VMware vSphere の概要 ESX 4.0 ESXi 4.0

VMware vSphere の概要 ESX 4.0 ESXi 4.0
VMware vSphere の概要
ESX 4.0
ESXi 4.0
vCenter Server 4.0
JA-000102-00
VMware vSphere の概要
当社 Web サイトにて最新の技術文書をご覧いただけます。
http://www.vmware.com/jp/support/
当社 Web サイトでは製品の最新アップデートも提供しています。
このマニュアルに関してご意見等がございましたら、下記の電子メールアドレスに連絡ください:
[email protected]
© 2009 VMware, Inc. All rights reserved. 本製品は、米国著作権法および米国知的財産法ならびに国際著作権法および
国際知的財産法によって保護されています。VMware 製品には、http://www.vmware.com/go/patents に列記する、
1 つ以上の特許が適用されます。
VMware、VMware Fusion、VMware ロゴ、Virtual SMP、および VMotion は、米国およびその他の地域における
VMware, Inc. の登録商標または商標です。他のすべての名称ならびに製品についての商標は、それぞれの所有者の商
標または登録商標です。
VMware, Inc.
3401 Hillview Ave.
Palo Alto, CA 94304
www.vmware.com
2
ヴイエムウェア株式会社
105-0013 東京都港区浜松町 1-30-5
浜松町スクエア 13F
www.vmware.com/jp
VMware, Inc.
目次
本書について
5
VMware vSphere について
7
VMware vSphere のコンポーネント 8
vSphere データ センターの物理トポロジー
仮想データ センター アーキテクチャ 11
ネットワーク アーキテクチャ 16
ストレージ アーキテクチャ 17
VMware vCenter Server 20
その他の参考資料 25
用語集
27
インデックス
VMware, Inc.
10
43
3
VMware vSphere の概要
4
VMware, Inc.
本書について
®
VMware vSphere の概要』 では、VMware vSphere の機能について説明します。
『VMware vSphere の概要』 では、ESX、ESXi、および vCenter Server について説明します。
対象読者
本書は、VMware vSphere のコンポーネントおよび機能について習得する必要のある方を対象としています。記載され
ている情報は、Windows または Linux のシステム管理者としての経験があり、仮想マシン テクノロジーおよびデータ
センターの運用に詳しい方を対象としています。
本書へのフィードバック
ドキュメントの向上にご協力ください。本書に関するコメントがございましたら、次のメールアドレスまでご連絡ください。
[email protected]
VMware vSphere のドキュメント
VMware vSphere のドキュメントは、VMware vCenter Server のドキュメントと、ESX/ESXi のドキュメントを組み合
わせて構成されています。
図で使用される略語
本書の図では、表 1 の略語を使用しています。
表 1. 略語
略語
説明
データベース
vCenter Server データベース
データストア
管理対象ホストのストレージ
ディスク #
管理対象ホストのストレージ ディスク
ホスト n
vCenter Server が管理するホスト (管理対象ホスト)
SAN
管理対象ホスト間で共有されるストレージ エリア ネットワーク タイ
プのデータストア
tmplt
テンプレート
ユーザー #
アクセス権を持つユーザー
VC
vCenter Server
VM #
管理対象ホストの仮想マシン
VMware, Inc.
5
VMware vSphere の概要
テクニカル サポートおよび教育リソース
ここでは、お客様にご利用いただけるテクニカル サポート リソースを紹介します。本書やその他の文書の最新バージョンは、
http://www.vmware.com/jp/support/pubs でご覧いただけます。
オンライン サポートおよび電
話によるサポート
テクニカル サポート リクエストの提出や、製品および契約情報の確認、製品の登録は、
オンラインで行うことができます。詳細は http://www.vmware.com/jp/support を
ご覧ください。
該当するサポート契約を結んでいるお客様の場合、迅速な対応が必要な Severity1 の
問題に関しては電話でのサポートをご利用ください。詳細は、
http://www.vmware.com/jp/support/phone_support.html をご覧ください。
6
サポート サービス
お客様のビジネス ニーズに適した各種サポートの詳細については、
http://www.vmware.com/jp/support/services をご覧ください。
ヴイエムウェア プロフェッ
ショナル サービス
ヴイエムウェア教育サービスの有償トレーニングでは、広範なハンズオン ラボやケース
スタディをご紹介します。また、業務の際のリファレンスとしてお使いいただける資料
も提供しています。トレーニングは、オンサイト、講義形式、およびライブ オンライ
ンで受講できます。オンサイトのパイロット プログラムおよび実装のベスト プラク
ティスについては、ヴイエムウェア コンサルティング サービスがご使用の仮想環境の
評価、計画、構築、および管理に役立つサービスを提供しています。教育トレーニング、
認定プログラム、およびコンサルティング サービスについては、
http://www.vmware.com/jp/services をご覧ください。
VMware, Inc.
VMware vSphere について
VMware vSphere は仮想化の機能を活用してデータ センターをシンプルなクラウド コンピューティング インフラスト
ラクチャに変換し、IT 部門が柔軟で信頼性の高い IT サービスを提供できるようにします。VMware vSphere は、複数の
システムにわたって基盤となる物理ハードウェア リソースの仮想化と統合を行い、データ センターに仮想リソースのプー
ルを提供します。
VMware vSphere はクラウド オペレーティング システムとして、インフラストラクチャの大量の集合 (CPU、ストレージ、
およびネットワークなど) をシームレスで動的な動作環境として管理すると同時に、データ センターで発生する複雑な
問題も管理します。VMware vSphere は次のコンポーネント レイヤーで構成されています。
インフラストラクチャ サービ
ス
インフラストラクチャ サービスは、ハードウェアまたはインフラストラクチャのリソー
スの抽象化、集約、および割り当てを行うためのサービス セットです。インフラスト
ラクチャ サービスは次のように分類できます。
n
VMware vCompute: 基礎部分にあるサーバ リソースの種類が異なる場合に抽
象化を行う VMware 機能です。vCompute サービスは異なる種類のサーバから
リソースを集約し、これをアプリケーションに割り当てます。
n
VMware vStorage: 仮想環境でストレージの管理および使用をもっとも効率的
に行なえるようにするテクノロジーです。
n
VMware vNetwork: 仮想環境でのネットワーク機能を簡素にしたり向上させた
りするテクノロジーです。
アプリケーション サービス
アプリケーション サービスは、アプリケーションの可用性、セキュリティ、およびス
ケーラビリティを確保するためのサービス セットです。例として、HA やフォールト
トレランスが挙げられます。
VMware vCenter Server
VMware vCenter Server はデータ センターの単一制御ポイントになります。アクセス
コントロール、パフォーマンス監視、構成など、データ センターの基幹サービスを提
供します。
クライアント
ユーザーは vSphere Client または Web ブラウザ経由の Web Access といったクラ
イアント経由で、VMware vSphere データ センターにアクセスできます。
図 1 は、VMware vSphere のコンポーネント レイヤー間の関係を示しています。
VMware, Inc.
7
VMware vSphere の概要
図 1. VMware vSphere
VMware vSphere
クライアント
vSphere
Client
vSphere
Web Access
vSphere
SDK
その他
Client
その他
Client
vCenter Server
アプリケーション
サービス
可用性
インフラストラクチャ
サービス
vCompute
セキュリティ
vStorage
スケーラビリティ
vNetwork
エンタープライズ
サーバ
エンタープライズ
ネットワーク
エンタープライズ
ストレージ
VMware vSphere のコンポーネント
ここでは、VMware vSphere のコンポーネントを紹介します。
VMware vSphere には、次のコンポーネントが含まれています。
®
VMware ESX および
®
VMware ESXi
物理サーバ上で動作する仮想化レイヤー。プロセッサ、メモリ、ストレージ、およびリ
ソースを複数の仮想マシン内に抽象化します。
次の 2 つのバージョンの ESX が利用できます。
n
VMware ESX 4.0 には、組み込みサービス コンソールが含まれます。これは、イ
ンストール可能な CD-ROM ブート イメージとして使用できます。
n
VMware ESXi 4.0 にはサービス コンソールはありません。これには 2 種類があ
ります。VMware ESXi 4.0 Embedded と VMware ESXi 4.0 Installable です。
ESXi 4.0 Embedded は、サーバの物理ハードウェアに組み込まれるファームウェ
アです。ESXi 4.0 Installable は、インストール可能な CD-ROM ブート イメージ
として使用できるソフトウェアです。ESXi 4.0 Installable ソフトウェアはサーバ
のハード ドライブにインストールします。
®
仮想 IT 環境の構成、プロビジョニング、および管理の中心となるポイントです。
®
どのような Windows PC からでもユーザーが vCenter Server または ESX/ESXi にリ
モート接続できるようにするインターフェイスです。
®
仮想マシンの管理やリモート コンソールへのアクセスを可能にする Web インターフェ
イスです。
®
ESX/ESXi 仮想マシン用の高性能クラスタ ファイル システムです。
VMware vCenter Server
VMware vSphere Client
VMware vSphere Web
Access
VMware Virtual Machine
File System (VMFS)
8
VMware, Inc.
VMware vSphere について
®
VMware Virtual SMP
®
VMware VMotion および
Storage VMotion
単一の仮想マシンが複数の物理プロセッサを同時に使用できるようにする機能を備えて
います。
VMware VMotion を使用すると、実行中の仮想マシンをある物理マシンから別の物理
マシンにダウンタイムなしでライブ移行できるので、サービスの可用性を向上し、トラ
ンザクションの完全性を確保できます。Storage VMotion を使用すると、サービスを
中断せずに、仮想マシン ファイルをデータストア間で移行できます。仮想マシンとそ
のすべてのディスクを 1 つの場所に配置することも、仮想マシン構成ファイルと各仮
想ディスクを別の場所に配置することもできます。Storage VMotion 中、仮想マシン
は同じホスト上にとどまります。
VMotion での移行: パワーオン状態の仮想マシンを新しいホストに移動します。
VMotion での移行では、仮想マシンの可用性を維持したまま、仮想マシンを新しいホ
ストに移動できます。VMotion での移行は、データ センター間での仮想マシンの移行
には使用できません。
Storage VMotion での移行: パワーオン状態の仮想マシンの仮想ディスクまたは構成
ファイルを新しいデータストアに移動します。Storage VMotion での移行では、仮想
マシンの可用性を維持したまま、仮想マシンのストレージを移動できます。
®
VMware High Availability
(HA)
®
VMware Distributed
Resource Scheduler
(DRS)
®
VMware Consolidated
Backup (Consolidated
Backup)
®
VMware vSphere SDK
®
仮想マシンで実行中のアプリケーションの高可用性を実現する機能。サーバに障害が発
生した場合、影響を受けた仮想マシンは、容量に余裕がある別の本番サーバで再起動さ
れます。
仮想マシンのハードウェア リソース全体で、コンピューティング能力の割り当てとバ
ランシングを動的に行う機能。これには分散電力管理 (DPM) 機能が含まれているた
め、データ センターの電力消費を大幅に削減できます。
統合操作が可能な、エージェントを使用せずに仮想マシンをバックアップするための機
能。バックアップ管理を簡素化し、ESX/ESXi のパフォーマンスに影響する負荷を減ら
します。
VMware およびサードパーティ製ソリューションの標準インターフェイスとなり、
VMware vSphere へのアクセスを可能にする機能。
VMware Fault Tolerance
仮想マシンでフォールト トレランスを有効にすると、元の (プライマリ) 仮想マシン
のセカンダリ コピーが作成されます。プライマリ仮想マシン上で実行されたすべての
アクションは、セカンダリ仮想マシンにも適用されます。プライマリ仮想マシンが使用
不可能になった場合、セカンダリ仮想マシンが有効になって可用性を継続して提供します。
vNetwork Distributed
Switch (DVS)
分散仮想スイッチ (DVS) を含む機能。多数の ESX/ESXi ホストにまたがって、継続
的なネットワーク保守作業を大幅に削減し、ネットワーク キャパシティを高めます。
これにより、仮想マシンが複数のホスト間で移行されても、一貫したネットワーク構成
を維持できます。
ホスト プロファイル
ユーザー定義の構成ポリシーに基づき、ホストの構成管理を簡素化する機能。ホスト
プロファイル ポリシーは検証された既知のホスト構成の設計図をとらえ、これを利用
して複数ホスト上でネットワーク、ストレージ、セキュリティ、およびその他の設定を
構成します。ホスト プロファイル ポリシーでは、データ センター全体が標準のホスト
構成設定に準拠しているかどうかも監視できます。ホスト プロファイルを使用するこ
とで、手動でホストを構成する手順が減り、データ センター全体で整合性と正確性を
維持しやすくなります。
プラグイン可能なストレージ
アレイ (PSA)
アレイ認定の柔軟性を高め、アレイの最適化によってパフォーマンスを向上させるスト
レージ パートナー プラグイン フレームワーク。PSA はマルチパスの I/O フレームワー
クであり、ストレージ パートナーは ESX のリリース スケジュールと同時ではなくても
アレイが提供できるようになります。また、VMware のパートナーはパフォーマンス
を高めるマルチパス ロードバランシング動作を実現して、その動作をアレイごとに最
適化できます。
VMware, Inc.
9
VMware vSphere の概要
vSphere データ センターの物理トポロジー
一般的な VMware vSphere データ センターは、基本的な物理要素 (x86 仮想化サーバ、ストレージ ネットワークおよ
びアレイ、IP ネットワーク、管理サーバ、デスクトップ クライアントなど) で構成されます。
vSphere データ センターのこの物理トポロジーを 図 2 に示します。
図 2. VMware vSphere データ センターの物理トポロジー
vCenter Server
Web Access
vSphere Client
サーバ
グループ 1
サーバ
グループ 2
端末
サーバ
グループ 3
仮想マシン
VM
VM
VM
VM
VM
VM
ファイバ チャネル スイッチ ファブリック、IP ネットワーク
ESX/ESXi
iSCSI
NAS
ファイバ チャネル
ストレージ アレイ ストレージ アレイ ストレージ アレイ
vSphere データ センターのトポロジーを構成するコンポーネントは次のとおりです。
10
コンピューティング サーバ
業界標準の x86 サーバで、ベアメタルで ESX/ESXi を実行します。ESX/ESXi ソフト
ウェアは仮想マシンにリソースを提供し、仮想マシンを実行します。仮想環境では、各
コンピューティング サーバはスタンドアローン ホストと呼ばれます。同様に構成され
た複数の x86 サーバを同一のネットワークおよびストレージ サブシステムに接続して
グループ化し、クラスタと呼ばれる仮想環境内のリソースの統合セットを構築できます。
ストレージ ネットワークおよ
びアレイ
ファイバ チャネル SAN アレイ、iSCSI SAN アレイ、および NAS アレイは、広く使用
されているストレージ テクノロジーで、データ センター ストレージのさまざまなニー
ズに対応できるように VMware vSphere によってサポートされています。ストレージ
アレイは、ストレージ エリア ネットワークを介してサーバのグループに接続され、共
有されます。この配置によってストレージ リソースの集約が可能となるため、仮想マ
シンへプロビジョニングする場合に高い柔軟性が実現します。
IP ネットワーク
各コンピューティング サーバに複数のイーサネット ネットワーク インターフェイス
カード (NIC) を装備すれば、広域バンド幅が実現し、VMware vSphere データ セ
ンター全体で信頼性の高いネットワークを利用できます。
VMware, Inc.
VMware vSphere について
vCenter Server
vCenter Server はデータ センターにとっての単一制御ポイントです。アクセス コン
トロール、パフォーマンス監視、構成など、データ センターの基幹サービスを提供し
ます。個々のコンピューティング サーバのリソースを統合し、データ センター全体の
仮想マシン間でそのリソースを共有できるようになります。これは、システム管理者が
設定するポリシーに基づき、コンピューティング サーバへの仮想マシン割り当てを管
理したり、コンピューティング サーバにある仮想マシンへのリソース割り当てを管理
したりすることにより実現されています。
コンピューティング サーバは、たとえばネットワークが切断されて vCenter Server
がアクセス不能になるという予想外のイベントが発生しても、引き続き機能します。こ
の場合、コンピューティング サーバは個別に管理でき、最後に設定されたリソース割
り当てに基づいて割り当てられた仮想マシンを継続して実行します。vCenter Server
への接続がリストアされると、vCenter Server でデータ センター全体を再び管理でき
ます。
VMware vSphere には、データ センター管理用と仮想マシン アクセス用のインター
フェイスが複数用意されています。これらのインターフェイスには、VMware vSphere
管理クライアント
Client (vSphere Client)、Web ブラウザを介した Web アクセス、vSphere
Command-Line Interface (vSphere CLI)、または vSphere Management
Assistant (vMA) が含まれます。
仮想データ センター アーキテクチャ
VMware vSphere は、サーバ、ストレージ、およびネットワークを含む IT インフラストラクチャ全体を仮想化します。
VMware vSphere は、これらの異種リソースを統合し、均一化された構成要素のセットとして仮想環境に提供します。
VMware vSphere を使用すれば、IT リソースを共有ユーティリティのように管理でき、さまざまなビジネス ユニットや
プロジェクトにリソースを動的にプロビジョニングできます。
図 3 は、仮想データ センターの主な構成要素を示しています。
図 3. 仮想データ センター アーキテクチャ
クラスタ 1
ホスト 1
RP2
VM
VM
RP1
RP3
VM
VM
VM
VM
VM
データストア
ネットワーク A
ネットワーク B
vSphere を使用すると、これらの主な構成要素を表示、構成、および管理できます。主な構成要素は、次のとおりです。
n
コンピューティング リソースとメモリ リソース (ホスト、クラスタ、リソース プール)
n
ストレージ リソース (データストア)
VMware, Inc.
11
VMware vSphere の概要
n
ネットワーク リソース (ネットワーク)
n
仮想マシン
ホストとは、ESX/ESXi を実行する物理マシンのコンピューティング リソースとメモリ リソースを仮想化したものです。1
台または複数台の物理マシンが全体として機能し、まとめて管理できるようにグループ化した場合、統合されたコンピュー
ティング リソースおよびメモリ リソースからクラスタが構成されます。マシンを動的にクラスタに追加したり、クラス
タから削除できます。ホストとクラスタのコンピューティング リソースとメモリ リソースは、リソース プールの階層に
細かく分割できます。
データストアは、データ センター内の基盤となる物理ストレージ リソースの組み合わせを仮想化したものです。物理ス
トレージ リソースの例を次に示します。
n
サーバのローカル SCSI ディスク、SAS ディスク、または SATA ディスク
n
ファイバ チャネル SAN ディスク アレイ
n
iSCSI SAN ディスク アレイ
n
NAS (ネットワーク接続型ストレージ) アレイ
仮想環境内のネットワークは、仮想マシンを相互に接続するか、仮想データ センター外部の物理ネットワークに接続します。
仮想マシンの作成時に、仮想マシンが対応する特定のホスト、クラスタまたはリソース プール、およびデータストアを指
定します。仮想マシンのパワーオン後、リソースは、ワークロードが増加すると動的に消費され、ワークロードが減少す
ると動的に解放されます。
仮想マシンのプロビジョニングは、物理マシンの場合よりも迅速で簡単です。新しい仮想マシンは数秒で作成できます。
仮想マシンをプロビジョニングすると、適切なオペレーティング システムおよびアプリケーションに変更を加えず仮想マ
シンにインストールでき、物理マシンにインストールした場合と同様に特定のワークロードを処理できます。さらに仮想
マシンは、オペレーティング システムとアプリケーションがすでにインストールおよび構成された場合でもプロビジョニ
ングできます。
リソースは、リソースを所有するシステム管理者が設定したポリシーに基づいて仮想マシンにプロビジョニングされます。
これらのポリシーにより、パフォーマンスを保証するために、特定の仮想マシン用にリソース一式を確保できます。また、
リソース全体の可変部分に優先順位を付けて、各仮想マシンに設定することもできます。ある仮想マシンをパワーオンし
た結果リソース割り当てポリシーに違反してしまう場合、その仮想マシンはパワーオンされたり、リソースを消費したり
しません。リソースおよび電力管理の詳細については、『リソース管理ガイド』 を参照してください。
ホスト、クラスタ、およびリソース プール
ホスト、クラスタ、およびリソース プールを使用すると、仮想環境内で統合されるコンピューティング リソースとメモリ
リソースの整理、および基盤となる物理リソースへのそれらのリソースの再関連付けを、柔軟かつ動的に行うことができます。
ホストは、物理 x86 サーバの統合されたコンピューティング リソースとメモリ リソースを表します。たとえば、物理 x86
サーバにそれぞれ 4GHz で動作する 4 個のデュアルコア CPU と 32GB のシステム メモリが搭載されている場合、そのホ
ストに割り当てられている仮想マシンの実行に、32GHz のコンピューティング能力と 32GB のメモリを使用できます。
クラスタは単一の実体のように機能し、またそれを扱うように管理できます。クラスタは、同一のネットワークとストレージ
アレイを共有する物理 x86 サーバ グループの、コンピューティング リソースおよびメモリ リソースを統合したものとみ
なされます。たとえば、グループに 8 台のサーバが存在し、各サーバにそれぞれ 4GHz で動作する 4 個のデュアルコア CPU と
32GB のメモリが搭載されているとします。するとそのクラスタには 256GHz のコンピューティング能力と 256GB のメ
モリが集められ、仮想マシンの実行に使用できます。
リソース プールは、単一のホストまたはクラスタのコンピューティング リソースとメモリ リソースのパーティションです。
リソース プールは階層化し、入れ子にできます。すべてのリソース プールは、より小さなリソース プールに分割できます。
そのあと、グループ別または目的別にリソースをさらに分割して割り当てることができます。
12
VMware, Inc.
VMware vSphere について
図 4 は、リソース プールの使用例を示しています。それぞれに 4GHz のコンピューティング能力を備え 16GB のメモリ
が搭載されている 3 台の x86 サーバを統合して、12GHz のコンピューティング能力と 48GB のメモリを備えたクラスタ
を構成しています。「経理部」 のリソース プールは、クラスタから 8GHz のコンピューティング能力と 32GB のメモリを
予約しています。残り 4GHz のコンピューティング能力と 16GB のメモリはその他の仮想マシンが予約しています。それ
より小さいリソース プール 「会計」 は、「経理部」 のリソース プールから、会計課の仮想マシン用に 4GHz のコンピュー
ティング能力と 16GB のメモリを予約しています。残り 4GHz のコンピューティング能力と 16GB のメモリは、「給与計算」
と呼ばれる仮想マシン用です。
図 4. ホスト、クラスタ、およびリソース プール
経理部
会計
VM
VM
VM
その他
給与計算
VM
VM
4 GHz
16 GB RAM
8 GHz
32 GB RAM
クラスタ
12 GHz
48 GB RAM
仮想
物理
x86 サーバ
4 GHz
16 GB RAM
x86 サーバ
4 GHz
16 GB RAM
x86 サーバ
4 GHz
16 GB RAM
リソース割り当てポリシーは動的に変更できます。たとえば、年末に 「会計」 のワークロードが増加したので、「会計」
リソース プール用に予約したコンピューティング能力を 4GHz から 6GHz に増やすとします。リソース プールの変更は、
関連する仮想マシンを停止することなく、動的に行うことができます。
予約リソースがリソース プールまたは仮想マシンによって使用されていない場合、共有できます。この例で、「会計」 用
に予約された 4GHz のリソースが使用されていない場合、「給与計算」 仮想マシンがそのリソースをピーク時に利用できます。
「会計」 でリソースの需要が増加した場合、
「給与計算」 は使用していたリソースを動的に返還します。リソースがさま
ざまなリソース プール用に予約されていて、それぞれの所有者によって使用されない場合でも、無駄にはなりません。こ
の機能はリソース使用率を高めると同時に、予約量を満たしてリソース ポリシーを徹底します。
この例で示したように、リソース プールを入れ子にしたり、階層に編成したり、動的に再構成したりすることで、IT 環境
を企業の組織に対応させることができます。個々のビジネス ユニットは、リソース プーリングの効率性のメリットを享
受しながら、専用のリソースを確保できます。
VMware vSphere 分散サービス
VMware VMotion、VMware Storage VMotion、VMware DRS、VMware HA、および VMware フォールト トレラ
ンスは、効率的で自動化されたリソース管理と仮想マシンの高可用性を実現する分散サービスです。
仮想マシンは ESX/ESXi 上で実行され、ESX/ESXi のリソースを消費します。VMotion を使用すると、図 5 に示すように、
サービスを停止せずに実行中の仮想マシンを別の物理サーバに移行できます。結果的に、リソース割り当ての効率が高ま
ります。VMotion を使用すると、物理サーバ間で、仮想マシンにリソースを動的に再割り当てできます。
VMware, Inc.
13
VMware vSphere の概要
図 5. VMotion での移行
ESX/ESXi ホスト
ESX/ESXi ホスト
VMotion テクノロジー
アプリケーション
アプリケーション
ゲスト
OS
アプリケーション
ゲスト
OS
仮想マシン
アプリケーション
ゲスト
OS
仮想マシン
ゲスト
OS
仮想マシン
仮想マシン
Storage VMotion を使用すると、サービスを停止せずに実行中の仮想マシンを別のデータストアに移行できます。これ
によって、たとえばネットワーク管理者は、ストレージ アレイ間で仮想マシンの負荷を解放して、保守、LUN の再構成、
容量不足問題の解消、および VMFS ボリュームのアップグレードを行うことができます。システム管理者は Storage
VMotion を使用して、仮想マシンのディスクをシームレスに移行することで、ストレージ環境を最適化してパフォーマ
ンスを改善できます。
VMware DRS により、物理ホストのクラスタを単一のコンピューティング リソースとして管理できます。仮想マシンを
クラスタに割り当てると、仮想マシンを実行するのに適したホストを DRS が検出します。DRS は、クラスタ内で負荷が
分散されるよう仮想マシンを配置すると同時に、クラスタ全体にリソース割り当てポリシー (予約、優先度、制限など)
が実施されるようにします。仮想マシンがパワーオンされると、DRS はホスト上に仮想マシンの初期配置を実行します。
クラスタの状態変化 (負荷や使用可能なリソースなど) に伴い、DRS が必要に応じて (VMotion で) 仮想マシンを別
のホストに移行します。
図 6. VMware DRS
VM
VM
VM
VM
VM
VM
VM
VM
VM
VM
VM
VM
仮想マシン
仮想マシン
仮想マシン
ESX/ESXi ホスト
ESX/ESXi ホスト
ESX/ESXi ホスト
クラスタ
物理サーバ
物理サーバ
物理サーバ
新しい物理サーバがクラスタに追加されると、DRS は実行中の仮想マシンを分散できるため、仮想マシンは新しいリソー
スを自動的に即座に利用できます。
DPM を有効にすると、クラスタ レベルおよびホスト レベルでの容量と、クラスタ内で稼働している仮想マシンの需要が
比較されます。実行中の仮想マシンが要求しているリソースがクラスタ内のホストのサブセットで満たすことができる場合、
DPM は仮想マシンをこのサブセットに移行し、必要ないホストをパワーオフします。リソース要求が増大すると、DPM
はこのようなホストを再度パワーオンし、仮想マシンをそこに移行します。この DPM が行う動的なクラスタ サイズ適正
化機能により、仮想マシンのパフォーマンスや可用性を損なうことなくクラスタの電力消費を削減します。
DRS を構成すると、仮想マシンの配置、仮想マシンの移行、およびホストの電源操作を自動で実行されるようにしたり、
データ センター管理者に推奨設定を提供して手動操作を可能にしたりできます。
VMware HA を使用すると、ホストで障害が発生した場合に、クラスタ内の別の物理サーバ上で仮想マシンを迅速かつ自
動的に再起動できます。仮想マシン内のすべてのアプリケーションは、アプリケーションのクラスタリングを通して、高
可用性のメリットを得ることができます。
14
VMware, Inc.
VMware vSphere について
HA はクラスタ内のすべての物理ホストを監視し、ホスト障害を検出します。各物理ホストに配置されたエージェントが、
リソース プール内のほかのホストとの間でハートビートを維持します。ハートビートが失われると、障害の影響が及ぶす
べての仮想マシンの再起動プロセスがほかのホスト上で開始されます。VMware HA の例は 図 7 を参照してください。HA
によって、ホスト障害時に別の物理ホストで仮想マシンを再起動するのに必要なリソースが、常にクラスタ内に確保されます。
図 7. VMware HA
VM
VM
VM
VM
VM
VM
VM
VM
VM
仮想マシン
仮想マシン
仮想マシン
ESX/ESXi ホスト
ESX/ESXi ホスト
ESX/ESXi ホスト
クラスタ
物理サーバ
物理サーバ
物理サーバ
HA は、HA クラスタ内の仮想マシンのステータスを監視する、仮想マシン監視機能も備えています。仮想マシンで一定
時間内にハートビートが生成されなかった場合、仮想マシン監視機能によって障害が発生したとみなされ、仮想マシンが
自動的に再起動されます。再起動された場合、ポリシーで再起動数を制御できます。
HA では、vCenter Server は単一障害点にはなりません。HA は vCenter Server 経由で一元的に構成されますが、いっ
たん構成されると各 ESX ホスト上で分散された状態で動作し続けます。vCenter Server は関与しなくなります。vCenter
Server に障害が発生した場合は、HA のフェイルオーバーは正常に動作します。
VMware vLockstep テクノロジーを使用して、ESX/ESXi ホスト プラットフォーム上の VMware フォールト トレランス
(FT) は、別々のホストで仮想ロックステップ方式で動作するシャドウ コピー (セカンダリ仮想マシン) により仮想マシン
(プライマリ仮想マシン) を保護することで、可用性を維持します。プライマリ仮想マシンで実行される入力およびイベ
ントが記録され、セカンダリ仮想マシンで再生されるため、両方の仮想マシンは常に同じ状態になります。たとえば、マ
ウスのクリック操作やキーストロークがプライマリ仮想マシンで記録され、セカンダリ仮想マシンで再生されます。仮想
マシンは仮想ロックステップ方式でプライマリ仮想マシンとともに動作するため、マシンを停止したりデータを消失する
ことなく、いつでも実行を引き継ぐことができます。
VMware, Inc.
15
VMware vSphere の概要
ネットワーク アーキテクチャ
VMware vSphere には仮想マシン ネットワーク構成要素のセットがあり、これによってデータ センター内の仮想マシン
を物理環境のようにネットワーク接続できます。
図 8. vNetwork 標準スイッチによるネットワーク
VM
VM
VM
VM
VM
ネットワーク
C
A
B
C
D
E
ポート
グループ
A
vSwitch
B
C
D
E
vSwitch
ホスト 1
ホスト 2 仮想
ホスト 1
ホスト 2 物理
物理ネットワーク アダプタ
物理ネットワーク
図 8 は、vSwitch の仮想環境内外のネットワークの関係を示しています。仮想環境には、物理環境と同様のネットワーク
構成要素があります。これは仮想ネットワーク インターフェイス カード (vNIC)
、vNetwork 標準スイッチ (vSwitch)
、
vNetwork 分散スイッチ (dvSwitch)、およびポート グループです。dvSwitch のネットワークが 図 9 に示されています。
物理マシンと同様に、各仮想マシンには 1 つまたは複数の vNIC があります。ゲスト OS およびアプリケーション プログ
ラムは、共通に使用できるデバイス ドライバ、または仮想環境に最適化した VMware デバイスドライバで vNIC と通信
します。どちらの場合も、ゲスト OS での通信は物理デバイスで行なうのと同様に行えます。仮想マシンの外部では、vNIC
は独自の MAC アドレスと 1 つまたは複数の IP アドレスを持ち、物理 NIC と同様に標準イーサネット プロトコルに応答
します。外部エージェントは仮想マシンと通信していることを認識しません。
仮想スイッチは、レイヤー 2 の物理スイッチと同様に機能します。各サーバには、独自の仮想スイッチがあります。仮想
スイッチの一方は、仮想マシンに接続するポート グループです。もう一方は、仮想スイッチが配置されているサーバの物
理イーサネット アダプタへのアップリンク接続です。仮想マシンは、仮想スイッチのアップリンクに接続している物理
イーサネット アダプタを経由して外部に接続します。
仮想スイッチは、そのアップリンクを 1 つ以上の物理イーサネット アダプタに接続して NIC チーミングを実現できます。NIC
チーミングにより、2 つ以上の物理アダプタを使用してトラフィック負荷を分散でき、また、物理アダプタ ハードウェア
障害やネットワーク障害の発生時にパッシブ フェイルオーバーを実行できます。NIC チーミングに関する情報は、『ESX
構成ガイド』 または 『ESXi 構成ガイド』 を参照してください。
vNetwork 分散スイッチ (dvSwitch) は、関連するすべてのホストにおいて 1 つの仮想スイッチとして機能します。こ
れにより、仮想マシンは、複数のホスト間を移動するときに、一貫したネットワーク構成を維持できます。vSwitch と同様、
各 dvSwitch は、仮想マシンが使用できるネットワーク ハブです。vSwitch を使用すると、仮想マシン間のトラフィッ
クを内部的に経路選択したり、物理イーサネット アダプタに接続することで、外部ネットワークにリンクしたりすること
ができます。各 vSwitch は、割り当てられた 1 つまたは複数の dvPort グループを持つことが可能です。dvPort グルー
プは、共通の構成下にある複数のポートの集合であり、ラベル付きネットワークに接続する仮想マシンにとっての安定し
たアンカー ポイントとなります。
16
VMware, Inc.
VMware vSphere について
図 9. vNetwork 分散スイッチによるネットワーク
VM
VM
VM
VM
VM
ネットワーク
C
dvPort グループ
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
vNetwork 分散スイッチ
ホスト 1
dvUplinkA
dvUplinkB
dvUplinkA
ホスト 1
dvUplinkB
ホスト 2
仮想
ホスト 2 物理
物理
ネットワーク アダプタ
物理ネットワーク
ポート グループは、仮想環境独自の概念です。ポートグループは、接続しているネットワークを制御するポリシー設定用
メカニズムです。vSwitch には、複数のポート グループを設定できます。仮想マシンは、vNIC を vSwitch の特定のポー
トに接続するのではなく、ポート グループに接続します。同一のポート グループに接続する仮想マシンはすべて、別々
の物理サーバに配置されている場合でも、仮想環境内の同一のネットワークに属します。
ポート グループは、ネットワーク セキュリティの強化、ネットワーク セグメンテーション、パフォーマンスの向上、可
用性の向上、トラフィック管理を実現するポリシーを実施するように構成できます。
レイヤー 2 セキュリティ オプ
ション
プロミスキャス モード、MAC アドレスの変更、および偽装転送の機能を制御すること
により、仮想マシンのポート グループに付加された vNIC が実行可能なアクションを
実施します。
VLAN サポート
仮想ネットワークと物理ネットワークの VLAN を統合します。
プライベート VLAN
広範なネットワークで VLAN ID が重複することを考慮する必要がなく、プライベート
ネットワーク内で VLAN ID を使用できます。
トラフィック シェーピング
平均バンド幅、ピーク バンド幅、およびバースト サイズについて QOS ポリシーを定
義します。トラフィック管理の質を高めるには、ポリシーを設定します。
NIC チーミング
個々のポート グループまたはネットワークの NIC チーミング ポリシーを設定し、トラ
フィック負荷の共有やハードウェア障害時のフェイルオーバーを実現します。
ストレージ アーキテクチャ
VMware vSphere ストレージ アーキテクチャは、物理ストレージ サブシステム間の複雑性と相違を隠して管理する抽象
化レイヤーで構成されています。
このストレージ アーキテクチャを 図 10 に示します。
VMware, Inc.
17
VMware vSphere の概要
図 10. ストレージ アーキテクチャ
ホスト 1
ホスト 2
VM1
VM2
VM3
データストア 1
VM4
データストア 2
vm1.vmx
vm2.vmx
vm3.vmx
vm4.vmx
仮想
file1.vmdk
file2.vmdk
file3.vmdk
file4.vmdk
物理
NFS
VMFS ボリューム
IP ネットワーク
DAS SCSI
FC SAN
iSCSI
NAS
各仮想マシン内のアプリケーションおよびゲスト OS にとって、ストレージ サブシステムは、1 つまたは複数の仮想 SCSI
ディスクに接続されている仮想 SCSI コントローラのように見えます (図 10 を参照)
。このようなコントローラは仮想マ
シンが確認およびアクセスできる唯一の種類の SCSI コントローラで、たとえば BusLogic Parallel、LSI Logic Parallel、
LSI Logic SAS、および VMware Paravirtual があります。
仮想 SCSI ディスクは、データ センター内のデータストア構成要素からプロビジョニングされます。データストアは、複
数の物理ホスト上に存在する仮想マシンにストレージ容量を提供するストレージ アプライアンスに似ています。
データストアの抽象化は、基礎部分の複雑な物理ストレージ テクノロジーからゲストを切り離しながら、ストレージ領域
を仮想マシンに割り当てるモデルです。ゲスト仮想マシンは Fibre Channel SAN、iSCSI SAN、直接接続ストレージ、および
NAS に直接的に触れません。
仮想マシンは、ファイルのセットとしてデータストア内のディレクトリに格納されます。各仮想ゲストに関連付けられた
ディスク ストレージは、ゲストのディレクトリ内のファイル セットです。ゲスト ディスク ストレージは通常のファイル
として操作可能です。コピー、移動、またはバックアップが可能です。新しい仮想ディスクは、仮想マシンをパワーオフ
せずに追加できます。この場合、仮想ディスク ファイル (.vmdk) が VMFS 内に作成され、追加した仮想ディスク用の
新しいストレージとなるか、既存の仮想ディスク ファイルが仮想マシンに関連付けられます。
各データストアは、ストレージ デバイス上の物理 VMFS ボリュームです。NAS データストアは VMFS という特徴を持つ NFS
ボリュームです。データストアは、複数の物理ストレージ サブシステムに展開できます。図 10 に示すように、単一の VMFS
ボリュームには、物理ホスト、ファイバ チャネル SAN ディスク ファーム、または iSCSI SAN ディスク ファーム上のローカル
SCSI ディスク アレイから、1 つまたは複数の LUN を含めることができます。任意の物理ストレージ サブシステムに追
加された新しい LUN が検出され、既存の、または新しいすべてのデータストアで使用できるようになります。作成済み
18
VMware, Inc.
VMware vSphere について
のデータストア上にあるストレージ容量は、物理ホストやストレージ サブシステムをパワーオフすることなく拡張できます。
VMFS ボリューム内の LUN のいずれかに障害が発生したり使用できなくなったりすると、その LUN に関連する仮想マシ
ンのみが影響を受けます。例外は、一連のボリュームの最初のエクステントがある LUN です。別の LUN 上に仮想ディス
クを持つほかのすべての仮想マシンは、通常どおり機能し続けます。
VMFS はクラスタ化されたファイル システムで、共有ストレージを活用し、複数の物理ホストが同一のストレージに対し
て同時に読み書きできるようにします。VMFS にはオンディスク ロック機能があり、同一の仮想マシンが複数のサーバに
よって同時にパワーオンされないようにします。物理ホストで障害が発生すると、各仮想マシンのオンディスク ロックが
解除され、仮想マシンを別の物理ホストで再起動できます。
VMFS は、分散ジャーナル処理、障害時に整合性を確保する仮想マシンの I/O パス、マシン状態のスナップショットなど、
障害発生時に整合性を確保してリカバリするためのメカニズムを備えています。これらのメカニズムにより、迅速に原因
を追求でき、仮想マシン、物理ホスト、およびストレージ サブシステムの障害からリカバリできます。
VMFS は、RAW デバイス マッピング (RDM) もサポートします。RDM は、仮想マシンが物理ストレージ サブシステム
(ファイバ チャネルまたは iSCSI のみ) の LUN に直接アクセスするメカニズムを提供します。RDM は、次の代表的な 2
種類のアプリケーション タイプをサポートする場合に役立ちます。
n
SAN スナップショット、または仮想マシン内で実行する階層化されたほかのアプリケーション。RDM は、SAN 固
有の機能を使用することによって拡張性の高いバックアップ負荷軽減システムを実現します。
n
複数の物理ホストにまたがる Microsoft Clustering Services (MSCS)。物理-仮想のクラスタに加えて仮想-仮想のク
ラスタも使用します。クラスタ データおよびクォーラム ディスクは、共有 VMFS 上のファイルとしてではなく、RDM
としての構成が必要です。
図 11. RAW デバイス マッピング
ホスト
VM
読み書き
開く
データストア
仮想
マッピング
ファイル
物理
VMFS ボリューム
LUN
FC SAN
または iSCSI SAN
VMware, Inc.
19
VMware vSphere の概要
RDM は VMFS ボリュームから RAW LUN へのシンボリック リンクです。マッピングにより、LUN は VMFS ボリューム
内のファイルして認識されるようになります。仮想マシン構成では、RAW LUN ではなく、マッピング ファイルが参照さ
れます。
LUN がアクセス用に公開されると、マッピング ファイルが読み込まれ、RAW LUN への参照が取得されます。それ以降
の読み取りと書き込みは、マッピング ファイルを経由せずに RAW LUN に対して直接行われます。
VMware Consolidated Backup
VMware vSphere ストレージ アーキテクチャで VMware Consolidated Backup が利用可能になります。Consolidated
Backup は、LAN を使用せずに仮想マシンをバックアップするための統合機能を提供します。
図 12 に示すように、Consolidated Backup は、ESX/ESXi を実行するサーバ以外のバックアップ プロキシ サーバに配
置されているサード パーティのバックアップ エージェントと連携します。ただし、エージェントが仮想マシン内に配置
されている必要はありません。
サード パーティのバックアップ エージェントが仮想マシン ストレージのバックアップを開始すると、Consolidated Backup
はスクリプトのセットを実行します。バックアップ前スクリプトは仮想ディスクを停止し、スナップショットを生成します。
完了すると、バックアップ後スクリプトが仮想マシンを元の動作に戻します。同時に、ディスクのスナップショットがバッ
クアップ プロキシ サーバにマウントされます。最後に、サード パーティのバックアップ エージェントが、マウントされ
たスナップショットのファイルをバックアップ ターゲットにバックアップします。Consolidated Backup は、仮想ディ
スクのスナップショットを作成して別のバックアップ プロキシ サーバ経由でバックアップすることで、シンプルでオー
バーヘッドが小さく、ゲスト仮想マシン内でのバックアップ実行よりも負荷が少ない、仮想環境のバックアップ ソリュー
ションとなります。
図 12. VMware Consolidated Backup
仮想マシン
App
App
App
OS
OS
OS
スナップショット
ESX/ESXi
スナップショット
スナップショット
SAN ストレージ
マウント
物理サーバ
バックアップ
ディスク
一元化された
データ移動
バック
アップ
プロキシ
サーバ
VMware vCenter Server
VMware vCenter Server はデータ センターの統合管理を可能にします。
vCenter Server は、複数の ESX/ESXi ホストの物理リソースを統合し、システム管理者が仮想環境内の仮想マシンへの
プロビジョニングを行うための、シンプルで柔軟性の高いリソースの集合を提供します。
vCenter Server のコンポーネントは、ユーザー アクセス コントロール、コア サービス、分散サービス、プラグイン、お
よびさまざまなインターフェイスです。
図 13 は、vCenter Server の主要コンポーネントを示しています。
20
VMware, Inc.
VMware vSphere について
図 13. vCenter Server のコンポーネント
Active
Directory
サーバ
サード パーティ
アプリケーション
フォールト トレランス
プラグイン
VMotion
vCenter
Server
HA
DRS
Active
Directory
インターフェイス
データベース インターフェイス
分散
サービス
ホストおよび
VM の構成
コア サービス
VM プロビジョニング
アラームと
イベントの管理
ユーザー
アクセス
コントロール
統計ログ
vSphere
API
タスク
スケジューラ
リソースと
仮想マシンの
インベントリ
管理
ESX Server 管理
vCenter
Server
エージェント
HA
vSphere API
ホスト エージェント
vCenter Server
データベース
VM
ホスト
VM
ユーザー アクセス コントロールのコンポーネントを使用すると、システム管理者は異なるクラスのユーザーに対してさ
まざまなレベルの vCenter へのアクセスを作成し、管理できます。
たとえば、あるユーザー クラスで、データ センターの物理仮想サーバ ハードウェアを管理および構成できます。また別
のユーザー クラスでは、仮想マシン クラスタの特定リソース プール内にある仮想リソースのみを管理できます。
VMware, Inc.
21
VMware vSphere の概要
vCenter Server のコア サービス
コア サービスは、仮想データ センターの基本管理サービスです。
コア サービスには、次のサービスが含まれます。
仮想マシンのプロビジョニン
グ
仮想マシンおよびそのリソースのプロビジョニングを手引きし、自動化します。
ホストおよび仮想マシンの構
成
ホストおよび仮想マシンを構成できます。
リソースおよび仮想マシン イ
ンベントリの管理
仮想環境内の仮想マシンおよびリソースを整理し、管理を容易にします。
統計およびログ
仮想マシン、ホスト、クラスタなど、データ センター構成要素のパフォーマンスおよ
びリソース使用率の統計をログに記録し、レポートします。
アラームおよびイベント管理
発生する可能性のあるリソースの使用率超過やイベント状態についてトラッキングし、
ユーザーに警告します。イベント発生時に作動し、重大なエラー状態が発生した場合に
ユーザーに通知するようにアラームを設定できます。また、アラームは、不正作動の回
数を最小限に抑えるため、特定の時間条件が満たされたときにだけ作動します。
タスク スケジューラ
指定の時間に VMotion を実行するなど、アクションをスケジュール設定します。
統合
データ センターの物理リソースの容量および使用率を分析します。仮想マシンへの変
換および ESX/ESXi への統合が可能な物理システムを検出して、使用率の向上に役立つ
推奨事項を提供します。統合プロセスを自動化しますが、統合用のパラメータを調節で
きるため、ユーザーの柔軟性も提供します。
vApp
vApp の基本運用は仮想マシンと同じですが、複数の仮想マシンまたはアプライアンス
を含めることができます。vApp の場合、別々の実体としてマルチティア アプリケー
ションの操作を実行できます (たとえばクローン作成、パワーオンおよびオフ、およ
び監視)。vApp はこのようなアプリケーションをパッケージ化して管理します。
分散サービスは、VMware vSphere の機能を単一の物理サーバの外まで拡張するソリューションです。たとえば、VMware
DRS、VMware HA、および VMware VMotion です。分散サービスを使用すると、vCenter Server からこれらのソ
リューションを統合して構成および管理できます。
複数の vCenter Server ホストをまとめて、単一の接続グループにすることができます。vCenter Server ホストが接続グ
ループの一部である場合、そのグループにあるすべての vCenter Server ホストのインベントリを表示および管理できます。
vCenter Server のプラグイン
プラグインは、vCenter Server 上にインストールし、機能を追加できるアプリケーションです。
vCenter Server には次のプラグインがあります。
22
VMware vCenter
Converter
物理マシンと、さまざまな形式の仮想マシンを、ESX/ESXi の仮想マシンに変換できま
す。変換後のシステムは、vCenter Server インベントリの任意の場所にインポートで
きます。
VMware Update Manager
セキュリティ管理者は、ESX/ESXi ホストと管理下の仮想マシンにセキュリティ標準を
適用できます。このプラグインでは、一連のセキュリティ標準を表すユーザー定義のセ
キュリティ ベースラインを作成できます。セキュリティ管理者は、ホストと仮想マシ
ンをこれらのベースラインと比較し、準拠していない仮想マシンを特定および修正でき
ます。
VMware, Inc.
VMware vSphere について
vCenter Server のインターフェイス
vCenter Server インターフェイスは vCenter Server をサードパーティの製品およびアプリケーションと統合します。
vCenter Server の主要インターフェイスは、次の 4 つです。
ESX 管理
vCenter Server エージェントとのインターフェイスになり、データ センター内の各物
理サーバを管理します。
VMware vSphere API
VMware 管理クライアントとサードパーティ製ソリューションとのインターフェイス
になります。
データベース インターフェイ
ス
Oracle、Microsoft SQL Server、または IBM DB2 に接続し、仮想マシン構成、ホス
Active Directory インター
Active Directory に接続し、ユーザーのアクセス管理情報を取得します。
ト構成、リソースおよび仮想マシンのインベントリ、パフォーマンス統計、イベント、
アラーム、ユーザー権限、ロールなどの情報を格納します。
フェイス
vCenter Server と ESX との間の通信
vCenter Server は、VMware vSphere API (vSphere API) を介して ESX/ESXi のホスト エージェントと通信します。
vCenter Server にはじめてホストを追加すると、そのホスト上で実行する vCenter Server エージェントが vCenter Server
から送信されます。図 14 に示すように、このエージェントはホスト エージェントと通信します。
図 14. ホスト エージェント
vSphere Client
vSphere Web Access
vSphere CLI
サード パーティ製ソフトウェア
vCenter Server
vCenter
Server
HA
エージェント
vSphere API
ホスト エージェント
VM
VM
端末
サービス
ホスト
vCenter Server エージェントは、ミニ vCenter Server として次の機能を実行します。
n
vCenter Server で設定されたリソース割り当て (DRS エンジンによって送信されるリソース割り当ても含む) の
中継および実行
n
仮想マシン プロビジョニング コマンドおよび構成変更コマンドのホスト エージェントへの受け渡し
n
ホスト構成変更コマンドのホスト エージェントへの受け渡し
n
ホスト エージェントからのパフォーマンス統計、アラーム、およびエラー条件の収集、およびそれらの vCenter Server
への送信
n
異なるリリース バージョンでの ESX/ESXi ホストの管理
VMware, Inc.
23
VMware vSphere の概要
仮想データ センターへのアクセス
VMware vSphere データ センターには、vSphere Client、Web ブラウザを介した Web Access、またはターミナル
サービス (Windows Terminal Services など) を使用してアクセスできます。
ホストへのアクセスは、特別な状況にかぎり、物理ホストのシステム管理者のみが行なってください。ホスト上で実行可
能なすべての関連機能は、vCenter Server サーバでも実行できます。
Active
Directory
分散サービス
vSphere
Web Access
インターフェイス
ユーザー
アクセス
コントロール
コア サービス
Web ブラウザ
• vCenter Server
アクセス
vSphere
API
データベース インターフェイス
図 15. VMware vSphere のアクセスと制御
vCenter
Server
• ホストと VM
の構成と
アクセス
の制御
• VM コンソール
のアクセス
ESX/ESXi 管理
vCenter
Server
エージェント
vSphere Client
• vCenter Server
アクセス
HA
• ホストと VM
の構成と
アクセス
の制御
• VM コンソール
のアクセス
vSphere API
ホスト エージェント
VM
ホスト
VM
• VM コンソール
のアクセス
Windows
Terminal Services、
Xterm
vSphere Client は、VMware API を介して vCenter Server にアクセスします。ユーザーが認証されると、vCenter Server
でセッションが開始され、そのユーザーに割り当てられたリソースと仮想マシンが表示されます。仮想マシン コンソール
へアクセスする場合、まず vSphere Client が VMware API を介して vCenter Server から仮想マシンの場所を特定します。
次に、vSphere Client が適切なホストに接続し、仮想マシン コンソールへのアクセスを提供します。
注意 ESXi 4.0 を実行しているホストには、vSphere Web Access を使用してアクセスすることはできません。
はじめて使用する場合
vSphere Client には、仮想化の概念にはじめてふれるユーザーを対象とした、仮想インフラストラクチャを段階的にセッ
トアップするためのアシスタント機能が組み込まれています。この組み込みアシスタント機能は、vSphere Client の GUI
内およびオンライン チュートリアル内のインライン コンテンツとして提供されます。アシスタント機能は、精通したユー
ザー用にオフにしたり、経験の浅いユーザー用にオンに戻したりできます。
Web Access
vCenter Server には、Web ブラウザからもアクセスできます。この場合、まずブラウザで、vCenter Server によって
セットアップされた Apache Tomcat サーバを指定します。ブラウザと vCenter との間の通信は、VMware API を通じて
Apache Tomcat サーバによって仲介されます。
24
VMware, Inc.
VMware vSphere について
Web ブラウザから仮想マシンのコンソールへのアクセスには、VirtualCenter サーバによって作成されたブックマークを
使用できます。ブックマークは、最初は vSphere Web Access にリンクしています。
vSphere Web Access は仮想マシンの物理的な場所を特定し、仮想マシンが配置されている ESX/ESXi に Web ブラウザ
をリダイレクトします。
仮想マシンが実行中で、仮想マシンの IP アドレスがわかっている場合は、Windows Terminal Services などの標準ツー
ルを使用して仮想マシン コンソールにアクセスすることもできます。
注意 ESX ホストの場合、Web Access はデフォルトでオフにされます。
その他の参考資料
仮想インフラストラクチャを設定するには、別途タスクが必要です。このタスクの詳細を説明したドキュメントに関する
参照が提供されています。
表 2 は、VMware vSphere のセットアップに関連するタスクと参考ドキュメントの一覧です。次のトピックについての
ドキュメントも必要に応じて参照してください。
n
ドキュメント ロードマップおよびクイック スタート
n
仮想マシン モビリティ プラン
n
VMware SDK および API 開発者リソース
n
最大構成およびリリース ノート
表 2. ドキュメント
タスク
ドキュメント
vCenter Server と vSphere Client のインストール
ESX および vCenter Server インストール ガイド
ESXi Installable および vCenter Server セットアップ ガイド
ESX 4.0 のインストール
ESX および vCenter Server インストール ガイド
ESXi 4.0 Installable のインストールおよび構成
ESXi Installable および vCenter Server セットアップ ガイド
vCenter Server、vSphere Clients、ESX、または ESXi のアッ
アップグレード ガイド
プグレード
ライセンスの取得とインストール
ESX および vCenter Server インストール ガイド
ESXi Installable および vCenter Server セットアップ ガイド
ストレージの構成
iSCSI SAN 構成ガイド
ファイバ チャネル SAN 構成ガイド
ESX 構成ガイド
ESXi 構成ガイド
ネットワークの構成
ESX 構成ガイド
ESXi 構成ガイド
セキュリティの構成
n
ESX のセキュリティ
ESX 構成ガイド
ESXi 構成ガイド
n
ユーザー管理
基本システム管理
n
仮想マシンのパッチ管理
VMware Update Manager 管理ガイド
仮想マシンのデプロイ
基本システム管理
ゲスト OS インストール ガイド
VMware, Inc.
25
VMware vSphere の概要
表 2. ドキュメント (続き)
タスク
ドキュメント
物理システム、仮想マシン、仮想アプライアンス、またはバック
アップ イメージの仮想インフラストラクチャへのインポート
基本システム管理
分散サービスの構成
VMware 可用性ガイド
n
n
n
26
VMware HA およびフォールト トレランス
VMware DRS
VMware Consolidated Backup
VMware Converter Enterprise 管理ガイド
リソース管理ガイド
仮想マシン バックアップ ガイド
VMware, Inc.
用語集
一般管理ロックアウト機能
Windows ホストにパスワード保護を提供するグローバル設定。一般管理ロックアウト機能は、ユーザーによる新し
い仮想マシンの作成、仮想マシン構成の編集、ネットワーク設定の変更を制限します。
アラーム
CPU 負荷など仮想マシンの 1 つまたは複数のプロパティを監視するエンティティ。アラームは、構成可能なアラー
ム定義によって指示された通知を送信します。
割り当て済みディスク
ディスクの作成時に、仮想マシンのすべてのディスク領域が割り当てられる仮想ディスクのタイプ。vCenter Server
によって作成される仮想ディスクのデフォルト タイプです。
API (アプリケーション プログラミング インターフェイス)
プログラムからサービスへのアクセスを可能にする、特定の機能セット。
追加モード
ESX Server 2.x で、仮想マシンで実行中のソフトウェアが変更内容をディスクに書き込んでいるように見えるディスク
モード。変更内容は一時ファイル .REDO に格納されます。システム管理者がこの REDO ログ ファイルを削除すると、
仮想マシンは通常モードで使用された最後の状態に戻ります。「ディスク モード」 も参照してください。
許可ロール
「Administrator」 などの名前で容易に識別するためにグループ化された権限のセット。
子
フォルダ オブジェクトまたは管理下の別のエンティティによってグループ化された管理下のエンティティ。「フォルダ」
も参照してください。
クローン
(名) 仮想マシンの複製。(動) 仮想マシンのコピーを作成すること。クローンを作成するとき、この仮想マシンのゲスト
OS をカスタマイズするオプションが vCenter Server で提供されます。ホスト型製品では完全クローンとリンク ク
ローンが区別されます。「完全クローン」、「リンク クローン」 も参照してください。
クラスタ
仮想環境内のサーバ グループ。クラスタによって高可用性ソリューションが可能になります。
クラスタ計算リソース
仮想マシンのバッキングに使用できるホストのクラスタを表す、拡張計算リソース。「計算リソース」 も参照してく
ださい。
計算リソース
仮想マシンのバッキングに使用できる単一ホストまたはホストのクラスタを表す、管理下のオブジェクト。「クラス
タ計算リソース」 も参照してください。
構成
「仮想マシン構成」 を参照してください。
VMware, Inc.
27
VMware vSphere の概要
コンソール
「サービス コンソール」、「VMware 仮想マシン コンソール」 を参照してください。
最新の仮想マシン
使用している製品でサポートされている最新バージョンの仮想マシン。「レガシー仮想マシン」 も参照してください。
カスタマイズ
仮想マシンをテンプレートからデプロイしたり、別の既存の仮想マシンからクローンを作成する場合に、仮想マシン
に新しい特性の値を適用するプロセス。カスタマイズ オプションには、新しい仮想マシンの ID やネットワーク情報
の変更があります。
カスタム ネットワーク
ホスト型製品で、デフォルトのブリッジ、ホストオンリー、またはネットワーク アドレス変換 (NAT) の構成を使
用しない、仮想マシンとホスト間のネットワーク接続のタイプ。たとえば、複数の仮想マシンを別のネットワーク経
由でホストに接続したり、ホストに接続するのではなく仮想マシン同士を接続したりできます。任意のネットワーク
トポロジーが可能です。
デーモン
自動で実行される UNIX のバックグラウンド プログラム。特定の日時か、何らかの条件を満たしたときにサービス
が実行されます。Windows におけるサービスに似ています。
データ センター
ホストとそれに関連する仮想マシンを vCenter Server に追加するために必要な構造。vCenter Server では複数の
データ センターがサポートされています。1 台のホストは 1 つのデータ センター内でのみ管理できます。
データ センター フォルダ
データ センター構造内に含まれるオプションのインベントリ グループ構造。vCenter Server では複数のデータ センター
フォルダがサポートされています。データ センター フォルダには、データ センターとほかのデータ センター フォ
ルダだけを含めることができます。
データストア
データ センター内の基本的な物理ストレージ リソースの組み合わせを仮想化したものです。データストアは、仮想
マシンのファイルを保存する場所です (物理ディスク、RAID、SAN など)。
DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)
動的アドレシングを可能にする通信プロトコル。このソフトウェアを使用すると、管理者が、ネットワークに接続す
る各デバイスに IP アドレスを割り当てる必要がありません。
無効
アクションや機能が有効ではない状態。機能は、ユーザーの選択に応じてオフになります。
ディスク アレイ
一般的な SAN ディスク ストレージデバイスである複数のディスク デバイスのグループ。アレイは、それぞれ設計、
容量、パフォーマンス、その他の機能が異なります。
ディスク モード
外部動作 (仮想化レイヤーによるデータの処理) を定義する、仮想ディスクのプロパティ。ゲスト OS からは認識
できません。使用可能なモードは製品によって異なります。「通常モード」、「読み取り専用モード」、「追加モード」
も参照してください。
分散仮想ポート グループ
dvPort グループは、DVS に関連するポート グループです。各メンバー ポートのポート構成オプションを指定します。
dvPort グループは、どのように DVS を経由してネットワークに接続するかを定義します。
DNS (Domain Name System)
ホスト名を IP アドレスに変換する、インターネットのデータ クエリ サービス。Domain Name Server や Domain
Name Service とも呼ばれます。
dvPort (分散仮想ポート)
ホストのサービス コンソールや VMkernel、または仮想マシンのネットワーク アダプタに接続する DVS のポート。
DVS
「vNetwork 分散スイッチ (DVS)」 を参照してください。
28
VMware, Inc.
用語集
有効
アクションや機能がアクティブな状態。機能は、ユーザーの選択に応じてオンになります。
検出
仮想マシン環境で使用可能なリソースを見つける処理。特に、特定の種類のすべてのリソースを検出すること、また
は検出によって見つかったリソースの一覧。
イーサネット スイッチ
マシン間のネットワーク トラフィックを管理する物理スイッチ。1 つのスイッチには複数のポートがあり、その各
ポートは、ネットワークにある 1 台のマシンまたは別のスイッチに接続できます。「仮想スイッチ」 も参照してください。
EULA (エンド ユーザー使用許諾契約書)
ユーザーに対する制約の詳細を示すソフトウェア ライセンス。
イベント
vCenter Server にとって重要なアクション。各イベントによってイベント メッセージが開始されます。イベント
メッセージは、vCenter Server のデータベースに保存されます。メッセージは、ユーザー インターフェイスで 2 箇
所に表示されます。ナビゲーション バーの [イベント] オプションと、 [インベントリ] ボタンの下にあるオブジェクトの
[イベント] タブです。
イベントの宣言
イベントの種類 (アラート、エラー、情報、警告、またはユーザー) とその名前、引数、メッセージ形式。
既存のパーティション
物理ディスク上のパーティション。「物理ディスク」 も参照してください。
ファブリック
相互に接続したスイッチを経由してデバイス同士がデータを送受信するファイバ チャネル ネットワーク トポロジー。
ファブリックは多くの SAN で使用されています。ファブリックは通常はゾーンに分割されます。スイッチ ファブ
リック、ファイバ チャネル ファブリックとも呼ばれます。「FC (ファイバ チャネル)」 も参照してください。
FAT (File Allocation Table)
「File Allocation Table (FAT)」 を参照してください。
障害
操作によって発生した例外状態に関する情報を含むデータ オブジェクト。
FC (ファイバ チャネル)
ストレージ エリア ネットワークの構築やデータの送信に使用する、ANSI 標準のギガビット ネットワーク テクノロジー。
ファイバ チャネルのコンポーネントには、HBA、スイッチ、ケーブル配線が含まれます。
ファイル
テキストやイメージなどの RAW データのコンテナ。
File Allocation Table (FAT)
ディスク上のすべてのファイルの各部分の場所や、ディスク上の未使用領域の場所に関する情報が保存されるディス
ク上の領域。
ファイル システム キャッシュ
頻繁にアクセスされるデータをキャッシュに書き込むことで、ディスク上に保存されているファイルへのアクセスを
高速化するストレージ メカニズム。32 ビットのオペレーティング システムのディスク キャッシュの最大容量は
512MB、64 ビットのオペレーティング システムの最大容量は 1TB です。ファイル システム キャッシュは、パフォー
マンス向上のためすべてのプラットフォームで使用されます。
フォルダ
管理対象のエンティティをグループ化するために使用される管理対象のエンティティ。フォルダの種類は、内部に格
納できる子エンティティの種類によって決まります。「子」 も参照してください。
FQDN (完全修飾ドメイン名)
ホスト名とドメイン名を含む、ホストの名前。たとえば、ドメイン vmware.com 内のホスト esx1 の FQDN は
esx1.vmware.com です。
VMware, Inc.
29
VMware vSphere の概要
完全クローン
関連付けられている仮想ディスクをすべて含む、元の仮想マシンの完全なコピー。「リンク クローン」 も参照してく
ださい。
フル スクリーン スイッチ モード
仮想マシンの表示が画面全体を埋める表示モード。ユーザーは VMware Workstation のユーザー インターフェイス
にアクセスできません。ユーザーは仮想マシンを作成、再構成、または起動できません。これらの操作はシステム管
理者が行います。「クイック スイッチ モード」 も参照してください。
仮想マシンのフル バックアップ
仮想マシン全体を構成するすべてのファイルをバックアップします。これらのファイルには、ディスク イメージ、.vmx
ファイルなどが含まれます。
スナップショットに移動
有効な仮想マシンの任意のスナップショットを復元すること。「スナップショットまで戻る」 も参照してください。
GOS (ゲスト OS)
「ゲスト OS」 を参照してください。
グループ
一連の共通する権限を割り当てられた一連のユーザー。グループにはほかのグループが含まれる場合があります。
「サービス コンソール」 も参照してください。
拡張可能なディスク
ディスク領域全体が事前に割り当てられていない仮想ディスクの種類。ディスク ファイルは最初は小さく、データ
がディスクに書き込まれると拡大します。
ゲスト OS
仮想マシンの内部で実行するオペレーティング システム。「ホスト OS」 も参照してください。
ゲスト ユーザー
一時的なユーザー名とパスワードを使用してシステムにログインできる、認証されていないユーザー。ゲスト ユー
ザーは、ファイルやフォルダへのアクセスが限られ、また権限も限られています。
ハンドル
Web サービス クライアントで、オブジェクトへの参照が必要な Web サービス操作を呼び出すために使用される一
時的なトークン。オブジェクト ハンドルは、ファイル ハンドルと同様に、常に同じオブジェクトを参照する一時的
なハンドルです。
HBA (ホスト バス アダプタ)
1 台または複数の周辺装置をコンピュータに接続し、データ ストレージと I/O 処理 (通常はファイバ チャネル、IDE、
または SCSI インターフェイス) を管理するデバイス。HBA には物理 HBA (ホストに接続されている) と仮想 HBA
(仮想マシンの一部) があります。
HCL (ハードウェア互換性リスト)
VMware が正式にサポートするハードウェアの一覧。
ヘッドレス
インターフェイスの接続がなく、バックグラウンドで実行するプログラム。コンソールが接続されていない状態で実
行中の仮想マシンはヘッドレスです。
ハートビート
ソフトウェアがアクティブであることを示すために一定の間隔で送信される信号。レベル 2 イーサネットのトラン
シーバによって、衝突検出回路が接続していることを示すために各パケットの最後に送信される信号。
ホスト
仮想化ソフトウェアを使用して仮想マシンを実行しているコンピュータ。ホスト マシン、ホスト コンピュータとも
呼ばれます。仮想化 (またはその他の) ソフトウェアがインストールされている物理コンピュータ。
ホスト エージェント
仮想マシンのホストにインストールされた場合、リモート クライアントの代わりにアクションを実行するソフトウェア。
30
VMware, Inc.
用語集
ホストベース型ライセンス
ESX サーバ ソフトウェアで、VMware ソフトウェアのライセンスを付与する 2 つのモードのうちの 1 つ。ライセンス
ファイルがホストに配置されます。機能を使用できるかどうかは、ファイルがあるホストに依存します。「サーバベー
ス型ライセンス」 も参照してください。
ホスト型製品
Microsoft Windows や Linux などのオペレーティング システムがインストールされた物理マシンでアプリケーショ
ンとして動作する VMware 製品 (Workstation、VMware Player、VMware Server、VMware ACE、Lab
Manager など)。「ハイパーバイザー」 も参照してください。
ホストオンリー ネットワーク
ホスト型製品で、仮想マシンとホストをつなぐネットワーク接続のタイプ。ホストオンリー ネットワークでは、仮
想マシンは、通常はホスト外部に公開されないプライベート ネットワーク上でホストに接続されます。ホストオンリー
ネットワークに構成された同一ホスト上の複数の仮想マシンは、同じネットワーク上に存在することになります。「NAT
(ネットワーク アドレス変換)」 も参照してください。
ホスト OS
ホスト マシンで動作するオペレーティング システム。「ゲスト OS」 も参照してください。
ホット フィックス
ユーザーのパスワードをリセットするか、有効期限が切れた仮想マシンを更新するか、コピーが禁止されている仮想
マシンを別の場所から実行できるようにする、インストール可能なファイル。
ハイパースレッド
単一の物理プロセッサを 2 つの論理プロセッサのように機能させることができるテクノロジー。プロセッサは、同時に 2
つの異なるアプリケーションを実行できます。
ハイパーバイザー
ホスト コンピュータで複数のオペレーティング システムを同時に実行できるプラットフォーム。
イメージ レベル (ボリューム レベル) のバックアップ
ストレージ ボリューム全体をバックアップするプロセス。
非アクティブ
ユーザーの選択以外の制約により、機能が現在利用できないこと。ユーザーの間接的な選択によって機能がオフに
なった場合にも使用されます。機能は、ユーザーの直接的な選択で 「無効」 にでき、ユーザーの間接的な選択で
「非アクティブ」 にできます。
増分バックアップ
前回のバックアップがフル バックアップか、増分バックアップかに関係なく、前回のバックアップ以後に変更され
たファイルのみをバックアップするプロセス。
独立ディスク
スナップショットに影響されない仮想ディスクの種類。独立ディスクは、通常モードまたは読み取り専用モードで構
成できます。「読み取り専用モード」、「通常モード」 も参照してください。
内部ストレージ構成
ストレージ仮想化デバイスは、複数の異種アレイから容量を集約し、その容量の論理的な表現を管理するデバイスです。
このグループに属するモデルはアレイベースのコントローラのみで、サーバベースやスイッチベースは属しません。
この種のデバイスのほとんどは、内部に物理ディスクをインストールできます。これらの物理ディスクは、ホストに
対して、仮想化されていない物理 SAN LUN として表されます。これらのデバイスが内部ストレージ構成でサポート
されている場合、容量を集約するほかのアレイから仮想化された LUN ではなく、アレイ内部のディスクから提供される
LUN を表します。
インベントリ
vCenter Server またはホスト エージェントが管理下のエンティティの整理に使用する階層構造。この階層は、
vCenter Server 内で監視しているすべてのオブジェクトのリストです。
インベントリ マッピング
保護サイトのリソース プール、ネットワーク、および仮想マシン フォルダと、リカバリ サイトの対応するリソース
プール、ネットワーク、および仮想マシン フォルダの間のマッピング。
VMware, Inc.
31
VMware vSphere の概要
IP ストレージ
基盤として TCP/IP ネットワーク通信を使用する任意の形式のストレージ。NFS (Network File System) と iSCSI
ストレージはいずれも仮想マシンのデータストアとして使用できます。NFS を使用して .ISO ファイルを直接マウ
ントし、CD-ROM ディスクとして仮想マシンに提供することもできます。
ISV (独立系ソフトウェア ベンダー)
他社のプラットフォームで使用するソフトウェアを開発し、販売する企業。システム管理のベンダー、イメージング
やプロビジョニングのベンダー、ストレージ管理のベンダーなどがあります。
LAN セグメント
同じチーム内の仮想マシンだけが使用できるプライベート仮想ネットワーク。「チーム」、「仮想ネットワーク」 も参
照してください。
レガシー仮想マシン
使用中の製品でサポートされているが、その製品でサポートされている最新バージョンではない仮想マシン。
ライセンス アクティベーション コード (LAC)
購入した 1 つまたは複数の VMware 製品に関連付けられている一意のコード。このコードは、注文の処理後に受け
取ります。VMware パートナーから製品を購入する場合は、VMware アカウントのパートナー アクティベーション
コードを登録したあとでライセンス アクティベーション コードを受け取ります。
ライセンス ファイル
ライセンス モードと、ライセンス供与された機能に対する資格を示すテキスト ファイル。
ライセンス キー
ライセンス ファイル内で暗号化されたテキスト ブロック。ライセンス供与された 1 つの特定機能に対する資格を示
します。
ライセンス モード
VMware ソフトウェアのライセンス供与に使用されている方法。ライセンス ファイルは ESX サーバ ホストまたは
ライセンス サーバにあります。vCenter Server ではサーバベースのライセンスが使用されます。ESX サーバのライ
センスは、システム管理者が選択するオプションによって、サーバベースまたはホストベースになります。「ホスト
ベース型ライセンス」、「サーバベース型ライセンス」 も参照してください。
リンク
別のオブジェクトへのパスを含むハイパーリンク。Web と同様に、リンクは現在のオブジェクト パスからの相対パス、
現在のサーバのオブジェクト ルートからの相対パス、または特定のサーバにでき、現在のクライアントのホスト名
リゾルバによって解釈されます。
リンク クローン
元の仮想マシンのコピー。コピーは、親仮想マシンの仮想ディスクにアクセスできる必要があります。リンク クロー
ンでは、仮想ディスクの変更が別個のファイル セットに保存されます。「完全クローン」 も参照してください。
LMHOSTS (LAN Manager HOSTS) ファイル
Windows ネットワーク内で、NetBIOS のホスト名と IP アドレスの対応を示すテキスト ファイル。
ロックアウト
「一般管理ロックアウト機能」 を参照してください。
LUN (論理ユニット番号)
ストレージ アレイ内のディスク ボリュームの識別子。
LUN マスキング
LUN を一部のホストからのみ使用できるようにする権限管理に使用するプロセス。ベンダーによって、Selective
Storage Presentation、アクセス コントロール、パーティショニングとも呼ばれます。
管理下のエンティティ
インベントリ内の管理下のオブジェクト。「インベントリ」、「管理下のオブジェクト」 も参照してください。
管理下のオブジェクト
サーバに配置されているオブジェクトで、参照によってのみクライアントと Web サービスの間を渡されます。管理
下のオブジェクトには処理が関連付けられますが、プロパティはない可能性があります。
32
VMware, Inc.
用語集
管理下のオブジェクトの参照 (MoRef)
管理下のオブジェクトを一意に識別するために作成されたデータ オブジェクト。
メッセージ
データを運ぶために処理で使用されるデータ要素。Web サービスとクライアントの間で交換されたデータ タイプの
一覧を示します。
移行
ホスト間で仮想マシンを移動するプロセス。VMotion または Storage VMotion を使用しない場合、仮想マシンは
パワーオフしてから移行する必要があります。「VMotion での移行」 も参照してください。
VMotion での移行
パワーオン状態であり、移行元ホストと移行先ホストの両方で VMotion が起動されていることなど、選択した要件
が合致している仮想マシンを移動するプロセス。VMotion を使用して仮想マシンを移行すると、仮想マシンを停止
することなく処理を続行できます。
MKS (マウス、キーボード、画面)
ユーザーが仮想マシンを操作するための一連の基本的な入出力サービス。
MoRef (管理下のオブジェクトの参照)
管理下のオブジェクトには、サーバ固有の MoRef があります。MoRef はオブジェクトへのポインタです。
MSCS (Microsoft Cluster Service)
クラスタのノード間にデータを分散するソフトウェア。1 つのノードで障害が発生した場合、ほかのノードが、デー
タベース、ファイル サーバ、メール サーバなどのアプリケーションのフェイルオーバー サポートを提供します。
名前
オブジェクトを示すパス (URL など)、またはサーバ内の情報項目の名前。
NAS (ネットワーク接続型ストレージ)
従来のデータ ネットワークに接続するように設計された完全なストレージ システム。
NAT (ネットワーク アドレス変換)
ホスト ネットワークで、IP ネットワーク アドレスが 1 つだけあり、ホスト コンピュータがそのアドレスを使用して
いるときに、仮想マシンを外部ネットワークに接続できるネットワーク接続。VMware NAT デバイスが、1 台また
は複数の仮想マシンと、外部ネットワークの間でネットワーク データを渡します。各仮想マシンに向けた受信データ
パケットを識別し、正しい宛先に送信します。「ホストオンリー ネットワーク」 も参照してください。
nbtstat コマンド
システム名や IP アドレスの解決方法の確認に役立つ診断コマンド。NetBIOS over TCP/IP を使用して現在の接続を
表示できるので、nbtstat は、NetBIOS ビューから Windows システムがオンラインかどうかを確認するのに便利
です。「NetBIOS (ネットワーク基本入出力システム)」 も参照してください。
NetBIOS (ネットワーク基本入出力システム)
異なるコンピュータで実行されているアプリケーションが LAN を経由して通信できるようにする API。NetBIOS は
ネーム サービスを提供し、2 つの通信モードがあります。コネクション型通信用のセッション サービスと、コネク
ションレス型通信用のデータグラム配信サービスです。
ネットワーク アクセス
ACE インスタンスのユーザーに提供できるネットワーク アクセスを詳細かつ柔軟に制御できるポリシー。ネットワーク
アクセス機能によって、パケット フィルタ型ファイアウォールを使用して、ACE インスタンスまたはそのホスト シ
ステムからのアクセスを許可するマシンやサブネットを詳細に指定できます。
ネットワーク検疫
ポリシーによって管理される一連の制御で、最新の仮想マシンだけが組織のネットワーク内の特定のリソースにアク
セスできるようにします。これらの制御によって、管理者は仮想マシンがアクセスできるマシンやサブネットを指定
できます。
NIC (ネットワーク インターフェイス カード)
コンピュータとネットワークの間で専用の接続を提供する拡張カード。ネットワーク アダプタとも呼ばれます。
VMware, Inc.
33
VMware vSphere の概要
NIC チーミング
複数の NIC アダプタを 1 台の仮想スイッチに関連付けてチームを作成すること。このようなチームではパッシブ フェ
イルオーバーを実現でき、また物理ネットワークと仮想ネットワークのメンバーの間でトラフィック負荷を共有でき
ます。
NLB (Network Load Balancing)
Web サーバやターミナル サービスなどのアプリケーションで、着信した IP トラフィックの負荷をノードのクラス
タ間で分散する Microsoft のクラスタ テクノロジー。
読み取り専用モード
仮想マシン内で実行中のソフトウェアが発行するすべてのディスク書き込みが、独立ディスクに書き込まれているよ
うに見えるディスク モード。実際には、書き込みは仮想マシンのパワーオフ後に破棄されます。したがって、仮想
ディスクまたは物理ディスクが読み取り専用モードの独立ディスクの場合、ディスクは仮想マシン内のアクティビ
ティによって変更されることはありません。「ディスク モード」、「通常モード」 も参照してください。
非共有ストレージ
1 台の仮想マシンだけで使用されていて、ほかの仮想マシンと共有していないストレージの容量。(「共有していない
ストレージ」 とも呼ばれていました。)また、仮想マシンがデータストアの外に移行されるか、削除された場合に解
放できることが保証されているストレージ容量。
NTFS ファイル システム
New Technology File System の正しく冗長な用法。
NTP (Network Time Protocol)
レイテンシーが異なるパケットスイッチ型データ ネットワークを経由してコンピュータ システムのクロックを同期
することで、UTC (Coordinated Universal Time) を配布するプロトコル。
Open Virtual Appliance (OVA)
OVA をサポートする任意の VMM で仮想マシンのテンプレートを配布、カスタマイズ、およびインスタンス化できる、
仮想マシンのパッケージ形式。
Open Virtualization Format (OVF)
既存のパッケージ ツールを使用して 1 台または複数の仮想マシンを標準ベースの XML ラッパーと組み合わせた、仮
想アプライアンスの配布形式。OVF は、仮想マシンに必要なすべてのインストールと構成パラメータを含む移動可
能なパッケージを仮想化プラットフォームに提供します。この形式によって、標準を実装しているすべての仮想化プ
ラットフォームで、仮想マシンを正常にインストールし、実行できます。
OUI (Organizationally Unique Identifier)
IEEE によって割り当てられた MAC アドレス、ファイバ チャネル ノード、およびポートのメーカー ID 値。
パッケージ
エンド ユーザーへの配布用のインストール可能なバンドル。パッケージには 1 台または複数の仮想マシンと、仮想
マシンの実行用アプリケーションが含まれる場合があります。
ページ ファイル
システムに仮想メモリを提供する、オペレーティング システムのコンポーネント。物理メモリ (RAM) に新しいメモリ
ページ用のスペースを空けるため、最近使用されたメモリ ページはディスク上のこの領域にスワップアウトされます。
「スワップ ファイル」 とも呼ばれます。「仮想メモリ」 も参照してください。
PAM (Pluggable Authentication Module)
UNIX 環境または Linux 環境で既存のさまざまな認証テクノロジーを統合するためのメカニズム (Sun Microsystems
で開発)。一連のモジュールをプラグインし、ユーザーやプログラムの認証をカスタマイズできます。
準仮想デバイス
仮想環境で動作していることを認識するように設計されているデバイス。
準仮想アプライアンス
仮想マシンのハイパーバイザー用の Virtual Machine Interface (VMI) のデモを目的とした無料の仮想マシン。
「ハイパーバイザー」 も参照してください。
34
VMware, Inc.
用語集
親
(1) スナップショットやクローンを作成する場合に元になる仮想マシン。親仮想マシンを削除すると、すべてのスナッ
プショットが永久的に使用できなくなります。(2) VMware vSphere インベントリで、特定のエンティティ (子エ
ンティティ) を含む管理下のエンティティ。「完全クローン」、「リンク クローン」、「スナップショット」、「テンプ
レート」 も参照してください。
Perfmon
ユーザー レベルのアプリケーションで、パフォーマンス統計を収集、アクセスできるツール。Windows、Linux、
UNIX のすべてのプラットフォームで何らかの形のパフォーマンス監視が可能ですが、収集され、使用できる情報は
それぞれ異なります。
権限
権限ロール、ユーザー名またはグループ名、管理下のエンティティの参照で構成されるデータ オブジェクト。権限
によって、指定したユーザーが、ロールに関連する権限を使用してエンティティ (仮想マシンなど) にアクセスで
きます。
通常モード
仮想マシン内で実行中のソフトウェアが発行するすべてのディスク書き込みが、独立ディスクとして構成されている
仮想ディスクにすぐに、かつ永続的に書き込まれるディスク モード。したがって、仮想ディスクまたは物理ディス
クが通常モードの独立ディスクの場合、ディスクは物理コンピュータの従来型ディスク ドライブのように動作します。
「ディスク モード」、「読み取り専用モード」 も参照してください。
物理 CPU
物理マシン内の 1 つの物理 CPU。
物理ディスク
ホスト型製品の場合、ホスト マシンの物理ディスク ドライブまたはパーティションにマッピングされている仮想マ
シンのハードディスク。仮想マシンのディスクは、ホスト ファイル システム上またはローカル ハードディスク上の
ファイルとして格納できます。物理ディスクを使用するように仮想マシンを構成すると、vCenter Server はファイル
システム上のファイルとしてではなく RAW デバイスとして、ローカル ディスクまたはパーティションに直接アクセ
スします。「仮想ディスク」 も参照してください。
物理イーサネット
物理ネットワーク上のマシン間のネットワーク トラフィックを管理します。1 つのスイッチには複数のポートがあり、
その各ポートは、ネットワークにある別の 1 台のマシンまたは別のスイッチに接続できます。
物理ネットワーク
物理マシン間でデータを送受信できるように接続されている物理マシン (およびケーブル配線、スイッチ、ルータなど)
のネットワーク。「仮想ネットワーク」 も参照してください。
ポリシー
仮想マシン、プロセッサ、ユーザーなどのエンティティに対するアクションを自動的に実行または禁止する、システ
ムによって適用される一連のルール。ポリシーはポリシー エディタで設定します。
ポート グループ
各メンバー ポートに対するバンド幅制限や VLAN タグ付けポリシーなどの仮想ネットワーク オプションを構成する
構造。同じポート グループに接続されている仮想ネットワークは、ネットワーク ポリシー構成を共有します。「仮想
ネットワーク」、「VLAN (仮想ローカル エリア ネットワーク)」 も参照してください。
特権
管理下のオブジェクト、または管理下のオブジェクトのグループに対して特定のアクションまたは一連のアクション
を実行する権限。
プロパティ
オブジェクトの属性。VMware vSphere SDK では、プロパティは、ネストされたデータ オブジェクト、管理下の
オブジェクトの参照、整数や文字列などのその他のデータの場合があります。
プロパティ コレクタ
管理下のオブジェクトのプロパティに関するレポートと、ホスト マシンのステータスを監視する主要手段を制御す
るために使用する管理下のオブジェクト。
VMware, Inc.
35
VMware vSphere の概要
プロビジョニング
CPU、メモリ、仮想ハードウェアなどのリソースを割り当て、システム イメージを展開することで、機能する仮想
マシンを作成するプロセス。
クイック スイッチ モード
仮想マシンの表示が画面のほとんどを埋める表示モード。このモードでは、画面上部のタブを使用して、実行中の仮
想マシン間を簡単に切り替えることができます。「フル スクリーン スイッチ モード」 も参照してください。
RAW ディスク
「物理ディスク」 を参照してください。
RDM (RAW デバイス マッピング)
物理ストレージ サブシステム (ファイバ チャネルまたは iSCSI のみ) の LUN への直接アクセスを仮想マシンに提
供するメカニズム。それと同時に、仮想マシンは、VMFS ネーム スペースでマッピング ファイルを使用しているディ
スクにアクセスできます。
読み取り専用ユーザー
インベントリは表示できますが、タスクの実行は許可されていないユーザーのロール。
REDO ログ ファイル
通常モードと、通常モードの独立ディスク以外のすべてのモードで、ディスクへの変更内容が格納されるファイル。
読み取り専用モードのディスクでは、仮想マシンがパワーオフまたはリセットされると、変更内容をディスクに書き
込まずに、REDO ログ ファイルが削除されます。REDO ログ ファイルに保存された変更内容を恒久的に取り消し可
能モードのディスクに適用して、変更内容をメイン ディスク ファイルの一部にできます。「ディスク モード」 も参
照してください。
リモート コンソール
仮想マシンが実行されているサーバから、またそのサーバに接続されているワークステーションから、仮想マシンに
非排他的アクセスを提供するインターフェイス。
リソース プール
仮想マシン間の割り当て管理に使用されるコンピューティング リソースの区分。
レジューム
サスペンド状態の仮想マシンを復元する処理。サスペンド状態の仮想マシンをレジュームすると、すべてのアプリ
ケーションが仮想マシンをサスペンドしたときと同じ状態に戻ります。「サスペンド」 も参照してください。
スナップショットまで戻る
有効な仮想マシンのステータスを、直接の親のスナップショットに復元すること。この親は、スナップショット マ
ネージャで、 [現在点] アイコンの左に表示されるスナップショットで表示されます。「スナップショットに移動」、
「スナップショット マネージャ」、「現在点アイコン」 も参照してください。
ロール
ユーザーやグループに割り当てて、VMware vSphere のオブジェクトへのアクセスを制御できる、一連の定義済み
の権限。
root ユーザー
ESX サーバ ホストに完全な管理者権限でログインできるスーパーユーザー。root ユーザーは権限を変更したり、
ユーザーやグループを作成したり、イベントを操作したりできます。
SAN (ストレージ エリア ネットワーク)
複数の VMware ESX サーバ ホスト間で共有できる、ストレージ デバイスの大容量ネットワーク。SAN は VMotion
に必要です。
SATA (Serial Advanced Technology A t tachment)
シリアル通信テクノロジーに基づいた、コンピュータとハード ドライブの接続に関する標準。シリアル ATA とも呼
ばれます。
スケジュール設定タスク
指定時間に発生するように設定された vCenter Server アクティビティ。VMware Converter では、スケジュール
設定タスクは、仮想マシンの移行と構成から成ります。
36
VMware, Inc.
用語集
SDK (Software Development Kit)
特定のプラットフォーム向けのソフトウェアを開発しているプログラマ用の一連のツール。VMware SDK には、API、
IDL、クライアント スタブ、サンプル コード、マニュアルなどが含まれます。
サーバ
(1) 仮想マシンを管理および実行できるシステム。(2) 別のプロセスからの命令を受け取り、実行できるプロセス。
サーバベース型ライセンス
すべてのライセンス キーがライセンス サーバで管理される、VMware ソフトウェアのライセンス モード。ライセンス
サーバでは、統合ライセンス プールが管理されます。機能に対する資格は、要求に応じてチェック アウトおよび返
却されます。「ホストベース型ライセンス」 も参照してください。
サービス コンソール
管理者がシステムを構成できる、ESX サーバ システム用のコマンドライン インターフェイス。サービス コンソール
は最初のコンポーネントとしてインストールされ、ESX サーバのインストールと構成のブートストラップに使用され
ます。また、サービス コンソールによってシステムが起動され、仮想化レイヤーとリソース マネージャの実行が開
始されます。サービス コンソールは、ESX サーバ システム上で直接開くことができます。ESX サーバ システムが Telnet
または SSH 接続を使用できる構成の場合、サービス コンソールへのリモート接続も可能です。
サービス ホスト
Web サービスが実行されるホスト。
サービス インスタンス
VMware vSphere SDK で、ほかのすべての管理下のエンティティへのアクセスを提供する管理下のエンティティ。
クライアントがサービス インスタンスにアクセスして、セッションを開始する必要があります。
共有フォルダ
ホスト コンピュータ、またはホスト コンピュータからアクセスできるネットワーク デバイスにあり、ホスト コン
ピュータと 1 台または複数の仮想マシンで使用できるフォルダ。ホストとゲスト、または仮想マシン間でファイルを
共有する簡単な方法です。Windows の仮想マシンでは、共有フォルダは [マイ ネットワーク] (Windows NT の
仮想マシンでは [ネットワーク コンピュータ] ) の [VMware 共有フォルダ] の下に表示されます。Linux の仮想マ
シンでは、共有フォルダは、特定のマウント ポイントの下に表示されます。
仮想ディスク圧縮
仮想ディスク内の未使用の領域を解放すること。ディスクに空き領域がある場合、仮想ディスク圧縮によって、仮想
ディスクがホスト ドライブを占める容量が減ります。仮想ディスクの縮小は、古い仮想ディスクを、vCenter Server
の最新バージョンでサポートされている形式にアップデートする 1 つの方法です。事前に割り当て済みの仮想ディス
クまたは物理ディスクは仮想ディスク圧縮できません。
スロット
クラスタ内で最大の仮想マシンの CPU とメモリの予約の要件を満たすことができる CPU とメモリの単位。フェイ
ルオーバー用の予備の容量はクラスタ内のホスト上にスロット サイズ単位で確保されるので、クラスタ内のどの仮
想マシンも、そのスロット サイズに収まり、フェイルオーバーが可能です。ノード上の潜在的なコンピュータ容量
を表します。仮想マシンはフェイルオーバー時に空のスロットで実行できます。
技術的な定義: クラスタ内で最大の仮想マシンの CPU とメモリの予約の要件を満たすことができる CPU とメモリ
の単位。フェイルオーバー用の予備の容量はクラスタ内のホスト上にスロット サイズ単位で確保されるので、クラ
スタ内のどの仮想マシンも、そのスロット サイズに収まり、フェイルオーバーが可能です。
スナップショット
スナップショットを作成した時点の仮想マシンの状態の再現。仮想マシンの全ディスク データの状態と、仮想マシ
ンの電源状態 (オン、オフ、またはサスペンド) を含みます。仮想マシンがパワーオン、パワーオフ、サスペンド
の状態で、スナップショットを作成できます。「独立ディスク」 も参照してください。
スナップショット マネージャ
選択した仮想マシンに関連付けられている任意のスナップショットに対するアクションを実行できるコントロール。
「スナップショット」 も参照してください。
SSH (セキュア シェル)
安全にリモート マシンにログインし、コマンドを実行するためのプログラム。SSH では、ネットワークを経由した 2
つの信頼性が低いホスト間の通信が暗号化されます。SSH では、いくつかの暗号化方式を使用でき、また Linux、
Microsoft Windows、および Macintosh を含む複数のプラットフォームに移植されています。
VMware, Inc.
37
VMware vSphere の概要
ストレージ アレイ
複数のディスク ドライブが含まれるストレージ システム。
サスペンド
状態が維持され、アクションが実行されなくなった状態。実行中の仮想マシンの現在の状態を維持しながら仮想マシ
ンをオフにすること。「レジューム」 も参照してください。
ターゲット
要求 URL に対応するオブジェクト。
タスク
実行時間の長い処理の状態を表す管理下のオブジェクト。
TCP (Transmission Control Protocol)
ネットワーク上の 2 つのエンドポイント間で使用される、信頼性に優れた転送プロトコル。TCP は、インターネット
プロトコル (IP) を基盤とします。「TCP/IP (Transmission Control Protocol/Internet Protocol)
」 も参照して
ください。
TCP/IP (Transmission Control Protocol/Internet Protocol)
ネットワークで使用されているコンピューティング テクノロジーに関係なく、ネットワーク間の通信を可能にする
ように設計された一連のプロトコル (インターネットの言語)
。TCP はホスト間を接続し、データ ストリームを高い
信頼性で交換し、配信を保証します。IP はパケットの形式を指定し、アドレシングを処理します。「UDP (User
Datagram Protocol)」 も参照してください。
チーム
1 つのオブジェクトとして動作するように構成された仮想マシンのグループ。チームは、1 つのコマンドでパワーオン、
パワーオフ、およびサスペンドできます。LAN セグメントを設定することで、ほかの仮想ネットワークまたは物理
ネットワークから独立して通信するようにチームを構成できます。「LAN セグメント」、「NIC チーミング」、「仮想
ネットワーク」 も参照してください。
テンプレート
仮想マシンのマスタ イメージ。テンプレートには通常、指定したオペレーティング システムと、ハードウェア コン
ポーネントに対応する仮想コンポーネントを提供する構成が含まれています。また、インストールされているゲスト OS
や一連のアプリケーションを含めることもできます。テンプレートは、新しい仮想マシンを作成する場合に vCenter
Server によって使用されます。「リンク クローン」、「親」、「スナップショット」 も参照してください。
テンプレート リスト
仮想マシンをテンプレートとしてインポートし、保存する手段を提供する、仮想マシンのリスト。テンプレートはあ
とで展開することで新しい仮想マシンを作成できます。
UDP (User Datagram Protocol)
インターネット プロトコル スイートの主要プロトコルの 1 つ。UDP によってプログラムはパケット (データグラム)
を、リモート マシンにあるほかのプログラムに送信できます。UDP ではコネクション確立は不要で、また UDP で
は通信の信頼性は保証されません。メッセージをネットワーク上にブロードキャストするための簡単で効率的な方法
です。「TCP/IP (Transmission Control Protocol/Internet Protocol)」 も参照してください。
UUID (Universally Unique Identifier)
オブジェクトまたはエンティティを一意に識別するために使用する番号。UUID は VMware vSphere によって割り
当てられるか (仮想マシンの場合)
、ハードウェアによって割り当てられます (SCSI LUN の場合)
。vCenter Server
では、管理下のすべての仮想マシンの UUID が一意になるように、必要な場合は競合する仮想マシンの UUID が変
更されます。
VCS (Veritas Cluster Server)
アプリケーションのダウンタイムを短縮するための Symantec のクラスタ ソフトウェア。VCS は UNIX、Linux、
Windows、および VMware のシステムで動作します。
ビュー
(1) オブジェクト (特に仮想マシンとホスト) に関する情報を含む XML ドキュメント。ビューを使用して、仮想マ
シンやその他の上位オブジェクトに Web サービスからアクセスします。(2) Perl Toolkit で、クライアントに保存され、
管理下のオブジェクトのプロパティをカプセル化したオブジェクト。プロパティにアクセスしたり、管理下のオブ
ジェクトを操作したりするためのメソッドがあります。
38
VMware, Inc.
用語集
ビューの定義
ビューに表示する要素を指定した XML ドキュメント。ビューの定義は、一般にビュー内で重要な項目を指定しますが、
表示用や、項目に関連する計算用の追加要素が含まれる場合もあります。
仮想アプライアンス
1 台または複数の仮想マシンから構成されるソフトウェア ソリューション。仮想アプライアンスは、アプライアンス
ベンダーによってパッケージにまとめられ、パッケージ単位で展開、管理、保守されます。仮想アプライアンスを変
換すると、事前構成された仮想マシンを vCenter、ESX Server、Workstatkion、または Player のインベントリに
追加できます。
vCenterServer 管理者
ユーザーとロール権限の設定および vCenter Server のライセンス管理を許可されているユーザーのロール。
vCenter Server エージェント
各仮想マシンのホストにインストールされ、vCenter Server から受信したアクションを調整するソフトウェア。
vCenter Server データベース
vCenter Server 環境で管理している各仮想マシンおよびユーザーのステータスを保持する恒久的ストレージ領域。
vCenter Server と同じマシンに配置されます。
仮想ディスク
ゲスト OS に物理ディスク ドライブとして認識されるファイルまたはファイル セット。これらのファイルは、ホスト
マシン、またはリモート ファイル システムに格納できます。「拡張可能なディスク」、「物理ディスク」 も参照して
ください。
仮想ハードウェア
仮想マシンを構成するデバイス。仮想ハードウェアには、仮想ディスク、DVD-ROM/CD-ROM ドライブやフロッピー
ドライブなどのリムーバブル デバイス、および仮想イーサネット アダプタが含まれます。「仮想マシンの設定エディタ」
も参照してください。
仮想マシン
仮想マシンとは、物理コンピュータのようにオペレーティング システムとアプリケーションを実行するソフトウェア
コンピュータです。複数の仮想マシンを同一のホスト システム上で同時に実行できます。
「仮想マシン」 の略語 「VM」 の使用に関するガイドラインを参照してください。
仮想マシン管理者
仮想マシンのすべての管理機能を実行できるユーザーのロール。
仮想マシン アレイ
まとめて操作できる仮想マシンのセット。vCenter Server では現在 「VM グループ」 または 「VM フォルダ」 と
呼ばれています。
仮想マシン構成
仮想マシン内に存在する仮想デバイス (ディスク、メモリなど)、およびホストのファイルやデバイスへのマッピン
グ方法の指定。vConverter では、バックアップからリストアすることで、またはその他の直接的なコピー手段で
ディスクにデータが挿入された VMware 仮想マシンは、VMware 製品で起動できるように構成します。「仮想マシン」
も参照してください。
仮想マシン構成ファイル
仮想マシン構成が保存されているファイル。この .vmx ファイルは、仮想マシンを作成するときに作成されます。特
定の仮想マシンの識別および実行に使用されます。
仮想マシン グループ
オプションのグループ構造で、ファームの部分集合。vCenter Server では複数の仮想マシン グループがサポートさ
れています。仮想マシン グループには仮想マシンとほかの仮想マシン グループが含まれます。
仮想マシンのプロパティ コントロール パネル
vSphere Client で、ホスト上のすべての仮想マシンのリソース設定を表示したり変更したりする場合に使用する、
ポイント アンド クリック操作のコントロール パネル。
仮想マシンの設定エディタ
仮想マシンの設定を表示したり変更したりする場合に使用する、ポイント アンド クリック操作のコントロール パネル。
VMware, Inc.
39
VMware vSphere の概要
仮想メモリ
システムの物理メモリの拡張。ページ ファイルの宣言によって有効にします。「ページ ファイル 」 も参照してください。
仮想ネットワーク
物理ハードウェア接続に依存しない、仮想マシン間を接続するネットワーク。たとえば、仮想マシンと、外部との
ネットワーク接続がないホスト間に仮想ネットワークを構築できます。チーム内の仮想マシン間の通信用に LAN セ
グメントを構築することもできます。「LAN セグメント」、「チーム」 も参照してください。
仮想スイッチ
仮想マシン、サービス コンソール、および ESX サーバ マシンにある物理ネットワーク アダプタの間のトラフィック
を管理するために ESX サーバが使用する仮想化されたネットワーク スイッチ。
VLAN (仮想ローカル エリア ネットワーク)
物理 LAN 内でソフトウェアで管理されている論理セグメント。各セグメント間のネットワーク トラフィックは、ほ
かのすべてのセグメント内のトラフィックから隔離されています。
VM (「仮想マシン」 の略語)
使用は限定されています。仮想マシンとは、物理コンピュータのようにオペレーティング システムとアプリケーショ
ンを実行するソフトウェア コンピュータです。仮想マシンは VM とも呼ばれます。略語 「VM」 は、画面やコント
ロールに、単語 「仮想マシン」 を使用するために十分なスペースがない場合に使用します。
VMA (VMware 仮想マシン エージェント)
クライアント プログラムが SOAP プロトコルを使用して互いに対話できる Web サービス インターフェイスを提供する
VMware vCenter Server Web サービス。
VMFS (仮想マシン ファイル システム)
仮想マシンの格納用に最適化されたファイル システム。SCSI ストレージ デバイスまたは LUN ごとに 1 つの VMFS
パーティションがサポートされています。ESX サーバの各バージョンは、VMFS の対応するバージョンを使用します。
たとえば、VMFS3 は ESX Server 3 で使用されます。
VMkernel
ESX サーバで、仮想化レイヤーに配置され、メモリ、物理プロセッサ、ストレージ、ネットワーク コントローラなどの、
ハードウェア上の物理リソースの大部分を管理する高性能のオペレーティング システム。
VMM (仮想マシン モニタ)
CPU を仮想化するソフトウェア。実行中の仮想マシンごとに 1 つの VMM がカーネル スペースで実行されます。
VMware ゲスト OS サービス
VMware Tools と同時にインストールされるコンポーネントで、仮想マシンでコマンドを実行し、仮想マシンを安
全にシャットダウンおよびリセットし、VMware Migration Server にハートビートを送信し、ゲスト OS の時間を
ホスト OS と同期し、ホスト OS からゲスト OS に文字列を渡します。
VMware 仮想マシン コンソール
vCenter Server を実行しているローカル ホストまたはリモート ホスト上の 1 台以上の仮想マシンへのアクセスを
提供するインターフェイス。仮想マシンの画面を表示して、仮想マシン内でプログラムを実行したり、ゲスト OS の
設定を変更したりできます。また、仮想マシンの構成変更、ゲスト OS のインストール、フル スクリーン モードで
の仮想マシンの実行も可能です。
vNetwork 分散スイッチ (DVS)
同じ vSwitch (同じ名前、同じネットワーク ポリシー) とポート グループを定義する複数のホストを抽象化したもの。
仮想マシンが複数のホスト間で移行されるときに同じネットワークに接続されているという概念を説明するために必
要です。
VNIC
システムの物理ネットワーク アダプタの上に構成された仮想ネットワーク インターフェイス カード。「NIC (ネッ
トワーク インターフェイス カード)」 も参照してください。
vSwitch
「仮想スイッチ」 を参照してください。
40
VMware, Inc.
用語集
WAN (ワイド エリア ネットワーク)
一般に高速、長距離の通信テクノロジーを使用することで、ローカル エリア ネットワークよりも広域を接続するコ
ンピュータ ネットワーク。
WWPN (World Wide Port Name)
ファイバ チャネル SAN におけるネットワーク ポートの識別子。
現在点アイコン
スナップショットマネージャに表示され、有効な仮想マシンの現在のステータスを示すアイコン。このアイコンの状
態をチェックすると、スナップショットまで戻るか、スナップショットに移動するかを判断する場合に役立ちます。
「スナップショットに移動」、「スナップショットまで戻る」、「スナップショット マネージャ」 も参照してください。
VMware, Inc.
41
VMware vSphere の概要
42
VMware, Inc.
インデックス
A
vSphere Web Access 8
Active Directory インターフェイス 23
API、データベース インターフェイス 23
W
C
Consolidated Backup 8
D
DRS 8, 13
DVS 8
Web Access、vSphere Client 24
あ
アラーム 22
い
イベント管理 22
か
E
ESX
vCenter Server との通信 23
管理 23
ESXi 8
ESX 管理 23
仮想データ センター
アーキテクチャ 11
アクセス 24
仮想マシン インベントリの管理 22
仮想マシンのプロビジョニング 22
く
H
HA 8, 13
クラスタ 12
こ
S
SDK 8
Storage VMotion 8, 13
V
vApp 22
vCenter Server
ESX との通信 23
インターフェイス 23
コア サービス 22
プラグイン 22
VMFS 8
VMotion 8, 13
VMware Consolidated Backup、Consolidated
Backup 20
VMware Converter Enterprise 22
VMware Update Manager 22
VMware vCenter Server 20
VMware vSphere
概要 7
コンポーネント 8
VMware vSphere API 23
vNetwork 分散スイッチ 8
vSphere Client 8
VMware, Inc.
高可用性 13
コンポーネント
VMware Consolidated Backup 8
VMware Distributed Resource Scheduler 8
VMware ESX 8
VMware ESXi 8
VMware High Availability 8
VMware SDK 8
VMware Storage VMotion 8
VMware vCenter Server 8
VMware Virtual Machine File System 8
VMware VMotion 8
VMware vSphere Client 8
VMware vSphere Web Access 8
vNetwork 分散スイッチ 8
フォールト トレランス 8
プラグイン可能なストレージ アレイ 8
ホスト プロファイル 8
さ
参考資料、ドキュメント 25
す
ストレージ アーキテクチャ 17
43
VMware vSphere の概要
た
タスク スケジューラ 22
て
データベース インターフェイス 23
と
統計 22
統合 22
ね
デスクトップ クライアント 10
プラグイン可能なストレージ アレイ、PSA 8
分散サービス
VMware DRS 13
VMware HA 13
VMware Storage VMotion 13
VMware VMotion 13
ほ
ポート グループ 16
ネットワーク アーキテクチャ 16
ホスト 12
ふ
ホスト プロファイル 8
フォールト トレランス 8
物理トポロジー
IP ネットワーク 10
vCenter Server 10
コンピューティング サーバ 10
44
ストレージ ネットワークおよびアレイ 10
ホストおよび仮想マシンの構成 22
り
リソース プール 12
ろ
ログ 22
VMware, Inc.
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement