ZJ-SDA□□ 形

ZJ-SDA□□ 形
使用上の注意
形
ZJ-SDA□□
静電気センサ
このたびは、本製品をお買い上げいただきまして、
まことにありがとうございます。
ご使用に際しては、次の内容をお守りください。
・電気の知識を有する専門家がお取り扱いください。
・この取扱説明書をよくお読みになり、十分にご理解のうえ、正しくご使用ください。
* 7 9 7 9 2 8 7 - 4 F *
© OMRON Corporation 2006 All Rights Reserved.
茶
DC24V
負荷
白 OPE1判定出力
負荷
負荷
緑 OPE2判定出力
DC24V
灰 OPE3判定出力
青 GND
(0V)
桃 バンクシフト入力
紫 タイミング入力
橙 ゼロリセット入力
赤 リセット入力
電流/電圧出力
切替スイッチ
100Ω
電流出力
4−20mA
黒
リニア出力
負荷
・この取扱説明書はいつでも参照できるように大切に保管ください。
①設置場所について
次のような場所には設置しないでください
・周囲温度が定格の範囲を超える場所
・温度変化が急激な場所(結露する場所)
・相対湿度が定格の範囲を超える場所
・腐食性ガス、可燃性ガスがある場所
・塵埃、塩分、鉄粉がある場所
・振動や衝撃が直接加わる場所
・直射日光があたる場所
・水・油・化学薬品の飛沫がある場所
・強磁界、強電界がある場所
②電源および配線について
・コードの延長はセンサ部、アンプユニットともに全長で 10m以下としてください。
またセンサ部からのコードの延長には、別売の両側コネクタコード(形 ZX-XC
□A)をご使用ください。アンプユニットからの配線には、同種のシールドケー
ブルをご使用ください。
・市販のスイッチングレギュレータをご使用の際は、FG(フレームグランド)端子
を接地してください。
・電源ラインにサージがある場合、使用環境に応じてサージアブソーバを接続して
ご使用ください。
・演算ユニット(形 ZX-CAL2)により複数のアンプユニットを接続してご使用
の際は、全てのアンプユニットのリニア GND を接続してください。
③ウォームアップについて
電源投入後、約 30 分間放置してからご使用ください。電源投入直後は回
路が安定していませんので、計測値が徐々に変化することがあります。
④保守点検について
・センサ部の調整や脱着を行う場合は、必ず電源を切ってから作業をしてくださ
い。
・センサ部、アンプユニットの清掃には、シンナー、ベンジン、アセトン、灯油類
はご使用しないでください。
⑤センサヘッドについて
センサヘッドは静電気センサヘッド(形 ZJ-S□□□)と組み合わせてご使用
ください。
⑥基準電圧の補正について
本センサを設置したあと静電気の測定を行う前に基準電圧の補正を行ってく
ださい。(>>基準電圧補正機能を参照してください)
茶
青
白
緑
灰
黒
シ−ルド
桃
橙
紫
赤
・NPNタイプ
(ZJ-SDA11)
内部回路
取扱説明書
■外部入出力
■入出力段回路図
電圧出力
±4V
シールド
リニアGND
電流出力:300Ω以下
電圧出力:10kΩ以上
注1.高分解能を必要とするときは、電源は他の動力系とは別に安定化電源を
ご用意ください。
注2.破損の恐れがありますので、配線は正しく行ってください。
(リニア出力については他の線と接触しないようにしてください。)
注3.青色線(GND
(0V))は電源供給用に、シールド線外皮(リニアGND)
は黒色線(リニア出力)とともに、リニア出力用として使いわけてください。
リニア出力をご使用にならない場合も、リニアGNDはGND
(0V)に接続し
てご使用ください。
①DC24V
電源端子です。
DC24Vの電源を接続します。
②GND(0V)
電源 0V 端子です。NPN タイプの場合は、
リニア出力以外の入出力のコモン
端子になります。
③,④,⑤OPE1,OPE2,OPE3 判定出力
測定値の判定結果(HIGH/PASS/LOW)
や警告状態に応じて出力をします。
⑥リニア出力
測定値に応じたリニア出力を出力します。電流 4 ∼ 20mA か、電圧 ±4V を
選択できます。
(背面のディップスイッチによって切替えます
>> 各部の名称・機能を参照してください)
⑦リニアGND
リニア出力用のGNDとして入力機器に接続します。
⑧バンクシフト入力
ON 時に、⑨⑩⑪の入力を使用してバンクを切替えることができます。
⑨ゼロリセット入力
入力時間で設定を行います。
・0.2s∼ 0.8s
:ゼロリセット実行
・1s 以上 :ゼロリセット解除
⑩タイミング入力
ホールド機能が有効の場合、
そのタイミング制御に使用します。
⑪リセット入力
各出力をリセットする入力です。
この入力がONのときは、内部演算を中断し、判定出力、
リニア出力は固定値を出
力します。
非測定時設定により、以下の出力を行います。
非測定時設定
CLAMP
全てOFF
クランプレベルで
設定された値で固定
非測定状態になる
直前の値で保持
■定格/性能
安全上の要点
次に示す項目は安全を確保するうえで必要なことです。必ず守ってください。
①設置環境について
・引火性・爆発性ガスの環境では使用しないでください。
・操作・保守の安全を確保するため、高電圧機器や動力機器から離して設置
してください。
②電源、配線について
・定格電圧を超えて使用しないでください。
・オープンコレクタ出力は、負荷を短絡させないでください。
・高圧線、動力線と当製品の配線は別配線としてください。同一配線あるいは
同一ダクトにすると誘導を受け、誤動作あるいは破損の原因になることがあり
ます。
・電源印加中のコネクタの脱着は避けてください。破損の原因となります。
・電源および出力端子の逆接続および、交流電源への接続はしないでください。
・出力端子に、定格を超える電圧、電流を印加しないでください。
③対応規格
・EN61326-1
・Electromagnetic environment : Industrial electromagnetic environment (EN/IEC 61326-1 Table 2)
④その他
・本製品を分解したり、修理・改造したりしないでください。
・センサヘッドとアンプユニットは、指定の組み合わせでご使用ください。形 ZX
シリーズとの互換性はありません。ZJ-SDA□□と ZX シリーズのヘッドユニット
を組み合わせて接続しないでください。
・感電防止および正しい測定結果を得るために 0V 端子を必ず接地してください。
・濡れた手で操作しないでください。感電のおそれがあります。
・24V端子を接地しないでください。故障のおそれがあります。
・本製品を落としたり、強い衝撃を与えないでください。故障の恐れがあります。
・廃棄するときは、産業廃棄物として処理してください。
項目
形式
測定周期
設定可能平均回数 *1
リニア出力 *2
判定出力
(OPE1,OPE2,OPE3 :3出力)
バンクシフト入力
ゼロリセット入力
タイミング入力
リセット入力
機能
表示灯
電源電圧
消費電力
周囲温度
周囲湿度
絶縁抵抗
耐電圧
振動
(耐久)
衝撃
(耐久)
保護構造
接続方式
質量 ※梱包状態
材質
付属品
形ZJ-SDA11
1mS
1/2/4/8/16/32/64/128/256/512/1024回
電流出力時:4∼20mA/F.S.最大負荷抵抗300Ω 電圧出力時:±4V、(±5V、1∼5V *3) 出力インピーダンス100Ω
NPNオープンコレクタ出力 DC30V 20mA max.
残留電圧1.2V以下
◆ 表示リバース
◆ 表示桁数制限
◆ ゼロリセット
◆ ゼロリセットメモリ
◆ 各種タイマ
◆ 初期化
◆ ティーチング機能
◆ しきい値ダイレクト設定
◆ 応差可変
◆ スケーリング
◆ モニタフォーカス
◆ リニア出力補正
◆ ピークホールド
◆ ボトムホールド
◆ サンプルホールド
◆ ピーク to ピーク
ホールド
◆ アベレージホールド
判定出力
リニア出力
メインデジタル表示
サブデジタル表示
"
KEEP
非測定状態になる
直前の値で保持
" "
"
出力最大値 電圧出力:約5.5V 電流出力:約23mA
■バンク切替について
ON時:0V短絡または1.5V以下
OFF時:開放(漏れ電流 0.1mA以下)
◆ 計測値表示
◆ 現在値表示
◆ 出力値表示
◆ 設定値表示
◆ 分解能表示
◆ ENABLE表示
◆ ゼロリセット表示
◆ 判定出力表示
◆ ECOモード
①DC24V
②GND
(0V)
③OPE1判定出力
④OPE2判定出力
⑤OPE3判定出力
⑥リニア出力
⑦リニアGND
⑧バンクシフト入力
⑨ゼロリセット入力
⑩タイミング入力
⑪リセット入力
⑧バンクシフト入力
(桃)
がON時に、
バンク切替を行います。
◆ ピーク&ボトムホールド
◆ マスクホールド
◆ 距離トリガ
◆ ディレイホールド
◆ ディレイ時間設定
◆ タイミング入力
◆ キーロック機能
◆ クランプ値設定
◆ 高精度計測モード
◆
◆
◆
◆
距離補正機能
検出エリア補正機能
警告出力機能
バンク切替機能
動作表示灯:OPE1(橙色)、OPE2(緑色)、OPE3(黄色)、7セグデジタルメイン表示(赤色)、7セグデジタルサブ表示(黄色)、
Power(緑色)、
ゼロリセット(緑色)、
イネーブル表示(緑色)
DC24V±10% リップル
(p-p)
10%以下
3.4W以下
(センサ接続時)
(電源電圧 24V時、消費電流140mA以下)
動作時/保存時:0∼+50℃
(ただし、氷結・結露しないこと)
動作時/保存時:35∼85%RH
(ただし、結露しないこと)
20MΩ(DC500Vメガにて)
AC1000V 50/60Hz 1min
10∼150Hz
(複振幅0.7mm)
X、Y、Z各方向80min
(上下、左右、前後)
300m/s2 6方向 各3回
IP40
コード引き出しタイプ(標準コード長2m)
約400g
ケース:ポリブチレンテレフタレ−ト カバー:ポリカ−ボネ−ト 取扱説明書 フェライトコア
*1.リニア出力の応答速度は、
(測定周期)
×
(設定平均回数+1回)
で算出します。判定出力の応答速度は、
(測定周期)
×
(設定平均回数+1回)
で算出します。
*2.電流・電圧は、
アンプユニット底面にあるスイッチを切替えます。
*3.モニタフォーカス機能にて設定可能です。
入力線
桃
(⑧バンクシフト入力)
橙
(⑨)
標準
バンク切替
OFF
ON
Zero reset
Change execution
(ゼロリセット入力)
(バンク切替実行)
Timing
(タイミング入力)
Select1
(バンク選択1)
Reset
(リセット入力)
Select2
(バンク選択2)
紫
(⑩)
赤
(⑪)
バンクは4つ保存できます。バンク番号の選択は、紫
(⑩Select1)
、赤
(⑪Select2)
の
ON/OFFによって選択します。
バンク番号
0
1
2
3
Select1
OFF
ON
OFF
ON
Select2
OFF
OFF
ON
ON
バンク切替は、橙
(⑨Change execution)
がON→OFFに変化したとき
(下記表の▼部
分)
に行われます。
(例:バンク1に切替えるとき)
Change execution
Select1
Select2
OFF
ON
OFF
ON
OFF
ON
■判定出力
(判定表示灯)
について
ホールド
出力タイプ OPE1
OPE2
OPE3
標準
HIGH
PASS
LOW
警告
WARN
OK
NG
ピーク&ボトムホールド時
関係せず
WARN
Peak-OK
Bottom-OK
OK:
PASSと同意です。
NG:
PASS以外。HIGHまたはLOWの場合です。
WARN:
警告状態となったときONになります。
警告状態は、1.リセット入力がON、2.FUNモードに切替、3.電源OFF
のいずれかが行われるまで続きます。
Peak-OK: ピークホールド結果がOK
(PASS)
の場合ONになります。
Bottom-OK:ボトムホールド結果がOK
(PASS)
の場合ONになります。
ピーク&ボトムホールド以外
■接続
操作スイッチ
連結コネクタカバー開放時外形図
76.9
【センサ部+アンプユニット】
センサ部の出力コ−ドのコネクタと、
アンプユニットの入力コ−ドのコネクタを、
コネクタ
外周リングがロックするまで差し込んでください。取り外す場合は、
コネクタ外周リング
を持って、
まっすぐ引っ張ってください。
○モード切替スイッチ
【RUN/T/FUN】
次の3つのモードを切替えます。
RUNモード・
・計測モード。
Tモード・
・
・
・スレッシュモード。
しきい値を設定するモードです 。
FUNモード・
・ファンクションモード。各種設定を行うモードです。
○しきい値選択スイッチ
T/RUNモード時、表示設定するしきい値
(HIGH/LOW)
を切替
えます。
○押しボタンスイッチ
基本的には下表の働きをします。
コネクタ内の端子には触れないようにしてください。
■取付寸法
【装着】
① 前部をDINレ−ルにはめ込みます。
② 後部をDINレ−ルに押しつけます。
■各部の名称・機能
判定出力表示灯
ゼロリセット表示灯
電源
表示灯
メインデジタル表示
イネ−ブル
表示灯
UPキー
RIGHTキー
LEFTキー
②
①
POWER ZERO
DINレ−ル
①、②の順序を逆にしないでください。逆の順序で装着しますと取り
付け強度が低下する場合があります。
ENABLE
OPE1
(kv)
MODE
OPE2
OPE3
H
RUN T
FUN
しきい値変更
(順方向)
機能設定値変更
(順方向)
DOWN
リセット入力
3秒以上押す
しきい値変更
(逆方向)
機能設定値変更
(逆方向)
RIGHT
サブデジタル
表示内容変更
(順方向)
しきい値変更
桁変更
(順方向)
設定機能選択
(順方向)
サブデジタル
表示内容変更
(逆方向)
しきい値変更
桁変更
(逆方向)
設定機能選択
(逆方向)
モード切替SW
LEFT
ENT
DOWNキー
ENT
キー
1 秒以上押す
しきい値点滅時
:ゼロリセット実行
:しきい値の決定(設定)
RIGHT キーと同時に しきい値点灯時
3 秒以上押す
:ティーチングの実行
:ゼロリセット解除
ENT
D
I
Nレ−ル
③
■本製品をCE適合品として使用する場合には、付属のフェライ
トコアを下図の
ようにケーブルに取り付けてください。
FUNモード
タイミング入力
L
④
しきい値選択SW
Tモード
UP
R
DOWN
SUB
サブデジタル表示
RUNモード
UP
L
【取りはずし】
③ 前方に押しつけます。
④ 前方を持ち上げます。
押しボタン
スイッチ
静電気の計測を行う前に、測定エリアに対して充分大きな接地された金
属板
(帯電量=0V)
を検出した状態で、基準電圧の補正を実施してくださ
い。
(測定エリアは、設置距離の5倍以上の直径の円を目安にしてくださ
い。)
【実行方法】
設定値点滅時
:値の決定(設定)
設定初期化時
:長押しで初期化
実行
■アルファベット表示形態
デジタル表示にて、
アルファベットを表示する際は下表となります
A
b
c
d
E
F
G
h
I
J
電流出力
注:フェライ
トコア使用時のアンプケーブル長は約185cmとなります。
■外形寸法図
ビニール絶縁丸形コード φ5.1 9 芯
( 導体断面積:0.09mm2
/ 絶縁体径:φ0.7mm)
標準長さ 0.1m
φ15.5
133
44
13.2
4.2
OPE3 表示灯
OPE2 表示灯
OPE1 表示灯
3
13
64.3
36.8
電源 表示灯
ゼロリセット 表示灯
イネーブル 表示灯
メインデジタル 表示灯
表示灯
○電源表示灯【POWER ON( 緑 )】
電源が投入されているときに点灯します。
○判定出力表示灯【OPE1(橙)/ OPE2(緑)/ OPE3(黄)】
測定値の判定結果(HIGH/PASS/LOW)や警告状態に基づい
て点灯します。また、それぞれの判定出力も同様に動作します。
○メインデジタル表示【 ( 赤 )5桁デジタル表示】
RUNモード時、測定値(KV)を表示します。
ホールド測定時はホールド値(KV)を表示します。
リバースモードで、上下反対に表示します。
○サブデジタル表示【 ( 黄 )5桁デジタル表示】
RUNモード時、分解能または出力値等を表示します。
Tモード時には、それぞれのしきい値を表示します。
リバースモードで、上下反対に表示します。
○イネ−ブル表示灯【ENABLE( 緑 ) 】
以下の条件に応じて点灯/消灯します。
点灯・・・測定範囲内
消灯・・・測定範囲外
○ゼロリセット表示灯【ZERO( 緑 )】
ゼロリセット機能が有効の場合に点灯します。
15.8
6
16.8
31.5
ビニール絶縁丸形コード φ5.2 10 芯
( 導体断面積:0.09mm2
/ 絶縁体径:φ0.7mm)
標準長さ 2m
※ ゼロリセットメモリ機能が有効な場合、
電源がOFFしてもゼロリセット値が保存されます。
ゼロリセットメモリのデータはEEPROMと呼ばれる不揮発性メモリに書き込まれます。
EEPROMの書き込み寿命は10万回となっております
K
L
m
n
o
P
q
r
S
【解除方法】
t
ゼロリセットが実行されている状態で、ENTキーとRIGHTキーを同時に
約3秒押します。
または、外部入力のゼロリセット入力でも解除可能です。
U
v
w
X
Y
Z
RUNモードのその他の機能
【タイミング入力】
■各モードでの動作
モ−ド
モ−ド切替スイッチ
RUN
モ−ド
RUN
T
しきい値選択スイッチ
任意
FUN
メインデジ
タル表示
サブデジ
タル表示
UPキー
( )
を押して、
タイミング入力制御を行います。
タイミング入力はホールド機能が有効の場合のみ有効です。
外部入力線タイミング入力でも可能です。
【リセット入力】
DOWNキー
( )
を3秒以上押して、
リセット入力制御を行います。
外部入力線リセット入力でも可能です。
RUNモ−ドの状態遷移図を以下に示します。
サブデジタル 表示灯
4.2
29
2.2
4.3
ゼロリセットが実行されていない状態で、ENTキーを約1秒押します。
または、外部入力のゼロリセット入力でも可能です。
設定は何回でも可能です。
以後、静電気量のオフセット成分をキャンセルして表示値を算出します。
ゼロリセット表示灯が点灯します。
切替スイッチ
10mm以下
コネクタ
基準電圧補正機能
(ゼロリセット)
アンプユニットの背面には、電圧出力/電流出力の切替スイッチがあります。
電圧出力
30
メインデジタル表示灯
計測値
(スケーリング、演算などを行った値)
が表示されます。
サブデジタル表示灯
① しきい値表示
しきい値が表示されます。
② 電圧値表示
電圧値が表示されます。最下位桁に
(V)
が表示されます。
注)表示される電圧値は目安値です。実際の出力と完全に一致しません。
③ 電流値表示
電流値が表示されます。最下位桁に
(mA)
が表示されます。
注)表示される電流値は目安値です。実際の出力と完全に一致しません。
④ 分解能表示
リニア出力の分解能を示します。
最上位桁に
(r)
が表示されます。
約1秒間隔で更新されます。
⑤ 距離値表示
隣接距離センサ使用時に、静電気センサと対象面との距離が表示されます。
隣接距離センサが存在し、距離計測モードをAUTOにしたときのみ有効です。
⑥ 現在値表示
微分機能、
ホールド機能などの影響を受けない現在の計測結果が表示されま
す。
計測値
計測値
計測値
計測値
計測値
計測値
しきい値
電圧値
電流値
分解能
距離値
現在値
モ−ド
T
モ−ド
モ−ド切替スイッチ
RUN
T
しきい値選択スイッチ
任意
FUN
位置決めティーチング
ワークの帯電量をもとにしきい値を設定します。
ティーチングした計測値がそのままONしきい値になるティーチン
グ方法です。
しきい値ダイレクト入力
モ−ド
ティーチング機能を使わずにダイレクトにしきい値を設定する場合、
または
ティーチング後にしきい値を微調整する場合に使用します。
メインデジタル表示は測定値、
サブデジタル表示はしきい値を表示します。
【設定方法】
しきい値選択スイッチで、
ダイレクト入力する方のしきい値を選択します。
H
【設定方法】
L
FUN
モ−ド
モ−ド切替スイッチ
RUN
T
しきい値選択スイッチ
任意
FUN
キーロック処理
■エラー表示
【通常計測中のエラー表示】
表示
原因
E-Sht
(点滅)
判定出力のいずれか
または全てが短絡状態。
負荷短絡状態を解除して
ください。
(負荷短絡状態解除後、
自動復帰します。)
E-EEP
(点滅)
EEPROM破壊。
あるいはデータが異常。
ENTキーを3秒間以上押して
ください。
上記でも改善されない場合は
アンプユニットを交換してく
ださい。
E-hEd
(点滅)
センサ部が未接続状態。
あるいは、
センサ部の異常。
センサ部を接続後、電源を再
投入してください。
上記でも改善されない場合は
センサ部を交換してください。
押しボタンスイッチを無効にする機能です。
【キーロック設定方法】
モード切替スイッチをFUNにします。
モード切替スイッチをTにします。
しきい値選択スイッチで、
ティ−チングする方のしきい値を選択します。
H
L
ワークを設置し、
サブデジタル表示灯が点灯している状態で、
ENTキーを約1秒押します。
※ ティーチングエラーの場合は、
しきい値は変更は行われません。
UP.DOWN, RIGHT, LEFTキーのいずれかを押します。
ダイレクト入力を開始します。
サブデジタル表示に表示されているしきい値の最上位桁の数値が点滅
表示されます。
数値の変更操作は下図のように行います。
UP
桁を上げる
桁を下げる
MODE
R
L
オートマチックティーチング
数値を上げる
DOWN
数値を下げる
自動的に最適な位置にしきい値を設定するティーチング方法です。
ボタン押下中の距離値の最大値と最小値の中間にしきい値を自動的
に設定します。
【設定方法】
3秒後にサブデジタル表示灯が「 」
と表示され
キーロックが完了します。
【キーロック解除方法】
UP,DOWN,RIGHT,LEFTキーのすべてのボタンを
3秒以上同時に押し続けます。
メインデジタル表示灯は
「 」
と表示され
サブデジタル表示灯はに3秒「−−−−−」
が表示されます。
3秒後にサブデジタル表示灯は
「 キーロックが解除されます。
L
全桁が2回点滅した後、
点灯に変わり、
数値が確定します。
ワークが流れている状態で、ENTキーとRIGHTキーを同時に押します。
」
と表示され
※キーロック中でも下記のキー操作は有効です。
・モード切替スイッチ動作
・しきい値選択スイッチ動作
・キーロック解除動作
設定初期化方法
押し続けて1秒後、
サブデジタル表示に
「 (サンプリングは押下直後から開始されます)
押し続けている間はサンプリングを継続します。
」
と点滅表示されます。
注1.
Tモードにおいてしきい値ダイレクト入力
(ただし、
ティーチングは不可能)
は測定範囲外、距離演算異常時でも可能です。
注2.
いくつかの異常状態が同時に発生した場合の表示優先順位は上表の
上から順番となります。
【各種数値設定時のエラー表示】
表示
数値の調整が終了したら、
ENTキーを押して値の確定を行います。
しきい値選択スイッチで、
ティ−チングする方のしきい値を選択します。
H
UP,DOWN,RIGHT,LEFTキーのすべてのボタンを
3秒以上同時に押し続けます。
メインデジタル表示に
「 」
と表示され
サブデジタル表示に3秒「−−−−−」
が表示されます。
原因
しきい値を設定
し直してください。
LOWしきい値より小さな数値
E r r h L にHIGHしきい値を設定しよ
(点滅) うとしたとき。
しきい値を設定
し直してください。
Errov
(点滅)
設定した数値が大きすぎる。
適切な数値を
入力してください。
E r r Ud
(点滅)
設定した数値が小さすぎる。
適切な数値を
入力してください。
【隣接距離センサ使用時のエラー表示】
表示
原因
※ティーチングエラーの場合はしきい値の変更は行われません。
※表示の点滅中にしきい値は変更されません。前回しきい値で
計測処理を続行します。
取得した距離データが
異常なとき。
【設定方法】
3秒後にサブデジタル表示灯が「 」
と表示され
初期化が完了します。
連結されたアンプユニットと
の接続を確認してください。
エリア補正実行時は、
エリア
面積の設定値が正しいかどう
か確認してください。
E - ch
(点滅)
ENTキーを3秒以上押し続けます。
サブデジタル表示に3秒「−−−−−」
が表示されます。
対策
連結された距離センサが正常
に計測できているかどうか
確認してください。
E-dIS
(点滅)
全てのデータを初期状態に戻す機能です。
UP・DOWNキーを押し、
サブデジタルに
「 」
を表示さ
せます。
対策
E r r L h HIGHしきい値より大きな数
(点滅) 値にLOWしきい値を設定しよ
うとしたとき。
モード切替スイッチをFUNにして、
メインデジタル
表示灯を
「 」
に選択してください。
キーを離した瞬間に、
サンプリングした計測値の最大値と最小値の中間
の位置に自動的にしきい値が設定されます。
サブデジタル表示に自動設定されたしきい値が2回点滅表示されます。
対策
距離計測モードがAuto状態
で、演算ユニットまたは
アンプユニットの接続が
外れた。
連結されたアンプユニットと
の接続を確認してください。
あるいは距離計測モードを
Userにしてください。
スケーリング機能
■FUNモ−ドでの状態遷移図を以下に示します。
UP,
DOWNキ-を押して、
平均回数を選択します。
選択可能平均回数は
1∼4096です。
ENTキ-を押して平均回数を
確定します。
平均回数
ENTキーを3秒間押下する
ことにより、
オートヒス幅設定
(分解能の2倍)
を実施することも
できます。
ヒス幅
設定方法
UPキー、DOWNキーで設定変更可能になります。
(表示が点滅します。)
UPキー、DOWNキー: 機能選択
ENTキー : 決定
LEFTキー、RIGHTキー: 変更中止
数字が点滅している桁が変更可能です。
いずれの桁も点滅していない場合は、
UPキー、DOWNキーで設定変更可能になります。
LEFT キー、RIGHT キー: 桁変更
ENT キー : 決定
UP キー、DOWN キー: 数字変更
右端の桁でRIGHTキーまたは左端の桁でLEFTキーを押す
と設定変更を中止できます。
(モニタフォーカス、
リニアリティ出力の場合、上記の方法で
は、中止はできません。中止する場合は、
モード切替スイッチ
をTモードにしてください)
モニタフォーカス
電圧出力
電流出力
が選択されている場合、
あるいは
が選択されている場合には ,
この項目が設定可能になります
A
ENTキーで電圧
出力選択時
無効
微分サイクル
計測値
計測値
1点目スケーリング値
(小数点あり)
表示値を変更したい位置
にワークをセットし、変更し
たい数値をダイレクト入力
します。
2点目出力値
ホールド無し
ピークホールド
エリア面積
が
選択されている場合、
あるいは
が
選択されている場合には ,
この項目が
設定可能になります
UP,DOWN,
LEFT,RIGHT
キ-を押して2点
目のフォ-カス値
設定開始
有効
表示リバース
無効
サンプルホールド
ピーク to ピーク
有効
ECOモード
無効
OK
マスクホールド
*2
トリガ
トリガ
1点目の微調整 *5
電圧出力の場合 電流出力の場合
1桁表示
ディスタンス
表示無し
次モードへ
ご承諾事項
B
非測定時設定
出力値保持
セルフトリガレベル
-High
出力をクランプ
クランプ値設定
*2
ゼロリセットメモリ機能
ディレイ時間
出力タイプ
タイマ無し
OFFディレイ
ONディレイ
*3
1ショット
バー表示が左側から順番に点灯していき、
3秒後に
全点灯をしてOKを表示します。
電圧出力の場合
max
(約5.5V)
、5V、4V、…-4V、-5V
単位 [ m s ]
サンプリング時間
警告レベル
スペシャル
インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー ●製品に関するお問い合わせ先
お客様相談室
0120-919-066
クイック
オムロン
電話
055-982-5015(通話料がかかります)
■営業時間:8:00∼21:00 ■営業日:365日
●FAXやWebページでもお問い合わせいただけます。
設定関連
FAX
表示関連
その他
全て表示する が選択されている場合、
あるいは
*1:エリア補正使用時のみ設定可能。
*2:ホールドモード使用時のみ設定可能。
*3:タイマモード使用時のみ設定可能。
*4:微分モード使用時のみ設定可能
*5:電圧、電流出力の切り替えは、
モニタフォーカスにて行います。
*6:非測定時設定 の時のみ設定可能。
*(a)から(d)に記載されている他、本カタログ等記載の商品は自動車
(二輪車含む。以下同
じ)
向けではありません。自動車に搭載する用途には利用しないで下さい。自動車搭載
用商品については当社営業担当者にご相談ください。
*上記は適合用途の条件の一部です。当社のベスト、総合カタログ、データシート等最新版
のカタログ、
マニュアルに記載の保証・免責事項の内容をよく読んでご使用ください。
携帯電話・PHS・IP電話などではご利用いただけませんので、下記の電話番号へおかけください。
次モードへ
特殊設定表示無し
選択された
スペシャル項目
当社商品は、一般工業製品向けの汎用品として設計製造されています。従いまして、次に
掲げる用途での使用を意図しておらず、
お客様が当社商品をこれらの用途に使用される際
には、当社は当社商品に対して一切保証をいたしません。
ただし、次に掲げる用途であって
も当社の意図した特別な商品用途の場合や特別の合意がある場合は除きます。
(a) 高い安全性が必要とされる用途
(例:原子力制御設備、燃焼設備、航空・宇宙設備、鉄
道設備、昇降設備、娯楽設備、医用機器、安全装置、
その他生命・身体に危険が及び
うる用途)
(b) 高い信頼性が必要な用途
(例:ガス・水道・電気等の供給システム、24時間連続運転
システム、決済システムほか権利・財産を取扱う用途など)
(c) 厳しい条件または環境での用途
(例:屋外に設置する設備、化学的汚染を被る設備、
電磁的妨害を被る設備、振動・衝撃を受ける設備など)
(d) カタログ等に記載のない条件や環境での用途
単位 [ m s ]
厚み演算モード
ENTキー3秒押下
有効
無効
タイマモード
3秒後
バンク切替
次モードへ
電流出力の場合
max
(約23mA)
、20mA、19mA、…4mA、3mA
単位 [ m s ]
2点目の微調整
1点目と同様
タイマモード
スペシャル
*6
電流出力 *6
トリガ
ディレイホールド
設定初期化
電圧出力
メインデジタルに表示された
電圧または電流値の微調整が
可能です
(電圧、電流値は変更可能)
サブデジタルの値を変化させ
出力を微調整します
(-999∼999)
セルフトリガレベル
-Low
セルフトリガヒス幅
タイマ時間設定
1点スケーリング演算実施
(オフセット演算)
3桁表示
トリガ方向
ディレイホールド
2点目スケーリング入力。
(1点目と同じ)
小数点の変更は無し。
次モードへ
2桁表示
タイミング入力
ENTキ-の
押し下げで
スケ-リング値
設定終了
2点目
スケーリング
次モードへ
4桁表示
表示桁数制限
上下ボタンの押下で
表示インバース設定実施
NG
5桁表示
ピークボトムホールド
インバース有り
2点スケーリング演算実施
(オフセット、
スパン演算)
モニタフォーカス演算実施
アベレージホールド
ホールド
線にて囲まれた文字が設定
(点滅)
桁です。
ENTキ-でモニタ
フォ−カス設定
完了
ボトムホールド
*1
インバース無し
インバース設定
計測値
UP,DOWN,LEFT,RIGHTキー
の押下で2点目
スケーリング値設定開始
数値の設定手順は1点目と同じ
計測値(インバースの設定状態に
応じてアクティブに変化)
ENTキ-で
2点目
スケ-リング
設定に移行
2点目計測値
次モードへ
インバ−ス有りにする
と表示値の変化が
逆転します。
ENTキ-で
表示インバ-ス
設定に移行
LEFT,RIGHTキーの
押下で
小数点変更実施
ENTキ-で2点目の
モニタフォ−カス
設定に移行
*4
数値の設定手順は他のFUNモード
の数値設定手順と同じ。
ENTキ-で
小数点設定
に移行
センサ距離値
エリア補正
UP,DOWN,LEFT,RIGHTキー
の押下で1点目スケーリング値設定開始
1点目スケーリング値
(小数点無し)
数値の設定手順は基本的には他のFUNモード
の数値設定手順と同じですが、設定数値桁送り
のみ出力値と計測値を両方設定するため右記
のようになります。
有効
スケーリング設定
がOFFされます
1点目
スケーリング
UP,DOWN,
LEFT,RIGHT
キ-を押して1点
目のフォ-カス値
設定開始
微分機能
OFF
計測値
表示値を変更したい位置
にワークをセットし、変更し
たい数値をダイレクト入力
します。
1点目計測値
B
距離計測モード
スケーリングON
スケーリングOFF
ENTキーで電流
出力選択時
1点目出力値
リニア出力補正
スケーリング機能
ON
計測モード
記号
モニターフォーカス
A
が選択されている場合には,
この項目が設定可能になります
055-982-5051 / www.fa.omron.co.jp
●その他のお問い合わせ
納期・価格・サンプル・仕様書は貴社のお取引先、または貴社
担当オムロン販売員にご相談ください。
オムロン制御機器販売店やオムロン販売拠点は、Webページで
ご案内しています。
A v 2 0 1 4 年 7月
ZJ-SDA□□
Electrostatic Sensor
INSTRUCTION SHEET
Thank you for selecting this OMRON product. This sheet
primarily describes precautions required in installing
and operating the product.
Make sure that the product is handled only by personnel
with knowledge of electrical systems.
Before operating the product, read the sheet thoroughly
to acquire sufficient knowledge of the product.
For your convenience, keep the sheet in a safe place for
easy reference.
TRACEABILITY INFORMATION:
Importer in EU:
Omron Europe B.V.
Wegalaan 67-69
2132 JD Hoofddorp,
The Netherlands
Manufacturer:
Omron Corporation,
Shiokoji Horikawa, Shimogyo-ku,
Kyoto 600-8530 JAPAN
The following notice applies only to products that carry the CE mark:
Notice:
This is a class A product. In residential areas it may cause radio
interference, in which case the user may be required to take adequate
measures to reduce interference.
© OMRON Corporation 2006 All Rights Reserved.
(1) Installation Site
Do not install the product in locations subjected to the following conditions:
• Ambient temperature outside the rating
• Rapid temperature fluctuations (causing condensation)
• Relative humidity outside the rating
• Presence of corrosive or flammable gases
• Presence of dust, salt, or iron particles
• Direct vibration or shock
• Direct sunlight
• Water, oil, or chemical fumes or spray
• Strong magnetic or electric field
(2) Power Supply and Wiring
・The total length of the Sensor cable or Amplifier cable must be 10 m or less.
Use a ZX-XC□A Extension Cable (order separately) if required to extend
the cable from the Sensor. Use a shielded cable to extend the Amplifier
cable. The shielded cable must be the same as that of the Amplifier cable.
・When using a commercially available switching regulator, ground the FG
(frame ground) terminal.
・If the power supply line is subject to surges, connect a surge absorber that
meets the conditions of the usage environment.
・When using a ZX-CAL2 Calculating Unit to connect multiple Amplifier
Units, connect the corresponding linear ground of each Amplifier Unit.
(3) Warm-up
After turning ON the power, allow the product to warm up for appro-ximately 30
minutes prior to use. The circuitry is not stable immediately after turning the
power ON, and the values gradually change until the Sensor is completely
warmed up.
(4) Maintenance and Inspection
・Always turn OFF the power supply before adjusting or removing the Sensor
Head.
・Do not use thinners, benzine, acetone, or kerosene for cleaning the Sensor
Head or Amplifier Unit.
(5) Sensor Head
Use the Electrostatic Sensor in combination with an Electrostatic Sensor Head
(ZJ-S□□□).
(6) Standard Voltage Collection
Execute the collection of a standard voltage before static electricity is measured.
(Refer to standard voltage Collection Function)
Model
Item
Measurement period
Observe the following precautions to ensure safety.
(1) Environment
・Do not use the product in locations subject to explosive or flammable gases.
・To ensure safety in operation and maintenance, do not install the product near
high-voltage equipment or power devices.
(2) Power Supply and Wiring
・Do not operate the product at a voltage in excess of the rated voltage.
・Do not short-circuit the load for the open collector output.
・Do not lay a power supply cable for the product together with highvoltage lines or power lines. Doing so, or placing them into the same duct
would cause induction and lead to malfunction or damage.
・Do not disconnect the product connector while power is being supplied,
otherwise the product may be damaged.
・Make sure that the polarity for the power supply and output terminals is
correct. Do not connect an AC power supply.
・Do not apply voltage or current to the output terminals in excess of the rated
voltage or current.
(3) Applicable standards
・EN61326-1
・Electromagnetic environment : Industrial electromagnetic environment (EN/IEC 61326-1 Table 2)
(4) Others
・Do not attempt to disassemble, repair, or modify the product.
・When disposing of the product, treat it as industrial waste.
・Use the Sensor Head and Amplifier in only in one of the specified
combinations. The Sensor Head and Amplifier are not compatible with the ZX
Series. Do not connect the Electrostatic Sensor in combination with a ZJ-SDA
□□ or ZX-series Head Unit.
・To prevent electric shock,and to do a collect measurement,be sure to ground
the 0-V terminal.
・Do not operate the product with wet hands. Doing so may result in
electric shock.
・Do not ground the 24VDC terminals. Doing so may result in malfunction.
・Do not drop the product or otherwise subject it to excessive shock.
Doing so may result in malfunction.
OPE1 judgment output
White
Load
Load
OPE2 judgment output
Green
24 V DC
OPE3 judgment output
Gray
GND (0 V)
Blue
Bank shift input
Pink
Timing input
Purple
Zero reset input
Orange
Reset input
Red
Current/voltage
output selector
100Ω
Current output
(4 to 20 mA)
Voltage output
(± 4 V)
Linear output
Black
Load
Current output: 300 Ω max.
Voltage output: 10 kΩ min.
Linear output GND
Shield
1,2,4,8, 16, 32, 64, 128, 256, 512, or 1,024
Current output: 4 to 20 mA/FS, Max. load resistance: 300Ω
Voltage output: ±4 V ( ±5 V, 1 to 5 V, See note 3.), Output impedance: 100Ω
NPN open-collector outputs,30 V DC, 20 mA max.
Residual voltage: 1.2 V max.
Judgement outputs
(3 outputs: OPE1, OPE2, OPE3)
Bank shift input
Zero reset input
Timing input
Reset input
Functions
Indications
Power supply voltage
Power consumption
Ambient temperature
Ambient humidity
Insulation resistance
Dielectric strength
Vibration resistance (destructive)
Shock resistance (destructive)
Degree of protection
Connection method
Weight (packed state)
Materials
Accessories
◆ Display reverse
◆ Display digit limit
◆ Zero reset
◆ Zero reset memory
◆ Timers
◆ Initialization
◆ Teaching
◆ Direct threshold value setting
◆ Hysteresis width setting
◆ Scaling
◆ Monitor focus
◆ Linear output correction
◆ Peak hold
◆ Bottom hold
◆ Sample hold
◆ Peak-to-peak hold
◆ Average hold
◆ Peak and bottom hold
◆ Mask hold
◆ Distance trigger
◆ Delay hold
◆ Delay time setting
◆ Timing inputs
◆ Key lock
◆ Clamp value setting
◆ Precision mode
Operation indicators: OPE1 (orange), OPE2 (green), OPE3 (yellow),
7-segment main digital display (red), 7-segment sub-digital display (yellow),
power indicator (green), zero reset indicator (green), enable indicator (green)
24 V DC ±10%, Ripple (p-p): 10% max.
Maximum 3.4 W (Sensor connected)
(Power supply voltage: 24 V, Current consumption: Maximum 140 mA)
Operating and storage: 0 to 50℃ (with no icing or condensation)
Operating and storage: 35% to 85% (with no condensation)
20 MΩmin. at 500 V DC
1,000 V AC, 50/60 Hz for 1 min
10 to 150 Hz, 0.7-mm double amplitude 80 min each in X, Y, and Z directions
300 m/s2 3 times each in six directions (up/down, left/right, forward/ backward)
IP40
Prewired (standard cable length: 2 m)
Approx. 400 g
Case: PBT (polybutylene terephthalate), Cover: Polycarbonate
Instruction sheet Ferrite core
Note 1: The response speed of the linear output is calculated as the measurement period x (average count setting + 1).
The response speed of the judgement outputs is calculated as the measurement period x (average count setting + 1).
Note 2: The output can be switched between current output and voltage output using a switch on the bottom of the Amplifier Unit.
Note 3: Setting is possible via the monitor focus function.
Note 1. If high resolution is required, use a separate stabilized power supply for
the product.
Note 2. Wire the product correctly. Incorrect wiring may result in
damage. (Do not allow the linear output lines to come into contact with other
lines.)
Note 3. Use the 0-V ground line (blue line) for the power supply and use the shield
wire (linear output ground) together with the linear output (black line) for
linear output. Each of these grounds must be used for the designed purpose.
When not using the linear output, connect the linear output ground to the 0-V
ground line.
1. Power supply terminal (24 V DC)
Connect a 24-V DC power supply.
2. GND (0 V)
The GND terminal is the 0-V power supply terminal. When using an Amplifier
Unit with an NPN output, the GND terminal is also the common I/O terminal for
all I/O except for the linear output.
3 to 5.
Judgment Outputs: OPE1, OPE2, and OPE3
Output according to the judgment results (HIGH, PASS, and LOW) for measured
values and warning status.
6. Linear output
Outputs a linear output in accordance with the measured value. Use the DIP
switch on the back of the Unit to select either current (4 to 20 mA) or voltage
( ±4 V) output. Refer to Parts Names and Functions of Components for details.
7. Linear GND
Connects to input equipment for use as the linear output GND.
8. Bank shift input
Banks can be switched using the zero reset (9), timing (10), and reset (11) inputs
when the Sensor is turned ON.
9. Zero reset input
Setting is made according to input time.
・0.2 to 0.8 s: Execute zero reset
・1 s or more: Cancel zero reset
10. Timing input
Used for timing control when a hold function is enabled.
11. Reset input
This input serves to reset the outputs. When this input is ON, internal calculation
is interrupted and a fixed value of judgement output and linear output is output.
When set to non-measurement, the following are output.
Settings for non-measurement
CLAMP
All OFF
Judgement outputs
Linear output
Main digital display
ON: Short-circuited with 0-V terminal or 1.5 V or less
OFF: Open (leakage current: 0.1 mA max.)
◆ Measured value display
◆ Present value display
◆ Output value display
◆ Resolution display
◆ Present value display
◆ ENABLE indicator
◆ Zero reset indicator
◆ Judgement indicator
◆ ECO mode
1. 24 V DC
2. GND (0 V)
3. OPE1 judgment output
4. OPE2 judgment output
5. OPE3 judgment output
Black
6. Linear output
Shield
7. Linear output GND
Pink
8. Bank shift input
Orange
9. Zero reset input
Purple
10. Timing input
Red
11. Reset input
Load
ZJ-SDA11
1mS
Possible average count settings
(See note 1.)
Brown
Blue
White
Green
Gray
24 V DC
Brown
■Ratings and Specications
Linear output
(See note 2.)
PRECAUTIONS FOR SAFE USE
・NPN Amplifier Unit: (ZJ-SDA11)
Internal circuit
Model
■External Inputs and Outputs
■I/O Circuit Diagrams
PRECAUTIONS FOR CORRECT USE
Sub-digital display
◆ Distance compensation
◆ Detection area compensation
◆ Warning output
◆ Bank switching
The value set by the clamp level is held.
The values immediately
before the non-measurement
status are kept.
"
"
KEEP
The values immediately
before the non-measurement
status are kept.
"
"
Maximum output voltage: Approximately 5.5 V, Maximum output current: Approximately 23 mA
■Bank Switching
The banks are switched when the bank shift input (8) (pink) is ON.
Input wire
Standard
Pink (8. Bank switching input) OFF
Orange (9)
Zero reset
(zero reset input)
Purple (10)
Timing (timing input)
Red (11)
Reset (reset input)
Bank switching
ON
Change execution
(banks switched)
Select1(bank selection 1)
Select2(bank selection 2)
Four banks can be saved. Bank numbers are selected by turning ON or OFF Select 1
(10: purple) and Select 2 (11: red).
Bank number
0
1
2
3
Select1
OFF
ON
OFF
ON
Select2
OFF
OFF
ON
ON
Bank switching is performed when the orange input (9: change execution)
changes from ON to OFF (as designated with a triangle in the following
table). Example: Switching to bank 1
Change execution
Select1
Select2
OFF
ON
OFF
ON
OFF
ON
■Judgment Outputs: Judgment Indicators
Hold
Output type OPE1
OPE2
OPE3
Standard
HIGH
PASS
LOW
Warning
WARN
OK
NG
Peak and bottom hold
NA
WARN
Peak-OK
Bottom-OK
OK:
Equivalent to PASS.
NG:
Other than PASS (HIGH or LOW)
WARN:
Turns ON when there is a warning.
The warning status continues until (1) the reset input turns ON, (2) FUN
mode is selected, or (3) the power supply is turned OFF.
Peak-OK:
Turns ON when the peak hold result is OK (i.e., PASS).
Bottom-OK: Turns ON when the bottom hold result is OK (PASS).
Not peak and bottom hold
■Connections
[Sensor Head and Amplifier Unit]
Insert the output cable connector of the Sensor Head into the input cable
connector of the Amplifier Unit until the connector ring locks into place.
When disconnecting the Sensor Head, hold the connector ring and Amplifier Unit
connector and pull them straight out.
Note: Do not touch the pins or contacts inside the connectors.
■Installation
Controls
Connector cover dimensions when open
■Part Names and Functions
[Mounting]
1. Mount the front of the Unit to the DIN Track.
2 .Press the rear of the Unit onto the DIN Track.
Judgement
indicator
Zero reset indicator
Power
indicator
2
1
Main digital display
Enable
indicator
Power
ZERO
Note: Always mount the front of the Unit first. Mounting strength may decrease if
mounting is performed in the reverse order.
MODE
OPE2
L
OPE3
Sub-digital display
Threshold switch
Mode switch
L
FUN
Threshold value
changes forward
DOWN
Resets input if
pressed
continuously for 3
seconds
Threshold value
Function setting
changes backward value changes
backward
RIGHT
Sub-digital display Threshold value
content changes
digit changes
forward
forward
Setting function
selection moves
forward
LEFT
Sub-digital display Threshold value
digit changes
content changes
backward
backward
Setting function
selection moves
backward
Pressed
continuously for 1
second or longer:
Zero reset
Pressed
continuously with
the RIGHT Key for
3 seconds or
longer: Zero reset
release
Setting value
flashing (setting):
Setting value
confirmed
Settings
initialization:
Setting initialized
if pressed
continuous for a
long time.
ENT
DOWN key
ENT key
ENT
The current/voltage output selector for the linear output is on the bottom of the
Amplifier Unit.
DIN Track
3
■Please install the ferrite core of the attachment in the cable as shown in the figure
below when you use this product as CE acceptable goods.
Current/voltage output selector
Voltage output
10mm or less
Function setting
value changes
forward
Timing input
R
H
FUN Mode
T Mode
UP
DOWN
RUN T
4
RUN Mode
Key
UP
Kv
SUB
[Removing]
3. Press the Unit toward the front.
4. Lift the front of the Unit.
RIGHT key
LEFT key
ENABLE
OPE1
DIN Track
UP key
・Mode Switch: RUN, T, or FUN
Any of the following three modes can be selected:
RUN Mode.....Normal operation mode
T Mode...........Mode for setting the threshold values
FUN mode......Function mode to perform other settings
・Threshold Switch: HIGH or LOW
Switches the threshold value (HIGH/LOW) for the display setting in
T or RUN Mode.
・Keys
The normal functions of the keys are listed in the following table
Threshold value
flashing:
Threshold value
confirmed.
Threshold value
lit: Teaching
executed.
Note:The length of the amplifier cable when the ferrite core is used
becomes about 185cm.
■Dimensions
Vinyl-insulated round cable, 5.1 dia., 9 conductors
(cross-sectional area of conductor : 0.09 mm2,
insulator diameter : 0.7 mm)Standard length : 0.1 m
15.5 dia
Connector
OPE3 indicator
OPE2 indicator
OPE1 indicator
Power indicator
Zero reset indicator
Enable indicator
Main digital display
Sub-digital display
Vinyl-insulated round cable, 5.2 dia., 10 conductors
(cross-sectional area of conductor : 0.09 mm2,
insulator diameter : 0.7mm)Standard length : 2 m
Indicators
・Power Indicator: ON (Green)
Lights while the power is being supplied.
・Judgment Indicators: OPE1 (Orange), OPE2 (Green), OPE3 (Yellow)
Light according to the judgment results (HIGH, PASS, LOW) for measured
values and warning status. Judgment outputs also operate in the same way.
・Main Digital Display: 5-digit Digital Display (Red)
The measured value (kV) is displayed in RUN Mode.
The hold value (kV) is displayed in the Hold Mode.
Characters are displayed upside down in Display Reverse Mode.
・Sub-digital Display: 5-digit Digital Display (Yellow)
The resolution or output level is displayed in RUN Mode.
The threshold values are displayed in T Mode.
Characters are displayed upside down in Display Reverse Mode.
・Enable Indicator: ENABLE (Green)
The enable indicator is turned ON/OFF according to the following
conditions
ON: Within the measurement range.
OFF: Outside the measurement range.
・Zero Reset Indicator: ZERO (Green)
The zero reset indicator lights when the zero reset function is enabled.
Standard Voltage Correction Function(Zero Reset)
Please execute the correction of a standard voltage with the grounded large
metallic board(electrification amount=0V)detected for the measurement area
before static electricity is measured.(Please make a circle five times or more the
diameter of the installation distance a standard in the measurement area.The
grounded large metallic board must be bigger than measurement area.)
[Procedure]
■ Alphabet Display Format
Press the ENT Key for about 1 second or longer without executing the
zero reset.
The zero reset can also be performed using the external zero reset input.
The operation can be repeated as required.
The alphabet appears on the digital display as shown in the following table.
Current output
Display on Main Digital Display
The measured value (after scaling, calculation, etc.) is displayed.
Display on Sub-digital Display
1. Threshold value
The threshold value is displayed.
2. Voltage value
The voltage value is displayed.
"V" is displayed as the rightmost digit.
A display voltage value is a standard. It is not completely in agreement
with an actual output.
3. Current value
The current value is displayed.
"mA" is displayed as the rightmost digit.
A display current value is a standard. It is not completely in agreement
with an actual output.
4. Resolution
The resolution of the linear output is displayed.
The letter "r" is displayed as the leftmost digit.
The value is updated approximately every second.
5. Distance Display
The distance between the Sensor Head and the workpiece is
displayed when adjacent distance sensors are used. This display is enabled
only when there are adjacent distance sensors and the distance measurement
mode is set to AUTO.
6. Present value
The present measurement results that are not affected by differentiation,
hold, reset, and other functions are displayed.
A
b
c
d
E
F
G
h
I
J
K
L
m
n
o
P
q
r
S
t
U
v
w
X
Y
There after,the offset element of the amount of static electricity is
canceled and the display value is calculated.
Zero Reset display lights.
Note 1: When the zero reset memory function is enabled , the zero reset
value will remain stored even if the power is turned OFF.
Z
The zero reset memory is written into EEPROM non-volatile
memory. Data can be written to EEPROM memory 100,000
times.
[Releasing the Zero Reset]
Hold the ENT and RIGHT Keys down together for about 3 seconds
when the zero point has been reset.
The zero reset can also be released using the external zero reset input.
■Operations in Each Mode
Mode Switch
Mode
RUN mode
RUN T
Threshold Switch
Other Functions in RUN Mode
Optional
FUN
Timing Input
The RUN mode flow is shown below
Main
digital Measured
display
value
Sub- Threshold
value
digital
display
1
The timing input is controlled by pressing the UP Key (
).
The timing input is enabled only in Hold Mode.
The timing input can also be controlled using the external timing input.
Measured
value
Measured
value
Measured
value
Measured
value
Measured
value
Voltage
Current
Resolution
Distance
Present
value
2
3
4
5
6
Reset Input
The reset input is effective when the DOWN Key (
) is pressed for 3 seconds or
longer.
A reset input can also be input using an external input line.
Mode
T
Mode Switch
RUN T
Threshold Switch
Any setting
FUN
Position Teaching
With position teaching, the threshold values are set based on the values for a
workpiece. This teaching method ensures that the measured value will be the
ON threshold value after teaching.
[Setting Procedure]
Inputting Threshold Values Directly
The threshold values can be input directly without using the teaching function.
Threshold values can also be fine-tuned after teaching. The measured value is
displayed on the main display and the threshold value is displayed on the
sub-display.
Mode
FUN mode
Mode Switch
RUN T
Threshold Switch
FUN
Optional
Key Lock
This function disables the control keys.
[Setting Method]
Select the threshold value that is to be input directly using the threshold
switch.
H
L
[Setting the Key Lock]
Select the threshold value that is to be taught using the threshold switch.
Set the workpiece and press the ENT Key for about 1 second while the
sub-display is lit.
Change the numeric value using the procedure shown in the following
figure.
Increments the
numeric value.
UP
H
L
Note: The threshold value will not be modified if a teaching error occurs.
Automatic Teaching
Automatic teaching is used to automatically set the maximum and minimum
measured values as threshold values. The maximum and minimum measured
values while the keys are being pressed are automatically set as the threshold
values.
[Setting Procedure]
Select the threshold value that is to be taught using the threshold switch.
H
Moves to a
higher digit.
L
DOWN
MODE
R
Moves to a
lower digit.
Decrements the
numeric value.
When you finish adjusting the numeric value, press the ENT Key to
confirm the value.
L
All digits will flash twice, then the display will remain constantly lit,
indicating that the numeric value has been entered.
Press the ENT and RIGHT Keys at the same time as the workpieces
flow.
Error Displays during Normal Measurement
Display
Cause
Press the UP, DOWN, RIGHT, and LEFT Keys at the same time for 3
seconds or longer.
"
" will be displayed on the main display and "_ _ _ _ _ " will
be displayed on the sub-digital display for 3 seconds.
After 3 seconds, "
" will be displayed on the sub-digital display to
complete the key lock process.
[Releasing the Key Lock]
Press the UP, DOWN, RIGHT, and LEFT Keys at the same time for 3
seconds or longer.
"
" will be displayed on the main digital display and
"_ _ _ _ _ " will be displayed on the sub-digital display for 3 seconds.
After 3 seconds, "
" will be displayed on the sub-digital display to
complete the key lock releasing process.
Note: The following operations are enabled while the keys are locked.
・Changing the mode switch
・Changing the threshold switch
・Releasing the key lock
One or all of the judgement
outputs are short-circuited.
Clear the load short-circuit.
(When the load chort-circuit
is cleared, the error will be
automatically recovered.)
E-EEP
(Flashing)
EEPROM destruction or
data error
Press the ENT Key for 3
seconds or longer.
Replace the Amplifier Unit if
the above countermeasure
does not solve the problem.
E-hEd
(Flashing)
The Sensor Head is
disconnected or there is a
Sensor Head error.
Connect the Sensor Head.
Replace the Sensor Head if
the above countermeasure
does not solve the problem.
Note 1: T mode Inputting Threshold Values Directly
Threshold values can be directly input in T mode outside the measurement
range even when a distance calculation error occurs. (Teaching, however, is not
possible).
Note 2: The display priority is in descending order from the top of the above table
when more than one error occurs at the same time.
Error Displays during Numeric Value Setting
Display
ErrLh
(Flashing)
ErrhL
(Flashing)
Errov
(Flashing)
ErrUd
(Flashing)
Cause
Attempted to set a numeric
value larger than the HIGH
threshold value to the LOW
threshold value.
Attempted to set a numeric
value smaller than the LOW
threshold value to the HIGH
threshold value.
The set numeric value is too
large.
The sampled maximum and minimum measured values will
automatically be set as threshold values when you release the keys.
(Maximum: HIGH threshold value, minimum: LOW threshold value)
The automatically set threshold values will flash on the sub-digital
display twice.
Display
E-dIS
(Flashing)
Cause
There is an error in the
distance data that was read.
Note: The threshold value will not be modified if a teaching error occurs.
Note: Threshold values are not changed while the display is flashing.
Measurement processing will proceed with the previous threshold
values.
Press the ENT Key for 3 seconds or longer.
"_ _ _ _" will be displayed on the sub-digital display for 3 seconds.
After 3 seconds, "
" will be displayed on the sub-digital display
to complete the initialization process.
Input an appropriate numeric
value.
Countermeasure
Check if the connected
Sensors are performing
measurements correctly.
Check that the connected
Amplifier is connected properly.
[Setting Procedure]
When the UP and DOWN keys are pressed, " " will be
displayed on the sub-digital display (***).
Reset the threshold values.
Error Displays When Using Adjacent Distance Sensors
This function resets all settings to their default values.
Set the mode switch to FUN and select " " on the main
digital display.
Countermeasure
Reset the threshold values.
The set numeric value is too Input an appropriate numeric
small.
value.
Initializing Settings
"
" will flash on the sub-digital display after the keys have been
pressed for 1 second (sampling, however, will start immediately after the
keys are pressed).
Sampling will continue while the keys are pressed.
Countermeasure
E-Sht
(Flashing)
Set the mode switch to FUN
Set the mode switch to T.
Press the UP, DOWN, RIGHT, or LEFT Key.
Direct input will be started.
The leftmost digit of the threshold value will flash on the sub- display.
■Error Displays
E-ch
(Flashing)
The Calculating Unit or
Amplifier became disconnected
when the distance measurement
mode was AUTO.
Check that the setting for the
area of the area is correct
when area compensation is
being executed.
Check that the connected
Amplifier is connected properly.
Alternatively, set the distance
measurement mode to USER.
Scaling
The status transitions in the FUN mode are
shown in the following chart.
Press the UP or DOWN
Key to select the number
of samples to average,
from 1 to 4,096. Press the
ENT Key to enter the
number.
Number of
samples to average
Hysteresis
Automatic hysteresis width
setting (2 x resolution) can
also be performed by
pressing the ENT Key for 3
seconds.
Distance
measurement mode
Setting Procedure
Settings can be changed with the UP or DOWN Key.
(Display will flash.)
UP Key, DOWN Key: Select function
ENT Key: Enter
LEFT Key, RIGHT Key: Cancel change
The digit with the flashing number can be changed.
If no digit flashes, settings can be changed with the
UP or DOWN Key.
UP Key, DOWN Key: Change number
LEFT Key, RIGHT Key: Change digit
ENT Key: Enter
The setting change can be cancelled by pressing the
RIGHT Key at the rightmost position, or the LEFT Key
at the leftmost position. (The above method cannot be
used to cancel the setting for monitor focus or linearity
output. To cancel these, set the mode switch to T
mode.
Monitor focus
Voltage
output
Current
output
This item can be set when
or
is selected.
Linear output
correction
Voltage output
selected using
the ENT Key
Enabled
*4
Second point
output value
Second point
measured value
Go to the
next mode
Area compensation
Peak hold
Area of area
*1
Display reverse
Sample hold
Peak-to-peak
Hold
Enabled
ECO mode
Mask hold
*2
Timing input
Limited number of
display digits
Trigger
Distans
Go to the
next mode
Trigger direction
Delay hold
*2
-Low Self-trigger
level:Low
Self trigger
hysteresis width
Timer mode
Delay time
Output type
No timer
ON-delay
Sampling time
Settings
initialization
Timer mode
3 seconds later
Special
Hold down the ENT Key
for 3 seconds.
*6
*6
For voltage output
Max. (approx. 5.5 V), 5 V, 4 V,...-4 V, 5V
For current output
Max. (approx. 23 mA), 20 mA, 19
mA...4 mA, 3 mA
The voltage or current value
displayed on the main display can be
fine-tuned (the voltage or current
value can be changed). The subdigital display value is changed and
the output is fine-tuned (-999 to 999).
Same as that of the first
point
Go to the
next mode
Enabled
Bank switching
*1: Can be set only when using area compensation.
*2: Can be set only when using hold mode.
*3: Can be set only when using timer mode.
*4: Can be set only when using differentiation mode.
*5: Current/voltage switching is performed with the monitor focus function.
*6: Can be set only when using the
non-measurement setting.
Omron Companies shall not be responsible for conformity with any standards,
codes or regulations which apply to the combination of the Product in the
Buyer’s application or use of the Product. At Buyer’s request, Omron will
provide applicable third party certification documents identifying ratings and
limitations of use which apply to the Product. This information by itself is not
sufficient for a complete determination of the suitability of the Product in
combination with the end product, machine, system, or other application or
use. Buyer shall be solely responsible for determining appropriateness of the
particular Product with respect to Buyer’s application, product or system.
Buyer shall take application responsibility in all cases.
NEVER USE THE PRODUCT FOR AN APPLICATION INVOLVING
SERIOUS RISK TO LIFE OR PROPERTY WITHOUT ENSURING THAT THE
SYSTEM AS A WHOLE HAS BEEN DESIGNED TO ADDRESS THE RISKS,
AND THAT THE OMRON PRODUCT(S) IS PROPERLY RATED AND
INSTALLED FOR THE INTENDED USE WITHIN THE OVERALL
EQUIPMENT OR SYSTEM.
See also Product catalog for Warranty and Limitation of Liability.
Tokyo, JAPAN
Industrial Automation Company
Contact: www.ia.omron.com
Regional Headquarters
OMRON EUROPE B.V.
Sensor Business Unit
Carl-Benz-Str. 4, D-71154 Nufringen, Germany
Tel: (49) 7032-811-0/Fax: (49) 7032-811-199
Go to the
next mode
OMRON ELECTRONICS LLC
2895 Greenspoint Parkway, Suite 200
Hoffman Estates, IL 60169 U.S.A.
Tel: (1) 847-843-7900/Fax: (1) 847-843-7787
Displays-related
Other
Perform the one-point
scaling operation (the
offset).
OMRON Corporation
No special setting display
All displayed
Press the ENT
Key to finish
the scaling
value setting.
Suitability for Use
Settings-related
Selected
special items
Measured
value
Second point
scaling
Press the UP or
DOWN Key to invert
the display values.
Go to the
next mode
Unit (ms)
Thickness
operation mode
Special
Inverted
Press the ENT
Key to move to
the second
point scaling
setting.
NG
Warning level
Displayed bars light one-by-one from the left.
All of them light after 3 seconds, to indicate OK.
Not inverted
Inverted setting
Perform the two-point scaling
operation (the offset and range).
Unit (ms)
One-shot
Unit (ms)
Measured value (actively changes
with display inversion setting)
Input the second point scaling (same as
first point). Decimal point is not changed.
Disabled
OFF-delay
*3
Current output
Second point
fine-tuning
Zero reset memory
function
Circled characters are
the (flashing) digits to be
set.
B
Trigger
Delay hold
Timer time setting
Voltage output
Set the workpiece at the
position where the
display value change is
required. Directly input
the new value.
First point fine-tuning *5
For voltage output For current output
Output value
held
Output value
clamped
-High Self-trigger
level:High
Press the ENT
Key to move to
the display
inversion
setting.
Press the LEFT or
RIGHT Key to change
the decimal point.
Go to the
next mode
No display
Settings for nonmeasurement
Clamp value setting
OK
Display value is
inverted if "Inverted" is
selected.
Measured
value
First point scaling value
(with decimal point)
Perform the monitor focus
operation.
5-digit
display
4-digit
display
3-digit
display
2-digit
display
1-digit
display
Peak and bottom hold
Trigger
Press the ENT Key
to complete the
monitor focus
setting.
Disabled
Average hold
Press the
ENT Key to
move to the
decimal point
setting.
Start the second point
scaling value setting by
pressing the UP, DOWN,
LEFT, or RIGHT Key.
Numeric value setting procedure is
the same as that of the first point.
Bottom hold
Start the first point scaling value
setting by pressing the UP,
DOWN, LEFT, or RIGHT Key.
Numeric value setting procedure is
the same as that in other FUN Mode
settings.
Measured value
Start the second
point focus value
setting using the
UP, DOWN,
LEFT, or
RIGHT Key.
Disabled
Scaling is turned
OFF.
First point
scaling
First point scaling value
(without decimal point)
Numeric value setting procedure is the
same as that of other FUN mode settings
except for the value shift that requires
setting both output and measured values
as shown on the right:
Press the ENT Key
to migrate to the
second point
monitor focus
setting.
Enabled
OFF
Measured
value
Start the first
point focus value
setting using the
UP, DOWN,
LEFT, or
RIGHT Key.
Sensor distance
No hold
Scaling ON
Scaling OFF
Set the workpiece at the
position where the display
value change is required.
Directly input the new
value.
First point
output value
First point
measured value
Disabled
This item can be set
when
or
is selected.
Current output
selected using
the ENT Key
B
Differentiation
function
Differentiation cycle
A
Scaling function
NO
Measurement mode
Symbol
Monitor focus
A
This item can be set when
or
is
selected.
・Notice for Korea Radio Law
A급 기기(업무용 방송통신기자재)
이 기기는 업무용(A급) 전자파적합기기로서 판매자
또는 사용자는 이 점을 주의하시기 바라며,가정외의
지역에서 사용하는 것을 목적으로 합니다.
OMRON ASIA PACIFIC PTE. LTD.
No. 438A Alexandra Road # 05-05/08 (Lobby 2),
Alexandra Technopark,
Singapore 119967
Tel: (65) 6835-3011/Fax: (65) 6835-2711
OMRON (CHINA) CO., LTD.
Room 2211, Bank of China Tower,
200 Yin Cheng Zhong Road,
PuDong New Area, Shanghai, 200120, China
Tel: (86) 21-5037-2222/Fax: (86) 21-5037-2200
D s Oct, 2014
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement