iPod classic → iPod touch → iPhone → iPad という製品イノベーション

iPod classic → iPod touch → iPhone → iPad という製品イノベーション
iPod classic → iPod touch → iPhone → iPad という製品イノベーションに関する経営技術論的理解
Product(製品)と Production Process(製品の生産過程)は異なる二つのカテゴリーとして区別する必要がある。そのことに対応して
Innovation は、Product Innovation(製品イノベーション)と Process Innovation(プロセスイノベーション)の二種類に区別される。Product
Innovation とは、主として Product に新しい Function を付け加えたり、Product の Performance を向上させたりするイノベーションのこと
である。これに対して Process Innovation とは、主として Product の Quality の向上や、Product の manufacturing Cost(製造コスト)の低
減を目的として、Production Process(1)を改良・変革するイノベーションのことである。
ここでは、Apple による iPod(第 1 世代 2001,第 2 世代 2002,第 3 世代 2003,第 4 世代 2004,第 5 世代 2005,第 6 世代 iPod classic 2007)
→iPod touch(第 1 世代 2007,第 2 世代 2008,第 3 世代 2009)→iPhone(初代/2007、3G/2008、3GS/2009)→iPad(2010)という Product
Innovation の歴史的展開を事例として、Function-Performance という経営技術論的視点から分析すると、図 1 のようにまとめることがで
きる。
図 1 に挙げた 4 つの製品イノベーション Product Innovation A~Product Innovation D の歴史的展開は、「タッチ操作」機能、「第 3
世代携帯電話」機能、「ビデオカメラ」機能といった機能に関する追加・削除、および、「画面表示」機能に関わる<表示画面サイズ>
や<画面解像度>といった性能の向上、「音楽およびビデオの再生」機能に関わる<音楽再生時間>や<ビデオ再生時間>とい
った性能の向上、「データ記憶」機能に関わる<データ記憶容量>という性能の向上・低下という視点から分析することができる。
図1 iPod classic → iPod touch → iPhone → iPad という製品イノベーションの歴史的展開
---- 製品に関する「機能」視点および「性能」視点から見た技術発展 ---Prouduct
Prouduct
Prouduct
Prouduct
Innovation A
Innovation B
Innovation C
Innovation D
Product
Product
Product
Product
Product
1
2
3
4
5
音楽およびビデオ
の再生機能
第5世代
初代
iPod
touch
(2007)
iPod
(2005)
タッチ操作
機能
iPad
iPhone
3G
(2008)
(2010)
iPhone
3GS
(2009)
第 3 世代携帯電話
機能
ビデオ
カメラ機能
画面表示
機能に
関わる性能
音楽および
ビデオの
再生機能に
関わる性能
データ記憶
機能に
関わる性能
表示画面
サイズ
2.5 インチ
画面
解像度
320×240
約 8 万画素
163 dpi
音楽再生
時間
20 時間
ビデオ再生
時間
3 時間
最大記憶
容量
60GB
HDD
3.5 インチ
×1.4
480×320
約 15 万画素
163 dpi
×2
×1.5
×2
×2.8
30 時間
24 時間
6 時間
7 時間
×5
×1.4
9.7 インチ
1024×768
約 80 万画素
132 dpi
30 時間
10 時間
10 時間
10 時間
16GB(2)
16GB
32GB
64GB
フラッシュ
メモリ
フラッシュ
メモリ
フラッシュ
メモリ
フラッシュ
メモリ
×2
×2
<さらなる考察>---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------Productを構成するmoduleの組み合わせの変更、および、 moduleの性能変更という視点から図1に示したProduct Innovationの歴史的展開考察する
ことを通じて、製品アーキテクチャ論的視点からProduct Innovationのあり方を論じてみよう。
(1) 新しい material の創造や既存 material に新しい機能を付加する Product Innovation は、製鉄の場合のように Production Process の変更を実際に
はともなうし、Production Process の変更だけによってそうした innovation が可能になる場合もある。しかしここでは Production Process に関する
Innovation であっても、Innovation の目的による区分規定を優先し、Product Innovation として位置づけることにする。
(2) 2007 年の第 1 世代 iPod touch は最大 16GB であった。32GB モデルは 2008 年 2 月 5 日に追加された。第 2 世代 iPod touch(2008)は最大 32GB
のままで、第 3 世代 iPod touch で最大 64GBまで拡張された。
図2 iPodおよびiPhoneの四半期別販売台数の推移(単位:万台)
3,000
iPod
2,500
iPhone
3GS
09/06/09
iPhone 3G
08/06/09
iPhone
初代iPod
Touch
07/09/05
874
436
232
2,000
第5世代
iPod
05/10/12
1,500
170
112
2,107
1,000
第4世代
iPod
500
13
0
6
5 14 22
8
81 86
30 34 73
1,404
853
202 458 531 616
645
873
811
27
2,212
1,055 1,020
982
8,000
iPhone
6,000
371
iPod
1,368
2,511
5,000
4,000
第5世代
iPod
05/10/12
3,000
第4世代
iPod
04/07/19
2,000
4,644
5,269
5,543
5,238
2007
2008
2009
3,196
1,000
0
13
47
145
826
2001
2002
2003
2004
2005
2006
図4 iPod および iPhone 関連の年別販売金額の推移(単位:億ドル)
200
iPhone 3GS
09/06/09
180
160
iPhone
140
100
第4世代
iPod
04/07/19
40
20
0
3.6
28.5
82.0
88.8
85.3
81.1
2006
2007
2008
2009
第5世代
iPod
05/10/12
80
60
110.9
iPhone 3G
08/06/09
iPod
120
62.4
0.5
1.8
5.2
22.6
2001
2002
2003
2004
2005
379 521
2,273
2,097
1,018
iPhone 3GS
09/06/09
iPhone 3G
08/06/09
72
737
1,101
1,101
1,064 1,105
1,022
図3 iPod および iPhone の年別販売台数の推移(単位:万台)
7,000
875
689
1,089
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising