DVH-570
安全のために必ずお守りください
はじめに
ここだけ読めばすぐ使えます
DVD
ラジオ
USB
iPod
音の調節
DVD設定
初期設定
便利な機能
取り付けの準備
接続・取り付けと動作確認
DVH-570
DVD-V/VCD/CD/USB/ チューナー・
WMA/MP3/AAC/DivX /JPEG 対応メインユニット
取扱説明書
目次 4 ページ
その他(付録)
安全のために必ずお守りください
安全のために必ずお守りください
絵表示について
この取扱説明書および製品への表示は、製品を安全に正しくお使いいただき、あな
たや他の人々への危害や財産への損害を未然に防止するために、いろいろな絵表示
をしています。その表示と意味は次のようになっています。
■表
示内容を無視して、誤った使いかたをしたときにおよぼす危害や損害の程度を次の表示
で区分し、説明しています。
警告
この表示の欄は、
「人が死亡または重傷を負う可能性が想
定される内容」を示しています。
注意
この表示の欄は、
「人が傷害を負う可能性が想定される内容
および物的損害のみの発生が想定される内容」を示してい
ます。
■ お守りいただく内容の種類を次の絵表示で区分し、説明しています。
このような絵表示は、
注意(警告を含む)しなければならない内容です。
このような絵表示は、禁止(やってはいけないこと)の内容です。
このような絵表示は、必ず行っていただく強制の内容です。
安全上のご注意(別冊の「安全上のご注意」もお読みください。)
[使用方法]
運転中に操作をしない
運転者は運転中に本機の操作をしないでください。前方不注
意となり交通事故の原因となります。操作を行うときは、必
ず安全な場所に車を停車させてください。
運転中に画像を注視しない
安全のために必ずお守りください
警告
運転者は運転中に、画像を注視しないでください。前方不注
意となり交通事故の原因となります。
走行中にテレビやビデオを見ない
運転者がテレビやビデオを見るときは必ず安全な場所に車を
停車し、パーキングブレーキ(サイドブレーキ)をかけて使
用してください。テレビやビデオは安全のため走行中は使用
できません。
[異常時の処置]
故障のまま使用しない
画面が映らない、音が出ないなどの故障状態で使用しないで
ください。思わぬ事故や火災、感電の原因となります。
異常のまま使用しない
万一、内部に異物が入った・水がかかった・煙が出る・変な
においがするなど異常が起きた場合は、ただちに使用を中止
し、必ずお買い上げの販売店にご相談ください。そのままご
使用になると事故・火災・感電の原因となります。
ヒューズは規定容量のヒューズを使用する
ヒューズを交換するときは、必ず規定容量(アンペア数)の
ヒューズを使用してください。規定容量を超えるヒューズを
使用すると、火災や故障の原因となります。
目次
安全のために必ずお守りください
絵表示について
2
安全上のご注意
3
はじめに
本書のみかた ············································· 8
本機の特徴·················································· 8
ご使用になる前に······································· 9
初めて本体を使用する際の設定············· 10
デモモードについて································ 11
リモコンの準備········································ 11
フロントパネルの取り外しかた/
取り付けかた······································· 12
各部のなまえ··········································· 13
ここだけ読めばすぐ使えます
基本的な操作··········································· 16
電源 ON・OFF ソース切り換え 音量調節
DVDのふだんの操作······························ 16
ディスクをセットする ディスクを再生する
タイトル・フォルダーを選ぶ チャプター・ファイル・トラックを選ぶ
早送り・早戻し ディスクを取り出す
ラジオのふだんの操作···························· 18
バンドを選ぶ 選局
USB機器のふだんの操作······················· 19
USB 機器のファイルを再生する
フォルダーを選ぶ 曲を選ぶ
早送り・早戻し
iPodのふだんの操作······························· 20
iPod の曲を再生する
曲を選ぶ 早送り・早戻し
よく使う機能をボタンですぐに
操作する··············································· 21
DVD
リモコンの基本操作································ 22
メニュー画面の操作································ 22
PBCメニュー画面の操作······················· 23
DivX VODファイルを再生する············ 23
お気に入りの場面を登録する················ 23
タイトル(トラック)を指定する········· 24
チャプター(トラック)を
直接指定する······································· 24
コマ送り再生をする································ 25
スロー再生をする···································· 25
再生中に音声言語を切り換える············· 25
再生中に字幕言語を切り換える············· 26
再生中にアングルを切り換える············· 26
指定された場面に戻る···························· 26
オートプレイを設定する························ 27
タイトルから曲やフォルダーを
さがす··················································· 27
ファンクションメニューの
切り換えかた······································· 27
繰り返し再生する···································· 28
違う順序で再生する································ 29
音声の出力方法を切り換える················ 30
JPEG画像を回転表示する····················· 30
再生を一時停止する································ 30
音を補正して高音質化する···················· 31
再生モードを切り換える························ 31
情報画面/タイトル画面を表示する····· 32
ラジオ
放送局を1局ずつ登録する····················· 34
登録した放送局を呼び出す···················· 34
ファンクションメニューの
切り換えかた······································· 34
複数の放送局を自動的に登録する········· 35
左右キーの機能を設定する···················· 35
USB
リモコンの基本操作································ 36
DivX VOD ファイルを再生する··········· 36
曲やファイルを直接選ぶ························ 36
タイトルを見て再生したい
ファイルやフォルダーを探す············ 36
ファンクションメニューの
切り換えかた······································· 37
情報画面/タイトル画面を
表示する··············································· 38
iPod
チャプターを選ぶ···································· 40
聞きたい曲などを探す···························· 40
曲などをアルファベットで検索する····· 40
iPodで選曲して、本機から再生する···· 41
ファンクションメニューの
切り換えかた······································· 42
同じ曲・ビデオやリストを
繰り返し再生する································ 42
いつもと違う順序で再生する················ 43
すべての曲をシャッフルしてから
再生する··············································· 43
再生中の曲にリンクした曲を
再生する··············································· 44
オーディオブックの再生速度を
変更する··············································· 44
ワイド画面を設定する···························· 45
情報画面/タイトル画面を
表示する··············································· 45
音の調節
オーディオメニューの切り換えかた····· 46
前後左右の音量バランスを調節する····· 46
イコライザーカーブを選ぶ···················· 47
イコライザーカーブを調節する············· 47
小さな音量でも聞きやすくする············· 48
サブウーファーのON / OFFと
位相切り換え······································· 49
サブウーファーのカットオフ
周波数選択とレベル調節···················· 49
各ソースの音量をそろえる···················· 50
DVD設定
DVD設定メニューの切り換えかた······· 51
基本字幕を設定する································ 52
基本音声を設定する································ 52
メニュー言語を設定する························ 53
OSDの言語を設定する··························· 53
文字の種類を設定する···························· 53
マルチアングルマーク表示を
設定する··············································· 54
画面の縦横比を設定する························ 54
スライドショーの表示時間を
設定する··············································· 55
視聴制限を設定する································ 55
DivXのカスタム字幕ファイルを
表示する··············································· 56
DivX VODの登録コードを確認する···· 57
目次
初期設定
初期設定メニューの切り換えかた········· 58
時計を合わせる········································ 59
外部機器(AUX)をソースに
設定する··············································· 59
ミュート/アッテネートを
切り換える··········································· 60
ビデオ入力の設定を切り換える············· 61
ボタンのイルミネーションの色を
切り換える··········································· 61
ボタンとディスプレイの
明るさを調節する································ 62
リアスピーカー出力を設定する············· 62
RCA出力から出力される
信号を選ぶ··········································· 62
フィーチャーデモを
ON / OFFする··································· 63
スクロールの設定を切り換える············· 63
モニターの有無を設定する···················· 64
デジタル出力の設定をする···················· 64
ダウンサンプリング周波数を
設定する··············································· 65
便利な機能
瞬時に音を消す········································ 66
時計を表示する········································ 66
交通情報を受信する································ 66
取り付けの準備
接続・取り付け部品を確認する············· 68
取り付けの前に知ってほしいこと········· 68
接続の前に知ってほしいこと················ 69
接続・取り付けと動作確認
電源コードを接続する···························· 70
リアスピーカー出力に
サブウーファーを接続する①············ 72
リアスピーカー出力に
サブウーファーを接続する②············ 73
リアスピーカー出力に
サブウーファーを接続する③············ 74
別売アンプを使ってリアスピーカー
またはサブウーファーを接続する····· 75
外部映像機器・モニターの接続············· 76
5.1ch対応・DSPユニットとの接続··· 78
純正ナビシステムなどへの接続············· 80
本体を取り付ける···································· 80
動作を確認する········································ 81
その他(付録)
再生できるディスクについて················ 82
本機で再生できるファイルについて····· 83
再生可能な圧縮ファイルについて········· 84
圧縮ファイルについて···························· 86
USB機器について·································· 87
iPodについて·········································· 88
使用上の注意··········································· 88
言語コード··············································· 90
故障かな?と思ったら···························· 91
こんなメッセージが表示されたら········· 93
保証書とアフターサービス···················· 96
商標・著作権など···································· 96
用語解説··················································· 97
おもな仕様············································ 100
本書のみかた
はじめに
お買い上げ後すぐにお使いになりたいときは、
「ここだけ読めばすぐ使えます」の項目をお読
みください。DVD やラジオなどの基本的な操
作方法を説明しています。
基本操作以外のリモコンや便利な機能について
は、「DVD」や「USB」、「音の調節」など、そ
れぞれの項目をお読みください。
本機の特徴
DVD ビデオ再生対応
本機は DVD ビデオの再生に対応しています。
市販の DVD ビデオだけでなく、ビデオモード
およびビデオレコーディングフォーマット(VR
モード)で録画された DVD-R / RW や「1回
だけ録画可能」や「ダビング 10」の番組が録
画 さ れ た DVD-R / DVD-RW(CPRM 対 応 )
の再生にも対応しています。
●CD のタイトルや歌手名などの文字情報が収
録されている CD です。レーベル面に下記の
マ ー ク の 付 い て い る CD は CD TEXT デ ィ
ス ク で す。 下 記 マ ー ク の 付 い て い な い CD
TEXT ディスクもあります。
WMA / MP3 / AAC ファイル
再生対応
WMA / MP3 / AAC ファイルが記録された
CD-R / RW / ROM、DVD-R / RW、USB
機器の再生に対応しています。CD-R / RW /
ROM は、ISO9660 の レ ベ ル 1、 レ ベ ル 2、
お よ び 拡 張 フ ォ ー マ ッ ト(Joliet、Romeo)
に準拠して記録されたディスクが再生可能で
す。また DVD-R / RW は、UDF1.02 および
ISO9660 のレベル 1、レベル 2 に準拠して記
録されたディスクが再生可能です。
DivX® ファイル再生対応
ビデオ CD の PBC 対応
DivX フ ァ イ ル が 記 録 さ れ た CD-R / RW /
ROM、DVD-R / RW、USB 機器の再生に対
応しています。
PBC(プレイバックコントロール)機能付きビ
デオ CD の再生に対応しています。
MPEG ファイル再生対応
CD 再生対応
音楽 CD の再生に対応しています。また音楽
CD のデータが記録された CD-R / RW の再生
に対応しています。
CD TEXT 再生対応
CD TEXT の再生に対応しています。
CD TEXT とは
MPEG ファイルが記録された CD-R / RW /
ROM、DVD-R / RW、USB 機器の再生に対
応しています。
USB 機器コントロール対応
本機は、USB インターフェース付きのポータ
ブルオーディオプレーヤーを操作できます。対
応する USB 機器については(➡「USB 機器
について」
87 ページ、
「おもな仕様」
100 ページ)
●本 機 は、USB Mass Storage Class 対 応
の USB ポータブルオーディオプレーヤー
や USB メモリーに収録されている WMA /
MP3 / AAC ファイルを再生できます。対
応する圧縮ファイルについては(➡「再生可
能な圧縮ファイルについて」84 ページ)
本機は、iPod を本機の USB インターフェー
スに接続して操作できます。
ご注意
●本機と組み合わせて使用しているときに iPod
のデータが消失しても、消失したデータの補
償についてはご容赦ください。
●本 機は以下の iPod に対応しています。本機
で確認済みのソフトウェアのバージョンは次
のとおりです。これ以前のバージョンについ
ては保証できません。
Made for
-第4世代 iPod touch: Ver. 4.3.1
-第3世代 iPod touch: Ver. 4.1
-第2世代 iPod touch: Ver. 4.2.1
-第1世代 iPod touch: Ver. 3.1.3
- iPod classic 160G: Ver. 2.0.4
- iPod classic 120G: Ver. 2.0.1
- iPod classic: Ver. 1.1.2
- iPod 第 5 世代: Ver. 1.3
-第6世代 iPod nano: Ver. 1.0
-第5世代 iPod nano: Ver. 1.0.1
-第4世代 iPod nano: Ver. 1.0.4
-第3世代 iPod nano: Ver. 1.1.3
-第2世代 iPod nano: Ver. 1.1.3
-第1世代 iPod nano: Ver. 1.3.1
- iPhone 4: Ver. 4.3.3
- iPhone 3GS: Ver. 4.1
- iPhone 3G: Ver. 4.2.1
●操作方法は、iPod ソフトウェアのバージョン
によって異なることがあります。
●最新の情報については、カロッツェリアホー
ムページ(http://carrozzeria.jp)をご覧く
ださい。
● iPod を接続するには、別売の iPod 用 USB
変換ケーブル(例:
「CD-IU51」)が必要です。
●本 書では便宜上、iPod、iPhone を iPod と
表記しています。
メモ
●iPod 接続時のご注意や iPod の設定について
は(➡「iPod について」88 ページ)
バッテリー上がりを防ぐために
本機をお使いになるときは、必ず車のエンジン
をかけてください。
また、本機が電源 OFF のときでも、車のエン
ジンを止めた状態で、長時間、車のイグニッショ
ンスイッチを ON(または ACC)にしないでく
ださい。バッテリーが上がるおそれがあります。
はじめに
iPod コントロール対応
ご使用になる前に
ご注意
●車のバッテリー交換などで本機に電源が供給
されなくなると、本機は初期状態に戻ります。
本機が初期状態に戻ると、ラジオのプリセッ
トメモリー、時計、オーディオ調節などの設
定内容は消去されてしまいます。 ラジオのプリセットメモリーは(➡「放送局
を 1 局ずつ登録する」34 ページ)、時計調節
は(➡「時計を合わせる」59 ページ)を参照
して、再設定してください。
オーディオ調節の設定内容などは、メモして
おくことをおすすめします。再設定の方法に
ついては、それぞれのページを参照してくだ
さい。
別売のモニターを接続したとき
本機に別売のモニターを接続してモニター出力
設定(➡「モニターの有無を設定する」64 ペー
ジ)を ON すると、DVD ビデオなどの映像の
ほか、操作に関する画面を表示できます。表示
や操作の方法は、それぞれのページを参照して
ください。
情報画面
タイトル画面
リスト画面
以下のソースのとき、表示できます。
DVD
USB/iPod
ソースとは
●SRC/OFF ボタンを押すごとに切り換わる、
DVD やラジオなどの音源のことです。
(➡「基
本的な操作」16 ページ)
初めて本体を使用する際の
設定
はじめに
本体の取り付け後、初めて車のイグニッショ
ンスイッチを ON にしたときに、セットアッ
プ メ ニ ュ ー が 自 動 で 起 動 し ま す。 最 後 の メ
ニューまで設定して完了すると、各メニュー
の設定が適用されます。
1
①ロータリーコマンダーを回して、デモ設
定を選ぶ
OFF(オフ)
 
ON(オン)
②ロータリーコマンダーを押して、セット
アップ確認画面に切り換える
QUIT が表示されます。
メモ
本体を取り付けた後に、車の
エンジンをかける
SETUP が表示されます。
2
フィーチャーデモを ON / OFF する
(DEMO)
ロータリーコマンダーを回し
て、YESを選ぶ
●前のメニューに戻るには、
5
ご注意
●NO を選択すると、今後セットアップメニュー
での設定はできません。その場合は、初期設
定メニューで設定してください(➡「初期設
定メニューの切り換えかた」58 ページ)。
3
ロータリーコマンダーを押し
て、セットアップメニューを
表示する
4
ロータリーコマンダーを操作
して、各メニューを設定する
以下の手順に従って、各メニューの設
定を行ってください。
時計を合わせる (CLOCK SET)
①ロータリーコマンダーを回して、時を合
わせる
②ロータリーコマンダーを押して、分に切
り換える
③ロータリーコマンダーを回して、分を合
わせる
④ロータリーコマンダーを押して、DEMO
に切り換える
10
ロータリーコマンダーを回し
て、YESに切り換える
メモ
●設 定画面に戻る場合は、NO に切り換えてく
ださい。
メモ
●セ ッ ト ア ッ プ メ ニ ュ ー で 設 定 し な い 場 合、
ロータリーコマンダーを回して、NO を選び
ます。
を押します。
6
ロータリーコマンダーを押し
て、設定を決定する
セットアップメニューでの設定が完了
します。
ご注意
●30 秒間何も操作しないと、セットアップメ
ニューは自動的に解除されます。その場合は
セットアップメニューでの設定はできなくな
ります。初期設定メニューで設定してくださ
い(➡「初期設定メニューの切り換えかた」
58 ページ)。
デモモードについて
本機には、フィーチャーデモの機能があります。
●赤リード線(アクセサリー電源)は、常に車
のバッテリーから電源を供給する電源回路に
は接続しないでください。車のイグニッショ
ンスイッチと本機の電源を OFF にしても、
フィーチャーデモが表示され、バッテリー上
がりの原因になります。
●運転中のデモモードは、前方不注意などの原
因となる場合があります。運転中はデモモー
ドを解除するか、設定を OFF にしてください。
フィーチャーデモについて
●リモコンを直射日光の当たるところに長時間
放置すると、高温により変形・変色したり、
故障するおそれがあります。使用しないとき
は、直射日光の当たらないところに保管して
ください。
●本体に直射日光が当たっていると、リモコン
を操作できないときがあります。このような
ときは、本体にリモコンを近づけて操作して
ください。
●本機に付属の電池は、日光や火気など過度の
熱が当たる場所に置かないでください。
●付属の電池は充電できません。
●リモコンを長い間使わないときは、電池を取
り出してください。取り出した電池は、幼児
の手の届かないところに保管してください。
●電池の液もれが起こったときは、内部に付い
た液をよくふき取ってから、新しい電池と入
れ換えてください。
●不要となった電池を廃棄する場合は、各地方
自治体の指示(条例)に従って処理してくだ
さい。
はじめに
ご注意
リモコンの取り扱い上のご注意
フィーチャーデモは、
本機が電源 OFF のときや、
約 30 秒間何も操作しないときに、各ソースや
本機の機能(ファンクションやエンタテインメ
ントなど)の画面を表示して紹介する機能です。
フ ィ ー チ ャ ー デ モ を 解 除 し た い と き は( ➡
「フィーチャーデモを ON/OFF する」
63 ページ)
車のエンジンを止めた状態でフィーチャーデモ
を長時間表示すると、バッテリー上がりの原因
になります。
リモコンの準備
付属のリモコンを使うための準備です。
リモコンに電池を入れる
初めてお使いになるときは、電池ホルダーから
出ているフィルムを引き抜いてください。電池
があらかじめセットされていますので、すぐに
お使いいただくことができます。
リモコンの操作可能範囲が狭くなったときは、
新しい電池と交換してください。
リモコンを裏返し、電池ホルダーを取り出して、
リチウム電池(CR2025)を⊕側を上にして
セットします。
11
フロントパネルの取り外
しかた/取り付けかた
盗難抑制のため、フロントパネルを取り外す(デ
タッチ)ことができます。
1
フロントパネルの左側を本体
にあわせる
フロントパネルを本体の左側に確実に
合わせてください
はじめに
フロントパネルの取り扱い上のご注意
●フロントパネルを無理に引いて取り外さない
でください。
●取り外し、取り付けの際に、ディスプレイや
ボタンを強く持たないでください。
●落とす、ぶつけるなどの強い衝撃を与えない
でください。故障することがあります。
●分解しないでください。
●ベンジンやシンナーなどの揮発性の薬品をか
けないでください。
●汚れたときは、きれいな乾いた布でふいてく
ださい。その場合に、フロントパネルおよび
本体の端子部をさわらないようにしてくださ
い。接触不良の原因となることがあります。
●フロントパネルのデタッチを行うときは、フ
ロントパネルから AUX/USB ケーブルを取り
外してください。取り外さなかった場合は、
機器や車両の備品が破損するおそれがあり
ます。
●安全のため、停車してからフロントパネルを
外してください。
フロントパネルの取り外しかた
1
デタッチボタンを押して、ロッ
クを解除する
2
フロントパネルの右側を上げ
(Ⅰ)、手前に引いて取り外す
(Ⅱ)
フロントパネルが外れます
3
フロントパネルを保管する
取り外したフロントパネルは、ケース
などに入れて保管してください
1
フロントパネルの取り付けかた
2
フロントパネルの右側を押し
て、本体に取り付ける
各部のなまえ
本体
リスト
ボタン
イジェクト
SRC/OFFボタン ディスク挿入口
ボタン
ディスプレイ/バック
ボタン
USBポート
ソース/オフ
バンド/iPodコントロール
BAND/ ボタン
ボタン
1/∧∼6/
AUX入力端子
はじめに
ボタン ロータリーコマンダー
イコライザー
トラフィックインフォメーション/クロック
TI/ ボタン
/SUBTITLEボタン
デタッチボタン
メモ
● ボタンの動作は、モニター出力の設定(➡「モニターの有無を設定する」64 ページ)によって
異なります。
ディスプレイ
メイン表示部
ソースやメディア・圧縮フォーマットなどによって、異なる情報を表示します。
ラジオ:バンドと周波数
DVD:タイトル番号、チャプター番号、再生経過時間
オーディオCD:トラック番号と再生経過時間
WMA/MP3/AAC/DivX/JPEG/MPEG:フォルダー番号、ファイル番号と再生経過時間
ファンクション/オーディオ/初期設定:各種の設定内容
インジケーター表示部
ソースやメディア・圧縮フォーマットなどによって、異なるインジケーターを表示します。
インジケーター表示について
リストを表示しているときに、
点灯します。
サウンドレトリバーの設定がONのときに点灯します。
リピート再生時に点灯します。
iPodから操作できるときに、
点灯します。
ランダム再生時に点灯します。
iPodでシャッフルプレイまたは全曲シャッフルを
しているときに点灯します。
次のページへ続く
13
リモコン
本体と同じなまえのボタンは、本体のボタンと同じ働きをします。
1
2 3
はじめに
4
5
6
7
e
d
c
8
b
a
9
1
/
(VOLUME)ボタン
(➡「基本的な操作」16 ページ)
2
(MUTE)ボタン
(➡「瞬時に音を消す」66 ページ)
3
(SOURCE)ボタン
4
(音声)ボタン
(字幕)ボタン
(アングル)ボタン
5
(オートプレイ)ボタン
(➡「オートプレイを設定する」27 ページ)
14
8
(再生/一時停止)ボタン
/
(早戻し/早送り)ボタン
/
(スキップ)ボタン
/
(コマ送り)ボタン
(停止)ボタン
/
(上下)ボタン
9
~
(数字)ボタン
(CLEAR)ボタン
a
(DIRECT)ボタン
b
(DISPLAY)ボタン
(BAND)ボタン
6
(RETURN)ボタン
c
7
(ブックマーク)ボタン
d サムパッド
( ➡「 お 気 に 入 り の 場 面 を 登 録 す る 」23
e
(MENU)ボタン
ページ)
(TOP MENU)ボタン
はじめに
15
ソースとは
基本的な操作
電源 ON・OFF ソース切り換え 音量調節
1
電源を ON にする
知っていると便利
●リモコンの
/
ボタンを押して、音量
を調節することもできます。
メモ
ここだけ読めばすぐ使えます
●接 続 し て い な い ソ ー ス に は 切 り 換 わ り ま
せん。
●音量の調整範囲は 0 ~ 62 です。
●ディスクをディスク挿入口に差し込んだとき
も、電源が ON になります。
●ディスクがセットされていないときは、その
ソースには切り換わりません。
●AUX(外部機器)の設定(➡「外部機器(AUX)
をソースに設定する」59 ページ)を OFF に
していると、AUX1 / AUX2 には切り換わり
ません。
●AUX1 は初期設定では AUDIO に設定されて
います。使用しない場合は OFF に設定して
ください(➡「外部機器(AUX)をソースに
設定する」59 ページ)。
●本 機のアンテナコントロール線の接続状態に
よっては、ラジオが受信できない場合がありま
す(➡ 70 ページ)
。また、オートアンテナ車の
アンテナを下げる場合は、電源 OFF にしてく
ださい。
●時 計を表示させている場合、電源を OFF に
しても時計は表示されます。
SRC/OFF ボタンを押す
本機の電源が ON になります。
2
ソースを切り換える
SRC/OFF ボタンを押す
SRC/OFF ボタンを押すごとに、次の順序
でソースが切り換わります。
TUNER(ラジオ・FM / AM)
↓
DVD(DVD プレーヤー)
↓
USB / USB-iPod
(USB 機器/ iPod)
↓
AUX1
(外部機器 1)(別売)
↓
AUX2
(外部機器 2)(別売)
3
音量を調節する
ロータリーコマンダーを回す
大きくするとき:右に回す
小さくするとき:左に回す
●4 秒間、音量が表示されます。
4
電源を OFF にする
SRC/OFF ボタンを長く押す
本機の電源が OFF になります。
1
●SRC/OFF ボタンを押すと切り換わる、DVD
やラジオなどの音源のことです。
DVD のふだんの操作
ディスクをセットする ディスクを再生する
タイトル・フォルダーを選ぶ チャプター・ファイル・トラックを選ぶ
早送り・早戻し ディスクを取り出す
1
ディスクをセットする
ディスクをディスク挿入口に差し込む
2
タイトル/フォルダーを選ぶ
1 /∧または 2 /∨/ B.MARK ボタ
ンを押す
●DVD、WMA / MP3 / AAC、DivX、
MPEG-1 / MPEG-2 / MPEG-4、
JPEG 再生中に、操作できます。
ほかのソースに切り換えるか、
電源をオフにする
SRC/OFF ボタンを押す(または長
く押す)
6
ディスクを取り出す
 ボタンを押す
ディスクが出てきて、自動的に電源 OFF
になります。
知っていると便利
●リモコンのサムパッドを上下に操作すること
で、タイトル/フォルダーを選ぶことができ
ます。
3
チャプター/ファイル/
トラックを選ぶ
 /  ボタンを押す
次のチャプター/ファイル/トラックを選
ぶとき:  ボタンを押す
前のチャプター/ファイル/トラックを選
ぶとき:  ボタンを押す
4
早送り/早戻しする
ご注意
ここだけ読めばすぐ使えます
次のタイトル/フォルダーを選ぶとき:
1 /∧ボタンを押す
前のタイトル/フォルダーを選ぶとき:
2 /∨/ B.MARK ボタンを押す
5
●ディスクはレーベル面を上にして差し込みます。
●ディスク挿入口には、本機に対応したディス
ク以外のものを入れないでください。故障の
原因となります。
●8cm ディスクには対応しておりません。ま
た、アダプターを装着した 8cm ディスクも
絶対に使用しないでください。
●出てきたディスクはすぐに取り出して保管し
てください。ディスク挿入口からディスクを
出したまま走行すると危険です。
知っていると便利
 /  ボタンを長く押す
早送り:  ボタンを長く押す
早戻し:  ボタンを長く押す
●DVD、ビデオ CD、DivX ファイル再生
中に、5 秒以上押し続けると、ボタン
から手を離しても、早送り/早戻しを
続けます。見たい場所で、リモコンの
ボタンを押すと、その場所から再生
されます。
●JPEG ファイル再生中は、10 ファイル
ごとにサーチします。
ご注意
●DVD やビデオ CD によっては、早送り/早
戻しできない場所があり、その場所にくると
自動的に通常再生に切り換わります。
●メ ニュー付きの DVD では、メニュー画面が
表示されます。この場合は、ロータリーコマ
ンダーまたはリモコンのサムパッドで再生を
開始してください。
(➡「メニュー画面の操作」
22 ページ)
●PBC(プレイバックコントロール)機能付き
ビデオ CD では、メニュー画面が表示されま
す(本機のディスプレイには、PBC と表示さ
~
ボ
れます)。この場合、リモコンの
タンで再生を開始してください(➡「PBC メ
ニュー画面の操作」23 ページ)。
●本機では、PBC を解除できません。
●WMA / MP3 / AAC フ ァ イ ル、 音 楽 CD
の デ ー タ(CD-DA)、DivX、MPEG-1 /
MPEG-2 / MPEG-4 お よ び JPEG フ ァ イ
ルが混在しているディスクの場合、切り換え
て再生できます。切り換えるには、BAND/
ボタンを押します。再生は、それぞれ一番
先頭のファイルから始まります。
●リ モコンのサムパッドを上下左右に操作す
る こ と で、 本 体 の 1 / ∧ ボ タ ン、2 / ∨ /
B.MARK ボタン、  /  ボタンと同様の
操作ができます。
次のページへ続く
1
メモ
ここだけ読めばすぐ使えます
●ディスクをセットしたまま、電源を OFF にし
たり他のソースに切り換えることができます。
●電源が OFF のときでも、  ボタンを押して
ディスクを取り出すことができます。
●デ ィスクを挿入すると、本機はディスクから
ファイル形式などの情報を読みとります。こ
の間、画面には FRMTREADと表示されます。
●ブ ックマーク機能でお気に入りの場面を登
録してある場合、その場面から再生を開始
します(➡「お気に入りの場面を登録する」
23 ページ)。
●オ ー ト プ レ イ を ON に 設 定 し て い る 場 合、
数字の若いタイトルから自動的に再生を
開始します(➡「オートプレイを設定する」
27 ページ)。
●VBR( 可 変 ビ ッ ト レ ー ト ) で 録 音 さ れ た
WMA / MP3 / AAC ファイルを早送り/早
戻しすると、再生経過時間が正しく表示され
ないことがあります。
3
プリセット番号順に受信する
次のプリセットチャンネルを選ぶ
:  を押す
前のプリセットチャンネルを選ぶ
:  を押す
ご注意
●左右キーを押したときの機能が MAN(手動選局)
に設定されているときは、PCH(登録した放送
局の選択)に切り換える必要があります(➡「左
右キーの機能を設定する」35 ページ)
。
4
放送局を選ぶ(手動選局)
高い周波数の放送局を選ぶ:  を押す
低い周波数の放送局を選ぶ:  を押す
ラジオのふだんの操作
ご注意
●左右キーを押したときの機能が PCH(登録した
放送局の選択)に設定されているときは、MAN
(手動選局)に切り換える必要があります(➡「左
右キーの機能を設定する」35 ページ)
。
バンドを選ぶ 選局
1
ソースをラジオにする
ソースが TUNER になるまで SRC/
OFF ボタンを押す
2
バンドを選ぶ
5
放送局を自動で選ぶ(自動選
局)
高い周波数の放送局を自動で選ぶ
:  を長く押して離す
低い周波数の放送局を自動で選ぶ
:  を長く押して離す
知っていると便利
BAND/
ボタンを押す
● または  ボタンを押している間、途中の
放送局を飛ばすことができます。離したとこ
ろから自動選局を開始します。
押すごとに、次の順序でバンドが切り換わ
ります。
F1(FM1)
↓
F2(FM2)
↓
A1(AM1)
↓
A2(AM2)
6
ほかのソースに切り換えるか、
電源をオフにする
SRC/OFF ボタンを押す(または長
く押す)
知っていると便利
●バンドごとに放送局を 6 局ずつ登録できます。
●電 波の強い放送局を選局するには自動選局
を、電波の弱い放送局を選局するには手動選
局をおすすめします。
●リ モコンの  /  でプリセットチャンネ
ルの切り換え、 /  ボタンを長く押して、
放送局の自動選曲ができます。
18
メモ
●USB 機器または iPod を本機に接続したまま
ラジオを聞くと、ノイズが出ることがありま
す。その場合は、USB 機器または iPod を本
機から取り外してください。
USB 機器のファイルを再生する
フォルダーを選ぶ 曲を選ぶ
早送り・早戻し
1
USBポ ー ト の カ バ ー を 開 け
て、USB機器を接続する
ご注意
●USB 機 器 を 本 体 に 接 続 す る 際 は、 別 売 の
USB ケーブル(例:CD-IU51E)を使用して
ください。USB ケーブルを使わずに直接接続
すると、USB 機器が突起物となり、危険です。
指定の USB ケーブル以外は、使用しないで
ください。
2
USB機 器 の フ ァ イ ル を 再 生
する
ソースが USB になるまで SRC/OFF
を押す
3
フォルダーを選ぶ
1 /∧または 2 /∨/ B.MARK ボタ
ンを押す
次のフォルダーを選ぶ
:1 /∧ボタンを押す
前のフォルダーを選ぶ
:2 /∨/ B.MARK ボタンを押す
4
早送り/早戻しする
 /  ボタンを押し続ける
早送り:  ボタンを長く押す
早戻し:  ボタンを長く押す
●DivX 再生中に 5 秒以上押し続けると、
ボタンから手を離しても、早送り/早
戻しを続けます。見たい場所でリモコ
ンのボタンを押すと、その場所から再
生されます。
●JPEG ファイル再生時には 10 ファイル
ごとにサーチします。
6
ほかのソースに切り換えるか、
電源をオフにする
SRC/OFF ボタンを押す(または長
く押す)
ご注意
ここだけ読めばすぐ使えます
USB 機器のふだんの操作
5
●対応する USB 機器をご使用ください。ただし、
対応する USB 機器でも正しく動作しない場
合があります(➡「USB 機器について」87
ページ、「おもな仕様」100 ページ)。
知っていると便利
●USB 機器は、いつでも本機から取り外すこと
ができます。
●WMA / MP3 / AAC フ ァ イ ル、 お よ び
JPEG ファイルが混在している USB 機器の
場合、切り換えて再生できます。
切り換えるには、BAND/ ボタンを押しま
す。再生はそれぞれ一番先頭のファイルから
始まります。
メモ
●USB 機器にバッテリー充電機能がある場合、
エンジンスイッチが ACC または ON になっ
ているときに USB 機器のバッテリーが充電
されます。
●USB ソースでは、接続した USB 機器の情報
を読みとる間、FRMTREAD と表示されます。
USB 機器の情報を読みとるため、再生までに
時間がかかります。
ファイルを選ぶ
 /  ボタンを押す
次のファイルを選ぶ:  ボタンを押す
前のファイルを選ぶ:  ボタンを押す
1
iPod のふだんの操作
iPod の曲を再生する
曲を選ぶ 早送り・早戻し
ここだけ読めばすぐ使えます
別売の iPod 用 USB 接続ケーブル(例:CDIU51)を使用して iPod を本機に接続すると、
iPod を本機から USB-iPod ソースとして操作
できます。対応している iPod について詳しく
は(➡「本機の特徴」8 ページ)
別 売 の iPod 用 USB 接 続 ケ ー ブ ル(CDIUV51M)
を使用して iPod を本機に接続すると、
iPod のビデオを再生できます。
1
USBポートのカバーを開けて、
iPodを接続する
2
iPod のビデオ/曲を再生する
ソ ー ス が USB-iPod に な る ま で
SRC/OFF ボタンを押す
3
チャプター/曲を選ぶ
 /  ボタンを押す
次のチャプター/曲を選ぶとき:
 ボタンを押す
前のチャプター/曲を選ぶとき:
 ボタンを押す
4
早送り/早戻しする
 /  ボタンを押す
早送り: ボタンを長く押す
早戻し: ボタンを長く押す
● ビ デオ再生中に 5 秒以上押し続けると
 /  ボタンから手を離しても、早送
り/早戻しを続けます。見たい場所で、
リモコンの
ボタンを押すと、その
場所から再生されます。
0
5
ほかのソースに切り換えるか、
電源をオフにする
SRC/OFF ボタンを押す(または長
く押す)
ご注意
●iPod には iPod 用 USB 変換ケーブルを接続
してください。iPod 用 USB 変換ケーブル以
外のものを接続すると、本機が正常に動作し
ないことがあります。
●iPod を本機に接続する前に、iPod からヘッ
ドホンを外してください。
メモ
●再生しているオーディオブック、Podcast や
ビデオファイル(コントロールモード中)な
どにチャプターがある場合、  または  ボ
タンを押して、チャプターが選べます。
・次のチャプターを選ぶ:  を押す
・前のチャプターを選ぶ:  を押す
●エ ンジンスイッチが ACC または ON になっ
ている場合、iPod のバッテリーが充電され
ます。
●コ ントロールモードを AUDIO に設定した場
合、本機に iPod が接続されている間、iPod
で電源を OFF にすることができません(➡
「iPod で選曲して、本機から再生する」41 ペー
ジ)。
●エンジンスイッチを OFF にして約 2 分後に、
本機に接続されている iPod の電源も OFF に
なります。
●iPod 接続時のご注意や iPod の設定について
は(➡「iPod について」88 ページ)
よく使う機能をボタンで
すぐに操作する
ボタン
メモ
●リスト表示中に
ボタンを押すと、ふだんの再生画面に戻ります。
●ラジオのときは、使用できません。
BAND/
ここだけ読めばすぐ使えます
●DVD、USB のときに押すと、トラック、ディスク、フォルダー
/ファイルリストを表示します(➡「タイトルから曲やフォル
ダーをさがす」27 ページ、「タイトルを見て再生したいファイ
ルやフォルダーを探す」36 ページ)。
●iPod を接続しているときに押すと、ブラウズモードになります
(➡「聞きたい曲などを探す」40 ページ)。
●iPod を接続しているときに長く押すと、リンクプレイの詳細設
定画面を表示します(➡「再生中の曲にリンクした曲を再生する」
44 ページ)。
ボタン
●ファンクションメニューやオーディオメニューなどの
表示中に押すと、ふだんの再生画面に戻ります(初期
設定メニュー表示中に押すと、電源が OFF になります)。
●ラジオのときに押すと、バンドが切り換わります。
●iPod ソースのときに押すと、コントロールモードの
設定が切り換わります(➡「iPod で選曲して、本機
から再生する」41 ページ)。
ボタン
●押すごとに、ディスプレイの表示を切り
換えます。
●ファンクションメニューやオーディオ調
節メニュー、初期設定メニューの表示中
に押すと、1 つ上の階層に戻ります。
5/
/AUDIO ボタン
●DVD および USB 再生中に押すと、ラ
ンダムプレイの ON / OFF を切り換え
ます。
●iPod を接続しているときに押すと、iPod
にあるすべての曲をシャッフルして再生
します。
21
リモコンの基本操作
再生を一時停止する
再生中に、
D
V
D
ボタンを押し
メモ
●この機能は、本体の 4/PAUSE ボタンでも操
作できます。
●静止画再生中に音声を聞くことはできません。
●ディスクまたは再生位置によっては、 (禁
止マーク)が表示され、一時停止できないこ
とがあります。
再生を止める
再生を停止する
ディスク再生が停止します。
再生するには、
ボタンを押します。
メモ
●再生は、停止した場所から再開されます。ディ
スクによっては、メニュー画面が表示され、
前回の続きから再生できないものもあります。
●再 生を停止してから
ボタンを押すと、前
回停止した場所から再生されません。
次のチャプター(トラック)へ進む
チャプター(トラック)を進
める
再生中に
メモ
早送り/早戻しする
1
ディスクを早送り/早戻しする
再生中に
または
ボタンを押す
もう一度押すと早送り/早戻しの速度が上
がります。
見たい場面を再生する
ボタンを押す
メモ
●こ の機能は、本体の  /  ボタンでも操作
できます。DVD や DivX、ビデオ CD 再生中
に  /  ボタンを 5 秒以上押すと、(早
戻しマーク)/ (早送りマーク)の表示
が反転し、ボタンから手を離しても早送り/
早戻しが継続されます。見たい場所で
ボ
タンを押すと、その場所から再生されます。
●ディスクによっては、早送り/早戻しできな
い場所があり、その場所では自動的に通常再
生に切り換わります。
メニュー画面の操作
ボタンを押す
次のチャプター(トラック)に進みます。
メモ
●この機能は、本体の  ボタンでも操作できます。
ボタンを押す
●この機能は、
本体のボタンでも操作できます。
●連続して 2 度操作すると、1 つ前のチャプター
(トラック)の初めに戻ります。
2
ボタンを押す
1
チャプター(トラック)を戻す
再生中のチャプター(トラック)の先頭に
戻ります。
ボタンを押す
映像が一時停止します。
再生するには、もう一度
ます。
1
1
再生中に
再生を一時停止する
1
前のチャプター(トラック)へ戻る
DVD ビデオの機能です。
リモコンを使ってメニュー画面でメニューを選
べます。
メニュー画面を表示するには
●再 生 中 に、
ボタンまたは
ボタンを
押すことで、メニュー画面を表示できます。
ボタンをもう一度押すと、メニュー画面
に切り換えた場面から再生できます。詳しく
は、ディスクに付属の説明書をご覧ください。
1
DivX VOD フ ァ イ ル を
再生する
DivX の機能です。
メニューを選ぶ
DivX VOD ファイルを再生できます。
DivX VOD とは
サムパッドを上下左右に操作する
2
●D i v X V O D と は 、「 D i v X V i d e o O n
Demand」の略です。DivX VOD ファイルを
再生する場合、その DivXVOD ファイルの配
信先に対して、本機の登録コードが必要な場
合があります。DVD の設定で本機の登録コー
ドを確認できます(➡「DivXVOD の登録コー
ドを確認する」57 ページ)。
選んだメニューを再生する
サムパッドを押す
知っていると便利
●こ の 機 能 は、 本 体 の 3/S.Rtrv/DVD MENU
ボタン、1/∧ボタン、2/∨/B.MARK ボタン、
/ ボタンとロータリーコマンダー(押す)
でも操作できます。
1
D
V
D
DivX VODフ ァ イ ル を 再 生
する
視聴回数画面を表示中に、
を押す
ボタン
メモ
PBC メニュー画面の
操作
ビデオ CD の機能です。
PBC(プレイバックコントロール)機能付きビ
デオ CD を再生すると、メニュー画面が表示さ
れます。
PBC メニュー画面を表示するには
●PBC 再生中に、
ボタンを押すことで、メ
ニュー画面を表示できます。詳しくは、ディス
クに付属の説明書をご覧ください。
1
メニューを選ぶ
0 ~ a ボタンを押す
選んだメニューから再生されます。
3 を選ぶには、3 のボタンを押します。
10 を選ぶには、a、0 の順に押します。
23 を選ぶには、a、a、3 の順に押します。
メモ
●サムパッドでは操作できません。
●メ ニ ュ ー 画 面 が 2 ペ ー ジ 以 上 あ る と き は、
/
ボタンを押して表示を切り換えます。
●DivX VOD ファイルは、DRM コピープロテ
クションがかかっています。DivX VOD ファ
イルは、登録されたプレーヤーでのみ再生が
できます。
●DivX VOD ファイルの視聴回数制限を超え
てしまった場合、本機のディスプレイには、
EXPIRED と表示されます。再生できるファ
イルに切り換えてください。
●DivX VOD ファイルを再生したくない場合
は、
ボタンを押します。
●再 生 す る DivX VOD フ ァ イ ル を 選 ぶ に は、
/
ボタンを押します。
お気に入りの場面を
登録する
DVD ビデオの機能です。
お気に入りの場面を本機に登録して、次に再生す
るときにその場面から再生できます。
お気に入りの場面を登録する
本機に登録できる場面の数について
●本機に登録できる場面の数は 1 枚のディスク
につき 1 場面です。5 枚を超えるディスクで
お気に入りの場面を登録した場合、一番古い
ディスクの登録内容が消されて、新しいディ
スクの場面を登録します。
次のページへ続く
3
1
お気に入りの場面を登録する
再生中に
ボタンを押す
登録したい場面でブックマークボタンを押
すと、次回の再生は、登録した場面から再
開されます。
知っていると便利
1
デ ィ ス ク 再 生 中 に、
0~a ボ タ ン を
押す
3 を選ぶには、3 のボタンを押します。
10 を選ぶには、a、0 と押します。
23 を選ぶには、a、a、3 の順に押します。
メモ
●この機能は、本体の 2/∨/B.MARK ボタンで
も操作できます。
●
ボタンで登録した場面を消去する場合、消
去したい場面を含むディスクを再生していると
ボタンを 2 秒以上押してください。
きに、
再生を中断した場面を登録する
1
再生を中断した場面を登録する
再生中に本体の  ボタンを 2 秒以上
押して、ディスクを取り出す
再生が中断され、ディスクが出てきます。
再生を中断したときの場面が本機に登録さ
れ、次回の再生は、登録した場面から再開
されます。
メモ
● ボタンで登録した場面を消去する場合、消
去したい場面を含むディスクを再生している
ときに、 ボタンを押してディスクを取り出
してください。
●本機に登録できるのは、ディスク 1 枚分です。
タイトル(トラック)を
指定する
DVD、ビデオ CD の機能です。
リモコンを使ってタイトル(トラック)を選べ
ます。
●PBC 機能付きビデオ CD では、この操作はで
きません。
メモ
D
V
D
タイトル(トラック)を指定
する
チ ャ プ タ ー( ト ラ ッ ク )
を直接指定する
リモコンを使ってチャプター(トラック)を直
接選べます。
1
チャプター(トラック)番号
入力画面を表示する
ディスク再生中に、
2
ボタンを押す
見たいチャプター(トラック)
の番号を選ぶ
0 ~ 9 のボタンを押す
3 を 選 ぶ に は、3 の ボ タ ン を 押 し ま す。
10 を選ぶには、1、0 の順に押します。
ⓒボタンを押すと、入力した番号が消えます。
3
選んだチャプター(トラック)
を再生する
もう一度
ボタンを押す
メモ
●PBC 機能付きビデオ CD では、この操作はで
きません。
●WMA / MP3 / AAC、DivX、JPEG 再生時は、
再生しているフォルダー内のファイルだけ選
べます。
●チャプター(トラック)番号入力を解除するに
は、 ボタンを押します(約 8 秒間、何も操作
しなかったときも、自動的に解除されます)。
メモ
コマ送り再生をする
●スロー再生中に音声を聞くことはできません。
●ディスクまたは再生位置によっては、 (禁
止マーク)が表示され、スロー再生ができな
いことがあります。
●ディスクによっては、スロー再生時、映像が
乱れることがあります。
●戻り方向のスロー再生はできません。
●DivX、MPEG-1 / MPEG-2 / MPEG-4 では、
スロー再生の速度は変更できません。
DVD、DivX、MPEG-1 / MPEG-2 /
MPEG-4、ビデオ CD の機能です。
再生中の映像を 1 コマずつ止めながら、進めて
見ることができます。
1
コマ送り再生をする
再生中に
ボタンを押す
ボタンを押すごとに、映像が 1 コマ送られ
ます。
通常の再生に戻るには、
ボタンを押し
ます。
メモ
●コマ送り再生中に音声を聞くことはできません。
●ディスクまたは再生位置によっては、 (禁
止マーク)が表示され、コマ送り再生ができ
ないことがあります。
●ディスクによっては、コマ送り時に映像が乱
れることがあります。
●コマ戻しはできません。
●DVD-VR ディスクに収録された静止画像を表
示中に
ボタンを押すと、次の静止画像ま
たは映像に切り換わります。
スロー再生をする
再生中に音声言語を
切り換える
D
V
D
DVD、DivX、MPEG-4 の機能です。
言語や音声タイプ(ドルビーデジタルや DTS
など)の違いで複数の音声が収録されている
ディスクでは、再生中に音声を切り換えること
ができます。
1
音声選択マークを表示する
再生中に
2
ボタンを押す
音声を切り換える
音声選択マークが表示されている間に
ボタンを押す
ボタンを押すごとに、音声が切り換わります。
DVD、DivX、MPEG-1 / MPEG-2 /
MPEG-4、ビデオ CD の機能です。
再生のスピードを遅くして見ることができます。
1
スロー再生をする
再生中に
ボタンを 1 秒以上押す
映像がスローで再生されます。
通常の再生に戻るには、
ボタンを押し
ます。
スロー再生中に、
または
ボタンを
押すと、スロー再生の速度を変更できます。
ボタンを押すごとに、次の順で速度が切り
換わります。
1/161/81/41/2
知っていると便利
●こ の機能は、本体の 5/
も操作できます。
/AUDIO ボタンで
メモ
●デ ィスクによっては、DVD に収録されてい
るメニュー画面でしか切り換えることができ
ない場合があります。
●音 声言語の切り換えは DVD 設定でも行うこ
とができます。詳しくは、(➡「基本音声を
設定する」52 ページ)をご覧ください。
●DTS 音声は、デジタル出力だけに対応してい
ます。本機の光デジタル出力を接続していな
いとき、DTS 音声は出力されません。この場
合は、DTS 以外の音声を選んでください。
●Dolby D や Mch などの表示は、DVD に収録
されている音声の内容を表示しています。実
際に再生される音声は、設定により表示とは
異なる場合があります。
再生中に字幕言語を
切り換える
アングル切り換えができる場面について
●本機では、複数のアングルが収録されている
(マルチ
場面を再生すると、画面左下に
アングルマーク)を表示して知らせます。
●マルチアングルマーク表示の ON / OFF は、
DVD の初期設定で行います。詳しくは、
(➡「マ
ルチアングルマーク表示を設定する」54 ペー
ジ)をご覧ください。
DVD、DivX、MPEG-4 の機能です。
複数の字幕が収録されているディスクでは、再
生中に字幕を切り換えることができます。
D
V
D
1
字幕選択マークを表示する
再生中に
2
ボタンを押す
字幕言語を切り換える
字幕選択マークが表示されている間に
ボタンを押す
1
再生中に
2
アングルを切り換える
ボタンを押すごとに、アングルが切り換わ
ります。
知っていると便利
知っていると便利
●こ の機能は、本体の 1/ ∧ボタンでも操作で
きます。
/SUBTITLE ボ タ
メモ
メモ
●早送り/早戻し中、スロー再生中、一時停止
ボタンを押すと、早送り/早戻し、
中に
スロー再生、または一時停止を解除して通常
再生に戻りますが、アングルは切り換わりま
せん。
●デ ィスクによっては、DVD に収録されてい
るメニュー画面でしか切り換えることができ
ない場合があります。
●字 幕の切り換えは DVD 設定でも行うことが
できます。詳しくは、(➡「基本字幕を設定
する」52 ページ)をご覧ください。
再生中にアングルを
切り換える
ボタンを押す
マルチアングルマークとアングル番号
が表示されている間に
ボタンを
押す
ボタンを押すごとに、字幕が切り換わります。
●こ の 機 能 は、 本 体 の 6/
ンでも操作できます。
マルチアングルマークを表示
する
指定された場面に戻る
DVD ビデオの機能です。
DVD ビデオの機能です。
DVD であらかじめ指定されている場面に戻る
ことができます。
複数の角度(アングル)から撮影した映像が収
録されている DVD では、再生中にアングルを
切り換えることができます。
ご注意
●戻 るシーンが指定されていない DVD では、
この機能は無効です。
1
指定されている場面に戻す
ボタンを押す
て
いる
ルチ
。
は、
➡「マ
ペー
表示
番号
ンを
オートプレイを設定する
3
ロータリーコマンダーを押す
DVD ビデオの機能です。
DVD ディスク挿入と同時に、数字の若いタイト
ルから自動的に再生を開始することができます。
1
4
知っていると便利
オートプレイを ON にする
メモ
●ディスクによっては、オートプレイを ON に
しても、期待どおりの動作ができない場合が
あります。このような場合は、オートプレイ
を OFF にしてください。
メモ
では、
タイトルから曲や
フォルダーをさがす
音楽データや圧縮オーディオの再生中に、ト
ラック番号や曲名、ファイル名、フォルダー名
の一覧(トラック/ファイル/フォルダーリス
ト)を見ながら、聞きたい曲、ファイル、フォ
ルダーを選べます。
トラック/ファイル/フォルダーリストは、別
売のモニターに表示されます。
トラック番号やトラック/
ファイル/フォルダーリスト
を表示する
ボタンを押す
2
再生したいトラック番号、曲
名、ファイル名、フォルダー
名を選ぶ
D
V
D
●文字表示は、英数字のみに対応しています。
●DVD ビデオおよびビデオ CD では、この操
作はできません。
●別売のモニターにリストが表示されている
間、本機のディスプレイには、LIST と表示
されます。
●タイトル/トラック/フォルダー/ファイル
リストは、30 秒間何も操作しないと自動的
に解除されます。
作で
戻る
ボタンを押す
●リスト表示中に ボタンを押すと、現在再生
中の曲にカーソルが移動します。また、 ボ
タンを押すと 1 つ前のリスト(1 つ上の階層)
に戻ります。
● ボタンを押して、ファイルやフォルダーを
選ぶこともできます。
●リモコンのサムパッドを使って、トラック番
号やトラック/フォルダー/ファイルリスト
を操作することもできます。
●モニター出力の設定を OFF にしている場合は、
動作内容が異なります(➡「モニターの有無
を設定する」64 ページ)
。
ボタンを押す
1
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
A PLAY:ON と表示され、オートプレイの
設定が ON になります。
もう一度押すと、OFF になります。
換わ
停止
戻し、
通常
りま
選んだトラック/曲/ファイ
ルを再生する
ファンクションメニューの
切り換えかた
「繰り返し再生する」「違う曲順で再生する」な
どの便利な機能を使うときは、ファンクション
メニューで機能を選んで操作します。
1
メインメニューを表示する
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを回す
次のページへ続く
QRA3018-C/U <27>
27
2
ファンクションメニューにする
ロータリーコマンダーを回して
「FUNCTION」 を 選 び、 ロ ー タ リ ー
コマンダーを押す
3
繰り返し再生する
REPEAT
繰り返し再生する範囲を設定できます。
設定の内容
機能を切り換える
ディスクリピート:
再生中のディスクを繰り返し再生します。
チャプターリピート:
再生中のチャプターを繰り返し再生します。
タイトルリピート:
再生中のタイトルを繰り返し再生します。
トラックリピート:
再生中のトラック(ファイル)を繰り返し再生
します。
フォルダーリピート:
再生中のフォルダーを繰り返し再生します。
ロータリーコマンダーを回す
D
V
D
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
REPEAT(再生範囲設定)
(➡「繰り返し再生する」このページ)

RANDOM(ランダムプレイ設定)
(JPEG、CD、圧縮オーディオ再生時
のみ)
(➡「違う順序で再生する」29 ページ)

LRSELECT(音声出力設定)
(DVD ビデオディスク、DVD-VR、
ビデオ CD 再生時のみ)
(➡「音声の出力方法を切り換える」
30 ページ)

ROTATION(画像回転)
(JPEG 再生時のみ)
(➡「JPEG画像を回転表示する」30
ページ)

PAUSE(ポーズ設定)
(➡「再生を一時停止する」30 ページ)

PLAYLIST(再生モード設定)
(DVD-VR 再生時のみ)
(➡「再生モードを切り換える」31
ページ)

S.RTRV(サウンドレトリバー設定)
(CD、圧縮オーディオ再生時のみ)
(➡「音を補正して高音質化する」31
ページ)
メモ
●PBC 機能付きビデオ CD では、REPEAT(再
生範囲切換)には切り換わりません。
●ふ だ ん の 再 生 画 面 に 戻 る と き は、BAND/
ボタンを押します。
8
1
ロータリーコマンダーを操作
して、REPEATにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」27 ページ)
2
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
順序で切り換わります。
■DVD 再生時
ALL(ディスクリピート)
↓
CHP(チャプターリピート)
↓
TTL(タイトルリピート)
■CD、ビデオ CD 再生時
ALL(ディスクリピート)

ONE(トラックリピート)
■WMA / MP3 / AAC、DivX 再生時
ALL(ディスクリピート)
↓
ONE(トラックリピート)
↓
FLD(フォルダーリピート)
■JPEG 再生時
ALL(ディスクリピート)

FLD(フォルダーリピート)
3
ロータリーコマンダーを押し
て、設定を決定する
ロータリーコマンダーを押す前に、ファン
クションメニューまたはふだんの再生画面
に戻っても、設定は決定されます。
4
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
ボタンを長く押すと、メインメニュー
に戻ります。
知っていると便利
●ふ だんの再生画面で 6/ /SUBTITLE ボタ
ンを押して、再生範囲を切り換えることもで
きます(DVD 再生時は除く)。
メモ
●DVD オートプレイ(➡「オートプレイを設
定する」27 ページ)が ON に設定されてい
る場合、再生範囲を設定できません。
●PBC 機能付きビデオ CD では、再生範囲の設
定はできません。また、本機では PBC 再生
は解除できません。
●フ ォルダーリピート再生中にほかのフォル
ダーを選んだときは、ディスクリピートに切
り換わります。
●フォルダーリピートは、再生中のフォルダー
内のファイルだけを再生します。サブフォル
ダー内のファイルは、再生しません。
違う順序で再生する
RANDOM
CD、WMA / MP3 / AAC、JPEG の機能です。
曲やファイルを順不同(ランダム)に再生でき
ます。いつもと違った順序で再生したいときに
便利です。
1
ランダム再生する範囲を選ん
でおく
ランダムプレイは、再生範囲設定で
選んだ範囲で行われます
(➡「繰り返し再生する」28 ページ)
2
D
V
D
ロータリーコマンダーを操作
して、RANDOMにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」27 ページ)
3
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
ON

OFF
4
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
知っていると便利
●ふ だんの再生画面で 5/ /AUDIO ボタンを
押して、ランダムプレイ設定を ON / OFF す
ることもできます。
メモ
●再生範囲がトラックリピートのときにランダ
ムプレイ設定を ON にすると、再生範囲が次
のように切り換わってランダムプレイが行わ
れます。
CD:ディスクリピート
WMA / MP3 / AAC:フォルダーリピート
音声の出力方法を
切り換える
JPEG 画像を回転表示する
LRSELECT
ROTATION
DVD、DVD-R、ビデオ CD の機能です。
JPEG の機能です。
音声の出力方法をステレオまたはモノラル、左
右ミックスに切り換えることができます。
JPEG 画像を、回転して表示できます。回転す
る角度は 90 度ごとに設定できます。
ご注意
●DVD ビデオでは、音声が LPCM のときだけ、
音声の出力方法を切り換えることができます。
●デジタル出力の設定が、
「ストリーム」に設定
されていると、音声の出力方法は切り換えら
れません。Dual Mono モードで記録された
DVD ビデオディスクを再生するときは、デ
ジタル出力の設定を「リニア PCM」に設定
してください(➡「デジタル出力の設定をす
る」64 ページ)。
D
V
D
1
ロータリーコマンダーを操作
して、LR SELECTにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」27 ページ)
2
1
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」27 ページ)
2
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
0(0 度)

90(90 度)

180(180 度)

- 90(- 90 度)
ロータリーコマンダーを押して、回す
L+R(ステレオ)

L(モノ左)

R(モノ右)

MIX(左右ミックス)
3
ロータリーコマンダーを押し
て、設定を決定する
ロータリーコマンダーを押す前に、ファン
クションメニューまたはふだんの再生画面
に戻っても、設定は決定されます。
4
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
30
ボタンを押す
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押して、回す
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
ロータリーコマンダーを操作
して、ROTATIONにする
3
ロータリーコマンダーを押し
て、設定を決定する
ロータリーコマンダーを押す前に、ファン
クションメニューまたはふだんの再生画面
に戻っても、設定は決定されます。
4
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
再生を一時停止する
PAUSE
ディスクの再生を一時停止できます。
1
ロータリーコマンダーを操作
して、PAUSEにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」27 ページ)
3
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
知っていると便利
2
●ふだんの再生画面で 3/S.Rtrv/DVDMENU ボ
タンを押して、サウンドレトリバーの設定を
切り換えることもできます。
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
メモ
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
●1 は低圧縮率の音声、2 は高圧縮率の音声に
適しています。
ON

OFF
3
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
D
V
D
再生モードを切り換える
PLAYLIST
ボタンを押す
DVD-VR の機能です。
知っていると便利
●ふだんの再生画面で 4/PAUSE ボタンを押し
て、ポーズを ON / OFF することもできます。
ORIGINAL( オ リ ジ ナ ル モ ー ド ) ま た は、
PLAYLIST(プレイリストモード)のどちらか
を選んで再生できます。
メモ
●プレイリストが作成されているディスクを再
生したときだけ、PLAYLIST(再生モードの
切り換え)が選べます。
音を補正して高音質化する
プレイリストとは
S.RTRV
●DVD レコーダーで作られたタイトルをオリ
ジナルと呼びます。そして、オリジナルを元
に編集用として作成したタイトルをプレイリ
ストと呼びます。
CD、WMA / MP3 / AAC の機能です。
音の密度感や抑揚感を向上させて、再生できます。
1
ロータリーコマンダーを操作
して、S.RTRVにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」27 ページ)
2
1
ロータリーコマンダーを操作
して、PLAYLISTにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」27 ページ)
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
順序で切り換わります。
OFF
↓
1
↓
2
次のページへ続く
31
2
設定を切り換える
情報画面
ロータリーコマンダーを回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、次のよ
うに切り換わります。
ORIGINAL

PLAYLIST
D
V
D
3
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
タイトル画面
情報画面/タイトル画面を
表示する
別売のモニターに、さまざまな情報/タイトル
を表示できます。
1
画面を切り換える
ボタンを押す
ボタンを押すごとに、次のように切り換わ
ります。
情報画面

タイトル画面
メモ
●DVD ビデオ、DVD-VR、ビデオ CD、DivX、
MPEG-1 / MPEG-2 / MPEG-4 再生時は、
タイトル画面に切り換わりません。情報画面
の⑥設定表示の内容が切り換わります。
●別 売モニターの表示を切り換えても、本機の
ディスプレイの表示内容は切り換わりません。
1 ディスクの種類
WMA / MP3 / AAC ファイル、音楽 CD
のデータおよび DivX ファイルが混在して
いるディスクの場合、「MIXED」と表示さ
れます。
2メディアの種類
3 タイトル/フォルダー番号
4 チャプター/ファイル/トラック番号
5 再生経過時間
6設定表示
DVD ビデオ再生時:
音声・字幕言語、アングル、再生範囲、音
声出力の方法が表示されます。
DVD-VR ディスク再生時:
再生モード、音声タイプ、音声出力の方法、
字幕設定、再生範囲、ディスク名、タイト
ル名が表示されます。
ビデオ CD 再生時:
再生範囲、音声出力の方法が表示されます。
3
DivX、MPEG-1 / MPEG-2 / MPEG-4
再生時:
音声タイプ、字幕番号、再生範囲、フォルダー
名、ファイル名が表示されます。
JPEG 再生時:
再生範囲、ランダム設定、フォルダー名、ファ
イル名が表示されます。
CD TEXT、WMA / MP3 / AAC 再生時:
再生範囲、ランダム設定が表示されます。
7 タイトルリスト
以下のタイトルリストが表示されます。
CD TEXT 再生時:
Disc Title(ディスクタイトル)
Disc Artist(ディスクアーティスト名)
Track Title(トラックタイトル)
Track Artist(トラックアーティスト名)
D
V
D
WMA / MP3 / AAC 再生時:
Album Title(アルバムタイトル)
Track Title(トラックタイトル)
Folder Name(フォルダー名)
File Name(ファイル名)
Artist Name(アーティスト名)
33
放送局を 1 局ずつ
登録する
よく聞く放送局を 1 局ずつ手動で登録できます
(プリセットメモリー)。登録した放送局は、手
軽に受信できます。
1
登録するバンドを選ぶ
ラジオ
BAND/
2
ボタンを押す
登録したい放送局を選ぶ
 /  ボタンを押す
メモ
●左右キーの機能設定により、/ ボタンを押
したときの機能が異なります(➡「左右キー
の機能を設定する」35 ページ)。
3
2
登録した放送局を受信する
1/ ∧ ~ 6/ /SUBTITLE の ボ タ ン
の 1 つを押す。
ファンクションメニューの
切り換えかた
1
メインメニューを表示する
ロータリーコマンダーを押す
2
ファンクションメニューにする
ロータリーコマンダーを回して
FUNCTION を選び、ロータリーコマ
ンダーを押す
放送局を登録する
1/ ∧~6/ /SUBTITLE のボタンの
1つを長く押す
登録動作中に押したボタンの番号(登録番
号)が点滅します。
登録が完了すると登録番号の点滅が終わ
り、その放送局を受信します。
登録した放送局を
呼び出す
3
機能を切り換える
ロータリーコマンダーを回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
BSM(➡「複数の放送局を自動的に
登録する」35 ページ)

SEEK(➡「左右キーの機能を設定す
る」35 ページ)
メモ
BSM やプリセットメモリーで登録した放送局
を、手軽に受信できます。
1
放送局を登録したバンドを選ぶ
BAND/
3
ボタンを押す
●ふ だんの再生画面に戻るには、BAND/ を
押します(30 秒間何も操作しないと自動的
にふだんの再生画面に戻ります)。
複数の放送局を自動的に
登録する
BSM
受信状態の良い放送局を自動で探して登録でき
ます。登録した放送局は、手軽に受信できます。
BSM とは
●BSM は、「Best Stations Memory(ベスト
ステーションズメモリー)」の略です。
登録するバンドを選ぶ
BAND/
2
ボタンを押す
ロータリーコマンダーを操作
して、BSMにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」34 ページ)
3
BSM による登録を始める
SEEK
 /  ボタンを押したときの機能の切り換え
ができます。 /  ボタンで登録した放送局
の切り換え、もしくは手動で選局することがで
きます。
1
ロータリーコマンダーを操作
して、SEEKにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」34 ページ)
2
ラジオ
1
左右キーの機能を
設定する
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
PCH(登録した放送局を切り換える
とき)

MAN(手動で選局するとき)
ロータリーコマンダーを押す
登録が完了すると、1/ ∧ボタンに登録し
た局の放送を受信します。もう 1 度押すと、
途中解除します。
4
ふだんの受信画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
知っていると便利
●バンド 1 とバンド 2 を切り換えて使うことで、
より多くの放送局を登録できます。たとえば、
バンド 1 にはふだんよく聞く放送局を登録し
ておきます。旅行先などで、どんな放送局があ
るか知らない地域に行ったときに、バンド 2
に切り換えて BSM を使うと便利です。バン
ド 1 に登録した放送局を消さずに、バンド 2
でその地域の放送局を受信できます。
メモ
●受信状態の良い放送局が 6 局より少ないとき
は、前に登録した内容が残ることがあります。
3
リモコンの基本操作
2
再生したい曲やファイルの番
号を入力する
3
0 ∼ 9 ボタンを押す
以下の操作方法は、DVD の場合と基本的に同
じです(➡「リモコンの基本操作」22 ページ)。
再生を一時停止する
再生を止める
3 を選ぶには、3 のボタンを押します。
10 を選ぶには、1、0 の順に押します。
ⓒボタンを押すと、
入力した番号が消えます。
3
メモ
前のチャプター(トラック)へ戻る
●再生しているフォルダー内の曲(ファイル)
だけが選べます。
●曲番号入力画面を解除するには、
ボタン
を押します。約 8 秒間、何も操作しなかった
ときも、自動的に解除されます。
早送り/早戻しする
DivX VOD フ ァ イ ル を
再生する
DivX の機能です。
再生方法は、DVD の場合と基本的に同じです
(➡「DivX VOD ファイルを再生する」23 ペー
ジ)。
曲やファイルを直接選ぶ
タイトルを見て再生したい
ファイルやフォルダーを探す
WMA / MP3 / AAC の機能です。
ファイル名やフォルダー名の一覧(フォルダー
/ファイルリスト)を見ながら、再生したいファ
イルやフォルダーを選べます。
フォルダー/ファイルリストは、別売のモニ
ターに表示されます。
1
フォルダー/ファイルリスト
を表示する
ボタンを押す
リモコンを使って、再生したい曲やファイルを
直接選べます。
1
再生したい曲やファイル番号
入力画面を表示する
ボタンを押す
4
ボタンを押す
次のチャプター(トラック)へ進む
U
S
B
選んだ曲/ファイルを再生する
2
再生したいフォルダー/ファ
イルを選ぶ
ロータリーコマンダーを回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、フォ
ルダー/ファイルが切り換わります。
36
QRA3018-C/U <36>
5
6
の番
。
。
す。
る
3
選んだフォルダーに収録され
ている、フォルダー/ファイ
ルリストを表示する
ロータリーコマンダーを押す
選んだフォルダーに収録されている、フォ 「繰り返し再生する」「違う曲順で再生する」な
ルダー/ファイルリストが表示されます。
どの便利な機能を使うときは、ファンクション
メニューで機能を選んで操作します。
4
再生したいファイルを選ぶ
ロータリーコマンダーを回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、フォ
ルダー/ファイルが切り換わります。
イル)
タン
った
い
す
。
ダー
ファ
モニ
スト
ファ
フォ
ファンクションメニューの
切り換えかた
5
ファイルを再生する
ロータリーコマンダーを押す
選んだファイルが再生されます。
6
再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
知っていると便利
●リスト表示中に ボタンを押すと、現在再生
中の曲にカーソルが移動します。また、 ボ
タンを押すと 1 つ前のリスト(1 つ上の階層)
に戻ります。
● ボタンを押して、ファイルやフォルダーを
選ぶこともできます。
● ボタンを押して、選んだファイルを再生す
ることもできます。
●リ モ コ ン の サ ム パ ッ ド を 使 っ て、 フ ォ ル
ダー/ファイルリストを操作することもでき
ます。
●モニター出力の設定を OFF にしている場合は、
動作内容が異なります(➡「モニターの有無
を設定する」64 ページ)
。
メモ
●タイトルの文字表示は、英数字のみに対応し
ています。
●別売のモニターにリストが表示されている
間、本機のディスプレイには、LIST と表示
されます。
●フォルダー/ファイルリストは、30 秒間何
も操作しないと自動的に解除されます。
1
メインメニューを表示する
ロータリーコマンダーを押す
2
ファンクションメニューにする
U
S
B
ロータリーコマンダーを回して
FUNCTION を選び、ロータリーコマ
ンダーを押す
3
機能を切り換える
ロータリーコマンダーを回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
REPEAT(再生範囲設定)

RANDOM(ランダムプレイ設定)
(WMA / MP3 / AAC、JPEG 再生
時のみ)

ROTATION(画像回転)
(JPEG 再生時のみ)

PAUSE(ポーズ設定)

S.RTRV(サウンドレトリバー)
(WMA / MP3 / AAC 再生時のみ)
メモ
●ふ だ ん の 再 生 画 面 に 戻 る と き は、BAND/
ボタンを押します。約 30 秒間、何も操作
しなかったときも、自動的に解除されます。
次のページへ続く
QRA3018-C/U <37>
37
ファンクションメニューの機能は、DVD の場
合と基本的に同じです。操作方法については、
DVD のページをご覧ください。
機 能
操 作
(➡「繰り返し再生する」28 ページ)
切り換わる再生範囲は、DVD の場合とは
異なります。
■ WMA / MP3 / AAC、
DivX、MPEG-1 / MPEG-2
/ MPEG-4 再生時
U
S
B
REPEAT
ALL(オールリピート)
↓
ONE(トラックリピート)
↓
FLD(フォルダーリピート)
■JPEG 再生時
ALL(オールリピート)

FLD(フォルダーリピート)
■WMA / MP3 / AAC
情報画面

タイトル画面
■DivX、JPEG、MPEG-1 /
MPEG-2 / MPEG-4
表示 OFF
↓
情報画面
↓
情報画面(フォルダー名表示)
↓
情報画面 ( ファイル名表示 )
情報画面
オールリピート:
すべての曲を繰り返し再生します。
トラックリピート:
再生中の曲を繰り返し再生します。
フォルダーリピート:
再生中のフォルダーを繰り返し再生し
ます。
RANDOM(➡「違う曲順で再生する」29 ページ)
(➡「JPEG 画像を回転表示する」
ROTATION
30 ページ)
PAUSE
(➡「再生を一時停止する」30 ページ)
S.RTRV
(➡「音を補正して高音質化する」
31 ページ)
情報画面/タイトル画面を
表示する
別売のモニターに、さまざまな情報/タイトル
を表示できます。
1
画面を切り換える
ボタンを押す
ボタンを押すごとに、次の順序で画面が切
り換わります。
38
タイトル画面
1 ソースの種類
2 フォルダー番号
3 設定表示
DivX、MPEG-1 / MPEG-2 / MPEG-4
再生時:
音声タイプ、字幕番号、再生範囲、フォルダー
名、ファイル名が表示されます。
JPEG 再生時:
再生範囲、ランダム設定、フォルダー名、ファ
イル名が表示されます。
WMA / MP3 / AAC 再生時:
再生範囲、ランダム設定が表示されます。
4 ファイル番号
5 再生経過時間
U
S
B
6 タイトルリスト
以下のタイトルリストが表示されます。
Album Title(アルバムタイトル)
Track Title(トラックタイトル)
Folder Name(フォルダー名)
File Name(ファイル名)
Artist Name(アーティスト名)
メモ
●別 売モニターの表示を切り換えても、本機の
ディスプレイの表示内容は切り換わりません。
39
チャプターを選ぶ
4
選ぶ
1
ロータリーコマンダーを回して選び、
ロータリーコマンダーを押す
再生しているオーディオブックや Podcast に
チャプターがある場合、チャプターを選べます。
1
チャプターを選ぶ
 /  ボタンを押す
次のチャプターを選ぶとき: ボタンを押す
前のチャプターを選ぶとき: ボタンを押す
i
P
o
d
聞きたい曲などを探す
プレイリスト、アーティスト、アルバム、曲、ポッ
ドキャスト、ジャンル、作曲者、オーディオブッ
クのリストから、再生したい曲などを選べます。
リストは、別売のモニターに表示されます。
ビデオ再生機能に対応している iPod の場合は、
ミュージックまたはビデオを選択するリストも
表示されます。
1
メモ
●タイトルの文字表示は、英数字のみに対応し
ています。
●別売のモニターにリストが表示されている
間、本機のディスプレイには、LIST と表示
されます。
●ふだんの再生画面に戻るときは、BAND/
ボタンを押します。30 秒間、何も操作しな
いと自動的にふだんの再生画面に戻ります。
曲などをアルファベットで
検索する
項目を選ぶ
ロータリーコマンダーを回して項目を
選び、ロータリーコマンダーを押す
3
知っていると便利
●リスト表示中に ボタンまたは  ボタンを
押すと、1 つ前のリスト(1 つ上の階層)に
戻ります。
●アルファベット順に表示する項目のときに、
ボタンを押すと、アルファベットサーチ
モードになります(➡「曲などをアルファベッ
トで検索する」このページ)。
●再生したい項目を選んでいるときにロータ
リーコマンダーを長く押すと、その項目内の
ファイルを最初からすべて再生できます。
ボタンを長く押すことでも可能です。
● ボタンを押して、項目を選ぶこともできます。
●リモコンのサムパッドを使ってリストを操作
することもできます。
●モニター出力の設定を OFF にしている場合は、
動作内容が異なります(➡「モニターの有無
を設定する」64 ページ)
。
ブラウズモードにする
ボタンを押す
2
再生が始まります。
項目を絞り込む
手順 2 の操作を繰り返して、項目を
絞り込む
アーティストやアルバムなどのリスト表示中
に、頭文字のアルファベットを指定して曲など
を検索できます。
ご注意
●アルファベット順に表示されるリストのとき
に操作できます。
●頭文字が、半角のアルファベットおよび数字
で記録されているものが対象です。
40
QRA3018-C/U <40>
2
3
4
iP
本
選曲
うか
iPo
のタ
利で
AP
らの
1
●APP モードに対応しているのは以下の iPod
です。
-第 6 世代 iPodnano
-第 5 世代 iPodnano
-第 4 世代 iPodnano
-第 3 世代 iPodnano
-第 2 世代 iPodnano
-第 1 世代 iPodnano
-第 4 世代 iPodtouch
-第 3 世代 iPodtouch
-第 2 世代 iPodtouch
-第 1 世代 iPodtouch
-iPodclassic160G
-iPodclassic120G
-iPodclassic
-iPhone4
-iPhone3GS
-iPhone3G
アーティストやアルバムなど
のリストを表示する
(➡「聞きたい曲などを探す」40 ペー
ジ)の手順 1 ~ 3 を参照して、アーティ
ストやアルバムなどのリストを表示す
る
2
アルファベットサーチモード
に切り換える
リスト表示中に ボタンを押す
3
アルファベットを選ぶ
設定の内容
ロータリーコマンダーを回してアル
ファベットを指定し、ロータリーコ
マンダーを押す
iPod:
iPod で選曲などの操作をします。
APP:
APP モードに対応している iPod で、iPod ア
プリケーションからの音声を再生します。
AUDIO:
本機で選曲などの操作をします。
指定したアルファベットの最初のアーティ
ストやアルバムなどにカーソルが合った状
態で、リストが表示されます。
対象がなかったときは、NOT FOUND と
表示されて、リスト表示に戻ります。
4
曲を選ぶ
(➡「聞きたい曲などを探す」40 ペー
ジ)の手順 2 ~ 4 を参照して、選ぶ
iPod で選曲して、
本機から再生する
選曲などの操作を、本機と iPod のどちらで行
うかを切り換えられます。iPod に設定すると、
iPod の見慣れた画面で操作できます。日本語
のタイトルも、そのまま見て曲を選べるので便
利です。
APP に設定すると、iPod アプリケーションか
らの音声を本機で再生できます。
ご注意
●以 下の iPod では本機能は使用できません。
・第 5 世代 iPod
・第 1 世代 iPodnano
最新の情報については、カロッツェリアホー
ムページ(http://carrozzeria.jp)をご覧く
ださい。
1
i
P
o
d
ソースを iPod にする
SRC/OFF を押す
(➡「基本的な操作」16 ページ)
2
コントロールモードを切り換
える
BAND/
ボタンを押す
押 す ご と に iPod、APP、AUDIO に 切 り
換わります。
知っていると便利
●AUDIO に切り換えると、ふだんの再生画面
に切り換わります。
●iPod/APP に切り換えると再生が停止されま
す。iPod を操作して、再生してくだい。
●iPod/APP に設定していても、本機から次の
操作ができます。
・一時停止
・選曲
・早送り/早戻し
・タイトルの表示切り換え
・PAUSE と S.RTRV 機能の設定(➡「ファ
ンクションメニューの切り換えかた」42
ページ)
次のページへ続く
1
LINKPLAY(リンクプレイ設定)
(音楽再生時のみ)
(➡「再生中の曲にリンクした曲を再
生する」44 ページ)

PAUSE(再生を一時停止する)

AUDIOBOOK(オーディオブック設
定)(音楽再生時のみ)
(➡「オーディオブックの再生速度を
変更する」44 ページ)

WIDE(ワイドスクリーン設定)
(ビデオ再生時のみ)
(➡「ワイド画面を設定する」
45 ページ)

S.RTRV(サウンドレトリバー設定)
ご注意
●iPod に設定した場合は、以下の制限があり
ます。
・ファンクションメニューは、CTRL および
S.RTRV 以外には切り換わりません。
・ブラウズモード
(➡
「聞きたい曲などを探す」
40 ページ)には切り換わりません。
・音量は本機からしか調節できません。
・DVD 設定には切り換わりません。
ファンクションメニューの
切り換えかた
i
P
o
d
「同じ曲・ビデオやリストを繰り返し再生する」
「いつもと違う順序で再生する」などの便利な
機能を使うときは、ファンクションメニューで
機能を選んで操作します。
1
メインメニューを表示する
ロータリーコマンダーを押す
2
ファンクションメニューにする
ロータリーコマンダーを回して
FUNCTION を 選 び、 ロ ー タ リ ー コ
マンダーを押す
3
メモ
●ふ だんの再生画面に戻るときは、BAND/
ボタンを押します。約 30 秒間、何も操作し
なかったときも、自動的に解除されます。
同じ曲・ビデオやリストを
繰り返し再生する
REPEAT
曲やビデオを繰り返し(リピート)再生できま
す。繰り返しの範囲は、再生している曲やビデ
オ、いま聞いているリストから選べます。
設定の内容
機能を切り換える
1 曲リピート:
再生している曲やビデオを繰り返し再生します。
リスト内全曲リピート:
いま聞いているリスト内のすべての曲やビデオ
を繰り返し再生します。
ロータリーコマンダーを回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
ご注意
●1 曲リピートを選ぶと、 /  ボタンで曲を
選ぶことはできなくなります。
■再生しているとき
REPEAT(再生範囲設定)
(➡「同じ曲・ビデオやリストを繰り
返し再生する」このページ)

SHUFFLE(シャッフル設定)
(➡「いつもと違う順序で再生する」
43 ページ)

SHUFFLEALL(シャッフルオール設
定)(音楽再生時のみ)
(➡「すべての曲をシャッフルしてか
ら再生する」43 ページ)

1
ロータリーコマンダーを操作
して、REPEATにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」このページ)
2
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
ONE(1 曲リピート)

ALL(リスト内全曲リピート)
3
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
●ふだんの再生画面で 6/ /SUBTITLE ボタン
を押すことでも、再生範囲を切り換えること
ができます。
いつもと違う順序で
再生する
SHUFFLE
曲・ビデオやアルバムを順不同(ランダム)に
再生できます。いつもと違った曲順で音楽を楽
しみたいときに便利です。
設定の内容
ソングシャッフル:
いま聞いているリスト内の曲やビデオをランダ
ムに再生します。
アルバムシャッフル:
アルバムをランダムに選び、選んだアルバム内
の曲を順番どおりに再生します。
ロータリーコマンダーを操作
して、SHUFFLEにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」42 ページ)
2
ロータリーコマンダーを押し
て、設定を決定する
ロータリーコマンダーを押す前に、ファン
クションメニューまたはふだんの再生画面
に戻っても、設定は決定されます。
4
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
知っていると便利
1
3
設定を切り換える
ボタンを押す
すべての曲をシャッフル
してから再生する
SHUFFLEALL
iPod のミュージックライブラリ内のすべての
曲を順不同(ランダム)に再生できます。
1
i
P
o
d
ロータリーコマンダーを操作
して、SHUFFLEALLにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」42 ページ)
2
シャッフルオールを ON にする
ロータリーコマンダーを押す
全曲シャッフルされて、再生が始まります。
知っていると便利
●ふだんの再生画面で 5/ /AUDIO ボタンを押
すことでも、シャッフルオールを ON にするこ
とができます。
●シャッフルオールを解除するには、シャッフル
設定で OFF を選びます(➡「いつもと違う順
序で再生する」このページ)。
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
順序で切り換わります。
OFF
↓
SNG(ソングシャッフル)
↓
ALB(アルバムシャッフル)
3
再生中の曲にリンクした
曲を再生する
LINKPLAY
再生中の曲にリンクした曲を再生できます。リ
ンクできるのは、次のリストの曲です。
・再生中のアーティストのアルバムリスト
・再生中のアルバムに収録されている曲のリスト
・再生中のジャンルのアルバムリスト
ご注意
●iPod に保存してあるファイルの数によって
は、リストの表示に時間がかかる場合があり
ます。
i
P
o
d
1
ロータリーコマンダーを操作
して、LINK PLAYにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」42 ページ)
2
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
ARTIST(再生中のアーティスト)

ALBUM(再生中のアルバム)

GENRE(再生中のジャンル)
ロータリーコマンダーを押し
て、リンク元を決定する
リストの検索が開始されます。検索後、曲
の再生が始まります。
ご注意
●本 機に対応していない文字が iPod に記録さ
れている場合、その文字は表示されません。
●リ ンクを元に関連したリストがない場合は、
NOTFOUND と表示されます。
知っていると便利
●ふだんの再生画面で ボタンを長く押すこと
でも、リンクプレイ設定への切り換えが操作
できます。
AUDIOBOOK
オーディオブックの再生中に、オーディオブッ
クの再生速度を変更できます。
1
ロータリーコマンダーを操作
して、AUDIO BOOKにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」42 ページ)
2
再生速度を切り換える
ロータリーコマンダーを押して、回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
NORMAL(標準)

SLOWER(やや遅い)

FASTER(やや速い)
リンク元を切り換える
ロータリーコマンダーを押して、回す
3
オーディオブックの
再生速度を変更する
3
ロータリーコマンダーを押し
て、設定を決定する
ロータリーコマンダーを押す前に、ファン
クションメニューまたはふだんの再生画面
に戻っても、設定は決定されます。
4
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
ワイド画面を設定する
情報画面
WIDE
iPod でビデオを再生中に、表示モードをワイ
ド(16:9)に切り換えることができます。
1
ロータリーコマンダーを操作
して、WIDEにする
(➡「ファンクションメニューの切り
換えかた」42 ページ)
2
タイトル画面
設定を切り換える
i
P
o
d
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
ON

OFF
3
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
1 ソースの種類
2 給電状態
iPod への給電状態が表示されます。
3曲番号
情報画面/タイトル画面を
表示する
別売のモニターに、さまざまな情報/タイトル
を表示できます。
1
画面を切り換える
ボタンを押す
ボタンを押すごとに、次のように画面が切
り換わります。
情報画面

タイトル画面
メモ
●iPod ビデオ再生時は、切り換えできません。
4 再生範囲
5 再生経過時間
6 シャッフル設定
7 タイトルリスト
以下のタイトルリストが表示されます。
アルバムアート
曲名
アーティスト名
アルバム名
再生経過時間
メモ
●タイトルの文字表示は、英数字のみに対応し
ています。
●タイトル画面の文字情報はスクロールしません。
●iPod の曲にアルバムアートが登録されていな
い場合は、PHOTO と表示されます。
●別売モニターの表示を切り換えても、本機のディ
スプレイの表示内容は切り換わりません。
オーディオメニューの
切り換えかた
メモ
●FM を聞いているときは、SLA には切り換わ
りません。
●交 通情報を受信しているときは、FAD/BAL
のみ選択できます。
●SUB.W を OFF に設定しているときは、SUB.
WCTRL には切り換わりません。
●ふ だんの再生画面に戻るときは、BAND/
ボタンを押します。また、約 30 秒間、何も
操作しなかったときは自動で戻ります。
「音量バランス調節」「ラウドネス」などの音質
調節機能を使うときは、オーディオメニューで
操作します。
1
メインメニューを表示する
ロータリーコマンダーを押す
2
音の調節
機能を切り換える
ロータリーコマンダーを回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
FAD/BAL
オーディオメニューにする
ロータリーコマンダーを回して
AUDIO を 選 び、 ロ ー タ リ ー コ マ ン
ダーを押す
3
前後左右の音量バランスを
調節する
FAD/BAL(音量バランス調節)
(➡「前後左右の音量バランスを調節
する」このページ)

PRESETEQ(イコライザー選択)
(➡「イコライザーカーブを選ぶ」47
ページ)

TONECTRL(イコライザー調節)
(➡「イコライザーカーブを調節する」
47 ページ)

LOUD(ラウドネス)
(➡「小さな音量でも聞きやすくする」
48 ページ)

SUB.W(サブウーファーの ON/OFF)
(➡「サブウーファーの ON/OFF と
位相切り換え」49 ページ)

SUB.WCTRL
(サブウーファーの設定)
(➡「サブウーファーのカットオフ周
波数選択とレベル調節」49 ページ)

SLA(ソースレベルアジャスター)
(➡「各ソースの音量をそろえる」50
ページ)
前後左右のスピーカーの音量バランスを調節で
きます。より自然に聞こえるバランスに設定し
てください。
1
ロータリーコマンダーを操作
して、FAD/BALにする
(➡「オーディオメニューの切り換え
かた」このページ)
2
音量バランス調節画面にする
ロータリーコマンダーを押す
3
調節の対象を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
FAD(フェーダー)

BAL(バランス)
4
FLAT

POWERFUL

DYNAMIC

VOCAL

NATURAL

CUSTOM
調節する
ロータリーコマンダーを回す
前後(FAD)のバランスは、F15 ~ R15
の範囲で調節できます。
左右(BAL)のバランスは、L15 ~ R15
の範囲で調節できます。
5
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
4
ロータリーコマンダーを押し
て、設定を決定する
メモ
PRESETEQ
あらかじめ用意されたイコライザーカーブを選
ぶだけで、音質を手軽に調節できます。
イ コ ラ イ ザ ー は、FLAT / POWERFUL /
DYNAMIC / VOCAL / NATURAL /
CUSTOM の計 6 種類です。
1
●ロータリーコマンダーを押す前に、ファンク
ションメニューまたはふだんの再生画面に
戻っても、設定は決定されます。
5
BAND/
●CUSTOM には、好みに合わせて調節したイ
コライザーカーブが登録されています。
●FLAT では、イコライザーによる音の補正が
されていません。イコライザーの効果を確認
するときに使用すると便利です。
●イコライザーカーブは
ボタンを押して
切り換えることもできます。
ロータリーコマンダーを操作
して、PRESET EQにする
イコライザー選択画面にする
ロータリーコマンダーを押す
ボタンを押す
メモ
(➡「オーディオメニューの切り換え
かた」46 ページ)
2
ふだんの再生画面に戻す
音の調節
イコライザーカーブを
選ぶ
イコライザーカーブを
調節する
TONECTRL
3
イコライザーカーブを選ぶ
ロータリーコマンダーを回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
あらかじめ用意されたイコライザーカーブに、
簡単な補正を加えることができます。これによ
り、より好みに合った音質を作り出すことがで
きます。
設 定 し た イ コ ラ イ ザ ー カ ー ブ は、 自 動 的 に
CUSTOM に登録されます。
1
調節のもとになるイコライ
ザーカーブを選ぶ
次のページへ続く
2
ロータリーコマンダーを操作
して、TONE CTRLにする
(➡「オーディオメニューの切り換え
かた」46 ページ)
3
イコライザー調節画面にする
ロータリーコマンダーを押す
4
調節の対象を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
音の調節
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
順序で切り換わります。
BASS(低音域)
↓
MID(中音域)
↓
TREBLE(高音域)
5
小さな音量でも聞きやす
くする
LOUD
小さな音量で音楽を聞いていると、低音や高音
が不足しているように感じることがあります。
ラウドネスを使うと、この不足感を補って、音
を聞きやすくすることができます。
1
(➡「オーディオメニューの切り換え
かた」46 ページ)
2
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
順序で切り換わります。
OFF
↓
LOW(効果小)
↓
HI(効果大)
ロータリーコマンダーを回す
6
手 順4、5の 操 作 を 繰 り 返 し
て、各音域の調節をする
7
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
8
ボタンを押す
ラウドネスの効果を選ぶ
ロータリーコマンダーを押す
レベル調節する
レベルは、+ 6 ~- 6 の範囲で調節でき
ます。
ロータリーコマンダーを操作
して、LOUDにする
3
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
サブウーファーの ON /
OFF と位相切り換え
サブウーファーのカットオ
フ周波数選択とレベル調節
本機にサブウーファーを接続して使用する場合
は、サブウーファーの設定を ON にする必要が
あります。ON にしたあと、サブウーファーか
ら出力される音が自然に聞こえるように、位相
を切り換えてください。
サブウーファーから出力される低音域(カット
オフ周波数)と出力レベルを設定します。他の
スピーカーから出力される音とのつながりが自
然になるように設定してください。
SUB.W
SUB.WCTRL
カットオフ周波数とは
位相切り換えとは
1
ロータリーコマンダーを操作
して、SUB.Wにする
(➡「オーディオメニューの切り換え
かた」46 ページ)
1
ロータリーコマンダーを操作
して、SUB.W CTRLにする
音の調節
●サ ブウーファーから出力される音の中には、
フロント/リアスピーカーから出力される音
と同じ周波数帯域の成分が含まれています。
車内条件により、これらの音の位相が反転(干
渉)し、打ち消し合ってしまうことがありま
す。この現象を防ぐために、車内条件に合わ
せて位相を正相または逆相に切り換えてくだ
さい。
正相:サブウーファーの音が、フロント/リ
アスピーカーと同時に出力される
逆相:サブウーファーの音が、フロント/リ
アスピーカーとタイミングをずらして
出力される
●選んだ周波数よりも上の周波数(もしくは下
の周波数)の音域をカットします。このとき
に選択する周波数を、カットオフ周波数と呼
びます。サブウーファーのカットオフ周波数
の設定では、カットオフ周波数よりも上の音
域がカットされ、低音域だけが出力されます。
また、カットオフ周波数以下の音域の出力レ
ベルを上げることで、低音をさらに強調させ
ることもできます。
(➡「オーディオメニューの切り換え
かた」46 ページ)
2
設定内容を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
2
サブウーファーの位相を選ぶ
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
周波数設定:周波数表示が点滅

レベル設定:レベル表示が点滅
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
順序で切り換わります。
OFF
↓
NOR(正相)
↓
REV(逆相)
3
3
サブウーファー調整をする
ロータリーコマンダーを回す
■周波数設定を調節するとき
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
高い周波数を選ぶとき:右に回す
低い周波数を選ぶとき:左に回す
カットオフ周波数は、
50Hz、63Hz、80Hz、100Hz、
125Hz の中から選べます。
次のページへ続く
■レベルを調節するとき
レベルを大きくするとき:右に回す
レベルを小さくするとき:左に回す
レベルは、-24~+6の範囲で調
節できます。
4
ボタンを押す
ロータリーコマンダーを押し
て、設定を決定する
ロータリーコマンダーを押す前に、ファン
クションメニューまたはふだんの再生画面
に戻っても、設定は決定されます。
5
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
4
ふだんの再生画面に戻す
BAND/
ボタンを押す
メモ
各ソースの音量を
そろえる
●AM と 交 通 情 報、DVD ビ デ オ / DVD-R、
DVD の DivX /ビデオ CD / CD / WMA /
MP3 / AAC、USB の DivX / USB /
USB-iPod はそれぞれ同じ設定になります。
音の調節
SLA
ソースを切り換えたときに、ソースごとの音量
が違うことがあります。SLA を使うと、FM の
音量を基準にして各ソースの音量をそろえるこ
とができます。
SLA とは
●SLA は、「Source Level Adjuster( ソ ー ス
レベルアジャスター)」の略です。
1
ロータリーコマンダーを操作
して、SLAにする
(➡「オーディオメニューの切り換え
かた」46 ページ)
ご注意
●FM を聞いているときは、SLA には切り換わ
りません。
2
SLA 設定画面にする
ロータリーコマンダーを押す
3
レベルを調節する
ロータリーコマンダーを回す
レベルは、+ 4 ~- 4 の範囲で調節でき
ます。
0
DVD 設定メニューの
切り換えかた
音声、字幕、視聴制限など DVD の設定を変更
できます。
5
サムパッドを上下に操作する
サムパッドを上下に操作するごとに、次の
ように項目が切り換わります。
■言語
基本字幕
(➡「基本字幕を設定する」52 ページ)

基本音声
(➡「基本音声を設定する」52 ページ)

メニュー言語
(➡「メニュー言語を設定する」
53ページ)

OSD 言語選択
(➡「OSD の言語を設定する」
53 ページ)

文字コード選択
(➡「文字の種類を設定する」53 ページ)
ご注意
●DVD 設定は、別売のモニターの使用時だけ
操作できます。
●本 書では、リモコンを使用した場合の DVD
設定について説明しています。
1
ソースを DVD に切り換える
SRC/OFF ボタンを押す
ディスクの再生を停止する
■映像
マルチアングル表示
(➡「マルチアングルマーク表示を設
定する」54 ページ)

テレビアスペクト
(➡「画面の縦横比を設定する」
54ページ)

スライドショー時間設定
(➡「スライドショーの表示時間を設
定する」55 ページ)
ボタンを押す
3
DVD 設定メニューにする
ボタンを押す
知っていると便利
●設 定 画 面 の 表 示 中 に
ボ タ ン を 押 す と、
DVD 設定メニューの画面に戻ります。
●DVD 設定メニューの画面、設定画面の表示
中に
ボタンを押すと、再生停止の状態に
戻ります。
4
■一般
視聴制限設定
(➡「視聴制限を設定する」55 ページ)

DivX 字幕
(➡「DivXのカスタム字幕ファイル
を表示する」56 ページ)

DivXVOD
(➡「DivXVODの登録コードを確認
する」57 ページ)
DVD 設定のカテゴリーを選ぶ
サムパッドを左右に操作する
サムパッドを左右に操作するごとに、次のよ
うに切り換わります。
言語

映像

一般
D
V
D
設定
2
設定項目を選ぶ
6
選んだ項目の設定画面を表示
する
サムパッドを押す
設定画面で
ボタンを押すと、前の画面
に戻ります。
1
基本字幕を設定する
基本音声を設定する
基本字幕
字幕として優先したい言語を設定できます。
1
サムパッドを操作して、基本
字幕にする
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
2
基本字幕の設定画面を表示する
サムパッドを押す
設定
D
V
D
3
設定する言語を選ぶ
サムパッドを上下に操作する
サムパッドを上下に操作して、言語を選ん
でください。
■「その他」を選んだとき
「その他」を選ぶと、言語のコード入力画
面が表示されます。「言語コード」(➡ 90
ページ)を参照して、4 桁の言語コードを
0 ~ 9 ボタンで入力してください。ⓒボ
タンを押すと、入力した数字を消すことが
できます。
4
選んだ言語を設定する
サムパッドを押す
メモ
●選んだ言語がディスクに収録されていないと
きは、ディスクで指定されている言語が表示
されます。
ボ タ ン ま た は 本 体 の 6/ /SUBTITLE
●
ボタンで、再生中に字幕の言語を切り換える
こともできます(➡「再生中に字幕言語を切
り換える」26 ページ)。
ボ タ ン ま た は 本 体 の 6/ /SUBTITLE
●
ボタンで字幕の言語を切り換えても、ここで
の設定に影響はありません。
基本音声
音声として優先したい言語を設定できます。
1
サムパッドを操作して、基本
音声にする
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
2
基本音声の設定画面を表示する
サムパッドを押す
3
言語を設定する
「基本字幕を設定する」の手順 3 以降
を参照し、同様の操作で言語を設定す
る(➡このページ)
メモ
●選んだ言語がディスクに収録されていないと
きは、ディスクで指定されている言語が表示
されます。
●
ボタンまたは本体の 5/ /AUDIO ボタ
ンで、再生中に音声言語を切り換えることも
できます(➡「再生中に音声言語を切り換え
る」25 ページ)。
ボタンまたは本体の 5/ /AUDIO ボタ
●
ンで音声言語を切り換えても、ここでの設定
に影響はありません。
メニュー言語を設定する
メニュー言語
ディスクに収録されているメニュー画面の表示
言語として、優先したい言語を設定できます。
1
サ ム パ ッ ド を 操 作 し て、 メ
ニュー言語にする
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
2
3
サムパッドを上下に操作するごとに、次のよ
うに切り換わります。
ENGLISH(英語)

日本語

РУССКИЙ(ロシア語)
選んだ言語を設定する
メモ
●選んだ言語がディスクに収録されていないと
きは、ディスクで指定されている言語が表示
されます。
文字の種類を設定する
文字コード選択
DivX 字幕、情報画面、リストで表示される文
字の種類を設定できます。
設定の内容
OSD の言語を設定する
ISO-8859-1
ラテン系言語の表示に適した設定です。
Windows-1251
ISO-8859-5
キリル文字の表示に適した設定です。
OSD 言語選択
情報画面、DVD 設定、リストで表示される言
語(OSD)を設定できます。
サムパッドを操作して、OSD
言語にする
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
D
V
D
設定
サムパッドを押す
「基本字幕を設定する」の手順 3 以降
を参照し、同様の操作で言語を設定す
る(➡ 52 ページ)
1
言語を選ぶ
サムパッドを上下に操作する
4
言語を設定する
OSD言 語 の 設 定 画 面 を 表 示
する
サムパッドを押す
メニュー言語の設定画面を表
示する
サムパッドを押す
3
2
1
サムパッドを操作して、文字
コード選択にする
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
2
文字の種類の設定画面を表示
する
サムパッドを押す
次のページへ続く
3
3
設定の内容
文字の種類を設定する
16:9
ワイドモニターに最適な設定です。
レターボックス
上下に黒い帯のある画面になります。通常、4:3
のモニターで使用します。
パンスキャン
左右の切れた画面になります。通常、4:3 のモ
ニターで使用します。
サムパッドを上下に操作する
サムパッドを上下に操作するごとに、次のよ
うに切り換わります。
ISO8859-1

WINDOWS1251

ISO8859-5
4
選んだ文字の種類を設定する
マルチアングルマーク表
示を設定する
設定
マルチアングル表示
複数のアングルが収録されたディスクで、アン
グルが切り換えできる場面を再生している間、画
面左下にマルチアングルマークを表示できます。
1
3
サムパッドを上下に操作するごとに、次のよ
うに切り換わります。
16:9

レターボックス

パンスキャン
4
表示比率を設定する
サムパッドを押す
サムパッドを押す
サムパッドを押すごとに、次のように切り
換わります。
オン

オフ
画面の縦横比を設定する
テレビアスペクト
画面の表示比率を設定します。ディスクに収録
された映像
(画像)
の比率に合わせて設定します。
表示比率を選ぶ
サムパッドを上下に操作する
サムパッドを操作して、マル
チアングル表示にする
設定を切り換える
画面の縦横比の設定画面を表
示する
サムパッドを押す
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
2
サムパッドを操作して、テレ
ビアスペクトにする
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
2
サムパッドを押す
D
V
D
1
メモ
●パンスキャン指定されていないディスクを再
生したときは、「パンスキャン」に設定して
も「レターボックス」での再生になります。
●ディスクによっては、テレビアスペクトの変
更ができないものもあります。詳しくは、ディ
スクの説明書をご覧ください。
●DivX ファイル再生時は、テレビアスペクト
の設定によっては、画像の左右および上下に
黒帯が付くことがあります。
スライドショーの表示時
間を設定する
視聴制限を設定する
スライドショー時間設定
本機は、JPEG ファイルでスライドショーを表
示できます。この設定では、スライドショーの
表示時間を設定できます。
視聴制限設定
ディスクによっては、成人向けの内容や暴力
シーンなど、子供に見せたくない場面の視聴を
制限できるものがあります。視聴制限は、レベ
ルによって段階的に設定できます。
設定の内容
マニュアル
手動で切り換えます。
5sec
5 秒ごとに自動で切り換わります。
10sec
10 秒ごとに自動で切り換わります。
15sec
15 秒ごとに自動で切り換わります。
1
サムパッドを操作して、スラ
イドショー時間設定にする
視聴制限レベルの目安
レベル 8
すべてのディスクを再生します。
レベル 7 ~ 2
成人向けのディスクの視聴を制限します。
子供向けや、一般向けのディスクを再生し
ます。
レベル 1
子供向けディスクのみ再生します。
2
●はじめて視聴制限を設定するときは、まず暗
証番号を設定します。暗証番号を設定しない
と、視聴制限は設定できません。
●視聴制限レベルは、ディスクに記録されてい
ます。ディスクのパッケージなどでご確認く
ださい。なお、視聴制限レベルが記録されて
いないディスクでは、レベルを設定しても視
聴制限は設定できません。
●ディスクによっては、視聴制限された場面だ
けを飛ばして再生するものもあります。詳し
くは、ディスクの説明書をご覧ください。
スライドショーの表示時間設
定画面を表示する
サムパッドを押す
3
表示時間を選ぶ
サムパッドを上下に操作する
サムパッドを上下に操作するごとに、次のよ
うに切り換わります。
マニュアル

5sec

10sec

15sec
4
表示時間を設定する
設定
メモ
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
D
V
D
暗証番号とレベルを設定する
1
サムパッドを操作して、視聴
制限設定にする
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
2
視聴制限の設定画面を表示する
サムパッドを押す
サムパッドを押す
次のページへ続く
3
暗証番号を入力する
■数字を入力するとき
■カーソルを移動するとき
サムパッドを左右に操作する
■入力した数字を消すとき
ⓒボタンを押す
メモ
●入力した数字は*で表示されます。
暗証番号を設定する
カーソルを 4 桁目に移動して、サム
パッドを押す
サムパッドを押す
3
●4 桁すべてに数字が入力されていないと、ふ
たたび番号入力の画面に戻ります。
●登録した暗証番号は、忘れないようにメモし
ておくことをおすすめします。
5
「暗証番号とレベルを設定する」の手
順 3 以降を参照し、同様の操作でレ
ベルを設定する
暗証番号を忘れたとき
「レベルを変更する」の手順 2 で、
「暗
証番号入力」表示中にⓒボタンを 10
回押す
登録した暗証番号が解除され、入力欄に
「ー」が表示されます。「暗証番号とレベル
を設定する」の手順 3 以降を参照し、新し
い暗証番号を入力してください。
レベルを選ぶ
レベルを大きくするとき:右に操作する
レベルを小さくするとき:左に操作する
6
DivX の カ ス タ ム 字 幕
ファイルを表示する
DivX字幕
サムパッドを左右に操作する
DVD、MPEG-4 の機能です。
DivX ファイルには、字幕が収録されているも
のがあります。また、DivX ファイルに字幕を
追加して、ディスクに記録することもできます。
ここでは、表示する字幕を設定できます。
レベルを設定する
設定の内容
オリジナル
あらかじめ DivX ファイルに収録されている字
幕を表示します。
カスタム
DivX ファイルを作成したあとに、追加した字
幕(カスタム字幕)を表示します。
サムパッドを押す
レベルを変更する
1
サムパッドを操作して、視聴
制限設定にする
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
暗証番号を入力し、レベルを
設定する
メモ
設定
D
V
D
視聴制限の設定画面を表示する
0 ~ 9 ボタンを押す
4
2
1
サ ム パ ッ ド を 操 作 し て、
DivX字幕にする
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
2
DivX 字幕を切り換える
サムパッドを押す
サムパッドを押すごとに、次のように切り
換わります。
オリジナル

カスタム
メモ
●本 機はファイル形式「.srt」のカスタム字幕
に対応しています。
●カ スタム字幕は、1行あたり 42 文字、3 行
まで対応しています。
DivX VOD の 登 録 コ ー
ドを確認する
DivX VOD フ ァ イ ル を 再 生 す る と き、 そ の
DivX VOD ファイルの配信先に対して、本機
の登録コードが必要な場合があります。そのよ
うな場合に、本機の登録コードを確認できます。
DivX VOD とは
●DivXVOD とは、
「DivXVideoOnDemand」
の略です。
レジストレーションコードを表示
する
1
サ ム パ ッ ド を 操 作 し て、
DivX VODにする
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
2
レジストレーションコード表
示を選ぶ
サムパッドを操作して、
「レジストレー
ションコード表示」を選ぶ
4
登録コードを表示する
サムパッドを押す
DivX VOD の登録コードが表示されます。
登録コードは 10 桁の英数字です。
ディレジストレーションコードを
表示する
1
サ ム パ ッ ド を 操 作 し て、
DivX VODにする
(➡「DVD 設定メニューの切り換え
かた」51 ページ)
2
D
V
D
設定
DivXVOD
3
DivX VOD の画面を表示する
サムパッドを押す
3
ディレジストレーションコー
ド表示を選ぶ
サムパッドを操作して、「ディレジス
トレーションコード表示」を選ぶ
4
登録コードを無効にする
サムパッドを押す
8 桁のディレジストレーションコードが
表示され、現在の登録コードが無効になり
ます。
DivX VOD の画面を表示する
サムパッドを押す
初期設定メニューの
切り換えかた
「時計調節」「外部機器設定」などの機能を使う
ときは、初期設定メニューで操作します。初期
設定メニューは、電源を OFF にした状態で操
作します。
1
本機の電源を OFF にする
SRC/OFF ボタンを長く押す
2
初期設定メニューを表示する
ロータリーコマンダーを長く押す
初期設定
3
使いたい機能を選ぶ
ロータリーコマンダーを回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
CLOCKSET(時計調節)
(➡「時計を合わせる」59 ページ)

AUX1(外部機器設定 1)
(➡「外部機器(AUX)をソースに設
定する」59 ページ)

AUX2(外部機器設定 2)
(➡「外部機器(AUX)をソースに設
定する」59 ページ)

MUTE/ATT(ミュート設定)
(➡「ミュート/アッテネートを切り
換える」60 ページ)

V.INPUT(ビデオ入力設定)
(➡「ビデオ入力の設定を切り換える」
61 ページ)

COLOR(イルミネーション設定)
(➡「ボタンのイルミネーションの色
を切り換える」61 ページ)

8
DIMMER(ディマー)
(➡「ボタンとディスプレイの明るさ
を調節する」62 ページ)

REAR-SP
(➡「リアスピーカー出力を設定する」
62 ページ)

PREOUT
(➡「RCA 出力から出力される信号を
選ぶ」62 ページ)

DEMO
(➡「フィーチャーデモを ON/OFF
する」63 ページ)

SCROLL(連続スクロール設定)
(➡「スクロールの設定を切り換える」
63 ページ)

V.OUT(モニター出力設定)
(➡「モニターの有無を設定する」64
ページ)

DIGITALOUT(デジタル出力設定)
(➡「デジタル出力の設定をする」64
ページ)

D.SAMPL(ダウンサンプリング設定)
(➡「ダウンサンプリング周波数を設
定する」65 ページ)
メモ
●初期設定メニューを解除するときは、BAND/
ボタンを押します。初期設定メニューを解
除すると、電源が OFF になります。
●REAR-SP(リアスピーカー出力を設定する)
を SW に設定時、PREOUT(RCA から出力
される信号を選ぶ)が選択できません。
さ
る」
号を
F
る」
64
定)
設
ND/
を解
する)
出力
CLOCK SET
本機のディスプレイに表示する時計の調節がで
きます。
1
ロータリーコマンダーを操作
して、CLOCK SETにする
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
2
時計調節画面を表示する
ロータリーコマンダーを押す
3
時計を調節する
■ 時または分を選ぶとき
ロータリーコマンダーを押す
外部機器(AUX)を
ソースに設定する
AUX1/AUX2
本機にポータブル音楽再生機器や VTR などの
外部機器を接続して、ソースに設定できます。
外部機器の接続には、次の 2 通りがあります。
1 別売の AUX ケーブルを使用する場合
(AUX1)
本体正面の AUX 入力端子(ø 3.5 ミニ
ジャック)に接続します。この場合、接
続した外部機器は AUX1 ソースとして
認識されます。
2 別売の RCA ピンケーブルを使用する
場合(AUX2)
接 続 す る 外 部 機 器 に RCA 出 力 が あ る
場合、別売の RCA ピンケーブルを使用
して、本機の音声入力端子や映像入力端
子に接続します。この場合、接続した外
部機器は AUX2 ソースとして認識され
ます。
AUX1 を設定する
設定の内容
■ 時刻を合わせるとき
AUDIO:
別売の AUX ケーブルを使って、ポータブル音
楽再生機器などを接続した場合に設定します。
VIDEO:
別売の AUX ケーブル(例:CD-VRM200)を
使って、ポータブル音楽再生機器(映像再生が
可能なもの)などを接続した場合に設定します。
OFF:
使用しない場合に設定します。
ロータリーコマンダーを回す
分を調節すると、0 秒からカウントが始ま
ります。
4
初期設定メニューを解除する
BAND/
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
初期設定
定)
64
時計を合わせる
1
ロータリーコマンダーを操作
して、AUX1にする
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
2
外部機器設定画面を表示する
ロータリーコマンダーを押す
次のページへ続く
QRA3018-C/U <59>
59
3
外部機器を設定する
初期設定メニューを解除する
ロータリーコマンダーを回す
BAND/
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
AUDIO

VIDEO

OFF
4
初期設定メニューを解除する
BAND/
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
メモ
MUTE/ATT
ミュート機能のある製品からミュート信号を受
け取ったときに、本機の音声をミュートにする
かアッテネートにするかを選べます。
ミュートまたはアッテネート機能が解除される
と、自動的に元の音量に戻ります。
初期設定
設定の内容
MUTE
音量が「0」になります。
ATT - 10 DB
音量を小さく(アッテネート)します。
ATT - 20 DB
音量を小さく(アッテネート)します。
ATT - 20 DB のほうが、アッテネートの効果
は大きくなります。
AUX2 を設定する
ロータリーコマンダーを操作
して、AUX2にする
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
2
外部機器設定画面を設定する
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
ON

OFF
ボタンを押す
ミュート/アッテネートを
切り換える
●AUX1 は、初期設定が AUDIO になっています。
AUX1 を使用しない場合は、OFF にします。
1
0
3
1
ロータリーコマンダーを操作
して、MUTE/ATTにする
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
2
ミュート設定画面を表示する
ロータリーコマンダーを押す
3
3
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
MUTE

ATT–10DB

ATT–20DB

OFF
4
ボタンのイルミネーショ
ンの色を切り換える
COLOR
ボタンを押す
V.INPUT
市販のビデオカメラやポータブルオーディオプ
レーヤーなどの外部機器を本機の映像入力端子
に接続した場合(➡「外部映像機器・モニター
の接続」76 ページ)、オンにします。
ロータリーコマンダーを操作
して、V.INPUTにする
ボタンのイルミネーションの色を、青と赤から
選ぶことができます。
1
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
2
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
BLUE(青)

RED(赤)
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを操作
して、COLORにする
初期設定
ビデオ入力の設定を
切り換える
2
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
メモ
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
1
BAND/
●外 部機器の映像を見るときは、AUX2 を ON
にしてください(➡「外部機器(AUX)をソー
スに設定する」59 ページ)。
初期設定メニューを解除する
BAND/
初期設定メニューを解除する
3
初期設定メニューを解除する
BAND/
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
OFF(オフ)

AUX(オン)
1
ボタンとディスプレイの
明るさを調節する
1
1
2
DIMMER
ロータリーコマンダーを操作
して、DIMMERにする
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
ロータリーコマンダーを操作
して、REAR-SPにする
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
2
FUL(リアスピーカーを接続するとき)

SW(サブウーファーを接続するとき)
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
初期設定
OFF(明るくするとき)

ON(暗くするとき)
メモ
初期設定メニューを解除する
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
リアスピーカー出力を
設定する
REAR-SP
リアスピーカー出力に接続するスピーカーの種
類に合わせて、リアスピーカーの出力方法を選
べます。
① リアスピーカーを接続するとき:
「FUL」に設定します
② サブウーファーを接続するとき:
「SW」に設定します
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
● ボタンを長く押しても、明るさを調節でき
ます。
BAND/
初期設定メニューを解除する
BAND/
メモ
3
3
●本機能で SW を設定した場合は、SUB.W(➡
「サブウーファーの ON / OFF と位相切り換
え」49 ページ)を NOR または REV に設定
してください。
●本 機能の設定を切り換えると、SUB.W(➡
「サブウーファーの ON / OFF と位相切り換
え」49 ページ)が OFF になる場合があります。
RCA 出力から
出力される信号を選ぶ
PREOUT
本機の RCA 出力端子に外部アンプを接続し、
フルレンジスピーカーまたはサブウーファーを
使用できます。接続するスピーカーに合わせて、
RCA 外部出力端子から出力される信号を選び
ます。
① フルレンジスピーカーを接続するとき: 「REA」に設定します
② サブウーファーを接続するとき:
「SW」に設定します
1
ロータリーコマンダーを操作
して、PREOUTにする
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
2
2
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
設定を切り換える
OFF

ON
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
REA(フルレンジスピーカーを接続
するとき)

SW(サブウーファーを接続するとき)
3
3
初期設定メニューを解除する
BAND/
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
初期設定メニューを解除する
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
メモ
●本機能で SW を設定した場合は、SUB.W(➡
「サブウーファーの ON / OFF と位相切り換
え」49 ページ)を NOR または REV に設定
してください。
●本 機能の設定を切り換えると、SUB.W(➡
「サブウーファーの ON / OFF と位相切り換
え」49 ページ)が OFF になる場合があります。
フィーチャーデモを ON
/ OFF する
DEMO
フィーチャーデモとは
●フ ィーチャーデモは、本機が電源 OFF のと
きや、30 秒間何も操作しないときに、各ソー
スや本機の機能(ファンクションやエンタテ
インメントなど)の画面を表示して紹介する
機能です。
ロータリーコマンダーを操作
して、DEMOにする
スクロールの設定を
切り換える
SCROLL
初期設定
BAND/
1
設定を切り換える
ディスクのタイトルなどを連続してスクロール
表示できます。
メモ
●V.OUT(モニター出力設定)が ON のとき、
この機能を設定することができません。
1
ロータリーコマンダーを操作
して、SCROLLにする
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
2
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
OFF(1 回スクロール)

ON(連続スクロール)
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
次のページへ続く
3
3
初期設定メニューを解除する
BAND/
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
モニターの有無を設定
する
V.OUT
本機に、別売のモニターを接続した場合、モニ
ター出力設定を ON にします。ON にすると、
別売モニターに情報画面や DVD や iPod の映
像などが表示できます。
初期設定
1
ロータリーコマンダーを操作
して、V.OUTにする
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
2
モニター出力設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
ON

OFF
3
デジタル出力の設定を
する
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
1
2
3
DIGITAL OUT
本機のデジタル出力を設定できます。
メモ
●「LPCM」に設定することにより、以下のタ
イプのディスクを再生する場合、音声の出力
方法を切り換えることができます(➡「音声
の出力方法を切り換える」30 ページ)。
* Dual Mono モードで記録された DVD ビ
デオディスク
* 2 カ国語で記録された DVD-VR ディスク
●本機の光デジタル出力を接続していない場
合、この設定をする必要はありません。
設定の内容
初期設定メニューを解除する
BAND/
メモ
●音楽データや圧縮オーディオファイル再生時
にモニター出力設定を OFF にした場合は、
本書で説明している内容と実際の動作内容が
異なります。
・ ボタンを押すと、現在再生中の曲または
ROOT フォルダーのファイルが本体の画
面に表示されます。
(iPod の場合は、ミュー
ジックのリストのみ表示されます。)
ボタンまたは  ボ
・ リスト表示中に
タ ン を 押 す と、1 つ 前 の リ ス ト(1 つ
上 の 階 層 ) に 戻 り ま す。 長 く 押 す と、
最上位の階層に戻ります。
最上位の階層の場合は、リスト表示を解除
します。
・ リストからフォルダーを選んでロータリー
コマンダーを長く押すと、フォルダー内の
曲を1番から順番に再生します。
STREAM(ストリーム)
ドルビーデジタルや DTS 信号が出力されます。
通常はこの設定にしておきます。
LPCM(リニア PCM)
ド ル ビ ー デ ジ タ ル や DTS 信 号 を LINEAR
PCM 信号に変換して出力されます。
ダ
数
96
た音
ル出
して
ない
1
2
64
QRA3018-C/U <64>
1
ロータリーコマンダーを操作
して、DIGITAL OUTにする
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
2
3
初期設定メニューを解除する
BAND/
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを回す
ロータリーコマンダーを回すごとに、次の
ように切り換わります。
STREAM

LPCM
3
初期設定メニューを解除する
ボタンを押す
初 期 設 定 メ ニ ュ ー が 解 除 さ れ、 電 源 が
OFF になります。
初期設定
BAND/
ダウンサンプリング周波
数を設定する
D.SAMPL
96 kHz 以上のサンプリング周波数で収録され
た音声を 48 kHz に変換して、本機の光デジタ
ル出力から出力できます。通常は、ON に設定
してください。本機の光デジタル出力を使用し
ないときは、設定する必要はありません。
1
ロータリーコマンダーを操作
して、D.SAMPLにする
(➡「初期設定メニューの切り換えか
た」58 ページ)
2
設定を切り換える
ロータリーコマンダーを押す
ロータリーコマンダーを押すごとに、次の
ように切り換わります。
ON

OFF
瞬時に音を消す
車内の会話が聞き取りにくいときに、瞬時に音
を消せます。
1
MUTE ボタンを押す
瞬時に音が消えます
もう一度押すと、解除されます。
交通情報を受信する
高速道路などで放送されている交通情報ラジオ
を、瞬時に受信できます。この機能は、電源
OFF のときでも、どのソースからでも操作で
きます。
1
交通情報を受信する
TI/
ボタンを押す
もう一度押すと、交通情報を受信する前の
状態に戻ります。
時計を表示する
便利な機能
本機のディスプレイに時計を表示できます。時
計は、本機の電源が ON または OFF のときに
表示されます。
1
フィーチャーデモをOFFにする
➡「フィーチャーデモを ON / OFF
する」63 ページ
2
交通情報の周波数を選ぶ
 /  ボタンを押す
1629(kHz)を選ぶとき: ボタンを押す
1620(kHz)を選ぶとき: ボタンを押す
知っていると便利
●交通情報を受信しているときに音量を調節す
ると、
交通情報用の音量として設定できます。
工場出荷時の設定は ON です。
2
時計を表示する
TI/
ボタンを長く押す
もう一度長く押すと、時計表示が解除され
ます。
メモ
●時計を合わせるには(➡「時計を合わせる」
59 ページ)
66
QRA3018-C/U <66>
便利な機能
67
●接続・取り付け上のご注意
●必ず車のバッテリーの⊖端子を外してから接
続してください。
●車への取り付けは、必ず本書と、別冊の「安
全上のご注意」に従って正しく行ってくださ
い。指定以外の取り付け方法や、指定以外の
部品を使用すると、事故やケガの原因となる
場合があります。
この場合は、当社では一切の責任を負いかね
ます。
●別 売製品の接続および取り付けについては、
別売製品に付属の説明書も併せてご覧くださ
い。
接続・取り付け部品を
確認する
●本体関係
本体 × 1
●コード関係
電源コード × 1
取り付けの前に知って
ほしいこと
●取り付け上のご注意
●必ず本機および取付キットに付属の部品を指
定通りに使用してください。指定以外の部品
を使用すると、機器内部の部品をいためたり、
しっかりと固定できずに外れたりして危険で
す。
ケース
取り付けの準備
破損
トラスネジ(5 mm × 8 mm)× 4
皿ネジ(5 mm × 9 mm)× 4
リモコン × 1
68
●本機の性能を十分に発揮するために、水平に
対して 40 度以内の角度で取り付けてくださ
い。
40°
●取り付けのポイント
取り付け、固定する前に
●まず仮接続を行い、本機が正常に動作するこ
とを確認してから、取り付けを行ってくださ
い。正常に動作しない場合は、接続に間違い
がないか、もう一度チェックしてください。
●ガラスアンテナ車は、アンテナブースターの
電源を、必ず本機の青リード線(アンテナコ
ントロール)に接続してください。接続を忘
れるとラジオが受信できません。
アンテナブースターの電源の位置は、
車種によって異なります。(ラジオが
ON にならないと、ブースターが ON
にならない車もあります。)詳しくは、
取り付け技術のある販売店にご相談
ください。
取付キットを別売しています
●車種や年式によっては、別売のパイオニア製
取付キットを使用しないと、取り付けられな
いこともあります。当社では車種別専用取付
キットを用意していますので、販売店にご相
談ください。
●ダ ッシュボード下へ取り付ける場合は、D サ
イズ用汎用取付ケースやアンダーダッシュ用
取付キットをご使用ください。
接続の前に知ってほしい
こと
●接続上のご注意
黒リード線 (アース)
ノイズ防止のために
●ア ンテナコードは、30 ピン RGB ケーブル、
スピーカーコード、および電源リード線など
と束ねたり、重ねたり、交差させたりしない
でください。
電源配線キットを別売しています
●シ ステム全体の消費電流が大きくなる場合
は、バッテリーから直接電源をとることをお
すすめします。当社では、電源配線キット
「RD-221」を別売していますので、販売店に
ご相談ください。
●コネクターの着脱のしかた
●コ ネクターは、“カチッ”と音がするまで押
し込んで、確実に接続してください。
●コネクターを外すときは、図のようにコネク
ター部分を持って引っ張ってください。コー
ドを引っ張るとコードが抜けてしまうことが
あります。
取り付けの準備
●本 機の黒リード線 ( アース ) を必ず最初に車
のボディの金属部に確実に接続してください。
●接続のポイント
車のボディの金属部
●本 機は、エンジンスイッチに ACC がない車
では使用できません。必ず、エンジンスイッ
チに ACC がある車でご使用ください。
●赤リード線(アクセサリー電源)は、常にバッ
テリーから電源が供給される電源回路には、
接続しないでください。接続すると車のバッ
テリーが消耗してしまいます。
●本機のアンプには BPTL という回路を使用し
ています。スピーカーのリード線を直接アー
スに接続したり、複数のスピーカーの(ー)
リード線を、共通にして接続したりしないで
ください。
●本機と組み合わせるスピーカーには、最大入
力 50 W 以上のハイパワー用で、インピーダ
ンスが 4 Ωから 8 Ωのものを使用してくださ
い。規格以外のスピーカーのご使用は、スピー
カーの発火・発煙・破損の原因となります。
●黒リード線(アース)は、パワーアンプなど
の消費電流が大きい製品のアースとは別々に
取り付けてください。まとめて取り付けると、
ネジが緩んだり外れたりしたとき、製品の発
煙・故障の原因となるおそれがあります。
69
電源コードを接続する
詳しくはお買い上げの販売店にお問い合わせく
ださい。
カーアンテナプラグ
(車のアンテナより)
ア
注: 赤、黄リード線は車のヒューズユニットを通し
たあとの端子に接続してください。
注: 製品の発煙・故障を防ぐために、黒リー
ド線を必ずいちばん初めに接続してく
ださい。
黒
アース
車のボディの金属部に確実に接続してください。
接続・取り付けと動作確認
70
黄
+バッテリー電源
車のエンジンスイッチのON/OFFに関係なく、
常にバッテリー
から電源が供給される電源回路に接続してください。
アクセサリー電源
車のエンジンスイッチをACCの位置にしたときに電源が供給
される電源回路に接続してください。
赤
黄/黒
ミュート
パイオニア製のナビゲーションシステムなどの別売製品と組
み合わせるときに、
本機の音量をコントロールするために使用
します。
(別売製品からのコントロール信号が入力されると、
本
機の音量が自動的に変化します。)組み合わせた別売製品に
黄/黒リード線(セルラーミュートまたはミュート)がある場合
は、
そこに接続してください。それ以外は何も接続しないでく
ださい。
青
アンテナコントロール
アンテナをコントロールするために使用します。
(12 V DC、
300 mA以内でご使用ください。)
下記車両については未接続状態の場合ラジオが受信できな
い場合がありますので必ず接続してください。
●オートアンテナ車の場合:
車側のオートアンテナのコントロール入力端子に接続して
ください。
※アンテナを下げる場合は、
電源OFFにしてください。
●ルーフアンテナ車やガラスアンテナ車などの場合:
車側のアンテナブースターの電源入力端子に接続してく
ださい。
QRA3018-C/U <70>
ス
ア
別
リ
接
ヒューズ(10 A )
本体
アンテナジャック
ステアリングリモコン
アダプター接続端子
別売のステアリング
リモコンアダプターを
接続します。
電源コード
青/白
接続・取り付けと動作確認
システムリモートコントロール
外部アンプのON/OFFをコントロールするために使用
します。(本機がONになるとコントロール信号が出力さ
れます。)外部アンプのシステムリモートコントロールに
接続してください。(12 V DC、
300 mA以内でご使用
ください。)
白
白/黒
(前)
灰
フロントSP
灰/黒
緑
(左)
(右)
緑/黒
紫
紫/黒
リアSP
(後)
注: スピーカーを接続しないスピーカーリード線
には、何も接続しないでください。
71
QRA3018-C/U <71>
リアスピーカー出力にサブ
ウーファーを接続する 1
詳しくはお買い上げの販売店にお問い合わせく
ださい。
電源コード
接続・取り付けと動作確認
青/白
白
白/黒
(前)

フロントSP

フロントSP
灰

灰/黒
緑
緑/黒
紫
紫/黒



注:何も接続
しないで
ください。

(右)
(左)
サブウーファー

(後)
(➡「電源コードを接続する」70ページ)
最大出力 50 W × 1ch/4 Ω
72
リアスピーカー出力にサブ
ウーファーを接続する 2
詳しくはお買い上げの販売店にお問い合わせく
ださい。
電源コード
青/白
白/黒
灰
灰/黒
緑
緑/黒
紫
紫/黒
(前)


フロントSP
フロントSP


(右)
(左)
接続・取り付けと動作確認
白



サブウーファー

(後)
(➡「電源コードを接続する」70ページ)
最大出力 50 W × 2ch/4 Ω
73
リアスピーカー出力にサブ
ウーファーを接続する 3
詳しくはお買い上げの販売店にお問い合わせく
ださい。
電源コード
青/白
接続・取り付けと動作確認
白
白/黒
灰
灰/黒
緑
緑/黒
紫
紫/黒
(前)

フロントSP

フロントSP




注:何も接続
しないで
ください。

(右)
(左)

サブウーファー

(後)
(➡「電源コードを接続する」70ページ)
ここでは、サブウーファー(4 Ω)を並列に接続して
サブウーファー(2 Ω)として使用しています。
74

最大出力 70 W × 1ch/2 Ω
別売アンプを使ってリアスピーカー
またはサブウーファーを接続する
詳しくはお買い上げの販売店にお問い合わせく
ださい。
RCA
入力端子へ
白
リア出力または
サブウーファー出力
本体
赤
白
リアスピーカー用
またはサブウーファー用
外部アンプ
赤
RCAオーディオコード(別売)
青/白
システムリモートコントロール
システムリモートコントロール
外部アンプのON/OFFをコントロールするために使用します。
(本機がONになるとコントロール信号が出力されます。)
外部アンプのシステムリモートコントロールに接続してください。
(1 2 V DC、
300 mA以内でご使用ください。)
接続・取り付けと動作確認
電源コード
注: �本機と、別売アンプを組み合わせて使用する場合、必ず、
本機のリア出力端子に接続してください。
�RCA出力に接続するスピーカーに合わせて、REAR-SP、
PREOUTの設定を切り換えてください。
(➡「リアスピー
カー出力を設定する」、
「RCA出力から出力される信号を
選ぶ」62ページ)
リアスピーカー
またはサブウーファー
75
外部映像機器・モニターの
接続
詳しくはお買い上げの販売店にお問い合わせく
ださい。
市販のRCA入力付き
モニター
外部映像機器
音声出力へ
赤
映像入力へ
映像出力へ
白
黄
黄
接続・取り付けと動作確認
RCAビデオコード
(別売)
RCAビデオコード
(別売)
黄
黄
RCAオーディオコード
(別売)
映像入力
VIDEO INPUT
15 cm
本体
白
白
赤
赤
映像出力
VIDEO OUTPUT
15 cm
音声入力
76
接続・取り付けと動作確認
77
5.1ch 対応・DSP ユニット
との接続
本機には、パイオニア製の 5.1ch 対応・DSP
ユニット「DEQ-P9」とオーディオマスターユ
ニット「AXM-P9」が接続できます。
RCAオーディオコード
(「AXM-P9」付属)
白
接続・取り付けと動作確認
赤
リア出力または
サブウーファー出力
本体
黄/黒
ミュート
黒
黄/黒
灰
アース
光デジタル端子変換コネクター
「CD-DD25」(別売)
78
白
赤
IP-BUSケーブル
(「DEQ-P9」付属)
青
オーディオマスターユニット
「AXM-P9」(別売)
コントローラーユニット
延長ケーブル
(「AXM-P9」付属)
白
電源コード
(「AXM-P9」付属)
RCAオーディオコード
(「DEQ-P9」付属)
光デジタルライン
(「DEQ-P9」付属)
赤
白
接続・取り付けと動作確認
赤
青
5.1ch対応・DSPユニット
「DEQ-P9」(別売)
IP-BUS出力(黒)
79
純正ナビシステムなどへの
接続
本機のリア出力またはサブウーファー出力端子
を、純正ナビシステム機器などの RCA 音声入
力に接続して使用できます。
本機の音量を 50 ~ 60 を目安に設定すると、
接続された機器側の音量調整がしやすくなりま
す。設定する前に、本機のリア出力またはサブ
ウーファー端子にスピーカーが接続されていな
いことを確認してください。
2
ネジ留めする位置を確認する
ブラケットを本機に重ねて、ネジ穴が
合う位置を確認してください。
ブラケットのネジ穴は次のタイプがあり
ます。
■トヨタ車の場合
トヨタ車ブラケット
本体を取り付ける
■日産車の場合
日産車ブラケット
取り付け例(トヨタ車、日産車への取り付け)
です。
接続・取り付けと動作確認
1
車のラジオ、小物入れなどを
取り外す
ラジオ、小物入れなどを取り外し、
それらを留めているブラケットを取り
外します。
そのブラケットを使用して、本機を取り付
けます。
3
ブラケットを付属のネジで
取り付ける
左側、右側、それぞれ 2 カ所ずつ、
付属のネジでネジ留めして、元通り車
に取り付けます。
トラスネジ
(5 mm×8 mm)
×4
ブラケット
ラジオや
小物入れなど
皿ネジ
(5 mm×9 mm)
×4
ブラケットのネジ穴の形状に合わせて
ネジを選びます。
ブラケット
ご注意
●取り外すネジの位置などは車種により異なり
ます。詳しくは、お買い上げの販売店、また
は、最寄りのディーラーにお問い合わせくだ
さい。
80
ツメがじゃまになるとき
は、折り曲げます。
フロントパネルの取り外しかた/
取り付けかた
フロントパネルを取り外す(デタッチ)ことが
できます。操作方法は(➡「フロントパネルの
取り外しかた/取り付けかた」12 ページ)。
動作を確認する
接続・取り付けが終わったら、次の操作を行っ
て、本機が正常に動作することを確認してくだ
さい。
1
接続・取り付けをもう一度
確認する
確認
●接続・取り付けに誤りがないか、各コネクター
は確実に接続されているか、もう一度、目で
見て確認してください。
車のエンジンをかける
3
本機の動作を確認する
確認後にセットアップメニューが自動
で起動しますので、設定を行ってくだ
さい(➡「初めて本体を使用する際の
設定」10 ページ)。
接続・取り付けと動作確認
2
81
再生できるディスクにつ
いて
再生できるディスクの種類
• 下記マークはディスクのレーベル面や
パッケージ、またはジャケットに付いて
います。
• 本機は NTSC(日本のテレビ方式)に適
合していますので、ディスクやパッケー
ジに「NTSC」と表示されているディス
クをご使用ください。
•
は DVD フォーマットロゴライセン
シング(株)の商標です。
DVD ビデオ
ディスクの操作について
DVD によっては、ディスク制作者の意図に
より、特定の操作を禁止している場合があり
ます。また、メニュー操作や、再生中に対話
式の操作が可能なディスクでは、タイトル/
チャプターの構成上、リピートなど一部の操
作ができないことがあります。
このような場合、本機では画面に (禁止
マーク)が表示されます。ディスクによって
は、表示されないこともあります。
DVD に表示されているマークの
意味
DVD ビデオディスクのレーベル面やパッケー
ジには、以下のようなマークが表示されていま
す。それぞれのマークは、そのディスクに記録
されている映像または音声のタイプ、使える機
能を表しています。
マーク
意 味
音声の数を表します。
2
字幕の数を表します。
その他(付録)
ビデオ CD
画面サイズ(アスペクト比:横と
縦の比率)の種類を表します。
CD
再生可能な地域番号(リージョン
番号)を表します。本機のリージョ
ン番号は、「2」です。リージョン
番号が「2」や「ALL」など「2」
を含んでいるディスクを再生でき
ます。
メモ
82
アングルの数を表します。
3
●リ ージョン番号が異なる DVD ビデオディス
クは、再生できません。
●DVD ビデオディスクによっては、一部の機
能がご使用になれない場合があります。
●DVD ビデオディスクによっては、再生でき
ない場合があります。
●ビデオレコーディングフォーマット(VR モー
ド)で記録された DVD-R / RW ディスクの
再生に対応しています。ただし、ファイナラ
イズされていないディスクの再生には対応し
ていません。再生する際は、必ずファイナラ
イズしてください。
●ビデオレコーディングフォーマット(VR モー
ド)で記録された DVD-R DL(デュアルレイ
ヤー)ディスクの再生に対応しています。た
だし、レイヤージャンプモードには対応して
いません。
●ファイナライズされた DVD-R DL(デュアル
レイヤー)ディスクは、録画・編集ができま
せん。
●ビデオフォーマット(ビデオモード)および
ビデオレコーディングフォーマット(VR モー
ド)で記録された DVD-R / RW ディスクで
も、ディスクの特性やキズ・汚れ、または本
機内部のレンズの汚れ・露などにより、本機
では再生できない場合があります。
●DVD-ROM、DVD-RAM デ ィ ス ク の 再 生 に
は対応していません。
●本機は音楽 CD 規格に準拠して設計されてい
ます。コピーコントロール CD などの CD 規
格外ディスクの動作保証および性能保証は致
しかねます。
●ひび、キズ、そりのあるディスクは使用しな
いでください。
●特殊形状のディスクは、使用しないでくださ
い。故障の原因になります。
• 本 機 は、AVCHD 規 格 に 非 対 応 の た め
再生できません。ディスクの取り出し
が で き な く な る 場 合 が あ り ま す の で、
AVCHD 規格で記録されたディスクは入
れないでください。
「DualDisc」の再生について
• 「DualDisc」は、片面に DVD 規格準拠
の映像やオーディオが、もう片面に CD
再生機での再生を目的としたオーディオ
がそれぞれ収録されています。
• 「DualDisc」の DVD の面は再生可能です。
• DVD 面ではないオーディオ面は、一般
的な CD の物理的規格に準拠していない
ために再生できないことがあります。
• 「DualDisc」を再生機器に挿入をしたり、
取り出しをしたりするときに再生面の反
対側の面に傷が付く場合があります。傷
が付いた面は再生すると不具合がでる場
合があります。
• ディスクを取り出せないといった不
具合が起こる可能性がありますので
「DualDisc」はご使用にならないでくだ
さい。
• 「DualDisc」の仕様や規格などの詳細に
関しましては、ディスクの発売元または
販売元にお問い合わせください。
本機で再生できるファイ
ルについて
その他(付録)
●音楽用 CD レコーダーまたはパソコンで記録
した CD-R / RW ディスクは、ディスクの特
性やキズ・汚れ、または本機内部のレンズの
汚れ・露などにより、本機では再生できない
場合があります。
●パソコンで記録したディスクは、アプリケー
ションの設定および環境によって再生できな
いことがあります。(詳細は、アプリケーショ
ンの発売元にお問い合わせください。)
●直射日光や高温等、車内での保管状況により、
CD-R / RW、DVD-R / RW ディスクは再
生できなくなる場合があります。
●CD-R / RW ディスクに記録されているタイ
トルなどの文字情報は、本機では表示されな
い場合があります。(音楽データ(CD-DA)
再生時)
●フ ァ イ ナ ラ イ ズ さ れ て い な い CD-R / RW、
DVD-R / RW ディスクには対応していません。
●CD-R / RW、DVD-R / RW ディスクの取
り扱いについては、ディスクの説明書や注意
書きを十分お読みください。
●レーベル面に印刷ができるディスクを使用す
るときは、ディスクの説明書や注意書きを確
認してください。ディスクによっては、挿入
または取り出しができないものがあります。
そのようなディスクを使用すると、本機の故
障の原因になります。
●以 下のロゴは、本機がビデオレコーディン
グフォーマット(VR モード)で記録された
DVD-R / RW ディスクの再生に対応してい
ることを示しています。
ハイビジョン画質(AVCHD 規格)
で記録されたディスクについて
WMA について
WMA と は、「Windows Media Audio」 の 略
で、 米 国 Microsoft Corporation に よ っ て、
開発された音声圧縮技術です。WMA データは、
Windows Media Player Ver.7 以降を使用し
てエンコードすることができます。
次のページに続く
83
AAC について
AAC データは、作成に使用したアプリケーショ
ンによってファイル形式と拡張子が異なりま
す。
本機では、iTunes を使用してエンコードされ
た AAC ファイルの再生に対応しています。
本機は、iTunes で作成された拡張子(.m4a)
が 付 い て い る フ ァ イ ル を、AAC フ ァ イ ル と
し て 再 生 し ま す。 故 障 の 原 因 と な り ま す の
で、.m4a 以外の拡張子の付いた AAC ファイ
ルを再生しないでください。
DivX について
その他(付録)
84
DivX は、Rovi Corporation の 子 会 社 で あ る
DivX, LLC が 開 発 し た メ デ ィ ア 技 術 で す。
DivX のメディアファイルは、高画質を維持し
ながら、高い圧縮率でコンパクトに圧縮できま
す。DivX で圧縮するファイルには、メニューや、
字幕、サブオーディオトラックなども含めるこ
とができます。DivX.com では、DivX メディ
アファイルを多数掲載しています。これらのメ
ディアをダウンロードして、DivX の専用ツー
ルを使えば、オリジナルのコンテンツを作成で
きます。
DivX Certified 製品は、DivX のクリエーター
によってテストされ、すべてのバージョンの
DivX(DivX 6 も含む)でも再生できること
が正式にテスト、認定された製品です。DivX
Certified の 認 定 ロ ゴ が 付 い て い る 製 品 は、
DivX Profiles 規格に準拠したポータブルビ
デオや HD ビデオであることを示しています。
● DivXCertified 製品
●標準の DivX メディアファイル再生機能が付
いた DivX ビデオを再生(DivX6 以前のバー
ジョンに対応)
本 機 で は、CD-R / RW / ROM、DVD-R /
RW、USB 機器に記録された DivX ファイルを
再生できます。
この取扱説明書では、それぞれの DivX ファイ
ルを DVD に合わせて「タイトル」と呼びます。
DivX ファイルはディスクに書きこまれた順に
再生されますので、ディスクに記録する際はご
注意ください。
再生可能な圧縮ファイル
について
WMA ファイル
ご注意
●WMA ファイルをエンコードしたアプリケー
ションによっては、正常に動作しないことが
あります。
●WMA ファイルをエンコードした Windows
Media Player のバージョンによっては、ア
ルバム名などの文字情報が正しく表示されな
いことがあります。
●画像データを含む WMA ファイルを再生する
場合、再生が始まるまでに時間がかかること
があります。
●WMA ファイルに名前を付けるときは、ファ
イル名のあとに拡張子(.wma)を付けてく
ださい。
●本 機は、拡張子(.wma)が付いているファ
イルを WMA ファイルとして再生します。雑
音や故障の原因となりますので、WMA ファ
イル以外には拡張子(.wma)を付けないで
ください。
• 再 生 可 能 な WMA フ ァ イ ル の サ ン プ
リ ン グ 周 波 数 は、 以 下 の と お り で す。
8 kHz ~ 48 kHz
• 一 般 的 に WMA フ ァ イ ル は、 ビ ッ
トレートが高いほど音質は良くなり
ま す。 本 機 は、 以 下 の WMA フ ァ
イ ル の 再 生 に 対 応 し て い ま す。 た だ
し、 あ る 一 定 の 音 質 で 音 楽 を 楽 し ん
で い た だ く た め に は、 で き る だ け 高
い ビ ッ ト レ ー ト で 記 録 さ れ た WMA
フ ァ イ ル の 使 用 を お す す め し ま す。
5 kbps ~ 320 kbps(CBR)、VBR
• デジタル著作権管理(DRM)で保護さ
れたファイルは再生できません。すべて
のファイルが DRM で保護されている場
合、本機では再生できません。
• こ の 製 品 は、 下 記 の 形 式 に は 対 応 し
ていません。
Windows Media Audio Professional(5.1ch)
Windows Media Audio Lossless( 可 逆 圧 縮 )
Windows Media Audio Voice
MP3 ファイル
ご注意
●MP3 ファイルをライティングした iTunes の
バージョンによっては、ファイル名などの文
字情報が正しく表示されないことがあります。
●MP3 ファイルに名前を付けるときは、ファ
イル名のあとに拡張子(.mp3)を付けてくだ
さい。
●本機は、拡張子(.mp3)が付いているファイ
ルを MP3 ファイルとして再生します。雑音
や故障の原因となりますので、MP3 ファイ
ル以外には拡張子(.mp3)を付けないでく
ださい。
• ID3 Tag のアルバム名、曲名、およびアー
ティスト名の表示に対応しています。な
お、ID3 Tag の Ver.1.X と Ver.2.X が
混在している場合は、Ver.2.X が優先さ
れます。以下のバージョンの ID3 Tag
に対応しています。 1.0、1.1、2.2、2.3
• 再生可能な MP3 ファイルのサンプリン
グ周波数は以下のとおりです。 8 kHz ~ 48 kHz(32 kHz、44.1
kHz、48 kHz のみエンファシス対応)
8 kHz ~ 48 kHz
• 一 般 的 に AAC フ ァ イ ル は、 ス テ レ オ
ビットレートが高いほど音質は良くなり
ます。本機は、以下の AAC ファイルの
再生に対応しています。ただし、ある
一定の音質で音楽を楽しんでいただくた
めには、できるだけ大きいステレオビッ
トレートで記録された AAC ファイルの
使用をおすすめします。
8 kbps ~ 320 kbps
• iTunes Store で購入された楽曲(.m4p)
は、ディスクや USB 機器に記録して再
生することはできません。
• 本機は、下記の形式には対応していません。
Apple Lossless・エンコーダ
DivX ファイル
ご注意
●DivX ファイルに名前を付けるときは、ファ
イル名のあとに拡張子(.avi または .divx)を
付けてください。
●本 機は、拡張子(.avi または .divx)が付い
ているファイルを DivX ファイルとして再生
します。雑音や故障の原因となりますので、
DivX フ ァ イ ル 以 外 に は 拡 張 子(.avi ま た
は .divx)を付けないでください。
8 kbps ~ 320 kbps(CBR)、VBR
AAC ファイル
ご注意
●AAC ファイルをライティングした iTunes の
バージョンによっては、ファイル名などの文
字情報が正しく表示されないことがあります。
●AAC ファイルに名前を付けるときは、ファ
イル名のあとに拡張子(.m4a)を付けてくだ
さい。
●本機は、iTunes で作成された拡張子(.m4a)
が付いているファイルを AAC ファイルとし
て再生します。雑音や故障の原因となります
ので、AAC ファイル以外には拡張子(.m4a)
を付けないでください。
●画 像データを含む AAC ファイルを再生する
場合、再生が始まるまでに時間がかかること
があります。
• 本機は、DivX 規格に準拠した、DivX ビ
デオフォーマット(コンテンツ)を再
生 で き ま す。 ま た、DivX Ultra、DivX
Plus HD フォーマットには対応してい
ません。
• 映像データが収録されていないファイル
は、DivX ファイルと認識できません。
• DivX ファイル内の構成により、特殊再
生などが禁止されることがあります。
• DivX のパートナーサイト以外からダウ
ンロードした DivX ファイルの再生は保
証していません。
• DivX VOD ファイルのうち、DRM レン
タルファイルを再生している場合は、再
生選択後から実際に再生が始まるまでの
間、操作できません。
• 本 機 で は、 最 大 で 1 590 分 43 秒 の
DivX ファイルの表示に対応しています。
その他(付録)
• 一 般 的 に MP3 フ ァ イ ル は、 ビ ッ ト
レートが高いほど音質は良くなり
ま す。 本 機 は、 以 下 の MP3 フ ァ イ
ル の 再 生 に 対 応 し て い ま す。 た だ
し、 あ る 一 定 の 音 質 で 音 楽 を 楽 し ん
で い た だ く た め に は、128kbps 以
上 の ビ ッ ト レ ー ト で 記 録 さ れ た MP3
フ ァ イ ル の 使 用 を お す す め し ま す。
• AAC ファイルをエンコードした iTunes
のバージョンによっては、正しく再生さ
れないことがあります。
• 再 生 可 能 な AAC フ ァ イ ル の サ ン プ
リ ン グ 周 波 数 は、 以 下 の と お り で す。
次のページに続く
85
• 4 GB を超えるファイルの場合、ファイ
ルの途中までしか再生しません。
• DivX VOD フ ァ イ ル を 再 生 す る 場 合、
その DivX VOD ファイルの配信先に対
して、本機の登録コードが必要な場合
があります。登録コードは(➡「DivX
VOD の登録コードを確認する」57 ペー
ジ)で確認してください。
• DivX について詳しくは、
http://www.divx.com/
を参照してください。
圧縮ファイルについて
フォルダーと圧縮ファイルについて
• WMA / MP3 / AAC ファイルを収録
した CD-R / RW / ROM のイメージ
は下図のようになります。
JPEG ファイル
(CD-R/RW、USB のみ対応)
1
2
ご注意
● JPEG ファイルに名前を付けるときは、ファ
イル名のあとに拡張子(.jpg、.jpeg、.jpe ま
たは .jfif)を付けてください。
●本機は、拡張子(.jpg、.jpeg、.jpe または .jfif)
が付いているファイルを JPEG ファイルと
して再生します。故障の原因となりますの
で、JPEG フ ァ イ ル 以 外 に は 拡 張 子(.jpg、
.jpeg、.jpe または .jfif)を付けないでください。
その他(付録)
• 解像度が 8 192 × 7 680 までのベース
ラ イ ン JPEG と、EXIF2.1 に 対 応 し て
います(EXIF 形式は、デジタルカメラ
で一般的に使用されているファイル形式
です)。
• パソコンで加工された EXIF ファイルは、
再生できないことがあります。
• プログレッシブ JPEG の再生には対応
していません。
MPEG-1 / MPEG-2 / MPEG-4
ファイル
• 再生経過時間が正しく表示されないこと
があります。
86
3
4
5
6
1階層
2階層
3階層
4階層
• WMA / MP3 / AAC ファイルが記録さ
れ た CD-R / RW / ROM、DVD-R /
RW、USB 機器の再生に対応しています。
CD-R / RW / ROM は、ISO9660 の
レベル 1、レベル 2、および拡張フォー
マット(Joliet、Romeo)に準拠して記
録されたディスクが再生可能です。また
DVD-R / RW、USB 機器は、UDF 1.02
および ISO9660 のレベル 1、レベル 2
に準拠して記録されたディスクが再生可
能です。
• 本機はマルチセッション方式で記録した
ディスクの再生に対応しています。
• パケットライトには対応していません。
• m3u のプレイリストには対応していま
せん。
• MP3i(MP3 interactive)フォーマット、
および MP3 PRO フォーマットには対
応していません。
• ファイル名の最大表示文字数は、拡張子
を含めて 32 文字です。また、フォルダー
名の最大表示文字数も 32 文字です。
• 再生などの操作でフォルダーが選択され
る順番は、ライティングソフトで書き込
まれた順番になります。ただし、ライティ
ングソフトによっては、再生の順番を設
定できるものもあります。
• 曲間(トラック間)にブランクがない
CD を、WMA / MP3 / AAC フ ァ イ
ルとして DVD-R / RW、CD-R / RW
/ ROM に記録して再生した場合、曲間
が音飛びしたように聞こえます。
メモ
●フォルダー番号は本機が割り当てます。お客
様が割り当てることはできません。
●ディスクに、WMA / MP3 / AAC ファイル、
DivX ファイル、JPEG ファイル、音楽デー
タ(CD-DA)が混在しているときは、これら
を切り換えて再生できます(➡「DVD のふ
だんの操作」16 ページ)。再生は一番先頭の
ファイル/データから始まります。
●WMA / MP3 / AAC フ ァ イ ル を 含 ま な い
フォルダーは認識しません。(フォルダー番
号を表示せず、スキップします。)
●多くの階層を持つディスクは、再生が始まる
までに時間がかかります。
●再生できるフォルダー数の合計は、最大 700
です。
●再生できるファイル数の合計は、最大 3 500
(DVD-R / RW)、最大 999(CD-R / RW)
です。
USB 機器について
ご注意
●接 続する USB 機器によっては、ラジオにノ
イズの影響を与えることがあります。
●パ ーティションを作った USB メモリーは使
用できません。
●使 用する USB 機器の種類によっては、本機
が正しく認識できない場合があります。また、
曲を正しく再生できない場合があります。
●USB 機器を本機に接続する際は、別売のケー
ブル(例:CD-U51E)を使用してください。
USB ケーブルを使わずに直接接続すると、
USB 機器が突起物となり、危険です。指定の
USB ケーブル以外は、使用しないでください。
●本機との組み合わせで使用時に携帯デジタル
プレーヤーや USB メモリーのデータなどが
消失した場合でも、その補償については責任
を負いかねますのでご了承ください。
●USB 機器を直射日光の当たるところに長時間
放置すると、高温により変形・変色したり、
故障するおそれがあります。使用しないとき
は、直射日光の当たらないところに保管して
ください。
●本機と組み合わせて使用する場合、USB 機器
は必ず固定してください。USB 機器が落下し
て、ブレーキペダルやアクセルペダルの下に
滑り込むと大変危険です。
対応している圧縮ファイルについて
• USB 機 器 に 収 録 さ れ た WMA / MP3
/ AAC ファイルを再生できます。
• 再 生 で き る フ ォ ル ダ ー 数 の 合 計 は、
6 000(DivX、MPEG-1 / MPEG-2
/ MPEG-4 は 700)フォルダーです。
• 再生できるファイル数の合計は、最大
65 535 ファイルです。
• USB 機器のフォルダー階層が多い場合、
再生が始まるまでに時間がかかります。
• 画像データを含む圧縮オーディオファイ
ルを再生する場合、再生が始まるまでに
時間がかかることがあります。
• ファイル名の最大表示文字数は、拡張子
を含めて 32 文字です。また、フォルダー
名の最大表示文字数も 32 文字です。
• ファイルをエンコード/ライティングし
たアプリケーションによっては、文字情
報が正しく表示されないことがあります。
• m3u のプレイリストには対応していま
せん。
USB メモリー内のフォルダーに
ついて
• USB メ モ リ ー 内 の フ ォ ル ダ ー と 圧 縮
オーディオファイルの構成は、下図のよ
うになります。USB ポータブルオーディ
オプレーヤーの場合の構成は、プレー
ヤーによって異なります。
その他(付録)
使用できる USB 機器について
●USB メモリー、USB オーディオプレーヤー
以外(USB 扇風機など)は接続しないでくだ
さい。
●USB 機器の取り扱いについて詳しくは、それ
ぞれの説明書をお読みください。
1
2
3
4
5
6
1階層
2階層
3階層
4階層
• 01 ~ 05 はフォルダー番号の割り当て、
①~⑥は曲の再生順の例です。ユーザー
が本機でフォルダー番号を割り当てた
り、再生の順番を指定することはできま
せん。
次のページに続く
87
• 圧縮オーディオファイルの再生の順序
は、USB メモリーにコピーされた順番
と同じです。
• 再生の順序を指定するには、次の方法を
推奨します。
1パ ソ コ ン で、「001xxx.mp3」 や
「099yyy.wma」など順番を示す数字
をファイル名の先頭に付ける。
2そ れらのファイルをフォルダーに入
れる。
3フ ォルダー単位で USB メモリーに
コピーする。
ただし、パソコンの環境によってはこの
方法で指定できない場合もあります。
iPod について
使用上の注意
取り扱い上のご注意
• ディスクは、下図のように、信号記録面
(虹色に光っている面)をさわらないよ
うに持ってください。
• ディスクにキズを付けないでください。
• ディスクにシールなどを貼り付けないで
ください。
ご注意
その他(付録)
• iPod は、著作権のないマテリアル、ま
たは法的に複製・再生を許諾されたマテ
リアルを個人が私的に複製・再生するた
めに使用許諾されるものです。著作権の
侵害は法律上禁止されています。
• iPod を直射日光の当たるところに長時
間放置すると、高温により変形・変色し
たり、故障するおそれがあります。使用
しないときは、直射日光の当たらないと
ころに保管してください。
• 本 機 と 組 み 合 わ せ て 使 用 す る 場 合、
iPod は必ず固定してください。iPod が
落下して、ブレーキペダルやアクセルペ
ダルの下に滑り込むと大変危険です。
• iPod の 取 り 扱 い に つ い て 詳 し く は、
iPod の説明書をお読みください。
• ディスクには、市販のラベルなどを貼り
つけないでください。
- デ ィスクに反りが生じて、再生でき
なくなる原因になります。
- 再 生中にラベルがはがれると、ディ
スクが取り出せなくなり、本機の故
障の原因になります。
保管上のご注意
• 直射日光の当たるところや高温になると
ころには、ディスクを保管しないでくだ
さい。
iPod の設定について
• 音質効果を最適にするために、iPod が
接続されると、本機は iPod の EQ 設定
を自動的に「Flat」に変更します。取り
外すと、設定は自動的に元に戻ります。
• iPod を本機に接続している場合、iPod
のリピートは「オフ」に設定できません。
また、iPod のリピートが「オフ」に設
定されていても、本機に接続すると、自
動的に「すべて」に変更されます。
88
• ディスクがそらないように、必ずケース
に入れて保管してください。
お手入れについて
• ディスクが汚れたときは、柔らかいきれ
いな布でディスクの内周から外周方向へ
軽くふいてください。
• アナログ式レコード用のクリーナー、静
電気防止剤などは使用しないでくださ
い。またベンジンやシンナーなどの揮発
性の薬品をかけないでください。
シンナー
レコード
クリーナー
ベンジン
ディスク再生の環境について
その他(付録)
• 走行中、振動のショックで音飛びを起こ
すことがあります。
• 寒いとき、ヒーターを入れた直後に再生
を始めると、本機内部の光学系レンズや
ディスクに露が生じて、正常な再生がで
きないことがあります。このようなとき
は、1 時間ほど放置して自然に露がとれ
るのをお待ちください。ディスクに付い
た露は柔らかい布でふいてください。
メモ
●製品設計上配慮していますが、機構上あるい
は使用環境・ディスクの取り扱いなどにより、
ディスク面に実使用上支障のない程度のキズ
が付くことがあります。これは、製品の故障
ではありません。一般的な消耗としてご理解
ください。
89
言語コード
言語名 ( 言語コード ) 入力コード
その他(付録)
90
アファル語 (aa)0101/ アブハズ語 (ab)0102/ アヴェスター語 (ae)0105/ アフリカーンス語 (af)0106/ アカ
ン語 (ak)0111/ アムハラ語 (am)0113/ アラゴン語 (an)0114/ アラビア語 (ar)0118/ アッサム語 (as)0119/
アヴァール語 (av)0122/ アイマラ語 (ay)0125/ アゼルバイジャン語 (az)0126/ バシキール語 (ba)0201/ ベ
ラルーシ語 (be)0205/ ブルガリア語 (bg)0207/ ビハール語 (bh)0208/ ビスラマ語 (bi)0209/ バンバラ語
(bm)0213/ ベンガル語 (bn)0214/ チベット語 (bo)0215/ ブルトン語 (br)0218/ ボスニア語 (bs)0219/ カタ
ロニア語、バレンシア語 (ca)0301/ チェチェン語 (ce)0305/ チャモロ語 (ch)0308/ コルシカ語 (co)0315/
クリー語 (cr)0318/ チェコ語 (cs)0319/ 古代教会スラブ語 (cu)0321/ チュバシ語 (cv)0322/ ウェールズ
語 (cy)0325/ デンマーク語 (da)0401/ ドイツ語 (de)0405/ ディベヒ語、モルジブ語 (dv)0422/ ゾンカ語
(dz)0426/ エウェ語 (ee)0505/ ギリシャ語 (el)0512/ 英語 (en)0514/ エスペラント語 (eo)0515/ スペイン
語、キャステリャ語 (es)0519/ エストニア語 (et)0520/ バスク語 (eu)0521/ ペルシア語 (fa)0601/ フラ語
(ff)0606/ フィンランド語 (fi)0609/ フィジー語 (fj)0610/ フェロー語 (fo)0615/ フランス語 (fr)0618/ フ
リジア語 (fy)0625/ アイルランド語 (ga)0701/ ゲール語、スコットランドゲール語 (gd)0704/ ガリシア語
(gl)0712/ グアラニ語 (gn)0714/ グジャラート語 (gu)0721/ マン島語 (gv)0722/ ハウサ語 (ha)0801/ ヘ
ブライ語 (he)0805/ ヒンディー語 (hi)0809/ ヒリ・モトゥ語 (ho)0815/ クロアチア語 (hr)0818/ ハイチ語、
ハイチクレオール語 (ht)0820/ ハンガリー語 (hu)0821/ アルメニア語 (hy)0825/ ヘレロ語 (hz)0826/ イン
ターリングア、国際語 (ia)0901/ インドネシア語 (id)0904/ インターリング、オクツィデンタル (ie)0905/ イ
ボ語 (ig)0907/ 四川彝語 ( シセン イ語 )、ロロ語 (ii)0909/ イヌピアック語 (ik)0911/ イド語 (io)0915/ ア
イスランド語 (is)0919/ イタリア語 (it)0920/ イヌクティトゥット語 (iu)0921/ 日本語 (ja)1001/ ジャワ語
(jv)1022/ グルジア語 (ka)1101/ コンゴ語 (kg)1107/ キクユ語 (ki)1109/ クワニャマ語 (kj)1110/ カザフ語
(kk)1111/ グリーンランド語 (kl)1112/ クメール語、カンボジア語 (km)1113/ カンナダ語 (kn)1114/ 韓国語、
朝鮮語 (ko)1115/ カヌリ語 (kr)1118/ カシミール語 (ks)1119/ クルド語 (ku)1121/ コミ語 (kv)1122/ コー
ンウォル語 (kw)1123/ キルギス語 (ky)1125/ ラテン語 (la)1201/ ルクセンブルグ語 (lb)1202/ ガンダ語
(lg)1207/ リンブルフ語、リンブルグ語 (li)1209/ リンガラ語 (ln)1214/ ラーオ語、ラオス語 (lo)1215/ リト
アニア語 (lt)1220/ ルバ語、ルバカタンガ語 (lu)1221/ ラトビア語 (lv)1222/ マダガスカル語 (mg)1307/ マー
シャル語 (mh)1308/ マオリ語 (mi)1309/ マケドニア語 (mk)1311/ マラヤーラム語 (ml)1312/ モンゴル語
(mn)1314/ マラティー語 (mr)1318/ マレー語 (ms)1319/ マルタ語 (mt)1320/ ビルマ語 (my)1325/ ナウル
語 (na)1401/ ブークモール・ノルウェー語 (nb)1402/ 北ンデベレ語 (nd)1404/ ネパール語 (ne)1405
ンドンガ語 (ng)1407/ オランダ語、フランドル語 (nl)1412/ ニーノシュク・ノルウェー語 (nn)1414/ ノ
ルウェー語 (no)1415/ 南ンデベレ語 (nr)1418/ ナバホ語 (nv)1422/ チェワ語、ニャンジャ語 (ny)1425/
オック語、プロバンス語 (oc)1503/ オジブワ語 (oj)1510/ オロモ語 (om)1513/ オリヤー語 (or)1518/ オ
セット語 (os)1519/ パンジャブ語 (pa)1601/ パーリ語 (pi)1609/ ポーランド語 (pl)1612/ パシュトー語
(ps)1619/ ポルトガル語 (pt)1620/ ケチュア語 (qu)1721/ ロマンシュ語 (rm)1813/ ルンディ語 (rn)1814/
ルーマニア語、モルダビア語、モルドバ語 (ro)1815/ ロシア語 (ru)1821/ キニヤルワンダ語 (rw)1823/ サ
ンスクリット語 (sa)1901/ サルデーニャ語 (sc)1903/ シンド語 (sd)1904/ 北サーミ語 (se)1905/ サンゴ
語 (sg)1907/ シンハラ語 (si)1909/ スロバキア語 (sk)1911/ スロベニア語 (sl)1912/ サモア語 (sm)1913/
ショナ語 (sn)1914/ ソマリ語 (so)1915/ アルバニア語 (sq)1917/ セルビア語 (sr)1918/ シスワティ語
(ss)1919/ 南ソト語 (st)1920/ スンダ語 (su)1921/ スウェーデン語 (sv)1922/ スワヒリ語 (sw)1923/ タミ
ル語 (ta)2001/ テルグ語 (te)2005/ タジク語 (tg)2007/ タイ語 (th)2008/ ティグリニャ語 (ti)2009/ トル
クメン語 (tk)2011/ タガログ語 (tl)2012/ ツワナ語 (tn)2014/ トンガ語 (to)2015/ トルコ語 (tr)2018/ ツォ
ンガ語 (ts)2019/ タタール語 (tt)2020/ トウィ語 (tw)2023/ タヒチ語 (ty)2025/ ウィグル語 (ug)2107/ ウ
クライナ語 (uk)2111/ ウルドゥー語 (ur)2118/ ウズベク語 (uz)2126/ ヴェンダ語 (ve)2205/ ベトナム語
(vi)2209/ ボラピュク語 (vo)2215/ ワロン語 (wa)2301/ ウォロフ語 (wo)2315/ コーサ語 (xh)2408/ イディッ
シュ語 (yi)2509/ ヨルバ語 (yo)2515/ 壮語 ( チワン語 )(za)2601/ 中国語 (zh)2608/ ズールー語 (zu)2621
*言語表記は ISO639:1988(E/F)に準拠(1999 年 9 月現在)
故障かな?と思ったら
故障かな?と
思ったら
修理を依頼される前に、
次の表の内容をチェッ
クしてください。
それでも
直らないときは
(➡「保証書とアフター
サービス」96ページ)
をお読みになり、修理を
依頼してください。
●共通項目
症 状
原 因
電源を OFF にしても映像が出ている。
イルミネーションが意図せずに表示 フィーチャーデモが ON になって
される。
いる。
時計が表示できない。
電源が入らない。
各リード線やコネクターが正しく接
動作しない。
続されていない。
リモコンで操作できない。
操作に合った正しい動作をしない。
ディスクを再生できない。
前または後ろのスピーカーから音が
出ない。
左または右のスピーカーから音が出
ない。
(禁止マーク)が画面に出て操作
できない。
その他(付録)
音が出ない。
音が小さい。
処 置
フィーチャーデモを解除してくださ
い(➡「デモモードについて」11 ペー
ジ、「フィーチャーデモを ON/OFF
する」63 ページ)
正しく確実に接続されているかどうか、
もう一度確認してください。(➡「電
源コードを接続する」70 ページ)
ヒューズが切れている。
切れたヒューズと同じ容量のものと交
換してください。(➡「電源コードを
接続する」70 ページ)
電池が弱っている。
新しい電池に交換してください。
(➡「リモコンの準備」11 ページ)
ディスクによっては、禁止している 別のディスクで確認してください。
操作があります。
ディスクが汚れている。
汚れをふき取ってください。
(➡「使用上の注意」88 ページ)
本機で再生できない種類のディスク ディスクを確認してください。
が入っている。
音量を下げている。
音量を上げてください。
(➡「基本的な操作」16 ページ)
前後の音量バランスの調節が適切で 正しく調節してください。
ない。
(➡「前後左右の音量バランスを調
節する」46 ページ)
正しく確実に接続されているかどうか、
接続が間違っている。
もう一度確認してください。(➡「電源
コードを接続する」70 ページ)
前後の音量バランスの調節が適切で 正しく調節してください。
ない。
(➡「前後左右の音量バランスを調
節する」46 ページ)
左右の音量バランスの調節が適切で 正しく調節してください。
ない。
(➡「前後左右の音量バランスを調
節する」46 ページ)
ディスクが禁止している操作です。 この操作はできません。
ディスクの構成上、対応できない操 この操作はできません。
作をしている。
画面が止まり、操作を受け付けない。ディスク再生中にデータを読みとれ リモコンの
ボタンを押してから
なくなった。
もう一度、再生してください。
音や映像が飛ぶ。
本機がしっかり固定されていない。 本機をしっかり固定してください。
画面がのびる。アスペクトが合わな モニターに対しての設定が正しくな ご使用のモニターに合った設定にし
い。
い。
てください。
エンジンスイッチを ON または
本機がディスクの有無を確認してい 正常な動作です。
ACC にすると、モーター音がする。 ます。
次のページに続く
91
●DVD:DVD
症 状
ディスクを再生できない。
原 因
PAL 方式のディスクを挿入してい
る。
本機のリージョン番号と異なるディ
スクを挿入した。
視聴制限のメッセージが表示され、 視聴制限がかかっている。
再生できない。
視聴制限を解除できない。
音声(または字幕)言語が切り換え
られない。
字幕が出ない。
音声(または字幕)が、DVD の設定
で選んだ言語に切り換えられない。
アングルを切り換えて見ることがで
きない。
ディスクの再生中に映像が乱れる。
映像が暗い。
その他(付録)
処 置
NTSC 方式のディスクに交換してく
ださい。
リージョン番号「2」を含む DVD に
交換してください。
視聴制限を解除またはレベルを変更
してください。
(➡「視聴制限を設定する」55 ページ)
正しい暗証番号を入力してください。
暗証番号が間違っている。
(➡「視聴制限を設定する」55 ページ)
暗証番号を忘れてしまった。
ボタンを 10 回押して、暗証番
号を解除してください。
(➡「視聴制限を設定する」55 ページ)
ディスクのメニューでしか切り換え ディスクのメニューで切り換えてく
できないように制限されている。
ださい。
字幕が収録されていない DVD を再 字幕が収録されていない DVD では、
生している。
字幕を表示できません。
ディスクのメニューでしか切り換え ディスクのメニューで切り換えてく
できないように制限されている。
ださい。
DVD の設定で選んだ言語が収録さ 選んだ言語が収録されている DVD
れていない DVD を再生している。 に交換してください。
複数のアングルが収録されていない 複数のアングルが収録されていない
DVD を再生している。
DVD では、切り換えできません。
複数のアングルが収録されていない 複数のアングルが収録されている場
場面で操作している。
面で、操作してください。
ディスクコピー禁止信号が入ってい 本製品はアナログコピープロテクト
る(ディスクによって入っている場 方式のコピーガードに対応している
合があります)。
ため、コピー禁止信号が入っている
ディスクを再生した場合、一部のモ
ニターでは横縞が入るなどの症状が
出るものもあります。これは、正常
な動作です。
●DVD:ビデオ CD
症 状
PBC のメニュー画面を呼び出せな
い。
リピート再生、トラックサーチがで
きない。
原 因
PBC 機能の付いていないビデオ CD
を再生している。
PBC 機能付きのビデオ CD を再生
している。
処 置
PBC 機能の付いていないビデオ CD
では操作できません。
PBC 機能付きビデオ CD を再生し
ているときは、操作できません。
●DVD:CD、WMA / MP3 / AAC
症 状
CD 再生中、大きな雑音が出る。
CD の再生が途中で止まる。
CD を再生できない。
92
原 因
CD に大きなキズやそりがある。
処 置
ほかの CD に交換してください。良
くなれば、CD の不良です。
CD が極端に汚れている。
CD の汚れをふき取ってください。
(➡「使用上の注意」88 ページ)
CD にくもりや水滴が付いている。 CD のくもりや水滴をふき取ってく
ださい。
(➡「使用上の注意」88 ページ)
CD の裏表を逆にしてセットしている。CD のレーベル面を上にしてセット
してください。
(➡「DVD のふだんの操作」16 ペー
ジ)
●ラジオ
症 状
ラジオの受信中、“ジージー、ザー
ザー”という雑音が多い。
原 因
放送局の周波数が合っていない。
処 置
周波数を正しく合わせてください。
(➡「ラジオのふだんの操作」18 ページ)
ほかの放送局を選局してみてください。
放送局の電波が弱い。
(➡「ラジオのふだんの操作」18 ページ)
周りに障害物があるなど、受信状態 受信状態が良くなると、雑音が少な
が良くない。
くなります。
自動選局できない。
放送局の電波が弱い。
手動で選局してください。
(➡「ラジオのふだんの操作」18 ページ)
FM は受信するが、AM が受信でき アンテナコントロールが接続されて アンテナコントロールを正しく接続
ない。
いない。
してください。(➡「電源コードを
受信感度が悪い。
接続する」70 ページ)
アンテナを十分に伸ばしてください。
車のアンテナが伸びていない。
こんなメッセージが表示
されたら
●DVD のエラーメッセージ
メッセージ
「ERROR-02-XX」
原 因
ディスクが汚れている。
処 置
ディスクの汚れをふき取ってくださ
い。(➡「使用上の注意」88 ページ)
ディスクを交換してください。
次のページに続く
その他(付録)
ディスクにキズやひびがある。
ディスクに記録されたデータを読み
取ることができない。
ディスクの裏表を逆にしてセットし ディスクのレーベル面を上にして
ている。
セットしてください。
「HEAT」
本機の内部温度に異常がある。
本機が正常に動作する温度になるま
「温度保護回路作動中」
でお待ちください。
視聴回数制限つきの DivX ファイル 再生を停止するか、他のファイルを
「WRITE FAIL」
「データ保存エラー」
再生時に、ファイル情報を書き込め 選択してください。
なかった。
「NON-PLAY」
高解像度の DivX ファイルが収録さ 本機では、DivX HD ファイルは再生
できません。本機で再生できるファ
「再生できない解像度です」
れたディスクを挿入している。
イルが収録されたディスクを挿入し
てください。
「NON-PLAY」
本機では再生できないディスク
本機で再生できるディスクに交換し
「再生できないディスクです」
を使用している。てください。
(DVD AUDIO など)
「REGION ERR」
リージョン番号が異なるディスクを リージョン番号「2」を含む DVD
「リージョンコードが違います」
使用している。
に交換してください。
「PROTECT」
ディスク内のすべてのファイルがデ デジタル著作権管理(DRM)で保
「保護されたディスクです」
ジタル著作権管理(DRM)で保護 護されていないファイルを記録した
されている。
ディスクに交換してください。
デジタル著作権管理(DRM)で保護 デジタル著作権管理(DRM)で保
「SKIPPED」
された WMA ファイルを再生した。 護されていないファイルを再生して
「ファイルをスキップしました」
ください。
DivX VOD ファイルの認証ができて DivX VOD ファイルをダウンロード
「ERROR」
いない。
する前に、ファイルの配信元へ登録
「この DivX ファイルは認証
コードの認証を行ってください。
できません」
(➡「DivX VOD の登録コードを確
認する」57 ページ)
「NON-PLAY」
ファイルのデータに問題がある。
本機で再生できるファイルに切り換
「再生できないファイルです」
えてください。
DivX ファイルのフレームレートが 本機で再生できるファイルに切り換
「NON-PLAY」
「高フレームレートは再生できません」本機で対応していない。
えてください。
「NO AUDIO」
ファイルタイプが本機で対応してい 本機で再生できるファイルに切り換
「再生できない音声です」
ない。
えてください。
93
●USB のエラー表示
メッセージ
「CHECK USB」
「USB 端子をチェックして
ください」
その他(付録)
94
原 因
処 置
USB コネクターまたは USB ケーブ USB コネクター/ USB ケーブルが
ルがショートした。
何かにはさまっていないか、破損し
ていないか確認してください。
規定(➡「おもな仕様」100 ページ)接続した USB 機器を外してくださ
以上の電流を消費する USB 機器を い。そのあとで、車のエンジンスイッ
接続した。
チを一度 OFF にしてから ON にし
てください。
次に、対応する USB 機器を接続し
てください。
接続された USB 機器が本機に対応 USB Mass Storage Class 対応の
「N/A USB」
USB 対応する機器を接続してくだ
「再生できないデバイスです」
していない。
さい。
接続された USB 機器のフォーマッ フォーマットが、FAT32 か FAT16
トが、FAT32 か FAT16 ではない。 の USB 機器を接続してください。
「NON-PLAY」
何も収録・保存されていない USB 対応する圧縮オーディオファイルが
「再生できないファイルです」
機器を接続した。
収録・保存された USB 機器を接続
してください。
セキュリティー機能付きの USB メ USB メモリーの説明書に従って、
モリーを接続した。
セキュリティーを解除してから使用
してください。
本機で再生できない形式のファイル 再生できるファイルを選んでくださ
を選んだ。
い。
「PROTECT」
USB 機器内のすべてのファイルが デジタル著作権管理(DRM)で保
「保護されたファイルです」
デジタル著作権管理(DRM)で保 護されていない圧縮オーディオファ
護されている。
イルを収録・保存した USB 機器を
接続してください。
デジタル著作権管理(DRM)で保護 デジタル著作権管理(DRM)で保
「SKIPPED」
された WMA ファイルを再生した。 護されていないファイルを再生して
「ファイルをスキップしました」
ください。
「ERROR-02-9X/-DX」
正常に通信できない。
以下のいずれかの処置を行ったあ
と、ソースを USB に切り換えてく
ださい。
● 車のエンジンスイッチを一度
OFF にしてから ON にする。
● 接続した USB 機器を一度外して
から接続する。
● 別のソースに切り換える。
「ERROR」
DivX VOD ファイルの認証ができて DivX VOD ファイルをダウンロード
「この DivX ファイルは認証
する前に、ファイルの配信元へ登録
いない。
コードの認証を行ってください。
できません」
(➡「DivX VOD の登録コードを確
認する」57 ページ)
本機で再生できるファイルに切り換
「NON-PLAY」
ファイルのデータに問題がある。
えてください。
「再生できないファイルです」
DivX ファイルのフレームレートが 本機で再生できるファイルに切り換
「NON-PLAY」
「高フレームレートは再生できません」本機で対応していない。
えてください。
「NO AUDIO」
ファイルタイプが本機で対応してい 本機で再生できるファイルに切り換
「再生できない音声です」
ない。
えてください。
● iPod のエラー表示
メッセージ
「ERROR-02-6X/-9X/-DX」
「ERROR-02-67」
「STOP」
「N/A USB」
「再生できないデバイスです」
原 因
正常に通信できない。
処 置
コネクターを一度外し、iPod のメ
インメニューが表示されてから、も
う一度確実にコネクターを接続して
ください。それでも iPod が正常に
動作しない場合は、iPod をリセッ
トしてください。
iPod に問題が発生した。
iPod をリセットしてください。
iPod ソフトウェアのバージョンが iPod ソフトウェアのバージョンを
古い。
アップデートしてください。
iPod に曲が入っていない。
iPod に曲を転送してください。
選んだプレイリストに曲が入ってい 曲が入っているプレイリストを選ん
ない。
でください。
接続した iPod が本機に対応してい 本機に対応している iPod を接続し
ない。
てください(➡「本機の特徴」8 ペー
。
ジ)
その他(付録)
95
保証書とアフターサービス
●保証書
保証書は、ご購入年月日、販売店名などが
記入されていることをお確かめのうえ、ご
購入の際に販売店より受け取ってください。
保証書に記入もれがあったり、保証書を紛
失したりすると、保証期間中でも保証が無
効となります。記載内容をよくお読みのう
え、大切に保管してください。
●保証期間
この製品の保証期間は、お買い上げの日よ
り 1 年間です。
●保証期間中の修理について
その他(付録)
万一、故障が生じたときは、保証書に記載
されている当社保証規定に基づき修理いた
します。お買い上げの販売店または修理受
付窓口(沖縄県のみ沖縄サービス認定店)
にご連絡ください。所在地、電話番号は本
機に付属の「ご相談窓口・修理窓口のご案
内」をご覧ください。
●保証期間経過後の修理について
お買い上げの販売店または修理受付窓口
(沖縄県のみ沖縄サービス認定店)にご相
談ください。修理すれば使用できる製品に
ついては、ご希望により有料で修理いたし
ます。
●補修用性能部品の最低保有期間
当社は、本機の補修用性能部品を、製造打
ち切り後最低 6 年間保有しています。(性
能部品とは、その製品の機能を維持するた
めに必要な部品です。)
●ご質問、ご相談は
本機に関するご質問、ご相談はパイオニア
カスタマーサポートセンターまたはお買い
上げの販売店にお問い合わせください。
96
商標・著作権など
●著作権について
本機は、ロヴィコーポレーションの米国特許お
よび他の知的所有権によって保護された、著作
権保護技術を搭載しています。解析や改造は禁
止されていますので行わないでください。
●WMA
Windows Media は、米国 Microsoft Corporation
の米国およびその他の国における登録商標また
は商標です。
本 製 品 は、 米 国 Microsoft Corporation が
所有する技術を使用しています。また、米国
Microsoft Licensing Inc. の許可を得ずに使
用または頒布できません。
●MP3
本機を提供する場合、非営利目的の個人向けラ
イセンスのみが提供されます。下記放送で、本
機を使うライセンスを提供したり、いかなる形
式にせよ、使う権利を意味するものではありま
せん。下記放送で本機を使用する場合は、それ
ぞれ固有のライセンスが必要となります。詳細
は、インターネット上のホームページ
http://www.mp3licensing.com
をご覧ください。
• 営業目的、すなわち利益の発生するリア
ルタイム放送(地上波放送、衛星放送、
ケーブルテレビを始めとするメディア)、
インターネットを使った放送やデータ転
送、イントラネットを始めとするネット
ワーク、あるいはペイオーディオやオン
デマンド方式のオーディオといった電子
的放送番組の配布システムなど。
●iTunes
iTunes は、米国および他の国々で登録された
Apple Inc. の商標です。
●iPod & iPhone
iPod、iPod classic、iPod nano、iPod
touch は 米 国 お よ び 他 の 国 々 で 登 録 さ れ た
Apple Inc. の商標です。
用語解説
アスペクト比
テレビ画面の横と縦の比率をいいます。ノーマ
ルモニターは 4:3 ですが、ワイドモニターは
16:9 の比率となっており、臨場感あふれる
映像が楽しめるようになっています。
「Made for iPod」および「Made for iPhone」
とは、それぞれ iPod あるいは iPhone 専用に
接続するよう設計され、アップルが定める性能
基準を満たしているとデベロッパによって認定
された電子アクセサリであることを示します。
アップルは、本製品の機能および安全および規
格への適合について一切の責任を負いません。
このアクセサリを iPod あるいは iPhone と使
用することにより、無線の性能に影響を及ぼす
可能性がありますのでご注意ください。
●DOLBY
●DivX
成人向けの内容や暴力シーンなどを含む DVD
の中には、視聴制限が記録されているものがあ
ります。このようなディスクでは、本機の視聴
制限レベルを設定することで、再生できなくし
たり、過激なシーンを飛ばして再生したりでき
ます。
ダイナミックレンジコントロール
ドルビーデジタルには音の強弱の幅を圧縮する
機能があります。この機能がダイナミックレン
ジコントロールです。ダイナミックレンジの広
い音声を小さな音量で聞く場合でも、良好な聴
感が得られるようにコントロールします。
ドルビーデジタル
ドルビーデジタルは最大 5.1 チャンネルの独立
したサラウンドオーディオを提供します。この
システムは、映画館にサラウンドシステムとし
て装備されているドルビーデジタルと同一のシ
ステムです。
その他(付録)
ドルビーラボラトリーズからの実施権に基づき
製造されています。Dolby、ドルビーおよびダ
ブル D 記号はドルビーラボラトリーズの商標
です。
視聴制限(パレンタルロック)
パケットライト
フロッピーやハードディスクと同じように、必
要なファイルを必要な時点で、CD-R などに書
き込む方式の総称です。
DivX、DivX Certified®、および関連するロゴ
は、Rovi Corporation およびその子会社の登
録商標であり、ライセンス許諾に基づき使用し
ています。
次のページに続く
97
ビットレート
リージョン番号
1 秒当たりの情報量を表し、単位は bps(bit
per second)です。この数字が大きいほど、音
楽を再現するために多くの情報を持つことにな
るため、同じ符号化方式(MP3 など)での比較
では、一般的に数字が大きいほうが良い音とな
ります(MP3 と ATRAC3 のように、異なる符
号化方式の場合、単純な比較はできません)。
DVD プレーヤーと DVD ディスクは発売地域
ごとに再生可能な地域番号(リージョン番号)
が設けられており、再生するディスクに記載さ
れている番号にプレーヤーの地域番号が含まれ
ていない場合は再生できません。本機のリー
ジョン番号は「2」です(本体底面に表記され
ています)。
プレイバックコントロール(PBC) リニア PCM(LPCM)
ビデオ CD(バージョン 2.0)に記録されている 音楽 CD に用いられている信号記録方式で、
再生をコントロールするための信号です。PBC 「Linear Pulse Code Modulation」の略です。
付きビデオ CD に記録されているメニュー画面 音楽 CD では、44.1 kHz / 16 bit で記録さ
を使って、簡単な対話形式のソフトや検索機能 れているのに対し、DVD では、48kHz / 16
のあるソフトの再生が楽しめます。また、高/ bit ~ 96 kHz / 24 bit で記録されているため、
標準解像度の静止画も楽しむことができます。
音楽 CD よりも高音質の再生が可能です。
マルチアングル
量子化ビット数
DVD には、同時に複数のカメラで撮影した映
像をすべて収録しているものがあり、視点を自
由に選ぶことができます。
量子化ビット数は、音質を定義する要素の1
つです。この数が大きいほど、音質が良くなり
ます。ただし、量子化ビット数が大きくなるほ
どデータサイズも大きくなるため、より多くの
記憶容量が必要となります。
マルチ音声
その他(付録)
DVD ビデオや DivX の中には、1 枚のディス
AAC
クの中に複数の音声を収録しているものがあり
ます。DVD や DivX では、音声を最大 8 言語(8 「Advanced Audio Coding」の略で、MPEG-2、
ストリーム)まで記録することができ、その中 MPEG-4 で使用される音声圧縮技術に関する
から好みの言語を選ぶことができます。
標準フォーマットです。
マルチ字幕(サブタイトル)
DivX
映画などでおなじみの字幕です。DVD や DivX では、
1 枚のディスク(1 つのファイル)に複数の字幕を
収録しているものがあります。DVD では最大 32 言
語まで、DivX では最大 8 言語まで記録でき、その
中から好みの言語を選ぶことができます。
DivX は、Rovi Corporation の 子 会 社 で あ る
DivX, LLC が 開 発 し た メ デ ィ ア 技 術 で す。
DivX のメディアファイルは、高音質を維持し
ながら、高い圧縮率でコンパクトに圧縮できま
す。DivX で圧縮するファイルには、メニュー
や字幕、サブオーディオトラックなども含める
ことができます。
DivX.com では、DivX メディアファイルを多
数掲載しています。これらのメディアをダウン
ロードして DivX の専用ツールを使えば、オリ
ジナルのコンテンツを作成できます。
マルチセッション
マルチセッションは、データの追加ができる記
録方式です。CD-R や CD-RW にデータを記録
するとき、その記録の始めから終わりまでをひ
とまとめにした単位をセッションといいます。
マルチセッションとは、1 枚のディスクに 2
つ以上のセッションデータを記録する方法のこ
とです。
98
DivX Certified
DivX Certified 製品は、DivX,LLC のクリエー
タ ー に よ っ て、 対 応 し た バ ー ジ ョ ン の DivX
(DivX 6 も 含 む ) で も 再 生 で き る こ と が 正
式 に テ ス ト、 認 定 さ れ た 製 品 で す。DivX
Certified の 認 定 ロ ゴ が 付 い て い る 製 品 は、
DivX Profiles 規格に準拠したポータブルビデ
オや HD ビデオであることを示します。
MP3(エムピースリー)
「MPEG Audio Layer3」の略で、ISO(国際
標準化機構)のワーキンググループ(M PEG)
の定めた音声圧縮の規格です。MP3 は、音声
データを元のデータの約 1/10 のサイズに圧縮
できます。
MPEG
「Moving Picture Experts Group」
の略で、
「エ
ムペグ」と読みます。これは動画圧縮の国際標
「Digital Theater Systems」 の 略 で す。 準です。DVD は、この方式でデジタル音声を
DTS は、サラウンドシステムで、最大 6 チャ 圧縮して記録している場合もあります。
ンネルの独立したサラウンドオーディオを提供
します。
DTS
VBR(ブイビーアール)
「Variable Bit Rate(可変ビットレート)」の
略です。一般的には CBR(固定ビットレート)
曲の関連情報を MP3 ファイルの中に埋め込む が多く使われていますが、音声圧縮では圧縮状
方式です。埋め込むことのできる情報は、曲名、 況に合わせてビットレートを可変することで、
アーティスト名、アルバム名、ジャンル、製作 音質を優先した圧縮が可能となります。
年、コメントなどがあります。この内容は ID3
Tag 編集機能のあるソフトを利用して自由に編
集できます。通常は文字数などに制限がありま VR モード
すが、曲の再生時に情報を見ることができるよ 「Video Recording(ビデオレコーディング)」
うになっています。
の略です。DVD-RW の基本記録方式で、録画
または消去を繰り返すことができます。また、
部分消去などの編集もできます。
ID3 Tag
CD-ROM の フ ァ イ ル お よ び フ ォ ル ダ ー に
関 す る 論 理 フ ォ ー マ ッ ト の 国 際 基 準 で す。
ISO9660 フォーマットには、次のようなレベ
ルに関する規制があります。
レベル 1
ファイル名は、8.3 形式(名前は半角英大
文字と半角数字、“_”で 8 文字以下、拡張
子は 3 文字)で、各フォルダーの階層は 8
つ以下
レベル 2
ファイル名は、最大 31 文字(区切り文字、
“.”と拡張子を含む)で、各フォルダーの階
層は 8 つ以下
拡張フォーマット
Joliet:
ファイル名は、最大で 64 文字
Romeo:
ファイル名は、最大で 128 文字
WMA
「Windows MediaTM Audio」 の 略 で、 米 国
Microsoft Corporation によって開発された
音声圧縮技術です。WMA データは Windows
Media Player Ver.7 以降を使用してエンコー
ドすることができます。
その他(付録)
ISO9660 フォーマット
m3u
プレイリストファイルの拡張子(.m3u)で、
「WINAMP」などのソフトで作成したプレイリ
ストに付きます。
99
おもな仕様
●共通部
使用電源:
アース方式:
最大消費電流:
外形寸法
質 量:
14.4 V DC(10.8 V ~ 15.1 V 使用可能)
マイナスアース方式
10.0 A
(取付寸法):178(W)mm × 50(H)mm × 165(D)mm
(ノーズ寸法):170(W)mm × 46(H)mm × 16(D)mm
1.2 kg(コード含まず)
●アンプ/オーディオ部
最大出力:
定格出力:
負荷インピーダンス:
プリアウト最大出力レベル:
インピーダンス:
トーンコントロール
その他(付録)
100
50 W × 4
22 W × 4
(50 Hz ~ 15 000 Hz、5 % THD、4 ohm LOAD、4 Channels Driven)
4 Ω(4 Ω~ 8 Ω使用可能)
2.0 V
1kΩ
(バス)周波数 : 100 Hz
ゲイン : ± 12 dB
周波数 : 1 kHz
(ミッド)
ゲイン : ± 12 dB
(トレブル)周波数 : 10 kHz
ゲイン : ± 12 dB
サブウーファーアウトプット
周波数:50 Hz / 63 Hz / 80 Hz / 100 Hz / 125 Hz
スロープ:-18 dB/oct
調整幅:-24 dB ~ +6 dB
位相:NORMAL / REVERSE
●DVD プレーヤー部
形式:
DVD ビデオ、DVD-VR、DivX、MPEG、ビデオ CD、CD、WMA、
MP3、AAC、JPEG
リージョン番号:
2
使用ディスク:
DVD ビデオ、ビデオ CD、CD、dts CD、CD-R、CD-RW、DVD-R、
DVD-RDL、DVD-RW
S/N 比:
97 dB(1 kHz)
(IHF-A ネットワーク)
94 dB(1 kHz)
(IHF-A ネットワーク): CD
チャンネル数:
2(ステレオ)
DivX デコーディングフォーマット: Home Theater Ver. 3、4、5.2
(.avi .divx)
MPEG デコーディングフォーマット:MPEG1、2、4
WMA デコーディングフォーマット: Ver. 7、7.1、8、9、10、11、12
(2 ch audio)(Windows Media Player)
MP3 デコーディングフォーマット: MPEG-1&2 AUDIO LAYER-3
AAC デコーディングフォーマット: MPEG-4 AAC
(Ver. 9.0.3 以前の iTunes でエンコードされたもののみ)
●USB 部
USB 規格:
USB 2.0 Full Speed
最大供給電流:
1 A
USB クラス:
マスストレージクラス
ファイルシステム:
FAT16、FAT32
MPEG デコーディングフォーマット:MPEG1、2、4
DivX デコーディングフォーマット: Home Theater Ver. 3、Ver. 4、Ver. 5.2、Ver. 6:avi divx
(2 ch audio)(Windows Media Player)
MP3 デコーディングフォーマット: MPEG-1&2 AUDIO LAYER-3
WMA デコーディングフォーマット: Ver. 7、7.1、8、9、10、11、12
(2 ch audio)(Windows Media Player)
AAC デコーディングフォーマット: MPEG-4 AAC(Ver. 9.0.3 以前の iTunes でエンコードされた楽曲)
●FM チューナー部
受信周波数帯域:
実用感度:
S/N:
高調波歪率:
周波数特性:
ステレオセパレーション:
●AM チューナー部
受信周波数帯域:
実用感度:
S/N:
コードユニット:
取付ネジ類:
取扱説明書:
リモコン:
リチウム電池(CR2025):
安全上のご注意:
保証書:
ご相談窓口・修理窓口のご案内:
お客様登録のお願い:
522 kHz ~ 1 629 kHz(9 kHz)
25 μ V(S/N:20 dB)
62 dB(IHF-A ネットワーク)
その他(付録)
●付属品
76.0 MHz ~ 90.0 MHz
9 dBf(0.8 μ V/75 Ω、モノラル、S/N:30 dB)
72 dB(IHF-A ネットワーク)
0.3 %(65 dBf 入力、1 kHz、ステレオ)
0.1 %(65 dBf 入力、1 kHz、モノラル)
30 Hz ~ 15 000 Hz(± 3 dB)
45 dB(65 dBf 入力、1 kHz)
1式
1式
1
1
1
1
1
1
1
メモ
●上記の仕様および外観は予告なく変更することがあります。また、この説明書の中のイラストと実物が、
一部異なる場合があります。
101
102
103
ご相談窓口のご案内
取扱説明書
<各窓口へのお問い合わせ時のご注意>
「0120」で始まる フリーコールおよび
フリーコールは、携帯電話・PHS・一部のIP電話などからは、
ご使用になれません。
また、
【一般電話】
は、携帯電話・PHS・
IP電話などからご利用可能ですが、通話料がかかります。
正確なご相談対応のために折り返しお電話をさせていただくことがございますので発信者番号の通知にご協力いただきますようお願いい
たします。
※番号をよくお確かめの上でおかけいただきますようお願いいたします
パイオニア商品の修理・お取り扱い(取り付け・組み合わせなど)については、お買い求めの販売店様へお問い合わせください。
商品についてのご相談窓口
● 商品のご購入や取り扱い、故障かどうかのご相談窓口およびカタログのご請求について
受付時間 月曜∼金曜 9:30∼18:00
土曜 9:30∼12:00、13:00∼17:00(日曜・祝日・弊社休業日は除く)
■ カーオーディオ/カーナビゲーション商品
電話
0120-944-111 【一般電話】044-572-8101
ファックス
044-572-8103
インターネットホームページ http://pioneer.jp/support/
※商品についてよくあるお問い合わせ・メールマガジン登録のご案内・お客様登録など
修理窓口のご案内
※番号をよくお確かめの上でおかけいただきますようお願いいたします
修理をご依頼される場合は、取扱説明書の
「故障かな?と思ったら」
を一度ご覧になり、故障かどうかご確認ください。
それでも正常に動作しない場合は、① 型名、② ご購入日、③ 故障症状を具体的にご連絡ください。
修理についてのご相談窓口
● お買い求めの販売店に修理の依頼ができない場合
修理受付窓口 (沖縄県を除く全国)
受付時間 月曜∼金曜 9:30∼18:00
土曜 9:30∼12:00、13:00∼17:00(日曜・祝日・弊社休業日は除く)
ゴーパ イ オ ニ ア
電話
0120-5-81028 【一般電話】 044-572-8100
ファックス
0120-5-81029
インターネットホームページ http://pioneer.jp/support/repair/
※家庭用オーディオ/ビジュアル商品はインターネットによる修理のお申し込みを受付けております
沖縄サービス認定店 (沖縄県のみ)
受付時間 月曜∼金曜 9:30∼18:00(土曜・日曜・祝日・弊社休業日は除く)
電話
【一般電話】 098-987-1120
ファックス 098-987-1121
部品のご購入についてのご相談窓口
● 部品(付属品・リモコン・取扱説明書など)のご購入について
部品受注センター
受付時間 月曜∼金曜 9:30∼18:00
土曜 9:30∼12:00、13:00∼17:00(日曜・祝日・弊社休業日は除く)
電話
0120-5-81095 【一般電話】044−572−8107
ファックス
0120-5-81096
記載内容は、予告なく変更させていただくことがありますので予めご了承ください。
〒212-0031
神奈川県川崎市幸区新小倉1番1号
VOL.045
© パイオニア株式会社 2011-2012
<KFWZX> <12B00000 > <QRA3018-C/U>
QRA3018-C/U <104>
DVH-570
カスタマーサポートセンター(全国共通フリーコール)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising