソフトウェア (Web 参照) 無償(Web) ベクターグラフィック作成・編集ツール(推奨) ビデオ修復ツール DivFix++ 無償(Web) 破損した AVI ファイルの修復ツール コーデックパック Xvid 無償 (Web) XVid コーデック・パックはビデオ VBOX Setup ソフトウェア
と一緒にインストールされていますが、ダウンロードして利
用することもできます。 Inkscape フレームワークソフトウェア .NET Framework 無償 (Web) 3.5 .NET Framework 3.5 SP1 はビデオ VBOX Setup ソフトウェアと
一緒にインストールされていますが、マイクロソフトのウェ
ブサイトからダウンロードして利用できます。 VideoVBOX LITE セットアップソフトウェアの起動 ソフトウェアを起動すると、下記のスプラッシュ・スクリーンが表示されます: 以下のショートカットを利用できます: ・ カメラからのスナップショット VideoVBOX LITE に接続されたメインカメラからスナップショットを撮ることができます。 ・ VideoVBOX LITE からシーンをダウンロードする 接続された VideoVBOX LITE からシーンをダウンロードすることができます。 ・ ファイルからシーンをインポートする エクスポートされたシーンファイルからシーンをインポートすることができます ・ 新しいシーン シーンを新規で作成します。 最近使った 5 つのシーン・ファイルのリストもメニュー・アイコン下の”Recent Scenes”にリストされます。最初ここにリ
ストされるシーンは、ソフトウエアに収録されたデフォルト・シーンのみです。始めるためには、Default.scn をクリックし
てソフトウエアが提供するデフォルト・シーンを選択すると、VideoVBOX LITE セットアップ・ソフトウエアが開きます。 ソフト画面は、最上部のメニュー・バー(Menu Bar)、左のメインビューウインドウ(Main View Window)、右上のエレメン
ト/シーン・ブラウザ・ウインドウ(Element/Scene Browser Window)、右下のエレメント・プロパティ・ウインドウ
(Element/Scene Properties)から構成されています。 Menu Bar Main View Window Element/Scene Browser Window Element/Scene Properties Window メインビューウインドウ メインビューウインドウは、VideoVBOX LITE にシーン・ファイルがエクスポートさ
れた後に、記録されたオーバーレイがどのように見えるかのプレビューです。
シーンとは。全体のオーバーレイを構成するゲージ、画像やテキスト等々のエ
レメントの集まりを指します。 メインビューウインドウ左下のズーム・スライダーを使うか、マウス・スクロール・
ホイールを使って、シーンをズームインすることができます。最大 400%の倍率
までシーンをズームインできます。これによってユーザーは主表示内のエレメ
ントを正確に設置できます。 エレメント中心にをズームインするには、エレメント上で左クリックしてそれをハ
イライトし、マウス・スクロール・ホイールかズームイン用ズーム・スライダーのどちらかを使用します。ズームインする
と、選択されたエレメントの中央にズームインします。ズームされると、横と下のスクロールバーを使って主表示上を
移動することができ、または画面を取り込んでスクロールし、ズームインした表示上を移動することができます。 ブラウザ・ウインドウ ブラウザ・ウインドウでは3つのタブ(シーン、エレメント、レイヤー)を利用
できます。これらのタブは、VideoVBOX 上で作成・保存されているシーンと
エレメントのサムネイル・プレビューを含んでいます。 ユーザーは、サムネイルをダブル・クリックして既存のシーンを使用するか、
または‘File’メニューから全く新しいものを作成して空白のテンプレートに
エレメントを追加することを選ぶことができます シーンとエレメントはテーマ ―例えば、Default、 Retro、Classic 等― を使っ
てカテゴリー分けされ、ドロップダウン・リストはユーザーに現在定義されて
いるテーマのリストを示します。 シーンに表示されているエレメントの順番は、レイヤータブでコントロール
されます。エレメントは、複数のエレメントを一つのエレメントとして移動す
るためにグループ化することもできます。 プロパティウインドウ 選択されているブラウザタブによって、プロパティ・ウインドウは次のいずれかを表示します: シーンプロパティ: このウインドウはメインビューウインドウが現在表示
しているシーンのプロパティを表示します。 エレメント・プロパティ: このウインドウは、メインビューウインドウで現
在選択されているエレメントに関するプロパティを示しています。選択
されたエレメントのタイプによって、変更できるプロパティが決まります。 メニューバー トップ・メニュー・バーは、VideoVBOX セットアップ・ソフトウエアのコントロール・バーです。新しいシーンとエレメントの
作成、保存とインポート/エクスポートに関係するコントロールすべてを含んでいます。また VideoVBOX LITE のビデオ
設定、CAN dbc ファイルのロード、VideoVBOX LITE で使われる Start/Finish と Splits ファイルに関係するコントロール
も含んでいます。メニュー・バーのオプションは次のとおりです。 ・ ファイル ・ エレメント ・ ビデオ ・ オプション ・ ヘルプ File ファイル・メニューは、VideoVBOX LITE のシーンの作成、保存、インポート-エク
スポートに関係するオプションすべてをリストしています。ユーザーは新しいシー
ンを作成するか、別の VideoVBOX LITE からシーンをインポートするか選択できま
す。 ファイルメニューは以下のオプションを含んでいます: 新しいシーン(New Scene): メインビューウインドウ内の現在のシーンを消去して、新しいシーンを開きます。 シーンのインポート(Import Scene): 以前エクスポートした‘.SCN’シーン・ファイルを VideoVBOX セットアップ・ソフトウエアにインポートすることができます。
シーン・ファイルは、ソフトウエア内で後日使用するために保存するか、接続された VideoVBOX にアップロードするこ
とができます。 シーンの保存(Save Scene): 現在のシーンを保存し、ブラウザ・ウインドウ内で利用できるようにします。ユーザーはファイル名を付けるように促さ
れます。 シーンを保存すると、テーマ・ドロップダウンをクリックして既存のカテゴリーに割当てるか、新テーマボタンをクリック
して新しいテーマを作成するかのオプションが与えられます。 シーンのエクスポート(Export Scene): ‘.SCN’ファイルにシーンをエクスポートすることができます。その後、別のマシンの VideoVBOX セットアップ・ソフトウ
エアにインポートして別の VideoVBOX LITE 上で使用したり、ボックスにアップロードするために USB メディア・デバイ
スの SD カードに設置することができます。 VideoVBOX LITE へのシーンのアップロード(Upload Scene to Video VBOX LITE): VideoVBOX LITE が記録されたビデオにシーンをオーバーレイするためには、ソフトウエアで作成された‘.SCN’ファイ
ルを接続された VideoVBOX LITE にアップロードする必要があります。このオプションを選択して、完成したシーンを接
続された VideoVBOX LITE にアップロードします。シーン・ファイルは交換可能で、アップロードしてどの VideoVBOX LITE でも使用できます。 VideoVBOX LITE からのシーンのダウンロード(Download Scene from Video VBOX LITE): 別の VideoVBOX LITE からシーンをダウンロードし、どの VideoVBOX LITE でも使用できるようにソフトウエアに保存す
ることができます。接続された VideoVBOX LITE からシーンをダウンロードするには、このオプションを選んでください。 終了(Exit): 現在のセッションを閉じます。 エレメント エレメント・メニューは、VideoVBOX LITE のエレメントの作成、保存とインポート-エクスポ
ートに関係するオプション全てをリストしています。ユーザーは新しいエレメントを作成する
か、別の VideoVBOX LITE または保存されたファイルからエレメントをインポートするかを選
ぶことができます。 エレメント・メニューは、以下のオプションを含んでいます: 新規(New): ドロップダウン・リストから選択されたタイプの新しいブランクのエレメントを作成します。その後、エレメント・プロパテ
ィ・ウインドウは作成されたエレメントのプロパティを反映します。 必要なだけ多くのエレメントをシーンに追加することができますが、10MB 以上のシーンサイズはアップロードできま
せん。 削除キーを押すか、エレメントを右クリックして削除を選択することで、現在のシーンからエレメントを消去する
ことができます。 エレメントのインポート(Import Element): 保存された.ELM ファイルからエレメントをインポートすることができます。 エレメントのエクスポート(Export Element): エレメントを.ELM ファイルにエクスポートすることができます。 エレメントの保存(Save Element): エレメントが修正されるか、新たに作成された場合、将来それを使用するためには保存しなければなりません。保存
をクリックすると、ダイアログ・ボックスが開き、そこでユーザーはエレメント名を設定することができ、希望する場合に
は特定のテーマでエレメントを保存することができます。 エレメントの削除(Delete Element): 現在のシーンからハイライトされたエレメントを削除します。 ビデオ ビデオメニューは、ビデオ解像度の設定と VideoVBOX 用のカメラ設定
ツールに関係するオプションすべてをリストしています。 ビデオメニューは以下の3つのオプションを含んでいます: プレビューを背景にダウンロードする(Download preview into background): USB を通してシーンの背景にカメラからの画像をロードします。'Scene Propeties'の'Grid setup'からグリッドを消すことができます。 カメラ・プレビューの消去(Clear camera preview): カメラ・プレビューの消去オプションは、メインビューウインドウからカメラのプ
レビューを消去します。 VideoVBOX から出力プレビューをダウンロードする(Download output preview from Video VBOX): このオプションは USB を通して送られるライブ画像を表示し、カメラの微調整を
できるようにします。 オプション オプションタブではユーザー自身で英語・韓国語・ドイツ語・イタリア語・日本語・
中国語を選ぶことができます。 Scenes シーンは、VideoVBOX LITE がビデオ・ファイルを記録する時にビデオ・オーバーレイがどのように見えるかを設定しま
す。エレメント・ブラウザ・ウインドウ内のシーン・タブは、VideoVBOX LITE に関して現在設定されているシーンすべて
を含んでいます。 製品はデフォルトのグラフィカルシーンで出荷されています。より多くのシーンを無料で入手する
には、ユニットを以下で登録してください:www.videovbox.co.uk/register 新しいシーンを作成する 最初から新しいシーンを作成するには、ファイル・メニューをクリックし、'New Scene' を選択します。 するとメインビューウインドウ内の現在のシーンは消去され、ブランクのシーンが
開きます。 既存のシーンを選択する シーンは例えば、Default、Retro、Classic 等々のようにテーマに合わせてカテゴ
リー分けされていて、そしてドロップダウンが現在定義しているテーマを表して
います。テーマを選択するとプレビューウインドウに利用可能なシーンを表示し
ます。 シーンプロパティを修正する シーン・プロパティ・ウインドウは、メインビューウインドウに現在表示されているシーンに関するプロパティを示してい
ます。 以下のオプションをシーンプロパティで利用できます: グリッドの設定 ユーザーはメインビューウインドウで位置合わせグリッド線を表示する
か否かを選ぶことができます。グリッドが可視状態の場合には、ピクセ
ル間隔をを指定することができます。 VideoVBOX LITE のタイプ VideoVBOX LITE は'Watermark'チェックボックスに影響されません。 VideoVBOX LITE は一つの CAN チャンネルしかもっていない(RLVBVD10L2 のみ)ので VCI タブがチェックされていよう
となかろうと VBOX LITE CAN ファンクションには影響しません。 LITE チェックボックスは一つの CAN チャンネルを有効にするものとしてチェックされている必要があります。もし一つ
以上の CAN チャンネルがシーンでセットされている場合、ソフトウェアは VideoVBOX LITE へのシーンアップロードを
することができません。 'Four Camera’ チェックボックスは4カメラバージョンの VideoVBOX を利用する場合に必要なオプションですが、 LITE では使用しません。(4カメラオプションは VideoVBOX PRO でのみ利用可能です) シリアル・アプリケーション VideoVBOX LITE がドリフトボックスか OLED ディスプレイと共に利用され
る場合、シリアル・アプリケーションはシーンプロパティでそれに従って
設定されなければなりません。 ログ・レート これは VideoVBOX LITE のログ・レートで、10Hz 固定です。(1 秒あたり
10 サンプル) ビデオ設定 VideoVBOX LITE は PAL または NTSC フォーマットでビデオを記録することができます。デフォルトのビデオ品質は
'high'に設定されています。スクリーンの解像度は以下の通りです: PAL: 720 x 576 pixels NTSC: 720 x 480 pixels ビデオの解像度は以下の通りです: High: Q1 (~ 3 Gb per hour @ full resolution) Medium: Q2 (~ 2 Gb per hour @ full resolution) Low: Q3 (~ 0.5 – 1 Gb per hour @ full resolution) オーディオ設定 VideoVBOX LITE はモノラルかステレオ音源のオーディオインプットを利
用することができます。モノラルが選ばれた場合、カメラ1に接続されて
いるマイクからのオーディオ信号が分割され、ビデオファイルの両方の
オーディオチャンネルで録音されます。 ステレオが選ばれた場合、カメラ1からのオーディオ信号はビデオのチ
ャンネル1に録音され、カメラ2からのオーディオ信号はビデオのチャン
ネル2に録音されます。 カメラ設定 VideoVBOX LITE はカメラ入力を Picture in Picture モードか Two Camera
(Pro の場合 Four camera quadrant)で表示することができます。 Picture in Picture は最大3つの PIP エレメントを一つのオーバーレイ内
で利用可能です(VVB LITE モデルとカメラの利用可能数に依存します
―4台のカメラオプションは VideoVBOX PRO でのみ利用可能です)。 Four camera quadrant はビデオ画面を 4 分割し、カメラのそれぞれの
映像を表示します。(VVB LITE モデルとカメラの利用可能数に依存します―4台のカメラオプションは VideoVBOX PRO
でのみ利用可能です)。 スタート/フィニッシュとスプリット スタート/フィニッシュとスプリット情報を VideoVBOX LITE にロードす
し、ラップタイムとスプリットタイムをビデオ上に表示することができま
す。 CAN CAN パラメータを定義するか、CAN データベースを VideoVBOX LITE
にロードして、ビデオで CAN パラメータを使うことができます。接続さ
れた CAN ユニットのボーレートをこのメニューから選択することがで
きます。 エレメントをシーンに追加する VideoVBOX LITE のグラフィカルオーバーレイで表示できるエレメントは現在8種類あります:
•
ビデオ Picture‐in‐Picture •
円形ゲージ •
バーグラフ •
ダブルバーグラフ •
トラック・マップ •
テキスト •
静止ラベル •
静止イメージ画像 既存のエレメントはエレメント・タブに追加されます。新たなシーン・エレメントを作成
するにはこのマニュアルのエレメントの項を参照してください。 エレメント・タブ エレメント・タブは、VideoVBOX LITE のシーンに表示できるエレメントの選択に関する
コントロールすべてを含んでいます。エレメント・タブは、‘テーマ’と‘エレメント・タイ
プ’ドロップダウン・ボックスとエレメント・プレビュー・ウインドウから構成されています。 テーマ・ドロップダウン ユーザーが定義したエレメントにテーマを割り当てることができます。それによって、例えば ‘Classic’、‘Retro’、‘All’等のタイプ別にエレメント・ファイルをフィルタリングして、作成したエレ
メントを分類することができます。 例えば、‘Retro’のテーマを選択すると、そのテーマで保存されたゲージすべてのグラフィカル・
プレビューが現われます。 プレビュー枠内のエレメントをダブル・クリックすると、現在のシーンに追加されます。 エレメントタイプ・ドロップダウン これは異なる種類のエレメントをリストするドロップダウン・メニューで、例えばゲージ、画像、
ピクチャー・イン・ピクチャー等をシーンに付け加えることができます。エレメントのカテゴリ
ーが選ばれると、選択されたカテゴリーで利用できるエレメントはすべてブラウザ・ウインド
ウ内のサムネイルとして見えるようになります。 エレメント・ブラウザ・ウインドウ内で希望するエレメントをダブル・クリックすると、現在のシ
ーンにそのエレメントが追加されます。 必要なだけ多くのエレメントをシーンに追加することができますが、シーンが 10MB を超え
てはいけません。 削除キーを押すか、エレメントを右クリックして削除を選択すると、エレメントを現在のシーンから消去することができ
ます。 シーンのレイヤーコントロール シーンにエレメントが追加されたとき、レイヤーが生成され、それぞれの
新しく追加されたエレメントは最上位のレイヤーに追加されます。例えば
最も最新のレイヤーは既にシーンにあったものすべてを覆います。 これらのレイヤーはたくさんの情報を搭載しているマルチエレメントゲー
ジを生成するために用いられます。右図はゲージと二重棒グラフと様々
なテキストエレメントで成り立っているエレメントの例です。 レイヤーは正しい順番で並べないと、大きいエレメントが小さいエレメント
を多い隠してしまいます。 シーンにおけるレイヤーの順番 レイヤータブは現在のシーンにおけるレイヤーの順番に従ったエレメントのリ
ストを与えてくれます。リストの一番上のエレメントは―'0'で一番上層のレイヤ
ーです。同様に、リストの一番下のエレメント―'7'は一番下層のレイヤーのレ
イヤーです。 マルチエレメントゲージが生成されるとき、それぞれの新しいエレメントが既に
シーンにある他のエレメントの上に追加されます。 左図のスクリーンショットからゲージ(レイヤー5)が二つのラップタイミング・テ
キスト・エレメント(レイヤー6&7)に既に追加されていることが見て取れます。 これは、ゲージレイヤーがシーン中の二つのラップタイミング・エレメント
の上にあることを意味し、二つのラップ
タイミングエレメントはそれらのプロパ
ティが変更されたことで覆い隠され見
えなくなってしまっています。 エレメントのプロパティを編集するため
にシーンのエレメントを選択できるよう
にする必要があります。他のものの後ろにあるエレメントを選択するには・・・ エレメントを左クリック+ドラッグしてレイヤーの順番の必要な場所に移動し、左クリ
ックボタンを離すことにより、レイヤーの順番を上げたり下げたり移動することがで
きます 例えばゲージレイヤーボタンをドラッグし、他のエレメントの一番下に置きます
(右図を御覧下さい)。 ラップタイミングエレメントが下部にあらわれ、編集や位置調整のため
に選択することができるようになりました。 シーンにおけるエレメント/レイヤーのグループ化と移動 一度全てのエレメントがシーンに追加され、それらのレイヤー順序が調整されたら、他の場所に移動させてみましょう。
シーン中で複数のエレメントを動かすには・・・ 複数のエレメントを同時に移動するには、最初に、その複数のエレメントをグループにする必要があります。エレメン
トをグループにすると、それらは同時に動きます。 エレメントのグループ化をしても、単体のエレメントプレビューウインドウで選択され変更されることができるようになっ
ています。ただし、そのエレメントを動かすことは同じグループのエレメントも動かす事になってしまいます。 エレメントをグループに追加する方法はいくつかありますが、最も簡単で早い手段はレイヤータブを利用してエレメン
トのグループを作成することです。 複数レイヤーの選択 グループ化される最初のレイヤーを選択し、'Shift'キーを押しな
がらグループ化したい最後のレイヤーを選択します。 そしてマウスの右ボタンをクリックし、'add to group' を選択しま
す。 グループ名を入力するポップアップウインドウが現れます。 もし、ほかにまだグループがない場合、新規グループを
作成します。既存のグループにレイヤーを追加するオプ
ションがあります。 グループが作成されればレイヤーバーの背景色が変更され、どのレイヤー
がそれぞれ同じグループなのかを背景色で示します。 単一のレイヤーの選択 単一のレイヤーをグループ化のために選択するには' Ctrl'キーを押しながら左
クリックすることでそれぞれのエレメントを選択できます。 ハイライトされたエレメントを右クリックし、'Add to group'を選択することで'select group'ポップアップウインドウが開くのでグループ作成のために名前をつけてく
ださい。 プレビューウインドウからレイヤーを選択 プレビューウインドウでエレメントを右クリックすることでグループに追加することも
可能です、右クリック後に'add to group'を選択してください。 複数か、単一のレイヤーはレイヤーのリストから右クリックし、'remove from group'を選択することでそれぞれのエレメントをグループから取り除くことができま
す。 単一のエレメントはプレビューウインドウで右クリックし'Remove from group'を選
ぶことで同様にグループから取り除く事ができます。 注:グループ化されたエレメントをエクスポートすることは現在のソフトウェアではできません。 シーンを保存する 現在のシーンを保存します。ユーザーはファイルに名前を付けるよう
促されます。 シーンを保存する際に、ユーザーはテーマ別にシーンを分類するこ
とも出来ます。これによって、例えば‘Default’、 ‘Classic’、 ‘Retro’、 ‘All’等のタイプによってシーン・ファイルに分類することで、作成した
シーンを分けることができます。 作成したシーンの種類に応じて新しいテーマを作成するか、
New Theme ボタンをクリックすることで新しいテーマを作成する
ことができます。 注: シーンかエレメントをバックグラウンドで保存するかロードするか、または VideoVBOX からシーンをイン
ポートするかエクスポートする際に、プログレス・バーが現われます。プログレス・バーは通常使用している
間は表示されません。 シーンを VideoVBOX LITE にアップロードする ソフトウェアを使う 接続された VideoVBOX LITE にシーンをアップロードするには、ファイル・メニューを
クリックし、‘VideoVBOX にシーンをアップロードする(Upload Scene to Video VBOX)’を選びます。セットアップ・ソフトウエアは、現在設定されているシーンを、
USB ケーブルを介して VideoVBOX LITE に送ります。下部のプログレス・バーが現
在のアップロードの状態を完了したアップロードのパーセンテージとして表示しま
す。アップロードが完了したら、VideoVBOX LITE からの成功確認を待ちます。 注: VideoVBOX LITE は、シーンのアップロード後に電源を切って、入れ直さなければなりません。 その後、VideoVBOX LITE でそのシーン・ファイルを使用できるようになります。 SD カードを使う SD カードを使ってシーンを VideoVBOX LITE にアップロードすることもできます。例えばエクスポートされた VideoVBOX LITE の.SCN シーンファイルを SD カードの最上層(ルート)に置き、電源を入れた VideoVBOX LITE にカードを差し込む
と、シーンは Video VBOX LITE にアップロードされます。 注: VideoVBOX LITE はシーンのアップロード後に電源を切って、入れなおさなければなりません。 シーンを複数のボックスにアップロードする場合には、アップロードが成功した後に VideoVBOX LITE が SD カードか
USB ドライブからシーン・ファイルを削除しないようにすることができます。そのためには、シーン・ファイルと同じディ
レクトリでテキスト・ファイルを作成し、そのテキスト・ファイルは‘no‐delete‐scene.txt’というタイトルとし、またコンテン
ツなしとします。 その後、必要な数の VideoVBOX LITE に、そのシーンをアップロードすることができます。 シーンを VideoVBOX LITE からダウンロードする 使いたいと思うシーンが他の VideoVBOX LITE 上にある場合や、現在 VideoVBOX LITE 上にあるシーンを修正したい場合には、そこからシーンをダウンロードする必
要があります。VideoVBOX が接続されたら、ファイル・メニューをクリックして、
‘VideoVBOX LITE からシーンをダウンロードする(Download Scene from Video VBOX)’を選択してください。 ダウンロードされたシーンはメインビューウインドウに表示されます。その後、シー
ンを修正したり、後に使用するために保存することができます。 シーンをソフトウェアから.SCN ファイルにエクスポート
する 他のコンピュータにシーンを移動するには、.SCN ファイルにエクスポートする必要
があります。.SCN ファイルのサイズは、シーンの複雑さ、即ち、どのくらい多くのエ
レメントが存在するかによります。. シーンを.SCN ファイルからインポートする 他のマシンで作成されるか、以前エクスポートされたシーンを使用するには、シー
ンを.SCN ファイルとしてインポートする必要があります。シーンはインポートされる
と、メインビューウインドウに表示され、更に修正したり、接続された VideoVBOX に
アップロードすることができます。 Elements VideoVBOX LITE のグラフィカルオーバーレイで使用するために作成できるエレメントは、現在8種類あります。 •
ビデオ Picture‐in‐Picture •
円形ゲージ •
バーグラフ •
ダブルバーグラフ •
トラックマップ •
テキスト •
静止ラベル •
静止イメージ画像 ゲージ等のエレメントは、エレメント・タブで予め設定されたサンプルを使って追加するか、新しいエレメントをデザイン
することができます。このセクションでは、VideoVBOX LITE で使用するための様々な種類のエレメント各々の作成方
法を説明します。 新しいエレメントを作成する エレメントのサイズを選択する エレメントのサイズに関する良いガイドとなるのは、画面をグリッド
に分割することです。全画面 PAL の解像度は X 576 ピクセルです。
これを 3 つに分割する場合、各グリッド・セクッションは 240 X 192
576
ピクセルとなります。 例えばゲージで画面のどの位まで埋めたいか考える場合は、その
作成を決めたセクションの一つよりどの位大きいか小さいかを考え
ます。 720 Pixels 左の例は、サイズ 244x200 ピクセルの背景画像を使用するオーバーレ
イ右下のダイアルを示しています。画面全体の領域の凡そ 1/9 を占め
ることが、スクリーンショットから分かります。 大きなグリッド・セクションを再度それぞれ 3 つに分割すると、小さ
なグリッド・セクションのサイズはそれぞれ 80 X 64 ピクセルとなり
576
ます。 上の例から、VideoVBOX のロゴは、画面幅の 1/3 より僅かに小さ
く、またサイズ 206 X 48 ピクセルの大きなグリッド・セクションの高
さの 1/3 より小さい領域を占めることがわかります。 720 Pixels ビデオ Picture‐in‐Picture(PIP) ビデオ・ピクチャー・イン・ピクチャー・ウインドウは、VideoVBOX LITE に接続さ
れた二個目のカメラからの入力を表示するために使用されるサイズ変更可能
なエレメントです。 PIP ウインドウで表示されるビデオの品質は設定することはできず、現在のシ
ーンの品質設定に固定されています。T 注: PIP ウインドウのサイズは完全に設定可能ですが、カメラ入力は固定され
ています。標準外のビデオ比率を選択すると、予期しない結果を招くことがあ
ります。 ビデオ PIP ウインドウの作成 1: PIP ウインドウを追加する メニュー・バーから‘エレメント’⇒ ‘新規(NEW)’を選択すると、様々な種類の
エレメントをリストしたドロップダウン・メニューが現われ、例えばゲージ、画像、
ピクチャー・イン・ピクチャー等をシーンに追加することができます。 ‘ピクチャー・イン・ピクチャー’を選択すると、メインビューウインドウにピクチャー・イ
ン・ピクチャー・ウインドウが追加されます。表示されるビデオは VideoVBOX カメラポ
ート 2 に接続されたカメラからの入力なので、初期設定で PIP ウインドウは’カメラ 2’
という名称になります。 2: ピクチャー・ウインドウ内のピクチャーのサイズを変える PIP ウインドウのサイズは、PIP ウインドウが選択されてときにコーナー
HOLD DOWN SHIFT & CLICK AND DRAG
ボックスのどれかをクリック&ドラッグしてサイズ変更することができま
す PIP ウインドウはどのような形状やサイズにも変えることができますが、
しかし、スタンダードでないアスペクト比にすると、画像が伸びたりする
原因になります。 PIP エレメントのサイズを変更する際に PAL または NSTC の縦横比を維
持するには、‘シフト(Shift)’キーを押したままコーナーボックスをドラッ
グします。 ゲージ ゲージはどのような形状でもいいですが、一般に円形、半円形または直線状で、目盛の
中央回転点に回転針があります。 ゲージは、スピード(GPS)、エンジン温度(CAN)等、VideoVBOX LITE でログされている利用
可能な GPS または CAN パラメータの表示に使用することができます。 ゲージには種々のプロパティが関連付けられているので、ユーザーは既存のゲージをカ
スタマイズしたり、全く新しいものを作成することができます。これらにはエレメント・プロ
パティ・ウインドウからアクセスし、次のように実行します。 ゲージ作成 1: 新しいゲージの作成 メニュー・バーから‘Element’ → ‘New’, を選択すると、ドロップダウン・メニ
ューが現れて様々な種類のエレメントをリストするので、シーンに、例えばゲ
ージ、画像、ピクチャー・イン・ピクチャー等を追加することができます。 ‘ゲージ’を選択すると、ブランクのスクラッチパッドが主表示メニューに追加されます。
エレメント・プロパティ・ウインドウには作成されたばかりのゲージ・エレメントのプロパ
ティが表示されます。 ゲージにはバックグラウンドとニードルという二つの主要な構成要素があります。こ
れらの構成要素は編集可能なプロパティなので、ゲージのプロパティをユーザーの
ニーズに合わせて修正することができます。 バックグラウンド ゲージのバックグラウンドは、ゲージがどのように見えるかを決定します。画像は Bitmap、JPEG、PNG ファイルが使
用できます。画像はソフト収録のものやユーザーが作成したものが使用できます。 (Inkscape を使ったゲージ作成ガイドについては付属書 1 を参照してください。) 2: バックグラウンドをロードする 新しいゲージを作成するか、既存のゲージのバックグラウンドを変更するには、
バックグラウンド・プロパティのロード・ボタンをクリックします。するとファイル・
ブラウザ・ダイアログが立ち上がり、ユーザーはバックグラウンド・ファイルを含
むディレクトリにナビゲートすることができます。 ゲージ・バックグラウンドが選択されると、レンジとパラメータ・オプション、ニー
ドル・プロパティはグレーアウトではなくなり、設定できるようになります 3: レンジ・プロパティを設定する ゲージで表示される最小・最大値を定義します。左の例では最小=0 で、最大
=200 です。 注: エレメント・プロパティで設定されているレンジ値は、ニードルが動き切るレ
ンジ値を管理しますが、ゲージ面の数値を変更することはありません。ゲージ
面は画像ファイルなので、ゲージ上のレンジ値を修正するには、作成に使わ
れた画像編集パッケージで編集しなければなりません。 4: パラメータ・プロパティ ゲージで表示されるパラメータを選択します。CAN データベースがソフトウエアに
ロードされ、ソフトウエアに CAN チャンネルが割り当てられている場合、ユーザ
ーにはこの CAN パラメータを選択することもできます 注:詳しくは‘CAN チャンネルのログ’の項を参照してください。 ゲージ面を選択し、最小・最大ゲージ・レンジと表示パラメータを選んだら、次の
ステップはゲージ・ニードルの選択です。 ニードル バックグラウンドが選択されると、ニードル・オプションを利用できるようになります。ニ
ードルは Bitmap、JPEG または PNG ファイルが使用できます。 注: ゲージに使用するニードルの画像は、下にあるニードル回転点に対して垂直でな
ければなりません。これは、ゲージ作成の際にソフトウエアが北(真上)をゼロ基準位
置としているためです。 5: ニードルをロードする ニードル画像をロードするにはニードルプロパティのロードボタンをクリックします。 ニードル画像が選択されると、頂部に小さな十字形のあるニードルがゲージの左上に
現れます。 6: ニードルの位置決め ニードル画像を選択した後は、ゲージ上の位置を設定しなければなりません。また最小・最大回転限度を置く位置や
ニードルの回転方向等、動作を決定する属性も定義する必要があります。 ニードル画像をクリックし、ニードル回転点がゲージの中央回転点の上に来るように動かします。 十字形をクリックしてそれに焦点を合わせた後、十字形をクリックして、ゲージの回
転点までドラッグします。 ボタンをクリックし、十字形をゲージの中央に正確に合わせます。後で中央点の位置に満足できないと思う場合は、
‘Zero Needle’ボタンをクリックするとニードルの位置はリセットされ、ニードル位置と回転中央点をリセットすることが
できます。 7: ニードルの回転方向を設定する ゲージは、時計回りまたは反時計回りのどちらかで回転させることができます。 回転方向ドロップダウンで時計回りまたは反時計回りのどちらかを選択すると、ニー
ドルの回転方向が決定されます。 8: ニードル回転限度を設定する ニードルの最小回転点がゲージのゼロ点と同じ点となるように、ニードルの最小・最大回転限度を設定する必要があ
ります。 スライダー・ボタンをクリック&ドラッグして、ニードルをゲージ目盛の最小点に来るまで回転点の周りで回転させます。
‘Set Minimum’ボタンをクリックすると、その点は回転の最小点に設定され、スライダー・ボタンはスライダー・コントロ
ールの左端まで動きます。 最大回転点についてもこのステップを繰り返します。スライダー・ボタンをクリック&ドラッグして、ニードルをゲージ目
盛の最大点に来るまで回転点の周りで回転させます。‘Set Maximum’ボタンをクリックすると、その点は回転最大点
として設定され、スライダー・ボタンはスライダー・コントロールの右端まで動きます。 最小回転点や最大回転点の設定位置に満足できない場合は、‘Reset’ボタンをクリックすると、最小・最大回転点は
リセットされ、もう一度やり直すことができます。 ニードルの回転点が正確ではなく、滑らかに回転しない場合には、‘Zero Needle’をクリックしてニードルを初期設定
位置まで戻します。その後ニードルを選択して動かし、回転点の十字形を調節します。 シングルバーグラフ バーグラフは、拡張するバーを有する直線状のゲージで、目盛に沿って左から右、右
から左、下から上、または上から下のいずれかへ動くことができます。 バーグラフは、横への加速 G(GPS)、エンジン温度(CAN)等、VideoVBOX LITE でログされている
GPS または CAN データを表示するために使用できます。 バーグラフには、グラフ・バックグラウンドとバーグラフという 2 つの主要構成要素があります。 これらの構成要素には編集可能なプロパティがあるので、ユーザーは既存のバーグラフをカスタマイズするか、全く
新しいものを作成することができます。次のとおり、エレメント・プロパティを通じてアクセスできます。 シングルバーグラフの作成 1: 新しいバーグラフの作成 メニュー・バーで‘Elements’ → ‘New’,を選択すると、様々な種類のエレメン
トをリストしたドロップダウン・メニューが現れるので、シーンに、例えばゲー
ジ、画像、ピクチャー・イン・ピクチャー等を追加することができます。 ‘Single Bar Graph’を選択すると、メインビューウインドウにブランクのスクラッチパッ
ドが追加されます。エレメント・プロパティ・ウインドウには、作成したばかりのバーグ
ラフ・エレメントのプロパティが反映されます。 新しいバーグラフがシーンに追加されると、バーグラフのためのブランクのスクラッチ
パッドに拡張するバーが自動的に追加されます。 これらの構成要素には編集可能なプロパティがあるので、バーグラフのパラメータを
ユーザーのニーズに合わせて修正することができます。 バックグラウンド バーグラフのバックグラウンドはグラフがどう見えるかを決定します。ソフトウエアに収録されたバーグラフ面の
Bitmap、JPEG または PNG ファイルを使用するか、またはユーザーが作成することもできます。 2: バックグラウンドをロード 新しいバーグラフを作成し、または既存のバーグラフのバックグラウンドを変
更するには、バックグラウンド・プロパティのロード・ボタンをクリックします。 バーグラフのバックグラウンドを選択した後、グラフ・バーをバックグラウンド上の正しい場所に
位置決めし、パラメータを設定しなければなりません。 3: バーの位置決めをする バックグラウンドを選択した後、バーグラフ上のバーの位置を設定し、また使用する色、塗りつぶす方向、パラメータ
および最小・最大値等の動作を決定する属性を定義する必要があります。 バー画像をクリックして焦点を合わせてから、バックグラウンド上のマーカー点に揃えるため
にクリックし、ドラッグします。 隅のブロックをクリックしてバーの隅をドラッグし、必要なサイズと形状に変更します。このブロッ
クは、必要なレンジを塗りつぶしてデータを表示します。 4: バーの色を設定する ‘色’ボタンをクリックするとカラー・パレットが立ち上がり、ユーザーはバーの色をカスタマイズす
ることができます。 5: バーの塗りつぶし方向を設定する バーの塗りつぶし方向の初期設定は左から右ですが、温度計等の他のバーグラフにのために下
から上に変更することもできます。‘Fill Direction’ドロップダウン・メニューをクリックすると、ユーザ
ーは左から右、右から左、下から上、または上から下に、塗りつぶし方向を選択することができま
す。 6: レンジを設定する バーグラフの用途によって、最小・最大レンジ値をユーザーのニーズに合わせて修正する必要があります。プロパテ
ィ・ウインドウ内のレンジ・テキスト・ボックスに、必要な最小・最大値をタイプするだけです。 注: エレメント・プロパティで設定されたレンジ値は、バーグラフが動き切るレンジ値を管理しますが、棒グラフ面の数
値を変更することはありません。ゲージ面は画像ファイルであり、バーグラフのレンジ値を修正するには、その作成に
使用された画像編集パッケージで修正しなければなりません。 7: パラメータの選択 バーグラフで表示されるパラメータを選択します。CAN データベースがソフトウエアにロードされ、CAN チャンネルがソ
フトウエアに割り当てられている場合には、ユーザーはこの CAN パラメータを選択することもできます 注: 詳しくは'CAN チャンネルのログ’の項を参照してください。 ダブルバーグラフ ダブルバーグラフは、目盛に沿って左から右、右から左、下から上、または上から下のい
ずれかで動くように設定できる、2 つまたは 4 つの拡張するバーを持つ直線ゲージです。 ダブルバーグラフは、横方向と縦方向の加速 G 等、VideoVBOX でログされている GPS ま
たは CAN パラメータを 2 つ同時に表示するために使用できます。 バーグラフには、グラフ・バックグラウンドとバーグラフ自体という 2 つの主要構成要素が
あります。これらの構成要素には編集可能なプロパティがあるので、ユーザーは既存のバーグラフをカスタマイズす
るか、全く新しいものを作成することができます。次のとおり、エレメント・プロパティ・ウインドウを通じてアクセスする
ことができます: ダブルバーグラフの作成 1: 新しいダブルバーグラフの作成 メニュー・バーから ‘Elements’ → ‘New’, を選択すると、様々な種類のエレ
メントをリストしたドロップダウン・メニューが現れ、シーンに例えばゲージ、画
像、ピクチャーインピクチャー等を追加できます。 ‘ダブルバーグラフ’を選択すると、主表示ウインドウにブランクのスクラッチパッドが追加
されます。エレメント・プロパティ・ウインドウには、作成したばかりのバーグラフ・エレメン
トのプロパティが反映されます。 ダブルバーグラフには、バックグラウンドと 4 つの拡張するバーという、5 つの主要な構
成要素があります。 これらの構成要素は編集可能なプロパティなので、バーグラフのパラメータをユーザー
のニーズに合わせて修正することができます。 バックグラウンド ダブルバーグラフのバックグラウンドは、グラフがどう見えるかを決定します。ソフトウエアに収録されたバーグラフ面
の Bitmap、JPEG または PNG ファイルとするか、またはユーザーが作成することもできます。 2: バックグラウンドをロードする 新しいダブルバーグラフを作成するか、既存のバーグラフのバックグ
ラウンドを変更するには、バックグラウンド・プロパティのロード・ボタン
をクリックします。するとファイル・ブラウザ・ダイアログが立ち上がり、
ユーザーはバックグラウンド・ファイルを含むディレクトリにナビゲート
することができます。 バーグラフのバックグラウンドを選択した後、グラフ・バーをバックグラウンド上の正し
い場所に位置決めし、パラメータを設定します。 3: バーの位置決めをする バックグラウンドを選択した後、バーグラフ上のバーの位置を設定し、使用する色、パラメータおよび正・負のレンジ
値等、動作を決定する属性も定義する必要があります。 バー画像の一つをクリックして焦点を合わせた後、バックグラウンド上のマーカー点
に揃えるためにクリック&ドラッグします。 隅のブロックをクリックしてバーの隅をドラッグし、所要のサイズと形状に変更します。
このブロックは、バックグラウンド上の指定領域を塗りつぶしてデータを表示します。4
つのバーすべてについてこのステップを繰り返してください。 4: バーの色を設定する ‘色’ボタンをクリックするとカラー・パレットが立ち上がり、ユーザーはバーの色をカス
タマイズすることができます。 バーすべてに違う色を指定することができるので、ダブルバーグラフ・プロパティの–ve
と +ve の色ボタンをクリックすることによって特定のパラメータに関する正と負の軸を
設定できます。 5: バーの塗りつぶし方向 塗りつぶし方向は、ダブルバーグラフのバーに関する初期設定で既に設定されています。バーの塗りつぶし方向は
次の通りです。 左の負のバー: 右から左 右の正のバー: 左から右 上の正のバー: 下から上 下の負のバー: 上から下 注: 水平バーは垂直バーグラフが必要な場合(もしくはその逆)無効とすることができます 6: レンジを設定する 水平バーは最初に選択されたパラメータの正と負のレンジを表し、垂
直バーは二番目に選択されたパラメータの正と負のレンジを表します。
例えば、最小・最大レンジを設定するには、選択されたパラメータに関
するプロパティ・ウインドウのレンジ・テキスト・ボックスに必要な(負
の)最小・最大値をタイプするだけです。 7: パラメータを選択する ダブルバーグラフで表示されるパラメータを選択します。デフォルトではダブルバーグラフは横と縦の加速度 G に設
定されています。ユーザーは、スピード等の GPS パラメータの一つを選ぶことができます。CAN データベースがソフト
ウェアにロードされ、CAN チャンネルがソフトウェアに割り当てられている場合、CAN パラメータを選択することもでき
ます。 注: 詳しくは'CAN チャンネルのログ'の項を参照してください。 トラック・マップ トラック・マップは、車両の位置インジケータと組み合わされたサーキットの緯度と経
度のプロット図です。 トラック・マップには、ポジションインジケータとサーキット・ファイルという 2 つの構成
要素があります。これらの構成要素には編集可能なプロパティがあるので、ユーザー
は既存のトラック・マップの外観をカスタマイズするか、全く新しいものを作成すること
ができます。次のとおり、エレメント・プロパティ・ウインドウを通じてアクセスできます。 トラック・マップの作成 1: 新しいトラック・マップの作成 メニュー・バーから ‘Elements’→ ‘New’,を選択すると、様々な種類のエレメント
をリストしたドロップダウン・メニューが現れ、シーンに、例えばゲージ、画像、ピク
チャーインピクチャー等を追加することができます。 ‘トラック・マップ’を選択すると、メインビューウインドウにブランクのスクラッチパッドが追
加されます。エレメント・プロパティ・ウインドウは作成されたばかりのトラック・マップ・エ
レメントのプロパティを反映します。 2: サーキット・ファイルにロードする トラック・マップ・ウインドウにトラックを表示するには、サーキット・オーバーレイ・ファイルをロードする必要があります。
サーキット・オーバーレイ・ファイルは、トラックの緯度と経度のデータを含んでおり、位置インジケータと一緒に使用
すると車両の位置を表示します。 多くの主要なトラックのサーキット・マップは、.cir フォーマット・ファイルとして Racelogic DriftBox ウェブサイトもしくは
アネブルのウェブサイトからダウンロードして利用できます。また独自のトラック・マップの作成方法については、サー
キット・オーバーレイの項を参照してください。 サーキットファイルをロードするには、トラックマップ・プロパティウインド
ウ内のロードボタンをクリックします。ファイルブラウザダイアログが立ち
上がり、ユーザーはバックグラウンド・ファイルを含むディレクトリにナビ
ゲートすることができます。 3: トラックとボーダーの色を選択する ロードボタンの隣の’Colour’ボタンでトラックの色を決定します。このボタンをクリックするとカラー・パレットが立ち上
がり、ユーザーは表示されるトラックの色を選ぶことができます。 ‘Visible’チェックボックスを選択すると、トラックの境界線を表示するかどうかを選ぶことができます。境界線を表示す
る場合には、ユーザーは境界線の幅と色を選択することができます。 4: トラック・マップのサイズを変える トラック・マップをクリックするとドラッグ・ボックスがウインドウの右下隅に現われ、トラック・マップのサイズを変えるこ
とができます。 テキスト テキスト・エレメントは、GPS、CAN またはラップタイミング・パラメータいずれかのライブテキスト表示です。 テキスト・ディスプレイには主要な 2 つの構成要素、エレメントで表示されたパラメータと
表示されたテキストのフォーマットがあります。これらの構成要素には編集可能なプロ
パティがあるので、ユーザーは既存のテキスト・ディスプレイの外観をカスタマイズする
か、全く新しいものを作成することができます。次のとおり、エレメント・プロパティ・ウイ
ンドウを通じてアクセスできます。 テキスト・エレメントの作成 1: 新しいテキスト・ディスプレイの作成 メニューバーから ‘Elements’→ ‘New’, を選択すると、様々な種類のエレメ
ントをリストしたドロップダウンメニューが現われ、シーンに、例えばゲージ、
画像、ピクチャーインピクチャー等を追加することができます。 ‘テキスト’を選択すると、主表示ウインドウに新しいテキストエレメントが追加されます。エレメ
ントプロパティ・ウインドウは、作成されたばかりのテキストエレメントのプロパティを反映します。
2: パラメータを選択する テキスト・ディスプレイで表示するパラメータを選択します。ユーザーは、スピ
ード等の GPS パラメータの一つを選ぶことができます。CAN データベースが
ソフトウエアにロードされ、CAN チャンネルがソフトウエアに割り当てられてい
る場合には、ユーザーはこの CAN パラメータから選択することもできます。 注: 詳しくは'CAN チャンネルのログ'の項を参照してください。 ラップタイミングについても、パラメータから選択することができます。現在のラップ、現在のラップタイム、ベスト・ラッ
プタイム、現在のスプリットタイム等、種々のラップパラメータをテキストエレメントで表示するために選択できます。 注: 詳しくは‘ラップタイミング・チャンネルの表示’の部を参照してください。 3: フォーマットを定義する テキストディスプレイのフォーマットは、選択したパラメータの表示に使用さ
れる整数位と少数位の数を設定することによってコントロールすることがで
きます。 ユーザーは、パラメータが先行ゼロで表示されるか、ブランクのスペースで
埋められるか選ぶことができます。 注: 選択されたパラメータが 10 進値でない場合には、整数位の数字のみを設定することができます。 4: フォーマットを選択する フォント・スタイルも選択することができます。ユーザーは、テキストの
表示に使用するフォントのサイズ、スタイル、色とタイプをコントロール
することができます。 コンピュータに既にインストールされているフォントはフォントドロップダ
ウンボックスで利用でき、カスタムフォントもウインドウズを使ってイン
ストールされればフォントドロップダウンボックスで利用できるようにな
ります。 注: テキスト・エレメントで数値を表示する際に、‘Make font Monospace’を選択すると、表示されるすべての文字は
等幅フォントになります。例えば、’1’は’8’と同じ幅で表示され、パラメータの数値が変わっても表示されたタイムま
たはスピードのテキスト形状が変わりません。 ラップタイミングパラメータを使用する VideoVBOX LITE は下記のリストのラップタイミングパラメータをテキストとしてオーバーレイすることができます: ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
Current Lap ‐ Current Lap Time‐ Completed Laps ‐ Last lap Time ‐ Best lap Time‐ Current Split ‐ Current Split Time ‐ Current Split, Last Split Time‐ Current Split, Best Split Time‐ Last Split, Last Split Time‐ Last Split, Best Split Time‐ Speed(Kmh) ‐ Speed (Mph) ‐ Last Split, Min Speed(Kmh) ‐ Last Split, Min Speed(Mph) ‐ Last Split, Max Speed(Kmh) ‐ Last Split, Max Speed(Mph) ‐ Last Split, Average Speed(Kmh) ‐ Last Split, Average Speed(Mph) ‐ 現在のラップ番号 現在のラップタイム 完了したラップ数 最後のラップタイム 達成したベストのラップタイム 現在のスプリット数 現在のスプリットタイム 現在のスプリット数と最後のスプリットタイム 現在のスプリット数と最後のスプリットタイム 最後のスプリット数と最後のスプリットタイム 最後のスプリット数とベストスプリットタイム KMH でのスピード MPH でのスピード KMH での最低スピード @最後のスプリット MPH での最低スピード @最後のスプリット KMH での最高スピード @最後のスプリット MPH での最高スピード @最後のスプリット 最後のスプリットの KMH での平均スピード 最後のスプリットの MPH での平均スピード 1: スタート/フィニッシュ・スプリットファイル VideoVBOX LITE はスタート/フィニッシュ・スプリットラインは表示されるラップパラメータを計算するために位置情報
を知っていることが必要です。 これを実行するために、VideoVBOX LITE の位置情報を記録したスタート/フィニッシュ・スプリットファイルを使用する
にあたり最初にソフトウェアにロードする必要があります。そのファイルはスプリット(.spl) かドリフトボックススプリット
(.dsf)フォーマットである必要があります。一度スタート/フィニッシュ・スプリットファイルがシーンにロードされれば、
VBOX は車両のラップタイムパラメータを計算し、テキストエレメントでビデオのオーバーレイの一部として表示するこ
とができます。 2: スタート/フィニッシュ・スプリットファイルのロード スプリットファイルをロードするには'Start/Finish Line'をメニューバーか
らクリックし、エクスプローラーウインドウに現れる'Load'を選択してくだ
さい。 スプリットファイルが保存されている場所にナビゲートしてファイルを選
択すると、スタート/フィニッシュ・スプリットドロップダウンはロードされ
たファイルのスプリットインフォメーションを表示します。 スプリットファイルを最初にロードすることが重要です。そうしないと、
VideoVBOX LITE はラップタイミングパラメーターの計算をするための参
照ポイントを得られず、そしてシーンにおいて正しく機能することができ
なくなります。 スプリットファイルは Racelogic のウェブサイト(http://www.driftbox.com/dlfiles.html)からダウンロードするか、
VideoVBOX LITE セットアップソフトウェアと共にインストールされる VBOX ツールソフトウェアで作成できます。 3: 2次表示の使用方法 テキストエレメントを用いてラップタイミングパラメータを表示す
るとき、同様のテキストエレメントで二次パラメーターを表示す
るためのオプションがあります。 'Secondary Display'ドロップダウンの下には以下の3つのオプシ
ョンがあります: ・ Trigger Event: 二次パラメーターの表示を行うイベント ・ Display Parameter: イベントが起こった時表示されるパラメータ ・ Timeout: 二次パラメータが表示され続ける期間 例えば、右上のスクリーンショットでは、第1の表示パラメーターは現在のラップタイム、つまりラップ周回中は現在の
ラップタイムがテキストエレメントで表示されます。 'Secondary Display'の'Trigger Event'は'start lap'、'Display Parameter'は'Last lap time'、'Timeout'の値は'4000'mS にそ
れぞれ設定されています。これはスタート/フィニッシュラインを通過する(トリガー)と、テキストエレメントはラストラッ
プタイム(ディスプレイパラメーター)を 4 秒間(タイムアウト)表示することを意味します。テキストエレメントはラップの
残りの間ずっと現在のラップタイムを表示するように戻ります。 第二の表示パラメータを表示するには‘Enabled’ボタンがチェックされなければなりません。 ラベル ラベルはテキストのラベルです。 ラベルの作成 1: 新しいラベルの作成 メニュー・バーから ‘Elements’ ・ ‘New’, を選択すると、様々な種類のエレメ
ントをリストしたドロップダウン・メニューが現われ、シーンに、例えばゲージ、
画像、ピクチャー・イン・ピクチャー等を追加することができます。 ‘ラベル’を選択すると、新しいテキスト・エレメントが主表示ウインドウに追加されます。エ
レメント・プロパティ・ウインドウは作成されたばかりのラベルのプロパティを反映します。 2: テキストを定義する テキスト・ボックスはラベルで表示されるものを定義します。このボック
スにタイプすると、直ちにメインビューウインドウに表示されたテキスト
を更新します。 3: フォーマットを選択する フォント・スタイルも選択することができます。ユーザーは、テキストを表
示するために使用するフォントのサイズ、スタイル、色とタイプをコント
ロールすることができます。 コンピュータ上にインストールされているフォントはフォント・ドロップダウ
ン・ボックスで利用でき、カスタム・フォントも、ウインドウズを使ってインス
トールされればフォント・ドロップダウン・ボックスで利用できます。 イメージ画像 イメージ画像は、ユーザー定義による PNG、BMP または JPEG 画像表示
です。イメージ画像は不透明とするか、または透明な領域を持つこともで
きます。 イメージ画像の作成 1: 新しいイメージ画像の作成 メニュー・バーから ‘Elements’ ・ ‘New’, を選択すると、様々な種類のエレメン
トをリストしたドロップダウン・メニューが現われ、シーンに、例えばゲージ、画
像、ピクチャー・イン・ピクチャー等を追加することができます。 ‘イメージ画像’を選択すると、新しいテキスト・エレメントがメインビューウインドウに追加
されます。エレメント・プロパティ・ウインドウは作成されたばかりのイメージ画像のプロパ
ティを反映します。 2: 画像を選択する 使用する画像を選択するには、バックグラウンド・プロパティからロー
ド・ボタンをクリックします。 3: イメージ画像のサイズを変える イメージ画像として表示される画像は、セットアップ・ソフトウエアではサイズを変えることができません。画像のサイ
ズを変えるには、その作成に使った画像編集ソフトウエアでサイズを変えなければなりません。 新しく作成したエレメントの保存 エレメントを修正したか、新しく作成した場合には、今後再び使うために
保存しておきましょう。’保存 (Save)’をクリックすると、ダイアログ・ボック
スが開き、ユーザーはエレメント名を設定し、希望する場合には特定の
テーマでエレメントを保存することができます。 ゲージ等のエレメントは、面かニードルまたはその両方について、また
ゲージで表示されるレンジについても、使用した Bitmap を変更すること
でカスタマイズできます。こうした変更が恒久的なものでエレメントをこの
設定で再度使用する場合には、保存する必要があります。 エレメントを保存する際に、ユーザーには、例えば Retro や Classic といっ
たカテゴリーやテーマを割り当てるオプションがあります。テーマ・ドロップ
ダウン・リストは、現在定義されているカテゴリーのリストをユーザーに示
します。‘新しいテーマ’ボタンをクリックして新しいテーマを作成することも
できます。 付属書 1: ゲージ作成の基本 VideoVBOX セットアップ・ソフトウエアは、ゲージ・バックグラウンド、イメージ画像またはロゴに、Bitmap、JPEG、PNG
を含む様々な画像フォーマットを使用することができます。しかしソフトウエアがシーンをコンパイルしてボックスに送
る際には、シーンで使用されている画像はすべて PNG ファイルに変換されます。PNG 画像は容量が小さくてもディテ
ールを維持するので、ご自分のゲージ・バックグラウンドを作成する際に PNG 画像を使って作業すると、VideoVBOX
に送られる際にディテールが失われません。またソフトウエアも画像ファイルに変換を加える必要がなくなります。 ご自分のゲージを作りたいと思いますか? テキスト・エレメントに透明なバックグラウンドはいかがでしょうか? VideoVBOX での使用に適した画像を作成できるソフトウエア・パッケージは数多くあります。ゲージをすばやくかつ簡
単に作成するためにレースロジックが広範に使用しているのは、Inkscape というオープンソースアプリケーションです。 このチュートリアルでは、先ず Inkspace を使った基本ゲージの作成を取り上げま
す。チュートリアルは、VideoVBOX セットアップ・ソフトウエアで使用できる簡単な
ゲージ面画像の作成方法の紹介を目的としています。 決して網羅的なものではないので、Inkspace ユーザー・マニュアルをお読みにな
ることを強くお勧めします。マニュアルでは、すばやくかつ簡単にアプリケーショ
ンを操作するためにユーザーが知るべき基本ソフトウエア・コントロールが取り上
げられています。 例として、20 ステップで 0‐160 の数値を示すゲージを作
成してみます。 先ず、http://www.inkscape.org/から Inkspace をダウン
ロードし、インストールします。 無償でダウンロードし、インストールできます。 ソフトウエアを開くと右の画面が現われます。ゲージを作
成するためにいくつかのボタンを使用するだけなので、
違うボタンがあっても余り気にしないでください。 先ず、左にあるツールバーから円形のツールを選び、‘CTRL’キーを押したまま円をドラッグして引き出し
ます。(CTRL を押し下げたままにすると、円は真円を保
ちます。) メニュー・バーの幅と高さのボックスに、幅と高さ 550 ピクセルを
入力します。 この例では、下部のカラー・スクロール・バーからバックグラウンド
として暗色を選んでいます。これがゲージの境界線になります。 注: 円形(またはその他のアイテム)を動かす必要がある場合には、動かす前に‘Select and Transform’ボ
タンを押さなければなりません(F1 キーを押すと同じ効果があります)。 円形のサイズを変える必要がある場合には、‘Select and Transform’ツールを使って円形
をクリックした後、サイズを変えるために隅の矢印をクリックし、ドラッグします。円形のサイ
ズを変える際に、縦横比を保持したい場合には、ドラッグする際に‘CTRL’キーを押します。 作成したばかりの円形を右クリックすると、左に示すメニューが立ち上がります。 このメニューから‘Fill and Stroke’を選択すると、‘Fill and Stroke’メニュー・バ
ーが画面右に開きます。 ‘Fill and Stroke’メニューは、塗りつぶしと境界線の色、濃淡、透明度のコント
ロールに使用します。円形を左クリックして”Stroke Paint’タブを選択します。 タブ上部の’Flat Colour’ボタンを選択します(無地で塗りつぶされたボックス)。
R, G, B, Alpha(不透明度)スライダーをすべて右端に動かすか、右にあるすべ
てのテキストボックスに 255 と入力します。すると円形の輪郭の色は白になり
ます。これは、記録されたビデオとゲージとのコントラストを向上させるために
加えました。 不透明度スライダーを右端まで動かして 100%とし、最初のゲージは完全に不
透明にしてみます。 次に、‘Stroke Style’タブをクリックします。 幅の値として 5 を入力し、不透明度スライダーは 100%であることを確認します。 円形ツールをもう一度選択し、‘CTRL’キーを押しながらドラッグし、最
初の円の中にもう一つ円を描きます。 ‘Fill and Stroke’メニューで、塗りつぶし色を 100%不透明の白に設定
し、ストローク・タブの‘no paint’ボタンを選択します。 メニュー・バーの幅と高さボックスで、幅と高さ 510 ピクセルを入力しま
す。 すると、右図のように表示されるはずです。 次に、ダイヤル・マーカーを作成します。ゲージ面に加える際にナンバリングの正確な位置が分かるので、先ずマー
カー点を作ります。 大きさ、色、ゲージ上の位置は、お好みのように作成できます。この例ではシンプルなものとし、数字については大き
なマーカーを、中間のマーカーについては小さなマーカーを、両方とも黒で作ります。 内側の円形を二度クリックすると、形状と方向を変えるアウトライン・ボックスの矢印が現われ、円の中央に十字形が
現われます。これが円形の中心点(かつ回転の中心点)で、円の中心線へのガイドとして使用することができます。 ‘Zoom’ボタンを使って画面をズームするか、‘CTRL’キーを押したままマウス・スクロール・ホイールを上下に動かし
て、ズームイン・ズームアウトします。 Bezier curves and straight (ベジェ曲線・直線)ボタンをクリックします。 円形の中心線上の点をクリックして線を描きます。線の幅はトップ・メニュー・バーの‘width’ box で変更することがで
きます。ここでは幅 50 ピクセル、高さ 1 を使っています。 注: マーカーをグリッドに正確に合わせるためにグリッド・スナッピングを消したい場合は、 ‘File ・ Document Properties’ ドキュメント・プロパティ’から‘スナップ’タブを選択して、‘スナッピング有効’をオフにします。 まだ選択されていない場合は、‘select and transform objects’ボタンを選び、作成したばかりの線を選択し
ます。下図のように見えるはずです。 ‘Stroke and Fill’メニューで、Stroke Style タブを選択し、幅 10 を入力して、Cap
は’round’を選択します。 マーカーは右図のように見えるはずです。 マーカーを 1 つ作り終わりましたが、ダイアル用に他にもマーカーを作らなければなりません。これを行う最も簡単な
方法は、ソフトウエアのコピーと回転機能を使うことです。マーカーを回転させる前に、マーカーの回転点を選択しな
ければなりません。これはゲージの中心点でもあります。 隅の矢印が回転矢印に変わるまでマーカーを二度クリックすると、十字形が
線の中央に現われます。 十字形をクリック&ドラッグすると、円の中心点まで動かすことができ
ます。これがゲージの回転点です。 円形をクリックして、マーカーに戻ることで、マーカーの回転点を円と同
じ点、即ちゲージの中央まで動かすことができます。 これで他のマーカーを作成するためにマーカーをコピーし、回転させることができます。回転点もコピーできるので、
マーカーはすべて同じ回転点を共有します。 先ず、各ゲージ・マーカーを何度回転させたいか定義する必要がありま
す。 ‘ファイル’をクリックし、‘Inkscape Preferences’を選択します。 ポップアップ・ウインドウが立ち上がります。‘Steps’を選択し、‘Rotation Snaps Every:’の隣にあるボックスで 15 度を
選択します。 これでマーカーをコピーし、15 度回転させることができます。 回転十字形が現われるまでマーカーをクリックした後、右クリックして‘Duplicate’を選択します(または CTRL + D を押
します)。 次に、CTRL キーを押しながら、マーカーの角にある回転矢印
をクリック&ドラッグします。 マウスを動かすと、コピーされたマーカー・バーは先に定義さ
れた回転点の周りを 15 度回転します。 この例では、大きなマーカーを 30 度回転させ、大きなマーカーの間に小さなマーカー点を置きます。 ゲージ上に置きたい各マーカー点について、コピーと回転プロセスを繰り返します。この例では、20 ステップの 0-
160 スピードゲージを作るので、9 つのマーカーを必要とします。 完了すると、右図のようにみえるはずです。 次に、中間マーカーを加えます。 作成した最初の水平マーカーをコピーし、CTRL キーを押しながら右手の矢印をクリック&ドラッグして縦横比を維持し
ながら長さを短くします。必要に応じて、上部のツールバーの幅と高さボックスに正確な値を入力することもできます。 (注: マーカーを正確にグリッドに合わせるために、グリッド・スナッッピングをオフにしたい場合は、 ‘File ・ Document Properties’ で‘スナップ’タブを選択し、‘スナッピング有効’をオフにすると、マーカーを自由に動かし、位置決めする
ことができます。) マーカーをクリックして、小さなマーカー用の回転矢印と回転十字形を立ち上げ、前と同じように回転点を円の中心ま
で動かします。 CTRL キーを押しながら、回転矢印をクリック&ドラッグし、小さなマーカーを二つの大きなマーカー間に位置決めしま
す。 ゲージに必要な小さなマーカーそれぞれについて、コピーと回転プロセス
を繰り返します。 ゲージは右図のように見えるはずです。 次に、ゲージ上に数字を加えます。 この例では、20 ステップで 0-160 の値を示すゲージを作成します。 サイド・バーからテキスト・ツールを選択します。 ゲージのゼロ点用に、ボックスを左クリックしてマーカーの近くまでドラッグします。次にトップ・メニューから‘Text ・ Text and Font’選択すると、以下のメニューが立ち上がります。 フォント・サイズ 48 を選び、使いたいフォントを選びます(この例では Iperion を使います)。右下の apply をクリックし
ます。 すると、点滅するカーソル・バーで表示された空のテキスト・ボックスが現われます。このテキ
スト・ボックスにゼロを入力します。 テキスト・ボックスは編集モードにある間は動かすことができません。動かすには F1 を押すか、サイド・バー
から‘Select and Transform’ボタンを選択します。 次に、作成したばかりの‘0’テキストを右クリックし、コピーを選択します。
数字が必要なそれぞれのマーカーについて、CTRL + V を押すか、または
右クリックしてペーストを押します。 テキスト・ボックス内のテキストを編集するには、ダブル・クリックして、所
要の値を入力してから、テキスト・ボックスをゲージ・マーカーに揃えます。 完了したゲージは、このように見えるはずです。 VideoVBOX で使うためにゲージを画像ファイルにエクスポートするには、エ
クスポートされるゲージの周囲のウインドウをクリック&ドラッグして、エレ
メントすべてを選択します。 ‘File ・ Export Bitmap‘をクリックします。 すると、右の‘Export Bitmap’ウインドウが立ち上がります。 幅と高さのボックスに数値 200 を入力します。これは、画像がエクスポ
ートされた際に作成されるゲージ PNG のサイズとなります。 ブラウザ・ウインドウをクリックして、画像用の名前とロケーションを選
んだ後、エクスポートをクリックします。 画像はゲージ・バックグラウンドとして使用するために、VideoVBOX ソ
フトウエアにロードできます。 上記のチュートリアルによって、下のようなゲージが作成されます。 これは、複雑さという点では非常に基本的なゲージです。もっと多くの色やレイヤを加えて、ガラス反射やクロム反射
の効果を作り出すこともできます。また、面を透明にすると、オーバーレイ上でパラメータをはっきり表示しながら、よ
り多くのビデオを写すことができます。 レイヤに簡単でちょっとした調
節を行うことで、全く異なるゲー
ジを作成することができます。 付属書 2: CAN パラメータのスケールとオフセットの計算 Mini‐input モジュールや Micro‐input モジュールのようなセンサー機材を用いて車のデータを読み込むとき、しばし
ば、より意味のあるフォーマットに変換する必要があります。(例:スロットルやブレーキペダルからの電圧をペダルの
開度%ような形に変換する等) このアプリケーションノートは、インプットモジュールからのスロットル位置の電圧をスロットルを開くパーセンテージに
コンバートするのに必要なスケールやオフセット値をどうやって求めるかをステップバイステップで説明しています。 この計算はデータをプロットしたとき直線が作られるような線形のデータでのみ機能することに注意してください。 1: 実際の電圧値を得ます ペダルが踏まれていないときのインプットモジュール
に電圧が 0.5 ボルトであり、ペダルを完全に踏み込ん
だときの電圧は5ボルトであったと仮定し、二つの値
が 0%と 100%に対応するとします。では与えられた電
圧をどのようにスロットルのポジションのパーセントと
してスケールとオフセット値に決定づければいいので
しょうか? 2: データを可視化する 電圧をx軸、パーセントをy軸にとれば、二つの点によりプロットすることができます。 Voltage (x) Pedal Press (y) 0.5 0 % 5 100 % 二点間は直線となります。 3: 直線の方程式 直線を表す方程式は以下のようになります: Y = mX + c ここで Y = Y 軸の値 (ペダルの踏まれる%) X = X 軸の値 (センサー電圧) m = スケール(直線の傾き) c = オフセット値(Y 軸の切片) 4: 直線の傾きの計算 直線の傾きは Y の変化量を X の変化量で割ったものから得られます: m = dY/dX dY = 100 – 0 = 100 dX = 5 – 0.5 = 4.5 したがって、直線の傾きは: dY/dX = (100 ‐ 0)/(5 – 0.5) = 22.22 5: オフセットを見つけるための値の代入 オフセット値を見つけるために、以下のように既知の値を代入してみます: ペダルが踏まれていないときの値を用いてみます。 Y = percent = 0, X = Voltage = 0.5 V Y = mX + c から 0 = (22.22 * 0.5) + c 0 = 11.11 + c よって C = ‐11.11 6: 完全な直線の方程式 方程式に値を代入することで2点間の完全な方程式が得られます。 Y = 22.22X – 11.11 7: 方程式の確認 方程式が正しいかどうかの確認のために既知の電圧出力を用いて2重のチェックが可能です。 すでに電圧と開度は以下の値であることが分かっています: Voltage (x) Percent Pedal Press (y) 0.5 0 5 100 方程式を用いて、以下の結果が生成されます: Y = 22.22X – 11.11 Y = (22.22 * 0.5) – 11.11 = 0% この式は 0.5 ボルトのときペダル圧力が 0%なので正しい。 Y = (22.22 * 5.0) – 11.11 = 99.99% こちらも 5 ボルトのときペダル圧力が 100%なので正しい。 8: 完全な直線のプロット 計算されたスケールとオフセット値で表わされる直線は右の
ようになります。 付属書 3: VideoVBOX LITE ファームウェアのアップグレード レースロジックは、VideoVBOX 製品用に新しいバージョンのファームウエア(内部ソフト)を時折リリースします。多くの
場合、新しい機能の導入が目的です。新しいファームウエアは、SD カードを使用して VideoVBOX にロードされます。 VideoVBOX 用の最新のファームウエアアップグレード(.vidup)ファイルは、レースロジックのウエブサイトの’サポート’
のセクションからダウンロードできます。 http://www.racelogic.co.uk/?show=VBOX‐Downloads‐Firmware 最新のアップデートファイルが必要な場合は、ウエブサイトからダウンロードし、ご自分のコンピュータにコピーしてく
ださい。その後、.vidup ファイルを SD カードのルート・ディレクトリにコピーする必要があります。 ファームウェアのアップグレード方法 注:現在本体にロードされているシーンを再度使用する必要がある場合は、ファームウエアのアップグレードを実行
する前に必ず保存するか、エクスポートしてください。ファームウエアのアップグレードが完全に成功した場合、
VideoVBOX は初期設定のシーンに戻ります。 ・ ファームウェアをアップグレードするには、VideoVBOX LITE の電源を入れ、本体が初期化を完了するまで待
ちます。 ・ ‘.vidup’アップグレードファイルを SD カードのルート・ディレクトリに入れ、VideoVBOX LITE に差し込みます。 ・ アップグレードが完了すると、VideoVBOX LITE は二度ビープ音を鳴らし、通常の動作を再開します。 ・ アップグレードが完了すると、アップグレード・ファイルは消去され、レポートファイルが生成されます。ファー
ムウエアのアップグレードが複数のボックスで実行する場合には、ボックスのアップグレードが成功した際
に VideoVBOX LITE がファームウエア・ファイルを削除しないようにすることができます。そのためには、SD
カードのアップグレード・ファイルと同じディレクトリに‘no‐delete‐vidup.txt’ファイルを作成します。すると、
アップグレード・ファイルは、アップグレード成功後もカードに残ります。テキスト・ファイルにはコンテンツは
入れないでください。 ・ アップグレードが何らかの理由で成功しない場合、アップグレード・ファイルはカードに残り、VideoVBOX LITE
は前のファームウェアのバージョンが保たれます。 ・ ファームウェアのアップグレードが成功したら、VBOX を使用する前に一度電源を切り、電源を入れなおさな
ければなりません。 ・ ファームウェアのアップグレードにより、VideoVBOX LITE のシーンは初期設定のシーンに戻るので、ユーザ
ーが定義したシーンは、使用前に VideoVBOX LITE に再度アップロードする必要があります。 ・ ファームウェアのアップグレード中に VideoVBOX LITE は PAL の初期設定に戻るので、VideoVBOX LITE を
NTSC に設定していた場合には、セットアップソフトウェアを使って再度設定する必要があります。 VideoVBOX LITE のアップグレード手順に関するご質問は、㈱アネブルまでお問い合わせください。 [email protected]‐apg.jp 付属書 4: USB ドライバーを VISTA にインストールする方法 多くの場合において、Windows VISTA は特に問題なくドライバーをインストールできますが、ときおりドライバーがイン
ストールできず、Windows がユニットの接続を許可できない場合があります。これは多くの場合、ホームエディション
やプロフェッショナルエディションで管理者権限がないことが原因です。VVB のドライバーを Vista にインストールする
方法は以下のステップの通りです: 1)'コンピュータ'を右クリックし、プロパティを選択します。ウインドウの左上にある'デバイスマネージャー'を選択しま
す。その後、電源の入った VideoVBOX Lite を CAB‐USB ケーブルを使ってコンピュータと接続します。 2)Windows はドライバ検索を開始し、下図のようなインフォメーションバブルが画面の右下にあらわれます。 3)ドライバーのインストールが成功したかどうか確認するために、デバイスマネージャーの下の'ポート'を見てください。
もし、インストールが正しく成功していない場合、下図のような黄色の三角形の中にエクスクラメーションマーク(!)
が'Video VBOX LITE' の前に現れます。 4)デバイスドライバーのインストールが失敗してしまった場合、以下のスクリーンショットが現れます。 5)'ドライバソフトウェアの場所を指定してインストールする(推奨)'を選択し、, 続けるを押してください。 クリックすることにより、画面右下に下図のようなポップアップが現れます。 6)ドライバーのインストールプロセスが失敗するまで待ちます、すると以下のようなポップアップが現れます. 7)'ドライバーディスクを持っていないので、他のオプションを確認する'を選択します。すると下図のようなウインドウが
現れます。 8)'コンピュータのドライバーソフトウェアを参照する(アドバンス)'を選択し、VVB ドライバーのあるフォルダ(以下のパ
ス)を開き、'次へ'を選択してください。 “C:\Program Files\Racelogic\Drivers\General Comms Drivers” 9)Windows がドライバソフトウェアの制作元を確認できないというワーニングを表示しますので、'ドライバーをインスト
ールする'を選択してください。 10)ドライバーインストールが成功した場合以下のようなメッセージが表示されます。 11)デバイスマネージャーを確認し、COM ポートの一つとして VideoVBOX LITE のインストールが成功している
場合、黄色の三角形のワーニングは消えています。 12)VideoVBOX LITE はコンピュータに接続され、シーンのアップロードやダウンロードが可能になります。. 付属書 5: トラブルシューティング・ガイド 衛星サテライトへのロックに関するトラブル VideoVBOX で衛星へのロックにトラブルがある場合の一般的な解決法は以下のチェックリストの通りです。 ・ アンテナが空に向けて障害物のない位置に設置されていることを確認します。(下記の’GPS アンテナの設
置’参照) ・ VideoVBOX LITE とアンテナの接続を確認します。ソケット内のごく微量のほこりが信号強度を大きく減衰する
ことがあります。プラグ部やケーブル全体もチェックし、全長にわたって損傷がないことを確認します。 ・ 電源が接続され、本体に損傷がないことを確認します。 ・ アンテナの機能を確認するために、可能であれば、作動していることが分かっている別のアンテナで試して
みてください。 ・ GPS コールドスタートを実行し、少なくとも 15 分間、オープンな静止位置でユニットの電源を入れたままにし
てください。下記の‘Video VBOX が応答しない場合’を参照のこと。 VideoVBOX は、3 つ以上の衛星がロック出来れば使用できます。 GPS アンテナの設置 VideoVBOX に付属する GPS アンテナは、3.5V のアクティブ・アンテナです。最善の信号品質のためには、アンテナと
VideoVBOX との接続をきれいな状態で維持することが重要です。アンテナを VideoVBOX に取り付ける前に、どのコ
ネクタにもほこりがついていないことを確認してください。取替え用アンテナは VideoVBOX 販売店にご連絡ください。 アンテナは、車両の屋根に素早く簡単に装着するために磁石が付いています。GPS 信号を最適に受信するためには、
衛星受信を妨げることのある障害物から離して、なるべく車両の一番高い位置にアンテナを取り付けてください。GPS
アンテナは、下に金属地の平面(金属製の車両の屋根はこの点で最適です)があると最も良く機能します。 また GPS 装置を使う際には、空が遮られないことが重要であることにご注意下さい。高いビルや木といった周辺にあ
る物体は GPS 信号を遮り、捕捉している衛星の数を減らしたり、反射信号が入ってこのシステムの精度を落とすこと
があります。雲やその他の大気条件は、VideoVBOX の性能に影響を及ぼすことはありません。 GPS アンテナが正確に動作するためには接地平面が必要です。これは近くの物体がもたらす望ましくない GPS 信号
の反射を減らす働きがあります。通常は車両の金属屋根がこの機能を果たします。ただし、車両から離して設置した
り、金属屋根を持たない車両にアンテナ設置する必要がある場合には、メタルホイル(最小で 15cmX15cm)をアンテ
ナの下に設置することで代用できます。あるいは、特別な接地平面つきアンテナを利用しなければいけません。これ
は内部に接地平面があり、金属面上に装着せずに完全に動作します。接地平面付きアンテナは、VBOX 販売店から
購入することができます。(詳細についてはご連絡ください) PC と USB による通信ができない場合 ・ VideoVBOXLITE の前面のグリーン LED が点灯しない場合、ユニットの電源が入っていません。バッテリーが
新しいかチェックしてください。あるいは、シガーライターソケットをご利用の場合はソケット内部のヒューズを
チェックしてください。 ・ USB ケーブル(CAB066‐2)が VideoVBOX LITE の前面パネルの'USB'ソケットに差し込まれていることを確認し
てください。カードリーダーに付属しているようなサードパーティ製の USB ケーブルはボックス前面に埋め込
まれたソケットへ差し込むのに十分な長さを持っていない場合があります。 ・ USB ケーブルを一度外し、再度電源を入れた VideoVBOX LITE に接続してください。 ・ USB ケーブルが PC の USB ポートに差し込まれているかチェックし、COM ポート番号が割り当てられている
か確認してください。 ・ 他のプログラムが同じ COM ポートを使用していないかチェックしてください。 ・ PC で動作中の携帯電話ソフトウェアを終了させてください。これはしばしば、USB ポートのコントロールを奪
い、VideoVBOX LITE の接続を阻むことがあるからです。 ・ VideoVBOX LITE の電源を切り、再度入れてみてください。 COM ポートが利用できない ・ コンピュータが違う VBOX に接続されて起動した可能性があります。VideoVBOX LITE を外して、コンピュータ
を再起動してから VideoVBOX LITE を再度接続してください。 ・ コンピュータにインストールされた他のソフトウエア・パッケージが COM ポートをリザーブしている可能性が
あります。 ビデオ・データの破損 ・ ログされたファイルが正しく終了される前に、記憶媒体が VideoVBOX から取り外された可能性があります。 破損したビデオファイルは DivFix (http://divfix.maxeline.com) か、
VirtualDubMod(http://virtualdubmod.sourceforge.net) を用いることで修復が可能です。 ・ どうやって破損したビデオファイルを修復するか、よくわからない場合にはご連絡ください: [email protected]‐apg.jp 'Log Only When Moving’モードが選択されている場合、カードを取り外す前に、緑のログライトが点滅していないこと
を確認してください。 'Log Continuously’モードが選択されているか、グレーの'RECORD'ボタンを押して記録をスタートした場合には、グレー
の'RECORD'ボタンを押すと現在のビデオとデータファイルが閉じられます。SD カードか USB デバイスの取り外しは、
緑のログライトが点滅しなくなるまで待ってください。 ビデオファイルが開けない場合 ・ XVid コーデックをインストールしなおす必要があるかもしれません。(http://www.xvid.org) VideoVBOX LITE がビープ音を鳴らし続けている ・ これは通常は SD カードが容量いっぱいになったことが原因です。RECORD LED の点滅が止まったことを確
認してから SD カードを取りだしてください。 ・ SD カードが差し込まれていないときにビープ音が鳴り続ける場合は、シーンが破損しているか、ユニットに
対応していないシーンかもしれません。シーンのアップロードを再度行い、ビープ音が止まるか確認してくだ
さい。 ・ シーンのアップロードをし直してもビープ音が止まらない場合は、ファームウェアを入れなおしてください。最
新の.vidup ファイルを SD カードにいれ、ユニットに差し込んでください。 ・ それでも問題が改善されない場合はご連絡ください: [email protected]‐apg.jp 再生中、オーディオだけが再生される ・ ビデオ・ファイルは再生されるが、オーディオだけが聞こえている場合には、ビデオ・コーデックが正しくインス
トールされていない可能性があります。提供されたコーデックがインストールされていること、再生ソフトウエ
アが AVI ファイルを再生できるものかを確認してください データが VBO ファイルにログされない ・ カードの容量が一杯でないかチェックしてください。 ・ ボックスが正しいログ・モードにあるかチェックしてください。ログを開始・停止する際にログボタンを押した場
合、ボックスはマニュアルログ・モードになっており、ボタンが押されるまでログを開始しません。’Log Only When Moving’モードにボックスを戻すには、記憶媒体を取り外し、入れなおしてください。 車両が動いているときにビデオ・オーバーレイが動かないか、反応しない ・ グラフィカル・オーバーレイ内のエレメントが反応しない場合は、VideoVBOX LITE アンテナが良好に衛星を受
信しているかチェックしてください。エレメントは GPS データを使用しているので、VideoVBOX LITE の衛星受
信が僅かであるか、全くない場合には、エレメントはデータが不正確になるか、全く表示しなくなります。 ビデオ・オーバーレイがエレメントのいくつか、または全てを失っている ・ エレメントがオーバーレイ内に表示されない場合には、ボックスにアップロードしようとしているシーンのサイ
ズをチェックしてください。シーンは 12MB 以下である必要があります。 シーンが VideoVBOX LITE にアップロードされない ・ シーンに含まれたゲージが下部で回転点に対し垂直なニードル画像を使用しているかチェックしてください。 ・ ボックスにアップロードしようとしているシーンのサイズをチェックしてください。シーンは 12Mb 以下である必
要があります。 ・ シーンをアップロードした後に VideoVBOX LITE が警告ビープ音を発した場合は、VideoVBOX LITE にファーム
ウエアを再インストールした後、シーンを再度アップロードしてみてください。ファームウエアはレースロジック
のウエブサイトから入手できます。 VideoVBOX LITE が反応しない―GPS コールドスタート ・ GPS エンジンが動かない。 ・ GPS エンジン・コールドスタートを実行する。 GPS コールドスタートにより、GPS エンジンは現在の衛星位置についてダウンロードされた情報をリセットします。これ
は、VideoVBOX LITE が数週間使われないか、前回現在の位置から長距離(100 マイル以上)離れて使用された場合
に衛星ロックがされない際に有用です。 GPS コールドスタートを実行した後は、アンテナが空から遮られない場所で、'GPS' LED が緑の点灯状態になるまで車
を静止させたまま VideoVBOX LITE の電源を入れておきます。VideoVBOX LITE が新しい情報をダウンロードすると、ノ
イズのある状況(木やビルの近く、橋の下等)でも一層素早く衛星を再取得します。また電源入力時に一層素早く衛星
を取得します。 VideoVBOX LITE で GPS コールドスタートを実行するには、次の手順に従います。 ・ VideoVBOX LITE の正面の丸いグレーの'RECORD' ボタンを 5 秒間押したままにします。 ・ ボタンを離すとコールドスタートが実行され、’GPS’LED が緑に点滅します。 ・ およそ 30 秒後に’GPS’LED が緑に点灯し、衛星ロックが得られたことを示します。 付属書 6: VideoVBOX LITE の仕様 出力と精度 GPS パラメータ 以下のパラメータをゲージ、バーグラフ、サーキットマップ、テキストに使用できます Speed(スピード) Time(時間) Track Position(トラック・ポジション) Heading(方位) Height(高度) Vertical Velocity(鉛直速度) Longitudinal Acceleration(縦加速度) Lateral Acceleration(横加速度) Distance(距離) 精度 更新レート スピード ポジション 高度 横加速度 縦加速度 回転半径 距離 10Hz
±0.2km/h ±5m day‐to‐day; ±0.5m lap‐to‐lap ** ±10m ±0.5% ±0.5% ±5cm ±0.05% 速度 精度 単位 最大更新レート 最高速度 最低速度 分解能 応答遅れ時間 0.2 Km/h (4 サンプル平均) Km/h または Mph 10 Hz
1000 Mph
0.1 Km/h
0.01 Km/h
>160ms
距離 精度 単位 最大更新レート 分解能 高さ精度 0.05% (<50cm/Km)
メートル /フィート 10 Hz
1cm
10 メートル @ 95% CEP** 絶対位置 精度 最大更新レート 分解能 ±5m @ 95% CEP** 10 Hz
1 cm
方位 分解能 精度 0.01° 0.2° ラップタイム 分解能 精度 0.01 s
0.1 s
加速 精度 最大 分解能 最大更新レート ±0.5% 4 G
0.01 G
10 Hz
定義 ** CEP = Circle of Error Probable 95% CEP (Circle Error Probable:サークルエラ
ー確率)とは、一定時間のうち 95%は位置読
み込み結果が規定の直径の円内に収まるこ
とを意味します 出力 CAN バス ビットレート 識別子タイプ 利用できるデータ 選択可能なボーレート 125 kbit/s, 250kbit/s, 500kbit/s , 1Mbit/s 標準 11 ビット、拡張 29 ビット 2.0A 視野内の衛星数、UTC 時間、緯度、スピード、
方位、高度、鉛直速度、縦加速度、横加速
度、リセット以降の距離 グラフィックス、サウンドと保存 記録オプション Record Only When Moving(動いている時のみ記録) *初期設定
Continuous Record (継続して記録) フロントパネルのボタンでスタート/ストップ グラフィックス 24 ビットカラー、16 レベルアルファ透明度 事実上無制限の数のゲージ、g‐plot、バーグラフ、トラック・マップ、テキスト、画像 内部GPSパラメータまたは外部CAN/シリアル・パラメータから選択 ゲージ、フォト等の標準ライブラリー ユーザー定義ゲージ、フォント等 解像度オプション 1 秒あたり 25 フレーム PAL=DVD720X576(初期設定)
1 秒あたり 30 フレーム NTSC=DVD720X480 サウンド 外部マイクロフォン接続 MP2 (MPEG1 レイヤー II) ビデオストリームにエンコード 圧縮オプション 3 レベルの品質―高(初期設定)、中、低 レートはコンテンツによります。 ストレージオプション SD card 高容量 (HC) カードが推奨されます。 入力 入力 一つの VCI チャンネル:全てのバージョン VideoVBOX PRO CAN バスか Racelogic モジュールから入ってく
る一つの CAN チャンネルをログできる。 CAN バスか Racelogic モジュールから入ってく
る 32 個の CAN チャンネルをログできる。 カメラ入力 2 x AV カメラ入力 (オプションとして提供されるカメラ) 一体型 12v 電源付 追加のカメラが発見されたときピクチャーインピクチャーが自動的に選択されます。 外部入力 エンジン RPM と
アナログ電圧入
力 Micro/Mini input モジュール経由 CAN ボーレートとメッセージ構造はユーザーが完全にプログラム可能。.dbc フ
ァイルも利用可能。 カスタム・ストリームも対応可能―お問い合わせは Racelogic もしくはアネ
ブルまで カメラの設定とプレビューのためのビデオ・ストリーミング、PC を介した SD
カードの読取とパラメータ設定 RS232 USB 2 環境と物理的事項 環境と物理的事項 入力電圧 電源 サイズ 重量 筐体 使用温度 保管温度 9 – 15 V 最大 7.2 ワット 130mm x 122mm x 37mm
凡そ 267 グラム ABS
‐10 ・ C to +60 ・ C ‐40 ・ C to +85 ・ C ソフトウェア VideoVBOX LITE セットアップ・ソフトウェア VideoVBOX LITE Setup: シーンカスタムのための設定ソフトウェア VBOX Tools/Circuit Tools: データ分析ソフトウェア(Windows) ハードウェア/ソフトウェアのサポート ハードウェア 1 年/ソフトウェア耐用年限サ
ポート契約 ソフトウェア耐用年限サポート契約は電話/
email での現地の VBOX 販売店による技術サ
ポートとファームウェアとソフトウェアのアップ
グレード適用が含まれます。 CAN Output VideoVBOX LITE の CAN 出力は、5ピンコネクタ出力です。 データフォーマット:モトローラ ボーレート: 500Kb/s Data Bytes
ID* Update Rate 0x301 100ms 0x302 100ms (2) UTC 午前 0 時以降の時間 (1)視界に
ある衛星
(4) ポジション –経度 MMMM.MMMMM 0x303 100ms (7) 高度. WGS 84. (メーター) 0x304 100ms 未使用 (11) 縦加速 (G) (12) 横加速 (G) 0x305 100ms (13)リセット以降の走行距離 (メーター) 未使用 未使用 1 2 3
4
5
6 7 8
(3) ポジション– 緯度 MMMM.MMMMM (5) 速度 (ノット) (8) 垂直速度. (M/S) 未使用 (6) 方位(度) (9) ステー
タス (10) ステー
タス 1) 視界にある衛星が <3 の場合、識別子 0x301 のみが送信され、バイト 2~8 が 0x00 に設定されます。 2) 午前 0 時以降の時間。これは UTC 午前 0 時以降の 10ms 間隔の計算です。(午前 0 時以降の 5383690 = 53836.90 秒、または 14 時間 57 分と 16.90 秒) 3) ポジション、緯度* 100,000 (311924579 = 北緯 51 度 59.24579 分)。これは真の 32 ビットの符号付整数、北
緯を正とする。 4) ポジション、経度* 100,000 (11882246 = 西経 0 度 58.82246 分)。これは真の 32 ビットの符号付整数、西経
を正とする。 5) 速度、ビットあたり 0.01 ノット。 6) 方位、ビットあたり 0.01° 7) 高度、ビットあたり 0.01 メーター、符号付。 8) 垂直速度、ビットあたり 0.01 m/s、符号付 9) ステータス、未使用。 10) ステータス、未使用。 11) 縦加速、ビットあたり 0.01G、符号付。 12) 横加速、ビットあたり 0.01G、符号付。 13) VBOX リセット以降のメートルでの走行距離 ユニット寸法 580 TVL Camera: 21mm 420 TVL Camera: 19mm コネクタ割り当て Connector 1 – PWR Pin I/O 1 I
2 I
Function
Power + (9 to 15V)
Ground (0V)
Connector 2 – CAM1 Pin I/O
5 I/O 7 I
3 O
Function Ground Video input
Camera Power (8 – 18V)
Connector 3 – CAM2 Pin I/O
5 I/O
7 I
3 O
Function Ground Video input
Camera Power (8 – 18V)
Connector 4 – CAN
Pin I/O
1 O 2 3 5 6 I/O
I/O
I/O
I 8 O
Function RS232 TxD
(For future expansion) CAN High CAN Low Ground RS 232 RxD
(For future expansion) Power Connector 5 – AUX
Pin I/O
1 I
3 O
5 I/O
6 O
8 I
Function RS232 TxD
RS232 RxD
Ground Video Out
Power +12V
Connector 7 – GPS (GPS Antenna) Pin I/O
Function 1 I
Signal Chassis I
Ground Connector 6 – USB
Pin I/O
1 I 2 I/O
3 O
4 I/O
5 I/O
Function USB – 5V DM DP USB ID GND 連絡先 製造元: Racelogic Unit 10 Swan Business Centre Osier Way Buckingham Bucks MK18 1TB United Kingdom Email: [email protected] Web: www.racelogic.co.uk 輸入・販売元: 株式会社アネブル 〒448‐0813 愛知県刈谷市小垣江町大津崎 1‐36 tel: 0566‐62‐8605 fax: 0566‐62‐8607 email: [email protected]‐apg.jp Web: www.enable‐apg.jp Document Updates Rev Date Changes Page Init Change
1 28‐Oct‐09 ‐‐ Version 1 of Document
AM
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement