VBOX | 3iSL | VBOX 3iSL 100Hz GPS Data Logger

VBOX 3iSL User Guide
VBOX 3iSL 100Hz GPS Data Logger
User Guide
Page 1 of 49
17/07/2012
VBOX 3iSL User Guide
もくじ
もくじ ..................................................................................................................................................................... 2
はじめに .................................................................................................................................................................. 4
仕様........................................................................................................................................................................ 5
スタートガイド ......................................................................................................................................................... 6
VBOX 3i のパッケージ内容.......................................................................................................................................... 8
オプション ............................................................................................................................................................... 8
電源........................................................................................................................................................................ 9
フロントパネルボタン .............................................................................................................................................. 10
ロギング ................................................................................................................................................................ 11
メモリーカード ....................................................................................................................................................... 11
LED ...................................................................................................................................................................... 12
アンテナの種類と取り付け位置 .................................................................................................................................. 14
GPS アンテナ .........................................................................................................................................................................14
ファイルマネージャを使ってのツインアンテナセットアップ ............................................................................................ 16
アンテナ距離 ..........................................................................................................................................................................16
スリップ角オフセット...............................................................................................................................................................14
ロール角測定(オプション)..........................................................................................................................................................17
スリップ角オフセット...............................................................................................................................................................18
ピッチ角オフセット..................................................................................................................................................................19
スリップトランスレーション ......................................................................................................................................................20
デジタル出力とアナログ出力(AD1, AD2) ..................................................................................................................... 24
デジタル入力 .......................................................................................................................................................... 25
アナログ入力 .......................................................................................................................................................... 26
シリアル RS232 / CAN ............................................................................................................................................ 27
VCI(車両 CAN インターフェース): ...............................................................................................................................................28
CAN termination ....................................................................................................................................................................29
Page 2 of 49
17/07/2012
VBOX 3iSL User Guide
CAN パススルー......................................................................................................................................................................29
CANVEL................................................................................................................................................................................30
Satellite Elevation Mask...........................................................................................................................................................31
USB...................................................................................................................................................................... 32
Audio.................................................................................................................................................................... 33
VBOX File フォーマット ........................................................................................................................................... 34
VBOXTools ソフトウェア ......................................................................................................................................... 35
DGPS ベースステーション ........................................................................................................................................ 36
IMU 補正 ............................................................................................................................................................... 37
ファームウェアのアップグレード................................................................................................................................ 41
ファームウェアのアップグレード方法 ...........................................................................................................................................41
VB3iSL 仕様 ........................................................................................................................................................... 42
ピン配列 ................................................................................................................................................................ 44
Analogue Input Connector ...................................................................................................................................... 46
CAN Bus データフォーマット .....................................................................................................................................................47
製造メーカー .......................................................................................................................................................... 49
日本販売代理店 ....................................................................................................................................................... 49
Page 3 of 49
17/07/2012
VBOX 3iSL User Guide
はじめに
VBOX3iSL は Racelogic 社によって開発された車両テスト用の高精度 GPS 測定システムです。ツインアンテナによって、車両の速度や位置だけでなくスリップ
角・ピッチ角(もしくは、ロール角)を測定することが可能です。また 100Hz の高性能 GPS エンジンを搭載しており加速試験やブレーキ停止距離測定・ラップ
タイム測定・横 G 評価など様々なパフォーマンス評価試験に利用できます。VBOX3iSL は、非常にコンパクトに設計されていて、車両への搭載も簡単です。USB
ケーブルで PC に接続することによってデータをリアルタイムで表示することができ、データはコンパクトフラッシュに記録します。また、オフロード車やボート
など様々な移動体評価にも適しています。
VBOX3iSL には、4 つのアナログ入力と 16ch 外部車両 CAN 入力インターフェース(VCI)を備えていて、外部センサーのデータを GPS データと共に記録すること
ができます。また、マルチファンクションディスプレイや ADC03, TC8, FIM03, ヨーセンサー, IMU 等の VBOX オプションモジュールと互換性があり、機能を拡
張することができます。
Page 4 of 49
17/07/2012
VBOX 3iSL User Guide
仕様
















100Hz GPS エンジン搭載
ツインアンテナによるスリップ・ピッチ角(ロール角)測定
IMU(3 軸加速度計+3 軸ジャイロ)による GPS 補正の利用が可能
非常に短い計算遅れ 6.75ms
4 x 24bit アナログ入力(入力範囲±50V)
100Khz, 10ns の高分解能ブレーキトリガー
音声タグ入力
2 x CAN インターフェース(VCI, Racelogic CAN)
USB/シリアルインターフェース (セットアップ、リアルタイム表示)
Blue Tooth インターフェース
CF カードによる記録
2 x 16bit アナログ出力 (速度・加速度のみ)
2 x デジタル出力(速度のみ)
入力電源 7V - 30V*
ログレートを 100, 50, 20, 10, 5, 1Hz に変更可能
固定基地局と共に使用することで位置精度の向上が可能(最大 2cm CEP) **
*
RACELOGIC オプションモジュールと共に使用する場合は、入力電圧に注意が必要です。例えば、マル
チファンクションディスプレイは 12v の入力電圧が必要で、 15v 以上の入力をしてしまうと故障の原因と
なってしまいます。
**2cm
95% CEP の位置精度を利用するには VBOX3i SL RTK へのアップグレードと RLVBBS4RG ベ
ースステーションが必要です。
Page 5 of 49
17/07/2012
VBOX 3iSL User Guide
スタートガイド
スリップ角・ピッチ角の測定必要なもの
・VBOX 3i SL
・USB ケーブル
・シガーライター電源ケーブル
・VBOX File Manager
・2×GPS&GLONASS アンテナ
・VBOX Tools ソフトウェア CD
・PC
・メジャー
・CF カード
1.ソフトウェアをインストールします
2.VBOX を車内に設置します
3.アンテナケーブルを VBOX に接続します
4. GPS アンテナを車両ルーフに取り付けます。(ツイ
5.USB ケーブルを PC に接続します
6. USB ケーブルの反対側のコネクタを VBOX に接続
します
ンアンテナ取付方法は後述を参照して下さい。)
Page 6 of 49
17/07/2012
VBOX 3iSL User Guide
7. 電源ケーブルを VBOX に接続します
8. シガーライター電源ケーブルを車両へ接続しま
す
9. 電源を投入して起動が終了すると、VBOX3iSL はすぐに衛星を探し始めます。 衛星を捕捉するとフロントパネルの“SAT” LED は、赤色から緑色の点灯に変わ
り、緑色の LED の点灯回数が現在捕捉している衛星の数になります。適切な精度で測定を行うには、最低 5 つの衛星が必要です。(衛星を捕捉するまでに掛かる時間
はおよそ5分程度です。)
VBOX を初めて使用する場合、数カ月間使用していなかった場合、直前に使用した場所が現在の位置から遠く離れている場合は GPS コールドスタートを実施する必
要があります。
コールドスタートは、フロントパネルの”LOG”ボタンを5秒間以上長押しすることで実施できます。
GPS コールドスタートを実行したら、VBOX のアンテナを空が広く見える位置に設置し、適切な衛星数を補足するまで電源を入れたままで待ちます。この操作で
は、衛星を補足するまでに 10 分程必要です。
適切な数の衛星を捕捉したら、VBOX3iSL に CF カードを差し込み、車両を 0.5km/h 以上の速度で走行すると自動的に記録を開始します。(デフォルト設定)
データの記録中は ”CF” LED が青色で点滅します。
Page 7 of 49
17/07/2012
VBOX 3i User Guide
VBOX3iSL のパッケージ内容
内容
Qty
Racelogic Part #
VBOX3iSL 100Hz データロガー
1
RLVB3iSL
AC 電源
1
シガーライターDC 電源ケーブル
内容
Qty
Racelogic Part #
シリアル接続ケーブル
1
RLCAB001
RLACS020
25 Way D コネクタ
1
ADC25IPCON
1
RLCAB010L
VBOX3iSL マニュアル
1
RLVBACS030
GPS/GLONASS アンテナ
2
RLVBACS156
Bluetooth アンテナ
1
RLACS119
4GB コンパクトフラッシュカード
1
RLVBACS098
USB 2.0 ケーブル
1
RLVBCAB066
メディアカードリーダー
1
RLVBACS028
運搬ケース
1
RLVBACS113V4
VBOX Tools ソフトウェア CD
1
RLVBACS030
VBOX3iSL オーディオヘッドセット
1
RLACS120
ファイルマネージャー
1
RLVBFMAN
メジャー
1
RLACS091
オプション
内容
Racelogic Part #
内容
Racelogic Part
ブレーキトリガー
RLVBACS004
4 Ch デジタル入力モジュール
RLVBFIM03
手持ち用ブレーキトリガー
RLVBACS009
16 Ch 車両 CAN インターフェース
RLVBCAN02
ログスタート/ストップスイッチ
RLVBACS010
8 Ch 温度入力モジュール
ベースステーション
RLVBBS4RG
CAN-アナログ変換モジュール
RLVBDAC01
マルチファンクションディスプレイ
RLVBDSP03
ヨーセンサー + 2 軸 G センサー
RLVBYAW03
8 Ch アナログ入力モジュール
RLVBADC03
IMU(3 軸加速度計+3 軸ジャイロ) *
RLVBIMU02
RLVBTC8
*VBOX3iSL の IMU 補正機能を利用するには RLVBIMU02 ユニットが必要です。
Page 8 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
電源
VBOX3iSL は、7 – 30V DC の幅広い範囲で動作し、車両のシガーアダプターやオプションのバッテリパック、外部入力電源の利用が可能です。ただし、入力電
圧が30V DC を超えてしまうと、センサーの故障の原因となりますのでご注意ください。
警
告
VBOX3iSL は、 ADC03, ADC02, TC8, FIM02/3, マルチファンクションディスプレイのようなオ
プションモジュールと接続することができます。 これらのモジュールを VBOX3iSL に接続する
と、VBOX3iSL は入力された電圧をそのままオプションモジュールに入力します。しかし、オプシ
ョンモジュールの入力電圧範囲は最大 15VDC となっているため、それを超えた電圧入力をすると
故障の原因となりますので、ご注意ください。
VBOX をバッテリーで動作させる場合、バッテリーの残量が減ってくると VBOX は警告音を発生することがあります。この場合は、計測をいったん中断してバッ
テリーの充電を行う必要があります。
VBOX3iSL は出来るだけ熱を発生しないように設計されていますが、車載する際にはできるだけ涼しいところへの設置を心がけてください。
VBOX に電源を投入する前に必ず GPS を接続してください。これは、VBOX がアンテナのゲインを自動で調節しているためです。
Page 9 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
フロントパネルボタン
VBOX3iSL のフロントパネルには、LOG と FANC の二つのボタンがあります。LOG ボタンはロギングのスタート/ストップを実行します。FANC ボタンは 20Hz
と 100Hz のサンプリングレートを切り替えることができます。
LOG:
LOG ボタンはコンパクトフラッシュカードへのデータの記録のスタート/ストップを実行します。
もし、VBOX の設定で”Log only when moving(走行中のみデータを記録する)”を選択している場合は、走行中に押すことでデータの記録のストップを実行しま
す。
“Log continuously(連続ログ)”を選択している場合は、スタート/ストップを実行します。LOG ボタンを押して記録を開始するたびに、新しいファイルが作成され
ます。
データの記録中は CF LED が青色で点滅します。
注:CF LED が点滅中は CF カードを抜かないように注意をしてください。データが壊れる恐れがあります。
FANC:
FANC ボタンを押すことで、現在のサンプリングレートの確認を行えます。
FANC ボタンを押した後に LED がゆっくりと点滅(1 回/s)した場合は、20Hz サンプリングを示しています。LED が速く点滅(5 回/s)した場合は 100Hz サンプ
リングを示します。
FANC ボタンを5秒間長押しをすることで、100Hz, 20Hz を切り替える事ができます。
デフォルト設定:
FANC と LOG ボタンを同時に 5 秒間長押しすることで、VBOX の設定をデフォルト状態に戻すことができます。
コールドスタート:
LOG ボタンを 5 秒間長押しすることで、GPS のコールドスタートを実行することができます。
Page 10 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
ロギング
VB3i には 3 種類のロギングモードがあります:
Log only when moving : このモードでは、VBOX が速度 0.5km/h 以上を検出すると記録を開始します。
Log continuously
: このモードでは、データは常に CF カードに記録され続けます。
Advanced :
VBOX3iSL では記録しているチャンネルすべてをロギングのトリガーとして利用できます。
この設定は VBOXTools の VBOX Set-up から行います。
Advanced 設定では、選択したチャンネルのトリガーとして>もしくは<を利用できます。
複数のチャンネルを組み合わせて、特殊なロギング条件を設定することも可能です。
メモリーカード
VB3i は測定したデータをコンパクトフラッシュカードへ記録します。 製品購入時に付属してくる CF カードは既にフォーマットされていて、すぐに利用が可能で
す。 CF カードを新しく導入された場合や、VBOX3iSL に差し込むとエラーが発生する場合は、Windows で CF カードのフォーマットを実施する必要があります。
VBOX3iSL は以下のフォーマットに対応しています。



FAT
FAT16
FAT32
Racelogic では、以下のメーカーの CF カードの利用を強く推奨しています。
SanDisk
Page 11 of 49
Kingston
Lexar
Ultra
PQi
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
LED
VB3i は多数の LED が設置されています。それらの機能は以下のようになります。
GPS:



赤色で点滅している場合は、衛星を捕捉していません。
緑色で周期的に点滅している場合は、現在捕捉している GPS 衛星数を示しています。間隔の空いた後に点滅した回数が捕捉している衛星数です。
赤色で周期的に点滅している場合は、現在捕捉している Glonass 衛星数を示しています。間隔の空いた後に点滅した回数が捕捉している衛星数です。
衛星を1つ補足している場合
1
1
1
1
衛星を 4 つ捕捉している場合
間隔
1
2
3
4
間隔
1
2
3
4
衛星を捕捉していない場合
間隔(1 秒間)
Page 12 of 49
間隔(1 秒間)
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
DIFF:
 オレンジ色で点灯している場合は DGPS 測位を意味します。
(WAAS/EGNOS もしくは 40cm ローカル DGPS 測位)
 緑色で点灯している場合は 2cm ‘Fixed’ RTK 測位を意味します。
SER:

DUAL
BLUETOOTH:
 青色で点滅している場合は、Bluetooth 通信はスタンバイ中で PC か
らの応答を待っている状態です。
 青色で点灯している場合は、Bluetooth 通信が行われている事を意味
します。


オレンジ色で点灯している場合はツインアンテナモードが有効なこ
とを意味します。
緑色で点灯している場合はツインアンテナでの計測が適切に行われ
ていることを意味します。
PWR:
 緑色で点灯している場合は適切な電源供給がされていることを意味し
ます。
 赤色で点灯している状態は、まだ起動が完了していないか、エラーが
発生している状態を意味します。
D IN:
 緑色で点灯した場合は、ブレーキトリガーが認識されたことを意味し
ます。

CF:

黄色で点滅している場合は、適切に設定された CAN データが入力さ
れていて、そのデータを記録している事を意味します。
緑色で点滅している場合は、シリアルデータが通信されている事を意
味します。
青色で点灯している場合は、データの書き込み中です。
LOG:
 緑色で点灯している場合は、CF カードへデータの記録中です。
 FANC ボタンを押した後に点滅する赤色の LED は現在のサンプリン
グレートを指し示します。
CAN:
 黄色で点滅している場合は、適切に設定された CAN データが入力さ
れていて、そのデータを記録している事を意味します。
 緑色で点滅してる場合は、シリアルデータが通信されている事を意味
します。
Page 13 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
アンテナの種類と取り付け位置
GPS アンテナは地面からの反射波を防ぐために、金属板の上に設置する必要があります。GPS 信号の反射波
はマルチパスと呼ばれ、GPS 測定でのエラーの原因となっています。通常、車両のルーフは金属で出来ていま
すので、その上に取り付ける場合は問題ありません。しかし、右図のようにタイヤの真上など特定の場所で測
定する場合は、アンテナが車両ルーフから飛び出してしまいます。この場合は、Racelogic 社がオプションと
して販売しているマッシュルーム型の Ground Plane アンテナを利用する必要があります。Ground Plane ア
ンテナは、アンテナ自体が路面からの反射波を防ぐ機能を持っています。Ground Plane アンテナの製品番号
は RLVBACS065 です。詳しくは、VBOX JAPAN㈱までお問い合わせください。
GPS アンテナ
VBOX3iSL では 5V のアクティブアンテナを利用しています。アンテナのコネクタを VBOX に接続する前には、
最適な信号を得るために、アンテナのコネクタに埃などが付いていないことを確認してください。交換用のア
ンテナは、VBOX JAPAN㈱にて販売をしています。
VBOX 製品ではマグネットタイプのアンテナを使用しています。アンテナを車両に取り付ける場合は、出来る
だけ車両の高い位置に設置してください。また、周りに信号の受信を妨害するような障害物がないことを確認してく
ださい。アンテナは、車両ルーフなどの金属板の上に必ず設置してください。
また、GPS 製品を利用する場合は、空が広く見える場所で使用してください。市街地や森など、障害物の多いエリア
で使用すると、衛星の補足数が減ったり、マルチパスの影響を受け、測定精度が低下してしまいます。
VBOX3iSL はブレーキトリガー入力を行うことができます。 これにより、VBOX3iSL は速度を測定するだけでなく、
ブレーキ停止距離測定に必要なトリガー速度、トリガーからの距離、トリガーからの時間を測定することもできます。
これらのデータは CF カードへの記録したり、CAN bus 通信や USB/シリアル 通信を利用して PC 等に記録/表示す
ることが可能です。
シングルアンテナで VB3iSL を使用する場合
VB3iSL は、アンテナ 1 つでも使用することができます。この場合、スリップ角・ピッチ角・ロール角の測定はできませんが、一般的なシングルアンテナ VBOX
と同等の計測ができます。VB3iSL をシングルアンテナで利用する場合は、必ず Antenna A へ接続してください 。
Page 14 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
注) ブレーキ停止距離測定を行う場合は、フロントパネルメニューの GPS optimisation で “High”を選択してください。また、 速度(Velocity)の Kalman
filter を 0 (zero)に設定してください。
VBOX3iSL のセットアップは前項で説明したように非常に簡単ですが、アンテナの取り付け位置に
は注意が必要です。
注)2 つのアンテナの距離は File Manager を介して VBOX3iSL の設定に入力した値と一致して
いなければなりません。もし、これらの距離が異なっていると正確なスリップ角測定ができません
ので、ご注意ください。ここで言う「2 つのアンテナの距離」とは、2 つのアンテナの中心を直線で
結ぶ距離です。 アンテナの取り付け高さが違う場合は 3D 距離を測定してください。
Antenna A がすべての計測の基準となるアンテナになります。また、スリップ角は Antenna A の位
置で計測されます。 もし、車両の中心でスリップ角を図りたい場合は、Antenna B をフロント側(前
方)へ取り付けなければなりません。
スリップ角測定においては、アンテナを厳密に車両に対して直線に取り付ける必要はありません。
VBOX3iSL には、オフセットをキャンセルする機能があります。 詳しくは”スリップ角のオフセット
“の項目を参照してください。
しかし、スリップ角に加え、ピッチ角もしくはロール角を正確に計りたい場合は、アンテナを車両に対
して正確に直線もしくは 90°に取り付ける必要があります。
Antenna A と B のケーブルは同じ向きに取り付けて下さい。
上の写真は、車体スリップ角とピッチ角を測定する場合のアンテナの設置方法です。
左の写真は、車体スリップ角とロール角を測定する場合のアンテナの設置方法です。
Page 15 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
ファイルマネージャーを使ってのツインアンテナのセットアップ
ツインアンテナを使ってスリップ角・ピッチ角もしくはロール角を測定する場合、ファイルマネージャーからアンテナの設定を行う必要があります。
ツインアンテナを有効にするには, ファイルマネージャーを VBOX3iSL に接続し”SETUP”>”DUAL ANTENNA”>”ENABLE”と選択して下さい。
ENABLE にチェックマークがついたことを確認して下さい。
アンテナ距離 [SEPARATION]
ツインアンテナを使ってテストを行う時、最も重要なのは 2 つのアンテナ間(中心から中心)の距離になります。ファイルマネージャーを使って 2 つのアンテナの
距離を正確に設定します。(10 ミリメートルまで入力が可能です。)
Note: アンテナの距離を変える場合は、ファイルマネージャーで入力できる範囲で設定して下さい。
Page 16 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
ロール角測定 (オプション)
VB3i SL はスリップ角とピッチ角もしくはロール角の測定が可能です。デフォルトではピッチ角測定になっています。ロール角を測定したい場合はアンテナを車
両に対して正確に 90°に取り付ける必要があります。アンテナを取り付けたらファイルマネージャーを使って”DUAL ANTENNA”>”ROLL MODE”を選択します。
(「ROLL MODE」にチェックマークが入ります。).
Page 17 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
スリップ角オフセット [ALIGN ANTENNA]
VB3iSL にはオフセットを計算する機能があります。アンテナを可能な限り車の
中心線に合わせて車両に取り付け、ファイルマネージャーからアンテナの距離を
正しく入力した後、”ALIGN ANTENNAS”を選択してオフセットの設定を行いま
す。オフセットの設定には、ファイルマネージャーに表示される指示に従ってく
ださい。
“AUTO ALIGN”を選択すると VB3iSL は 25km/h 以上の速度を出すことを要求
してきますので、25km/h 以上の一定なスピードで直線走行して下さい。これにより、スリップ角のオフセット値が自動的に計算されます。VB3iSL は、スリップ
角のオフセット値を計算している間はビープ音で知らせます。ビープ音が停止したら、オフセット値の計算が終了です。
注)オフセット値の設定を行う場合は、ツインアンテナのモード(LED が緑色)になっていることを必ず確認して下さい。
CLEAR を選択するとオフセット値が削除されます。
Page 18 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
ピッチ角オフセット [LEVEL ANTENNA]
ピッチ角を測定する場合、車両に 2 つのアンテナを可能な限り水平に設置することが重要ですが、この作業は容易ではありません。そこで、このアンテナ高さの
ズレを補正するために”AUTO LEVEL”でオフセット機能を利用することができます。
車両をなるべく水平な場所に移動し、ファイルマネージャーで”LEVEL ANTENNAS”>”AUTO AUNTENNAS”を選択します。
オフセットを削除したい場合は CLEAR を選択して下さい。
Page 19 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
スリップト角測定位置の移動
[SLIP TRANSLATION]
車の様々な部位(例えば車輪の上)でスリップ角を計測したい場合は、”SLIP TRANSLATION” 機能が有効です。アンテナ A の場所から前後と左右のオフセット
値(距離)を設定することによって、5 つの異なる部位のスリップ角を測定できます。前後方向のオフセットの場合、アンテナ A より前の位置が正の値になります。
左右方向のオフセットの場合、アンテナ A より右側の位置が正の値になります。
IMU 補正: IMU モジュールを VBOX3iSL に接続した場合、ヨーレートはスリップ角の計算に使われます。これによって GPS 由来のヨーレートよりノイズは低減
されます。これによって SLIP TRANSLATION に余計なノイズが組み込まれません
Page 20 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
例えば下図のように左前輪上のスリップ角を測定したい場合、目標とする位置はアンテナ A より左側前方になります。ファイルマネージャーを用いて左右
(Lateral)オフセットを-0.45m、前後(Longitudinal)オフセットを+3.50m と入力します。
Page 21 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
全ての位置は前後と左右、両方のオフセットが必要となります。
注:測定項目をピッチ角からロール角に変更した場合など、アンテナ A の位置が変わった時にはオフセット値を再度入力する必要があります。
Page 22 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
Page 23 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
デジタル出力とアナログ出力(AD1, AD2)
速度のデジタル信号は AD2 から周波数/パルスで出力されます。 パルス/m は VBOXTools ソフトウェアのセットアップメニューから設定変更できます。デジタ
ル出力には RLVBCAB09 ケーブルを利用します。
AD1 のデジタル出力は、シンプルな ON もしくは OFF のステータス情報を出力します。この ON/OFF の境界は VBOX3iSL で記録しているデータをトリガーとし
て設定できます。なお、ON の場合は 5V, OFF の場合は0Vで出力されます。 例えば、速度 40km/h を境界として設定した場合、速度が 40km/h より速い場合
は 5V、速度が 40km/h 以下の場合は 0V が出力されます。
速度のアナログ信号は AD1 もしくは AD2 から 0-5V DC で出力されます。 速度/V は VBOXTools ソフトウェアのセットアップメニューから設定変更できます。
アナログ出力には RLVBCAB08 ケーブルを利用します。
Page 24 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
デジタル入力
D IN コネクタは 2 種類のデジタル入力を提供します。1 つ目のデジタル入力はブレーキトリガー入力です。 ブレーキトリガー入力は、VBOX3iSL 本体内部のタ
イムキャプチャモジュールに接続されていて、ブレーキ距離を正確に測定するため正確なイベントタイムを記録しています。このトリガーイベントタイムは、
GPS のサンプルリングタイムからイベント発生までの時間を 10μs のオーダーで記録されます。
手持ち用トリガーもイベントマーカーとして利用できます。
ログスタート/ストップスイッチも利用できます。フロントパネルに手が届かない場合に有効です。
Page 25 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
アナログ入力
VBOX3iSL には 100Hz で記録できる 24bit のアナログ入力を 4ch 備えています。入力電圧は±50V です。オプションモジュールの ADC03 とは異なり、
VBOX3iSL のアナログ入力は各チャンネルが絶縁されていませんので、ご注意ください。
アナログ入力用のコネクタには、外部センサーに DC 電源を供給するための電源出力もあります。電源出力には絶縁された 5VDC の出力と VBOX3iSL に入力され
ている電圧と同じ電圧を出力する電源出力の2種類があります。どちらの電源出力も 100mA までのヒューズが取り付けられています。配線に関してはアナログ
インプットコネクタのピン配列の項目を参照してください。
注: A 25W D サブコネクタ に接続できる 4 チャン
ネルのアナログケーブルアダプタ (RLVBACS054)
がオプションで追加可能です。詳しくは VBOX
JAPAN(株)にお尋ねください。
右図のように、VBOXTools ソフトウェアの VBOX Set-up を利用して、アナログ入力チャンネルの設定を行うことがで
きます。アナログ入力の設定では、チャンネル名・単位・スケール・オフセットを設定することができます。
スケールは 1V の時の測定値を入力してください。
設定後 Apply をクリックすることで設定が反映され、Live Data の項目で現在のリアルタイムのアナログ入力値を確認
することができます。
注:5VDC を利用するためには VBOX3iSL に 8.5V 以上の電圧入力が必要です。
Page 26 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
500Hz logging
VB3iSL は 500Hz で 4 つのアナログ入力が可能です。この際、ファイルサイズは大きくなります。
500Hz のデータを扱う場合は、最新の VBOX Tools をお使いください。
RS232 Serial / CAN
VBOX3iSL は 2 つの CAN ポートと 2 つのシリアルポートを備えています。
シリアル通信:

フロントパネルで RS232 と記載されたポートのシリアル通信は VBOX と PC の通信に利用
します。 RS232 ポートは VBOX から PC へ、リアルタイムでデータを送信することがで
きるため、PC 上にデータを表示しながらテストを行うことができます。
シリアル通信を利用したリアルタイム表示は、全データを通信する場合、20Hz までに制限
されていますのでご注意ください。
50Hz を利用する場合は、標準 GPS チャンネルのみの通信に制限をしてください。
100Hz を利用する場合は、Sats・Time・Speed・Trigger Event Time の 4ch のみに制限
をしてください。
制限以上のチャンネルを選択するとデータの欠損が発生するので、ご注意ください。

フロントパネルで CAN と記載されたポートでもシリアル通信を行うことができます。
このポートは無線機を接続をして、VBOX オプションの DGPS ベースステーションからの
補正信号を受信するために利用します。
CAN通信:

CAN 通信のポートも2種類あり、CAN と RS232 のソケットに割り当てられています。デフォルト設定では、VBOX のオプションモジュールと接続するため
の CAN(Racelogic CAN) は CAN ソケットに割り当てられていて、外部の CAN(VCI CAN)と通信するためのポートは RS232 に割り当てられています。
VBOX モジュールへの電源は CAN, RS232 ソケットを通じて供給されます。VBOX3iSL に入力されている電圧がそのまま VBOX モジュールへも入力されるた
め、MFD や ADC03 等のモジュールを接続する場合は 15VDC を超えていないかどうか注意をして下さい。
Page 27 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
VCI(車両 CAN インターフェース):
VBOX3iSL では外部の CAN 入力(車両 CAN 等)を最大 8 データまで設定して記録することができます。
設定は VBOXTools の VBOX Set-up >Log Channels>VCI Module タブより行うことができます。
CAN の設定は、マニュアルで設定することもできますが、DBC ファイルを読み込むことも可能です。
また、Racelogic 社が独自に解析を行った自動車別の CAN データベースファイルを利用することができます。データベースファイル(CANALLCAR.REF) は、
VBOXTools ソフトウェアをインストールすると C:\program files\Racelogic \Additional \Documentation CAN Files 内に保存されますので、すぐに利
用することができます。
CAN termination
VBOX3iSL では 120Ωの抵抗を設置するかしないかを VBOXTools を利用して設定することができます。外部センサーの CAN 信号を取り込む際に、外部センサー
内に 120Ωの抵抗が設置されていない場合は抵抗を有効にしてください。
Page 28 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
CAN パススルー
VCI ポートから外部入力モジュール等のデータを CAN で出力することが可能です。
例えば、IMU のデータを VBOX3iSL で記録しながら、VCI ポートから CAN 出力も行って外部のデータロガーで記録することも可能です。
VBOX3iSL は任意の ID で 6 つの CAN メッセージを出力することができます。最大で 12ch のデータを出力することが可能です。
注:CAN チャンネルは 32bit IEEE float モトローラーフォーマットで出力されます。29bit 拡張 ID も利用できます。
CAN メッセージを受け取るには acknowledge を返す必要があります。
Page 29 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
CANVEL
衛星が捕捉できない区間において、速度信号の欠損を無くすために、GPS 速度を別の信号(CAN 信号-車輪速など)で補う機能です。
任意の速度チャンネルのチャンネル名を“CANVEL”と設定すると、GPS 信号が遮断された場合の速度の補正信号として利用できます。
本機能は以下の状況の時に機能します。

IMU 補正が無効になっている時 かつ

衛星信号が受信できず VBOX3iSL が速度を算出できない場合(完全な信号ドロップアウトの場合のみ)
VBOX3iSL は自動で単位を認識することができます。認識可能な単位は以下の通りです。

MPH

KM/H

KPH

Knots

m/s

ms-1
注:もし単位を入力しなかった場合は、信号は KPH として認識されます。
本機能は高いビルの多い市街地走行において効果的です。
Page 30 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
Satellite Elevation Mask
衛星をロックするための視野範囲を設定できるようになりました。(下図参照)
本機能は、林や建物の多い場所で視野範囲を狭くすることで、エラー信号(マルチパス)の受信を減らすことができ、結果として測定精度を向上させることができ
ます。
一方で、衛星の捕捉数が減少しますのでご注意ください。
VBOX Tools
本機能を利用するには、バージョン 2.2.2b42 以上の VBOXTools が必要です。
Page 31 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
USB
VBOX3iSL は USB インターフェースを備えています。USB 通信を利用して、VBOX のセットアップを行うことができます。
また、100Hz のシリアルデータをリアルタイムで送信することができるため、VBOXTools でデータを表示したり、PC のハードディスクに記録することができま
す。
初めて USB ケーブルを接続する場合は、以下の手順でドライバーのインストールが必要になります。



VBOXTools ソフトウェアを PC にインストールします。
VBOX3iSL と PC を USB ケーブルで接続します。
PC は自動的に新しいハードウェアを認識し、[新しいハードウェアを認識しました] ウィザードが現れ
ますので、[コンピューターを参照してドライバーソフトウェアドライバーをインストールする]を選択
して、‘Next’をクリックします。
 ドライバーのあるディレクトリーを指定するウィンドウが現れますので、”参照”をクリックして
C:\program files\Racelogic\Drivers\ VB3i Comms Drivers を選択して、”検索する”をします。
 新しくソフトウェアドライバーのインストールの確認ウィンドウが現れますので、 [続行する]を選択し
ます。(左図を参照)
 最後のウィンドウで[完了]をクリックすれば、インストールの完了です。ドライバーのインストールは
2度行わないといけない場合があります。
 ドライバーのインストールが完了したら、一度 VBOX3iSL の電源を切り、再度、電源を入れてくださ
い。これで、PC は VBOX3iSL を認識し、VBOXTools software では USB 接続が利用できます。
注: ドライバーのインストール中に、 FTDILang.dll の更新を要求される場合があります。この場合は、”はい。実行します。”を選択してください。
Page 32 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
Audio
音声タグ
VB3iSL には、VBOX データ・ファイルに 0.5 秒の精度で同期できる音声タグ機能がついています。録音された音声は VBOX Tools で記録されたデータと共に簡
単に再生する事が可能です。音声ファイルは WAV ファイルとして VBOX データファイル(VBO.ファイル)と共に CF カードに記録されます。付属のマイクロフォ
ンのスイッチで録音の開始/停止が行えます。
記録方法
マイクロフォンのスイッチを押すとビープ音が鳴り、録音が開始されます。記録を止めるには再度スイッチを押して下さい。記録を停止した際もビープ音で確認
が出来ます。スイッチを一度押し、そのままにしておけば、VB3iSL は 30 秒間の録音を行った後、自動的に録音を停止します。
VBOX Tools での音声ファイルの再生
ログされたデータは VBOX Tools で見る事ができます。音声ファイルはグラフスクリーンの中に緑色の円で示されますので、再生したい場合はこの部分をクリッ
クして下さい。
NOTE: グラフスクリーンの中に赤い円が示される場合は、WAV ファイルが一緒に記録された VBO.ファイルと同じフォルダに存在していないことを表します。
音声ファイルを再生する場合、VBO.ファイルと WAV ファイルは同じフォルダに存在する事が必要です。
Page 33 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
VBOX 3iSL ‘.VBO’ File フォーマット
VBOX3iSL で測定されたデータは.VBO ファイルとして記録されます。 このデータファイルは
スペース切りのテキストファイルです。このデータファイルは、Microsoft Word などの外部ア
プリケーションで簡単に読み込むことができます。
ファイルはチャンネル名やコメントなどが記載された[header]セクションと実際のデータからな
る[data]セクションで構成されています。
[Column names]では、データセクションのパラメーター名が順に記載されています。
右の表は.VBO ファイルのサンプルです。
注)ファイル作成日として記載される時刻はグリニッジの世界標準時です。日本の時刻に換算す
るには、+9 時間を足してください。
Satellite: 十進法で衛星の補足数を表示します。ブレーキトリガー入力時には 64 が足されます。
DGPS 利用時には 128 が足されます。
Time: UTC time です。 フォーマットは HHMMSS.SS
Latitude: フォーマットは分で表示されます: mmmm.mmmmm
Longitude: フォーマットは分で: mmmmm.mmmmm
Velocity: 十進法で速度を表示します。 000.000
Heading: 十進法で方位を報じします。0-360deg, 000.00
Height: 十進法で高さ(M)を表示します。 0000.00
Event 1 time: トリガーイベントタイムを秒(s)で表示します。トリガーが発生した時刻は、そ
の列の時刻(UTC Time 等)からトリガーイベントタイムを引いた時刻です。 0.00000.
Additional CAN module channels: 指数表示で表示されます。
e,g 1.234567E-02 = 0.01234567
Page 34 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
VBOXTools ソフトウェア
VBOXTools ソフトウェアは、 VBOX3iSL の設定や VBO ファイルの
データ解析に利用します。
VBOXTools ソフトウェアの詳しい解説は[VBOXTools Software
manual] をご参照ください。
Page 35 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
DGPS ベースステーション
VBOX3iSL は DGPS ベースステーションと共に使用すると位置精度を向上させることができます。
DGPS ベースステーションは、位置精度によってモデルが2種類あります。
位置精度 40cm:
RLVBSS4 と共に使用すると VBOX3iSL は位置精度 40cm 95% CEP に向上させることができます。高度の精度は 1m 95% CEP です。
位置精度 2cm:
RLVBSS4RG を利用して、さらに VBOX3iSL を RTK モデルにアップグレードすることで、位置精度 2cm 95% CEP に向上させることができます。
DGPS モードを有効にするには
DGPS ベースステーションによる補正は、必要な機器を設置して VBOXTools ソフトウェアから設定することができます。

VBOXtools ソフトウェアを起動します。

VBOX Set-up の GPS セクションに進みます。

DGPS ボタンをクリックして、RTCM V3(2cm)モードを選択します。

Set-up 画面を閉じて、設定を保存します。
Page 36 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
IMU 補正
VBOX3iSL【GPS】は IMU02【3軸加速度計+3 軸ジャイロ】と共に使用することで、加速度計・ジャイロによる補正機能を利用することができます。
IM U は 、 車 両 の あ らゆ る 動 き (挙 動 ) を 測 定し て、 そ の 値 を 積 算 する こ と で 短 時間 の 測 定 で あれ ば非 常 に 精 度 の 良 い 速 度 ・ 位 置 測定 を 行 う こ とが
で き ま す 。 こ の測 定 は G PS 測 定 より も 精 度 良く 、 非 常 に 滑 ら かで す 。 し か し、 速 度 ・ 位 置の ドリ フ ト ( 時 間 的 変化 ) が 最 大 の問 題 点 で す 。
そ れ に 対 し て 、G PS セ ン サ ーは 衛 星 を 4 個 以 上ロ ッ ク し て い る 限り ド リ フ ト のな い 速 度 ・ 位置 を測 定 し ま す 。
こ の 2 つ の 速 度 ・位 置 測 定 の 間 に 100Hz の カ ルマ ン フ ィ ル タ ー を介 在 さ せ 、 エラ ー を 検 出 させ るこ と で 、 測 定 値 を最 適 化 さ せ てい ま す 。
この補正機能により、VBOX3iSL は以下のパラメーターの測定精度を向上させています。






経度
緯度
速度
方位
高度
垂直速度
右図は IMU 補正を行った速
度のグラフです。データは林
間の道路で測定されたもので
す。赤のラインは GPS のみの
データ、青のラインが IMU
補正を行ったデータです。
IMU 補正を利用するとトンネル等の GPS が捕捉できない場所でも計測を維持することができま
す。計測を維持できる時間は 1.5 秒までです。(左図)
Page 37 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
IMU 補正を利用するための設定
IMU 補正を利用するには、以下の順で設定を行ってください。
1. VBOX3iSL の CAN ポートに IMU02 を接続して電源をいれます。
2. VBOXTools を起動して、VBOX3iSL と PC を接続します。
3. 適切な COM ポートを選択して、シリアルデータ OK の表示が現れたら、VBOX Set-up へ進みます。
4. “Channels”タブの” 3-axis Modules”へ進み、すべてのチャンネルにチェックを入れます。
5.
もし VBOX Set-up で” 3-axis Modules”が認識されない場合は、”CAN”セクションへ進み、Racelogic
CAN が CAN ポートに割り当てられているかを確認してください。
Page 38 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
6. 次に GPS セクションに進みます。
7. Kalman Filter の設定をどちらも 0 に設定して、”Use IMU”にチェックを入れます。
8. “Close Set-up”をクリックして、設定を保存すればすぐに IMU 補正を利用することができます。
9.
一旦、IMU 補正の設定を有効にすると、CF カードには Speed Quality、 IMU Kalman Filter Status、
IMU チャンネルが自動的に保存されます。これらのチャンネルはトラブルシューティングをするために必要なチ
ャンネルのため、オフにすることができません。
Page 39 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
車両への設置
1. VBOX3iSL を通常通り車両に設置します。
2. IMU の取り付け位置を確認するために、VBOX3iSL と PC を接続します。
3. 車両のエンジンを止め、車両内の平らな箇所に IMU を設置します。
4. IMU は車両挙動の影響を減らすために重心点付近に取り付けるのが理想的です。
5. もし可能であれば、水準器を使って、できるだけ水平に取り付けてください。
6. VBOXTools ソフトウェアのリアルタイム表示を利用して、X-accel と Y-accel が0g±0.01g の範囲で取り付けることができると、最も効果的な IMU 補正
を利用できます。
7. GPS アンテナは IMU の真上に取り付けてください。
注:IMU の X-accel は車両前方方向です。
Z
+ ROLL
+ YAW
X
Y
Page 40 of 49
DIRECTION
OF MOTION
IMU
+ PITCH
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
ファームウェアのアップグレード
Racelogic 社では 、お客様からの要望やバグ修正などにより、ファームウェアを頻繁に改良しています。
そのため、定期的にファームウェアのアップデートを推奨しています。
最新のファームウェアへのアップデートは、VBOX3iSL およびコンパクトフラッシュカードが必要です。
最新のファームウェアアップグレードファイル(.ruf) は、以下の Racelogic 社 WEB のダウンロードページから取得できます。
http://www.racelogic.co.uk/2003/vbox/downloads.htm
ファームウェアのアップグレード方法








Web からダウンロードしたファームウェアファイルをコンパクトフラッシュカードへコピーします。
VBOX3iSL に電源を入れ、完全に起動が完了するまで待ちます。
ファームウェアの入ったコンパクトフラッシュカードを VBOX3iSL に差し込みます。
アップグレードプログラムが自動的に起動して、アップグレードを行います。
プロセスが終了したら、VBOX からは2回ビープー音が鳴り、アップグレードの完了を知らせてくれます。
その後、VBOX3iSL は通常の運用モードに戻ります。
何らかの理由でファームウェアのアップグレードに失敗した場合、VBOX3iSL のファームウェアのバージョンは以前と同じままになります。
ファームウェアのアップデートが完了したら、一度 VBOX3iSL の電源を切り、再度、電源を入れてください。
アップグレードに関してご不明な点がございましたら、VBOX JAPAN㈱までお問い合わせください。
support@vboxjapan.co.jp
Page 41 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
VBOX 3iSL 仕様
GPS
Velocity
Accuracy
Units
Update rate
Maximum velocity
Minimum velocity
Resolution
Latency
0.1 Km/h (averaged over 4
samples)
Km/h or Mph
100 Hz
1000 Mph
0.1 Km/h
0.01 Km/h
6.75ms
Absolute Positioning
Accuracy
Accuracy with SBAS DGPS
Accuracy with RTCM DGPS
Accuracy with RTK DGPS***
Update rate
Resolution
3m 95% CEP**
>1m 95% CEP**
40cm 95% CEP**
2cm 95% CEP**
100 Hz
1.8mm
Heading
Resolution
Accuracy
0.01°
0.1°
Acceleration
Accuracy
Maximum
Resolution
Update rate
0.5%
20 G
0.01 G
100Hz
Memory
Compact Flash
Recording time
Resolution
Update rate
Type I
Dependent on flash card
capacity*
0.01 G
100Hz
Distance
Accuracy
0.05% (<50cm per Km)
Units
Update rate
Resolution
Height accuracy
Height accuracy with DGPS
Metres / Feet
100Hz
1cm
6 Metres
95% CEP**
2 Metres
95% CEP**
Brake Stop Accuracy
Accuracy
+/- 2cm
Time
Resolution
Accuracy
0.01 s
0.01 s
Pitch and Roll Angle
Accuracy
<1.0° rms at 0.5m antenna separation
<0.25° rms at 2m antenna separation
Power
Input Voltage range
Power
7v-30v DC
Max 5.5 watts
Environmental and physical
W eight
Size
Approx 900 grammes
170mm x 121mm x 41mm
Operating temperature
Storage temperature
-20C to +70C
-30C to +80C
Definitions
* 100Hz の GPS 測定ではおよそ 182Mb/hr のデータ容
量が必要です。
Page 42 of 49
** CEP = Circle of Error Probable
3m 95% CEP (Circle Error Probable) とは。直径 3m の円内のどこかを 95%の確率で指
し示す位置精度の単位です。
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
Outputs
CAN Bus
Bit rate
Identifier type
Data available
Analogue
Voltage range
Default setting *
Accuracy
Update rate
125Kbits, 250Kbits,
500Kbits & 1Mbit
selectable baud rate
Standard 11bit 2.0A
Satellites in View, Latitude, Longitude, Velocity, Heading, Altitude, Vertical velocity, Distance, Longitudinal acceleration & lateral
acceleration, Distance from trigger, Trigger time, trigger Velocity
0 to 5Volts DC
Velocity
0.0125Volts per Km/h (0
to 400Km/h)
0.1 Km/h
100Hz
Digital
Frequency range
Default setting *
DC to 44.4Khz
25Hz per Km/h (0 to 400Km/h)
Accuracy
Update rate
90 pulses per metre
0.1Km/h
100Hz
* The range settings can be adjusted by the user in software
Inputs
CAN Bus
Racelogic modules
External CAN Bus
Up to 32 channels from any combination of ADC02, ADC03, FIM02, TC8, Yaw sensor or CAN01. Limited to 16 with the Kalman
Filter enabled
16 Channels of user definable CAN signal from external bus. Eg; vehicle CAN bus
Can load signal data from industry standard DBC database file.
Analogue
Number Channels
Input range
Channel Sample order
4
±50v
Synchronous
Digital
Brake/Event Trigger
On/Off Logging control
10ns resolution
Remote log control from hand-held switch
Page 43 of 49
Resolution
DC Accuracy
24 bit
400 μV
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
ピン配列
Front View of VBOX3iSL
3 pin LEMO socket
2 pin LEMO socket
Page 44 of 49
Connector
PIN
1
2
1 POWER
In/Out
Description
I
Power +
I
Ground
Connector
PIN
1
2
3
2 AD 1
In/Out
O
O
I
Type
Type
Description
Analogue 1 Output
Digital 2 Output
Ground
5 pin LEMO socket
Lemo 2 pin
Range
7V to 30V
0V
Lemo 3 pin
Range
0V to 5V
0V to 5V
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
Connector
PIN
1
2
3
3 AD 2
In/Out
O
O
I
Type
Description
Analogue 2 Output
Digital 1 Output
Lemo 3 pin
Connector
PIN
1
2
4 D IN
In/Out
I
I
Type
Lemo 3 pin
3
Page 45 of 49
I
Range
0V to 5V
0V to 5V
Description
Ground
Digital Input 2. Start/Stop Logging
Range
0V to 5V (14v
tolerant)
0V to 5V (14v
tolerant)
Digital Input 1. Brake Trigger
Connector
PIN
1
2
3
4
5
5 CAN
In/Out
O
I
I/O
I/O
O
Type
Description
RS232 Tx (PORT B)
RS232 Rx (PORT B)
CAN Bus High (PORT A)
CAN Bus Low (PORT A)
+V Power
Lemo 5 pin
Connector
PIN
1
2
3
4
5
6 SER
In/Out
O
I
I/O
I/O
O
Type
Description
RS232 Tx (PORT A)
RS232 Rx (PORT A)
CAN Bus High PORT B)
CAN Bus Low (PORT B)
+V Power
Lemo 5 pin
Range
12v
12v
Same as Power +
Range
12v
12v
Same as Power +
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
Analogue Input Connector
View of Socket on VBOX III
Connector: Analogue
PIN
In/Out
1
I
2
I
3
I
4
I
5
I
6
I
7
I
8
I
9
10
11
12
13
Type: Sub-D 25-way Socket
Description
Range
Channel 1 +
Channel 1 Channel 2 +
Channel 2 Channel 3 +
Channel 3 Channel 4 +
Channel 4 -
Connector: Analogue
PIN
In/Out
14
O
15
O
16
O
17
O
18
19
20
21
22
23
24
25
Type: Sub-D 25-way Socket
Description
Range
Vbatt
Equal to Input Voltage. 100mA
GND
Iso. 5 V Out Isolated 5V ±2%. 100mA
Iso. GND
Isolated Ground
Note: A screw terminal connector block is available to
purchase on request from your VBOX supplier.
Page 46 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
CAN Bus データフォーマット
The VBOX3iSL has a CAN output which is present on the 5-way connector output; Data format: Motorola; Baud rate: 500Kb/s.
Format
Motorola
ID**
Update
Data Bytes
rate *
1
2
3
4
5
6
7
8
0x301
10ms
(1) Sats in
(2) Time since midnight UTC
(3) Position – Latitude MMMM.MMMMM
view
0x302
10ms
(4) Position – Longitude MMMMM.MMMMM
(5) Velocity. (Knots)
(6) Heading. (Degrees)
0x303
10ms
(7) Altitude. WGS 84. (Metres)
(8) Vertical velocity. (M/S)
Unused
(9) Status
(10) Status
0x304
10ms
(11) Distance. (Meters)
(12) Longitudinal Accel. (G)
(13) Lateral Accel. (G)
0x305
10ms
(14) Distance travelled since VBOX reset
(15) Trigger time
(16) Trigger Velocity
0x306
10ms
(17) Velocity Quality
(18) True Heading
(19) Slip Angle (degrees)
(20) Pitch Angle (Degrees)
(Degrees)
0x307
10ms
(21) Lateral Velocity
(22) Yaw Rate
(23) Roll Angle (Degrees)
(24) Longitudinal Velocity (Knots)
(Knots)
(Degrees/S)
0x308
10ms
(25) Position latitude
Unused
(26) Status
0x309
10ms
(27) Position longitude
Unused
0x313
10ms
(28) Front Left
(29) Front Right
(30) Rear Left
(31) Rear Right
0x314
10ms
(32) Center of Gravity
Unused
*Update rate depends on GPS update rate. 10ms Update rate shown corresponds to 100Hz GPS setting.
**Default Identifiers. The identifier values can be changed using the configuration software.
(1) If Satellites in view < 3 then only Identifier 0x301 transmitted and bytes 2 to 8 are set to 0x00.
(2) Time since midnight. This is a count of 10mS intervals since midnight UTC. (5383690 = 53836.90 seconds since midnight or 14 hours, 57 minutes
and 16.90 seconds)
(3) Position, Latitude * 100,000 (311924579 = 51 Degrees, 59.24579 Minutes North). This is a true 32bit signed integer, North being positive.
(4) Position, Longitude * 100,000 (11882246 = 1 Degrees, 58.82246 Minutes West). This is a true 32bit signed integer, West being positive.
(5) Velocity, 0.01 knots per bit.
(6) Heading, 0.01 per bit.
(7) Altitude, 0.01 meters per bit, signed.
(8) Vertical Velocity, 0.01 m/s per bit, signed.
(9) Status. 8 bit unsigned char. Bit 0=VBOX Lite, Bit 1=Open or Closed CAN Bus (1=open), 2=VBOX3
(10) Status is an 8 bit unsigned char. Bit 0 is always set, Bit 3=brake test started, Bit 4 = Brake trigger active, Bit 5 = DGPS active
(11) Distance, 0.000078125 meters per bit, unsigned. Corrected to trigger point.
(12) Longitudinal Acceleration, 0.01G per bit, signed.
Page 47 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
(13) Lateral Acceleration, 0.01G per bit, signed.
(14) Distance travelled in meters since VBOX reset.
(15) Time from last brake trigger event. 0.01 Seconds per bit.
(16) Velocity at brake trigger point in Knots.
(17) Velocity Quality, 0.01 km/h per bit.
(18) True Heading of vehicle, 16-bit signed integer * 100.
(19) Slip Angle, 16-bit signed integer * 100.
(20) Pitch Angle, 16-bit signed integer * 100.
(21) Lateral Velocity, 16-bit signed integer * 100.
(22) YAW rate, 16-bit signed integer*100.
(23) Roll Angle, 16-bit signed integer * 100.
(24) Longitudinal Velocity, 16-bit signed integer * 100.
(25) Position, Latitude 48bit signed integer, Latitude * 10,000,000 (minutes). North being positive.
(26) Bit 0 = Kalman filter status
(27) Position, Longitude 48bit signed integer, Longitude * 10,000,000 (minutes). East being positive.
(28) Front Left, 16-bit signed integer*100.
(29) Front Right, 16-bit signed integer*100.
(30) Rear Left, 16-bit signed integer*100.
(31) Rear Right, 16-bit signed integer*100.
(32) Centre of Gravity, 16-bit signed integer*100.
Racelogic VBOX のウェブサイトより、VBO3iSL の DBC File をダウンロードすることができます。
Page 48 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
VBOX 3i User Guide
製造メーカー
日本販売代理店
Racelogic Ltd
Unit 10 Swan Business Centre
Osier Way
Buckingham
MK18 1TB
UK
VBOX JAPAN 株式会社
222-0035 神奈川県横浜市港北区鳥山町 237
カーサー鳥山 202
Tel: +44 (0) 1280 823803
Fax: +44 (0) 1280 823595
Email: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
Web: www.vboxjapan.co.jp
Tel: 045-475-3703
Fax: 045-475-3704
Email: support@racelogic.co.uk
Web: www.racelogic.co.uk
2010 年 4 月1日より日本販売代理店が弊社(VBOX JAPAN)へと移行になりました。
前販売代理店様よりご購入頂きました VBOX 製品のサポートに関しましては、今後は弊
社にてサポート及びサービスを提供させて頂きますので、お気軽にお問い合わせくださ
い。
Page 49 of 49
VBOX JAPAN 株式会社
TEL: 045-475-3703 Mail: vboxsupport@vboxjapan.co.jp
Download PDF