User guide | Avocent LongView IP Network Card User Manual

LongView® IP
Installer/User Guide
For Technical Support:
www.avocent.com/support
Avocent Corporation
4991 Corporate Drive
Huntsville, Alabama 35805-6201 USA
Tel: +1 256 430 4000
Fax: +1 256 430 4031
Avocent International Ltd.
Avocent House, Shannon Free Zone
Shannon, County Clare, Ireland
Tel: +353 61 715 292
Fax: +353 61 471 871
Avocent Asia Pacific
Singapore Branch Office
100 Tras Street, #15-01
Amara Corporate Tower
Singapore 079027
Tel: +656 227 3773
Fax: +656 223 9155
Avocent Germany
Gottlieb-Daimler-Straße 2-4
D-33803 Steinhagen
Germany
Tel: +49 5204 9134 0
Fax: +49 5204 9134 99
Avocent Canada
50 Mural Street, Unit 5
Richmond Hill, Ontario
L4B 1E4 Canada
Tel: +1 877 992 9239
Fax: +1 877 524 2985
590-721-501A
USA Notification
Warning: Changes or modifications to this unit not expressly approved by the party
responsible for compliance could void the user’s authority to operate the equipment.
Note: This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A
digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide
reasonable protection against harmful interference when the equipment is operated in a
commercial environment. This equipment generates, uses and can radiate radio frequency
energy and, if not installed and used in accordance with the instruction manual, may cause
harmful interference to radio communications. Operation of this equipment in a residential
area is likely to cause harmful interference in which case the user will be required to
correct the interference at his own expense.
Canadian Notification
This digital apparatus does not exceed the Class A limits for radio noise emissions from
digital apparatus set out in the Radio Interference Regulations of the Canadian Department
of Communications.
Le présent appareil numérique n’émet pas de bruits radioélectriques dépassant les limites
applicables aux appareils numériques de la classe A prescrites dans le Règlement sur le
brouillage radioélectrique édicté par le Ministère des Communications du Canada.
Safety and EMC Approvals and Markings
UL, FCC, cUL, CE
Sound Level Measure
The measured sound level of this appliance is 44.7 dB(A).
Die arbeitsplatzbezogene Geräuschemission des Gerätes beträgt 44,7 dB(A).
LongView® IP KVM Extender
Installer/User Guide
Avocent, the Avocent logo, The Power of Being There and LongView are
registered trademarks of Avocent Corporation or its affiliates. All other
marks are the property of their respective owners.
© 2007 Avocent Corporation. All rights reserved. 590-721-617A
Instructions
This symbol is intended to alert the user to the presence of important operating and maintenance
(servicing) instructions in the literature accompanying the appliance.
Dangerous Voltage
This symbol is intended to alert the user to the presence of uninsulated dangerous voltage within the
product’s enclosure that may be of sufficient magnitude to constitute a risk of electric shock to persons.
Power On
This symbol indicates the principal on/off switch is in the on position.
Power Off
This symbol indicates the principal on/off switch is in the off position.
Protective Grounding Terminal
This symbol indicates a terminal which must be connected to earth ground prior to making any other
connections to the equipment.
iii
TABL E OF CONTEN TS
Table of Contents
List of Figures .................................................................................................................. v
List of Tables .................................................................................................................. vii
Chapter 1: Product Overview.......................................................................................... 1
Features and Benefits ........................................................................................................................ 1
Safety Precautions ............................................................................................................................. 3
Chapter 2: Installation ..................................................................................................... 5
Getting Started ................................................................................................................................... 5
Items needed to install the LongView IP KVM extender ............................................................ 5
Optional items............................................................................................................................. 5
Mounting Option................................................................................................................................ 5
Installation Options ........................................................................................................................... 6
Point-to-point installation .......................................................................................................... 6
Connecting power....................................................................................................................... 8
Networked installation................................................................................................................ 8
Chapter 3: Operations ................................................................................................... 11
Overview .......................................................................................................................................... 11
LED identification .................................................................................................................... 11
Accessing the System ....................................................................................................................... 12
The Serial Menu............................................................................................................................... 12
Accessing the serial menu......................................................................................................... 12
Navigating the serial menu....................................................................................................... 13
Configuring Network Settings.......................................................................................................... 13
Configuring Video Input Settings .................................................................................................... 18
Detecting a Transmitter IP Address ................................................................................................ 19
Authentication .................................................................................................................................. 20
Flash Upgrading the LongView IP KVM Extender ......................................................................... 23
Restoring Factory Default Settings.................................................................................................. 24
Resetting the LongView IP KVM Extender...................................................................................... 24
Viewing System Information ............................................................................................................ 25
Session Retry Settings ...................................................................................................................... 25
iv
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
Audio Performance Settings ............................................................................................................ 26
Appendices..................................................................................................................... 29
Appendix A: Technical Specifications ............................................................................................. 29
Appendix B: Factory Default Settings ............................................................................................. 33
Appendix C: Technical Support ....................................................................................................... 34
Appendix D: Troubleshooting.......................................................................................................... 35
v
L IS T O F F IG URE S
List of Figures
Figure 1.1: LongView IP KVM Extender - Basic System .................................................................. 1
Figure 2.1: Point-to-point Installation .............................................................................................. 6
Figure 2.2: Receiver and Transmitter Installation ............................................................................ 7
Figure 2.3: Networked Installation ................................................................................................... 8
Figure 3.1: Com1 Properties Menu................................................................................................. 13
Figure 3.2: Transmitter Main Menu................................................................................................ 14
Figure 3.3: Transmitter Network Configuration Menu ................................................................... 14
Figure 3.4: Receiver Main Menu..................................................................................................... 15
Figure 3.5: Transmitter Configuration Menu on the Receiver........................................................ 15
Figure 3.6: Receiver Main Menu..................................................................................................... 16
Figure 3.7: Network Configuration Menu ....................................................................................... 17
Figure 3.8: Receiver Network Configuration Menu ........................................................................ 17
Figure 3.9: Transmitter Console Settings Menu ............................................................................. 18
Figure 3.10: Transmitter Target Video Menu ................................................................................. 19
Figure 3.11: Receiver Security Configuration Menu ...................................................................... 20
Figure 3.12: Transmitter Security Configuration Menu ................................................................. 22
Figure 3.13: Receiver Reset Appliance Menu ................................................................................. 24
Figure 3.14: Session Retry Menu .................................................................................................... 26
vi
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
vii
L I S T OF T A B L ES
List of Tables
Table 2.1: Default Network Settings.................................................................................................. 9
Table 3.1: RJ-45 Connector LEDs .................................................................................................. 11
Table A.1: Receiver Product Specifications .................................................................................... 29
Table A.2: Transmitter Product Specifications ............................................................................... 31
Table B.1: LongView IP KVM Extender Default Settings ............................................................... 33
viii
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
1
CHA PTER
Product Overview
1
Features and Benefits
The Avocent LongView® IP KVM extender enables the desktop user to have full access to
keyboard, video, mouse (KVM) and audio devices. The LongView IP KVM extender provides
users with a full workstation experience from anywhere on the corporate TCP/IP network, while
maintaining the workstations securely housed in a corporate data center.
The LongView IP KVM extender consists of:
•
A transmitter to connect externally to the remote workstation
•
A receiver located at the user’s desk
Rack Mounted
Servers and Blades
User 1
Gigabit Ethernet
Switch
LongView IP
Receiver
User 1
Figure 1.1: LongView IP KVM Extender - Basic System
2
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
Automatic connection
When the receiver is turned on, a connection is automatically established with the remote
workstation via the transmitter.
Ethernet addressing
The receiver and transmitter are IP-addressable devices that locate workstations anywhere within
the network and at any distance from desktop users. The transmitter uses standard network
protocols to transfer data streams between the remote workstation and the peripheral devices
located at the receiver. The LongView IP KVM extender can operate on a network connection of
100 Mbps or 1 Gbps. For optimum performance, a 1 Gbps connection is recommended.
Multiplatform support
The transmitter is connected to the remote workstation via USB connectors. This enables the
LongView IP KVM extender to work seamlessly with PC, Sun and Macintosh workstations. The
LongView IP KVM extender supports the following operating systems:
•
Microsoft® Windows®
•
Red Hat Linux®
•
SolarisTM
•
Mac OS®
Security
The LongView IP KVM extender supports Secure Sockets Layer (SSL) over a TCP/IP connection.
All data transmitted between the receiver and the transmitter is encrypted. Password protection is
also provided to control access to all administration functions.
Administration and maintenance
The receiver incorporates a serial menu that allows you to perform administration and maintenance
tasks for both the receiver and the transmitter. Examples of tasks you can perform include
configuration of network settings and firmware Flash upgrades.
Flash upgradable
Upgrade your firmware at any time using the XMODEM or HTTP protocols to ensure that your
LongView IP KVM transmitter and receiver are always running the most current version available.
Support for keyboards and mice
USB and PS/2 keyboards and mice are fully supported by the LongView IP KVM extender. The
system also allows for mix and match of USB and PS/2 peripherals. For example, it is possible to
use a USB keyboard in conjunction with a PS/2 mouse. The default keyboard and mouse drivers of
the remote workstation are fully supported. This enables the LongView IP KVM extender to
support 2-, 3- and 5-button mice with scroll- and tilt-wheel capability. Composite mouse and
keyboard devices are also supported.
Chapter 1: Product Overview
3
USB support
The LongView IP KVM extender is compatible with the USB 2.0 standard. The receiver provides
four USB 2.0 compliant ports that can be used to access USB keyboards, mice and USB hubs. Hotplugging of USB devices is supported.
NOTE: A hub cannot be used to expand the number of USB ports available.
Audio
The LongView IP KVM extender supports CD-quality stereo from the remote workstation to
peripheral speakers, and mono-quality audio from a microphone to the remote workstation.
Video
Video of 24-bit color depth up to a resolution of 1280 x 1024 at 60 Hz is supported by the
LongView IP KVM extender. Both CRT and flat-panel LCD monitors are supported, and can be
connected to the LongView IP KVM extender via a DVI-I video connector. VGA monitors can be
attached to the system by using a DVI to VGA adaptor. The system supports DDC version 2B.
Safety Precautions
To avoid potential video and/or keyboard problems when using Avocent products:
•
If the building has 3-phase AC power, ensure that the server and monitor are on the same
phase. For best results, they should be on the same circuit.
To avoid potentially fatal shock hazard and possible damage to equipment, please observe the
following precautions:
•
Do not use a 2-wire extension cord in any Avocent product configuration.
•
Test AC outlets at the server and monitor for proper polarity and grounding.
•
Use only with grounded outlets at both the workstation and monitor. When using a backup
Uninterruptible Power Supply (UPS), power both the workstation and the transmitter off the
same supply.
NOTE: The AC inlet is the main disconnect.
4
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
5
CHA PTER
Installation
2
Getting Started
Before installing your LongView IP KVM extender, refer to the list below to ensure that you have
all the items necessary for installation.
Items needed to install the LongView IP KVM extender
•
Receiver
•
Transmitter
•
External power supply for the receiver
•
IEC power cord
•
LongView IP KVM Extender Quick Installation Guide
•
UTP cable (not supplied)
•
Three-wire serial cable or null modem cable (not supplied)
Optional items
To power the transmitter if a remote workstation does not have two available USB ports:
•
A power supply (contact Avocent more details)
To connect a VGA monitor to the receiver:
•
A DVI to VGA adaptor (not supplied)
To connect the transmitter to a remote workstation that has VGA video output:
•
A VGA to DVI-I adaptor (not supplied)
To connect the transmitter to a remote workstation that has DVI-D video output:
•
A DVI-D to DVI-I adaptor (not supplied)
Mounting Option
The receiver mounts to either the rear of a flat-panel monitor via a mounting plate accessory
(ordered separately) or is desk-mountable via a mounting kit, also available from Avocent.
6
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
Installation Options
CAUTION: To reduce the risk of electric shock or damage to your equipment, disconnect the power from the
receiver by unplugging the power supply from the electrical outlet. Also, turn on the remote workstation and the
receiver in the order described in the following procedures.
You can install the LongView IP KVM extender by using either the point-to-point method or
through a network.
Point-to-point installation
The following instructions will enable you to install your LongView IP KVM extender in a pointto-point configuration. In a point-to-point configuration, no administrator set up of the transmitter
or the receiver is required. However, if you choose the point-to-point configuration you can install
only one transmitter and receiver pair on a subnet.
Transmitter
Receiver
Remote
Workstation
Figure 2.1: Point-to-point Installation
To connect the transmitter:
Before connecting the transmitter to the remote workstation, ensure that the resolution and the
refresh rate of the remote workstation are supported by the LongView IP KVM extender system.
Set the screen resolution and refresh rate of the remote workstation according to the receiver video
resolutions listed in Appendix A. Unsupported settings will cause blank video at the receiver.
NOTE: Go to www.avocent.com for updated information on supported resolutions and refresh rates.
1.
Turn off the remote workstation.
2.
The transmitter has two USB connectors. Connect each of these connectors to a corresponding
USB port on the remote workstation.
Chapter 2: Installation
3.
7
Connect the video connector on the transmitter to the appropriately labeled port on the back of
the workstation.
NOTE: A VGA-only workstation can be connected to the transmitter using a VGA to DVI-I adaptor. You must
configure the transmitter video settings for VGA through the serial menu. For more information, see Configuring
Video Input Settings on page 18.
4.
Connect the transmitter’s audio and microphone connectors to the appropriately labeled ports
on the back of the workstation.
NOTE: For CD-quality audio, you must configure the Transmitter and the Receiver using the serial menu. For
more information, see Audio Performance Settings on page 26.
5.
Connect one end of the UTP cable to the transmitter’s RJ-45 connector.
6.
Turn on the workstation.
7.
Route the other end of the UTP cable to the location you have chosen for the receiver. If
necessary, you can extend the UTP cable via junctions or a hub (subject to normal Ethernet
cabling practices).
The transmitter draws electrical power from two USB ports on the remote workstation. One USB
port is not sufficient to turn on the transmitter. If you have only one USB port on your remote
workstation, you will need to order an external power supply for the transmitter from Avocent.
Microphone
Receiver
External
Power
Supply
Speakers
Serial
PS/2
Remote
Workstation
Local Peripherals
Attached via USB
Transmitter
Figure 2.2: Receiver and Transmitter Installation
8
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
Connecting power
To connect the receiver:
1.
Connect your keyboard, monitor, mouse and other peripheral cables to the appropriately
labeled ports on the back of the receiver.
2.
Connect the UTP cable from the transmitter to the RJ-45 port on the back of the receiver.
NOTE: Use only the power supply provided by Avocent.
3.
Connect one end of the 2.5 mm connector on the receiver’s power supply into the DC power
jack on the receiver. Connect the other end to an appropriate power source.
4.
Turn on the receiver. A connection will be established with the remote workstation.
NOTE: VGA monitors can be connected to the receiver by using a DVI-I to VGA adaptor.
Networked installation
The following instructions will enable you to install your LongView IP KVM extender in a
networked configuration. In this installation, multiple transmitters and receivers are attached via
the same Ethernet network. In this case, it is important for each unit to be configured with a unique
IP address.
Transmitters and receivers may be configured for use on a single subnet or for use across routers.
Use of routers, however, will cause a slight increase in end-to-end latencies, which may not be
acceptable for all applications.
Transmitter
Receiver
Remote Workstation
Figure 2.3: Networked Installation
Chapter 2: Installation
9
The LongView IP KVM extender has been pre-configured with factory-default network settings. If
you install multiple extenders on the same subnet, you will need to assign a unique IP address to
each extender via the serial port.
Table 2.1: Default Network Settings
Component
IP Address
Type
Default
Gateway
Subnet Mask
Receiver
192.168.13.1
static
0.0.0.0
255.255.255.0
Transmitter
192.168.13.2
static
0.0.0.0
255.255.255.0
To install the LongView IP KVM extender on a network:
1.
Connect the transmitter to the remote workstation as described previously in Point-to-point
installation on page 6. Connect one end of the UTP cable to the transmitter’s RJ-45 connector
and the other end to the Ethernet network.
2.
Connect the receiver to the peripherals as described above in Point-to-point installation on
page 6. Use a length of UTP cable to connect the receiver to the Ethernet network via the RJ45 connector on the rear of the receiver.
3.
Turn on the receiver.
4.
Use the serial menu to re-configure the network settings for the transmitter and then the
receiver. See Configuring Network Settings on page 13 for more information.
NOTE: If the receiver and transmitter are to be located on different subnets, configure their network settings
before you connect to the network. If there are already transmitter/receiver pairs operating on the subnet,
configure network settings of new transmitter/receiver pairs before connecting them to the network.
5.
Repeat this procedure for each transmitter and receiver pair you wish to install on the network.
10
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
11
CHA PTER
3
Operations
Overview
Operating a remote workstation through the LongView IP KVM extender is no different than
working directly connected to your workstation. When you turn on the receiver, a connection is
automatically established with the workstation.
While the default settings of your LongView IP KVM extender will work with most systems, you
may choose to change settings to better fit your system.You can change internal settings and
upgrade the LongView KVM IP extender via the serial menu.
LED identification
Front panel
There are two blue LEDs on the front panel of the receiver. The PWR LED will light up when the
receiver has been turned on. The ACTIVE LED will blink slowly until the receiver establishes a
connection with the transmitter. When a connection has been established between the receiver and
the transmitter, the ACTIVE LED will stop blinking and will remain lit.
Rear panel
Two LEDs are built into the RJ-45 connectors on the rear of the receiver and transmitter. The
following table illustrates their operation.
Table 3.1: RJ-45 Connector LEDs
LED
Indication
Meaning
LED 1
Green static
Linked at 1 Gbps
Green flashing
Linked at 100 Mbps
Green off
No Link
Yellow static
Linked but no activity
Yellow flashing
Transmit/receive activity
LED 2
12
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
Accessing the System
When the receiver is turned on, it will initiate a connection with the remote workstation.
NOTE: If the remote workstation has been turned off, the receiver cannot establish a connection.
The Serial Menu
The receiver incorporates a serial menu that allows you to:
•
Configure network settings for the receiver and transmitter
•
Set or change passwords
•
Upgrade your firmware for the receiver and transmitter
•
Reset to factory defaults
•
Set a session time-out value
•
Change the audio performance settings
Accessing the serial menu
You can access the serial menu via the serial port on the back of the receiver. All terminal
commands are executed through a terminal or PC running terminal emulation software. By default,
two passwords are required to access the LongView IP KVM extender via the receiver. One
password is for the receiver; the other password is for the transmitter. In both cases, the default
password is password. For information on how to change the default password, see
Authentication on page 20.
Items needed to access the serial menu
•
Networked workstation with a serial port
•
Null modem serial cable (male DB-9) or three-wire serial cable
•
Terminal emulation software
To access the serial menu:
1.
Connect one end of the serial cable to the serial port on the back of the receiver.
2.
Connect the other end of the serial cable to the serial port of your PC.
3.
Launch your terminal emulation software. The Com1 Properties menu will appear.
4.
Configure the terminal session for 57600 bits per second, 8 data bits, no parity, 1 stop bit and
no flow control. Click OK.
NOTE: Software (XON/XOFF) flow control is supported. However, it should not be used when using XMODEM.
Chapter 3: Operations
13
Figure 3.1: Com1 Properties Menu
5.
Press Enter to display the serial menu. The Appliance Selection Menu will appear.
6.
Type 1 to enter the Receiver Menu or type 2 to to enter the Transmitter Menu. You will be
prompted to enter a password.
7.
Type the password and press Enter.
NOTE: If there is no transmitter connected to the receiver, an error message will display and you will be returned
to the Appliance Selection Menu.
Navigating the serial menu
To navigate the serial menu, type the number or letter that corresponds to the option you wish and
press Enter. To exit a menu or screen and to confirm any configuration changes you have made,
type 0 (zero) and press Enter.
Configuring Network Settings
NOTE: It is recommended that you configure the network settings for the transmitter before you configure the
network settings for the receiver. Static addressing is the only IP addressing method supported.
14
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
To configure network settings for the transmitter:
1.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
2.
Choose option 2 to access the Transmitter Menu and press Enter. If the password option is
enabled, you will be prompted for a password.
3.
Type the password and press Enter. The Transmitter Main Menu will appear.
Figure 3.2: Transmitter Main Menu
NOTE: The Reset Appliance option in the Transmitter Main Menu applies only to network settings.
4.
Press 1 to select the Network Configuration option and press Enter. The Network
Configuration Menu appears.
5.
Press 1 to select the Transmitter Network Config option and press Enter. The Transmitter
Network Configuration Menu will appear.
Figure 3.3: Transmitter Network Configuration Menu
6.
Press 1 to select the Transmitter IP Address option and press Enter. Type a valid IP address.
Press Enter to return to the Transmitter Network Configuration Menu.
7.
Configure the network and default network using the same principle.
Chapter 3: Operations
15
8.
Type 0 (zero) and press Enter to return to the Network Configuration Menu, or if you made a
mistake and do not wish to save changes to the network settings, type C and press Enter.
9.
To confirm your changes and apply those settings type 0 (zero) and press Enter.
10. A system message will appear that states Connection to the transmitter is lost. You will be
automatically returned to the Appliance Selection Menu screen.
11. Choose option 1 to access the Receiver Menu. If the password option is enabled, you will be
prompted for a password.
12. Type the password and press Enter. The Receiver Main Menu will appear.
Figure 3.4: Receiver Main Menu
13. Press 1 to select Network Configuation option and press Enter. The Network Configuration
Menu will appear.
14. Press 1 to select the Transmitter IP Config option and press Enter. The Transmitter IP
Configuration Menu will appear. The old transmitter IP address is displayed beside menu
option 1.
Figure 3.5: Transmitter Configuration Menu on the Receiver
16
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
15. Press 1 to select Transmitter IP Address and press Enter. Type the new IP address for the
transmitter. Press Enter to return to the Transmitter IP Configuration Menu.
16. Type 0 (zero) and press Enter to return to the Network Configuration Menu.
17. If you made a mistake and do not wish to save the changes you made to the network settings
type C and press Enter.
18. To confirm your changes and apply those settings, type 0 (zero) and press Enter.
19. The receiver will now automatically reset to apply the new network configuration. You will be
automatically returned to the Appliance Selection Menu screen. The connection to the
transmitter will be automatically restored.
To configure network settings for the receiver:
1.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
2.
Press 1 to access the Receiver Menu and press Enter. If the password option is enabled, you
will be prompted for a password. See Authentication on page 20.
3.
Type the password and press Enter. The Receiver Main Menu will appear.
Figure 3.6: Receiver Main Menu
Chapter 3: Operations
4.
17
Press 1 to select Network Configuration and press Enter. The Network Configuration Menu
will appear.
Figure 3.7: Network Configuration Menu
5.
Press 1 to select Receiver Network Config and press Enter. The Receiver Network
Configuration Menu will appear and display the current network settings.
Figure 3.8: Receiver Network Configuration Menu
NOTE: The Reset option in the receiver Network Configuration Menu applies only to network settings.
6.
Press 1 to select Receiver IP Address and press Enter.
7.
Type a valid IP address. Press Enter to return to the Receiver Network Configuration Menu.
8.
Press 2 to select Receiver Netmask and press Enter.
9.
Type a valid receiver netmask. Press Enter to return to the Receiver Network
Configuration Menu.
10. Press 3 to select Receiver Default Gateway and press Enter.
18
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
11. Type a valid receiver default gateway. Press Enter to return to the Receiver Network
Configuration Menu.
12. Type 0 (zero) and press Enter to return to the Network Configuration Menu.
13. If you made a mistake and do not wish to save the changes you made to the network settings,
type C and press Enter.
14. To confirm your changes and apply those settings, type 0 (zero) and press Enter.
NOTE: Changes to network configurations are applied only after you exit the Network Configuration Menu.
15. The receiver will now automatically reset to apply the new network configuration. During
reset, the receiver will drop its connection to the transmitter. You will be automatically
returned to the Appliance Selection Menu. The connection will be restored.
Configuring Video Input Settings
The LongView IP KVM extender system is capable of transmitting either digital (DVI) or analog
video (VGA) from the remote workstation to your monitor. To enable the system to transmit the
appropriate video signal for your monitor, you must first configure the video input settings for
the transmitter.
NOTE: Video-display problems may occur if video input settings are not configured correctly.
To configure the video input settings:
1.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
2.
Choose option 2 to access the Transmitter Menu and press Enter. If the password option is
enabled, you will be prompted for a password. See Authentication on page 20.
3.
Type the password and press Enter. The Transmitter Main Menu will appear.
4.
Press 7 to select Console Settings and press Enter. The Console Settings Menu will appear.
The current video input setting is displayed beside the Target Video option.
Figure 3.9: Transmitter Console Settings Menu
Chapter 3: Operations
5.
19
Press 1 to select Target Video and press Enter. The Target Video Menu will display.
Figure 3.10: Transmitter Target Video Menu
6.
To toggle between DVI or VGA, press 1 to select the Target Video - DVI/VGA option and
press Enter.
7.
The updated setting will then be displayed beside menu option 1.
8.
To save your changes and exit the menu, type 0 (zero) and press Enter. The unit resets after
you press Enter.
Detecting a Transmitter IP Address
In the event that you forget the IP address of a transmitter, you can use the serial menu to detect the
IP address of a transmitter that is connected to the receiver.
To detect the IP address of a connected transmitter:
1.
Turn off the remote workstation to which the transmitter is attached.
NOTE: If the transmitter receives its power from an external power supply, disconnect the transmitter from that
external power supply.
2.
Press 1 to select the Receiver Menu and press Enter. If the password option is enabled, you
will be prompted for a password. See Authentication on page 20.
3.
Type the password and press Enter. The Receiver Main Menu will appear.
4.
Press 1 to select Network Configuration and press Enter. The Network Configuration Menu
will appear.
5.
Press 2 to select Transmitter IP Config and press Enter. The Transmitter IP Config Menu will
appear. The old transmitter IP address is displayed beside menu option 1.
6.
Press 3 to select Detect Transmitter Address and press Enter. The following message will be
displayed: Connect the transmitter and the receiver, then power up the transmitter.
7.
Turn on the transmitter.
20
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
8.
The receiver will detect the IP address of the connected transmitter. The Transmitter IP
Configuration Menu will refresh and the current IP address of the connected transmitter will be
displayed beside menu option 1.
NOTE: The detected IP address of the connected transmitter will not be automatically saved. You must enter the
detected IP address manually, by choosing Transmitter IP Address from the Transmitter IP Configuration Menu.
Authentication
Two passwords are required to access the LongView IP KVM extender via the serial menu. One
password is for access to the serial menus that control the receiver. The other password is for access
to the serial menus that control the transmitter. In both cases, the default password is password.
Authentication for the receiver
You can change the password settings for the receiver through the serial menu via the Receiver
Security Configuration Menu.
To access the Receiver Security Configuration Menu:
1.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
2.
Choose option 1 to access the Receiver Menu. If the password option is enabled, you will be
prompted for a password. See Authentication on page 20.
3.
Type the password and press Enter. The Receiver Main Menu will appear.
4.
Choose Security Configuration. The Security Configuration Menu will appear.
Figure 3.11: Receiver Security Configuration Menu
To disable or enable the receiver password:
1.
Press 1 to select Console Password on the Security Configuration Menu and press Enter. If a
password had been enabled, this action will disable the password.
2.
If a password had been disabled, you will be prompted to enter a password.
3.
Type the new password and press Enter.
Chapter 3: Operations
21
NOTE: Each password must consist of ASCII characters and contain between 6 and 64 characters.
4.
Confirm the new password. If successful, you will see a message stating that the password has
been changed.
5.
Press Enter.
6.
To save your changes and exit the menu, type 0 (zero) and press Enter.
To change the receiver password:
1.
Press 2 to select Change Console Password on the Security Configuration Menu and press
Enter. You will be prompted to enter your current password.
2.
Type your current password and press Enter. You will be prompted to enter the new password.
3.
Type the new password and press Enter.
NOTE: Each password must consist of ASCII characters and contain between 6 and 64 characters.
4.
Confirm the new password. If successful, you will see a message stating that the password has
been changed.
5.
Press Enter.
6.
To save your changes and exit the menu, type 0 (zero) and press Enter.
To reset the receiver or transmitter password:
If you lose your receiver or transmitter password, you can reset the system to the default password
with the help of Avocent Technical Support.
1.
Access the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
2.
Choose option 1 to access the Receiver Menu or option 2 to access the Transmitter Menu and
press Enter.
3.
You will be prompted to enter your current password. Type ?????? (six question marks) and
press Enter. The serial menu will also prompt you to enter a key.
4.
Contact Avocent Technical Support to obtain the key. The Technical Support Specialist will
ask you for the 16 character hex code. Read out the code exactly as it appears on the serial
menu. The Specialist will provide you with a new 16 character hex sequence.
5.
In the serial menu at the Key prompt, type the 16 character hex sequence provided to you by
Avocent Technical Support. Press Enter.
6.
The default password is now active.
Authentication for the transmitter
You can change the password settings for the transmitter through the serial menu using the
Transmitter Security Configuration Menu.
To access the Transmitter Security Configuration Menu:
1.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
22
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
2.
Choose option 2 to access the Transmitter Menu and press Enter. If the password option is
enabled, you will be prompted for a password. See Authentication on page 20.
3.
Type the password and press Enter. The Transmitter Main Menu will appear.
4.
Press 2 to select Security Configuration and press Enter. The Security Configuration Menu
will appear.
Figure 3.12: Transmitter Security Configuration Menu
To disable or enable the transmitter password:
1.
Press 1 to select Console Password on the Security Configuration Menu and press Enter. If a
password has been enabled, this action will disable the password.
2.
If a password has been disabled, you will be prompted to enter a password.
3.
Type the new password and press Enter.
NOTE: Each password must consist of ASCII characters and contain between 6 and 64 characters.
4.
Confirm the new password. If successful, you will see a message stating that the password has
been changed.
5.
Press Enter.
6.
To save your changes and exit the menu, type 0 (zero) and press Enter.
To change the transmitter password:
1.
Press 2 to select Change Console Password on the Security Configuration Menu and press
Enter. You will be prompted to enter your current password.
2.
Type your current password and press Enter. You will be prompted to enter the new password.
3.
Type the new password and press Enter.
NOTE: Each password must consist of ASCII characters and contain between 6 and 64 characters.
4.
Confirm the new password. If successful, you will see a message stating that the password has
been changed.
Chapter 3: Operations
5.
Press Enter.
6.
To confirm the new password and exit the screen, type 0 (zero) and press Enter.
23
Flash Upgrading the LongView IP KVM Extender
NOTE: It is recommended that you Flash upgrade the transmitter before you Flash upgrade the receiver.
You can Flash upgrade your receiver and transmitter using either XMODEM or HTTP. The
receiver and transmitter are upgraded separately using individual upgrade files supplied by
Avocent. For optimum system performance, keep your firmware versions current.
NOTE: Do not use software (XON/XOFF) flow control when using XMODEM.
To Flash upgrade your transmitter or receiver using XMODEM:
1.
Download the transmitter upgrade file from Avocent.
2.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
3.
Choose option 1 to access the Receiver Menu or option 2 to access the Transmitter Menu. If
the password option is enabled, you will be prompted for a password.
4.
Type the password and press Enter. The Transmitter Main Menu will appear.
5.
Press 3 to select Firmware Management and press Enter. The Firmware Management Menu
will appear.
6.
Choose the Flash Upgrade Via XMODEM option and press Enter.
7.
Specify the location of the upgrade file and initiate the file transfer.
8.
When the transfer has completed, a message will display stating Firmware update successful.
Resetting Appliance... During reset, the transmitter will drop the connection to the receiver. A
second system message will appear that states: Connection to the transmitter is lost. You will
be automatically returned to the Appliance Selection Menu.
NOTE: If the transmitter or receiver determines that the upgrade file is invalid, the transmitter cancels the
upgrade and maintains the previous firmware version. A message appears indicating that the upgrade has failed.
24
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
Restoring Factory Default Settings
The serial menu enables you to easily restore the factory default settings of both the receiver and
the transmitter. To view a full list of the factory default settings, see Factory Default Settings on
page 33.
NOTE: Restoring factory default settings will also reset network settings. Before restoring factory default
settings, assess whether this is likely to cause conflicts with other devices on the network.
To restore the transmitter or receiver factory default settings:
1.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
2.
Choose option 1 to access the Receiver Menu or option 2 to access the the Transmitter Menu.
If the password option is enabled, you will be prompted for a password.
3.
Type the password and press Enter.
4.
Press 4 to select Restore Factory Defaults and press Enter.
5.
The receiver will now automatically reset. You will be automatically returned to the Appliance
Selection Menu.
6.
During reset, the receiver will drop the connection to the transmitter. When reset is complete,
the receiver will restore the connection to the transmitter using the new settings.
Resetting the LongView IP KVM Extender
To reset the receiver or transmitter:
1.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
2.
Choose option 1 to access the Receiver Menu or option 2 to access the Transmitter Menu. If
the password option is enabled, you will be prompted for a password.
3.
The Receiver Main Menu will appear.
4.
Press 5 to select Reset Appliance and press Enter. The Reset Appliance Menu will appear.
Figure 3.13: Receiver Reset Appliance Menu
Chapter 3: Operations
5.
25
Press 1 to select Receiver Reset and press Enter to initiate the reset. A Restting appliance
message will be displayed on the serial menu. During reset, the connection to the transmitter is
dropped. When the reset is complete, you will be automatically returned to the Appliance
Selection Menu. The connection to the transmitter will be automatically restored.
To reset the transmitter:
1.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
2.
Choose option 2 to access the Transmitter Menu. If the password option is enabled, you will be
prompted for a password. See Authentication on page 20.
3.
The Transmitter Main Menu will appear.
4.
Press 5 to select Reset Appliance and press Enter. The Reset Appliance Menu will appear.
5.
Press 1 to select Transmitter Reset and press Enter to initiate the reset. A Restting appliance
message will be displayed on the serial menu. During reset, the transmitter will drop the
connection to the receiver. A second system message will appear that states: Connection to the
transmitter is lost. You will be automatically returned to the Appliance Selection Menu. The
connection will be automatically restored.
Viewing System Information
The serial menu enables you to display the firmware release and details of the receiver and of
the transmitter.
To view system information:
1.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
2.
Choose option 1 to access the Receiver Menu or option 2 to access the Transmitter Menu. If
the password option is enabled, you will be prompted for a password.
3.
Type the password and press Enter. The Receiver Main Menu will appear.
4.
Press 6 to select Appliance Information and press Enter. The Appliance Information Menu
will appear.
The Appliance Information Menu contains the following information: receiver name; EID number;
release version; application; boot and FPGA firmware version numbers; and the manufacturing part
number. All values are read-only.
Session Retry Settings
The LongView IP KVM extender is designed to automatically establish a connection between the
receiver and the remote workstation. By default, if the receiver cannot immediately establish a
connection with the remote workstation it will retry once per second until a connection is
successfully established. You can change the default session retry settings using the serial menu.
To access the Session Retry Menu:
1.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
26
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
2.
Choose option 1 to access the Receiver Menu and enter the password if necessary. The
Receiver Main Menu will appear.
3.
Press 8 to select Console Settings and press Enter. The Console Settings Menu will appear.
4.
Enter the number corresponding with Session Retry and press Enter. The Session Retry Menu
will appear.
Figure 3.14: Session Retry Menu
To change the retry settings:
1.
Access the Session Retry Menu via the serial menu as described in the previous procedure.
2.
To change the time interval between retry attempts, press 1 to select the Session Retry Timeout
Seconds otpion and press Enter. You will be prompted to enter a new timeout value in SS
(seconds) format.
3.
Type a value between 1 and 60 (inclusive) and press Enter.
4.
To confirm your selection and exit the screen, type 0 (zero) and press Enter.
Audio Performance Settings
You can use this option to modify the audio performance settings or to disable audio support. There
are three settings available: high, medium and off. The high setting provides the best audio
performance and should be used when high network bandwidth is available.
NOTE: To ensure that audio operates correctly, configure the receiver and the transmitter with identical audio
performance settings.
To change the audio performance setting for the receiver and transmitter:
1.
Activate the serial menu as described in Accessing the serial menu on page 12.
2.
Choose option 1 to access the Receiver Menu or option 2 to access the Transmitter Menu. If
the password option is enabled, you will be prompted for a password.
3.
Type the password and press Enter. The Transmitter Main Menu will appear.
Chapter 3: Operations
27
4.
Press 7 to select Console Settings and press Enter. The Console Settings Menu will appear.
5.
Press 2 to select Audio Performance and press Enter. The Audio Performance Menu will
appear. This menu shows you the audio settings that you can choose from. The current setting
is indicated by an asterisk (*) symbol.
6.
Type the number that corresponds to the audio setting you wish to apply and press Enter.
NOTE: If you choose off, audio support will be disabled.
7.
To confirm your selection and exit the screen, type 0 (zero) and press Enter. The unit resets
after you press Enter.
28
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
29
A P P EN D IC ES
Appendices
Appendix A: Technical Specifications
During the course of this product’s lifetime, modifications might be made to its hardware or
firmware that could cause these specifications to change without notice.
Table A.1: Receiver Product Specifications
Network
Ethernet Standard
Ethernet II
IP Port Usage
Port 16384 - Video
Port 16385 - Audio
Port 16386 - Keyboard\Mouse
Ports 4463, 4464, 4465 - Control
Extension Ports
Number
1
Connectors
RJ-45
User Ports
Number
PS/2: 2; USB: 4; DVI-I video: 1; audio microphone: 1; audio
line-out: 1; power jack: 1
Type
PS/2, USB Type A, DVI-I video
Connectors
6-pin miniDIN, PS/2 keyboard and mouse; USB Type A, USB
keyboard and mouse; DVI-I, female; 3.5 mm stereo audio
jacks, line-out and mic; 2.5 mm DC power jack.
Encryption
Type
Authenticated SSL
Console Port
Number
1
Type
Three-wire serial interface: RX, TX, GND via 16450-compatible
UART
Connectors
9-pin D-Shell (DB9)
30
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
Table A.1: Receiver Product Specifications (Continued)
Dimensions
HxWxD
26.5 x 210 x 130 mm (1.04 x 8.27 x 5.12 in)
Weight
0.7 Kg (1.54 lb)
without packaging, cables, power supply and literature
Environmental
Heat Dissipation
22 W/H
Power Consumption
20 W (including power supplied to USB ports)
AC-input Power
100-240 V AC
AC-input Current
Rating
1A
AC-frequency
50/60 Hz
Operating Temperature
0° to 35° Celsius (32° to 95° Farenheit)
Storage Temperature
-20° to 60° Celsius (-4° to 140° Farenheit)
Transit Temperature
-30° to 60° Celsius (-22° to 140° Farenheit)
Operating Humidity
10 to 90% noncondensing
Storage Humidity
5 to 95%
Supported Hardware
Peripherals
PS/2 keyboard and mouse, USB keyboard and mouse,
speakers, microphone
Keyboard
Standard 104/105/109 keyboards for PC, Macintosh and Sun
USB keyboards for PC, Macintosh and Sun
Default keyboard drivers are fully supported for Microsoft
Windows, MacOS, Solaris and Red Hat Linux
Mouse
2-, 3-, and 5-button; scroll and tilt wheel
Video Resolution
640 x 350 @ 85 Hz
640 x 480 @ 60 Hz, 72 HZ, 75 Hz, 85 Hz
720 x 400 @ 70 Hz, 85 Hz
800 x 600 @ 60 Hz, 72 Hz, 75 Hz, 85 Hz
1024 x 768 @ 60 Hz, 70 Hz, 75 Hz, 85 Hz
1152 x 864 @ 75 Hz
1280 x 960 @ 60 Hz
1280 x 1024 @ 60 Hz
Check www.avocent.com for the latest list of supported video
resolutions and refresh rates.
Appendices
Table A.1: Receiver Product Specifications (Continued)
Video Standard
DDC version 2B
Color Depth
24 Bit
Audio Standard
PC99
Audio Performance
High Performance
Line-out:
44.1 kHz over stereo channels at a resolution of 16 bits
Microphone:
44.1 kHz over a single channel at a resolution of 16 bits
Medium Performance
Line-out:
8 kHz over stereo channels at a resolution of 16 bits
Microphone:
8 kHz over a single channel at a resolution of 16 bits
Target Sync Types
(Analog output only)
Separate horizontal and vertical
Safety and
EMC Approvals and
Markings
UL, FCC, cUL, CE
Table A.2: Transmitter Product Specifications
Network
Ethernet Standard
Ethernet II
Extension Ports
Number
1
Connectors
RJ-45
Console Ports
Number
USB: 2; DVI-I video: 1; audio microphone: 1; audio line-out: 1
Type
USB Type A, DVI-I video
Connectors
USB, male; DVI-I, male; 3.5 mm stereo audio jacks, line-out
and mic; 2.5 mm DC power jack
Encryption
Type
Authenticated SSL
31
32
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
Table A.2: Transmitter Product Specifications (Continued)
Dimensions
HxWxD
68 x 21 x 153 mm (2.68 x 0.83 x 6.02 in)
Weight
0.3 Kg (0.66 lb) including cables
Environmental
Heat Dissipation
22 W/H
Power Consumption
6W
AC-input Power
100-240 V AC
AC-input Current
Rating
1A
AC-frequency
50/60 Hz
DC-input Power
5V
DC-input Current
Rating
1.1 A
Operating Temperature
0° to 35° Celsius (32° to 95° Farenheit)
Storage Temperature
-20° to 60° Celsius (-4° to 140° Farenheit)
Transit Temperature
-30° to 60° Celsius (-22° to 140° Farenheit)
Operating Humidity
10 to 90% noncondensing
Storage Humidity
5 to 95%
Supported Hardware
Video Resolution
CRT 1280 x 1024 @ 60 Hz
LCD 1280 x 1024 @ 60 Hz
Video Standard
DDC version 2B
Color Depth
24 Bit
Audio Standard
PC99
Audio Sampling
44.1 kHz over a single channel at a resolution of 16 bits
Target Sync Types
(Analog input only)
Separate horizontal and vertical
Safety and
EMC Approvals and
Markings
UL, FCC, cUL, CE
Appendices
Appendix B: Factory Default Settings
Table B.1: LongView IP KVM Extender Default Settings
Receiver
Name
RX_<MAC address>
IP Address
192.168.13.1
Default Gateway
0.0.0.0
Netmask
255.255.255.0
OSD Hotkey Sequence
PRINT SCREEN
OSD Inactivity Timer
00 hours 10 minutes
OSD Inactivity
Checkbox
Enabled
Session Inactivity Timer 00 hours 10 minutes
Session Inactivity
Checkbox
Disabled
Session Retry Timeout
1 second
Audio Performance
Medium
Network Speed
Auto-Negotiate
Password
password
Transmitter
Name
TX_<MAC address>
IP Address
192.168.13.2
Default Gateway
0.0.0.0
Netmask
255.255.255.0
Audio Performance
Medium
Network Speed
Auto-Negotiate
Password
password
Video
DVI
33
34
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
Appendix C: Technical Support
Our Technical Support staff is ready to assist you with any installation or operating issues you
encounter with your Avocent product. If an issue should develop, follow the steps below for the
fastest possible service.
To resolve an issue:
1.
Check the pertinent section of this manual to see if the issue can be resolved by following the
procedures outlined.
2.
Check our web site at www.avocent.com/support to search the knowledge base or use the online service request.
3.
Call the Avocent Technical Support location nearest you.
Appendices
35
Appendix D: Troubleshooting
No power status light on receiver
•
Verify that the power supply is plugged in correctly.
•
Ensure that the power cable from the Avocent-supplied power supply is securely plugged into
the receiver.
No video on monitor attached to receiver
•
Verify that the monitor attached to the receiver has power.
•
Ensure that the video cable from the monitor is securely plugged in to the correct connector on
the receiver.
•
Verify that the remote workstation is turned on.
•
Confirm that a network connection exists between the transmitter and receiver.
•
Confirm that the IP address used by the transmitter has not been assigned to a second device on
the network.
•
Confirm that the IP address used by the receiver has not been assigned to a second device on
the network.
•
Verify that the transmitter is drawing sufficient power from the USB connections on the remote
workstation and that it has booted correctly:
•
•
If the green LED on the transmitter is on, the transmitter is drawing sufficient power.
•
If the transmitter cannot draw sufficient power from the remote workstation, you will need
to obtain an external power supply unit for the transmitter from Avocent. If connected
through a USB hub, ensure that the hub can supply enough power.
Verify that the correct video setting has been configured in the transmitter serial menu:
•
If the remote workstation provides DVI-only video, verify that the transmitter serial menu
has been configured for DVI. Then restart the remote workstation.
•
If the remote workstation provides VGA-only video, verify that the transmitter serial
menu has been configured for VGA. Then restart the remote workstation.
•
The transmitter has an internal fan. Verify that the fan is functioning.
•
Cycle power to the receiver. An informational message should appear on the monitor for a
brief moment. If the message does not appear, check the monitor by plugging the video cable
from the monitor directly into the remote workstation to verify that the monitor is working and
that the remote workstation is generating active video. If this is functioning, check that the display settings for your remote workstation are set no higher than a resolution of 1280 x 1024 at
60 Hz refresh rate. If the monitor does not function correctly, replace it.
•
If the transmitter has been turned off and then turned on again (by unplugging the USB cables),
ensure that all other cables are disconnected before reconnecting the transmitter. Ensure that
you connect the USB cables first.
36
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
No mouse or keyboard operation from peripherals attached to receiver
•
Ensure that the mouse and keyboard cables are connected to the correct PS/2 or USB ports on
the receiver. Match the connector color-codes (green for mouse and purple for keyboard).
•
Ensure that both of the USB connectors from the transmitter are securely connected to the correct connectors on the remote workstation.
•
If the remote workstation can provide only one USB port for the transmitter:
•
Use an external power supply for the transmitter.
•
Ensure that the transmitter USB cable labeled “2” is attached to the available USB port of
the remote workstation.
•
Ensure that the correct keyboard layout is configured on the remote workstation for the keyboard you are using.
•
Retest the mouse and keyboard by connecting them directly to the remote workstation and
rebooting. If one does not function correctly, replace it.
No audio from speakers attached to receiver
•
Ensure that the audio cable is securely plugged into the line-out port of the remote workstation
(should be color-coded green).
•
Ensure that the speaker cable is securely plugged into the line-out port of the receiver.
•
Verify that the audio sample rate has not been set to “off” for either the transmitter or the
receiver. See Audio Performance Settings on page 26.
•
Ensure that the same audio sample rate has been set for both the transmitter and the receiver.
See Audio Performance Settings on page 26.
•
Verify that the speakers are turned on.
•
Retest the speakers by connecting them directly to the remote workstation. If they do not function correctly, replace them.
Poor sound quality from speakers attached to receiver
•
Ensure that the same audio sample rate has been set for both the transmitter and the receiver.
See Audio Performance Settings on page 26.
Poor video quality on monitor attached to receiver
•
Reset video by pressing <F11>.
•
Ensure that the video cable from the monitor is securely plugged in to the correct connector on
the receiver.
•
Check the video quality using a different monitor.
Connection to remote workstation is lost
•
Verify that the network cable is connected to the RJ-45 connector at the rear of the receiver.
Appendices
37
•
Verify that the receiver is linked to the network and that it is receiving data. See LED identification on page 11.
•
Verify that the remote workstation is turned on.
•
Ensure that both of the USB connectors from the transmitter are securely connected to the correct connectors on the remote workstation.
•
Verify that the transmitter is drawing sufficient power from the USB connections on the remote
workstation and that it has booted correctly:
•
If the green LED on the transmitter is on, the transmitter is drawing sufficient power.
•
If the transmitter cannot draw sufficient power from the remote workstation, obtain an
external power supply unit for the transmitter from Avocent.
•
The transmitter has an internal fan. Verify that the fan is functioning.
•
Ping the transmitter from another PC on the network to ensure it is connected.
•
Reset the transmitter. See Resetting the LongView IP KVM Extender on page 24.
•
Reset the receiver. See Resetting the LongView IP KVM Extender on page 24.
•
Verify that the Ethernet network is fully operational.
38
LongView IP KVM Extender Installer/User Guide
USA Notification
Warning: Changes or modifications to this unit not expressly approved by the party
responsible for compliance could void the user’s authority to operate the equipment.
Note: This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A
digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide
reasonable protection against harmful interference when the equipment is operated in a
commercial environment. This equipment generates, uses and can radiate radio frequency
energy and, if not installed and used in accordance with the instruction manual, may cause
harmful interference to radio communications. Operation of this equipment in a residential
area is likely to cause harmful interference in which case the user will be required to
correct the interference at his own expense.
Canadian Notification
This digital apparatus does not exceed the Class A limits for radio noise emissions from
digital apparatus set out in the Radio Interference Regulations of the Canadian Department
of Communications.
Le présent appareil numérique n’émet pas de bruits radioélectriques dépassant les limites
applicables aux appareils numériques de la classe A prescrites dans le Règlement sur le
brouillage radioélectrique édicté par le Ministère des Communications du Canada.
Safety and EMC Approvals and Markings
UL, FCC, cUL, CE
Sound Level Measure
The measured sound level of this appliance is 44.7 dB(A).
Die arbeitsplatzbezogene Geräuschemission des Gerätes beträgt 44,7 dB(A).
USA Notification
Warning: Changes or modifications to this unit not expressly approved by the party
responsible for compliance could void the user’s authority to operate the equipment.
Note: This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A
digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide
reasonable protection against harmful interference when the equipment is operated in a
commercial environment. This equipment generates, uses and can radiate radio frequency
energy and, if not installed and used in accordance with the instruction manual, may cause
harmful interference to radio communications. Operation of this equipment in a residential
area is likely to cause harmful interference in which case the user will be required to
correct the interference at his own expense.
Canadian Notification
This digital apparatus does not exceed the Class A limits for radio noise emissions from
digital apparatus set out in the Radio Interference Regulations of the Canadian Department
of Communications.
Le présent appareil numérique n’émet pas de bruits radioélectriques dépassant les limites
applicables aux appareils numériques de la classe A prescrites dans le Règlement sur le
brouillage radioélectrique édicté par le Ministère des Communications du Canada.
Safety and EMC Approvals and Markings
UL, FCC, cUL, CE
Sound Level Measure
The measured sound level of this appliance is 44.7 dB(A).
Die arbeitsplatzbezogene Geräuschemission des Gerätes beträgt 44,7 dB(A).
LongView® IP KVM
エ ク ス テ ン ダー
イ ン ス ト ー ラ/ユーザー ・ ガ イ ド
Avocent、 Avocent ロ ゴ、 The Power of Being There、 お よ び LongView
は、 Avocent Corporation ま たはその系列会社の登録商標です。 その
他すべてのマー ク は、 それぞれの所有者に所有権が帰属 し ます。
© 2007 Avocent Corporation. All rights reserved. 590-721-617A
注意事項
こ の記号は、 装置に付属のマニ ュ アル類に操作お よ び メ ン テナン ス (サービ ス) に関する 重
要な手順説明の記載があ る こ と にユーザーの注意を促す も のです。
危険電圧
こ の記号は、 人体に対 し 電気シ ョ ッ ク の危険を も た ら すに十分な大 き さ を持つ危険電圧が絶
縁処理 さ れていない状態で製品の格納容器内に存在す る こ と にユーザーの注意を促す も ので
す。
電源オ ン
こ の記号は、 オン/オ フ の主ス イ ッ チが 「オン」 の位置であ る こ と を示 し ます。
電源オ フ
こ の記号は、 オン/オ フ の主ス イ ッ チが 「オ フ」 の位置であ る こ と を示 し ます。
保護接地線端子
こ の記号は、 本機器に他の接続を行 う 前にアース接続処理の必要があ る 端子を表 し ます。
iii
目次
図の一覧............................................................................................................................. v
表の一覧........................................................................................................................... vii
章 1: 製品概要 .................................................................................................................... 1
機能およ び メ リ ッ ト ........................................................................................................... 1
安全に関する注意事項 ....................................................................................................... 3
章 2: イ ン ス ト ール............................................................................................................. 5
は じ めに............................................................................................................................. 5
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーを イ ン ス ト ールするのに必要なア イ テム ............. 5
オプ シ ョ ン ・ ア イ テム................................................................................................. 5
設置オ プ シ ョ ン .................................................................................................................. 5
イ ン ス ト ール ・ オプ シ ョ ン ................................................................................................ 6
ポ イ ン ト ツーポ イ ン ト ・ イ ン ス ト ール ....................................................................... 6
電源の接続................................................................................................................... 8
ネ ッ ト ワー ク ・ イ ン ス ト ール ...................................................................................... 8
章 3: 操作 ......................................................................................................................... 11
概要 .................................................................................................................................. 11
LED の識別 ................................................................................................................ 11
シス テムへのア ク セス ..................................................................................................... 12
シ リ アル ・ メ ニ ュ ー......................................................................................................... 12
シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セス............................................................................. 12
シ リ アル ・ メ ニ ュ ーの操作 ....................................................................................... 13
ネ ッ ト ワー ク設定の構成.................................................................................................. 13
ビ デオ入力設定の構成 ..................................................................................................... 18
送信機の IP ア ド レ スの検出 ............................................................................................ 19
認証 .................................................................................................................................. 20
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーの Flash ア ッ プグ レ ー ド ........................................... 23
工場のデ フ ォ ル ト 設定の復元 .......................................................................................... 24
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーの リ セ ッ ト ................................................................ 24
シ ス テム情報の表示......................................................................................................... 25
セ ッ シ ョ ン再試行の設定.................................................................................................. 26
iv
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
オーデ ィ オ ・ パフ ォ ーマ ン スの設定................................................................................ 27
付録 .................................................................................................................................. 29
付録 A : 技術仕様 ............................................................................................................ 29
付録 B : 工場デ フ ォ ル ト 設定 .......................................................................................... 33
付録 C : テ ク ニ カル ・ サポー ト ....................................................................................... 34
付録 D : ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ................................................................................... 34
v
図 の 一覧
List of Figures
図 1.1 : LongView IP KVM エ ク ステ ン ダー - 基本シ ス テム............................................ 1
図 2.1 : ポ イ ン ト ツーポ イ ン ト ・ イ ン ス ト ール................................................................. 6
図 2.2 : 受信機お よび送信機のイ ン ス ト ール .................................................................... 7
図 2.3 : ネ ッ ト ワー ク ・ イ ン ス ト ール ............................................................................... 8
図 3.1 : Com1 プ ロパテ ィ ・ メ ニ ュ ー ............................................................................. 13
図 3.2 : 送信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ー .................................................................................... 14
図 3.3 : 送信機ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ー ...................................................................... 14
図 3.4 : 受信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ー .................................................................................... 15
図 3.5 : 受信機の送信機構成 メ ニ ュ ー ............................................................................. 15
図 3.6 : 受信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ー .................................................................................... 16
図 3.7 : ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ー................................................................................. 17
図 3.8 : 受信機ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ー ...................................................................... 17
図 3.9 : 送信機 コ ン ソ ール設定 メ ニ ュ ー ......................................................................... 18
図 3.10 : 送信機 タ ーゲ ッ ト ・ ビデオ ・ メ ニ ュ ー............................................................. 19
図 3.11 : 受信機セキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ー .................................................................... 20
図 3.12 : 送信機セキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ー .................................................................... 22
図 3.13 : 受信機ア プ ラ イ ア ン ス ・ リ セ ッ ト ・ メ ニ ュ ー .................................................. 25
図 3.14 : セ ッ シ ョ ン再試行 メ ニ ュ ー............................................................................... 26
vi
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
vii
表 の 一覧
List of Tables
表 2.1 : デ フ ォ ル ト のネ ッ ト ワー ク設定 ........................................................................... 9
表 3.1 : RJ-45 コ ネ ク タ ーの LED.................................................................................... 11
表 A.1 : 受信機の製品仕様............................................................................................... 29
表 A.2 : 送信機の製品仕様............................................................................................... 31
表 B.1 : LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーのデ フ ォ ル ト 設定........................................ 33
viii
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
1
章
製品概要
1
機能お よび メ リ ッ ト
Avocent LongView® IP KVM エ ク ス テ ン ダーを使用す る と 、 デス ク ト ッ プ ・ ユーザーは、
キーボー ド 、 ビデオ、 マ ウ ス (KVM)、 お よ びオーデ ィ オ ・ デバ イ ス に フル ・ ア ク セ ス
す る こ と がで き ます。 LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーでは、 企業のデー タ ・ セ ン タ ー
に ワー ク ス テーシ ョ ン を安全に収容 し た状態か ら 、 企業の TCP/IP ネ ッ ト ワ ー ク の ど こ か
ら で も ユーザーが ワー ク ス テーシ ョ ン を完全に使用す る こ と がで き ます。
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーは、 次か ら 構成 さ れます。
•
リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン に外部接続す る ための送信機
•
ユーザーの机に配置す る受信機
ラ ッ ク ・ マウ ン ト ・ サー
バーお よびブ レ ー ド
ユーザー 1
ギガ ビ ッ ト ・ イ ーサ
ネ ッ ト ・ スイ ッ チ
LongView IP
受信機
ユーザー 1
図 1.1 : LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー - 基本シ ス テム
2
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
自動接続
受信機がオン にな る と 、 送信機を介 し て リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン と の接続が自動
的に確立 さ れ ます。
イ ーサネ ッ ト ・ ア ド レ ス指定
受信機お よ び送信機は IP ア ド レ ス を指定で き るデバ イ ス で、 ワ ー ク ス テーシ ョ ン を ネ ッ
ト ワー ク 内の場所やデス ク ト ッ プ ・ ユーザーか ら の距離にかかわ ら ず探 し 出 し ます。 送
信機は、 標準のネ ッ ト ワー ク ・ プ ロ ト コ ルを使用 し て、 リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン
と 受信機の場所にあ る 周辺機器 と の間でデー タ ・ ス ト リ ーム を転送 し ます。 LongView IP
KVM エ ク ス テ ン ダーは、 100 Mbps ま たは 1 Gbps のネ ッ ト ワー ク 接続上で動作 し ます。
最大限の性能を引 き 出すためには、 1 Gbps 接続をおすすめ し ます。
マルチ プ ラ ッ ト フ ォ ームのサポー ト
送信機は、 USB コ ネ ク タ ーを介 し て リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン に接続 さ れ ます。 こ
のため、 LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーは、 PC、 Sun お よ び Macintosh ワ ー ク ス テー
シ ョ ン と シーム レ ス に連携 し ます。 LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーは、 次のオペレー
テ ィ ン グ ・ シ ス テ ム をサポー ト し ます。
•
Microsoft® Windows®
•
Red Hat Linux®
•
SolarisTM
•
Mac OS®
セキ ュ リ テ ィ
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーは、 TCP/IP 接続でのセキ ュ ア ・ ソ ケ ッ ト ・ レ イ ヤー
(SSL) を サポー ト し ます。 受信機 と 送信機の間で送信 さ れ るすべてのデー タ は暗号化 さ
れます。 すべての管理機能へのア ク セ ス を制御す る ために、 パ ス ワー ド 保護 も 提供 さ れ
てい ます。
管理 と メ ン テナ ン ス
受信機にはシ リ アル ・ メ ニ ュ ーが組み込ま れてお り 、 こ れを使用 し て、 受信機 と 送信機
両方の管理お よ び メ ン テナン ス ・ タ ス ク を実行す る こ と がで き ます。 た と えば、 ネ ッ ト
ワー ク 設定の構成やフ ァ ーム ウ ェ アの Flash ア ッ プグ レー ド な ど の タ ス ク を実行す る こ
と がで き ます。
Flash ア ッ プグ レー ド
任意の時に XMODEM ま たは HTTP プ ロ ト コ ルを使用 し て フ ァ ーム ウ ェ ア を ア ッ プグ
レー ド し て、 LongView IP KVM 送信機お よ び受信機が常に入手可能な最新バージ ョ ン を
実行 し てい る よ う に し て く だ さ い。
章 1 : 製品概要
3
キーボー ド およ びマウスのサポー ト
USB お よ び PS/2 のキーボー ド お よ びマ ウ ス は、 LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーに
よ っ て完全にサポー ト さ れてい ます。 ま た、 シ ス テ ムは、 USB お よ び PS/2 周辺機器の さ
ま ざ ま な組み合わせに も 対応 し ます。 た と えば、 USB キーボー ド を PS/2 マ ウ ス と と も に
使用す る こ と も 可能です。 リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン のデフ ォ ル ト のキーボー ド お
よ びマ ウ ス ・ ド ラ イ バーは完全にサポー ト さ れます。 こ のため、 LongView IP KVM エ ク
ス テ ン ダーは、 ス ク ロ ール ・ ホ イ ールお よ びチル ト ・ ホ イ ール機能を持つ 2 ボ タ ン、 3
ボ タ ン、 お よ び 5 ボ タ ン のマ ウ ス をサポー ト す る こ と がで き ます。 マ ウ ス と キーボー ド
の複合デバ イ ス も サポー ト さ れてい ます。
USB サポー ト
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーは、 USB 2.0 標準 と 互換性があ り ます。 受信機は、
USB 2.0 準拠のポー ト を 4 つ備え てお り 、 USB キーボー ド 、 マ ウ ス、 お よ び USB ハブへ
のア ク セ ス に使用す る こ と がで き ます。 USB デバ イ ス のホ ッ ト プ ラ グがサポー ト さ れて
い ます。
注 : ハブ を使用 し て利用可能な USB ポー ト の数を増やす こ と はで き ません。
オーデ ィ オ
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーは、 リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン か ら 周辺ス ピー
カーへの CD 品質ス テ レ オ、 お よ びマ イ ク ロ フ ォ ン か ら リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン
へのモ ノ ラ ル品質のオーデ ィ オ をサポー ト し ます。
ビ デオ
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーは、 24 ビ ッ ト 色、 最大解像度 1280 x 1024、 60 Hz の ビ
デオ をサポー ト し ます。 CRT お よ びフ ラ ッ ト パネル LCD モニ タ ーの両方がサポー ト さ
れてお り 、 DVI-I ビデオ ・ コ ネ ク タ ーを介 し て LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーに接続
す る こ と がで き ます。 VGA モニ タ ーは、 DVI - VGA アダプ タ ーを使用 し て シ ス テ ム に接
続す る こ と がで き ます。 シ ス テ ムは、 DDC バージ ョ ン 2B をサポー ト し ます。
安全に関する注意事項
Avocent 製品使用時に起 き る 可能性のあ る ビデオ/キーボー ド 関係の問題を回避す る
には :
•
建物に 3 相 AC 電源があ る場合は、 サーバー と モニ タ ーが同 じ 相にな っ てい る こ と
を確認 し ます。 最良の結果を得 る には コ ン ピ ュ ー タ ー と モニ タ ーを同一回路に設定
し て く だ さ い。
致命的 と も な り 得 る 感電の危険お よ び装置破損の可能性を避け る ため、 以下の注意事項
を守っ て く だ さ い。
•
二本線の延長 コ ー ド は、 Avocent 製品を設定す る 際には使用 し ないで く だ さ い。
4
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
•
•
サーバー側 と モニ タ ー側の両方で、 AC コ ン セ ン ト の極性 と 接地が適切か ど う か を テ
ス ト し ます。
ワー ク ス テーシ ョ ン、 モニ タ ー と も 、 コ ンセ ン ト は必ずアース接続 さ れた状態で使
用 し て く だ さ い。 バ ッ ク ア ッ プ用の無停電電源装置 (UPS) を使用す る 際は、 ワー
ク ス テーシ ョ ン と 送信機を同 じ 供給源か ら 給電 し て く だ さ い。
注 : AC コ ン セ ン ト が主電源 と な り 、 機器を OFF にする場合は AC コ ン セ ン ト か ら コ ー ド を引き抜いて接続を
外 し ます。
5
章
イ ン スト ール
2
は じ めに
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーを イ ン ス ト ールす る前に、 以下の リ ス ト を参照 し て、
イ ン ス ト ールに必要なすべてのア イ テ ム が揃っ てい る こ と を確認 し て く だ さ い。
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーを イ ン ス ト ールするのに必要なア イ テム
•
受信機
•
送信機
•
受信機用の外部電源装置
•
IEC 電源 コ ー ド
•
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー ク イ ッ ク ・ イ ン ス ト ール ・ ガ イ ド
•
UTP ケーブル (付属 し てい ません)
•
三線シ リ アル ・ ケーブル ま たは ヌ ル ・ モデム ・ ケーブル (付属 し てい ません)
オプ シ ョ ン ・ ア イ テム
リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン に利用可能な USB ポー ト が 2 個ない場合に、 送信機に電
力を供給す る には :
•
電源装置 (詳細については弊社ま でお問い合せ く だ さ い)
VGA モニ タ ーを受信機に接続す る には :
•
DVI - VGA ア ダプ タ ー (付属 し てい ません)
VGA ビデオ出力を持つ リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン に送信機を接続す る には :
•
VGA - DVI-I ア ダプ タ ー (付属 し てい ません)
DVI-D ビデオ出力を持つ リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン に送信機を接続す る には :
•
DVI-D - DVI-I アダプ タ ー (付属 し てい ません)
設置オ プ シ ョ ン
受信機は、 設置プ レー ト ・ ア ク セサ リ ー (別売 り ) を使用 し て フ ラ ッ ト パネル ・ モニ
タ ーの背面に設置す る か、 ま たは弊社販売の設置キ ッ ト を使用 し て机に設置す る こ と が
で き ます。
6
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
イ ン ス ト ール ・ オ プ シ ョ ン
注意 : 感電または機器への損傷の リ ス ク を抑え る ため、 受信機の電源を コ ン セ ン ト か ら 抜いて接続を外 し て く
だ さ い。 ま た、 次の手順に説明 さ れてい る順序で リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン お よ び受信機を オ ン に し て く
だ さ い。
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーは、 ポ イ ン ト ツーポ イ ン ト 方式を使用す る か、 ま たは
ネ ッ ト ワー ク を介 し て イ ン ス ト ールす る こ と がで き ます。
ポ イ ン ト ツーポ イ ン ト ・ イ ン ス ト ール
次の手順を使用す る と 、 LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーを ポ イ ン ト ツーポ イ ン ト 構成
に イ ン ス ト ールす る こ と がで き ます。 ポ イ ン ト ツーポ イ ン ト 構成では、 送信機ま たは受
信機の管理者設定は不要です。 ただ し 、 ポ イ ン ト ツーポ イ ン ト 構成を選択 し た場合、 サ
ブネ ッ ト 上に イ ン ス ト ールで き る 送信機 と 受信機のペアは 1 つのみです。
送信機
受信機
リ モー ト ・ ワー ク ス
テーシ ョ ン
図 2.1 : ポ イ ン ト ツ ーポ イ ン ト ・ イ ン ス ト ール
送信機を接続する には :
リ モート ・ ワ ーク ス テーショ ン に送信機を 接続する 前に、 リ モート ・ ワ ーク ス テーショ ン
の解像度およ びリ フ レ ッ シュ ・ レ ート が LongView IP KVM エク ス テン ダー・ シス テム に
よ っ てサポート さ れている こ と を 確認し てく ださ い。 リ モート ・ ワ ーク ス テーショ ン の画
面解像度およ びリ フ レ ッ シュ ・ レ ート を 、 付録 A に記載さ れた受信機のビ デオ解像度に
従っ て設定し ま す。 サポート さ れていない設定の場合、 受信機に何も 表示さ れま せん。
注 : サポー ト 対象の解像度お よび リ フ レ ッ シ ュ ・ レ ー ト の最新情報については、 www.avocent.com を参照 し て
く だ さ い。
1.
リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン をオ フ に し ます。
2.
送信機には 2 個の USB コ ネ ク タ ーがあ り ます。 各 コ ネ ク タ ーを リ モー ト ・ ワー ク ス
テーシ ョ ン の該当す る USB ポー ト に接続 し ます。
3.
送信機のビデオ ・ コ ネ ク タ ーを、 ワー ク ス テーシ ョ ン の背面にあ る 、 該当 ラ ベルの
付いたポー ト に接続 し ます。
章 2 : イ ン ス ト ール
7
注 : VGA のみのワー ク ス テーシ ョ ンは、 VGA - DVI-I アダ プ タ ーを使用 し て送信機に接続する こ と がで き ます。
送信機のビデオ設定は、 シ リ アル • メ ニ ュ ーを使用 し て VGA に構成する必要があ り ます。 詳細については、 「ビ
デオ入力設定の構成」 (ページ 18) を参照 し て く だ さ い。
4.
送信機のオーデ ィ オお よ びマ イ ク ロ フ ォ ン ・ コ ネ ク タ ーを、 ワー ク ス テーシ ョ ン の
背面にあ る、 該当 ラ ベルの付いたポー ト に接続 し ます。
注 : CD 品質のオーデ ィ オの場合、 シ リ アル ・ メ ニ ュ ーを使用 し て送信機お よ び受信機を構成する必要があ り
ます。 詳細については、 「オーデ ィ オ ・ パ フ ォ ーマ ン スの設定」 (ページ 27) を参照 し て く だ さ い。
5.
UTP ケーブルの一方の端を送信機の RJ-45 コ ネ ク タ ーに接続 し ます。
6.
ワー ク ス テーシ ョ ン を オンに し ます。
7.
UTP ケーブルの も う 一方の端を受信機用に選択 し た場所に配線 し ます。 必要に応 じ
て、 UTP ケーブルを分岐点ま たはハブ を経由 し て延長す る こ と がで き ます (通常の
イ ーサネ ッ ト のケーブル接続方法に従い ます)。
送信機は、 リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ンの 2 つの USB ポー ト か ら 電力を得ます。 1 つ
の USB ポー ト だけでは、 送信機をオ ン にす る には不十分です。 リ モー ト ・ ワー ク ス テー
シ ョ ン に USB ポー ト が 1 個 し かない場合は、 送信機用の外部電源装置を弊社にご注文い
ただ く 必要があ り ます。
受信機
マイ クロフ ォン
スピーカー
外部電源装置
シ リ アル
PS/2
リ モー ト ・ ワー ク
ス テーシ ョ ン
USB で接続 さ れた
ロー カル周辺機器
送信機
図 2.2 : 受信機お よ び送信機の イ ン ス ト ール
8
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
電源の接続
受信機を接続する には :
1.
キーボー ド 、 モニ タ ー、 マ ウ ス な ど の周辺機器のケーブルを、 受信機の背面にあ る 、
該当 ラ ベルの付いたポー ト に接続 し ます。
2.
送信機か ら 延びてい る UTP ケーブルを受信機の背面にあ る RJ-45 ポー ト に接続 し
ます。
注 : 弊社が提供する電源装置のみを使用 し て く だ さ い。
3.
受信機の電源装置にあ る 2.5 mm コ ネ ク タ ーの一方の端を受信機にあ る DC 電源
ジ ャ ッ ク に接続 し ます。 も う 一方の端を適切な電源に接続 し ます。
4.
受信機をオ ン に し ます。 リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン と の接続が確立 さ れます。
注 : VGA モ ニ タ ーは、 DVI-I - VGA ア ダ プ タ ー を使用 し て受信機に接続す る こ と がで き ます。
ネ ッ ト ワー ク ・ イ ン ス ト ール
次の手順を使用す る と 、 LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーを ネ ッ ト ワー ク 構成に イ ン ス
ト ールす る こ と がで き ます。 こ の イ ン ス ト ールでは、 同 じ イ ーサネ ッ ト ・ ネ ッ ト ワー ク
を介 し て複数の送信機お よ び受信機を接続す る こ と がで き ます。 こ の場合、 各ユニ ッ ト
が固有の IP ア ド レ ス で構成 さ れてい る こ と が重要です。
送信機お よ び受信機は、 単一のサブネ ッ ト で使用す る よ う に構成す る こ と も 、 複数の
ルー タ ーを経由 し て使用す る よ う に構成す る こ と も で き ます。 ただ し 、 ルー タ ーを使用
す る と 終端間の遅延が多少増加 し 、 アプ リ ケーシ ョ ン に よ っ ては こ れを許容で き ない可
能性があ り ます。
送信機
IP ネッ ト ワーク
受信機
UTP ケーブル
リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン
図 2.3 : ネ ッ ト ワー ク ・ イ ン ス ト ール
章 2 : イ ン ス ト ール
9
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーは、 工場のデフ ォ ル ト ・ ネ ッ ト ワー ク 設定であ ら か じ
め構成 さ れてい ます。 同 じ サブネ ッ ト 上に複数のエ ク ス テ ン ダーを イ ン ス ト ールす る 場
合、 シ リ アル ・ ポー ト を介 し て各エ ク ス テ ン ダーに固有の IP ア ド レ ス を割 り 当て る 必要
があ り ます。
表 2.1 : デ フ ォ ル ト のネ ッ ト ワー ク 設定
コ ン ポーネ ン ト
IP ア ド レ ス
種類
デフ ォル ト ・
ゲー ト ウ ェ イ
サブ ネ ッ ト ・ マ ス ク
受信機
192.168.13.1
静的
0.0.0.0
255.255.255.0
送信機
192.168.13.2
静的
0.0.0.0
255.255.255.0
ネ ッ ト ワー ク上に LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーを イ ン ス ト ールする には :
1.
送信機を リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン に接続 し ます (前述の 「ポ イ ン ト ツーポ イ
ン ト ・ イ ン ス ト ール」 (ページ 6) を参照)。 UTP ケーブルの一方の端を送信機の RJ45 コ ネ ク タ ーに、 も う 一方の端を イ ーサネ ッ ト ・ ネ ッ ト ワー ク に接続 し ます。
2.
受信機を周辺機器に接続 し ます (前述の 「ポ イ ン ト ツーポ イ ン ト ・ イ ン ス ト ール」
(ページ 6) を参照)。 長い UTP ケーブルを使用 し て、 受信機の背面にあ る RJ-45 コ
ネ ク タ ーを介 し 受信機を イ ーサネ ッ ト ・ ネ ッ ト ワー ク に接続 し ます。
3.
受信機を オン に し ます。
4.
シ リ アル ・ メ ニ ューを使用 し て まず送信機の、 次に受信機のネ ッ ト ワー ク 設定を再
構成 し ます。 詳細については 「ネ ッ ト ワー ク 設定の構成」 (ページ 13) を参照 し て く
だ さ い。
注 : 受信機 と 送信機を異な るサブ ネ ッ ト 上に配置する場合は、 受信機 と 送信機のネ ッ ト ワー ク 設定を構成 し て
か ら ネ ッ ト ワー ク に接続 し ます。 サブ ネ ッ ト 上で既に動作 し てい る送信機 と 受信機のペアがあ る場合は、 新 し
い送信機 と 受信機のペアのネ ッ ト ワー ク 設定を構成 し てか ら ネ ッ ト ワー ク に接続 し ます。
5.
ネ ッ ト ワー ク 上に イ ン ス ト ールする 送信機 と 受信機の各ペアに対 し て こ の手順を繰
り 返 し ます。
10
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
11
章
3
操作
概要
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーを介 し た リ モー ト ・ ワ ー ク ス テーシ ョ ンの操作は、
ワー ク ス テーシ ョ ン に直接接続 し ての作業 と 変わ り ません。 受信機を オン にす る と 、
自動的に ワー ク ス テーシ ョ ン と の接続が確立 し ます。
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーのデフ ォ ル ト の設定はほ と ん ど のシ ス テ ム で機能 し ま
すが、 シ ス テ ムに合わせて設定を変更する こ と がで き ます。 シ リ アル ・ メ ニ ュ ーか ら 、
内部設定を変更 し た り 、 LongView KVM IP エ ク ス テ ン ダーを ア ッ プグ レー ド し た り す る
こ と がで き ます。
LED の識別
フ ロ ン ト ・ パネル
受信機の フ ロ ン ト ・ パネルには、 青色の LED が 2 個あ り ます。 PWR LED は、 受信機が
オ ン にな る と 点灯 し ます。 ACTIVE LED は、 受信機が送信機 と 接続を確立す る ま では、
ゆ っ く り と 点滅 し ます。 受信機 と 送信機の間で接続が確立す る と 、 ACTIVE LED は点滅
か ら 点灯に変わ り ます。
リ ア ・ パネル
受信機 と 送信機の背面には、 RJ-45 コ ネ ク タ ーに LED が 2 個付いてい ます。 次の表は、
それぞれの動作を示 し た も のです。
表 3.1 : RJ-45 コ ネ ク タ ーの LED
LED
表示
意味
LED 1
緑色の点灯
1 Gbps での リ ン ク
緑色の点滅
100 Mbps での リ ン ク
緑色の消灯
リンクなし
黄色の点灯
リ ン ク 中で ア ク テ ィ ビ テ ィ な し
黄色の点滅
ア ク テ ィ ビ テ ィ の送受信中
LED 2
12
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
シ ス テムへのア ク セス
受信機がオン にな る と 、 受信機は リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン と の接続を開始 し ます。
注 : リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ンがオ フ にな っ てい る場合、 受信機は接続を確立で き ません。
シ リ アル ・ メ ニ ュ ー
受信機のシ リ アル ・ メ ニ ュ ーか ら は、 以下の操作を実行で き ます :
•
受信機 と 送信機のネ ッ ト ワー ク 設定の構成
•
パ ス ワー ド の設定ま たは変更
•
受信機 と 送信機の フ ァ ーム ウ ェ アのア ッ プグ レー ド
•
工場デフ ォ ル ト 設定への リ セ ッ ト
•
セ ッ シ ョ ン の タ イ ム ア ウ ト 値の設定
•
オーデ ィ オ ・ パフ ォ ーマ ン ス設定の変更
シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セス
シ リ アル ・ メ ニ ューには、 受信機背面にあ る シ リ アル ・ ポー ト か ら ア ク セ ス で き ます。
すべてのタ ーミ ナル・ コ マン ド は、 タ ー ミ ナル・ エミ ュ レ ーショ ン ・ ソ フ ト ウ ェ アを 実
行し ている タ ーミ ナルま たは PC を 介し て実行さ れま す。 デフ ォ ル ト では、 受信機か ら
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーにア ク セ スす る には、 2 つのパ ス ワー ド が必要です。
1 つは受信機のパ ス ワー ド で、 も う 1 つは送信機のパ ス ワ ー ド です。 両方 と も 、 デフ ォ
ル ト のパ ス ワー ド は password です。 デフ ォ ル ト のパ ス ワー ド の変更方法については、
「認証」 (ページ 20) を参照 し て く だ さ い。
シ リ アル ・ メ ニ ュ ーにア ク セスする ために必要なア イ テム
•
シ リ アル ・ ポー ト を備え たネ ッ ト ワー ク 接続 さ れてい る ワ ー ク ス テーシ ョ ン
•
•
ヌ ル ・ モデム ・ シ リ アル ・ ケーブル (オ ス DB-9) ま たは 3 線シ リ アル ・ ケーブル
タ ー ミ ナル ・ エ ミ ュ レーシ ョ ン ・ ソ フ ト ウ ェ ア
シ リ アル ・ メ ニ ュ ーにア ク セスする には :
1.
シ リ アル ・ ケーブルの一端を受信機背面にあ る シ リ アル ・ ポー ト に接続 し ます。
2.
3.
シ リ アル ・ ケーブルの他端を PC のシ リ アル ・ ポー ト に接続 し ます。
タ ー ミ ナル ・ エ ミ ュ レーシ ョ ン ・ ソ フ ト ウ ェ ア を起動 し ます。 Com1 プ ロ パテ ィ ・ メ
ニ ューが表示 さ れ ます。
タ ー ミ ナルのセ ッ シ ョ ン を、 57600 bps、 8 デー タ ・ ビ ッ ト 、 パ リ テ ィ な し 、 1 ス ト ッ
プ ・ ビ ッ ト 、 フ ロ ー ・ コ ン ト ロ ールな し に構成 し ます。 OK を ク リ ッ ク し ます。
4.
注 : ソ フ ト ウ ェ ア (XON/XOFF) フ ロー ・ コ ン ト ロールはサポー ト さ れてい ますが、 XMODEM を使用する場合
は、 使用 し ないで く だ さ い。
章 3 : 操作
13
図 3.1 : Com1 プ ロパテ ィ ・ メ ニ ュ ー
5.
6.
7.
Enter キーを押す と 、 シ リ アル ・ メ ニ ュ ーが表示 さ れます。 アプ ラ イ ア ン ス選択 メ
ニ ューが表示 さ れ ます。
1 を入力す る と 受信機 メ ニ ューに入 り 、 2 を入力す る と 送信機 メ ニ ュ ーに入 り ます。
パ ス ワー ド の入力を求め ら れ ます。
パ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。
注 : 受信機に接続 さ れてい る送信機がない場合、 エ ラ ー ・ メ ッ セージが表示 さ れ、 ア プ ラ イ ア ン ス選択 メ
ニ ュ ーに戻 り ます。
シ リ アル ・ メ ニ ュ ーの操作
シ リ アル ・ メ ニ ューの操作では、 選択する オプシ ョ ン に対応す る 番号ま たは文字を入力
し てか ら 、 Enter キーを押 し ます。 メ ニ ュ ーや画面を終了 し て変更 し た構成内容を確認
す る には、 0 (ゼ ロ ) を入力 し て Enter キーを押 し ます。
ネ ッ ト ワー ク 設定の構成
注 : 受信機のネ ッ ト ワー ク 設定を構成する前に、 送信機のネ ッ ト ワー ク 設定を構成する こ と を お勧め し ます。
サポー ト さ れてい る IP ア ド レ スの指定方法は、 静的ア ド レ ス指定だけです。
14
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
送信機のネ ッ ト ワー ク設定を構成する には :
1.
2.
3.
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
オプシ ョ ン 2 を選択 し て送信機 メ ニ ュ ーにア ク セ ス し 、 Enter キーを押 し ます。 パ
ス ワー ド ・ オプシ ョ ン を有効に し てい る 場合は、 パ ス ワー ド を求め ら れます。
パ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 送信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ーが表示 さ れ
ます。
図 3.2 : 送信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ー
注 : 送信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ーのア プ ラ イ ア ン スの リ セ ッ ト ・ オプ シ ョ ンは、 ネ ッ ト ワー ク 設定だけに適用 さ れ
ます。
4.
5.
1 を押 し てネ ッ ト ワ ー ク の構成オプシ ョ ン を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 ネ ッ ト
ワー ク 構成 メ ニ ューが表示 さ れ ます。
1 を押 し て送信機のネ ッ ト ワー ク 構成オプシ ョ ン を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。
送信機ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ーが表示 さ れます。
図 3.3 : 送信機ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ー
6.
1 を押 し て送信機の IP ア ド レ ス ・ オプシ ョ ン を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 有
効な IP ア ド レ ス を入力 し ます。 Enter キーを押 し て、 送信機ネ ッ ト ワー ク 構成 メ
ニ ューに戻 り ます。
章 3 : 操作
15
7.
8.
同様に し て、 ネ ッ ト ワー ク と デフ ォ ル ト ・ ネ ッ ト ワ ー ク を構成 し ます。
0 (ゼ ロ ) を入力 し てか ら Enter キーを押 し て、 ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ューに戻 り ま
す。 入力に誤 り があ っ てネ ッ ト ワー ク 設定の変更を保存 し た く ない場合は、 C を入
力 し て Enter キーを押 し ます。
9. 変更内容を確認 し てその設定を適用す る には、 0 (ゼ ロ ) を入力 し て Enter キーを押
し ます。
10. 「Connection to the transmitter is lost (送信機 と の接続が切断 さ れま し た)」 と い う シ ス
テ ム ・ メ ッ セージが表示 さ れ ます。 次に、 自動的にアプ ラ イ ア ン ス選択 メ ニ ュ ー画
面に戻 り ます。
11. オプシ ョ ン 1 を選択 し て、 受信機 メ ニ ュ ーにア ク セ ス し ます。 パ ス ワー ド ・ オプ
シ ョ ン を有効に し てい る場合は、 パ ス ワー ド を求め ら れます。
12. パ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 受信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ーが表示 さ れ
ます。
図 3.4 : 受信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ー
13. 1 を押 し てネ ッ ト ワー ク の構成オプシ ョ ン を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 ネ ッ
ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ーが表示 さ れます。
14. 1 を押 し て送信機の IP 構成オプシ ョ ン を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 送信機 IP
構成 メ ニ ューが表示 さ れ ます。 メ ニ ュ ー ・ オプシ ョ ン 1 の横に、 送信機の古い IP ア
ド レ ス が表示 さ れ ます。
図 3.5 : 受信機の送信機構成 メ ニ ュ ー
16
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
15. 1 を押 し て送信機の IP ア ド レ ス を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 送信機の新 し い
IP ア ド レ ス を入力 し ます。 Enter キーを押 し て、 送信機 IP 構成 メ ニ ュ ーに戻 り ま
す。
16. 0 (ゼ ロ ) を入力 し てか ら Enter キーを押 し て、 ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ューに戻 り
ます。
17. 入力に誤 り があ っ てネ ッ ト ワー ク 設定の変更を保存 し た く ない場合は、 C を入力 し
て Enter キーを押 し ます。
18. 変更内容を確認 し てその設定を適用す る には、 0 (ゼ ロ ) を入力 し て Enter キーを押
し ます。
19. 受信機は自動的に リ セ ッ ト さ れ、 新 し いネ ッ ト ワー ク 構成が適用 さ れます。 次に、
自動的にアプ ラ イ ア ン ス選択 メ ニ ュ ー画面に戻 り ます。 送信機への接続は、 自動的
に復元 さ れ ます。
受信機のネ ッ ト ワー ク設定を構成する には :
1.
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
2.
1 を押 し て受信機 メ ニ ューにア ク セ ス し 、 Enter キーを押 し ます。 パ ス ワー ド ・ オプ
シ ョ ン を有効に し てい る場合は、 パ ス ワー ド を求め ら れます。 「認証」 (ページ 20)
を参照 し て く だ さ い。
パ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 受信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ーが表示 さ れ
ます。
3.
図 3.6 : 受信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ー
章 3 : 操作
4.
17
1 を押 し てネ ッ ト ワ ー ク の構成を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 ネ ッ ト ワー ク 構成
メ ニ ュ ーが表示 さ れ ます。
図 3.7 : ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ー
5.
1 を押 し て受信機のネ ッ ト ワー ク 構成を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 受信機ネ ッ
ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ーが表示 さ れ、 現在のネ ッ ト ワ ー ク 設定が表示 さ れます。
図 3.8 : 受信機ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ー
注 : 受信機ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ーの リ セ ッ ト ・ オ プ シ ョ ンは、 ネ ッ ト ワー ク 設定だけに適用 さ れます。
1 を押 し て受信機の IP ア ド レ ス を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。
有効な IP ア ド レ ス を入力 し ます。 Enter キーを押 し て、 受信機ネ ッ ト ワ ー ク 構成 メ
ニ ューに戻 り ます。
8. 2 を押 し て受信機のネ ッ ト マ ス ク を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。
9. 有効な受信機のネ ッ ト マ ス ク を入力 し ます。 Enter キーを押 し て、 受信機ネ ッ ト
ワー ク 構成 メ ニ ューに戻 り ます。
10. 3 を押 し て受信機のデフ ォ ル ト ・ ゲー ト ウ ェ イ を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。
11. 有効な受信機のデフ ォ ル ト ・ ゲー ト ウ ェ イ を入力 し ます。 Enter キーを押 し て、 受
信機ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ーに戻 り ます。
6.
7.
18
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
12. 0 (ゼ ロ ) を入力 し てか ら Enter キーを押 し て、 ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ューに戻 り
ます。
13. 入力に誤 り があ っ てネ ッ ト ワー ク 設定の変更を保存 し た く ない場合は、 C を入力 し
て Enter キーを押 し ます。
14. 変更内容を確認 し てその設定を適用す る には、 0 (ゼ ロ ) を入力 し て Enter キーを押
し ます。
注 : ネ ッ ト ワー ク 構成の変更内容は、 ネ ッ ト ワー ク 構成 メ ニ ュ ーを終了 し た後に適用 さ れます。
15. 受信機は自動的に リ セ ッ ト さ れ、 新 し いネ ッ ト ワー ク 構成が適用 さ れます。 リ セ ッ
ト 中は、 受信機は送信機 と の接続を解除 し ます。 次に、 自動的にアプ ラ イ ア ン ス選
択 メ ニ ュ ーに戻 り ます。 接続は自動的に復元 さ れます。
ビデオ入力設定の構成
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー ・ シ ス テ ムは、 リ モー ト ・ ワ ー ク ス テーシ ョ ン か ら モ
ニ タ ーへ、 デジ タ ル ・ ビデオ (DVI) ま たはアナ ロ グ ・ ビデオ (VGA) を送信す る こ と がで
き ます。 シ ス テ ム が適切な ビデオ信号をモニ タ ーに送信で き る よ う にす る には、 まず送
信機のビデオ入力設定を構成す る 必要があ り ます。
注 : ビデオ入力設定が正 し く 構成 さ れていない と 、 ビデオやデ ィ ス プ レ イ で問題が発生する可能性があ り ます。
ビ デオ入力設定を構成する には :
1.
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
2.
オプシ ョ ン 2 を選択 し て送信機 メ ニ ューにア ク セ ス し 、 Enter キーを押 し ます。 パ
ス ワー ド ・ オプシ ョ ン を有効に し てい る 場合は、 パ ス ワー ド を求め ら れます。 「認
証」 (ページ 20) を参照 し て く だ さ い。
パ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 送信機 メ イ ン ・ メ ニ ューが表示 さ
れます。
7 を押し て コ ン ソ ールの設定を選択し 、 Enter キーを押し ます。 コ ン ソ ール設定 メ
ニ ューが表示 さ れます。 タ ーゲ ッ ト ・ ビデオ ・ オプシ ョ ンの横に、 現在のビデオ入力
設定が表示 さ れます。
3.
4.
図 3.9 : 送信機 コ ン ソ ール設定 メ ニ ュ ー
章 3 : 操作
5.
19
1 を押 し て タ ーゲ ッ ト ・ ビデオ を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 タ ーゲ ッ ト ・ ビデ
オ ・ メ ニ ューが表示 さ れます。
図 3.10 : 送信機 タ ーゲ ッ ト ・ ビデオ ・ メ ニ ュ ー
6.
7.
8.
DVI と VGA を切 り 替え る には、 1 を押 し て タ ーゲ ッ ト ・ ビデオ - DVI/VGA オプシ ョ
ン を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。
メ ニ ュ ー ・ オプシ ョ ン 1 の横に、 更新 さ れた設定が表示 さ れます。
変更内容を保存 し て メ ニ ュ ーを終了す る には、 0 (ゼ ロ ) を入力 し て Enter キーを押
し ます。 ユニ ッ ト は、 Enter キーを押 し た後に リ セ ッ ト さ れ ます。
送信機の IP ア ド レ スの検出
送信機の IP ア ド レ ス を忘れた場合、 シ リ アル ・ メ ニ ューを使っ て受信機に接続 さ れてい
る送信機の IP ア ド レ ス を検出す る こ と がで き ます。
接続 さ れている送信機の IP ア ド レ ス を検出する には :
1.
送信機が接続 さ れてい る リ モー ト ・ ワ ー ク ス テーシ ョ ン を オ フ に し ます。
注 : 送信機が外部電源を使用 し てい る場合は、 送信機を外部電源か ら 取 り 外 し て く だ さ い。
2.
3.
4.
5.
6.
1 を押 し て受信機 メ ニ ューを選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 パ ス ワー ド ・ オプシ ョ
ン を有効に し てい る 場合は、 パ ス ワー ド を求め ら れ ます。 「認証」 (ページ 20) を参
照 し て く だ さ い。
パ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 受信機 メ イ ン ・ メ ニ ューが表示 さ
れます。
1 を押 し てネ ッ ト ワ ー ク の構成を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 ネ ッ ト ワー ク 構成
メ ニ ュ ーが表示 さ れ ます。
2 を押 し て送信機の IP 構成を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 送信機 IP 構成 メ
ニ ューが表示 さ れます。 メ ニ ュ ー ・ オプシ ョ ン 1 の横に、 送信機の古い IP ア ド レ ス
が表示 さ れ ます。
3 を押 し て送信機ア ド レ ス の検出を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 「Connect the
transmitter and the receiver, then power up the transmitter (送信機 と 受信機を接続 し て、
送信機の電源を入れて く だ さ い)」 と い う メ ッ セージが表示 さ れます。
20
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
7.
8.
送信機を オン に し ます。
受信機が、 接続 さ れてい る 送信機の IP ア ド レ ス を検出 し ます。 送信機 IP 構成 メ
ニ ューが更新 さ れ、 メ ニ ュ ー ・ オプシ ョ ン 1 の横に、 接続 さ れてい る送信機の現在
の IP ア ド レ ス が表示 さ れ ます。
注 : 接続 さ れてい る送信機の検出 さ れた IP ア ド レ スは、 自動的には保存 さ れません。 検出 さ れた IP ア ド レ ス
は、 送信機 IP 構成 メ ニ ュ ーか ら 送信機の IP ア ド レ ス を選択 し て、 手動で入力する必要があ り ます。
認証
シ リ アル ・ メ ニ ューを介 し て LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーにア ク セ スす る には、 2
つのパ ス ワー ド が必要です。 1 つは受信機を制御す る シ リ アル ・ メ ニ ュ ーにア ク セ スす
る ためのパ ス ワー ド です。 も う 1 つは、 送信機を制御す る シ リ アル ・ メ ニ ューにア ク セ
スす る ためのパ ス ワー ド です。 両方 と も 、 デフ ォ ル ト のパ ス ワー ド は password です。
受信機の認証
受信機のパ ス ワー ド 設定は、 シ リ アル ・ メ ニ ュ ーの受信機セ キ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュー を
使っ て変更で き ます。
受信機セキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ーにア ク セスする には :
1.
2.
3.
4.
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
オプシ ョ ン 1 を選択 し て、 受信機 メ ニ ュ ーにア ク セ ス し ます。 パ ス ワー ド ・ オプ
シ ョ ン を有効に し てい る場合は、 パ ス ワー ド を求め ら れます。 「認証」 (ページ 20)
を参照 し て く だ さ い。
パ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 受信機 メ イ ン ・ メ ニ ューが表示 さ
れます。
セキ ュ リ テ ィ の構成を選択 し ます。 セキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ーが表示 さ れます。
図 3.11 : 受信機セキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ー
章 3 : 操作
21
受信機のパスワー ド を無効または有効にする には :
1.
1 を押 し てセキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ーの コ ン ソ ール ・ パ ス ワ ー ド を選択 し 、 Enter
キーを押 し ます。 パ ス ワー ド が有効にな っ ていた場合、 こ の操作に よ っ てパ ス ワー
ド が無効にな り ます。
2.
3.
パ ス ワー ド が無効にな っ ていた場合、 パ ス ワ ー ド を入力す る よ う に求め ら れます。
新 し いパ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。
注 : パスワー ド は、 6 ~ 64 文字の ASCII 文字であ る必要があ り ます。
4.
5.
6.
確認のため、 新 し いパ ス ワー ド を も う 一度入力 し ます。 正 し く 入力す る と 、 パ ス
ワー ド が変更 さ れ ま し た と い う メ ッ セージが表示 さ れます。
Enter キーを押 し ます。
変更内容を保存 し て メ ニ ュ ーを終了す る には、 0 (ゼ ロ ) を入力 し て Enter キーを押
し ます。
受信機のパスワー ド を変更する には :
1.
2 を押 し てセキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ーの コ ン ソ ール ・ パ ス ワ ー ド の変更を選択 し 、
Enter キーを押 し ます。 現在のパ ス ワー ド を入力す る よ う に求め ら れます。
2.
現在のパ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 新 し いパ ス ワー ド を入力す
る よ う に求め ら れ ます。
新 し いパ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。
3.
注 : パスワー ド は、 6 ~ 64 文字の ASCII 文字であ る必要があ り ます。
4.
5.
6.
確認のため、 新 し いパ ス ワー ド を も う 一度入力 し ます。 正 し く 入力す る と 、 パ ス
ワー ド が変更 さ れ ま し た と い う メ ッ セージが表示 さ れます。
Enter キーを押 し ます。
変更内容を保存 し て メ ニ ュ ーを終了す る には、 0 (ゼ ロ ) を入力 し て Enter キーを押
し ます。
受信機または送信機のパスワー ド を リ セ ッ ト する には :
受信機ま たは送信機のパ ス ワー ド が分か ら な く な っ た場合、 弊社テ ク ニ カル ・ サポー ト
に連絡 し て、 シ ス テ ム をデフ ォ ル ト のパ ス ワ ー ド に リ セ ッ ト す る こ と がで き ます。
1.
シ リ アル ・ メ ニ ューにア ク セ ス し ます (12 ページの 「シ リ アル ・ メ ニ ューへのア ク
セ ス」 を参照)。
2.
オプシ ョ ン 1 を選択 し て受信機 メ ニ ューにア ク セ スする か、 オプシ ョ ン 2 を選択 し
て送信機 メ ニ ュ ーにア ク セ ス し て、 Enter キーを押 し ます。
現在のパ ス ワー ド を入力す る よ う に求め ら れます。 ?????? (6 つの疑問符) を入力 し
て、 Enter キーを押 し ます。 シ リ アル ・ メ ニ ュ ーで も キーを入力す る よ う に求め ら
れます。
弊社テ ク ニ カル ・ サポー ト に連絡 し て、 キーを取得 し ます。 テ ク ニ カル ・ サポー ト
の担当者は、 16 文字の 16 進 コ ー ド を質問 し ます。 シ リ アル ・ メ ニ ューに表示 さ れて
い る コ ー ド を正確に伝え ます。 担当者か ら 新 し い 16 文字の 16 進 コ ー ド を教え ら れ
ます。
3.
4.
22
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
5.
6.
シ リ アル ・ メ ニ ューで、 キー と し て弊社テ ク ニ カル ・ サポー ト か ら 取得 し た 16 文字
の 16 進 コ ー ド を入力 し ます。 Enter キーを押 し ます。
こ れで、 デフ ォ ル ト のパ ス ワー ド が有効にな り ます。
送信機の認証
送信機のパ ス ワー ド 設定は、 シ リ アル ・ メ ニ ュ ーか ら 送信機セキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ー
を使っ て変更で き ます。
送信機セキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ーにア ク セスする には :
1.
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
2.
オプシ ョ ン 2 を選択 し て送信機 メ ニ ューにア ク セ ス し 、 Enter キーを押 し ます。 パ
ス ワー ド ・ オプシ ョ ン を有効に し てい る 場合は、 パ ス ワー ド を求め ら れます。 「認
証」 (ページ 20) を参照 し て く だ さ い。
パ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 送信機 メ イ ン ・ メ ニ ューが表示 さ
れます。
2 を押 し てセキ ュ リ テ ィ の構成を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 セキ ュ リ テ ィ 構成
メ ニ ュ ーが表示 さ れ ます。
3.
4.
図 3.12 : 送信機セキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ー
送信機のパスワー ド を無効または有効にする には :
1.
1 を押 し てセキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ーの コ ン ソ ール ・ パ ス ワ ー ド を選択 し 、 Enter
キーを押 し ます。 パ ス ワー ド が有効にな っ ていた場合、 こ の操作に よ っ てパ ス ワー
ド が無効にな り ます。
2.
3.
パ ス ワー ド が無効にな っ ていた場合、 パ ス ワ ー ド を入力す る よ う に求め ら れます。
新 し いパ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。
注 : パスワー ド は、 6 ~ 64 文字の ASCII 文字であ る必要があ り ます。
4.
5.
確認のため、 新 し いパ ス ワー ド を も う 一度入力 し ます。 正 し く 入力す る と 、 パ ス
ワー ド が変更 さ れ ま し た と い う メ ッ セージが表示 さ れます。
Enter キーを押 し ます。
章 3 : 操作
6.
23
変更内容を保存 し て メ ニ ュ ーを終了す る には、 0 (ゼ ロ ) を入力 し て Enter キーを押
し ます。
送信機のパスワー ド を変更する には :
1.
2.
3.
2 を押 し てセキ ュ リ テ ィ 構成 メ ニ ュ ーの コ ン ソ ール ・ パ ス ワ ー ド の変更を選択 し 、
Enter キーを押 し ます。 現在のパ ス ワー ド を入力す る よ う に求め ら れます。
現在のパ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 新 し いパ ス ワー ド を入力す
る よ う に求め ら れ ます。
新 し いパ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。
注 : パスワー ド は、 6 ~ 64 文字の ASCII 文字であ る必要があ り ます。
4.
5.
6.
確認のため、 新 し いパ ス ワー ド を も う 一度入力 し ます。 正 し く 入力す る と 、 パ ス
ワー ド が変更 さ れ ま し た と い う メ ッ セージが表示 さ れます。
Enter キーを押 し ます。
新 し いパ ス ワー ド を確認 し て画面を終了す る には、 0 (ゼ ロ ) を入力 し て Enter キー
を押 し ます。
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーの Flash ア ッ プグ レ ー ド
注 : 受信機の Flash ア ッ プ グ レ ー ド を行 う 前に、 送信機の Flash ア ッ プグ レ ー ド を行 う こ と を お勧め し ます。
受信機 と 送信機は、 XMODEM ま たは HTTP を使用 し て Flash ア ッ プグ レー ド す る こ と が
で き ます。 受信機 と 送信機は、 弊社が提供す る それぞれのア ッ プグ レー ド ・ フ ァ イ ルを
使っ て、 別々にア ッ プグ レー ド さ れ ます。 シ ス テ ム の最適な性能を確保で き る よ う に、
フ ァ ーム ウ ェ アは常に最新バージ ョ ン の も の を使用 し て く だ さ い。
注 : XMODEM を使用する場合は、 ソ フ ト ウ ェ ア (XON/XOFF) フ ロー ・ コ ン ト ロールを使用 し ないで く だ さ い。
XMODEM を使用 し て送信機または受信機を Flash ア ッ プグ レ ー ド する には :
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
弊社か ら 送信機のア ッ プグ レー ド ・ フ ァ イ ルを ダ ウ ン ロ ー ド し ます。
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
オプシ ョ ン 1 を選択 し て受信機 メ ニ ューにア ク セ スする か、 オプシ ョ ン 2 を選択 し
て送信機 メ ニ ュ ーにア ク セ ス し ます。 パ ス ワ ー ド ・ オプシ ョ ン を有効に し てい る 場
合は、 パ ス ワー ド を求め ら れ ます。
パ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 送信機 メ イ ン ・ メ ニ ューが表示 さ
れます。
3 を押 し て フ ァ ーム ウ ェ アの管理を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 フ ァ ーム ウ ェ ア
管理 メ ニ ューが表示 さ れ ます。
XMODEM か ら Flash ア ッ プグ レー ド ・ オプシ ョ ン を選択 し て、 Enter キーを押 し
ます。
ア ッ プグ レー ド ・ フ ァ イ ルの場所を指定 し て、 フ ァ イ ル転送を開始 し ます。
24
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
8.
転送が完了す る と 、 「Firmware update successful. Resetting Appliance... (フ ァ ーム ウ ェ
アの更新が成功 し ま し た。 アプ ラ イ ア ン ス を リ セ ッ ト し てい ます ...)」 と い う メ ッ
セージが表示 さ れ ます。 リ セ ッ ト 中は、 送信機は受信機 と の接続を解除 し ます。 2 番
目のシ ス テ ム ・ メ ッ セージ と し て、 「Connection to the transmitter is lost (送信機 と の接
続が失われま し た)」 と い う メ ッ セージが表示 さ れ ます。 次に、 自動的にアプ ラ イ ア
ン ス選択 メ ニ ュ ーに戻 り ます。
注 : ア ッ プ グ レ ー ド ・ フ ァ イルが無効であ る と 送信機ま たは受信機が判断 し た場合、 送信機はア ッ プ グ レ ー ド
を中止 し て、 今ま での フ ァ ームウ ェ ア ・ バージ ョ ンのま まに し ます。 次に、 ア ッ プグ レ ー ド が失敗 し た こ と を
示す メ ッ セージが表示 さ れます。
工場のデ フ ォ ル ト 設定の復元
シ リ アル ・ メ ニ ューを使用す る と 、 受信機 と 送信機の工場出荷時のデフ ォ ル ト 設定を簡
単に復元す る こ と がで き ます。 工場のデフ ォ ル ト 設定の全 リ ス ト については、 「工場デ
フ ォ ル ト 設定」 (ページ 33) を参照 し て く だ さ い。
注 : 工場のデ フ ォ ル ト 設定を復元する と 、 ネ ッ ト ワー ク 設定 も リ セ ッ ト さ れます。 工場のデ フ ォ ル ト 設定を復
元する前に、 ネ ッ ト ワー ク 上にあ る他のデバ イ ス と 競合が発生 し ないか評価 し て く だ さ い。
送信機または受信機の工場のデ フ ォル ト 設定を復元する には :
1.
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
2.
オプシ ョ ン 1 を選択 し て受信機 メ ニ ューにア ク セ スする か、 オプシ ョ ン 2 を選択 し
て送信機 メ ニ ュ ーにア ク セ ス し ます。 パ ス ワ ー ド ・ オプシ ョ ン を有効に し てい る 場
合は、 パ ス ワー ド を求め ら れ ます。
パ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。
4 を押 し て工場のデフ ォ ル ト の復元を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。
こ れで、 受信機が自動的に リ セ ッ ト さ れます。 次に、 自動的にアプ ラ イ ア ン ス選択
メ ニ ュ ーに戻 り ます。
リ セ ッ ト 中は、 受信機は送信機 と の接続を解除 し ます。 リ セ ッ ト が完了す る と 、 受
信機は新 し い設定を使用 し て送信機 と の接続を復元 し ます。
3.
4.
5.
6.
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーの リ セ ッ ト
受信機または送信機を リ セ ッ ト する には :
1.
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
2.
オプシ ョ ン 1 を選択 し て受信機 メ ニ ューにア ク セ スする か、 オプシ ョ ン 2 を選択 し
て送信機 メ ニ ュ ーにア ク セ ス し ます。 パ ス ワ ー ド ・ オプシ ョ ン を有効に し てい る 場
合は、 パ ス ワー ド を求め ら れ ます。
受信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ーが表示 さ れます。
5 を押 し て アプ ラ イ ア ン ス の リ セ ッ ト を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 アプ ラ イ ア
ン ス ・ リ セ ッ ト ・ メ ニ ューが表示 さ れ ます。
3.
4.
章 3 : 操作
25
図 3.13 : 受信機ア プ ラ イ ア ン ス ・ リ セ ッ ト ・ メ ニ ュ ー
5.
1 を押 し て受信機の リ セ ッ ト を選択 し 、 Enter キーを押 し て リ セ ッ ト を開始 し ます。
「Restting appliance (アプ ラ イ ア ン ス を リ セ ッ ト し てい ます)」 と い う メ ッ セージがシ
リ アル ・ メ ニ ュ ー上に表示 さ れ ます。 リ セ ッ ト 中は、 送信機への接続は解除 さ れま
す。 リ セ ッ ト が完了す る と 、 自動的にアプ ラ イ ア ン ス選択 メ ニ ュ ーに戻 り ます。 送
信機への接続は、 自動的に復元 さ れます。
送信機を リ セ ッ ト する には :
1.
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
2.
オプシ ョ ン 2 を選択 し て送信機 メ ニ ューにア ク セ ス し ます。 パ ス ワー ド ・ オプシ ョ
ン を有効に し てい る 場合は、 パ ス ワー ド を求め ら れ ます。 「認証」 (ページ 20) を参
照 し て く だ さ い。
送信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ーが表示 さ れます。
5 を押 し て アプ ラ イ ア ン ス の リ セ ッ ト を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 アプ ラ イ ア
ン ス ・ リ セ ッ ト ・ メ ニ ューが表示 さ れ ます。
1 を押 し て送信機の リ セ ッ ト を選択 し 、 Enter キーを押 し て リ セ ッ ト を開始 し ます。
「Restting appliance (アプ ラ イ ア ン ス を リ セ ッ ト し てい ます)」 と い う メ ッ セージがシ
リ アル ・ メ ニ ュ ー上に表示 さ れ ます。 リ セ ッ ト 中は、 送信機は受信機 と の接続を解
除 し ます。 2 番目のシ ス テ ム ・ メ ッ セージ と し て、 「Connection to the transmitter is lost
(送信機 と の接続が失われ ま し た)」 と い う メ ッ セージが表示 さ れます。 次に、 自動
的にアプ ラ イ ア ン ス選択 メ ニ ュ ーに戻 り ます。 接続は自動的に復元 さ れ ます。
3.
4.
5.
シ ス テム情報の表示
シ リ アル ・ メ ニ ューを使用す る と 、 受信機 と 送信機のフ ァ ーム ウ ェ アの リ リ ースや詳細
情報を表示す る こ と がで き ます。
シ ス テム情報を表示する には :
1.
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
26
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
2.
3.
4.
オプシ ョ ン 1 を選択 し て受信機 メ ニ ュ ーにア ク セ スす る か、 オプシ ョ ン 2 を選択 し て送信機 メ
ニ ュ ーにア ク セ ス し ます。 パ ス ワ ー ド ・ オプシ ョ ン を有効に し てい る 場合は、 パ ス ワ ー ド を求
め ら れます。
パ ス ワ ー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 受信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ーが表示 さ れます。
6 を押 し てアプ ラ イ ア ン ス の情報を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 アプ ラ イ ア ン ス情報 メ
ニ ュ ーが表示 さ れます。
アプ ラ イ ア ン ス情報 メ ニ ュ ーには、 受信機名、 EID 番号、 リ リ ース ・ バージ ョ ン、 アプ
リ ケーシ ョ ン、 ブー ト お よ び FPGA フ ァ ーム ウ ェ アのバージ ョ ン番号、 製造部品番号な
ど の情報が表示 さ れ ます。 すべての値は読み取 り 専用です。
セ ッ シ ョ ン再試行の設定
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーは、 受信機 と リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン間の接続
を自動的に確立す る よ う に設計 さ れてい ます。 デフ ォ ル ト では、 受信機が リ モー ト ・
ワー ク ス テーシ ョ ン と す ぐ に接続を確立で き ない場合、 受信機は接続が正常に確立 さ れ
る ま で、 1 秒間に 1 回再試行を実行 し ます。 シ リ アル ・ メ ニ ューを使用 し て、 こ のセ ッ
シ ョ ン再試行のデフ ォ ル ト の設定を変更す る こ と がで き ます。
セ ッ シ ョ ン再試行 メ ニ ュ ーにア ク セスする には :
1.
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
2.
オプシ ョ ン 1 を選択 し て受信機 メ ニ ューにア ク セ ス し 、 必要に応 じ てパ ス ワー ド を
入力 し ます。 受信機 メ イ ン ・ メ ニ ュ ーが表示 さ れます。
8 を押 し て コ ン ソ ールの設定を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 コ ン ソ ール設定 メ
ニ ューが表示 さ れ ます。
セ ッ シ ョ ン の再試行に対応す る 番号を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 セ ッ シ ョ ン
再試行 メ ニ ュ ーが表示 さ れ ます。
3.
4.
図 3.14 : セ ッ シ ョ ン再試行 メ ニ ュ ー
再試行の設定を変更する には :
1.
シ リ アル ・ メ ニ ューか ら セ ッ シ ョ ン再試行 メ ニ ューにア ク セ ス し ます (前述の手順
を参照)。
章 3 : 操作
2.
3.
4.
27
再試行の間隔を変更す る には、 1 を押 し てセ ッ シ ョ ン再試行の タ イ ム ア ウ ト (秒)
オプシ ョ ン を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 す る と 、 新 し い タ イ ム ア ウ ト 値を S
(秒) の形式で入力す る よ う に求め ら れます。
1 ~ 60 の値を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。
選択内容を確認 し て画面を終了する には、 0 (ゼ ロ ) を入力 し て Enter キーを押 し
ます。
オーデ ィ オ ・ パ フ ォ ーマ ン スの設定
こ のオプシ ョ ン を使用す る と 、 オーデ ィ オ ・ パフ ォ ーマ ン ス の設定を変更 し た り 、 オー
デ ィ オのサポー ト を無効に し た り す る こ と がで き ます。 設定には、 高、 中、 オ フ の 3 種
類があ り ます。 設定を高にす る と 、 最高のオーデ ィ オ ・ パフ ォーマ ン ス にな り ます。 こ
れは、 ネ ッ ト ワー ク 帯域幅が大 き い場合に使用 し ます。
注 : オーデ ィ オが正 し く 動作する よ う に、 受信機 と 送信機は同 じ オーデ ィ オ ・ パ フ ォ ーマ ン ス設定に構成 し て
く だ さ い。
受信機 と 送信機のオーデ ィ オ ・ パ フ ォ ーマ ン スの設定を変更する には :
1.
シ リ アル ・ メ ニ ューを起動 し ます (「シ リ アル ・ メ ニ ュ ーへのア ク セ ス」 (ページ 12)
を参照)。
2.
オプシ ョ ン 1 を選択 し て受信機 メ ニ ューにア ク セ スする か、 オプシ ョ ン 2 を選択 し
て送信機 メ ニ ュ ーにア ク セ ス し ます。 パ ス ワ ー ド ・ オプシ ョ ン を有効に し てい る 場
合は、 パ ス ワー ド を求め ら れ ます。
パ ス ワー ド を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。 送信機 メ イ ン ・ メ ニ ューが表示 さ
れます。
7 を押 し て コ ン ソ ールの設定を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 コ ン ソ ール設定 メ
ニ ューが表示 さ れ ます。
2 を押 し てオーデ ィ オ ・ パフ ォーマ ン ス を選択 し 、 Enter キーを押 し ます。 オーデ ィ
オ ・ パフ ォーマ ン ス ・ メ ニ ュ ーが表示 さ れます。 こ の メ ニ ュ ーには、 選択で き る
オーデ ィ オ設定が表示 さ れ ます。 現在の設定には、 ア ス タ リ ス ク (*) 記号が付いてい
ます。
適用す る オーデ ィ オ設定に対応する 番号を入力 し て、 Enter キーを押 し ます。
3.
4.
5.
6.
注 : オ フ を選択 し た場合、 オーデ ィ オ ・ サポー ト は無効にな り ます。
7.
選択内容を確認 し て画面を終了する には、 0 (ゼ ロ ) を入力 し て Enter キーを押 し ま
す。 ユニ ッ ト は、 Enter キーを押 し た後に リ セ ッ ト さ れ ます。
28
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
29
付録
ïtò^
付録 A : 技術仕様
本製品の有効期間の間に、 予告な し に こ こ に記載の仕様の変更が必要 と な る修正がハー
ド ウ ェ ア ま たは フ ァ ーム ウ ェ アに加え ら れ る こ と があ り ます。
表 A.1 : 受信機の製品仕様
ネ ッ ト ワー ク
イ ーサネ ッ ト 標準
イ ーサネ ッ ト II
IP ポー ト の使用状況
ポー ト
ポー ト
ポー ト
ポー ト
16384 - ビ デオ
16385 - オーデ ィ オ
16386 - キーボー ド /マウス
4463、 4464、 4465 - 制御
拡張ポー ト
個数
1
コネク ター
RJ-45
ユーザー ・ ポー ト
個数
PS/2 : 2、 USB : 4、 DVI-I ビデオ : 1、 オーデ ィ オ ・ マ イ ク ロ フ ォ ン :
1、 オーデ ィ オ ・ ラ イ ン出力 : 1、 電源ジ ャ ッ ク : 1
種類
PS/2、 USB タ イ プ A、 DVI-I ビデオ
コネク ター
6 ピ ン miniDIN、 PS/2 キーボー ド お よ びマウス ; USB タ イ プ A、 USB
キーボー ド お よびマウス ; DVI-I、 メ ス ; 3.5 mm ス テ レ オ ・ オーデ ィ
オ ・ ジ ャ ッ ク 、 ラ イ ン出力お よびマ イ ク ; 2.5 mm DC 電源ジ ャ ッ ク
暗号化
種類
認証 SSL
コ ン ソ ール ・ ポー ト
個数
1
種類
三線シ リ アル ・ イ ン タ ー フ ェ イ ス : 16450 互換 UART を介 し た RX、
TX、 GND
コネク ター
9 ピ ン D シ ェ ル (DB9)
30
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
表 A.1 : 受信機の製品仕様 (続き)
寸法
HxWxD
26.5 x 210 x 130 mm (1.04 x 8.27 x 5.12 in)
重量
0.7 Kg (1.54 lb) (梱包材、 ケーブル、 電源装置、 マ ニ ュ アルを除 く )
環境
熱放散
22 W/H
電気消費量
20 W (USB ポー ト に供給 さ れる電力を含む)
AC 入力電源
100-240 V AC
AC 定格入力電流
1A
AC 周波数
50/60 Hz
作動温度
0 ~ 35 ℃ (32 ~ 95 °F)
保管温度
-20 ~ 60 ℃ (-4 ~ 140 °F)
輸送温度
-30 ~ 60 ℃ (-22 ~ 140 °F)
作動湿度
10 ~ 90% 結露な し
保管湿度
5 ~ 95%
サポー ト 対象ハー ド
ウェア
周辺機器
PS/2 キーボー ド と マウス、 USB キーボー ド と マウス、 ス ピー カ ー、
マイ クロフ ォン
キーボー ド
PC、 Macintosh、 お よ び Sun 向け標準 104 / 105 / 109 キーボー ド
PC、 Macintosh、 お よ び Sun 向け USB キーボー ド
Microsoft Windows、 MacOS、 Solaris、 お よび Red Hat Linux のデ フ ォ
ル ト ・ キーボー ド ・ ド ラ イバーは完全にサポー ト さ れています。
マウス
2 ボ タ ン、 3 ボ タ ン、 お よ び 5 ボ タ ン ; ス ク ロール ・ ホ イ ールお よ びチ
ル ト ・ ホ イ ール
付録
表 A.1 : 受信機の製品仕様 (続き)
ビデオ解像度
640 x 350 @ 85 Hz
640 x 480 @ 60 Hz、 72 HZ、 75 Hz、 85 Hz
720 x 400 @ 70 Hz、 85 Hz
800 x 600 @ 60 Hz、 72 Hz、 75 Hz、 85 Hz
1024 x 768 @ 60 Hz、 70 Hz、 75 Hz、 85 Hz
1152 x 864 @ 75 Hz
1280 x 960 @ 60 Hz
1280 x 1024 @ 60 Hz
サポー ト 対象のビデオ解像度お よ び リ フ レ ッ シ ュ ・ レ ー ト の最新 リ ス
ト については、 www.avocent.com を確認 し て く だ さ い。
ビデオ標準
DDC バージ ョ ン 2B
色
24 ビ ッ ト
オーデ ィ オ標準
PC99
オーデ ィ オ性能
高パ フ ォ ーマ ン ス
ラ イ ン出力 :
16 ビ ッ ト 分解能、 ス テ レ オ ・ チ ャ ン ネル、 44.1 kHz
マイ クロフ ォン :
16 ビ ッ ト の解像度で単一チ ャ ン ネルの場合 44.1 kHz
中パ フ ォ ーマ ン ス
ラ イ ン出力 :
16 ビ ッ ト 分解能、 ス テ レ オ ・ チ ャ ン ネル、 8 kHz
マイ クロフ ォン :
16 ビ ッ ト の解像度で単一チ ャ ン ネルの場合 8 kHz
タ ーゲ ッ ト 同期 タ イ プ
(アナ ロ グ出力のみ)
水平お よび垂直の分離
安全認証、 EMC 認証、
お よ びマーキン グ類
UL、 FCC、 cUL、 CE
表 A.2 : 送信機の製品仕様
ネ ッ ト ワー ク
イ ーサネ ッ ト 標準
イ ーサネ ッ ト II
拡張ポー ト
個数
1
コネク ター
RJ-45
コ ン ソ ール ・ ポー ト
31
32
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
表 A.2 : 送信機の製品仕様 (続き)
個数
USB : 2、 DVI-I ビデオ : 1、 オーデ ィ オ ・ マ イ ク ロ フ ォ ン : 1、 オー
デ ィ オ ・ ラ イ ン出力 : 1
種類
USB タ イ プ A、 DVI-I ビデオ
コネク ター
USB、 オス ; DVI-I、 オス ; 3.5 mm ス テ レ オ ・ オーデ ィ オ ・ ジ ャ ッ ク 、
ラ イ ン出力お よびマ イ ク ; 2.5 mm DC 電源ジ ャ ッ ク
暗号化
種類
認証 SSL
寸法
HxWxD
68 x 21 x 153 mm (2.68 x 0.83 x 6.02 in)
重量
0.3 Kg (0.66 lb) ケーブルを含む
環境
熱放散
22 W/H
電気消費量
6W
AC 入力電源
100-240 V AC
AC 定格入力電流
1A
AC 周波数
50/60 Hz
DC 入力電源
5V
DC 定格入力電流
1.1 A
作動温度
0 ~ 35 ℃ (32 ~ 95 °F)
保管温度
-20 ~ 6° ℃ (-4 ~ 140 °F)
輸送温度
-30 ~ 60 ℃ (-22 ~ 140 °F)
作動湿度
10 ~ 90% 結露な し
保管湿度
5 ~ 95%
サポー ト 対象ハー ド
ウェア
ビデオ解像度
CRT 1280 x 1024 @ 60 Hz
LCD 1280 x 1024 @ 60 Hz
ビデオ標準
DDC バージ ョ ン 2B
付録
表 A.2 : 送信機の製品仕様 (続き)
色
24 ビ ッ ト
オーデ ィ オ標準
PC99
オーデ ィ オ ・ サン プ リ
ング
16 ビ ッ ト の解像度で単一チ ャ ン ネルの場合 44.1 kHz
タ ーゲ ッ ト 同期 タ イ プ
(アナ ロ グ入力のみ)
水平お よび垂直の分離
安全認証、 EMC 認証、
お よ びマーキン グ類
UL、 FCC、 cUL、 CE
付録 B : 工場デ フ ォ ル ト 設定
表 B.1 : LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーのデ フ ォ ル ト 設定
受信機
名前
RX_<MAC ア ド レ ス >
IP ア ド レ ス
192.168.13.1
デ フ ォ ル ト ・ ゲー ト ウ
ェイ
0.0.0.0
ネ ッ ト マス ク
255.255.255.0
OSD ホ ッ ト キー ・
シーケ ン ス
PRINT SCREEN
OSD ア イ ド ル ・
タ イ マー
00 時間 10 分
OSD ア イ ド ル ・
チ ェ ッ クボ ッ クス
オン
セッシ ョ ン ・ アイ ドル ・
タ イ マー
00 時間 10 分
セッシ ョ ン ・ アイ ドル ・
チ ェ ッ クボ ッ クス
オフ
セ ッ シ ョ ン再試行
タ イ ムアウ ト
1秒
オーデ ィ オ ・ パ フ ォ ーマ
ンス
中
ネ ッ ト ワー ク 速度
Auto-Negotiate
33
34
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
パスワー ド
password
送信機
名前
TX_<MAC ア ド レ ス >
IP ア ド レ ス
192.168.13.2
デ フ ォ ル ト ・ ゲー ト ウ ェ
イ
0.0.0.0
ネ ッ ト マス ク
255.255.255.0
オーデ ィ オ ・ パ フ ォ ーマ
ンス
中
ネ ッ ト ワー ク 速度
Auto-Negotiate
パスワー ド
password
ビデオ
DVI
付録 C : テ ク ニ カル ・ サポー ト
当社のテ ク ニ カル ・ サポー ト 担当ス タ ッ フは、 ユーザーの皆様が Avocent 製品を ご使用
にな る 際、 イ ン ス ト ールや操作について問題や疑問点がおあ り の場合にお手伝いがで き
る よ う 、 待機 し てい ます。 万一問題が生 じ た場合は、 手際 よ いサービ ス をお受けいただ
け る よ う 、 以下の手順に従っ て く だ さ い。
問題を解決する には :
1.
問題に該当す る 箇所を マニ ュ アルでチ ェ ッ ク し 、 記載の手順に従っ て解決で き る か
ど う か を試 し てみて く だ さ い。
2.
弊社の Web サ イ ト にあ る 「Knowledge Base (知識ベース)」 のデー タ ベース か ら ご検
索いただ く か、 あ る いは 「Online Service Request (オ ン ラ イ ン ・ サービ ス ・ リ ク エ ス
ト )」 を ご利用 く だ さ い。
3.
最寄 り の当社テ ク ニ カル ・ サポー ト ま でお電話にて ご連絡 く だ さ い。
付録 D : ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ
受信機の電源状態 ラ イ ト が点灯 し ない
•
電源 コ ー ド が確実に差 し 込ま れてい る こ と を確認 し て く だ さ い。
•
Avocent 供給の電源装置か ら の電源ケーブルが受信機に確実に差 し 込ま れてい る こ と
を確認 し て く だ さ い。
付録
35
受信機に接続 し てあ る モ ニ タ ーの画面表示が行われない
•
受信機に接続 さ れてい る モニ タ ーに電源が入っ てい る こ と を確認 し て く だ さ い。
•
モニ タ ーか ら のビデオ ・ ケーブルが受信機の正 し い コ ネ ク タ ーに確実に差 し 込ま れ
てい る こ と を確認 し て く だ さ い。
•
リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン がオ ン にな っ てい る こ と を確認 し ます。
•
送信機 と 受信機の間にネ ッ ト ワ ー ク 接続が存在す る こ と を確認 し ます。
•
送信機で使用 し てい る IP ア ド レ ス がネ ッ ト ワー ク 上の別のデバ イ ス に割 り 当て ら れ
ていない こ と を確認 し ます。
•
受信機で使用 し てい る IP ア ド レ ス がネ ッ ト ワー ク 上の別のデバ イ ス に割 り 当て ら れ
ていない こ と を確認 し ます。
•
送信機が リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン の USB 接続か ら 十分な電源を得てお り 、 適
切に起動 さ れた こ と を確認 し ます。
•
•
送信機の緑の LED がオ ン の場合、 送信機は十分な電源を得てい ます。
•
送信機が リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン か ら 十分な電源を得 ら れない場合、 送信
機用の外部電源装置を Avocent か ら ご購入いただ く 必要があ り ます。 USB ハブ
を通 じ て接続 し てい る 場合、 ハブが十分な電源を供給で き る こ と を確認 し て く だ
さ い。
送信機のシ リ アル ・ メ ニ ュ ーで正 し い ビデオ設定が構成 さ れてい る こ と を確認 し
ます。
•
リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン が DVI のみの ビデオ を提供す る場合、 送信機の
シ リ アル ・ メ ニ ューが DVI に構成 さ れてい る こ と を確認 し ます。 その後、 リ
モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン を再起動 し ます。
•
リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン が VGA のみのビデオ を提供す る 場合、 送信機の
シ リ アル ・ メ ニ ューが VGA に構成 さ れてい る こ と を確認 し ます。 その後で、 リ
モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン を再起動 し ます。
•
送信機には内部に フ ァ ン があ り ます。 その フ ァ ンが機能 し てい る こ と を確認 し て く
だ さ い。
•
受信機の電源を一旦切っ てすぐ に入れ直 し て く だ さ い。 モニ タ ーに情報 メ ッ セージ
が瞬時表示 さ れ る はずです。 メ ッ セージが表示 さ れない場合は、 モニ タ ーか ら のビ
デオ ・ ケーブルを直接 リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン につなぎ込んで、 モニ タ ーが
正常に作動す る こ と 、 お よ び リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン がア ク テ ィ ブな ビデオ
情報を生成 し てい る こ と を確認 し ます。 こ れ ら に問題がない場合、 リ モー ト ・ ワー
ク ス テーシ ョ ンのデ ィ ス プ レ イ 設定をチ ェ ッ ク し 、 設定が 1280 x 1024 の解像度 ( リ
フ レ ッ シ ュ ・ レー ト 60 Hz) を超え ていない こ と を確認 し ます。 モニ タ ーが正 し く 作
動 し ない場合は交換 し て く だ さ い。
36
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
•
(USB ケーブルを抜 く こ と に よ っ て) 送信機を オ フ に し た後に再びオン に し た場合、
他のすべてのケーブルを抜いてか ら 送信機を再接続す る よ う に し て く だ さ い。 USB
ケーブルは必ず最初に接続 し ます。
受信機に接続 さ れてい る周辺機器のマウスあ る いはキーボー ド が作動 し ない
•
マ ウ ス と キーボー ド の各ケーブルが受信機の正 し い PS/2 ポー ト あ る いは USB ポー
ト に接続 さ れてい る こ と を確認 し ます。 色別にな っ てい る コ ネ ク タ ーをチ ェ ッ ク し
て く だ さ い (緑がマ ウ ス用、 紫がキーボー ド 用です)。
•
送信機か ら の USB コ ネ ク タ ーの両方が、 リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン の正 し い コ
ネ ク タ ーに確実に接続 さ れてい る こ と を確認 し ます。
•
リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン に送信機用の USB ポー ト が 1 つ し か付いていない
場合 :
• 送信機用の外部電源装置を使用 し ます。
•
「2」 と ラ ベルの付いた送信機の USB ケーブルが、 リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ
ンの利用可能な USB ポー ト に接続 さ れてい る こ と を確認 し ます。
•
使用 し てい る キーボー ド に対 し て、 リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン で正 し いキー
ボー ド ・ レ イ ア ウ ト が構成 さ れてい る こ と を確認 し ます。
•
マ ウ ス と キーボー ド を リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン に直接つな ぎ、 再起動 し て リ
セ ッ ト し ます。 いずれかが正 し く 作動 し ない場合は交換 し て く だ さ い。
受信機に接続 し てあ る ス ピ ー カ ーの音声表示が行われない
•
オーデ ィ オ ・ ケーブルが リ モー ト ・ ワ ー ク ス テーシ ョ ンの ラ イ ン出力ポー ト に確実
に差 し 込ま れてい る こ と を確認 し て く だ さ い (色別では緑のはずです)。
•
ス ピーカー ・ ケーブルが受信機の ラ イ ン出力ポー ト に確実に差 し 込ま れてい る こ と
を確認 し て く だ さ い。
•
送信機ま たは受信機に対 し てオーデ ィ オ ・ サン プル ・ レー ト が 「オ フ」 に設定 さ れ
ていない こ と を確認 し ます。 「オーデ ィ オ ・ パフ ォ ーマ ン ス の設定」 (ページ 27) を
参照 し て く だ さ い。
•
送信機 と 受信機の両方に対 し て、 同 じ オーデ ィ オ ・ サン プル ・ レー ト が設定 さ れて
い る こ と を確認 し ます。 「オーデ ィ オ ・ パフ ォーマ ン ス の設定」 (ページ 27) を参照
し て く だ さ い。
•
ス ピーカーがオ ン にな っ てい る こ と を確認 し ます。
•
ス ピーカーを直接 リ モー ト ・ ワ ー ク ス テーシ ョ ンにつないで リ セ ッ ト し ます。 正 し
く 作動 し ない場合は交換 し て く だ さ い。
受信機に接続 さ れたス ピー カ ーの音声の質がよ く ない
•
送信機 と 受信機の両方に対 し て、 同 じ オーデ ィ オ ・ サン プル ・ レー ト が設定 さ れて
い る こ と を確認 し ます。 「オーデ ィ オ ・ パフ ォーマ ン ス の設定」 (ページ 27) を参照
し て く だ さ い。
付録
37
受信機に接続 し てあ る モ ニ タ ーの画像の質がよ く ない
•
<F11> を押 し て ビデオ を リ セ ッ ト し ます。
•
モニ タ ーか ら のビデオ ・ ケーブルが受信機の正 し い コ ネ ク タ ーに確実に差 し 込ま れ
てい る こ と を確認 し て く だ さ い。
•
別のモニ タ ーを使用 し て ビデオの品質を確認 し ます。
リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ンへの接続が失われている
•
ネ ッ ト ワー ク ・ ケーブルが受信機の背面にあ る RJ-45 コ ネ ク タ ーに接続 さ れてい る
こ と を確認 し ます。
•
受信機がネ ッ ト ワー ク に接続 さ れ、 かつデー タ を受信 し てい る こ と を確認 し ます。
「LED の識別」 (ページ 11) を参照 し て く だ さ い。
•
リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン がオ ン にな っ てい る こ と を確認 し ます。
•
送信機か ら の USB コ ネ ク タ ーの両方が、 リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン の正 し い コ
ネ ク タ ーに確実に接続 さ れてい る こ と を確認 し ます。
•
送信機が リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン の USB 接続か ら 十分な電源を得てお り 、
適切に起動 さ れた こ と を確認 し ます。
•
送信機の緑の LED がオ ン の場合、 送信機は十分な電源を得てい ます。
•
送信機が リ モー ト ・ ワー ク ス テーシ ョ ン か ら 十分な電源を得 ら れない場合、 送信
機用の外部電源装置を Avocent か ら ご購入 く だ さ い。
•
送信機には内部に フ ァ ン があ り ます。 その フ ァ ンが機能 し てい る こ と を確認 し て く
だ さ い。
•
ネ ッ ト ワー ク 上の別の PC か ら 送信機を Ping し て、 送信機が接続 さ れてい る こ と を
確認 し ます。
•
送信機を リ セ ッ ト し ます。 「LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーの リ セ ッ ト 」 (ペー
ジ 24) を参照 し て く だ さ い。
•
受信機を リ セ ッ ト し ます。 「LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダーの リ セ ッ ト 」 (ペー
ジ 24) を参照 し て く だ さ い。
•
イ ーサネ ッ ト ・ ネ ッ ト ワー ク が完全に動作 し てい る こ と を確認 し ます。
38
LongView IP KVM エ ク ス テ ン ダー イ ン ス ト ー ラ /ユーザー ・ ガ イ ド
USA Notification
Warning: Changes or modifications to this unit not expressly approved by the party
responsible for compliance could void the user’s authority to operate the equipment.
Note: This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A
digital device, pursuant to Part 15 of the FCC Rules. These limits are designed to provide
reasonable protection against harmful interference when the equipment is operated in a
commercial environment. This equipment generates, uses and can radiate radio frequency
energy and, if not installed and used in accordance with the instruction manual, may cause
harmful interference to radio communications. Operation of this equipment in a residential
area is likely to cause harmful interference in which case the user will be required to
correct the interference at his own expense.
Canadian Notification
This digital apparatus does not exceed the Class A limits for radio noise emissions from
digital apparatus set out in the Radio Interference Regulations of the Canadian Department
of Communications.
Le présent appareil numérique n’émet pas de bruits radioélectriques dépassant les limites
applicables aux appareils numériques de la classe A prescrites dans le Règlement sur le
brouillage radioélectrique édicté par le Ministère des Communications du Canada.
Safety and EMC Approvals and Markings
UL, FCC, cUL, CE
Sound Level Measure
The measured sound level of this appliance is 44.7 dB(A).
Die arbeitsplatzbezogene Geräuschemission des Gerätes beträgt 44,7 dB(A).
LongView® IP
Installer/User Guide
For Technical Support:
www.avocent.com/support
Avocent Corporation
4991 Corporate Drive
Huntsville, Alabama 35805-6201 USA
Tel: +1 256 430 4000
Fax: +1 256 430 4031
Avocent International Ltd.
Avocent House, Shannon Free Zone
Shannon, County Clare, Ireland
Tel: +353 61 715 292
Fax: +353 61 471 871
Avocent Asia Pacific
Singapore Branch Office
100 Tras Street, #15-01
Amara Corporate Tower
Singapore 079027
Tel: +656 227 3773
Fax: +656 223 9155
Avocent Germany
Gottlieb-Daimler-Straße 2-4
D-33803 Steinhagen
Germany
Tel: +49 5204 9134 0
Fax: +49 5204 9134 99
Avocent Canada
20 Mural Street, Unit 5
Richmond Hill, Ontario
L4B 1K3 Canada
Tel: +1 877 992 9239
Fax: +1 877 524 2985
590-721-617A
Download PDF

advertising