CD ラジオ カセットコーダー

CD ラジオ カセットコーダー
3-228-965-04 (1)
CD ラジオ
カセットコーダー
取扱説明書・保証書
お買い上げいただきありがとうございます。
電気製品は安全のための注意事項を守らないと、
火災や人身事故になることがあります。
この取扱説明書には、事故を防ぐための重要な注意事項と製品の
取り扱いかたを示しています。この取扱説明書をよくお読みのうえ、
製品を安全にお使いください。
お読みになったあとは、いつでも見られるところに必ず保管して
ください。
CFD-E75TV
©2001 Sony Corporation
安全のために
ソニー製品は安全に充分配慮して設計されています。しかし、電
気製品はすべて、まちがった使いかたをすると、火災や感電など
により人身事故になることがあり危険です。
事故を防ぐために次のことを必ずお守りください。
安全のための注意事項を守る
警告表示の意味
取扱説明書および製品で
は、次のような表示をして
います。表示の内容をよく
理解してから本文をお読み
ください。
4∼7ペ−ジの注意事項をよくお読みください。製品全般の注意
事項が記載されています。
定期的に点検する
1年に1度は、電源コードに傷みがないか、コンセントと電源プ
この表示の注意事項を守ら
ないと、火災や感電などに
より死亡や大けがなど人身
事故の原因となります。
ラグの間にほこりがたまっていないか、などを点検してくださ
い。
故障したら使わない
動作がおかしくなったり、キャビネットや電源コードなどが破損
しているのに気づいたら、すぐにお買い上げ店またはソニーサー
ビス窓口に修理をご依頼ください。
この表示の注意事項を守ら
ないと、感電やその他の事
故によりけがをしたり周辺
の家財に損害を与えたりす
ることがあります。
注意を促す記号
万一、異常が起きたら
変な音・においがしたら、
煙が出たら
b
1 電源を切る
2 電源プラグを
コンセントから
抜く
3 お買い上げ店ま
たはソニーサー
ビス窓口に修理
を依頼する
行為を禁止する記号
行為を指示する記号
2
はじめに
目次
•
................................................... 4
ここだけ読んでも使えます
CDを聞く .............................................................. 8
ラジオを聞く ....................................................... 10
テープを聞く ....................................................... 12
録音する .............................................................. 14
CDの再生
準備
表示窓の見かた .................................... 16
電源を準備する .................................... 28
聞きたい曲を選ぶ
(ダイレクト選曲/サーチ).............. 16
繰り返し聞く
(リピート演奏).............. 17
順不同に聞く
(シャッフル演奏)........... 18
聞きたい曲を好きな順に聞く
(プログラム演奏)............................. 18
その他
使用上のご注意 .................................... 30
故障かな?と思ったら ........................... 31
お手入れ ............................................... 34
保証書とアフターサービス .................. 35
主な仕様 ............................................... 36
ラジオ
各部のなまえ ....................................... 37
放送局を記憶させる ............................. 20
索引 ...................................................... 39
記憶させた放送局を聞く
(プリセット選局)............................. 21
音質
迫力ある重低音を楽しむ ..................... 22
タイマー
時計を合わせる .................................... 23
音楽で目覚める .................................... 24
音楽を聞きながら眠る ......................... 25
アラームを鳴らす ................................ 26
はじめに
3
下記の注意事項を守らないと火災・
感電により死亡や大けがの原因
となります。
内部に水や異物を落とさない
水や異物が入ると火災や感電の原因となります。
万一、水や異物が入ったときは、すぐに本体の電源スイッチ
を切り、電源プラグをコンセントから抜き、お買い上げ店ま
たはソニーサービス窓口にご相談ください。
電源コードを傷つけない
電源コードを傷つけると、火災や感電の原因となります。
• 電源コードを加工したり、傷つけたりしない。
• 重いものをのせたり、引っ張ったりしない。
• 熱器具に近づけない。加熱しない。
• 電源コードを抜くときは、必ずプラグを持って抜く。
万一、電源コードが傷んだら、お買い上げ店またはソニー
サービス窓口に交換をご依頼ください。
湿気やほこり、油煙、湯気の多い場所や直射日光の
あたる場所には置かない
火災や感電の原因となることがあります。とくに風呂場では
絶対に使用しないでください。
海外では使用しない
交流100Vの電源でお使いください。海外などで、異なる
電源電圧で使用すると、火災や感電の原因となります。
雷が鳴りだしたら、アンテナや電源プラグに
触れない
感電の原因となります。ロッドアンテナ付き製品を屋外で
使用中に、遠くで雷が鳴りだしたときは、落雷を避けるた
め、すぐにアンテナをたたんで使用を中止し、その後は触
れないでください。
4
はじめに
ぬれた手で電源プラグにさわらない
感電の原因となることがあります。
通風孔をふさがない
布をかけたり、毛足の長いじゅうたんや布団の上または壁や
家具に密接して置いて、通風孔をふさがないでください。過
熱して火災や感電の原因となることがあります。
下記の注意事項を守らないとけがをしたり周辺の
家財に損害を与えたりすることがあります。
内部を開けない
感電の原因となることがあります。
内部の点検や修理はお買い上げ店またはソニーサービス窓口
にご依頼ください。
移動させるとき、長時間使わないときは、
電源プラグを抜く
電源プラグを差し込んだまま移動させると、電源コードが傷
つき、火災や感電の原因となることがあります。
またロッドアンテナ付きの製品を持ち運ぶ際は、目のけがな
どをしないように、アンテナを折りたたんでください。長期
間の外出・旅行のときは安全のため電源プラグをコンセント
から抜いてください。差し込んだままにしていると火災の原
因となることがあります。
はじめに
5
つづき
お手入れの際、電源プラグを抜く
電源プラグを差し込んだままお手入れをすると、感電の原因
となることがあります。
安定した場所に置く
ぐらついた台の上や傾いたところなどに置くと、製品が落ち
てけがの原因となることがあります。また、置き場所、取り
付け場所の強度も充分に確認してください。
大音量で長時間つづけて聞きすぎない
耳を刺激するような大きな音量で長時間つづけて聞くと、聴
力に悪い影響を与えることがあります。とくにヘッドホンで
聞くときにご注意ください。呼びかけられて返事ができるく
らいの音量で聞きましょう。
幼児の手の届かない場所に置く
CDトレイなどに手をはさまれ、けがの原因となることがあ
ります。お子さまがさわらぬようにご注意ください。
円形ディスク以外は使用しない
円形以外の特殊な形状(星型、ハート型、カード型など)をしたディスクを使用すると、
高速回転によりディスクが飛び出し、けがの原因となることがあります。
6
はじめに
電池についての安全上のご注意
液漏れ•破裂•発熱•発火•誤飲による大けがや失明を避けるため、下記のことを必ずお
守りください。
• 小さい電池は飲み込む恐れがあるので、乳幼児の手の届くところに置かない。万が一飲み込んだ場合は、
窒息や胃などへの障害の原因になるので、ただちに医師に相談する。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
機器の表示に合わせて+と−を正しく入れる。
充電しない。
火の中に入れない。分解、加熱しない。
コイン、キー、ネックレスなどの貴金属類と一緒に携帯・保管しない。ショートさせない。
火のそばや直射日光のあたるところ・炎天下の車中など、高温の場所で使用・保管・放置しない。
水などで濡らさない。風呂場などの湿気の多いところで使わない。
外装のビニールチューブをはがしたり、傷つけたりしない。
指定された種類以外の電池は使用しない。
液漏れした電池は使わない。
アルカリ電池の液が漏れたときは素手で液をさわらない
• アルカリ電池の液が目に入ったり、身体や衣服につくと、失明やけが、皮膚の炎症の原因となることが
あります。そのときに異常がなくても、液の化学変化により、時間がたってから症状が現れることがあ
ります。
必ず次の処理をする
• 液が目に入ったときは、目をこすらず、すぐに水道水などのきれいな水で充分洗い、ただちに医師の治
療を受けてください。
• 液が身体や衣服についたときは、すぐにきれいな水で充分洗い流してください。皮膚の炎症やけがの症
状があるときには、医師に相談してください。
• 使いきった電池は取りはずす。長時間使用しないときは取りはずす。
• 新しい電池と使用した電池、種類の違う電池を混ぜて使わない。
この取扱説明書について
本書では、本体での操作を中心に説明しています。リモコンでの操作のしかたは、本体と違う場合に明記
してあります。
「各部のなまえ」
(37、38ページ)も併せてご覧ください。
録音についてのご注意
• 録り直しのきかない録音の場合は、必ず事前にためし録りをしてください。
• CDラジオカセットコーダーの不具合により録音されなかった場合の録音内容の補償については、ご容赦
ください。
• あなたが録音したものは、個人として楽しむなどのほかは、著作権法上、権利者に無断で使用はできませ
ん。
はじめに
7
CDを聞く
3
1, 2
準備,電源コードを接続してください(28ページ参照)
。
1
Z押す開/閉を押して、CD
ぶたを開け、CDを入れる。
文字のある面を上に
2
3
CDぶたを閉める。
uボタンを押す。
(リモコンではNボタンを
押す。)
自動的に電源が入り、再生が始まりま
す。
8
ここだけ読んでも使えます
本体表示窓
曲番
演奏経過時間
その他の操作
ジョグダイヤル
Z押す開/閉
x
こ
使こ
えだ
け
ま読
すん
で
も
音量+, –
u
電源
( )内はリモコンのボタンです。
こんなときは
押すボタン/操作
音量を調節する
音量 + 、–
再生を止める
x
再生中に一時停止する
u
(X)
もう一度押すと演奏が始まる。
曲の頭に戻す
ジョグダイヤルを左へ回す。
(.を押す。)
次の曲へ進む
ジョグダイヤルを右へ回す。
(>を押す。)
CDを取り出す
Z押す開/閉
電源を入/切する
電源
CD-R/CD-RWについて
本機は、CD-DAフォーマット*で記録されたCD-R(レコー
ダブル)およびCD-RW(リライタブル)ディスクを再生する
ことができます。ただし、ディスクや記録に使用したレコー
ダーの状態によっては再生できない場合があります。
*CD-DAは、Compact Disc Digital Audioの略で、一般オーディ
オCDに使用されている、音楽収録用の規格です。
ここだけ読んでも使えます
9
ラジオを聞く
1
2
準備,電源コードを接続してください(28ページ参照)
。
1
ラジオ バンド切換•オートプ
リセットボタンを押して、
TV 、FM 、または AM を選
ぶ。
本体表示窓
ボタンを押すと自動的に電源が入り、
「TV」、
「FM」、または
「AM」が出ま
す。切り換えるときは、もう一度押
します。
2
選局–または+ボタンを押した
ままにし、数字が動き始めた
ら指を離す。
放送局を自動的に受信して止まりま
す。受信できなかったときは、選局
–または+ボタンを繰り返し押して、
聞きたい局の周波数に合わせます。
10
ここだけ読んでも使えます
FMステレオ放送の
とき出る
その他の操作
電源
モード
音量+, –
こ
使こ
えだ
け
ま読
すん
で
も
ちょっと一言
• 本機では、FMステレオ放送
のみステレオで聞くことが
できます。AM、TVのステ
レオ放送はモノラルになり
ます。
• FMステレオ放送の雑音が多
いときは、モードボタンを
押して、表示窓に「Mono」
を出します。音はモノラル
になります。
こんなときは
押すボタン
音量を調節する
音量 + 、–
電源を入/切する
電源
受信状態をよくする
TV、FM放送のとき
ロッドアンテナを伸ばし、向きを変える。
AM放送のとき
本体を最も受信状態の良い方向へ向ける。
ここだけ読んでも使えます
11
テープを聞く−TYPE (ノーマル)
テープ専用
I
1 2
準備,電源コードを接続してください(28ページ参照)
。
1
xZボタンを押してカセッ
トぶたを開け、カセットを
入れる。
聞きたい面を手前に
TYPE I(ノーマル)テープをお使い
ください。
2
nボタンを押す。
自動的に電源が入り、再生が始まり
ます。
12
ここだけ読んでも使えます
本体表示窓
その他の操作
電源
音量+, –
こ
使こ
えだ
け
ま読
すん
で
も
m, M
xZ
X
こんなときは
押すボタン
音量を調節する
音量 + 、–
再生を止める
xZ
早送りや巻戻しをする
mまたはM
再生中に一時停止する
X
もう一度押すと演奏が始まる。
カセットを取り出す
xZ
電源を入/切する
電源
ここだけ読んでも使えます
13
録音する−TYPE (ノーマル)
テープ専用
I
1
3
準備,電源コードを接続してください(28ページ参照)
。
1
xZボタンを押してカセット
ぶたを開け、録音用カセット
を入れる。
録音をする面を手前に
TYPE I(ノーマル)テープをお使い
ください。
2
録音するものを選ぶ。
CDを録音するとき
CDを入れる(8ページ参照)。CDの
xボタンを押して、CDを録音できる
状態にする。
ラジオを録音するとき
録音する局を受信する(10ページ参
照)。
14
ここだけ読んでも使えます
本体表示窓
3
zボタンを押す。
nボタンが同時に押され、録音が始
まります。
こ
使こ
えだ
け
ま読
すん
で
も
その他の操作
電源
モード
n
xZ
X
ちょっと一言
• 録音中、音量や音質を変え
ても録音される音は変りま
せん。
• 録音するときは、乾電池で
はなく付属の電源コードを
使用することをおすすめし
ます。
• AM放送を録音するとき、手
順3のzボタンを押したあと
ピーという雑音が出ていた
ら、モードボタンを押して
雑音が消える状態を選んで
ください。
• 録音した音を消去するには
1 音を消したいカセットを
入れる。
2 Xボタンを押す。
3 nボタンを押す。
4 zボタンを押す。
5 Xボタンを押す。
こんなときは
押すボタン
録音を止める
xZ
録音を一時停止する
X
もう一度押すと録音が始まる。
電源を入/切する
電源
ここだけ読んでも使えます
15
CDの再生
表示窓の見かた
聞きたい曲を選ぶ
表示窓で、CDの全曲数や全演奏時間、残り
の曲数、残り時間などを調べることができま
す。
表示切換
決定 メモリー
(ダイレクト選曲/サーチ)
CDの聞きたい曲の再生を、リモコンの数字
ボタンですぐに始めることができます。
また、.、>ボタンで曲の中の聞きたい
部分を探すこともできます。
数字ボタン
., >
全曲数と全演奏時間を調べるには
停止中、表示切換•決定 メモリーボタンを押
す。
探しかた
全演奏時間
全曲数
聞きながら探す
(サーチ)
残り時間を調べるには
演奏中、表示切換•決定 メモリーボタンを押
す。
表示
押す回数
演奏中の曲番と曲の残り時間*
1回
CD全体の残りの曲数と残り時間
2回
演奏中の曲番と演奏経過時間
(通常表示)
3回
* 21曲以降の曲では、演奏中の曲の残り時間は
「- -:- -」と表示されます。
16
CD再生
操作のしかた
曲番で直接選ぶ
曲番の数字ボタンを押す。
(ダイレクト選曲)
演奏中に>または.
ボタンを押したままにする。
(本体ではMまたはm
ボタンを使います。
)
表示窓の演奏時間 一時停止中に>または
を見ながら探す
.ボタンを押したまま
(高速サーチ)
にする。
(本体ではMまたはm
ボタンを使います。
)
ご注意
ダイレクト選曲の場合、表示窓に「SHUF」
「PGM」
が出ていたら、xボタンを押して消します。
ちょっと一言
10曲目以降の曲を選ぶには、>10ボタンを押した
あと10の位の数、1の位の数という順に数字ボタン
を押します。
例:23曲目を選ぶときは、>10→2→3の順に
押します。
2
繰り返し聞く
(リピート演奏)
CDの全曲または1曲を繰り返し聞くことがで
きます。シャッフル演奏やプログラム演奏を
繰り返すこともできます。
u
ジョグダイヤル
次の操作をする。
リピートの
種類
押すボタン
1曲だけ繰り
返す
1 モードボタンを押して
「REPEAT 1」を表示さ
せる。
2 ジョグダイヤルを回して
曲を選び、uボタンを
押す。
x
モード
全曲を繰り
返す
1 モードボタンを押して
「REPEAT ALL」を表示
C
D
再
生
させる。
2 uボタンを押す。
順不同に繰
り返す
1 モードボタンを押して
「REPEAT」と「SHUF」
を表示させる。
2 uボタンを押す。
プログラム
した曲順で
繰り返す
1
1 モードボタンを押して
「REPEAT」と「PGM」
を表示させる。
2 プログラムする(18ペー
ジの手順3参照)
。
3 uボタンを押す。
xボタンを押す。
「Cd」が表示されます。
リピート演奏をやめるには
モードボタンを押して「REPEAT」表示を消
します。
リモコンでは
• 本体のuボタンを押す代わりにNボタンを押し
ます。
•「REPEAT 1」を選んだときは、数字ボタンを
使って曲番を選びます。
CD再生
17
順不同に聞く
聞きたい曲を
好きな順に聞く
(シャッフル演奏)
CDに入っている全曲を順不同に聞くことが
できます。
u
x
モード
(プログラム演奏)
聞きたい曲を好きな順に20曲までプログラム
することができます。
表示切換
決定 メモリー
ジョグダイヤル
1
u
モード
x
xボタンを押す。
「Cd」が表示されます。
2
モードボタンを押して「SHUF」
を表示させる。
1
xボタンを押す。
「Cd」が表示されます。
3
uボタンを押す。
演奏が始まります。
シャッフル演奏をやめるには
モードボタンを押して「SHUF」表示を消し
ます。
2
3
モードボタンを押して「PGM」を
表示させる。
ジョグダイヤルを回して曲番を選
び、表示切換•決定 メモリーボタ
ンを押す。
リモコンでは
本体のuボタンを押す代わりにNボタンを押しま
す。
選んだ曲番
プログラムでの曲順
この操作を繰り返します。
18
CD再生
4
uボタンを押す。
プログラムした順に演奏が始まります。
リモコンでは
1
2
3
4
xボタンを押す。
モードボタンを押して「PGM」を表示させる。
数字ボタンを押して曲番を選ぶ。
Nボタンを押す。
C
D
再
生
プログラム演奏をやめるには
モードボタンを押して「PGM」表示を消しま
す。
曲順を確認するには
停止中に、表示切換•決定 メモリーボタンを
押します。押すたびに、プログラムした順で
曲番が表示されます。
プログラムを変更するには
演奏前には1回、演奏中には2回、xボタンを
押して現在のプログラムを消してから、プロ
グラムし直します。
ちょっと一言
• プログラム演奏が終わっても、作ったプログラム
は残っています。uボタンを押すと同じプログ
ラムをもう一度聞くことができます。CDぶたを
開けるとプログラムの内容は消えます。
• プログラム演奏を録音するには、プログラムを
作ってから、録音用カセットを入れ、zボタンを
押して録音を始めます。
CD再生
19
ラジオ
放送局を記憶させる
受信状態の良い放送局を自動的に記憶させ、
次からは記憶させた番号(プリセット番号)
でその局を選ぶことができます。FM20局、
TV、AM各10局ずつ、合計40局まで記憶で
電波が弱くオートプリセットで記憶でき
なかった放送局があるときや、特定のプ
リセット番号に記憶させたいときは
1 ラジオ バンド切換•オートプリセットボタ
ンを押して、TV、FM 、またはAM を選
ぶ。
きます。
2 記憶させたい放送局を受信する。
3 表示切換•決定 メモリーボタンを約2秒間
ラジオ バンド切換
オートプリセット
4 ジョグダイヤルで記憶させたいプリセット
表示切換
ジョグダイヤル 決定 メモリー
押したままにする。
番号を選ぶ。
5 表示切換•決定 メモリーボタンを押す。
新しい局を記憶すると、同じプリセット番
号に記憶されていた前の局は消えます。
リモコンでは
1 バンドボタンを押して、TV、FM、またはAMを
選ぶ。
2 選局+または−ボタンで放送局を選ぶ。
3 記憶させたいプリセット番号の数字ボタンを約2
1
ラジオ バンド切換•オートプリ
セットボタンを押して、 TV 、
FM、またはAMを選ぶ。
2 「AUTO」が点滅するまでラジオ
バンド切換•オートプリセットボ
タンを押したままにする。
3
表示切換•決定 メモリーボタンを
押す。
プリセット番号の1番から順に、周波数
の低い局から高い局へ受信状態の良い
局が自動的に記憶されます。
20
ラジオ
秒間押したままにする。
プリセット番号が10番以降の場合は、>10ボタ
ンを押したあと10の位の数、1の位の数という順
に数字ボタンを押します。1の位の数のボタンを
押す時は、約2秒間押してください。
例:プリセット番号12の場合は、>10→1の順に
押したあと2を約2秒間押したままにします。
記憶させた放送局を
聞く(プリセット選局)
あらかじめ記憶させておいた放送局を、簡単
に選ぶことができます。
ラジオ バンド切換
オートプリセット
ジョグダイヤル
ラ
ジ
オ
1
2
ラジオ バンド切換•オートプリ
セットボタンを押して、 TV 、
FM、またはAMを選ぶ。
ジョクダイヤルを回して聞きたい
局のプリセット番号を選ぶ。
リモコンでは
1 バンドボタンを押して、TV、FM、またはAMを
選ぶ。
2 記憶させたプリセット番号の数字ボタンを押す。
プリセット番号が10番以降の場合は、>10ボタ
ンを押したあと10の位の数、1の位の数という順
に数字ボタンを押します。
例:プリセット番号12の場合は、>10→1→2の
順に押します。
ラジオ
21
音質
迫力ある重低音を楽し
む
重低音を強調することができます。
MEGA BASS
MEGA BASSボタンを押す。
「MEGA BASS」が表示されます。
通常の音質に戻すには、もう一度MEGA
BASSボタンを押します。
22
音質
タイマー
時計を合わせる
2
本機の時計は、時刻を合わせるまで「- -:- -」
が表示されています。
メニュー
アラーム
時刻を合わせる。
1 ジョグダイヤルを回して「時」を合わ
せ、表示切換•決定 メモリーボタン
を押す。
表示切換
ジョグダイヤル 決定 メモリー
2 ジョグダイヤルを回して「分」を合わ
せる。
3
表示切換•決定 メモリーボタンを
押す。
00秒から時計が動きます。
操作の前に
電源の準備をしてください
(28ページ参照)
。
1
メニュー•アラームボタンを押し
て「CLOCK」を表示させ、表示
切換•決定 メモリーボタンを押
す。
ちょっと一言
• 本機の時計は12時間表示です。
真夜中 「
: AM12:00」
正午 「
: PM12:00」
• 秒まで正確に合わせるには、時報サービス(117
番)をご利用になると便利です。
タ
イ
マ
ー
「時」の表示が点滅します。
タイマー
23
音楽で目覚める
4
好きな音楽やラジオ番組を目覚まし代わりに
することができます。
本機の時計合わせをしてから操作してくださ
い(23ページ参照)
。
メニュー
アラーム
スタンバイ
再生を始める時刻を設定する。
1 ジョグダイヤルを回して「時」を合わ
せ、表示切換•メモリー 決定ボタン
を押す。
表示切換
ジョグダイヤル 決定 メモリー
2 ジョグダイヤルを回して「分」を合わ
せ、表示切換•メモリー 決定ボタン
を押す。
5
6
同じように再生を止める時刻を設
定する。
ジョグダイヤルを回して希望の音
量を表示させ、表示切換•決定 メ
モリーボタンを押す。
操作の前に
表示窓に が出ていたら、スタンバイボタン
を押して消します。
1
2
3
24
聞きたい音源の準備をする。
音源
準備
CD
CDを入れる。
ラジオ
聞きたい局を受信する。
メニュー•アラームボタンを押し
て「TIMER」を表示させ、表示
切換•決定 メモリーボタンを押
す。
と聞きたい音源(「Cd」または
「RAdIO」)が点滅します。
ジョグダイヤルを回して聞きたい
音源を表示させ、表示切換•決定
メモリーボタンを押す。
タイマー
7
スタンバイボタンを押す。
電源が切れ予約待機状態になり、 が
表示されます。
予約した時刻になると自動的に再生が
始まります。終了時刻になると電源が
切れ、再び予約待機状態に戻ります。
予約した内容を確かめたり、変更するに
は
メニュー•アラームボタンを押して「TIMER」
を表示させ、表示切換•決定 メモリーボタン
を押します。押すたびに設定した順に予約内
容が表示されます。変更したい場合は、その
内容を表示させて、そこから設定をやり直し
ます。
予約したあとでラジオなどを聞くには
電源を入れれば、通常の操作ができます。
(ラジオの場合24ページの手順1で受信した
局とは別の局を聞くと、予約した時刻には、
その別の局が始まります。)予約した時刻に
なる前に電源を切ります。
予約再生中、途中で止めるには
電源ボタンを押して、電源を切ります。
ご注意
• 24ページの手順7でスタンバイボタンを押す前
音楽を聞きながら眠
る
指定した時間がたつと、自動的に電源が切れ
ます。時間は10分、20分、30分、60分、
90分、120分の中から選べます。音楽を聞き
ながら安心してお休みになれます。
メニュー
アラーム
表示切換
ジョグダイヤル 決定 メモリー
に、nまたはzボタンが押されていないことを
確認してください。
• タイマー動作中にnまたはzボタンを押すと、
テープの長さが設定した時間より長いときは、設
定した時間ではなく、テープの終わりで電源が切
れます。
ちょっと一言
• 予約待機状態を取り消すには、スタンバイボタン
を押して表示窓の
タ
イ
マ
ー
を消します。
• 予約内容は別の予約をしない限り保持されます。
1
2
3
聞きたい音楽の演奏を始める。
メニュー•アラームボタンを押し
て、
「SLEEP」を表示させ、表示
切換•決定 メモリーボタンを押
す。
ジョグダイヤルを回して時間
(分)を選ぶ。
「60」t「90」t「120」t「OFF」t
「10」t「20」t「30」と変わります。
次のページへつづく
タイマー
25
音楽を聞きながら眠る(つづき)
アラームを鳴らす
スリープ機能を途中で止めるには
電源ボタンを押して、電源を切ります。
リモコンでは
指定した時間がたつと、ブザーまたは音楽で
知らせます。キッチンタイマーなどとしてお
使いになれます。
スリープボタンを繰り返し押して、時間(分)を選
びます。
メニュー
表示切換
アラーム ジョグダイヤル 決定 メモリー
ご注意
テープを聞きながらおやすみになるときは片面の
テープの長さが設定した時間より長いときは、片面
の演奏が終わるまで電源は切れません。
ちょっと一言
• 目覚ましとスリープ機能を組み合わせて使うこと
ができます。このときは、先に目覚ましを予約し
てから(25ページ参照)、電源を入れ、スリープ
機能を働かせます。
• 目覚ましとスリープ機能で違う音楽を聞くことが
できます。ただし、ラジオでは別の局を設定する
ことはできません。
• 目覚ましとスリープ機能で違う音量を設定できま
す。例えば小さな音量で眠り、大きな音量で目覚
めることができます。
1
2
26
タイマー
メニュー•アラームボタンを2秒間
以上押して、
「ALARM」を表示
させる。
ジョグダイヤルを回して、アラー
ムを鳴らす時間(OFFまたは1∼
60分)を表示させ、表示切換•
決定 メモリーボタンを押す。
3
4
ジョグダイヤルを回して、アラー
ムの音量を選び、表示切換•決定
メモリーボタンを押す。
表示
音量
LO
小
HI
大
ジョグダイヤルを回して、アラー
ムの種類を選び、表示切換•決定
メモリーボタンを押す。
表示
bEEP
MUSIC
5
アラームの種類
ブザー
「四季」より「春」
表示切換•決定 メモリーボタンを
押す。
時間表示がカウントダウンを始めます。
設定した時間がたつと、アラームが約
20秒間鳴ります。
タ
イ
マ
ー
アラーム音を止めるには
メニュー•アラームボタンを押します。
ちょっと一言
一度設定した内容は記憶されますので、次からは
メニュー•アラームボタンを約2秒間押し、表示切換•
決定 メモリーボタンを押すだけでカウントダウン
が始まります。
「ALARM」
が表示されていることを
確認してください。
タイマー
27
準備
電源を準備する
家庭用電源または、乾電池のいずれかを選んでお使いになれます。
録音するときは、電力消費量が大きいため、家庭用電源でお使いください。
14
2
AC IN
乾電池収納部
壁のコンセントへ
1 メモリー用乾電池を入れる
取り出すときは、e側を押します。
停電時に内蔵タイマーや放送局の記憶
内容を保つためには、メモリー用乾電
池を入れてお使いください。乾電池収
納部は底面にあります。
ご注意
乾電池を出し入れするときは、CDを取り出してお
いてください。CDぶたの中でCDがずれて傷つく
おそれがあります。
単3形乾電池3個(別売り)
ちょっと一言
電源コードをはずし、本体用乾電池が入っていなく
て、メモリー用の乾電池だけが入っている場合、表
示窓の時計表示が薄くなります。これは乾電池の消
耗を防ぐためです。
28
準備
2 電源コードを接続する
本機のAC IN端子へ差し込んだあと、壁
のコンセントへ差し込んでください。
3 リモコンに乾電池を入れる
ご注意
• 乾電池を出し入れするときは、CDを取り出して
おいてください。CDぶたの中でCDがずれて、
傷つくおそれがあります。
• 乾電池でお使いの場合、リモコンで電源を入れる
ことはできません。
ちょっと一言
リモコン裏面
単3形乾電池2個(付属)
乾電池のみで使用中、メモリー用の乾電池が消耗し
てくると、表示窓の時計表示が薄くなったり、タイ
マーの操作ができなくなったりします。乾電池をす
べて新しいものと交換してください。メモリー用の
乾電池は約6か月もちます。電源コードをつないだ
ままで交換すると記憶内容がそのまま残ります。
乾電池の交換について
乾電池が消耗してくると、リモコンで操作で
きる距離が短くなります。乾電池をすべて新
しいものと交換してください。ふつうの使い
かたで約6か月もちます。
4 乾電池で使う
乾電池でお使いになるときは、本体か
ら電源コードを抜いてください。
準
備
単2形乾電池6個(別売り)
乾電池の交換について
乾電池のみで使用中、乾電池が消耗してくる
と電源/電池ランプが暗くなったり、自動的
に電源が切れたりします。乾電池をすべて新
しいものと交換してください。
準備
29
その他
• 長時間演奏しないときは、ケースに入れて保存し
使用上のご注意
取り扱いについて
• CDぶたを開けたまま放置しないでください。内
部にゴミやほこりが入り、故障の原因になること
があります。
• 本機のスピーカーには強力な磁石を使っていま
す。次のようなものは本機のそばに置かないでく
ださい。磁気が変化して不具合がおきることがあ
ります。
– 時計
– クレジットカードなどの磁気カード
– カセットテープ、ビデオテープなどの磁気テ–
プ
また、本機をテレビの近くには置かないでくださ
い。テレビの画像が乱れることがあります。
• カセットデッキを長い間使わなかったときは、数
分間再生状態にして、ならし運転をしてくださ
い。よい状態でお使いいただけます。
てください。ケースに入れずに重ねて置いたり、
ななめに立てかけておくとそりの原因になりま
す。
• 本機では円形ディスクのみお使いいただけます。
円形以外の特殊な形状(星形、ハート型、カード
型など)をしたディスクを使用すると、本機の故
障の原因となることがあります。
CDのお手入れのしかた
• 指紋やほこりによるCDの汚れは、音質低下の原
因になります。いつもきれいにしておきましょ
う。
• ふだんのお手入れは、柔らかい布でCDの中心か
ら外の方向へ軽く拭きます。
著作権保護技術付音楽ディスクについて
本機は、コンパクトディスク(CD)規格に準拠した
音楽ディスクの再生を前提として、設計されていま
す。最近、いくつかのレコード会社より著作権保護
を目的とした技術が搭載された音楽ディスクが販売
されていますが、これらの中にはCD規格に準拠し
ていないものもあり、本機で再生できない場合があ
ります。
DualDiscについて
DualDiscとはDVD規格に準拠した面と、音楽専用
面とを組み合わせた新しい両面ディスクです。尚、
この音楽専用面はコンパクトディスク(CD)規格に
は準拠していないため、本製品での再生は保証致し
ません。
• 汚れがひどいときは、水で少し湿らせた布で拭い
たあと、さらに乾いた布で水気を拭き取ってくだ
さい。
• ベンジンやレコードクリーナー、静電気防止剤な
どは、CDを傷めることがありますので、使わな
いでください。
大切な録音を守るー誤消去防止
ツメを折ると録音できなくなるので、誤って録音内
容を消してしまうミスが防げます。ツメを折っても
穴をセロハンテープなどでふさげば再び録音できま
す。
A面
CDの取り扱いかた
• 文字の書かれていない面(演奏面)に触れないよ
B面のツメ
A面のツメ
うに持ちます。
• 紙やシールなどを貼ったり、傷つけたりしないで
ください。
長時間テープをお使いのときは
90分を越えるテープは長時間使用には便利ですが、
薄く伸びやすいテープです。こきざみな走行、停
止、早送り、早戻しなどを繰り返すと、テープが機
械に巻き込まれる場合がありますので、ご注意くだ
さい。
30
その他
故障かな?と思ったら
サービス窓口にご相談になる前にもう一度チェックしてみてください。ご不明な点があるときは
35ページに記載されているテクニカルインフォメーションセンターへお問い合わせください。
共通
症状
チェック項目
電源が入らない。
• 電源コードをAC IN端子とコンセントにしっかり差し込む。
• 乾電池が正しく入っているか確認する。
• 乾電池が消耗していたら、すべて新しいものと交換する。
• 乾電池でお使いの場合、リモコンで電源を入れることはできま
せん。
音が出ない。
• 表示窓に使用したい機能が表示されているか確認する。
• 音量を調節する。
• スピーカーで聞くときは、ヘッドホンをi(ヘッドホン)端子か
雑音が入る。
• 近くで携帯電話などの電波を発する機器を使用している
ら抜く。
c 携帯電話などを本機から離して使用する。
CD部
症状
チェック項目
演奏が始まらない。
• CDぶたが閉まっていることを確認する。
CDが入っているのに「no dISC」 • CDが裏返し
c 文字のある面を上にする。
が表示される。
• CDの汚れがひどい
c クリーニングする。
(30ページ)
• レンズに露(水滴)がついている→CDを取り出してCDぶたを開
けたまま1時間くらい置く。
• xボタンを押して「Cd」を表示させ、CDの操作ができるように
する。
• ファイナライズ処理(通常のCDプレーヤーで再生できるように
する処理)
をされていないCD-R/CD-RWディスクは再生できま
せん。
• CD-R/CD-RWでは、ディスクや記録に使用したレコーダーの
状態によって再生できない場合があります。
次のページへつづく
その他
31
故障かな?と思ったら(つづき)
CD部
症状
チェック項目
音がとぶ。
雑音が入る。
• CDによっては音がとぶことがあります。音量を下げてくださ
い。
• CDの汚れがひどい
c クリーニングする。
(30ページ)
• CDに傷がある
c CDを取り換える。
• 振動のない場所に置く。
• CD-R/CD-RWでは、ディスクや記録に使用したレコーダー
の状態によって、再生された音がとんだり雑音が入ることが
あります。
CDぶたの開閉ができない。
• 本機を平らな場所に置いて開閉してください。
CDを聞くと、近くのテレビや
• 本機をテレビやラジオからできるだけ離す。
ラジオに雑音が入る。
ラジオ部
症状
チェック項目
FM受信時、ステレオにならない。 • モードボタンを押して、「STEREO」を表示させる。
雑音が入る。
• FMステレオ放送を受信しているときは、受信状態によっては
雑音が多くなります。
• テレビの近くでAM放送を受信すると、AM放送に雑音が入る
ことがあります。また、室内アンテナを使用しているテレビ
の近くで、本機でFM放送を聞くと、テレビの画像が乱れるこ
とがあります。このようなときは、本機をテレビから離して
ください。
• このラジオ(チューナー)のテレビ音声回路はFM放送の受信回
路と兼用になっています。このため一部の地域ではテレビ2ま
たは3チャンネルの音声を受信中、FM放送が混じって聞こえ
ることがあります。その場合にはお近くのサービス窓口にご
相談ください。
• 本体用乾電池が消耗していたら、すべて新しいものと交換す
る。
32
その他
テープ部
症状
チェック項目
操作ボタンを押してもテープが動か • カセットぶたをきちんと閉める。
ない。
前の録音が完全に消えない。
• 消去ヘッドをクリーニングする。(34ページ)
• 本体用乾電池が消耗していたら、すべて新しいものと交換す
る。
• TYPE II(ハイポジション)、TYPE IV(メタル)テープを使って
いる
c 録音できるテープはTYPE (ノーマル)
のみです。
I
録音ができない。
• カセットを正しく入れる。
• デッキに入れたカセットのツメが折れていたら、穴をセロハ
ンテープなどでふさぐ。
雑音が多い。
音質が良くない。
• ヘッド、ピンチローラー、キャプスタンをクリーニングす
る。
(34ページ)
• ヘッドイレーサー・クリーナーを使ってヘッドを消磁する。
(34ページ)
音が歪む。
• TYPE II(ハイポジション)またはTYPE IV(メタル)テープはお
I
テープをお使いくださ
使いになれません。TYPE (ノーマル)
い。
タイマー(時計)部
症状
チェック項目
タイマーが働かない。
• 時計を正しい時刻に合わせる。
• 電源コードで使用中、停電があった。
• 表示が出ていることを確認する。
リモコン
症状
チェック項目
リモコンで操作ができない。
• リモコンの電池が消耗していたら、新しいものと交換する。
(29ページ)
• リモコンを本体へ向けて操作する。
• 本体とリモコンの間に障害物があったら、取り除く。
• 本体リモコン受光部に強い光(直射日光や高周波点灯の蛍光灯
など)
が当たっていたら、当たらないようにする。
本機はマイコンを使用し、各連係動作を行っています。そのため、電源事情その他により、動
作が不安定になることがあります。上記以外で動作が正常でないときは、電源コードをはず
し、すべての乾電池を取り出し、表示窓の表示がすべて消えてから、再び乾電池を入れ、電源
コードをつないでください。正しく動く場合があります。それでも正しく動かないときは、テ
クニカルインフォメーションセンターまたはお買い上げ店、ソニーサービス窓口にご連絡くだ
さい。
その他
33
録音/再生ヘッドの消磁
お手入れ
レンズのクリーニング
汚れた手でレンズに触れてしまったり、レン
ズの汚れが原因で音とびが起きたり、演奏で
きなくなったときは、別売りのCDレンズク
リーニングキットKK-91を使って、レンズを
クリーニングしてください。
長い間使っていたり、録音/再生ヘッドに磁気
を帯びたドライバーなどが触れたりすると、
ヘッドが磁化され、そのまま録音や再生をする
とボソボソという雑音が入ります。このような
ときは、別売りのヘッドイレーサー・クリー
ナーHE-6Cを使って録音/再生ヘッドに消磁を
してください。
キャビネットのクリーニング
ヘッド部のクリーニング
長い間使っていると、ヘッドが汚れてきて音
が悪くなったり、途切れたり、あるいは録音
ができなくなったりすることがあります。よ
りよい音でステレオ録音、再生を楽しむため
に、およそ10時間使うごとに別売りのクリー
ニングキットKK-41を使ってクリーニングす
ることをおすすめします。市販の綿棒や柔ら
かい布にアルコールを軽く含ませて、図に示
したテープが触れる面を軽く拭きます。
カセットはアルコールが完全に乾いてから入
れてください。
レンズ
ピンチローラ
キャプスタン
34
その他
消去ヘッド
録音/再生ヘッド
本体の表面が汚れたときは、柔らかい布でか
ら拭きします。汚れがひどいときは、薄い中
性洗剤液でしめらせた布で拭いてください。
シンナー、ベンジン、アルコールなどは表面
の仕上げを傷めますので使わないでくださ
い。
保証書とアフターサー
ビス
保証書
所定事項の記入および記載内容をお確かめのうえ、
大切に保存してください。
保証期間は、お買い上げ日より1年間です。
アフターサービス
調子が悪いときはまずチェックを
この説明書をもう一度ご覧になってお調べくださ
い。
それでも具合の悪いときは
テクニカルインフォメーションセンターまたはお買
い上げ店、添付の「ソニーご相談窓口のご案内」に
あるお近くのソニーサービス窓口にご相談くださ
い。
保証期間中の修理は
保証書の記載内容に基づいて修理させていただきま
す。詳しくは保証書をご覧ください。
保証期間経過後の修理は
修理によって機能が維持できる場合は、ご要望によ
り有料で修理させていただきます。
部品の保有期間について
当社ではCDラジオカセットコーダーの補修用性能
部品(製品の機能を維持するために必要な部品)
を、製造打ち切り後6年間保有しています。この部
品保有期間を修理可能の期間とさせていただきま
す。保有期間が経過した後も、故障箇所によっては
修理可能の場合がありますので、テクニカルイン
フォメーションセンターまたはお買い上げ店、ソ
ニーサービス窓口にご相談ください。
ご案内
ソニーではお客様技術相談窓口として
「テクニカルインフォメーションセンター」
を開設しています。
お使いになってご不明な点、技術的なご質
問、故障と思われるときのご相談は下記まで
お問い合わせください。
テクニカルインフォメーションセンター
電話:048-794-5194
受付時間:月 - 金 9:00∼18:00まで
(祝日、年末年始、弊社休日を除く)
ご相談になるときは次のことをお知らせくだ
さい。
• 型名
• ご相談内容:できるだけ詳しく
• お買い上げ年月
その他
35
電池持続時間
主な仕様
使用乾電池 ソニースーパー ソニーアルカリ
CDプレーヤー部
型式
チャンネル数
ワウ・フラッター
周波数特性
コンパクトディスクデジタル
オーディオシステム
2チャンネル
測定限界以下
20 - 20,000Hz +0/–1dB
アンテナ
LR14
約5時間
約20.5時間
FM録音時
(JEITA)
約6時間
約27時間
CD再生時**
(JEITA)
約1.5時間
約8時間
* JEITA(電子情報技術産業協会)規格による測定
ラジオ部
受信周波数
R14P
テープ再生時**
(JEITA)
測定条件
TV: 1 - 12ch
FM: 76 - 108MHz
AM: 531 - 1,629kHz
TV/FM: ロッドアンテナ
AM: フェライトバーアンテ
ナ内蔵
値です。
** 音量8分目程度
最大外形寸法
質量
カセットデッキ部・共通部
トラック方式
スピーカー
早巻き時間
周波数範囲
出力端子
実用最大出力
電源
消費電力
36
その他
約283 × 165 × 281 mm
(幅 × 高さ × 奥行き)
(最大突起部含む)
(JEITA)
本体 約3.5kg
ご使用時 約3.6kg
(乾電池、
CD、テープ含む)
リモコン
(1)
リモコン用単3形乾電池
(2)
電源コード
(1)
取扱説明書・保証書(1)
ソニーご相談窓口のご案内(1)
4トラック2チャンネル
フルレンジ: 8cm 、
コーン型4Ω、2個
約2分
(ソニーカセットテー
プC-60使用)
I
カセット
TYPE (ノーマル)
70 - 13,000Hz(JEITA*)
付属品
ヘッドホン
(ステレオミニ
ジャック)1個
負荷インピーダンス
16 - 64Ω
2W + 2W(JEITA/3.2Ω)
本体用:
家庭用電源
(AC100V 50/60Hz)
単2形乾電池6個使用
(DC 9V)
メモリー用:
単3形乾電池3個使用 (DC 4.5V)
リモコン用:
単3形乾電池2個使用 (DC 3V)
CDレンズクリーニングキット
14W
別売りアクセサリー
ヘッドイレーサー・クリーナー
クリーニングキット
KK-91
HE-6C
KK-41
本機の仕様および外観は、改良のため予告なく変更
することがありますが、ご了承ください。
各部のなまえ
くわしい説明は( )内のページをご覧ください。
本体
1
qa
2
qs
3
qd
4
qf
5
qg
6
qh
7
qj
8
qk
9
ql
q;
w;
1 表示切換•決定 メモリーボタン
(16 、18 、20 、21 、23 ∼27 )
2 ジョグダイヤル
(9 、17 、18 、21 、23 ∼27 )
3 メニュー•アラームボタン
(23 、24 、25 、26 、27 )
4 m、M(サーチ)選局+、−ボタン
(10)
5 i(ヘッドホン)端子(ステレオミニ
ジャック)
qs Z押す開/閉(8)
qd CD操作ボタン
u(演奏/一時停止)
(8、9)
x(停止)
(9)
qf FM/TV用ロッドアンテナ(11)
qg モードボタン(11 、15 、17 、18 )
メガ
ベース
qh MEGA BASSボタン(22)
qj 音量+、−ボタン(9 、11 、13 )
qk テープ操作ボタン
6 ラジオ バンド切換•オートプリセット
ボタン(10、20)
z(録音)
(15)
7 スタンバイボタン(24)
M(巻戻し)
(13)
8 電源ボタン(9 、11 、13 )
m(早送り)
(13)
電源/電池ランプ(29)
9 AC IN 端子(29)
n(再生)
(12)
xZ(停止/ 取り出し)
(12 、13 、14 、15 )
X(一時停止)
(13、15)
0 カセットぶた(12、14)
ql 表示窓(16)
qa CDぶた(9)
w; 乾電池収納部(28、29)
次のページへつづく
その他
37
各部のなまえ(つづく)
リモコン
1
2
7
8
3
4
9
5
q;
6
1 スリープボタン(26)
8 数字ボタン(16 、17 、19 、20 、21 )
2 スタンバイボタン(24)
9 音量+、−ボタン(9 、11 、13 )
3 モードボタン(11 、15 、17 、18 )
0 CD操作ボタン
4 ラジオ操作ボタン
バンドボタン(10)
選局+、−ボタン(10)
5 ファンクションボタン
ボタンを押すごとに Cd t TAPE t
RAdIO t Cd t ... と切り換わりま
す。
メガ
ベース
6 MEGA BASSボタン(22)
7 電源ボタン(ACのみ)
(9、11、13、15)
本体を電源コード(AC)でお使いのとき
のみリモコンで電源を入れることができ
ます。
38
その他
N(再生)ボタン(8)
X(一時停止)ボタン(9)
x(停止)ボタン(9)
.、>(AMS(選曲)/サーチ)
ボタン(9 、16 )
索引
五十音順
ア行
頭出し
CD 9
アラーム機能 26
お手入れ 34
カ行
乾電池
本体用 29
メモリー用 28
リモコン用 29
繰り返し聞く 17
サ行
サーチ 16
再生する
タ、ナ行
タイマー
アラーム 26
スリープ 25
目覚まし 24
調節する
音量 9 、11、13
低音 22
テープ 12
電源
家庭用コンセント 28
乾電池 29
時計を合わせる 23
アルファベット順
MEGA BASS 22
ハ、マ、ヤ行
表示窓 16
プログラム演奏 18
ヘッドの消磁 34
放送局を記憶させる 20
CD 8
テープ 12
シャッフル演奏 18
重低音 22
受信状態を良くする 11
接続
電源コード 28
選曲
CD 16
ラ、ワ行
ラジオ 10、20
リピート演奏 17
録音
誤消去防止 30
CD 14
ラジオ 14
その他
39
CD ラジオカセットコーダ−
CFD-E75TV
T10-1001A-2
in China
その他
40 Printed
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising