Version 1.0
i
Manual Rev: 1.0
Release Date: August 2000
FCC-B Radio Frequency Interference Statement
This equipment has been tested and found to comply with the limits for a
class B digital device, pursuant to part 15 of the FCC rules. These limits are
designed to provide reasonable protection against harmful interference when
the equipment is operated in a commercial environment. This equipment
generates, uses and can radiate radio frequency energy and, if not installed
and used in accordance with the instruction manual, may cause harmful
interference to radio communications. Operation of this equipment in a
residential area is likely to cause harmful interference, in which case the
user will be required to correct the interference at his own expense.
Notice 1
The changes or modifications not expressly approved by the party
responsible for compliance could void the user's authority to operate the
equipment.
Notice 2
Shielded interface cables and A.C. power cord, if any, must be used in order
to comply with the emission limits.
VOIR LA NOTICE D'INSTALLATION AVANT DE RACCORDER
AU RESEAU.
Micro-Star International MS-6321
Tested to comply
with FCC Standard
For Home or Office Use
ii
改定履歴
第 1 版 2000 年 8 月
著作権について
本マニュアルは MICRO-STAR INTERNATIONAL 社(以下 MSI)及びエム・エ
ス・アイ コンピューター ジャパン㈱(以下 MSI-J)の知的所有権を有しています。
本マニュアルに記載されている記述は製品及びソフトウェアに記載されている
ものを含めユーザーがバックアップ目的で利用することを除き MSI 及び MSI-J
の許可無しに複製・複写・転載・修正することはできません。
MSI 及び MSI-J は製品の仕様変更などにより、予告無くマニュアルを改訂す
ることがあります。
MSI 及び MSI-J は本マニュアルよる間接的、利益の損失、データの損失等に
対し MSI 及び MSI-J は理由に関らず責任を負いません。
登録商標について
本マニュアルに記載されている製品名及び社名は、それぞれの会社の登録商
標もしくは著作権です。 製品・社名を識別するために使用するもので、権利を
侵害するものではありません。
Intel、Pentium、Celeron は Intel Corporation.の登録商標です。
PS/2 及び OS/2 は IBM Corporation.の登録商標です。
Windows 95 及び Windows NT は Microsoft Corporation.の登録商標で
す。.
Netware は Novell.社の登録商標です。
Award は Award Software Inc. の登録商標です。
注意:
注意 マザーボードの作業をする際は、必ず電源コードを抜いてから行っ
てください。電源を抜かずに作業するとけがやマザーボードに損害を与え
る場合があります。この際 MSI は一切責任を負いません。
iii
安全のために
以下の注意事項を必ず読んでください。
このマニュアルは必ず保管してください。
本製品を湿度の高い環境下に置かないで下さい。
セットアップに入る前に本製品を水平な平面に置いてください。
ケースに開いている穴は、本製品の過熱を防ぐための空気の通
り道です。絶対にふさがないで下さい。
6. 電源の電圧を確認して、110/220V を設定してから本製品をコン
セントに接続してください。
7. 電源コードは、人がつまずくような場所には置かないで下さい。
また、電源コードの上にモノを置かないで下さい。
8. 拡張カードやモジュールを挿入する前には必ず電源コード抜い
てください。
9. マニュアルに記載されている本製品に関しての注意事項や警告
は必ず確認してください。
10. 本製品にある穴に電気的ショックを引き起こすような液体を注
がないで下さい。
11. 以下の状況が確認された場合、サービス担当者に必ずチェック
してもらってください。
• 電源コード、またはプラグが壊れている
• 製品内に液体が入った
• 製品が蒸気にさらされた
• 製品が動作しない、またはマニュアル通りに設定できない
• 製品を落とした、または壊した
• 明らかに壊れたと認識できる状態
12. 600 C 以上の環境下での使用は絶対にやめてください。製品の破
損の可能性があります。
1.
2.
3.
4.
5.
iv
目次
1-1
第一章 製品概要
製品特徴 --------------------------------------------------------------
1-2
マザーボードレイアウト-----------------------------------------
1-5
第二章 ハードウェアインストール
CPU----------------------------------------------------------------------
2-1
2-1
CPU インストール手順----------------------------------------
2-1
CPU のクロック設定-------------------------------------------
2-2
CPU スピード設定: SW1/SW2、SW3/SW4----------------
2-3
デュアル、シングルプロセッサインストール----------
2-4
ファン電源コネクタ: CPUFAN1/CPUFAN2/SYSFAN--
2-5
クリア CMOS ジャンパ:JBAT1-----------------------------------
2-6
メモリモジュールの装着------------------------------------------
2-7
メモリバンク---------------------------------------------------
2-7
メモリモジュールの装着------------------------------------
2-8
メモリを使用する際の注意事項---------------------------
2-9
ケースコネクタ: JFP1---------------------------------------------
2-10
フロッピーディスクコネクタ: FDD---------------------------
2-12
v
ハードディスクコネクタ: IDE1, IDE2, IDE3 & IDE4------
2-13
電源--------------------------------------------------------------------
2-15
ATX 20-ピン電源コネクタ: JWR1-------------------------
2-15
リモートパワーOn/Off スイッチ: JRMS1----------------
2-16
HP 赤外線モジュールコネクタ: J3------------------------------
2-17
シリアルポートコネクタ: COM A & COM B ----------------
2-18
パラレルポートコネクタ: LPT1---------------------------------
2-19
マウス、キーボードコネクタ: JKBMS1-----------------------
2-20
ジョイスティック/MIDI コネクタ------------------------------
2-21
オーディオポートコネクタ---------------------------------------
2-21
USB コネクタ---------------------------------------------------------
2-22
Wake-Up on LAN コネクタ: JWOL1----------------------------
2-23
モデム Wake-Up コネクタ: JMDM1-----------------------------
2-24
省電力 LED コネクタ: JGL1--------------------------------------
2-25
ケース開閉センサースイッチ: JCASE1-----------------------
2-26
Ultra DMA 100 LED コネクタ: J6-------------------------------
2-27
BIOS フラッシュジャンパ: J5-----------------------------------
2-28
USB 電源ジャンパ: J13--------------------------------------------
2-29
USB 前面コネクタ: USB2-----------------------------------------
vi
2-30
CD-In コネクタ: JCD1----------------------------------------------
2-31
外部音声入力コネクタ: JAUX1----------------------------------
2-32
モデム-In コネクタ: JPHONE-------------------------------------
2-33
システム診断 LED--------------------------------------------------
2-34
CNR (Communication Network Riser)-----------------------------
2-36
IEEE 1394 コネクタ(オプション)--------------------------------
2-37
第三章 AWARD® BIOS 設定
3-1
BIOS 設定画面の起動----------------------------------------------
3-2
ヘルプ------------------------------------------------------------------
3-2
メインメニュー------------------------------------------------------
3-3
Standard CMOS Setup-----------------------------------------------
3-5
Advanced BIOS Features--------------------------------------------
3-8
Advanced Chipset Features------------------------------------------
3-12
Integrated Peripherals-------------------------------------------------
3-17
Power Management Setup--------------------------------------------
3-21
PnP/PCI Configuration Setup----------------------------------------
3-28
PC Health Status (Optional)------------------------------------------
3-30
Frequency/Voltage Control-------------------------------------------
3-32
Load Fail-Safe/Optimized Defaults--------------------------------
3-33
Set Supervisor/User Password---------------------------------------
3-35
vii
第四章 VIA® チップセットドライバ
4-1
概要--------------------------------------------------------------------
4-1
Windows® 98 でのドライバセットアップ手順---------------
4-2
Windows® NT 4.0-----------------------------------------------------
4-5
5-1
第五章 Ultra 100 ドライバ
概要---------------------------------------------------------------------
5-1
ソフトウェアインストール---------------------------------------
5-2
第六章 保証とアフターサービス
6-1
保証書------------------------------------------------------------------
6-1
テクニカルサポート------------------------------------------------
6-1
修理を依頼されるとき---------------------------------------------
6-2
第七章 FAQ(よくあるお問い合わせ
よくあるお問い合わせ)
よくあるお問い合わせ
FAQ(よくあるお問い合わせ)--------------------------------------
viii
7-1
7-1
第一章
製品概要
第一章
製品概要
694D PRO(MS-6321)ATX マザーボードは VIA VT82C694X チップ
セットをベースに設計された高性能デュアル CPU マザーボードです。
694D PRO は Intel Pentium III(FC-PGA)プロセッサを使用でき、ビ
ジネス/パーソナルデスクトップ市場向けのコストパフォーマンスの高
い製品です。
Apollo Pro133A(VT82C694X)は Socket-370 システムを構成す
るチップセットのノースブリッジで、CPU および SDRAM の両方のイン
ターフェイスが133MHzで動作可能です。Apollo Pro133Aはデスクトッ
プ PC およびノートブック PC において Socket-370(Pentium III プロ
セッサ)ベースで 66MHz から 133MHz までの FSB 設定を可能にします。
Apollo Pro133A ノースブリッジの特徴としては、Slot-1 または
Socket-370 CPU、FSB(Front Side Bus)インターフェイス(66/100/
133MHz)、DRAM メモリインターフェイス(66/100/133MHz)、AGP Bus イ
ンターフェイス(66MHz)、PCIバスインターフェイス(33MHz)、モバイル
パワーマネジメント、などが挙げられます。
VT82C686A PSIPC(PCI Super-I/O Integrated Peripheral
Controller)は、高い統合性、高性能、省電力、高い互換性を実現した
デバイスで、Intelおよび非IntelプロセッサとPCIバス間のブリッジ
としての機能を提供する完全な Microsoft PC99 互換 PCI/ISA システ
ムです。
1-1
第一章
製品概要
1.1 製品特徴
CPU
- デュアル Intel Pentium III(FC-PGA)プロセッササポート
チップセット
- VIA 694X チップセット(510 BGA)
- FSB@133MHz
- AGP 4x、PCI、アドバンスド ECC メモリコントローラ
- PC100/133 SDRAM
- VIA VT82C686A チップセット(352 BGA)
- アドバンスドパワーマネジメント機能
- DirectSound AC97 オーディオ
- デュアルバスマスタ IDE、Ultra DMA 33/66
- 1394 PHY コントローラ(オプション)
- TI TSB41LV02 PHY Digital-to-Analog トランシーバ
- 最大 2 1394/1394A v2.0 互換データチャンネル
- 1394 Link Layer コントローラ(オプション)
- TI TSB12LV26 1394 Link Layer ホストコントローラ
- IEEE 1394、1394 OHCI v1.0、1394A v2.0 互換
- 100/200/400 Mbps 高スループット
- PCI-to 1394 インターフェイス用 3.3V & 5V オペレーション
- Promise ATA100
- デュアルバスマスタ IDE、Ultra DMA/ATA 100
- 133MB/sec バースト転送(PCI バス経由)
クロックジェネレータ
- 66.6MHz、100MHz、133Mhz クロックサポート
メモリ
-
6 メモリバンク、4 168-pin unbuffered DIMM
最大搭載可能メモリサイズ1.5GB
ECC(1-bit Error Code Correct)機能サポート
3.3V SDRAM DIMM サポート
1-2
第一章
製品概要
スロット
- 1 AGP 4x(Accelerated Graphics Port)スロット
- AGP 仕様互換
- AGP 66/133MHz 3.3V デバイスサポート
- 1 CNR(Communication Network Riser)スロット(ただしオーディオ
とモデムの機能のみサポート)
- 5 32-bit マスタ PCI バススロット
- 3.3V/5V PCI バスインターフェイス
オンボード IDE
- VIA VT82C686A チップセットの IDE コントローラが IDE HDD/CDROM の PIO、バスマスタ、Ultra DMA33/66 オペレーションモードをサ
ポート
- 最高 8 つの IDE デバイスを接続可能(ただし Promise ATA100 ドライ
バがインストールされている場合)
- 4 Ultra DMA100 + 4 Ultra DMA33/66
オンボード周辺装置
- オンボード周辺装置は次のものを含みます
- フロッピーポート x 1 で、360K、720K、1.2M、1.44M、 2.88M バイトの FDD 2 個接続可能
- シリアルポート x 2(COM A + COMB)
- パラレルポート x 1、SPP/EPP/ECP モードサポート
- USB ポート x 4
- HPSIR 用の IrDA/HP コネクタ x 1
オーディオ
- チップセットに統合
1-3
第一章
製品概要
BIOS
-“Plug & Play”機能が続された周辺機器や拡張カードを自動的に認
識
Desktop Management Interface (DMI) 機能がマザーボードの
仕様と設定を記録
寸法
- ATX フォームファクタ
ねじ穴
- 9 ねじ穴
1-4
第一章
製品概要
1.2 マザーボードレイアウト
ATX
Power Supply
Socket 370 (2)
J13
USB
Top: Port 1
Bottom:
Port 2
CPUFAN1
SW1
SW2
Top: LPT
Bottom:
COM A\ COM B
CPU
FAN2
Socket 370 (1)
DIMM 1
DIMM 2
DIMM 3
DIMM 4
Top: mouse
Bottom:
keyboard
IDE4
Diagnostic LED
Top: Midi/
Game Port
JCD1
JAUX1
JRMS1
IDE1
AGP Slot
J12
IDE2
ATA100
JPHONE
FDD
Bottom:
Line-Out
Line-In
Mic
IDE3
J6
VIA
694X
chipset
PCI SLOT 1
J11
PCI SLOT 2
SYSFAN
JCASE1
PCI SLOT 3
1394 PH
Controller
(optional)
VT82C686A
JFP1
PCI SLOT 4
JWOL1
PCI SLOT 5
CNR
JMDM1
BATT
+
BIOS
J3
J5
694D PRO (MS-6321) ATX マザーボード
1-5
USB2
JBAT1
1394 Link
Layer
Controller
(optional)
JGL1
第二章
ハードウェアインストール
第二章
ハードウェアインストール
2.1 CPU
694D PRO マザーボードは Intel(R) Celeron TM /Coppermine プロ
セッサ
セッサで動作します。本製品は Socket 370 というソケットを使用し
ているため、CPUのインストールが大変簡単です。CPUの過剰な発熱を
防ぐためにには必ずヒートシンクと冷却ファンが必要です。
2.1-1 CPU インストール手順
1. レバーをソケットから横方
向に引っ張ってください。そ
のままレバーを持ち上げるよ
うにしてソケットとの角度が
90度になるまで開きます。
Open Lever
Sliding
Plate
2. ソケットのピン1とCPUの
白い点か端が欠けている場所
を確認してください。それら
を合わせるようにして CPU を
ソケットに挿入してください。
Pin 1
White dot/
Cut edge
CPU
3. レバーを押し下げて元の位
置に戻してください。
Close
Lever
CPU
2-1
Pin 1
第二章
ハードウェアインストール
2.1-2 CPU クロックの設定
CPU のコアクロックは Host Clock Frequency (バスクロック) と
Core/Bus Ratio (倍率) をかけた数値です。
CPU Clock
Core/Bus ratio
CPU core speed
=
=
=
=
=
66MHz
3.5
Host Clock x Core/Bus ratio
66MHz x 3.5
233MHz
2-2
第二章
ハードウェアインストール
2.1-3 CPU スピード設定: SW1/SW2、SW3/SW4
CPUのスピードを設定する際は、必ずCPUの仕様を確認してから調整を
行ってください。CPUの仕様は各ベンダーに確認してください。本製品
は 66、100、133 の FSB 設定を自動認識することができます。
1
3
SW1
1
3
SW2
SW2/SW4 SW1/SW3
機能
自動
1-2
1-2
1-2
なし
66 .6 → 100 MHz
なし
1-2
100 → 133 MHz
66.6 → 133 MHz
2-3
2-3
133 → 66.6 MHz
100 → 66.6 MHz
2-3
第二章
ハードウェアインストール
2.1-4 デュアル、シングルプロセッサインストール
Intel Pentium III プロセッサにはプロセッサの AGTL+ バスにターミ
ネーション回路があります。デュアルプロセッサのプラットフォームで
は、両ソケットにCPUがインストールされているいないに関わらず、バ
スの両端が正常にターミネートされている必要があります。
694DPROで
はIntelのデザインガイドに準拠するために2つの対処方法を用意しま
した。(1)を見て、オンボードの AGTL+ バスターミネータレジスタがサ
ポートされているか確認してください。もしオンボードの AGTL+ バス
ターミネータがない場合は、
PGA370バスターミネータカード(MS-6916)
をCPU2ソケットにインストールする必要があります。
CPU 2
Onboard AGTL+
バスターミ
ネータレジス
タ
CPU 1
AGTL+バスターミネー
タの場所(1)
P G A 3 7 0 バスター
ミネータカード
(MS-6916)
プロセッサ
機能
デュアル
CPU 1 + CPU 2
シングル
CPU 1 + PGA370 バスターミネータカード
または、
CPU 1 + オンボード AGTL+バスターミネータレ
ジスタ
2-4
第二章
ハードウェアインストール
2.1-5 ファン電源コネクタ: CPUFAN1/CPUFAN2/SYSFAN
これらのコネクタは+12Vの冷却ファンをサポートします。
3ピンコネク
タをサポートします。
接続するときに注意しなければならないのは、
赤
い線はプラスなので+12Vに、黒い線はアースなのでGNDに接続するこ
とです。
また、
本製品のシステムハードウェアモニタ機能を使用する場
合はファン回転数センサー機能がついたファンを使用する必要がありま
す。
SENSOR
+12V
GND
SENSOR
+12V
GND
CPUFAN1
CPUFAN2
GND
+12V
SENSOR
SYSFAN
CPUFAN1
CPUFAN1: プロセッサファン 1
CPUFAN2
CPUFAN2: プロセッサファン 2
SYSFAN
SYSFAN: ケースファン(速度センサーなし)
回転数センサー付きのファンは、ファンが1回転する間に2つの信号を
送ります。
システムハードウェアモニタはそれを感知し、
ファンの回転
数を報告します。また、PC Alert ユーティリティを使用すると、WINDOWS上でファンの回転数を監視することができます。
2-5
第二章
ハードウェアインストール
2.2 クリア CMOS ジャンパ: JBAT1
本製品は電池によって、マザーボードの設定を CMOS RAM で保存して
います。JBAT1の1-2ピンがショートしている時、CMOSデータをキープ
しています。マザーボードのCMOSの内容をクリアするためには電源が
入っていないときに2-3ピンをショートさせます。
3
1
JBAT1
3
3
2
2
1
1
データクリア
データキープ
注意
: システム起動時の CMOS のクリアは絶対止めて下さい。マ
注意:
ザーボードの破損や火災などに及ぶ危険があります。
必ず電源コード
を抜いて下さい。
2-6
第二章
ハードウェアインストール
2.3 メモリモジュールの装着
2.3-1 メモリバンク
このマザーボードは最大で1.5GBのSDRAMをサポートしています。4つ
の 168-pin unbuffered DIMM (Double In-Line Memory Module)ソ
ケットは 8MB から256MB までのDIMMメモリモジュールをサポートしま
す。
DIMM4(Bank5)
DIMM3(Bank4)
WARNING!
DIMM2(Bank2+ Bank3)
DIMM1(Bank0+ Bank1)
!
本製品でサポートされる D I M M は、P C 1 3 3 、
PC100、PC66 です。FSB が 66MHz の場合、すべ
ての規格のDIMMが使用可能です。FSBが100MHz
の場合、PC100 DIMMのみ使用可能です。FSBが
133MHzの場合、PC133 DIMMのみ使用可能です。
2-7
第二章
ハードウェアインストール
2.3-2 メモリモジュールの装着
A. DIMMモジュールのインストール方法
Single Sided DIMM
Double Sided DIMM
1. コネクタの切り欠けに注意してください。
ピン数が違うため
反対方向に挿すことは出来なくなっております。
2. DIMM メモリモジュールを DIMM1 から順番に DIMM メモリス
ロットに挿入してください。
DRAM
VOLT
3. DIMM メモリモジュールを垂直に押し込むようにすると自動
的に両側のプラスチッククリップが閉まります。
2-8
第二章
ハードウェアインストール
3.3-3 メモリを使用する際の注意事項
1. SDRAM DIMM メモリモジュールのみサポート
2. 正しく動作させるためには最低でも168-pin DIMMモジュールひと
つは必ずインストールしてください。
3. 本製品はテーブルフリーメモリを使用してるので、DIMM1、DIMM2、
DIMM3、DIMM4 に順序関係なくインストールすることができます。
4. 3.3V DIMM サポート
5. 本製品でサポートされているDRAMアドレッシングとサイズは以下
の通りです。
Table 2.3-1 SDRAM Memory Addressing
DRAM
Tech.
16M
64M
64M
DRAM
DRAM
Density & Addressing
Width
1Mx16
ASYM
2Mx8
ASYM
4Mx4
ASYM
2Mx32
ASYM
2Mx32
ASYM
4Mx16
ASYM
4Mx16
ASYM
8Mx8
ASYM
16Mx4
ASYM
2Mx32
ASYM
4Mx16
ASYM
8Mx8
ASYM
16Mx4
ASYM
Address Size
Row
Column
11
11
11
11
12
11
13
13
13
12
13
13
13
8
9
10
9
8
10
8
9
10
8
8
9
10
2-9
MB/DIMM
Single no. Double no.
Side(S) pcs. Side(D) pcs.
8MBx4 16MBx8
16MBx8 32MBx16
32MB
64MB
32MBx2 64MBx4
16MBx2 32MBx4
32MB
64MB
32MB
64MB
64MB
128MB
128MB
256MB
16MB
32MB
32MB
64MB
64MB
128MB
128MB
256MB
第二章
ハードウェアインストール
2.4 ケースコネクタ: JFP1
ケースのフロントパネルの電源スイッチ、リセットスイッチ、パワー
LED、スピーカ、HDD LED を下図の通り JFP1 に接続します。
リセット
スイッチ
15
スピーカ
+
2色
LED
14
ブザー
(ショート)
+
JFP1
2-10
パワー
スイッチ
単 色
LED
パワー
HDD LED
LED
第二章
ハードウェアインストール
2.4-1 パワースイッチ
2-ピン押しボタンスイッチに接続してください。
このスイッチはJRMS1
と同じ機能です。
2.4-2 リセットスイッチ
リセットスイッチはシステムの電源を入れたり切ったりするのではな
く、
リブートをかけるものです。
システムケースのリセットスイッチを
このピンに接続してください。
2.4-3 パワー LED
システムに電源が入っているときは、パワーLEDが点灯します。システ
ムケースのパワーLEDをこのピンに接続してください。LEDには3ピン
の単色 LED と 2 ピンの 2 色 LED(ACPI リクエスト)があります。
a. 3 ピン単色 LED はピン 4、5、6 に接続します。システムがオ
ンの時に LED が点灯します。
b. 2 ピン 2 色 LED はピン 5、6 に接続します。
緑 色 :システムがフル稼働しています
橙 色 :システムがサスペンドモードにはいっています
2.4-4 スピーカ
ケーススピーカをこのピンに接続します。
オンボードブザーを使用する場合は、
ピン 14-15 をショート: オンボードブザー有効
ピン 14-15 をオープン: オンボードブザー無効
2.4-5 HDD LED
HDD LED はハードディスクの動作を示します。システムケースの HDD
LEDをこのピンに接続してください。
2-11
第二章
ハードウェアインストール
2.5 フロッピーディスクコネクタ: FDD
本製品は 360K、720K、1.2M、1.44M 及び 2.88M のフロッピーディスク
ドライブに対応しています。
このコネクタは付属のフロッピドライブリ
ボンケーブルをサポートしています。
FDD
1
2-12
第二章
ハードウェアインストール
2.6 ハードディスクコネクタ: IDE1-4
Third IDE Connector
Fourth IDE Connector
本製品に搭載している IDE コントローラ(ICH)は PIO モード 0-4、バス
マスタ、及びUltraDMAに対応した32-bitエンハンスドIDEコントロー
ラです。本製品には IDE1(プライマリ)、IDE2(セカンダリ)、IDE3、
IDE4 の 4 つの HDD コネクタがあり、計 8 つの HDD 又は CD-ROM、120MB
フロッピー、その他のIDE/ATAPIデバイスを接続することができます。
これらのコネクタは付属のIDEハードディスクケーブルをサポートして
います。
1
Secondary IDE Connector
Primary IDE Connector
1
2-13
1
1
第二章
ハードウェアインストール
IDE1(プライマリ IDE コネクタ)
1台目のHDDは必ずIDE1(プライマリ)に接続します。IDE1にはマスター
とスレイブの2つIDE/ATAPIのデバイスを接続することができますが、
2台目のHDDを追加する場合はHDDの設定をジャンパでスレイブに切り
替える必要があります。
IDE2(セカンダリ IDE コネクタ)
IDE2 にもマスターとスレイブの 2 つ IDE/ATAPI のデバイスを接続する
ことができます。
IDE3(サード IDE コネクタ)
ATA100(1)にもマスタとスレーブの2つIDE/ATAPIのデバイスを接続す
ることができます。
IDE4(フォース IDE コネクタ)
ATA100(2)にもマスタとスレーブの2つIDE/ATAPIのデバイスを接続す
ることができます。
2-14
第二章
ハードウェアインストール
2.7 電源
2.7-1 ATX 20- ピン電源コネクタ: JWR1
ATX電源のコネクタを向きに注意して挿し込みます。ATX電源を使用す
ることで、
このマザーボードはモデムリングWake-Upやソフトパワーオ
フをサポートします。
また、
この電源コネクタはコネクタをマザーボー
ドに接続された瞬間に電源が入る、インスタントパワーオン機能をサ
ポートしています。
20
11
10
1
ATX
Power Connector
PIN DEFINITION
PIN
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
PIN
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
SIGNAL
3.3V
3.3V
GND
5V
GND
5V
GND
PW_OK
5V_SB
12V
SIGNAL
3.3V
-12V
GND
PS_ON
GND
GND
GND
-5V
5V
5V
警告
: 本製品はインスタントパワーオン機能をサポートしているの
警告:
で、電源コネクタを差し込む前に必ずすべてのコンポーネントが正し
くインストールされていることを確認してください。
2-15
第二章
ハードウェアインストール
2.7-2 リモートパワー On/Off スイッチ: JRMS1
2-ピン押しボタンスイッチを接続します。
OFFの状態で一度ボタンを押
O N の状態でボタンを一度押すと、
シ
すとシステムが起動します。O
の状態でボタンを一度押すと、シ
ステムはサスペンドモードに入ります。 4 秒以上押しつづける
とシステムは O N の状態から O F F の状態になります。
の状態になります。この設定を
変更する場合は、BIOS の Power Management Setup で行ってください。
JRMS1
2-16
第二章
ハードウェアインストール
2.8 HP 赤外線モジュールコネクタ: J3
本製品は赤外線モジュールコネクタ(J3)を1つ搭載しております。
この
コネクタは赤外線によって信号を無線で伝達、転送するためのもので
す。この赤外線機能を使用するためにはBIOSの中で設定する必要があ
ります。
VCC
1
NC
IRRX
GND
IRTX
J3
2-17
第二章
ハードウェアインストール
2.9 シリアルポートコネクタ: COM A、COM B
このマザーボードはシリアルポートCOMAおよびCOMBのための9ピンオ
スの DINコネクタが2つ用意されています。これらのポートは16バイ
トFIFOを送信/受信するための16550A高速通信ポートです。マウスや
モデムのケーブルを直接このコネクタに接続することができます。
1 234 5
678 9
COM A
COM B
シリアルポート(9-ピン オス)
ピン定義
ピン
1
信号
DCD(Data Carry Detect)
2
SIN(Serial In or Receive Data)
3
SOUT(Serial Out or Transmit Data)
4
DTR(Data Terminal Ready)
5
GND
6
DSR(Data Set Ready)
7
RTS(Request To Send)
8
CTS(Clear To Send)
9
RI(Ring Indicate)
2-18
第二章
ハードウェアインストール
2.10 パラレルポートコネクタ: LPT1
このマザーボードは LPT 用の 25 ピン メスのコネクタが 1 つ用意され
ています。パラレルポートは標準プリンタポートで Enhanced Parallel Port (EPP)と Extended capabilities Parallel Port (ECP)を
サポートします。
コネクタの位置とピンの定義は下図をご覧ください。
パラレルポート(25-ピン メス)
LPT 1
1
13
14
25
ピン定義
ピン
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
信号
STROBE
DATA0
DATA1
DATA2
DATA3
DATA4
DATA5
DATA6
DATA7
ACK#
BUSY
PE
SELECT
ピン
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
2-19
信号
AUTO FEED#
ERR#
INIT#
SLIN#
GND
GND
GND
GND
GND
GND
GND
GND
第二章
ハードウェアインストール
2.11 マウスコネクタ: JKBMS1
このマザーボードはPS/2マウスに接続するための標準PS/2マウスミニ
DIN コネクタが 1 つ用意されています。このコネクタに直接 PS/2 マウ
スのケーブルを接続することができます。
このコネクタの位置と定義は
下図を参照してください。
Pin6
NC
Pin5
Mouse Clock
Pin3
GND
Pin4
VCC
Pin1
Mouse DATA
Pin2
NC
PS/2 Mouse (6-pin Female)
2.12 キーボードコネクタ: JKBMS1
このマザーボードは PS/2 キーボードに接続するための標準 PS/2 キー
ボードミニDINコネクタが1つ用意されています。このコネクタに直接
PS/2キーボードのケーブルを接続することができます。
このコネクタの
位置と定義は下図を参照してください。
Pin5
KBD Clock
Pin6
NC
Pin4
VCC
Pin2
NC
Pin1
KBD DATA
Pin3
GND
PS/2 Keyboard (6-pin Female)
2-20
第二章
ハードウェアインストール
2.13 ジョイスティック /MIDI コネクタ
このコネクタにジョイスティックやゲームパッドを接続できます。
Joystick/MIDI
2.14 オーディオポートコネクタ
Line Out にはスピーカまたはヘッドホン接続します。Line
Line In には
CD プレーヤ、カセットプレーヤなどのオーディオ機器を接続します。
Mic にはマイクを接続します。
Line Out
Line In Mic
1/8” Stereo Audio Connectors
2-21
第二章
ハードウェアインストール
2.15 USB コネクタ
本製品にはキーボード、マウスなどの USB 機器を接続するための UHCI
(Universal Host Controller Interface) Universal Serial Bus root が搭載されています。USB 機器を直接このコネクタ
に接続することができます。
USB Port 2
1 2 3 4
USB Port 1
ピン
1
2
3
4
信号
VCC
-Data
+Data
GND
2-22
第二章
ハードウェアインストール
2.16 Wake-Up on LAN コネクタ: JWOL1
このコネクタは Wake-Up on LAN をサポートするネットワークカード
に接続します。この機能を有効にするには BIOS の Power Management
Setup の Wake-Up on LAN を Enable(有効)に設定する必要があります。
1
3
JWOL1
ピン
1
2
3
信号
5VSB
GND
MP_WAKEUP
注意
: この機能を使用するためには、750mA、5V のスタンドバイ電力
注意:
を供給可能な電源が必要です。
2-23
第二章
ハードウェアインストール
2.17 モデム Wake-Up コネクタ: JMDM1
このコネクタはModem Wake-Upをサポートするモデムカードに接続し
ます。
5
1
JMDM1
ピン
1
2
3
4
5
信号
NC
GND
MDM_WAKEUP
NC
5VSB
注意
: この機能を使用するためには、750mA、5V のスタンドバイ電力
注意:
を供給可能な電源が必要です。
2-24
第二章
ハードウェアインストール
2.18 省電力 LED コネクタ: JGL1
JGL1は省電力LEDと接続します。2種類のLEDを使用することができま
す。2 ピン LED を JGL1 に接続するとシステムが稼動中は LED の色が緑
に点灯します。
スリープモードの時は緑からオレンジ色に変わります。
3-ピンLEDをJGL1に接続するとシステムが稼動中は点灯し、サスペン
ド/スリープモードにはいると点滅します。
1
+
3
JGL1
3- ピン LED
2- ピン LED
点滅
緑色
橙色
単色
1
1-2
1-3
1
3
単色
点滅
1-2
2-25
3
2色
第二章
ハードウェアインストール
2.19 ケース開閉センサースイッチ: JCASE1
このコネクタには2ピンのケース開閉センサースイッチを接続します。
ケースが開いている場合は、
スイッチがショートされます。
システムは
この状態を記録します。警告を消去するには、一度BIOS設定の中でこ
の状態をクリアする必要があります。
JCASE1
2-26
第二章
ハードウェアインストール
2.20 Ultra DMA 100 LED コネクタ: J6
このコネクタには Ultra DMA 100 IDE3 および IDE4 HDD LED を接続し
ます。 Ultra DMA 100 HDD LEDはハードディスクドライブの稼動状況
を表示します。
1
J6
2-27
第二章
ハードウェアインストール
2.21 BIOS フラッシュジャンパ: J5
このジャンパを使って、BIOSフラッシュをロック/アンロックします。
BIOSを更新する時には、
このジャンパはアンロックされていなければな
りません。
J5
BIOSフラッシュ
アンロック
BIOS フラッシュ
ロック
2-28
第二章
ハードウェアインストール
2.22 USB 電源ジャンパ: J13
このジャンパによって、背面のUSBポートのための5Vスタンドバイ電
圧を設定します。
J13
J13
機能
ショート
5Vスタンドバイ電圧有効
オープン
5Vスタンドバイ電圧無効
2-29
第二章
ハードウェアインストール
2.23 USB 前面コネクタ: USB2
このマザーボードは前面USBコネクタが搭載されています。
これはフロ
ントパネル用のUSBコネクタ(オプション)です。
10
9
2
1
USB2
ピン 定義
1
NC
2
VCC
3
GND
4
NC
5
NC
ピン
6
7
8
9
10
2-30
定義
+Data
GND
-Data
GND
NC
第二章
ハードウェアインストール
2.24 CD-In コネクタ: JCD1
このコネクタはCD-ROMオーディオコネクタと接続します。
R GND L
JCD1
2-31
第二章
ハードウェアインストール
2.24 外部音声入力コネクタ: JAUX1
このコネクタはDVD拡張カードのオーディオコネクタと接続します。
R GND L
JAUX1
2-32
第二章
ハードウェアインストール
2.25 モデム -In コネクタ: JPHONE
ボイスモデムのコネクタを接続します。
Mono_Out GND Phone_In
JPHONE
Mono_Outはモデムのスピーカ出力コネクタに接続します。
Phone_Inはモデムのマイク入力コネクタに接続します。
2-33
第二章
ハードウェアインストール
2.26 システム診断 LED
本製品は4つのLEDでシステムの状態を監視することが出来ます。シス
テムに異常があった場合、
このLEDによって異常個所を確認することが
できます。
4
3
2
1
Diagnostic LED
2-34
第二章
ハードウェアインストール
システム診断 LED 機能
Diagnostic LED
5 4 3 2
状 態
考えられる
原因 / 解決方法
0
0
0
0
システム電源 ON
BIOS 初期化開始
プロセッサが破損、または正しくイ
ンストールされていない
リチウムバッテリーが破損または切
れている
0
0
0
1
チップセット初期化
***
0
0
1
0
メモリ認識テスト
オンボードメモリサイズのテスト
メモリモジュールが破損、または正
しくインストールされていない
0
0
1
1
BIOS イメージを RAM に解凍
***
0
1
0
0
キーボードコントローラ初期化
***
0
1
0
1
VGA BIOS のテスト
これよりスクリーンにメッセージが出力され
る
D-LED がビープ音を出す
VGA カードが破損、または正しくイ
ンストールされていない
0
1
1
0
プロセッサ初期化
プロセッサ情報が出力される (メーカー名、
システムバスなど)
***
0
1
1
1
RTC (Real Time Clock) のテスト
リチウムバッテリーが少ない
1
0
0
0
ビデオインターフェイス初期化
CPUクロック、オンボードビデオの種類を
チェックビデオアダプタを認識、初期化
***
0
0
1
BIOS のサインを表示
ロゴ、プロセッサ名などの情報を表示
***
1
0
1
0
基本、拡張メモリのテスト
いろいろなパターンを使い、240K から 640K
の基本メモリ領域と、1MB 以上の拡張メモリ
領域をテスト
***
1
1
0
1
1
ISA すべてにリソースを割り当て
***
1
1
0
0
HDD コントローラ初期化
IDE ケーブルが正しく接続されてい
るかをチェック
1
1
0
1
フロッピ-ドライブコントローラ初期化
フロッピ - ケーブルが正しく接続さ
れているかをチェック
1
1
1
0
INT19h 経由でシステム起動
***
1
1
1
1
OS 起動
1 = 緑
***
*** お買い上げのお店にご相談ください
0 = 赤
2-35
第二章
ハードウェアインストール
2.27 CNR(Communication Network Riser)
コミュニケーションネットワークライザーとはOEM製品のライザーカー
ドおよびインターフェイスを定義する業界標準の規格です。
このCNRは
モデム機能のみをサポートします。
CNR
2-36
第二章
ハードウェアインストール
2.28 IEEE 1394 コネクタ(オプション)
IEEE 1394 高速シリアルバスは USB の代替規格として、いろいろな種
類のデバイスを PC に接続することを可能にするものです。家電オー
ディオ、ビデオ機器、大容量記憶装置、他の PC などが接続できます。
J11 J12
A. ソフトウェアサポート
IEEE 1394 ドライバは Windows 98 SE および Windows 2000 に
よって提供されます。J11 と J12 に IEEE 1394 コネクタを接続
するだけで、OSが自動的にドライバをインストールしてくれま
す。
2-37
第二章
ハードウェアインストール
B. ハードウェアインストール
IEEE 1394 ポート
ボード上のIEEE 1394コネク
タ(J11、J12)を確認してくだ
さい
IEEE 1394ポートをこのコネ
クタに差し込みます
IEEE 1394ポートをシステム
ケースのスロットに設置しま
す
2-38
第三章
AWARD BIOS 設定
第三章
AWARD BIOS 設定
BIOS とは Basic Input/Output System の略でコンピュータが CPU、メ
モリ及び FDD、HDD、ディスプレイなどの周辺機器を使って入出力を行
う為の基本の制御プログラムのことを言います。
Award BIOS ROMにはユーザーが基本的なシステム設定を変更できるよ
うにセットアップメニューが用意されています。この情報はCMOS RAM
によって保存されるので、
電源が切断された後でも、
設定情報が消える
ということはありません。
3-1
第三章
AWARD BIOS 設定
3.1 BIOS 設定画面の起動
コンピュータを起動してメモリカウント中に<Del>キーを押してくださ
い。また、下記のメッセージが POST(Power On Self Test)中、スク
リーンの下に表示されている間に、<Ctrl> と <Alt> と <Esc> キーを同
時に押すことで設定画面に入ることもできます。
TO ENTER SETUP BEFORE BOOT PRESS <CTRL-ALT-ESC>
OR <DEL> KEY
セットアップに入ろうとしたが間に合わずに上の表示が消えてしまった
場合は電源を一度切って入れ直すか、
リセットスイッチを押しすかまた
は、<Ctrl> と <Alt> と <Esc> キーを同時に押すことによって再起動し
て下さい。もしも適切な時間内にキーを押すことが出来ず、起動しな
かった時、
以下のようなエラーメッセージが出ますので、
起動を続けた
いなら <F1> キーを、セットアップに入りたいなら <Ctrl> と <Alt> と
<Esc> キーを同時に押すかまたは <Del> キーを押して下さい。
PRESS <F1> TO CONTINUE, <CTRL-ALT-ESC>
OR <DEL> TO ENTER SETUP
3.2 ヘルプ
メインメニュー
ハイライトされた設定項目の説明がスクリーンの下にオンラインで表示
されます。
セットアップメニュー
<F1> を押すと使用すべきキーやハイライトされた項目の選択肢の解説
がポップアップウィンドウで開きます。ヘルプウィンドウを閉じるに
は、 <F1> か <Esc> を押してください。
3-2
第三章
AWARD BIOS 設定
3.3 メインメニュー
Award BIOS CMOS セットアップユーティリティに入ると、メインメ
ニュー(下図)がスクリーンに表示されます。メインメニューでは、設
定項目が7個、終了項目が2個あります。方向キーを使って項目を選択
し、<Enter> を押してサブメニューに入ります。
CMOS Setup Utility - Copyright(C) 1984-2000
STANDARD CMOS Features
Frequency/Voltage Control
Advanced BIOS Features
Load Fail-Safe Defaults
Advanced Chipset Features
Load Optimized Defaults
Integrated Peripherals
Set Supervisor Password
Power Management Setup
Set User Password
PnP/PCI Configurations
Save & Exit Setup
PC Health Status
Exit Without Saving
Esc : Quit
F10 : Save & Exit Setup
↑↓→←
: Select Item
Time, Date, Hard Disk Type...
Standard CMOS Features
システムの基本的な設定をします。
Advanced BIOS Features
システムの特別機能の設定を行います。
Advanced Chipset Features
チップセットに関する設定をしてシステムの性能を最適化します。
3-3
第三章
AWARD BIOS 設定
Integrated Peripherals
IDE、シリアル、パラレルなどの各 I/O ポートの設定をします。
Power Management Setup
電源管理に関する設定を行います。
PnP/PCI Configuration
PCIバスなどの拡張スロットに関する設定をします。
PC Health Status
システムの温度、
ファン回転速度などが表示されます。
Frequency/Voltage Control
周波数、電圧などの設定をします。
Load Fail-Safe Defaults
システム動作のための最も安全なデフォルト設定をロードします。
Load Optimized Defaults
システム動作に最適なデフォルト設定をロードします。
Supervisor/User Password
User および Supervisor パスワードを設定します。
Save & Exit Setup
変更したCMOS設定値を保存してセットアップを終了します。
Exit Without Saving
変更したCMOS設定値を保存せずにセットアップを終了します。
3-4
第三章
AWARD BIOS 設定
3.4 Standard CMOS Setup
Standard CMOS Setup メニューには 10 個の項目があります。それぞ
れの項目に複数の選択肢があります。
方向キーを使って項目をハイライ
トしてから、<PgUp>と<PgDn>キーを使って適切な値を選択してくださ
い。
CMOS Setup Utility - Copyright(C) 1984-2000 Award Software
Standard CMOS Setup
Date(mm:dd:yy):
Time(hh:mm:ss):
Fri,May 19,2000
00:00:00
IDE
IDE
IDE
IDE
Press
Press
Press
Press
Primary Master
Primary Slave
Secondary Master
Secondary Slave
Enter
Enter
Enter
Enter
4310 MB
None
None
None
Drive A
Drive B
1.44M, 3.5in.
None
Video
Halt On
EGA/VGA
All, But Keyboard
Based Memory
Extended Memory
Total Memory
640K
392192K
393216K
Item Help
Menu Level
>
Change the day, month,
year and century
↑ ↓ → ← Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
F5:Previous Values F6:Fail-safe defaults F7:Optimized Defaults
3-5
第三章
AWARD BIOS 設定
Date
< 曜日 >< 月 > < 日 > < 年 > の書式です。
曜日 日曜日から土曜日までの曜日です。
自動的に設定さ
れます。
月
1 月から 12 月までの月を設定します。
日
1 から 31 までの日を設定します。
年
年を設定します。
Time
< 時 > < 分 > < 秒 > の書式です。
PrimaryMaster/PrimarySlave
SecondaryMaster/Secondary Slave
Auto: 自動設定
Manual: 手動設定
None: 無し
デフォルトはAutoです。Manualにする為にはHDDの製造元のマニュア
ルもしくはWebサイトにある製品の関連文書に記述されている設定を直
接入力してください。
このドライブテーブルとHDDの詳細が一致しないと正常に動作しないの
で注意してください。お手持ちのHDDのタイプが一致しないか、リスト
に入っていない場合は手動で設定して下さい。HDD が SCSI の場合は
“None”また CD-ROM なども”None”になります。
3-6
第三章
Access Mode
Cylinder
Head
Precomp
Landing Zone
Sector
AWARD BIOS 設定
HDD のアクセスモード
HDD のシリンダ数
HDD のヘッド数
書き込み補修シリンダ番号
HDDヘッド退避シリンダ位置
HDD のセクタ数
3-7
第三章
AWARD BIOS 設定
3.5 Advanced BIOS Features
CMOS Setup Utility - Copyright(C) 1984-2000 Award Software
Advanced BIOS Features
Virus Warning
CPU Internal Cache
External Cache
CPU L2 Cache ECC Checking
Quick Power On Self Test
ATA/100 & SCSI Boot Order
First Boot device
Second Boot device
Third Boot device
Boot Other device
Swap Floppy Drive
Boot Up Floppy Seek
Boot Up Numlock Status
Gate A20 Option
Typematic Rate Setting
Typematic Rate (Chars/Sec)
Typematic Delay (Msec)
Security Option
MPS Version Control for OS
OS Select for DRAM > 64MB
Video BIOS Shadow
C8000-CBFF Shadow
CC000-CFFF Shadow
D0000-D3FF Shadow
D4000-D7FF Shadow
D8000-DBFF Shadow
DC000-DFFF Shadow
Disabled
Enabled
Enabled
Enabled
Enabled
ATA,SCSI
Floppy
HDD-0
LS120
Enabled
Disabled
Enabled
On
Normal
Disabled
6
250
Setup
1.4
Non-OS2
Enabled
Disabled
Disabled
Disabled
Disabled
Disabled
Disabled
Item Help
Menu Level
>
↑ ↓ → ← Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
F5:Previous Values F6:Fail-safe defaults F7:Optimized Defaults
Virus Warning
システムが起動する間及び起動後にブートHDDのブートセクタやパー
ティションテーブルに何か書き込もうとすると、
システムが停止してエ
ラーメッセージが表示します。
その際、
ブートセクタ内のウィルス検出
機能としても働きます。
Disable
Disable(デフォルト)
Enable
ブートセクタやパーティショ
ンテーブルに何か書き込もう
としても、警告が出ません。
システム起動時に自動的に立
ち上がり、ブートセクタや
パーティションテーブルに何
か書き込もうとすると、警告
を出します。
3-8
第三章
AWARD BIOS 設定
CPU Internal Cache
CPU に内蔵されている 1 次キャッシュの有効、無効を設定します。デ
フォルトの値は、有効です。
Enable (デフォルト)
Disable
キャッシュ有効
キャッシュ無効
External Cache
2次キャッシュの有効、無効を設定します。デフォルトの値は、有効で
す。
CPU L2 Cache ECC Checking
L2 キャッシュの ECC (Error Check Correction) の有効、無効を設
定します。
Processor Number Feature
このオプションは Pentium III を使用するときのみ必要です。有効に
設定されているときは、CPUのシリアル番号をチェックします。システ
ムにシリアル番号を知らせたくない場合は、無効にします。通常
Pentium III のプロセッサ・シリアル・ナンバは off の状態で出荷され
ており、”Enable”に設定しても有効にはなりません。インテルの Web
サイトからプロセッサ・シリアル・ナンバ制御プログラムを用いてon
にしたときにはじめてこの機能が有効になります。
Quick Power On Self Test
この設定は、起動後の Power On Self Test(POST)をスピードアップ
させます。有効の場合、メモリカウントが1回になります。無効の場合、
3 回です。
Enable
POST スピードアップ
Disable (デフォルト) 通常 POST
3-9
第三章
AWARD BIOS 設定
First/Second/Third/Other Boot Device
OSをどのドライブから起動するかを選択します。選択肢はFloppy、LS/
ZIP、HDD-0/HDD-1/HDD-2/HDD-3、SCSI、CDROM、LAN、Disabled です。
Swap Floppy Drive
A、B ドライブを B、A のようにドライブ割当の交換を行うかどうか設
定します。
Boot Up Floppy Seek
POSTの最中、インストールされているフロッピーディスクドライブが
40 トラックか、80 トラックかを BIOS が判断します。360K は 40 ト
ラック、760K、1.2M、1.44M はすべて 80 トラックです。
Boot Up NumLock Status
起動時に”NumLock”をオンにするかどうかの設定です。
On (デフォルト) 10キーが数字として動作
Off
10キーが方向キーとして動作
Gate A20 Option
メモリの 1MB 以上のアドレスへアクセスする時に用いられます。Fast
に設定すると高速なメモリアクセスが可能になります。
Normal
A20のシグナルがキーボードコントローラある
いはチップセットハードウェアによってコント
ロールされます。
Fast
A20 のシグナルがポート 92 あるいはチップセッ
ト特有の方法によってコントロールされます。
(デフォルト)
Typematic Rate Setting
キーボードのリピート入力処理を有効にするかどうかを設定します。
有
効に設定すると、以下の typematic rate と typematic delay の設定
が可能になります。選択肢は Enabled/Disabled です。
3-10
第三章
AWARD BIOS 設定
Typematic Rate (Chars/Sec)
キーボードのリピート入力処理を1秒間に何文字を行うかを設定しま
す。選択肢は 6、8、10、12、15、20、24、30 です。
Typematic Delay (Msec)
何秒間1つのキーを押し続けた場合にリピート入力処理が実行されるか
を設定します。選択肢は 250、500、750、1000 です。単位はミリ秒で
す。
Security Option
ここではシステム及びBIOS設定、もしくはBIOS設定のみからユーザー
のアクセスを制限します。
System
正しいパスワードが入力されないと、
システム
はブートせず、BIOS設定画面にも入れません。
Setup
正しいパスワードが入力されないと、
システム
はブートしますが、BIOS設定画面には入れませ
ん。
(デフォルト)
MPS Version Control for OS
MPプラットフォームインターフェイス基準の設定します。MPプラット
フォームインターフェイスとは、PC/AT規格との互換性を保ちながら、
従来のシングルプロセッサの限界点を超える性能を発揮するものです。
OS Selection for DRAM > 64MB
64MB 以上の環境で OS/2 を使用できるようにします。設定は、Non-OS/
2(デフォルト)と OS2 です。OS/2 を使用し 64MB 以上のメモリを使用し
ている場合はOS/2に設定してください。
Viedo BIOS Shadow
より高速な動作のために、ビデオBIOSをRAMにコピーするかどうかを
決めます。
これによりグラフィックのパフォーマンスが向上します。
Enabled (デフォルト) Video shadow 有効
Disabled
Video shadow 無効
3-11
第三章
AWARD BIOS 設定
3.6 Advanced Chipset Features
Advanced Chipset Features Setup ではチップセットレジスタの値
を変更します。
これらのレジスタはコンピュータのシステムオプション
のほとんどを制御します。
メインメニューで“Advanced Chipset Features”を選択すると次の
画面が出ます。
CMOS Setup Utility - Copyright(C) 1984-2000 Award Software
Advanced Chipset Features
Bank 0/1 DRAM Timing
Bank 2/3 DRAM Timing
Bank 4/5 DRAM Timing
Bank 6/7 DRAM Timing
SDRAM Cycle Length
DRAM Clock
Memory Hole
P2C/C2P Concurrency
Fast R-W Turn Around
System BIOS Cacheable
Video RAM Cacheable
AGP Aperture Size
AGP 4X Mode
AGP Driving Control
AGP Driving Value
AGP Fast Write
OnChip USB
USB Keyboard Support
USB Mouse Support
OnChip Sound
OnChip Modem
CPU to PCI Write Buffer
PCI Dynamic Bursting
PCI Master 0 WS Write
PCI Delay Transaction
PCI#2 Access #1 Retry
AGP Master 1 WS Write
AGP Master 1 WS Read
Memory Parity/ECC Check
SDRAM 8/10ns
SDRAM 8/10ns
SDRAM 8/10ns
SDRAM 8/10ns
3
Host CLK
Disabled
Enabled
Disabled
Disabled
Disabled
64M
Enabled
Auto
DA
Disabled
Enabled
Disabled
Disabled
Auto
Auto
Enabled
Enabled
Enabled
Enabled
Disabled
Enabled
Enabled
Disabled
Item Help
Menu Level
>
↑ ↓ → ← Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
F5:Previous Values F6:Fail-safe defaults F7:Optimized Defaults
注意
: チップセットに関して専門的知識がない場合は、設定を変更し
注意:
ないでください。
3-12
第三章
AWARD BIOS 設定
Bank 0/1 DRAM Timing/Bank 2/3 DRAM Timing
Bank 4/5 DRAM Timing/Bank 6/7 DRAM Timing
DRAMのタイミングはDRAMタイミングレジスタによってコントロールさ
れています。
このレジスタにプログラムされるタイミングはシステムの
構成に依存します。
粗悪な設計のメモリや遅いメモリを使用する場合は
遅いレートに設定する必要があります。
SDRAM Cycle Length
列アドレスを指定してからデータの取得が可能になるまでの時間をク
ロック数で設定します。通常、CAS Latency と言われるものです。選
択肢は、2 か 3(デフォルト)です。SDRAM の種類に応じて、設定してく
ださい。
DRAM Clock
このチップセットはホストクロック(FSB)と DIMM クロック間で、同期
モードと非同期モードをサポートしています。
H o s t C L K ( デフォルト
)
デフォルト)
DIMMクロック=ホストクロック
66MHz
DIMM クロック =66MHz
Memory Hole
ISAカードに15-16MBのメモリ領域を確保してパフォーマンスの向上を
図る設定をします。
この機能を有効にするとシステムは15MB 以上のメ
モリを搭載していても15MBもしくはそれ以上のメモリ領域の使用がで
きなくなります。
通常は無効で使用します。
P2C/C2P Concurrency
PCI から CPU と CPU から PCI のコンカレント(並行)性を有効 / 無効に設
定します。
Fast R-W Turn Around
DRAM タイミングをコントロールします。”Fast read, write turn
around”を有効 / 無効に設定します。
3-13
第三章
AWARD BIOS 設定
System BIOS Cacheable
有効にするとシステムの BIOS ROM 領域 F000h-FFFFFh がキャッシング
可能になり、システムのパフォーマンスが上がります。しかし、他のプ
ログラムが、
このメモリ領域に書き込みをしようとすると、
システムエ
ラーが起こる可能性があります。
Video RAM Cacheable
グラフィックカードのビデオメモリの領域A0000h-B0000hがキャッシ
ング可能になり、システムのパフォーマンスが向上します。しかし、他
のプログラムが、
このメモリ領域に書き込みをしようとすると、
システ
ムエラーが起こる可能性があります。
AGP Aperture Size
AGP(Accelerated Graphics Port)アパチャーの大きさを選択します。
アパチャーとはグラフィックメモリ専用に割り当てられる、
PCIメモリ
のアドレス領域です。
このアパチャー領域にヒットしたホストサイクル
は、変換されずにAGPに転送されます。通例的にグラフィックメモリの
倍のサイズを設定します。
AGP-4X Mode
AGP 4xモードをサポートするどうかを設定します。
AGP Driving Control
AGP driving force を調整できます。Manual に設定すると次の項目
で AGP Driving Value を設定できます。ここでは、システムの不具合
を防ぐためにAutoに設定することを推奨します。デフォルト値はAuto
です。
AGP Driving Value
AGP driving force の値を設定します。
3-14
第三章
AWARD BIOS 設定
Onchip USB
オンチップUSBコントローラを有効/無効に設定します。デフォルトは
有効です。
USB Keyboard Support
有効に設定すると、USB キーボードをサポートしない OS であっても、
BIOSがUSBキーボードのドライバ用意しPS/2キーボードと同じように
扱うことが可能になります。
OnChip Sound
オンボードAC 97オーディオをコントロールします。
OnChip Modem
オンボード MC 97 Modem をコントロールします。
CPU to PCI Write Buffer
有効に設定すると、CPUとPCIバスの処理速度の違いによるシステム性
能の低下を防ぐために、CPUからPCIバスへの書き込みをバファーしま
す。無効に設定すると、書き込みはバファーされないので、CPU は PCI
バスの処理を待ってから次のサイクルを開始しなければならず、
システ
ム性能が低下します。
デフォルトは有効です。
PCI Dynamic Bursting
PCIダイナミックバースト機能を有効/無効に設定します。
PCI Master 0 WS Write
有効に設定するとPCIバスへの書き込みに対してのウェイトを0に設定
します。選択肢は、有効と無効です。
PCI Delay Transaction
チップセットには、遅延処理サイクルをサポートするために、32-bit
書き込みバファーが埋め込まれています。
PCI 2.1の仕様に準拠するた
めには、有効に設定してください。
3-15
第三章
AWARD BIOS 設定
PCI#2 Access #1 Retry
無効に設定すると、アクセスが終了するまでPCI#2は切断されません。
有効に設定すると、
アクセスが何度も失敗し、
ある一定の回数に達した
時に、PCI#2は切断されます。デフォルトでは有効に設定されます。
AGP Master 1 WS Write
有効に設定すると、AGP (Accelerated Graphics Port)への書き込み
にウェイト1が挿入されます。デフォルトでは有効に設定されます。
AGP Master 1 WS Read
有効に設定すると、AGP (Accelerated Graphics Port)の読み込みに
ウェイト1が挿入されます。デフォルトでは有効に設定されます。
Memory Parity/ECC Check
有効に設定するとメモリパリティおよびECC機能を検出して使用しま
す。
3-16
第三章
AWARD BIOS 設定
3.7 Integrated Peripherals
CMOS Setup Utility - Copyright(C) 1984-2000 Award Software
Integrated Peripherals
Onchip IDE Channel0
Onchip IDE Channel1
IDE Prefetch Mode
Primary Master PIO
Primary Slave PIO
Secondary Master PIO
Secondary Slave PIO
Primary Master UDMA
Primary Slave UDMA
Secondary Master UDMA
Secondary Slave UDMA
Init Display First
IDE HDD Block Mode
Onboard FDD Controller
Onboard Serial Port 1
Onboard Serial Port 2
UART 2 Mode
X IR Function Duplex
X TX,RX inverting enable
Onboard Parallel Port
Onboard Parallel Mode
ECP Mode Use DMA
Parallel Port EEP Type
Onboard Legacy Audio
Sound Blaster
SB I/O Base Address
SB IRQ Select
SB DMA Select
MPU-401
MPU-4-1 I/O Address
Game Port (200-207H)
Enabled
Enabled
Enabled
Auto
Auto
Auto
Auto
Auto
Auto
Auto
Auto
PCI Slot
Enabled
Enabled
Auto
Auto
Standard
Half
No, Yes
378/IRQ7
Normal
3
EEP 1.9
Enabled
Disabled
220H
IRQ 5
DMA1
Disabled
330-333H
Enabled
Item Help
Menu Level
>
↑ ↓ → ← Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
F5:Previous Values F6:Fail-safe defaults F7:Optimized Defaults
OnChip IDE Channel0/Onchip IDE Channel1
本製品には2つのIDEチャンネルがオンボードされています。そ
れぞれ有効/無効に設定できます。
IDE Prefetch Mode
IDE読み込み/書き込みプリフェッチバファを有効/無効に設定
します。このバファはデータを保存して性能を向上させます。
3-17
第三章
AWARD BIOS 設定
Primary/Secondary Master/Slave PIO
ここではオンボードされている IDE ポートの PIO(Programmed Input/
Output)モード(0-4)の設定をします。ATAのスペックでは、転送速度は
Mode 4 > Mode 3 > Mode 2 > Mode 1 > Mode 0 です。もし HDD がモー
ド 3で動作するとしたら、それ以下のモード(モード 0-2)には設定で
きますが、それ以上のモード(モード4)には設定できません。Autoに
設定するとシステムが各デバイスに最適な設定を自動的に判別します。
選択肢は Auto、Mode 0、Mode 1、Mode 2、Mode 3、Mode 4 です。
Primary/Secondary Master/Slave UDMA
Ultra DMA/33は使用するIDEハードドライブおよびOSがDMAをサポー
トしている場合のみ有効な機能です。もし HDD、OS ともに Ultra DMA/
33 か Ultra DMA/66 をサポートしている場合は、Auto を選択して BIOS
のサポートを有効にしてください。選択肢は Auto、Disabled です。
Init Display First
PCIとAGP両方インストールされている場合、どちらを先に出力するか
を設定します。選択肢は PCI Slot、AGP です。
IDE HDD Block Mode
使用するIDEハードドライブがブロックモードをサポートする場合は
(現在流通しているHDDの多くはサポートしています)、
有効に設定して
ください。
Onboard FDD Controller
このシステムにはオンボードスーパー I/O チップが搭載されており、
360K/720K/1.2M/1.44M/2.8M の FDD2 台をサポートする FDD コントロー
ラがあります。FDD を使用する場合は有効に、使用しない場合は無効
に設定してください。
Onboard Serial Port 1/Port 2
各シリアルポートのI/OポートアドレスとIRQ番号を指定します。選択
肢は 3F8/IRQ4、2E8/IRQ3、3E8/IRQ4、2F8/IRQ3、Disabled、Auto で
す。
3-18
第三章
AWARD BIOS 設定
UART 2 Mode
オンボード I/O チップの赤外線(IR)機能の設定をします。選択肢は、
Standard、HPSIR、ASKIR です。
IR Function Duplex
IR half/full duplex 機能を選択します。
TX, RX inverting enable
ここではいろいろなハードウェアの仕様によって TX, RX inverting
を有効に設定できます。
システムの不具合を防止するためにも、
この設
定はデフォルトのままにしておくことを推奨します。
Onboard Parallel Port
このシステムにはオンボードスーパー I/O チップが搭載されており、
SPP、ECP、EPP 機能をサポートしています。以下の設定値があります。
Disable
3BCH/IRQ7 Line Printer port 0
278H/IRQ5 Line Printer port 2
378H/IRQ7 Line Printer port 1
3-19
第三章
AWARD BIOS 設定
Onboard Parallel Mode
SPP: Standard Parallel Port
EPP: Enhanced Parallel Port
ECP: Extended Capability Port
オンボードパラレルポートを標準パラレルポートとしてのみ使用する
場合は、”SPP”を選択してください。”ECP”を選択すると、ECP モー
ドでのみ動作します。”ECP+EPP”を選択することによって、ECP と
SPP を同時にサポートできます。モードは DMA チャンネルを使用しな
ければならないので、 ECP機能を選択すると“ECP Mode Use DMA”
というメッセージが出ます。ここで、DMA チャンネル 3 か 1 を選択で
きます。オンボードパラレルポートは EPP 仕様互換なので、EPP 機能
を選択すると“EPP Mode Select” というメッセージが出ます。ここ
で、EPP 1.7 仕様か EPP 1.9 仕様かを選択できます。
ECP Mode Use DMA
ECPモードを使用する場合はパラレルポートのためのDMAチャンネルを
選択してください。選択肢は 3 か 1 です。デフォルトは 3 です。
Parallel Port EEP Type
EPP ポートタイプ 1.7 か 1.9 を選択してください。
Onboard Legacy Audio
ここでは、
オンボードレガシーオーディオをコントロールします。
Sound Blaster
SB I/O Base Address
SB IRQ Select
SB DMA Select
MPU-401
MPU-401 I/O Address
Game Port (200-207H)
3-20
第三章
AWARD BIOS 設定
3.8 Power Management Setup
Power Management Setup では、システムの使用状況に応じた省電力
設定を行います。
CMOS Setup Utility - Copyright(C) 1984-2000 Award Software
Power Management Setup
ACPI Function
Power Management
ACPI Suspend Type
PM Control by APM
Video Off Option
Video Off Method
MODEM Use IRQ
Soft-Off by PWRBTN
State After Power Failure
LED In Suspend
Wake Up Events
Enabled
Press Enter
S1(POS)
Yes
Suspend->Off
V/H SYNC+Blank
3
Instant-Off
Off
Single
Press Enter
Item Help
Menu Level
>
↑ ↓ → ← Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
F5:Previous Values F6:Fail-safe defaults F7:Optimized Defaults
ACPI Function
ここでは Enabled/Disabled the Advanced Configuration and Power
Management (ACPI)機能を有効 / 無効に設定します。
3-21
第三章
AWARD BIOS 設定
Power Management
Power Management
HDD Power Down
Doze Mode
Suspend Mode
User Define
Disable
Disable
Disabled
Item Help
Menu Level
>
↑ ↓ → ← Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
F5:Previous Values F6:Fail-safe defaults F7:Optimized Defaults
以下のモードに関する省電力機能の種類を設定します。
1. HDD パワーダウン
2. ドーズモード
3. サスペンドモード
省電力には以下の3つの選択肢があります。その内2つは設定値が固定
されています。
Disable (デフォルト) 省電力機能を使用しません。
すべてのモード
を無効にします。
Min. Power Saving
最小限の省電力設定です。ドーズモード=1
時間、サスペンドモード=1 時間、HDDパワー
ダウン =15 分です。
Max. Power Saving
最大限の省電力設定です。ドーズモード=1
分、サスペンドモード=1 分、HDDパワーダウ
ン =1 分です。
User Defined
各モードを手動で設定できます。有効に
設定されている場合は、各モードは 1 分か
ら 1 時間の設定幅があります。ただし、
HDD パワーダウンは 1 分から 15 分の間で
設定できます。
(デフォルト)
3-22
第三章
AWARD BIOS 設定
ACPI Suspend Type
ACPI(Advanced Configuration and Power Interface)機能のスタン
ドバイモードを設定します。
S1 (POS)
S1はシステムが短時間でウェークアップするスリープモード
です。この状態では、スリープモードに入る前のすべての情
報(CPUまたはチップセット)が保存されます。
PM Control by APM
No
Yes
システム BIOS はシステムの電力管理する際に APM
を使用しません。
システムBIOSは省電力モードに以降する前に、APM
実行まで待機した状態になります。この機能はWin
dows 98 や Windows NT のような APM を持つ OS で
使用できます。ACPIでパワーマネジメントする時
はAPMを無効にする必要があります。
Video Off Option
どの省電力状態でモニタの画面を切るかを設定します。
N/A
常にオン
Doze
ドーズモードの時に画面を切ります。
S t a n d b y スタンドバイモードの時に画面を切ります。
S u s p e n d サスペンドモードの時に画面を切ります。
デフォルトはスタンドバイです。
3-23
第三章
AWARD BIOS 設定
Video Off Method
モニタの画面を切る方法を設定します。
V/H SYNC+Blank 画面を切り、かつ VGA からディスプレイへの垂
直同期・水平同期信号を切ります。
Blank Screen
映像信号が来ていないとき、画面を切ります。DPMS
DPMS モード(デフォルト)
Modem Use IRQ
モデムを使用する場合に、どのIRQを割り当てるかを設定します。選択
肢は 3、4、5、7、9、10、11、NA です。
Soft-Off by PWR-BTTN
Delay 4 sec の時は、スイッチを一回押すとサスペンドモードに入り
ます。4 秒以上を押し続けると電源が切れます。Instant-off の時は、
スイッチを一回押すと電源が切れます。
State After Power Failure
電源が切れた後にシステムがどのように起動するかを設定します。
LED In Suspend
Power LED の動作状態を設定します。選択肢は、Blink、Dual color、
Single color です。
Blink
Power LEDはサスペンドモードに入ると点滅
します。
Dual Color
Power LEDはサスペンドモードに入ると色が
変わります。
Single Color Power LED は常に点灯します。
(デフォルト)
3-24
第三章
AWARD BIOS 設定
Wake Up Events
VGA
LPT & COM
HDD & FDD
PCI Master
Power On by PCI Card
Wake Up On LAN/Ring
RTC Alarm Resume
Date (of Month)
Resume Time
Primary INTR
IRQs Activity Monitoring
Off
LPT/COM
On
Off
Disabled
Disabled
Disabled
0
0:0:0
On
Press Enter
Item Help
Menu Level
>
↑ ↓ → ← Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
F5:Previous Values F6:Fail-safe defaults F7:Optimized Defaults
VGA
有効に設定するとVGAの動作によってシステムがウェイクします。
LPT & COM
LPT & COM が On の場合は、リストされているシステム周辺機器または
IRQがシステムをウェイクさせます。
HDD & FDD
HDD & FDD が On の場合は、リストされているシステム周辺機器または
IRQがシステムをウェイクさせます。
PCI Master
PCI Master が On の場合は、リストされているシステム周辺機器また
はIRQがシステムをウェイクさせます。
Power On by PCI Card
PCIカードによってシステムを起動できるようにするかを設定します。
3-25
第三章
AWARD BIOS 設定
Wake Up On LAN/Ring
LAN を通じてウェイクアップ信号が送られた時、またはモデムからの
コールがあった時、
システムを起動するかどうか設定します。
この機能
を使用するためには、
お使いのLANカードまたはモデムがこの機能をサ
ポートしている必要があります。
RTC Alarm Resume
この機能はコンピュータを起動させる日時を設定します。
無効の時はこ
の機能を使用できません。
Date(of month) Alarm
システムが起動する月を選択してく
ださい。毎月起動させる場合は、0 に
設定してください。
Time(hh:mm:ss) Alarm
システムが起動する時、分、秒を選択
してください。
注意
: 設定を変更した場合、機能を正常に動作させるために、システ
注意:
ムを一度OSに入るまで起動させる必要があります。
Primary INTR
これがOnの場合はなにかイベントが起こると、
システムが起動します。
IRQs Activity Monitoring
Primary INTR
IRQ3 (COM 2)
IRQ4 (COM 1)
IRQ5 (LPT 2)
IRQ6 (Floppy Disk)
IRQ7 (LPT 1)
IRQ8 (RTC Alarm)
IRQ9 (IRQ2 Redir)
IRQ10 (Reserved)
IRQ11 (Reserved)
IRQ12 (PS/2 Mouse)
IRQ13 (Coprocessor)
IRQ14 (Hard Disk)
IRQ15 (Reserved)
On
Primary
Primary
Primary
Primary
Primary
Disabled
Secondary
Secondary
Secondary
Primary
Primary
Primary
Disabled
Item Help
Menu Level
>
↑ ↓ → ← Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
F5:Previous Values F6:Fail-safe defaults F7:Optimized Defaults
3-26
第三章
AWARD BIOS 設定
The following is a list of IRQ 痴 , Interrupt ReQ
Quests, which
can be exempted much as the COM ports and LPT ports above
can. When an I/O デバイスが OS に認識されようとする時に、IRQ 信
号を発信します。
OSがその信号に応対できる体制が整ったら、
それに対
して何らかの処置をします。
Onに設定すると、
そのIRQによってシステムが省電力モードに入ったり
ウェイクしたりしません。
IRQ3 (COM 2)
IRQ4 (COM 1)
IRQ5 (LPT 2)
IRQ6 (Floppy Disk)
IRQ7 (LPT 1)
IRQ8 (RTC Alarm)
IRQ9 (IRQ2 Redir)
IRQ10 (Reserved)
IRQ11 (Reserved)
IRQ12 (PS/2 Mouse)
IRQ13 (Coprocesssor)
IRQ14 (Hard Disk)
IRQ15 (Reserved)
3-27
第三章
AWARD BIOS 設定
3.9 PnP/PCI Configuration Setup
Personal Computer
ここではPCIバスシステムの設定を行います。PCI(P
Interconnect)バスシステムはシステムのI/Oデバイスを制御する上で
必要不可欠なシステムです。以下、このセクションで行う設定は、技術
的な知識と経験があるユーザーが行うべきものです。
CMOS Setup Utility - Copyright(C) 1984-2000 Award Software
PnP/PCI Configuration Setup
PnP OS Installed
Reset Configuration Data
No
Disabled
Resources Controlled By
IRQ Resources
DMA Resources
Auto (ESCD)
Press Enter
Press Enter
PCI/VGA Palette Snoop
Assign IRQ for VGA
Assign IRQ for USB
INT Pin 1 Assignment
INT Pin 2 Assignment
INT Pin 3 Assignment
INT Pin 4 Assignment
Disabled
Enabled
Enabled
Auto
Auto
Auto
Auto
Item Help
Menu Level
>
↑ ↓ → ← Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
F5:Previous Values F6:Fail-safe defaults F7:Optimized Defaults
PnP OS Installed
PCI スロットの割り込み(IRQ)設定を BIOS で行うか OS で行うか設定し
ます。
”Yes”に設定するとBIOSは起動時に使用されるPnPカード(VGA、
IDE、 SCSI)を初期化します。残りの PnP カード類は Windows 95 や 98
等の PnP対応のOS が初期化します。”No”に設定するとPCI スロットの
割り込み設定は BIOS で設定されます。OS が PnP 対応出ない場合は、必
ず“No”に設定してください。
3-28
第三章
AWARD BIOS 設定
Reset Configuration Data
BIOSはPnP機能をサポートしているので、
システムはどのリソースが割
り当てられているかを記録して、
リソースを競合から守る必要がありま
す。各デバイスには、ESCD と呼ばれるノードがあります。このノード
は、
どのリソースが与えられているかを記録しています。
システムは常
にメモリにESCDを記録しアップデートしなければなりません。このメ
モリの場所は、
BIOSに確保されています。
無効(デフォルト)を選択する
と、前回の設定から変更があった時のみシステムのESCDがアップデー
トされます。
有効を選択すると、
システムは強制的にESCDをアップデー
トします。その後、このオプションは自動的に Disable に戻ります。
Resource Controlled By
BIOSの自動リソース検出機能の設定です。Autoにすると、BIOSはシス
テムのリソースを検知して、各デバイスに関連するIRQとDMAを自動的
に割り当てます。Manualデフォルト)にすると、ユーザーが自分で任意
の IRQ を割り当てることができます。IRQ、DMA、I/O ポートに競合がな
いことを確認してください。
IRQ Resources
各デバイスに手動で割り当てるIRQを設定する必要があります。
DMA Resources
各デバイスに手動で割り当てるDMAリソースを設定します。
PCI/VGA Palette Snoop
ここは無効に設定してください。
Assign IRQ for VGA
ここは有効に設定してください。
Assign IRQ for USB
ここは有効に設定してください。
3-29
第三章
AWARD BIOS 設定
3.10 PC Health Status
ここでは CPU、ファン、システム全体の状態を表示します。
CMOS Setup Utility - Copyright(C) 1984-2000 Award Software
PC Health Status
Current CPU1 Temp.
Current CPU2 Temp.
Current CPUFAN1 Speed
Current CPUFAN2 Speed
CPU1 Vcore
CPU2 Vcore
3.3V
5V
12V
Case Open Message
40 oC/104o F
30C/ 86F
0RPM
0RPM
1.64V
1.98V
3.31V
4.95V
11.64V
Disabled
Item Help
Menu Level
>
↑ ↓ → ← Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
F5:Previous Values F6:Fail-safe defaults F7:Optimized Defaults
Current CPU1 Temp.
CPU1の現在の温度を表示します。
Current CPU2 Temp.
CPU2の現在の温度を表示します。
Current CPUFAN1 Temp.
CPUFAN1の回転速度を表示します。
3-30
第三章
AWARD BIOS 設定
Current CPUFAN2 Temp.
CPUFAN2の回転速度を表示します。
CPU1 Vcore/CPU2 Vcore
CPU1/2のコア電圧を表示します。
Case Open Message
ケースカバーの開閉を検出するかの設定です。Enable、Reset、Disable
の選択肢があります。Enable に設定している間にケースを開けてし
まった場合、
BIOSはケース開放の警告を記録します。
この警告をクリア
するためにResetを選択します。一度メッセージをクリアすると、設定
は Enable に戻ります。
3-31
第三章
AWARD BIOS 設定
3.11 Frequency/Voltage Control
CPU周波数および電圧に関する設定を行います。
CMOS Setup Utility - Copyright(C) 1984-2000 Award Software
Frequency/Voltage Control
Auto Detect DIMM/PCI Clk
CPU Host Clock (CPU/PCI)
CPU1 Clock Ratio
CPU2 Clock Ratio
CPU1 Vcore Select
CPU2 Vcore Select
Enabled
Default
x 3
x 3
Default
Default
Item Help
Menu Level
>
↑ ↓ → ← Move Enter:Select +/-/PU/PD:Value F10:Save ESC:Exit F1:General Help
F5:Previous Values F6:Fail-safe defaults F7:Optimized Defaults
Auto Detect DIMM/PCI CLK
DIMM/PCI クロックの自動認識を有効 / 無効に設定します。
CPU Host/PCI Clock
FSB と PCI のクロックを設定します。FSB の設定値は 66、75、79、100、
110、114、120、124、129、133、138、143、147、152、154、157、159、
162、166、171、180、190、200 です。規定外のクロックでの動作はお
客様の自己責任になります。
弊社ではオーバークロックによる製品の故
障や不具合発生に関して一切サポートいたしませんので、
ご注意くださ
い。
3-32
第三章
AWARD BIOS 設定
CPU1/CPU2 Clock Ratio
CPU1/CPU2 の倍率を設定します。
CPU1/CPU2 Vcore Select
CPU1/CPU2 のコア電圧を設定します。
3-33
第三章
AWARD BIOS 設定
3.11 Load Fail-Safe/Optimized Defaults
Load Fail-Safe Defaults
この項目をハイライトして<Enter>を押すと、
以下のメッセージが出ま
す。
Load Fail-Safe Defaults (Y/N) ?
N
ここでYを押すと最も低い性能で安定したシステム動作のためのBIOS
設定をロードします。
Load Optimized Defaults
この項目をハイライトして<Enter>を押すと、
以下のメッセージが出ま
す。
Load Optimized Defaults (Y/N) ?
N
ここでYを押すとシステム動作に最適なBIOS設定をロードします。
3-34
第三章
AWARD BIOS 設定
3.12 Set Supervisor/User Password
supervisor か user パスワードもしくは両方を変更します。相違点は、
Supervisor password:
User password
password:
セットアップメニューに入って設定
を変更できます。
セットアップメニューに入ることは
できますが、設定を変更することは
できません。
この項目を選択して <Enter>を押すと、次のメッセージが出ます。
ENTER PASSWORD:
最大8文字までのパスワードを入力し、<Enter>を押してください。新
しくタイプしてパスワードによって、
CMOSに保存されていたふるいパス
ワードは消去されます。
パスワードを入力すると、
パスワードを確認す
るメッセージが表示されるので、
パスワードをもう一度入力してくださ
い。
<Esc>を押してパスワードを入力せずにキャンセルすることもでき
ます。
パスワードを入力せずに<Enter>を押すことで、
パスワードを無効にす
ることもできます。
以下のメッセージが出て、
パスワードが無効になっ
たことを確認します。
パスワードが無効になると、
システムを起動した
後、
自由にセットアップメニューに入ることできます。
PASSWORD DISABLED
パスワードが有効な時は、
ユーザーがセットアップメニューに入ろうと
する度に、パスワードの入力が必要になります。これにより、システム
使用許可のないユーザーがシステム設定を変更できないようになりま
す。
3-35
第三章
AWARD BIOS 設定
さらに、
システムが起動する度に、
パスワードを入力が必要になるよう
に設定することもできます。
これにより、
システム使用許可のないユー
ザーがシステムを勝手に起動することができないようになります。
どの時点でパスワードが必要になるかをBIOS Features Setupメニュー
の中の Security option で設定することができます。System に設定す
ると、
システム起動時、
およびセットアップメニューに入る時両方でパ
スワードが必要になります。Setup に設定すると、セットアップメ
ニューに入るときだけパスワードが必要になります。
3-36
第四章
VIAチップセットドライバ
第四章
VIA チップセットドライバ
1. 概要
694D PRO (MS-6321)には VIA VT82C686A サウスブリッジが搭載され
ています。
このサウスブリッジはハードウェア DVD アクセラレーショ
ン機能を持つ 2D/3D 統合エンジン、SoundBlaster Pro のための AC97 オーディオサポート、
FM 統合レガシーオーディオなどの特徴を持っ
ています。
1.1 オーディオ機能
- SoundBlaster Pro AC’97 オーディオサポート
- FM統合レガシーオーディオ
1.2 必要システム構成
ここではVGAドライバのインストールと使用するにあたって必要なシス
テム構成を説明します。
CPU
モニタ
OS
CD-ROM
チップセット
Intel(R) CeleronTM/Pentium(R) III FCPGA
VGA サポート、640x480 以上の解像度
DOS 5.0 以上、Windows(R) 95/98、Windows
(R) NT 3.51、4.0、OS/2(R)
2 倍速以上
VIA(R) 694X/VT82C686A チップセット
4-1
第四章
VIAチップセットドライバ
2. Windows 98 でのドライバセットアップ手順
CD-ROM ドライブに付属の CD を挿入してください。CD は自動的に起
動し、次の 3 つのアイコンを表示します。”VIA Chipset Drivers”、
”
VIA AC97 PCI Sound Drivers”、”VIA Enhance VGA Drivers”、”
Download VIA Drivers”。正しくドライバをインストールするために
は、必ず “Via Chipset Drivers” を最初にインストールする必要が
あります。次に “VIA AC97 PCI Sound Drivers”をインストールし
てください。
2.1 VIA チップセットドライバセットアップ手順
ステップ 1 :
ステップ 2 :
ステップ 3 :
ステップ 4 :
ステップ 5 :
ステップ 6 :
CD-ROM ドライブに付属のCDを挿入してください。
CD-ROM ドライブのアイコンを探してダブルクリッ
クしてください。
これでセットアップ画面が表示さ
れます。
“Via Chipset Drivers”アイコンをクリックする
と画面に”VIA Service Pack 4.19”が表示さ
れます。
“Next”をクリックすると画面に次の4つのドライ
バが表示されます。
“VIA Atapi Vendor Support
Driver”、
”AGP VxD Driver”、
”VIA Chipset
Function’s Registry”、
”IRQ Routing Miniport
Driver”。4 つすべて選択して ”Next” をクリッ
クしてください。
セットアッププログラムは The setup program
will request you to choose “Install VIA
Atapi Vendor Support Driver”を選択するよう
に要求します。”Install”を選択して”Next”をク
リックしてください。
DMAモードを有効にして、”Install” を選択して
“Next”をク リックしてください。
4-2
第四章
ステップ 7 :
ステップ 8 :
ステップ 9 :
ステップ 1 0 :
VIAチップセットドライバ
“Install VIA AGP VxD in turbo mode”、
”
Install VIA AGP VxD in normal mode”、
”Uninstall VIA AGP VxD” の 3 つの選択肢があ
ります。”Install VIA AGP VxD in turbo mode”
を選択して”Next”をクリックしてください。
“Install VIA Chipset Functions Registry”、”
Uninstall VIA Chipset Functions Registry”
の 2 つの選択肢があります。”Install VIA
Chipset Functions Registry” を選択して
“Next”をク リックしてください。
”Install VIA IRQ Routing Miniport Driver”、
”
Uninstall VIA IRQ Routing Miniport Driver”
の 2 つの選択肢があります。”Install VIA IRQ
Routing Miniport Driver”を選択してください。
コンピュータを再起動するかどうかを聞いてきま
す。”Yes, I want to restart my computer now”
を選択して ”Finish” をクリックしてください。
コンピュータは VIA チップセットドライバのイン
ストールを終了し、再起動します。
4-3
第四章
VIAチップセットドライバ
2.2 VIA AC97 PCI サウンドドライバインストール手順
ステップ 1 :
ステップ 2 :
ステップ 3 :
ステップ 4 :
ステップ 5 :
CD-ROM ドライブに付属の CD を挿入してくださ
い。
CD-ROM ドライブのアイコンを探してダブルクリッ
クしてください。
これでセットアップ画面が表示さ
れます。
“VIA AC97 PCI Sound Drivers” アイコンをク
リックすると画面に”VIA AC97 PCI Sound
Drivers”画表示されます。
“Next” をクリックすると ”Install”、
”Remove”
の2種類の選択肢が表示されます。”Install” を選
択して “Next” をクリックしてください。
コンピュータを再起動するかどうかを聞いてきま
す。”Yes, I want to restart my computer now”
を選択して ”Finish” をクリックしてください。
コンピュータは AC97 オーディオドラ イバのイン
ストールを終了し、再起動します。
4-4
第四章
3.
VIAチップセットドライバ
Windows NT 4.0
VIA ドライバをインストールする前に Windows(R) NT 4.0 サービス
パック3以上をインストールしてください。
CD-ROM ドライブに付属の CD を挿入してください。CD は自動的に起動
し、次の 3 つのアイコンを表示します。”VIA Chipset Drivers”、
”VIA
AC97 PCI Sound Drivers”、”VIA Enhance VGA Drivers”、”Download VIA Drivers”。正しくドライバをインストールするためには、必
ず “VIA Chipset Drivers” を最初にインストールする必要がありま
す。次に “VIA AC97 PCI Sound Drivers”をインストールしてくだ
さい。
3.1 VIA チップセットドライバインストール手順
ステップ 1 :
ステップ 2 :
ステップ 3 :
ステップ 4 :
ステップ 5 :
CD-ROM ドライブに付属の CD を挿入してください。
CD-ROMドライブのアイコンを探してダブルクリッ
クしてください。
これでセットアップ画面が表示さ
れます。
“Via Chipset Drivers”アイコンをクリックする
と画面に”VIA Service Pack 4.19”が表示され
ます。
“Install”、
”Uninstall”、
”Enable/Disable
(Ultra) DMA for IDE driver” の 3 つの選択肢が
あります。”Install” を選択して “Next” をク
リックしてください。
“Yes, I want to restart my computer”をク
リックしてコンピュータを再起動させてください。
4-5
第四章
VIAチップセットドライバ
3.2 VIA AC97 PCI サウンドドライバインストール手順
ステップ 1 :
ステップ 2 :
ステップ 3 :
ステップ 4 :
ステップ 5 :
CD-ROM ドライブに付属のCDを挿入してください。
CD-ROM ドライブのアイコンを探してダブルクリッ
クしてください。
これでセットアップ画面が表示さ
れます。
“VIA AC97 PCI Sound Drivers” アイコンをク
リックすると画面に ”VIA PCI Audio Drivers”
が表示されます。
”
Next”をクリックしてください。
“Install”、
”Remove” の2つの選択肢があります。”
Install” を選択して “Next” をクリックしてく
ださい。
以下のようにスクリーンに表示されます。
Please choose “Add” from the next window
and add the following device:
VIA AC97 PCI Audio Device
VIA MIDI External Port
ステップ 6 :
“OK”をクリックしてください。
ステップ 5 の手順で VIA AC97 PCI オーディオド
ライバのインストールが完了します。
4-6
第五章
Ultra100 ドライバ
第五章
Ultra100 ドライバ
5.1 概要
Ultra100 コントローラは Ultra ATA/100 プロトコルをサポートする
IDE HDDコネクタを2つ提供します。これはリアルタイムビデオ、マル
チメディア、
高性能オペレーティングシステムに最適です。
Ultra100 の 2 つの IDE コネクタはそれぞれ、IDE、EIDE、Fast-ATA、
Ultra-ATA 基準の IDE デバイスのマスタ / スレーブの組み合わせをサ
ポートします。いろいろな基準のデバイスを Ultra100 に接続しても、
コントローラのインディペンデントプログラマブルタイミングレジスタ
により性能の低下が全くありません。
5-1
第五章
Ultra100 ドライバ
5.2 ソフトウェアインストール
このセクションではUltra100ドライバのインストール手順をOS別に紹
介します。該当する OS は以下の通りです。
-
Windows
Windows
Windows
Windows
2000
Millennium Edition
98
NT 4.x
Ultra100ドライバは下記のURLから該当するものをダウンロードして、
お手持ちのフロッピーディスクに解凍してください。
http://www.msi-computer.co.jp/support/bios/
driver_motherboard/driver_motherboard.html
5.2-1 Windows 2000
5 . 2 - 1 - 1 W i n d o w s 2 0 0 0 新規インストール中のドライバイン
ストール方法
1a. フロッピーインストール: Windows 2000の起動ディスクをセッ
トしてコンピュータを起動してください。
1b. フロッピーインストール: フロッピーから起動して「WINNT」と
タイプしてください。
ファイルがコピーされたら、
システムは再
起動します。再起動後、
「Setup is inspecting your computer’
s hardware configuration...」というメッセージが出たら、
<F6>を押してください。
1c. CD-ROMインストール: CD-ROMから起動してください。
「Press F6
if you need to install third party SCSI or RAID driver」
というメッセージが出たら、<F6>を押してください。
2. 「Windows 2000 Setup」ウィンドウが表示されたら、
「S」を押
して追加デバイスを選択してください。
3. 「O」を押して、
「Other」を選択し、
「Enter」キーを押してくださ
い。
5-2
第五章
Ultra100 ドライバ
4.
ドライブ A:に Promise Technology ドライバディスクをセット
して、
「Enter」キーを押してください .
5.
スクリーンに表示されるリストから「Win2000 Promise Ul
tra100 Controller」を選択して「Enter」キーを押してくださ
い。
6.
Windows 2000セットアップ画面が表示され、
「Setup will load
support for the following mass storage devices:」という
メッセージが出ます。リストには「Win2000 Promise Ultra100
controller」が表示されます。
注意: 他にも追加デバイスのインストールが必要な場合は、
ここで行い
ます。すべてのデバイスが選択されたら、次へ進んでください。
Windows 2000セットアップスクリーンでEnterキーを押してください。
選択されたすべてのドライバがロードされWindows2000のインストール
が続行されます。
5 . 2 - 1 - 2 既存 W i n d o w s 2 0 0 0 でのドライバインストール方法
注意: Windows2000 がインストールされているハードドライブを Ultra100のコネクタに接続する前に必ずUltra100のドライバをこのHDD
にインストールしてください。
ドライバがインストールされていない状
態でUltra100のコネクタに接続することは絶対におやめください。
After installing the Ultra100 カードがインストールされ、システ
ムが再起動すると、Windows 2000 セットアップは「新しいハードウェ
アが見つかりました」というダイアログボックスが表示され、
「新しい
ハードウェアの検索ウィザード」
が開始されます。
1.
2.
3.
4.
5.
「次へ」
をクリックして続行してください。
「このデバイスの既知のドライバを表示して、その一覧から選択
する」を選択して「次へ」をクリックします。
「ディスク使用」をクリックします。
A:¥ドライブにUltra100ドライバディスクを挿入してください。
「A:¥WIN2000」とテキストボックスに記入して、
「OK」を押して
ください。
5-3
第五章
6.
7.
8.
9.
Ultra100 ドライバ
リストの中から「Win2000 Promise Ultra100 (tm) IDE
Controller」を選択して「次へ」をクリックしてください。
「次のハードウェアデバイスのドライバをインストールします:
Win2000 Promise Ultra100 (tm)IDE controller」と表示さ
れ、
「次へ」をクリックするとUltra100ドライバはシステムにコ
ピーされWindows2000ドライバデータベースに保存されます。
「新しいハードウェアの検索ウィザードの完了」というメッセー
ジが出るので、
「完了」をクリックしてフロッピーを抜いてシス
テムを再起動させてください。
Windows2000再起動後ドライバが
動作します。
システムを終了させて、ハードドライブをUltra100コントロー
ラに接続してください。
W i n d o w s 2 0 0 0 で正しくドライバがインストールされたかを確
認する方法
1.
Windows 2000で、コントロールパネルからシステムをダブルク
リックしてください。
2.
ハードウェアタブをクリックして、
デバイスマネージャータブを
クリックしてください。
3. 「SCSI と RAID コントローラ」の前の + をクリックして、
「Win2000 Promise Ultra100 (tm) IDE Controller」という表
示が出れば正しくインストールされていることになります。
5-4
第五章
5.2-2
Ultra100 ドライバ
Windows Millennium Edition
5.2-2-1
W i n d o w s M e 新規インストール後のドライバインス
トール方法
ここでは Microsoft の Windows Millennium Edition で Ultra100 ド
ライバをインストールする方法を説明します。
お客様のシステムにすで
に Windows Me がインストールされていて使用している場合は、
「既存
の Windows Me でのドライバインストール方法」を参照してください。
1.
Microsoft Windows Millenium Edition を完全にインストー
ルしてください。
2.
インストール完了後、
「スタートメニュー」から「設定」を選択
します。
3. 「設定」メニューから「コントロールパネル」を選択します。
4. 「コントロールパネル」のウィンドウで「システム」をダブルク
リックします。
5. 「システム」のウィンドウで「デバイスマネージャ」タブをク
リックしてください。
6. 「その他のデバイス」という項目の下に「PCI Mass Storage
Controller」
というデバイスが表示されています。
そのデバイス
を選択して、
「プロパティ」ボタンをクリックします。
7. 「プロパティ」ウィンドウで「ドライバ」タブを選択し、
「ドライ
バの更新」を選択して「次へ」をクリックしてください。
8. 「現在使用しているドライバよりさらに適したドライバを検索す
る(推奨)」を選択して、
「次へ」をクリックします。
9. 「検索場所の指定」を選択して、テキストボックスに「A¥:
WINMILL」とタイプします。
10. A:ドライブにUltra100ドライバディスクを挿入してください。
11. 「次へ」をクリックすると、
「Windows Millennium Promise
ULTRA100 (tm) IDE Controller」というメッセージが出ます。
12. 「次へ」を押して、
「完了」を押してください。
「システムを再起動
しますか」というメッセージがでたら、
「はい」をクリックして
ください。
A:ドライブからフロッピーディスクを抜くのを忘れな
いでください。
5-5
第五章
Ultra100 ドライバ
5 . 2 - 2 - 2 既存 W i n d o w s M e でのドライバインストール方法
ここではすでにインストールされている Windows Me で、Ultra100 ド
ライバをインストールする方法を説明します。Ultra100 ドライバを
Windows Me の新規インストール直後に行う場合は、
「Windows Me 新規
インストール後のドライバインストール方法」
を参照してください。
1.
ハードドライブをUltra100のコネクタに接続してシステムを起
動します。
2. 「ハードウェア追加ウィザード」が表示され「PCI Mass Stor
age Controller」が検出されたというメッセージが出ます。
3. 「次へ」をクリックして、リストの中から「現在使用しているド
ライバよりさらに適したドライバを検索する(推奨)」
を選択しま
す。
4. 「次へ」をクリックして、リストの中から「検索場所の指定」を
選択します。
5.
A:ドライブにUltra100ドライバディスクを挿入してください。
6.
テキストボックスに「D¥:WINMILL」とタイプします。
7. 「次へ」をクリックすると、
「Windows Millennium Promise
ULTRA100 (tm) IDE Controller」というメッセージが表示さ
れます。
8. 「次へ」をクリックして「完了」をクリックします。
9. 「システムを再起動しますか」
というメッセージがでたら、
「はい」
をクリックしてください。
A:ドライブからフロッピーディスクを
抜くのを忘れないでください。
W i n d o w s M e で正しくドライバがインストールされたかを確認
する方法
1. 「スタート」メニューから「設定」を選択してください。
2. 「コントロールパネル」をクリックしてから「システム」アイコ
ンをダブルクリックしてください。
3.
ハードウェアタブをクリックして、
デバイスマネージャータブを
クリックしてください。
4. 「SCSI コントローラ」の前の + をクリックすると、
「Windows
Millennium Promise Ultra100 (tm) IDE controller」とい
う表示が出れば正しくインストールされていることになります。
5-6
第五章
Ultra100 ドライバ
5.2-3 Windows 98
5 . 2 - 3 - 1 W i n d o w s 9 8 新規インストール後のドライバインス
トール方法
ここでは Microsoft の Windows 98 で Ultra100 ドライバをインストー
ルする方法を説明します。お客様のシステムにすでにWindows 98がイ
ンストールされていて使用している場合は、
「既存の Windows 98 での
ドライバインストール方法」
を参照してください。
1.
ハードドライブをUltra100コネクタに接続して、必要であれば
ハードドライブをフォーマットしてください。
2.
Windows 98を通常通りインストールしてください。
3.
インストール完了後、
「スタートメニュー」から「設定」を選択
します。
4. 「設定」メニューから「コントロールパネル」を選択します。
5. 「コントロールパネル」のウィンドウで「システム」をダブルク
リックします。
6. 「システム」のウィンドウで「デバイスマネージャ」タブをク
リックしてください。
7. 「その他のデバイス」という項目の下に「PCI Mass Storage
Controller」
というデバイスが表示されています。
そのデバイス
を選択して、
「プロパティ」ボタンをクリックします。
8. 「プロパティ」ウィンドウで「ドライバ」タブを選択し、
「ドライ
バの更新」を選択して「次へ」をクリックしてください。
9. 「現在使用しているドライバよりさらに適したドライバを検索す
る(推奨)」を選択して、
「次へ」をクリックします。
10. 「検索場所の指定」を選択して、テキストボックスに「A¥:
WIN95-98」とタイプします。
11. A:ドライブにUltra100ドライバディスクを挿入してください。
12. 「次へ」ボタンを押してください。
「Win95-98 Promise Ultra100
(tm) IDE Controller」と表示が出ます。
12. 「次へ」を押して、
「完了」を押してください。
「システムを再起動
しますか」というメッセージがでたら、
「はい」をクリックして
ください。
A:ドライブからフロッピーディスクを抜くのを忘れな
いでください。
5-7
第五章
Ultra100 ドライバ
5 . 2 - 3 - 2 既存 W i n d o w s 9 8 でのドライバインストール方法
ここではすでにインストールされている Windows 98 で、Ultra100 ド
ライバをインストールする方法を説明します。Ultra100 ドライバを
Windows 98 の新規インストール直後に行う場合は、
「Windows 98 新規
インストール後のドライバインストール方法」
を参照してください。
1.
ハードドライブをUltra100のコネクタに接続してシステムを起
動します。
2. 「新しいハードウェアの追加ウィザード」が表示され「PCI Mass
Storage Controller」
が検出されたというメッセージが出ます。
3. 「次へ」をクリックして、リストの中から「現在使用しているド
ライバよりさらに適したドライバを検索する(推奨)」
を選択しま
す。
4. 「次へ」をクリックして、リストの中から「検索場所の指定」を
選択します。
5.
A:ドライブにUltra100ドライバディスクを挿入してください。
6.
テキストボックスに「D¥:WIN95-98」とタイプします。
7. 「次へ」をクリックすると、
「Win95-98 Promise Ultra100 (tm)
IDE Controller」という表示が出ます。
8. 「次へ」をクリックして「完了」をクリックします。
9. 「システムを再起動しますか」
というメッセージがでたら、
「はい」
をクリックしてください。
A:ドライブからフロッピーディスクを
抜くのを忘れないでください。
W i n d o w s 9 8 で正しくドライバがインストールされたかを確認
する方法
1. 「スタート」メニューから「設定」を選択してください。
2. 「コントロールパネル」をクリックしてから「システム」アイコ
ンをダブルクリックしてください。
3.
ハードウェアタブをクリックして、
デバイスマネージャータブを
クリックしてください。
4. 「SCSI コントローラ」の前の + をクリックすると、
「Win95-98
Promise Ultra100 (tm) IDE controller」という表示が出れ
ば正しくインストールされていることになります。
5-8
第五章
Ultra100 ドライバ
5.2-4 Windows NT 4.x
5.2-4-1
新規 W i n d o w s N T 4 . 0 インストール中のドライバイ
ンストール方法
1.
Windows NTディスクから起動してシステムインストールを開始
します。
a)
フロッピーインストール: Windows NT起動ディスクを使ってシ
ステムを起動します。
b)
フロッピーを使用しないインストール: 起動ディスクから起動し
て「WINNT /B」とタイプします。必要なファイルがコピーされ
た後、システムが再起動します。再起動後、
「Setup is
inspecting your computer’s hardware configuration」と
いうメッセージが出たら、<F6>キーを押してください。
c)
CD-ROMディスクインストール: CD-ROMディスクを使って起動し
て、 「Setup is inspecting your computer’s hardware
configuration」というメッセージが出たら、F6をキーを押して
ください。
2. 「Windows NT Setup」ウィンドウが表示されたら、
「S」キーを
押して追加デバイスを指定してください。
3. 「O」を押して、
「Other」を選択し、
「Enter」キーを押してくださ
い。
4.
Promise Technology ドライバディスクを A:ドライブに挿入し
て「Enter」キーを押してください。
5. 「Win NT Promise ULTRA100 (tm) Controller」をリストから
選択して「Enter」キーを押してください。
6.
Windows NT セットアップ画面で「Setup will load support
for the following mass storage devices:」と表示されリス
トの中に「Win2000 Promise Ultra100 (tm) controller」が
含まれます。
注意: 他にも追加デバイスのインストールが必要な場合は、
ここで行い
ます。すべてのデバイスが選択されたら、次へ進んでください。
7. 「Windows NT Setup」画面で「Enter」キーを押してください。
必要なデバイスドライバがすべてロードされWindows NTのイン
ストールが続行されます。
8.
正常にインストールが終了すると、
「SCSI Adapter Setup」ボッ
クスに「Win NT Promise ULTRA100 (tm) Controller」が表示
されドライバが正しくインストールされたことを確認できます。
5-9
第五章
Ultra100 ドライバ
5 . 2 - 4 - 2 既存 W i n d o w s N T 4 . 0 でのドライバインストール方
法
注意
注意: Windows NT 4.0 がインストールされているハードドライブを
Ultra100 のコネクタに接続する前に必ず Ultra100 のドライバをこの
HDDにインストールしてください。
ドライバがインストールされていな
い状態でUltra100のコネクタに接続することは絶対におやめください。
1.
2.
3.
「スタート」メニューから「設定」を選択します。
「設定」メニューの中から「コントロールパネル」を選択します。
「SCSI アダプタ」アイコンをダブルクリックすると「SCSI
アダプタ」ダイアログボックスが表示されます。
4. 「ドライバ」を選択して「追加」をクリックしてください。
5. 「ドライバのインストール」ダイアログボックスで、
「ディスク使
用」をクリックします。
6. 「ディスクからインストール」と表示されたら、Ultra100ドライ
バディスクをA:ドライブに挿入してください。
7. 「A:¥NT4」とテキストボックスにタイプして「OK」をクリックし
てください。
8. 「ドライバのインストール」
ダイアログボックスが表示されたら、
「WinNT Promise Ultra100 (tm) IDE Controller」を選択して
「OK」をクリックしてください。Ultra100ドライバはシステムに
コピーされWindows2000ドライバデータベースに保存されます。
9.
正常にインストールが終了すると、
「SCSIアダプタ」ボックスに
「Win NT Promise Ultra100 (tm) IDE Controller」が表示さ
れドライバが正しくインストールされたことを確認できます。
10. システムを終了して、お使いのハードドライブをUltra100のコ
ネクタに接続してください。
5-10
第六章
保証とアフターサービス
第六章
保証とアフターサービス
6.1 保証書
この製品には保証書を添付しています。保証書は必ず「製品御購入日・
販売店名」
などの記入をお確かめのうえ、
お買い上げの販売店からお受
け取りください。内容をよくお読みのあと、大切に保存してください。
6.2 テクニカルサポート
http://www.msi-computer.co.jp/support/support.html
このページを利用して技術的なご質問やご意見を弊社宛に送信すること
ができます。
日本国外にお住まいのお客さまには直接お答えできない場
合がございます。
各地の弊社関連会社宛お問い合わせください。
6.2-1 FAQ(よくあるお問い合わせ)
http://www.msi-computer.co.jp/support/faq/faq.html
皆様からのお問い合わせの多い内容にお答えしています。下記のお問い
合わせ先にご連絡いただく前にお読みください。
6.2-2 技術サポート
http://www.msi-computer.co.jp/support/support_form/
support_form.html
こちらでは、
主に製品に技術的な問題が発生した際に、
その解決方法に
関してのお問合わせをお受けしております。製品の修理のご相談・依
頼、付属品や部品(取扱説明書等を含む)のご入手に関するお問合わせ
は、
ご購入店へ直接ご相談をお願いします。
電話: (03) 5408-1127
FAX: (03) 3459-1183
受付: 月 - 金 14:00 ∼ 18:00(祝日を除く)
6-1
第六章
保証とアフターサービス
6.2-3 BIOS 修復サービス
http://www.msi-computer.co.jp/support/bios_form/
bios_form.html
弊社マザーボードの BIOS 修復を有償で行っています。BIOS 以外のマ
ザーボードの修理は一切いたしません。
電話: (03) 5408-1127
FAX: (03) 3459-1183
受付: 月 - 金 14:00 ∼ 18:00(祝日を除く)
6.2-4 BIOS/ ドライバ / ソフトウェアダウンロード
http://www.msi-computer.co.jp/support/bios/bios.html
最新の BIOS、ドライバ、付属ソフトウェアがダウンロードできます。
6.3 修理を依頼されるとき
製品には万全を期しておりますが、正常に動作しない場合は、まずFAQ
(よくあるお問い合わせ)をご確認のあと、
技術サポートにご相談くださ
い。それでも直らないときは、お買い上げの販売店へご連絡ください。
6.3-1 保証期間中
保証書の規定に従ってお買い上げの販売店が修理の受け付けをさせてい
ただきますので、
恐れ入りますが、
製品に保証書を添えてご持参くださ
い。
6.3-2 保証期間経過後
修理によって機能が維持できる場合は、
お客様のご要望により有料で修
理させていただきます。
この場合も、
お買い上げの販売店が窓口になり
ますので、製品に保証書を添えてご持参ください。ただし、製品の補修
用部品(製品の機能を維持するために必要な部品)の保有期間が過ぎてい
る場合は、
修理ができないこともございますので、
あらかじめご了承く
ださい。
6-2
第七章
FAQ(よくあるお問い合わせ)
第七章
FAQ(よくあるお問い合わせ)
1. +5V のスタンバイ電源使用時、電源を切断してもキー
ボードの「NumLock」ランプが点灯する
これは本製品の仕様で、
BIOSやジャンパの設定で変更することはできま
せん。
「NumLock」の点灯は、お使いになっているシステムの電源が+5V
スタンドバイ電圧をサポートしているということの証拠です。これに
よって、
キーボードからパソコンを起動することが可能になります。
2. Promise FastTrack100 とIBMのハードディスク DTLA×
2のRAIDを使用してWindows98および2000のインストール
を行うとハング等が発生する
別のハードディスクに変更する事で解消されます。たとえば、Maxtor
52049H4では正常にインストールが終了します。
3. Adaptec SCSI Card 29160 と Promise FastTrack100 を
併用すると SCSI のデバイスが認識されない
Adpatec SCSI Card 29160 を PCI#1 に接続し、Promise FastTrack100
を PCI#3 または PCI#5 に接続する事で正常動作します。
4. BIOS の更新ができない
J5ジャンパピンがOpenになっているかご確認ください。
7-1
Download PDF

advertising